青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うし うし~ ~うしろ うす~ うそ~ ~うた うた~ ~うだ うだ~ ~うち
うち~
うっ~ うっかり~ ~うつ うつ~ うで~ ~うなずいた うに~ うま~ ~うまい うまい~

「うち~」 60877, 658ppm, 136位

▼ うち~ (32968, 54.2%)

292 私は 257 彼は 124 自分の 121 彼の 117 私の 83 何か 77 日が 68 僕は, 夜が, 急に 61 彼女は 53 二人は 49 それが, 或る 46 あって 45 あるの, 死んで 44 ある 42 一人の, 二人の 41 帰って, 彼女の 39 それを, 今度は 36 一つの 33 あった, 消えて 32 伸子は, 含まれて, 女は 30 いて, 女の, 早くも, 私が 28 どうした, 出て, 身を 26 どこか, 気が, 自分が 25 あると, だんだんと, 日は 24 時間が 23 一種の, 起きて 22 人の, 他の, 例の, 私も, 誰か, 頭が 21 あること, ふいと, 不思議な, 眼が 20 だん, わたしは, 次の, 生きて, 行って 19 あるもの, かれは, こんどは, それは, 持って, 自然に 18 夜に, 彼が, 汽車は, 私達は, 自然と, 雨が 17 不意に, 今まで, 多くの, 見て 16 三人の, 人間の, 夜は, 来て, 目が, 自分は 15 これを, 今の, 僕の, 日も, 書いて, 自分も

14 [15件] あっては, ある日, そこの, 二つの, 何を, 姿を, 彼を, 手を, 日本の, 村の, 東の, 涙が, 眼を, 誰かが, 誰が

13 いつと, ここへ, して, 父は, 眠って, 自分で, 船は, 陥って

12 伸子の, 入って, 右の, 含んで, 妙な, 幾度も, 男は, 隠れて, 首が

11 [23件] あなたの, いるの, かれの, きつと, ここに, ここを, そこに, その人, たうとう, ふいに, ふと気, 三人は, 何かの, 何が, 先生は, 入れて, 夜も, 奥の, 東京へ, 沈んで, 相手の, 立って, 過ぎた

10 [30件] あったの, これも, さう, すべての, その日, その男, である, やつと, 一人が, 人を, 内在する, 前の, 又も, 妙に, 子供の, 家を, 感じて, 早や, 浸って, 涙を, 潜んで, 生活し, 眼の, 空は, 自分を, 起こって, 近所の, 酒が, 頭の, 馬車は

9 [35件] あの人, うとうとと, お帰り, これが, これは, こんなこと, さすがに, だんだんに, どうかし, どこからか, ほかの, 二人とも, 二度も, 人が, 何時か, 加えて, 妾は, 娘の, 子供は, 少年は, 左の, 平次は, 彼らは, 彼女が, 急いで, 息が, 昔の, 残って, 現われて, 男の, 置いて, 足を, 部屋の, 静かに, 顔の

8 [49件] あっても, あつて, あるという, あるところ, いた, いろいろの, これらの, すぐに, そこへ, その年, それらの, ふと彼, もって, やって, やっとの, わたくしは, わたしの, 一方の, 主人の, 住んで, 俺は, 前に, 向うの, 夕方に, 大勢の, 女が, 妹の, 存在する, 家の, 庭の, 形相的に, 彼等は, 月が, 水は, 湧いて, 漂って, 火が, 父が, 相当の, 私に, 私を, 自分でも, 船が, 花は, 足の, 車は, 閉じこもって, 雪が, 非常に

7 [69件] あとから, あるすべて, いつとは, すべてを, そつと, そのこと, その中, それも, そんなこと, とう, とうとうその, どこかで, どこかへ, はいった, ひとりの, まざまざと, もうその, やうやく, 一と, 一度も, 今年の, 何とかし, 全身が, 加わって, 包まれて, 半七, 博士は, 叔父は, 含まれると, 夏が, 外の, 子供が, 存在し, 山の, 帰った, 年も, 幾度か, 彼も, 彼らの, 心の, 忘れて, 感じた, 我々は, 戻って, 敵の, 時が, 時間は, 森の, 気を, 汽車が, 沈み込んで, 流れて, 無茶先生は, 父の, 片づけて, 病気に, 私たちは, 私には, 私達の, 秋の, 老人は, 自分から, 自分と, 葉子は, 話が, 遊びに, 過ぎて, 雲が, 電車が

6 [76件] あたりの, あたりは, あつた, あなたが, あなたは, あります, あるので, ある一切, いつのまにかその, おれは, お民, お銀様, この家, この男, その夜, その眼, ただ一つ, ふと私, ハッと, 下手人を, 世間の, 事件は, 人々の, 代助, 何度も, 俺の, 兄は, 先に, 南の, 博士が, 向うから, 君は, 味方の, 大粒の, 太陽は, 姉の, 娘は, 存すると, 少年の, 展開し, 後の, 心を, 忍び込んで, 思いも, 息を, 扉が, 日を, 早くお, 最後の, 有して, 有するところ, 正木博士は, 浮んで, 火の, 目を, 私たちの, 空の, 立派な, 籠って, 老人の, 肩を, 腹が, 自身の, 若林博士は, 落ちて, 表現する, 誰も, 返って, 逃げて, 途中で, 遂, 過ごした, 闇の, 雨は, 頭を, 風が

5 [147件] ありて, ありながら, あるかも, あるといふ, あるとは, いつかは, いつの間にか自分, いると, いろいろな, うっとりと, お前の, お君, お品, お父さんは, お絹, お蝶, この女, これだけの, こんな話, すんで, そこい, そこにも, その, その手, その顔, だんだん日, ついその, どこかの, どこからとも, はいり込んで, ひそかに, ひそんで, ふしぎな, ふとこの, ふと何, ふと気がつい, ほんとうに, また, またお, また次, やがてその, クリストフは, 一切の, 一匹の, 一緒に, 三吉は, 三度も, 上って, 主人は, 人々は, 仕事を, 住する, 体が, 何の, 何も, 何処か, 作者の, 僕たちの, 僕等は, 先生が, 先生の, 八五郎は, 出来るだけ, 力が, 動いて, 反映し, 呼吸が, 土地の, 坐って, 夏の, 外へ, 多計代, 天下の, 女中が, 女房は, 妾の, 存するところ, 完全に, 客観的に, 室の, 寝て, 少しずつ, 山へ, 年が, 年は, 年を, 店の, 彼女と, 彼等の, 後から, 心が, 意外な, 戦争が, 春も, 時は, 時刻は, 暇を, 暮れて, 最初の, 月の, 次第に自分, 次第次第に, 武蔵は, 死ぬと, 死ぬの, 死の, 母が, 気の, 水の, 没して, 火は, 無数の, 無限の, 猫は, 王子は, 町の, 疲れが, 病人は, 発見し, 着いて, 窓の, 竜之, 胸の, 自分にも, 自由に, 舟は, 船の, 葬って, 血の, 表の, 見事に, 解決し, 誰の, 足が, 連れて, 道を, 金を, 鉄の, 鎌倉の, 隠されて, 隠して, 隣の, 電車は, 青年は, 頭に, 飛んで, 馬の

4 [284件] あったこと, あらゆるもの, あり, ありありと, あるこの, あるその, あるならば, あるん, ある夜, ある時, ある物, ある限り, あれ, あれは, あれを, いかなること, いつかその, いつからとも, いつか自分の, いつしか自分, いつの間にかその, いる, いるん, いる間, いれば, おかみさん, おせい, おそろしいこと, お互いの, お前が, お前は, お暇, お葉, お蝶さん, お雪, お靜, かいて, かくれて, かの女, けり, こちらから, こちらの, このこと, このよう, この事件, この人, こめられて, これだけ, これほど, さっきの, しては, しまいには, しまって, じっとし, そいつが, その声, その女, その姿, その言葉, その足, その金, それまで, そんな事, たがいに, たった一つ, たった一人, だれか, つつまれて, では, とらえられて, どこで, どこへか, どこへでも, ない, なくな, なぜか, なって, はやくも, ふたりの, ふたりは, ふとお, ふとその, ふと見る, ぼくは, ぽつりと, またこの, またし, また氏, また自分, みょうな, みんなが, もうお, もう一人, やつて, よその, わしは, ゐても, キッと, フイッと, フッと, 一人は, 一人も, 一同が, 一同は, 一夜を, 一度は, 一抹の, 一枚の, 上の, 下から, 世の中は, 世界の, 世間が, 両手で, 二人が, 亡くなったの, 交じって, 交って, 京へ, 人は, 今度の, 今迄, 仕事が, 何かが, 何んとか, 何事も, 何処かへ, 何回か, 何時の間にやら, 僕が, 僕たちは, 僕も, 全身の, 六月の, 出来て, 列車は, 加へ, 十二時の, 又, 反対に, 叔父が, 叫んだ, 吾輩は, 命を, 在った, 埒を, 壁の, 夢の, 夢を, 大きくなり, 大変な, 夫人の, 夫人は, 妻は, 始めて, 娘を, 子供を, 孔明は, 客觀的に, 家へ, 宿の, 宿を, 少しも, 川の, 帰りました, 幕が, 床を, 弦之, 影を, 彼と, 彼女を, 彼方の, 彼等を, 待って, 後ろに, 微かな, 必らず, 思ひも, 恐ろしいこと, 情熱を, 或日, 手に, 手の, 投げ込んで, 持つて, 描いて, 救いを, 新吉, 早く鳥, 春の, 時間を, 暮らして, 曹操の, 朝の, 未亡人の, 未亡人は, 来ると, 根を, 森を, 横は, 機を, 止めて, 死ぬ, 死を, 死んだ, 段々その, 気がついて, 気分が, 気持が, 水が, 池の, 波の, 浮かんで, 消滅し, 溶けて, 火を, 犬は, 生活の, 用が, 異常な, 直接に, 看護婦が, 眼に, 眼は, 知らず識ら, 石の, 示して, 神を, 私にも, 私よりも, 秋が, 種々な, 空が, 突然に, 窓から, 第二, 籠れる, 米友が, 結婚する, 縛られて, 考えて, 耳に, 聞いて, 胸が, 色が, 芽を, 荷物を, 葉子の, 葬られて, 行われて, 表現される, 裏の, 見出した, 話して, 話は, 認めた, 認めて, 誰からとも, 諸君は, 起った, 身の, 車が, 迫って, 追, 道の, 遠くへ, 金が, 銀いろ, 門の, 陽は, 階下の, 隙を, 集まって, 雨の, 雨も, 雨戸の, 雪の, 響いて, 顔色が, 飛び出して, 馬を, 魚の, 麓の, 鼻の

3 [587件 抜粋] ああいう, あたしは, あちらの, あなたも, あの女, あの子, あの方, あらわれて, ありと, あるものの, ある神, いたが, いたとき, いった, いって, いつしか夜, いつでも, いつとも, いつの間にやら, いなければ, いままで, いらっしゃるの, いること, いるという, いるとき, いるに, いる時, うと, おいで, おかれて, おせい様, おた, お作, お俊, お前も, お勢, お城, お大, お新, お染, お父さんが, お目にかかりに, お筆, お米, お組, お綱, かう云, かえって, かくれた, かれら, きれいに, くたびれて, ここで, ここまで, こちらへ, この, この土地, この村, この種, この部屋, こめて, これまで, こんなふう, こんな事件, さうし, さすがの, さつ, さまざまの, しみじみと, しみ込んで, しようと, すぎて, すつかり, すやすやと, そこを, そのお, そのとき, その一人, その子, その時, それから, それへ, たくさんの, たれかが, だんだんその, だんだん夜, だんだん気, だんだん私, ちらと, ですか, とうとうこんな, とうとう彼, どうかする, どうでも, どうにかし, どのよう, どの程度, どれだけの, ないもの, なくなって, なければ, なにかいい, なんという, なんとかし, なんとも, ひそめられて, ひとりで, ひろ子は, ぴったりと, ふくまれて, ふつと, ふと, ふとある, ふと妙, ふと思いついた, ふと眼, ふと胸, ふと頭, ほ, ほんとうの, ほんとの, まじって, またうとうと, またそれ, また別, みんなの, むらむらと, もう一つ, もう彼, もう日, やがて夜, やめて, ゆき子は, ようようの, わしの, わたくしの, わたしを, ウンと, コゼットは, セルギウスは, パッと, マリユスは, モスク, ヤットの, 一つに, 一刻も, 一同の, 一方では, 一日も, 一昨年の, 三つの, 三つも, 三月の, 不図, 不思議に, 不意と, 与えられて, 世の中が, 世を, 両方の, 中学の, 主人が, 主人公の, 乗客の, 二三人の, 二人を, 二度目の, 二番目の, 二階の, 云った, 人に, 人生の, 今では, 今は, 今日は, 他人の, 伊勢屋へ, 伯父の, 体を, 何う, 何かに, 何とか解決, 何ともいえない, 何処から, 何度か, 何等かの, 何者か, 作文でも, 來る, 俄かに, 倒れた, 兄が, 兄の, 先刻の, 先手を, 光子の, 六時の, 内から, 冬と, 冬の, 出して, 別の, 勝手な, 包みて, 半蔵は, 又新らしい, 友人の, 双方の, 叔母の, 口を, 右手の, 右門は, 名人の, 向ふ, 向方の, 吾輩の, 和尚は, 唇の, 問題の, 四人の, 四方の, 困ったこと, 在って, 埋もれて, 塔の, 売って, 変って, 変に, 夕立が, 外で, 外は, 外部の, 夢が, 大地が, 大暴風雨, 大爆発, 大變, 大阪へ, 夫が, 夫の, 夫は, 夫人が, 失って, 女を, 女房の, 妻の, 始末を, 姫の, 娘が, 婆さんの, 子供も, 存し, 学校の, 学校へ, 安全な, 完成した, 家が, 家に, 宿つてゐる, 寄った, 富岡は, 小さくなっ, 小鳥の, 少くとも, 少しでも, 少しは, 少女は, 山を, 巻き込まれて, 市中の, 帆村は, 帰ったの, 帰らなければ, 幕を, 幸福を, 幾たびか, 幾人も, 底知れぬ, 座を, 廊下に, 廊下の, 建物の, 式を, 弥三郎は, 彼に, 彼女に, 彼等と, 往来の, 心に, 忘れるとも, 忽ちその, 怪物は, 恋愛の, 患者は, 意識が, 意識を, 愛嬌が, 感じるの, 慣れて, 成長し, 成長した, 我々が, 扉の, 手足が, 折を, 拙者が, 拡大し, 描かれて, 数えられて, 数へ, 斯う, 新鮮な, 於て, 日々を, 日本に, 早いところ, 早く帰れ, 明らかに, 明白な, 春に, 春は, 昼に, 昼間の, 時の, 時を, 暗くなる, 暮して, 最も多く, 最後まで, 月も, 朝が, 木村は, 机の, 来たの, 東が, 東京の, 棺桶は, 横たわって, 横に, 橋の, 機械の, 次から, 止んで, 正吉は, 正木博士の, 此の, 武蔵が, 武蔵の, 段々と, 殺されて, 殺して, 母の, 毒が, 気が付いて, 水に, 求めて, 汝を, 江戸へ, 江戸中に, 汽車の, 沈潜し, 津田は, 浅草の, 浮き上がった場合, 浸った, 消えうせて, 消しとめた, 涙と, 渠は, 湯に, 満足を, 潮の, 火星の, 火星兵の, 無事に, 熱い涙, 燈火は, 片方の, 物に, 犯人が, 玄関の, 現は, 現はれる, 瓦版が, 生命が, 生涯を, 生長し, 田舎から, 男に, 番頭の, 畳み込んで, 病人が, 病人の, 病氣に, 発見する, 目ざめて, 目に, 目の, 相手が, 真面目な, 眠りに, 着いてから, 矛盾を, 知って, 短い秋, 示されて, 祝言の, 神戸へ, 秀吉が, 秋も, 稀に, 突如と, 突然彼, 第一, 米友は, 糸織ぞ, 終って, 終戦に, 結婚の, 給仕が, 織って, 義雄は, 老人が, 育まれて, 背の, 胸を, 腕を, 腹を, 自分たちの, 自分に, 自動車は, 自己を, 自然が, 自然は, 舟が, 船長は, 色々な, 花の, 花を, 若い女, 萌して, 萠した, 蟄居し, 血が, 行く先, 表現され, 西の, 見えて, 見えなくな, 見えるよう, 見せて, 見出して, 親分の, 解決を, 言うに, 言った, 言って, 訪ねて, 語られて, 誤謬が, 誰かに, 誰だ, 誰れ, 警察の, 貴方の, 買って, 起こったこと, 足は, 身に, 身体は, 近づいて, 返事を, 送って, 逃がして, 速力を, 道が, 遠くで, 遠くなっ, 邸の, 針を, 降りて, 陥った, 隠れた, 雪は, 雲の, 静かな, 革命が, 頬が, 頼んで, 額に, 風向きが, 飛び込んで, 食糧が, 飲んで, 首を, 首尾よく, 馬は, 馴れて, 驚くほど, 魏の

2 [1929件 抜粋] あいつを, あったから, あった例, あのかた, あふれて, あるいろいろ, あるとか, あるやう, ある力, ある意志, ある極めて, ある秩序, ある部分, あろう, いうに, いくたび, いっしょに, いつか夜が, いつか涙が, いつの間にか眠っ, いま私が, いらっしゃい, いろいろと, うつかり, おかしくなっ, おとうさんも, おのづか, おまん, お互いに, お冬, お千代, お定, お屋敷, お役人, お正月が, お母様の, お滝, お狸様, お目ざめ, お腹の, お身, お雛, かかること, かさごに, きざして, きました, くさぐさ, くろんぼは, ここから, このお, この問題, この屋敷, この薦僧, この騒ぎ, こんなに悪い, こんに, さっきから, しぜん, しまい込んで, すうと, すっかりこの, すべてが, そういう経験, そこから, そのものの, その何もの, その原因, その場, その家, その怪物, その方, その淋し, その球, その者, その評判, その面, それだけが, それの, そんなもの, だしぬけに, だんだんお, だんだんよくなっ, だんだん病的, だんだん面白く, ぢき, つかまって, できて, とうとう僕, とうとう自分, とらえて, どういうこと, どうやらそいつ, どっちの, なかつたところ, なにを, なんども, はさまれて, ひしひしと, ひどく疲れ, ぴたっと押えちまう, ふとかの, ふと今, ふと意外, ふと目, ぶらぶらし, ほろりと, ぼーっとし, またも, また数年, また源助, まつが, みんな灰っぽく, めっきりと, もう一度その, もう改札口, もう私, もっと何, ものの, やったの, やつた, ゆるやかに, よみがえって, わきあがって, わたしも, われわれが, ゐて, アリアリと, キリキリと, グレゴール, サイレンが, スキーを, ダーリヤは, デカダンスが, ニーナは, バタバタと, パーシウスは, フランスの, ボーイが, ミサ子は, 一つも, 一人二人と, 一匹が, 一味の, 一寸でも, 一座は, 一昨年から, 一番右はじに, 一週間の, 七時三十分頃であろう, 三年ばかり, 三木朝太郎は, 三週間ばかり, 上田や, 下島の, 不幸な, 世は, 両腕, 中江は, 主人から, 乞食は, 予定の, 事は, 二十名以上も, 五つの, 亡びて, 人口増加が, 人間に, 今井は, 仕事に, 他に, 会いに, 似た顔, 佐野は, 何かを, 何となく品, 何らの, 何処とも, 何時の間にか私, 余は, 使って, 俊寛は, 俺が, 健策は, 偶然にも, 僕を, 元気に, 充ちて, 先方から, 光線の, 入れられて, 入口に, 六十一に, 兵馬は, 再び現われ, 冬も, 凍死し, 出かけました, 出来る, 出発する, 分った, 判明し, 利に, 加えられて, 労働の, 包んで, 包括せられる, 十九歳問屋から, 千二の, 半蔵の, 卵は, 参詣に, 又フト気, 又繰り返した, 友人を, 口の, 叩き込んで, 吉原の, 向うに, 向岸, 君の, 含まれない, 含まれる阿諛, 含む或, 吾家の, 呉を, 呟いて, 咽喉の, 唾棄すべき, 器が, 四人は, 四辺が, 土手を, 地球上の, 堤の, 増大し, 声を, 夏休みの, 多勢の, 大きな声, 大声で, 大手柄を, 大野屋の, 太陽が, 失われて, 奥さんが, 女中の, 好んで, 姫は, 姿が, 婿を, 子供に, 存した, 存する, 存する一切, 学校を, 完全な, 宙に, 室内は, 宿元へ, 富士の, 寝かされて, 将軍は, 小幡の, 少々なり, 少女の, 居て, 居る人, 山上に, 嵐の, 己が, 巻き込んで, 帯が, 帰ること, 帰宅した, 年上の, 幸運にも, 広がって, 庭を, 引っ込んで, 引越して, 弾丸が, 形相的には, 彼女も, 後には, 従いて, 御城内, 御米, 徹して, 必ず次, 忘れも, 忽然とし, 思惟する, 恐らくヘーゲル, 悲しいの, 想念は, 意識の, 感ずるよう, 成ればい, 戦場で, 戻つて, 所在が, 手が, 手際よく, 抱いて, 指に, 捕えて, 掘って, 描かれた像, 揺れて, 数が, 敵が, 文吾の, 新潟を, 旅館へ, 日数が, 日本語が, 早く和解, 早く行こう, 明け離れた, 春から, 是非お, 時計が, 時計台を, 晴れて, 書かれて, 曹操は, 最初は, 有しそして, 有力なる, 朝倉先生は, 木の下に, 本郷三丁目に, 李克用の, 村を, 来たもの, 来るよ, 松明の, 枝を, 桜の, 森さんから, 様々な, 横の, 欠伸が, 次第に彼, 正体を, 正造の, 歩いて, 死ぬかも, 死んだの, 残して, 母は, 民子は, 気持も, 永遠性を, 汝の, 汽車に, 没し去った, 河上が, 泣きたくなるほど, 浮べて, 消えた, 涙ぐましくな, 深く潜在, 混同し, 済んで, 満ち満ちて, 溢れて, 滲んで, 潜めて, 火と, 火焔の, 炉の, 熊と, 父さんは, 片づけねば, 物見に, 狂的な, 獣の, 王様は, 生かすこと, 生じて, 生徒が, 用事は, 由良は, 町内の, 病を, 痛みが, 白坊主は, 皆んなに, 盛んに, 目的地に, 盲目に, 眉が, 真面目に, 眠つ, 着いたの, 瞼が, 矩形を, 磯五の, 祝言させる, 福の神の, 秀吉の, 私共が, 秘められて, 移入された, 穴の, 空虚を, 突然妻, 立消えに, 笛が, 答えた, 米友も, 紅と, 細君と, 綜合的統一を, 締めて, 繋いで, 置かれて, 美代子は, 老いて, 考への, 聞いたの, 聴くこと, 肩の, 胸は, 自分たちが, 自分までが, 自殺する, 舌端に, 芥川の, 若侍, 若者は, 英子を, 荒れて, 莫大な, 葉は, 藤吉郎は, 蜀の, 血を, 行くん, 行方不明に, 表具屋へ, 裸の, 見える, 見ら, 見出されないならば, 見出される或, 見物が, 見舞の, 親爺の, 解決する, 詩の, 誌し, 読んで, 調和を, 豹の, 貴重な, 赤くなった, 起こったの, 足も, 身体が, 身支度を, 輝いた, 返済し, 送つて, 途方も, 遂に湿性肋膜炎, 運んで, 過したこと, 道は, 道庵先生の, 遠くから, 部屋に, 酒の, 重みを, 鉄砲の, 鋭どく, 閉じこめて, 間もなく渡し舟, 除いて, 陽子は, 随分大きく, 隠れる, 隣室の, 雨に, 雷の, 霧が, 面白くなっ, 順を, 額の, 顔が, 風も, 食事の, 飯の, 馬も, 馬鹿らしくなり, 骨を, 鬱積した, 鶏が, 鶴子の

1 [19529件 抜粋] あああの, あちこちの, あつまって, あの夢, あばら骨の, あらわれはじめたころ, あるいは他, あるブールボン分家, ある場景, ある必要, ある泰造, ある觀念, あんた以上の, いう縮地, いくひき, いた故, いつか一度は, いつか時は, いつしかつめたく, いつしか通り, いつのまにか私, いつの間にか記者, いなかつた事, いよいよただならぬ, いら立って, いろんな物, うつぶせに, えがいて, おけると, おでん屋で, おのずと心, おりおり辻斬, お伺わせいたします, お国さん, お忘れなく, お父さま, お花畑の, お鎌, かかる割合, かたづけと, かの地, がらがらと, きっと君, くぐまり込んで, こういう思い, こちら側に, このモデル, この光線, この婦人, この有様, この競争, この驚き, こんどこそ, ごく幼い, ささやくと, さむさ, しずみ意味, しばらくでも, じつに早く, すぐ近く, すっかり上方風, すっかり遊人風, すでに結論, ずんずん月日, そうかなあと, そちに, そのたいそう, その両足, その原稿, その展開, その方面, その煉瓦, その細胞, その視界, その霧, それとは, そんな失礼, たおれる者, ただ直接, たとへば片々, だんだんあたたかく, だんだん哀れ, だんだん滑稽, ちと持病, ちょっと上がろう, ついに名古屋芸妓, つかれてね, つまらない物, とある閃, とうとう二階, とうとう校長, とじこもって, とにかく一應, どういう切っ掛け, どうにか日, どかあんと, どれおい, なおなお山奥, なぜかしら, なほ官尊民卑的気質を, なんだか恥ずかしく, なんともい, のがれ去るの, はいろうと, はっと, はるか先の, ひそめ祖国, ひどくひっぱたかれる, ひろげて, ふっと全く何故とも, ふと保昌, ふと心, ふと涙ぐんだ, ふはり, ほとんど警戒, ぽっかり穴, ますます草, またただ七色, またサイレン, また喉, また濃霧, また頼朝, まつたく弾力, みさ子が, みんな平らげ, めでたく帰庵, もうそういう, もう一度必ずええ, もう和解, もう棄てなけれ, もう赤鬼, もたらした, もはや一つ, やがて十三, やがて電話室, やっと明るい, やめるかと, ゆふぐれ, ようやく逸りきった, よそへ, わからなくなる, わたしとの, ゐる東京, イヤゴーは, オリヴィエにも, キョッという, ゲオルクは, サイド, シーンと, スヤスヤと, タヌに, ティピカルな, ドヤドヤと, ハーシュは, パンしか, フィリピンの, ブルンスウィックは, ホトボリも, マリユスを, モロー彗星に, ランハンに, ワッと, 一なりとも, 一人残らず, 一声うーむ, 一度この, 一度鍵, 一時間でも, 一番初めに, 一行から, 七句拾うた, 三万カウントの, 三壁の, 三条橋の, 上手に, 下男が, 不正を, 世態人情を, 中, 主を, 乗気, 予め子宮, 二三年は, 二十分間ばかり, 二月の, 互を, 五年過ぎ, 交換しよう, 人殺しでも, 今一人の, 仕上げた店, 以前京都の, 伊達君も, 伝播した, 佐々木道誉の, 何だかこの, 何とか処分, 何もかも決心, 何年か, 何等の, 使い始めて, 保子の, 俺には, 偶然そこを, 働くべき省察, 兄と, 先発艇の, 入らない一つ, 入れ酒, 全市へ, 八千両の, 六松と, 其處から, 円熟する, 再発したら, 凧は, 出来た仮宮, 切に信長, 初めて僧, 利巧さに, 前方には, 加わるもの, 動乱に, 勤王派が, 北海道じゃ, 十分ぐらゐの時間が, 千万言に, 午時も, 南方の, 厨へ, 又もや長太郎, 又来る, 反映する, 取り返しの, 古い煉瓦建の, 召しませ, 各方面, 同じ街角, 向い合った, 含まれる曲線, 告白の, 呼び賣の, 哲学者が, 喚び起こした, 器底に, 四方から, 固めて, 在つて何, 地面に, 埋葬され, 塀いっぱいに, 声楽家が, 夕暮近く, 多分の, 大いなる己, 大きな力, 大体毛, 大川に, 大物が, 大陸の, 天気の, 夫婦連れの, 女から, 妙恵の, 姿小さく, 嬢次母子は, 孝助が, 安やすと, 宙飛ぶ, 宣教師は, 家庭的な, 寄っても, 察知し, 寿春を, 尋ねるお, 小勢を, 小犬たちは, 少し分りかけ, 尾州家から, 届けなけりゃいけないのよ, 山女魚釣りを, 岩屋道の, 川幅一杯に, 巧みに, 帰ったら貴方がた, 帰ろ, 平次と, 幸藁屋の, 幾日かの, 序戦ここの, 建築材置き場の, 引っくり, 張の, 当の人, 彷徨ふ, 往来出来る, 徐徐に顔, 御方は, 微笑する, 必ずおのれ, 忘れられません, 忽ち豚, 思い出す, 思想を, 恋したかった, 恭一が, 悪魔は, 意味ある, 感じないであろうか, 慣れると, 成し遂げられた, 戦場を, 手の内を, 打ちみが, 投じまた, 押し籠め, 持ち悩んだ, 捕らわれて, 推進機に, 握り潰すと, 擦れ違ひざ, 政さんは, 数えたところ, 整然たる形式美, 文芸春秋社から, 新しい光, 新潟へ, 族長に, 日本出来である, 早くという, 早く逃げろ, 明るい真昼, 春夏秋の, 昼の, 時計はちようど七時半に, 暗い空虚, 曖昧に, 書きますよう, 最も色濃く, 有るといふ, 木のぼりを, 本家の, 材木を, 来るだろうよ, 松の木は, 果たしてやって来, 柴忠さんの, 案外時間, 楊彪も, 横たえたかった, 機械人間, 次第に判然, 歌わせる事, 此一連の, 歪みが, 死に絶え七歳, 死んだ生み, 段々あきらめ, 殺気立った, 毛皮の, 氣に, 永い眠り, 江戸から, 沈み込むより, 沢正によっての, 波間に, 洗いざらい髪の毛, 浄瑠璃の, 海員仲間から, 消え去った, 涵養し, 深草まで, 温泉が, 源次は, 滑稽の, 漸くに, 潰れ新しく, 火事の, 無事釈放という, 焼き殺して, 熱情の, 父思元が, 物の, 状勢が, 献身的一生を, 珍しいこれ, 理解され, 生きようと, 生れた人物, 用事が, 申楽師の, 畜生谷という, 疲れ切って, 痛ましくすすり泣く, 發散した, 白鳥と, 皆タイプと, 盗人の, 盲目の, 相生町へ, 真先に, 眼ざめかけて来ました, 睨みあって, 知れ渡ったので, 砲術についても, 社会万般の, 神尾主膳は, 秀吉は, 秩序と, 空しく材能, 突然と, 突然空, 立ち昇って, 竹さんは, 第二次襲撃, 篝火から, 精悍な, 紐は, 紹由は, 結び文を, 絶対に, 練馬へ, 纔に, 美事に, 翌る, 耐えがたい何, 聽き, 背って, 腫物が, 自分だけは, 自滅した, 興奮した, 艀の, 芝居は, 若いもの, 苦しみつづけた, 草履屋の, 華やかな, 葬いが, 蓮池の, 藍染橋の, 蚊は, 融け込み物, 行きたくなるまで, 行列参る, 衰弱する, 西と, 見えるだろう, 見られる普遍的, 見出した俺, 見込が, 親類の, 言い知れない悲し, 訴えた, 認めた時, 読みつ, 調べるだけ, 講釈で, 豊雄に, 買いためて, 赤井は, 起き夜, 越えて, 踏み入りかけて, 軍を, 轟氏の, 近ごろ起こっ, 追いこんで, 送るばかり, 逆上いたしまし, 造り上げたもの, 遊びはじめ海に, 過ごし幻, 遙かう, 避難所へ, 都新聞の, 醤油の, 野衾に, 鈴木君は, 鋲の, 長い袖, 閉されて, 開花され, 防寨からの, 陥りたること, 随筆を, 雄鴨, 雨龍の, 震り出したの, 青白い光りもの, 鞭が, 頽廃的な, 飛ばしちまったん, 飯を, 馬一頭が, 駿府に, 高射砲が, 魔か, 鴎丸は, 黒の

▼ うち~ (4994, 8.2%)

101 一人が 50 一人は 30 一つを 28 ものが, 中に 25 中へ 24 あるもの 23 或る 21 方へ 20 一人の 19 誰かが 16 ものは, 一つの 15 先生は 14 ことで, ことを, 一人を 13 ひとりが, 一つである 12 一つが, 一人に, 方が 11 どれか, 一人で, 中は, 前の 10 ひとりは, ものを, ような, 一つで, 一枚を, 門の

9 [11件] お父さんは, ものと, ように, 一つに, 一人だった, 中には, 二人は, 前に, 女房は, 師匠の, 者に

8 お父さんも, ほうへ, ものの, 一つは, 三人は, 中の, 子供の, 者が

7 [11件] ある者, こと, まわりを, 中で, 事だ, 前を, 大部分, 子に, 方は, 第一, 誰かに

6 [20件] お母さんが, ことは, どれかが, ものに, 一つ, 一人, 中から, 二つは, 先生に, 大先生, 娘が, 子は, 庭で, 庭に, 庭は, 旦那の, 者は, 誰が, 近くの, 連中は

5 [25件] お父さんが, お父さんの, そばの, ために, どこかに, どれが, なかに, 一人であった, 一人な, 二人の, 多くの, 女中が, 女房が, 娘は, 子供が, 子供たちは, 子供は, 幾つかは, 庭の, 庭を, 息子は, 畑は, 者の, 裏の, 誰かの

4 [44件] おつ, お父さんとは, ことが, ことだ, ことです, だれかが, どっちかが, なかへ, なかを, ひとが, 一つであった, 一人だ, 一人である, 一組は, 一軒の, 一部の, 三人が, 中が, 中を, 主人が, 主人は, 二人が, 亭主は, 何を, 何人が, 兄さんは, 兄さんを, 先生の, 前で, 前まで, 多くは, 娘の, 子が, 家内の, 家内は, 宿六は, 新聞に, 方で, 旦那は, 最も大きな, 母の, 母は, 連中の, 門を

3 [84件] いくつかが, いずれかが, いずれが, おかあさんは, お客さんの, お師匠さま, お庭, お母さんは, お母さんも, お父さんと, お父さんに, ことであった, ことである, ことでした, ことも, だんなは, どちらかが, どれかに, どれかの, どれを, なかで, ひとの, ひとりだった, ひとりに, ひとりの, ひとを, ほうが, まわりに, まわりには, もの, ものだ, ものも, やうな, やうに, 一つしか, 一つだ, 一つとして, 一つには, 一人と, 一名は, 一度は, 一本が, 一羽が, 主人の, 二つが, 二三の, 二階は, 五人は, 亭主が, 何の, 勝負を, 台所の, 四人は, 大将は, 奥さんは, 女中に, 女房と, 娘に, 子な, 子供を, 家族の, 幾人が, 座員の, 御客さん, 最高の, 様子を, 殿様は, 父さんが, 父は, 爺やが, 編輯長の, 老先生, 若い者, 親分が, 親方が, 親方の, 親父は, 誰か, 誰でも, 財産が, 近所の, 阿母, 鬼瓦が, 鬼瓦は

2 [321件] あひるさんにも, あること, ある人々, ある人間, ある者ら, ある部分, いずれかに, いずれに, いちまい差出人, いろいろな, いろいろの, おかみさん, おぢ, おっか, おっかさんが, おとう, おふくろが, おみくじ, おやじが, お住持, お六, お墓, お婆さんなど, お嬢さんは, お店, お母さんに, お母さんの, お母さんを, お父, お父つぁんに, お父様, お祖母ちやん, お豆, お風呂, かなりの, きわめて少数, くせに, ことさ, ことだった, ご主人, すべての, せいか, せがれは, せがれも, そばに, だか, だれか, だれかの, だれかを, つもりで, どこかにおいて, どちらか, どやつ, どれかは, どれかを, どれに, どれも, なかから, なかは, はどう, ひとは, ひとり, ふたりが, ふたりは, へいの, まわりの, みんなに, むすこの, むすめ, もので, ものです, やつに, よい性質, チンピラは, マーネチカは, 一つかも, 一つだろう, 一つであっ, 一つであろう, 一つでなけれ, 一つな, 一と, 一人かも, 一人たしか, 一人でした, 一人です, 一人でも, 一人でもを, 一人へ, 一人も, 一人や, 一個の, 一冊として, 一冊を, 一匹が, 一匹は, 一匹を, 一商品の, 一巻で, 一本に, 一本の, 一枚は, 一番奥の, 一節に, 一篇である, 一軒だ, 一軒だった, 一軒で, 一部に, 一頭が, 上の, 中だけの, 中です, 中でも, 中央の, 主なる, 主人です, 主人も, 主人を, 主婦に, 事だった, 事で, 事と, 事とて, 二三が, 二三人は, 二三枚を, 二匹が, 二階から, 二階で, 二階に, 二階の, 五人が, 井戸, 井戸は, 伜は, 伯爵は, 体に, 何かが, 何に, 何れかに, 何れに, 何物かが, 何物をも, 先生も, 具合が, 凡ての, 出來事で, 勤人の, 半分は, 南側の, 台所で, 右の, 商売の, 四人が, 四名は, 土蔵に, 坊ちゃんは, 壁に, 多数は, 大多数, 大尻沼が, 夫人に, 女です, 女の子が, 女中は, 女房, 女房なんか, 女房に, 女房を, 女衆, 奴が, 奴らには, 妙な, 妹と, 姉さんが, 娘も, 婆さんも, 嫁さんは, 子でござん, 子と, 子の, 子を, 孰れ, 安雄はな, 客は, 家内が, 家風に, 寂しさ, 寒暖計は, 小ツ, 小供, 少くとも, 局長の, 局長は, 屋根うら, 屋根の, 工場へ, 市三別条なかっ, 師匠が, 師匠と, 師匠は, 年長者の, 幾人かは, 床の間に, 店から, 店に, 店は, 座敷へ, 庭と, 庭とは, 庭には, 庭へ, 庭や, 弟と, 弟の, 役者は, 息子の, 或者, 方だ, 方へは, 方を, 旦那が, 旦那を, 時計が, 書生の, 最も偉大, 最も古い, 最も恐るべき, 最も日, 最も獰猛, 最も美しい, 最も重要, 最大の, 最高で, 會の, 村の, 条件を, 棧橋へ, 森の, 極めて少数, 横に, 正吉だ, 殿様の, 殿様も, 母さんに, 母さんは, 母を, 気の, 池の, 炭は, 父が, 物を, 犬が, 犬は, 猫では, 猿めは, 玄関の, 生活に, 男の, 男衆が, 空気を, 細君に, 細君は, 経済が, 経済の, 老人が, 老妻, 者たちの, 者たちは, 者で, 者です, 者を, 腕白が, 良人も, 芝居の, 若い人たち, 若い方, 若先生, 若干の, 若旦那の, 茄子は, 萩は, 裏が, 裏口を, 親分なら, 親分に, 親方は, 親方も, 親爺は, 親爺も, 誰かと, 誰かは, 誰かれ, 誰とも, 誰も, 誰もが, 誰を, 課の, 賢夫人が, 車は, 近くに, 近くまで, 近所に, 近所にも, 近所は, 連中が, 連中には, 選りに, 酒は, 金の, 門から, 門口に, 阿母さん, 雑誌には, 電話は, 頭だ, 食事に, 食堂で, 餓鬼に, 餓鬼の

1 [2815件 抜粋] あかんぼ, あっさん, あの忠実さ, あやかの, あるひと, ある一家, ある人たち, ある場所, ある日, ある渋谷区, ある種, いいもの, いずれかの, いずれによっても, いちばん大きな, いづれか, うえでも, おかあさんだ, おじいさんほど, おとなしい坊主, おばあさんも, おふたり, おやぢさんなんど, お上さんよ, お呼びで, お嬢さんの, お客か, お寺と, お役宅, お母さんなどは, お母ちゃんに, お父さんなんかは, お父さんを, お祖父さんが, お茶の間, お鍋も, かいべつには, かなりに, かんばんです, くわも, こうろぎ, ことして, ことであっ, ことなど, ことよ, こと私たちの, こな, ごく小さい, したしさ, すぐそば, すなわち傷, せっこう, その夕方, それは, たからもの, たれかは, だれだって, ちかくに, できごと, とおり銃には, とのさま, と同様, どこでも, どちらが, どっちだ, どの種類, ない子, なかへも, なんか, ねこじゃ, はいつも, はひじょうに, は人肥, は御, は貰, ばかうちの, ひきしまる感じ, ひとだって, ひとつを, ひとや, ひとり小膝を, ふきの, ほうで, ほんの一部分, まはり, みなさんが, もあんた, もっとも懐かしい, もっとも遠い, ものたち, ものであっ, ものには, ものみんなは, も一時, やす子駿太郎の, よいの, よくない, を撮った, イリューシャときたら, オホホホを, ガタガタは, コトは, ジノーヴィー・ボリースィチが, チエと, ナンバー, ネコな, パパ一人で, ビルが, フランシーヌ池本さんを, ペトラと, ボビーの, マツは, メリケン人は, ラジオは, ロマーンが, 一つだけが, 一つです, 一つまたは, 一つ二つを, 一つ覆面頭巾だけは, 一万両は, 一人じゃ, 一人ぢや, 一人で御座いました, 一人とは, 一人わけても, 一人即ち, 一人末近, 一例を, 一冊の, 一句だけを, 一回を, 一夜の, 一小隊だった, 一座に, 一断頭台であり, 一日栄さんが, 一枚が, 一歌が, 一番はずれの, 一番奥に, 一番若い, 一章に, 一羽である, 一葉を, 一軒が, 一通へ, 一部分より, 一間から, 一隻が, 一鬼たるを, 七人まで, 三人と, 三名は, 三毛が, 三田さんとは, 三階の, 上等を, 下宿料を, 下部も, 不思議な, 中だけ, 中へは, 中間が, 主人な, 久江が, 九十九否, 事, 事に, 事務所の, 二つヨセフと, 二三人が, 二人と, 二匹は, 二回くらい, 二本が, 云う通り, 井戸水は, 亭主なんか, 人気者で, 今頃が, 代官さま, 仲間達は, 会心の, 伜に, 何かの, 何にあたる, 何パーセントが, 何人よりも, 何十人という, 何本かは, 何等かの, 使節のみが, 倅あ, 健つ, 催しながら, 優勢な, 兄さんの, 兄みたいな, 先生だ, 光る児, 入口の, 六分三毛という, 典型であった, 内玄関か, 冷蔵庫の, 出家を, 出来事です, 分量としては, 前から, 前へ, 力と, 助けの, 勉強部屋で, 北町奉行所から, 十円紙幣を, 半分ね, 卑しさ, 南瓜は, 古いはさみ, 台所が, 吉原揚は, 名文である, 和尚さんの, 商売もん, 喜平次を, 器械で, 四割は, 国家主義者らは, 地面うちへも, 坊ちやま, 垣根に, 墓には, 声とは, 外へ, 夜具を, 大きな部分, 大なる, 大友, 大将だ, 大將, 大部を, 太郎まで, 奥さんの, 女の子五人連れ, 女中と, 女中を, 女優に, 女房であった, 女房や, 奴みたいに, 好き勝手に, 妹は, 姉さんよ, 姐さんだけじゃ, 娘さんが, 娘です, 娘みたいな, 婆さんが, 婆さん以上に, 媼も, 嬶が, 子としては, 子供それから, 子供にも, 子柄, 孫娘が, 宗吾郎の, 客が, 客間の, 家内に, 家畜小屋から, 宿六の, 富美などは, 将平一人が, 小さい子供, 小さな矛盾, 小圓太, 小柄で, 小猫, 少なくとも一羽, 屈竟の, 山といふ, 山笠に, 崋山先生の, 工場を, 希望者は, 師匠をと, 帰途, 年とった, 年配な, 幼時の, 幾人かが, 幾割が, 幾許かは, 床几に, 店や, 座敷の, 庭です, 廊下の, 弟なんぞは, 強健な, 役者ばかり, 待遇は, 御主人, 御新造様と, 御領主様, 心あたりを, 忙しい時, 恐ろしい人物, 悉く震, 情報で, 意志の, 感じかたは, 我慢ならぬ, 戦いじゃ, 所々に, 手紙で, 批評家と, 抱え芸者じゃが, 損にも, 支那弁当とっ, 数名が, 敷地内に, 新聞は, 方です, 日当りわるい, 旦那と, 旦那様からも, 旦那様の, 旧都の, 晃博, 暮しは, 書生さんは, 最もあはれ, 最も優れた, 最も卑近, 最も愚か, 最も無口, 最も粗末, 最も超, 最も順良, 最大いなる, 月光の, 有様を, 木から, 末の, 朱実を, 東六右衛門を, 栄さんが, 桃は, 梅の, 植物の, 楽しみと, 様子聞いちまった, 横琵琶という, 欠点と, 歌曲は, 正月は, 武門人の, 殿さまは, 毀誉褒貶など, 母に, 毛足類ゴカイイトメバチ袋イソメ岩イソメ砂イソメドバミミズシマミミズボッタヒル蝦蟹類車蝦芝蝦赤蝦藻蝦甲殻類の, 気配に, 水車が, 江戸へ, 河堀と, 洋服を, 流行にな, 消息欄に, 深淵に, 清二の, 湯殿と, 漢文的要素, 灯ぬかるみを, 烏賊の, 焼跡へ, 父ちゃんぶっ, 父様は, 爺やとは, 牛蒡の, 特に大きな, 犬の, 猫だつたら, 獸ぞ, 玄関番だ, 理性が, 生きものでも, 生活とは, 用事も, 田圃さ, 男女交際ひいては, 畑を, 番頭を, 疲れが, 百々ちゃんはね, 皮肉屋で, 眉を, 睦しかった, 知者は, 社で, 社会主義といふ, 祖母さんに, 福の神樣がけふ, 程銀と, 空気大変味って, 窓の, 竹沢村の, 第一巻, 第六番, 管が, 精神緊張と, 約一割, 素袷どころか, 細君などは, 細君サリョーヌイ・ミヤーソ, 組頭が, 経済力なんか, 網船で, 編輯長自身ほど, 署長と, 美代さんも, 老巧連が, 者たちに, 者という, 者も, 耳にまで, 胡瓜は, 自動車の, 興味の, 艇長が, 良人は, 花火は, 若いお, 若い義士, 若干は, 苦しさ, 茶園は, 蒲生忠三郎を, 藤江女史きょうは, 蜜蜂の, 表に, 裏山は, 見える一尺, 親たちに, 親分の, 親戚で, 親父, 親爺には, 親類だ, 記事を, 話も, 読書は, 誰かには, 誰でもが, 誰よりも, 諸般にわたり, 財産は, 貴金属を, 賢夫人は, 赤ン坊な, 踊舞台だって, 車です, 近くなら, 返事は, 連中あさって行く, 連中も, 運転手が, 遠い坂, 遺書二通, 部屋部屋の, 都合は, 重なる, 金かんざし, 鉛筆で, 長いの, 長火鉢の, 門まで, 間に, 阿父さん, 隅から, 隣に, 雇人たちも, 離れへ, 電気を, 青年部の, 面利である, 領分との, 顔が, 食で, 飯たきに, 養子に, 首尾が, 馬だ, 騷ぎだらう本, 髪を, 鶏, 麦粉や, 黄蓋だった

▼ うち~ (2732, 4.5%)

12 それを, よかった 11 自分の 9 他の, 誰も 8 まだよかっ, よいが, 私は 7 楽が 6 いいが, どうする, 何か, 何の, 何も, 安心が, 気が, 私の 5 いつもの, これで, まだいい, まだしも, 何にも, 僕は, 黙って

4 [11件] そうで, それが, どんなこと, 人に, 人の, 何を, 彼女は, 自分が, 行くところ, 誰にも, 近所の

3 [25件] いくらか, いろいろの, こ, ここを, そうだった, そこに, そのほう, それは, それも, まだよい, まだ駄目, われわれは, 人間は, 何事も, 外の, 彼の, 忘れて, 死んでも, 水を, 私も, 結構と, 自分で, 非常な, 顔の, 駄目だ

2 [149件] あるだろう, いい, いつか野原の, いつでも, いやだ, おもしろがっ, おれも, お大名, お銭を, かえって何, かの女, ここから, こっちの, この娘, この男, この近く, さすがに, ずっと前, そうし, それで, それでも何事, それほどで, それらの, そんなもの, とても強い, ともかくも, どうした, どこ, どこだ, どこな, どんな事, ないよう, なにかつやめく, なんでも, なんとし, なんの, はなはだ仲, ふかい霧, へて, まずだめ, まだしもよかっ, まだその, まだよ, まだ浮気, みんなが, もとより慌, よい, よく分らなかった, わざとその, グレゴール, ショーバイに, 一つの, 一寸も, 一歩も, 一緒に, 世田谷区の, 主人の, 二人は, 人は, 今の, 仰向けに, 体裁の, 何うし, 何かの, 何だかぽかんとし, 何でも, 何時でも, 俺あ, 俺は, 克明に, 兎に, 全く静, 分らぬもの, 君の, 変な, 外へ, 多少の, 夜に, 夜中に, 好かった, 妻の, 嫁にも, 家に, 家の, 寧ろ病院, 少しは, 庄吉も, 彼が, 彼は, 彼を, 御勉強, 心が, 心配し, 心魂に, 急に, 悪妻では, 我慢し, 料理店だ, 新聞で, 晴れて, 村の, 来ないと, 森として, 森の, 止めそう, 此の, 此処を, 歩いて, 母が, 気を, 氣が, 永遠に, 滅多な, 無い, 煙を, 白菊岩隠れ蔦が, 百日でも, 目を, 相手が, 真に受けなかった, 神話の, 私が, 箸を, 素見の, 組合で, 耳に, 肌の, 自分を, 良妻な, 色々支店長, 苦笑し, 葉子も, 行路の, 表の, 見当が, 誰が, 誰でも, 調子が, 貧乏で, 身体が, 迂濶, 部下の, 里へ, 阿呆や, 陰って, 静かに, 非常に, 飲まないが, 鷹揚な

1 [2148件 抜粋] あああつい, あたしも, あてに, あの人たち, あまり小僧, あまり講義, あります, あるね, あれの, あんなにほか, いいさ, いい給仕, いかに自分, いくら爪立ちし, いささか気丈夫, いつに, いのちを, いや, いらいらし, いろいろ古い, うかつに, うちで, うまくいった, おさめない, おじいさんも, おた, おとうさんと, おばけや, おもに伝道, お互, お兄上, お前を, お気の毒, お神さん, お角, お金は, かなり暗い, かれら, きわめて小さな, こうし, ここが, ここの, こしらえません, このう, このヨハン, この体, この子, この悲しみ, この足, この頃中, これから拘留, こんがらがつて, こんなふう, ごつた返し, させられない, さながら春, しっとり湿っ, しぶしぶつき合っ, し人, じゅうぶんに, すっかりあべこべ, すまないよう, ずっとうまく, せっこう, ぜひも, そういうパッ, そう思いたくなかった, そちたちの, そのひたぶる, そのよう, その儘, その少女, その意識, その水鏡, その着々, その花屋, その計画, それからが, それでもあなた, それでも僅か, それと, それよりも, そんなこと, そんな遠く, たいへんな, たしかに明色, ただはいはい, ただ一つ, ただ空騒ぎ, たった一軒, たとい貴方様, たびたびき, だかに, だれひとり, ちつとも, ちゃんとこうし, ちょっと文字, つめて, できないよ, とおいところ, とても困った, とにかく不在, ともあれ出来た, ともかく精一杯, どうか恁, どうしても眠たく, どうせころがり, どうにもはなはだ困る, どうも他, どうも御酒, どう見, どこじゃ, どこに, どちらが, どれだけ, どんなに喜んだ, どんなに落ちぶれ, ないかな, なお容易, なかなか大きく, なくって, なほ使用せられ, なるほどと, なんともいえない, ぬらぬらし, のんきでした, ばつが, ひとに, ひどく人, ひりひりし, ふだんの, べつに取り立て, ほんとうの, まあ三日, まことに真剣, またごったかえした, またひとしきり, まだかの, まだしも生き甲斐, まだちっと暑い, まだまだめでたい, まだ一人前, まだ半, まだ御用きき制度, まだ死ねなかった, まだ良かっ, まっ暗である, みごとでした, みんないっそう, みんな早寝です, むずかしいうち, めしを, もうこれ, もう暑い, もと銀座の, やしぬ, やつぱり中途で, やはり昔, やや控え目, ようございます, よく, よくガラスペン, よく腹, よしや思い思われまし, ろくで, わからないわ, わざとそれ, わしは, わらの, アスピリンを, ウッカリいう, オリヴィエの, ガタガタふるえ, グッスリ, ザルを, セラダの, テイヤで, トマトが, ノンダクレ酒が, ブラブラする, ポンプを, メニュウは, ンナミコサマに, 一人で, 一向人, 一層たそがれ, 一文も, 一日中人が, 一滴もの, 一軒ずつ, 一面の, 万事なめらかに, 上がるまい, 下がるほど, 不思議にも, 不遇な, 世の中の, 両氏等も, 丸つぶれに, 主婦に, 乳母さんの, 事象の, 二人で, 二度とこ, 云い出し難かっ, 五色揚を, 人が, 人を, 今まで, 今日は, 仕事手に, 仕様が, 伊佐行乞それから, 会うたとて, 佐々の, 何が, 何だか熱中, 何にでも, 何処へも, 何商売だった, 何時吹き出す, 作文の, 信じないと, 修道女らが, 健康者で, 儲け仕事晩に, 元気でした, 充分働かせ, 光風霽月です, 八百屋を, 其様な, 写生という, 凡夫に, 出て, 出入を, 出来るだけ, 分らぬわい, 刑務所ほど, 別に何, 利いたの, 前と, 功名心に, 勉強などよりも, 勘弁罷り相成らぬ, 勝手だろう, 十日に, 千生の, 半七, 博士の, 去り得ぬ心理, 又招待, 叔母さんでも, 受取れない, 古くて, 可哀そうな, 合言葉の, 名状し, 君を, 呆気に, 命が, 商賣, 喉が, 四五十秒から, 困ったよう, 国元へも, 地に, 埒が, 堪忍できなかつた, 変です, 外見には, 夜あまり, 夢と, 大きな西洋館, 大ゴタゴタ, 大丈夫だ, 大事だった, 大変はずかしかっ, 大概の, 大部すいた, 天候も, 太郎と, 女どもに, 女房の, 好く喧嘩, 妄りに, 妾が, 姑息で, 子どもに, 存じませんの, 安宅先生は, 安心できず, 安心な, 宗助にさえ, 実家に, 家を, 宿の, 寝かしませんよ, 實際胴忘れに, 小さいトロッコ, 小姑の, 小泥棒, 少しことば, 少し騒い, 山を, 岩さんで, 島びとがあつまって酒を, 左程, 師に, 帰らないつもり, 帰られないん, 帳場に, 平生の, 幸福な, 広々と, 序ドリこの, 弄っても, 強硬に, 彼も, 彼等が, 待合茶屋とは, 御城下, 御覧の, 徹太郎が, 心配も, 忘れは, 忠左衞門の, 思い出さなかつたけど, 怪しむもの, 恐ろしかと, 息苦しいほどに, 愉しい気, 愚痴話に, 慣れないせい, 我々の, 戸惑うこと, 手出しを, 手當り, 承知しなかった, 折々に, 押すな, 挿画だけにしか, 探偵小説は, 政治に, 敢て, 文部省ユネスコで, 断じて奉行所, 新しい制度, 日が, 日本は, 早く寝, 明智勢が, 昼と, 時化模様で, 晩飯に, 暗緑色, 曹操は, 朝夕二つの, 本の, 本所四ツ目の, 材木問屋といふ, 東京な, 果してそれ, 案外おとなしく, 楚々たる佳人, 構造や, 檀家で, 歇ま, 正勝の, 此処と, 此方から, 歩き, 死なねえもん, 死ぬまで, 死骸を, 殺すと, 毎日の, 毎日話を, 気がかりな, 気のりが, 気も, 気持の, 水道が, 汗の, 決して出, 決して彼女, 決して気, 沢山に, 泣いて, 洞の, 浪人者も, 涼しかった, 清汁が, 温厚で, 満員エノケンの, 滝の, 漠然とそんなふうにのみ, 無事だ, 無茶も, 無闇に, 煮えくりかえるよう, 爪だけ, 片附け, 物静か過ぎ, 狐に, 猛烈に, 珍しいので, 珍らしい, 甚だ狭く, 生命を, 用心し, 申上げる, 町内の, 疎開の, 百姓だ, 皆さんが, 皆一とこで, 皮相な, 相変らず, 眞に, 真暗だ, 着物を, 知りたいけれども, 石垣の, 確言できない, 秀蓮尼は, 私たち朝の, 私共も, 秘帖を, 立ち退かれぬ, 笛こそ, 簡素な, 精神的な, 細川家は, 結構である, 綱吉の, 縁側で, 罪の, 美代の, 耳の, 股野の, 腕力の, 自分にも, 至極すらすらと, 船は, 芝居を, 芸者も, 苦しかった, 草紙の, 落ちついて, 葉子は, 薬屋で, 蝶子さんを, 表を, 要するに駄目, 見るには, 覚えて, 親子だ, 言つてゐた, 記憶の, 話さぬほう, 誰に, 誰ひとり, 諸手を, 豆腐屋か, 貧乏だ, 貴様みた, 賑った, 起りつつ, 身軽に, 辛抱が, 近所で, 退屈だ, 通すこと, 運悪く, 道場へも, 邪魔されん, 都へなどは, 酒屋じゃ, 里に, 野郎ばかり, 金吾様から, 鉱泉宿へ, 開門なら, 陣十郎も, 随分と, 障子が, 隨分好い, 雨でした, 霜柱が, 面会も, 面白く張り合い, 頭が, 風が, 食わず嫌いから, 飯を, 馬鹿にゃ, 駄目ね, 骨董屋じゃ, 高級に, 麹町の

▼ うち~ (2472, 4.1%)

14 呟いた 10 誰か 9 誰が 8 あつた, 何か, 呟きながら 6 つぶやいた, 呟いて, 彼は, 思った, 私の, 私は, 自分の 5 そんなこと, 一番大きい, 一番大切な, 叫んだ, 彼の, 思って, 第一

4 [16件] それを, ひそかに, ほんとうに, カムパネルラと, 働いて, 彼女の, 待って, 御飯を, 思いました, 私が, 綴り方, 繰返して, 自分が, 言った, 誰も, 誰よりも

3 [26件] これは, そのうち, どれが, 一番よく, 三人は, 人の, 他に, 何が, 何を, 僕の, 大きかった, 幾たびも, 彼が, 彼に, 待つて, 後の, 心配し, 最も有力, 最も美しい, 比較し, 繰り返した, 言って, 遊んで, 長塚君の, 非常に, 飯を

2 [118件] あなたの, あるもの, あれ丈が, いいながら, いいましたが, いちばんみじめな, いちばんよい, いちばん強い, いろいろな, うなずいた, お世話し, お酒, お金が, お銀様, くりかえして, ここが, このとき, この人, この瞬間, これこそ, これと, これほど, こんな楽, さへ, それらの, そんな手廻し, たった一人, だれが, つぶやいて, つぶやきながら, どのよう, ねて, ひとり目立っ, ぶつぶつ言い, もっとも彼, もつと, やって, やること, わたしを, ゴットフリートが, 一人は, 一番いい, 一番の, 一番むづかしいといはれる飛翔すらも, 一番偉い, 一番私を, 一番若い, 一番長い, 主人の, 争って, 云った, 云って, 人間が, 今は, 他の, 何の, 別れを, 十分に, 叫びながら, 叫んで, 名誉を, 呟いたつもり, 呟いだ, 呟くよう, 呟やいた, 唯一人の, 唱えて, 唱歌を, 声を, 外へ, 夜も, 女の, 定めた, 実際に, 客を, 尤も不幸, 師匠が, 幾分か, 微吟し, 念仏を, 思うの, 悔いた, 斯んな, 方谷孫という, 暗誦し, 最も偉大, 最も大きな, 最も平穏, 最も怖, 最も悲痛, 最も有名, 最も私, 最も親しい, 最高の, 欲しいもの, 此の, 武蔵は, 毎日の, 泣いて, 父と, 特に注目, 私を, 第一番, 第二, 答えた, 絶叫した, 自分に, 苦笑した, 荒れた航海, 計って, 話を, 誰でも, 酒を, 闘って, 電話を, 静かに, 頭を, 飼って

1 [1960件 抜粋] あかの, あた, あなたが, あの中, あの時, あはあは, あり得たであろう, ある時間, あれだけが, いいわけでは, いけないって, いただくこと, いちばんきれいな, いちばんたのしかっ, いちばんむつかしい, いちばん仙人めい, いちばん大きい, いちばん広い, いちばん悲惨な, いちばん機嫌の, いちばん美しい, いちばん身軽, いちばん風変り, いつか一度じゃ, いつでもという, いづれが, いまは, うなずいて, うらやみました, おかしくて, おしるこ, おそらく最もせん, おどろいた, およそいちばん的確, お前さん一人だけが, お寝り遊ばし, お目にかかったもの, お詫びを, かういふ, かかる喜び, かつて育て, かの地, かれに, かんを, きくこと, きめこんだもの, くり返すの, ぐらつくの, こう叫ばず, こう呟き, こう繰り返し, ここを, ことし二十六歳の, この一座, この事件, この友人, この大切, この峯, この欄, この計画, こまかい計画, これを, ごく短, ごろごろして, さ, させること, さらにシューラ, しかも世界史的, しばしば繰り返された, しゅんかんワーッ, じっと自分, すぐ戒めた, すべての, せうよ, ぜひお, そうひどく, そう呟いた, そう自分自身, そちと, そのこと, その一個, その動的, その夜, その挙, その職業, その返事, それと, そんな不心得者, そんな芸当, ただあなた, ただ一人生き残ってる, ただ少し, たった一つ私, たべそろそろ, たべるよう, だつて煙管, ちゃんと保管, ついに一度, つぶやきました, できでも, とって, どうか弾, どう打開, どちらが, どの船, どんなにさびしく, なぐさめ遂に, なぜこの, なにか, なら申, ねりに, はけつこう, はなはだ不面目, ひたすら祈っ, ひとを, ふたり組みと, ぶつ, ぶつぶつ申し, ほとんど超, ぼくが, また別杯, まだコンラッド, まばたきするの, もうて, もう三十分, もじつかせても, もっともすばらしい, もっともやかましく, もっとも人好き, もっとも優れたる, もっとも女らしい, もっとも巧妙, もっとも意地, もっとも活溌, もっとも精細, もっとも苦しくっ, もっとも顕著, もめて, やったん, やや恥しく, やると, ゆっくり手足, よほど哲学的, わたくしが, わたしは, われわれの, イプセンの, オランダから, クリストフが, コオルマン髭を, サブリと, シーボルトは, ダンフェール広場の, ハラハラと, ピアノの, フロックスの, ブツブツ云っ, ヘリコプターを, ユニークな, ロボットの, 一つ重大な, 一ばんひどい, 一両だけを, 一人洋装を, 一年以上も, 一時半迄, 一番うらなり, 一番であり, 一番丈の, 一番不幸者で, 一番健康で, 一番劣等な, 一番古く, 一番多く, 一番小さい, 一番年長の, 一番復興が, 一番怪しい, 一番悧巧者らしく, 一番敬崇を, 一番日本の, 一番気の, 一番美しい, 一番苦労を, 一番貴い, 一番隅つ, 一番頭に, 一種の, 一篇だけ, 一軒でも, 万歳を, 三十三秒が, 上の, 下役の, 不思議に, 与謝野氏等は, 主人にとって, 乾いた種子, 二匹は, 二度は, 二階から, 云うかと, 五ヵ月半年と, 五銭十銭などといふ, 人たちの, 人柄の, 仆れました, 今に最もよく喧伝, 今も, 今日は, 今生き残っ, 仏さまに, 仕事を, 他人には, 仙人の, 仲間の, 休その, 佐兵衛の, 何だ, 何ほどの, 何事を, 何物かが, 余の, 俊基は, 偽の, 働くの, 優れて, 兄さんの, 全然顧みない, 六人が, 其を, 兼吉と, 円廊側の, 冷笑した, 処によりて, 出来たもの, 刄物を, 判断を, 前から, 劉子だけは, 動かないもの, 十一に, 十吉が, 半分は, 博士は, 友人と, 収録されたい, 口真似し, 叫ぶ, 叫んだ時, 合図を, 同じ通り二丁目, 君たちに, 否定する, 呟いた声, 呟くので, 呶鳴っ, 呼吸を, 唄って, 商売を, 喰べ, 囁いた, 困りますわ, 地の, 堂々と, 夕飯を, 多代子の, 多少なり, 大いに喜ん, 大よそ, 大変を, 天を, 太い息, 奥さん一人だった, 如何に, 嫉, 安さんだけは, 安治川の, 定めて, 室を, 家宅捜索が, 寒冷な, 寝る, 寧子の, 小声に, 小言を, 少憩, 尤惡徳として, 屋根やでも, 山崎に, 岩魚は, 左記の, 干飯粥, 年嵩の, 幾たびと, 幾人さ, 弁解し, 彼らが, 彼女を, 待ったのち, 後醍醐の, 御馳走こしらえ, 徳田秋聲氏を, 心血を, 快い残虐, 思いましたが, 思い込んで, 思つた, 思案し, 怪しんだ, 恨まずに, 悦に入ると, 情況を, 意久地なく, 愚鈍という, 感銘深い, 憐んだ, 我々の, 戦死を, 手の, 扮装の, 拙者が, 拾った, 捜って, 故人を, 敬太郎の, 数日滞在し, 文学者が, 新しい生活, 旅の, 日本弁当を, 昌造だけが, 春琴が, 晩飯を, 暖かいの, 暗に余, 暮らした者, 書初めを, 最も, 最もしいたげられ, 最もひどかっ, 最もよく評價, 最も人, 最も優秀, 最も原始的, 最も多く, 最も奇異, 最も安全, 最も幸福さうだつ, 最も怪奇, 最も愉快, 最も愛嬌, 最も抽象的, 最も有効, 最も殘酷, 最も激しい, 最も甚, 最も社交的, 最も精妙, 最も翻訳, 最も若い, 最も身分, 最も鋭く, 最低限界の, 最大利用を, 月日を, 朝の, 本当にその, 村の, 柄本が, 梅酒を, 極めたこの, 楽しんだのさ, 樹枝を, 歌に, 武蔵の, 死体を, 殊に脹脛, 比較的, 比較的新しい, 比較的連続, 気味の, 氣に, 永遠に, 決めただけ, 沸かした時, 泥棒ぢや, 浅草と, 海洋冒険者に, 済ませて, 漏らされた戯曲論, 漱石氏が, 炬燵の, 然しかなり, 焼サンド, 父を, 物理学で, 特に武勇, 特に食事, 独言ちる, 玄徳は, 珈琲が, 現像を, 瓜, 生き残って, 生活す, 生長する, 画壇的な, 異常な, 疲れ汚, 白いほう, 皮剥の, 相互に, 省作ぐらい, 真に科学, 眼ほど, 知を, 確信を, 祈ったこと, 祈祷の, 神に, 私で, 科學に, 突然どたり, 笑つてゐる, 筑前の, 粗末な, 納豆を, 紡いで, 経済の, 結婚まで, 緑郎さんの, 縫いましたのよ, 繰り返した後, 繰り返すたび, 繰返した, 罵った, 美的淘汰が, 義雄が, 考える, 聞えた, 育まれた親しみ, 自信の, 自分には, 自分一人な, 自由を, 色の, 茶よりも, 華々しくは, 葬送される, 虎が, 血みどろに, 行水を, 袂別を, 西岡に, 見るもの, 覚悟を, 言い古されて, 言う時, 言ひすぎた, 証券によって, 試みてる問, 詫び拝む, 誓って, 誦して, 読んだ兵書, 誰ぞ, 誰を, 調べるよう, 象を, 賢いの, 赤旗を, 身ごもって, 軽蔑し, 返事を, 迷宮に, 遂げて, 過去あるいは, 達磨の, 適当な, 酒など, 重立ったの, 野尻抱影氏が, 長く僕, 関羽の, 集まります, 難有, 青木の, 音声の, 顫いた, 飛行機の, 食事を, 飯炊きの, 飼いましょうよ, 飼われて, 首を, 騒動すれ, 高揚される, 鳴らして, 黒ん坊に

▼ うちには~ (2330, 3.8%)

26 いって 18 何か 10 彼の 9 多くの, 私の 8 それが 6 それを, 一つの 5 一種の, 不思議な, 何らの, 或る, 自分の 4 何等の, 帰って, 必然的存在が, 明らかに, 私が, 種々の, 自然と

3 [24件] あつた, いなかった, いろいろな, いろいろの, お粂, これと, さすがの, アルコールラムプで, 一人の, 二つの, 二人三人の, 人が, 人の, 他に, 他の, 何かの, 何の, 多少の, 少しも, 悲しい以外, 気が, 看護の, 芝居を, 誰も

2 [119件] あった, あらゆるもの, ある様式, いつか間断も, いない, いること, いるであろう, いるの, うちの, お前も, お泊めしない, きっと爆発, きつと, ここを, この熱, これほど, これより, ございませぬが, さまざまな, しかし星, そのこと, その三つ, その妻女, その本性, それと, たしかに可能的存在, ただ精神, だんだんと, どうかする, どうなる, どうにかなるだろう, どこかの, どこにも, どれか, なかった, ほかに, ほろびて, ほんとうの, もちろん或, もちろん私, やがては, わしの, 一人も, 下手人も, 世間の, 人間の, 何かが, 何が, 何とかする, 何とか道, 何等かの, 例の, 偶有性の, 偶然による, 出して, 前に, 前回と, 勿論僕, 千万の, 可分性が, 右の, 土に, 多かれ少かれつねに, 大なる, 女も, 妙に, 妻の, 子供が, 存在が, 小さい物置, 少くとも, 帰京仕るべく, 常に手綱, 幸福と, 幾度も, 彼が, 往々に, 後に, 後の, 必然に, 必然的に, 性質の, 恐れと, 悲しみとも, 我々において, 我々の, 文章が, 新酒の, 日本の, 昔の, 時が, 最後の, 有限な, 有限なる, 木小屋が, 本来の, 次の, 殆ん, 残って, 毎日麥搗く, 決して何等, 涙を, 特殊な, 百合の, 神の, 私に, 私も, 結果の, 自分が, 自分も, 自然に, 自然の, 色々の, 誰か, 身を, 遊びに, 野獣の, 金も, 非常な

1 [1875件 抜粋] あいにくと, あちこちの, あなたが, あなた御, あの女, あの男, あらゆる意志, あらゆる老婆, あるいとも, あるかも, あるりっぱ, ある悲壮, ある静観的, あんまり孝行, いい言葉, いかなる不幸, いかなる虚偽, いかにヘッダ・ガブラー, いくばくの, いつかはしらず, いつの間にかあの, いつも理由, いないで, いぬ, いめえて, いるという, いろいろな愛すべき, いわゆるデリンジャー現象, うなだれがち, ええところ, おけない, おそらく三倍, おとう, おのずからもの, おのずとなりわい, おばァ, おやという, お一人, お大名, お富, お聞き, お高, かかる知覚, かならず楠木勢, かなり雨, かの真っ赤, がたがた鳴らない, きっとあいつ, きっとどこ, きっと家, きっと自分, きっと食べられない, きみなんか, くらましきれない責任感, こういう話, ここへ, このよう, この圧力, この左門洞, この機会, この猫, この訃, こらへ, これが, これを, こんな牢屋暮らし, さつき林が, しかし単に, しなく次, すくだろうすいた時分, すっかり用意, すでに物々しい, すべき, ずいぶんいろんな, ずいぶん様々, ぜったい近, そういうの, そういう誤解, そうしなけれ, そのうち癒, その乗り組める, その前, その好み, その後何かと, その日, その殺害的, その若き, その起原, その頃呼吸器, それで何, それほど惣右衛門父子, それらの, たいがいあの, たけだけしく向う見ず, たしかに自分, ただの, ただ何とも, ただ自分, たまには, だいぶ騙されなくっ, だれ彼の, だんだん忘れ, ちっとは, ちょっとおどろかされました, ついに賊, とうとうエピミーシウス, ときに, とるにも, どうかなっ, どうして自分, どうにも出来ない, どぎもをぬかれてしまいました, どこかへ, どっさり矛盾, どんな敗局, どんな計画, ないと, ないはず, なお希望, なお清浄, なかなかアマゾン, なかなか興味, なにかただ, なにか正造, なるじゃろう, なんという, なんとなくあつかましい, なんの, のんびりした, はいりませんからな, はんぱな天性しか, ひとりくらい, ひりますが, ほとんど人間失格者, ほとんど越, ぼんつく, まず無い, またきっと, また何処, また別れる, また子供, また祝言遊藝, まだこの, まだ子供, まだ用事, まったく底なし, まれに, みんなの, めったに来客, もうはじめ, もう三十, もう沈ん, もう胆沢郡, もっといい, もっともよく受けいれられ, ものの, もはや何ら未刊, もはや現世, やがて炎々, やっと身, やはり胸, よくよく見, わかるだろうよ, わたくしも, わりなく恋しく, ゐないで, イギリスの, エド時代から, ガラ八の, キット崑崙茶を, サント・オーレール嬢や, ツイ其気に, ナポレオンを, ハンカチーフを, フィリップ・オーギュストの, ヘーゲルが, ポチと, メリーの, ロシアとの, 一つ四十スー銀貨が, 一二度宛自分の, 一俵しか, 一年に, 一度も, 一片の, 一緒に, 三十何年前の, 三時間ぐらゐすぐ経つ, 下僚の, 不具なる, 不平も, 不愉快で, 世尊とか, 九州の, 乱雲飛, 二分判一つを, 京都の, 人工に, 人生の, 人類の, 今に清子, 今もっ, 今日は, 仏領も, 代官邸らしい, 伸子の, 何かしら悲壮な, 何ごとかが, 何とか仕官, 何とか親達, 何となしはかなく悲しく, 何らかの不完全性, 何んと, 何度と, 何時の間にやら, 何物も, 依然として美女, 信州の, 俺達の, 健やかな, 偶然か, 僕も, 兄の, 先生と, 入らないの, 入院し, 公私の, 兵法に, 円頂の, 凍るの, 凶夢では, 出て, 分ること, 切られたもの, 前夜の, 前途から, 勤番長屋も, 十七人隣り, 千二百年前の, 千種忠顕足利尊氏新田義貞楠木正成名和長年佐々木道誉らの, 南亜米利加東岸を, 却て, 厳粛に, 又あれ, 又どうにか, 又地球上, 友も, 反ユダヤ主義者ら, 口惜しげな, 古典的な, 右衛門の, 同じくごく少しの, 同情から, 名状し, 君が, 周囲の, 唯一の, 善と, 嘗てこの, 四囲の, 図案以上な, 土岐, 地獄においても, 垂直な, 基礎付けられ, 夕日の, 多分の, 多少例外, 多鶴子と, 夢見るよう, 大きな木鉢, 大学の, 大衆という, 天下を, 天象風向き気温晴雨など, 夫婦として, 女は, 女中等の, 如何に, 妻も, 始終宿っ, 婆やと, 子どもも, 子供も, 学識は, 完稿として, 定めて, 実は控除, 宮方勝つ, 容易ならぬ, 富貴の, 寵童も, 将士や, 小歇, 少し甘く, 少佐が, 居ない, 山へも, 屹度戻っ, 岐阜帰着後も, 己も, 帰るでしょう, 常に不幸, 常に必ずしも劇団, 常人さへ, 平静に, 幸福を, 幾分性格, 広大なる, 庭葢へ, 強健な, 当然の, 影も, 彼女に, 彼船は, 後期の, 御当家, 御病人, 心細い気, 必ずや貴方, 必ず名門, 必ず彼, 必ず自分, 必要の, 怖らしい, 思わぬ拾いもの, 恋と, 恐ろしい胸騒ぎ, 恐怖などを, 息の, 悲しみも, 悲運に, 意志が, 愛国主義の, 感覺する, 慈父の, 懐中電灯の, 我家が, 戦争が, 所々へ, 投げ出されたまま, 掘りさげ掘り下げて, 故信長, 敦盛の, 数条の, 新しく蝋燭, 新国劇の, 斷然と, 既に舞台, 日本では, 日限が, 明教館以外で, 星が, 時による, 時雨も, 普遍的でなく, 暗いよう, 暗黒なる, 更に新しく, 最も強い, 有名なる, 木の, 本來, 本質的な, 東儀殿も, 柔ぐだろう, 案外な, 極めて稀, 樹の, 次第に移り, 正規の, 武器を, 歴然たる殺気, 死ぬかも, 殺害的な, 毀誉褒貶とか, 気の毒に, 氣の, 江戸で, 決して無い, 沙汰止みと, 洋服の, 海の, 消えやすく, 深い喜悦, 清十郎の, 温くなります, 湯殿が, 激しい敵愾心, 無いん, 無数に, 無論人間, 熱く燃え, 父の, 牛乳瓶が, 特殊的な, 狸の, 猶老いたる, 獸性より, 瓊子の, 生に対して, 生涯の, 男に, 男子が, 町内の, 異常な, 病気で, 痛烈なる, 白に, 皆から, 盛り返すおら, 直次さえ, 相当見識, 真夜中に, 眼に, 着くだらう, 矛盾が, 知的で, 破産する, 確かに, 神をも, 秀吉も, 私一人だ, 科学者の, 種々な, 窺いがたい深い, 立派に, 笑声も, 糸類は, 終始頭, 絶えず窈, 緑色を, 織田家の, 美しい人, 耶蘇教徒が, 肉食的な, 胸やや, 腕力の, 自分にとって, 自制とか, 自然が, 自然気色を, 自縄自縛する, 船が, 色いろ面白く, 芸妓の, 若しもその, 英艦が, 落ちて, 薄傷, 藩で, 蜀軍の, 行われそう, 複雑な, 見えなかつた, 見つけます, 見得易から, 解決され, 言い知れぬ曙, 言語と, 認めること, 誰からでも, 調度も, 謂わば, 財産を, 貸す方, 贋物も, 越後屋の, 踊り尽くせまいと, 身体中じめじめ, 近いうち, 返事を, 逃げる機会, 進撃の, 運命の, 道也先生を, 違いございません, 遥かに, 酒は, 里子は, 野々宮さんと, 金吾に, 金銭も, 鉄砲とは, 鏡に, 門番も, 阿母さん, 階級なり, 随分憤慨, 雨が, 雷が, 霰弾の, 面白くなっ, 音色が, 頭上を, 願いも, 飛騨の, 香料が, 髪の, 麦も

▼ うちから~ (1460, 2.4%)

16 起きて 7 自分の 6 私が 5 私は 4 彼は, 次の, 諦めて 3 して, 一人が, 例の, 出て, 家を, 私の, 起き出して

2 [65件] いくつかを, いつもの, お辰, かくれて, ここに, ここへ, すぐに, その人, た, だが, であった, である, どれほど春, もうすでに感激, もって, よく存じ, ガラッ八, クスクスと, パラオ料理を, 一人の, 一条の, 一種の, 主人の, 仕事に, 出かけるの, 声が, 外の, 女と, 妙に, 妹は, 子守を, 客の, 家計簿の, 尊敬される, 山の, 店二階に, 心に, 心掛けて, 忍び込んで, 戸を, 探り出すこと, 新聞を, 日本在来の, 曇って, 来て, 東京に, 気が, 水も, 物を, 狸囃子が, 神田日本橋のを, 考えて, 育てて, 育てられました, 自分を, 若い人, 草むらに, 落付い, 見物人が, 詰めかけて, 誰か, 追い出して, 選んで, 鈴木に, 飛んで

1 [1263件 抜粋] あったよう, あなたが, あなた様こそ, あの毛布, あまり知られ, いきなり寢床, いくら尻, いつもそんな, いつ暴動, いよいよ, いろいろ自分, うちからと, おきだして, おのれの, お互いに, お友だち, お嫁, お松の, お目ざめ, お銀様, かねてお, きいて, きわめて乏しい, きわめて興味, こう言った, ここと, こっちへ, このどじょう, この埋, この有様, この聖ヤコボ喜左衛門, これこそ, これと, こればっかりは, こんな騒ぎ, さう思つて, さらに数十人, さらに長い, すでにそうだった, すでに大人, すでに曹軍, すばやく一艘, すみやかに, せめてもの, そう云う, そこらに, そっと持ち出し, その一つ, その任, その子, その手がかり, その気持, その男, その艱苦, その鋭い, それの, それも, そんな声, ぞくぞく所領, たが, ただ一人, たったひと組, ちょいちょい逢っ, ちらちらと, つらだましい, できるだけ多く, とうに明石, とつぜん小, とりあげられて, どこでも, なかば伝説に, なぜただ一人, ならそう, ねつとりと, はしゃぎまわった, はじるの, はや彼輩, ひとり抜け, ひどい工面, ひゅうひゅうとからッ風, へえお土産, ほかの, ほとんど人, ぽつぽつ運ん, また, まだ夏, みな飛び出し, みんな巡査の, むぐりこんで取つ, もうお, もうすこしでまとまる, もうグンニャリ, もう加寿子たち, もう懐かし, もう来訪者, もう議論, もしユリ, ものを, やはり優れた, よくわかっ, よく知っ, よく頭, らしい, わざと物々し, わずか二名, われを, クスクスわらう, グラつきだす, サッと懐中電灯, スエコと, ダウデンの, トラに, ナライソ及び, ピアノが, ホトトギス発行所に, ミユンヘンの, ヨハンネスは, 一キロほど, 一ヶ月の, 一人で, 一具の, 一冊を, 一団の, 一小冊を, 一度だ, 一本だけを, 一朱じゃァ, 一武者が, 一生懸命逃げ道を, 一瞥を, 一箇の, 一軒も, 一面の, 七条醒ヶ井の, 三人の, 上甲板に, 下し切つたら定めし, 不遠慮, 世間から, 中村福助片岡我当, 主君の, 九人を, 二三本飲ん, 二三百両不足し, 二人きりで, 二人の, 二十五銭の, 二十名足らず京都に, 云って, 五十両だけを, 五圓札二枚を, 亭主の, 人に, 人を, 今井は, 仕事場に, 仕掛けて, 仲よく暮し, 任意に, 伝わって, 伸び上がって, 体で, 何か, 何で庭, 何を, 余りに多く, 使途不明の, 価値尺度財として, 倫理の, 僅かに, 働く, 元県知事, 兄弟は, 先生の, 入って, 全国の, 八両とかを, 八五郎は, 六七匹だけが, 再創造, 処女作として, 出させて, 出す郵便物, 出た意見, 出向いて, 出掛けて, 出発する, 刀を, 分るもん, 別れ別れに, 到来物の, 前の, 創造すべきである, 労働者として, 勝手な, 勢よく, 十五六の, 十余金さい, 十数人が, 半丁ばかりの, 半町ばかり, 単行本に, 卯木の, 原士らしい, 参つて来る, 反対に, 古いの, 同じ年ごろ, 名指された千秋加賀守季忠, 向う川岸, 否定し去らう, 呂宋兵衛と, 呼びました, 呼び起すの, 哀願し, 善く馴らされ, 噂される, 四人は, 団子を, 国へ, 埋葬の, 堅く口止め, 士卒に, 声を, 外へ, 多勢の, 夜中の, 夜半までの, 夢心地に, 大きな作者, 大分ろれつが, 大層な, 大急ぎで, 大鳥氏と, 天使と, 天秤に, 奪い取る, 女にかけては, 女中達は, 妙なる, 姓名を, 娘の, 子でも, 孔融が, 孝助は, 宗教嫌いで, 宮子は, 家康の, 家老は, 密かに, 寝床に, 寝床を, 寢込ん, 将校らしいきれる, 小粒一枚を, 少しづつ配, 居りやすから, 屋根で, 山荘に, 差引き七十銭五厘, 帰って, 帰省し, 常に生活そのもの, 年々徴農する, 幾つかを, 幾何かを, 広い日本, 床へ, 度々した, 廊下敷居を, 引き出しに, 引越しさわぎ, 強盗が, 当代無双と, 彼の, 彼等は, 往来へ, 徐々に茶臼山, 得たの, 御用聞が, 御酒を, 心は, 心張棒を, 心配を, 必ず怒るべき, 快活を, 怒鳴って, 思い出すまま, 思ひがけ, 怪しい光, 息子の, 悩んで, 感づいて, 懇意な, 戒律を, 或る, 戸外の, 扉の, 手紙は, 手頃な, 抒情感や, 抱いて, 拾ひ出し, 持参の, 捨松という, 探すと, 撰り出されなけれ, 救け出して, 教室に, 敵に, 斬られた様子, 新しい生活, 新主人半蔵, 日まで, 日本橋の, 早速もうこんな, 明神下の, 時々ここ, 暇を, 暮しの, 更けるまで, 曹操は, 最もすぐれた, 最も優秀, 最も才幹, 最早あの, 最近最も, 月給を, 木枯らしが, 本所の, 村はずれの, 来た, 松夫は, 林檎が, 柿一つ取っ, 根気よく, 楽しみで, 楽団を, 歌や, 武蔵自身も, 死者大屋右近乾万兵衛小松数馬里村狂蔵の, 残酷に, 母家の, 毎晩先生の, 民衆の, 気に, 気転を, 江戸へ, 汲みとること, 決って, 沼の辺に, 法名を, 流れ出して, 消えて, 消し飛ばして, 淋しいもの, 深い意義, 満堂立錐の, 潮の, 炬の, 無念そうな, 焼香が, 熊谷を, 父の, 物も, 物色しとる, 特に日本人, 特殊な, 独身で, 獄門の, 珍しい人出, 現代精神を, 生れたよう, 生れるもの, 用意した, 申してを, 町が, 町へ, 留守な, 異論が, 発せられるの, 白土を, 百圓だけ, 皆んな知つてゐる, 目が, 目玉と, 相当に, 眞珠色の, 真の, 真珠塔を, 眺められた, 着物を, 睫毛に, 知り抜いて, 神の, 私ら父子も, 程なく暁, 空模様が, 突然こう答え, 竹矢来を, 笛が, 糧秣や, 紅の, 綺麗に, 義眼を, 羽搏き, 老人が, 考えられて, 聞いて, 聟の, 肌身離さず持っ, 育てたんで, 胴から, 能勢を, 自分が, 自分でも, 自選した, 良子の, 若い世代, 若松屋の, 苦労し, 苦念し, 落着か, 葉の, 蕭々と, 藁うつくらしの, 蝿は, 行きなれたたった一人ぼっち, 表現形式を, 裏門の, 褞袍を, 要求した, 見えられて, 見たの, 見慣れて, 親しく剣戟, 親爺に, 訊かれた, 話しても, 誦すとも, 誰にも, 諸藩, 證文を, 貪り味わった, 賭博を, 走り出して, 起きるの, 起き出るのに, 起ったの, 起って, 踊りの, 身ぶるいが, 身支度を, 躾けという, 轉げ廻る, 農村へ, 送って, 逃げだして, 透かして, 通って, 造り出されねば, 進めるだけ, 過労で, 遠く深く主観, 選び挙げた豪傑たち, 選り出すの, 選抜する, 郭へ, 酒倉へ, 野へ, 野営に, 釣竿を, 鎌倉の, 長く一緒, 関の, 降りだしたそしてまた, 除外できる, 隙も, 雄たけびが, 雨戸を, 雷火が, 電話で, 静かな湿んだ, 面白い場面, 響き出しました, 預けた雛, 顔が, 顔馴染の, 飛び起きて, 飯を, 養成する, 首領株の, 馴染では, 駅の, 騒ぎだして, 高いところ, 魔術の, 鳥が, 麥を, 黙って

▼ うちにも~ (1207, 2.0%)

7 一種の, 妙に, 彼は, 船は 5 どこか, 何か, 何んと, 彼の

3 [11件] それが, 一つの, 人を, 何処か, 僕には, 幾分か, 曹操の, 神の, 私の, 私は, 自分は

2 [54件] ある, あるの, いちどお目にかかれましょう, おおよその, お玉さんは, お絹, かなりの, ここへ, この, これが, これほど, その或る, その時, どうやら間近, ふいと, ほっとした, 一歩も, 今は, 伝わって, 何かしら一脈の, 何となく金持, 何にか, 何人か, 作用する, 偉大な, 同じ完全性, 含まれること, 夜る, 女は, 寺尾の, 平次は, 幾人かを, 彼らは, 彼女の, 彼女は, 後から, 数へる, 新らしい, 昔の, 時計の, 欠点を, 死の, 毅然として, 水は, 法水は, 烈しい風, 町の, 紫玉は, 習慣が, 肌を, 自分が, 見出される自然的, 誰一人特に, 諦め兼ねた愁悶

1 [1018件 抜粋] ああいう, あきらかな, あたりは, あなたが, あの十一文, あの男, あふれ者が, あらわれて, あると, あるといふ, あるひそか, ある喜ばしい, ある漢王, ある親切, あんまり多く, いい折, いかに長, いちど味わっ, いつまた, いつもの, いつ伝染, いまは, いやおう, いる多く, いろいろの, いわゆるプレイ・ゴーアー, うすっぺらな, うつらうつらと, うッ, おいでじゃな, おごそかであり, おなじよう, おのずから善, おのづか, おろおろ声, お前を, お大尽, お染, お民, お菓子や, お雪, お雪ちゃんも, かごかきの, かつて五, かねて明智衆, かれ自身, くっきりと, くれなァ, こ, ここと, こちょうの, ことに鉄砲, この一家, この劫火, この大衆, この男, この辺, これは, これらの, これ丈けは, こんなひと, ごろりとした, さすがに, さっぱり様子, しきりに主人, しだいに時, しなびた眼, しらずしらず固陋, じりじりと, すこしずつ, するどいおこ, そういうふう, そういう讃美, そうも, そこへ, そのうわさ, そのひど, その反映, その外部, その尼さん, その後は, その時代, その為人, その目, その諸, そりも, それを, そんなこと, ただ一点, たのもしい気, だんだんしつかりし, ちょくちょく遊び, つかって, できる限り, ともすると真暗, どういうもの, どうも坊ちゃん, どうやら事, どこから, どことなくさびし, どことなく毅然, どことも, どつて, どんなひどい, ない, ないだろうと, なおあれ, なお何となく, なお暴風, なお活動, なお美や, なだれを, なにかもっと彼等, ならぬらしき口吻, はたらいては, ぱらぱら落ち, ひとしく何, ひとり坂東者が, ひらめいて, ほかの, ほつかりと, ほぼ本性, ぽつぽつ帰り, まぎれる事, ますます彼, またいつか島内, またとない一日, また乱世, また存外, また展覧会, また濃淡, また飛行機, まだ世, まだ嬉しい, みんなで, もうそこら, もがきもがきして, もし怪塔王, やっと談笑, やはりいつもに, やはりはつきり, やはり考える, やや焦躁, よい侍, よく見る, よろこびました, わからずその, エイと, ガラツ八は, コッテリした, サッと濡れた, セメントは, チラリチラリと, ハキハキと, ファンティーヌは, ペガッサスを, ボロイ銭が, 一つ一つ違いが, 一人のが, 一匹おります, 一年の, 一度会が, 一度訪ね, 一昨々年までは, 一枚看板で, 一片の, 一筋や, 七八匹の, 三丁は, 三人は, 上方へ, 下されて, 下地が, 不安定な, 不確かなる, 不謹愼, 世界の, 並ぶもの, 主君の, 久助さんなんぞに, 事変以来復活の, 五歳に, 人物が, 人造島は, 人間らしい創造, 今にそこ, 今度自分が, 今日の, 仏心の, 以前の, 仲好しの, 伊代の, 似たの, 何かしら余りに, 何しろ昨夜, 何となくお, 何となく仕込み, 何となく商機, 何とはなし, 何もかも白状, 何やら脅, 何んとは, 何十種と, 何遍でも, 余計に, 例の, 信秀の, 偉大なる, 僅かな, 兄の, 光って, 光輝燦然たる, 入らないもの, 入れたいよう, 入れて, 入れない乞食, 全力的な, 全身が, 八方からは, 兼吉は, 内容として, 冷たくなっ, 凛とし, 凜然と, 出かけたり, 刃物らしい, 初対面から, 力が, 助かる希望, 勝子は, 包み切れない品位, 化物の, 十分窺えます, 博士は, 取り食って, 古い小さい時分, 可なり, 同じく一般的, 名のみ, 告げ知らせたいと, 呼び戻された斥候隊, 和島丸の, 哲学は, 嘆息も, 国内においては, 国家に, 在るよう, 堅吉が, 壓し付けられる, 夕靄が, 多分な, 多少は, 多数の, 大いにこれ, 大分さう, 大地主さん, 大抵の, 天保安政生れの, 太政大臣公經とか, 夫が, 夫人は, 女, 女房をも, 妖しく歡喜, 始終何, 姫君は, 子分の, 存在しない, 安堵の, 家も, 容易に, 察しられるよう, 小さな魂, 小浜兵曹長は, 少しきまり, 少ない人材, 少年は, 屋敷方には, 山王権現の, 島が, 左手は, 巨船は, 市兵衛の, 帝大, 常に心, 常に閑却, 平作の, 平和な, 平馬の, 幾つかの, 幾分の, 幾度しか, 底に, 店へ, 弓の, 弟を, 強力であった, 彼個人の, 彼女には, 往々その, 徐徐に遅い, 御米, 心が, 必ずやかわいそう, 忘れようと, 怒りは, 急いで, 怪しき御, 恋人同志と, 恩に, 悲しくあはれ, 情には, 想像し, 愛兒を, 愛嬌の, 感情ほど, 慰めるところ, 我を, 或る, 手の, 抉るよう, 折々見た, 拙劣な, 捜査を, 握りしめて, 擬古的表現を, 放火を, 敢然指揮, 敵を, 數, 文学的に, 新しい道, 新野へ, 日数は, 旧政体時代, 早く早くお, 春の, 春意を, 時々わざと立ち止まっ, 時々辻, 時と, 時時信じる, 普通の, 景は, 暖國の, 書窓の, 最も勢力, 最初に, 本の, 東京では, 東京側に対して, 栂尾上人の, 桃の, 梅を, 植疱瘡を, 楽しいの, 機会が, 次第に問題, 止めども, 此の, 武士は, 武州の, 歴訪した, 死ぬか, 死んだお, 残存し, 殺気あらたに, 毎年お, 民衆の, 気骨の, 水かさは, 氷原の, 汚れたる行, 決して平和, 沢山ある, 注意する, 流石に, 涙が, 淋しい生活, 深夜の, 渡河戦を, 湖底に, 源七の, 滅多にこんな, 演奏会の, 潜んで, 濃い緑, 烈しい憤り, 焔が, 無事に, 無用な, 無限に, 然るべき音曲, 爆発し, 物の, 犬は, 独自の, 玄関風呂場は, 甚だしい厳粛, 生きてるの, 町子の, 異様の, 異種の, 疼きだした, 病苦の, 白日の, 目の玉の, 相当の, 真の, 眼を, 矢代は, 石舟斎は, 礫の, 社会的境遇と, 神主様の, 神經が, 私が, 私はた, 移って, 窺は, 立込みまして, 竜之, 第一流, 粧飾語を, 純情家らしい, 細やかに, 絶えること, 総評議, 縱横に, 置いたので, 美が, 群衆の, 老主人, 聡明さが, 職業的冷静さを, 腋の下に, 自ら趣向も, 自分の, 自然に, 臭気は, 舊い島新しい, 色々の, 花洩る, 若い娘, 苦しさ, 苦悶の, 茅葺きの, 荒れて, 菊乃さんが, 葉子は, 薄ボンヤリ, 處刑が, 血の, 表情の, 西陽の, 見えまた, 見えるい, 見出しました, 見出すの, 話して, 話を, 誠は, 誰か, 諏訪飛騨守とか, 諸大名, 豊田郷へ, 貨物船か, 賑やかでうちとけた, 趣味を, 身仕度を, 近代的思潮の, 迫りきたったるは, 追って, 追放する, 逃げ出す, 道庵を, 遠くに, 遠大な, 部落の, 酸素は, 金貨が, 鉄砲や, 長持の, 阿二羅教, 降るで, 随分不朽, 隠し切れない物悲しい, 青く脹れ, 非我と, 頭を, 顫いつき, 飛びついて, 首かしげ, 馬騰, 馬鹿の, 騒ぎを, 高い叫び, 高声念仏, 魚籃観音という, 鶴御成は

▼ うち~ (1099, 1.8%)

71 帰って 21 来て 18 遊びに 17 連れて 16 入って 15 行って 14 帰りました 13 帰ると 12 行く 11 持って 8 はいって 7 かえると, つれて, 帰るの 6 逃げこんで 5 おいで, 來て, 入った, 帰っても, 帰りましたが, 身を

4 [13件] かえりました, かえるの, きて, もつれて, 入れて, 帰った, 帰ったの, 帰ったよう, 帰ること, 帰ろう, 戻って, 歸る, 連れられて

3 [19件] いって, いらし, お帰りなさい, かえったの, とんで, はいった, やって来ました, 出入りを, 寄って, 帰ってから, 帰らないと, 帰る, 来たとき, 来てから, 来ないか, 泊りに, 行きました, 足を, 隠れて

2 [51件] あそびに, おはいり, お帰り, かえって, かえっても, かえって来ました, かえれば, かくれた, かくれて, かけて, かたつむりが, かついで, ご案内, だて, びっこをひいて来ました, もって, もどって, やって, やってきました, やって来て, よこして, 伴れ, 來る, 出かけて, 分解され, 呼んで, 帰らなければ, 帰るよ, 帰る様, 帰ろうと, 引いて, 持つて, 来ても, 案内し, 歸つた, 泊って, 泊めて, 消えて, 無断で, 申し願いすべし, 行き食事, 行くの, 行ったり, 訪ねて, 走りました, 近づいて, 送って, 送り込むと, 這入って, 電話を, 駆けつけて

1 [615件 抜粋] あげたらそのまま, あずけて, あてて, いきましょう, いこう, いそいで, いそぎました, いつて, いのうや, いらした, いらしてから, いらっしゃいと, いらっしゃいな, いらっしゃいね, いらっしゃって, いらっしゃらずに, いらっしゃりたい由, いらっしゃる度毎, いらつし, うすれて, おいて, おいでよ, おかえしに, おかえりでっか, おくの, おくりとどけて, おじゃまする, おつれ, おとどまりに, おはいりくださっ, おみやげに, およこし, およびしたとき, おれを, お入れくださらない, お出かけに, お出でよ, お客に, お寄り, お寄り下, お帰りなされ, お歸, お泊りる, お着き, お絹, お袖, お送りいたしましょう, お送りいたしませう, お逃げ, お連れ, かえったところが, かえってひとこと, かえってむす, かえってシャベル, かえって両親, かえって夕刊, かえって嫌, かえって来た, かえって来ちまっ, かえって見たら, かえり, かえりお, かえりかけました, かえりたいの, かえりなよ, かえりましたやっぱり, かえりましょう, かえる, かえる方角, かえる途中, かえる道, かえれて, かえれるん, かえれれば, かえろうと, かくさせ美しく, かくすと, かぐわしく匂っ, かけこみました, かけこんで, かけもどって, かなりな, かるたを, きのうから, くくりつけた, くること, くると, くるとちゅう, けいて, こう呼び立てた, こう呼ん, こして, このくらい, これも, ごちそうを, ご招待, さまよ, しのびこみその, しのびこむなんて, しのびこむの, しのびこんで, しばしば出入り, しよつちう来てる石屋さん, すうと, すすんで, ずかずかはいっ, そういう人, その後の, たずねて, つきますと, つく, つなぎきり, つぶさに密告, つれかえりおとうさん, つれられて, とどけて, なだれこんだ, なだれこんで, なだれ込んで, なにも, のこして, のりこみみんな, のりこんだの, はいったという, はいりこむの, はいりたがい, はいりなさいって, はいりました, はいり込んで, はいるん, はいれなかったん, はいろう, はいろうと, ひきあげさせたが, ひきかえさせた, ひくと, ひとが, ひろ子の, まい戻り, まわった, まわって, まんまと乗りこむ, みんなの, むだんで, もぐり込むの, もつて, もどったが, もどる勇気, もどろうかと, やって来たこと, やらしてよ, よくあそび, よく遊び, よこしなさい, よこすこと, よらなければ, よること, わしが, わしら母子も, ヤス子さんも, 一つずつ, 一寸よって, 一斉に, 一遍帰っ, 三児を, 下宿する, 下男に, 世阿弥の, 予報され, 五万円を, 今自分自身が, 仕事てつだい, 住みこんだとき, 何し, 何を, 來た, 來ちや放つ, 來ては, 信長は, 借金の, 先へ, 入るなり, 入るばかりか, 入れたん, 入れては, 入れること, 入れるの, 入座させる, 共に埋けた, 兵を, 出かけた, 出かけたの, 出かけようか, 出入りし, 出前で, 出掛けて, 刀を, 初めて遊び, 刻の, 力なく, 加えおけとの, 加えぬ, 加わること, 参りましたが, 反物を, 取りこめて, 合わせた, 吸いこまれるよう, 吸いこむよう, 吸い込ませた二十五歳, 味方の, 呶鳴った, 呼ばれた昔, 四ツン, 四家の, 埋めたに, 売って, 大磯の, 奉公した, 奔る, 始めて, 姿を, 嫁し, 子どもを, 安着, 宛てた手紙, 宿りに, 寄せられね, 寄つて行く, 寄んな, 射込んだ, 尋ね入る憧憬, 小走りに, 屏風囲いに, 帰える, 帰ったが, 帰ったこと, 帰ったほう, 帰ったまま, 帰ったらおとうさん, 帰ったらお嬢さん, 帰ったらかばん, 帰ったら見て, 帰ったら親父, 帰った夜, 帰った夢, 帰ってからも, 帰ってね, 帰つた, 帰つてからも, 帰つてみなに, 帰つて叱られる, 帰つて現像し, 帰らして, 帰らせて, 帰らなかった, 帰らなかったよう, 帰らなくちゃ, 帰りたいとばかり, 帰りたいわ, 帰りたがっただ, 帰りたくないの, 帰りたくなった, 帰りたくなったもの, 帰りたくは, 帰りついて, 帰りつきたくなった, 帰りとう御座います, 帰りますと, 帰りますの, 帰りませんよ, 帰るきがい, 帰るだから, 帰るだよ, 帰るという, 帰るとき, 帰るとして, 帰るのに, 帰るよう, 帰るわ, 帰るん, 帰る途中, 帰る道, 帰れて, 帰れない, 帰れないわ, 帰れなくなるかも, 帰れなくなるの, 帰れば, 帰れようか, 帰れるし, 帰ろうにも, 引きあげて, 引き上げて, 引き入れました, 引き入れられねば, 引く, 引取って, 引込まずには, 当然史的唯物論, 彼を, 御客, 御這入んなさる, 忍び入る, 忍び込んで, 忍込んだ, 応えますで, 息も, 或はその, 戻らねば, 戻られました, 戻れと, 手を, 打ち込むの, 打った電報, 打って, 投げ捨てろ, 抱え入れた, 抱え入れたい, 押しこめられた, 押し入って, 押入って, 招き返し沖すき, 招待した, 挿し込んだ船頭, 探りを, 掻き消えた, 数えられたと, 数えられるの, 斬って, 斯う, 早く帰っ, 曳きこむには, 朝夕出入し, 来い, 来た, 来たこの, 来たの, 来たん, 来た小, 来た方, 来た時洗, 来ないで, 来ない罰, 来なさい, 来なさいましたから, 来るかい, 来ること, 来るだろう, 来ると, 来る云わんと, 来る女, 来る客, 来る若旦那たち, 来合わせて, 案内しました, 案内しよう, 案内も, 極めて平民的, 正面を, 武術を, 歸つたら, 歸つてからも, 歸つて下さらない, 歸つて來る, 歸つて百姓する, 歸らう, 歸れねえ, 毎日来る, 氾濫せしめる, 沈んで, 泊った事, 泊つた一分始終を, 泊ると, 泥棒が, 泥棒位には, 注ぎ入れる傍系工事, 泰子の, 流すかの, 流れこんで, 消えた, 滲透し, 炭が, 無理に, 煖房だ, 父親を, 物を, 物干しの, 物申せ, 珍しや, 白米を, 相談でも, 相談に, 着きますと, 知らせるため, 知れたら困るとお, 私を, 移し入れたもの, 突進した, 籠って, 米や, 約束し, 置いたならば, 置いといて, 置く代わり, 聞きに, 自分も, 若侍たち, 茶の, 落したよう, 葉書を, 蜂蜜を, 行かう, 行かないか, 行きのむのむ, 行きハムエグス・ハンバクステーキ等食, 行き松竹少女歌劇, 行くぞ, 行くと, 行くに, 行くよう, 行く約束, 行けば, 行こうと, 行ったって, 行ったん, 行つたら, 行つてお父さんを, 行つてまた, 行つて來いと, 行つて來る, 行つて呉れ, 行つて火を, 行幸に, 衝いて, 見えたとき, 訊ねて, 話しに, 話なんか, 誘い込むの, 誘って, 誘ない, 諸陣地, 豚の, 貰ひ, 走って, 走りこんだ, 跟け, 跳び下りる, 踏み込むと, 蹴こむつもり, 転げ込んで, 迎え入れた, 迎え入れて, 近づくと, 返したの, 退がって, 送りこんだ, 送別に, 逃げこんだ, 逆なだれ, 這入った, 這入ったんで, 這入った以上, 這入りましたな, 通う事, 通って, 通學する, 連れ帰るよう, 連中と, 運びました, 運んだ, 遷したてまつれ, 金を, 閉じこめた, 陣借りし, 隠し終ると, 隠れ去って, 電話かけたら, 電話し, 電話したら, 頂上へ, 頼みます, 顔を, 飛びこんだ, 飛び込んで, 飛んでけ, 飛翔し, 飲みに, 馬を, 駆けこんだ, 駆けこんで, 駆けつけました, 駆け込んだ, 駈けこんだ, 駈け入ります, 駈け入り斬ッ, 駈け込んだ, 駒を, 黄金豹の

▼ うち~ (639, 1.0%)

32 して 21 した 13 出て 9 くらぶれ 5 鳴らして 4 しました, たずねました, どる, 探して, 知って 3 しながら, するつもり, すると, たずねて, ねらって, もって, やって, 出た時, 訪ねて

2 [37件] あけて, あちらこちらと, あても, うづかせられる, きちんと片, くったよう, さがしたが, したこと, するの, べつだん何, 内省する, 出た, 出てから, 出ました, 出ると, 出る時, 割いて, 唯二枚つかみし, 察して, 思うと, 抜け出して, 持って, 持つこと, 指さした, 捜して, 教えて, 散歩する, 案内し, 歩いて, 歩き廻ること, 空を, 見て, 見廻しました, 見透されまいと, 覗いた, 較ぶれ, 逃げ出して

1 [438件] あけずに, あけた亭主, あけてるつて, あけなきや, あけると, あける事, あちこちと, あちらこちら歩きまわっ, あらためること, いい当てられて, いくつも, いたしました, いって, うか, うかがい見よ, うかがった, うかがって, うけた, うす紅梅色, うち明けたがった, えつちら, おさえかねながらも, お焼き, お見舞い, お角さん, かき分けて, かき回して, かけたの, かけだして, かたわらから, きめて, きめるもの, くいおいて, くって, くらって, くらわせるよう, くわせました, くわせること, この頃, こんなに警官, さがしまわりました, さがすの, さっして, さとったの, さとられまいとして, さとるよう, さらけだして, されて, されるん, さ迷える幽鬼ら, したが, したの, したらしい, した乳母, した伊賀, しては, してやった, してやるの, しないで, しなくちゃ, しなければ, しましたが, しらないん, しらべて, し紋吉, じっとながめた, じっと見つめた, すけて, すべりおりそれから, する, すること, するという, するよう, するん, する声, する者, せめられるので, そっと窺った, そのまま二つ, その一舟, その音, た, たぎり狂つて, たずねても, たずねるまえこの, たたきましょうか, たたき起こして, たてたので, だれかが, つくって, つくりたいの, つらぬかば, となえましたが, とび出しました, とりかこんだという, どういふ, どうして美枝子, どうする, どこで, どっどっと, どるを, どんなに思いやったろう, ながめすべて, ぬけだすと, ねらったの, のぞいて, のぞき半身, のぞくと, のぞくよう, はしる, はじめた, はなそうか, はなれて, はなれないので, はねまわつた, はらい清めなきゃなりません, ひっかきまわしたってよ, ふしぎの, ぶらついたり, ほのかに, まだご存じ, まちがえて, まもれば, みた, めぐり可笑しき, もう一度見下ろす, もぐもぐさせた, もたらしますから, もったり, もつもの, もらした, やはり金助, やめて, やるつもり, よくみい, よく存じ上げ, よく観察, よび出しました, れ, わすれるなんて, キチンとして, クスグッテあげる, セイキセイキという, ボンヤリ見, 一つそれでも, 一つ受け, 一度は, 一軒ずつ, 一軒持っ, 一通り廻っ, 三本だけ, 三足四足歩く, 与えて, 中心と, 二両だけ, 二人と, 二本の, 云い出しかねて, 今朝出立にあたり, 代って, 代表した, 何か, 何人が, 信長に, 充分に, 先触れの, 冷たい刃物, 出たが, 出ただよ, 出たので, 出たん, 出た亀, 出てからの, 出ましたらふと, 出る, 出るとき, 出るときいま, 出るよ, 分割し, 利用し, 削られた官立, 加えた感情, 助けて, 半々に, 占めた, 取り片づけた, 受けた霧, 吐露し, 吹き抜かれる, 告げた, 呼びだしました, 呼んで, 喜んで, 喰つた, 喰つて息を, 喰らはせ, 喰わされたよう, 喰わせたいばかりに, 土足の, 売ったでしょう, 売つた, 売り売り捜して, 外に, 外より, 多く持つ, 大きく抉り取られた, 奔注させた, 安く見積り給, 安く見積り給う, 察しると, 察すれ, 少しずつと, 少しも, 帰って, 帰途に, 幾分か, 幾許袂, 底知れず, 引きしめられた, 引き受ける, 彼は, 待つてを, 徐々に徐々に崩壊, 御存じです, 御指名, 御旅所へ, 循つてゐる, 忘れしも, 忘れたん, 思いやって, 思いやらずに, 思いやりいつ, 思いやると, 思い湯漬, 思い遣って, 急ぎに, 急に, 恐ろしく渡りくる, 恥てか, 感じた, 感じるよう, 慰めようそれにまた, 慰め潤おし, 憎む気持, 手つだいあと, 手つだって, 手土産がわりに, 打ちあけてと, 承りましたので, 持つたものさ, 持つん, 持つ時, 持ての, 指させば, 振向き, 捜しあてるくらい, 捜すな, 掘りゆけば, 掠めるむづむづしたやうな電気, 探した, 探してるの, 探り出したいもの, 推し計るも, 推するに, 撫でて, 散歩し, 旅し, 明けてばかり, 明けるの, 明日の, 暗に快, 暗夜に, 書きしたため, 最後の, 横行し, 歩き初めた, 歩くこと, 歩くよう, 求めたがって, 決定的な, 洗って, 洗ひ, 活かすの, 流れ, 流れた, 浴びせた, 海ば, 深くかみしめる, 深く掘る, 無事に, 無理に, 無遠慮な, 焦がしひさしく, 焼かないで, 焼かれて, 焼きたくないのよ, 焼焼く, 熱海から, 片づけたり, 物色する, 物語ったらどう, 狙って, 申して, 異様な, 疾くお, 痛察した, 目ざしました, 目付け出すだろう, 眺めて, 眺めまわした, 睨めまわした, 知つ, 知つてる, 知つてゐる, 知らず伊那丸君, 知らない, 知らないの, 知らない子供, 知らなかった, 知るに, 知るもの, 知るよし, 短檠の, 神様に, 空けでも, 空っぽに, 突っぱしって, 窺いその, 立って, 縄張りに, 置いた, 翁は, 考えが, 考えて, 考えるよう, 考へさせられたの, 考へた, 脱れん, 落し運平老, 血眼に, 行く先艦秋津洲をのみ, 行の, 見すかしたよう, 見すかして, 見つけしだい, 見つけたの, 見つけたのに, 見つけました, 見つけ定食, 見つめて, 見ても, 見とどけて, 見ながめて, 見ぬかれるから, 見ますとな, 見まわして, 見るには, 見わたすに, 見上げて, 見回した, 見廻して, 見廻わす, 見抜いたもの, 見捜しました, 見渡し初め, 見物と, 見計らって, 覗いた宅助, 覗いて, 覗き, 覗きこむよう, 覗きこんだ, 覗きはつ, 覗くこと, 覗く時, 覚られまいと, 解する, 訪問し, 訴えて, 訴えるつもり, 評価し, 評価しない, 試みた時, 話の, 語って, 読むよう, 誰よりも, 調べだしました, 買ったと, 買って, 走った, 走つて, 走り光, 足下に, 蹈破し, 追われた弥吉どん, 逃げだしたとき, 逃げ出してから, 逃げ出し安倍川, 逍いあるく, 這い廻って, 通りかけた土肥次郎実平, 通りぬけ, 通り越して, 通り過ぎて, 通るの, 遠方から, 選べと, 選んだの, 選択する, 長く探り, 閉めて, 間違へ, 離れさせ特別出演扱, 電話帳で, 霏, 静かに, 願い可, 顧みると, 飛び出した, 飛び出して, 飛び出すと, 飛び太陽, 食わす, 馬舍から, 馳け, 駆けて, 駆けめぐって, 駆け回って, 駈けみだれる凄まじい, 駛ける, 騒ぎます, 高利貸に, 高飛朗吟せし, 鬼火の, 鳴らしながら, 鳴らし或, 黙つて

▼ うちでも~ (602, 1.0%)

4 特別に 3 遣りに

2 [16件] いろいろな, その風格, わけて, 一流の, 一番奇妙な, 今度の, 代表的な, 古手の, 如才の, 最も多く, 有名な, 特に死, 私が, 通新町や, 非常に, 音に

1 [563件 抜粋] あたい天草軍記が, あのマドロスさん, あの人, あまり声望, ある特殊, あんな騒ぎ, いいから, いいです, いい方, いい牢人, いくたりも, いちばんつまらぬ, いちばん偉い, いちばん卑しい, いちばん大きな, いちばん悪い, いちばん繁華な, いちばん美しい, いちばん老いぼれ, いちばん軽蔑すべき, いよいよ武装解除, うずめも, うつくしい方, えらい評, おそらくもっともなつかしみ, おもしろいにぎやか, お年を, お花畑の, お鉄, かう云つて, かなり形式, かなり残念, かなり身分, かまわずやたら, からすみは, きわめて大切, きわめて淡々と, くらったよう, ここに, こさ, ことにある, ことにその, ことにむつかしい, ことにタンプル, この, この乾坤坎離, この娘, この日, この時, この深川, この点, この辺, これは, これほど, これを, こんないい, こんなゆかしい, こんな具合, したよう, して, ずいぶん洒落者, ずいぶん高価, そうとうな, そう多勢, その人, その小栗様, その才能, その点, それと, それを, たいへん小僧, たしかに群, たたずまいの, ただひとり, だいぶ十姉妹, ちょいちょい何, ちょうど腕前, ちょっと類, とくべつに, とりわけきりやう, とりわけ気むずかし, とりわけ道仙, とりわけ首, どうかする, なかった, なかんずくたくさん, なかんずく火山作用, なんの, はっきりと, ひとりもう, ひどい薄給, ひどく, ほしいという, ほとんど列後, ぼく自身としては, まあどうやらこうやら, まず歴々, まただれ, また宮方軍すべて, まだ瓦斯, みんな悦ん, めったに, めったにあんな, もう直き, もし何, もっともさびしい, もっとも取り返し, もっとも堂々たる, もっとも広く, もっとも彼, もっとも架空的, もっとも麗しい, もつとも樂, ものを, やっと人間らしい, やはり京劇, やりますし, やるか, よくつめたく, よくよく下等, オペラ座と, ガーデン, クリケットや, コリーは, トラックを, ドイツで, 一か, 一つちゃんと, 一つの, 一つ井戸を, 一つ蓄音機を, 一トきわ若い, 一二冊俳書を, 一人として, 一番いい, 一番かたまっ, 一番つらい, 一番に, 一番の, 一番メロディッシュな, 一番下, 一番傲慢な, 一番元気な, 一番善人の, 一番大昔の, 一番嬉しい, 一番安い, 一番怨ん, 一番恐ろしい, 一番悪事に, 一番楽しい, 一番温厚な, 一番珍重された, 一番目の, 一番睨み合ってる, 一番素質が, 一番緊張し, 一番美しい, 一番良く, 一番警戒され, 一番長い, 一番面白い, 一等りっぱな, 一馬さんは, 七之助に, 万世一系千年の, 丈八郎ほど, 上杉憲房だけには, 世故に, 中里の, 丹波の, 乾物屋の, 二つに, 二人と, 二番目の, 五本の, 人間の, 人間らしいの, 今やささえ, 今宵の, 今日に, 今日のなど, 今日は, 他の, 代々祭司を, 代の, 休んだらどう, 佐野鐵之助とか, 何か, 何時間おい, 余りさせません, 余人と, 佳作の, 信じて, 修辞学に関する, 働き盛り, 優れたものの, 優れた大き, 優れた白拍子, 優秀高雅な, 兄の, 兇暴野蛮で, 全然家, 八五郎と, 其蝶という, 分けて, 勿論澱んだ, 千鶴子と, 卑劣な, 南部と, 印象派あたりの, 取り分け頼み, 取わけ執心, 取除けですが, 口の, 古典劇に, 召さるるは, 可哀想な, 各記事ごと, 名人と, 名村志筑石橋吉雄楢林らと, 君の, 味の, 和蘭が, 土佐などは, 土星は, 地上の, 墺国の, 売卜者たちには, 変つた, 大いに板, 大きな大名, 大事な, 大口は, 大通りは, 奏者衆と, 奥羽地方と, 女だけは, 妓女に対しては, 妻君が, 嫋嫋という, 学校でも, 宝塚にしか, 実はさして, 宮様腹の, 宮王大夫は, 家に, 封教と, 尊いもの, 小石を, 少しも, 少し余裕, 少し麦, 尤なる, 屈指な, 山根邦夫君の, 山羊を, 岡本さんと, 岩瀬肥後に, 巨人の, 年上だけに, 年少な, 年嵩の, 年弱な, 年頭の, 幸福な, 庄五郎が, 廉子は, 引っ掻いたり, 弱腰な, 強いと, 強大な, 当時から, 彼あり, 御存じの, 御年配, 心の, 心配し, 忌わしい見聞, 性情さまざまな, 怪しいと, 怪しんで, 悪徒なんど, 惜しい惜しいと, 成吉斯汗の, 戸締りは, 扈家莊の, 打保から, 折々は, 持って, 摂津の, 政治的死刑台は, 断然重き, 新聞記者とか, 新貨幣, 既に岡本綺堂氏, 日かげに, 日蓮宗は, 旨い筍, 早く嫁, 晴れたり, 最もあわれむべき, 最もうるさい, 最もしかるべき, 最もすぐれた, 最もたち, 最も人, 最も傑出, 最も冷たい, 最も単純, 最も古くから, 最も古手, 最も堂々たる, 最も壯大, 最も安直, 最も小さい, 最も思いがけない, 最も恃, 最も恐ろしい, 最も愉快, 最も感激的, 最も懐しい, 最も有名, 最も烈しかっ, 最も特異, 最も畸形, 最も純粋, 最も肝腎要, 最も華麗, 最も複雑, 最も静か, 最大の, 有数な, 有数の, 朝夕に, 朝夕の, 本所の, 東洋一の, 林檎と, 枢機官フェーシュ氏の, 某という, 極く, 極めて可愛, 極めて稀, 極めて重要, 死なれぬ気, 殊に姉姫, 殊に痛い, 殊に閑静, 母と, 母屋だけ, 毎日外国へ, 比較的多い, 比較的好都合, 毛受勝助家照ほど, 気品の, 水ものは, 永島与八は, 洒, 浜尾先生から, 淀川の, 焦れたくて, 父へ, 牛耳を, 特にさう, 特にその, 特にツーロン徒刑場, 特に丹家, 特に優れた, 特に名高い, 特に牢, 特に現代, 特に耳, 特に著しい, 特に透明, 特に面白い, 特別の, 特筆され, 独吟という, 独特で, 独特な, 獅子と, 珍しくすこし, 瓦本にまで, 甲州路は, 男の, 男女の, 男鹿半島まで, 異論の, 瘧病に, 白耳義の, 目下莫大, 相川が, 相当の, 相応な, 真に傑作, 真宗の, 眺望絶佳の, 眼に, 眼を, 知って, 知り人, 知性に, 碁の, 神戸隊は, 私と, 私という, 私共と, 私娼の, 立派な, 第一, 第一番, 第六位, 筋骨の, 篇中人物の, 精神薄弱児とか, 精鋭な, 精鋭無比と, 紙幣が, 素木さんは, 紫は, 細川家と, 細川蒲生池田などは, 絵草紙屋, 絶えて, 絶品に, 綺麗な, 綿を, 総立ちに, 美味な, 美禰子と, 美術の, 羽振りの, 聞えた才物, 聞える, 肉付の, 能登屋とか, 腕が, 腕ぶし, 自分にとって, 航海や, 芸術的な, 菊亭晴季は, 華やかな, 著しいもの, 著しい特色, 董卓の, 蔵前の, 薩摩長州が, 藩中第, 蝉とか, 蝙蝠傘に, 血みどろな, 角三郎を, 言ってるよう, 記憶さるべき, 許六という, 誠に感度, 読むこと, 誰ひとり鳥居という, 諦めたの, 識者と, 豪の, 賢に, 身分の, 途方も, 違って, 選りぬきの, 選り抜きの, 醍醐天皇の, 重きを, 重大な, 重臣の, 野原でも, 鋭い直覚力, 長く続かない, 長兄の, 長女だけ, 長女の, 長職の, 間違が, 随分反対者, 随分繁華, 雪解とか, 雷死は, 青い瓜, 青や, 青年将校と, 静嘉堂と, 革命前に, 頭目と, 頭立った曲者, 風流の, 風流男の, 飛ぶ鳥, 飼おうか, 高いもの, 鬼怒川へ, 鳴って, 鳴らした腕前

▼ うちでは~ (516, 0.8%)

3 これが, 自分の

2 [20件] おそらく自分, すべてが, そんなこと, まだ門火, 一つの, 一個の, 一番よく, 一番幸福な, 今日が, 何を, 形相的に, 彼が, 最も古い, 朝が, 私が, 第一, 誰も, 誰よりも, 隨分, 驚きながら

1 [470件] あ, ああし, あざ笑ひし, あったけれども, あのお, あの北の方, あの忌々し, あの新聞, あの漢, あゆが, ありますまいけれど, あり君側まぢか, あるが, あれが, あれを, あんころ餅を, いい方, いちばんの, いちばん大きいうまい, いちばん年下であった, いちばん都会人らしい, いつでも, いつのまにか朝日, いつもお母さん, いよいよひそか, えらいこと, おかしくて, おじいさんと, おすし, おそらく遺感, おとうさんも, おひな, おびただしい土民, おゆき, お前を, お客さまに, お正月に, お母さんが, お萩が, かえって彼女, かくひどい, かねてからの, かの否定的, きいたこと, きっと断られる, こ, こういう上等, ここが, こっちの, この不満, この人, この作者, この倦怠気分, この少年, この春, この機縁, この種, この結果, この船頭, この話, この豆腐, この馬鹿, これまでに, こんなこと, こんな大きい, こんな話, ございますが, ご主君, さぞ婆さん, さまざまな, しばしば恋愛狂, しょうが, すでに解答, ずっとまえ, ずっと後輩, そいつを, そういう不器用, そうした反省, そうしよう, そうやすやすと, そう云っ, その二倍四十三円, その嫁, その杯, その点いくら, その魚, それから大, それが, それどころぢや, それに, そんなに母親, たいへん怒つてる, たけの, ちょっと何, とにかく西洋人, ともすると一穗, どうだったい, どこまでも, どんなに心配, どんなに辛い, ない, ないか, ないの, ないので, なお, なく却つて, なにも, なんら不純, ばばアどのが, ひそかに, ふすま, ほとんどなかっ, ほとんどユダヤ人ら, ほんに, まことに僅か, まさにその, また下らない, まだわ, まだ秋, まつが, まづ影響, みんなあんなに, みんなもう, みんな丈夫です, みんな女が, みんな起き, むしろ異端, むしろ高貴, めったに医者, もう, もうすっかり障子, もうチチチチ, もう婚礼, もっとも寡言, やっぱり棲鳳氏, やつて, やはり相当, よく夕飯後, よその, わかりませんでした, わざとなん, わりにその, カスリ傷といふ, カフヱーも, クリストフを, ゲルマンの, コロホニウムを, タバコのみが, ド・エスコバアルの, パツと, フランスを, プルウスト論の, ヘザーレッグの, ベエコン卿の, ポンズで, ラマルティーヌの, ロッテ・レーマンの, 一ばん御馳走の, 一ばん若い, 一ヶ月の, 一人が, 一切関係しない, 一度も, 一時間足らずの, 一本が, 一番しあわせな, 一番と, 一番の, 一番上手な, 一番下の, 一番傑出した, 一番年嵩の, 一番広い, 一番教養が, 一番表現派に, 一番見劣りが, 一瞬たりとも, 一等の, 一等居ごころの, 一致する, 三日夜寿江子が, 不孝を, 不安だった, 不思議な, 中田鋭, 主人公の, 九州の, 九条関白兼実が, 二の足を, 二分づき, 云ひ得ない, 交際の, 人間が, 今にも飛び出, 今まで, 今健之助, 今宵は, 仕事が, 代々地図を, 伏し拝みたいほど, 伝八さんと, 何か, 何が, 何だかぼんやり, 何といつ, 何と云つて, 何も, 何やら別, 何本目かの, 何物よりも, 余り立派, 佳作に, 使つてゐる, 倅も, 僕は, 兄分です, 先づ感嘆詞に, 先頭だった, 児島亀江という, 入れる余地, 入用が, 全廢, 其許の, 出勤と, 出来る丈歓待, 別に不快, 助役以外老, 勉強が, 勝れたもの, 北大壁, 半田義之なんかい, 占領軍が, 反対な, 右の, 同じ街, 同一の, 君を, 吾, 呆れながら, 和吉が, 咲枝が, 喜びの, 喜んで, 園子さん赦し, 埼子へ, 増田は, 声を, 変名で, 多分この, 多分に, 多年の, 多賀ちゃんの, 夢にまで, 夢も, 大きく安坐, 大きな極印, 大さわぎをしていましてね, 大丈夫だった, 大事件, 大井の, 大体それぞれの, 大変な, 大山の, 大泉さんといふ, 大笑いしました, 大變, 夫が, 夫婦ともが, 失敗した, 女の, 好い顔, 姉ちゃんと, 姉を, 始終突き当っ, 娘が, 婦人を, 嬢様は, 子供が, 学問も, 宗矩が, 実におもしろい, 寝るとも, 小ざっぱりした, 少々もてあまし, 少しも, 屑屋は, 師と, 帰趨に, 常に働いてる, 年季に, 幸いに, 幽古から眠気ざまし, 強い方, 彩色を, 彼から, 彼女らの, 彼女位佳き, 御馳走に, 復活が, 忘れて, 忽ち屈指, 思って, 思つても, 思ひながら, 怪しげな, 恐らく一流, 恐ろしい事, 恐怖を, 愛の, 手を, 打ち切られたす, 折しも文武, 掲げられない, 救世軍の, 断わる, 新しい怪異, 日々買いに, 日に, 日本が, 早く來, 早く剪, 明らかに, 昔から, 昔の, 春は, 時々お, 暴徒らが, 最もよい, 最も優れた, 最も古いおも, 最も多く, 最も大きな, 最も強大, 最も悼ましい, 最も教養, 最も治療, 最も獣, 最も読み, 最も遠慮, 最も面白い, 最年少者であった, 最後に, 最新式の, 最近おばあさんが, 有難いとも, 朝の, 朝顏を, 格式を, 梅は, 棒縞の, 棚を, 槙が, 橘家円喬が, 次の, 歌手に, 正直に, 此処まで, 殆ど聽き取れ, 比較的, 比較的呑気, 比較的支那語, 民衆を, 気に, 汚れに, 決めて, 深い嫉妬, 清廉な, 満帆, 滅多に, 炭が, 烏と, 無い, 無意識に, 無理を, 煩悶した, 熊谷二郎直実の, 熱狂的な, 牛の, 牛乳を, 特に唐軍法力作, 特異の, 独りで, 狭義の, 獅子の, 球江が, 用いて, 田宮が, 画人武蔵の, 畿内の, 疏水の, 百姓に, 皆ど, 皆なで, 皆差し迫る, 直接関係の, 直線が, 相当に, 眼ひき袖引きする, 矢張り宅の, 知って, 私などが, 私の, 種子島は, 箱の, 精一杯ねじ, 紛々たる, 結局僕が, 美しいこと, 美しい姉, 群集と, 肉体に, 肉愛の, 脇坂甚内安治の, 自分たちの, 自分だけが, 自分といふ, 自分自身で, 自然押し出され, 良い方, 色々の, 藤沢浅二郎静間小次郎金泉丑太郎木村周平木村武之祐青柳捨三郎などが, 行動を, 衛生上豚の, 表札も, 衰えて, 見なかった別種, 評判でし, 評判の, 話の, 認めて, 語り手と, 誰が, 誰と, 誰に, 誰の, 誰れ, 誰方さまも, 諷刺ものの, 謡曲を, 貞盛の, 貫之朝臣が, 質屋の, 身分は, 軽蔑的な, 迚も, 遅く始めた, 郁次郎の, 配達しません, 釘勘も, 錺屋に, 長太郎が, 門を, 門野どころか, 門野所か, 限りも, 陰で, 随分, 隣同士に, 集団的熱情の, 雪子が, 非常な, 非常措置として, 面白いわい, 顧炎武や, 飽くまで放恣, 餘り, 驚嘆の, 高調され, 鰍の, 黒いもの

▼ うち~ (358, 0.6%)

9 あるの 8 ありました 7 ある 6 あった 4 あると, わの, 急に 3 あって, あります, あるか, 見えて

2 [12件] あつて, あなたに, どんなうち, ふかと, やけて, わは, 冷えるが, 花だ, 財産家な, 貧乏の, 静かな, 面白くない

1 [280件] あったこと, あっただろう, あつた, あまり残酷, あやしいと, あやしいん, ありそう, ありましたが, ありますよ, あります十分, ありません, ありませんから, あるかという, あるかも, あるから, あるからこそ, あるだろう, あるって, あるよう, あろう, あんなに喜んだ, あんまりあんた, いいから, いいって, いいと, いいん, いくらでもある, いけなくなって, いちばんよい, いちばん人間が, いったいあった, いつしか身, うごめきます, うまくいっ, ええ, ええん, おさまらない, お楽しみ, お金持, かけとり, かせいで, こいしい, こいしくても, こいしくなっ, こっちの, このよう, この世の, この辺, この近く, こんな弱音, さがって, さしみ, ざわざわ騒ぎ, ざわめいて, しあわせで, しきりに呼ぶ, しみるやう, しんと, すうと, すこしを, すっぱりと, すなわち蔡, せまいから, そういう事情, そう見える, そない, そびえて, それだった, ぞくぞくし, たいせつな, たき, だんだん明るく, ちゃんと音, ちょっと白けた, つたわる口, つづきました, つぶれたりな, できた今日, できないだろう, ですよ, どうな, どんなに恐ろしい, どんな勝手気儘, ないからって, ないと, ないという, ないん, なくては, なくなったから, なった, なんで義ちやん, にぎやかな, はじまりました, ばさばさに, ぱちぱちと, ひきつって, ひときわひっそりし, ひとしくいま海波, びんぼうでも, ふるえるよう, ふるへて, ふんだか, ほんのりと, まだ見えた, むずがゆいほど, もう三分の一, もくもくと戦い, やけずに, やすやすお, よい, よいあちら, よいこと, よい折柄, よかろう, よくやる, よっぽど気にいった, よろしいぶら, よろしい月, わから, わからないし, わかれば, わかんないの, わがプラネタリウム, わき立って, わに, わにつけ, わには, わに待ちかまえ, わに長い, わへ, わを, シインと, ゾクゾクと, ゾツと, ヤレソレパタパタ, 一ばんい, 一人だけ, 一人また, 一味爽涼, 一層ひどく, 一度ぐらいの, 一番むずかしい, 一番よく, 一番可愛い, 一興じゃと, 一體どんな, 下ったナア, 不良少女なら, 世の中の, 丸焼けに, 二軒浅草の, 交は, 人手に, 人間の, 今は, 会えへんやろ思, 何んで, 俄に, 僕等には, 先き, 全く闇, 全て, 全てを, 写真機盗んだ, 凍えるよう, 凹んで, 出来たの, 出来て, 分かるまいが, 分りましたね, 分るため, 分るという, 分るの, 前面に, 創立者の, 十軒の, 向かいの, 否な, 困つてるのに, 困るぐらゐのことは氣, 土を, 在るの, 堅く引緊, 多いだろう, 大好きや, 大火事, 女の, 女の子ばっかり, 始終ジユリエト, 字の, 安心だ, 察しられます, 察せられないでも, 少ない, 少年に, 尚よく, 左前に, 平常より, 幸福な, 広いので, 広い世界, 庄屋を, 店で, 心の, 恋しい, 恨めしかったり, 悪で, 悪ものに, 悶かしく膠も, 慄へ, 慄然と, 手入れに, 持てるよう, 教せた, 日夜に, 早速あらわれ, 有耶無耶でならなかつた, 来たもの, 東京広し, 欲しかった, 正中ノ, 死ぬん, 氣に, 決められるであろう, 活動写真の, 減るもん, 温かくぬれ, 湧き返るよう, 溶ける, 激しく鳴, 火の, 焼ければ, 熱くなっ, 熱くなる, 爽やかで, 牴牾しく, 申し上げたら愉快, 癪に, 知られると, 知れたと, 竦むよう, 綺麗で, 緊張した, 聞えた, 肝癪, 能登か, 自然と, 花かも, 花だって, 花でございます, 花です, 花と, 花という, 花な, 花の, 花火の, 薄黒く, 蠅男に, 行けへんかったらお, 要るのに, 見えた, 見たくて, 見つかったもん, 見つかるであろうか, 解せませんので, 語らぬまま, 警察やったら, 貧乏で, 近すぎます, 遠い所, 金持ちでなくなる, 難義, 零に, 震って, 静まり返って, 頭よかっ, 頻々と, 颯とさめる, 骨まで, 魔法博士の

▼ うち~ (157, 0.3%)

3 無之駄歌 2 おほ

1 [152件] あっし, あつた, あの悪おじさん, あの殺人鬼, あまたたび息, ありますから, ありませんね, ある, あるし, あるの, あるもの, あろうが, あろうという, あんたの, あんた捨てる, い, いおうと, いつもそ, いとおしく家, いまだ国, うどっこも出とない, え死, お腹の, けっきょく, この頃, これを, さっしなく居士, さんざん心配, しじゅう文楽師匠, しなければ, すべてが, せいせいした, そうなら, その以前, その辺, その間アに, そやっ, それからそれ, たえず天守, とうとうお払い箱, ときどき居眠り, ととのえて, どうしてああ, どうしても二十銭, どこか, ないよう, ない藁屑, なくは, なんであろう, ひっそりと, またこまる, またと, まったく人, みなさんと, むろんしらべました, もとより女, やられたん, よいから, よく分る, わらへる, 一生懸命に, 一緒に, 中イ, 五十銭の, 今日は, 伏めがちに, 伸子の, 何とか方法, 何方も, 冷ん, 出でたる, 出演料の, 十一時まで, 千代子は, 同然の, 向へる, 商売じゃ, 喪に, 四丁目の, 土日は, 外も, 大変な, 大抵さとっ, 妻も, 嬉しゅうて, 完全に, 寄せなむ, 寒き雀, 寒くなる, 察して, 巧かった, 平左衛門と, 年取りなっても, 幽け, 床しい屋根船, 床のうへに, 店は, 強制疎開という, 彼女は, 徐州の, 得な, 御座いますまい, 急に, 捨てがたい, 損せんという, 放さなかつた銃, 数珠を, 日蓮宗狂だ, 時刻は, 暖かに, 暮しが, 曇んで, 末娘が, 本建築, 果てしなく涙, 死別を, 気が, 気遣わしそう, 決してこの, 泊めて, 浮気を, 渠の, 満員では, 満員と, 無一物, 焼かれました, 焼けたでしょうね, 牛乳は, 狭霧こもらふ, 狹霧こもらふ, 百円で, 知ったの, 知って, 結婚したら, 継母が, 腹立って, 船の, 落着かね, 袖を, 裏から, 見えるの, 覗いて, 貧乏質において, 闇である, 闇夜だった, 陰って, 随分綺麗, 際だって, 震災で, 頑固婆さんさえ, 飲もう, 首尾さえ

▼ うちにと~ (127, 0.2%)

12 思って 5 私は 2 あわてて, ほ, ッとと, 大いそぎ, 急いで

1 [100件] いうので, いっても, いふので, おもって, お供の, すぐ城, それぞれの, そろって, つい悠久, ひたすら路, ひとま, ほくへ, ほんの一二時間座敷, また一心に, また旧, まだ真っ暗, みは, もう夜, ジリジリと, ッぷり暮れた, ハイヤー二台で, ハラハラし, 一戦も, 一生懸命に, 云うこと, 云って, 云へば, 人に, 今生の, 仰言, 何事か, 兄弟ども夜来の, 光明寺の, 刻まれた作品, 努めて, 原書を, 又公衆電話, 同じく自分, 園子は, 大急ぎで, 夫を, 姉宮の, 存じますが, 官兵衛は, 宥めるほう, 家を, 宿で, 対手に, 小次郎は, 岡つづき, 帆を, 強いて自分, 彼らは, 御所を, 忙しい人, 思えばこそ, 思えるなるべし, 思った, 思ってな, 思つて家を, 思ひ薄汚い, 思わるる, 急いだの, 急ぎに, 急ぐよう, 慾ばっ, 懇に, 手あたりばったり, 手早く身じたく, 手早く身支度, 押っかけます, 支度を, 早めに, 暇を, 書かれて, 朝の, 東京から, 東院堂へ, 河内野を, 申し足すの, 相互の, 石垣島を, 石塔に, 祈って, 秘めて, 筆の, 答えさせた, 約束した, 自分の, 蝶子は, 要心し, 言うだけの, 言うて, 言うの, 言って, 訂正する, 送って, 頼んで, 養女に, 高槻の

▼ うち~ (120, 0.2%)

1264 が, ね 3 と思う, ん 2 から, という, と思え, と思っ, と私, と私たち, な

1 [74件] あのうち, お前の, かしらべる, かってこと, かということ, からあの, からいい, からすぐ, からその, からでしょう, からなかなか, からみつかる, からわざと, からわし, から何, から相続, から空軍, から芸娼院, がお前さん, がかたき, がこの, がそれでは, がわずか, が傷口, が実に, が遁, が風呂, けれど兄, したくさん, ぜ, ぜきみ, ぜ金, そうです, そうひどく, それ酒を, ぞと, ぞ足もと, つたと, つたに, つた杉田の, つた樣です, つてそんなに, てめえも, ということ, というその, という気, といっ, といった, といふ, とさえ思っ, とする, とその, とでもいふ, とは思つて, とばっかり思っ, と思つて, と思つてん, と思ひ, と思ふ, と旦那様, と楽, と知った, と言わぬ, なあ, のに, はやく行こう, ひとつ小手しらべ, もの, よばあさん, わい, わお, んだ, 何んで, 早く来い

▼ うち~ (98, 0.2%)

5 思って 2 いっても, すれば, 官兵衛は, 私は, 遠い親戚

1 [83件] ある大きな, いうだけの, いうので, いうのに, いえば, いって, いっては, いつて, おしてなお, おぼし召し, おもって, お組さん, きいたら婆, しっぽって, その発足, どっこいどっこいっていう, なつて, なりました, なるいろいろ, なるもの, ほしそこ, 一緒に, 三つ並べる, 世界も, 云うだけの, 云う札, 云って, 信じ居り候次第, 分限を, 力は, 勉のね, 単騎馳せ, 博勞の, 叫ぶであろうか, 同じやう, 同じよう, 周都督へ, 変らない熱気, 外での, 外との, 大いそぎ, 大急ぎな, 夫婦に, 宏子も, 座を, 引剥い, 彼は, 心得て, 思つてゐる, 思われて, 思われる, 思われるそう, 思われる一軒, 想像された, 櫛笄も, 浪費, 淀から, 生活が, 申しますから, 申しますが, 相談し, 称する阿倍氏, 種々の, 答えた, 答へ, 結婚してんやろ, 考えて, 聞いたら大概, 見えて, 見える, 覚ゆる, 言うからな, 言うところ, 言った時代, 言つた時代巣鴨や, 言ふ, 言わず今夕, 言われたかねやすの, 追い立てるよう, 違って, 金さんだけじゃ, 金田とだけ, 階下の

▼ うち最も~ (97, 0.2%)

3 重要な

2 [13件] すぐれたもの, 主要であり, 人間的な, 優越なる, 判明に, 抽象的な, 有力なる, 注意すべき, 注目すべき, 確実で, 確實で, 術策的である, 静かな

1 [68件] おいしいの, おいしい一つ, すぐれた作品, よいもの, よき魂, デリケートな, 不合理な, 代表的な, 偉大な, 偉大なる, 傑れた, 優しいもの, 入用が, 冷静な, 勝つた客, 勝れて, 卑近な, 危険な, 古いと, 名高い激湍, 大きな作用, 大なる, 奧に, 尊く造られし, 嶮しい, 平易な, 強いもの, 急進的な, 恐ろしかった, 手頃と, 教育的な, 早いもの, 早く五月, 早く咲いた, 早く咲く, 有力な, 有名な, 根本的な, 根本的なる, 業態の, 流程, 浪士一行の, 無類な, 特色ある, 理想的な, 生活と, 的に, 眞で, 真で, 確実な, 確實な, 簡単な, 美しいもの, 美しい品, 美妙に, 興味を, 若き人々, 複雑な, 記憶に, 賢き奴一疋これ, 足並み整い, 重き罪なれ, 重要なる, 面倒な, 面白いの, 革命的な, 音の, 高度な

▼ うちにおいて~ (80, 0.1%)

2 弱くて, 生ずるの, 私が, 私は, 精神を, 考察する, 誤謬を

1 [66件] あたかも或, いらしった宝剣, そしておそらく, その二つ, その基礎, その悪漢, それを, たがいに, だった, ちょっとしたやさしい, であ, なす得, はなはだ小さく, もつ機能, もらつて, アジアと, トロイの, 一念即, 一羽の, 二つの, 他と, 何らいっそう大きな, 何等一層大きな, 個人が, 偽善偽, 先ほど, 共鳴する, 兵士の, 刑する者, 告発され, 営まれる, 国民の, 女は, 存続し, 容易に, 彼が, 彼に, 彼の, 彼は, 彼らの, 彼らを, 恰も或, 意味を, 愛して, 憎んだ, 捉えられねば, 既に他, 旧制を, 普遍的生命は, 暗黒と, 最も多く, 本来実在的で, 民衆の, 理心二つを, 甚だ小さく, 盲目と, 眺めた場合, 自ら育つ, 苦しんだ暗黒, 行われるの, 言い語り叫ぶもの, 言わばあらゆる, 証するの, 語る, 誤ってるの, 證する

▼ うち一人~ (77, 0.1%)

2 か二人, としてその

1 [73件] ええ児, かえり今, がこう, がそれ, がもし, が嬰児期, が屋敷, が当時, が望み, が機会, くらいはそういう, その袋, たりとも, だけが蒼白, だけよく, だつて, でもいい, でも俺, でも名, でも味方, でも時代, でも氣, でも起っ, で五十銭, としてナポレオン, として不滅, に過ぎず, に限り, の中年, の偉大, の坊子, の女, の學生, の者, の若い, の顔, はいつも, はすでに, はべつに, はキ印, はツウルーズ, は四, は大, は女賊, は戦死, は斬り殺され, は死な, は死ん, は殺され, は殺された, は泥棒, は生き, は痩せ, は私, は美奈子嬢, は藩地, は見つかった, は言語学者, は起き, は逃げ, は間違, は電源, は非常, は騎馬, もなかっ, をお嬢様, を伏見, を援兵, を残さ, を江戸城, を知っ, 来る二人, 死ぬと

▼ うちその~ (70, 0.1%)

2 十三日の

1 [68件] いずれかと, いずれを, お侍, お姫さまも, ため人知れぬ, とき後から, どこかに, ドアが, 一つに, 一つは, 一つを, 一を, 一人が, 一人を, 一冊は, 一部が, 一音が, 三分の二に, 事もなげな, 二〇〇が, 二十八個目を, 二棟は, 人に, 人物の, 会合全体の, 内緒の, 凡骨も, 十分の九に, 半分の, 各派にて, 商才の, 地で, 夏も, 多くは, 夜の, 大部分, 姿を, 客が, 客の, 家々で, 寺の, 巨躯を, 年の, 年も, 幾つかは, 庭に, 心が, 性質の, 拔群の, 播磨で, 文学の, 新鮮の, 方望みの, 日が, 日本一の, 日記を, 最愛の, 機会は, 機會は, 正行も, 沈黙の, 消息を, 獲得に, 男が, 笑い声を, 電車は, 青年が, 頃は

▼ うちなら~ (68, 0.1%)

2 ばともかく

1 [66件] あの娘, いかなる策, し乱舞, そっちが, そつち, その残り少な, それは, とかく繕ろう道, とにかくすでに今日, ともかくおいおい金高, ともかくの, ともかく三十二万石, どうかならん, どうで, どうにでも, どこへでも, どつち, ばたしかに, ばラッパチーニ, ば会える, ば助かる, ば手桶, ば探偵, ば海, ば隆景, まだしもだ, まだどうでも, まだ引き返そう, まだ敵, まだ罰せられる, やっぱり同じ, わたしも, われわれ文学者が, 仔細あるまい, 何とか手, 何とか方法, 何彼と夫, 兎も, 其方の, 勝手へ, 十分に, 右翼ファッショの, 嘘なら, 地下牢の, 地球へ, 夕陽が, 宜え, 家康の, 幾度来た, 望み手は, 氣が, 濡れも, 無限に, 生命だけは, 私生児に, 義龍を, 腕が, 自分も, 舵の, 荒木とも, 誰にも, 遠い国, 郡部でも, 関は, 骨も, 鴉だって

▼ うちこそ~ (67, 0.1%)

2 愛嬌にも

1 [65件] あいびき, いい心持, いつもなかなか面白く, いッ, お初も, お妖怪, かたくなに, このオフイス, じゃ, その帰り, だぞ, だんまりむつつりの, つつましや, どんなであったろう, にやにや笑っ, ふしぎふしぎと, わが冢穴, アリョーシャの, ナオミは, 一人で, 一種の, 三人の, 世子も, 二人だけの, 二夫人に, 亭主と, 何かの, 内へ, 助けが, 堅くなっ, 多少鬱陶しい, 大事大事な, 小僧だ, 川風が, 幸い, 彼らが, 御隠居, 心配も, 念入りに, 恐怖に, 悦んで, 情愛も, 意けん, 敵意を, 日本の, 東国武士の, 正月氣分で, 母よりも, 気味が, 流血を, 清浄だ, 熱心に, 生活の, 皆珍らしがっ, 研究も, 私も, 立ち登る煙り, 縄を, 自分の, 色々と, 花である, 見物だ, 評価されなけれ, 追っついて, 露をも

▼ うち~ (61, 0.1%)

83 ている, てくれました, をれ 2 てその, て言, 大根

1 [38件] たりおおげさ, たりし, ていた, ていよいよ, てくれない, てくれる, てそれから, てひとり, てまるまる, てトーマス, て二人, て二階, て伊那丸, て呟く, て室内, て帳場, て年, て愛子, て生き, て短冊, て細君, て行っ, て襟, て返事, て黙っ, て鼻唄, ながらにわかに, ながらキリキリ, ながら受話器, ながら席, ながら足音, ながら道, ながら駈け, 太刀先は, 猛將, 直ちに内ヶ崎君, 真白き花, 石は

▼ うち~ (60, 0.1%)

3 が最も 2 の思想, の賞味, は彼女

1 [51件] がはつきり目, が上京, が時間, が米貨一万九千ドル, が通った, し出足, というの, と親父, にも似合わない, に済まない, のうち, のふれた, の事情, の彼, の最も, の考へ, の自殺未遂, の自覚, の顔, は, はいかなる, はきょう, はくたびれ, はこんな, はさき, はしばしば, はそれ, はたえ, はのんべんだらり, はひどい, はほんとう, はやはり, は何となく, は光秀, は前, は失望, は思はず, は扁桃腺, は栖鳳先生塾, は歩ける, は滑らか, は漸く, は漸くはっきり, は私, は突然, は薄手, は血眼, は辻十吉, をも含め, をよく, を思っ

▼ うち二人~ (59, 0.1%)

3 が結婚 2 はまだ, は見なれない, 死んで

1 [50件] がたしかに, が八歳一箇月以下, が息, が海中, が礼, しかなかっ, だけが帰っ, だけはぜひ, だけ残っ, でしょうすると, で本, とも横, とも船乗り, に死なれ, の壮士, の姿, の投身者, の間, の関係, はたしかに, は会計部, は免訴, は前, は台所, は同, は命, は坂, は女, は嫌われ, は帝大出, は当世流行, は得物, は手, は日拂, は早々, は東京, は瀕死, は身体, は道中記, は駕籠, ほどの方々, までが同時に, まではまず, までは足, まで仲間, まで忠直卿, まで手, まで異郷, を討ち果たし, 或は三人共

▼ うち明け~ (58, 0.1%)

4 て言え 3 ていた 2 て申します, て言っ, て話す

1 [45件] かの女, さした, し夜, たがったこと, たがって, たがってること, ていえ, てくれ, てくれましょう, てくれ給え, てこの, てさっぱり, てし, てしまっ, てしまった, てその, てどうも, てはくださいません, てみた, てわし, て一町人, て下さらなく, て云え, て云っ, て申しましょう, て申せ, て私, て自分たち, て行かね, て言いえなかった, て言います, て言った, て言葉, て話した, て負債, ながらコーン, にゃならん義務, もせず, よかし, 下さらなかったこと, 叱られて, 合った間柄, 少しまとま, 得ないで, 得なかった

▼ うち~ (51, 0.1%)

2 日さまが, 銀様の

1 [47件] げんは, しかさんの, せいの, ばあちゃんと, ひやほし, ひるの, ほひを, もなる, もひ, 一方様を, 三方まで, 二人で, 二人揃っ, 互に手紙, 互ひ, 借り申したいこと, 国は, 園という, 城を, 嫁さんに, 富は, 察し申されます, 庄は, 庄も, 弟子は, 徳も, 春が, 暇を, 梅の, 浦は, 照を, 石碑を, 紺お, 絹が, 羽織の, 膳が, 葬式が, 袖は, 見えなされた, 許への, 詣りを, 賤に, 賽銭も, 通は, 連れの, 酌が, 鈴の

▼ うちにて~ (47, 0.1%)

2 めでたしと, 最も評判, 父の

1 [41件] お妙, かの, このくらいの, この悲しき, なにものか, まえの, まず生蕃人, ものに, よき馬, わが脣, 世間に, 両人の, 何か, 何事かを, 何事をか, 偽怪, 傑作かと, 取り交わした, 取交した秋野, 尤も, 己が, 念仏す, 念佛す, 思い出すほど, 我が假借, 我に, 最も備, 最も古く, 最も尊き, 最も美しい, 木もて, 此の, 汝は, 物に, 申し出だしけるは, 祝せられ御, 第二種, 細別すれ, 難駁, 騎兵の, 驚きぬこの

▼ うちかけ~ (46, 0.1%)

32 てかい, てふるさと, をかけ, を着, を羽織らせる

1 [33件] あたりを, かのもの, ていい, ていつ, てひい, てゐる, て即興詩, て思案, て悠々, て現象的, て白楽天, て目, て祝福, て若い, て身, て霎時月, で見る, などを濡らし, の下, は無器用, までもっ, をぬぎすてる, を引い, を掛け, を求めさせ, を着せ, を羽織っ, 一休し, 両手を, 中啓を以て, 主張し, 帽子を, 足を

▼ うちふと~ (45, 0.1%)

3 気が 2 彼は

1 [40件] あたま, お銀様, この世界, その鋭い, ながい並木道, ぼくは, わたしは, 一人の, 一枚のと, 一點の, 下の, 下総の, 二つ巴の, 仏様の, 何か, 例の, 信州沓掛星野に, 刀鍛冶の, 子どもは, 対岸を, 当の殿, 思いだしたの, 思いついたん, 思い出して, 急に, 戸が, 手に, 文学研究会へ, 新野で, 朝枝の, 栖方の, 正門近くで, 湖の, 石の, 網に, 膳部の, 自分から, 追放令以來めつ, 隅田の, 鼈四郎に

▼ うちより~ (45, 0.1%)

2 大なる

1 [43件] ことに夥多, この病体, ししじもの膝折, だいぶ強く, だれにても, なお激しく, ほかの, みたりの, りつぱでそれから, わが魂, 一両人迎いに, 一団の, 七尺ぐらい, 三足の, 上や, 下着を, 五俵の, 五通六通数ふれ, 五通六通數ふれ, 使者と, 先に, 出ねば, 動の, 外に, 好き, 家柄は, 心の, 抄した, 抜参りに, 既に失望, 杉山邸へ, 歩み出で, 溢るる, 然るべき者ども, 現われ泥土, 発し無限, 神経の, 肥沃な, 良心に, 葡萄を, 訴訟費用および, 起こる音, 選ばれたる十人

▼ うちです~ (43, 0.1%)

1362 からどこ, からね

1 [20件] かとこない, からこの, からさ, からチラホラ, から万燈, から夏, から無, から道程, か道理, が大笹, が水神, が物置, けれどもかんじん, ぜ, つまり海, ものお, わ, ツて, 新しいの, 早く舟

▼ うち~ (43, 0.1%)

2 の姿, は自分

1 [39件] だと, にとって間歇的, には自分, のふところ, の人生, の制帽, の娶るべき, の弓持一番, の方, の武者, の目, はその, はそんな, はただ, はひそか, はふと, はまた, はカアマイクル氏, はフランク大尉, は三吉, は二三度保子, は五人, は何, は妙宣寺, は官, は幾度, は急, は悲壮, は数分間, は淋しい, は相国寺, は足もと, は遂に, も百面相, よりも優れた, れの, を忌ま, を忌ま忌ましい, を疑っ

▼ うちじゅう~ (41, 0.1%)

3 のもの, の人, の者

1 [32件] お部屋, がおお, がおもしろく, が急, でいちばん, でやって来, でやって来る, で一日郊外, で待ちかまえ, で来る, とん, にいろんな, に火, に特別, のあらゆる, のかぎ, のきらわれ, の女, の朝飯, の障子, ふるえるほど, また八方, をかけまわっ, をくるくる, をすみずみ, を歩きまわる, を走りまわる, を起こし, 大悦び, 残らず調べ, 走け, 驚かして

▼ うち~ (41, 0.1%)

3 しや 2 半鐘の, 城の, 月の

1 [32件] そこらいつ, はかへ, はやすもの, まえ一人, ゐぬ, テープを, 一丸と, 再た飛び去り, 出づ, 四隣を, 強ひ, 彼これ相たほる, 心慰ま, 斃れたる, 明け, 残んの, 海を, 渡る影, 火を, 疾駆する, 瞻る, 笑ひし, 笑ひつ, 翻然として, 脚下の, 赤き火星, 走りに, 迎の, 遊ぶみぎ, 都へ, 馬を, 魚取る

▼ うちまで~ (41, 0.1%)

3 行って 2 とどけて, 来て

1 [34件] おくって, お送りに, かえして, かえる俥, かれは, きれいに, そんな山中, たどりつくと, ついて, とんで, ひそと, ひやりとする, ガマンする, 一さんに, 上海の, 來て, 光で, 八丁か, 十五里という, 帰りました, 引いて, 引ツ張つて行つて處分を, 持って, 歩いて, 求太郎も, 清潔な, 背負ってけ, 自動車が, 舞って, 行きました, 行き着くまえに, 送りかえされたの, 送り届けた, 駆けて

▼ うちこの~ (40, 0.1%)

2 君のみ

1 [38件] あきんども, お絹, くらいのこと, さきの, ところに, ひとの, もくろみに, ロシアの, 不具な, 九分間後に, 事汝に, 二本杉ばかりを, 人も, 北海道は, 台徳院と, 塾の, 娘が, 子の, 孤児同盟の, 小さい何處, 小さい本, 手紙に, 最後の, 札を, 正当な, 王が, 界隈は, 石から, 科学的方面へは, 第三策, 荊州九郡を, 蛮地の, 辺りまで, 近所, 邊を, 靄と, 頃から, 鳥だけが

▼ うちだけ~ (40, 0.1%)

2 こちと, だよ, です, では, 是非何卒

1 [30件] からっと破った, きみたちに, だす, だっせ, だらう, だわ, であったけれど, である, でうかりと, でお, できられ突かれ屠られ撃たれ焼かれて, でございますよ, でした, でなく何, でもう, でテダ, で外, で子, で段々, で神妙, で粘土まみれ, で通用, で雪斎, はさほど, ゆくもの, 寒原さん, 牛乳と, 見られて, 連れて, 非番だ

▼ うち~ (40, 0.1%)

4 一の 3 一種の, 三の 2 一と, 一に, 三第, 二の, 二段が

1 [20件] 一だけを, 一は, 一巻は, 一番の, 一番は, 一第, 一行は, 一項目の, 三句の, 三回午後三時に, 三時代の, 三期の, 二と, 二号館の, 二番の, 二第, 八章ない, 八項目の, 四角で, 1は

▼ うち~ (39, 0.1%)

7 のだ 3 のです, んだ 2 のよ, んでしょう, んです

1 [20件] がし, がむ, がむべ, の, のかしら, のかな, のだろう, のでその, ので優婉, ので昼, のに周囲, のに天地, のね, の古典詞章, びく春, やみ, んざアどう, んだろう, んでございます, んでごぜ

▼ うちじゃ~ (36, 0.1%)

3 ないの 2 ない

1 [31件] あのとおり夢中, ありませんか, おっかなくて, これを, ござんせんか, そう呼ぶ, そんな値段, でせいぜい, どっちが, ないか, もう庄屋, ものを, よ, ア実直な, チェチェヴィーツ, 一番の, 呼べっ呼べっ, 大変な, 曖昧ね, 目の, 目クサレ金です, 知らなかったん, 神殿に, 総髪に, 蕈の, 評判が, 誰も, 防毒室の, 阿父さん, 食わせられるかい, 飲ませて

▼ うち~ (35, 0.1%)

8 へす 2 くるひたお, けらるる, みて

1 [21件] かつて, かつて来た, くしへ, ずっと遠い, ただな, たつぽ, たと, づけるが, なんかへ, ぶつた, へりましたらまた, よくは, るすか, わかりません, ッて, 候べき, 少なくともこの, 或いは大名, 知らなかったが, 翌日に, 遅くとも翌日

▼ うち一つ~ (34, 0.1%)

2 しかない

1 [32件] が消される, が眞物, ぐらいはきれい, だけをもっ, だけを選, ではない, でもよく, として彼, に極めてる, の奇妙, の盃, の道, の黒い, はつまらない, は必ず, は明らか, は東歌, は毒薬, は猛毒, は積極的, は西風, は霰弾, は飛騨, または多く, を使っ, を取, を択ばなけれ, を断ち切, を読んだ, を選ばせる, 欠けても, 申し残しが

▼ うち~ (32, 0.1%)

2 か, が一番

1 [28件] かしらの身, かの着物, からとなく, かを己, か基督教徒, がいちばんお気, がこん, が一番綺麗, が下手人, が傳次, が手, が現, が発見, が買, でもいい, でもそう, でもまず, でも出入, でも水潜り, でも犯人, に同情, のし, のもの, もがシュン, もさき, もそんな, もなんとも, よりもすぐれ

▼ うち自分~ (31, 0.1%)

1 [31件] がもらう, が妙, が所有, が敗れ去った, が珈琲, だけ幸福, で一向, で悟っ, で煮炊き, で見出した, にかけられ, に親し, のからだ, のする, の五十五, の体臭, の向かい, の小さな, の席, の手, の死なない, の義務, の頬, はもウ, は彼, は質, もやっ, も共に, も退院, よく歯, を含む

▼ うちある~ (30, 0.0%)

3 ものは 2 者は

1 [25件] ときお, ところで, ものが, ものの, やうに, 五年間を, 人が, 夜またし, 夜山家の, 島へ, 慄然と, 日の, 日ゲルダは, 日今太郎君が, 日家の, 日山ふところの, 日彼は, 日海水浴を, 日藤井から, 時ふとした, 朝ちょっと, 橋の, 比例の, 谷川の, 資本が

▼ うちふり~ (30, 0.0%)

53 うちふる 2 うちふり

1 [20件] うちふり一生懸命に, つつ見る見る, ていばら, て太綱, とうから用意, とばされしばらく, ながらがつがつ, ながらころげ, ながらそして, ながらひょこひょこ, ながら向こう, ながら私たち, ながら野原, 喊声を, 子どもたちと, 小さな目, 手勢二百を, 網を, 自分自身を, 足を

▼ うちなる~ (28, 0.0%)

2 白菊も

1 [26件] この泥, ささやかな, ヤーソンの, 一人迺ち, 人の, 人を, 人性は, 入口より, 卓の, 善といふ, 喜の, 多人數, 女性は, 寡婦孤兒の, 役に, 我身は, 暴君か, 曲第, 樟の, 母性の, 洞を, 熟睡を, 畫堂に, 白菊という, 神とは, 赤き實

▼ うちへは~ (28, 0.0%)

2 お立寄り

1 [26件] あちこちの, いけない, おいでなさい, おはいりくださいません, こんやから, ちょいちょい手紙, また海老屋, まだ今日, まだ出入り, よく泊り, 二十四頭の, 今月末までに, 何物も, 入らないよう, 十年に, 回ること, 家族の, 寄せねえと, 帰らないと, 帰れず, 帰れないから, 戻らぬと, 月の, 来て, 當分歸りたくない, 足を

▼ うち見た~ (28, 0.0%)

2 ところ彼は

1 [26件] ところいかにも, ところお, ところでは, ところどうしても, ところひと目に, ところひどく, ところまだ, ところやはり, ところテーブルに, ところ五十前後の, ところ何等, ところ十里四方にも, ところ多少, ところ存外の, ところ常人で, ところ心の, ところ教養も, ところ旗本どもに, ところ正直者らしゅう, ところ田舎廻りの, ところ立派で, ところ職人渡世でも, ところ負債も, ところ貴殿には, 処如何にも, 所私の

▼ うちからの~ (27, 0.0%)

1 [27件] お染, ことで, この附近, さよ子と, らしいの, ヤケ酒, 上海コレラ騒ぎ, 出が, 力に, 友達だ, 友達で, 友達の, 帰り道に, 張込みで, 懇意で, 本の, 気疲れで, 混雑に, 物騒めきで, 疲れが, 知己で, 習慣と, 肉体の, 若干句が, 話ね, 貰ひ, 酒で

▼ うちどれ~ (27, 0.0%)

2 か一つ, でもいい

1 [23件] かになっ, かの一本, かをなくした, か一匹, か好き, か御礼, がメヅサ, が一番主人, が怪盗風太郎, が怪盜風太郎, が目明し仲間, が誘拐団, が近い, だけが魚, でもお, でもお気, にもあたし, のため, へ始め, をする, を見, を追, を選ぶべき

▼ うちながめ~ (25, 0.0%)

4 ていた 2

1 [19件] ある者, てい, ていなけれ, ている, てばかりいる, て冷やか, なおしばらく, ながらしっかり, ながら地上, ながら暮らす, ながら高砂館, またある, ディドローは, 一せいに, 不快そうに, 同時にその, 大事に, 小鳥の, 微笑を

▼ うちにおける~ (25, 0.0%)

2 大きな傾向性, 大きな光

1 [21件] おのれひとりの, この一人, この主, そのままの, その獰猛, その眠り, 人間の, 彗星の, 快楽よ, 普遍的な, 死屍の, 毒人蔘であった, 滴虫の, 生存の, 祈祷と, 秩序を, 該民衆の, 超自然的, 輝きである, 銀座的な, 驚くべき技能

▼ うちにゃ~ (24, 0.0%)

1 [24件] あいつか, あ例, あ巧, あ手, あ調べ, あ辛く, いつか抜けだす, これでも, これまで, だいぶ仕事, だんなの, どれ, なか, またエライ奴, ァこの, ア辛く, チリンチリンチリン, 倉が, 先生だって, 入り口へ, 唸るほど, 帰って, 番太小屋も, 米粒一つだって

▼ うちへも~ (24, 0.0%)

2 かね

1 [22件] あらわれたの, いつのまにか秀吉, いらっしゃいよ, おとずれて, とうとうコロリ, べつな, 一ぺんよこしなさい, 何度か, 出すの, 取った人, 多くの, 大てい一ぱい避難者, 寄つて, 来て, 田村君の, 行かず此処, 行かず親族, 遊びに, 道誉という, 金の, 集めに, 電報を

▼ うちだった~ (23, 0.0%)

3 が, んです

1 [17件] か監獄じゅう, がこっち, がこの, がそれ, がグレ, が突然, が霽, けれどあたしたち, じゃない, そうです, という, と聞く, ないという, のかも, のである, のでこの, ので同じ

▼ うちながら~ (23, 0.0%)

2 夜昼南へ, 馬士歌でも

1 [19件] おいしい煎茶, お綱, ざんぶと, はやての, 刺繍の, 喉の, 女給が, 宿の, 康平さんの, 後れる味方, 意氣ご, 振り向いて, 茫々と, 荘重な, 蓬の, 食べました, 飲んだと, 馳け, 駆けて

▼ うちでの~ (22, 0.0%)

1 [22件] お話でも, やまとは, ような, 仕事は, 会話に, 例外で, 名品だ, 大きな出来事, 大酒飲み, 小づち, 小づちに, 最も古い, 最も大きい, 最も寂しい, 最も美しい, 最も陰鬱, 最強者と, 有力者で, 本来の, 生物であり, 通称, 首座の

▼ うちにでも~ (22, 0.0%)

2 お父様

1 [20件] いるよう, たった今でも, どの位無数, なんでも, 勿論武蔵, 匿うの, 参りとう存じます, 城から, 子供は, 小僧に, 帰って, 式を, 日本兵が, 来て, 泊めて, 町を, 結果を, 見るよう, 起きる, 遊びに

▼ うちもう~ (22, 0.0%)

1 [22件] ここに, たずねる人, よかろう, 一ぺん行く, 一名の, 二人の, 二十名ほどは, 先陣の, 半刻, 婆の, 学校は, 小勇の, 後ろから, 新手の, 木辻へ, 来た方向, 江戸へ, 織田方の, 落語なんか, 葬儀が, 行動を, 誰も

▼ うちいずれ~ (21, 0.0%)

2 を選んだ

1 [19件] かと言え, かに就任, かの一つ, かの国, かを選ばね, か一, か一つ, があなた様, が国, が大, が得, が正しい, にかありけん, のさかい, の娘, の言葉, へか衝突, へともつかず云った, を彼

▼ うち三人~ (21, 0.0%)

2 まで順々

1 [19件] が昨夜, が辛うじて, ぐらいそんな, だけが大学出, だけが電灯, だけでした, で銀座, の関係, はこれ, はさしつかえ, はついに, は嫁ぎ, は思わず, は笠, までは伊太夫, まで一手, まで軍功, もが實, も戦死

▼ うち~ (21, 0.0%)

2 であるか

1 [19件] かあった, かある, かしら猿, かでもって埋め合せ, かで或, かの役, か一つ記念, か聞い, か食べ, ぜだ, でも質問, といっ, と云った, と長々, にも口, にも急, や知らん, を欠い, 思ったか

▼ うち~ (21, 0.0%)

10 るもの

1 [11件] る個所, る夕方, る夜, る日, る時, る晩, る朝日本橋, る立派, る者, 日遊びから, 者は

▼ うちつと~ (20, 0.0%)

3 察して

1 [17件] あつて, お返事, でけ, で思ふ, スマートな, パラソルを, 余裕が, 儲かる方法, 前なる, 奥さんを, 後に, 手前で, 斯う, 方法が, 早くそれ, 気の, 起き上ッ

▼ うち眺め~ (20, 0.0%)

2 ていた

1 [18件] うち眺めし, して, つつこの, ていました, ている, てさも, てはまた, てゐた, て屡, ながらやはり, ながら彼, また立っ, 君の, 唯もう目, 壁に, 夢想に, 自由な, 遂にこの

▼ うち合わせ~ (19, 0.0%)

2 をし, チャリンと

1 [15件] いやあすこ, があります, てあった, てある, てなさけな, て見ましょう, であなた, ながら叫んだ, になっ, に寄った, に彼, に行っ, の電報, をする, 襟で

▼ うちどちら~ (18, 0.0%)

2 かを一本

1 [16件] かが大村氏, かは役に立ちましょう, かをお, か一つ, か一人, か一人妾, がより, がルミ, ですか, でもいい, なりと, に毒, へかしかと, もその, をとっ, を連れ

▼ うち忘れ~ (18, 0.0%)

1 [18件] そそくさと, ていつ, てうっとり, てさも当然, てただ, てわっ, てゐた, て依子, て奮鬪, て机, て無限, て父, て進ん, 只ふらふらと, 新たに, 武士を, 臨終記として, 顔で

▼ うち明ける~ (18, 0.0%)

2 ことは

1 [16件] ことそう, ことの, ことも, つもりでした, というよう, とお, とマンハイム, と審判官, のだ, のだって, ように, よりもむしろ, んでしょう, 危険な, 気持は, 習慣に

▼ うち特に~ (18, 0.0%)

1 [18件] お絹, すぐれた外交家, つばめに, ヒルベルトの, ルピック夫人の, 一篇だけ, 兵二郎と, 創作創造発明発見の, 土地の, 天分の, 恐ろしい光景, 深く切れ込んだ, 私とも, 私の, 科学しかも, 綜合に, 親しくし, 都会に

▼ うちからは~ (17, 0.0%)

4 戸を

1 [13件] いろいろ, 一人も, 今一つかう, 信用ある, 出て, 可愛い子供, 四五日前たよりが, 国男行った, 姿を, 若い細君, 裏の, 達ちゃんが, 随分働いた

▼ うちこれ~ (17, 0.0%)

2 はひょっと

1 [15件] が国産品, が最も, だけは承知, だけ残っ, で王子, と火あぶり, にならふ, は一番, ほど公平, ほど興味, も例, より暗黒, より致命的, を糸, 見て

▼ うちそれ~ (17, 0.0%)

2 がいかにも

1 [15件] から遠ざかっ, が理由, とも知らぬ, と同じ, にいる, に違い, はなん, は私, も一瞬, も無理, をひどく, を一笑, を味, を知らなかった, を首尾

▼ うちにこそ~ (17, 0.0%)

1 [17件] あらめ貴族仲間にては, あるが, あるという, その革命, またわれわれ, 僕の, 国民の, 多くの, 彼らは, 最も豊富, 最後に, 本当に伝道的, 目に, 真に日本的, 落語家自身の, 買われなければ, 進むべきであったのに

▼ うちふる~ (17, 0.0%)

2 この槌, 斧の, 鈴高く, 鶏冠尾長鳥垂り, 鷲鷹の 1 この鎚, やうに, 乱れ髪, 吾指は, 楽の, 鶻隼は, 鷄は

▼ うちまた~ (17, 0.0%)

1 [17件] お目, かならずお目にかかれましょう, ふと気がつい, 七兵衛が, 前方から, 奥州に, 家へ, 御邪魔, 急行電鉄の, 故郷の, 来る, 空気を, 続けた, 茶わん屋に, 赤坂から, 這い歩きはじめた, 食を

▼ うち~ (16, 0.0%)

2 と日本, ひて

1 [12件] と, とでは能動精神, とで向, とにせわしく, とにひろがりつ, とに感じられた, とはゆうべ, とへ吹き煽った, とをくま, とを見まわし, へて, を麻

▼ うち振り~ (16, 0.0%)

3 うち振り

1 [13件] あたかも自分, つつ, て, て火, ながらまっ黒, ながら彼女, ながら揚々, ながら男, はや他念, 声援し, 彼の, 月の, 豪傑笑いだ

▼ うち早く~ (16, 0.0%)

1 [16件] いこうと, お嫁さん, お歸, と午後, も又, も同じく, も味方, も感づいた, も調べ, 一緒に, 切りあげようかとも, 厠へと, 向背を, 帰るが, 甘木さんに, 立去ろうと

▼ うち消す~ (16, 0.0%)

6 ように 2 やうに 1 かの樣, ことが, ために, もので, ものの, ような, よりほか, 工夫を

▼ うち~ (15, 0.0%)

4 ひて 3 ふぎ 1 ぐる, ぐるがねや, ぐるた, たまが, つる, ひこれ, ふぎ管かたぶけ, 面白いが

▼ うちどこ~ (15, 0.0%)

2 にも存在

1 [13件] かで見覚え, かに囲っ, かに見出されるであろう, かへ行く, からともなく, かを突破, か外, ぞ私, どすか, なの, の備え, の家, へでも行ける

▼ うちどころ~ (15, 0.0%)

7 のない 4 もない 1 がない, が悪く, が悪けれ, ない妻

▼ うち明けた~ (15, 0.0%)

2 のだ, 方が

1 [11件] からって私, こころを, とて何, のが, のでお, のでまた, のに答, 上で, 悖徳行為については, 話が, 話を

▼ うち解け~ (15, 0.0%)

1 [15件] たりとお, ている, てくれない, てこんな, てだんだん, て会, て呉れ, て熱心, て見たい, て話, て話した, ながら談笑, にくい, を見せる, 難いもの

▼ うち震え~ (15, 0.0%)

3 ていた 2 ている 1 て憤激, て歯, て泣い, ながら, ながらうずくまっ, ながらしか繙く, ながらねがっ, ながらへや, 岩は, 諸君が

▼ うちあの~ (14, 0.0%)

1 [14件] 一勢は, 作男の, 便覧に, 借家を, 八頁だけを, 女の, 娘が, 平凡きわまる, 日曜日に, 浅草観音堂裏や, 男は, 船の, 請負の, 闇夜を

▼ うちからも~ (14, 0.0%)

1 [14件] うかがわれた, こっちの, その時, ひと粒の, また奉行所方面, みんな行きます, 加つ, 孵って, 来とると, 次の, 突如寝返り軍, 纜を, 誰やら, 途

▼ うち~ (14, 0.0%)

1 [14件] や, やあれ, やしよつちう, やそんな, やとよ, やと騒い, やねエ, やア, や勉強, や女達, や暫く, や第, や飲ませ, ゆうと

▼ うち一度~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるもの, お伺い, か二度, ぐらいはぶ, ずつお, は小, は無理, は行っ, も二刀, も眼, も竹刀, や二度, 博物館で, 来て

▼ うち~ (14, 0.0%)

1 [14件] うらさびしさ, がみんな, が起き, たずね回っても, で木枕, の人, の大, の笑い草, の英雄, の話題, へうつるいう, をアッ, 今にも泰子, 総出で

▼ うち少し~ (14, 0.0%)

1 [14件] ずつベッド, でもゆかい, でも新奇, なと世上, も早う, 古く見える, 待って, 本でも, 極りが, 止めて, 減食しなけれ, 病気の, 癒く, 癪に

▼ うち晴れた~ (14, 0.0%)

3 日の

1 [11件] いい日, 大空の, 大空ばかりに, 大空を, 日であった, 秋の, 穏かな, 空と, 空に, 空の, 空を

▼ うち殺し~ (14, 0.0%)

4 てやる 1 たりはしなかっただろう, ていた, てしまいましょう, てしまった, てしまわない, てしまわなけれ, てはいけない, てもいい, てやり, ながら相談

▼ うち~ (14, 0.0%)

5 がもめる 2 の利いた 1 が向かね, が変, なほう, な方, にし, をうしなった, を替

▼ うちだけは~ (13, 0.0%)

1 [13件] お聞きとりねがいたい, がまんしよう, どうしてもほか, むかしの, やって, 家へ, 察して, 待つて, 恵まれて, 歌を, 真つ, 訪問を, 誰にも

▼ うちだって~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありは, こんなに明るい, そうさ, もっとお金, 一々本邸, 先ずあの, 動きとうは, 客と, 少しは, 次郎ちゃんには, 貧乏世帯だ, 貯蓄は, 金持だ

▼ うちだんだん~ (13, 0.0%)

1 [13件] うちの, からだじゅうむずむず, その槌, それは, 今松, 唄の, 木々の, 氣力が, 秋の, 紫宸殿の, 谷間の, 近よる, 顏馴染にな

▼ うちにおいては~ (13, 0.0%)

1 [13件] あぶないので, ただ客観的, ただ客観的実在性, ただ客觀的, ただ客觀的實, 一兵卒と, 世話を, 人は, 天国を, 太陽系の, 必然であり, 恐怖と, 明知と

▼ うち~ (13, 0.0%)

2 には彼女

1 [11件] て, でもよく, と違, に微か, に生活みたい, に自分自身, のよう, もう富, も自転車, を排斥, 何で毎晩薬

▼ うち沈んだ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ところを, ままでした, 姿でした, 影が, 影を, 心地で, 様子で, 様子に, 歩調で, 気もちに, 気分の, 花の, 調子に

▼ うち見る~ (13, 0.0%)

1 [13件] からにあさましく, ことは, ところただの, ところ七八歳から, ところ恰かも, ところ造化の, ところ鈍の, ひまにも, ほどに心待, ほどに心待ち, ほどに開き, 所一種類の, 空の

▼ うち開いた~ (13, 0.0%)

2 口が, 眼の 1 のに昌作, ままじっと, まま機械的な, 分房, 心で, 東の, 熱情的な, 窓から, 窓の

▼ うちつい~ (12, 0.0%)

1 [12件] いい仲, くたびれて, この石磴, この間までは, まりが, 忘れて, 昼間の, 気炎を, 沙汰止みにな, 滑り落ちとたんに, 王さまの, 調子に

▼ うちであった~ (12, 0.0%)

1 [12件] から伊織, がほどなく, が大きな, が町, が空, が語気, ためいっ, ためまた, と思います, のである, のでこの, はず

▼ うちという~ (12, 0.0%)

3 のは 2 ものは, ものを 1 ことに, もの小倉日記は, ような, わけで, 眉が

▼ うちとは~ (12, 0.0%)

1 [12件] あのアパート, いつても, その日, たいていの, とても昔, どこの, まだどうもない, 反対の, 思いましたが, 田舎の, 違うからね, 響きが

▼ うちにのみ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるもの, かぎらない, ささやかるべき, せめてもの, それを, 去られて, 去られ終わるの, 栄えて, 生きて, 終始し, 置かないで, 見られる

▼ うちまもり~ (12, 0.0%)

32 ゐたり, 心少しく 1 つつ, つつ静か, て黙, のち顏を, 嘆息する

▼ うち~ (12, 0.0%)

2 さけびの, ゆかしき 1 あるいは過激, いわゆる民間人, きものや, しない, まず, 友達に, 子が, 尾崎さんの

▼ うち彼女~ (12, 0.0%)

1 [12件] がたしかに, がぽ, には良人, の冷めたい, の十一歳, の芸, の顔, はおのれ, は仕事, は或, は死, は長い

▼ うち立て~ (12, 0.0%)

3 てゆく 2 て行こう 1 ていた, てながめ, てはいなかった, てゆこう, ながら自国内, らるべき, 個人の

▼ うち開い~ (12, 0.0%)

3 ている 2 ていた 1 てこんど, てそれら, て両手, て守宮, て息, て星, て黙然と

▼ うち開けた~ (12, 0.0%)

1 [12件] 上流の, 場所を, 山の, 平たい所, 広々した, 所に, 無心さであった, 田圃道を, 空地に, 精神を, 谿谷の, 郊外の

▼ うち~ (12, 0.0%)

1 [12件] う皓, えて, える, えるの, える部分, ひちらちら, ふ, ふ如くなりき, ふ掌, へ, へる, へゐ

▼ うち~ (11, 0.0%)

2 がし 1 いれられねえご, こそと推量, ざなみの上に, すらひ, なんにも言つて來, へしめやか, へ早く, へ立退け, 頼むぜ

▼ うち~ (11, 0.0%)

1 [11件] つちか, つちか一つ, つちが, つちでも, ないして, ないしても, ない云う, ない頼まれ, めとして, ッちかを, ッちの足が

▼ うちなんか~ (11, 0.0%)

1 [11件] いくら大きく, いつもうまい, こしらえて, そういう点, でも, まだ楽, まったく物騒, 三日の, 書いて, 金も, 雀の

▼ うちもっとも~ (11, 0.0%)

1 [11件] 安直の, 広き理想, 恐るべきこと, 悪いこと, 新しい理想, 殷賑を, 深き理想, 肥沃の, 貴重な, 高位に, 魅惑に

▼ うち一本~ (11, 0.0%)

2 には毒, を擦っ 1 ぐらい筋, は取った, は射外す, は見知つた, は隣地の, をもって他, を指し

▼ うち二つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] か三つ, がめちゃくちゃ, くらいにまで減らし, はたしかに, ははなはだ, は他, は友三郎, は目抜き, は除外, までが確定, を燕女

▼ うち~ (11, 0.0%)

1 [11件] てた, てたかった, てた武家, てねば, てねばうち樹, てられたとき, てられたよう, てられる, てるかといふ, てる宿命, て得られる

▼ うち笑み~ (11, 0.0%)

2 ながらいいました 1 いいました, て, てあり, てつぶつぶ, ながらかんかん, ながら伝六, ながら片手, ながら立ち上がった, ながら静か

▼ うち興じ~ (11, 0.0%)

5 ている 1 ての味, てゐる, て居た, て恐, ながら何心, ながら極地

▼ うちここ~ (10, 0.0%)

1 だけが明り, で待っ, に意外, に残っ, に約, の内儀, へやって来る, へ御, へ来る, を逃げ出す

▼ うちした~ (10, 0.0%)

1 ことが, ことは, ときの, と答え, ね, のであろう, のでしょう, のでばあさん, のを, んです

▼ うちたった~ (10, 0.0%)

2 一つ気の 1 いちど思わず, 一つだけは, 一人である, 一人及第した, 一枚の, 三千ルーブルだけ, 八枚ぶん差しだした, 十八人

▼ うちにか~ (10, 0.0%)

2 へらねば 1 くる, ぶとを, へらうと, へらないと, へりました, へる, ような, 或は蜜蝋蜂

▼ うちにかの~ (10, 0.0%)

2 女は 1 呂氏の, 女の, 平安を, 強盗は, 玉藻の, 甲府勝手を, 男は, 白鷹の

▼ うち一番~ (10, 0.0%)

2 多く眼 1 の汽車, の総領, よく出来た, 可愛らしいの, 実際に, 小さくて, 小さな一番, 恐いもの

▼ うち~ (10, 0.0%)

1 から丁度一ヶ月前, こそ私, でもあの, なお愛好, のうち, のアパート暮し, の大溝町, までの生意気, も残っ, 一所より

▼ うち倒れ~ (10, 0.0%)

4 ている 2 てしまいました 1 うちの人は, て口, 毒ある, 草の

▼ うち半分~ (10, 0.0%)

1 が手, ぐらいすなわち, ぐらいはフラリ, ぐらいは粥川, だけはお父さん, はなかっ, は手放さなけれ, は空, ばっかり残った, までは此

▼ うち~ (10, 0.0%)

2 自分の 1 働きに, 幕吏ら金出しなど, 未練が, 物音が, 由兵衞が, 眠くな, 裁判所へ, 蹐み

▼ うち~ (10, 0.0%)

1 が来ました, になりました, に入っ, のうち, の一時間, の明けぬ, はほ, は白, も明けた, も段々

▼ うち~ (10, 0.0%)

1 がくれかけ, が暮れ, さす, さす宮, さす宮道, の光, はやや, は入り日, は容赦, も移っ

▼ うち殺す~ (10, 0.0%)

1 ことが, その偃月刀, ぞ, ぞッ, つもりで, のだ, のにゃ, のは, ほかは, 相談を

▼ うち消し~ (10, 0.0%)

41 てある, ていた, ててんで, て笑, て笑っ, 伏せる

▼ うち~ (10, 0.0%)

2 であった 1 でげす, に対する理想, の不快, の血, よりも火焔, を出し, を習う, を言わずし

▼ うち~ (10, 0.0%)

2 には童, らる 1 て, には十五六, には枯山芝生春日照り, には瓢枕, にもなにか, に四

▼ うちあわせ~ (9, 0.0%)

2 をし 1 で夕飯, とかで, などはきのう小林先生, に驚い, のよう, は真に, をした

▼ うちそろっ~ (9, 0.0%)

1 て, てこの, てアルキュエイ, てハイキング, て付近, て伺候, て引っ立て, て見, て銭湯

▼ うちでした~ (9, 0.0%)

1 か, から居, がそつ, が今夜, が良兼叔父, けどたしかに, なえいあんばい, よ誰, 手拭を

▼ うちにおいても~ (9, 0.0%)

1 たしかに独特, ともに存, パリーの, 客観的に, 客觀的に, 無尽蔵で, 生命を, 自然の, 複雑な

▼ うちひしがれ~ (9, 0.0%)

2 ていた 1 ている, てうずくまっ, てお前, てもうち, ても怒り, て絶望, 卑屈に

▼ うちひとり~ (9, 0.0%)

1 が敵, だけ生国, として逃げよう, はにせもの, は忽然と, は際だっ, も生きてる, 五郎右衛門だけは, 目立って

▼ うちわずか~ (9, 0.0%)

1 に一人, に三家族, に二, に数曲, に独身者三人, 二人の, 四週間だけ, 小部分, 数個所の

▼ うち五人~ (9, 0.0%)

1 だけ採用, の姿, は左足, は男子, は補助, まちがう, までがす, までがもう, を選ん

▼ うち~ (9, 0.0%)

1 てきた, てしまっ, て行け, て見ませ, て見れ, でさせ, でむこ, でめづら, で巨巌

▼ うち~ (9, 0.0%)

1 が十人, が歩き出し, という女, の方, はすばやく, はその, は俄, は児, は横町

▼ うち~ (9, 0.0%)

2 をかぶり 1 の四十面相, もとっ, をかぶっ, をかぶつ, をとられた, をふかく, をま

▼ うち沈ん~ (9, 0.0%)

2 でいる 1 でいいました, でいた, でいった, でいらっしゃいまし, でうなだれた, でゐた, で思い

▼ うち笑っ~ (9, 0.0%)

4 ていました 21 てさえいた, て名人, て敬四郎

▼ うちあたる~ (8, 0.0%)

2 波の 1 なからん, なり兵曹長, のだ, のを, 大力に, 性質の

▼ うちいつか~ (8, 0.0%)

1 その傍, はと実現, は会える, ひとりでに最も適切, もう十五分の時, 張り続け過ぎて, 深い眠り, 知らこの

▼ うちいつの間にか~ (8, 0.0%)

2 中なる 1 そんな荒れ果てた, 彼は, 本当の, 父を, 病院の, 自家の

▼ うちきっと~ (8, 0.0%)

1 お一人, お目にかかりに, 何か, 南の, 参内つかまつりまする, 君らと, 日本左衛門を, 来る

▼ うちそんな~ (8, 0.0%)

2 気が 1 こと夢にも, ふうに, 友達の, 苦しげ, 風な, 風に

▼ うちだけでも~ (8, 0.0%)

1 かなり読書, ここに, そう思っ, 仕事を, 妻として, 沢山だった, 的確な, 餘り

▼ うちといふ~ (8, 0.0%)

2 ものを 1 ことに, ものは, 今日の, 感じが, 条件で, 條件で

▼ うちはを~ (8, 0.0%)

2 もつて 1 つかつて, 使つてゐ, 使つてゐた, 使つてゐる, 使ひ, 持つた手

▼ うちひらい~ (8, 0.0%)

2 てゆく 1 てメーデイ, て二つ, て微笑まれ, て淵, て見せ, て音

▼ うちほど~ (8, 0.0%)

1 いい, いいところ, けっこうな, では, なく身, 楽な, 淋しいもの, 複雑な

▼ うち~ (8, 0.0%)

2 の三つ, の二人 1 に五戸, に向, の五人, の学校

▼ うち出で~ (8, 0.0%)

6 て見れ 1 て, て仰げる

▼ うち勝つ~ (8, 0.0%)

2 ことを 1 かだ, ことが, ことも, ため声を, 者なる, 見込みは

▼ うち~ (8, 0.0%)

2 ふ春, ふ竹 1 ひ, ひて, ふ, ふ暗き

▼ うち~ (8, 0.0%)

1 ていの, てい覚えちまった, 孫を, 時計が, 暴風にでも, 決心を, 火事が, 部分は

▼ うち~ (8, 0.0%)

1 にあたり, におとなしく, にニタニタ, に使徒, に夕立, に引っ越す, に明るく, に黙った

▼ うち~ (8, 0.0%)

2 ひ君, ふ影 1 ひいく夜, ひしづ, ひて, ひ鳴く千鳥もの

▼ うち東京~ (8, 0.0%)

1 でおや, に地震, に往き, の大学, へ出たい, へ勉強, へ来, へ行つて

▼ うち案じ~ (8, 0.0%)

5 ていました 1 ておりました, てばかりいた, て絃

▼ うち突然~ (8, 0.0%)

1 それを, の駭きが, 云ひ, 大声で, 書き物の, 私は, 血を, A子の

▼ うち立てた~ (8, 0.0%)

2 のであった 1 ということ, のである, 作品, 学界の, 英国の, 諸芸術概念

▼ うち笑む~ (8, 0.0%)

1 といっそう, といとも, とすぐ, とそれ, と人, と力, と名人, と涼しげ

▼ うち負け~ (8, 0.0%)

2 てしまった 1 ている, てうとうと, て取られ, て市, て自慢, て行く

▼ うち開く~ (8, 0.0%)

2 わが屋, 此の 1 ために, のは, 前歯の, 音楽よ

▼ うちあんた~ (7, 0.0%)

1 そんな水臭い, と一緒, と仲, に殺されたい, のよう, みたいに, 殺して

▼ うちうち~ (7, 0.0%)

1 では大泉さん, といふ感じ, なら宜, のご, のつきあひ, の事件, の気安

▼ うちする~ (7, 0.0%)

1 とそこ, と例, と言, もので, んだ, 男が, 音が

▼ うちだけで~ (7, 0.0%)

1 もう飽き, 三千の, 出て, 存在し, 歌ひつ, 止めた行事, 渦巻いて

▼ うちだれ~ (7, 0.0%)

2 にても種々 1 か工夫, か理解, があえて, も彼, 一人として

▼ うちとうとう~ (7, 0.0%)

1 お天気, ひいさま, 二人は, 叫び交わし, 吉田君は, 左へ, 鍛冶屋町へ

▼ うちにばかり~ (7, 0.0%)

2 生きて 1 いなさるから, いるの, では, ひっこんで, ひつこん

▼ うちまだ~ (7, 0.0%)

1 あけて, まっ暗な, 工藝に, 手の, 接吻しられた, 着任しない, 誰一人として

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 けん, する浪, する磯辺, だれを, つとこの, つとどうかなりません, つと偉く

▼ うちよく~ (7, 0.0%)

1 この陰気, そこで, そこへ, つかって, わかった人々, 働くせゐで, 分りました

▼ うちわたし~ (7, 0.0%)

1 の硬, の硬かっ, はこの, はもう, は勇気, は後, は真青

▼ うちわたす~ (7, 0.0%)

1 は見渡す, 二つの, 枯野が, 桜の, 遠かた, 銀の, 雲の

▼ うち一名~ (7, 0.0%)

1 でも警戒網, に葉書, の僧, は知らない, は自分, は鉄弓, をうしない

▼ うち一枚~ (7, 0.0%)

2 は巨勢博士 1 が千円, しかキップ, には少年, の方, を原

▼ うち三つ~ (7, 0.0%)

1 しかつい, に一つ, は一部, は私, までが紛失, までは廃せられた, 迄何とか

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 と人, にも読ませない, に盗まれぬ, の姿, の怨み, もなし, 斬の

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 に客, に知られたくない, のこと, の三百六十四日, の下男たち, の人, の弁ずる

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 のもう少し, の知らない, はいつの間にか, はふつ, は死なない, は突然, は變

▼ うち出し~ (7, 0.0%)

2 てある 1 てあ, てあなた, て会おう, て行こう, にくい

▼ うち勝ち~ (7, 0.0%)

2 難い力 1 かける頃, からだ, がたい力, がたい確信, やっとの

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 に出る, に木曜會, へ出, へ引留め, をのこる, を見はっ, を見回っ

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 一同は, 三方の, 不例という, 伝馬その他の, 工夫が, 推察申し上げまする, 気に

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 おくれに, づかずに, に入る, に残った, は小首, をあげない, 近き役人

▼ うち揃っ~ (7, 0.0%)

1 てお, てぞろぞろ, ての楽しい, て出頭, て学長, て膳, て雑色がわり

▼ うち~ (7, 0.0%)

2 のりんどう 1 のりん, の一続き, の室, の溪, はいよいよ

▼ うち比較的~ (7, 0.0%)

2 健康な 1 に最も, ましな, 早い時期, 正しい演技訓練, 素質も

▼ うち立てる~ (7, 0.0%)

2 ことが 1 すべての, ための, だけの実戦, のを, を得た

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 一時間も, 七割四分だけの, 三分の一が, 三千枚を, 二〇, 二十は, 八割は

▼ うち結婚~ (7, 0.0%)

6 まで生存 1 するもの

▼ うち解けた~ (7, 0.0%)

1 ようすに, 口調で, 感じで, 親しげ, 話も, 話を, 雑談に

▼ うち誰か~ (7, 0.0%)

2 がそれ 1 がここ, が事実, が加害者, が告げる, が故意

▼ うち開け~ (7, 0.0%)

1 ていた, てひたひた, て整然, て訊い, て誰か, 候平地沃野のみにて, 怪しい森

▼ うち~ (7, 0.0%)

1 がふった, がふり出しました, が降りだしました, と風, のざんざぶり, はますます, は小降り

▼ うちいきなり~ (6, 0.0%)

2 悲鳴に 1 その椅子, ぶんっ, 背後から, 鳥の

▼ うちうろたえ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 てひょろひょろ, て介抱手当, て名人, ながら伝六

▼ うちお前~ (6, 0.0%)

1 がはつきり云, が前, にチヤホヤ, の懇意, はガチャガチャ, は年

▼ うちしめり~ (6, 0.0%)

1 あやめぞ, ておわし候え, なにか, の歌, わけも, 浮きも

▼ うちじゃあ~ (6, 0.0%)

1 いつもぶ, ねえやいい, やっと喧嘩, 思いきって, 正直の, 考げえる

▼ うちただ~ (6, 0.0%)

1 の一名, の一戸, 一つについて, 一点だけは, 一通非常に, 眼だけが

▼ うちだけの~ (6, 0.0%)

2 ことで 1 こと, ことだった, ことです, 問題じゃ

▼ うちでなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばなりません 1 ばならない, ばならん, ばなるまい, ば到底

▼ うちどう~ (6, 0.0%)

1 したの, したはずみ, したわけ, するやろ, だったの, だ百花園

▼ うちどっち~ (6, 0.0%)

1 かが参っ, かである, かに中途半端, かを選ぶ, か一つ, が謁見

▼ うちなびき~ (6, 0.0%)

1 こころも, つつなげく, 寐も, 春さりくれ, 雲雀なく, 雲雀鳴く

▼ うちにだけ~ (6, 0.0%)

2 在る私 1 だった, 僅に, 示して, 起って

▼ うちにつき~ (6, 0.0%)

1 こんだ, 戻した, 落として, 落とそうと, 込んで, 進んだ

▼ うちにても~ (6, 0.0%)

1 またこれ, ソクラチスゴールドスミスもしくは, 天外に, 最も尊厳, 殊に讀經, 男子よりは

▼ うちにという~ (6, 0.0%)

1 お考え, ような, 仰せ, 意味を, 用心である, 風に

▼ うちによりも~ (6, 0.0%)

2 いっそう多く, 一層多く 1 多く自分, 革命の

▼ うちはと~ (6, 0.0%)

1 いふので, ひとえに大事, 卑怯な, 奔馬の, 将校たちの, 彼は

▼ うちばかり~ (6, 0.0%)

2 一風呂浴び 1 だ, ですから, でねえ北, 明けて

▼ うちやがて~ (6, 0.0%)

2 十一月の 1 その旦那様, 九時を, 趙雲の, 高野街道より

▼ うち~ (6, 0.0%)

1 が他, と月, に否, はいたく, を選ぶ, 若し缺

▼ うち一方~ (6, 0.0%)

1 が多少, だけは何時, の茂み, は農耕用建物, を落とし, を選ん

▼ うち二度~ (6, 0.0%)

1 は焼け, は貞盛, は返事, ばかり実験室, ほどは茶席, ほど奥さん

▼ うち人間~ (6, 0.0%)

2 のみである 1 と名付, のよう, の所作, の木樵

▼ うち~ (6, 0.0%)

5 される 1

▼ うち今日~ (6, 0.0%)

1 ほどエキサイト, ほど笑声, まで有意義, も有名, 専ら劇作, 御位牌

▼ うち伸子~ (6, 0.0%)

1 にとっていちばんなじみ, の部屋, はもう, は恢復, は沈んだ, は父

▼ うち何れ~ (6, 0.0%)

2 も不可能 1 かの範疇, が美し, に属する, も彼

▼ うち何人~ (6, 0.0%)

1 かがこっそり, かは淡泊, が殺人, が生き, でしょう, も男爵

▼ うち倒し~ (6, 0.0%)

1 て隆夫, トロイア軍に, 浮誇を, 窖と, 自分らの, 難いもの

▼ うち六人~ (6, 0.0%)

1 ぐらい, のもの, の学者, の者, はその, を死なせ

▼ うち出す~ (6, 0.0%)

1 もんだ, インターナショナルの, 劇構成の, 機関銃で, 機関銃の, 速射砲弾の

▼ うち初め~ (6, 0.0%)

2 の二問題 1 の三分の一, の三分の一ぐらゐは割合, の二つ, 一寸私

▼ うち合せ~ (6, 0.0%)

1 ておい, て置い, て跳びこんどる, に余念, の為, をすまし

▼ うち向う~ (6, 0.0%)

1 ではどんどん, ところを, むきに, もおよそ, もそう, 気力を

▼ うち~ (6, 0.0%)

1 と二人, にもきっと, の好いた, の身まかり, は池辺君, へ二十ドル

▼ うち~ (6, 0.0%)

1 にいなかった, にもある, の中, の西, へ帰っ, らしいもの

▼ うち~ (6, 0.0%)

1 主要なる, 大切な, 有力に, 語部としての, 貧民と, 重く見られる

▼ うち~ (6, 0.0%)

1 からなん, になりました, のうち, の八時, 起きて, 迄床上

▼ うち病気~ (6, 0.0%)

1 が進ん, が重体, になっ, になり, に罹りました, をし

▼ うち~ (6, 0.0%)

4 る画面 2 る畫面

▼ うち破り~ (6, 0.0%)

1 その孔, つつあり, にくいもの, 一一四八年には, 両民族, 胆沢城

▼ うち笑う~ (6, 0.0%)

1 とあいきょう者, ときく, とすばらしい, とずばり, と来る, のでした

▼ うち考え~ (6, 0.0%)

3 ていた 2 ていました 1 ながら大川べり

▼ うち見れ~ (6, 0.0%)

21 ばそこ, ば世, ば低き, ば走り出る

▼ うち~ (6, 0.0%)

1 にふわふわ, の凹凸, の岩, の適当, へ投げだした, を犬

▼ うち震える~ (6, 0.0%)

1 のである, 大地の, 指で, 無数の, 諸君の, 雫を

▼ うちあなた~ (5, 0.0%)

1 とだけお話し, にお目にかかりました, はどんな, もよく, をもっとも

▼ うちいま~ (5, 0.0%)

1 なお忘れられない, はてぐす工場, はない, また伊那丸, 残って

▼ うちかた~ (5, 0.0%)

1 には息, のけいこ, もいくら, をし, を思わせます

▼ うちけぶる~ (5, 0.0%)

2 霜の 1 まきたばこ, 樅の, 藍の

▼ うちこんな~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことを, 偶然は, 出来事が, 封筒お

▼ うちそよぎ~ (5, 0.0%)

2 灯かげ緑なり, 風吹き 1 つつ

▼ うち~ (5, 0.0%)

2 苦しかりける 1 ゆかしき, ゆかしき南無, 指触りあてゆく

▼ うち~ (5, 0.0%)

1 うとうはっきり, うとう二隻, うとう十二月, うとう秋, うとう長いの

▼ うちたたく~ (5, 0.0%)

2 音きけ, 驟雨なり 1 姿が

▼ うちたちまち~ (5, 0.0%)

1 この噂, 小さな硬い, 庭下駄を, 長い蛇, 頭の

▼ うちたれ~ (5, 0.0%)

1 かはま, か思いわずらい, の申す, ひとりあとに, も手つだっ

▼ うちちょっと~ (5, 0.0%)

1 も話してる, 呆っけに, 大阪まで, 忙しかった, 顔を

▼ うちである~ (5, 0.0%)

1 ので彼, 八風斎の, 劇評家に, 学者は, 村の

▼ うちどの~ (5, 0.0%)

2 一項をと 1 くらいたった, 一つだって, 男でも

▼ うちにさえ~ (5, 0.0%)

1 それが, フランクは, 同時に輝き出す, 常に存在, 見たこと

▼ うちにすら~ (5, 0.0%)

1 その白羽, 嫉視の, 彼の, 徳川方へ, 暗に家康

▼ うちにね~ (5, 0.0%)

1 きっとです, ゆうべこちらへ, タイキの, 僕は, 谷の

▼ うちにの~ (5, 0.0%)

2 ほか他の 1 みその, ん気らしく, 鮎舟を

▼ うちにや~ (5, 0.0%)

1 しきに, しきを, 入らねえよ, 居た蚤, 馬が

▼ うちのり~ (5, 0.0%)

21 万里の, 何方へか, 急遽クロクロ島

▼ うちはさ~ (5, 0.0%)

2 ほどで 1 ほどとも思わなかった, ほどとも思われない, までとは思わなかった

▼ うちひさす~ (5, 0.0%)

3 都の 1 都あらず, 都も

▼ うちふい~ (5, 0.0%)

1 と昔, に, にこう, に夜半, に電車通り

▼ うちへか~ (5, 0.0%)

2 へりました 1 へらうと, へらうとして, へりたいん

▼ うちもの~ (5, 0.0%)

1 だと, であったこと, の響き, は毛卷, をかく

▼ うちやっ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ておいたら帰っ, ておけ, て置け, て行っ

▼ うちやん~ (5, 0.0%)

1 と法衣, どこへ, の, を休ませ, 父ちやん

▼ うちよりも~ (5, 0.0%)

1 よく見せよう, 特に今日, 真夜中の, 結晶の, 風邪については

▼ うち~ (5, 0.0%)

3 見つけた 1 なかを, 取揃えれば

▼ うちポケット~ (5, 0.0%)

2 に手 1 からほう, から出し, に入れ

▼ うち一羽~ (5, 0.0%)

1 が嘴, が瀞, の鳩, はチュン, は元禄十一年三月二十九日

▼ うち七人~ (5, 0.0%)

1 ぐらいナルホド, の墺太利人, はひと口, は怪人, まで育つ

▼ うち乗り~ (5, 0.0%)

1 て往来, ながらずっと, ながら名人, ながら涼しく, 紋ぬきの

▼ うち九人~ (5, 0.0%)

1 ないし十人, はこの, までそれ, まではうまく, まで飲む

▼ うち二〇〇~ (5, 0.0%)

3 が結婚 1 すなわちやや, すなわち三五

▼ うち二本~ (5, 0.0%)

1 は専斎, は放つ, は長, ほど昨年, 取りさらに

▼ うち~ (5, 0.0%)

2 した, しぬ 1 したまま

▼ うち~ (5, 0.0%)

1 にこっち, の嚊ア, の様, をこし, 生きー

▼ うち多く~ (5, 0.0%)

2 暮すの 1 のもの, の賢き, 麻川氏を

▼ うち~ (5, 0.0%)

2 のお 1 のほう, の邸, は一番

▼ うち子供~ (5, 0.0%)

1 たちのいた間, の智力, の食事, は決して, もふしぎそう

▼ うち寄せる~ (5, 0.0%)

1 とたちまち, ので物知り, 夕浪が, 日々の, 浮木の

▼ うち寄り~ (5, 0.0%)

1 て, て肩, て花, 種々申し諭し, 近所中集まっ

▼ うち帰っ~ (5, 0.0%)

2 て来た 1 ていた, てしまった, て来る

▼ うち彼等~ (5, 0.0%)

1 のおかれた, の仲間, の言葉, は大事, は房一

▼ うち最初~ (5, 0.0%)

1 なるは, に来た, の一回, の一局, の二つ

▼ うち沈む~ (5, 0.0%)

2 飯粒見れ 1 ことも, 広額, 黒き微塵

▼ うち立てられた~ (5, 0.0%)

1 かもその, せいか, のでなけれ, キリスト教会を, 神は

▼ うち~ (5, 0.0%)

2 いて 1 いた原野, いた小松, いた針葉樹林

▼ うち~ (5, 0.0%)

1 なきもの, なきものこれ, なきもの先づそ, なき者, の性質

▼ うち~ (5, 0.0%)

2 ぶきしじに 1 ぶきゆくありそ, ぶき常に, 振く鷹

▼ うち~ (5, 0.0%)

1 になっ, の曇り去る, も心, を隠し, を隠してえ

▼ うち重る~ (5, 0.0%)

3 楼閣伽藍の 2 樓閣伽藍の

▼ うち靡く~ (5, 0.0%)

1 春さりくれ, 春さり来れ, 春来るらし, 春立ちぬらし, 玉藻苅り

▼ うち響き~ (5, 0.0%)

2 うち響き 1 さうな荒瀬, そうな, つつ

▼ うち~ (5, 0.0%)

1 が苦しく, の上, の中, も禿げず, を縦

▼ うち食物~ (5, 0.0%)

3 に投ぜられる 1 に支出, の不足

▼ うち鳴らし~ (5, 0.0%)

1 つつ距, て, て敵, 旗を, 煙の

▼ うちあい~ (4, 0.0%)

21 との間, はしばらく

▼ うちあたり~ (4, 0.0%)

1 でもいつも, に働い, は暴風雨, へくる

▼ うちあて~ (4, 0.0%)

1 ている, にうっ, に三通, また女

▼ うちあてた~ (4, 0.0%)

1 ため少し, ときには, のは, 痕も

▼ うちいつ~ (4, 0.0%)

1 でもヨハネ伝, とはなし, とは知れず, の日

▼ うちいで~ (4, 0.0%)

1 て, てふり, て人, て来ぬ

▼ うちうなずい~ (4, 0.0%)

1 て, て主任, て欣々, て雲助

▼ うちおなか~ (4, 0.0%)

1 がはっ, がへっ, こわしなさいませんでしたろうか, ペコペコや

▼ うちおろし~ (4, 0.0%)

1 ている, て下さいます, でユリコ, ながら告げた

▼ うちかがむ~ (4, 0.0%)

2 毛の, 猫

▼ うちかすみ~ (4, 0.0%)

2 たれ, つつ

▼ うちかも~ (4, 0.0%)

2 しれない, 知れない

▼ うちこそは~ (4, 0.0%)

2 そこに 1 何とも, 笑つてききながされた

▼ うちされた~ (4, 0.0%)

1 ことで, ものと, 兵士が, 兵士は

▼ うちしか~ (4, 0.0%)

1 ない, ないもの, 日の, 無い話

▼ うちそして~ (4, 0.0%)

1 その音, 咲が, 帰つ, 東京へ

▼ うちたたき~ (4, 0.0%)

1 そして嘆息, ても逃げざり, 憤怒の, 蜑が

▼ うちたる~ (4, 0.0%)

1 あたりより, 天野猪子の, 時限弾の, 煉瓦の

▼ うちであっ~ (4, 0.0%)

3 と叫んだ 1 てこの

▼ うちでさえ~ (4, 0.0%)

1 かがやく寵幸, そのよう, 厭なら, 芸術を

▼ うちながめる~ (4, 0.0%)

1 ことの, だけの余裕, という神, 人たれ

▼ うちなど~ (4, 0.0%)

1 ありや, どない, まことにおもしろ, 披露に

▼ うちなん~ (4, 0.0%)

1 かの過ち, どきそこ, のため, べん

▼ うちなんて~ (4, 0.0%)

1 そんなもの, そんなもん, てんで見えやし, やっぱり叔母さん

▼ うちにおいてのみ~ (4, 0.0%)

1 人間は, 形成される, 知らるる, 私の

▼ うちにしか~ (4, 0.0%)

1 いわゆる幸福, ない, 見いだされぬ, 見出されないの

▼ うちにだって~ (4, 0.0%)

1 うんとしぼりとっ, お祭み, こんな事, そういう天才

▼ うちにもも~ (4, 0.0%)

31 だも

▼ うちにより~ (4, 0.0%)

2 多くの 1 人間らしい政治性, 真実なる

▼ うちにを~ (4, 0.0%)

1 き玉, ぢと, とこへ, んどり

▼ うちのが~ (4, 0.0%)

1 うまい, たいへん失礼, 侘しいほど, 引きずられて

▼ うちのせ~ (4, 0.0%)

1 て供物, て其日, て完結, ながらすう

▼ うちはね~ (4, 0.0%)

1 これほど, 女子供は, 父様がね, 貧乏で

▼ うちはや~ (4, 0.0%)

1 一ヵ月は, 冬と, 忘れ去った橘屋, 蹴上近く

▼ うちはやく~ (4, 0.0%)

1 ここから, 前へ, 着いた, 途中から

▼ うちひそみ~ (4, 0.0%)

2 頬を 1 この夜桜, わが老

▼ うちひどく~ (4, 0.0%)

2 水を 1 悦んで, 熱あがった

▼ うちふるえ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていました, ている, て兄

▼ うちへけ~ (4, 0.0%)

3 えって 1 えったん

▼ うちへと~ (4, 0.0%)

1 うとうと泉, しつとりくぼめの, 消えて, 隠居が

▼ うちまかせ~ (4, 0.0%)

1 ている, てこの, て空気そのもの, 花ある

▼ うちまじり~ (4, 0.0%)

1 つつ, つつ御, て南, 埠頭から

▼ うちますます~ (4, 0.0%)

2 多くの 1 栄子に, 電話を

▼ うちまず~ (4, 0.0%)

1 こんなこと, その筆頭, 十日位しか, 第一

▼ うちやったら~ (4, 0.0%)

1 そんな時, 光線の, 恋愛と, 裸で

▼ うちやつ~ (4, 0.0%)

1 ておいたなら, とそんな, と十二三名, と自分

▼ うちようやく~ (4, 0.0%)

1 有明荘の, 正午近くサンの, 願いどおりに, 高架橋の

▼ うちわび~ (4, 0.0%)

1 て, てあやしみ, てはこべ, て鳴く

▼ うち一軒~ (4, 0.0%)

2 の家 1 であろうな, の家居ここら

▼ うち三分の一~ (4, 0.0%)

1 はよも, は雪, ほどの手, を失っ

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 すった手紙, つ瀬, のへや, 阪する

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 腕に, 色交ご, 頬が, 願寺と

▼ うち九十九人~ (4, 0.0%)

1 の女, までいや, までは惨め, までまるで

▼ うち二三~ (4, 0.0%)

1 とお, の島, の知合い, を顧み

▼ うち今度~ (4, 0.0%)

1 はその, は広々, は更に, ほどはげしい

▼ うち任し~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て何, て自ら

▼ うち任せ~ (4, 0.0%)

1 あらゆる秘密, てあった, てもう, て寝室

▼ うち何時間~ (4, 0.0%)

1 かは自己, か働い, こうやっ, はここ

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 にぞっと, に芸術, に顔色蒼ざめて恐怖, に騒ぎ出し

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 が此邊, はそこ, は晝寢, を見

▼ うち僅か~ (4, 0.0%)

1 に一坪, に私, の選屑, 七十名

▼ うち先生~ (4, 0.0%)

1 が早く, の七囘忌, の名, は独語

▼ うち全く~ (4, 0.0%)

1 不可能である, 忘れがたなき, 新しいもの, 死んだなと

▼ うち八人~ (4, 0.0%)

1 の者, は振り, までが欠乏困窮, までは女学校卒業

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 の人生, の支払, の方, 表中に

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 うつしに, につば, のドア, の中

▼ うち喜ん~ (4, 0.0%)

1 でいた, で死ねる, で飛ん, で騒がしく

▼ うち四人~ (4, 0.0%)

1 か五人, の顔, はようやく, は女

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 から母親, が十分, に帰った, の現

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 の悦子, は幾疋, は後ろ, は疊

▼ うち小さい~ (4, 0.0%)

2 方は 1 妹が, 影は

▼ うち平次~ (4, 0.0%)

1 の家, は内儀, は長持, は離屋

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 が暮れた, が経ち, の割, も果て

▼ うち幾度~ (4, 0.0%)

1 あの牡丹, かその, かベルリン国立美術館, か目

▼ うち建て~ (4, 0.0%)

1 てゆきたい, よということ, ん, 得ると

▼ うち建てる~ (4, 0.0%)

1 ことが, には必然, ようにと, 世界の

▼ うち彼ら~ (4, 0.0%)

1 といえ, の肉體, の衣裳, は黙っ

▼ うち忽ち~ (4, 0.0%)

2 庫裡の 1 横手の, 陸地の

▼ うち撫で~ (4, 0.0%)

3 ぞ労ぎたまふ 1

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 がきこえなくなった, で土俵, におだやか, をやめ

▼ うち日本~ (4, 0.0%)

1 から出稼ぎ, に初めて, に来る, を通った

▼ うち明け話~ (4, 0.0%)

1 で, やこちら, をし, を求むることもなしかねたし

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 やさん, 大臣アサリが, 月一日から, 當に

▼ うち枯らし~ (4, 0.0%)

1 ていなかったら, ている, ておらん, て放浪

▼ うち棄て~ (4, 0.0%)

1 たり, て, てあった, て去

▼ うち次第に~ (4, 0.0%)

1 南海の, 得意の, 農業経済の, 近づくにつれて

▼ うち死んだ~ (4, 0.0%)

1 はくちょうの, 四人の, 島村抱月氏に, 者も

▼ うち沈み~ (4, 0.0%)

2 ながら 1 て静か, 歎き

▼ うち泣く~ (4, 0.0%)

2 めり 1 けはひなれ, と耳

▼ うち渡す~ (4, 0.0%)

2 屋並の 1 島から, 暮烟の

▼ うち湿る~ (4, 0.0%)

2 珈琲の 1 沈の, 革の

▼ うち男の子~ (4, 0.0%)

1 がヘンゼル, が好き, の方, はす

▼ うち眺める~ (4, 0.0%)

1 ことのみに, ものについて, ものは, 時或は

▼ うち矢代~ (4, 0.0%)

1 がパリ, の記憶, はふと, は千鶴子

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 につまずい, のした, をもつ, を情熱

▼ うち砕い~ (4, 0.0%)

1 ても仕舞, てやろう, て土, て汲みあげた

▼ うち砕かれ~ (4, 0.0%)

1 て抵抗, 上半身を, 村松には, 甲板は

▼ うち砕く~ (4, 0.0%)

1 こと譲歩し, のである, わけには, 旧いうつわ

▼ うち破られ~ (4, 0.0%)

1 て, てゆき, てゆくだろう, やがてどっと総くずれ

▼ うち私たち~ (4, 0.0%)

2 は一ぺん 1 はほんの, は国府津駅

▼ うち~ (4, 0.0%)

2 ひて 1 ふ, ふのみ

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 が圧される, を突く, 怪しう轟き, 貫けば

▼ うち臥し~ (4, 0.0%)

1 ていた, てこの, て一夜, て気

▼ うち落とし~ (4, 0.0%)

1 てもだいじょうぶ, て中, 人の, 化けの皮を

▼ うち~ (4, 0.0%)

2 み夜, み暮れて

▼ うち見やる~ (4, 0.0%)

2 のみ, 往還の

▼ うち誰か一人~ (4, 0.0%)

2 殺すつもり 1 だけには物, を必ず

▼ うち込む~ (4, 0.0%)

1 それから喰おう, 代りには, 以外には, 役を

▼ うち込ん~ (4, 0.0%)

1 で, でこれぞ, で少し, で愛し得る

▼ うち返し~ (4, 0.0%)

1 てみた, て読んだ, ながら灰, にし

▼ うち遂に~ (4, 0.0%)

1 此の, 犬に, 猛犬は, 的も

▼ うち開き~ (4, 0.0%)

1 両手を, 何事も, 好奇心に, 鼻から

▼ うち震う~ (4, 0.0%)

1 もろい理想, 上衣に, 丘の, 指とに

▼ うち~ (4, 0.0%)

1 がいう, じゃない, の方, 躍らせて

▼ うち騒ぐ~ (4, 0.0%)

1 かと思いのほか, 人々の, 私も, 色も

▼ うちああ~ (3, 0.0%)

1 きょうあの, 一つたのもう, 驚いたと

▼ うちあけ話~ (3, 0.0%)

1 である, ですけれど, などをしんみり

▼ うちあるいは~ (3, 0.0%)

1 これを, 注連の, 火を

▼ うちいい~ (3, 0.0%)

1 事を, 人だ, 折に

▼ うちいくら~ (3, 0.0%)

1 かでも系統, の金, もなかるべき

▼ うちいちばん~ (3, 0.0%)

1 よいいちばん, よく知られ, 若いの

▼ うちいや~ (3, 0.0%)

1 なお, やわ, やわと

▼ うちいろいろ~ (3, 0.0%)

1 の用事, 媼から, 御厄介

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 からナニ書生輩, やむや, らが

▼ うちうなだれ~ (3, 0.0%)

1 て, てゾロゾロ, て一言

▼ うちおろす~ (3, 0.0%)

1 おほ, のであった, 瞬間ブロズキーは

▼ うちかの~ (3, 0.0%)

1 女は, 湯屋熊が, 老人は

▼ うちかは~ (3, 0.0%)

3 す梅

▼ うち~ (3, 0.0%)

2 はし 1 はした

▼ うちこちら~ (3, 0.0%)

1 から行った, でもつ, の汽車

▼ うちことに~ (3, 0.0%)

1 名高くまた, 平凡な, 白雲の

▼ うちこんなに~ (3, 0.0%)

2 綺麗で 1 見物の

▼ うちしかも~ (3, 0.0%)

1 わたしの, 一品料理屋で, 人々の

▼ うちしたい~ (3, 0.0%)

1 ところを, やうな, 氣持で

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 になされます, にのよし, ぶんでじ

▼ うちすぐ~ (3, 0.0%)

1 うちやめぬ, の承, 立って

▼ うちすこし~ (3, 0.0%)

1 外気に, 気を, 眠って

▼ うちすでに~ (3, 0.0%)

1 四郡は, 山は, 目論んで

▼ うちそう~ (3, 0.0%)

1 であったから, にする, 大した数

▼ うちそれら~ (3, 0.0%)

1 の町, の諸, をやがて

▼ うちたしか~ (3, 0.0%)

1 十八か, 山川均君と, 終戦時の

▼ うちちょうど~ (3, 0.0%)

1 この雨乞い祭り, その時, 八月の

▼ うちって~ (3, 0.0%)

1 どういう暮し, どこ, 面白いもの

▼ うちついに~ (3, 0.0%)

1 デューラーの, 囮鮎に, 男が

▼ うちつつ~ (3, 0.0%)

2 その日頃 1 冴えつつ

▼ うちでござん~ (3, 0.0%)

21 すべえ

▼ うちでない~ (3, 0.0%)

1 からと横, ということ, と大きく

▼ うちとある~ (3, 0.0%)

1 小家の, 断崖の, 藪蔭に

▼ うちとしても~ (3, 0.0%)

1 あの体, たいへんな, 保が

▼ うちどんなに~ (3, 0.0%)

2 窮屈であり 1 退屈であっ

▼ うちなどに~ (3, 0.0%)

1 あまり顔を, 杉の, 来て

▼ うちならび~ (3, 0.0%)

2 直に射す 1 白い大理石

▼ うちにから~ (3, 0.0%)

3 だが

▼ うちにさえも~ (3, 0.0%)

1 ある一種, とけこんで, クリストフの

▼ うちにぞ~ (3, 0.0%)

1 っくらき, っくり, 有ける

▼ うちにては~ (3, 0.0%)

1 われは, 夢心地ふかく, 海上の

▼ うちにな~ (3, 0.0%)

1 かまの, つてよりつかぬ, レコードの

▼ うちのって~ (3, 0.0%)

1 動きだしたの, 怪貨物船に, 走りだした

▼ うちのに~ (3, 0.0%)

2 わで 1 わの

▼ うちのばし~ (3, 0.0%)

2 はるか遠く 1 二足三足ゆかん

▼ うちはよ~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ うちひも~ (3, 0.0%)

1 が色々, しぼりの, のさき

▼ うちひらき~ (3, 0.0%)

2 朗らなり 1 あたりを

▼ うち~ (3, 0.0%)

2 ッと 1 氣一つだす

▼ うちふし~ (3, 0.0%)

1 て嘆き, て慟哭, なやむ

▼ うちふしぎ~ (3, 0.0%)

1 な憤りを, にその, に水中

▼ うちふたり~ (3, 0.0%)

1 とここ, の姉, は屋根裏

▼ うちふつ~ (3, 0.0%)

2 てゐます 1

▼ うちふところ~ (3, 0.0%)

1 の金, も大方, 深くしまい入れ

▼ うちへかへ~ (3, 0.0%)

1 つたんで, つてみる, つて今までの

▼ うちほか~ (3, 0.0%)

1 に若者数名, の人, の部屋

▼ うちほんの~ (3, 0.0%)

1 すこしでも, ちょっぴりしか, 僅か何

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 とひ, はる花の, ゐら

▼ うちまかす~ (3, 0.0%)

1 ことが, と思われる, 自信が

▼ うちまけ~ (3, 0.0%)

1 ている, てまた, 候よし

▼ うちまたは~ (3, 0.0%)

1 最もそれ, 木や, 殺された後

▼ うちまるで~ (3, 0.0%)

1 かあさんに, はやらなかった, むだに

▼ うちもっと~ (3, 0.0%)

1 勉強し, 小さいの, 派手な

▼ うちゆるがし~ (3, 0.0%)

2 て走る 1 我ら遊びし

▼ うちよりは~ (3, 0.0%)

1 あとに, 他の, 光秀が

▼ うちわけても~ (3, 0.0%)

1 これからの, 二番と, 女は

▼ うちわたくし~ (3, 0.0%)

1 の心, はなる, は恋人

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 と上手, と気, と酷く

▼ うち一日~ (3, 0.0%)

1 は奈良, は此處, もあるいは

▼ うち一月~ (3, 0.0%)

2 の末 1 の中旬

▼ うち七つ~ (3, 0.0%)

1 まで彫った, まで彫つた, 消されて

▼ うち三日~ (3, 0.0%)

1 ぐらいずつ服用, にあげず, ほど休んだ

▼ うち不意~ (3, 0.0%)

1 に下, に平手, に引つ

▼ うち中央~ (3, 0.0%)

1 にある, の二本, の円内

▼ うち主人~ (3, 0.0%)

1 が死ぬ, に変った, は

▼ うち乗る~ (3, 0.0%)

1 と, と見返り柳, や間

▼ うち九つ~ (3, 0.0%)

1 まではもう, までは二倍, 過ぎにもなりければ

▼ うち九十九~ (3, 0.0%)

1 までがいい, までははらわた, までは僕

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 が結婚, ではなく, と三

▼ うち二三人~ (3, 0.0%)

1 の記憶, は泳げる, を連れ

▼ うち二三日~ (3, 0.0%)

1 のうち, のこと, を除い

▼ うち二名~ (3, 0.0%)

1 だけその, は確実, まで我々

▼ うち二度と~ (3, 0.0%)

1 こういう敵, 来ない夢, 経験した

▼ うち五つ~ (3, 0.0%)

1 だけが二類, はすくなくとも, まであの

▼ うち任せた~ (3, 0.0%)

1 お銀様, その肉身, のだった

▼ うち伏し~ (3, 0.0%)

1 て大地, て居つた, て泣きける

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 がこわばっ, のはずみ, も馴れ

▼ うち何処~ (3, 0.0%)

1 となく, ともなく, まで馬鹿

▼ うち何度~ (3, 0.0%)

1 かふっ, となく, もここ

▼ うち何時~ (3, 0.0%)

1 からともなく, か三宿, でも空想

▼ うち何處~ (3, 0.0%)

1 かに見出される, かへ出なかつた, かへ行つた樣子

▼ うち健康~ (3, 0.0%)

2 な人間 1 を害し

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 からいつも, から輪かぎ, の白い

▼ うち偶然~ (3, 0.0%)

1 にみち子, にも誰, に伊太利

▼ うち傾け~ (3, 0.0%)

1 て家, て将, て練習曲

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 と姉, の方, の由次

▼ うち其の~ (3, 0.0%)

1 土地に, 家を, 弱い脳髄

▼ うち出され~ (3, 0.0%)

1 たるを, ている, てのこと

▼ うち切っ~ (3, 0.0%)

2 てもよかっ 1 て家

▼ うち切る~ (3, 0.0%)

1 ことの, ことも, の止む

▼ うち勝っ~ (3, 0.0%)

1 ていなかった, てみせる, てわたし

▼ うち~ (3, 0.0%)

2 ひつつ 1 ふに

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 つて來た, つて来た, 可申候

▼ うち合わし~ (3, 0.0%)

1 てみる, て分別, て熱

▼ うち合わせる~ (3, 0.0%)

1 のは, ような, 両の

▼ うち喜び~ (3, 0.0%)

2 は感傷的 1 小鳥が

▼ うち~ (3, 0.0%)

2 は段々 1 を数える

▼ うち多少~ (3, 0.0%)

1 は妙, 捜索の, 異なるところ

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 が消, に玄徳, 始めて

▼ うち女房~ (3, 0.0%)

1 おみね, は我所天, を持った

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 おどしの, にする, はなれぬ

▼ うち寄せ~ (3, 0.0%)

1 ていたら, て来, て海人

▼ うち寛い~ (3, 0.0%)

1 でいた, でお互い, で何

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 ってくれ, ひ見ゆ, ふ山

▼ うち少から~ (3, 0.0%)

1 ず危気, ず腹, ず鬱いで

▼ うち少く~ (3, 0.0%)

1 ともその, とも三つ, とも二枚

▼ うち少年~ (3, 0.0%)

1 の印象, の腕, はほんとに

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 なる一羽, にその, の足

▼ うち常に~ (3, 0.0%)

1 ヘーラに, 一人か, 語い合っ

▼ うち帽子~ (3, 0.0%)

1 で顔, をかぶった, をふかく

▼ うち廻っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て苦しんだ

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 ある者, の底, をひきつける

▼ うち打擲~ (3, 0.0%)

1 されるに, するが, なさるん

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 ふ, ふらむ, ふ影

▼ うち拙者~ (3, 0.0%)

1 が病気, は君たち, も舟

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 いて, かれた, がれた

▼ うち振っ~ (3, 0.0%)

1 たりする, て校長先生, て蝙蝠

▼ うち振る~ (3, 0.0%)

1 が可, とそれからまた, 日の丸の

▼ うち数名~ (3, 0.0%)

1 の村, の者, は自決

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 や冷肉, や後, ようお

▼ うち明けない~ (3, 0.0%)

1 でおかれた, で我慢, とは限らない

▼ うち曇っ~ (3, 0.0%)

1 ていま, てさむかっ, て居た

▼ うち曇る~ (3, 0.0%)

1 暗紅色の, 白の, 馬の

▼ うち最大~ (3, 0.0%)

1 なるもの, なる者, のもの

▼ うち最後~ (3, 0.0%)

1 の, のホ長調, の一人

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 が変っ, が改まっ, のうち

▼ うち此方~ (3, 0.0%)

2 の此 1 へ膳

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 しましても, にて候, 致し候

▼ うち死ん~ (3, 0.0%)

2 で仕舞つた方 1 で己

▼ うち段々~ (3, 0.0%)

1 と眠たく, 彼方の, 恢復し

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 が石井, に関してはどの, は抱き

▼ うち汽車~ (3, 0.0%)

1 がつく, で塔の村, はいつしか

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 が高く, の怒れる, をつた

▼ うち洋行~ (3, 0.0%)

2 をする 1 なさると

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 の日本, の静まる, 近い河口

▼ うち消され~ (3, 0.0%)

1 たりし, て辻ヶ谷君, ながらもあの

▼ うち湿っ~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, て見えた

▼ うち湿った~ (3, 0.0%)

1 暗い通り, 秋の, 闊葉樹針葉樹の

▼ うち田舎~ (3, 0.0%)

1 の家, へいく, を引払っ

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 さえて, に余る, に熱い

▼ うち~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 の季節

▼ うち立てなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならなくなった

▼ うち立てられ~ (3, 0.0%)

1 ていない, ている, てからは新

▼ うち笑った~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ものです

▼ うち笑ん~ (3, 0.0%)

2 でいました 1

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 でしぼられ, をだし, を胸

▼ うち美しい~ (3, 0.0%)

1 と思われる, ものは, 男も

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 から見える, は向う, は大きな

▼ うち萎れ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, て悄然, ながらも銚子

▼ うち落とす~ (3, 0.0%)

1 ことが, なんていう, のです

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 に含まれ, に足音, 梯子に

▼ うち見守っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていました, て名人

▼ うち負かし~ (3, 0.0%)

1 てしまった, てやった, て一人勝ち

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 の早い, はいつも, を空

▼ うち返す~ (3, 0.0%)

1 といいます, 形の, 波の

▼ うち透かす~ (3, 0.0%)

2 賑ふ 1 枝の

▼ うち連れ~ (3, 0.0%)

1 だってただちに, だって室内, てっ

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 ぐる, ぐるもの, をし

▼ うち長男~ (3, 0.0%)

1 の八条大将保忠, の吉, の源介

▼ うち~ (3, 0.0%)

2 の中 1 が一筋穂高山

▼ うち震い~ (3, 0.0%)

1 おぼろに, 恐ろしい様子, 草の

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 のごとく, らしふり, らし浅間

▼ うち霧ら~ (3, 0.0%)

2 ひ霧 1 ふめり

▼ うち騰り~ (3, 0.0%)

2 月は 1 つつ

▼ うち~ (3, 0.0%)

1 の卵, の右, の膾

▼ うち鳴らした~ (3, 0.0%)

1 とき彼女の, 上料紙と, 新しい生活

▼ うちあがり~ (2, 0.0%)

2 羽蟻かが

▼ うちあがる~ (2, 0.0%)

2 青きぬがさ

▼ うちあすこ~ (2, 0.0%)

1 からよ, のところが

▼ うちあたっ~ (2, 0.0%)

1 て白く, て行っ

▼ うちあてる~ (2, 0.0%)

1 と万遍, ように

▼ うちあふ~ (2, 0.0%)

2 竹刀眼には

▼ うちあやまっ~ (2, 0.0%)

1 て川, て花壇

▼ うちあれ~ (2, 0.0%)

1 だけ多く, に手

▼ うちいかにも~ (2, 0.0%)

1 怨みの, 春がすみの

▼ うちいつしか~ (2, 0.0%)

1 夜は, 電車の

▼ うちいづれ~ (2, 0.0%)

1 かに喜びあら, か一つ

▼ うちいぶる~ (2, 0.0%)

2 末は

▼ うちいろんな~ (2, 0.0%)

1 新しい小説, 渡世を

▼ うちうなずき~ (2, 0.0%)

1 ながら聞い, 得々と

▼ うちおそらく~ (2, 0.0%)

1 一人くらいは, 少くとも

▼ うちおどろき~ (2, 0.0%)

1 てうたて, ながらじっと

▼ うちおろそう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ うちお姫さま~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, といっしょ

▼ うちお送り~ (2, 0.0%)

1 いたしましょうね, した紀州田辺

▼ うちお金~ (2, 0.0%)

1 をいくら, をだし

▼ うちかかる~ (2, 0.0%)

1 貴人に, 資本の

▼ うちかざし~ (2, 0.0%)

2 食む

▼ うちかしぐ~ (2, 0.0%)

2 夕月夜切通し上の

▼ うちかたは~ (2, 0.0%)

1 どうやら指, 知って

▼ うちかたぶく~ (2, 0.0%)

2

▼ うちかたむいた~ (2, 0.0%)

2 黄金の

▼ うちかと~ (2, 0.0%)

1 怪しまれる古ぼけた廊下, 言い知れぬ異様

▼ うちかなり~ (2, 0.0%)

1 心痛らしい, 快くそれ

▼ うちからか~ (2, 0.0%)

1 あるいは部屋, パリからか

▼ うちからだ~ (2, 0.0%)

1 に別, の頑丈

▼ うちからでも~ (2, 0.0%)

1 さう, 来て

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 て夜, まつて

▼ うちきまった~ (2, 0.0%)

1 日にしか, 時しか

▼ うちぎみ~ (2, 0.0%)

1 と共に神事, と同じ

▼ うちこえ~ (2, 0.0%)

1 がたい空虚地帯, て尚

▼ うちこども~ (2, 0.0%)

1 のとき, はむこう

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 つげな, 主君と

▼ うちさえ~ (2, 0.0%)

1 さっぱり晴れ, 人の

▼ うちさき~ (2, 0.0%)

2 ほどまで声

▼ うちさすが~ (2, 0.0%)

1 に名人太海三之助, 不敵の

▼ うちしない~ (2, 0.0%)

1 あの青銅, のです

▼ うちしばらく~ (2, 0.0%)

1 すると, 明し

▼ うちしぶき~ (2, 0.0%)

2 つつ

▼ うちしめった~ (2, 0.0%)

1 御天気, 秋らしい

▼ うちしよう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ うちじゃった~ (2, 0.0%)

1 がな, ど

▼ うちすすりしじ~ (2, 0.0%)

2 に核

▼ うちすなわち~ (2, 0.0%)

1 五日までに, 門前の

▼ うちずっと~ (2, 0.0%)

1 家にばかり, 座右に

▼ うちせいぜい~ (2, 0.0%)

1 勉強し, 開かれた民衆

▼ うちせめて~ (2, 0.0%)

1 一つくらゐ, 一人だけでも

▼ うちぜひ~ (2, 0.0%)

1 足を, 遊びに

▼ うちそこ~ (2, 0.0%)

1 のお寺, へ行っ

▼ うちそちら~ (2, 0.0%)

1 への面会云々, へ出かけ

▼ うちそれから~ (2, 0.0%)

1 ぼうん, まっくろな

▼ うちそろう~ (2, 0.0%)

1 ていまし, て一塁側

▼ うちそろつ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て八幡様

▼ うちそろひ~ (2, 0.0%)

2 て老

▼ うちたた~ (2, 0.0%)

2 と石うつ

▼ うちたたい~ (2, 0.0%)

1 てもそれ, て大神

▼ うちたたかれ~ (2, 0.0%)

1 くやしい足, てたえず

▼ うちたて~ (2, 0.0%)

1 の蕎麥, をこなし得ない

▼ うちたとえば~ (2, 0.0%)

1 北大の, 文芸復興については

▼ うちたばね~ (2, 0.0%)

2 かつぎていにぬ

▼ うちだけが~ (2, 0.0%)

1 人間らしくなる, 花よ

▼ うちだつた~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ うちだろう~ (2, 0.0%)

1 て, よ

▼ うちできるだけ~ (2, 0.0%)

1 人も, 早く出

▼ うちでございました~ (2, 0.0%)

1 のね, よ

▼ うちでしょう~ (2, 0.0%)

1 から, があの

▼ うちでもね~ (2, 0.0%)

1 やつと, 貴方この

▼ うちとして~ (2, 0.0%)

1 一部に, 活字を

▼ うちとそ~ (2, 0.0%)

1 と, とと

▼ うちとて~ (2, 0.0%)

1 早立ちの, 黙思逍遙

▼ うちとても~ (2, 0.0%)

1 えらいねえ, 見込みの

▼ うちとともに~ (2, 0.0%)

1 本当に風, 欣七郎は

▼ うちとに~ (2, 0.0%)

1 散らす如, 言葉に

▼ うちとも~ (2, 0.0%)

1 いう, お近づき

▼ うちとりわけ~ (2, 0.0%)

1 キャベツ汁と, 私が

▼ うちとんでも~ (2, 0.0%)

1 ない方向, ねえ人ちがい

▼ うちどうも~ (2, 0.0%)

1 はじめの, 親しめませんでした

▼ うちどなた~ (2, 0.0%)

1 か御, も迷信

▼ うちどんな~ (2, 0.0%)

1 ことあっ, 泡が

▼ うちなお~ (2, 0.0%)

1 四肢の, 親子の

▼ うちながめた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 蟻の

▼ うちなし~ (2, 0.0%)

1 だ, て

▼ うちなどへ~ (2, 0.0%)

1 来て, 行く気

▼ うちなどを~ (2, 0.0%)

1 して, 一々述べ

▼ うちなにか~ (2, 0.0%)

1 叩くよう, 悲しくなっ

▼ うちなにやら~ (2, 0.0%)

2 年を

▼ うちならす~ (2, 0.0%)

1 太鼓の, 薔薇の

▼ うちなり~ (2, 0.0%)

1 裙模様を, 警察なりへ

▼ うちなれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば万策

▼ うちにおいてさえ~ (2, 0.0%)

1 あるページ, 自分らと

▼ うちにおいてよりも~ (2, 0.0%)

2 一方この

▼ うちにかへ~ (2, 0.0%)

1 つてその, つても

▼ うちにとか~ (2, 0.0%)

1 いつかね, 矢作の

▼ うちにとって~ (2, 0.0%)

1 伸子が, 極めて興味

▼ うちにとの~ (2, 0.0%)

1 ことであった, 通告が

▼ うちになあ~ (2, 0.0%)

1 丸山お, 彼奴そんな

▼ うちになどと~ (2, 0.0%)

1 案じ続けては, 黒雲の

▼ うちにはと~ (2, 0.0%)

1 いって, かいて

▼ うちにまで~ (2, 0.0%)

1 しみ込んで, 知人を

▼ うちにまでも~ (2, 0.0%)

1 そつと, 深く

▼ うちにわ~ (2, 0.0%)

1 づかの, づか二代

▼ うちにわかに~ (2, 0.0%)

1 何か, 明くなりつ

▼ うちに対して~ (2, 0.0%)

1 受けないと, 堀は

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 月の, 遠く死

▼ うちのさう~ (2, 0.0%)

1 いふさわがし, いふ相剋の

▼ うちのという~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ うちはか~ (2, 0.0%)

1 へさない, へでで

▼ うちはからず~ (2, 0.0%)

1 其姓名を, 病に

▼ うちはずみ~ (2, 0.0%)

2 にほふ

▼ うちはめ~ (2, 0.0%)

1 つれば, てゆく

▼ うちひしがれた~ (2, 0.0%)

1 姿で, 心を

▼ うちひたす~ (2, 0.0%)

2 出水には

▼ うちひとつ~ (2, 0.0%)

1 としてす, はすぐ

▼ うちひびき~ (2, 0.0%)

2 蛙は

▼ うちひらいた~ (2, 0.0%)

1 のであった, 広い大きい原っぱ

▼ うちひらかれ~ (2, 0.0%)

1 ている, て観る

▼ うちひらく~ (2, 0.0%)

1 と, 信頼

▼ うちふみ~ (2, 0.0%)

2

▼ うちふるえる~ (2, 0.0%)

1 のだった, ような

▼ うちふるひけり~ (2, 0.0%)

2 十の

▼ うちふるわせ~ (2, 0.0%)

1 じっとあたり, 幼童の

▼ うちふれ~ (2, 0.0%)

1 て, て鶯

▼ うちへの~ (2, 0.0%)

1 ことも, 道順を

▼ うちほとんど~ (2, 0.0%)

1 死なせて, 気には

▼ うちほほ~ (2, 0.0%)

1 ゑむ, ゑめば

▼ うちほん~ (2, 0.0%)

1 たうのね, との女

▼ うちほんとう~ (2, 0.0%)

1 にコーヒー, の先生

▼ うちまぜ~ (2, 0.0%)

1 て, て残る

▼ うちまたがり~ (2, 0.0%)

1 三尺の, 手に

▼ うちまたがる~ (2, 0.0%)

1 と, とペダル

▼ うちまもる~ (2, 0.0%)

1 にぞお, 歌の

▼ うちまれ~ (2, 0.0%)

1 にその, には学業

▼ うちむかう~ (2, 0.0%)

1 人の, 連峰の

▼ うちむらさき~ (2, 0.0%)

1 や怪奇, や普通

▼ うちむれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていちどきに

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 がたき, とつと

▼ うちやっと~ (2, 0.0%)

1 仕事が, 起きあがった警官

▼ うちやむなく~ (2, 0.0%)

1 いずれか, その一つ

▼ うちゅうゆーけつけつ~ (2, 0.0%)

1 ちゅうじゃア, ちゅうゆうじゃア

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 くちゆうち, つくづくと

▼ うちゆえ~ (2, 0.0%)

1 と思い, 後の

▼ うちよう~ (2, 0.0%)

1 がある, がない

▼ うちよき~ (2, 0.0%)

1 ストーリーを, 人と

▼ うちよん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ うちらしい~ (2, 0.0%)

1 な, ものの

▼ うちらしく~ (2, 0.0%)

1 て至極, 捨人の

▼ うちわるい~ (2, 0.0%)

1 はう, ほうの

▼ うちわれわれ~ (2, 0.0%)

1 の精神, の耳目

▼ うちクリストフ~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, は惘然

▼ うちチェーホフ~ (2, 0.0%)

2 の死ぬ

▼ うちドア~ (2, 0.0%)

1 にノック, の方

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 おりてぬか, おるよ

▼ うちハッ~ (2, 0.0%)

1 と気, と気がついた

▼ うちフト足~ (2, 0.0%)

2 を踏み滑らし

▼ うちホテル・エソワイアン~ (2, 0.0%)

1 に泊った, に泊つた最初

▼ うちマリユス~ (2, 0.0%)

1 がいない, は彼女

▼ うちヨハンネス~ (2, 0.0%)

1 はこども, は目

▼ うち一刻~ (2, 0.0%)

1 は信心, も早く

▼ うち一寸床屋~ (2, 0.0%)

2 へでも行っ

▼ うち一年~ (2, 0.0%)

1 が二年, ばかり立つた

▼ うち一度扁理~ (2, 0.0%)

2 が彼女

▼ うち一時~ (2, 0.0%)

1 の鳴る, 困つたこと

▼ うち一時間~ (2, 0.0%)

1 ほど紫, も日光

▼ うち一生~ (2, 0.0%)

1 も覚束, を拾っ

▼ うち一番上~ (2, 0.0%)

1 が八歳, の男の子

▼ うち一疋~ (2, 0.0%)

1 はよほど, は雌

▼ うち一組~ (2, 0.0%)

1 が結婚, の相手

▼ うち一角~ (2, 0.0%)

1 に殺された, の息

▼ うち一部~ (2, 0.0%)

1 の塾生, を自由作文

▼ うち一部分~ (2, 0.0%)

1 に強震, は性質

▼ うち一間~ (2, 0.0%)

1 しかない, のほう

▼ うち一風呂~ (2, 0.0%)

1 お浴び, 浴びて

▼ うち七名~ (2, 0.0%)

1 がころん, は三年

▼ うち七百~ (2, 0.0%)

1 だったと, を割い

▼ うち三分~ (2, 0.0%)

1 が二, は意識

▼ うち三十~ (2, 0.0%)

1 の座敷, ばかりはからっぽ

▼ うち三名~ (2, 0.0%)

1 は去り, は特務機関員

▼ うち三度~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしか行かない, は三輪

▼ うち上げ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て荒浪

▼ うち上げられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておりました

▼ うち上る~ (2, 0.0%)

1 佐保の, 波の

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 図この, 図明るい

▼ うち不仕合せ同士~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ うち不動堂~ (2, 0.0%)

2 の本尊

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 はやや, は漸次

▼ うち世間~ (2, 0.0%)

1 にて最も, はあなた

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ うち主要~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ うち乃至~ (2, 0.0%)

1 は五車, 残暑の

▼ うち乗せ~ (2, 0.0%)

1 て, ながら番町

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 りて, り越して

▼ うち九時~ (2, 0.0%)

1 が打っ, になった

▼ うち乱れ~ (2, 0.0%)

1 しも乱れぬ, 葉は

▼ うち二ひき~ (2, 0.0%)

1 はちょい, は死ん

▼ うち二十円~ (2, 0.0%)

1 もあれ, を食い尽し

▼ うち二条~ (2, 0.0%)

2 の院

▼ うち二枚~ (2, 0.0%)

1 までは, を卓

▼ うち二階~ (2, 0.0%)

1 では, には下枝

▼ うち五本~ (2, 0.0%)

1 がポンデローザ, も射はずす

▼ うち亡ぼし~ (2, 0.0%)

1 てしまったで, て父義朝

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 はしゐる, りて

▼ うち人民~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の損害

▼ うち人類~ (2, 0.0%)

1 の享楽, の最低段階

▼ うち今夜~ (2, 0.0%)

1 のことみんな, は時に

▼ うち今年~ (2, 0.0%)

1 の春, 即ち余輩

▼ うち任した~ (2, 0.0%)

1 がいい, 柔かな

▼ うち任せる~ (2, 0.0%)

1 のほかは, 前の

▼ うち伊織~ (2, 0.0%)

1 は何, は母娘

▼ うち伏せ~ (2, 0.0%)

1 て嗚咽, ながらなお

▼ うち何だか~ (2, 0.0%)

1 苦しかった, 連れの

▼ うち何者~ (2, 0.0%)

1 か, かの槍

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の五名, の峡谷

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 しぬ, すぎて

▼ うち倒され~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまった

▼ うち傾い~ (2, 0.0%)

1 てい, て生活

▼ うち優れた~ (2, 0.0%)

1 方に, 老将

▼ うち克つ~ (2, 0.0%)

1 ことの, ためには

▼ うち全身~ (2, 0.0%)

1 に冷や, に数えられぬ

▼ うち八つ~ (2, 0.0%)

1 は空明き, までは集めた

▼ うち八五郎~ (2, 0.0%)

1 はスルリ, は意味

▼ うち六万円~ (2, 0.0%)

2 で今度

▼ うち六十二合~ (2, 0.0%)

2 は無事

▼ うち六月八日~ (2, 0.0%)

2 には遂に

▼ うち六郡~ (2, 0.0%)

2 たつた十二万石

▼ うち再び~ (2, 0.0%)

1 散文精神という, 機会は

▼ うち写真~ (2, 0.0%)

1 でもとつて, も撮りたい

▼ うち冥む世~ (2, 0.0%)

2 のことごと

▼ うち凧紙風船~ (2, 0.0%)

2 などを軒

▼ うち出来~ (2, 0.0%)

1 にけり, にける

▼ うち切り~ (2, 0.0%)

1 では百万人, とする

▼ うち列車~ (2, 0.0%)

1 は, はもう

▼ うち別に~ (2, 0.0%)

1 こういうこと, 愚存も

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 ひ嘖

▼ うち北側~ (2, 0.0%)

2 には肺病患者

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の二つ三つ, までケシ

▼ うち十一レース~ (2, 0.0%)

1 までが荒れつづきで, までは本命

▼ うち十人~ (2, 0.0%)

1 くらいは大丈夫, まではこんな

▼ うち十艘~ (2, 0.0%)

1 ばかり兵船, ほどは商船仕立て

▼ うち十風~ (2, 0.0%)

1 の口, は俄

▼ うち半年~ (2, 0.0%)

1 の余, は太陽

▼ うち半数~ (2, 0.0%)

1 が女性, は捕えられ

▼ うち南方~ (2, 0.0%)

1 では既に, にケンブリジ島

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の手, の眼玉

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 はせ, も仕度候得ども何レ長崎

▼ うち合う~ (2, 0.0%)

1 こと四五十合に, 流氷の

▼ うち同じ~ (2, 0.0%)

1 トリックを, 贔負の

▼ うち向っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て行く

▼ うち吾妻屋~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ うち呉一郎~ (2, 0.0%)

1 が過っ, が降り来りたる

▼ うち四度~ (2, 0.0%)

1 は酔, は酔えず吐き下し

▼ うち四百人~ (2, 0.0%)

1 に二日分, ほどが首

▼ うち四辺~ (2, 0.0%)

1 の温気, へ目

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 って狂奔, より大

▼ うち国老~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ うち地獄谷~ (2, 0.0%)

2 への坂道

▼ うち埋め~ (2, 0.0%)

2

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 かれた荷車, わすが

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 のみあり, の夕

▼ うち大きな~ (2, 0.0%)

1 比率の, 石で

▼ うち大勢~ (2, 0.0%)

1 の読者, 寄って

▼ うち大変~ (2, 0.0%)

1 な事, よかった

▼ うち大男~ (2, 0.0%)

1 がかえって, が追っつい

▼ うち太陽~ (2, 0.0%)

2 の光り

▼ うち失礼~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ うち奇妙~ (2, 0.0%)

1 な心持, な音調

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の方, の疊

▼ うち女の子~ (2, 0.0%)

1 で失敗, はある

▼ うち好き~ (2, 0.0%)

1 じゃけ, なこと

▼ うち如何なる~ (2, 0.0%)

1 ものも, 季節を

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 におおらか, に何

▼ うち子ども~ (2, 0.0%)

1 の声, の時代

▼ うち孔雀~ (2, 0.0%)

1 の世間, の扮装

▼ うち学校~ (2, 0.0%)

1 が休み, で体操

▼ うち安く~ (2, 0.0%)

2 平らに

▼ うち宗助~ (2, 0.0%)

1 はやはり精いっぱい, は床

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 に置い, の津

▼ うち家賃~ (2, 0.0%)

1 が三十五円, の下落

▼ うち寄つて笑~ (2, 0.0%)

2 ひたきもの

▼ うち少なくとも~ (2, 0.0%)

1 六千人だけの, 弥之助だけは

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 から二番

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 いたあたり, いて

▼ うち展けた平野~ (2, 0.0%)

2 の青田

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の中, はいよいよ

▼ うち工業~ (2, 0.0%)

2 に従事

▼ うち巴里~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ行く

▼ うち幾分~ (2, 0.0%)

1 を取, 儒生も

▼ うち幾時間~ (2, 0.0%)

1 かはまるで, かやって来

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の上, を出し

▼ うち度胸~ (2, 0.0%)

2 もつい

▼ うち建てた~ (2, 0.0%)

1 かのやう, 創設者なる

▼ うち当て~ (2, 0.0%)

1 て文学, て配達

▼ うち待っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て下さい

▼ うち待つ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, 身の

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 に有名, 一句には

▼ うち御前~ (2, 0.0%)

2 に輪

▼ うち恐らく最も~ (2, 0.0%)

1 内面的である, 難の

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 はせて, ふ薄暮

▼ うち或いは~ (2, 0.0%)

1 お知合い, 足もとから

▼ うち或は~ (2, 0.0%)

1 演劇は, 首を

▼ うち戦ぎ~ (2, 0.0%)

2 冷ゆる

▼ うち戸外~ (2, 0.0%)

1 へ出られる, へ駈出しました

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 がおま, でも悪かっ

▼ うち手紙~ (2, 0.0%)

1 に書かれ, を出し

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふ緑葉

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 ひ本

▼ うち揃い~ (2, 0.0%)

1 すぐ傍ら, 一せいに

▼ うち救済~ (2, 0.0%)

2 への私人

▼ うち数人~ (2, 0.0%)

1 が同じ, の方

▼ うち文太郎~ (2, 0.0%)

1 は春三郎, は眼

▼ うち新吉~ (2, 0.0%)

1 は二, は看病疲れ

▼ うち早々~ (2, 0.0%)

2 湯あみし

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 さない, っていた

▼ うち明けてる~ (2, 0.0%)

1 じゃない, 人は

▼ うち明けなかった~ (2, 0.0%)

1 がクールフェーラック, 恋を

▼ うち明けよう~ (2, 0.0%)

1 とした, としてる

▼ うち明けられ~ (2, 0.0%)

1 もしなかった, 改めて桂

▼ うち明けられない~ (2, 0.0%)

1 いったいおじさん, ことが

▼ うち明けれ~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば真紀子

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の柳, の鬼王

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 でもゆるり, の部分

▼ うち時計~ (2, 0.0%)

1 は三時, は時

▼ うち時間~ (2, 0.0%)

1 が来た, と雲

▼ うち書いた~ (2, 0.0%)

1 いくつかの, 手紙は

▼ うち月日~ (2, 0.0%)

1 が流れ, の経つ

▼ うち朝鮮~ (2, 0.0%)

1 につれて行かれる, にとって三度目

▼ うち村人~ (2, 0.0%)

1 には知らせない, の一人

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てやろ

▼ うち枯らした~ (2, 0.0%)

1 姿を, 小間使たち当の

▼ うち案内~ (2, 0.0%)

1 に立った, をも待た

▼ うち極めて~ (2, 0.0%)

1 僅かな, 多くを

▼ うち檢屍~ (2, 0.0%)

1 に來, を頼む

▼ うち次に~ (2, 0.0%)

1 ぼうん, 頭上から

▼ うち歌留多~ (2, 0.0%)

2 を取り

▼ うち~ (2, 0.0%)

2

▼ うち止め~ (2, 0.0%)

1 こせね, てこい

▼ うち正三~ (2, 0.0%)

2 もここ

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の三枚, の大森

▼ うち武士~ (2, 0.0%)

1 は, は片

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ うち残っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ うち残った~ (2, 0.0%)

1 もので, ものは

▼ うち残りました~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ うち殺され~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまった

▼ うち殺される~ (2, 0.0%)

1 かのどっち, のを

▼ うち殿~ (2, 0.0%)

2 に思われ

▼ うち毒酒~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ うち水戸~ (2, 0.0%)

1 の精鋭, へ行つて

▼ うち決して~ (2, 0.0%)

2 見ない事

▼ うち沈みたるねび~ (2, 0.0%)

1 声に, 聲に

▼ うち沈み石~ (2, 0.0%)

2 の面蒼

▼ うち沈める~ (2, 0.0%)

1 ことが, だけの事

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 から来る, の汽船

▼ うち沢山勉強~ (2, 0.0%)

2 して

▼ うち法師丸~ (2, 0.0%)

2 が老女

▼ うち法水~ (2, 0.0%)

1 が口, はレヴェズ

▼ うち泥土~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ うち消そう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 さしぐみぬ, は

▼ うち涵つたの~ (2, 0.0%)

2 もこの

▼ うち深い~ (2, 0.0%)

1 ものであり, 霧で

▼ うち深く~ (2, 0.0%)

1 に籠っ, 孔明の

▼ うち溶け~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくる

▼ うち漸く~ (2, 0.0%)

1 お靜, 階子段の

▼ うち澱み春~ (2, 0.0%)

2 は病ま

▼ うち無事~ (2, 0.0%)

1 に再び, に家

▼ うち煙っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見えた

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 だけに親権, もひと目

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 はじから, 着いた方

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 が足, を斬りました

▼ うち現在~ (2, 0.0%)

1 いわゆる芸能人, の有楽町

▼ うち生き~ (2, 0.0%)

1 て還った, 殘つた三人は

▼ うち生活~ (2, 0.0%)

1 の中, への美しい

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 のすすめる

▼ うち甲州~ (2, 0.0%)

1 の諜者, へ出かける

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 はすべて巡査, は無言

▼ うち男子~ (2, 0.0%)

1 のみが罹っ, は五人

▼ うち白い~ (2, 0.0%)

1 波頭の, 部分は

▼ うち百樽~ (2, 0.0%)

1 をここ, を此處

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 ぼしいの, 守る

▼ うち真中~ (2, 0.0%)

2 の一本

▼ うち着物~ (2, 0.0%)

1 きるわなあ, はどうやら

▼ うち知ってる~ (2, 0.0%)

1 はずない, よ

▼ うち破る~ (2, 0.0%)

1 ことも, ように

▼ うち種々~ (2, 0.0%)

1 の人種別, の物

▼ うち空しく~ (2, 0.0%)

1 五年を, 日が

▼ うち竝び~ (2, 0.0%)

2 笑ますこの

▼ うち笑める~ (2, 0.0%)

1 眉目秀で, 老を

▼ うち精神~ (2, 0.0%)

2 の疲労

▼ うち絶え~ (2, 0.0%)

2 て鳴かず

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 あって, があつ

▼ うち美濃~ (2, 0.0%)

1 の城地, の斎藤

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 将の, 鮮人は

▼ うち考えた~ (2, 0.0%)

2 ままでした

▼ うち肉体~ (2, 0.0%)

1 がぶつかり合う, の存在

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 にひびい, に不自由

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 が鳴っ, を拱い

▼ うち腹ばい~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ うち臆病~ (2, 0.0%)

1 な人, やさかい

▼ うち自然~ (2, 0.0%)

1 とこの, と此比喩

▼ うち良い~ (2, 0.0%)

1 友にも, 金に

▼ うち花嫁~ (2, 0.0%)

1 が唖, のお

▼ うち茂った~ (2, 0.0%)

1 常磐樹の, 黒木の

▼ うち萎れた~ (2, 0.0%)

1 姿を, 節子の

▼ うち落し~ (2, 0.0%)

1 て両, 吹きおくり塵

▼ うち落す~ (2, 0.0%)

1 ことが, 高射砲プロペラの

▼ うち融けた~ (2, 0.0%)

1 態度で, 態度を

▼ うち行っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, て見ます

▼ うち見たる~ (2, 0.0%)

1 ところ今なお, 室内の

▼ うち見まもっ~ (2, 0.0%)

1 ていなけれ, ていました

▼ うち見やり~ (2, 0.0%)

1 つつ, てやおらん

▼ うち見やれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば二つ

▼ うち見る見る~ (2, 0.0%)

1 すそを, 一面の

▼ うち見奉られける~ (2, 0.0%)

2 を畏けれ

▼ うち覚え~ (2, 0.0%)

1 ている, てくる

▼ うち解けない~ (2, 0.0%)

1 という懸念, 様子と

▼ うち言葉以前~ (2, 0.0%)

1 というの, といふ

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 は變つて, もつき

▼ うち語り~ (2, 0.0%)

1 てちと, て骸骨

▼ うち護りたる~ (2, 0.0%)

2 に胸

▼ うち負かされた~ (2, 0.0%)

1 グンテルに, 感じで

▼ うち負かす~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ うち負けた~ (2, 0.0%)

1 のだ, 愛という

▼ うち貫き~ (2, 0.0%)

1 パンテオンの, 言葉を

▼ うち貰い~ (2, 0.0%)

1 なはっ, 受けて

▼ うち貴方~ (2, 0.0%)

1 が横合い, の仰有る

▼ うち躊躇~ (2, 0.0%)

2 なく

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の列, は滑りだし

▼ うち込まれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て閉口

▼ うち込んだ~ (2, 0.0%)

1 と見え, のだ

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 帰って, 連れて

▼ うち~ (2, 0.0%)

2 ぶるやう

▼ うち透かし~ (2, 0.0%)

2 見ればかよ

▼ うち透く~ (2, 0.0%)

2 雲ゆゑに

▼ うち透り~ (2, 0.0%)

1 休戦喇叭鳴れり, 休戰喇叭鳴れり

▼ うち通し~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の夫

▼ うち過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て, てさげ

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 旅を, 村で

▼ うち部屋~ (2, 0.0%)

1 が薄暗く, のすぐ

▼ うち重なった~ (2, 0.0%)

1 緑の, 葉蔭から

▼ うち重なる~ (2, 0.0%)

1 広い山なみ, 成層圏の

▼ うち野尻氏~ (2, 0.0%)

2 は何だか

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 の戸, 通ったら呼んで

▼ うち開いてる~ (2, 0.0%)

1 のみだった, 武力の

▼ うち開きフライパン~ (2, 0.0%)

2 が見

▼ うち随分~ (2, 0.0%)

1 お書き, ピアノ練習した

▼ うち雑誌創刊~ (2, 0.0%)

2 の必要

▼ うち離れ~ (2, 0.0%)

1 難きぞ, 難きは

▼ うち電話~ (2, 0.0%)

1 ででも打合せ, をかけ

▼ うち震わし~ (2, 0.0%)

1 時には病的, 狂気の

▼ うち青年~ (2, 0.0%)

1 の洋服, や壮年

▼ うち非常~ (2, 0.0%)

1 に多数, に遠い

▼ うち響き降る~ (2, 0.0%)

2 かとばかりに滾れしきる

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, のハッキリ

▼ うち風呂~ (2, 0.0%)

1 がわいた, に入る

▼ うち養生~ (2, 0.0%)

1 しないと, をしなけれ

▼ うち高い~ (2, 0.0%)

1 ものである, 特長とともに

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 は次第に, や鰔

▼ うち鳴らす~ (2, 0.0%)

1 ことを, 階級の

▼ うち~ (2, 0.0%)

1 から一言, の宿

▼ うち黙す~ (2, 0.0%)

2 こそ苦しけれ

▼1* [2997件]

うちぁふたり一緒に抱き合っ, うちあかし汝がこの, うちあかすことを, うちあかりはずんずんはっきり, うちあかんさかいお前, うちあがってきた, うちあした日曜日でまる, うちあしらいだった, うちあせらずすつかりおな, うちあたし海の魔女, うちあちらからも出る, うちあちらこちら盆踊の太鼓, うちあつしは二, うちあなた様が幾日, うちあなた樣に手紙, うちあふれたる青玉の, うちあまりにすべてが, うちあらはれて, うちあわて者の, うちあわびかちぐり, うちあんなにまばらに, うちあんまり綺麗な, うちなびかりがしはじめるとまたあかるくなって, うちいいかげんごちそうを, うちいかに大きく捧げ奉らん, うちいくたりか, うちいくぶん甲高かつ, うちいく人竪坑に上がったろう, うちいざとなったら, うちいそいでかれ, うちいたすと従者, うちいだくもの, うちいちど宝塚の方, うちいちめんに漂う, うちいったい何れに, うちいつか住宅地も杜, うちいつか加奈子を姉, うちいつか午すぎても, うちいつか子孫へ原始人的, うちいつか春になつ, うちいつか汽車は新宿, うちいつか猿はこの, うちいつか癒ってしまう, うちいつか立田山へき, うちいつか興味が動きだし, うちいつか身についた, うちいつか雀の卵, うちいつしかうとうと眠くなる, うちいつたい何れに, うちいつのまにか市十郎の, うちいつの間にかうたたねをした, うちいつの間にかもうおしまいに, うちいつもやられたので, うちいづるにげに, うちいづるごとくこれより, うちいでし一節に, うちいひてさし覗き, うちいまにも胸が, うちいま東京に住まい, うちいよいよ無力の, うちいりを済ました, うちいわば世界悪の, うちい云い知れぬ運命の, うちい戻りな, うちうさん臭い男を, うちうしろからスミス中尉, うちうす甘い春早やに, うちうたこかい, うちうち来月を楽しみ, うちうつかりさ, うちうとうととした, うちうなずいたお蓮様, うちうれしそうに, うちうれしいわ, うちぇおれが住む, うちんの, うちえたいのしれない, うちえみ紀州を, うちえらい事し, うちえらばれた彼らの, うちおえいと多助, うちおおいたる顧慮の, うちおかしなことに, うちおきてみき, うちおくさんは, うちおこしては播く, うちおしもは女中, うちおたがいに結束し, うちおどろいたのを, うちおねえさまたちが, うちおのおの方はじめ有志のお方, うちおのれの舟, うちおぼろげながら日本印刷術, うちおよそ三百余人正成が, うちおれの何, うちおろされていなかった, うちおろされたがとたんに, うちおろされる鍬の, うちお初をみかけ, うちお勝手でお, うちお嬢さんのうち, うちお嬢様のお, うちお客に化け, うちお松が一つ, うちお母さんも出, うちお玉と申す, うちお移りになる, うちお腹減ったけど, うちお袋は死んち, うちかかえながらひたすら, うちかかってゆく, うちかがやくばかり, うちかくばかり新鮮, うちかけた姿勢は, うちかけられている, うちかけんをとめ子, うちかこんで日, うちかざし風呼べば, うちかぜを深めまい, うちかぞえれば今, うちかたきうちと, うちかたぶきて寝, うちかたわらの石, うちかならず吉原から, うちかなりの部分は, うちかなわじと思った, うちかへし春, うちからずつと滞留し, うちからてまえの, うちからとせきあげて, うちからねこの通り用意, うちからのみ自由が, うちからめ無産階級の, うちからを失ったよう, うちかりにA子と, うちかれは縄, うちかれこれ二十分も, うちがぞつとする, うちがはがなんとなく, うちがはからすうと, うちきいておく, うちきしょう本当に張り倒し, うちきっと何とか目鼻を, うちきみの父さん, うちきょうの祭り, うちきれいな樹, うちぎわに大きな, うちくぐるかいつぶり, うちくじいたかもしれなかった, うちくじきおそらくは前回, うちくずし合った, うちくたびれたりする, うちくたびれたのでベッド, うちくみてみめぐらし, うちくれて, うちくれないかなあ, うちぐっすり寝て, うちぐツすりと一, うちけぶつた五月晴の, うちこう仰せられて, うちこうして焚火に, うちここかしこいづくもわたくし, うちこして, うちこそと思うて, うちこぞり湯川に, うちこっそりと私, うちこっちい来てること姉ちゃん, うちこないだ徳光さんきっとまだ知らん, うちこのごろ朝から晩, うちこの間うちからの気疲れ, うちこぼしたる如く雨は, うちこまかいものを, うちこみ工合を, うちこわれてひと, うちごたついていた, うちさあ時かれこれ, うちさし込む朝日, うちさすり脛かきなで, うちさっと突き出して, うちさてはこの辺, うちさらに一の, うちされている, うちさわぐわが胸, うちさんざやっとくさ, うちしおるるのを, うちしき蓑うちき, うちしきりに長く話したかった, うちしきれば, うちしぐれたるむら雲が, うちしたがえられたと思われた, うちしたらきみを, うちしだいに体の, うちしづかにひと, うちしどろもどろな陳述, うちしなひ心, うちしのぐ珍道中ぶりで, うちしばたたき眼を, うちしましたがしかし, うちしませんでしたが黒井博士, うちしめて滅し去る, うちしらけ色無き, うちしりぞけとりのぞかなければならない, うちしりぞけることの, うちじきにこちらを, うちじめじめした水田, うちじゃねえきっと日, うちじゅうすみからすみまで真珠, うちじゅう三角の頂点, うちじゅう大騒ぎになっ, うちじゅう小吉が帰った, うちすうと暗く, うちすぎし君, うちすぐ何とか付けなければ, うちすすろひて, うちすずの兵隊, うちすっかり退化し, うちすておかずニ御, うちすべての焔, うちすらわたくしどもは, うちすれば百人, うちすゝめる人, うちずつと通つてゐた, うちずばぬけてキリ, うちずまいをした, うちずらりと居並んだの, うちせき上げる涙を, うちそいつが大きく, うちそういうことの, うちそうしていよいよその, うちその他あらゆる方面, うちそばにいた, うちそやさるる娘まゆ, うちそれとなく因業御殿に, うちそんなにお好き, うちそッと馬小屋, うちぞほどほどに持て来てたもれ道, うちたえていた, うちたたきたるになにもの, うちたたき渡りゆくかもこの, うちただ一人の愛人, うちただ一定のもの, うちただ今から確かめ, うちたちも一人, うちたった一度お会い, うちたつた一人及第した, うちたとえ一時の, うちたべてしまう, うちたらふく御馳走に, うちだいどうだ, うちだいぶ懇意に, うちだけから理解され, うちだけにして, うちだしてみる, うちだったら又のびのび, うちだろう生きてい, うちだんだんだんだん森が, うちだ解いて追, うちちっとも来なかったが, うちちよつとした, うちぢゃ蕈の漬物, うちっていうのは, うちつぎつぎに倒れる, うちつくるに二つ三つ四つ, うちつづけて読売新聞紙, うちつづみの与吉は小高い, うちつてあたしのうち, うちつひに狡猾, うちつぶり酔ひを, うちつまらなくなつて, うちつまらんわア, うちつまりそのお, うちつらぬいて生き, うちつれづれなるまま, うちづらの悪い, うちてこそうれしかりけれ, うちてんで聞こうとも, うちであったら同士に, うちでありますまいか, うちでありやせこりやせとつぶやき, うちであれば赤, うちでかうつぶやいて, うちでございましょうこいつが, うちでございますから, うちでさえも独り歩きなどを, うちですつかり變更し, うちでだけ絶え間なく, うちでだけの変化だった, うちででもお話が, うちでとは言えルブラン, うちでなかつたのでそれ, うちでなく近日にも, うちでなさるものよ, うちではかへつて無数の, うちではというくらい, うちでばかり憧れる風景, うちといふだけでまだ, うちとか日本人が, うちときおりわちき, うちときどき網の, うちときには午前三時ころ流れ海苔を, うちとけた宴会は, うちとちゅうで用むきが, うちとつじょとしてまったく, うちとで鳴って, うちともあれお目にかかった上, うちともかくみやこにか, うちともに憤激せしめる, うちとら並みに食べさせ, うちとり変えるものは, うちとを思いくらべた, うちとんだほんものの, うちどういう機会か, うちどうかしたはずみ, うちどうしても性慾に, うちどうも少し右の, うちどおりにやろうっ, うちどっかのんびりした, うちどなた様をもっ, うちどの人をえらん, うちどもり水は, うちどよみまた鳥, うちなかなかうんとは, うちながしのたうてば, うちながめいつかと待ちし, うちながめざるを得なかった, うちながめながめてはまた, うちながめはじめた帽子を, うちながめる眠ってる女の, うちなげかるる夕かな, うちなげきひたと瞻, うちなぜ三分足らずの, うちなどで聞かれる言葉, うちなどには至つて暢氣に, うちなににおびえた, うちなほ悉く大, うちならされるインターナショナルの, うちならしてにぎやかにこうぎやうしました, うちなら出来ませんか, うちなら取り戻すことも, うちなら治る法が, うちなら食われてしまいました, うちなんかはもう既に荷厄介, うちなんかへ來や, うちなんかよりうんと好きだい, うちなんぞにある品, うちなんぞもどんな事, うちなんだかさわがしいので, うちなんとかして, うちなんとなく無常の, うちなんにもその事, うちなんらの反響, うちにあたりはだん, うちにおいてのやうに, うちにおきましても夢を, うちにからになった胃, うちにがちょうに対して, うちにがたりと襖が, うちにけえって, うちにこそとはやくも, うちにずつと大昔からの, うちにだけしか見いだし得ずジャーナリズム, うちにってそんな気持, うちにつけ慕って, うちにての事をば, うちにとも考へて, うちにとり替えさせた, うちにどたりと元の, うちになと飼いごろ, うちにはちゃあんと, うちにはともすれば, うちにはなおらが, うちにははひらぬ, うちにはははははじぶん, うちにはをかしいと, うちにへ蟻田博士が, うちにほどよいところ, うちにやすらふ彼われら, うちによって夜まで, うちによるになりて, うちに対する歪められない信頼, うちぬきをぶら下げた, うちぬき足さし足和尚の, うちぬけきれず従ってただ一図, うちぬり將に, うちもうあんな, うちねえ小唄の, うちねがへるは, うちねがいたいのです, うちねがえましょうね, うちねがはざれ, うちねむくなり十一時すぎ, うちのうへの源氏の, うちのがしたらええわ, うちのこつちや先生で, うちのねねユリエって, うちのべたやうな, うちのぼっている, うちのまでが引きこまれる, うちのみきね, うちのり風よ浪, うちのるやひたひた, うちはいりますからま, うちはいる許可が, うちはかましまへん, うちはくよ, うちはけふは, うちはこよいの, うちはじめのほうはうら, うちはじめ呼吸もしっかり, うちはたして幾人が, うちはちきれるような, うちはっきりした聚繖花序, うちはっと武術も, うちはどないしても, うちはへだてが, うちはまって集注的, うちはめ死なん, うちはもうごこんれい, うちはやしてはや, うちはるか下の海, うちばかりに引き籠って, うちばかりは凄い, うちばっか内地の, うちょッと, うちひいさまは, うちひきだしがすっと, うちひさがれて二つ, うちひしぐなどの正義, うちひしげなむとす, うちひたし空ちかづきぬ, うちひっそりと部屋, うちひと眼拝観したい, うちひとり例の猩々, うちひとり食くふ, うちひとッ風呂浴びて, うちひと目見舞うて, うちひと足先に起き, うちひびいてゆく, うちひびきいさぎよしことごとの雨, うちひびく山毛欅の, うちひょいと戒律を, うちひょいとすぐ目の, うちひらかれるべき窓, うちひらけたところに, うちひらけてるじゃありません, うちひらけ描かれていた, うちひらこうとして奮闘, うちひろげて行こう, うちひろげられるには時代, うちひろ子はひと, うちふっていた, うちふっと瞼の, うちふとずっと先き, うちふとのっそりの噂, うちふと何やら固いもの, うちふと忽ちにそれは, うちふられていた, うちふり一生懸命に防戦, うちふり群がり来る越兵を, うちふり道を説く, うちふり鍬をうち, うちふるう武男を, うちふるひ木に, うちふるひしさまに, うちふるふ音の, うちふるへそわそわし, うちふるわす不思議な, うちふるわせるような, うちふんで持地, うちへさおまい, うちへなんぞ来ちゃ, うちへへえって, うちへまでも選挙権係が, うちぺっちゃんこにつぶれた, うちほんとに命を, うちほんまに難儀, うちぼうをかぶり, うちぼうしをかぶっ, うちぼくはカピ, うちつー, うちまかされてしまう, うちまかされるかそれとも, うちまかしはしまい, うちまかせる彼の, うちまけたところが水, うちまして雇ひ, うちまじりつ, うちまじって一つ船, うちまじりとけ合っている, うちますのよ, うちまたも一群の, うちまっくろな大きな, うちまったく周囲は, うちまでとは比べものに, うちまでの略図かきました, うちまでは行かれないの, うちまでをちゃんと見, うちまともに敵, うちまま彼は, うちまもなくお松はかへ, うちまもられ我は, うちまもりしのみ, うちまもり給へるなりけり, うちまんいち左様な, うちまんなかの夾竹桃, うちみたいだね, うちみなこれへ寄ッ, うちみな兄弟とするなり, うちみるみる顔の, うちむざむざとそこ, うちむしろ誰よりも, うちむすめは, うちむせぶかな, うちむっくりと宇治山田, うちめぐり再び舞ひも, うちめったなこと教, うちもうペコペコやわ, うちもう一度出て, うちもう余程さっきから, うちもがスーッと, うちもしくは一週間の, うちもそともしん, うちもそない思うねんけど今度, うちもたげている, うちもたげたる若鷲, うちもだえうちふし, うちもちろん韓人とまで, うちもっている, うちもつとも思想的な, うちもと兜町で商売, うちもはや蟹江は, うちもはよ買うて, うちもらしたのは, うちゃくあそばされましてそのかけひき, うちゃくなされまして愛宕山のうえ, うちゃんがねえ母ちゃんとモル, うちゃんとおるす番しとったの, うちゃんはねえいまお弁当, うちゃんもぼんぼんも成人しや, うちやあ寝ようち, うちやがてうとうとと眠気, うちやったかもしれしません, うちやはりお前と, うちやむなき用事の, うちやめこせね, うちやめちまうんだ, うちやめぬ春も, うちやるさ, うちやわらいだ愛想顔を, うちやんだつてもう, うちゅうつゝがなく清洲のおしろ, うちゅうてわしのところ, うちゅうにうき上がりました, うちゅうのだすから素性を悟られ, うちゅうりょこうにでも出かけるよう, うちゆう吸ひ出した, うちゆういひだすのを, うちゆくいふ, うちゆるがむとせしかども, うちょうたちはみんなでそうだんをして木のところ, うちょうだいと参りますかね, うちょうちょうがたくさんいるじゃがいも畑まで流れ, うちょうてんになりタッジオの目, うちょうてんになり今の曲馬団, うちょったのうつや子はん, うちょったけええ厄介払い, うちょること手紙で書い, うちょんびりぼっちほか残って, うちよいとアスレティク, うちようやく幾らか開いて, うちよう人の心, うちよう言はん, うちよかろうよかろ, うちよそひ, うちよったんや, うちよどんで人, うちよほど体を, うちよみ切れると云う, うちよりて我を, うちよるなア, うちら二人寝さしといたかて, うちりっぱなもの, うちわけて剣客の, うちわざと呆けて, うちわしは心, うちわたしたちは玉突き場, うちわたすやがはえ, うちわたせその簗, うちわらって, うちわれいつぞや一睡, うちて, うちゐついまだ灯さず, うちゑみて, うちをからにした, うちをも照せよかし, うちこっちの, うちアア気絶したと, うちアカーキイ・アカーキエウィッチは薄暗い, うちアッと思う, うちアッという間に真ッ先, うちアナホの命, うちアヤ子は面, うちアリョーシャは急, うちアレッツォシエーナの二, うちアンテオキヤの総, うちアントワープ行の分, うちアヽ面倒だ面倒, うちア三蓋松か, うちア滅多にゃこゝア, うちイチロは眠く, うちインプレコールへ出た, うちウォルタアだけ発見, うちエジソンは自分, うちエリーザはたかく, うちエンタツは夢声, うちオホトシの神, うちオメカケなぞは国賊, うちオヤッと思った, うちオーベルは牧師, うちガウンは一階, うちガバと水, うちキリスト教を信ずる, うちグウス夫人の作, うちケーテを, うちゲルハルト・ハウプトマンは病気静養中, うちゲーテはいっ, うちゴタゴタした上, うちサガレン旅行だけを取っ, うちサヨは我が, うちザヴィエルがそば, うちシャツがくねくね, うちシャナーマのソーラーブ譚, うちジェンナーは二十一歳, うちジャズの指揮者, うちジャックの家, うちジユビレーオの年, うちジョオンズだって実際, うちスタールツェフは自分, うちストンと縁側, うちスペインの臣民, うちスペイン語に属する, うちスーッとたま, うちセッパ詰った感じ, うちセンイチは獲物, うちソプラノのラベット, うちタギリヒメの命, うちダダダダダーンと敵機, うちダーウィンの進化論, うちチキンカツやわ, うちチマ子や, うちてどこ, うちツイ眼の前, うちツウルーズのはフェリックス・トロミエス, うちツナミが来た, うちテナルディエ夫婦は憤慨, うちデパートで宝石, うちトオサンやぼくら, うちトマトの苗, うちドイツ語の達者, うちニコライは一八一一年, うちネコやしき, うちノートにとってない, うちハムレツトが父王, うちハートシーズ坑は十年以前, うちハープの音楽, うちバクダイな料金, うちバプテスマのヨハネ, うちパンの切符, うちパーシウスが首, うちパーマネントのこと, うちビールを詰め込むべき, うちピアノを持ち出せれ, うちファンティーヌは非常, うちフィッタブルの男, うちフィラデルフィアに往く, うちフイとその, うちフェルナンデスの何, うちフト若松屋の内部, うちフト足踏みすべらして, うちの妻アンテア, うちプッツと切れた, うちペルシア神話のうち, うちペンベリーがまた, うちホデリの命, うちポケツトから出し, うちポンポンとうちわ太鼓, うちマクス・ブロートのショーペンハウエル, うちマグロが珍しく, うちマホメットピエール・ダ・メディチーナモスカベルトラムの四人ダンテ, うちマーさん連れて, うちミネちゃん言うねん, うちミマキイリ彦イニヱの命, うちメルキオルが二人, うちモスクワの至る, うちユタカの国, うちヨッフェの寄稿, うちライプチッヒにおける二十七年間, うちラジオはもう, うちラッサの潜入, うちルノルマンの, うちレコードされて, うちロシヤの夜襲, うちワイアットとある, うちワカヤマトネコ彦オホビビの命, うちワクーラは怖い, うちワーナー調査団員の釈放, うち一〇〇暮にわたし, うち一〇人中三人がまた, うち一たい何がチェーホフ, うち一だいのあやしい, うち一つくらゐが, うち一つ二つのの水量, うち一つ位が生育, うち一つ所を視凝, うち一つ疑問がある, うち一つ賑やかに年越し, うち一ばん後が僕ら, うち一カ月目に池田屋事件, うち一ツのこし, うち一ヶ所は今上, うち一万一千は日本警備地区, うち一万七千も負けた, うち一万両だけは威張っ, うち一万二千人を大正, うち一万二千円ずつ三人, うち一万五千マルクを宛て, うち一三家族が絶滅, うち一二を争う, うち一五は紀元前, うち一人以外は愛情, うち一人帰り二人帰りして, うち一人採用されるに, うち一人放屁せしを, うち一体何が, うち一八一九年にある, うち一八六三年ロシアはあの, うち一六県では人口, うち一円だけを郵便局, うち一册紛失す, うち一刀拔き討ちに, うち一割はチーフメーツ, うち一割強がその, うち一卷のつもり, うち一台を残し, うち一商品の所有者, うち一問題が仮に, うち一夜鉄砲で撃たれた, うち一夜雨風が烈しく, うち一太は驚い, うち一字が漢字, うち一官を欠きたる, うち一定の時間, うち一定数以上は殺し, うち一家は息子, うち一宿につき正金二百両, うち一寸行って, うち一対の白兎, うち一尾の魚, うち一度チョッピリ女史のところ, うち一度ボールはその, うち一度一緒に行きません, うち一度二日会のピクニック, うち一度是非行つて見たくついで, うち一揆を起した, うち一日一枚のエハガキ, うち一日二日三日とビスケット, うち一本水浸しにし, うち一気呵成に脱稿, うち一火殿の鉄砲, うち一物をも譲歩, うち一番きれいな子, うち一番価値の少ない, うち一番夏らしい日, うち一番外側にある, うち一番多くを省いた, うち一番巣は大, うち一番左でございます, うち一番幸福の絶頂, うち一番後まで生き残った, うち一番最初のもの, うち一番構への大きい, うち一番構えの大きい, うち一番気もちわるく感じた, うち一番社会への具体的, うち一番縁故の深い, うち一番自分を可愛, うち一番興味が深く, うち一番良質の葡萄, うち一番説明の樂, うち一番躍動するの, うち一番釣りに熱心, うち一番鈍才であったが, うち一番頭脳のいい, うち一畳半ほどを沓脱, うち一発はすぐ, うち一目見せて, うち一種は聴感, うち一笠一杖の気軽, うち一等好きなん, うち一緒にそちら, うち一艘には桔梗, うち一行の者, うち一軒警察電話で白布, うち一通はたしかに, うち一週に一度, うち一週間に一度, うち一頭を手放す, うち奉の, うち丁年に滿, うち丁度八月朔日の, うち七つうたばと, うち七八人までは痕跡, うち七八名は浅瀬, うち七割は飲食店, うち七十五人までは他, うち七千ポンドに相当, うち七回もころんだ, うち七日ながら, うち七月に一一〇・四〇支払ズミ, うち七百四十三校が工芸技術学校, うち七種は帰京, うち七隻はぶじに, うち七面鳥の足踏, うちけ暑気払ひと, うち遠地方, うち三〇七一の男子, うち三つ一つは何處, うち三つ四つや五つ六つうち, うち三ツ採用されたが, うち三フィートくらいが畝, うち三ヵ所まで奪取, うち三万二千両の金, うち三之丞は何, うち三億三千五百万円はコーヒー, うち三分の一以上は愛蘭人, うち三切りめが初まる, うち三割零七厘だけのもの, うち三匹ほど増えます, うち三十両は増屋, うち三十二だけがこれ, うち三十五セントの食費, うち三十五日は雨, うち三十五騎は生きのころう, うち三十分ないし四十五分, うち三十年近くも過ぎた, うち三十頭につき一頭, うち三千の先鋒, うち三号を減らした, うち三四日本をもって来よう, うち三四町の間, うち三島までのすか, うち三年の月日, うち三年生の男の子, うち三度皮肉地に落ち, うち三度結婚したから, うち三弾は確か, うち三日月村の平田, うち三日程演武場にゐ, うち三時をうった, うち三月十三日の博多合戦前後, うち三木の城, うち三本だけは検屍, うち三枚の的, うち三毛の雌, うち三番目のお, うち三百両の金, うち三百円を一晩, うち三百十六人救われ百九人, うち三種を挙げ, うち三箇を食べ, うち三羽までは死にました, うち三郎は鎌倉, うち上がり人を, うち上げたかったと云った, うち上って来た, うち上つて奔騰し私たち, うち上のは隣, うち上三人が行方不明, うち上二人を片づけた, うち上京しよう, うち上四宿中三宿, うち上流に位する, うち上着を脱い, うち上野の杜, うち下し振りまわし如何に, うち下す一太刀に, うち下京方面のもの, うち下流の名越尾張守, うち下町の生活, うち下総の小金ヶ原, うち下腹が引きつる, うち下船せる者, うち下谷の古い, うち下足番の若い衆, うち不幸にし, うち不思議や其の, うち不朽は永遠, うち不用の品, うち不良やよってなあ, うち両側にある, うち両国でまた, うち両方から同時に, うち両機はいつしか, うち両者どちらにも余り信用, うち並びし間より, うち中みんな赤痢にかかっ, うち中よそへ旅, うち中今日は私一人, うち中佐の体, うち中俺等の所, うち中地派だった一人, うち中学生上りともつかず, うち中尾のみはその, うち中待機の姿勢, うち中心を失っ, うち中殆どやられる, うち中気嫌がよく, うち中津川の香蔵, うち中砂だらけになった, うち中箒だらけでどれ, うち中途で船, うち丸坊主の大岡少年, うち丸子の宿, うち丹三さんをお, うち丹右衞門に見出され, うち主人伝右衛門と倅伝次郎, うち主君の敵討ち, うち主立った者に, うち久助は半分下手人, うちを除かなけれ, うち乍らわざと鳴物, うち乗ったまま急がせ, うち乗り他の者, うち乗客たちは, うちまでは通じない, うち九レースは配当, うち九九%までが全く, うち九人九分までそう, うち九人以上で親切, うち九兵衛という老, うち九匹はだいたい, うち九十の上, うち九十三人までは欲望, うち九十人までは夕食後, うち九十余まではそう, うち九千九百九十九人であろう, うち九大隊を使用, うち九州へ行かね, うち九時半となり, うち九本まで泥舟, うちる表裏, うち乾布と冷水, うち亀寿さまを負う, うちれ, うちも帰朝, うち予め其の欠点, うち予今朝の時事新報, うち予定の四回, うち争論起り小, うちを行え, うち二〇ではなく, うち二たび両岸, うち二つうち三つ四つや五つ六つうち, うち二キロないし七キロ, うち二ツの出来事, うち二ヵ所ほどに大, うち二・一が嬰児期, うち二万の男, うち二万両がそっくり, うち二万五千法は衣裳, うち二万金を作っ, うち二三分のエッセンスあり, うち二三名が窓, うち二三度は汽車, うち二三時間だけかかる, うち二三本をさらに, うち二両を味噌久, うち二人共なくなり私, うち二人戦死嫁した姉妹, うち二個は携帯, うち二六八票で藤沢幾之輔当選, うち二十七篇がはじめて, うち二十三時間五十五分までは皆意味, うち二十人ぐらいともかく, うち二十何人だか, うち二十年を彼, うち二十日余りもある, うち二千万は父兄, うち二千余をもっ, うち二千円は衣裳代, うち二問だけをまるで, うち二四七九万〇五五四円は生糸, うち二回足をあげ, うち二帖だけは大, うち二年を旅暮し, うち二時をうち, うち二晩だけ完全, うち二月三月も経ち, うち二本無二斎勝つと, うち二朱と六十八文, うち二条烏丸のわが, うち二男の袁煕, うち二番を帝, うち二番めの稲氷命, うち二番太鼓の大, うち二番目の鍵, うち二畳は暗室, うち二発でも一発, うち二百三高地の方, うち二百五十五隻をひきい, うち二百余そうの船影, うち二百兩まで持ち出し, うち二百円前借りをした, うち二百十一首を録す, うち二百名ばかりが弁士たち, うち二箇所はワルラス, うち二箇条だけは強硬, うち二組は共稼ぎ, うち二説の分布状態, うち二週間位はあつ, うち二重瞳孔を持ったる, うち二頭ほどはついに, うち二騎まで落ちた, うち云っていた, うち互に深くなり, うち互にさっぱりするの, うち五ヵ国を献じ, うち五ヵ所に属し, うち五七・四パーセントは労働婦人, うち五両一分の施主はここ, うち五九六四の男子, うち五兩や十兩盜, うち五六ぺん神田の古本屋, うち五六度は泊ります, うち五六軒歩いて, うち五六里は歩く, うち五分の三は白人種, うち五十ルーブルだけは埋葬費, うち五十一まで英国, うち五十枚今度口述したり, うち五千は後, うち五千三百六十本の通し矢, うち五名は非常, うち五年終了で一中, うち五度会った, うち五日ばかりたっ, うち五月から十一月, うち五百フランだけを自分, うち五編はすでに, うち井戸の縄, うち亡き夫の, うち交し差し渡した, うち交ってその, うち京都府の北, うち人びとが掴まされた, うち人口に関する部分, うち人夫木田三次郎がすくい上げた, うち人畜われを捨て, うち人目を奪う, うち今にそんな狭い, うち今一人の武士, うち今夜ひと晩だけ蕨, うち今度手紙で書い, うち今日山鳥が一羽, うち今日残存するもの, うち今直ッき, うちに仕える, うち他人のため, うち付けながら早朝, うち代えられたものが, うち代表的なの, うち以前ある薬局, うち以心伝心満場一致するの, うち住居の, うち仮に営むらしくそっと, うちふぎ, うち仰ぎ得むこ, うち仰ぐ名妓照葉の, うち仰げばこれ, うちの名, うち任してるようだった, うち任せ結ばしめらるる, うち伊太郎の斬, うち伊藤晴雨氏にでも質し, うち伊豆屋吉郎兵衛さまお帰り下さいまし, うち伏しましたので右門, うち伏しゐる女三の, うち伏すと声, うち伏見街道を行く, うち足してろと, うち休みだて, うち休んでおく, うち休航ということ, うちつたこと, うち会わんと帰ったら, うち伝さんはその, うち伯爵岩井通保とその, うちれて, うち伺うという工合, うちている, うち但馬より因幡, うち低みつつ, うち低み榎か黒き布橋, うち佐佐が軽い, うち体操とスポーツ, うち何とかして, うち何ともおへん, うち何らの弾力, うち何万枚の梅, うち何分だけでもお, うち何十万人が良人, うち何十度か休む, うち何千兩といふ値打, うち何所からか此, うち何故か逃亡した, うち何方かの物, うち何方かに間違ひは, うち何日ぞや讀んだ, うち何遍となく, うちの叔父, うち余り食う為, うち余り風が吹い, うち作られたものだ, うち作品第七十三, うち作文と講義, うち例えば宗教が, うち例のをお送り, うち例年のとおりベスト, うち侍女から時間, うち供奉の駒, うち価格の変動, うち便りも途絶え, うち保平と申, うち信濃小路猪熊の西, うち信玄沢という低地, うち信用しない人, うち信長はもう, うち俯向伏して, うち俳優の演技, うち俵一八郎は阿波屋敷, うち俺達この全部, うち倉子は足早, うち個々の公訴事実, うち倒されるようでした, うち倒したアメリカが, うち倒し媚びていた, うち倒すことが, うち倒れた醜い空骸, うちて天, うち倚天の剣, うち偉大な有徳, うち偸盗戒といっ, うち怪仮, うちの先, うちはかなり, うち傾けた心持判断行動それだけが, うち僕たちは五つ, うち僕たち北極行きの方, うち僕一度は是非光ちやん, うち僧正遍昭と文屋, うち優れたるもの十余人を, うち儲かつて來たら, うち儲けなくっちゃ損, うち元気になり, うち先ず肥料として, うち先廻りして, うち先方から中途半把, うち先鋒の第, うち光っている, うち光子さん大好きやわ, うち光秀はまだ, うち克たねばならぬ, うち克ちつつ学ん, うち克つべき不幸ながら, うちが出来た, うち児太郎の惨, うちと兜, うち入場券をおとし, うち入院させて, うち全体が変化, うち全日本の浦, うち全速力で狼群, うち全部はまわらなかった, うち兩脚の出, うち八〇パーセントは仕事そのもの, うち八つ九つまでこんな, うち八ヶ月は断食, うち八九名日射病に襲われ, うち八九郎の人格交替, うち八匹がそう, うち八十余名は悉く, うち八十磅の貯金, うち八千人が死んだ, うち八時になつ, うち八時頃ひどい雷, うち八曲までルービンシュタイン, うち八本だけがのこされ, うち八疊に私, うち八種は大学, うち八組みまでは大川, うち八重子は昨夜, うち公命の内容, うちは進歩, うち六つくらいまではある, うち六ツになる, うち六一・九%までは汽船, うち六一七〇はその, うち六七年たって, うち六五三の女性, うち六分はイタリア人, うち六十九人が一, うち六十八の隱居, うち六十圓ほど殘つて, うち六千六百六十六本の通し矢, うち六名までが, うち六回は優勢, うち六国が亡び, うち六日は靴屋, うち六時五分前になっ, うち六景完全に書い, うち六曲を吹込ん, うち六枚もハート, うち六番目にある, うち六百名を超える, うち共感したり, うち兵庫をはなれ, うち其家を貸し, うち具足を解い, うち兼ちゃんが独り, うち内儀の日傘, うち内匠頭が生前中, うち内閣が変った, うち円い方に, うち再び突如とし, うち冒険ずきな, うち冗談だろうぐらいに, うちさって, うちになつて, うち冷し薬で, うちる, うち凌ぐ羽は, うち凝つとして居る, うち凡そ半数は, うち凡そ一時間の余, うち凹む眼し, うち出かけて帰っ, うち出かけた家内が, うち出された札を, うち出した萩桔梗女郎花などの, うち出したい事に, うち出そうかと思うとります, うち出づる風趣である, うち出ない出ないとフーちゃん, うち出る浪や, うち出戻りやねん, うち出陣する, うちを隠し, うちをひい, うち分かるが上の句, うち分れへんあんたには, うち分家して, うち切りたいと思う, うち切りますか, うち切り取って方士, うち切れぎれに浮ん, うち切崩さば何, うち切紙一題歌事切紙一以上を実隆, うち刑事にきかれ, うち初めて訪れた町, うち別してここが, うち別室に伴われ, うち利家高股を切られ, うち利潤には何物, うち到着したと, うち刺し殺してしまえ, うち前回より六カ村, うち前後四度放れたが, うち前者の探偵小説, うち創作を本領, うち成り名, うち功名自分に及ぶ, うち加賀の千代, うち助役古花甚平, うち励ましてわうっ, うち労働の労賃, うち勇助は遂に, うち勇敢で忠実, うち勇気ある反逆者たち, うち勝ちうち勝ちやっと, うち勝とうとし, うち勝れたものが, うち勝負事で仲間, うち勞力の報酬, うち勢いのいい, うちましたが, うちは斗満, うち北の方に当っ, うち北海炭鉱会社の社長, うち北風日中は和風, うち医学に関する記述, うち医者はどうして, うち十一名は共産党員, うち十一時近くめでたく終った, うち十七人落第させられる, うち十三回は著しい, うち十九になりました, うち十二時近くになりました, うち十二枚だけは眞物, うち十二種の型, うち十二篇の伝記, うち十五人は知らない, うち十五分しか寝ない, うち十五名行方不明との事, うち十五斤二十斤ごまかす, うち十八までを落第, うち十八万石はそち, うち十六世紀の中頃ルーテル派, うち十六年一月からの作品発表禁止, うち十六足の方, うち十四五回も誰何, うち十幾曲だけ入っ, うち十数人をクビ, うち十日は当麻寺, うち十日間はやや, うち十時間を労働, うち十本ばかりはほか, うち十枚までが贋物, うち十番以下がすべてこれ, うち千万長者の, うち千世子の心, うち千五百種以上の学名, うち千人は智者, うち千八百円を野呂, うち千円を裁判官, うち千円づつは貯金をし, うち千日へでも往, うち千波万波だが, うち千登世と深い, うち千鶴子が末っ子, うち午前中ですんだ, うち午後六時半ごろに至り, うち半信半疑だったと, うち半兵衛もいつか病苦, うち半年以上もたえず, うち半数以上の脱走者, うち半時間ばかりをポーチ, うち半月は休ん, うち半月形の部分, うち半月餘りも, うち半金は自腹, うち卒倒したもの, うち南さんはふと, うち南日本は八點三分, うち南条は能登守, うち南町口から南, うち南米から廻っ, うち単行本としてまとめられた, うちの黄身, うち原城の陥落, うち原子バクダンの一閃, うち去年七月の末, うち参りますから, うち参加者の名前, うち参詣の路, うち友七さんはしょう油屋, うち友達にだまされ, うち趾類というは, うち反らせねばならなかつた, うち叔父の玄, うち叔父様のところ, うち取ったので秉さん, うち取り分け法隆寺に御, うち取り払ったらよさそう, うち取調べに参加, うち受刑者たちはやさしく, うち茶箪笥の, うち古い柳の, うち古賀はいくどか, うち叩いてひどく, うち叩かれている, うち叩き人呼びて, うち只一回参考人として洋服裁縫職, うち叫び寝し, うち上ると, うち台所用本で深田久彌, うち台本を置いとい, うち台湾にいる, うち史上の英傑, うち右手の谷, うち司令官ハヤブサの耳, うち砦の, うち合して震え, うち合せようとの手紙, うち合った上予定の, うち合わせずに, うち合祀の不法, うち吉兵衛は国元, うち吉弥のお袋, うち吉日を選ぶ, うち同じく開校準備の, うち同勢にムク, うち同校職員便所に於, うち同気相呼ぶで知合ったの, うち同船で送還, うちをなした, うち向いて音楽, うち向かって心, うち向ったとき黙っ, うち君めづる人ある庭, うち吠犬どもに反省, うちはれ, うち吸入というもの, うち吹上の庭, うち吹針には他, うち呂宋兵衛は唇, うち呆れてしもうた, うちの国界, うち呉佩孚が又, うち味方は運送, うち和めたり, うち和んだ優美な, うち和田を越え, うち咽ぶ海また, うちも一段打上り, うち唐崎荘之介, うちひとり唯, うち唯一人だけ私, うち商人のロドルフ, うち商業に従事, うち問う人の, うち問題にしてえへん, うち善人と見極め, うち善兵衛が娘, うち喋舌って行った, うち喜んだ武蔵は, うち喜連格子はちゃんと, うちつ, うち喧嘩をする, うち喬僉知と名乗っ, うち嘆き両手を, うち嘆き訴へいへ, うち嘉六は母親, うち嘉門次もエッサラ, うち嘗てへーゲル, うち噎びなべて忘れつ, うち噎ぶウヰスキイの, うち噛みて, うち噛める次の, うち囃して, うち囃す幻燈の, うち四五人の者, うち四五回に過ぎなかった, うち四五日うち待つ身, うち四五町がほどは当, うち四五百万人もの者, うち四件まではその, うち四分ノ一弱なんでお返し, うち四十五歳の時, うち四十件だけ年齢, うち四名は当時, うち四回は双児, うち四国連合艦隊に攻められ, うち四日間が二回半, うち四本は人間, うち四民の間, うち四男七男八男の三人, うち四百名までは欠食児童, うち四百法だけを今日, うち四郡望む所, うち図書係り海野甚三郎が持場, うち国さん風邪で事務所, うち国もとから持っ, うち国府がわ, うちみ滿, うちでもこまるだろう, うち土佐の方, うち土地の耕作, うち土蔵から出した, うちのいと, うち地主の目, うち地代を何ら, うち坂本清馬君の所持品, うち坐ったまま睨み合っ, うち坐つてゐる, うちの外, うち埋められた王の, うちの内, うち城内から小, うち城彈三郎は惡, うち埼玉県北埼玉郡新郷村漆原亮太郎氏の門, うち堅めおなじく白い, うちに控えれ, うち堺本と宸翰本, うち塚田八段五分考へて, うち塞ぎ眞白にひたと, うち塩田大尉はじめ乗って, うちの唐紙, うちまいりに, うちされた, うち墨汁で濁つた, うちにかけ, うち壊され小屋と, うち壊すために, うち売れ残りが三千六百余枚, うち売卜者から女難, うち変りなしか, うち夏侯尚は計略通り, うち夏季は最も, うち夏目漱石森鴎外有島武郎江口渙菊池寛の五人の, うち夕日のなごり, うち夕立も霽, うち夕立これでサラッ, うち多分このあたり, うち多勢の目, うち多門殺し珠緒殺し加代子, うち夜なかから大風雨, うち夜中近くなる, うち夜光の珠, うち夜具をかぶった, うち夢うつつに見た, うち夢中に悟る, うち大きさから, うち大きに酩酊致し, うち大亀だけ午ごろ急, うち大事なこと, うち大佐がまだ, うち大切の越後獅子, うち大別して, うち大原から鞍馬, うち大和民族に同化, うち大地を両脚, うち大坂表で彼, うち大好きで, うち大山守は海, うち大岡様のお, うち大島司法主任は既に, うち大川を渡つた悪魔, うち大工町も日本橋, うち大急ぎで手, うち大抵ごく近距離を, うち大月玄蕃と申す, うち大潮の三十時間, うち大発見でもした, うち大西が来た, うち大阪の酒井氏, うち大黒舞は吉原, うち天子さまのお, うち天慶六年三月に敦忠, うち天才らしく見える者, うち天皇記というの, うち天神の船待場, うち天童太郎の家, うち太宰と私, うち太宰府へお, うち太郎左衛門を尊敬, うち失せるものが, うち奇体にこちら, うち奈落の底, うち奥方が側, うち奥様がおまえ, うち女ふたりは越前守様, うち女中が部屋, うち女子八人のみ, うち女子十三歳から二十歳, うち女御のほう, うち女生徒の蝶子さん, うち女神の姿, うち女體の方, うち學の, うち好ちゃんの体, うち好男子ぶって, うち如何にももっとも, うち妄教および仮, うちの妊娠, うちより先, うちも化粧, うち姉はんみたい綺麗なことあれ, うち始めて, うち姥石のところ, うち姫王がどう, うち姿が見えなくなった, うち威勢よく声, うち婆さんの叫喚, うち婢立ち出で虎, うち婦人は火鉢, うち婦人公論新年号新聞の切りぬき, うち嫌いでは, うち嬉しさに, うち子らはたはぶれ, うち学生の生活, うちはいつのまにか, うちへ辿り着く, うち宇品からでも出る, うち宇宙艇との通信, うち守りて珍, うち安からず, うち安吉も出, うち安心れて, うち安来節を踊り出す, うち安静にし, うち完全に生き, うち官許の遊女屋, うち宝剣と鏡, うち宝生栄之丞住居, うち実感のうち, うち実質的に最も, うち客間に据えた, うち室長は三学期, うち宮中叡山などのうごき, うち宮仕えをし, うち宮殿めいて, うち家中の人達, うち家内にわかにさわぎ立ち, うち家出してん, うち家康の早い, うち家財を纏め, うち宿場の通り, うち宿屋ではない, うち寄せむ胸と胸, うち寄せられて忽然と, うち寄って半蔵, うち寄つて慰みにこれ, うち富士と愛鷹, うちている, うち寐小便をし, うち寒かったの, うち寛いだ平和な, うち寛ろいだ様子, うちざめの, うち寝坊と顔, うち在的他者, うちへ着いた, うち寺内氏はいつか浅草, うち寺社奉行の本多伊予守, うち対岸の断崖, うち封印をし, うち封建性と近代経済, うち尊氏の一命, うち尋ねる人が, うちひ見ゆ, うち宰相の, うち小作をさせない, うち小倉早落城も敵, うち小初に不思議, うち小判で二千四百両, うち小勇は飛びだし, うち小口の千両箱, うち小唄の師匠, うち小夜子を呼び, うち小峰が参りました, うち小川をかへぼ, うち小泉主膳は長州, うち小浪の名札, うち小生はこれ, うち小田はどきんと, うち小田さんは富三, うち小舟で沼, うち小舟一艘岩の上, うち小金ヶ原の新しい, うち小雨大雨が降りつづい, うち少々は茶筅, うち少なからず困ったん, うち尤も単調な, うち就寝前の一時間, うち就職でもし, うち尾久の家, うちても立っ, うち届けてやる, うち屋根裏部屋はいろいろ, うち屏風の内, うち展けたなだらかな起伏, うち展けた上流の空, うち層む若葉くらきに, うちの中, うち山ン中にひっこんでる, うち山三郎は詞, うち山地流域に属する, うち山女魚ほどの身だしなみ, うち山嵐と赤シャツ, うち山田甚之助は近衛大尉, うち山羊や小, うち山道で暗く, うち山陽がおとなしく, うち屹度その人, うち岡本坊と共に暗殺, うちの碎け, うち岩山の洞窟, うち岩本のおば様, うち峡流の底, うち峡間いっぱいに押し詰り, うちを焦, うちへ行きなさる, うち島村氏はお, うち島田へ出来る, うち島谷は他, うちから辷り落ち, うちが凪い, うち川口を太鼓持狸孝, うち巡行の巡査, うち工合がかわっ, うち左位に立てり, うち左側にある, うち左右どっちが先, うち巨勢人見坊さんと私, うち差しつかえなき理, うちと此, うち巳之助はふしぎ, うちと日の丸, うち市中に余り, うち布団と毛布, うち希望と信念, うち師匠は死ん, うちを取っ, うち帰りおくれたひとりの, うち帰るとこあれへん, うち帰ろうと言い出します, うち帳場なり客室, うち帳番は怫然, うち之大, うち平げてやろう, うち平安朝に専使, うち平打の二本, うち平打ちの二本, うち平次はくはへ楊枝, うち平賀さんはもう, うち年上で丈夫さ, うち年内に支払う, うちか不幸, うち幽暗であつ, うち幾つかは弟, うち幾何かの間, うち幾日朝夕を共に, うち幾晩も熱, うち広げて茂っ, うち広樹は急, うち庄五郎が一番先, うち庄司の伜, うちの者, うち府下のセットルメント・ワーク, うちを忘れ, うちへ来, うちのあたり, うちを捨て, うち庶務部長の諸戸, うち廃り忘られし屑, うちく売ります, うち廊下で腹立たし, うちがつた野火, うち建つるもの小学部, うち建ててる社会的連繋と, うち建てなければならない, うち建てようとし, うち建てんとの勇ましい, うち建築芸術として価値, うち廻すに対しこの, うち廻る有様を, うち弁慶旅に出, うち式三番叟と小倉色紙, うち弓術にかけてはまず, うち引きとるとしましょう, うち引けッえッ引かぬ, うち弟分の葬式彦兵衛, うち弱かった子, うち張りと縫め, うち張松が酔中, うち強い霊魂を, うち強いて適者, うち強く耳に, うち八といふ, うち当てる音と共に, うち当り波のよう, うち当るのである, うち当所を立っ, うち当面の問題, うち彫物の左京, うち彼のはその, うち彼以外の三枝子さん, うち彼櫂を造り, うち彼氏恐怖のあまり, うち征途につい, うち待ち設けた御客, うち後ろの縁側, うち後年彼の妻, うち後者は, うち徒目附といふ役, うち従えながらゆうぜんと, うち従って私たちの, うち御台正室ではなく, うち御国より兵, うち御地を過らる, うち御嶽山頂の砦, うち御者と料理番, うち御陵管守の小屋, うち復習が出, うち復讐せんならん, うち微かな女, うち微笑みつつ, うち最も大, うち徳二郎の小舟, うち徴兵の乙種, うち徽典館の青少年, うち心二つに相, うち心尤めされぬ者, うち心得置きかつ, うち心性事を了し, うち必ず洲崎の, うち必ず一しきりはげしく咳出づることありて, うち必然的に土地, うち忍辱にまさる, うち志貴の妹, うち忘れあと追いかけまし, うち忘れることの, うち忠幹の母, うち思いがけない河内房の, うち思い切って外套, うち思い立ってかね, うち思ひがけない, うち思わず寝込んで, うち思慮や徳性, うち急ぎの用, うち怪しのうめき聞こ, うち恋愛の筋, うち恐らく僧侶龍門の, うち恩師の顔, うち恩惠彼を己, うち息の根の未だ, うち息子の金五郎, うちれて, うち患者の身体自身, うち悦べる水の, うち悪心起り越中, うち悲哀に包まれた, うちひ窓ふり, うち惚れたから知れる, うち想像が切れ切れ, うち意外な滑稽劇, うち意志が意志, うち意識推移の原則, うち拙なる, うちにたえた, うち感性的な面, うち感性知覺は言, うち感染させた, うち感極まって泣い, うち慾心の逞しい, うち慾界色界の有情, うち憤怒の一念, うち憲兵を中心, うち懺悔して, うち成して隱, うち成都を去っ, うちを呼びかける, うち我々が集め, うち我が国に直接関係, うち我らは共産党, うちをし, うち戦いもなく, うち戦前刊行の三七葉, うち戦死者二十三名重傷者二十六名を出し, うち戯曲創作を志す, うちが開い, うち戸川君がその, うち戻って来る, うちとりては, うち扇ヶ浜というの, うち手ッ甲だけ間, うち手前の一, うち手引のある, うち手心をおぼえ, うち手折り多武, うち手首を逆, うちはじけた一少女, うち打ち明けようと思った, うち払いたいと願っ, うち払うて更生, うち払ってそれとなく, うち払ふかげもなし, うち承ったお長屋, うち承知したがらないよう, うちから行進, うち抜かれたと思っ, うち抜き書きということ, うちへられ, うち抱かれても何, うち抹香臭い一式の, うち拓けた常識の, うち拝顔の栄, うち拡げたようで, うち拡げることだ, うち按摩夫婦の二人, うち挙げむよはまのあたり今日を, うち挨拶させて, うちて, うち振ふ壯夫と, うち振りし心知りき, うち振りぬ胸に, うち振り始めましたが私, うち捕縛する手筈, うち捨てられた窖の, うち授業が休み, うちを合してる, うち掛けかの物いふ目, うち掛けたる几帳の, うち採って置かぬ, うち採るべきものが, うち探偵ヂュパンの出, うち探偵小説に縁, うち接近して, うち掻口説かれる言葉, うち揃えて南無妙法蓮華経, うち揃つて微笑んで, うち提灯を便り, うち揚ぐる夜の花火, うちて, うち揺いでいる, うちをした, うちる, うち携えていた, うち摩耶夫人の御, うち摺賃とは印刷費, うち撒いてその, うち撒かれるのは, うち撒けるのは, うちりに, うち擧げむよはまのあたり今日を, うち支那の上海あたり, うち支那文を學び, うち支那料理の御馳走, うち放ちみずからの, うち放らかす鬣の, うち政治家の生家, うち故郷もとの母, うち救心をのん, うち敗れて逃げる, うち教室で咳, うち教師勤め人の子供, うち散らしながら眞白, うち散らす毛莨こそ, うち散文精神というよう, うちは猿若町三丁目, うちへきれぬ, うち数える程しか, うち数か月は暮らす, うち数分の間ぐらい詩人, うち数年来リオネロのうち, うち数日前の夜, うち数等政治的年功を積み, うち数通は, うち数頭は仔連れ, うち数首を挙, うち整理出来るもの, うちの東, うち敵味方とも思われない, うち敵視されて, うちておの, うち敷きて憩, うち文化的に見, うち文目もわかたぬ, うち料理が運ばれた, うち料理場や帳場, うち斬りまつりて, うち斬捨てられた軽から, うち断たれてある, うち断ちて千座, うち断わっちまうわけには, うち新潟へ帰郷, うち新聞の方, うち新聞社の主催, うち新調の手毬, うち新進気鋭で売出し, うち方はじめの号令, うち方来居と書いた, うちへ出る, うち旅立ちをする, うち既婚者七十四人未婚者六十七人みな上流の紳士令嬢, うち日光へ参詣, うち日日に出す, うち日暮れて見えぬ, うち日曜日をのぞい, うち日本コロムビアから二枚, うち日本人の男子, うち日本平定直前にチヌ山城水戸, うち日本橋の西川, うち日本語のもの二回, うち日野朝臣のお, うち旦那様にお, うち旨くやらないと, うち早いほうが, うち早くから寝た, うち早数年を経た, うち早熟な花田, うち早目に二階, うち早稲田の演劇博物館, うち昌造の著書, うち明かすはずは, うち明けそれをなぐさめる, うち明けたくなり口が, うち明けたら猶更, うち明けなくともまさか, うち明けなければならない, うち明けましたがメグ, うち明けますがじつは, うち明けられぬということ, うち明けるべきか, うち明け合うという権利, うち明け実行に取り掛る, うち明け浩一さんの言葉, うち明け自分の考え, うち明け遠藤から借りた, うち明治五年となっ, うち明治十年の末, うち明治大正昭和の戦争, うちの光り, うち映えて艶めかしく, うちが来, うち春夏は積極, うち昨夜といふ昨夜, うち昨夜三尺で首, うち昨夜隱居所に泊つた, うち昨年中に他郷, うち昨日から見る, うち是非尋ねたいが, うちが経て, うち時々ただ恨めしさうな, うち時代特有の様式, うち時局の切迫, うち時局的任務は時局そのもの, うち時平とその, うち時節到来先頃より, うち時藏は傷寒, うち晃二は秀才, うち晨子の運命, うち晴れぬ朝戸出, うちさえあれ, うちかったのに, うち暖簾を分け, うちはことし, うち暫くして, うち暫らくは踏台, うち暫らく目を離した, うち曇りとなり, うち曇り黄ばめる夕, うち最上の味, うち最初のはいちばん背, うち最多数の従っ, うち最小の結果, うち最小限の蔵書, うち最年少者である清水豊, うち最良の二人, うち最近まで行う, うち最近ワルターがパリ, うち月木金の日, うち有之に於い, うち有明荘へ現われた, うち有頂天になっ, うち朝倉先生に対する讃美, うち朝飯の菜, うちはもえきっ, うち木俣上申書二通の中一通, うち未墾地問題の知らせ, うち未婚のまま, うちの弟, うち本国のワシントン政府, うち本堂から火, うち本家の二男三男, うち本式に相談, うち本当にうるさそう, うち本所に居る, うち本町の山路, うち本質的なもの, うち本邦の水蛇, うちの上, うち机上の香爐, うち村中が集, うち村尾の本当, うち杜国の抒情味, うち束ね山と積め, うち来た順序は, うち来月を楽しみ, うちの空, うち東京在住の者, うち東野南次の唇, うち松山の松, うち松山中の俳句, うち松明はぱったり, うち板倉屋の仕事, うち林太郎と私, うち林某といふ女, うち林檎の照り, うち林町へ法事, うち果して一人の, うちのところ, うちしたあ, うち枯らさないばかりの体たらく, うち柱寄りの方, うち柳田村さやる, うち柴田勝政の一隊三千人, うち校長森栖氏の意見, うちと家作, うち案じ空馬車馭して, うち案内書などを見, うち桜井佐吉の戦功, うち棄てられてあった, うち棄てる神あれ, うちの中, うち森本先生を軽蔑, うち棺腐れ壊れて, うち極めてわずかなもの, うちまで御, うち横川氏は大石殿, うち横手なる茶碗, うち横浜東京鉄道諸機械, うち横町の方, うち横道へ走り出した, うち樫尾はその, うちに凭れ, うちを渡っ, うち橘屋からの手紙, うち次郎の言葉, うち次郎坊の方, うち欲しいわ, うち歌曲としての名, うち教授で, うち正ちゃんがどこ, うち正使の左馬, うち正式に閣老, うち正月の二十日間, うち正月二月が死亡, うち此処彼処にあるいは, うち此様な幸福, うち此詩集をひと目, うち此郷の土俗風物, うち武家に好まれた, うち武州小河内のもの, うち武神の像, うち歩いて来ました, うち歴史というもの, うち死して, うち死せしと聞きし, うち死んでしまつた方が, うち死神はふと, うち殆ど大多数, うち殆ど二・五以上を直接, うち殊に山河を, うち残る一局の, うち殘つてゐるの, うち段々人が出, うち殺されたのでしょう, うち殺したまひき, うち殺人のごとく, うち毀されている, うち毀し家内を, うち毀れた時計の, うち母親は持前, うちに幕政, うち毎年三百人近くも死ん, うち毎年死滅する部分, うち毎晩なにをとっ, うち毎晩草鞋の毒気, うち毎歳千の凡夫僧, うちのない, うち比叡は速力劣, うち毫も鈿女命に, うち民謡的に変形, うち気がついて好い, うち気に入らんねんけど, うち気付でよこす, うち気持が透明, うちはとうとう, うち水底にもぐつてゐたお父さん, うち水曜と金曜, うち水精手幡以下の品物, うち氷峰も呑牛, うち續的な, うち永続的な生命, うち求める丸の内第, うちが玉, うち汗塩をかき過ぎ, うち汚れないのが, うちより聖なる, うち汝南州境の古城, うち江戸屋江戸五郎胡蝶物狂いの図, うち池田宿の条, うち決意を示す, うち汽船は停車場, うち汽車出でたれば, うち沈み加減なその, うち沈み忍従してる女神, うち沈めたのです, うち沈められてあり, うち沈められたる祖国も, うち沢山ある以上, うち油断なく庇っ, うち沼津の次に, うち泊るお金あれへん, うち法恩寺村場所へ人, うち法蔵寺様へでも願っ, うち泥棒に六円, うち注意を惹かれた, うち注文したわな, うち注目すべきは, うち泳ぎを知らない, うち洗濯てぇこと, うち洞門を閉め, うち津々浦々に到る, うち洵吉はいよいよ, うちのふち, うち浄衣を着た, うち浅草の五重の塔下, うち浅草観音に入りたる, うち浅見博士の, うち浜町のとある, うち浪子はひとり床, うち浮浪を續, うちぶらんを, うち浴せ軽兵, うち浴びせて九鬼船隊, うち海岸へでもいらした, うち浸しゆれば白露手, うち浸った温泉は, うちへず鈴虫, うち消えていた, うち消されないでその, うち消したがさて, うち消しつ續き, うちの方, うち淡水に産, うち深更になった, うち深見新左衞門, うち混じて歩い, うち混ぜたる入法外, うち淺草の日參, うち清ずしは以前広小路, うち清めて, うち清三は夏休み中, うち清次は待つ, うち清水のもと, うち清高の甲, うち渋谷正隆について考えなおし, うち渡しつつ物, うち渡し世に許し, うち渡り小夜の, うち渡るものは, うち渡るべき前方の, うち直になされた, うち測り知られぬ力が, うちふ, うち湧きてあがり, うちに行った, うち湯本から元箱根, うち湿つた山気を, うち湿りたる濃き靄, うち湿り熱りまぶしくまた, うち洲か, うち溶けたい願いが, うち滅ぼして行く, うち演劇に関する文章, うち漸次急な, うちる石油色, うちが高く, うち潮さし来り溺れて, うち澄みきりましたが, うち澤山がやつ, うち激しい世相の, うち激しく気色ばんだ老, うち濁りたる埃及の, うち濁る重き空気, うち濕つた山氣を呼吸, うち濠端へ出る, うち濡らし波間なき, うち瀬尾の若殿, うちの出がけ, うち火の車の時, うち火取虫に洋燈, うち炉端へ座り込ん, うち炬燵を拵ら, うち烈しい責め折檻に, うち聊堪が, うち無意識に私, うち無理算段した, うち無花果を盛つた籠, うちう見えた, うち煖かくなりまさりゆき, うち煙り田圃の, うち煙る夜の, うち煤け上手斜に, うち煤けし紙に, うちし出された土, うち熱帯のシンガポール辺, うち燃えきってしまいました, うち父君の傍, うち爺さん祖母さんに聞い, うち片手を長押, うち片桐春一北原稲雄原信好の三人, うち片親が, うち片足すべらして, うちは牛づれ, うち牛種最も多く, うち牛若が毎晩, うちは急, うち牡丹畑の木蔭, うち牡綿羊宮を古く, うち物価は次第, うち特殊な地の利, うち犬養氏に出入, うち犯人は手首, うちふ, うち独りぼっちにさそ, うち独特ののみかた, うち狭くなった水路, うちの肉, うちの真似, うち猿ぐつわを噛ませ, うち猿田飛行士一人は他, うちに投ぜられた, うち玄徳孔明と一戦, うち玄関で早口, うちの御前, うち珊瑚礁の細片, うち珍しいから目, うち珍しくも紅一点, うち現に目の, うち現在復興したの, うち現存して, うち理論家が學問的, うち甘いものを, うち埋に, うち生き残ったのは, うち生き還ったものは, うち生れた男の子たち佐藤さんのは, うち生憎頻りと, うち生殖細胞の混乱たる, うち生活上の困難, うち生醤油で食べれ, うちもない, うち用心して, うち田原へ行っ, うち田島かつ子さん以下はそれ, うち田村とし子氏は七, うち由次は黙っ, うち甲州路または中仙道方面, うち甲府で汽車, うち申し殊に時たま珍肴, うち申す言葉も, うち男妾の浅, うち男爵家に出入り, うち男百四十二人女百四十一人その女子, うち町屋の二階, うち町田は残る, うち画廊で戯れた, うちへて次, うち異国の一女, うち異様なもの, うち疲れた体を, うち疲れはてていつか, うちみて, うち疾く疾く蜀へ, うち病めこせね, うち病人はにわかに, うち病人不具者などはおるまい, うち痛み息熱く, うち痩せ細りたるが却, うちってし, うち発病したの, うち発足して, うち発露すること, うち発音に自然, うち登城もすみ, うち發表するが, うち白みゆく骨の, うち白む月の, うち白木の首台, うち白木六千駄を谷中, うち白象の鞍上高, うち白長鬚鯨と長, うち百三十四人は十五日, うち百九十曲までは十三人, うち百五十円持って, うち百六万人がこの, うち百円を妻, うち百分の十九は白人種, うち百家の流派, うち百石を割い, うち百部も賣れなかつた, うち百雷の音, うち皆様の方, うちはよほど, うち皺む壁の罅, うちを割る, うち監督の, うち目立つて良い, うち盲目の義勇兵, うち盲腸炎で死んだ, うち直ぐに自分, うち直させても本当, うち直されねばならず, うち直す方も, うち直にお島, うち直接には知らん, うち相当現代の, うち相当勉強したもの, うち相手のひと, うち省みて生活, うち看守る八つの, うち看護婦が一代, うち真に自分の, うち真佐子と女の子, うち真川の小屋, うち真弓はその, うち真面目に話, うちとうなった, うち眺めざるを得ない, うち眺めニタリと一つ, うち眼前に現われた, うちて臥ていらしった白地, うち睡眠自体を破る, うち瞬たくまにズッ, うち瞼自然とふさぐ, うち矢並伊織は死ん, うち矢島はふと, うち矢張り荒尾譲介が最も, うち知ったのだろう, うち知らんけど恐い, うち知合いの人々, うち知識は交換, うち短くて汚い, うち石井の家, うち石井村の島田平四郎, うち石牢の底, うち砕かれた花の, うち砕かんがため, うち砕き脾腹を, うち砕ける音に, うち破ってしまっただ, うち破られるすぐ前, うち破りやくにたつ, うち破れない黒い壁, うち破廉恥罪以外で投獄, うちの放つ, うちに自信, うちき露, うち社会の耳目, うち社会生活と文学, うち祐定と無銘, うち神楽の面々, うち神武崇神垂仁景行仲哀應神仁徳履中允恭安康雄略清寧顯宗の各, うち神田佐久間町の広場, うち禄位等下し置かれ候, うち福島と岩根, うち福田氏は約, うち禰宜の荒木田家, うち禿た岩石層, うち禿げた岩石層は, うち秀吉は着々, うち秀子は読み終っ, うち秀逸三五あらん人, うち私たち二人のみょう, うち科学主義か文学主義, うち程もなく襲来, うち稽古のない, うち穀物に直接, うち穂別村の部, うちった雪, うちは段々, うち空気を送る, うち空襲警報が鳴つ, うち突き落して, うち突如とし, うちからのぞく, うち窮命なさるよう, うち窮屈な地下生活, うち立ち岩国永興寺に, うち立てさせようとする, うち立てたかったのであった, うち立てらさた, うち立てられる現代の, うち立てんとする, うち立て得たら凡てが, うち立話をした, うち立野を立っ, うち竜骨を貫, うち竹刀はとにかく, うち笑つて別れて, うち笑みうち笑みいいました, うち笑みおはしぬ, うち笑めり他界の, うち笑らぎ何すとすら, うち笹眉をひそめ, うちした, うち筆者は山の手, うち筑前様と能登様, うち箱根で怪我, うちも投げ出し, うち簡単な単語, うち籠めた恋, うちを盗ん, うち粉叩き叩きつつ, うち精進にていただき, うちはもう, うち紀伊守とお, うち紅い花の, うち紅黄世子だけが他, うち紐育の地図, うち紙面は尽きた, うちひ置く霜, うち紛れたりこれ, うち紛れ込み得意の, うち素質のない, うち索めたるわれ, うち索麪戸ごと掛け竝め日ざかりや関, うち紫綾絹縮ふうの羅, うち紹介や縁故, うちの方, うち経済学に特に, うち結局は世間, うち結局どれだけが真実, うち結局私自身のもの, うちひし御, うち絵画と小説, うち絶えず一撃ちくれ, うち絶えたままに, うち絶えつまたも, うち絶えてたがある, うち絶対に面会謝絶, うち絶対秘密にし, うち続いてゐる, うち続いてる坂道を, うち綱渡りの出來, うち綺麗に磨き立てられた, うち綿貫ルリの事, うち総領の土地, うちへるこの, うち娘の, うち織田家に随身, うちりたり, うち署名反対者が一人, うちがすべて, うち美しき織りもの, うちを抜いた, うち群れてこそ我, うち義雄が氣, うち羽振り大きなる, うち耀いてゐた, うち老婆がやられた, うち考えられるのでこれ, うち考古學の博物館, うち耕介の返辞, うち耕書堂の居間, うち聖道門はなかなか, うち聞かせちくれない, うち聞く東京に, うち聳えてゐた, うち聳えた峰のう, うち聴いてゐ, うち肋膜炎にやられ, うちを許し, うち肝腎の生き, うち肝臓が一番, うち肥えふとりて肩幅, うちの痍, うち肯き自由な, うちを冒され, うち胃腸の内容検査, うち胃袋を楽しませた, うちひ妻, うち背後でガチャガチャ, うち胡国人如宝は招提寺金堂, うち脅かしたことであろう, うち脈うつ大地の健康, うち脱藩した青砥弥助, うちに落ちない, うち腕っ節の強, うちを拵え, うちをかの, うち臥し居たる骸骨ども, うち臥し居ることに, うち臥す君の, うち自ら知らずして, うち自分はとにもかく, うち自分関さん浮気の出来ぬ, うち自動車待たしといて, うち自動車質が残る, うち自宅の軒下, うち自家でお前, うち自己の興味, うち自慢そうに持ち出した, うち自決するつもり, うち自然的に最も, うち自衛隊関係が六万人近く, うち至味の節, うちは平次, うちに乗じ, うち興じるような, うち興ずるかの一例, うち舞台面が進ん, うちが橋, うち良人の岩矢天狗, うちの失せない, うち色界無色界の二つ, うち芝居がはじまりました, うちの咲いた, うち花川戸のほう, うち花文字一個ででき, うち芸者たちという複数, うち芸術家気質の繊弱, うち侍の, うち若し世に歸, うち若君の方, うち若干は連関, うち英蘭銀行から出, うち英語のできる, うち茂つた黒木の山, うち茨木司を先, うち茫然としてそこ, うち茶屋の婆, うち草履の鼻緒, うち草案の内容, うち草津一直松島の三軒, うち草津一直松島大増新玉, うち草鉢植一とかかれ, うち菅子だけは学問, うち菩提山をとり囲ん, うち華代子は他, うち萎れ始めてようやく, うち落したと云っ, うち落し実をとり, うち落し給へり盲者中, うち落とされたのだった, うち落莫たる気落ち, うち葉子と瑠美子, うち葉柊に似, うち蒲団のなか, うち蒼然とした, うち蒼白になっ, うち蓄膿症をわずらったらしい, うち薩軍の死傷百余, うち薬剤を以て特効的, うち藤原波田小倉西沢大工安井は皆肺結核患者, うち藩士の常, うち蘆荻はみな蕭々, うちに逢う, うちに邂逅, うち蝦夷もっとも強く, うち蝶子さんも一たん, うち融合しにくい, うちのよう, うちを見せ, うち血の気の多い, うちつて, うち行けるというの, うち行こうかどう, うち行手が火事, うち行橋行乞行乞相は当然, うちって行く, うち衣食に窮する, うち表口裏口の見はり, うち袁術の使者, うち被いてかくれた, うち被する君なく, うち装飾品の実費一軒あたり七十円, うち裏口から拔出, うちなり, うち褒めておく, うち西村茂樹が加, うち覆うて居る, うち覆ふ嘗て如何なる, うち覆面の惡者, うち見たいなあ, うち見とれていました, うち見ましたが偏屈, うち見ようところなかなか, うち見るべきその心, うち見わたせば寥々, うち見返す間に, うち覚えたこんな店, うち覚心坊はとる, うち親しみを覚え, うち親族相続法の改正案, うち観世家は特に, うち観音が一般, うち解けた話しをし, うち解ける氣に, うち解説して, うち触りて鶯, うちひたるよ, うち言い合わせたように, うち言葉が靜, うち計らず昨夜逢った, うち訝しみ, うち許しながら敵意, うち評判のよかっ, うち試合の場, うち詳しく言へば, うち語る友も, うち語學の勉強, うち誤まって崖, うち誦する折の, うち説明に及ん, うち読むのです, うち読める者は, うち読経しつ, うち誰ひとりとして後年, うち誰ひとりそれに対してかれこれ, うち誰ひとり安否を訊ね, うち誰ひとり文句を言う, うち誰ひとり知つてゐる者, うち誰ひとり自分に競争者, うち調べていました, うち調子の合わない, うち調子はずれな声, うち調査して, うちたまたま往年, うち請出して女房, うち陣へ, うち諸国物語を書く, うち諸所より上がった, うち警告を与え, うち警固の足軽, うち警官たちは一隊, うち譬喩にもしろ, うち谷崎十郎という人, うち豊国丸は続け, うち豊臣家から分捕った, うち大きい馬, うち象戯の駒音, うちを吹き, うち貞吉だけを可愛, うちした智力, うち負かされて憂鬱, うち負かされるので, うち負かしたグンテルが, うち負けうち勝つこと, うち負け囚はれて, うち貨幣の価値, うち貫いて流れ, うち貫いたような, うち貫かれた両の, うち責めさいなんで山, うち貰って置く, うち貴下のが一番評判, うち貴公はどれ, うち貴君と絶交, うち貴殿の首, うちはない, うち資本主義の国, うちあり私, うち赤岳も知らず, うち起ているのは, うち越えて其山, うち越えると言つた孤島, うち越え来れば笠縫, うち越え見れば笠縫, うち越す花の, うち越前自身はもう, うち越年の用意, うち越後へ向け, うち足元の荷車, うち足利家の異, うち跡形もなくなっ, うち路用とても無き, うち踊りの列, うち身じろぎ寄る気は, うち身体中の脂, うち身投げの本, うち軍勢をひきい, うち軍学大論議, うち転ぶ人の, うち輝く玄潮の, うち輪宝のすがりし, うち輪寶のすがりし, うちの権三, うち辰代が本気, うちだけが缺, うち農兵の調練, うち農業と無関係, うち込みこれが, うち近いところでは, うち近所の人, うち近江屋の四人, うち近眼鏡をぽろり, うち近藤は左, うち近道だと, うち返しうち返して, うちも行けなかった, うち退潮の痕, うち逃げるように, うち逃げ出せば二人, うち逃げ道を探す, うち逆行すること, うち透かし吾れ命あれ, うち透かし在りは在れ, うち逗留なすっては, うち通つてゐた, うち通り狐川うち過ぎて, うち通例以上のもの, うち通常輸出されて, うちはれる, うち逢うもの逢う, うち逢痴に対する令状, うち連なっていた, うち連載して, うちよくも, うち運賃を差し引いた, うち過って引金, うち過剰の分, うち過半は女子, うち過半以上は会員, うち過去と云, うち道しるべをしてた, うち道誉がまず, うちひそれ, うち違いの紋, うち遠い国の, うち遠き闇にあたって, うち遥かにより大, うち適当な地方, うち邪慳にしました, うち酒屋の借金, うち酒肴が出, うち酒飮は碧童, うちつ払つて女, うち酔っ払って女, うち酔ひがさめ, うち酩酊の結果, うち醉拂つた頭の中, うち醜く汚れつくした東京, うち醫光寺と萬福寺, うち重った黒影が, うち重なりそこに, うち重立った者どもを, うち重複して, うち野尻へいく, うち野獸の逃げ路, うち野鍛冶の半, うち金ン比羅参りに, うち金五郎は見台, うち金庫の横, うち金比羅山の花見, うち金華山沖が一番数多く, うち金起の懐中, うち金銭関係ほど密接無二, うち金魚の歌, うち鈴木利右衛門と小宮山彦七, うち鉄砲隊所属の銃手, うち銀三がいまだに, うち銀座の, うち銀杏返しに結った, うち銅鑼を鳴らし, うち銚子や盃, うち鋤鍬の先, うち鋳掛屋さんあなたお職柄, うちの汁, うちへさせる, うち鎌倉へ自転車, うちけぬ, うち鎮められて行く, うち鎮国寺を立った, うち鑄掛屋の權次, うち長命寺に向った, うち長唄が濟ん, うち長女が半沢氏, うち長屋六兵衛杉山三右衛門もっとも業に秀でました, うち長摩納に剣, うち長沙零陵桂陽の三郡, うち長浜を収め, うち長男武智麻呂の南家, うち長老制度が迫害, うち長谷川は飛び上る, うち閉された重くるしさ, うちと休, うち開かれていた, うち開かれてる自由な, うち開かれればその, うち開きわき上がってくる, うち開き見いだしたるはかの, うち開けるような, うち開墾場の土地, うち間もなくボーイが, うち間髪の間違い, うち関東へ立つ, うち関羽は約, うちの中, うちのなか, うち爺に, うちた癖, うち附けて一面, うち降らば移ろ, うち降伏せいとは, うち降旗を立て, うち限りないあはれさ, うち除籍する方法, うち陶器の類, うち陶山勢の一陣, うちの幌馬車組, うち陸軍の御用商人三谷三九郎, うちの床板, うち隅々まで隈, うち隅々消し忘れた灯, うち隆二さんしきりによき, うち階段の影, うち隠居が神明様, うち隣席にいた, うち隱居が神明樣, うちひ頭竝, うち集まってもう, うち雑用というの, うち雑貨店のほう, うちりたる群集, うち陀竜王が, うち之丞, うちの多い, うち電光石火的に行動, うち電気工夫らしいの, うち電気帽のねじ, うち電車が塔, うちひて, うち震えた頬を, うち震える老いた手で, うち震動するに, うち霞む三階松の, うち霞んでみえる, うちざし一貫文, うち青みつつ火事場, うち青む砥石の, うち青年ら相ともに柏木氏, うち青楓の枯れたる, うち青流亭のお, うち青雲青山雲山と同じ, うちひ縁りてぞ, うち靡かせるような, うち靡きこころは, うち揃えが, うち革命当時より遥か, うち音楽と唱歌, うち響きますわ, うち響き山のこだま, うち頂いたものの, うち頂上へは二人, うち順ぐりに映画研究会, うち頑強で獰猛, うち頼母木もその, うち題詩の文字, うちに書い, うち風さつと吹き来り, うち風邪をひかない, うちだけは罪, うち食べられるだけ詰めこん, うち食べるのが, うち食むにゑみく, うち食堂へはいっ, うち飯島は入り口, うち飽きて来, うち養父は益, うちまで帰っ, うち饅頭を三皿, うちにいたす, うち首席の荘田, うち馬小屋にいる, うち馴れていなすっ, うち駒井がちょっと, うち駿三ひろ子さだ子の三人, うち騎乗の武者, うち騒いでいる, うち騒いでる多くの, うち騰つてゐる, うち騰る蒼穹に, うちがれ, うちが彼, うち驚かされしかもその, うち驚きまたそれ, うちのあり, うち體操とスポーツ, うち高坂隊の先手, うち高田は殺され, うち高等教育を受けた, うち鬼後より追, うち切る如き声, うちの陣, うち鮟鱇の踊り, うち鰹船の方, うち鳰鳥に次い, うち鳴らされた拍車の, うち鳴らし思ふ様踊り回る, うち鳴りなどし, うち鵜呑みの勉強, うち鶏卵の加減, うち鶴子丈だけが咋夜, うち鹽風吹き入りて, うち麹町二丁目へ着いた, うち昏れて, うち黄ばむ落葉松見れ, うち黄冶は前, うち黒き顏より, うち黒田に泣きつい, うち點頭き俯伏, うちして, うち齋杙には鏡