青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うけた うけた~ ~うし うし~ ~うしろ うす~ うそ~ ~うた うた~ ~うだ
うだ~
~うち うち~ うっ~ うっかり~ ~うつ うつ~ うで~ ~うなずいた うに~ うま~

「うだ~」 2168, 23ppm, 4955位

▼ うだ~ (489, 22.6%)

14 それは 10 私は 6 さう 4 今は, 俺は

3 [11件] いまは, お前は, それに, それも, そんなこと, そんな事, 今日の, 僕は, 外に, 私の, 自分は

2 [19件] お前も, これは, その時, よしや其弟, ソレハ一時の, ソンな, 今では, 今日は, 仕方が, 何か, 君は, 唯一つ得意, 或る, 根が, 氣の, 町の, 至極親切, 辛抱し, 飛んでも

1 [380件] ああいふ, あいつも, あいつを, あいつ等は, あたしの, あなたに, あの中, あの人, あの書付, あの男, あの通り死, あまり恐ろしい, ありやどう, あれなども, あんた腰が, いつたいどう, いつも戯談, いままでの, いや寒い, うちばかりは, おいそれと誂, おそらく頭, おぢ, おもには, お前さんは, お蔭で, かういふ研究, こいつだらう, こつそり君, この僅か, この挿話ひとつ, この町, この節, この組, この邊, これからは, これにも, これも, これを, こんな山, さうでなけれ, さうなる, さすが詩人, さつ, さてほんとう, さも無い, しかしめん, しかし広い, しかし本当, そいつは, そいつを, そういう形, そこを, そして七時頃, そのほか, そのわけ, そのガス管, その中, その名士, その後間もなく, その日, その毒, その白髮, その聲, その話, その鹿児島, それが, それではすこし, それでもまだ, それでもやっぱり, それでも一向, それでも何, それでも晩年, それで僕, それを, それ以前に, そんなところ, そんなにまで, そんなもの, そんな姿, そんな宣教師, たうとう, ただ無闇, たつたそれ丈, ちよい, つまり大人, どういふ人, どうだ, どうにも為様, どうもそいつ, どうも少し感じ, どこかに, どこで, どんな事, どんな文学, なか, なぜそんな, なるほどさ, なるほどと, なんの, ふた眼, ほんとうです, ぼくは, まあさう, まあそれ, また国際上, まだ彼, まだ行き尽せない, みせて, もうこの, もう一つの, もう一言, もし夫, もとより客, やがてそんな, やって, よくあの, よしんば気品, らって, わが津軽地方人, わたしは, キヤバレーと, シュテルンベルヒ, ドイツは, ネルラが, フランス人は, ポストは, マイヨネーズは, 一八四五年米国政府が, 一台欲しい, 一度縁を, 一日分の, 三の, 三五郎親分は, 三島あたりでも, 三階で, 上方でも, 下手人が, 不幸に, 不思議に, 世話を, 中學どころか, 中村地平の, 主ばかし, 了解さえ, 人間が, 人間様の, 今でも, 今の, 今年の, 今日警視庁へ, 今晩泊る, 今朝は, 今訊く, 仕事に, 仕事の, 他に, 以ての外の, 以前から, 会ったらどう, 佐野松と, 何かの, 何しろあんまり金高, 何しろ己, 何だい, 何の, 何を, 何處か, 余り短い, 俺の, 俺ら家なんぞ, 俺達の, 偶然は, 僕の, 光陰矢の, 兎に, 入るには, 全くそれ, 全然快く, 其に, 其れ, 其二三ヶ所が, 其家は, 其頃は, 出来ること, 分らない者, 前の, 劇場内の, 卒業する, 却つて高く, 又なかなか, 友人は, 叔父さんのは, 名は, 君も, 君方が, 君達は, 吾輩には, 味が, 商売に, 商業や, 図書館に, 坂の, 夕方から, 外の, 夜が, 夜分自分の, 大凡三つの, 大嘘, 大師の, 太平記の, 女が, 女に, 女の, 如何さま宛も, 妙に, 嫉妬男の, 子供が, 官吏一般と, 実はつい, 実は正当, 実は決して, 実際である, 寒い, 實は, 小供, 小説類は, 少し變, 少年には, 屋久島は, 山陽側に, 左に, 帰つて来る, 帳場へ, 平安朝末期, 年明けて, 幾月も, 弘前の, 彌太, 当分は, 彼は, 彼も, 後に, 後學, 徐, 御発展, 思ひやりの, 怪しからん, 恋にかけても, 恐らく良, 情死だ, 情死もし, 懷に, 成程, 我々犬族も, 我善坊に, 或若い, 折角母親, 支那の, 故ら, 敏捷活溌で, 文次郎なら, 断はっ, 新太郎少将は, 旅から, 日常の, 日本は, 日本へ, 日本人で, 昔の, 春めぐり, 昨夜何か, 昨日だつた, 木菟の, 未だに何, 本當, 東京でも, 東京の, 松永君も, 板の間に, 校長を, 案外な, 極端に, 横光氏の, 樫の, 櫻湯に, 正面の, 此の, 此の際身を, 死んだ親父, 毎月その, 気を, 決して姿, 沙漠に, 消息を, 渠奴の, 源を, 無理ぢや, 照ちやんの, 父が, 爾んな, 物は, 特に私, 現代では, 生き物のに, 生まれた子供, 生活も, 用事が, 畸形とお, 発表した, 百人長の, 百合子は, 目下の, 直ぐそれ, 直ぐ帰った, 相手は, 眞に, 真裸に, 私はよ, 稽古所からは, 稽古所へは, 米の, 精, 紀州の, 素行は, 細いテノル, 繼母が, 義雄は, 考へ, 耶蘇教に, 聲が, 能く, 腹の中は, 自分も, 自身は, 色を, 若い娘, 若狹, 英会話は, 茶ほど, 落下傘を, 薩摩者も, 行先は, 言は, 訳されて, 試驗の, 誰と, 貞子の, 踏臺が, 軽症と, 農村の, 近年それにと, 近頃す, 近頃は, 追つ, 逃でも, 途中で, 道場へ, 遠くからは, 遠路御, 部屋の, 配下の, 配水裝置を, 野沢が, 長いの, 長足の, 門野は, 開けて, 間違つた, 関さんに, 隨分無駄な, 集るもの, 雨の, 面白いもの, 音楽家が, 顏にも, 顏は, 馬鹿げた話, 鰌と, 鴎外氏も

▼ うだ~ (315, 14.5%)

25 すれば 24 すると 15 思つた 14 云ふ 8 いふこと 7 いふの 5 言ふ 4 いふので, 思ひます, 答へ 3 いう, 云つた, 思ふ

2 [23件] あるに, いつた, いふ気, したら, したらごめんなさい, なると, 下を, 僕は, 報じた, 思つ, 思つたから, 思つてゐた, 思ひながら, 思ひながらも, 思ひました, 思ふが, 思ふと, 思ふ心, 思召し, 決めて, 私は, 考へる, 自分は

1 [150件] あたしの, あって, ありがたいけどな, ある男, いいの, いうから, いつたらこんな, いつて, いつで, いひますね, いふ, いふ事, おもふ, お愛相, これも, さ, さう思, したならば, したなら今日ヒューマニズム, したらそれ, したらそれでも, したら実に, すぐに, すれや, はおも, もさうでないとも, わかったので, わかると, わたしは, われわれには, ウマが, 一も, 一笑しつ, 一言仰有っ, 二拾人も, 云う, 云うから, 云うの, 云う批評, 云う者, 云える, 云つても, 云つてゐた, 云つてゐる, 云つて了へば, 云つて又, 云つて笑つてた, 云ふともう, 云ふんだ, 云へば, 云われると, 仕方話いし, 他方女学生達は, 伯母が, 假定する, 分ると, 別の, 反対に, 合槌を, 大分世の中の, 大威張, 始終胸, 嬉しい, 左門は, 平次が, 張は, 彼女は, 思いこんで, 思うよ, 思ったが, 思つたのが, 思つた丈け, 思つた時は, 思つておそろしく, 思つてこの, 思つてつい, 思つてやつて, 思つてやんなく, 思つてゐます, 思つてを, 思つてネ, 思つてピストルや, 思つてフラリと, 思つて下だ, 思つて居る, 思つて我慢し, 思つて房一が, 思つて目見えに, 思はせたいらしい見ないこと, 思はない, 思はれた, 思はれたん, 思はれるのに, 思はれる作品, 思はれる敷島, 思ひ, 思ひしかも, 思ひますわ, 思ひ出したやう, 思ひ込まれて, 思ふうち, 思ふだけ, 思ふだけの, 思ふなら飛離れた遠方, 思ふわ, 思ふん, 思ふ家, 思ふ役者, 思ふ気持, 思へば, 愚にも, 感じました, 押しあって, 断定する, 書いて, 期待した, 東儀氏は, 校長の, 殊に朝, 気付いたの, 涙を, 清潔の, 独りで, 申し切るわけ, 白状させたく, 直感する, 私の, 窕子は, 答へる, 聞かれて, 自分でも, 自慢たら, 苦悩の, 茅葺屋根の, 蜂は, 見たから, 言い出した発頭人, 言つてお前が, 言つては, 言ふて, 言ふもんだ, 評したの, 話し死んだら直ぐ, 責められて, 近頃でも, 返事した, 途方も, 限定出来ない, 隆吉は, 隆治が

▼ うだから~ (152, 7.0%)

6 である 3 返して 2 それを, 仕方が, 錢形の

1 [137件] あけて, あの黄金水, あんまりだらし, い, いいぢ, いかないと, いづれは, うつかり, えかねえ, お前さんが, きつと, きツ, これも, じゃア, すきやき, すぐ辞し, せめてこの, そこで覚えた, そして夜明け頃女, それで燈火, それは, それも, そんなこと, ぢや, てんでむやみ, でなるほど, どうか助け, どこか, ない, なぶり殺しに, ぶらぶら, まだ夏休み, みんなで, むかへに, もう保たない, もう幾度, もう打ちあけ, やはり親しい, ゆつくり, ゆるして, わざとやつ, わたしが, オペラは, シエークスピアも, ヤハな, 一層あれ, 三文博奕に, 世の中は, 世話は, 主任では, 二十前に, 二度目から, 二階の, 今の, 他の, 何か, 何處からも, 例の, 信州の, 先づ命には, 八日と, 出來, 勘辨し, 博士に, 博士の, 反って, 君の, 園の, 外国の, 大人は, 大急ぎで, 家で, 帰るが, 序に, 弟の, 往かれまいと, 往かれようと, 思ひの, 我々もさ, 我慢し, 支那人にと, 教へて, 旅行から, 早くお, 早くかへ, 早く帰つて, 早く年初, 早く御, 暫く休み, 暫く蕗子, 書いて, 有金地所家作など, 望めば, 條件さへよ, 止めよと, 此儘隱し, 此処で, 此方も, 死ぬ, 殺させたもはや, 汝も, 汽車の, 淡紅色の, 滅多に, 無理も, 無論天国, 畑の, 私など, 結婚するなら, 絶対男に, 自分如き, 自動車の, 芸術では, 行く, 行つ, 行つてお, 見す, 読むの, 読んでは, 誰かに, 誰しも, 貴方一人は, 足立屋徳右衞門の, 身持に, 近くに, 近く帰つて来るだらう, 這入つたの, 道具を, 避けよう, 醉つてゐ, 雨の, 順々に, 頼んで, 飲むわ, 馬は, 駈けつけて, 麺麭を

▼ うだ~ (56, 2.6%)

1132 ツす

1 [40件] あすこだけ, あとを, お前の, お辻, これから毎朝行つて, それが, それで俺ぁ今日, それも, それや, それを, そんぢや, ではおれ, とてもい, どうせ兵食, どうせ戦争, どんな鹽梅, ふかくか, まアよまねえ, もう一遍云つて, アともかく, ア僕は, ア僕らは, オや, コリャ名古屋から, ボートでも, 二時頃の, 伝七さんが, 何遍位見るだらう, 俺も, 僕は, 兎も, 八五郎兄哥, 其っ, 利息は, 幾分まあ紳士, 殺すといふ, 相沢の, 衣物は, 間違へ, 鬼ご

▼ うだ~ (54, 2.5%)

2 それに, 君, 明日から

1 [48件] おめ, おらも, お前エ達も, さうし, さうだ, そういったよ, そして弥次喜多, それからもつ, だから明るい, でも, とあるの, ひつくり返る, ほんとにこ, ほんとにさうな, まさかお, もうあの, もう一つ搜, もう一度ゆ, よかつ, わしも, ジョン, モミハラは, 中には, 今日に, 何か, 八, 前と, 協会に, 原が, 坊や百七十だつた, 川波氏に, 帰って, 恰度君が, 早く持つ, 本當, 本願寺では, 柴田彈右衞門だ, 江戸へ, 目黒へ, 眞珠太夫も, 石垣な, 老人なんて, 親分, 解つてらあ, 詳しく話さう, 顏を, 飮まつせ, 鱶か

▼ うだ~ (43, 2.0%)

2 えで

1 [41件] あまり贅沢, お前が, お早う, お父さん, この調子, この間も, ずゐぶん不便, せゐぜ, そつち, それくらゐあれ, だから仲間, つてあなた何か, でなけりや, どうせ一度, もう少し詳しく, やつぱり行つてこ, 一奮発する, 一石行かう, 七日の, 井戸の, 人は, 仕事に, 仕方が, 佐吉は, 何故こんなに強情, 兎に, 出ようか, 可いね, 君, 周子は, 女房も, 学校なども, 容態は, 封が, 帶は, 御坊, 明日に, 男じゃ, 目が, 神島に, 葡萄水を

▼ うだ~ (42, 1.9%)

2 村中からの

1 [40件] あの子, お前さんも, お小夜, これまで, そちらは, そのくせ, それから, つ, ひら, ほかの, また一人ツ, ロシヤ語も, ヴアレリイは, 下女の, 京都大学の, 人の, 何処の, 使ひ, 便利でい, 僕だ, 兜屋の, 其から, 又人間, 台湾の, 君の, 困つたこと, 宗次郎は, 少しは, 後の, 松前侯が, 波が, 照子だ, 皆エラく, 盆興行には, 神秘や, 船中の, 赤木を, 青函連絡船や, 頬白が, 高橋自恃居士も

▼ うだ~ (28, 1.3%)

12 うだ 2 うだそれ, うだと, う云 1 うだあゝ, うだすると, うだそんな, うだやはり, うだ全く, うだ山彦, うだ私, うでなくちやいかんの, うでなくて, うなると

▼ うだ~ (22, 1.0%)

2 分らない, 知らねえよ, 知りませんが

1 [16件] はいさうだと, わからないね, わからんね, 分りやすめえ, 分明した, 判らない, 判らないわ, 宜く見, 東北地方では, 根の, 様子は, 知らねえが, 知れぬ, 自分には, 自分にも, 解ったもの

▼ うだ~ (22, 1.0%)

2 はもつ, も思

1 [18件] が縁, だつて左, の如く水, の思つた, はそれ, はたしかに, はなりたい, はもう, はもつともつと, は今, は何年間, は少し, は次第に, は知っ, は知つて, は結婚, も人間, も飯

▼ うだけれど~ (21, 1.0%)

1 [21件] お兄さん, それが, た, どうしていらつ, どうも貫一さん, 一処に, 今の, 今度どうしても, 他家から, 休めないやう, 塀和さんも, 家を, 山だって, 心は, 暑いから, 無理な, 當てた, 直径一尺から, 私は, 自分が, 青木さんの

▼ うだあの~ (20, 0.9%)

1 [20件] ザポロージェ人の, シユシユン, ラツパは, 人が, 人も, 修法中の, 千円を, 娘は, 広島の, 怪しく獣, 晩俺が, 気合だ, 永遠の, 色艶を, 蜂だ, 跛足は, 辺の, 雛菊を, 面型には, 頃は

▼ うだそれ~ (20, 0.9%)

3 に違 2 にち, より外

1 [13件] がいい, だ, にかぎる, になるべく, に相違, に限る, もその他, も大, も解らない, よりさき, よりは得心, をきい, を言

▼ うだとは~ (17, 0.8%)

3 云へ

1 [14件] お思い, 云は, 思はれないから, 思ひますが, 思ひも, 思ふん, 思へないが, 日張博士が, 登子は, 考へられても, 聞いて, 言ひ得られない, 誰でも, 限りません

▼ うだとか~ (16, 0.7%)

4 云ふ 2 好からぬ, 職工が, 言ふて 1 そうでない, 云って, 斯うだ, 新丁だ, 言つてゐた, 黒船を

▼ うだといふ~ (15, 0.7%)

1 [15件] お米, ぐらゐのところで双方満足し, やうな, ゴシップも, 一念に, 世間の, 凄い見幕, 噂が, 気さへ, 気もちばかり, 理由で, 考へは, 裁判の, 評判が, 風聞が

▼ うだとも~ (14, 0.6%)

1 [14件] さうだ, でなかつたら, ねえ義母さん, 一枚づつ, 云へ, 云へる, 例へば二三日前, 充分いつてら, 創作と, 広子ちゃんを, 此の, 秋だ, 言へ, 錢でも

▼ うだけれども~ (13, 0.6%)

1 [13件] あの音響, お客に, この街, これとても, しかし動物電氣, なにしろ私, 不便と, 僕がな, 十八九にしか, 實は, 御商, 本来は, 王様だ

▼ うだ~ (12, 0.6%)

1 [12件] ずう, まだ年, 今夜は, 宗意, 己は, 拙者宅へ, 本当か, 止めや, 此の, 此処の, 私は, 貴方

▼ うだその~ (11, 0.5%)

2 意気で, 時は 1 ことその, ご家族, なかを, 時ちらりと, 男の, 臭気の, 通りに

▼ うだこの~ (10, 0.5%)

2 日の 1 ま, 挙動は, 男の, 窓は, 章は, 自然その, 調子で, 音に

▼ うだなあ~ (10, 0.5%)

1 あれは, おつかさん, この二階, すこしぼく, ともかく九段, まあそんな, 五尺は, 俺あ, 安くし, 遲かれ

▼ うだ~ (10, 0.5%)

21 かあんた, かお, けん, たかな, たが, たら何卒, てよ, て可

▼ うだ~ (10, 0.5%)

2 はそれ 1 には似合, のゐた, の思つた通りポケット, の病氣, はこの, は一度, は今, は疲れ

▼ うだこれ~ (8, 0.4%)

1 だけ入っ, でもまだ, はたしかに, は実に, は自信, へ通せ, や是非, を通路

▼ うだ~ (8, 0.4%)

1 って, って云, といふ大きな, といろいろ, とナ口々, と云う, と思ふ, をぽんぽん

▼ うだ今日~ (8, 0.4%)

2 は十五日 1 から大学, だもう, だモウ夜, はひつくり, は一体, も兄さん

▼ うだ~ (8, 0.4%)

1 だつて一緒, の考, はあの, はいつか, は来年卒業, もお父さん, もまた, も一処

▼ うだからと~ (7, 0.3%)

1 云つて中等学校卒業者が, 云つて若い, 云ふ, 供を, 行つ, 言つてそれを, 言ふ

▼ うだ~ (7, 0.3%)

1 あんたの, きつと, この真珠, だけれど, 五百円つていふ, 眼の, 結婚だ

▼ うだ~ (7, 0.3%)

1 の金力, はおまけ, はそれ以来一度, はよく, は歯医者, は死なう, は試験そのもの

▼ うだ全く~ (7, 0.3%)

1 すべてが, だ, だア, タルマが, 第一, 純粋な, 蒸すね

▼ うだあれ~ (6, 0.3%)

1 が好い, に仕様, は俺, は義雄, は見覚え, も大した

▼ うだけど~ (6, 0.3%)

1 あたしにや, ちょうど赤ちゃん, なにしろ仲仕, 信ちやんなんかも, 現在は, 自由なんて

▼ うだ~ (6, 0.3%)

1 お品さん, お辭儀, タイム・イズ・マネーだ, 下手人の, 手前は, 親分

▼ うだなと~ (6, 0.3%)

1 いふ, いふこと, いふ人情, さう直, 思つた, 言ふと

▼ うだのに~ (6, 0.3%)

1 この瑠璃, すぐに, ブルジョア新聞紙は, プウルの, 海螢が, 私は

▼ うだ~ (6, 0.3%)

1 しました, だよ, な, に言える, のやう, もなさらない

▼ うだ自分~ (6, 0.3%)

1 が平常, が詩, の真実, はその, は今, もチヨーク

▼ うだ~ (5, 0.2%)

1 かみさんは, 幸さんだ, 酒を, 靜さんが, 靜行つた

▼ うだがね~ (5, 0.2%)

1 まあ思ひ立つた, 今と, 姉さん人の, 寂閑として, 此處まで

▼ うだこんな~ (5, 0.2%)

1 ある日も, 処に, 夜ふけなど, 天気の, 筈じ

▼ うだなどと~ (5, 0.2%)

1 云つた, 云ふ, 入江向うの, 思つてゐる, 考えて

▼ うだねえ~ (5, 0.2%)

1 五六千圓には, 先の, 嬉しいこと, 彼れ, 穂吉さんは

▼ うだ~ (5, 0.2%)

1 の時, はちよ, は左手, は私, は自分等

▼ うだ~ (5, 0.2%)

1 でもか, の人, の光る, の蒲團, の鎌

▼ うだお前~ (4, 0.2%)

1 いふこと, に世話, はこれ, は兄弟

▼ うだお方~ (4, 0.2%)

1 が筆者, の手土産, はお, は心

▼ うだかと~ (4, 0.2%)

1 云うから, 云ふ, 思つた時は, 様子を

▼ うだこと~ (4, 0.2%)

1 いふや, そんだから, つちや俺ら覺, ばかりする

▼ うだ~ (4, 0.2%)

1 こつちで年越し, すっかりけんか, そのお嬢さん, 向うまで

▼ うだという~ (4, 0.2%)

2 ような 1 のだ, 話で

▼ うだなんて~ (4, 0.2%)

1 いつた奴, 呑気な, 皆んなで, 講釈する

▼ うだもう~ (4, 0.2%)

1 動いたらいけないぞ, 帰らう, 幻滅だ, 月が

▼ うだ~ (4, 0.2%)

1 が, はきょう, はよく, を殺し

▼ うだ~ (4, 0.2%)

2 お小間使ひと言 1 お小間使ひといふ年, の見わき

▼ うだ御方~ (4, 0.2%)

1 と今一人, に恥, の背広, はしきりに

▼ うだ此処~ (4, 0.2%)

1 からで, だつたな, の家, 迄来れ

▼ うだ~ (4, 0.2%)

2 うだ 1 うだ思ひつけた, う仰し

▼ うだ菊池君~ (4, 0.2%)

2 の住ん, は普通

▼ うだおれ~ (3, 0.1%)

1 はどうしても, は気, は眞先

▼ うだそして~ (3, 0.1%)

1 あの相手, まだよぼ, 一人の

▼ うだそんな~ (3, 0.1%)

1 ことは, 今更言つて見た, 大昔から

▼ うだたしかに~ (3, 0.1%)

2 酔つてゐた 1 私の

▼ うだでも~ (3, 0.1%)

1 博多, 待って, 用心の

▼ うだもん~ (3, 0.1%)

2 だから 1 ですから

▼ うだわなと~ (3, 0.1%)

3 言ひ

▼ うだ一層~ (3, 0.1%)

3 死んで

▼ うだ父親~ (3, 0.1%)

1 が酔払つて丼, が醉拂つて丼, が野良仕事

▼ うだ確か~ (3, 0.1%)

1 にそれ, に君, 董奉

▼ うだ行つて~ (3, 0.1%)

1 行けな, 見よう, 見ると

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 そんだから, ナ

▼ うだあなた~ (2, 0.1%)

1 に伺へ, の三百六十五倍

▼ うだあんな~ (2, 0.1%)

1 のが, 罪人は

▼ うだいや~ (2, 0.1%)

1 本當, 消えるに

▼ うだえい~ (2, 0.1%)

2 お酒

▼ うだお母さん~ (2, 0.1%)

1 にお, のこと

▼ うだからとて~ (2, 0.1%)

1 それを, 所謂

▼ うだからな~ (2, 0.1%)

2 それに

▼ うだがな~ (2, 0.1%)

1 先刻も, 残刻と

▼ うだきつ~ (2, 0.1%)

1 と明日あたり, と生き

▼ うださん~ (2, 0.1%)

2 せい

▼ うだそれで~ (2, 0.1%)

1 たくさんだ, 反齒

▼ うだ~ (2, 0.1%)

2 柳斎

▼ うだだから~ (2, 0.1%)

1 彼子は, 求めても

▼ うだとさ~ (2, 0.1%)

2 何の

▼ うだとしても~ (2, 0.1%)

1 今の, 自分で

▼ うだとて~ (2, 0.1%)

2 我が今理屈

▼ うだどう~ (2, 0.1%)

1 だつて, にもならない

▼ うだねと~ (2, 0.1%)

1 云つてゐる, 云つて考へた

▼ うだほん~ (2, 0.1%)

1 たうだ確か, たうの

▼ うだほんの~ (2, 0.1%)

1 さつきこれと, 煙草二三服も

▼ うだぼくたち~ (2, 0.1%)

2 はいま

▼ うだもう一度~ (2, 0.1%)

1 行つて見る, 見る外

▼ うだよと~ (2, 0.1%)

1 いつた, 冷静に

▼ うだわよ~ (2, 0.1%)

1 そんなこと, 旦那うちから

▼ うだ一刻~ (2, 0.1%)

2 も早く

▼ うだ一寸~ (2, 0.1%)

1 にも近い, 舐めて

▼ うだ一昨年~ (2, 0.1%)

2 の秋

▼ うだ一盃~ (2, 0.1%)

1 遣らないか, 飲まんか

▼ うだ僞善~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ うだ~ (2, 0.1%)

2 逢の

▼ うだ十時半~ (2, 0.1%)

2 だもの

▼ うだ吃驚~ (2, 0.1%)

2 したの

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 であれ幻影, はよく

▼ うだ大変~ (2, 0.1%)

1 だ, に面白い

▼ うだ孔雀~ (2, 0.1%)

1 の声, の聲

▼ うだ容易~ (2, 0.1%)

1 には飲めない, に兄貴

▼ うだ彼奴~ (2, 0.1%)

1 だ, はもう

▼ うだ彼等~ (2, 0.1%)

1 はとにかく, は無

▼ うだ彼自身~ (2, 0.1%)

1 は何処, は何處

▼ うだ慥か~ (2, 0.1%)

2 にさうだ

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 うだちが, うだちがい

▼ うだ明日~ (2, 0.1%)

1 の朝, もさうだらう

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 のこと今, も芽

▼ うだ此事~ (2, 0.1%)

2 を云

▼ うだ此椅子~ (2, 0.1%)

1 も暖炉, も煖爐

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 が來, が最も

▼ うだ然し~ (2, 0.1%)

1 おれには, 私は

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 で滿腹くし, なんざ

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 のプールぢ, を出せ

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 といへ, の十六日

▼ うだ矢張一番先~ (2, 0.1%)

2 に梅野

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 一に, 三は

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 だつて惡, の作

▼ うだ賛成~ (2, 0.1%)

1 か, だ

▼ うだ追憶~ (2, 0.1%)

1 のつもり, はいま酒

▼ うだ~ (2, 0.1%)

1 が要る, はできない

▼ うだ金崎~ (2, 0.1%)

1 の処, の處

▼ うだ随分~ (2, 0.1%)

1 今月は, 大きな毬

▼ うだ~ (2, 0.1%)

2 の痛い

▼1* [400件]

うだあいつの叫び声, うだあかンな, うだあたしのせい, うだあつい珈琲でも, うだあともう一週間, うだあれらのみじめな, うだあんまり自分の, うだあゝ面白い, うだいつ会っても, うだいと云ふ, うだいよどうせかうし, うだうちにはいつ, うだうちたての蕎麥, うだうつかりするな, うだうまく行かなかったの, うだえあゝ彼奴が, うだえお賤, うだおまへは死んだ, うだお前さんはなかなか, うだお前何處へ行く, うだお湯の中, うだお父さん馬に草, うだかさつぱり訳, うだかなわしは, うだかへってあとが, うだかも知れねえ, うだからけふは, うだからといふ抗議が, うだからねお前の, うだがかあひさうな, うだがと云ふ, うだがなよそんだつて同胞, うだがなんてまあお前, うだがをかしいね, うだけどなんて言ひだされた, うだここで霓博士, うだこっちはい, うだこと云あねえで, うだこと云つたつておめ, うだこと云ふんぢやねえ, うだこないだ赤井が来た, うだこりゃア息い, うだこれからは何, うだこれ程の艱難, うだこんど広島へ行, うだごつさらよなあ, うださいならは, うださつきのお前, うだしかしいくら高い, うだしといつて, うだじゃいの, うだすぐ眼の, うだすると他の, うだそうだつた, うだそらごほうびだ, うだそれからゲエテも, うだそれではやってくるがい, うだそれとも内聞に, うだそれらの天幕, うだそんでなくつちや, うだぞと彼が, うだたしかに何とも指摘も, うだだがそれまで, うだちがいない, うだやありません, うだっけや誠にお, うだつけなまあ, うだつたのだ, うだつまり根氣で, うだい, うだてば真直ぐに, うだといへない, うだといふだけのことの, うだとおもひ, うだとかいふつまり観劇, うだところで昨夜西兩國へ, うだとにかくこの戦ひ, うだともさねさう, うだともと互に調子づい, うだともよこらおつう, うだとよ大け, うだどうしても小峯に, うだどうせここまで, うだども普門院の, うだどんな事が, うだなあと栄蔵は, うだなということが, うだなどといふ物欲しげ, うだなにもかもこれで, うだなるほどあの婆さん, うだなんでも今, うだねも一つ貰は, うだのう知れないか, うだはじめて電燈が, うだはつきりと四日, うだひとつ勇ましく生き, うだほんとうにその, うだぼくのおっかさん, うだぼんやりという姿勢, うだぷらの樹ばかり, うだまあ大事に, うだまだ中学の, うだまともに朝日, うだみんな海からとれる, うだかうだも, うだもうあまりおれたちの, うだもう少しでもう少し, うだもしそれを, うだものの十歩, うだもはや彼は, うだやっぱりイリドスミンや, うだやつて見る, うだやつぱり兄さんは偉い, うだやはりこれが, うだつくりと, うだわたしは今, うだわねと位に, うだアおれもさうしよう, うだア権利があらア, うだイイミヤだ, うだインテリでさ, うだエゴイストであ, うだコツペエさんの御, うだシャツの名, うだジヤツクや, うだジユウルそれは大変簡単, うだステンカラージンの歌, うだセツちやん, うだツ煩さい, うだドウーニヤ叔母さんだつて泣く, うだナといふ話を, うだパトロンだろあんた, うだパンを焼い, うだヨーヨーはない, うだ一両はずむが, うだ一息に辷る, うだ一番食っただろう, うだ一瞬間も諸君, うだ丁度ピヱロオが, うだ三八九を復活刊行, うだ三十分位の間, うだ三哩しかない, うだ三年ぢやない, うだ乃公の墓, うだ二人とも同じ, うだ二十三の時, うだ二月に二十九日, うだはれねえ内, うだ井伏鱒二以来だ, うだ人間はまだ全く, うだのうち, うだ今にさうなる, うだ今夜ケンタウル祭だねえ, うだ今度こそは鎌, うだ今彼の人, うだ今朝私は縁側, うだつて, うだ会計俺する, うだの心もち, うだ何だか神妙な, うだ何でも眞つ, うだ何といつても, うだ何とか題を, うだ何んか面白い, うだ何処まで行, うだ何處其處の馬, うだ余り酷くしなさる, うだ余ツ程丹念, うだになる, うだ僕達は生活, うだ儲けがある, うだ先刻から見えない, うだ先月小郡の木賃宿, うだ全盛だろう, うだ八五郎兄哥の手柄話, うだ八兄哥手代の與母吉, うだ八月一日にはとても, うだ公園のベンチ, うだだから, うだ其の方が, うだ冬ちやんも飲む, うだ切支丹の集る, うだ別に国に, うだい者, うだ勉強すると, うだ勿論彼奴等の, うだ北八恐入, うだ北八線路の傍, うだ十六だけれど, うだ十年か十五年, うだ博奕冥利に尽きる, うだ厄介になつ, うだ黒板博士の, うだにしない, うだ古奈の犬養さん, うだ譽が, うだふの, うだ向島で可哀そう, うだ君斯して, うだ君等は未だ, うだふべき彼, うだを聞い, うだ噴水が動い, うだ四分の入りで松竹, うだ土間に測量, うだです士, うだに, うだ多くの自殺法, うだ夜毎に私, うだ大え姿し, うだ大津から膳所瀬多, うだの正, うだ奇態なもの, うだ奇麗だらう, うだの剛, うだ女房にだ, うだ奴等打つ飛ばして, うだ好い態だ, うだ好く好く見れば, うだ如何したん, うだ如何にも俺の, うだがお, うだ妾ほんとうに変装, うだえ, うだももう, うだ子供に對, うだ孫七郎は十七歳, うだ公, うだ実にそつくり蟇だ, うだ実際だ, うだ家内はわし, うだ寒くないかい, うだても不安, うだ實際だ, うだ少しは宜しい, うだ尾崎君君の説, うだ屎草履を直さねえで, うだ山彦の精, うだ岩田にしよう, うだを見つけ, うだからう, うだ巨人達が寝, うだにお, うだ己アもう忘れた, うだ之松, うだ常任の平賀, うだ年少氣鋭の弟たち, うだ幸田嬢も連れ, うだ幼い中から, うだ床間にある, うだに一人, うだ彼女を私, うだ彼處へ入れ, うだへ何, うだ後学のため, うだ後部の巻揚機, うだ徒歩禅か徒労禅, うだ屋敷な, うだ御供しませう, うだ忙しい身分な, うだ思切橋といふの, うだ怪しからんと, うだ恋愛は自由, うだ恰度この辺, うだ悄気てると, うだ感興性を失つた藝術家, うだ或は又もち直す, うだ手前幾つだ, うだ手拭なんざあ, うだと遣り込められ, うだ拙者を賊, うだ探偵の報告, うだ支那問題だよ, うだ政治的大観画策的大観主将的大観さういふ印象, うだ教室の中, うだ散歩の心算, うだ敬ちやんに頼まう, うだも魂消る, うだ料簡だから, うだ新太郎ちやんをつれ, うだ方言を何, うだ日支親善を忘れ, うだ日頃の仇, うだ早くあのボタン, うだ昨夜の女, うだ昨年であつ, うだじゃア, うだ時候は夏, うだがたい, うだもかしわ, うだ未だ君からは, うだ本当に力士てえ, うだ本格的俳句が出来る, うだ来年からは新, うだ東京と決め, うだ校長の身, うだ桂お前も此父親, うだ極度に張り切, うだ権田時介である, うだ横目ばかりつ, うだとしておかう, うだ此の前の日曜, うだ此方の容器, うだ此處まで來, うだ残りが一合, うだ永いことに, うだ干で, うだが改心, うだ決して止めや, うだこそはかすか, うだから来, うだ深川の方, うだ漁業でも同じ, うだと思ひついた, うだ漸く思ひ出したが, うだ烏賊は君, うだの莫逆, うだ猪口を貰おう, うだ玄関もない, うだ珈琲を飲まう, うだを投げ, うだ生え際だ, うだ用事は, うだ田原は是非, うだ画姿の眼, うだもほしい, うだ病院車は寝, うだ白馬連峰が遠く白く, うだ百舌が一羽, うだ目科君倉子へ見え隠れ, うだですね, うだつ直ぐ, うださを, うだ矢張り余は夢, うだ矢張り裝飾が必要, うだにさう, うだ神樣に頼みたい, うだ神田の小川亭, うだ福田宗吉大いにハリキ, うだ秀ちやんとお, うだ私達は此晩村, うだ稼業の方, うだが焼ける, うだ端午のおも, うだの心, うだといふ噂, うだ簡単に言, うだ精神科の医者, うだ繪具とテレビン油, うだだもの, うだ美しからうお玉, うだ美人を描きだしたら, うだ美奈子に新しい, うだよりも少し, うだ自動車の修繕屋, うだ舞台で踊り, うだ色々の意味, うだ英雄だ, うだ菊田のもの, うだより一つ, うだ虎井夫人の十分の一, うだ虫けらのメルヘン, うだ虫干を観, うだ見物席からそんな, うだ親分は幸, うだ親分今日もいつも, うだ親爺さんは世界中, うだへ, うだ誠に何うも, うだ諸君疑ふ余地, うだ諸君ラガドの門, うだ警察とへ届け, うだに輝ける, うだだ, うだ貯金をしよう, うだ貴公も何, うだはう, うだ趣味がない, うだけえ, うだ返答しろどうせ, うだ那処に建つ, うだ那處に建つ, うだは酒, うだ右衛門姿色よりも, うだ釜淵まで行く, うだ鍵屋の法事, うだ阪井なんて男, うだの翌日ぢ, うだ電話がある, うだ青年の煩悶, うだをば永代靜雄君の, うだ頼りなささうに, うだを一寸, うだみに, うだ飽くまでも強くある, うだをあげ, うだ騷ぐと逃出すにきまつ, うだ魔術の練習, うだなんざ自分ぢ, うだはゆるし