青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うけた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いわれる いわれる~ ~う う~ うい~ ~うえ うえ~ ~うけ うけ~ ~うけた
うけた~
~うし うし~ ~うしろ うす~ うそ~ ~うた うた~ ~うだ うだ~ ~うち

「うけた~」 1128, 12ppm, 9014位

▼ うけた~ (137, 12.1%)

11 である 86 です 5 だった, であるが 4 であった 3 であります, であろう, ですが 2 じゃ, だが, だろうか, でした, はこれ

1 [79件] か, かと後で, かと聞きました, かまた, かも知れない, か育った, がいま, が今夜, が何, が例, が十七日, が口惜しく, が地曳網, が忌々しく, が怖, が機縁, が無罪, が獅子刀, が終戦, が軽率, だったよ, だと, だとか, だわ, であったが, であるから, であると, であろうか, であろう彼女, でしたが, でしたよ, では, と二度目, に依る, に感じ, は, はいささか, はお, はおそらく, はこちら, はこの, はその, はそれ, はどこ, ははじめて, はもちろん, はようやく, はよそ, はわし, はアメリカ, はミル, は中国陣, は事件前日, は今, は今度, は以上, は凌統, は十八世紀, は十時三十五分ごろ, は友田喜造, は四月十五日, は官兵衛, は当然, は或, は曹操, は祖母, は神蔭流, は自身番, は英信, は言うまでもなかっ, もあなた, も今, も彼, も自己, をあえて, をよく, を即座, を幸, を意識

▼ うけた~ (55, 4.9%)

1 [55件] あやうい瀬戸際, いつ彼が, お蝶, かれの, きょうは, ここも, この弟, すぐその, そのときアンリ, そのとたん, その以外, その時, その暁, その禍い, その途端, その鎧, それを, そんな時, たうとう, たった一人, どうしても納得, なお総勢, ぽっかり見事, 一の, 一人として, 一度も, 井戸へ, 今度は, 伊賀屋でも, 会うては, 倉皇として, 全部マイナスであった, 別にそれ, 勿論ボロ, 勿論白状, 古くは, 同時に曹操, 呑まずに, 失敗する, 彼は, 彼らの, 徳川勢としては, 打負かされ, 新聞小説と, 村重様は, 次第に狂暴, 焼けること, 真っ先に, 私に, 私も, 誰も, 近所に, 闇は, 電気的知識に, 高氏は

▼ うけたこと~ (54, 4.8%)

6 がある 3 がありました 2 がなかっ, である, はなかっ, もある

1 [37件] ありましたかね, があいつ, がやはり, だった, など, などは心, などよく, について父, について答, になつ, になる, には相違, には違, にもまた, のない, はありません, はいう, はいつか, はどういう, はない, はぼくら, は事実, は否み, は好意, は直ちに, は聞い, は言う, もあった, もござりましたが, もござりますが, もない, もまた, も上司, も再三, を恥辱, を知った, 当然であろう

▼ うけたもの~ (43, 3.8%)

2 だ, だった, であった, であろう

1 [35件] かぶる, か誰, がたくさん, が今度国家試験, が十四名, が知らず知らず, さ, じゃ, だと, だという, である, であるから, です, ですから, でその, で死骸, ということ, とききおよびます, とは自分, とみえ, とも見られる, と見られぬ, ならば, なら張飛どの, に違い, はない, は世の中, は中央, は各国参謀軍人, は当然, ばかりだ, もい, も今, らしく思はれる, を屏風

▼ うけた~ (26, 2.3%)

2 いう, いうから, いっても

1 [20件] あれば, いえば, いって, いわれるが, したら, となえて, みえて, みえ以来心機一転, 二十七日, 云うから, 云つてる, 云わるるわけ, 同じよう, 思うと, 素子が, 見えて, 見えまして, 言ふから市中出火の, 評判の, 認めて

▼ うけたよう~ (22, 2.0%)

1 [22件] だった, なお, な動揺, な外傷, な怪童子, な挙動, な気, な気の毒そう, な狼狽ぶり, な話, にちょっと, にまたたきし, に一室, に北, に呟いた, に心苦しく, に思った, に感じた, に汚れた, に耳目, に自分, に舞い揚がった

▼ うけたので~ (18, 1.6%)

1 [18件] かれとしては, ござりましょう, さてこそ, すぐ拝領, それも, それを, ほとんど戦意, よく知っ, わざ, 一同は, 僕は, 山陽は, 彼は, 息子が, 滝は, 眼に, 若い学徒, 荷物は

▼ うけた~ (17, 1.5%)

1 [17件] であり一時, におぼえた, にはなんと, にははるか, には千石船, には彼, にまずどう, に埒, の位置, の気もち, の由之, はかえって, は伝右衛門, は流石, は皆, また不当, 眺めたもの

▼ うけた~ (15, 1.3%)

1 [15件] がたと, が島, であった, でさえ, です, で窃盗, とて斬り棄て, には功, の多年, は勝龍寺城, は落命, ほど一面, もあっ, もある, もお爺さん

▼ うけたから~ (14, 1.2%)

1 [14件] しかるべく取り扱って, そう思え, だった, です, で腹, もう後悔, 信徒として, 名誉な, 回礼に, 娘と, 我善坊の, 早くその, 知って, 覚悟しろ

▼ うけた印象~ (14, 1.2%)

1 [14件] だけで判断, ではこの, なり感想, に相当, のすけない, はなごやかな空気, は何, は悽愴, は色, は露, は非常, もまだすっかり, も生活力, を率直

▼ うけた衝撃~ (14, 1.2%)

1 [14件] が大きい, とそれ, について全く, の大きい, の裏づけ, はいう, ははなはだしかっ, はむろん, は一, は余りに, は小さい, は小さく, をまとまり, を内容

▼ うけた~ (13, 1.2%)

3 はりて 2 はつて 1 はつた, はらないで, はりつる, はりましたけれど, はり候誠にて, はる, ハり, ハれ

▼ うけた~ (10, 0.9%)

1 が日本人, だったの, でするどい, でない人たち, でもない, の危うい, はかならず, は作家, は無学, は知っ

▼ うけたという~ (8, 0.7%)

2 のである 1 ことが, のも, わけです, 仙台の, 手練の, 病院へ

▼ うけたとき~ (7, 0.6%)

1 かばさぞかし, からの計画, のやう, は一人, は疲れきっ, は覚悟, も来た

▼ うけたわけ~ (7, 0.6%)

2 では 1 であるから, であるその, です, です昭和十四年十月十四日, でも

▼ うけた~ (7, 0.6%)

1 がずきんずきん, であったの, でもこんな, に醒め, のふくしゅう, はさらに, をいやされ

▼ うけた~ (6, 0.5%)

1 かかわらずその, しろ今更, 似ず心, 過ぎなかった, 過ぎぬと, 違いない

▼ うけた感じ~ (6, 0.5%)

1 が彼, だった, である, では秀吉, はどこ, を一口

▼ うけたあと~ (5, 0.4%)

1 で太夫元, のあまりに, の乱国時代, の敬虔, の病人

▼ うけた~ (5, 0.4%)

1 かれにも, そしてどうして, や, 歩き出したその, 知れねえん

▼ うけたこの~ (5, 0.4%)

1 からだを, 女性が, 婦人作家は, 機を, 氣持を

▼ うけた~ (5, 0.4%)

21 だから, です, ですが

▼ うけた~ (5, 0.4%)

1 でというよう, で役場, どういうわけ, に一宿一飯, に二軒

▼ うけた~ (5, 0.4%)

1 に更に, のため, の手配, はいつも, はもうびく

▼ うけた感銘~ (5, 0.4%)

1 からは消されない, であったに, にほろほろ, は一言, は彼

▼ うけた~ (5, 0.4%)

1 がまし, が同情, が得策, が罪, の面

▼ うけたそう~ (4, 0.4%)

2 です 1 だ, にどかどか

▼ うけただけ~ (4, 0.4%)

1 あって, だが, であるから, 大野へ

▼ うけた人々~ (4, 0.4%)

1 が活躍, の挨拶, はその, は何事

▼ うけた~ (4, 0.4%)

1 といったら, はほか, は今日, もない

▼ うけた~ (4, 0.4%)

1 だなどとは, であるという, であろう, でお

▼ うけた日本~ (4, 0.4%)

1 の土地土地, の小説界, の過去, の青年画家

▼ うけた~ (4, 0.4%)

1 地の, 将が, 将は, 将も

▼ うけた~ (4, 0.4%)

1 が赤く, して, だった, の印象

▼ うけたかも~ (3, 0.3%)

1 しれぬが, 知れないという, 知れなん

▼ うけたからには~ (3, 0.3%)

1 江戸八百八町が, 良いもの, 遠からず

▼ うけた~ (3, 0.3%)

1 主人さまの, 厚恩は, 恩に対しても

▼ うけたその~ (3, 0.3%)

1 培ひ, 憂き艱難, 招き状です

▼ うけたのみ~ (3, 0.3%)

1 で依然, で正気, ならずむなしく

▼ うけたまま~ (3, 0.3%)

1 この城門, でいる, 歩いて

▼ うけた~ (3, 0.3%)

1 ドーモの, 勘と, 盃を

▼ うけた形跡~ (3, 0.3%)

1 がない, が存在, を残し

▼ うけた~ (3, 0.3%)

1 恩が, 恩は, 符を

▼ うけた感覚~ (3, 0.3%)

1 が最初, に内, はその

▼ うけた様子~ (3, 0.3%)

1 である, でかすか, もなく

▼ うけた~ (3, 0.3%)

1 でい, に似合, を祝福

▼ うけたあの~ (2, 0.2%)

1 日も, 頃は

▼ うけたかたち~ (2, 0.2%)

1 だったの, であるが

▼ うけたかと~ (2, 0.2%)

1 云うこと, 思うと

▼ うけたかの~ (2, 0.2%)

1 様に, 貴婦人も

▼ うけたからと~ (2, 0.2%)

1 いうわけ, 申しますと

▼ うけたそれ~ (2, 0.2%)

1 がしも世話, はそれ

▼ うけたため~ (2, 0.2%)

1 か歌舞伎座, しまったと

▼ うけただけで~ (2, 0.2%)

1 済みましたワ, 義務教育は

▼ うけただけの~ (2, 0.2%)

1 ことで, 癖で

▼ うけたって~ (2, 0.2%)

1 ほんとです, 何の

▼ うけた~ (2, 0.2%)

2 まえも

▼ うけたところ~ (2, 0.2%)

1 による, に犯罪

▼ うけたとは~ (2, 0.2%)

1 云え左近, 申せそれ

▼ うけたのみか~ (2, 0.2%)

1 どうと, 一命まで

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 正成のみ, 皆自分の

▼ うけたほどの~ (2, 0.2%)

1 推才活眼師匠とも, 身が

▼ うけたやう~ (2, 0.2%)

1 です, な

▼ うけたショック~ (2, 0.2%)

1 ですぐ, を滲透

▼ うけた三人~ (2, 0.2%)

2 は今さら

▼ うけた上流~ (2, 0.2%)

1 の令嬢たち, の子弟

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 はない, を思ひ出した

▼ うけた以上~ (2, 0.2%)

1 はそれ, 無論掛

▼ うけた刹那~ (2, 0.2%)

1 から一切, にはさすが

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 十郎は, 左衛門は

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 将は, 艇は

▼ うけた場合~ (2, 0.2%)

1 には誰一人, は

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 がなんで, じゃ

▼ うけた学問~ (2, 0.2%)

1 が如何, はあり

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 から扶助, へお

▼ うけた家康~ (2, 0.2%)

1 が長安, はその

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 六の, 劇場の

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 の唇, の心理的

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 をも思った, を思う

▼ うけた恩義~ (2, 0.2%)

1 にむくいる, を思え

▼ うけた感動~ (2, 0.2%)

1 を抑えきれない, を隅々

▼ うけた打撃~ (2, 0.2%)

1 による損害, はきびしく

▼ うけた損傷~ (2, 0.2%)

1 のひど, は莫大

▼ うけた損害~ (2, 0.2%)

1 はけだし, は決して

▼ うけた教育~ (2, 0.2%)

1 など, の方法

▼ うけた教養~ (2, 0.2%)

1 が開化期以後, を活かす

▼ うけた施術~ (2, 0.2%)

1 だけはホンモノ, は玉

▼ うけた日私~ (2, 0.2%)

2 は徳本峠

▼ うけた正しい~ (2, 0.2%)

1 ゴルファーも, 根岸派の

▼ うけた激動~ (2, 0.2%)

1 とその, は鎮まっ

▼ うけた特別~ (2, 0.2%)

1 な待遇, な苦痛

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 は厳しい, は急性

▼ うけた~ (2, 0.2%)

1 一号な, 七八二回

▼ うけた衝動~ (2, 0.2%)

1 はつよかっ, は大きい

▼ うけた被害~ (2, 0.2%)

1 とその, の姿

▼ うけた覚え~ (2, 0.2%)

1 もなかっ, もなし

▼ うけた親切~ (2, 0.2%)

1 の礼, は親切

▼1* [425件]

うけたあげくに七転八倒, うけたあなた方はこれからどう, うけたあまり非実際, うけたいやな印象, うけた手の内は, うけたお供の仲間, うけたお家さまから手, うけたお方とは存じませな, うけたお気に入りで厶, うけたお金はす, うけたかどとは鞍馬の, うけたきりで大, うけたくだりに金三円斗, うけたけれどそれを, うけたけれども本人は, うけたこと以後たびたび不興, うけたこと十四日にレントゲン写真腎臓結石, うけたこれをし, うけたさい共に屠蘇, うけたさい殿のお, うけた王平軍も, うけたしるしとして家, うけたそこからの高まりかた, うけたため家は皆, うけただんなに合わす, うけたあらう, うけたといふ感銘しかも, うけたとか面罵された, うけたときぼくはそういう, うけたときカメが長い, うけたときモコウは首, うけたとき上杉謙信はやはり, うけたとき尊氏は口, うけたとき彼らはいつ, うけたとき患部附近に充血, うけたとき母の仕度, うけたとき空襲警報のサイレン, うけたとき車外説をもち, うけたとしても社會的には, うけたとたん手のピストル, うけたとて誰が, うけたのちさっそく兵たち, うけたのち名目はとにかく, うけたのち未決囚として東京都内, うけたのにちが, うけたばかりでなく彼, うけたばかりの袷を, うけたばばはその, うけたひじの矢, うけたほどは信長自身は, うけたものの終戦早々で, うけたわが最新潜水艦ホ型十三号は, うけたイギリスの公爵, うけたカーテンの青い, うけたキンカ糖の塔, うけたストア派の吟遊作家, うけたセラダはまだ, うけたトム公であって, うけたナチス軍が消息, うけたハヤブサ丸ではちゃんと, うけたハンドプレスや明治初年, うけたパリの生活, うけた一人の若い, うけた一人なにも世変, うけた一国であったと, うけた一家の中, うけた一撃によって地上, うけた一敗の打撃, うけた一族は結束, うけた一本の小柄, うけた一枚の山絵図, うけた一種の奇童, うけた一節で, うけた一通はまた, うけた三伝を裏切っ, うけた三尺の木太刀, うけた三日月形の傷痕, うけた下枝さんは何事, うけた不意打の逆, うけた士を, うけた中国ドイツ日本などはその, うけた中尾通章はどう, うけた丹羽昌仙は, うけた主人のため, うけた主家が左前, うけた乾板がダンネベルグ夫人, うけた事件見聞経験なりを一旦, うけた事柄なぞも次第に, うけた二〇年代の西インド, うけた二十一藩のうち, うけた人びとだった, うけた人物の方, うけた人達でありまた, うけた今川了俊が幼き, うけた今川義元の人質, うけた仕事の上, うけた仕打の憎, うけた仙臺野砲聯隊長の御, うけた代官の松永経家, うけた伝巻に依っ, うけた伝書やその, うけたで生血, うけたの傷, うけた体操家となつ, うけた作戦はこう, うけた使命は, うけた使番の尾藤勘左衛門, うけた依頼とは金品交換, うけた侮辱の数々, うけた信望は大した, うけた信長の四男次丸, うけたや幾台, うけた傷手は討死, うけた傷痕にも山風, うけた儒教的な批判, うけた儒教的教育と西欧的教養, うけた先生はこれ, うけた先陣は全, うけた光秀もそこ, うけた八丁堀の若手, うけた八代将軍でありこれ, うけた八百屋の娘, うけた八重桜の花, うけた公使夫人どこやらのみ下し, うけたの端, うけた兵力の損害, うけた其の時代の, うけた内弟子か門人, うけた写真が出, うけた冷遇も大伯母, うけた処分も消息, うけた処生上の迫害, うけた出陣の簿, うけたと又, うけた刀痕とにどうも, うけたは一太刀, うけた刺激の余波, うけた法山の, うけた前日に父, うけた十八世紀人になり, うけた十時三十五分よりも二十五分前後, うけた厖大な所領, うけた叔父藤兵衛によく, うけた取調べにつき, うけた台座の感じ, うけた右大臣忠平へかさね, うけた同類がどの, うけた名残の濡色, うけた君侯の名, うけた君恩をうらぎり, うけた呵責のため顔, うけた命令は馬鹿ティネイ, うけた和服姿の巡査, うけた四家のうち, うけた回教の世界, うけたとひとつもの, うけた土蔵の白壁, うけた地主は開墾, うけた地方武族も五百, うけたあいその, うけた場合六人組としてはどういう, うけた夏侯惇は兵, うけた夏草のよう, うけた夕霧が筑前国, うけた多くの人々, うけた大小そろつた刀, うけた大島雲八光義がよたよた, うけた大河の言葉, うけた大竜ウームと時折, うけた天気のいい, うけた太刀傷と五体, うけたがシシリー島, うけた奇禍をどう, うけた女子や童, うけた女性支配を齎し, うけた好意の数々, うけた好況時代に出来た, うけた妾腹の子, うけた姿を見たら, うけた娘時代の仕事, うけた婦人の一人, うけた嫁御この後, うけた嫡男である, うけた学問兵法の師, うけた宇喜多勢はあれ, うけた宮殿は何で, うけた密書をふところ, うけた富士男の意気, うけた少年ホーソンらしい手紙, うけた尺取虫のやう, うけた尼刀自へ返礼, うけた山中鹿之介, うけた山木判官の使い, うけた岩田家の一人娘, うけた崖下の暖かい, うけた工場ではそこ, うけた帝玄徳は白帝城, うけたの弥五郎一刀斎, うけたを見下す, うけた引田妙源がしたため, うけた張飛は大いに, うけた強い戦慄を, うけた強烈な印象, うけた道場の, うけた当人だから, うけた当日武島町の一室, うけた当時の自然科学者, うけた役目は鳥追い, うけた彼ら二十人の家士, うけた彼ら自身の過去, うけた彼女は脊髄, うけた後勉学のためアムステルダム, うけた後孔明を打破る, うけた後本土へ向っ, うけたのきず, うけた心極刀の秘密, うけた川和尚の, うけた思いが致します, うけた急使やら戦況, うけた怪人物の来訪, うけたかしめ, うけた恥辱にふるえ, うけた恩人また生命, うけた恩賞の地, うけた恭倹な帰り, うけた意味ふかい教訓, うけた成田屋の勧進帳, うけた戰犯者たちがどんな, うけた手傷以上にかれ, うけた批評のある, うけた批評そのものから何, うけた抑圧との闘い, うけた折高氏はその, うけた拷問が原因, うけた損失にたいするつぐない, うけた数字のスタンプ, うけた新ちゃんは母親, うけた新鮮な刺激, うけた日従来一個の文学者, うけた時以上の驚き, うけた時勝重はすぐ, うけた時左右の者, うけた時師恩に感泣, うけた時彼女の気もち, うけた時玄徳の舎弟関羽, うけた時私は何, うけたにもその, うけた智恵子さんは帰国, うけたい座敷, うけた暗い沈んだ謙虚, うけた曹操が小癪, うけた隠龍太郎, うけた木曾口方面でも, うけた本多家などからは武蔵, うけたの痛み, うけた束貫の材, うけたはなめる, うけた東京がわ, うけた東宮の御門, うけたのよう, うけた柔かい少年少女の, うけたの角, うけた梅市や安蔵たち, うけた業績は十位い, うけた槍傷が毎日, うけたにその, うけたの文章, うけた次回の時, うけた正直な感銘, うけた武士の内, うけた武将の中, うけた武神の孫, うけた歴史の前進, うけた殿様の蔭口, うけた民蔵は, うけた民部はたずね, うけたでさがし, うけた気味があった, うけたの下, うけた水晶とばかり思っ, うけたの砕片, うけた河原のところ, うけた治療は持続睡眠療法, うけた法皇にも別れ, うけた即ち縦波, うけたが大きく, うけた淨財を今, うけた満開の様子, うけた源太郎子飼いの壮士たち, うけた漢中王をこの, うけた激しい衝撃を, うけた火夫が赤く, うけた災害がみんな, うけたというの, うけた為めでもあったろう, うけた烈しい気魄が, うけた無念は深刻, うけた無法な暴行, うけた無礼な返書, うけたの猛烈, うけた牝馬が生んだ, うけた牝馬共に進ん, うけたよ, うけた物見の一名, うけた特務機関長がお話好き, うけた犯人の精神的外傷, うけた玄徳は取る, うけたの命令, うけた生命のあらん, うけたの滝川長兵衛, うけたです, うけた由良の伝吉, うけた甲斐がなく, うけた甲軍の隊, うけたも畜生, うけた男禁制の清浄, うけた異人館は四つ角, うけた畿内五ヵ国の兵, うけた病者達の激しい, うけた痛みが軽かっ, うけた白い砂利が, うけた白薔薇といった感じ, うけた百姓は信心, うけた盛観はむしろ, うけた瞬間の市電従業員, うけたを抜き, うけた知識人としての教養, うけた示唆がもと, うけた社会的存在のしるし, うけた祖先の姿, うけた祖国日本は近く, うけた神官の姓名, うけたの丹心, うけた秀吉は大いに, うけた秀次隊の運命, うけただった, うけた窮民たちはうわさ, うけた立合いに逃げ, うけたです, うけたがある, うけた箇所へ集まり, うけた精神病者の口, うけた精神的な打撃, うけた精霊の促, うけた紹巴がこれ, うけた結果に過ぎない, うけた絵かきや彫刻家, うけた絵画が更に, うけた綸旨を名分, うけた繁華な時間, うけた群青の光澤, うけた翌日しかも逢う, うけた老臣の斎藤内蔵助利三, うけた者以外一般にはわけ, うけた聖尋がいかに, うけた肥後の菊池武時, うけた肩先の初太刀, うけた自分の場合, うけた良将である, うけた色々の親切, うけた若い婦人が, うけた若者は異様, うけた苦しみを考える, うけた苦痛だけを生涯, うけた英国公使館の外国人ら, うけた落胆と衝撃, うけた蒲原順二を伸子, うけたをふくらませ, うけたとしては出雲, うけた虚無党員がそれ, うけた虞舜の氣取, うけた蜂谷学士はミドリ嬢, うけた蜘蛛の巣, うけた蟄居の難, うけたに恟々, うけた表情になっ, うけた袁紹となぜ, うけた記事がで, うけた記憶がある, うけたの内容, うけたのどんな, うけた諸家に御, うけた負傷の疵, うけた赤壁の大敗, うけたがある, うけたは直ぐ, うけたに果てた, うけた軍士が邸, うけた軽捷の兵, うけた近侍だけが神社, うけた迷惑をさんざん, うけた途端に人事不省, うけた遠い祖先に, うけた那古屋城代の林佐渡守, うけた部将たちは手下, うけた采邑の一部, うけた野蠻人に對, うけた金毘羅船の中, うけた鎌倉の武士, うけた鎌倉殿の臣, うけた長野市附近は相当, うけた門人ならば, うけた関平の一軍, うけた関羽はわき目, うけた階下の手術室, うけたにその, うけた障子にチチ, うけた雑誌をなげ出し, うけた電信兵の顔, うけた震撼と恐慌, うけた面々もまた, うけた面持で頭, うけた韓人の話, うけた頭株の連中, うけた顔そのものも見る見る, うけた風潮などと共に一頃非常, うけた馬上の業平, うけた高坂隊の一組, うけた魏延はすぐ, うけたの御三家, うけた黒住の肩口, うけた黒天黒地の無明, うけた黒田官兵衛は若狭方面, うけた鼻すじがなんと, うけた齒朶の葉