青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うけ うけ~ ~うけた うけた~ ~うし うし~ ~うしろ うす~ うそ~ ~うた
うた~
~うだ うだ~ ~うち うち~ うっ~ うっかり~ ~うつ うつ~ うで~ ~うなずいた

「うた~」 2224, 24ppm, 4836位

▼ うた~ (162, 7.3%)

22 である 843 じゃ, であった, です, ような, んです 2 あらす田あれ, しらべが, しらべだと, でござる, もあり, ように, 中に, 中の, 原稿を

1 [95件] あり方が, おわらない内, お友達, かい, かこれ, か少し, がみんな, が叶, が形式, が盂蘭盆, が陰影, こ, こころは, しらべは, しらべよ, じゃもの, じゃわ, そそりの, たくみさ, ために, だから仕方, だから溜らない, だろう, であります, であるから, であるが, であろうか, でおざりました, でございました, でございます, です顔色, でなければ末始終, ではございませぬ, ではよも, ところきき合わせたら, に誘われ, はそれ, は今度, は何処, は偶然, は再び, は因縁不和, は意外, は戸, ひとくさりづつ, ひびきは, ふしは, ふしを, ほん也, も右の, や, ようね, わかきゆゑなり, んで, 七人昨夜の, 主題は, 代りに, 依頼者が, 力が, 呪力の, 哀訴も, 寄せ本で, 形を, 心, 心の, 心は, 思いが, 思いは, 意を, 意味は, 意識も, 拍子は, 拍子をと, 文句に, 文句は, 時代, 暮れて, 最初の, 様な, 礼が, 節を, 終らないうち, 続きが, 續き, 言葉も, 話を, 調子は, 諧調をも, 議論が, 議論の, 足どりが, 辛辣さが, 通り私は, 選択で, 部分が

▼ うた~ (160, 7.2%)

6 のを, やうに 5 のだ, のは, 漁者樵者 4 のであつ, やうな 3 ことが, のである, 二句 2 ことである, べかりし, 事に, 事も, 声が, 彦根の, 歌聞ゆ, 祈りの, 者も

1 [98件] が声楽, ことで, ことにな, ことを, ごと駅の, それが, たのしい, なり, にあたりて汝, につれてかた, にも音譜, に用, に笑み見せぬ, のが, のぢゃ, のでせう, のと, のに, のにつれて, のにふさ, のも, の語尾変化, はうつた, はこれ, は後, は抒情詩, は自己, は警察署, ばらよ, まで眠らなかつた, やら面白い, をきく, をどる, スールダッタ, バスガールの, ピエルと, ボロキテホウコウ, 一の, 人々に, 人々の, 人間を, 他の, 信一がを, 句, 唄が, 唄の, 声さへ, 声に, 女の, 女らと, 姫を, 子を, 子供たちに, 子守唄が, 寒空, 小鳥と共に, 小鳥追, 形式, 意なりといふ, 手毬唄がの, 挽歌きくも, 日の, 昔から, 時かたぶく, 時には, 時の, 松井須磨子は, 梅を, 森の, 横笛の, 歌, 歌に, 歌は, 此宿にも, 炎天, 物語の, 番, 癖が, 白磁の, 眼醒時計を, 私を, 空の, 聲は, 聲我に, 自然を, 舟うた, 衆その, 行為の, 詩人として, 讃美歌で, 讚歌の, 道の, 間君にだけ, 雑草を, 頃に, 魔法の, 鳥な, 鶏も

▼ うた~ (151, 6.8%)

13 うたって 7 うたふ 5 うたいながら 4 うたったり, うたひ 3 うたうの, やまと言葉を 2 うたいました, うたう, うたった, うたつた, うたひました, うたふと, 作ること, 捨てて, 書いて, 聞いて

1 [92件] うたいたいほど, うたいたく思う, うたいましたその, うたいます, うたい出しそう, うたい出すので, うたうこと, うたうため, うたうて, うたうほど, うたうやらしゃべるやらして大, うたうプリマドンナ, うたう東京, うたおう, うたつてゐた, うたひや, うたへば, おききなさい, おもに謡, お書き, きいて, きくこと, きくと, きくわけ, くりかえしながら, つくって, つけて, ならって, のせて, ひとつうたっ, みんな吹い, よく歌, よみ候, よろこ, 主に, 二様に, 作つていただきに, 作つてゐる, 作つて愉し, 作つて自, 作つて賣り, 作らうとして, 作らない私, 作りそれ, 作りました, 作る仕事, 入れる, 分化し, 包括する, 取り上げたあと, 取り上げては, 唄いながら, 唄えよ, 唄った, 唱歌の, 奪つて, 実行された, 幾通りにも, 御うたいでした, 思い出します, 思い浮べ千万, 思わずくちずさんだ, 感心し, 拝し, 持って, 教えるの, 書きそれ, 書きぬいたり, 最も悲しく, 歌いながら, 歌い出した, 歌うこと, 歌うので, 歌う権利, 歌って, 歌ひます, 殘すかわたくしが, 甦らしひと, 終ると, 耳に, 聞くの, 育てた, 舞台で, 舞台の, 覚えられない私, 詠むの, 読むと, 誰かは, 謡って, 讀みつづけるといふ, 買ふために, 賣りながら

▼ うた~ (140, 6.3%)

9 いもなく 4 ひなし 3 ひもなく, ふを 2 あります, いもありません, きこえて, はず大, ひなく幾金, ひに, ひの, ひは, 古くは

1 [103件] あったよう, あつて, あなたに, あの子, ある時在方, いあるな, いがはれれ, いが久助の, いが心を, いずれ立場, いない, いないと, いなくご, いなしだ, いま蕭殺として, いもせず, いもない, いもなき, いもなくなりました, いもなく可愛い, いも人にこそ, いや三伝, いや不安, うっかりした, おすき, おふたり, き, きこえました, きこえます, きこえるよう, ことしは, この人, これだけは, これ即ち, じょうずな, ために, だんだん耳, つては, つてると, でも玉桙, ところで最前, はうとして, はし, はしくもな, はしめ, はる, はれて, はれましたほど, はれると, はん, ひためら, ひながらも, ひぬ, ひぬ我, ひはじめる時分, ひはらせ, ひびいて, ひふかき, ひました, ひ不, ひ深く, ひ申, ひ若し, ひ被, ふ, ふいと, ふつて, ふな, ふやう, へり, ぽつりと, よい, よいで, アノ様に, 上手です, 上手なれ, 伝唱される, 元は, 元来は, 全く言語, 冴えか, 南朝は, 吉と, 呪文, 塞の, 好きで, 幸い早速に, 必要な, 我子の, 数百年生き, 明日は, 昔は, 智馬が, 歌いたくなった, 流行し, 翌日に, 耳には, 自分の, 自由な, 行はれた, 街上で, 親子づれの, 運が

▼ うた~ (139, 6.3%)

4 あかさん春の 3 つつ 2 たまへ, て, ていさぎよし, ていふ, ながら自分, ながら赤ん坊, 振りを, 物の, 納むれ

1 [114件] かくして漸次, かの聖歌, がゐた, さすら, すべての, その娘, その愛, その歌, その神性, その詞, それにつれて, たり, ぢや, つつあ, つつ道, てこれ, てその, ては若き, てよばはり, て主, て何, て余念, て寺院, て帰りゆきし, て後, て戀人, て歩みつ, て眞玉, て聞せ, て船, て行列, ながら, ながらい, ながらかちかち, ながらしきりに, ながらまるで, ながらみんな, ながらも足, ながらやつ, ながらカドリール, ながらジヤガ芋, ながら一ツ目小僧, ながら下手, ながら仲見世, ながら何だか, ながら元気, ながら入, ながら呑気, ながら帰つて, ながら手風琴, ながら文学, ながら来た, ながら枯草, ながら桜, ながら歩い, ながら歩く, ながら泥酔, ながら流し, ながら白, ながら突然, ながら行き過ぎる, ながら豆, ながら賑やか, ながら軽く, ながら釣針, ながら静, ながら馬, ながら駆け抜ける, なにかかたり, なむ, の一人, の仕事, の太夫, の男, の頭, は昨日, ゑひて心地よ, をはりき, をはれ, をはれる, を終つて帰りがけ, ダンテに, 一しよ, 三味線が, 且つその, 且つ貞節, 人の, 出づる, 又曠野, 口笛を, 古い詩人, 唄ひ, 太鼓を, 愉快な, 或は戰場, 文学を, 斯くて, 方が, 方です, 旅より, 明日は, 暗き獄, 更に山姫, 此の, 決して唖, 無智, 物, 琴彈き, 目出度や, 續ける, 草が, 裸に, 足取りを, 野性自由可憐さ衆愚性その

▼ うたつて~ (91, 4.1%)

16 ゐた 6 ゐます, ゐる 5 ゐるの 2 おくれ, ゐたお, ゐて, ゐるから, をります, 歩きました

1 [46件] あさに, あります, きかせた, きかせる唄, しまつ, たよ, ねえ貴方, は合間, は説明, ばかりゐる, もおど, も不敬, も丸, も剣闘, も無理, やすむとき, ゐたかね, ゐたが, ゐたつけ, ゐたの, ゐたまま, ゐたり, ゐた一つ, ゐた為, ゐた草, ゐない, ゐないで, ゐました, ゐますよ, ゐるので, ゐるもの, ゐるん, ゐる佐渡, ゐる何, ゐる唄, ゐる声, ゐる物, 小さい獨房, 居りましたが, 待つて, 育つたの, 見た, 見たくなるの, 見たり, 見る, 進んで

▼ うた~ (88, 4.0%)

32 うか, ざる, 題は

1 [79件] ある雲, いつか休みました, うかな, うといふ, きこえず, くだらない鄙唄, こうでした, この扉, これには, ざりしさき, ざる女, しむ, しめき, しめたもの, しめたるダイコン, せよう, せんとて, せ三味線引き, そのあたり, その出来, それ以前日暮里夫人の, たしかに我々, ただほのぼの, ち, ちょうどマルコ, ない, ないだらう, ないで, ないの, なかつた由, なければ, ぬか, ぬ形式, ぬ歌, ねば, はるの, ひとつも, ひろ子の, ほんた, また印度更紗, まっかな, むかし総見院さまが, もう青, よろしいかな, れるとき, れる歌, れる純情芸術, れん, れんかた, トチチリチンと, 下等じゃ, 下等ぢや, 人の, 但だ, 初めてで, 千枝太郎が, 大してうまく, 天の, 家讃め・人讃め, 宿主の, 幸いである, 廢める, 御届, 必須知識として, 感じやすい, 我智馬の, 支那の, 日本の, 本当の, 本文通り日本橋を, 杜切れたり, 林の, 無くならないが, 無論無, 真に迫っ, 社交と, 私の, 資朝卿お, 鎮護詞系統から

▼ うたがい~ (49, 2.2%)

3 を解く 2 の眼, をはらし

1 [42件] がありました, がおこった, がご, がその, がない, がわい, がわきおこりました, が晴れた, が晴れましたら, が残され, でしばられ, でもっ, で宿, などを懸ける, にびっくり, に対してこういう, のとけぬ, の影, の心, の相手, の解けぬ, はまだ, はまだ全く, は一層, をうけ, をおこした, をかけない, をかの, をちゃんと, をといた, をはらす, をひく, を以, を強める, を懐い, を打ち消す, を招く, を持った, を晴らす, を見た, を起こし, を起こした

▼ うた~ (46, 2.1%)

4 ある 3 言ふ 2 見える

1 [37件] あるから, あるの, いうので, いつて, いと, いふの, すれば, なったの, やまとうたという, 云うの, 云えば, 云ふ, 其叙事詩と, 其船の, 名づくべき, 吐いて, 哂ふ, 報せたので, 序文に, 気がついたが, 為れば, 申しました, 申しますの, 縁を, 考えるの, 聞きましたが, 自ら欺く, 見ゆ, 見れば, 言うが, 言うの, 言った, 言はれた, 訓ま, 訓み, 訓みなれ, 語根を

▼ うた~ (37, 1.7%)

3 の席 2 し酒, のなか, の歌

1 [28件] が時代, が酣, と似, な, にのぼせた, にはべる, に列, に列なっ, に恐し, に興じ, のいきれ, のうた, のたびごと, の中, の中途, の場処, は, はどう, は打ち上げ, は深更, もすさまじき, や離宮, をする, を催され, を行, を行うた, を覚え, 遊ぶの

▼ うた~ (35, 1.6%)

1 [35件] ある嬉しい, うたうの, うたって, う木, かぎらず自分, かぶせて, ことの, さそわれて, さはり, して, しながら, なりました, なること, ふさわしいもの, ふさわしい序曲, 今夜も, 嘘は, 対せしめた, 御無理, 憂さや, 止る事, 浴し, 物せし, 狂わせ胸, 相違ない, 絡んだもの, 自分から, 藤村は, 詠みこむため, 謡では, 近づいて, 送られて, 連関し, 過ぎない, 違いない

▼ うた~ (33, 1.5%)

8 かし 42 ど海, ない, ないといふ, ません, 浮世の

1 [11件] そしてを, とうたひとを, ないから, ないの, ないを, なかつた, なくなるでせう, ば人も, られなくなり, りといふ, 高らかに

▼ うたへる~ (25, 1.1%)

53 なり 2 うた

1 [15件] だけうた, ものよ, も我, やうな, ゆふ, をばいみじう, 一の, 人なし, 伊那節の, 心こそ, 歌と, 歌を, 詩人等特に, 間彼は, 顔の

▼ うた~ (24, 1.1%)

2 思わなかった

1 [22件] お釈迦さまでも, ちょっとだれ, はせ, ミイも, 君誰が, 夢にも気が付かなかった, 思いませんでしたから, 思いませんでしたよ, 思ったが, 思っちゃ, 思っても, 思つと, 思はなかつた, 思わなかったぞ, 思わねえんで, 戻つて, 江戸を, 町奴の, 言や, 誰の, 酷過ぎる, 量見

▼ うたこと~ (24, 1.1%)

2 がございません, であろう, のない, もある, を思い

1 [14件] があった, がご, が幾度, が推察, はありませな, は先, は無い, は言, も稀有, やらも知れぬ, よ, を祝う, を神, を考へる

▼ うた~ (20, 0.9%)

2 のやう, は, も斗

1 [14件] から駒, が敷い, が敷きつめ, です, とは貸せない, と勘平が, どす, にはいつ, のデザイン, の程, やが, よりとても, をつないだ, を上草履

▼ うたので~ (19, 0.9%)

5 ござります 3 あらう 2 あつた 1 ぜひなく, 予の, 例の, 寂照は, 当院, 根本は, 残念に, 殿には, 皆根づい

▼ うた~ (19, 0.9%)

2 こんどは, しらべも

1 [15件] きかせるよう, きこえなくなり蛙, その理くつ, ないから, のびやかに, よいな, よみ候曾而嵯峨に, 一つことじゃ, 在るよう, 完全に, 投節も, 文學も, 涙も, 無理は, 賣らずに

▼ うたはれた~ (17, 0.8%)

2 もの, ものだ

1 [13件] その美しい, であらう, のは, ものは, 一八五五年が, 信政の, 小唄である, 少女で, 時代の, 無邪気な, 生活を, 程で, 程よい庭

▼ うたちゃん~ (16, 0.7%)

2

1 [14件] に, には新聞, の, の世界, の夜具, の年ごろ, はえ, はひどく, は一字, は三人兄弟, は今に, は大きく, も今, をなぐさめ

▼ うた~ (16, 0.7%)

1 [16件] がある, がきこえ, がむしろ, が林, が聞こえ, で, であった, で巧, とひびくであろう, になびくならひ, に耳, はそれなり, はまさしく, も一そう, をきい, を響かせる

▼ うた~ (16, 0.7%)

1 [16件] あり, がご, が再び, が取返されたら, が周章て, が実戦者, が鼻, じゃ, でなければ, に飮, のみが生き残った, の煙, の自然, は奇怪, は決して, は黒玉

▼ うた~ (14, 0.6%)

1 [14件] あつた, あらう, あらうが, うたって, おうた, ひとしくおま, またわれわれ, もうたつ, 一つおいた, 今夜は, 今更帰る, 帰りけり, 目を, 通って

▼ うたはれ~ (14, 0.6%)

5 てゐる 1 いまは, てあつ, ては胸, ても文吾, てゐない, て今, て初, て名高き, て路上

▼ うたから~ (13, 0.6%)

2 である

1 [11件] これは, だ, であろ, なの, まア寺男, もう穏便, もう見, 傳説が, 弘文天皇は, 旅の, 瓶は

▼ うた~ (13, 0.6%)

2 ゑは, ゑも 1 ゑ, ゑきこゆ, ゑしてた, ゑである, ゑの, ゑもきこえは, ゑも消えゆくころ, ゑをきくごとき, ゑ土手も

▼ うたふと~ (13, 0.6%)

2 何んな, 思ふかな, 言ふ 1 いつか涙が, いふこと, 云ふ, 何時何処で, 冬の, 勇ましいやう, 称して

▼ うたもの~ (13, 0.6%)

1 [13件] か蒼黄色, が可, が多い, だ, だと, であった, であったと, であらう, である事, といい, と思ふ, と思われた, にさ

▼ うた~ (13, 0.6%)

1 [13件] がある, じゃ, じゃに, じゃア, であらう, である, と思はれる, に偽り, のえつ, は後, も分り, も孔子, も心づかず

▼ うたという~ (11, 0.5%)

2 のである 1 こと, ことであった, のじゃ, のは, 人は, 女が, 意識が, 文字なり, 話を

▼ うたひだ~ (11, 0.5%)

6 した 1 したので, した浪花節, して, しました, しみんな

▼ うた~ (11, 0.5%)

1 [11件] が出, が必ず, こそ災難, で文士, と, ならでも, なりしいにしへ, の中, の魂, は人間, もある

▼ うたふも~ (10, 0.4%)

3 のの 21 のです, のとうた, のは, をどる, 寒いこと

▼ うた時計~ (10, 0.4%)

2 と懐中時計 1 がある, がすき, が鳴る, のねじ, をきく, をとても, を借り, を鳴らし

▼ うたなら~ (9, 0.4%)

1 と唄い出したくなっ, と唄い出したくなる, ばあるいは, ば主, ば無論, ば読者, 一杯奢る, 何だって, 僕が

▼ うたよう~ (8, 0.4%)

2 である 1 なもの, な答え, に唄鳴物, に彼, に躍り上りました, に雀躍

▼ うた~ (8, 0.4%)

1 てそう, てやきもき, て先様, て有られた, て無理, て聞かせよう, て逃がしゃしねえ, て遅

▼ うたうた~ (7, 0.3%)

31 えと, ははる, ひたき心地, ひ遊ばむあはれあはれ酔ひ

▼ うた~ (7, 0.3%)

1 しようね, ひもなく, よう, わからぬ, テ珈琲の, 張られたうた, 斎藤老人

▼ うたひ出す~ (7, 0.3%)

3 までは殆 1 ぞと考へ, のが, までは殆ど, 小型の

▼ うたふこ~ (7, 0.3%)

1 とあるべき, とその, とそれ, との大好き, との行為, とはこの, とは古典文学

▼ うたやう~ (7, 0.3%)

1 だが, で帽子, なさま, な冬, な心持, な菜の花, になり

▼ うた~ (7, 0.3%)

2 思わなかった 1 思うめえな, 思われねえ, 思われま, 言うめ, 言わねえ

▼ うた~ (6, 0.3%)

1 ていた, てドン, て嚏, て見, になった, 孤独の

▼ うたたね~ (6, 0.3%)

2 に恋しき 1 が相当, に夜, は夢, をし

▼ うたでは~ (6, 0.3%)

3 ないか 1 ありませんか, あるけれども, ないけれど

▼ うたでも~ (6, 0.3%)

3 うたって 1 うたいながら, うたうよう, きっと意地

▼ うたひ出した~ (6, 0.3%)

2 のです, 容子が 1 のか, んだ

▼ うたへば~ (6, 0.3%)

1 あれ由断が, あれ由斷が, さくらちる, よいでは, われも, 母も

▼ うただけ~ (5, 0.2%)

1 うたって, であった, です, で横, や

▼ うたです~ (5, 0.2%)

1 から月半ば以後, がまだ, ね, よ, わ

▼ うた~ (5, 0.2%)

2 んです 1 の, のよ, 惜しい男

▼ うた~ (5, 0.2%)

3 ないか 1 ことわざ, 暖く

▼ うた友だち~ (5, 0.2%)

2 と枝 1 とた, とただ, などと相

▼ うたそがれ~ (4, 0.2%)

1 てしまった, て各々, て庭, て薄暗い

▼ うたはず~ (4, 0.2%)

2 にはゐられない 1 といへ, に

▼ うたはせ~ (4, 0.2%)

2 て舞 1 てゐた, て見る

▼ うたひあげられた~ (4, 0.2%)

4 つけ

▼ うたへや~ (4, 0.2%)

3 のめや 1 湯けむり湯けむり

▼ うた~ (4, 0.2%)

1 には同じく, には物自体, にもただ, にヒューマニズム

▼ うたるる~ (4, 0.2%)

1 こと一百なるべし, はかつて, を防い, 水の

▼ うた~ (4, 0.2%)

1 て, てそんな, て逃げようた, て駄目

▼ うた~ (4, 0.2%)

1 に片, のよう, ばかり続い, へ逼塞

▼ うた~ (4, 0.2%)

2 を境 1 と一致, へ行つて

▼ うた~ (4, 0.2%)

1 の御, はさすが, よく思い出せる, 中皇命

▼ うた~ (4, 0.2%)

1 が見える, だ, な態度, に見えた

▼ うた知り~ (4, 0.2%)

4 人の

▼ うたいくつ~ (3, 0.1%)

1 したろうと, して, でたいくつ

▼ うたかと~ (3, 0.1%)

1 おもえば, 思いやす実にはや, 思ふ樣

▼ うたがは~ (3, 0.1%)

1 しい文字, ないの, ぬ心

▼ うたさん~ (3, 0.1%)

1 が主食, にし, の生活力

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 でその, やい, 妙正

▼ うた~ (3, 0.1%)

21 つて悪口とも

▼ うたつた~ (3, 0.1%)

1 といひたい, のまね, 何とセンチ

▼ うたである~ (3, 0.1%)

1 かつこう, か知らなかった, と共にことわざ

▼ うたなんか~ (3, 0.1%)

1 うたったって, うたつて, お作りに

▼ うたはむ~ (3, 0.1%)

1 こは, は何処, 夕あら

▼ うたはれし~ (3, 0.1%)

1 オデュセウスは, フランチェスカの, 身の

▼ うたひだす~ (3, 0.1%)

1 と, とみんな, のだ

▼ うたひな~ (3, 0.1%)

1 がらい, されたの, ば

▼ うたひ続け~ (3, 0.1%)

2 てゐた 1 てゐる

▼ うたふう~ (3, 0.1%)

1 た, たの, たは

▼ うたほど~ (3, 0.1%)

1 であったが, ですで, なご

▼ うた~ (3, 0.1%)

3 の奴

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 になお, は互いに, は御身

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 で主婦, と評し, になっ

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 になつ, の整頓, は二度と

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 が, がどの, はまだ

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 だけそれ, の如き, をうたう

▼ うた~ (3, 0.1%)

1 か, じゃそう, をし

▼ うた通り~ (3, 0.1%)

1 ぞっこん善女, です秀子, 少しも

▼ うたあるじ~ (2, 0.1%)

1 の守, もま

▼ うたいなされました~ (2, 0.1%)

1 のを, 唱歌の

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 浦, 銀様は

▼ うたかも~ (2, 0.1%)

1 知れないわ, 知れぬ

▼ うたごえ~ (2, 0.1%)

1 がこんど, につれてどっと

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 を見ずや, 媼は

▼ うたそう~ (2, 0.1%)

1 な, や

▼ うたその~ (2, 0.1%)

1 光る矢, 手を

▼ うたそれ~ (2, 0.1%)

1 から直ぐ, が

▼ うたたけ~ (2, 0.1%)

2 だに

▼ うた~ (2, 0.1%)

2 やありません

▼ うたつた作~ (2, 0.1%)

2 であるが

▼ うたつた句~ (2, 0.1%)

1 であり遠賀, である

▼ うたてい~ (2, 0.1%)

1 などが出た, の外

▼ うたといった~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ うたとは~ (2, 0.1%)

1 この孫平治, ちがうのよ

▼ うたなく~ (2, 0.1%)

1 たって, たつて

▼ うたなり~ (2, 0.1%)

1 それから後, 孰方からも

▼ うたにも~ (2, 0.1%)

1 ある呉服後藤, 答えも

▼ うたはん~ (2, 0.1%)

1 とて, とては殊更

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 亦外, 八とせや

▼ うたばかり~ (2, 0.1%)

1 であろうと, でなく其中

▼ うたひあかさむ~ (2, 0.1%)

2 春の

▼ うたひいづれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば我

▼ うたひいでけれ~ (2, 0.1%)

2

▼ うたひか~ (2, 0.1%)

2 はし

▼ うたひたい~ (2, 0.1%)

1 と思ふ, な

▼ うたひ出し~ (2, 0.1%)

1 て取りあはう, て褒美

▼ うたふか~ (2, 0.1%)

1 の女神, らうたひと

▼ うたふで~ (2, 0.1%)

1 もない, もなく

▼ うたふんだ~ (2, 0.1%)

2

▼ うたへと~ (2, 0.1%)

1 あやさるる緋房, いふに

▼ うたへの~ (2, 0.1%)

1 声楽的な, 形式を

▼ うたへよ~ (2, 0.1%)

1 秋風日記を, 童うたうたひ遊ば

▼ うたもん~ (2, 0.1%)

1 じゃけ敵, ですな

▼ うたやすく~ (2, 0.1%)

1 ぬけられるもの, 誰にでも

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 ねじれ足とで, 阿備

▼ うたよみ~ (2, 0.1%)

1 じゃない, の処

▼ うたわけ~ (2, 0.1%)

1 でござるが, なの

▼ うたわるべき~ (2, 0.1%)

1 かということ, 風趣情調を

▼ うたァいやァ~ (2, 0.1%)

1 しねえ, しねえや

▼ うた人々~ (2, 0.1%)

2 が多

▼ うた作り~ (2, 0.1%)

1 などしける, を生殺し

▼ うた全く~ (2, 0.1%)

1 何処か, 悪くなっ

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 か人, が土橋

▼ うた如く~ (2, 0.1%)

1 亦瓊, 尊い神事

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 初めて京都, 若い友

▼ うた後白河法皇~ (2, 0.1%)

1 からたちまち, からまた

▼ うた御製~ (2, 0.1%)

1 だという, である

▼ うた態度~ (2, 0.1%)

2 である

▼ うた振り~ (2, 0.1%)

1 と称する, も

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 か, か道徳

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 のある, のこと

▼ うた~ (2, 0.1%)

2 にはそんな

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 であろうか, も本歌

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 がしない, が付い

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 と睨んどる, 遣しあん

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 が私たち, は宜しく

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 の肉刺し, を船中

▼ うた頭つき~ (2, 0.1%)

1 がいた, がいたずらそう

▼ うた~ (2, 0.1%)

1 になっ, になった

▼1* [377件]

うたぁ言やしねえ, うたあでやかさはその頃, うたあとで母屋, うたあの臭気が, うたあはっはっは彦, うたあはれに歌, うたあるのん, うたいっぱいにお蔦急ぎあし, うたいなされるではござりませんか, うたいもなく眠っ, うたういたちに, うたうたってよ, うたうたわざれば, うたうとうこの部屋, うたうまいやつを, うたえと旅費一千ドルを, うたおまへさん, うたおろかなわれ, うたお礼ならこっち, うたお蔭で負け, うたかてうちもうペコペコ, うたかとうだいなどの花, うたがきの形式, うたがやどっちでも, うたがんだわ, うたを畏, うたきいたんで倍, うたきぎが燃え尽き, うたきっと治るぞ, うたきり何にも食う, うたくらな熱, うたくりかえしよみいい匂い, うたぐちは, うたぐつて来る, うたぐつているのだなと思ったので, うたこっちも, うたかいの, うたこそはわたしの, うたこっちゃない, うたことなんじゃよ, うたことばの意味, うたこの二十年間の, うたこの間の事情, うたこれありけり, うたごうらくは, うたごえと撥の, うたごとく自家の, うたしくじりじゃきのう, うたしたら射的屋が, うたすかね, うたそのもののまじり, うただけでも大した金目, うただけはなかなか覚えなかった, うただって悪口とも, うただのし, うたちゃん字は, うたつたのはお前, うたつたやうだつたが, うたつた二十九の歌, うたつた唄になつた人, うたつた城址を訪, うたつた多くのうた, うたつた樹明君も私, うたつた踊つた, うたつた身心がすう, うたつてお前の心一つぢ, うたつて母さまをよぶ, うたつて良寛さんに見せた, うたつて街角に折れる, うたつて迚も見, うたつて酒を呑んでる, うたつて錢貰つて歩く女, うたづねかけながら奧さんは女学生, うたき事, うたてく表て, うたであり其諷誦法うたふからうた, うたであればよかっ, うたでしかあらわされない気持, うたでない本場の, うたでなければならなくなり, うたでの前へ, うたといふ名を, うたといふのみで自ら, うたとかいいおる, うたときに内部, うたとこで世間, うたところでそんな, うたところがあつた, うたとの報知の, うたともなりぬ, うたなぞ作つて, うたなつたので, うたなどいふべし, うたなどとお前は, うたなどとさえ出鱈目を, うたなどをうとうた, うたなら斬ってしまう, うたなりしを, うたなるかな, うたなんぞと軽蔑し, うたに対する愛であった, うたのかも知れぬ, うたのち一軒の薄暗い, うたのむと, うたはしやげ, うたはず酔つた素振りも見せない, うたはず鎌のみが時々, うたはせるであらう, うたはつせえ, うたはねど, うたはります男の, うたはれたくないんだ, うたはれるであらうと妻, うたはんためなり, うたはんものを, うたばかりの露身の, うたばかりを所望する, うたばって, うたばよらし, うたひいで, うたひいづるにその, うたひいで言葉を, うたひいでしに, うたひいでたればなり, うたひかけられた歌, うたひかつ淑徳の, うたひけらずや, うたひこんだやうに, うたひさうな女中, うたひし童の, うたひし如く己の, うたひじぶんは, うたひたき心地こそ, うたひたりその妙, うたひたる歌人なるべし, うたひつかれて, うたひつぎ歌ひ終るなり, うたひつくして泣く, うたひつつうたれた, うたひつづけた作者では, うたひつる声に, うたひなれてゐた, うたひはじめるのであつ, うたひはやされるべき類ひ, うたひましたが私等, うたひますとぢい, うたひませんね, うたひめのごとく, うたひやァがる, うたひ上げることは, うたひ嘆いたのであらう, うたひ始めたり, うたひ広められて人々, うたひ得てゐる, うたひ煮ゆるごとき湯の, うたひ疲れて野原, うたひ納める時西の, うたひ終らないうちに, うたひ終りてまた, うたひ終れば他, うたひ遊ばむあはれあはれ酔ひぬ, うたひ過ぎるといふ, うたふがごとき旅なりし, うたふさま眞, うたふさまいと可笑し, うたふし祖父以来進歩党時代からの国会議員, うたふたら專務さんも喜ばはるやろ, うたふときには赤い, うたふところの, うたふならせめて他人, うたふもあめり何事ぞや, うたふもおどるも勝手, うたふんぢやなく, うたふ疑ふことなく, うたへりされど第, うたべた萱の穂, うたかいか, うたまじりで書く, うたまじりで大川ばた, うたまじりで書ける化けものが, うたまでなれど, うたまひのつかさ, うたまま一度も首, うたむかたむと小休なき熱き, うたむとせしに一幅の青き, うためらひながらも青年, うたもっとおかしな文句, うたやがなつかしくて, うたやでもそうする, うたやの娘から, うたやらと思うてよ, うたやるマンドリン, うたよりも封筒を, うたらしいのを, うたらしく偽作では, うたら二人が始め, うたら全滅決死の覚悟, うたアお前だって思い, うたアお釈迦さまでも, うたアこっちで言いてえこった, うたア言いやしめえし, うたカラクリが分身, うた第二, うたかな, うた一つの物語, うた一つ二つづゝよみてはかき付けて, うた一人の老人, うた一時とその, うた不幸な女, うた不用の地所, うた世の中である, うた事蹟の三分の二, うた二人が明るい, うた二首である, うた云うてよそ, うた人間がこの世, うた代わりに彼, うた伊勢の大神, うた位ぢやない, うた作者の勝, うたが手, うたである, うた氣で, うた光景ではなかろう, うた其の筵が, うた其枝にメルル, うた内牝牡の騾, うた処位かと思う, うたも多から, うた判然しない言葉, うたを破った, うた化ものがご, うた医学士と此, うた卑屈や賤劣, うた単なる棒であり, うた即ち漢詩であった, うた卿雲に約し, うた原因もこ, うたの側, うた右馬介も明石, うた喧嘩上手ばかり敵, うた四月廿一日ごろと決した, うた土方はもう, うた地方が多い, うた堀川の芝居, うた場所と趣, うた夕方に総て, うたから幾ら, うた大木の虚洞, うた大江山の歌, うた天滿校の三字, うた天祐です, うた女人は昔, うた女史が附近, うた女房の中, うた女房達が柝, うた姫宮をこの世, うた姿を見, うたの嬰坊, うた子供たちの心, うた孔明はかならず, うた宦官の朴, うたをうれしく, うた寒からうと, うた少数の人々, うた尼さんの衣, うた川島皇子の君, うた幻影の内, うた強烈なる法悦, うた形さへある, うた彼らとはどうして, うた後心安らかに元旦, うた後馴染の親分, うた心地で日, うた心持ちがする, うた思い出すようです, うた性質なり振舞, うた怪しい下郎と, うた悲田院施薬院の址, うた意識発生の契機, うたがある, うた感情だけ起こしたくなりました, うた感覚やまた, うた或は民間流伝の, うた所以であります, うたをはなし, うた折々月下の, うた指環をば出い, うた揚句には屹度上野, うた數字が記し, うたが来た, うた時従駕の人, うた時独り一虎に当り, うた時葛井諸會, うた時藤原朝臣仲麿の作った, うた更になつかしや, うた書きつけて参らせ, うた末今は滿洲, うた李蓮英ら皆河間出身の宦官, うたはどれ, うた枯淡なる風格, うたであること, うた橄欖樹の間々, うた武家頃のある, うたをいたいたしく, うたの心, うた深い廂の, うた済んでこの, うた漁師達の網, うた聲が, うたに祝詞, うた為大抵の国々, うた焚くにこの, うた無礼な一言, うたのうた血, うたをひっかけ, うたと犬千代, うたが見え, うた白丁はじめ立傘市女笠持ちの人足, うた百舌鳥の疳高い, うたの上, うた着物を源氏, うた瞬間である, うたは若い, うた程よい頃を, うたにはよろしく, うた細々とした, うた細い山道に, うた経験のない, うた絶好の機会, うた絹衣を収め, うたを投げた, うた縮緬の扱帯, うた美的百姓の家, うた者どもへはその, うた者三百余人来援し大いに, うたあげて, うた腹部の中, うた若い禅尼だった, うた葉櫻の下, うた蔦紅葉を写生, うたなどを眺め, うたのよろこび, うた行者に頼ん, うた裸体で水中, うたの裳, うた見世物小屋のあたり, うた角馬に近づく, うた言うことに, うたじゃが, うた診察用の寝台, うた拙く節, うたを持ち, うた通り亜米利加人は誠に, うた通り右の五僧一幅, うた通り天下は誰, うた通り寝床を離れ, うた過ちによろう, うた部曲かと考へ, うた金襴の袈裟, うた門搆への家, うた間人皇后だと, うた階級と思われる, うたが滅切, うた露國も手, うた青年の姿, うた青苔の陥し, うた面白く出來候最後, うたに言う, うたには酒, うたに覺束, うたをお婆さん, うた類推である, うた風采は左, うた高時追討の令旨, うた高貴にし, うた黒穂を白湯