青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いろ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いる いる~ ~いるだろう ~いるで いるで~ ~いるらしい いるらしい~ ~いれ いれ~ ~いろ
いろ~
~いろいろ いろいろ~ いろんな~ いわず~ いわば~ いわゆる~ ~いわれ いわれ~ ~いわれた いわれた~

「いろ~」 2862, 30ppm, 3959位

▼ いろ~ (1079, 37.7%)

8 眼を 7 秋の, 空の 6 空に, 霧が 5 火は, 花, 髪を

4 [20件] がらんと, そらと, そらに, ワニスを, 三角標の, 中に, 光の, 切符を, 大きな苞, 少しぼろぼろ, 帽子を, 着物を, 穂を, 空から, 紙でした, 貝ぼ, 雲が, 頬を, 顔を, 風が

3 [17件] つめたさ, もや, ゴムの, 両面凸レンズの, 光が, 円光を, 唇を, 影に, 燕尾服を, 眸を, 眼が, 瞳を, 空を, 花が, 雲に, 靄さと, 顔が

2 [117件] あめ, うちに, うつくしい朝, かたくりの, かやの木の, がさが, けむりに, ことです, こまかい縞目, さざ波を, そらの, つめたそう, つゆけさ, と白い, どんぐりに, なにか, なびき朝目, なめくぢ, はねを, ひのきで, へんな, ものの, やどりぎのまりをつけて, をたくさん, をとれ, を持っ, タクシイは, ペンキ塗りの, ホークと, マントを, レーンコートを, 一と, 一線を, 二十六夜の, 光りは, 光りを, 光琳波を, 円いもの, 冬海の, 夕陽の, 外套を, 夢を, 天球には, 太い線, 妖しい地獄絵巻, 少し小型の, 山の, 岩頸が, 岩頸だ, 影の, 心が, 手を, 指輪を, 日の, 日光で, 春の, 月おぼろなり, 月が, 月の, 服を, 枝はいちめんに, 梟は, 梢を, 毛の, 水の, 派手な, 海の, 液, 濃きから, 火でから, 煙が, 狐だった, 狐の, 猿が, 皮の, 皺くちゃに, 盆地の, 真蒼き, 眼から, 着ものと, 石に, 空が, 空には, 立派な, 笠を, 紙に, 紙を, 缶を, 肌の, 腹を, 花を, 芽や, 草地で, 蒼う見ゆる, 薄明穹の, 表紙の, 表紙を, 車を, 重い雲, 野は, 野原に, 鎌の, 鎧扉と, 長袗, 雪で, 雪の, 靄が, 靄に, 靄の, 頁岩の, 頬の, 顔の, 風, 風も, 馬の, 馬のり衣裾長に, 鳥打ち帽を

1 [665件 抜粋] あかるみ, あかるみと, あらぬのに, い, いいわか者, うごくの, うすい単, うす青いも, うろこを, おかしなきのこ, おかしな形, おちょぼ口で, お札が, お眼, かがやきの, かげさす, かざりが, かりと, かんざし, がい, が生き出す, きたない雨, きつね, きれが, きれを, くすしき, くもの, けむりを, ことから, この館, さっき夢の, さつき夢の, さやけさ, しゃんとした, すきと, ずきんを, その標石, そばかすの, そらにか, そらを, そら白い, たちまちそこ, だぶだぶの, ちいさな澱粉, つりがねは, とどまつ, と香橙, ぬかるみに, はじらい, はるの, ひくき靄, ひじも, ひだの, びらうどに, ふる石, ぶつぞうに, ほうは, ほんとに日の丸, まひるに, まぶたを, もあっ, もあった, もすそを, も赤い, やつが, やつと, やや冷た, や黒, ゆふ, よごれたリボン, よろいを, りんごだの, わるい娘, わるい男, われ, を私, を賞め, イムバネス着, カードで, カードも, キャラメルを, ゴルフ服に, サラアブレツド, シャツを, ジャンパーだけ, スウエターを, スェタアを, スカートで, スカートを, スプリング, ズボンを, タイトの, ヂヤケツの, トラック過, ドレッスに, ドレツスに, バンド独逸製の, パラソルを, パンフレットを, ビロードの, フランネルの, フロックを, ペンキで, ペンキもて, ポケットの, メリンスの, ランプの, リボンで, ルバシカ同じ, レエスを, ワイシヤツの, 一つも, 一つ星も, 一色に, 三日月が, 上半身, 上着, 上着を, 上衣には, 下に, 中から, 中より, 丸い眼, 乗馬ず, 乗馬ズボンを, 乳熟すぎ, 乾草の, 二分ほどの, 二本の, 五時の, 人種が, 代を, 何かに, 何十倍も, 作戦衣を, 光つてゐる, 光に, 光りが, 光線が, 光線は, 兩面凸レンズの, 円石と, 円石の, 冷き, 凝灰岩を, 凹凸の, 到かんところ, 剪刀を, 労働を, 動きを, 北守将軍ソンバーユーは, 十徳を, 半暗, 半洋服, 厚いカアテン, 原の, 口を, 名人あるなら, 名人も, 吸はれ, 哀愁を, 唇で, 唇に, 單調な, 四本の, 四角なきれ, 土にも, 地平線が, 地平線まで, 塗りの, 塗料は, 壁は, 変って, 変り方, 変る人, 夕方の, 外とうを, 外光の, 大きな顔, 大型な, 大沼の, 大空が, 大鯰, 天の, 天幕が, 天末も, 天鵞絨が, 太陽は, 女, 女袴, 実の, 実を, 宵やみや, 家並と, 家朽ち, 寛衣を, 封筒に, 封筒へ, 小さな人形, 小さな紙箱, 小さな花, 小さな蛙, 小屋, 小流れ, 小白い, 屋根を, 展開の, 山つつじが, 川の, 巨体を, 巻つけ帯で, 布の, 布を, 帆布が, 帳り, 帷の, 帽子は, 幾つもの, 広い野原, 床に, 底に, 建物で, 建物の, 強い張り, 影, 影と, 影を, 影法師に, 彼らの, 御衣あまり見映えせぬ, 御衣あまり見映せぬ, 快走艇, 恐怖を, 悪いの, 悪い者, 憂いに, 戦ぎが, 手だ, 手の, 抹茶を, 捲毛, 改まったよう, 斑紋が, 斜子の, 日だまりの, 日よけを, 日傘へ, 日光の, 日本酒を, 日輪が, 明るい空, 明石着たる, 春山の, 春日がか, 時候を, 時間が, 晴れは, 暈まで, 暗い雲, 暮靄が, 月がの, 月光を, 服の, 朝に, 朝日の, 朝雲が, 未定稿なり, 末に, 松虫の, 柔かさ匂やかさ, 柔かな, 柔らかな, 栗が, 栗や, 桜, 槍の, 模樣の, 欄干を, 残って, 毒の, 毛なみの, 毛皮を, 毛髪, 氈を, 水脈を, 水蝋樹が, 氷晶です, 泡が, 波が, 波蘭婦人服を, 洋館は, 流れが, 浮かんだ花, 海だ, 海は, 海鳥むれし, 液体の, 液体を, 港見えつ, 湯けむりの, 湯巻が, 湯文字なんぞを, 濃いけむ, 火が, 火に, 火を, 灯が, 炎の, 焔を, 煙りが, 煙草の, 牛乳車の, 物狂わしい, 狂爛の, 獄衣, 玉は, 珠が, 甘い樹液, 生を, 異つたふしぎ, 白いあだっぽい何処, 白い検事, 白くしずんだ, 白の, 皮膚など, 皮膚の, 目には, 眸に, 眸また, 眼に, 眼の, 眼は, 眼鏡を, 矢の, 短羽織, 砂原を, 砂地が, 砲弾箱を, 禿げ頭, 稲穂の, 空よりは, 窓掛が, 竹針, 算用数字みたいな, 粗布の, 紅や, 紅硝子の, 細かい襞, 細毛を, 細長い屋根, 紳士が, 結納綿が, 絨緞を, 絽の, 緑の, 編髪を, 縞が, 縞の, 縮の, 縮みの, 繻子に, 罌粟が, 羅紗が, 羊毛皮の, 美は, 群の, 翼を, 翼私の, 耳輪を, 肉翅の, 肌に, 肛門が, 肥ったふくろう, 背を, 背中短い, 背広草を, 背後の, 背景の, 胴着を, 脚には, 腓に, 腕輪, 腕輪とを, 舌を, 舟が, 色千紫萬紅ホンとに, 色彩を, 花さるすべりお, 花に, 花の, 花子も, 花弁が, 花椰菜が, 苔で, 苔に, 苞を, 草から, 草の, 草は, 莢を, 葉の, 葉を, 葉筒の, 蒼ざめているのに気づい, 蒼白さ, 蒼空が, 蕈が, 蕪の, 薄紫の, 薔薇の, 蘚苔類しか, 蛇紋岩, 蝶が, 蝶ひとつやすら, 蟇が, 血の, 衣の, 袖裏が, 袴と, 袴など, 裡に, 褄緋の, 褪せた衣裳, 襟を, 襟巻, 襤褸の, 身体毛ばだった, 車内で, 軟毛に, 過去に, 道の, 道行の, 重い月光, 野原まで, 金に, 釣鼻を, 鉄分の, 鉢巻に, 錦の, 長上衣より, 長上衣を, 陣羽織を, 陰影の, 陽は, 雀どもの, 雁の, 雌狐が, 雨に, 雨の, 雲と, 雲の, 雲を, 雲母の, 電灯が, 霧の, 青い雨, 革の, 鞄を, 音響が, 頬, 頬や, 頭が, 頭の, 頭巾, 頭巾に, 頭髪が, 頸に, 額が, 額に, 額を, 顎鬚を, 顏半ば開ける, 顔でした, 顔に, 顔色に, 風呂敷で, 飾りの, 首を, 香春を, 香気が, 馬, 馬とで, 馬に, 馬も, 骨牌台を, 髪と, 髪の, 髪の毛を, 髪は, 鳥が, 鳥打帽を, 鳥瞳に, 鷹が, 黄ろい, 黒い小さな, 黒い自棄, 黒味と, 黒髪つやつや, 黒髪を, KEVAの

▼ いろ~ (444, 15.5%)

49 変えて 22 して 18 変えた 13 見て 7 失った 6 かえて 5 失って, 映して, 見ると 4 かえた, みて, 変へ, 悪くし

3 [11件] うかべて, うごかして, 変えました, 変へて, 察して, 帯びて, 持って, 浮かべて, 示した, 見ながら, 變へて

2 [22件] うかがいながら, うかがうと, うかがって, した, したの, し首筋, ぽっとほてらせ, やわらげて, 刷い, 和らげて, 変えたが, 変へたり, 我は, 浴びて, 湛えて, 現わし, 窺って, 見せて, 見た, 見つめて, 見ては, 読んで

1 [221件] あらわしいつも, あらわしたが, あらわして, うかが, うかべた, うごかした, うしなった, うすめる薬, うるませしそ, おちつけて, おとして, お燕, かえ, かえたが, かえたじゃ, かえた小, かえた船客, かえとっとっと, かがり火の, かきまぜて, かくすこと, かけて, くわッ, さっと染めた, さとられまいと, したが, したつめたい, したふしぎ, したやどり木, した一種類, した一箇, した二本, した円い, した大きな, した天鵞絨, した小さな, した山, した帯, した懸巣, した暮春, した木耳, した果, した浅い, した炎, した甕, した美しい, した舟艇, した雲, した静寂, した頬, しながら, しながらも, しみじみと, しようと, すぐ微笑, せいて, そらに, たたえて, たたえながら, つつめなかった, つつんで, ながめて, なだめた, なだめて, なつかしそう, にじませた本所石原町, ぱっと発し, ひとりひとり見比べました, ふいに, みいだすこと, みぢん, もつた陰影, やわらげました, よくし, んな, 中心に, 交ぜたよう, 伺つてゐた, 俄に, 先ず示す, 出して, 切りに, 動かして, 原田氏や, 取り戻した, 古池の, 吸いとるよう, 和た, 和らげるため, 団栗の, 垂れて, 変え, 変えざるを, 変えすぐ, 変えたかと, 変えたな, 変えたり, 変えた与吉, 変えた後, 変えた牢城役人, 変えた眼, 変えた紳士淑女, 変えだしたもの, 変えない玄徳, 変えよろめくよう, 変えると, 変えるな, 変え口, 変え鍬, 変へた, 多少憚, 失いながら, 失いました, 失い訪問客, 失くし, 失しながらも, 失った真白, 失はねど, 失わねど, 姿を, 帯びた顔, 当然お, 忘れない漸く, 怪しむ者, 恐る恐るうかがう, 悔いに, 惧れ, 惧れる, 感じた, 抑えて, 投げて, 拝し, 持った仲居, 持つて, 損じて, 改めると, 敏く見, 敏察し, 明らかに, 泛かべて, 洩らした, 流して, 浮かべそして, 浮かべた, 浮かべた泰軒, 浮かべながらも, 深めそめヒューヒュー音, 湛え口, 湛え合うの, 湛へ, 満面に, 漲らして, 漲らせて, 濃くにじみ出させ, 烈しい鞭, 無頓着な, 現したら即座, 現出した, 畏る, 皮膚の, 直して, 相手の, 眉に, 眉宇に, 眺めて, 瞬間に, 知ると, 研いだ, 研いで, 示しながら, 窺い窺い女, 窺う衆臣, 窺ふ, 糺すと, 綴って, 緊張させ, 縫ってる殊勝, 聞きたかったらこの, 聞き分けて, 聞き澄ますに, 自分の, 藤次は, 行燈の, 見あげた, 見すまして, 見せた, 見せない, 見せる, 見ましたら何だか, 見るなり, 見る彼, 見合せた, 見渡しても, 見直した, 見直して, 覗いた, 覚えろにせの, 覚って, 観るに, 計って, 読みとって, 読みとるの, 読むよう, 變へ, 貪りゆけば, 転ばした, 迎えた, 遣う, 鏤めて, 閃かせた, 隠せなかった, 雨に, 露骨に, 青くし, 面に, 革めた, 革めて, 顔に, 顫かせ, 顫かせた, 騒がせた

▼ いろ~ (321, 11.2%)

16 なって 12 光って 5 なりました 4 して 3 なる, 光り

2 [29件] かがやき鹿, かすみうしろに, さうし, しずかに, しづかに, なった, なつた, ふくれてね, ゆがめる月, 塗りつぶされて, 変って, 変に, 明るくなりました, 暗くなりました, 暮れて, 暮れようと, 染まった, 染めて, 浮いたやう, 浮いたよう, 焼け明る, 燃えて, 血の気も, 見えた, 見えて, 見えました, 輝いて, 銀いろ, 顔を

1 [220件] あかるんで, あけて, あさみどり, あっさりもどし, あらわれて, あらわれます, いっぱいに, いつぱい, いろどって, いろどられた月光, うすれやがて, うちなびき, うね, うねって, お出し, かがやいた四月, かがやきそおっと, かがやき黄金, かわいたの, きまって, ぎらぎらひかり, くもった目, くもった視線, こまかく光る, さっと変った, したの, してつ, すみだ川, ぜひなく, そういうところ, そとの, そまつた野, そめられたくさ, ただひろがっ, たちのぼるその, ちらちら光る, ちらつく, つつまれほそい, つやが, どんより透き通っ, ながれたり, なったぜ, なったの, なったオリザ, なった古文書, なった白博多, なった石壁, なってに, なつて, なりその, なりポラーノ, のどけき, ひかる, ひかるもの, ひろがった海, ふるい青白い, ぶちだして, ぶちて, ぼけた世界, ぼやけて, まじつて残つて, もりあがるの, よごれた白袴, よごれた私, よそほへる, グラつき出した, ピンピン跳ねる, 上気し, 不快な, 不思議な, 仁吉は, 仰がれる, 体も, 何ものかを, 供の, 側に, 傾いて, 僕は, 光つて蒸發し, 光りて, 光りどんどんどんどん, 光り空, 光るとき, 光るの, 光る桂子, 光る梢, 光る武蔵野, 光る池, 光る空, 光る紅唇, 冬の, 冴えが, 冷めたく塗りつぶされた水, 出た, 出て, 分けて, 匂つてゐる, 古い新しいが, 吸ひつくし, 咲く日, 塗った柵, 塗られた一輪車, 塗られた大型, 塗り潰されて, 変じて, 変つてゐる, 変りは, 変わって, 変わりたくさん, 変わる, 変色し, 大へん, 天が下の, 寂しく染められ, 尾を, 彩といふ, 彩られて, 彩られるころ, 彼以上の, 怖れ, 思わず深い, 恟々し, 感情を, 拡がり空, 振られたん, 掘りおこされ, 散らばるやがて, 斑の, 明けて, 明るくなる, 明るく冴え, 晩春の, 暮れに, 曇って, 曇つた午ま, 曇りが, 枯れて, 染った支那人, 染まった砂, 染まって, 染まりふくよか, 染み付き気象, 染めた, 染めた手拭, 染めつくして, 染めるも, 案じて, 歓びや, 残す夕, 気がねを, 汚れて, 沈みそめつつ, 沈めて, 浮き出したあたり, 浮び爛れて, 湛えて, 湿った雲, 漂いはじめたが, 澄みに, 澄んで, 濁って, 濁り日, 濃く残った, 煙って, 煙るなり, 照りうかぶ野面, 燃え, 燃える芍薬, 燃える電気菓子, 燻りて, 現わし, 現われるの, 男は, 盛りあがる, 相違ない, 眠って, 着飾って, 立ち消えて, 笑つてゐた, 総括し, 美しく切られ, 美しく浮き出, 群れて, 聳えた垣, 膨れ腕, 花さけり, 萌えて, 萎えて, 葡萄酒が, 蔽われて, 薄黄, 蘇鉄の, 蝉や, 装ほひ, 見えそれ, 見え出して, 見え彼女, 見て取れた, 説明を, 赤くなった, 赤らみ眼, 近いと, 近いの, 返った, 返って, 透き通る明るい, 金ぴかの, 錆びて, 閉じて, 霜枯れの, 霞んで, 青む外套, 頓着なく, 頬か, 頬を, 驚いて, 高く咲く, 鳴り宝石, 麥は, 黝んだ

▼ いろ~ (208, 7.3%)

6 よくない 4 かがやいて, 青ざめて 3 うかんで, けむって, よくなっ, 変って, 青ざめたって 2 うかぶ, さっと変った, とけるやう, とけるよう, 動いて, 変るの, 深い, 漲って

1 [163件] あたりの, あった, あった彼, あつた, あつて, あとから, ありありと, あるところ, いいよう, いたずらに, うかびました, うかんだ, うごいた, うごきました, かえった眸, かえってわびしかっ, かがやく, かさなって, かれの, かわったと, かわって, かわりました, きこえる, きこえ訪うこと, きらめいた, けむつて息でも, こころもち紅を, さえないよう, さして, さして來, じかに私, すこし, すさまじく変っ, すっかり薔薇, その口もと, それへ, ただの, ただよって, ついて, つい見られ, できたん, とどいたなら右馬, どうもすぐれ, ながれて, なぜか, なつかしかった, なんともいへず, なんとも言いよう, のぼった, のぼりました, はりした, ばばの, まず住職, またし, まっしろでいらっしゃいました, みなぎって, みの, みるみる変っ, みを, めっきり秋, もう水, もう黒ずんでしまつ, やや硬, ゆうべの, ようなった, よくそれ, よくな, よくなった, よく形容, わたしには, わるい, わるいやう, わるいよう, サッと変っ, ナイフの, 一時明智軍を, 一空さまの, 三度の, 上って, 二人の, 今は, 低く水面, 何となく蒼白く, 出て, 出来て, 動揺しはじめた, 同時に浮かんだ, 嘉兵衛には, 変った, 変ったところ, 変つたとても, 変りかけて, 変るほど, 変わった, 変わったのに, 失せて, 妹ながら, 少しわるい, 川魚の, 強かった, 彼の, 恋びとの, 悪いが, 悪いじゃ, 悪いと, 悪いの, 悪いよう, 悪かった, 悪くなる, 日に日にわるく, 明るすぎる, 映えた, 春めきを, 暗い中, 格別に, 森のむ, 止んだの, 死者の, 水に, 河底の, 流れ暮色, 浮かんだ, 消えかかった, 深くなる, 湖の, 漂い神経質, 漂うて, 漂って, 漂つてゐる, 漲った, 澄みつつ, 濃くながれ, 濃くなっ, 無えもの, 現われて, 病的に, 白く彼, 粗暴な荒れ, 紅に, 美しかつ, 美しく鏡, 蒼うご, 蒼ざめたきり呼吸も, 薄の, 薄れて, 見えた, 見えた時, 見えました, 見えるの, 見られた, 見る間, 読みとれる, 變らなかつた, 赤み暗がりに, 走りすぎて, 違って, 青いとて, 青くなった, 青ざめたつて, 青葉の, 鹹く, 黒いから, 龍顔を

▼ いろ~ (136, 4.8%)

6 云った 4 いうのに 3 云って 2 いうの, いって, わたしに, 云ったの, 言った

1 [113件] あとの, いいそれから, いいました, いい付けて, いう, いうから, いうが, いうと, いうところ, いうので, いうよりは, いったら彼, いったん, いってるん, いふの, いふもの, いわれたこと, いわれたの, いわれても, おそろしい血相, おっしゃったよ, おっしゃって, おっしゃるの, おっしゃる所, ご命令, その唇もと, その変, そんな註文, たのまれたん, ちがって, つまり診, なら一日, なり, 主人が, 云いやしません, 云い付けて, 云い又五郎, 云う, 云うこと, 云うと, 云う勢, 云う意味, 云ったところが, 云ったら狗, 云ったヨ, 云わぬばかりに, 云われた, 云われるでしょうか, 五十人ばかり, 仰しゃるので, 仰しゃるんですの, 仰っしゃる新蔵殿, 勝家の, 医者からも, 口を, 命令し, 堀口君が, 堅く口, 奥さんは, 彼に, 彼女は, 御云いなすった, 御怒り, 心に, 忠告し, 恐い眼, 態度は, 慌ただしさ, 成つて旦那の, 指し示した, 指図した, 提灯は, 暗い藍, 書いて, 果わ, 水仙に, 注意した, 湿潤さとを, 湿潤と, 満ちて, 滿ち, 無念骨髄でした, 申して, 申すの, 申せ声, 白と, 皺の, 目くばせ遊ばします, 着物の, 私に, 緑と, 緑との, 縞に, 義母の, 自暴酒を, 葡萄いろ, 言い捨てて, 言い聞かせた, 言うから, 言うに, 言うの, 言うん, 言う人, 言えば, 言っただけ, 言われた時, 言われても, 言われると, 詩懷が, 誓うよう, 謂ったけれど, 賺すよう, 雑踏の

▼ いろ~ (90, 3.1%)

4 少し青ざめ 3 春めいたいもりいつぴき 2 あかく見えたる, なかった, 出来借金, 妙に, 青ざめ唇

1 [73件] あさくて, あた, あるかの, うごかさずそれ, うごかして, かえて, かえないで, ことによります, さっきほど, すぐれずほどなく, すぐれず眼, すぐれぬよう, すでに深々と, それに, それを, だいぶ解けた, ない顔, なく, なくうち, なくして, なく矢かぜ, はなはだ憂鬱, ほのぼの, ぼんやりと, よくない, よくなった, よくなり, よし気分, わるい, わるいやう, 三いろ, 亭主も, 似て, 使えないらしく誰, 冴えずわけて, 動いて, 哀しく展開, 変え声, 変って, 変わろうし, 季節の, 定かでない, 寸分も, 常に返っ, 幾らか蒼く, 彼には, 御様子, 惡く, 愚痴も, 手に, 日やけと, 昔の, 棒を, 爪の, 猛々しゅうなる, 生き生きと, 生新しいのみか, 白い一軒, 示さずかかる, 紅くうごいた, 紋も, 美しい衣裳一かさ, 艶や, 艶を, 芝居噺の, 見えずこの, 見えて, 見せなかったが, 見て, 赤城や, 銹びつる智慧の, 関羽の, 雪おんな

▼ いろ~ (29, 1.0%)

4 可愛らしい女の子 3 かじかが 2 かもがやの, 環が

1 [18件] せる屍, せる川, なめらかな, ガウンの, 幹に, 房と, 日光も, 明るみを, 松森の, 液体を, 父, 目を, 眸の, 瞳を, 縞も, 莢を, 落葉松, 薬を

▼ いろという~ (28, 1.0%)

3 のは 2 のか, のです, んです, 木下の

1 [17件] お達しだ, ことの, のあたいもう, のが, のだ, のである, ふうで, ふうに, ものが, ものは, ような, んだ, 合図を, 奴が, 意味であります, 意味である, 方を

▼ いろ~ (17, 0.6%)

2 塗り潰されて, 大きく頬

1 [13件] うなずきを, つつんで, ほっとあたたか, ぼさぼさし, ぼろぼろで, まだぼんやり, 二人に, 云えない, 円いもの, 淡赤く染まる, 皺の, 穴の, 見戌

▼ いろ~ (17, 0.6%)

2 声の

1 [15件] い丸山勇仙, けむりの, たくさんいます, 乳色や, 声に, 欝黄の, 浅黄のれんの, 狐の, 目つきで, 細やかな, 締りの, 隈を, 雪白の, 青や, 黄金や

▼ いろ~ (16, 0.6%)

8 へせいろ 31 では, はいま, はすべて, へす, へ山高帽

▼ いろ~ (14, 0.5%)

1 [14件] がない, がなくなった, が出る, が籠ってる, が薄くっ, が起らない, が起る, でしょう, では, に於, のある, は微塵, は肉, を感じ

▼ いろにも~ (11, 0.4%)

1 [11件] かまわずお, きく虫, また主人, 何か, 出せません, 生彩が, 示さず, 緑の, 聞こえて, 自負に, 薄い暢びやかな光

▼ いろとりどり~ (9, 0.3%)

1 だった果物屋, な松葉牡丹, に夏, に美しく, の大きな, の店, の標識灯, の美しい, の舞台

▼ いろまで~ (9, 0.3%)

1 うつろであった, さっと変った, すこしうごいた, やって, 変えて, 変えるの, 染って, 水いろ, 無遠慮

▼ いろには~ (8, 0.3%)

1 お疲れ, なんの, 何一つ内心, 喜悦と, 後醍醐も, 徐々焦躁が, 思い入った, 憤か

▼ いろごと~ (7, 0.2%)

1 でたのしむ, で磨きあげた, というもの, の手くだ, の邪魔, をしよう, を知ろう

▼ いろって~ (7, 0.2%)

1 あまくて, いうん, 云うけれど, 云って, 幾ら言っ, 言や, 言われたところ

▼ いろ~ (7, 0.2%)

1 いい事ア, じきなおる, そこから, 何んにも, 有難うと, 李逵, 誰も

▼ いろ~ (7, 0.2%)

2 と少年 1 にせめられ, にも会う, に捨てられた, のところ, は金

▼ いろ~ (6, 0.2%)

1 たっぷりだ, たっぷりに, づいたお婆さん, づいたん, はねえがね, 盛りの

▼ いろさえ~ (5, 0.2%)

1 一段と花やか, 変えたもの, 変えて, 嶮し, 見せて

▼ いろばかり~ (5, 0.2%)

1 で淋しい, 伺い人, 伺って, 伺つてゐた, 恐れて

▼ いろ~ (4, 0.1%)

2 のみ 1 のみに, のみの

▼ いろ~ (4, 0.1%)

1 へあるだらう, へみせ, へ空, へ違

▼ いろなどは~ (4, 0.1%)

2 問うところ 1 いささかも, 眼に

▼ いろにな~ (4, 0.1%)

1 つた, つてしまつてゐます, つてそれから, つて柏の

▼ いろのみ~ (4, 0.1%)

4 づあさぎ

▼ いろ一つ~ (4, 0.1%)

1 変えずに, 変えずにこり, 変えたもの, 変えて

▼ いろ~ (4, 0.1%)

1 うして, か変った, か聴, にも解り

▼ いろ~ (4, 0.1%)

2 に浮き, のあと

▼ いろこの~ (3, 0.1%)

1 宮, 宮を, 小塚原の

▼ いろとは~ (3, 0.1%)

1 似ても, 誰か, 違って

▼ いろとも~ (3, 0.1%)

2 人の 1 いい荻野八重桐

▼ いろなし~ (3, 0.1%)

3

▼ いろまでが~ (3, 0.1%)

1 まっさおに, 光沢を, 高

▼ いろもう~ (3, 0.1%)

1 一杯飲まし, 一遍やっ, 俺が

▼ いろをもって~ (3, 0.1%)

1 何事か, 城太郎は, 頷いた

▼ いろ~ (3, 0.1%)

1 てえこと, て泣かし, ぽくニッコリ

▼ いろ好み~ (3, 0.1%)

1 で嘘つき, と同一内容, の生活

▼ いろ~ (3, 0.1%)

1 でもあるまい, の思出, ふるちさ

▼ いろ濃く~ (3, 0.1%)

1 あらかじめ下向, 山腹を, 見えますが

▼ いろ~ (3, 0.1%)

1 に花咲, のかはたれ, は暮れ

▼ いろ~ (3, 0.1%)

1 の好い, を一そう, を一層

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 はき日曜, ひの

▼ いろあの~ (2, 0.1%)

1 侍の, 様子では

▼ いろうち~ (2, 0.1%)

2 湿る珈琲

▼ いろ~ (2, 0.1%)

2 包まで

▼ いろおれ~ (2, 0.1%)

1 はむやくのせっしょう, はもう

▼ いろおんな~ (2, 0.1%)

1 だよ, を豹一

▼ いろお前~ (2, 0.1%)

1 なんかの知った, にはわからない

▼ いろから~ (2, 0.1%)

1 察しると, 恰好まで

▼ いろきちげ~ (2, 0.1%)

1 え, えめ死んじまえ

▼ いろぎぬ~ (2, 0.1%)

2 の裳

▼ いろけが~ (2, 0.1%)

1 あるよう, よくなった

▼ いろけの~ (2, 0.1%)

1 ないことばつき, 溢れるよう

▼ いろこそ~ (2, 0.1%)

1 深く染め, 血の

▼ いろこれ~ (2, 0.1%)

1 は存外骨, を生きた

▼ いろすら~ (2, 0.1%)

1 変えるの, 青白うなられた

▼ いろその~ (2, 0.1%)

1 ひまに, 榎から

▼ いろただ~ (2, 0.1%)

2 にあはれ

▼ いろたり~ (2, 0.1%)

1 ないよう, 得ると

▼ いろとの~ (2, 0.1%)

1 極めて巧緻, 複合だ

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 つてゆつ, ッて

▼ いろなど~ (2, 0.1%)

2 気に

▼ いろなんて~ (2, 0.1%)

1 不合理, 教育者は

▼ いろのに~ (2, 0.1%)

2 ほひの

▼ いろのみぞ~ (2, 0.1%)

1 名残なり, 名残りなり

▼ いろの帽~ (2, 0.1%)

1 をいただける, を戴ける

▼ いろふかき~ (2, 0.1%)

1 沼波は, 空に

▼ いろふかく~ (2, 0.1%)

1 ゑまひこぼるるこの, 魚は

▼ いろまだ~ (2, 0.1%)

1 おれは, 後が

▼ いろもの~ (2, 0.1%)

1 だった, では

▼ いろよく~ (2, 0.1%)

1 うつるらし, そそぎしが

▼ いろ今あくよう~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 だっていい, は中

▼ いろ~ (2, 0.1%)

2 いろ

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 の川水, の水

▼ いろ明日~ (2, 0.1%)

1 の我, は今日

▼ いろ昨夜~ (2, 0.1%)

2 の氷雨

▼ いろ~ (2, 0.1%)

2 の光

▼ いろ温かき~ (2, 0.1%)

2 いろうち

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 いろ, いろに

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 と讀む, をいろ

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 なんぞ使, をはなす

▼ いろ羽織~ (2, 0.1%)

1 の袂, を出せ

▼ いろ~ (2, 0.1%)

2 いろ利休茶

▼ いろ見え~ (2, 0.1%)

2 にき

▼ いろ~ (2, 0.1%)

1 のいろいろ, の歌

▼1* [221件]

いろあたしが死ん, いろあやとくもと, いろある袖袂, いろあゝ痛た, いろいいか, いろいずれ改めておれが, いろいまに鷲, いろいま離家へ行っ, いろいよいよ奇怪に, いろうすき日の, いろうたアこっちで言いてえこった, いろうにやく, いろうれしとは見れ, いろええさがって, いろえりたるがごとく, いろおとこめと, いろおとろへ, いろかのように, いろがにほつて, いろきっとこの手紙, いろくろがねの如く, いろぐらゐでごく手ぎはよくやって, いろけしからん所へ往かず, いろけとてくだで, いろけに傾く, いろけもお出し, いろここの家, いろここ十年ばかりに, いろごと詮議はあっし, いろさまざまの春, いろしかありません, いろしたもや, いろした電燈の笠, いろじゃあないか, いろすぐに化けの皮きれい, いろふ, いろそうして, いろそうして十二時が, いろそしていまに, いろ足らぬ, いろだけで不, いろだけが長い旅, いろだってまるで氷, いろだってさア, いろちいろの花これ, いろちりめんのほか, いろちり緬のお, いろっていうのか, いろっていうじゃないあたしゃものごころがついてこのかた, いろっても居や, いろつやなどもいきいき, いろでもねえ女の, いろとからかふやう, いろとが燐光の, いろとて単物を, いろとともにスルスルと, いろとなつたのだ, いろとまでは云わなかった, いろどうするか, いろどれ幽霊に逢う, いろながら李応は, いろながらも反省し, いろなきのこしゃっぽをかぶって外套, いろなす群山の折り, いろなどが物なつかしく, いろなどをいつて, いろなにか云われたらただ, いろなやましく女ゆきか, いろなんぞあって, いろにかはって, いろにかけてお茶を, いろにて羽漆の, いろにでも持って, いろにと染められて, いろにともつてゐます, いろにもつつぱねたものが感じられた, いろによこたはり, いろによってそのひと, いろにわかに乱れて, いろのちがった, いろのをかしな, いろの電燈が輝き出した, いろまけたやつ, いろひとつ変えなかった, いろふかぶかと空も, いろ一めんの, いろまだそれほど牢疲れが, いろまちの者, いろまなこに泌, いろまるで道化師の, いろもし手前が, いろものの寄席が, いろゆめおぼろかに, いろよい返事を, いろよろしみと, いろわしは今, いろわれわれはいま, いろをかへた, いろをも添えたい, いろん島コロンボ市のことに, いろん島コロンボ市マカラム街の珈琲店キャフェ・バンダラウェラ, いろガラスのかけら, いろガラス戸をめぐらした, いろヒンクマン氏も老人, いろな眼, いろ一ぺんで孔子, いろ一番いい場所, いろ三之助にうそ, いろにいろ, いろで此男, いろに, いろ人々の眼, いろに判る, いろ今にあの若者, いろ今夜また素晴らしい, いろ今目のくり玉, いろ付きたるを見, いろへつつ, いろ代官陣屋へいっ, いろ何とかして, いろ俺ひとりで踏み込ん, いろ光沢だつた, いろ勝ちの臥床, いろ医者や易者, いろ十銭がオレンヂ, いろ印刷の五十銭紙幣一手, いろという, いろ吠面をかかし, いろ哀しかり, いろのうごき, いろ団子でもこね, いろがあった, いろ増屋はあの, いろな事, いろ夕光にし, いろ奇兵隊戦死の墓延命寺, いろはあと, いろが瞼際, いろはに子, いろ小さんこい, いろ帰りにいじめ, いろ廿銭が緑, いろ強く夏さり, いろととなふ, いろ徳川を売る, いろ手出しはならん, いろ手前だって満更, いろ扨これは実, いろに渡し, いろ新しく散つたばかりの, いろいろの, いろ朽葉いろ檳欖, いろ東照権現様の出開帳, いろの花, いろいろの, いろ檳欖いろの, いろ欠伸かみつつ, いろの才槌野郎め, いろ殺人小説でもそれから, いろ気狂いだぞ, いろを吐かせ, いろむを, いろ深きかも入江, いろ深しすぐアイヌ村, いろ温し子豚, いろ湾内や真青, いろ濃き葡萄丘の, いろ火葬場道はゆき, いろ無地の小袖, いろ片言気色など鏡, いろ牡丹籠にあふれ, いろの鈴生, いろ珊瑚は, いろ病気でもある, いろ移し植ゑたものでなく國の肇め, いろ空襲が終り, いろ等色さまざまな微細, いろ節子はもう, いろ紅空木の木, いろの蚊帳, いろ紺青に晴れわたる, いろ塗り無紋の, いろだの籠手脛当, いろ縮緬のお, いろ自分の足, いろ若葉のかげ, いろ黄なる, いろ薄日蒸したり, いろ薔薇いろ灰, いろのはし, いろを透き, いろ誠に花やかに, いろ諸行無常の響き, いろ貴様を馘, いろ赤きに似, いろ赤く爛れて, いろ赤木の兄弟, いろ越後の上杉, いろ足どりまでが中国, いろ迄は変えては, いろ近江屋の四人, いろが悪い, いろでも食い物, いろの花やぎ, いろ青き魚は, いろ青玉石いろ等, いろ青白く青粘土みたいに, いろ冷えながら, いろ面白いものが, いろの紙幣入, いろのいろ, いろのよう, いろまで白く, いろもなき, いろ香艶に婉, いろ馬糧のなか, いろ粱稈は, いろか赤ら頬, いろと赤, いろ黄玉石いろ青玉石, いろ黎明の薄