青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~う う~ うい~ ~うえ うえ~ ~うけ うけ~ ~うけた うけた~ ~うし
うし~
~うしろ うす~ うそ~ ~うた うた~ ~うだ うだ~ ~うち うち~ うっ~

「うし~」 19479, 210ppm, 477位

▼ うし~ (7614, 39.1%)

74 彼は 62 私は 51 それが 46 見ると 42 自分の 41 此の 39 彼の 38 私の 36 それを 33 ゐるうち 32 それは 26 其が 25 見れば 22 ゐるの 19 ゐて 18 ゐると, 之を 17 俺は 16 置いて 15 これが 14 私が 13 僕は, 最後に, 自分は 12 それに, ゐる間 11 そんなこと, 暮して, 此う 10 そこに, その上, 二人は, 急に, 此処に 9 くれ, ゐた, 僕の, 居るうち, 彼が, 歩いて, 置けば, 自分が 8 その日, 今は, 俺の, 多くの, 彼女は, 彼等の, 此処へ

7 [15件] いいか, さう, その時, それと, そんな事, 人と, 他の, 僕が, 先生の, 凡てが, 又その, 君は, 居ると, 彼等は, 生きて

6 [20件] おいて, お前の, お前は, これは, その中, やつと, ゐる, ゐる中, 一緒に, 代助, 何か, 或る, 手に, 斯う, 斯んな, 私も, 私を, 自分で, 自分も, 自分を

5 [25件] い, いるの, ここに, これを, すぐに, その結果, それつ, です, ゐても, ゐるところ, ゐる内, 一つの, 下されば, 中, 今では, 今も, 又この, 君の, 始めて, 居るの, 居る間, 斯様な, 日を, 次の, 此が

4 [86件] あの男, あんなにした, いた, いても, いるか, おきみ, おつぎ, お前が, お前も, これらの, そこから, そのま, その事毎, その人, その間に, それから, それも, それらの, とう, とりかへ, なほ深い, ほんの暫らく, みると, みれば, ゐら, ゐること, 事件を, 二人とも, 人に, 人間の, 今でも, 今一方は, 今度は, 今日の, 他人の, 何も, 例の, 其の様, 其れ, 其を, 其上に, 其内側には, 其處に, 其間に, 凡一月は, 出て, 君が, 呉れ, 夜に, 女たちの, 女は, 寝て, 強く強くうち, 彼らは, 彼れ, 彼等に, 後から, 後は, 後後で, 心の, 忙しい世の中, 我々は, 斯ん, 日も, 日本の, 明るい意思, 暫らくは, 更に世, 最後の, 此等の, 死んだの, 浦島は, 独りで, 私たちは, 立つて, 純一だ, 自分と, 自己の, 茲に, 言ひ出した, 誰でも, 貴女と, 遊んで, 郎女の, 靜かな, 飛ぶ鳥

3 [118件] あの人, いいの, いつまでも, いて, いる, いる間, いれば, おくん, くれるの, くれるん, このごろに, このま, これに, こんな所, さつ, しひて, そこへ, そのはやり風俗, そのやう, その夢, その御, それらが, それ等の, そんなところ, た, どこにも, まるで生き物, やう, やたらに, ゐるあ, ゐれば, 一切の, 一定の, 下さい, 之に, 二人で, 二人の, 人民を, 今の, 今度の, 仕事を, 他を, 何時までも, 兎に, 其, 其なごりが, 其の後, 其人が, 其処から, 其処で, 其所に, 其等の, 前に, 又此, 口の, 君と, 呉れるぞ, 夜の, 奈良の, 女が, 好いか, 妙に, 室生君を, 家を, 尚ぢ, 山の, 島の, 左の, 帰って, 年々頻繁に, 弟の, 彼に, 彼を, 彼女が, 彼女の, 後に, 悉く跡形, 我等が, 我等の, 斜に, 旅用意の, 日の, 昼も, 時々は, 時を, 時間を, 最後は, 村の, 来た, 染め上りも, 死んで, 沁, 渠は, 父は, 物を, 生れて, 生活の, 畑の, 目に, 神は, 私達は, 窓の, 置いても, 老僧, 考へて, 腹の, 自分, 自分でも, 自分に, 薔薇の, 表題を, 見たところ, 貰は, 貴方が, 門から, 靜かに, 顔を, 餘り

2 [484件] あいつは, あとに, あなたの, あなたは, あなた方の, あの兄妹, あの寂しい, あの方, あの月下, ある場合, あれは, あれを, いぢめ, いつのまにやら, いまは, いやな, いるだろう, いると, いる私, えへん, おいしいや, おいで, おいよさん, おくれな, おまへは, おれは, お互に, お判り, お呉んなさい, お妙, お浦, お爺さんが, かう女子, かう言, ください, くれようと, くれると, ぐる, この, このお爺さん, この世にも, この中, この夜十六夜, この娘, この家, この幽邃, この葉書, この辺, こんなところ, こんなにいた, こんなむしばんだ, こんな場合, こんな風, ご自身, さうし, さつきから, さよならを, さらに恐ろしい, しまいました, しまひには, しまふと, すぐつぎ, すつかり, すべての, そなた, その, そのため, そのと, そのテエマ, その一つ, その光, その口, その四角, その幽か, その心, その戀, その或る, その机, その河口, その淡, その祈念, その空, その翌日, その芽, その虫, その裏, その読者, その車, その遊び, それまで, それよりも, そんなに早く, そんなに煮え切らない, そんな方, そんな結構, ただせつ, ただ夢, ただ微笑, たちまち三百歳, だ, だと, ちやんと, ぢいつ, どうだ, ひよつと, びしよびしよに濡れ, ふしぎな, へんに, ほんた, ぽろぽろと, またお, みんなし, もつと, やつて, よいか, わたしの, わたしは, わたしを, ゐたい, ゐたか, ゐたの, ゐたので, ゐた方, ゐては, ゐながらも, ゐます, ゐるが, ゐるだけ, ゐるとき, ゐるわけ, ゴツホの, ズシリ, ッて, ツて, トルストイの, 一まとめに, 一人の, 一家が, 一散に, 一方には, 一日々, 一枚の, 一生懸命働い, 一種の, 丈の, 三十圓の, 上やうと, 下さいよ, 下さると, 下界の, 不意に, 世界の, 世間の, 両方の, 久しぶりの, 九郎右衛門は, 乞食どもの, 二つの, 二度許り, 二階へ, 云ふ, 人々の, 人々は, 人を, 今から, 今にな, 今日は, 今日迄, 今迄, 今頃は, 他へ, 何うし, 何だか美しい, 何だか胸, 何でも, 何といふ, 何の, 何を, 何処で, 余の, 余は, 作る, 來た, 侮辱に, 傍に, 僅かばかりの, 兎の, 兩者の, 八五郎は, 其から, 其の外, 其中から, 其中に, 其処の, 其処を, 其様な, 其神座に, 其處から, 其處で, 其責任者は, 内心いささか, 出來, 出来よう, 出来る丈, 出来上つた, 別の, 刹那に, 刺の, 前の, 割った, 努めて, 勝彦さんに, 勝彦さんを, 千恵は, 千曲川の, 博士の, 卯平は, 又, 又それ, 又不可解, 又佛教以前, 又北側, 又嫌, 又死なん, 叔父の, 口を, 各, 向うの, 吾, 呉れと, 呉れりや, 呉れ給, 味方の, 唯二人人目も, 四つ又, 坐つて, 塔の, 夕陽の, 夕霧が, 外の, 外を, 多少の, 多数の, 夜は, 天樹に, 夫れ, 夫人は, 失恋, 奥さんを, 奥の, 女の, 妻に, 妾と, 妾を, 子供と, 安心し, 完全に, 家々の, 家へ, 家族の, 寒さ, 封を, 将軍家の, 少年の, 尚ほ, 居た, 居たいわ, 居たん, 居らつし, 居られるの, 居ること, 居るところ, 居る中, 居る事, 山を, 左う, 己を, 帰りには, 平安朝に, 床に, 彼には, 彼我の, 彼方から, 彼自身は, 待つて, 徐ろに, 徒らに, 御存じ, 御座え, 御自分, 御話, 忘却の, 快活に, 急いで, 恐ろしい夜, 情慾です, 惡い, 愈, 愈々別れる, 愈激しい, 愛嬌が, 我々が, 扉が, 抑へ, 持つて, 擦つた, 支那の, 故郷の, 敏捷で, 教えを, 斯うい, 斯様に, 日が, 日に, 日光が, 日本で, 日本は, 日本を, 日毎に, 早くお, 明日の, 明瞭に, 映画見物の, 春が, 春も, 春三郎を, 昨日の, 是は, 昼すら, 時々その, 時々声, 時々後, 時々聲, 時計の, 晝すら, 暫くし, 書くこと, 最上級の, 最早一定, 月人に, 朝から, 未だ地上, 本当の, 朱塗の, 朱欒の, 村, 来た時, 来て, 東と, 東京に, 森閑として, 椋鳥が, 椿子を, 樣, 歌は, 此も, 此問題に, 此様な, 此種の, 此自覺は, 此處に, 此處へ, 此遲くに出, 歩く, 歩むにつれて, 歯を, 歸つ, 殆ん, 母の, 毎日お, 毎朝水汲に, 気が, 洋燈の, 浮, 涙を, 深く, 温泉に, 溜息ばかり, 滅茶苦茶な, 漸く今, 澄みか, 灰色の, 爺さんの, 狐憑の, 狸は, 狸汁に, 班固, 現在の, 現實, 甘酸ゆい, 生活し, 生涯を, 癇癪の, 百姓の, 皆が, 皆さんも, 益々混乱, 目の, 目を, 直むき, 相互の, 相手の, 真に愛し, 真の, 眺めて, 眼が, 眼青みあり, 知って, 知つてる, 私から, 私たちの, 私と, 私との, 私に, 私達の, 秋の, 稀に, 穴の, 第一, 第三, 第二, 第二期, 箸が, 終には, 結婚した, 置く方, 美奈子の, 羽織を, 翌日に, 老人の, 而し, 耳を, 育つて, 胴巻が, 膝の, 膝を, 自ら疑ふ, 自分たちは, 自分自身に, 自分自身の, 自己を, 自覺, 花の, 若い客人, 若しさ, 苦しんで, 茲を, 萩原君を, 葉を, 葛籠の, 蒲団の, 藝術に, 藝術の, 藝術家の, 蚊を, 蛇つかひ, 袂から, 西風は, 要するに僕, 見ようと, 解つた, 証拠に, 誰が, 誰に, 貧しい者, 貴族種だ, 路易は, 近くに, 逆上せたこれ, 遂には, 遠い海草, 野つ, 金の, 陸に, 雨乞の, 電燈に, 青い股引, 静かな, 静かな思ひ, 音も, 魚市場の, 鳥は, 黙って, 黙つて

1 [4640件 抜粋] ああまで, あても, あの婦人, あの絶壁, あまりに無計, ありけるが, あれに, あんなもの, あゝ女子, いく日, いたほど, いつその, いつも自分, いま華氏九十五度といふ, いるかの, いるやら, うすいむら, おくが, おつた, おる, お出合, お前此処に, お客樣を, お村, お稽古, お霜婆さん, かう遅, ぎつと押し込ん, くれます, くれ八, こう争っ, このごろそれを, この一騷ぎのあとから, この二つながら, この公園, この女, この感じ, この母, この祭り, この若者, この轉換, この部落, これの, こんなに彼方行, こんな商売, さうだらう, さやう, しばらく氣まり惡さうに二人, すぐ揚場, せつせ, そつと, そのはい, その不時, その以前, その儘お寺, その受け止めた, その型, その奧, その實, その帆, その恐ろしく, その折々, その明け方, その次に, その清水, その狂態, その痛み, その籠, その自信, その葡萄, その起源, その都度, その頃, そばへ, それだけが, それはもう, そろそろ写生, そんな恐し, ただ小さな, だね, ぢや, てれ隱し, ときどき目, どういふ, どちらかと, なつかしい多く, なんといふ, のんびりしてる, ひたすらに, ひろ, ぶなの, ほんとの, ますます俺, またそれに滿, また将軍家, また相州さま, まだ夜, まるで朝日, みずからも, みんなよく, もう一度あ, もう咲き, もさうは, もらった, やがて婬楽, ゆくと, よろよろと, わざわざ遠い, ゐさせようと, ゐたら心細く, ゐないと, ゐるか, ゐるに, ゐる最中, アノ室で, ギロリと, スポイトを, チャンポン屋で, トルストイが, バツサ, プログラムの, ポルチウンクラに, ワラタ号事件は, 一つ時暇を, 一代の, 一年が, 一挺幾らづゝかの勘定で, 一晩ぢゆう書い, 一気に声, 一足前へ, 七色の, 三十分程, 三時間も, 上つて来た, 下さいまし貴方, 下さんせお, 下男元吉の, 不満が, 世界と, 両方ある, 中庭で, 主人は, 之によ, 乳母の, 事々物々に, 二三軒歩い, 二十歳くらゐ, 二箇は, 五厘の, 交通の, 人は, 人通りは, 今お前たちに, 今全く, 今日では, 今晩は, 仕へるだけの, 他所へ, 以心伝心に, 低い所, 佐竹の, 何ぞ急, 何もかも, 何年か, 何時まで, 何處からか, 佛教の, 侍であれ, 俺には, 倭氏である, 僕と, 元の, 先の, 入るの, 全発想, 共同戦線を, 其の人, 其の弁護士, 其の棚, 其の羊羮, 其もどき役の, 其中にも, 其価値によ, 其内亦, 其城兵を, 其帰国に, 其後へ, 其所在地は, 其時世界が, 其残つた物語が, 其神祕な, 其自尊自大と, 其註釈としては, 其近くに, 具體的な, 再た思ひ出した, 冬空の, 凡ての, 出た事, 出来たもの, 出来上りました, 分解的に, 判ります, 別れたん, 到頭どの, 副詞である, 勉強なす, 勞働者の, 十日間ぶつ続け, 南の, 却つてこの, 參ります, 又もやそれ程近く, 又其, 又店先, 又本, 又私, 又通俗, 取つた黄金, 古河から, 同じく心, 同じ東京, 同時に活動, 向ふ, 吾儕ばかり, 呉れるん, 呼び出した正邪, 和睦せられよう, 唯屋根, 喉を, 嗅ぎ付けたもの, 四ツ目か, 国中若隠居ばかりに, 土地での, 地震が, 堅き盟, 夕方へとへとに, 外気に, 夜更け, 大きい夢, 大地に, 大舎人部, 天気の, 太鼓に, 奉公し, 女中と, 好い者, 妻を, 始終フランス仕込み, 娘達に, 子供の, 孰れ, 宏濶な, 実はもう, 室内は, 家内が, 寒冷な, 寢て, 寧ろ彼, 将軍家は, 小さな手荷物, 小國にな, 少くとも, 少し縮れた, 尾を, 居ちやじり, 居られない状態, 居るだらう, 居る自分, 山の神に, 左様な, 市中の, 常にひそん, 平和に, 平静と, 幽霊塔の, 幾首かの, 座敷開きの, 弁当の, 引被い, 当来の, 彼も, 彼是二月ばかり, 後其宅窟を, 徒に紙上, 御家人又は, 御苦勞, 復活祭の, 心臓が, 必ず豊田家, 忘れ得よう, 思つて下さる, 思出した, 恐い目, 恰も神自身, 悲しいかな, 惶しい, 愛を, 憂鬱だの, 成程さ, 我等は, 或特別, 戸が, 扉を, 才分の, 抒情詩が, 持ち出して, 挨拶を, 探つて, 支那に, 故右大臣さま, 散文でも, 數十遍唱へ, 斯, 新しく水神祭り, 新聞配達を, 旅籠屋ならびに, 日本人の, 旦那樣を, 明方の, 春は, 是まで, 時々彼女, 時として無, 晩年にな, 暁方やつと, 暫く沈黙, 更に, 更に彼, 更に行方氏, 書棚の, 最初お, 月は, 望みど, 木彫の, 本当に自分, 村人達に, 来らっしゃったの, 松山から, 枝渡りし, 柳は, 梟の, 楡の, 橘屋の, 次第に開ける, 正吉と, 此を, 此人達から, 此変化は, 此常世と, 此方の, 此歌集の, 此罪人が, 此非難の, 歩けや, 死に, 殊に私, 段々活用形式, 母が, 毎日君の, 民家の, 気まりが, 水想観, 永久世を, 池に, 沼が, 泳いで, 活字の, 海外に, 深い吐息, 渓流に, 溜息を, 漸く爽やか, 濕つ, 無事に, 無用な, 然るべきもの, 爪先を, 片口の, 牧師の, 犯人は, 猫の, 率意派が, 現在と, 甘い言葉, 生みおとされた, 用を, 申し入れると, 異様な, 瘠せて, 登館した, 白帝城下の, 皆さんの, 益々聴者, 直ぐ毎月自分, 相変らず, 眞劔にな, 眠るの, 睡られそう, 知れたかと, 砂糖なし, 社会の, 神の, 神道の, 私だけは, 秋色成人後茅場町の, 積極的とも, 空前の, 窺ひ, 立去りがたい, 第一句, 節の, 糸薄の, 素戔嗚が, 終に讀書, 結婚の, 絞殺された, 縁側へ, 纔かに, 置かなければ, 置て, 美的の, 翌日の, 老境を, 聊か見下した, 肉体が, 育つた家庭, 脇の下に, 自から, 自分たちの, 自己に, 興味に, 船腹の, 色も, 若い乳母即, 苦しんだ, 英語などで, 草履取が, 莫迦気て, 著書の, 蘭方医の, 行きます, 行暮れた旅商人, 裏から, 西暦の, 見すぼらしい老年, 見られるの, 見物の, 親切に, 言えないの, 討つか, 話の, 語るべきこと, 誰にも, 談論し, 警察へ, 貧しい芸術家, 貰はね, 貴方から, 貴様は, 赤彦君は, 起り得ない事態, 跫音が, 車を, 辛うじて伐り倒した, 近代の, 追求し, 這入ったかと, 逢へば, 遂に日本, 運んで, 道子の, 遥々と, 酌んで, 醉つた身體を, 重苦しげ, 金利の, 鉢植の, 錠を, 長い滑空, 門の, 間もなく無心, 附いた血, 障子に, 雑念を, 雨の, 電車を, 青く見えた, 鞍の, 頭を, 顔も, 風通しの, 食べる物, 飲みかつ, 餘つた花を, 馴, 高天原の, 魚くさい, 鷹揚に, 默つて彼の

▼ うし~ (6782, 34.8%)

207 の方 93 に立っ 74 のほう 60 にし 42 から, にいた 38 の壁 35 から声 33 を向い 32 の山, をふりかえっ 31 にある, にいる 28 へ廻っ 25 を見 23 を見せ 22 の席 2119 からつい, をふりかえった, 暗いこと 18 からその, で, にまわし, を見る 17 の窓, へ身, を振り 16 から見, に組ん, へ手 15 にかくれ, へまわっ 14 に身, 暗いところ 13 からそっと, から彼, に控え, に隠れ, をふりむい 12 の襖, へ引い, へ来 11 からいきなり, から見る, にまわっ, に坐っ, に来, に立った, に聞き, を向いた, を振り向い, を振り向いた 10 から手, にした, に廻っ, のやみ, の扉, をふり向いた, を振り返っ 9 に廻し, に隠れた, の座席, の障子, の駕籠, をふりむきました, を振り向く, を見た 8 から肩, のところ, の戸, へまわった, へ廻った, をふりむいた, をむい, を振り返った, を通り

7 [22件] から歩い, から組みつい, すがた, にい, につい, に人, に従え, に手, に組み, に隠し, のドア, の丘, の森, の者, の車, へうしろ, へ廻し, へ流れ, も見ず, をふり, を向く, 暗さ

6 [22件] から大きな, から来た, から顔, で声, にその, にまわった, に大きな, に迫っ, に連れ, の川, の机, の林, の荷物, へまわし, へ寄っ, へ退いた, へ隠れた, より, をふりかえり, をふりむく, を向け, を見せた

5 [27件] から出, から押す, から来, で手, で聞えた, にかくれた, にかばっ, にね, に垂れ, に山, に引い, に続く, に自分, のトランク, の崖, の柱, の空, の闇, の階段, の高い, へとびのいた, へ廻り, へ隠れ, をふりかえる, を振返っ, を見かえり, を見せる

4 [73件] からしっかり, からそんな, からだれ, からついて行った, からとびつい, からピストル, から叫んだ, から呼びかけた, から来る, から白い, から私, から見た, から首, がわ, でお, でふい, でドア, で叫ん, で聞えました, で誰, にかくす, にかくれる, にこの, につづく, にはいつ, にはお, には三本, にまわり, にもう, に一人, に残し, に突っ, に立ち, に立つ, に結び, に続い, に聞い, に見, に退った, に遠く, に随, のこと, の入口, の壁ぎわ, の声, の床の間, の板, の棚, の椅子, の男, の雪, はゆるい, へ, へかくし, へさがっ, へまわした, へ出た, へ向い, へ引っ, へ目, へ行っ, へ迫った, も見ない, をちょっと, をのぞい, を振りかえる, を振り返り, を振向い, を振返った, を歩い, を通っ, を顧み, 暗い事

3 [149件] からあの, からかれ, からこう, からこの, からさっき, からちょい, からどんと, からのぞい, からぱっと, からひとり, からふい, からよく, から一人, から不意, から二人, から人, から何, から叫びました, から呼びとめました, から女, から小さな, から抱い, から抱きすくめた, から押され, から突然, から自分, から誰, から足音, から近づい, から追っ, から飛ん, でこの, でとん, で呶, で呼ぶ, で目, で糸, で結ん, で聞こえた, で見, と前, にあった, にお, にかくし, にかばいました, にくっつい, にさがった, にしたがっ, にしゃがん, にすわっ, について来, について歩い, につづい, になっ, になつて, には, にはいつも, にひい, にひかえ, にまわした, にゐる, に両手, に並ん, に二つ, に何, に光っ, に向け, に垂らした, に声, に女, に姿, に寝, に小さく, に小さな, に居た, に廻した, に廻り, に彼, に從, に持っ, に消え, に突い, に聞えた, に聴い, に腰, に若い, に見える, に近づい, に近づき, に迫り, に隠れる, に頭, に馬, に黒い, の, のお, のとこ, のはう, のふす, の土手, の地面, の天気輪, の家, の座敷, の廊下, の戸口, の敵, の沼, の砂山, の羽目板, の遠く, へお, へさがった, へそっと, へつい, へま, へもたれ, へもたれた, へよろめいた, へ下っ, へ下った, へ倒れ, へ倒れた, へ出る, へ刎, へ向っ, へ回っ, へ廻した, へ引かれた, へ行った, へ逃げ, へ長く, をお, をふりむき, をふりむきます, をふり向く, をまわっ, をトン, を指さし, を振り向き, を振返る, を掻いた, を衝い, を見かえった, を見たら, を見ない, を見ました, 向けるは, 抱きに

2 [423件] からあまり, からあらわれ, からいった, からいや, からえり首, からおお, からおばあさん, からこわごわ, からさ, からじっと, からせまっ, からそつ, からそれ, からつかつか, からつけ, からで, からとびかかっ, からとびだし, からは, からはちょうど, からはもう, からぼんやり, からまっ, からもう, からやさしく, からやられた, からキャラコさん, からソッ, からヌッ, からヌーッ, からボソボソ, から一つ, から一ぴき, から一刀, から一太刀, から三分の一, から中村警部, から例, から僕, から前, から右, から同じ, から呶, から呼びかけ, から呼ぶ, から大, から大声, から女給, から寝巻, から小走り, から少し, から尾, から帆村, から強く, から彼女, から忍び足, から投げつけた, から抱きつい, から抱きついた, から斬っ, から片手, から理助, から白熊, から目, から眺めた, から着せかけ, から知り, から立つ, から続い, から聞こえました, から背伸び, から若い, から草履, から血, から行っ, から袈裟がけ, から袴, から見えない, から覗き, から走り, から軽く, から迫った, から追, から追いかけ, から追っかけ, から這入っ, から鉄砲, から馬鹿囃子, から駈け, がみ, が丁度, が見える, ぐれえこと, だて, だよ, でいった, でこと, でこんな, でした, でする, でとんとん, では, では今, でひとり, でふんふん, でハッハッハ, で二本, で云いました, で云っ, で人, で何, で大きな, で息, で異様, で突然, で立っ, で答えた, で組ん, で自分, で若い, で襖, で黄いろ, なる富士, なる柏, にあたる, にあっ, にいるらしい, におい, におき, にかがん, にかけて強く, にき, にさ, にさがっ, にしたがえ, にしばられ, にじっと, にそつ, にそらせ, にそれ, にたおれ, にたっ, にたれ, についてこの, につけ, にとび退った, になだらか, にのび, にはいっ, にはこの, にはこれ, にはその, には二人, には大, には大きな, には女, には遠く, にひいた, にひきました, にひとり, にま, にまで気, にまわされ, にまわりました, にもたせかけ, にもひとり, にもひとり十二, にも居る, により, にヌッ, に丁度, に三人, に並んだ, に乗せ, に乗せられ, に乗っ, に付い, に付き纏っ, に位置, に住ん, に來, に侍立, に倒れ, に備え, に兵, に出た, に切火打, に刎, に叔母, に吉原, に向い, に味方, に回し, に回っ, に坐った, に垂れる, に妹, に寄席, に尾, に居る, に差し, に庇った, に廻った, に引いた, に引き, に引きそっ, に引き返す, に引き連れ, に引ッ, に当っ, に当る, に接近, に控えた, に朝日, に残した, に流され, に火鉢, に照り, に片, に犬, に異様, に白い, に目, に砂丘, に磯五, に立つた, に笑, に組み合せ, に縛りあげ, に置い, に聞いた, に聞き流し, に聳え, に背, に背負い, に背負っ, に落ち, に葬った, に見せ, に護衛, に赤い, に跟, に跫音, に追いつい, に金絲, に門, に隠れました, に隱, に集まりました, に黙々と, のその, のそり, のはしら, のへん, のもたれ, のもの, のれんがの, の一人, の二人, の井戸, の人, の人間, の仲間, の入り口, の台, の墓地, の大きい, の大きな, の大人, の奴, の客席, の小, の小さい, の小姓, の山脈, の山際, の幕, の床, の庭, の戸棚, の押入, の押入れ, の断崖, の木, の松, の松の木, の板橋, の枯れ, の横, の横町, の樹蔭, の正面, の水, の滝, の畑, の秀才, の秘密, の翼, の自動車, の落葉, の足, の通り, の連れ, の連中, の道, の野原, の鏡, の隊, の馬, の高台, の黒い, はただちに, はどこ, は一面, は五十万坪, は山, は畑, は藪, へいっ, へいった, へき, へさがる, へずらし, へずらした, へずらせる, へその, へたおれ, へたおれた, へと尻込み, へなでつけ, へはい, へはいっ, へひき, へひっくりかえった, へまわる, へまわれ, へよっ, へよろけ, へよろけた, へよろめく, へソッ, へ両手, へ仆, へ反っ, へ向けた, へ垂らし, へ垂れた, へ声, へ女, へ姿, へ庇う, へ廻ろう, へ引き, へ引きかえそう, へ投げる, へ押しやっ, へ挙げる, へ振っ, へ振り, へ撥ね, へ流れた, へ消え, へ立った, へ立て, へ走っ, へ迂回, へ近づい, へ近づく, へ迫っ, へ退い, へ退った, へ這入っ, へ連れ, へ飛びこんだ, へ飛ん, まで行く, ゆく鼠, より米, より長吉, をおさえ, をかいた, をふりかえりました, をふり向い, をふり返る, をみ, をむいた, をむく, を仰げ, を向かなかった, を囲っ, を払った, を指さしました, を指した, を振, を振りむいた, を振りむく, を振り返つ, を振り返らず, を振向いた, を振返, を掻き, を襲われ, を見かえる, を見ましたら, を見ます, を見れ, を見返っ, を見返り, を見送っ, を通る, 向いて, 向くと, 向く其人, 巻きして, 振り向く真黒牛, 明るめり月, 暗い企ら, 暗い罪, 暗い自分, 暗い証拠, 立つ照明迅, 見と, 見は

1 [3196件 抜粋] かな, からうけ, からおし, からおとうさん, からかけだしました, からがらがら, からくみつい, からこんがらかった, からさし込み式, からじいさん, からそれら, からだきしめ, からついた, からでもはっきり, からとびつきました, からどなった, からなぐられたらしい, からのぞいた, からの左膳, からはがいじめ, からはみ出し, からは先, からは敵, からは飢餓, からひた押し, からぶつ, からみ, からもまた, からも大勢, からよびかけた, からわっ, からコツコツ, からスミス中尉, からチョコチョコ, からバアー, からヒョイ, から一伍一什拝見, から一郎, から乱れ飛びます, から人間, から伸び, から優しい, から兼吉, から利三, から勘蔵, から又もや, から右門, から君枝, から呼びとめられた, から喉, から圭吾, から声援, から太陽, から宇治, から家, から小, から少女, から差, から引いた, から強い, から応接室, から怪しい, から憲作, から投げつけました, から抱きおこした, から抱きとめ, から押えなさる, から押し出し, から掴み付く, から斬りつけ, から早苗, から月, から松葉杖, から横, から歩き出, から浪人, から灯かげ, から物, から登れる, から看護婦, から知れない, から突いた, から突嗟, から第, から組みついた, から締めつけた, から翳しかけた, から聞こえ, から背光, から自転車, から虹, から袴腰, から見すえ, から覗く, から走っ, から足助, から躍りかかった, から迫る, から追い付いた, から通帳, から金色, から長良川博士, から電車, から飛びまわっ, から騾馬, から鼻, がへる, が大川, が棧敷, が見られ, だ, だつた, であつまっ, でいつの間に, でがちゃんと, でご, でしばられる, でそっと, でとつぜん, でにもっ, ではこの, ではまた, では何者, では樹, でひらべったく, でみな, でをも恍惚, でポンプ, で一直線, で何だか, で割れ, で呪うべき, で多, で女の子, で居眠っ, で戸田老人, で新, で次第に, で津浪, で男ども, で笑った, で老人, で舌, で赤城, で鉄, とかわりばんこ, と仰せ, などもじゅうぶん, なんかに用事, にあたってふとい, にあの, にいつ, にいわえつけられました, にえ, におかれ得ないでしょう, におののい, にかがまっ, にかげ, にかばう, にがやがや, にこつ, にささやく, にしのび寄り, にしゃんと, にすすり泣き, にせ, にそういう, にたくし巻い, にちゃんと, についてあっち, についてつつましく, について主人, について廊下, について通り, につづいた, にとおざかっ, にともし, にどんな, になでた, になりぬ, にねじ向けた, にのけ反った, にはあの, にはきっと, にはずるい, にはためく, にはなお, にはひとり, にはもうもうと, にはタツノ, には一個, には乗客, には人造人間母艦, には優に, には又, には大勢, には富裕, には山吹, には座布団, には房, には敵, には更に, には楽山, には浅い, には犬, には畳一枚, には眼, には第, には聲, には衝立, には豊国, には電車通り, には黒い, にひしめく, にひつくり, にぴたり, にふる, にほんとにもう, にまだ, にまわす, にむかへり, にもうもうと, にもどれ, にも大砲, にも見えず, にゆうぜんと, によろめく, にキスさん, にチョコナン, にペーピー, に一つ, に一本, に三谷青年, に不安, に丸々, に二三歩, に人ひとり, に付いた, に伯爵夫人, に佇んだ, に保, に先生, に凭れ, に出来た, に助太刀, に十余人, に反らし, に古物, に名張街道, に喰いつい, に園田ヨシ子ちゃん, に坐り, に夕雲, に大次郎, に女ども, に富士, に小林少年, に居り, に屹然, に差し込ん, に帰った, に広々, に座, に廻わし, に引っ込ん, に待ちかまえ, に従っ, に徳川勢, に慧眼, に手錠, に押しこん, に振り向い, に据え, に敏, に断崖, に暗い, に果, に止っ, に残った, に氷ッ, に泰軒, に深く, に漫々, に爆発, に猫, に男女二名, に百姓種, に着い, に秘し, に空い, に立ちたまいつ, に立ってる, に笑い, に組合わし, に続き出した, に繋がれ, に聞く, に腰かけ, に若, に蜀, に西洋枕, に見えました, に読書案内, に走った, に足音, に辷らし, に迫りつ, に退きとっ, に逆立っ, に遠のく, に銀色, に開いた, に隠れてる, に離れ, に電鈴, に顫, に高い, に鯛ちやん, に黙, のあたり, のきよの間, のつづら, のまっ黒戸棚, のれんが, のカーテン, のジャック, のバンパー, の一団, の不断, の井戸側, の仮面, の僕, の兵糧方, の半分, の右足, の地点, の堤内地, の大刀, の子どもら, の寺, の小村, の尾花, の山上, の山道, の崖縁, の帯戸, の店, の御不浄, の敷居, の暗, の曲り角, の木蔭, の松林, の柳, の槍, の機械室, の水屋, の沢, の深編笠, の瀬川, の熔岩塊, の用人, の畑地, の砂, の空地, の竹藪, の組, の肉, の自, の茶屋, の草叢, の蒲団, の虎, の西洋建物, の赤い, の遊園, の部屋, の随員, の霧, の饂飩, の高城, はいらぬ, はひどく, はヒョウタン型, は仮り, は大小, は小高い, は斜谷, は柔術指南所, は田畑, は草原, は道, は高粱, へいう, へか, へかくしました, へかばう, へぐっと, へごろりと, へしさった, へすり寄っ, へそらせ, へつなぎ, へとびつく, へと繰り戻し, へなびい, へねじ向けた, へはいりこん, へぱっと, へひきずられ, へひつくり, へほうり投げる, へもぐりこん, へやってきた, へよろめい, へペン軸, へ下がる, へ乗らない, へ伸ばし, へ入りこみ, へ反らし, へ右, へ吹きよせ, へ垂れる, へ寄る, へ廻つて二重トンビ, へ引きもどされた, へ引っ掛け, へ後退り, へ怒鳴った, へ投げかけ, へ抱きもどした, へ押しのける, へ振り向いた, へ接近, へ時計, へ来る, へ没し, へ深々, へ畳まる, へ突進, へ縛りあげ, へ落ち, へ襲いかかり, へ走った, へ蹌, へ迫り, へ追いついた, へ退がりかけ, へ送り, へ遁げよう, へ随, へ顎, へ飛び返り, へ駆けつける, までくる, までよく, まで来る, まで追いつめ, もずっ, も山, やわびしい, や機械台, より之, より掛け, より西日, をおびやかし, をぐるぐる, をすかし, をとおりすぎました, をのぞきました, をふりむきふりむき走っ, をみせ, をもたせかけ, を一騎, を力まかせ, を向かせなかった, を回っ, を小走り, を廻り, を手探り, を振り仰ぐ, を振向きました, を援, を汗, を真赤, を脅かされよ, を襲撃, を見まわした, を見送った, を調べたろう, を追いかけた, を閉め, を顧みずし, 向かるる冬, 射す夏, 暗いの, 暗い思い, 暗い身分, 見られる神棚

▼ うし~ (2818, 14.5%)

100 んだ 3933 のだ 32 んです 26 のか 16 ものか 15 ことが, ものが 14 ことを 13 場合に 12 のです, ものだ, もので 11 意味の 10 か, ことか, んだらう, 事が 9 やうに, 話を 8 のかと, ものを, んだろう, 時代の, 言葉を 7 ことは, ものは, 事を, 人の, 処に, 風の 6 ことに, といふの, と言, ものだらう, ものに, わけで, 彼の, 方が

5 [19件] といふん, ところに, と云う, のさ, のは, ものと, んでせう, 事か, 事は, 八, 場合の, 女の, 後の, 方面の, 物の, 生活を, 私の, 種類の, 言葉の

4 [32件] ことだ, ことで, ことの, のだらう, わけか, 上で, 事に, 事実が, 人々の, 人達の, 人達は, 傾向を, 処から, 大願から, 奔り, 好意ある, 威高, 形を, 文の, 新しい好尚, 日の, 時には, 村が, 機会か, 氏, 求婚の, 物は, 石城づくりの, 神を, 自分の, 類の, 風儀に

3 [56件] かしら, かの女, か知らぬ, ことでしょう, といふこと, と云, と言う, なかに, ね, のが, のだつた, のだろう, ので, のであろう, のでしょう, のと, ものかと, ものな, もんだらう, んでしょう, 不思議な, 中で, 事かと, 事から, 事だ, 事実を, 人間の, 何うし, 例の, 信仰を, 傾向が, 光景を, 場合が, 場合には, 大水の, 官吏としての, 山の, 心の, 或る, 所で, 時の, 点に, 父の, 特異事情を, 男の, 笑ひ, 絲の, 習俗だけが, 考へが, 處に, 表情を, 言葉は, 訳で, 間に, 闊達な, 青年の

2 [139件] いろいろな, からとて人並み, か往復, か知ら, が近頃, ことかと, ことだらう, ことです, すべての, と, ともつた, と云ふんだい, と問, のであらう, のである, のでございましょう, のでございます, のでせう, のよ, の一体, もお, もの, ものだろう, ものぢや, ものです, もんだろう, わけだ, ツて, 事で, 事の, 事件に, 二人の, 人々が, 人が, 人を, 人間たちは, 仕事に, 企ての, 例を, 傷物が, 傾向の, 傾向は, 冬の, 出来事は, 努力が, 原因である, 取止めの, 古風な, 唱導の, 噂は, 場所の, 場所を, 場面の, 境涯に, 声が, 声を, 夢を, 大胆な, 大自然, 女な, 姿を, 孝行者も, 小屋へ, 少年の, 山國の, 形が, 心を, 心意氣を, 心持ちは, 意味から, 感じを, 感情を, 態度の, 戀愛の, 所に, 所へ, 所を, 拍子か, 方向に, 方面が, 日が, 日も, 時, 時に, 時は, 景色は, 有樣, 材料を, 村の, 機会に, 機会を, 歌の, 歴史の, 母の, 氏の, 気分は, 決心を, 湯宿なぞ, 点を, 物かと, 物に, 物を, 物品などの, 理由から, 理由が, 環境に, 生活が, 生活に, 生活の, 生活も, 目的に, 研究の, 社会の, 私を, 精神の, 純潔の, 習慣が, 考へは, 者を, 能力が, 色々な, 若い女, 苦しみも, 苦しみを, 苦行が, 蝶も, 表現の, 見方も, 解釈を, 言葉が, 話が, 話の, 贈物を, 遠来の, 部分が, 頃から, 順序を, 風に, 騷

1 [1611件 抜粋] あとで, いやな, え, おろかさこそ, お客も, かってえ, かと実は, かの奇異, かは分らない, からかはれ, か何時, か存ぜん, か見よう, か長, が未だ, こと, ことについて, この湖, さうに, さびしい野, しんと, ちぐはぐな思ひ, つて否定する, というん, といふことなん, といふ譯, ときわたくしは, ところが, としより, ともとれる, と冷, と聞く, どん底の, などと言, ね大きな, のこんなに, ので何, のと左, のまア, のマイク, の帰る, の旦那様, はかないもの, はつ冬の, ひどい仕事, ほどで, まれに, むら気から, ものかな, ものこれは, ものである, もので御座いませう, ものの一つ, ものの美し, もんか, も斯, やり方が, ような, わけかや, わけでした, わけな, んでございます, んで親分, アだ, シインが, ヂェスチュアや, ラッシュ, ロマンスも, 一切が, 一団を, 一種の, 万葉ぶりは, 上では, 下地が, 不吉の, 不幸の, 不思議の, 不愉快な, 不良少年などの, 世事に, 世界に, 両者の, 亂暴な, 事だい, 事に対しては, 事実に, 事情と, 事態を, 二つの, 云々年番幹事の, 交渉は, 人たちの, 人と, 人形の, 人波の, 人物の, 人間だ, 人間的な, 仕事を, 他人の, 会合が, 伝来の, 位置も, 何でも, 何処に, 余技が, 作品は, 作家としての, 作業上の, 例は, 俗事に, 信仰は, 修辞法では, 個人的な, 假名が, 傭ひ, 傾向な, 儀式に, 元の, 先見の, 全然違つた世界, 八落着い, 其老人の, 内閣諸公が, 出来ご, 出版業者に対する, 分化を, 判断を, 前代の, 努力は, 動作が, 勧進比丘尼と, 区別が, 単純化の, 印象や, 厄に, 原形, 厳密な, 受驗準備の, 口繪の, 古代が, 古調を, 可能性の, 名も, 君に, 告白を, 呪術関係よりも, 呻を, 哀しき仲間, 品物だらう, 商売の, 問答が, 問題を, 喪葬の, 嗜みに, 噂話で, 回顧的な, 困難さが, 国々は, 團子の, 圧力が, 坂の, 場合, 場合にと, 場合は, 場合一等其利益を, 場合彼女は, 場合特に, 場所へ, 境遇の, 変成の, 外来文化を, 多情多恨の, 夜に, 大きな川, 大事變の, 大伽藍, 大変顔色が, 大森林, 大為事, 大部の, 天気の, 失恋の, 女たちは, 女としての, 女塾へ, 女子供の, 女性は, 女手一つの, 女達は, 妄想を, 妹の, 姿なり, 姿勢を, 嫌ひ, 字の, 学生町の, 安心と, 完全な, 定期のをも, 実状を, 客達を, 宣命と, 家ごとの, 家柄の, 富士を, 寿詞が, 小さなもの, 小ざつぱりとした印房, 小説類を, 屈辱の, 山の神に, 岩山に, 島の, 巧みな, 常, 常識の, 幸福に, 幻影は, 幾日かの, 店からの, 座頭の, 式の, 形の, 形態が, 彼に対する, 後ろも, 御心配, 心に, 心動きに, 心境を, 心持が, 心持を, 心理の, 心遣ひ, 必死的な, 快適な, 急速な, 性質とも, 怪我は, 恋の, 恐ろしい豹, 恰好の, 悩みなどを, 悪罵の, 悲しい親子夫婦, 悲哀が, 悲運に, 情趣を, 惨めな, 意味で, 意味合から, 意義の, 意識を以て, 感傷的な, 感情的な, 慈善病院の, 態度は, 慣用詞章の, 憂鬱を, 成立に, 戒律の, 戞, 所が, 手合の, 手紙を, 手荒さ, 批評が, 技術的計画が, 折も, 抽象観念も, 捨台辞を, 擁護者を, 放縦な, 故意と, 教育法な, 整理を, 文人雅客の, 文芸, 断篇を, 新吉さん珍らしい, 斷片的な, 方法に, 方策で, 方面で, 方面を, 既に死骸, 早春の, 昔から, 時おびただしい, 時代にも, 時期が, 景情を, 暗いじめじめ, 暗愚を, 暮しを, 書きかたを, 最後で, 木の, 村落成立の, 柔らいだ, 條件が, 極度の, 楽しみも, 様子が, 権利が, 機みかポオルが, 機会からか, 櫟林や, 次第であります, 欲情に, 歌が, 歌を, 歡樂境も, 歩調に, 段階を, 母性愛を, 毎朝が, 気分では, 気持ちから, 気風が, 氣ざし, 氣持を, 決心にも, 法力を, 津和野の, 流民から, 海岸の, 深い渓間, 深刻な, 混雜も, 渾沌たる, 演劇構造を, 潮先に, 火の, 点に対する, 為事も, 無聊な, 無駄な思ひ, 父子二人きりの, 牛の, 物によ, 物質を, 特殊な, 状態に, 珍魚共が, 現象的な, 理由だ, 生やさしい, 生活ばかり, 生活法を, 用を, 田舍で, 田舎に, 由緒を, 男女優たちが, 男性の, 画の, 画風を, 異神群行, 異風を, 疑問をも, 痛ましい人生, 発表前に, 皮肉な, 盗人職, 盲目の, 相手に, 眞白な, 眼医者の, 知識の, 石の, 社の, 社會に, 祖先の, 祝詞は, 神の, 神政国家の, 神社の, 神鍾愛の, 秋, 種族の, 積極的な, 究極点に, 空気にも, 窕子の, 立派な, 節ま, 粗末な, 糸の, 紅に, 素人の, 紳士の, 経過を, 経験を, 結果を, 結構な, 絵で御座いましょう, 綺麗な, 緊張を, 縁談の, 罪人或は, 習練が, 考が, 考へに, 者の, 聲は, 肝腎の, 腹も, 自惚, 自由を, 自身を, 良人に対して, 色の, 花崗岩の, 若い僧, 苦い経験, 苦痛を, 草木の, 菊池さんの, 藩籍の, 蜘蛛の, 行動が, 行違の, 表情に, 表面的な, 要求と, 見方から, 見聞にも, 覚悟の, 観点から, 言語情調を, 計画は, 記事も, 訳かと, 詞の, 試みを, 話と, 話も, 語が, 語原的の, 語序の, 調子外れか, 論理の, 諺自身が, 謡ひ, 讀書から, 變な, 象徴詩の, 責任感, 貴方は, 賑やかさの, 質問を, 足に, 躊躇などは, 身には, 車の, 軽い役, 辱しめを, 辻褄の, 近代的聡明な, 追憶も, 造化の, 連歌も, 遅い時間, 運動が, 過去の, 過程を, 道具外れの, 邑, 部屋の, 酒宴を, 里離れた, 野趣を, 錯覚で, 鎖に, 間から, 間中いろいろな, 間違つた解釋を, 関係が, 陋しい, 陶酔の, 集會の, 雨の, 雰囲気を, 霊物を, 青木さんの, 靜かな, 音楽に, 頽廢の, 顔面の, 顧慮から, 風を, 風潮を, 飛躍を, 飢ゑた奴等が, 騒々しい, 高崎の, 魂を, 鼻の

▼ うしても~ (691, 3.5%)

6 それが, 此の 5 彼の

3 [11件] お前には, お帰り, これは, それを, 二人を, 俺の, 出て, 思はれなかつた, 末筆ながら, 許して, 駄目だ

2 [47件] それに, なくては, みのるの, 一緒に, 三時間か, 不思議でならない, 主人とは, 今夜日ヤ暮れツと, 伯林で, 俺には, 俺は, 俺を, 兄妹の, 出世なんぞは, 出來, 動かない, 厭だ, 口に, 合点が, 嫌や, 座席が, 彼女の, 忘れられなかった, 思ひ出せなかつた, 我慢が, 文學者に, 斯う, 次の, 此処に, 歸る, 気軽に, 活動的であり, 発見する, 私は, 私共の, 立聞かね, 置かれぬとて, 美奈子には, 聽か, 若い女, 行くの, 見えない, 誰の, 諒解を, 起訴を, 足が, 電車に

1 [547件 抜粋] あきらめられねえ, あたしが, あたしだけを, あの疑い, ありませんでした, あれが, い, いいけど, いかんもの, いきましねえ, いけないの, いけないよ, いけねえの, いやだ, いられんと, うたてを, おあがり, おせき, おまえを, お前さんが, お前さんの, お前と, お前の, お前死なく, お女郎, お派, お紺, お許しに, お話しなさいませぬ, お金が, お銭を, かれには, くれても, この犬, この遊び, これが, こんなところ, さつきそれを, しっかりしなけれ, しなければ, そうと, そうの, そこまで, そのドラマ, その御, その日暮らし, その歌詞, その茶匙, それらしい, それらの, そんなに遠く, たのむと, だまらないので, だめね, ちぎる訳, つかまへること, つと飲み, つひしか, ないが, なんだ, なんにも, みのるに, もうそれ, もう一度これ, もう試し場, もう附着, やめられなかった, やれと, ようござんす, わからない, わからなかったの, わからなかつた, われわれ秋水党は, ゐられなかつた, イヤだ, エヴァンス技師を, ダメだ, チツチツチツと, ツく, ハツキリと, フロオマンの, プレスを, ペエアが, ホテルでなく, ラツキーを, 一割か, 一方男性, 一旦廉, 丈助の, 三十万両なく, 三十圓から, 三四百両の, 三国の, 上手に, 下の, 世界が, 世界の, 中学生の, 之を, 九分と迄, 事露顕を, 二人の, 二十八圓要る, 二朱と, 云うこと, 云は, 云ふ, 云へ, 云わんか, 京都へ, 人が, 人格の, 今の, 今日の, 今日は, 仕よう, 仕置を, 他の, 他よりも, 他人に, 他人の, 他国へ, 付かなければ, 何う, 何時も歸, 余程の, 余自, 信じないのよ, 健全に, 働いて, 僕が, 僕には, 僕の, 先へ, 先生が, 先秦時代から, 免れないこと, 免れ難い, 児童等は, 入りぐち, 其の人, 其の光景, 其の紙, 其儘には, 其処を, 冬子に, 出なかった, 出られない, 出家は, 出来ない, 出来ない着物, 出来ない身分, 出来なかつたの, 出来ぬ事, 出来ません, 出来ません夜, 分らないという, 分らなかった, 分らなかったから, 分らなかつた, 分らんかつ, 切炭の, 判らなかった事, 判らぬ, 判らねえ吹屋町, 利器を, 刺す気, 前者の, 剔出する, 剥して, 割腹致す, 効き目が, 勉強する, 動かないぢ, 動かない馬, 動かなかった, 動きませんでしたが, 医科へ, 医者である, 千円の, 半日仕事である, 南でない, 博奕など, 厭, 厭な, 厭に, 反対が, 取り戻すと, 受けません, 受けられやせん松五郎, 受取れぬやう, 受取れません, 名前が, 名前すらが, 名前を, 向う岸に, 君が, 困る時, 在所を, 坐って, 堅い田舍, 堪られないやう, 売って, 変だ, 夏子で, 多く魚類, 多少の, 大切の, 夫でなけれ, 女学生あがり, 奴等を, 如何に, 妾が, 姐御, 婚礼する, 婿側の, 嫁を, 嫌悪が, 学校の, 安くて, 完全な, 宜いのだ, 客が, 家を, 寒くなる, 尋常の, 小説の, 尾に, 居られないん, 工夫が, 帰らなければ, 帰る事, 平次親分に, 平民の, 廊下に, 廿三四位としか, 彼に, 彼は, 彼女が, 彼様な, 往くか, 往けません, 往来では, 待って, 御入用, 御舎弟紋, 徳三郎と, 心から, 心に, 心を, 必要だ, 忘れる譯, 忘れ去れないん, 応ぜぬ時, 思い出されなかった, 思い出せなかった, 思い切って, 思うよう, 思えないほどの, 思ひ出されなかつた, 思ひ出せないぢ, 思ひ出せないパアパア, 思ひ得なかつた, 思ふやう, 思へない, 思へないので, 思へない姿, 思へなくなつ, 思へねえ, 思われなかった, 恋人が, 恋人を, 想ひ浮ばなかつた, 想像出来なかつた, 憎い奥田, 懐かしゅうございましょう, 我が物, 戴けません, 扉は, 手に, 手袋を, 打明けて, 承知し, 承知しない, 承知しねえ, 持ちあげるほどの, 振り返つて, 振付だけに, 振返らずには, 捕へ, 捕へること, 捕らなかつたの, 捨て, 損の, 撮影が, 擧らない, 支那人だ, 支那人で, 支那人には, 支配人の, 放さぬ, 文學志望を, 斉彬を, 斬ると, 断らうと, 断ろうと, 斯んな, 日本語では, 明さ, 明日中に, 昔の, 是からの, 是を, 是非両方から, 更に少く, 書いて, 書かなければ, 書かねば, 書けと, 朗かに, 未だ真似られなかつた, 未練に, 材料の, 村道へ, 束髮に, 来なかつた, 来る事, 東の, 東京の, 東京へ, 東京を, 林藏と, 果さねば, 果し得なかったの, 果し得なかつたの, 根柢から, 構はずに, 権田時介の, 樽野は, 欲しい奴, 止まらなかった, 止まらぬうち, 此処で, 此処と, 此女の, 此奴ア云わねえ, 此縁に, 死きれぬ, 死なねば, 死んだに, 死刑もんだ, 死病と, 段拍子に, 殺せないよ, 気が, 気息を, 永年此道で, 浦子嬢を, 浮気の, 浴衣は, 深いところ, 満足に, 滝に, 潜水的な, 無いので, 無い自分, 無ければ, 無理に, 爽かな, 生きて, 生活範囲が, 生涯秀子に, 男と, 男姿として, 疳癪の, 白を, 皮肉に, 盗賊の, 直されねえお, 相手の, 真似を, 真雄として, 眠れない, 眠れなかつた, 眼が, 知れない, 知れなかったの, 知れませんなか, 知れませんので, 確められなかった, 確められなかつた, 私が, 私の, 筆が, 約束の, 細君本位の, 絶念められなかつた, 緋縮緬と, 美濃の, 老人が, 老人へは, 考えられない, 考へられず木蔭, 考へられなかつた, 聞かず仕方, 職を, 肯きませんか, 肯きませんでした, 肯きません酒, 胸の, 脱れる, 腹の中の, 自作に, 自分が, 自分には, 自分の, 自家には, 船室に, 芝居に, 苛酷な, 苦行を, 藻西太郎の, 行かうとは, 行けないから, 行方が, 行立たねえ, 西洋から, 西洋人を, 要るな, 見えなかつた, 見えるという, 見つかりませんでしたので, 見出して, 見出せねば, 見境の, 見当が, 見物人には, 見究められない, 見逃されません, 解らない, 解らなかつた, 解らなかつたと, 解らねえ, 解りません, 解決が, 言はねえ, 言へ, 言出し得ない, 言葉が, 訊かないん, 討ちたいか, 許さない, 許さなかった, 話さなかったそう, 話しかけられなかった, 話しかけられなかつた, 読み下せなかつた, 読めぬので, 誰か, 論理を, 諦められません永らく, 諦める事, 諾か, 變てこだ, 谷間田は, 貴方に, 起きねえだ, 起らなかった, 踏み込んで, 身が, 身に, 近いかと, 逃れぬ事, 這入らなければ, 逢えない事, 遁る, 遣り遂げるといふ, 都会に, 醫者に, 金が, 閉ぢる, 間違いでは, 阿部の, 院長の, 除って, 隠れなくッ, 離れないん, 離れる事, 雪岡という, 青野に, 靜かな, 面を, 音が, 顔つきも, 顔を, 飽き足りぬ自分, 馬車を, 駄目, 駄目かね, OKせず

▼ うしたら~ (174, 0.9%)

24 宜かろう 4 可い, 好からう, 宜う 3 いいだろう, いいの, よかろう, 可いでせう, 好いか, 好いだらう, 私は 2 あの娘, ばい, よいの, よからう, 君の, 好かろう, 宜からう, 此の, 貴方は

1 [99件] あなたが, あの氣, いいか, いいでしょう, いいん, いきなり鐵火箸, お, おつう, お内儀さん盲目, お前の, お嫁, お客様の, お母さんを, くつ, そのつぎなに, その日, その翌年私, それが, それ打, とある樽天王, どうだ, どうなる, な, なあにけろり, ねお, ば便利, またそんなに, もう離れつ, やつぱり同じ, よいだらう, よいだろう, よいであろう, よろしおま, わたしの, オルガンの, チェッコスロヴァキア公使館の, 一度に, 今度は, 何か, 何とか人, 何んだ, 何處で, 僕が, 僕は, 兄弟の, 動物園にでも, 勘当許す言う, 又お, 又牛込, 可いん, 多分御, 大抵の, 女房が, 好いで, 好いでしょう, 好いん, 好い事, 好う御, 好えわい, 好から, 妾貴方の, 宜い, 宜かん, 宜ろうと, 客が, 富五郎はくり, 富公は, 寺男は, 屹度お, 己達は, 帰国出来る, 幾分腹癒せに, 彼が, 必らず, 教會に, 斯う, 斯うだ, 暫く書付, 橇に, 此事件を, 此方の, 此陰気な, 氷袋へ, 浅はん, 熱出た, 爺は, 痛え, 癒りましょう, 皆が, 直ぐお腹, 知十君の, 社會の, 腹の, 臀が, 舞踏会だ, 誰だ, 誰を, 賞めて, 面白くなるだらう

▼ うしろ向き~ (113, 0.6%)

27 になっ 5 になった, のまま 3 になつて, に立っ 2 なので, に, になり, になりました, になる, に浮い, 尖り口

1 [56件] で, で紺地, で膳, で見え, で雲, で震えつづけ, で顔, にお, にかけ, にかぶる, にしゃがん, にずり落ちた, になつて書棚, になつて硝子戸, にならない, になり歩い, にはなつてる, にふす, によこたわり, に下がっ, に今, に入っ, に凝視め, に凭, に十七, に右手, に坐り込ん, に大, に女中, に寝, に曲る, に横たわっ, に次, に気, に水熊, に深く, に由布嶽, に石地蔵, に立ち止まる, に腰, に袖, に蹴, に身, に転げ落ち, に遊ん, に郎党たち, に露地口, の人, の女, の姿勢, の婦人, の家, の表情, の赤い, の頭部, 美しく髪

▼ うしよう~ (74, 0.4%)

7 と言 5 と云 3 といふの, とする, と思う, と思つて 2 じゃア, というの, とした, と思, もない

1 [40件] かと思いました, かと思ひました, がある, がそんな, こっそり抜出し, じゃあない, じゃない, そう話, たつた一つ心當, というん, という気, といふことに, といふやう, といふん, といふ悪気, とおも, とおれ達, ときめかけました, とし, として這っ, とはしなかつた, とはなさるまい, とも言, と世話, と云う, と云つてハンケチ, と云われた, と実は, と思っ, と思わない, と自分, と言つた, と足, なと, の斯, もなかつた, もなく, も無かっ, も無く, 困った事

▼ うし~ (49, 0.3%)

76 ひて 4 つてゐる 3 ひ機 2 へる, ましたの

1 [25件] つたのち, つた四人の, つた男の, つてから, つてからといふ, つてこんな, つてさびしい悲しい, つて今まで, つて戻, つて時には, つて片, つて自分の, はない, はれ, はれた, はれて, はんも, ひかけて, ひしはらから, ひしもの, ひぬ, ひ味気, へる山, ました, ますえし

▼ うしろ手~ (49, 0.3%)

6 にしばられ 3 に隠し, を突いた, を組ん 2 にいましめられた, に戸

1 [30件] でつかんだ, で封, にいましめ, にくくりあげた, にしばっ, にしばられた, にしばりあげ, にしばりつけ, にしめた, にたくし上げ, にふす, にシックリ, に受け取っ, に引ッ, に捻じあげ, に格子, に縛, に縛られ, に縛られた, に縛りあげ, に縛りあげる, に縛り上げ, に縛り上げられ, に縛り付けられた, に高く, のまま, の小手, をつかれました, を組み, 見よと

▼ うしては~ (36, 0.2%)

4 ゐられない, 居られない

1 [28件] いられないから, さう, ゐられないの, ゐられなくな, ゐられなくなつ, 其の踊, 又其の, 又凡て, 口癖の, 只見, 唯もう客, 居られないぞ, 居られないと, 居られない斯ん, 居られない気, 居られぬやう, 居られませぬお, 居られません, 彼は, 復た, 更に本能, 机へ, 自分は, 苦しいま, 蛙の, 貴様の, 遂一杯の, 麥藁俵の

▼ うしてる~ (26, 0.1%)

8 うちに 6 所へ 2 うちにも, ところへ, よりや家 1 とまるで, と川, ね, のかね, のが, 内に

▼ うしろ影~ (26, 0.1%)

9 を見送っ 2 がかの

1 [15件] が大きい, が明るい, が消え残っ, が門, でも拝ん, なりと拝みなおすこった, にはいつも, はもう, へ, へ編笠, めざして, をつくづく, を腹立たしい, を追って, を頤

▼ うします~ (24, 0.1%)

2 とあの, とその, とつまり

1 [18件] か, つて言ふ, とこの, とこれら, とだ, とやはり, と何, と勤労文化, と同じく, と母, と西洋紀元, と魏, と齊, ね, よ, よつて, 三輪の, 親分

▼ うしてさ~ (23, 0.1%)

7 ういふ 2 ういふ風, びしげなる亡靈よ

1 [12件] ういふ意見, ういふ者, う云, う云ふか, う利慾, う年寄, う思ふ, う我儘, う答, う覚え, う馬鹿, ツき

▼ うし~ (22, 0.1%)

2 こく, しつぺい, ように, 王の, 舞を

1 [12件] うた, うてしまいまして, うて今, ふくらは, 刻, 声が, 御召揃いか, 柵を, 縣居は, 聲が, 轍の, 間辛抱し

▼ うしろ髪~ (22, 0.1%)

4 を引かれる 3 をひかれる 2 を引かれ

1 [13件] ではなく, の痛, ひかるる思い, ひかれる思い, ひかれる思ひで, をひかれ, を引く, を黙っ, 取って, 引かるる思い, 引かれて, 打揺ぎ, 曳かれて

▼ うしろざま~ (18, 0.1%)

3 に手

1 [15件] にた, になぎ払い, に両, に床の間, に投げた, に投じたる, に片手, に突いた, に紐, に緑林, に裾, に見事, に走り, に階段, に飛びすさる

▼ うしろむき~ (18, 0.1%)

3 になっ 2 に身, のペリカン

1 [11件] にいや, についてる, にて獅子頭, にのっ, に七, に何, に流され, に目, に鍬, のまま教室, の工合

▼ うしやう~ (17, 0.1%)

92 もありません 1 から百, と, にせがね, の斯, まで, も無

▼ うしろ楯~ (17, 0.1%)

2 となっ

1 [15件] があっ, があった, だと, で新富座, として将軍綱吉, と思う, におつき, にちょッ, になっ, にはこの, に備え, に立机, を得, を持っ, 得ましたからには

▼ うしたなら~ (15, 0.1%)

2 よいか, 人の

1 [11件] いいん, ばあなた様, ばその, ばそれだけ, ばなお, ば中學以上, ば恐らく, ば此, ば氣, ば銀行, 斉彬公の

▼ うしてか~ (15, 0.1%)

1 [15件] ういふ, うなるの, うもてあそび, ことにその, この頃丸, ならずその, なりの, はるが, 元気が, 兼家も, 山吹の, 憎いよう, 手前らが, 此の, 音を

▼ うしませう~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] あの子, か, ちよつと, と, と三人, よ, よ早く, 先生, 川下へ, 搜し, 明後日の, 相手が, 親分さん方

▼ うしたい~ (14, 0.1%)

32 と云う 1 えらい元気, かえ, ことは, ぢらしい, といふ, のは, ひどく滅入つてる, キス猫は, 考である

▼ うしたって~ (14, 0.1%)

1 [14件] それは, なければ, 上海で, 云うの, 仕ねえって, 凄いや, 出来そう, 出来や, 嬢様が, 指の, 是れ, 発起人は, 眼を, 金策に

▼ うし~ (13, 0.1%)

2 にひ

1 [11件] あみしか, そして焼い, に漬, に煮, に語り, のみ, のやう, の恋, はあれ, を浴びる, 今和布

▼ うし~ (13, 0.1%)

1 [13件] がると, がるんで, がれッ, げらば, つた, と, はつたんだす, はるし, ァがれ, アがった, 世の中, 我れ, 飛鳥川

▼ うしろ袈裟~ (13, 0.1%)

2 に斬られ

1 [11件] が一太刀, でした, とすれ, とはいかにも, に, にばっさり, に刀傷, に切った, に切下げられ, に斬り下げられ, へひと

▼ うしてから~ (11, 0.1%)

2 授業に, 明日の 1 こんどは, しかしと, 其の股引, 初めてその, 奈何する, 彼等は, 漸く蒲團

▼ うしろ側~ (11, 0.1%)

1 [11件] が泥, でジイッ, にいる, にその, にもぞもぞ, に寸分, のドア, の太い, の椅子, は杉本画伯, へ飛び出し

▼ うしろ指~ (11, 0.1%)

2 をさされ, をさし 1 さらには, の種, はさされぬ, をさされた, をば指さるる, を差される, を差そう

▼ うし~ (10, 0.1%)

1 あそんで, いけない, うなって, お月さま, きた, こういった, もうと, もとには, もとを, 一二本遠見の

▼ うしたつ~ (10, 0.1%)

2 て云 1 てえ, てこんな, てさう, てドリアン, てフン, て云ふんだい, て同じ, て着物

▼ うし~ (10, 0.1%)

2 いて 1 かう, くれそん, くれや, みし世, やさしと, りんさる, 思ふに, 言ふ

▼ うしなけれ~ (10, 0.1%)

2 ばいけない, ばならぬ 1 ばならない, ばならなかつた, ば天意, ば教え, ば警察官, ば返

▼ うし~ (9, 0.0%)

4 ちっぽけだ 1 きば, き給, さうし, だんだん濃く黒く, 先の日まみえ

▼ うしろだて~ (9, 0.0%)

3 にし 1 がある, がおいで, がおつき, に夜光, に彼, を手

▼ うしたる~ (8, 0.0%)

1 ため欧洲連衡の, ものであります, ものの, を認めたるなり, 党与, 身分に, 革命風雲児の, 黨與を

▼ うしちや~ (8, 0.0%)

2 あゐられねえ, 居られないん 1 いけないなんて, かうし, 居られないよ, 居られない行つて

▼ うしろつき~ (8, 0.0%)

1 がひどく, が気, つんと澄ませ, でわかった, に二十年, に欣七郎, を人生, を廊下

▼ うしろ向~ (8, 0.0%)

2 になっ, に長く 1 に山, のその, のまま, の圓髷

▼ うし~ (8, 0.0%)

1 お忙いところ, 上方から, 其が, 手蔓から, 昔も, 滿堂の, 自己の, 藁屋の

▼ うしてと~ (7, 0.0%)

2 云って 1 いふ訳も, うたう又, 云つた所で, 仰しゃれば, 問はれ

▼ うしなく~ (7, 0.0%)

1 ちや見せしめに, つちや, てはならない, てはならぬ, てはもう, ては動機, ては言

▼ うし~ (7, 0.0%)

1 おきざりされたやつ, された様, 指輪が, 行くと, 見えたり, 負わせて, 長き脇指

▼ うしました~ (7, 0.0%)

1 え, か, つて, つて例の, エ秀子さん又, 中に, 先生

▼ うし~ (6, 0.0%)

1 には焼塩, へよし, 友だちとも, 染の, 聞きにな, 野菜サラダに

▼ うしかい~ (6, 0.0%)

2 がわたし 1 の火, はべつ, は山, は火

▼ うしてた~ (6, 0.0%)

2 うとうこんな 1 あちやん, うとうその, うとう荊棘, うとう醍醐寺

▼ うしろへま~ (6, 0.0%)

3 はし 2 はつて 1 はつた

▼ うしろ頸~ (6, 0.0%)

1 に癌, に脹れ上っ, の瘤, へ命中, や肩, をつよく

▼ うし~ (6, 0.0%)

1 つくりて, とるやう, 一匹こちゃ買ってな, 売っとばし, 引いて, 殺そうなどと

▼ うし~ (5, 0.0%)

1 うに思はれた, つせえよなあ, を感じる, を眺め, を運動不足

▼ うしその~ (5, 0.0%)

2 薄光寂び寂びし 1 下宿, 人文の, 趣さらに

▼ うしなつ~ (5, 0.0%)

2 た, たやう 1 たとき

▼ うしようぢ~ (5, 0.0%)

5 やない

▼ うし~ (5, 0.0%)

21 ふこと, ふことかは, へ腹

▼ うし~ (4, 0.0%)

1 ほどの曇天, 女形のせゐ, 歓びも, 黄櫨染の

▼ うしたっ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てそれ, ても好い, て貴方

▼ うしてを~ (4, 0.0%)

1 ります, り村山, れば, れるの

▼ うしながら~ (4, 0.0%)

1 勝は, 幽鬼にでも, 自分の, 馬鹿話に

▼ うしなき~ (4, 0.0%)

2 やならなかつた 1 や食, ア本

▼ うしなふ~ (4, 0.0%)

1 ことに, に至る, ものは, 前髪の

▼ うしまた~ (4, 0.0%)

1 こ, それを, 義雄一個が, 飲んだくれて

▼ うしろあたり~ (4, 0.0%)

1 からあっ, から響い, で火影, には伸子

▼ うしろ背~ (4, 0.0%)

1 にす, にも同じ, をその, を連

▼ うしろ藪~ (4, 0.0%)

4 の前

▼ うしたらう~ (3, 0.0%)

1 なあ, ねえ, 那の

▼ うしたれ~ (3, 0.0%)

1 ばこそ, ば和歌, ば歴代

▼ うしたろう~ (3, 0.0%)

1 と思い, と訊い, まだ来ねえ

▼ うした思ひ~ (3, 0.0%)

1 が微塵, 上つた警句や, 違へを

▼ うしてかの~ (3, 0.0%)

2 柳河の 1 偉大なる

▼ うしてね~ (3, 0.0%)

1 お前とは, 到, 此処に

▼ うしなひし~ (3, 0.0%)

1 むかしの, もの, ものも

▼ うしばかり~ (3, 0.0%)

1 イタに, 自分の, 調子はずれの

▼ うし~ (3, 0.0%)

2 えかと 1 えと思っ

▼ うしましたら~ (3, 0.0%)

1 ば植村様, 向ふ, 白狐の

▼ うしましょう~ (3, 0.0%)

1 か, 私がの, 胆に

▼ うし~ (3, 0.0%)

1 うもう, よく運ぶ, 殺して

▼ うしろ盾~ (3, 0.0%)

1 だという, にし, は酒井雅楽頭

▼ うしろ肩~ (3, 0.0%)

1 の寂し, 大き仏, 大き佛

▼ うしろ鉢巻~ (3, 0.0%)

1 の浪士, をし, をした

▼ うし~ (3, 0.0%)

2 ればかり 1 れの

▼ うし得る~ (3, 0.0%)

1 かどう, という既定, ものでありません

▼ うし自分~ (3, 0.0%)

2 でも悲しい 1 も大きな

▼ うしおのよう~ (2, 0.0%)

1 な声, に寸簡

▼ うしおの中~ (2, 0.0%)

1 からうかびあがっ, にいかに

▼ うしこの~ (2, 0.0%)

2 ピアノ立ち添ひ

▼ うしそれ~ (2, 0.0%)

1 があるだらう, でなければ

▼ うしたえ~ (2, 0.0%)

1 旦那様も, 私の

▼ うしただ~ (2, 0.0%)

1 え, これお

▼ うしたんぢ~ (2, 0.0%)

1 やこれしき, やな

▼ うした隠~ (2, 0.0%)

1 約の, 謀を

▼ うしちゃ~ (2, 0.0%)

1 ア居られない, 居られない今晩

▼ うしついに~ (2, 0.0%)

1 は家, は心

▼ うしてが~ (2, 0.0%)

1 つくりうつぶした, み

▼ うしてつ~ (2, 0.0%)

1 かまう, もりつ

▼ うしてな~ (2, 0.0%)

1 この頃ぢ, 唯今起きました

▼ うしてるちふ~ (2, 0.0%)

2 ことと

▼ うしてる間~ (2, 0.0%)

1 に十枚, に豫

▼ うしとも~ (2, 0.0%)

1 いはじか, 見たる雲

▼ うしとや~ (2, 0.0%)

1 亡き人の, 言わん哀れ

▼ うしない~ (2, 0.0%)

1 ってこと, でとんだ

▼ うし~ (2, 0.0%)

1 えでも, えと袋

▼ うしはく神~ (2, 0.0%)

1 の坐ます, の居ない

▼ うしまし~ (2, 0.0%)

2 て私

▼ うしみつ~ (2, 0.0%)

2 と夜

▼ うしよう私~ (2, 0.0%)

1 は, は今

▼ うしろかどこ~ (2, 0.0%)

1 かから懶, かにちょっぴり

▼ うしろただ落葉~ (2, 0.0%)

2 なりかさ

▼ うしろツ~ (2, 0.0%)

1 て旦那様, て言

▼ うしろ下り~ (2, 0.0%)

1 に山, の袴姿

▼ うしろ備え~ (2, 0.0%)

1 には凌統, には直

▼ うしろ向け~ (2, 0.0%)

1 にし, に大

▼ うしろ帯~ (2, 0.0%)

1 が見える, を繋がしめ

▼ うしろ指一本~ (2, 0.0%)

1 さされず爽快, さされない態

▼ うしろ斜め~ (2, 0.0%)

2 に肩

▼ うしろ目~ (2, 0.0%)

1 たき思ひで, の神楽坂

▼ うしろ腰~ (2, 0.0%)

1 で組ん, に組んだ

▼ うしろ鉢~ (2, 0.0%)

1 卷きに, 卷きを

▼ うしろ頭~ (2, 0.0%)

1 へ組ん, をい

▼ うしろ風~ (2, 0.0%)

2 もつ綿雲

▼ うし同じく~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ うし寂し~ (2, 0.0%)

2 崇高し

▼ うし或は~ (2, 0.0%)

1 詔使に, 近づき或は

▼ うし既に~ (2, 0.0%)

1 政党の, 政黨の

▼ うし~ (2, 0.0%)

1 といっ, のすぐ

▼ うし~ (2, 0.0%)

1 のビラ, は寒

▼ うし~ (2, 0.0%)

1 はこんこん, を同じ

▼ うし飼うま飼~ (2, 0.0%)

1 になっ, の仕事

▼1* [350件]

うしいたずらに無事を, うしいま一つ加へて, うしうるかいかにせ, うしおのせいであろうぬれたまま, うしお年を召し, うしお腹がすい, うしお返しせねば, うしいのちょうちんにともしてやった火が, うしかじかの人物, うしかつはまた, うしかねない勢ひだ, うしから鬼ヶ城の, うしがちなもの, うしがねえやくざ野郎, うしくらい怪我くらい, うしこれらの蛮俗, うししたがつて, うししゃべって行っ, うしぜんにほか, うしそえますがご, うしそっくりだ, うしたあやまちか彼, うしたありさまを, うしたうむ母樣は, うしたえきぞちしずむ, うしたえ上るがよい, うしたおし窮つた処から, うしたきざしがあれ, うしたしつとりと, うしたたぐひの, うしただろう果して助かっ, うしたつてえことな, うしたとて同じ, うしたなら食べられてしまはなけれ, うしたひやうばんが, うしたまえ然ら, うしたまごつきの時代, うしたみふ類似, うしためぐり合せか, うしたゆくてを漠然と, うしたらふいとそれ, うしたら分るだらうとまあ, うしたら定めて降り足りる, うしたら死んでから君子, うしたら疲れてゐた, うしたら逃げ出されよう少しも, うしたら還つて早く, うしたら鳴るのか, うしたんだい夜が明ける, うしたんだい守ちやん早く, うした卑しめのなか, うした取揃は, うした取りとめもない, うした在りの儘, うした大人びた知性など, うした好んで私, うした尽し方を, うした引き続いた気分の, うした引つ込み主義の, うした心づかひが不思議, うした忘れたと見える, うした怒を制し, うした思は満ちて居た, うした思ふにも堪へ, うした急いで手配, うした慣れない職業戦線に, うした憂ひを抱いた, うした折りめ切れ目をは, うした捕ったか, うした枯れたやうな, うした死んだ美を, うした溢れるような, うした生きた死骸の, うした疑は微塵, うした草臥れやしないかい, うした蔑みを懐い, うした行き届いた発想を, うした見やう見, うした見せろ髷は, うした誤がある, うした降臣をも, うしだけんど田地, うしちゃあいられないの, うしちやつた方がい, うしちや二三日遊んで, うしちや馬の裾湯沸, うしちりますと, うしつつ日比谷の, うしつと新の, うしつと大抵卵をか, うしてあつまつた金, うしてあついあついお茶が, うしていざ寢ると, うしていちんち潮風, うしてからこそ初めて驚く, うしてからは女王の, うしてこの別, うしてずうっと二人, うしててふちよを, うしてとて貴女の, うしてとは夫は, うしてとも角も, うしての出来事だ, うしてのみはいないの, うしてはをられませんわ, うしてひどく悲しさうにし, うしてべにがらいろに, うしてもな一度國, うしてらッし, うしてらしつてよろしい, うしでも売る, うしとて委しくは, うしとりませんのな, うしながらも始終身體, うしなけアなんねえ, うしなすったか一寸御機嫌伺, うしなどが集まって, うしなどもうちの, うしなひたる多くの, うしなふまじきものなりなど, うしなへるこ, うしなまし私が, うしにも第二十二, うしのぼる日のかげ, うしはきゐたりし, うしはくの義, うしはく国は祖, うしはく山か, うしひいては終身これを, うしたべ物, うしほかに世話, うしほどもあるよう, うしほ, うしました死んだ人も, うしましょう知れないように, うしましょう詰らぬ事を, うしゃがったかひとりも駕籠かきども, うしゃがったと分りゃあの, うしやうきんいろメタル, うしやうとたんのメタル, うしやうなまりのメタル, うしやうのと云, うしやがつたんだ, うしやんして, うしつ, うしようおらお父さんなんかにちつ, うしようお参りをし, うしようこれを羊羹箱, うしよう一角を騙し, うしよう下総の都賀崎, うしよう伊勢崎まで往けよう, うしよう何処へ行かう, うしよう恁うしようといふ悪気, うしよう是は追, うしよう此葦洲と此朝顔, うしよう縁切と云う, うしよう身代今の間, うしろかげ鐘馗が睨む, うしろかなを後ろ側, うしろか両側かに立った, うしろか袂の中, うしろがちきちき痛んだ, うしろそこを探し, うしろそれが二, うしろとんぼやお, うしろのかべは三方, うしろはるかに寒々, うしろむき曲打にズドン, うしろめだき風情ありて, うしろゆびをさゝれるのはくちおしゅうござりますぜひ死出, うしろベッドの下, うしろ七日や二百二十日, うしろ三百メートルほどのところ, うしろ丘の崖, うしろ付正しく亡くなりし, うしろ僕のほとんど, うしろ出でゐ, うしろ前左右に絶え間, うしろ南宮山からきっ, うしろ口になり, うしろ向き雀紫蘭の蔭, うしろ寒に, うしろ小手に結わいあげられ, うしろ尾花かるかや, うしろ山でほ, うしろ左右畑の中, うしろ巻をし, うしろ巻きとして山下, うしろ幕のかげ, うしろ幕それにヒゴ骨, うしろ庭つづきに, うしろ形も罎, うしろ影わが子ぞと見, うしろ息綱のぶらさがっ, うしろ戸へ参つて平伏, うしろ指ひとつさされたこと, うしろ数丁ぐらいのところ, うしろ新坂通りに幾搆, うしろ方には先ごろ普請, うしろ昏いとこあるからじゃ, うしろ東の灰色, うしろ東寄りの處, うしろ栗の大木, うしろ楼門聳ゆ巍然として鬱, うしろ樓門聳ゆ巍然として鬱, うしろ横へそりかえっ, うしろ歩行をすれ, うしろ気味に差した, うしろ泉水のま, うしろ熔鉱炉に人, うしろ状の肩越, うしろ矢を射かけ, うしろ突にザクリ, うしろ立になっ, うしろ立てをつかんだなら, うしろ端には黄色い, うしろ簾がさやさや, うしろ羽根かすかにそよぐ, うしろ耳にし, うしろ脚です, うしろ荷物の隅, うしろ襟を直し, うしろ蹤きつつ, うしろ辺りで峰道, うしろ鉢巻きに山車, うしろ鉢巻もも引きにすね当て草鞋, うしろ鉢巻直垂に小手脛当, うしろ顎から頤, うしろ顱巻なんぞし, うしろ風馬は通, うしろ高輪の海, うしろ髮の邊, うしろ鬢に小さき, うしナチュラリズムと現今, うしフランス風の優雅, うしホシ違いでござんしたね, うしは自然, うし一つは以, うし一人は前額部, うし三千余の精兵, うし上げましてあなた, うし勉強の, うし不平もありましたら, うし中尊寺建立の爲め, うし人間が変った, うし仏印のやう, うし仏道にも入らなかつたらう, うし伸びるのである, うしと御礼, うし何村何某母親などある, うし使うた後で, うしなくし, うし候処細君アカンボ製造中にて随分, うしに漢学趣味, うし其郷を同じ, うし冀州の空, うし再び十年間遊学の, うし切らせないか, うしな顔, うし動いて窓, うしも作れなかつたら, うし句作も真剣, うし叫ばずにゐられなかつた, うし合った底に, うしを共に, うし四十年も生き, うし境遇も此通り, うし増えている, うし外交事迫るの, うし大事にも為る, うし大正十二年も秋, うし奉っている, うし子平の場合, うし小さいから動かせ, うし小屋へおいこんだ, うし小村壽太郎氏の外務大臣たる, うし小村寿太郎氏の外務大臣たる, うし巻二十二てが, うして彫琢, うしはかつて, うし得られたので殿下, うし厚意奉, うし快くなつたやう, うし感冒の猖獗日, うし慶喜は朝議, うし掻いて, うし支倉の云い, うし新しく建てた家, うし日常のやりくり, うし日本料理をもって饗, うし明けの白鶴, うし晝既に去らん, うし書いてもあ, うし来つた調子の, うし栄光の裡, うしに意外, うしからた, うし之助, うし此処で休ん, うし武士も完, うし毎夜うるさく歓心, うし民党の推挽, うし民黨の推挽, うしの面, うし沈子が軽けれ, うしののたくり, うしに近い, うし無ければ極めて, うし熊吉なんか食, うし状態がつづき, うし甘き髪の, うし生活様式を学んだ, うし留守中の幕閣評議, うし皆さんの足手纏, うしを厚う, うし社会科学では文化闘争, うし禁衞軍の大, うしが寝, うし種々ご配慮, うし紅物で細長い平たい, うし紅珊瑚が一つ, うし給わん事明らかなり, うしまた野のけもの, うしは酸っぱく, うしも低く, うし膝小僧も時に, うし自ら小にせん, うしを丸め, うし苦し手を, うしの御, うし観客の拍手, うし言葉を変えた, うし事で, うし誠に冥加至極に, うし起臥飲食を共に, うし農場主側よりは吉岡幾三郎氏代理, うし述べたような, うし途中取押え, うし通詞といふ職業柄, うし酔って土民, うし銑太郎もなかなか, うし鍛冶場へ行っ, うし間延びのしすぎた, うし隣りの穴, うしが青ばん, うし高いのが, うし高く厚すぎる鼻, うし鵝驕不遜なるが, うしはこの世, うし齊昭が慨