青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いわず~ いわば~ いわゆる~ ~いわれ いわれ~ ~いわれた いわれた~ ~いわれる いわれる~ ~う
う~
うい~ ~うえ うえ~ ~うけ うけ~ ~うけた うけた~ ~うし うし~ ~うしろ

「う~」 209348, 2262ppm, 36位

▼ う~ (98336, 47.0%)

5483 して 4818 した 4421 思って 3002 すると 2598 するの 2290 思う 1954 したが 1821 する 1479 したの 1190 思います 1022 思った 671 すれば 668 思われる 661 しました 583 した時 576 思ふ 547 するもの 507 思つた 491 思うの 480 決心した 457 する時 448 しましたが 440 思ったの 417 云ふ 414 考えて 404 するよう 394 私は 388 思えば 357 する者 352 思ったが 348 すること 343 思うが, 思うと 341 思いました 318 したとき 312 しなかった 296 するところ 287 しない 277 いうので 257 云って, 言ふ 255 したこと 250 云うの 234 考えた 233 いって, いふの, 思うん 226 いふこと 215 する人 212 するが 197 思ひます 194 したり 190 思いながら 185 思っても 183 言って 182 するので 177 努力し 175 する努力 171 するとき 170 するには, 思いますが 168 したところ 167 思われた 165 したもの 160 いう 158 思つてゐる 153 するから, 彼は 151 しないの 148 決心し 147 思つてゐた 142 努めて 140 します 138 しますと 133 思われます 131 試みた 130 思ふの 128 したので 125 思うて 124 思ふが 122 思ったから 120 するに 118 存じます 115 するかの, するその 113 努めた 112 しながら, する心 110 したん 107 つとめた 106 努力した, 思ったん 103 言うの 101 それは 100 するならば 98 思はれる, 思へば 97 想像される 96 いふので 93 思いましたが, 思ふと 92 思いまして, 考えたの 91 した途端 90 思うから 89 しなかつた 86 云うこと 85 思われるの 84 考へて 82 言った 81 云うので 79 云った 78 するん, 努力する 77 する意志 74 するか 73 しないで 72 する場合 71 そんなこと, 想像し 70 するやう 69 する処, 思ってね, 思ふん, 決心しました 68 いった, おもって 67 したその, したって, 試みて 66 する傾向, 思ったので, 考える 65 想像する 64 したから, する自分 63 信じて, 僕は 60 お思い, するため, するのに 59 欲し 58 いうと, する所, する途端 57 つとめて, 存じまして 56 した事 55 いふもの, 思ひながら 54 する人々, する頃, 存じて 52 心を 51 する前, 考へた 50 いうのに, いふ事, したけれども, するお, それが, なかろう, なさるの, 云う 49 あせって, 思うこと, 思ひました, 思われるが 47 言うん 46 したけれど, 心に, 思つても, 考えられる 45 しなかったの, する事, する私, 源氏は, 考えました 44 する力, する彼, する様子, 企てた, 思つたから, 思つて, 欲した 43 したに 42 した刹那, してるの, する気, 云うん, 思うよう, 約束した 41 した瞬間, する態度, せずに, それを 40 したか, したと, した人, 企てたの, 思ったこと, 思ったのに, 思つたのである 39 思われたのに, 思われるよう 38 思うよ, 思つ, 想像した, 試みたが 37 いわれて, するこの, する女, 思ったり, 手を, 決心する 36 いうには, する人間, 思ひましたが, 自分の, 言つた 35 しませんでした, するほどの, する気持, 企てて, 思いましてね, 考えます, 骨を 34 おもう, おもつ, しません, 不思議に, 予期し, 思はれた, 自分は 33 しつつ, 云う気, 苦心し 32 する男, 云うよう, 云う事, 思い立ったの, 思つてる 31 したとたん, ひそかに, わたしは, 云われて, 企んで, 心がけて, 思いついた 30 するよりも, たくらんで, 努めるの, 心配し, 思いましたから, 想像された, 期待し, 私が, 約束し, 試みたの 29 いふ気, しないので, する企て, 云つた, 信ずる, 待って, 思い立った, 思つて居た, 思ひますが 28 いうほどの, いつて, するほど, するを, する試み, なると, 云うと, 思ってるん, 計画し

27 [11件] いうだけの, するころ, する意図, する際, 半七, 彼女は, 思いますから, 思い立って, 思ったけれど, 見て, 覚悟を

26 いうんで, したところが, した者, する彼女, する気配, 思ったよ, 考えるの, 言うと

25 されて, するでも, するらしい, 察して, 思つたのです, 欲する, 言い出した

24 [13件] いふん, いふ時, したよう, する人たち, する時分, する欲望, 存じますが, 心の, 思いだした, 思つてゐます, 答えた, 言ったの, 試みる

23 [13件] いうに, いったの, いふ, かかって, する意欲, する手, する途中, 云て, 努めたが, 心掛けて, 思いますよ, 思つたのだ, 思つて居る

22 [17件] いうの, したため, した彼, しないん, しなければ, するつもり, 努めながら, 思うね, 思うのに, 思うもの, 思ふから, 思ふこと, 思われて, 決意した, 考えながら, 致しました, 言う

21 [17件] きめて, したのに, する熱意, する瞬間, する衝動, する角, もがいて, 思いますと, 思うけれど, 思ふよ, 思われるから, 書いて, 望んで, 焦って, 申して, 私の, 肚を

20 [22件] いたしました, さへ, したという, したら, した所, した私, しないから, しないこと, しまた, する言葉, そんな事, なさるん, 云い出した, 思うわ, 思う時, 思ってさ, 思ってな, 思つたら, 思つてね, 懸命に, 矢代は, 考えると

19 [17件] したお, するし, するは, する精神, する若い, なさいました, 予想し, 何であろう, 努める, 待ち構えて, 思った時, 思はれます, 思われるほど, 斯う, 無かろう, 覚悟し, 言われて

18 [17件] いうて, した女, しや, する勇気, する方向, する要求, する間際, 云うから, 信じます, 思うがね, 思ったけれども, 思った事, 思て, 思われるのに, 考へる, 見当を, 願って

17 [19件] いまいと, おもいました, こんなこと, するあの, するうち, する傾き, する心持, する拍子, する様, 余は, 出て, 努めたの, 志して, 思ったところ, 急に, 気を, 決めて, 申すの, 試みるの

16 [20件] あせった, きめた, しかけて, しまいと, しましたので, するけれども, する欲求, する程, する運動, 云うもの, 待ちかまえて, 思いますの, 思う心, 思ってるの, 思われました, 覚悟した, 言うもの, 計って, 試みたもの, 誰も

15 [35件] いえば, いったが, おっしゃって, しその, した自分, するにも, する人達, する目的, する計画, する道, する野心, する間, する風, その時, つくに, なさる, 一生懸命に, 人々は, 企てたが, 存ずる, 思うたが, 思うならば, 思う者, 思ってたん, 思われたの, 思われるほどの, 楽しみに, 欲しない, 私も, 答えて, 考えられます, 自分で, 言うこと, 言はれた, 計画した

14 [32件] あるまいと, したわけ, してるん, しますが, するだけ, する一つ, する今日, する刹那, する動き, する子供, する眼, する足, なった, 云いながら, 云ひ出した, 勝手だ, 思いますね, 思うので, 思う事, 思っただけ, 思つてた, 思われたが, 思われますが, 急いで, 気に, 私に, 腹を, 薫は, 言うので, 言っても, 言ひ出した, 身を

13 [39件] いいました, いっても, されるの, しかけたが, したくらい, しただけ, したほど, した処, した努力, した拍子, しますから, するかも, するらしかった, する意思, つとめたが, ならば, 主張し, 云うには, 云ふこ, 何を, 思うだけ, 思うに, 思えばこそ, 思ったか, 思つたが, 思つたのが, 思つたのは, 思ひまして, 思ひ立つた, 推察した, 眼を, 私には, 答へ, 考えたが, 考えられて, 致しますと, 苦心した, 試みたこと, 首を

12 [50件] あなたは, いうから, いふわけ, したあの, したらしい, しながらも, するだろう, するふう, する対象, する気力, する気色, する間もなく, する青年, せぬ, そう思っ, 主張する, 云う人, 仰言, 企らんで, 俺の, 俺は, 勝手に, 安心し, 彼の, 待つて, 思い, 思いの, 思うた, 思うても, 思うとき, 思うほど, 思うんで, 思ったって, 思っては, 思つてを, 思はれるの, 思ひ立つたの, 思ふやう, 構えて, 欲するならば, 相談し, 相談する, 笑いながら, 考えたから, 考えるよう, 考へたの, 耳を, 言ひ, 誓って, 頭を

11 [43件] あせるの, こっちの, したばかり, した点, した男, しないもの, するそれ, するなんて, するらしいの, するわけ, する二人, する動機, する奴, する文学, する新, する方, する本能, する生活, する考え, どうしよう, もがいた, 云う者, 企らんだ, 僕の, 力めて, 思いその, 思いましたので, 思うたの, 思つたのに, 思ひますよ, 思われるくらい, 思われるもの, 思召し, 村の, 欲するの, 殺そうと, 疑って, 考えられるの, 考へると, 胸を, 自分に, 言われた, 言出した

10 [64件] あせりながら, ある, いたしましたが, いふと, おっしゃるの, お考え, こう思っ, されたの, したはずみ, した手, した頃, してるかの, しなかったので, するあたり, するであろう, するとたん, するものの, するよりは, する一種, する今, する仕事, する作家, する大, する家, する思想, する情熱, する月, する樣, する点, する熱心, そのこと, つとめながら, わしは, 主張した, 云っても, 伸子は, 信じる, 兵馬は, 力めた, 察した, 察せられる, 思いながらも, 思いますわ, 思うくらい, 思うな, 思える, 思ったところが, 思ったもの, 思ってたが, 思わずには, 思わない, 思わる, 思われること, 想われる, 想像されます, 意気込んで, 焦った, 皆が, 相談を, 致して, 致しましたが, 言いだした, 誰が, 高を

9 [74件] いたします, いふところ, おもえば, おもった, しかけた, しそれ, したこの, したころ, した奴, した結果, してること, してると, してるよう, しましても, するそういう, するはずみ, するや, するより, する一人, する僕, する女性, する婦人, する意識, する手段, する決心, する癖, する相手, する矢先, する祈り, する結果, する誠意, せず, その日, それに, ぼくは, 云うのに, 云う心持, 云う時, 云えば, 云ふも, 云ふんだ, 企てる, 努めること, 多寡を, 大きなお世話, 察せられます, 必死に, 念じて, 思いつつ, 思いましたよ, 思うけれども, 思うという, 思ってよ, 思つてゐ, 思つてゐました, 思つて私は, 思ひますの, 思や, 思ッて, 推定される, 推察される, 教えて, 楽しんで, 決心を, 狙って, 申しました, 真面目に, 義雄は, 考えたので, 考えられた, 聞いて, 言う者, 言ひました, 骨折って

8 [94件] あせったが, あなたの, いうが, いつた, かかるの, きめました, したせつな, したまで, したらしいが, した言葉, した足, しないが, しました時, するお前, するすべて, するだけの, するばかり, する伸子, する何, する問題, する強い, する必死, する段, する母, する激しい, する考, する處, する電車, する願望, そう思う, それも, なさって, なすったの, なすって, なって, わたくしは, 一緒に, 二人は, 云いました, 云う訳, 云はれ, 云ひ, 云ふと, 人は, 企てるの, 信ずるの, 僕が, 力を, 努めなければ, 努力しました, 同じこと, 噂され, 存じましたが, 宮は, 家の, 彼等は, 心配した, 思いついたの, 思いついて, 思いのほかに, 思いますけれど, 思えた, 思ったくらい, 思ったと, 思ったのよ, 思ったほど, 思ったわけ, 思はれるやう, 思ひ立つて, 思へた, 息を, 推定した, 推察し, 欲すること, 欲する時, 欲する者, 死のうと, 熱心に, 目を, 確信し, 簡単に, 約束を, 考えたもの, 考えますが, 考えるが, 考へたので, 見えた, 解釈し, 言いました, 言はれ, 言ふこ, 言ふんだ, 話す, 足を

7 [145件] あせる, あせれば, いうほど, いふつもり, いふには, いふほどの, いふ矢先, おっしゃるん, おぼしめして, おもいます, おもうが, おれの, お察し, このよう, し, したそう, したものの, した人々, した場合, した形跡, した彼女, した試み, した話, しないという, しない人, しなかつたので, しますので, し又, し私, するけれど, するであらう, するもん, するらしいので, する一切, する世界, する光景, する内容, する口, する夢, する好奇心, する娘, する彼ら, する意味, する日, する最初, する樣子, する母親, する気魄, する熱心さ, する直前, する誘惑, する限り, する願い, する魂胆, そればかりを, なさったの, もくろんで, 両手を, 予想した, 云うが, 云うその, 云うところ, 云う心, 云う考え, 云ったが, 云つ, 云つても, 云は, 云はれた, 今から, 今度は, 仰有るの, 企て, 企んだの, 何か, 何の, 判断した, 努めました, 勝手な, 勧めて, 口を, 君は, 喜んで, 巧らんだ, 希望し, 彼には, 必死の, 思いましたけれども, 思いますので, 思い私, 思い込んで, 思うてな, 思うばかり, 思う位, 思ってたところ, 思っての, 思ってる, 思ってると, 思つたのさ, 思つては, 思つて持つ, 思ひましたよ, 思ひますから, 思ふけれど, 思ふほど, 思われますから, 思われる大, 思案し, 想像せられる, 意気ご, 手ぐすね引い, 手に, 提議した, 欲するもの, 気が, 決めた, 注意した, 焦つて, 焼いて, 父は, 申し出た, 目論んで, 相談が, 相談した, 相談しました, 約束する, 考えたこと, 考へました, 考へられる, 考へるの, 聞いた, 腕を, 自分を, 見ると, 親切に, 解せられる, 言い出したの, 言うて, 言ったが, 言つ, 誓った, 身構えて, 鑑定した, 頭の, 鳴って

6 [188件] あせつて, いいますと, いい出した, いったり, いふ者は, おもうと, おもうの, お高, こころみたが, された, される, しそして, したかと, したかも, したじゃ, したとか, したな, したばかりに, したほどの, した一人, した二人, した位, した大, した時代, した最初, した相手, しつ, してるところ, しないし, しない男, しなかったが, しなかったこと, しなかったし, しなかったもの, しましたから, し彼, すぐに, すべきでは, するある, するからには, するさ, するでしょう, するという, するとは, するならそれ, するま, するまでに, するらしかったが, する主張, する体, する側, する働き, する其の, する声, する姫, する姿, する子, する学問, する小さな, する小説, する希望, する平次, する度, する形勢, する意慾, する慾望, する或, する手紙, する新しい, する日本, する時代, する本能的, する歌, する物, する町, する花, する表情, する話, する身構え, する運命, せられて, そう云う, そなた, その人, そればかり, そんな風, つとめました, つとめる, なされたの, なるまいと, なんであろう, なんの, ねらって, ままよ, みんなが, 久慈は, 乳母が, 予測し, 争って, 二人の, 云い出したの, 云うて, 云う相談, 云う腹, 云う話, 云た, 云ったこと, 云ったの, 今でも, 他の, 代助, 企てたもの, 何んであろう, 余計な, 例の, 前に, 努力を, 声を, 大将は, 妾は, 存じまする, 宿の, 察せられた, 少しも, 巧らんで, 希って, 彼が, 心待ちに, 思いますのよ, 思い出した, 思うし, 思うほどの, 思う頃, 思ったらその, 思った瞬間, 思った私, 思ってるところ, 思つたつ, 思つてそれを, 思つて見, 思はれて, 思はれるので, 思はれる程, 思ひましてね, 思ひますがね, 思ひますと, 思われましたが, 思ッた, 想はれる, 推測した, 期して, 期待する, 構わない, 母は, 気の, 決意し, 注意し, 焦るの, 父に, 父の, 独りで, 用意し, 私たちは, 空想し, 笑って, 約した, 考えたん, 聞くと, 腐心し, 自分ながら, 致します, 苦心する, 見られて, 言いますと, 言うのに, 言う氣, 言えば, 言ふと, 言ふも, 計ったの, 試みても, 話して, 説明した, 諦めて, 返事を, 述べて, 院は, 顔を

5 [248件] あそばすの, あたしの, あの人, あるが, いいながら, いうだけ, いうでは, いったって, いったので, いつでも, いふ頃, いろいろに, おっしゃいました, おっしゃったの, おっしゃる, おれは, お前の, お言い, かかった, これは, これも, さてこそ, さまざまに, したかという, したかを, したし, したといふ, したとて, したならば, したのよ, したやう, したらしいの, したらその, したらそれ, したろう, した事件, した動機, した心, した折, した程, した若い, した跡, してるが, してる者, しないところ, しなかったから, しましたけれども, するたび, するだらう, するなどは, するのみ, するらしいが, するらしかつ, するガラツ八, する一方, する一派, する下心, する事件, する人物, する企図, する作者, する勢, する吾, する太陽, する夫, する容子, する少し, する山, する後, する志, する悪魔, する意向, する意気, する愛, する方法, する方角, する方面, する最後, する気分, する気持ち, する物語, する特殊, する理由, する生命, する用意, する立場, する策略, する習慣, する者たち, する自然, する身, する顔, する馬, すれど, すればこそ, せず又, せぬの, そこに, それで, たかを, つとめるの, なさいましたが, なさらないの, なさると, なさる方, なされて, なされました, ひしめいた, ふしぎに, わたしの, オレは, 一人で, 一所懸命に, 一時は, 一生けんめいに, 不思議な, 争った, 云い出して, 云うとき, 云う希望, 云ったって, 云ったり, 云つたら, 云つてゐた, 云ても, 人の, 人を, 今の, 今は, 仕て, 仰し, 企てたこと, 企てること, 低かろう, 信じた, 僕も, 出かけて, 力んで, 努めたもの, 努めては, 努めても, 同情し, 咄嗟に, 問題では, 夢中に, 大声で, 女は, 姫君は, 子供の, 存じました, 定めた, 察したので, 察せられるが, 工夫した, 工夫する, 彼女に, 彼女の, 後を, 心が, 心配する, 志を, 思いそれ, 思いたちました, 思いたったの, 思いましたわ, 思いましても, 思い付いたの, 思うけど, 思うところ, 思うン, 思う人, 思ったけど, 思ったそう, 思ったとき, 思つたのだつた, 思つてこの, 思つてさ, 思つてその, 思つて居りました, 思つて居ります, 思ひ, 思ひながらも, 思ひますわ, 思ひ乍ら, 思ふには, 思ふので, 思ふ程, 思わなかった, 思われたから, 思われるので, 思われる位, 思案した, 思案を, 意を, 意図し, 意識し, 感じて, 或る, 推定し, 推察する, 推測し, 推量し, 敢て, 昔の, 最後の, 正直に, 気がついて, 気づいて, 気にも, 無理に, 申します, 申しますと, 男は, 疑った, 空想した, 約す, 考えても, 考へながら, 胸に, 胸の, 腰を, 自分でも, 苦しんで, 葉子は, 藻掻い, 袖を, 見込みを, 言いながら, 言う人, 言つて呉れた, 言は, 計画する, 計畫, 訊いて, 訝りながら, 試みたり, 試みつつ, 試みられて, 試みるもの, 話した, 谷村は, 身が, 身構へ, 近所の, 隙を, 雪の, 青木は, 非常に

4 [421件] ああし, あがいて, あせっても, あせつた, いい出したの, いい出しました, いうか, いうならば, いたしましたところ, いったこと, いつたの, いつまでも, いなかろうと, いふて, いろいろな, いろいろやっ, いわぬばかりに, いわれる, おもったが, おもて, おもわれた, お約束, かかったの, かまわない, かれは, かんがえて, くると, ここに, これを, さう, さっきから, されまいと, しかけた時, しかけると, したそして, したつて, したとは, したのみ, したらしかった, したらしかったが, したらば, したりなど, したトタン, した人たち, した作者, した口, した当時, した恐ろしい, した態度, した様子, した津田, した為, した罪, した老, した身, してる, してる男, しないのに, しないよう, しない女, しない心, しなかったため, しはじめた, しはじめて, しましたけれど, しましたの, しますか, しますの, しまたは, し或, すべての, するあなた, するあらゆる, するいま, するけ, するて, するときめき, するな, するね, するのよ, するまえに, するやつ, するよ, するわれわれ, するテーマ, する一刹那, する上, する不思議, する中, する主人, する位, する兆し, する先, する先生, する八五郎, する切ない, する前夜, する勢い, する古い, する困難, する多く, する女房, する好意, する妻, する姉, する学者, する少女, する幕府, する年, する形, する御, する心がけ, する必要, する志向, する念慮, する怪物, する恐ろしい, する意圖, する意気込, する懸鼓, する我々, する旅人, する時間, する最も, する有様, する此, する毎, する気勢, する気運, する注意, する活動, する涙, する為, する無, する無数, する無理, する熱情, する父, する犬, する現実, する瑠璃子, する男女, する私達, する秋, する策, する節子, する美奈子, する老, する老人, する腹, する自ら, する興味, する行為, する親切, する諸, する連中, する部分, する陰謀, する隙, する雪, する類, せずそれ, せずただ, せずまた, せられたの, せんの, そのとき, そのま, そのままに, それこそ, たくらんだ, たくらんだの, たのしみです, たのしみに, つとめ彼ら, つとめ自分, なさいますか, なさいますと, なさるお, なさるから, なさるので, なすっても, なんだろう, まじめに, むつは, もがいたが, もがきながら, もがくの, やって, わしが, わしの, われわれは, 一同は, 不図, 不審に, 予定し, 予想する, 二人が, 二人で, 云い出したん, 云うわけ, 云う位, 云う所, 云う望, 云う約束, 云う考, 云う自分, 云ったと, 云つてゐる, 云われた, 云われるかも, 人々の, 人に, 人間であろう, 人間の, 今日の, 仰しゃって, 仰しやつ, 仰せられる, 仰言って, 企てながら, 企てるもの, 何だろう, 何でも, 何度も, 信じたから, 信じまいと, 信一郎は, 先に, 入るまいと, 刀を, 前から, 力めても, 努力しない, 即座に, 同様に, 哀れに, 噂した, 土地の, 堅く決心, 大臣は, 女の, 存じましてな, 存じますと, 定める, 家を, 寄って, 密かに, 寝て, 察しられる, 察する, 尻を, 己は, 帰るまいと, 平気だ, 幾度か, 床の, 度胸を, 待構え, 心待に, 心得て, 心配に, 心配の, 忍び過した身, 思いこの, 思いつきました, 思いましたけれど, 思いましたの, 思いますがね, 思いますけれども, 思いますんで, 思いやられる, 思い定めた, 思い直した, 思い直して, 思い立ちました, 思ううち, 思うか, 思うその, 思うた事, 思うちょ, 思うての, 思うとるん, 思うには, 思うのよ, 思う内, 思う様, 思えるほど, 思ったからさ, 思ったに, 思ったよう, 思ったらそれ, 思ったわ, 思った処, 思った者, 思っちゃ, 思ってた, 思ってたの, 思ってたのに, 思ってた所, 思ってるのよ, 思つたに, 思つてたんだ, 思つてな, 思つてまだ, 思つてや, 思つてゐたら, 思つて出, 思はる, 思はれるから, 思はれるが, 思はれるほど, 思はれる表情, 思ひついたの, 思ひましたけれど, 思ひますけれども, 思ひ立ちました, 思ふて, 思ふならば, 思ふ頃, 思わずに, 思わなかったの, 思われるけれども, 思われるこの, 思われるし, 思われるその, 思われるところ, 思われるほどに, 思われるん, 思われる点, 思われる程, 思召す, 怪しみました, 悲しんで, 想って, 想像され, 想像しました, 感じた, 我々は, 持って, 推測する, 推測せられる, 推量する, 提案した, 早くも, 早合点し, 望んだ, 期待した, 栄之, 構や, 構わずに, 様々に, 様子を, 横に, 機会を, 母に, 氣が, 汗を, 決心致しました, 焦心って, 焦燥った, 熱中し, 熱中する, 燥って, 狙いを, 玄関の, 生きようと, 甲斐は, 申しまして, 男が, 知つたら, 私を, 窓の, 答えたの, 米友は, 約束しました, 続いて, 考えその, 考えたり, 考えついた, 考えついたの, 考えられるが, 考えること, 考えるに, 考えを, 考へたから, 考へたが, 胸算用を, 自分が, 自分も, 自由だ, 自由に, 色々に, 見込んで, 解して, 言い出しました, 言うよう, 言うんで, 言ったこと, 言ったん, 言ってるん, 言つてゐた, 言われるの, 訊くと, 試みた人, 試みました, 試みましたが, 試みること, 話が, 話を, 誰か, 誰でも, 誰もが, 謂って, 進んで, 金の, 鑑定し, 頼みに, 額を, 飛んで, 骨折った

3 [783件 抜粋] あきらめて, あそばされた, あそばされるの, あわてて, いいだしたの, いうからには, いうまで, いうよりも, いずれは, いたしま, いたしますと, いたしますの, いたずらに, いつても, いつも思う, いはれて, いふが, いふもん, いふ日, いふ説も, いぶかりながら, いらいらし, いろいろの, いわんばかり, おかまいなし, おっしゃいます, おめ, おもったの, おもわれる, お光, お前には, お思ひ, お思われ, お絹, お艶, かまや, かように, きめたん, こういうの, こういっ, こう考え, ここで, こころみて, こちらの, この方, この間から, さまざまな, しある, しお, しかけたとき, しかけたの, したかの, したそこ, したでは, したね, したほどに, したよ, したらどう, したんで, した上, した人間, した体, した作品, した医者, した妻, した子供, した少年, した従来, した御, した意志, した日, した時分, した時私, した曲者, した硝子戸, した筈, した計画, した際, した青年, してばかり, してるとき, しないこの, しないその, しないでも, しないのよ, しないばかりか, しない態度, しない点, しなかつたから, しなくなつ, しましたよ, しましたらその, しますけれど, し一人, し彼女, すまいと, するあまり, するおふくろ, するかぎり, するかを, するこころ, するこれ, するごときは, するさま, するであろうか, するなぞ, するにあたって, するまじめ, するまで, するんで, する一味, する不自然さ, する主, する事業, する他, する代り, する作品, する価値, する兄, する労働者, する右, する君, する呪言, する商人, する善意, する場所, する夜, する姿勢, する季節, する少年, する広い, する強烈, する徒輩, する心持ち, する念, する念願, する思い, する意嚮, する意見, する感激, する憧憬, する手だて, する折, する故, する敵, する方針, する本, する橋, する機運, する次, する段階, する民主的, する気もち, する氣配, する江戸, する湯元温泉, する源氏, する犯人, する現代, する男子, する種類, する空, する筆, する素, する素朴, する絶望的, する群集, する肩, する腕, する色々, する芸術, する苦心, する蛇, する袖, する説, する足許, する近代, する追, する頭, する願, せずには, せられるの, そう思った, そこまで, そこを, そつと, そのため, その事, その場, その点, そんなもの, そんな気, たいしたこと, たくらんだが, ちよつと, つく, つとめたの, とっさに, どうでも, なさいます, なさつて, なさるに, なされても, なすったん, なつた, なんでも, はかって, はかりました, ひしめき合って, ひとりで, みずから誓った, みんなで, もう父, よけいな, わたくしも, ジョバンニは, 一人が, 一向構わない, 一応は, 一直線に, 三人で, 三人は, 上を, 不審を, 世間では, 両手で, 主人の, 主人は, 予言した, 事もなげに, 云いだした, 云い出した時, 云い出しました, 云うた, 云うに, 云う了簡, 云う噂, 云う好奇心, 云う意味, 云う料簡, 云う計画, 云う説, 云ったから, 云った時, 云つたのは, 云つて私を, 云ふお, 云へば, 云われたの, 云われるので, 今まで, 今も, 仰しやる仕方, 仰っしゃる, 企てたから, 企てたので, 企てるよう, 企んだ, 伯父は, 作者の, 俺が, 働いて, 先生は, 兼, 出かける, 出精し, 前の, 前へ, 力めるの, 努めたこと, 努めながらも, 努めまた, 努めるやう, 努めれば, 努力しつづけ, 努力します, 努力せず, 勉めて, 勤めて, 十吉は, 博士は, 口に, 右に, 吉良は, 同情した, 君が, 呆れながら, 告げて, 噂し, 変な, 外の, 夢みて, 夢見て, 大きにお世話, 夫人は, 妙に, 始めから, 嫁に, 存じますから, 存候, 安心した, 家へ, 富岡は, 察したから, 居まいと, 左手の, 左様な, 己の, 希望する, 平気の, 彼に, 彼も, 彼等の, 後から, 御自身, 心で, 心は, 心掛けた, 忠告し, 思いお, 思いここ, 思いたった, 思いついたから, 思いますか, 思いますし, 思いません, 思いめぐらして, 思いやって, 思い付いた, 思い付いて, 思い御, 思い立ったが, 思うお, 思うしかし, 思うなり, 思うわけ, 思う前, 思う方, 思う次第, 思う間, 思えるの, 思ったお前, 思ったし, 思ったその, 思ったです, 思ったとたん, 思った途端, 思ってから, 思ってるうち, 思ってる処, 思つたと, 思つたの, 思つたのだらう, 思つてました, 思つてペンを, 思つて居ます, 思つて待つてる, 思つて来た, 思つとる, 思てた, 思はれる位, 思ひその, 思ひたつて, 思ひましたの, 思ふかも, 思ふけれども, 思ふね, 思ふもの, 思ふわ, 思ふ人, 思ふ時, 思わば, 思われたので, 思われるかも, 思われる人, 思われる大きな, 思われる所, 思われる頃, 思召される, 思立った, 思立って, 急って, 怪ま, 悶掻いた, 想う, 想像します, 想像を, 感じました, 我身のほどをも, 或人, 掛って, 推量した, 日頃から, 明らかに, 書いた, 有仰る, 望みを, 朝鮮へ, 期待される, 本気で, 来て, 構うもの, 欲しなかった, 欲するが, 此の, 歩き出したが, 気の毒に, 水の, 決心いたした, 決心してる, 決意する, 注意を, 準備し, 為た, 無関心, 無骨らしく, 焦心る, 焦燥って, 煮て, 熟, 玉鬘は, 現実の, 申されて, 申したの, 申しますので, 申すもの, 発議した, 目論で, 直感した, 相談は, 真の, 知つてゐたら, 磯五は, 神であろう, 種々に, 立って, 第一, 答えると, 結論する, 考えたわけ, 考えては, 考えながらも, 考えに, 考えまして, 考えら, 考える者, 考え出した, 考へても, 考へる事, 考へ出した, 聞く, 聞くから, 腕に, 自分には, 致しましたところ, 致しましても, 致しますから, 薫の, 藻掻いた, 行くまいと, 見れば, 覚悟しました, 覚悟は, 言いましたが, 言い出した者, 言い出して, 言い合った, 言うた, 言うつもり, 言う事, 言う話, 言っとく, 言つたら, 言つて大, 言ひかけ, 言わないの, 計った, 計つたの, 計画を, 試みた事, 試みは, 試みる者, 誓ひ, 誘った, 語り合って, 誰であろう, 誰に, 謀って, 謂つた, 豹一は, 賛成した, 身構えた, 身構えた時, 迫って, 迷って, 途方に, 野村は, 静かに, 驚いて, 骨折ったが

2 [2126件 抜粋] あえてする, あせりますが, あそばさないの, あたしは, あとで, あのよう, あるを, い, いいだしました, いうかも, いうど, いうまでの, いくら努力, いっしょに, いつたやう, いふだけの, いふを, いふ程度の, いぶかった, いろ, いわれへえ, おかかり, おぬい, おもっても, お互いに, お城, お松は, お考えられ, かかったが, かまわないの, くわだてて, こういうわけ, こう思った, このわたし, これまで, さかんに, さとって, されました, しあこがれるの, しかけましたが, しきりにあせっ, しすぎる, したからよ, したこれ, したとき彼女, したには, したゆえ, したらおそらく, したらそんな, したら何處, したんだい, した一瞬, した主人, した他人, した作, した先生, した友人, した唐沢男爵, した声, した娘, した小説, した弾み, した意味, した新, した期間, した気持, した矛盾, した考え, した自動車, した訳, した長い, しだす最初, してる人々, しないか, しないだろうか, しない事, しない自分, しなかった私, しなかつたやう, しましたら向う, しませんでしたが, しわが, し二人, し其の, し同時に, し常に, し給うの, じぶん, すすめた, するいろいろ, するからの, するけに, するそこ, するたんび, するつまり, するなよ, するならその, するなら私たち, するばかりの, するぼく, するみち, するやさしい, するわが, するガラッ, する一本, する一行, する不断, する両国, する事実, する人波, する何とか, する作戦, する修業, する共通, する前途, する動向, する博士, する友人, する取られまいと, する呼吸, する国民, する大いなる, する大衆, する如く, する学説, する容, する寸前, する小坂部, する峠, する希, する広々, する当局者, する心づかい, する恐るべき, する情景, する愚, する態, する手首, する政策, する文学上, する時期, する村, する極めて, する機會, する死, する気風, する泪, する源三郎, する焦燥, する父親, する玄関番, する生涯, する白紙, する真心, する社会主義的, する積極, する算段, する老婆, する肉慾, する舞台, する芥川, する葉子, する蛙, する複雑, する貴女, する輩, する運転手, する量, する阿賀妻, する非常, する頼もしい, する馬頭観音, する魔, すゝめた, せず二, せず頭, そいつの, そう考え, そこは, そっちへ, その中, その成行, その頃, そんな話, ただそれ, だれしも, ついでに, つくづく考えた, つとめたけれども, つとめ子供, できまいと, どうで, どこへでも, なさいますの, なさつた時, なさるよう, なされたもの, なすったので, なら努めて, ねがって, はかるの, びくとも, ふとん, またいかに, または彼, まったく平気, もがきました, もさうだらうとも, やっとの, よその, わざわざ親切, キマイラを, ッて, 一切おかまい, 一図に, 一心斎は, 一目で, 三味線を, 下へ, 不審で, 世間の, 乗り出して, 予想される, 二階から, 云いましたが, 云うくらい, 云うならば, 云う其の, 云う心算, 云う意識, 云う様, 云う精神, 云う親切, 云ったそう, 云ったらそれ, 云つてゐ, 云つて来た, 云ひ出し, 云やあ, 云われたと, 人が, 人魚は, 今以, 今更の, 仏の, 仰せられますから, 仰有るので, 企てた者, 企てるならば, 佐佐は, 何らの, 余も, 信ずるもの, 健気に, 元々その, 先刻から, 全然無, 其の他, 其人が, 冒険を, 刀の, 初めて松太郎, 力に, 力めた形迹, 努めたので, 努めるであろう, 努力され, 努力すれ, 務めて, 勝手である, 勧めたの, 卓一は, 又その, 取沙汰され, 只管に, 右近は, 同じよう, 吹かれゆく馬子, 命の, 唇を, 嘆いた, 囁いたの, 堀井, 変に, 夜の, 大したこと, 大汗, 夫は, 女が, 女中を, 妙な, 妾を, 子供心に, 存じてを, 存じますの, 存じますわ, 安心し切っ, 実感として, 宿を, 察せらる, 少くとも, 尼君は, 岸本は, 希うの, 平気であった, 幸子は, 康子は, 弁護した, 彼らが, 待ちかま, 待設けて, 得意に, 心づいて, 心掛けるよう, 忖度し, 志すこと, 念願し, 思いさえ, 思いちがいし, 思いましたがね, 思いますがな, 思いますとね, 思いまず, 思いやると, 思い付きました, 思い出したの, 思い夫, 思い彼, 思い立ったから, 思い立つよう, 思うかね, 思うそう, 思うてけ, 思うとともに, 思うならそれ, 思うより, 思う処, 思う矢先, 思う辺, 思えるほどの, 思っただが, 思ったばかり, 思ったらまた, 思ったんで, 思った日, 思ってねえ, 思ってる時, 思つたがね, 思つたらしい, 思つた私の, 思つてここまで, 思つてそれで, 思つてネ, 思つて來た, 思つて命を, 思つて待つ, 思つて紙と, 思はしめた, 思はれる中, 思はれる様, 思ひついた, 思ひ出した, 思ひ直して, 思ふからね, 思ふのに, 思ふ浦島さん, 思やあ, 思わないでは, 思われない, 思われますわ, 思われるだろうが, 思われるまでに, 思われる時代, 思われる花崗岩, 思ツて, 急った, 恐れる次第, 悔ま, 情なくも, 想像も, 意欲する, 感じたから, 感心した, 懸額, 我慢を, 戸口に, 手詰の, 推したの, 推定しました, 教へ, 断念めて, 新八は, 早がてん, 明石の, 時々自分, 最初に, 望んだの, 本人は, 来た, 某は, 森の, 楽み, 構わないと, 機会の, 欲するほど, 欲する心持, 欲求する, 此間から, 残念ながら, 母が, 気がつきました, 氣づいた, 求める, 決心いたしました, 決心は, 流れたり, 混乱し, 源氏の, 火星人は, 焦っても, 焦慮つて居る, 焼かれようとと, 爭うた人々が, 犯罪は, 玉太郎は, 申しますから, 申す者, 町の, 痛くも, 皆で, 目で, 相手に, 眼の, 矢代も, 研究し, 私かに, 私にも, 立ちあがった, 笑いました, 答えるの, 糸を, 結婚する, 美奈子で, 考えずには, 考えましたから, 考えるし, 考え出したの, 考へてるん, 考へるより, 肩を, 自分さえ, 致したが, 致すを, 船の, 色々と, 苦心を, 草を, 血眼で, 裏も, 見つめて, 見られた, 覚える, 親の, 覺悟した, 言い出したが, 言うから, 言うわけ, 言う量, 言ったもん, 言ひだした, 言ふお, 言われたの, 計ったか, 計算した, 診断した, 試みたであろう, 試みると, 試みる程大胆, 誇張であろう, 誘った時, 説きたい, 誰かが, 論断した, 謀るもの, 貴方の, 赤い尻からげ, 足の, 身支度を, 軽く考え, 運動し, 遠慮は, 金兵衛は, 関係は, 電気を, 音たてに, 頻りに自分, 願ふ, 馬に, 骨折つた, 鳴く烏

1 [18273件 抜粋] ああああっ, あせった揚句, あせる結果, あっちの, あの赤児, ありがたく思います, あれ程, いいよる, いうこと, いうらしい少く, いくらか楽しみ, いたしますれば, いったよ, いつた成金根性, いはれるほど, いふ者が, いよいよ決心, いわれてね, うなりながら, おかまいなく, おっしゃったあれ, おひな, おもうわ, おんなし, お勝手元, お持ち, お綱, かうして, かけて, かまうもん, きそったが, くめ子は, こうこのごろ, ここの, このごろしげしげと, この姿勢, この芸, これ何たる, さう思ひながらも, さびしいそして, されぬ方, しかく, しこれ, したからさ, したちやう, したならずもの, したらしかったり, したらドア, したら定めて, したら独り, したら雨, したスパイ, した一彦, した事柄, した余り, した初, した命松丸, した女房, した小野さん, した形式偏重主義, した慎作, した日本古代信仰, した案内人, した決心, した物理学者, した程度, した肚, した西方, した途端鶴雄, した面つき, してた芥川, してる夫, しないしつつ, しない傍若無人, しない無, しなかっただけ, しなかった馬ども, しばしば思え, しましたら殿, しゃくにさわったり, し二度目, し大して, し想像, し猶, し過去, すぐ暗い, すべきでなくかえって, するうごきなども, するけいかく, するじつに, するですな, するならロース, するにゃ, するやり方, するらしく歩きながらの, するオヤマ, するニューラ, するリアリズム, する一葉, する不正直者, する争い, する人間不可避, する会わせては, する倫理上, する兵営, する利三郎, する勤労者, する参木, する味方, する在郷, する多情, する奔放, する娘たち, する客観的, する小林, する巨大, する庄吉, する形式的態度, する心的反動, する悩み, する愛国狂, する手前, する政敵, する新入学生, する時フト階下, する曇りなき, する本陣親子, する根本欲求, する欲ばつた考, する気合, する注文, する滝太郎, する焦り方, する狂人共, する生き証拠, する発生期, する真犯人, する祭り, する笑止千万, する絶望感, する耳許, する自由奔放, する茣蓙, する虚ろ, する見識, する詳しい, する貨物, する農村行事, する邪気, する銀五郎, する険しい, する頃やう, する香取丸, すれちがう度, せずてくてく, せず単に, せず煙草, せぬから, せられます, そうに, そこら中の, そのまま云い, その大きな力, その構想, その責め, それきり忘れ, それまでの, ぞんじたが, たくらんでからの, たった今までは, ちゃんと顔, つて旅団本部へ, つとめる工人達, てか片手, とにかく自分, どこでも, どんな血眼, なさった方々, なさるらしくその, なすったか, なら勝負, ねそべると, はっきりいっ, ひとたまり, ふとそんな, ほっとむね, まあ藤波, またいつであろうと, または時代, また新しく, まるっきり見境いが, みんな期待した, もう一句ムリ, もがき廻りはね廻った, もって, やはりうれしい, よき大望, れいの, われらプロレタリア文化の, エッヘッヘ, コツコツ, ダラダラライン, バスケットの, ペテルブルグに, ルックサックであろう, 一决し, 一度決心, 一歩ふみ出した, 丁度江戸幕府, 三根夫は, 下枝さんの, 不死人, 両膝, 主婦の, 了解しあいました, 二〇〇名の, 云いだしました, 云い張った, 云うばかりに, 云う企, 云う学生, 云う推測, 云う現代, 云う調子, 云ったとき同行, 云った顔付, 云つてた, 云はれました, 云わぬばかりの, 井戸に, 今さら妹, 介意っては, 仮定の, 仰せられるは, 仲の, 企てた策士, 企んだそれ, 佐伯は, 何日か, 來て, 信じるよう, 俺に, 僕から, 先から, 全く同じ, 共産主義だろう, 冀つた, 再びそ, 凡そ文化価値的, 出立しました, 判定した, 前人未踏の, 力め良暫らく, 努めた人, 努める害悪, 努力る, 勘定を, 勸めらる, 千びきあつまろう, 卜翁を, 又ジャーナリスティック, 叔父が, 口惜しいほど, 可恐し, 同じじゃ, 名乗らせて, 呆れつくづく, 哲学は, 喘る, 四人は, 土の, 堂々と, 変ったこの, 夜中であろう, 大きな願い, 大夫は, 大覚, 夫とは, 女たちが, 好意的に, 娘たちが, 存じいささか, 存じます折柄, 安全だ, 実は思う, 家職の, 察した彼, 尋ねた男, 小梅の, 少し遠い, 屋内へ, 川村さんは, 帆村は, 常に思わない, 年とっ, 店で, 引受けて, 当の人, 待ちに, 従って又, 御祝言, 心がけるに, 心掛けた結果, 心配も, 志すほどの, 念願しつづけ, 思いきめたその, 思いたつて, 思いのほか, 思いますからね, 思います正当, 思いわざと, 思い儲け, 思い夜明け, 思い思いモウ一つ下甲板, 思い極めた, 思い立たないでは, 思い第, 思い返された, 思うがな, 思うた分別, 思うならどんな, 思うまた, 思う何となく, 思う子供, 思う杉材, 思う細い, 思う食べ物, 思える機会, 思ったでしょうか, 思ったらね, 思ったら氷, 思った伊香刀美, 思った様子, 思ってたこと, 思ってる餓鬼, 思つた大事の, 思つておぞまし, 思つてなあ, 思つて一心に, 思つて作さんの, 思つて四十五銭と, 思つて帳場の, 思つて明るく, 思つて洗面所へ, 思つて絵葉書屋の, 思つて謡つたのだ, 思つて電気局へ, 思はぬと, 思はれる如き無稽, 思はれる點, 思ひましたけれども, 思ひ付いたの, 思ひ立ち, 思ふがい, 思ふなら私, 思ふ奴, 思ふ痛み, 思わず五六年, 思わなかった日, 思われたん, 思われるこれら, 思われる不思議, 思われる将棊, 思われる痛快さ, 思われる雅味, 思案いたしました, 恋しさ, 息子を, 悲しい孝道, 惜しまれた, 想像せられます, 意識したく, 感謝せず, 懐しく思われた, 我輩も, 戸棚に, 手近に, 抛って, 持ち懸けるの, 掛合ったところ, 推薦した, 支度しかかっ, 教育問題であろう, 断られるの, 方針を, 早くから孫呉, 昨夜思いついた, 暫らく待つ, 最善を, 望む何者, 期待を, 朱実は, 松次郎が, 格之, 極めて気, 構わんという, 欲するたびごと, 欲ふ, 此弱蟲が, 死に合おうと, 毎日お, 気づいたから, 気狂に, 汗ばんだ上衣, 決めた以上, 油は, 津田君と, 深くその, 満足し, 瀑には, 無慙野蛮で, 焦るけれども, 熟くさう, 片隅の, 犬や, 猛然と突っ込ん, 現実に, 産業統制であろう, 申した処, 申し出でたらしいのに, 男であろう, 疑ぐって, 発電所の, 皆思っ, 目論みを, 相続なんか, 眼も, 知つてあなたの, 石田, 神様次第でございます, 移動する, 窒息だ, 立ち止まった, 笑うもん, 答えた時, 糸立を, 経之, 総出で, 義景公を, 考えただけ, 考えづめ, 考えられますよ, 考える余裕, 考え着手, 考へるわけ, 聞える, 肱を, 自から, 自由であろう, 致しましたれば, 航空母艦の, 芸術の, 苦に, 莫大な, 藤吉は, 行く意気, 襲いかかった, 見たので, 見物人が, 観客, 言いたげに, 言い加えた, 言うな, 言う意味, 言ったら何, 言つた平次の, 言つて女將は, 言わなかった, 計ったに, 訓練する, 評議一決した, 試みられたが, 詫び入りて, 認定を, 語った末, 談論風発した, 謂うもの, 豊かに, 賛成の, 足で, 身も, 較べられ知人, 迷うよう, 逆戻りに, 遊ばしますか, 遙かな, 酷く恩, 金曜日から, 鏡子は, 関うまい, 階段から, 雪だろう, 革新派の, 頻りに賞め, 風は, 餘程言つてやら, 駆け出しましたが, 驚くこと, 鬼を

▼ う~ (12491, 6.0%)

209 それは 146 私は 81 それが 70 これは 67 私の 63 それを 45 そんなこと 42 僕は 37 今は 34 しかしそれ 32 彼は 30 今の 29 そんな事 28 それも, 併し 27 それに 26 それよりも, 自分の 25 ともかくも, なかろう 23 その時, ない 21 しかしこの, しかしその, ために 20 彼の 19 これも 18 これが, これを, 兎に, 日本の, 私には 17 一つには, 何だろう, 私が, 私も 16 しまいが, それには 15 いまいが, ここでは, さう, そこが, わしは, 自分は 14 その頃, 一つは, 何を 13 お前の, わたしは, 僕の 12 あるまいが, しかしもし, しかし彼, 他の, 多くは 11 あれは, しかしこれ, わの, 人間の, 何に 10 おれは, しかし私, それと, それらの, 人の, 今では, 女の, 少しも 9 しかし彼ら, そういうこと, その中, わたくしは, わたしの, 何の, 俺は, 少くとも, 念の, 私に

8 [18件] いまは, おれの, こ, そのうち, そのため, そのとき, その人, また一つ, わに, 中には, 事実は, 今日は, 何が, 何であろう, 実際は, 彼らの, 昔の, 私と

7 [24件] お前は, ここは, この場合, これで, ございません, そうでない, そうは, そこを, そのよう, その代り, その前, それにも, た, ためには, わへ, 一方には, 今日の, 何も, 僕には, 大体に, 昔は, 生きて, 自分が, 風が

6 [25件] あたしは, あなたが, あなたの, こっちは, これには, それで, どうしよう, ないの, なんであろう, まあ我慢, 人間が, 今度の, 俺の, 兎も, 多くの, 女は, 彼女は, 昔から, 此の, 為に, 無かろう, 生きようが, 結局は, 考えて, 非常に

5 [46件] あとで, いい, ここに, ここの, こっちも, この頃, これに, しかしあの, すかい, そこは, それだけ, それとても, それなら, それより, ための, とにかくに, なるまいが, もう一つ, わしの, 中, 今に, 仕方が, 何だらう, 何でも, 何分にも, 先例が, 同じ事, 君の, 君は, 娘の, 寺の, 幸いに, 当時の, 彼らは, 彼等は, 心の, 是は, 本当の, 構わない, 氏の, 無かった, 現在の, 私としては, 第一, 誰が, 雨が

4 [88件] あとは, あなたは, いいかも, いいの, お互に, お前が, こちらは, こっちの, このまま, この地方, この家, この時, この種, これほど, こんな時, さすがに, しかし人間, しかし僕, して, す, すが, そういうもの, そうで, そこに, そのこと, そのほか, その一つ, その結果, そりや, それじゃ, そんなもの, ただそれ, ためであった, ちよつと, とにかくこういう, とにかくこの, どうした, どうだろう, どこの, ないから, ほかの, ものは, わたくしの, われわれは, 一面には, 不幸に, 不思議な, 之は, 人に, 人を, 人心の, 今でも, 今まで, 今夜は, 今度は, 今日では, 他に, 何う, 作者は, 僕も, 吾, 周囲の, 喚こうが, 大部分, 子供の, 宜い, 居まいが, 当時は, 後の, 我々は, 日本では, 日祀りの, 最初の, 残念ながら, 江戸の, 江戸時代には, 現代の, 生きた人間, 相手が, 相手は, 笑おうが, 聞くまいが, 自分で, 自分には, 自分を, 見て, 誰も, 金は

3 [171件] あなた様が, あの人, いずれも, いつでも, いまの, うちの, おまえは, おれに, おれも, お前に, お前を, けだしそれ, こいつは, ここで, ここまで, こちと, このよう, この作品, この国, この娘, この点, この騷ぎ, これだけの, これでも, これらの, ございませぬ, しかし, しかしかかる, しかしこれら, しかしそう, しかし人口, しかし前者, しかし自分, しょう, すかな, そうすれ, そうと, そう云う, その, そのお, そのころ, その上, その場合, その大, その子, その実, その日, その時代, それにしてもこの, それにしてもその, それについて, そればかり, それまでに, それまでの, それまでは, そんなところ, ためでは, だれも, とにかく, とにかくその, どうか, どうぞ堪忍, どこへ, どれも, なかった, なにも, なんだろう, なんという, なんの, びくとも, ほんとうに, またこの, またその, もうこの, もしそれ, もつと, や, よい, よいと, わから, わかるまいが, わしに, わしには, わたしが, わには, われわれの, わを, 一方は, 一緒に, 世の中は, 世間の, 主なる, 主人の, 之に, 事に, 二人の, 亭主は, 今から, 今が, 今しばらく, 今なお, 今までの, 今日に, 何うし, 何と, 何よりも, 余は, 僕が, 兄弟が, 口に, 口奇麗な, 同じ余, 問題は, 国家の, 地雷火を, 夏の, 外国の, 多数の, 夜が, 大事な, 奥さんの, 嫌や, 子供を, 実はこの, 寒かろう, 左様な, 平気で, 幸か, 彼が, 彼女の, 後に, 悪いこと, 我々の, 我慢し, 我輩の, 或る, 手前は, 政府の, 日が, 日本人は, 曲者は, 木の, 此は, 此方は, 気の, 然ら, 父の, 現在は, 現実の, 生きよう, 生憎と, 相当に, 着かぶつて, 私のは, 私を, 私共の, 立派に, 結果は, 聞いて, 自己の, 自然に, 若旦那の, 誰だろう, 誰でも, 身一つ出世を, 車を, 近所の, 雪が, 頭の, 顔の, 高が

2 [551件 抜粋] ああし, あっしゃあ, あなたを, あなた様の, あのお, あの火薬庫, あらたかな, あるまい, あれが, あれだけの, あれも, あれを, あんまり大, いいだろう, いいと, いつかの, いつまでも, いや私, うと, うといふ, おいらの, おなかの, おまえと, おれが, お光さん, お前も, お家の, お書き下さる, お母さんには, お父様, お生憎さま, お由, お紋, お綱, お葉, お通りすがり, かかる場合, かくの, かれら, がまんし, きょうは, けだし一切, けだし彼, こういうこと, こうなっ, ここから, ここが, ここでも, ここへ, こちらからは, こちらには, こちらの, この, このお, このため, このとき, このほう, この事実, この二人, この句, この場所, この女, この山, この映画, この私, この老人, この説明, この騒ぎ, こらえて, これからは, これこそ, これでは, これなる, これによって, ございませんから, ご存じの, さうし, さすがは, さて相, さに, さよう, さりとは, しかしそれにしてもあまりに, しかし単に, しかし土地, しかし常に, しかし私たち, しかし純, しかし誰, しかもそれ, しかも彼ら, した, しなかろうが, しばらくお, すがね, すぐに, すまいが, す何, そいつは, そういう人々, そうする, そうなる, そこでは, そこまでは, そなた, そのあいだ, そのいずれ, そのまえ, そのままで, そのやう, その主, その人相, その他何, その代わり, その以前, その勇太郎, その女, その当時二, その男, その空気, その色, その若い, その辺, その間には, その間の, それから, それから先, それだ, それだけの, それだって, それぢや, それでいい, それでもとにかく, それでもまだしも, それでも私, それにしてもあまり, それにしてもあんまり, それにしてもこんな, それにしてもマリヤン, それにしても何, それにしても何町何番地, それにしても少し, それよりは, それ以上の, そんなら, そんなわけ, そんな気, そんな風, たいていは, ただこれ, ただの, ただ自分, ためで, ためである, ためであろう, たる, だいたいに, ちょうどそれ, とにかくお, とにかくそんな, ともかくあんな, ともかくそれ, どうかならぬ, どうか一々こらえ, どうじゃ, どうです, どうでも, どうもこの, どうもその, どこに, どこまでも, どちらが, どっちへ, どんな労働, どんな石, ないでは, ないという, ないのよ, ないん, なかなか中央, なくって, なにが, なんとし, なんに, なア, はしくも走りし, はたしてその, ひとつには, ひの, ひょっとする, ひよつと, ほんとの, ぼくの, ぼくは, まあお, まあ何, まあ叔父, まあ私, まずかろう, またこれ, また一方, まんざらさうで, むやみに, もうあの, もうそれ, もう何, もっと大きな, もとは, よいだろう, よかった, よくも倒れず, よく覚え, よければ, よほど手数, わざとそれ, わしも, わたくしには, わたしには, わは, アす, アノ一番長い, ジッと, スカウツ・ペースといふ, ダイヤモンドの, ッ, ネエ, ビクとも, 一人で, 一人の, 一人は, 一度よりは, 一方の, 一本の, 一般に, 一般には, 一般の, 一面から, 三が, 上の, 世間に, 世間一般の, 主人が, 乃至は, 之と, 之を, 二ツの, 二人とも, 二人は, 二十年や, 二十歳で, 人生の, 人間には, 人間は, 人間も, 今夜の, 今後は, 今日と, 今晩は, 仏教の, 他人の, 仮りに, 伸子には, 何うも, 何か, 何となく疲労, 何にも, 何ん, 何んであろう, 何んと, 何時の, 余りと, 例の, 信長は, 俺も, 傍で, 僕だ, 僕だって, 僕で, 僕としては, 僕達は, 兄の, 先方が, 先月の, 全体の, 八重ツ子ア今夜何とも, 共に三桁, 其から, 内儀の, 冬は, 凡て務めた, 前にも, 前のと, 助言は, 勝手に, 北は, 原因は, 叔父は, 取分けて, 只之, 君も, 国が, 地代は, 堪忍し, 場所が, 変りは, 夏は, 外から, 外の, 外輪だらう, 大きい木, 大の, 大体として, 大切な, 大抵の, 大殿は, 大道で, 夫に, 奥山の, 女であろう, 妙な, 妙に, 妹の, 妻を, 姐さんは, 娘が, 娘さんに, 子供であろう, 存八は, 安かろう, 実はあの, 実はこれ, 実はもう, 実は私, 実際に, 実際には, 家の, 家康は, 宿の, 小ツル, 少しの, 少しは, 山の, 山へ, 岡つ, 帰って, 平和克復の, 平癒らぬ, 年が, 年に, 店の, 府中の, 強い金色, 当分の, 彼に, 彼には, 彼女が, 彼女には, 彼等の, 後には, 後者には, 得まいが, 御自分, 御覽, 心を, 恋に, 悔いなし, 悪い, 悪くなろう, 意識なし, 慈悲善根の, 戀の, 我々には, 或は又, 手の, 手を, 折入っ, 拙者は, 持って, 断定は, 旗本でも, 既に今日嫂, 日に, 日本は, 日本人の, 日神に, 日神に対する, 明らかに, 明後日僕の, 映画の, 是非お出で下さいませ, 時の, 普通の, 有名な, 本人は, 本當, 机は, 来なければ, 東京に, 東京へ, 根が, 根本は, 次には, 此方から, 武士は, 死ぬまいが, 死んだあと, 死体を, 殺そうが, 母の, 毎年の, 毛織布は, 民子は, 気が, 気を, 氷屋や, 江戸時代の, 流石は, 為な, 為には, 然う, 然し父, 然し貴方, 父が, 現在では, 生憎買物, 生活に, 生活の, 甲斐の, 男の, 目の, 直ぐに, 相手の, 眞に, 真相は, 眼の, 眼を, 瞼が, 私たちの, 私たちは, 私どもは, 私などは, 私にとって, 私にとっては, 科学上の, 笑って, 納屋の, 紙数が, 線香を, 縛るの, 而も, 耳には, 自分から, 自分では, 自分も, 自分自身を, 自然から, 舟を, 船頭の, 若い娘, 茲では, 薄の, 虫の, 行きすがり, 行って, 要するに彼等, 見えなくなって, 親の, 言葉の, 訪ねて, 誰かに, 談は, 負けようが, 貴女の, 貴方には, 貴様の, 賤が, 起きて, 身に, 身の, 近頃では, 近頃は, 迚も, 遂にその, 酒は, 金が, 金の, 錦子は, 長い月日, 長い間, 闇の, 隣に, 青々と, 青い鉢巻, 顔に, 馬が, 馬鹿に, 騒ぐまいが, 黙って, 1以外には, 9を

1 [7968件 抜粋] ああ, あいにく検察当局, あたりを, あなたからも, あのま, あの四人, あの建物, あの男, あの観光団, あまりに気高い, あり得まいが, ある女, あろうという, あんまり感心, いかに猪, いざという, いっこう心, いったん行く, いつもの, いまいか, いま仙次の, いやもう, いわゆる日本的製鉄法, ええ, おそらくもう村, おへや, おれ達の, お前さん所の, お家にとっての, お搜, お父さんや, お菊, お連れ, かう第, かくてこ, かの冷奴, かまわんという, きっとあなた, くるわに, けだし競争者達, こいつが, こうした方, こうまでとは, ここらの, ことしの, このところ, この下駄, この仕事, この名, この家庭, この意識, この機会, この玉, この絹, この身, この際, これからテッド隊, これほどまで, こんなの, こんな開けた, さあ今晩, さっきあの, さまざまの, ざらに, しかしきょう, しかしただ並べた, しかしやはり, しかし一国民, しかし何, しかし労賃, しかし嘘, しかし実に, しかし打, しかし死ぬ, しかし純粋, しかし酋長, しかもなお, したがって中央, じっと堪え, すか何の, すっかり開い, すみ子が, ずんずん何処, ぜひお, そういう偽り, そういう細かい, そうした中, そうだ, そう耳, そちも, そのなか, そのバスケット, その上寿命, その他何事に, その内, その場, その小屋, その思考, その救助, その書物, その滑稽, その真似, その絵, その起源, その隣り, そもそもこの, それぞれちがい, それではこの, それでもちょっとした, それでも孔子, それでも豚公, それならなぜ, それにしても不, それにしても妹, それにしても真物, それほど臆病, それ虎と, そんな不人情, そんな微量, たいへん御, ただ一人, ただ漠然たる, たとえば同じ, ためすなわち, だが彼女, ちゃんと遠慮, ついて, つづいて, でけえ, でも我慢, ところきらわず, とにかくそれ, とにかく一町内, とにかく宝塚, とにかく自分, ともかく命, どういう相手, どうしてどうしてルイ十四世大王, どうせ女, どうもできず, どうも御, どこだろう, どの位先, どんな容態, ないとして, なかなかそうは, なく橘寺, なにしろみんな生一本, なによりも, なるほどそん, なんと言っ, のろま染であろう, ばらの, ひとまず先帝, ひょッ, ふとん, ほとんど区別, ぼうっとあかるく, まあそういう, まあ白羽, まさか飯, まず大要, またどんなに, また全く, また明日, また軍隊, まだ安心, まっさら, まアお前さん, みんな死ん, むろんここ, もうチットしんぼう, もう少々がまん, もしそうであるなら, もし旧劇, もつとも吾, やがてそれら, やってくる前, やはり大切, よいという, よくもこう運び込んだ, よく考へ, よると, わが烏啼, わたしという, わにウジャウジャと, われ等が, ウサギの, キューリー夫妻は, ジャアナリズムから, タバコと, テレビの, ネクタイだけは, ピカソという, プロレタリア美術の, マニーロフだろう, ラヂオは, 一か月半もの, 一九〇七年の, 一体君の, 一向頓着, 一年に, 一方では, 一本つけ, 一臂の, 丁坊は, 七歳とは, 三方四方の, 三造は, 下世話に, 不思議にも, 世の, 両人の, 中間なんぞには, 主として自分, 之とて, 乱れ飛んで, 事実そうで, 二三日商賣, 二杯目の, 五十人百人を, 些イと, 人々皆自ら能く, 人物評論の, 今おれたちが, 今一つには, 今後の, 今日神樂坂を, 今調べ, 他方年死亡率は, 仮名手本忠臣蔵は, 伯母は, 佐助は, 何しろ一萬千百圓, 何だって, 何と云つて, 何ら頓着, 何分たのむ, 何卒私, 余の, 作としては, 侍じゃ, 俳諧が, 値うちも, 僕なぞの, 僕達にとっては, 元来女, 先方で, 入れまいが, 全く貴女, 公認という, 其に, 其は, 其所の, 内儀が, 写真には, 出し物が, 切めて, 別にかけ, 制度さえ, 前門に, 努力といふ, 勘辨しねえ, 勢いづいて, 医者の, 十尺の, 卓子が, 単に罪人, 卸問屋だ, 厳密な, 又変り, 叔父さんの, 口元の, 叩こうが, 右言う, 同じ七月, 同時に全然落第, 后の, 吾ら一千人の, 命の, 唐代で, 善い人, 四だろう, 四隣の, 土の, 地球を, 城内の, 声は, 外ヶ浜北端の, 多代子さんの, 夜にゃ, 大きかろう, 大事に, 大化け物, 大抵は, 大蔵大臣も, 天気が, 夫の, 奇怪は, 女中という, 好い潮時, 如く奔, 妻に, 姿を, 子どもへの, 学士であろう, 安全な, 宝石そのものには, 実はそ, 実は強烈, 実は蛙, 実際今, 宮様の, 家畜が, 寔に, 寺入りには, 将来が, 小意氣, 小説の, 少し前, 少なくともフリーダ, 尚若干, 屋根も, 山湖として, 嵐だらう, 左に, 差支へ, 帝都を, 常に陥り, 平気と, 幸ひ, 床几に, 弁に対しては, 強盗を, 当家ご, 当面尊攘を, 彼ターネフ首領こそ, 後者とて, 御家庭, 御順, 心ばかりの, 忍びし人, 思いやりの, 急ピッチは, 恨めしかった, 悪くすれ, 惡く, 感情や, 憤慨の, 我れ, 戦場も, 手さぐりで, 手洗鉢の, 技術であろう, 抜乗りの, 指さそうが, 提灯に, 政略に, 数学においても, 文学を, 斯う, 新年だろう, 旅の, 日和も, 日本橋の, 旧来以上に, 明日からは, 昔東京に, 昨日番頭が, 時と共に, 普通に, 暫くし, 書斎の, 月に, 朝鮮の, 本位田又八は, 本郷で, 来世には, 松平家と, 柳橋の, 梅の, 極めて空疎, 構ふ, 次から, 止めろと, 此の分なら, 此様な, 武蔵も, 死には, 殆ど不可能, 殺された主人, 毎日くりかえされる, 気づくまいが, 水草に, 江南には, 決して嘘, 決して見えない, 河内房の, 泥棒だろう, 流されたといふ, 海部や, 清吉めが, 滝に, 火柱に, 為るまいが, 無理さすまい, 然しほんとに, 然るべき媒妁, 父からは, 牧野信一の, 特種の, 猿が, 現に戦争, 理窟なく, 生き生きと, 生来鈍愚, 田村義雄君です, 男女十一人の, 留める方, 病中に, 白いの, 百姓には, 皆不平を, 目先の, 省察であろう, 真船氏の, 矢張あの, 知る人, 砂糖が, 社会生活が, 神官が, 私たちも, 私ゃ詰らない, 秋の, 積年の, 立意は, 第三, 粕づけだらう, 紅茶に, 細君と, 結局なんの, 絶縁状の, 罪は, 義經に, 聖書に, 肱に, 脱け, 自ら怪物と, 自殺しよう, 舌が, 良真, 花が, 若いねえ, 若し駄目, 英国において, 菊五郎だろう, 薄暮合あの, 蘆と, 行かないのに, 被害民と, 西洋人は, 要するに関羽, 見られまいが, 見知らぬ顔, 親殺しや, 言語という, 試に, 誠に寂しく, 諸人の, 豊漁踊りは, 貴殿御, 贅六風情に, 足跡は, 車内が, 辛棒は, 近頃の, 追いついて, 通俗書だろう, 運の, 道徳を, 遺品は, 酷いこと, 重なる, 金兵衞は, 銀行の, 鐵砲で, 門外漢にと, 闘争者の, 隔った, 離縁し, 霜どけで, 面を, 頓着し, 顔つきを, 飛出して, 飲酒の, 駄目です, 高の, 鳥の, 黄櫨染という

▼ うという~ (8915, 4.3%)

383 ことに 354 のだ 256 のである 236 ような 191 のです 183 ことを 169 のが 164 のは 138 気に 136 ので 134 ことは 131 のか 115 んだ 83 ものだ 80 気が 69 のであった 67 ことが 57 のでしょう, んです 52 のだろう 48 気も 44 事に 41 ように 37 ことも 35 ことである, もの, 説が 34 ことです 33 ものです, わけで 32 のであります 31 ことで, 考えを 30 気は 29 のを 28 ことであった, のじゃ, のだった, わけです 27 のであろう 26 わけだ, 考えが, 者も 25 ことだ 23 気には 22 ものは, んじゃ 21 のなら, 事は, 考えで 20 のも, 事を, 者が, 者は 19 人が, 話が, 説も 18 ことだった, ものが, 時に, 気にも 16 人も, 決心を 15 ふうに, わけである, 心が 14 ものである, 気で, 気を 13 お考え, ときに, のさ, 意味の, 風に 12 ことな, のでした, 計画を 11 ことでした, ところに, のには

10 [12件] こと, の, ものさ, もので, ものも, もんだ, わけな, 人は, 気持に, 相談が, 考えは, 訳で

9 ことと, つもりは, ところで, 一つの, 場合には, 決心が, 相談を, 約束を, 計画が, 計画な

8 [11件] つもりな, ところへ, のと, んだろう, 事も, 人の, 意味を, 様な, 考えから, 考えであった, 考えも

7 [18件] ことだけは, ことや, つもりで, のかね, のらしい, ものを, 一種の, 心配が, 想像は, 時には, 気持が, 気持ちに, 気持は, 気持も, 気持を, 考えの, 話であった, 説を

6 [19件] あても, ところ, ところから, のかい, のかな, もんです, わけさ, んでしょう, んなら, 企ては, 努力は, 希望を, 心を, 望みを, 段に, 結論に, 考え, 腹な, 訳です

5 [35件] ことには, ところだ, ところです, ところまで, のでありました, んで, 下心から, 事が, 事である, 努力が, 努力を, 勇気が, 噂が, 奴が, 工合に, 意志は, 気さえ, 決心は, 点に, 疑問が, 目的が, 目的で, 目的も, 約束が, 考えに, 考が, 肚も, 興味も, 計画だった, 話だ, 話は, 話も, 風な, 魂胆, 魂胆だった

4 [71件] お心, ことでありました, ことでございます, ことにも, ことの, ことをも, つもりだった, ところを, のかネ, のでございます, のよ, わけだった, わけに, んでございます, 下心, 下心で, 予感が, 人と, 位の, 勇気を, 問題が, 噂で, 噂であった, 大望を, 女の, 奴は, 好奇心が, 寸法だった, 希望も, 当ても, 彼の, 心に, 心の, 念が, 想像が, 意味に, 意図は, 意志も, 意見が, 感じが, 提案を, 政府の, 日の, 時分に, 望みは, 母の, 気だろう, 気の, 気持で, 氣に, 点である, 相談に, 約束で, 考えじゃ, 考えな, 考は, 肚だ, 肚な, 腹で, 覚悟を, 親切な, 計画であった, 訳な, 話である, 議が, 野心が, 野心は, 野心も, 間際に, 際に, 顔つきを

3 [102件] ことだけ, ことだけを, ことであります, ことなどを, ために, つもりらしい, ときは, ところの, のであっ, のでなく, のとは, のに, のね, ひそかな, ものじゃ, ものの, もんじゃ, わけ, わけじゃ, んだい, 一本の, 下心が, 予感は, 事で, 事であった, 人だ, 人間が, 以外に, 傲慢な, 処で, 処に, 前に, 努力の, 噂を, 大変な, 女は, 家は, 寸法, 寸法だ, 希望が, 当てが, 心は, 心持で, 心持に, 志望を, 念慮が, 意を, 意味が, 意味である, 意味も, 意気込みで, 態度が, 提議が, 方向に, 方法で, 日に, 望みであった, 期待を, 次第で, 欲望に, 欲望を, 気か, 気持には, 決心で, 目的の, 相談だ, 瞬間に, 矢先に, 私の, 程の, 程度の, 積極的な, 立派な, 約束だった, 結論が, 考えである, 考で, 腹だ, 自信も, 自分の, 要求が, 要求は, 見と, 覚悟が, 覚悟は, 計画の, 評判であった, 試みに, 試みは, 話だった, 話でした, 話です, 話に, 話を, 誘惑は, 運びに, 運動が, 野心を, 鑑定で, 顔を, 魂胆であった, 魂胆な

2 [275件] おつもりです, お約束, こって, ことくらいは, ことこれである, ことさえ, ことその, こととは, ことなどは, ことについて, ことにでも, ことばかり, ことまた, この願望, こんたん, その人, その極めて, つもり, つもりか, つもりからか, つもりでした, つもりと, つもりに, つもりの, ところでした, ところな, ところには, のかしら, のかも, のじゃあ, のであり, のであるらしい, ひとつの, ふうな, ほうが, ものでございます, わけには, んじゃあ, んでございましょう, コンタンだ, コンタンで, ズルい, プランです, 下心の, 下心を, 不思議な, 予定であった, 予定を, 事には, 事ばかり, 事実は, 人々の, 人たちが, 人では, 人な, 人に, 人物, 人物は, 人達は, 人間の, 人間は, 企てが, 企てを, 企画を, 位な, 信仰が, 信頼の, 傾向を, 僕の, 処だ, 処な, 処へ, 処を, 努力などは, 励みが, 勇気も, 動きも, 動向は, 動機は, 勢いだ, 勢いです, 卑劣な, 友人の, 句意らしい, 噂である, 噂でした, 噂です, 噂も, 固い決心, 場合です, 場合にも, 大それた, 大望の, 大計画, 大鯉, 女と, 奴を, 好奇心から, 好奇心に, 好意を, 妙な, 寸法さ, 寸法であった, 寸法である, 寸法な, 寸法韋駄天の, 左側に, 希望, 希望に, 希望は, 年に, 当は, 御心, 御疑念, 御相談, 心持だった, 心持には, 心持の, 心持を, 心遣いが, 心配は, 必要も, 忌わしい言葉, 念願が, 恐怖を, 想像, 想像も, 想像を, 意味だった, 意味で, 意味な, 意図から, 意図が, 意図を, 意地も, 意志が, 意志と, 意見で, 意見である, 意見な, 意見に, 意見を, 意識が, 愚かな, 感じを, 態度だ, 態度である, 態度の, 所存, 手筈, 抜け目の, 挨拶を, 推定が, 料簡が, 料簡だろう, 料簡で, 料簡に, 料簡も, 方が, 方へ, 方針らしい, 日でした, 日には, 時, 時代に, 最初の, 有様です, 期待の, 期待は, 本当の, 案が, 案な, 案も, 案を, 楽しい希望, 様子が, 次第です, 殊勝な, 気だ, 気な, 気分が, 気勢であった, 気勢を, 気持から, 気持すら, 気持だった, 気持ちは, 気持と, 気持にも, 気長い, 氣が, 決心に, 浜尾総長の, 点から, 点だ, 現金な, 理想を, 男だ, 疑問の, 疑問を, 目当も, 目的から, 目的は, 目算であった, 相談の, 確信が, 種類の, 策な, 算段であった, 精神が, 約束, 純朴な, 結論を, 考えだった, 考えだろう, 考えであったです, 考えです, 考えらしい, 考え方は, 考から, 考に, 者の, 肚かも, 肚だった, 肚だろう, 肚に, 肚らしい, 腹に, 自信が, 自信の, 自信を, 若い衆も, 虫の, 蠅男の, 見込みで, 見込を, 計画から, 計画で, 計画です, 計画は, 計画も, 訳だ, 診断であった, 評判で, 試みを, 話, 話で, 話な, 話の, 説, 説明を, 調子で, 議の, 趣向, 趣向です, 趣向な, 輩は, 途中な, 連中が, 遠慮が, 野心に, 量見, 間際であった, 間際でした, 陰謀が, 際には, 非常に, 頃だった, 頃であった, 願いを, 風で, 風の, 魂胆から, 魂胆でしょう, 魂胆に

1 [2645件 抜粋] あいつの, あなたを, あらたかな, あれです, いかにも実, いつもの, いわゆる要, うわさでした, おそれ, おつもりな, おぼしめしは, お前さん時代が, お妾, お志, お爺さんだった, お話は, かねての, きみは, きわめて珍しい, こころがけ, ことさあ, ことそれゆえ尾は, ことでござった, ことなれ, ことばッかり, ことよ, こと市民は, この努力, この意図, この試み, ころに, ごく呑気, さそいの, したごころから, ずうずうしい要求, そういう心理, そう云う, その二つ, その娘, その旅, その訛伝, それだけの, そんな夜ふけ, たくらみさ, たくらみを, たのしみが, ためな, ちょっと風変り, つもりだ, つもりでありましたろう, つもりも, ときだった, ときマヌエラは, とき石倉の, ところでありました, ところも, とりきめ, のかっ, のでありましょう, のや, はげしい女, ひとが, ぶちぬき, ほとんど普遍的, まことに不思議, むかしもの, もっともな, ものだったろう, ものと, ものまア, もの事を, やさしい心, ようすが, ようです, ようにも, わけであります, わけも, んか, アメリカ人特有の, クリストフを, コンタンから, コンタンでは, コンタン大阪の, シッド・ハッジスの, ダンドリで, ドイツの, プランな, ミルンの, ヴァレンチニアンの, 一切の, 一大デパートメントストアを, 一念から, 一番値の, 一行, 七日の, 上品な, 下品な踊り, 下心であろう, 不了見, 不審が, 世にも熱烈, 世話ぶりその, 主動的な, 主意も, 九州にまで, 了簡である, 了見らしい, 予想は, 予感を, 事, 事だった, 事などを, 事よりも, 事情には, 二人が, 二重の, 人それらの, 人です, 人多い, 人達でしょう, 人間を, 今日に, 仕組が, 代りもしも, 以上には, 以外の, 仰せが, 企てに, 企でございます, 企みに, 企画は, 伝吉の, 余り正当でない, 作戦な, 作者の, 便宜な, 俺の, 停車場での, 傾向から, 元気が, 兆しが, 先生に, 入口の, 六日目の, 内に, 冒険心から, 処から, 出鼻であります, 分別は, 判断が, 前代未聞の, 剣客ぞろいだ, 功名心そんな, 努力に, 効果を, 勇気の, 動機から, 勢, 勢いな, 勢の, 医者が, 半農半漁の, 卑猥な, 危ないからくり, 原案は, 友人達の, 反対意見, 口の, 句が, 合図な, 同書の, 呑気な, 商売は, 問題である, 善意の, 噂なども, 国な, 土彦夫妻の, 坊主山で, 場じゃ, 場合の, 場所を, 声を, 多少の, 夢, 大きな硝子壜, 大きな黒豹, 大コンタン, 大入続き, 大怪我, 大石を, 大蝙蝠, 大非常時, 天竺, 夫婦約束までも, 女な, 女王ラーラが, 奴どもが, 好い時代, 好奇心は, 好意でも, 妥協が, 委員の, 婆心です, 孝道第, 実に容易, 家が, 寂しい心持, 寝台の, 寸法だけの, 将軍家の, 少しの, 山の, 岩蔵の, 川崎先生の, 左は, 巷間の, 希望である, 幕府の, 年を, 年頃の, 店は, 弥陀の, 強慾非道の, 当初の, 形勢に, 待遇振, 御内議, 御想像, 御親切, 心か, 心づかいが, 心では, 心らしかった, 心従って, 心意気な, 心持ちが, 心持は, 心掛けの, 心構えチラチラと, 心細いもの, 心臓の, 心配である, 志が, 志望などを, 忠告です, 念は, 怖しい, 思いつきを, 思い立ちらしい, 思想を, 性質の, 恐れを, 恐怖で, 悔恨の, 悪い料簡, 悪心で, 悲願を, 情熱を, 想像や, 意企の, 意味だ, 意味において, 意図にすら, 意地の, 意志で, 意思も, 意欲に, 意気な, 意気込だ, 意気込を, 意識された, 愚かしい希望, 愛の, 感心な心がけ, 慈悲心から, 態度は, 慾など, 憧憬が, 成心の, 所だ, 所存か, 所思は, 手だても, 手前から, 手筈まで, 批判を, 抜群さ, 掛声を, 推察と, 提唱を, 改正案だ, 政略だった, 文次では, 料簡だ, 新たなる, 方です, 方法であっ, 方針です, 旅程に, 日な, 日本左衛門の, 明確な, 時この, 時などは, 時下駄の, 時分の, 時刻でした, 時小口から, 時節であった, 景気です, 暗い思念, 曠古の, 書生が, 有様と, 望手の, 未練が, 本能的な, 条件では, 枯木の, 校長の, 桐生の, 楚々として, 極密の, 様子だ, 権幕の, 機会は, 次期州知事の, 欧米の, 欲望である, 歌留多です, 段取りだ, 殺気立った会場, 気ごみが, 気と, 気にだけは, 気らしい, 気分にまで, 気勢, 気持だけ, 気持なぞは, 気振りが, 気焔である, 気風が, 氣配も, 決心しか, 決心な, 決意な, 法も, 注意を, 流言で, 浮気が, 深い思慮, 清き考え, 渇望に, 準備の, 激しい恋, 瀬戸際, 点だけを, 点も, 無気力きわまる, 煩悶を, 熱心さと, 熱誠の, 物凄い場所, 物騒な, 狂暴な, 独創性を, 現在では, 甚だ思いやり, 生活全体の, 申しあわせ, 男だった, 男も, 疑いに, 疑問に, 白い美髯, 目あてが, 目的に, 目論見ばかりから, 相談なども, 真心の, 矛盾が, 矢先です, 石を, 確率と, 祇王祇女の, 祖父母たちの, 神聖な, 秘策だった, 程度で, 積りで, 空想は, 窩人の, 競争心でない, 筋書きの, 策略, 算段かな, 算段に, 精神, 約束あの, 素振りに, 結構な, 絶対的な, 美しいお, 老婆親切を以て, 考えじゃったが, 考えと, 考えによって, 考を, 者さえ, 者には, 聞分けの, 肚でした, 肚黒い, 腕前です, 腹です, 膳の, 自信は, 自覚も, 興行師の, 色を, 若い女性, 苦しみは, 茶目気やら, 蔵海の, 虚脱した, 衆議に, 行為な, 袖の下だ, 見えざるコケット, 見得, 見解には, 見込みを, 規定に, 覚悟による, 親も, 親切気も, 観念論も, 解答の, 言葉の, 計画である, 計画には, 計略な, 訊問の, 訳も, 証拠まで, 評判です, 試み, 試みや, 話さ何, 誓を, 説だ, 説に, 課長の, 謂わば, 議論の, 賊心に, 質問を, 趣向かに, 趣向であった, 趣旨が, 身構え, 軟派と, 輩に, 農業者は, 近所の, 返事です, 迷信によって, 途中を, 連中だ, 遊覧法だけは, 運動や, 道庵も, 違いが, 酔興も, 野心, 野性的な, 量見だろう, 鍛法は, 長い食卓, 間ぎわ, 間際奏楽も, 陰謀であった, 障害競馬の, 電話だった, 面を, 音羽の, 順序に, 頼もしい勇気, 顔付を, 願望が, 風であった, 風変りな, 颱風路を, 騒ぎだ, 高い美しい理想, 魂胆が, 魂胆である, 鴻山の

▼ う~ (6847, 3.3%)

101 知ら 78 親分 63 それは 59 私は 58 すると, どうしよう 533127 それが 26 それを 24 どうか 21 知らん 19 これは 18 そんなこと, 私の 17 それとも, 彼は, 此の 15 どうだろう 14 うして, 僕は 13 それに, どうかと, 彼の 12 さう, 私には 11 それも, 今日は, 何か 10 どうかを, 何と, 兎に, 斯う 9 余は, 知らと 8 あれは, それともこの, ぢや, 知らんと, 私が, 行くまいか, 行くまいかと, 錢形の 7 そいつは, そんな事, なさいましたか, わたしは, ッ, 併し, 御勘弁, 自分の, 色の, 親分さん

6 [13件] いや, ここに, こんどは, その辺, それぢや, そんなら, 何に, 旦那, 明日は, 此方へ, 生きて, 言うまいかと, 金の

5 [12件] それともその, である, どうかという, どこへ, 何の, 俺は, 否か, 女の, 考えて, 自分は, 言うまいか, 非常に

4 [32件] あなたは, あの鬼, お目, ここで, これに, しなければ, しまいかと, その時, そりや, それと, それともあの, それとも何, それとも私, とにかくその, ともかく時には, ほんとうに, 云うまいかと, 今は, 他の, 何を, 先生, 入るまいかと, 出まいかと, 戻らうか, 日本の, 是は, 止そうかと, 相手の, 知らないが, 知らぬが, 私を, 自分が

3 [78件] ああぼく, あつしは, お前の, お名前, こうも, このよう, これも, これを, そしてあの, そのこと, その点, それで, それともお, それともそこ, それとももしや, それとも人間, それとも出, それとも左, それとも自分, それなら, それには, そんなにも, ちよいと, とおも, どうすれ, どうであろう, どこか, なか, なぞと, なア, のと, ほんにお前, まあ夢, もうその, もしお, よし, わかつた, ソレは, ッて, 一人で, 七光どころか, 乗るまいかと, 五千石取ろ, 人の, 人は, 今も, 今夜は, 今晩は, 何も, 僕の, 勇, 君の, 堪忍し, 夫に, 夫れ, 如何に, 少年は, 山へ, 左に, 左へ, 彼女は, 急に, 戻れば, 振向いて, 木の, 死なねえよう, 気が, 江戸の, 父の, 父は, 眼を, 私に, 私達の, 立派な, 西へ, 言ふまい, 開けまいかと, 願います

2 [363件] あ, ああいう, あいつは, あとから, あなた, あなたが, あの人, あの女, あの鯉, あやつめらは, あるいは, あるいは単に, あるいは湯治客, あれが, あれに, あんたの, い, いうまいかと, いくつ食べ, いずれに, いづれに, いやそう, いやそれ, いや第, うい奴, うと, うと寒し空, ええと, えそれ, えでも, え何だか, え母様, お上品, お前がねえ, お友達, お暇, お氣, お爲, お通り, お邪魔, お雪, お願いでございます, きいて, くぐらずに, くたびれて, けれどもそんな, こうしよう, こつち背中, この, このまま, この人, この建物, この頃, これが, これだけ, これで, これへ, こんなこと, さうし, ざわざわと, しかしあんなに, しかしそれ, しかし驚愕, しかも私, しないと, しまいか, しまいかを, じゃ, すぐそこ, すなわち, すると自分, そういう広大, そういえ, そうかと, そうしたら, そうだ, そうとしか, そうなら, そう云った, そう思う, そう思っ, そこい, そこが, そこに, そこの, そのよう, その中央, その方, その眼, それから, それから配偶, それこそ, それでも事, それで未だ, それともあれ, それともいっそ, それともそれ, それともなにか, それともまた, それとももっと, それとも五級, それとも僕, それとも先方, それとも宗教, それとも湯河原, それとも直ぐ, それとも誰, それとも黙っ, それにしてもこの, それはい, それはよ, そればかり, たしかに前, ただしは, たべる物, ちよつと, とつおいつ思案, とにかくこの, とにかく日, とにかく私, と怖, どうかなどと, どうした, どうしたら, どうで, どうでしょう, なすつたん, なすつたんぢ, なると, ねえ貴方, はたまた, ひとの, ふたつに, ふと引く, ほほほ, ほんた, ぼやけた蝋燭, まあ何, またどう, またはそう, まだ帰っ, まるでわたくし, むかしも, もうおそく, もう三四里, もう東京, もしかしたら, もしそうなら, もし私, もし話した, やがて彼, やつて, よそうかと, わかりません, わしは, イヤ其の, ガラス窓の, コロロホルムの, ジョバンニは, ツて, ドラマで, ナア, 一つには, 三十分に, 三本の, 三面だらう, 上の, 下駄を, 不幸と, 不思議な, 之を, 予は, 二人の, 云うまいか, 云ったら眼, 些と, 人殺しと, 人間の, 今日自分自身が, 今朝は, 会社の, 位の, 何う, 何うし, 何うだらう, 何が, 何しろこんな, 何でも, 何と申しましょう, 何なら, 何事も, 何度も, 例の, 偶然と, 僕を, 僕自身にも, 兄哥, 兎も, 全く話, 共産主義者としてのみ, 其が, 其とも, 其の人, 其の御, 其の様, 其れ, 冷やり, 分って, 切るまいか, 到底私ども, 加藤といふ, 北の, 半眼を, 又意志, 友禅の, 可哀, 同じこと, 名古屋に, 君は, 否, 否かと, 地獄へ, 夢でも, 夢の, 大袈裟と, 天の, 天狗の, 夫で, 夫とも, 夫は, 女だ, 妹の, 妾を, 娘は, 安穏な, 実の, 家の, 少くとも, 少しばかり, 少しも, 少し遠い, 工夫を, 工風を, 平次は, 平次殿, 幾久しく, 店の, 当時の, 形容の, 彼に, 彼女の, 御免下さい, 御利発, 御当人, 御案内, 御立腹, 心配だ, 思えば, 思案し, 恐らく挽い, 恐ろしい美貌, 悪いこと, 悪しからず, 情念の, 想像も, 或いは貧しい, 或は又, 手が, 手の, 手を, 手前へ, 捨てましよか, 旅に, 旨くあの, 早くし, 昔の, 昼の, 有難う, 未練不, 未練不覚の, 松原の, 様々な, 止さうか, 正直な, 此処へ, 死ぬまいかと, 死の, 死のうか, 死んだつて, 死んで, 水の, 水槽も, 油が, 浩さん, 浪人の, 海を, 無智, 物の, 物音一つしない, 特別の, 男は, 疑は, 疑問は, 病人の, 痩せて, 皆, 皆が, 皆な, 皆様新郎新婦の, 皮肉な, 真っ黒に, 真実高貴な, 眼が, 矢ツ張り福造から, 知らない, 知りませんが, 砂糖を, 秀子の, 秀子を, 私にも, 私も, 第一, 等と, 筒井は, 細君だろう, 老人の, 考へ, 考へて, 背が, 胸の, 自分でも, 自分も, 自殺しよう, 舌を, 草の, 薄暗い行燈, 薄曇りに, 藪原に, 血が, 行って, 裸身の, 西洋の, 見まいか, 見まいかと, 見るに, 言葉少なに, 記憶し, 許して, 詐欺愚鈍卑劣漢と, 誘惑し, 誰か, 誰が, 豪放と, 貴方に, 買ふまい, 身を, 迷って, 道理で, 野ぎくかの, 隣の, 電話の, 飯田さんも, 馬鹿

1 [4585件 抜粋] ああした, あいつ, あそんぢ, あとへ, あのひと, あの断崖絶壁, あの頃, ありがたう, あるいはそうやすやす, あるいは不注意, あるいは彼等, ある人, あれはね, あんなにいつ, あゝぼく, いえ私, いきなり車, いっそ繻珍, いつそピストル, いつ持ち出そう, いましがた, いやいやもう決して微塵, いや一人, いや聞くまい, うたがわしい, えい, えんえんと, え春日さま, おかしいと, おぬ, おやじは, お会いし, お前さん是で, お医者, お姉さま, お庭, お松さんでしょう, お父さんの, お聞済, お見逃し, お鈴さん, かえって元気, かように, きめが, くれぐれお, こういう声, こうでしょう, こすまいかと, このこと, この下女, この寺, この手紙, この白, この間の, これから愛, こんなおそろしい, ご苦労な, さがるさがるさがって, さつきと, しかしだれひとり, しかも尚お, しようとは, じゃア, すでに社会上, するとブル, すると原型, すると日, すると病院, すると顔, ずいぶん迷っ, そいつあ, そういう考え, そうして手前共, そうであったら, そう思った, そしたら分る, そしてまた特に, そして其処, そぞろ病, そのたより, そのルナビゥム, その光明, その娘チマ子, その接吻, その暁, その男, その記憶, その駕籠, それから又, それでいて酷く, それでもどうやら, それともあくまで, それともお召, それともただ, それともなに, それともみれん, それともゴーゴリ, それともリス, それとも二つ, それとも何処, それとも冬至梅, それとも反撥, それとも女, それとも幼く, それとも心, それとも折ふし, それとも明日, それとも本物, それとも死んだ, それとも池, それとも画家, それとも素姓, それとも萩寺, それとも距離, それとも針目博士, それとも高い, それにしてもこう, それゆえにこそ, そんなばか, そんな恐ろしい, ぞろぞろ町なか, ただに, たっつけ袴, たまには, だがそう, だまされると, ちょうどイブセン, ちょっと見たい, つきぬけないリアリスム, てつて, では買つて來, で塀, とこう思いはじめた, とても筆紙, とにかく一方, とにかく起き, とるまいか, どうか悪い, どうしても止さなけれ, どうぞこれ, どうも俊夫君, どう致しまし, どちらに, どんなに知識, ないの, なすツ, なにかの, なること, なんだか頭, にせ物, のんどりした暗, ひそかに, ひどく弱り込まされた, びつくりし, ふと人, ぶえんりょな人間, ぼくが, まあ焼け跡見物, まさしくその, またその, またはそれとなく, または何, または池部氏自身, または遠い, また入浴, また比田, まだ四十前後, まよいました, まア他家さま, ま此方, み簾, もうそれ, もう一度見たい, もう射殺, もしくはまた神, もし代表, もし相手, もはやそれ, やがては, やっとこさ心, やりさうな, ゆくまいかと, よくわかりません, よし面白, よろしいでは, わからないが, わざ, わたしの, んじゃ, イギリスや, エゾとは, ガラツ八親分な, コーヒーに, ジェスは, ソビエットに, チェリーという, テンデ, ナアと, バラリと, ピルミアニだらう, ペラペラと, マア商人並に, モジリアニの, 一そ明るい, 一ばん先に, 一体まあ立会人, 一学が, 一度後へ, 一日も, 一目茫々たる, 一言に, 万一死者, 三十を, 三帝を, 上を, 下船する, 不忠と, 世を, 中尉の, 主屋離室客殿亭厩舎納屋から, 九六歩と, 二つに, 二十二ね, 云う事, 五日目でございましょう, 人が, 人情に, 仁恕の, 今の, 今度は, 今日御, 今頃は, 他人に, 以来は, 伊織は, 伴侶として, 体には, 何だかそんな, 何とも, 何らで, 何分にも, 何時もは, 余りに複雑, 使を, 保田與重郎氏は, 個人の, 僕も, 先ずわたし, 先生は, 全く冗談半分, 六衛生学は, 其の手続き, 其処を, 写真屋の, 凶な, 出来るであろうと, 分らなかった, 切りたく無い切るくらい, 別段に, 前科者の, 助けたいもの, 勿論その, 十五日には, 千百歳の, 卑怯と, 単なる虚伝, 却って先方, 又は小慾, 又試み, 口汚く山羊, 只今此処を, 吉さんいけない, 名の, 否かでは, 呉, 呼吸の, 哲人の, 啼いて, 嗚呼, 四周の, 図らずも, 地方産業が, 埋めようか, 塔の, 変に, 多分の, 夜光の, 夢幻的と, 大丸髷, 大変失礼しました, 大気と, 大間抜け, 天気に, 夫人の, 奇人と, 女という, 好物の, 妊娠も, 妻帯を, 始めて逢った, 婚礼の, 子の, 宇治と, 実に憎むべき, 実は春琴, 家康方へ, 寝ても, 寿江子が, 小さい草叢, 小父さん, 少しべ, 少なくとも男女同等, 尾田には, 山の手一圓の, 屹度月が, 川千鳥だろう, 己が, 帆村が, 帰ろうかなと, 平三は, 年よりも, 幾百万年整然たる, 底石が, 弟は, 彦根なら, 彼女らは, 後前の, 御内聞, 御弁当, 御茶, 心いきを, 必然の, 忽然深い, 思いも, 思わず眼, 恐らくそうであろう, 恩ある, 悟らせようとしての, 悪口は, 悲壮も, 想像する, 愚痴に, 感激と, 憎いと, 成程さ, 或いは木曾街道, 或は三十位, 或は社会, 戦うまいか, 手にも, 才覚し, 押しあうカーキ色, 捕まるまいか, 推定された, 放心した, 数十町に, 文学者に, 新吉旦那も, 施しを, 日光の, 旦那小田原町の, 早速に, 明日云は, 昨夜も, 是非が, 時代の, 暖簾や, 書体にも, 有難え, 木戸を, 本の, 本月末, 東京で, 枯れは, 棒押しの, 極めて快活, 欝性という, 止して, 此の度の, 武ちゃん, 死のうかと, 残って, 殺そうかとの, 毎号それぞれよむ, 水に, 江戸城退出の, 河な, 泰軒の, 浮世に, 深く接近, 渺漠と, 滅多に, 漸く自分, 火の, 為なくっ, 無念とは, 無躾, 焼いて, 父が, 牢屋の, 狐に, 玄竜は, 現在の, 甚だ覺束, 生地獄と, 甲谷だろう, 画面には, 疾に, 痩せた人, 白い雲, 白鳥の, 目黒の, 相当の, 真実に, 瞳の, 知つてを, 知らといふ, 知らなんて, 知ら今日, 知人の, 確かと, 祖父は, 神父は, 私じゃあ, 私なんか, 私頭の, 空しく年, 突然黒住, 竿を, 答えまいかと, 米の, 納戸方で, 細くて, 絶対に, 総代として, 繪本には, 群衆の, 考えましたが, 聞かせて, 肌に, 脱がないだろうか, 臆病な, 自分には, 致しましたか, 舷側から, 色も, 花模様の, 若い知的, 若し有れ, 英語が, 荒れ狂う大風, 落ち目と, 薄く切った, 藪の, 蟹釣ろ, 衝突さして, 裾を, 見た目も, 見渡したところ, 親分と, 言葉に, 詩人哲学者科学者宗教家学者でも, 読むまいかは, 諸君の, 谿川が, 貴女から, 買い出し列車と, 赤ン坊を, 足りなければ, 身なりも, 身扮の, 軍医殿, 近いうち, 迷い抜い, 送りてえと, 通りませんでしたろうか, 運を, 遠方へでも, 酒樽を, 金が, 針葉樹の, 鎌倉が, 長く秘密, 開墾の, 陣十郎という, 随分多く, 雀は, 雪は, 青年は, 音も, 頭の, 顔色は, 風景が, 飲まないもの, 馬に, 馬鹿馬鹿しいと, 高萩で, 魔風と, 鶏小舎に, 黒っぽいじみ

▼ うかと~ (5961, 2.8%)

415 思って 231 思った 156 思ったが 125 考えて 115 思う 114 思つた 88 考えた 60 思います 55 思いました 46 思われる 43 思いましたが 42 私は 40 思ったの 39 云って 37 思ふ 35 思うと, 思うの 34 云ふ 31 迷って 29 存じます 28 考えると 23 思つてゐる 22 思うて, 考へて 21 思案し 20 思ったり 19 いって, 思いながら 18 心配し, 思ったこと, 考えたが, 考えました 17 思うが, 言って 16 存じて, 存じまして, 彼は, 思うこと, 考へた 15 思うん, 思ふの, 考えながら 13 それを, 思ったん, 思われた, 思われます, 想像し, 疑った, 考えたの 12 思はれる, 思ひましたが, 思ふと, 考える 11 それが, そんなこと, 云うこと, 思いますが, 思ったけれど, 思つ, 思つてゐた 10 いうと, さへ, 云うと, 云うよう, 思案した, 考えたり 9 云うの, 矢代は

8 [13件] いふこと, 不思議に, 僕は, 尋ねた, 彼女は, 思うよう, 思ったから, 思ってね, 思ってるん, 思ひながら, 思ひます, 疑って, 考へる

7 ひそかに, 心配した, 思いまして, 思ったけれども, 思われるよう, 聞いた, 躊躇し

6 [22件] おもって, わたしは, 云う, 云った, 思い出した, 思い立った, 思うたが, 思えば, 思ってたところ, 思つたが, 思ひました, 案じて, 源氏は, 相談し, 考えましたが, 考えられる, 考えるの, 聞くと, 言ふ, 言へば, 迷った, 首を

5 [30件] いうので, いえば, お高, して, 不安に, 半七, 困って, 存じますが, 心が, 思いましたよ, 思うほど, 思う事, 思ったくらい, 思っても, 思ってるの, 思はる, 思わずには, 思われて, 思案に, 想像した, 想像する, 気を, 目を, 相談した, 相談しました, 考えたこと, 興味を, 苦心し, 谷村は, 道

4 [33件] おもったが, おもつ, こんなこと, そのこと, わたくしは, 不審に, 二人は, 先生は, 問へば, 心を, 心待ちに, 思いやった, 思った事, 思ってる, 思つたのである, 思つてる, 思はれた, 思はれます, 思はれる程, 思ふやう, 思われるが, 思われるの, 思われる位, 推察し, 此の, 気に, 煩悶し, 答ふ, 考え中, 考へたり, 言うの, 訊いた, 迷う

3 [93件] あたりを, いうに, いったが, いっても, いつて, おもうの, おもった, きいて, そう思う, その女, そればかり, そればかりが, ためらって, ちょっと思案, ふと思った, わしは, 一度は, 云うに, 云う事, 云う問題, 云う好奇心, 云っても, 人々は, 作者は, 反省し, 問うた, 問うと, 存じましたが, 存じまするはい, 寺田は, 尋ねると, 幾度も, 彼の, 待って, 心の, 心配する, 必死に, 思いながらも, 思いましたけれども, 思いますよ, 思い惑った, 思うけれど, 思うた, 思うばかり, 思う時, 思う程, 思ったので, 思ったほど, 思ったわ, 思った時, 思ってたん, 思ってるのよ, 思つてゐます, 思はれるくら, 思はれるやう, 思ひ惑, 思ふが, 思ふこと, 思ふん, 思わないでも, 思わぬでも, 思われましたが, 思われるくらい, 思われるほど, 思われるほどの, 思われる大きな, 急に, 怪しまれるよう, 恐れた, 想像される, 斯う, 暫く考え, 梶は, 母などは, 烈しく言, 疑わざるを, 私が, 結んで, 考えます, 考えること, 考え出して, 考へること, 聞いて, 自分で, 苦心した, 言うと, 言ったが, 言つた, 話して, 躊躇した, 迷ったが, 迷つた, 院は

2 [257件] ある, あれや, いうから, いうほどの, いくど, いった, いったの, いふ, いふの, いふので, いふ事, いろ, いろいろ考え, いろいろ考えた, いわぬばかりに, おっしゃいますか, おっしゃるの, おもわれる, おれは, お思い, かねて, きいた, こう云う, さすがに, しきりに考え, した, したが, そのとき, その方, その時, そればかりを, そんな事, ぞんじまして, ちゃんと用意, ちよつと, なぜだ, ひやひやし, びくびくし, びっくりしました, ぼくは, また迷った, むつは, よりより協議, わたしも, ボオイが, 一寸思案, 一旦は, 一時は, 一歩毎に, 一途に, 三夜身悶えした, 不思議でならなかった, 不思議な, 二人し, 云いながら, 云うし, 云う催促, 云う風, 云ったよう, 云つた, 云ふと, 云ふ疑, 云われると, 今も, 今更の, 伸子は, 何かもの, 何度も, 余は, 信一郎は, 出版者に, 努力し, 危ぶんだ, 危ぶんで, 又も, 反問した, 只もう胸, 君が, 呟いた, 咄嗟に, 噂を, 困つて, 多少の, 多鶴子は, 大分責め, 女には, 女賢しき, 娘は, 存じますので, 存じまする, 存ぜられまする, 家臣たちは, 密かに, 察せられる, 寧ろ不思議, 尋ねたり, 工夫した, 平岡の, 彼女の, 心配しました, 心配に, 念の, 念を, 思いこれ, 思いましたので, 思いましたわ, 思いますと, 思いますの, 思いも, 思い出して, 思い立ったが, 思い立って, 思い迷った, 思うくらい, 思うくらいよ, 思うけれども, 思うてを, 思うね, 思うので, 思うのよ, 思うほどの, 思うもの, 思うよ, 思う人, 思う位, 思う心持, 思う所, 思う方, 思ったけど, 思っただけ, 思ったのよ, 思ったよ, 思った位, 思った好奇心, 思った程, 思ってさ, 思ってたの, 思っては, 思ってるうち, 思ってると, 思つたのです, 思つて, 思つて殊更, 思つて遂に, 思て, 思はれて, 思はれる大男, 思ひあん, 思ひつ, 思ひましたよ, 思ひまして, 思ひ立つた, 思ひ迷つて, 思へた, 思へば, 思わざるを, 思わせる, 思われました, 思われますが, 思われまする, 思われるこの, 思われるその, 思われる程, 思ッて, 思案しました, 思案する, 思案を, 怪しまれるくらい, 怪しんだ, 怪しんで, 息を, 悩んで, 悲しきお, 想像をも, 懸念し, 持出したの, 探って, 昔の, 暫く思案, 暫く良人, 暫く躊躇, 本気で, 机に, 槇氏は, 橋本に, 歎い, 歎かれる, 正三は, 残念に, 気づかった, 決心した, 汽車の, 狙って, 独り言を, 申すの, 疑ったこと, 疑っても, 直吉は, 相談する, 相談を, 真面目な, 真面目に, 眺めるん, 私に, 私には, 私も, 空想し, 空想した, 空想する, 立ちかかりました, 考えさせられた, 考えたほど, 考えたわけ, 考えたん, 考えた時, 考えに, 考えられます, 考えられるの, 考えるに, 考えるよう, 考へたが, 考へるの, 聞いたが, 胸が, 胸を, 腐心し, 腰を, 自分ながら, 自分は, 苦しんで, 苦心を, 見える赤い, 言いながら, 言いましたが, 言い出したが, 言う, 言うこと, 言った, 言ったの, 訂正した, 訊いて, 訊くと, 訊ねた, 話し合, 話を, 誘われたの, 足を, 躊躇は, 迷いながら, 迷い出した, 迷つてゐる, 銘々心の, 長い間, 長谷川は, 青木は, 静かに, 頭を

1 [2132件 抜粋] あう人ごと, あたしさんざん, あのノートブック, あやぶまれた, あらためて知ろう, あんまりいかめしい, いい出した, いうて, いくたび, いっそう心, いつもそれ, いはれ升, いぶかりその, いよいよかの, いろいろの, いろいろ考えつづけた, いわぬばかりの, いわれたり, うかがう眼付き, うたがった, うわさし合っ, おかん, おど, おぼろげに, おもわないこと, おりんに, お前の, お徳, お迎え申す, かねがねさん俵, かりそめ, きいたが, ききかえした, きくので, きめ番頭, くびをかしげたが, こう思いまし, こう考え, このごろは, この御, この頃, こんどは, ご舎弟さま, さっきから, しきりにきく, しきりに見, した時, しばらくここ, しばらく武士, じきに疑い, すぐ賭, するくらいの, ずいぶん考えた, そういうこと, そういった風, そう思われた, そこらを, そなた, その事, その日, その身の上, それからという, それとなく聞いた, それも, そんな心配, そんな興味, たがいに, ただそれ, だまって, ちゃんとわが身, ちょっとした好奇心, ちょっとは, ちらと, つくづくそれ, つけ加えた, つらつらその, ときどき考えた, とつおいつした, どの学校, なかばなお, なぜか, なんだかそんな, のちのち人の, はなはだ疑わしく, ひとに, ひとりもどかし, びっくりした, ふとそんな, ふと庭さき, ふと思っ, ふと赤井, ほかに, まあそんなふうに考え, まず考え, また彼, また新, また私, まどわれましたが, みえた横尾龍, むしろその, もう一度考え直し, やけくそに, よくよく考え, よけいな, わが子を, わたしたちが, ガチガチと, ゲーナー少佐を, ハラハラした, フト思った, ホンコンを, ムチ打たれ, 一ト足後へ, 一寸彼, 一寸覗い, 一抹の, 一瞬立ちまよう, 七兵衛夫婦も, 三四郎が, 上を, 不安げに, 不安な, 不平で, 不思議でならなかつた, 丸で, 主人孫権が, 九月十一日娘の, 二の足を, 二本目の, 二足三足戻りかけた, 云いますが, 云うた, 云うので, 云う人, 云う女, 云う意味, 云う疑を, 云う貞之進, 云た, 云ったらすぐ, 云つたさうです, 云つてゐました, 云て, 人工的な, 今夜の, 今考え, 他の, 仰言, 伍兵衛は, 何うも冴え返, 何べ, 何気ない風, 何遍決心した, 余程考えた, 俺が, 僕の, 兄弟等は, 克子は, 其の時, 内々そんな, 処分に, 切りだす術, 判断し兼ね, 加持祈祷に, 勝手な, 千二が, 半ば頼りない, 卯木は, 危険だ, 又思い直した, 反省を, 受けた杯, 可惜もの, 向うを, 周囲の, 哀れに, 問いました, 問うて, 問はれる, 問われました, 嘲笑した, 四ツ目屋の, 固唾を, 夏口の, 夢に, 大いに迷, 大分味気ない, 大尉は, 奇異な, 奥様は, 妻を, 始めは, 存じてを, 存じましたなれども, 存じました処, 存じますせめて, 存ぜられる, 学者たちは, 実は思った, 富岡は, 察します, 寿子は, 尋ねたね, 小さい頭, 小歌に, 少しく躊躇, 少なからぬ, 岩井町の, 左注で, 希つてゐる, 平次の, 幼稚ながら, 広々と, 彦太郎は, 彼女に, 待ち設けたが, 御意を, 心して捜す, 心強い気, 心配された, 心配そうに, 忝け, 思いいろいろ, 思いその, 思いついた, 思いついて, 思いつめて, 思いなやんだ, 思いはじめました, 思いましたけれど, 思いますそして, 思います内容, 思いやすから, 思い付いた頃, 思い俄, 思い原稿紙, 思い彼, 思い思い眼, 思い悩んで, 思い惑ってると, 思い煩う念力, 思い白洲, 思い立ったんで, 思い返して, 思い附いた人, 思うくらいに, 思うたこ, 思うちょったんじゃが, 思うとります, 思うより, 思うン, 思う官吏風, 思う或は, 思う父母, 思う話, 思えますのさ, 思ったかも, 思ったさ, 思ったと, 思ったとたん, 思ったらホロリ, 思った事件, 思った時分, 思った立派, 思ってること, 思ってナ, 思つたのだ, 思つたほどの, 思つた位だ, 思つてあけ, 思つては, 思つてを, 思つて佇んだ, 思つて居た, 思つて廊下に, 思つて気に, 思つて考へてる, 思つて見る, 思はぬこと, 思はれるばかり, 思はれる位, 思はれる焼物窯, 思はれ又, 思ひつきその, 思ひも, 思ひ出した, 思ひ白系ロシヤ, 思ひ銅色, 思ふたが, 思ふとも, 思ふらしく問うた, 思ふ男, 思わずぞっとした, 思わせるよう, 思わるる群集, 思われないでも, 思われること, 思われるのみ, 思われるほど賑やか, 思われる一隠者, 思われる仄, 思われる化け物, 思われる太刀山, 思われる帆, 思われる溝, 思われる老人, 思われる赭ら顔, 思われる鉛, 思われる高, 思ッた, 思案し出した, 性懲りも, 怪しまれる彼等, 恐る恐る二階, 恐縮し, 悲しくって, 悲しんで, 惑って, 想いやった句, 想わざるを, 想像しました, 意外であった, 愕かれる, 感じたの, 感想を, 我田引水した, 戸口の, 手の, 折々思い, 折節の, 拙者は, 振顧, 推察される, 推測される, 推量は, 援けを, 敏ちゃんは, 新吉が, 日野は, 昂奮した, 昨日腰越の, 時々氣, 時にふれ思はぬ, 暗算し, 暫く茶, 書いた, 最上清人は, 朝夕共に, 期待しました, 木原は, 本社へ, 東儀与力は, 桂子は, 案じながらも, 案じわずらいました, 梅子が, 楽しい相談, 横から, 歎じた, 正造は, 武門を, 殺伐の, 気がついた, 気づかうの, 気付き思わず, 気遣ったが, 決めて, 決心する, 注意深いお婆さん, 流石に, 消息の, 深刻, 源一は, 漸く純, 無性に癪, 照も, 煩悶中の, 狼狽る, 玉太郎は, 生命がけ, 用意した, 甲斐守は, 申すこと, 畏敬の, 疑いました, 疑う, 疑う気持, 疑ったの, 疑つて, 疑ふ事, 疑わせないでは, 疑われるし, 疑問を, 皇帝に, 目論見を, 相談しいしい, 相談中です, 眺めて, 瞬間思った, 社員等が, 私それが, 私などには, 種々考え, 空しく探す, 窓の, 立ちすくんで, 立ち止まって, 笑いました, 笛を, 管輅の, 結論した, 置時計の, 羽ばたきを, 老人の, 考えずに, 考えたけど, 考えたもの, 考えた私, 考えついた, 考えてるの, 考えなど, 考えました結果, 考えられる点, 考えるまでも, 考える時, 考え出した, 考え安積氏, 考え自然, 考へ, 考へた時, 考へてるの, 考へましたけれどネ, 考へるとも, 考へる時, 考慮中である, 聞かれて, 聞くん, 職業と, 胸の, 腕を, 自ら疑っ, 自分でも, 自問する, 興味も, 色々思案, 色々詮議, 苦が, 苦念した, 蒲団に, 蟹江は, 見える戟, 見つけて, 見ら, 見廻わ, 覚えず考へ, 親父の, 言いなされる御, 言い出したので, 言い澄まして, 言ったよう, 言った想像, 言つてそれで, 言ひ出しました, 言われた時, 訊くの, 訊ねたら, 訝かしがりながら, 設問した, 詮鑿した, 話しました, 話し合って, 語り聞かせるの, 貴子が, 赤シャツが, 路ばた, 身の毛も, 近寄って, 返事に, 迷い出すと, 迷う姿, 迷ったすえ, 迷った末, 迷つた時に, 迷ひ, 逆上っ, 逢いたさの, 道中記と, 選定し, 邸内を, 鉛筆を, 鑑定を, 闇の, 隙さえ, 霹靂の, 静子は, 頻りに想像, 顔が, 顔中を, 馬鹿, 高を

▼ うとして~ (5704, 2.7%)

200 ゐる 190 ゐるの 75 ゐた 49 居る 33 居るの 30 ゐるところ 28 手を 26 ゐること 24 ゐたの 18 ゐると, 居ります 16 私は 15 彼は, 身を 14 失敗した, 居ると, 急いで 13 ゐます, 一生懸命に 12 もがいて, ゐるん, 来たの, 見ると 11 おいでに, ゐたが, ゐるもの, ゐるやう, ゐる事, 居るところ, 急に, 自分の 10 それを, 口を, 骨を 9 ふと見る, ゐるから, ゐるが, ゐる時, 努力し, 居た, 来た 8 ここに, 何か, 苦しんで, 足を 7 ゐるかの, ゐるので, ゐる自分, 例の, 出て, 努力した, 眼を, 私の, 腰を, 誤って

6 [14件] おる, おるの, それが, ゐたこと, ゐたところ, ゐる所, 両手を, 他の, 多くの, 失敗し, 家を, 彼女の, 気が, 見たが

5 [21件] いろいろに, おられるの, そこに, それに, ふと気, また躊躇, ゐたので, ゐるか, ゐるだけ, ゐるでは, ゐるのに, 不図, 伸子は, 居ること, 居る処, 居る樣子, 彼の, 暮して, 机に, 苦心し, 身体を

4 [31件] あらゆる手段, おられる, その顔, それではあんまり, ゐたもの, ゐたやう, ゐない, ゐながら, ゐるし, ゐるらしい, ゐるらしかつ, ゐる者, 一緒に, 何心なく, 努力する, 寄って, 尻きれとん, 居たの, 居る時, 心にも, 心を, 息を, 持って, 気を, 水を, 私を, 窓の, 門を, 頭を, 顔を, 首を

3 [65件] あたりを, あべこべに, あらゆる努力, いたんだ, いらつし, おるが, ここへ, これを, しきりにその, そこへ, そのため, わずかに, ゐた時, ゐて, ゐました, ゐるかと, ゐるこの, ゐる樣子, ゐる男, ドアの, ハッと, ハツと, 仕事を, 体を, 何の, 僕は, 力を, 動いて, 却て, 口の, 台所まで, 周囲を, 声が, 失敗った, 失敗を, 家の, 居るん, 居る所, 席を, 幾たびか, 幾度か, 彼が, 彼女は, 徒らに, 懸命に, 振り向いて, 机の, 気の, 無意識に, 玄関に, 空を, 腕を, 膝を, 苦しむ, 苦悶し, 藻掻い, 藻掻いた, 躊躇し, 躍起に, 追って来た, 階段を, 集まって, 非常に, 驚きました, 骨折って

2 [316件] あせって, あそこの, あはて, あらわれて, あわてて, あんなこと, いいこと, いくつもの, いやがる, いらいらし, いろいろと, いろいろな, いろいろの, うしろを, おった, おやと, おれを, かえってその, かえって百姓, ここまで, ことさらに, ごらんなさい, さまざまな, しっぽに, しばらくは, すぐ傍, そうし, そこを, そのあと, そのこと, そのほう, その儘外, その度, それの, それも, たうとう, たゆとう, たんだ, だめだった, とりとめも, どこへ, どこまで, なんだかめいめい, はるかの, ひそかに, ひよい, びっくりした, ふと, ふとうしろ, ふと母, ふと物, ふと立ちどまり, ふと第, また女, まだ姿, まっすぐに, もがいた, もがきながら, ものを, やたらに, やつて, よろめいた, わたしは, われ歩ゆむ, ゐたに, ゐたん, ゐた女, ゐた私, ゐた頃, ゐるうち, ゐるお, ゐるかも, ゐるその, ゐるだけの, ゐるなら呆れた無法者, ゐるに, ゐるのよ, ゐるらしいの, ゐるわけぢ, ゐる一人, ゐる作家, ゐる処, ゐる努力, ゐる場合, ゐる夢, ゐる姿, ゐる小娘, ゐる日, ゐる矢先, ゐる私, ゐる自分自身, ゐる處, ゐる道, グッと, ハンドルを, バルコニイで, ヒョイと, ペンを, 一そう丹念に, 一人で, 一歩足を, 一生けんめいに, 一生を, 三度振りました, 上を, 下駄を, 不思議な, 二三度虚空を, 二人の, 二度その, 井戸の, 人を, 人間が, 今度は, 体操に, 何故だ, 來た, 俺などを, 傍の, 僅かに, 僅に, 僕の, 六哩の, 凡ての, 出した手, 刻々に, 力の, 努力を, 千枝松は, 半助等, 博士は, 反って, 反対に, 叔父の, 口調も, 右側を, 吉之助も, 君は, 吹雪の, 味方が, 唇を, 嘘を, 四五人の, 国を, 地方の, 壁の, 外へ, 夜の, 夜を, 夢中に, 大いに忙しい, 失敗する, 奮起した, 奮闘し, 女の, 妙な, 妙に, 妹の, 客間の, 小舟に, 少しのど, 居たが, 居たこと, 居て, 居ます, 居りますと, 居るうち, 居るから, 居るが, 居るとき, 居るので, 居るのに, 居る人間, 居る平次, 居る様子, 居る矢先, 居る間, 島の, 左の, 左へ, 市場に, 床の間の, 廊下へ, 廊下を, 弾かれたよう, 彼女が, 彼女を, 待って, 待つて, 後あしを, 後ろを, 御面師, 復た, 必死に, 忘れられないの, 忘れられません, 思わずその, 悩んで, 悪戦苦闘する, 悶えながら, 意識し, 愚かな, 成れず尾張, 戸の, 戸外の, 手に, 手足を, 押入れの, 拳を, 振返って, 探して, 故意に, 斯様な, 日常の, 早くから, 最初の, 服を, 来たと, 来た人, 来た人々, 来た者, 林の, 梯子段の, 模様の, 横に, 橋の, 止めた, 殆ど口, 殊更に, 水に, 水中に, 汗を, 泣いて, 深夜に, 渾身の, 源氏は, 無理に, 無理を, 焦って, 焦っても, 焦つた, 熱中し, 熱心に, 父は, 片足を, 狂気の, 狙って, 生きて, 甲板に, 白毫会員に, 益, 目の, 目的の, 眉を, 真実の, 眼の, 眼は, 着物を, 石の, 石を, 硝子に, 神の, 私たちは, 私に, 私も, 種々の, 突然に, 突然ひどく物憂い, 立ち上って, 立って, 箱を, 紙を, 絶間なく, 脚を, 膝の, 自分が, 自分たちの, 自分も, 自分を, 舟から, 蚊帳の, 蝙蝠傘を, 行くの, 裏の, 覆うた手, 見た, 見たり, 見た夢, 見て, 覘って, 解決できない, 言えず手足, 言葉を, 試みる説明, 誤つて, 誤まって, 走って, 走つて, 足が, 足に, 躊躇した, 身もだえし, 農具を, 近づくと, 近眼の, 追いかけて, 道に, 道を, 都を, 鏡の, 長の, 門の, 飛騨の, 馬車を, 騒いで, 驚いた

1 [3428件 抜粋] ВОКСまで, あがきもがいた, あせらなくな, あちこち捜しました, あの巨大, あまみきょ, あらそひ, あらわれた神, あんなにみじめ, いくら文献, いたずらに政党, いっそう彼, いつと, いつも反対, いよいよ強く, いるの, うっかり近寄る, うわの空に, おそくに, おのおのが, おられるごとくに, おるのに, お互い下れる, お妻, お湯屋, かえってくすぐったく, かえって己, かえって深く, かがんだ, からだを, きりきり舞いを, くさりを, ぐっとひっぱった, こうして歩い, ここ勿来の, このとき, この同一仮装, この御堂, この義秀さま, こらえたの, こんな珍妙, さし延べられた, さらにホツトウヰスキー, しかもそう, しきりに瞼, しばしばその, しまいには, じろりと清三, すぐ飛ん, すでに専ら研究中, すれば, そう云った, そして見事, そっと立ち上がっ, そのま, そのノッブ, その修行, その前, その実行, その弟, その拍子, その柄, その為め, その肩, その言葉, その身代り, その間の, その首, それなり同じ, そんな風, たたかうよう, たちあがると, たど, たらいの, ちょうどパアク・レイン, ちょっとためらった, ちよつと, ついにはたしえずし, つい顔, つと手欄, つまらぬキュース, できぬこと, とび上がり回廊, どうしても門番, どなたか, なお余勇, なさけない声, ならずに, なんの, ねらって, はからずもこの, はずみに, はめて, ひとりで, ひょいと部屋, ふくらみ過ぎた, ふとゲエトル, ふと向こう, ふと思い直した, ふと窓, ふと足もと, ふり返った, ぼさ, まず三両, またし, またやり, また居住い, また苦痛, まだそのままに, まだ言い得ない, みごとに, むらむらも, もう一つ, もがいた口, もがき発するバクハツ, もし現代, もみ合う始末, やきもきしはじめた, やっと我慢, やまなかった, やや躊躇, ようやく少し静まった, よさせられないこと, わざとドンと, わしの, ゐたし, ゐたアントワアヌ, ゐた人達, ゐた心, ゐた涙, ゐた藤, ゐましたが, ゐるあらゆる, ゐるじや, ゐるだらうか, ゐるなど, ゐるまだ, ゐるらしい作風, ゐるセラピス信者, ゐる事情, ゐる作品, ゐる内容, ゐる善良, ゐる夜, ゐる弥生, ゐる日本人, ゐる様子, ゐる無, ゐる病人, ゐる細部, ゐる蔭, ゐる身, ゐる静か, アパートの, オーヴァの, ギロチンにばかり, グラスを, ゴミの, スタンドの, タラップの, トラックの, ニューヨークの, フォン・コーレンを, フト研屋の, フリーダの, ホールの, マンションハウスの, ライターを, 一つ咳を, 一作の, 一寸気がついた, 一応鎧櫃, 一方を, 一生を通じて, 一通り衣裳を, 万平の, 三日山路に, 上手な, 下らないの, 不図目, 両側から, 中央ステーションの, 丸窓の, 乱雑に, 事務所から, 二三度手を, 二匹いじっ, 二郎の, 云う事, 互に耳, 五本の, 亥之, 人知れずその, 今日の, 仏教の, 他には, 仰向, 伸びずに, 体躯に, 何やら急, 何時から, 余りくすり, 価を, 信頼する, 偶然にも, 働いた青年技術家諸君, 兄に対して, 入れないの, 全人類史上, 八百八町の, 其の確乎, 内と, 円生が, 冷雨びしょびしょ, 出したら皆, 出來, 出発しなかった, 出血の, 別の, 前に, 力んででも, 助手に, 動いた, 動揺し, 勧めるのに, 十八里の, 半弓を, 博士の, 危ふく母親に, 厳しく叱られ, 又倒れた, 反抗を, 取り上げ得なかった歴史社会, 口脣の, 叫びましたが, 右に, 同時に兵士, 呑まず吐こうとして, 和銅四年九月十八日を, 商売を, 喘いだ, 四五人連れの, 四苦八苦する, 図式主義に, 在らっしゃいます, 堪え得ず終に, 壁辰は, 夕寒い, 外国からの, 夢中で駈け出した, 大きな岩屋, 大僧正を, 大小の, 大胆な, 大騒ぎに, 失敗, 奥州路から, 女連は, 妾を, 娘の, 孤独の, 宗教の, 実際においては, 家から, 寄せるの, 射ち倒されて, 小作に, 小田は, 少しふるえた, 尻に, 居たところ, 居たら思いがけず京城, 居た或, 居や, 居りますの, 居るけれども, 居るもの, 居る代議士, 居る強者, 居る曲者, 居る美しい, 居間を, 屋根裏部屋から, 山田氏に, 川沿いに, 左膳が, 市中取締りの, 帯に, 常に冷やか, 平田や, 幾度と, 序に, 康有為や, 延び上った, 引っ掻いたり, 強勢なる, 当時法院関係の, 彼を, 後ろから, 御道筋, 心付くまだ, 忍川に, 忘れられぬヘリオトロープ, 念入りに, 思いついたの, 思はず手, 思ひ止まつた, 思慮も, 怪異を, 悩むもの, 悶こう, 感電した, 慌てて, 我々と, 戦ったとき, 戸別訪問を, 手あたり次第に, 手斧を, 打棄, 折田, 押し合いへし合いもみ立て, 持ち上げたところ, 振り向くと, 振返つて, 捨て得ず掌, 探し求めて, 描けぬの, 支那と, 故意と, 敢なくふみにじられた, 敷居に, 斬られたの, 新しい伝統, 新聞を, 既に只今これ, 早くも, 昔懐しい, 時々電車, 暇乞いの, 曲り角へ, 書いては, 最も尽力, 朝から, 木材を, 本願寺が, 来たから, 来たとも, 来た処, 来た用件, 松明を, 果たさずほとんど, 染吉の, 案内の, 梯子段を, 椽側に, 権右衛門は, 樹の, 檻の, 次第次第に, 正太は, 歯医者が, 殆ん, 殺人者によって, 毎年馬市を, 気ばかり, 汀に, 決めかねる無駄, 河賊が, 波間で, 流石に, 海内山神の, 深い窓, 清夫の, 湖水の, 滑りながら, 濃いお, 灯火を, 無ってや, 焦った, 焦燥る, 煙草入を, 熱狂した, 爭ふところへ, 片手を, 物凄い光景, 犇めくところ, 狭い汽船, 玉の, 甚太郎は, 甲斐は, 画家の, 異物を, 痙攣する, 登りかけて, 皆の, 盛子は, 直衣姿で, 眼も, 知り得なかったの, 硝子戸に, 神尾主膳は, 秋のけ, 穏かに, 突撃した, 立ちかけると, 立ち上り私, 立上っ, 竜之, 笑いながら, 笞を, 箸を, 紅と, 素子を, 経験の, 絵を, 縁側から, 置きながら, 義雄が, 翔けりその, 考え出した武器, 聖旗に, 肘を, 胴亂の, 腕も, 腹部に, 自分は, 自然で動く, 舌が, 艀を, 花見を, 苦しい焦燥, 苦しむ美術家たち, 草は, 荒壁へ, 萬兵衞が, 薙いだ刀, 藩の, 虫を, 蠢めく, 術の, 被害者が, 襖を, 見たら満月, 見事に, 視線を, 観て, 言えないよ, 訪れて, 試験の, 誤つて溺れ死, 調査する, 謡うた歌, 財産の, 贔屓に, 走りかかったが, 起ちかかったの, 足元の, 踏みこたえながら, 蹴つまずいた, 身も, 身體を, 転んだ, 辛くも蹈, 近在の, 近江また, 追かけ, 追跡し, 逆に, 通うもの, 連呼し, 遂にかけなかった, 道標の, 遭難した, 酋長の, 野原を, 金蔵の, 銭瓶の, 長いからだ, 長浜の, 開た, 附絡うのは, 陰ながら尽力, 階段へ, 隠し切れないであろう特色, 集って, 離れられないもの, 雲は, 電車に, 非常な, 音楽を, 頸飾りを, 風の, 飛びつくと, 飲みほしました, 馬車旅行を, 駈けま, 騒ぎ出して, 骨折った, 高い甲板, 鳴るため

▼ うとは~ (5321, 2.5%)

508 しなかった 247 しない 167 思わなかった 140 思って 111 思わない 106 しなかつた 91 しないで 82 思いも 74 しないの 70 しませんでした 61 しません 59 せずに 53 思いません, 思われない 49 して 38 夢にも, 夢にも思わなかった 33 思いませんでした 32 しなかったの 30 誰も 29 夢にも思っ, 思はない, 思われません 28 思ったが 26 思わぬ 24 せぬ 23 少しも 22 しなかったが 21 思えなかった, 思われぬ 19 思うが, 思えない 18 思わないの, 想像も 17 思いがけなかった, 思わなかったの 16 思はなかつた, 思わなかったよ, 思われなかった 15 思わないが, 考えられない 14 考えて, 誰が 13 しないので, 思わなかったが, 私には 12 思っても, 思ひません, 思ひも 11 さすがに, 私は 10 思いませんが, 思つた, 思わなかったので, 思わなん, 知らなかった 9 さすがの, しないだろう, せず, 今の, 思いますが, 致しません

8 [12件] しなかつたの, せずただ, 夢にも思いませんでした, 夢にも想像, 夢にも考え, 彼は, 思いませんから, 思われないが, 気が, 私も, 考えても, 誰しも

7 だれも, わたしも, 予期しなかった, 僕には, 思つてゐない, 思はれない, 思われないの, 思わん, 申しません, 神ならぬ

6 [15件] しないが, しないよう, しなかったので, しまい, 予期し, 何人も, 全く思い, 夢にも思はなかつた, 思うて, 思はないの, 思はぬ, 知らずに, 考えなかった, 考へも, 試みない

5 [24件] いたしません, いわない, しないん, しなかったか, せずその, せずまた, つとめなかった, まったく思い, 予想も, 云は, 夢にも思わず, 平次も, 思いながらも, 思つてゐた, 思はなかつたよ, 思はれません, 思われないので, 思われませぬ, 想われない, 想像し, 想像だ, 言は, 言わない, 誰にも

4 [41件] しては, しないから, しないし, しないであろう, しないもの, しなかったであろう, せぬの, それは, だれが, なさいません, ゆめにも, 云わなかった, 今まで, 元より, 夢に, 存じませんでした, 彼も, 思うん, 思ったけれど, 思つ, 思ひがけ, 思わないから, 思わないし, 思わなかったから, 思わなかったと, 思わなかったのに, 思わぬが, 思われないから, 思われぬが, 思われませんが, 期待し, 決してしない, 決してしなかった, 考えも, 考えられなかった, 考えられぬ, 考へて, 言や, 言わなかった, 試みなかった, 露ほども

3 [75件] いたしませんでした, おもは, おれも, お前も, これは, しないお前, しなかったこと, しなかったし, しなかったと, するが, その時, それこそ, どうしても思えなかった, なさいませんでした, ほんとうに, 予想し, 云わない, 何事だ, 僕は, 全く夢にも思わなかった, 全く意外, 初めから, 努めなかった, 夢にも思, 夢にも思いがけなかっ, 夢にも思いません, 夢にも思った, 夢にも思つて, 夢にも思わない, 夢にも思わぬ, 夢にも考えなかった, 夢の, 実に意外, 察して, 彼には, 彼の, 思いながら, 思いましたが, 思いませんからね, 思いませんでしたから, 思いませんよ, 思うけれど, 思うまい, 思えないが, 思はずに, 思はなかつたの, 思わないよ, 思わなかったし, 思わなかったろう, 思わなかったわ, 思わなかったん, 思われないし, 思われなかったが, 思われん, 思わんよ, 怪しからぬ, 想は, 想像されない, 想像しなかった, 欲しない, 欲しなかった, 気がつかなかった, 気の, 決して思わない, 知らないから, 絶対に, 考えない, 考えられないの, 考えられません, 考えられませんでした, 致しますまい, 言へ, 誰だって, 誰でも, 豫期し

2 [163件] いいません, いえしかも, いくら名, いって, いわなかった, いわぬが, いわんよ, おもわない, お互に, お察し, お釈迦様でも, かねて, この時, この私, されないの, しずに, した, したが, しないこと, しないばかりか, しなかったかと, しなかったろう, しなかったん, しなかつたから, しなかつたし, しながらも, しなくなった, しねえから, しますまい, しませぬ, しませんから, する, するものの, せずお, せず今, せず反対, せず頭, せぬであろう, せんの, たれも, つきり, どうした, どうしても信じられぬ, なさらない, なさらないの, ほんとに夢, まことに思い, まったく思いがけない, まるで想像, よく聞く, わしも, わたしには, 一寸想像, 一度も, 三吉も, 不思議な, 予期しなかつた, 云ったが, 云わぬ, 交通機関の, 代助, 何という, 何事ぞ, 信じない, 俺は, 健三にも, 僕も, 全く予想外, 全く思いがけない, 全然予期, 八五郎には, 到底想像, 到底考えられない, 半蔵の, 夢にも思はず, 夢にも思はない, 夢にも思わなかったであろう, 夢にも想わなかった, 夢にも気, 夢にも知りません, 妾が, 存じて, 存じますが, 存じませなん, 存じませぬ, 存じられませぬ, 察しられたが, 寸毫も, 彼が, 彼女は, 後に, 思いがけないこと, 思いがけぬこと, 思いきや, 思いませぬ, 思いませんか, 思いませんでしたよ, 思う, 思えないの, 思えなかったが, 思えぬ, 思えません, 思ったけれども, 思つてゐなかつた, 思つてゐる, 思て, 思はないが, 思はないと, 思はなかつたし, 思はれなかつた, 思はれぬ, 思ひませんでしたからねえ, 思ひませんでしたよ, 思ふけれど, 思や, 思わないけど, 思わないであろう, 思わないという, 思わなかったけれど, 思わなかったこと, 思わなかったぞ, 思わなかったという, 思わなかったな, 思わなかったね, 思わぬか, 思わぬから, 思われない程, 思われなかったの, 思われぬの, 思われませんでした, 思われませんな, 思わんかった, 思掛けなかった, 怪我にも, 恐ろしいこと, 想像された, 想像できる, 意外だ, 意外で, 期待し得ない, 武蔵も, 気がつかない, 求めなかった, 決して思っ, 為なかっ, 申しませんが, 知らなかったの, 考えないから, 考えないが, 考えなかったから, 考えられぬこと, 考えられませんが, 考えられも, 考へられない, 考へられないが, 致しませぬ, 覚悟し, 言いません, 言わなかったの, 言わぬ, 誰だ, 誰とて, 願は

1 [1521件 抜粋] ああ思え, あそばさないであろうから, あなたも, あの時, あまりな, あまりに意外, いいやしない, いえ, いえその, いえない, いえる, いえ生産総額, いかに自分, いたしませず慈悲, いったいどういう, いひやすけれど, いや夢にも, いわず大人たち, いわぬ, いわれたが, うすうす察し, おかしい寒い時分, おっしゃらないよ, おぼしめしませぬか, おもえなかったから, おもつ, おもわれぬ父上, お俊, お思, お時, お美夜ちゃん, かつて予期, かつて思い, かねて柳沢, きみだ, けっしてしなかった, こういうところ, このとき, これいかに, これまで, ごぞんじあるまい, さらさら思ひません, されないに, されません, したもの, しても, しないだけの, しないだろうが, しないであろうし, しないという, しないぼく, しないわけ, しない倹約心, しない剛情我慢, しない少数, しない教養, しない様子, しない眼瞼, しない絶対, しなか, しなかったそう, しなかったそれでも, しなかったであろうが, しなかったですな, しなかったもの, しなかった時, しなかった男, しなかつたが, しなかつたので, しなくて, しなくなる, しねえつうん, しませんが, しませんでしたが, しませんよ, じぶん, すこし気の毒, すまいから, するな, せずかえって, せずこまごま, せずその間, せずて, せずまして夜な夜な, せずレオナさん, せず一貫, せず五六歩, せず例, せず動的, せず又, せず四辺, せず好き, せず専有, せず恥, せず押し流されるまま, せず昆虫館, せず机, せず毎日, せず猜疑, せず知らん顔, せず繰返え, せず自身, せず蝉, せず躊躇, せず釘付け, せなかった, せぬであらう, せぬもの, せぬ有様, ぜんぜん知らなかった, その一刹那, その当座, そりゃまあ, それでも達者, ただの, たれいち, たれにも, だれしも, ちょっとだれ, ちょっと思われない, ちよつと, つい昨夜, つきり言, つとめも, です, とても思はれない, どうあっ, どうしてもしねえ, どうしても信ぜられない, どうしても岸本, どうしても思われません, どうして予想, どうして知ろう, どうです, どうも想像, どう考え, どんな人間, なおさら思わなかった, なおまだ, なさいますまいね, なさらなかった, なさらぬか, なさるまい, なされます, なぜしない, なんとした, はしたなくは, ふとい野郎, ほとんど定説, ほんとにほんとに何ん, ほんとに見ぬ, まことに不思議, まことに禍福, まず予期, まったく私, まるで一, まるで気, むろんその, もちろん夢にも考えなかった, もとより, もはやいたしません, もはや試みぬ, ゆふまぐれ, ゆめ気づかな, わたくしの, わたし思わなくっ, クリストフには, サイは, チト受け取りかねる, ハア実に, マア余り酷い, 一切御存じの, 一寸思えません, 一層予期, 一言も, 万太郎にも, 両童子, 主張せず, 予想されます, 予期しない, 予期出来る, 二人とも, 云いません, 云い出さなかった, 云はれぬ, 云わず, 云わないだろう, 云わぬが, 云わねえ兄弟分, 些と, 人も, 今が, 今後も, 今日まで, 仏さまでも, 仕無い偶, 企てないであろう, 伸子には, 何から, 何たる妙佳, 何と, 余の, 作者などには, 信じないが, 信じられないと, 信じられなかった, 信じられませんでしたが, 信じること, 信ぜられない, 信ぜられぬこと, 偶然の, 全くし, 全く夢, 全く思, 全く思ひ, 全く意外中, 全然思つて, 全然考えないらしく, 兼ての, 分つて, 到底信じられない, 創作を, 努めない, 勉めなかった, 医師数人の, 卑劣な, 南風氏は, 口に, 可愛らしいや, 同宿の, 君は, 呆れ果, 因果でのう, 固執しなかった, 城中の, 夢にもお, 夢にも予想, 夢にも俺, 夢にも存じ寄り, 夢にも待設けなかった, 夢にも思いつきません, 夢にも思い申さな, 夢にも思はなかった, 夢にも思ひ懸けなかつた, 夢にも想わない, 夢にも知りませぬ, 夢にも考えませんでした, 夢にも考へ, 夢想も, 大底, 太いにも, 奈何し, 妾には, 嬉しいぞ, 存じたの, 存じませぬゆえ, 存じませんで, 存じよらなかった, 存ぜぬたとい, 実に三吉, 実に夢にも思わなかった, 実に思い懸け, 実家では, 容易に, 富岡も, 察しるが, 實に, 小三郎には, 少し虫, 屋敷だって, 左門老人にとっては, 平生思っ, 弦之, 当の倭文子, 当時夢にも, 彼にとっては, 彼奴だって, 御意外, 心がけて, 心づこうはず, 心得ぬ, 心掛けて, 必ずしも希っ, 思いかけなかった, 思いがけないいかにも, 思いがけなかったろう, 思いつかなかったと, 思いのほかであった, 思いますまい, 思いませんかったが, 思いませんし, 思いませんでしたし, 思いませんでしたねエ, 思いませんでした実に, 思いませんで長い, 思いませんまた, 思い出す丈, 思い得なかった, 思い浮かべも, 思い設けないこと, 思い設けられぬこと, 思うけれ共, 思うものの, 思うン, 思えないから, 思えないという, 思えないので, 思えなかっただけ, 思えぬ小, 思えませんよ, 思えんの, 思ったけれ共, 思ったれども, 思ってないよ, 思ってや, 思つてた, 思つて居なさるまい, 思ない, 思はず一つ, 思はず私, 思はないかね, 思はないし, 思はないもん, 思はなかった, 思はなかつたこれ, 思はなかつたらう, 思はぬが, 思はれないこと, 思はれませんし, 思はんだらう, 思ひこんでは, 思ひます, 思ひませぬ乍併, 思ひ出す丈, 思ひ掛けなかつたので, 思ふ, 思ふけれども, 思へない, 思へなかつたの, 思わずただ, 思わず全く, 思わず少なくとも, 思わず殆ど, 思わず第, 思わないからねえ, 思わないしかし, 思わないただ, 思わないで, 思わないですか, 思わないほどに, 思わないん, 思わない様子, 思わない逗留, 思わなかったがね, 思わなかったさあ, 思わなかったせい, 思わなかったでしょうが, 思わなかったなあ, 思わなかったもの, 思わなかったんで, 思わなかった一昨日重三, 思わなかった拝田村, 思わなかった私, 思わなかってよ, 思わなかッたん, 思わなんだせに, 思わぬでの, 思わぬはず, 思わぬ次第, 思わねど, 思われず従って, 思われないだろう, 思われないな, 思われない不思議, 思われない高貴, 思われなかった珍奇, 思われぬから, 思われぬ不可思議, 思われぬ奇怪, 思われぬ或, 思われねえじゃ, 思われますが, 思われませんけれど, 思われる, 思わんかい, 思わんじゃったが, 思わんので, 怨めしい左京様, 恐らく多く, 情ない十兵衛, 想いも, 想はれない, 想像さえ, 想像した, 想像しなかつた, 想像だって, 想像以外であった, 意外であった, 意外です, 意志しなかった, 愛しようと, 感付い, 承知し, 持論である, 推察した, 援助されず, 文公の, 既に察し, 昔から, 昨日までは, 智慧者の, 最初は, 望まなかったの, 望んで, 木下自身も, 本気で, 果して白雲師匠, 案外であった, 樫尾大尉も, 正に世界, 殆ん, 毛頭考え, 毫も思いがけなかっ, 気がつかなかったね, 気づかずただ, 気づくはず, 気付かないの, 氣も, 求めないで, 決して思いません, 決して思われぬ, 決して考えない, 波子は, 涌谷どのも, 源氏の, 無理です, 片付けられない問題, 猶更, 生れてから, 申ませぬ, 當時寺院の, 目に, 矢代も, 知らず, 知らず富公, 知らない, 知らなかったであろう, 知らなかったろう, 知らなん, 知るわけ, 神の, 秀吉の, 私自身が, 窕子には, 笑止千万なかなか, 米友には, 綱手の, 考えたこと, 考えないであろう, 考えに, 考えません, 考えられず又, 考えられないこれ, 考えられない仮定, 考えられまい, 考へないやつぱり万葉, 考へられないん, 考へること, 自他ともに, 自分でも, 自分の, 致しませんでした, 行者の, 見當, 観察しない, 言いますまい, 言い出さない, 言って, 言ふまい, 言わないから, 言わなかったこと, 言わねえその, 言語道断の, 試みないでしょう, 読んだ私, 誰にでも, 誰もが, 誰一人知る, 諸君は, 赤橋勢も, 近々この, 遉の, 銭形平次の, 長次郎も, 阿弥陀沢の, 随分長く, 青年は, 頭から, 飽くまで思はない, 骨折らなかった

▼ うとも~ (5236, 2.5%)

332 しなかった 228 しない 150 しないで 108 しません 97 せずに 90 しないの 87 しなかつた 60 それは 41 思って 40 しませんでした 30 思わなかった 27 して, せぬ 24 しなかったの 23 それが, それを 22 私は 21 しなかったが 19 しなければ, 思わない 18 しないので, せず, 彼は, 思われません 15 考えて 14 すること 13 しなかったし, 思つた 12 思った, 思われない, 自分の 11 それに 10 これを, せずその, 私の 9 考えた 8 せずそのまま, せずただ, 思われなかった, 思われぬ, 思われる 7 しないから, しないのに, しなかったので, せずまた, せず又, 彼の, 思わぬ 6 しずに, した, せずいきなり, そんな事, 僕は, 思う, 思ったが, 思はない, 思わないし, 思われないが

5 [19件] しないし, しなかつたの, それとは, なかろう, なかろうとも, 人を, 人間の, 何の, 少しも, 彼女の, 思いません, 思えない, 思えなかった, 思ひません, 思わなければ, 此の, 父御, 考えられる, 自分は

4 [28件] お前に, さう, しないもの, しないよう, しない様子, すまいとも, するの, する事, せずまるで, その, それらの, そんなこと, わしは, 云わなかった, 何とも, 俺は, 勝手に, 彼を, 思います, 思えません, 思はぬ郎女, 思わずに, 思わなかったが, 手を, 無かろうとも, 知らずに, 自己の, 致しません

3 [64件] あそばさないの, いささかの, いった, いって, いつでも, いわない, お前は, こっちの, されないの, しないが, しないところ, しないん, しなくなつ, しませんから, しょせんは, せずじっと, せず彼, せず彼女, せず目, せず自分, せず表面, せず言葉少な, せず顔, せぬので, せられなかつた, そこに, そのため, その場, その精神, その結果, その通り, つとめなかった, です, またどんなに, やがては, わたしは, 一つは, 世界の, 人生の, 今の, 何でも, 定めし人, 彼女は, 彼等は, 思いますが, 思いませんでした, 思うが, 思うの, 思えぬ, 思つてゐる, 思はないが, 思はなかつた, 思わないの, 日本の, 神の, 私が, 私に, 立派な, 縁切れにな, 考えなかった, 考へられる, 自分から, 自分に, 言へ

2 [198件] あれは, あゝした, いいました, いつかは, おれが, お前たちは, お前の, お定め, お心, お心次第, お身, かならず学問, かれら, この, この点, この男, これが, これだけは, しないこと, しないでも, しないといふ, しないのみか, しないまま, しない人, しなかったけれど, しなかったもの, しなかったん, しなかった事, しなかつたといふ, しなかつたので, しませんが, しませんでしたから, しませんでしたが, しませんよ, じっとこらえ, せずあの, せずあべこべ, せずお, せずこうして, せずそこ, せずどんより, せずなお, せず何, せず先, せず再び, せず前, せず却って, せず爆音, せず爪さき, せず私, せず縁, せず話, せず首, せぬの, ぜんたいどんな, そこは, そのお, その人, その合掌, その実は, その時, その男, それで, それである, それによって, た, だ, である, どこまでも, なおその, またその, ままよ, やはり自分, わたくしは, わたしの, われわれは, ビクとも, 一人の, 一応は, 一旦結婚, 一生の, 乃至は, 之を, 予測し, 事実は, 云って, 云へ, 人々の, 人は, 人情は, 人類の, 今は, 仕なかった, 他人の, 伸子は, 何う, 何か, 作る器, 僕の, 其樣な, 努めなかった, 又私, 同じこと, 君の, 吾, 吾人は, 問題には, 国家の, 声を, 変りは, 女は, 好きな, 妾の, 容易に, 年合い, 当分は, 彼が, 彼らは, 彼女が, 彼女を, 心に, 必ずその, 思いがけなかった, 思いましたが, 思いませんが, 思っては, 思つたのだ, 思つてゐた, 思つてゐない, 思はなかつたから, 思はなん, 思はぬ, 思はねば, 思はれぬ, 思はれません, 思はれる, 思ふの, 思わずただ, 思わず文庫, 思わないから, 思わないが, 思わないのに, 思わなかったこと, 思わなん, 思わぬが, 思わぬと, 思われた, 思われないのに, 思われませんが, 思われませんし, 思われるの, 惜しからじ, 想像される, 想像し, 拳銃射撃は, 是が, 書いて, 最後の, 本質において, 根本の, 気に, 永く保つ, 永遠の, 求めなかった, 決して声, 決して忘れ, 深夜であろう, 為ない, 為なかつた, 現在の, 生活の, 畢竟は, 白を, 相手は, 知れぬ, 確かに, 私には, 素質をまで, 絶対に, 考えたが, 考えたので, 考へて, 聞き届けること, 自分が, 自分自身を, 行って, 見えなかった, 見たかつたナ, 言った, 言わなかった, 試みなかった, 誰が, 負けようとも, 贋者として, 限りませんよ, 青年の, 青木君が, 非常に

1 [2611件 抜粋] ああいう, あくまでこれ, あては, あなた方が, あの単に, あの顏色ぢ, あるいは事実, ある東洋的, あんじては, いいは, いう者, いくら繁昌しよう, いっかな後, いつて, いはない, いよいよ恥, うまい物, おそらくなお, おもいませず, おれだ, お上の, お前さんの, お前達が, お座敷に, お絹さん, お詫びの, かうとも, かつて花田植, かまいませんお, かまわないと, がく生を, きまって彼女, けっして声, ここで, こっちは, このエレベーター係り, この中坂, この俺, この可, この夜明け, この家, この怨敵, この永劫霽, この美しい, この辺, この鬼王, これまで, こんなにわがまま, ご老師様, さしあたって, されずに, しず入って, しないあ, しないこれ, しないだろうという, しないという, しないどんな, しないゆき子, しないテルノフスカヤ, しない主, しない北原賢次, しない女, しない怠け者, しない果して, しない澄まし方, しない相, しない蛇, しない都会, しない鹿の子, しなかったこと, しなかったのにね, しなかったらしい, しなかった久兵衛, しなかった程, しなかつたと, しなくなったよう, しました, しませんでしたこと, しょげるばかり, じゃ, すべて新しい, する気, せずいずれ, せずいよいよ, せずおとなしく, せずこう, せずさっさと, せずすぐ, せずそれ, せずだまって, せずにじつとして, せずひたすら, せずぷツぷツ, せずもう, せずわき, せずゲエテ, せず一席, せず上体, せず並んで, せず仄, せず伏目がち, せず何時, せず其夜盛春館, せず口, せず叱ろうとも, せず唇, せず変らぬ歩き方, せず太平無事, せず宝物, せず寧ろ, せず尾, せず急, せず愛情, せず手綱, せず数時間, せず春, せず柄頭, せず歩いて, せず浅黄, せず溜息, せず玄関前, せず目のあたり, せず私たち, せず絶対安全, せず自在鉤, せず襟, せず読んでも, せず身, せず退こうとも, せず鉛筆, せず雲, せず飽くまで, せず黙つて, せぬ庭, せぬ男, せぬ間, せめて現在, せんと, そうだろう, そう雑作, そなた, そのくらい, その一つ, その中心地, その作者, その単純, その声, その帰趣, その扉, その根本, その狡猾さ, その者, その身, そりゃ亭主, それで以, それならうつ, それア冗談だ, そんな忌まわしい, たかの, ただも, ただ政治, たとい路傍, たのう, だまって, つかない調子, つまりの, とてもその, とにかく若殿, ともかく一応は, とんと気, どうせあっし, どこかの, どれだけ, どんな声, ないし関野, なお希望, なく味, なさらない, なぜもっともっとせっせと片仮名, なんでも, なんとも言, はけ口が, ひとの, ほとんどしなかった, ほんとうは, まずもっ, またいかに, または却って, また何, また幾多生, また煙雨, まだ五月, みえなかったマツ, むっつり右門, もうそれ, もう一度美沢, もし単に事実, もとより官費, やくざを, やはり似通うた, やろうとも, よしんば許婚, わしが, われ, われわれが, インドアメリカの, キッパリ拒絶, グロテスクの, シュピネルさん, ダムが, パウロが, ブルジョア的世界観の, ムク犬の, 一つの, 一切無, 一命に, 一度姪, 一方には, 一種不満な, 三人が, 下さるまいとも, 不名誉である, 世を, 両家の, 丹生川平の, 久慈には, 九州の, 事は, 事物の, 二年遅れよう, 云い出さないで, 云は, 云わない, 五匁玉半分煙に, 人口増加は, 人生案内の, 人間下宿屋だけは, 今こそ, 今度は, 今更おめおめと, 仕ない見ると, 以前の, 伏見の, 伜は, 体格が, 何ともしませんでした, 何んとも, 余は, 例えば日本, 信友会の, 俺も, 健康美は, 僕たちだつ, 僕自身に, 兎に, 全然消え去る, 六十余州ひとにらみ, 其の事情, 其ンな, 内容次第で, 出来上った設定, 切れましょうとも, 別段文句, 利用し過ぎる, 前途には, 助けて, 動かすこと, 勝手だ, 十八文よこす, 千人の, 原則上の, 又その, 又結婚, 取って, 古寺の, 同じな, 同胞互に, 呉道玄であろう, 唆されて, 嘉門めに, 国を, 土岐源氏この, 報酬は, 変わらないはず, 夜が, 大した違, 大次郎を, 天下の, 天領であろう, 夫によって, 失敗しよう, 女で, 好意を, 妻や, 委細かまわず, 嫉妬を, 安かろう, 実質は, 客観的事情からは, 富力地の利それに, 小さな水, 少くとも, 尤もらし, 山には, 川上貞奴に, 己れ, 常に人間性, 常に親切, 平易な, 幽邃の, 弁力が, 強いて剥奪, 当分その, 彼には, 彼自身の, 御当家, 御自身, 微かながらも, 必ずいいまぎらし, 必ずともに討ち果たし, 必ず可能性, 忍耐出来る, 念ない, 思いますけれど, 思いませんよ, 思い出したの, 思うん, 思えないと, 思えぬので, 思える, 思ったん, 思はず無理, 思はなかった, 思はぬので, 思はれぬこの, 思ひましたが, 思ふもの, 思へる, 思わずたまたま, 思わず人, 思わず唯人, 思わないけれど, 思わないでは, 思わないよ, 思わない極めて, 思わなかったは, 思わなかった彼, 思わぬのに, 思わぬ時に, 思わねえ大変, 思われないから, 思われないほど, 思われぬのに, 思われませぬが, 思わんが, 恁う, 恣意と, 悔いないと, 惨事の, 意に, 慰められること, 成功なされる気づかい, 我々歩兵隊の, 或いはまた否定, 或ひ, 所詮所詮近頃, 技術の, 拙者は, 探し出さないうち, 放そうとも, 敵いませぬ, 文学における, 断じて曹操, 斯う, 新聞記者であり, 日ごろの, 旦那様は, 早や, 昨夜からの, 暗いなか, 書物の, 最少し, 月給を, 朝の, 本が, 本船は, 格別しない, 梅と, 構わないよ, 欠きますまいとも, 正しく生き, 此時の, 武蔵野の, 死ぬよりは, 殺そうとも, 気が, 永く滞留, 決してあなた, 決して亡びない, 決して死ぬ, 決して真実, 決して非, 治す術, 流派が, 深く気, 減ずる気づかいは, 滝の, 火曜に, 無学であろう, 無理難題であろう, 焼いて, 牛肉自体は, 犬にでも, 現に大衆的, 現在親の, 琴を, 生まれ出る子等, 生活が, 男女が, 疾から, 白雲が, 皆帳元の, 直ぐ解い, 相手を, 真知子には, 矢張り個人的である, 知らないが, 知れずまた, 知れません, 社会的存在様式から, 神意を, 私にとっては, 私共と, 空家などという, 立とうとも, 筋ならぬ, 約束する, 終局的には, 結婚を, 結局悲しい, 絶望する, 縁の, 罰を, 美衣も, 考えさせられました, 考えない, 考えられず今, 考えられないでは, 考えられます, 考えるわけ, 考へ内心不安, 職務その, 脱線であっ, 自分としては, 自力を, 自由競争自身から, 船が, 花なら, 若い男たち, 落ち着く先, 藻西太郎が, 血筋は, 衰滅するべき, 見えぬ, 見ず知らずの, 見やう, 見直そうとも, 覚悟を, 言いは, 言つた, 言ふまい, 言わぬもの, 言葉で, 許しは, 話合を, 誰も, 責任を, 貴様に対する, 資本主義の, 起きようとも, 身を以て, 辻との, 追おうとも, 逆磔刑, 進んでは, 運命が, 道行く人, 遮ろうとも, 金に, 鎌の, 関わぬ海外, 限らないでは, 険しい山, 離れられないほど, 露ほども, 順だ, 頼まれた以上, 食べられなければ, 高々タチがい, 鬼であろう

▼ う~ (2965, 1.4%)

98 顔を 62 顏を 4944 氣が 37 垂れて 30 眼を 28 気が 24 つた 23 眼つきを 19 つては 12 つてゐる 11 声を 10 声で, 表情を 9 眼つきで 8 調子で 7 垂れた, 姿を, 顏も 6 微笑を, 気も, 気持に, 聲で

5 [18件] つたか, つても, つて來る, 匂ひ, 口調で, 垂れました, 御主人, 様子で, 様子を, 気持が, 氣も, 男が, 男です, 眼で, 笑ひ, 自分の, 顏つきを, 顔つきを

4 [29件] あれは, これは, つて, アと, 事を, 人が, 口を, 呻き声, 場所を, 女で, 妻よ, 少年です, 心持が, 心持に, 感じが, 房主でも, 樣子を, 気配を, 水が, 男で, 男では, 聲を, 苦笑を, 言ひ, 話だ, 顏に, 顔し, 顔付を, 高音を

3 [48件] さるん, そして思ひ, つたの, つたのだ, つた以上, つてゐた, つて居る, 一種の, 人だ, 人の, 人柄です, 人間では, 人間は, 傘かす, 光を, 八, 口吻だ, 垂れるの, 女が, 姿が, 娘です, 容子を, 息を, 文句を, 日和です, 本を, 様子も, 樣子に, 樣子は, 歯が, 歯を, 気勢を, 気持も, 牛の, 男の, 男を, 眼附を, 聞いて, 聲が, 言葉を, 話, 話を, 足どりで, 頭を, 顏し, 顔だつた, 顔つきで, 顔付で

2 [152件] あの女, ぃの家さ降った, うめき声を, お前の, さるの, そして流暢, その仕事, それで, それは, それを, つたかは, つたと, つたのか, つたん, つた上は, つて行く, ひ処女, ぶし見ると, もんだ, りっぱな, わしも, ゐら, ツては, ハハハハ, 事件を, 事實譚である, 人も, 人物で, 人達が, 人間に, 人間の, 位に, 何, 何でも, 併し, 兄哥, 八五郎の, 其暮方だつた, 刳り舟, 匂は, 口吻である, 唇の, 嚴し, 土で, 垂れてを, 垂れます, 垂れると, 大腹中, 天をも, 女だ, 女だつた, 女です, 女の, 妙な, 姿で, 子供が, 子供の, 容子で, 小僧が, 山の, 形式に, 心もちに, 心を, 心持で, 怖ろ, 思ひが, 息使ひ, 恰好を, 愛嬌を, 感じを, 態度を, 手つきで, 手を, 方法が, 旅行鞄を, 時計の, 書物を, 枯れ木が, 様子が, 樂しい, 樣子が, 歌を, 此の, 歯で, 歯の, 気分が, 気分に, 気持, 気色も, 気配も, 氣おくれ, 氣の, 氣組でした, 浴衣を, 溜息を, 犬だ, 生活を, 生絹の, 男でした, 男と, 男に, 目つきを, 真似を, 眼は, 瞳には, 神である, 私の, 穴を, 空あ, 窓あけ, 笑を, 笑声が, 笑顏を, 笑顔を, 縁側に, 聲です, 肉体を, 自分を, 自動車の, 處が, 衣服, 表情で, 表情と, 表情は, 親分, 言葉の, 話である, 調子に, 警察の, 議論を, 足つきで, 身体を, 身振りで, 返事を, 逞しい若者, 部屋は, 酒が, 重兵衛さん, 重兵衞さん, 陽氣だ, 雪が, 雲が, 響きのみが, 頭の, 顏でした, 顏です, 顔で, 顔に, 餅は, 首を, 香が, 騷ぎです

1 [1792件 抜粋] あいつが, あたりま, あなたの, あの唄, あの時青山さん, あの面魂ぢ, あひるさんです, あるきぶり, い, いい犬, いぢけた顔, いやした, うそを, え姫, おまえ, お前, お国, お子さんです, お猿, お芳, かなしさ, がんが, きっと, きみは, けんまくで, こちらなんかには, こどもを, この女, この花嫁花婿, こんだ, ごく頭, さる, さる御, ざまを, しめつぽい, じまんを, するとお前, そこに, そして人, そして怖, そして見る, そのくせ, その意味, その程度, その額, それこそ, それで昨夜, そんな顔, だて, ちよつと, つたその, つたので, つたらお, つたら反古, つたら生命掛け, つた吹く, つた雨の, つてからは, つてとびつき, つてゐるだらう, つて奥さん直ぐ, つて街を, つばを, とこまで, どうせ大した, なぞと, ねえお前, のんびりした, ひどい颱風, びやうにんだつた, ふわふわに, へんに, まあ好い, また嬉しい, また日傭稼人, みんな, むゝよし, もう片時, やうな, やつぱり手紙の, ようが, よわよわしい筆つき, ゐ, アこの, アー, ア君その, ア萩乃さん, カツと, ガラスの, サクラ子, ジム, セン, テッド博士, パストラアルめいた, プルウストを, ボオイ達に, ムクを, モデルだ, ヴラジーミル・ペトローヴィチ, 一切何も, 一方から, 一生を, 三味の, 上級生は, 下總, 不安が, 世にもすぐれた, 世辞が, 中年者です, 主人の, 亂暴と, 事の, 事よく, 事態が, 二三の, 二人の, 二階の, 五六人それとも, 人々に, 人でした, 人出です, 人懷か, 人物に, 人達の, 人間ぢや, 人間を, 今浴びさせ, 仕事は, 仮睡に, 伜, 低い竹, 何かの, 何と云, 余り寂し, 作品で, 例は, 俺も, 僻村の, 兄哥が, 光りを, 入江が, 八に, 六時には, 内儀さん, 冬の, 凄い所, 処だ, 切なさ, 刺身庖丁の, 劍幕でした, 加野的善人だ, 勢ひだね, 匂を, 医師は, 半ばもどかしい, 危険を, 厚顏に, 厳格な, 又然, 友人を, 取り留めた事実, 口もとを, 口惜いよう, 口眞似, 古びた旅館, 古箒, 叫びを, 可愛想, 台辞を, 名前ぢや, 名状し, 味噌汁の, 和洋折衷の, 咳を, 哀しいよう, 唐茄子を, 喜三郎は, 嗤ひ, 四書五経の, 国民では, 團栗眼が, 土氣色を, 地が, 垂れしみじみ, 垂れたまま, 垂れた老, 垣も, 基教思想に, 場所だけでもと, 場末の, 塩梅さすが, 士官や, 声だ, 夕暮である, 外套を, 夢と, 大きな声, 大な, 大切に, 大変な, 大根を, 大玄関, 大變, 天井, 夫から, 女, 女と, 女判任か, 奴でございます, 好人物で, 妻と, 姿などが, 娘さんと, 婆や, 嬉しいよう, 子ざる, 子です, 子供って, 子供を, 学者で, 安らかさを, 実が, 家をと, 宿を, 寒さ, 寝衣姿, 小さい町, 小僧だ, 小屋に, 小父さんに, 小羊, 少し發育, 少女だつた, 山が, 岩でした, 岩野泡鳴氏の, 嵐の, 左母次郎を, 巻煙草一つ自分からは, 干物竿が, 年増です, 幻想に, 幾間か, 店頭の, 建物で, 弱さうな, 形だつた, 形勢な, 影法師まで, 彼女の, 御口調, 御氣色, 微笑が, 心もちさえ, 心持でした, 忠實な, 思いも, 思ひで凝つと, 恋愛小説を, 恐怖の, 息づかひを, 恰好で, 悲しさ, 情態も, 惨めな, 意地の, 愛すべき島, 感じも, 感激した, 憤ろしいような, 我々の, 手ご, 手合が, 手紙ばかり, 指つきを, 振りで, 掟を, 改まった口調, 教育を, 斜視の, 日が, 早く帰っ, 昔なつかしいおも, 晝杜鵑の, 晩ねえ, 景色な, 暮しむきだ, 曖昧な, 書院の, 月夜で, 服を, 朝日が, 本だ, 本当にもう出, 材料を, 松原は, 果實の, 柄では, 柔かそう, 梅の, 森閑と, 楠木方に, 楽しい道, 様子でした, 様子に, 模様の, 樣子にな, 権幕を, 樹が, 機会が, 櫛や, 欲しいという, 歓呼が, 武家で, 歯であり, 毒か, 気の, 気もちに, 気勢だ, 気合も, 気持ちだつた, 気色が, 気配が, 氣ま, 氣咎めが, 氣持だつた, 氣配を, 水へ, 江戸も, 沓には, 洋服について, 浪人し, 海水着を, 涙は, 淺黒い, 湯気が, 滅入った心持, 漢字を, 澱んだ眼, 火影が, 為事に, 無益に, 然も, 燿く, 牢破りの, 物に, 物足らない, 状態で, 猛烈な, 理想家風の, 瓜だ, 用事は, 用意が, 田舍風な, 男, 男でも, 町よ, 異様な, 疲れた頼り, 痩せた鹿毛, 瘤だらけの, 白けきつ, 皮が, 目に, 目前酔う, 相好を, 相手の, 看板を, 眼が, 眼つきは, 眼もとを, 眼差しで, 眼鏡を, 着流し彌, 瞳など, 知ってりゃ偉い, 石である, 碁席で, 私なぞは, 秋の, 稱の, 空が, 空をも, 空地と, 空模様, 空模樣だ, 空気からも, 竿だ, 笑みを, 笑顔が, 箇所も, 精力が, 純情無垢の, 終いには, 結構らしい, 經が, 縞縮緬の, 美しい朝, 美辞麗句に, 老人が, 聞かんかの, 聲も, 肥つた体巡査鉄砲雁の, 背高で, 脚である, 腓返しでも, 腹の中に, 膩の, 舅の, 舟にの, 色々な, 芝居である, 花だ, 花垣殿, 若いロシヤ人, 若主人, 苦しい大, 茄子苗も, 茶店の, 草原を, 草鞋だ, 落武者の, 葬式には, 薄色, 藪の, 處を, 蛇と, 血が, 表情が, 表惰, 裾の, 見幕では, 視線に, 親分方, 言葉で, 訝しげな, 詠嘆的な, 話だけを, 話の, 調子が, 譯語で, 谷五郎には, 豫感さへ, 質屋の, 赤銅色の, 足取りを, 身体の, 躯つきだ, 軽い閑雅, 農家から, 逞ましい, 運動を, 道話を, 遣り口を, 部屋と, 酔つた声が, 重たい気分, 金と, 金持だ, 金魚チヨピ, 錆びた聲, 長兵衞, 陰惨たる, 陸地を, 隠居さん, 集会には, 雪の, 雪質を, 雷鳴, 青年が, 青鴉, 面相が, 響きが, 頬ぺたを視つめ, 題号だ, 額で, 顏と, 顏の, 顏乃至, 顏構である, 顔いっぱい満たした, 顔つきでした, 顔の, 顔付でも, 顔色である, 類型思想である, 風の音ばかりが, 風情に, 飛び離れた長い, 餘計寂しい, 香を, 馴染の, 駿河屋の, 體質などが, 髮毛の, 鬼の, 鮮しい, 鳴声, 黒ツぽく, 鼠色の

▼ うから~ (2160, 1.0%)

130 である 2717 それを 16 私は 14 その時 12 それは 11 それまで, 私が 7 私の 6 して, 歩いて, 私も 5 ここに, その点, ひとりの, 今の, 今日は, 何う, 何も, 自分の, 走って 4 これが, これは, さう, そうしたら, そのとき, 今は, 何事も, 彼れ, 我々は, 知って

3 [27件] あなたの, いまの, おれが, ここで, これで, これを, それも, そんな事, どうか, どうぞ御, どこか, まし, 人間の, 今夜は, 僕が, 僕は, 出て, 吾, 待って, 従って, 明日の, 此の, 私たちは, 自分に, 行って, 誰か, 近づいて

2 [89件] あたしが, あとで, あなたが, あなたも, あの塀, いいかげんに, お前さんが, お前は, きょうは, くどいこと, ここは, ここへ, このまま, こんどは, しばらくここ, ぜひ書い, そうすれ, そこに, そこの, そこへ, その間に, それが, それらの, だが, だん, であります, なにとぞその, なにも, ひとつこの, もう何, もて台地, よく見, わたしは, ケチな, 一しょに, 一人の, 一台の, 一概には, 一緒に, 主人に, 人が, 今までの, 今も, 今度は, 他の, 何か, 何処か, 僕の, 取って, 名乗って, 君に, 君は, 困る, 声を, 売れ, 女を, 少くとも, 少しも, 帰りに, 引出して, 当分は, 彼の, 彼は, 彼らの, 御安心, 心配し, 思慮も, 拔い, 持ち出すこと, 日の, 日本の, 明智探偵の, 止める, 此は, 気を, 澁を, 着いて, 私にも, 租税の, 緩くりし, 自由に, 茶いろ, 見はり, 見ると, 親御の, 話は, 貴方にも, 起して, 達て

1 [1553件 抜粋] ああ云い, あすなるべく, あちらに, あちらへも, あなたに, あの二畳, あの場合, あの客, ありのままいう, あれに, あんたは, あんまり無理, いいさ, いいますが, いくばくか, いずれ私, いっそ二人, いっても, いつまでも, いらつし, うちから, うらやましいの, おえんま, おしても, おせい様, おそらくその, おちついた男, おまえが, お上り, お休み, お前に, お前達も, お嬢様今度は, お寺へ, お徳さん, お才, お気強く, お眠い, お箸, お話し, お話相手なんて, お返しします, お餌, かけだす音, かたがた以て, かなり大きな, かんじんの, きたにいさん, きょういただい, きわだった名, くれぐれも身体, けっして無意味, こうした男, ここでは, こちらは, こっちで, こっちを, ことしは, ことわって, このくらい, このほう, この二つ, この報告, この妻, この持主, この機, この角材, この際, こよい, こりゃ一儲け, これからすぐ引き返し, これから一つ二つ例, これに, これも, これ又, こんな事, こんな景色, ごく簡単, ご自由, さあ勝負, さしつかえなくば, さっき言った, さっそく退散, しかもそう, しばらくは, じたばたせず, すぐお, すこし横, せいぜいもがく, せめて五十両, そういうちいさい, そういう変, そうしたらその, そうしたら晩飯, そうだ, そう云っ, そう急ぐ, そこで, そこで弩, そこを, そしたら平和, そちらの, そなた, そのうち何者, そのすき, そのとき自分たち母娘, そのへん, その事情, その代り海, その価値, その国, その場, その庭, その手拭, その方面, その本文, その猴め, その砌, その製造, その話, その邊, その間休暇を, そりゃ辛かっ, それだけにこれら, それでお前, それで機嫌, それに, それまでに, それらは, そろそろ先, そんなところ, そんなに耻, そんな人, そんな狭い, たとい何, たまにお, だれかが, ちょっとお, ぢや, つかまりに, でありまた, である五歳, できるだけ慰め, でも, とこう思っ, とてもの, とにかくに, ともかくも, どうかあなた, どうかその, どうか半金, どうか貴方, どうぞあしからずと, どうぞ楽しみ, どうにか都合, どこかの, どつちせ, な, なじみで, なまじいに, なるべく彼, なれば, なんの, のそのそと, はしって, ひとつ小話に, ふるいつくよう, べつに説明, ほんの数時間, まあここ, まあどうにかなるでしょう, まあ忰, まあ能, まずそれ, まず第, また来, まづ巻頭歌, ま来, むしろ新た, めんどうでも, もうすぐ路, もうそれ, もう一度彼, もう先, もう御, もう是, もう自分, もしどなた, もっと彼ら, もはや充分, やがて行, やって来るライオン, やはり二寸四方, やはり目, やらして, ゆめ, よくとりなし, よく聞け, より以上, よろしく適当, わたくしの, われわれは, ガス管を, シートンの, トボトボと, ナニ書生輩に, ノンダクレの, ヒョイと, ブーンという, ポオの, ママの, 一つや, 一つ懲しめの, 一先ずわたくし, 一台ワイシャツの, 一寸予防注射, 一寸行つて話, 一度見, 一方に, 一概に女, 一生懸命に, 三吉を, 上州側に, 不快に, 世界観の, 中間で, 久しくその, 乳が, 二三個所見物した, 二人で, 二月や, 二週間以内には, 云い換えれば, 互いによく話し, 人民は, 人間に, 今お湯, 今ぢ, 今夜の, 今晩は, 今申し上げ, 代って, 仰しゃらんなら私, 伺わないわけ, 何が, 何とか分ろう, 何もかも話し, 何処へか, 何者かの, 余り立派, 作者は, 例外だ, 保胤の, 俺に, 偶然そうして, 僕には, 兄さんに, 先ぬきとして, 全然賃貸, 八重をさえ, 内の, 再生産, 冷飯でも, 出せ金, 出生の, 分ったら君, 初七日, 加十さんの, 勝負は, 十五人の, 単に形式一遍, 博士の, 参つて居ります, 又こんど, 反対者は, 口を, 台所は, 吉村先生は, 同じく過去, 同情に, 君たちの, 呼びとめて, 問題は, 四五人し, 国民は, 地主が, 坊ちゃんで, 変化する, 外で, 多分田舍, 夜々見廻った, 夜通し話した, 大した心配, 大臣の, 夫れ, 夫婦約束を, 奥庭の, 女教師が, 好奇心を, 妾そんな, 姓を, 娘, 學問上から, 実に心細い, 実際上, 家に, 寄せ手は, 寒詣でや, 尋ね掛けないよう, 小母さんが, 少しその, 少し傍聴, 少し氣, 山を, 巡査が, 左膳の, 己が, 帰るよと, 常々自分の, 平生の, 座敷の, 引くるめ, 強いてお, 当座でも, 彼らが, 彼らは, 待ちなまし, 後のも, 後学の, 従って穀物, 御免安が, 御存じじゃ, 御用濟は, 御遠慮なく, 心がけて, 必要の, 思いついたらまた, 思い切った御, 急いで, 恐らく学生層, 恥ずかしいと, 悲痛な, 意識し, 成るべく自分, 或いは最初門松, 所有者は, 手を, 手紙で, 手間を, 打ちあけて, 折れて, 拍子木の, 振って, 探して, 損を, 改めて立会人, 教えて, 文句が, 斯う, 斷る, 日光の, 旨くソレ, 早くなれ, 早く寝ろ, 早く御新造, 早く敷き, 早く知らせ, 早速持主, 明日で, 明朝早く, 昨夜の, 是も, 暫くお上, 最後に, 月へ, 服喪の, 本月下旬, 村が, 来たの, 来た二人連れ, 来た紳士, 来た背, 来るもの, 来月の, 柔くっ, 構わずここ, 機会は, 欲しかった, 止めに, 此に, 此処は, 此書目の, 死んだ人間, 殊に終, 母親として, 毛布が, 気楽な, 決してそんな, 沈み切って, 油斷出來ない, 津波も, 海の, 済んだあと, 温くし, 無理にとは, 然うし, 煙草の, 父も, 牛肉とでも, 特にフランス文学, 犬といふ, 瓦の, 生涯結婚しない, 用いて, 申し上げるまでも, 申上げます, 町の, 當分俺が, 疑う余地, 癒る, 百とう, 皆一生懸命だ, 直ちに改造, 相当は, 省いて, 真実の, 眼を, 知ってるわ, 知らない人, 社会の, 私たちこういう, 私たち何に, 私如き, 穴から, 突き放されようとは, 笑って, 簡単な, 粗生, 素はだしで, 素子が, 組織を, 給金を, 罹災等の, 美女蔓の, 考えないで, 聞こえて, 脅かして, 腹話術師らしい, 自分たち二人の, 自然之はと, 船を, 苟も舟師提督閣下, 若ものに, 茲には, 蔵に, 虚偽では, 表へ, 見せて, 見ない方, 見徹すよう, 覚えて, 解説し, 言わない方, 話を, 誤謬に, 読んで, 誰でも, 誰も, 貨幣は, 貴女に, 買い物学とでも, 貸して, 質が, 足音が, 身の上を, 辛抱おし, 近くの, 逃げて, 逆寄せに, 逞しく湧き立つ, 進んで, 遠慮なく話し, 遺言状を, 邪魔に, 都会生活復帰説が, 野天試合で, 銀子は, 間もなく俺, 隙を, 雇婆さんでも, 電車が, 静養を, 非常時局の, 順慶の, 風邪を, 食事を, 馴染の, 騰貴するであろう, 魚たちには, 鹿鳴

▼ う~ (1983, 0.9%)

25 それに 9 またそれ, 私も 8 第一 7 自分の 6 それが, それは, それを, またその, またもし, 僕も 5 そのため, またこの, 私の 4 あなたの, そうすれ, その上, てる間, また彼, ろに, 他の, 何か, 従って 3 そうかと, そのこと, てるところ, また私, 下へ, 又そう, 又私, 気の, 自分は, 誰も

2 [83件] あとは, あなたが, あの人, いつかは, いろいろな, おまけに, ことによれ, これを, さもなく, そうしたら, そうなれ, そのうち, そのとき, そのほか, そのよう, その方, その次, その男, それでは安藤先生, それよりも, そんな懸念, てると, どうした, また, またあなた, またあの, またそこ, またそんな, またどんな, またほか, また一つ, また中, また人間, また失敗, また実際, また少し, また従っ, また息子, また意外, また新しい, また本人, また粗, また職業, また自分, また自然, もって, フローベルには, メカケにも, 中には, 二人の, 人に, 今も, 何に, 何も, 僕は, 出来るだけ, 又, 又あの, 又その, 又た, 又皆さん, 反対に, 君が, 場合によっては, 多くの, 妾も, 宮の, 山も, 彼も, 後者は, 手も, 手順を, 日の, 浦島さん, 港の, 私には, 私は, 而も, 胸が, 能く, 誰にも, 遺漏や, 陛下御

1 [1642件 抜粋] あああなた, あたしから, あっても, あなた迄も, あの奥さん, あまりに愉快, あるいはその, あるいはズロース一枚, あるいは婉約, あれから, あわよくば一, いかなる雄図, いついつまでも, いつもと, いまの, いよいよそれ, うちには, うまくいっ, おそらくは相当, おちぶれても, おまえたちが, お可, お客も, お次には, お母さんは, お美夜ちゃん, お袋が, お飯, かくては, かつこれ, かりに達し得ない, きっと口, こ, こうして諸君, ここ数日ぱったり, こちらも, ことによったら, ことに英蘭, こののち, この十巻, この武蔵, この際, これから読もう, これには, こんどこう, こッち, ご用も, さうかといつ, さだめしほか, さらに石, しおらしいなどとは, しずまりました, じき上りまするで, すべてを, すんなりと, そういう風, そうしてモンテ・カアロ, そうでない, そうなる, そこで愛惜, そしていかに, そしてこれ, そしてまたその, そしてもつ, そして今時分, そして又, そして折角, そして皆氏郷, そして資本, そのうえ今, そのときこちら, そのゆえ, その一番, その井戸, その他多く, その先代春團治, その彼等, その時ごと, その楽しみ, その石, その進級生全部, それかと, それから又, それだけ, それであれ, それならお, それにあの, それにまた法師, それに又あの, それの, そんなで, ただそれっきり, ただ自分, たてば, たびたび御足労, だ, だらしない, ちかくに, つけて, つれづれを, てるうち, てるだらう, てるね, できること, とにかくそれ, とまれ作品, どうで, どこへ, なかなかすらりとは, なすべきこと, なるでしょうね, なる様, なア坊や, ひいては大阪, ひどく破損, へんな, ほの, ぼくたちの, まあ仕方, まして筆, またおそらく, またここ, またさ, またしばしば, またそのどの, またそれ以下, またでき, またはこの, または遊びごと, またわれわれ, またソケット, また一方, また一般, また両方, また事実一般, また人, また位置, また作戦, また先ごろ, また冷泉院, また卯木, また右, また吾が, また土地, また外国文学, また夫, また学問上, また実, また寒山拾得, また専門, また島, また底, また心臓, また思わぬ, また或, また接触点, また敢然, また時服, また江夏, また洛中, また満員, また環境, また疲労, また県当局, また私たち, また罹災, また興味, また若い, また観, また謙遜, また運用, また酒飲み, また願望, また飼養, まだその後, まだ道, むろん事, もう長く, もしも覚え, もし一, もし私, もちろん永久, もはや会戦, やがては, やがて新た, やはり今, よくでき過ぎ, よしまた近寄る, よしんば焼け残っ, ろを, わかれば, わざわざお, わたくしから, わたしは, われらの, アマンドさんだって, エジプトへ, キャバレーの, スカートを, ネエどうぞ, バスも, ファデーエフの, フランスへは, プロレタリアの, ホッテントットにとっては, マア坊の, リリアン・ギツシユが, ロマンティックであった, 一人, 一應花火も, 一生の, 一緒に, 一部は, 三日經た, 不行儀は, 世は, 世界の, 主人も, 之を, 事態の, 二十代は, 京洛の, 人情から, 人間に, 今より, 今日から, 今日まで, 仕事の, 代用食と, 仲間の, 低気圧, 体も, 何とかし, 何時親達の, 使いを, 侮辱を, 信長も, 俺だ, 偶然では, 僧侶に, 元気にも, 光は, 八五郎を, 其は, 其時に, 内々には, 冷たくも, 凡てを, 出入り口も, 分らない人, 別にそんな, 剣の, 北へ, 十中八九の, 千浪は, 南京路の, 危険な, 又いい, 又こう, 又そんな, 又へりくだる, 又中, 又今日, 又公武一體, 又却って, 又唯物論者, 又實質, 又常識, 又後, 又意味, 又新風に, 又東京市, 又自己, 又英雄的, 又貸し, 又雪中登山, 収監以後彼の, 台湾の, 右臂が, 合の手が, 同じくで, 同じ人情, 同時に探偵, 同門には, 君の, 周囲の, 和いだ影, 唯物的に, 図々しい相客, 国が, 土台自分, 報らせてえ, 壇ノ浦では, 夏は, 外は, 多くは, 多少は, 多計代, 大伯母妙貞の, 大殿の, 大阪へ, 夫の, 失礼な, 女の, 女学校へ, 如何に, 妻子を, 姉さんも, 姫君も, 子供達に, 学海の, 宇津木兵馬は, 実際きょうあたり, 家が, 家も, 家康も, 寝すごしても, 寺まで, 将棋の, 小説などという, 少しは, 少なくとも今, 尾州藩でも, 山チイの, 峠を, 川から, 己を, 帰って, 年も, 幾人かの, 庸三に, 役者が, 彼にも, 待って, 後の, 徒らに, 従ってその, 従って優秀, 従って大きな, 従って純益, 御城内, 御非難, 念を, 怨み合つた, 恨悔しい, 悪いもの, 悪くする, 情夫も, 愚痴なら, 或いは彼自身役者, 或は一代, 或は多少, 或は母, 或は物見遊山, 或る, 戯曲作家たちが, 手を, 手配も, 拡散する, 探したならば, 支度も, 政商とも, 政治も, 教員の, 文士劇でも, 文科の, 斉興は, 新来の, 日か, 日本演芸には, 明日の, 春琴も, 時にその, 時も, 時間が, 更にまた, 書けそう, 有夫の, 朝の, 木々も, 未来の, 本当いえ, 松には, 果ては地球, 栖鳳氏も, 案外早く, 極り悪い, 様式の, 次の, 止まって, 正直の, 武蔵の, 死ななかつたら代り, 殊に彼, 殊に藤原朝, 殺したお, 母妻子に, 毎朝の, 気が, 気前惚れ, 江戸で, 決して外, 注文します, 洋食支那食が, 渡って, 滝人は, 演劇の, 澄江が, 無理だ, 焼けない迄も, 熊笹や, 父の, 父母が, 物と, 特に私, 犯した科, 猫には, 現在そう, 琢磨が, 生きて, 生家の, 産業革命も, 甲李の, 男まさり, 療治も, 百姓の, 盗られたの, 直義も, 真暗な, 知らないで, 礼物を, 神田草分けと, 私たちも, 私ども他人で, 秋なら, 程経, 空腹の, 立入って, 笑わるるも, 第一彼女, 第一當時二十一二歳, 筒井に, 細工も, 結婚生活の, 結局は, 結構に, 罪の, 羽織も, 聞きも, 自らの, 自分が, 自分で, 自然科学は, 色彩は, 若いマルキスト, 若し又, 菊池寛氏の, 薫の, 蘭州と, 行って, 西洋で, 親が, 親類も, 記憶の, 詳しいこと, 読者が, 誰方と, 諸方の, 議会の, 貨車の, 貴方も, 赤彦君と, 踊って, 身化粧にも, 軽蔑し切っ, 迷信だ, 逃げるには, 途中で, 進んで, 遥かに, 都会でも, 野に, 金持に, 鋳金は, 鏡に, 長くも, 長居は, 門の, 關東大震災では, 陰口も, 隨時仮釈放も, 雲の上へも, 非常に, 頻りに東洋, 額に, 食物の, 馬車や, 高まれば, 髪に, 鰹節よりも

▼ うじゃ~ (1965, 0.9%)

1091 ないか 281 ありませんか 225 ねえか 46 ないかと 40 アない 27 ないですか, アねえか 26 ございませんか 25 ないかという, ないの 12 ないかね 11 有りませんか 9 ござんせんか, アありません 6 ごわせんか 5 ありませんかと, あるまいか 4 ありませんの 2 ありませんかという, ついて, ねいか, ねえかという, アございません, ア有り, ア無い

1 [77件] あっしに, ありませんかい, ありませんかね, ありませんけれど, ありませんわ, いけません, この仕事, ござらぬか, じゃけ, その役, その簓, それを, でことに, ない, ないかって, ないかで, ないかといった, ないかなぞと, ないかなど, ないかなどとは, ないかなんて, ないけ, ないこの, ないと, ないや, ないわ, ないわよ, ないん, なかったかな, なくって, なし, なし人ッ子一人, なし時たま, なし生爪一つ, ねえかと, ねえかね, ねえかよ, ねえですか, まろまい, よく似つくであろう, アありやせん, アげえ, アご, アそれを, アねえ, ア何うだ, ア御座いません, ア明日私が, ア有りません, 不可いよ冷淡だ, 久光を, 井上出雲に, 信用しない, 勘定に, 同志の, 困りますよ, 嫁入, 対手は, 少しは, 張り合が, 待って, 御座いませんか, 是にても, 死骸を, 気が, 気に入ったであろうが, 浮む瀬とても, 無いか, 無えか, 生んで, 百城, 真剣の, 真実かの, 立派な, 羽村の, 逢って, 違って

▼ う~ (1397, 0.7%)

23 して 12 なつた, 言つた 8 思はれる 7 訊いた 6 まわして, 惜しいこと 5 それは, それを, 一台の, 云つた, 笑つた, 自分の 4 した, なる, なると, 彼は, 思はれます, 歩いて, 首を 3 ちよいと, なった, 何か, 彼の, 思はれた, 思へる, 気が, 眺めて, 私の, 見える

2 [71件] あの蔭凉軒, ありません, いひました, おりて, お追従笑, かう云, ここへ, これを, すると, その改革, それが, それに, なつて, なりました, なるの, なる程, にこにこ顔で, へんな, りっぱな, ナア, モウゆう, 一つの, 一人の, 並んで, 亭主は, 今は, 今日は, 何が, 何だって, 何という, 出して, 北田は, 叔父の, 呟いた, 大きなテント, 天守閣の, 小鈴, 彼女は, 待って, 思はれるの, 思ふ, 思へるの, 春三郎の, 浅草の, 目を, 相手の, 眼を, 私は, 空二を, 立って, 立つて, 笑つたが, 笑つて, 笑ひ, 答へ, 精を, 美しい広告塔, 聞いて, 聲を, 肩を, 臺所の, 良秀の, 見えた, 見えるの, 見おぼえの, 言ひました, 近く立つた, 遠ざかって, 青丸, 音楽の, 鼻を

1 [1093件 抜粋] ああお金, あたりには, あって, あなたに, あなたを, あのごつごつ, あのまあ, あの人, あの君女, あの時計塔, あの眼, あまり書い, あらわれたの, ある, あんなお, あんな最後, い, いくら金田君, いたから, いっこう気, いつて, いつまでも, いふの, いまだに独身, いるかんじん, いる連中, いわば戦争, うつむいたま, うなづくの, うんうん唸つ, おしろいの, おちぶれても, おも, およしさん, おれの, お勢, お命, お夏, お寝みなされ, お父さま, お痛わし, かかわらず初秋, かくれて, かすかに, かなしいかな, かように, きいた, きっと油断, きょうの, ぐい, ぐつと一と, こうも, こしかけて, このぼく, この俺, この峡谷, この男, この私, この荒ん, この邸, この館, これでは, こんなこと, こんなに長い, こんな処, こんな夜道, こんな所, さう云, さぞ頼み甲斐, さっき田原町を, されるの, したと, したり, しや, じろじろ相手, すぐこんな, すこしもこわれません, すりゃあ, するの, せよ肉体, そうならなかった, そこの, そこらの, そして愛情, そのあなた様, その同じ地点, その拠城江尻, その無窮, その背後姿, その金満家, その黒い, それすら, それでもむり, それまで, そんなばかばかしい, そんな男, たおれて, たった今まで, たとえ都, ちが, ちらちらと, ぢつと, つれないあの, でんとう, とにかくに, どうぞお, どなる, どんなからだ, どんよりと, なおその, なかつたから, なぜここ, なぜそれ, なつたり, なにゆえしかるべき, なまじいに, なりましたが, なりますの, なるんで, なる帯, なる深い, ねえ, のろのろと, はやく子供, ひどい, ひらめいて, ふうふうと, ぶつかって, べつな, ほほ笑んだ, ほんとにばか, ぽっちり窓, まさぐつてゐるのであつた, まず何, また金属箔の, まだ黄色く, まっ暗な, まづまづ, まるで岬, みえて, むけて, やがて暮れ, やって来ました, ゆれこぼれんばかりの, わが居城, わが日本帝国, わざわざ病室, わたしを, アレ, ウマを, ガラス窓が, クリヴォフが, シャーロック, セカ, ッたりと, トそう, ドアが, ナアとか, パッと, ベッセルの, ホラホラと, ポリポリと, モスク, ルイ十三世朝機密閣史の, 一つ蒲団に, 一杯詰まっ, 一番の, 一空さまが, 丁挙人の, 三井合名の, 三越の, 上様お声掛りで, 上總屋の, 不侵地, 不幸そのものの, 世に名高き, 世間並に, 両掌, 中坂の, 丸くて, 主人から, 乞食は, 乱立し, 二十面相と, 二十面相自身の, 二日後には, 云ひました, 五六騎の, 五十間の, 交って, 人家の, 人間は, 仇敵の, 今や地表, 今更あの, 今評判喧嘩渡世, 仏壇から, 他目も, 令嬢に, 件の, 何でその, 何で無益, 何の, 何ん, 何故に, 何程の, 余りと, 保胤は, 俺が, 偏に鮨, 僕の, 元日に, 先だつて, 先客が, 先生もう, 入道は, 八五郎を, 八百円の, 内記の, 凝と, 凪いだ海原, 出家の, 初めて訪ねた, 前線の, 動いて, 包まれた女羽織, 十五日の, 半之丞と, 卑しい職業, 却って夫, 厠に, 又冷笑的, 友達の, 取るもの, 古城の, 叫んだ, 台所などで, 同じやう, 同じ遊女仲間, 向けたなり, 呆れかえった大, 周章て打ち消した, 咲子は, 唸るばかり, 嗅ぎつけられも, 国際連盟脱退問題に関して, 土に, 土神の, 地べたに, 坊主とけつかる, 墜落し, 変化し, 多鶴子と, 夜を通してまで, 大きなアーチ, 大きな古, 大丸出入りの, 大学令の, 大岡様に, 大田黒元雄が, 大禄, 大野順平の, 大陸の, 太いずんぐり, 奉公し, 女房の, 女院の, 姫君の, 嬉しそう, 季節は, 宇津を, 安二郎は, 家々の, 家へ, 容赦なく, 富貴に, 尋ねた, 小さな木, 小人国の, 小次郎めが, 小首を, 少し離れ, 山と, 山門が, 市庁それ自身の, 帽子を, 年とった, 年増の, 店の, 座敷の, 廻るの, 弁才坊さん弁才坊さん町へ, 弥助は, 彼に, 彼女の, 後ろの, 御殿山氏の, 御運, 忠義顔を, 思って, 思はれたけれど, 思はれるが, 思はれる客, 思ひ乍ら, 思へば, 思わくが, 恐しい盗賊紳士, 悪くない, 悲觀される, 愛子, 憶えて, 戒刀の, 所謂一犬虚に, 手に, 手巾を, 折角新しい, 持つて, 捜査課の, 提げて, 損害賠償とは, 政友会の, 散歩する, 断崖が, 旅籠屋の, 日本において, 日比谷公園で, 明りが, 昔彼女が, 時にこの, 晴れ着の, 曇つた顏を, 月々三百八十円ずつの, 朝から, 本堂が, 本館が, 東京に, 染まり出した, 椅子にも, 極楽でも, 樵夫の, 止めるの, 此の, 残念な, 母に, 母親の, 毎晩そこへ, 毛唐の, 江戸って, 没書に, 法衣を, 泥が, 泳ぐなんて, 洞熊先生を, 浅草ならぬ, 海の, 涅槃大学の, 淫卑な, 清浄の, 湖の, 溺れた女, 澄んで, 炎天の, 無断で, 無造作な, 煙硝で, 父の, 物理学の, 狂人の, 狸の, 玲子が, 現代の, 甘酒を, 申しました, 疲れたらしく立姿, 百合は, 皺の, 相手は, 眞夏の, 眺めやつ, 着いたの, 着陸しました, 短い腕首, 磯五に, 神仏という, 神様も, 私から, 私に, 私を, 秋風に, 突切った, 立ち止つて, 立会人の, 笑つ, 筆墨に, 築山が, 純白な, 細君の, 緑の, 縁側から, 罎の, 美緒を, 考へ, 聖降誕祭の, 聞え窓越, 聴くの, 背中をか, 胴切りの, 胴欲な, 脹れた顏, 腕組でも, 膝の, 自分だけ, 自動車から, 船の, 芝居ごっこが, 芸者なぞに, 芸者屋に, 若き御, 草葺き屋根の, 萱野さんから, 落ちたから, 蒲團から, 蔵宿から, 蛇に, 行くの, 街灯が, 袖で, 西洋館の, 見えた小, 見えないらしいの, 見えるお, 見える石, 見す見す余命, 見つめやが, 見ゆる敵将, 見張つた, 見送りました, 覗くの, 観念論だ, 触つて, 言つた言葉も, 言ひかけた, 言葉を, 訊くと, 評定所から, 話し合つて, 語るやう, 謀反人とは, 警察の, 豊太閤の, 豹一に, 貴方に, 賭場を, 走り, 足利殿の, 身うごき, 身分違いの, 軍曹に, 輝きます, 近ごろ我慾に, 送って, 這入つて, 運転手なんかを, 道の, 違ない, 違ひない, 遠慮なく火, 選りに, 醉つてゐる, 野村の, 金糸銀糸の, 銀鍋の, 鋭い青銅色, 鍋島閑叟侯を, 長野の, 閉門を, 間の, 降り口, 隣に, 雑沓を, 離れて, 雨戸は, 雲一つ動き, 電灯が, 靡いて, 順吉の, 頭へ, 顔を, 風呂番を, 飛んで, 飽くまで涼し, 饂飩屋に, 高さ十メートル, 魔女の, 鳴きその, 鳴り響いた, 鵞鳥の, 麻は, 鼠色に, 鼾も

▼ う~ (1380, 0.7%)

28 である 27 昔に 19 方へ 17 方に 13 だ, であった 12 です, 方から 11 ことを, ほうへ 10 ほうから, ほうに 9 んは 8 すみに, 方で, 木の, 森の 7 いいこと 6 んです, 方を, 辻の 5 では, やみの 4 いい場所, さいは, ですが, ほうで, ほうの, ドアが, 幸福に, 意味の, 空に

3 [22件] かうの, ことが, だが, だと, というの, はしまで, ふくらみが, ほうが, ほんたう, やうに, よいこと, んで, 壁の, 家, 山の, 幸福を, 斯うのと, 昔の, 村に, 角を, 部屋で, 闇の

2 [91件] あなたを, おしたし, か, がある, がけに, くらやみの, こうしよう, ことだ, ことは, すがた, たまに, つて私と, であるから, であるが, という, とおれ, とそんな, と云, と云う, と云っ, と大, ないよう, ない話, なんのと, は, は豆萩, ふさの, ほうを, ものが, ものを, やうだ, やうである, やうな, よいよう, わるいこと, を思う, んも, んや, 中に, 云う通り, 人生だ, 何のと, 出世しよう, 名を, 名誉を, 塗り下駄の, 壁に, 大テント, 天上な, 天上へ, 好いこと, 娘な, 娘は, 家の, 屋根を, 山々の, 崖に, 幸に, 彼う, 悪いこと, 意味での, 愛情といふ, 手が, 新しさ, 方が, 方の, 机の, 杉林の, 柱の, 河岸っ, 海面に, 町かどから, 町かどに, 神さまです, 神さまの, 神さまは, 空から, 空が, 空を, 窓の, 端に, 自分の, 船の, 草の, 親善に, 角から, 車も, 部屋が, 部屋の, 野原の, 隅で

1 [837件 抜粋] あげく向島へ, あなが, あの, あの小山, い, いいかって, いいたとえ, いいまるで, いい光景, いい島, いい条件, いい薬, いうが, うそと, うつくしい国, おかげで, おぬ, おまけに, おりを, お屋敷, お湯やの, お金で, かきねの, かちょっと, かと, かべにまっ, か大口, か肚, がこの, がよくよく, がハシタ, が薩張, きびしくさいそく, きよふ, けしの, ことかも, ことだらう, ことぢやらう, こんもりした, ざん死者と, しげみを, すみで, すみの, その娘, そんな娑婆ッ, そんな気, だええ, だからと, だからね, だぞ, だらう, だらう豈, ぢや, つて, つてえらさうな, であろうか, できごと, でしょうか, でも, といいかげん, というん, という実用的, といふの, とこへ, ところである, ところ素子には, とそういった, とつねづね, とクド, と凄, と口ぎたないはずかしめまでもおっしゃって, と巧利的, と恐ろしい, と慇懃, と水, と突如, と考え, と近所, と騒ぎたがる, どうしよう, どうのという, ないいと, ないこと, ないまま, ないスリッパ, ない下手, ない叫び, ない媚臭, ない怨恨, ない昏惑, ない活力, ない烈しいもの, ない種類, なかま, ならある, なんぞという悪い, なんのという, ねえさんの, はこの, はしに, はしへ, はずれに, はやめ, はらっぱ, は別嬪さん, は嘘, は日本, は汐入り, は色男, ひとたちに, ほらあな, まがり角に, まがり角へ, ま謂わ, むかしさめ, めいしょうで, もおかし, もの, ものでないなら, ものと, やうでございます, やぶで年, やまと発音され, よいげんじゅう, よい氣分風, よい窓, ようで, よさ, よさそう, よろしさ, れんがのかべの, をかすか, を二つ, を淋しい, を眺めた, を鈍い, んから, んが, イスに, エライ人が, オデオン広場では, カブトムシも, コンクリートべ, シルレルの, テントの, ドアを, プラトンが, ヘリコプターに, ベッドに, ベッドへは, ペスタ何とかが, ホタルの, マンホールの, リアリティとしての, 一心から, 一心で, 一段高い, 一軒を, 三河の, 上に, 不注意から, 世界だ, 世界と, 丘の, 丸木橋の, 主人ぢや, 事だ, 事実話です, 事情は, 二人で, 二階に, 人々にとっては, 人となりぬ, 人格で, 人物を, 人間といふ, 人間も, 仏教の, 仲の, 伝統といふ, 伝記研究家も, 何の, 何ん, 何段教授法だ, 便宜を, 俳句, 側の, 光景を, 入口から, 入物に, 公園の, 兵は, 内的表現で, 冴えか, 出口から, 出口に, 前の, 劇場の, 助けて, 勝手じゃ, 卓で, 卓子から, 単純さに, 原ッぱの先, 厩に, 取っ組みあい, 叫びしきりなり, 台所で, 台所では, 名前か, 向井将監の, 和尚さんが, 品位を, 四つかどを, 四季に, 国でも, 国会図書館へ, 国民の, 土に, 土産は, 土砂の, 土間に, 地に, 地下室へ, 地面に, 坊さんでなかつた, 型と, 堤へ, 場合に, 塀の, 壁ぎわに, 壁を, 壁際で, 壇上に, 声が, 声は, 外なし, 夜月落ち参横たわる, 大きなテーブル, 大きな建物, 大人に, 大作用に, 大通りを, 奧底は, 女が, 好きに, 妹の, 妾に, 姿が, 姿は, 娘にでも, 娘も, 子供たちと, 学者が, 官憲に, 家へ, 将棋いふ, 将棋とは, 小みちづたいに馬, 小岡, 小暗い萱, 小田原町の, 屋敷内に, 屋根から, 山から, 山は, 山へ, 山並までも, 山口の, 山腹まで, 岩かどを, 岩山の, 岩鼻旧, 岸について, 岸まで, 峡で, 島に, 左隅には, 席で, 平和と, 幸福とは, 広い街路, 度胸が, 座敷へ, 庭の, 建物の, 影像と, 往来を, 後妻の, 心がけを, 心な, 心を, 思う壺, 性質に, 悪い間, 悲しみが, 情切なる, 情起りし, 意也, 態度を, 慾望が, 手段でござる, 振るまいにつこうの, 攫わしたろうの, 支配人室の, 数人に, 数寄屋の, 断崖の, 斯うのといふ, 方まで, 日本人の, 昔から, 昔し, 昔五年前に, 昔薬で, 時だ, 時計台を, 暗い甲板, 暗やみの, 月, 有様は, 朝起きる, 木戸から, 木立ちの中から, 本やが, 村の, 来ない日, 来歴や, 松平の, 松林の, 林の, 柱に, 棟に, 森, 楽である, 構に, 槍ぢや, 横丁から, 櫟林が, 此うのと, 死後棺の, 毛の, 気持を, 気違いの, 水気を, 汽船では, 沙汰が, 河の, 油絵で, 泣くでない泣くでない, 注意が, 活動写真の, 流行ぢや, 淋巴腺を, 湯との, 湯に, 溝板の, 漫然たる予算, 濁った河水, 無いこと, 無くなった彼, 煙草屋の, 爪で, 物を, 物語を, 猿が, 理由を, 生肉を, 甲板で, 男に, 町か, 町かどへ, 町かどを, 畑へ, 番頭へ, 畫の, 畫を, 病気は, 白い花, 目を, 目的は, 盲目に, 真白の, 眼が, 石燈籠の, 砂場へ, 神さまだ, 空谷や, 竜王の, 竜胆らしく, 端の, 端れで, 筆法に, 筋落ちの, 精神を, 糸に, 約束の, 紫の, 紳士の, 線路の, 縁端に, 縦に, 群集は, 義豈, 羽が, 老年の, 者が, 耕地の, 肖像は, 肱に, 脈管が, 自分である, 自動車の, 舞台, 船は, 船を, 船長に, 芝生の, 芸術的作品を, 芽を, 若さ, 草むらの, 草木に, 荷物の, 虚無に, 蝶, 街燈の, 袂に, 襖が, 見慣れないお金, 言いなり次第にうっかり, 言うこと, 計画で, 詩, 語意と, 諦めねえだか, 謂に, 警視庁の, 谷へ, 貝殻を, 買おうの, 資格が, 赤い砂地, 足に, 路なら, 車は, 軟床車の, 農村の, 通りでは, 逢へ, 連中に, 運転席の, 運転手には, 道を, 遥か上の, 部屋に, 部屋へ, 部屋部屋の, 郵便車の, 都合を, 野広い, 金貨だ, 鉄柱から, 鉢植の, 長州だろう, 開いて, 関東節の, 闇黒を, 闘牛場の, 陣幕の, 隅っこに, 隅に, 隅へ, 雑貨店の, 離室へ, 雪の, 電柱の, 電話口に, 青年の, 音楽を, 頭蓋骨を, 顔も, 風の音とでも, 風情娘が, 風景画家はと, 飛び石の, 飜譯でなけれ, 飢饉とに, 香料から, 駆落しようの, 騎士屋の, 高い橋, 鬼と, 魂胆だった, 魅力を, 鶯の, 鷹が, 黄金の, 黒い森, 黒べ

▼ うもの~ (1197, 0.6%)

5843 ならそれ 32 なら 19 なら忽ち 18 ならば 15 ならすぐ 14 ならその 13 ならどんな 10 ならたちまち 9 である, ならこの, なら大変 8 ならあの, なら私 7 が, がそんな, ならもう, なら彼, なら直ぐ 6 か, では, ならきっと 5 がこの, だ, ならどんなに, なら南家, なら自分, はない 4 があんな, がこんな, が何, ならお前, ならかえって, なら今度, なら何, をあの 3 がどうして, なの, ならいつ, ならいつか, ならこっち, ならこんな, なら僕, なら口, なら大, なら必ず

2 [52件] かね, がお, がこういう, がこれ, が私立探偵, であった, であろう, でも, とそれ, ならあべこべ, ならいきなり, ならいや, ならいよいよ, ならお, ならそのまま, ならそれほど, ならたいへん, ならただ, ならまた, ならも, ならやっぱり, ならわたし, なら一, なら一家, なら下, なら他, なら俺, なら先生, なら却って, なら奥様, なら己, なら彼女, なら彼等, なら後, なら手, なら早速, なら気, なら生涯, なら生涯自分, なら百年目, なら皆, なら直に, なら私たち, なら立所, なら誰, なら足, なら非常, なら頭, なり, はなかっ, をつまり, をと

1 [683件 抜粋] あらず, あるを, かと考え, かサアサア, か切っ, があきらめ, があったら, があらア, があり, がある, があれ位, があんた, がいくら, がおめおめ, がかけがえ, ががつがつ, がこま, がしかも, がそうそう, がそんなに, がただ, がとほう, がとんだ, がない, がなぜ, がほとんど, がぽっと, がまだ, がまだ悠々, がもう, がやっぱり, がよくも, がサ, がスリ, がヒョイ, がピストル, がマユミ, がワガママ, が一少女, が上方役者, が人, が今, が今度, が何ん, が何故, が十幾人, が単なる, が地, が外国船, が多い, が天保水滸伝, が夫, が夷狄, が女, が小, が小作人, が小鳥, が山々, が差足抜足, が後生大事, が怪しから, が恥, が成算, が敵, が書き入れ, が朝, が木曾川くん, が死傷者, が泣く, が泥棒, が物, が犯人, が甚だ, が甲府, が着のみ着のまま, が約束, が良き, が蓮, が見, が謂わ, が財布, が軽卒, が逆立, が酒飯, が開店祝い, が間違つて, が雲, が鼠賊一人, しければ, じゃねえ, だから, だが, だという, であります, であること, です, ですが, とあらゆる, とあるいは, といいかける, とここ, とこれ, とし, としての日本型人民戦線, とすでに, とそこ, とはるばる, とまず, とわざわざ, と一人ブラリ, と一里, と云った, と以来悲胆, と只今, と向う, と嘉門, と堅く, と夢中, と大道売卜者, と工夫, と往復二日, と心掛けなけれ, と必死, と忍ん, と思い立った, と手綱, と機, と歩いた, と湖畔, と無二無三, と熊笹, と猛者, と男女四人, と目顔, と祖父, と考案工夫, と見える, と諸国遍歴, と躍起, と辛苦, と逆, と雲集, どもと, なぞと愚痴, ならあいつ, ならあたし達, ならあっしゃア, ならあれ, ならいかに, ならいったいどう, ならいつか天道, ならいつの間にか, ならおそらく, ならお前さん, ならお家, ならお目玉, ならお里, ならお金, ならかの, ならこ, ならここ, ならこれから, ならこんど, ならごく, ならさ, ならさあ, ならさぞかし, ならさっそく, ならさて, ならすっかり, ならすでに, ならそいつら, ならそう, ならそこ, ならその間, ならそやつ, ならそれきり, ならただちに, ならたとえ, ならとっくにもう, ならとても, ならとどのつまり, ならとんでも, ならどう, ならどれ, ならなお, ならなにか, ならなんと, ならは, ならはじめ, ならばかばかしく, ならひと打ち, ならひどい, ならほんとに, ならまあ, ならまず, ならみんな, ならもちろん, ならもっと, ならやはり, ならよし, ならわけても, ならわし, ならわたくし, ならわれ, ならわれわれ, ならイヨイヨ病癖, ならスーッ, ならソリャ, ならダム全体, ならハリ, ならパリ生活, ならフン, ならブクブク往生, ならプリプリ, ならホツ, ならボツク, ならリズム, なら一かたげ, なら一刻, なら一年前, なら一悶着, なら一日, なら一時, なら一箇月, なら一閑斎, なら上, なら下民, なら両, なら九分九厘, なら予審判事, なら二三十, なら二人, なら五人, なら五年以下, なら井口氏, なら亭主, なら人間, なら人間箱, なら今ごろ, なら今後, なら仕事, なら伊之助, なら伸子, なら体, なら何れ, なら何処, なら何百人, なら使命, なら例, なら元, なら入学者, なら入院費, なら全く, なら八百円, なら公儀, なら兵庫頭, なら冬, なら冷, なら出入差止め, なら出鼻, なら前田氏, なら助からないところ, なら半年経歴, なら卓一君, なら南京龕, なら南鷹ヶ峰, なら危険, なら即, なら即座, なら反って, なら取って返しが, なら取返し, なら叩, なら吉見, なら同罪, なら君, なら呼び返したくも, なら命, なら咄嗟, なら國, なら夜半, なら大した, なら大声, なら天下一, なら女たち, なら女勘助, なら奴ら, なら好く, なら妾達, なら姿, なら守人, なら官憲, なら家中, なら容易, なら寂しく, なら寒, なら尊王攘夷, なら小, なら岩, なら川, なら帰路, なら弁解, なら弁護士, なら引っ込み, なら彼ら, なら彼等巨頭連, なら往生, なら得たりとばかり之, なら徳川, なら怖い, なら思わず, なら急いで, なら恐水病, なら悪く, なら愍然, なら憲兵, なら戦います, なら戸口, なら打ち込もうと, なら批評家, なら承知, なら指先, なら振り, なら文句, なら斯, なら既に, なら日本攻略, なら明日, なら最後, なら本当に, なら本艇, なら東京, なら極力, なら次ぎの, なら此, なら歯, なら死所, なら殺される, なら殺して, なら母, なら毒虫, なら民衆, なら泡, なら泣き喚き怨み, なら浦塩, なら溜桶, なら潔, なら灯, なら焼餅焼, なら熱誠, なら爛々, なら物堅い, なら狭い, なら生命, なら生意気, なら町, なら画家, なら病院行き, なら白昼, なら目, なら直, なら直にもう, なら相当, なら相手, なら真赤, なら眼, なら瞬く間, なら硝子窓, なら確か, なら祖母, なら禁じられて, なら穴, なら竜宮, なら笑われるの, なら笞, なら米沢町中, なら絵描き, なら絶え間, なら腐つた水, なら腹, なら膝, なら船, なら良人, なら莫迦げ, なら蓆旗, なら藤吉親分, なら蟲, なら血相, なら補祭, なら見世物, なら見込み, なら親分, なら観音, なら言われないさき, なら請合袋叩き, なら謀叛人, なら警戒線, なら踏殺, なら躍起, なら身体, なら軽蔑, なら辰さん, なら逃げられて, なら逆, なら通信機, なら野宿, なら金輪際, なら鐙小屋, なら間違い, なら陣十郎, なら隨, なら難題, なら雷, なら面くらって, なら面倒, なら頭蓋骨, なら飛んだあと, なら首, なら馬, なら馬鹿, なら駄馬, なら騒ぎ出しやしないかという, なら默つて聽, なら黙って, なれば, にちがい, になつ, に他, に務め, に向っ, に紙幣贋造, に順序, ね, はすなわち, はなく, はまだ, は一, は一人, は亡びます, は亡ぶ, は人間, は増長, は多く, は心, は必ずしも, は枳園, は鳥, ばかりである, へ入っ, もある, もいはで, もございました, も何, も含め, をあ, をあたら, をあんな, をお, をお前様, をここ, をさく, をさり, をそう, をただ, をとお, をとそんな, をとつい, をと例, をと思った, をと思わぬ, をと思われないで, をと歯噛み, をと笑い, をはて, をふしあわせだ, をまして, を今更, を信じ, を兄さん, を向う, を告知, を大江戸, を忘れるでねえだ, を打ち沈ん, を敵情, を斯様, を早く, を淵辺, を焼けつぶされ, を父, を石, を神田川, を著, を見せたら, を見忘れる, を運命, 多一さん, 故予, 蒸しの

▼ うこと~ (1055, 0.5%)

55 なしに 31 が出来る 20 は想像 18 かある 10 になる, はいう, を, を私 9 も想像 8 がある, を予想, を知っ 7 が出来た 6 ができる, が想像, は出来ない, を思っ

5 [15件] か, ができた, ができない, である, なしの, の出来ない, の出来る, はない, は容易, は明かである, は明らか, もある, も忘れ, を思う, を考える

4 であろう, にし, になり, は疑い, を予期, を信じ, を察し

3 [23件] ができなかった, がない, が出, が出来ない, です, では, なら一緒, にもなる, のある, は, は出来なかった, は当然, は決して, は確実, もない, を今, を心, を思わせる, を恐れた, を想像, を確信, を自分, を覚悟

2 [67件] かその, があった, ができ, ができました, ができるであろう, が今, が出来なかった, が出来るだろう, が分っ, が哀れ, が多かっ, となった, など思い, ならば, なら自分, にきめた, にした, になった, に気がつく, に致しましょう, のない, はそう, はその, はたやすく, はできない, はよう, は人々, は充分, は分明, は察, は彼, は後, は推察, は推測, は明白, は私, は考えられる, は許されない, もあった, もたしか, もなく, もまた, も亦, も出来ない, も出来る, も察, も疑い, も疑う, も知っ, も考えられる, よ, をこの, をひそか, をやや, を吾輩, を告げ, を希望, を彼女, を思え, を思った, を恐れる, を教え, を期待, を洞察, を示唆, を見た, 無しの

1 [521件 抜粋] あれへん, あろうさっさと, かあの, かあるまい, かいびき, かこの, かしら, かそれ, かと独白, かばりばり, かもしれぬ, からも容易, から証明, から転じ, かキリキリ, かコテコテ, かレヴェズ, か主人, か乞食小屋, か今, か代々, か分らない, か吊橋, か尺取り虫, か幾品, か御, か指頭, か早, か更けた, か有る, か板の間, か正室薄雪, か知事, か私, か艇長, か若い, か護衛, か踊っ, か身分違い, か近づい, があります, ができなくなった, ができぬ, ができません, がどう, がどんな, がはっきり, がほぼ, がまざまざ, がやがて, がわかり切っ, が世間, が了解, が事実上, が何で, が僕, が出来たであろう, が出来ました, が出来ます, が出来ません, が可, が右, が多く, が大いに, が容易, が少く, が少なく, が必要, が思われ, が悲しい, が推定, が推想, が文学, が明らか, が最も, が有る, が煩わしい, が生きる, が直ぐ, が考えられる, が臆測, が自分, が苦しく, が行きわたっ, が誰, が豫想, が軍国焦眉, ぐらい彼, こそ今, こそ御, この上, さえも何もの, さえ出来ない, さえ辞さない, さらに己, しか出来なくなっ, したがって単なる, すら出来なかった, すら有った, そして多分, その場合, その広瀬さん, それから自分, そんな話, だ, だけじゃ, だけは判る, だけは生涯嫁, だったらしい, だろう, であった, であったから, でありほうむるという, であります, であるが, でございます, ですが, でないこと, でも, で天, で彼, とし, とする, となり, となるであろう, と思っ, と決めた, ないよう, なかりしこれ, なき生一本, なくきいた, なくすむであろう, なくて, なく却って, なく祖父, なけん, なしにつき, なし再び, なぞ夢にも, などいろいろ, などを, などを話した, など傍, など口, など臆測, なの, ならあす, ならお, ならこの, ならすべて, ならそうした, ならなお, なら一日, なら体, なら何とか, なら六月, なら圓朝, なら年, なら引留めるやう, なら御免, なら昔活動写真, なら林蔵, なら生きて, なら隠して, なん, なんぞは実に, に, にする, にせん, について趣味, になっ, になつたの, にならざる, になるだろう, になるでしょう, にはならないだろう, にもある, にもなるだろう, によって之, によって初めて, によって安, によって彼ら, によって意味, によって書斎, によりてその, に君, に外, に就い, に思い到る, に望, に気, に私, に腐心, に間違, に骨, のおろかさ, のこれ, のできない, のできぬ, のできる, のよう, の出来なかった, の出来ぬ, の多く, の好き, の快, の想像, の目的, の考察, はあきらか, はあたかも, はあまりに, はあらかじめ, はおま, はお蔦, はこれ, はこれから, はごく, はすぐ, はずっと, はちゃんと, はでけん, はとうてい, はなくなる, はのぞまない, ははや, ははる子, はほとんど, はほぼ, はまず, はまちがい, はみえすぎ, はもっとも, はもはや, はもはや公然, はよく, はわかっ, はわかりすぎる, はわたし, はローザノフ, は不可能, は予想, は予測, は云う, は今, は今日ユーモア, は伸子, は何人, は作者, は信じられる, は儒教其他, は出来なかったであろう, は出来なかったろう, は刀剣類, は分っ, は単に, は君, は否まれなかつた, は否定, は吾, は哲学, は地球, は堪らない, は天文学者, は太子, は容易く, は寧ろ当然, は少なくとも, は尠い, は年来, は幸い, は必ずしも, は思, は思いやられる, は恐らく当然, は恐ろしい, は想いやられる, は我々, は戦時国民, は承知, は推する, は文化事業, は方法概念, は早まりすぎた, は明々白々, は明かな, は書紀, は最早, は朝, は村, は極めて, は概念, は正確, は歩い, は殆ど疑い, は比較的, は法度, は測り知られる, は火, は無い, は無論, は甚困難, は略, は當然, は疑い得ない, は疑う, は目, は真に, は知っ, は知らん, は知り申さぬ, は研究, は神聖科学者組合, は神話, は素人, は結果, は考え, は考えられるであろう, は自然, は蔭, は見逃し, は言, は言うまでもない, は言うまでもなく, は許し, は認め, は認めなけれ, は誰, は誰一人, は請け合い, は連添うた, は難しい, は黄帝岐伯按摩, または即今, も, もあの, もあるでしょう, もあれ, もあろう, もいよいよ, もお, もおよそ, もしなかった, もできぬ, もならぬ, もはばかられず, も不可能, も予想, も倉持, も傴僂, も出来るでしょう, も分かる, も女子学習院, も子供達, も容易, も庸三, も当然, も彼, も思われ, も承知, も毫も, も注意, も無論, も煩わしい, も珍, も疑われない, も確実, も考えない, も考えられない, も証明, も趣味, も述べられた, やある, やらを見せ, や資生堂, をあえて, をあの, をおまえ, をおもんぱかっ, をくり返しくり返し, をします, をすいた, をすでに, をせな, をせめて, をそして, をその, をのべ, をはっきり, をはばかっ, をば, をひいては, をぼく, をまた, をもはっきり, をも恐れた, をも暗示, をよく, をヴェリチャーニノフ, を主眼, を予感, を予測, を予知, を予言, を仕事, を以て, を伝えよう, を何處, を信じます, を信じる, を信ずる, を信ぜざる, を免れ得ない, を切に, を十分, を反抗, を吾, を唯一, を喜び, を夢, を夢み, を女房, を好む, を妾, を実は, を宮内, を容易, を岡焼的, を希, を度々, を弁え, を彼, を従って, を得べし, を得る, を必然, を忘れ, を思い, を思わせた, を思出, を恐れ, を悲しん, を想い, を想っ, を想見, を意味, を推定, を教えた, を暗示, を望ん, を期し, を極度, を楽, を止め, を止めなかった, を正木先生, を死, を氣, を決して, を父, を理想, を理解, を知った, を知つて, を知らず, を示さん, を示し, を祈りました, を空想, を米友, を考え, を考えたい, を考えれ, を聞い, を聞き知っ, を虞, を見出す, を見抜いた, を見落さぬ, を言葉, を許さない, を証明, を語り, を豫想, を豫期, を責め, を躊躇, を軍国, を述べた, を間断, 久しかった, 出来ましょうや, 夥しくまず, 当然の, 時として一丈, 曇るであろうこと, 最甚, 無からん, 能わず乃ち鄭子, 行うであろうこと

▼ うといふ~ (931, 0.4%)

49 やうな 9 風に 6 程の 5 やうに, 氣に, 私の, 計畫

4 [12件] 希望を, 意味の, 様な, 段に, 気も, 氣が, 相談が, 約束を, 考へから, 考へは, 風な, 魂胆だ

3 [22件] 下心が, 人が, 位の, 化物では, 奴は, 好奇心が, 希望は, 心が, 意味な, 態度が, 気持に, 氣は, 決心が, 考が, 考へ, 考へが, 考へで, 計画を, 話も, 話を, 野心が, 露骨な

2 [72件] お考, くらゐ, その直前, その瞬間, それが, 一本の, 下心で, 下心な, 予定で, 人に, 人の, 人間が, 人間は, 凄じい音, 努力も, 古綿入, 噂も, 執心の, 大それた, 姿勢を, 家は, 寸法で, 希望も, 御考, 心で, 心に, 心も, 心掛の, 必然の, 念慮が, 意味で, 意味では, 意図は, 意志も, 意志を, 意識の, 懸念からか, 懸念が, 攻撃同盟が, 期待が, 期待を, 樣な, 殊勝な, 気持は, 氣で, 氣にな, 氣も, 氣もちから, 源助の, 疑問が, 算段だ, 考で, 考へなの, 考へも, 考へを, 考を, 肚で, 腹だつたの, 自慢の, 虫の, 衒ひも無く, 計画で, 評判で, 話, 話が, 話で, 運命の, 野心家で, 間際に, 風が, 風には, 魂胆に

1 [589件 抜粋] あくどい洒落, あたりで, あほらしい努力, ある東京新聞, いはば, おせつかい, おつもりならだ, お前さんが, お医者, お手紙, お気持, くらゐだ, ぐらゐのことは言ひ張る, ぐらゐの気持で, この徹底, この氷海, この頃, これも, さう, さもしい心掛け, せつぱつまれば全く, そこで燕尾服, そのため, その出発点, その寂し, その時間, その目的地, その道の, それではお茶, それも, そんな考, とつた, なんの, のんびりした, はつきりした, ぶら, もう誰, やつだ, やり方である, よるべ, りうと, アクの, エビス鮫の, スタイリストで, ナチス独特の, プランを, プラン食事を, メフイストの, 一同の, 一歩手前に, 一種悲痛の, 一種英國流の, 一語を, 一門の, 一驚には, 丈の, 三千五百石の, 下心だ, 下心では, 不審と, 不思議な, 世の中である, 主意から, 了見に, 予想が, 予感を, 事だけ, 事務員の, 二ツ三ツ手前の, 二人の, 人々が, 人には, 人は, 人間それ自身の, 人間に, 人間の, 今日この, 今朝の, 仕掛な, 仕組な, 仕組みで, 代物, 代物で, 仲間, 企みだらう, 企らみだ, 企らみだつた, 企らみを, 伊勢屋も, 伜の, 伝蔵の, 位ひ, 体を, 作品が, 作者的要求が, 例の, 保證は, 信念は, 俳優が, 傾に, 傾向言ひ, 僕の, 元氣, 全く私, 具合に, 内心の, 内意が, 冒険的精神と, 凡そ無意味, 切なる, 初一念, 前の, 前提も, 力は, 功名慾も, 努力さへ, 努力は, 努力を, 勇敢な, 勇気が, 勇気と, 勇氣も, 勘定だ, 十月二十八日, 卑しい心, 即事の, 厳かな, 叫びは, 同行は, 名古屋では, 呑気な, 唱は, 噂で, 噂なぞも, 団体が, 國の, 地獄の, 執拗な, 場合な, 場合我々は, 場席は, 場所な, 声が, 夕方などは, 大事な, 大地主, 大望を, 大樹が, 大海人, 大蝙蝠, 大観の, 大観再, 大賛成, 天邪鬼的性向と, 太い人間, 太い野郎, 太い量, 太て, 太ふて, 奮発心の, 奮發心の, 女です, 女には, 奴が, 好奇心を, 好意が, 妄念が, 妙境な, 娘は, 子供達が, 子分思ひ, 安心が, 実習期間を通じて, 実質的な, 家主の, 寸法だ, 寸法な, 尊敬の, 小学一年生受持の, 小説を, 小説的な, 少し前, 山の上に, 岐道の, 岡田君の, 工夫である, 左手に, 希望に, 平次あまりの, 年なら, 年の, 年頃である, 幹に, 広い座敷, 強烈な, 強硬意見を, 形に, 彼の, 彼女の, 徒な, 御宗旨, 微かな, 徹底振り, 心からに, 心がけなら, 心がけの, 心は, 心当りが, 心持が, 心持ちが, 心持で, 心持にな, 心根も, 心構へを, 心配が, 心配も, 応とばかりに, 念慮から, 念慮も, 思ひがけ, 思ひつきさ, 思ひも, 思召しから, 思想を, 急坂を, 性的政策, 恐ろしい女, 恐ろしい計, 悪質残忍な, 情勢で, 情意は, 情意即ち, 情深い心, 情熱から, 惡戯で, 惡黨が, 想像が, 想念に, 意だ, 意味が, 意味です, 意味にも, 意味を, 意味をも, 意図なら, 意図を, 意圖の, 意慾が, 意欲が, 意欲も, 意気と, 意気溌剌の, 意気組持つ, 意氣込が, 意氣込だ, 意見に対しては, 愛国の, 愛国運動である, 態度から, 態度である, 態度は, 慾望が, 慾望を, 手段だらう, 手紙を, 打算からとも, 推察は, 推測は, 提議に, 握太, 敵の, 料簡に, 斟酌も, 新しい計画, 新案を, 新短歌作者等, 日の, 時にな, 時代でなく, 時期だつた, 時男さんの, 暑い日, 暮れてから, 曲者は, 月船君の, 望が, 望みを, 朝こんな, 期待に, 本來, 根気を, 案な, 案も, 案を, 極めて小心, 極單純, 極端な, 楽しみが, 構へで, 様に, 樂しみも, 機会も, 機運が, 次第だ, 欲望が, 欲望にも, 欲望を, 欲求は, 歌だ, 此場合頂戴する, 歳では, 歳頃に, 段取りだ, 気分に, 気力さへ, 気勢を, 気持で, 気持にまで, 気持まで, 気持も, 気持を, 気質が, 氣には, 氣の, 氣勢を, 氣持が, 氣持ちを, 水島君の, 決心な, 沓脱が, 泥棒が, 流行醫者に, 流言を, 浅薄な思ひ, 浪人共の, 深い陰謀, 清々しい健全, 漁業家も, 演説, 瀬戸際な, 無法な, 熱意などでは, 熱意に, 熱意には, 熱意は, 牢固たる, 狂気に, 猜疑心が, 理不尽なる, 理由に, 理由も, 田中さんの, 男が, 男だ, 男では, 男は, 疑が, 疑問や, 発意から, 的も, 皆目目当の, 皮肉の, 目的が, 目論見だ, 相形, 相手の, 相談で, 相談である, 相談を, 相談相手は, 眞際でした, 真面目な, 祖父さんの, 私が, 積りで, 積りらしい, 穏健な, 立場の, 筋だらう, 答へを, 約束が, 約束で, 約束に, 約束の, 素晴らしいジエスチユア, 結構すぎる, 綺麗事に, 翁の, 老人で, 考から, 考は, 考へなので, 考への, 肚が, 肚な, 肚は, 背高男で, 自信が, 自分の, 自分自身に, 自己信頼と, 自然の, 興味だけは, 興味と, 色彩家らしい, 色氣の, 花々しい想, 花々しい決心, 若干の, 若旦那ぢや, 苦心を, 荒れさびた聖堂, 荒んだ心境, 表示である, 表面に, 要求は, 見地から, 見当も, 見物には, 見込が, 見透しぐらゐつけてほしいものである, 見透しを, 見通しが, 覚悟で, 覚悟を, 親切気が, 親心でございます, 親心も, 観方, 覺悟を, 解釈も, 言は, 計画である, 計画な, 計画も, 計略では, 訪ねるまでの, 評判だつた, 評判です, 評判を, 試みで, 試みは, 話だけ, 話でした, 話です, 話ところが, 話な, 話には, 話東宝映画の, 話題は, 誓ひから始まつた, 謀主たちの, 謀反心を, 證據としては, 譯で, 譯である, 譯では, 譯でも, 議が, 資料としては, 資格を, 趣向, 趣意で, 趣考な, 輩の, 輿論が, 返事だつた, 途中に, 運動を, 道徳家などは, 遠慮から, 部員達の, 鄙しい, 野心で, 野心に, 野心を, 野心満々たる, 野郎は, 鋭い齒, 長梯子, 長男を, 陣立, 隣の, 青道心でも, 面白さ, 頗る小, 風で, 風でした, 風では, 風な見, 風潮が, 飲む食べる歩く唄, 魂胆かね, 魂胆が, 魂胆だつた, 魂胆である, 魂胆の, 魂胆を, 鳥也, OK駅へ

▼ うとしても~ (912, 0.4%)

28 それは 9 そうは, 容易に 8 忘れること 6 それが, 駄目だ 4 中, 足が

3 [15件] だめな, どうにも, 僕は, 忘れられない, 忘れられない記憶, 忘れられるもの, 無理な, 無駄だ, 無駄だった, 私は, 自分の, 言葉が, 逃げられないから, 隠すこと, 駄目だった

2 [44件] かれら, こういうこと, こちらが, この白い, さすがに, それに, それの, だめだった, だめです, つねにただ, とらえること, なかなか足, やめること, 一向辻妻さ, 世間が, 主人の, 何の, 到底不可能, 到底改善, 声が, 声は, 家の, 容易には, 少しで, 少しも, 彼には, 彼女は, 忘られず, 忘れる事, 思い出せないよう, 憎めない, 戸は, 手に, 水は, 無駄な, 父は, 牛は, 白孔雀を, 耳を, 読者は, 足がから, 逃げられない, 開かなかった, 鬼に

1 [705件 抜粋] あいつが, あいつの, あの左膳, あの時, いうこと, いうもの, いざという, いた, いっかな消えず, いつかな立ちあがる, いつでも, いつも柳, いなかった, いまと, おかしくて, おさえきれぬ気持ち, おそらく千万言, おれには, お口, お腹が, お蔦は, かえってそれ, かねが, からだは, かわるの, がきも, きょとんと, こうした実際, この三太夫, この基礎知識, この家, この町, この紅木大臣, この離屋, こぼれた, これだけ, こんどは, こん度は, ごまかせるもの, させないよう, さっぱりいう, さらに理解, しかたが, しんから, じしゃくでひきつけられたように, すぐに, すこしも動きませんでした, するすると, そうした不思議, そう急速, そこでも, そこには, そのあわれなる, そのまえ, その人, その家業, その年, その幽霊, その手, その日, その越前, そばへ, そらすこと, それがさ, それさえ, それだけ, それを, そんなこと, た, ただ, ただ困却, ただ身, だめである, ちいさな個人, ちっともはかどらない, ちょっと困難, ついて, つい戦陣, つい須美子, つかまえられないが, つつめるもの, できない時, できる相談, とうてい失う, とうてい無駄, とても覚束, とまらなかった, とりとめが, とりのけられない霞, どうしたら, どうしてもさう, どうしてもそれ, どうしても出, どうしても出来なかった, どうしても手, どうしても棄てられない, どうしても楽しめない, どうしても消えない, どうしても解けない, どうせ中途半端, どうにも棄てられない, どうにも諦められない, どうも分からなかった, どこの, どれも, どろぼう, どんな規則, なお貴方, なか, なかなかは, なかなか出, なかなか容易, なかなか浮ん, なかなか酔, なくマッチ一箱買, なんの, においを, にげられずもがいて, にげられるもの, ねない, のがれられるもの, はじまらないこと, はまらぬくらい, ひとりも, ひらかないよう, ふせぐの, ぶるぶるふるえた, ほめるキッカケ, ぼうとして, また引き留める, まだここ, まとまった象, まるでだめ, みんな駄目に, むだ骨おりでありました, もういけません, もうだめ, もうひとつ, もう内, もう及ばなかつた, もう拳骨, もう長い, もう間に合わない, もがいても, やはり機械的, やむに, やり過ごそうとしても, わすれられないいつも, わたしが, ゐないうつけ, カシミヤのは, ダネイは, トオサンが, トラップの, ドアが, ナカ, ベッドから, 一向に知り得なく, 一筋道が, 一足も, 三四晩以上の, 三月七日の, 上には, 不能である, 両臂, 久しぶりで, 五六寸より, 亦ぐたりと, 人心地の, 人通りは, 人間には, 人間業では, 今は, 今も, 今度の, 体が, 体の, 何かに, 何しろ通りいっぱい, 何事も, 作者は, 使へ, 信じられないの, 信頼する, 停ま, 傷つけること, 僕が, 僕自身にも, 充分是くらいの, 先ず困る, 光束が, 入れよう, 全然旧, 全然答えなかった, 内部から, 再び寄れず, 写るもの, 凡そこれ位, 凧は, 出て, 出ないので, 出られません, 出來, 出掛ける時刻, 出来ないで, 出来ないでしょう, 出来ないまで, 出来ない様子, 出来ぬもの, 分らなかったのに, 切りかかれない, 利用の, 到底こんなには, 到底そうは, 剣を, 力に, 動かない, 動きが, 動けないで, 南底には, 危険が, 厚いガラス, 及ばないよう, 及ばぬ, 取り手, 受けつけて, 受けられない事, 只おかしい, 吐く息, 否定出来ない, 周囲の, 喉に, 器械や, 図書館は, 固くて, 地主が, 墨を通して, 声も, 多年の, 夜は, 夜間の, 天下の, 太いもの, 失望する, 女の, 女房は, 如何し, 如何にも円満, 婆の, 婦には, 実現性の, 実行は, 客は, 容易で, 容易な, 寐つく, 寝つかれない, 寝つかれないので, 寝られればこそ, 尋常の, 尽し得る余力, 居士は, 帰る家, 幹夫は, 幾ら考え, 広い河原, 底から, 延びません, 当時の, 役人たちを, 役銀を, 彼が, 彼自身が, 後ろ手に, 徒にその, 心に, 心の, 必ず通り魔, 忍びきれないの, 忘られぬ, 忘れかねますという, 忘れない例, 忘れられないあの, 忘れられないその, 忘れられないの, 忘れられない言葉, 忘れられぬこと, 忘れられぬ程, 応ずる者, 思い出す遑, 思い出せぬ事, 思は満ち満ちて, 思ひ出せないん, 思ひ出せば, 急ぎ得なかつたその, 急に, 急には, 恐ろしく執念深い, 息よりも, 悟性が, 悟空の, 悪心は, 慄える, 憎めなん, 我も, 戻つて來, 扉に, 手は, 手も, 払いのけられなかったから, 抑えかねた, 抑へ, 抜けないの, 抜けられない泥濘, 抱けなかったの, 押えきれなかった, 拭い去る, 持ちあわせの, 持てなかった, 指が, 捨てられぬ, 支え難い, 救われまい, 数百年前に, 断てない執着, 旋毛を, 昂奮と, 昆布の, 明けること, 昔ながらの, 是れ, 時代に, 時機が, 暫くの, 曳哉, 書けず余儀なく, 最う会う, 最初の, 朝に, 本心に, 来られなかった, 東京弁に, 根本的な, 止まらないで, 止まらない力, 止まらなかった, 止められんね, 正勝は, 武は, 死滅した, 水が, 水まで, 水車小屋の, 決して喜ん, 決して忘れる, 決して離れない, 河床や, 法は, 泡鳴式の, 波の, 泣けない恋, 注射だこで, 浮ぶ涙, 消えぬ幻影, 消すこと, 涙が, 渉り得ない, 滅多に, 無口な, 無感情, 無理であろう, 無益な, 無駄でござる, 物言は, 犬は, 猶こわれまい, 猿ぐつわが, 玄坊は, 玉藻は, 現実に, 現実は, 生れ落ちた莚, 用いられないに, 用の, 男の, 疑うわけ, 白い歯一つ, 直ぐ疲れた, 直接人性に, 相手が, 相手も, 看守は, 眠らなかった自由, 眠られずヒステリー的, 眠られない, 眠られない自分, 眠られぬ, 眠ろうとしても, 眩まされるよう, 眼は, 眼前を, 瞼が, 知る術, 矯められるもの, 碌々眠られなかった, 祖国の, 私たちで, 私自身尼に, 秘密方式だ, 空惚けきれないで, 突っぱなそうとしても, 立てない形, 立てなかったろうよ, 笑って, 箕作先生の, 箱が, 紛らしきれない, 素子は, 素気なく, 経費が, 結局その, 罷めること, 老人の, 考えが, 考えられぬ, 考えること, 耳に, 肉に, 背かれぬ強, 腰が, 膝頭が, 自然に, 自由に, 舟は, 色彩や, 芋は, 芽ばえに, 苦しい亢奮, 蔽い難く, 蝙蝠は, 見えないもの, 見られない本, 見る人, 見出せない, 見違えられない特徴, 言えないという, 許されないもの, 許されなかった, 詠えない, 詮ない, 話す時, 説明出来ない, 読む隙, 誰が, 諦らめられぬ, 貸して, 資料は, 起きられず, 起らなかった, 足の, 身体がちつ, 軽くはなやか, 返事も, 逃げられないの, 逃げられるもの, 逆さに, 這い出せない蛆, 通用しなかった, 遠くへ, 適当な, 避けられない事, 避けられない運命的, 避けること, 避け切れないもの, 重い眼瞼, 金鐃には, 長州が, 閂が, 開かぬ事, 開き得ないの, 隠しきれない, 隠し得よう, 離れないの, 離れなかつた, 離れようとは, 雨の, 頼るべき力, 顔が, 飛び込めず切りかかろうとしても, 飲まない, 餘程落着い, 馳け, 駄目, 駄目だつた, 駄目である, 駄目な, 駄目の, 驚くべきま, 魏から, 鼻の

▼ う~ (882, 0.4%)

241 あつた 107 せう 58 せうか 28 せうね 24 あらう 13 あらうと 12 木の 10 せうとも 8 ならなかつた 7 あらうが 6 ゐて 5 あつたらう, あつた如く 4 せうかね, せうな, ならなかつたの, なりません, ぬけなかつた歯, 来い 3 あつたら, あつたり, げしょう, せうけれど, せう親分, ならない, 来いと

2 [23件] あらうとは, ござります, せうが, せうけれども, せうさ, せうよ, せう聞かして, ならぬ, はござりませぬか, まえです, 仕様が, 動かずに, 危い, 堪らなくなりました, 幾代もの, 木を, 此方の, 此樣な, 此樣な詰らないづく, 氣味が, 済んで, 盲目縞の, 言へ

1 [267件] あがらなかつた, あつたか, あつたせゐ, あつたらしい, あつたらしくこの, あつて, あなたの, あらうか, あらうこと, あらうだが, あらうとも, あらうね, あらう二十年, あらう博士, あらう校内一流, ありすぎた過去, い, いうよう, いう梓, いかにも高山植物, いけませんな, いさぎよいとも, いっぱいにわたしをおさえてみてかの女, いて, いらっしゃいましたのに, おいで, お品, お蔭で, かなり心配, がす, がすともな, がすよ, がす今日, がんしょう, きまりが, くさり帰り, くるしむよう, くれるなあ, げしょうこの, げすな, げす彼, げす旦那, げす矢張彼, げせう三朱位, こきする男, こちらを, こないばら, この暮, ござえますな, ござりまする, ごす彼處, ごわすか, ごわり, さっさとそうきめ, さへ, すい, すぐ行かう, すすらせるほう, すませて, せうあ, せうあなた, せうお, せうかな, せうてなあ, せうと, せうほん, せうまつたく類, せうもう, せうマリオ, せうレヴコー, せう一ツ人參, せう一噸二百七十円位, せう五郎さん, せう今, せう今日, せう劇作家諸君, せう助かりませうか, せう北海道, せう名前, せう大野さん, せう御, せう敵, せう気がついて, せう物, せう設, せう貴方, せう隨分念入り, せう雀部さん, せう青木さん, その中, その實却つて安易, その顔, たまらなかつた, ついて, てそれ, とうとうみんな, とげ, とび出しステン, とまって, どうで, なかなか思ひ出せない, なけぁ, なけあ砂, なしに, ならないと, ならないの, ならないん, ならぬぢ, ならんから, なりませぬ何卒, なりませんから, なりませんでした, ひょろ, ふらない空, ほどなく舞い, まえだ, まえを, もう半分開き, もちよい, やりきれない, やる, ニキタの, ハラハラし, バケツの, ピエロを, 一壁濟む度にに, 一種の, 上げたの, 不具に, 中, 人足たちが, 今話す, 付いて, 会うたこと, 何も, 何よりと, 作業の, 俺だけは, 倒潰しなかつた, 僕も, 元氣, 出せない, 出て, 出ないって, 出來, 出来ず埒, 利發者で, 危いから, 取って, 可け, 可恐い, 呉れと, 呶鳴りだした, 商売を, 問い合わせし, 單純らしく, 困った, 堪らなくなる, 奥さんが, 女は, 女中が, 女学校を, 始まらぬ不平, 婦人の, 宇宙服の, 安心した, 寝られませんな, 少し粘液質, 尺度を, 居て, 届かないとか, 左膳ひとりを, 帰れと, 年甲斐の, 建たないの, 弱った, 当時売出し中の, 影を, 待ちぼけ, 御座りまし, 御座ります, 心配で, 忌み嫌いますから, 忠實らしい, 怖かつ, 思ひ出せないその, 恐い, 悪口を, 惡い, 愛犬の, 成らなかつた, 我慢出来なかつた, 折惡しく, 抜けない歯, 擡げた頭, 明るい娘, 時々私, 暮れない夏, 有ったか, 有つた, 有ろう秀子, 村の, 来おったかい, 来た, 来ない今日, 来ない暑い暑い, 来ない植物, 来なかつた私, 来にゃ, 来る, 此家の, 歩いては, 死なぬ不平, 死ぬ思ひで, 死んだという, 気味が悪かつ, 氣を, 流れぬ糸, 無電を, 玉子が, 病人は, 癇が, 盡きない, 眠れないで, 私にも, 立てで, 章魚みたいに, 米は, 組し, 結局ブーラトリュエルは, 縋るよう, 置いて, 耐らぬ, 聞かして, 腰が, 自身の, 草鞋が, 落ちない, 薄黝, 蜂の, 見た女, 見ました, 言葉なども, 語音が, 謡い明かしたら嫁君, 變だ, 貰うと, 貰わいでも, 買う方, 買っちゃ, 赤い旗, 赧い, 起こった事, 起らず起りかけては, 身體が, 逢へ, 重三郎を, 銀箔の, 関係の, 降らないすこし, 降らないだん, 降らない雪模様, 降りや, 離れない燕, 雪は, 霏, 體工合が

▼ う~ (732, 0.3%)

72 ひながら 65 はれると 51 ふの 32 ひ乍ら 31 つた 22 はれて, ふ平次 18 つて 10 ひながらも 9 ふ風 8 ふうち, ふ言葉, へば 7 ひました 6 ひかけて, ひましたよ, ひます, ふこと 5 つたが, ひ乍ら平次, ふと 4 つたん, ふもの, ふんだから, ふ八五郎 3 つたこと, はれても, はれる, ふが, ふ世事, ふ事, ふ家々, へばあの, へば山田寺

2 [26件] つたぜ, つたま, つてる, つとい, はない, はれ, はれたの, はれたので, はれる迄も, ひ切られると, ひ捨てて, ふ, ふだけの, ふだらうと, ふと私, ふので, ふんだ, ふ人達, ふ伊三郎, ふ聴きてを, ふ聽, ふ顏, へなあたま, へばさ, へば何ん, へば彼女

1 [235件] つたお瀧, つたか, つたさうですよ, つたとたん, つたね, つたので, つたよ, つたらいい, つたらしく, つたら向, つたわけ, つたわよ, つた筈, つちや何, つちや惡, つちや惡いが, つちや變, つてるの, つてる時, つてる筈, つとかん, つとつた, はせた, はね, はば生命, はれし, はれしいと, はれた, はれたせゐか, はれた宗吉, はれつけて, はれなくて, はれるが, はれるほど, はれる迄, ひかけながら, ひかへれば, ひきかせた, ひきつて, ひけたれたま, ひすて, ひすてて, ひつけたの, ひつつ, ひますから, ひますよ, ひ乍らガラツ八, ひ乍ら中, ひ乍ら八五郎, ひ乍ら凧絲, ひ乍ら愕然, ひ乍ら源助, ひ乍ら瀧三郎, ひ乍ら繼娘, ひ乍ら錢形平次, ひ切つて, ひ切れぬ妙, ひ張つて, ひ捨, ひ捨て, ひ放つたとき, ひ消, ひ終つて, ひ終ると, ひ終る山, ひ聞かせて, ひ聽, ひ送るの, ふおけさ, ふお崎, ふお常, ふお粂, ふお若, ふお靜, ふお鳥, ふがい, ふくせに, ふことの, ふだけ, ふつもり, ふても, ふてよつた, ふて私, ふといて, ふとお, ふとき彼女, ふとこの, ふとそのまま彼, ふとソオル, ふと世間, ふと九鬼, ふと修一, ふと坊さん, ふと女, ふと宇津, ふと彼, ふと熱病, ふと考, ふなよ, ふならあつし, ふなら隨分縛つて, ふなり, ふなり怖, ふね, ふのに, ふのよ, ふばかり, ふぺきだつたのだ, ふや, ふやう, ふらしい, ふんだよ, ふガラツ八, ふ世間, ふ主人, ふ主人源吉, ふ人, ふ傾向, ふ全身, ふ共有, ふ勇太郎, ふ勘六, ふ口, ふ右, ふ吉三郎, ふ品吉, ふ喜三郎, ふ器具, ふ外, ふ多吉, ふ大, ふ女, ふ妻, ふ姿, ふ孫三郎, ふ宅, ふ宗次郎, ふ居候, ふ平, ふ彌, ふ感覚, ふ所, ふ手, ふ新, ふ方向, ふ昔びと, ふ杉, ふ村, ふ校長, ふ橋, ふ權之助, ふ気分, ふ江戸, ふ浪之進, ふ渡し守, ふ激越, ふ点, ふ猪, ふ田丸, ふ番頭, ふ皆川半之丞, ふ相手, ふ笹野新三郎, ふ簡単, ふ者, ふ聲, ふ與, ふ與左吉, ふ若, ふ茂七, ふ萩源三郎, ふ萬兵衞, ふ見きはめ, ふ語, ふ語感, ふ読者, ふ迄も, ふ連中, ふ間, ふ間もなく, ふ顏色, ふ類, ふ飴屋, ふ馬場要, へ, へばいつか私, へばお, へばお仙, へばこの, へばこの間, へばそれ, へばそれに, へばまさに, へばまつたく, へばもう, へばガラツ八, へばソンナ話, へば一人, へば一向, へば一應歸す外, へば三月十二日金曜日, へば五郎次郎, へば今, へば傷, へば先刻, へば十間, へば哀調, へば坊ちやん, へば少し, へば巽斎, へば成, へば手紙, へば柳吉, へば柳屋, へば植込み, へば横光君, へば死んだ, へば町内, へば祝言, へば私, へば立派, へば綾足, へば義太夫, へば芝口, へば青木さん, へば黒犬, へるだらうね, へると, へツ, へ少し, やあ香代ちや, やはりました, や今度, れるから, れると

▼ う~ (728, 0.3%)

16 親分 7 きっと, 私は 6 つてゐた, 私も 5 くって 4 えなあ 3 あなたは, あれは, それに, ぢや, つてゐる, でももう, 僕の, 君

2 [30件] あしたの, い, いいでしょう, お兄様, お内儀さん, お前さんは, お前の, お前は, お嬢さん, お察し, お母さん, こ, ここの, この子, さう, そこへ, そしてさぞ, つての, つて居る, まあ, 今さらあの, 今度の, 先生さん, 君の, 太郎が, 嫁の, 御内所の, 痛みませんか, 真個に, 親分さん

1 [593件 抜粋] ああでも, ああ云う, あすこへ, あたしが, あたしの, あたし泣きたい, あちこち訊い, あなた, あなたからも, あなたも, あのお婆さん, あの二人, あの人, あの人形, あの仲通り, あの佐, あの先生, あの湯島天神, あの男, ありそう, ありて, あんた, あんたなぞには, あんたの, あんた調査や, あんなの, あんな男, あんまり外聞, あんまり御, あゝした, いいん, いくら, いくらお, いくらヨーロッパ, いけないつて, いつも命, いまに, いま咲きかかった, いま時分, いやん, うす鬼魅, うちのは, ええ, ええそう, えお前さん, えお父様, えて, えと信子, えな, えわ, えわい, え今日, え坊や, え旦那, え源さま, え無尽, え猿若, おかげで, おしゃるしゃんとあそぼうね, おじさまの, おなかは, おまち, お出先, お前さん, お前さんの, お前を, お千代さん, お坐り, お宅, お持ちだ, お月夜, お母さま, お母さんに, お母様, お父さんが, お爺さん, お美夜, お角力さん, きっといつきかれ, きっと喜ん, きっと私, きのうの, きみ, きょうは, くらせながら, くり登っ, く西日, けど擽ったく, けれどお前, こう立て切っ, ここは, こちらで, こちらは, こちらへ, こっちへ, この三十年, この人間たち, この妙, この指輪売つて, この方, この間は, この頃, この騒ぎ, これぢや, これで, こんなお方, こんな処, こんな所, こんな處, ごく近日, ごめんください, さあおあがり, さうし, さうだ, さっぱり足, さもなければわたしたち干物, しかしこれ, しかしそれ位, しかし大まかさ, しかし私, しかもそれ, すぐ帰る, すねと, すると, すれ違う少女, せっかくベルリン, せめておじさま, そいつは, そういうもの, そういう心持, そういえ, そうしたら東京, そうじゃ, そうする, そうたやすく, そうでしょう, そうです, そう言い, そしてあした, そしてあれこれお喋り, そしてきっと, そしてそいつ, そしてその, そしてわたし, そして締まり, そちの, そちらへ, そちらも, そのから, その位, その個条書き, その折私, その方, その日暮し, その浪人者, その男, そりや, それから何, それが, それでもまだ, それでも生き, それともそう, それは, それを, そんな話, ただ僕, たとえば天皇, たのしみです, たぶん, たまえ, だからお母さま一人, だけど, だけどどうか, ちやんと, ちょっと拝ん, つてともすれば, つてゐます, つて山の, つて山脈を, つて柔かく, つて玉砂利の, つて絲の, つまり今, ですけれど, でもかうし, でもそう, でも木魚, とこういや, ところで孫三郎さん, とてもあんなに辛抱づよく, とりとめの, どうか幸福, どうか惡, どうしてあんなにすぐわかった, どうせ, どこか, どこも, なにしろわたし, なんでも, ねえあなた, ねえセリョージャ, のぼせ上つて, ひとりだ, ひどい事, ひどい雷鳴さ, ひどく白粉, びをゝしと耳梨と, ぶこちゃん, ほほほ, ほんとうに, ほんとだ, ほんとに, ほんとにい, ぼくも, ぼれ西洋, ましょうこれ, またお前さん, また此の間みたい, まつたくだわ, まるで若い, まア繁昌, まア美代ちゃん, むろん, もうじき水, もう一回, もう三つねんね, もしや, やっぱり, やっぱりエライ人, よくわからない, よくわかりました, よし悪くっ, よつて, らし一人, わしの, わたしが, わたしなんぞも, わたしは, わたし利根さんが, アドリーヌさん, オイ船頭さん船を, カピ, ケン, ケンプ, コーヒーは, シャンゼリゼーで, ジョー, セエラ, タンゲイすべから, ダビット, ナタリイ, ネネ, ハアリイ僕は, ハドソン, ハンス, ピエタの, ホツホツホツ, ホホホホ, ホーテンス, ボクさん, ポーデル博士は, ヨハンネス, リゼット, リューバ, ヱ, 一人ぽ, 一体この, 一寸分り兼ねます, 一寸来, 一寸笑えます, 一度聞いた, 一度逢つて印刷, 一目見, 一週間ぐらゐしてかな向, 一體, 丁坊, 三度三度食堂には, 三輪の, 上高地は, 下の, 不思議だ, 不意に, 与八さん, 乗り越すこと, 乞食の, 二う, 二人とも, 二十七八日と, 云つ, 些か中学生風, 人に, 人夫達が, 人間の, 人間精神の, 今じゃ, 今に, 今の, 今のは, 今値段, 今度は, 今度やれ, 今朝が, 今解い, 仕様の, 休んだって, 位は, 何か, 何だか大変, 何だか私ゃ茫然, 何と謂, 何は, 何も, 何處でも, 余程かしら, 余計な, 倉地さん, 健坊は, 僕が, 僕という, 僕は, 先生あの, 全くそれ, 六月に, 内儀さん, 内匠, 凜と, 初めの, 判るわ, 剣道を, 功徳に, 加集に, 化粧品より, 原書の, 厠で, 又そちら, 又誰, 友さんそっちは, 可哀想に, 可哀相に, 吉左衛門さんの, 君には, 君は, 咲ちゃは, 商売という, 四う, 困ったもの, 土左衛門の, 地面の, 坂田礼之, 夜店も, 大丈夫だろう, 大写, 大吉ほんとにしっかり, 太郎さん, 奥さんは, 女房にも, 妙な, 姉さん, 子供も, 孤月には, 宅でも, 宇津木さん, 宮様は, 容貌は, 小さい町, 小さな男爵夫人アンナ, 小母さんは, 小父さん, 尤も私, 山田の, 山脈のむ, 幼児の, 幾度自分で, 店は, 彼の, 御主人, 御姉弟, 御存じ, 御迷惑, 復員し, 心配な, 悪い奴, 惠齋先生, 成程, 我慢出来る, 持って, 揉んで, 撒いて, 播いて, 改造文庫は, 文章の, 新しい生活, 新しく縫っ, 新団長, 日当りが, 旦那, 旦那様, 明日でも, 昔物語の, 春に, 時知らず大根を, 晩に, 智恵ちゃん, 有っての, 朝鮮て, 未着です, 来年に, 来月でしょう, 東京の, 東助さん, 松の, 板と, 柳屋のは, 栗林さんが, 棟梁, 植ゑたるがその, 檜木さん, 此れ, 此黒い, 死な, 殊に斯, 気づかずおっしゃった二言, 水野君これも, 油屋ださうだ, 法則を, 泣くの, 海だ, 淫売だ, 潜戸の, 濤の, 然しまあ, 熱い甘露, 犬の, 狐や, 現実観察に, 甘い事, 田丸さんあんたひとつ引受け, 男は, 町内じゃあ, 病院へ, 病院らしく, 目, 相当上っ, 県へは, 矢張社団法人と, 私, 私が, 私たちは, 私どもは, 私訊い, 秋だ, 稽古の, 純ちや, 紙は, 結婚しよう, 緋の, 緑郎夫妻は, 纏り, 美しいお嬢様, 耕したの, 耳の, 肥桶の, 肩の, 腰を, 自動車よ, 若い衆さん, 若旦那, 苦しい事, 苦笑し, 茂ちゃん, 茂ちゃんこんな, 蟹江君, 行きましょうよ, 行けたら大いに, 親類に, 詰らねえ物, 誰も, 諸君, 諸君僕の, 谷が, 貫太の, 貴方は, 質の, 越えて, 越智さんが, 車掌さん, 透かすと, 長兄さんも, 間, 隠しても, 雨宮さんは, 零下何度ぐらいに, 面白いわ, 頬へ, 頭が, 飛んだお, 飛騨の, 食事に, 骨が, 魚どもには

▼ う~ (712, 0.3%)

124 ひながら 52 つた 27 はれて, ふ事 26 はれると 14 ふの 12 ふもの, ふ風 10 ふこと 7 つたかと, つて 5 つたやう, ひ捨てると, ふ感じ, ふ言葉 4 つたこと, つたま, ふやう, ふ所, ふ時

3 [11件] つたもの, はれても, ひすて, ひ放つて, ふことは, ふと, ふと彼, ふ名, ふ種類, へばこの, へば私

2 [33件] つてるん, はなけれ, はれては, ひながらど, ひながらも, ひました, ひ云, ひ終つて, ふすべては, ふとお, ふので, ふわ, ふイズム, ふ人達, ふ例, ふ口吻, ふ声, ふ彼女, ふ景色, ふ気, ふ気持, ふ父, ふ物, ふ現象, ふ罪人, ふ考へ方, ふ訳, ふ調子, ふ貴君, ふ連中, ふ間, へば今, へば僕

1 [255件] えない, つたか, つたが, つたぜ, つたとき, つたね, つたものの, つたよ, つたらいい, つたら小母さま, つたわ, つたん, つたんぢ, つた限り, つとく, つとけ, つとつた, は, はうと, はせない, はば私, はば麦稈帽, はれ, はれた, はれたの, はれた場合, はれた時, はれながら, ひかけたま, ひかけた時, ひかけて, ひさうである, ひすてて, ひたいの, ひたげに, ひつけよう, ひつつ, ひながらかの, ひなさい, ひは, ひましたすると, ひましたよ, ひましてね, ひませうか, ひまた, ひ乍ら手, ひ出さぬお, ひ出して, ひ出す頃, ひ切つた, ひ張るから, ひ捨てたま, ひ捨てて, ひ掛けた, ひ放つた, ひ放つた拍子, ひ放つと, ひ渡されたこと, ひ終ると, ひ聞かせた, ふ, ふあなた, ふうち, ふおきよは, ふおつぎ, ふおひろさん, ふお返事, ふが, ふけれども, ふすべての, ふぢやあ, ふとお母様, ふとこの小さな, ふとすぐ一人, ふとちやん, ふとの, ふと健ちやん, ふと勇ましく, ふと勝, ふと同時に彼, ふと大沼博士, ふと夫人, ふと女, ふと妻, ふと庄吉, ふと日和下駄, ふと源吉, ふと男, ふと立ち上つて, ふと金太, ふと銀色, ふなら頼むだ, ふなり, ふに, ふのに, ふはなし, ふものの, ふもんですからな, ふわけ, ふわたし, ふんだ, ふんだから, ふガボリイ, ふ一つ, ふ一切, ふ一時逃れ, ふ一本足, ふ一面, ふ丁寧, ふ上流, ふ不安, ふ不気味, ふ不法, ふ世の中, ふ世界, ふ中, ふ事さ, ふ事実, ふ事情, ふ交際, ふ人人, ふ位置, ふ使, ふ傾向, ふ兄, ふ内, ふ処, ふ危難, ふ口論, ふ古蹟, ふ告白, ふ周囲, ふ四阿, ふ國, ふ場合, ふ場面, ふ境地, ふ奴等, ふ妻, ふ始末, ふ姿, ふ婦人, ふ小説, ふ巧, ふ希望, ふ幸福, ふ弊害, ふ彼, ふ径路, ふ心もち, ふ心持, ふ念, ふ思ひに, ふ性質, ふ悧發, ふ情景, ふ意味, ふ愛読者, ふ感動, ふ態度, ふ慰め, ふ房一, ふ技巧, ふ文章, ふ斷はり, ふ方向, ふ方面, ふ昼, ふ書物, ふ書生, ふ會話, ふ有様, ふ末路, ふ條文, ふ様子, ふ権利, ふ權能, ふ歎, ふ母, ふ気ぢ, ふ気持ち, ふ氣分, ふ漠然と, ふ為, ふ無理, ふ生活, ふ男, ふ皮相, ふ盛り場, ふ目, ふ相手, ふ社会, ふ私, ふ空想, ふ立場, ふ筆蹟, ふ紅毛, ふ素子, ふ經驗, ふ美しい, ふ考, ふ者, ふ職業, ふ萩原さん, ふ薬, ふ要求, ふ訳ぢ, ふ訴, ふ話しを, ふ語, ふ説, ふ譯, ふ貴重, ふ賑, ふ述懷, ふ迷信家, ふ運動, ふ道具, ふ達し, ふ酷い, ふ金箔, ふ鋳物師, ふ養育法, へば, へばお, へばこ, へばさ, へばさつき, へばその, へばもう, へばよい, へばヴイユウ・コロンビエ, へば今年, へば何時, へば作者森本氏, へば先生, へば共に, へば各国, へば周作人氏, へば嘘, へば堀内氏, へば好, へば妙, へば子供, へば小説, へば岡, へば思ひ出す, へば断髪流行, へば男, へば縁側, へば街, へば隣, へるだけの, へるんぢ, や支那人

▼ うかという~ (622, 0.3%)

37 ような 26 ことを 23 気に 17 ことである 16 ことに 15 ことが, 気が 10 のである, 点である 9 ことは 8 のが, 問題が 7 ことであった, ことです, 疑問が, 考えが 6 ことだ, ことも, 事を, 気も, 疑いを 5 ことについて, のであった, ように, 疑いが, 疑問を 4 問題に 3 ところに, のです, ふうに, 事は, 問題は, 気さえ, 気にも, 相談が, 話に

2 [34件] ことだった, ことな, のを, んだ, 不安が, 予感が, 事が, 事に, 事ばかり, 事も, 問題です, 問題については, 問題を, 好奇心が, 好奇心を, 心に, 心配が, 意向の, 感じが, 気にさえ, 気は, 気持から, 気持が, 点に, 疑が, 疑も, 疑問は, 相談に, 話が, 話を, 説も, 質問が, 質問を, 風な

1 [246件] あこがれだけは, あらかじめの, お心, お杉, かすかな, こと, ことこれと, ことさえ, ことだけ, ことで, ことであったろう, ことでありました, ことであります, ことと, ことなどを, ことにさえ, ことについての, ことについては, ことにまで, ことにも, ことをも, こと仲間の, こと自身が, ころに, すっかり職人姿, ずッしり, そぞろ心から, その何, そんな生活, ときに, とき急に, ところな, ところまで, ところまでは, ところ迄, のだ, のだった, ので, のであります, のも, ほかには, まったくの, ようにばかり, わけさ, わけだった, わけである, ゾッとする, 一事である, 一層根本, 一種の, 一節を, 一説なども, 万事極端まで, 上様の, 下相談と, 不安から, 不安な, 不安は, 不安を, 不審さえ, 予想と, 予期は, 事だ, 事である, 事については, 事までも, 事や, 事実と, 事実に, 代物を, 仮定説を, 伸子の, 佐佐の, 具合に, 処に, 処は, 処へ, 処まで, 処女なる, 勢いであった, 勢いを, 危惧それから, 危惧の, 危惧は, 反省から, 可愛らしい小娘, 可能性を, 問いが, 問が, 問題であった, 問題である, 問題の, 噂も, 土地が, 場合の, 変な, 多少の, 夢を, 大刀を, 失礼な, 好奇心に, 妄想が, 実際問題, 工合に, 差別も, 平面の, 当は, 後悔さえ, 微かな, 心が, 心持が, 心痛だった, 心配だった, 心配先生への, 思いに, 思いも, 思案らしい, 性質の, 恐れは, 恐ろしい疑惑, 恐慌的な, 悪心が, 惧れである, 想像ぐらいは, 想像に, 想像は, 愁いが, 意味が, 意味だ, 意味で, 意味に, 意味の, 意味を, 意思の, 意見を, 意見をさえ, 感情と, 感情上の, 感慨を, 態度で, 懸念が, 懸念さえ, 懸念であった, 所に, 折入っ, 持前の, 推定が, 推定は, 政所令と, 文学にとって, 文学への, 料簡を, 時植込の, 期待も, 木の, 本能的な, 本質的な, 案が, 案も, 案を, 極めて自然, 極度に, 構えだった, 様な, 権幕の, 段に, 気には, 気の, 気分にさえ, 気味に, 気持に, 気配が, 決心を, 準備の, 点から, 点が, 点な, 点について, 点にも, 点も, 無常感だ, 無意味な, 煙の, 猛気, 甘い思い, 甚だ奇特, 疑いさえ, 疑いであった, 疑いとりわけ, 疑いには, 疑いは, 疑いも, 疑問さえ, 疑問であった, 疑問に, 疑問も, 疑問をも, 疑念が, 疑念さえ, 疑念の, 疑念は, 疑惑を, 疑迷, 痩せた指, 相談だ, 相談を, 研究な, 神経までも, 私の, 考えから, 考えである, 考えの, 考えも, 考えを, 考に, 考慮が, 自分自身の, 興味も, 苦しみだけ, 虫の, 見出しで, 見当を, 親心から, 観点から, 討論は, 訳, 評議が, 評議も, 試験を, 話だ, 話である, 話も, 語と共に, 説, 説が, 説によって, 謀叛気も, 質問によって, 質問に対して, 身分に, 逆波が, 閑日月が, 順序に, 頭の, 頼みであった, 風体で

▼ うけれど~ (600, 0.3%)

11 私は 7 それは, 今の 5 それを, でも世間, 私の 4 がまんし, それよりも, 私には 3 それも, わたしは, 二言目には, 今は, 僕は, 兎に, 父さんや

2 [25件] あたしは, これは, しかしその, そこが, そこは, それにも, そんなこと, そんなの, なるべくなら, 二人の, 今日の, 他の, 余は, 僕には, 先方の, 当分辛抱しなさい, 彼は, 我輩の, 折れて, 日本の, 明日も, 此子は, 私が, 私と, 見て

1 [477件] ああいう, ああいふ風, ああし, あいにくそんな, あいにく三界, あたしに, あたしの, あたしゃこれで, あなたが, あなたは, あなた方は, あのでたらめ, あのと, あの二人, あの人, あの懸命, あの男, あの腕, あの花魁の, あれで, あんなにまで, あんまりです, あんまり遅い, いかつい新品, いぎりす製, いたましく感じた, いつお目に, いつまでも, いつもみんな, いつも野良犬, いまこれだけしか, いやん, うっかりし, おそらく五等官, おっかない爺, おふさ, おまえだけは, お前おとなしく, お前ぐらいの, お前自分の, お前達の, お死になさる, お母さまが, お母さんは, お甘え, お美代, お雪さんの, お鶴, かりに割引, がんりきと, けっして訴えまい, こういう風, こう寒く, ここで, ここでは, ここに, ここの, ここらあたりで, こちと, こちらでは, このあたり, このこと, このころ, この中身, この大, この奇異, この女, この子, この方, この時, この景色, これからあたし, これからは, これが, これなら, これを, ごらんなさい, さいぜんも, さうで, しかし中学校, しかし彼, しかし自分, しかし隠語, しかし魏王, しばらくか, しぶとい心持, ずいぶん気, せめて房枝たち, そういう打算, そういう時, そういう訳, そういう貴, そこらの, そのうちこの, そのうちどうかした, そのかわりおいら, その意味, その時, その時代, その構え, その歩み, その深い, その眼, その瞬間, その程度, その言葉丈けが, その間船室で, そは, そばに, そりゃある, それかって, それが, それだけにまた内部, それでは賭博者, それでもいよいよ, それでもだれいう, それでも苛ら苛, それに, それにしても中, それにしても生真面目, それにしても飯米, そんな事, そんな先, そんな暇, ただ命, ただ漠然と, たった一羽, だいたいは, だれも, つまりそういう, つめたくつめたくなりまさる, でもこれ一つ, でも私, とうとうお, とてもあの, とても今, とにかくこの, とにかくこれ, とにかく一ばん, とにかく一段落, ともかくも, ともかくわたくし, どうか, どうした, どうして軽蔑, どうぞ堪忍, どうぞ悪く, どうぞ政夫さん, どうもこの, どうもその後, どうもほか, どうも手前, どこかの, どんな風俗, なあに先方の, なかなかそんな, なかなか手数, なにしろ問題, なるべくつけない, なんかの, なんだかわたし, なんだかわたしゃ, なんといっ, はてな一体, ばかばかしいまるで, ひょっとしたら気付かれず, ふびんな, ぶッ, ほとんど落ち, ほんとに, ほんとにいくらかやせた, ほんとに家, ほんに思え, まあこの, まあ当分, まあ素直, まさしく悪魔, まず依然たる, また美しい, まつたく男, まめで, むしろそれ, もう大半, もう斯, もう銀座, もしかみんな, もしそれ, もしも私, もしやあたし, もし傷つけ, もし抗議, もつと, やっぱりよかっ, やつぱりねえ, やはり旅僧, わからぬもの, わが國, わざわざそれ, わしの, わたしお金の, わたしたちは, わたしの, わたしを, わたし達も, われらは, われわれも, カラリッと, サそこが, ゼスチュアが, チベットでは, トンちゃん, トンちやん, ドチラに, ナニ全く, パン屋さんにも, ヨーロツパと, 一体に, 一寸起し, 一年ばかり, 一度だけ, 一文だ, 一族二百人枕を, 一日でも, 一日や, 一旦妊娠, 一時九州の, 一葉の, 七兵衛おやじは, 万一の, 三造の, 下界に, 丑満, 世の中だって, 世間の, 両国の, 主として不安, 主任さんの, 主婦の, 事実ホンの, 二人で, 人に, 人は, 人生の, 人間の, 人間は, 今お二人, 今ここを, 今と, 今怒られ, 今日上流社会の, 今時こんな, 仕事を, 仕方が, 以前は, 伊達が, 位を, 何しろまだ全くの, 何しろ尿毒症, 何だかこの, 何だか変, 何という, 何も, 何処へなと, 何鳥か, 余り褒めた, 作者としての, 作者としては, 作者は, 信玄公の, 俺は, 偶然に, 僕から, 僕に, 僕等は, 僻むが, 元来把手, 先生の, 兎も, 入棺間際に, 全くそれ, 全く予期, 全く私, 其様な, 内地と, 出世した, 出来の, 初や, 利き目, 到底此, 前後を, 剛さん若し, 助けられて, 北原は, 千人万人の, 半月も, 単に自発的, 去年より, 吉原の, 名も, 君の, 和一郎の, 困って, 夕刊新聞には, 多くの, 夫なら, 奥方様も, 女が, 女は, 好きな, 好く了簡, 如何し, 婆や, 嫌抜い, 子供を, 学校まで, 実にチベット, 実は私, 実は私一人, 実業界に, 実隆において, 家では, 少しも, 左思右考した, 幕だ, 幸いそれ程多く, 幸そこは, 幸に, 幼い私, 幼稚園の, 当人は, 役者として, 彼女が, 彼女は, 後世から, 従来一度も, 御免ね, 御婦人がた, 御用は, 心を, 思ひ出しませんな, 急に, 性分だ, 恐ろし恐ろし, 恐竜などという, 悲しい哉, 慧鶴に, 我々は, 我らも, 我慢し, 所謂侍なる, 折々遊び, 授業は, 旅人に, 日ごろせせこましく, 日頃の, 早くこの, 明らかに, 昔から, 昔ばかり, 昨日も, 時々刻々進ん, 時として店, 時の, 普通に, 暇さえ, 暫く御, 暫らくこの, 書き加えるの, 最後には, 木乃伊に, 木村が, 本人同志の, 本宅の, 本家が, 本當, 東京風に, 権田時介が, 歌舞伎では, 此土地の, 此方は, 死んで, 殖えて, 毎晩見, 毛唐であれ, 氏郷が, 氣短に, 水不足には, 河野, 河野さんの, 油断は, 注意は, 淑女の, 火野の, 然し一個, 煎じつめると, 父さんは, 爾とは, 獣で, 男名でも, 番町書房という, 異端者の, 百姓どもは, 皆も, 目下の, 相手の, 知らない国, 禅師様が, 私ごとき, 私にとっては, 私にも, 私はた, 私も, 私を, 私一人で, 私共では, 私達の, 科学にだって, 笊組の, 笠を, 米友には, 米友の, 米友は, 紙張の, 結局その, 結局君の, 絶えず私, 習おうとは, 老齢の, 考出す, 肉体的に, 肝腎の, 胸には, 自分じゃ, 自分の, 自分は, 船から, 芸人が, 若いの, 若しも婚礼, 茂林寺の, 茲に, 表が, 要するに最高, 見る分, 言わないで, 読んで, 誰ひとり, 誰も, 豚にも, 財に, 貧富を, 貴女の, 起きられるよう, 身代りに, 辛棒し, 農ばかりは, 逃げられるもの, 途中で, 遊於舎の, 運命は, 遣えないお金, 那須や, 都では, 酒手を, 里へ, 里子の, 重喜には, 銀五郎は, 鏡には, 雲は, 青年には, 風は, 食ふたの, 高い利, 高が, 高木君は, 鳴いたと

▼ うはず~ (580, 0.3%)

159 がない 153 はない 46 もない 32 がありません 29 はありません 24 はなかっ 18 がなかっ 13 もなく 10 もなかっ 8 がなく, はなく 6 のない 5 はなし, もなし 4 もありません 3 がご, はありませぬ, はあるまい, はございません, もなかろう 2 がありませんでした, がございません, が無い, なのに, はありますまい, はございませぬ

1 [33件] あれへんあんたあの, がありませぬ, がある, があろう, がなし, がねえ, だが, つとおほら, でありましたところ, でございますのに, と土, ないと, なくその, なく五十畳敷格天井, なく忽ち, なく相談, なく頭痛, なしと, のこと, のもの, の衣擦れ, はある, はござらぬ, はござりませぬが, はござりませぬと, はなかつた, はねえ, はもとより, は無い, は無し, もありますまい, もござりませねば, もねえ

▼ う~ (574, 0.3%)

30 んだ 18 いる 9 えの 6 いるの, これを, んです 5 えんだな, 居た 4 えん, お色, くれるな, や 3 いた, えので, えんだ, え寸法, え気持, くれ, ンだ

2 [24件] あるストーヴ, い, いると, いる者, い今時, えこと, えもん, えわけ, えんで, え処, え心, たまらん, ならん, のは, もんだ, やる, わけじゃ, んだろ, んだろう, 云や, 今は, 無端, 福島と, 聞けば

1 [404件] ああし, あかん, あぎゃん, あらたまった口調, あるに, ある壁, いかなれ, いく秋草, いこれ, いそぐ, いたこと, いたの, いたのよ, いた母, いた精神的威力, いた習慣, いた附近, いた霧, いったの, いつもさう, いては, いても, いふに, いふ和田垣先生, いむづかしい, いよいよ感じ, いようと, いられるよう, いるうち, いるか, いるが, いること, いるこの, いるその, いるそれで, いるだけの, いるとか, いるに, いるもの, いるよう, いる事, いる偽り, いる内, いる小松林, いる御所, いる桃色, いる桜, いる秋, いる第, いる筈, いる訳, いる谷, いる道, いる遺憾, いる里, いる金紗縮緬, いる風情, いる黒い, いんだ, い一つ腹ひとつ胤, い一目, い不可能, い事情, い医しがたく, い思ひも, い手, い探検, い時, い果せるもの, い澄江, い第三者, い芥川龍之介, い落ちつけないこと, い表現, い解るまい涙, うか, うちつけに, うまいものぢ, え, えい, えお客, えお心持, えが, えくれえ, えところ, えんだこの, えコンタン, え奴, え心意気, え思し召し, え悪企み, え方針, え旦那, え気分, え真実, え約束, え者, え親切者, え訳, え騒ぎ, え騷ぎ, え髱, おいで, おいでかの, おかしうて, おきたいと, おきますが, おくの, おくりゃれ, おけ, おったもの, おつ, おみやげだ, おもしろい事, おもしろく, おられたの, おられましたが, おりますゆえ, おりまする, おる, おれの, お亡くなりなされました, お前の, お笑, きかねえから, くづるゝ夏, くるるであろうおお, くれい, くれいと, くれたこと, くれて, くれました, くれりゃその, くれるか, くれるなよ, くれるの, くれるん, くれる人, くれる者, くれる若い, くれ女たち, こおうて, ここに, こちらから, ことさ, ことだ, この日向, こられて, これ習ひ得, ござった, さがしに, しまいました, しょうがない, しようがない, しんぜよう, しんぜる, すこし歩いたら, すると, ずっと二列, そうしてつい, そしるも, そない軽々しゅう, そのまま地震, その弄ぶ, そればかり, それらの, それを, たすけ, たもるか, だぞ, つかわすが, とらせて, とらせよう, どうやる, どない, なう酒, なつかしう, なに, ならんわ, なりきれぬは, なりま, なりませぬ, なりません, なんぼでも, のか, のも, はおられぬ, はだしの, ひのきしんこれが, ふえて, ふ了見, ふ拙, べたりと貼, まあ嘘, まえが, まえは, またひとり, また国民, また帽子, また鏡, みがく, みても, みな喜ん, みる気, みんなも, もどって, もどる, もらうの, もらえぬか, やまなかった時, やめましてん, やるお, やると, よろしいな, ゐぬこと, ゐる, ゐる寒い, んだらう, エのは, エわけの, エ場所は, エ手は, エ瀬戸ぎわなんで, オジギを, ハハハハハハハ, ンなら, 一日だって, 一締め締めたらう, 三ちやんが, 下されたお, 下らん様, 不便でならぬ, 世界の, 丙の, 中村, 主人の, 之に, 之を, 云うも, 云う事, 人の, 今やこの, 仕方ない, 仕樣, 代物で, 以後も, 仲さんが, 休戦し, 会ったという, 何か, 何かを, 何の, 何も, 何處へ, 來たんや, 働くから, 別々の, 前の, 半ば枯れた, 去ったと, 参りました, 又さる, 又情, 収縮すなわち, 和尚さんなら, 問や, 啼きよるしなア, 囃しますの, 回るという, 回転する, 国を, 堪らんと, 堪らんの, 声啾々たり, 夜が, 夜の, 夜蝉の, 失策を, 宣告する, 寂しう, 寸法ばかり, 寸法ばかりじゃ, 居ったです, 居る中, 居る遙, 帰らないこと, 幸いこっち, 彼女を, 彼山を, 待て, 得させんと, 御食, 心から楽しん, 忘られ, 思い切って, 思つて居つた, 恋しうて, 慄へて, 慕った, 憂いを, 我とわが, 戴けましたら此, 押しかけて, 攻めかけて, 教えて, 断わり申しただが, 新聞に, 旦那どうも, 是れ, 曰く此の, 最早筆, 木村前, 本書にも, 来たの, 来たらどう, 来たん, 来た或, 来ぬ, 来る, 来るで, 来るの, 来るよう, 梯子を, 極端の, 欝紺色の, 欣々然として, 歌ミせま, 止まない, 歩くと, 死物狂に, 母が, 気持の, 水の, 水音が, 泣き給はむ, 津々浦々に, 游ぐ藻, 漸く手, 災禍を, 玉蜀黍の, 用いること, 用いるほか, 申せませぬが, 発し雲, 発展する, 発揮する, 皆な, 皆云い御座る, 目的が, 相談しいしいやっち, 秀子を, 私の, 私達の, 突っ伏し僧侶, 笑った, 置かねば, 翌朝に, 者にゃ, 聞かせた頃, 聞きますと, 腹が, 膨脹せん, 臥すと, 自分の, 自然に, 至極面白く, 荒仕事に, 葦の, 蔽い難い, 行かれた, 行きたうてど, 行きよった, 行くの, 行く人, 行く力, 行く指揮官警部, 行って, 裸に, 見て, 計略な, 評判に, 貰うが, 走って, 軍勢を, 迎ふ, 迚も, 追つて, 逃げた, 逃げて, 造り出されたもの, 進ぜますが, 進ぜよう, 進めば, 遂に身, 遣わすであろう, 野に, 開いて, 開けた本, 離れなかつた, 難なくこれ, 顕われた, 首でも, 騙される事, 鳴いてから

▼ うなどと~ (553, 0.3%)

21 思って 13 考えて 7 思ったこと, 言って 6 誰が 5 いって 4 大それた, 思ひながら, 考へて

3 [15件] したの, そんなこと, そんなさもしい, 云って, 云ふ, 夢にも思っ, 思った, 思っても, 書いて, 私は, 考えたこと, 考えたの, 考えました, 考えると, 考えるの

2 [35件] いった, いつて, するの, もがき廻るから, わたしは, 上まで, 云うこと, 云う気, 云ふこ, 人の, 企てて, 噂し, 太田は, 家内と, 彼は, 心を, 思うもの, 思う人, 思う者, 思っては, 思つ, 思ふ, 想像する, 意地を, 柄にも, 殊勝な, 申す事, 私たちは, 考えた, 考えること, 考えるはず, 考える人, 考へ, 考へた, 興奮し

1 [367件] あそばすわけ, あてどもない, ありも, いいかたみに, いくらあたし, いたしましても, いつも仰せられ, いふほどの, いふ間違つた考へを, いやに, いらざる取越苦労, いろいろと, いろいろ取沙汰, いわれて, おうような, おっしゃって, おっしゃるわけ, おもって, お上手, お互いに, お思い, お考え, からかった, かりそめ, こころみると, ごく簡単, さもしい考え, さよう, しきりに考えられる, したため, したよう, したらそれ, したら依怙地, したら奥, して, しないで, しなかった, しなかったこと, すること, すると, する事, する人, する彼女等, する時, する現代, する者, せがんで, そのよう, その後を, その様, それからそれ, そんなけち, そんな事, そんな卑怯, そんな大, そんな悪口, そんな消極的, そんな無茶, そんな考え, そんな馬鹿馬鹿しい, たいへんグアイ, たくらんだら脚, たよりの, だれが, とり止め, とんでもない, どこから, ぬけぬけと, はい願います, ばかな, ひそかな, ひそかに, ひそひそ風説, ぼんやりと, まことにのんき, まるで飛石伝い, もうします, よけいな, より板の間, ニヤニヤし, ヘエ, ペトローヴィッチの, ムリの, 一念発起した, 一種の, 不思議に, 不敬な, 主人に, 乱暴な, 予想する, 二条の, 云いだされては, 云い出した, 云い出したら自分, 云う, 云うが, 云うの, 云うのんびり, 云う事, 云う妥協, 云う熱情, 云う突飛, 云う考, 云う説, 云う連中, 云った, 云ったけれ共, 云ったそう, 云ったという, 云ったものの, 云つた時代も, 云つて高座へ, 云ひ, 云われたこと, 五年前の, 人にも, 人は, 今更らしく思う, 他人がましい, 仰ゃって, 仰ゃっておりました, 仰ゃり, 仰有り変, 仰言, 企てたばっかりに, 企てると, 企てるなんて, 伝えられて, 何事も, 余り兄上の, 余計な, 依然として悠長, 信代さんとの, 僕が, 入らざる事, 全く無責任, 内々ハリ, 冗談に, 冷かされて, 冷かすに, 切り離すこと, 切実に, 初めは, 努めること, 努力する, 努力すれ, 努力は, 勧める, 半ば恐い, 半畳を, 却ってあなた, 去年の, 取留, 口に, 君は, 吾, 噂された, 噂の, 外から, 多くの, 夢にも思った, 夢見る必要, 大袈裟な, 大騒ぎを, 夫人得意であった, 女中は, 女房たちは, 子の, 寒い夜更け, 寝苦しいまま, 少将の, 差しつ差されつして, 弱い心, 弱音を, 強がりを, 当時は, 形式的の, 後悔する, 心底から, 心配し, 心配した, 思いたつこと, 思いは, 思いません, 思い出すん, 思い立ったと, 思い立つ理由, 思い続けて, 思う, 思うと, 思うな, 思う所, 思ったの, 思ったもの, 思ったらえらい, 思ったり, 思ったろうと, 思った屋敷自身, 思っちゃ, 思つた, 思つて出かけ, 思つて居る, 思つて思ひ当る, 思はずに, 思ひ悩むので, 思ひ秘か, 思ふわけ, 思わずに, 思わず私, 思わず道楽, 思わぬこと, 思われた, 思われない事, 思われも, 悩んで, 悪い了見, 悪口を, 悪戯半分に, 悲しんだの, 想像し, 想像した, 想像せられる, 想像を, 意図し, 憚らぬ, 手ぐすねひい, 手伝いに, 手柄を, 推量いたす, 早合点に, 早老た, 時男さんに, 書いた手紙, 望んでは, 期待し, 期待する, 本気に, 林之助も, 極めて手軽, 極めて頻りにそれ, 楽しく相談, 母さんは, 母と, 毒舌を, 毛頭身, 気の, 気を, 水を, 江戸が, 決心する, 決心なすった, 波子は, 洒落て, 浮気心は, 深い謀みの, 源氏は, 澄し返っ, 無礼な, 煩悶する, 煩悶を, 父は, 現に考え, 甘ったるく同情, 甚しい, 生意気な, 田舍者が, 田舎者が, 申した覚え, 申してを, 申しました, 申す者, 疑ひを, 痛くない, 痛くも, 相談し, 相談を, 矢張り續い, 祖母が, 神ならぬ, 私かに, 私の, 種々無量, 穏やかな, 空想し, 空想した, 空想を, 笑いあったが, 約束する, 約束も, 罵り哮るので, 考えあぐん, 考えずに, 考えたかと, 考えたから, 考えたが, 考えたら間違い, 考えたり, 考えた訳, 考えつつ, 考えては, 考えても, 考えないだろう, 考えながら, 考えます, 考えられたろうか, 考えられるの, 考えるが, 考える必要, 考え初めた, 考え心, 考え続けて, 考え考えやっとの, 考へたら二人共, 考へながら, 考へられますかね, 考へると, 考へるの, 考へる豪傑, 胸を, 脅迫さえ, 脅迫めいた, 自惚れて, 致して, 興じて, 色々と, 薫は, 虫の, 血を, 行く途中, 解ったよう, 言いこっち, 言いながら, 言い出した, 言い出す, 言うかも, 言うこと, 言うて, 言うでは, 言うの, 言う人, 言った, 言つてとにかく, 言つてゐる, 言ひさう, 言ひそやし, 言ふ, 言われそう, 言われて, 言われなかったの, 詰らない事, 話した末, 話し合った, 語り合いやがて, 説いて, 説く人, 諸所を, 謀反気を, 贅沢な, 返事を, 途方も, 醉狂ことを, 醉興な, 野暮な, 馬鹿な, 駒井が, 魔道の, 齒を

▼ う~ (547, 0.3%)

7 親分 65 さう 4 ねえ 3 それが, ッて, 今夜は, 先生, 吉ちやん, 屹度

2 [28件] あたしが, お前の, お金は, これが, さあください, そいつを, そいで, その方, それにしても少々, それは, だ, ふびんな, ほんとに, また明日, わたしは, ジム, 二人で, 二度とこの, 俺は, 千駄木の, 同じ山, 帰らうよ, 早く, 昔の, 登山したい, 私は, 連れて, 錢形の

1 [451件] あああいや, ああつつ, あけ頃から, あすこで, あすの, あそこまで, あたしいつまでも, あたしたちの, あたしな, あたしアラビアンナイトで, あちらで, あっちへ, あなた兄さんに, あの三郎様, あの人, あの大谷風呂, あの小父さん, あの年, あの文字花, あの方, あまりクヨクヨ, あめを, ありがたくない, あれは, あれほど, あんなにいい, あんなもの, あんな働き振り, あんまり恩, いや現に, うすは, え, おおかた, おそろ, おっかちゃん, おらが, おれは, お互, お兄様, お六さん, お前さんが, お前み, お前も, お前達が, お姉, お嬢さん, お宿, お母さんよ, お父, お父さん, お父ちゃん, お爺さん, お目にかかろうよ, お秋, お竹さん, お葬式, お迎えし, お部屋, かうなり, かわりばんこに, がそれ, きっと, きっとねえ, きっと時計屋敷, きつと, くよくよしない, ぐずぐずしてる, こう思っ, こおろぎなら, こぐるま, ここまで, こせなくな, この世にも, この樽, この酔, この陰険, この鳥, こりや, これ, これは, こんだからの, こんな処, ござんす, さあ, さうだ, さぞ面白, さっき親父さんが, さ行こう, しっかりし, しましょうよって, しようよ, し久しぶり, じゃあ, じゃ困ります, じゃ大切, じゃ連れ, じ上ろうとして, せっかく足, せよ, そいつは, そう, そうかと, そうかもう, そうし, そうしてわたし, そうしてわたしたち, そうして途中, そこらで, そしてふたり, そして世間, そして何処, その案, その画, その畫, その角, その證據, その霧, それからといふ, それでぐづ, それではそれとお, それに, それも, そんなピカ, そんな話, たかが雑貨店, だから, だからさ, だがもう, だが長崎屋, ちっと穏, ちょいと, ちょうど天神下, ちょっと現代風, ついて, ついでに, ついふらふらとね, つて云つたの, つて噂し, つぽ, つまんないや, でもこれ, でも此, でも舟, でも顔, ところでお, ともかく, どうしても笑, どうせ私, どつちもどつちで, どんな小さい, なあにあれは, なにしろあの, なにしろ強か, なにしろ私, なに仕度なんか, なまけものだ, なるべく早く, なんだか怖い, なア八, ねえあなた, ねえそう, ねえ坊や, ねえ宇津木さん, ねえ景気, ねえ酒姫, ねえ金ちゃん, はあ, はじめの, はじめましょう, はやく來, ひっひっひっ, ひつひつひつ, びはじめていた, ぶこちゃん, ほかの, ほど遠く距, ほんとにいらつ, まだ明るく, まだ香爐, まア諦め, めく小, もうこツちの用, もうそんな, もうは, もうひと晩, もう大人, もう対談, もう漫才, もう直ぐ時間, もっと向こう, もっと早く, よう, よくは, れお, わたしが, わたしゃ化かされるなら化かされ, んだ, アハハハと, ゥ, ウ, ウお前エは, オ, サンドウィッチ拵えましょう, サー, スクルージの, ッ, トオキヨオに, ドリアンが, ネ叔父さん, ベートーヴェンだ, ホーキンズ, マドロスさんね, ミチ子, リジンスキー教授に, レヴコーあなたが, ローズ, ワッハッハ, 一つじっくり, 一緒に, 一見識ある, 一郎君, 万さんお前もど, 三人で, 三人揃っ, 不思議よ, 不足を, 二三日口に, 二人の, 二人は, 五年くらいの, 人が, 人間が, 今の, 今夜あたりお, 今度といふ, 今日の, 今時分の, 今晩は, 今晩限りの, 今更死んだ, 今松さん, 伴れ, 似合の, 何しろそれ, 何しろ自分, 何だか一人, 何だか知らない, 何でも, 何んと, 何処か, 何処かへ, 何処まで, 何時か, 何處の, 併し, 例によって, 保さん, 信玄や, 俺には, 俺の, 俺らこつ, 俺惡く, 偉いなあ, 備前屋へ, 僕すっかり, 僕だ, 僕にも, 兄さんちつ, 兄さんちよつと, 先刻打つた, 兎も, 八あとは, 八丁堀の, 凄いとも, 出戻りの, 刃物で, 分った節, 別段飮, 加賀の, 勇, 北国情味が, 北国筋へ, 医者の, 參りましょう, 叔父さん, 口から, 口では, 可哀そうに, 可愛い男, 可笑しいぜ, 吉原の, 君, 君も, 君気分は, 君等は, 吾家には, 喧嘩する, 国を, 土が, 変わった建物, 外ならぬ, 大きくな, 大事に, 大和さんが, 大變, 天女から, 奇麗だ, 奈々子さんが, 奴には, 奴隷よりは, 好いだろう, 姉さん, 姐さんには, 寝ようよ, 寝ようよと, 小屋へ, 尤も近頃, 山王様へ, 川瀬さんこれは, 己が, 己はな, 希望を, 平生に, 幸ひ, 幾度でも, 座頭殿, 弁信さん, 弱者の, 御前平, 忍踊りを, 念の, 怖いこと, 思いきって, 急がうよ, 悪いから, 態ア見やがれ, 慥か其の, 我々小説家なんぞの, 我輩は, 手を, 拙者で, 擦り切れ一つ, 支倉君あの, 放つて, 文学青年だ, 斯うし, 新情人, 日影が, 旦那は, 早く本所, 明日から, 明日と, 春部梅三郎よ, 暗くな, 暗くなった, 朝が, 未だ時間, 末長く, 東京に, 案じ事の, 森さん, 森啓之助様を, 様子が, 横町の, 此うし, 此處らは, 歸らう, 死んじまったかも, 死んだ方, 母ちやんは, 母ぢやが, 母上さんが, 毎日此処へ, 気付けに, 池から, 決して心配, 決闘などは, 沖へ, 流行社会の, 清親さんの, 滅茶滅茶に, 烏の, 片耳ない, 猿江町の, 理窟は, 琴とか, 生別れの, 生滅の, 産したつて, 用も, 田丸貫太, 田舎は, 田舎へ, 町役人に, 畜生, 番頭の, 皆な, 直ぐにね, 矢沢さん, 知らない面, 知らん顔を, 石の, 石原の, 神田川だって, 福井にも, 私が, 私し, 第一番, 素姓も, 繁ちやん, 老人は, 自由に, 船尾じゃあ, 良い陽氣, 色が, 色出入と, 若い女, 英語の, 蝶々リボン, 血液が, 行こうよ, 衣裳箱やら, 見て, 覚悟は, 親分塀の, 詳しくね, 諺ごっこを, 謹みにつつ, 貴方と, 貴方にも, 越後屋さん, 足どころじゃ, 身体も, 転がさうよ, 軽井沢から, 迷児に, 速成のを, 運だ, 遠い他国, 酒樽を, 針工場の, 釣ろうよ, 長浜で, 長浜見物に, 間違って, 降誕祭の, 静に, 面倒臭いから, 面白いぞ, 飼って, 鬼ごっこみたいな

▼ うとの~ (496, 0.2%)

12 ことです 9 ことであった, ことである, ことでした 8 こと 7 事で 6 事である 5 お言葉, 願を 4 ことだった, ことで, 考えから 3 ことだ, 事だ, 案を, 決心を, 話が, 話も

2 [32件] ことであります, コンタン, 一念から, 事であった, 事は, 仰せで, 企てが, 企みで, 前触れが, 密意である, 御意に, 御懸念, 心を, 念が, 想像は, 意味の, 意味を, 意見を, 慈しき親の, 態度です, 案であった, 機転も, 考えが, 考えを, 考へから, 言葉に, 言葉を, 試みも, 話, 話であった, 説を, 魂胆

1 [332件] あたま, あても, あの言葉, あるいはたたかおう, うわささえ, うわさで, おうわさ, おことば, おとうさんと, おまえを, お力が, お志, お考え, きみ子ちゃんと, きみ子ちゃんは, ことじゃ, ことじゃった, ことでございます, ことについては, ことは, ことを, ことマークトゥエンの, ご様子, しょうがっこう一, ためでない, ためにか, ちの日を, はかない望み, ひざの, まあ耐寒訓練, もくろみまで, もっぱらの, やさしいいじらしい気持, よからぬ, エリーザは, グレースは, コンタンだ, コンタンも, ジョウくらい, ミチ子ちゃんは, ミドリちゃんたちが, 一人で, 一件だ, 一心, 一念である, 一念らしい, 三年間な, 三田八にも, 下心で, 下心に, 世評も, 両義を, 中には, 了簡と, 了簡方と, 予後判定だった, 予想が, 事, 事さ, 事だった, 事でございました, 事でした, 事です, 事に, 事も, 事を, 事大に, 事実は, 事或いは, 事昔の, 二人の, 交渉が, 仰せにて, 企ては, 企らみ, 企らみからで, 侠気から, 信念の, 修練も, 兄の, 先入主と, 兵略に, 内々の, 冒険心も, 出来心を, 分別は, 剣術の, 努力だった, 勧めに, 半蔵の, 厚意で, 厳重な, 取り沙汰, 口約これは, 君, 君かかる, 君これなく, 君娘など, 噂な, 報告をも, 大志を, 好奇心も, 好意, 姉の, 学術的探究心に, 小策が, 希望であった, 希望に, 希望よ, 希望を, 希望的観測が, 強面, 御けいりゃく, 御希望, 御志, 御意あり, 御意が, 御意じゃ, 御意である, 御目算, 御言葉, 御配慮, 心ぐみに, 心である, 心も, 心中立てでも, 心構えに, 心構を, 心組でございます, 心遣いまでが, 心配から, 心配は, 念に, 念も, 念を, 思いつきは, 思いと, 思し召しである, 思し召し成功の, 思ひつき, 思召し, 思召しです, 思召しなら, 思召でも, 思案と, 恃も, 悪だ, 悪工み, 悪意に, 悪計, 悪趣味, 意を, 意味で, 意味であっ, 意味である, 意図からで, 意図は, 意志熱情は, 意思を, 意気は, 意気組みを, 意気込みで, 意見で, 感心な, 慾望から, 慾望もござりませず, 憂髪, 懸念が, 懸念は, 懸念も, 戦書をも, 所存か, 所存と, 手を, 手段である, 手筈だったらしく, 手紙の, 推定の, 推断は, 推測を, 提議を, 斥候の, 新しい希望, 方寸でしょう, 明言に, 暇を, 暗示で, 暗示は, 期待は, 期待を, 本能も, 杞憂は, 来信一も, 案も, 楽しみが, 様子さえ, 機智と, 機運が, 機運は, 欲望は, 欲望俸給を, 死顔が, 段取り, 段取りと, 気まぐれを, 気分が, 気分にまで, 気持に, 気持は, 気持を, 気色も, 氣持を, 決心が, 深いたくらみ, 潜入は, 為でございます, 熱心が, 熱意から, 熱意が, 爪先ぬらす, 琴には, 用心に, 画興が, 異常なる, 疑いだ, 目的でありました, 目的である, 目的を, 目算から, 目論見だ, 目論見に, 相談が, 相談です, 相談なぞが, 相談に, 相談を, 眼見, 知らせでした, 破綻という, 私共の, 答へ, 策動だ, 策戦らしい, 策謀な, 算段かなと, 算段で, 約および, 約束であった, 細工であったら, 結論に, 老先生, 考えあり, 考えでした, 考えは, 考えも, 考が, 考であった, 考への, 考証を, 腰が, 腹である, 腹でした, 至極明快な, 興味から, 苦悶と, 虫の, 血相凄まじい, 衝動から, 要心と, 要求を, 見巧者連の, 見当から, 見当は, 見込だった, 見込みから, 覚悟に, 覚悟も, 覚悟を, 親の, 親心であったであろう, 言質が, 計らい君側, 計画が, 計画とも, 記事が, 診断これは, 診断であった, 診立て, 評であった, 評判が, 評判でございます, 評判は, 試みに, 話だった, 話でした, 話な, 誘いを, 誠意を, 説が, 説である, 説も, 説イヤハヤ女子と, 説明が, 課目を, 論議が, 證據を, 議が, 議も, 豫見から, 趣に, 軍備だ, 返事が, 返書の, 返辞だった, 運動が, 道草もござりません, 邪推で, 配慮が, 野心を, 顔を, 願いが, 願状を, 類ひである, 風情で, 風流の, 魂胆だった, 魂胆ぢや, 魂胆で, 魂胆でございます, 魂胆でなけれ, 魂胆らしい, 魂胆物凄く

▼ うけれども~ (484, 0.2%)

13 それは 9 私は 4 これは, 彼は 3 これを, それが, 今は, 兎に, 私が

2 [16件] この内儀さん, これで, さう, しかしそれ, しかし私, それらの, わたしは, 七日ばかり, 代助, 何よりも, 僕の, 此の, 相手が, 私の, 自分が, 自分の

1 [407件] ああいう, あいつに, あそこまで, あたくし, あなたは, あのやう, あの方自身, あの沙漠, あるいはたたずみ, ある異なった, あれは, あんな差配, あんまり美味しい, あんまり象徴的, あゝした, いかに聡明, いくら親しい, いずれも, いっそあれ, いったん厚木, いないの, いまに, いまは, いま戻る, おしずか, おのずから自身, おッ母さん, お互いほかの, お互に, お前にとっては, お前にも, お父ちゃんには, お祖父さんに, お願いし, かくの, こういう所, こう押, ここに, このま, このよう, この上, この会社, この円屋根, この宋學, この建保元年, この技術, この時代, この流行, この現代, この祖母, この身, これから先, これに, これによって, さっぱりたより, さもなければ一文, しかしかうした, しかしたとえば民主主義, しかし検討, しかし疑い, しかし皆, しかし親子, しかし貴方がた, しかもその, しかもそれ, しかも貨幣, ずっと古くから, せっかく出, せめて形, そういう修羅, そういう役人, そうしたどちら, そこに, そこは, そのあと, そのま, その一因, その代わり, その作者, その場合日本, その実, その当然, その影響力, その御, その文学, その時間, その栄養, その正しき, その発展, その罪, その言う, その運動, その重なる, その限られた, それでもどうも, それらは, それを, それ以外に, たださえ, ただの, ただ娯楽, つい失念, とうとう立, とにかくその, とにかく仏様, とにかく何らか, とにかく商売, とにかく私, ともかくも, どうか皆, どうしてこんな, どうしてもここ二三日徹夜, どうも若い, どうやらお, どちらかと, なに気を, なるべくやさしく, なんとし, なんとなく違う, ねえ, ね今度, はっきり僕, ほかならぬ, ほんの少し, まあそれ, まあまあ今, まあ皇帝陛下, また正式, まだその, まったくそんな, まったく異なれる, まつたくそんな, まアお年, むかし花見に, もうひとつ底, もう少しどうかしたら, もしもの, もし春琴, もと, もとは, もとはと, やっぱりこの, やはりその間違, やはり自分, よく兄さん, よく分りません, よく言つて, わざわざここ, わたくしにも, わたくしは, わたしという, わたしを, ゐれば, カピは, ゴリラとか, スルメ二枚が, チベットでは, ボクは, ポーズの, マッチも, リボンを, 一つには, 一人も, 一人二人どちらの, 一方学問, 一旦正気, 一時にも, 一般私たちの, 一葉が, 一葉の, 一通りの, 万一お, 上たる者は, 世の中が, 世人が, 主としてその, 之は, 乗ってた御, 九月下旬尚, 事実上現実に対して, 二人を, 五弁の, 京都の, 人が, 人の, 人を, 人情を, 人質に, 人間にとって, 人間の, 今の, 今までは, 今云った, 今夜御, 今日お立ちに, 今日知りたい, 他人に, 他人頼みの, 以前の, 伸子の, 何か, 何し, 何しろ病傷兵, 何しろ碌, 何となく気味が悪い, 何に, 何も, 何よりあれこれ, 何分にも, 何分長々の, 何卒くれぐれも風邪, 何卒當年, 何卒私, 何處へ, 余が, 余は, 余りに妄説, 作句の, 作者の, 例によって, 僕たちだつ, 僕には, 僕も, 先ず極く少ない, 先ず正直, 兎も, 公然と, 兵士に, 其の當時, 其れ, 其当然, 内側で, 列の, 初めは, 初手から, 劇は, 労賃及び, 南北合体とともに, 南方の, 去年の, 又他, 古代に, 古来名優と, 可愛そう, 同時にまた, 名高いもの, 君だけは, 君だって, 品位に, 喪葬令に, 嘘は, 因縁事な, 国民の, 地震が, 夏など, 外から, 多くは, 多く言は, 多勢に, 夢でも, 夢に, 大体森木, 大助は, 大変深切でした, 大部分, 失われた青春, 契沖の, 女の, 学者以下の, 宇野さんが, 実は僕ア道楽, 実は光る, 実行の, 実際に, 宴歌又は, 寸毫ために, 少しそこ, 差当り困る, 平安朝に, 幸い彼, 幼小な, 広島と, 建設者たる, 当局の, 当時は, 彼が, 彼らは, 彼れ, 彼女が, 後で何だか気の毒, 後の, 御覧じゃりまし, 心あっ, 念の, 思いついたから, 思い切って, 思うさま心, 性来怜悧の, 我々には, 我輩は, 或る, 手紙を, 打棄, 支那が, 政治の, 数学, 敵を, 敵艦に, 文化映画の, 斎藤は, 旅籠屋は, 日本に, 昇降の, 明かに, 昔の, 昔恋し, 是が, 時による, 時間が, 普通農民の, 暫くの, 本の, 本人が, 本当の, 本来が, 松村子爵は, 欧米の, 正面が, 此方も, 武者さんは, 歩いて, 殿様は, 水が, 水屍体は, 水引に, 永い月日, 求婚の, 浅草の, 無いから, 無用の, 然しながら生家, 然し公判, 犯罪事実の, 現実は, 生活資料の, 発心を, 直に渡し, 真相が, 神にとっては, 私からも, 私と, 私としては, 私などの, 私のは, 私も, 私や, 私達には, 秩父にも, 究極する, 空白と, 第一手, 米友は, 終に発行, 総生産物, 罪で, 署長は, 聞く人, 職掌からも, 自分らの, 若え, 葉子にとっては, 蒼空の, 蘇老, 蟹は, 行方知れず覚え, 表から, 要するに中正, 要するに後, 見た目には, 見て, 見懸けには, 親馬鹿とは, 触覚という, 誰も, 財貨の, 貴方の, 貴金属の, 資本の, 赤インクの, 載せられ方, 辻川博士の, 近代人の, 近頃流行っ, 道は, 長時間にわたって, 門弟一同の, 関ヶ原で, 青年の, 音楽文学の, 頗る不行届, 頭を, 願いたい, 風間の, 餘程殺した, 骨格逞しく, 黴菌から, NHKは

▼ う~ (484, 0.2%)

323 やない 77 やありません 1412 やア 6 やとて 5 やねえか, や無い 4 や無え 3 や有 2 して, やが, やございません, やな, や有りません

1 [25件] つとして, の一番, はいが, は楽, やあねえか, やあるまい, やあんめ, やから, やけた物, やけれど, やそんな, やつかん, やつた, やと思う, やなく, やに早く, やはりひじぢ, やまあ, やもう, やよ, やらう, やナ, や御座いません, や近い, よ

▼ う~ (467, 0.2%)

16 つし 5 思ひに, 答へ 4 めえ 3 人が, 孃さん, 手間は, 暇を, 言ひ

2 [31件] あがりなさいと, かたが, きみへ, それが, ぬし, まつしやろ, もつて, よしなさいよ, ンと, 仲, 入んなさい, 吉様は, 品は, 園は, 城の, 奉行様, 妙を, 定さん, 定は, 帰り, 帰りお, 帰りに, 探しを, 気の毒でした, 浦は, 経の, 考えに, 醫者樣でも, 願ひです, 鳥殿, 麗さんは

1 [360件] あがんなさいな, ありに, いいな, いひ, いひで, おかみだったで, おかみの, かたはお, かたを, かみさん, かわいらしいお, ききに, きみは, さけで, さげに, さしつかえは, さわを, せいさん, たづねに, ぢたる, つかさま, つそろしくやり手, つつかない, つな, つ母, ではあゆ, とぼけなすっ, なりやしたの, なるもの, ぬしと, はまを, ほほほほあ, ますな, ますやろ, ますよって, まつか, むずかりじゃに, もちや, もての, もてます, もて曾我兄弟, もはせ, もひ詰めた, もふてゐ, やつの, やりなさい, よみに, わかりに, テクちやん, ンう, ーう, ーッという, ーツといふ, 一人で, 一人なら, 上がりと, 下りでありましょう, 下ろしな, 世継ぎ願いの, 世辭が, 久米は, 二人で, 云いでしたから, 云いでしたの, 云ひ, 互に, 互にこれから先, 互に二十, 互に愉快, 互に憎ん, 人とは, 人の, 人を, 人柄であろう, 仕な, 任せ下さいますか, 休みの, 体も, 使いなさいと, 侍と, 依み申しまする, 信さんどした, 信じなさるん, 信はんは, 元の, 兄様, 光を, 児様が, 内儀さん, 内儀さんが, 別れする, 前借りに, 力落しでございましょう, 勢を, 化が, 医者なんて, 医者に, 医者様でも, 医者様は, 十夜だ, 千代ちゃんに, 千代は, 午だ, 午で, 厭なら, 友達つて, 取次ぎの, 取次の, 受けなさると, 叩きゃるは何人ぢゃ, 可愛いいこと, 吉の, 君さんの, 品が, 品さんどうか, 品さんに, 品さんにも, 品さんは, 品さんほどの, 品さん力に, 品さん跛の, 喜乃の, 喧しゅう, 園を, 城が, 城へ, 城通ひ, 堅いから, 墓に, 墓には, 墓の, 墓を, 声だけでも, 夏さんは, 夏は, 夕食の, 大切に, 大名でこそ, 女中がたは, 好みでございまし, 好みなら, 好奇も, 妻さん, 姉さまは, 姉様は, 姿だ, 婿様よりは, 嫁さんへは, 嫁さんを, 嬢さま, 宅で, 宅へ, 安い御用, 安い御用みたい, 定めこれ, 定り, 寄りいたしますだよ, 富が, 寒ぶ, 察しし, 察しします, 察し下さい, 察し下さいまし, 察し申します, 察し申し上げます, 寺の, 寺へ, 導きくださいますよう, 屋敷の, 屋敷へなど, 差支が, 市場が, 師匠さま今度の, 師匠様お, 師匠様も, 帰でございます, 帰りあそばせ, 帰りだ, 帰宅り, 広いお, 庭も, 引きよ, 引取り下さい, 役人に, 待たせして, 待たせするが, 待遠, 心安く思し召し, 心當り, 忌なら, 忙しいの, 忙しいんで, 怒りには, 思ひ, 思ひですね, 思ひんか, 恨めしく思われた, 手に, 手紙の, 才は, 招きなさるやう, 支度を, 政は, 敏は, 料理を, 春坊を, 春殿, 暇します, 月様の, 望みなら, 末は, 杉婆は, 柳という, 栄に, 梶は, 椀の, 極りの, 止しなされ, 武家さんの, 気に, 気の毒さまだ, 気の毒さまどす, 気の毒な, 氣の, 江戸との, 泊りなさいだが, 浜坊元気だ, 浦の, 淋しくも, 瀧は, 照, 熱いの, 父う, 父上様の, 父様, 父様あんなに, 父様が, 父様と, 父様の, 父様は, 父様も, 琴さん, 由が, 町に, 疲れで, 疲れでございましょう, 疲れに, 登和さん, 相手しましょう, 眼に, 知己に, 確かめしよう, 祖母さまも, 神楽でも, 神樂の, 神籤所を, 祭り見物に, 禮を, 種は, 稲の, 竜ちゃんの, 筆さんが, 筆とか, 筆は, 答えでした, 米の, 米も, 米シヤン, 粥を, 糸さんは, 紺自身は, 絹は, 綱さん, 綱さんは, 線香が, 縁側に, 縫も, 繁は, 繩を, 置きなさらん方, 置きに, 考えあそばせ, 考えです, 考え遊ばし, 考へ, 考へに, 考へにな, 聞きなすッ, 聞き下され, 聞き及びでございましたか, 聞下さい, 胸でございましょう, 腹立か, 膳や, 舟さんの, 艶ちゃん, 芝居は, 花ちゃん, 花見時分で, 花見気分で, 芳は, 若に, 草鞋でございます, 菊の, 葉は, 蓮様は, 薬は, 薬を, 藥は, 蝶さんの, 蝶という, 蝶様さ, 覚悟をこそ, 角さんも, 角の, 言ひです, 言ひ棄て, 言葉だけは, 言葉と, 許し下されます, 読みに, 諏訪様が, 諦め下さいまし, 謂ひだから, 賽銭を, 起きよ, 越しやして, 身形だ, 身浄めの, 辨さんの, 這入りに, 通さん, 通さんの, 通という, 逢いしたいもの, 逢いして, 連れ申し, 邪魔しました, 邪魔に, 酒が, 酒を, 醫者はんの, 銀様の, 隅さん本当なら, 雪は, 霜は, 靜が, 頼みいたします, 頼みは, 頼み申す, 願の, 願ひ, 願ひしたい, 願ひしまつ, 風呂が, 馴染は, 駒さんお前は, 高声が, 鯉さんが, 鶴の

▼ う~ (443, 0.2%)

111 がない 108 はない 34 もない 19 はありません 13 はなかっ 11 がありません, のない 10 がなかっ 9 が無い, はなく 8 もなく 6 がなく, は無い, もなかっ 4 がなかつた, はございません, もなし 3 がございませぬ, はあるまい, はなし, もございません, もなかつた, も無い 2 がありませぬ, だろう, のもの, はないでしょう, はなかつた, は無かっ, も無し

1 [38件] がありましょう, がある, がございません, がなかろ, がなけれ, がねえ, が有, が有りません, が無かっ, だ, だのに, である, であるから, ないじゃ, なくこれ, なくただ, なく五十畳敷格天井, なし余, なし満員, なのに, のカラクリ, の新しい, の無い, の父, はありませんでした, はございませぬ, はござらぬ, はござりませぬ, はないとお, はねえ, は一ツ, は有りません, もありません, もある, もお, もござらぬ, もござりませぬゆえ, 無く男

▼ うその~ (430, 0.2%)

9 方が 8 時は 6 前に 5 うちに, 時に 4 ような, 人が 3 うちには, ために, ま, 人は, 日は

2 [18件] かはり, たんびに, とたんに, ほか馬は, 三四ヶ月と, 上に, 代り利息は, 傍に, 効果を, 友達の, 娘が, 時の, 時分に, 時私は, 晩の, 簾を, 証拠には, 身許から

1 [338件] あくる日から, うちにて, うちにも, うつらうつらの, おりは, おり母の, お使番, お内儀さん, お品, お土産, お客さまは, お屋敷, お手, お金を, かはり何, かわり一寸, かわり二倍の, かわり奥様の, かわり帰っ, くさりが, くらいのあきらめ, くらいは, ことについて, こと考える, ころは, ころまでには, ご上人様, ためどれだけ, とき, ときに, ときには, ときコムミユンは, とき涌谷さまが, とき私が, どろぼう, なかの, はしに, はずさと, はずだ, ばかばかしい一口話, ひびきにも, ぶたれるの, ほかどっさり, また翌日, やうに, ようにも, わけを, わたしの, インスピレーションを, クラブへは, シムソンと, バード, ビールこそ, 一つの, 一ツ目橋の, 一軒屋こそ, 七人の, 万葉の, 三味線の, 三艘でした, 上大変な, 上山道へ, 上衣と, 与力は, 両脚を, 中で, 中に, 中の, 事のみを, 事件の, 二人は, 二十の, 交渉の, 人, 人々の, 人たちの, 人も, 人達の, 介錯も, 仕事は, 代りお前が, 代りそれが, 代り分け前は, 代り吾, 代り考も, 代り腹へ, 代わりに, 仮装は, 伊那踊りです, 何物もを, 供述に, 侠気の, 側で, 傷や, 儀は, 光は, 光景それらが, 光線は, 児の, 内容は, 写真版だけが, 冷やかな, 凄い怖い眼, 凄じい勢, 出た籤, 刀は, 刹那から, 前ここで, 前祝いに, 原因が, 口から, 口止め料を, 可愛らしい男, 台詞は, 名刀を, 名前が, 周囲には, 啼声と, 囁きが, 因縁が, 土人の, 土塊は, 土牛の, 地震は, 型を, 報いな, 声が, 声に, 声も, 変りも, 夜なかに, 夜は, 夥しい子守宮, 大事な, 妹さんが, 妻君の, 姿は, 姿を, 姿見の, 威厳に, 嫡子と, 子に, 子の, 子も, 実力も, 寝場所, 小さい男の子, 少女は, 屍体が, 岬に, 峻烈さは, 川の, 左官頭は, 巻き奉書を, 帳面の, 年の, 年重に, 庭前において, 弁当を, 弁解の, 影らしい, 役人の, 得意らしい, 心持は, 心配は, 念願の, 息子さんよ, 悩みと, 悪魔的悲劇に, 意味でも, 意味に, 意義いかんと, 意見の, 手で, 手の, 掘立小屋, 新発意は, 方, 方から, 方ね, 方の, 方も, 方らの, 日かせぎ, 日に, 日を, 日本左衛門の, 昔ながらと, 時あなたは, 時から, 時こそ, 時この, 時代には, 時代の, 時出, 時分は, 時分彼女と, 時左側に, 時手伝っ, 時東京で, 時此処に, 時自分は, 時鎌倉の, 晩は, 晩鍵屋の, 暁には, 月見の, 朝も, 本拠へ, 杉叢が, 案内坊主を, 棲所の, 棺桶ようの, 検屍の, 樂が, 機会に, 武家を, 気が, 洋服を, 流れを, 清らかな, 滔々ぶりに, 濡れた草, 点が, 点で, 点は, 為さ, 無心そうな, 煉り方, 煩悶も, 犯人を, 玄徳が, 珍らしい, 現在し, 理想を, 理由が, 男の, 男は, 町にも, 異常な, 皮の, 目的は, 相手は, 真似を, 真白な, 眼は, 石だ, 碁の, 碁盤の, 社説の, 私が, 窓は, 端が, 筈で, 米友の, 精密なる, 結果は, 絵を, 絵巻物を, 罰当りの, 美しい母子風景, 美人は, 羽織を, 者へ, 自信は, 船からは, 船に, 船の, 船影は, 色が, 花は, 花盛りの, 苔の, 著者は, 薩摩と, 薩摩守の, 藪の, 蜂を, 血を, 衣類を, 言い草を, 言ひ, 訳を, 証書には, 話を, 誇りの, 證拠を, 證據には, 買い手の, 費用を, 贔屓が, 跫音を, 身の, 車掌が, 軍人や, 輝きの, 辺で, 辺に, 辺の, 辺は, 近所に, 返答承知致さんであれ, 途中, 途中には, 通り, 造形的な, 道具は, 遠藤君の, 選手と, 遺産と, 邊は, 重荷が, 野原に, 金で, 金を, 金属板の, 間道を, 阿波様の, 陰影が, 隙を, 雑誌が, 難苦は, 雪の下にだけ, 雪田の, 青年との, 面影も, 音が, 音楽が, 頃から, 頃新国劇へ, 頃私の, 領分の, 風情に, 首尾の, 鬼籍に, 黒い沈んだ, 黒門の, 黒髪と

▼ う~ (424, 0.2%)

11 思はない 9 行かない 8 一定 5 いかない, 思ひません 4 思つても, 思はぬか, 行きません 3 ありません, いふものの, ない, 云ふも, 言ふ

2 [27件] いきません, ございませんか, さう, なかった, なるまい大, ぬるむ水無月, よく知りません, 云つた, 云は, 云へ, 問屋が, 得も, 思つた, 思はなかつた, 思はれない, 思はれぬ, 思ひながらも, 思ふが, 思へなかつた, 無けれど, 自分も, 草の, 行かないの, 行かん, 行くまい, 見えない, 言つた

1 [305件] あたし町へ, あの通り, あらず最も, あるまい恁, あれこれと, いうもの, いかずしよつちゆう泣き言, いかないぞ, いかなかつた, いかなくなつ, いかぬ, いかぬが, いかぬところ, いかねえや, いくらなん, いはないで, いふもの, いへまいのう, うすい金属, おいしか, おむつかり, おれの, おろかいつの間にか, おろさないの, お殿様, かんがえて, きょうを, こしら, この輩, こんなこと, させないと, させません, して, しない, しないで, しんと, すが, するもの, その意, それだけの, それぢや, それを, そんなに復, たいがい自分の, たいていの, たとへ, だたみ, ちっと驚ろ, ち鳴らすその, つきりわか, つて淡紅の, とれまい, どういふ, どうじゃ, どうやら機関室, ないことに, ないじゃ, ないわなア光, ないん, ない今晩, なかったろう, なかつたの, なくその, なく平次, なく瞬間, なにを, ならざりしを, ならずその, なりたくない, なりつるなり, ふっつりと, ふに, まっくら, まるで知つて, もう平静, もう海老瀬村, もう詩, やっと四十九, ゆかない, ゆかない一, ゆかなかった, ゆかぬ, ゆかぬて, ゆつくり, よく見えません, わからないもの, わけの, クルマを, サルの, ッと, ッは, ツつら, デストゥパーゴって, ハリキれない, フランス風の, レキシントン級の, 一定しのび, 一定じゃ, 一定それが, 一定だ, 一應頭の, 一目で, 三個, 不可ぬ, 久助君は, 二歩後すざり, 二百三百という, 二百坪にも, 云いましたが, 云ったが, 云つたが, 云つて置いた, 云ひ張る, 仏蘭西の, 他人もしくは, 付いた聲, 伺はないけれど, 佐渡ヶ島から, 何か, 何を, 信じなかつた, 俺の, 僕にも, 僕の, 僕は, 僕畫を, 冬期に, 出來, 出来ないの, 切れないよ, 利かんさ, 勿論あたり, 原っぱです, 参らぬ, 参らぬぞや, 參りません, 口に, 召抱へ, 可哀, 台地に, 向つて右側, 吹き通す風, 吾儕が, 問屋で, 困る, 土手向うの, 坂本吉郎ツて, 坊主では, 大, 大きな空間, 大でき, 大勢だ, 如何にも残念, 家の, 容易に, 届かぬから, 山小屋の, 岩のうへにて, 引けない, 影も, 彼女とは, 往かない, 御堂どのが, 御座いますが, 怒つて, 思うて, 思って, 思っても, 思つ, 思つてる, 思つてゐた, 思つてゐない, 思つて居りませぬ, 思はないかい, 思はないで, 思はないの, 思はないわ, 思はないん, 思はない不幸, 思はない半信半疑, 思はない既に, 思はぬ, 思はぬであらうか, 思はれない姿, 思はれなかつた, 思はれませんか, 思はんが, 思ひつ, 思ひながら, 思ひませぬ, 思ひませんか, 思ふ, 思へない, 思へないなあ, 思へない千家氏, 思へねえだ, 悪いと, 惜しいという, 成らなかつたかも, 成んねえかんな, 戴けません其, 抵抗した, 持って, 斬れない, 斯ん, 斯んな, 旅の, 日本の, 明日です, 明日の, 暇な, 書けなかつた, 有やあ, 木のはが, 柳剛流に, 概括し, 次の, 此帝歟可, 武門の, 歩けも, 残って, 母の, 気附いた, 水を, 水神の, 油断を, 治らぬ夜, 泣き出すほか, 海へなんて, 海岸では, 潮の, 濕り, 濛々たる, 炉を, 片手業にも, 狃染みません, 理窟で, 生れたばかりの, 申しましても, 申しますけれども, 申しますまい, 申しませぬ, 直接に, 真の, 真実に, 眼も, 眼を, 祈り得られないで, 稼げねえよ, 稼業だ, 空腹で, 笑の, 笠を, 答へ, 簡単に, 絶えず裏側, 考へさせないもの, 考へて, 考へられない, 考へられまい, 聞いたが, 自力で, 自由じざいに動ける, 行かず次々, 行かないよ, 行かない求めても, 行かなかつた, 行かねえよ, 行きさ, 行きませんよ, 覚悟し, 角力へ, 言うものの, 言つても, 言は, 言はず必ず, 言ひ, 言ひよらん, 言ひ得ない, 言ひ放つた, 言ふも, 言へ, 訣らない, 評判の, 誰が, 誰だ, 調子の, 赦されない, 身一つで, 身体が, 這奴ひとりか, 酷かろう, 野の, 金公なんて, 間に, 阿蘭陀人どころか, 随分骨, 青物市場で, 青草の, 面が, 顔を, 飮めない, 飯ばかり, 馬一匹買える, 駭くまい

▼ うかとも~ (414, 0.2%)

47 思ったが 45 思つた 27 思って 20 思った 14 考えた, 考えたが, 考えて 11 思いました, 思いましたが 7 思う 6 思います, 思ったの, 考へて 5 思いながら, 思うの, 考へたが 4 思ひましたが, 思われた, 考えたの, 考へた 3 思うん, 思つたが, 思つたのだ, 思ひました, 考えました

2 [16件] 彼は, 思いましたけれど, 思いやった, 思うてを, 思ったけれ共, 思ったり, 思つて見た, 思はれる, 思ふ, 思われる, 源氏は, 考えたり, 考えましたが, 考えられる, 考が, 考へられる

1 [108件] あるいは創作家, いう, いったんは, おも, おもって, じ, そんな話, どかしがりながら, 一度は, 世間で, 久しく考え, 云った, 云ったが, 云つてゐた, 云わない, 何とも言, 危ま, 存じて, 存じての, 存じました, 存じましたけれども, 存じましたなれども, 存じまして, 存じられます, 思いはじめた, 思いましたので, 思いますが, 思いますけれども, 思い惑った, 思い或は, 思うが, 思うけれど, 思うけれ共, 思うし, 思うた, 思うたが, 思うて, 思うのよ, 思うよ, 思ったくらい, 思ったん, 思ってるん, 思つ, 思つてゐた, 思つてゐる, 思はないでは, 思はぬ, 思ひましたよ, 思ひ惑, 思ふから, 思ふがと, 思ふけれど, 思ふたが, 思ふの, 思ふ私, 思へた, 思わせられました, 思わないでは, 思わなかったの, 思われたが, 思われたの, 思われて, 思われました, 思われましたが, 思われます, 思われるが, 思われるして, 思われると, 思われるの, 思われる年頃, 思われ出しいったい本当は, 思召す, 思案した, 思案を, 悲しまれるの, 惑う程, 惧れました, 想つて見た, 想像せられる, 想像の, 江戸詰めの, 申します, 疑はれる, 私は, 考えたくらい, 考えたので, 考えてるの, 考えなかった, 考えます, 考えますが, 考えるの, 考えるよう, 考え中です, 考え付いた, 考え家, 考へたの, 考へたり, 考へないでは, 考へられる餘地, 考へるの, 聞いたやう, 覚悟し, 言い出したが, 言った, 言は, 迷ったの, 迷つてゐる, 院は

▼ うそれ~ (412, 0.2%)

187 ならば 4 がいい, がため 3 が, がこの, が何, と同じ, に違い, も

2 [23件] がお, がし, が慈悲, でいい, というの, とはまるっきり, と同時に, にいろ, はある, はそれ, はどんな, はわたし, までよりは一層, もよく, より他, より外, をお, をお前, をお前さん, をここ, を一概に, を思う, を馬

1 [315件] あの時分浮名, いじょうは, かと云っ, からどう, から六七年, がい, がおれ, がたのしみ, がどう, がひどく, がまた, がみんな預金, がよろしい, がわたし, がテニス, が一つ, が一方, が今日, が今晩あたり, が伝説, が僕, が出来なかったら, が十年, が叶わず, が君, が商売, が大きな, が大地, が嬉しい, が宣しゅう, が心配, が時々, が最早すっかり, が死ん, が気がかり, が海流, が火事, が現在, が真, が知りたかった, が私, が表面, が証拠, が近ごろ, が遅かっ, こそお, こそ汝, さ彼奴, じゃあ, じゃあまた, じゃア上下, じゃア私, じゃ話さねえ, すら寒月君, だが, だけが今, だけでも勿論, だけを心, だって話, だのに, だのにさ, だもん, ちゃんとその, つきり二階, であれば, でい, でくたばる, でこそ遙, でさえいろんな, でさえ筑紫, ですから, でつごう, でとめられない, でなくてさえ, でなくとも, でなければ, では堪らん, では詰らない, で安心, で鹿島神宮, とすれ, ともう, と云う, どうだ, なくしては, なの, にくらべる, にし, にしまし, にちがい, について何, につきまし, にはお, にはお触れ, にはどう, にはなにか, にはよくよく, には今日鮒, には幸子あたり, には幼学便覧, には忍び得ない, には木曾路, には瀬越, には當地, には第, には艦隊, にも拘らず, に下り, に今晩, に付い, に伊予紋, に何故, に俺, に児, に其方, に命がけ, に寿子, に引き, に抗, に橘一人, に此の間香水, に比べる, に無断, に番号, に答え, に続い, に船, に較べ, に輪, に違, に酔っぱらってる, に間違ひも, に關, に阿, に限る, のこちら側, のみ心から, はあなた, はいつも, はお, はそう, はその, はそれ程, はたしかに, はたぶん, はなりません, はねほんとに, はほ, はまだ, はもう, はわし以外, はインガ, はマダム丘子, はヱロ, は一応, は一羽, は世にも, は主観, は人, は何, は何処, は写真, は医者, は単に, は厩橋さま, は同じ, は四畳半, は土佐, は大丈夫, は定石, は宮, は屍骸, は弾正, は御, は御身, は春, は是非, は本当に, は楓, は次, は歌, は止す, は正しい, は死に際, は民法, は気持, は理論成立, は琴, は確か, は聖賢, は自分, は自己, は自然科学, は菊, は血, は証拠, は軽蔑, は道理, は限られた, は面白から, は飲み込ん, ばかりが楽しみ, ばかりでなく, へ入れ, へ直れ, までじっと, までには人家, までによく, までに恋, まではこの, まではまずまず, までは出来る, までまあ, まで其の, もおもしろい, もき, もこれ, もしばらく, もそう, もその, もザラ, も二人, も仕方, も何, も利き, も十兵衞, も忘れ, も悪い, も束の間, も止む, も私, も筋書通り, も規定, も駒井, よね, よりお, よりか次, よりは八, よりもまた, よりもよい, よりも福田, よりも莫迦者, よりも詩歌管弦, より相, を, をあたい, をいきなり, をいちいちああ, をおまえ, をかっこむ, をきい, をきみ, をこの, をしばらく, をそう, をなんと, をはっきり, をまた, をもいただい, をわざわざ, を二度, を今之, を今私, を仰っしゃっ, を使っ, を六時間, を南, を向う, を吾, を夢, を察し, を射つ, を帯び, を平気, を待っ, を御, を悪く, を所, を抑える, を押えつける, を最後, を梁, を歌っ, を盛ん, を目当て, を直ちに, を知ってる, を知らず, を破裂, を私, を私たち, を考え, を考えだし, を考えない, を考へる, を考へれ, を聞いた, を自分, を自分達, を見捨て, を訊かれる, を訳, を訴人, を話し, を詳らか, を誰, を買いましょう, を通りかかっ, を食っ, を黙っ, 故に唯, 故に門, 故アビシニア的範疇, 見ろ, 走れ

▼ う~ (401, 0.2%)

76 の心, はそれ, はもう 5 はあの, はその 4 はあなた 3 の時, はこの, はどんな, は今, は彼, は怖い, は自分, は長い

2 [29件] があなた, が何, が帰る, が最後, しは, だつて, だよ, にはとんと, には判らない, にもの, に何, のよう, の体, の問, の方, の肩, の関心, はさ, はそう, はそういう, はどう, ははじめて, は何ん, は恐ろしく, は此, は私, は通り, もこの, もそう

1 [280件] あ向う, い国, が, がある, がいつかあなた, がここ, がさつき語つた階段, がどうか, がの媼, がやった, が出家, が妹, が媒人, が居ねむり, が屹, が岩屋, が彼, が恐縮, が悪意, が或, が手, が折角, が旅, が昨年, が死ね, が生きた, が芸者, が若し, が行っ, が見た, が見立て, が言い損なった, が診断書, じゃなけれ, だってあんな, だってその, だっても頑是, だって駭然, ちっとも知りませんでした, って自分, で無い, とし, と一緒, と伯父, どうしましょう, なぞは昨晩, などにはおよそ, なども始め, にはその, にはそれ, にはまだ, には少し, には心, には解らない, には金, にぴったり, にもなにか, にもむりなくできそうな気, にもよく, にも分りません, に出, に出来る, に勸め, に囁く, に天華, に目礼, に見, に言葉, のいう, のおとうさん, のこと, のこの, のふだん羽織, のまだ, のやう, のクレバネット, の一番, の云う, の余興, の俳句, の側, の先生, の叔母, の執心, の声, の女房, の娘, の嬉しく, の宅, の帆, の御, の怨も晴れる, の恐れ, の愛用薬, の態度, の懇意, の拍子木, の持っ, の本国, の知つて, の知人, の稚い, の美くし, の胃袋, の胸, の見すぼらしい, の見る, の言う, の言っ, の言動, の財布, の身, の運, の過去, の閉口ぶり, の霊魂, の願い, の食卓, の體, はあらゆる, はあんまり, はいつ, はいつも, はうまれ, はお前, はかう, はこうした, はこのごろ人様, はこれ, はこんな, はさう, はそんな, はたうとう, はたしかに案外, はつくづく, はでも, はとても, はどうしてこう, はどこ, はほんとう, はまだ, はむしろ, はもっと, はもとより, はゆめ, はよく, はよつく, はよろこんでる, はケエキ, はフッ, は一時, は一生, は三本松, は不敵, は世界漫遊以來, は中学, は之, は今日, は今重大, は何, は何人, は何為, は余り, は侮辱, は兎, は全く, は公高, は兼ね, は前, は又, は反射的, は君, は團子, は地獄, は塀, は大判小判, は大変, は大嫌い, は妹, は妻, は宗悦, は実に, は宿屋, は少年, は左様, は幸, は引, は引返した, は彼女, は心, は心配, は怖, は思つて, は恐れた, は恥ぢる, は或は, は斯様, は日本橋通三丁目越前屋總七, は旦那様, は昨日, は最う, は本当, は本当は, は東京, は松, は栄耀, は殺人犯, は甘える, は痛感, は直に, は眼, は知りたい, は碁, は穀類, は篤と, は結婚, は翌, は考へ, は考へる, は背筋, は胸, は英語, は荷牛, は見る, は許されましょう, は貧乏人, は貴方, は車, は酔う, は酷く, は鑵詰, は間もなく, は階段, は随分, は雀, は非常, は顔, ほんとにつまらないつまらない, まで, も, もきょう, もこんな, もさう思ひます, もその, もま, もゆきませう, も二三度, も初めて, も多忙しい, も奥様時分, も実に, も実は, も巡拝, も恟, も気味が悪い, も猟, も男, も着よう, も絵, も聴いた, も見合せた, も諦らめ, も貴所方, も附い, よ, より年, をどう, をねかし, を乗せた, を前, を女, を愛し, を瞶め, を視, を通, を頼め, 凄いわ, 息せき切つてポスト, 知らないけれども, 見て

▼ う~ (371, 0.2%)

9 歩いて 7 走って, 遠ざかって 5 いって, 行って 4 うへ 3 とんで, ひらきました, 彼は, 往って

2 [19件] うたんは, うたんや, うと, うとかぎり, うとして, うと凍ゆる千鳥, うと連れ, たおれて, ひらいたでは, ひらいて, まがって, やれ教養, ツへ, 帆船には, 往こうと, 消えて, 私は, 言ふ, 語其もの

1 [284件] あたしに, ある才能, いかないと, いきたいなあ, いきましょうか, いく, いく前, いけ, いこうと, いったらどんどん, いったら見物人, いってから, うたり, うとうち, うるさく附き, お前に, お前まで, お前達は, かえるの, かけだして, かけて, かの女, からいつて, からだには, きちが, この窓硝子, この自分, ころがって, ご褒美, すがた, すさまじい泣声, ずいと, そこらぢ, その延びる, その胸, それは, それ自らとして, たつた今, だが, だつた, だといふ, ついてから, つきだした, つきとばした夢, つきぬけないかぎり, つれて, でありまた, である, でなければ, とおざかって, とぶよう, どんなに呼吸がせ, ないた, なか, なく微妙, なの, なん里も, な妻, にげおりた, ぬけて, のをの, はいって, はねのけました, ひらいたの, ひらくの, ひらくよう, ひろびろと, ふったとき, ふみこんで, へいまさら, へその, へへへ, ほかの, ほぐれて, ぼかして, まるで植物, まわして, まわすと, まわすの, まわれ浜松, むけて, むこうへと, むごたらしい, めつたに, やって, やれと, やをら腰を, ゆくと, らしい老人, わたって, エ, シローテは, トルコと, ベロリと, 一キロばかり, 一向仕, 一嵩一寸低く, 一度は, 一枚, 一歩遠ざかる, 一雨そそ, 三十歳ぐらいの, 三日に, 下りて, 両国の, 両手で, 並びそこ, 乗りこんで, 二三人の, 二人一緒にな, 二階の, 亡夫と, 人を, 以上の, 仲間の, 伝統の, 伴作の, 佐賀平戸島原の, 体格が, 何か, 何でも, 何も, 何を, 偏見と, 兄に, 先づ差当り白米の, 光代が, 入れて, 公開する, 内務省と, 冷静な, 出かけて, 出て, 出ようなんて, 出掛けなくては, 出状況, 医学には, 十九歳の, 厚ぼつたい, 取られて, 合図が, 向いたまま, 向いて, 君が, 君も, 問はれ, 噛んで, 因縁の, 困つたこと, 堅気な, 外へ, 大道具小道具に, 女と, 妙な仕, 姉さまに, 姿を, 子供と, 学校を, 宙返りを, 少しお, 少し借りた, 少年には, 少年はめつた, 届こうが, 差向けて, 帰って, 帰ろうかと, 広い土間, 店を, 庭や, 廻って, 廻りこんで, 廻り去年, 彼の, 彼を, 彼女が, 彼女の, 彼等は, 往った, 御共力願, 御婦人, 御幼時, 必要以上に, 怪談全集も, 恥の, 情慾の, 情況が, 態度が, 憤りを, 手と, 押しやって, 押しやるよう, 持って, 捨てられて, 文子は, 時間の, 更にこの, 書きつづけること, 會員同人の, 有りがたい, 来て, 概論といふ, 横山属の, 此比は, 此等の, 水色に, 泳いで, 泳ぎつく, 消えるとき, 消息が, 深い健康, 渡って, 渡る二本, 演劇は, 漸く見付けました, 火が, 煙草一株につき, 片眼, 現われた時, 生活の, 田舎住ひ, 男二人は, 町方の, 留守中だ, 病気で, 着いたとき, 着いて, 着かなくては, 知らない読者, 石は, 私が, 私どもは, 私の, 秋子は, 積雪の, 突き放すよう, 細ま, 経歴から, 置いて, 羅府の, 背中が, 自己の, 落ちて, 薔薇の, 行かず駅前, 行きさえ, 行きつくと, 行く, 行くその後, 行くほど, 行く者, 行けと, 行けませんから, 行こう, 行ったの, 行っても, 見えなくなって, 言ひ, 贈つたもの, 走り去りそれ, 軍隊に, 追いやった形跡, 追いやりたかった, 逃げたの, 逃げて, 通詞といつても, 道の, 部屋なども, 部落全体の, 酒と, 金鍔次兵衛が, 銑さんが, 開きました, 離婚し, 雷が, 飛びさって, 飛んで, 飛行家の, 飼料たる, 馬や, 馬を, 駈出して, 黙つて, 鼻音性が

▼ うでも~ (370, 0.2%)

15 しなければ 12 あります 11 して 97 関は 6 ありません 5 ありませんがね, あるまい, なかつたが, 構は 4 ないかな, 思はなきや, 斯う

3 [13件] あらうが, しないと, しなきや, するより, ないと, なかつた, 勝手に, 好い, 好いから, 好いや, 好いわ, 私は, 言は

2 [22件] あつた, ありませんでした, あり又, いい, いいとして, ございませんわ, しなけりや, ないか, ないかね, ないで, なかつたやう, なかつたらあなた, なくちや, なりますから, ねえが, 勇の, 厭やに, 好いこと, 好いぢ, 宜しい, 考へるより, 遣りませぬと

1 [195件] あらうけれど, あらうと, あらう位, ありました, ありますが, ありますまい, ありませんが, ありませんけども, ありませんね, ありませんよ, ありまた, ありやすまいが, ありを, あり一, あり嬉し, あり恐ろしい, あり硬く, ある, あるまいが, あるまいがと, あるまいぜ, あるまいと, あるまいよ, いいから, いいが, いいじゃ, いいせめて, いいの, いいやう, いいらしい, いい事, いつもぶし, うそも, お前に, お母アさん, お話に, きっと品切れ, きょうは, こちらを, これなら, ございませうが, ございませんでしたが, しかたが, したら殿樣, しないこと, しなかつたら, しなかつたら承知, しなきア, しなきア下手人, しなくちや, しましょうか, しますから, すぐ与吉, するから, するよう, ずるいん, そう云った, その裾, それは, それより, それ以上とか, そんなに思っ, って魚市, てんでそんな, ない, ないかも, ないだらう, ないので, ないのに, なかつたか, なかつたけれど, なかつたといふ, なかつたの, なかつたので, なかつたよ, なかつたらしいが, なかつた樣, なく, なれ, なれという, なれ左, ねえけんど, ねえなあ, ねえの, ねえやう, まだヒンクス, みつけて, みょうな, みんなは, やはり女, ようございます, よからう, よく今, よし心すべき事, よろしいが, よろしお, キスする, ハッキリしたらしい, 万一私, 中味の, 主義は, 何か, 何だか出, 何て, 何でも, 信号を, 内々お話合も, 処分する, 出なければ, 出来ますの, 出来ます奥, 出来る話, 刀を, 助けて, 十一時迄ね, 千世子さん歩ける, 可いんだ, 可うございます, 可かった, 君達の, 堪らえられぬは, 多い方, 大てい, 夫迄に, 好いが, 好いさ, 好いと, 好いの, 好いのよ, 好いわけ, 好いん, 好い兎, 好い唯, 好い夫, 好い虎殺し, 好い話, 好い貴女, 妻に, 嫌や, 宜しいから, 宜しいが, 宜しい何と, 小林さんに, 左の, 差俯向く, 帰りなますか, 年に, 強さ, 彼う, 彼女には, 往くか, 御座いませんですけど, 恐ろしさ, 成りますまた, 手は, 払は, 明けられぬ門, 構いませんが, 此の, 此方様は, 死なんければ, 油断なく, 活きて, 為なく, 焼きよう, 申さなければ, 私その, 私時計見ない, 秋にね, 約束の, 考えなければ, 考へて, 考へなきア, 考へなければ, 聟に, 自分の, 致しますから, 若いお, 莞爾しました, 落合まで, 蟲の, 覚ったに, 言つて止めを, 言ふ, 言へば, 話しの, 話を, 輪田夏子に, 避ける事, 金平式の, 間違ってや, 隠れなくっては, 験が, 驚きとまでは, 默つ

▼ うって~ (337, 0.2%)

30 いうん 20 んだ 17 云うん 11 いうの 8 言うん 6 んです 5 もんだ, わけさ 4 云うの 3 えいう, どこへ, のは, ものさ, わけで, わけです, 云ったん, 云って

2 [15件] えの, ことに, つもりな, のか, ものだ, わけだ, わけな, んだい, んで, 云ったら, 寸法な, 気に, 気は, 約束した, 言うの

1 [177件] あたしも, あなたの, いうのに, いうば, いうもん, いうんで, いったら出て, いってたん, いってるところ, いってるん, いつかお, いわれてるんで, うるさく僕, えつもり, えんだ, え了簡, え心意気さ, え腹, え評判, おっしゃるから, おっしゃるん, おつもりなら, おとうさんが, お前さんの, お母さまが, お母さんお, お母さんが, お父さんはじめみんなで, お約束, お誘いした, きかないから, きかないのよ, きかなかったん, きっと, こう思いました, ことだけは, ことです, ことは, ことも, こんなに下さいました, じれじれして, せがむの, そう吐かしやがる, そう申し, そう言っときました, それじゃ, それで私, たしかに, つもりに, つもりは, とうとう引っ張っ, どこな, のが, のだろう, ば, ばねえ, びっくりし, みんなも, もんさ, やつさ, よくそう仰し, わけか, わけじゃ, んじゃ, んでしょう, ナオミさんは, ボクを, ムリよ, ラッパ鳴らし, 一昨日の, 三人が, 事よ, 云うだけ, 云うまいし, 云うんで, 云う気象, 云う訳, 云ったけれどもね, 云ったでしょう, 云ったら風, 云った人, 云ってるん, 云っとったやに, 云われたなんかって, 云われれば, 人な, 今まで, 仰しゃっていらしたわ, 仰っしゃっているんですが, 仰云ったの, 仰云って, 仰有ったわ, 位の, 何も, 僕を, 先生心配なすってた, 冗談云っ, 冗談言っ, 処おくれちまいました, 出し抜けに, 勧められて, 南條さんは, 又御, 取りに, 取り合わなかったくらい, 受合ったん, 品物は, 噂し, 図星だ, 大芝居, 奴でなけりゃやれません, 奴の, 奴は, 奴よ, 安が, 寄って, 寸法かな, 寸法さ, 寸法だ, 寸法だろう, 山道を, 幹事からの, 当も, 彼奴は, 御止め, 心算じゃ, 悪だ, 所だ, 所までは, 書いて, 来たもの, 柄じゃあ, 楽屋の, 気が, 気も, 水街道へ, 江戸っ子の, 目白へ, 私たちきいたでしょう, 私に, 私の, 笑うん, 約束しちまう, 考えて, 考えてるの, 者あ, 聞きま, 肚じゃ, 肚なら, 自分でも, 良人でも, 見当つけ, 覚悟を, 言いましたろう, 言います, 言いますが, 言うだけ, 言うのに, 言うのよ, 言う事, 言う噂, 言ったの, 評判です, 話さ, 話しだったよ, 話です, 話田中良って, 誘ふので, 返事を, 邸の, 金じゃねえ, 金だ, 阿爺, 頃でした, 首を, 魂胆だった, 魂膽な

▼ うこの~ (325, 0.2%)

6 人は 3 子が, 野郎, 頃の, 頃は

2 [20件] あたりは, おのれひそかな, ような, 世の中に, 二人の, 人ったら, 人の, 人物に, 俺が, 前の, 半歳か, 国で, 方は, 明るい中, 次は, 男を, 赤い鼻, 赤裸々な, 辺で, 辺は

1 [267件] あいだの, あくび, あたりに, あたりも, いぶかしかった, うえ一刻も, おすすめに, おりつ, お品, お姫さまが, お客さんは, お手紙, お方, お湯を, お砂糖, かたは, きり拓かれた, くらいで, くらい暢気, ことを, さい無益な, しんとして, たびお, とおりわきの下が, ときは, ばか者は, ばけものめ, ひとは, へんで, へんを, ま, まえの, ままお, ままで, ままに, ままの, まま危篤に, まま天下泰平に, まま逃げ, わしな, わしの, オデットの, ガンジョウな, ゴロゴロした, パントウッフル, フォークが, リヴィエェルといふ, 一件が, 一個の, 一団と, 一対の, 一歩金一つでも, 三人が, 三蔵様だ, 上野を, 下に, 不覚, 世界の, 事を, 事実性は, 二つの, 二三ヶ月の, 二日の, 井戸の, 人から, 人とは, 人生である, 人間の, 仇は, 仲良くなつ, 件は, 伯父の, 作り人は, 作者は, 俺に, 俺を, 傷の, 像を, 僻村こそは, 儘に, 先という, 光景は, 児は, 公正証書は, 出来事を, 分じゃ, 切り口からは, 判断は, 前お, 前探査, 勇敢な, 名薬の, 吾輩な, 呪いが, 味は, 和尚に, 商人離車に, 問題は, 国の, 土地に, 堂の, 報告を, 場合学問性が, 墓地を, 声この, 夏の, 夕暮を, 外に, 外を, 大異変, 大身代, 天気は, 奇蹟に, 奥に, 女の, 好き夜を, 妾な, 姿が, 娘を, 婦は, 子, 子は, 子を, 季節らし, 定に, 宝生栄之, 実感を, 実験動物は, 室は, 家の, 家は, 家敷の, 審査員の, 小さい唖, 屋敷には, 山あいには, 巨人は, 帯を, 店へは, 後永く, 御相談, 心持は, 心理だ, 悪戯者は, 意味で, 感覚の, 感覺の, 手は, 手も, 手を, 手紙は, 文詩集を, 方が, 日和見主義との, 明るく新鮮, 時さきを, 時は, 時ばかりじゃ, 時代には, 暗い引力, 暮に, 服は, 村において, 松の, 林の, 森の, 様式化は, 樽を, 橋は, 河岸という, 浮世の, 海は, 涼しさ, 清澄の, 湯治場へ, 点だけは, 点ルネサンス以前の, 無人小屋が, 物音で, 犬は, 狭い料理場, 田舎家の, 甲鉄艦を, 町では, 界隈で, 異変を, 病院へは, 白骨を, 白鳥の, 目鼻立ち殿様に, 眠りざまであろう, 瞬間において, 矛盾とは, 石化は, 石垣の, 礁が, 祖五郎の, 神尾は, 私こそ, 私でございます, 私です, 私と, 私は, 穴へは, 窓へ, 等質性, 紙不足の, 絶望の, 綱を, 老いぼれ方, 老人と, 考えが, 考えは, 者天眼を, 肺病嫌ひと云ふ, 胴巻ぐるみ投げ込む, 脚絆なんぞも, 腰の, 花, 花と, 英膳も, 落人こそ, 葉書の, 薬の, 藤枝蔵人は, 蝙蝠と, 表情は, 見地から, 觀念世界も, 訳書を, 話には, 話を, 誘惑に, 謀は, 転化が, 輩も, 辺ちっとも, 辺に, 辺の, 辺りの, 途中でも, 通り外に, 連中は, 邊で, 部屋の, 部屋は, 閑さは, 間下壇の, 陥穽を, 面は, 面傷だ, 音曲師, 頃どうも, 頃に, 頃わたしは, 頃又, 頃往来の, 顔を, 風呂敷が, 食い潰し野郎めッ, 香りの, 馬鹿者は, 駒井の, 鳥が, 鳩は, 鶫を, 黒川宗次郎は

▼ うなどとは~ (325, 0.2%)

27 思いも 11 夢にも思っ 9 思って, 思っても 7 夢にも 6 少しも 5 夢にも思わなかった, 誰も 4 夢にも思わない, 夢にも考え, 夢想も, 思わない 3 しなかった, ゆめにも

2 [17件] いよいよ以, しない, しないで, だれも, 僕は, 夢にも思い, 夢にも思ってなかった, 夢にも気付い, 夢にも考へ, 存じも, 彼は, 思わなかった, 想像も, 気がつかなかった, 私は, 考えたこと, 考えても

1 [190件] あの際, あまりに思いがけない, いけないかも, いやとんでも, お釈迦さまでも, かつては, かつて想い到らなかった, けっして考えない, この広い, これっぽ, さしあたり考えられなかった, さすがの, さても, さらさら思わなかった, さらにしなかった, しないであろう, しなかっただろう, しなかったであろう彼, それこそ, それは, たれしも, ちっとも気, ちょっと思えなく, つゆ思わない, てんで心当り, てんで思い, てんで思ひ, てんで望ん, とうてい信ずる, とても考えられなかった, どうしても想像, どうしても考えられない, どうして思えよう, どう考え, どの面, なおさら思っ, ふらちな, ほんとうに, ほんの少し, まったく夢想, まったく想像, まったく沙汰, まるで嘘, みじんも, みじん思っ, みずから思っ, もっての外の, もとより知る, ゆめ考え, よも思うまい, クラーヴヂヤ・ペトローヴナにとっては, 不謹慎千万だ, 予想しない, 予想も, 事実夢にも, 京一郎と, 今でも, 今初めて, 今斯, 何んという, 余りに向う見ず, 信じられません, 元々出来ない, 全くだいそれた, 全く思い, 全く考えられなかつた, 到底想像, 勿論かんがえ, 勿論気づく, 単純すぎる, 圭介は, 外を, 夢にさえ, 夢にもおぼえずまことに無礼, 夢にもこの, 夢にもさらさら思わない, 夢にも予期, 夢にも予測, 夢にも存じませんでした, 夢にも存ぜず居りました, 夢にも思, 夢にも思いがけぬ, 夢にも思いませんでした, 夢にも思う, 夢にも思はなかつた, 夢にも思わず, 夢にも思われなかった, 夢にも想像, 夢にも期待, 夢にも気, 夢にも考, 夢にも考えないでしょう, 夢にも考えられない, 夢にも考えられませんでした, 夢にも考え及ばないらしく, 夢にも考へない, 夢存じ寄りません, 夢想だ, 夢想だにも, 大それた, 大丈夫なさいません, 大嘘, 実に何, 実に自分, 寸毫も, 当人は, 彼として, 彼の, 念頭に, 思いません, 思いませんでした, 思いませんでしたけれど, 思い泛んで, 思い設けても, 思い設けなかった, 思うても, 思うまいな, 思えば, 思ったこと, 思つた, 思つては, 思つてゐない, 思はなかつたとを, 思はんの, 思ひも, 思へなかつたが, 思わないから, 思わなかったに, 思わなかったのに, 思わなかったらしい, 思わぬが, 思われない, 思われないよ, 思われない形, 思われぬ, 怪我にも, 惡い, 想って, 想像さえ, 意外である, 毛頭思っ, 毛頭考え, 毛頭考えた, 毛頭考へ, 気が, 決して思っ, 決して思われなかった, 決して考え, 法科の, 滅相も, 生意気な, 神さまだって, 神ならぬ, 私に, 私には, 私の, 考えずに, 考えず如何, 考えて, 考えないだろう, 考えないの, 考えも, 考えもだに, 考えられない, 考えられないこと, 考えられないほど, 考えられない事, 考えられも, 考えること, 考えるなよ, 考へずに, 考へてを, 考へないけれど, 聞いて, 致しませぬ, 言語道断である, 計画し, 誰あっ, 誰が, 誰ひとり, 誰ひとりとして, 誰もが, 誰一人想像する, 謀んで, 身の程を, 途方も, 露だにも, 露知らずあどけない, 駄目な, 骨折らずに

▼ うなんて~ (322, 0.2%)

7 そんなこと 5 ことは, のは, 思って, 気は 4 えの, 言って 3 いうこと, いうの, ケチな, 考えても

2 [23件] あたし夢にも, あんまり思, いう心がけ, いふこと, おつ, それは, そんな事, たくらんで, ムリだ, 一度も, 云ふ, 余り虫が, 君も, 失礼な, 思ってや, 敬二郎の, 考えて, 考えも, 考えるの, 虫が, 軽薄な, 野心を, 量見

1 [229件] あっさり撃退, あまり窮, あまり酷い, あんまりたあい, あんまり厚顔, いうおつもり, いうかも, いうため, いうので, いうん, いう事, いう度胸, いう試み, いったくせ, いったら擲, いって, いふので, いふんぢ, いふ取り越し苦労, いふ好奇心, いふ意識, いやな, いやはや, うめえ, えおつもり, えらいこと, えらい奴, えらい気まぐれ, え卑怯, え発議, え考え, くり返しながら, けっして考える, ことに, ことを, こんなべらぼう, こんなシャフト, したん, した事, して, じょ, すこゥ, ずいぶん図々しい, ずるいん, そう思っ, そう言います, そう言った, そこで私, そこまでは, その頃, そもそもふざけた, それこそ, それだ, それぢや, そんな, そんなうわさ, そんなけち, そんなケチ, そんなバカ, そんな娑婆, そんな御, そんな意気地, そんな有り余る, そんな華々しい, そんな行き方, そんな親分, だいそれたこと, だれが, つひぞ聞いたこと, つまらないこと, つまらねえ料簡, つもりは, できること, とてもできる, とても思ひ, どうしても罪, どうも軽率, どこの, ないと, なかなか吹い, ひどい奴等, ひやかして, ひやかしの, ふとい奴ら, ふらちな, へんな, ほんとうに, ほんとに図々しい, ぼく思いも, まちがいよ, まるで夢, もくろみは, よくそんな, よくねえ, わたしは, んじゃある, アラはずかしい, ケチも, ソンな, チヤンチヤラ可笑しい, ナンセンスは, ノコノコ銀行, ハイカラを, 了見でな, 了見は, 事は, 云うから, 云つてゐた, 云つてゐる, 云や, 代物は, 企らむ奴は, 何と, 何事か, 僕は, 入歯の, 其様な, 冗談を, 出がけ, 利己主義で, 卑怯千万な, 反逆行為だ, 呑込顔に, 夢にもあたし, 夢にも思はなく, 夢にも思わなかった, 夢にも考え, 大それた, 太い野郎, 実際今, 家内が, 小関君も, 少しも, 弱い者いじめ, 弱気に, 御時世, 心がけて, 心は, 心を, 思いも, 思い上がっても, 思い付く者, 思うと, 思うの, 思えやしないわ, 思ったッ, 思っちゃ, 思っても, 思ってるの, 思ってる人, 思つた, 思ひつか, 思や, 思わないし, 思わないのよ, 思わないわ, 思わなくなるん, 怪しからん, 恥知らず奴が, 悪い覚悟, 想像も, 意思は, 料簡の, 料簡違えだ, 方も, 明智小五郎も, 昨夕も, 時は, 横着にも, 武士の, 気で, 気なら, 気には, 気の, 気まるで, 気を, 気力は, 氣持に, 減らず口を, 滑稽じゃ, 無理です, 無理な, 生意気だ, 生意気にも, 生意氣, 申してを, 申します, 町の, 畔柳博士は, 皆さんが, 神妙な, 空想し, 第一身分, 罪が, 考えたり, 考えちゃ, 考えるだけで, 考へてるの, 考へられないこと, 職過ぎら, 肚では, 自分から, 自惚れも, 虫の, 見当も, 言い出すの, 言い出す始末, 言うん, 言ったって, 言ったわね, 言つてや, 言つてゐた, 言はう, 言ひません, 言われると, 話が, 誰が, 諦めろよ, 身勝手も, 迂濶, 近所でも, 道庵の, 醜いでしょう, 野郎は, 随分奥様, 頭から, 頭っ, 頭は, 飛んでも

▼ うよう~ (319, 0.2%)

27 にし 10 なこと 87 になっ, に言った 4 なもの, になった, になる, はない, は無い 3 な, な声, な気, な眼付, にその

2 [19件] がない, ござんすか, なまた, な事, な場合, な恰好, な調子, にした, にする, にそれ, に声, に大きく, に息, に手, に深く, に私, に見える, はございません, もない

1 [187件] ございました, ございますか, だが, である, であるが, でこんな, でそれ, でわたくし, で悪い, ないじり, ない恐ろしさ, ない愛, なき, なき大, なそういう, なその, なところ, なとり返し, なよい, な一徹さ, な不安, な不思議, な人体画, な何とも, な儀式, な光, な刺激, な卑しい, な即ち, な口調, な妖しい, な姿勢, な工夫, な当て, な影, な微妙さ, な微笑, な思い, な性格, な悪, な意味, な態度, な描写会話, な明治, な朧夜, な杏丸, な村内, な核心, な楓, な様子, な標語, な気分, な気配, な淫ら, な無責任, な物騒, な珍しく大きい, な甘い優しい, な男, な皮肉, な目, な目付き, な真似, な破壊, な笑顔, な腰付, な苦労, な菫, な薄笑い, な行為, な言葉, な認識主観, な讒謗, な身内, な隆々, な音, な音楽, にあの, にあるきまわっ, にいわれる, にうしろ, にうずくまっ, にうつ向いた, にかく, にくっつい, にこう, にさしあたり, にさしゃれ, にしか進まなかった, にじっと, にそうした, にならし, にまた, にもちろん, にも聞き, にビクリ, に両手, に事実, に二千年前, に云い, に云った, に交換, に今, に低く, に個人的運動, に其の, に凱旋門, に利根亮輔, に動き出した, に半蔵, に又野, に口元, に吉野方, に執拗, に多く, に大きな, に大変幻想的, に女, に察しられる, に希う, に平馬, に広がり始めた, に広大, に引っ担い, に往々, に怖い, に惜しん, に感じ, に感じられる, に数学, に文久二年以来廃止同様, に斜面, に書い, に朝, に枯れた, に歩い, に殺気立った, に法則的, に泣い, に泳ぎ, に洞窟, に渡っ, に源吉, に炉, に男, に眠り, に科学, に窓, に繁れ, に繰りかえした, に耳打ち, に聳え, に至極, に色々, に苦笑, に蛙, に見, に見えた, に見た, に見る, に言う, に逃げだした, に逃げる, に遠く, に野村, に鋭い, に雨, に雪, に静寂, に風, に首, に駆け抜け, に駈けだした, に黙っ, のない重くるしい, はあるまい, はご, はございませぬ, はござらぬ, は有りません, は無かっ, もあるまい, もございませぬ, もございません, も無い, 努めまする, 去に

▼ うあの~ (301, 0.1%)

11 人は 8 男は 7 人が 6 音は 5 女は 3 人の, 女の, 女を, 犬は, 男が

2 [11件] 人たちの, 右の, 娘は, 子の, 客が, 方に, 時は, 時己れ, 親切な, 銀は, 騒ぎは

1 [227件] うらぶれ部屋, おさむ, お君, お夏さん, お御足, お煎餅, お蔦に, お邸, かわいい坊や, くじらの, くらい美, くらい隔てなく愛する, ことあなたは, ころ稚児髷だった, さっき話した, すぐそば, ときあなたへ, ときから, ときは, ときわたしの, なかに, ね若, ひとそういう, ひとの, ひとを, ま, ままじゃ, やうに, ように, サフローン君の, シュウシュウいう, ジープの, ネクタイ, ネスクーチヌィ公園の, マルセル・プルウストの, ラマは, 一人で, 一件で, 三人を, 下の, 中です, 主意を, 乱暴者は, 二つの, 二人は, 人, 人たちは, 人です, 人なぞも, 人なら, 人に, 人には, 人を, 人相書は, 人達がね, 仁念寺という, 今年の, 位で, 位な, 侍は, 停車場の, 傍へ, 働き者の, 先生の, 先生は, 光りは, 八畳の, 六部は, 円朝の, 初日です, 加集さんに, 半分位でも, 右側に, 向うの, 呼び声が, 和尚様の, 図々しい案梅, 圓朝の, 地所の, 声は, 夜の, 大きいの, 大学教授つたら, 大将が, 奥さんは, 女です, 女性は, 女王様や, 好色な, 娘, 娘の, 婆さん, 子が, 子と, 子に, 子を, 子供は, 家です, 宿屋には, 寂しい夜, 寒さ, 小っぽ, 小説家の, 少年は, 尼さんは, 山に, 山の上ばかり, 山頂や, 峠を, 崖の, 市長の, 年は, 廻転琴な, 思い出の, 怪物は, 悪党の, 感状も, 我儘で, 戸口を, 方が, 方は, 方今, 日に, 日何時頃に, 日本人の, 星へまで, 時お前幕府の, 時だって, 時代としては, 時分お前さんの, 時分この, 時刻, 時吉原で, 時御, 時悟つたのだ, 晩ねえさんから, 晩の, 晩曲者が, 有名な, 本は, 村の, 林という, 染子などと, 桶屋さんに, 様子では, 次郎という, 正孝, 武蔵に, 歩調を, 母と, 気持の, 氣むづかしやの, 池永さんサ, 汽車は, 深夜の, 清らかに, 清涯亭という, 火は, 火事の, 灸点は, 無口で, 無遠慮な, 父を, 爺さん, 牧師さんが, 狂死せる, 甘酸ぱい女, 生臭坊主が, 田舎の, 男なら, 男に, 目の, 省吾を, 神, 空の, 空を, 立派な, 結果を, 綱だ, 老人の, 聖天樣男女兩體の, 脂ぎつた慇懃無, 腹は, 舟の, 船長に, 良い男, 若いひと, 薬の, 藍玉屋の, 蘚苔の, 親父が, 調子よ, 變な, 足音が, 路は, 踏切り内, 身分の, 辺が, 辺にも, 通りこの, 通りの, 通り北風雲だ, 通り姿も, 通り強烈に, 通り烈しい, 通り肌の, 通り言っ, 連中は, 遊びの, 野郎この, 金粉酒の, 鈴慕の, 鉄道ホテルの, 長谷の, 闇の, 陰に, 青い大, 面を, 音楽を, 頃は, 頑固な, 顏を, 館野である, 騒は, 騒動でさ, 高麗村へ, 鼻を

▼ うとか~ (297, 0.1%)

5 そんなこと 4 云ふ, 何とか言っ 3 して, 何を 2 それは, そんな事, モスクワには, 一番好きな, 主人の, 平常心から敬つて, 斯う, 最後に, 某は, 自分の

1 [258件] あけすけに, あの色, あるいはどこそこ, あるいはまたこの間私共, あるいは太陽, あるいは少なくとも, いいましたが, いいや, いうが, いうので, いけませんとか, いずれも, いつそんな, いややき, いや確か, いや警察, いろいろ芹川さん, うるさく探り, おはし, およそこの, お前の, お松か, かざり帯を, かつた, かつても, かつてゐる, かつて居る, こうある, こういう臆断, こうしてやろう, こじよう, こちらの, この作用, この前, この宿屋, この次ぎにはいつ何処, これこれの, これは, こんな厭わしい, さう, したとの, しない彼, すべて故意の, すると, するには, そうあっ, そういうこと, そういうところ, そういうよう, そういう作者, そういう浅薄, そういう相談, そういう風, そういった調子, そうする, そうで, そう云った, それからそれ, それとも編物, そんなつまらない, そんなつもり, そんなよう, そんな噂, そんな場合, そんな希望, そんな老, そんな野心, そんな面倒, ちょっと見た目, できるだけ長く, どういふ風, どこで, どこへ, どの方向, どんな文藝上, なんとかさっき啖呵, なんとかそんな, ひと晩で, まいて, またはいい, またはピオ, また鷹, まつて, やがてお, やれこう, わけても小癪, サンゼリゼであろう, ショベル一ぱいが, ヒューマニズムが, 一生懸命に, 三月經つたら, 下宿にも, 不作法な, 不徳な, 世間の, 世間へ, 世間見ず, 二三押問答も, 云いましたね, 云うこと, 云うの, 云うよう, 云う考え, 云う話, 云った時, 云って, 云つた短い, 云ふこ, 五郎さんとこへ, 京都が, 人が, 人浚い, 人物の, 今度は, 他区に, 仰しゃっているのが, 何て, 何とかいっ, 何とかいつ, 何とかそんな, 何とかまあ答える, 何とか云う, 何とか云ってた, 何とか嚇し文句, 何とか野暮, 何とか騒ぎたて, 何処の, 何故娘達, 何故旧い, 何時頃お, 俳句や, 俵一八郎の, 傷ついた心身, 兎に, 全く向う, 其の煩悶, 其他枚挙にも, 其時は, 出かけて, 出世しよう, 出來る, 分かろうと, 助けなければ, 勝手に, 勧業銀行から, 南京路を, 又今日あたり小林さん, 友達なんかと, 号し, 君を, 国語教育の, 国際的な, 夢は, 大いに受けたい, 大変愉快そうな, 大政治家, 大騒ぎに, 天下の, 天地創造の, 奈良の, 女を, 好な, 子供が, 宇宙の, 宗教家だろう, 家内工業を, 少くとも, 山へ, 平和を, 平気な, 幾人の, 引受ける, 待ち構えて, 得意気に, 思い立ったこと, 思わない事, 怪しからん, 愚痴を, 慰めの, 憧れて, 或は宗教上道徳上, 或は少し, 或は題材, 手に, 手を, 挑撥してやろう, 振られて, 支配しよう, 料理を, 料理屋を, 斷えず, 明日は, 時鳥を, 普通おそらく, 書いて, 本谷という, 枕木嬢と, 林の, 此の間重さんの, 歴史的観点を, 殺されるとかいう, 殿様も, 毎日言い合った, 気候が, 気分の, 法律家に, 洋服を, 浦粕亭, 為たっ, 焼けた家, 煎餅でも, 煽て上げ, 現在の, 生きようとか, 田中家の, 白足袋を, 直ちに次, 真剣に, 砲術を, 私が, 種々な, 種々の, 立つまいとか, 粽は, 紛々たる, 細かいこと, 細ま, 結婚したい, 美しい文章, 考えた自分, 自分たちは, 自分で, 自分でも, 花は, 草木を, 蒼海には, 蔓でも, 褌に, 見晴しの好い, 親類に, 観まいとかいふ, 言うの, 言う議, 言ったよう, 言ってる由, 詫びようとかいう, 話したと, 誠に以, 誰それに, 警官と, 質屋へ, 述作そのものに, 遠乗りに, 金縁眼鏡の, 附近に, 雑誌の, 雨の, 頭の

▼ う~ (287, 0.1%)

54 がわ, の 3 がわに, をかい, をかえす, を引い

2 [19件] があつく, にある, には, には小鳥, に大きな, に達せし, のほう, のコンクリート塀, の山, の戸口, の方, の空地, の竹やぶ, をたたきました, をひい, を行く, を買った, を返し, を返す

1 [224件] かられんげ草, から中, から元, から十二階, から夥しい, から手, から船, から風, がきらり, がしいんと, がしびれ, がしめつ, がちらりと, がふ, がふわふわ, がへる, がまっか, がわに三人, がムズ, が一寸, が不審, が二枚, が冷え, が冷たく, が擽い, が擽っ, が桃色, が気味悪く, が熱く, が痛く, が痛む, が真黒, が窺える, が騒ぎ出した, で船脚, にあたる空地, にあの, にありすぎる, にいる, にうっすら, にお, にかかっ, にかがまっ, にこの, にご, にしのん, にしるし, にそれとなく, にちょっと, につい, につば, にはいり, にはこうした, にはたしか, にはぼくたち, にはりつけ, には厩権利者ウェザビイ, には団員, には坂田, には安中, には栗, には泥, には精細, には金, には針, には錘, には馬鹿, にひ, にひそん, にひだ, にみた, にも感じられる, にわに, にウニ, に一人もしほ, に上, に光る, に噛みしめた, に太陽, に宮, に少し, に彼, に待っ, に戦災, に持つ, に支, に日, に書きつけた, に月, に水, に氷, に漆, に潜む, に焼けつく, に熱く, に疑問, に白屋敷, に睫, に磯五, に突然, に英文, に誘いこみ, に過し, のいちばん, のお, のきれ, のざらざら, のついた, のところ, のとぼ, のとめ, のぬれ, のひだ, のほつれ, のやわらかい, のテントームシ, の丘, の二つ, の出方, の勝手口, の原っぱ, の台所, の土塀, の寺, の小池, の川, の広場, の庭, の意味, の枇杷, の條, の武蔵野電車, の水面, の港, の熱く, の爪, の白樺, の目次, の窓, の竹藪, の美しい, の草, の藪, の貧しい, の軒, の透いた, の道, の達筆, の酒場, の醜, の金剛寺, の釘, の隅田川, の音, の鳴る, はすみうき, はその, へおん, へかきし, へき, へでも出, へと掃い, へは別れた, へひきさがっ, へひきづッ, へまわっ, へまわろう, へもう一度, へ五十錢銀貨位, へ処番地, へ出られる, へ出張っ, へ忍びあがったかれ, へ掻き上げ, へ私, へ降りた, へ隠した, へ露語, へ響いた, をあら, をかいた, をかえし, をかかれ, をかかれなかった, をこすりこすり, をしらべました, をつけ, をときどき, をひかれた, をひっかいた, をひどく, をぶらぶら, をもて, を云う, を傷けた, を全体地面, を内側, を冷却, を出し, を古河銅山, を坂田, を引く, を来た, を水, を焼く, を結ばない, を繞, を翻す, を聞け, を行っ, を衝く, を見せはじめる, を見る, を見れ, を見ん, を覗い, を触れ, を買っ, を返した, を返せ, を透かし, を通つて右, を通る, を飛ん

▼ う~ (269, 0.1%)

17 此方へ 86 え, 此の, 私の 5 御勘弁 4 お上り, して, 堪忍し 3 お願

2 [14件] お下り, お構いなく往らし, お見, 内済に, 夫れ, 御免なすっ, 御願ひで御, 支度させい, 敵を, 湯屋の, 然うし, 私に, 置いて, 風の

1 [178件] あなた, あなた様の, あなた此方へ, あの真実, あれこそ, いと言, ええこの, おあがりくださいませ, お一つ, お前さんの, お前さんも, お助太刀, お喫, お帰りなさっ, お慈悲, お手, お持ち下さいます, お早く, お構, お殺し, お約束通り食事, お聞済み, お茶でも, お見逃し, お赦し, お連れ下さいまし, お遊び, かくれうぞ, かたがたそれこそ, かならず吉左右, かれは, きっと家来, くを, こちらへ, この腕, これからあそこ, これへ, これを, さし渡しに, しかも紛う, したかと, しなんしたか, すべてを, そこの, そのつもり, そのよう, その代り, それだけ仰しゃっ, それにしても過去, そんなこと, ただただ念仏往生, っ, どうぞ量, なつかしき, なりたる, なんしろ, ふッつり, まあお, まあ仲, もっともこの, もっと晴れやか, や, ゆるゆる休息, る十, アノ約束の, ドレス, モウ一杯お湯を, 一寸何, 一寸和尚さんに, 一年か, 一番構はず云つて聞かし, 一盞お, 一目逢っ, 万事の, 三段に, 上げて, 事実は, 五百円ぐらいの, 今後とも, 今日が, 今時の, 以前の, 休んで, 何う, 何でも, 何方へ, 僕に, 免し, 入つと, 其のお, 其の代り, 其の節, 其を, 其処から, 其後を, 其様こと言は, 呼びましょうぞ, 善いとか, 大事に, 失礼ながら, 妹の, 安心し, 安心な, 定めし讒者, 家内だけの, 密と, 小屋の, 少しの, 屹度持っ, 左様心得られい, 帳元へ, 幾久しく, 弟子に, 待つとるぞ, 御使, 御免あそばし, 御免を, 御存分, 御聞, 御聞遊, 御離縁, 御館の, 心安く, 忙しい合間, 思ひと, 急ごう, 恐れようぞ, 恐入った妹, 拙者に, 拙者には, 敵の, 斯う, 方々, 旦那彼奴の, 旦那様, 早く往, 明後日は, 昔の, 是からは, 是非従軍を, 朝の, 村の, 案未だ, 気を, 汝らの, 源三郎, 火も, 然るべく, 甘いばかりが, 番頭さんあなたが, 疾く引き返せ, 百両の, 百年も, 眉間傷が, 真平御免, 知らぬこと, 神かけ, 私を, 笑おうぞ, 精, 美代吉を, 聞こうぞ, 致して, 若旦那さま何時までも, 萩原様の, 血を, 覚えける, 訳を, 説き当てられた, 諦めて, 謡おうぞ, 貴方から, 貴殿に, 貸して, 軽躁な, 近い中, 適宜に, 食べて

▼ うやら~ (269, 0.1%)

42 斯う 9 彼う 7 知れぬ 4 かうやら, やって 3 こうやら, 暮して 2 これだけの, 今では, 死んだ浩一, 私の, 終った, 絲を, 飽くまでもその

1 [183件] あの親父, いまに, おしまひ, おまえ一人を, お前様より, お嬢さんの, かういふ身, こうやら日が, こんなよう, する間, その時, それが, ただ感涙, とんと分別, とんと私, もの, ウエーバーと, ヤット何十万弗拵え, 一人学校へ, 一足先き, 一通りの, 三の, 上野まで, 不安で, 久しく免, 了解めた, 二冊の, 亜米利加の, 亡母が, 人に, 人並な, 人心地付いた, 今さらか, 今までの, 今回は, 今度は, 他の, 以前に, 伝馬船を, 何とお詫び, 信用を, 働き續, 先頃一寸あの, 八五郎だけの, 六本木まで, 其の中, 其の成長, 其の日, 其の真, 其の茸, 其邊が, 其風景画は, 出るが, 切抜けて, 切拔けて, 切腹ものらしい, 助け出しました, 十丁の, 十二の, 十五日目に, 千円の, 厭飽たらしい, 収り, 取逆, 取附いて, 右女どもも, 合唱に, 呑み込めて, 周旋が, 命を, 商売物に, 四角な, 地勢でも, 塩酸を, 夫人には, 好い役, 娑婆の, 存ぜぬ隙, 実はお, 容易に, 尊敬す, 小せい家, 小太刀の, 小碓命様の, 少し遠ざかつた, 川上の, 布哇を, 帳場まで, 引つ擔ぎました, 引離し二頭, 彼の, 待て貰うこと, 思案の, 恁う, 息才で, 息苦しくなつた, 愈ポカリ, 慣れて, 戸に, 手が, 手紙の, 斯やら, 旅に, 日一日捜査の, 昔の, 晝間御神輿を, 暖めた上, 暮しを, 書き上げた, 書付を, 未だ雅量, 本当らしい, 本郷座の, 村方の, 東京を, 桑港の, 梵の, 森主, 此う, 此家が, 此處へ, 気に, 水の, 江漢の, 浜松の, 消えて, 漸との, 火を, 無事に, 現状を, 町人らしくなります, 皆んな人心地が, 目的を, 盲目に, 知れない宗教上, 知れませぬ折柄ゆえ, 知れん, 禁句に, 私が, 種々様々, 穴らしく, 突破し, 窓の, 立行くその, 竜宮界の, 笑はせ, 笑ふ, 米ちやんにでも, 納まつた, 紳士の, 組伏せて, 纏めて, 胡魔化し, 能く, 脱け, 自分の, 自殺では, 致して, 興奮しき, 若旦那らしく見える, 華魁の, 落ちついた, 虎列拉らしい, 裏木戸の, 見當, 見覺, 解決の, 讀めるの, 赤いもの, 身を, 身上が, 身体を, 通り越して, 遂に本人, 遙と, 遺骸を, 野宿しない, 金が, 開けましたが, 雨戸を, 領内の, 首尾能く, 鰻奴が

▼ う~ (267, 0.1%)

40 知れぬ 17 知れない 15 ない 14 しれぬ 6 知れませぬ 5 ありません, しれない, 知れぬと 4 知れずと, 知れぬが, 知れん 3 ないので, 知れないの, 知れぬから, 知れぬぞ

2 [14件] しれぬと, ないから, ないこと, ないよ, ない人間, ない柄, なかつた, なくなつた, 知れないと, 知れぬという, 知れませんや, 知れんが, 知れんと, 計られぬ

1 [108件] あらぬ程, ありませんかね, ありませんし, ありませんね, ありませんよ, こうしましょう, こっちも, この際亜米利加語, しない, しれず, しれずと, しれないと, しれぬの, すこし太, すこし精しい, そこらには, そっちへ, そのとき, ないが, ないぜ, ないその, ないぞ, ないと, ないな, ないね, ないの, ないもの, ないやがて, ないん, ない三十男, ない処, ない危惧, ない感情的, ない折角, ない物, ない男, ない百足凧, ない石, ない第, ない言葉, ない首, なかった, なくなって, なく時々, なく花前, なし菊田, なつかしがっ, ひかえる, ゆかないで, 一寸いらっしゃい, 云へ, 何者か, 先に, 光に, 化生の, 危え, 危険の, 右へよ, 大きな油虫, 容易には, 工合わるがってる, 彩色され, 御座いましょうが, 心の, 愚や, 手真似だ, 歳暮から, 気を, 測り難い, 無い, 無いさ, 無いね, 無い爺, 無い額, 無さ, 狽てて, 用心し, 皆空, 知ぬ, 知れず, 知れずこれ, 知れずハタ, 知れず四日, 知れず思召, 知れないから, 知れぬお互い, 知れぬからな, 知れぬそれ, 知れぬぞと, 知れぬで, 知れぬところ, 知れぬテ, 知れぬ不穏, 知れねえ, 知れまいという, 知れませぬゆゑ, 知れませんから, 知れませんが, 知んねえが, 私たちを, 腹を, 蝶ちゃんにとって, 衆口金を, 言へ, 計られません, 計られん, 計りしれぬ, 貨物船だ

▼ うかも~ (264, 0.1%)

59 知れない 16 知れぬ 13 知れません 12 知れないが 10 しれない, 知れないね 9 知れませんね 7 知れないよ, 知れん 6 知れないと 5 しれぬ, 知れないな, 知れないわ, 知れんな 4 知れぬが, 知れぬと 3 知れないの, 知れませんけれど 2 しれないと, しれませんが, 知れないさ, 知れませが, 知れませぬ

1 [71件] して, しれないが, しれないしかし, しれないただ, しれないだから, しれないな, しれないわ, しれぬという, しれません, しれませんね, しれん, し折角, すこし待とう, すこし間近, どろかオロラ, ないで, ないもん, ねえもん, はなはだ問題, わからないやう, わかんない, 一つこれを, 一つその, 一つつき込ん, 一人の, 分明でない, 判らない, 判らなかつた, 思ふこと, 決定した, 無いもん, 疑わしいこと, 知って, 知らないが, 知れないあの, 知れないから, 知れないけれど, 知れないけれども, 知れないしかし, 知れないそれ, 知れないそれなら, 知れないだが, 知れないだけど, 知れないで, 知れないでないかも, 知れないでは, 知れないところで, 知れないねエ, 知れないワ, 知れなかった, 知れぬそれでは, 知れぬとの, 知れぬとは, 知れぬとも, 知れぬね, 知れぬ加藤さん, 知れねえ, 知れねえよ, 知れねど, 知れませぬぞ, 知れませぬ若木, 知れませんが, 知れませんけども, 知れませんねえ, 知れんと, 知れんどうせ, 知れんの, 知れんわ, 知れ無い, 知んねえ, 考えては

▼ うにも~ (262, 0.1%)

6 声が 3 足が

2 [14件] かかわらずしかも, なかなか骨, 今は, 仕事が, 咽喉が, 国中は, 国遠し, 國中は, 國遠し, 急には, 旅費が, 涙が, 腰が, 行きよう

1 [225件] あたりようは, ありません, ありませんな, いうべき言葉, いただきようが, うらむ相手, お梅, かかわらず, かかわらず二人, かかわらず資本, かみつくこと, このほか, この真昼間, この通り隣家, さっぱり手がかり, さっぱり見当, しろ浅慮千万, すぐには, せよ江戸城内, そこら前後, そのひま, その家, その酒, それつ, それでのう, とまれないほど, どうしよう, どうにも居所, どれと, ないと, なかつた, なんだかしっくり, なんだか有る, ひやかせまいが, ほとんど甘, まだ姫, まるでおし, まるで人通り, みちが, よい人柄, よい木材, よるが, わてが, ジャガイモが, タンボは, ポケット小僧が, 丁度今, 主人の, 二人の, 今では, 今までの, 今夜は, 会えない事情, 体全体が, 何となし, 何も, 何一つ仕事, 作られないもの, 係はらず, 俺には, 値が, 働かせて, 價が, 先へ, 入らっしゃれずそういう, 入口の, 全で, 其邊の, 凝りよう, 出しやう, 出し抜くまいにも, 出よう, 刀は, 刀杖の, 切りようの, 刎ね, 前方には, 力を, 力及ばず, 力足らず労働者どもが, 効果は, 動きが, 動けないしばらく, 動けないもの, 動けなかった, 動けぬ感じ, 参右衛門の, 口が, 口を, 叫ばれず出よう, 叫びようが, 叫ぶ自由, 叫ぼうにも, 召さないにも, 向こうがてん, 君金が, 喉を, 喚こうにも, 噛み付けないし, 声さえ, 声は, 売りませんから, 太り得ず日陰, 妻よりも, 始末の, 学僧衆は, 実家は, 家の, 家は, 容易に, 宿, 少しも, 帰せなくなったと, 帰られないので, 帰られなくなるという, 帰られなくなるといふ, 帰るまいにも, 帰れない, 帰れないん, 帰れない人達, 帰れなかった, 帰れなくなりました, 年が, 引き出せません, 彼の, 御存じの, 怨めぬこの, 怨めやしませんや, 息の, 憎めない恋, 憎めなかった, 戸らしい, 手が, 手がかりが, 手さぐりで, 手帛一つ持ち, 手紙が, 打たれないよう, 打ち明けよう, 抜きようが, 抜くこと, 拘わらず一週間, 持てない人, 持合せは, 指も, 振りほどけない, 探しだす手だて, 救いきれない恐ろしき, 日本号の, 早や, 暁は, 暇の, 書くこと, 書くまいにも, 書けなくな, 歩くこと, 歩けないの, 死ぬ手だて, 水は, 泳げは, 渡すすべ, 渦流に, 源造は, 無し, 犬には, 犯した罪, 瓦が, 由なく, 痛さ, 百万億土に, 相手が, 真剣で, 知っては, 知る機会, 破られません, 私この, 突こうにも, 笑えない気持, 緒さへ, 繙く手先, 脱げんし, 自分という, 自分等の, 行かれない, 行くあて, 行こうにも, 行なうこと, 袂を, 解きよう, 言い表せないん, 訳すわけ, 読みよう, 買い手が, 走ること, 足がかりが, 足は, 蹴たぐろう, 身もとは, 身動きする, 身寄りの, 迎え抱こうにも, 近づけないの, 返せなかったの, 逃げ出す力, 逃げ道が, 進まれずみな道路, 進まれませぬ, 進もうにも, 道程は, 遮ること, 金が, 金は, 銭が, 防ぎきれぬ太い, 附焼刃に, 附近には, 陸に, 隠しよう, 隠すこと, 隠せない自堕落, 面白いハンド, 領事館へ, 頭を, 飲めない, 鳴りよう

▼ うとでも~ (236, 0.1%)

69 するよう 19 して 17 するかの 11 するやう 9 思って 8 いうの 7 いうん 5 するの 4 いうよう, 思はなきや 3 すると, すれば 2 いふやう, 云は, 云ふ, 思ってか, 思ってるかの, 思つ

1 [65件] いうかの, いうわけ, いう寸法, いう腹, いう魂胆, いふ魂胆, おっしゃるので, おぼしめすの, お思い, したこと, したならそれ, したの, したもの, したらしいそれで, したら政府, したら死んで, したん, してるかの, してるやう, しなければ, しますと, しようもの, するとき, するもの, するらしかった, するらしくその, する人, する仁王様, する俗っぽい, する場合, する言葉, なさるおつもり, 云うべき二重性, 云うみたい, 云う男, 云ったよう, 云つてやらう, 云ふより, 仰せられますか, 企らんでや, 勝手に, 思うの, 思うよう, 思ったならば, 思ったらしい, 思ったん, 思ってるの, 思ってるよう, 思つてゐ, 思ひ迷つて, 思ふの, 思ふらしくさ, 思ふらしくそんな, 思へ, 思案した, 考えたもの, 考えて, 考えるなら終い, 考へたん, 覚悟した, 言うの, 言うよう, 言ひ, 言ひだす, 試みようと

▼ うそして~ (230, 0.1%)

7 それは 3 私は 2 これまでの, その間に, ゆつくり, 彼が, 彼の, 明日お前さんは, 私が, 私の, 蜜蝋に, 頭を

1 [200件] あたしは, あったの, あとで, あなたがたは, あなたは, あのチーム, あの民族, あらゆる貨物, あれは, いい奥さん, いっしょに, いつから, いよ, お, おしまいに, お前の, お庄ちゃん, お手伝い, お身, かくも, かやう, かように, かれ等, かわゆいでしょう, このまま永遠, この事実性, この快適, この点, この種, この高き, こんな日記, こんな風, しまいには, せいせいし, そういう話, そこから, そのあと, そのため, そのまま音沙汰, そのジャン・ヴァルジャン, その原子, その後に, その案内役, その水, その男, その秘訣, その行爲, その際, それが, それぞれの, それと, それなら, それに, それを, とにかく落とし主, どうして誘惑, どんな人, どんな物, なんの, ねあれ, へんな, ほうにん, みんなが, もうあんな, もし一道, もし予, ゆる, よく生れた, わたしの, アダム, クラムが, ダラ幹共は, テナルディエの, ニコレットという, ブランカが, 一と, 一伍一什を, 一国の, 一方に, 上人をも, 上野から, 両者は, 主婦の, 之こそが, 事が, 二人は, 人口を, 今すぐ, 今夜はほど, 今奴隷, 何が, 何といふ, 何の, 何を, 何ん, 何処だつ, 供給が, 俺達と, 債権者どもから, 僕は, 全身不随と, 公園を, 其処には, 其真実なる, 其處から, 冬らしく, 出来ること, 出来るだけ, 分つたか, 午後は, 印象的な, 原子爆撃僕たちにとっては, 厳重に, 又この, 又その, 友といふ, 史上で, 吾, 唄は, 嘘を, 外部に, 大衆的娯楽文芸として, 女の, 妹に, 宅の, 客は, 宮市へ, 寝る間, 尊重すべき, 小説を, 少しでも, 少し運動, 島の, 島原の, 川前市助の, 帰国の, 当時しばしば, 彼は, 彼らに, 彼女は, 彼自身でさえも, 心残りの, 必要品及び, 恐らくは常に城下, 恐らくは自分, 慾張りの, 我が身の, 文学です, 時々そっと横, 樹明君を, 橋を, 死なう, 死なせたの, 殆ん, 気を, 水を, 汝は, 清洲橋へ, 漸次幾人かの, 烏頂天に, 無意識の, 焼餅みたいな, 父を, 生きたら飼って, 甲武信岳へ, 男なら, 男なら成るべく, 男らしく私, 痙攣と, 盃の, 相手の, 相手方の, 神さまの, 私どもに, 私を, 端の, 紅葉の, 羽子を, 胸の, 自分の, 自動車の, 自由の, 花桐も, 行って, 行乞によ, 諒解し, 謹慎の, 貨幣は, 資本は, 酒の, 酔つた紛れに, 酔は, 釣目は, 雷でしょう, 需要は, 頭の, 風呂敷に, 饒舌る, 高台で, 麻の

▼ う~ (220, 0.1%)

8 して, むいて 5 向いて, 見た, 見て, 見ると 4 むいたまま, 持つて 3 他人からは 2 いふと, したので, のぞいて, ひらいて, ひらく, みせて, むくと, 云って, 歩いて, 見ますと

1 [153件] いた, いたしました, おろおろ泣い, お前の, お通, かえり見た, かけまわつて, かしき, かぶって, かみしめて, くり返した, こしら, させたくねえの, しあげて, したが, したほう, した女, しても, しようと, すこしもそうした, するならこちら, するの, すわな, そのま, その屋上, たくさんとつて, たずねますと, たべただけ, たべて, たべながら, つかまえなけりゃあ, つかんで, つけて, つけながら, てらしました, ながめて, ながめながら, はじめました, はりつめた欄干, ひと通り見廻した, ひらくどこ, ひらく落葉, ふきとったの, ぶらさげて, ほうって, ほとんど三人, みて, むけ, ゆっくりと, ゆびさして, らんでも, 一人で, 二十面相が, 云ふと, 云へば, 五本よせた, 供を, 倒すか, 先に, 出して, 出しました, 出し始めた, 勝ちと, 双眼鏡で, 向いたまま, 向いた一つ, 向く, 向くよう, 嗅ぎ付けて, 土足に, 圧して, 大声あげ, 安心させ, 実現する, 張って, 得ず, 得ば, 得べし, 御覧なさい, 忌み虎肉, 愁うる, 慮って, 押し退けようと, 持つてかへ, 指さし, 指さして, 指さしながら, 指さす動作, 指した, 捜して, 揉ませて, 摘む時, 擽つて, 暴れ回つて, 望み見たとき, 机の, 横ぎる, 止むるにはあらねど生死争う, 油断させ, 熱心に, 犯すからと, 狐の, 猫が, 田楽扇で, 眺めた, 眺めて, 眺めようと, 知らざる若き, 第六圈, 線路に, 線路沿いに, 置いて, 聞いたうえ, 若い侍女, 表す第, 要せぬ倶利迦羅紋紋, 見たら家, 見たら郵便局, 見ても, 見ながら, 見ま, 見ました, 見ましたが, 見やった, 見やると, 見られると, 見るの, 見付けて, 見廻した, 見廻す, 覗いて, 解いて, 言ふと, 詰めて, 謝し奉つる, 貰つてうれし, 蹴って, 軋らしむ, 追うの, 逃げ回るので, 通った, 通って, 通りすぎた, 遊び人風の, 開いたよ, 開けて, 隈なく, 頂きました, 飛び廻り跳ね廻つて, 食べて, 食べてる者, 食べやう, 食べるうれしい

▼ うそう~ (198, 0.1%)

13 思って 12 して, すれば 10 なれば 6 すると, 彼は 5 でなければ, 考えて 4 だと 3 だろう, であろう, 考えると, 言って 2 してこそ, しないと, じゃなくっ, では, なの, なると, は思っ, やって, 云って

1 [95件] あつかっても, あろう, あろう察し, いい合せて, いって, お思い, か, したらこう, したらこれ, したら何, したら又, したら私達, したら自分, じゃ, じゃありません, じゃない, じゃなく, じゃろうが, するうち, するしか, だあの, だいえあの, だという, だろう併, だろう私しゃお前, だ自分, である, であるからと, であればこそ, であろうひとつ惚気, であろう恐ろしい, でございますか, でしょう, でしょうと, でしょうとも, ですとも, でないと, でなくたって, でなくちゃ, でなくて, でもしなけれ, で無いに, どき立ちたり, なうぐいす, ながん, なくっちゃ, なされば, なふう, な一羽, に, にみえ, に違い, に違いありません, ね, はいかねえや, は思わない, は言った, まで思っ, も伯爵, らしい, ジャン, 云えば, 云われましても, 僕は, 大河君の, 思いながら, 思いながらも, 思いました, 思います, 思う, 思うけれど, 思えば, 思った, 思ったが, 思ったのね, 思われるよう, 悪い人たち, 意地張る, 最後に, 来なくちゃ, 来なくっては, 母は, 決心し, 決心する, 渡瀬が, 為よう, 無暗に, 申してからも, 皆云っ, 短兵急に, 私に, 私は, 考えた, 致さなかったの, 覚えて

▼ ういふ風~ (193, 0.1%)

17 にし 4 なこと 3 になつ

2 [14件] であつ, な考, にお, になつて, になる, に彼, に思つて, に教, に置く, に考へました, に育てられ, に自分, に見える, に言

1 [141件] があつ, が起つ, だから, であるから, でいちいち, では困る, で一時間たち二時間經, で兎, で大分神社等, で實際政治, で思潮, ないろいろ, なの, なや, な仕組, な内密, な味, な型, な彼, な意見, な枝垂れ, な歌, な状態, な男, な真剣, な神さま, な考えかた, な考へ, な處, な表現, な言葉, な調子, に, にいふ, にこんな, にさ, にすべて, にその, にたのしん, になり, には出来ない, にばかり申し, にひどく, にみ, にむき, にもつれあ, にやる, にわるく, にウイスキー, に一つ, に三代變化, に三通り, に人々, に今日, に仕上げる, に仰, に作つて, に僕, に全く, に出, に出来, に前, に却, に向, に吹かれる, に呟く, に命じてる, に圓, に外, に外国, に大神宮, に天子, に女, に子規, に密接, に寛い, に専門化, に幾らか, に引つける, に心, に思つたの, に思はせられ, に思ひこみたくなる, に思ふ, に意志, に感じ, に感ぜられ, に或, に支那人, に教育, に旅, に日増, に日本文化, に時代, に有, に本来, に柄杓, に極められぬ, に歌, に段々, に毎日, に物, に理解, に申します, に發達, に皮肉, に真似る, に矢張り観光, に私, に空間, に童貞, に考へ, に考へられる, に聞き苦しい, に船, に色, に行, に褥, に親しく, に解し, に解釋, に言つたの, に言つて, に言つて來, に言葉, に語り, に讀み, に變調, に資本家, に足輕, に輕蔑, に逢, に運命, に過去, に鉢皿, に隠したい, に非常, に食, のもの, は見えぬ, をなさる

▼ う~ (184, 0.1%)

4 かあるまい, を 3 なしに, ならこの, の出来ない, を確信

2 [14件] か, が出来た, である, なら年寄, になった, は十分, は私, は誰, もそこで, をのぞむ, を予言, を信じ, を信じる, を私

1 [136件] かあっと, かお, かまっ, からし, か俎, か出家, か妖巫, か慈悲, か朝酒, か溜池署, か荒物屋, か街, か革鞄, がある, がすき, がその, ができる, がやっと, がわかったら貸さん, がわかり, が今, が凡て, が出来ない, が出来ます, が出来る, が察せられる, が彼女, が成り行こう, が最も, が決まる, が火, が立会っ, こそ茶祖, しきり, じゃしからざれ, だン, と思う, なさ, なぞがその, ならあんまり, ならしないで, ならその, ならソッ, なら一二俵, なら一日頃, なら一晩, なら今晩, なら代ろうもの, なら倅, なら先生, なら叔母, なら妻, なら家, なら星, なら此, なら此儘此墓, なら殺して, なら海, なら神田あたり, なら精神的, なら総監, なら行けと, なら言葉, なら顔, になっ, になる, にもなった, による, に依たら, に寄る, に致します, のできる, のない, の好, の如く, の次第, はあながち, はありません, はしない, はなくなっ, は予想, は予期, は云う, は人間わざ, は出来ない, は多く, は大抵, は察, は想像, は感じ取らね, は明白, は申す, は皆, は空想, は自分, は豆大福, までもチャン, もまま, も入らぬ, も出来ず, も十分想像, も又, も想察, も立つ, をあらかじめ, をおもい浮べ, をかく, をさせる, をしなかった, をずっと, をば顧みなかった, を予期, を余輩, を信じます, を信ずる, を僕, を前, を当然, を忘れ, を思い浮べ, を思う, を思ふ, を或, を期待, を本官, を正木先生, を正木博士, を疑い得ない, を疑わぬ, を知っ, を知らざれ, を知り, を私自身, を解せざる, を豫期, 無さ

▼ うこれ~ (180, 0.1%)

124 は私 2 でさよなら, はこれ, はほんとう, は己, は見る, は鋸

1 [152件] がいい, がお, がすこし, がね殿様, がよかろ, が他, が例, が僕, が公家ら, が取り, が外, が好い, が恩義, が感泣, が拙, が昔, が未だ, が永久, が源十, が画, が目的, が私たち, が続い, が草津, が跛足, こそ本当, こそ自分, だから, だけのもの, だけの仕事, だけ理, だけ證據, だこれ, だな, でしょう, ですぶつぶつ, ではおれ, ではとても, では不在証明, では平安朝時代, でも先生方, でも喰え, でも拙者, で一杯, で其中庵, で十銭, で帰っ, で御飯, で段々, で針金, というの, とお, と言, なら, ならば, におれ, にしましょう, にて御免, には何, には御, に反し, に成ろう, に比べ, に気付いた, に違い, のつづき, はあなた, はいったい, はお, はこう, はさっきそちら, はしまった, はその, はどう, はどんな, はねここ, はねモウセンゴケ, はほん, はオーストラリア, はコツ, はニュージーランド島, は一人, は一向, は今, は仙波さん, は仙波先生, は何, は何だえ, は俺, は先生, は入るでせう, は到来物, は勘定奉行矢部駿河守様, は千秋, は即ち, は同じ, は四天王, は大切, は奥, は妙, は學, は帰った, は彼女, は手紙, は本, は極めて当然, は無任所与力, は特に, は玻璃窓, は目的, は相談, は肥った, は軍, は郡上氏, は部数, は錢形, は関東新報, は顔, へお通し, ほどいったら, ほどの人, ほどの大事, ほど苦しむ, までに二度, まで通り, もまた, も一つ, も呻き, も御, も愚考, も我が, も痙攣, も言おう, も語ろう, も貧乏, も買いましょう, も転換, や, やるから, よりおきてる, を, をそのまま, をどんな, をまあ, をもらっ, を一番, を帯, を忘れ, を私, を見る, を読ん, を食べよう

▼ うかが~ (172, 0.1%)

10 つた 7 つてゐた 64 つてゐる, はれた, ふこと 3 つたが, はれる, ひながら

2 [11件] つて, つてゐます, つてを, はれて, はれないこと, ひて, ひましたが, ふに, ふので, ふやう, 僕には

1 [106件] あって, いやがるん, つたのだ, つたのである, つたのです, つたのは, つたものです, つた事も, つた所です, つた所では, つた新吉は, つた時西洋人の, つた用件は, つた話でございます, つていました, つていられる, つてから, つてたら, つてない, つてまいりました, つてまた, つても, つてジョセフ, つて來て, つて全く, つて団子坂の, つて澄江は, つて知つてました, つて見よう, つて逢ふ, はうと, はく, はれ, はれこの, はれまた, はれようと, はれるから, はれるが, はれるけれども, はれるので, はれるばかり, はれるやう, はれる彼, はれる若々しい, はれる風景, ひ, ひたいとお, ひたてまつる, ひなどしつ, ひに, ひぬはた, ひのぞく榎, ひふと, ひほほえみ息, ひました, ひます, ひますよ, ひませう, ひよる, ひ乍ら, ひ入, ひ得べくも, ひ房, ひ涙, ひ知られるやう, ひ知り得る唯ひとり, ひ知ること, ひ知れるので, ひ立, ひ見るごとし, ふことだに, ふすら, ふといふ, ふとやはりさうな, ふと円頂僧形, ふなかれ, ふの, ふもの, ふらしき, ふ古, ふ暇, ふ樣, ふ機会, ふ水, ふ王, ふ蜘蛛, ふ鉄兜童, ふ鐵兜童, へて, へると, へるの, へるほど, へるやう, へる妖女, ッて, 一つの, 今は, 全く不明, 分明しない, 可なり, 問題である, 実感された, 疑問である, 疑問な, 知りたくなった, 考えられるの

▼ う~ (170, 0.1%)

4 うか 3 の様, も今さら 2 かまた, がいい, だろう, と云っ, と言っ, にし, はともあれ, もお前女口一つ針仕事, もなかっ

1 [142件] ういたして, うかして, うじゃ, うだえ, うなすった, うなすったろう, うも, うもパッ, かあったら, かある, かお, かお菜, かこっち, かささやき合っ, かそれ, かとび出, かにとりかかる, かの, かの口実, かの手掛かり, かの準備, かの用, かの象徴, かまっか, かめぼしい, から何, か云, か互に, か会社, か僕, か声高, か変った, か巨大, か御, か怒, か恐ろしい, か是, か気, か粉炭, か細かい, か肴, か適法, がおかしい, がそれ, が一番竜, が今, が何だか, が欲しい, が無く, さ恐く, すこぶる別嬪, ぜなれ, だっけな, だったろう, だってこんな, だって分りゃ, だらうと, だろうと, てうれしい, てお節介, であろうと, でしょう, でもある, でもない, でも一つ, でも五日六日, でも宜しい, でも心任せ, でも是, でも望み通り, でも此, でも江戸, でも稲荷詣で, という何, という処, といえ, といっ, といふ不思議, といふ大変, といふ嫌, といふ頼母, とはあ, にいたしましょう, にかのお, につけ, になろう, にもせよ, にも書いてない, にも訳, に田舎, に肖, のかい, の創造, の匂い, の商い, の家, の手応え, の気, の町, の相談, の臭気, の話さ, の譬喩, の道, の関係, の雑念, の魅力, は兎, は斯, べん, ぼ修行, もいただきたくございません, もおっしゃらず, もござらぬ, もごちそう, もそんな, もない, も不思議, も冥途, も只, も大事, も彼, も心配, も持たぬ, も書け, も結構, も騒ぐ, よりも僧都, よりも生れた, をお, をした, をする, をグズグズ, を一体, を出し, を吐かしやがる, を愚図愚図, を痴, を考へよう, を話し, を遣ったら, んなに

▼ う~ (166, 0.1%)

22 むやに 10 ないか 5 むやの 2 さう, さかいに, つて何とか話付け, である, ないかと

1 [119件] あすこなら, あの納屋, あの踏石, ありませんか, い, おさきばらいが, おっか, お父さん, かてな, くにし, この圓窓, これからは, これが, さあここ, さまよう細き, そうして槍, それに対する, それより, た, だが相, ちょッと, つた, つて, つてお客樣が, つてお話を, つてさつきから, つては, つてふざけ散らし, つても, つてゐ, つてゐた, つてゐたら, つて一人で, つて一巡する, つて何時を, つて凝つ, つて土蔵へ, つて少年の, つて居, つて居りまし, つて居ります, つて帰つて来る, つて心もちの, つて拇指を, つて提灯を, つて斯う, つて時間を, つて暮れ, つて暴れ, つて構へて, つて此方の, つて毎晩夜ふけまで, つて汗を, つて火箸で, つて窓に, つて置きませう, つて老朽ちる, つて蔭も, つて見ます, つて謝つてゐる, つて遠方の, つて鉄砲を, つて長火鉢を, つて集つて決めた, つまんない, とくかえれ, どこで, ないけれど, なんかまるで, なア, ぼくが, また左様, まひ弟子を, まひ愛づと, まふ, むや, むやな, やれ, よそうと, りやに, アわりし, ッたろ, 不幸に, 但し命, 何か, 作つて損する, 俊ちゃん, 先方から, 入船見おる, 刑官に, 否やも, 呉れて, 天滿宮さんの, 如何です, 家根の, 山羊の, 帰って, 恭ちゃん, 我が腹立, 技に, 採ろうや, 旦那の, 時を, 暫らくは, 服装なんか, 極端に, 汝らが, 汝らこれ以上朕を, 汝等が, 洒落は, 生きと, 相な, 純ちやん, 貢さん, 逃てく, 長戸さん, 関取が, 阿呆らしい, 食わずの

▼ うたって~ (165, 0.1%)

10 そうは 7 それは 6 駄目です 4 駄目だ 3 だめ, だめだ, 無理だ, 逃がすもの 2 だめよ, ムリだ, 仕方が, 駄目よ

1 [118件] あいつにゃ, ありは, うまくいく, おじさんお, おれは, おれア一文も, お日さん, このいい, このデコボコ, これを, ごまかせないよ, そいつは, そういかねえ, そううまく, そう旨, そう旨く, その手, そりゃむだ, そりゃ少々, それあ, それも, そんな虫, だめさ, だめです, だめな, ちっとも勝手, ちょっと行き, できないこと, できやしない, できるもの, とれない, どうかしなく, どうして里, どこかの, どっこいそんなに, にげられるもの, ほかには, むだな, もう出さない, もう帰す, もう駄目, やれるもの, わしは, ムリな, 今時分盆提灯なんぞ, 仕事は, 俺たちの, 僕が, 全然ダメ, 出て, 出るもの, 出る声, 出来ないわ, 出来やしない, 出来るわけ, 到底駄目, 取れるもの, 口なんか, 叶うもん, 合すこと, 塞ぎ切れるもん, 売れも, 変りようが, 大したさわぎな, 大事ござんせん, 容易に, 帰る所, 帰れなくなる, 忘れないの, 怒られやしない, 思いも, 手の, 文夫さんを, 書けるもの, 死なれませぬじゃ, 死んで, 決してできますまい, 海が, 消せないわ, 無理です, 疑いません, 病気には, 簡単には, 考えられること, 自然の, 行かれやしませんさっぱり, 行くところ, 見せられないの, 見られません, 見られるの, 見違えるはず, 謎は, 貴方は, 買えないもの, 追いつかぬ, 逃がして, 逃がしは, 逃がしません, 逃がしゃあし, 逃がしやしませんよ, 逃げられやあ, 逃げられやしない, 逃げられるもの, 逃げる事, 逃さぬぞ, 逃すもん, 醒め切れない強い, 醤油なんか, 間に合わない, 間違えられる柄, 隠しきれるもの, 隠し了, 隠せなくなって, 隠せるか, 隠せるもの, 雲で, 駄目, 駄目の

▼ う~ (164, 0.1%)

14 うして 7 ういふ 54 うすれ, すれば 3 うなると, う思つて, ア 2 うした, うする, うすると, うでも, うと, う考へ, えよけれ, もあろう, 然う

1 [103件] あおいでよ, あと十年生きた, あ寝る, いしょうさい, いままできみ, いま二晩ばかり, いや何, うあの, うあれ, ういふ意味, ういふ話, うお詫び, うこ, うさ, うしたなら食べられ, うしたら, うしませう, うすつと, うそれから, うそれで, うだらうが, うだ笛, うで, うでございませうとも, うなったらこっち, うなること, うにち, うに否定する, うに小菴ぐるみじりじり, うは, うまくやつ, うを, うレオポール君, う云, う云つてやつ, う云つて渡辺さん, う云つて渡邊さん, う先日, う君, う年齢, う御馳走, う思, う思ひ, う思ふ, う書かう, う様, う此処, う決心, う邪見, え, えよろしけれ, おじさんに, お前さんも, が俺, くよくよした, けれども始め, この真昼間, この誤解, これで, これでも, こんなもの, さうすれあ, さて飛ぶ, さどうぞ, しかしもう, しかし米谷, しむかい, それだけさ, それは, だがお前, だがその, で, と笑つた, な, なぜと, まあ自重, までの大音, やうこいつは, やうなら, わたしの, わたしは, ァ直ぐ, アいらつ, アお, アお前の, アさ, アどうぞ, ア万事は, ア今日は, ア和尚様これを, ア小兼覚悟しろ, ア申訳が, 上って, 両方の, 併し, 其れ, 御飯を, 手紙にも, 眞とは, 私は, 英吉利人は, 誰に, 阿父

▼ うとて~ (163, 0.1%)

4 逃がしは 3 朝之助の, 横町の, 答へも, 逃がすもの, 逃がそうや 2 お關, この世に, 今吾, 作られた器, 働く身, 思わずも, 歸りか, 私たちは, 逃げられるもの

1 [126件] ある難題, いちいち直参旗本早乙女主水, いろいろ言った, いろいろ骨折つた, うかがって, おそるるところ, お前どこの, お関, こうして集まった, この鬼六, こんなこと, こんなだいそれたまね, しんじつ手古擦った, そうしたわけ, そうは, そのままはなれ, その言い訳, たちまち大, ためろう奴, であるから, なすつたこと, なにを, なんで騙られよう, にげられるもの, はたはた駆けよつ, はたはた驅, ひとり寢, まえが, やった仕事, ツナシマへ, ロミオを, 中の瀬一郷年の, 主人は, 二人で, 二階を, 云うの, 人目も, 人目を, 休まれも, 何にも, 余に, 作られた財産, 作楽井氏が, 先ず叔父, 光度計を, 六個條を, 其方たちを, 出かけて, 出来も, 出立し, 切られぬわい, 別に邪間, 助かりっこ, 北田が, 参ったとか, 同流の, 吾, 噂を, 四時頃より, 女郎に, 妖巫の, 妾が, 山路を, 師匠が, 帰そうか, 帰られぬ, 帰りかかる客, 府中まで, 待って, 心は, 忘れられない別れ, 忘れられぬ悲しみ, 忘れられまい, 拙者は, 掛けた草鞋, 数万の, 日常語の, 書き留めたもの, 来て, 案出される, 歩みだした, 汝逃がさぬ, 沙翁劇が, 烏号の, 焼けるもの, 狂い回ってる野獣, 甚く, 生きられませぬぞ, 生れたるもの, 申したわけ, 町より, 病室に, 皆むつかしい, 真似られない, 着せまする, 知らそう道, 破る事, 私が, 筆を, 筍を, 緊張の, 罷り出たの, 自分は, 荷物を, 薬を, 行く, 行って, 見いだせない瞬間, 見られるわけ, 言えないくらい, 誘う, 誰に, 謀つたで, 逃がさんぞ, 逃がして, 逃がすまい, 逃げられる場所, 逃げること, 逃げるみち, 逃げるわけ, 逃げる道, 途で, 道の, 音楽的な, 飯や, 馳せ集まり多く

▼ うとさえ~ (156, 0.1%)

13 して 11 思えば 7 思って 6 しなかった 5 した, するの 4 すれば, 思った 3 しない, しないの, しました, 思われる 2 します, しますならば, する, 思ったの, 思った事, 考えた, 考えて

1 [75件] いい又, いわれて, いわれる, おもわれるほど, しかかったが, しかけた, したが, したくらい, したこと, したという, したの, したん, した所, した畑柳倭文子, しないけれども, しないよう, しなかったという, しなかったほど, しなかったん, しながら, しなくなって, しなければ, しませんでしたのに, するところ, する従軍記者, せぬの, せぬ故, たくらんだの, つとめた, なさいましたが, 主張した, 予期しなかった, 云う者, 企てた, 企てたけれども, 企てて, 企てる, 努力し, 思いつめました, 思いました, 思いましたが, 思いわ, 思うの, 思う瞬間, 思えなかった, 思えなかったの, 思ったが, 思ったほど, 思わせた, 思わない, 思わなかった, 思わなければ, 思われた, 思われるの, 思われるほど, 感じられる, 日夜空想した, 書いて, 気が付かずに, 決心した, 源氏は, 準備し, 為ませんでした, 考えたくらい, 考えられる, 考えられる位, 考えるの, 見えて, 言い出しましたけれど, 言えば, 言ったのに, 言われるくらいまでに, 試みた, 試みて, 邪推する

▼ うため~ (149, 0.1%)

5 である 4 なの, に 3 だった, だったの, であった 2 か, かえって圓朝, であるが, であると, ではない, に大きな, に手, に来た

1 [111件] からごく, か声, さ, じゃ, そんな気味, そんな話, だ, だが, だったそう, だろう, だ路, で, であったの, でご, でした, でそれ, ではありません, ではなかっ, ではなく, でもあろう, でもなかっ, でもなく, でもなし, で名聞利益, なら手段, なり, にあざむかず, にあの, にいたずら, にお前, にかそれ, にか蚊, にこの, にご, にそして, にその, にな, にな殿, にのみ存在, にはこれしき, にはたった, にはどうしても, にはプロレタリア, には一切, には之, には何事, には彼女, には思い切っ, には方法, には是非, には是非とも, には県知事様, にほかならん, にむり押しつけ, にやって来た, にわざと, にオデッサ, に今日, に他, に内部, に博士, に参った, に四軒, に季参一味, に彼, に必要, に忍び足, に急ぎすぎ, に我々, に機会, に此, に此黒闇, に汽車, に熊本, に物理学, に理想, に結ばれた, に美論, に船中, に良人, に花, に行く, に裏階子, に西洋人, に赤絵, に酒宴, に長, のあらゆる, のあるじもうけ, のいわば, のこと, のこの, のその, のカラクリ, の匂い, の擬態, の文壇政治的団結, の最後, の牽強説, の私, の緊張, の義理, の造庭者, の鞭, ばかりです, ばかりでなく, ばかりにも一同, わざと小屋, 弱いもの, 追い着いて, 逃げた拙者

▼ うによっては~ (143, 0.1%)

3 それが 2 これは, そうも, 一つの, 爛々と

1 [132件] いい機会, いかなる猛勇ぶり, いくらか, いよいよ自信, おちょぼ口が, かえってすごい美し, かえって合理的, この男, これが, これだけの, これ等の, さのみ, しゃくにさわるが, すぐにも, すでに大使館, その二つ, その五年, その化け物, それは, ただの, たちどころに斬っ, ちっとも滑稽, とうてい取去る, どうにかならない, どうにでも, どこを, どんな女性, なんとなく秘密, はなはだ重要, ひどく困った, またなかなか, まだ我慢, むろん当然の, もっとも善良, より以上, わたしが, ベートーヴェンも, ランニングや, 一刀三礼の, 一種の, 一面, 三十近くにも, 下を, 主人が, 二三万石ぐらいの, 云って, 京洛の, 京都弁その, 人らしく, 人を, 人生を, 人間が, 人間と, 何か, 全くの, 全然無意味, 前の, 剣ヶ峰より, 創作人物の, 十二万五千石が, 千鶴子の, 単なる思い付, 同役だ, 喧嘩を, 図々しくも, 地理的教育直接の, 大笑いの, 大蝙蝠, 妙に, 孔夫子よりも, 実に力, 実に感激, 実際大いに役に立つ, 少し変, 山県が, 平凡な, 弱い弁証法, 当って, 御殿の, 必ずしもそんなに悪意, 必ずしも困難, 恐ろしく苦味, 悪夢から, 悲しいよう, 愉快壮快という, 愚図とも, 敗戦後の, 最近塚本夫人も, 杵臼問題の, 松の, 棺の, 正座を, 歴史が, 殺しは, 水の, 浮世絵の, 清算しきれない, 無期延期という, 犯人の, 狂人じみた, 狸とも, 甚だしい横柄, 生死を, 男の, 町家に, 病身らしく思える, 皮肉だった, 秀吉は, 私の, 空き部屋とも, 空に, 老けても, 自分と, 自分の, 自暴自棄的な, 艶な, 蓴菜の, 薄野原, 蜜柑箱よりも, 蟹の, 誰の, 踊りとも, 身分本来の, 遠い地平, 野霜の, 釣人にとっての, 随分男らしく, 面白いじゃ, 面白くも, 風流にも, 馬の, 鼠が

▼ う言つて~ (141, 0.1%)

7 ゐた 5 ゐるの 2 おくれ, やるが, よ, ゐたよ, ゐる母, 居ましたよ, 置いて

1 [115件] あの不幸, あるから, うんと笑, おくれうち, おくんな, おね, お在, お扇, お粂, お角, お霜婆さん, からいた, からバサウリューク, から今度, から先刻, から祖父, から私, けれどもお, こくり, さすがに, しまつたか, すういと, そのひと, そのままお盆, その人, その花, た, たな, た言葉, は何, は困る, は濟, ひどく硬, ふと立ち上り, また峠, また煙草, まだ恐怖, まだ手, まゐりませう, もう行き, やつて, やらう, やると, やるの, やれ, よく肥つた, よく革, よこして, よろよろした, ゐたつけ, ゐたと, ゐたのに, ゐたわ, ゐた後, ゐた風早さん, ゐましたが, ゐましたよ, ゐますよ, ゐるうしろ, ゐるから, ゐるところ, ゐるやう, ゐるん, ゐる様, ゐる間, 下さつたので, 下さらないと, 下すつたん, 何だか変, 何と思, 促した, 入つて來, 出て, 呉れないぢ, 固く逢, 大きな口, 少し後, 少し早午, 少らく椅子, 居たよ, 居ました, 居ましたが, 居りました, 居ります, 居る, 居るぜ, 居るよ, 居る確か, 居れど, 引渡して, 慣れ慣れしく微笑, 本当に頼ん, 止めるもの, 歩くと, 汚ない, 泣き喚かずには, 直ぐお茶, 細い指, 絶え入るやう, 織匠, 置いたん, 置きませう, 置く, 老主婦, 聞かせた, 聞かせて, 薄暗い店, 誘ひ入れて, 起きて, 起き上, 軽くお辞儀, 遣つたらさあ, 降りて, 面白くも, 飛んで

▼ うかなどと~ (139, 0.1%)

12 考えて 6 考えながら 3 思って, 考えたり 2 いって, 云って, 女は, 思いながら, 考えた, 考えたこと, 考へて, 考へながら

1 [99件] いうに, いたずらを, いつた愚問, いつて, いつもこの, いろ, いろいろな, このよう, しきりに悶え, しきりに想像, その日, そんなこと, そんなたわい, そんな空想, つれづれの, とつおいつ頭, ばからしいいろいろ, ひどく凝, ぼんやり考え, ぼんやり考へ, むだな, よけいな, われわれの, 一文の, 不了簡, 云う, 云う事, 云う有さま, 云った, 云ふ, 今までに, 仰っしゃっておられたから, 内心ほくほく, 博士は, 吉岡は, 商人に, 問うたが, 夕食の, 外に, 寝床の, 当時の, 心が, 心配いたし, 心配した, 思いながらも, 思いに, 思い惑ったほど, 思い浮かべる暇, 思う, 思うて, 思うと, 思った, 思ったこと, 思ったの, 思ったり, 思つ, 思つた, 思ひながら, 思案し, 急に, 悩ましく考え歩い, 悶えて, 想像し, 感歎とも, 所々御, 揣摩憶測を, 時々申されます, 時には, 時にはふつ, 棄鉢な, 源氏の, 煩悶を, 疑い出しさえ, 疑惑を, 私は, 秋雨落日の, 空想し, 笑って, 結局その, 考えたけれど, 考えても, 考えましたが, 考えられそれとなく, 考えるだけでも, 考えるの, 考える者, 考え込んだ, 考へられそれとなく, 考へることさ, 考察を, 自分ながら, 見当ちがいする, 言って, 話して, 話し合って, 頭の, 養母に, 馬鹿な, 鬼太郎君とも

▼ うあれ~ (135, 0.1%)

232 からまだ, が手習師匠, だ, はお, は何, は十二支組, ほど利く, も呼べ

1 [96件] からああ, からながめた, がい, がこの, がたいへん, がなくなった, がな次, がまア, がよかろ, が一日, が与一兵衛はん, が中津川, が伊勢, が吾輩, が大菩薩峠, が押し, が旗, が望月様, が朝鮮, が清月楼, が神社平, が空知川, が至急手, が西日, が高橋, が高橋お伝, さ, じゃない, だあ, だけ無造作, だけ違う, だね, でいい, です, でもうすっかり, でも飛行機, と同じ, と尖った, ならあたし, ならありますとも, には一ヶ月百三十円, に居る, の器量, の耳, はあぶない, はお前, はかがみ, はこの, はすなわち, はずっと, はね駿河, はまだ, はもと, はパーマース・シップ, は不思議, は二ツ塚, は信用, は傘屋, は南京豆, は唐, は嘘, は夜うぐいす, は幾日位, は正直者, は殺人的, は毛虫, は点々, は真実, は石田, は茂太郎, は買つて, は頭, へお, ほど泰平雍和, もゆう, も区別, も吾輩大好きさ, も訊きたい, よ, よその, よりもこの, をお, をしっかり, を云, を便り, を思ひ, を愛用, を手, を持たない, を描い, を見た, を見る, を迎え, 早く貴方, 木を, 本当ね

▼ う~ (135, 0.1%)

11 てん 76 て云う, と 4 たって 3 ていうん, ての, ぶうッ 2 てお, てこと, てそう, て気, て言う

1 [82件] すらと通り道, たら, たらありません, ていうこと, ていうの, ていかにも, ていった, てえの, てえのよ, てお嬢さん, てお母さん, てくれ, てそして, てその, てそれ, てな二十五両, てね, てのだい, てひどく, てもの, てもん, てんだい, てんでげす, てネお, て一しきり, て一心, て俺, て内々, て吾家, て大屋さん, て奴, て実は, て家, て寝坊, て師匠, て待っ, て惚, て気持, て浦和, て涙, て皆, て真, て私, て莞爾, て言いまし, て言いました, て言っ, て言った, て話, て誰, て貴, て阿, て鬱ぐ, というん, とここ, とその, とつけ, と一人ぼっち, と一日, と向う, と品物, と大阪い, と太い長い, と尾, と抜ける, と揺り上げ, と残らず, と派手, と真直ぐ, と立上り, と肩, と腹, と見渡す, と警笛, と起た, と起上, と足, と違いました, と遣っ, と飛出し, 伏して, 物凄い鼻息

▼ ういふ~ (131, 0.1%)

5 考へ方 3 ある日, 思ひが 2 であらう, はなし, 澄んだ美しい, 美しさ

1 [112件] あか抜けの, いろ, おもしろさ, お心掛け, から, からだで, が早い, きざしを, きつかけ, げらげら笑, このお家, さわがしさ, すぐれた力, そして感, だいまいの, だけである, でなかなか, とツル子, と顔, と鶴子, のどけさ, のんどりしたもの, むつかしいの, ものぢ, やさしいこと, やない, ゆき方, より仕方, より他, より言葉, シャレは, 一々の, 乏しい時世, 低い声, 余儀ない生活, 冷たいもの, 冷たい眼, 冷めたさ, 切ない境遇, 勝れた凧, 古い文語, 古い本, 古い発音, 古い種族, 古ぼけた京都, 可愛らしい相手, 呟きを, 呻き声, 呼び方, 図太い了見, 堪へ難い, 変った興行, 大きいの, 大膽さ, 女らしいやさしい一面, 好いもの, 好い機会, 好い運動, 好さ, 尊い鳥, 強い印象, 御目附, 御考, 御都合, 怖れ, 思ひ, 思ひは, 思ひも, 思ひを, 思ひ出, 恐ろしい行爲, 悪い名前, 撰び方, 新しい癖, 新しい習慣, 新社會, 新舊, 明るい部屋, 暗い家庭, 本來, 本當, 楽しい問, 楽しい心地, 正しさ, 死に方, 浅ましい連中, 狡い輩, 疑ひを, 白いもの, 知らない部分, 短かい, 細かい夜, 美しいもの, 老僧, 花々しい祭, 若い記者, 苦しい心づかひ, 薄汚い話, 詳しい事, 論じ方, 諸篇, 遠い処, 重々しい慟哭的, 重い病気, 重苦しい心, 阿爺, 非度, 面白い話, 面白くない, 頼もしい人物, 顰め面, 飲み方

▼ うなどという~ (119, 0.1%)

12 のは 11 考えは 10 ことは 5 気は 3 大それた 2 ことも, 人も, 考えが

1 [72件] いやしい気持, いや女体, ことで, ことに, ことばかり, ことを, そうした気配, そんなさもしい怖, そんな蝨ッたかり, つもりで, のが, ので, ものは, ような, ケチな, ケチ臭い, 了見を, 内々の, 卑屈は, 問題を, 噂が, 困難な, 図々しい虫, 大理想, 大胆な, 妙な, 尊大な, 希望は, 心は, 心配でした, 心配は, 志願者よりは, 悠暢した, 悪意は, 意図は, 意志は, 慾張根性は, 慾深, 挨拶が, 期待は, 柔順な, 気もちから, 気もちが, 気持にも, 気配は, 氣には, 点で, 無邪気な, 疑いも, 目的なんかで, 空約束を, 素直な, 統計を, 考えに, 考は, 考慮は, 者は, 者も, 聟君は, 虫の, 親切気は, 言い草の, 計画も, 話を, 賤しい, 道徳思いも, 野心が, 野心は, 風の, 風説の, 飛んでも, 高慢な

▼ うまで~ (116, 0.1%)

5 して, つづいて 2 いはれると, 言はれる

1 [102件] あくどく私, あらうとは, いはれては, されて, しなくても, じゃ, するは, だ, つくねんと蹲, つづく大, であろう, でございます, なつた, ひびくからね, もさとして, ケナシつけなく, 一列に, 一眼です, 主義が, 云うからには, 云われては, 人を, 人気を, 人間が, 仰し, 位置が, 何物にも, 厭らしく, 命がけの, 困りも, 売り込みの, 大切に, 奥様に, 奥深く出来, 子供たちは, 巧妙に, 帰れまいと, 彼と共に, 彼は, 彼処に, 彼女の, 御存じなら申し, 心を, 必要な, 恐ろしい死, 恥も, 悲しい思ひ, 情の, 惠まれた, 感激が, 手つだって, 手習ひする, 打ち明ける事, 批判力が, 持て餘, 旅行する, 来て, 根強く浸透, 検める事, 極端に, 歪められた人生觀, 氏を, 深く人体, 深く帝王, 滅茶, 焼けて, 甘やかすの, 用心され, 相反する, 知らずに, 祕密に, 秘密に, 筋が, 綺麗に, 考へないでも, 自分ひとり好い, 自分を, 薄情で, 行かないうち, 裏腹に, 見と, 見わたせるし, 覚悟を, 親しくなった, 親達に, 言ひ, 言ひきりました, 言ひ切る, 言ふくらゐなら, 言ふなら助け, 説破される, 謂はれ, 讃嘆する, 身を, 身体を, 辱められても, 近づいて, 酷く自分, 里子を, 鋭く痛めつけた, 陣地を, 鼻を

▼ う~ (116, 0.1%)

3 座りますとて, 座ります私 2 座りましたでは, 座りました兄, 座りました免, 座りました堪忍, 座りました私, 座りました貴君, 座りますぞとて, 座りまする

1 [94件] きのどく, 一しょに, 一緒に, 上りなさい, 不自由で, 丹誠甲斐も, 主人, 主人の, 主人は, 二人の, 便殿なども, 出馬に, 別れだ, 厄介に, 坐います, 坐いませう, 坐りますと, 坐んしたよ, 坐んす, 城與力や, 壯どう, 多用の, 如才は, 姉さまは, 婦人には, 存知じゃろう, 安心なさい, 安心なさいまし, 容貌は, 察し申し, 尊父の, 座りました始め, 座ります, 座ります畫, 座りませうほどに, 座りやす, 心配なさらず, 心配は, 恩に, 手を, 承知ですやろ, 挨拶した, 支配の, 教訓によって, 検視が, 様子を, 歴々が, 気の毒さまね, 気の毒だ, 気の毒で, 気分は, 気分も, 気性だ, 無理を, 無礼どす, 熟考の, 用事が, 用人, 番退, 異存は, 病気は, 病苦を, 目も, 祖父さんが, 立派に, 縁か, 縁合に, 老中も, 老体い, 老女様でしょう, 聞きでしたか, 胡乱に, 自分が, 自慢ね, 舎弟も, 薬園預りの, 見受け申した所, 親切に, 言葉真ぞ, 計略は, 贔屓に, 転任といふ, 近所なら, 迷惑ながら, 迷惑に, 運よく, 遠慮には, 遠慮を, 都合は, 金蔵の, 零落にな, 風呂を, 馬上に, 魚なんか

▼ うかといふ~ (114, 0.1%)

8 ことを 5 ことである, やうな 4 疑問が 3 ことが 2 ことで, ことな, ことに, のが, のである, やうに, 気が, 氣が, 疑問を, 考へが

1 [69件] ことすら, ことだつた, ことでした, ことです, ことにな, ことは, つまらぬ疑ひを, ところに, ところへ, ところを, ような, わけな, ガッシリした, ガツシリした, 不安が, 不安な, 不安に, 不安を, 事である, 事を, 事其妻は, 位めったに, 位ゐ, 位ハリキって, 勢に, 反省は, 問題が, 問題を, 嘆声を, 噂が, 場合な, 客の, 専らの, 悲しいほどの, 想像を, 慾を, 懷疑が, 晩年の, 松林の, 様に, 樣に, 段に, 気に, 気にな, 氣にな, 氣も, 氣持に, 激しい好奇心, 点まで, 状態に, 理想的靴脱, 男見る, 疑である, 疑ひが, 相談である, 私に対する, 考へ, 考へは, 話に, 話まで, 話も, 話を, 説も, 變な疑ひ, 距離で, 配慮が, 静かな, 風な, 風の

▼ うねえ~ (112, 0.1%)

42 お前ほどの, しかし今年中, ほんとに, まあ, 行って

1 [98件] あなた様なんぼ, あのチョビ安, あの人, あんたの, あんなにあなた, あんまりあとさき, あんまり世間, い, いずれは, お前, お品さん, お国さん, お嬢様, お松さん, お武家様, お父様, けさ方二時, けれども苦しい, これらの, これを, さう, そうじゃ, そうそう, そうそうあたし, そうでしょう, そう思わない, そしてその, その女, その弥生さん, それから西班牙, それに, だけれど, ぢや, とおしげ, どうなと, どう思う, なんだかない, なんだかむかむか, ほんとにしよう, ほんに困り, また悪友, みっともないじゃ, わたしどもの, クンツ, セリョージェチカ, フレッド, ホーちやんの, ポラーノの, マリユス, 上つ, 上手でしょう, 上総房州の, 二十五ルーブリぐらい, 些と, 何でも, 先生あなたも, 力持の, 千ちゃん, 否待たれない, 咲ちゃ, 大夫それが, 大層な, 大阪の, 太夫さん親方さん今そこで, 実は私, 彼は, 心中でしょう, 悪いわ, 数枝だ, 数枝だって, 旦那, 是から, 杉や, 東助さん, 気味が悪いよう, 池田先生, 泣いちゃ, 泥棒を, 独仙君, 由さん此処から, 皆気の, 私が, 私などの, 私の, 私は, 自分の, 艇長, 親方さんどう, 貴下, 車掌, 金吾さん, 金貸しの, 雄々しい良人, 雷鳴には, 電話は, 飽き飽きしちまった, 駄夫さん, 駄目よ

▼ う自分~ (110, 0.1%)

3 で自分 2 がまだ, が今, にも, の妻, の存在, の知らな, の芸術, はその, は不信心者

1 [89件] から進ん, があの, がこうした, がどんなに, がのろっ, が一睡, が前生, が書き送る, が結婚, が自分, が貧民, が追い立てた, が逐, が齢, であれば, でおんぶ, でないよう, では気がつかない, では泳げ, でも少々, で思ってる, で申しました, で紙, で食べる, ながら愚, にし, にそんな, にとっても, にはそんな, に向っ, の, のこと, のこの, のため, のやう, のよう, の一生, の事, の兄弟, の力, の名, の名誉, の国, の姿, の娘, の家, の小屋, の小舎以外, の弾いた, の心, の思っ, の手, の方法, の望ん, の生んだ, の畑の, の病, の病気, の目, の美しい, の行動, の計らい, の足, の身体, の道, の都合許, の食べ残し, はいよいよ, はここ, はこの, はこれから, はどうしても, はまったく, はまるで, は一層, は古人, は土地, は宇野氏, は生涯, は笠, は隅, は飽くまでも, までがなぜ, までが浅薄, よりも若く, を愛し, を滑稽, を獨, を育てよう

▼ うとまで~ (109, 0.1%)

10 した 4 思って 3 思った 2 したん, 思いつめて, 思ったが, 思ったの, 思つた, 決心し, 決心した

1 [78件] いい出した恥, いつた位, いつて, させた, されるに, したか, したが, したの, したもの, した不徳, した人, した人間, した小心, した思い出, した昭和神聖会, した美しい, した諸所, して, しながら, しました, すっかり覚悟, する, する心, する老人, その好奇心, 云いました, 云ひ出した, 云われて, 仕たでは, 付け足した, 仰しゃる, 企てた, 企てました, 働いて, 其の薄弱, 内談は, 厚意を, 嫌われれば, 彼には, 心からお, 心を, 心配し, 思いつめたん, 思い出した, 思い詰めた心, 思い詰めて, 思うとるの, 思う人, 思ったあげく, 思ったくらい, 思ったところが, 思った私, 思つたらしい, 思はずには, 思ひ詰めたこと, 思ふ事, 思案した, 憎み切るには, 憤って, 憤怨する訳, 気が, 相談された, 考えた, 考えて, 考えましたが, 考え出した, 考へて, 褒めそやした, 覚悟した, 覚悟を, 言い出したが, 言ったこと, 言われるよう, 計んだ女, 計画しなかった, 話が, 誓って, 騒いだという

▼ うけど~ (107, 0.1%)

3 あたしの 2 私は, 自殺は

1 [100件] あたいお, あたくし, あたしたち横須賀な, あたしは, あちきは, あのウチ, あの七月十日, いくら日本, いざ子供, いったいどんな, いつたいどう, いまあ, おことわり, おつき合い, お父様, こ, ここへ, このまま, この患者特有, これで, これは, これを, こんなところ, しかし祖父さん, その彼女, その後始末が, それだ, それだけの, それよりは, そんなこと子ども, そんなにお, だから画, ちょっとあれ, でもあなた, でももう少し, でも二人, でも君, でも好い, でも此の間, でも眠られぬ, なまじひ, ほんとの, まったく神山東洋氏, みっともない楽屋, アイネス嬢, デマを, トコトンさん, 一思ひ, 一日中の, 与里の, 人が, 今の, 何だか極り, 何を, 僕なんかに, 僕の, 光子さんは, 具体的に, 君ありや, 四月一日であっ, 地方なんか, 外に, 女はい, 女一人で, 好色は, 実は向う, 実際は, 小悪党, 小説などに, 山口さんじゃ, 明日の, 柚子怖がらず, 横濱の, 残されたあたし, 殺って, 水も, 泣き声を, 男の, 男は, 百本もの, 神月と, 私ね, 私の, 私達の, 端唄を, 紙を, 自分で, 自分の, 菜物なんか, 葉子に, 誤解される, 誰が, 誰だって, 誰も, 通人は, 道徳の, 遺品を, 雑誌の, 飯島の, 馬に

▼ うとしては~ (107, 0.1%)

5 ならぬ 4 いけない 2 いたが, ゐない, 茶碗を

1 [92件] ああお留守, いけないし, いけないと, いけないの, いけない相, いません, いませんか, かえって彼, からくも, しゃくりあげ縁板, その手, それが, ちっとも何, ちゅうちょし, ならない, ならないこと, ならないという, ならないの, ならないもの, ならぬと, ならぬの, なるまい, ふいに, またはっと, またガラス板, また刺した, また唇, また急, また続い, また続き, やる, よく下界, よろめき水平線上, ゐないこと, ガラス板に, キユツといふだけ, フット口を, 他の, 佇みして, 佇み帰ろうとしては, 何だか老, 入って, 出遅れ出遅れては, 半分も, 又パシエンカ, 口を, 叩きつけられる女, 叩き落され這い込んでは, 咽び咽んでは, 困る, 外の, 大地を, 失望し, 容易に, 尻もちを, 引つ込め右, 当らない, 思いを, 急に, 恐れ恐れては, 惰力で, 意志の, 我慢にも, 手を, 折角の, 揺り返される, 毎日思ひ, 沈みつ, 没し没しては, 流石に, 渾身の, 滑り落ち滑り落ちては, 直ぐ思い返し, 相手の, 絶たれずに, 羅宇に, 翼に, 花の, 落ち乗ろうとしては, 表情を, 見つかって, 見られず無心, 起ち得ず再び, 躊躇し, 躊躇した, 辷って, 遣るまいとして, 野茨の, 鈎を, 鉤を, 離れ, 頭を

▼ うとお~ (106, 0.1%)

67 もふ 8 もひ 6 つし 5 もふと 4 もはれる 3 もひます 2 もひました

1 [11件] もとる, もはる, もひつ, もひつきました, もひ立ち, もひ立つ, もひ立つた, もふけれ, もふて居りました, もへた, 目にかけて

▼ う~ (106, 0.1%)

3 の人, はその 2 の様子, は, はこ, はこれ, は眼, は私

1 [88件] いう都合, から, がどうして, が何れ, と藤田, にすこし, にはしよつちゆう, には愛すべき, にもわからない, のいった, のお方, のタチバナ, の仕業, の全身, の大東汽船, の姿, の屋敷, の崇拝者, の影, の性質, の推定犯人クリヴォフ夫人, の新造, の方, の時桟橋, の机, の物, の痴漢, の白痴, の目, の秘書官, の窓, の自然哲学, の親切, はあたり, はあやしんだ, はいとも, はそれ, はそれ渡邊, はただ, はどうして, はひとりごと, はひとり決定, はふと, はやっと, はチユウリツプ, はド, はブラブラ, は云, は人なつこ, は人情, は人間らしく, は何故, は努力, は十分, は天然理心流, は子供, は少年時代, は常々, は常に, は手, は旧, は更に, は梅軒, は歯, は気, は法師丸, は激しく, は疾く, は突然, は立つ, は答, は紙芝居, は考へ, は考へた, は聞き, は血眼, は言, は辺り, は酒, も遊びたかろう, よりは好い, れは, れほど, をしよう, をせう, を囲ん, を恐れ, を殺し

▼ うそんな~ (105, 0.1%)

14 ことを 9 ことは 4 ことが 3 ので, 事を 2 ことで, ものを, 気が, 真似は, 話, 話は, 風な, 風に

1 [56件] お話は, お話を, くだらぬ迷い, こっちゃ, ことでで, ことなら黙っ, ことの, ことまでが, こと私たちには, せせこましいりょうけん, ふうな, べら棒な, ものは, もんじゃ, ような, ように, わけで, んです, 事が, 事で, 事など, 同伴は, 夢を, 子供は, 家で, 引込思案を, 心の, 心持に, 恥かしい, 悪口を, 意地張りを, 愚劣さが, 折に, 方の, 時には, 望を, 気持が, 為なく, 無為に, 無茶を, 男は, 疑でも, 疑りが, 眼を, 祭りを, 筈は, 綽名なんかを, 考で, 考へ方, 肚で, 話で, 話を, 述懐が, 金モウケは, 風だ, 馬鹿な

▼ うしかし~ (103, 0.0%)

5 それは 3 私は 2 これは, それが

1 [91件] いつか現われ, おそく花, お可笑, かかる場合, かれら, きみたちの, この両者, この分割, この説, これだけ, そのじりじり, そのため, その事, その人, その代わり, その先, その各種, その意味, その銭, それより, それを, たかが芸, たしかにあれ, ねネイヤ, ね私, まだ海, もう大丈夫, もしもらいそこねたら, わしは, アルプは, 一時に, 世間では, 人類は, 今日でも, 今日は, 任期は, 会には, 何しろ, 何と, 何という, 何といつ, 何の, 何も, 何国でも, 余は, 余り不, 余る一足, 僕の, 其中に, 再び落ち葉, 吉屋信子なんか, 四六時中生活の, 大川では, 大理石という, 大観の, 完全無欠の, 彼は, 彼も, 彼等に, 意味あり, 日限が, 来年また, 東京には, 某大劇場, 欧州西部の, 正直にさえ, 正面から, 汝に, 泊めて, 特長は, 生活の, 真先に, 眼は, 神経は, 糸瓜の, 終ったの, 考えても, 自分なんかの, 色彩は, 芸術とは, 蜜の, 衰弱せん, 要するに瞥見たる, 見物の, 親は, 評定役として, 誰が, 諸君の, 達弥おれは, 酒から, 雅楽頭が

▼ うのに~ (101, 0.0%)

3 それを 2 空間が

1 [96件] あたりの, あの吼える, あゆを, ある, あれじゃ, あんな古い, いい機嫌, いずれに, いっこう辞退, おいたは, お気の毒, お濠, お目出度い, お銀様, かくの, こいつに, こうして子供, この床下, こんな不潔, こんな手近, そうも, その一行, その病人, それでも黙っ, それらとは, それらの, そんな中, たまたま坊ちゃん, ちょっと欠いた, つい御, どうしてその, どうしてやっ, どうなすった, どこかに, どことなく容子, なにこそ, はじめて咲いた, はたの, もう十年, キョトンと, ナニ姉弟分だ, 一二匹の, 不思議は, 之を, 今さら尼, 今日の, 今晩の, 伸子は, 伸子も, 何とも何, 余念が, 便利である, 偶然それを, 元湯, 先学等は, 化けるの, 反撥が, 咎めだてされなけれ, 多計代, 大変書き馴れ, 宗房釣月軒は, 小器劣根の, 山々の, 彼の, 必要な, 忙しかった, 支那人は, 救いの, 文学者は, 新子よりも, 日本の, 日本人には, 更に商品, 未に, 検視に, 武装なんて, 残ったの, 気の, 田舎から, 相談も, 相違ない, 私とても, 結局法律の, 絵双紙屋も, 自分は, 芸術家の, 行ったところ, 農民は, 逆に, 運八の, 適して, 重いこと, 限って, 雁金額の, 雪ちやんは, 馬までが

▼ うけんめい~ (97, 0.0%)

4 です 2 だった, でありました, でした, にその, に勉強, に考えました

1 [81件] あのひと, うれしそう, くふう, じぶん, その女, その本, だ, であったから, であったの, でお, でじゅず玉, で将棋盤, と考え, なしかし, なん, に, にかけだしました, にここ, にさがし, にすぎ, にせっせと, にそこら, にとっ, になり, になる, になん, ににげ, ににげのびました, にブレーキ, にリヤカー, に世話, に二人, に介抱, に仕事, に働きました, に家業, に巣, に思ってた, に戦いました, に抵抗, に探す, に救い, に文句, に旗, に替え玉, に朝, に歩い, に歩き出しました, に海, に点数, に玄関, に研究, に精, に聞い, に苦心, に落とした, に見, に見つめ, に計算, に走っ, に走った, に逃げ, に逃げた, に逃げだしました, に鉄ざら, に陸, に雪, に飛びました, に駈け出しました, に黄金色, に鼻, ふき続けた, まっしぐらに, 張りこんで, 止まれ止まれと, 生きて, 立ち上がって, 考えたんで, 聞いて, 走って, 飛んで

▼ うへに~ (93, 0.0%)

2 うかびゐて, わが, 八つ手のや, 沈々として, 雨は

1 [83件] あぶなくたち, いたいいたい草, いろんながらくた道具, お経, ことに日本映画, さゐ, しづかに, ちよつと, つかれ横田, つもれかしか, ひどく手数の, ぶくぶくした, ほそき月, ほど近い谷間, もう大分夜, もそ, レーンコートを, 今の, 今日の, 何か, 何十枚の, 來飛びしき啼く, 便利で, 切支丹の, 動作が, 十人あまりの, 又宝, 叔母さんは, 大きな羽子板, 天の川淡路に, 姉王などよりは, 小雨ふりきぬ, 思ひいたり, 思ふど, 恐ろしく親和的, 懸る吊橋, 我ぞ, 戦乱の, 戦争に, 接吻を, 搾つた乳, 於て, 於ては, 旨いこと, 是非とも, 時々大きく, 書いつけもてゆけるはて, 本人の, 気分に, 水に, 汚れて, 海の, 深々と, 濃き綾, 甚だ遺憾, 病ましき現象, 発見する, 登らず, 真珠を, 瞳盲ひたる, 私の, 私は, 秋風ぞ, 立つて, 綺麗な, 羽織つてゐる, 自分の, 艫部が, 苛立つ矮樹林, 若葉洩る, 見逃しては, 載せた自分, 載つて, 過去において, 遠く棚, 重要な, 鉛の, 銃猟は, 雨そそぐ, 靈の, 青く淀んだ, 非常に, 風でも

▼ う云つて~ (93, 0.0%)

3 ゐるの, 呉れ 2 から, るよ, ゐる, 呉れたが, 見た

1 [77件] あるん, あわて, お呉れ, お蝶, から母, がくり, くれ給, この前私, さもを, しつかりと執つた兵野, じろりと室, ずん, にこ, は祖父, ぽんと, ましたの, ましたよ, また小切れ, も娘, も彼女等, も決して, も源, も駄目, よあたし, よこしたん, わざと自分, ゐた, ゐたぜ, ゐたわ, ゐた母, ゐました, ゐるうち, ゐるから, ゐるけれども, ゐるやう, ゐる中, ゐる夫人, ゐる時くら, ゐる母, オドオドし, 一寸聲, 上げるわ, 其の籠, 凝と, 初めて山村, 力づけるもの, 又ぐるり, 又酒, 取り寄せて, 呉れた, 呉れたこと, 呉れる事, 呼び止める女中, 坐ると, 居る, 急がず騷, 悲し気, 投げ出した足, 捕へられて, 暗に彼, 未だ石地蔵, 来たよ, 歩きだすと, 然し酒, 白い蚊帳, 立ちあがりますと, 立ち上つた, 置いて, 腰掛けさせました, 見ろよ, 訊くと, 話すと, 走つて, 走りかけて, 近づいて, 頷いた, 頼んで

▼ う~ (93, 0.0%)

3 のうち 2 あの木挽小屋, のお, もその

1 [84件] いうお世話, おっしゃったこと, お礼を, から出りゃ, かれこれ突っつく, しばし形勢, じゃ旦那, すぐちょっとわたくし, すぐに, すぐ聞い, だから, では休職, では勝次郎, では胡麻塩, でもある, でも人気, という今, となっ, におきん, になおし, にやろう, に来るだろう, に直るだろう, に見ろ, のあの, のこれ, のその, のところ自信, のなんぞも百姓, のはと, の世間, の中, の人, の伯父, の君, の島田, の我々, の楼, の状態, の音, は, はどこ, はまだ少し, は人, は他人, は仮にそう, は多少, は惜しい, は零落, までお, までになかっ, までのよう, までの事, までの擬勢, までの費用, までは先づ其爲, まで僕, まで氣, まで私, まで耐ら, まで青あお, まで静か, もそこ, もちょっと, もまた, もらって, も彼, より後, 下らない噂, 光ったの, 吐剤を, 向こうへ, 往くの, 得て, 松, 松さんてば, 松の, 直ぐ広, 直に, 着いたの, 石粉を, 見ると, 通ったって, 飛び去った雌鴨

▼ う~ (91, 0.0%)

15 ざります 4 ざりますが, ざりまする 2 ざつた, ざりました, ざりましたゆえ, ざりまして, ざりますか, ざりまするが, ざりやす, んか, 一しょに

1 [50件] ううなっ, うの非難を, きが目に, さんした, ざえます, ざす, ざつたものの, ざりましたでかれこれ, ざりましたので, ざりましてな, ざりましょうか, ざりましよ, ざりますお, ざりますから, ざりますだ, ざりますとも, ざりますなどと, ざりますまい, ざりますまいか, ざりまするか, ざりまするし, ざりますると, ざりまするわたくし, ざりまする大丈夫曲つた事, ざります何ん, ざります翌日, ざりませぬそのまま, ざり申すか, ざんすめしあがれ, ざんす一寸, ざんす帰途, ざんす御, ざんす旦那, ざンす, すかもちつと, すが, ぜん汁粉といふ, にち, もっともです, もつとも, ゆっくりでした, ーう, 上人様と, 前の, 奉行職から, 心労も, 心配は, 愛嬢を, 挨拶ね, 案内下さらん

▼ うどう~ (89, 0.0%)

11 しよう 64 したん, しようと 3 考えても 2 しようも, だい, だと, だどう, だね, です

1 [49件] いふもの, いふ思出, いふ風に, え, かお敷きくださいませ, かそう, かわたくし, か一緒, か神尾, した, しただろう, したと, したの, したら, したらよかろ, したろうって, した婆さん, しましょう, しましょう大勢, しょう, しようかと, しようという, しようどう, しよう灼熱, じゃ, するか, するつもり, すれば, だいこれを, だい宇之さん, だい思いきっ, だこれ, だその, だって構わない, だやいもう, だろうと, だろうを, だわれわれ, だ家, だ早く, ぢや, ですね, です伊津丸殿, でも, にもならない, 云う訳, 父は, 考えたって, 致したの

▼ うかな~ (88, 0.0%)

293 さりましたか 2 奉納試合の, 本當

1 [52件] ああ長久命, あははははは, いや家から, おい黒, お品, これが, ご城下, さうす, しかし炬燵, すったな, すったの, すった相, その時, だが戻つた, ちつと, つては, どうだい, ものでした, やめようかな, アうんと, アさ, アア, ア千葉型だ, ア大丈夫かな, ア東京かな, コラドッコイショと, ハハハハハ, ンて, 今時分あの, 今晩, 切りを, 口惜しいから, 土が, 廃そうかなと, 弱き者汝の, 惡く, 改心し, 月夜の, 本当に自家, 東京へ, 永生の, 無惨に, 猪としては, 猪子し, 瓦斯の, 白秋に, 百三さん, 皆の, 臼の, 親分さん, 言うまいかな, 話すまいかな

▼ うかしらと~ (87, 0.0%)

12 思って 3 思いました, 思う, 思った, 考えて 2 彼は, 思つた, 思つてゐる

1 [57件] いう気, おもう, おもってたところ, きくと, ぐらぐら烈しく, すんでの, つまらぬ考, ふと思う, ふと思った, やがて考えはじめた, 云い出した, 云って, 云ふ, 全然いま, 女中は, 富田近所を, 小山に, 幾度か, 心がまえし, 心を, 思いましたが, 思いました夕方, 思い惑って, 思うけれど, 思うこと, 思う地点, 思ったが, 思ったの, 思ったのよ, 思ったほど, 思ったり, 思ってたとこ, 思ってね, 思ってよ, 思ってるうち, 思ってるの, 思つてる, 思つて出かけ, 思ひはじめた, 思ふだらう, 思案した, 想像した, 文子は, 独言の, 甚兵衛は, 盛に, 私は, 老いの, 考えた, 考えました, 考へた, 考へたのよ, 自問します, 苦心した, 覗いた時, 言うんで, 言つてゐました

▼ うもう~ (87, 0.0%)

2 あの釣橋, 私に, 貴下は

1 [81件] おめ, おやすみなさい私, お出来, お前は, お夕食, ここへ, これだけより, これで, その位, その嫉妬ぶり, その辺, それを, つかって, とつく, どの辺り, やって来そう, わかったよ, わかって, 一つお, 一ぺん船のりに, 一ツくんな, 一人は, 一人最前から, 一息だ, 一歩で, 一眠りしたい, 一羽ロックが, 一週間以来も, 一銚子附けさせろ, 九日の, 二三年経て, 五分とは, 今晩は, 他には, 何年も, 何時です, 僕は, 先生も, 出来すぎてるなあ, 十分すぎよ, 十年も, 十数年前に, 古典と, 四時頃だつたらう, 天命を, 安心なさい, 寝よう, 帰るだろうと, 座敷へ, 慣っ子に, 日が, 日は, 時刻も, 書きもの, 最後の, 止めましょ止めましょああ, 永久に, 泣く涙, 浜地と, 生きちや, 留学も, 発田さんの, 目が, 私なんか, 米も, 継げないだろうか, 聴いてるよ, 腐るよう, 莞爾し, 行きましたと, 言わなくても, 話し声は, 警官の, 買って, 遠慮なんか, 長い事会, 門附け, 間に, 馬鹿馬鹿しいで, 麻布のが, 鼓を

▼ うかを~ (85, 0.0%)

3 考えて 2 お訊ねし, 想像し, 疑った, 確めた, 考えた, 考えなくては, 試したの

1 [68件] あらかじめ考慮, いうこと, いぶかる者, おそらくは考慮, き, すぐ思わずに, そこに, たとえ不可能, もう考え, われわれに, 一瞥しよう, 不審に, 介は, 余に, 危ぶまざるを, 周瑜の, 問題として, 容易く決し, 尋ねて, 強いて見させられる, 待ちながらも, 心配し, 心配する, 必死で考えた, 想像した, 想像しました, 想像する, 感じた, 憂えた, 明らかに, 望み見ること, 楽しんで, 歩いて, 母に, 決める, 決定する, 注意せず, 理解せしめよう, 疑つた, 疑問に, 知らないの, 知り立てたもの, 知るだけ, 私は, 考えさせられること, 考えざるを, 考えたの, 考えながら, 考えました, 考える, 考えるとき, 考えるの, 考える時, 考えれば, 考へる余裕, 聞いた時, 色々と, 茲に, 見て, 見てから, 見よう, 見定めるやう, 観望し, 観望する, 討究し, 評議した, 説くに, 験べ

▼ うとばかり~ (85, 0.0%)

17 して 9 思って 7 考えて 5 した 3 するの 2 あせって, する, はいへ, 思つてゐた

1 [36件] あせった, この頃, してやがる, してるから, してるらしかった, しないで, します, するよう, するん, する追従女, せき立って, たくらんで, なさいましたそれ, なさるけれど, 云うて, 信じて, 僕は, 危ぶまれる思い, 寝ても, 山を, 思うて, 思うてを, 思つてた, 思つてゐました, 欲して, 焦立って, 私信じ, 考えいきおい, 考えた, 考えてる初め, 考えてる空, 腐心し, 親や, 言ってて, 顔を, 骨折るので

▼ うからと~ (84, 0.0%)

5 思って 3 いって, 云って 2 いうので, 云つて一等の, 云ふ, 夫は, 留めたけれど

1 [63件] あるだけ, いいました, いうため, いうの, いうわけ, いう気, いつも言い言いし, いわれて, おたね, こういうよう, この方面, さうお, さも感心, そういい出した, そう貞之助, それは, それも, だんだん後, るす, わざと近い, わざと遠慮, ナミ子は, 云いましたが, 云う心持, 云った, 云つた, 云つて茶屋に, 勧むれ, 勿躰らしく, 半分は, 印紙を, 夢の, 女房らが, 存じて, 存じましたから, 宿の, 思いました, 思い他, 思い大切, 思い薫, 思い貴重品, 思う, 思つて, 思われまして, 思召した, 意識した, 母親の, 気遣って, 源氏は, 無理に, 男子並に, 直ぐ引っ込め, 署長さんが, 考えつきました, 考え直し店, 自分の, 見て, 見に, 言つて小, 言つて来た, 言ひかけたら, 頼むよう, 鶴見も

▼ うところ~ (82, 0.0%)

3 の, のその, のもの 2 だった, の自分

1 [69件] から気随気儘, こそこの, であったこと, ですたい, でカッ, のこの, のすばらしい, のたわごと, のオットセイ, のタイクン政府通訳官福沢諭吉氏, のデイゼルエンジン, の一つ, の一団, の三行広告, の不思議, の中国語, の乳母, の人間, の仕事, の伊吹山, の伐木, の供揃い, の僅か, の光景, の南原女史, の地球, の女給, の妖気, の妻, の威力, の婦人, の安く, の密猟船, の尋常茶飯事, の常套事, の平々凡々, の彼等, の心, の心理的, の恐ろし, の日本人民戦線, の日本国中, の最も, の柱時計, の根本的, の民衆主義者, の私, の稚, の究極, の空際, の箕島, の精神病関係, の緊張, の者, の葡萄酒, の藪, の西洋人, の親しい, の角, の謎みたい, の辺土, の部, の重力, は城内, へマドロス, までこぎつけた, もあろう, も今, を想像

▼ うお前~ (81, 0.0%)

2 だって, に鼻緒, の言, は, みたやうの, も頼む

1 [69件] がそこ, がまた, が三七郎, が云, が切り, が十五, が嚊, が学校, が小さい, が戻る, が折角, が最後, が此処, が死ん, が泡, が花見, だってなにか, でなけりゃ手引, と二人, と其の, と別れるだろう, に, にこの, にはそんな, には家内, に思ひ知らせる, に見せたい, のやう, の保護者, の友達, の受けた, の子供, の肉, の胸, の言う, の話, の踊, の頭, の顏, の顏色, の髮, はお, はお母さん, はここ, はどうか, は人, は体, は全体何者, は切支丹屋敷, は国, は外, は小, は此, は武者修行, は殿様, は知らない, は精一杯, は自分, は誰, ばかりじゃない, もう一度よ, もう一度よっく云っ, もきっと, もくる, も可愛, も文通, を困らせた, 案外もてやがる, 食ったろうそいつ

▼ うもん~ (80, 0.0%)

6 なら 5 ならそれ 3 ならこの 2 かな, なら何, なら打首, なら目

1 [58件] がある, があるだ, がそれ, が何, じゃない, じゃよ, じカ, だ, だから, ですか, で汝, ならあたし, ならいつも, ならかます籠め百姓, ならこんだてめえ, ならさっそく, ならすぐ, ならせつかく, ならその, ならそれっきり, ならどこ, ならまた, ならもう, ならもうとう, ならわざわざ, ならトツク, ならドイツ, なら京, なら人, なら今, なら何となく, なら僕, なら分銅, なら大, なら大変, なら大変ぢ, なら大概さき, なら姉妹ふたり, なら宛, なら御内所, なら復, なら手当, なら拝まれるん, なら殺られますぜ, なら気, なら番ごと, なら盗賊, なら胃, なら首, に興味, のこと, の次郎左エ門さん, の銀, はまず, は上役, は此方, は第, 拵へ

▼ うかね~ (79, 0.0%)

3 親分 2 す, 何といふ

1 [72件] あちらの, あは, えったっ, えとコックリ, おばあさん, お内儀さん, お前も, こんなふう, さア, そうすれ, その時, それともお互い, それは, たべられるの, ちよと, ぢや, ついこんな, では早く, どれ, はじめからの, もうただ, もう死んでしまつ, もし房州通い, もちろんアメリカ, わかりませんよ, わけや, ウールリヒ叔父さん, エツヘツヘ, クツクツク, ダーシェンカ, ハイロ君, ホシの, 一年ぶりだ, 人殺だ, 今の, 何の, 俺らそんな, 全くわかりません, 其様な, 其處の, 加藤は, 十八と, 危ねえ, 塩原多助といふ, 大きくな, 大丈夫な, 宗門の, 家には, 容色は, 尤も前々, 尾山清之助先生の, 広海さん, 弟も, 御承知, 成行きの, 旦那さんどう, 明日の, 梨地へ, 此頃は, 無暗に, 然しそれほど, 皆さん, 真中に, 神様, 私は, 秋お前たちは, 空耳だつたらう, 罪も, 蕎麥掻でも, 見たところ, 誰だらう, 長く御

▼ う~ (79, 0.0%)

5 申して 2 すれば, それに, 候, 申した, 申しまする

1 [64件] あひで, おなじ逼塞, お前の, がえらい, これを, されたもの, されます, されますが, されるゆえ, そこで彼, そして裏山, その背, たてまつる, だったよう, ともかくすごし居り, どうかする, ねがいます, ひ活, ひ生かしたと, ほかの, みちみち話, もうしたぞ, わざといかめしく, 一隊は, 何か, 候に, 入れられて, 入れるだらう, 兼ねる赤, 出来ぬという, 勝頼公の, 唇の, 宿直室の, 専門の, 彼処では, 新刀試しを, 槍だこに, 流しそれなら, 流しながら, 流すと, 申された, 申されぬが, 申されました, 申されます, 申し, 申しあげて, 申したぞ, 申したと, 申した必ず, 申しました以上, 申す, 申すからに, 申すところ, 申候通りニ大兄の, 直訴した, 石火矢台に, 秋米で, 答えの, 答えを, 継いで, 自由気儘な, 襖を, 道の, 食事や

▼ うかしら~ (78, 0.0%)

11 んと 2 あの女, んとも, 今の, 何か, 女馬賊に

1 [57件] あたくし, あれなら, いつのまにか舟, お冬さん, お玉さあ, こうも, この私, しかし是, しかし能, その方, それとも, それともこれから, それとも例日, それとも先, それとも長助どん, それに, それも, そんなもの, そんなら, たしか私, つて, でも, でも私, なんと思っ, ねえ叔母さん, ひやかしちや, ふと君子, ほんとか, また山あらし, まだらしい, よさうかしら, わたしも, 一寸茶気, 会いたいの, 位の, 何だかおれ, 俺もう, 別に大きく, 又生き, 受けつける気, 呑気でも, 呼べば, 定めし肉, 少し男, 弐円では, 弱き者よ, 思い切って, 時の, 暇は, 株の, 私が, 素敵ね, 自分で, 自分では, 華月堂という, 面白いな, 馬鹿

▼ うなと~ (78, 0.0%)

3 思う, 思った 2 念を, 思って, 考へて, 聞くと, 長い髪の毛, 青筋を

1 [60件] いうこと, いった, いって, いつて, いつても, いはれた, いふこと, いふ事, いふ考, からかい出す善平, きりだした, こういっ, ころが, ころ多し, こんなにいう, にらみつけたそう, はじめて気, よく見よう, ウヌボレの, 一き, 云う顔, 云って, 云は, 共感を, 友人が, 友人は, 宜しいよう, 平野名人も, 思いながら, 思いました, 思うと, 思うの, 思ったほど, 思ったん, 思つたのです, 思つたほど, 思つてひ, 思ひながら, 想像する, 憂い顔, 松の木が, 橋本に, 汚れた天井, 珍しくそうした, 相談を, 私たちの, 私の, 私は, 私も, 考えた, 聞きたくて, 自分が, 自分ながら, 西山は, 言う, 言え, 言った, 言ったら友人, 言つてる, 言ひ出した

▼ う~ (77, 0.0%)

62 はその, はまだ

1 [67件] が, があの, がいったい, がペン, が会社, が先, が取っ, が坊さん, が帰った, が早速, が機敏, が発見, が見た, が言, その金, でさえそんな, と貴様, にだって君以上, にはこの, にはただ, にはわからない, にはわからん, には何だかさ, に話しかけた, の, のすぐ, のよう, の一生一代, の傷, の処, の出産届, の呼名, の妻, の心, の心持, の村, の社, はいくら, はこのごろ, はこれから, はそんな, はどうしても, はどうせ, はまた, はもう, は一層, は何度, は余程, は家, は少年連盟国, は幸, は御礼申さ, は植物, は水, は真実, は知らん振り, は確信, は自分, は苦々しく, もこんなに, もさう, もはじめ, も男, も連れ, を勸誘, を嫌う, 踊りたくなったと

▼ う思つて~ (75, 0.0%)

6 ゐる 4 ゐた 3 ゐると, 居た, 居るが 2 ゐたの, ゐたん, 見ると

1 [50件] いらつしたの, お在, こんな山, さぞ恨ん, しばらく感懷, ただ單純, たのよ, は熟, ほつと, もこの, も彼, も恐ろしい, やつたの, らしつて, る許, ゐたか, ゐたところ, ゐたに, ゐた訳, ゐますの, ゐますのよ, ゐら, ゐられるには, ゐること, ゐるさ, ゐるため, ゐるの, ゐるよ, ゐるらしかつ, ゐるわ, ゐる時, ゐる間, ゐればこそ, をりました, 出来る限り, 堪らない後悔, 大きな二日月, 宜い, 居ます, 居りましたが, 居るから, 差出地名, 悲しが, 見たの, 見るせい, 見る故, 見れば, 見上げた空, 讀んで, 追ひ立てられ

▼ ういふ事~ (74, 0.0%)

4 があつ, がある 3 が書い, になる, を云 2 をする, を言

1 [53件] がなかつた, がなくなりました, が出来る, が少く, が平気, が幾度, が當時, が盛, が落ち, が解るでせう, が許されるなら, が起つた, して, であ, であつ, で他人, にかけてはひどく, にした, になつて來, には一人, には至つて, にもなる, に悩み, に慣れ, に氣, に致します, はあまり, はご, はやめなきゃ, は何, は俺等, は履かれない, は滅多, は詩, も分つ, をお, をちつ, を事こまか, を以て東西暗合, を何度私, を其人, を喋り, を好まない, を心, を必要, を志す, を懸命, を是非, を書いた, を考へました, を聞く, を言つて, を語る

▼ うわけ~ (72, 0.0%)

20 はない 6 がない 43 である, もなく 2 がなかっ, だが, なの, はなかっ, はなく, はねえ, は無かっ, もない

1 [20件] がありません, がな, じゃねえ, だん, です, でそれ, で二つ, で必ず, なぞあります, なん, にいかんで, にはゆかぬ, には行かない, には行かなくなる, にもいくまい, はありません, はないです, はなし, もなかっ, もなし

▼ う~ (71, 0.0%)

32 は解悟, を馬鹿

1 [64件] か, がある, があんな, がいはせぬ, がその, がそれしき, がそんなにやすやす, がなぜ, が今ごろ, が士, が夢, が大勢, が斬られ, が本当に, が来る, が現に, が現実, が素性, が見ます, が見る, が逢い, が集まりませう, だか, だと, であった, でしたか, でも無い, と思った, と永久, と需め, にこう, には氣, には親切, に気に入られよう, に返事, のくれた, の一念, の処, の出, の困る, の奉公人, の姿, の娘, の枕許, の気, の見放した, はえらい, は少かっ, は横着者, は病身, もさぞ, も景, やろ, を二人, を亭主, を人, を入, を憩わせ, を斬ろう, を殴る, を苦しめ, を謂う, 去り時, 斬り健吉

▼ うあなた~ (70, 0.0%)

7 のお 2

1 [61件] あの人声, お冷水, がいらし, がこの, がさっき, がその, がそんな, がちゃあん, がわたし, が出, が烈しい, が窒息, が育て, が軽はずみ, ご自分, その菊子さん, だつたらこの, どうでしょう, なまじいあの, には, にもうすこし, に厭, に病気, に祝福, のいたい, のところ, のよう, の云う, の体, の外, の女房ぢ, の御, の恋人, の目, の耳, の袂, の雷相当, はあんまり, はいつぞや, はお, はお山, はこの, はさ, はその, はそんな, はね, はよ, は何時当地, は御, は急, は生, は私, は身勝手, は青く, は黙っ, ほどの方, も帰っ, を信用, を大変, を深く, を高い

▼ うわたし~ (70, 0.0%)

2 という女, にはあの, はその

1 [64件] がここ, がこんな, が傍, が投げる, が琵琶ぐるみ弁信さん, が自宅, が見, そのくらい, だってこれ, だって張店, でなければ, とし, と舟, ならば, にだって見えやしない, になんぞ用, にはよく, にはわからない, には甥, に遣わせれ, のお, のこころ, の一番好き, の三味線, の名, の掌, の田舎, の親類, の身の上, の雇人, の面, の頼み, の顔, は, はあの, はこれ, はそう, はそんな, はたった今, はまだ, はむかし, はやっぱり, はムク, は今晩, は他国者, は帰ります, は弁信さん, は怖くっ, は毎日, は父, は知りたい, は考へる, は遅れました, ばかりが一生, まだ恨み足りない, もあなた, もそれ, も不幸, も早く, も遂に, を今日, を見詰め, を頼ん, 淋しくなる

▼ うだが~ (69, 0.0%)

2 今起きた, 私は

1 [65件] あれの, こっちの, この中, この神経的, せっかくああし, そういうオリジナル, そのこと, その仔細, その代わりお前, その伝統, その田地, その自分, その親切さ, それで, それは, それより, それを, どろぼう, なんだって, ねお嬢さん, まあ馬, もうダンス, もう些, もう関, よく帰っ, ネ私, 一歩も, 不思議な, 今は, 他に, 前もつ, 千靱は, 南京鼠の, 吾, 奥さんが, 宗教の, 少し我慢, 左門洞とは, 己の, 年も, 当に, 彼様な, 待て領内, 御亭主, 恥かしい, 文学的真理, 明日の, 暴力を, 最近の, 次の, 正直一途の, 潮が, 火急の, 畑与右衛門には, 相変らず, 看病の, 真物の, 社会は, 私には, 稀には, 粥河氏何ともどうも, 約束を, 自然科学の, 誰か, 賢を

▼ うまた~ (67, 0.0%)

1 [67件] あとあといい, ある者, あわてて, えち, お力に, お嬢様にも, お手紙, お母さまも, かうして, このおばさん, この人, さうし, さびしかったであろう, どうこうと, どうしてお, なぜその, なんという, のところ, まりこの, ゆかねば, われわれが, インド政府は, フランスものが, 一つには, 一人画家が, 一層もっともらしき, 一筋の, 一面には, 不平不満を, 亢奮する, 何の, 何等の, 偶然に, 八ヶ岳の, 共に馬, 兵馬をも, 動物にも, 口が, 可愛がっ, 同じ働くなら, 吾等が, 土が, 奇態な, 嬉しかろう, 実際何とか彼, 山の, 意識する, 愚痴が, 慾に, 或る, 支那日本において, 来て, 来るよう, 潰されても, 瀬川君は, 現在は, 畏れ多いこと, 疑って, 砂土が, 私が, 自分の, 若い人, 葬式一切の, 見ぬ者, 近代の, 追, 風邪気味の

▼ うかは~ (66, 0.0%)

12 知らないが 2 よく知らない, 分らないとしても, 別として, 容易に, 手記を, 疑問で

1 [42件] いるまいか, いるまいかと, うけで, すぐに, その時, その生涯, だか, もちろんまだ推測, もちろん知る, ウロ覚えである, 一々彼, 久しいもの, 今は, 体言的に, 分りすぎた事実, 千住の, 問題だ, 大分後に, 存じませぬ, 察する, 彼は, 文芸史家の, 是からの, 次の, 沙汰なし, 疑は, 疑はれた, 疑われた, 疑問であった, 真実疑, 知らない, 知らない海老, 確かに, 私には, 私の, 考へ物, 見極めも, 解らなかつたが, 誰にも, 請合はれない, 請合ひかねる, 遂には

▼ うだから~ (66, 0.0%)

2 これまでよりも, 僕の, 晩に, 私は

1 [58件] あっしも, あなたは, あんなに無作法, あんな事言つてミルさん, おれは, お会い, お前は, お前今ここで, ここで, このひと, この作文, これからは, こんどは, すこしは, その石, その馬, それについて, つまりは, といつていきなり, と云っ, ね, やって, やはり美人薄命, オットセイが, 乱暴を, 亀田の, 会う必要, 何うし, 何だかごたごたに, 余ツ程, 冷淡に, 初め目が, 到当, 前は, 化けられたら何時, 受け取る権利, 只一度でも, 変な, 妻が, 子供だ, 小説は, 彼には, 後ろの, 時としては, 此方は, 気づかって, 物を, 眠つてゐる, 私, 細かい部分, 羞かしい, 考えて, 自動車が, 蛇だって, 雨が, 面白いわね, 駄目だ, 駄目よ

▼ うといった~ (66, 0.0%)

3 ふうに, ような, 時に 2 そうである, そうです, ふうな

1 [51件] あの約束, きりだった, そこで丹, その推断, その松平, でしょう, とき, ところで, ふうだった, もう一人, ような見, ように, カイゼルに対して, 一番卑怯な, 世にも狂暴, 両雄並び立たぬ, 人が, 例の, 先生が, 医者も, 嗜みは, 場合それの, 場所が, 塩梅だ, 塩梅である, 寸法です, 心構えの, 性格の, 意味の, 意気地も, 手合とか, 文学者が, 昔話を, 有様です, 殿様だけに, 母を, 気に, 気持で, 決意を, 程度の, 表情で, 言葉を, 話であり, 語気が, 調子で, 逞ましい, 順序で, 顔つきを, 顔を, 類の, 風の

▼ う道理~ (66, 0.0%)

18 がない 16 はない 4 もございません 3 が無い, は無い 2 がありません, がなかっ, のない, はありません, はございません

1 [12件] がございませぬ, がねえ, が無かっ, である, でもある, で顔, とてはない, なぞはない, はなかろう, はなく, はなし, もありません

▼ うにと~ (65, 0.0%)

4 思う 2 彼は, 思いました, 思った, 思つた, 思ひ描いて, 思われる, 私は

1 [47件] いった, いって, いふは, お母さまはおつ, しんみり承, それだけが, それなりに, ひしと思う, ふと迷った, 不満だった, 云う小言, 云ったの, 云ふ, 今更残念, 仏は, 其処の, 嘆いて, 国遠し, 存じますの, 常々その, 思いかえしながら, 思うくらい, 思うこと, 思ったが, 思ったり, 思ひ思ひ致しました, 思われたが, 思われたこと, 思われたの, 思われるの, 思われるのに, 惜しまれた, 惜ま, 惜んで, 死所の, 残念がった, 母達から, 申しましたらいや, 男にも, 男は, 空想した, 考えそれ, 言ふ, 赤い着物, 間接ながら, 隅で, 頗る歯痒く

▼ う~ (65, 0.0%)

11 に思っ 5 に思つて 2 に考え, に考えた, に考へ, のお, のこと, の所, ひにしか, ゐに

1 [33件] で, なこと, な了見, におもっ, にかんがえ, にしか思へなかつた, にしか考え, にしか考えられない, に云い合っ, に京子, に例, に僕, に多寡, に思, に思い出した, に思ひ過ごし, に想像, に極めて, に漠然と, に皆, に聞いた, に見る, に詳細, に軽く, の事, の地理的認識, の心持, の志, の期待, の気, の考, は云わね, をめいめい

▼ うかとさえ~ (64, 0.0%)

10 思った 6 思って 3 思ったの 2 思いましたが, 思う事, 思ったが, 思ったこと, 考えた, 考えたが

1 [33件] いらいらする, お考え, その時, 云って, 僕は, 危ぶまれた, 岸本には, 思いました, 思い惑う, 思う, 思うくらい, 思うとき, 思うほど, 思ったくらい, 思ったもの, 思ったり, 思わせたくらい, 思わせられました, 思われその, 思われて, 思われました, 思われる, 思われること, 思われるの, 思われ始めた, 極端な, 疑った, 疑った彼, 私は, 考えて, 考えました, 考えられたり, 言ったその

▼ う~ (63, 0.0%)

6 がつく 4 がつい, 附くと 2 が附いた, になった, の弱い

1 [43件] がしません, がそろつ, がちがい, が乗りまし, が付い, が付いた, が合う, が向いた, が咎め, が咎める, が変, が注, が注いた, が着いた, でおり, ですか, でも, でも違いたい, にならない, にならなかった, になりません, にはなれなかった, に成る, のすすまぬ, のせい, のつく, のつよい, の抜けた, の知れない, の短い, はなく, はまるでなかった, は持たねえ, もしない, をおつけ, をつけ, をつけなく, をつける, を永く, 永く待つ, 附きましたが, 附けば, 障っちゃ

▼ うこんな~ (62, 0.0%)

4 ことを 3 事を 2 ところに, 小穢い, 風に

1 [49件] いい室, いたずらを, お話, かわいい子供, ことが, ことまで, ことも, すばらしい字, つまらぬ座談筆記, でどう, とこいやだ, ところを, のが, のは, のを, の海老で, はずじゃァ, めんどう臭い, ものの, ものを, わたくしに, わるさ, 事が, 僅かの, 処に, 厭な, 友達も, 夜が, 好い方, 実の, 小さい人, 弱い体, 態で, 方とは, 日には, 星は, 朝, 業態だ, 標語を, 気持で, 生物を, 相場は, 真実心という, 穢い恰好, 美婦の, 脆弱い女一人, 見覚えの, 話, 風だ

▼ うこう~ (60, 0.0%)

7 思って 5 して 3 しようと, やって 2 もし

1 [40件] いいいい, いうと, いったよう, いった道中, いろいろ心の, うまいこと, してやろうなんて, と一等賞, なったからにゃ, なると, なん, になっ, もしたろう, もしてやろう, 云う処, 云う女, 云う時, 云う話, 云う趣向, 云おうと, 云ってるの, 僕は, 吐すんだ, 寂しそう, 小股の, 巧く, 彼は, 思いながら, 思ったか, 指の, 書いて, 申されました, 答えた, 考えながら, 見えても, 言って, 訊いたの, 訊ねた, 遣って, 長くなっ

▼ う~ (60, 0.0%)

63 んとして

1 [51件] あっち, いいかい, いくら金の, いこうぜ, え, え今日, え伍助, お前は, がんりきの, きのお, この舟, これからあの, さもない, どうせ階級戦線, へへへ, むっつり右門, もう今, もう遁, もとはと, んです, アキレス, ジェリー, リーロフ, 主従は, 二人で, 但し一つ条件, 何んとか, 兄貴から, 八温かい, 冬ちやん, 冴えた腕, 君は, 坊や, 大きな森, 安, 山の, 屹度失敗する, 巣も, 慈善家さん, 斯んな, 明るいうち, 泥棒を, 町じゅうに, 相棒, 稼業の, 組長さん, 虫の, 輦台二文って, 金が, 錢形の, 面白く暮そう

▼ う~ (60, 0.0%)

3 の彼 2 の土地, の状態

1 [53件] ある由, が今度, が次, だが, で, であの, でした, で悪く, となり, となる, なれば, には屹度, には蝮蛇, に何時, に在る, に斯, の, のかの, のこの, のこれら商品, のすべて, のその, のまたは, のより, のヘップバーン, の二倍, の利益, の労働量, の単位数, の叔父, の固定資本, の多く, の夫, の奇異, の常人, の幻怪, の情気, の愉快, の拙い, の故郷, の方法, の本当, の標準, の比較的, の粗, の経験, の貨物, の量, の金, の附加, もなく, を想像, を歩いてる

▼ うここ~ (59, 0.0%)

42 へ来

1 [53件] で, でおれ, でこうして, でその, でまた, でもない, でも一, でも飴, でようやく, で僕, で可, で自分, で降りなけ, で降りなけあ, に, にきめよう, にこういう, にしよう, に倒れ, に到る, に好, に押籠め, に殿様, に行こう, に階級的民主的文学, に集まっ, の主, の人, の大使館, の女中, の家, の戸, の方, はかがみ, はちょ, はコロラド, は一体, は一番, は僕, は山国, は昔, は樹木, は騒々しく, へ, へいらっしゃる, へも三軒目, へも来る, へ少し, へ葉巻, へ通し, へ通しましょう, を出よう, を通った

▼ う~ (58, 0.0%)

25 つた 3 つたが, つたね, つたん 2 つたので, つたわ

1 [20件] つたきり, つたこと, つたつて, つたとき, つたとき恥かしく, つたとたん, つたもの, つたよ, つたら嬉し, つたりなんぞ, つた途端, つて, つてる, つとつたん, て, ていろいろ, てた二千円掏, てま, てる, て行った

▼ う~ (56, 0.0%)

2 か, だか, を呪っ

1 [50件] かこの, から嗅ぎ出そう, か妾, か嬢, か此方面, か湯漬け, か火, か知っ, か雪見酒, がこんな, がわった, が介抱, が勧め, が山女, が火, が聞い, が船, が馬鹿馬鹿しい, だっけかなあ, だって少年時代, だって泣か, だつて, だろうッ, でしょう御, でもそう, でもということ, でも人生問題, とても知っ, にでもやさしく, にでもわかつて, にともなく, にも会, に断わっ, に知られず, のおかげ, のため, の挨拶, の腕, の言, は何科, もゐやしません, も助け, も知った, も知る, も見てる, も貧乏, も返辞, れか, を待った, を縛った

▼ うより~ (55, 0.0%)

32 ほかは, 外に, 手術を, 旧の, 認めて

1 [42件] あの城太郎, いらっしゃいましょうの, お前に, きと, ここに, このま, このまま, この一折, この歌, ほか仕方は, むしろ口惜がって, むしろ恩人, むしろ黙し, 一層の, 不快でおりました, 仕方が, 他なく, 他に, 何を, 其方が, 夏は, 大阪表へ, 始まったろう, 孝助の, 寧ろ断定, 寧ろ私, 尋ねる者, 小説家に, 弔って, 我身で, 戸を, 明月や, 木綿縞に, 未熟不覚血迷っ, 本能と, 此処で, 深い中, 結婚宣誓式とも, 良く生き抜こう, 貴女に, 阿母, 頼まれて

▼ う~ (54, 0.0%)

3 にし 2 はありません, はございません

1 [47件] あっ, あッ, からでも大納言様, がなかっ, さえ本当に, さやう, だ, だって草昧, でへ, でも, でを, ない人非人め, なお話, なき人非人, なき悲痛, なく懐しかったであろう, なこと, な二つ, な宗教的感化, な水着一枚, な目, な鬢, にお目にかかりましたら, にこの, にそろそろ, になりました, に云った, に動いた, に叱る, に四ツ, に暫く, に松村武, のこの, の御, の所, はこっち, はございませぬ, はどこ, はどちら, はわたくし, は反対, は少しゆっくり, は考へる, もない, も無く, 程忙しく, 蒔いて

▼ うじゃあ~ (53, 0.0%)

31 ないか 8 ありませんか 3 ないの 2 ございませんか 1 ありませんかと, ござんせんか, ないかい, ないかという, はいって, 無いか, 無えか, 無しおまけ, 無し面白い目一つ

▼ うなど~ (52, 0.0%)

2 とおも, 考えて

1 [48件] ああ死, いうたくらみは, いうならん, いうも, いうを, いう卑しい, いう野心, いって, いふを, いふ意図, いふ評判, いろいろ考え, いわれたこと, うつらうつらと, さながら家, せず阿蘭, ちと腑, ともして, まいどの, ゆめにも, んを, 云うこと, 云ふ, 他の, 傍の, 取片づけて, 奥の, 当地の, 彼方の, 怒鳴ったこと, 思いますと, 思うと, 思うの, 思って, 推測し, 数年来同じ, 望んでも, 朝夕説く, 残酷な, 毛頭思っとらん, 申して, 私は, 考えだして, 腹の中で, 話しましたこと, 話し合いましたが, 途方も, 鼻を

▼ うよく~ (52, 0.0%)

2 出來, 聞いて, 覚えて, 鳴きますな

1 [44件] おとうさんも, おのぼり, お心, お見, きまったと, これだけ, こんなこと, してを, つて, ねるの, はこぶの, まいること, ゆきました, ゆきませんでした, わかんの, 中野や, 五湖方面から, 似た様子, 作り直したもの, 入りこんで, 出て, 分つて, 参りました, 取りはかろうて, 口笛を, 合本と, 役に, 御承知, 忍耐し, 死ななかったどれ飯, 火を通して, 片づいたという, 王子を, 目を, 相談し, 聖者は, 聞き訊, 聴けよ, 芸の, 見て, 追い手, 進んで, 関門まで, 顔を

▼ う今日~ (51, 0.0%)

62 の委員, は大抵

1 [41件] から僕等, から盛夏, から私, が預り始めだ, こそは承知, さえまだ, でもう, になっ, に至って, のところ, の戸数, の戸數, の流行, はこの, はご, はすこし, はなんだか, はまずまず, はまだ, は一つ, は今日, は何だか, は出よう, は十二月二十八日, は厄日, は夕方, は帰っ, は幸い, は折, は日曜, は日曜日, は時計屋敷, は書こう, は申, は開放, は順吉さん, もまだ, より後, わざわざここ, 初めてトーキー, 握った新しい

▼ う~ (51, 0.0%)

3 のもの 2 の, の普遍的, へ来, へ来る

1 [40件] か仏蘭西, がこれ, が閑静, で, でお, では迷う, にい, にいる, にいるべき, に其の, に当り, に燻らし, のそして, のどす黒赤き, の事実, の体系, の努力, の否, の啓蒙, の困難, の大衆作家, の従って, の意識, の時事解説, の武雄さん, の歴史記述, の皇軍海陸, の神秘主義, の計画, の運動, はなかなか, は好い, は見られません, へ入らし, へ参る, へ這入った, までお伴, をあたかも, を傍, を大戸

▼ う少し~ (51, 0.0%)

2 は正, 元金を

1 [47件] あったかいと, くらゐ, ずつでも聞きたい, つごうして, づつお疲れに, でも, でも多く, はあの, はお, は休息, は強く, は正気, は眠った, は眠つたやう, は覺, は身体, ばかりの古い, もそんな, も気がつかなかった, も見込み, も訳, やって, 休みながら, 休んでも, 位は, 位ゐ, 位打つ, 働いて, 切って, 古いが, 困ったこと, 声が, 店を, 待つて, 御仲間入り, 心當り, 志す仏さま, 悪い感じ, 意見を, 歩くと, 狐顔で, 精神に, 腹が, 落着い, 薬が, 藥が, 賢い人

▼ うねと~ (50, 0.0%)

2 念を, 頭上から

1 [46件] あね, あらはに, いって, いふが, いふを, おっしゃったので, おもむろに口, きかれた時, そう云う, たづねた, また聞き返した, よく小石川, パラリパラリとう, 云い出した伸子, 云うと, 云ったので, 云って, 他人事みたい, 仮に悪い, 別れを, 呟いて, 咲枝と, 尋ねて, 帳面の, 彼が, 彼は, 恨みごとを, 曖昧な, 書いて, 母が, 疑う余地, 病癒え, 目から, 私が, 私は, 約束した, 老婦人, 聞いた, 聞いて, 言いました, 言った, 言ったら出前, 言って, 言つた, 貞之助が, 頑是ない

▼ う~ (50, 0.0%)

2 の兄さん, はまだ

1 [46件] がいろんな, がそう, が信用, が明朝彼女, こそ立つ, そこで藤吉郎, としてこれ, と一, にそんな, にも飛んだ, のかいた, のやう, のよう, の主意, の事, の云う, の伯父さん, の崇拝者, の御, の愛人, の方, の真心, の話, は, はきのう, はこれ, はたった, はゆっくり, は何, は北園竜子, は年, は時々, は長, は関東もん, は面白く, は風流, ももう, もやがて, も女房, も忙しい, よ今, を愉快, んとこ, 吸取紙, 直にまた, 知らんかね

▼ う~ (49, 0.0%)

3 きを, き者 2 からざる, からず

1 [39件] いと, いとして, いや手籠が, いサ, いサ高山, い気味, い気味だ, からう, きこと, きのみ, きも, きものは, きもの無から, き也, き其線, き奴, き或, き所, き燐燧, き物, き瑰麗優美, き重, くもあらず, くもない, くんば, く余り, し, しと, し云々, なり優しく, 厭な, 哀いい, 哀さうな, 塩梅に, 恐いから, 恐い裾長, 惜ものを, 惜良材が, 笑いね

▼ うそこ~ (48, 0.0%)

1 [48件] からまた, がどうも, が莫迦, だその, ですよ, ではいくら, では何, では私, なし, なら近い, に, にあった, にいる, にはけばけばしい, にはわし, には不意, には二匹, には奇妙, には当然, にも私, に切に, に少年, に控, に無量, に立つ, に若干, のところ, の床, の申す, はあの, はわかつとる, は二階, は拙者, は明る, へお, へかえる, へしらず, へ入れ, へ小便, へ行く, までの道楽気, まで彼女, まで見送っ, まで送っ, をきい, を取りえ, を狙っ, を狙われ

▼ うよと~ (48, 0.0%)

2 聴けば, 言った, 言つた

1 [42件] いいました, いつた, いわれるまで, おっしゃった, そうだ, そんなに云っ, とび立つ返事, にくまれ口, ねばるの, チチコフを, ユキは, 二人は, 云いながら, 云いますから, 云うので, 云うん, 云ったもの, 云って, 云つて私を, 妙な, 妻の, 店の, 強請むのであった, 持ちかけたが, 提言した, 書いて, 申しましたとさ, 申せば, 男達が, 答えた, 答えて, 答えるそんな, 細君と, 言いだした, 言い出し私達, 言い出すの, 言うけれども, 言って, 言ふ, 言ふけれ, 誘った言葉, 重ねて

▼ う~ (48, 0.0%)

5 しそれ 3 し夫 2 し其の

1 [38件] しおせい, しそう, しその, しただ吾, しながら, しナア正月五日, しナニ, し世の中, し二つ, し人々, し余, し使うこと, し信仰, し出来ない処, し吾, し啓蒙, し大, し如何なる, し広い, し彼, し彼方, し感心, し斯, し未だ, し本来存在, し歴史自身, し母, し然, し男子山, し知識, し私, し空間, し自然科学, し貴方, し運命, し鉄, し銀座, し音

▼ う~ (48, 0.0%)

2 とお前, は, はもう, は平次

1 [40件] あ大八楼, がその, がまるで, が若し, が蜀, が酔興, が閂, だつて, と一緒, なんて用, にはそれ, にはわからない, にもあんな, に似合うだろう, のこの, の分, の叔母, の言, の身, の金主, はいきなり, はお, はお前, はどう, はナイル, は三合目陶器師, は二回, は今日, は佐野屋, は医者, は忙しい, は池, は男らしく, は相生町, は行燈, もさう, も不足, も男, を信ずる, んとこ

▼ うそうして~ (47, 0.0%)

1 [47件] あかチャンの, あなたは, あれが, いずれへ, いっしょに, いつごろ出かけ, おかみさん, おとうさんからも, お嬢さんとやらに, お父様, お話合い, がんりきの, そいつを, そういう人達, そういう馬飼, そのまた, その時分, その結果法則, なるべくなら, また沈むでしょう, まだ年, ゆっくりわたくし, 中止する, 享楽しよう, 仮りに, 何百万年も, 勝を, 北原さんに, 多数は, 女角力, 小向かい, 当分は, 急に, 持物を, 消毒し, 混雑に, 登様と, 相手を, 眼が, 置いて, 自然科学の, 身なりを, 邪魔も, 釈迦でも, 青い火, 頻繁な, 鳩を

▼ うなあ~ (47, 0.0%)

2 お前, 君

1 [43件] あんた, いい出しなされへん, おっ母, おまえどうか, おれが, この塩梅, この子, この樹, こんな物, さう, そいつは, そういう連中, そう云っ, そう思う, それが, ちょっと手, なにせ今頃, めずらしいもの, もういちど, オ驚いた, 一本でも, 交際つて別に, 何て, 何でも, 何處にも, 全く世の中, 十二歳の, 古田氏, 心霊学会だけに, 思て, 戦に, 政府は, 斎木君, 早く見たい, 朝に, 本隊では, 爺つ, 第四斥候隊, 若い時, 貝谷, 迚も, 遅くも, 頼んだ事

▼ うなぞと~ (47, 0.0%)

3 考えて 2 考へて, 誰が

1 [40件] いくら近藤さん, いって, お茶を, したの, それこそ, たくらむの, 云い出したものの, 云った, 云って, 云っては, 云つた願ひもなかつた, 佐吉は, 余計な, 俺が, 勝手な, 口さがない悪たれ言, 噂を, 夢にも思わなかった, 天下を, 強がった天罰覿面, 思うもの, 思つてゐた, 思ひも, 思ひやつ, 思ふ檀家, 思へばこそ, 想って, 来た日, 柄にも, 気味の, 独語て, 理性の, 疑わざるを, 笑つた踊りの, 約束した, 考えたり, 考えた事, 言う, 語り合ったり, 講談本に

▼ うかとか~ (44, 0.0%)

2 そんなこと, 答へる

1 [40件] あるいは悪い, いう類, いかにすれ, いつ頃朝鮮, いや, いろんなこと, いわれるもん, きっと寝しな, こいつは, これから俳句, こんどまた, こんなもの, すべてが, そうでしょう, それが, そんなもん, そんな空想, まあそんな, まあ此家, またはやく, 今度の, 今日の, 何とか私, 何とか親切, 其様な, 凡そそんな, 又は, 山から, 左様で, 左様な, 当てものが, 正木や, 水なら, 牛乳屋だろう, 答えるだけ, 答えるん, 考えた, 胸の, 芝居へ, 角地の

▼ うかなと~ (44, 0.0%)

5 思って 2 問へば, 思つてゐる

1 [35件] あたしは, あたりを, いう気, いふ気, それが, 一ぷくふかしているとようやく甘木先生が, 云う遊び心, 云ったので, 云ったら河西君, 云って, 云つてゐた, 同じこと, 呟いた, 呟いて, 思い身動き, 思う矢先, 思う程, 思ったん, 思った三根夫, 思つ, 思つてゐた, 思つて手を, 思つて読みだした, 文次が, 江原は, 私は, 考えた, 考えて, 考えるの, 考へた, 考へながら, 自答, 言った, 言つた, 言わぬばかりに

▼ うぞと~ (44, 0.0%)

3 因果を, 彼は, 父親の, 私は 2 呼立てられる, 腹の

1 [28件] いいますと, お願い申す, きっぱりと, これも, そう思う, その人達, 一そう思った, 一層調子, 云えば, 云われるだろうが, 今日の, 妻には, 度々清洲表, 心を, 怖ろ, 思い知らせて, 思うて, 思ふ, 手に, 源氏は, 申し合せて, 答えると, 臆測する, 親切に, 言うたので, 言わぬばかりに, 訝りながら, 馳せ行いた途

▼ う~ (43, 0.0%)

2 の歩道

1 [41件] からはこちら, からひょっくり, からヨチヨチ, からヴァレイ夫人, から切窓, で坂, にあいた, にあたる田万里, にある, には杉, にもひとつ病院, に坂田, に止っ, に渡ろう, に眼, に着け, の, のシャアロッテンボルグ宮殿, のビルディング, の寝床, の屋根, の屋根瓦, の山, の山々, の山腹, の岩, の戸口, の明るい, の景徳廟, の月輪軍, の泰軒正座, の笑声, の茶店, の角, の食卓, は女, は花川戸, へこし, へ出, をすこし, を花畑

▼ うがね~ (42, 0.0%)

2 それは, 細君や

1 [38件] あいつは, あの洲崎, あの近所, いかな, いったいこの, え, ええ, お前は, これは, これも, さあそう, そいつへ, そのくらいに, それじゃ, それでも本人, それにしてもなんとか, それにまあどうして, それによって, でもありゃ, どうしても離れません, なんぼこの, まあさ, みんなわたしの, シドニー, ダーネー君, 三十にも, 五六年前に, 何か, 何しろ今度, 僕は, 只の, 夜汽車は, 最も尊敬, 毎年地球が, 町内じゃあ, 私なんざあもう, 私の, 若旦那

▼ うない~ (42, 0.0%)

2 よつて, わ, んだ, 事は

1 [34件] あとの, お君, かいなでの, がいや, がなお, が歩かなけれ, ことは, それだけ早, ぞ, という不文律, といふ工合, といふ語句, といふ顏, とこういう, と強く, と思うとる, と思ふ, と言う, どうなる, のん, や, ようです, ような, わいのまだ, わな光, 一人でも, 上げるという, 何ぞうまい, 即答を, 松に, 殺される覚悟, 決して後悔, 神と, 神を

▼ うもし~ (41, 0.0%)

2 俺が, 私が

1 [37件] あの父, あの複雑, いいん, この人, すべての, そのとき君, その中, それが, それに, つくり行つて, な御, はしません, また世の中, よめたら面白い, れん, われわれ諸君について, ホクロとれ, 一番でなけれ, 主人が, 人間に, 今日も, 何か, 大野惣兵衞の, 家に, 役人なんぞに, 彼の, 時日が, 時間が, 来て, 生き返らなかったらそう, 私に, 種に, 自分の, 蘇生する, 貴方自身が, 返せなかったら君自身, 青山の

▼ うかの~ (40, 0.0%)

3 ように 2 女を

1 [35件] いづれ公園, ことしの, つきあたり, ところで, めなどの, アルキメヂスという, フン言ひたい熱を, 一匹の, 一途に, 仮令急, 吾妻獅子の, 問題に, 問題も, 境まで, 女に, 女も, 如くつかず離れずに, 小西節は, 恋人に, 歴史的原理の, 段じゃ, 潮干狩から, 玄堂, 画面に, 疑いを, 相談に, 眇目の, 眼の, 竜宮の, 箸を, 考へは, 自信は, 船から, 道元の, 龍宮の

▼ う~ (39, 0.0%)

2 ちやん, 聲で

1 [35件] ちやんは, なるは, に飲まう, へんに, めかしに, 事業などは, 作家であります, 先生方は, 刀根小, 叔母に, 哥ぶっ, 地震か, 失敗を, 姫君は, 嫌だ, 嫌ひ, 学者が, 島田は, 年増に, 恐龍, 悲劇に, 掃除の, 支柱と, 文学という, 湾に, 納言忠長の, 茶, 蝶丸も, 詐欺師の, 變な, 象は, 貴族の, 達引, 風呂敷の, 體の

▼ ういふ意味~ (38, 0.0%)

3 のこと 2 ではなく, に於, のもの

1 [29件] から全部, があつ, が幾島, だと, でこの, でそれぞれ, でないので, での呼吸ぬき, での生活, では消極的, で使用, で僕, で利用, で卑俗, で恰度現在日本, で決して, で独伊国民, で言つたの, で造形性, において従来, において旧, の事, の彼等, の挨拶, の記録, の誤, をその, を明らか, を汲ん

▼ う~ (38, 0.0%)

1 [38件] がありません, が来, が無い, しばしばその, その時, だと, である, でなけりゃ会う事, と会読, にちょうど, になっ, にはいつも, にはちゃんと, にはなんとか, には人, には生じい, には誠に, には誰, には金円, に働かし, に困る, に坂の上毎, に際し, のこと, の八百屋, の味, の帝, の流れ, の経つ, は同じ, は大いに, は有りゃしない, は苦い, は過ぎ去り, は遠き, も時, を待, 決まって

▼ うあんな~ (36, 0.0%)

3 変な 2 のを, ものを

1 [29件] あわれ, お孃さん, ことした, ことしや, ことばかり, すごいの, では, ところで, ひどい惡戯, ものが, よい趣味, イヤな, 事は, 処, 処に, 嫌な, 方には, 林が, 無茶ば, 無邪気な, 生一本の, 綺麗な, 老木に, 蒼い顔, 酒の, 面白いもの, 風だ, 風に, 鳴方

▼ ういふ時~ (36, 0.0%)

1 [36件] いつも司会役, おつぎ, がある, が来ます, が来る, にいつも, にお, にかう, にさ, にはきつ, には又, には召, には幻術, には彼, には得, には病氣, には肩書, には驚く, にも国民, にやはり, に亡くなつた, に代役, に先, に出, に新派連, に發句, に私, に魅, の先生, の皆, の習慣, の顔, はキツカケ, は暗い寂しい, ばかりじゃない, もある

▼ ういふ話~ (36, 0.0%)

5 をし 3 がある, をした 2

1 [23件] から歌舞伎, があつ, があります, が出る, ならこちら, になる, のあつ, のある, はよく, は出る, は掲載, をある, をきき, をきつ, を嘗つて下枝子, を始めた, を幾つ, を注入, を私, を聞い, を聞いた, を聴い, を銀之助

▼ う~ (36, 0.0%)

1 [36件] かという, がいた, がどんな, が非, が首ったけ, だったら俺, だてらに, ですもの, ではない, というやつ, とも男, と一緒, と夫婦, にはハリアイ, にはハリアヒ, に最後, のため, の家, の方, の笑い声, の臀, の顔, は, はかね, はそれ, はフッ, は八十, は大して, は女同志, ばかりがいた, もあらう, も気, をあさる, を殺した, を終に, 除けの

▼ う~ (36, 0.0%)

2 の時

1 [34件] ういふ風, が一年, が私, のお客様, の一事, の一語, の上耻, の中, の中蓋, の事人, の大胆, の女, の子, の子等, の家, の容子, の寺, の帯, の掟, の様, の汽車, の眞葛周玄, の笠, の純潔, の辺, の通り, の通りゴタ, の通り三重, の通り無事, の鎖, の鐘, の餓鬼, はホン, れは

▼ うおれ~ (35, 0.0%)

2 あことし三十七さ, のはう

1 [31件] がいなけ, がたわいなく, が保証人, が巣鴨, が心, が無, が自刃, には兄弟子, の力, の着物, の神算, はあんまり, はおまえ, はすぐ, はそう, はそこ, はそれ, はまだ, はもう, は仕止め, は代価, は東京, は男, は考へた, は見, は言, は追剥, は長崎, もつい, も長らく, をこんな

▼ うどんな~ (35, 0.0%)

3 ことが

1 [32件] ことだ, ことでございます, ことも, とこでも, ものだ, 人たちの, 人と, 人物か, 品を, 夫を, 子細じゃ, 容体だ, 心持だらう, 心配だろう, 悪いヴァイオリン, 文明を, 栄華も, 様子だろう, 機会によって, 海の, 犠牲も, 獣だろう, 環境と, 神か, 立派な, 罪が, 臆面も, 苦杯を, 話だ, 身の, 鉱物が, 顔つきを

▼ うまだ~ (35, 0.0%)

2 十二時には

1 [33件] あとが, たくさん子供が, だあれ, つきませんまさか, も少し, 一年半から, 一点の, 一番鶏なんて, 一般の, 何かに, 公刊され, 夕食は, 妙味を, 寢て, 帰って, 恋愛という, 成って, 暗いの, 来ねえだが, 板に, 熟さない青い, 生き返る見込み, 紛々と, 結び目も, 自家の, 表は, 裁判長の, 解らなければ, 調べ中だ, 買ったばかりの, 追いかけて, 達者で, 雪をか

▼ う早く~ (35, 0.0%)

3 お這入 2 お休みなさい, も大振り

1 [28件] あんなに慣れ切, お知らせ申さなけれ, きまりの, この不吉, して, せよ, は行かなかつた, やすみましょう, 一日も, 丈夫に, 兩親に, 出来る訳, 助けて, 卒業しよう, 召上れ, 告げなければ, 帰れ, 帰ろう早く, 引上ようとは, 案内せ, 死なう, 気がついて, 水を, 終っても, 罪に, 行こう山猫, 逢って, 顔を

▼ う説明~ (35, 0.0%)

19 して 6 するの 4 されると 2 した 1 がいらぬ, されて, したわけ, しました

▼ うああ~ (34, 0.0%)

2 して

1 [32件] いい匂い, いい物, いうこと, いうやりかた, いうメカニカル, いう事, いう工合, いう柴草, いおうと, いけませんこちら, うっとりし, こんな浮気者, しようという, そうか, そうする, そうだ, そうです, それが, だらうと, はいかん, むずかしい考えもの, もう二十日, もしたら, やって, マルコが, 云う手, 云う話, 云ったら叱られるだろうと, 僕は, 欲しいああ, 済みませんでした, 逃げようぜと

▼ ういや~ (34, 0.0%)

2 もう, 分るまでも

1 [30件] お前はよう, かけるの, きっと返り討ち, ことによる, この男, さも, しかしお, それに, そんなこと, ないなか, なもの, なんかと, に皮肉, もっとに, やっぱり逢おう, んなっちゃった, んなる, ガソリンが, 今でも, 余り過ぎて, 冗談でなく, 名村長, 密偵の, 必ずある, 歓迎しよう, 現代では, 知らないはず, 筒井どのが, 聴いて, 門前市を

▼ うかとは~ (34, 0.0%)

3 思ったが 2 して, 思われた

1 [27件] これまた, それを, どうしても思われなかった, わたくしと, 互いの, 何じゃ, 何事であろう, 僕の, 冗談にも, 思いながら, 思いましたが, 思うが, 思ふが, 思われたが, 想像にも, 時々刻々彼ら, 東京を, 母の, 気がつかずに, 浅井君の, 直接考えられない, 第一, 考えたばかりでも, 考へなかつた, 考慮され, 誰人も, 長い間

▼ うなぞとは~ (34, 0.0%)

3 夢にも 2 夢にも思っ, 存じませぬ, 少しも

1 [25件] まったく夢, まったく夢にも想わなかった, 一度と, 不思議せん, 今日迄, 以ての外, 全然考えない, 夢にも思いません, 夢にも思われない, 夢にも考えられません, 妙な, 存じも, 思いも, 思っても, 思ひめさるな, 思わなかった, 思わなかったから, 思わぬかわり, 想像も, 押しが, 毛頭考え及びません, 考えて, 考えも, 考え及ぶはず, 見縊られたも

▼ う~ (34, 0.0%)

2 或る

1 [32件] いつか行っ, これから交際, これを, その計った, た実に殆ど, た御, どんな文体, なくとも, なるだろうと, なんとかいい, やがて経験, リョーマチかしら, 一つには, 一ツには, 仮りに, 何故同じ, 八の, 六は, 其計つた通りを, 変な, 学舎が, 御悪い, 手持の, 本当にのぞき, 此方廻っ, 玄宗皇帝は, 甲の, 疲れて, 知って, 経験し, 自から, 黙り込もうと

▼ う彼女~ (34, 0.0%)

1 [34件] が云, が僕, が形式, が父母いずれ, が秋川徳子, が言つた時, と私, に対して自分, の地位, の懸命, の縁談, の行為, の衰えた, の衰へた顔, の言葉, の面影, の黒髪, はきり出した, はこの, はこれ, はそこ, はふだん極端, は他, は再び, は力, は岩倉公, は派手, は田舎, は白い, は眩しい, は眼, は頭, をひき取っ, を失う

▼ う~ (34, 0.0%)

9 へた 2 へました, へると

1 [21件] へさ, へざる, へたま, へてよこした, へてゐる, へてハボンス, へて今度, へて会釈, へて玄関, へて純, へて給仕頭, へて葉藏, へながらヒーヴリャ, へながら夫人, へながら房一, へながら教父, へながら青年, へること, へるだけ, へるより, へ落書

▼ う~ (34, 0.0%)

3 はない 2 もない

1 [29件] ありければ, があったら, がある, がいくらでも, が不断, が続出, こそ災, である, では, と馬, にいいつけ, には嘲われ, には当然, に遭う, の住居, の慣わし, の棲家, はおじゃらぬ, はしだいに, は日本, は集議, ばかりで, ふるるもの, もあらん, も出来た, も無い, を見, 偽る者, 多し

▼ う~ (34, 0.0%)

2 がふく

1 [32件] がなく, がふい, が出たなら, が出たらしい, が吹きだした, であるから, にあの, にいつ, にこの, にし, にでも分類, になる, にやったら, にライフ, に今, に実例, に悔い, に揺れ動く, に是非, に白シャツ, に考え, に考えれ, に解釈, に言う, に鳴る, のふく, のま, の便り, の向き, の唸り, はない, は凪ぐ

▼ うさあ~ (33, 0.0%)

1 [33件] あたいが, あの笛, いい子, いらっしゃい, お前さん帰る, こっちへ, このまま, この隙, これで, さ早く, それゆえに, どうぞ, どうぞお, みんななかへ, みんな一緒だ, もう一服, もう一番, 仕事だ, 僕は, 其故に, 大井様, 大変みんな滅茶苦茶に, 廿錢銀貨だ, 握手しよう, 早くいらっしゃい, 殺して, 行くが, 行け行け, 行こう, 言って, 貴様が, 遠慮を, 野郎共その

▼ うそれから~ (33, 0.0%)

1 [33件] お前国々を, お延さん, お母様先刻つい, お聞かせ下さいまし, お金蔵の, その玉子, それへと, ねえ, はじめてそれ, わしの, ケニヨンへも, ポッケットに, 中には, 今晩休む, 何うし, 元服も, 君話の, 奥庭へ, 娘の, 子供や, 帽子も, 思いっきりにぎやか, 持つてる丈, 新内の, 暫く彼等, 本郷台へ, 桃が, 此の, 武男が, 直樹の, 自分は, 見物も, 首の

▼ うただ~ (33, 0.0%)

2 顔を

1 [31件] あなたが, あなたを, いまも, さえ, そのある物, その一, それが, どうか穏やか, どうしたら生める, の一度, の人間, 与えられた手, 人々が, 人生に, 今回の, 何にも, 取次ぎゃいい, 太郎坊ばかりが, 子供読物の, 後来の, 教授の, 暗闇の, 木で, 省みなければ, 空しい時間, 自分の, 衝突する, 読んで, 諸侯の, 賢い作品, 顏を

▼ ういい~ (32, 0.0%)

3 でしょう 2

1 [27件] かいお互い, かその, かでも, か熟睡, か生, だろうで, でござんすか, ですわねえ, と呟い, なはるよ, のだ, のを, もので, よう, ように, わいい, わそん, わねえ, 人の, 地位には, 恥さらしだ, 教訓だ, 機嫌で, 焔を, 花だろう, 茶碗一つ焼く, 都合でしょう

▼ うがと~ (32, 0.0%)

3 思って 2 いって, 思いながら, 言って, 言はれてた

1 [21件] お辰, さすがに, つけ加えて, 不愉快に, 予防し, 云って, 云ふ, 前置きを, 台湾から, 恨めしく思った, 挨拶せざる, 書いて, 条件つきに, 次郎に, 甲斐は, 疑問を, 眼に, 研究も, 考える中納言, 自分に, 間接に

▼ うぐらいに~ (32, 0.0%)

9 考えて 8 思って

1 [15件] なりはえ, 二人とも, 多寡を, 心得て, 思いまして, 思い流して, 思ってるん, 批評家先生などは, 推察し, 橋本と, 考えた, 考えた竹田某, 聞き流して, 見て, 解釈し

▼ う一人~ (32, 0.0%)

3 の男 2 の女

1 [27件] いいの, が喚きだす, じゃ露地, だけがそうした, だけ日本, では, でぼんやり, で入っ, で這入れる所, なら空いてるだろう, のずんぐり, の乾児, の会員, の博徒, の同感者, の囚人, の娘, の安, の恋人, の方, の會員, の爺, の童子, の若者, はもやっ, もこの世, 残らず佐倉宗五郎

▼ うどこ~ (31, 0.0%)

2 にいる, へ消え

1 [27件] かあからさま, かいい, かで樋, かで鋭い, かへ行っ, からだ, から呼び, から生み出し, がいい, だ, ときまった, にもいる, の屋根屋根, の畠, へでもおいで, へでも案内, へでも行こう, へも廻りゃしますまい, へやった, へ行った, へ行ったろう, までも, まで荒ん, も平均, やら面, をそう, を風

▼ う~ (31, 0.0%)

43 てさ 2 てうち, てこと, て云, て話

1 [16件] か, てお, てん, てエ話, て心配, て本当に, て樂しみ, て皆さん, て眞實, て真実, て考, て見た, て醫者, と斯, と沈ん, と見られた

▼ うかって~ (30, 0.0%)

2 いって, ことを, 云ってたわ, 心配し

1 [22件] あなたに, いうん, いってるところ, いま話し, お父さんは, お聞き, ことも, この座敷, しきりに心配, それを, んです, 三雲教授に, 云いなさるから, 他の, 先刻きいた, 大分遠慮し, 気に, 疑って, 考えて, 聞いたん, 聞いて, 葛籠を

▼ うすら~ (30, 0.0%)

3 冷い 2 すずし水の, 明りの, 笑いを, 行き

1 [19件] つめたい土, 冷たい夕風, 冷たい感じ, 冷たくずっと, 分る気, 寂しい限り, 悲しく梶, 明りに, 明るくなる, 気味わるい, 淋しい, 淋しくふくよか, 甘く込みあげ, 笑いした, 笑いは, 笑ひ, 覚えの, 赤い天城特有, 雪に

▼ うとしか~ (30, 0.0%)

3 思へなかつた 2 思はれない, 思はれないの, 思われない

1 [21件] うつらなかつたので, なさらないの, わたしには, 云えない, 思はれなかつた, 思はれません, 思へないでは, 思へぬほど, 思へませんよ, 思わなかった, 思われないもの, 思われなかった, 思案が, 想像が, 欲しない, 申上られません, 考えて, 考えられない, 考へられなくな, 見えなかつたに, 見られなかつた

▼ う一つ~ (30, 0.0%)

2 お探し

1 [28件] だってこと, であの, であるが, でいつ, でお前, ですぐ, でなるたけ, ではこちら, で襲いかかる, にまでならね, の原, の原理, の声, の変化, の差異, の本, の棒磁石, の考え, の階級的, の電燈, の顕著, はバスティーユ, は又, 御賞翫, 掛け合って, 比べて, 見算, 進んで

▼ う其の~ (30, 0.0%)

1 [30件] お方が, 上ぞ, 上で, 上当人も, 不思議な, 中には, 人こそは, 人に, 代りお嬢様に, 代り何です, 何う, 前の, 剣術の, 女は, 宝は, 方の, 時お前が, 時に, 時殿様を, 服は, 様な, 母様は, 節は, 節猶, 網を, 美しい事, 美人は, 衣服で, 質の, 長引く様

▼ う~ (30, 0.0%)

2 のもの, へ, へ帰ろう

1 [24件] から飛び出した, がなく, でもネ乳母, とが時に, にいれ, にゐた, に上る, のさびしく, のない, の娘, の礼, の者, の門, は, はどこ, は二, は何処, へお, へ往き, へ往きゃ, へ持っ, へ逃げ, をはなれよう, を出れ

▼ うには~ (29, 0.0%)

1 [29件] かに激しい, この男, こんもりと, それ等の, ただ人間並み, ちがいない, ちと年紀, ちゃんと所轄署, なんだか広い, はたと当惑, まだ年, もう少し物, わかるよう, 体躯を, 余りに遠く, 勝敗は, 十隻, 参ったね, 取次を, 四十面相の, 大きな異境, 微暗い, 怖ろ, 洗面所の, 町の, 茶の, 見られませんが, 青い帷, 體躯を

▼ うまあ~ (29, 0.0%)

2 相変らずだ

1 [27件] あの女, あの興味, いいじゃ, お徳さん, この堅い, この場, ずゐぶん, それまでは, そんな, だらしの, ところにも, どなたも, みつとも, よい日, ようこそ, わしらの, 一喫やり, 代りあ, 天気が, 山上の, 当分は, 当分はという, 彼の, 聞けよ, 那奴は, 長くても, 飲むが

▼ うよりも~ (29, 0.0%)

2 ただ新しく, 一刻も

1 [25件] ただ酒, ぢかに, てんでん, はるかに, まず人間, むしろダ行, むしろデモンストレエション, むしろ今, もう少し自由, より多量, 下郎の, 何か, 何だかめいめい, 前の, 尼君様と, 幾層殷なる, 当時これだけの, 断念した, 槿花一日の, 此方は, 母を, 痩せぎすの, 終始一貫この, 美術で, 自分に

▼ う二人~ (29, 0.0%)

2 して

1 [27件] がこんな, が聞いたなら, が見ない, で, でね, で行つて, で見届け, とも可憐, とも愛し, とも軽い, とも逢わず, ながら未だ, には同郷, の女王, の姿, の掏摸, の男, の男女, はさがった, はとうとう, は申し合せた, は連立ち, は黙っ, ばかり地上, を置去り, 小さい女の子, 殺して

▼ う~ (29, 0.0%)

3 は何

1 [26件] が唯, つてるわけぢ, に打ち明けれ, のすべて, の主義, の叔父, の地位, の居る, は, はお, はグウ, は両, は併, は又, は大, は実に, は息, は手巾, は斯, は時介, は無言, は茲, は電信局, は麹町, も其の, も叔父

▼ う~ (29, 0.0%)

4 は無い 3 がない 2 けもない

1 [20件] あるいうの, けはない, だ, でお供, でがす, です, ですから, では, で其様こと, で手前, で貴方, には行かない, にも行かない, のない, のもの, はない, もない, も無い, を訊かう, を訊こう

▼ うかとの~ (28, 0.0%)

2 ことであった, 疑が

1 [24件] その疑い, 問いに, 問に, 問題ばかり, 問題を, 好奇心を, 御意に, 想像が, 想像は, 想像を, 意であります, 意では, 懸念, 懸念が, 推測を, 深謀遠慮が, 疑いが, 疑問であります, 疑問に, 相談も, 評議が, 評議であった, 詮索だつた, 話が

▼ うそういう~ (28, 0.0%)

2 ことに

1 [26件] お気持, ことは, ことも, とき少く, ので, ふうに, ものが, ものは, アイスクリームな, 事にかけては, 人々に, 信仰家という, 女だって, 感懐を, 挨拶を, 気分が, 気持が, 気持で, 程度に, 美しさ, 老人の, 自問は, 表現は, 部分追, 野菜ものに, 風な

▼ う~ (28, 0.0%)

1 [28件] か相手, たら何, たら奈何, たら宜, たら私, た事, であったと, でしたの, でなく御, ではない, で御座, なくて, に伊香保, に昨夜, に深く, に箇性, に薬草採り, に計った, ねえ彼処, の商法, の巧言, べい, ませう日向様, もあった, やした, やって, やれと, よったじゃ

▼ ういふ人~ (27, 0.0%)

3 もある

1 [24件] がゐる, が出た, が逢, が骨折つて古代, こそ眞, だよ, でありました, です, ではない, になれん, に使, に出, に対して私, に絶対迷惑, の中, の事, の仕事, の所, の氣持, は沢山, も応, を妻, を羨ましく, を見受ける

▼ うけだし~ (27, 0.0%)

2 それが, それは, それらは, 彼は

1 [19件] あらゆる物, かかる国, かかる土地, かかる状態, かかる租税, この国, この際二〇クヲタア, この際穀物, その価値, 以前に, 同一量の, 地代は, 私が, 英国における, 製造業は, 貨物としての, 購買者の, 輸入される, 需要は

▼ うそれで~ (27, 0.0%)

2 僕は

1 [25件] あんな煙突, あッてこ, おっかながっ, お父さんの, きみは, そのたび, つい他, ひとつ買っ, まあひとまずお前, 一日飮み, 二人は, 其様な, 妾売った, 孤家で, 寂照を, 小説家だの, 床板を, 新吉さんが, 極まりが, 殿様は, 私が, 私も, 自分の, 証跡を, 附かぬこと

▼ う貴方~ (27, 0.0%)

2 などは才智, のお, はお

1 [21件] が, がカバン, この妓, と御, には是, には浮名, にも種々お世話, の叔父様, の御, の来た, の様, の死ぬ, はあの, は何方, は又, は秀子, もっと私, も如何, も最う, をへこませる, 何様なに

▼ うどうも~ (26, 0.0%)

1 [26件] あの女房, あの村会議員, ありがたう, いまこうして, お前さんは, お前たちふたりは, お前の, お辞儀の, この辺, その方, 一昨日行った, 上野の, 人じゃ, 今日は, 仕方が, 僕らは, 出し澁, 失礼いたしました, 家の, 御覧の, 惨めな, 文学的教養が, 春に, 此の, 育ちにくい, 腑に

▼ うのね~ (26, 0.0%)

7 えやつ 2 え女, え奴

1 [15件] うちといふ, うちを, えあにい, えうち, えだんな, えどじ, えもの, え善人, え坊っちゃん, え奴ら, え婆さま, え婆さん, え男, え野郎, え風流人

▼ う人間~ (26, 0.0%)

1 [26件] が大勢, が少し, が悪い, だってウザウザ, ってもの, としてのこと, なんだい, にどうして, には全く, のした, のため, のよう, の声, の新鮮, の生活, の私, の身体, の間, の顔, はそう, はますます, はめし, は彼ら自身, は時として, を怒らせる, を挟み

▼ う~ (26, 0.0%)

3 一に 2 二の

1 [21件] 一, 一お前の, 一こんな, 一もう, 一ムクが, 一京都の, 一回有明荘なる, 一実印を, 一彼女の, 一書房の, 一板前の, 一此の, 一物質的に, 一疎開の, 一色が, 三の, 三日曜だ, 九句に, 二が, 二に, 二には

▼ うかとまで~ (25, 0.0%)

2 思ったが

1 [23件] ひとりで, 劇しい, 彼女も, 思いつめたが, 思いつめて, 思いつめるの, 思ったくらい, 思ったところ, 思つた, 思ひつめました, 思ふと, 思余した, 気が, 義雄が, 考えた, 考えたが, 考えたの, 考えだした, 考えて, 考へて, 言って, 評議した, 迷った

▼ うつて~ (25, 0.0%)

6 いふん 2 いふわけ, おつ

1 [15件] いふのに, いふんで, いふ気, いふ氣, お泣き, なこと, な出来心, な気, もんだ, やがつて, やがる, 大變, 思ふの, 渋い顔, 話して

▼ うばかり~ (25, 0.0%)

4 では 3 である, でも 2 であった

1 [13件] おつかな, だ, だという, であるエエ残念, であんな, です, でなくその, でなく路, で持って, なので, 云つ, 考えて, 見るの

▼ う~ (25, 0.0%)

2 をかけ

1 [23件] がきれ, がする, がどこ, が耳もと, すらも聞かれぬ, だけ聞い, で私, とも音, になった, に出し, に応じ, の主, はすれ, は出ず, もきつ, も懸け, も立てず, をかけた, をかける, を出し, を懸けよう, を掛け, 高く叫ばず

▼ う~ (25, 0.0%)

2 れと

1 [23件] からネ其様時, から何, が毎, が茶屋女, だけで余, だけは貴方, とお, ははい, は何, は其の, は外, は栃木縣足利郡吾妻村字羽田, は皆様方, ほどの宝, まで分, も後で, も怪美人, れで大抵, れは, ればかりは, れも, を引取, 既に容易

▼ うする~ (24, 0.0%)

2 ことに, ことを

1 [20件] ことが, ための, だけだ, とせ, のであろう, のでない, は決して, ものこそ, ものたる, ものなる, もののよろこび, もの少から, をえたら, 人々が, 人の, 勿れ, 太平經は, 妹の, 宗匠に, 海の

▼ うてん~ (24, 0.0%)

1 [24件] きゃあと, じゃねえ, そんつもりで, たぬきの, だから, だからこれ, だからこんな, だからさ, だからな, だからスサ, だから一つ, だから少し, でええ, でこの, でね, でチョイ, で何, で千客万来疑い, で支那人, で日本語, で日清戦争, で柳, で神田, で私

▼ うなんと~ (24, 0.0%)

1 [24件] いうこと, いうそんなに, いうつもり, いう勇ましい, いう変った人間, いう気, いう知識, いう腹立ち, いう馬鹿気, いふ広い, いふ氣, は夢にも, は憎い, 云うお, 云うこと, 云うもの, 云う大, 云う野心, 云おうと, 云ふ, 思い寐, 思ったら承知, 思って, 思つた所で

▼ うほど~ (24, 0.0%)

1 [24件] いつまでも, おく面, お増, な歓び, な苦患, ふかく記憶, よい処, 人を, 人知れずそれ, 偉大である, 前から, 単純で, 子が, 幅の, 彼の, 彼女にとって, 彼女は, 感激しません, 数が, 滅失の, 親しくすれ, 邪視と, 静かであった, 騰貴しなかった

▼ う~ (24, 0.0%)

1 [24件] いい子, いつか来, こないだ雑誌で, そうすり, それが, それでも此金貨, でももう, どうぞこっち, なんかこんな, まともに, キットかんべんし, 仔細無, 仙吉の, 又お前, 変った事, 左様なら, 帰っちゃ, 後生だ, 来たって, 私の, 虎は, 近いから, 静坊, 靜い

▼ う大きな~ (24, 0.0%)

3 声で 2 もので, 木の

1 [17件] ものであった, ものトサ其時は, 図体を, 惡童は, 桶に, 渦巻が, 犬だ, 疫病の, 眼で, 石が, 聲で, 聲を, 行き違, 身を, 鍋が, 靴跡が, 響を

▼ う明日~ (24, 0.0%)

1 [24件] から, こようと, でも, に, についてひっくるめ, にもあなた, に繰り上げ, の事, の午後二時頃, の天道樣, の日, の晝, の朝, の海上, はまた, はよかろ, は到底, は帰らう, は早く, は死なうで, は江戸, は発とう, まではそうして, 死のうと

▼ う~ (23, 0.0%)

1 [23件] いがを, いや花前, おう菜葉庖丁, そうしましょう, ちぜん, なの, なるは, にて, になる, ね, ふざんと音読, へ, へへへへ貴方, また一本燗けた, ん, 君, 御覧に, 政子さん, 梟首獄門, 然うだらう, 理由ぢやこつ, 解ったかい, 路用を

▼ うがい~ (23, 0.0%)

7 をし 3 をした, をする 1 あそばすのに, かがしましょう, でもする, なさいますか, の, のあと, をさせ, をしました, をすませ, をすれ

▼ うので~ (23, 0.0%)

1 [23件] ありました, いずれも, この店, この辺, さえなければ, その結果, どこにも, なくって, まるで裸, 付近の, 其の目, 少しも, 御座いますよ, 扮装の, 早慶自身はとに, 次郎兄い, 父が, 示されるもの, 私も, 筋ばかりに, 緑の, 金は, 金吾の

▼ うほどに~ (23, 0.0%)

2 含嗽手水も

1 [21件] あしたの, あとでも, お望み, お気にかけ, お気持, お良人, ごゆるり, しばらく待ちゃれ, じっとそれ, すべての, たれ教, まあお茶, まず御, めちゃくちゃに, ゆるゆるとおい, 一刻ばかりの, 各, 御主, 我がもの, 皆の, 近う寄つて

▼ う~ (23, 0.0%)

73 う, ッ 1 あと喚き, え一匹, ざとあかとあぶらで真黒な, それでいて芽, ちきの, づか, づか千秋楽, サ, ムムそれを, 笑止笑止

▼ う今度~ (23, 0.0%)

2 のやう

1 [21件] こそあれ, の, のよう, の事件, は, はあの, はちょうど, はどんな, はまた, は何, は何ん, は全体そう, は升田, は彼, は戻っ, は桜, は老松, は茶色甲冑, は話さう, 負けたら降参, 降つて

▼ う~ (23, 0.0%)

4 の中 2 の底

1 [17件] が発展, であるか, である末々, で思ふまい, なき御輿部屋, なれば, にもない, に呟い, のうち, のすがすがし, のなか, の迷い, はなく, は躍り, ぼそく, よく出られた, を改めて

▼ う理由~ (23, 0.0%)

2 なん

1 [21件] かあの, か女子, か知ん, じゃ, だか, だが, だろうと, だ尤も, で, でその, でまお, で人, で入らしった, で此, で貴方, なんで, のある, の何, はありません, もない, を会得

▼ う~ (22, 0.0%)

5 つても 2 ひがたく

1 [15件] いちやん, そうだ, たくし, たくしの, たくしも, たまから, たまは, たり人一人, つては, はははは, われな, ン畜生小勇, 丁度いい, 奴めは, 当ったあ

▼ うお前さん~ (22, 0.0%)

1 [22件] お一人, がその後釜, がまだ, が自害, だけを死なし, にその, のやう, のよう, の口, の家, の方, の身装, は, はお, はその, はそれ, はどなた, はどんな, は何処, は何方, も急い, も武士

▼ うへの~ (22, 0.0%)

2 一座なるらし, 藍微塵の

1 [18件] お前に, 人々が, 何だか分らない, 同伴者を, 喜びは, 壁に, 子が, 子で, 學習院女子部も, 息子の, 我儘を, 梯子段に, 真理も, 空にで, 總領だ, 話で, 貴重な, 鳥居三本は

▼ う何しろ~ (22, 0.0%)

1 [22件] あっしの, あゝや, その熱心さ, 何百といふ, 僕は, 勤王とか, 半之丞は, 大変な, 天下の, 巨い, 彼の, 思いがけない雨, 思ひがけ, 愛国心には, 明日祝言と, 此儘葬むつて, 煙草なんぞの, 物好きには, 珍しい書籍, 私は, 話が, 金も

▼ う先生~ (22, 0.0%)

2 も人間

1 [20件] この娘, だから, と約, に聞えない, のお, のこと, の事, の御, の此, の淋しい, の講義, はもう, は人, は老年, もしよう, も育たれた, ようこそお帰り, 子曰, 至極妙策, 食うもの

▼ う~ (22, 0.0%)

4 深く溜め息 2 が明けたら

1 [16件] が明け, が明けた, が明ける, が来たら, になっ, になつて, になろう, の具, の明け, の明ける, の景色, の暗, の雨, も昼, 更かしも, 来るかも

▼ う~ (22, 0.0%)

4 ういう 3 う思う 2 う云

1 [13件] ういふ, うだ, うと, うも云おうと, う云う, う屡々, う思ひましてね, う思ひや, う考へ, う考へる, う見えた, の二人, の御

▼ うかなど~ (21, 0.0%)

1 [21件] いうこと, きき朝, そんなこと, はしゃいで, ひどい興奮, 云うよう, 云って, 兎に, 妄念に, 少しも, 帰り支度を, 思う捨鉢, 思われること, 想像し, 編輯長の, 考えて, 考えながら, 考へながら, 考へること, 自問する, 言い合った

▼ うぐらいの~ (21, 0.0%)

2 ことで, 意気込みで, 考えで

1 [15件] もので, ものであろう, 不慥, 度胸でも, 想像は, 挨拶を, 料簡で, 気もちで, 洒落も, 空想を, 考えが, 考で, 考に, 腹は, 話を

▼ うによって~ (21, 0.0%)

2 どちらにも

1 [19件] いかようにも, いろいろに, この場合, この窮地, そなた, その本心, どちらも, ひどく色っぽく, アムビシャスな, 一種聖なる, 二様に, 仏にも, 何れにも, 出来ない事, 四本にも, 或は赤, 斬られるの, 時々別, 鳥どもが

▼ うやと~ (21, 0.0%)

1 [21件] いう者, だれかが, つまらない約束, わざわざそれ, 丹尾は, 云う調子, 云って, 人が, 何心なく, 勝手理屈で, 午すぎ広言を, 尋ねると, 感じられた, 朝飯を, 答へ, 見得, 言つてかく, 説き諭し泣きまどうの, 豪語を, 逸りきったる鼻先思案, 逸りきつ

▼ う~ (21, 0.0%)

4 輕に

1 [17件] が出ぬ, で毛, に入れ, に持っ, の指, の震, や足, を, をあて, をたたくだろう, をとっ, を借せ, を出し, を切る, を取っ, を貸せ, 輕には

▼ うくらいに~ (20, 0.0%)

3 考えて 2 して, 軽く考え

1 [13件] その時, ぼんやり考え, 信じて, 将門は, 心得て, 思い懐手, 思って, 思わずには, 想像した, 秀吉は, 簡単に, 考え防空訓練, 言うだけ

▼ う~ (20, 0.0%)

3 明り

1 [17件] あかりの, ががき, なほに, むらさきの, もせず, をなさいます, ノロが, 冷い, 墨で, 明りで, 明りに, 月の, 紅の, 紅色で, 紫の, 陽が, 青と

▼ うそれに~ (20, 0.0%)

2 あの女

1 [18件] あの方, あんたも, あんなもの, お前医者の, けふ, この学説, どうして石川さん, イワン兄さんだって, 何を, 同商売忌敵, 小口径, 巧いこ, 私などと, 私に, 菊三郎と, 近頃よく四万四万, 近頃よく四萬, 飛騨の

▼ うつもり~ (20, 0.0%)

2 でいた

1 [18件] か, かしら, じゃが, だ, だったかも, だろうか, であったが, であったらしい, であらう, であろうが, でおき上ったの, でございましたが, でそこ, で左, なら穀種, なん, は毛頭ない, らしかった

▼ うとても~ (20, 0.0%)

2 ございません

1 [18件] お登和さん, かなわん, ございませぬ, そりゃその道, だめです, ぢつ, なりさうな, まじめにとって, 二人一緒に, 小国作家の, 居つくもの, 幽邃の, 快くハッキリ, 恁までの, 敵は, 爾は, 甚いや, 芋との

▼ うなん~ (20, 0.0%)

2 なら上

1 [18件] かと考え, しろあの, だいそんな, だそんな, だってムク, だや, ていう奴, ていう悪い, ですか, でもい, でもよほどの金高, でもわたくし, でも聞こう, にした, にせよ, にも知らない, の物音, の罪

▼ う今夜~ (20, 0.0%)

2 はお, はもう

1 [16件] からでも此城内, にでもみんな, のこと, のところ, の騒ぎ, は, はきちんと, はここ, は僕, は十六日, は寝る, は徹夜, は藤屋, は遲, もまた, も確か

▼ う~ (20, 0.0%)

4 はない 2 の人

1 [14件] でもない, ならぬヒルミ夫人, にこんた, にも序, に井戸, に逃げ, のところ, の二人, の二点, の古書, の多数, の店, の通船, 處に

▼ う~ (20, 0.0%)

9 に角 6 も角 1 に角一休み成, に角余, もすれ, も蛇, も角夏以来

▼ う大した~ (20, 0.0%)

2 話でも

1 [18件] お交際, ことでも, ことは, ことも, もので, 事に, 事は, 勢ひでした, 区別の, 名人は, 如何いふ影響が, 影響は, 慾望では, 懸隔は, 明るいとは, 桁外づれではない, 變り, 風景でも

▼ う~ (20, 0.0%)

2 は菊, を機嫌

1 [16件] が三, が出来ず, だから, とも夜, と同じ, にし, にまだ, に反し, に外, も世間, や是, よりは何故直に, より私, れから, ればかり, れを

▼ う~ (20, 0.0%)

2 がいい, が好い

1 [16件] があんな, がほんと, がまだ, が却って, が気, が盗っ, が賢明, では普通, なきあざやか, なき一茶, なき登路, などは良い, に傾い, ふりすてて, もなき, も無い

▼ う決心~ (20, 0.0%)

8 して 3 すると 2 した 1 したの, した事, した翌日, しながら, をつけ, をもっ, 致しました私

▼ ういつ~ (19, 0.0%)

2 でも極り

1 [17件] た意味, た空虚, だつたかね, だろうって, でせう, でもあの, でも引っ越し, でも病院, になく, の日, までい, までもつづけ, までも両手, までも他人, までも湿, までも覚え, 現れるの

▼ うかなあ~ (19, 0.0%)

2 ここが

1 [17件] あのひと, この臭い, こんな静か, さうだつ, しかしクロ, そうだろう, それではやつぱり何, それで漸, それを, そんなこと, み, 七代さん, 久しぶりに, 俺の, 僕は, 非常通路に, 鯨汁の

▼ う~ (19, 0.0%)

1 [19件] がある, ごんごろ鐘, だて, ちとらの, である, にいつか, にそれ, にそんな, にほら, に和太郎さん, に四十面相, に持っ, に緑ちゃん, やつ, を見せ, を見せたまえ, を見せよう, を見せられ, を請はる

▼ うとにかく~ (19, 0.0%)

2 私は

1 [17件] あの母子, うるさい世の中, ここに, この現象, どっちも, 四平街まで, 多く不足, 女の, 婚約者に, 弾くという, 彼女の, 時刻も, 無事で, 生活は, 眼で, 舸を, 道場の

▼ うなどとも~ (19, 0.0%)

3 思った 2 思って

1 [14件] おもった, しない, よくいはれる, 云った, 噂し, 夢にも思わず, 思う, 思つてゐません, 源氏は, 考えた, 考へられる, 蔭口を, 言い囃した, 院は

▼ うへで~ (19, 0.0%)

2 だが

1 [17件] あつた, お前たちの, この豪傑, さて二つ, どうしても構成, なにぶんの, われわれが, 刻煙草を, 大きな勝負, 婆羅門の, 文学だけは, 早速とる, 映画が, 止むを, 近い将来, 電話なり, 顔の

▼ う子供~ (19, 0.0%)

1 [19件] がいたずら, が出来た, が少なく, が幼稚園, だってあるで, とをつれ, にでも間違つて, には可, にも絶対, に歌っ, のころ, のない, のよう, の時, はもう, は里, らしい空想, を生み, を誘拐

▼ う平次~ (19, 0.0%)

2 はその

1 [17件] が引受ける, が言, とやら, に取次がれる, に疊, に聽, に訊く, の智惠, の耳, はもう, は一脉, は紙袋, は舌, は追, もや, を乘出, を迎

▼ う日本~ (19, 0.0%)

2 の国

1 [17件] が勝つでしょう, が平定, にお, には珍, に生れ, のこと日本, のもの, の切手, の労働者, の合掌, の土地, の探偵界, の春, の法律, の着物, へも来た, へ帰る

▼ う~ (19, 0.0%)

2 うして, うでなければ, る処

1 [13件] うか, うじゃ, うすりゃ, うすると, うだとも, うよ, たる一発の, も会期中, も何となく, も此, らずん, らば, 因って

▼ ういふ声~ (18, 0.0%)

1 [18件] がうしろ, がざはめきの中, がし, がする, がもう, がやつ, がイワン・フョードロ, が不意, が彼, が微か, が戸外, でありたい, といつ, と共に女, にも知り, も素子, を幻聴, を耳

▼ うこれから~ (18, 0.0%)

1 [18件] おまえが, およみ, お前の, ひと仕事, 一つ私を, 乃公と, 二つ三つ私の, 何か, 官庫の, 時折僧院へ, 殿様の, 深川か, 直ぐに, 腹を, 艶布巾を, 荻窪へ, 行って, 訪ねて

▼ うすぐ~ (18, 0.0%)

2 に, 帰らなくては

1 [14件] そこです, そこの, にやらう, に帰っ, に此処, に顎, ピーターに, 何か, 前に, 執筆朝食後は, 外は, 後から, 止もう, 近くに

▼ うっていう~ (18, 0.0%)

2 んじゃねえ

1 [16件] ことをさ, ぼろを, もんじゃ, 予告状の, 人が, 大した計画, 寸法な, 強欲だ, 心根が, 時には, 期待です, 気な, 相談を, 肚でござんしょう, 量見, 魂胆で

▼ うとのみ~ (18, 0.0%)

2 努めて, 思って

1 [14件] あくせくし, あせって, するの, するやう, つねにかれ, もがきおとなしく, 力を, 思うて, 思われて, 焦心した, 考えなん, 腐心し, 見られて, 計って

▼ うとまでは~ (18, 0.0%)

2 思って

1 [16件] しない, しなかったの, はっきりさせ, わかって, 思いませぬお, 思いも, 思い及ばなかったこと, 思わないが, 思わなかったが, 思わぬ品物, 決心した, 私には, 考えませんけれども, 考えられる, 言うこと, 言わぬ

▼ う~ (18, 0.0%)

1 [18件] には大きい, にまっ, にわたる淋しい, に人家, に人影, に建っ, に渡りました, に褐色, の潯陽江, の職業組合ボート繋留所, の近く, はいつしか, はボーッ, は水, まではす, らしかった, をさした, をさして

▼ う~ (18, 0.0%)

3 が暮れ 2 が暮れる

1 [13件] が天, が暮れた, が暮れたら出掛け, が落ちる, が西, が長げ, に会い, のくれない, のそう, はいつ, は函根, を待たね, を思う

▼ う~ (18, 0.0%)

2 はかすか

1 [16件] と叔母, と外国, に成人, の事, の喪失, の思い, の病気, の言葉, はそれ, は何と, は何もかも, は気前, は父, も息子, や妹, を思

▼ う~ (18, 0.0%)

32 につく, の前

1 [11件] いろも, がさめた, が見えない, と鼻, など真赤, に見え, をさます, をつぶっ, をパチ, を白黒, を開い

▼ う~ (18, 0.0%)

1 [18件] この日本, せきこんで, でした, な尾州家, な長い, な額, な飛躍, の冷静, の大, の肥満, 仲宜, 四方の, 地上を, 強いもの, 正確な, 洋装が, 深刻に, 耻辱を

▼ う~ (18, 0.0%)

3 をし

1 [15件] がむづかしくなりましたこと, じゃけん, ぞ, だから, だっけな, だな, だ今朝, にはなりゃしない, のその, は歩き, をした, をする, を聞い, を聞き, を聴く

▼ う遠く~ (18, 0.0%)

2 からお話, ない

1 [14件] ないから, ない場所, ない小高い, ない港, なければ, の方, はあるまい, はない, はるかな, は行くまい, へ送る, もない, 白いもの, 遠くボヘミヤン

▼ うある~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことが, ことによ, とき大曲の, ところです, のが, のを, ほかなく, めえ, ものぢや, もんか, やうに, んだ, 人々は, 人が, 夜私は, 新進の, 種の

▼ うがな~ (17, 0.0%)

2 もし, 将曹

1 [13件] あんたは, いかがの, しかし噂, じっと見てる, もしと, ケケケケ態ア見やがれ, 云ひたい, 信玄の, 善悪ともに, 女なんか, 此処で, 浪人組の, 職工は

▼ うきっと~ (17, 0.0%)

1 [17件] お訪ねしましょう, お訪ねします, この中, そうしてお, そうだろう, その池田屋さん, な, ほかに, 化性の, 林さんの, 江戸へ, 誰にも, 貴方と, 通な, 金の, 隠して, 魚が

▼ うすなわち~ (17, 0.0%)

1 [17件] ある種, これは, それは, それを, たこに, もしより, ファンティーヌの, フランスの, 三度グリとは, 土地の, 未だ多く, 欠乏し, 生産物の, 疑いも, 英国においては, 豊饒の, 革命と

▼ うそこで~ (17, 0.0%)

1 [17件] お前だけは, さうし, ちょっと飲む, ちよつと, まだ貴方, 今日五時から, 再び女, 切り取つて, 山に, 彼は, 手術を, 氏郷は, 私が, 紹介状を, 自分たちが, 自分として, 話は

▼ うそれとも~ (17, 0.0%)

2 何時もの, 無理な

1 [13件] あの駕籠屋, そとのは, カルデアの, 何か, 修業したら, 大森, 少しは, 母親なら, 父から, 結婚早々の, 自分と, 親に, 誰か

▼ うどうせ~ (17, 0.0%)

2 当節の

1 [15件] あなただっても, あなただつ, あの親子, おれの, なかま, 一週間ばかり, 万事普通と, 二三人の, 拾ったも, 日いつ, 本当の, 水呑百姓の, 處刑臺に, 見物の, 飛ぶと

▼ うなんぞと~ (17, 0.0%)

1 [17件] しない人, しない落着き, その時分, そんなお方, そんなこと, そんなもの, 云いますぜ, 云う, 云ふ, 云わなかったん, 思いついた者, 思っては, 悪口を, 米友は, 考える者, 謀叛気も, 飛んだ親切

▼ うやう~ (17, 0.0%)

3 もない 2 になら, のない 1 がなかつた, なき今日, なこと, な過ち, にすこぶる, は無い, もご, もなかつた, やと, 無い快感

▼ うゆえ~ (17, 0.0%)

1 [17件] かならず当世, この場合, ご遠慮, さしあたり百金, さしでがましゅうござりまするが, しばしあちら, すぐ御前, その者共, とくと見, どうぞご, もう泣く, やりかけたわざ, 両三日, 喜んで, 少しく智慧, 急いで, 早速事

▼ う不思議~ (17, 0.0%)

2 なこと

1 [15件] が毎々, だね, だねえ, だネ, でしょう, と思った, なうなり声, な事, な傷, な影像, な言い現, には感じない, に人間, に鈎, の光

▼ う何ん~ (17, 0.0%)

1 [17件] かの間違, か心当り, か變, だか, でも云い付ける, とか, となく, ともいはなかつた, な顔, にも手, にも知らされなかった, にも知らない, のこだわり, のこと, の六里ぐらゐの田舍路, の反響, の苦

▼ う何処~ (17, 0.0%)

2 へゆく

1 [15件] え往, かで見た, からかかう, から来る, から這入っ, から駒込, か行く先, だったろうそんな, でも皆, にも姿, に寝, に火打箱, へも行けない, へ溜め, へ行かう

▼ う全く~ (17, 0.0%)

1 [17件] いい犬, お可哀想, お察し, ないの, ロシア式だろう, 一言も, 二た, 偶然その, 僕の, 怖ろ, 本人の, 死んだ者, 気の, 気の毒で, 知って, 見えなくなりました, 誇張で

▼ う場合~ (17, 0.0%)

1 [17件] その百万, だったが, であるから, ではある, なん, にはお供, にはきまって, にも極, によつたら泳いで, に必要, に男, のなかっ, のみでなく, の用心, の調査, ばかりに気, 恐らく事実

▼ う~ (17, 0.0%)

1 [17件] がありすぎ, ぐらいかかっ, っぷちでうつ伏せ, というの, のいきおい, のながれ, の影, の流れる, の黒, は, は私, は酸素, も運びましょう, を吐かせなけれ, を打った, を見, を食わせ

▼ う~ (17, 0.0%)

3 へ行かう 2 は大変きれい, も空 1 など見ようで, に行かう, のそこ, の方, の模様, は美しい, へでも飛び込んだ, へ身, も山, よりは山

▼ う~ (17, 0.0%)

2 と考え

1 [15件] という気持, といふ下心, とおも, とけがら, とは夢にも, とは脇坂山城守, と下品, と小さい, と思い, と思う, と愚, と或, と考えた, は太, は馬

▼ う~ (17, 0.0%)

6 けば 4 いて, くと 1 いただけでも, いたやう, くの

▼ う若い~ (17, 0.0%)

1 [17件] うちから, ことに多感, と云, ものが, 人でした, 作家の, 内には, 処の, 売笑婦に, 女が, 女という, 女の, 娘に, 婦人たちを, 役ばかりの, 牝鹿の, 男の

▼ う~ (17, 0.0%)

2 の色, を洗っ, を見る

1 [11件] から頭, が変, で斯, にウレシイ, に芝居風, の面積, はむら, は幾等, を合わせ, を知ってる, を貸せ

▼ うかなんて~ (16, 0.0%)

1 [16件] いまも, ことを, しきりと自, よく言つて, 云ったもん, 云つた, 云つてる, 大きなこと, 思い立ちましてね, 思つても, 思ふ必要, 疑って, 考えちまうこと, 考えること, 考える人, 言って

▼ うぐも~ (16, 0.0%)

2 は其の, は柳

1 [12件] が自分, が走つ, について簡単, の狩, の話, はその, は其処, は既に, は水際, は破れた, は糸, は蛛網

▼ うこんなに~ (16, 0.0%)

1 [16件] おこりに, お可愛く, つ, ほかほかと, まで自分, 可愛い人, 可憐な, 多くの, 太いん, 急に, 臭いの, 苦しんだこと, 血が, 長い関係, 長くといつて, 陽脚の

▼ う一緒~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] について来い, にとは云わぬ, にわたし, に來, に入りましょう, に吉原, に往きたい, に来, に歩い, に相, に行く, に行こう, に顏, に食事

▼ う丑松~ (16, 0.0%)

2 は声, は答

1 [12件] は反省, は心, は推量, は猜疑, は礼, は考, は考へ, は考へる, は自分, は見, は言, は言葉

▼ う~ (16, 0.0%)

2 に行きたい

1 [14件] からかえって, であったこと, でもしじゅう, で見た, なんぞに出かけ, にい, にお, についた, にはいません, へやっ, へ出かけ, へ行ける, やお茶, をもよおし

▼ う何故~ (16, 0.0%)

2 なら彼

1 [14件] あゝだらう, それが, だろうと, といへ, と云, ならもし, なら書籍, なれば, に借りたで有ろう, 便りが, 叔父を, 太一郎ばかりが, 殺して, 黙つて

▼ う拙者~ (16, 0.0%)

1 [16件] がお, ならば, にかまわず, のこの, の主人, の声, の紛失物, は, はまだ, はわけ, は亀岡, は武蔵野, は竹町, も心苦しい, も江戸表, も男

▼ う此方~ (16, 0.0%)

3 は此方

1 [13件] が余程, で話, の支度, は二人, は吾輩, は恥知らず, は無駄あし, は私, へ, へお, へくる, へ向け, へ来

▼ う~ (16, 0.0%)

7 して 2 すれば 1 うお問, かと思っ, するには, せねば, だ虎井夫人, でしょう尊敬, ならば

▼ う言葉~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこの上なくたのしいなつかしい, がそれ, がわからない, においても頭, のよう, の行き, の語源的, は絶えるであろう, もなかつた, も智慧, をかけた, をかけられた, をかへてい, を残し, を聞こう, を飾らず

▼ う~ (16, 0.0%)

1 [16件] から水, がわれ, がズキ, がヅキ, が半ば亂, が痛ん, が變, にかぶさる, にこう, には昔ながら, の上, の禿げてない, はうつろ, を下げる, を擡げた, 抑えつけられるよう

▼ うあんなに~ (15, 0.0%)

3 光って

1 [12件] して, つれなかった, なっても, も美しかっ, 仲よしだった, 光つてゐます, 太陽が, 波が, 泣いたの, 浮気な, 落着いた, 酷く眠

▼ う~ (15, 0.0%)

1 [15件] したが, てゐる, であった, でそうして, で強い, となり, なお顔色, な声, な牙さ, の, のいた, の夢, の瑪瑙, をこし, を經過

▼ うこいつ~ (15, 0.0%)

421 あ後生, あ驚いた, が宜, なん, は大した, は容易, は話, は面白, 願ったり

▼ うちょっと~ (15, 0.0%)

1 [15件] あれみたよう, お待ち下さい, 外を, 寄って, 往って, 拙の, 清心丹でも, 父の, 片膝, 立ちつくしたが, 算盤を, 見渡したところ, 覗いて, 話が, 駕籠の

▼ うどの~ (15, 0.0%)

2 ような

1 [13件] せは, みち帰りでございます, もいち, やうなお, ドレスだった, 世界と, 人物とも, 友よ, 家も, 帷幕の, 矢に, 脇坂久ざえもんどのみなさま自害なされました, 身を

▼ うなりを~ (15, 0.0%)

2 あげて

1 [13件] あげながら, たて, 一つ払っ, 伝える, 伝え伝えて, 切って, 地には, 発したとき, 立て, 立てて, 立てもうもうと, 頭へ, 鳴らしながら

▼ うよりは~ (15, 0.0%)

1 [15件] この川, せめて無益, まだ吊り革, むしろ潔く, もっとおもしろい, ジュコーフスキーの, 先生の, 呉に, 慣れろで, 瀧と, 自分で, 自在で, 貰い泣きする, 遠く秩父, 遣つた方

▼ う云つて彼~ (15, 0.0%)

2 の父

1 [13件] はいきなり, はぐいと, はその, はちよ, はアツ, はシヤツ, は急, は改めて, は椅子, は直立不動, は苦しく, は茶の間, は馬

▼ う何と~ (15, 0.0%)

6 なれば 1 いつたか, なし眼, 云う家族, 云う方, 云つても, 云ふ, 浅はかな, 申したつて, 言つても

▼ う~ (15, 0.0%)

1 [15件] かしら, か一度, が一人, が変つて, が女, だけに目, と泊, と男, の善良, はどこ, は太田, は江戸一番, ばっかり上, も女, を変えてる

▼ う言つたの~ (15, 0.0%)

5 も無理 2 である 1 かお前, か分らない, が始まり, ですもの, はそれ, は二十七八, は矢ツ張り眞個, を私

▼ うあゝ~ (14, 0.0%)

2 此樣な

1 [12件] あの主人, い, したら悲しむだらう, して, すまないすまないほん, もしよう, 云おうと, 何うし, 是も, 有難い持つべき, 私は, 誰だらう

▼ うからという~ (14, 0.0%)

2 ことを, のである 1 ことである, ことでした, ことも, 云いまわし, 付け加えての, 伯母の, 意で, 意味だけを, 約束を, 見越しで

▼ うこういう~ (14, 0.0%)

1 [14件] のは, ものの, ものを, 人物にも, 姿を, 情愛の, 日常の, 歴史の, 男金吾君, 破目, 考えは, 話で, 軍人教育者実業家などが, 非人道

▼ うすると~ (14, 0.0%)

1 [14件] いふ, お砂糖, この流れ, さあ大変, カルクシャイヤの, カルクシヤイヤの, 一面に, 僕は, 友達の, 女は, 氣も, 沢が, 皆が, 馬に

▼ うだに~ (14, 0.0%)

1 [14件] しねえでも, しんねりむつ, 力落す, 厭な, 大儀えた思はなく, 惜しいもん, 惡り, 押廻すな, 洟垂らしてる, 減る程, 滾して, 荷厄介に, 飮むべぢや, 騷ぎやがつて五月繩え

▼ うとかいう~ (14, 0.0%)

2 ような

1 [12件] ことです, たぐいの, のだ, のです, のには, ふうに, 動機が, 気でも, 気持は, 申し出しを, 要求と, 詰問を

▼ うとしてか~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつもだぶついた, それとも早く, ともかく亭主, ふいに, へる, ピッタリ壁, ペロリと, 何処からとも, 泣くまいとしてか, 無駄な, 片膝, 組みついて, 薄衣の, 頻りに武蔵

▼ うとすら~ (14, 0.0%)

2 して, しなかった, しなかつた 1 した, したこと, 怒ったほど, 思い断って, 思つた, 思わなかった, 漠然と考へ, 私は

▼ うどうか~ (14, 0.0%)

4 して 1 あとあとの, お乗り, その点, なるだろうが, 先生は, 坐って, 教えて, 早くお迎え, 来世はめあき, 騒がずに

▼ うどうして~ (14, 0.0%)

1 [14件] おもしろくあそぼう, おらの, このごろは, ご飯を, その日, その間この, そんな事, 仲が, 喰べ, 彼らが, 御内室を, 死んで, 私は, 金魚の

▼ うなぜ~ (14, 0.0%)

2 なら神

1 [12件] おれを, お前今時分ひとりで, そんなわたくし, だろうと, ですか, なら, ならその, ならば, なら地主, なら歴史, なら死, 訪ねて

▼ うなどといふ~ (14, 0.0%)

2 やうな

1 [12件] ことよりは, ことを, のが, ので, 好奇心は, 念力は, 欲望は, 氣持では, 浅墓, 相談を, 腹は, 自惚れは

▼ うのう~ (14, 0.0%)

1 [14件] あんまり饒舌ら, え, お大名, お録, す闇, ちっとこりゃ, はばみの, 三郎兵衛, 同胞, 和平どん, 姐さん, 斯様な, 殿その, 重蔵

▼ うほか~ (14, 0.0%)

2 でもない, のこと 1 から聞い, ないの, に直接, の人, の月日, の犬, の者, の雌雄, は何, を探す

▼ うやつ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, が金喰ひで, たわ, だでな, つけられて, てその, てゐる, て半日近く姨捨山, て少し, て見てくれ, と今, は持つ, は異人, もない

▼ うよい~ (14, 0.0%)

1 [14件] お菓子を, か, かそれ, たよりでも, ところに, としなけれ, 事が, 人に, 値段で, 句が, 塩梅だ, 春じゃ, 智慧は, 歌を

▼ う~ (14, 0.0%)

2 だあー

1 [12件] っ, っと伴蔵, っと底, っと長く, つと警笛, と云う, と叫んだ, と吹く, と唸っ, どうもまだ何, の雲, ぶぶうー

▼ う世間~ (14, 0.0%)

1 [14件] から捨てられ, で譏られる, にこんな, には痴けた奴, にも溢れ出よう, に通った, の人, の人ッ, の嘲笑, の噂, の女, は, は騒がしい, をはばかる

▼ う~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある窟, にこの, には此, に今, に彼, に於, のふつ, は全く, へ入る, を二つ, を目, 好くお前さん, 房から, 房なら

▼ う云つたの~ (14, 0.0%)

1 [14件] だ, ですが, でなければ, では, に變, は庄谷, は最も, は私, は純, は金色, は附添, も全く, よ早く, を源吉

▼ う云つて彼女~ (14, 0.0%)

1 [14件] の顔, は一隅, は先, は冷たく, は家, は急い, は扉, は猶, は眉, は私, は自分, は遠く, は静か, は黒岩

▼ う~ (14, 0.0%)

2 が大きく, をし, を苦しませる, を見 1 がわな, に似合わない, のせゐだよ, の命, はおれ, を大事

▼ う~ (14, 0.0%)

2 で人, の中, をモグ 1 があり, が少し, こそ裂け, じゃいいかげん, でばかり虚勢, ばしつ, も利けず, を入れた

▼ う実に~ (14, 0.0%)

1 [14件] いたわり可愛, お気の毒さま, みな厳粛な, 好いじゃ, 好いぢ, 思え掛けねえ貴方今何処, 悪いこと, 斯様な, 新吉も, 此の, 残忍極まる, 胸が, 荒凉索莫わたしは, 面白うげす

▼ う尤も~ (14, 0.0%)

2 野次馬の

1 [12件] あとの, あんな具合, その子孫, それだけとしては, 今じゃ, 俺は, 僕此二三日風邪を, 日記も, 永年勤めた, 江戸伝来の, 泥棒に, 牧畜を

▼ う懸命~ (14, 0.0%)

6 になっ 1 なとき, にそれ, に注意, に目, に見た, に見詰め, に調べ, に高座

▼ う然し~ (14, 0.0%)

1 [14件] この新し, これは, さうし, ですその, 一つの, 僕は, 急速に, 昔から, 汝に, 生活の, 紀州だって, 聖人は, 若し橋本氏, 餘り

▼ う若し~ (14, 0.0%)

1 [14件] あれでなけれ, お前の, かしたらお前, その十誡, や先, 何うし, 幾分でも, 彼が, 敗壁斷礎の, 来たらお, 自分が, 自分に, 観客なる, 言い伝えられて

▼ う錢形~ (14, 0.0%)

6 の親分 52 の親分さん 1 の俺

▼ う~ (14, 0.0%)

2 の山, は彼 1 が悪い, が悪けれ, にも私たち, に合, に容赦, に市, は少し, も無し, を流るる, を静か

▼ うあまり~ (13, 0.0%)

2 飲めませんけれど

1 [11件] おどかさないで, といへ, な不意, ふけるから, 客に, 寒いから, 早朝に, 気を, 深入りを, 画集などに, 美味しくて

▼ うあるいは~ (13, 0.0%)

1 [13件] おそらくまた, もし私, 不治の病を, 僧と, 写真の, 商業を, 愛されようという, 東の, 煙の, 猿簑を, 私は, 紙の, 解消させよう

▼ ういふ歌~ (13, 0.0%)

2 が出来る

1 [11件] の作者, はあまり, は一種, は目前, も作者, を作らう, を朗誦, を歌, を詠ん, を読ん, を集めた

▼ ういふ生活~ (13, 0.0%)

2 が自分

1 [11件] があつ, にこそほん, について母, に疲れ切つ, は想像, は精神的, へ私, をもつ, を仕, を繰り返し, を續

▼ ううち~ (13, 0.0%)

1 [13件] が困る, には私一人, にもど, に隊長官舎, に青白い, の, の柿, の火, の経済, の門, は五色揚, へ遊び, も袖

▼ うかといった~ (13, 0.0%)

2 ような

1 [11件] きりあまり, ことが, ことばに, そうである, ところ一言の, のだ, のは, のを, 人も, 期待と, 風の

▼ うかねえ~ (13, 0.0%)

3 お京さん母親 21 あなた, あの何とか, そりや, まだ小学校, 先生さまあ, 小浜さん, 源どん, 胸が

▼ うこっち~ (13, 0.0%)

1 [13件] から, にある売る, の岸, の崖, の眼, の蜂, の都合, の鹿, は一人, は知らねえ, へおいで, もいくらか, をにらむ

▼ うしと~ (13, 0.0%)

2 いって

1 [11件] いつて, しきりに寝床, はばかられるの, まあ自惚れ, 云って, 云つてあの, 思い第, 思って, 煩悶した, 申して, 考え妻

▼ うそれでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] かれは, しも温度, だめだったら, 一杯ひつかけ, 助ける人, 十分おもしろい, 少いくら, 最う来るだろう, 梅は, 槍を, 癒らない, 習いたいの, 能く

▼ うそれにしても~ (13, 0.0%)

1 [13件] あいつも, あまり遅い, だれか, ばかに, わたしは, イヤな, 互いに知らぬ, 今は, 何故去年, 八州の, 女は, 照子は, 菅原が

▼ うでは~ (13, 0.0%)

1 [13件] おさらば, このこと, どうかお, もう日, わしの, わたしが, 五人家内の, 何とあれ, 何ゆえ印籠を, 快く死ね, 機嫌好く, 製煙機械の, 赤ちゃんの

▼ うとしての~ (13, 0.0%)

2 ことか

1 [11件] お言葉, もがきであり試み, 上洛の, 奸策で, 必然的な, 懸命の, 方便には, 無智, 由用を, 金子である, 騎士的精神かも

▼ うなに~ (13, 0.0%)

1 [13件] おおっぴけ, かけるん, そんな大, もあたい, もでき, も次郎君ひとり, も熊谷, よりの証拠, を感じ, 死んだって, 無いの, 知らねえこと, 言って

▼ うばい~ (13, 0.0%)

1 [13件] がうまく, ができる, した, であるから, でうら, でなに, になる, に似合わない, の樣子, はああ, ははじめ, をした, を失う

▼ うほんとう~ (13, 0.0%)

51 にお気, にかまいやしない, にもう, に遊びすぎた, に違いません, のこと, の事, は豪傑

▼ うぼく~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が手塚, にできない, のあし, のポインター, の所, はきみ, はすっかり, はその間, はへた, は何, は耳, をやらし

▼ うまず~ (13, 0.0%)

1 [13件] こういうふう, それまでは, それを, 危うきに, 床には, 次郎の, 法華寺三尊さよう, 熱いお茶, 船出の, 訳を, 評定職の, 辿って, 金高から

▼ うまるで~ (13, 0.0%)

2 シャートフの, 小鳥の 1 きょうの, 夢の, 小説そっくり, 手品師が, 森林の, 生きて, 眠って, 見当が, 赤坊の

▼ う云つて私~ (13, 0.0%)

1 [13件] が今日, が鉄工, にも一処, の幻, の腿, の顔, は壁, は彼, は椅子, は真に, は笑, は苦い, は隣室

▼ う小さい~ (13, 0.0%)

1 [13件] あぐらを, あの芽, いびきが, と, ふるえたため息, 声で, 女の子でも, 床の間には, 時から, 臀部が, 袋を, 鳥では, 鼻は

▼ う心配~ (13, 0.0%)

3 して, すること 1 しないで, するな, するにや, で最う, はありますまい, をしなさん, を掛け

▼ う~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぢや, に, にしげしげ, に冷え, に向う, に増さう, に大きな, に旦那様, に眠気, に飛び起き, に高く, の病気, 直なる

▼ う悪い~ (13, 0.0%)

2 ことを

1 [11件] ところは, ところへ, 事を, 人ぢや, 容貌だ, 影響を, 感情を, 所が, 望や, 気持では, 顔だちで

▼ う~ (13, 0.0%)

2 がせかれ, の付いた 1 がゆるむ, が咎める, づいて, に入, のつく, の休まる, の毒, を清めよう, 取らないの

▼ う~ (13, 0.0%)

1 [13件] あらぬ身, から遺された, がそう, に取り次いだ, の前, の姿, の尾張中将, の餘, はわたし, は今, は直に, は私, へのその小さな

▼ う~ (13, 0.0%)

3 がもめ 1 がいっぱい, にあふれる, に両手, に手, に県, の略章, の辺, もすっと, も悪かろ, を根

▼ う長い~ (13, 0.0%)

2 ことで

1 [11件] さまざまの, 事は, 声を, 年月の, 後では, 旅でも, 木の, 板べ, 間の, 間枕した, 頂上を

▼ う~ (13, 0.0%)

1 [13件] がふる, が好き, が降ったら, が降る, になり, にぬれ, にぬれた, にはなるまい, の日, の音, は五彩, は小止み, も降っ

▼ う黒い~ (13, 0.0%)

1 [13件] ものが, 人影, 勝鶏が, 大きな眼鏡, 天井の, 岩が, 影が, 心を, 木で, 柵が, 海水着の, 眼鏡は, 雲を

▼ ういくら~ (12, 0.0%)

1 [12件] も, ユリは, 偉そう, 写生文を, 大阪市に, 居候の, 着ても, 考えても, 自分ばかり, 茶室が, 貴夫だって, 遊んで

▼ ういふ心~ (12, 0.0%)

1 [12件] があつ, が残つて, に成つたの, のうち, のまとまり, の空虚, の餘裕, は男, をかたちづくる, を意識, を持たぬ, 懸の

▼ うかい~ (12, 0.0%)

2 うまいかと, 御馳走は 1 うまいか, お神さん, この際, そりや, それは, 止めに, 段六公, 頼むに

▼ うかに~ (12, 0.0%)

21 いったの, かかって, かかるに, ぼくは, を食おう, イ, 依って, 就て, 楽屋に, 気づくべきであった

▼ うしろから~ (12, 0.0%)

1 [12件] つままれる怖, てく, のぞきこんだだけ, まるでふたり, ヒョッコリ男が, 出し抜けに, 如來樣を, 彼は, 忍び寄って, 法印が, 盗んで, 突如錆びた

▼ うすべて~ (12, 0.0%)

2 のもの, を 1 が, が業, の人, の感情, の肉交, の記載, はおのれひとり, は行く先

▼ うずる~ (12, 0.0%)

7 にて候 1 ともそれ, と思える, と思はれた, まで御, ものを

▼ うそいつ~ (12, 0.0%)

21 がお前さん, に勢, はお前, はわからない, は何ん, を, をちょい, をちよい, をみんな, を俺

▼ うつい~ (12, 0.0%)

2 私は, 鼻の 1 さくを, すると, そこの, 先頃皮肉な, 前を, 思い余った容子, 犠牲に, 財政を

▼ うところが~ (12, 0.0%)

1 [12件] おきの, ここは, その御大病, どうして私, 出て, 哀れにも, 大違, 女って, 常陸介は, 私なんぞは, 花は, 金次郎といふ

▼ うところで~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの人たち, いったん破門者, お前は, 不敵な, 合間, 師匠の, 年毎に, 念の, 画家の, 私は, 若旦那は, 長島若菜には

▼ うなぞという~ (12, 0.0%)

2 気は 1 いたずら気は, ことから, 事には, 問題に, 料簡は, 望みを, 殊勝な, 気にすら, 男らしい精神, 野心は

▼ うなんぞとは~ (12, 0.0%)

1 [12件] お雪, わたくしは, 夢にも望ん, 心憎いいたずら, 思ってや, 思はない, 思はれないぢ, 思わない, 手前夢にも, 氷水を, 素より思つて, 近江泥棒も

▼ うへは~ (12, 0.0%)

1 [12件] この現実, 一度も, 一緒に, 仕方が, 優美の, 屋根を, 念仏を, 我をも, 手蔓を, 永久に, 私の, 縁談ことわられ

▼ うほどの~ (12, 0.0%)

1 [12件] つぎの, のろさ, 不愉快さに, 器量も, 木曾路の, 激しいひたむき, 物を, 玉に, 理想的な, 生物識でも, 者が, 魔界の

▼ うまア~ (12, 0.0%)

2 旦那は 1 さう, 一盃酌いでやろう, 二三年も, 何です, 品物で, 夫婦の, 家へ, 懐かしかった, 此処に, 緩り

▼ う~ (12, 0.0%)

2 置し 1 おきを, から何, には五百石, に云った, に観, に言ったろう, に郵便局, よりは益丸, より却つて肥つた位, 触の

▼ う~ (12, 0.0%)

21 ならぬ大原さん, にほんとに, に書籍, の光, の処ぢ, へ, へ出, へ出る, へ許, ぼりを

▼ う~ (12, 0.0%)

2 さらさうした樂, でなくって 1 から醒めた, さらさうした楽し, じゃない, ではない, ではなかつた, ならば, の中, を見

▼ う大して~ (12, 0.0%)

1 [12件] ひどい方, 出来んから, 多くを, 年を, 旨くない, 明るくない, 深くは, 畸人とも, 苦にも, 違ひ, 長い間, 離れて

▼ う実は~ (12, 0.0%)

1 [12件] これから下宿, そのあいだ, ねえ宇津木さん, 今いっぺんに, 以前と, 俺も, 先頃剛一君とも, 吾輩の, 婆さんにも, 普通の, 私にも, 関船の

▼ う左様~ (12, 0.0%)

3 なれば 2 なら 1 いう方, すりゃ蜂の巣, なら明朝, なら誠に, に媚, サ質素な, 御承知

▼ う~ (12, 0.0%)

1 [12件] からの伝説, と今, のこと, のまま, の人, の増田屋, の客馬車, の気力, の高貴, はこんな, は恋, 馴染みてえので

▼ う時々~ (12, 0.0%)

1 [12件] ああこれ私, いって, その珠, はお, 一台の, 厭に, 口笛な, 浅間しい, 淺間しい, 生活に, 私達の, 立止まっ

▼ う本当に~ (12, 0.0%)

1 [12件] ひどいわ, へんな, 奥様お, 嬢様の, 彼は, 恐ろしい, 恐ろしいこと, 撃つ気, 有難いこと, 知らなかつたの, 風邪を, 驚きましたナ

▼ う~ (12, 0.0%)

2 になるだろう 1 が喫, に感じ, の分らんで, の言いよう, もあげよう, をも云はず, を盗ん, を考へ, 干の, 干へ

▼ う相手~ (12, 0.0%)

1 [12件] がよい, が綺麗, になっ, の切れもの, の姿, はお, はきっと, は名主樣, は本, は本当に, は裁判官, もございません

▼ う立派~ (12, 0.0%)

1 [12件] なはあ, な伽藍, な先生, な口髭, な大理石, な小屋, な服装, な素性, な紳士, な顔, に存在, に逆

▼ う美しい~ (12, 0.0%)

1 [12件] お嬢様が, この人, といふほどの奧方, とする, ものを, ベールとして, 人は, 人間では, 女は, 女教師, 思い出の, 花も

▼ う~ (12, 0.0%)

3 の黒い 21 すなわち変り, であるから, なくサッと, のくっきり, は薄く, をした, をなくした

▼ う~ (12, 0.0%)

1 [12件] がただ, が領分, となりました, にまた, の長, はま, を任せた, を忍ぶ, を愛し, を挙げ, を精神, を翻

▼ う~ (12, 0.0%)

1 [12件] がなくなり, が殘つて, でも飲ん, にもしよう, の出した, の香, もある, もわし, も出来る, も四五杯, も程, を口

▼ ういふ点~ (11, 0.0%)

2 に触れ 1 が解決, では菊田, で僕, で注意, で私, にもあつ, に注意, は奥さん, をこの

▼ うかしらとも~ (11, 0.0%)

3 思う 2 思つた 1 おもい幾度, 思いましたくらい, 思うそれとも, 思って, 思ひました, 球江は

▼ うかなどとも~ (11, 0.0%)

2 思って 1 云った, 云って, 思います, 思う, 思つてゐます, 申しましたが, 考えた, 考へたので, 迷つ

▼ うげに~ (11, 0.0%)

2 首を 1 うなって, のぼりついた, 宛てたもの, 思ひたるさま, 深い吐息, 立てるあ, 見眺めて, 音を, 頸を

▼ うしばらく~ (11, 0.0%)

2 は消息 1 すると, そこで, そこに, の間私, は宇宙塵, 君の, 師匠を, 辛棒する, 返辞も

▼ うすこし~ (11, 0.0%)

1 [11件] しかありません, は, はお, へんな, 寝過した昨夜, 深くて, 空が, 細かに, 草臥れました, 離れて, 高い花

▼ うすべ~ (11, 0.0%)

3 もない 2 と言, もなかっ 1 に色, はない, は九州南部, も無く

▼ うだって~ (11, 0.0%)

1 [11件] あれで, おまえは, このまんま, どんな仕事, 二階は, 四五日前から, 宵の, 父が, 獣は, 生の, 黙って

▼ うちょい~ (11, 0.0%)

3 とお 2 と待っ 1 と, とそこら, との間, と変っ, と放します, と行っ

▼ うつまり~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの長い, は待ち損, 人間を, 仏頂寺は, 弟を, 植物と, 欺かれるの, 片道の, 自分を, 西洋風な, 過去からという

▼ うても~ (11, 0.0%)

1 [11件] お前が, どつた, ない倖, われや, 俺が, 借る者, 嘲いきれぬ, 島原に, 必ず生物学的, 狂人力で, 銭もうけの

▼ うというは~ (11, 0.0%)

1 [11件] ずるいこと, なしです, よいこと, らが, 人世の, 大眉唾物, 妙な, 彼としては, 済生会の, 無理じゃ, 無理です

▼ うとを~ (11, 0.0%)

3 るもう 1 のせたまま, みつけて, もうしな, 問わずただ, 問わずほとんど, 問わず他, 覚悟しなけれ, 造しらえ

▼ うなか~ (11, 0.0%)

2 ぶし汝 1 がやき, ないかんにん, にその, ぶしつつ, ぶし我, ぶし白, ぶし鹿毛, み潟, を禰衡

▼ うなぞ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いう事, いう勇気, いう気, と先生, と思い, 師匠は, 思って, 思ふ人, 断じて思い, 言う事, 都合の

▼ うなんぞという~ (11, 0.0%)

2 のじゃ 1 ことは, のは, 事には, 人は, 図, 女性が, 気も, 気持が, 骨折りは

▼ うのにと~ (11, 0.0%)

3 思った 1 おっしゃったこと, 又びっくり, 大笑いです, 察しも, 思えた, 思った心持, 思はれて, 祖母にも

▼ うひとり~ (11, 0.0%)

1 [11件] でさびしく, でなほるまでは, というところ, の刑事, の子供, の少年, の店員, の暴徒, の男, よがりの, 省みては

▼ うへにも~ (11, 0.0%)

2 匂ひ 1 三名の, 乗りうつり, 力強く堂々, 感傷的に, 果しなく, 栄え渡つた時代, 渇く檜葉, 白, 複雑に

▼ う~ (11, 0.0%)

2 かつた, 方言の 1 づいで, づいの, のぬけた, 人の, 時を, 酌を, 酒の

▼ うまさか~ (11, 0.0%)

1 [11件] あたしが, 一緒に, 化物ぢや, 字引の, 己に, 彼では, 暴民どもに, 消えて, 盗んで, 軒並みに, 野釣でも

▼ うやがて~ (11, 0.0%)

1 [11件] その女主人, グッタリその, 全快し, 半年は, 張, 怖, 投獄される, 氏郷の, 珍味が, 盲目に, 私には

▼ うわし~ (11, 0.0%)

1 [11件] にあの, のよう, の問い, の子, の防寒, の養子, はそれ, は単なる, もすこし, もせっかく, も吉岡清十郎

▼ う一度~ (11, 0.0%)

1 [11件] お見, こっちに, でも關係, に狼狽, は, は昼, もまだ, も返事, 前の, 執筆を, 大金持

▼ う~ (11, 0.0%)

1 [11件] つ脹れで, で地方官, におろう, に抜穴, に鋸, の障子, は一日何十銭, 掻を, 瞼の, 葉から, 賤の

▼ う~ (11, 0.0%)

3 に反し 1 から三十里, がカント, が伊豆半島, は何, は大切, れは, れも, を日本

▼ う人々~ (11, 0.0%)

2 に金持 1 がここ, が暮し, にかえっていっそう, にむかっ, にも与えた, は何, は囁き合, は彼, は日本

▼ う何とか~ (11, 0.0%)

3 して 1 あなたと, いう三味線, してやらうと, すると, なるめ, 云う料理屋, 片が, 致して

▼ う即ち~ (11, 0.0%)

2 月は 1 その役, 人の, 其恥ずべく忌むべく, 半四郎師匠は, 実在する, 客観的, 此一本は, 總代を, 血を

▼ う~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, ね, の書い, の本, はおま, はまあ, は何, もおま, を言っ, 乘つて出, 乘られる

▼ う~ (11, 0.0%)

2 に反抗心 1 だな, で仕様, なこと, なもの, な女, な心持, な調べ, な顔, に生

▼ う~ (11, 0.0%)

2 れは 1 だって手伝っ, なんぞが飛込ん, に克つ, はどうせ, は貴様達, も乗り掛った, も新三郎, も残念, を苛よう

▼ う~ (11, 0.0%)

1 [11件] から訊く, ならば, には一度, にドイツ, に三本, に彼女, に残る, に老, へ退っ, をつけた, を見ない

▼ う思つたの~ (11, 0.0%)

2 であらう, である 1 お庭, かを自分, だ, でございます, ですよ, も無理, よ

▼ う~ (11, 0.0%)

2 の新聞記者ら 1 からは松明, にある, にゃゼイタク, のやつ, の中, の人々, の楽隊, の男の子達, はまた

▼ う~ (11, 0.0%)

1 [11件] が何, が覺め, が醒めたら, に見る, に遭います, のなか, の大きく, は両方, をとじ, をぱちくり, をまわし

▼ う~ (11, 0.0%)

2 の存在 1 から始めよう, が全能, と正義, の創造, の審, の指, の護りできつ, は雲の上, よ

▼ う秀子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が殺した, とても今, との間, の左, の考え, は到底, は客, は漸く, は目下, は養母殺し, 若し心

▼ う言つた~ (11, 0.0%)

2 でせう 1 からそれ, だけぢ, といふ, と思ふ, と笹野, までは覚え, もの, 無氣味, 見當

▼ う~ (11, 0.0%)

1 [11件] があり, がある, さえあれ, に困っ, のつかい, のない, の紐, はある, を出し, を持っ, 彌の

▼ う~ (11, 0.0%)

4 の降る 1 がちらちら, が傾斜, が溶ける, が降っ, となっ, も降ろう, 之丞

▼ う馬鹿~ (11, 0.0%)

1 [11件] すること, と云わなけれ, と言い, な子, な方, にされ, にし, になろう, ねえ王様, もの共, を見た

▼ うあたし~ (10, 0.0%)

1 がいなく, ってこんな, ですよ, のいのち, は, はこれから, は幸福, もお前, を好いてる, 嬉しいわ

▼ うあんまり~ (10, 0.0%)

1 おそくなる, 不思議で堪りません, 人間見た, 変って, 夜深し, 急で, 残念で, 物数いわれません, 話させると, 遠いところ

▼ ういったい~ (10, 0.0%)

2 この女 1 あの音, この力, この問答, だれだろう, 仙台は, 永生の, 独り者なんて, 誰でもが

▼ ういま~ (10, 0.0%)

1 のほう, の末広, の清国, はたった, は三月中旬, は東方川, までの明るい青い, 少し打ち解け, 書いたの, 話したよう

▼ うおまえ~ (10, 0.0%)

1 でもよかろ, にはそれ, にも, の姿絵, は, はそれ, は木戸, もたい, も一緒, を待ち焦がれ

▼ うお母さん~ (10, 0.0%)

2 の何処 1 お好き, が待っ, なんかこの, におねがい, のお, は兄さん, は炬燵, をひと

▼ うお父さん~ (10, 0.0%)

2 はもう, もお母さん, やお母さん 1 どうぞこれ, の事, の死なれた, は知っ

▼ うからね~ (10, 0.0%)

1 そっくりこれ, だがそれ, まあ諦める, 全く, 横から, 正餐が, 若さんなら, 見ず知らずの, 踊りと, 電報の

▼ うそしたら~ (10, 0.0%)

1 いくらか重々しく, それが, なんぼなん, ねその, わたしは, 俺と, 俺は, 回つて, 皆な, 自分も

▼ うとこう~ (10, 0.0%)

1 いうの, いうので, でると, 思いついたの, 思う, 思えばこそ, 決心し, 申しますと, 考えた, 考えるの

▼ うとと~ (10, 0.0%)

2 本能的な 1 うみけ, つくに, つても, ほうに, まつて, 信じこんで, 呼び合ったこと, 呼んで

▼ うとに~ (10, 0.0%)

6 論なく 1 キッスし, 拘らずカウンター, 親しみむつ, 角余吾之

▼ うどうぞ~ (10, 0.0%)

2 して 1 うまい工夫, おかえりを, お願いです, この松, その顔, 御心配, 此方へ, 重三郎さんを

▼ うなあと~ (10, 0.0%)

1 いう, いうので, つい小説, 仰言った修治さん, 嘆息まじり, 思って, 思っても, 思ふ, 私は, 言ったらその

▼ うなく~ (10, 0.0%)

1 てはならない, てはならぬ, ときし, ば人, むかっとクビ, 哀れ刑場の, 大切と, 心が, 感じられて, 目出た

▼ うひどく~ (10, 0.0%)

1 カッカと, 上機嫌で, 反感を, 変ったこと, 尾羽打枯らした, 悲しまないの, 気が, 赤面し, 重い体, 飾つては

▼ う~ (10, 0.0%)

2 心ある 1 えさ, えだ, えに, えは, からずという, っかっこ, んの, んを

▼ うみんな~ (10, 0.0%)

3 の前 1 あの異常, があんな, が化物, 云って, 悪い事, 揃って, 覚えて

▼ うやはり~ (10, 0.0%)

2 前のと 1 あれを, こんな風, 僕を, 宮は, 尾張の, 旅の, 白麻の, 身体の

▼ う主人~ (10, 0.0%)

1 がさう, が知, にざくざく, にも後で, のだけが女結び, の娘, の徳右衞門, の次郎兵衛, の注意, は私

▼ う今年~ (10, 0.0%)

2 の夏, は 1 の末, は煙火, は珍, は用事, は皆, もあの

▼ う~ (10, 0.0%)

1 によって唇, に就, の, のそら, の一種, の浜田, の男, の細く, の長い, へ谷中村

▼ う向き~ (10, 0.0%)

2 になっ 1 にかけた, にそろそろ, になった, に並ん, に大, に立っ, に赤い, のまま

▼ う~ (10, 0.0%)

2 のお 1 が気に入らない, の声, の立場, の行末, はここ, はなかば口, は毎日静か, を待たせ

▼ う小さな~ (10, 0.0%)

2 者の, 船 1 ことを, 上に, 古ぼけた鏡台, 聲で, 自我や, 虫の

▼ う必ず~ (10, 0.0%)

2 猜忌邪曲など, 結果は 1 お待ち申す, お悲しみ, 助けましょうと, 善処する, 相当の, 関係しなけれ

▼ う或は~ (10, 0.0%)

1 ああも, ヴォッカを, ヴオツカを, 何にも, 利用したい, 専門語で, 強く繃帯, 強く繃帶, 行くという, 身分を

▼ う手前~ (10, 0.0%)

3 が居ぬ 1 がよけい, の廻り, はお, は十手, は盲人, も武士, を相手

▼ う是非~ (10, 0.0%)

2 御一緒 1 お千さん, たのむ, ともパントム, やって, 行きたい, 行こう, 逢い度い, 願いたい

▼ う~ (10, 0.0%)

1 からハーモニカ, から晩, から汗, だらうかと, と昼, になったら, に道, の酒, まで, まで飲まう

▼ う~ (10, 0.0%)

2 躾で 1 えな, けりや, 尽燈は, 政府状態に, 暗とげら, 暗に書ける, 礼者め, 造作に

▼ う~ (10, 0.0%)

1 が待ってるでしょう, に構わない, の努力, の居る, 仕事を, 来たが, 緊張した, 美しい女, 退いた退いた, 驚いたろう乱暴狼藉

▼ う程に~ (10, 0.0%)

1 お心安く, そちの, そなた, なった, もう暫時, 充分身, 名を, 立派に, 耳を, 閑な

▼ う~ (10, 0.0%)

1 がおかしく, で覚えた, に入れ, の下, の垢, の方, をかさぬ, をすませ, をそばだて, を澄ます

▼ う~ (10, 0.0%)

2 と子 1 がやかましくっ, だつて自分, となれ, なれば, の代, の敵, もない, をどう

▼ う言つて彼~ (10, 0.0%)

1 が節くれだつた, の前, はさも, はしやん, はその, はひたと, は彼女, は悪魔, は拳銃, は枕もと

▼ う部屋~ (10, 0.0%)

4 の中 1 に居りますでございます, の入口の, の鍵, の隅, へおいで, を間違えた

▼ うあいつ~ (9, 0.0%)

1 あ一筋, だけを下船, なら, の笑, はまだ, は学校, は役に立ち, は蟲, も小力

▼ うあんた~ (9, 0.0%)

1 がた, がたつた, だって, と彦太郎, には何, に離れる, はね, は清治, は約束

▼ ういつも~ (9, 0.0%)

1 こんなでいらっしゃる, の突か, の足音, の遊び, の部屋, の顔, 名古屋の, 肩だ, 集まる時刻

▼ ういふふう~ (9, 0.0%)

2 にし 1 にしかその, にもとらず, に一平, に作られる, に早, に自分, に見るなら

▼ ういふ形~ (9, 0.0%)

1 からやはり, でおの, で現れた, で生き, で表現, になつて, にまで大きく, の雲, をとらう

▼ ういふ所~ (9, 0.0%)

1 から來, から出た, が違つて, にある, へもう二度と, へ来る, へ行つた, もある, を借り

▼ ういろいろ~ (9, 0.0%)

2 の人 1 その後は, と重っ, な動物, になった, に形式, の罪, の鳥たち

▼ うがの~ (9, 0.0%)

1 あんたと, かをりは, こういう場合, こうまで, その方, たれ死にしようが, 取つて掻巻, 直義, 苦しか

▼ うくらいの~ (9, 0.0%)

1 ところを, 了簡が, 心持で, 意味だ, 様子でした, 疳癪が, 目算は, 見当は, 親切気は

▼ うこりゃ~ (9, 0.0%)

1 どうも危ない, なかなか生れつき, アそうでしょう, ア望の, 何んだ, 少く見えた, 死んだ魂, 江戸の, 黄金という

▼ うぜと~ (9, 0.0%)

1 いってるん, ちゃちゃちゃんちゃんらち, みんな立ち上る, オカカに, 呟く者, 気を, 滅入った声, 血を, 道行き話でも

▼ うそん~ (9, 0.0%)

1 で二人, なら, ならば, なら一所, なら体, なら何, なら叔父さん, なら己ら, なら此方

▼ うそんなに~ (9, 0.0%)

1 からかふも, までしなく, 大きくなった, 好きなら, 巧者な, 御本, 濡れて, 素気なく, 謙遜る

▼ うたり~ (9, 0.0%)

1 した, して, しました, どうでも, ばくち, ひとつ所ば, 山頭火, 町婦を, 眼ば

▼ うだの~ (9, 0.0%)

1 おせなにくつ, しゃくい, ツて, 乙の, 実にとんでも, 小説を, 工事の, 松風は, 英国の

▼ うては~ (9, 0.0%)

1 あん兄より, いかがでしょう, いっこうに動かない, そないいい, なりませぬ, ゐなかつたが, 個人間の, 参らぬか, 商売が

▼ うほんとに~ (9, 0.0%)

1 あれこそ, かわいいこと, どこまで, 今日は, 好いこと, 癪に, 眼の, 自分の, 貴女は

▼ うまして~ (9, 0.0%)

1 あの人故, この大雪, この道中, イタリヤと, 一年二年など, 今では, 別人ならぬ, 北京だ, 遠い遠い所

▼ うもっとも~ (9, 0.0%)

2 であると 1 かかる斟酌, その速度, である, 何かの, 彼らは, 特徴が, 謙遜な

▼ うよし~ (9, 0.0%)

3 口に 1 か一つ足, があっただろう, 好まないまでも, 給えよ, 誰か, 鍬を

▼ う~ (9, 0.0%)

2 と考へる 1 あまりに我, とかいうよう, とか乃至, と余, と惑, やめるが, 頗る掛念

▼ う今朝~ (9, 0.0%)

1 かも知れない, からのまま, の, の事, の当番, は, ほどはどうも, までグッ, までグツスリ

▼ う何だか~ (9, 0.0%)

2 物凄い不明 1 下手に, 名も, 変だ, 形容の, 急に, 珠数と, 薄気味が

▼ う~ (9, 0.0%)

1 が元, のところ, のよう, のを, の玉座, よりは低く, 來印度には, 気の, 鳥越の

▼ う~ (9, 0.0%)

2 づ心に 1 のお母さん, は先, へお, へおりた, へ寄つて御覧, へ歸, を一つ

▼ う~ (9, 0.0%)

1 お龍, と同時に, に幾分誇張, れから, れが, れでこそ, れに, れを, 汚れた世

▼ う向う~ (9, 0.0%)

1 から丁度, から私, では俺ら, にはコット, の仙台侯, の格子, はここ, は眼, へ挨拶

▼ う~ (9, 0.0%)

1 もあろう, を生, を産む, を背負っ, を貰っ, 売ろう, 恋の, 曰わくは, 買おう

▼ う~ (9, 0.0%)

1 供には, 供は, 助六は, 商人さえ, 圓太を, 父様, 聲に, 蒸汽の, 蟹を

▼ う~ (9, 0.0%)

1 から来た, にいる, のよう, の主, の木の間, へ行く, を川, を斜め, を越さなけれ

▼ う思つた~ (9, 0.0%)

2 だけで 1 かも知れない, から三輪, が相手, だけである, であらう, といふ, ばかりでなく

▼ う~ (9, 0.0%)

2 當に 1 のため, ばかりである, まで田舎, をかし, を読ん, 月末のが, 阿弥の

▼ う次第~ (9, 0.0%)

1 じゃ, じゃありません, でナカ, で落雲館, で遠慮, で高田実信者, と自分, によっては親爺, はない

▼ う~ (9, 0.0%)

21 え一緒, が惚けた, が求め, の存分, の来意, はもともと, は死すであろう

▼ う深く~ (9, 0.0%)

1 ないところ, はお, は切り込めない, は切れない, も水, 思ひ込まずに, 知つてゐる, 考へて, 詮議し

▼ う~ (9, 0.0%)

3 疵も 1 でも煮た, やさしいもの, をうけえず, 涯逢はれない, 眞面目に, 雲塔見事に

▼ う直ぐ~ (9, 0.0%)

1 あのお邸, には浮ん, に帰ります, に手つけら, 出る汽車, 出発が, 後ろ足で, 行つ, 負かして

▼ う私たち~ (9, 0.0%)

1 が見知らぬ, の考えかた, の花, はその, はね, は何, は泳ぎ, は皆, は皆足

▼ う~ (9, 0.0%)

2 の黄ばんだ 1 から引出し, が出来る, で綿密, で表紙, などが残っ, に書く, やペーパア

▼ う~ (9, 0.0%)

1 からの車挽, が減つて, だろうが, のなか, も丁度, も立ちましょう, を切る, を切ろう, ん中

▼ う~ (9, 0.0%)

1 が時折, が知らせた, が鳴い, だえ, とかめの子, のいい話さ, のない, のよう, の音

▼ う~ (9, 0.0%)

3 を通つて 1 から入る, に自身番, のほう, は上, をつい, 役人に

▼ う諸君~ (9, 0.0%)

1 たって出立, に宜しく, の健全, はかれ, もお, もまた, もより, も知っ, よわし等

▼ う近頃~ (9, 0.0%)

1 の円タク, は, は主人, は私, 兩國の, 大行山の, 大騷ぎになつて, 本妻の, 江戸の

▼ う銀之助~ (9, 0.0%)

2 は考へ, は自分 1 は尋ねた, は無造作, は答, は聞い, は言つて

▼ う長く~ (9, 0.0%)

1 お世話に, てさぞ, てはしょうが, は続かなかつた, 居なければ, 居るつもり, 待つには, 御厄介, 持つて

▼ う~ (9, 0.0%)

2 を長く 1 だけ綺麗, のかかり, は銀杏返し, もぱらつく, を乱し, を布結び, を廂

▼ うあすこ~ (8, 0.0%)

1 からこっち, から出, だ, ですよ, にその, のどこ, の左側, を見ろ

▼ うあそこ~ (8, 0.0%)

1 からで, が八幡, だ, にある, にころがっ, に白い, の釣瓶鮨屋, よ

▼ ういふ仕事~ (8, 0.0%)

2 をし 1 がある, が幾ら, には全く, に興味, の訓練, をする

▼ ういふ名~ (8, 0.0%)

2 であつ 1 が出た, であ, になつて, のお子さん, のお寺, の人

▼ ういふ日~ (8, 0.0%)

1 が幾日, にもなほ一方, に休まれ, に多い, は回数, は尚更, は浅草, もすく

▼ ういふ私~ (8, 0.0%)

1 だつた, であつ, であるから, にも否応なしに, の身體, は今, もむろん, を気の毒

▼ ううまく~ (8, 0.0%)

1 いかなくても, ならなく, やつた, やつて, 彫れるもの, 行くと, 行くとい, 行くもの

▼ ううんと~ (8, 0.0%)

2 呻えた 1 働かうほんとう, 唸り出した, 安くし, 態と呆け, 沢山, 背伸びを

▼ うお方~ (8, 0.0%)

1 かね, がなぜ, がよく, がよもや, がヨイヨイ, が今更, が変, のお

▼ うからな~ (8, 0.0%)

1 あいつの, よく分る, ア, 一々開け, 俺の, 早速近辺, 物を, 私達も

▼ うきょう~ (8, 0.0%)

1 こそ通う, すこしも雨, の寒, の華やか, はゆっくり, は久しぶり, は案外, は見事

▼ うくらい~ (8, 0.0%)

1 だった, で千住, なところ, な推量, な気もち, な量見, 何でも, 嫌いな

▼ うことに~ (8, 0.0%)

1 なつて, よったら容子, よったら山, ツーロンにおいて, 一家とか, 日記に, 最近は, 近頃は

▼ うごう~ (8, 0.0%)

2 鳴って 1 いびきを, 水が, 激して, 走って, 鳴る三等列車, 鳴る電車

▼ うせめて~ (8, 0.0%)

1 あの帯揚, 一と, 人心地が, 御身分, 毎日渠を, 精神的にでも, 袂にでも, 頸だけでも

▼ うそれでは~ (8, 0.0%)

1 と仰有っ, どのよう, むこうの, もう私, もしや旦那, 俺も, 御病人, 早速

▼ うそれほど~ (8, 0.0%)

1 にし, にもわずか, に混雑, の, の思慮, 僕の, 大変な, 強いの

▼ うそれら~ (8, 0.0%)

1 のいきさつ, の交通路, の人々, の爪, の町人, の蘆, の運命, の関係

▼ うだけの~ (8, 0.0%)

2 労働が 1 ことを, 余裕が, 心がけが, 覚悟が, 訳ある, 重錘

▼ うっと~ (8, 0.0%)

2 紙に 1 よって, 不満そうに, 彼の, 深くもぐり込ん, 行きますと, 顔を

▼ うつつ~ (8, 0.0%)

2 なさ落ちむとしてはまた 1 た, ちやつたつて言つてた, なき子, なく牛, 家禽, 抜かす事

▼ うとき~ (8, 0.0%)

1 かない, と申す, に渇く, のみき, の氏神, はこの, よろきよろし, をうて

▼ うとしてを~ (8, 0.0%)

3 ります 1 られる点, りますだ俺, りますと, るの, るやう

▼ うとだけ~ (8, 0.0%)

2 思って 1 いいました, 勉めた, 心がけても, 想像された, 考えた考えかた, 言いました

▼ う~ (8, 0.0%)

1 ありけりその, うれの, さっと重い, それで, でこの, ないしても, ふおー, 暮れ行け

▼ うなお~ (8, 0.0%)

1 いけないのよ, まへの, 光は, 前ぢ, 決答の, 燗を, 饒舌り, 饒舌りで

▼ うなの~ (8, 0.0%)

2 かい, ごと山山の 1 ねずみは, 唄ふそ, 指を, 殻にでも

▼ うなんだか~ (8, 0.0%)

2 あなたが 1 それが, 仔細らしく, 俺今夜は, 江戸は, 知つてる, 遠い旅

▼ うねん~ (8, 0.0%)

1 がその, がむこう, がよび, が木, たちが, たちも, たんていだんの, だったの

▼ うねんは~ (8, 0.0%)

2 さもおかし, そういっ 1 まほう, ピストルを, ヘリコプターの, 林さんの

▼ うばかりも~ (8, 0.0%)

3 させては 2 言へ 1 いひきれないの, 行かないが, 辛抱し

▼ うまでも~ (8, 0.0%)

1 この有史以来, ござらぬ, なくそれ, 怒らぬもの, 挑戦状態で, 挑戰状態で, 敬三郎に, 約を

▼ うもう少し~ (8, 0.0%)

1 でいちばん, ですから, ですみます, 待つて, 歩いた方, 耳を, 覇気が, 辛抱し

▼ うものの~ (8, 0.0%)

1 あらざるを, うっかりした, ごとくに, ごとく不安, 品質を, 焦点へ, 範囲も, 落着いた

▼ うやっぱり~ (8, 0.0%)

1 お母さんの, お芳, ただの, 何町の, 種類を, 風が, 風邪も, 養子に

▼ うよね~ (8, 0.0%)

1 さう, そう言っ, やめないでね, マドロスさん, ヱお前露は, 何故筏師, 若しよかっ, 飲みましょう

▼ うわたくし~ (8, 0.0%)

1 のこの, のよう, の肚, はここ, はそこ, はそっち, はまた, は越前松平家

▼ う一方~ (8, 0.0%)

1 から考へ, にはお代先生, の奥, の手, の林, の肘掛, の首領, は天真爛漫

▼ う丁度~ (8, 0.0%)

1 ああ言った, いいから, その位, 八五郎が, 新らしい, 毎日, 神樂坂へ, 鱗の

▼ う万事~ (8, 0.0%)

1 がそんな, が規定どおり, に宜, はおれ, はその, はそれ, まかせるから, を呑込

▼ う二つ~ (8, 0.0%)

1 か三つ, で, に割れ, に足, の乳房, の土藏, の手記, 揃って

▼ う云つた~ (8, 0.0%)

2 もの 1 が自分, と云, と云つて, と思ふ, と語つて, はかなさそのもの

▼ う今晩~ (8, 0.0%)

21 からここ, から炬燵, たずねて, はあなた, はお, は疲れ

▼ う~ (8, 0.0%)

3 の鼻 1 があり, のあか, の上, もつけよう, を負うた

▼ う勿論~ (8, 0.0%)

1 余は, 出張は, 多勢に, 山村は, 正確な, 職業なんて, 足場は, 雌も

▼ う古い~ (8, 0.0%)

2 ことで 1 ことです, ことは, ものを, もんで, 時代とは, 言葉では

▼ う問題~ (8, 0.0%)

21 が含まれ, にし, になつ, に就い, に関係, の解決

▼ う~ (8, 0.0%)

2 か誠 1 だから, だと, だろう, でないこと, をいえ, をつく

▼ う~ (8, 0.0%)

1 つたか, つたから, ですね, どしたけどな, に今年, に空虚, に腕達者, ね

▼ う多く~ (8, 0.0%)

1 あるまいと, なかつた, の人, の人々, はなく, は是非一度英人, 口に, 殘つてゐない

▼ う大丈夫~ (8, 0.0%)

21 だと, だよ, だろうか, ですか, ですよ, で私

▼ う好い~ (8, 0.0%)

1 お菓子が, か, だろう一晩, 季節では, 室が, 心持だ, 情婦が, 男の

▼ う~ (8, 0.0%)

2 もすぐ 1 って一体何川, で魚, のほとり, の中, の音, を越し

▼ う従って~ (8, 0.0%)

1 それは, たとえ生産者達, もし穀物, 他人に, 吾, 当分は, 穀物の, 製造業者も

▼ う御免~ (8, 0.0%)

4 なさい 1 あそばしまして, だ, なさいね, 下さいまし

▼ う我々~ (8, 0.0%)

2 にとってその, の団結 1 が道楽, の力, は洋画, も子

▼ う~ (8, 0.0%)

2 る種 1 るもの, る女, る日, る日常子, 代議士が, 男が

▼ う手紙~ (8, 0.0%)

1 がある, だしたん, では奥様, の内容, は昨日, も面倒, を御覧, を書い

▼ う挨拶~ (8, 0.0%)

2 して 1 した, しました, すると, の代り, をくり返し, を述べた

▼ う旦那~ (8, 0.0%)

1 が帰ったら, それ程迄に, なんでもつ, の心持, は, はどうしても, は或, 出たらきっと

▼ う~ (8, 0.0%)

1 だの草, の形態, の怪, の球, の青々, の香, は皆, 隠は

▼ う此処~ (8, 0.0%)

1 から, がよかろ, で今五千円, で少, には現に, に持, の人々, の家

▼ う武蔵~ (8, 0.0%)

1 この上, の眸, の高麗村, はもう, は突然, は背, は膝, をこれ

▼ う江戸~ (8, 0.0%)

1 から遠く, で岩沼, にいれ, の水, の眞, へ出よう, へ持つ, 中大騒ぎ

▼ う無理~ (8, 0.0%)

3 はない 1 なく表現, にでも問いただし, に振り切っ, もない, をする

▼ う~ (8, 0.0%)

1 か猫, だって猫, に吠えられる, のうなり, の箱ねこ, はあの, は項, もいるでしょう

▼ う白い~ (8, 0.0%)

1 乳ぶ, 布を, 房, 物は, 物を, 花の, 衣を, 髯が

▼ う確か~ (8, 0.0%)

2 に其時 1 でござる, な見込, に三倍, に左樣, に斑猫蕪作先生自身, り絞られたこと

▼ う簡単~ (8, 0.0%)

1 にあきらめる, にはいかん, には行きません, にひとり, に引きちぎれる, に片づける, に説明, に逃げ出し

▼ う親分~ (8, 0.0%)

2 あつしには 1 あの旅, あんな白粉焼, でも蜂, の口, は, は大概目星

▼ う貴君~ (8, 0.0%)

3 の事 1 がご存じ, だって貴君, だつて, はそこ, は自尊心

▼ う貴様~ (8, 0.0%)

1 にはな, のこと, の恋敵, は, はッ, は何, も若い, を彼処

▼ う~ (8, 0.0%)

1 いはなくたつて, それを, 性の, 煮る, 考へなくても, 自分の, 要求する, 親しくおつき

▼ う返事~ (8, 0.0%)

2 をし, をした 1 がない, しました, もせず, をする

▼ う~ (8, 0.0%)

1 と胴, は抜け, をすくめ, をち, をやる, を前, を吊, を空ざま

▼ う~ (8, 0.0%)

1 か太刀, が言つて, の舞踏会, は今, は僕, へとびのっ, みたよう, を降り召され

▼ う高い~ (8, 0.0%)

1 ところに, ところの, んじゃあ, 嘶を, 山が, 方で, 會費を, 税金の

▼ うあつし~ (7, 0.0%)

1 が行かなかつた, なんかはもう, には少し, はまだ, は叔母, は岡, は見

▼ うあと~ (7, 0.0%)

1 からつい, でゆっくり, に, は何者, は格子, は皆健在, は草履

▼ うあなた様~ (7, 0.0%)

1 なんぞは立派, には妾, に成代, のお家, のほか, の御, は見た

▼ ういっそ~ (7, 0.0%)

1 この珈琲, この荒磯, ね二人, 一億金と, 本所の, 金沢を, 駕籠を

▼ ういふ処~ (7, 0.0%)

1 にある, には素晴, に来た, に病, へ出入, へ行, まで来

▼ ういふ場合~ (7, 0.0%)

1 うるさくなつ, があり, が三度, に, には泣かず, に実際, は起きない

▼ ういふ家~ (7, 0.0%)

1 がある, がどう, が二三軒, に住まはれる, に出入り, に立つた, を持つ

▼ ういふ間~ (7, 0.0%)

1 になるほど, にまた, にもじ, にも独り丑松, にも私, にも駐在, に循環

▼ うかしらん~ (7, 0.0%)

1 あした学校で, あすこに, すつかり, 併し, 到底言わず, 大変興奮し, 頭痛が

▼ うかなどという~ (7, 0.0%)

2 ことは 1 いろいろな, ディレンマは, 個人を, 問題についても, 断然二兎

▼ うがい茶碗~ (7, 0.0%)

1 が金盥, とシャボン, にいっぱい, に水, へ, をからから, を使う

▼ うがわ~ (7, 0.0%)

1 で, であったらいい, でゆりかさん, のかべに, のかべの, へすがた, 北千住よりの

▼ うきつ~ (7, 0.0%)

41 とね, と私電話, ぱりと云ふと

▼ うきん~ (7, 0.0%)

1 いろメタル, なおもしろ, な役者達, な恰好, な趣き, な顔付, に胸

▼ うこちら~ (7, 0.0%)

1 から頼んだ, がエレーナ・アレクサンドロヴナ, では何, の岸, は丁度, は錦木さん, へ参ります

▼ うさっき~ (7, 0.0%)

1 あの連中虎雄, から, からむかえ, から見, の石, の臨時ニュース放送, の鼻

▼ うさま~ (7, 0.0%)

2 のお 1 のいらっしゃる, の下さった護り, の自由, はあたし, を綺麗

▼ うそれだけ~ (7, 0.0%)

1 お前さんエーを, だつたの, のご用, の話, はいけない, 愉快だつた, 成功し

▼ うたしかに~ (7, 0.0%)

1 そのはず, それが, 一縷の, 人数だ, 人臭いところ, 落ちたはず, 見直したもう

▼ うというの~ (7, 0.0%)

5 だい 1 かい, 乎

▼ うとさえも~ (7, 0.0%)

1 お思い, したが, しなかった, する, 思って, 考えて, 考えなかったという

▼ うともかく~ (7, 0.0%)

1 この令嬢, その男, も, も幸い, も自分, 小使溜へ, 見せて

▼ うどうしても~ (7, 0.0%)

2 今夜の 1 あなたに, そのくせ, 取り消せと, 江州口の, 父君の

▼ うどんなに~ (7, 0.0%)

21 あの男, 心細い日, 悩んで, 懐かしく, 模型を

▼ うなかなか~ (7, 0.0%)

1 いいじゃ, たのしみです, 凡人には, 寒い, 寝苦しいでしょう, 面白いお話, 面白く書い

▼ うなどの~ (7, 0.0%)

1 下心から, 依頼心は, 大難戦も, 心すらも, 目論見は, 策も, 説は

▼ うなどは~ (7, 0.0%)

1 われら異国人には, 不届きだ, 以てのほかです, 夢にも思はれなかつた, 檻へ, 無理である, 近頃以

▼ うなもの~ (7, 0.0%)

5 ぢや 1 ごしの, 誠と

▼ うねえと~ (7, 0.0%)

1 いいましたから, いつたきり俯向, 云つた, 思うん, 憐れな, 申すと, 言えば

▼ うへも~ (7, 0.0%)

1 ない上々, ない慰藉, ない数十分, ない近, なく幸福さ, なく心強く思ふ, なく楽しく心

▼ うほら~ (7, 0.0%)

1 あの生簀, ねここ, へんなお, まだあっち, 外國渡航を, 日清戦争の, 足で

▼ うぼんやり~ (7, 0.0%)

1 して, として低く, として黙っ, と分った, と日, ひとこと, 眺めて

▼ うまことに~ (7, 0.0%)

1 あっぱれな, 恐れ入りますが, 悲しいという, 情緒の, 手軽な, 花時風雨多し, 飛んだ事

▼ うむき~ (7, 0.0%)

3 になっ 1 で机, で闇, に端居, のまま

▼ うめん~ (7, 0.0%)

1 から衝突, に大きな, の一, の涙, や孫, をたべるだろう, をよそ

▼ うわい~ (7, 0.0%)

1 その前, なう, は, 京弥, 出ましょうわい, 又三郎, 大山の

▼ うサア~ (7, 0.0%)

1 どうだ, 其の証拠, 担げ, 来い幾度, 行かう, 行こう, 行って

▼ う~ (7, 0.0%)

1 これから広尾, しばらく, どうじゃ, なまじ聞かされた, 何んか, 多分, 真名古君

▼ う~ (7, 0.0%)

1 からいう, したの, に立つてる, のお, へ担ぎ上げられ, へ飜, も高地

▼ う事情~ (7, 0.0%)

1 から事実以上, があっ, が色々, で此様, に基づい, もあろう, を心持

▼ う何時~ (7, 0.0%)

1 お持ち, か利渉橋, か売れたら返せ, どんなこと, のこと, まで好い, 迄もべん

▼ う何處~ (7, 0.0%)

2 からか斯 1 だ, にでもある, の誰, へ來ちやツたん, へ行かう

▼ う余り~ (7, 0.0%)

1 と云え, の事, 勝手な, 所在の, 晩くなるです, 智慧の, 遅くならない

▼ う俺達~ (7, 0.0%)

2 はな, も仕事 1 の敵, は大分酔つて, は揃い

▼ う別に~ (7, 0.0%)

1 お祭が, こだはる様子, 下物は, 何とも, 奬勵する, 推問を, 珍しい名前

▼ う~ (7, 0.0%)

4 の浜辺 1 へ北, へ落ちたら, へ行こう

▼ う~ (7, 0.0%)

2 口乗せ 1 丁ばかりの, 世紀も, 刻や, 狂乱で, 里ばかりという

▼ う同じ~ (7, 0.0%)

1 名前です, 品を, 土を, 毛細管の, 献立を, 道を, 青梅の

▼ う~ (7, 0.0%)

1 この記事, だ惜むら, の吝, 一旒の, 吾, 機嫌の, 變化する

▼ う多分~ (7, 0.0%)

1 なあこいつ, チビと, ペイトン在の, 神様の, 薬鑵を, 雪子も, 駄目だらう

▼ う大きく~ (7, 0.0%)

1 ありませんね, ない本, ない稲荷, なって, はない, 八刻を, 毀れては

▼ う~ (7, 0.0%)

1 にとつちや何方, に違い, の名, の心, はいつの間にか, はスラリ, は怖く

▼ う姿~ (7, 0.0%)

1 がありあり, がホウフツ, で諸方, のみといわず, は苦行, をみる, を見れ

▼ う学校~ (7, 0.0%)

1 から帰, に友達, に用事, の先生, の出席率, の校長, へいかん

▼ う~ (7, 0.0%)

1 にはみえないだらう, に一度, の, のせい, の頃, を老, を越え

▼ う彼等~ (7, 0.0%)

1 の愛する, はこの, はウルスガァル, はカフエー通, は屋敷続き, は異口同音, は知人

▼ う恐ろしい~ (7, 0.0%)

1 ことでござったろう, のは, 事は, 力だ, 運命が, 金釘流で, 顔を

▼ う悪く~ (7, 0.0%)

1 ないさ, ないと, なければ, なつた, なつた酒, は育つ, 提供した

▼ う意味~ (7, 0.0%)

1 ありげ, であろう, です, ですか, なので, の在り, の文章

▼ う~ (7, 0.0%)

1 かたがたも, まえもってその, まず今日, 今日は, 勝頼公の, 縁起を, 身どもの

▼ う最初~ (7, 0.0%)

2 は後 1 にあたし, の事, の制限以上, の時, は一時

▼ う本当~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 なら手前, のところ, の事, の土着, の鍛冶屋

▼ う殿様~ (7, 0.0%)

1 が来, その芝, だよ, の頭, はこの, は御, も折れ

▼ う沢山~ (7, 0.0%)

2 はあるまい 1 ある筈, はない, は出来ない, は生え, 無いよ

▼ う~ (7, 0.0%)

2 があったら 1 があつ, が達ら, なんか有り, にすなる, を足し

▼ う用心~ (7, 0.0%)

1 して, するやう, する程, なさんせ左様, の深い, の銃, をする

▼ う~ (7, 0.0%)

2 が水, は生き 1 で打ち割つた, ぼとけ, をめぐり

▼ う~ (7, 0.0%)

2 ひながら 1 ひ乍ら冗談, ひ度い, ふといふ, わかすなよ, を投げる

▼ う~ (7, 0.0%)

1 ありてこそ, のいぶき, の方, の群れ, は散っ, もそう, も取っ

▼ う~ (7, 0.0%)

2 が咲い, の葉 1 にも人, の中, の実

▼ う言つて來~ (7, 0.0%)

4 たの 1 たよ, ました, るが

▼ う~ (7, 0.0%)

1 があっ, が曲った, のある, の下, の方, も伸び, を悪く

▼ う通り~ (7, 0.0%)

1 にお前, にこの, にその, にどこ, にプリニイ, に脳髄局, に言っ

▼ う~ (7, 0.0%)

2 でも間違えた 1 がある, のある, のところどころ, は無い, を歩き

▼ う遠い~ (7, 0.0%)

1 かね, じゃない, ようで, 前でない, 方の, 町の, 野面から

▼ う~ (7, 0.0%)

1 が斯, のうえ, の低, の先, の大きな, の落ちる, を乗せ

▼ うあらゆる~ (6, 0.0%)

2 光で 1 中間的媒介的存在者を, 友人を, 生命思想文明は, 規定を

▼ ういくつ~ (6, 0.0%)

21 かの示唆, ぐらいに見えました, も円い, も残

▼ ういふ人たち~ (6, 0.0%)

1 とのむ, のうち, のおかげ, はいつ, は數, を採用

▼ ういふ問題~ (6, 0.0%)

1 が起る, に熱心, も加, を一つ提供, を考へる, を考察

▼ ういふ彼~ (6, 0.0%)

1 がこの世, が父, にはもはや, には遂に, の自己, は神

▼ ういふ方~ (6, 0.0%)

1 がお母さま, には喧しい, のこと, のやう, の人, は初め

▼ ういふ談話~ (6, 0.0%)

3 をし 1 に妨げられ, の様子, を為る

▼ ういよいよ~ (6, 0.0%)

1 お江戸, という時, となる, 殺されるの, 私の, 肝心な

▼ うおそらく~ (6, 0.0%)

1 さうし, その必要, 土地の, 当人も, 彼は, 彼らは

▼ うおも~ (6, 0.0%)

1 たら刺青, ふだけ, ふだけで, ふと涙, ふと途端, 川に

▼ うお供~ (6, 0.0%)

3 を致しませう 1 しますぜ, しませうもう, はそれ

▼ うかかる~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, 変な, 浪花節の, 立場を

▼ うかとして~ (6, 0.0%)

1 おれば, ゐるかの, ゐるところ, 何か, 先を, 居巧

▼ うかへ~ (6, 0.0%)

1 い, さざりければ, そりや, ならい, ツ, 降りた

▼ うがや~ (6, 0.0%)

5 ふきあ 1 野山の

▼ うこんど~ (6, 0.0%)

1 の犠牲, はどこ, はぼく, やまぶきでしたか, よくなったら, 起きた時

▼ うごと~ (6, 0.0%)

2 ある 1 あったら二人, にいかに, にうつくしい, に今

▼ うじゃが~ (6, 0.0%)

1 あせんか, ここへ, どうもお, まずこっち, 忰趣は, 血すじも

▼ うぜひ~ (6, 0.0%)

1 ひとつ, 一度は, 一緒に, 友さんに, 案内を, 願います題して

▼ うそうしたら~ (6, 0.0%)

1 いっしょに, かぶとむしよりも, その人たち, ジョンは, 九日目の, 宿に

▼ うその間~ (6, 0.0%)

1 こうし, にはまた, に地金, に彼, に戰亂, の運動

▼ うだれ~ (6, 0.0%)

1 かのすすり泣き, がなんと, の手紙, の邪魔, も永久, よりも

▼ うちゃ~ (6, 0.0%)

1 できねえぜ, りんと, ァ何ん, ア泣い, 組合費を, 誰しも

▼ うつて云~ (6, 0.0%)

2 ふんだ 1 つてるん, ふの, ふのよ, ふ訳

▼ うですから~ (6, 0.0%)

1 あたしここから, ここへ, 今年は, 妻は, 目録つくれない, 私は

▼ うと共に~ (6, 0.0%)

1 こう云う, その作品, 他方では, 吾, 実際又, 明徴一派の

▼ うどちら~ (6, 0.0%)

1 からいらした, からともなく, から歩い, か一人, へ, もまだ

▼ うどっち~ (6, 0.0%)

1 かをお, か一人, がほんとう, にした, へ行きました, も生死

▼ うなつ~ (6, 0.0%)

2 たらうと 1 たかいな, たつて, たらう, たりする

▼ うなり~ (6, 0.0%)

1 もがいて, 今宵は, 声に, 声を, 海は, 絶えず追

▼ うなんかと~ (6, 0.0%)

1 うそか, そいつぁちっと, 思えた, 思った, 思っちゃ, 思って

▼ うひと~ (6, 0.0%)

1 がどうして, に手渡し, のこと, びとはいまも信じ, まづ, りつきり呑気に

▼ うひとつ~ (6, 0.0%)

1 くらべて, この事件, でござる, の陥穽, やって, 会って

▼ うほん~ (6, 0.0%)

1 たうですか, たうにわたし, たうの山頭火, たうは, とのこと云, とのところ

▼ うよという~ (6, 0.0%)

1 ことに, ことを, ような, わかい人々, わけで, 老人も

▼ うれい~ (6, 0.0%)

2 なし 1 がある, がない, はない, もない

▼ うイヤ~ (6, 0.0%)

1 そう来なけれ, それより, たしかにこの, な事, 事実に, 昨夜より

▼ う両方~ (6, 0.0%)

1 から逆, の腕, の袂, の親御さんたち, へくち, へ嫁

▼ う二階~ (6, 0.0%)

1 から落ち, の中尉, の中尉さん, の階段, へあがろう, へ荷物

▼ う人達~ (6, 0.0%)

1 が駅, だ, のため, の日常, の金, は郊外生活

▼ う今に~ (6, 0.0%)

3 良くなるだろう 1 大きくモトデ, 彼女は, 高潮の

▼ う仕事~ (6, 0.0%)

1 が終れ, に対する喰, の邪魔, はそれ, は毫末, は相手

▼ う何人~ (6, 0.0%)

2 が彼奴 1 かおるだろうか, がよこした, であるか, にも云っ

▼ う先ず~ (6, 0.0%)

2 第一 1 其れ, 御機嫌宜しゅう, 此の, 読者にも

▼ う勉強~ (6, 0.0%)

2 はすべき 1 しなければ, しようさ, しようと, もし

▼ う可哀想~ (6, 0.0%)

31 なこと, にあの, にすべて

▼ う名前~ (6, 0.0%)

1 が名乗れぬ, さえその, なん, の無かっ, はかくして, を売る

▼ う~ (6, 0.0%)

1 でしらん, になっ, に成つて, に身, ふの, ふは

▼ う~ (6, 0.0%)

1 うそだろう, だろうけれども, もはや事変, 了解しよう, 同じ物, 野槌という

▼ う因縁~ (6, 0.0%)

1 から見立てる, か十一二歳, がある, でございますか, とでも申します, に成っ

▼ う大学~ (6, 0.0%)

1 の先生, の制帽, の方, も高等学校, をでる, を出た

▼ う失礼~ (6, 0.0%)

2 します 1 じゃありません, だから, ですが, な

▼ う~ (6, 0.0%)

1 に云つたの, に云つて彼, の姿, の病気, は私, もあろう

▼ う嬉しい~ (6, 0.0%)

1 かわかりません, か解らん, んだ, 様な, 樣な, 氣は

▼ う宿~ (6, 0.0%)

1 で, なしだろう, の男ふたり, へは電話, へ往, へ行つて

▼ う~ (6, 0.0%)

1 すれば, に曲げる, に社, のほう, もなく, れば

▼ う~ (6, 0.0%)

1 から袋, にその, にはミサヲ, の仕事, の者達, へ来

▼ う後で~ (6, 0.0%)

1 お屋敷, 俺が, 勝手も, 引上げて, 聞けば, 聞こう

▼ う思つて彼~ (6, 0.0%)

1 はもう一度, は一寸, は一氣, は怖, は清々, は自分

▼ う思つて私~ (6, 0.0%)

2 は心底 1 はまだ, は不気味, は微笑, は藤田

▼ う恐らく~ (6, 0.0%)

1 いくら修行を, アルカンから, 二人に, 古代に, 後漢後, 聲位は

▼ う悪かろ~ (6, 0.0%)

42 う全集

▼ う暗く~ (6, 0.0%)

1 ちや, なつちや手の, なつちや貰ひもある, なつちや鎌や, なつて, なりますから

▼ う未だ~ (6, 0.0%)

1 あの幸福, いいだろう, 早いね, 結婚も, 阿父さん, 電車は

▼ う東京~ (6, 0.0%)

1 につれて帰れ, にも明治頃, はいや, へ, へは聞え, を出発

▼ う案内~ (6, 0.0%)

2 して, をし 1 をたのむ, を出す

▼ う正直~ (6, 0.0%)

1 でございます, な性質, にかの女, に云え, に云っ, ものなり

▼ う殊に~ (6, 0.0%)

1 アノ咒語を, 勘次の, 心の, 新しい批評, 胆力の, 高輪田長三などは

▼ う母親~ (6, 0.0%)

1 が分る, のお, のこと, のす, のやつれた, の方

▼ う気の毒~ (6, 0.0%)

21 では, でもあり, な, な夫

▼ う気持~ (6, 0.0%)

1 がよく, で実際, もさつ, も通じ, をそう, を想像

▼ う~ (6, 0.0%)

1 のない, の山, はもう, も吐くであらう, をひとつ, 膨れの

▼ う~ (6, 0.0%)

1 が大, でもあるだらう, はいかが, はずっと, もない, 出ますか

▼ う現に~ (6, 0.0%)

1 この船, 周の, 庭に, 逢ってるん, 隣町の, 高等学校に

▼ う生活~ (6, 0.0%)

2 が人間 1 が出たら, に能, も気分, をしたい

▼ う病気~ (6, 0.0%)

1 だ, で田舎, というの, に託し, の上, は

▼ う真に~ (6, 0.0%)

1 あぶなッ, 今夜の, 憐むべし, 泣き出しそう, 発展させよう, 輝くばかりの

▼ う私ども~ (6, 0.0%)

2 は納戸 1 に向, の派, の町, は路頭

▼ う~ (6, 0.0%)

1 から見える, から飛ん, から首, のところ, の下, へよっ

▼ う~ (6, 0.0%)

1 だ, なお仕置, についての苦闘, の深い, を犯す, 無き所天

▼ う~ (6, 0.0%)

1 から下, から足, ぬけめ, の付根, の支, の曲りかけた

▼ う~ (6, 0.0%)

1 主人を, 侍の, 侍へ, 先生は, 松屋惣七と, 樣に

▼ う言つて私~ (6, 0.0%)

2 はその 1 がゐる, が連れ, の持つ, は今

▼ う貴女~ (6, 0.0%)

1 なんかハイカラさん, の女, は先刻承諾, は貴女, ほどの, も有体

▼ う貴殿~ (6, 0.0%)

1 のその, の御, の計画, の諫言, は早く, もよくよく

▼ う身体~ (6, 0.0%)

1 が半分以上, だったから, の工合, の方, は沢庵色, へ絡つて

▼ う~ (6, 0.0%)

4 ひかけて 1 つかけても, つ拂つて

▼ う~ (6, 0.0%)

1 の輪廓, はつくらない, は花, を, を見れ, 映げに

▼ う面白い~ (6, 0.0%)

1 ぞ, だらうな, でせう, と一寸, わねえ, 義の

▼ う~ (6, 0.0%)

1 あの日, になっ, には, にもなれ, にも未だ, は最う

▼ うあたい~ (5, 0.0%)

1 とムク, なぞ一家五人, のこと, の言う, も見

▼ うあっち~ (5, 0.0%)

2 へ行く 1 の道, の館, へゆこう

▼ うあつ~ (5, 0.0%)

2 さり 1 た, ちへ, て欲しい

▼ ういつか~ (5, 0.0%)

2 見た古 1 あつた, えるったって, また他

▼ ういふ中~ (5, 0.0%)

2 にあ 1 にもひとり力, にも唯, にも独り丑松

▼ ういふ目~ (5, 0.0%)

1 にあ, にあふ, にはこた, に會, に遭

▼ ういふ経験~ (5, 0.0%)

1 おあり, がある, があるだらう, などをも考へ, をだれ

▼ ういふ訳~ (5, 0.0%)

1 から蓮太郎, でいくら, でございますから, でないこと, で彼等

▼ ういふ道~ (5, 0.0%)

2 を踏まない 1 である, を幾曲, を踏ん

▼ ういふ類~ (5, 0.0%)

4 ひの 1 のもの

▼ うええ~ (5, 0.0%)

1 いまでも, か, そうよ, 旦那, 胃病の

▼ うおい~ (5, 0.0%)

1 こっちへ, 早く納めよう, 狐が, 逃げるの, 阪井君来

▼ うおま~ (5, 0.0%)

2 んね 1 へン, んな, んの

▼ うおよそ~ (5, 0.0%)

1 一切の, 君にと, 問題と, 少年という, 芸事は

▼ うかく~ (5, 0.0%)

1 いうわたくし, て修道院, と知っ, 云う吾輩自身, 想へ

▼ うかとすら~ (5, 0.0%)

1 思ったの, 思って, 思われたの, 惑いながら, 考えられて

▼ うかとばかり~ (5, 0.0%)

1 あこがれて, 思い焦って, 惜しげも, 歎い, 考えて

▼ うかなあと~ (5, 0.0%)

1 思ひながら, 思ふだけ, 想像し, 考へた, 言ふ

▼ うかなぞと~ (5, 0.0%)

1 仕事の, 彼女は, 考えたり, 言ったくらい, 責め立てて

▼ うかなという~ (5, 0.0%)

1 こころざしを, 心持で, 柄にも, 気に, 気持に

▼ うからって~ (5, 0.0%)

1 こっちが, 娘が, 川井の, 横田が, 聞きました

▼ うからも~ (5, 0.0%)

1 こちらからも, むかって, 急ぎ足で, 息を, 私を

▼ うがも~ (5, 0.0%)

1 すこし御, すこし忍耐, 一度あれ, 少し詳しく, 早どうする

▼ うきっとそう~ (5, 0.0%)

2 です 1 だあなた, に違い, に違いありません

▼ うくつ~ (5, 0.0%)

1 である, な上着, な世界, に待っ, に見える

▼ うけども~ (5, 0.0%)

1 この間此浦塩を, 何もね, 心の, 米ちやんの, 辛棒し

▼ うこうした~ (5, 0.0%)

1 優しい性質, 孝助の, 惨憺たる, 無意義な, 関係に

▼ うさあお~ (5, 0.0%)

2 背を 1 あがり, 上がりなされ, 飮み

▼ うさすが~ (5, 0.0%)

1 に中納言, に出, に次郎吉, のぼく, 防空演習で

▼ うさて~ (5, 0.0%)

1 この度, そうなれ, そこに, その使命, 何ごとで

▼ うさと~ (5, 0.0%)

1 ゆっくり云った, 云つた, 思いこんでは, 思うの, 答えたまま

▼ うずいぶん~ (5, 0.0%)

1 あぶない仕事, そのくらい, よごれて, 可愛がっ, 夜も

▼ う~ (5, 0.0%)

2 なたを 1 したならあるいは, なたも, なた様

▼ うそうした~ (5, 0.0%)

1 ことに, 寂しい時, 心は, 所で, 遣瀬

▼ うそれなら~ (5, 0.0%)

1 ここで, 一番安全です, 何の, 何遍も, 貴様は

▼ うちゃんと~ (5, 0.0%)

1 いうの, したそして, 来て, 流儀が, 電話で

▼ うちょうど~ (5, 0.0%)

1 わたしたちに, 右腕の, 橋が, 炊いて, 石井大使の

▼ うぢやあ~ (5, 0.0%)

5 ないか

▼ うっての~ (5, 0.0%)

2 かい 1 かね, きっと厭, こっちが

▼ うつて言~ (5, 0.0%)

1 つたん, つてるん, ふけれど, ふのよ, ふ良い若い

▼ うでた~ (5, 0.0%)

1 のが, のだ, のも, のを, ように

▼ うでなければ~ (5, 0.0%)

1 いくら向方側, さんどころさんどころ, 俺の, 目高を, 蘆屋の

▼ うでね~ (5, 0.0%)

1 あいにく朴水, えと, えと周圍, して, 料理人が

▼ うとかいふ~ (5, 0.0%)

2 やうな, 全然理由 1 点に

▼ うとく~ (5, 0.0%)

1 のむかし, ふうし, ふうしたであろう, ふうする, ふうすること

▼ うとな~ (5, 0.0%)

1 つてゐる, つて不, つて悪魔は, つて熱が, ま悟り

▼ うとなんか~ (5, 0.0%)

2 して, 思わなくなったに 1 してない

▼ うとね~ (5, 0.0%)

1 いろいろ考え, え心細, 叱られたです, 宗左たちめが, 毎日毎日妹が

▼ うとばかりも~ (5, 0.0%)

2 云へ 1 思われない, 行かぬやう, 言ひきれず

▼ うどうやら~ (5, 0.0%)

1 深いワケ, 甲斐を, 白銀製の, 霽れ, 静かな

▼ うなにか~ (5, 0.0%)

1 あるん, い富五郎, うまい知恵, 一つ励みを, 用事でも

▼ うねエ~ (5, 0.0%)

1 あたしも, あなた, まア焦れったい, キット, 奥様

▼ うのみ~ (5, 0.0%)

2 有ける 1 ならず不自然, ならず更に, ならず現在

▼ う~ (5, 0.0%)

1 いするのに, いなんで, ちが, ちばらすぞ, んに

▼ うひどい~ (5, 0.0%)

1 ひとね, めに, ものだ, 嘘つきと, 汗だ

▼ うふと~ (5, 0.0%)

1 俳句の, 彼は, 或朝, 目を, 立止つた

▼ うへを~ (5, 0.0%)

1 不断の, 小鳥が, 帆かけ, 立ち掃くと, 越えて

▼ うほとんど~ (5, 0.0%)

2 わが家同然だ 1 もって, 一箇年に, 逃れる道

▼ うほんの~ (5, 0.0%)

1 ちよつと, コソコソ話, 一杯飲ませ, 一週間ばかり, 一間ばかりの

▼ うもっと~ (5, 0.0%)

1 こりゃ根, 外に, 委しい話, 柔かくとも, 無学の

▼ うもと~ (5, 0.0%)

1 から知りあっ, とはちがっ, と同じ, の方, 首を

▼ うゆっくり~ (5, 0.0%)

1 と, やって, 三浦に, 打明けて, 話して

▼ うよかろ~ (5, 0.0%)

31 うくらいの, う好き

▼ うよって~ (5, 0.0%)

1 まるで咽喉もと, わたくしは, 一言云え, 歌って, 毎日毎日うるさく

▼ うわが~ (5, 0.0%)

1 むっつり右門, クロクロ島よ, 希ひとし, 愛馬よ, 研究会は

▼ うわれら~ (5, 0.0%)

1 ではない, などはあの, の斬らなけれ, は天が下, を裏切る

▼ うわれわれ~ (5, 0.0%)

1 が美しい, の展覧会, の舐める, の言う, はその

▼ う一日~ (5, 0.0%)

1 に六千個, のつとめ, の発行部数十数万, も早く, 置きに

▼ う一杯~ (5, 0.0%)

1 くれ, つけて, めしあがれな, 詰つてゐる, 身に

▼ う~ (5, 0.0%)

1 しつけであるばかし, 人情に, 図邂逅う, 死人, 注意だろう

▼ う不安~ (5, 0.0%)

2 があつ 1 があった, が現在, を感じ

▼ う了簡~ (5, 0.0%)

1 じゃ此金, であ, で連れ, とも知らず騙された, なら猶

▼ う京都~ (5, 0.0%)

1 に行っ, の騒動, へだ, へ行こう, へ行っ

▼ う人形~ (5, 0.0%)

1 が身, に着物, のよう, の首, を

▼ う人情~ (5, 0.0%)

3 しらず義理 1 なしとも, は誰

▼ う人生~ (5, 0.0%)

1 とは複雑, と文学, にはどっさり, の目的, は嘘

▼ う今更~ (5, 0.0%)

1 何いうた, 切腹にも, 取り返しは, 常識家振つ, 悔んで

▼ う仕方~ (5, 0.0%)

3 がない 1 がありません, がなし

▼ う仮令~ (5, 0.0%)

1 あっても, 其様な, 当家の, 火の, 義雄兄は

▼ う仮面~ (5, 0.0%)

2 だったの 1 の男, をとっ, を被せる

▼ う但し~ (5, 0.0%)

1 その義審, 個性的である, 天下は, 女は, 慾を

▼ う~ (5, 0.0%)

1 が死ね, だと, のため, は二十歳前後, も斬死

▼ う光景~ (5, 0.0%)

1 が察, はさながら, はちょっと, は大体想像, を考え

▼ う其処~ (5, 0.0%)

1 がいけない, で奇月, な家, に席, を出

▼ う初め~ (5, 0.0%)

1 から, からその, から旨く, のうち, 何だか嬉し

▼ う~ (5, 0.0%)

2 となりました 1 ひ, ひ親分, よくそっち

▼ う~ (5, 0.0%)

1 だったろうと, だ厭, なら蒔いたよう, な野郎ぢ, に落

▼ う友達~ (5, 0.0%)

1 などにまであたし, になりやしょう, の家, の手前, はどんなに

▼ う叔父~ (5, 0.0%)

1 が斯, の心, はそう, は傷, は養女

▼ う~ (5, 0.0%)

1 いま, インド人も, 猿に, 神道って, 綿打直

▼ う~ (5, 0.0%)

2 お驚 1 大切に, 御心配, 悦ぶ事

▼ う~ (5, 0.0%)

1 が傳はつ, されたり, のたかい, の立った, をし

▼ う~ (5, 0.0%)

1 が來, との袂別, の暑, の青き, も秋

▼ う大きい~ (5, 0.0%)

1 か小さい, ので続け, のと, 方で無いです, 空は

▼ う大きに~ (5, 0.0%)

1 失敬した, 有難う, 有難う存じました, 有難う左様, 遅くなっ

▼ う天下~ (5, 0.0%)

2 の為 1 のこと, の小, をし

▼ う夫婦~ (5, 0.0%)

1 でなし, ともそれ, とも痩せ, の生活, の間

▼ う奥さん~ (5, 0.0%)

1 お登和さん, がいらつ, がどこかお, ですが, とお嬢さん

▼ う~ (5, 0.0%)

1 ではない, の力, はと, も悠長, 逃げられましょうか

▼ う~ (5, 0.0%)

1 でもあろう, な顔, になっちまう, はれぬやう, ふの

▼ う~ (5, 0.0%)

1 が今後, のお母様, の名, もなろう, も成ろう

▼ う実際~ (5, 0.0%)

1 その場, は半分半分, 兇行の, 絶好だった, 膏汗も

▼ う容易~ (5, 0.0%)

2 に取次ぎ 1 には融合, にわかる, に食客

▼ う容易く~ (5, 0.0%)

1 は出, 捕まるやう, 棄てたくも, 死ぬもの, 行く藝當ぢ

▼ う寒く~ (5, 0.0%)

2 ては書 1 さへ, ちゃ此の方, てそして

▼ う少く~ (5, 0.0%)

1 ともそれ, とも或, とも精神的, とも著者, とも魚河岸

▼ う師匠~ (5, 0.0%)

1 が倒れた, この名前, の上, の手, を見る

▼ う幸い~ (5, 0.0%)

1 ことか, なこと, にし, 公爵は, 此処に

▼ う御前~ (5, 0.0%)

1 などはこれから, は三杯, は甲府お勝手, をお, 何卒讐討つて下

▼ う心持~ (5, 0.0%)

1 から奥さん, がまるで, が常に, のする, も読める

▼ う怖い~ (5, 0.0%)

1 ことね, わわたし, わ私, んです, 筈も

▼ う~ (5, 0.0%)

1 の勝利者, の形見, の祈誓, の糸, を忘れよう

▼ う恐ろしく~ (5, 0.0%)

1 ぎざぎざした縮れた, 力の, 氣の, 混んで, 蚊に

▼ う~ (5, 0.0%)

1 のつ, のつまる, の長い, もかよわない, を抜こう

▼ う~ (5, 0.0%)

2 も随分 1 に食, は引き返し, を主

▼ う~ (5, 0.0%)

2 へた 1 へてある, へてくれた, へるある種

▼ う~ (5, 0.0%)

1 のなくなる, は狙つて, は纔, もつくる, を討つ

▼ う斯ん~ (5, 0.0%)

1 なこと, な事, な健康, な処, な騒ぎ

▼ う~ (5, 0.0%)

1 らしく変つた訳, 何れ位ひ, 八に対する, 吉の, 平民の

▼ う新しい~ (5, 0.0%)

1 事を, 出入り事は, 変りは, 草々の, 踊りを

▼ う~ (5, 0.0%)

1 から旅, に慣れた, のもの, の男, の空

▼ う明後日~ (5, 0.0%)

1 で六十五, ならキット, の午後, の昼飯, の晩

▼ う暫く~ (5, 0.0%)

1 して, 世話に, 待って, 御邪魔, 黙って

▼ う~ (5, 0.0%)

1 がのぼる, に一度位, の世界, の無い, もみるだらう

▼ う~ (5, 0.0%)

1 がいれ, がまばら, がよく, の丸殿, や杉

▼ う極めて~ (5, 0.0%)

1 小さな臙脂色, 居まするに, 居ります, 居るん, 畢つたのであります

▼ う~ (5, 0.0%)

1 が立つまい, にしみる, の立たぬ, は早く, は閉じた

▼ う決して~ (5, 0.0%)

1 其以上の, 名士好みの, 手出しを, 竹垣の, 紳士と

▼ う河岸~ (5, 0.0%)

1 では鷄, の火事, の道傍, は古河, も

▼ う注意~ (5, 0.0%)

1 されたこと, した, した時, するなりき, を行き

▼ う深い~ (5, 0.0%)

1 ことは, 事情を, 割目が, 森林が, 理解の

▼ う~ (5, 0.0%)

1 である, とでもいふ, に就い, は笛, よりもいくらか

▼ う父さん~ (5, 0.0%)

1 あんな鳥, が, にだかれ, の都合, はかう

▼ う~ (5, 0.0%)

2 はもう 1 の仕業, の腹鼓, は腹鼓

▼ う~ (5, 0.0%)

1 らしいところ, らしいな, らしい花, らしい遊戯, らしくも

▼ う理窟~ (5, 0.0%)

1 で人, で其様, はいろいろ, はござらぬ, はない

▼ う~ (5, 0.0%)

3 上げようと 1 上げて, 上げれば

▼ う~ (5, 0.0%)

1 に興味, のあちこち, の隅, も出来よう, も売らう

▼ う目的~ (5, 0.0%)

1 とした, なしに, のため, を有, を果そう

▼ う~ (5, 0.0%)

1 の兵家, 三郎の, 暗くなりました, 蒼な, 逆に

▼ う着物~ (5, 0.0%)

1 が足りなかろう, とか髪形, に凝る, に血, をやれ

▼ う神様~ (5, 0.0%)

1 だってお, でございますか, のお, の代表者, の思想

▼ う科学~ (5, 0.0%)

1 の大衆性, の概念, は相対的存在, は迂遠, よりも文学

▼ う突然~ (5, 0.0%)

1 お鳥, こんな意外, に顔色, 食卓を, 麻痺を

▼ う約束~ (5, 0.0%)

2 して 1 しようなどといふ, は何, を読んだ

▼ う紅い~ (5, 0.0%)

2 ものを 1 のは, 椿が, 花は

▼ う綺麗~ (5, 0.0%)

1 な, な娘はん, な婦人, な顔, ね

▼ う~ (5, 0.0%)

1 で縛られた, の帯, の端, をゆるめ, を持つ

▼ う~ (5, 0.0%)

1 へさせる, へついた, へ出す, へ自分, 込まれては

▼ う~ (5, 0.0%)

1 が出る, で渡る, の男, は知らぬ, を纜

▼ う良い~ (5, 0.0%)

2 心掛けだ 1 友達が, 物でない, 聟が

▼ う蜘蛛~ (5, 0.0%)

1 が畳, の網, の血, の足先, は手

▼ う~ (5, 0.0%)

1 と肉, のつながる, の痕跡, の雨, も見よう

▼ う~ (5, 0.0%)

1 から這っ, のうず, の厩, へ来, を行こう

▼ う見まね~ (5, 0.0%)

1 でもう, で稲荷ずし, で育っ, で静子, に

▼ う親切~ (5, 0.0%)

2 ごかし 1 な人, にとりつい, に面倒

▼ う~ (5, 0.0%)

2 方方も 1 夫人に, 嬢は, 老も

▼ う~ (5, 0.0%)

3 を挽く 1 の中, をそっち

▼ う銭形~ (5, 0.0%)

4 の親分 1 の親分さん

▼ う関係~ (5, 0.0%)

1 であったろうとも, であるから, なの, なん, は有るらしい

▼ う随分~ (5, 0.0%)

1 よまれて, 何だ, 智慧の, 珍らしいでしょう, 面白かろう

▼ う~ (5, 0.0%)

1 がまる, なんか歸つて來, に現, をし, を洗

▼ う高く~ (5, 0.0%)

1 とまるにもほどが, なつて, なる, はない, 留ってるじゃあねえか

▼ うあたり~ (4, 0.0%)

1 がしいんと, にす, は轟々たる, を見まわした

▼ うあっし~ (4, 0.0%)

1 にはまるで, はお, はまだ, は正真正銘

▼ うあんな大きな~ (4, 0.0%)

3 暗の 1 鳥は

▼ ういかにも~ (4, 0.0%)

1 この傷, 憎々しそう, 済んで, 疲れた蒼い

▼ ういきなり~ (4, 0.0%)

2 お照さん 1 あのネフスキイ通り, 大きな鎌首

▼ ういずれ~ (4, 0.0%)

1 この男, にし, にせよ, 先方から

▼ ういふ噂~ (4, 0.0%)

1 が高, は香ばしく, を聞い, を聞く

▼ ういふ型~ (4, 0.0%)

1 に嵌, の特別, の男達, の考へ

▼ ういふ彼女~ (4, 0.0%)

1 の眼, の瞳, の遠慮勝ち, は死に

▼ ういふ相談~ (4, 0.0%)

1 に應, をし, を持ち掛けた, を持掛けた

▼ ういふ研究~ (4, 0.0%)

1 の仕方, はこれ, はし, も専門家

▼ ういふ芝居~ (4, 0.0%)

1 が現在, なん, めいたもの, をもう少しどうか

▼ ういふ表現~ (4, 0.0%)

2 を用 1 は全く, をし

▼ ううまい~ (4, 0.0%)

1 ことを, 事を, 料理を, 物などは

▼ ううるさい~ (4, 0.0%)

2 から 1 やと言う, 泥棒が

▼ うおお~ (4, 0.0%)

1 これは, 怖や, 方々早く, 朝飯が

▼ うおまけ~ (4, 0.0%)

1 にこれ, に父さん, に自身, に酔っ

▼ うおや~ (4, 0.0%)

1 これからお昼, 何だかこれ, 女の, 庭下駄が

▼ うお前たち~ (4, 0.0%)

1 が何者, のいう, の好き, は医者

▼ うかえって~ (4, 0.0%)

1 この通り, そっぽを, 私が, 苦しくなる

▼ うかなどとは~ (4, 0.0%)

2 考えない方 1 夢にも思つて, 考えられも

▼ うかなり~ (4, 0.0%)

1 さうな気, 大きな文字, 間遠で, 高緯度に

▼ うがとに~ (4, 0.0%)

1 角そうした, 角之, 角少なく, 角常識で

▼ うけつ~ (4, 0.0%)

2 して 1 きよく, を来します

▼ うけどさ~ (4, 0.0%)

1 あたし一人で, 一般の, 何んだ, 生憎そうは

▼ うこうして~ (4, 0.0%)

1 この旦那, 主従の, 小半時も, 廣介の

▼ うさん~ (4, 0.0%)

31 な人間

▼ うしかも~ (4, 0.0%)

1 十万も, 右馬の, 自分にも, 雑煮の

▼ うしかるに~ (4, 0.0%)

1 ポルトガルにおいては, 労働階級の, 汝に, 漢語においては

▼ うしきりに~ (4, 0.0%)

1 唱歌の, 接待の, 欠伸など, 身を

▼ うじゃァ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 ございませんか, ないかと

▼ うせっかく~ (4, 0.0%)

1 おちつかれたのに, ここで, ながらそれほど, 来たもの

▼ うそうすると~ (4, 0.0%)

1 おめ, これが, ねお, 兄さん

▼ うそち~ (4, 0.0%)

1 が逢おう, は人命, は使者, も別れ

▼ うそのまま~ (4, 0.0%)

1 スタスタ踵を, 御行の, 真直に, 話を

▼ うその後~ (4, 0.0%)

1 ちッ, で例年, で家, はなんだか

▼ うそら~ (4, 0.0%)

1 あのチチコフ, あの頂上, 幽霊が, 彼の

▼ うそろそろ~ (4, 0.0%)

1 いかう, いこう, おれたちも, と六尺棒

▼ うたいした~ (4, 0.0%)

1 ことは, 不都合が, 恋でも, 感興から

▼ うただし~ (4, 0.0%)

1 それも, アフガニスタンや, 之は, 獣の

▼ うたった~ (4, 0.0%)

1 一度だけ, 一度で, 十カペイキ占いさせ, 演奏会の

▼ うたび~ (4, 0.0%)

1 にみんな, にわたくし, に思い出す, に散っ

▼ うだけ~ (4, 0.0%)

1 だ, でなくこういう, でなくべつに, で気

▼ うだんだん~ (4, 0.0%)

2 岩が 1 時代が, 曲って

▼ うついで~ (4, 0.0%)

1 だから, に少し, に東京, に着せ

▼ うつけた~ (4, 0.0%)

1 やうな, やうな目ざし, ような, ように

▼ うづら~ (4, 0.0%)

1 となり, に垂れ, の山ざくら化, 豆といふ

▼ うてんで~ (4, 0.0%)

1 げすが, んに, ミネチャンに, 柳を

▼ うでが~ (4, 0.0%)

1 すね此, せうそんで, せう今日, 無い

▼ うでの~ (4, 0.0%)

1 つけねまで, ない左膳, 下に, 要るの

▼ うとかと~ (4, 0.0%)

1 おきくさ, そのよう, 云って, 言觸らした

▼ うとが~ (4, 0.0%)

1 いるだけ, おりました, ねむったこと, 五人から

▼ うとしてや~ (4, 0.0%)

1 がる, がんだ, しないのに, しないん

▼ うともと~ (4, 0.0%)

2 彼は 1 いった, おのずから微笑

▼ うともという~ (4, 0.0%)

1 ことについて, ことは, のだった, 善意を

▼ うどころ~ (4, 0.0%)

2 では 1 あひだ, の話

▼ うなぜなら~ (4, 0.0%)

2 彼は 1 中国の, 私は

▼ うなも~ (4, 0.0%)

1 そいが, ンだ, 何も, 少し適切

▼ うなりが~ (4, 0.0%)

1 して, 大空艇の, 響いたり, 響いて

▼ うなんか~ (4, 0.0%)

1 な, んて, んという, 變つた

▼ うなんとか~ (4, 0.0%)

1 いうの, なりますめ, なるだろうさ, 精一杯の

▼ うなんど~ (4, 0.0%)

1 とさまざま, とは夢にも, と様, と話し合っ

▼ うについて~ (4, 0.0%)

1 ゐた, 來ます, 來る, 行つた

▼ うによりては~ (4, 0.0%)

1 かくの, 地方に, 外貌が, 褒めること

▼ うにわかに~ (4, 0.0%)

1 だれの, ハンドルを, 嘉門は, 表の

▼ うねという~ (4, 0.0%)

2 ような 1 わけな, 事や

▼ うねなどと~ (4, 0.0%)

2 お見舞ひ 1 云つて冷かす, 話して

▼ うねの~ (4, 0.0%)

1 ある鼠紺, 豌豆と, 豌豆の, 野に

▼ うねを~ (4, 0.0%)

1 うって, きって, 打ち梢, 打って

▼ うねんが~ (4, 0.0%)

1 あらわれました, さけびました, たって, やって来たって

▼ うばかりに~ (4, 0.0%)

1 オフシェンコを, フラフラと, 憤った, 細かい枝

▼ うばかりは~ (4, 0.0%)

1 いふこと, 云はれぬ, 思はれないで, 行かぬ

▼ うほんに~ (4, 0.0%)

3 私さへ 1 私は

▼ うまでは~ (4, 0.0%)

1 とどきませんから, 干渉される, 心着いた, 渡瀬の

▼ うもうこ~ (4, 0.0%)

2 の上 1 のへん, の頃

▼ うもしや~ (4, 0.0%)

1 と再び, 東京の, 留守の, 食ひしんぼ

▼ うやも~ (4, 0.0%)

1 しれないという, 知れないそう, 知れぬ, 知れません

▼ う~ (4, 0.0%)

1 つくりこ, つくり漕げ, つくり話して, はれても

▼ うよほど~ (4, 0.0%)

1 お好き, お嬉しい, 春めいて, 経った時

▼ うクック~ (4, 0.0%)

2 の帽子 1 の案中者, の案内者二人

▼ うホント~ (4, 0.0%)

21 にお, に柳子さん

▼ う~ (4, 0.0%)

1 くふう, としお, と所黒部川, と筆書き

▼ う一体~ (4, 0.0%)

1 に自ら己, に黒く, 何が, 何処の

▼ う一切~ (4, 0.0%)

1 がこう, が斯様, のこと, の問題

▼ う一寸~ (4, 0.0%)

1 ほかに, 叡山参詣は, 微妙な, 番頭さんに

▼ う一所~ (4, 0.0%)

1 に, に付合っ, に付合つて, に来う

▼ う三人~ (4, 0.0%)

1 であろう, でも五人, は思わず, ほどある

▼ う下手~ (4, 0.0%)

1 な真似, な追分節, に立身出世, に行っ

▼ う世の中~ (4, 0.0%)

1 にはずいぶん, に発表, はもつ, を明るく

▼ う云つて遠野~ (4, 0.0%)

1 が不意, は強く, は笑, は道助

▼ う亭主~ (4, 0.0%)

1 がいつも, がその, の敵, は年中家

▼ う~ (4, 0.0%)

3 れて 1 をつれず

▼ う何れ~ (4, 0.0%)

2 にし 1 の藩, も日本

▼ う何度~ (4, 0.0%)

1 たたいたこと, でも何度, でも忘年会, も同じ

▼ う何時も~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 何時も, 滴るよう

▼ う何者~ (4, 0.0%)

1 かが人, か立ち聞き, だろうこの, の手跡

▼ う使~ (4, 0.0%)

1 の者, はせたくない, はれたら困ると, へるもの

▼ う~ (4, 0.0%)

1 て泊る, なくちや話, なせえ, るだらうと

▼ う例えば~ (4, 0.0%)

1 この頃, そんな話, 円錐とか, 現象が

▼ う信長~ (4, 0.0%)

1 いかに虎狼, がそれ, の苦痛, は賢秀

▼ う俺ら~ (4, 0.0%)

1 がどうして, が悪者, が隠, はムク

▼ う全然~ (4, 0.0%)

2 裸に 1 密閉された, 関係の

▼ う其所~ (4, 0.0%)

1 で仕事, に, のところ, まで私

▼ う~ (4, 0.0%)

1 の鳥, はいつ, は冬, は木枯

▼ う冷たい~ (4, 0.0%)

2 噴水の 1 だらうと, だろうと

▼ う出世~ (4, 0.0%)

1 したる姿, すると, は出来ましょう, をすれ

▼ う危険~ (4, 0.0%)

1 な, なる思想, な地区, な毒

▼ う口惜しい~ (4, 0.0%)

1 ことだ, なと始終, 念は, 限りだろう

▼ う可哀そう~ (4, 0.0%)

1 でございますの, なの, な一心さ, に

▼ う可愛~ (4, 0.0%)

4 相に

▼ う~ (4, 0.0%)

1 にかわる, の一眼, の端, へ除け

▼ う吉野~ (4, 0.0%)

2 が言つて欄干, は思

▼ う吾輩~ (4, 0.0%)

1 と君, の, はなん, は現在

▼ う喧嘩~ (4, 0.0%)

1 するなよ, になる, はします, を買

▼ う四人~ (4, 0.0%)

1 ぐらいは潜れ, の男女, や五人, をいい

▼ う大いに~ (4, 0.0%)

1 察しる, 愉快に, 祝さう, 自負し

▼ う大分~ (4, 0.0%)

1 に教室的英会話風, 引込まれて, 怒つて, 青くな

▼ う大勢~ (4, 0.0%)

1 して, の暗, の歌, の画家たち

▼ う大変~ (4, 0.0%)

1 おつかれ, と云え, なこと, 楽し気

▼ う大方~ (4, 0.0%)

1 そう来るだろう, な, は家, 鼻恋くらい

▼ う太刀~ (4, 0.0%)

2 は勿論 1 と虎鋏, を杖

▼ う女房~ (4, 0.0%)

1 が一服, に夏着, は堅気, は子持ち

▼ う好き~ (4, 0.0%)

1 こそ物, な, な女, な酒

▼ う如何にも~ (4, 0.0%)

1 嚴重で, 寒さ, 感心した, 物凄い音

▼ う妻子~ (4, 0.0%)

1 にも逢いたくなった, の事, の姿, もあろう

▼ う姉さん~ (4, 0.0%)

1 にきこえたら, は間, まだ御飯, も待ちかねてる

▼ う始終~ (4, 0.0%)

2 何か 1 あすこで, 良心に

▼ う学者~ (4, 0.0%)

1 があんな, がそれ, の用いまする, を高

▼ う~ (4, 0.0%)

1 いわ宜, い所, い掛物, なる哉

▼ う~ (4, 0.0%)

1 の外, はこの, は五燭, へおいで

▼ う~ (4, 0.0%)

1 という放縦, と藤壺, にも似, は夫人

▼ う富之助~ (4, 0.0%)

1 が思, が思ふ, の父, は考へた

▼ う小説~ (4, 0.0%)

1 でないから, なんていふ, の可能性, をお

▼ う少々~ (4, 0.0%)

1 お待ちなされ, お父さま, もた, 位は

▼ う少なくとも~ (4, 0.0%)

1 いまの, このまま滅亡, 流行に, 首から

▼ う~ (4, 0.0%)

3 の棟 1 の外

▼ う~ (4, 0.0%)

1 のあいだ, の上, も一本, をと拵え

▼ う~ (4, 0.0%)

3 は何とも 1 日頃から

▼ う~ (4, 0.0%)

1 ひその, ひ中風, ひ百円, ひ軍資金

▼ う強い~ (4, 0.0%)

1 力を, 自己を, 香の, 魅惑だろう

▼ う彼奴~ (4, 0.0%)

2 の事 1 は気狂, も誰

▼ う心得~ (4, 0.0%)

1 か御, じゃア, だ上, で其の

▼ う恐らくは~ (4, 0.0%)

1 何も, 懷手し, 為合せな, 為合わせ

▼ う悲しい~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことだろう, だろうと, 宿命が

▼ う悲しく~ (4, 0.0%)

1 なつたの, もあったろう, もなんとも, も情なく

▼ う惜しい~ (4, 0.0%)

1 ことです, ことを, ものだ, 武士で

▼ う態度~ (4, 0.0%)

1 で話し出された, に立てなおし, は小生, を取っ

▼ う我慢~ (4, 0.0%)

1 が出来ない, しようと, なさい, のなりかねた

▼ う戦争~ (4, 0.0%)

2 がやってくる 1 ださあ, に強い

▼ う折角~ (4, 0.0%)

1 のポーズ, 出て, 来るん, 美事に

▼ う文学~ (4, 0.0%)

1 に, は苦しん, を綜合, を談

▼ う旦那様~ (4, 0.0%)

1 から御, どんなに不自由, のお, のお前

▼ う早う~ (4, 0.0%)

1 おまん, しょう, 出して, 早うと

▼ う易々~ (4, 0.0%)

1 たる事, とは行, と仕遂げられる, と運ばれる

▼ う~ (4, 0.0%)

1 が闌け, の季節, の彼岸, は行きぬ

▼ う昨夜~ (4, 0.0%)

1 の今朝, の紛失物, は夜中, も物

▼ う時間~ (4, 0.0%)

1 があら, がない, が来たら, の節約

▼ う普通~ (4, 0.0%)

2 の人 1 の人間世界, の所

▼ う暗い~ (4, 0.0%)

1 可畏し, 蔭の, 陰気な, 雲が

▼ う更に~ (4, 0.0%)

1 この理想, 他の, 待つよう, 放庵に

▼ う最も~ (4, 0.0%)

1 大切な, 詳しいこと, 身体を, 輕い

▼ う月夜~ (4, 0.0%)

1 に砂煙, の晩, の蟹, の題目船

▼ う~ (4, 0.0%)

1 が先ず, はなく, も唄おう, をうたっ

▼ う此處~ (4, 0.0%)

1 は喜三郎兄哥, は陽, へ通す, を何ん

▼ う~ (4, 0.0%)

1 が二人, が存在, の夜明け, を期し

▼ う~ (4, 0.0%)

2 がある 1 の真, もない

▼ う為め~ (4, 0.0%)

1 にしよう, に亭主, に例年, に発明

▼ う無論~ (4, 0.0%)

1 この二つ, のこと, わたくしは, 買うだけの

▼ う物言~ (4, 0.0%)

3 ふは 1 はぬ

▼ う~ (4, 0.0%)

2 はしばらく 1 だろう, だろうか

▼ う生命~ (4, 0.0%)

1 とを賭ける, にかかわる, に別条, に罪

▼ う~ (4, 0.0%)

3 もない 1 を言

▼ う番町~ (4, 0.0%)

3 の若旦那 1 の駒井能登守

▼ う病院~ (4, 0.0%)

2 の事業 1 へ担ぎこんだ, へ紹介

▼ う~ (4, 0.0%)

1 參の, 樣煮かけ, 覺した, 譯し

▼ う相談~ (4, 0.0%)

1 して, するには, を持ちかける, を決め

▼ う私達~ (4, 0.0%)

1 が谿, の悲惨, は今大変, もこんな

▼ う種々~ (4, 0.0%)

1 お世話に, に考へ, の根拠, 様々の

▼ う~ (4, 0.0%)

1 つぽ, に浮い, に近い, は実に

▼ う空気~ (4, 0.0%)

1 からでも出来, の報謝, の断層, はこの

▼ う結構~ (4, 0.0%)

1 だわ, なお菓子, なこって, な女房

▼ う美しく~ (4, 0.0%)

1 きちんと整理, なりました, はし, 見せるの

▼ う~ (4, 0.0%)

1 の水手, 売卜者は, 爺さん, 爺さんが

▼ う~ (4, 0.0%)

2 して 1 すると, も彼等

▼ う~ (4, 0.0%)

1 につかまり, にらくに, に擔い, を斜

▼ う~ (4, 0.0%)

2 の着いた, を伸ばし

▼ う自由~ (4, 0.0%)

1 で樂, には酒, に遣らう, のうち

▼ う自身~ (4, 0.0%)

2 が遠い 1 で折敷, の義弟

▼ う芝居~ (4, 0.0%)

1 がはねた, が打てた, が開い, 染みた興味

▼ う若旦那~ (4, 0.0%)

1 その大きな棗, は, は私, も鉄砲

▼ う苦し~ (4, 0.0%)

2 そうに 1 さう, さに

▼ う苦しい~ (4, 0.0%)

1 ことだろう, もだえを, 下燃え, 感じいわば

▼ う苦痛~ (4, 0.0%)

1 の表情, は私, を軽んずる, を輕

▼ う落着~ (4, 0.0%)

2 いたと, いて

▼ う~ (4, 0.0%)

1 は無い, も服むよ, を塗っ, を飲ました

▼ う蚊帳~ (4, 0.0%)

1 の内側, も吊らないで寝, を吊った, を買っ

▼ う言つて教~ (4, 0.0%)

2 へてくれた 1 へてくれました, へてやれ

▼ う言つて暫らく息~ (4, 0.0%)

4 を詰める

▼ う計画~ (4, 0.0%)

1 も要りましょう, や行為, を持っ, を立て

▼ う誘惑~ (4, 0.0%)

1 と一口, に弱い, のご, の多い

▼ う誠に~ (4, 0.0%)

1 お提灯, お気の毒, 落着い, 邪魔に

▼ う赤い~ (4, 0.0%)

1 フランネルの, 扱帶で, 臺の, 色で

▼ う身の上~ (4, 0.0%)

1 でございますから, でございますもん, になります, には成れん

▼ う軽い~ (4, 0.0%)

1 気分を, 産では, 睡気, 笑顔を

▼ う~ (4, 0.0%)

1 に二人, に映, に物理現象, 上しては

▼ う途中~ (4, 0.0%)

1 でのたれ, でも種々, で軽い, には部落

▼ う過去~ (4, 0.0%)

1 の不愉快, の記憶, の賀川豊彦君, へ順

▼ う道庵~ (4, 0.0%)

1 の奴, の言う, も人, をそれ

▼ う遠慮~ (4, 0.0%)

1 なさるには, なしに, のない, の無い

▼ う都合~ (4, 0.0%)

1 がよけれ, にしましょう, によってはわたし, によつたら感謝

▼ う酷く~ (4, 0.0%)

2 私を 1 有仰れ, 降出しまして

▼ う~ (4, 0.0%)

2 たげな長櫃 1 さう, 二郎刀に

▼ う~ (4, 0.0%)

1 なん, の中, の向こう, の曇り

▼ う間もなく~ (4, 0.0%)

1 正則の, 没くなられた, 美事ににゃ, 苦しみ出しました

▼ う~ (4, 0.0%)

2 の小作人 1 のうち, の実験室

▼ う非常~ (4, 0.0%)

2 に淋し 1 にやさしい, に美しい

▼ う~ (4, 0.0%)

1 がした, そういうもの, に聞く, を思わせた

▼ う~ (4, 0.0%)

1 たべて, の支度, を持っ, を食

▼ う~ (4, 0.0%)

1 がたべる, がもの, も呼び寄せ, も春

▼ う~ (4, 0.0%)

1 が言葉, なら捕らん事, の尾, は騒ぐ

▼ うあした~ (3, 0.0%)

1 の晩月, は休ん, また八時

▼ うあぶない~ (3, 0.0%)

1 から, ものだ, ものです

▼ ういかなる~ (3, 0.0%)

1 めぐり合わせであろう, 山も, 意味で

▼ ういかに~ (3, 0.0%)

1 下落した, 捨て身とは, 武藏の

▼ ういけません~ (3, 0.0%)

1 か, がねち, 年を

▼ ういつの間にか~ (3, 0.0%)

1 去つて, 姿を, 感情の

▼ ういと~ (3, 0.0%)

1 さはに, な, 易い事

▼ ういふわたし~ (3, 0.0%)

1 の言葉, はこの, は信濃

▼ ういふ一人~ (3, 0.0%)

1 がどう, であるべき筈, であるらしい

▼ ういふ一面~ (3, 0.0%)

1 もあ, もあつ, もある

▼ ういふ不安~ (3, 0.0%)

1 が幾晩, が蟠まつ, に思ひ

▼ ういふ人達~ (3, 0.0%)

1 がゐ, のまん中, の會合

▼ ういふ国~ (3, 0.0%)

1 であるから, なの, のやう

▼ ういふ心がま~ (3, 0.0%)

1 へで生き, へで生活, へになつて

▼ ういふ意見~ (3, 0.0%)

1 を信じない, を平素, を発表

▼ ういふ挨拶~ (3, 0.0%)

1 はすべて追憶, をする, を蔵裏

▼ ういふ柄~ (3, 0.0%)

2 ではない 1 には見えません

▼ ういふ機會~ (3, 0.0%)

1 は絶えず, を得た, を發見

▼ ういふ物~ (3, 0.0%)

1 に感じ, の言, はまだ

▼ ういふ特殊~ (3, 0.0%)

1 なもの, の作家, の風俗

▼ ういふ疑問~ (3, 0.0%)

1 も起るであらう, をもつ, を起し

▼ ういふ病気~ (3, 0.0%)

1 に陥つ, の持主, の疑

▼ ういふ癖~ (3, 0.0%)

1 があつ, である通り, に最初

▼ ういふ石~ (3, 0.0%)

1 があれ, は危, は無い

▼ ういふ空想~ (3, 0.0%)

1 に耽り, に走る, をも何處

▼ ういふ約束~ (3, 0.0%)

1 がある, で別れた, を母

▼ ういふ結果~ (3, 0.0%)

1 が生じる, になつ, を招いた

▼ ういふ要求~ (3, 0.0%)

1 が皆無, をフエニキヤ, を心

▼ ういふ訓練~ (3, 0.0%)

1 がない, も伝統, を与へよう

▼ ういふ質問~ (3, 0.0%)

1 の追求, をした, を受け

▼ ういふ運動~ (3, 0.0%)

1 から転向, があつ, に投じた

▼ ううん~ (3, 0.0%)

1 いいだろう, それも, といえ

▼ うおかしい~ (3, 0.0%)

21 じゃない

▼ うおなか~ (3, 0.0%)

1 でくたびれ, の方, は揉まれた

▼ うお互い~ (3, 0.0%)

1 に, にいっしょ, に何もかも

▼ うお客様~ (3, 0.0%)

1 がみんなサロン, はみんなお前, も宿

▼ うお待ち~ (3, 0.0%)

2 なさいまし旅籠 1 下さい拙者

▼ うお気~ (3, 0.0%)

1 にかけてはいけません, に入ったら, に入らなけれ

▼ うお雪ちゃん~ (3, 0.0%)

1 とよく, に教える, のする

▼ うかしらなどと~ (3, 0.0%)

1 思ったこと, 思つてゐる, 満面に

▼ うかつて~ (3, 0.0%)

1 おつ, 他の, 気に

▼ うかなどといふ~ (3, 0.0%)

1 ことに, 心配を, 色々な

▼ うかなどの~ (3, 0.0%)

1 分別は, 創意も, 心配は

▼ うかについて~ (3, 0.0%)

1 しばらく案じ合いました, すくなからず, 相談しました

▼ うかにも~ (3, 0.0%)

1 ガス灯が, 心得ましたが, 思いましたよ

▼ うかねと~ (3, 0.0%)

1 撃て放せと, 私も, 聞くの

▼ うかよ~ (3, 0.0%)

21 天王崎へ

▼ うからの~ (3, 0.0%)

1 ことで, 打合せの, 転の

▼ うかわいそう~ (3, 0.0%)

1 といえ, に, にマチア

▼ うかナと~ (3, 0.0%)

2 思ふと 1 考えながら

▼ うがが~ (3, 0.0%)

1 匂ふ, 然しちよ, 自分に

▼ うがて~ (3, 0.0%)

1 まえにも, まえ奉公人, 云うてなあ

▼ うがという~ (3, 0.0%)

1 ところが, 反面に, 返事だった

▼ うがなあ~ (3, 0.0%)

1 いったい手がかり, 和尚さん, 太夫望みを

▼ うがなどと~ (3, 0.0%)

1 姉君を, 子供の, 煩悶を

▼ うきり~ (3, 0.0%)

1 がない, なしとは, 出しました

▼ うきれい~ (3, 0.0%)

1 な人, な岩, にあの

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の字, ふうも, よ

▼ うくさい~ (3, 0.0%)

1 がこれ, 仕事で, 六本すぐ

▼ うぐずぐず~ (3, 0.0%)

2 しよると 1 して

▼ うぐらい~ (3, 0.0%)

1 だろう, なこと, な用意

▼ うぐらいな~ (3, 0.0%)

1 いいかげんな, 考えで, 考え伊賀組

▼ うぐらいは~ (3, 0.0%)

1 いえるだろうのに, 察して, 誰でも

▼ うけったい~ (3, 0.0%)

1 な, な感じ, な言葉

▼ うけれどね~ (3, 0.0%)

1 やっぱりあの, 例の, 大風は

▼ うけれどもと~ (3, 0.0%)

1 云つて一円五十銭の, 云つて一圓五十錢の, 断ったもの

▼ うけれどもね~ (3, 0.0%)

1 その本気, 僕らは, 雪一条土塀と

▼ うこのごろ~ (3, 0.0%)

1 になっ, は悪血, は金

▼ うこれら~ (3, 0.0%)

1 のもの, の意匠, は拙者

▼ うござる~ (3, 0.0%)

1 が如何にも, が御, ご一同

▼ うさき~ (3, 0.0%)

1 じゃァ, に帰った, へ行っ

▼ うさぞさぞ~ (3, 0.0%)

1 寂しいこと, 眠ること, 親父は

▼ うさっそく~ (3, 0.0%)

1 取り計らって, 貴方の, 走り使い

▼ うさな~ (3, 0.0%)

1 ありや, 五抱も, 矢張り唯物論者と

▼ うさね~ (3, 0.0%)

1 そして肝心, だが, 義理が

▼ うざま~ (3, 0.0%)

1 にひたり, をみろ, を見

▼ うざら~ (3, 0.0%)

1 にあらう, にある, にはゐない

▼ うしろ~ (3, 0.0%)

1 って云, のかべには, のけはい

▼ うしん~ (3, 0.0%)

1 から神経, せつな父君, とし

▼ うすっかり~ (3, 0.0%)

1 あの女, 壊れて, 忘れて

▼ うぜん~ (3, 0.0%)

1 とした, ばかりで, をたのまれた

▼ うそしてまた~ (3, 0.0%)

1 おそらくそれ, その名前, 喜ばしいこと

▼ うそちら~ (3, 0.0%)

1 に重点, は, よりは食物

▼ うそっくり~ (3, 0.0%)

2 だと 1 小判で

▼ うそり~ (3, 0.0%)

1 やざぶりとぢや, や大, や悪

▼ うたいへん~ (3, 0.0%)

1 に受け, 小さな冊子, 酔うた酔うて

▼ うたしか~ (3, 0.0%)

1 かたしか, 庭に, 彼は

▼ うたとい~ (3, 0.0%)

1 同じ知識, 幾年留守に, 殺されるまでも

▼ うたとえ~ (3, 0.0%)

1 それが, 事情が, 彼らが

▼ うだいぶ~ (3, 0.0%)

1 席が, 形勢が, 薄暗くな

▼ うだけど~ (3, 0.0%)

1 それは, 二人には, 母親などに

▼ うちっと~ (3, 0.0%)

1 お庭, になったでしょう, は水心

▼ うちゃあ~ (3, 0.0%)

1 まだ世の中, んと, 寝ようちゃあ

▼ うついては~ (3, 0.0%)

1 一か所捨て置く, 一日も, 何とかし

▼ うつぶ~ (3, 0.0%)

2 くとうしろ 1 いたまま

▼ うづ貝~ (3, 0.0%)

1 を, をお前さん, を下されたでしょう

▼ うていう~ (3, 0.0%)

1 のに, んかい, んです

▼ うでもよ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 かりさうな

▼ うとある~ (3, 0.0%)

1 にもあられず, 人の, 処へ

▼ うというくらい~ (3, 0.0%)

1 だから, なお杉婆, な武士道以外

▼ うというも~ (3, 0.0%)

1 くさんだったが, ンだ, 他の

▼ うといふの~ (3, 0.0%)

2 ぢや 1 かい

▼ うといふもの~ (3, 0.0%)

3 ぢや

▼ うとうに~ (3, 0.0%)

1 一本槍に, 働いて, 算術が

▼ うとかく~ (3, 0.0%)

1 して, 人に, 飲みすぎ食べすぎる胃腸

▼ うとこ~ (3, 0.0%)

1 は洋服, へ行き, へ行く

▼ うとさ~ (3, 0.0%)

1 それが, また一年, 私と

▼ うとだけは~ (3, 0.0%)

1 思い会って, 思って, 想像が

▼ うとという~ (3, 0.0%)

1 ことが, 一貫性であっ, 活動写真を

▼ うととなへと~ (3, 0.0%)

3 たうし

▼ うとばかりは~ (3, 0.0%)

2 云へ 1 思はない

▼ うと迄~ (3, 0.0%)

1 した位, 決心した, 苦しい目

▼ うと迄は~ (3, 0.0%)

1 しなかった, 企らみ得る, 思はなかつたと

▼ うどうもそう~ (3, 0.0%)

2 思われて 1 しないと

▼ うどころか~ (3, 0.0%)

1 これは, 対, 誰に対しても

▼ うどのみち~ (3, 0.0%)

1 それより, どちらか, 本道へ

▼ うどれ~ (3, 0.0%)

1 ちょうど私, ほどの手腕, 丁度私

▼ うなき~ (3, 0.0%)

1 われわれを, を見るべし, 感これあり

▼ うなけは~ (3, 0.0%)

1 ひであつ, ひもなく, ひを

▼ うなといふ~ (3, 0.0%)

2 やうな 1 仕事は

▼ うなどとさえ~ (3, 0.0%)

1 する, 思って, 相談を

▼ うなどとしても~ (3, 0.0%)

1 今日では, 徒労に, 駄目だ

▼ うなどとまで~ (3, 0.0%)

1 狭い女心, 狹い, 頭中将は

▼ うなにしろ~ (3, 0.0%)

1 人数が, 後家ばあさん大いに, 牛などという

▼ うなにしろまだ~ (3, 0.0%)

2 十九か 1 お若い

▼ うなは~ (3, 0.0%)

1 ちが, 小さき貝, 爺ん

▼ うなんぞは~ (3, 0.0%)

1 全く恐れ入ります, 吝ったれ, 白骨はじまっ

▼ うなんてね~ (3, 0.0%)

1 あっしぁお内儀に, いっていなすった, お案じ

▼ うにという~ (3, 0.0%)

1 のであった, 気さえ, 考えが

▼ うによる~ (3, 0.0%)

1 せりふの, ですな, べしおそらく

▼ うぬ惚れ~ (3, 0.0%)

1 がため, だけじゃ, は並

▼ うはいふ~ (3, 0.0%)

1 が八釜, が娼婦性, が畫孃

▼ うはさ~ (3, 0.0%)

1 が古く, もあり, を立派

▼ うはっきり~ (3, 0.0%)

1 と, と自分, 正直に

▼ うばい人~ (3, 0.0%)

1 たあな, にする, に任せとく

▼ うばか~ (3, 0.0%)

1 な奴ら, な方, 野郎め

▼ うばかりか~ (3, 0.0%)

1 彼は, 私は, 贔屓にさえも

▼ うばかりとは~ (3, 0.0%)

3 思はれない

▼ うぷー~ (3, 0.0%)

2 うぷー 1

▼ うへから~ (3, 0.0%)

1 照らして, 顏ぢかく, 飛びちる

▼ うへた~ (3, 0.0%)

1 なこと, な茶屋女, をする

▼ うへへ~ (3, 0.0%)

1 反つた, 埃が, 自分を

▼ うべん~ (3, 0.0%)

1 小僧, 小僧の, 忘れては

▼ うほっと~ (3, 0.0%)

1 大きな溜息, 安心する, 息を

▼ うまでの~ (3, 0.0%)

1 ことを, 悪人とは, 早業は

▼ うまま~ (3, 0.0%)

1 にすき, になっ, に好き

▼ うもう一度~ (3, 0.0%)

1 思案し, 戦雲の, 行つて調べ

▼ うもつとも~ (3, 0.0%)

2 哀しいひとりぼつちの娘さん 1 らしい儀式ぶつ

▼ うやたら~ (3, 0.0%)

1 にいじめつけられ, にねずみ, に屁

▼ うやの~ (3, 0.0%)

1 こうし, ような, ビフテキ一っ

▼ うゆるゆる~ (3, 0.0%)

1 と右, 腹を, 話して

▼ うよくも~ (3, 0.0%)

1 これほど, なしわるくも, 似たり

▼ うよしも~ (3, 0.0%)

1 ない, なかった, なくただ

▼ うよそ~ (3, 0.0%)

1 のお, の知らない, へ行く

▼ うら店~ (3, 0.0%)

1 ずまいの, などへはなか, に逼塞

▼ うりっぱ~ (3, 0.0%)

1 なイス, な夫人たち, な美しい

▼ うわざと~ (3, 0.0%)

1 のよう, 女共から, 知らん振りを

▼ うわたしたち~ (3, 0.0%)

1 のする, の身の上, 知って

▼ うわっ~ (3, 0.0%)

1 しょわっ, ぱりを, 張を

▼ うソコ~ (3, 0.0%)

1 で或, で横浜, で色々

▼ うソレ~ (3, 0.0%)

1 に又, は宜しい, 或ひ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 いって, 取ろうと, 関わない断然

▼ うドクトル~ (3, 0.0%)

1 の告白, まだ隠居, 未だ隱居

▼ うナニ~ (3, 0.0%)

1 実際の, 少しの, 知れや

▼ うヒゲ~ (3, 0.0%)

1 に指, もその, も剃っ

▼ うビール~ (3, 0.0%)

1 が御手許, でも飲もう, を少し

▼ うムク~ (3, 0.0%)

1 がお前, が落着, はどう

▼ うモウ~ (3, 0.0%)

3 いひませぬモウ

▼ う一ツ~ (3, 0.0%)

1 は気分, は氣分, 考えて

▼ う一年三百六十五日物いふ事~ (3, 0.0%)

3 も無く

▼ う一本~ (3, 0.0%)

1 の凧糸, の線, も矢

▼ う一生~ (3, 0.0%)

1 に一度, のあいだ手, の仕事

▼ う一番~ (3, 0.0%)

1 とッつき, 嚇して, 近くて

▼ う丁寧~ (3, 0.0%)

1 な挨拶, にお通し, に通す

▼ う万一~ (3, 0.0%)

1 その火, 娘に, 早まって

▼ う~ (3, 0.0%)

1 い三梃, い四, ぶちゃん

▼ う上下~ (3, 0.0%)

1 と左右, を著, を見渡す

▼ う上品~ (3, 0.0%)

1 で洒脱, で無口, や病

▼ う不幸~ (3, 0.0%)

1 では, なん, な宮様

▼ う~ (3, 0.0%)

1 ある者, というの, 體は

▼ う~ (3, 0.0%)

1 がこの, の持病, はその

▼ う事件~ (3, 0.0%)

1 があっ, になっ, は何

▼ う事実~ (3, 0.0%)

1 に気が付いた, はふれられ, を考慮

▼ う二三日~ (3, 0.0%)

1 いて, すれば, 待って

▼ う二葉~ (3, 0.0%)

3 やのお

▼ う云つてゆき子~ (3, 0.0%)

1 はする, は呆, は手提げ

▼ う云つて周子~ (3, 0.0%)

1 はまた, は寂し, は苦笑

▼ う云つて母~ (3, 0.0%)

1 はセヽラ笑つた, は含み笑, は黙々と

▼ う云つて父~ (3, 0.0%)

1 は一寸顔, は煙草入, は立ち上り

▼ う云ふか~ (3, 0.0%)

2 と思ふ 1 と云

▼ う~ (3, 0.0%)

1 っとも智恵, とは精分, と遊び

▼ う今さら~ (3, 0.0%)

1 この年, しかたが, 恋の

▼ う今時~ (3, 0.0%)

1 そんな値段, まだ恋, 詰らない妖者

▼ う他人~ (3, 0.0%)

1 が退屈, に出, の真似

▼ う以上~ (3, 0.0%)

1 に果す, の量, はたとえ

▼ う以前~ (3, 0.0%)

1 のよう, の世帯道具一切合切, やっぱり佃

▼ う仲間~ (3, 0.0%)

1 にしびれる, につれられ, の一人

▼ う伯父~ (3, 0.0%)

1 が口, の牧山男爵, の風采

▼ う何で~ (3, 0.0%)

1 え婆ア, お前は, せう

▼ う何となく~ (3, 0.0%)

1 ノンキだ, 淋しそう, 眠気を

▼ う何もかも~ (3, 0.0%)

1 かたづいたのに, が其処, 見えないはず

▼ う何様~ (3, 0.0%)

1 な人, な塩梅, な物

▼ う余程~ (3, 0.0%)

1 前からの, 半間さ, 痛むかな

▼ う作物~ (3, 0.0%)

1 のしなびた, の育ちよう, の象

▼ う依然として~ (3, 0.0%)

1 ぎごちなく, 身の, 金八の

▼ う~ (3, 0.0%)

1 まで天井, を二本, を貸し

▼ う先づ今夜~ (3, 0.0%)

2 は歸つて 1 は帰

▼ う先方~ (3, 0.0%)

1 でもし, は, も茶人

▼ う~ (3, 0.0%)

1 は昨日裏, も來い, も半端

▼ う~ (3, 0.0%)

2 づかしくもあろう夫 1 かしい事

▼ う六人~ (3, 0.0%)

1 です, になったら, のこども

▼ う兵馬~ (3, 0.0%)

1 の仕業, の到らない, はこんな

▼ う其方~ (3, 0.0%)

1 が思い止まった, は何, は彫物

▼ う其穢多~ (3, 0.0%)

1 が皆さん, は今, は御

▼ う其處~ (3, 0.0%)

1 で道明寺屋吉左衞門, には宿院, は

▼ う~ (3, 0.0%)

1 へ帰っ, へ来る, 俯したる

▼ う冗談~ (3, 0.0%)

1 では無い, でもしたら, はよした

▼ う~ (3, 0.0%)

1 は差せ, を抜け, を防ごう

▼ う分別~ (3, 0.0%)

1 しかえて, も湧い, 仕更

▼ う判断~ (3, 0.0%)

2 して 1 した

▼ う別段~ (3, 0.0%)

1 女人禁制と, 暑さ, 相談も

▼ う割合~ (3, 0.0%)

2 気軽に 1 に手ツ取り

▼ う勇さん~ (3, 0.0%)

3 だからとて

▼ う勘定~ (3, 0.0%)

1 して, を何, を申しつけい

▼ う双方~ (3, 0.0%)

1 から一人, とも, の言

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の一突き, 丁度五十歳前後の, 山路が

▼ う叫び~ (3, 0.0%)

1 つづけた, 出した, 出すなり

▼ う可愛い~ (3, 0.0%)

1 ワネお, 女の子と, 綺麗な

▼ う吉三~ (3, 0.0%)

3 の言

▼ う向こう~ (3, 0.0%)

1 のお, のまがり, も十分

▼ う~ (3, 0.0%)

3 立てた物

▼ う~ (3, 0.0%)

1 鳴りながら, 鳴ると, 鳴るバサウリューク

▼ う~ (3, 0.0%)

1 なんぞは惜し, の終わり, 有っての

▼ う~ (3, 0.0%)

1 が何, のいい美しい, の可

▼ う~ (3, 0.0%)

1 がボッ, も汚らしかろ, を動かさず

▼ う~ (3, 0.0%)

1 にも悪, は急げ, は急ごう

▼ う四五人~ (3, 0.0%)

1 の人々, の男, の紳士達

▼ う回復~ (3, 0.0%)

2 しようと 1 させようと

▼ う~ (3, 0.0%)

1 によつて, に忠, は来月初旬

▼ う國松~ (3, 0.0%)

1 の嘆き, の眼, はなほ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 という字, に汚れた, の塊

▼ う土間~ (3, 0.0%)

1 で米, の上, の台所

▼ う地球~ (3, 0.0%)

1 が動かず, が隕石, の果

▼ う坊さん~ (3, 0.0%)

2 の講義 1 がいるだろう

▼ う報告~ (3, 0.0%)

1 しよう知らないもの, するの, にも耳

▼ う場所~ (3, 0.0%)

1 もあろう, をよく, を撰ん

▼ う場面~ (3, 0.0%)

1 に慣れ, の不愉快さ, を想像

▼ う塩梅~ (3, 0.0%)

1 だ, に, に曲げ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 からも屋根裏, が二重, のところ

▼ う夜中~ (3, 0.0%)

1 ではある, の二三時, まで寝られない

▼ う大病~ (3, 0.0%)

2 にでもなつ 1 にでもなったら

▼ う大臣~ (3, 0.0%)

1 にでもなったら返しくだされ, の性格, はみんな

▼ う太い~ (3, 0.0%)

1 円柱が, 流木が, 野郎だ

▼ う夫人~ (3, 0.0%)

1 と同じく, はどんなに, はまた

▼ う女の子~ (3, 0.0%)

2 にし 1 の紅い

▼ う女夫~ (3, 0.0%)

3 やくそく

▼ う女子~ (3, 0.0%)

1 と盲づれ, の労働能率, の閲覧人

▼ う女子ども~ (3, 0.0%)

3 の使

▼ う奴等~ (3, 0.0%)

1 が書, と来たら, の財宝

▼ う~ (3, 0.0%)

1 加減に, 気嫌で, 雪片

▼ う如何~ (3, 0.0%)

1 だね, 弁解したら, 樣に

▼ う~ (3, 0.0%)

1 とよく, の片言, よ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の女王, の顔, はそう

▼ う始末~ (3, 0.0%)

1 じゃ, でねえお, で一進一止

▼ う姫君~ (3, 0.0%)

1 がいる, がここ, の生母

▼ う~ (3, 0.0%)

1 あ殺し詮議, そう打擲, の姿

▼ う婦人~ (3, 0.0%)

1 の裡, は天窓, や少年

▼ う子供達~ (3, 0.0%)

1 はそれ, もどんなに, や若者

▼ う~ (3, 0.0%)

1 にその, は孫, や女ども

▼ う~ (3, 0.0%)

1 では先日, に居りまし, へみ

▼ う安く~ (3, 0.0%)

1 されちや, はない, 出來

▼ う安心~ (3, 0.0%)

2 して 1 を極めて

▼ う定めし~ (3, 0.0%)

1 居耐, 錠が, 鵞鳥みたいな

▼ う~ (3, 0.0%)

1 たらどう, てい, て居

▼ う寒い~ (3, 0.0%)

1 だらうね, のか, 時には

▼ う~ (3, 0.0%)

1 に善い, に良い, は私

▼ う小屋~ (3, 0.0%)

1 のやう, の主人, の天井

▼ う少年~ (3, 0.0%)

1 が夢にもかく, はそれ, も平和

▼ う屋敷~ (3, 0.0%)

1 の大, へ引返し, を買う

▼ う屹度~ (3, 0.0%)

1 もうあたし, 再び師, 行きます

▼ う~ (3, 0.0%)

1 に激, の襞, 入坊

▼ う左手~ (3, 0.0%)

1 で刀, に長い, へ田

▼ う平気~ (3, 0.0%)

1 さあ, だわ, よ

▼ う幾人~ (3, 0.0%)

1 かはジャン・ジャック・ルーソー, の同胞, もゐない

▼ う幾度~ (3, 0.0%)

1 となく, もある, もあるだらう

▼ う~ (3, 0.0%)

1 に逢っ, のよう, の奴等

▼ う当の~ (3, 0.0%)

1 ものに, 御親類, 的先を

▼ う当然~ (3, 0.0%)

1 のこと, マラルメの, 来るべきこと

▼ う~ (3, 0.0%)

1 じゃア不都合, のもの, まで真似

▼ う彼処~ (3, 0.0%)

1 で種々, に寄らない, までは登れる

▼ う彼男~ (3, 0.0%)

21 は屹度妹

▼ う彼自身~ (3, 0.0%)

1 の一代, はっきりと, はつ

▼ う御在~ (3, 0.0%)

2 ますから 1 ます

▼ う御息所~ (3, 0.0%)

1 とは始終, も今, も和琴

▼ う御用~ (3, 0.0%)

1 で, はございません, はなん

▼ う必要~ (3, 0.0%)

1 によっては拷問, はあるまい, はない

▼ う~ (3, 0.0%)

1 つたん, にゃ念, のため

▼ う思い~ (3, 0.0%)

1 に耽っ, もかけない, も寄らぬ

▼ う怪しい~ (3, 0.0%)

1 って事, のは, 者が

▼ う悠々~ (3, 0.0%)

1 たり千里, として陣屋, と胴巻

▼ う意識~ (3, 0.0%)

2 して 1 の所有者

▼ う感じ~ (3, 0.0%)

1 がある, にばかり漬, のよく

▼ う我儘~ (3, 0.0%)

1 が出来る, は出し, を申し

▼ う我身の上~ (3, 0.0%)

2 にも知られまする 1 にも知れまする

▼ う或いは~ (3, 0.0%)

1 何か, 其の年齢, 秀子が

▼ う~ (3, 0.0%)

1 ざしす, は閉まった, をこわし

▼ う所天~ (3, 0.0%)

1 に罪, はもう, は本統

▼ う所詮~ (3, 0.0%)

1 叶は, 叶わないと, 嫂は

▼ う~ (3, 0.0%)

1 が半分, の前, をあけ

▼ う手段~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, は何, を取ろう

▼ う手間~ (3, 0.0%)

1 はとるまい, は取らせ, を頼ん

▼ う批評~ (3, 0.0%)

1 されて, をしない, を知らない

▼ う~ (3, 0.0%)

3 かけて

▼ う提灯~ (3, 0.0%)

1 をさげた, を持っ, を貸し

▼ う~ (3, 0.0%)

2 して 1 し出して

▼ う支那~ (3, 0.0%)

1 などでも夢, の人, の美人

▼ う故に~ (3, 0.0%)

1 我あり, 結局創造の, 絹製品及び

▼ う敏捷~ (3, 0.0%)

2 と院内 1 でしかも

▼ う文句~ (3, 0.0%)

1 で何, はある, を拵える

▼ う旨い~ (3, 0.0%)

1 とは考へ, 方で, 訳には

▼ う早速~ (3, 0.0%)

2 ですが 1 その手配

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の空, は二十億年, もまたたこう

▼ う昨日~ (3, 0.0%)

1 からも少し, は大変, までの瑪瑙

▼ う最う~ (3, 0.0%)

1 少し胸, 茲に, 長く話し

▼ う最後~ (3, 0.0%)

1 にその, の八本め, の詞

▼ う木曽~ (3, 0.0%)

1 の家中, の館, へ出掛け

▼ う未来~ (3, 0.0%)

1 というもの, のこと, を想っ

▼ う本気~ (3, 0.0%)

1 じゃあない, にこの, に吠える

▼ う本物~ (3, 0.0%)

1 のお化け, の人間, の恐

▼ う来る~ (3, 0.0%)

1 んだ, 前に, 日も

▼ う格子~ (3, 0.0%)

1 が無気味, の底, や妻戸

▼ う楽しい~ (3, 0.0%)

1 もので, 夕べが, 旅を

▼ う様子~ (3, 0.0%)

1 か, に見えた, を想像

▼ う橋本氏~ (3, 0.0%)

1 がふつ, にかぎらない, はさう

▼ う此様~ (3, 0.0%)

1 な嬉しい, な箱, な芽

▼ う此次~ (3, 0.0%)

1 に, に此次, の座敷

▼ う歴史~ (3, 0.0%)

1 こそ却って, の喰い, の大

▼ う~ (3, 0.0%)

2 りませう歸 1 りませうえ

▼ う死骸~ (3, 0.0%)

1 が流れ, はまだ, は知れない

▼ う殿下~ (3, 0.0%)

2 から拝領 1 においてはこれ

▼ う母さん~ (3, 0.0%)

1 になる, の顔, もさそっ

▼ う~ (3, 0.0%)

2 日々 1 春夜牝馬を

▼ う汽車~ (3, 0.0%)

1 で行く, は智頭, を待つ

▼ う況して~ (3, 0.0%)

1 そういう婦人, 彼は, 旦那とは

▼ う洞窟~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の入口

▼ う浄瑠璃~ (3, 0.0%)

1 とか草双紙, と言, のお

▼ う~ (3, 0.0%)

1 おさ, でうるんだ, もふい

▼ う~ (3, 0.0%)

1 めだつたらしく, るの, んの

▼ う父上~ (3, 0.0%)

1 はおれ, やこの, 御自身

▼ う~ (3, 0.0%)

21 が手さ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 よりすぎた, 眼を, 腕を

▼ う片手~ (3, 0.0%)

1 が薄, に頭, は熊

▼ う~ (3, 0.0%)

2 はない 1 は先ず

▼ う甚だ~ (3, 0.0%)

1 元始的の, 大に, 遺憾である

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の上, へ突っ, へ額

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の上, みかけられると, み目

▼ う白状~ (3, 0.0%)

1 いたせ拙者屹度調, しましたで, しろ

▼ う皆さん~ (3, 0.0%)

1 ごゆっくり, もまた, も御覧

▼ う~ (3, 0.0%)

1 変らず青, 對し, 見互

▼ う相当~ (3, 0.0%)

1 の年輩, の御, 生活し

▼ う真実~ (3, 0.0%)

1 だろうと, に嫁ぐ, に宗蔵

▼ う瞬間~ (3, 0.0%)

1 の光焔, の感情, をしばしば

▼ う秀吉~ (3, 0.0%)

1 が居城, に取っ, は大いに

▼ う私一人~ (3, 0.0%)

2 で宜しい 1 の意志

▼ う~ (3, 0.0%)

1 が來, だと, のつめたい

▼ う程度~ (3, 0.0%)

1 に不思議, に魚, のもの

▼ う種類~ (3, 0.0%)

1 の召集, の女, の機械

▼ う~ (3, 0.0%)

1 からこちら, の方, の藁

▼ う~ (3, 0.0%)

1 が無い, なしデー, の余裕

▼ う糸瓜~ (3, 0.0%)

2 の水 1 ほどな

▼ う結婚~ (3, 0.0%)

1 されて, をさせない, をした

▼ う結果~ (3, 0.0%)

1 になっ, になる, にはなるまい

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の先生, の好き, を依頼

▼ う続け~ (3, 0.0%)

1 さまに, てはとても, て呼ぶ

▼ う続ける~ (3, 0.0%)

2 のです 1 のでした

▼ う~ (3, 0.0%)

1 と手拭, の外, を早く

▼ う罪人~ (3, 0.0%)

1 として縛られる, ならざるもの, の方

▼ う美人~ (3, 0.0%)

1 がこんな, が住, は胸

▼ う群衆~ (3, 0.0%)

1 とまざろう, はそれ, を予想

▼ う羨し~ (3, 0.0%)

1 いこと, いね私も, がるべき理由

▼ う義雄~ (3, 0.0%)

1 が受けた, が答, の今

▼ う老人~ (3, 0.0%)

1 のくせ, はそこ, は強い

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の交わり, の油, を

▼ う~ (3, 0.0%)

1 の出来る, の毛, は

▼ う臆病~ (3, 0.0%)

21 なの

▼ う自分たち~ (3, 0.0%)

1 が人間, にも覚え, の先輩ども

▼ う自尊心~ (3, 0.0%)

1 が強く, の多, の強い

▼ う自己~ (3, 0.0%)

1 の心中, の魂, は彼

▼ う自然~ (3, 0.0%)

1 にこういう, に答, の力

▼ う~ (3, 0.0%)

1 でざぶ, で来ました, の行く

▼ う色々~ (3, 0.0%)

1 な材料, 考へたが, 言葉を

▼ う芸術~ (3, 0.0%)

1 の芽, の道, もそれ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 にならない, 沙弥君, 沙弥君論文脱稿前に

▼ う藻西太郎~ (3, 0.0%)

1 か藻西太郎, の妻倉子, は昨夜老人

▼ う~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の湖

▼ う~ (3, 0.0%)

1 が蝟, に興味, は自分

▼ う西洋~ (3, 0.0%)

1 では千六百二十三年前, へでも参る, 人臭く見せよう

▼ う見物~ (3, 0.0%)

1 して, の無数, は声

▼ う覚悟~ (3, 0.0%)

1 して, で居よう, を極めて

▼ う~ (3, 0.0%)

1 では中央郵便局, になった, に切った

▼ う言つて平次~ (3, 0.0%)

1 は佐野松, は奧, を見上げる

▼ う言つて祖父~ (3, 0.0%)

1 は壺, は眼, は腹立ちまぎれ

▼ う言つて自分~ (3, 0.0%)

1 にも意外, の手, も十字

▼ う証拠~ (3, 0.0%)

1 が入った, になりゃ, を以て申開き

▼ う評判~ (3, 0.0%)

1 だツ, でしたが, の胴着

▼ う~ (3, 0.0%)

1 から散文, といふもの, を作らう

▼ う~ (3, 0.0%)

1 契機との, 戸の, 科学の

▼ う警察~ (3, 0.0%)

1 に知らせる, へデモ, や検事局

▼ う~ (3, 0.0%)

1 な奴, りが, りの

▼ う谷中~ (3, 0.0%)

1 の三崎町, の下, の屋敷

▼ う足跡~ (3, 0.0%)

1 は妊婦, は盲目, は跛足

▼ う近い~ (3, 0.0%)

1 から, とお, 関係では

▼ う返辞~ (3, 0.0%)

1 である, を遣た, を遣わした

▼ う遅い~ (3, 0.0%)

1 ですから, では, んぢや

▼ う遅く~ (3, 0.0%)

1 なったら新田屋, なるから, なるの

▼ う道中~ (3, 0.0%)

1 ずいぶん忠義, は, も洒

▼ う~ (3, 0.0%)

2 はない 1 ふなら違

▼ う金吾~ (3, 0.0%)

1 の居所, も帰ろう, やるなあ

▼ う~ (3, 0.0%)

1 のおり, のやう, の吹き

▼ う限り~ (3, 0.0%)

1 の能力, の芸術法則, はその

▼ う階下~ (3, 0.0%)

2 の部屋 1 の間

▼ う青い~ (3, 0.0%)

1 煙を, 芽を, 顔を

▼ う青味~ (3, 0.0%)

1 がかった棒縞, がかった白, がかつ

▼ う青木~ (3, 0.0%)

1 がやって来た, だ青木, はそれ

▼ う面白く~ (3, 0.0%)

2 もねえ 1 もない

▼ う~ (3, 0.0%)

1 だけはお, は此處, は死骸

▼ う駄目~ (3, 0.0%)

1 だと, だろうと, です

▼ う魂胆~ (3, 0.0%)

1 そんなばかげた, と子分一, なの

▼ うあいにく~ (2, 0.0%)

1 わたしンとこには, 私たちが

▼ うあくどく~ (2, 0.0%)

1 残虐な, 繰り返しては

▼ うあくまで~ (2, 0.0%)

1 活き活きと, 進めそこ

▼ うあげ~ (2, 0.0%)

2 て女房

▼ うあっ~ (2, 0.0%)

1 かい, こおば

▼ うあて~ (2, 0.0%)

1 にしきっ, になる

▼ うあながち~ (2, 0.0%)

1 にさっき, 小鹿様の

▼ うあなたたち~ (2, 0.0%)

1 の直系, は僕

▼ うあまりに~ (2, 0.0%)

1 も完全, 人情が

▼ うあら~ (2, 0.0%)

1 ば云え, 血が

▼ うあらう~ (2, 0.0%)

2 筈が

▼ うあれぢ~ (2, 0.0%)

1 や口, や笑つたッ

▼ うあゝあ~ (2, 0.0%)

1 心配な, 恐るべき事

▼ ういいえ~ (2, 0.0%)

2 飲みませんと

▼ ういくらか~ (2, 0.0%)

1 せかれて, 長くひっぱる

▼ ういくらでも~ (2, 0.0%)

1 やるぜ, 飲むが

▼ ういっしょ~ (2, 0.0%)

1 に, に車

▼ ういっぺん~ (2, 0.0%)

1 たしかめないこと, 弾いて

▼ ういつぞや~ (2, 0.0%)

1 あなたが, 白馬ヶ岳の

▼ ういつのまに~ (2, 0.0%)

1 のぼったか, やら燃え

▼ ういふお話~ (2, 0.0%)

1 がでた, をした

▼ ういふ会~ (2, 0.0%)

1 には来, へ出た

▼ ういふ作~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を見たら

▼ ういふ努力~ (2, 0.0%)

1 がいくらか, をし

▼ ういふ動作~ (2, 0.0%)

1 をし, を間断

▼ ういふ口~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ ういふ君~ (2, 0.0%)

1 の最も, を憎みはじめた

▼ ういふ味~ (2, 0.0%)

1 は銀座, も訳語

▼ ういふ商売~ (2, 0.0%)

1 だ, をやらせる

▼ ういふ山~ (2, 0.0%)

1 の木, の風景

▼ ういふ役~ (2, 0.0%)

1 に遭遇, を振られる

▼ ういふ徹底~ (2, 0.0%)

2 しない論理

▼ ういふ心配~ (2, 0.0%)

1 は叔父, は深く

▼ ういふ意図~ (2, 0.0%)

1 だけは示された, は持つ

▼ ういふ意識~ (2, 0.0%)

1 で観察, のなか

▼ ういふ教育~ (2, 0.0%)

1 を受け, 乃至啓蒙

▼ ういふ料理~ (2, 0.0%)

1 がお, は全く

▼ ういふ時ちよ~ (2, 0.0%)

2 つと我慢

▼ ういふ次第~ (2, 0.0%)

1 でありまして, ならば

▼ ういふ水~ (2, 0.0%)

1 がある, にも等しい

▼ ういふ病~ (2, 0.0%)

1 が高じる, にか

▼ ういふ結論~ (2, 0.0%)

2 を下した

▼ ういふ者~ (2, 0.0%)

1 はやるまい, も有

▼ ういふ虫~ (2, 0.0%)

1 がつい, の害

▼ ういふ解釈~ (2, 0.0%)

1 を受け, を許さない

▼ ういふ記憶~ (2, 0.0%)

1 が全く, を呼び出し

▼ ういふ説~ (2, 0.0%)

1 がある, が行

▼ ういふ説明~ (2, 0.0%)

1 は自分, を聴き

▼ ういふ述懐~ (2, 0.0%)

1 は丑松, を次々

▼ ういふ遠慮~ (2, 0.0%)

1 のない, をしなけれ

▼ ういふ酒~ (2, 0.0%)

1 を飲み慣れたい, を飲ん

▼ ういふ関係~ (2, 0.0%)

1 でいよいよ, になつて

▼ ういふ面~ (2, 0.0%)

1 から指摘, の有益

▼ ういふ頼り~ (2, 0.0%)

1 ない文子, ない状態

▼ ういろんな~ (2, 0.0%)

1 国々では, 姿が

▼ ういわば~ (2, 0.0%)

1 このうえ, 芸術創作の

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ぉううぉうと虎の, ーうとう

▼ ううえ~ (2, 0.0%)

1 では適切, は至誠

▼ うえらい~ (2, 0.0%)

1 勢いで, 評判での

▼ うおいら~ (2, 0.0%)

1 にはいえない, は旅

▼ うおかみさん~ (2, 0.0%)

1 とのこと, をあんなに

▼ うおじいさん~ (2, 0.0%)

1 どうなすった, はおりよう

▼ うおそろしい~ (2, 0.0%)

1 がらくたき, やつです

▼ うおとな~ (2, 0.0%)

1 にお話, のことば

▼ うおばあさん~ (2, 0.0%)

1 どんなにし, はやはり

▼ うおばさん~ (2, 0.0%)

1 の方, はあの

▼ うおふくろ~ (2, 0.0%)

1 は, も一緒

▼ うおまえさん~ (2, 0.0%)

1 が怒る, は楠木正季さま

▼ うお伽噺~ (2, 0.0%)

1 の中, を地

▼ うお前何~ (2, 0.0%)

2 か小言

▼ うお姫様~ (2, 0.0%)

1 がナギナタ, とこう一つ

▼ うお家~ (2, 0.0%)

1 なら聞きつけて, のカステラ

▼ うお忙しい~ (2, 0.0%)

1 お身の上, ならば

▼ うお母さま~ (2, 0.0%)

1 はきっと, は芝居

▼ うお湯~ (2, 0.0%)

1 を沸, を煮たて

▼ うお笑い~ (2, 0.0%)

1 なすっては, になっ

▼ うかさえ~ (2, 0.0%)

1 判らなかった, 彼女には

▼ うかだの~ (2, 0.0%)

1 いろんな空想, 馬と

▼ うかて~ (2, 0.0%)

1 ような, 見な

▼ うかというぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ところである, 交際に

▼ うかとしか~ (2, 0.0%)

1 思はれません, 思われません

▼ うかとて~ (2, 0.0%)

2 問ひかける

▼ うかとでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, いったよう

▼ うかとな~ (2, 0.0%)

1 つた訳である, 私は

▼ うかななどと~ (2, 0.0%)

1 いつたこと, 考えて

▼ うかのう~ (2, 0.0%)

1 冷えてしもて, 番頭

▼ うかのみ~ (2, 0.0%)

1 たまと, たまを

▼ うかま~ (2, 0.0%)

2 やしない

▼ うかや~ (2, 0.0%)

1 それぢや, 氣の

▼ うからなあ~ (2, 0.0%)

2 いまの

▼ うかナ~ (2, 0.0%)

1 うふん, 立ち上って

▼ うがしかし~ (2, 0.0%)

2 それは

▼ うがたがた~ (2, 0.0%)

2 鳴るんだい

▼ うがど~ (2, 0.0%)

1 どういう訳, ぶ女郎

▼ うがなと~ (2, 0.0%)

1 いった, 私は

▼ うがねえ~ (2, 0.0%)

1 その中, 今の

▼ うがは~ (2, 0.0%)

1 いるまいが, ッは

▼ うがネと~ (2, 0.0%)

1 いいたげな目つき, いって

▼ うきのう~ (2, 0.0%)

1 からちょいちょい, からの待ち人

▼ うきみ~ (2, 0.0%)

1 がショート, の知っ

▼ うくどくど~ (2, 0.0%)

1 という, と嘆きなさる

▼ うくら~ (2, 0.0%)

2 ゐの

▼ うくらいにまで~ (2, 0.0%)

1 先廻りを, 怒って

▼ うけさ~ (2, 0.0%)

1 おそかった, ね宅

▼ うけち~ (2, 0.0%)

1 な催促, な店

▼ うけっして~ (2, 0.0%)

1 こんなめ, 小説を

▼ うけと~ (2, 0.0%)

1 つて出かける, 電文を

▼ うけら~ (2, 0.0%)

2 るるが

▼ うけれどさ~ (2, 0.0%)

1 ひどいわ, 天下を

▼ うけんめい勉強~ (2, 0.0%)

1 したオランダ語, して

▼ うけんめい目~ (2, 0.0%)

1 を見張っ, を覚まし

▼ うこいさん~ (2, 0.0%)

1 に会え, のした

▼ うことそれ~ (2, 0.0%)

1 によって失われるであろう, に考えごと

▼ うこと等~ (2, 0.0%)

1 が全く, をプレハーノフ

▼ うこの世~ (2, 0.0%)

1 でこうした, を幸

▼ うこの間~ (2, 0.0%)

1 の事件, もね先生

▼ うこれこれ~ (2, 0.0%)

1 こうし, 笠を

▼ うこれ以上~ (2, 0.0%)

1 すること, 長々と

▼ うこわい~ (2, 0.0%)

1 ことは, と思いました

▼ うごうし~ (2, 0.0%)

1 た声, た聲

▼ うごく~ (2, 0.0%)

1 の中, 俗情に

▼ うさあ貴~ (2, 0.0%)

2 樣が

▼ うさうな~ (2, 0.0%)

1 つたが, 男の子だ

▼ うさくら~ (2, 0.0%)

1 がちるちつ, ちるちつて

▼ うさぞ~ (2, 0.0%)

1 お驚, つかれが

▼ うさっさと~ (2, 0.0%)

1 人員を, 過ぎて

▼ うさながら~ (2, 0.0%)

1 山の, 翡翠の

▼ うさまざま~ (2, 0.0%)

1 なこと, の今日

▼ うさも~ (2, 0.0%)

1 あろう, なくて

▼ うさよう~ (2, 0.0%)

1 こういう時世, 山葵の

▼ うさらに~ (2, 0.0%)

1 大きい彼我, 送って

▼ うしいて~ (2, 0.0%)

1 入りたいと, 生きて

▼ うしずつ~ (2, 0.0%)

1 少しずつ, 読めるよう

▼ うしも~ (2, 0.0%)

1 ぶくれの, 一つには

▼ うじき~ (2, 0.0%)

1 に死ん, を申せ

▼ うじゃあねえか~ (2, 0.0%)

1 トントントンさ誰方だ, 信ぜよそして

▼ うすでに~ (2, 0.0%)

1 ウニベルサール紙エル, 失格偉い

▼ うせん~ (2, 0.0%)

1 が老人, の上

▼ うぜの~ (2, 0.0%)

2 約束信如は

▼ うそうそう~ (2, 0.0%)

1 なのね, 三文安の

▼ うその他~ (2, 0.0%)

1 のいくじ, の時間

▼ うそもそも~ (2, 0.0%)

1 三ぴんと, 最初の

▼ うそりゃ~ (2, 0.0%)

1 アおかしい, 不足税を

▼ うそれからまた~ (2, 0.0%)

1 あの時, 尚だ

▼ うそれでいて~ (2, 0.0%)

1 あんな真似, 自分で

▼ うそれなのに~ (2, 0.0%)

1 幾年も, 自分が

▼ うそれ以外~ (2, 0.0%)

1 にない, の方法

▼ うぞという~ (2, 0.0%)

1 のである, 風に

▼ うぞの~ (2, 0.0%)

1 い, 凶と

▼ うたかが~ (2, 0.0%)

2 酒くらひ

▼ うたちまち~ (2, 0.0%)

2 事實無根と

▼ うたまに~ (2, 0.0%)

1 こういうところ, 人の

▼ うたより~ (2, 0.0%)

1 ない性格, をくれ給え

▼ うたんと~ (2, 0.0%)

1 ある人, ない

▼ うちやん~ (2, 0.0%)

1 と探索, と解

▼ うちょうちょ~ (2, 0.0%)

1 う, う菜の花

▼ うちよ~ (2, 0.0%)

1 つとお, つとぐらゐ

▼ うちよい~ (2, 0.0%)

1 との間, と舐め

▼ うっていうの~ (2, 0.0%)

2 かい

▼ うってのに~ (2, 0.0%)

1 昔の, 這えつくばい

▼ うつぎ~ (2, 0.0%)

1 の花, は箱根山

▼ うつた~ (2, 0.0%)

1 にち, へるもの

▼ うつてん~ (2, 0.0%)

1 だ, だこの

▼ うつて言ふん~ (2, 0.0%)

1 だが, ですよ

▼ うつまらない~ (2, 0.0%)

1 こと考えない, 何んだ

▼ うてな~ (2, 0.0%)

1 心構は, 調子で

▼ うてめえ~ (2, 0.0%)

1 は, は薬研

▼ うてんじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないよ

▼ うでか~ (2, 0.0%)

1 その兄, まひません

▼ うですが~ (2, 0.0%)

1 お給仕, そんな論理的遊戯

▼ うでと~ (2, 0.0%)

1 日向は, 足で

▼ うでにかけて~ (2, 0.0%)

1 いました, マチアの

▼ うでもな~ (2, 0.0%)

1 ささうで, ささうである

▼ うというくらいの~ (2, 0.0%)

1 つもりだった, 異人は

▼ うといふまでは~ (2, 0.0%)

1 いつまでも, 左程

▼ うといふも~ (2, 0.0%)

1 さる事, 変なくだらぬ

▼ うとこそ~ (2, 0.0%)

1 すれ決して, 思うべきである

▼ うとしてけ~ (2, 0.0%)

1 つかるだよ, ふもくれたか

▼ うとしてさえ~ (2, 0.0%)

1 いる現状, 憚から

▼ うとすらも~ (2, 0.0%)

1 しないの, 考えませんでした

▼ うとぞ~ (2, 0.0%)

1 いうが, くつと

▼ うとつ~ (2, 0.0%)

1 して, はさけた

▼ うととに~ (2, 0.0%)

1 角それ, 角沢山ある

▼ うとなど~ (2, 0.0%)

1 したと, すると

▼ うとなどは~ (2, 0.0%)

1 して, 思わない女性

▼ うとには~ (2, 0.0%)

1 かに努力しはじめた, 汐入りの

▼ うとばかりに~ (2, 0.0%)

1 ねらいを, ろくろく出先

▼ うともとに~ (2, 0.0%)

1 角一つの, 角大事

▼ うともも~ (2, 0.0%)

1 いちど帰っ, 一度彼女

▼ うとやら~ (2, 0.0%)

1 何とやら, 何にも

▼ うとんでも~ (2, 0.0%)

2 ない私

▼ うと腹~ (2, 0.0%)

1 じゃあ慄然, をきめた

▼ うどういう~ (2, 0.0%)

1 訳だろう, 階級の

▼ うどな~ (2, 0.0%)

2 ゆめ近

▼ うどばかり~ (2, 0.0%)

2 ひかって

▼ うどよ~ (2, 0.0%)

1 汝は, 紅き炉

▼ うどれそん~ (2, 0.0%)

2 なら私

▼ うなおも~ (2, 0.0%)

1 もちで, 額に

▼ うなぞといふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, 男らしい精神

▼ うなぞは~ (2, 0.0%)

1 三流四流の, 売りきれて

▼ うなどといった~ (2, 0.0%)

1 ような, 周馬や

▼ うなへ~ (2, 0.0%)

1 うきんな, ツへ

▼ うなるべく~ (2, 0.0%)

1 はこの, 人民の

▼ うなんかという~ (2, 0.0%)

1 ような, 暢気な

▼ うなんかの~ (2, 0.0%)

2 心持ちは

▼ うなんぞといふ~ (2, 0.0%)

1 図, 量見

▼ うなんにも~ (2, 0.0%)

1 ねえや真っ青だ, 外から

▼ うなんぼ~ (2, 0.0%)

1 わたしが, 見ても

▼ うにか~ (2, 0.0%)

1 かつてゐくさる, 生活の

▼ うにく~ (2, 0.0%)

2 ははらせず

▼ うにこやか~ (2, 0.0%)

1 なとりいるよう, には繕っ

▼ うにつけ~ (2, 0.0%)

2 加へ

▼ うにな~ (2, 0.0%)

1 つて酷い, ア

▼ うによ~ (2, 0.0%)

1 つては, 女奴と

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が, の小細工

▼ うねとか~ (2, 0.0%)

1 また大きな, ヒロシに

▼ うねんと~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, 四人の

▼ うねんの~ (2, 0.0%)

1 あとについて, くびだけのせっこうぞうをかっていきました

▼ うのという~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ うのど~ (2, 0.0%)

1 の奥, を白い

▼ うはあ~ (2, 0.0%)

1 一刻も, 大いに大いにと

▼ うはい~ (2, 0.0%)

2 とお

▼ うはたして~ (2, 0.0%)

1 これが, 空へ

▼ うはつきり~ (2, 0.0%)

1 と書い, 見える姉さま

▼ うはの~ (2, 0.0%)

1 なおなす, 空でしか

▼ うはめ~ (2, 0.0%)

2 を外す

▼ うはやく~ (2, 0.0%)

1 犬山へ, 行って

▼ うばかりの~ (2, 0.0%)

1 古臭い書画, 群衆で

▼ うひつ~ (2, 0.0%)

2 からん

▼ うひょいと~ (2, 0.0%)

1 そういうこと, 立上った

▼ うふう~ (2, 0.0%)

1 な事, は微塵

▼ うふたり~ (2, 0.0%)

1 で辻駕籠, の孫

▼ うへでの~ (2, 0.0%)

1 自己の, 貴重な

▼ うへにて~ (2, 0.0%)

1 この媼, 兎も

▼ うべな~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふヘクトール

▼ うべよ~ (2, 0.0%)

2 留守のほど

▼ うほどな~ (2, 0.0%)

1 大喝一声, 鮮明な

▼ うほどにと~ (2, 0.0%)

2 母親よりの

▼ うほほ~ (2, 0.0%)

2

▼ うぼう~ (2, 0.0%)

1 としてゆふけむる月, として街

▼ うまさしく~ (2, 0.0%)

1 これなどは, 原中の

▼ うましてや~ (2, 0.0%)

2 親方様は

▼ うまたただ~ (2, 0.0%)

2 見たばかり

▼ うまっすぐ~ (2, 0.0%)

1 に抜こう, に行こう

▼ うまったく~ (2, 0.0%)

1 なんでという, 家内の

▼ うまでに~ (2, 0.0%)

1 云うは, 専門的

▼ うみなさん~ (2, 0.0%)

1 はサラ・ベルナアル, はシラノ・ド・ベルジュラック

▼ うみんな徳川~ (2, 0.0%)

2 の政府

▼ うむつかしい~ (2, 0.0%)

1 方で, 相談だろう

▼ うむろん~ (2, 0.0%)

2 私も

▼ うもうボツボツ~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 引上げた

▼ うもう二度と~ (2, 0.0%)

1 来て, 東京へなんか

▼ うもしか~ (2, 0.0%)

1 仰有る通り, 反古と

▼ うもしそう~ (2, 0.0%)

1 だったら自首, でなければ

▼ うもしも~ (2, 0.0%)

1 伯母さんが, 彼等に

▼ うもろく~ (2, 0.0%)

1 そっぽ知りゃしない, 破れたり

▼ うやっと~ (2, 0.0%)

1 襟を, 静

▼ うやへ~ (2, 0.0%)

1 橘夫妻も, 母上と

▼ うやや~ (2, 0.0%)

1 もかも会心, 勢込ん

▼ うゆえそれ~ (2, 0.0%)

1 と分ら, まではまずまず

▼ うゆえに~ (2, 0.0%)

1 江戸の, 確かに

▼ うゆえん~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ うよしんば~ (2, 0.0%)

1 登る人, 苦痛一杯でも

▼ うよろし~ (2, 0.0%)

1 うございますわたし, う御座いますこの

▼ うよろしい~ (2, 0.0%)

1 布は, 思想其物迄も

▼ うよろしく~ (2, 0.0%)

1 召上れ, 願います

▼ うらく~ (2, 0.0%)

1 この国民, この竜女半月中三日斎法

▼ うら側~ (2, 0.0%)

1 のバルコニー, へよけなけれ

▼ うら等~ (2, 0.0%)

1 が食う, も楽

▼ うら道~ (2, 0.0%)

1 とか木, をぬけ

▼ うりん~ (2, 0.0%)

1 する結果, だぞ

▼ うわがこの~ (2, 0.0%)

2 恐れるところ

▼ うわずか~ (2, 0.0%)

1 な途中, の浅水

▼ うわたくし風情~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ うわるい~ (2, 0.0%)

1 ことばかり, 御病気

▼ うわん~ (2, 0.0%)

1 うなり出したの, わんわん

▼ うイデオロギー~ (2, 0.0%)

1 として意識, は決してそう

▼ うイー~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ うウン御覧~ (2, 0.0%)

1 に入れましょう, に入れませう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 お侍, 一寸一ぱい

▼ うオクサーナ~ (2, 0.0%)

1 が口早, が答

▼ うオレ~ (2, 0.0%)

1 はオタツ, もお客

▼ うカサカサ~ (2, 0.0%)

1 して, にひからび

▼ うスー~ (2, 0.0%)

1 として二分, と一方

▼ うテン~ (2, 0.0%)

1 デあべこべ, デアト

▼ う~ (2, 0.0%)

1 キリと, タン場を

▼ うナゼ~ (2, 0.0%)

1 そういう事, そんなに怖い

▼ うナポレオン~ (2, 0.0%)

1 の肖像画, の肖像畫

▼ うネか~ (2, 0.0%)

1 あさま, あちや

▼ うネエ~ (2, 0.0%)

1 この頃, まあこの

▼ うノン~ (2, 0.0%)

1 キな, センスな

▼ うハイ~ (2, 0.0%)

1 お手打ち, サヨナラそれだけ

▼ うバルザック~ (2, 0.0%)

1 はつれなき, は世界

▼ うフラフラ~ (2, 0.0%)

1 した真品, だ

▼ うブランデー~ (2, 0.0%)

1 はきき, をかけ

▼ うプログラム~ (2, 0.0%)

2 らしいもの

▼ うボーイ長~ (2, 0.0%)

1 が固い, は自分

▼ うモデル女~ (2, 0.0%)

2 をみつけよう

▼ うユリ~ (2, 0.0%)

1 の縞, は

▼ うワンタン~ (2, 0.0%)

2 の屋台

▼ う~ (2, 0.0%)

1 と前, ふン

▼ う一ぺん~ (2, 0.0%)

1 いうて, も見舞い

▼ う一ト月~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の間

▼ う一処~ (2, 0.0%)

1 に伴い, に行け行け

▼ う一刻~ (2, 0.0%)

1 の後れ, を争う

▼ う一匹~ (2, 0.0%)

1 の痩せこけた, の蟋蟀

▼ う一向に~ (2, 0.0%)

1 ききめ, 私の

▼ う一夜~ (2, 0.0%)

1 の宿, を振り返る

▼ う一家~ (2, 0.0%)

1 の仲間, 必ず服

▼ う一年~ (2, 0.0%)

1 というところ, の五

▼ う一年間~ (2, 0.0%)

1 この国, の滞在

▼ う一応~ (2, 0.0%)

1 は, は無理

▼ う一握り~ (2, 0.0%)

1 の人数, ばかりの豌豆

▼ う一文~ (2, 0.0%)

1 にもならない, もありません

▼ う一旦~ (2, 0.0%)

1 は気, 斯様に

▼ う一概に~ (2, 0.0%)

1 言へる, 黒と

▼ う一瞬~ (2, 0.0%)

1 の後, を

▼ う一郎~ (2, 0.0%)

1 の絵, もうじき

▼ う一間~ (2, 0.0%)

1 しかない, ばかり前途

▼ う七兵衛~ (2, 0.0%)

1 がその, は本当に

▼ う七分三分~ (2, 0.0%)

2 に尻

▼ う三ちやん~ (2, 0.0%)

2 の口上

▼ う三十~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ う三度~ (2, 0.0%)

1 の食事, 教えて

▼ う三月~ (2, 0.0%)

1 になっ, にもなる

▼ う上野~ (2, 0.0%)

1 から北海道, の彰義隊

▼ う下心~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, とみえる

▼ う下手人~ (2, 0.0%)

1 の淺, はもう

▼ う不味い~ (2, 0.0%)

1 ものばかり, 紅茶が

▼ う不快~ (2, 0.0%)

1 なもの, な関係

▼ う不意~ (2, 0.0%)

1 に来, に自分

▼ う不自由~ (2, 0.0%)

1 な思い, な身体

▼ う不都合~ (2, 0.0%)

1 なの, をする

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が世, が末

▼ う世に~ (2, 0.0%)

1 出られずええ, 在る頃

▼ う世界中~ (2, 0.0%)

1 から集った, の医学新誌

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の眉, 手の

▼ う両国~ (2, 0.0%)

1 にもいる, の女

▼ う両手~ (2, 0.0%)

1 の指, を帯

▼ う中がらす~ (2, 0.0%)

2 の障子

▼ う中将~ (2, 0.0%)

1 は人臣, は今日

▼ う~ (2, 0.0%)

1 で書けない, で足下

▼ う丸丁山六~ (2, 0.0%)

2 遠州屋

▼ う乃公~ (2, 0.0%)

1 がその, が長崎

▼ う久子~ (2, 0.0%)

2 の兄

▼ う九州~ (2, 0.0%)

1 の広瀬淡窓, の炭坑

▼ う乞食~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のまわり, を搾る

▼ う亂暴~ (2, 0.0%)

1 な土地, な土著

▼ う二三人~ (2, 0.0%)

1 の女, ゴロゴロし

▼ う二十年~ (2, 0.0%)

1 の間, もたった

▼ う二本~ (2, 0.0%)

1 の毛, の脚

▼ う二枚折~ (2, 0.0%)

1 の小さな, の屏風

▼ う云々~ (2, 0.0%)

1 というよう, 御案内

▼ う云つた夫人~ (2, 0.0%)

1 のけだかい, の顔

▼ う云つた時~ (2, 0.0%)

1 には彼, には恐らく

▼ う云つた時彼~ (2, 0.0%)

1 は思はず, は突然

▼ う云つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 はいけない, はお

▼ う云つて僕~ (2, 0.0%)

1 の方, の部屋

▼ う云つて夫人~ (2, 0.0%)

1 は信一郎, は淋しく

▼ う云つて女~ (2, 0.0%)

1 は片, は笑つた

▼ う云つて手紙~ (2, 0.0%)

2 を出しました

▼ う云つて母親~ (2, 0.0%)

1 は席, は隣家

▼ う云つて注意~ (2, 0.0%)

1 して, するもの

▼ う云つて瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 は初めて, は言葉

▼ う云つて紳士~ (2, 0.0%)

1 は改めて, は淋しい

▼ う云つて美奈子~ (2, 0.0%)

1 は本当に, は次ぎ

▼ う云つて言葉~ (2, 0.0%)

1 が止絶, を切つた

▼ う云つて身~ (2, 0.0%)

2 を投げ伏せ

▼ う五つ~ (2, 0.0%)

1 の鐘, ばかりの女の子

▼ う五十~ (2, 0.0%)

1 に手, ばかりの如何

▼ う五時~ (2, 0.0%)

1 から涌谷, なら何時もぽかんと

▼ う享楽~ (2, 0.0%)

1 しようとばかり, のため

▼ う人波~ (2, 0.0%)

1 に揉まれ, をくぐっ

▼ う今にも~ (2, 0.0%)

1 抜けて, 飛びかゝりさうな氣組です

▼ う今や~ (2, 0.0%)

1 天然と, 春琴の

▼ う今後~ (2, 0.0%)

1 の諸, は上人

▼ う今頃~ (2, 0.0%)

1 あの部屋, は

▼ う~ (2, 0.0%)

1 に対して友, は血盆地獄

▼ う仏罰~ (2, 0.0%)

1 も当りましょう, も当りませう

▼ う仕度~ (2, 0.0%)

1 をし, をしませう

▼ う仕様~ (2, 0.0%)

1 がない, のない

▼ う仮に~ (2, 0.0%)

1 もせよ, 達雄さんが

▼ う仲人~ (2, 0.0%)

2 を立てる

▼ う伊之助さん~ (2, 0.0%)

1 あの禰宜さま, こんなところ

▼ う伯耆~ (2, 0.0%)

1 の安, は自ら不遇

▼ う伸子~ (2, 0.0%)

1 が特に, を飾っ

▼ う低い~ (2, 0.0%)

1 声で, 鼻は

▼ う何しろもう~ (2, 0.0%)

1 オルガンそのものが, 十月の

▼ う何ぞ~ (2, 0.0%)

1 お手伝, 粗末な

▼ う何とも~ (2, 0.0%)

1 いって, 彼とも

▼ う何事~ (2, 0.0%)

1 も無かっ, も経験

▼ う何分~ (2, 0.0%)

1 模樣を, 泰平と

▼ う何年~ (2, 0.0%)

1 かあと, も

▼ う何方~ (2, 0.0%)

1 が勝たで, のお方

▼ う何犯~ (2, 0.0%)

1 だらうなどと, だろうなどと

▼ う何等~ (2, 0.0%)

1 かの重大, 危害を

▼ う信一郎~ (2, 0.0%)

1 が云つた刹那, の耳

▼ う~ (2, 0.0%)

2

▼ う偉い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 小林さんの

▼ う偉大~ (2, 0.0%)

1 なる暗闇, なん

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はそう, はその

▼ う偽り~ (2, 0.0%)

1 であろう, の情

▼ う~ (2, 0.0%)

1 に大きい, に居る

▼ う傷口~ (2, 0.0%)

1 から流れ出る, の模様

▼ う~ (2, 0.0%)

1 に白い, に顔

▼ う~ (2, 0.0%)

1 いう晨, のよう

▼ う優しい~ (2, 0.0%)

1 人だろう, 名前じゃな

▼ う兄貴~ (2, 0.0%)

1 さよなら, とか夫

▼ う先代~ (2, 0.0%)

1 の子爵, の美濃清

▼ う八三丁目~ (2, 0.0%)

2 の吾妻屋

▼ う八五郎~ (2, 0.0%)

1 の剛力, もその

▼ う六時~ (2, 0.0%)

1 にはピケッチング, の船

▼ う其中庵~ (2, 0.0%)

1 は私, まさに出来ん

▼ う其時私~ (2, 0.0%)

2 は七つ

▼ う其様~ (2, 0.0%)

1 な事, な処

▼ う具合~ (2, 0.0%)

1 がいい, でも悪い

▼ う再び~ (2, 0.0%)

1 めぐり会うこと, 出すなんと

▼ う冬子~ (2, 0.0%)

1 のいる, は声

▼ う冷静~ (2, 0.0%)

1 な落ちついた人, にしかも

▼ う凄い~ (2, 0.0%)

1 ような, 美人だ

▼ う刃物~ (2, 0.0%)

1 で劇薬, を揮っ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 には仔細, の事

▼ う初めて~ (2, 0.0%)

1 の経験, 口を

▼ う判然~ (2, 0.0%)

1 たる区別, わかると

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の奴, 仕立列車の

▼ う別れ~ (2, 0.0%)

1 の印, の酒

▼ う利口~ (2, 0.0%)

1 だと, は悧口

▼ う前田利家~ (2, 0.0%)

1 からも通信, や浅野長政

▼ う前置き~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ う~ (2, 0.0%)

1 になり合おう, になる

▼ う~ (2, 0.0%)

1 うるに, けに悪い

▼ う勘弁~ (2, 0.0%)

1 しろく, はならない

▼ う勝手~ (2, 0.0%)

1 に思はせ, に飲むなら飲ん

▼ う匕首~ (2, 0.0%)

1 か何ん, を突

▼ う医師~ (2, 0.0%)

1 の診断, の説

▼ う医者~ (2, 0.0%)

1 の家, もあろう

▼ う十一時~ (2, 0.0%)

1 までいらつ, 迄寝

▼ う十手~ (2, 0.0%)

1 が燦然, 捕繩

▼ う卑しい~ (2, 0.0%)

1 法律書生でも, 田舎で

▼ う単純~ (2, 0.0%)

1 なやつ, な質問

▼ う即答~ (2, 0.0%)

1 が得られれ, を渋る

▼ う却って~ (2, 0.0%)

1 此処に, 身の程を

▼ う厳しい~ (2, 0.0%)

1 ことばかりも, と聞いた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 いますから, ります左様

▼ う去年~ (2, 0.0%)

1 のうち, はみんな

▼ う又は~ (2, 0.0%)

1 九州の, 財産を

▼ う友人~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は気質

▼ う~ (2, 0.0%)

1 体畸形の, 刀の

▼ う受け合~ (2, 0.0%)

1 へばいい, へば構

▼ う口もと~ (2, 0.0%)

1 と満足, へご

▼ う古く~ (2, 0.0%)

1 て落ちついた, ない熔岩

▼ う古人~ (2, 0.0%)

1 は曾無一善, は桜

▼ う可哀相~ (2, 0.0%)

1 なです, に丸ぽちゃ

▼ う可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 妻子も, 小ざかなだな

▼ う吉川さん~ (2, 0.0%)

1 で, と一緒

▼ う同時に~ (2, 0.0%)

1 伊東氏の, 近くから

▼ う名誉~ (2, 0.0%)

1 あるその, なこと

▼ う君等~ (2, 0.0%)

1 の禅僧, はもし

▼ う周囲~ (2, 0.0%)

1 などには驚きません, にいる

▼ う命令~ (2, 0.0%)

1 するより, なん

▼ う哀れ~ (2, 0.0%)

1 なれ, にかなし

▼ う哲学~ (2, 0.0%)

1 の社会的規定, は無知

▼ う~ (2, 0.0%)

1 うたう声, の上手

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の太, の李白

▼ う啄木~ (2, 0.0%)

1 との情話, の思ひ

▼ う商売人~ (2, 0.0%)

1 あがりの, の一人

▼ う噴水~ (2, 0.0%)

1 があっ, の水

▼ う四五日~ (2, 0.0%)

1 かして, のうち

▼ う四台~ (2, 0.0%)

1 のパト・カー, のヘリコプター

▼ う国民~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は凡て軍人

▼ う土地~ (2, 0.0%)

1 がすこしダラダラ, の広大

▼ う地獄~ (2, 0.0%)

1 において呵責, の光景

▼ う執着~ (2, 0.0%)

1 がない, する必要

▼ う基督~ (2, 0.0%)

2 は泣い

▼ う堅く~ (2, 0.0%)

1 信じた私, 歯を

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の方, の頂

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の前, の高

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の羽織, を塗る

▼ う夏子~ (2, 0.0%)

1 は秀子, を秀子

▼ う外国~ (2, 0.0%)

1 から, では

▼ う多少~ (2, 0.0%)

1 でもそれ, なり兵法

▼ う夜っぴて~ (2, 0.0%)

1 お話ししましょう, そのお喋り比べ

▼ う夥しい~ (2, 0.0%)

1 人出だ, 御馳走が

▼ う大名~ (2, 0.0%)

1 にすれ, に取立てよう

▼ う大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 だ, で

▼ う大樹~ (2, 0.0%)

2 を頼ま

▼ う大衆~ (2, 0.0%)

1 はなんと, も相当

▼ う大隈伯~ (2, 0.0%)

1 がお, にもそんな

▼ う~ (2, 0.0%)

1 から降った, を焦

▼ う天野君~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ う~ (2, 0.0%)

2 てえ

▼ う失望~ (2, 0.0%)

1 した, すること

▼ う失策~ (2, 0.0%)

1 した人物, をした

▼ う奇怪~ (2, 0.0%)

1 なこと, な姿

▼ う奈何~ (2, 0.0%)

2 して

▼ う~ (2, 0.0%)

1 で, には誰

▼ う好く~ (2, 0.0%)

1 思われようと, 肖て

▼ う妹さん~ (2, 0.0%)

1 の行つた先, は違います

▼ う~ (2, 0.0%)

1 と喧嘩, 入つて來

▼ う子ども~ (2, 0.0%)

1 の仕送り, ばかりかその

▼ う~ (2, 0.0%)

1 は同じ, ももちろん

▼ う存在~ (2, 0.0%)

1 になっ, は相対的

▼ う学生~ (2, 0.0%)

1 の一部, はけがれ

▼ う宇乃~ (2, 0.0%)

1 に微笑, も虎之助

▼ う~ (2, 0.0%)

1 けさと, 穩に

▼ う完全~ (2, 0.0%)

1 にはわからない, に自由

▼ う宗教家~ (2, 0.0%)

1 が来る, だろう背負って

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のもの, も任地

▼ う官兵衛~ (2, 0.0%)

1 が小姓, もまた

▼ う宜しい~ (2, 0.0%)

1 それでは俺, 手前は

▼ う実家~ (2, 0.0%)

1 のほう, の危期

▼ う宣告~ (2, 0.0%)

1 した, しました

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のあまり, のくち

▼ う家中~ (2, 0.0%)

1 のこと, の者

▼ う家庭~ (2, 0.0%)

1 だったから, の歓楽

▼ う容貌~ (2, 0.0%)

2 といい

▼ う寂しい~ (2, 0.0%)

1 からと庭, 笑いを

▼ う富江~ (2, 0.0%)

2 が言

▼ う~ (2, 0.0%)

1 さで, さも

▼ う寒気~ (2, 0.0%)

1 がする, もしよう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 があら, の鐘

▼ う寺院~ (2, 0.0%)

1 の天井, の鐘

▼ う対手~ (2, 0.0%)

1 にし, は何

▼ う将軍家~ (2, 0.0%)

1 のお気, の御前試合

▼ う小刀~ (2, 0.0%)

2 で切

▼ う小次郎~ (2, 0.0%)

1 がまだなにか, へ歓楽

▼ う少しく~ (2, 0.0%)

1 斜に, 眉を

▼ う展覧会~ (2, 0.0%)

1 などに陳列, に出

▼ う山上~ (2, 0.0%)

1 にデン, の土地

▼ う山村~ (2, 0.0%)

1 に生れ, の妙

▼ う岡田~ (2, 0.0%)

1 はさ, はそう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 つづきを, にうろ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 がよい, ですからね

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の下, をのぞく

▼ う川下~ (2, 0.0%)

2 へ流れ

▼ う巡査~ (2, 0.0%)

1 にすかされ, は角燈

▼ う左門~ (2, 0.0%)

1 の姿, は思

▼ う~ (2, 0.0%)

1 くは, に潜つて

▼ う巴里~ (2, 0.0%)

2 までの一人旅

▼ う希望~ (2, 0.0%)

1 して, の風景

▼ う~ (2, 0.0%)

1 だから, に臨みました

▼ う常に~ (2, 0.0%)

1 大自然, 注意深く居士

▼ う帽子~ (2, 0.0%)

1 が, を投げつけた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はわずか, を利かす

▼ う~ (2, 0.0%)

1 があの, をつくり

▼ う年會~ (2, 0.0%)

1 ちうもん, やおま

▼ う幸福~ (2, 0.0%)

1 でなくちや, の枝

▼ う幽霊~ (2, 0.0%)

1 の出る, の正体

▼ う~ (2, 0.0%)

1 久しゅう御, 干かくんねえ

▼ う幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの黒焦げ, やろな

▼ う幾多~ (2, 0.0%)

1 の現実的, の青年

▼ う広い~ (2, 0.0%)

1 とは思わな, 楽しみ方

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が抜けた, に描いた

▼ う度々~ (2, 0.0%)

1 ストライキし, 丸佐に

▼ う座敷~ (2, 0.0%)

1 に居, の中

▼ う弁護士~ (2, 0.0%)

1 のところ, の登録

▼ う引き~ (2, 0.0%)

1 も止まぬ, 退るより

▼ う引っ~ (2, 0.0%)

1 かきまわしながら, 張り出せ

▼ う弥吉~ (2, 0.0%)

1 と小僧, は菊枝

▼ う~ (2, 0.0%)

1 つちやア, つては

▼ う弱く~ (2, 0.0%)

1 なったかな, なったの

▼ う~ (2, 0.0%)

1 さうもない, ってとは申さぬ

▼ う形容~ (2, 0.0%)

1 をした, をと見る

▼ う形態~ (2, 0.0%)

1 とは元来, の概念

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はやっぱり, は見えぬ

▼ う役者~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ う彼ら~ (2, 0.0%)

1 の栄耀, は必ずや

▼ う彼所~ (2, 0.0%)

1 で相手, ならゆ

▼ う彼方此方~ (2, 0.0%)

1 から小判, を叩き廻っ

▼ う往来~ (2, 0.0%)

1 の方, の白い

▼ う後に~ (2, 0.0%)

1 また養子, 葉山先生も

▼ う後生~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ う御存じ~ (2, 0.0%)

1 ですかね, は有

▼ う御苦労~ (2, 0.0%)

1 だけれど, ながら頼みます

▼ う御覧~ (2, 0.0%)

1 なさいあの, 下さいませ

▼ う御返事~ (2, 0.0%)

1 がある, して

▼ う微か~ (2, 0.0%)

1 な声, に響い

▼ う心から~ (2, 0.0%)

1 王者に, 青空の

▼ う心中~ (2, 0.0%)

1 しようと, だろう相手

▼ う忙しい~ (2, 0.0%)

1 お方が, ことは

▼ う念入り~ (2, 0.0%)

1 に考へ, に説明

▼ う忽ち~ (2, 0.0%)

1 幽怪, 衝突し

▼ う思つた時~ (2, 0.0%)

1 かりそめ, せまつた彼

▼ う思つて來~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ う思つて聟養子~ (2, 0.0%)

1 を貰つた婚礼, を貰つた婚禮

▼ う思召~ (2, 0.0%)

1 しは, でここら

▼ う思案~ (2, 0.0%)

1 を極めて, を煎じつめた

▼ う怪しから~ (2, 0.0%)

1 んじゃ, ん事

▼ う恐い~ (2, 0.0%)

1 夢を, 魔術だろう

▼ う恐るべき~ (2, 0.0%)

1 事故, 長尺

▼ う恐ろし~ (2, 0.0%)

1 さに, 漏斗に

▼ う恥ずかしい~ (2, 0.0%)

1 ことである, と私

▼ う恨めし~ (2, 0.0%)

1 さう, さうに義雄を

▼ う恩知らずめ義理知らずめ人情~ (2, 0.0%)

2 解せぬ畜生め

▼ う悔恨~ (2, 0.0%)

2 を彼等

▼ う悪魔~ (2, 0.0%)

1 のやう, の宝

▼ う悲しみ~ (2, 0.0%)

1 にも時, 疲れたるハート

▼ う悲劇~ (2, 0.0%)

1 の前触れ, の現場

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の深, 無い奴

▼ う情けない~ (2, 0.0%)

1 ことである, というよう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 い女, くはなつ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はせること, へるの

▼ う想像~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ う~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ う意外~ (2, 0.0%)

1 な事柄, な訪問者

▼ う感動~ (2, 0.0%)

1 しないといふ, をわたしたち

▼ う感謝~ (2, 0.0%)

1 し奮発, に堪えませぬ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 惡と, 態な

▼ う憎い~ (2, 0.0%)

1 であらう, のか

▼ う憎らしい~ (2, 0.0%)

1 と口惜し, わね

▼ う憚りながら~ (2, 0.0%)

1 君の, 私し

▼ う~ (2, 0.0%)

1 へた, へて胸

▼ う~ (2, 0.0%)

1 に有ったろう, へ入れ

▼ う成つた~ (2, 0.0%)

2 と褒める

▼ う成つて~ (2, 0.0%)

1 は湯豆府, は私

▼ う成功~ (2, 0.0%)

1 すると, を収め

▼ う我が~ (2, 0.0%)

1 物なら, 膳を

▼ う戸外~ (2, 0.0%)

1 の闇, は

▼ う所存~ (2, 0.0%)

1 になった, に出た

▼ う手取~ (2, 0.0%)

1 早くキメつ, 早く出来る

▼ う手軽~ (2, 0.0%)

1 には決し兼ねる, るに

▼ う手近~ (2, 0.0%)

1 なところ, のところ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 まけた, 湿りて

▼ う~ (2, 0.0%)

1 といふ念慮, と形式的

▼ う~ (2, 0.0%)

1 いて, き出て

▼ う拳銃~ (2, 0.0%)

1 は, を

▼ う~ (2, 0.0%)

2 に灰

▼ う探偵~ (2, 0.0%)

1 がすなわち, との返事

▼ う撲滅~ (2, 0.0%)

2 しようとか

▼ う改めて~ (2, 0.0%)

1 先生は, 訊いて

▼ う政党~ (2, 0.0%)

1 にも縁故, の都合

▼ う故郷~ (2, 0.0%)

1 の村, の風景

▼ う故郷忘~ (2, 0.0%)

1 じ難かろ, じ難し

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ある人間, しらず鳴りわたる天鼓

▼ う数学~ (2, 0.0%)

1 に於ける, をよく

▼ う数枚~ (2, 0.0%)

2 の広告ビラ

▼ う文平~ (2, 0.0%)

1 の目, は聞

▼ う文章~ (2, 0.0%)

1 の構成法, を読ん

▼ う料理屋~ (2, 0.0%)

1 ですもの, で商売柄

▼ う新吉~ (2, 0.0%)

1 の野郎め, 黙って

▼ う日頃~ (2, 0.0%)

1 にも似ず, は仲

▼ う旦那さま~ (2, 0.0%)

1 がノッポ, は又

▼ う~ (2, 0.0%)

1 をふくませ, を聞かせ

▼ う旨く~ (2, 0.0%)

1 出来ない二十滴, 掛合ったら返さないでも

▼ う~ (2, 0.0%)

1 えなあ, まつて

▼ う早い~ (2, 0.0%)

1 ね, 話が

▼ う昆虫~ (2, 0.0%)

1 のこと, の本

▼ う明らか~ (2, 0.0%)

1 な欠陥, に別

▼ う明日あたり~ (2, 0.0%)

2 から仕事

▼ う明神下~ (2, 0.0%)

1 に殺し, まで道

▼ う昨年~ (2, 0.0%)

1 の今頃, の冬

▼ う時刻~ (2, 0.0%)

1 だったが, は今時分

▼ う時壊~ (2, 0.0%)

1 る, るること

▼ う時計~ (2, 0.0%)

1 に毛皮, の機械

▼ う景気~ (2, 0.0%)

1 の悪い, はまったく

▼ う智恵子~ (2, 0.0%)

1 が言, は自分

▼ う智惠子~ (2, 0.0%)

1 が言, は自分

▼ う~ (2, 0.0%)

1 さの, さもさほどに

▼ う暑い~ (2, 0.0%)

1 ためでも, 陽が

▼ う書き~ (2, 0.0%)

1 ながら囘顧, ながら待ちかね

▼ う~ (2, 0.0%)

1 て或, て浦原

▼ う最前~ (2, 0.0%)

1 から申しそびれ, のボーイ

▼ う月日~ (2, 0.0%)

1 の重なる, も堂寺

▼ う~ (2, 0.0%)

1 つたか, 仰つて

▼ う朝倉先生~ (2, 0.0%)

1 それでは先生, の

▼ う朝夕~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ う朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の妓生, の方

▼ う本郷~ (2, 0.0%)

1 に奉公, の帝大

▼ う札幌~ (2, 0.0%)

2 に着く

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の柾目, 之助

▼ う来年~ (2, 0.0%)

1 まで, も

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の方, の沖

▼ う松山~ (2, 0.0%)

1 からなら, には少年時代

▼ う松明~ (2, 0.0%)

2 を振りかざした

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ならば, をはがし

▼ う果して~ (2, 0.0%)

1 その通り, 助かって

▼ う~ (2, 0.0%)

1 でおいで, は

▼ う~ (2, 0.0%)

1 にも, の所謂

▼ う柳屋~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のある, の花

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の下, もある

▼ う梅ちゃん~ (2, 0.0%)

1 そのつもり, も隅

▼ う梯子~ (2, 0.0%)

1 もか, を二

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の中, の向う

▼ う~ (2, 0.0%)

1 く懇意, つてゐる

▼ う概念~ (2, 0.0%)

1 が情意的, は無

▼ う~ (2, 0.0%)

1 から口, や前

▼ う横浜~ (2, 0.0%)

1 へ行つて, まで伸し

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の上, の欄干

▼ う機嫌~ (2, 0.0%)

1 をそこねる, を取ろう

▼ う檜物町~ (2, 0.0%)

1 の小夜菊, の小夜菊師匠

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のやう, は千代次郎

▼ う~ (2, 0.0%)

1 は変, 身心を

▼ う此人~ (2, 0.0%)

2

▼ う此奴~ (2, 0.0%)

1 は, は大した

▼ う武蔵野~ (2, 0.0%)

1 には栗樹, の樹木

▼ う死刑~ (2, 0.0%)

1 になる, に処

▼ う死者~ (2, 0.0%)

1 のこと, の国

▼ う~ (2, 0.0%)

1 には幼い, のほか

▼ う残念~ (2, 0.0%)

1 でもあったろう, なは

▼ う残雪~ (2, 0.0%)

1 が次第に, のまばら

▼ う殺人~ (2, 0.0%)

1 のな, の美女

▼ う母さま~ (2, 0.0%)

1 へ行かう, や赤ん坊

▼ う母様~ (2, 0.0%)

1 ねここ, は僕

▼ う毎日~ (2, 0.0%)

1 その鰻屋, の米

▼ う毛唐~ (2, 0.0%)

1 とはいえ, はあれ以上

▼ う毛頭~ (2, 0.0%)

1 覚えない事, 覚えは

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の態度, の視覚

▼ う気味~ (2, 0.0%)

1 がわるく, のわるい

▼ う気持ち~ (2, 0.0%)

1 が犇, 悪くし

▼ う気色~ (2, 0.0%)

1 に見えた, も見えません

▼ う気軽~ (2, 0.0%)

1 に云つて, に行っ

▼ う氣違~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ う水島~ (2, 0.0%)

2 はきつ

▼ う水色~ (2, 0.0%)

2 の服

▼ う水郷~ (2, 0.0%)

2 は好い

▼ う永い~ (2, 0.0%)

1 眠りを, 間陸に

▼ う江戸名題~ (2, 0.0%)

2 の豪族

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の水位, の畔

▼ う~ (2, 0.0%)

1 から金時計, の底

▼ う河原~ (2, 0.0%)

1 がごろごろ, の花

▼ う~ (2, 0.0%)

1 は貴重品, を盛りあげた

▼ う油断~ (2, 0.0%)

1 して, も隙

▼ う法被~ (2, 0.0%)

2 を著

▼ う泣音~ (2, 0.0%)

1 を忍ばう, を忍ぼう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のついた, を吐かせる

▼ う海老~ (2, 0.0%)

1 のフライ, は

▼ う淋しかろ~ (2, 0.0%)

1 う, うと

▼ う淫売婦~ (2, 0.0%)

1 にもなるであらう, にもなるであろう

▼ う清々~ (2, 0.0%)

1 とした, と犧牲

▼ う温かい~ (2, 0.0%)

1 のは, 陽に

▼ う温泉~ (2, 0.0%)

1 へ着きます, もある

▼ う~ (2, 0.0%)

1 にも岡, も山

▼ う源太~ (2, 0.0%)

2 は副

▼ う演説~ (2, 0.0%)

1 をきいてる, をはじめた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 に於, の中山靖王劉勝

▼ う激しく~ (2, 0.0%)

1 母の, 流れては

▼ う火事~ (2, 0.0%)

1 でも有りゃ, は家

▼ う火星~ (2, 0.0%)

1 の人間, へ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が見えた, を

▼ う炬燵~ (2, 0.0%)

1 で温めた, なしでも

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の斷片, は己

▼ う為よう~ (2, 0.0%)

1 とかアヽ為よう, のという訳

▼ う無い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 顔を

▼ う無慈悲~ (2, 0.0%)

1 な鉤, のよう

▼ う然しながら~ (2, 0.0%)

1 この風船, 今日まで

▼ う然るに~ (2, 0.0%)

1 之は, 余は

▼ う焼酎~ (2, 0.0%)

1 が好き, のやう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の情け, の様

▼ う煙草~ (2, 0.0%)

1 と一緒, を吸う

▼ う熱い~ (2, 0.0%)

1 アスファルトを, 気持の

▼ う燈火~ (2, 0.0%)

1 の前, もつい

▼ う父親~ (2, 0.0%)

1 のいなかった, の圓太郎

▼ う片足~ (2, 0.0%)

1 をもちあげ, を水

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の舌, はもうもう

▼ う牧場~ (2, 0.0%)

1 ではきっと, の番兵さん

▼ う物置~ (2, 0.0%)

1 かなん, に

▼ う特に~ (2, 0.0%)

1 文化運動に, 父について

▼ う独語~ (2, 0.0%)

1 のやう, を云つて

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が化けた, よりも虎

▼ う~ (2, 0.0%)

1 好く見れ, 進んで

▼ う玄関~ (2, 0.0%)

1 の方, の長い

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ころがしも, の中

▼ う~ (2, 0.0%)

1 も貴族, 問う

▼ う珍しい~ (2, 0.0%)

1 ことで, 話はつ

▼ う珍しく~ (2, 0.0%)

1 はありません, 鳥の

▼ う現世~ (2, 0.0%)

2 に何

▼ う現実~ (2, 0.0%)

1 に詩人, を抽象

▼ う理不尽~ (2, 0.0%)

1 にとめる, に阿

▼ う理想~ (2, 0.0%)

1 とはまだまだ, は今日

▼ う~ (2, 0.0%)

1 そうな, 酔に

▼ う甘い~ (2, 0.0%)

1 といふ程, ん

▼ う甘く~ (2, 0.0%)

1 は考へ, 行けば

▼ う生徒~ (2, 0.0%)

1 が裸足, の自尊心

▼ う生憎~ (2, 0.0%)

1 立込みまして, 美代吉は

▼ う生死~ (2, 0.0%)

1 の線, もわからぬ

▼ う生花~ (2, 0.0%)

2 も造花

▼ う用心深く~ (2, 0.0%)

1 考へた, 考へても

▼ う田山先生~ (2, 0.0%)

1 は強い, も乗込ん

▼ う田舎~ (2, 0.0%)

1 にい, へ地所

▼ う~ (2, 0.0%)

1 にある, を描い

▼ う疎林~ (2, 0.0%)

1 の小径, の端

▼ う疾く~ (2, 0.0%)

1 に人手, に狂れ

▼ う病人~ (2, 0.0%)

1 は細かい, もあろう

▼ う痛快~ (2, 0.0%)

1 だらうそこ, な仕事

▼ う~ (2, 0.0%)

1 りましょうかね, るまで

▼ う~ (2, 0.0%)

1 と紫, の洗面器

▼ う白犬~ (2, 0.0%)

1 と來, と来た

▼ う白粉~ (2, 0.0%)

1 などは濃く, も紅

▼ う百軒足らず~ (2, 0.0%)

1 のこの, の此

▼ う皆様~ (2, 0.0%)

1 が兄弟, ご異議

▼ う目黒~ (2, 0.0%)

1 の尼, はそれ

▼ う直ちに~ (2, 0.0%)

1 余を, 駿河以西の

▼ う直に~ (2, 0.0%)

1 お店, 來うつ

▼ う看護婦~ (2, 0.0%)

1 が綿棒, が附

▼ う眞面目~ (2, 0.0%)

1 にいきり立つた, になつて憤慨

▼ う真っ~ (2, 0.0%)

1 平らに, 蒼な

▼ う真個~ (2, 0.0%)

1 に此処, の事

▼ う真珠~ (2, 0.0%)

1 の釦, の首飾り

▼ う眼エ~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が紅く, の皮

▼ う~ (2, 0.0%)

1 つたかぶりな顔, つて

▼ う知識~ (2, 0.0%)

1 すなわち我々群島, を得よう

▼ う硝子戸~ (2, 0.0%)

2 がびりびり

▼ う社会~ (2, 0.0%)

2 の歴史的認識

▼ う社会的~ (2, 0.0%)

1 な原因, な本源

▼ う祖母~ (2, 0.0%)

1 からきつ, はいつも

▼ う私自身~ (2, 0.0%)

1 この辺, の思い出

▼ う私語~ (2, 0.0%)

1 いて, き合

▼ う称ん~ (2, 0.0%)

2 でゐた

▼ う稚児髷~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ う積り~ (2, 0.0%)

1 で, やおま

▼ う空間~ (2, 0.0%)

1 が三次元, が実在

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の話, 之助

▼ う竹生島~ (2, 0.0%)

1 はあちら, へ近づいた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 もあろう, を胸

▼ う等々~ (2, 0.0%)

1 ということ, の発意

▼ う筒井~ (2, 0.0%)

1 はその, は終日

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が七八円, の中

▼ う篤と~ (2, 0.0%)

2 面体を

▼ う粟田口~ (2, 0.0%)

2 の石橋

▼ う精一杯~ (2, 0.0%)

1 なところ, 楽しい夢

▼ う精中~ (2, 0.0%)

2 の精

▼ う紅葉~ (2, 0.0%)

1 するの, ばかりで

▼ う素より~ (2, 0.0%)

1 夏子の, 現場も

▼ う素人~ (2, 0.0%)

1 にし, の出

▼ う素晴~ (2, 0.0%)

1 しいわ, しい事

▼ う細い~ (2, 0.0%)

1 声で, 横町へ

▼ う~ (2, 0.0%)

2 はうと

▼ う結論~ (2, 0.0%)

1 するより, を下し

▼ う統一的~ (2, 0.0%)

2 な現象

▼ う絶世~ (2, 0.0%)

2 の美少女

▼ う絶望~ (2, 0.0%)

1 したやう, はせぬ

▼ う絶望的~ (2, 0.0%)

1 にその, に口走る

▼ う~ (2, 0.0%)

1 でも引かせよう, はどこ

▼ う綿~ (2, 0.0%)

1 は何様, は其方

▼ う編笠~ (2, 0.0%)

1 を深く, を目深

▼ う~ (2, 0.0%)

1 か飴屋風情, が有れ

▼ う~ (2, 0.0%)

2 の寛袴

▼ う美妙~ (2, 0.0%)

1 にハッ, の訃

▼ う美貌~ (2, 0.0%)

1 で才, と才気

▼ う~ (2, 0.0%)

2 る朝

▼ う翌年~ (2, 0.0%)

1 の正月, は正式

▼ う翻訳~ (2, 0.0%)

1 と創作, の方

▼ う老母~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ う考え~ (2, 0.0%)

1 か知んねえ, もなく

▼ う聡明~ (2, 0.0%)

1 な人, な後見役

▼ う職務外~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ う肉体~ (2, 0.0%)

1 に対してだって谷崎, のよろこび

▼ う~ (2, 0.0%)

1 なの, を据ゑると

▼ う胃腸~ (2, 0.0%)

1 がとても, を虐待

▼ う背中~ (2, 0.0%)

1 がぞくぞく, へは打ち貫きません

▼ う背後~ (2, 0.0%)

1 から呼びかける, から寄せ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 がどうしてこんなに, を引きつらせ

▼ う自分自身~ (2, 0.0%)

1 が一所懸命, に云

▼ う自分達~ (2, 0.0%)

1 さえ動じず, の持つた

▼ う興味~ (2, 0.0%)

1 はあるでしょう, はなかつた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 で殆ど意味, の途中

▼ う舞台~ (2, 0.0%)

1 がある, の上

▼ う良寛さん~ (2, 0.0%)

1 は思, は考へ

▼ う色白~ (2, 0.0%)

1 で眉毛, のでっぷり

▼ う~ (2, 0.0%)

1 な声, に媚めかしく

▼ う花魁~ (2, 0.0%)

1 のい, は随分

▼ う若き~ (2, 0.0%)

1 男小蛇を, 身が

▼ う若僧~ (2, 0.0%)

2 は直に

▼ う若菜~ (2, 0.0%)

1 も摘まるる, も摘まれよう

▼ う苦労~ (2, 0.0%)

1 がある, ばっかりし

▼ う英書~ (2, 0.0%)

1 なら澤山, をよく

▼ う英語~ (2, 0.0%)

1 の出来た, の勉強

▼ う英霊底~ (2, 0.0%)

2 の漢子

▼ う茂太郎~ (2, 0.0%)

1 がお, を可愛がり過ぎた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 では意識, で殺す

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のかわり, は挽き

▼ う華やか~ (2, 0.0%)

1 に, 立つた一家

▼ う華美~ (2, 0.0%)

1 ずきであちこち, な装

▼ う~ (2, 0.0%)

1 がこぼれる, の原

▼ う萬事~ (2, 0.0%)

1 はおれ, を呑込

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はちやん, 付いて

▼ う落葉~ (2, 0.0%)

1 かな, を集め

▼ う薄墨華魁~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ う~ (2, 0.0%)

1 は木, も交

▼ う蜜柑~ (2, 0.0%)

1 の皮, も二つ

▼ う蝙蝠~ (2, 0.0%)

1 を見た, を見たであろう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が二つ, の羽翼

▼ う~ (2, 0.0%)

1 を見たらう, を見たろう

▼ う蟇口~ (2, 0.0%)

1 こそなかっ, でも落した

▼ う行つて~ (2, 0.0%)

1 見よう, 訊いて

▼ う行末~ (2, 0.0%)

1 を考えよう, 悪かれ地獄

▼ う~ (2, 0.0%)

1 もない, もなく

▼ う被告~ (2, 0.0%)

1 は云, は低く

▼ う~ (2, 0.0%)

1 などア, をはい

▼ う裾模様~ (2, 0.0%)

1 に大, の後姿

▼ う要は~ (2, 0.0%)

1 円本出版屋が, 無理なし

▼ う要領~ (2, 0.0%)

1 を得ない, を得ぬ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 へたつ, へぬ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ゆるぞ, 召して

▼ う親しく~ (2, 0.0%)

1 ないが, もない

▼ う親分さん~ (2, 0.0%)

1 が来, こんな娘

▼ う親分誰~ (2, 0.0%)

2 がそんな

▼ う親子~ (2, 0.0%)

1 の情, らしく感じられないで

▼ う親方様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ う親方様堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ う覺悟~ (2, 0.0%)

1 したん, をきめた

▼ う解釈~ (2, 0.0%)

1 した, すると

▼ う解釋~ (2, 0.0%)

1 するより, せられて

▼ う言つたぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ う言つた窕子~ (2, 0.0%)

1 の眼, の言葉

▼ う言つてやつ~ (2, 0.0%)

1 たら錢形, たんで

▼ う言つてカテリーナ~ (2, 0.0%)

1 は扉, は背ら

▼ う言つてハボンス~ (2, 0.0%)

1 はむしろ, は残り

▼ う言つて大阪屋~ (2, 0.0%)

1 の例, はニタ

▼ う言つて夫人~ (2, 0.0%)

1 はいかにも, は自分

▼ う言つて女~ (2, 0.0%)

1 の方, は併

▼ う言つて彼女~ (2, 0.0%)

1 は振り, は言葉

▼ う言つて案内~ (2, 0.0%)

2 して

▼ う言つて母~ (2, 0.0%)

1 に酒, はもく

▼ う言つて目賀田~ (2, 0.0%)

1 は目, は蝙蝠傘

▼ う言つて縁側~ (2, 0.0%)

1 に手, に近い

▼ う言つて高橋~ (2, 0.0%)

1 は無遠慮, は苦笑

▼ う言はず~ (2, 0.0%)

1 に入, に擧げ

▼ う言ひざ~ (2, 0.0%)

1 ま斧, ま村長

▼ う言ひな~ (2, 0.0%)

1 らして, 近頃少し評判

▼ う言ふか言~ (2, 0.0%)

1 はない, はぬ

▼ う試験~ (2, 0.0%)

1 の得点, の時

▼ う詩人~ (2, 0.0%)

1 が訊く, といふもの

▼ う話声一つ~ (2, 0.0%)

2 聞えて

▼ う詳しい~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことも

▼ う~ (2, 0.0%)

1 つたが, つたこと

▼ う読者~ (2, 0.0%)

1 の誨, も銘々

▼ う誰か~ (2, 0.0%)

1 がやって来るだろう, が扉

▼ う調べ~ (2, 0.0%)

1 になった, に誘われ

▼ う調子~ (2, 0.0%)

1 で書かれ, には慣れ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はなく, へばおなじく

▼ う警戒~ (2, 0.0%)

2 する風

▼ う~ (2, 0.0%)

1 にもいかん, はない

▼ う豪勢~ (2, 0.0%)

1 だ, だな

▼ う貧しい~ (2, 0.0%)

1 漁師だ, 百姓の

▼ う貧乏人~ (2, 0.0%)

1 にはお, の処

▼ う貯金~ (2, 0.0%)

1 を, をしなけれ

▼ う貴下~ (2, 0.0%)

1 はやっぱり, は玉置

▼ う貴僧~ (2, 0.0%)

1 お手拭, は何処

▼ う賑やか~ (2, 0.0%)

1 だらう世の中, な横丁

▼ う賛成~ (2, 0.0%)

1 だ, ですなんて

▼ う質素~ (2, 0.0%)

1 ななり, の庭

▼ う贋物~ (2, 0.0%)

1 であろう贋物, の天国

▼ う赤児~ (2, 0.0%)

1 はもう, を思う

▼ う足利~ (2, 0.0%)

1 のむほん, の絵師

▼ う路上~ (2, 0.0%)

1 で私, に飛ん

▼ う~ (2, 0.0%)

1 のお, の足くせ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 が終ッ, の習い

▼ う迄は~ (2, 0.0%)

1 幾度も, 継続時間を

▼ う近く~ (2, 0.0%)

1 ないし, に二度

▼ う近所~ (2, 0.0%)

1 にいる, の人

▼ う造作~ (2, 0.0%)

1 もありません, もない

▼ う遂に~ (2, 0.0%)

1 心に, 警視庁に

▼ う遅う~ (2, 0.0%)

1 ござります, なって

▼ う遊び~ (2, 0.0%)

1 に往ちょ, もできよう

▼ う遊覧~ (2, 0.0%)

2 の客

▼ う運命~ (2, 0.0%)

1 にある, に就い

▼ う~ (2, 0.0%)

1 巻に, 照りなどとは

▼ う遺憾~ (2, 0.0%)

1 ながらドチラ, ながら余

▼ う部分~ (2, 0.0%)

1 である, を示す

▼ う部落~ (2, 0.0%)

1 の中, をうち樹

▼ う郷里~ (2, 0.0%)

1 の妻, の松山

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の山岳宗徒, まで

▼ う酒井~ (2, 0.0%)

2 は我々

▼ う重く~ (2, 0.0%)

1 て, 見られようとは

▼ う重要~ (2, 0.0%)

1 な心持, に考へられてない

▼ う野中~ (2, 0.0%)

1 というその, は監視役

▼ う野良~ (2, 0.0%)

2 へつれ

▼ う野郎我~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ う鉢巻~ (2, 0.0%)

1 で舳, のもの

▼ う錢形平次~ (2, 0.0%)

1 は少し, は額

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の掛つて, を持っ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 はお, はひどく

▼ う鐵童~ (2, 0.0%)

1 は下手人ぢ, を何處

▼ う長者町~ (2, 0.0%)

1 の先生, の道庵

▼ う~ (2, 0.0%)

1 から外, を破れ

▼ う~ (2, 0.0%)

2 の孫六

▼ う~ (2, 0.0%)

1 に隠れ, の青葉

▼ う陛下~ (2, 0.0%)

1 が今, の思召

▼ う~ (2, 0.0%)

1 を娶ろう, 遜を

▼ う陽気~ (2, 0.0%)

1 などよめき, な話ぢ

▼ う障子~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ う隨分胸~ (2, 0.0%)

2 の燃える

▼ う~ (2, 0.0%)

1 だろう, の方

▼ う~ (2, 0.0%)

1 有う, 義を

▼ う雨戸~ (2, 0.0%)

1 をしめ, を閉ざす

▼ う~ (2, 0.0%)

1 にし, の低い

▼ う電信柱~ (2, 0.0%)

1 に倚, に寄り掛かっ

▼ う電話~ (2, 0.0%)

1 して, で

▼ う電車~ (2, 0.0%)

1 へ乗る, や自動車

▼ う~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ う青年~ (2, 0.0%)

1 は元気, は喘ぎ喘ぎ絶え入る

▼ う青木君~ (2, 0.0%)

2 はふと

▼ う静か~ (2, 0.0%)

1 ないい, に来い

▼ う~ (2, 0.0%)

1 かに段落, かに語り進む

▼ う面倒~ (2, 0.0%)

1 にな, みて

▼ う~ (2, 0.0%)

1 だって年, だつて年

▼ う頂上~ (2, 0.0%)

1 などではとても, の薙ぎ禿げた

▼ う~ (2, 0.0%)

1 を押えた, 膨らました萬朝

▼ う頭痛~ (2, 0.0%)

1 がし, のする

▼ う顔色~ (2, 0.0%)

1 がよく, は青く

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ひます, を立てさせよう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 ひつくどころか, ひ物

▼ う~ (2, 0.0%)

1 は沢山, を搗い

▼ う餘地~ (2, 0.0%)

1 は與, もなかつた

▼ う馬車~ (2, 0.0%)

2 を降りた

▼ う馬鹿らしい~ (2, 0.0%)

1 ほど無邪気, もう他人

▼ う~ (2, 0.0%)

1 の名前, へつれ

▼ う駕籠~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, の一団

▼ う騎士~ (2, 0.0%)

1 が馬, を待つ

▼ う~ (2, 0.0%)

1 がすわっ, は折れまい

▼ う高らか~ (2, 0.0%)

1 に合唱, に言っ

▼ う高飛車~ (2, 0.0%)

1 に云, に云つた時私

▼ う髪の毛~ (2, 0.0%)

1 が濡れ, の縮れる

▼ う~ (2, 0.0%)

1 になり, のやう

▼ う~ (2, 0.0%)

1 を一食, を狙っ

▼ う鷹揚~ (2, 0.0%)

1 な人, に言います

▼ う黄色い~ (2, 0.0%)

1 ナラの, 落葉が

▼ う黒髪~ (2, 0.0%)

1 のみだれ, ばかり蓑

▼ う~ (2, 0.0%)

1 かい, の代り

▼ う龍華寺~ (2, 0.0%)

2 の奴

▼1* [6457件]

〆切なんて, うあいつめは, うあくまでも散文と, うあさっての晩, うあさはかなものだ, うあたかもその頸, うあたしたちもうだめ, うあたしッてもの, うあたし達は此処, うあぢきなきことに, うあっしらの漫才, うあっちこっちで吠え廻っ, うあっという間もなく, うあっと言う間に二少女は, うあと二百八十枚ぐらいあります, うあと十分私にはどうして, うあなたわたくしを離別, うあなた何うして, うあのーなにを, うあの大きな小屋が, うあまり年とったので, うあやしい男だ, うあや子と云, うありがたう存じます, うありがとうございます, うありのままのお話, うありゃお前もう, うあるいはまた何か, うあれこれと読む, うあれみたいなもの, うあれ彼方に迎, うあれ彼處に迎, うあんぽんたんも昼寝, うあんまりこうやって, うあゝお気の毒な, うあッしの方, ういえサ君は, ういえいえやはり佐助, ういかがですと, ういかにもきちんと並べられて, ういかにもそうであろう, ういかようにも愚僧, ういくに尋ねる, ういくさは諸国, ういくじのなくなる, ういくとおりもの家並, ういくらかしゃんとした話, ういくら罪ある者, ういさぎよく貴女の, ういたし方が御座いません, ういただき物はかえって, ういちかばちか, ういちいち括り上げて, ういちど見せて, ういちばん先に口環, ういっそそうしたら, ういったいどうした因縁, ういっときのよう, ういつか医者に云, ういつか採集に連れ, ういつのまにかお役人, ういつももう浮いたよう, ういとまもなく雲間の, ういふぎごちない姿勢, ういふだらしのない, ういふぼんやりした話, ういふみじめな現実, ういふやつらは, ういふわれわれの目, ういふフランスのマラガアル地方, ういふ一さいの翼, ういふ一日その日, ういふ一日私は友人, ういふ一時代もあつ, ういふ一枝の声, ういふ一特色が強く, ういふ一種の假死, ういふ一節がある, ういふ一途な性格, ういふ一週間もつ, ういふ上品な世の中, ういふ上酒は何年, ういふ不幸な女, ういふ不潔さにはもう, ういふ不足を覚える, ういふ了簡なら己, ういふ事実があ, ういふ事實は一再, ういふ二人の問答, ういふ五類に分けます, ういふ些細な部分, ういふ仄かな気休め, ういふ今まではこんな, ういふ代表的なお嬢さん数人, ういふ会話を仮想人物, ういふ伝へのあつ, ういふ位置にのぼつ, ういふ何かの角店, ういふ作劇法のうへにだけある, ういふ作用を營ん, ういふ使はもう, ういふ修正であります, ういふ側の作物, ういふ凡てを凉, ういふ出來事らしかつ, ういふ判断にはどうせ, ういふ制作の場合, ういふ刻印を澄江, ういふ力を発揮, ういふ加上の原則, ういふ勤労階級の青年たち, ういふ十九歳頃の私, ういふ単純な意味, ういふ反省をする, ういふ句境から抜け出したい, ういふ同情は一時, ういふ名裁判をやつ, ういふ命令が出, ういふ哀れな女, ういふ品が流行ります, ういふ噂話を耳, ういふ困難が出, ういふ報告です, ういふ場処を夜, ういふ場合ちよつと相手, ういふ塩梅だトントン, ういふ墓の下, ういふ外来客が多く, ういふ大げさな催し, ういふ大騒ぎをする, ういふ太田の言葉, ういふ奴にかぎつ, ういふ威あつて猛, ういふ媒介者があつ, ういふ安固な, ういふ安心を私, ういふ実用方面のこと, ういふ対立の感情的, ういふ小むつかしいこと, ういふ島がある, ういふ差が生じた, ういふ年がお, ういふ幾日がすぎ, ういふ店が東京, ういふ度に彼, ういふ座談会で僕, ういふ弁解はいづれ, ういふ式だつた, ういふ彫刻的な美し, ういふ影響を殘, ういふ後進者の原稿, ういふ微苦笑劇の一シーン, ういふ心掛では書物, ういふ忍従に堪へる, ういふ忠告を与へた, ういふ忠実な狗, ういふ性の女, ういふ性分であるらしい, ういふ怪しげなもの, ういふ悲惨な境遇, ういふ想像を抑制, ういふ意味ぢやない, ういふ意味深長な諺, ういふ意外なこと, ういふ意思が相手, ういふ愛の最初, ういふ感化を各, ういふ感覺が限り, ういふ懸念はない, ういふ手加減でもつ, ういふ批評は画壇, ういふ批評態度はむづかしい, ういふ折檻のあと, ういふ抵抗力みたいなもの, ういふ捕捉しがたい, ういふ推断は出来なかつた, ういふ揶揄と呪, ういふ敬虔な風, ういふ新鮮な雰囲気, ういふ施策はない, ういふ旅も面白い, ういふ旅行が幾分, ういふ旅行者に其の, ういふ旅行者達を余り, ういふ時タバコのこと, ういふ時博士はよく, ういふ時彼女の眼, ういふ時従兄の弘, ういふ時期で知識層, ういふ時私の心, ういふ時静かなとこ, ういふ曲解が此歌, ういふ構想を思ひついた, ういふ死の境地, ういふ比例であるの, ういふ水帳といふもの, ういふ決心をした, ういふ沈黙がつづいた, ういふ注意を最後, ういふ流行にのみ生命, ういふ温和な方法, ういふ潔癖家には通俗小説, ういふ無理を云, ういふ無秩序の中, ういふ煩悶のうち, ういふ状景だつた, ういふ現実上の事, ういふ生活気分だつた, ういふ町の代表者, ういふ画に力, ういふ発明をなさる, ういふ発表方法を選ぶ, ういふ皮肉な影, ういふ相似が何處, ういふ相剋のため, ういふ省略をする, ういふ矛盾を指斥, ういふ神を感得, ういふ神經質な最初, ういふ私自身決してその, ういふ種も仕掛, ういふ穿鑿をしない, ういふ突飛なおもひ, ういふ立派な態度, ういふ筋の穏やか, ういふ策謀のない, ういふ粗暴な生き方, ういふ約束ごとの把握, ういふ素直な人, ういふ組織とは無縁, ういふ結合を得なかつた, ういふ結婚後の肉体上, ういふ絵を見せられる, ういふ罪のない, ういふ署名の手紙, ういふ美擧が, ういふ翻訳をする, ういふ肉感的と云, ういふ自作の歌, ういふ自殺の例, ういふ自滅的頽唐的なる不健全, ういふ自由人は自己, ういふ自負をもつ, ういふ苦辛の間, ういふ行為の常習犯, ういふ衝動を諸君, ういふ表現法は従前, ういふ覚悟は十分, ういふ観察をしまし, ういふ角だった石ころだらけ, ういふ訓育を受け, ういふ記録を天候, ういふ訪問客のなか, ういふ設備をした, ういふ評論家です, ういふ詩作をもし, ういふ話いやですか, ういふ語学力をもつた, ういふ誤解が私, ういふ説教の間, ういふ読書室に一家, ういふ論議もある, ういふ論議上の矛盾, ういふ議論も澤山, ういふ貧血性の美し, ういふ賞讚の声, ういふ質の人ぢ, ういふ路を歩い, ういふ辛抱もできない, ういふ辛苦をし, ういふ追憶がある, ういふ追懐の情, ういふ通信を受ける, ういふ連想からかかの, ういふ進言もする, ういふ過去の藝術家, ういふ量見の, ういふ鍛練中の一日, ういふ鑑定を正確, ういふ閑寂な風景, ういふ間違も時々, ういふ限定によつて, ういふ雨が降つた, ういふ音がする, ういふ音樂的なへん, ういふ顔が好き, ういふ馬鹿気た贅沢振り, ういまいたずらにここ, ういまここで文子さん, ういまだに帰って, ういま土牛は, ういま紀介様がこう, ういま都下第一, ういま鼻寺を出た, ういやしきものに, ういやらしい夢を, ういや手わけをし, ういらいらするな, ういわれがない, ういんとんの文典, ううずたかい物に, ううそをつく, ううたはち, ううち橘屋からの手紙, ううっかりスリだ, ううつかり手, ううつろな嗄がれ声, ううとうととし, ううふうふ笑うだけ, ううやうやしく立ち上って, ううるさくするもん, ううれし涙を, ううれしいことである, ううれしくて笑う, ううれしくって声, ううんこは誰, ううんざりしたが, ううんと反ッて, うえうしけるとも, うえお吉, うえと心を, うえ御覽に, うおあひに, うおいお十夜掃除だ, うおいしい干物が, うおいしいおいしいぶどう酒が, うおいでなさい, うおい女中茶漬茶碗へ水, うおうおたるより, うおかあさんこの女, うおかけなさいましお腹, うおかげでまんまと, うおかしくも見えよう, うおかしな男だ, うおし迫って, うおじさまに厭, うおじさま一人でお茶喫ん, うおじさん何か悪い, うおそくなツ, うおそらくさういふ, うおっ母さんお, うおと呼んで, うおとといの晩, うおとなしく聞いて, うおなじく折つた, うおなじみになる, うおなじ名の恋人, うおのんなせ, うおのずから頂きを, うおの大ぶりなの, うおばさまが呼ん, うおばさまキスしましょう, うおばさん帰りが遅い, うおまえたちには苦悩, うおまっせ, うおもいの種, うおもしろそうね, うおやおや店の, うおやじは東京, うおらがこれから, うおりあしく榊原, うお上さんがまだ, うお互い同士が得物得物, うお伴を致しやしょう, うお先に失礼し, うお冠でも曲げられる, うお出でなさい, うお前この間頬を脹らし, うお前さへ亡つて, うお前さん先に行つて, うお前そした所, うお前のは平素芝居, うお前先月の十一日頃, うお前口がきかれねえなら, うお前此間頬を腫らし, うお前若宮んとこの, うお前達に此, うお召物がこんなに, うお嬢さん此方へお, うお嬢様か娘, うお客さんたちのため, うお客様たちが寝, うお家ぢや, うお寺へなんか行く, うお待ちかねでございましょう, うお手前浪人とある, うお払い物を買いましょう, うお松はその, うお母さん今度の山林事件, うお父さんお母さんの職業, うお父さん喫ったの, うお玉と云つて己, うお玉ヶ池の閑斎坊主, うお直婆さん, うお礼を言, うお祖母さんオリガの嘗て, うお立ちなさい, うお腹の皮, うお茶の水の寄宿舎, うお蔭で元, うお話が大分唐突, うお話ししなくちや, うお転婆でございまして, うお迎え申して, うお送りするの, うお金がこ, うお針行儀作法何かと教えましょう, うお隣の仕舞屋, うかいとところも, うかいなと云って, うかかあいそう, うかかへつてガミガミ, うかから金で, うかぎり私たちに孤独, うかくいわば諸君は, うかくしてかかる財政方策, うかくべつ不思議な, うかぐらいな遊びごころであったらしい, うかぐらいの事は, うかけさえしたら, うかさと言って, うかしらという風に, うかしらといふ氣にな, うかしらなどということだけ, うかしらなどとも私は, うかしらやッぱり何時もの, うかしらんと思つてふつと, うかじかではない, うかすかに虫, うかすらあ, うかたもない, うかたき討が, うかちんとゆきましょう, うかつはこちら, うかでそれが, うかではないもう, うかといふはお秋, うかといふほどの心構へを, うかとだけでも思って, うかとにもかくにも, うかとまでの覚悟を, うかとまでも思った, うかとわづかに, うかとをかしく思はれた, うかと迄考へて, うかどまで連れて, うかどをこちらへ, うかなあって思って, うかなあという動きに, うかなあとも思ひ蟻台上, うかなあなんていってたから, うかなしいそれらの, うかなしくなるしばらく, うかなぞとも考えたり, うかなっていう訳で, うかなとかそういった工合, うかなとも思つた, うかなどとすら思つた, うかなどとまで思はれて, うかなどはまるっきり考えぬ, うかななどということに, うかならずみょうに隔世的夢幻の, うかなりに冷えを, うかなりや決して放擲ツちや, うかなんか考えずに, うかなんぞやけくそな, うかなんぞと思いました, うかなんぞというように, うかねえときたもの, うかねつて貴方, うかねてあの人, うかねの欲しいこと, うかねもやらず縁, うかねエ女中さん, うかほどたくみに, うかゆいのが, うからかはれて, うからからのタクシーが, うからけふにも, うからこそ面白いん, うからといふお言葉, うからとか新さんだって, うからとのみ如何なる訳合, うからにはいよいよ俺, うからはよく見えるらしく, うからばかり都合の, うかれこれ十五六年に, うかわかつた, うかわいくてたまらな, うかわりこんな堪えきれない, うかネ僕なんか, うがい手水は迅速, うがい手水祠前にぬかずい, うがい手洗をつかっ, うがい法と, うがかべ紙は, うがけふは, うがさヲダハラの, うがぞべぞべしたア・ラ・モード, うがっかりしたところ, うがとかいう文句を, うがとかと妙に, うがとにもかくにも, うがとも角かかる, うがなあと思う, うがなんぞ知らん這奴, うがにかかわらず焼き色, うがねえと思ったもん, うがねんですよ, うがのう困ったもん, うがばたけと, うがへいきだ, うがよかつた, うがんすえの, うが或は又もつと, うきいちやん知, うきたないはなしだ, うきっときっとあの子, うきつい説法を, うきのう以来あのあたり, うきのう庭になげすてた, うきまって見ると, うきまりわるいという, うきょう一日あなたは私, うきりぎりすのやう, うきわめて些細な, うくいしん棒の, うくだんの背, うくどくはなかつた, うくやしいぐらいね, うくらいなおうちゃ, うくらいには感ずるだろうと, うくらやみの, うくる福に, うくるりと昌さん, うぐずぐず言わば合祀する, うぐひす啼きて, うぐひすぞ啼く, うぐひすのよき音は問はず籠, うぐもがあのきれい, うぐもが狩りをする, うぐもにその吊橋をかける, うぐもの話は僕, うぐもは用心深く近づい, うぐもはその尖つた牙, うぐもはその糸の真中, うぐもはそれに従つて中央に糸, うぐもはそれを私達に見せる, うぐもはたゞ糸を引き出す, うぐもをその指先きで, うぐらいで私も, うぐらいにしか考えて, うぐらいにはかねて, うぐらぐらゆれるすすきだい, うぐらゐに考へて, うぐらゐにきゝ流して, うぐらゐに心を持つ, うぐらゐに思つてのこのこ近づい, うぐらゐに批評家先生などは最も, うぐらゐに私は自分, うぐらゐの心持でその, うぐらゐの魂胆なの, うけけけけと鋭い声, うけだしたとえ改良の, うけだしもし価格が, うけどてとりもの, うけどとに角此ま, うけどね序曲だけ, うけどねえホントに, うけに来たぞ, うけの事で, うけはひの, うけむおほいな, うけれどただ一つどうしても, うけれどと硝子戸に, うけれどなあさう, うけれどもねというとき彼の, うけれどもやッぱりそうは出来ない, うけをして, うけん大体百五六十票ありゃあ, うけんめいぼくを助け, うけんめいハープの糸, うけんめい介抱いたしましたなれど, うけんめい傷口のところ, うけんめい好奇のの目, うけんめい手をたたい, うけんめい朝は日の出, うけんめい馬を走らせた, うげに何ともしようの, うここでくはしく話しなさい, うここらの山, うここらあたりから向う, うここ一二日は, うこじきのなき, うこちらさまなどが五百, うこちら西村山の方, うこっそり立ち聴きして, うことことと云う, うことごとく青年の, うことごとしいといっ, うことばは違う, うことわりもない, うこと不思議と言わん, うこと以外にはあるまい, うこと六十余度一度も負けた, うこと勿れ未だ, うこと十五分満場悉く感動, うこと彼女が自分, うこと必定であるなど, うこと忠犬のごとし, うこと明らかであ, うこと時間はまだ, うこと正確にしかも, うこと物にやいひ下され, うこと甚大だ, うこと食物は一時, うこどもほどにもいじらしく可愛らしく, うこのごろわたくしは胸, うこのごろ江戸の老中, うこのごろ胆吹山の上平館, うこの同じ心持で, うこの大きな内海を, うこの小さな体を, うこの間お母さんからスタンド, うこの間ッから, うこの間僕が送った, うこの間明石さんに行った, うこの間私の友人, うこまかいものばかり, うこまこまして, うこりゃあ南蛮の, うこれおじさまの仕業, うこれからおいおい速力が, うこれからまたあるだろうそれ, うこれからゆっくりその話, うこれから少々戻りには, うこれぢや, うこれっきりにし, うこれツぱかりの事を何, うこれ以上深間へ入っ, うこれ八右衞門さんアは, うこれ用意して, うこれ由次奥へ行っ, うこれ等暴力団が後日釈放, うこれ苟めにも天下, うころの想像, うころ川口の浅瀬, うこんど福井へおいで, うこんなに早起しようとは, うこんな小さな栗を, うこッちへ, うこ品を持っ, うこ此武村をお, うごうごうごう弾きつづけました, うごつある, うごまを撒いた, うご両人お揃いで, うご覧じませほら, うさあさあ返せ, うさいなどと訓, うさい河豚のよう, うさうないであらう, うさかいなアあゝ, うさかりの今日, うさきほど部屋で, うさし当っては, うさしあたりお困りなら, うさしたる儀でない, うさして美味しくも, うさそうに頭, うさっきあなたと話し, うさっとばかりに顔色, うさつきはたしかに, うさては又た, うさびくちた鉄, うさびしく寂びて, うさもなければ広くも, うさようならマダム貞奴, うさよなら米友さん, うさらさらと一方, うさらりとした, うさるほどに, うさんざんな目, うさんでそう簡単, うさマア自重してるん, うさ五十歩百歩さ, うさ何か意味, うさ併し雷, うさ四十もう一二, うさ夫婦といふもの, うさ氣紛でもなけ, うさ都て人間, うざい料理だつたさうである, うざうしくなつたので清三が扉口, うざうもざうと一しよに, うざずの叫び, うざっと二万呎も, うざつくばらんになつてから何もやらん, うざまアみやがれすっとこどっこい, うざらざらとこぼれた, うざんぷとん港ニ到リ, うしかしそれにしてもなお吾, うしかして更に新たなる, うしかしながら労賃の, うしかたがない, うしきだと, うしぐれと呼ん, うしこうして, うしただらうと, うしたしたという, うした者を探し, うしっかり頼むぞ, うしつこくないの, うしとやかなあたり, うしな本当にこれ, うしねそれにおんなじ, うしの代りを, うしはどうにかなっ, うしばかり物を知りすぎ, うしばかり藪睨みで左, うしばし佇んで, うしばらくもうしばらく新九郎様の, うしめっぽいものより, うしょっちゅうそのこと, うしょんぼりうなだれて, うしょッちゅうそんなことをしていては, うしらぱっくれてもこっちには種, うしろ暗い点が, うしんみりしました, うじきに白状した, うじたばたするなよ, うじっくり腰を, うじつにりっぱな, うじつは分つて, うじゃあがあせんか, うすえ子は当時, うすき好んで, うすごいものを, うすしよかろう, うすしビールまさむねサイダーなどとやられ, うすたすた五里も, うすっとして, うすばらしいやつだ, うすべて一尺以内の小者, うすべて不可能なこと, うすべて険岨を通る, うすまんがわし, うすみませんがちょい, うすやすや寐て, うすらりとゆけ, うする如く謂ふと, うすんでのこと, うすゝりなく, うすゝめるので, うずしりずしりという重い, うずたずたに引き裂きたい, うずっと大スロープ, うずつと昔の, うずるものどもは近う, うずる志がお, うせいに腹, うせいぜいおだてて, うせせこましい万事に, うせわしいんだ, うせんだってうち評判のよかっ, うぜというしだい, うぜとでも言いたげに, うぜなこれぢや, うぜひぜひ僕を, うそうがっかりすること, うそうなると俺らは, うそくの赤茶けた, うそげん何時もかつ, うそこここに散っ, うそして又此から, うそぞろぎぬ, うそち達はひたすら, うそち達一睡の後, うそつちの包にこれ, うそのうえにピシリ, うそのうえで私から, うそのうち我々の, うそのまま茫として眠り続けた, うその他名の知れない, うその小さな墓が, うその後私は学生時代, うその或お方は, うその道は, うその間私が心から, うその頃石見国美濃郡に高橋魯庵, うそばにばかりつい, うそれくらゐで, うそれぢや顏, うそれっきりお父さんというの, うそれとなく今少将, うそれにこうして精進し, うそれにまたどうせいつ, うそれゆえ女性に対した, うそれゆゑに鬱積, うそれら死骸の土, うそれ以来は生れ変った, うそれ以来私は人猿達, うそれ位ありゃ肴, うそれ専用の人間, うそれ此所にゐる, うそれ程即ち, うそれ自体のため, うそれ自身に於, うそれ自身価値評価的なもの, うそれ鴉に灸据ゑらツ, うそんなに一々お前, うそーつともと, うぞいの, うぞうさであった, うぞっと致しますわ, うぞなどかく考え直した, うぞなどとお留守中, うぞやだ, うぞやを遣る, うぞよもう, うぞよと仰せられました, うたあいわねえよ, うたいがいあります, うたいそうに美人, うたいてい眼鏡を, うたけに不思議, うたことした, うたしかもう二十四五に, うただちに乾坤二刀を, うたった今鐘の, うたっても悲しむよう, うたっぷりした感じ, うたてつけが悪く, うたとえば大使館から, うたぶんこのわたし, うたまたま聞えて, うたまらないや, うため二十歳の人, うため十人の雛妓, うため十年ぶりにこの, うため天国を持参, うため己が席, うため彼らが放した, うため我らを席上, うため暗闇にまぎれ, うため浪速くんだりまで参った, うため芸妓幇間をずらりと, うため身を犠牲, うため遠征隊を組織, うため骨を折っ, うたやすく這入る事, うたらしい若者が, うだいつひお, うだがそれにしても彼の, うだが実は外ならぬ, うだけがあって, うだけでも今度の, うだけにすぎないと, うだけれども間夫が, うだことしてお, うだにさはり出ねえで, うだらしなく涎, うちっともおごらなくちゃ, うちっぽけな智恵, うちやうど適当, うちやほやされたら叶わんやろうし, うちょんちょんとまた, うちようど飲酒癖のやう, うちらと眼, うぢゃありませんかと斯うやっ, うぢやうぢやし, うぢやござりやせんか, うぢやつた, うぢようたるもの, うぢ此処に居るべし, うっていうにゃどうした, うってから三番つづけ, うっても食えやしないから, うってんでああし, うついぞ覚えませぬ, うつい少しばかり前, うつうだ, うつぎ丸葉うつぎ, うつぎ模様のよう, うつぐみの声, うつたつて其手は喰, うつつましくふた品, うつていふのかい, うつてのがわたし, うつてわけだから, うつて不審がつて, うつて処がある, うつて出來ないから, うつて居酒屋の爺, うつて町内の噂, うつて病人へだけはいつ, うつて相談して, うつて者はありません, うつて肚ぢやない, うつて言つてくだすつて, うつて言ふつもりなの, うつと思つていろいろ, うつまり一人に就, うつまり二階では, うつめたく思ふかも, うつやといい, うつんつんしないでさ, うづしほの中にさそひし, うづたかき落葉のにほひ, うづだちしまし見て, うづの玉をことほぎまつる, うづまく大川の, うづまく黒の雲, うづまつたのはこの花, うづまり夜も雪明り, うづみ更に登らん, うづみ葉の渓, うづめて自分だけ一人, うづめられてそれが雨で洗, うづをするだけで痰や唾, うてこそ始めて, うてなぁもっともだ, うてなの柳望み見, うてには仏蘭西の, うてには一師団の兵, うてのうあればっかりが, うてのに年を, うてものわらひなる, うてや連れて, うてよかつたん, うてネ可愛い息子さん, うできるだけ早く, うでだめしだ, うでというような, うでとをもって, うでないと飯に, うでなどをもったその, うでにかけては確かな, うでは又ね, うでもって馬鹿さが, うでもねえ明日から, うでもねえよ親分, うでるんだ, うでるなら浜の, うというくらいになり蝶子, うというくらいにしか思って, うというという気持に, うというにおいてこそいみじき秀句, うというについて一つ考えなけれ, うというについての相談だ, うといったじゃないか, うといったまでの話あれは, うといつては持つ, うといふまでもなく何ら, うとういふこと, うとうとうこの先生, うとうとうついにこんなこと, うとおきのは, うとかなどといふ馬鹿, うとかの欲望は, うとからかつた, うときどきマンドリンなど, うときまつたよう, うとくに作家として, うとこしなえにこの, うとこじきであろうと, うところが実はこれは, うところどころで鶯, うところドレエブして, うとしてかへつてそれには, うとしてこそあれあの, うとしてさッと, うとしてともづなをといたからです船が, うとしてに他ならなかった, うとしてばそこらじゅうに, うとしてもかの女には, うとしてもも早や, うとしてわーっと, うとたんのメタル, うとってその位, うとつぜんクックックッと, うとてののたうち廻り, うとで二年生の, うととしてかずかずに, うととも角新, うとともにこのなか, うとなんてするん, うとにかくこんなにはつきり記憶に, うとにて食おうと, うとにとってもびっくりする, うとのしかかつてくる, うとのねべやをみせて, うとのみは思はねど, うとのやむにやまれぬ欲求を, うとはと虚を, うとはをかしおどけ, うとばっかりしや, うとまでなつたと, うとまでに思いしか, うとまでの御誓紙, うともあれ毎晩毎晩お, うともかくどうにかして, うともなかりましょうとも, うともに餓えて, うともねえ察しるよ, うともよ末世を, うともネあの日, うとより思はれない, うとりあえずこのお金, うとんだ極道もんでございます, うとんとあんなやう, うと之努める, うどうしでその, うどうしてこうヤイヤイ言うだろう, うどうして何となしいら, うどうにかして, うどうにも我慢出来ない, うどうもはやおかげさまで, うどうも誠にお前さんは, うどこつてかけた所, うどことなく上品で, うどっこいこっちにゃ, うどなたも最初, うどもだっ, うどれこれかえ, うどれひとつ瓜に外套, うどれほど此の, うどれ私もここ, うどんなにかこたえ, うどんこからこしらえた, うどんな大きな悲哀が, うなあといふ羨望だけが, うなあにヨーロッパはそれでも, うなあに僕には明日, うなあに途中で暮れ, うなあに間違やしねえ, うない寂しい儚ない浅ましい, うなからんと, うなが勿体ない, うなくらい暗い部屋, うなく美しく見えるの, うなけはいを, うなければならぬ, うなぜそんなに困ッ, うなぞとして怪我アし, うなぞとはわちきは, うなぞの了見に, うなつかしさ, うなつかしきかたには, うなつちや仕方があるまい, うなつちや先陣爭ひの, うなつちや神佛の信心, うなつちや私も隱, うなつちや落付いて, うなでつかい鼻, うなということだった, うなとかと交, うなとかという話だ, うなどとしてはいけない, うなども隠れん坊では, うななどと考へて, うななりをした大男, うなにそれは店, うなにぶんにもこの, うなにやら恥ずかしゅうて, うなに一人ぐらいの妾, うなに指い切ったっては, うなに昨日から食わない, うなに槍持ばかりで, うなに造作もない, うなのう広海屋, うなのずつと闇な, うなまじ女給など, うなまめかしいほ, うなまりのメタル, うなみだいな風, うなや川蝦で, うなりに耳を, うなりは独特の, うなりゆきに任せ, うなるほどこれは, うなんぞお手まわり, うなんだかんだとごまかし, うなんてって嬲られるだそれ, うなんとなく暗いもの, うなんとなく少し気持が, うなんとも返辞を, うにいさんがまるで, うにおいてあるたる, うにぎやかにやられ, うにくらしてゐた, うにこにこと出迎えた, うにっこりすると, うにて毫も厭味, うにといふのです, うにとも知りながら, うになあやれやれ, うになあなあ坊, うになどいふわけ, うになどと言ふと, うににこ, うにねそうじゃ, うにゃならねえん, うによりそひ, うによりましてはこれ程の, うにわかなこと, うねえさん此処へお出で, うねえってとても真面目, うねえというふうにでも, うねかうねって, うねずつやるの, うねっていって, うねつてこつち, うねといふやうな, うねなんていふの, うねねわかったでしょう, うねは桐の, うねばかりのキャベツが, うねへ未だ先, うねエと案内人に, うねッた道, うねー貴郎, うのうてどうしょう, うのかしら女房を, うのくらい町かどを, うのさうし, うのと横歩行きし, うのねえこんだ, うのべつ貧乏の, うのよむあみだきよふこれハちと, うのろのろ描写せず, うの艇に三人, うの艇内をちょっと, うはかない最後の, うはげちょろになった, うはしけやし, うはじめましょう, うはじめて沖縄史を, うはずつてゐた, うはだしにお, うはつはおれ, うはなはだしきはだいぶ, うはははは娘時分と, うはやご加勢, うばい物の五色揚, うばかばかしいや, うばかりとも思はれない, うばっかりに一生懸命に, うひそひそ語って, うひたすらそればかり, うひたと席に, うひとこと呟いたかと, うひとつあっしと一しょ, うひとつおまけにいれとい, うひとつそいつをあばい, うひとつアマをからかっ, うひとつ今度はかう, うひとつ俺を仕込ん, うひとつ君のため, うひとつ惚気でも聞かし, うひとつ源三郎の合図ひとつ, うひとつ生皮を剥がし, うひとつ美佐の後援会, うひとつ違いの二人, うひととおり市中の見物, うひとまず春日山の, うひとりごとを云, うひとりでに動くの, うひとり決めして, うひと月あまり呷りつづけた, うひと汗拭え, うひまのふと, うひりひりする, うひろ子がグリーン, うの自然花, うびようたるおもひにうたれる風よ汝, うぴくりと眉根, うぴちぴち跳ねられたら, うぴん子といふ, うふかぶかと寝息を, うふさはしい, うふしぎにも痛み, うふだんならば, うふっと思って, うふところから手拭, うふらふらと縁側, うぶすりと云つて畢ふ, うぶっかけて, うぶつぶつ口の, うぶらりんな, うぶらんと成つたつ切, うぶんにお, うぷりっとした体で溌溂, うぷんと来た処, うへえ宜い, うへえお塩を, うへえーなア, うへえ有難うございますと, うへからは憎からず, うへが闇に, うへそに力, うへだけに渠は, うへと走った, うへともこんな災難, うへどもどした, うへな二人よりも, うへなばかりに増長し, うへにと新らしい, うへには藪が, うへにやすらふ山路かな, うへへへと笑いや, うへんなこと, うべかりきと, うべがはじうべ, うべともなき夕餉, うぺこぺこになっ, うほうしょは, うほこりかなる, うほどにはこれを, うほども数多くでき, うほほほほほ, うほぼ半月ほど, うほやほやの御, うほらほらなんだかすう, うほんとにこうして, うほんとにそうですよ, うほんとに暫くでしたから, うほんならどうぞおまかせ, うほんまに, うぼうしは二十めんそう, うぼうぼう髭を, うぼく知つてらあぼく, うぼろぼろのシャツ, うぼんのくぼの, うぽかぽかとした, うぽっかり咲いたの, うまああの人は, うまあいっそ心中でも, うまあずいぶんね, うまあずっと帰ろう, うまあそんなにしなくっても, うまあどんなに恐ろしいこと, うまあまあ力を, うまあもっと行って, うまあ宜いじゃ, うまあ本当に何と云ふ, うまことの道者, うまごまごして, うまさかいくら易者の, うましなの, うましておたがいに今日まで, うまずい漬物を, うまたそれからでも遅く, うまたは瓦に, うまだごくお小さい, うまだすっかりきまったわけ, うまだちっとも通らないが, うまだなかなか夜は, うまだぼんやりと見まわし, うまだまだ夜と, うまだ依然として床に, うまちずむ, うまちがいでなくば, うまったく少しも, うまでには今から, うまでよと身を, うまばらな人立, うまるっきり馬鹿扱いには, うまわりは築山, うまん丸な月, うまアああやって, うまアお上り下さい, うまアまア念の, うみごとに討っ, うみたいでつい, うみつ子はどう, うみなさまお気づきの点, うみな元気らしいわ, うみな散り散りとなつ, うみよの決心しだい, うみんなおいでよ良ちゃん, うみんなひと通り私へ小当り, うみんな坊に持つ, うみんな夕餉の卓, うみんな殿様の為させ給う, うみんな集まつたやう, うが夢中, うむかしのリリス, うむかしバイロンという人, うむざむざと人, うむしろ反対に, うむずかしい顔を, うむっくりはね起きて, うむっつり右門の, うむつかしいこたあ, うむづかしい顏をし, うむない人達たらあらへん, うむない女子やけれど, うむやみな恋, うが, うめん茶碗蒸し小田巻むし鰻蒲焼海老鬼殻焼天丼親子丼海苔佃煮寄せ鍋鯛ちり牛鍋, うめッたやたら, うもうあんまり先が, うもうかれこれそんな時分, うもうこうなった暁, うもうこれつ切りだらうと, うもうしばらく僕ひとりの, うもうすでに宮は, うもうずっと前から, うもうちっと経つと, うもうどうなっても, うもうよっぽど芸が, うもう少々お待ちくだされ, うもう直ぐ帰りますから, うもくと呼んで, うもし実際彼女らの, うもし当然な心, うもち一週に一度, うもっともっと凄いこと, うもつとお, うもともと貧弱な, うものそれが作法, うものどこの隅, うものものしい風景を, うもの佗びた心情もあの, うもの床の山, うもの思をする, うもの感情を述べる, うもの着物を著せ, うもの私が不調法, うもはや貴下らと, うもやもや暗い, うもろこしのかたち, うやかましい世の中に, うやかましく考へなくつて, うやがてもう一度眼を, うやすやす捕虜を, うやっぱし来てたな, うやっぱりそうでしょういい, うやつぱり将軍の舅さん, うやつぱり遊びぢやねえか, うやつらには労働者, うやという彼女らしい, うやなどといふ芥川では, うやに見せかけたが, うやにはどうしても無限絶対, うやにわに隠れて, うやはりいくぶん劣って, うやらずつと昔の, うやれやれチンチンチンナアレチヨッタチョッタと, うゆうべは秋刀魚, うゆうべあまりおそくなった, うゆう装ひを, うゆえうわさを聞い, うゆえそちから申せ, うゆえ七五郎どの新吉どの両人, うゆえ三之助どのと引き換え, うゆえ三河の国境, うゆえ二万四千石が大切, うゆえ二三匹が程, うゆえ五両ずつ遣わそう, うゆえ伊那丸を首, うゆえ其方の足, うゆえ回答には三日, うゆえ御寝遊ばしましては, うゆえ旅の宿, うゆえ旗本八万騎にその, うゆえ無碍に支えれ, うゆえ蔭乍ら御胸中拝察, うゆえ見せしめのため, うゆえ願わくば, うゆえ馬を曳い, うゆき子の姿, うゆゑ家の古い, うようやくのこと, うようよう這って, うよう最善を尽す, うよう胸なでおろし参らせ候, うよかろう幾百人でも, うよかで茶を, うよからうよ, うよき師匠を, うよしよし解いて, うよといふ意味を, うよとか旅行しましょう, うよとばかりに拗ねて, うよなそれよりか, うよなあ夫婦喧嘩は, うよなどと騒いで, うよななお前も, うよなァ晩にや, うよねんなく私, うよほどになる, うよもや姉さんは, うよりはと思案し, うよりよく社会の, うよろけもしよう, うよろしいよろしい乞われるまま, うよろず漬物の, うよろよろと立ち上りました, うよんでゐた, うらく前に君, うらく我今善法, うらく我足迅く心驍勇, うらく毎日一桶ずつ運ぶ, うら声を叫び上げる, うら葉が海, うら街から通つて, うりつないど, うろうあいだおん秘密にすべき, うわいと思ってたらシャツ, うわいな早く, うわいのそれぢや, うわがままで癇癖, うわが国の現在, うわが輩も及ぶ, うわけても澤庵の, うわざわざ人の, うわしゃつくづくこの, うわし自身はここ数年前, うわたしこの間あっちの建物, うわたしゃお前さんのその, うわたしシュウタイなんていう, うわたし共平凡な力量, うわと仰せあった謎, うわびしいクリスマスを, うわるくない, うわれながらむかむか, うわれらみずから風であり天, うわれら愛誦詩の作者, うわれわれ三人で夜あかし, うわれわれ兄弟こそ実は, うわれ等が大, うわわわわわん, うまた一本燗, うゑいけバいつか, うゑたる白蓮は来ん, うをと案じて, うを以て意稍休まん, うんじゃ鎮守さんへ, うんで親爺さんが, う早く行かねえ, うアアして, うアア今頃は何処, うアア戸の表, うアア此の人, うアタピンを毎日, うアッタスンそしてそれ, うアノ来月四日はたしか, うアプレゲールのさ, うアベックで泊め, うアラビヤ語は辞典, うアリストテレースは紀元前二百年代, うアリゾナ名物のカウボウイ, うアルコールよりカルモチン, うアルトニヤ人の誰, うアンナ・リヴォーヴナやマリア・セルゲエヴナ, うアーヴィングの直伝, うイエたんとは頂きません, うイエ慝まわぬ居ないと, うイタリアのマッチオリ, うイデオロギー論は唯物史観, うイナダの餡掛, うイビキのきこえない, うイモシヨウチユウのた, うイヤ大に売れん, うイヤ獺であろうと, うイルコックは壁, うウィリアムは聞かんで, うウイスキー入りの珈琲, うウムこれは結構, うウラル丸でさかん, うウワアお長屋, うウームという, うエエ知らなん, うエジプト文明の栄華, うエリコの城, うエリザベスの時代, うエリザベートが説明, うエヽ奥方勘藏は居らぬ, うエヽ拠ない事, うエ丸部さん未だお, うエ丸部さん合点が行きました, うエ何所へ隠し, うエ先生逃げ隠れはせぬ, うオイセとチョウセ, うオイ其粽を出し, うオイ源次立って, うオホホそれならお, うオヽ笑止博士論文よりは恋, うカアルよ私, うカミサンなんざ鼠, うカモシカ号は爆発, うカンタンにウソ, うカン違ひを, うカヴァーのかかった, うガタガタたいへん騒がしく, うガタピシ扉を鳴らし, うガバガバガバといきなり, うガボと異様, うガマ岩とも呼ぶ, うガラツ八は危ふく, うキチガイ学者の参考, うキッと口, うキット様子もいつも, うキット馬鹿な人, うキンが出, うギョッとした, うギラリ鞘抜き放って, うギロンで僕, うクリストとは知らず, うクリスマスと来る, うクリスマス万歳の仲間, うクリティシズムが韻文精神, うクロロフォルムの瓶, うグラグラ揺れるではござりませぬか, うグラリと二階, うケシの花, うケチな野郎, うゲーテの, うコイツは立派, うコゼットはあなた, うコツコツと重苦しい, うコトコトとノック, うコマを売りやす, うコロップは柔, うコロボックルが蝦夷, うコーヒーを二つ注文, うゴカイ類の頭, うゴミ屑かな木, うゴロゴロして, うゴーゴリの小説, うゴーリキイが赤坊, うサア御膳をお, うサイは両方, うサケ料理を食いはぐれた, うサゾ待って, うサトウは一人宛十銭, うサンサーンスやバッハ, うサーちゃんは意味, うサ私は後, うザザ虫の佃煮, うザマあ見やがれ, うザラには捕れる, うシインとして其処, うシェリーの研究, うシッシッと, うシナも殆ど, うシベリア横断の間, うシベリヤが革命騒ぎ, うシャンシャンシャン, うシャンパンでも抜こう, うショベルを杖, うシロとクロ, うシンガポールへ来る, うシーボルトという奴, うジミーもベン, うジロジロ見るの, うジーナは声, うスキヤキのにほ, うスタンドの卓, うステツキに風呂敷包, うストレイチーは個人, うスペンサー氏の内界外界主觀客觀論, うスマラグドフの万国史, うスミスさん僕の忠告, うスラスラと打ちあけ, うスラリとし, うスルと貴, うスルスルと硝子戸, うスワデシのマントラ, うズケズケ言ふ, うズッと近く, うセシルやラレイ, うセットを少く, うセメントぐらい自由, うセンチメンタル・ジアネイを読み, うゼウスにかけて妾, うゼーロンの耳, うソソクサ次の間から走っ, うソフオクレスの像, うソラ此器で脈搏, うソリャ成程近衛様, うソンなら皆, うゾ今実際に, うタイタニック号のフィリップス, うタキノの親父, うタヌ君もうそろそろ退却, うダアダアと云つて笑, うダンテの神曲, うダ誰が, うチカチカしたもの, うチットしようが, うチャアリイが, うチュッといっ, うチラと御, うチラッと俊斎様, うチラホラ咲いて, うチリに, うッそりして, うッちゃらかしになってる, うッてんで向, うッ娘が疵物, うッ疵でもあれ, うツイ人間の浅まし, うツイ先に立つ, うツイ敷居を跨ぎそびれた, うツイ日頃にもなく, うツルリツルリと指, うテテツクスの季節, うテナルディエの所, うテントの近く, うテーマはこの, うデモの効果, うトコトコという音, うトラック用道路です, うトリエステなん, うトレゾールと並べたら, うトーキー争議の指導者責任感, うト云ッた, うト身を返し, うドキツとして気絶, うドサ貫をけしかけた, うドッと背後, うドロドロのもの, うナと訊く, うナゼあなたはその, うナニ一度は見, うナニ堀端まで行った, うナニ此方は泥坊, うナニ節糸織渋い事, うナニ道さんイヤ丸部さん私は少し, うニュウヨウク座のヒルガード, うニュートンが仮説, うニーチェとはどういう, うネそうでしょうオホホホ, うネエどんなにか, うネエ男でもありましょう, うネオンの灯, うネステレンコは言, うネッドがいっ, うネー千代がみ, うネ私は変, うノートは読み, うハアハア息を, うハキハキと言つて, うハコネですか, うハタハタハタと羽音, うハッハッハと笑, うハッハッハッこれは, うハッハハハと咽び, うハッハヽヽと咽び, うハツとして飛, うハツハツハツこれは冗談, うハテ要らぬとは, うハドリヤヌス橋にヘーラクライタス, うハムの一, うハリダースが定, うハードルが, うハーモニカの伴奏, うハヽヽ願クバ骸骨ヲ乞ヒ卒伍ニ帰セン, うバイ此輩どもが死んだ, うバカな奴ら, うバキチは笑っ, うバタバタという物音, うバーに行こう, うパパもさう, うパラダイスを悲しみ, うパンパン暮しのほう, うパーシウスが自分一人, うヒューマニズムとはどんな, うヒョロ長い影, うヒラヒラと一葉, うヒルミ夫人の立場, うヒーヴリャは気づか, うビックリしましたのよ, うビュルストナー嬢を説き伏せ, うビラなんぞにこっ, うピョンピョンはねろよ, うピラミッド工事の当時, うフィリップ殿下がそんな, うフェッジウィッグ夫人にし, うフフンざまを見, うフラフラふらふらとさせ, うフリにこっちとら, うフレツシユであまく, うフロラに, うブチまけるよう, うブランコと呼吸, うブンナグッてやりたい, うプラスコーヴィヤ・フョードロヴナにあげる, うプーリの犬小屋, うヘイホつて町だつたわ, うヘエ私も世話, うヘザーレッグが馬, うヘタな人間, うヘリコプターの眼, うヘン好い面, うベタベタとあちこち, うペガッサスは帰っ, うペルシャ猫が一匹, うホクホク嬉しくて, うホッとする, うホテリングである, うホホホホホおぼえて, うホラ又, うホラ唇の紅い, うホラ御覧なさい, うホラ貴方も田中, うホールの中, うボイラーの上, うボツボツ帰る支度, うボロ家に, うボン・コアンの家, うポケットから小さな, うポツンとし, うポンポン切られて, うポンメルシーさん私の生涯, うマア坊は平気, うマア引越を見合せよう, うマサカの時, うマサカ殺しもしなかろう, うマズルカというもの, うマドレエヌは僕, うマリオの市, うマリユス私を見, うマルセーユなんかじゃ, うマロニエの大, うマントを着てる, うマーシェンカの話, うミウーソフさんわしは口, うミジメな彼女, うミヅグルマが廻り出さない, うミハイロフ通りへ, うミンナよ, うムッシュー・ヴォルデマールにはお目にかかった, うムッソリーニ賞杯を得, うメチール入りの葡萄酒, うモウ一つの大きな, うモガじゃろ, うモスコオ芸術座が兎も角, うモノナラその美味, うモヤモヤと湯気, うモリイシャよそういう, うモロー彗星との衝突, うヤイ担げ, うヤカンを, うヤレ金公お小遣, うヤンキー達は彼等特有, うヤングゼントルマンというの, うヤーホーじちちゃん, うヨメは夜目, うライカの坊介, うランスには巴里, うランプをさし挙げる, うリンデンバームのメロディ, うリーズさん僕はいつ, うルアーブルからセーヌづたいにパリ, うルミ進め, うル・リベテエル社の中, うレザールじゃさようなら, うレッスンしに, うレンガやガラスだらけ, うロスコー氏の突然, うロックの時代, うロックリンのトオカル, うロフベルグが尋ねかける, うロマンと称, うリツキイに, うワイセツ感を与, うワザと遠く, うワタシは, うワーナー博士の調査団一行, うヴァレンチノの, うヴァン・ゴッホの絵, うヴィクトル私たちがいっしょ, うヴィルヂルを尋ねよう, うヴィーコの流れ, うヴェリチャーニノフはぐいと, うヴォルフの厳密哲学, うヴォー州では最大, う一々暇乞を, う一ことその少女, う一しょになりましょう, う一つ僕の杯, う一つ前に友人, う一つ大急ぎにお, う一つ彼奴らの万歳, う一つ揉ぎって食おうか, う一つ禽獣の書いた, う一つ靴みがきをさせよう, う一ところに根, う一ツ人參を澤山, う一ツ橋家の武士達, う一ト通りは, う一ヶ月速く博士, う一ヶ月位も呑気, う一丁附合え, う一丈でなくとも, う一人一人これへ連れ, う一人一人生命保険へ入, う一人前九十円ずつということ, う一人子供が増, う一代ならず宮方, う一体ごとに, う一体どれだけ目方, う一体神主は高山, う一体私を狙う, う一個月ばかり前, う一刀にカッ, う一刀流の極意, う一口に云え, う一台のロケット, う一台ぢや窮屈, う一同海岸に出, う一名四谷とんびという一味, う一名聖ジョージの馬, う一向効果が, う一周忌が済ん, う一味の奴原, う一噸二百七十円位で約束, う一回や二回, う一団のかたまり, う一国の独立, う一大渦紋に吸い込まれる, う一夫これを守れ, う一寸先は暗, う一対の内裏雛, う一層惨酷, う一年めは駄目, う一度すっかりはかって, う一座の中, う一心で奴, う一息というとき, う一戸の温泉宿, う一所黒痣が出来, う一挙両得の方法, う一族譜代の武士達, う一日中おれのところ, う一日中ぼんやりしては, う一日尼出でその, う一日松葉と二人天王寺, う一昨年の暮, う一昼夜のうち, う一時に纏め, う一時凌ぎに, う一時間ぐらいならもつだろう, う一晩ぐらい売っ, う一晩中身をうごかし, う一月ぐらい待ちましょう, う一月位は好い, う一朝国のため, う一枚の葉書, う一橋慶喜をあげ, う一歩では, う一気に急いで, う一点似た釘, う一生懸命に跳, う一番そいつの再, う一番先に伝吉, う一番後にゐた, う一発ドンと, う一皮一皮剥いで, う一盃飲んだら宜, う一目千里の, う一眠りして, う一種の冒険, う一端怒つて, う一筋の髪の毛, う一羽くれ, う一羽七十円のセキセイ, う一致して, う一般的関係は決して, う一茶の偉, う一見したの, う一言して, う一言口をはさんだ, う一説に由る, う一議論あるべきところ, う一足も踏み出されぬ, う一足梯子段へ踏み出した, う一軒置いて, う一辺厳し気, う一通の手紙, う一週間の停学, う一週間以内に女, う一週間酒を飲まん, う一遍お邪魔, う一銭のマッチ, う一閑斎も嚏, う一陣の風, う一際目立つきらびやか, う一難が去れ, う一雨でしん, う一頭の子鹿, う一風変った曲節, う一體何うした, う一鳥声せず, う丁度二尾の鰻, う丁重にもてなし, う七さんは, う七両では, う七人のお, う七八あ, う七兵衛おやじの方, う七十にし, う七十四歳まで生き, う七十才を越した老いぼれ, う七十歳を越し, う七十畳ほどの広い, う七升は飲めまい, う七時すぎ浅間の宿, う七時四十分までにモンパルナス, う七月二十四日は, う七脚のセット, うちやんだ, う万丈の雪, う万之助も今年二十二, う万年ペンはどう, う万年町のお, う万座はしづか, う万田龍之助, う万福の父, う万福寺の下, う万里の道, う丈余に亙る, う丈助と其の, う丈夫に出来た, う丈夫さうには見えます, う三ちゃん浜へ出, う三ツに分て, う三之丞は唯もうおろおろ, う三井寺の鐘, う三十一にもなり, う三十七かとさすが, う三十九じゃもの花, う三十二三の少し, う三十五万石でげす, う三千ルーブルになります, う三台の白い, う三吉さん最早旦那, う三味の音, う三味線鼓鉦拍子木などの伴奏, う三四ヵ月前に種々, う三四人の奉公人, う三四十人もゐる, う三回顔をさらし, う三国はいい, う三國屋の二人娘, う三崎の屋敷, う三年前浅間山の噴火口, う三方から郷民達, う三方四方慶たいこと, う三日目に毒藥, う三月二十五日真珠三十二個四月十八日ダイヤ十八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, う三木君の転向, う三朱位には負, う三条河原へ足利, う三條天皇なども好, う三沢は団扇, う三津五郎なら居ますよ, う三田君の御, う三百石の旗本, う三箇所の境, う三足と歩かない, う三軒がいま江戸, う三途川の水, う三間ばかりもすさらし, う三面の下, う上手の作った, う上杉家滅ぶるに, う上機嫌に見えた, う上海の女, う上海あたりからのもの, う上蒲団は借りた, う上調子に遣つ, う上野介の身, う上野界隈立ち退かない家, う上野駅に近い, う下らない圧迫や, う下作にしろ, う下司の味, う下女に手, う下婢の背, う下宿料が月, う下男の与次郎, う下草などの生い茂っ, う下諏訪へ退い, う下谷根岸の一月寺, う下駄を穿き違えた, う不便な場所, う不倫を悔いた, う不具の娘, う不可いかな, う不審の眼, う不屈の意志, う不忠不義者の首, う不思議さな, う不思議ぢやありません, う不慮の事, う不承田代もそう, う不断はまるで, う不気味に凪い, う不満足に思う, う不燃性の建物, う不眠も何とも, う不破が失踪, う不破数馬の件, う不良青年は奥さん, う不謹慎ないい, う不貞くされは, う与之助の容体, う与八さんを, う与八さん御苦労ですが, う与力この態, う丑の日の夜, う世の常の女房, う世界第一, う世界漫遊の考え, う世界空間は自然科学, う世界観なるもの, う世話して, う世辞を云っ, う世間並の挨拶, う丘子の裸心, うはあちこち, う両人だけに勝手, う両側に露店, う両者ではない, う並み並みの身分, う中古にも紀朝臣佐比物, う中国筋からこの, う中央から取っ, う中川君の家, う中座いたす, う中条と書い, う中根はんは可愛, う中沢君の物, う中津屋敷に着, う中田はそう, う中空に抽出, う中納言がいろいろ, う中途からその, う中途半端にし, う中野實君でした, う丸々と肥つた, う丸い目が, う丸山町のところ, う丸窓の灯, う丹三郎は銀之助, う丹後守夫婦は竜, う丹波市となる, う丹生川平の郷民達, う主人役の校長, う主任さんに対して起され, う主命で美濃, う主意を以て斯, うかりしに, う久し振だな, う久しい前からの, う久しぶりだった, う久し振りに臥龍梅, う久我さん実体は死滅, う久留米絣の紺, う乎ドッチの肩, う乎革命党に同感, う乘つて我にかへりたい, ううと, う乙女ほほえみつされば, う乙松はあんな, う九時というの, う九時台はなかなか, う九条院のお, う九郎の帰り, う乱暴狼藉だどう, う乳母は冥土, う老, う亀茲国の夕日, う了解がつく, う予期以上に接近, う争いの余波, う事々皆好事, う事ほか知らないの, う事切なるに, う事大主義文化と民衆自発的文化, う事実真理とは何, う事實を設定, う事實事實さうだ, う事業が消え, う事無しに煙, うの剣三, う二つ三つ大きいくしゃみ, う二つ三つ四つと紅い, う二カ所あったもの, う二丈余りある深い, う二三十円の金, う二三日内に家, う二三日前にも柳橋, う二十七にもなっ, う二十二発の大砲, う二十人は二十様, う二十枚五十万円に売れた, う二十畳間くらいの大きい, う二十粒入り一朱とはどう, う二声三声ほと, う二巻以下お送りしましょうか, う二年生の時, う二度とおいでに, う二日前に若い, う二時間ばかりで, う二時頃まで寝られなかつた, う二月だかに, う二朱やって, う二条の白虹, う二点の間, う二百石の格式通り, う二等待合室へ這入, う二足ぐらいは入用, う二週間目に入り, う二間室があっ, う二階笠の紋, う二頭の山羊, う云つたカフエなどと云, う云つた不安な雰圍氣, う云つた人に見える, う云つた場合に来る, う云つた声は一寸, う云つた後から直ぐ, う云つた性分が妾, う云つた意識が新しい, う云つた方がい, う云つた方法も行, う云つた時私は身, う云つた樫田の声, う云つた母の顔, う云つた父は云, う云つた男は降誕祭, う云つた眼を開け, う云つた私は照子, う云つた自信の言葉, う云つた荘田の顔, う云つた虚無的な否定的, う云つた訳でボール, う云つた譯合ひの, う云つた青年の顔, う云つておしげはくすと, う云つてお前はその小さな, う云つてお母様がすぐニコニコ, う云つてことこまかに時計, う云つてそれ以上は何, う云つてたか子は暗がり, う云つてつゆのそば, う云つてとみ子が彼, う云つてなか子の首, う云つてぴゆうぴゆう寒い風, う云つてみんなを笑, う云つてやつぱり絖を持つ, う云つてらあ, う云つてクルリと背後, う云つてグラスをゆき子, う云つてコポオは吹き出した, う云つてスタスタと歩き出した, う云つてスタートの構, う云つてストーヴのそば, う云つてボーイが私, う云つてボール箱を叩い, う云つて三平が一目散に追, う云つて二三日は, う云つて二人を送り出し, う云つて今度は頭, う云つて伊庭はまた, う云つて余は故意, う云つて來る譯, う云つて保枝は検温器, う云つて信一郎は夫人, う云つて傍に黙, う云つて先に湯殿, う云つて刑事は歸つて, う云つて判事を見上げた, う云つて前の日, う云つて勝平は叮嚀, う云つて勝気な秀子さん, う云つて友はちよつと眉, う云つて叔母は私, う云つて吉尾は用事, う云つて向方側の隅, う云つて嘉吉が砂利, う云つて大抵の事, う云つて太田父子は待合室, う云つて妹を制し, う云つて嫣然と笑, う云つて子供は彼, う云つて家を出, う云つて宿を引上げ, う云つて寄すから頼む, う云つて富岡は林檎, う云つて小娘の間, う云つて少女は扉, う云つて屏風の向う, う云つて工藤が笑つた, う云つて庄吉はドカ, う云つて廉介は眼, う云つて彌生は突き飛, う云つて後向きに坐つ, う云つて微笑した, う云つて心配して, う云つて急に彼, う云つて慰撫に務める, う云つて拳を卓子, う云つて拵へて貰, う云つて持札を棄てる, う云つて指差されたので, う云つて握り飯をこし, う云つて支へられる, う云つて村の子供等, う云つて槇君はみんな, う云つて次の部屋, う云つて気軽に別れた, う云つて滝本の胸先, う云つて滝野は一寸, う云つて煤煙の入, う云つて熱心に勸め, う云つて爐邊で足袋, う云つて犬の八公, う云つて田丸はやつ, う云つて田沢は心臓, う云つて由が出前, う云つて男は神棚, う云つて画家の, う云つて畫家の, う云つて直接訊いて, う云つて眉をよせ, う云つて真奈ちやんが子供部屋, う云つて私たちは県道, う云つて私達は或, う云つて立上らうと, う云つて答へると, う云つて納屋に入, う云つて紙の向き, う云つて結城ひろ子はほつれ毛, う云つて胸先をさす, う云つて腕組みをした, う云つて自分の髪の毛, う云つて自分自身を慰める, う云つて良子はツン, う云つて芋を二つ三つ, う云つて英也はアイリス, う云つて蓉子さんはお, う云つて襟に毛皮, う云つて身體を半分後, う云つて返事をした, う云つて通つて行つた, う云つて進ちやんはすぐ, う云つて道助を見返した, う云つて遠野はちよつと考へた, う云つて里子は階下, う云つて青年は一寸, う云つて頂戴ね, う云つて頭をかいた, う云つて高一もなるべく, う云つて龍吉を引張つ, う云つて龍子はふつ, う云はずにはゐられなかつた, う云ひたい衝動を彼, う云ふところだつたが, う云ふより外, う云ツておけ, う濁の, う五カ年間に限り百分の三・五, う五人の人たち, う五六人の男, う五六年前から国, う五六歩位置を移し, う五円位でしたらどうぞ, う五分も経たぬ, う五分刈やと誰, う五分十分が, う五勺の菜種, う五十両ばかり用だっ, う五十円貰い損いして, う五十貫近いもの, う五十銭玉二つを机上, う五十錢であ, う五年見ない間, う五手与六手, う五月のへぼ胡瓜, う五枚のメダル, う五稜廓政府の出来, う五里と七町, う井上氏は一応, う井下伯もせめて, う井伏先生に訊い, う井戸の底, う些事に自己, う亜米利加の先生, う亞弗利加の内地, う亡国の菓子, う亡者には血盆経, う交通の少ない, う交通関係がここ, う交際が始まった, う亥刻から子刻, うへ帰る, う京姫の意, う人ちがいに相違, う人一倍あの子, う人並はずれ, う人中へ出せ, う人品のいい, う人夫や兵卒, う人妻ではない, う人形町通りや, う人影や嘗て, う人手をかり, う人数を集め, う人格者に無論, う人様のため, う人民の敵, う人物もありましょう, う人生悠久の流, う人目につく, う人相を見たら, う人通りもない, う人違いであろう, う人里まではそれほど, う人間世界に住めなけれ, う人間動作の趣味, う人間最後の時, う人間業のあらゆる, う人間界から天上界, う人間血肉の新陳代謝, う人面白くも, う仁君となし奉らね, う仁左衛門さんに肖てる, う今お供物を, う今おいらが門, う今どき万というもん, う今のは, う今一人きりで何, う今一度は逢っ, う今一片のパン, う今二三十年も生存, う今二時昼ねよ健坊, う今別になっ, う今十五か六, う今夜わたくし共よりひと足さき, う今夜わたしをお前さん, う今夜九時頃日比谷公園新音楽堂裏, う今夜屹度三拾両持っ, う今夜濁川へ行ったろう, う今年一ぱい貴方のお側, う今度のはあれ, う今度顔を合せた, う今後幽霊を見, う今戸へ引, う今日じゅうに登記, う今日一日は国枝, う今日明日はいけない, う今日此処へお出で, う今時分は家, う今時分何しに, う今晩三浦屋迄御, う今晩御馳走しますからね, う今月の一枚, う今朝拔かれて, う今本船の後, う今講義の行なわれ, う今週は月曜以来きのう, う今頃警鈴が鳴る, う仏壇へ線香, う仏教なり神道, う仏者の所謂地獄, う仏説にも利剣頭面, う仏頂寺弥助は加茂河原, う仔犬の泣き声, う仔細か顔, う仕返しはそれ, う他国へ聞かれ, う他家の人, う代りに相手, う代官松の挑戦, う以上ザッと話しました, う以上呪殺申すよりは, う以外に法, う以外一句も出なくなる, う以来厳寒の独演会, う仮りにそう, う仮装の人達, う仰々しく言出す, う仰せの通り, うをよく, う仲介者さえあれ, う仲直りをし, う仲間たちの顔, う伊之さんとは迚, う伊之助が春木町, う伊勢の古市, う伊太郎は二十一, う伊川が良心, う伊庭はす, う伊東だよ, う伊東氏は日本画, う伊東深水氏がその, う伊與之助, う伊藤侯と云, う伊豆へ, う伊香保でも東京, う伏見へ行こう, う休息するよう, う会社の或, う会談は相当, う伝奏屋敷か山県邸, う伝染病が過剰, う伝統へ宋, う伝言せよと, う伯爵若し大変, う伯爵閣下はよろよろ, う伴天連の数, う伸び上ろうと, う伽蘭堂にし, う佃さんを説明役, う今大観堂, う但馬で発行, う住所は判ってる, う佐々の全員, う佐々伸子さんこちらは吉見素子さん, う佐々木小次郎は石切たち, う佐久間信盛の一隊, う佐助が自ら眼, う佐助どんは可哀そう, う佐太郎の奴, う佐藤一斎先生が太公望, う体一ぱいに赤い, う体操教師は言つて, う体験はあらう, う何かとなく神経的, う何たることでございませう, う何だ御馳走は, う何だかもう少し歩き度, う何となくそう思われる, う何やら道具類で, う何らか増し, う何アに, う何処のか店, う何十兵衞に劣らう, う何十年と火事, う何卒お忘れ, う何年ぶりかで不思議, う何度云ひ聞かしても, う何急に東京, う何歳ぢや, う何気なげに, う何気なくこっちを, う何気なくさう思つて上を, う何物も彼女, う何程詫びても, う何糞ツ天狗が出や, う何處のか店, う何遍断つたつて, う余りすらすらと運びすぎ, う余り問題としなかったらしい, う余地はない, う余程心して極めて低音に, う余興とは言い, う余裕と切迫, う余計なこと, う余輩もまた, う作家であるかという, う作者の態度, う作風の動揺, う使いでもあろう, う使い方は万葉, う使い走りだっていと, う使つてはゐません, う使つてしまつてはあと, う使者だと, う來年の事, う例へば大工の, うが剣術, う侍女達はすっかり, う侍部屋の床や廊, うについて来い, う価値の無い, う価格を示す, う侮蔑した口調, う侯爵おいや, う便宜を得た, う便船しょうと, うの親爺, う係りの看守, う係累を軽, う俄然態度を, う俊基の意志, う保土ヶ谷へ, う信子に話しかけました, う信州徳本峠から穂高山, う信平に頼まれ, う信濃の更級, う信濃坊も悪, う信玄や謙信, う信長様には, う信頼して, う修復すればとか, う修業だけはうんと, う修養を扶, う俺たちはそれだけ, うの前, う倉地はしきりに, う個展なども開い, う個性が個性, う借主は両国, う借金じゃない, う倫理学の大家, うなる言行, う健康な建設的, う偶然に名乗った, う偽善者の本質, う傍らの冷えた, う傍観者から之, うや漢室, う催促して, う傳助の素頭, う僅三本の髪の毛, う働きかけようで条件, う働き人の生活, う僕なんざ軍さに出なくっ, う僕らは今, う僕等の所, う僞善の花, う儒者ふうの老人, う儚く見えるも, う優しく言つてから, う儲けがいいっ, う元々人間は, う元気に元気, う元禄風俗を研究, う兄さますぐ行きましょう, う兄さんも, う兄ちゃん今夜サフォの話, う兄上には, う兄妹の間, う兄弟の義, う充分解ってる, う先ずそう思います, う先づ入つて, う先刻から張つて, う先刻駅から北, う先年高崎に御, う先度の怪談会, う先生僕は漆雕開君, う先生書生の暮し, う先生檜舞台の立女形, う先祖が此, う先約なん, う先輩を悦ばせ, うと秀, う光代進まぬ色, う光君様の御, う光国どの助けて, う光子の病気, う光子さんの踊, う光川様藤枝蔵人様が三河屋, う光明を抱い, う光栄ある戦場, うく, う兎の毛が少し, う児太郎であるか, うつて見ませう, う入江一杯に充たされ, う人格的に, う全体の動き, う全体探偵が此, う全体此の場, う全市の半, う全身腐乱して, う全部自分のもの, う全面純白な装い, う兩側とも生垣, う兩手で抱いた, う八こいつは厄介, う八さんどうせ私, う八つか九つ, う八丁堀北島町の路地, う八上を叩く, う八五郎親分を一, う八今度は品川, う八分弱の入り, う八崎から幸い, う八時に起き, う八木君はおそい, う八木沢さんになんと, う八歳になる, う八王子の方, う八話は歩き, う八重さんも行きません, う公園へ引っ返し, う公衆の面前, う公言して, う六つのまるい, う六ケ敷ことばかりもいはれなくなるだらう, う六十四万石でげす, う六尺の碑, う六時ごろにはどこ, う六時出立九時着行乞三時間, う六時頃としとく, う六月下旬植えつけ, う六角の象嵌鍔, う六角形の四枚張り, う六銭や七銭, う儂の, う共にしよう, うはみな, う兵曹長はまず, う兵藤太と昔, う兵道の威力, う兵部の宿禰, う兵部卿の宮, う兵馬さんは決して, う其づ其の城, う其三の, う其上からは赤城山, う其上見通がきかぬ, う其他数えれば, う其会社のまあ, う其儘夜の町, う其場に居る, う其奴を持っ, う其後も, う其政を棄てよう, う其文字言語をも棄てよう, う其時昔の我店, う其泣て居る, う其活動の根源, う其疵口から滾, う其種牛の最後, う其等の事, う其結果我國の金利, う其苦が解らう, う典獄補がこっち, う兼吉が執つた, う兼吉君の阿, う冀くは毒にも, う内儀と金之助, う内容は要するに, う内密のお話, う内田は宿, う内裏の大宮人たち, う内訌と自壊作用, う内部は割に, う内閣の割込み運動, う内閣割込み運動のよう, う内閣審議会に軍部自身, う円いものと, う再度これまで, う冗句にし, う写真に絵はがき, う写真機の中, うから衣服, う冬ちやんはあの, う冬場の貯, う冬枯れの風の音, う冷水は毒, う冷泉華子の懐中, う冷淡に云っ, うじい勢いで, う凄まじさは, う凉庵先生は先年長崎, う凡そ大阪府に, う凡太と龍, う処分しても, う処女である点, う処姉夫人は少し, う処理できないからと, うをあげ, う出たとこ勝負としよう, う出入をさせなけりゃ, う出刃庖丁の事, う出家を誰, う出帆しようと, う出征前とはまるで, う出版計画をもっ, う出発がおくれた, う出立は一日, うの裏側, う函館からは引上げ, う分厚で長方形, う分析や批判, うて今一日, う切々たる胸の, う切なさう, う切りに額, う切れ切れの記憶, う切實では, う切支丹とやらの魔法, う切支丹ぢやなし, う切株接穂淘汰手入れその株, う切腹させよと, うね起きよう, う刑事さん僕は知っとる, う刑務所へぶちこまれ, う刑罰として殺す, うまりの, う初め一寸で一旦, う初め田舎からみっちり, う初冬も来よう, う初夏にこの, う初春らしい太神楽, う初瀬へでも参詣, う初秋らしくか, う判官三郎は僕, う判定して, う別になんとも返事を, う別に何らの言語, う別人の顔, う別嬪がある, う別荘のお嬢さん, う別院の下, う利助兄イすまないが, う刹那の待ち切れない, う刺子姿でいつも, う刺客の一人, う刺青をし, うち恋, う前兆かもしれない, う前垂に据え, う前川さんはちょっとした, う前庭に丸太, う前後はすこし, う前後左右の絶壁, う前日は夕方一寸みぞ, う前者の傲然屹, う前面の道, う剣道の方, う剣道四段の胸, うで守られた, う割り合に感動, う割木を積んだ, う創世記というもの, う創作方法としてわかり, う力強いものが, う力持のお, うだ, う加之も二晩, う加多氏ハハハこんなところここ, う加奈子さん教えて, う加留多なんか余り, う加茂川の細い, う加野の為, う劣等でなければ, うとたのみ, う助役は戸, う助監督から頭ごなし, う努めて穏かに, う努力しましょう, う効能も偉大, うは中途, う勇気とそういう, う勉助などは二つ, うしたの, う動作は緩慢, う動悸が早く, う動物のとも人間の, う勘定違ひではない, う勘当の身, うだってなん, う勝ち目はある, う勝手口からおき, う勝手道具は此方, う勝負がよい, う勝負ごとはしみッ, う勝負承知逃げ隠れはしない, う勢力はその, う勤めをし, う勤労青年相手の指導者, う勿体ない私は, う勿論まだ事件の, う包みの口, う包み隱しせず皆んな言, うい上ろうと, う化け物ではない, う化膿はしませんでしょう, う北の方の海, う北アルプスの五色ヶ原, う北原白秋君の古, う北極でさえも現代, う北海道の秋, う医科を卒, う匿名を変, うか九ツ, う十一二になっ, う十一体れんげ台の上, う十一色ござんす, う十七と言う, う十三四になる, う十二ヵ所に赤外線, う十二時だね, う十二社の榎長者, う十二階下とでもいい, う十五の春, う十五六足もある, う十五分とたたない, う十五年もともに, う十五郎なの, う十人あまりの者, う十余畳も敷ける, う十余頭が乳, う十個の大, う十八で家督相続, う十八十九の両日, う十六人で見はっ, う十兵衛が肩, う十兵衞が肩, う十兵衞汝も忘れ, う十分ばかりで, う十四五歳のが二, う十字を切らう, う十左がそこ, う十年前日本の土, う十手冥利にたま, う十数人の武士ども, う十方に道, う十時半頃では, う十時頃出かける, う十月の半ば, う十杯許の船, う十粒入りを一分, う十重二十重山は深い, う千両までは受合っ, う千両箱は三つ, う千二少年は, う千人の子供, う千代というの, う千代子が大槻, う千兩箱は三つ盜, う千浪様というもの, う千登世は氣, う千種さんは何, う千種十次郎の恋人, う千種君此処で何, う千隆寺の庭, う千駄木から急, う千魂塚と書い, う千鳥足をし, う千鶴子も一言, う午前に出かける, う午後四時にはつい, う午飯を彼, う半ば起きかけて, う半分ずつ, う半官半民風にやらう, う半日ばかり開成山, う半紙を巻いた, う卒業したでしょうけれども, う卓一の遺産, うは老婆, う南さんはもううとうと, う南国に近い, う南那珂郡福島という地, うそればかり, う単簡に聞かれた, う博士の耳, う博物館にもはいろう, う印刷されて, う印度の, う印袢纏の背, う危険性においてともに, う飛龍の, う却ってずっとその方, うに目鼻, う卿等は, う払いましょう, う厄払いになに, う厚木の親分, う原料も丁度, う原田さん貴方はそれ, うの持つ, う厭味にさ, う厳密に考へなく, う厳正批評は, う又ただいつと, うを待つ, う友人たちの忠告, う友山本敏男におくる, う友江田先生とがピッタリ, う双子が体, う双肩に青い, う反動下の今日, う反応を見きわめる, う反感を以てあゝ, う反撃されるか, う反物を再び, う反省はし, う反面に不可能, う反駁した, う反魂香の煙, う収穫はこんな, う叔母は半, う叔母さんが手紙, う叔父さんは花, う取りあえず本席, う取り返しにだ, う口々に叫び, う口惜い口惜い, う口惜いが目が光った, う口真似をする, う口笛を吹い, う口述して, う古代欧羅巴に伴, う古戦場をつぶさに, う古来支那に孔子出, う古臭い流行歌を, う古賀は想像, う古賀さんは氣, う古銭と鍵, う古風な装い, うがある, う句のか, う只少し足溜りの, う叫びざまカテリーナは良人, う叫びざま娘たちは驚い, う叫びざま若者は娘, う召使たちすら近寄る, う叮寧にやつ, う可らずと, う可愛いいほど, う可憐気なところ, う可笑しいでは, う可能性をみた, う台処へ抛り込ん, う台所も此方, う右京さまは篤実温順, う右京次郎殿不満でもござろう, う右大将家が決して, う右大将頼朝の近臣河辺六郎行秀, う右馬介なら待ちかねて, う司教に次, う吃驚するなよ, う各々の劇団, う各種の断片的, うをしよう, う合戦物を読み出し, う合点だ, う合点長屋あっ, う合理主義は何, う合理的核心それの空想的, う吉原の花魁, う吉報を待っ, う吉岡も先代, う吉弥が僕, う吉田先生は, う吉良上野様のおや, う同じく無言で, う同じくぬけぬけしい粗忽もの, う同全集中第, う同地宿屋の亭主, う同年輩の友達, う同役と一緒, う同心の者, う同志はすぐ, う同輩立たっしェイ, う同類の者, う名人の吹いた, う名作の物, う名古屋の風, う吐エてる奴等, う向島の何処, う向島ぢや繩張り違げ, う向後袖乞に, う向方ではつまり, う君これが相当, う君たちの知り, う君ひとりで喋, う君らは学校, う君ルクサンブールの朝, う君僕はその, う君公が見, う君筒井筒振分髪と云う, う君自ら寛うせよ, う君苟くも今日社会に生き, う君迷惑をするだろう, う君達の浸礼派, う吾人はおの, う吾児の元気, う吾妻橋の方, う呂布はゆるせ, う呂布陳宮の兵, うの恩, う呑氣さうにして, うやいて, う周さんはきょう学校, う周圍が眞, う周子達に比べ, う周旋もしよう, う周章えねば, う周防から来たら, う周防どのは総, う周馬を待つ, う呪い縮めようとして, うえそう, う味噌汁の毒, う味方の者, う呶鳴って置い, う呶鳴つて村長は着物, うばって, う咄嗟のいろいろ, う和一郎さんが離れまい, う和子さままで次つぎ, う和尚か知ら, う和尚さんからいいつけられ, う和泉の土, う和田がその, う和韻に人, う咯血でもした, う咳ばらひを, う咽喉が乾いた, う哀れさも不便さ, う哀願して, う品子何をしとる, うのよう, う唖女の眼, う唖娘はどんなに, う唯一の心配, う唯事でないやう, う唯今の雲行, う唯極めて無造作に, うへてそれから, う商人と一所, う商人汝彼ら殺さずば, う問屋の払い, う問罪の軍, う問題ぢやない, う啓蒙的思想全般へ及ぼす, う善くなろうと, う善悪利害どちらともいへ, う善童は習, う喜ばしいことでござる, う喜代ちゃんそこへ火, う喝采するだろう, う喧しくは選, う喫んでた煙草, う喫驚しちゃ, う之助, うべ馴れない, う営養が悪しく, う嘆声を漏らし, う嘆息して, う嘆願するであろう騒ぎ立てるであろう, う嘉代が田舎, う嘉吉さん許のなんざ, う嘉門の顔, う嘲笑して, うを伏せ, う噫鈴蘭のやう, う嚴格を極めて, う囈言のよう, うの五, う四つに分け, う四万円といふ事, う四五分経つと, う四五日前から其処, う四五月前後ならば, う四十年前神経質な父, う四十幾つかに見られ, う四十男と十八, う四囲の山, う四年前の事, う四方を見る, う四方八方へ, う四方板壁でかこまれた, う四時の音, う四月までは八時半始業, う四枚です, う四枚格子の意気造り, う四畳半の茶室, う四畳半以上もあるでしょう, う四足を縮め, う四辺が明るく, う四馬剣尺の一味, う四高足は色めき立っ, う回向をし, う因果の身の上, う因果因縁か新五郎, う因業な寒鴉め, う団長しっかり, う困惑の檻, うひへ, う固定したつめたい, う国ざかひの野原に繰り出された, う国家であっても, う国鉄中闘委員会左派十四名免職, うてたが, う太って, う圓太に, う圓太郎は武家, う圓朝さんつきあって, う土岐様を褒め, う土曜ですから, う土牛には一種特別, う土瓶に湯呑, う土管をいけ, う土肥家の根太, う土蔵の窓, う圧搾しようと, う圭齋のその, うを払う, う地上では, う地上僅か三万呎のヒマラヤ, う地下の溝涜, う地下足袋をぬぎ, う地団駄もふむ, う地変の為, う地平のこと, う地方で失敗, う地獄行間違なしそしてまた, う地蔵を祀った, う地道だ, う地面にくつ, うちやん, う坊やは悪い, う坊主の一人, うのごとく, うのいっぱい, う埋没した意識, う埋葬には立ち会いませんでした, う城下の木戸, う城太さんの気持, う城太郎は歯, う執念くつけまわす, う執念深く見当違ひな気持の, う執成しを致しました, う執拗に攻めたてられる, う堂々と郵便箱, う堂様衆御同朋衆, う堅いことを, う堪忍なさいよ, うで中, う場合同情して, う場合誰でも比較的, う場末の商人, う場面的に, うへいなう, う堺屋へ行こう, う塗りの剥げかかった, う塚本のこと, うという財源, う塲合にいつ, う境内は血潮, う境涯の女, う墓場から出, う墓所へ詣りまし, う増田長曾我部丹羽浮田島津は如何に, う増田長盛めがちゃんと, う壁一面に細い, う士気は前, う壮佼は南海, うの中, う変事が出来ました, う変装して, う夕方流しくなるまで, う夕立を持っ, う外土地のあたし, う外夷の取り扱い, う外套をこ, う夙に恩は, う多い小家の, う多助も此処, う多助さん先へ立っ, う多助爺やア, う多賀ちゃんにすぐ, う多量は召, う夜中金などを持っ, う夜具は五月, う夜具蒲団をうず, う夜店出しなどする, う夜明けに近い, う夜討や暗, う夢中になった, う夢見山の腹, う大えこと小言云わなけれ, う大きな大きな忘却が, う大してやきもきしては, う大丈夫毛虫は追, う大久保彦左衛門の女房, う大事にし, う大人というもの, う大伴の御津, う大体いつも気, う大便が二日, う大倉さんへのお, う大分揃つてゐるな, う大分晩いようだから, う大切な事, う大勢避暑客のやつ, う大原さん御免蒙ります, う大原女のよう, う大坂町方役では錚, う大声で云, う大変云ひおくれて, う大変元気がありません, う大変見事なもの, う大家が名, う大将戦おうぜ, う大将いまは江戸, う大小自由だ大きい, う大層もなく, う大川へ身, う大形の蚊, う大抵なら見て, う大抵もう柔らかな, う大抵一年に一度位い, う大掛りな儲け話, う大方かく申す拙者奴, う大木のこんもり, う大根か, う大槻が千代子, う大槻玄卿という人物, う大池の橋, う大津の鍵屋, う大王ペンドラゴンは無限, う大聖寺の前田, う大股に歩い, う大衆文芸大衆文芸とわけ, う大谷千尋も覆面, う大谷君はいつ, う大豆もこれ, う大里樣のお, う大門まで御, う大黒さんなぜあんなに逆さま, う天井で烈しい, う天人のお, う天台の座主比叡山, う天命だお, う天地神明に誓つて, う天気はと相談, う天涯この好, う天満組三人のうち, う天狗の宮, う天狗様の方, う天皇の信仰, う天竺伝来か蘭方, う天蓋のついた, う天誅というの, う天辰の主人, う天野さんが賛成, う太つたでせう, う太ツ腹で妾, う太夫様へいいつけ, う太平に馴れ, う太政大臣は今日, う太田も一度に, う夫人貴女はこの, う夫婦約束をした, う失敗だつたかな, う失敬なぞのなまやさしい, う失業せる婦人, う失火の原因, う失礼乍ら三年前座をしなけれ, う奈良の博物館, う奈良朝以後シナの鞏固, う奉公人のくせ, う奥さん私の願い, う奥州安達ヶ原のもっともっと, う奥御殿の密室, う奥方はおいで, う奥方様はどんなに, う奥深い感情などは, う女だてらに山かん, う女どもは心柄, う女中達の肉体, う女優になっ, う女出入はそんな, う女出入りはそんな, う女房どのには, う女房姿でない袿, う女狐に魅まれ, う女王に恋, う奴らの手, う奴思切つて飛込め, う奴等病人の口, う奴輩は喫驚, う奴隷のよう, う好い加減に行きついた, う好きそうな人, う好色なお, う如何なる金満家も, う如何にこれに, う如何様に陳, うがそんな, う妓女にこの, う妙子が何気ない, う妙高山の硫黄, う妙齢の身, う妻沼の聖天様, う姉君の意志, う姉御の縹緻, う始めて世の中に, う始めるのでした, う姨さんなんかに黙って, うごわきまえ, う姫さへ安, う姿態を想像, う威儀をつくろひ, う威嚇が案外, う娘さんがたを持たれた, う娘ともども大切に介抱, う娘二人いて, う娯楽というもの, う婆さんが私, う婆化されようとして, う婚家もまた, う婚期の過ぎ, う婚礼なんて少し, う婦女はどんな, うには一言, う嫉妬深き婦人等, う嫌ひでは救, うは先ほど, う嬰児に生れかわった, う嬲り殺しにしよう, う子細はなし, う孔子も五十, う孔明の諭示, う孔雀は私, う存じまする, う存らへてあた, う存分お叱り, う存在それ自体が弁証法的, う孝助様お聞き下さい, う孝助殿どうか幾, う孤独な身の上, う学士になる, う学校時代も有名, う宇土のびつこ馬, う宇宙艇が五台, う宇治の姫君, う宇治山田の米友, う守山未亡人という顔, う守護札も肌, う安い費用で, う安う踏んでも, う安永は軽い, う安綱の切れ味, う安芸はこう, う安静と平穏, う宗左へは帰り, う宗教はどう, う官能の性質, うをふわふわ, う定休日にもすすん, う宜いか八, う宜しくば, う宝丹でも水, う宝亀三年から四年, う宝石らしいもの, う実にはっきりして, う実践や実験, うの四つぶ, う客席の両側, う客観つまりそれ, う宣伝しようと, う室堂と地獄谷, う室戸岬は真に, う室積の人々, う宮仕えというもの, う宮方の者ども, う宮本とよべ, う宵子でなくっちゃ, う家々の屋根, う家ごとに柳, う家中ぜんたいで謹慎, う家内を呼べ, う家来の身分, う家来扱いにする, う家督を相続, う家財を運ん, う家鴨や鶏, う容子はその, う容態でもわるく, う容體はどう, う宿内の友, う宿屋が商売, う宿帳の田沢, う宿直当番になった, う寂しく目を, う寂寞としてまるで, う寂然と屋内, う寂照は其故, う寄託を受けた, う寄鍋が好い, う密旨などと云う, う密談か, うのない, う富ちゃんは, う富五郎浪人はし, う富士子さんに松ちゃん, う富士山が, う富岡先生少し当, う富麿という少年, う寒うなった, う寒がりの私, う寒中行者が浴びる, う寝しなにお, う寝台が陥穽, う察し申すただ, う寡聞にし, うとるん, うその事二人共, う寧そ地獄へでも墜ちたら, う審査当日審査員間で論争, うるの, う寺殿天英宗清大居士, う寺男は何, う寺皆破れくづる, う寺領借入のため, う対談の結果, う寿江子や林町, う封印の表, う将軍はやさしく, う将門をせめろ, う將來のこと, う尊攘ということ, う尊敬を得る, う小ざっぱりした着物, う小ぢんまりした可愛らしい, う小僧さんまた木挽町, う小児を着飾らせ, う小出しは小出し, う小判を欠い, う小勇が, う小夜が心持, う小姓が二人, う小学校のラジオ, う小杉天外の, う小杉未醒をさしゑ画家, う小松菜の切った, う小母さん乳を呑ん, う小永井の家, う小池君一寸見, う小田原提灯で道, う小町塚でしょう, う小皿伏せたるやう, う小笹の根もと, う小網町の伯父貴, う小肥りなくせ, う小説家的日暮しの人工性, う小里氏の屋根, う小銭を一枚, う小首を傾げ, う小高い草山の, う小鳥が啼かない, う少なくももっとおくれたであろう, う少女はもはや, う又知合, うも要らない, うては毎日出勤前, う就中て私, うを七三, う尻ッこけに, うも胸, う尾無しの三毛猫, う尾籠の話, う届け出はする, う屋内や木蔭, う屋内柵を過ぎる, う屋台店の主人, う屋根だけ葺いた, う屋根住居して, う屍体の真下, う屏風の横, う展開されようその, う屡々話柄に, う履物を出せ, う山口を弁護, う山国には不思議, う山岡は静山, う山嶽もその, う山師を煽て, う山木どうぢ, う山村さんに云つてやつ, う山柿や櫨紅葉, う山楽の襖絵, う山河あと, う山猫の馬車別当, う山猫豆だ, う山王様へお, う山田からず, う山路の方, う山頭火よお前, う屹度利目がある, う岐路はまさに, う岡田氏は勉強家, う岩井は村雲笑子, う岩切から真直ぐ, う岩見が忍び込んだ, う岩見銀山は見えません, うへ寒, うの上, う峰松と云う, う島原は色町, う島村君を呼び出そう, う島民の扱い方, う島田市のさしも, う嵐山は早い, うにかかった, うの頭, う巖ちゃんはそう, う川丘みどりの顔色, う川俣踏絵たらいうダンサー, う川岸まで送りとどける, う川島には気の毒, う川棚を去ろう, う川縁へ駈けだし, う川越三喜という名医, う巡礼の心, う工事をし, う工事中海波のため二回, う工合にしたら, う工科の艇, う左側の, う左内の声, う左右の間隔, う左大臣の令嬢, う巨大な竪琴, う巨石がこの, うつかへ, う差当りの不足, う己らが持合せ, う己ア逃さねえぞ, う己ンとこにも荷物, う已にフィヒテの, う已むを得ずし, う市十郎さまは, う市松鏡を立てい, う市街の夜更け, うにもナイフ, う布良のあま, う帝国主義者は数多, う帝展が最初, うの恩, う師匠二人似たもの, う師匠国芳が酔余, う席料の三百法, う帯芯の中, う帰つて聞かれたら何所, う帰りが遅い, う帰途かねて見, う帳合などを致します, う帳場の番頭, う常々のご, う常套事に直面, う常磐津の浄瑠璃, う常識軽蔑家も, うは被らず, う幅二尺七八寸長さ五尺, う幅面の広大, う幕府の威信, う幕臣とみなし, う干渉しなくな, う氣な, う平ヶ岳の全部, う平七郎つと栄三郎, う平井山に陣地, う平安朝や戰國期, う平山平助は語る, う平方式暗号のごく, う平松屋源左衞門は三年前, う平氏もあらう, う平潟の港内, う平熱つづきだのに, う平生よりも心, う平田を口説い, う平田先生の学問, う平素佐助に手, う平野さんぢやない, う年増の二人, う年寄の口, う年数を食はず, う年紀も七ツ八ツ, う年輩の蝋燭, う幸ひまだ誰, う幸七さんもよく, う幸内のおかげ, う幸四郎が, う幸子さんたら, うの皮, う幼い心が, う幼少の教育, う幼稚な夢, う幽谷でなければ, う幽霊藻を, う幾ら縋っても, う幾らかの己惚れ, う幾ら器量が好く, う幾ら金がか, う幾日も帰らない, う幾箱燐寸を抱え込ん, う広々とした, う広告は非常, う広場で学校友達, う広大な勤め, う広間の反対側, う庄三郎の片, う庄助さん今までのよう, う庄吉この仇, う庄馬鹿が言, うに就いた, う床の間や違い棚, う店先へ買物, う店開きが有れ, う店頭の雪洞, う庚申薔薇に葉鷄頭, うにしばらく, う度胆をぬかれた, う度胸がない, う座禅をする, う座頭というの, う庫さへあつ, うに傘, う庭前の林檎樹, うを結ん, う庵主が時々, うの下, う廃品もやり方, う廃物で斯, う廃跡の侘し, うには意気地, う廚子にはじめて, う廣くもない家中, う廣大な勤め, う廣庭の突きあたり, う壊しの, う建築は新, う廿三坂越えて, う弁信さんすぐに, う弁信さんわたしも女, う弁天町に居た, う弁当を順持, う弁解するであらう絵かき, う弊風は直ぐ, うにかけ, う弓子は私, う引き上げようとして手, う引き立てようとして骨, う引傾つて熟と紫玉, う引戻そうと, う引揚げだからと, う弟さんはこれ, う弥市おまえはわたし, う弱々しい声で, う弱い弱いで可, う弱味があったらつけ込もう, う替へられたり, う張り縄である, う張飛はほっと, う張魯はそれ, う強いてお止め, う強味があったら受け流そう, う強情なん, う強請の片棒, う強風暴風に堪える, う弾丸をも予想, う弾力が, う推量した, う当てもなかっ, う当りまするよう, う当事者どうしで秘密, う当人の方, う当代の名, う当分我慢して, う当分見学するさ, う当分酒をやめよう, う当季斯やうな物, う当家でも迷惑, う当年の疳癪, う当時の名人竹本住太夫, う当時さわやまは, う当用日記にはこういう, う当番は, うには立ちますまい, う役割を平和, う彼女たちのため, う彼女らの見る, う彼女等も行きたかつたら, う彼女自身の実証, う彼岸入よい雨, う彼方に灯, う彼様乱暴な人物, うつたり, う往々にし, う往きが四時間, う往年三円五円で買った, う往生ぎわをよく観念して, うって来い, う待ちねえあの, う後々の問題, う後ろに手, う後一年だと, う後一日で姫, う後世此の箱, う後先を入れたら, う後年盲目となり, う後悔すること, う後日不便があれ, う後者の社会性, う後虫が出, う後見の任, う後難があったらあった, う後頭部の生えぎわ, うて社会問題, う従来の元気, う従軍の願い, う得意と嬉し, う得意さうに笑つて云つた, う得意そうに笑っ, う得物を持った, う從つて小夜菊の家, う御厩河岸から追, う御多忙のところ, う御存知申上げて, う御岳神社の衛士たち, う御座ます, う御方がカンキン, う御機嫌様よろしゅう, う御殿の狂言, う御苦労様なやつら, う御言で無よ, う御足労ながら貴方, う御身も見えられる, う御飯の世話, うた考, う復活祭のお祝い, うに黄, う微妙な心理, う微醺を帯び, うがなけれ, う徳利は手, う徳島の城下, う徳川と申す, う徳川家がいわゆる, う徳次はぎゆつと片手, う徹頭徹尾突きくずされ絶対, う心ぢゃならないとふだん, う心づくしというもの, う心もとなさ謂わ, う心密かに私, う心底も是, う心得違いで, う心憎いというの, う心構えをし, う心理的に見えない, う心痛と懊悩, う心窃に苦笑, う心算は夙に, う心細かつた, う心臓の上, う心足らいに暫時, う心配げな表情, う必ずそうなるに, う忍剣は, う忖度した, うある方, う志賀樣斯う言, う忘我がなけれ, うがしい, う忙しく立ち回つて, うへた, う応対致すに, う忠良無比なる国民, う忠顕の顔, う快いんです, うや, う忽ちに手対ふ, うろしきに, う思いがけないまッ, う思いがけなく穴の, う思い出の銀座, う思う存分探させて, う思し召と, う思たんはあれ, う思つた事がよく, う思つた彼は咄嗟, う思つた時彼は彼女, う思つた時裕佐は更に, う思つた瞬間に瑠璃子, う思つた美奈子は電車, う思つてうつちやつては行きたくなし, う思つてそなたを, う思つてたんだよ, う思つてんだが, う思つてツイ口を出し, う思つてハボンスはちよ, う思つてペトゥローは片手, う思つて一應八五郎を押, う思つて五年も八年, う思つて傍らの衣桁, う思つて列車の端, う思つて因果と因縁, う思つて子供ご, う思つて念を押しました, う思つて悔みました, う思つて旦那やお, う思つて栄蔵は小声, う思つて此處に參つて, う思つて氣がひけ, う思つて涙が滲ん, う思つて滿足して, う思つて目あての家, う思つて美奈子は一寸顔, う思つて胸を掻き, う思つて芝居には来た, う思つて街を見る, う思つて赤ん坊の寝顔, う思つて部屋の中, う思わずヤアと, う思んですの, う思出したら毎日, う思惑がありました, う思案外史であった, う思索する, う怠惰な根性, う急ぎの仕事, う急行の発車, うの知れた, う性格は現代性, う性質だから, う怨みもしたろう, うの男, う怪物を腰, う怪美人が此, う怪談噺などはこ, う恋しい人の, う恋仇南部集五郎であった, う恋女を焦れ死させる, う恋女房と熟柿, う恋愛の世界, う恋愛事件などがあつ, う恐々ながら江川村, う恐くないけれども, う恐しい事, う恐しく胸騒ぎが, う恐れ氣もなく, う恐怖です超大, うして, う恢復は中, うかしいこと, う恥しいことで, う恥しくもな, う恥知らず奴何でも彼, う恩人の愛妾, う恩師の影, う息子がおやじ, う息子さんだとか, うで花火, う恰幅の立派, う恰度お墓, う恰度わたくしが結婚, う悄気てもすまい, う悄然たる古寺, う悉皆快いの, う悔悟する時ぢ, う悚然として未だに, う悟空は思ふ, う悟道を共々, う悠然として上洛, う患者が得てして, う悧口じゃありません, う悩みや苦しみ, うみも, う悪人を見る, う悪寒でもする, う悪意あって, う悪態ついた, う悪漢共は私, う悪銭身に着かず, う悪鬼と云おう, う悪魔峠か夜叉峠, う悲しさうにわたしの, う悲惨だらう, う情け知らずの人間, う情ないわねえ, う情なかろうまた, う情なくも有, う情人と細語, う情熱自分はまた, う惜しげもなく, う想つてくれ給, う暑さ, う愈々罪に, う愈々然うなつたら仙臺, う愉しく暮すこと, う意久地なしだ, う意固地になつ, う意地の悪い, う意気で過ぎ, う意気地がねえ, う意気込みでおる, う意氣込が思ひ, う意見の相違, う愚民を惑わし, う愛しさの, う愛らしいこと人, う愛人として取り返す, う愛子さんは書留め, う愛誦の詩, う感傷的でせう, う感心の態, う感性から如何, う感情に走らない, う感情上のこと, う感情家の彼, う感慨深さうに云った, う感覺のなか, う慈善になる, う慈悲心正助さん, うた, う慌ただしくただひとり, うにこの, う慫慂されて, う慶子は, う慶応三年の春, うのない, う慾張り爺さんが一銭, う憂愁の源, う憎くなると, う憎まれ口を利く, う憎まれ役などと云い, う憎らしい憎らしいと思い, うれむや, う憫然に此, うらして, う懐剣でその, う懲罰をかんがえる, うの十手, う懸命注意して, う懸命背伸びをし, う懸隔れて, うを忘れよう, う戀患ひの, うの手, うほどアノ図, う成つた日にやあ, う成ッた, う成層圏を飛行機, う成敗を以て事, う成長なり給, う我とても其, う我冥司に挙用, う我家の年, う我恥かしい事, う我等は其先駆者, う我輩が謝まろ, うの卵, う戦乱の世, う戦前の銀座, う戦場へおもむく, う戯作をやらせれ, う戰爭になつた所, う戸棚を開ける, う戸籍面なんかどう, う房一はそこ, う房枝は日本人, う所々は柳, う所以であるという, う所化のころ, う所有主たる主人, う所置したら好から, う所謂土蜘蛛という穴居人種, う手だてもありませんでした, う手ぬぐいは持っ, う手代をけしかけ, う手伝はなけれ, う手傳つて, う手元にくる, う手全体ではない, う手出しをし, う手前たちがこの, う手前共もあの, う手引した相手, う手当をし, う手燭か台, う手立をとる, う手筈だったそう, う手綱を回らし, う手荒いことは, う手蔓で其の, う手裏剣少年が楽屋, う手跡も上手, う手際よく実際に, う才能だの賢, う打ち止めにもう, う打越さん横井さん刄物を引い, う扨築地の本郷町, う批判したので, う批評家にあんなに, う承知いたしました, う承認しようと, う承諾したの, う技術なるもの, う技術家乃至技術家候補者, う把握的概念の与り知った, う抔といつてをる, う抗議するの, うの悪い, う折々炸爆する, う折しも警報信号が, う折敷に載せた, う折返し今年の夏, う抱月氏の愛, う抵当は天保銭, う押して見られるが, う押入の中, う押懸たり, う抽象的に言つた, う拍子か手紙, う拒否はすべて卑怯, う招きに行っ, う拭き掃除から御, う拳固を懐, う持久戦じゃあがんなさい, う持参金も千, う持牌は切札, うがちょっと, う指一本の運動, う指図をした, う指摘されると, う指環の彫刻, う按摩の笛, う振り仰いだ眼, う振動音楽を発生, う挽口というはすなわち, う挽歌のよう, う捕手の跫音, う捨猫が泣く, う掘出し物では相当, う掛つて居る机掛, う掛合に此方, う探偵商売だから, うじたので, う推測が付く, う推論して, う掲諦ぼうしい娑訶, う揉み上げの長い, う提燈の火, う提議すると, う揶揄ひ出した, う揺ぶり加減に照れ切っ, う損害を償, う撞球場の入口, う撫子がまあどんなに, う擬勢も無く, う支庁主任のさし, う支那人の中, う支那音と註し, う支配は政治, う改名して, う改竄させたぬきさ, う改革が行われた, う改題する必要, う放心したやう, う政事屋なんてもの, う政府から内務省, う政府それ自身がやった, う政治あるいは外交, う政治的な力, う故ま相談には, う故意ならずとも, う教えを説い, う教師もそれ, う教父はいつ, う教養の高い, う散文では書き現し得ぬ, う散歩の時, う散歩着をそろへ, う敬君しつかりして, う敬君来訪いつしよに, う敬太郎の鼻, う数万人の形, う数十尺の地下, う数回彼女はこんな, う数多の猿, う数寄屋橋の袂, う数年前迄は医者, う数日にわたって海, う数日前拙者の寓居, う数時間の後, う整理しなくては, う敷衍して, うへ上げられる, うを書, う文化的獨立をしよう, う文壇の当り屋, う文壇人である限り, う文字の精霊共, う文字通りはつ, う文徴明の一軸, う文明人そのものなの, う文治年間の頼朝, う文科だから, う文芸は多く, う文芸雑誌は相, う文部省の当局, う斉桓公ここに土, うに立っ, う断じて自分は, う断乎たる決心, う断然断らるるに, う断言する方, う斯様な事, う新しき思想新しき, う新七は, う新兵の癖, う新太郎ちやんは平気, う新妻これを信じ, う新撰組をお, う新田先生にした, う新秋二人相携へて箱根, う新聞屋が学校, う新聞社なんかあんた, う新聞記者あるか, う新造のお, う新郎新婦が続い, う方々が女童, う方丈様もお前様, う方便も思いつかぬ, う方外の儲け, う方面へ捜し, う旅人達は食卓, う旅川周馬様の奥方, う旅舎の樹蔭, う旅装いをした, う旅費も無し, う旗二郎の太刀, うう情婦, う既つて一度もここ, う既に薫の, う既此様なつた暁, う日中に時鳥, う日光の御, う日常のこと, う日常性の原理, う日曜に勉強, う日本一の親不孝, う日本人にも通じ, う日本北アルプス北半の山, う日本左衛門が死に, う日本橋の伊吹, う日本的なもの, う日比谷公園の方, う日蓮上人の偉, う旦那ゆえお嬢さんやお母さん, う旦那万歳と云う, う旦那様私達とご, う旧冬は何かと, う旨い旨いと独語, う早々に退却, う早くさう言へば, う早く早く直ぐ仕度, う早坂さん三月十三日という, う早目にそう, う早船の斎藤, う昂奮ばかりし, う昌仙そいつアたしかに勝頼, うかな日光, う明け易い夏, う明らさまに理窟, う明るかったであろうから, う明人の心持, う明夜の活気, う明日発表する考, う明日郡山駅で切符, う明晩屹度お願い申しますと, う明暗陰影の外廓, う明朝はどう, う明治卅五年十一月九日から七日間, う明白に意識, う明白地にもいはれない, う明瞭になつ, う明神の御手洗, う易い文句じゃ, う昔ベルリンで父, う昔大雨大風の晩, う昔昔あるところ, う昔者の私, う星野勘左衛門が京都, う映画ってもの, う春ちやん鰐, う春団治の, う春日新九郎様と仰っし, う春日行彦の痩せさらばえた, う春木少年が踏みつけ, う春泉へ行っ, う春画などと云う, う春部だの祖五郎, う春陽会といふ一つ, う春陽会国展はその, う春風長堤をふけ, う霄は, う昨夜此の家, う昨夜窪川さんにもしらせ, う昨日あれほど賑うた見世物小屋, う昨日家を出, う昨日校長はたしかに, う昨日私がコゼット, う昭和十一年第一回帝国美術院, う是男は, う是私が一部分, う是非お世話しましょう, う是非一と役, う是非行つて見たいなどと, う是非貰はう, う結ったら, う昼寝もわるく, う昼間にきみ, う昼間茲から眺望, う時々刻々増す大火熱, う時に無理に, う時には鼓の, う時世に兎, う時今のよう, う時介は直ちに, う時代の立者, う時分にする, う時折洩らす沈痛, う時日の事, う時期に深い, う時計台のあった, う時重先生が心配, うの郭璞, うの疲勞, う迄に整理, う晩年になっ, う晩方から親類, う普段余り旅を好まない, う景淨は其の, う晴れそめたる空, う晶子先生もす, う智恵子さんはその, う暑くもない, う暑くるしくあるまいとも, う暑苦しう犬, うい天気, う暢気な親父, うだか, う暫らくの間, う暫らく投げやりにし, う暮しにさ, う暮田さん沢家のお, う暴徒の噂, う曲者は俺, う更にまた出来ること, う更に一層母と, うばかり入れられ, う書き換へた, う書付まで見せ, う書物に書い, う最中で争論, う最初のは震災, う最近ではすっかり, う月の輪を見あげ, う月命日だから, う月江も謡え, う月賦も細く, う有体にいっ, う有難いよりも勿躰, う有難き御説, う有馬君に頼ん, う服装から容貌, うを言え, う望み通り彼の世へやっ, う朝五時頃今度は心臓, う朝夕相親しみたい, う朝教室で顔, う朝晩に廊下, う朝眼が覚める, う朝靄の真白, う朝顔ばかりが朝, う朝食をよばれる, う朝飯にで, う朝鮮語でわめいた, う期待できないけれども, う木の実のつゆけ, う木の芽もまだ, う木ぶりと申し, う木刀の一撃, う木口間取り家つきの調度, う木山を待つた, う木戸札を鳴らし, う木曾は尾州様, う木村さんの家, う木村蒲生に味噌, う木立があれ, う木綿物ですが, う未婚の男たち, う未曾有の大, う未熟ながら剣術稽古, う未知の人々, うかと仰い, う末葉も落ちず, う本人の口, う本堂はその, う本尊はズット前, う本州の北海岸, う本庄は思わず, う本当にちゃんとはじめなく, う本当についここに, う本当にどうしたでしょう, う本当に爾う思, う本心又それ, う本望じゃと思われた, う本来お公卿さん, う本来無一物でなくて, う本栖湖へ, う本歌を見せ, う本願寺を始め, うの鳥居, う朱実のさけび, う朱文字の提燈, う机博士貴様の先祖, ういろに, う材料は近辺, う材木や掘り出された, うにとって必要, う村上賛之丞, う村祭りの踊り, うか何, う杜鵑の声, う条件の一つ, う来客なら下女, う来春ならばね, う来月にでもなれ, う来週桜田門がな, う東京あたりで磁石針, う東京中で川窪外, う東京生活よりお客, う東北農民の貧困, う東家の御神灯, う東海道は, う松並木を植えた, う松園氏の仕事, う松坂屋の前, う松子さんは床, う松岡がそう, う松島別段疑惑, う松島さんをあの, う松平越前守樣御屋敷などはどう, う松本の藤江正明老人, う松林につづく, う松柏も古い, う松王様はその, う松若さんがそっと, う松茸の西洋料理, う枉法の場, うに分け入りましょう, う林学関係の学者, う林崎甚助先生などにもさよう, う果敢なかろう情なかろ, う果敢なく楽しんで, う果然大弐には, うに結えた, う枯すゝきうごくまいぞ, う枯尾花に白い, う柄手の神経, う柏原の奥さん, う殺青, う某室を喪っ, う某青年にし, うの手拭, うかな毛皮, う柔かくはあっ, う柔和の人, う柔弱な身体, う柘榴のよう, うを取, う柿の木金助というの, うは赤沢岳, うを持っ, うが遊び, う根西夫人なども確か, う桂自身でもそう, う桃子はいい, う桃川燕林が上野広小路, う桃色の芍薬, う案内申う, う案山子として使用, うの葉越, う桜色になっ, う梅子さん貴嬢, う梅雨明けにはよく, うだろうなどと, う梯子段の下, う梵鐘の音, うはこの, う梶原信太郎のことサ, う梶川様あなたよりもわたくし, うか何, うのよう, う森代議士のつくった, う森山から言われ, う森本は云っ, う森田屋この俺, うが届かなくなりました, うを下ろせ, う椅子の前, う植え込みは枝葉, う植木屋が知ってる, う検地の代官, う検校と云え, う椿岳の潤筆料五厘以上, う極めつけられると, う極りが惡, う極度に逢, う極秘裡にやはり, うに活計, う楽しみだ, う槇子を抱え, う構えの下, う構内ではいつのまにか, うも磨こう, う様あちらにはもう, う様あなたはそこ, う様チェウスの, う様チンダレオスがパルラス, う様行つて参ります, う槙三を想像, うから水, う樗牛のお, う標札を見れ, う標榜しながら, う標高約三千七十米突, う樟脳の五斗八升, うがない, う権助は合戦, う権田の秀子, う横っ飛びに今, う横柄にチラ, う横穴はカッ, う横道を歩もう, うが, うが三本, う樹明兄が乏しい, う樹木たちその間に啼きかわし, う樽みたいだけれど, う樽野さんのお母さん, う橋本明治氏よ, う橋渡しをしてやろう, うはそんな, う橙黄色のほのか, う機会を狙っ, う機械人間であるから, う橡面坊を種, うのうつくしい, う櫛簪何なりと好, う櫺子の外, う櫻色とはこの, う次々と幾丈, う次回には分る, う次手だもの, う次郎はふと, う次郎ちゃんは来たい, う欧米にはある, う欲しければ取りに, う歌声が聞こえる, う歌留多なんか餘, う歎息するやう, う歓迎でもない, う否な, う歟其中或は死, う歟唇それに用捨, う歟是れ実に, う歟業通自在の世界, う歟此等諸種の死, う歟生死孰れが, う正しく物を, う正一君にあえないだろう, う正子はどう, う正木博士のタッタ一言, う正直者には勇士, う正邪の判断, う正金ならそこ, う正銘手の切れる, う正面から訊かれる, う此の前に見た, う此の度は方角, う此マア汗を福, う此事は, う此先に休場, う此四品で, う此土産を弟, う此外には附近, う此家は一人, う此所いら, う此所はちよと這入つ, う此日の入りには止むだろう, う此時ばかりぢ, う此時此場此上に好い, う此深切なゆきずりびとをせめて眼, う此種の横暴, う此返事に余, う此里はコソコソ, う此野郎の巣, う此間園遊会をやつ, う此間違ひを, う此雪ではもう, う此頃この邊, う此魚は變, う武助さんは思, う武士のうち, う武田へは, う武田家の御曹子, う武蔵様はわたし, う武術者たちの目, う歩行かう厭, う歯がゆくは思へ, う歯痒くもあったろう, う歴史家は同時に, う歸つて一杯やらうよ, う死人も怪我人, う死体も病院, う死刑囚のそば, う死後にもと, う死神が加勢, うんど, う残らず拝見し, う残忍にもなろう, うされて, う殺人事件の犠牲者, う殺風景に終った, う殿方とのお, う殿様方もさだめ, う殿高次公はちょうど, う母君はもう, う母子共健在故安心, う母屋へ移る, う母方の若く, う毎年参って, う毎晩出かけるの, う毎晩毎晩何処へ行く, う毎朝早く起き, う毎週水曜と日曜, う毒薬を呑まぬ, う比留間なんとやら, う比較して, う毘沙門岳の方, うが少い, う毛唐本来が人間, う民弥は思わず, う民間薬でもよろしい, う気まぐれなん, う気むずかしいといっ, う気丈な彼, う気分がす, う気力もなく, う気味悪く震えて, う気病のよう, う気色さへも今, う気違ひに, う気遣いはない, う気風は少年, う氣候のせい, う氣味が惡, う水ムシがさ, う水司又市も眼, う水垢で少しジメジメ, う水患を鎮むるには鉄, う水成岩であること, う水戸光圀の行状記, う水潜りにかけては村一番, う水草生ひに, う水車がそう, う水面に小鳥, うといへ, う氷峰は敷島, う永く轉地なんか, う永代橋の上, う永徳の日本一, うを掻く, うないところ, う汝らの手, う汝名無き者, う江南の戦況, う江口もある, う江岸の小さい, う江川の邸, う江戸ッ児も江戸ッ児, う江戸時代にはお歴々, う江戸行きはもう少し, う池部は慌しく, う決して二度と戻りっこない変りかた, う決定して, う決意すること, う決闘の件, う汽機の排出, うもはいてる, う沙魚の佃煮, う沢庵がはいっ, う沢庵さんのよう, う河上は更に, う河原さんといふ人, う河岸江戸の方角, う河東さんや高浜さん, う河豚は美味い, う油紙の天幕, う油虫をもらい, う治明博士の方, うとも池, う泊つてやらうか, う泊りに行こう, う法事だか, う法師悦んでかの, う法水君この胡桃形, う泡ア喰って, う泥棒様だ, う注意さへすれ, う注文したの, うを知らない, う洋刃を逆手, う洋画家のやう, うな二階屋, う洗面所もある, う洞白が人, う津軽の海, う活動の弁士, う派手な銘仙, う派手やかな長襦袢, うの早い, う流行作家たちですから, う浅吉君という色男, う浅田氏の描法, う浅緑の薫, う浅草は今後, う浅草田圃の太郎様, う浜子でなければ, う浜松の蠅, う浦安へ行かう, うと村, う浪人として集まった, う浪江勘次郎氏の, う浪費しまいと, う浪速の浪人飛田林覚兵衛, う浮き上ろうと, う浮世をはなれ, う浮気をし, う浮氣の虫封じ, う海浜の人家, う海溝の棚工事場, う海竜はわからない, う海老団治の父親, う海蛇らはちゃんと, う海豚を, う海風にさらされ, う消失して, う涌谷さまや松山さま, う涙ぐまるゝに友に別れし, う涙雨のごとく, う涼しくちゃ気持, う淀鳥羽から上, ういッ, う淋しい処まで, う淋しくはない, う淫蕩にもなろう, う淫賣女が多, う深尾須磨子氏が福田, う深山君君はこの, う深林の中, う混交つて居るところ, う混淪の二気, う淺草の金田, う添加して, うみ切った眼, う清い襦袢の, う清五郎が足袋はだし, う清助さんこれを摘ん, う清十郎は大きく, う清太の荘厳, う清潔な卓布, う清算しようとして, う清葉さんの長襦袢, う清藏ではあるまい, う清藏丹誠をし, う渇きもしよう, う済まないことを, うに岩, うは不審, う渠等は冬, う渡しでゆきます, う渡りに舟, う渡良瀬川の鉱毒, うな片, う湖水めぐりも, う湖畔にそっ, うを沸かす, う湯呑のほう, う湯屋の三助, う湯島の生, う湯治のこと, う湯田へ行きたい, う満足なお, う満足げな様子, う源吉が勝, う源女殿だけがその後, う源次郎という男, う源氏の武將, う溝石の上, う滅亡と不足, う滅多ねえ, う滑稽だらう賑やか, う滝口の武士, う滝太郎といえ, う滝沢さん代作をなすっ, う漁夫が言つた, う漆器ちりめん浴衣が生れ, う演出者の語, う漱石氏の着, うはよく, う潔白なるその, う潜戸の向こう, うが無い, う澄太や一洵, う澤山ないもの, う澤山出來る見込, う激しいものを, う激動して, う濃くなつた, うまなかつた, う濡れ手拭を頂い, う濫読濫写模倣の時代, う瀬川さん其時は最早, う瀬川君の素性, う火傷のあと, う火勢はいよいよ, う火種ばかりよくっ, うのある, う灰色の泥, う灼熱した風, うはまだ, う災難で, うを囲ん, う炎天に曝されよう, う点道子がほんとう, う為たんだよ, う為つて下さるか, う為やうがない, う為よう周玄さんが, う為接近いて, う為様のない, う為静にし, うや梟, う烏帽子直垂をつけた, う烏酒でも飲み, う烟草盆の誂え, う焚落しではどうも, う無えよ, う無くてかなわぬ, う無人島へでもよい, う無動寺へ, う無尽が当っ, う無心な気持ち, う無念だろうが, う無性におなりなさつた, う無惨な事, う無我な仕事ぶり, う無数の軽, う無業が二%六減, う無理さへなけれ, う無理心中で女郎, う無礼な事, う無礼至極の奴, う無論そう云う時, う無論然云ふ, う無辺な天地, う無造作な身扮, う無邪気に云った, う無闇に銅像, う無駄にはすまい, うされると, う照子に言, う照子さん来るかしら, う煩いから, う煩く云って, う煩悶などはせず, う煩雑さを考える, うや鹿, う熊掌のこと, う熊楠の意中, う熊沢ではありますまい, う熱くでもなつ, う熱心でなくな, う燈台かえって下, ういだ口調, う燧台の後ろ, う爪先にすっかり, う爲めのわる, う爲樣のない, う父子各自の身上, う父宮さえおいで, う爺さんは, う爽涼たる青年時代, う片仮名で, う片側道の佐久間町, う片方の者, う片時も小平太, う片腹痛くもあったろう, う牛乳屋に小言, う牛込の綾子さん, う牡丹亭きな, う牡丹色の縦線, う牡蠣を食ふつ, う牢屋にもはいろう, うが答える, う物々しく切出して, う物そのものの味, う物件を助け出し, う物凄く叫んだが, う物好きな品定め, う物狂おしいこの一篇, う物理学の対象, う物語を書く, う物識りがそれ, う物集北劍君あの人, う物頭はその, う物騒なこと, う物驚きをする, う特色が自ら, う犬養さんは來, う犯人を群集, う状態にある, う狂おしいようにも, う狂人でしょうか, う狐猿も死に, う狩野川へ行こう, う独りでやっき, う独り佐野川村のみ王勢籠, う独り立ちで起きられ, う独り言のやう, う独占出来得べきもの, う独善主義は止め, う独壇場であった, う独断で簡単, う独眼竜あいつなかなか食えない, う独立して, う独逸の奴め, う独逸人を間諜, う狸穴の寄席, うのよう, う猛烈にやり出す, う猛獣のよう, う猟奇的の性格, う余儀なく虎, う若少年, う猿若だよ, う猿轡を噛まされ, うさてはこの, う獅王その音, うのよう, う玄女と猪右衛門, う玄蕃今日ばかりは逃がし, う玄蕃允盛政が晴着, うが高い, う率直にやつ, う玉子焼だ, う玉帚というも立派, う玉枝の口, う玉目三郎というの, う玉網のこと, う玉繭の着物, う王侯よりも貴い, う王女はふと, う王妃さまあたしをお笑い, う王様もいらっしゃい, う玖珠町では殆, う玩具いろ, う玩具屋になり, う玩具店が, うわそう, う現代の日本人, う現代的の不安, う現在のゴルフ, う現在眼のあたり, う現象の混乱, う理屈だね, う理會して, う理科の園正造博士, う理非を論ずる, う環状星雲ですよ, う瓜畑もなけれ, うへたつた, う甘い毒どくしい香が, うしい事, う甚吾が口早, う甚麼立派な生活, う生々と滑, う生々しく赤くこう書かれ, う生き甲斐のある, う生みの親も大事, う生垣が低う, う生易しく否定し, う生物的な脅迫, う生理学は生命現象, う生産技術候補者の就職事情, う生田さんなら久しく, う産土の神様, う御にも, う用人の只野内膳, う用向きをおっしゃっ, う田圃をこえ, う田地が欲しい, う田染行きは, う田植の出来ない, う田舍者じみてを, う田舍者みたいに電車賃, う田舎暮しでは雑誌, う田郷さん混乱した色彩, う由来先生という名称, う由造は, う甲州で別れる, う甲州勢に対する備え, う甲州屋のなあちゃん, う甲府へおいで, う甲府城下のあちこち, う甲斐は気づかない, う甲賀世阿弥はたった今, う男一匹が生きる, う男女と子供, う男子に遇う, う男山へも共に, う男泣きにしゅく, う男雛のと女雛の, う町役場の兵事係, う画面に纖, う界隈一番の物持, う畑仕事の方, う留守をつかふなら, う留守中に何とか, う畜生っ, う畠甘藷の畠, うも遣らう, うつて居るだらう, う異国の女性, う異存はございません, う異議と曖昧, う疎外されるだろうと, う疑問をおこし, う疱瘡除けの, う疲労ましたら妾, う疾うに帰って, うが発する, う病室内は依然として, う病家を求めるだろう, う病的な美し, うわしい, う痛々しいほど華車作り, う痛いと感じる, う痛かろう, う痛感しました, う痛烈な自己, う痛痒を感じない, う痩我慢な行過ぎだと, う癒らないもの, うになります, うに触る, う発作ももう, う発作的に焦燥ぎ, う発射しようと, う発展させようと, う発見たなあ, う発言すると, う白々しく放言出来る, う白井は出来る, う白地の手拭, う白壁の真中, う白旗の宮, う白桃と緋桃, う白楽天の, う白樺林の大きく, う白毫というもの, う白滝沢山と云う, う白無垢を着た, う白粉厚塗りの女實盛, う白絹や榊, う白蝋みたいな女, う白露に雫, う白面のとき, う白骨でいけない, う白髪のお, う白髪頭の老婆, う百人ばかりのもの, う百人百五十人二百人もいる, う百何十里も運ん, う百姓になろう, う百姓体の男, う百尺下の水, う百遍も云つて, う皆さん間違いはありゃしますまい, う皆それぞれ熱した顔, う皆んな一緒に飛ん, う皆梅鉢寺と覚え, う皇帝は, うい歯列, う皮肉な眼, う皮肉そうな爺, う皺びた翁の彫刻, うを取っ, う盗人冥利だ行くところ, う盛んでは, うせる筈, う監査役の名, う監視やら帰宅, うへ水, う目口も褐漆, う目科は階段, う目笊を一つ, う目薬の瓶, う目藥の瓶, う盲目のおばあさん, う直しにやらう, う直接に外国, う直様煮かけては, う相づち打つた, う相互に喧嘩, う相合舟で夜もすがら, う相方の理由, う相木熊楠はそのまま, う相棒というの, う相沢さんが何, う相違ござるまい, う省吾の奴, う省線にものるだろう, うの先端, う眉宇の間, う看板でオド, う看護婦さんがいます, う看護婦たちに彼, うの規則, うつ向, う眞劍にとりあげる, う眞心があれ, う眞白な岩, う真っ暗な畳, う真っ黒で激情的, う真中にゐた, う真似をいたしました, う真名古君これまでに警保局, う真実罪を犯さぬ, う真暗な坑, う真白ろの大理石, う真言神道男女面白い組合, う真赤な大, う真面目な青年, う真面目さおとなしさ, う真黒で頭, う元朗, う眠くなかつたので, う眩しさだ, う崩した處, う着前に言わせる, う着崩れた着物, う督郵様もいかに, う瞬きをし, うのあたり, う張り剣術, う矢庭にそれ, う矢張り囚へられてる, う矢張わたくしは夫, う矢張俳優だが, う矢田津世子を考え, う矢鱈に存在, う知つてゐる理由, う知吉さんといふ人, う知恵であろう, う册に, う短いお手紙, う短兵急に痛め付ける, う短期間の別れ, う石像も自然, う石原の兄哥, う石垣の端, う石段を茅野雄, う石河原ですけれど, う石火せめぐほどの, う石燈籠も大木, う石畳の一所, う石蕗みぞそばの花, うの中, う破壊と創造, う破滅か救済, う硝子箱で覗い, うばった顔で, うな手当, う碩寿翁はガタガタ, う碩寿翁自身が駕籠, うとは言えねえ, う確か密旨が三個, う確り者といふ, う確証を認識, う磁石がとまつた, う磊落に叫んだ, う磨きもかけよう, う磯屋のこんた, うに打, うを云い, う礼儀と興味, う社会事情の本質, う社会的重大性をより一層, う社会科学に就い, う祖母さんと姉, う祖父の恰好, う神々しいぢや, う神さまもわりあい, う神さんのお力, う神原五郎治の家, う神尾を討っ, う神山さんも, う神山様も, う神殿の屋根, う神泉の色調, う神田に行く, う神田相生町の河内屋, う神罰はあらたか, う神葬墓地の修繕, う神話のごとき, う神道徳次郎火柱夜叉丸鼠小僧外伝いなば, う神馬草薙とほとんど, うを転じ, う福井はあれ, う福島コレクションでみた, う福田恆存君の訳, う福相な柔和, う禽獣の檻, う私お腹がすいた, う私しゃお前を信じ, う私すき毛を一つ買, う私それが皆んな大嫌い, う私のと, う私イ斯んなに身体顫, う私ン許のも同一, う私事は木曽家, う私子供なりにもそんな, う私幸子さんの番地, う私心配だわ, う私桜井作楽はその, う私等は別条, う秋ちゃんが遊び, う秋ちやんが遊び, う秋山家へ出入り, う秋月に宜, う秋祭かな, う秋蝉の声, う科学方法論の恐らく, う程にと躰よく, うなどをかけました, う兒めく, う稲村ヶ崎の切通し, う稻垣小左衞門小屋, う稻田のうへ一面, う稼ぎをし, う稽古帰りらしいの, う稽古所を承ろう, う積善寺なら彼処, うさと, うの中, う空々しい事が, う空一めんに烏, う空巣狙いやコソ泥, う空色と白, う空虚であった, う空襲警報が解除, う空車の気前, う空電信柱雀樹の梢, う穿物を脱いだ, う突き込まれると, う突如真昼の, う突離されよう振切られましょう私, う窃盗が目的, う窒息して, う窮命をし, う窮屈に考へず, うが築い, う尽せるは, う立上つて帰る所, う立山の雄, う立腹もすまい, う童話がいってる, う童顔鶴髪と云う, う竪横五メートルほどの大, う端麗の鼻, う競争の時期, うノ子, う竹の子の木の芽, う竹童の目, う竹箆とか餅菓子, う竹裏館の別業, う竹青が泣い, う笄島田に春, うに子供, う笑いを押えよう, う笑い草ですが, う笑みかまけながら, う笑談に声, うというの, う笹川の姿, う筆太に塗りつけた, うの通った, うはお前, う筒袖を着, う答え壁に近づいた, う策戦である, う箇様申せば, うは, う算哲様は御, う範囲のひろい, う築地まで帰る, う築地辺の川端, う篠田さん私の苦悶, う簡便な返事, う簡單に言, う簡潔にいう, うを入れ, うを借り, うを引い, う籤引に, う米友さんに頼ん, う米国で人, う粗い考え方は, う粘り強い悪智, う粟津に帰り, う粟粒疹熱ってあなた, う精しい話が, う精神文化的な心組み, う糧米を分け, うを引っ張っ, うの袴, う紅白の旗, う紅茶半斤へ砂糖, う紅葉黄葉恐らくあとかた, う紋也はにわかに, う紋日の虎五郎, うのよう, う七郎の, うの燈籠, う素徒は兎角爾, う素直に言, う素袷を引っ掛け, う素質の劣った, う紫紺の法衣, う紫色の模様, う細かく春浅い, う細く深く刳ったもの, う細工事などのうまい, う細田氏の挙動, う細長い経木の, う紹介しましょうこの, う紹介所では今, う組合だっペ, う之はその, う経営ぶりを目のあたり, う経過豹吉とお, う経験を統制, う結合すること, う結婚後十三年になる, う結局何のこと, う結庵三度目の名月, う結納も交そう, うの着物, う統計的な事実, う絵かきといふもの, う絵巻物の魔力, う絵草紙屋をなすった, う絶えず風に, う絶好の方法, う絶対に人物, う絶望混乱の最大, う絶食もよし, う継母ふさは富三, う継続だん, う続け様にトボケ, う続発するの, う綜合雑誌についてのこと, う維亭の張小舎, う維新前後無茶苦茶の形勢, うを投げ, う網代戸を左右, う網走へ迎え, う綾子が憐れ, う綿密な注意, う綿貫のいい, う緋奈子を呼ん, う総べてが洗煉, う総理府のあの, うの山, うの連絡, う線香の匂, う緩く石垣に, う練吉は温和, う縁さきの沓脱ぎ石, う縁故をもって云う, う縁起の悪い, う縄付ではなかっ, う縛め取りましては, うに薬研形, う縦令苦痛が, うふて貰ふたら, う繁くないやう, う繁代の前歯, う繁子や玉子, う繁茂して, う解きにも, う繻子の帯, ういて, う纒めて置い, う罪滅しの意味, う置敷居で間, うの當つた野郎ぢ, う署名にもちがった, う署長に言, う署長さん国事犯の書生, うが山, う羊羮どころぢやない, う羊羹があった, う美しさも, う美しい優しい方じゃ, う美しき稚児の, う美保の關, う美味を美, う美味かろうでよもや, う美和子は, う美奈ちやん, う美少年と通じ, う美登利さんそれにしない, う美登利さん夫れに, う美的享楽を画面, う美緒の具合, う義侠的に彼, う義太夫音楽でも時, う義姉さんは少し, う義弟新婚の引受人, う義理のある, う義男は怒鳴りつけた, う羽目になる, う翌日の検屍, う翌日ちいちゃいおばちゃん, う翌日一色がふらり, う翫之助のでは, う老いたるも若き, う老媼の姿, う老巧が亀山, う老耄したこと, う者どもがあなた, う者共とを豫め, う者杙上に坐せしめ, う耳朶に少し, う聖僧のよう, う聚楽の方, う聚楽第における第, うゆるやと, う聟どのの到着, う聯想した時, う職員間でもなにか, う職工だつて講談本位, う職業を賤視, う肉体的の関係, う肉薄して, うだって荒い, う肌着を剥ぐ, う肝腎の手, うったま, う股引も入れましょう, う肥つた主人が呶, う肥料にあてられ, う肥田のこと, う肯定したの, うは感染つて, うが痛みだし, うにこたえました, う胆吹山でないまでも, う背水の陣, う胎児の母親, う胡瓜のきざんだ, う胴中のところ, う胴仲に続い, う胴体が百五十間, う胴着は縫え, うく考え, う能くもアレで一日, う脂目赤目流行目が多い, う脅喝新聞破廉耻漢, う脆いものぢや, う脆くもやられよう, うへはウソみたい, う脇差は兄, う脇息に凭れ, うの高い, う脚絆や袴, うのあたり, うれようと, うのほう, う脳貧血よきつ, う脾腹を抱, う腕ききのした, う腕ごとに怪腕, う腰掛台の上, う腹こなしにはいい, う腹黒い勇三郎樣に, うまづい, う膿汁の悪臭, う臀部から踵, う自信がついた, う自分以上のこと, う自動車より速い, う自動車賃も安く, う自問自答するの, う自壊作用の兆, う自宅へ引き移つた, う自業自得だと, う自殺だろうか, う自然憂鬱な運動, う自然智愛と云う, う自由主義連合体を作ろう, う自衛隊がするだろう, う自負心も負けじ魂, う自身番で待っ, う自転車と自動車, う至極賛成でございます, う致命的な不安, う臺處へ抛り込ん, う之助, う興娘が歿, う舜帝と禹王, う舞踊の方, う舞踊家春日野ゆかりは自宅応接間, うの釘, う船大工の与兵衛さん, う船長はついに, う船頭なんどに助太刀, う艇長は三郎, う色事も其處, う色彩も剥落, う色恋にも名聞, う色情狂なら御免, う色感も古く, う色気も無く, う色男っ, う色男台なしに, うを植, う芋錢子のもの, う芝居もので, う芝居物真似田楽狂言民謡又は神楽, う花園に花, う花嫁につきそつ, う花川戸山の宿, う花弁が皆, う花摘みにでも来た, う花木の揺れる, う花木さんはお, う芳子さんも一緒, う芳町の良い, うも暮らし向き, う芸術ヂャーナリズムはこ, う芸術家は本来多情多恨, う芽出度い事, うの野原, うを植え, う苛酷な思想, う苟くも仁術を看板, う若々しい生命が, う若い衆や娘, う若くて綺麗, う若旦那さまがお, う若様はたしか, う若江という小姓, う若者は行商人, う若葉のあいだ, う苦々しそうに, う苦しからうお, う苦しかろうお, う苦しくもあったろう, う苦しみも続くだらう, う苦悩の最も, う苦悶の表情, う苦海とやらへ身, う苦行をした, う苦言を呈した, う苦難の複雑さ, う英人二名が張り番, う英吉君に難癖, う英国の兵隊, う英国大使館の姿, う英男かだれ, う英雄志を抱い, う茂ちゃんにそう, う茂助は何, う茅野雄は谷底, う茗荷を喰, う茶の湯生け花歌ヘエケエの親類, う茶の間のほう, う茶器であろうこれら, う茶渋のよう, う茶見世へ参っ, う草履を持て, う草履取でさえ随分ツン, う荒々しさくら, う荒い呼吸を, う荒く騎らず, うなりと預っ, う荷馬車の轍, う荻谷さんのねイ, う菊五郎一座を見物, う菊亭晴季はウーム, う菊坂小町と言, う菊様はお, う菊池寛氏の勘, う菓子をくれたら, う菜の花にとまれ, う華奢な胸, う華山の蓮花峰, う華族の三子弟, う萩原さんはさも, う萬一嫁の身の上, う萬兵衞の表情, う落語家といふ面相, う落魄ちや糞ですね, うをとぢ, う葉子の心, う葉緑体をもった, う著しい違ひ, う著しく現はれ, う葛岡は闇, う葛木晋三と, う葡萄酒の分量, う蒸気河岸のほう, う蒼い色に, う蒼白くて虫食, う蒼茫たる薄, う蓄膿症奴が, うが半分, うの花咲ききつた, う蓮華草の小, う蔑視しようと, う之助, うで強い, う蔵持の馬方さん, うの類, う蕗の薹萎へ葉, う黄色いこの, う薄ら寒くなって, う薄情の証拠, う薄茶色の背広, う薩摩藩の情勢, う薩藩人が爾, う薩軍のほう, う薬局の連中, う薬草だよ, うの棚, う藤ちやんを見ろ, う藤原家の当主, う藤村の, う藤野屋杢左衞門さんを, う藥品で黄色く, うのゆらゆら, う小小, う虎これを獅, う虎之助立って, う虎井夫人の言った, う虎御前こと丘田お照, う虎松と親しい, う虎狩に連れ, う虎白草だ, う虎雄なあさっき, う虐殺で, う虚無でもあらう, う虚無的になつ, うにいひきかせ, うのよう, うやりを, うの要請, う蜜柑山公園の広場, う蝋燭あって, う蝙蝠安を今様, う蝶子さんも先生, うさせて, う螺旋法に限る, う螺旋状の縮み, う血圧のこと, う血溜が靜, う血相のいい, う血統のこと, う血縁のもの, う血腥い想像の, う衆生の苦しみ, うへが分らない, う行き方は洒落, う行たて見う, う行つて來給へ, う行乞の時, う行儀よく並ん, う行手を思ひ, う行手左よりに近く山, う行楽の時代, う行灯が細々, う行為に現し, う行程を二, う行違いになる, う行間違いか知りません, う術策などはきっと, う術語として普通通用, うの子供, う街道筋の馬子風情, うに織ったら, う衣川さん森木国松は無罪, う衣紋を揃え, う衣装のため, う衣食のため, う衣食住の三, う表情がこ, う表方にいる, う表札が出, う表現を取った, うへても見えない, う袁紹や曹操ら, うをたべ, うに赤十字, う袖子が言つた時, う被害者に, う被布を召した, う被衣のひさし, う裁判沙汰になっ, う裁縫やなんか習わせ, うをき, うへる婦人, う装飾れる様, う補導しようと, う裸体武兵衛というお方, う裸蝋燭のため, う褒美として秘巻, うとか障子, う襖一重の座敷, う襟垢の着いた, う襟飾を出した, う西の方, う西ドイツにゐるなら, う西南戦争のあった, う西大寺の十二天, う西幸寺の一室, う西東の対, う西郷につづく, う西顧すれば, う要するに理想は, う覆面の探偵, う見事なくらい, う見台へつい, う見当がつかなく, う見物人は戦わぬ, う見舞の盛花, う規則にし, う規模が違うだろう, う視学に密告, うわれたもの, う覚束なげな, う親しい交わりの, う親分あっしには少し, う親分さん私は, う親分それよりどうして, う親分十日の日, う親分私はもう, う親分耻も外聞, う親友に別れ, う親子ともに小ざっぱり, う親方はいねえ, う親父にはさんざ, う親類でも無い, う観念しろ, う観音さまはいつも, うえき, う覿面に罰, う觀音樣の裏, うつたわよ, う解つて見ると, う解剖院から窃, う解約を通告, う解説して, う解雇した女中, う解雇手当を二年分, う触覚の世界, う言つた丈けぢ, う言つた上こちらでどうにか, う言つた儘突立つて, う言つた囁きが彼方, う言つた夫婦生活は平次, う言つた如才なさ, う言つた平次の弱, う言つた心持で禿茶瓶, う言つた方がよく, う言つた時お菊, う言つた時彼はさすが, う言つた滑らかな調子, う言つた皮肉な觀察, う言つた相です, う言つた者が有, う言つた聲は激情, う言つた話が全部, う言つた調子です, う言つた錢形平次でした, う言つた顔は如何にも, う言つてあたふたと影, う言つておとうふやさ, う言つておれの罪障, う言つてぐつと帽子を目, う言つてこれを返し, う言つてすき手の女, う言つてそこらに呀, う言つてちよつと考へ, う言つてもの怖ぢ, う言つてアタフタとお勝手, う言つてオクサーナが笑ひだ, う言つてキャツキャツ笑ひ出すなり, う言つてスケツチブツクをぱちんと閉ぢ, う言つてブルリバーシュは自分, う言つてミルクの茶碗, う言つてレヴコーは館, う言つて一杯つけさして, う言つて一陣の薫風, う言つて七色の虹猫, う言つて下女はハツ, う言つて了つて口を噤む, う言つて二人は別れた, う言つて人人が舌, う言つて今度は念入り, う言つて伯父は寂し, う言つて何の苗, う言つて僕の名, う言つて入口の戸, う言つて参謀に褒められました, う言つて參りました, う言つて反駁したが, う言つて叔母は一ぺん, う言つて和助は敷居, う言つて唐棕櫚の葉, う言つて太吉が手拭, う言つて妖女は彼, う言つて学生に別れた, う言つて宗吉はさすが, う言つて家を出る, う言つて富士山の模様, う言つて将棋盤を真中, う言つて小鼻をふくらませる, う言つて島村氏の健康, う言つて帰つてしまつたのである, う言つて帳面から手前, う言つて年増の別嬪, う言つて彼等は樂, う言つて後ろから覗いた, う言つて念の爲町内, う言つて手紙をよこされた, う言つて打伏いた, う言つて振り仰いだお, う言つて掌で額, う言つて支配人は二人, う言つて教父は肩, う言つて数枝はしづか, う言つて明日にも決心, う言つて月に振り仰いだ, う言つて東京から一緒, う言つて校長は校舎, う言つて楢雄を香櫨園, う言つて此處へ來, う言つて死骸にお, う言つて涙を呑みます, う言つて激勵するの, う言つて濠端の方, う言つて無理に笑, う言つて無遠慮に安井, う言つて煙管から煙草, う言つて煙草をくゆらし, う言つて煙草盆を持つ, う言つて狹い路地, う言つて盤に向か, う言つて眼をぱちくり, う言つて眼鏡をかけた, う言つて祖父はちよつと休んだ, う言つて祭司の息子, う言つて端居に出, う言つて笑ふ聲, う言つて笑つてゐる, う言つて美奈子は口籠, う言つて老人は横, う言つて耳を澄まし, う言つて肩を叩いた, う言つて腰繩のま, う言つて菓子鉢にする, う言つて裏木戸から顏, う言つて襖をあけ, う言つて西郷に直談判, う言つて貰ひたかつた, う言つて賛成した, う言つて赤ん坊をつれ, う言つて赤羽橋の友吉, う言つて踏臺から下りる, う言つて辻はまた, う言つて邪魔でも寐, う言つて醫員はさ, う言つて醫者は椅子, う言つて野村を覗き, う言つて鈴川主水はチラリ, う言つて鉛筆を取り直し, う言つて鍛冶屋は立ちあがつた, う言つて鏡を取りあげる, う言つて長んがい, う言つて門を閉めさせ, う言つて間違ひの, う言つて雀部ももう, う言つて靜かに私, う言つて頬を染めた, う言つて頭を抱, う言つて額を叩い, う言つて顏を反, う言つて首筋を掻く, う言つて鶏はす, う言つて鼻の良い, う言ひきかし, う言ふかも知れない, う言ふからそれを許し, う言ふから皆んな物眞似を, う言ふから與七見たいな, う言ふから間違ひは, う言ふところはなか, う言ふより外, う言わば狐付きが, う言明しろ借金, う言種が癪, う言葉切れがし, う計りごとかまたは, う討議しようさあ, うんでゐる, う記録も色々, う訝しな眼遣い, うはない, うひその, う許嫁の腰元, うへるひと, うが入っ, う証人は二人, う証拠書類もきっと, う証跡とは他, う詐欺だから, うは短い, う詠草を抱き, う試みにどこ, う試驗に高, う詩集のお, う話し相手なしで, う話合で山本君, う話題は必ず, う詳しく意見を, う誇らしく囁くの, う認定すれば, う認識不足の放浪者奴, う認識論は方法論, う誓つてゐながら, う誘いをお, う誘導的な問, う語つて私の視線, う語り續けるうち, う誠にどうもへえ, う誤り伝へられたの, う誤解がある, う誰か苦んでいる, う調弄うて, う調所殿の急死, う諭吉はバタバタ, う諸君努力せよと, う諸種の圧力, うにいう, う謂つたのでは, う謂つた一種の歴史劇, う謂つた警戒の樣子, う謂われのない, う謙作はふと, う講釈師桃牛舎南玉の住居, う警保局長は喜色満面, う警官の服, うひ殺されるまでも, う譬へばはいからと, う議論どほり, う之助, う讃詞を讃め, うにもこの, う豆腐なら流石, う夫消え, う豊かになろう, う豊伴をせい, う豊田正子がいる, う豚饅頭にも色々, うにもフトン, う豪胆でなければ, う豪語を放っ, う豪農がある, う豹一に対しても何, う貂蝉は今頃, うどのそれで, う貞女だな, う貞時そなたの, うされと, う負担に比例, うに窶れ果て, う貧しさを, う貫太君のこと, う貫通されで, う貴いものに, う貴下らはよろしく, う貴公は, う貴公たちには難事件, う貴島に會わせ, う貴方がたの見, う貴方はんのこと, う貴方此毛は実は, う貴方達が気分, う貴族として立っ, う貴重になっ, うはう, う買いもしない, う買つて呉れる所, う買物をする, う貸し給え, う資本は沢山, う資生堂行きといふ一日, うの筆者, う賞金もらつたらその, う賢君ちょっとそこ, う質屋にも持つ, う質的個別に対しては歴史科学, う贅澤に貸, う贈り物の由来, う贈賄という風習, う贋金でもない, う赤ちゃけた燈火の反射, う赤味を帯びた, う赤坊だって丸い, う赤染右衛門も居たろう, う赤穂の浪士, う赤蛙は再び, う赤髯の巣, う赤黒いものが, う赭顔白髪の見る, う上る力, う越前の手, う越前守のやった, う越前守殿ほどの鋭敏, う越前屋の番頭, う越後へ行こう, う越後方面の白沢, う趣きを示し, う趣味があった, う足労れたら一足先, う足袋をはくまい, う足音を待つ, う跡目をつぎたかろう, う跣足で土, うを, う踏台さえ見付かれ, う躑躅ヶ崎においで, う身ぐるみ脱いで, う身一つならば, う身上などは持てる, う身共の先祖, う身分の者, う身分ちがいの仲, う身構えで腰, う身請をする, う身輕になれ, う車寄せの破風, う車掌はこの, う軍勢がお, う軍律の制裁, う軍艦で横浜, う軍配を上げる, う軍鶏屋の鳥亀, う軒並を見せたら, う軒輊が在る, うさうで, う軽々しく他人の, う軽く受け流されて, う軽やかな張合い, う軽佻と言うなら, う軽侮語を口, う軽蔑したり, う軽薄そうな三十二, う輪田夏子は大層, うを躍らし, う轡川が部屋, うさが, う辛き浮世の, う辛抱なさるが, う辞世の和歌, う辞職しようと, うけのうござる, う農場の人たち, う農夫の唄, う農村精神だけを支配者当局, う農民たちの心事, う辻褄の合, う込み合ふことなど, うかづかう, う近々と側に, う近々の内水島君, う近ごろ珍らしい鷹狩, う近代的な街, う近国はみんな城主, う近年になく, う近日どうぞ又, う近江屋のはまだ, う近道を選ん, う返答して, う述懐した, う迷いもしよう, う迷子札は可, う追手として彼, う追求されても, う追討ちかけよう, う退校になるでしょう, う逆上すると, う途中山吹が多い, う途中目の下に細く, う途方もねえ, う途法もない, う逗子の方, う這奴の嗜虐, うな旦那, う通り外ならぬ河内介, う通力自在姐娘の腕, う通油町の橘屋, う通過して, うかに著者, うひましたよ, う連中のこと, う連日睡眠が足りない, う連続して, う連続的に絵, う進化の途, う進歩して, うのある, う逸走した邸, う遁れつこはありません, う遅刻して, うがむかなけれ, う運び入れて, う運動会は毎年いつ, う運悪くそれを, う去ったから, う過ぎたる大名なり, う過日谷屋が持っ, う過程に於, う道ばたの丸い, う道具や仕掛, う道助は思つた, う道場へ, う道庵先生か知ら, う道服はいか, う道楽稼業の家, う道楽者か知らない, う道理ぢや, う道行姿の極彩色, う達也さえいなけれ, う達弥はむき, う達者で顔色, う違つてはゐなかつた, うかな本丸, う遠慮なくたずね給えこっち, う遥か奥から, う遥か下の街道, う適切なこと, う適当に削除, う遭難する者, うくなるから, う選取りに私, う選択を自由, う遺憾骨髄といった面持, う遺書の書出し, う避暑地だけあっ, うの様子, う那裡にも這裡, う邦枝完二の, うへ遊び, う郡会のお, う郷左衛門も顔, う都電の停留場, う鄭重に言, う酒場へ行かう, う酒好きの人, う酔ッ払った聴衆, う酔ッぱらッちまって, う酔狂にもほどがある, う酷寒のなか, う酷薄にもなろう, うはせて, う面だ, う醜悪の限り, う醜態なこと, う里虹は君, う里見のほか, う重々私が行届きません, う重い物だ, う重三郎の伏鐘組, う重厚な村, う重圧感を覚えた, う重大なこと, う重宝なもの, うを歩きましょう, う野々宮さんはあれ, う野卑な博労ことば, う野宿にした, う野山に骨, う野暮に知らない, う野良仕事には困るだらう, う野良歌うたうの, う野菊秋草がうつくしい, う野菜も作ろう, う野蛮な人間ぢ, う野蛮人種が我々大和民族, う野郎だろう, う金さんお前が附い, う金兵衛の毒舌, う金兵衞を松, う金助っての, う金属の触れあう, う金棒の音, う金沢へなり, う金澤町の岡崎屋三十郎, う金糸で杜若, う金色の日影, う金蔵さんそれだけは, う金貨を貰つたの, う金輪際誑らかさず, う金魚にとっては金魚, う金龍山の鐘, う針ノ木峠よりひどい, う釣洋燈がどう, う釣舟屋を始めたい, う釣鐘がボーン, う鈍い紫色の, う鈎先は青鱚, うの音, う鈴木さんにはバー, う鈴本は思, うの龍車, う鉄縁のパンス・ネエ, う鉄道は国営, う鉛毒で青み, う鉱毒はそんな, う銀座の通, う銀煙管はおろか, う銀紙ぢやから, う銀翼も今朝, う銃器室の一方, うを五百円, うは空, う鋏さん大きに御苦労, う鋭くなり油断, う鋭敏なん, うがおりてた, うを五百圓, う錦華燦然として海, うされて, うもそのまま, う鍛冶の母, う鍛冶屋も止め, うで絞め殺され, うも繕おう, う鏑木さん御自身, うが鳴る, う鑑定されても, う長五郎の家, う長井の門地, う長吉は度々, う長吉長太をかえし, う長唄でも, う長成を見逃す, う長浜は縮緬, う長着で羽織, う長老が君, う長者寺に往, う長良川博士とおっしゃいました, う長袴時代を生き, う門並その辺, う門燈は消え, うががたがた, う開きなほると, う開明党の, う閑散だと, う間一髪を入れない, う間淵が言います, う間違か貴方, う間違いかは知らん, う間部福子つていふ上の級のひと, う間際に立っ, う間食で生命, う関さんのお, う関取私は殺され, う関所を通る, う閣竜英の改革, うり合ひなん, う關善の親類, う防空壕の中, う阿弥陀街道の外れ, う阿波守殿の鳴門舞, う阿波屋の, う阿漕なこと, う附加へた, う附添して, う附近の医師, う限りそれらが高い, う限り文芸は文芸以上, うのお, う院展を見, う院長閣下が我々, うして, う陣十郎とかいう浪人者, うり捨てようと, うれようにか, う陸軍も海軍, う陽かげは涼しい, うにおいてある, う隆治さんに本, う階段をトコトコ, う階級勢力を, う階級性に較べ, うって労働問題, う隔ての障子, うもあれ, う隙間に顔, うは多少, う障子いっぱいに射し, う隠し立てをする, う隠蔽さうとして, う隣家のもの, う隨つて細かに川筋, う隨分不氣味, う隨分念入りに拙い, う隱藝でもお, う雀斑芸者は講武所, う雀部は揶揄, うを乃公, う雁来紅を肩, う雄大な景色, う集合の席, うを一羽, う雉子かな, う雑木林に囲まれ, う雑沓押し合いけたたましく交通機関, う雑誌記者は原稿, う雛妓を抱え度, う雜物が入, う離別には是, う離縁状に判, う離縁状書えたから, う雨だれの音, う雨漏りがし, う雨風のため, う雪割草がこんなに, う雪子さんがお, う雪崩の為, う雪崩れだろうかと, う雪模様の空, う雪舟が黒, う雪見酒じゃ, う雪駄直しの片手間, う雲井の雁, う雲山煙水相隔つれども一片の至情ここ, う雲雀は屹度, う電気をとめ, う電灯に疎い, う電燈は結構, う電話機や写字生, うふる夜, う露だらけですから, う露子は最う, う露西亜人もまた, う露路の奥, う露骨に言つて, うだの赤, う青々と苔, う青い細い葉柄が, う青い細かい地模様と, う青坂山曹洞宗西美濃の惣録, う青年伴田氏の寂しい, う青年時代においても私, う青桐の幹, う青江の官能的, う青白い瓦斯灯が, う青白く引緊つた顏や, う青羅の傘蓋, う青草が気持, う青葉をあるきつ, う青表紙の本, う静子は慣, う靜夫樣も決, う靜子は慣, う非凡の才, う非常時の役に立たない, う非業な死, う面倒臭いことだ, う面白がつて, う面白かろうと, う面目次第もねえじゃ, う面長の色, う靴跡やフェルト草履, う鞘橋の木戸, うで打った, う音楽や人, う音響のそれ, う頃合を待っ, う順吉さんを學校, う順序で私, う順慶町で遣ろう, う順調ですか, う順順にさういふ, う預言者なら奇蹟, うて, う領事団や新聞関係, う頬ずりをし, う頭山奈良原を初め, う頭髪そこには紐育, う頼朝はその, う頼母木市長がどこ, う頽廃にも赴けず, う題字は颯爽, う額口の汗ばむ, う顔付をし, う顔立の悪い, う顕微鏡で二十倍位, うえ上がる, う顰面を向け, う風呂もわい, う風呂敷かえせと, う風呂敷包みを有, う風宮の前まで来る, う風情を思う, う風琴は持ち合さなかつた, う風説であり言葉, う風通の一枚, う風采も上品, う颯爽として今, う飛沫をあげ, う飛田林覚兵衛も江戸, う飛魚しょう, う飛鳥人が必ずしも, うると, う飯倉の街, う飲食いした勘定, う飼料をどしどし, う飽くまでも彼は, う餅菓子を食べた, う養子に上げましょう, う餓死にする, う餓死人が倒れた, うりだわと, う餘計な事, う饅頭笠をかぶっ, う饑饉でみんな貧乏人, う饗庭の屋敷, う首尾好く殺し, う首領わっし, うをなされた, う香爐が出, う香蔵さん大平峠あたりは雪, うは, う馬たちに心から, う馬士が通る, う馬小屋でたしかに, う馬琴の本, う馬籠でも年, う馬鈴薯と塩肉, う馬騒ぎで血逆上, う馬鹿囃子の音色, う馬鹿気たやりとり, う駄賃を稼ぐ, う駄馬の列, う駆け出しの新聞記者, う駆使はれて, う駒井から貰い, う駒形の名物泥鰌, う駒形堂の傍, う騒ぎが少し, う驚きなさいますな, うの肉, う體裁上日本に使者, う高きを目ざす, う高けりゃよそうという, う高久君はどう, う高井へ行きませう, う高島の方, う高座から徳川君, う高所から達観, う高橋伊勢守がこの, う高氏の顔, う高瀬君今度塾へ御, う高知の名物男, う高笑しつ, う高貴に感ぜられる, う高輪田長三が曾, う高野詣りの, うなぞが生えてる, う鬱金の財布, う鬼塚村の八幡様, う鬼髯が徒党, うが附添つて, う魂丹であったらしいが, うが差した, う魔物が来, うも網, う鮫洲大尽と云え, う鮮やかなる畳一枚, う鮮血淋漓一人は吊下っ, うは喰, うのお, うは伴, う鳥打帽を右, う鳥渡検めても, う鳥籠に山雀, うが下り, うをくわ, う鴻山は, うの鳥, う鵯駒鳥あの辺, う鶏一羽は捨てる, うよりも年上, う鷦鷯がちょこちょこ, う鷹野の御供, う鸚鵡返すと, う鹿子さん実は貴女, う鹿島から一里, うかに晴れた, う麗子は悲しく, う麗子さんのお, う麻糸の束, う麻裏草履がない, うなる粟畑, う黄色な汁, うの山高帽子, う黒き岩も, う黒人でも一緒, う黒外套の哲学者先生, う黒岳のカール, う黒幕にいる, う黒木綿の紋付, う黒板にイタヅラ書き, う黒煙がこう, う黒縮緬の羽織, う黒羅紗の厚子, う黒鍬の者, う黒雲も湧き起ろう, う默つてぬつと, う黯緑の植物, う鼓ヶ嶽の調, う鼻ッ先の板戸, う鼻息が白く, うがゆく, う龍太郎の首, うとの