青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いわば~ いわゆる~ ~いわれ いわれ~ ~いわれた いわれた~ ~いわれる いわれる~ ~う う~
うい~
~うえ うえ~ ~うけ うけ~ ~うけた うけた~ ~うし うし~ ~うしろ うす~

「うい~」 1830, 18ppm, 6477位

▼ うい~ (496, 27.1%)

12 風に 10 時には 7 処へ 6 意味じゃ 5 人が, 処に, 訳で 4 話を 3 具合に, 処は, 意味で, 折からは, 時だ, 時に, 次第じゃ, 結果に, 足跡は

2 [19件] ように, 事件が, 事情が, 人の, 人は, 人達の, 具合で, 場合には, 場合の, 意味の, 所に, 所には, 次第でも, 理由な, 芽出度い, 言葉を, 計画を, 話だ, 身の上でございます

1 [377件] おつき合い, お堅い, お姿, お広い, お手本, お方は, お花見時分, お苦しい, お身形, お高声, とそ, と彼, と後悔, と愚痴, と直に, と聞く, と諸君, のにか, のに店, のに見込まれ, のに限っ, 一家の, 一身上の, 不思議が, 不思議な言い, 不決断, 不自由な, 不謹慎な, 不貞腐れだもの, 不都合を, 世間に, 中に, 了簡で, 了簡とも, 了簡なら, 事件を, 事実を, 事情から, 事情で, 事情に, 亡者には, 交通の, 人です, 人と, 人に, 人を, 人達が, 人達は, 人達へ, 人間が, 人間だって, 仏は, 仕事は, 代物だ, 作品が, 使い方は, 例に, 価値の, 信者が, 倉皇の, 偉い小林さん, 傾向は, 働き人の, 優れた歌, 先生と, 児太郎である, 六かしい, 冗談でも, 処が, 処で, 処では, 処まで, 処を, 切っかけです, 切れ切れの, 別嬪が, 前触, 勢力は, 勤めを, 厄介者の, 厳正批評は, 口の, 口吻を, 同情ある, 名ね, 名の, 名前の, 含蓄を, 吾, 命令な, 品が, 商売に, 問題で, 噂の, 因果の, 因縁から, 因縁が, 因縁ごとでしたろう, 因縁つきの, 国家であっ, 土地を, 報告にも, 場合その, 場合それ以上の, 場合である, 場合では, 場合な, 場合に, 場合にも, 場合のみ, 場合も, 場合同情し, 場合恐らく, 場合誰でも, 場所を, 場面に, 塩梅に, 塲合に, 境涯の, 墨の, 声が, 声に, 変事が, 多くの, 夜の, 夢を, 大きい会社, 大先生方, 女が, 女だったら, 女と, 女を, 奴らの, 好い候補者, 始末じゃ, 始末で, 始末でねえ, 姿で, 威嚇が, 娘さんがたを, 娘の, 婦人の, 子を, 孤独の, 学者の, 安い費用, 家に, 家庭だった, 家庭なら, 密談か, 対談の, 小さなこと, 尾無しの, 尾籠の, 山を, 山国には, 山村に, 島民の, 工合に, 席だ, 席に, 帯をと, 広々と, 広告は, 店開きが, 廃品も, 廃物で, 廓には, 建壊し, 弊風は, 形じゃ, 形の, 役が, 御判定, 御厄介, 御無理, 御縁合, 心である, 心なれ, 心持から, 心持が, 心持に, 心掛けだ, 心理状態は, 忘我が, 忙が, 忠良無比なる, 思いに, 思惑が, 思想が, 性格だ, 性質だ, 患者が, 悪い事, 悪人を, 悪声は, 悪戯を, 悲劇の, 意味な, 感じが, 感じにばかり, 感情上の, 態度で, 態度は, 態度を, 成績の, 我儘は, 所で, 所を, 手で, 手紙を, 手蔓を, 手順を, 折から, 掛合に, 教えを, 教育を, 散歩の, 文句を, 文壇の, 文学を, 文章の, 文章を, 文芸は, 料理屋で, 料簡じゃ, 日本には, 旦那さまは, 旦那の, 旦那ゆえお嬢さんや, 時でなけりゃ会う, 時に何とか骨, 時に無理, 時に魔, 時は, 時世に, 時分に, 暗い陰気, 暢気な, 最中で, 有りふれた古い, 本当の, 条件で, 柔和の, 柔弱な, 極重, 機会を, 次第だった, 次第で, 歌が, 正直な, 死骸が, 殺人事件の, 氏の, 気持ちが, 気持を, 気概が, 気風は, 浅ましい料簡, 清々と, 物語が, 物語を, 特質が, 犬ころ可愛がり, 狡い奴, 独善主義は, 独逸人を, 理想は, 理由だ, 理窟の, 理窟も, 理解の, 甚しい, 甚だ元始的, 生活に, 田地が, 田舎に, 男なら, 画を, 疑問が, 病が, 病院へ, 痣が, 痣を, 痣宝塔だの, 瘤腫を, 目に, 直観が, 直観です, 真面目な, 着物を, 祠は, 秀才は, 種類の, 窮命を, 立派な, 粗い考え方, 精神状態では, 約束だ, 紙に, 経緯から, 経験を, 結果には, 結構な, 結構なお, 緊張した, 総理の, 縁談は, 美しいもの, 美しい人, 美しい自然界, 美人が, 羽目に, 老耄した, 考えから, 者は, 職業を, 良い聟, 芝居が, 芸が, 苛酷な, 苦労が, 茶見世へ, 華美な, 蔵持の, 薬を, 表現を, 見地から, 見舞客の, 規則に, 覚悟で, 言葉が, 証拠の, 評判だ, 話合で, 誘惑の, 調子だ, 調子で, 調子には, 議論さ, 豪語を, 豪農が, 貧乏人の, 趣味が, 身の上に, 身の上には, 身体だった, 身分の, 軒並を, 軽い気分, 軽侮語を, 農夫の, 返辞である, 連中が, 連中に, 遊び場へ, 道楽稼業の, 道理は, 都合に, 重い物, 重宝な, 野蛮人種が, 長い年月, 間違か, 間違が, 関係である, 際は, 雄大な, 雛妓を, 非常時の, 非業な, 順序で, 顔で, 顔付を, 風である, 馬鹿らしいほど, 黙契に

▼ ういふところ~ (186, 10.2%)

10 がある 5 にある 4 があつ 3 があり, もある 2 から來, に, に非常, へ來, もない, を考へ, を見る

1 [147件] からくる, からこの, からで, からふと, からぼつぼつ, からまた, からも来, から仏蘭西, から小山内君, から得, から来, から来る, から根ざし, から毒婦, から生れる, から自然ドイツ流, から起る, から階段, が, があの, がありまし, がありやしない, がいけない, がかたま, がその, がない, がなかつた, がなけれ, がふんだんに, がよく, がわからない, が傍観的気分, が全然, が内気, が却つて, が大いに, が好き, が彼女, が浅い, が飾り, だけは小, だつた, でかれ, です, ですか, ですからな, ではしやん, では一種特別, では原住民, で二人きり, で徐々に, で思ひ, で特色, で育つた, で誰, で走り使, とても好き, なの, にいい, にかくし, にかへつて坂田, にこの, には魚, にも, にもある, にもまだまだ, にもアトリエ, にも慰め, にわが, にゐたら, に中野, に來, に入り, に出, に劇作家, に原因, に問題, に大人, に屡, に抑, に来る, に欠陥, に殉情的, に注目, に特色, に現代, に眼目, に緑青, に置く, に通つて, に重き, の海, の満員さ加減, はあるだらう, はいくらか, はなかなか, はなんとなく, はまた, はわれわれ原稿紙, は一人旅, は出, は小説, は確か, は紀州人, は頼もしい, ばかり見, へなら, へは人, へひき出され, へま, へも力, へ力瘤, へ参加, へ来る, へ氣, へ目標, へ私, へ落ち込ん, へ行く, へ頭, へ飛び込んだらう, まで入, まで芭蕉, まで西鶴, もまんざら, も随分, をかれ, をただ, を一度, を僕, を大勢, を尋ね, を年寄り, を描き出す, を根, を歩き, を氣, を知らぬ, を突ツ, を細君, を見逃がし, を通, を通つて, を通りぬけ, を通り越し, を非難, 見たこと

▼ ういつて~ (113, 6.2%)

5 ゐる 3 ゐた 2 おつぎ, わかれたとき, 又, 同じ季節, 白い飴, 純吉, 踊りだしたが

1 [91件] あわてたやう, いらつし, うまい白飴, おいよさん, おさとし, おろ, お品, お糸, かの女, から頬, きかせた, ききたかつた, きつぱり, くさづみをとび, くれさ, この詩人, こぼして, これから周旋屋, そのま, その人, その入れたい, その手籠, その生一本, はこの, はだけた夫, は又, は失敬, ばかりおいで, ひとしほ, ぺこりと, ぼろぼろと, まだ池, もあなた, もあなた方, も寂しく, も實際, も無理, も近所隣, も過言, やるつもり, やんちや, れふし, ゐたで, ゐたに, ゐたの, ゐたもの, ゐたん, ゐました, ゐましたがね, ゐるけれど, ゐるし, ゐると, ゐるの, ゐるふう, ゐるやう, をぢさん, をばさん, をりました, ポツリと, 一寸頭, 下すつたの, 何故だ, 出した新聞紙, 出して, 又ど, 又三つ, 大きな麻, 小さな手, 小風呂敷, 少し前, 居ると, 怒鳴つた, 思ひ出したやう, 握拳, 暫く經つて, 更に, 有るので, 波うちぎは, 涙ぐんで, 淋しく笑, 硬ばつた笑顔, 祈る, 立つたま, 置けば, 蒼く成つた, 見たが, 訊くと, 訊ねたもの, 話しかけた芥川, 起たうと, 起ち上つた

▼ ういつた~ (81, 4.4%)

16 やうな 10 ものが 3 やうに 2 ものな, ものに, ものを, よ

1 [44件] いろんなもの, かの女, からとて我々, から僕, ことが, ことに, ことは, ことも, すべての, つもりである, とかみんな, ところが, ところで, ところに, と思ふ, のであつ, のです, ふうに, べらぼうな, ほどなさけなく, ままもう, ものかも, ものしか, ものだ, ものだけが, もので, ものの, もののはなばなし, ものの暗黒, んだ, 不氣味, 何とも云, 凄さ, 思ひ詰めたもの, 死後の, 洒落た氣持, 滿足し, 現はれ, 瞬間に, 笑ひ, 素敵も, 芥川である, 見當, 頼もしい後見

▼ うい~ (70, 3.8%)

5 いた, いるの 4 いる, いるよう 3 いました 2 いて, いましたが, 見えます, 見える

1 [41件] あかりの, あたま, あなたこなた, いたの, います, いるうつくしい, いるもの, いる夜光, いる道, きちが, くる, くるそれだけ, こず時代, こよう, せり上つて下へ, そのままスーッと, みえた, みどりの, もう波, ゐた, ゐた蜘蛛, ゐる, プープー鳴りはじめた, 出ます, 動く家, 大空を, 居た, 居て, 居りますと, 居る, 引かかって, 柿の, 流れる秋, 火の, 秋暑い, 笑って, 自分に, 行く様, 見える時, 警部たちの, 道を

▼ うい~ (28, 1.5%)

2 たま, ちや何だ, てくれ, てくれる, 迄も空巣狙

1 [18件] こくに, ちやお前の, ちやな, ちや惡い, ちや気に入らない, ちや濟まねえ, ておく, てください, てくれました, てしまふ, てみた, てればい, て下さい, て下さる, て下され, て過ぎる, でも先生, でも出られる

▼ ういふと~ (23, 1.3%)

1 [23件] この百姓, そつくりかへ, ね, ねえやは, ぼけた時間つぶし, ニツコリし, マリヤンが, 何か, 周子の, 外国人はた, 嫂さんには, 弥生は, 彼女は, 春三郎は, 最初手に, 毛布を, 父は, 若干正確でない, 遠いやう, 鍛冶屋は, 順一は, 領事は, 髮の

▼ ういふとき~ (23, 1.3%)

2 私は

1 [21件] おちか, この部屋, には兄, には桂子, によく, に年寄, のお, のそいつ, の考へ, はいつも, は女中部屋, は首, 一挙に, 彼の, 彼は, 彼らは, 推理の, 生徒たちの, 疲労に, 自分の, 警報が

▼ うい~ (22, 1.2%)

3 呼んだ

1 [19件] ならび嵐, みや, 叫びたくなるの, 叫ぶと, 呼ぶ, 大声で, 奥に, 戻って, 手を, 日蔭から, 歩みよると, 歩み去って, 泳いで, 燕麦を, 竜之, 答える, 走る水馬, 飛んで, 鳴き声を

▼ うい~ (18, 1.0%)

10 うい 1 ういお雪さん, ういじゃあねえ, ういという, かみさんここの, かみさんここへも, マンじゃ, ー光ちょうい, 酒だ

▼ ういはれ~ (17, 0.9%)

5 て見る 3 てみる 1 てぼく, てみ, てもしゅっこ, てもただ, ても少年, て包みきれないよろこび, て悄然, て見, て見れ

▼ ういはれる~ (14, 0.8%)

2 と忽ち

1 [12件] とこの, とやせた, とわし等, と亀田先生, と八五郎, と口數, と妙, と待つ, と無言, と私, と私たち, までう

▼ ういへば~ (13, 0.7%)

2 自分は

1 [11件] いつか番傘で, この放浪者, この頭, その一つ, そんなわかり, そんな点, 十時五十分とか, 来る道, 沢山古い, 現在の, 遠目鏡を

▼ ういつま~ (12, 0.7%)

2 でもその 1 でもこの, でもつきあ, でもウカ, でも同じ, でも子供, でも延び延び, でも引きとめ, でも空しく, でも續, でも誰

▼ うい~ (12, 0.7%)

41 うい奴, じゃ石斎, だ予, と仰しゃ, と思う, と発見, と見入り, にて候

▼ ういって~ (11, 0.6%)

3 いいか 1 いいの, くんな, イブロバッツ氏は, 喜ばしく私, 嘘を, 居たが, 居ますよ, 廉を

▼ ういつた風~ (10, 0.5%)

2 のもの 1 でいつも, な僕, な昔語り, な途方, に余り髯, に自分, に豊饒, のファンテジイ

▼ ういつたの~ (9, 0.5%)

4 である 1 である奥村土牛, では, はみつ子, は植田支部長, は誰

▼ うい~ (9, 0.5%)

1 とつちや居ねえ, 掛けるも, 活けて, 縛つて中へ, 腫つ, 自分の, 見ねえでも, 足腰が, 零しちや駄目

▼ ういふも~ (9, 0.5%)

1 のであつ, のであつたらしく, のでそして, のでだから, ので予定, ので存在自体, ので思想, ので私, ので読む

▼ うい~ (9, 0.5%)

1 ば, ばさうだ, ば一人で, ば不足勝ちな, ば先づ似た, ば六曲屏風は, ば十時すぎ, ば流浪の, ば転任の

▼ ういつて彼~ (8, 0.4%)

1 にし, はこつ, は右手, は喚きました, は更に, は水筒, は考, は舵子

▼ ういひま~ (6, 0.3%)

3 した 1 したか, したが, したつけ

▼ ういふん~ (6, 0.3%)

5 です 1 だよ

▼ ういよい~ (6, 0.3%)

1 よこの, よしかた, よと言う, よ大きく, よ日, よ誰

▼ ういつて笑~ (5, 0.3%)

4 ひながら 1 ひ乍ら俊坊

▼ うい~ (5, 0.3%)

1 かいちゅうでんとうをつけ, が流行り, この雨, の悲歌, も運

▼ ういひながら~ (5, 0.3%)

1 もほん, も吉之助, も少女, も彼女, も良寛さん

▼ ういふた~ (5, 0.3%)

2 ぐひの 1 くらみを, ぐひのことから挙げ, だ儲けさせて

▼ ういへる~ (5, 0.3%)

1 と僕, のであ, のです, ものが, 作品だ

▼ ういうと~ (4, 0.2%)

2 ころは, ころへ

▼ ういたり~ (4, 0.2%)

2 しづんだり 1 して, つれたり

▼ ういつて俊坊~ (4, 0.2%)

1 のくりくり坊主, のキヤラメル, を下しました, を切りぬいた

▼ ういつて私~ (4, 0.2%)

1 は断えず, は水, は飛びつかない, を見た

▼ ういつて良寛さん~ (4, 0.2%)

1 が懐中, はさ, はにこにこ, は徳利

▼ ういどう~ (4, 0.2%)

1 したあ, したの, しろと, や

▼ うい~ (4, 0.2%)

1 うかと思, なければ, れるあなた, 出来た

▼ ういふいた~ (4, 0.2%)

1 づらでも, づらもの, づらを, やの下

▼ ういふお~ (4, 0.2%)

1 えふ, きみから, 前自身, 慈悲深い

▼ ういふもん~ (4, 0.2%)

2 かなあ 1 かしら, かねえ

▼ ういみんな~ (4, 0.2%)

2 きて 1 こつちへ, 起きて

▼ うい~ (4, 0.2%)

1 おおういっ, たな, 待たんか, 待てえ

▼ うい~ (4, 0.2%)

3 つらい事 1 であろう

▼ ういうい~ (3, 0.2%)

2 酒倉へ 1 と鳴き声

▼ ういつた意味~ (3, 0.2%)

1 での見, の言葉, は廃園

▼ ういつた種類~ (3, 0.2%)

1 の名詞, の明朗主義, の猛獣

▼ ういつた考~ (3, 0.2%)

1 へに近代科學, へを持たれ, へを持つ

▼ ういつてる~ (3, 0.2%)

1 うちに, のが, ひまに

▼ ういつて母親~ (3, 0.2%)

2 はす 1 はタマネギ

▼ うい~ (3, 0.2%)

1 ことで, ことでない, 仕事では

▼ ういはれた~ (3, 0.2%)

1 からとて右, のであらう, 途端あまりに

▼ ういふか~ (3, 0.2%)

1 くれ埋れて, つかうで, は幕内

▼ ういふすべ~ (3, 0.2%)

2 てのもの 1 てを殆ど意識

▼ ういふんぢ~ (3, 0.2%)

3 やない

▼ ういふ頭~ (3, 0.2%)

1 であの, で物, の持合せ

▼ ういもう~ (3, 0.2%)

1 わかった, 争議は, 二升買つて来い

▼ ういもの~ (3, 0.2%)

1 つらいもの, という習い始め, 辛いもの

▼ ういくらいは~ (2, 0.1%)

1 もちろんの, 想像の

▼ ういこと~ (2, 0.1%)

1 ねえ, をいう

▼ ういすう~ (2, 0.1%)

1 いと小さな, いと流れ

▼ ういたち~ (2, 0.1%)

1 に押, の道切り

▼ ういだれ~ (2, 0.1%)

1 か, かき

▼ ういつた態度~ (2, 0.1%)

1 は始終, を離さない

▼ ういつた所~ (2, 0.1%)

1 で何, の子供

▼ ういつた方面~ (2, 0.1%)

1 にのみ注意, の接觸

▼ ういつた氣もち~ (2, 0.1%)

1 でつまり, をたた

▼ ういつた男~ (2, 0.1%)

1 だ, でした

▼ ういつた要素~ (2, 0.1%)

1 が何, をメタフィジカル

▼ ういつた野分~ (2, 0.1%)

1 のころ, の日

▼ ういつてあたり~ (2, 0.1%)

1 を睨むだ, を見た

▼ ういつて丁寧~ (2, 0.1%)

1 にお, に頭

▼ ういつて太一~ (2, 0.1%)

1 がにこ, はにこ

▼ ういつて太一ツあん~ (2, 0.1%)

1 は別れ, は自転車

▼ ういつて妻~ (2, 0.1%)

2 と声

▼ ういつて婆さん~ (2, 0.1%)

2 は俺

▼ ういつて彼女~ (2, 0.1%)

1 はその, はもう

▼ ういつて教~ (2, 0.1%)

1 へた, へてくれた

▼ ういつて最後~ (2, 0.1%)

2 の一瞥

▼ ういつて自分~ (2, 0.1%)

1 も一つ, を慰め

▼ ういつて與吉~ (2, 0.1%)

1 に一瞥, は俄

▼ ういつて隣家~ (2, 0.1%)

2 の妻君

▼ ういつて馬~ (2, 0.1%)

1 の長い, をつなぐ

▼ ういつて鳥右ヱ門~ (2, 0.1%)

1 はいつ, をよびとめました

▼ うい~ (2, 0.1%)

1 はありません, はない

▼ ういはず~ (2, 0.1%)

1 と行つて, に相談

▼ ういはれれ~ (2, 0.1%)

1 ば曼舟氏, ば無慙

▼ ういひな~ (2, 0.1%)

1 して, らした習慣

▼ ういふかたち~ (2, 0.1%)

1 で君, の文章

▼ ういふき~ (2, 0.1%)

1 つかけ, はどい

▼ ういふく~ (2, 0.1%)

1 だらない負担, だらぬこと

▼ ういふさ~ (2, 0.1%)

1 つぱりしたお気持, つぱりしたものを

▼ ういふし~ (2, 0.1%)

1 きたりの, をらしい

▼ ういふち~ (2, 0.1%)

2 よつと

▼ ういふと同時に~ (2, 0.1%)

1 ふつと, 立ち上つた

▼ ういまでは~ (2, 0.1%)

1 耳の, 草田氏も

▼ うい~ (2, 0.1%)

1 わしが, アさうです

▼ ういやつ~ (2, 0.1%)

1 ういやつ, だ

▼ うい~ (2, 0.1%)

2 うい

▼ うい~ (2, 0.1%)

1 とその, を売っ

▼ ういろう~ (2, 0.1%)

1 がお茶, をお

▼ うい酒倉~ (2, 0.1%)

2 へ酒倉

▼1* [412件]

ういあるぞ, ういいい酒だ, ういいま行くぞ, ういいもういいと, ういういういと鳴き声, ういうに極って居る, ういうまいいうまい幾程言ッても, ういう行き方を, ういう詰らない考えは, ういう間違った事を, ういおおいっ, ういおじさまそろそろお, ういおっかア, ういお前は何, ういない, ういかえるのかい, ういかごや, うい自分たちふたりへ, ういゃうのかをりがそれだ, ういきょうとをこぼし, ういきれいな声, ういくろがね天狗よ洞, ういなくなったん, ういけねえ逃げなよ, ういここだぞう, ういこっちだこっち, ういさまおかあさま, ういざよふ静けさに, ういしっかりしろ, ういじゃない, ういーいと, ういすぐ行くから, ういすしを一人, ういそがんでもいいけ, ういそこの子供, ういそっちじゃない, ういその船え, ういたいへんだあ, ういたせば買う, ういちびちゃんお塩気, ういちょっと待って, ういちよつと待つ, ういっても間に合うめ, ういっと呼びおういっ, ういつぎは四ばん, ういつたあとででも, ういつたおばあさんの口, ういつたつて今我々, ういつたとてそのまま, ういつたなり罪の宣告, ういつたもの音が雜然, ういつたら君自身だ, ういつたら叱ツ黙つ, ういつたタイプの人間, ういつた一人の言葉, ういつた一人一人の姿, ういつた一種の安心, ういつた事なぞ彼女, ういつた事情でもう少し, ういつた人がらである, ういつた人たちの会費, ういつた人生との痛ましい, ういつた人達もゐる, ういつた仕事を救世軍, ういつた傾向の女, ういつた内部より發, ういつた冒険者があつ, ういつた努力を世界, ういつた哀れつぽい, ういつた品はお, ういつた哲人詩人の味, ういつた問題に逢着, ういつた場所を搜, ういつた大人の世界, ういつた女でした, ういつた小書がある, ういつた少年の心, ういつた悪が何時, ういつた意向の働い, ういつた意向さへあまり, ういつた感じに石谷さん, ういつた感覚的な蔭, ういつた插話でこの, ういつた文句だつた, ういつた文学青年も少く, ういつた時が肝心, ういつた時下から三四人, ういつた松の木は伐りとられ, ういつた横槍が飛び出すだらう, ういつた母親の口, ういつた民族的不理解, ういつた気持がきざし, ういつた気持さへもする, ういつた注意を持つ, ういつた渇を癒し, ういつた点をひとつ, ういつた生活費に追, ういつた瘤のある, ういつた眼を幼, ういつた筋道をかなり, ういつた結論を引き出した, ういつた背景の前, ういつた舊套な抒情詩, ういつた芸人付き合ひが, ういつた芸術様式が発展, ういつた芸術的冒険者の努力, ういつた行き違ひが, ういつた要求の表現, ういつた見込みでもある, ういつた言葉がその頃作つた彼, ういつた訳合ひで昼間随時に居眠る, ういつた詩人の巴里滯在中, ういつた話術と女, ういつた調子で, ういつた買物をすませた, ういつた質の女, ういつた趣きを此處, ういつた連中はまだ, ういつた関係から双方無口, ういつた類の解釈, ういつた風潮は日々, ういつづら笠をお, ういつてあんたを呼ん, ういつていつまでもいつ, ういつてこれは平藏, ういつてさうして, ういつてしまつてから聊か, ういつてしん粉細工をはじめる, ういつてせつせと, ういつてそつと首, ういつてねえやはニコ, ういつてひとりなげくかも, ういつてやつた, ういつてらつし, ういつてわたしをわらふか, ういつてわたしたちに笑, ういつてガラガラピシャンと雨戸, ういつてガラツ八はこの, ういつてキキは眞赤, ういつてチラと縁側, ういつてトムさんのお, ういつてハハと力, ういつてパイプのをぢさん, ういつてポン公の肩, ういつてマンドリンを首, ういつて一人の男, ういつて一間にとぢ, ういつて上州屋にはいつ, ういつて不意にその, ういつて両手を胸, ういつて主人は息, ういつて主人夫婦に何, ういつて二度目の此の方, ういつて井戸端へ行, ういつて人夫を指図, ういつて作者をつつ突い, ういつて來ると, ういつて來さへすれ, ういつて催促した, ういつて全身に力, ういつて其時私が聴いた, ういつて動的な良, ういつて勸めてくれる, ういつて十五になる, ういつて卓上電話で小石川, ういつて卯平の狹, ういつて叔母さんはイワン, ういつて台所の調理, ういつて右手の骨ばつた握りこぶし, ういつて呼吸をのみこん, ういつて垣根のそば, ういつて多くの小, ういつて大に自負, ういつて大学総長の顔, ういつて大統領は生きた, ういつて太田が炭, ういつて奥へ隠れた, ういつて女は箸, ういつて婆さん等は風呂敷, ういつて子供たちはとくいです, ういつて安心し合, ういつて富豪はその大きな, ういつて實見者, ういつて小僧の良寛さん, ういつて布に二枚刷つて, ういつて床の間のとこ, ういつて心では段々, ういつて忠告した, ういつて息をのんだ, ういつて惣兵衛ちやんを奥, ういつて手下の者たち, ういつて手帳を繰り, ういつて押問答をし, ういつて指環のつい, ういつて挨拶をする, ういつて教授は泣き出し, ういつて教父同士はめそめそ, ういつて明神下へ引, ういつて昼すぎになつてからあわただしく船, ういつて智慧蔵は声, ういつて月の光, ういつて木堂は莞爾, ういつて松崎の前, ういつて栄蔵は羞, ういつて棒つきれを, ういつて橋の上, ういつて武助さんは外, ういつて母様がお, ういつて決心を披瀝, ういつて注意して, ういつて浮世絵の蒐集, ういつて涙をぽ, ういつて清三はハンケチ, ういつて火皿へ紙, ういつて父は三稜鏡, ういつて爺さんは佛壇, ういつて犬を射る, ういつて現在と過去, ういつて用のない, ういつて用意された白紙張, ういつて男はむかう, ういつて男たちをさししめしました, ういつて白飴をだし, ういつて真顔に感服, ういつて石を投げつけ, ういつて石鹸を出し, ういつて神谷はあたり, ういつて私たちはそこ, ういつて私達は乾き, ういつて穗からちぎつ, ういつて笑つてゐた, ういつて答へた, ういつて箱のまま, ういつて絶念めた, ういつて缶詰のなか, ういつて義足をはづして, ういつて耐へ切れず, ういつて耳をそばだてる, ういつて腰を上げ, ういつて自動車王は鋸, ういつて苦笑した, ういつて薬棚からヨードホルム, ういつて表通りの路, ういつて被害者は蜀黍, ういつて西原氏に狂童女, ういつて記者はまた, ういつて説明者は後方, ういつて豚飼の男, ういつて貰ひたいといふこと, ういつて車掌は, ういつて近くの子供, ういつて途中でこの, ういつて過去つた, ういつて野島と一処, ういつて金貨をポケット, ういつて銀行家は狗, ういつて鋸をふり, ういつて雲を放した, ういつて青磁の鉢, ういつて顔を見合せました, ういつて風の寒い, ういつて風呂敷包みのなか, ういつて飴をとりだし, ういつて飴箱のふた, ういつて験めて見せる, ういつて髪の毛が長く, ういつて龍女成仏品といふ一巻, ういつてS子は彼, ういても島の, ういてんぺんは世, ういという呼び声でした, ういどきなどき, ういどこへ行く, ういなければいい, ういなにして, ういねえへっいい, ういのりはしなかつた, ういはやくだれか, ういはれますがさ, ういはんで, ういひさしてフト考, ういひすて, ういひたいのが私, ういふいはば農民的, ういふいくぶんの相違, ういふうちの代表的のもの, ういふう夜五位鷺がよく, ういふかすかな音が, ういふかんさんには肉情, ういふきうりを横, ういふぐあいにはどうしても, ういふこゑが, ういふさだめの身, ういふしごとをした, ういふしつけの宜, ういふじぶんを, ういふせゐではなく, ういふたものでは, ういふところぢやない, ういふところものずきよ, ういふところ好きでせう, ういふとまるで梨枝子の, ういふともう立ち上が, ういふと大層大まかな, ういふまはりくどい, ういふよさを感じさせる, ういふよ其れから, ういふんだか一寸, ういふ化粧品を新, ういふ頭痛の種, ういぼくたちここにいる, ういまあいい博士, ういまじぶんは, ういまてよ, ういむすめよ, ういやつ横着だぞ, ういやめろあぶないぞう, ういらしったの, ういろうきしめん名古屋女とお市の方, ういろう等もあがります, ういわれねえ義理, ういウドンでも食べる, ういキヌちゃんお酒, ういゼーロンの乗手, ういッぺんその夢, ういッ於福うッ, ういハンター君かい, ういビイルを早く, ういビエルなどと東北訛り, ういフットボールが見つかった, ういブイの中, ういミドリちゃんはいない, ういワフラーメイちょっと, ういっ, うい一つどうだ, うい一同も休め, うい一寸待った, うい一日の行程, うい一石飛騨守様のお供ウ, うい三太六郎吉十郎みんなきて, うい上がったぞう, うい中村君もういちど, うい丸太小屋あ, うい井上君手をはなせ, うい仲間を捨て, うい何処へ行く, ういが御, うい俺らも仲間, ういじゃその, うい処女林か, うい出発ですぞう, うい掛に, うい助かったぞ, うい動物富籖を一枚, うい千ちゃんどこにいる, うい吉十郎がテント, うい吉右じゃない, うい和次郎ぬし, うい唸り声とな, うい喞筒を第, うい噺ぢや聞きたく, うい坊やいっしょに踊ろう, ういのそ, ういで唸る, ういなもの, うい大漁だ大漁, うい奴ぢやのう, うい奴どもぢや, うい奴酒をとらせよ, うい学校の生徒さん, うい宿の奴等, うい七, うい小坪まで泳ぐ, ういが鳴き, うい待てえっ, うい御酒をじ, うい手合はち, うい排水だぞ, うい数右衛門殿貴公はもう, ういの人, うい日々をおくる, うい時分に私, うい隠どの, うい林田ぁ待てよう, うい此家ア裏ア何処だ, うい毛布を搬, うい河合少年しっかりしろ, うい照りぬ, うい玉井に森, うい玉井君ちょっと待て, うい玉井君ここにおいで, うい直滑降だぞ, ういの衆, うい行くぞどけ, うい行ってくる, うい表情で, うい見ろみろまた気狂いども, うい親分ひでえや, うい親方こっちじゃあ, ういかいねえ, うい貴公はなかなか, うい趙雲ちょっと来, うい邪魔すな, うい金さん寄って, うい開けてくれっ, うい隠岐どの, ういよ, ういがし, うい高ちやん早く, うい鬚先生を伴, うい鹽梅ぢや粒, ういって立っ