青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いわれ いわれ~ ~いわれた いわれた~ ~いわれる いわれる~ ~う う~ うい~ ~うえ
うえ~
~うけ うけ~ ~うけた うけた~ ~うし うし~ ~うしろ うす~ うそ~ ~うた

「うえ~」 4543, 47ppm, 2482位

▼ うえ~ (1843, 40.6%)

18 坐って 15 立って 11 落ちた 10 のって, 腰を 9 落ちて 8 手を 7 あった, 置いた 6 おいた, 自分の 5 ついて, のせて, 乗って, 横に, 置いて, 起き直った, 身を, 馬乗りに 4 上って, 出て, 足を

3 [20件] おいて, おくと, おちて, すわって, たって, とまって, 一人の, 両手を, 倒れて, 冬の, 横たわって, 登って, 羽織を, 膝を, 落した, 起きあがって, 起き直って, 載せて, 鉛筆で, 長くなっ

2 [82件] あぐらを, いつまでも, いまの, うつぶせに, おそろしいこと, おまけに, かたとき, これを, こんどは, そのまた, それを, ながながと, なげだして, ならべて, のせました, のっかって, ひとつの, ひろげられて, ガウンを, 上がって, 中の, 乗せた, 人形を, 人影が, 仰向けに, 何か, 信じがたい, 俯伏し, 倒れかかって, 勘定を, 半身を, 咲く花, 土を, 坐った, 坐りこんで, 大あぐら, 大の字に, 奇怪な, 女が, 寝て, 小柄な, 屈みこんで, 山の, 心を, 投げだすよう, 抱かれて, 持って, 斜めに, 残して, 残って, 注いで, 浮いて, 灯が, 男の, 皺を, 目を, 眼を, 着物を, 立った, 筋肉が, 紺青の, 結婚した, 置かれなければ, 置きながら, 胡坐を, 腹匐いに, 莫大な, 蔽いかぶさって, 血が, 貯金が, 起きなおった, 輝いて, 這いあがった朝顔, 陽の, 非常に, 面を, 頭から, 頭を, 顔を, 首を, 高々と, 黒い影

1 [1460件 抜粋] あかあかと, あたし達は, あった腕環, あとなくならしめよ, あのまぎらわしい, あまつさえすり替えられた, あらわれたの, あらわれてから, あらわれるよう, あります, あるの, ある司令官, ある樹, ある祭壇, ある金属製, ある鰐魚, いがなどが, いざと, いたの, いっそう哀れ, いつも大きな, いま朝日が, いる棟梁衆, うすぼんやり, うつされぶじ横浜, うつしだして, うつむきこんで, うつる二隻, うまいこと, おい, おかれた, おきそれから, おくな, おしあげられさび槍, おせい様, おちた, おのずからいくつ, おりた, お助け, お浜, お茶屋を, かかった, かがやいたの, かさねて, かぶせて, かるがるとのせ, きちんと飾っ, きらりと, くずれるよう, くよくよしねえ, ぐったり横, けさは, こう宣, こしゃくな, こっちの, この日, こまごまと, これからどんな, これに, ころがって, こんな長屋, ごろりとたおれ, ご宸念, さくらんぼほどの, さしだした, さっきから, さらにこんな, さらに先島, さらに濃い, さらに虎, しかも奇怪, しきりに弾道曲線, しばしうたかた, しゃがみました, しりを, じっとし, すえられるとき, すげかえても, すこぶる遺憾, すば, すべっこくて, すわった, そうした美しい, そっと抱きしめた, そのまま残っ, その仕事, その家風, その性格言動, その番号, そもそもこの, それが, それは, たおれて, たしかその, たたきつけ古, ただ一人取り, たまたまお, たれも, だらしなく, ちょうど一ぱい, ちらかって, ついに取返し, つけられた, つながって, できあがったかという, とつぜん不幸, とびあがりざま, とびあがり地下道, とびかかって, とまった, とりつくこと, どこかを, どっかと, どよめきと, なおさらに, なお戦火, なくては, なげだしました, なったの, なやまされだしたの, なんだかゆうべ, なんとなく心もとない, ねだんも, のしかかって, のせその, のせ拷問, のびのびと, のぼると, はげしく波うった, ひきおろした, ひっくりかえった, ひとりの, ひゅっ, ひろがった, ひろげた, ひろげ右, ぴたりと, ふせ, ふみ跨がったまま, ふんぞり返りながら, へばりつくの, ほうりだした, ほとんど宗教的尊崇, ほめてまで, ほんとうの, ぼやけた灯り, まい上がるの, ましてその, またとうぶん, またもや血腥い, また新しい, まだこの, まだ奥の手, まっ黒な, まるで雲, みても, みんなの, むかしふうの, むっちり肥った, もうひとつ, もう一千ポンド, もえあがった, もじゃもじゃの, もてあそびながら, ものすごいやつ, やっかいば, よき手蔓, よごれきったシャツ, より意表外, りこう, わずかばかり, エアーポケットに, キンギン国大使ゴールド女史の, グタリと, ショールを, タラタラと, ネズミ色の, ピアノだ, メモを, 一哩以上もの, 一時間あまりも, 一生いる, 一種の, 三人は, 三旒の, 上るの, 下した, 下りて, 不可思議な, 両腕, 並べられた, 丸くなっ, 乗せた手, 乗り放しという, 乾いた砂, 事件が, 二つ仲よく, 二人の, 二足の, 五千円の, 人間の, 今にも何, 今までにも, 今晩に, 伊豆守の, 佇立する, 何とは, 何も, 何所かに, 俵まで, 傷み哀まず, 光の, 兩手を, 其処は, 再度新, 冷えこませて, 出ました, 出来上って, 制服の, 前肢を, 助けられたかも, 勤勉だった, 千賀新左衛門という, 南雲さんが, 原稿用紙を, 去来する, 反りかえって, 取る年, 口まで, 合本した, 名目だけに, 向けました, 君臨し, 味わいながら, 呼び集める結果, 唾棄すべき, 固まって, 土が, 地味な, 坐りこんだ, 坐り直し作法, 坐禅を, 城中の, 堆積し, 塗笠を, 声を, 変化という, 夕月を, 夜は, 大きな作用, 大きな負担, 大切で, 大学出の, 大経綸, 奇妙な, 奥ゆかしいその, 好奇も, 妙な, 子供も, 学校も, 安置し, 家に, 密事の, 寝ころがると, 寝そべって, 寺社奉行の, 導かれて, 小旗, 小紋の, 小遣銭も, 尻を, 居眠りそれへ, 崩れて, 左手の, 希望と, 帽子に, 平常の, 平蜘蛛の, 幾たびか, 庄吉の, 建って, 引きあげました, 張って, 当年三四歳ぐらいの, 役立った, 往き渡るむっと, 御家族, 微笑むか, 必要な, 思いは, 急な, 性来手裏剣に, 怪力を, 恐るべき殺人電気, 患者数と, 惣七と, 戸が, 手巾を, 打ちおろす, 投げた, 投げ捨てたが, 折重なって, 押しあげられたもの, 押上げた, 拳を, 持ち出させまいと, 指さきで, 振りかざしながら, 捨てられて, 据えた鏡台, 捲きあげられ丸太材, 描かれて, 改めて感興, 敢行された, 数しらずころがっ, 敷いて, 新たな, 旗が, 日頃の, 昇ったとき, 明らかな, 春風が, 時間と, 暢びりした, 更にコポオ, 書いて, 最も普遍妥当, 有して, 朝威が, 木々や, 来れば, 栄盛組大高組三井物産その他の, 梅雨らしい, 楠木方との, 模糊と, 横たえられて, 樹が, 欠くべからざる交際社会, 欲心の, 武蔵は, 死人の, 残酷な, 毒水が, 毛氈を, 気も, 水で, 氾濫した, 沙摩柯の, 泣き伏した, 注がれて, 活発で, 浅井朝倉の, 浮かんで, 浮き出て, 海の日の, 涼しい紺色, 渡と, 湯気の, 漆黒の, 漢の, 灼熱的な, 無数の, 煤ぼけた, 父の, 牛が, 物価が, 狼藉に, 現れるの, 生きること, 生じた, 産褥熱で, 男客の, 異変の, 疲れて, 痣の, 発揮せられる, 登ったの, 白い糸, 白く散っ, 白縮緬の, 皿や, 盲目であった, 相手を, 真白な, 真青に, 眠ること, 着城, 矢比が, 知恵が, 砕け散って, 示さなくては, 神助あらせ給え, 私の, 移した, 程なく吉報, 積んで, 突っ立ち, 突然なんだかはっとする, 窓ガラスの, 立たなくちゃ, 立ちすくんで, 立った人影, 立つこと, 立つ推定, 立つ者, 端坐し, 納まった, 素行の, 細く伝う, 絶えなかった, 縛られて, 罪を, 置いた数枚, 置かれ几帳面, 置き残り, 美しく化粧, 耐えがたいくらい, 聞いたまま, 聳えて, 胡床を, 脳漿を, 腹ばったまま, 臆病者で, 自動車が, 自然な, 至ると, 舞い上がって, 色よき, 芳も, 茎ばかりの, 落して, 落ちかかり手, 落ちたかの, 落ちた煙草, 落として, 蔭を, 薄黒み, 虎を, 蝙蝠の, 行宮を, 裸に, 襲いかかろうと, 要求を, 見える鉄砲, 見せた, 見て, 見る, 視線が, 言文一致は, 誰かが, 豆電灯を, 賢明であった, 走らせて, 起きたさまざま, 起き上って, 起上っ, 跼んで薄, 踏み潰された蟻, 身が, 軋む櫓, 転がった, 軽くつい, 載せたり, 載せるよう, 輝くでしょう, 辿りつくと, 返った, 這いあがったり, 逢いたさ, 週給五百ドルを, 遠くない, 配偶者にも, 重から, 金にも, 金持ちな, 鈍いしびれ, 錦の, 長うし, 開けッ, 降り灑ぎ, 隣家の, 雨水を, 雪が, 青空を, 面白おかしい, 響かせて, 頸動脈まで, 顕現しなけれ, 風の, 飛びあがって, 飾って, 養生所ぜんたいの, 馬のりに, 高くひびい, 高価らしい, 鳥籠が, 黄昏れ, 黒皮の, 黝ずんだ, 鼾を

▼ うえ~ (442, 9.7%)

3 眠って, 私は 2 このこと, ござりました, だ, 呼ぶ声, 声が, 巡査を, 眼を, 重大な

1 [420件] あけて, あなたを, あなた自身は, あの女, あの愉快, あらそいせんきょによって, あらためて禽語楼小さん師匠, あれは, あれほど, いうの, いかなる恨み, いばって, いよいよ不埒, いろいろの, うごいて, うすぼんやり, うつくしくながめ, うるさく身体, おもいがけぬ声, およいで, おりあらば, お増, お待ちくださりませ, お断りを, お決め, お話に, お願いいたします, かけ金, かぞえた, かたく縛った, かの神, かれこれと, きめるつもり, きゅうに, きょうの, こいつの, こうして思い, ここに, ここを, ことによったら, このお, このわ, この主水, この四人, これは, これほど, これまでに, これを, ころがして, ござります, ごとんご, ごろごろと, さ, さきほどの, さっとシート, さらにその, さらに研ぎ, しかるべき方法, しずかに, しばしば訴訟当事者たち, しばらくお, しらべに, じりじりと, すくなくとも衣食住, すこし切っ, すてるの, すなわち互いに, せいろん, そいつを, そういうの, そのうえ土俵, そのつぎ, その虹色, それでどう, それと, それに対する, それらを, たいへんいばりちらし, たがいに, たたき伏せられねば, ただちに現場附近, たった一つ, だれか, つい雑言, つまりそれ, とかげを, とくとご, とんで, どうもちつづけ, どこかの, どこぞ, なお仔細, なお君に, ながめて, なくては, なしとげられたもの, なにか丸い, なにか新しい, なにやら書き, なにを, なら微, なら非難, なんとかする, ねそべって, はじめて行い得た, はじめるん, ひとしきり足, びりっと, ぴったりよりそっ, ふいに, ふたりは, べつな, ほどよく切っ, ほほほ, ほんの仮寝, ぼんやり影, ぽーん, また上がっ, みて, みんなの, もうすこしで, もう二年, もし盗人, もじもじし, やって, やはりこれから学ぶ, やれ, やれば, ゆっくりと, ようやく承知, よく話, らんらんと, れいの, わざと小道, わざと捕え, わざわざ詮議, わたくしの, われも, アメリカまたは, オランダに, オルゴールの, コトコトと, コーヒーを, サ案外, ザチを, チョンと, チンカンチンカンと, ピューッ, フクロウが, ブツ, ボオオウと, ボンヤリと, ボーイ室への, ポンと, ロンドン塔でなく, 一つに, 一匹の, 一日昏睡状態に, 一時に, 一時間近くも, 一時集合する, 一番都合の, 七日の, 七隻の, 万が一ぬれ, 不意の, 世に, 両三年, 主君の, 主命を, 二時から, 五百金の, 人々は, 人気負けした, 今宵これへ, 今日から, 今日こそはという, 今目の, 伊那丸を, 休んで, 会ったと, 体操を, 作家も, 作戦する, 依然として世界, 俳優修業の, 借りるの, 先へ, 六波羅へは, 其の子, 再び口々, 冷えて, 冷たく縡, 処置する, 出かけて, 初めてめし, 到底いつ, 刺身庖丁を, 力を, 匿って, 十分想いを, 十重二十重に, 千ルーブルくらいは, 半度以上も, 厳重な, 叔母が, 取り決めるの, 取極めるから, 右手を, 各村, 合図の, 同格であり, 名を, 否みなくされて, 四五人の, 国家の, 執事の, 夕映えが, 夢でも, 大に, 大塔, 大理石を, 妙な, 娘の, 娘を, 婦人が, 子供に, 存分いさぎよく, 存分に, 宥めること, 家棟の, 寄付する, 寝鳥, 対策を, 射撃を, 尋常に, 小ツル, 屑籠の, 山を, 帰って, 広田を, 庭の, 引き受ける習慣, 役所を, 彼を, 御命令ひとつ, 心を, 心残りの, 急に, 急所を, 意見の, 意識を, 成功すれ, 手を, 手提信号灯が, 打ち果して, 打合せるが, 承ろう, 承諾を, 折れて, 拙者と, 指を, 振った, 振りまわして, 掏った, 揚子江に, 搗きあげた餅, 改めて身柄, 改めて返辞, 故障が, 救われるに, 敢えて君命, 敬四郎も, 斜めに, 新兵器に, 日本の, 明年, 明日僕の, 明滅する, 昨夜従兄と, 昼寝を, 時を, 曲がる伸びる廻る, 有名な, 朋輩どうしが, 机の, 村重の, 来たの, 柿泥棒に, 樽の, 機を, 次第にかすめ取られ, 正直な, 歩が, 歴史的にしか, 死ぬるの, 死ぬ気, 死ねなん, 殺して, 母と, 毎月一回ずつの, 毛布に, 民族代表の, 気が, 気持よ, 決心した, 決戦せん, 浄土宗の, 淫婦の, 深い霧, 添えたもの, 源三郎の, 源三郎を, 無理やりに, 然るべく計らっ, 煙草を, 燃やすという, 独特の, 獣の, 現在の, 生命の, 甲から, 申しあげます, 申上げましょう, 申上げる, 畏れながら, 病気の, 目が, 直訴するた, 相手に, 矢を, 知って, 知らせるから, 確という, 秀吉にも, 私も, 突然入歯, 立ちどまって, 立派その, 答弁する, 箱の, 箱書きを, 約束したで, 約束の, 縛り直したり, 罰金申しつけ, 翌明治三年三月下旬, 老人に, 聞いて, 聞いとったら昨夜, 肚を, 自分たちの, 自分と, 自分の, 舞い狂い火の粉, 色んな恋愛技術, 花を, 菓を, 葱を, 蒸気船の, 虎船長は, 蜀の, 蜥蜴みたいに, 行司が, 行燈の, 表向きには, 西と, 見て, 見ると, 見る広場, 見較べながら, 親は, 親方が, 言うが, 言った, 言明する, 許して, 証明する, 試衛館一派の, 詩を, 談判に, 警察へ, 買うか, 費用を, 質屋へ, 身体を, 身分がらに, 軟かくする, 辛うじて風流, 近づいて, 追出された, 途方に, 遠いところ, 都合によっては, 重吉を, 野菜や, 金五郎は, 釘抜藤吉は, 鉄の, 鐘楼の, 長い睫毛, 阿英, 降して, 隊員たちは, 雑誌を, 青空へ, 非常時に, 頂戴したい, 頭を, 風が, 飛行機から, 飲料水一斗野菜二貫匁林檎三十個を, 首尾よく, 首領の, 高価の, 鳴き交し, 鳴りはじめた, 鳴りました, 黄色い蝶, 鼻を

▼ うえ~ (234, 5.2%)

7 歩いて 2 すれすれに, なでさ, 叩いた, 見た, 見て

1 [217件] あつい氷, いきおいよくおよい, いくたびかすべりそうになって, いって, いっぱいに, いやと, おおって, おもいたも, おもうとき, お増, かこつよう, こつこつと, ころげまる, ころげまわって, さわやかに, ざわざわ風が, しきり, しきりにきょろきょろ見まわし, しだいに強く, しのいで, しのんだの, しばって, すうっと, すかして, すぎるとき, すこしばかり, すべって, ずらすよう, そういっ, そそとせせっ, そっちこっちわ, そのま, ただよいやがてなにか, ただ羨, たどって, ちょろちょろ泳い, とおりすぎ堂々たる, とびこえたっけ, とびこえながら, とびまわる, とんとんと, とんと一つ, とんと叩い, どこうと, ながめるの, ながれて, なでて, にじり這うこと, のぞいた, のぞいて, のろのろ這っ, はいまわっ, はこんで, はしって, はって, はなれると, ひいやりと, ひそかに, ひとりの, ひと巡り見まわっ, ぴしりとうった, ふきながら, ふみしめるの, ふわっと白く, ぶつぶつ喧嘩, ぶらぶらあるい, ほんのり染め, また歩きだした, まるで甜め廻す, まるで蟻, みると, み渡した, ゆきかえりしながら, わたって, インド丸に, ガリガリやられ, キラキラっと, コツコツと, トビが, ボクボクと, ランチの, リバプールに, 一度払った, 一羽の, 乗りこして, 二人が, 仰いでも, 仰ぐと, 何処までも, 偲んで, 全速力で, 出して, 包んだ, 匐って, 千二と, 危ぶんででも, 叩いて, 叩きつづけながら, 吹いて, 吹き流れた, 呪ったり, 嗤って, 器用に, 大股に, 守らせ給えと, 封じた, 少し腫らし, 川下を, 巧みな, 巧みに, 幻の, 張横張順の, 彷ってる, 彼の, 往来し, 心配し, 心配しました, 思うて, 思うと, 恥じ学校, 択んで, 押すと, 拳で, 拾って, 指さした, 掌で, 探しあるいた, 撫でさ, 断末魔の, 明けても, 明け透け話した, 枝の, 案じた, 樹の, 機関銃の, 歓呼に, 歩きだした, 歩んで, 気味わる, 気球は, 気遣う気持, 泳いで, 流れおちる雨水, 流れて, 流れる, 渡り, 渡り湿原, 渡船は, 滑った, 滑って, 滑るよう, 漕いで, 照らして, 片づけに, 牛車の, 独で, 猫が, 眺めてるうち, 眺めわたして, 睨まえた, 知るの, 穴倉の, 突進する, 素早く美しい光沢, 考えつづけて, 考えないわけ, 考える方, 聞いて, 腹立てて, 自分たちの, 船は, 蜂が, 血で, 行く片雲, 行交った, 見せつけられるよう, 見ながら, 見ました, 見ると, 見るよりも, 覗き込んで, 話して, 話してから, 話しながら, 話し出した, 語りました, 説明した, 走った, 走ったから, 走って, 走るん, 走る汽車, 越えて, 越える所, 越して, 踏みつけて, 踏み付けた, 軋る万年筆, 送り出しながら, 透かして, 這い, 這いずりまわって, 這いまわる, 這って, 通って, 通り越して, 遊んで, 鉄板を, 鉛筆で, 電光が, 風に, 飛びこえて, 飛びまわる, 飛ぶよう, 駆け回って, 駈けあるき, 高く空

▼ うえ~ (225, 5.0%)

3 一刻も 2 ぜひも, それが, なんの, ッ, 彼の

1 [212件] あとの, あなたも, あやしい針目博士, あわてて, いい気持, いかなる恥辱, いかに骨, いくらか, いくら切支丹, いさぎよく白状, いさぎよく自害, いたしかた, いたずらに嘆き, いちどぜひ, いっこくもはやく, いまから, いやな, いよいよじ, いよいよ貨物運搬, おくがた, おたがいに意地, おれも, お互いに, かえってこと, かず枝, きさまたち, きっとあなた, きっと充分, こっちの, この遠, これと, こんどの, さいわいに, さらになんらの, すなわち丹下殿, そこへ, その分, その必要, その生活, それに, それを, ただもう一度, ただ一つ, ただ一歩, ただ大覚, ただ精根, たちまち鼻血, たとい死ん, たとえなん, たとえ一軒, だれとても, だん, ちょうど空地, どうかし, どうせの, どうにかし, どんなお, なおここ, なおのことこけ, なにとぞもと, なにほどの, なんでも, なんとか身, ひとしおさ, ひとりの, まいどの, まず劉玄徳, また聖人, まんがいちにも, もうあなた, もうなに, もう一度生き返し, もう二度と別れる, もう傷, もう安心, もう自己流, もはやとりかえし, もはや猶予, やがて故主玄徳, よき死に場所, わたくしの, わたしに, われだに, われに, われらが, われらほどの, われ一人でも, オルガ姫に, ギリシャは, サイゴン警視庁の, パナマの, 一歩進ん, 万寿さまを, 上陸し, 不足な, 丸木を, 予に, 二人の, 京都を, 人物は, 今夜の, 何とか処置, 何を, 何事も, 兄の, 全地積, 再度の, 剣門に, 北見老, 同胞が, 君と, 呉へ, 問わなかった, 国中定め, 土手の, 地下室の, 夜来の, 夜討ちだ, 大儀だ, 大望は, 大沙漠帯, 大規模, 天守に, 天意に, 官兵衛は, 官庁側においても, 実際に, 宮内省へ, 家康が, 家来の, 寺へでも, 己が, 平人の, 弁護士に, 弔合戦ある, 彼女に対して, 彼奴を, 徐州へ, 御旗楯無の, 必ずまずその, 必ず厳にその, 悪しからず伝え, 愈, 手前なんぞに, 拙者の, 救難信号を, 敵を, 断じて平家, 断じて徹する, 早いが, 早く傷, 早ぜひも, 早速にも, 是非も, 時日を, 暗闇に, 東京へ, 東昌府と, 果心先生から, 梅雪みずからけちらし, 死ある, 死すとも, 死ぬより, 残る財, 殿に, 気の毒に, 泰衡は, 洛中へ, 浅井と, 源三郎を, 潮流に, 無理にでも, 猛火を, 玉砕主義を, 甲斐へ, 皆様が, 直義と, 真の, 砦に, 秀吉に, 私たちだけ, 私も, 穴山一族の, 空中へ, 策を, 箱根に, 約束の, 紅, 老痴漢, 腕ずくで, 自ら成敗し, 自身に, 至誠を, 良い妻, 苦行を, 覆すに, 親の, 豊潤な, 貴様の, 貸事務所, 農商務省の, 遠く離れた, 野辺地まで, 長年の, 関東へ, 雑軍端武者の, 頭に, 飛びおりるか, 高家より, 高時が, 高時の, 高砂の

▼ うえ~ (206, 4.5%)

7 ことだ 3 ことに 2 ことを, ところに, チンピラが, 白い布

1 [188件] あたりから, おこ, おに, おねがいは, お名, お覚悟, きまりだけ, こごとは, こと, ことじゃが, ことで, ことであった, ことであり, ことである, ことであれ, ことでございました, ことでした, ことです, ことな, ことの, ことは, ことばを, この草原, こまかいめんどう, ご配慮, その細い, たくさんの, てっぺんに, ところへ, どうなっ, ないしあわせ, ない不幸, ひとは, ものも, ものを, ような, ように, コンクリートの, ザフレービニナ孃つまり, シャンパンの, スタンドを, フィクションが, プラクティシュな, ペンキ画について, メタフィジィークについても, ランプに, ランプの, 一件を, 一貫した, 三国ヶ嶽で, 両力士, 並木街, 事で, 二階の, 人たちと, 人と, 人を, 人形の, 人気役者に, 今年中でのみもの, 位牌の, 光景が, 八代将軍吉宗公を, 凄じい, 凶事が, 刃傷です, 判り切った出鱈目, 剃刀を, 勝敗じゃ, 十字形とは, 原稿を, 口実で, 右の, 同じところ, 名誉も, 垣根から, 塔に, 塵を, 大山の, 失言ぐらい, 奥の, 女中さんが, 妨げに, 姫君は, 子どもばかり, 宵月を, 射撃には, 小屋の, 少年は, 山旅だった, 岩かげに, 岩の, 幼獣の, 弔いがっせん, 弥生に, 影を, 御文, 御評議無用, 心持を, 必要から, 思い設けぬ不幸, 怪老人が, 恐怖な, 悪日これも, 戦略だった, 戯れだ, 所置に, 方の, 於市の, 映像は, 映写幕に, 時計は, 最後の, 最高発展期として, 木の, 林の, 桟窓を, 梢は, 棟木へでも, 楽しいこと, 構想では, 毒殺と, 毛布が, 気分を, 水溜りが, 水練など, 永田杢次は, 決心な, 沙汰に, 泥を, 洗い髪も, 満足は, 激論が, 物音は, 犬っ, 瓦の, 産物であった, 男は, 白衣簪冠の, 相談に, 真の, 空に, 空を, 空中戦は, 窓から, 窪地に, 紙片を, 緋の, 義兄弟だ, 腿を, 自分の, 艦影は, 苦労を, 茶わんを, 草花も, 葡萄酒を, 虫を, 蠅は, 解決は, 言葉ぐらいで, 話でありまし, 話である, 輝き渡る, 辺りで, 遊びでは, 道路に, 選定では, 邊に, 部屋で, 都合から, 野を, 電文綴の, 靴あとが, 頬ひ, 頭と, 頭の, 顔は, 願いは, 風鈴だ, 飾り物を, 首と, 高い目標, 魚の, 魚ぶね, 鳥かごでは, 鳥居三本は, 黒白ふたつの, 黒革の

▼ うえから~ (143, 3.1%)

3 下を, 身を 2 いって, それを, みると, 信長は, 見ても

1 [127件] いえば, いっても, いのちの, えんりょえしゃくもなくたたきつけるのでした, おさえても, おさえるの, お客を, かぶって, かまたは, かんかん日, ごろんごろん, さぐった首領, しっかりと, そう言える, その鋭い, その首, つねに聖人, つまり良心層, でなく押して, とつぜんぴかぴかと, どうしても自意識過剰, ながめて, ひびいた, ぶッぱなせ, ぼくたちの, まっさ, みて, もらわれて, やはり潜水服, わずかばかり, オーバーを, タカを, ハーモニカを, ヘクザ館の, 一のみに, 一思いに, 一本の, 一発の, 一突きに, 下ろした五寸, 二段目の, 云った, 人声が, 今が, 何ごとをも, 傷口を, 再び雪の下, 加わったの, 動かなくなったと, 南蛮銃の, 去った, 去れば, 取り落し, 取り除くこと, 叩いて, 叱咤の, 呼ばわりつつ, 噴火山の, 固唾をの, 声を, 壺の, 大きな巻毛, 大鷲の, 客の, 少し西, 岩石でも, 巨腕を, 帆村を, 徐々に身, 手で, 手に, 振り向いて, 探照灯で, 推理を, 撫でた, 最も肝要, 月を, 木隠, 海の, 海綿を, 消えて, 深々と, 滝の, 爪先まで, 版木を, 物が, 玉井組の, 甲板へ, 石が, 立ち上ったの, 笑った, 箱を, 紫の, 聞えずとんでも, 腕を, 腹に, 船長が, 艦橋が, 花を, 落ちたのに, 落ちて, 落とされて, 薄い日, 衣冠の, 表向きは, 見えなくなった, 見て, 見る大通り, 観察すれ, 解釈すれ, 触って, 言っても, 話しかけた, 説き涙, 諸君に, 赤いけ, 赤い藤蔓, 起きあがって, 起き上がったが, 身体を, 逃げて, 電話の, 青いけ, 青い藤蔓, 面を, 飛びあがらせるほどひどく愕かせた, 香盒に

▼ うえ~ (112, 2.5%)

2 ない愛情, ない満足, なくばかげた, なく不愉快, なく満足

1 [102件] おしろがらくじょうするときはどうなるだろうか, こっちいっこう目ぼしい, だんなの, ない, ないいいこと, ないが, ないこと, ないしあわせ, ないた, ないよい御, ない仕合せ, ない便宜, ない冷, ない力, ない功徳, ない善人, ない喜び, ない大, ない好都合, ない宝, ない宿, ない希望, ない幸, ない幸福, ない怖ろ, ない急所, ない恩人, ない悲しいこと, ない悲惨, ない愉快, ない意義, ない損, ない旅行, ない最後, ない有様, ない極地, ない正直, ない渡り, ない男, ない痛手, ない立派, ない純潔, ない絶望, ない肉体, ない誠意, ない非, なかった, なき明知, なくいまいましくこの, なくうらやましかった, なくうれしそう, なくびっくり, なくふつ, なくよろこんだ, なく人, なく仕合わせ, なく傷ましい, なく喜び, なく安らか, なく尊ぶ, なく幸福, なく後世, なく忌わしい仕事, なく悦び, なく悲しいす, なく悲壮, なく愛し, なく懐かしく感じ, なく手厚く看護, なく折り合い, なく掻き乱した, なく放っ, なく楽しかった, なく淋しがらせた, なく深い尊敬, なく渇い, なく理, なく異様, なく真心, なく神経質, なく純真, なく美しい人, なく美しい森, なく美しい花, なく美しかった, なく羨しい, なく義侠的, なく蛮カラ, なく親しげ, なく親切, なく都合, なく面白がっ, なく高潔, な仕やう, また, もやって, 二三日前に, 可愛いいで, 寝て, 忘れて, 思わなかった, 病気の

▼ うえには~ (88, 1.9%)

2 薄い靄

1 [86件] あらわれて, いつだって, いつのまにかもう天守閣, おたま, お今, きっとまた, しばらく人間, すでに家庭用, たくさん楽書が, ちゃんと夕食, つたが, どうも人, どこかの, なるほど武家奉公, なんだかくろずんだ, なんとし, のこぎりの, ぴんと頭, ほとんど茨, まだ夕雲, まばらな, みるみるうち, むしろ朝, もっとも大事, やしろでも, やはりクライスラー, らを, れいの, ギンネコ号の, 一ダアスほどの, 一場の, 一日中弛んだ, 一本の, 一片の, 一種不気味なる, 三重圏が, 不思議な, 二三冊の, 二十四名の, 五匹ほどの, 人を, 今も, 何かの, 何んと, 半紙に, 参考書や, 大きな方眼紙, 大な, 屈強な, 島一つ見えない, 巌流を, 帆影が, 帽子も, 徳利が, 悠然として, 支配人フリュウリ氏が, 新しい外国, 新しい家, 昼でも, 昼夜物見の, 時おり千鳥, 暁の, 杉材で, 柑橘の, 櫂が, 淡緑色, 渦を, 男の, 私は, 秋らし, 立派な, 笠鉾万燈, 紅や, 舟の, 茶布巾が, 荷物船や, 薬瓶などが, 豹の, 都から, 醤油と, 鉄の, 電話機が, 靴や, 飮み, 高級艇員が, 黒いペンキ

▼ うえにも~ (85, 1.9%)

2 その原罪, 用心を

1 [81件] あった, いろいろの, うすぐろい隈, おいそぎ, かならず輝き, この朦朧時代, ご注意, さらに吉野朝廷, そちの, その旅人, それほどまでの, つねに背後, ない, ない原口さん, なにか苦情, ほの, またちょうど, また裏切り者, もえあがった, やはり旧慣, よく考え, クロを, 一層強固, 三つの, 事大きく, 云い及んで, 十年の, 厳なる, 古くなっ, 同じよう, 善き者, 固い官僚, 外にも, 大きくなった, 大なる, 大困難, 大変な, 宿って, 希望を, 幾匹と, 引いては, 後醍醐は, 得やすから, 忍耐し, 念を, 感じるの, 振い江北江東, 昇らせ雨, 明るい太陽, 是に, 有効であろう, 松平勢は, 欲が, 毅然たる萩乃, 気持よく, 照って, 猿が, 現せば, 現れる未熟, 用心なさった, 畏怖を, 窺われた, 罪を, 自分を, 行人の, 見られたの, 親睦を, 親鸞の, 謹まなくては, 賑やかだった, 起こるよう, 道誉好みな, 適当な, 酷い興味, 長く伸びた, 降りかかって, 陰惨に, 露が, 駆りたてた, 高い事物, 高くなり

▼ うえ~ (61, 1.3%)

2 持って

1 [59件] あがって, いきなりその, いって, おいて, おさんどんをど, おちると, おろされそして, くだった, さしてきた, しがみついた, しきりと, しゃがみながら, だらしなくこぼす, とんで, どやどや上がりこん, ならべながら, のぼっちゃうて, のりだして, はいあがると, ひっぱりあげた, ぶちまけて, ぶっ倒れた, ぼんやり視線, また降る, もって, よじのぼって, ッ, ヒラリと, ポト, 三河屋と, 乗りあがっ, 体を, 凝と, 出ること, 匐いあがり, 叩きつけた, 垂れさ, 大した影響, 大声で, 子供が, 小掻巻, 屈み腰, 座りこんで, 思いきりよく卒倒, 放りあげると, 玉を, 眼を, 砲弾の, 突き落され部将, 置いたとき, 落しました, 落ちた, 落ちる, 象として, 身を, 転がして, 辷り落ちて, 鉈で, 飛び出した

▼ うえでは~ (48, 1.1%)

1 [48件] あるが, いつもぼやけた, いま大, お島, すっかりそれ, たしかにそうなる, たれよりも, どうしてもそうならなけれ, どうも憲法, ないので, なかなかの, なるほど, まったく俳優, もう秋, わしが, イネ国の, 丁抹鰻の, 九月と, 他宗と, 六百二十年前の, 写実を, 向英一辺倒, 変容が, 大久保支配権の, 大事の, 天皇は, 女ばかりが, 子供は, 廃止され, 截然と, 打ち鳴らされる鉦太鼓, 採らなかった, 暦が, 武蔵野屏風を, 殺人が, 気の, 水夫竹見を, 白衣の, 自分の, 自然は, 至って艶色, 船のりと船のりとは, 認められても, 適切である, 金さんを, 長いあいだ大, 随所に, SS

▼ うえにおいて~ (27, 0.6%)

4 観察する

1 [23件] あなたの, あらゆるうえ, ありました, あるテレ, ある青磁色, いやでも, こういうよう, これは, ぷんぷん怒っ, また闘う, われわれが, カンテラで, 利益だ, 声の, 売薬ほどの, 宗教という, 忘れては, 忘れること, 松平家を, 義の, 自己の, 賛成の, 頭を

▼ うえ~ (23, 0.5%)

1 [23件] あいて, あゝまで, きゅうに, くしゃくしゃに, さわがしくなりました, しんぱいだ, しんぱいです, すこしも淋しく, とり片付けられ一枚, なんともいえない, 哀しかった, 哀れまれたり, 地下流だ, 寂しいと, 心配で, 心配な, 日常の, 曇って, 気づかわしいしばらく, 気づかわれるでは, 浅井にも, 着せて, 雪崩で

▼ うえ~ (20, 0.4%)

2 あるの

1 [18件] あのおそろしい, あります, ある, いた, いた彼等, いて, いない場合, いるでは, いる自分, うちの, おいたの, おきました, ふ, 実験し, 居る心, 松下庵と, 色つく, 風の

▼ うえ~ (20, 0.4%)

5 にし 3 にする 2 にしなけれ, にをし 1 さすという, しなければ, にさせ, にした, にするまえ, になんかさせやしない, にはさせやしない, によりももっと

▼ うえその~ (15, 0.3%)

1 [15件] あとへ, うちで, うちの, 二年間の, 仏像を, 地下室の, 夜槙島の, 後部を, 晩は, 本を, 次の, 汚辱に, 脇差を, 財産を, 顔へ

▼ うえでの~ (15, 0.3%)

1 [15件] ことだ, ことだった, ことである, ことに, ことよ, しかしながらごく, ひそひそば, 一書だった, 凝念自若, 分類と, 十分な, 結語の, 話な, 話は, 難問題に

▼ うえでも~ (13, 0.3%)

1 [13件] いちめんいちめんももいろ, いろいろよから, ガン人と, 先生の, 大さわぎ, 思うの, 武力の, 物が, 聞きたいもの, 英国が, 豆屋は, 離反しなけれ, 風俗画と

▼ うえまで~ (12, 0.3%)

2 くると 1 あがると, いって, ちいさな汽缶車, とびあがりそう, 帽子を, 拡って, 漂ういて, 燃えうつって, 茂りほう, 話した

▼ うえでない~ (11, 0.2%)

1 [11件] とすぐ, とできない, とど, となに, と品物, と引きとらん, と心, と手, と是, と私, と通さん

▼ うえ~ (10, 0.2%)

1 ことばでなり, さよ婆さんの, ひざもとを, 助けを, 城大工の, 引き取りを, 戻り下さい, 知恵を, 箸を, 隅櫓と

▼ うえ~ (10, 0.2%)

1 うする, か言ったら, がほしい, の文句, もせず, も申し上げられない, を出す, を思いましょう, を考えだす, を言える

▼ うえ~ (10, 0.2%)

1 がすむ, は自分, をこまごま, をし, をしました, をしましょう, をする, をつづける, を聞い, を聞かせる

▼ うえでなけれ~ (9, 0.2%)

1 ばすべて, ばちょっと, ばできない, ばわかりません, ばわかる, ば容易, ば断定, ば迂, ば飛びこめません

▼ うえとも~ (9, 0.2%)

1 よろしくお願い, 伊那丸さまの, 娘どもは, 御指教, 御長久, 治郎君を, 泰文が, 自分たちを, 苦しめたまえッ

▼ うえにて~ (9, 0.2%)

1 あらあらかしこ, その主人, まえが, 彼へ, 怒りに, 物を, 社の, 身づく, 間隙を

▼ うえ~ (8, 0.2%)

1 いうだけ, しとりあえず, そのまま横, それから, なったの, 思う, 申しあ, 苦闘に

▼ うえこの~ (7, 0.2%)

1 おそろしい呵責, お美し, 内証事を, 前療養所, 曲の, 河童頭の, 細工を

▼ うえさらに~ (7, 0.2%)

1 わしも, 二人の, 余力を, 奥へ, 後門, 映画の, 流出し

▼ うえ~ (7, 0.2%)

1 あたしが, からまた, から案じなさん, ととても, と申し, と評した, よ

▼ うえまだ~ (7, 0.2%)

1 あと一台の, どんなたくらみ, 何から, 半月ちかく, 合戦再発の, 支度が, 靖国の

▼ うえ自分~ (7, 0.2%)

1 だけはいかがわしい, で柴田外記, で署名, の腕, もここ, を責め, を連れ

▼ うえなし~ (6, 0.1%)

1 じゃ, です, という, と言うべき, にのろま, の乗物

▼ うえまた~ (6, 0.1%)

1 もとの, も三菱炭積機, 一千貫で, 君より, 總勘定を, 音も

▼ うえ~ (6, 0.1%)

2 をたのむ 1 うえん, うえんうえ, だんちょう, をもとめた

▼ うえからは~ (5, 0.1%)

1 たとえ火, やっぱり女房, わしは, 本船と, 遁が

▼ うえなお~ (5, 0.1%)

1 その首, つりあいよく, 女にも, 女主人, 虫の

▼ うえについて~ (5, 0.1%)

1 一つ巨大な, 何か, 密談に, 師匠と, 立って

▼ うえにまで~ (5, 0.1%)

1 とどく荒れ狂う怒濤, 思い及ばないでは, 振りかかって, 滲み出て, 滾れた

▼ うえ~ (5, 0.1%)

1 からなに, の望み, の言おう, を叱っ, を馬鹿

▼ うえ~ (4, 0.1%)

1 それとも稚い, 否か, 懐の, 椅子に

▼ うえからも~ (4, 0.1%)

1 できるだけの, ゆるし難い, よく分っ, 小さい滝

▼ うえ~ (4, 0.1%)

1 のさ, んだ, 其の方, 大変弱つたえ

▼ うえなどを~ (4, 0.1%)

1 いろいろに, 想い出させられた, 考えて, 話しだしたが

▼ うえより~ (4, 0.1%)

1 いささかこれ, 見て, 観ずれば, 諸軍

▼ うえあなた~ (3, 0.1%)

1 に求める, をお, を仲間

▼ うえおまけ~ (3, 0.1%)

1 にかれ, にアンタ, に女

▼ うえこれ~ (3, 0.1%)

1 にもやはり, ほどひどい, も急

▼ うえじゃ~ (3, 0.1%)

1 どうしよう, 人の, 君は

▼ うえそれ~ (3, 0.1%)

1 をことわりました, を一枚五万円, を灰

▼ うえついに~ (3, 0.1%)

1 出生証明を, 海底超人国探検隊長と, 相手の

▼ うえでなく~ (3, 0.1%)

1 ては分からない, ては勝負, 真実私は

▼ うえどこ~ (3, 0.1%)

1 かへ行っ, かへ隠し, ともなく

▼ うえどんな~ (3, 0.1%)

1 事が, 方法を, 目に

▼ うえもう~ (3, 0.1%)

1 いちどうしろでに, このくらい, 日が

▼ うえ~ (3, 0.1%)

1 櫓の, 生計向きの, 竹を

▼ うえわたし~ (3, 0.1%)

1 のひつじ, の愚か, の犬

▼ うえ一日~ (3, 0.1%)

2 も早く 1 もこういう

▼ うえ二人~ (3, 0.1%)

1 が出立, ずつ三番, を家老

▼ うえ四人~ (3, 0.1%)

1 のくっ, の召使, の男

▼ うえ~ (3, 0.1%)

2 になる 1 の急行

▼ うえ~ (3, 0.1%)

1 の本邦医学, の読ん, はその

▼ うえ~ (3, 0.1%)

1 寛恕下さい, 返辞つかまつる, 願い申しあげます

▼ うえ~ (3, 0.1%)

1 あ有りあんすめえ, なさ, よ

▼ うえ追放~ (3, 0.1%)

2 になった 1 ということ

▼ うえ長く~ (3, 0.1%)

1 この記述, は待てなかった, 放って

▼ うえあと戻り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ うえあの~ (2, 0.0%)

1 手紙が, 重病でございます

▼ うえいよいよ~ (2, 0.0%)

1 おそろしいこと, 人間改造術にとり

▼ うえお願い~ (2, 0.0%)

1 もうしても, 申しあげます

▼ うえここ~ (2, 0.0%)

1 はひとまず, より東二里余

▼ うえこんど~ (2, 0.0%)

1 は, はどんな

▼ うえこんな~ (2, 0.0%)

1 余興まで, 生活を

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 住職に, 処罰ねがいたい

▼ うえそこ~ (2, 0.0%)

1 から黒媛, に半円

▼ うえそこで~ (2, 0.0%)

2 自分ひとりの

▼ うえだけ~ (2, 0.0%)

1 では, 濁った水色

▼ うえである~ (2, 0.0%)

1 から屋敷, と推定

▼ うえでて~ (2, 0.0%)

1 はずを, まえが

▼ うえとうとう~ (2, 0.0%)

1 お弟子, 賊の

▼ うえとは~ (2, 0.0%)

1 いえやっぱり, いえ廻廊

▼ うえともに~ (2, 0.0%)

1 その点, な精勤

▼ うえなら~ (2, 0.0%)

1 ばともかく, 格別だ

▼ うえにおいても~ (2, 0.0%)

1 いかなる緻密, たいへんな

▼ うえにかが~ (2, 0.0%)

1 みこんだ, みこんだ時

▼ うえにと~ (2, 0.0%)

1 しはも, 添い入院費用

▼ うえはと~ (2, 0.0%)

1 いかに申され, 万福丸

▼ うえばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく身, 踏んで

▼ うえようやく~ (2, 0.0%)

1 本望を, 門院さまに

▼ うえ一段と~ (2, 0.0%)

1 奥まった部屋, 深い絵

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 のスイッチ, の麻

▼ うえ城下~ (2, 0.0%)

1 の町, より十里外

▼ うえ天皇~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, のみ前

▼ うえ失策~ (2, 0.0%)

2 を重ねる

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 に執念, のいう

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 信さまで, 知恵小

▼ うえ小林君~ (2, 0.0%)

1 は篠崎君, をタクシー

▼ うえ幸福~ (2, 0.0%)

1 から人間的幸福, の砂

▼ うえ幾ら~ (2, 0.0%)

2 とか罰金

▼ うえ押す~ (2, 0.0%)

1 ことは, と佐野次郎左衛門

▼ うえ最初~ (2, 0.0%)

1 の半分, の約束

▼ うえ火焙り~ (2, 0.0%)

2

▼ うえ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ うえ生き~ (2, 0.0%)

1 てい, て甲斐

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 が黒い, 浅黒い鈍重そう

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 へ行, へ行かねえで

▼ うえ近く~ (2, 0.0%)

1 の草田病院, の警察

▼ うえ選び~ (2, 0.0%)

2 分けたの

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 があっ, を出し

▼ うえ開い~ (2, 0.0%)

2 て見れ

▼ うえ顔面~ (2, 0.0%)

1 がめちゃめちゃ, を叩き潰し

▼ うえ~ (2, 0.0%)

1 に乗せない, に乗せられる

▼1* [582件]

うえあけてみました, うえあげつらう気には, うえあすあちらへおうかがい, うえあす校友会の委員全部, うえあたしに罪, うえあたりまで一緒, うえあっしをかつぐ, うえあとの四つ, うえあどけない嬉しさを, うえあなた様が諸方, うえあらためてこういう返答, うえありのまま報告した, うえある巷の, うえあれを大洋丸, うえあんな大きな物音を, うえいざ会見と, うえいたく今日は, うえいちめんに大きく, うえいっぱいにむずかし, うえいつもいじめられてばかり, うえいまでは躰力, うえおしげが交番, うえおしたくを, うえおとなもおよばぬ, うえおのおの国籍本名を, うえおれに勝ったら, うえお前えだ, うえお母さんのお話, うえお茶を替え, うえお話をつづける, うえお越しなさい, うえお通しでござろうが, うえお銭のこと, うえかべと床と, うえからかうように, うえかれに苦労, うえきょうの夕がた, うえきょう一日は陣休み, うえきるものは, うえくらの中, うえくる日も, うえぐるぐる巻きに, うえけがれ払いのお祈り, うえけつぜんと徳川がた, うえけんかをし, うえげんじゅうになわまでかけてしまいました, うえこのほど身をいぶせき, うえこれからすぐさま王城へ, うえさっそく御殿に, うえさびしいところへ, うえさも両名, うえしかも処罰を, うえじゃあありませんよ, うえじゃっけなにいう, うえじゅうぶんにとらすであろう, うえすぐ犬山城の, うえすっ裸になっ, うえするとお前, うえとに鉄の, うえそういう複雑な, うえそくばくの銀, うえそれから綿を, うえそれではすぐそちら, うえそんな野郎を, うえたかくとんで, うえたずねまわるのは, うえたた丹三を, うえたたんで渡した, うえだけで通用する, うえだけでの夜だ, うえだけの事実では, うえだってとても要る, うえだれにもさとられぬ, うえちゃんと錠を, うえちょっとした気管支の, うえついでに自分自身, うえつかれている, うえつぎのドア, うえつくる結果に, うえつづいてむごたらしく, うえつながるえにし, うえてももはや天然痘, うえてれたような, うえであったから成, うえであろうと思う, うえでしきりに, うえですからどう, うえでともいわず即答, うえでのみこれを, うえという固定的感念に, うえとうとうちゃんと座席について, うえとか海上とか, うえときおりはジョニイ, うえとで明らかに, うえとりあえず先は, うえどうしょうって, うえどういうわけか, うえどうしてのめのめとお, うえどじを踏まない, うえながらくおあずかりいたし, うえなく愛した兄, うえなくうれしく思って, うえなくかがやかしく約束され, うえなく美しくまた快活, うえなど聞いたり, うえなどという迂遠な, うえなどに瓦を, うえなにか彼に, うえならでは, うえなら知らない事だ, うえにおいてさえも近時男子の, うえにおいては信用し, うえにかけつけひ, うえにからだが, うえにぎにぎしく御見物, うえにさえ冒涜の, うえにだってあるよ, うえについての話を, うえについてはいさ, うえにてがみを, うえにても申し候通り, うえにでも変事が, うえにとのさまが, うえにねわいわいいっ, うえにのしあげた, うえにのみ短い, うえにばかり吹いたの, うえにべッたり, うえにほど落ちには, うえにわかに気強くなっ, うえに関して口を, うえぬれて歩い, うえねんごろに, うえのちほどご返事, うえはいちかばちか, うえはけものの足跡縦横, うえはずみというもの, うえはにほんこくちゅう, うえはももはやお, うえはや四月も, うえばかみたよう, うえひととおり邸内の人々, うえひとりが扉, うえひとり逆臣の汚名, うえふいをつかれた, うえふざけている, うえふたりの子ども, うえへかがみこんだ, うえへとわっしょ, うえへびをいじめる, うえほかの部屋, うえほとんど解剖の, うえほぼ健康を, うえほんとうにぼくたち, うえぼうそうし, うえぼくとよく, うえよく似, うえまきの灰, うえまげ節に, うえまたしたがって業につき, うえまでものびて, うえまんまと旗本五百石の, うえむだなせりふ, うえめしのごちそう, うえもと神代の, うえもんのじ, うえもんぢやあんめ, うえやっと目的地に, うえようしゃなくすぐ死刑に, うえよけいなぐられるの, うえわが罪の, うえわが身もかの土, うえわたくしの苦しみ, うえわなと見えない, うえをつつーッと, うえをもかりも, うえアパート住まいのひとり者, うえイライラさせれば, うえエチエネットにはまた, うえカレーからフランクフルト, うえシャツとズボン下, うえスコットランドの密使マア, うえソッととっ, うえソロソロとはいこん, うえチャルストンを踊っ, うえトランクにはかぎ, うえドアをひらい, うえニーナをとめる, うえハルクが毒蛇, うえビッコだから, うえポーチのところ, うえロンドン近くに置い, うえ一刻も没義道, うえ一夜豁然大悟して, うえ一層の事一思い, うえ一昨年二十歳で若年寄, うえ一時間ぐらいする, うえ一本釘を打っ, うえ一礼をなした, うえ一糸纏わぬす, うえ一緒に走っ, うえ一面にきらめく, うえに近い, うえ三〇度以下の斜面, うえ三尺ばかりのところ, うえ上宮太子の御霊屋, うえ上山さんの背広, うえ下士兵の十分の一, うえ下手にごね, うえ与力の王, うえ与次郎を責める, うえ世の中の荷やっかい, うえ世間をアッ, うえの下, うえ大将が, うえ主人喜七郎へ下げ渡され, うえ乗って帰る, うえ乗客たちをのこりなく, うえ九条関白に運動, うえ乱髪の隙, うえ乾板を没収, うえを未然, うえ事実無根のこと, うえ二センチ幅くらいに裂き, うえ二三十町もある, うえ二十面相は何, うえ二百人以上の巡礼, うえ五人の連証, うえ五百人もかからね, うえ五郎という若者, うえ京師の正規軍, うえ人気をひとり占め, うえ人間を乗せる, うえ今度の土曜, うえ今後はいかなる, うえ今日なら会おうと, うえ他所へ行きとう, うえ仙台六十万石を横領, うえ仙太郎親方が自分, うえ以前董相国の別荘, うえ仰せつけのとおり, うえ会ってもらいたい, うえ何とかしましょう, うえ何ら御腹蔵, うえかに殺意, うえ保存ができない, うえ俺たちは働く, うえ値段をきめた, うえ停泊中の汽船, うえ優しくビビイの, うえ充分に用意, うえへ進みたい, うえ先ごろも少なから, うえストなど, うえ全国を興行, うえ八世紀の末, うえ六ツものん, うえ六年後再度南極大陸, うえ兵隊にやっ, うえ内々には政治, うえ出来ている, うえ出陣ときまっ, うえ刑部殿よりお, うえ剥皮場と看視, うえ劬りや憐憫を乞おう, うえ効果も確実, うえ医官らは非常処置, うえ太夫に, うえ半殺しにでもし, うえ卑しいものに, うえ南緯六十九度西経九十度を諾威領, うえ即位の典, うえ去年は正季どの, うえ反対ができなかった, うえ反抗すると, うえ叔母さんの胸倉, うえ取り調べしにこの, うえ取り調べたるにただ, うえをきく, うえ古木のよう, うえ同じ武家の, うえ同夜は光秀, うえにあの, うえ嘲笑して, うえ坊舎の上, うえ基房の伽羅, うえ士気を沮喪, うえ売り売りしていた, うえ夕方ちかくに, うえ多くの物, うえ溝に, うえ大いに運動を, うえ大事な右, うえ大体の図柄, うえ大地を汚させ, うえ大晦日の雨, うえ天井左右のぬり, うえ失踪した, うえ奇術的にさえ見える, うえ妊娠の噂, うえの五線紙, うえ始末書をとられ, うえ姻戚関係にもある, うえを快活, うえ子供があったら, うえ宇喜多との事, うえ定期市の土産物, うえ宝石は銀行, うえ実は少々心当り, うえ室戸丸は五発, うえ家中から選抜, うえ家事も切り, うえ宿改めやら御, うえ密詔のご, うえ寝所へ引き入れ, うえ対等の契約, うえ尋ねてもらうまい, うえ小林松井の二少年, うえ少年探偵団の子どもたち, うえ島田を斬る, うえ島田君のお, うえへ抛り込んだ, うえ市井の人情, うえ布団の上, うえ帆村荘六の頭, うえ師団命令で部隊, うえ帰ってゆかれた, うえ帰国するよう, うえ常に神あり, うえ幕府に不満, うえな子三人, うえ幾日かかって, うえのうえ, うえ延ばすことは, うえ寺の, うえ当山にとどめおか, うえ往来でたちまち, うえ後れると勇悍, うえ徹底的な住生活改革, うえ心臓がどきどき, うえ心臓破裂で死ん, うえ念入りにもう一度, うえ怪人団をまわり, うえ怪我しても, うえ恐れ多くも, うえ恐れ入りますがどうか, うえ恥ずかしめては, うえ悠々と後, うえ悠然と敦賀へ, うえ悲しいことを, うえ悲しませてはならぬ, うえ情熱的な境, うえ意外なところ, うえ愛妃の心, うえ懐中電灯までお, うえむかっても, うえ手ごめにしよう, うえ手段と云っ, うえ手足をしばり, うえ押して谷, うえ押しておねがいする, うえ押せばこっち, うえ押籠にされた, うえ持ちきれないほどになった, うえ操縦桿を握っ, うえ攘夷策のいっさい, うえ放免さる, うえ放逐して, うえ教えを求めた, うえを討つ, うえ断食をつづける, うえ斯んな身重, うえ方位さえも不確か, うえ旅費を持たせ, うえ明智探偵と小林少年, うえ昨夜のでき, うえ是非を言わさぬ, うえ昼間のうち, うえ晁家の奥, うえ時分を見, うえ時計の針, うえ更に村重へ, うえ書状を発し, うえ望むべき何も, うえ東洋流のざんこくなる刑, うえ松本から一日, うえ枯草を, うえ柳営の桟敷, うえ楽屋へとびこん, うえ横車は押せない, うえ機械人間の死がい, うえをきる, うえ歌舞伎座を借りた, うえ正しく名宛人の, うえ武器はピストル, うえ死体までくすね, うえ死刑になった, うえ死躰をここ, うえ殊に懐妊し, うえ残った三十万石の, うえ殺しにし, うえ殿村のるす, うえの利かない, うえ気兼苦労而已をし, うえも佳い, うえ江戸へ送っ, うえ決して服従し, うえ決定したもの, うえ沐浴して, うえ河原乞食のまね, うえ河野父子三人は刎首, うえ浜子は研究, うえへ入水, うえ海港の罷, うえ涌谷さまの申立て, うえ涌谷さま覚書を披露, うえ深山にそだっ, うえ渡り職人や旅稼ぎ, うえ漁師たちをかえし, うえ潜航艇を沈める, うえをつけ, うえ烏騅まで盗られた, うえ烽火台工築に着手, うえ無理にお父さん, うえ無益な手数, うえ無礼を申す, うえるべく処置, うえ然るに食い方, うえをつれ, うえ獄門ときまっ, うえ王公貴人よりしも乞丐賤民, うえ瓢箪池に投りこ, うえ甘えることは, うえ甚内を拉し, うえ生きようとは思えない, うえ生きればさらに, うえ生れ付き腕が鈍く, うえ生活に追われ, うえみ願うところ, うえ留まっている, うえ疲れて歩い, うえ症状に応じ, うえ痙攣の発作, うえを黒, うえ百たたきの罰, うえ百十人の人夫, うえよく寝, うえを覚まし, うえ目鼻をつけた, うえ相談を取り極め, うえ県庁へ留任, うえ真珠が入っ, うえ御の, うえ睨んだ日には, うえ知識のうえ, うえ石膏末ですべすべ, うえ社中の人物十人, うえ社家に泊っ, うえ禄高に応じた, うえ私どもが貧乏, うえ種々御下問, うえ窮命させられて, うえ競争者の手先, うえ笑えないで苦し, うえ篠崎家を訪問, うえ篤と家内どもにも, うえを送ったら, うえ米友様の御, うえを枯らし, うえ約束どおり壮二君をかえし, うえ素姓の怪しい, うえ紫いろの顔, うえ紹介すると, うえ綱宗に隠居, うえの手, うえを重ねさせ, うえ署名願います, うえ義理をたてる, うえ羽目板に背, うえ翌日東検島の官庁, うえがぴんと, うえ聞こうとはいわぬ, うえのところ, うえの中, うえ自らクラヴサンをよく, うえ自動車にのっ, うえ自害せい, うえ自身付き添って, うえ致しましたそうで, うえ良人の形見, うえ若様の御, うえ苦しめたかア, うえ茶会のお, うえ茶瓶からコップ, うえ葉子を手元, うえ處他人に見られたら, うえ融通して, うえ血判をした, うえ行かれたという二説, うえと裏, うえ裏手の原っぱ, うえ要するに父親の, うえ見せつけられたら兄は, うえ親しくしようと, うえ観音裏で与, うえ訴えて参りました, うえ証拠などを揃え, うえ詮索をつづける, うえ語其ものさ, うえ語其ものさえ郎女, うえ誤謬でも発見, うえにもないしょ, うえがつき, うえ諸家へ預けられた, うえをたまい, うえ謙信をさしまねきあれ, うえ警官たちは六人, うえ警視庁の中村警部, うえ負けちゃいかん, うえ買うといったら, うえ賢二君を下谷, うえ赤井市兵衛と番頭, うえ越後屋に踏み止まっ, うえをもっ, うえ足場のわるい, うえ足数にし, うえ足軽小者らの扶持方, うえ跛者とくりゃ, うえ身軽だ, うえ軍使は二本, うえ農家や牛飼町, うえ近県から来た, うえ返答に及ぶであろう, うえ追いつかうのが, うえ稿する, うえ逃げるとうち, うえ逆らうと海, うえ道草を食っ, うえ遺書を捏造, うえ邸内へお, うえ部下に命じ, うえ郵便局へ引き渡した, うえ酒屋その他の商人, うえ酔ったらもう動けない, うえは自分, うえ長居は無用, うえ門前に待っ, うえ門弟たちとも評議, うえ開けてみました, うえり合って, うえ闘ったり悩ん, うえ阿部侯より, うえ随身門から外, うえ隠しておく, うえ隠しだていたしましたら罪, うえ隠すは無益, うえ隣国同士喧嘩のしのぎ, うえ雛型をとら, うえ難癖のつけよう, うえ雪崩の心配, うえ雲龍寺邑楽郡役所館林警察署川俣等の現場, うえ電話をかける, うえ青木が貝床, うえの底, うえ頑張っている, うえがはずれ, うえ頻りと剣道上, うえは一面, うえ飴ン棒のよう, うえ館長室に通っ, うえ首相にまで辞意, うえ馬鹿な真似, うえ駕籠に揺られ, うえ駿河大納言のけら, うえ高い木の, うえ高く鳶が, うえ高く白い司令旗は, うえ魔法つかいがきれい, うえ魔法博士に子どもふたり, うえ麻痺薬が醒めた, うえ黄金の砂, うえ黄靴の上