青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いわれた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いろ~ ~いろいろ いろいろ~ いろんな~ いわず~ いわば~ いわゆる~ ~いわれ いわれ~ ~いわれた
いわれた~
~いわれる いわれる~ ~う う~ うい~ ~うえ うえ~ ~うけ うけ~ ~うけた

「いわれた~」 1076, 12ppm, 9390位

▼ いわれた~ (143, 13.3%)

12 です 8 でした 7 である 4 だが, であった, であります 3 だから, であったが, もこの 2 か, がその, だ, ですが, はこの, はそれ, を, を機会, んで

1 [77件] かと思っ, か判らない, か考える, がありがたかっ, がいや, がおかしかっ, がくやしい, がそれから, がよほど, がリリー・レーマン, が一人, が一番, が一途, が信雄の, が帝国ホテル, が無上, が甚, が突き刺された, が頼綱, だそう, だった, だったそう, だと, だよ, だろう, でありますが, であるが, であろう, であろうと, ですか, ですから, でも, とちがっ, にきかない, には案外, には酒, には雀, に基づい, は, はおそらく, はお前様, はお客様, はどんな, はほんとに, は主として, は今後, は何, は初めて, は大家, は実は, は御, は案外, は滝川一益, は男女, は畢竟, は確か, は箸, は虚礼的謙遜, は西氏, は誤った, は誰, は過ぎた, も案外, も無理, をいい, をきいた, をひどく, を先生自ら三日, を師, を機, を母, を聞いた, を聴かず, を面倒がり, んが, んやろ, ん三日目エの

▼ いわれたこと~ (78, 7.2%)

15 がある 5 があった 4 もあった, を思い出し 2 があり, はない, もある, を守る, を思い出した

1 [40件] から話しはじめた, がありました, がうなずかれる, がなんど, がわかった, が今, が僕今, が子ども心, が当っ, が心外, が殆ど, こそ実に, だが, である, でも, で大石先生, などが繰り返し考え出された, などはもう, については何, によっても少く, に対して体じゅう, のある, の遠い, はありません, はほんとう, はわすれ, は現実, は阿弥陀仏, やある, よりも恩知らず, をあなた, をお, をしゃべらなかった, を契機, を思いだし, を悟りました, を正しい, を深刻, を知ったらしく, を考え

▼ いわれたので~ (67, 6.2%)

2 すこししゃくにさわっ, 僕は, 彼は, 私は, 諭吉は

1 [57件] あわてて, いなかじいさんは, お十夜, お吟, この言葉, すぐ前, そこでさめざめ, そのまま母屋, その本, それから暫く, それぞれの, それに, それには, それを, たいそう機嫌, たちまちおとなしく, ためらいました, つい老い, なつかしく感じた, ぷりぷり怒っ, また頭, もう我慢, やはり石川さん, スサノヲの, 不思議な, 二人は, 仲介者も, 光秀も, 四十八巻の, 四名は, 多感多血な, 太郎は, 妹も, 嫌も, 小次郎は, 思い切って, 急いで, 急に, 恥しい思, 抜き身を, 新吉が, 日頃は, 春部カズ子は, 来て, 松村先生の, 母親の, 氏真も, 河合少年は, 法然の, 瞬間誰の, 腹が, 自分に, 親族一同, 訊いた者, 達夫くんは, 頬髯の, 魏延は

▼ いわれた~ (52, 4.8%)

5 私は 2 これは

1 [45件] きみの, きょうは, この日, この頃, しかし今, そのお蔭, その光厳帝, その内容, その若年者, それでもあらゆる, それは, ちと小生, ついにその, どういう真意, どうしてお, どんな話, なになにの, また, ゆうは, 中古では, 他人では, 他日ついに再び, 余には, 僕には, 君は, 太后の, 川柳に, 左に, 彼女の, 後には, 日本は, 本質は, 歌わない茂太郎, 武蔵は, 民衆の, 涙を, 清少納言たちは, 直ぐに, 紹巴は, 芸術まず, 訳者としては, 誰か, 豹一は, 過日, 黄忠は

▼ いわれたよう~ (39, 3.6%)

3 な気, に 2 にこの

1 [31件] だけど, だった, でしたが, ですが, ではずかしく, なもの, な少女, な弊風, な脅喝専門, な親しい, な門弟, な顔, にいたしました, におぼえ, におもっ, にそれ, にみなさん, にもう, にクラム, にローマ, に一枚, に人類, に個性, に兜, に問い返した, に子供, に日本, に氷雪, に車体, に返事, に非常

▼ いわれた~ (30, 2.8%)

2 にお

1 [28件] から文学, から現代日本文学, その行動, でさえ病気, どうか, にその, にはどこ, には一種, には何, には何だか, には四辺, には実は, には思わずドキッと, には矢張り, には見返り, には話, にわたし, に腰巻, のこと, の先生, の母親, はまるで, は人, は俎, は実に, は思わず, もうだめ, も慄然

▼ いわれたもの~ (27, 2.5%)

4 ですが 2 だ, だが, である, でした

1 [15件] いろいろ七ツ道具, がその, だから, だった, だと, であった, であるが, であろう, でごぜ, です, でその, で土用, と解せられる, を探しあて, を見

▼ いわれた通り~ (20, 1.9%)

3 にする

1 [17件] お雪, しばらく外, そう観じ, で俳諧, にかけ, にし, にした, にしました, にひきかえし, にまさかの, に三時間, に佐伯氏, に原田氏, に蓋, の板塀, の言伝, の飛白

▼ いわれたそう~ (19, 1.8%)

8 である 3 です 21 だが, だまずい, であるから, であるが, で食事, な

▼ いわれたとおり~ (18, 1.7%)

4 にした

1 [14件] いったのよ, します, すぐ大勢, ただ城外, にし, にしました, にする, にジージー, に家族, に部屋, のこと, の大木, 行って, 黙って

▼ いわれたから~ (13, 1.2%)

1 [13件] きっと帰っ, その通り, それを, 一遍に, 今日は, 光親卿は, 四郎は, 押したまでの, 時が, 来たので, 私は, 聖光房も, 食ったまで

▼ いわれたその~ (13, 1.2%)

1 [13件] ことばとともに, 一つの, 二の腕の, 人であります, 冬は, 淘汰は, 眼で, 眼に, 老翁が, 肌は, 苦諦, 赫ら顔が, 頃の

▼ いわれた~ (13, 1.2%)

2 である

1 [11件] が十両, この人物, だが, でこの, ですが, とを皆, なん, の孫娘たち, はいわれ, はハッ, は大坪流

▼ いわれた~ (12, 1.1%)

4 いう 2 思うと 1 きいた, きく, きくが, 伸子に, 十左衛門が, 同じよう

▼ いわれたという~ (12, 1.1%)

2 ことが, ことである, ことを 1 その話, 伝説が, 流布が, 自分である, 規模や, 話が

▼ いわれたほど~ (11, 1.0%)

1 [11件] あって, おいなりさんは, しばしば狂癲, だった, であった, であったが, であります, ですが, でまるで, 校風も, 頭の

▼ いわれたって~ (10, 0.9%)

1 いいから, かまや, けっして主人, しようがない, どうにもなるこってねえ, どうもやる, 仕方が, 可いんだ, 本当の, 格別気にも

▼ いわれたとき~ (10, 0.9%)

1 あんまり古い, こそその, に, にのぶ子, には僕自身, にボク, に出ない, は暴力論, ほんとにすまない, ゾッとした

▼ いわれたところ~ (10, 0.9%)

1 からお, で, でおいそれと, で一向, で何, で太閤様, の玄妙, の疑問, へ行っ, を見れ

▼ いわれたあの~ (8, 0.7%)

2 変装の 1 ことばが, シャーリプトラすなわち, テームス河の, 声を, 室田さんが, 牧野先生の

▼ いわれた~ (8, 0.7%)

1 がど, がはるか, がやや, が役人, が適切, である, は兵部卿, は皇子女

▼ いわれた~ (7, 0.7%)

2 ことばを 1 品です, 父様が, 綱の, 言葉を, 身が

▼ いわれた~ (7, 0.7%)

1 あるいは父, こっちは, すっかり忘れ, どうか, 急に, 知らぬが, 聞いと

▼ いわれた~ (7, 0.7%)

1 あって, だった, なあんな, なのに, なもの, に職業的本能, の人

▼ いわれた~ (7, 0.7%)

1 だけは明治四年, である, ですが, どもじゃ, にはみな懐疑的, はおおかた, をどこ

▼ いわれた言葉~ (7, 0.7%)

1 であります, で他, としてはあまりに, などを思い出し, を, を忘れ, を楽しみ

▼ いわれたくらい~ (6, 0.6%)

1 だ, だから, でした, ですから, 富豪の, 色の

▼ いわれた~ (6, 0.6%)

1 じゃねえ, だ, だったが, であったそう, はちょい, はニッコリ

▼ いわれたこの~ (5, 0.5%)

1 五郎次の, 人にも, 家に, 町を, 美しいおきさきだった

▼ いわれたため~ (5, 0.5%)

1 かえってその, かお転婆, に人, に心, に私

▼ いわれただけ~ (5, 0.5%)

2 では 1 あって, なんで, 記憶する

▼ いわれたのに~ (5, 0.5%)

1 いったい公卿, お前が, 気が, 祖母は, 級中から

▼ いわれた~ (5, 0.5%)

1 じゃあっし, じゃ松五郎立つ瀬, じゃ猶, だが, やと

▼ いわれた~ (5, 0.5%)

1 があり, がある, がない, が二つ, を記憶

▼ いわれた~ (5, 0.5%)

1 にし, の高橋鳳雲, は中年, は好き, もまま

▼ いわれたけれど~ (4, 0.4%)

1 それについては, なかなか帰っ, 疲れても, 私は

▼ いわれたには~ (4, 0.4%)

1 かれも, ハタと, 恐縮した, 驚いた

▼ いわれたまま~ (4, 0.4%)

1 に遊ぶ, をうけいれろ, 忘れて, 押入れから

▼ いわれたもん~ (4, 0.4%)

1 だ, だが, だがのう, で

▼ いわれたけれども~ (3, 0.3%)

1 しかし根本, それは, 熊を

▼ いわれたことば~ (3, 0.3%)

1 である, のしり, を思い出し

▼ いわれたほどの~ (3, 0.3%)

1 剣客だった, 名臣, 鞍馬の

▼ いわれたんで~ (3, 0.3%)

1 ちょっとムカッ, 恥ずかしいの, 情けなくなっ

▼ いわれた~ (3, 0.3%)

1 が今, で帰るべき, は下谷浅草牛込四谷芝

▼ いわれた~ (3, 0.3%)

1 には子供, には甚だ, にゃ道庵

▼ いわれた自分~ (3, 0.3%)

1 に自尊心, の体, の芸道

▼ いわれたかと~ (2, 0.2%)

1 思うと, 思えば

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 今も, 客筋の

▼ いわれたとの~ (2, 0.2%)

2 ことである

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 しろシムボル, 違いない

▼ いわれた人々~ (2, 0.2%)

1 がこの, は支那

▼ いわれた人物~ (2, 0.2%)

1 であった, でありながら

▼ いわれた人間~ (2, 0.2%)

1 だった, は誰

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 な人格者, に野枝さん

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 の検事正塩田先生, 狩以後元

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 与力今では, 臣です

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 がこんなに, はもう

▼ いわれた当の~ (2, 0.2%)

1 婦人の, 敵手だ

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 を撫で廻し, を見る

▼ いわれた時代~ (2, 0.2%)

1 がたしかに, でさえこんな

▼ いわれた時私~ (2, 0.2%)

1 はこんな, は思わず

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 はギロ, は円顔

▼ いわれた~ (2, 0.2%)

1 をここ, をばいかにも

▼ いわれた通りここ~ (2, 0.2%)

1 から出, に遊学

▼ いわれた通り武蔵~ (2, 0.2%)

1 の肩, はそこ

▼1* [306件]

いわれたあるレヴューガールと, いわれたいやしい職業の, いわれたおじいさんの孫, いわれたおとめのこと, いわれたかの市川小団次すらも, いわれたきり二の句も出ぬ, いわれたくらいな名与力, いわれたくらいの犬好きで, いわれたこと不快でもあれ, いわれたさすがのカーネギー, いわれたそれからこっち, いわれた御両所, いわれただけで何日でも, いわれただけでも信玄の, いわれたとおりいろいろの社会的施設, いわれたとおりだれかに毒, いわれたとおりてんじょうをてらします, いわれたとおりなか一日をおい, いわれたとおりまちがいなく大尉, いわれたとおりズボンのポケット, いわれたとおりドアのすき, いわれたとおり三十分のちには日比谷公園, いわれたとおり上の方, いわれたとおり以後二ヵ月昼夜のた打ちまわった, いわれたとおり大悟の眼, いわれたとおり彼を助け起した, いわれたとおり懐中電灯をつけ, いわれたとおり戦車を南東, いわれたとおり新旧二つの紅跡, いわれたとおり目を, いわれたとおり調子をあわせ, いわれたとおり門扉のかんぬき, いわれたときクラムだと, いわれたときフローラは眼前, いわれたとき吉宗は一とき, いわれたとき家政婦の面, いわれたとき正季はぞっと, いわれたとき穴のあいた, いわれたとき非常に満足, いわれたところがこの村, いわれたとて皆笑いました, いわれたとてもしかたの, いわれたなと直感した, いわれたはずですね, いわれたはずみにどう, いわれたばかりでした, いわれたばかりにどこへでも, いわれたほうも平気, いわれたほどに人気を, いわれたほどもこの江戸, いわれたものの起原は, いわれたよりも真剣に, いわれたんじゃ歌麿の, いわれたアメリカをも襲い, いわれたガリクルチもトティ・ダルモンテ, いわれたキリストをピラト, いわれたケーテは今や, いわれたコーカサスの山, いわれたジョージ五世及びジョージ六世, いわれたジリーと一緒, いわれたスピタルフィイルド区ドルセット街ミラア・コウトの納屋, いわれたテデスコという先生, いわれたテナーのジリィ, いわれたニキッシュの後, いわれたプリマドンナで, いわれたポオル・ヴェルレエヌの詳伝, いわれたマンは暴漢ども, いわれたムジナモであった, いわれたロイド・ジョージはドイツ, いわれた一節などは余りに, いわれた一色右馬介が深い, いわれた一語はひどく, いわれた一軒は路地奥, いわれた一高の入学試験, いわれた三つの摂家, いわれた上手だったが, いわれた上田寅吉の伝え, いわれた上部八風斎という軍師築城, いわれた下男の勇太郎, いわれた下谷二長町の市村座, いわれた与三右衛門清長の孫, いわれたのかたみか, いわれた主人と私, いわれた亡夫の意志, いわれた人たちももう, いわれた人民戦線行動主義の文学能動精神, いわれた人達が随分, いわれたが遅れ通し, いわれた以上ぜひとも行かなく, いわれた伝右衛門横町その横町, いわれた伝説は嘘, いわれた伴大次郎である, いわれた位小禽共の声, いわれた佐久間盛政もそれ, いわれた何割何分というの, いわれた佳人がある, いわれたの方, いわれた信州も養蚕, いわれた信玄の孫伊那丸, いわれた信雄の父信長, いわれたが十九, いわれた偉人は少く, いわれた偉大な音楽家, いわれた儒教というもの, いわれたの見えた, いわれた先々代は三遊亭, いわれた先代がまだ, いわれた八幡船十八艘のお, いわれた円頂の徒, いわれた初代三遊亭円朝という方, いわれた刹那の声, いわれた刹那彦太郎はどきんと, いわれた剛将の声, いわれた加賀見忍剣だな, いわれた加賀見能登守その人, いわれた勘次郎がうしろ, いわれた北見博士によって護られ, いわれた十九世紀の歌女王パティ, いわれた叔父の言葉, いわれた合唱舞踊歌の完成者, いわれた吉田健一という名, いわれた同士ではない, いわれた同心の加山耀蔵, いわれた向こうの垢離場, いわれた呉清源双葉山がそろっ, いわれた呉蘭将軍雷同将軍なども加わっ, いわれた周倉も自ら首, いわれた周利槃特が, いわれた品物を買い集め, いわれた土井大炊頭の如き, いわれた坂上で五百坪, いわれたは落ちた, いわれた場合そこへ出かけ, いわれた場合批評と創作活動, いわれた場所へ着い, いわれた塙次郎の暗殺, いわれた塙隼人も老, いわれた士たちと分り, いわれた士官はその, いわれた壮麗な司馬, いわれた与里でした, いわれた年増は, いわれた大利根博士の顔, いわれた大名だけにその, いわれた大木の杉, いわれた大町桂月氏である, いわれた天才左近倉平が今から三年, いわれた夫人は遺産, いわれた失踪の千万長者, いわれた奇異なる労働者, いわれた奥田義人氏と名物市長, いわれた奥穂高が至当, いわれた奴婢はあっ, いわれた御だ, いわれた娘武家出の上品さ, いわれた子役のむかし, いわれた宮中はまったく, いわれた家康がすっかり, いわれた家筋でございましょう, いわれた宿場跡なの, いわれた超, いわれた小国を守っ, いわれた小夜子老松秀千代太郎音丸栄竜たちだ, いわれた小松殿の館, いわれた山極氏とどっち, いわれた山門下の寺元村, いわれた山間の小, いわれたっ引, いわれた川島は又, いわれた川越育ちの豆, いわれた帝国大学は明治以来, いわれた幕府の勢力, いわれた幼少のころ, いわれた広い地面で, いわれた度胸に, いわれた弘法大師にその, いわれた彦左の雷おやじ, いわれた彦左ヱ門馬上槍をしごい, いわれた役者の階級打破, いわれた彼女が女優生活, いわれた後真佐子は復一, いわれた後藤又兵衛基次とはこの, いわれた身代が, いわれた御殿山さんにし, いわれた御面相でもない, いわれた心地よさから, いわれた怖いオッサンで, いわれた怪物です, いわれた怪賊の毒手, いわれた恒川警部でさえ湧き起る, いわれた愚楽老人は, いわれた成城学校の生徒, いわれた戦争の本質, いわれた手習のお, いわれた才人森川森之助, いわれた捕物の名人, いわれただけのゴルフ用具, いわれた数々のティー・クリッパア, いわれた文人で言文一致, いわれた文相森有礼であった, いわれた新門辰五郎がいました, いわれた日出の前, いわれたをまだ, いわれたが一ぺん, いわれた時いやだと, いわれた時お母さんは, いわれた時代日本文学は歴史的, いわれた時分にはチベット, いわれた時彼はあの, いわれた時文学は作者, いわれた時文学以前のもの, いわれた時聴衆の中, いわれたにはどう, いわれた書記長の発言, いわれた本所二葉町の大, いわれた東儀三郎兵衛だぞ, いわれた松平伊豆守もキリキリ, いわれた棟梁どもでも来ない, いわれた椅子におずおず, いわれたは, いわれた歓之助のため, いわれた燈寺も, いわれた武士は, いわれた母方の祖父, いわれた母親たちはそれ, いわれた民衆の文学, いわれたがした, いわれた気味悪さが, いわれた気持と一つ, いわれた沢村源之助も四月二十日, いわれた泰澄和尚が始め, いわれた浅草は関東, いわれた浅間山麓へ蜂, いわれた浪路がす, いわれた渡場を思い出す, いわれた無類な潤みを, いわれた父親の世務, いわれた特務機関のよう, いわれた特徴のある, いわれた理由が, いわれた寧である, いわれた生前の一言, いわれたを同, いわれた甲州有野村の長者藤原家, いわれた甲州流の軍学家, いわれた男腰なる刀, いわれた瞬間に何, いわれた瞬間私の眼底, いわれた石油のこと, いわれた祖母屋権之介, いわれたですが, いわれた稲葉山の斎藤義龍, いわれた綱五郎聞きゃア, いわれた綾模様の木目, いわれた総監が病気, いわれた美妓で素性, いわれた腕槍は天性得意, いわれた腰元で殿, いわれた船頭の悪口, いわれた花村殿のご, いわれた若き学徒彦田氏を, いわれた若年に近い, いわれた蔡瑁なのに, いわれた蘿月の恋女房, いわれた虚弱な身, いわれた褒美もフイ, いわれた覚えがあるでしょう, いわれた評判の美人, いわれた谷崎潤一郎の, いわれた豆州戸田の上田寅吉, いわれた象山の口, いわれた赤沢博士は眼玉, いわれた越境軍もやがて, いわれたが逆, いわれた辻番の足軽, いわれた通りピンセットでひろおう, いわれた通り亀山の仇討, いわれた通り半次郎さんの宅, いわれた通り彼は夫人, いわれた通り悪来は三十合, いわれた通り数正は築城土木, いわれた通り新刀の名人繁慶, いわれた通り炉のそば, いわれた通り無理に親分, いわれた通り眼を炬, いわれた通り私の妻, いわれた通新町を過ぎ, いわれた遊び手の若い, いわれた過去の応仁, いわれた道場荒し, いわれた邪剣の使い手, いわれたの噂, いわれた釘抜きの勘次郎, いわれた鉱山掘夫, いわれた関東の寄手, いわれた闇太郎かく隠れ家, いわれた闘争の劇, いわれた陳立夫陳果夫の特務隊, いわれた雑工業者や遊芸者, いわれたの前田どの, いわれた餌料による実験, いわれた騎射の名手, いわれた高村町長が向う, いわれた魔術師のよう, いわれた魯粛はそれ, いわれた鳥料理店ではこの