青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いらっしゃる いらっしゃる~ ~いらつ いらつ~ ~いられない いられない~ ~いられなかった ~いられる いられる~ ~いる
いる~
~いるだろう ~いるで いるで~ ~いるらしい いるらしい~ ~いるらしかった ~いれ いれ~ ~いろ いろ~

「いる~」 355829, 3530ppm, 21位

▼ いる~ (73474, 20.6%)

7111 である 59805270 です 3303 では 2415 であった 1693 だった 1336 だから 12891060 だが 935 だと 858 を見 830 だろう 826 でした 742 を見る 690 であるが 673 を見た 642 であります 611 ですが 575 ですから 528 であろう 428 であるから 417 でしょう 384 だろうか 361 かも知れない 346 ですよ 342 であろうか 335 だという 287 を発見 276 だよ 272 だろうと 268 さ, ですか 257 であって 256 でございます, でも 244243 が見えた 229 かい 224 かもしれない 219 だそう 218 じゃない 211 でしょうか 203 に気がついた 172 じゃ 170 はその, もある 169 はこの 167 かね 164 であったが 162 が見える 149 を知っ 144 かしら 129 だか 116 と同じ 113 でありました 109 に違い 101 だな 99 を感じた 97 は何 96 ですね 95 がある 94 かそれ 92 であろうと, を私 90 を見つけた 85 が目 82 かと思う 80 だけれど 79 かそれとも 77 ですもの 76 を見ました 69 を知った 68 だし, は誰 67 だけれども, だね 66 かもしれません, だったが, はただ, もあった 64 かな, であろうが, ですからね 61 かどう, かも知れません, はお 59 であると, は当然, を認めた 58 にちがい, を 57 かいない, かわからない 56 が見えました, だろうが 55 は私, を眺め 54 でなければ, を聞い, を見つけ 53 が眼, に気がつく, に気づいた 52 か分らない 51 かその, かも知れぬ, がこの 50 でございますよ 49 が私, はこれ 48 は自分 47 がよく, が多い, ですけれど, を聞いた 46 に気がつい, はあの, はどういう 45 かと思っ, がその, が普通, を感じ 44 だからね, でありますが, は事実 42 だなと 41 かと思った, だぞ, でしょうね, を聞く 40 が不思議, が見え, はそれ 39 かえ, もその 38 が聞えた, だもの, で御座います, に気が付いた 37 か知らない, であったから, は彼, らしい, を彼 35 でないこと, に相違 34 か私, が事実, であるか, でございますから, と同様, に反し, もこの, を見れ 33 に驚いた, はどう, もあれ, も無理, を見かけた 32 は面白い, を知る 31 がいや, がわかった, をお, を幸い 30 が, がそれ, だからな, だわ, でございますが, ですって, は不思議, は確か, を見つける 29 かもしれぬ, だとは, に気がつきました, は女, は実に 28 かさっぱり, かということ, がわかる, をみ, をみる 27 か少し, があった, が常, だろうかと, ならば, はだれ, を見つけました, を見出した 26 か死ん, が気, でしょうが, はいい, は例, は全く, を知り, を見ます 25 でありまして, でしたが, は今, を見かける 24 か自分, が見られた, だろうという, を見付けた 23 かまるで, かよく, が彼, が発見, はよく, は何故, もあり, も知らず 22 か見当, がはっきり, が自分, だとも, でありますから, でございましょう, をよく, を知らない

21 [12件] かと思ったら, かも知れなかった, がお, じゃありません, にちがいありません, はいかにも, はまことに, はやはり, もあります, をその, を僕, を耳

20 か知らん, が見えます, だい, はあなた, は多分, を意識, を見たら

19 [12件] が今, だろうね, であること, に気づい, はいつも, はおかしい, はなぜ, はまだ, はもう, は決して, も同じ, を認め

18 [16件] かと思われる, か分らなかった, がやっと, が妙, じゃあるまい, だがね, ですがね, に気づきました, はそこ, は何者, は実は, は日本, は明らか, もまた, をながめ, を感じる

17 かあるいは, かわからなかった, か知ら, がいい, がいかにも, が面白い, だとしか, を聞き, を認めました

16 [13件] か判らない, が例, だからと, でありましょう, であるけれども, はそんな, はたしかに, は一つ, は一体, も不思議, をいい, を御覧, を自分

15 [14件] かまた, があります, が一番, が何, が何より, が厭, が好き, が見られる, に過ぎない, はお前, はそういう, はどこ, は若い, を誰

14 [19件] かしらん, か何, がかえって, が何となく, が分った, が感じられた, ですわ, はあれ, はつまり, はむしろ, は二人, は彼女, は意外, をきいた, をじっと, を感ずる, を眼, を聞きました, を認める

13 [27件] かそんな, かなあ, か誰, が分る, が実際, だとか, であるし, であるという, ですけれども, ですし, でないかと, に気がつき, に気づく, はいや, はどんな, はなん, は一人, は人間, は僕, は前, は少し, もありました, をぼんやり, を傍, を目撃, を眺めた, を読んだ

12 [21件] かと思え, かねえ, かもしれなかった, が当然, でございましょうか, はおそらく, はここ, はさすが, はほんの, は他, は偶然, は注意, は自然, もそれ, もやはり, も見えた, を何, を忘れ, を目, を眺める, を遠く

11 [29件] かそう, かはっきり, かもわからない, かも知れん, か僕, か彼, が判った, が手, が聞える, が聞こえ, が聞こえました, が苦痛, が遠く, だとばかり, であろうかと, はたった, はなんと, は今日, は大, は妙, は男, は第, もよく, も気, も面白い, をこの, をしばしば, を知りました, を見出す

10 [41件] かこれ, かとにかく, かまだ, かネ, がいけない, がかすか, がほんとう, が今日, が本当, が聞え, が聞こえる, じゃないでしょう, だえ, だぜ, だそして, でありましょうか, ですと, ですな, とは反対, にもかかわらず, に不思議, に気付いた, はいう, はかえって, は人, は勿論, は彼ら, は興味, は金, は間違い, も, もこれ, も一つ, も忘れ, を不思議, を半, を思い出し, を感じました, を見かけ, を黙っ, サ

9 [42件] かそこ, かと思いました, かわからぬ, かわけ, か生き, がいよいよ, がちょうど, がわかりました, が多かっ, が大, が聞こえた, が通例, だからなあ, だって, でありまた, ですけど, でもあった, にかかわらず, にびっくり, に出会った, はあまり, はちょっと, はどうも, はなお, は伸子, は当り前, は必ずしも, は注目, は無論, は珍, は遺憾, もいた, も当然, も決して, も知らない, も見える, をみた, を二人, を感じない, を知らなかった, を見るであろう, を見付け

8 [68件] かなぜ, かも知れねえ, か不思議, か全然, か分らぬ, か否, か知らぬ, か解らない, がいちばん, がいつも, がこれ, がそう, がふつう, がぼんやり, がみえた, がよい, がわかっ, が何だか, が多く, が小さく, が急, が気の毒, が特徴, が耳, が辛い, だとの, でありそして, であろうという, でなくて, で御座いますが, ともう, にすぎない, には驚いた, に似, に比べ, に驚い, に驚く, はさっき, はそれだけ, はまさしく, はまったく, はやさしい, は主として, は云う, は単に, は君, は外, は恐らく, は昔, は父, は珍しい, は皆, は紛れ, は非常, もいい, も同然, も妙, も私, も道理, をお前, をきい, をそのまま, をどう, をよそ, を彼女, を思う, を気の毒, を見受ける

7 [73件] かただ, かと思われた, かどちら, かまたは, かもわかりません, かわかりません, か或いは, があの, がありました, がふと, がハッキリ, が一層, が人間, が判る, が如何にも, が嫌, が悪い, が感じられ, が現状, が眺められた, が窓, が非常, じゃなく, でありその, であり従って, であるまいか, でございますか, でござる, ですからな, ですぞ, とは違っ, と違っ, なら, に何故, に心づいた, に気が付きました, に驚かされた, はいったい, はたしか, はどうやら, はなかなか, はなにか, はなんだか, はほか, はわが, は主人, は何ん, は変, は多く, は大変, は大抵, は奇妙, は御, は心, は日本人, は無理, は甚だ, は誰だい, もなかなか, も事実, も何だか, も目, も興味, やら, をはっきり, をみつけた, をわたし, を少し, を承知, を男, を聴い, を見いだした, を見出し

6 [121件] かこの, かそして, かちっとも, かという, かとお, かと思い, かどこ, かわたし, か一向に, か今, か聞い, がありあり, がおかしい, がつらく, がふしぎ, がまるで, が分らない, が半, が又, が変, が少し, が恐ろしく, が感ぜられた, が最も, が現在, が現実, が異様, が癪, が苦しく, が見えない, が誰, じゃあない, じゃから, じや, だそれ, だだから, だろうかという, だろうから, だろうな, だナ, であるけれど, であるゆえ, であれば, でございました, でない, でないから, で御座いますよ, といない, と反対, ならそれ, にも拘らず, に少し, に感心, に気が付い, はあんまり, はいずれ, はおまえ, はおもしろい, はかの, はこういう, はちょうど, はほとんど, はほんとう, はまず, はもちろん, はもっとも, はよい, はわたし, は三人, は余り, は俺, は却って, は右, は哀れ, は妻, は子供, は平和, は当時, は心苦しい, は果して, は極めて, は正しい, は残念, は母親, は神, は見, は誤り, は面白く, は顔, もあっ, もいる, もおかしい, もおもしろい, もまことに, ももっとも, も何, も全く, も構わず, も知っ, も自分, も見た, らしかった, をごらん, をさいわい, をよい, を人, を人々, を外, を女, を常, を御存じ, を思い出した, を指し, を早く, を注意, を知らず, を聴く, を葉子, を見付ける, を見届け, を面白

5 [149件] かお, かちょっと, かといえ, かとおもう, かと疑われる, かどっち, かも分らない, か判然, か気, か白い, か眼, か知っ, がおかしく, がおもしろい, がきこえ, がたまらなく, がとても, がみえる, がわからない, がわたし, が不愉快, が世間, が女, が感じられる, が月, が残念, が滑稽, が男, が確か, が自然, が薄暗い, が見つかった, が認められた, じゃが, じゃないだろう, じゃなかろう, じゃよ, だからねえ, だこの, だなどと, だろうとは, だッ, であるからと, であるそれ, でございますもの, でさえ, ですその, でないと, でない限り, でなくては, とその, とは違う, ならその, にひきかえ, にまだ, に出会う, に同情, に引きかえ, に気づき, に注意, はあまりに, はありゃ, はいったいどう, はいつ, はおれ, はきっと, はじ, はすなわち, はどうして, はどの, はぼく, はもっと, はやっぱり, はよほど, はわずか, は一見, は不都合, は二階, は兄, は厭, は可, は大きな, は好い, は如何にも, は娘, は実際, は尤も, は当の, は彼自身, は愚, は明, は最も, は母, は気, は真実, は眼, は知っ, は美しい, は老人, は考え, は自分一人, は自己, は苦痛, は見た, は言うまでもなく, は辛い, は退屈, は馬, は黒い, もあの, もお, もかまわず, ももう, も実は, も少く, も知らぬ, をすぐ, をそれ, をだまっ, をちゃんと, をのぞい, をひどく, をみとめた, をみれ, を一度, を下, を世間, を伸子, を例, を俺, を夫人, を宮, を後, を思い出す, を感じます, を感ぜず, を手, を横, を気, を源氏, を無理, を甲斐, を考える, を見かけます, を見すまし, を見て取った, を見るだろう, を見逃す, を非常

4 [249件] かいずれ, かおそらく, かさ, かしらそれとも, かすこし, かだれ, かと, かという点, かとその, かと不思議, かと云う, かと私, かと聞く, かどんな, かなかなか, かなア, かほとんど, かまったく, かもう, かハッキリ, か分からない, か判らなかった, か区別, か君, か意味, か或は, か死んだ, か知らなかった, か知りません, か考え, か見よう, か起き, があっ, がいた, がおかしかっ, がおもしろく, がかわいそう, がきこえる, がここ, がただ, がたまらない, がだんだん, がちょっと, がちら, がひどく, がまことに, がまざまざ, がみえました, がもう, がやはり, がわけ, がイヤ, が一寸, が一般, が不安, が二人, が人, が伸子, が全く, が可憐, が哀れ, が外, が大変, が実に, が幽, が彼女, が恥ずかしく, が想像, が愉快, が日本, が日本人, が映った, が暗い, が母, が物, が特に, が珍, が癖, が知れ, が知れた, が私たち, が精一杯, が苦しい, が薄, が見つかりました, が見る, が辛く, が面倒, が顎十郎, さえある, じゃろう, だこれ, だこんな, だとでも, だろうよ, だ今, だ私, だ自分, であったけれど, でありこの, であり又, であるかと, であるかも, であろうから, でございますからね, でございますの, でしょうから, でしょうと, ですそれ, でないの, で御座いますから, とおなじ, とどこ, と全く, と同じく, と少し, などが目, ならいい, におどろいた, にくらべ, にくらべる, になぜ, には感心, には驚く, にぶつかった, に一驚, に付け込ん, に出あいました, に堪えられない, に拘らず, に気づかず, に逢った, はいけない, はおおかた, はお前一人, はお雪ちゃん, はかかる, はかつて, はかなり, はきみ, はきわめて, はごく, はじつに, はずいぶん, はそう, はそれら, はつい, はどなた, はなに, はふしぎ, はまぎれ, はまさに, はもしや, はもったいない, はもと, はよろしく, は一層, は一時, は世界, は先ず, は先刻, は単なる, は危険, は可哀そう, は同じ, は向う, は周知, は大方, は嬉しい, は実, は少ない, は山, は年, は広い, は意味, は感心, は或, は既に, は明白, は春, は普通, は最初, は本当, は机竜, は極, は次, は正しく, は此, は武士, は水, は沢山, は目, は祖母, は私たち, は老, は良く, は苦しい, は言うまでもない, は誠に, ほかは, もあまり, もそこ, も亦, も伸子, も偶然, も厭, も同様, も悪く, も気の毒, も癪, も眼, も結構, も考え, も見えました, やらさっぱり, をきく, をそば, をちょっと, をときどき, をふと, をみつける, を不審, を不思議そう, を利用, を哀れ, を大臣, を子供, を幸, を心, を心配, を忘れた, を暫く, を矢代, を知らぬ, を確か, を確かめ, を確め, を見いだし, を見かね, を見つけ出した, を見ない, を見付けました, を見受けた, を見物, を見附けた, を覚えた, を読む, を起す, を院

3 [501件 抜粋] かいっこう, かいつ, かきい, かじっと, かすこしも, かそういう, かそれともまた, かそれら, かてんで, かという問題, かときいた, かとそれ, かとたずねた, かとても, かと尋ねた, かと思いまし, かと想像, かと考え, かと言った, かと訊い, かと詰問, かと錯覚, かなん, かのう, かはわからない, かはわからなかった, かまず, かもちろん, かわからなかつた, かわかる, かコトリ, か一つ, か一向, か不審, か人, か人間, か俺, か先生, か分らなくなった, か分らなくなる, か判断, か夢, か寡聞, か彼女, か持っ, か本気, か眠っ, か知る, か能, か覚め, か解せない, があたし, があまりに, がいま, がいやに, がうれしく, がおぼろげ, がきこえた, がきみ, がくっきり, がすき, がすぐ, がすなわち, がそんなに, がつね, がつまり, がつらい, がどうも, がなに, がなんだか, がなんと, がなんとなく, がばかばかしく, がへん, がほとんど, がまず, がまた, がやがて, がわからん, がわかり, がわかります, がわたくし, が一艘, が三人, が下, が不審, が不都合, が他, が何とも, が何ん, が僕, が先ず, が先生, が出, が分かった, が分ります, が判っ, が即ち, が却って, が可笑しい, が堪えられない, が好い, が始終, が娘, が子供, が実は, が実状, が室, が寂しく, が少く, が常識, が強味, が当り前, が当時, が往来, が微か, が心細く, が昔, が望見, が朝, が洋燈, が無理, が珍しい, が目立っ, が目立つ, が第, が美奈子, が能, が葉子, が見, が見えだした, が見えるだろう, が見えるでしょう, が見られました, が見られます, が証拠, が認められる, が身, が退屈, が随分, が霧, が面白く, が馬鹿馬鹿しい, が鮮やか, が黒い, じゃそう, じゃな, じゃないです, じゃねえ, だかい, だからネ, だしかし, だつた, だといった, だとしても, だなあ, だなどとは, だねえ, だろうどこ, だろうなあ, だろう私, だ何, だ彼, であっては, であり, でありこれ, でありそれ, でありますか, であり而, であろ, であろうかという, であろうし, であろうとも, であろうな, でございまして, でございましょうね, でございますね, でござるが, でしたから, でしょ, でしょうし, ですかと, ですかね, ですからネ, ですこれ, でなくその, でなくただ, で御座いましょう, で御座いましょうか, とこの, とそれから, とちがっ, とちょうど, とでお, とで誰, とまったく, と一緒, と似た, と同時に, と変り, にかまわず, にきまっ, にはわけ, には気, には違い, にも拘わらず, にも気, にも気がついた, に不審, に出会した, に出逢った, に安心, に対して, に比べる, に気付い, に気付く, に満足, に無理, に過ぎなかった, に驚きました, に驚ろ, はあいつ, はあたし, はあたりまえ, はい, はいかに, はいま, はいよいよ, はいわゆる, はうれしい, はおろか, はお前さん, はお松, はかれ, はけっして, はこう, はこっち, はすこぶる, はすべて, はずっと, はたとえば, はちと, はつまるところ, はとても, はともかく, はどれ, はない, はなるほど, ははじめて, ははたして, はひとり, はへん, はべつ, はまあ, はまた, はみんな, はもとより, はやや, はよくよく, はわかっ, はアメリカ, はソヴェト同盟, はモスク, は一寸, は一度, は一番, は一種, は一面, は三十前後, は不便, は不快, は与八, は世の中, は世間, は中, は二つ, は亭主, は人々, は人類, は今夜, は仕事, は仕方, は以前, は何だか, は何と, は何となく, は何より, は何処, は余りに, は初めて, は別に, は古い, は只, は嘘, は大嫌い, は太陽, は女房, は婦人, は嫌, は安, は家, は容易, は寂しい, は少数, は常に, は店, は建具屋, は彼ひとり, は忌, は怪しから, は恐怖, は惜しい, は愚か, は感情, は我々, は我国, は我慢, は或いは, は手, は昨夜, は時代, は時間, は有名, は本当に, は村, は東京, は楽しい, は止む, は正当, は武蔵, は殆ど, は気持, は海, は火星人, は無駄, は爪, は父母, は片, は独立, は猪十郎, は現在, は異常, は疑い, は疑う, は病人, は白衣, は相, は私一人, は私共, は窯, は結構, は罪, は胸, は良人, は色, は芸術, は薬草道人, は血, は西洋人, は要するに, は見る, は親, は言う, は言わず, は言葉, は詩, は読者, は近頃, は運命, は道路, は都合, は重吉, は金属, は面白かっ, は頭, は食物, は馬鹿馬鹿しい, もありましょう, もあろう, もかえって, もここ, もちょっと, もまったく, ももうわずか, もよい, も人生, も今, も又, も可笑しい, も変, も尤も, も居る, も彼, も心, も沢山, も注意, も滑稽, も甚だ, も畢竟, も知るまい, も結局, も美しい, も苦しい, も見られた, も退屈, も間違っ, も馬鹿馬鹿しい, や, やらその, やらそれ, やら何, をいつ, をうしろ, をうれしく, をおそらく, をかすか, をききました, をこれ, をご覧, をすこし, をすっかり, をそう, をそれとなく, をたしかに, をただ, をちら, をながめた, をまざまざ, をまだ, をみつけました, をもう, をようやく, をよみました, をわたくし, をわれわれ, をチラ, を一つ, を不快, を不憫, を今, を仏頂寺, を他, を仰い, を住職, を何度, を何故, を信じ, を初めて, を君, を如何, を察し, を小耳, を平次, を弁信, を往々, を思わせる, を悟った, を想像, を感得, を慰める, を我々, を持っ, を指さし, を探り当てた, を次郎, を父, を皆, を直ぐ, を看, を眼前, を着, を知らねえ, を確かめる, を第, を米友, を聞きます, を聴いた, を見いだす, を見かけました, を見せ, を見つけ出しました, を見つめ, を見なけれ, を見ね, を見のがさなかった, を見ませんでした, を見よう, を見上げ, を見入っ, を見出します, を見守っ, を許し, を語る, を通りがかり, を除け者, を面白く, を頭, 他は, 知って, 見て

2 [1271件 抜粋] かあれ, かいねえ, かお前, かこんな, かしばし, かしらと思っ, かしれた, かたいへん, かという理由, かとたずねる, かとつい, かとも思う, かとも思われた, かとんと, かと呆れ, かと妙, かと尋ねました, かと思います, かと案じ, かと疑われた, かと自分, かと見る, かと訊いた, かと驚いた, かはた, かは分らなかった, かひどく, かもしくは, かも分らなかった, かも知らなかった, かも知れず, から考える, かわからず, かわかりませんでした, かわし, かを考え, かを見る, かッ, か丘, か丸, か二度, か京都, か伸子たち, か信吉, か全く, か分らず, か判らなくなっ, か又, か四辺, か存じません, か居, か怒っ, か愚か, か波, か理解, か目, か知らず, か確か, か笑っ, か腹, か見えなかった, か言葉, か調べ, か音, があり, があるでしょう, がいくら, がいつの間にか, がうらやましく, がおまえ, がきょう, がこれぞ, がすこし, がせめて, がそもそも, がちらりと, がときどき, がどうにも, がどうやら, がなん, がばかばかしい, がもどかしく, がよかっ, がわかるだろう, がチラリ, がフシギさ, がロシア, が一ばん, が一番安全, が一種異様, が不快, が不自然, が二階, が人生, が余り, が傍, が内部, が分り, が勝手, が君, が商売, が土地, が多少, が妻, が嬉しい, が寒, が少々, が幸い, が庄兵衛組, が後, が忌, が怖い, が恐ろし, が恥ずかしい, が感じ, が憎らしく, が我慢, が文展, が星明かり, が曹操, が木, が楽しく, が欠点, が気に入らない, が決して, が淋しい, が父, が珍しかっ, が理想, が真実, が瞭, が秋, が米友, が結局, が聞こえない, が自慢, が落ち, が見いだされた, が見ゆる, が解らねえ, が辛かっ, が道庵先生, が関の山, が青, が馬鹿らしく, さえあった, さね, じゃなかった, じゃもの, だあいつ, だけが何だか, だそこ, だだが, だったから, だったね, だったらそれ, だなんて, だろうぐらいに, だろうその, だろうとも, だろう風, だネ, だ真, だ袖口, でありしかも, でありますけれども, でありもし, であり日本, であるかという, であるの, であるらしいこと, であろう所, であろう誰, でございますわ, でござるよ, でしたら, でしょうよ, ですからなあ, ですぜ, ですってね, です僕, でない事, でねえか, で御座いました, とお, とそっくり, とで毎晩, との二つ, とはまったく, とは違った, と他, と同, と時刻, と比較, と視線, と違わない, と陸軍科学研究所, ならともかく, なら何, なんぞは見た, にお, につけこん, には, には仰天, には眼, にぶっつかった, にも感心, による, に今, に出あった, に出逢う, に出遇った, に対していかにも, に徴, に比し, に気が付きまし, に気付き, に見, に遇った, に頓着, に驚かされ, はあえて, はあっし, はありがたい, はいぶかしい, はおかしかっ, はおそろしい, はおらたち二人, はこの世, はこんな, はさぞ, はさびしい, はすく, はそいつ, はそもそも, はそんなに, はたとい, はたまたま, はつまらない, はとり, はどんなに, はにせ, はばか, はみっともない, はむろん, はれい, はわし, はわびしい, はイギリス, はオヤジ, はシナ, はナゼ, はホント, はロンドン, は一座, は一本, は上林吉之助, は不愉快, は丹下左膳, は之, は二, は二十面相, は以上, は何かと, は余, は作品, は個々, は僅か, は僕自身, は全然, は兵馬, は別, は剣, は十人, は半蔵門, は厚い, は古, は呂宋兵衛, は唯, は啓之助, は四十面相, は土岐蔵人頼春, は堪らない, は夜, は大阪, は夫人, は奥, は如何なる, は姿, は子, は宇治山田, は富士, は小さな, は小林少年, は少く, は島, は己, は弟分, は彼女一人, は後, は怖, は思いき, は恐ろしい, は悪い, は想像, は意識, は慢心和尚, は我まま, は才取り経済, は故, は新しく, は旧, は明かであった, は星, は是非, は有難い, は本, は案内, は正に, は死骸, は比較的, は泰造, は浅間山, は深い, は渡辺金兵衛, は滑稽, は無益, は熊, は特別, は玉井金五郎, は現実, は理屈, は生きた, は田舎, は番頭さん, は白人, は白樺の木, は矛盾, は知ってる, は神経, は私の, は空, は立派, は結局, は絶えず, は群衆, は脳味噌, は腑, は自分ひとり, は芝居, は荻窪, は葉子, は薬, は蛙, は表通り, は親切, は言語, は記代子, は貴方, は赤坂, は途中, は酒, は随分, は雪, は面倒, は頼もしい, は驚くべき, は鼻, もいかにも, もいや, もおかまい, もございます, もそういう, もつまり, もなん, もはなはだ, ももと, もわかりました, もコスモス, も一層, も不快, も事, も例, も却って, も哀れ, も嫌, も嬉しかっ, も居た, も彼女, も恨めしく, も愚かしい, も明智, も春, も束の間, も気づかず, も珍しかっ, も白い, も矢代, も耳, も良い, も辛い, も随分, も馬鹿, やそれ, やらどこ, やらわけ, や彼女, をあの, をあわれ, をいつの間にか, をいま, をおもしろ, をお松, をここ, をこっち, をさながら, をしっかり, をしり目, をたしかめ, をたびたび, をつい, をながめました, をひしひし, をまあ, をまるで, をみんな, をもどかし, をやっと, をガラッ, を一目, を下女, を主, を二, を何かと, を側, を兄, を助け, を右門, を同じ, を喜ん, を変, を大勢, を女中, を妻, を嫁, を実際, を察した, を小さい, を左右, を常に, を引き取っ, を往来, を御, を心配そう, を思いだした, を怪しん, を惜しみ, を感づいた, を憐れまず, を拾う, を指, を掌, を撃つ, を明, を春, を東京, を殆, を母, を水, を漸, を珍しく, を理解, を目あて, を直し, を看護婦, を知ってる, を私たち, を笑っ, を翌, を胸, を英国紳士, を藤吉, を見きわめる, を見つけだした, を見つけられ, を見なかった, を見まもった, を見上げた, を見出しました, を見定め, を見捨て, を見済し, を見逃がさなかった, を見逃し, を覗く, を訪ね, を豹一, を躊躇, を障子, を静か

1 [9334件 抜粋] ああり, お前は, かいささか, かうつ向い, かがわからず, かさえ分らなかった, かしらいや, かしらと流石, かすでにひっそり, かちゃんと, かという様, かときく, かとみずから, かとも見えた, かと云わぬ, かと写真, かと庭内, かと恐れ戦い, かと気がつい, かと考えました, かと訊ねる, かなとさえ考え, かな留守, かははあ, かは知る, かぼんやり, かもとより, かも知れなくっ, から出, かわからん, かを地図, かを見極めね, かテープ, か一般, か乞食, か住職, か冠, か判じ, か単に, か呑ん, か壮, か字, か尋ねます, か幾世紀以来, か忠告, か拘, か時々, か権, か気ちがい, か清少年, か甚だ, か知ってる, か筆, か聞いた, か血みどろ, か親, か質問, か過剰, か離れる, か鶏, があるだろう, がいない, がおいおい, がお気, がことさら, がしきりに, がたくさん, がちらつい, がどんな, がばか, がまったく, がものうい, がわるかっ, がクラム, がトテモ, がマアセル, が一どきに, が一番骨, が上手, が久慈, が京野等志, が仰ぎ見られた, が信一郎, が入り, が分からん, が勇一君, が印象深かっ, が古書, が同様, が喬, が堪らなくなり, が大事, が大谷刑部, が奥義中, が孝子, が宵闇, が小面憎い, が左手, が幾ら, が当時有名, が心許な, が恥しく, が憎み, が指さされる, が日, が暖簾越し, が本物, が梅雨, が歔欷, が毎日申刻, が水の上, が海鳴り, が炎天, が狩野川, が生き, が白い, が真上, が石油, が空想, が紛う, が羨やましい, が聞かれた, が自殺者, が茶, が藤太秀郷, が見えよう, が見受けられた, が言, が賤, が迷径梅, が邸内, が門倉, が雲, が顔, が麻呂子山, こんなにおなか, さえ一種, さえ気づかぬ, さ彼奴, じゃがよこの, じゃ同時に, たあ, だからこんなに, だけは見え, だそれら, だったらそして, だったろうか, だとさえ, だの伊尹, だろううやうやしく, だろうでも, だろう一人, だろう札, だろう覗いて, だ今夜, だ寒い, だ文学, だ無用, だ見すてるわけ, ぢや, であったら, でありしたがってただ, でありトルストイ, であり感覚, であるがと, である伯父, である限り, であろうハタ, であろう廂, であろう茶碗, でございましょうに, でございます般若波羅蜜多, でしょうかしら, でしょう平次, ですからねエ, ですなにしろ, です些少, です痛み, でない者, でなく二年近く, でも判った, とかつ, とたった, とで何となく, となにか, とはまるで, とは精神内容, とを都合, と余り, と噂, と広い, と木炭, と異, と背, と通っ, なあに, などはまだ, などを伸子, ならきっと, ならまだしも, なら呼ばなくッ, なら本当に, なら間違い, におどろい, にたいしてぼく, にはあぐら, には今更, には悩まされた, には腰, にも及ぶまい, にも注意, に一人, に似せ, に出遭った, に堪えられなくなりました, に対してよ, に対して日本人, に対し藷, に心付いた, に斎藤, に気が付かず, に添い, に第, に見渡す, に際立っ, はあきらか, はありがたかっ, はいつか私, はえらい, はおろく, はがまん, はここ北極, はさっき宿帳, はすもうとり, はそれら二十人余, はたま, はとっさ, はなべて, ははなはだしく, はべつに, はまっ, はみんなあなた, はもったいなく, はゆううつさ, はアインシュタイン自身, はウィンザア, はオレ一人, はクレーン係, はシロモチ・シラモチ, はソルティーニ, はデイリー, はハーバート・スペンサー, はフォスター, はマユミさん, はモリエール, はロシア人, は一修業, は一種異様, は七八人, は三本, は不十分, は世田ヶ谷, は中黒達弥さま, は九階, は二十三歳, は五人, は交換, は仁右衛門, は代, は低能, は作爺さん, は俳句, は元禄, は入学試験前後, は六十前後, は内科, は分っ, は前々, は労働者階級, は北, は南原杉子, は厳然たる, は古人, は名古屋そのもの, は商売, は四国屋, は土人, は埃, は壮観, は夜光, は大塚楠緒子女史, は大磯, は天鬼, は契沖以来, は妙義山, は存外, は宏子たち, は宮川茅野雄一人, は寒流, は尋ねる, は小田切さん, は居住者, は岡引, は左手一本きり, は常に必ずしも, は平次, は幽, は強気, は彼一人, は微か, は応接所, は恋人, は意気地, は懐しかっ, は手数, は探偵小説, は文字, は新島君, は日本橋, は明かだ, は昨夕山野夫人, は書物, は朝日新聞, は李さん, は松, は柴指, は梟, は槍, は此家, は民法, は決して決して, は泥棒, は海草, は湛えられた, は漢, は烏帽子岳, は焼けのこった, は片手, は狂言, は玉屋, は生, は甲府盆地, は疑うべく, は白けた, は皮肉, は真理, は知らねえ, は破壊, は神尾主膳, は秋江, は笑う, は米連主力艦隊, は細面, は綾, は羨望, は肉体, は腰, は自身, は芝新銭座, は英人サア・ハロルド・ニコルソン, は菊池寛一人, は蔓, は藪山, は衣裳箪笥, は見え, は触覚, は誠一, は豊後守, は赤ちゃけた, は身もち, は近く, は遊芸, は醜態, は金助, は鍋, は長髪, は陶器会社, は雪ちゃん以外, は青磁色, は頼もしく, は餌, は驚くべきである, は鳥, は鼠木綿, へ相槌, まで見分け, もいけない, もおかしな, もきゅうくつ, もずいぶん, もない, もまま, もやっ, もハチ叩き, も不気味, も今時, も充分, も加え, も和泉屋, も大層, も富山房, も当路者, も思わず, も意味, も日本橋, も根拠, も気づかなかった, も無数, も生き, も知らん, も紹由, も胸くそ, も薄い, も覚束, も遠目, も面白かろ, やが, やらとても, やら国民, やろ, や小間物, や蹲っ, より此の方, をあたし, をいった, をおかしい, をお送り, をきけ, をさむい, をたいへん, をついに, をどんな, をば, をほんとう, をむつ, をよそ目, をコタツ, をピグミー, を一匹, を七, を中途, を今僕, を伊東, を傍眼, を全く, を利太郎, を南, を古, を呂, を嘆い, を多鶴子, を奇異, を子供ら, を寝台, を山崎, を幾日, を役人たち, を心地, を思い浮べ, を悲しく, を慥かめる, を手繰っ, を拾い拾い, を採っ, を料理, を昼, を朝子, を楽しむ, を殊更, を永井, を漁師, を熱心, を町, を盗み見, を眺めます, を知らぬらしい, を程, を笑い笑い近, を美作たち, を聞きとる, を自慢, を薬缶, を見おろし, を見つけられました, を見やる, を見出だす, を見聞, を覚え, を誇る, を貴様たち, を近藤氏, を遠征, を防ぐ, を靡かす, を驚い, エそれを, 借りが, 山女という, 殆ど無理, 見えるかしら

▼ いる~ (23751, 6.7%)

393 思う 316 すれば 275 いう 190 思って 166 見えて 157 思います 152 いって 138 そこへ 133 私は 121 いうので 111 彼は 109 云って 104 云うこと 98 みえて 97 思った 89 思うと 87 いうだけ 86 聞いて 83 いっても 73 云うの 71 思うの 70 言って 64 それが 58 云う事 57 いうのに, 思われる 53 すると, 云っても 52 それは, 今度は 51 信じて, 急に 50 一人の, 見て 48 私の 47 不意に, 彼女は 46 見える 45 いうだけの 44 女は 41 いうよりも 38 する 37 いうが 36 言った 35 考えて, 言っても 34 いうから, 思えば, 思ったの 33 何か, 書いて, 自分の 32 男は 31 いえば 30 それを 29 いうよりは, そこに, そのうち, 云った, 言うの 28 考えられる 27 思われて 26 いうに, いうより, 僕は, 思うが 25 妙に, 思われるの 24 自然に 23 いわれて, みえる, 同じよう, 思うん 22 いった, その時, 云う 21 いうじゃ, するならば, 彼の, 答えた, 見なければ 20 うしろから, きいて, すぐに, ふいに, 知って 19 いうでは, その男, 自分が 18 ある, それから, どこからとも, 云われて, 気が, 言う 17 いうばかり, かれは, 女の, 女中が, 涙が, 頭の 16 こんどは, 云える, 思いました, 見れば, 隣の 15 向うから, 思いますが, 言えば

14 [11件] いうほど, お思い, そうで, その中, どこからか, 不思議に, 云うよう, 他の, 向うの, 後から, 思われます

13 [12件] いえよう, どこかで, 例の, 同様に, 夜が, 彼女の, 思いながら, 思ったが, 感じた, 或る, 窓の, 考えるの

12 [24件] ある日, いわねば, これは, しまいには, そこの, その人, その日, どうした, なると, 二人の, 云えば, 今まで, 仮定する, 伸子は, 夜の, 家の, 思える, 思われた, 日が, 聞いたが, 聞くと, 自分で, 表の, 見ること

11 [22件] いうか, いけないから, いわなければ, さすがに, したらそれ, そこから, やがてその, わたしは, 下の, 主人は, 云わねば, 人間の, 女が, 思うね, 思ったから, 武蔵は, 池の, 父は, 眼の, 老人は, 考えた, 近所の

10 [23件] いうと, おっしゃるの, これも, したらその, その間に, ほんとうに, 二人は, 云うから, 云う風, 人に, 人の, 信じます, 妙な, 心が, 思うか, 想像する, 感じて, 母は, 気の, 申すの, 聞いた, 言うこと, 言える

9 [34件] いうだけで, いえるの, いわれても, いわれる, おもう, したら, しばらくし, どこか, なぜか, ひとりの, やがて, 主張し, 云うので, 何を, 其処へ, 同じに, 告げた, 外の, 彼が, 思いこんで, 思い込んで, 思うかね, 思うよう, 相手は, 矢代は, 私も, 考えたの, 考えられて, 聞く, 胸が, 自分も, 見るの, 言ったの, 隣りの

8 [42件] あっては, いいます, いいん, いうまで, いつまで, いろいろな, そこは, その姿, それに, そんなこと, ちょうどそこ, つづいて, わたしの, 云う訳, 云う話, 云ったの, 云ったよう, 云わなければ, 俺は, 傍に, 先生は, 半七, 右の, 存じます, 庭の, 彼方の, 後ろから, 思うから, 思ったので, 思っても, 案の, 目が, 私たちは, 考えること, 聞いては, 自然と, 裏の, 言った方, 言われて, 身体が, 非常に, 頭が

7 [46件] いうし, いったが, ここに, こちらの, そういうこと, どこかの, どこから, ほかの, またし, むこうの, もうその, 下から, 不思議な, 中から, 云うん, 云えない, 人々は, 仮定すれ, 伝えられて, 俄に, 博士は, 君は, 外から, 奥の, 娘は, 子供は, 宿の, 店の, 彼等は, 思いますか, 思うわ, 相手の, 眼が, 私が, 考えられるの, 考える, 聞いたので, 葉子は, 言うので, 言ったよう, 誰か, 誰かが, 誰も, 足が, 述べて, 門の

6 [61件] いえるだろう, いえるであろう, いきなり, いつもの, いないとに, おれは, こっちが, しよう, そこには, その前, その夜, その晩, ふとその, 一つの, 主人が, 主張した, 主張する, 云うが, 云うより, 云った方, 人が, 人は, 今の, 体が, 何の, 俄かに, 分って, 前の, 夫人は, 子供の, 廊下の, 彼女も, 思うこと, 思われるから, 意外にも, 感じます, 日の, 早くも, 暫くし, 次の, 玄関の, 玉藻は, 申して, 町の, 知らせて, 確信し, 突然に, 老人が, 背後から, 自分は, 見たから, 見ても, 見られる, 言うて, 言う事, 言ったが, 言わなければ, 話した, 話して, 雨が, 風の

5 [100件] あとから, いいました, いうでも, いうべきであろう, いつまでも, うしろの, お考え, この頃, これが, して, します, すぐ前, するか, そこらに, そのとき, その眼, その音, それと, それらの, とんでもない, ふいと, ふと自分, また, やがて女, 一種の, 一軒の, 七兵衛が, 云うじゃ, 云うだけ, 云う意味, 云ったが, 人間は, 信じる, 信ずべき理由, 傍の, 入口の, 前に, 前を, 同じ事, 向こうから, 君の, 夜は, 女房が, 子供が, 室の, 寒さ, 川の, 巡査が, 廊下を, 後の, 思いの, 思いも, 思うて, 思ったこと, 思ったらそれ, 思や, 思わずに, 思わなければ, 思われるが, 思われるよう, 手が, 断言し, 日本の, 春の, 昨夜の, 村の, 東の, 松の, 森の, 父の, 申しても, 申すこと, 男が, 病気に, 答えて, 給仕が, 縁側に, 翁は, 老人の, 考えなければ, 聴いて, 胸の, 自分でも, 自分を, 見えるな, 見せかけて, 見られるの, 見做, 言うじゃ, 言えよう, 言われる, 語った, 説明した, 誰が, 豹一は, 部屋の, 雪の, 面倒だ, 風邪を, 駒井は

4 [174件] あたりの, あちらから, あって, あとの, あの人, あの女, いい塩梅, いうて, いうならば, いうべきである, いつかは, いわれるの, おしまいには, おっしゃって, おっしゃるん, おもって, おれの, お冬, お君, お杉, お聞き, お角, お銀, お雪, かの女, がんりきは, こっちの, この人, この時, こんなこと, こんな事, したらどう, すぐ傍, すぐ近く, すべての, そのあと, そのなか, その声, その影, その頭, そんな事, だしぬけに, だれかが, となりの, どこかに, なかなか面白い, なんの, ふと, へんに, みえるね, ろくなこと, わけも, わたくしは, 一匹の, 一空さまは, 一緒に, 一羽の, 丁度そこ, 上から, 上の, 下女が, 中には, 云います, 云うのに, 云うもの, 云うわけ, 云う事実, 云う意識, 云えるだろう, 云わなくては, 云われるの, 人から, 今に, 今日は, 伸子の, 信じた, 信長は, 側に, 先生の, 叔母は, 同じこと, 向こうの, 噂された, 土地の, 変な, 変に, 外で, 多くの, 夜も, 夜中に, 夢に, 夫人が, 女も, 妻は, 姉の, 小僧は, 少年は, 尼は, 工場の, 左の, 当時の, 彼も, 後ろの, 思いましたよ, 思いますから, 思うし, 思うので, 思うよ, 思えた, 思つ, 想像し, 想像した, 意外な, 感じました, 戸外で, 折角の, 放二, 断言した, 昔の, 星が, 昨日の, 時の, 東京の, 果して, 果してその, 橋の, 次郎は, 母が, 水の, 汗が, 父が, 狐が, 猫は, 生きて, 申します, 申す, 目に, 目の, 眠くなる, 眼を, 知ると, 祖母は, 称して, 空の, 縁の, 耳の, 聞いたから, 聞いたこと, 聞きました, 聴いた, 胸を, 舞台の, 見えた, 見えますね, 見せて, 見た, 言うから, 言うのに, 言うん, 言ったじゃ, 話が, 語って, 足の, 近くの, 遠くの, 長くなる, 門野が, 階下で, 際限も, 雨は, 雷の, 電車が, 青年は, 馬の

3 [356件] あいつは, あたかもそれ, あちらの, あなたが, あなたの, あなたは, あの方, あの時, ありありと, あるの, ある晩, あれは, あんたは, いいな, いいの, いいますから, いいますと, いい気, いうぐらいの, いうだけが, いうだけでも, いうの, いうばかりの, いうほどの, いえないこと, いえるでしょう, いきなりその, いきなり後ろ, いきなり私, いずれも, いったんだ, いっては, いつかその, いつどんな, いつの間にか自分, いつの間にやら, いふこと, いまに, うしろで, うしろに, おばあさんが, お前が, お前の, お島さん, お春, お父さんの, お粂, お絹, お高, かすかに, かれの, きょうの, きりが, こうも, こたえた, この男, これまで, これを, さっきから, さっきの, しぜん, した, したならば, しましょう, しますと, すぐその, すぐそば, すぐ眼, すぐ窓, するならそれ, そこを, そのあたり, そのこと, そのそば, その光り, その周囲, その子, その当時, その手, その本, その船, その顔, その黒い, それとも, たいへんです, だんだんその, だんだんに, ちょうどその, ついその, となりに, どういうもの, どうかする, どこの, どんな事, なかなかおもしろい, なりの, なれば, なんともいえない, ひろ子は, ふと孤独, ぼくは, まさにその, またたく間に, またも, また一人, みえます, みえるな, みて, みんなが, みんなは, もうそれ, やがてお, やがてそれ, よかった, よくわかります, わかったの, わかっては, わかる, われわれの, ジャガイモが, ドアが, ドロドロに, パパが, 一台の, 一本の, 一枚の, 一艘の, 三ツ木は, 三度目に, 下で, 世の中の, 丘の, 二人が, 云うて, 云うよりも, 云う人, 云う感じ, 云う有様, 云う者, 云う自覚, 云われた, 井戸の, 京の, 人間が, 仕事の, 以前の, 仮定し, 仮定した, 伝えて, 体の, 何かの, 何かを, 何だか自分, 何ともいえない, 何んか, 何処からか, 俊亮は, 信ずる, 信ずるの, 偶然にも, 兄が, 先に, 先刻から, 先方の, 全く同じ, 兵馬は, 其処に, 内から, 分ったの, 初めての, 初めは, 前から, 前方から, 午後に, 参木は, 又し, 反対に, 台所で, 同時にその, 同時にまた, 同時に自分, 君が, 告げる, 問題は, 嘘の, 噂に, 城の, 城太郎は, 塀の, 壁に, 夏の, 外では, 外へ, 夜に, 大変な, 夫の, 奇妙な, 奥から, 女の子は, 女給が, 妹の, 妻が, 子分の, 客が, 客は, 小供, 小便を, 少しは, 少女の, 屏風の, 山の, 当人の, 彼には, 往来の, 心に, 心は, 忘れて, 思いますと, 思うかも, 思うだけ, 思うに, 思う点, 思えるが, 思えるの, 思ったもの, 思ったん, 思っては, 思つた, 思わざるを, 思われたから, 思われますが, 思われる節, 息が, 想像され, 意識する, 扉が, 扉は, 手の, 手足が, 承知し, 折から, 敵の, 断定し, 時々は, 普通の, 暗いなか, 暗い中, 暫くあっ, 暫らくし, 書いた, 最初に, 格子の, 案に, 此の, 気の毒だ, 汽車が, 汽車の, 準之助氏は, 火の, 灯は, 無数の, 物蔭から, 犬が, 犬は, 申さなければ, 男の, 病人は, 病床の, 白樺の, 白雲は, 直感した, 看護婦が, 眼に, 眼は, 睨んだの, 睨んで, 知ったので, 知っては, 知りながら, 確信する, 磯五は, 秀吉は, 私たちの, 私に, 秋の, 穴の, 突然, 突然その, 竜之, 笑って, 笹村は, 米友は, 細君が, 老女は, 老婆は, 考えないわけ, 考えねば, 考えられるが, 考えられるよう, 耳に, 聞いたもの, 聞かされた, 聞かされて, 聞きましたが, 聞きましたので, 聞きます, 聞くが, 聞けば, 肩の, 自分ながら, 自動車は, 自惚れて, 藤吉は, 藤次郎は, 蟹は, 街路の, 表に, 表象する, 襖が, 襖の, 見えるの, 見られて, 見るべきであろう, 見るより, 親の, 解しても, 解釈し, 言いながら, 言いました, 言いますが, 言うに, 言う者, 言ったね, 言ったり, 記代子は, 誰でも, 貴様の, 身も, 途中で, 道庵は, 遙か, 遠くから, 遠くで, 闇の, 階下から, 階段の, 際限が, 雨に, 雲の, 電話が, 頭痛が, 飛んでも, 駒井甚三郎は, 髪の毛の, 黙って, 鼠の

2 [1055件 抜粋] あいての, あたしは, あちらこちらの, あと足で, あの子, あれば, いいながら, いいよ, いい気持ち, いうからには, いうだけは, いうんで, いえる, いえると, いかにも農民, いくつも, いけないよ, いっしょに, いったの, いったり, いつかそれは, いつのまにやら, いつも私, いると, いわなくては, いわれたの, いわれるので, いわんばかりに, うなずいて, おいと, おかしくなる, おこよ, おっ母さん, おもうが, おもて, おりつ, お俊, お前さんは, お前は, お婆さんは, お島, お新, お梅, お母さんの, お気の毒, お糸, お菊, お蘭老女, お酒, お雪ちゃんが, お駒ちゃん, かって, かんじんの, きかされて, きまってこむら返り, きめて, きょうは, けっして十九, こういう日々, ここの, こっちも, このよう, この家, この老人, こんなところ, こんな時, さきに, されて, したらこれ, したら彼, したら恐らく, してからが, しばらくする, しんしんと, すうと, すぐ気がつく, するならこの, するの, そういう感じ, そういったよう, そうも, そう一応云っ, そこが, その, そのお, その下, その女, その後の, その心, その時間, その火, その白い, その者, その西廊, その辺, その部屋, そばに, それからそれ, それまで, そんな気, たいくつ, たちまちに, たまらない程, だれが, だんだんと, ついには, つくづく旅, ときどきは, どうしてもその, どうやらこの, どきんとした, どこまで, どこを, どんなこと, なにかしら, なんだか胸, なんとなく, はじめは, ひがんで, ひたひたと, ひとりで, ひょいと向う, びっくりする, ふとレンズ, ふと気がついた, ふと私, ふらりと, べつな, ほめて, またいつの間にか, またその, また外, まだその, まったく都会, まるで子供みたい, まるで狐, みえまして, みせかけて, みゆる, むかあし, むやみに, ものの, やがてそこ, やがては, やがて奥, やがて日, やがて表, やっと気, ややしばらくし, ゆくりなくも, ようすを, よりほか, わかりました, わしは, わたしが, わたしも, われわれは, カヨは, キャッキャッと, クリストフは, テンバが, ハタと, パッと, パンを, ベッドの, ホテルの, マチアが, 一人が, 一番胸に, 一陣の, 丁度よい, 万年筆屋の, 三上は, 三人は, 三四日の, 与八が, 世界の, 世間の, 中, 中に, 主膳は, 二つに, 云いたいの, 云いながら, 云い得よう, 云うじゃあねえか, 云うならば, 云うよりは, 云う心持, 云う点, 云う評判, 云う風評, 云えよう, 云ったじゃ, 云った様, 云ふ, 云ッた, 交番の, 人々が, 人間って, 今から, 今までの, 今夜も, 今日も, 仮定せよ, 伝えられた, 伸子には, 何かに, 何だか何もかも夢, 何とかし, 何も, 何もかも忘れ, 何らの, 何奴か, 侍は, 信じる点, 信ずるもの, 倒れそう, 偽って, 僕に, 僕の, 兄は, 先方から, 全身が, 六畳の, 其所へ, 内では, 出て, 出入りの, 判じた, 判断し, 別の, 北沢が, 医師は, 午頃に, 友達の, 古人は, 台所の, 同じ意味, 同じ様, 同僚たちに, 同様だ, 同様な, 向うに, 告げに, 周囲の, 嘘を, 図らずも, 土堤の, 地球全体が, 報ぜられて, 売卜者の, 外国の, 大きい栗, 大事な, 大抵の, 大間違い, 夫人の, 女たちは, 女主人は, 妹が, 妻の, 姉は, 婆さんが, 婢が, 安心し, 実に愉快, 家主の, 寶兒は, 小山の, 小男は, 少しずつ, 少し離れた, 居士は, 山から, 山岸は, 山風の, 巨大な, 平和な, 年の, 幸いにも, 座敷の, 庭に, 弁信の, 弟子の, 弾が, 彦山夫人が, 彼らの, 彼を, 往々に, 後ろに, 心の, 心持ちが, 忘れも, 忽然とし, 思いましたが, 思いますわ, 思うかい, 思うな, 思うもん, 思ったかも, 思ったもん, 思った事, 思わず涙, 思わないかい, 思われるところ, 思われるほど, 思われるん, 悪魔が, 想像出来る, 愛一郎は, 感じながら, 感じられる, 感心した, 戸外の, 手文庫の, 持って, 推論し得よう, 播磨は, 教えられて, 教授が, 数多の, 敷居の, 新宿の, 日頃の, 明らかに, 昔を, 昼間の, 時計が, 景色は, 暑さ, 暫時し, 月が, 朝の, 木の, 木下は, 机の, 松の木の, 果して私, 案外にも, 楽屋に, 次の間で, 次郎左衛門は, 正兵衛は, 正面の, 歪んだ顔, 死んだ文吉, 母の, 毎日の, 気がついた, 気分が, 水色の, 江戸の, 汽車は, 波の, 泣けて, 海いいっ, 清水の, 湯気に, 源氏は, 滑稽な, 無性に興奮, 煙が, 熊は, 熱帯の, 物に, 犬の, 猪之, 理髪屋風の, 田舎の, 申したの, 申しましたらそう, 申しますので, 町で, 登は, 白状した, 百合子は, 皆友情以上に, 看守が, 眠って, 眩暈が, 知ったの, 知らせた, 知るや, 硝子戸の, 神尾主膳は, 福松君が, 秋田さんは, 空気は, 突然大きな, 突然背後, 突然高い, 立派な, 第二, 答えるより, 米の, 約束の, 結論する, 美和子が, 美津子の, 翌日の, 翠の, 考えたから, 考えては, 考えますと, 考えるだけ, 考える人, 聞いたとき, 聞いたん, 聞いても, 聞きますが, 聴くと, 肝心の, 背の, 自信し, 自分に, 自分まで, 自動車の, 自認し, 船員達が, 色々に, 芯が, 芹沢は, 茶の間の, 荀, 荒さんで, 蒼茫と, 虫に, 表から, 表戸, 裏で, 裏口で, 要次郎, 見えたが, 見えます, 見えるぞ, 見え容易, 見たの, 見ねば, 見られるが, 見ると, 規矩男は, 解釈する, 言います, 言い得るの, 言うもの, 言うよりも, 言う人, 言ったほう, 言ったん, 言われても, 訳も, 評した, 認めて, 説いた, 説く者, 読めば, 謂って, 貝の, 路の, 身の, 身体の, 近習頭の, 退院させられる, 運転手が, 道に, 道は, 道庵が, 遠い所, 遥に, 都の, 都合の, 酒と, 重吉が, 金の, 錯覚し, 長蔵さんが, 門口の, 間もなく遠く, 陰気な, 隅の, 階段を, 障子に, 隣室で, 雁は, 霧が, 露八は, 静かに, 面白いの, 順平は, 額に, 顔から, 顔も, 顧が, 飛行機の, 首を, 駒井が, 高原特有の, 鱶は, 黒い土

1 [11284件 抜粋] 〇・二五, あくまでも説付ける, あだ, あのお座敷, あの箱, あまり悲しい, あり投書, ある夜更け, あんなに大勢, いいしれぬ, いい得よう, いうじゃねえかよ, いえない, いえる者, いきなりうしろ, いきなり甘い, いくらでも茶, いちどは, いつかしくしく, いつても, いつのまにか考え, いつの間にか楽器, いつも先生, いないはず, いやあうち, いれちがいに, いわれた彼, いわれる義太夫, うとうとと, おいい, おっしゃいました, おどろかれます, おまきさん, おりから, お初は, お婆さんに, お札を, お耳, お金を, かきいたが, かの, かんがえられた, きく, きまったわけ, くし巻き, こういう変化, ここは, このこと, この二通り, この山奥, この煮物, この錠, これだけ, こんな冬, さいぜんの, さっそく本, される建物, したならそれ, したらほんとに, したら全然, したら生かしては, しばらくあっ, しゃべって, じっとり汗ばん, すぐさま扮装, すぐ唱和, すこしおなか, すみませんでした, するまたは, せば, そういう馬, そう頭, そのあまりに, そのねえさん, そのクモ, その丑, その前夜, その壺, その小さい, その後妻は, その昆虫, その歌, その疑問, その翌日思いの外一山, その表面, その道の, その静か, それからまた二, それでもドイツ人, そんなところ, たいへんうれしく, ただならない, たちまち四方, たった今だ, たれかが, だんだんに男, ちがうわね, ちょうど星ヶ岡茶寮, ちょっと離れた, つい新子, つたえられた, でも淋しく, ときどきそう云う, とつぜん彼, とても登れ, とんと突いた, どうしても発売禁止, どうもなく, どうやらやっと, どのよう, なおさら美しい, なかなか色彩, なにか地面, なるほどへん, なんだか変, なんだか見覚え, なんとも馬鹿臭く腹立たしく, のた打つ, はっきり気, ひとしお心, ひどく青年, ふた時, ふとそれ, ふと岩, ふと童話, へびは, ほぼ同じ, ぽっかりと, まざまざ知らぬ, またこの間, またゴーッ, また出した, また憐れ, また肩, まだほの暗い, まだ襟替え, まもなくドア, まるで三人, まるで白い, みえついに, みえ巧み, みじめでも, みんな亡ぼされ, むつと, もうどかどかと, もう夕日, もう肩, もっともやさしい, やがてなじみ, やがて二階, やがて善八, やがて巨, やがて果たして人馬, やがて石子刑事, やがて重く, やたら無性にお金, やっぱり胸, やはり姉弟, やや爪先, よいこと, よく水平線, わかった, わたしたち女性の, アメリカ人が, エーが, カンテラを, キリストも, ゴドウィン氏が, シリパ岬の, ストリンドベルヒの, タマが, ツイ酒を, ドイツ兵に, ノックも, パリへ, フラフラと, ペンキ屋から, マクドゥーガルは, メートル法の, ラヴェルの, 一かたまり, 一口に, 一応言っ, 一時に, 一発見, 丁ッと, 七十郎は, 三八は, 三年の, 三銭切手を, 下手の, 不愉快を, 丙午の, 中村さんを, 主が, 九州から, 事が, 二人三人怪我を, 二枚小袖に, 云い海辺, 云うまあ, 云う小さな, 云う甚薄命, 云う階下, 云った一種病的, 云われたので, 云事は, 亡くなった妻, 人世を, 人間社会の, 今に私設大使, 今日昼頃どこかの, 他吉, 仰しゃったようですね, 伊良が, 伝六が, 佐助お前は, 何かしら静かな, 何だか俺, 何だか遠く, 何となく羨ましく, 何やら外, 何心なく, 何時来客が, 侍女どもは, 信じたって, 信ずるだけの, 俵の, 側へ, 僕たちぐらいの, 先ずカワセミ, 光悦は, 八さんの, 兵さんお巡りさんに, 内地の, 冬の, 出して, 刑事は, 判ること, 前よりは, 労働者あがり, 勢至菩薩が, 十ばかりの, 十年の, 午すぎに, 南玉の, 却って人間, 又それ, 友だちらに, 取り逃がして, 古くから, 可いんです, 右側に, 同じくらいにしか, 同じ生活, 同時にマグダ, 同時に文学, 同時に頭ごなし, 向うでは, 否とに, 告白した, 命がねエぞ, 問うた, 噂を, 四時三十分の汽車が, 国を, 地蔵が, 堀川の, 場末裏長屋の, 声は, 夕風と, 夜九時に, 夢を, 大きな馬, 大分あとから, 大抵一分たたない, 大間違です, 天才児の, 太鼓持か, 女ながらも, 好かった, 姉が, 婢の, 子爵は, 孫太夫の, 定臣, 実景が, 家人が, 富子は, 封じ込められた大気, 小さな荷馬車, 小山内朝之助が, 小舎人, 少佐は, 屋根裏の, 岡っ, 川原から, 巨体は, 帰らないでも, 平気な, 幻とも, 床石の, 弁吉は, 張合いが, 役人が, 往々壁, 御休みなさいまし, 微量の, 必ずその, 忠明が, 忽ち梯子段, 思いがけも, 思いましたので, 思い給え, 思うたらおまえたち, 思う以外, 思えばこそ, 思ったのに, 思ったら大変, 思った由, 思わず, 思われたがって, 思われるその, 思われる彗星一号艇, 急流に, 恐しくなる, 恰好が, 悲しみが, 意識し, 感じられるのに, 感激の, 我意を, 戸外から, 手拭を, 折よく, 按摩は, 推断した, 敗戦の, 数負は, 断言せざる, 新聞などに, 日常見馴れ, 日頃否定も, 明日も, 春子は, 時々大きな, 時に依っ, 暖かい煙, 曇った灰色, 書生に, 月丸が, 木原さんが, 本当に面白い, 村長やらない, 東洋相互銀行, 果してこの, 果たして一両日, 枳園は, 根岸の, 案外先方, 森と, 槇氏は, 次々に, 次第に意識, 正直で, 歳の, 段々, 毎年の, 気がついてからは, 気息が, 水道の, 決してしない, 河村さんが, 泰親は, 浩には, 海底超人の, 深夜とて, 温度に, 準之助氏が, 潜航艇が, 烏が, 煙草を, 父さんが, 牡牛は, 犬も, 猿が, 玉は, 環は, 田名部が, 申しましょうか, 申す程度, 画像も, 疑われても, 病院くさい, 白い防暑服, 百貨店で, 盛装した, 盲法師は, 直ると, 真四角な, 眠気が, 矢崎舎人が, 知った与吉, 知り奥山, 破墻, 神すなわち, 私を, 称せられる国, 突き倒され蹈, 突然ガタッ, 突然彼女, 突然裾, 窮屈で, 笑いました, 答えられる範囲, 糸枠を, 素朴な, 組合運動を, 維盛卿の, 美しい流れ, 翌年の, 考えたらしくかの, 考えられるのに, 考えるもの, 聞いたら何, 聞かされると, 聞き思い出, 聴いたらどんな, 肺が, 脇門が, 膀胱が, 自分にも, 自覚した, 船長も, 芭蕉の, 若いほう, 苦しいだろう, 茶釜の, 萩乃は, 蒼くなり, 藤ダナの, 蜘蛛好きな, 街角の, 裏土蔵の, 西王母を, 見えとんでも, 見え三味線, 見え私, 見せながら, 見るとき, 見極めた程, 親しい休まった, 解すべきであろう, 言いたいの, 言うたが, 言う奴, 言ったくせ, 言った庫裡, 言われたついで, 訪問者は, 話すの, 誠一は, 誰かに, 謂っても, 豊吉は, 貴子が, 赤木桁平が, 足音が, 身体は, 車窓の, 近くにあたって, 追いたてられるよう, 透通ってでも, 遂に打ち合い, 違いゴルフ, 遥かの, 酔いざめの, 野崎は, 金助の, 銀杏返, 長じ, 門検め, 間もなく反対, 間もなく襖, 闇は, 陰気くさくっ, 隣り村, 難じた, 電柱に, 靈岸島湊町に, 面白い, 順吉は, 頼長は, 飄然と, 飯場の, 駒ヶ岳から, 高を, 魔術が, 鷹が, 黒子は

▼ いるよう~ (17884, 5.0%)

1102 な気 638542 なもの 538 である 535 に見える 469 です 457 であった 439 に見えた 358 だった 341 に思われる 251 だが 237 に思われた 199 でした 174 なこと 173 な感じ 146 な気持 142136 でも 119 ですが 113 であるが 110 に思う 109 なところ 107 に思われ 106 では 100 な様子 94 なの, に思えた 8983 に見え 71 であったが 68 な心持 66 な人 63 だから, な顔, に私 61 だったが 58 でしたが, に見えます 54 な声, に感じられた 53 に思った 52 になった 50 な気持ち, に見えました 49 な恰好 48 な音 47 ですね 46 に思っ 45 にも見える 44 な風 43 に思われます 42 な心地 41 であります, ですから, なふう, な事, に感じた 40 にみえた, に思え 38 だね, にも思われる 37 な形, に思える 36 にも見えた 35 でもあった 3433 だと, にみえる 32 にし 31 でございます 30 な場合, にその 29 だな 28 す, な調子, に感じられる 27 なその, なもん, なわけ, な時, に彼 26 なお, なので, な姿 25 な気もち, な男, な表情, にこの, に思われました, に見せかけ 24 な女, な状態 23 だし, な心もち, な次第, な眼, にも思われた 22 でありました, ですよ, な人間, に感じ 21 でい, な自分 20 すです, な口ぶり 19 なそんな, なものの, な気配, な錯覚, になっ 18 すでした, なこの, な工合, な態度, な有様, に自分 17 な所, な気分, に思います 16 な不安, な具合, な印象, に感じられ 15 でその, なふり, な口調, な思い 14 じゃない, だよ, なまた, な氣, に聞えた 13 なとき, なん, な場所, な日, な目, な顔つき, にお, に思いました, に感ぜられた 12 だぜ, でそれ, で私, なあんばい, なかっこう, な始末, な者, になる, にも思えた, に見受けられる

11 [14件] すだった, ですし, な人々, な口吻, な奴, な心持ち, な眼つき, におもえた, にそう, にも思われ, にも見え, に感ずる, に聞える, に見られた

10 [11件] じゃ, ですな, で実は, なあの, な不思議, な心, な意味, な生活, にさえ見える, には見えなかった, に見せかけた

9 [12件] だけれど, だけれども, でさえ, ですけれど, な人たち, な人物, な家, にも思える, に思えます, に感じる, に感ぜられる, に聞い

8 [17件] ななんとも, なよう, な口, な変, な夢, な大きな, な彼, な恐怖, な点, な若い, な趣, にさえ見えた, になりました, にみえました, に想像, に考えられる, に聞こえる

7 [31件] じゃが, すでしたが, だけど, だぞ, だわ, でありながら, であるから, でしかも, でしたから, なそういう, なところが, なやつ, な何とも, な作品, な子供, な容子, な社会, な美しい, な訳, にさえ, にしか見えない, にじっと, にそれ, にみえ, にも見えます, に僕, に考える, に見受けられた, に静か, ね, よ

6 [41件] すだ, すである, すと, でご, でございました, でございますが, で足, ないないよう, ないや, なかたち, なこんな, なそれ, なようす, な余裕, な例, な噂, な塩梅, な妙, な彼女, な感, な格好, な気味, な特殊, な観, な言葉, な静か, におもわれた, にきこえる, にさえ思われた, になったら, にぼんやり, にも聞える, にも見えない, にわたし, に命じ, に思い, に眼, に立っ, に考え, に考えられ, に見

5 [67件] じゃありません, じゃな, すなので, であったから, であつ, でありますが, でこれ, でございましたが, ですぜ, で御座います, で自分, なけ, なこころもち, なそして, な一種, な人影, な人達, な体, な光景, な図, な奇妙, な娘, な存在, な容, な時代, な気勢, な父, な物音, な真似, な眸, な眼付, な素振り, な苦し, な話, な返事, な長い, な雰囲気, な顔付, な風情, にいう, にこれ, にした, にする, にそこ, にただ, にだんだん, には見えない, にほとんど, にまた, にも見えました, にも見られた, にも見られる, に云った, に今, に信じ, に光っ, に口, に彼女, に心, に書い, に決して, に聞え, に見せ, に見受けられました, に言っ, に話し, に顔

4 [84件] すだったが, すなの, だの, でお, でしたよ, ですけれども, でまた, で何, で少し, で気味, で気持, なありさ, なかんじが, なきもち, なのどか, なのに, なひどく, なふしぎ, なへん, なもどかし, な一種異様, な世界, な事実, な二人, な国, な大, な奇怪, な寂しい, な小さな, な山, な岡, な幻覚, な微笑, な悲しい, な文学, な明るい, な時期, な町, な私, な種類, な空虚, な笑顔, な節子, な老, な色, な足どり, な部屋, な馬鹿, な魂, にあたり, にあなた, にあの, にいいつけ, におもわれました, におもわれる, にお前, には見えません, にみんな, にもみえる, にも思う, にも思った, にも感じた, にも感じられた, にも聴, にも見えなかった, によく, に一面, に云っ, に人, に動く, に夫人, に平気, に感ぜられ, に日本, に気, に熱く, に目, に私ども, に美しい, に胸, に見受けられます, に見受ける, に言った, に風

3 [158件] すであったが, だからね, だったので, だという, だもの, でありましたが, でいくら, でこの, でございますね, でさもしい, でしょう, ですけど, ですねえ, ですわ, でどうにも, でどうも, でなんとも, でふと, でまことに, で不快, で変, で御座いましたが, で気, で眼, で面白い, なある, ないい, ないろんな, なおそろしい, なそぶり, なだらし, などこ, なへんてこ, なぼんやり, なオモムキ, な不幸, な予感, な事情, な云い方, な位置, な何, な倉地, な光, な冷た, な凄い, な卑屈, な危険, な古い, な呑気, な地点, な大きい, な女性, な姿勢, な寂し, な尊氏, な少女, な巨大, な強烈, な形跡, な御, な心理, な心細, な愉快, な意識, な感銘, な態, な手, な振り, な文面, な日本, な時間, な暗い, な暮し, な東京, な母, な気概, な気色, な深い, な激しい, な物, な甘い, な異様, な癖, な目つき, な空気, な立場, な笑い, な笑い顔, な老人, な落着, な複雑, な親しみ, な連中, な道, な鋭い, な陰鬱, な雲, な静けさ, な顔色, な風景, にいつも, におもえる, におれ, にきこえた, にこちら, にご, にさえみえる, にさえ思われる, にしか思われない, にしずか, にすら思われた, にそんな, にである, にどこ, にな, になさい, になり, にね, にはっきり, には思われない, にまっ黒, にも取れます, にも見えません, にも見られます, にゆっくり, に一人, に世間, に乱れ, に二つ, に人間, に何, に作家, に光る, に努力, に動かない, に取れた, に命令, に大きな, に心掛け, に思えました, に思われない, に感ぜ, に日, に暗示, に空, に第, に老人, に聴, に腕, に茫然, に見つめ, に軽く, に重かっ, に非常, に響いた, に頭, に首, に黙っ

2 [438件] か, じゃございません, じゃねえ, すで, すでありました, すですから, だあの, だおれ, だがね, だげっ, だったから, だったし, だったの, だつた, だなあ, だねと, だのに, だネ, であったし, であの, であるけれども, でいけない, でいや, でおかしい, でこんな, でございますから, でございますよ, でございますわね, でしたけど, でしたけれど, ですからね, ですがね, ですと, ですもの, でそう, でそういう, でそこ, でそれ以上, でとても, でなに, でならない, でふっと, でイヤ, でサイ, で不安, で不愉快, で人, で今日, で伸子, で何かと, で何とも, で却って, で厭, で唯, で声, で妙, で実に, で実際, で容易, で寒, で彼, で心, で極めて, で気もち, で淋しい, で滑稽, で物, で狭い, で考えて, で腰, で自由, で身, で遠い, で雨, なああ, なありさま, ないわば, なおもい, なお話, なかすか, なかんじです, なきわめて, なこういう, なここち, なさびしい, なしだい, なそれでいて, なそれほど, なそれら, なつもり, なて, なとっても, ななんとなく, なひと, なひどい, なひびきを, なぶきみ, なま, なまことに, なまなざし, なまるで, なやさしい, なやり方, なよい, ならば, なれども, なんで, なアンバイ, なフシ, なポーズ, な一人, な一切, な一夜, な三人, な不安定, な不快, な事件, な事態, な京都, な人気, な今, な今日, な伸子, な低い, な作, な使者, な傾き, な傾向, な兄, な兆, な先生, な児, な全く, な処, な分裂, な切な, な切ない, な努力, な単に, な単純, な告白, な味気, な唇, な嘲笑, な土地, な圧迫, な天候, な天才, な奇態, な好奇心, な妄想, な妖しい, な妻, な婦人, な学生, な安心, な完全, な小説, な帽子, な年, な幸福, な幼年時代, な影, な心配, な快感, な怖, な意地, な憐れ, な手つき, な手堅い, な抵抗, な方, な日々, な日常, な日本人, な明, な昔, な昼下がり, な時刻, な晩, な景色, な暇, な朗, な朝, な村, な桃子, な構図, な樹, な歩きかた, な死顔, な母親, な気ぶり, な気位, な気振り, な水, な沈黙, な泣いて, な活気, な滑稽, な潤い, な無気味, な現実, な理解, な生, な生気, な画, な病人, な盛観, な目付, な相手, な眺め, な眼付き, な神経, な空, な空地, な窓, な答え, な簡単, な細い, な結果, な絵, な緊張, な罪, な罪悪感, な美し, な美術館, な羞恥, な考え, な胃の腑, な自信, な臭い, な興味, な艷, な花, な苦しい, な苦しみ, な荒い, な見て, な言い方, な語調, な貌, な質問, な超, な趣き, な身の上, な身ぶり, な辛い, な迅さ, な閑人, な閑静, な陶酔, な雀, な面, な響, な響き, な類, な食卓, な鳴き声, な黄金, な鼻, な鼻声, にあるいは, にいい, にいち, にいろいろ, におもいました, にかれ, にきい, にきわめて, にくちびる, にこういう, にここ, にさえ思う, にさえ思えた, にさえ感じられた, にさえ感じる, にさえ見えました, にしたい, にしっとり, にします, にすぐ, にすっと, にすべて, にすら見えた, にずるずる, にそして, にた, にたのん, にだまっ, にといい残し, にといっ, にとろんと, にと注意, には思えなかった, には思えません, には思われなかった, には見えず, には見えた, には見えませんでした, にへんてこ, にまっすぐ, にまったく, にみうけられる, にみえます, にみせかけた, にむっと, にもまた, にもみえた, にも思えない, にも思われない, にも思われなかった, にも思われました, にも思われます, にも聞かれた, にも聞こえ, にも聞こえます, にも見えませんでした, にキラキラ, にギラギラ, にグラグラ, にソヴェト, にソヴェート, にハッキリ, にピカピカ, にヘーゲル, に一, に一生懸命, に不快, に両手, に云いつけ, に云われました, に云われる, に他, に仰がれた, に体, に体裁, に其処, に内, に冷淡, に出来, に前, に力, に労働者, に又, に取られ, に取る, に取れます, に只, に右手, に合図, に同じ, に吹聴, に咲い, に地面, に声, に大きく, に大した, に天, に女, に妙, に始終, に子供, に子供心, に宗教, に小説, に少し, に川, に当時, に彼ら, に後, に微笑, に思いこん, に思うだろう, に思わせ, に思われるであろう, に恍惚, に想う, に想われる, に愛し, に感じました, に感じられました, に感じるだろう, に感ぜられます, に我, に手, に描い, に文学, に暗い, に此, に死, に殺人, に気味, に注意, に海, に源氏, に無気味, に片手, に眺められた, に知っ, に私達, に空間, に突然, に窓硝子, に笑っ, に素人, に絶えず, に考えた, に考えられた, に聞こえた, に聞こえました, に膝, に自然, に興奮, に舞台, に色, に装い, に見えない, に見えなかった, に見えるだろう, に見えるで, に見えるでしょう, に見せかける, に見せる, に見られました, に見られる, に言いだした, に評判, に話しつづけた, に読まれる, に赤かっ, に身, に身体, に途切れ途切れ, に邪推, に金, に金五郎, に響く, に額

1 [3420件 抜粋] うつむいて, じゃあよっぽど, じゃとても, じゃ其方, じゃ脈, すであった, すですお嬢さん, すでもと, すなど, だからと, だその他, だったらもう少し, だったわ, だとか, だ女, だ長, であったと, でありきり, でありますけれども, であり他, であり知って, であるに, であれ, でいそいで, でうれしかっ, でおれ, でございましょうから, でござる, でさちよ, でしたね, でして, ですけどね, ですなわち, です世界, でそれで, でためらいながら, でどうして, でなん, でひとり, でほか, でやっぱり, でわからないの, でわれわれ門外漢, で一方, で亡くなった義母, で何分, で判らないの, で危険, で垣, で奇怪, で尊氏, で広い, で御座いますね, で息苦しかっ, で憎らしかっ, で手紙, で時々, で林之助, で死ぬこと, で気持ち, で済まない, で現在, で痛々しかっ, で知らないの, で素足, で脅えた, で荘厳, で話して, で連れ, で頗る, で黒吉, なあたり, なあるいは, ないさましい, ないらいら, なおじいさん, なおどろおどろ, なおろか, なかおつき, なかと, なきざ, なぐあいなんだ, なげびた方言, なこもった響き, なざら, なしるし, なそう, なそんな小さな, なたわむれの, なつら, なとり, などんな, なねじれ, なは, なふわふわ, なほんの, なむずかしい, なものサ, なやましい, ならその, なら泊まっても, なわかい, なウットウシイ顔, なガン星, なジグザグコース, なトンマ, なパリ, なボカシ, なロシア, な一分の隙, な一本, な万能, な下宿, な不機嫌, な世中, な丹椿, な亀岡屋, な五十男, な人工妊娠中絶, な仁王様, な仕組み, な伴侶, な低能児, な何となくうっとり, な作者たち, な倨傲, な優れた作者, な光悦, な六三郎, な内的連絡, な凄み, な刑場, な劇團, な勝平, な千鶴子, な博士, な厳粛, な叔母, な句, な叱言, な吸引作用, な和み方, な唯物弁証法, な困ったよう, な土間, な坂, な境地, な変テコ, な大がかり, な大袈裟, な天然, な夫婦関係, な女王, な妙チキリン, な姫君, な子供さん, な守衛, な実感, な宮仕え, な寂寞, な専門的教養, な小文字, な少年, な屋根, な希望, な幻惑, な廊下, な張り, な形容, な役割, な御返事, な心温か, な忍耐力, な怖し, な性情, な恐い, な悠長, な悲しみ, な悽愴, な想い, な愛らしい, な憂鬱感, な戻かしい窮窟さ, な手記, な按配, な散髪, な文壇社会党, な新年, な族旗, な映画, な普通人, な暗号員, な書き方, な朗らか, な未成, な村民, な柔らか, な根本, な極めて, な横着さ, な止めど, な歴史, な殺されたよう, な民間, な気尤め, な気障っぽ, な決断, な洋服姿, な海上, な混沌, な渋い, な湿んだ瞳, な澄んだおとなしい, な烈しい, な無関心, な燕尾服, な片, な物腰, な独立自存, な現状, な生活的, な男たち, な畸形, な痛, な白々し, な目色, な真っ赤, な着物, な矛盾衝突, な碩寿翁, な秀でたひたい, な稚, な窒息, な第, な紙, な細かい, な統計, な繁昌, な習慣, な耳, な脱, な臆病さ, な自負, な芝居気, な苦い, な華美, な落付, な薄い, な藻草, な蝋人形, な行く手, な装置, な見かけ, な観察, な言いよう, な試み, な語気, な調査, な豪放磊落, な賢い, な足取り, な躯, な述懐, な過信, な都市, な重圧, な金魚, な長原吉之助, な陰影, な隙, な離散的, な青い, な非, な音楽家, な頭陀袋, な風琴, な首すじ, な騒ぎ, な高原, な鬱症, な鰈, にあざやか, にありあり, にいいふくめ, にいっしょ, にうす暗い, にうつむい, におさえる, におどる, にお互い, にかならず, にかんじられた, にきみわるく, にぐったり, にこつ, にさえみえた, にさえ自分, にさも, にしか感じなかった, にしか見えませんでした, にしない, にじょうず, にすら思え, にせっせと, にそれぞれ, にぞんざい, にだいたい, につくろった, にで, にときにはわざと, にとの合図, にと一種, にと合図, にと私, にと言含めた, にどの, になつかし, になれなれしい, にはありません, にはみえなかった, には思われぬ, には知っ, には見え, にひっそり, にぴたり, にぶらんと, にぽかんと, にみせなけれ, にみんな気, にもいっ, にもとれる, にもみえれ, にも受取られる, にも思えます, にも感じられ, にも眺められた, にも聞かない, にも見うけます, にも響いた, にゆらめき, にわれさき, にアメリカ土人, にガアガアガアガア, にグングン, にジャーナリズム, にトントン, にバリ島, にビーン, にプロレタリア文学, にマツラウ, にヨハン, に一人一人向き向き, に一定, に一石一石, に一門一族, に三五兵衛, に下げ, に両, に乱胸, に二度, に云い出す, に亡父, に人波, に仰っしゃ, に伏目, に体じゅうガタガタ, に例, に個人, に傾いた, に先生, に全然, に写し取る, に出来る, に前方, に動き, に勧め, に印象, に取られる, に受け答え, に吉本, に吠え続け, に唇, に喰らい付き, に地, に堅く, に外部, に大はしゃぎ, に大袈裟, に天野, に女給, に威張っ, に存じられます, に宝塚歌劇そのもの, に家, に寒冷, に小金, に屈託, に岩, に差図, に平次, に庭, に強烈, に従来現存, に心臓, に思いきり, に思い込ん, に思わせました, に思われるらしい, に息, に意識, に感じます, に感ぜざる, に憂欝, に或, に手拭, に拝せられた, に挨拶, に描け, に教えこむ, に断定的, に日の目, に明り, に昼間, に智慧, に書きたかった, に木片, に柔和, に梢, に楽しい, に横顔, に止めど, に歩い, に残し, に気丈夫, に決める, に法師丸, に浮きうき, に温和, に火, に無機物, に煙山, に爪, に独りぎめ, に現在, に瓦, に申し渡された, に疑われ, に痛かっ, に的矢丸, に真剣, に眸, に矢代, に石子刑事, に社会情勢, に私ら, に空想的, に立て, に簡単, に素早く, に結果, に締めつけられ, に美術それ自体, に聞えるで, に聞こえます, に自ら, に自由営業体, に船むしろ, に苦い, に荒々しい, に蒲団, に血相, に見うけられます, に見えまし, に見えるらしかった, に見せ掛けたかった, に見られない, に見受けた, に覚える, に言, に言うべきであろう, に語られました, に論理的, に赤星, に身動き, に辺り, に逃げる, に運命, に遥か, に重い, に門, に階級人, に電報, に青味, に頬, に頼んだ, に飛沫, に駈け集まっ, に高氏, に麒麟, ねえ

▼ いること~ (14706, 4.1%)

272 である 213 がある 176 だろう 165 を知っ 132131 になる 116 もある 111 を知った 107 であろう 105 でしょう 102 がわかった, だった 101 であった 95 です 79 がわかる 76 もあった 72 を発見 71 がわかりました 6866 に気がついた 65 があった 62 が分った 61 では 60 が多い 59 でも 58 を忘れ 57 は確か 55 は事実 45 がよく, になっ 43 になった, は 39 なの 38 はたしか 37 を知る, を私 36 ができなかった 35 はない 34 が多かっ, だし, であるが, は出来ない 33 はいう, は明らか, は誰, を感じた 32 はできない 31 だから, はその, は何, を, を意味, を感じ, を示す 30 にした 29 が分る, だろうと, でした, は知っ, も事実, を知らない 28 ができない, ができる, に気づいた, を彼, を示し 27 が判った, をよく 26 が出来ない, は出来なかった, を知り 25 だと, は疑い 24 ができた, がわかっ, だが, を思う, を注意 23 が出来た, と思う, にしよう, は注目, を知りました, を話した 22 がわかり, であろうと, に気, は前, は私, よ 21 があります, であります, はよく 20 が出来る, は勿論, を意識 19 が出来なかった, ですから, に気がつく, は自分, を理解, を考え, を話し 18 がその, が彼, が明らか, なん, に気がつい, はこの, も忘れ 17 が必要, は云う, は決して, もありました, もまた, を知らなかった, を自覚 16 がはっきり, が発見, は実に, もあり, も知っ, を感じる, を考える 15 にし, はできなかった, は周知, は彼, やら, をお, をはっきり 14 が判る, だけはたしか, はすでに, は明かである, は間違い, をその, を聞い

13 [12件] ができませんでした, がわかります, であるから, にしました, になります, はこれ, はそれ, はもう, もあります, をこの, を指摘, を証明

12 [12件] が出来ず, が多く, が私, だろうが, であったから, でありました, ですが, に気がつきました, はわかっ, は明白, もその, を語っ

11 [15件] が, がわかるであろう, が不思議, と思います, なので, はいる, は少し, は確実, もあれ, を告げた, を思い出した, を痛感, を自分, を見, を誰

10 [24件] があっ, がありました, がお, がこの, がしばしば, が分かった, が分っ, だけは確か, といえ, にある, になりました, に気がつかない, に気が付いた, に注意, はもちろん, は争われない, は今, は今日, は非常, もよく, を告げ, を少し, を聞いた, を認め

9 [24件] が判明, が知られる, だろうか, であろうが, でございましょう, とその, にする, に注目, の出来る, の証拠, はあなた, はできません, は一つ, は同じ, は否定, は当然, もできない, もわかっ, をすっかり, をみんな, を感ずる, を物語っ, を確め, を述べ

8 [33件] からし, がこれ, ができなくなった, がら, が何, じゃ, であって, でしょうね, ですし, でその, などもあった, に気づく, の一つ, の意味, の方, はお, は人, は全く, は出来ません, は日本, は知らない, も出来ない, も出来なかった, も私, をそのまま, を僕, を忘れる, を思っ, を思った, を悟った, を暗示, を示した, を説明

7 [38件] ができません, がわからない, が出来なくなった, が分かる, が分ります, が知れる, が解った, そのこと, であろうか, でそれ, に気づかなかった, に私, に間違い, はただ, はだれ, はちゃんと, はなかっ, はなん, はほとんど, は疑う, は確, は言う, は言うまでもない, は許されない, も, もない, も確か, も聞いた, をちゃんと, を主張, を何, を告げる, を想像, を承知, を知ったら, を確かめる, を私たち, を認めない

6 [53件] かもしれない, から考え, があり, がだんだん, ができず, がどんなに, がハッキリ, が出来ぬ, が分りました, が判っ, が判りました, が大切, が少し, が想像, が感じられた, が気, が自分, さえある, だけは間違い, であると, とばかり思っ, と思っ, になり, に変り, に気がつかなかった, のよう, はまことに, は争えない, は伸子, は僕, は出来なくなった, は分っ, は明瞭, は最早, は極めて, は面白い, も注目, やその, をいう, をわたし, を人々, を信じ, を否定, を告白, を思い, を思え, を直感, を知らせ, を知らね, を自慢, を見落し, を言っ, を認めた

5 [58件] がございます, ができなくなっ, ができなくなりました, ができました, ができます, ができるだろう, がもう, が一つ, が伸子, が僕, が出来, が好き, が明白, が知れた, さ, であったが, でありましょう, といい, と存じます, と思い, など, になるだろう, になろう, によって初めて, に気づい, に気付いた, はかえって, はどう, はどこ, はないだろう, はまるで, はやがて, はわかる, は世界, は何人, は彼女, は想像, は意味, は殆ど, もあろう, もできず, ももう, もわかった, も少なく, も知らず, をそして, を信ずる, を否む, を吾, を彼女, を思わせた, を看破, を知らなけれ, を確かめ, を確信, を考えた, を聞く, を見る

4 [125件] からも考えられる, があるらしい, がいかにも, がうかがわれる, がここ, がすぐ, ができ, がどんな, がほんとう, がむしろ, が事実, が出来よう, が察せられる, が少なく, が彼女, が感じられ, が感じられる, が第, が見られる, が誰, が非常, じゃない, ぞ, だけで, だね, だろうよ, でこの, ですよ, とそれ, にしましょう, になつ, になるであろう, に安心, に気がつき, に気が付かなかった, に気が付く, に驚嘆, のため, のなか, の出来ない, の多い, はありません, はある, はいた, はかつて, はできる, はほか, はまえ, はまったく, はむずかしい, はもとより, はやはり, はわし, は危険, は否めない, は多く, は実際, は御, は慥か, は既に, は明, は昔, は申す, は知らなかった, は聞い, は自然, は興味, もこの, もそして, もできなかった, もできません, もできる, もわかりました, もわかる, も不思議, も出来ず, も多い, も少ない, も彼女, も忘れた, も想像, も自分, をいっ, をしみじみ, をすぐ, をひそか, をふと, をまったく, をわれわれ, を云っ, を人, を今更, を伸子, を全く, を前, を十分, を察した, を強調, を彼等, を御存じ, を心から, を忘れない, を思い出し, を悟りました, を改めて, を教え, を明らか, を気, を源氏, を皆, を相手, を知らず, を知らせる, を知らねえ, を自ら, を見て取った, を見出した, を見逃し, を見逃す, を認めざる, を認めなけれ, を認めました, を認識, を語る, 第二

3 [236件] かと思います, かも知れない, があまりに, がありあり, があり得る, がいや, がじ, ができなくなり, ができぬ, がない, がなん, がまま, がわかつた, が一般, が出来なくなっ, が出来ます, が出来るだろう, が分り, が判, が厭, が報告, が如何, が度々, が思われ, が悪い, が意味, が既に, が明, が明瞭, が昔, が有る, が注目, が特に, が珍しく, が直ぐ, が確か, が考えられる, が苦痛, が見出される, が解っ, が認められる, そしてこの, だけである, だけです, だけは事実, だけは明らか, だそう, だったが, だったの, だろうから, だろうな, であつ, であるし, であろうから, であろうし, でこれ, でしょうか, でしょうから, でもあった, で十分, で私, とそれから, となり, となる, と同じ, と思われる, と想像, などである, などを話し, なれば, にちがい, になれ, にはならない, には意味, によるの, に一種, に他, に伸子, に何, に原因, に就い, に感心, に於, に気がつかぬ, に気が付い, に気づき, に気づきました, に満足, に相違, に興味, に違い, のできる, の内容, の切な, はいかにも, はいや, はおそらく, はこういう, はここ, はこん, はたいへん, はたしかに, はできぬ, はどうしても, はどんなに, はなかろう, ははっきり, はまず, はまちがい, はもはや, はわかった, はわたくし, はわたし, は一目, は一見, は不思議, は人々, は今さら, は以前, は充分, は出来まい, は分る, は別, は単に, は君, は否み, は大, は女, は好く, は少なく, は忘れ, は慥, は明かだった, は最も, は本当, は正しい, は特に, は百, は私たち, は笹村, は許されなかった, は説明, は諸君, は近所, は遺憾, もあっ, もあり得る, もあるまい, もしばしば, もめずらしく, もわたし, も一応, も亦, も以前, も何, も全然, も分っ, も分った, も前, も明らか, も決して, も知らない, も知らなかった, も確実, をここ, をご存じ, をさえ, をさとりました, をし, をたしかに, をたしかめ, をちっとも, をどう, をはじめて, をまず, をまた, をもう, をも知った, をわすれ, をハッキリ, を不思議, を予想, を全然, を全部, を初めて, を反省, を君, を報じ, を夢, を夫, を察し, を御, を御存知, を思い出さね, を思わせる, を感, を感じない, を感じました, を感じます, を感づい, を承認, を早く, を明, を更に, を書い, を決して, を深く, を無視, を現した, を白状, を看取, を確かめた, を第, を耳, を自白, を見のがす, を観察, を言い, を許された, を許されなかった, を許し, を証拠, を証拠立て, を話しました, を話す, を詳しく, を認めず, を認めます, を認める, を語った, を読者, を身, を遺憾, を非難, を頭, を駒井

2 [637件 抜粋] いること, かと思う, から理解, から生じる, から自分, があきらか, があるでしょう, があれ, があろう, がいけない, がおぼろげ, がかなり, がそっくり, がたしかに, がたびたび, がつまらなく, ができないなら, ができなくなる, ができましょう, ができよう, ができれ, がどうしても, がなかっ, がはなはだ, がほとんど, がまざまざ, がまったく, がやはり, がわからず, がわかりかけた, がわかるだろう, がわかれ, が一目, が不安, が二つ, が今日, が何うに, が信吉, が全く, が出来なくなる, が出来ましょう, が出来ません, が分らない, が判り, が口惜しく, が可, が困難, が夢, が奇妙, が実に, が宮, が容易, が察しられた, が寧ろ, が彼ら, が後, が必ずしも, が意識, が感ぜられる, が敏感, が書い, が最早, が望ましい, が本当は, が正しい, が残念, が気持, が決して, が特色, が痛切, が発覚, が看取, が確め, が確実, が示され, が窺われた, が絶対, が耳, が腑, が記録, が認められるであろう, が語られ, が退屈, さえありました, さえも珍しく, さえ不思議, さえ忘れ, さえ鉄路, しかもそれ, すらすでに, そういうこと, そして彼女, だからね, だけであった, だけは疑い, だけは私, だけわかりました, だったろう, だつた, だという, だの, だろうかと, だろうし, で, であったし, でありそれ, でありまして, でありましょうか, でありますが, でありまた, でいろいろ, でご, でございます, でござろうよ, でしょう私, でつまり, でなければ, でもあっ, でも知れる, で彼, で是, で満足, で誰, ともう, と云ったら, と信じます, と対比, と見, なぞは彼女, などおよそ, などてんで, などであった, などはすっかり, などは全く, などは平気, などまるで, などもある, などを不幸, などを彼, などを知った, などを話した, にされ, にそして, にその, にちっとも, になるでしょう, になん, にはなっ, には少し, には気, にびっくり, にもなる, にも気づかなかった, によってその, に今さら, に全然, に向っ, に外, に対して少し, に就, に心づかない, に想到, に或, に気が付かない, に気づかず, に気付い, に気付かず, に片, に特別, に疑い, に腹, に自分, に苦痛, に退屈, に関係, に飽き, に驚い, に驚かされた, ね, のある, のいかに, のたのし, のできた, のできない, のほう, のよろこび, の不, の事実, の半分, の徴, の明らか, の有力, の相違, の結果, の興味, の苦痛, はあの, はありませんでした, はあるまい, はいい, はいかに, はいずれ, はいろいろ, はかなり, はかの, はきわめて, はこう, はさらに, はし, はしばらく, はすべて, はそう, はそっち, はそのまま, はたとえ, はたれ, はちっとも, はとても, はどちら, はどなた, はどれ, はなに, はならぬ, はなんと, はねえ, はほんとう, はますます, はみな, はみんな, はめったに, はわかりきっ, はわかります, はマチガイ, は一度, は一方, は一日, は一般, は不, は世間, は争えません, は人間, は今日私たち, は今更, は作者, は俺, は僕自身, は内緒, は千頭家, は却って, は古典, は可, は否めなかった, は困難, は堪えられない, は大いに, は大きな, は大変, は如何にも, は容易, は察し, は小説, は山, は幸い, は当り前, は彼ら, は後, は御存じ, は心苦しい, は忘れられ, は敏感, は早くから, は普通, は月, は本当に, は本心, は殆, は江戸以来, は注意, は無い, は無論, は甚だ, は疑うべく, は疑えない, は知ってる, は知らず, は知る, は絶対, は苦痛, は見, は見逃し, は見逃せない, は誠に, は誤り, は読者諸君, は驚く, は驚くべき, ばかりである, もあの, もあるだろう, もいま, もお, もこれ, もずいぶん, もそこ, もそれ, もできなくなった, もとう, もとんと, もなかっ, もやはり, もわかり, もハッキリ, も世間, も争われない, も云え, も人々, も伸子, も出来なくなった, も出来る, も勿論, も否定, も周知, も多かっ, も少なから, も屡, も当然, も思い出した, も打ち明けた, も明瞭, も様々, も気がつかない, も理解, も疑い, も知った, も私たち, も稀, も聞い, も自然, も若い, も見のがす, も親, も話した, やお, やそう, や彼, や自分, よくわかります, をあげ, をあの, をいかにも, をいろいろ, をうすうす, をお松, をお許し, をお話し, をかねて, をご, をさとらなけれ, をしりました, をすこし, をすべて, をたしかめた, をたしかめよう, をたしかめる, をだれ, をつきとめた, をです, をどんな, をなん, をひどく, をほとんど, をまるで, をやっぱり, をよろこばず, をよろこぶ, をわたしたち, をチャン, を一層はっきり, を不快, を不満, を之, を九十郎, を云った, を今や, を今朝, を伝えた, を何より, を信じた, を信じない, を偶然, を先ず, を免れない, を兵馬, を告げました, を命じた, を喜んだ, を報ら, を報告, を多く, を如何, を実行, を実験, を容易, を帆村, を平次, を幸福, を弁解, を当然, を彼ら, を彼自身, を後, を心, を必要, を忘, を忘れた, を思い出しました, を思い出す, を思い合わせる, を思出, を悟られまい, を悟るであろう, を想起, を愛する, を感じさせる, を感じず, を感じないで, を感謝, を我々, を打ち明け, を指示, を描い, を日本, を明瞭, を最初, を有力, を望ん, を朝子, を楽しん, を正三, を正直, を気づい, を気づかない, を気まり, を気附, を無上, を父, を現し, を現す, を申しあげる, を申します, を申し上げます, を疑う, を疑わない, を疑わなかった, を痛切, を直覚, を知, を知ったであろう, を知ったなら, を知らされ, を知らし, を知らすまい, を知らせよう, を知らぬ, を知りませんでした, を知るであろう, を神, を突きとめ, を突き留めた, を米友, を納得, を経験, を考えず, を聞き, を聞きます, を聞き知った, を自分自身, を若君, を裏書き, を見いだした, を見ね, を見ろ, を見出さない, を見出す, を許される, を訴え, を証拠立てる, を話そう, を誇る, を語りました, を説い, を近所, を述べた, を遠慮, を避けた, を隠す, を静か, 久しかった, 第三, 驚くばかり

1 [4681件 抜粋] あたかも千葉, いって, おわかり, かそれ, かと驚いた, からたしか, からみ, からベルリン, から容易, から推せ, から発達, から起る, か欺, があるらしかった, がうつつ, がお前, がきこえました, がこんなに, がじれったく, がそれだけに, がたった, がちっとも, ができなかったであろう, がどうも, がねたましく, がぴったり, がまぶしく, がもどかしく, がわからなくなります, がタクサン, が一同, が一部, が不足, が予知, が伝わっ, が何故か, が俺, が具体的, が出来るでしょう, が分らなくなっ, が前後, が厳密, が哀れ, が大きな, が奏され, が学園, が寒む, が島袋源七君, が当たっ, が怒り, が恥かしく, が感激, が拝, が文学的, が時勢, が本当, が横瀬夜雨君, が毎日, が漠然と, が特徴, が生きがい, が目的どおり適切, が知られた, が科学的, が籠城, が美しく, が能, が苦しく, が見える, が観られるであろう, が言語, が諒解, が迷惑千万, が関心事, が頼り, ぐらいな, この人生, さえいや, さえもはっきり, さえ出来なかったろう, さえ気づかぬらしく, さえ苦痛, しか出来なかった, しばし自分, すなわち歴史, すらもできなかった, すら気づかない, そしておそらくこれからなお, そして彼, その分裂, その無関心さ, それから今一つ, たとえばこの, だけが彼, だけでもっ, だけについ, だけはまさに, だけは争われない, だけは告白, だけは昔, だけは言わなきゃなるまい, だけを告げ, だけを耳, だったもっとも, だとしても, だろうあの, だ侯, であったとしても, であり数ページ, であるでしょうが, であろうあの, であろう何, でございますもの, でしょうねえ, でそれだけ, でない, でみじめ, で一致, で修行僧, で名高い, で容貌, で心持, で昔, で物理学, で空腹, で高等学校教授要目, とが矛盾, として十分, とだれ, とて差, とであろう, とのみ思いこん, とはどっか, とばかりおもっ, とも推測, と中, と信じ, と叔父, と女性, と思い合わせ, と机, と等しく, と色々, ながら子供, なぞにはいっこう, なぞを語り聞かせた, などおかまい, などがそれ, などが特に, などすこしも, などです, などにはあまり, などはいっさい, などはむろん, などは平凡, などまったく, なども不満, などをかいつまん, などを三吉, などを指摘, などを細か, などを話します, など号, など思い合わせます, など考え, なら何, なり前, なんか少し, なんぞも更に, にあわれみ, において民衆, にお気, にこの, にすぐ, について, についてのみ私, についてはハロルド・レーバン氏, についてまじめ, について何等, について本気, について説い, にどんなに, にはあえて, にはなるまい, には全然, には必ずしも, には気づい, には社会的, には間違い, にまちがい, にもなり, にも大きな, にも気づかれた, にも自ら, によってそれ, によっても知られる, によって埴輪, によって我々, によって相当, にわけ, に三造, に今更, に倦, に努め, に向う, に変わりない, に子, に対してヒューマニズム, に対し本間夫人, に平次, に心づき, に思い及べ, に憤慨, に段々, に気がつきませんでした, に気づかしめられる, に気付くだろう, に漸く, に疑問, に素子, に肚, に要らぬ, に赤面, に驚いた, のあらわれる, のそこ, のみであっ, の一番かんじん, の体, の効果, の大, の害, の快楽, の文学, の現れ, の知覚, の苦し, の邪魔, はあなたたち, はあれ, はいつも, はうなずける, はおめでたい, はきっと, はこっち, はさして, はすでによく, はそれぞれ, はたまらなかっ, はできず, はとうてい, はないでしょう, はなる, はばかばかしい, はふじ子さん, はまだ極めて, はもちろんはっきり, はよろしく, はアメリカ, はズドン, はパッカア, はマルクス主義, は一人前以上, は一見矛盾, は不可解, は久しい, は事實, は人様, は今日び珍, は似, は余り, は健康, は先日お話, は兵士達, は出, は分かる, は前もって, は勝家, は即ち, は史書, は君たち, は四十雀, は堪えがたい, は多少, は大体右, は天, は姓名不詳, は定評, は尊敬, は岸本, は平気, は当年思想家, は必定, は恋人小次郎, は情報, は我々人間, は推察, は数学, は新聞, は旧, は時間, は未だに, は森鴎外, は此方, は死んだ, は江崎, は漸く, は父親, は珍, は生活, は町中, は登, は相手, は知らないらしく, は社会不安, は科学者, は素人出身, は老公, は肯定, は至難, は西洋人, は見苦しく, は言葉, は証人, は諸家, は起き, は迷惑, は違いありません, は関門そのもの, は青空, は馬鹿げた, ばかり材料, への気, またその, また子供たち, まですっかり, まで何と, まで見通し, もありましょう, もおよそ, もご, もそ, もちろん論, もどうやら, もひまつぶし, もみんなほんとう, もわたしたちすべて, も一年, も九州, も傍, も冷やか, も判った, も単調, も吾, も大いに, も尽きる, も後悔, も忘れ果てた, も悲しく, も数年前, も昨日, も有った, も混乱, も珍しい, も看逃せない, も知る, も等しく, も職工, も蠣, も解せない, も許されない, も誰, も辛かっ, も面白い, やお母さん, やっぱり日本人離れ, やや暫くすると, やアメリカ, や光背, や宝冠, や檻禁, や石, や血, ゆえやはり, よくわかった, よりも知らぬ, わ周知, をあばきだそう, をいい出した, をいつだった, をおそらく, をお尋ね, をかぞえ立て, をきかせれ, をご用, をさらけ出そう, をしらせたい, をすなわち, をそっと, をためらっ, をつよく, をどうしても, をのこらず, をふしぎ, をまるっきり, をむこう, をもはっきり, をも意味, をも確信, をやった, をよかっ, をわすれない, をクラムさん, をラジオ, を一層, を三吉, を中宮, を云い表わす, を人伝, を仕事, を体験, を余, を信じる, を先生, を分らせよう, を勿論, を卑怯, を叱られました, を告げたかった, を喜んだでしょう, を報せる, を大変不満, を好い, を子どもたち, を安, を密告, を岸本, を度々, を彼流, を心付かず, を忘れやし, を思い出さなく, を思わなけれ, を悟らなけれ, を悲しんだ, を想い見た, を感じだし, を慮っ, を批評, を探り出した, を教えた, を斉彬, を日本中, を昨日世界文学社, を最も, を林之助, を次郎左衛門, を殆ど, を気づく, を浚, を澹山, を物語る, を申し上げ, を盗み知ろう, を矢萩大蔵, を知らせたい, を知られ, を知りません, を知覚, を私達, を笑わざる, を罵倒, を考えね, を聞き込み, を良人, を蔭, を見いだすであろう, を見て取る, を見るなら, を見落すべきで, を覚れ, を言え, を記し, を証, を誇, を認め得ない, を読む, を責めね, を述べる, を酌量, を隆夫, を頭目, を鶴見, 全くそうね, 又この, 大きな都会, 従って林氏亀井氏保田与重郎氏, 或は歴史性ぬき, 死んでからは, 知らなければ

▼ いる~ (11024, 3.1%)

267 これは 236 それは 178 いい 90 それが 68 私は 52 それを 47 これも 44 よい 42 ために 36 それも 34 あれは, これが 32 その中 31 私の 30 これを 29 併し 26 それに, 彼の 23 しかしその 21 彼は 20 しかしそれ, 他の 18 いずれも, その実, それには, 之は 17 それにも, 実際は 16 しかしこの, そんなこと, 自分の 15 昔の 14 人の, 僕は, 日本の 13 ここでは, そこに, それらの, 好い, 昔は 12 さすがに, 以前は, 非常に 11 ここに, 今では, 今日の 10 いいよ, これに, これには, そこは, そのうち, 今の, 今は, 何か, 何を, 是は 9 この頃, これらの, しかしこれ, 事実は, 僕の, 右の, 或る, 本来は, 自分は, 誰も

8 [11件] あとは, ここは, この人, この方, これらは, それよりも, 当時は, 彼が, 彼女は, 此の, 私も

7 [17件] あとの, いいの, この時, これとても, しかし彼, その人, その当時, その頃, それと, ほんとは, まだその, もとは, 女の, 宜い, 彼女が, 心は, 私には

6 [30件] あれで, いいと, ここの, ここまで, この句, これでも, こんなこと, そこを, その外, その大, その後の, その時, それだけ, それらは, どうした, どこか, よく見る, 人間の, 人間は, 今日は, 君は, 実際に, 彼らの, 彼らは, 彼女の, 彼等は, 心の, 相手の, 眼は, 私たちは

5 [40件] いずれに, おれは, この二つ, これで, さてその, しかし私, しかもその, そこから, その, そのため, そのほか, その上, その下, その意味, そんなもの, どちらも, ほんとうは, よいと, 上の, 之に, 人が, 今も, 今夜は, 今度の, 全体から, 同時にまた, 多くの, 夜に, 大阪の, 幸いに, 後は, 早いか, 普通の, 武蔵の, 生きて, 相変らず, 相手は, 私が, 自分が, 見たところ

4 [73件] あれが, いいぜ, いまは, ここには, この点, この男, この際, こんなの, すべての, そういうこと, そこでは, そのこと, そのとき, その代り, その先, その声, その実は, その後は, その方, その日, それから, それでもなお, それでもまだ, そんなの, ちょいと, ともかくも, どれも, ほかに, ほかの, もしこれ, ようだった, わしは, わたしの, わたしは, われわれの, 上に, 下の, 中には, 以前の, 何かの, 俺の, 俺は, 僕には, 先生は, 前の, 吾, 多くは, 奥の, 女が, 実はその, 容易に, 当時の, 彼も, 彼自身の, 彼自身は, 後に, 日本では, 明らかに, 最後に, 本当の, 根が, 流石に, 為に, 現代の, 現実の, 確かに, 空は, 立派な, 胸の, 自分で, 花は, 話の, 金が

3 [154件] あいつは, あの男, あれも, あれを, いい俺, おれの, お前の, お前は, かれら, きょうは, ここにも, ここへ, こちらは, この, このこと, このへん, この中, この事実, この地, この場合, この大, この家, この本, この辺, これこそ, これさえ, これでは, ごときもの, ごとくに, しかしそう, しかし彼ら, しっかりした, しまいには, そうする, そうすれ, そうで, そこには, そこの, そこへ, そこも, そしてそれ, そのあいだ, そのころ, そのなか, そのよう, その他の, その前, その奥, その男, その眼, その色, その色彩, その間にも, その顔, それかと, それから先, それさえ, それで, それとても, それなら, それに対する, ためか, ためであった, ためであろう, どうもこの, どこかに, どこの, ほんとうに, まぎれも, まだ一度, もしそれ, もとの, ものは, やがては, よかろう, わたしが, ビクターの, 一人で, 一方には, 一種の, 一般に, 上から, 世の中の, 世間の, 中に, 中にも, 二人は, 今から, 今年は, 今度は, 他は, 他人の, 何の, 作者は, 全くの, 其は, 内実は, 内容は, 前に, 前にも, 去年の, 古くは, 同じよう, 周囲の, 問題は, 声が, 夜は, 大部分, 天皇の, 女には, 女は, 如きは, 如何に, 娘の, 子供は, 実の, 実はそう, 実言う, 実際には, 家に, 屋根の, 弟の, 彼と, 彼れ, 彼等の, 我々は, 故である, 故にそれ, 明治の, 是も, 最初の, 村の, 武蔵は, 母の, 氏の, 決してそんな, 沖縄の, 然しそれ, 父親が, 現在の, 皆が, 眼を, 秀吉の, 私達の, 第二, 結局は, 脚が, 膝の, 自然の, 見て, 身に, 雲の, 顎は, 風が

2 [442件] ああいう, あとで, あのお, あのよう, あの人, あの頃, あまりに土地勘, あるいはこれ, あるいはそう, あれこそ, いいか, いいさ, いいじゃ, いいや, いい今, いざと, いったいなに, いったい何, いまに, うぬ, おれには, お前には, お松には, お粥, お綱, お蝶, お酒, お雪ちゃんは, かくの, かつては, かような, かりそめ, こういう方面, こうし, ここで, ここでも, このごろでは, このとおり, このよう, この名, この国, この奇妙, この物語, この異様, この種, この解釈, この語, この説, この金額, これだけ, これだけの, これとて, これなどは, これについては, これにも, これによって, こればかりは, これまで, これ等の, こんな時, ごとし, ささやんには, さればと, しかしあの, しかしおそらく, しかしどうも, しかし君, しかし太陽, しかし建物, しかし考え, しかもなお, しばらく見, じつの, じつは何, すぐに, そういうの, そういう中, そこが, そこで, そしてその, そちらの, そのあと, そのままで, そのスキ, その一つ, その一方, その三分の一, その事, その二つ, その人間, その他に, その全体, その内容, その原作, その原因, その友達, その多く, その実質, その度毎, その弟, その当時発行, その心, その数, その文, その方法, その時分, その本人, その枕許, その歌, その水, その点, その研究, その窓, その胸, その花, その表情, その話, その趣味, その辺, その頭, その風, それから東, それぐらいの, それだ, それだけは, それではあまり, それでもやはり, それでも嫉妬, それでも年, それでも気, それまでの, それより, それらが, それ以前に, それ等の, それ等は, そんな場合, たいしたこと, ただの, ただ自分ら, ためで, だれの, ちょうどこの, とにかくに, どういうもの, どういう訳, どうかし, どうも, どうもこれ, どうもそういう, どうもその, どうもそれ, どうも巧, どう考え, どこに, どこへ, どっちが, どの店, なおその, なかなか思う, なぜこの, なにも, なにを, なんでも, なんといっ, なんの, はじめは, ひどい昂奮, ほんとうの, ぼくは, まさにその, またそれ, まだこの, まだ人間, まだ大変綺麗, まだ戦争, まだ見た, ままに, むかしの, むしろ兄さん, もうこの, もう一つ, もう一人, もしあの, もっと人間, やはりこの, よいという, ように, よく考え, わからない, わしの, わたくしの, わたしも, われわれは, オリヴィエも, コロムビアの, パッカリ, ホテルの, モトデを, 一人の, 一体どんな, 一体何, 一方の, 一様に, 一般の, 丁度その, 三人とも, 上流の, 上野介の, 下に, 下へ, 不動の, 不思議な, 両側の, 中らない, 主人が, 主人の, 之と, 九州の, 乾山は, 事件や, 事実その, 二つの, 二人とも, 二十三とは, 二度目に, 五郎は, 人も, 人を, 人間が, 人間として, 人麿の, 今でも, 今まで, 今までに, 今宵の, 今日では, 他に, 体力微弱である, 何う, 何でも, 何と, 何も, 何れも, 何んだ, 何んで, 何んの, 何分にも, 何故に, 作者の, 俺が, 僕も, 元は, 元気に, 先の, 先生が, 兎に, 全くあの, 全くその, 全体としては, 兵馬は, 処が, 出版してやろう, 別の, 前述の, 割合に, 半分は, 単に過労, 却, 口の, 口は, 口元に, 可い, 右に, 君の, 君も, 君を, 味は, 味方の, 命は, 問題の, 困ったこと, 土地の, 境内はさのみ, 変に, 外の, 外は, 多分これ, 大きさ, 大体は, 夫は, 女に, 女の子は, 如くに, 妙に, 姿は, 娘と, 娘は, 子供の, 実にその, 実はそれ, 実は其の, 実は出来る, 実感としては, 実際の, 家康は, 少しでも, 少しは, 少しばかり, 少しも, 山に, 左の, 己が, 店に, 庭の, 引緊った, 当って, 当人は, 形は, 彼女も, 後には, 後の, 後者は, 心にも, 必ずしもそうで, 慥かに, 我々の, 手に, 手を, 持って, 故にこそ, 故にまさしく, 教えて, 敵の, 斜面の, 日が, 日に, 日本で, 日本人の, 明治に, 是などは, 是等は, 昼間は, 時と, 時による, 晩に, 最後の, 本人の, 本人は, 本質的には, 東から, 東の, 果して, 栄子の, 植物の, 樹の, 此処では, 母は, 毫もわからない, 水が, 江戸の, 活, 温泉場に, 湯屋は, 火星の, 炉の, 為である, 無理な, 爺さんの, 特別の, 犬の, 現在では, 男は, 皆この, 皮膚の, 目は, 目黒も, 真実は, 眼だけは, 眼に, 眼の, 知らないところ, 穴の, 第一場, 米友は, 精神の, 精神は, 純粋の, 絵画や, 考えて, 而も, 耳も, 耳を, 肚では, 肝腎な, 肩も, 背も, 腰から, 腹の中は, 自分には, 自分も, 色白の, 蓋は, 蕪村は, 角の, 言葉の, 言葉は, 語の, 読者は, 誰か, 誰が, 警視庁からは, 警視庁の, 貂蝉の, 質は, 超現実的, 足は, 身体の, 身長は, 近づいて, 近所の, 道具という, 違う, 鎌倉時代には, 関の, 降れども, 階下の, 雪は, 青木は, 頬が, 頬の, 頭だけが, 頭の, 頭は, 顔には, 顔を, 顔色は, 風は, 首筋に, 馬も, 鯉は, 黄金の

1 [6878件 抜粋] ああ毎晩, あたかも全体, あのあたり, あの厳しい, あの皇子, あまり樹木, あるとき僕, あれほど, あんな話, いい事務所, いかにもやせ衰え, いくら驚い, いちは, いつぞや叡山, いつも刺々しい, いまだに一つ, いやに, いわゆる谷七郷, ええぞ, おそらく四十, おめ, お上で, お前に, お手伝いさんも, お百姓さん, お露, かつてここ, かりに夫, きみは, ぐっすり寝込ん, げほう狐つかい, こういう称呼, こうまでの, こっちの, このごろ時折往来を, このヤマスゲ, この二支流, この作, この前, この商売, この小屋敷, この想像説, この時間, この法隆寺問題, この現象, この節, この著者, この貨色, この際彼, これから後, これについて, これ以外の, こんな物, こん夜の, ごとくなるも, さっそく何とかしたら, さて容易, さもなければ毒, しかしあわただしく, しかしそれにしても割合, しかしもしも, しかし一行, しかし作者, しかし園圃, しかし徹底, しかし本尊, しかし現在, しかし自分自身, しかし連句, しかも其, しとやかな, じつはそうで, すくなくとも純粋, すっかり人間嫌い, ずっとあと, そういうわけ, そういう気味, そうした矛盾, そうは, そこまで, そして雪ひとつ, そのおも, そのため青年将校, そのむこう, その一方米, その世間, その二月号, その何人, その内二億五千万円, その勤番, その各, その地理的位置, その天文台, その安全, その川原, その張飛, その後応仁の, その感動, その文字, その本, その正しい, その海, その狭い, その目標, その神社, その筆跡, その耳, その若い, その解釈, その起こり, その重量, その間の, その面積, その鼻すじ, それくらいの, それでいて生き生き, それでもいま, それでもね, それでも多少, それでも横, それで何, それにしても比目魚, それもしか, それ以後の, そんな事, そんな漢字, たいへんな, ただ, ただ小利口, たとい自覚, たべて, たれの, だれか, ちとお前, ちょっと西, つまり探偵, とうてい妙椿, とにかくこの, ともあれ甲斐, どうか分らん, どうしても未だ彼等, どうであったろう, どうもそれでは, どうも恐ろしい, どこかで, どのぐらいの, どんな機会, なお云い足すなら, なかでも奇抜, なかなか手, なかんずく魚, なにしろ欧州, なるほどそれ, なんとし, のっけから, ひとたび武蔵, ひょッ, ほかは, ほんとうだ, まあ念晴, まさに彼, また一方他, また時に, まだそれぞれ委員, まだ二十七歳, まだ大分, まだ政府, まだ漢朝, まだ落ちねえ, まなこは, まるで雲, みんなそうだ, むしろ太子自身, もうすっかり癒, もう少し理解, もう白人, もし一頭, もし租税, もっと根本的, もともと馬, もはや劇場, やがて蒋介石ら, やっぱり本当, やはり一つ穴, やはり相応, ゆえにこの, よいぞ, よくよく見る, よほどむつかしい, わが古代, わざと剥がした, われらの, アリストテレースの, エラリイ・クヰーンも, カンジン・カナメの, コイツも, シキセは, スタインは, タヌキの, ツナルが, ドイツ語や, ハカマが, ヒマラヤは, フリートマンほどの, ペンダア君は, マルクス主義による, モルトケとしては, リン病バイ毒の, 一たいここは, 一二合火花を, 一八四三年白耳義の, 一層規則的, 一方に, 一歩そとへ, 一義二義わざと, 七年前は, 三味線を, 三軒とも, 上総介広常も, 不快千万な, 世間は, 並は, 中性子は, 丸木は, 主婦が, 乙の, 事が, 二つは, 二階には, 井伏さんが, 人口比率で, 人間そのものは, 今なお, 今五郎は, 今度新しく, 今朝に, 仏像においては, 他方では, 以来忙日つづき, 伊達などと, 似たり, 何しろ筋, 何より四人, 何故か京都, 例えば農村, 信州側は, 倫理の, 僕が, 元々これ, 元来哲学, 充分に, 先程よりも, 全くキキワケ, 全然人間, 公平に, 兵学の, 其北の, 其頃の, 内心には, 写し得て, 出世前の, 刃先の, 判りませんよ, 別段それ, 前後左右に, 劇中の, 動物たちは, 勿論美事, 十二時間働い, 午後じ, 単なるボスウェリズム, 印度と, 原田は, 又その, 取りに, 古くあった, 可愛らしさ, 各断面, 同じ神, 同時に手段, 名前などは, 君行っ, 呼出状や, 品位は, 商売は, 器量の, 困ったやつ, 圓馬は, 地平より, 垢の, 塩からく, 声は, 夕暮に, 外診, 夜来の, 大きな雪片, 大体において, 大屋は, 大邸宅地帯, 天平の, 太平洋沿岸の, 奈良朝においては, 女子には, 如くナポレオン, 妹には, 娘らしく, 子供に, 学校生活から, 官房長殿に, 実はここ, 実は事ごと, 実は大, 実は番頭, 実は関白家, 実質から, 客観的弁証法も, 家庭だったら, 寅吉は, 寺の, 小さなヤマメ, 小股の, 少しの, 少し飽きた, 就中洋服屋と, 山名の, 岩本地先は, 差配に, 常の, 年は, 広介と, 庭が, 弟は, 当の暴行者, 形態だけは, 彼女らは, 待遇は, 後者の, 復路には, 必ずしもそうでない, 忍術の, 思うて, 恋を, 恐ろしさ, 惜しい事, 愛くるしい女の子, 態度から, 我々多くの, 或所, 戸籍の, 手習いの, 折角これ, 按ずるに, 操作は, 故にそこ, 故に応用, 故に逃亡, 数週間両親の, 文学的には, 斯うし, 既に与えられた, 日本における, 日本橋区内の, 早いかばっ, 明治三十年の, 昔物盗り, 是が, 時には力, 時折瞼を, 暫時城外の, 更に路線, 最初は, 月代を, 朝倉先生の, 未だ喪, 本年の, 本当は安宅真一, 本館とだけ, 条件は, 東宮の, 果してそんな, 枠で, 根本は, 森の, 横浜の, 次第にそれ, 歓楽に, 正直を, 此間被告を, 歩を, 殊に便利, 母宮は, 民衆論が, 水夫二三人掛りで, 永遠に, 池には, 決して平氏一門, 河豚料理に, 泥は, 派手っぽい, 海抜一万六千尺という, 混じた土, 温泉では, 滅多には, 火光に, 為何ら, 無用な, 然し恋し, 熱狂しきっ, 片手落ちは, 特に, 特殊な, 狷介不羈世を, 玉汗と, 理を, 生命と, 田舎の, 男爵には, 畠作農業が, 病状は, 登山に, 百済観音には, 目に, 相当の, 真物じゃあ, 瞳が, 石像の, 礼とは, 神も, 禅のぜの, 私と, 科学的の, 窓の, 第一篇, 米の, 紅車は, 紛れも, 経営上の, 結局それも, 綺麗な, 美しいことば, 翌年この, 耳に, 職業的平板さの, 背丈けは, 脇腹には, 腹の中の, 自殺せん, 舞台の, 色だけは, 苗字は, 若し今度, 草は, 葉子は, 藤波金三郎という, 蜘蛛には, 衛生の, 表門は, 裏側の, 要するに勢力範囲, 見たところ左, 見渡すところ, 観念の, 言語道断の, 詞は, 語調や, 読者の, 諸算書, 貞盛の, 買手を, 越前の, 足首から, 身分は, 轆轤場に, 近代文明によって, 迦留陀夷の, 連鎖店では, 道庵の, 遠くでは, 邸内は, 釈迦如来の, 野崎は, 金銭の, 録音の, 長唄も, 間どり, 阪を, 陶工の, 雑沓は, 電話を, 非常な, 音羽護国寺前から, 頭脳は, 風炉と, 食物には, 馬車屋は, 骨肉には, 高山も, 魅力の, 鵜の, 黄金色の

▼ いる~ (9820, 2.8%)

22291128 です 593 だから 576 だよ 402 ですよ 370 じゃない 283 だろう 260 だが 238 ですか 209 だね 196 ですから 163 ですが 150 でしょう 136 ですもの 135 だな 127 だと 121 だぜ 117 だもの 113 だからね 96 ですね 81 だぞ, ですからね 72 だそう 67 だか 55 だわ 51 だからな 50 じゃありません, じゃねえ, ですって 49 だがね 48 ですがね 43 だけれど 40 では 33 ですわ 31 だろうと 30 だって 29 だし 28 ですぜ 27 ですの 26 だろうか, でしょうね 25 ですけれど 24 だけど 23 でございます, ですけど 20 でね 19 だろうね 18 じゃないでしょう, だという, でしょうか, ですかい 17 でございますよ 16 だッ 14 ですな 11 じゃ, だえ, だなと, だろうな 9 じや, だなあ, でしょうよ 8 じゃあない, じゃないです, だけれども, でしょ, ですのよ 7 じゃないだろう, だその, だそれ, だねえ, でございますが, ですかよ, ですし

6 [14件] じゃあるまい, じゃなく, じゃア, じゃ無い, だってね, だろうが, でございますから, でしょうな, ですかね, ですからな, ですからねえ, ですと, ですとさ, でも

5 [12件] じゃございません, じゃァねえか, だからと, だからなあ, だこの, だってよ, だよと, だろうから, だろうなあ, でござんす, でしょうが, ですってね

4 [11件] か, じゃあねえか, だあ, だからねえ, だがな, だそんな, だとか, だろ, だろうよ, ですけれども, ですぞ

3 [31件] かね, じゃござんせん, じゃなかろう, じゃなくっ, じゃねえです, だお, だお前, だっていう, だとさ, だとは, だもん, だよう, だよく, だろうに, だろうねえ, だわね, だ何, である, でございましょう, でしょうから, でしょうけど, でしょうねえ, ですけれどね, ですつて, ですなあ, ですねえ, ですッ, でなかろうか, でねえか, なら, なら私

2 [63件] じゃあある, じゃが, じゃごわせん, じゃぞ, じゃなかった, じゃね, じゃねえや, だあの, だからさ, だからの, だきみ, だけれどね, だこっち, だこれ, だこんな, ださっき, だぞと, だっ, だっけ, だった, だったら僕, だつて, だとよ, だどうも, だのに, だまた, だろうからな, だろうぐらいに, だろうという, だろうとは, だろうッ, だろと, だア, だナ, だ世間, だ今, だ僕, だ君, だ安心, だ少し, だ早く, だ誰, であります, でございまして, でございますか, でございますからね, でございますわ, でしょうかね, でしょうどうせ, ですえ, ですかと, ですかな, ですかねえ, ですがねえ, ですしね, ですのね, ですよと, です人嫌い, でないか, でなくて, ならそれ, なら僕, や

1 [391件] かな, かねつまり, かも知れない, じあ, じゃあ, じゃあありません, じゃあどうにも, じゃあなかっ, じゃあねえ, じゃありますまい, じゃあ何, じゃあ為, じゃいい, じゃお前, じゃから, じゃがその, じゃがそれでも, じゃけに, じゃござんすまい, じゃごぜえませんかね, じゃせいぜい, じゃたまらない, じゃだめ, じゃと, じゃどうせ, じゃなし, じゃねえやい, じゃもの, じゃよ, じゃろくな, じゃァない, じゃ仕方, じゃ割, じゃ実際, じゃ少し, じゃ怪我, じゃ本当, じゃ決して, じやあ, だああ, だあいつおれ, だあたし, だあな, だあに, だあれ, だいい, だいい加減, だいま, だいま夢, だいや, だええ, だおい, だおばさま, だおれ, だお産, だかは, だからねと, だからネ, だがなあ, だきっと, だくろ, だけどな, だけどね, だけどねえ, だこいつ, だここ, だこたえられねえや, だこれ以上なに, だしね, だぜと, だそいつ, だそういう, だそうですね, だそっと, だそれから, だそれなのに, だたとえば, だたァ, だだから, だだが, だちけが, だちけど, だちょい, だちょっと, だちアん, だっけな, だったかな, だったが, だったっけか, だったな, だったなあ, だったね, だったらいい, だったらこの, だったらだれ, だったらちょっと, だったらとんだ, だったらどう, だったらぼく, だったら今, だったら子供みたい, だったら後で, だったら心臓, だったら目, だったら高角砲, だったろう, だっていっ, だっていったん, だってお尋ね, だってきい, だってそう, だってねえ, だってね世間, だってネ親分, だって云います, だって何, だって可哀相, だって町, だって見ない, だって言いふらし, だって言います, だって軍医, だって軍医長, だついで, だつまり, だてめえたち, だで, だといった, だとかく, だとでも, だとど, だとな, だとね, だとも, だなっ, だなという, だなにか, だなん, だなんて, だになあ, だねえあの, だねえか, だねと, だねエ, だの, だばかばかしい, だばかめ, だべよ, だまあ, だまじめ, だまったく当然, だまぬがれること, だも, だやい, だらう, だろうあの, だろういちいち, だろうかと, だろうかね, だろうからね, だろうさ, だろうしっし, だろうそいつ, だろうそいで, だろうその, だろうただ, だろうって, だろうといった, だろうのに, だろうはやく, だろうほって, だろうみんな, だろうナ, だろうナア, だろうネー, だろうフリーダ, だろう健, だろう僕, だろう妙, だろう帰って, だろう診立て違い, だろう近所, だろう野中, だわねえ, だエ, だゼ, だネ, だネー, だペーピー, だムク, だレール一本, だワ, だ一枚, だ世の中, だ予め, だ云え, だ人, だ今夜, だ今日, だ他, だ仙, だ仙太公, だ伴, だ何よりそう, だ俺, だ先生, だ八, だ区役所, だ十円, だ卑怯, だ口, だ只どうにも, だ右, だ国民, だ地球, だ坑夫, だ女, だ家柄, だ小坊主, だ島, だ己, だ御, だ心配, だ悄気, だ悪く, だ房州, だ日本人, だ曲者, だ栄二, だ死んで, だ気, だ気絶, だ油断, だ深谷, だ済まねえが, だ火事, だ狸爺, だ現に, だ生意気, だ用, だ甲府, だ男, だ知って, だ私, だ等, だ約束, だ自分, だ船, だ芝居, だ若し, だ裸体, だ西川, だ詳しく, だ誘惑, だ貴様, だ赤星君, だ追い返せ, だ野なか, だ錦太郎, でありませんから, であるが, であろうか, でございましてね, でございましょうか, でございましょうな, でございますいくら金, でございますいや, でございますけど, でございますこいつ, でございますそう, でございますそれ, でございますつぶし, でございますとても, でございますどうか, でございますね, でございますの, でございますもの, でございます江戸, でございます甲州, でございます見たもの, でございます長屋, でござんすかい, でござんすよ, でさえ, でしょいつか暇, でしょうあれ, でしょういって, でしょういやねえ, でしょうお, でしょうお客様, でしょうからね, でしょうがね, でしょうけれど, でしょうこんな, でしょうぜひ, でしょうまだ, でしょう七さん, でしょう仕様, でしょう私ン許の, でしょう羨ましい, でしょう見て, でしょたのしむだけ, でしょ意地悪さん, ですあたい, ですあなた, ですいったい, ですかって, ですからなあ, ですからには, ですからネ, ですがと, ですがネ, ですけどね, ですけどもね, ですしかし, ですしらんぷりして, ですそれ, ですそれから, ですそれで, ですそんなに, ですただれては, ですちゃんと, ですってねえ, ですってよ, ですつまるところ, ですとも, ですどうして, ですまるで, ですろくでなしめ, ですわね, ですチョビ安, ですネ, ですポウル, ですヨ, ですワ, です三十五年勤続, です下, です何処, です例えば, です僕, です彼女, です彼等, です流行, です源三郎, です鶴, でないだろうな, でないって, でも死ん, でやして, でやす, でやすよ, ならあぶのう, ならいい, ならいっしょ, ならお, ならすき, ならそういう, ならそして, ならその, ならたいへん, ならつべこべ, ならと, ならともかく, ならば, ならほくの, ならまだ, ならもう, ならわれわれ, ならフランス, なら一日五円, なら一般, なら今, なら何, なら何とか, なら勝手, なら君たち, なら喋りながら, なら四五日, なら夕飯, なら大, なら念, なら来るん, なら構わねえから, なら毎晩, なら浅, なら聞かせて, なら蝋燭, なら買つて, なら起きて, なら近所, やが

▼ いるもの~ (7782, 2.2%)

272 である 236223 では 216 がある 192 ですから 174 だから 165 のよう 124 もある 106 か, です 103 はない 94 なの 92 だと 79 らしい 63 だった 55 が多い 53 だが 50 もあった 45 だという 44 と思われる 43 であるが 42 があった 41 であります, でも 40 があります, であった 39 であること 34 と思っ 33 ですか 32 はなかっ 31 であって, を 28 であるから 27 とみえる, の中 26 は何 25 なん 23 であろう, はその 21 がない, と見える, ならば, もあれ 20 とすれ, と信じ, は, は一人 18 であると, はこの, もありました 17 でなければ, と考え, に相違, はありません 16 と思う, と見え 15 だそう, でございますから, ですが, に他 14 だろうか, であるという, と見, もあります 13 があっ, だよ, と思われた, と見えます, のこと, もない 12 のうち 11 があり, でございます, でその, とみえ, と思われます, と見なけれ, はただ, は一つ 10 が, がありました, が少く, ですよ, と思った, は実は, もあっ 9 が何, といえ, と思い込ん, に外, は皆, もあり

8 [19件] かどう, かね, が今, さえある, だし, であるか, であろうか, でしょう, ですね, でないこと, とばかり思っ, と想像, と私, と考えられる, はそれ, はなん, もなかっ, らしかった, を見

7 [13件] がいる, がその, がなかっ, でした, でしょうか, とする, にちがい, のない, の方, はいつも, はほとんど, はやはり, も少く

6 [26件] がこの, が多かっ, が実は, が少なく, さ, じゃない, だか, だね, だろう, で, でありますから, でこれ, といっ, としたら, と仮定, と思い, に違い, はこれ, は主として, は無い, は私, は誰, もいた, もいる, も少なく, を見る

5 [17件] さえあった, だとばかり, でこの, とお, と同じ, と見る, と認め, なので, ね, のため, のなか, はなく, は人間, は自分, もその, をその, を見た

4 [49件] かい, かその, かそれ, があったら, がありません, があるだろう, があれ, がただ, が何人, が多く, が無数, じゃ, だろうと, であったこと, でありました, であるかという, でそれ, でない, でなくては, とは思われない, とばかり思い込ん, と察せられる, と睨んだ, と見られる, なのに, に, にし, に逆, はあの, はあまり, はあるまい, はことごとく, はそんな, はどういう, はどこ, はなに, は云う, は今, は他, は少い, は少ない, は決して, ばかりで, らしく, らしくあります, をそんな, を何, を持っ, を見れ

3 [87件] かそれとも, がありませんでした, がお, がこれ, がそう, がそんな, がたくさん, がなん, が一人, が三つ, が二つ, が他, が大勢, だからね, だったが, だとでも, だな, だろうかと, であったが, でありそれ, でありますが, でありまた, であり又, であるかを, であるの, である事, である以上, ですからね, ですら, でないという, といわね, としか思われません, として, としてその, とみえます, とも考えられる, とも見えない, と云え, と彼, と思いこん, と思わなけれ, と思われ, と見なし, なること, にちがいありません, にはそれ, には相違, のみで, の内, の大, はありませんでした, はいう, はお, はここ, はごく, はすなわち, はひとり, はまず, はみな, はみんな, は世界, は僅か, は全体, は勿論, は唯, は実に, は手, は普通, は次, は殆, は無かっ, もあるだろう, もかなり, もございます, も多い, らしいが, をすっかり, をなんで, をみな, をアイヌ, を感じ, を感じた, を発見, を知っ, を自分, を読ん, を身

2 [251件] かお, かそして, かただ, かと思われる, かもしれない, から見る, か否, か或いは, がありましたら, があるで, があるでしょう, があるらしい, がいつ, がいない, がすこぶる, がすなわち, がそういう, がそのまま, がそれ, がどうして, がほとんど, がまだ, がやはり, がよく, が一つ, が一度, が二三人, が二人, が今日, が何と, が半分, が単に, が即ち, が外, が大, が必ず, が急, が文学, が最も, が果して, が概ね, が沢山, が自分, が見えました, が見えます, が見たら, が誰, が邪魔, こそ真, じゃあない, ぞ, だけれども, だけをいちおう, だそれ, だったと, だったの, だとも, だなと, だのに, であったから, であったろう, でありまして, でありましょうか, であり従って, であるかも, であるに, であるのに, であるらしい, である限り, であろうと, でございまして, でございますが, でしか, でつまり, でも死んだ, でも食べる, で彼, で彼ら, で普通, で真似, で私, で第, で自分, という, ということ, という意味, とこの, とし, としか思われなかった, としか考えられない, として理解, とすっかり, とその, となし, とのみ思っ, とはどうしても, とは全く, とは決して, とは知らなかった, とは考えられない, とは見えぬ, とは違う, とみる, と云, と云ったら, と云わなけれ, と信ぜられ, と存じます, と思いこんだ, と思います, と思え, と思ったらしく, と推量, と考えた, と考えたい, と考えられ, と考えられた, と考えられね, と自分, と見えた, と見た, と覚悟, と観, と言わね, なぞはない, ならどんな, なら何故, なら彼女, なら必ず, なれば, にすぎない, について, にとっては実に, には全く, にむかっ, に比べる, に目, に相当, に見えた, に過ぎない, のところ, の上, の事, の様, はありますまい, はある, はいよいよ, はいる, はかかる, はございません, はそう, はた, はたくさん, はどちら, はないだろう, はなかなか, はなかろう, はまさしく, はまた, はもう, はもはや, はわずか, はわれわれ, は一定, は世界中, は主, は仕方, は何かと, は何ん, は何一つ, は何時, は例, は僕, は先ず, は別, は同じ, は嘗て, は外, は多い, は大抵, は寧ろ, は少数, は幸福, は彼ら, は彼等, は必ず, は恐らく, は悉く, は数える, は日月星辰, は時間, は正に, は歴史, は殆ど, は殊に, は残らず, は淡い, は珍, は甚だ, は生活, は相当, は知っ, は私達, は空間, は自分一人, は自己, は蟻, ばかりだ, ばかりである, ばかりとは限らない, ほど骨, もあまり, もあろう, もいるだろう, もなく, もまた, も多かっ, も多く, も沢山, も珍, も見える, やら, よ, よりももっと, らしいの, らしかったが, らしく彼, をいま, をお前, をことごとく, をこの, をすべて, をせず, をそのまま, をはっきり, をよく, をわたし, を今, を吾, を思わず, を想像, を感じる, を我々, を指す, を文学, を無理, を私, を落ちつかせよう, を見出す, を起し, 以外に

1 [2485件 抜粋] あの子, あるいは腰, および椋, かいつも, かさも, かしらと瞬間矢代, かということ, かといふ勢, かと今夜, かと思っ, かと考えた, かは一向, かもしれぬ, かも知れなかった, からどれ, から先, から買い集め, か一つ, か地上, か後学, か渡り者みたい, か筆者, か若く, か転, があべこべ, があるなら, がいくら, がいつか学問, がいるなら, がおります, がくすくす, がごく, がすっかり, がちゃんと, がなかなか, がねえ, がふっと, がほんと, がまとも, がみんな不思議そう, がもうたった, がキサマ, がフリント, が一方, が中国, が交っ, が何処, が全然, が其所, が勘, が史的唯物論, が四十三万, が大体, が始終, が小説, が年, が心配, が感じられ, が抜くべからざる, が昔, が期限, が極, が毒薬, が減っ, が無, が片足, が甚だ, が発生, が眼, が紅子, が臣, が見え, が見つからなかった, が足りない, が隠語, が飛んだ, こそそれ, この流し, さローラさん, じゃけれ, すなわち実生活, すわって, そのさわぎ, その物質, ぞ明日, だえ, だけがわかる, だけしか採用, だけに町中, だけを挙げ, だけを選びだし, だただ, だとかいう, だとは, だろうという, だ或, つまりあの, であったという, でありある, でありそうして, でありながら, でありわたしたち, であり全然, であり急, であり第, であるけれども, であるならば, である云々, であろうが, でいつも, でかなり, でこういう, でございますあんた, でござる, ですかい, ですからねえ, です故, でそいつ, でだから, でな, でないのにと, でなかば下宿屋, でなく主体性, でなん, でもあった, でりんご, で一ばん大事, で二つ, で伝六, で停めた, で前者, で吹奏口, で多少なりとも, で少なくとも, で後藤農相, で我が国, で木口, で板橋石, で池中, で無, で現に, で知らるる通り, で素地, で芸術, で西洋, で雁皮, とあまり, という感じ, といえる, といわなけれ, とかだった, とがあっ, とこっちの, としか思えなかった, としか見えません, としてすくい上げ, としてぬかり, としての呼名, としてはリカアドウ, としてマキアヴェリ, として初めて, として恐れる, として残った, として考え, としよう, とても極度, となっ, とのみ安心, とはあの, とはちがい, とはまた, とは別種, とは夢, とは思えなく, とは明白, とは聯想, とは見えなかった, とばかし思っ, とばかり思, とばかり此方, とみ, とみるべきだ, とも思えぬ, とも考えられぬ, とわかれ, と下, と云わね, と伸子, と信じられ, と内容, と勘違い, と同一系統, と夢, と定め, と察し, と役人たち, と思いなさる, と思える, と感違い, と推定, と断念め, と毎日かげぜん, と疑った, と知らされた, と考えなけれ, と聞きおよん, と見なさなけれ, と見られます, と見れ, と解した, と言う, と認めます, と調査, と長く, と顔, なぞも, などの癖, などは抜刀, など自分以外, ならきっと, ならどうぞ, ならひるむこと, ならモウ食気, なら先生, なら決して, なら突き出すおらぬもの, なんかとても, なんだい, にかぎっ, にさえ聞きとれませんでした, にすでに, についてお話し, については, にでも会え, にとってはそれら近代性, にとってヨシ子, にとって翔ぶ, になる, にはこれ, にはちがい, には万事, には今日, には君, には当らず, には注意, には生涯運, には美しい, には逆行的, にぶっつかっ, にむしゃくしゃ, にも容易, によって同じ, にパッ, に云う, に出逢う, に台徳院本殿内, に国土, に対しそれ以外, に対しても先, に対して弱者, に対して見懸, に忠実, に憧れ, に昔, に次, に浮標, に私, に落札, に角, に起こさせた, に過ぎなかった, に限ります, のすべて, のみであろう, の友だち, の純, の観念, の骨組み, はあらかた, はいい, はいじ, はいないだろう, はおそらく, はかなり, はささやか, はすけなかっ, はそういう, はそれでは, はたちまち, はちがいます, はつるべ, はと云え, はどれ, はなくなった, はなんだい, はほんの, はまちがっ, はみな武士, はみんな囚人たち, はむしろ, はやっぱり, はインド人, はジロ, はダイヤモンド, はバカ, はプロレタリア, は一体, は一度, は一種, は丁汝昌, は三日, は下, は不意, は両手, は乳色, は二葉亭四迷, は人, は今や, は何でも, は余程, は倉地, は元気, は共産党, は冬中, は初め, は十余座, は又, は各種, は四人, は土民, は多分, は大体映画芸術, は大衆, は失う, は女, は宗教思想史, は家康, は将士, は少し, は山路愛山さん, は師匠, は幾らか, は彼女, は御座いませぬ, は怒り, は恒河沙, は意味それ自身, は所知者, は拵えよう, は政治, は数, は文明, は旧, は昼間, は有明荘, は東野, は概ね, は武士, は水, は沢山, は活版屋, は深く, は潜伏的, は熊谷, は特に, は現在北海道, は生死, は畳み上げられた, は皆ニッポン, は皆相当, は眼前, は砦, は税, は笑われたく, は純粋, は結局一冊, は義憤, は腰かけ, は若槻, は蒲生賢秀, は薬, は蜀, は西洋, は見る, は親友, は誠に, は赤外線, は迂, は過去, は酒, は頻々, は馬鈴薯澱粉, は鯰, ばかりであった, ばっかしだ, ほどおいしい, ほど怪しい, また人々, もありません, もいれ, もこの, もすけなけれ, もたいがい, もはじめ, もやはり, も二三, も何となく, も取り, も多分, も少し, も彼, も有ります, も注意, も着, も続々, も見えなかった, やいきなり, やらいないもの, やらどこ, やら現在, や幸福, ゆえこれ, よりは低い, よりもずっと, よりも砂底, より何, らしいこと, らしいん, らしくこれ, らしく同感, らしく朝霧, らしく闇, をあっさり, をいっさい, をお互い, をこそ求め, をさしあげます, をぜひ, をだんだん, をつかまなく, をともかく, をぬがされ, をひっくり返し, をぼんやり, をも挙げる, をよろこび, をノロ, を一々, を一式氏, を一見, を中て, を今さら, を何と, を信じ, を六さん, を出た, を列挙, を取りのけさせる, を叩き落し, を唯, を壊すまい, を奪っ, を宿, を引, を彼ら, を思い出せる, を感動, を抑えれ, を指, を探し出す, を描破, を教え, を機械, を殺しかねない, を焼く, を現, を白眼, を知らん, を絶対, を考える, を脱い, を落そう, を見つけ, を見つけます, を見通し, を認めました, を論ずる, を赤条々, を跡, を追い抜く, を選ん, を頂戴, を食堂, 以上である, 凄い死闘, 古いもの, 必ずしも秩序, 故もっと, 楽しんで, 立って

▼ いるので~ (7276, 2.0%)

67 私は 64 彼は 56 それを 50 ござります 34 それが 30 わたしは 20 彼女は 19 それは 18 彼の 17 半七 16 これを, それに, 私の 15 これは, 僕は, 自分の 14 誰も 12 かれは, すぐに 11 これも, どうする 10 そこへ, それも, 今度は 9 ござりましょう, そこから, そのため, 自分は, 非常に 8 わたくしは, 人の, 何か, 何を, 彼も, 私も, 顔は, 驚いて 7 ここに, これが, その上, 他の, 女の, 気に, 顔を

6 [20件] あつた, して, そこを, その中, その顔, びっくりしました, 人相は, 何が, 思うよう, 或る, 普通の, 有名な, 父は, 男の, 私が, 私には, 自分も, 近所の, 雪の, 黙って

5 [26件] お高, ここで, この頃, ござりまする, さすがに, そこに, それと, それには, どこの, どれが, びっくりした, 不思議に, 世間の, 二人は, 人々は, 今この, 今夜も, 今日は, 彼が, 急に, 父の, 男は, 知って, 私たちは, 部屋の, 頭の

4 [50件] あつて, あるならば, いつまでも, この上, さすがの, しよう, そのこと, その夜, その点, その辺, それで, それらの, だれも, なかろう, ほかの, よくは, わたしが, わたしの, わたしも, 二人の, 今は, 今夜の, 今度の, 何も, 俗に, 僕も, 先生は, 外へ, 家の, 少しも, 平気で, 店の, 彼らの, 彼等は, 日が, 最初は, 有った, 林之助は, 気が, 直ぐに, 相手が, 私と, 自然と, 自然に, 行って, 誰だ, 誰でも, 足を, 身を, 長三郎は

3 [101件] あたりは, お米, きょうの, きょうは, この部屋, ござりました, ござろう, じぶん, すべての, せっかくの, その人, その人相, その前, その容貌, その方, その時, その晩, その証拠, その間に, それから, それだけは, そんな事, たまには, どうした, どこに, どこを, なしに, なにも, はじめは, はっきりとは, びっくりし, ぼくも, もうこの, もしかしたら, わたくしも, 一つの, 一種の, 丁寧に, 三人は, 不思議な, 不意に, 両方の, 之は, 人は, 人を, 人間が, 人間の, 今日の, 仕方なし, 伸子の, 何とかし, 何の, 何人も, 傍へ, 分る, 初めは, 前の, 口に, 困って, 土地の, 声は, 外から, 大勢の, 女は, 女房は, 安心し, 容易に, 店は, 彼女を, 従って, 慌てて, 我々の, 我々は, 手が, 手を, 持って, 新子は, 最初の, 本当の, 李は, 母は, 気の, 気を, 水が, 父も, 眼を, 私などは, 窓から, 腰を, 腹が, 自分が, 言葉も, 話が, 話は, 詳しいこと, 誰の, 迂闊に, 銀子も, 飛んで, 驚いた, 驚きました

2 [357件] あいつを, あたしは, あなたと, あのよう, あまり口は, あれは, あわてて, いつも大事, いとど狭い, いままで, いよいよ驚い, うっとりと, おいね, おかしくて, おせい様, おどろいた, おまけに, お互に, お仙は, お倉, お国, お延, お朝, お染, お次は, お熊, お秀, お粂, お蝶, お通, お銀, かつては, かれが, かれの, かれも, かれら, がすよ, がっかりした, こういう場合, こうする, こう云う, ここでは, ここでも, ここの, ここは, こちらの, こっちの, ことによったら, この, このよう, この場合, この点, この訳, この辺, これに, これには, これまた, これらの, これ等の, これ等を, こんどは, こんなこと, こんなところ, さのみ, じっと瞳, すぐその, すぐそれ, すぐには, すこしも気, そういったの, そうしてその, そこが, そこには, そのうち, そのへん, そのままに, そのむこう, その仕送り, その光, その光線, その冷たく鈍い, その声, その姿, その男, その言う, その部屋, その長, その面, そばへ, それの, それ以上の, そんなこと, そんなもの, ただの, ちょいと, ついでに, ともかくも, どうかする, どうにも, どきっと, どこからか, どちらの, どちらも, どんな表情, なかなか立派, なにが, なにを, なんの, はござりませぬ, はっきりは, はっきり分らない, ひと口に, びくとも, びっくりする, ふたりの, ふたりは, ふつうの, ほんとうに, ほんとうの, まあ何とかなるだろう, まだ船宿, ももから, よく分らない, よく見, よけいに, われわれは, ジッと, ジャン, ドアの, ドアを, バスの, ヒョイと, ホテルの, 一同は, 一層その, 一度は, 一日の, 一部の, 三度に, 下からは, 下の, 不安で, 不審に, 世間で, 両者が, 中に, 之を, 二階も, 人が, 人に, 人通りは, 今では, 今の, 今までは, 今夜は, 今日まで, 仕方が, 他に, 伸子は, 佐山君は, 何う, 何かと絶えず生, 何かの, 何かを, 何ごとかと, 何だろう, 何事かと, 何処までも, 何年か, 余計な, 余計に, 作意は, 例の, 俺は, 僕の, 光が, 全体が, 出て, 出られぬ, 出足が, 初めそれとは, 判然しない, 別に生活, 別に驚き, 前後を, 割合に, 匂いを, 十兵衛は, 十分には, 半七ら, 参考の, 口から, 口が, 可笑しくなった, 名高い, 向うでは, 周囲の, 哨兵は, 土堤の, 城太郎は, 堀部君は, 場内の, 声が, 変な, 夏の, 多くの, 夜の, 大事に, 大体に, 大概な, 夫人は, 女たちの, 女中が, 女房の, 如何に, 妙な, 妙子は, 妹の, 学校の, 安心しきっ, 客間で, 家と, 家は, 容貌は, 寒さ, 小林は, 少しでも, 市郎は, 帳場の, 強ち, 当時の, 彼らは, 彼女が, 彼女の, 彼女も, 彼等の, 往来からは, 往来に, 得意に, 御隠, 徳さんは, 心が, 心の, 心配した, 忌な, 忠通は, 怖ろ, 急いで, 恐縮し, 惣八は, 手の, 手も, 捕物帳は, 新吉は, 日さえ, 日に, 昼でも, 昼間は, 時には, 暫く休ん, 有名だった, 朝の, 朝は, 木村は, 村の, 東京の, 栄之, 次の, 次右衛門, 正確な, 正面から, 武蔵は, 母も, 気は, 気持が, 水に, 水の, 氷河は, 池の, 決して私, 滑って, 無理に, 父が, 物の, 現在の, 男も, 男女ともに, 町の, 町内の, 疲れて, 登ること, 目に, 目を, 相手に, 知られて, 確かな, 秀吉の, 私たちの, 私に, 私達は, 秋日散歩の, 空気は, 筆が, 簡単に, 素手だ, 美和子も, 聞いて, 肉付きの, 肉眼では, 自分で, 自分でも, 自分自身の, 自然お, 自由に, 苦しさ, 薄ら寒い秋風, 薬を, 行けば, 街は, 表向きに, 袖の, 西洋画家の, 見て, 見ると, 見覚えが, 覗いて, 許宣の, 話を, 読んで, 謂わば, 警察では, 貞之助は, 賊の, 足が, 足の, 足音は, 身の, 身体の, 車の, 車内は, 近所では, 逃げること, 道を, 適当な, 重太郎は, 銀子は, 長三郎も, 門を, 間に, 陰では, 隣の, 頭も, 顔が, 顔に, 顔の, 風の, 高く見えた

1 [5093件 抜粋] ああし, あくまでおちつい, あたりを, あのくらい, あの方, あるいは名人, いいや, いかようの, いくらでも飲ます, いざという, いっこう姿, いつごろ帰る, いつもほどの, いつも食糧, いま腕に, いよいよ最後, いわば明治, うすきみわるくなっ, うまく櫓, おえいが, おざる, おとうさんも, おのずから目, おもしろく且つ, お前が, お寺にも, お杉ばば, お稽古, お菊, お駒ちゃん, かえって彼, かくし場所, かの, かわりに, きっと助け, ぐったりと, こういう寿歌, こうした微妙, ここだけに, こじき少年が, こっちは, ことわった, このさびしい, この事, この博物館, この実情, この年暮, この晩, この治安維持法, この若者, この長屋, これからあと, これで, こんなにかかった, ござるで, さしたる困難, さてこそ, さらぬだに辷り, しぜん頭, しびれを, じろじろと, すぐ戸口, すこしものんびりと, すずの, すなわち平泉, せがれの, そういう句, そうそうは, そう容易, そこい, そこで軽, そっとし, そのころ, そのまま遊園地, その三つ, その争闘, その修繕, その勢い, その周囲, その大き, その家, その帰り, その復讐, その手, その方法, その根本的, その潮流, その目的, その細長い, その聖書, その行動, その賑, その運命, その間は, その面立ち, それから町方, それではすぐ, それで殊更, それほど駭, それ以外に, そんな力, そんな質問, たがいに, ただ伝令, たといどんな, たまにこうして, だまされっ放し, だんだんに, ちょうど私, ちょっと中年, ちょっと覚え, つい二の足, つかつかと, つめ込み主義が, とうとうみんな, とかく受け, とてもまとも, とにかく過去歴代, どうかし, どうしても不審, どうもも, どこか, どっちへ, どんなドア, なおさらすらりと, なかなかうまく, なかなか興味, ながい道, なるほど街路, なんだか番狂わせ, なんとなくこ, なんらの, はじめから, はっきり見定め, ひさ小包忘れ, ひよつと, ふたりが, ぶっ倒れ, ほっと安心, ほどこうと, まあ珍しい, ますます助け, まず安心, また何, まだ何, まったく山奥, まるで人間, まるで胃腸病院, みな二言も, むかしは, めったに, もうパロヂイ, もう手当て, もしもイギリス, もし田疇, もつと, やがて, やはり何, やり切れないの, よくもまねた, よく滑る, よけいなおせ, よろこんだ豆太郎, わが身に, わるくいう, アメリカ人は, エサを, ガブリエル夫人は, ギョッ, コードの, ステップが, チョット見た, トドの, ハッキリ分りませんでした, パリーの, ファラデーが, ベルリンは, マレー語も, ヨオロッパの, ワラ族の, 一人で, 一向話, 一層晴れやか, 一度に, 一時警視庁は, 一番ぐらい, 一見する, 一足往きかけた, 丁度少し傾斜, 三人の, 三日四日は, 上宮太子の, 下男と, 不平と, 世帯を, 中から, 中尉は, 主婦は, 之に対して, 亀吉も, 事情を, 二列に, 云々と, 五条油小路の, 人, 人気ものだった, 人類から, 今さら洋服, 今夜彼が, 今日までに, 今朝送り出した, 仕事に, 他人の, 仰いで, 休みを, 住民は, 何かと思っ, 何となく不安, 何んだ, 何回の, 何者である, 作法どおり義道は, 供の, 信長が, 側へも, 僕たち男類は, 充分に, 光りと, 入道の, 八風斎は, 其の発覚, 其時間に, 円頂丘には, 冬の, 出直そうかと, 切支丹屋敷の, 判らねえが, 別に地方色, 到底一足, 前川氏は, 加賀藩の, 勘三も, 勿論検事, 十一月ごろから, 千枝太郎は, 半分さめ, 単にそれ, 却って不安, 厳格な, 友代が, 叔母は, 受持なんぞの, 古来の, 可愛がっ, 吃驚する, 同じ話, 名探偵, 君前でも, 呆るる, 和子が, 唯一無, 喜右衛門も, 四圍は, 困るが, 土井利位の, 地獄の, 城介の, 塩気の, 夏を, 多くは, 夜半と, 夥しい山吹色, 大した苦, 大人の, 大変丁寧に, 大方警察署, 天明の, 夫れ, 奉行は, 女中の, 好く眼, 妙了は, 姉弟である, 婦人が, 子を, 孔子としては, 学校へ, 宗匠らしい, 実はこの, 実用上の, 室の, 家庭の, 寄附し, 察したらしくすぐ, 寿子は, 小さな湯たんぽ, 小屋の, 小説としては, 少しは, 少し註解, 少女達も, 尾根の, 山寨へも, 岡田は, 嵯峨にも, 巡査も, 市中繁華の, 帯刀には, 幅という, 平生心から, 年暮の, 幼稚園へ, 広い客席, 度肝を, 弁護士は, 強いて反対, 当分の, 役人たちも, 彼らを, 後には, 従来楠木との, 御新造の, 心細がっ, 念が, 思いきって, 思わず噴きだし, 怪しまれてはと, 恐ろしく仲, 悉く苔, 想像も, 愛しは, 憐みと同情が, 我慢し, 戦死者の, 所謂教化別伝の, 手探りで, 打ち解けると, 抽象的な, 振り仰ぐ, 控えた, 撮影が, 救いを, 敵方の, 新しいの, 方々が, 日本棉は, 早くは, 早速調べ, 明日の, 星あかりで, 是非受取る, 時おりは, 時経て, 晴れたおだやか, 暗うございました, 更に心, 曹新は, 最早寸秒, 服装は, 朝日には, 未だ公衆, 本心は, 村や, 東京からは, 林町からも, 栗栖は, 桓温が, 森垣さんは, 楽器は, 機体に対しては, 歓びが, 此の際鄭を, 歩くこと, 殆ど何, 段々西洋, 母親という, 毎晩誘いあわせ, 氏を, 気味わるく, 水さえ, 江戸よりは, 決して片寄った観, 治六も, 波も, 洋装婦人は, 浅草辺の, 海軍には, 深見氏が, 港町では, 源氏の, 澹山は, 火皿の, 無数の, 焼くよう, 燃焼による, 片手のみを, 特に汲ませる, 狐は, 狼狽て, 玄竜を, 珊瑚に, 現実の, 生かして, 生牛ヶ原, 田を, 町に, 留置場の, 疑いの, 登は, 皆が, 益驚いた, 直ぐ判った, 真っ白な, 眼から, 矢はり一種の, 知識又は, 研究に, 祖母も, 禿頭か, 私まで, 穉拙な, 空地の, 立って, 筆硯多忙と, 納屋から, 終りまでは, 綾子が, 美しい目, 老人と, 耳寄りに, 肉体とは, 肩継人足が, 脇屋殿と, 自ら意志が, 自己は, 自由さが, 舞台の, 良家の, 花嫁の, 若旦那には, 英国に, 菅谷が, 葉子も, 薄気味悪くなり, 藤枝の, 蛙だ, 行ったこと, 表を, 裏へ, 西の, 見えは, 見るかぎり荒涼, 見渡す限り, 視覚的には, 触って, 計画画餅では, 誠に興味, 読者の, 誰れ, 諸将, 警察の, 谷あいは, 貴兄の, 赤頭巾と, 越後勢の, 路は, 躊躇した, 軽々しくは, 迂回する, 近ごろは, 追っかけて, 途中から, 連絡を, 遍路は, 遠いお, 遠目にこそは, 郷里に, 酒を, 重厚なひびき, 金五郎と, 鋭い感じ, 長吉は, 間違えぬよう, 除隊に, 随分楽, 雁には, 難儀し, 雪を, 電車へも, 面白い形, 順々に, 頻繁に, 風化浸蝕作用は, 食事は, 首府の, 驚いたのに, 骨董好きの, 高等学校大学と, 鯉も, 黄疸に

▼ いるという~ (6864, 1.9%)

497 ことを 447 ことは 287 ことが 255 ような 231 のは 149 ことに 115 のである 107 ことだ 102 ことである 93 ことも 89 のが 70 のだ 68 ことです 64 わけで 59 ことであった 57 のです 54 ので 53 ことで 49 ことの 46 ことだった 45 話を 44 のも 43 事を 42 事実を 38 のか 34 事が 32 のであった, 事は, 事実は, 話だ 31 噂が 29 風に 27 んだ, 点に 26 こと, わけです 25 噂を, 点で 24 んです 23 ように, 風な 22 ことだけ 21 ことから, ことな, のであります 20 ことと, ことには 19 感じが 18 事実が 16 のを, わけだ, 気が 15 意味で 14 ことだけは, ところに, ふうに 13 ことや, 事に, 意味の, 話は 12 ことでした, 事だ, 事実に, 噂も, 点を, 話であった 11 のだろう, 事である, 事も, 事実である, 意味では, 訳で 10 こととは, のだった, わけな, わけには, 点である, 風であった 9 ことであります, ことについて, ふうで, わけである, 一つの, 話である 8 ものが, ものだ, 人も, 噂であった, 理由で, 話, 話な

7 [15件] ことまで, そのこと, 事であった, 単純な, 印象を, 噂である, 噂の, 噂は, 方が, 有様です, 次第です, 点が, 言葉が, 話も, 風だった

6 [20件] ありさ, うわさが, ことさえ, ことだけを, ことにも, ふうであった, ふうな, 事実の, 噂だ, 始末, 意味が, 意識が, 意識は, 感じだった, 有様であった, 法が, 法は, 証拠を, 話が, 話です

5 [23件] ことさえも, ことなど, わけさ, わけに, 事実, 人が, 今日の, 場合も, 性質の, 情報が, 感じは, 感じを, 有様である, 点から, 現実を, 考えは, 者も, 自信が, 自信を, 話だった, 趣である, 重大な, 風で

4 [44件] ぐあいであった, ことしかも, ことじゃ, ことそして, ことその, ことなどは, ことにさえ, ことについては, ところから, ところが, ところも, のかね, のでしょう, わけだった, んじゃ, 一種の, 事です, 事と, 事実から, 事実には, 事実も, 以外に, 処に, 噂さえ, 報告が, 始末だった, 意味である, 意味であろう, 意味です, 意味な, 意味を, 感じであった, 有様, 有様で, 現在の, 現実の, 現象が, 理由から, 程度の, 興味ある, 記事が, 評判を, 話じゃ, 話に

3 [80件] うわさを, ことこそ, ことそれを, ことだけが, ことだけで, ことだけでも, ことでなけれ, ことなら, ことによって, ことまた, ことよりも, それだけの, ところを, のであろう, のでございます, のなら, ふうでありました, ふうを, ものも, わけ, わけじゃ, 不思議な, 事, 事じゃ, 事まで, 事実であった, 事実です, 事実にも, 事情が, 事情を, 例は, 便りを, 噂, 噂だった, 場合は, 声が, 奇妙な, 始末です, 彼の, 意味でも, 意識で, 感じである, 感じの, 感銘は, 時に, 有様だ, 有様だった, 有樣, 様子であった, 気持に, 気持を, 点です, 点な, 点において, 点は, 点も, 状態だった, 理由も, 知らせが, 社会的な, 結果に, 結論に, 考えを, 者が, 自覚が, 自覚を, 観念が, 言葉は, 証拠に, 評判だ, 評判だった, 話の, 説が, 説は, 説も, 通知が, 顔つきで, 風が, 風だ, 風説が

2 [196件] いやな, うわさは, うわさも, ことこの, ことしかし, ことすら, ことそれが, ことだって, ことだろう, ことつまり, ことであり, ことでありました, ことでございます, ことでしょう, ことなどが, ことなどを, ことにたいする, ことに対して, ことのみ, ことばかり, ことほど, ことをすら, ことをね, ことをば, ことをも, こと以外では, こと以外に, この男, せいで, そこの, そもそもの, た, のかい, のさ, のでした, のに, のびやかな, のよ, ひとが, ふうだった, ふうである, ものさ, ものは, ようすでした, ようであった, わけか, わけであった, わけでした, わけでしょう, わけにも, わけの, わけは, わけらしかった, ニュースが, 一般的な, 三様の, 事から, 事だけ, 事だけは, 事な, 事には, 事実だけ, 事実で, 事実について, 事情と, 事情に, 事情は, 人と, 人は, 人物だった, 人生の, 人達の, 人間が, 他の, 以上に, 伝説が, 伝説は, 位の, 例が, 例の, 信じられないよう, 信念は, 信念を, 偶然の, 傾向が, 光景である, 光景です, 共通の, 即景, 友之助に, 喫茶店へ, 嘘, 噂さを, 噂じゃ, 噂で, 噂でも, 囁きが, 報知を, 夢の, 女の, 始末だ, 始末で, 始末であった, 実例も, 実感は, 実際の, 工合, 工合です, 幻を, 形だった, 形です, 心の, 心持の, 怪奇な, 情報を, 想像は, 意味から, 意味だ, 意味であっ, 意味での, 意味に, 意見も, 意識から, 感じだ, 態度が, 所から, 所以の, 批評が, 文学の, 新奇な, 日本の, 時だ, 有様でありました, 有様に, 木下は, 条件だ, 条件は, 核心を, 様な, 様子が, 様子である, 気分が, 気持で, 満州国側の, 点にだけ, 特別の, 状態である, 状態な, 状態は, 状態も, 現象も, 理由は, 男で, 確信を, 程で, 程度です, 簡単な, 腹が, 自信は, 自分の, 自覚は, 自身の, 苦しい区別, 見るからに, 観念は, 角度から, 言葉を, 訳さ, 訳じゃ, 訳だ, 訳です, 訳には, 訳の, 証拠だ, 評判が, 評判の, 評判も, 話で, 説なども, 説には, 説を, 調子だった, 調子です, 近所の, 返事で, 錯覚が, 非難は, 頭が, 顔で, 顔付で, 類の, 風でした, 風の, 風聞は, 風評が, 風説も

1 [1537件 抜粋] あいつの, あの南部諸州, ある人, いいかた, いかにも寛濶, いくらか家, いわゆる日本, うわさだった, うわさなぞで, おのぶ, お使いで, お考え, お話であった, かき出し, げに麗らか, こたあ, ことお話したでしょう, ことぐらいは, ことさ, ことすなわち, ことそういう, ことだから, ことだけの, ことであろう, ことでも, ことなぞを, ことについての, ことね, ことはね, ことよ, こと一つだけ, こと丈である, こと今晩中に, こと初耳でしょう, こと実にそう, こと我々の, こと池田氏の, こと私たちの, こと自身も, こと震災以来凡てが, この三人, この家, この根岸, この茂十さん, こまかな, さっきの, さわぎです, しくみであった, しるしである, すごいこと, そういう作家, そういった場所, そのお初, そのしもた屋, その一面, その子細, その意味, その日, その疑惑, それな, たいへんな, ただそれだけ, たちの, ための, だがこれ, つまらない事実, ときに, ところだった, ところです, とのこと, どっしりと, ねたが, のじゃ, のでなくわかっ, のによっても, のやら, はなしだった, はなしを, ひそかな, ふうであっ, ふうにさえ, ふうにも, ほうが, ほかは, ほんの軽い, まことに愧, まったく凄い, まるで戦国時代, もっともふかい, ものです, やつで, ようすだった, ようなき, わけじゃあ, わけね, んでしょう, アンバイである, カフェーへ, ギリシャ系統の, ケプラーの, シェーラーの, スタイル, デモクリトスの, ヌカリの, ブルジョア風な, ミス・サカイスジの, ヤツ子の, ルーマーが, ワケでは, 一事だ, 一事に, 一人の, 一家団欒の, 一点に, 一種厭うべき, 一語に, 一面から, 丈も, 三斎の, 下女の, 不可能状況な, 不平話, 不愉快な, 不自然さを, 世の中に, 世間の, 中村是公の, 主人の, 主張以上の, 予覚が, 事そしてまた, 事だけを, 事については, 事の, 事シカゴに, 事実そのものが, 事実だった, 事実と, 事実ばかりは, 事実をまでも, 事実近代小説の, 事情だ, 事柄が, 事自身が, 二十代の, 二百両は, 亡命ロシア人の, 人です, 人生創造の, 人間の, 仏の, 仕組みに, 以上の, 以上父が, 仮定である, 仮説が, 伝説も, 体裁だった, 作り話を, 作家への, 例に, 俗伝は, 保証は, 信念の, 偶語を, 働き手であった, 儼然たる, 先進国の, 全く特殊, 兵馬を, 具合で, 内々の, 凄惨無慈悲の, 処から, 切実な, 別室へ, 効果を, 動きの, 動作など, 勢いで, 半蔵の, 印象では, 危険も, 原因は, 取沙汰なども, 口ぶりや, 口実を, 古めかしさ, 句が, 可能性が, 吉沢準, 名義で, 呉子, 哀憐の, 噂だけが, 噂と, 四人連れは, 困った敵, 固有名詞を, 国遠い, 地質の, 域を, 報であった, 報らせだ, 報告は, 報知も, 場合が, 場合には, 場合書こう, 塩梅である, 境遇であっ, 変った場合, 変り者であった, 変わり方, 大がかりな, 大どろぼう, 大佐自決覚悟の, 大変に, 大峰の, 大鳥家の, 奇蹟的事実は, 女も, 女医の, 妙な, 始末いや, 始末である, 姿には, 娘も, 婦人は, 嫌疑で, 孤独な, 安政五年正月に, 定説に対して, 実感が, 実証が, 実際には, 宣告と, 家主で, 密告が, 寸法だろう, 寸法な, 将軍家直筆の, 小屋主に, 小者の, 尼寺が, 山間早春の, 工合いに, 工合よ, 差異は, 希望何か, 年々の, 幸福感が, 店は, 引用の, 強い意識, 強弁が, 当然すぎる, 形で, 形では, 形勢と, 形迹を, 彼女は, 得易から, 御縫さん, 徹底した, 心安さ, 心持だけを, 心持を, 心配が, 忠直卿の, 思いこんだ気持, 思いの, 思想家が, 性質から, 怪物です, 恰好で, 悪魔中の, 悲しむべき結果, 情報まで, 惨状な, 想像に, 意味であった, 意味でしょう, 意味のみ, 意外な, 意識からも, 意識などは, 意識を, 感が, 感じから, 感じだけが, 感じ威儀が, 感銘を, 態度であった, 我々の, 手がかりを, 手も, 手紙が, 才媛だ, 投書が, 持主の, 支店も, 敬虔な, 文句を, 新しいの, 方だ, 方を, 日だ, 日日の, 日本人の, 明かな, 春さきの, 時代でありました, 時候でも, 普通の, 暗黙の, 有様が, 有様チチコフは, 本当の, 条件からばかり, 条件を, 柳沢吉保なども, 根本的な, 桂子が, 森へ, 極めて眩惑的, 構図の, 様子だ, 様子を, 次第である, 次第な, 歓びに, 歴然たる罪人, 殿, 毒蛾を, 気の毒な, 気分なり, 気恥しさ, 気持な, 気持も, 気配も, 江東を, 沙汰に, 法則をも, 津山進治郎が, 浜路の, 消息だった, 消極的作用に, 深い確信, 満足は, 源が, 潜水艦にとっては, 点からも, 点だけが, 点においても, 点にまで, 点以外には, 父の, 物質的の, 特色については, 状態が, 状態でさえ, 状態ゆえ脚気で, 猫の, 現代社会の, 現実である, 現状な, 現象である, 現象は, 理由からだけ, 理由によって, 環境と, 甚八の, 生きた藩史, 生理的条件です, 男だ, 男の, 画家, 疑いで, 痛さ, 発表を, 百姓家に, 盛りの, 相手の, 相違は, 矛盾が, 知らせな, 知識は, 確信それだけ, 確信に, 確証を, 社会関係も, 私の, 稀有な, 程度でありたい, 種類の, 空気が, 竹の, 筆法である, 答を, 粗末な, 精神的の, 純客観, 素晴らしく大きな, 紳士は, 組部屋を, 結果には, 結論が, 絵である, 縁故だ, 群像だった, 老夫人, 考えが, 考えに, 考えをも, 考え方な, 考察さえ, 者は, 聞え, 聞き込み, 肝腎の, 脳髄は, 自信に, 自尊心の, 自意識が, 自然な, 自覚だけは, 自覚行為した, 至極忠実, 若い細君ぶり, 茶人か, 落着き払った主人, 蒙古, 行為の, 表現な, 複雑さである, 見こみが, 見地から, 見解でも, 観念を, 言いかた, 言い伝えは, 言葉, 記事を, 許婚の, 証拠, 証拠には, 証明に, 評が, 評判である, 評番であった, 話さえも, 話しである, 話にまで, 誇が, 誓いを, 誤解は, 説明が, 調子でした, 諸書, 警告は, 議論も, 豪華船, 資格によってのみ, 赫土の, 趣向よ, 身の上に, 返事, 返事に, 迷信から, 逆説的な, 連絡情報が, 道灌山の, 適切な, 郷里の, 酒甕を, 重要な, 錯覚による, 長男の, 関係が, 関門海峡の, 隠操, 雰囲気を, 霊魂は, 面だけ, 頃, 顔だった, 顔を, 風だったら, 風でない, 風にばかりは, 風は, 風上にも, 風景も, 風聞などが, 風評を, 駈引き, 騒ぎである, 驚嘆すべき, 高名の

▼ いるうち~ (6621, 1.9%)

183 にその 159 に私 140117 にふと 87 にだんだん, に彼 76 にこの 68 にお 64 に自分 56 にとうとう 47 にまた 44 に何 42 にそれ 40 にもう 31 にやがて, に急, に日 30 にある, に伸子, に彼女 28 に夜 24 にいつの間にか 23 にすっかり, に突然 22 にいつか, に次第に 21 にいつのまにか 20 にいつしか, に二人, に僕 19 にあの, にどう 18 につい, にふい, に女 17 にやっと 16 に今度, に自然 15 にかれ, になんだか, に時間, に眼 14 にこれ, にどこ, に今, に何だか, に又, に頭 13 にこんな, にわたし, に段々, に気 12 にそこ 11 についに, にようやく, に一人, に不思議, に不意, に少し, に涙 10 にいろいろ, にかの, に人間, に妙, に心, に或, に誰, はまだ, はよかっ 9 にいつ, にいよいよ, にさすが, にそんな, にどうやら, になんとなく, に例, に早く, に男, に雨 8 にとつぜん, に一つ, に日本, に汽車, に顔 7 にどうしても, に三人, に人, に体, に大, に手, に死ん, に相手, に空

6 [11件] にここ, に一度, に主人, に俺, に奥, に妾, に庭, に思わず, に時々, に老人, に胸

5 [35件] にあたり, にあなた, にこんど, にさっき, にそういう, にどうも, になにか, にやはり, にわたくし, に何とも, に偶然, に先生, に前, に半, に夕方, に外, に夢, に山, に春, に時, に玄関, に白い, に目, に眠く, に私達, に第, に耳, に船, に足, に身体, に車, に酒, に額, に馬, に馬車

4 [64件] にいい, にいつか自分, にしだいに, にすこし, にそう, にたちまち, にどんどん, になぜ, になに, になんと, には, には何とか, にふっと, にぼく, にますます, にみるみる, にもうすっかり, にも私, によく, にわが, に一方, に世の中, に他, に何時の間にか, に兵馬, に再び, に博士, に右, に吾輩, に多く, に大きな, に大変, に夫人, に小林君, に少年, に彼等, に御, に思いがけない, に息, に時刻, に更に, に月, に東, に漸く, に火, に片, に疲れ, に眠っ, に知らず, に突如, に舟, に若い, に葉子, に話, に誰か, に運, に部屋, に間もなく, に雪, に雲, に静か, のもの, は, はいい

3 [107件] だけのこと, にああ, にあと, にあんな, にいきなり, にいつの間に, にいま, においおい, におのずから, におれ, にからだ, にこちら, にこれら, にす, にすぐ, にそろそろ, にたしかに, にちょうど, にどういう, になるほど, にはじめて, にはそれ, にはっきり, にはどこ, にひろ子, にふしぎ, にふたり, にほか, にほんとに, にまず, にまだ, にまるで, にみんな, にむこう, にも, にもっと, にも彼, にやや, にわれ, にサッと, にハッ, にフト, にヤット, に一, に不, に九月, に二つ, に何もかも, に何処, に何時, に俄, に兄, に先方, に全く, に列車, に初めて, に同じ, に向う, に土地, に夏, に大地, に女中, に女房, に妻, に娘, に婆, に子供, に家, に寝, に小, に小舟, に帯, に広い, に底, に後, に心臓, に必ず, に忘れる, に扉, に昨日, に昼, に朝, に武蔵, に母, に気持, に池, に法水, に病人, に病気, に相当, に石, に秋, に老, に腹, に血, に遂に, に道, に陽子, に隙, に電報, に電車, に食事, のこと, はその, は安心, は彼, 或る

2 [331件] ある日, がありました, その事もなげ, たった一つ気, だった, にあいにく, にあちら, にあまり, にあれ, にいくつ, にいくらか, にいったん, にいつか彼, にいつも, にいらいら, にうとうと, にうまく, におかしく, におなか, におのずと, にお互い, にお前, にお母さま, にお節, にかえって, にかく, にこっち, にこの間, にこんなに, にさいぜん, にさっと, にしかし, にしまいに, にじ, にすう, にすでに, にすばやく, にすん, にその後, にその間私, にそれら, にたいへん, にたま, にたまらない, にだ, にだいぶ, にだんだんに, にちゃんと, につくづく, にとても, にとんでも, にどうして, にどちら, にどっち, にどんな, になかなか, ににわかに, にはしなくも, にはだんだん, にはっと, にはどういう, にはや, には決して, には自分, にぱっと, にひどく, にひょいと, にひょっくり, にふ, にへん, にほんとう, にぽつり, にまもなく, にみょう, にむろん, にもあの, にもいつも, にもいま, にもお, にもお玉さん, にもその, にもどこ, にもますます, にもまた, にも少年, にも彼女, にも心, にも法水, にゃあ, にやっぱり, にわかった, にわけ, にわし, にアメリカ, にウェッシントン夫人, にカッ, にサヨ, にジョウ, にゾーッ, にダーリヤ, にドア, にニーナ, にフイッ, にフッ, にムク, に一匹, に一夜, に一座, に一種, に一週間, に七匹, に七時三十分頃, に三分, に上, に上部, に下, に世, に世界, に世間, に中将, に事件, に二度目, に二月, に五, に今日, に何と, に何とか, に何となく, に何事, に何度, に何故, に僕たち, に兄さん, に全身, に六十一, に冬, に冬子, に出, に分った, に初め, に到頭, に力, に十時, に千鶴子, に又もや, に友人, に双方, に叔父, に古い, に右門, に吉原, に君, に周囲, に和尚, に咳, に唇, に器, に困った, に夏休み, に多, に大きく, に大正十二年, に大粒, に天, に天候, に奇態, に始め, に姫君, に姿, に宏子, に宗久, に実に, に客, に小さい, に小屋, に川, に左, に市中, に幸運, に幾らか, に幾人, に幾度, に座敷, に庸三, に廊下, に弥三郎, に張付け, に彼ら, に彼方, に忘れ, に忽ち, に思い, に思った, に悲しく, に悲しみ, に意識, に感じた, に戦争, に手早く, に手足, に指, に支倉, に数年, に新, に早, に早苗, に明け方, に昼間, に時計, に普通, に替えられた, に最初, に最後, に最近, に木, に本当, に朽木, に果せる, に根, に桜, に棺桶, に次, に次第, に次郎, に殿様蛙, に気の毒, に水, に沈んだ, に源太, に源氏, に潮, に火星人, に無性に, に焼く, に父, に片方, に珍しい, に甚内, に産, に疲労, に痔, に白く, に白雲, に真, に眠たく, に着物, に石子刑事, に社会, に神さま, に神経, に秘密, に空襲警報, に筆, に米友, に終戦, に結局私, に縁, に美しい, に翁, に考えついた, に肝腎, に自身, に色, に色々, に花, に茂太郎, に葬式, に蒲団, に虎蔵, に蛙, に蛾次郎, に行っ, に表, に見物, に詩, に誤っ, に諸君, に赤井, に身, に身の毛, に逃がし, に逆上, に道庵先生, に達二, に遠い, に遠く, に邪魔, に邸, に郊外, に郷里, に野山, に鉄砲, に銀子, に鎌倉, に闇, に陽, に隣, に面白く, に顎十郎, に顔色, に風, に飛行機, に首, に駒井, に駕籠, に高い, に魂, に黒い, に鼻, はいくら, はいつ, はおさめない, はかえって, はせめて, はそこ, はただ, はとても, はな, はまあ, はまだしも, はみんな, はよい, は人, は人間, は無事, は確, は縦横, は耳, は自分, ふいに, ふと気

1 [2816件 抜粋] ああきょう, ある朝, いつからとも, いつの間にか父, おくさん, かも知れない, からそこら, からもう, から女, から書きたく, から焼香, から蝿, がまだしも, きいてから, この女, しだいに体, そうしていよいよ, その新鮮, だけが人間らしく, だけは歌, だんだん唄, つい忘れ, では日々買い, とうとう吉田君, とんだほんもの, どんな泡, にあ, にあざやか, にあっち, にあぶない, にあんなふうに, にいくばく, にいつか一度, にいつか僕, にいつか外, にいつか日, にいつか舟, にいつか頭, にいろんな, にうっかり, においてきぼり, におそらく, におりおり, にお客, にお玉, にかえっ, にかんじん, にきっと, にきみ, にくちびる, にこいつ, にこうして, にこまった, にごたごた, にし, にしらじら, にじれった, にすぐまた, にずいぶん, にせがれ, にそち, にそば, にそれでも, にたがい, にだしぬけ, にちがった, にちょっとした, につかまえられ, にである, にといっ, にとうとう何時の間に, にどうか, になかでも, になにしろ, になんか, ににこり, にはいつか目的, にはお前, にはさまざま, にはそう, にはて, にはどんな, にはふい, にはもともと, にはわたくし, には代官邸, には南亜米利加東岸, には小倉, には意味, には案外, には海, には私, には落, には金銀鉱, にひ, にひどく淋しく, にぴったり, にふっ, にほぼ, にぼんやり, にまあ, にまつ, にまわり, にむくむく, にもうかれこれ, にもう一度, にもここ, にもしばしば, にもだんだんはっきり, にもほか, にもサッと, にも一, にも今, にも全身, にも多数, にも岩の上, にも彼ら, にも新吉, にも最初, にも決して, にも生きた, にも絶えず, にも苦悶, にも釘, にも風, にゃだんな, にやはりいつのまにか, にやわらかい, によそ, にわけても, にわらい, にアンリ・アラキ, にウェーゲナー, にエレーナ, にカーッ, にキョッ, にクラブ, にケース, にコッケイ, にゴロリ, にサエ, にシナ人, にジュピター, にスッカリ眼, にズルズル, にチャア公, にチラチラチラチラとうとう, にトーマス, にニールス, にハイヒール, にバッハ, にパリ, にピート一等兵, にフト気, にプロレタリア文学, にホンゼン, にマリユス, にムクレ, にヤッ, にヨハン, にルイザ, に一そう, に一カ所路, に一人前, に一列, に一太, に一日画家, に一枚, に一羽, に丁坊, に七年, に三たびプロペラ, に三字, に三月四月, に上手, に不審, に不運, に中, に中江, に主婦, に乗, に乳, に二メートル, に二十年目, に二番目, に五体, に五百, に京吉, に人殺し, に今にも, に仏頂寺, に以前ここ, に伊太郎, に佐伯氏, に何だか少しむっと, に何物, に作平, に保, に修業, に偶然自分, に儂, に光子, に入道雲, に全身顫, に八時三十分, に兵員たち, に其月, に円座, に凶乱, に出来, に切られる, に初夏, に前川夫人, に加茂, に動物園長, に勢, に十, に十二月半ば, に十日あまり, に千八百十九年, に半夜人, に卒然, に単に, に参りましょう, に叔母, に古く, に台所, に同, に向こう, に告白, に周期的, に問題, に囈言, に四年前, に国, に地鶏, に坐り直したい, に場, に変化, に外国, に夜学, に大分魚, に大正十二年九月一日, に大震災, に太子, に失敗, に女たち, に妊娠, に婿, に子, に孕, に学校, に安直, に宗右衛門, に宮内, に容赦, に實際何もの, に対抗, に小便, に小宮さん, に小粒, に少年たち, に局面, に屍体, に山山, に岩根, に川底, に巳之助, に帆柱, に帰京, に平一郎さん, に平素胸中, に幸い, に幽霊船, に幾日, に建物, に張り込ん, に形, に彼自身, に後棒, に微笑, に忌, に怒り, に思いがけなく, に思う, に怪老人, に息子, に悪化, に想念, に愛しあう, に懐中, に戸, に手ばやく, に手記, に折井君, に押立, に挽肉, に改善, に救援隊, に敵, に斎宮, に断然, に旅人, に日暮れ時, に旧, に昔, に昨今, に是非, に時氏, に暑, に暴状, に書く, に月代, に木の実, に未亡人, に本物, に杣, に東京見物, に松浦先生, に枕元, に枯れ木, に柱時計, に栄三郎, に案内, に梅, に椅子, に横, に橋向こう, に次郎兵衛, に正木, に武家, に死にものぐるい, に段々ぼんやり, に毎年, に気がついた, に気味が悪く, に氷, に江東橋, に汽車はじぶん, に治三郎, に泣き, に洗いざらい, に津軽, に浮ん, に消えた, に混沌, に温情, に源次郎, に滝人, に漫然と, に激しい, に火星人種, に灰皿, に無頓着, に熟柿, に爪, に状勢, に玉, に現代, に生活, に田町, に町井正路君, に番人, に疲れ切った, に痺れる, に百八十秒, に皆, に盲腸炎, に相川, に眉, に真夜中, に眠っちゃった, に睡くなっ, に短冊, に石田氏, に磯五, に神村さん, に福沢先生, に稀, に空中, に窓, に竜, に竹屋卿, に筆者, に米屋, に糸子, に素早く, に組下, に結願, に緒方新樹, に缶, に羽子板, に習慣, に考えこみ, に肉, に背中, に腹部, に自分自身, に自然足, に興味, に船頭, に花房, に若もの, に茶碗, に荷物つくり, に蒼く, に蘇生, に蛭田博士, に血液疾患中, に行われた, に袁紹, に見えなくなった, に視界朦朧, に観音堂前, に註文, に話せ, に誰か一人, に警察医, に豪雨, に賊, に走りだした, に路, に身許, に軍師呉用, に辻占, に迷い, に途方, に遊ぶ, に過ぎ, に遭遇, に酔ったまぎれ, に重大, に金, に釘, に鉄, に鋭い, に長者, に間, に陳さん, に隣室, に雨月, に雲霧, に霜, に非常, に頭脳, に風呂, に食堂, に馬上, に馬道, に髑髏, に魔, に鳩尾, に麓, に黒シャツ, に鼾, のほう, の代表者, の金, はある, はいろいろ, はそういう, はそんな, はつい, はどうやらこう, はなくっ, はひどく, はやめやしない, はセラダ, は何, は俺, は勘当同様, は向う, は夜, は容易, は弄っ, は息, は日本, は来, は決して, は生き, は精神病, は葉子, は貴様, は面白く, ひょッ, ふとわたし, ふと思いついた, または殺された, もいつも, もう落語, も気, やがてその, スーッと, 分かるが, 多分この, 忽ち陸地, 果して一人, 激しい世相, 突然の, 見る見る一面

▼ いるから~ (6407, 1.8%)

654 である 277167 です 95 であった 65 であろう 56 だと 55 だった, では 49 なの 40 それを, であります 23 これを, でしょう 21 でも 20 これは, だよ 17 それが 16 それで, であると, 私は 15 だという, なんだ, 大丈夫だ 14 して, だろう, でした 13 であって, 仕方が 12 安心し, 面白い 11 そこへ, それに 10 おかしい, これも, 気を, 自分の 8 おもしろい, であるが, でございます 7 いいが, すぐに, だろうか, で, 彼は, 私も, 非常に

6 [17件] ここで, ここには, これで, これらの, じゃ, そんなこと, だが, だそう, だろうと, ですよ, なんです, 何か, 女の, 彼の, 心配は, 来て, 自分は

5 [13件] いいよう, こういうこと, その方, でありましょう, であろうか, らしい, わたしは, 今の, 僕は, 困る, 始末が, 持って, 私が

4 [21件] いけない, ここに, ここは, こんなこと, そういうこと, そこに, そこを, そのつもり, その人, それは, でそれ, 一緒に, 人が, 今度は, 君も, 気が, 滅多に, 相当の, 私の, 行って, 駄目だ

3 [80件] あとで, あなたは, あれを, いい, いいじゃ, いつでも, いやだ, おれが, おれは, お前は, お絹, お角, きいて, ここの, ここへ, この点, これが, これに, これまた, さすがの, すぐわかる, そのよう, その中, その時, それでそう, それへ, たまらない, だとの, だの, だろうが, でありました, でしょうか, でその, で今, どこから, 一時は, 世の中が, 之を, 人を, 今は, 今日の, 他の, 何かの, 何でも, 何とかし, 何にも, 何の, 何を, 兵馬は, 勝手に, 君の, 大丈夫, 天下が, 妙だ, 安心だ, 少しも, 平気だ, 心配する, 感心だ, 手を, 文学の, 日本の, 東京の, 此の, 油断の, 無暗に, 男の, 略するが, 知って, 立派な, 自分が, 船に, 見て, 見に, 誰か, 迚も, 連れて, 都合が, 間違いは, 驚く

2 [204件] あいつが, あっちへ, あの人, いいだ, いいでしょう, いいの, いいわ, いけないよ, いずれも, いやでも, おかしいわ, おかしいん, おめ, お世辞, お前の, お前も, お屠蘇, お父さんも, かず子が, きっとそうだ, こいつは, ここでは, ここにも, こっちは, こっちも, この, このこと, この口, この地, この手, これだけ, これでも, ご心配, さすがに, さっきの, すが, そこが, そこでこの, そこまで, そのこと, そのまね, その内, その幾分, その点, それでこの, それには, それも, それらの, それらを, そんなの, そんな事, そんな考え方, だいじょうぶだ, だとは, だめ, でありまた, であるすなわち, であろうと, でこういう, でこの, でございましょう, でござる, でしょうが, ですね, でつまり, で演者, ときどき強心剤, とても面白い, どうかし, どうした, どうぞその後, どこの, なんだろう, なんでも, なんとなく陰気, に過ぎない, ひとりで, ひょっとしたらこの, ふだんに, ほかの, ほんとの, まだよい, よいでは, よく考え, よしんば振り廻し, わたしが, ジッと, 一しょに, 一人で, 一切の, 一度訪ね, 一見し, 不思議だ, 世の常の, 世間体を, 中, 云々, 人々の, 人に, 人の, 今その, 今では, 今夜は, 仕様が, 何に, 何事も, 充分に, 全体としての, 初めての, 南の, 単純に, 双方ともに, 口で, 可い, 吾, 呼んで, 問題では, 問題は, 嘘じゃ, 困りますよ, 堪らない, 変に, 夢を, 大した怪我, 大丈夫でございます, 大丈夫です, 女は, 妙である, 娘の, 実際の, 実際は, 小さなきんこ, 少しぐらい, 山中の, 己は, 年を, 幸いに, 当分は, 彼らは, 彼を, 彼等に, 従ってその, 御安心, 心の, 心配な, 怖くねえ, 悪いん, 我々の, 我々も, 或る, 手が, 拙者も, 故障が, 敵の, 日に, 日本は, 早く自動車, 明日の, 是非来, 時たま, 暇が, 最近の, 水は, 油断が, 注意を, 犬も, 生きて, 番頭さんも, 相当がまん出来る, 眠りに, 神様の, 私と, 私を, 私達は, 空の, 笑わせるの, 置いて, 能く, 自分で, 自分も, 自然と, 茲に, 見えません, 見物は, 話は, 読者は, 誰か一人帰っ, 誰にでも, 誰も, 諸君は, 起るの, 足が, 足を, 途中で, 遊びに, 違反じゃ, 違反で, 遠慮し, 遠慮は, 間違いない, 頭が, 風が, 駄目な, 黙って

1 [3511件 抜粋] ああし, あがきが, あたりまえの, あとの, あのかた, あの部屋, あまり長く, あるいは一語, あれで, あんなに遠く, いいで, いかなる悲しみ, いくらほっ, いけないのよ, いじらしいじゃ, いったらすぐ, いつどんな, いまさらこんな, いよいよの, いろんなこと, うっかり捉, えけ, おいらを, おそらくそれ, おふくろさんが, おれの, お前に, お剪, お師匠様, お槙, お相伴, お縁, お詫びの, お食べなさい, かかる主題, かなり古くからの, かんにんし, きみたちの, くつ屋の, けっして二, こうした場合, こちらは, ことわるまでも, このやんちゃ娘, この事物, この半襟, この山奥, この招請, この水音, この祖父江, この著者, この金額, これから外務省, これによって, これ即ち, こんなもの, こんな手数, さきお, さてははいっ, さほどに, したがって生活感情, しまいに手前, じゃなあ, すぐにそのこつを, すぐ目, すこし金, ずいぶんと, ぜったいに逃げだす, そういい, そういう女, そうしたら是非, そうは, そう容易く, そう詳しく, そこで大きな, そぞろ歩きに, そとから, そのため, そのイノチ, その代り, その創案後殆ど十年, その堂々たる返答, その宝永山, その手法傾向, その期間, その残り, その用意, その約束, その花時, その金, その音, それから推算, それであらたか, それでせっかく, それでわたし, それで多肉, それならその間, それほど興奮, それ以上言及する, そんなに近く, そんな僭越, たいせつな, たしかに間道, たといお, たとえ日歩三十銭, たぶん犯人, たれかれの, だこの, だつう, だなっし, だも, だ聖賢, ちゃんと見える, ちょっとここ, ちょっと様子, つい何, つまりは, でありそして, であり従って, であるの, であろうその, であろう衾, でこれ, ですか, です何, でなくては, で一つ, で処女, で対立物, で田辺博士, とてもつまんない, とても己, ともすると根, どうかその, どうせそこ, どうも目, どこか, どっちに, どんな旅, なお以, なかなか熊, なぞという, なのでも, なるべく深夜, なんともない, に過ぎないの, はだかった胸, ひとっ走り, ひょッ, ほっといて, まあやっ, まさかそれ, まず四条道場, また出直し, まだいい, まだ何事, まったく自分, まるで敵地, みんなそれを, むやみに, もうよす, もう少し工夫, もう駄目, もしわれわれ, もし負けれ, もはや手, やがて加害者, やはりこの, やりきれないが, ようございます, よく分らない, よしんば島, よほど注意, ろくな映画, わざと偽物, わたしたちが, わるいのよ, アネサどもは, イヨイヨ以て, エノコロだ, クラゲナスタダヨヘルと, サッとポケット, ストライキも, ダメだ, ツイ吾輩も, トウビョウや, ヌタという, バンガローは, ベラボーで, マタ・アリは, ミネに, モノスゴイでは, ラガーの, ワケありません, 一つ新調する, 一人の, 一匹は, 一家中の, 一度ごとに, 一応尤も, 一直線に, 一角を, 丁度二階が, 万一押え損ねる, 三四週間は, 上の, 下の, 不快と, 不況の, 世話は, 両隣り, 主人の, 乱交と殺児とが, 事態は, 二三間空中に, 二度とは, 云って, 京中たいへん, 人目には, 人間も, 今ごろは, 今より, 今度だけは, 今日は, 今生の, 他に, 付添人には, 休ませて, 体が, 何とも思わなくっ, 何処でも, 何食わぬ, 作が, 例の, 信長という, 俺は, 偉い, 催促された, 僕そこへ, 元は, 充分殺意, 先ず彼等, 先生気が, 入る事, 全体だけ, 全篇, 六両の, 其処を, 冒険は, 出かけるだよ, 出て, 出生も, 分るまいけれども, 初めて科学的, 別にふしぎ, 到底社会改良主義以上, 力も, 労働の, 勘太お, 北アルプスの, 十手に, 単純な, 却って斯, 去勢術を, 反撃を, 口惜しいのよ, 可いか, 右ようの, 同家でない, 君さそっ, 吸う人, 味の, 品右衛門が, 唯で, 喰べて, 四十八時間進駐を, 困るの, 土曜から, 城門でも, 堕落する, 変化を, 外見五重で, 多少医学的知識, 夜歩きは, 大したこと, 大丈夫で, 大人の, 大声で, 大急ぎと, 大正天皇さまが, 天孫一行も, 太陽から, 失敗も, 奥さんの, 女房に, 好いお, 妙善は, 娘だけに, 嬉しいじゃ, 子供達も, 学問の, 安全な, 安心です, 宜く考え, 実際そうであったろう, 家に, 家庭生活に対する, 寒くは, 寿の, 小さいん, 小径も, 少しも心配, 少なくとも祖先以来, 屋台の, 岡本の, 川根は, 差支は, 帰れと, 常識の, 年中旅行がちであり, 幽霊に, 幾種類も, 引き上げて, 強くかつ, 当人に, 当時二者は, 彼も, 径の, 従って, 心持が, 必ずしもわし, 忘れずに, 怖くッ, 思考も, 恋愛結婚における, 恰も河成段丘, 悪く云う, 愛妻御, 憎らしかった, 我国は, 或ところ, 房吉に, 手違いの, 承知で, 抜くよう, 持ち上がるどころか, 捨てた湯茶, 提灯は, 支那において, 救いに, 数学の, 文句が, 文武修行の, 断髪洋装姿も, 施術は, 日本にも, 日本政府は, 早くそれ, 早く積み出し, 早速八, 明晩殿下の, 是れ, 時々一円, 普通人が, 暫くで, 替る, 月光に, 朝日の, 本式の, 本気に, 来なければ, 枝の, 格別差支も, 案外長く, 極印ぐらいは, 槽に, 機法さえ, 歌人は, 此処こそ, 此方へ, 歩みが, 死にたく思う苦しい, 殆ん, 殺害者は, 気にも, 水でも, 汝が, 決して郎君, 泊って, 波は, 活き餌を, 浮いて, 海原しろしめす, 深夜や, 温室の, 滋養は, 災厄から, 無常の, 熔岩は, 牢の, 特になんじ, 狙われて, 猶そちら, 現実の, 瓢箪の, 生れてから, 用は, 甲府まで, 画面が, 異常性格の, 癪である, 白雲も, 皆立っ, 盛期の, 目黒から, 直ぐ来ない, 直接に, 相談ずくで, 真実に, 知らないで, 硯友社という, 社会に, 神尾も, 私としては, 秘密という, 空心した, 立木な, 篦で, 紀さんなんかも, 細君の, 経費がか, 結局法規の, 絶対安静に, 練習は, 美津子は, 老先, 聞かなくとも, 職業的という, 胃袋だけは, 腹が, 自然何かで, 自然話も, 舞って, 船首を, 色んな意識作用, 苔臭い, 若旦那の, 荒れたい放題, 葬いには, 虎の, 融通が, 行くところ, 行燈式の, 被害面積は, 西山は, 見たいと, 見当が, 覗いて, 解るの, 訊いたん, 試験問題の, 詳しい事, 読むには, 論理的判断の, 警戒せよ, 谷を, 貴方から, 賤しい, 走るの, 跡を, 軽妙に, 近々何処, 返して, 追, 逃げ出すこと, 這入りたくも, 連絡には, 運動を, 遠くから, 部屋の, 酔狂に, 重心の, 金に, 金銭は, 鉄道線路に, 長庵, 閑山驚いた, 間違は, 随時これを, 電気燈が, 青くても, 面白いで, 頂上附近に, 風に, 食後なんかに, 馬が, 駄目でした, 驚いちまう, 鬘, 鳴くの

▼ いるところ~ (6099, 1.7%)

186 を見る 179 であった 157 だった 125 です 118 がある 106 である 1056360 もある 56 でした 41 なの 40 をみる 36 があった 35 なん 31 へお 30 のもの 27 であります 26 を見れ 25 を見 23 を見た 21 だと 20 だから, もあった 19 があっ, であるが 17 だが, はない 16 だったが, へまた 15 だよ, なので, にある, の, へこの, へその 14 ですから, へ来 1312 であったが, でありました, による 11 があり, がない, へちょうど, へ丁度, へ突然, へ表 10 から見, があります, ですが, ですよ, にこの, を, を想像 9 からその, であろう, でございます, ではこの, へ不意, へ電話 8 はこの, へ一人, へ戻っ, もあります 7 じゃ, だったの, ではない, は, はどこ, へ例, へ廊下, もあり, もありました, をお

6 [14件] から見る, だったので, でしたから, によれ, は全く, へ女中, へ持っ, へ案内, へ行っ, をみれ, をやられた, を描いた, を教え, を誰

5 [27件] から考える, がいい, が多い, であると, なのよ, にその, に私, のよう, の真, はその, へあたかも, へあの, へ今, へ入っ, へ出た, へ女, へ宿, へ扉, へ折, へ母, もあっ, をもっ, を不意, を自分, を見たら, を見ました, を見ます

4 [35件] が, が描かれ, が面白い, さ, であるから, でございますが, でしたが, では, ではその, で御座います, に, のある, の一, の力, はありません, はさすが, はまるで, へあなた, へいきなり, へうしろ, へどこ, へひょっこり, へ佃, へ出ました, へ又, へ外, へ後, へ来た, へ自分, もない, を人, を急, を探し, を私, を見たい

3 [82件] からし, から人, から推し, から起る, がありました, がうつっ, が少く, が描い, だし, だそう, だつた, だという, だろう, であったので, であって, でしょう, でない, ではある, では一度, といい, という, なんざ, なんで, にまた, に在る, に来, の下, の或, の方, の若い, はいかにも, はそれ, はどう, はどうしても, はなんだか, はもう, は何, は何となく, は女, は実に, は見た, へいっ, へお前, へこれ, へこんな, へやって来た, へ主人, へ今日, へ僕, へ先刻, へ当の, へ彼, へ思いがけない, へ急いだ, へ息, へ来ました, へ来る, へ私, へ窓, へ襖, へ通りかかった, へ連れ, へ酒, へ飛び込ん, まで来, もあるらしい, もあれ, もあろう, も面白い, らしい, をごらん, をちゃんと, を後, を描い, を発見, を見せ, を見せつけられた, を見つけた, を見られたら, を見付けた, を見付けられ, を邪魔

2 [278件] からこれ, からそれ, からそんな, からよく, から察, から察し, から瀬戸唐津, から生じる, から百メートル, から自分, から見え, から釘抜藤吉, があったら, がかえって, がこの, がすこぶる, がその, がたくさん, がなかっ, がなく, がはなはだ, がまた, がまだ, がもう, がやっぱり, が今, が何, が多く, が大, が昔, が気, が画い, が見え, が見られる, が記録, が非常, が鼠, さえあります, さえある, だからね, であるいは, であろうか, であろうと, でお, でこれら, でご, でございますどうか, でございますよ, でござる, ですの, ですもの, ではあなた, ではこれ, ではござりませぬ, では徳さん, では決して, では父, では自分, で今, で岸本, で私たち, とある, とが方々, と云, などを見る, なン, にあった, にあります, にお, にかえって, にきた, にさしかかりました, につけ込ん, にもあらわれ, に今日, に何, に作者自身, に依る, に値打ち, に出た, に大きな, に女, に妙味, に御, に意味, に時代, に注意, に独特, に現在, に自分, に重大, のあの, のこと, のすべて, のその, のそれら, の一人, の人, の他, の先生, の完全性, の彼, の根拠, の極めて, の歌, の特殊, の生物, の美貌, の艶, の雰囲気, はある, はかなり, はきっと, はそういう, はたしかに, はちょうど, はどうして, はなかなか, はねえ, はまったく, はやはり, は一階, は今, は今日, は円満, は大きな, は大人, は感心, は既に, は昔, は無い, は甚だ, は面白い, ふやけて, へあいつ, へあちら, へある, へお仙, へかえって, へかの, へきました, へこうして, へこちら, へこっち, へさっき, へさらに, へそちら, へそれ, へそんな, へたまたま, へだしぬけ, へであった, へとびこん, へどすんと, へどやどや, へなん, へにわかに, へひとり, へふい, へふらり, へぶらりと, へまたまた, へむこう, へやってきた, へガラッ, へノック, へ不機嫌, へ二人, へ二階, へ人, へ今度, へ伯母さん, へ偶然, へ八五郎, へ出る, へ前, へ勝重, へ半, へ半蔵, へ又もや, へ友之助, へ塩野, へ大きい, へ天, へ幕, へ店, へ庭, へ彼女, へ往, へ御, へ忍ん, へ思い, へ急, へ日光, へ更に, へ最前, へ母屋, へ江戸, へ源次, へ漁師, へ父, へ物見, へ男, へ留守, へ磯五, へ竜, へ給仕, へ背後, へ自動車, へ船長, へ行き, へ行ける, へ行った, へ裏口, へ見舞, へ迎え, へ近づい, へ這入っ, へ運, へ遠方, へ間もなく, へ階子段, へ頭, へ飛ん, まで来ました, まで歩い, まで行った, もありません, もあるだろう, も見ました, よ, をあたかも, をすぐ, をその, をちらりと, をみ, をみつけました, をゴーリキイ, を一つ, を何, を写生, を写真, を前, を又, を呼び起こされた, を団員, を夢, を彼, を後ろ, を御, を心, を押え, を捕えた, を捕えられた, を描き, を描く, を撮った, を横, を知っ, を米友, を絞め殺し, を考える, を聞い, を見かけた, を見つけ, を見つけられた, を見つける, を見られ, を見届けた, を観察, を読んだら, を豹一, を通っ, を遠く, を隣り, を雇人, を鳥沢, 知らない

1 [2845件 抜粋] ああいう, あんまり真に迫っ, おことば, かと思っ, からいい, からこけ, からずっと, からちょうど, からはすっかり, からは二つ, からは生きた, からみ, からも労働者, からアルプス, から二あし, から五六歩, から來, から判断, から商人たち, から始, から幾段, から急, から数間, から来, から次第に, から犯人, から福慈岳神, から紹由老人, から草叢, から見れ, から路次, から青篠, があいつ, があるでしょう, がいじらしい, がくみとられた, がそっくり, がとり, がなくなる, がよい, が一番, が二つ, が値打ち, が到底, が味噌, が大分, が奴, が宏子, が心, が撮られ, が気に入った, が滑稽, が知れなくっ, が見える, が違う, くらいは常温, さえ無人, じゃありません, じゃねえ, そういう点, その叢, だけがうす, だけでも講義, だけを読ん, だだが, だって平凡, だの上衣, だろうて, だ日本人, って今ここ, であったとは, でありまして, であること, でうかつ, でこれから, でさえ八月, ですからね, です古い, でつかわれ, ではいつもあんまり, ではどこ, ではスムーズ, では分裂, では外套, では彼ら, では明治時代, では灰吹, では落書, でほんとう, でもある, でも悉皆, でやってた, でわたし, で人界, で何, で古い, で大きい四角い, で幕, で彼岸, で恋, で書かれた, で次いで, で深い, で秋山, で袴, で議論, で鬼女, といったら, としてぞんざい, とに本箱, との間, とみえ, とマリー・ロジェエ, と向う, と玄関, と蔭, ないかしら, なぞは何, などかく, などが新聞, などの美しい, などはどう, などは古, などもあった, などをとおった, などを読む, など兄, なにかふっと笑っ, ならば, なんかかかれ, なんか見る, なんぞは不埒千万, にいい, にいなかったであろう, におもしろ, にこう, にすぐ, にとむらい, になん, にはなお, には一種連続点, には大人, には必ず, にばたばた, にもあの, にも観衆, にアラン, に一むら, に一般, に人格, に何とも, に停った, に勝れた, に原因, に和え, に太宰, に居った, に幾分, に彼女, に戻る, に拠る, に日本文学, に本多平八郎忠勝馬, に案内, に気がつき, に滞在, に無限, に現出, に私たち, に笑い, に細い, に苦戦, に触れる, に読者, に跫音, に金文字, に電人, のあなた, のお里, のしたがって, のつや, のみはらし, のギリシア, のプロレタリア, の一つ, の一行, の主人, の五目鮓, の人間生活, の例, の円周, の反対側, の可憐, の図, の墨絵, の天孫民族, の始末, の富士崇拝教, の当て, の徹底, の手箱, の昔風, の木, の次郎, の氷河, の火山線, の物件, の生命, の神学的人間, の秘密文書, の純粋小説, の肉体, の船, の菓子, の覆面頭巾, の賓客, の道徳的増加不可能, の門口, の電車, の鹿, はあります, はいつも, はかえって, はざら, はそれだけ, はただ, はとりあえず, はなくなっ, はべつに, はまた, はもうかれこれ, はやや, はウージェニー皇后, はモンソー公園, は一層, は世界, は二三句, は体, は僕, は凄い, は勿来関, は去年, は困る, は大仏岳, は大洋, は如何にも, は察しられます, は川原, は当, は感じられ, は文学作品, は日本海, は有名, は殺風景そのもの, は浅草六区, は無事, は男前, は相, は笑止, は肩, は蚊, は見, は見る, は資本主義社会, は銀座裏, は鞍, ばかりがお, へあくまで, へいく, へいばっ, へおかみさん, へおやじ, へかけつけ, へき, へくつ, へこう, へさいぜん, へそ, へたちまち, へつれ, へどう, へぬっと, へはいる, へは金, へぶ, へまっしぐら, へもちょっと, へやって来る, へゆけ, へわざわざ, へカモ, へゴルドン兵曹, へチンドン屋, へドタンバタン, へハル, へフラリ, へボーイ, へヤマドリ公爵, へ一匹, へ一角, へ三人, へ三年前, へ不破, へ主人帰り, へ二十九日, へ五年, へ今度条山神社, へ以前, へ何人, へ作家, へ信濃金梅, へ兄, へ入り込ん, へ内玄関, へ出られる, へ刻限, へ割り込ん, へ勝手口, へ十一時半警報, へ午前一時, へ印度洋, へ反対派, へ右近, へ向う, へ喧嘩, へ四時間近く, へ夕方, へ夜間外気, へ大師, へ天幕, へ姫, へ孫火庭, へ宮本, へ寺, へ小伊勢, へ小諸義塾, へ山下, へ左膳, へ幇間, へ庄兵衛, へ引き返し, へ弥吉, へ役署, へ徐々, へ忽然と, へ怪巷賊五郎助七三郎, へ意地, へ戦い, へ押し掛け, へ数人, へ新, へ日本, へ昭和六年, へ最前二人, へ末弘春吉, へ札幌, へ来なすっ, へ松本, へ桜丸, へ横合い, へ次の間外, へ武蔵方, へ江崎満吉, へ浴衣がけ, へ源七, へ牛, へ玄関番, へ用, へ病院, へ知らせ, へ石亭, へ立聞き, へ続い, へ義太夫, へ背, へ船出祝い, へ芳太郎, へ茶店, へ藍, へ蜂谷良作, へ行き通わし, へ見物中, へ警保局長, へ豹一, へ赴き, へ踏み込む, へ迄来, へ迸った, へ通りすがり, へ遊び, へ重, へ金属音, へ門, へ隊長, へ雪, へ静か, へ顔, へ飛脚屋, へ馴鹿, へ駈け戻っ, へ高座, へ鳥打帽, へ鼾, まったくトンマ, までのぼった, までやってきました, まで丘, まで引き返し, まで来ます, まで聞え, まで辿りついた, まもなく仏頂寺, もいま, もなけれ, も動作, も存外, も文学者, も浅草, も私たち, も親愛, やこちら, や女, や殺された, や足, よりは可, らしくおまけ, をいつ, をうまく, をお前さん, をかいたら, をこっそり, をさけ, をじ, をたしかに, をつくった, をどこ, をのぞきこんだ, をぶ, をまた, をもう一度, をやられたら, をよけい, をわっ, をコゼツ, をモリ, を一度, を上級生, を主人, を二階, を他人, を以て見れ, を偶然立ち話, を凄み一ツ, を努め, を叩かれる, を台所働き, を周, を四条, を夢見た, を大目付, を婆どの, を実際, を屑籠もろ, を弾正, を御用, を成るべく削らない, を持ちこたえ, を捕らえ, を掴みだされた, を撮し, を日本人, を映され, を松次郎, を殺された, を満足, を犬, を玉太郎, を発見救助, を眺め, を知りぬい, を突き止め, を簡明, を聖者モリイシャ, を荒い, を西洋人, を見せれ, を見つけられ, を見付かっ, を見届ける, を見透かし, を調べ, を起された, を追, を通りかかる, を選ん, を間抜け, を顕わし, 何と面白い, 実にぞっとする, 故船問屋

▼ いる~ (3156, 0.9%)

138 がある 108 もある 66 のよう 39 の姿 34 である 30 の顔 26 があった, が多い 25 はない 22 であった 21 なの 2019 があります, です 18 の中 17 だった, もあります, も多い 15 もあった 14 だから, だと, ではない, のこと 12 があっ, なん, を見る 11 がない, ならば, の数 10 がいる, のところ, の声, はそれ, は誰 9 ではなかっ, の心, はありません, も少なく 8 が一人, さえある, であったから, ですから, のある, は少ない, もあり, もありました, もいる 7 でした, ですが, というの, の体, の方, の話, は, はある, もあるだろう

6 [11件] があり, があるなら, が少く, の家, はだれ, はなかっ, は一人, は多い, もあるらしい, もかなり, を見た

5 [18件] がありました, がたくさん, が今, が何人, だそう, だったが, であったが, であること, のうち, のため, の目, の眼, の耳, はあるまい, はその, は今, もない, も少く

4 [34件] が, があったら, がいた, がかなり, がその, がまだ, が多かっ, が多数, が少なく, が案外, が沢山, だが, だよ, でその, でなければ, でもある, と同様, なので, に向っ, の事, の傍, の多い, の生活, はこの, はほとんど, はまだ, は世間, は他, は自分, もありましょう, もあれ, もあろう, もたくさん, も多かっ

3 [49件] があるだろう, があるでしょう, があれ, があろう, がこれ, がもし, が今日, が多く, が居る, が皆, が相当, が自分, だという, だとは, であって, であります, でこの, とは思われない, と人, なり, にし, にとってはこれ, に話しかける, に逢った, のいい, のほか, の名, の子, の影, の手, の様子, の気配, の面, の頭, はあまり, はいない, はおそらく, はすく, はないでしょう, は少なく, は幾人, は日本, は極めて, は殆, は決して, は滅多, もなく, を, を見れ

2 [144件] かい, からであろう, があら, があるであろう, があるらしい, がいたら, がいます, がこの, がこんな, がすく, がすこし, がすこぶる, がずいぶん, がそういう, がどうして, がどっさり, がどれ, がどんな, がなかっ, がほとんど, がみんな, がやはり, がよく, が云う, が住ん, が出, が大, が少し, が彼, が手, が来た, が眼, が見えた, が見える, が非常, が頼もしい, じゃない, だったか, だね, で, であったこと, でありました, でありましたから, でありますが, であるから, であるが, であるだけ, であるならば, でしかも, でしたが, ですか, でない限り, でなくては, ではありません, でもその, というもの, と同じ, などもあった, ならともかく, なら誰, に, にきい, にこの, にちがい, にも私, によく, に何, に相違, に限っ, のいう, のいない, のない, の一人, の仕事, の何者, の前, の口, の名前, の娘, の子供, の悪口, の想像, の所, の歌, の死, の為, の胸, の誰か, の足音, の間, の頼み, の顔色, はあり, はあります, はありませんでした, はいった, はいません, はそこ, はたいてい, はどう, はひとり, はほんの, はみんな, はめったに, はわずか, は余り, は存外, は少い, は少く, は必ず, は本当に, は極, は沢山, は無い, は知っ, は簡単, は見えない, は随分, ばかりだ, もあっ, もあったろう, もあるであろう, もあるでしょう, もいくら, もいた, もいない, もその, もなかっ, もなつかし, も大分, も有る, も決して, も無い, も見えた, も見える, や車, よ, を一人, を助け, を助ける, を死なせ, を殺そう, を知っ, を見かける

1 [1406件 抜粋] あこがれて, あるいは相当以上, か, かいずれ, かでなく, かどう, からうける, からの報ら, からは取らない, からも必ず, から情, から私, から見れ, か略見当, があ, があっち, があまりに, がありません, があんがい, がいう, がいたっ, がいつも, がいれ, がお, がおそらく, がくれた, がこれから, がこんなふうに, がそう, がそれぞれお辞儀, がたおれ, がたった, がちょい, がどの, がなんだか, がはたして, がほうり出されたらしかった, がまた, がやる, がジャーナリスト, がチョイチョイ, が一人二人, が七時, が三十七人, が二人, が井戸, が人生, が仕事, が何処, が偶然, が僕みたい, が冷然, が別に, が又, が同時に最も, が商売, が変っ, が外す, が大分, が天下, が実に, が容易, が将来, が少なくとも少し, が居眠り, が幾人, が後, が応召, が持っ, が早, が本当, が東京, が某, が樋, が武子さん, が毛筆, が漱石全集, が玉藻, が珍しく堅い, が町会, が百二十五名, が私, が突然, が答え, が聞け, が良人, が蟻, が見えない, が見れ, が読め, が貴方, が遠く, が鉄, きわめて短い, こそゲルダ, さえだれ, さえ一人, しか信用, じゃなし, すなわち正念, そういう人, その逸話, だけがお客, だけでなく, だけにその, だけに人間, だけのこと, だちは, だったの, だとか, だとやらに, だもの, だろうか, だろうといった, っていない, ってどなた, であったという, でありますから, であり先輩, であり民族, であるかは, であるため, であるらしい感じ, である火, であろうか, でこちら, でさえも公平, でさえ非国民, でしょ, でしょそれなら, ですそれ, ですね, でです, でないかも, でね, ではとても, ではなかろう, でひどく, でもあっ, でもあろう, でもいつ, でもこれら, でもなかっ, でも人間, でも多く, でも大阪弁, でも有喜子, でも殆, でも結構, でも表向き, でわたしたち, で一寸, で二人, で何, で典獄, で小使, で悠々, で新聞, で法医学, で生まれ, で自分, で近頃何とか, で鋸山, で闇夜, という制限, という者, といない, とか名, とがある, としか思われない, としてかつ, としては出来る, として一言一行, として当時, とそれから, とでは比較, とのちがい, との類似, とは全く, とは可, とは見えません, とも見えなかった, と会えない, と南米, と変っ, と尊敬, と持たない, と火気, と結婚, と見える, と言っ, と違っ, などには用, などは一人, なども恐ろしい, なども自然, ならかつて, ならすぐ, なら弱い, なら新賀, なり君, なんかかぞえる, なんぞあと, にあっ, にいっ, におまかせ, にかぎる, にきかなく, にこんな, にさせたい, にすら疎む, にたのん, について聞い, にでも云う, にでも話し掛ける, にとってはほとんど, にとっては伸子, にとっては活動, にとって生活, になぐさめ, にのみ天, にはあれ, にはお話し, にはごく, にはそれ, にはめった, には一定, には何事, には初め, には商売, には恐ろしく, には本当, には深く, には異状, には破れ靴, には若い, にひどい, にむかっ, にものこりなく, にも出す, によってのこと, によって誤解, にサイン, に一人, に会った, に何となく, に出会ったら, に助言, に及ぶ, に君, に始終, に対しての当て, に対しても狎れ, に対する社会人, に差入物, に悟られなけれ, に接近, に気高い心憎, に涙, に白井光太郎博士, に自分, に虚飾, に見せ, に見付けられ, に訊ね, に路, に送る, に連れられ, に限られた, に面, の, のいのち, のおとなし, のことば, のごとくで, のすべて, のそれ, のはなし, のまえ, のよ, のスイセン, の一部, の不実, の伯母さん, の住居, の例, の内, の出る, の動作, の口々, の口臭, の喉, の多く, の奥さん, の如何, の妻君, の安らかさ, の寝息, の少し, の幽霊, の形, の形式, の後ろ姿, の心持ち, の心苦し, の意, の愛惜, の態度, の文章, の最も, の枕許, の機嫌, の殆, の流れ, の無, の物, の生き, の生活問題, の相貌, の短所, の範囲, の細, の署名, の考え, の背たけ越し, の腋の下, の芸, の著書, の行動, の親, の記録, の誰, の賃金, の足, の輪, の難儀, の鷹揚さ, はあっ, はあの, はいい, はいく, はいたって, はいないでしょう, はお, はおりません, はきっと, はこう, はこちら, はこれ, はさき, はしょっ, はすぐ, はそのまま, はそれら, はそんなに沢山, はたしかに, はちょっと, はどうやら, はなかなか, はなし, はねえ, はみんなビックリ, はもう一度よく, はも一つ奥, はゆうべ首, はわたし, はタクサン, は一つ一つ目, は一種, は上山さん, は久須美, は人一倍, は今日, は伊豆, は何とか, は作品, は先ず, は其余計, は前, は友人, は唯物論文学, は喜界島以外, は夏目漱石君, は大分年, は始めて, は実感, は客観的, は尠い, は席, は幸せ, は得意, は心, は忙しい, は悪人, は故人, は文学, は昔, は普通, は有る, は枕許, は次, は死ぬ, は気の毒, は源氏, は為, は牢, は珍しかっ, は琵琶, は病気, は真紅色, は私ら, は羨ましい, は興味, は英語, は裸, は評判どおり, は過去, は金, は門限, は露, は養蚕休み, は黒い, ばかりじゃない, ばかりはない, ほどこれ, ほど自分, も, もいったい, もうじき結婚, もおそらく, もごく, もしくはすでに, もそちら, もどこ, もなくなり, もまじっ, もめった, もベランダ, も円い, も古山博士, も在る, も大勢, も定め, も少なかっ, も平気, も悦ん, も数名, も時々, も気だて, も相当, も花片, も見つかりましょう, も震災以来, や大いに, や肩, や道, よりもはるか, よりも田舎, よ私, らしいの, らしい和一郎, をあつめ, をけむったく思い, をさしのぞこう, をそっちのけ, をたくさん, をまさかあらためて, をもらおう, をジャズシンガー, を中宮, を今日, を何人, を写生, を呼び入れ, を呼ん, を困らせ, を夫, を好む, を少し, を思い出し, を持っ, を描いた, を時々, を果して, を次, を用い, を直接, を知らない, を笑う, を見あげる, を見つけた, を見出し, を見詰めた, を識別, を起す, を郷原, 刈り取られた稲, 同じ課, 居ない, 殊に女

▼ いる~ (2923, 0.8%)

191 どうか 70 どうかを 61 それを 49 いないか 42 それは, どうかは 26 どうかという 25 知れない 24 分らない 23 わからない 2221 わかりません 20 知らないが 19 それが 18 いないかを 17 死んで 16 知れたもの 15 知って 14 否かを 13 どうかと, 否かは, 見て, 見当が 12 して, そんなこと, 判らない, 知れません 11 いないかは, 知らぬが 10 知らない 9 いないかが, しれない, どうかも, 教えて, 私は 8 いないかという, どうだ, わからないの, 何う, 生きて, 知らん, 私には 7 である, 何を, 分らなかった, 否か, 知れないの

6 [11件] さもなく, そうでなけれ, それも, どうかが, わかって, わからないが, わかるかね, 知らないの, 知らんが, 知れないと, 知れやしない

5 そのこと, わかったもの, ッ, 分りません, 少しも, 当てて, 誰も

4 [19件] あなたは, いないかの, いないかも, しれないと, しれません, それらの, どうかさえ, どうかに, 分らぬ, 判ったもの, 判らないが, 判らなかった, 知ってるの, 知らねえが, 知りませんが, 知れたもん, 知れないが, 考えて, 見当も

3 [31件] これは, これも, しれないが, そうでない, その点, その程度, そんな事, だ, どちらか, どっちに, わからないほど, わからなかった, わたしは, 何の, 分って, 分らないから, 分らないが, 判らぬ, 判らぬが, 判りません, 否かの, 彼は, 知らないけれど, 知らんと, 知れぬ, 知れませんが, 笑って, 自分には, 見届けて, 解らぬ, 調べて

2 [117件] あたしには, あてて, あまりに変っ, あるいは何, いずれか, えでの, お察し, きいて, これで, した, したの, しらなくっ, しれないのに, ず枝, そこを, そしてそれ, そのどちら, その場, その居どころ, その様子, その辺, それさえ, それだけは, それとも死んだ, それに, だれも, ちゃんと知っ, ちょっと見当, であった, であるが, であろう, どうかしらん, どうかによって, どうかわかりません, どこに, どこの, どっちか, なかなか興味, なんと自称, のぞいて, またいかに, またはそれ, また何, まるで気, まるで知らない, もしくはその, ゆきすぎた声, よく分った, よく知っ, れだったが, わからないからね, わからないで, わからないと, わからないもの, わからないよう, わからないん, わからなかったが, わからねえん, わからんの, わかりませんが, わかるだろう, 一緒に, 乃至は, 二人の, 今の, 今は, 他の, 何か, 僕は, 先生の, 分からない, 分らないくらい, 分らないの, 分らないよう, 分らん, 分りゃしない, 分る, 動いて, 又それ, 君に, 君は, 否かが, 否かという, 否かに, 夫婦に, 如何に, 居ないか, 御存じ, 心配です, 探して, 日本人, 本当に知っ, 様子を, 殺して, 津田には, 知ってるかい, 知ら, 知らせて, 知らと, 知らないよ, 知らなかった, 知りたかったの, 知りませんか, 知ること, 知れないので, 知れないよう, 知れないん, 知れなかった, 等々の, 自分で, 自分の, 茶屋へ, 見に, 解らない, 計り知れぬ, 訊いて, 話して

1 [1436件 抜粋] あ, あなたちょっと, あのかたたち, あるいはいわゆる, あるいはこれから, あるいはそれ, あるいはどこ, あるいはまだ, あるいは一定, あるいは二方, あるいは古典, あるいは大洋中, あるいは少し, あるいは情熱, あるいは瓦礫, あるいは研究室, あるいは表面, あるいは身動き, ある国, いいの, いかに一般, いずれが, いちもんだ, いないかくらい, いないかすら, いないかとか, いないかに, いないかによって, いないくらいの, いねえか, いまだに, いよいよわからなくなる, うかがうこと, おくれた踵, おそらくは三月九日, およそ察し, おらんかという, お分り, お前は, お吉, かたちも, かれは, きこえて, きのうの, きらって, くれた新鮮, げに, ここに, ことばに, この問題, この山, こまごまと, これから御, こんな暖, ご存じでしょう, ご老人, さぞ病み細っ, さっぱり分らなかった, さっぱり見えない, さもなければ, さもなければその, さもなければぴったり, さもなければ丘, さもなければ由井, さもなければ自分たち, しかも私, したら彼, した者, しないもの, しらんて, しれないそれ, しれないん, しれねえん, しれませんと, しれやしないん, じきに, すぐわかった, すなわち一直線, すんで, そういう変化, そうした国学, そこで宿命, そこは, そこまでは, そしてどの, そして人, そして自身, そのうってつけ, そのわけ, その下手人, その人, その原因, その実際, その心, その意図, その方面, その気持, その理由, その真相, その要約, その説明, その頃, そりゃ分る, それぐらい, それだけの, それともうっとうしい, それともその, それともブルジョア家庭, それとも一つ方角, それとも主観的, それとも十五銭, それとも彼, それとも懐疑, それとも村, それとも線香, それとも自分, それによって, そろそろ出掛け, たしかめて, たとえばあなた宛, だわ, ちっと見, ちゃんと見分ける, ちょっと見たくなっ, ちょっと解らなかった, ちょッと, つながって, つまり日本, でありこれ, ですって, でないとひとり, でなきゃ燃え尽して, でなければ他, でなければ滝山さん, ときどき見る, とても佐々さん, とにかく特別, どういう仕事, どういう語, どうかである, どうかね, どうか知りませぬ, どうしてこう反目, どう思われ, どこで, どこを, どっちかに, どれほど社会的リアリティー, どんなにし, どんなに望ん, どんな勤めぶり, どんな性質, どんな生き方, どんな香霧, なかでも住宅政策, なにかすれ, なんにも, のぞきに, はしらないけれども, はっきりと, はっきり見とどけた, はなはだ心もとない, ひいては学生, ひとつこれから, ひょっとしたらもう間に合わぬ, ぶとは, ほんとうに, まさか忘れ, まずその, またその, またどの, またはこちこち, またはひどく, または何, または奥さん, または強く, または改良, または気絶, または石川五郎, または関税, また取る, また幾年ここ, また法月, また美奈子, また読まれ, まだ検, まったく見当, まるっきりわからなかった, まるで気が付かなかった, むしろ安物, もう一度よく訊い, もう少し探究的, もう死んだ, もしあの, もし目ざされる, もって, もとよりこれ, ようく, よくは, よくわかる, よく御存じ, よく見ましょう, よく解らなかった, れである, わからず, わからないあなた, わからないけれども, わからないで困って, わからないね, わからないまま, わからない今, わからなかったけれど, わからなくなる, わからぬの, わからねえが, わからんので, わかりたいの, わかりませぬな, わかりませんよ, わかるかい, わかるめ, わかろうか, わたくしにも, ァ, オフィリヤは, シナの, スイッチも, ッてんだ, ドストエフスキーの, バカバカしいもの, ミシズ・パートン, ーてんの, 一ぺん見, 一向にわからない, 一向わからねえ, 一度話し, 一目なり, 丁度模型地図, 不成功, 不明である, 主人が, 乙女は, 予め分っ, 二つの, 二階に, 互に知らない, 人間的用意が, 今ごろは, 仏教を, 仙太郎, 位知らん, 何うし, 何ぞの, 何事の, 何人も, 何故所謂, 例えば火野, 俺は, 傍から, 元結が, 先ず第, 光子は, 全くわからない, 全く困った, 全く見当, 全然知ろう, 六兵衛は, 兵士達と, 内に, 分からないくらいに, 分かりません, 分らず, 分らないと, 分らないわよ, 分らない御簾, 分らなくなっただけ, 分りますか, 分りませんね, 分りゃしません, 分ると, 分る気づかいはねえ, 判つた, 判らないじゃ, 判らないの, 判らない女, 判らなかったん, 判らねえ, 判りませんわ, 判ること, 判るまいとも, 判明らない, 到底評価, 効能の, 勤労者の, 十分生き, 占って, 原稿を, 又こう, 又はムジュン, 又は思いがけない, 又は方法, 又一般, 又取るだろう, 叙述の, 台所に, 名は, 君たち一ぺんあれを, 否かなどは, 否かによって, 吾, 命令でも, 問題に, 嘘つきの, 固より, 坐って, 場所は, 夢中であった, 大体の, 大夫の, 太洋の, 女事務員に, 如何かは, 如何に不完全, 婦人たちが, 嫉妬し, 存ぜぬか, 実に愉快, 実行される, 宿命な, 寝転んで, 察する, 小机に, 少しく調査, 少し考え過ぎる, 少なくもみずから, 山には, 帆村の, 常識で, 平次にも, 引揚者寮の, 当って, 彼と, 彼らの, 得て, 御覧なさいまし, 心付かなかった, 心配な, 忘れたん, 怒りっ放しで, 恋でなく, 恐怖すれ, 悲しい思い, 想像出来よう, 愛して, 憂えて, 或いはその, 或いは幼い, 或いは非常, 或はそれとも合意的, 或は俳優, 或は漲, 或は遊蕩, 戦災者が, 所謂文人的教養の, 手前も, 抜けて, 探って, 推察されない, 支離滅裂な, 数が, 文章に, 方角の, 旅へ, 日本人である, 早く見たく, 星明りが, 時に疑わしく, 曇って, 更に変質, 書き物を, 最もよく知っ, 木村が, 本当に気がつい, 机に, 桂子にも, 検査でも, 横に, 次の間に, 正確なる, 歪屈され, 殆どお, 残って, 殺されるかという, 毛脛を, 気が, 汝知っ, 池浚え, 泣いて, 消息が, 深い霧, 煙草ばかし, 父の, 特色が, 狐狸の, 甚だ興味, 申上げたい, 疑って, 疑問で, 病院に, 白骨でも, 皆目わからない, 監視の, 眠って, 知った人, 知ってるわ, 知らそんな, 知らないだろう, 知らないとでも, 知らないまま, 知らない父母, 知らぬか, 知らぬ妻, 知らんかね, 知らん鼾, 知りたい気持, 知りませぬが, 知りませんよ, 知るまい, 知る由, 知れないでしょうそれ, 知れない弁信さん, 知れぬと, 知れねえが, 知れませぬ, 知れませんなにとぞ, 知れませんよ, 知れんが, 知んねえの, 確かめた, 私に, 私知らない, 立ち入って, 童女たち琴を, 等について, 紛らされて, 終点の, 罪人たちは, 考へて, 聞きもらしたの, 脚を, 自分が, 自分に, 芹沢との, 藪の, 行先なんか, 見えない, 見えぬ, 見すごすわけ, 見せて, 見たいもの, 見たかった, 見たくて, 見ぬ振り, 見るん, 見世物が, 見定めが, 見当の, 覚えて, 解って, 解らないと, 解らないよう, 解らねえ, 解る, 言い訳が, 訣らない, 詩は, 説明できなかった, 誰の, 警察の, 谷河の, 貴公の, 貴様は, 赤穂の, 足場が, 身を, 退屈男の, 逼迫し, 遠からず汚れ, 野に, 量り知れない, 鍬と, 阿Qには, 雑って, 霧の, 面倒だ, 頭を, 食事する, 馬は, 驚くばかり, 鶏の

▼ いる~ (2708, 0.8%)

451 違いない 332 ちがいない 321 相違ない 121 しても 111 過ぎない 74 すぎない 69 過ぎないの 37 ちがいありません 35 違いありません 34 過ぎなかった 31 きまって 29 すぎなかった 28 違ない 27 すぎないの 25 反して 24 ちがいなかった 22 相違なかっ 21 違いなかった 17 相違ありません 15 相違ねえ, 過ぎぬ, 限る 13 外ならない 12 ちげえ 10 過ぎません 9 他ならない 8 ちげえねえ, 過ぎないという, 違えねえ 7 相違あるまい 6 かかわらずその, しろ, 決って, 過ぎないから, 過ぎないと, 違いなかろ 5 しては, すぎないが, ちがいなかろ, はいますが, 決まって, 相違ございません, 至っては, 過ぎないもの

4 [13件] したところ, すぎないと, すぎないという, すぎないよう, すぎぬ, 相違なく, 越したこと, 過ぎないが, 過ぎないこと, 過ぎないよう, 過ぎなくなった, 違いございません, 限ると

3 [21件] してからが, しろこの, しろその, しろやはり, すぎないこと, すぎんの, ちがい無い, つけても, とどまって, 不思議は, 他ならぬ, 堪えられないで, 相異, 耐えないよう, 過ぎないし, 過ぎなかったが, 過ぎなかったの, 過ぎまい, 違げえねえ, 関らず, 限ります

2 [56件] かかわらず, かかわらずこの, かかわらずこれ, かかわらずそれ, かかわらずどこ, かかわらずなお, かかわらず一, かかわらず今, かかわらず全体, きまってる, こしたこと, しろいないに, すぎないから, すぎないだろう, すぎない程度, すぎなかったが, すぎなかったの, すぎません, せよそれ, せよとうてい, たえなかった, たえられなくなった, ちがいありませんよ, はいますがね, ふしぎは, ほかならない, ほかならぬ, 似て, 堪えなかった, 堪えられないよう, 如くは, 引かえ, 忍びない, 忍びなかっ, 拘らずそれ, 拘わらずその, 拘わらずそれ, 極っ, 極って, 極まって, 比べて, 比例し, 見ても, 較べて, 過ぎないだろう, 過ぎぬと, 過ぎぬの, 過ぎん, 過ぎんの, 違いございませぬ, 違いないであろう, 違いは, 違い無い, 間違いは, 限りますよ, 頓着なく

1 [476件] ある, あると, いられず逃げだして, いられない思い, いわんや国家的経済現象, うぬ, うや, おばば, およばん, お前が, お政, かかわらずあえて, かかわらずあるや, かかわらずいかにも, かかわらずいくらか, かかわらずいつ, かかわらずお側, かかわらずこれら, かかわらずしきりと, かかわらずそこ, かかわらずその主たる, かかわらずなんとなく, かかわらずやはり, かかわらずわが, かかわらずわれわれ, かかわらずカラー, かかわらず一方, かかわらず事実, かかわらず人, かかわらず伝染病, かかわらず何かしら物不足, かかわらず何時も, かかわらず作者, かかわらず侵略主義征服主義, かかわらず個人商店, かかわらず倫理学者, かかわらず兵馬, かかわらず分類, かかわらず判定, かかわらず可能的, かかわらず各所, かかわらず同じ, かかわらず哀れ, かかわらず妙, かかわらず孔子, かかわらず実際, かかわらず尚かつ, かかわらず市街, かかわらず当時ロシア, かかわらず彼ら, かかわらず戦場文学, かかわらず折々, かかわらず描写, かかわらず時間, かかわらず最早, かかわらず東洋各国, かかわらず歴史, かかわらず無味, かかわらず特に, かかわらず猿, かかわらず瑛子, かかわらず短気, かかわらず私, かかわらず種々, かかわらず結局, かかわらず美, かかわらず自分, かかわらず自殺, かかわらず自称キリスト教会, かかわらず自身, かかわらず舟, かかわらず花, かかわらず若し, かかわらず見るべからざる場所, かかわらず買って, かかわらず近代文明社会, かかわらず迷信, かかわらず遂に, かかわらず道江, かかわらず音楽, かかわらず顕著, かぎると, かわらず毎年何百, きまったもの, きまっておる, きまってるさ, きまってるじゃ, きまってるそう, きまってるん, きまつて, くらべて, この人, この男の, さきだって, さて後, しくは, したって, しのびないという, しのびなかっ, しのびません, しろお, しろきっと, しろそして, しろそれ, しろどこ, しろなん, しろやっぱり, しろダンス, しろ一作家, しろ一律, しろ不屈, しろ中産階級, しろ乙女, しろ体, しろ何, しろ凡人以上, しろ哀れ, しろ彼, しろ彼ら, しろ彼女, しろ彼女達, しろ折角, しろ明るい, しろ普通, しろ死んで, しろ異説ふんぷん, しろ社会, しろ私, しろ種子, しろ絶対的, しろ翁, しろ自由, しろ若い, すぎずそれ, すぎず今や, すぎず何故, すぎず大, すぎず弱い, すぎず漠然と, すぎず謎, すぎないけれども, すぎないこの, すぎないし, すぎないぞよ, すぎないであろう, すぎないですよ, すぎないのに, すぎないもの, すぎないん, すぎない国民意思, すぎない彼, すぎない次第, すぎない男, すぎない私, すぎない落魄, すぎない運命, すぎなかったとは, すぎなかつたけれども, すぎなくとも, すぎなくふつう, すぎなくまことに, すぎなく畢竟, すぎぬの, すぎぬよう, すぎまい, すぎまいとこう, すぎませんでした, すぎんという, すでにこの, せよいつ, せよいつか, せよいないに, せよいぬ, せよその, せよどこ, せよどの, せよわれわれ地球人類, せよ事実, せよ二, せよ人, せよ人間獣, せよ伸子, せよ勝手, せよ叱られて, せよ夫, せよ彼女, せよ情婦, せよ早急, せよ相, せよ眠って, せよ肉体, そういあるまい, そういない, たえない, たえないの, たえなくなった, たえなくなったこと, たえられなくなったから, ちが, ちがいありませんね, ちがいないでしょう, ついちゃ, つけて, とかく捗々しゅう, とどまらずむしろ, とどまりあるいは, とどまる, とどまるので, どうも時間, はいます, はいますがねえ, はいますな, はおりましたがね, はおりましたものの, はおります, はおりますが, ひきかえて, ふさわしい寒々, ふさわしい者, ふさわしい見る, ふさわしい風貌, ほかならないでしょうがね, ほかならないと, ほかならなかった, ほかならぬ作家, ほ前, まかせて, まだ玄徳, めいめい名を, もつ入れの, や, やいますがね, やまら, よい風景, よけいな, よれば, パルプの, 不便な, 不審は, 与四郎めは, 丙は, 乗じて, 乗手は, 二色を, 人驚きの, 今日ばかりは, 似げ, 似ず亭々, 似たこの, 似た武蔵野, 余りの, 係わらずどこ, 充分なる, 先だちまして, 先だって結社の, 及んで, 反しメルキュール紙, 反し仏蘭西人, 反し嘯風, 反し大衆小説, 反し奥, 反し嫉妬, 反し日本, 反し最近, 反し母, 反し蜃気楼, 四辺が, 在る, 堪えない, 堪えないと, 堪えないほどに, 堪えない虫気, 堪えなかったから, 堪えられないから, 堪えられないくらいに, 堪えられないの, 堪えられないので, 堪えられなかった, 堪えられなくなったので, 堪えられなくなる, 堪えられません, 堪え切れないその, 外なら, 外ならないだろう, 外なりません, 女房は, 如かずである, 定って, 家の, 容易に, 将来長く, 對する, 就き代, 引きかえ今日, 引き代え弟, 引き易, 引替えこの, 当って, 当っては, 彼女の, 微かな, 心づき思わず, 忍ばれなくなって, 忍びなくなって, 忍びぬ, 忍びません, 忍びん一刻, 悪と, 手間取るから, 拘らずいろは, 拘らずおかしい, 拘らずこれ, 拘らずこれから, 拘らずともに, 拘らずなお, 拘らずまだ, 拘らずまるで, 拘らず一つ習慣, 拘らず一二, 拘らず何, 拘らず作者, 拘らず全般的, 拘らず其祭神, 拘らず北半, 拘らず単なる, 拘らず又, 拘らず大阪町人, 拘らず天保, 拘らず弁信, 拘らず当時, 拘らず敗戦後, 拘らず日本, 拘らず春さき, 拘らず最も, 拘らず果して, 拘らず気息奄奄, 拘らず物語, 拘らず登山者, 拘らず科学, 拘らず能登守, 拘らず誰, 拘らず道庵, 拘わらずかような, 拘わらずここ, 拘わらずまだ, 拘わらず主として, 拘わらず児太郎, 拘わらず法, 拘わらず自分, 擬したもの, 早くも, 極った, 極ってる, 極まった, 止った, 止ったので, 止って, 止まった, 止まって, 止まり実力, 止まり鐘釣, 止まるが, 正成とは, 比し近代句, 気が付かぬか, 汝え, 汝そんな, 汝は, 決まってるん, 父は, 留まるもの, 異ならなかった, 異ならぬ, 相違いない, 相違ご, 相違ござらぬ, 相違なかろ, 相違なき, 相違ねえです, 相違ねえと, 相違ねえよ, 相違無い, 窮屈な, 等しい, 等しいこと, 等しいの, 等しい呼吸, 等しかった, 精いっぱいの, 素直に, 耐えなかったもの, 耐えなくなった, 耐えなくなったか, 耐えなくなったもの, 耐えなくなりました, 耐えられなかった, 至ったかを, 至って, 若くは, 衣食住が, 見ると, 見れば, 誰, 財産も, 貴様が, 過ぎずすぐ, 過ぎずその後, 過ぎず世界的, 過ぎず江戸, 過ぎないかとも, 過ぎないけれども, 過ぎないそこ, 過ぎないそれ, 過ぎないため, 過ぎないだろうと, 過ぎないだろうとしか, 過ぎないどう, 過ぎないにも, 過ぎないので, 過ぎないのに, 過ぎないらしいが, 過ぎない一個, 過ぎない下町, 過ぎない事, 過ぎない人間, 過ぎない其の, 過ぎない千次, 過ぎない姿, 過ぎない感, 過ぎない感じ, 過ぎない時代, 過ぎない筈, 過ぎない間, 過ぎなかったから, 過ぎなかろう, 過ぎなくなって, 過ぎなく質, 過ぎなく雨露, 過ぎぬでは, 過ぎぬもの, 過ぎぬゆえ, 過ぎぬ者, 過ぎませんが, 過ぎませんのさ, 過ない, 過ませんでした, 遑なく, 違いありま, 違いありませぬ, 違いあるまい, 違いない肥っ, 違いなく, 違いなく思われた, 違いねえ, 違い御座いません, 違えねえが, 違えねえざまア, 違えねえだ, 違えねえという, 違えねえので, 違えねえん, 違げえ, 違なかっ, 違なく, 遺いないの, 金だけ, 門ばかり, 関わらずどこ, 関わらず他家, 関わらず意外, 関わらず私, 限るの, 非ざれ, 頭の, 驚き不都合千万, 驚けり六時半着

▼ いる~ (2575, 0.7%)

4339 に私 32 にその 30 に彼 20 にこの 18 にお 17 にもう 13 に自分 10 にまた, はまだ, は私 9 にあの, にそれ, は 8 に二人, はその, はそれ 7 にふと, に例, に僕, に少し 6 にそこ, にそっと, に何, に女, に母, もない

5 [12件] にすっかり, にだんだん, にわたし, に再び, に日, はいつも, はこの, はそんな, は自分, もなかっ, も彼, も気

4 [17件] にかれ, にそんな, にどこ, に下, に二階, に他, に又, に彼女, に突然, はまだまだ, は何, は僕, は少し, は常に, は若い, も, も私

3 [43件] などはない, にあなた, にある, にいよいよ, にいろいろ, にこれ, にさらに, にすでに, につい, にどんな, には自然, にみんな, に一つ, に一人, に主人, に今, に伸子, に姿, に家, に宿, に彼等, に持っ, に早く, に次第に, に父, に知らず, に竜, に色々, に葉子, に誰か, に警部, に頭, に高, はいつ, はそういう, はとうてい, はどんな, はなかっ, はよい, は別に, は大丈夫, は決して, は誰

2 [144件] お延, からその, がない, がなかっ, その人, だけは自分, ですら, というもの, なので, にあんな, にいつ, にいつしか, におじさん, におれ, にお互い, にこういう, にこっち, にこんど, にすぐ, にせめて, にただ, にだれ, にちょっと, にとうとう, にどう, にはじめて, にはすっかり, にはや, には自分, にほか, にもう一度, にもし, にもその, にも一日, にも久慈, にも彼, にも所々, にやっと, にコック, に一, に一度, に世間, に二, に京都, に以前, に何時, に何者, に俺, に傍, に僅か, に兄, に先方, に先生, に出, に前, に半, に外, に夜, に大, に太陽, に奥, に子供, に宗助, に小, に山野, に弟, に当時, に後ろ, に徐々に, に思いがけない, に敵, に時, に時間, に木, に本, に来た, に段々, に気, に水鳥, に消費, に眼, に秀吉, に窓, に老, に自然, に舟, に船, に船長, に若い, に見た, に身, に車, に逃げ, に電車, に顔, に魚, の宿, の岳, の方, の時間, の気持ち, の私, はあなた, はいい, はいかに, はおろか, はこれ, はせめて, はそう, はたとえ, はどこ, はほとんど, は人格, は八畳座敷, は多少, は夢, は女, は子供, は安全, は安心, は彼, は日本, は最も, は毎晩, は無事, は煙草, は父, は相手, は迷う, は随分, もあの, もお, もじっと, もそう, もなし, も何, も同じ, も時々, も決して, も油断, も絶えず, を一筋, を水, を通っ

1 [1673件 抜粋] あの人, いろいろ気, お稲, からお, からランドリュ, から人々, から彼方遥, から赤い, かれは, があっ, がチョウド六年, が好い, が私, が長い, こそ人, こそ無責任, この中, この貝殻, さえ御, ずっと三元, そしてこの, その周囲, その夫, その雪, だけがこち, だけすらすら, だけである, だけでもどう, だけでも相手, だけのこと, だけは北, だけは慎ん, だけ凝, だけ此, だけ自分, だと, つい後ろ, であり塩野, できるだけの, でさえ彼, ではありません, でもちょっと, でも智識, でも自分, とが同じ, と乾い, と言う, なお二度, などなかっ, などは短い, ならば, にあらゆる, にいかに, にいたずら, にいつか関所, にいつも, にいろ, におそく, におばあさん, にお前, にお母さん, にかご, にがんりき, にぐんぐん, にここ, にこれら, にさだ子, にさっさと, にしか行わない, にすこし, にずんずん, にその他, にたちまち, についぞ, にでもおや, にと思っ, にどうしても, になかなか, になん, ににんじん, にはあんなに, にはさまっ, にはずいぶん, にはコップ, には声, には弓隊, には春, には父, には腕, にひ, にひょいと, にふき出した, にほんとう, にまとめ, にむす, にもお松, にもそれ, にもと, にもどうやら, にもなんとなく, にもよく, にもジャンヌ・ファルク, にも一寸二寸, にも人目, にも兄, にも半蔵, にも女王, にも密輸出, にも彼方, にも怪しい, にも敵勢, にも時刻, にも父様, にも白水, にも真紀子, にも自然, にも虎五郎, にも読ん, にもKKさん, にやや, によばれた, にわずか, にわれわれ, にウォートカ, にガリ板, にサッサ, にセリファン, にダーネー氏, にトテモ親密, にナースチャ, にパパ, にビクビク, にフォーシュルヴァン, にペイルソルプ, にポツリポツリ, にメリコフ, にヨハン, にリヴジー先生, にロシア, にヴァルカン, に一五〇四年二月二十九日, に一方, に一月余り, に一杯一杯一杯, に一粒種, に一面, に万太郎, に三位卿, に三味線, に三百余騎, に上流, に不幸, に中央大学, に乗り組んだ, に九時, に予一人, に事故, に二十, に五年, に京野等志, に仁王, に今夜, に仏, に他人, に佃, に佐々, に体内, に何度, に何等, に使える, に傍聴人, に元八, に入口, に兵学校, に出かけた, に出会う, に切られた, に利根, に勇吉, に医学博士, に半分位, に博士, に友人達, に取り残され, に可, に台所, に同じ, に君, に周倉, に哀れ, に喬介, に国府津, に土砂, に夕方, に夜立ち, に大きな, に大変, に大高源吾, に太郎左衛門船, に女の子, に奴ら, に姉, に姫君, に媒介人, に学年試験, に宇野, に実際, に容疑者, に寝込ん, に寿夫さん, に小説, に岡田, に巍然, に左五, に市五郎, に帰っ, に平靖号, に幸村, に幾, に店, に弦, に彫刻家, に待呆け, に御, に必然的, に恋しい, に息子, に悴, に慢心和尚, に我, に手, に手早く, に才気, に挟まっ, に提灯, に教師, に整っ, に新田, に旅, に日本画家, に早々, に明治四十年, に時々, に晴賢, に最も, に有原, に本当, に朽ち, に東, に松田, に柳, に根来, に森久保系, に極めて, に橇, に次, に歌, に正体, に武者隠し, に死にました, に殿下, に毛利先生, に気がついた, に永遠, に沖, に注意, に活動, に海, に混, に溝, に潜水艦, に火薬, に無数, に照彦様, に物, に犯人, に猟師, に申した, に留守, に痩せおとろえ, に皆, に監督ケン, に眇目, に真紀子, に着物, に石, に破損紙, に社, に禿頭, に稲, に立っ, に竹箒, に筆, に米国, に素子, に経っ, に緋毛氈, に纏頭, に美しい, に羽織姿, に考えた, に背後, に臙脂色, に自身, に船団, に色, に茂太郎, に華族たち, に薬, に藤本, に蜂谷良作, に行われる, に衝立, に袴野, に見馴れぬ, に角, に許され, に調べ, に警察署, に豊後, に質屋, に踏ん, に近づい, に追い付く, に途中, に遂, に道太, に適当, に部下, に金剛石, に釣台, に鐘, に長男, に間, に隣室, に離婚, に露岩, に頸, に風呂, に食卓, に馬子, に高氏, に魔法使, に鷹, に黒頭巾, のお, のその, のほか, の不体裁, の俺, の先生, の各, の嬉し, の彼, の忠勤, の数時間, の沈黙, の縁, の落着, の道, はあの, はいつこっち, はいや, はおたがいに, はお座敷, はかれ, はこんなに, はさ, はしない, はすべてりっぱ, はそれでも, はそれ程, はつねに, はともかく, はどの, はなつかしい, はひと足, はまだしも, はやはり, はよかっ, はよろしゅう, はわれわれ自身, はコゼット, はパン, はヨーロッパ人, は一つ, は一瞬間, は不可能, は主税, は人, は仏, は他, は何とか, は何時間, は倖, は全く, は内, は分銅, は医師, は厳粛, は吾身, は国内市場, は大, は奥, は室, は左右, は幸福, は後生, は思う, は恐竜, は意識, は手もと, は故郷, は新聞, は日英, は書きつづけ, は朝, は棟梁, は死んだ, は毎日, は気がかり, は水, は消えかけ, は漁夫, は無言, は珍しい, は生き, は用, は町, は皆軍人, は眠れまい, は笑っ, は縮ん, は興奮, は苛責, は観音さま, は誘拐団, は貧乏, は赤坂, は通常量, は酔い, は関, は集まっ, は頭, は餓え, は騒音, は黒色, へ八幡様, へ長い, ほとんど無意識, もあら, もここ, もその, もちょっと, もどうか, もふと, もマロニエ, も一層, も一生懸命, も体, も分部, も夢, も席, も心配, も息子自慢, も数右衛門, も日和佐, も有れ, も権守, も母子二人, も澄み張った, も男, も目, も考え, も見る, や帰途, をあちら, をうやうやしく, をたくみ, をわが, を利用, を左, を抜け, を曲り曲っ, を甘ったるい, を縫い, を色, を顔見知り, 何故ああ不, 入れて, 同じ停留場, 始終, 実によく働い, 少し工夫, 持つでしょうとしか, 来ては, 篤と兵馬, 絶えず例, 見たり, 面白く読ん

▼ いる~ (2572, 0.7%)

160 がある 88 もある 57 はない 54 もあった 50 はなかっ 49 があった 29 は一人 22 がない, が多い 20 です, もあり 19 では 18 があっ, である 16 でも 15 だ, は誰 14 はいない, もない 13 がなかっ, はありません 12 の中 11 が多かっ, は 10 があります, だった, のよう, もあろう 9 でなければ, もあれ 8 がその, だと, もあっ, もあります 7 があり, がいる, だが, のほう, の仕業, の姿, はその, はほとんど, もいた, もいる 6 があったら, がいた, ならば, のうち, の眼, の頭, は少ない, もありました, も少なく

5 [14件] が, があるだろう, が少なく, が随分, であった, であります, でございます, ですが, のため, はこの, はないだろう, はなく, もなかっ, も多かっ

4 [15件] が一人, なの, に相違, の一人, はあの, はありませんでした, はみんな, は少く, は必ず, は自分, ばかりだ, もあるらしい, もなく, も多い, も無い

3 [37件] か, がありました, があれ, があろう, がたくさん, が他, が少く, が尠, が居る, が幾人, さえある, じゃ, だから, だよ, であるが, といえ, とは誰, なので, なら誰, の心, の胸, の間, はあるまい, はまず, はみな, は多い, は少い, は少なく, は殆, は決して, は皆, は稀, ばかりであった, もあるだろう, もなけれ, も多く, も居る

2 [95件] から見る, がいない, がございます, がすくなく, がだいぶ, がどうして, が今, が多く, が大, が大分, が幾組, が手, が殆, が無い, が私, が自分, すらあった, だけがのんき, だぞ, であったが, であっても, でお, でございますが, でございますもと, でございまする, でしょう, ですから, でなくては, で其処, という, との間, と並ん, どもです, にとってはまことに, にはそれ, にはわからなかった, には何, に金, のお, の上, の口, の名, の妻, の子, の家族, の手, の数, の方, の立場, の身, はあった, はあまり, はありゃしません, はいずれ, はお, はお前, はかえって, はここ, はこの世, はございません, はそれ, はとかく, ははなはだ, はひとり, はまだ, はもはや, は世界中, は何, は只, は実は, は次第に, は気, は無い, は無かっ, は無邪気, は私, は非常, ばかり, ばかりで, もあったらしい, もありません, もあるであろう, もいない, もいました, もそれ, もみんな, も少し, も有る, を, をつかまえ, をみんな, を憎みます, を欺く, を見た, を見る

1 [1167件 抜粋] あるいはさらに, あれば, うごかない者, おびただしければ, かためし, かなどということ, かもしれない, からいいます, からこんな, からはかかり合い, からもらっ, から見れ, か内, か金, があったなら, があるで, があるなら, がい, がいく人, がいっ, がうしろ, がおり, がこう, がことごと, がこの世, がこんな, がすなわち, がそこ, がそば, がちょっと, がつまり, がどの, がなに, がねえ, がぼつぼつ, がもと, がようやく, がドッ, が三, が下手人, が世に, が二度, が仕掛け, が何で, が何十人, が作家, が全体, が再び, が勝手, が十三人, が古く, が四, が多かろ, が如何, が姨さん, が存在, が宮子, が居た, が山車, が御, が心から, が急, が感心, が指, が敵, が有りまする, が望ましい, が歩い, が毎日小屋, が気の毒, が潜ん, が無くなるで, が生ずる, が盗もう, が知らね, が確か, が立っ, が羨ましく, が聞かず, が胃, が見えた, が誰, が貞女, が輦轂, が迎え, が遠く, が雷, が面, が驚きました, くらいはともに, こそ幟旗, さえありました, さえまれ, さえ二, さえ少く, して, すらある, すらなく, そういう自分, そしてむこう, ただ黒, だけがそこ, だけが本当に, だけが知っ, だけである, だけの示す, だし, だって自分, だとか, だのまた, つまり玄一郎, であったので, であの, であり東大神経科, であるかぎり, であるかも, であるであろう, であると共に, である事, であろうと, でご, でございますから, でござる, でござんす, でした, ですと, ですなどと, でその, でなお, でなく, でもっとも, でヨーロッパ人, で人, で今ちょッ, で夏休, で御座います, で無い限り, で老人達, で銭五十緡, ということ, といっ, とかがある, とが乗りこん, として, としてたいへん, としての父, とすれちがった, とても何, とともに, との実際, との相違, とはちがう, とは兄弟, とは違う, とひそか, と上方, と双方, と国津神, と思う, と改めて, と無理矢鱈, と自分, と見える, と顔, などがあっ, などがおり, などが心配, などにはそれぞれ資力, などもあった, など十名以上, など男女老幼, ならかんたん, ならそれ, なら宮方随一, なら沢山, なり, に, にある, にききとれない, にございます, にさえなに一つ, にし, にたいして, にちがい, にでも愉快, にとっていずれ, にとってはあれ, にとっては何等, にとっては権威, にとっても大変不名誉, になる, にはかえって, にはその, にはちがい, にはまったく, にはもったいない, には一向に, には全然, には国々, には地名, には如何にも, には実に, には小さな, には振られ, には極楽, には気, には腑甲斐, には苦し, にもわからなかった, にやにや笑っ, によって形, にわけ, に一体どうして, に会いはせぬ, に何とも, に厚く, に取っ, に向っ, に対してさえ今日, に対して今度, に対して我々, に悠揚, に所有権, に月, に泣くべき, に物, に真に, に移る, に聞きます, に船手, に見える, に説諭, に限られ, のあらわれた, のいくら, のかわり, のごとくふるまい, のさけぶ, のすべき, のなか, のほか, のみが真に, の不自然, の云う, の人間発達, の使うべきで, の偽名, の内状, の叔父, の合図, の外出, の多かっ, の大, の妄, の子息, の小声, の形, の復讐, の快感, の感ぜず, の慰め, の抱い, の救済, の本務, の本質的, の歩きつき, の殆ど, の気持, の牛飼, の生長, の疑懼, の着物, の考え方, の肌膚, の腰, の見当, の証拠, の調子, の門戸, の雅懐, の顔, の首, の鼻さき, はありゃしない, はある, はあるだろう, はいつ, はいなかった, はいねえ, はおそらく, はおらん, はおれ, はかの, はここら, はことごとく, はございます, はすく, はすなわち, はすべて所定, はずいぶん, はそう, はそれぞれ体, はそれで, はそんなに沢山, はたしかに, はたまらない, はちょうど, はどう, はどうも, はなお, ははぎ, はひじょうに, はびっくり, はまさか, はまだ多少, はみなごろ, はみな留守, はみんなそう, はみんな海底, はやがて, はゆ, はよほど, はサディ, はデイリー・ウォーカアス, はプラーゲ自身, は一名, は一時, は七十余首, は不, は中元, は之, は二十六人, は五指, は人間, は他人, は何十人, は信長, は先生, は八人ぎり, は兵役, は別に, は加賀見忍剣, は勝久, は単独的労働者, は却って, は口惜し, は唯はらはら, は四十五歳以上, は土手, は多勢, は大いに, は大学, は大阪, は天堂一角, は如何なる, は学術図書館, は容易, は寧ろ, は少しく, は尠い, は居なかった, は布団, は広い, は彼, は恥しい, は我々はじめ, は或, は手拭, は支那, は斎藤太郎左衛門利行, は明治, は時には, は暗誦, は本当に, は松平碩寿翁, は概して, は此, は死人, は母, は法術, は無事, は父以下少数, は畜生谷, は発言, は皆目, は監督唯一人, は矢, は知らぬ, は祖母, は私たち, は種々, は罰せられた, は腕, は自分一人, は舅, は英語, は襲おう, は誰一人, は越後新田党, は身, は近い, は道具屋, は重い, は陽時計, は雨, は革命, は顎髯, は飯盒炊事, ばかりです, への強いにく, へはそんな, へやさしく, へ宮, へ抱きつい, ほどそう, またはここ, までが交っ, までが自然, まで捜し出し, もい, もいなく, もおらぬ, もおる, もこれ, もすこぶる, もすべて, もたくさん, もなお, もなかろう, もまじっ, もみな, もわざわざ, も一様, も二組, も傷者, も口, も哲学, も大して, も宛, も少なかっ, も幾分, も彼ら, も日常, も有り, も有れ, も無数, も皆, も神尾, も立ち上る, も網, も胸, も謙信, も近く, やその, やらが, や実業界, や捨場, や足, や都じゅう, よりか残された, よりもさらに, よりも運命, より先, らしいなと, らしい素ぶり, らしく云う平野氏, をあわれん, をし, をぜんぶ, をでも起し, をはねのけよう, をべつ, を一々, を人類, を初め, を呼ん, を埋める, を奪い返し, を引摺, を打ちゃ, を挙げれ, を探しだし, を探し出す, を教育家, を止め, を殺した, を気の毒, を爆破, を相手, を継子扱い, を見, を見まわし, を見捨て, を誰, を起し, ネ, 叫んで, 坐って, 忽ち折れ, 短い上着

▼ いる~ (2304, 0.6%)

35 それに 13 私は 8 自分の 7 それが, またその 6 また, 眼は, 私の 5 第一, 自分も 4 おまけに, そのため, その上, 女の, 彼の

3 [28件] あたりには, これからも, するので, そうかと, そのほか, その眼, それは, それも, それを, なんの, ほかに, またこの, もう一人, 一人は, 中には, 二人の, 僕は, 又その, 家の, 店の, 彼女の, 或る, 日本の, 町の, 私も, 背丈も, 顔も, 髯は

2 [86件] あたりは, いつでも, うちの, おまえさんも, おれの, お前は, お前も, ここでは, この人, これは, これを, そしてその, そのこと, その他にも, その愛らしい, その日, それと, それにあの, それより, それらの, ほかにも, ほかの, ほそお, ほんとうの, またいろいろ, またそれ, また一方, また日本, また私, みんなの, ょうこです, よごれ物一つ, フライに, 一人の, 人に, 今では, 今でも, 今は, 他の, 僕も, 党員の, 全体が, 又そういう, 口は, 君が, 君の, 君も, 地方の, 壁には, 壁も, 夜に, 夢中で, 天下の, 女も, 娘の, 嫁に, 実際の, 家中の, 年も, 床には, 彼が, 後者は, 心も, 敵の, 日本でも, 更に溯れ, 母は, 気は, 水は, 瀬左衛門が, 火薬の, 現在の, 男が, 皮膚の, 相当に, 着物も, 自分は, 舞踊が, 言葉も, 道も, 雨は, 頭を, 顔は, 駒も, 髪も, 魚籠餌箱帽子から

1 [1930件 抜粋] あいて, あなたの, あのムク犬, あの手この手の, あぶない, あらゆる店, いい友達, いがぐりが, いちばんぼくを, いつの, いまの, いやその, いろいろ話す, うすい乳緑, おいらの, おじょうさんも, おぬ, お互, お前さんは, お咲, お寺参り, お皆, お萩も, お顔色, かくれも, かなりおびただしい, がんばりな, きどったよう, くつは, こうし, ここの, こちらも, ことに僕, ことに鼓, このバルナバス, この律儀一途, この河, この船, これからの, これまでも, こんな気持, さだ子とは, さびれた町, さらにそれ, ざっと一万二三千円, しかもそれら, したくない仕事, じっさい捕手, すこしそれ, すさの, すでに市, するからね, せも, そういう意味, そうじゃ, そうなけれ, そこから, そこらにまで, そして哀愁, そちらは, そのいう, そのうち, そのなか, そのコンプレックス, その丸太, その他よく, その努力, その地方地方, その夜, その子供たち, その後一六三五年の, その決闘, その立場, その翼, その血, その論理, その門人山崎与五郎, それからの, それから右手, それでいてぼくら, それどころか我々, それにつき, それに元来, それに小, それまでという, それ自体が, そんな関係, ただ見物, たッ, だれの, ちょっと引出し, づやのもとへかけつけて柔くし, でき合いを, で月曜, とてもこの, どういう仕掛, どこも, なお, なかなかそれ, なにかし, なまじロープ, なんとなく劇, のみならず夕刻, ばあさんは, ひどい, ふた間ほど, ほんとうに, まあ仕方, まかせた人々, またあんなに, またさき, またそう, またタイプライター, また一部南進論者, また仏教そのもの, また光秀, また反対, また外形, また将監様, また感じ, また日の丸, また時, また松山, また熊谷, また笑わせなく, また考えなおし, また西, また貴国, また長脇差, また飢饉, まだ二十三, まるでヴァンダーヴォットタイムイティス, みんなが, むかしの, めったに出さない, もうご, もう一つ, もう数少な, もっと大きな, もともと地球物理, やって, やわらかな, よく何, よし又, わが地球, わたしも, われわれは, アメリカに, アンケート用として, エジプトの, カントの, コマの, シリンドルの, スケイトも, スポットは, チョンガレも, トロッコの, ナポレオンは, バッハの, ヒラメの, フグに, プロレタリア文学運動において, ホンの, ボースンに, メーク, レスターも, 一つには, 一人残らず, 一寸気, 一方は, 一月の, 一茎の, 万一雇う, 三枝子さんは, 三郎は, 上の, 上衣は, 両側は, 両面神話の, 中南海園の, 中心周の, 主人は, 久坂義助桂佐久間克三郎等あり, 乱れた髪, 二三人の, 二夜三夜続いた, 五体は, 井上夫人と, 京流の, 人の, 人数は, 人間の, 今きた, 今度京都に, 今朝なんかも, 仔猫の, 仮に同じ, 伊那丸も, 伝吉も, 何かの, 何やら人, 何処から, 作曲を, 保全が, 俺にも, 健吉氏の, 働くよりも, 優雅の, 兄大, 兜町, 八の, 公卿堂上へは, 兵庫の, 内国人の, 写真で, 凉軒の, 初めから, 前の, 加賀の, 包帯を, 匪賊への, 千円も, 卓布の, 却って親, 原則という, 原語の, 又不安, 又大内, 又自ら, 又集中, 双方の, 口が, 可哀そうだ, 右を, 吉野様から, 同じ棟, 同時にビジネス, 名が, 吐いた汚物, 君達に, 呉服屋の, 哀しいとき, 問題の, 四年まえ, 困った世の中, 土民の, 地理にも, 城中の, 塵も, 売りたい方, 外へ, 多くの, 夜分に, 大きい金魚, 大名は, 大坂表の, 大日本婦人会, 大阪には, 太宰さんが, 夫人も, 奥書も, 女中も, 妙見も, 始めの, 娘たち自身も, 娘達の, 婦人作家では, 子どもの, 子孫とても, 宇津木の, 官吏は, 実地に, 客の, 宮方の, 家も, 家康も, 富豪も, 寝酒の, 寺門に, 将来に, 小さいながら, 小僧が, 小径から, 小馬, 尾張は, 山つつじの, 山根さんは, 岬の, 川端龍子という, 市参事会員などの, 帯も, 平和の, 平馬どのは, 年齢から, 床の間からは, 庭には, 廊下も, 弟の, 張出しの, 当然理由, 彼一人なら, 径や, 後者には, 御当人, 心は, 必ず下らなけれ, 応募作品中の, 急変の, 恒雄さんには, 恰好な, 想念も, 感心し, 態度が, 懲りて, 或線, 戦国の, 所持品も, 手先は, 手拭は, 批評家の, 拙者も, 挨拶を, 接触し, 支柱の, 政職の, 敵は, 文士は, 文献上の, 斧で, 新聞を, 旅に, 日光に, 日本で, 日本画としての, 旧知の, 易介は, 昭和肥料会社の, 時計台の, 暗くなり, 曹操の, 有名な, 朝九時から, 木々の, 木米が, 本当にやる気, 松子と, 林田も, 柳子は, 桐生では, 極度の, 横の, 機を, 次男の, 正直な, 武勇無双の, 武蔵も, 歴史小説の, 殊に, 殊に動脈管, 母親たちの, 毛布の, 水深も, 氷を, 江夏は, 池田良斎は, 汽車は, 泡くっ, 洋装も, 洛中にも, 流行っても, 浜へ, 海上安全期成同盟会という, 涎は, 清水寺の, 温泉の, 源氏は, 濁らされる動機, 無精で, 父が, 爺の, 牛込本郷の, 特に見る, 狭いも, 猩々足の, 王様から, 現にその, 理屈だけでもの, 甘露堂という, 生意気だ, 生田さんと, 男の, 町会さ当選した, 留守を, 番頭さんは, 病菌の, 白揚社からは, 白馬岳の, 目を, 相手は, 看護婦の, 眠くは, 眼を, 着物には, 知識人の, 石を, 硬直が, 神田の, 禿げ上がった広い, 私自身にも, 稲荷さんを, 空気の, 立候補を, 笛吹きのじいさんが, 第一兵器, 答も, 米友とても, 米国物に, 紅くなっ, 紫式部の, 経営内の, 絵草子にも, 縦横に, 羅紗股引や, 美川きよ真杉静枝大田洋子円地文子などの, 習慣の, 老婆とは, 耳の, 肉躰は, 背中に, 胸は, 腹に, 自分が, 自分に, 舞踏会も, 良人も, 花木の間には, 若先生, 英吉利には, 荒立った海, 蒲団は, 薄ぐらいから, 薬罐が, 蚕の, 衣服は, 裾は, 西の, 見ず知らずの, 見舞って, 角の, 記憶も, 評論活動その他落付い, 誠にお, 誰とて, 調理も, 警察の, 買い手の, 赤い広場, 足弱な, 身は, 身柄は, 軍隊を, 辛抱強いのに, 辺りに, 近ごろ梁山泊の, 途中下車し, 遊び疲れた, 過労に, 達弥に, 遠くみえる, 郷里の, 酒を, 重きも, 野良犬の, 金に, 銀五郎と, 鑿や, 長女鶴子は, 間違いも, 関ヶ原くずれ, 附合い, 陸軍だって, 階下は, 集会用の, 雪が, 雪質は, 青竹は, 鞏膜に, 音楽などは, 頬にも, 顔つきも, 顔色は, 飛べない鳥, 食慾が, 餡の, 駒井も, 高木老人の, 鬚が, 魚も, 鶺鴒は, 鼻から

▼ いるわけ~ (2262, 0.6%)

485 では 204 でも 158 です 141 である 11254 なの 51 じゃない, はない 50 だが 38 ですが 35 であります 31 にはゆかない 29 にはいかない 28 だった 25 にはいきません 24 ですから 18 だから 15 がない, ですね, なん 14 であるが 13 でしょう, にはいかなかった, にゆかない 12 じゃありません 11 だね 10 じゃねえ, だな 9 でない, になる, には行かない, には行かなかった 8 でその, にはゆきません, にも行かない 7 さ, にはゆかぬ, にもゆかない 6 じゃなし, であるから, にはゆかなかった, にもいかない, にも行かず, ね, はなかっ 5 じゃア, であった, ですよ, にはいかぬ, には参りません, にもゆかず, にもゆきません, はありません, もない

4 [14件] がある, だよ, で, であって, であろう, ですか, には行かぬ, には行きません, にもいかず, にもいきません, にもゆくまい, にも行きません, にも行くまい, にゆきません

3 [17件] がありません, がわかった, じゃあるまい, ですからね, ですな, で私, なのね, にいかない, にはいかず, にはいかねえ, にはいきませんでした, にはゆくまい, にもいかなかった, にもいくまい, にも行かなかった, に行かない, に行かなかった

2 [46件] か, がお, がなかっ, が自分, じゃある, じゃございません, じゃなく, じゃねえだ, じゃ無い, だからねえ, だし, だったが, だろう, でここ, でございます, でしょうが, ですけれども, ですし, でそういう, でないから, でないこと, でなし, なので, なのに, なんで, にいかなかった, にいきません, にはいかん, にはゆかなくなった, には行かなくなった, にも, にもまいりません, にもゆかなかった, にも参りません, にも往かない, にゆかず, に行きません, のもの, はその, はなかろう, はなく, はねえ, もありません, もなかっ, もなく, よ

1 [220件] え者, かい, かな, が, がいささか, がここ, がこれ, がございましょう, がすぐ, がね, がねえもっと, がやっと, がわかるだろう, が分っ, が読めた, けだ, さこの, さ日本, じゃあない, じゃあなし, じゃあねえ, じゃありますまい, じゃがきっと, じゃないだろう, じゃないでしょう, じゃなかった, じゃね, じゃねえや, だからの, だけれども, だこういう, だそして, だったの, だったん, だて, だの, だのに, だろうがね, だろうし, だわ, であったろう, であなた, でありその, でありまして, であり今, であり改修, であるけれど, であるだから, であると, であろうか, であろうから, でお, でこう, でこの, でこれ, でご, でございましょうに, でございますから, でございまする, でしたがって, でしたね, でして, でしょう私, でしょう私たち, ですつまり, ですひところ, ですもの, です私, でそこ, でそのうち, でそれ, でそれだけ, でたいがい, でないという, でないの, でないのに, でなかったし, でなくいろいろ, でなくほか, でなくまた, でなくわたし, でなく下総, でなく君たち, でなく自分, でね, ではなはだ, でもう, でもござりませぬ, でもし仮に, でよしんば, でブルジョアジー, でレヴォルション時代, でロス氏, で一定, で万事, で休暇中, で但し, で僕, で前者, で勿論, で双方掛け持ち, で大臣, で夫, で存在者, で従って, で文学的自由主義者, で時流, で池田, で現今スポーツ, で生存競争, で男, で私たち, で良心, で衣裳, で陸軍中将, で首, ところがいま, と思う, なれども, にあたる, にいかぬ, になり, になります, になりまする, にはいかないでしょ, にはいかないでしょう, にはいかなくなった, にはいきませんです, にはいくまい, にはなお, にはなおさら, にはなりませぬ, にはまいりません, にはゆかなくなりました, にはゆかなくなる, にはゆかん, にはゆきますまい, にはゆきませぬ, にはゆきませんでございます, には体面上, には参らぬ, には行かず, には行かなくなっ, には行かなくなる, には行かぬだろう, には行かねえ, には行かん, には行かんです, には行くまい, にもいかなくなっ, にもいかなくなった, にもいかぬ, にもいかねえ, にもなっ, にもまいるまい, にもゆかぬ, にもゆくまいで, にも行かないでしょう, にも行かなくなっ, にも行かなくなりました, にも行かねえ, にゃあ, にゆかなかった, にゆかなくなった, にゆかなくなり, にゆかぬ, にゆかねえ, にゆくまい, に参らぬ, に参りません, に参りませんでした, に行かぬ, に行くまい, のわからない, は, はあの, はあり, はあるまい, はお, はこの, はど, はないでしょう, はなにしろ, はねぼく, はねエいくら, はもう, は云え, は今日, は博士, は和田呂宋兵衛, は地下, は槍, は畑, は絶対, は読者諸君, もあの, もある, もうなずける, もこの, もそこ, もどうやら, もなかろう, もに, もはっきり, もまた, もわかった, も察し, も彼女, も殿, らしい, をいいましょう, をお話し, をすぐ, を手短, を知っ, を訊いた, を話し, を話した, を話しました, 知りまでが

▼ いるのに~ (2174, 0.6%)

59 気が 23 それを, 私は 16 彼は 11 目を, 眼を 10 それが 7 私の 6 あなたは, お前は, それに, 何が, 何を, 自分の 5 いつまでも, これを, 気がついた, 気を, 気附い, 自分は

4 [16件] おれは, ここでは, どうした, どうして自分, どこが, ふと気, 他の, 何の, 君は, 外ならない, 女の, 彼女は, 愕いた, 日本の, 気づきました, 目が

3 [20件] あの人, ここで, そこに, それも, そんなこと, だれも, ひそかに, わたしは, 今は, 何だって, 僕の, 女は, 彼らは, 恩を, 気の, 男の, 肝心の, 自分だけは, 違ない, 部屋の

2 [96件] あいつは, あちらでは, あなたが, あの人たち, おすず, おまえは, おれだけは, お前たちは, お前の, お気が, お銀様, かれは, かんじんの, ここには, こちらは, この娘, この子, この男, これは, そうする, その上, その子供, ちがいない, どこへ, なぜか, なにを, なみなみと海, なんでまた, なんの, ふと気がついた, ほかの, まだお, わずかな, 一人も, 一度も, 一方で, 一方では, 一方は, 一遍も, 上の, 二人の, 二人は, 今さら勤王, 今の, 今まで, 他方に, 伸子の, 何かの, 何も, 何故その, 僕だけ, 僕には, 僕は, 先方は, 先生は, 周囲の, 喬之, 夫は, 女が, 妹の, 家の, 家主の, 当人は, 彼が, 彼だけは, 彼の, 彼れ, 後から, 心が, 心を, 手も, 手を, 文句を, 文学の, 東国の, 気おくれ, 気も, 気附いた, 水は, 源氏は, 漸っと, 生徒の, 男は, 眼が, 私だけは, 私には, 竜之, 耳の, 耳を, 膝や, 自分だけ, 逆に, 隣の, 頭は, 顔を, 駄目だ

1 [1632件 抜粋] ああし, あいあいでは, あぐねたよう, あたしの, あなたばかり, あの唇, あの老, あらわに, あれほど, あんたは, あんまりうっちゃり放し, いかにとは, いくらし, いざ書く, いつか私の, いつもながら, いどころ, いまだになる, いま自分が, うちの, うれしかった, おそらく同じ, おまえが, おまえ一人無, およそそんな, お互いに, お前さんが, お前たちまで, お君, お気づきに, お父上, お祖母さんは, お談義を, かなりの, かれ自身, きさま, ぎょっとした, こ, こういう時, こうしたくだけた, こう先方, ここのは, こちらが, こっちは, このお, このパイプ, この上一人前, この写真, この女人, この平野, この店, この時三輪, この木の芽, この温泉神社, この竹さん, この際, この静かさ, これからまた, これなる黙, これらの, こんなうれしい, こんなとき, こんなみょう, こんな筈, さぞかし吃驚, さらにまた, しいて勧め, しばしば出会う, じたばたは, じろじろ家, すぐ近く, すっかり驚ろか, そいつを, そういう浮世, そう姿振り, そこでそう, そこを, そして僕達, そっちばかり, そのあと, そのくせ矢張り悪霊, そのまるまる, その二軒, その効, その呉, その境遇, その女, その子, その小, その屍体, その所作, その敵国, その梢, その比重, その深い, その無産者新聞, その組成物体, その花, その足跡, その金目, それだ, それでもでれでれ, それと, それについては, それに対して, それへ, そんなしょうばい, そんな悠長, そんな自分, たいしたこと, たたみの, ただ一つ, たった二つ, たのしみの, だしぬけの, ちっともそんな, ついと旅出, てっぺんまで, ですよ, ときどきは, どういう万葉仮名, どうしてあんなに美しい, どうしてこんな, どうしてついさっき, どうしてコンナ事, どうして一様, どうして此, どうもまだこの, どこに, どんなにおどろき, なおそれ, なお突っ込む, ながながと, なぜぐずぐずし, なぜひとり, なぜ今, なぜ天皇, なぜ聞えない, なぜ返事, なにひとつ知る, なんでいい, なんで下谷, なんとかし, はじめて気がついたらしく, はっと気がつけ, ばかばかしい毎晩おまえ, ひとりは, ひどい女, ひやりと心臓, ふしぎは, ほかに, ほんとうは, ぼんやり右手, まあちゃん, まずあっけ, また仲平, また電車, まだいや, まだその, まだまだ若く, まだ到来物, まだ解らん, まだ遅い, まったくあの, まるでその, まるで往来, まるで気, まるで背中, みんなが, めいめいが, もうしびれ, もし万一, ものを, やっぱりもんぺ, やめさせる理由, ようやく醒め, よくホテル, よく出食わした, よろよろと, わきから, わざわざ時間, わしは, われらは, アイヌ化しよう, オルガ姫は, ギンネコ号は, コトエは, シゴイさんは, ゼルビノは, ソビエト同盟には, ツイぞ, トーキーで, ハムレットさまは, ハリイだけが, パイプに, ビュルゲルには, プロレタリアや, ホテリングは, マクシム・ゴーリキイが, ムクは, ヤレ今に, ルイバコフ夫婦が, 一て, 一人が, 一人は, 一体何, 一向刺そう, 一家三人の, 一座が, 一方が, 一部の, 三階からも, 下手に, 不思議は, 不釣合いな, 世間では, 丘助手のには, 中姉ちゃん, 丸木は, 主人夫婦が, 乳母たちは, 事面倒な, 二十四日の, 二成の, 二階の, 京に, 人に, 人通りが, 今さらながら, 今一人の, 今年だけは, 今日は, 今更明治四十年, 仔の, 他は, 他方の, 仲間同士で, 何うし, 何だか毎週, 何と, 何にも, 何ンにも, 何故彼, 余が, 作品全体を, 係合い, 信ずる事実, 僕が, 僕一人日かげで, 兄は, 先ず驚かされた, 先生が, 光太郎さんが, 公儀お, 其様な, 内実は, 出会つた, 初めて気がついた, 到頭あんな, 力およばず, 労賃の, 勝子の, 北条氏は, 半面愛する, 卜斎めが, 却って己, 受けて, 口を, 可笑しいわね, 叶屋重三郎は, 吉原の, 同じ川魚, 名探偵, 君たちは, 君らは, 和尚の, 品物は, 喜助は, 嘘は, 困るわ, 国の, 土地も, 地球が, 坊やは, 埋葬は, 塗師の, 声も, 変りは, 外交官は, 夢中の, 大和絵の, 大東京, 天質の, 太陽が, 奇怪な, 女の子に, 妃殿下は, 妹は, 妾を, 姿を, 婦人の, 嫌な, 子供は, 学校の, 学者は, 定則だけの, 宝蔵院側は, 実際やっ, 室内には, 寒さ, 寒気だけが, 尊閣の, 小さな醜い, 小林君は, 小野の, 尻を, 屋敷の, 山の神が, 岸に, 工事は, 左を, 市松も, 平気だ, 平然と自分, 幹夫だけは, 広い邸, 延髄を, 弥兵衛は, 弾みの, 当然そこ, 彼よりも, 彼女から, 従がっ, 御本人, 心ない, 心附きました, 思いあたった, 急に, 恐ろしい灰色雲, 悪感を, 意地の, 愚楽老人は, 感心し, 慊らず, 我が意, 戦争中萎縮させられた, 所々に, 手元に, 押入へ, 指を, 接待役を, 支倉には, 政府は, 教授自身は, 数時間にわたって, 新どん, 新旧の, 新集落, 日が, 日本には, 昂然たるは, 春ちゃんが, 時政の, 暫くは, 書中の, 月の, 木地屋のは, 本人の, 村の, 東京の, 林中を, 柳ば, 根本において, 業を, 欲しいの, 歎声一つ発しない, 此上金を, 歯だけが, 死んで, 母が, 気がついただけ, 気怯れ, 氣が, 汝らは, 河原は, 泣いたり, 泰文は, 浅野が, 涙の, 温は, 溜息した, 漱石が, 為方, 焼き鮒, 父の, 父を, 牛乳を, 犯人が, 独立労働者よりも, 瑠璃子が, 生活を, 田んぼの, 甲冑を, 甲斐性が, 留守中に, 病気の, 白い眼, 目だけが, 目隠しを, 相変らず, 相手は, 真名古, 眩ゆくなる, 眼だけは, 眼ばかりは, 睫毛一本動かさなかった, 石屋の, 福島と, 私たちの, 私達は, 税金だけは, 穀物は, 竹逕は, 米が, 精神的には, 終りの, 絵や, 縁は, 織賃, 義経は, 老中という, 聞こえなかったかい, 肝腎の, 背後から, 腰紐に, 自信満々の, 自分で, 自分ばかり, 自分一人こうして, 自分独りが, 良人を, 若い眼, 茜さんだけが, 荒波は, 著者の, 蚊が, 血の, 行き会った, 街道から, 裸で, 見て, 覚えず感じ入った, 親方は, 訪客が, 詳細な, 誰しも, 譜代の, 象の, 貴公ひとりが, 貴店で, 買って, 赤ずきんちゃんなんだかまるで, 赭ら顔, 足が, 身代や, 辰さんばかりは, 返事を, 連の, 逸らされた, 遊ぶゆとり, 邸内の, 酒が, 重臣共が, 金が, 金属工機械工の, 針を, 鏡の, 長屋に, 関らず, 降って, 隣りの, 雨が, 雲の上へ, 電燈も, 露店で, 青木学士は, 面そのものだけが, 音響の, 頭が, 頭を, 顔から, 顧客まで, 飄として, 馬元義は, 駆け出して, 驚いた, 驚異し, 高い木立, 髯だけ, 黒羽二重の

▼ いるだけ~ (2153, 0.6%)

210 だった 195183 である 151 であった 105 では, なの 94 です 57 なん 54 でした 22 なので 19 だが 18 だと 15 でその 14 ですよ, でそれ 13 であるが 12 だから, であったが, であと, ですが, で何 11 だという, で自分 10 だったが 9 あって, ですから 8 でございます 7 だよ, であって, でほか, で他 6 であります, でこの, でまだ, で私 4 だったので, で, であの, でありました, でこれ, なのよ, ならば

3 [18件] だそう, だろう, であったから, であるから, でしたが, でその他, でなん, でほんとう, でまるで, でよかっ, で一向に, で人, で彼, で後, で昔, で決して, なのに, よけいに

2 [44件] すぐに, だけれども, だったから, だったの, だつた, だのに, だわ, であえて, であるじ, であるの, でここ, でこっち, でございまする, でさえ, でしょう, ですし, ですもの, でそこ, でとろとろ, でどう, でどこ, でほとんど, でまた, でまったく, でもう, でやはり, でよい, で一人, で人影, で何とも, で全く, で別に, で口, で壇上, で外, で実は, で実物, で少し, で心, で必ずしも, で無く, で誰, で返事, で黒い

1 [544件 抜粋] あった, あつて, あとは, あるいは日本独特, いっそう現実性, いっときは, かえって凄く, かえって新鮮, きっとブルック先生, ぎゅうぎゅうに, ことによる, この方面, この港, この生き, この自分, こんなところ, こんな事, さすがの, じゃ, すっかり差上げます, そういう連中, そして, そのこと, そのほか, それが, それだけ, それだけその, それだけ余計黒い, それだけ安心, それだけ生活, たまらなかった, だあ, だい早く, だからなあ, だけど, だし, だったため, だな, だね, だろうか, だバタンガス, だ嘉代吉, だ悪党, だ道場, てれくさかった, でああ, であたり, であったの, であったのに, であっても, であまり, でありふれた蝶, であり次にまるでわざと, であるけれど, であること, であるそう, であると, であるので, であるよう, であるらしい, であれば, であろうと, であろうという, でいっぱい, でいつ, でうしろ, でうすぐらい, でうす暗く, でうれしい, でおよそ, でお互い, でかつて, でかんじん, でがらん, でこころ, でこちら, でさあ, でさっき, でしか, でしかし, でしかも, でしたそして, でしたので, でしゃば, でしょうか, でしょうが, ですがね, ですぐ, ですこし, ですこしも, ですでに, ですね, ですの, ですわ, でその道, でそれで, でそれ以外, でたしかに, でただちに, でたといもう一度, でたまに, でたれも, でだれ, でついぞ, でときどき, でどうして, でどうも, でどの, でない, でなかなか, でなく, でなくいま, でなくおどろくべき道術, でなくその, でなくどこ, でなくようやく, でなく一歩, でなく人々, でなく作中人物たち, でなく大塔, でなく女中たち, でなく宮中, でなく彼, でなく心, でなく歴世, でなく死ぬよりも, でなく肉, でなく軍需生産等, でなに, でなにごと, でなるほど, でなんにも, ではっきり, でひとこと, でふた切れ, でふだん, でほんの, でぼく, でまず, でまとも, でみちたりて, でもちろん, でやかましかっ, でよく, でわたし, でアトリエ, でイギリス婦人, でウィルソン, でオレ, でコーバイ, でシェイクスピア, でセエラ, でトンデモ・ハップン, でニュアンス, でボク, でボーイ長, でヨダレ, で一向, で一打ち, で一挺, で一番馬鹿, で一見, で一言, で下女, で世間, で中, で中味, で主人公, で主格, で之, で乙女, で九ツ, で事実それ, で二人, で二十二歳, で人家並み, で人間, で今日, で今朝, で他人, で仮装, で伸子, で何うに, で何となく, で何ひとつ人, で何一つはっきり, で余人, で供, で停留場, で僕, で僕ら, で元, で兄妹, で充分, で光, で刃物, で判らないの, で加減, で動物, で医者, で十分, で十日, で南側, で印像, で原野, で古い新しい, で右, で吐血, で向う, で吸う気, で味, で善, で喜助, で四方八方隙間だらけ, で四辺, で因果, で国栖あたり, で国民, で国民酒場, で地下室, で城下, で墓標, で外傷, で多数, で夜, で夜来, で大きな, で大阪, で奥, で女中たち, で女弟子, で妹, で姿見, で子路, で学者, で学術語, で実生活, で実証, で家, で家じゅう, で家柄, で容易, で専門, で尊氏, で少佐, で工業的見地, で帽子, で平, で広い, で床, で廃墟, で引張りあげられるようす, で弛み, で張, で張飛, で当人, で彼女, で彼等三人, で従って, で御, で御用, で心細い, で怏々, で思うに, で思考, で怪しげ, で情熱, で意識, で戸数, で扉, で手, で手伝い, で打って, で教養, で数, で昔通り, で時々, で晋太郎, で暑, で最後, で木の葉, で未だ, で本人, で本来それ, で来客, で果して, で格別, で桃割娘, で極めて, で歩, で歩くの, で歯, で死, で殆, で母音, で毎月数千円, で水, で水ぎわ, で池, で沈黙, で河豚, で泉殿, で深い, で清川, で漆黒, で激しく, で火種, で犬猫, で狭い低い暗い, で猫, で玩具, で理論的, で生物, で男の子, で画像, で番人, で発表, で益々, で直ぐ, で真, で真実, で真暗, で眼目, で知らずに, で確然, で社会, で神体, で穴一つ, で空, で紅い, で終生, で経, で罪, で考え方, で耳, で脆い, で腹, で自身, で花, で苦痛, で荷物, で落伍者, で蒼ざめてしまった者, で蜀, で蝋, で血液, で行けども, で街道筋, で衝立, で言いかえれば, で言葉, で財産全部, で身, で身動き, で轢死体, で連, で進むに, で進んで, で道路, で選挙権, で部落, で野末, で金内, で鉄瓶, で鉛, で鎧扉, で附近, で露わな真心, で頤髯, で頭, で風, で飼わせなかった, で鳥, で鶴代, で麻痺, とても嬉しかっ, どうしてこんな, どうもあと, どこやら, どす, どっせ, なお一層, なお尋ね, なお悪, なお捨て, なお更, なにかいい知れない, なにか気, なのね, なら, ならそれ, ならまちがい, ならよろしい, なら二三日, なら何, なら別に, なり, なン, な一瞬, な袋, のけん族, のこっちゃ, のも, ましと, みんな置い, むしろ今, むしろ滑稽, もう水中, よけい可哀想, よけい座敷, らしいの, らしい可笑しく, わけても逆上気味, わしより, ミーロにさえも, 一方に, 上には, 下さること, 下男などの, 不自由と, 二重に, 今の, 位なら, 何か, 作品としては, 借りて, 借りるに, 其を, 出さないと, 初代よりも, 助五郎には, 十分に, 半蔵の, 即ち病的, 即ち私, 反って, 取っちまったから, 圭子も, 大人の, 天下の, 天下泰平な, 妾お話しします, 子供たちまでが, 客扱も, 客観的比較に, 小さいなりに, 小判で, 岩, 巌流の, 広いよう, 広間も, 弱点が, 当主傅介氏は, 彼女との, 往く道, 志呂足の, 思いは, 恥を, 愛憎は, 感心だ, 憂鬱の, 持って, 損なわけさね, 損や, 昔の, 書いて, 村びとは, 森上付近が, 残らず大きな, 母御前の, 気持が, 求めて, 無聊に, 物語って, 狂信民の, 男は, 真上から, 瞭然と, 神城村に, 私なぞ, 私は, 穴倉の, 罪が, 自分で, 自分の, 色の, 苦労だ, 苦痛は, 言い訳に, 訝しいで, 詰めて, 話して, 貰うという, 踊らせて, 身を, 違う, 金は, 金貨を, 雄大で, 食糧の

▼ いる~ (2062, 0.6%)

58 であった 29 だった 27 ではない 25 のよう 21 である 18 の方 1715 でした, もある 14 のこと 10 にその 9 にこの 87 が一番, じゃない, だから, ではありません, と同じ, には彼, に限っ, もそう 6 がある, だったので, だと, でも, には自分, に彼

5 [12件] ですら, でもその, なの, にお, によく, に僕, に宮, に私, のほか, の顔, はその, は決して

4 [17件] だったから, であったから, であったが, です, でなければ, でも彼, ならば, にある, にこれ, にはそれ, にはもう, にふと, に不意, の事, は, はいつも, は私

3 [35件] があった, がない, じゃありません, だからね, だけが私, であって, ですから, ではあるまい, でもこの, でも昇, でも自分, と全く, と同様, にあの, にちょうど, にどこ, にはこの, にはその, にはよく, には妙, には誰, にまた, にも彼, に一人, に出, に御, に自分, の私, は彼, は気, は裸, もあった, もあります, も彼, 突然に

2 [103件] からの馴染, があっ, が多い, が多かっ, その女, だけあんた, だったの, であると, でしたが, ですらも, ではなかっ, でもそう, でもない, でもまた, でもやはり, でも何, でも彼女, でも葉子, とあまり, と違っ, どうかする, など, などそれ, などは時々, などふと, などよく, なので, にうっかり, にきまつ, にこういう, にこんな, にそんな, にはいつ, にはいつも, にはいろいろ, には人, には其の, には吾, には少し, には必ず, には椅子, には決して, には無限, には私, にも何, にも兄, に一度, に一方, に中将, に他人, に例, に兵部卿, に労働者, に口, に城下, に太政大臣, に彼女, に持っ, に書いた, に源氏, に突然, に竜, に第, に薫, に表, に見た, に見る, に計らず, に誰, に限られる, に限る, に頭, に顔, のほう, の姿, の寄宿舎, の平吉, の彼, の彼女, の様子, はこの, はさすが, はすぐ, はすっかり, はそう, はそれ, はそんな, はない, はもう, は人間, は夜, は女, は畳, は皆, は自分, ふと気, もありました, もあれ, もその, も一緒, よりもかえって, よりも言葉, れもん

1 [1265件 抜粋] あたかも彼, あるいはまた夜, ある合宿所, あ盆ゴザ, いつも世の中, おたま, お医者さま, お杉, お登和さん, お雪, かの美しい, かも知れぬ, からし, からとんがらし, からのもの, から仲, から十年, から広まっ, から知っ, から胸, から著物, から誰, から霊視, が一日, が刻刻, が多, が惜しい, が最も, が短く, きっときっと気イ, こういわれ, こそかれ, このフィルム, この家, この説法, さえ, さらに遠い, しかし人々, しもあれ, じゃア, じゃ無い, そのあいだ, その両足, その土地, その場, その時, その肩先, その部屋, たった一人, だけ, だけが僕, だけが愉し, だけであります, だけでなく, だけに働い, だけはよく, だけは自分, だけゴーリキイ, だけ開ける, だったが, だっておれ, だってただ, だの遊ん, ちょうど松井大将絞首刑, で, であった私, でありました, であるが, である事, でこの, でございますから, でさえもなお, でさえも君, でさえ家, でさえ彼, でさえ私たち, でさえ馬車, でしょう, でないという, ではある, ではないだろう, では無い, でもあった, でもいない, でもからだ, でもございません, でもそこ, でもふと, でもオナラ, でもシグナル, でも下駄, でも人, でも伊沢, でも依然として, でも同じく, でも問題, でも太陽, でも居酒屋, でも従五位勲何等, でも思わずかっと, でも植物, でも気, でも決して, でも皆, でも窓, でも腕, でも行く, でも講演, でも連続的, でも金, でも青柳, でよろこん, で何気なく, で函館, で実験準備, で諸, で鈴木君, といない, とか休ん, とか手代, とか道, としては珍, とたった, とちっとも, とはちがっ, とは別人, とも違っ, とド, と京都, と吾, と大抵, と思う, と自分, と陶器, どうしてそこ, なぞでございます, なぞには忽ち, なぞは最早, などこの, などに, などにだから, などに父, などはよい, などは向, などは腰, などまるで, などよそ目, など主人顔, など僕, など娘, など木蔭, など私, なのに, なら少し, なん, なんぞに来よう, なんてもの, にあちら, にいつも, においてなおさら, において天使, におやじ, にお母様, にかぎっ, にかの, にくらべる, にこまっ, にしかも, にす, にせよ, にそこ, にその同じ, にそれとなく, にたまたま, にちょっと, にでも, にでもお前, にでもラザルス, にでも実に, にでも起き, になお, になにかちくりと, にね一番安心, にのみ必要, にはいい, にはお願い, にはきっと, にはことに, にはすぐ, にはずいぶん, にはたとえ, にはとても, にははた, にはふと, にはスッカリ気, には一つ, には不思議, には二人, には人別, には他人, には例, には全く, には其, には処女的, には判断, には同好, には同時に, には地主, には多少, には委細, には子供, には山, には年, には彼女ら, には思わずふっと, には抑制, には文武, には時に, には未来, には母親, には涙, には火花, には爪先, には現れない, には眼, には税金, には経済, には肩, には見られなかった, には許す, には起き上がった, には身, には電気風呂, には風, にひょいと, にほか, にも, にもお松, にもそう, にもつまり, にもまた, にもやはり, にも体, にも尚, にも彼女, にも書く, にも現われ, にも耕作, にも隙, にも高貴, にやはり, にようやく, にわざと, にわたくし, にザルソバ, にスルリ, にハッハッ, にホームズ, にマネット医師, にメートル, に一つ, に上げる, に予想, に井戸, に人, に人間世界, に以前日野さん, に何とも, に作家, に偶然, に偶然通り, に入場者, に八, に再び, に出来た, に医師, に取り, に向こう, に哀れん, に城, に変, に大宮, に女, に子供心, に家庭, に小屋, に帰っ, に当っ, に後ろ, に心臓麻痺, に息, に感じた, に房, に教えた, に明石, に昔, に書き出し, に最, に朴訥そう, に杜鵑, に柳橋, に椅子, に構想, に殺され, に気の毒, に決行, に泥, に涙, に清八, に火事場泥棒, に熊, に生き, に用事, に発見, に白地, に直衣, に着る, に神尾主膳, に絶えず, に耳元, に肌, に脱いだ, に船, に船夫たち, に菊, に薬, に行われた, に記者, に赤く, に起った, に通りすぎる, に進藤, に都市, に鈍い, に長い, に随分, に障子, に雪, に電信線, に風, に鶏, に鼠, のお, のこういう, のその, のなんとなく, のわたくし, の上層, の主膳, の仕立屋仲間, の信吉自身, の光景, の吉野太夫, の声, の女, の姿態, の心, の恰好, の愉し, の感じ, の書きかた, の横顔, の特殊, の相, の精神的感応, の緑牡丹, の要求, の通り, の音, の高僧, はあまり, はあんまり, はおりおりきた, はきい, はことに, はしよう, はずっと, はそい, はできる, はなかっ, はなるべく, はまあ, はみんな, はよい, はわし, はブルドッグ, は一週, は三つ四つ, は三日, は二十歳, は亡くなった, は何, は俗悪, は光春, は分銅, は医者, は可憐さ, は地獄, は大人しく, は大抵, は夫, は宮中, は寝, は少ない, は心事, は惚れました, は成, は斯, は昼, は正反対, は歩けない, は殺される, は気がつかなかった, は水素, は清水, は無論, は現実, は白い, は着物, は粒, は肥っ, は花, は観念, は身, は遠慮なく, は金, は雨, は顔, は馬鹿, は髪の毛, ばかりだった, ばたばたと, ふいに, ふとした沈黙, ふと人形, ふと彼, ふと浮いた, ふと見あげる, ほどしょッ, ほど人間, ほど所産, ほど自分, またその, また結婚先, も, もあり, もうかげりかけた, もおとなしい, もここ, もふい, も一度, も何, も口, も同じ, も孔明, も家, も手, も曲がっ, も狼, も米友, や, や夜一しょ, や細かい, よせよせ帯, よりもじっと, よりもっと, よりも品, よりも精神, よりも自宅, よりも遙, よりも階下, より百層倍, わが末山大将, をごらん, をよって, を指す, を行方, 不図, 僅かその, 即ち歴史的時間, 同時にほめられ, 少くとも, 弾いて, 後で咳ばらい, 或はまた砦, 折々老婆, 掃きに, 既に知人, 来ると, 殊に甚, 程安心, 突然川部, 絶えず穿め, 若いあ, 見知らぬ看護婦, 訊ねた, 赤い熟柿, 逢ったこと, 願っても, 馬鹿げた笑い

▼ いるばかり~ (1498, 0.4%)

166 であった 159 です 112 である 99 だった 8580 では 74 でした 20 なの 15 でなくその 14 であります 13 でありました 11 で何 10 であったが, でその 8 でない, でなく, で人 7 じゃ, だと, でなくそれ 6 でしたが, ですから, でも 5 であたり, でそこ, でなく私, なので 4 で, でその他, でなく彼, でなに, で誰, なんだ

3 [15件] だから, だったが, であるから, であるが, でお, でございます, ですが, でどう, でなくまた, でなく自分, で人間, で他, で別に, で詳しい, で返事

2 [40件] そして高い, だが, だったし, だったの, だよ, であるという, であるの, でいっこうに, でいつ, でくわしい, でさ, ですこし, ですこしも, でそれ, でなかなか, でなくさらに, でなくもし, でなく恐らく, でなく絶えず, でなく胴, でなく鷓鴣, でほか, でまだ, で何ひとつ, で何一つ, で室内, で容易, で庭, で暫く, で杉, で正面, で返辞, で進んで, で道人, で食事, どうしてもカムパネルラ, どうする, なのに, 老人の, 誰も

1 [398件] あたりには, あとは, いつもは, うねり曲っ, お銚子, ここには, この子供, この方面, じや, そのほか, その車, それにもう, ただ一つ, だこれ, だし, だったので, だともかく, だなどと, だろう, だわ, であったから, であったという, であったの, であった製本工場内, であと, であの, であまり, であやしい, でありそこ, でありまして, でありフランス, であると, であるなら忍耐, であるに, であるので, でいかにも, でいつの間にか, でおそろしく, でお前, でかつて, でかねて, でからきし, でこッちの言葉, でご, でございました, でございますよ, でござるが, でさっき, でさびしい, でさらに, でしばらく, でじぶん, でじゅうぶん, ですぐ, ですよ, でそこら, でその間, でたれも, でだれ, でちっとも, でついに, でつかまえどころ, でとても, でどういう, でどうしても, でどの, でどの人, でない宿屋, でなかった, でなきださないの, でなくいかにも, でなくいわゆる, でなくおなか, でなくかれら, でなくが, でなくこういう, でなくこの, でなくこめかみ, でなくこれ, でなくご, でなくすこぶる, でなくすでに, でなくそういう, でなくそうした, でなくただ, でなくたとえ, でなくたぶん, でなくだいたい, でなくとがった頤, でなくどの, でなくね, でなくへん, でなくほんとに, でなくみんな志呂足, でなくドイツ風, でなくハンカチ自体, でなくプロレタリア文学, でなくワグナー, でなく一通り, でなく三人, でなく上玉, でなく世界, でなく世間, でなく両者, でなく両親, でなく並木通り, でなく事実, でなく云いたいこと, でなく云われて, でなく人民, でなく人間, でなく今後いろいろ, でなく今日, でなく今日ヴィクトーリアン, でなく余蘊, でなく作者, でなく保自身, でなく個々, でなく個人, でなく兎唇, でなく全身, でなく再び, でなく冗談半分, でなく列車, でなく勤労婦人, でなく同じ, でなく同時に, でなく周囲, でなく商売物, でなく地, でなく士分, でなく変, でなく外, でなく婦人そのもの, でなく学内, でなく実は, でなく寧ろ, でなく岡場所やけころ, でなく左, でなく常に, でなく平地, でなく幼児, でなく幾つ, でなく幾分, でなく廊下, でなく当面, でなく彼ら, でなく心, でなく必ずしも, でなく応接室, でなく恋仲, でなく愛情, でなく文学, でなく文学者自身, でなく文章そのもの, でなく日ごろ, でなく日常, でなく日本, でなく日本人一般, でなく昨今, でなく更に, でなく更に更に, でなく本船, でなく東洋, でなく桃色, でなく棒, でなく正体, でなく正規的, でなく歴史時代, でなく毎日電車, でなく氏, でなく気稟, でなく沖縄本島, でなく漁業, でなく無限, でなく熱, でなく牧歌的, でなく独特, でなく現に, でなく用心堅固, でなく盗まれた仏像, でなく相川良之介自身, でなく相手, でなく眼, でなく硬直, でなく磯五, でなく私たち, でなく私共, でなく私小説, でなく竹, でなく筋, でなく純, でなく素敵, でなく緑色, でなく縁, でなく腰, でなく色々, でなく芝居, でなく英訳, でなく製鋼その他, でなく見るべき場所, でなく見方, でなく親しみ, でなく道江, でなく金, でなく金泥, でなく鉄工場, でなく長屋門, でなく附き添ってる親たち, でなく面白い, でなく顔, でなく風守, でなく風采, でなく駒井, でなぜ, でなんともはっきり, でなんにも, でひとこと, でほとんど, でまるで, でむかし, でめざす日本潜水艦, でよく, でアリョーシャ, でトラ, でネコ, でポアンカレ, でムロンそのもの, でレザール, で一人, で一向, で一緒, で下駄, で乞食, で二人, で人っ子一人, で人家, で人影, で人通り, で今夜, で仔細, で伊那丸, で低く, で体, で何とも, で何年, で侍従, で傘, で判らないの, で動くようす, で取り止めた考, で口, で地上, で外, で夜, で奥, で女, で娘, で家内, で寒い, で寝台, で小径, で屋根, で山風, で川, で左而已, で建物, で役に立たないので, で彼ら, で御, で御座いました, で御座います, で微動, で思索的, で恋しい, で戸外, で技巧, で捗々しい, で敵, で日, で日頃, で昼間, で木立, で果てし, で柱, で桜, で極めて, で気味悪い, で気楽, で決して, で清潔, で犬, で現実, で白銀, で目, で目ざす森, で直接プロレタリア文学, で眼, で碌, で碌々, で碌々口, で私, で窓, で立ち上がって, で答えなかった, で糸子, で素子, で自分, で至って, で船中, で華族同士, で落雷, で血, で街, で見たところ畑, で誰一人, で身, で輪廓, で迂闊, で近寄ること, で近所, で逃げださないの, で逃げだすようす, で逃げ出そうと, で遠慮, で部屋, で長子, で長椅子, で雨ふり坊主, で霞, で頼母, で高く, とめも, どの教室, なのよ, なら不思議, なり, なん, はだけた襟, まことになん, またし, もう支那人, もう駄目, ものを, やっぱし明るい, らしかった, 一向に魂, 一言も, 三年振りで, 上にも, 且つは, 人の, 人らしい, 人声一つ聞こえない, 人気の, 他に, 他には, 何が, 便所の, 倒れかかった板垣, 元気の, 先ほどの, 到って, 動くもの, 博士は, 四方を, 夏の, 多くは, 大きい方, 大空に, 大路小路の, 大軍の, 弁解も, 往来には, 後は, 意識百方に, 林や, 橋向に, 水音も, 滝沢起久子の, 疲れても, 私の, 秋雲の, 空家は, 第一小舟, 約束に, 絶大な, 肝心の, 自分の, 薪置小屋は, 見渡す隅田川, 踊りや, 返事も, 郁太郎は, 雪かと, 静かな, 鳥と, 鳥居も

▼ いる~ (1491, 0.4%)

47 がある 36 である 23 もある 20 もあった, を知っ 19 になる 1814 を知った 11 がわかった, です, に気がついた, を発見 9 があった, だった 8 がわかる, が多かっ, であろう 7 があります, が自分, だろう, は事実, をよく, を私 6 であった, でも, に気が付いた, を知る

5 [12件] が多い, でしょう, では, と存じます, と思う, になるで, に気, はたしか, は確か, は誰, もあります, を感じた

4 [16件] がよく, が出来ず, が出来る, が発見, だから, だと, であります, なん, にした, になっ, にはまるで, は, は僕, は前, をその, を思う

3 [32件] が出来ない, が分る, が明, が知れた, が間もなく, だけはたしか, ですから, と思います, などを, にする, になります, に気がつい, のよう, の体, はこの, は事實, は勿論, もありました, もあれ, も多い, も忘れ, をお, をすっかり, を今, を僕, を否定, を夢, を忘れ, を悟った, を甚だ, を知らなかった, を証明

2 [88件] か, がありました, がいや, がたまらなく, ができた, が出来たら, が出来ぬ, が分った, が切なかっ, が判明, が往々, が最初, が理解, が知られた, が私, が辛い, さえ忘れ, じゃろう, その事, だが, だし, だろうと, でありますが, であるから, であろうと, といったら, とこの, と思い込ん, と思っ, なので, に嘘, に於い, に気がつく, に気が付く, に眼, はありません, はその, はとても, はどうして, はない, はなかっ, はほとんど, はまるで, は今日, は何, は全く, は出来ない, は分った, は昔, は殆ど, は注意, は珍, は申す, は疑い, は確実, は間違い, もいい, もまんざら, も出来ぬ, も知っ, やら, よ, を, をそのまま, をどこ, をなん, を俺, を切に, を客観的, を少し, を彼, を忘れない, を思出, を意味, を意識, を教え, を暗示, を期待, を気付かず, を直覚, を知り, を知りました, を確め, を考え出したら, を自覚, を言わね, を誰, を隠し

1 [746件 抜粋] あつまらねえ, あない, あ村, おそらく殿, かそれとも, かと, かと思う, かと思ったら, かもしれない, かも知れない, からも, からもおおよそ, から私, から考えれ, か知れない, か知れなかった, があっ, があなた, がいざ, がおよそ, がきわめて, がこの間, がごわす, がさわっ, がすべて, がその, がたった今, ができない, ができなくなった, ができませんでした, がとりあえず, がどうして, がどの, がどんなに, がなん, がほんとう, がよほど, がらです, がわかります, がわかりゃ, がわかれ, がわれら明治, がソ連革命, がハッキリ, が一度, が一眼, が万, が不思議, が事実上, が人, が今朝十時頃, が何で, が充分, が出張, が出来なかった, が出来なく, が出来なくなった, が出来なくなったらしい, が出来ましょう, が出来ます, が出来るだろう, が出来れ, が分りましょう, が分ります, が判っ, が割にすらすら, が吾輩, が在る, が多く, が大, が大切, が子供心, が完全, が屡, が屡々, が弓之助, が御, が恐ろしかっ, が憂鬱, が文明, が明らか, が明白, が明瞭, が曝露, が有ろう, が条件, が死, が沢山, が淋しかっ, が病床日誌, が皆, が直ぐ, が眼, が罪悪, が耐ら, が表通り, が裏書き, が解, が解らなくなり, が言えた, が辛く, が道徳的, が頗る, くらい支那, こそホント, さえあった, さえありました, さえハッキリ, さえ半信半疑, さえ珍, さえ眼中, さえ誰, じゃござらぬ, すら夢, すら知らない, せいぜいそれ, そうし, その写本, その無名, だか, だけが明暸, だけだ, だけで, だけはその, だけは事実, だけは必要, だけは相違, だけは確か, だけは間違い, だけれど, だって, だって世の中, だろうわれわれ, ちゃんと知っ, であったから, であって, であるが, であるの, であろうが, でこれ, でございますから, でした, ですが, ですよ, でその, でなくて, でも細か, で何, で御座います, で探検団, で新聞記者, で漸く, で解る, で言う, と, というの, とてさして, とて次郎右衛門, とは別, とは前, とは知りません, とは違っ, と信じます, と信ずる, と全く, と反対, と存じまし, と心得違い, と想像, と感ずる, と自分, なぞはツイ, なぞは気, なぞもちらりと, などとても, などに移っ, などはてんで, などはない, などもありました, などもなつかしく, などを女将, などを思出, などを訊かれる, などを詳しく, など父, など知らぬ, なら, ならいつ, なら何, なり蝙蝠傘, なれば, なんか恐らく, なんぞをいかにも, においてもあえて, にくたびれ, にし, にすぎない, にちがいありません, についてはこの, についてはそれ, についてもこの, について問題, にでも帰着, になつ, にはっと, には変り, には気がつかない, にまるで, により得, に依, に依ったら, に好く, に対する人, に就い, に帰着, に張り合い, に心配, に横道, に気がつかず, に気が付き, に気が付きました, に気づきました, に気付かず, に気附, に満足, に結びつけ, に致しましょう, のいかに, のできた, のみ打続け, の侘び, の十分の一以上, の十分の一位, の危険, の在り, の確か, の苦し, はあの, はあまりに, はいくら, はいずれ, はいま, はいる, はかつて, はきょう, はこう, はさ, はすぐ, はすべて私, はそれ, はそんな, はだれ, はできない, はできぬ, はところどころ, はなかろう, はなん, はまれ, はもとより, はわかっ, はわかるだろう, はトック, は一つ, は一日中, は久子さん, は云う, は余りに, は例, は兄, は先生, は内発的, は出来なかった, は出来ねえ, は初耳, は前回, は前章, は勝手気儘, は千里眼同様, は否めない, は商, は多少, は大, は大体諜報, は好かない, は学者, は実は, は小, は少し, は帽子掛, は当時説教, は後, は御免, は悪い, は感情, は日々, は明らか, は明治学界, は明白, は時々, は普通, は本質的, は東都, は母, は民国革命初期以来数十年ぶり, は津田, は渠, は無い, は無く, は理解, は甚だ, は申されません, は町, は疑う, は皆, は相像, は眼, は知, は知ってる, は知らせ, は精神異常者その他人並, は結局, は考えた, は自分, は苦しい, は見, は言うまでもなかろ, は言わない, は詩, は誇り, は近代, は造做, は面白い, は驚くべき, ばかり物語る, までが恥しく, までわかった, まで知っ, もあつ, もあり, もあろう, もい, もきん, もたくさん, もできなかった, もできる, もまた, ももちろん, も二三度, も云った, も厭わしく, も好きませんでした, も彼女, も忘れた, も愉しい, も意識, も或は, も改める, も数え上げれ, も明かな, も此図, も毎度, も決して, も沢山, も疑い, も發表, も考えられない, も考える, も話し, も認め, やら但し, やら帰る, や坐禅, や娘, や家中, や彼ら, や泥除け, や現, や考える, や象, よりその, らしいの, らしゅうございます, をあの, をあまり, をいろいろ, をうれしく, をかいた, をかなり後, をたいへん, をちっとも, をです, をとうから, をのこらず, をはなしたら, をまだ, をまで自覚, をも信じ, をアラカタ, をウスウス感, を一々, を一言, を三好さん, を並, を二つ三つ, を人, を付言, を伝聞, を信じ, を先生, を冥々, を危険, を原稿, を君, を告げ, を多少, を夢にも, を妾, を姉さん, を容認, を察し, を年賀状, を強要, を彼女, を彼奴等, を御存じ, を心から, を忘れる, を思い出す, を思え, を思っ, を悟る, を感じ, を感じさせる, を感じない, を感ずる, を感謝, を打ち明けた, を承知, を拒んだ, を掴もう, を教えたい, を早く, を明, を暴露, を正しく, を気持, を洩した, を深く, を理解, を申し上げよう, を申し上げる, を発見けた時, を直感, を知つた時, を知らず, を知らせた, を知らない, を知りまし, を知り得た, を知るべきである, を知るまい, を確かめました, を確信, を神さま, を福太郎, を絶えず, を考えかけよう, を考えれ, を聞い, を聞き出し, を聞く, を自分, を自分自身, を表向き憚, を見, を見ず, を見て取る, を見出されるでしょう, を見受ける, を覚られた, を言っ, を訝しく, を許さない, を話した, を認め, を認める, を認め得られない, を説明, を読ん, を豫知, を身, を述べた, を述べつづけた, を遺憾, を長与, を青年, を頭, を鶴さん, 仰いで, 感じて

▼ いるかも~ (1452, 0.4%)

276 知れない 178 しれない 66 知れないが 64 知れません 60 知れぬ 52 しれません 41 知れないと 37 しれないと 32 しれないが 27 知れないの 22 しれないの, 知れぬが 18 知れん 16 しれぬ 13 知れねえ 12 知れませんが 11 知れぬと, 知れんが 10 しれないという, 知れないという 9 知れないから, 知れないわ 8 知れなかった 7 しれないから, しれないよ, しれませんが, しれませんね, しれん, 知れないよ, 知れませんよ 6 しれませんよ 5 判らないと

4 [12件] しれないし, しれないぜ, しれぬが, しれぬと, しれねえ, 知らぬが, 知れないこと, 知れないので, 知れないん, 知れぬという, 知れませんぜ, 知れませんね

3 [15件] しれないけれども, しれないしかし, しれないね, しれないわ, しれないん, しれねえから, しれませんから, 判らない, 知って, 知れないけど, 知れないし, 知れないね, 知れねえが, 知れませんがね, 知れませんけど

2 [37件] しらんが, しれたもの, しれないこの, しれないそれ, しれないぞ, しれないだが, しれないな, しれないので, しれないわけ, しれない理屈, しれなかった, しれぬから, しれねえが, わからず急いで, わからなかった, わかりません, わかりませんが, 分らない, 知らない, 知らなかった, 知れず女, 知れないからね, 知れないけれど, 知れないけれども, 知れないじゃ, 知れないところ, 知れないなどと, 知れないのに, 知れないのよ, 知れないよう, 知れない併, 知れねえから, 知れねえと, 知れねえな, 知れませぬ, 知れませんから, 知れんな

1 [221件] おおよそそれ, かの女自身, しれずその, しれずその他, しれないあの, しれないおら, しれないからね, しれないがなどと, しれないけれど, しれないこと, しれないじゃ, しれないであろう, しれないといった, しれないとか, しれないなどとは, しれないなんて, しれないばかり, しれないまた, しれないよう, しれないわよ, しれない太田道灌, しれない未来, しれない異形, しれない非, しれなかったあたかも, しれなかったりね, しれなくされて, しれぬくらいに, しれぬこないだ, しれぬそんな, しれぬぞ, しれぬだから, しれぬという, しれぬとは, しれぬ不安, しれぬ故人, しれぬ昔, しれぬ白石どの, しれぬ誤謬, しれぬ長久保, しれねえぜ, しれねえと, しれねえはやく, しれませよ, しれませんあなた, しれませんし, しれませんしばらく, しれませんぜ, しれませんなあ, しれませんのよ, しれませんもの, しれませんわ, しれません雲, しれんから, しれんが, しれんぞ, しれんという, しれんね, すっかりさとっ, すでに決っ, それは, ちょっと面白い, はっきりと, ほぼ見当, まあ申しあげ, また誰, まだすこしも, まだわからねえじ, まだ分らない, まるっきりわからない, みんな承知し, よくわからない, よくわかる, よく知っ, よく知らない, わからずごうごう, わからない, わからないし, わからないの, わからないん, わからない約束, わからない虫, わからぬが, わからねえ早急, わからんぞ, わからん薩摩藷, わかりませぬ, わかりませんから, わかれば, 一向説明, 亦説明, 全然気づい, 内蔵助は, 分からぬ, 分らないとの, 分らないの, 分らないわ, 分らぬよう, 分りませぬ, 分りません, 分りませんわ, 分るまい, 判って, 判らないきっと, 判らないそう, 判らないよ, 前から, 十分に, 察しないで, 少しも, 彼らは, 彼女には, 思わずに, 教えなかったん, 明らかに, 死んだかも, 死んで, 気づかなかった, 気懸りであった, 疑問だった, 知つ, 知らずしどろもどろ, 知らずに, 知らず老人, 知らないよ, 知らなかったの, 知らなかった兄さん, 知らぬ, 知らねえ, 知りたかった, 知りません, 知ること, 知れずそいつら, 知れずそう, 知れずそんな, 知れず主婦, 知れず日記, 知れず現に, 知れたもの, 知れないあの, 知れないいないかも, 知れないからな, 知れないくらい, 知れないさ, 知れないぜ, 知れないそれ, 知れないそれとも, 知れないぞ, 知れないでしょう, 知れないとか, 知れないとね, 知れないとも, 知れないな, 知れないねえ, 知れない二人組, 知れない凡人, 知れない原初, 知れない大勢, 知れない子供, 知れない未知, 知れない様, 知れない気取られては, 知れない然し, 知れない留守女中, 知れない発疹チブス, 知れない真佐子, 知れない群衆, 知れない見, 知れなかったけれども, 知れなかったの, 知れなくなること, 知れぬこと, 知れぬぞ, 知れぬオイハギ山賊妖怪, 知れぬ人々, 知れぬ気, 知れぬ相手, 知れぬ良心, 知れねい, 知れねえす, 知れねえの, 知れねえよ, 知れまい, 知れませぬから, 知れませぬが, 知れませんからね, 知れませんけども, 知れませんけれど, 知れませんしかし, 知れませんそんな, 知れませんですよ, 知れませんとにかく, 知れませんもっとも, 知れませんもの, 知れませんわよ, 知れません地球, 知れません時々, 知れんから, 知れんからな, 知れんからね, 知れんがの, 知れんさ, 知れんぜ, 知れんと, 知れんという, 知れんね, 知れんねえ, 知れんよ, 知れんテ, 知んねえ, 私には, 考えずに, 聞いて, 職業も, 興味が, 良く知らなかった, 見たいので, 見て, 計り難い, 話さねば, 釈然として

▼ いるはず~ (1442, 0.4%)

177134 はない 109 です 101 である 64 がない 43 だが 37 はありません 33 だから 32 だと 31 なのに 23 もない 22 だった 18 ですが, なの 16 であるが 15 じゃ, であった 13 ですから 12 だよ, なん 10 では, のもの, はねえ 9 じゃない, でございます 8 だのに, もなく 7 がありません, だからね, だし, のない, はなかっ 6 もありません 5 がなかっ, だという, だね, であります, であるから, であるのに 4 ですよ, の, のお, の人, はあるまい

3 [12件] じゃねえ, だな, でございますよ, でした, でしょう, ですのに, にご, のあの, はなく, はなし, もなかっ, よ

2 [30件] が無い, じゃありません, でありましたが, でありまた, であるし, であると, でございますから, でございますが, でしたから, ですからね, ですね, ですわ, でそれ, でも, なので, のいろいろ, のこと, のその, の人間, の友人, の大, の姉, の彼, の心, の男, の私, の者, の自分, はありませぬ, はございません

1 [266件] かもしれない, があるだろう, がございません, がなく, がなし, がねえ, が今, こうしては, こうと, ことによる, さ, じゃあなかっ, じゃあ無い, じゃから, じゃからな, じゃが, じゃが今, じゃございません, じゃないです, じゃ助市, すこし山の上, その一点, その模様, だあ, だあれ, だおれ, だからと, だがと, だがな, だがの, だけれど, ださ, だぜ, だそういう, だその, だっ, だったが, だったけれど, だったね, だったの, だったよ, だった母, だっていう, だって用, だつたね, だといったじゃ, だのにと, だもの, だよろしく, だろう, だろうじゃ, だわ, だ二官, だ俺達, だ半分, だ安心, だ当時野党, だ急いで, だ言えッ, で, であって, であの, でありそれ, でありますが, であり年表, であるからと, であるに, であるよほど, でい, でこうした, でご, でござる, でしたが, でしょうあなた, ですがね, ですけれども, ですこれ, ですし, でその, でつまり, でもあった, で中, で今, で情熱, で村, で肉親, で言わば, という事, とつめよせる, とは知っ, ともかくも, と思う, と思うらしい, と思っ, と思った, と思われる, と説かれ, ないよ, ないピムキン一人, ながらそれ, なるが, にきまっ, のいかめしい, のおば, のおりん, のかれ, のこの, のこんな, のそして, のそんな, のたとえば, のとき, のほん, のほんの, のままごと狂女, のもん, のアメリカ, のエドヴィナ伯爵, のオルガ姫, のガラッ, のキンギン国, のミカエル街ピルチ, のヨハン, のロープ, の一角, の三伝, の上二人, の下谷, の中村警部, の丹下左膳, の主人, の乗馬, の二人, の五十雄君, の五枚, の人々, の人肌地蔵, の什器, の介三郎, の伊賀, の伝六, の伸子, の佐竹君, の例, の保, の倉地, の先生, の利家, の助手たち, の友田君, の咲耶子, の囲い, の夜鷹, の大地, の大次郎, の大池, の大辻, の天日, の夫, の女の子, の女房, の妹, の妻, の妻子, の婆, の孔明, の字幕, の宮岡警部, の小, の峠路, の帆村荘六, の帆船, の希代, の幽霊, の幾太郎, の床, の店中, の廊下, の彗星, の心がら, の怪塔王, の恩人長良川博士一行, の恩師, の悟空, の悪友諸君, の戸, の手紙, の押鐘津多子夫人, の按察使, の敬四郎, の新聞雑誌, の昔, の時計, の机竜, の杉田二等水兵, の栄三郎, の桂田博士, の梅殿, の樹木, の武蔵, の死, の残る, の民謡出, の汽車, の泰軒先生, の深山, の清澄, の源一, の源助, の漱石氏, の片方, の玄心斎, の現今陶工, の生体, の田圃, の番頭清六, の知世子, の砂馬, の祖父, の神尾主膳, の神尾喬, の神経, の税務吏, の種族, の紋也, の細君, の細民, の絵, の美和子, の老人, の耳, の肉親, の能登守, の膝, の船名, の船頭ども, の艇長, の艦, の英少佐エリク・ヘンダスン, の葉子, の薫, の藪田, の蜂谷良作, の装置, の裴元紹, の西隣, の観念, の言論, の設計者自身, の身分, の近侍, の運転手, の野童, の雨戸, の電波, の騎士ドーモン・クレーリー, の鵜飼邦太郎, はござりませぬ, はなかろう, はねえと思う, は万, もな, もなし, もねえ, 忘れるわけ, 或いはまた現に

▼ いるその~ (1441, 0.4%)

15 人は 14 人の 13 上に 10 男の, 顔を 8 姿は 7 ような, 中に, 女の, 姿を 6 ことが, 下に 5 ことに, ことは, ために, 中の, 声が, 姿が, 家の, 男は, 男を 4 うちに, ひとの, 傍には, 女は, 最中に, 顔が

3 [18件] ことの, ように, 下の, 不幸な, 人が, 人に, 人間の, 前で, 声は, 夜の, 夫人の, 娘は, 子の, 手紙の, 日本の, 胸の, 足の, 顔は

2 [75件] ことから, ことさえも, ことで, ことについて, ころの, ひとは, ほかには, ほかの, わきで, 一つが, 上空に, 下を, 中で, 事実を, 二つの, 人々の, 人も, 人を, 単調な, 向うから, 場所から, 声を, 姿の, 室の, 室は, 家は, 寝台の, 少年を, 少数の, 山を, 店の, 心の, 愛の, 手を, 方へ, 日に, 日の, 時の, 月光を, 様子が, 様子を, 母の, 水の, 点で, 点を, 男に, 白い手, 相手は, 眼の, 瞬間に, 細い路, 美しさ, 群集の, 肩を, 背景には, 膝頭が, 船員の, 葉の, 薄の, 表面に, 親類の, 角の, 言葉の, 言葉を, 赤ん坊を, 辺の, 辺は, 部屋には, 隙虚に, 青年を, 面が, 鞄を, 頭の, 顔の, 駕籠が

1 [1058件 抜粋] あたりは, あとを, あめも, あらわれの, うしろは, うめき声に, おちつき工合, お人形, お口, お金を, かすかな, かぼそいもの, からだは, きわどい対照, くせはっきり, くちびるが, くらいの風俗, けばけばしい装飾台, ことにも, ことも, ことを, ころ新調の, さまが, しなやかな, すがすがしい満足, すきだ, すぐ鼻, そばに, そばまで, ためも, つめたさ, なかでも, なまじいに, のろいの, ひとに, ふくらみが, ほうが, ほかあの, まざまざと, まだ生き, まわりに, もとが, わけは, エゴイズムが, サナトリウムの, ジャンパーの, ソヴェトの, チョッキの, ナポレオンが, ベレ帽の, ホテルで, ポオランドの, マスクの, マンネリズム事情であっ, ムックリ, ロケットを, 一つへ, 一劃は, 一句は, 一念が, 一挙一動が, 一枚の, 一番端の, 一部分だけでも, 三の, 三日月形の, 上で, 上の, 上を, 上泉屋から, 上自分へ, 下が, 下には, 下まで, 世話焼きの, 両名, 中から, 中には, 中ほどを, 中央に, 中央へ, 中途で, 主要観念は, 乞食は, 事一つは, 事実は, 二階からは, 亭主の, 人たちが, 人たちを, 人なら, 人情の, 人気の, 人込みの, 人間は, 今日の, 仲間の, 伯母であった, 位の, 位置と, 住人たちと, 体とを, 作品が, 依固, 値うちが, 側へ, 偽札も, 傍らに, 優越感が, 先き, 先を, 光景と, 光景を, 全貌では, 六尺の, 具体的な, 内容とは, 円い小さい金, 凹んだ鞍, 函には, 刀に, 切れ目の, 前です, 前席であった, 前方いっぱいに, 劇団に, 力学的な, 勇気の, 動揺が, 動揺を, 北岳は, 十畳という, 半纏の, 卓さえ, 原には, 原稿を, 又向う, 友だちの, 友達を, 反射炉から, 取り次ぎ嬢は, 口実の, 古い郭外, 右側に, 名古屋の, 向う側に, 否定の, 呑気さに, 味方を, 命令は, 哲学を, 嘆きの, 噴水の, 四四九頁に, 固定観念, 国の, 土は, 土地全体の, 地平線から, 地点が, 坂道を, 城へ, 場へ, 場所だ, 場限りの, 境地の, 境遇の, 墨の, 壁の, 変な, 変りかただ, 外形に対して, 夜に, 大きい石屋, 大切な, 大戸に, 太短い矢, 女じゃ, 女な, 女の子たちの, 女を, 女工を, 好みと, 妻などが, 姉の, 姿で, 姿に, 姿には, 娘が, 娘どもも, 婦人が, 婦人身売りの, 子も, 子供の, 字は, 孤独さを, 実際を, 室という, 家に, 家庭生活の, 家族を, 家臣へ, 容貌の, 小さい一つ口, 小宰相, 小橋の, 小間使は, 少女は, 少年は, 尖端に, 居間の, 屍体は, 山貌と, 岩壁の, 岩部屋の, 岸を, 峰は, 川に, 左に, 左手は, 帆布製の, 席で, 帯で, 帽子を, 平家の, 年譜の, 幸福を, 広大な, 度ごとに, 建設の, 弧形の, 形が, 形は, 影が, 影を, 彼方は, 後ろに, 従順さである, 微かな, 徹底的に, 心境を, 心持と, 心持ね, 心持も, 心理状態は, 忙しさ, 怪物は, 恐ろしい古, 恩義の, 息苦しさ, 悲惨さを, 意力には, 意味に, 意外なる, 愛と, 感情が, 感情を, 態度であった, 成果について, 手つきは, 手の, 手前には, 批評と, 挙動が, 推論は, 政治的聚落も, 敵が, 料亭の, 新しい太陽足袋, 新聞社の, 方角へ, 方面の, 日曜日に, 明子の, 時いつよりも, 時やさしい, 時代の, 時計です, 晩に, 暮しぶりや, 書類を, 有様ほど, 有様私は, 木かげの, 木橋を, 木目を, 未知の, 末は, 本の, 机の, 村は, 条件を, 東京部長という, 枕もとには, 枝, 柄が, 株主の, 根元に, 梢を, 森林の, 植物は, 様子から, 様式の, 横顔, 樽だった, 檻の, 欄間の, 正しい概念, 正面の, 武蔵相模の, 歴史的な, 死亡証書を, 死骸に, 母を, 毎日であった, 気分も, 気持の, 気持を, 気高き愛娘ロゼリイス姫, 水流に, 江戸へ, 沖に, 洋服男の, 海上に, 渦中に, 源助町, 漆黒を, 潮流の, 火が, 灰色の, 点に, 点は, 無数の, 無気味さ, 無法な, 無邪気に, 照子は, 熱度は, 父の, 片腕の, 物音だ, 狆の, 狭いほう, 狭い横丁, 猫の, 現実の, 現象を, 球へ, 理由を, 生々しい人間真実, 生きる力, 生活中に, 生活状態から, 生産の, 男が, 男であった, 男らしい口元, 町並の, 略服の, 病棟に, 癖静まり返, 白覆面は, 百万分の二に, 監房でです, 目の, 目付で, 直接経験説は, 看板が, 真上を, 真中の, 眺め方, 眼つきを, 眼である, 眼に, 眼もとへ, 瞬間だけを, 瞬間の, 瞬間彼が, 短い間, 石突きの, 社会の, 禿げあがった頭, 科学的に, 秘義を, 種の, 穴の, 空気中へ, 窓の, 窩人の, 端を, 笛が, 筆致を, 箱には, 米を, 精神の, 素子の, 細部を, 紳士の, 結果として, 絵画的に, 網の, 縫子は, 美しい秩序, 美感であった, 群れから, 翌日の, 翻訳の, 老人の, 者に, 者を, 職人が, 肥った税関吏, 背に, 背後の, 胴体から, 脈搏その, 腕が, 膝元には, 自己の, 臭気だ, 船にゃ, 船頭を, 花の, 若葉が, 苧環の, 荼毘所を, 葦叢の, 薪ざッぽう, 衝立の, 表情が, 裏には, 裾の, 要介たち, 視線胸衣と, 角兵衛, 言葉が, 評論の, 語りて, 誰かが, 謂である, 責任の, 資本主義に, 超人性, 足も, 足許だけは, 車道に, 輜重を, 辺に, 辺を, 通りです, 通りを, 過程そのものに, 道筋には, 郊外の, 部屋で, 部屋へ, 醜い激しい顔, 醜態は, 野寺, 金は, 銀行券の, 鐘は, 長さ, 長髪を, 闇の, 限り根源的である, 限界内で, 陶酔境の, 隙に, 際どいかね合い, 隣で, 雑沓そして, 雪も, 雪田の, 電報を, 露路の, 面ぶれ, 音が, 音楽を, 頃の, 頬や, 頼んだ男, 額縁を, 顔容から, 風の, 風習に従って, 風采には, 食堂は, 香りは, 馬を, 高い梢, 魔法の, 鯨達の, 鱗片の, 鳥まで, 鷲の, 黒いむれ, 黒い所, 鼻が, 鼻ッ柱が

▼ いるとき~ (1274, 0.4%)

25 だった 18 のよう 12 であった, のこと 11 である, ではない 9 でした 8 に, に私 6 だ, だと, でも 5 じゃない, と同じ, にはその

4 [12件] だから, だったので, ではありません, にお, には, に何, に突然, の彼, の方, はお, はそれ, は目

3 [11件] です, ではなかっ, なので, なん, にはそれ, に不意, に自分, はいつ, はいつも, はその, もある

2 [65件] がある, そのうしろ, でありました, でも二人, でも必ず, でも絶えず, どうした, など, などは思わず, にその, にちょっと, になんだか, にはいつ, にはお, にはそこ, にはただ, にはだれ, にはね, には今, には外, には自分, にふと, によく, に夢, に妻, に子供, に来る, に話しかけ, に誰, に起る, のあの, のほう, の世界, の彼ら, の心, の心持, の気持, の父, の生活, の私, の顔, は, はかの, はきっと, はとても, はない, はもちろん, はよく, は二人, は却って, は実に, は意識, は楽しく, は殆ど, は気, は特に, は苦しい, は重苦しく, ふとそれ, また一つ, もあった, もその, もそれ, も彼, も必要

1 [916件 抜粋] あの人等, ある晩, いかにも悲しく, いきなり扉, いないとき, うおー, おつきあい, おゆき, およそあい, おりおりいうに, お幸, お相撲, かでそういう, からおと, からしきりに, からすでに, からひらい, からもうじぶんたち一団, からロシア生活, から仲, から奉公, から客, から本, から気がつい, から知っ, から鬼子母神様, があっ, がありました, がっちゃ, がやつ, が望ましかっ, けたたましく表口, こうして雨, このひい, この人, こんな種類, さては新聞, したでも, じゃ, じゃありません, すぐそば, すぐ傍, すっかり指さき, せめて三助, そういう殻, そうだ, そのいりくち, そのひとり, その上, その及ばない, その歌, その私, その蜀, その行動, そんな文章, たすけて, たのしいかい, だけがたのしい, だけであった, だけは日本, だけわし, だけ気分, だったひょいと, だったよ, だってどうして, だろう, ちょうどさよなきどりが, ちらっと吉田君, つづいて, つねに高きよい, であり国, であるから, であろうとも, でさえそれ, でさえ死んだ, でさえ無遠慮, でしたから, でしょう, でつまり, でない, でないと, ではございませぬ, ではもはや, でもあの, でもいつも, でもおじいさん, でもお父つぁん, でもかげ, でもきっと, でもこの, でもしん, でもその, でもちょっとした, でもつい, でもなん, でもまた, でももう, でもよろめき倒れ, でもコロンビーナ, でも一片, でも侵す, でも分相応, でも図書館, でも夫人, でも帯刀, でも心, でも憤っ, でも栄二, でも無かっ, でも物, でも眠っ, でも矢代, でも窓, でも行けた, でも赤旗, でも附き纏っ, で二人, で二回目, で火星, とかそんな, とかまた, ところどころで, とすこしも, とそれだけ, とつぜん場内, とつぜん室内, とつぜん樽, とてそのまま, とてもう, とではまるで, とどんなに, との感覚, とは比べもの, とは違っ, とひとりきり, とまるっきり, ともちがう, と人, と同様, と家, と泣い, と眠っ, どうしても床, どうして漫画, どんな空想家, なぜアフリカ土人, なぞたまたま, などから見る, などにどうして, などに伸子, などは余程, などは彼, などは彼女, などは蒸し殺され, などふい, など彼女, など特にそう, など風, なの, なんぞに憑かれる, にあなた, にあまり, にいちはやく, にいろんな, にうけた, におこった, におみき, にお嬢さん, にかりに, にこそはじめて実際, にこっそり, にしばしば, にすこし, にするべきでない, にそっと, にそれとなく, にそんな, にだれ, にちょうど, にでも, にでも暴力, にとおりました, にどうも, になん, にのみかぎる, にはあと, にはいつも, にはお正月, にはかなり, にはけっして, にはさ, にはすらすら, にはつい, にはどう, にはどんな, にはまだ, にはやはり, にはわかりきってる, にはカワウソ, にはスコーネ, には一方, には両方, には久馬, には今にも, には何事, には医者, には十分, には古い, には君, には城, には奇怪, には居留守, には平時, には憎らしい, には最初, には村, には波, には澄まし, には火, には真, には紺, には締まらない, には腹, には顔, には黄色, にひとり口, にぴしんと, にふしぎ, にますます, にみどりさん, にも, にもただ, にもどこ, にもひそか, にも京都, にも匂った, にも強く, にも私, にも起る, にも隆夫, にわかにぱっと窓, にスキー場, にテント, にパン, にモルガン, に一葉女史, に三度以上, に世界, に中国, に二冊, に他, に作った, に入歯, に全く, に前面, に友田喜造, に古い, に向う, に呼吸, に外, に奥羽, に室, に小鳥, に平静, に後ろ, に忍びこんだ, に悪い, に感じた, に憲兵, に戸, に既に, に日本, に書いた, に最初表面, に来たらしく, に森有礼, に残らず, に殺された, に沸かす, に浮ぶ, に海, に生蕃, に目賀野, に祖母, に窓, に答弁, に考え, に見ました, に言った, に起き, に近所, に長い, に限っ, に電話, に青年, に静か, に首席, ね, のお母さん, のこころ, のさけ, のじかに, のそのまま, のほか, のまとも, のわれわれ, の一年, の主人, の二人, の体向, の初期, の地位, の太陽, の女, の姿態, の彼女, の心得, の息づかい, の愛情, の感じ, の挙止, の期待, の栖方, の様子, の深く, の矢代, の自分, の花, の輝, の通り, はいい, はいこん, はいつもそう, はきょう, はこらえ性, はさんざん, はじ, はじめてあの, はすでに, はぜったいに, はそこ, はそれほど, はたいへん, はだまっ, はちょっと, はときどき, はどうにも, はどんなに, はなおさら, はなかなか, はぶきっちょ, はぼく, はまたとなかっ, はむずかしい, はもっと, はやくも, はわからなかった, はバカ, は一度, は両, は今, は仕事, は他方, は何時, は使い, は兄対馬守, は別に, は勿体ない, は口惜し, は名, は国会議員, は大きな, は大脳皮, は妻, は宇宙塵, は家事, は小春, は年がら年じゅう家, は彼, は思いの外, は息子, は感謝, は我々学生, は救われ, は敬語, は書斎, は木, は構想, は河原, は炭, は父, は生, は生産経済計画, は疾風, は白濛々, は知らぬ, は砂糖黍畑, は翁, は背中, は自身, は誰, は軽蔑, は遑, は集団農場, は電車, は静か, は黒覆面, ひきつッ, ひとり放れ, ひょっくりと, ふさいで, ふとさがし, ふと眼下, ふと見る, ふと見れ, ほど執拗, ほど楽しい, まさにこの, またひとりそわそわ, またもや大, またもや銃声, また今度, また書こう, まだとやかくいっ, まるで子供, めりめりと, もあの, もあれ, もう一人, もし傍, もじ, もそんな, もだまっ, もやはり, も一郎, も同じ, も寝, も応接間, も慶四郎, も東洋史, も民顕, も私, も若松, も閑, やすぐ, や右手, ゆくりなくも, よくその, よくフェジューシカ, よりいくらか, よりそ, よりは大, よりもかえって, よりもはるか, よりもむしろ, よりも動揺, よりも眠っ, よりも若々しく, より可愛らしい, より婦人, より転ん, パッと, 一々人, 不図足, 今にも雷雨, 先ず初め, 再びぱッ, 出来るよう, 却って生, 夜な夜なほか, 大きな音響, 大音響, 寄りつきも, 射って, 小さな青蛙, 少くない, 常夜燈, 当のお姫さま, 思いがけない感触, 感じたあの, 慌ただしく表門, 折りかえすよう, 新破, 既に二種, 時々愛情, 最早や, 来合わせると, 次に浪花節, 正一位三千代大夫人, 激しくあり, 知らなかった一つ, 突如気狂い, 突然あたかも鎌, 突然でありました, 第八軍, 脆や, 若い作者, 落ちて, 訪れる人, 震えた蕗子

▼ いる様子~ (1243, 0.3%)

143 です 91 だった 71 であった, である 5041 でした 28 であったが 25 でしたが 23 だったが 20 なの 18 なので, を見る 16 もない 12 はなかっ, を見 11 ですが, はない 9 だから, であります 7 がない, だが, もありません, もなかっ 6 もなく 5 がありあり, で, を想像 4 があった, だと, であるから, はありません

3 [11件] があり, がどうも, がよく, が私, が見える, じゃ, だったから, だったの, に見える, も見えなかった, を察し

2 [39件] か, がある, があんまり, がその, がどこ, がわかる, が可憐, が彼, が手, が見えた, が非常, だし, だったか, であったから, であつ, でありました, でありましたが, でありますが, であるが, でございました, でございます, でしたから, でしたし, ですよ, でそんな, で以前, で時々, と言い, はまるで, は実に, は少し, もありませんでした, も見えない, を, をじっと, をみ, をみる, を知っ, を見た

1 [388件] かな, からし, から察, から見る, から責められた, が, があけ放した, があまり, があまりに, がありません, がいかさま, がいかにも, がいじらしい, がうかがわれた, がうかがわれる, がお, がお松, がこっち, がさながら, がたいへん, がちら, がとてつもなくおかしい, がどうしても, がなんと, がはっきり, がひしひし, がまざまざ, がまんざら, がやがて, がやはり, がフビン, が一そう彼, が不審, が亢奮, が人魚, が何, が何だか, が余り, が余所目, が俊基, が側, が僕, が哀れ, が変, が夜, が太, が奇病人面疽, が如何にも, が子供, が寄手, が少女, が幸子, が弟, が彼女, が推量, が明かであった, が明らか, が殺伐, が滑稽, が瑠璃子, が目, が眼, が神経, が簾越し, が羨ましく, が苔, が苦し, が見えない, が見えませぬ, が見る, が車中, が道理, が顕れ出, が髣髴, こういった, さえも見られる, さえ見うけられる, さえ見える, じゃがあれ, じゃがどう, だけはわかる, だけれども, だぜ, だぞ, だったので, だつた, だの母, てえもの, であったと, でありますから, であり弟, であり或, であるとも, であッ, でこちら, でこの, でございますから, でございますが, でございますこれ, でさき, でしかなかっ, でして, ですから, ですがね, ですと, でずいぶん, でその, でそれ, でとかく, でどうも, でなんか, でね, では, ではまったく, では会葬者, では彼, では生き, でほとんど, でまた, でもあった, でもかなり, でもそれ以上, でもない, でれい, でわし, でキリキリ, でハテナ, で佐藤春夫, で何, で何より, で作った, で切れ切れ, で利巧, で十二月号, で半, で口, で塀, で姿, で室, で家, で小声, で慌て, で所々, で押し, で様々, で武士, で死んだ, で殊, で父, で物, で瑰麗, で私, で窓, で薄, で褪めた, で見守っ, で部屋, で顔, で黙った, というもの, とでそれ, とで彼, とはおのずから, とは別人, とを見, と思い合せ, と自分, と頬, どういう方寸, どうやら今夜, などが眼, などが見えた, などはガラッ, などは絵, などもほか, なども決して, なども笹村, などをわたし, など女の子, など思い, なのに, なり, なんざ, な脛, に, にかわいい, にちらりと, にはユーモア, には一層, にぶっつかる, にほ, にみえます, にも源氏, にも見える, に九兵衛, に何となく, に俄然, に内心, に同情, に君江, に安心, に対してそれ, に張允, に彼, に心待ち, に感じよ, に感づい, に折, に於, に橋守, に気がね, に気品, に注意, に満足, に私, に竜子, に聴き入っ, に見うけられた, に見えた, に見えました, に見え候え, に顎, のある, のかわいそう, のよう, のわかる, の哀れさ, の男, の見える, は, はいかにも, はうす, はけだかい, はさして, はそのまま, はちっとも, はどう, はどうしても, はどこ, はどんなに, はなかなか, はなく, はなん, ははなはだ, はまことに, はまざまざ, はみ, はやはり, はよく, は丁度, は下屋敷, は二匹, は二十七, は今日, は何だかはっきり, は何とも, は余所眼, は例よう, は側, は全く, は兵隊, は向こう, は大変風情, は天晴れ姐, は好い, は安く, は寧ろ, は将来, は小作人, は幾分, は想像, は感動的, は手, は次郎, は母, は気の毒, は決して, は活動俳優そのもの, は滑稽, は無い, は無類, は物凄い, は百姓, は相当, は竟, は絵, は肉体的, は自然, は船中, は良家, は艶かしく, は見えない, は見えぬ, は見られた, は見られない, は見る, は見違える, は醜態そのもの, は隠せなかった, は隠せません, は雪子, ばかり目, へ横目, までよく, もおかしい, もおざれ, もござりません, もござりませんから, もそこ, もなし, もほか, もみせず, も伸子, も常, も彼, も恐れ, も消え, も無い, も薫, も見えすい, も見せず, も見せた, も認められませぬ, も面白く愛らしかっ, らしいの, らしくむやみ, をあ, をあなた, をあの, をいぶかし, をかえって, をさも, をし, をした, をすっかり, をそう, をそうたびたび, をその, をそれ, をそんな, をながめ, をひとり, をみれ, をグレ, を一度, を世間, を人々, を写真, を匂宮, を多, を如実, を寝ない, を小林師範, を巧み, を常陸介, を思い浮かべた, を指し, を歌っ, を源氏, を玄徳, を珍し, を現, を白い, を眺め, を知る, を示し, を祝福, を笑止, を考える, を聞える, を見かけました, を見せ, を見せた, を見せよう, を見て取った, を見て取る, を見とどける, を見まし, を見ます, を見まもっ, を見よう, を見れ, を見わたす, を見届ける, を見物, 執念深く何, 時々夜, 面白くない

▼ いるとは~ (1145, 0.3%)

32 云えない, 思われない 23 限らない 22 思わなかった 18 思えない 14 いうものの 13 いえない, 夢にも, 思えなかった, 知らなかった 12 考えられない 9 思いも, 思わない 8 気が, 言いながら 7 何という, 思って, 思わないが, 知らずに 6 知って, 私には, 言えない, 誰も 5 なんという, 少しも, 思わなかったの, 知らない, 聞いて, 限らないの 4 思いません, 思えません, 気がつかなかった, 知らないから, 私は, 聞いたが, 誰が

3 [19件] いいながら, いい難い, いえこの, いえその, いえないの, いえなかった, いえません, 思いませんが, 思っても, 思われなかった, 知らなかったと, 知らなん, 考えて, 見えない, 見えなかった, 見えません, 言いがたい, 言えないの, 限らないから

2 [67件] いいがたい, いうが, いえあの, いえそれ, いえぬ, いえ二つ, いえ今, いえ刻一刻, いえ吾, いえ決して, いっても, いわれないであろう, いわれぬ, きまって, ちょっと考えられない, どういうこと, どうした, どう云う, どんな意味, また格別, もとより, 云い条, 云うこと, 何と, 何事だ, 信じがたい, 僕には, 夢にも思っ, 思いがけなかった, 思いましたが, 思いますが, 思いませんか, 思うが, 思うまい, 思えないほど, 思わないかね, 思わないでしょう, 思わないもの, 思わなかったけれど, 思わなかったよ, 思われないが, 思われぬ, 思われません, 思われませんでした, 意外だった, 気がつかないの, 決していえない, 百も, 知らないで, 知らなかったね, 知らなかったの, 知らぬか, 知りませんでした, 知る由, 考えられないの, 聞えて, 見えないの, 見えぬ順平, 言い難い, 言うものの, 言えなかった, 言えません, 言わないが, 都合の, 限らないと, 限らないよう, 驚いた

1 [605件 抜粋] あたしも, あまり見当違い, いいこと, いいながらも, いいません, いい乍ら, いい得られずそこ, いい難く, いえしかも, いえずむしろ, いえそこ, いえそして, いえその後, いえそば, いえそんなに, いえただ, いえとても, いえども, いえないから, いえないが, いえないけれども, いえないし, いえないで, いえないであろう, いえないと, いえないほど, いえないほんとう, いえないよ, いえない作品, いえない批評, いえなんと, いえまさかに, いえまた, いえまだまだ, いえやはり, いえわたし, いえ一つ, いえ七時, いえ万事, いえ二人, いえ人家, いえ兇暴, いえ先祖, いえ内外, いえ前, いえ力, いえ多少, いえ定雄, いえ実に, いえ少し, いえ彼女, いえ政江, いえ旅, いえ晴れた日, いえ月, いえ無, いえ磨いた爪, いえ筆算式, いえ筋骨, いえ米友, いえ薬全体, いえ蚕室, いえ見て, いえ見馴れぬ異様さ, いえ足, いえ顧みれば, いかな, いかなる意味, いかにし, いかにも不思議, いかに耳, いくらうぬぼれ, いささか手, いったが, いよいよ変, いわない, いわれない, うなずけなかった, うれしいね, おかしいと, おかしいな, おそろしい, おどろいたこと, おどろいたもの, おどろくべきこと, おもいも, おもえなくなりました, おもしろいこと, おもわないで, お島, お思い, お思いなさいません, お知んなさらない, お通め, お高, かぎらないから, かぎらん, かぎりませぬ, かねがね噂, かねて孔明, かの村, きっと思っ, きまらぬから, ここへ, これは, これも, ご存じない, さすがに, さてさて, さらさら思わない, さりとは, しらなかった, すこしも, ぜんぜん考える, それこそ, それは, たしかに怪しい, ちかごろ竹さん, ちっとも存知, ちっとも気, ちっとも知らない, ちっとも考え, ちょうど幸い, ちょっと不思議, ちょっと分らない, つい今日, つきり言, とっさに, どうしても信じられなかった, どうしても思えなかった, どうしても思えぬ, どうしても思われなかった, どうしても感ぜられない, どうしても考えられない, どうしても見えない, どうしても言えない, どうもいえない, どうも考えられなかった, どんなこと, なぜか, なんたる, なんとよく働く, はじめ考えませんでした, はてさて, ひどいこと, ひどいもの, ほとんど意識, まさかに思いつかない, まさか私, まさに容易, まだ云う, まつたく思えないね, まるで嘘, まるで夢, まるで気, もちろん思えない, もちろん思っ, もはや確か, よかった, よく知っ, よほど果報, わかって, わからない, わしが, わたくし考え, カンの, バアリイの, フシギな, ユーモラスなり, 一たい, 一体どう云う, 一体何, 一見思われない, 不思議だ, 不思議な, 不敵な, 不穏当である, 不都合な, 主張し, 予て町, 予期しなかったろう, 云いきれなかった, 云いながら, 云い得ない, 云い得ないこの, 云い得ないよう, 云い得ない行動, 云えいわば, 云えその, 云えぬ, 云えぬかも, 云えまだ, 云え乗客, 云え元々, 云え兄, 云え女子供, 云え浅ましい, 云え無限, 云わなかった, 云わぬ, 云われません, 些とも, 人が, 今まで, 今日初めて, 何ごとです, 何たる大きな福音, 何と冥利, 何んと, 何事である, 何所まで, 信じて, 信じなかった, 信じなかったけれど, 信じられない, 信じられないほど, 信じられない身軽さ, 信じられなくなった, 信じ難い, 信ぜぬ, 信用出来ぬ, 儒者ふうの, 全く驚く, 全然別様, 冷酷な, 初耳だった, 到底彼, 勿論思わない, 十二分に, 千鶴子も, 厄介な, 反対に, 受取れない, 口さがない一般, 古今にも, 可笑しいじゃ, 名目だけ, 嘘の, 国家の, 塀の, 夢にも御存じ, 夢にも思わない, 夢にも思わなかった, 夢にも気, 夢にも気づきません, 夢にも考えなかった, 夢露知らずに, 大学も, 奇怪だ, 如何にも出鱈目みたい, 存じて, 存じましても, 宝の, 実にけしからん, 実になさけない, 実に驚くべき, 宮に, 少し奇怪, 岡目には, 彼に, 彼等にとって, 御承知, 微塵見えない, 心づかなかった, 心得ぬこと, 怖しい, 思いがけない事ゆえ, 思いつかなかった伸子, 思いながら, 思いながらも, 思いませんでしたが, 思いませんでしたねえ, 思いませんでしたよ, 思いませんので, 思い及ばなかった, 思うけれど, 思うだけでも, 思えずそして, 思えず一個, 思えないが, 思えないと, 思えないにも, 思えないの, 思えないむくんだよう, 思えない計画, 思えなかったでしょう, 思えなかったはず, 思えなん, 思えぬ, 思えぬほど, 思えねえそれだけ, 思えます文学的, 思えよう, 思ったが, 思ったけれど, 思っちゃ, 思っては, 思わずたしかに, 思わないか, 思わないかい, 思わないかの, 思わないかも, 思わないから, 思わないでしょうが, 思わないね, 思わないの, 思わないので, 思わないん, 思わなかったから, 思わなかったでしょう, 思わぬか, 思わぬから, 思わぬ浜川平之進, 思われずむしろ, 思われず下手人, 思われず私, 思われないけれど, 思われないの, 思われないので, 思われないほど, 思われない大理石, 思われない暗闇, 思われなくて, 思われぬ程, 思われますまい, 思われませんが, 思われませんけれどでも, 思われませんので, 思わんかね, 思わんの, 恥ずかしい, 想像し, 想像も, 想像致しかねます, 愉快だ, 意外である, 意識し, 感じない, 感づきも, 感付かない, 懐かしい, 昨日の, 有為の, 案じなかった, 横光さんの, 檻を, 気がかりゆえじゅうぶん, 気がついたが, 気がついて, 気がつかずその, 気がつかずただ, 気がつかず心から, 気がつかず百姓たち, 気がつかない, 気がつかないこと, 気がつかなかったし, 気がつかなかったの, 気がつかなかったろう, 気がつかん, 気が付かないだろう, 気が付きません, 気づかないよう, 気づかなかったと, 気づかなかったの, 気づかなかったろう, 気づくこと, 気の, 気付かない, 気付かないの, 決して云い得ない, 決して思っ, 決して思わない, 決して言う, 決して言えなかった, 油断過ぎる, 浅ましい, 清逸の, 無論断言, 玄明の, 珍らしい, 申されますまい, 申されませぬ, 申されません, 申して, 申しますが, 申しますものの, 申しませんでした待って, 申せなお, 申せ御, 異った, 盛名ある, 目賀野の, 瞬間二人の, 知らず, 知らずおかあさん, 知らずその, 知らず三度目, 知らず佐々木小次郎, 知らず後ろ, 知らず春木少年, 知らず曹嵩, 知らず牧場, 知らせたくないと, 知らなかったが, 知らなかっただろうから, 知らなかったよ, 知らなかったろう, 知らぬから, 知らぬ王老師, 知らぬ若い, 知らねえや, 知りつつも, 知りながらも, 知りませんから, 磯五にも, 神ならぬ, 称し難い, 米友は, 絶対に, 義理にも, 考えたくないの, 考えないし, 考えないの, 考えません, 考えられて, 考えられないが, 考えられなかった, 考えられません, 考え及ばなかった, 考え得られなかった, 聞いたこと, 聞かなかったよ, 聞き及ばなかった, 臆面なき, 自信を, 自分ながら, 自覚し, 見えないで, 見えないほど, 見えない棒, 見えなかったが, 見えぬほど, 見られない, 見受けられない, 覚悟し, 言いかねた, 言いにくい, 言いません, 言い切れない, 言い切れません, 言い条神尾の, 言うたものの, 言うん, 言えあまりに, 言えあれ, 言えないし, 言えないぜ, 言えないほどの, 言えないよう, 言えなかったの, 言えぬが, 言えまい, 言えますまいそもそも, 言えませぬけれども, 言えよう, 言え死んで, 言え父, 言っても, 言わぬ積り, 言われません, 誇らじと, 認めない, 認めること, 読ませなければ, 誰に, 農民兵とて, 返辞の, 違うわけ, 違ったふう, 違って, 金原から, 長い附, 限って, 限らずよしや, 限らないが, 限らないので, 限らないもの, 限らないやはり, 限らぬが, 限りません, 限りませんけれど, 限りませんでね, 露ほども, 露知らずかえって, 露知らず何ごとか, 露知らず遂に, 露知るまい, 首実験に, 驚き入った話, 驚くべきこと

▼ いる~ (1135, 0.3%)

29 である 27 がある 19 もある 17 であった 14 を見る 10 だ, もあった 9 だった 8 があった, なの 7 があります, です, へ行っ 6 でした, はない, を見 5 だったが, へ帰っ, もあり, を想像, を示す 4 ですから, ではない, との間, へ, へひろ子, へ出た, へ来

3 [13件] がない, が多い, さえある, だと, であるから, に一人, へお, へ来た, へ行き, へ行く, まで来る, を示し, を見た

2 [54件] かも知れない, からこの, から来た, から東, があれ, じゃ, だが, だし, だろう, であって, でその, なので, なん, にあります, にいる, には必ず, にぶつ, によれ, に僕, に寄っ, に行き, のもの, のよう, の前, の貨幣価値, はいわゆる, はこの, はまことに, は中, は他, へその, へもう, へやがて, へ又, へ外, へ奥, へ女中, へ小倉, へ折, へ持っ, へ林田, へ行こう, までくる, までやって来る, まで来た, もあります, も見える, をみる, を写生, を教え, を見られ, を見れ, を誰, を通っ

1 [745件 抜粋] あたかも二俣大根, あつち, かと想像, かね, からこう, からことさら, からすこし, からはすぐ, からは二三本, からぷつりと音, からみる, から三窓, から丸善, から二三間, から何かしら自分, から余り, から判断, から動かなかった, から十間, から去る, から同類, から向う, から四五町奥, から団扇, から始める, から察, から市街, から彼女, から推す, から最も, から海辺, から生ずる, から知り合い, から筋かい, から見, から見あげる, から見れ, から資本家, から路, から遠い, かホン, か私柄, があっ, があぶない, があるだろう, があるまい, がいちばん, がいよいよ, がつい, がなくなっ, がまま, が一つ, が一目, が中, が何処, が分かった, が分った, が単純, が大きな, が教場, が既に, が最近特別, が林道, が気に入った, が気に入らない, が澄ん, が真実, が菜摘, が見つかっ, こそ問わずし, じゃないでしょう, すでにそのまま総, すら知っ, だから, だけが中華, だけが泥, だけが生き生き, だけを聞き出す, だけを見, だそう, だぞ, だったので, だつた, だつたので, だとか, だわなあ, っていい, で, であったから, であったので, であつ, であふれた, であります, であるが, であると, でお前達, でお談義, でございますから, でさえ欠乏, でしょう, ですそして, でと相生さん, でなければ, でなら, ではありません, ではいじらない, ではどうも, ではやはり, では事実下, では二三人位, では大便所, では庭園, では生きた, では私, では草, では頭, でもある, でもその, でも今や, でも声, で五節, で只今, で喧嘩, で実際, で御座います, で御座いますと, で桜田門, で河幅, で火, で立木, で著, で読まれ, で頭, というふう, とが似, としてはきわめて, とにお, とはつい, とは襖子一重, ともはや既に, と反対, と大して, と背馳, と自分, なぞ私, など, などかえって, などではときどき, などは少し, などは見当らない, などもあった, など昔ながら, など見る, なら何, なんかない, に, にあの, にある, にい, にいつも人知れず, にこの, にそれ, にそれぞれ, にたたずん, にちがい, につきまとっ, になんとなく, にはかならず, にはきっと, にはどこ, にはなんにも, には恐らく, には波, には街, にひき付けられる, にも実は, にやって来た, にザ・レエボアムーヴメント, に住まっ, に信長, に出, に出ました, に出会った, に四つ, に坐っ, に屏風, に嵐山, に持っ, に木理, に来た, に来る, に横たわっ, に歩みよった, に留まっ, に相当, に立っ, に結び附い, に艇夫長, に茶屋, に警部, に走っ, に起る, に間近い, に附い, の, のある, のかつ, のかの, のそして, のそれ, のヨオロッパ, の一つ, の一種, の事情, の他, の使命, の写真, の博士, の図, の国, の家, の広汎, の惨, の戸締まり, の方, の暗たん, の油画, の灯, の米, の繩, の親戚, の谷中派, の重厚派, はあなた, はあるまい, はい, はいずれ, はいつ, はさしずめ, はさすが, はすっかり, はその, はとんと, はどこ, はなっ, はひとりでに, はほとんど, はまあなんと, はみんな, はキメ, は一度, は何, は何だか, は何処, は充分, は冷寂, は勿論, は君, は商売がら宵, は多い, は大, は太い, は宛ら, は小さな, は小生, は少し, は広く, は新, は春, は樹, は気味が悪い, は清閑荘, は漁師, は火山, は無限大, は知れ, は私, は美しく, は肥前, は舌, は虎, は西, は西部, は誠に, は遠く, は都会, は野馬, は露, は非常, は黄色, へあなた, へある, へいったん, へいつの間にか, へおれ, へかく, へかけ, へかねて, へこの, へさらに, へすし, へずう, へであった, へどか, へなら, へなん, へは入道自身, へは出られなかった, へば, へひとり, へやってくる, へやって来, へガサガサ, へガラッ, へヅカヅカ, へヌッ, へ一人一人, へ一羽, へ三人, へ三平が, へ下手奥, へ不意, へ乗り込ん, へ二人, へ今年, へ伊達, へ住みつく, へ佐助, へ依田豊, へ偶然, へ兄夫婦, へ先, へ出ました, へ勇齋入り, へ北沢, へ古, へ向側, へ四月二十日, へ圓次, へ圓次どん, へ夜警, へ大政奉還, へ天, へ天来, へ妹, へ孝助, へ家, へ寄る, へ屎草履, へ左大将, へ左馬頭, へ平常, へ往, へ息せき切っ, へ我々, へ押しかけ, へ押襲, へ明智, へ明智小五郎, へ木賃宿, へ村, へ来る, へ東京, へ森川町, へ樋口君, へ殿, へ母, へ源宰相, へ源次郎, へ激烈, へ無理八理, へ熊浦氏, へ犬殺し, へ生憎, へ甥, へ登美, へ真一文字, へ私, へ翌日解剖, へ若い, へ薫, へ行かなけれ, へ表, へ親, へ言わば, へ訪問, へ賊, へ近づいた, へ送り込む, へ遅れ走せ, へ道, へ配達, へ門野, へ院, へ隣室, へ雑木山, へ馬車, へ魯粛, へ鹽原角右衞門, まことに哲人, また線, までおよい, までそっくり, までにげよう, までは一番, までもどっ, まで一気に, まで下っ, まで戻っ, まで聞こえる, まで這入っ, まで遣っ, もあれ, もいま, もなく, もまま, も中, も少く, も日本, も明らか, も聞かれよう, も見出せなかった, やはり近頃多い, や何とも, や公開, や妹, や鬢, よりはよほど, らしい, らしかった, をあしらっ, をうしろ, をこっち, をさらけ出し, をずっと, をそのまま, をつきとめよう, をまだ, をやらない, をわざ, をガシャーン, をダラダラ, をホキ・ホケ・ハケ, を一二度, を不意, を以て観る, を仰い, を低い, を偶然僕, を冷静, を出しぬけ, を動かない, を勘定, を存じ, を安田, を少し, を店員, を御覧, を念入り, を憶出, を指し, を探し, を探した, を教えられた, を散歩, を日本, を棒, を横顔, を機銃, を津田, を無手, を狙い撃ち, を狙っ, を田舎, を発見, を知った, を知らん顔, を突きとめた, を突きとめよう, を綜合, を聞い, を自由, を苦, を見かけた, を見せ, を見たら, を見つけた, を見つける, を見ました, を見られれ, を見付け, を見出す, を見懸けた, を観る, を訪問, を通りかかった, を通り過ぎる, を鉄砲, を電車, 必ず私

▼ いるそう~ (1133, 0.3%)

178176 です 139 である 105 だが 55 ですが 38 だから 3327 であるが 20 ですから 16 で, ですよ 15 ですね 14 でございます 12 じゃない, であります 11 じゃ 9 だね, だよ, では 8 であった 6 して, だし, だと, だな 4 でございますから, でその, なが 3 じゃが, じゃないです, だった, だという, でこの, でございますが, ですし, で御座います, よ

2 [22件] じゃありません, じゃの, じゃよ, すると, すれば, だけど, だけれど, だけれども, だの, であの, であるから, であるし, でえらい, ですからね, ですがね, ですけれど, ですわ, でそこ, でそれ, 思うと, 思った, 思って

1 [124件] じゃから, じゃな, だがね, だぐらいの, だこれ, だしかし, だそこ, だその, だそれ, だったが, だったし, だで, だとだけ, だなどという, だのう, だひとつ, だもしそう, だシ, だ信託, だ天野さん, だ小出さん, だ旅, だ月, だ無茶, だ病人, だ義, だ酒, でありまして, であるけれども, であること, であるところ, である此処, でげして, でげすが, でご, でございますし, でございますね, でございます私, でござんすよ, でごわす, ですけど, ですぜ, ですそれ, ですぞ, ですと, ですな, ですドロ棒, です同じ, です多賀ちゃん, です病気, です農村出, でそんな, でどうも, でどこ, でな, でなければ, でね, でみんな船便, でやがて, でよう, でわたし, でウワ言, でコレラ, でマア, でラブラドール, で三階建て, で上等, で二階, で今一日, で今朝, で何, で何とか, で何より, で六〇人, で冬, で北, で危, で大, で大して, で年老, で彼, で御座いますから, で文献的, で昔, で松山, で武子さん, で江戸ッ子, で若い, で途中, で邸内, で長屋, なという, なとかと, なとの話, なので, なると, なるよう, なれば, な人形, な俺, な献上箱, にご, ね, ねまあ, やさかえ, やと, らしい, 一番仲の, 云うあこがれ, 云う別荘, 云う品物, 仮定し, 信じます, 信じること, 大きくない, 思いつめた気持, 思うより, 感じます, 感じられるの, 申したん, 申し伝えて, 考えること, 考えると, 言って

▼ いる~ (1047, 0.3%)

36 がある 27 があった 2221 の顔 20 だった 19 であった 18 である 14 だと 13 なの 12 と女 11 の姿 9 がいる 8 だから, でした, です, ではない, のこと, のよう, もあった 7 がいた, というの, もある, や女 6 だが, なん 5 なので, の人, の方, を見る 4 がありました, がその, が一人, の前, の声, の様子, の肩, はこの, は私, も女

3 [18件] が, があっ, があり, が云った, であること, ですよ, のそば, の事, の人たち, の側, の傍, の口, の横顔, の目, の眼, の話, は, を見た

2 [45件] がいました, がひょいと, がふと, がまた, が居る, が来, が私, さ, だったの, だよ, だろう, であったが, でその, ではありません, という, に向っ, に近づきました, に違い, のところ, のひと, のほう, の一人, の中, の人達, の写真, の客, の影, の心, の手, の生活, の痩せた, の眼つき, の耳, の膝, の裸, の隣, の頭, の髪の毛, はこれ, はその, は何, は声, もいる, らしい, を見

1 [525件 抜粋] あり, か, かい, からうまく, からヒドク, から二川, から婚約, から突き出され, か大体想像, か或いは, があろう, がいまし, がいます, がうまく, がかつて, がかれ, がきいた, がくやし, がくる, がこ, がこっち, がこの, がさき, がし, がしきりに, がしばらく, がじっと, がすわっ, がそう, がそこ, がそこここ, がたしかに, がたたずん, がたぶん, がつっ立った, がどうぞ, がどこ, がどんな, がなかっ, がほか, がぼんやり外, がもしや, がよく, がシルヴァー, がソロソロ井戸端, がドンナ手紙, がミジメ, が三四人, が世間, が事実, が今日店, が他, が何者, が倒れた, が出, が分った, が十分, が口, が只管, が可哀想, が右, が吉田, が名, が四人, が土左衛門, が在った, が士官, が大きな, が大事, が好い, が小, が小刀, が庄次郎, が彼, が御所, が心配, が思想善導, が感心, が我々, が數百ターレル, が是非, が最近, が染八, が案外, が横合い, が気, が特に, が男爵, が発見, が秀吉, が稀, が空箱, が突然, が竹田街道, が聖旗台, が自分, が苦痛, が茶屋, が見える, が見付け, が言った, が話しかけた, が貴下, が起ち上がっ, が醜男, が重, が鍬, が雪どけ, が顔全体, が食物, が鳶, この愛し, さえある, じゃ, じゃない, じゃア, そういう男, その昇る, その男, だからと, だけがひと, だけが嫌い, だけにお初, だけに一見, だけは正気, だけれども, だその, だったから, だったので, だったん, だとは, だな, だなど, だなどとは, だね, だの, だもの, だろうか, だ何, だ容易, だ彼, であったから, であっては, であっても, であります, であるから, であるが, であると, であるのみ, であるらしいので, でおし, でこの, でこれ, でござんす, でしたが, でしてな, ですか, ですが, ですけれども, でそういう, でそんな, でつい, でないと, でなければ, でね, での, ではなかっ, ではなく, では一番, では無え, でもない, でも彼女, でも生き, でウオール街, で一, で三十がらみ, で伊平, で半, で原, で右, で夕方六時, で学問相当, で小池, で岩形氏, で彼, で御座います, で性質, で昨年, で此奴, で義兄, で試験, で陰鬱, とがやかましい, としての恥, として一躍, とそこ, とどっち, とのスケッチ, とは四・五・六, とは見えん, とみる, とホワイトハウス, と三千子, と出会った, と同じ, と向きあっ, と看護婦, と知りあっ, と見た, と話, などがあった, なもん, なら恥ずかしく, なんかおら, に, にきいた, にきく, にこの, にこれ, にさき, にそういう, にそれ, にたしかに, にちがい, にちがいありません, にちょっと, についての感慨, についてもジョンドレット, につくづく, にでも女, にとっておそらく, にとっては咳, にとっても苦痛, にとって旅立ち, にとって男, になれ, にはそう, にはそれ, にはちがい, にはながい, には気づかれなかった, には永い, にも, にも何処, にも見覚え, にノック, に一種, に一言, に一銭, に伸子, に似合い, に信用貸, に出会した, に刑事, に刺された, に合図, に声, に対しては歯ぎしり, に意地, に手紙, に投げつける, に振り捨てられた, に来, に気がついた, に気づいた, に渡した, に直し, に相違, に移し, に肌, に至っ, に落籍され, に言葉, に訊いたら, に話し, に話しなれた, に闖入, に頼ん, のあだな, のある, のうしろ, のお客たち, のきりりと, のさるぐつわ, のし, のせ, のそれ, のほか, の一部, の一部一部, の両, の作家, の信者たち, の俤, の兄さん, の児, の処, の半身, の友達, の口調, の名, の呆気さ加減, の呻声, の唖, の喉, の大きい, の大きな, の家, の寂し, の左, の座敷, の後姿, の心境, の心女, の心持, の急所, の息遣い, の懐中物, の所, の手加減, の指, の枕, の権力, の死体, の死骸, の気苦労, の注い, の狡黠, の生殖器, の目つき, の細帯, の考え, の背広, の脇腹, の腹, の腹部, の落着, の蒲団, の衣片, の表情, の袖, の誰, の足, の身の上, の連中, の連尺, の部屋, の間, の間抜け, の雇女, の顏, の首, の鼻面, はいない, はききました, はこれら, はごろん, はさも, はすでに, はそう, はたち, はだれ, はない, はなかっ, ははじめ, はまず, はまるで, はもう, はドイツ語, はメリヤス, は一人, は丁寧, は不吉, は世間, は今, は今しがた厩舎, は今や, は何とも, は何十人, は依頼人, は俯向き, は全体, は公儀, は初, は別に, は叫んだ, は吐き出す, は唐桟, は図, は大きな, は大勢, は小浜信造, は少かろ, は山, は帆, は張角, は役目, は怒りました, は手, は斑足太子, は旅行, は木村さん, は永遠, は温か, は無い, は熊谷, は片, は猟師, は田沼, は男, は福井文吾, は背, は背中, は自分, は舟, は良平, は裾野落ち, は角燈, は誰, は誰だい, は豪傑, は逸る, は雲母, は露八, は鳥, ばかりでした, ばかりのその, へ向っ, へ眼, へ贈った, ほど借金, までがげっそり, までが目, もあっ, もありました, もあれ, もいます, もじつは, もない, もやはりそう, も他, も坐っ, も息, も見た, も見逃し, や, や杖, や黙っ, を, をあの, をいざ, をここ, をさして, をだ, をひきおこし, をひとり, を一人死刑, を一同, を一目, を人々, を人垣, を何ら, を半, を博士, を取り上げれ, を吟味, を和泉屋, を大石, を川, を弁護, を引っ張っ, を心から, を急, を想像, を慕っ, を憎い, を抱き上げ, を押さえた, を招いた, を指さした, を捕え, を教えた, を明石, を漫画, を知る, を示す, を神尾主膳, を私, を見つけ, を見つける, を見つめ, を見事, を見送った, を親友, を認める, を起し, を追い払っ, 及び無産無職, 疲れて, 笑って

▼ いる~ (1042, 0.3%)

17780 である 73 はない 53 です 39 だが 35 がない 28 であった 25 だから 24 だった 21 だと 19 なの 13 であるが, ですが 12 では 11 じゃ, なのに, なん 10 だし 8 のもの, はなかっ 7 じゃない, だのに, ですから, もない 6 だよ, ですよ, のこと, はありません 5 であります, でございます, でした, はなく 4 がねえ, だったが, なので, の, のない, の彼 3 がありません, だがね, だそう, だね, で, であるのに, の自分, の若い, はねえ, よ

2 [20件] がなかっ, が無い, だおれ, だちょい, だったから, だったので, だろう, だろうから, であったが, でご, でそれ, で丸亀, と思われる, のところ, の夫, の女, の私, の老妓, もありません, もなかっ

1 [205件] がありましょう, があります, がある, がなけれ, がなし, が突然, じゃね, その左門め, だいっしょ, だがなあ, だきさま, だぜ, だそして, だそれ, だそれから, だぞ, だたしかに, だったし, だったにも, だったの, だったのに, だったのよ, だった村, だという, だとの, だとも, だな, だもう, だもしも, だろうが, だわ, だ仮に, だ何百千年のち, だ教えて, だ早く, だ誰, ちょいと, であったという, であったハフ, であった物質, であって, でありました, であり従って, であり或いは, であるおかしい, であるから, であるし, であると, であるという, である堀口大学君, である弥兵衛, である故に, でございますから, でしたが, でしょう, でしょうこの, でしょうに, ですがって, ですがね, ですけど, ですけれども, ですという, ですね, ですの, ですのに, ですもの, です私, でそして, でないか, でない冠蔵, でも, でもしも, でリヤトニコフ, で彼, で御座いますよ, で考え, とあっ, という, と宗時, と思われた, と思われます, と申し, ないや, ながら私, なのよ, になつ, のあなた, のあの, のお, のが, のその, のぼく, のわたくし, のインテリゲンツィア, のオルガ姫, のジャネット, のスクルージ, のパーウェル・イワーノヴィッチ, のモウパア警部, の主人, の久慈たち, の事, の事柄, の二つ, の二人, の二等室, の亡き, の京伝, の人, の伯父, の俺, の倉庫, の兄, の八五郎, の兵士たち, の列石, の前, の動き, の千束守, の南, の友人, の古い, の古市加十, の同類, の名, の向い側, の周さん, の品川上空, の啓之助, の喜三郎, の四人, の場内, の声, の外記, の奥, の女中達, の存八, の実体, の家, の小萩, の山名山太郎, の帝国海軍, の庭, の弟, の強大, の或, の所, の旦那様, の時計, の枕皮, の某, の樹木, の池上, の津村, の清水, の清葉, の父, の父安行, の狼, の生命, の男, の病人, の真, の真壁村, の社会観, の箇所, の算盤, の老女, の者, の腕, の芝居者, の芸人同志, の蛇, の袋中和尚, の覆面探偵, の親友, の連中, の里, の銃士, の間, の陽子, の青年, の順慶自身, の香潮, の鬼村博士, の鶴原未亡人, の麻雀卓, はありえない, はありますまい, はありませんでした, はあり得ない, はございません, はどう, はないだろう, は無い, は無かっ, もございません, もし大火, もなく, もなし, も無し, ゆえ更に, よあの, よほら, よ拙者

▼ いるこの~ (1030, 0.3%)

12 家の 9 ような 7 人は 6 男は 5 部屋の, 頃の 4 人の, 女の, 種の, 都会の 3 わいを, 一家の, 世界は, 二人の, 人が, 人に, 山の, 男の, 自分の, 頃は

2 [51件] あたりの, ほうの, 一冊の, 一文を, 一種の, 上は, 不思議な, 世の中の, 世界の, 事実を, 二人には, 人々の, 作者は, 喬之, 国の, 土地の, 地方の, 場所に, 女, 女も, 娘が, 家は, 家へ, 少女を, 川は, 店に, 座敷の, 役者が, 日本に, 時に, 村の, 東大泉の, 気持は, 火鉢の, 現実の, 生活は, 男が, 男に, 社会での, 社会に, 私は, 芸術家自身を, 若い男, 連中が, 道を, 部屋は, 部屋へ, 都の, 長屋の, 青年は, 青年を

1 [838件 抜粋] あたしを, あたりもう, あたり三郡を通じて, ありさま, おかた, おじさんは, おれという, お墓, お客さまだ, お爺さんも, お美夜ちゃん, お艶, お隣り, きょうの, きわめて優秀, ことは, ごたごたした, さいかれ, さしこの, じめじめした, すばらしい山壁, せんさくを, たび王政一新万機朝廷より, ながめは, なげえ, のろうべき老人, ひとの, ふうを, へんな, ままこんな, ままで, みなり, よろいの, わしだ, わたしという, わたしほど, わたしを, アメリカ将校は, エゴイスチッシュな, エラーを, ガンが, サンキス号を, シャツの, ズック製の, テーブルだった, デパートの, ニコライ堂そっくり, プールは, ホームだ, マーゲートへ, ラザルスを, リズムが, 一事でも, 一個の, 一台の, 一室は, 一座の, 一篇の, 一般文化の, 一連の, 一間そもそも, 七十に, 万引きという, 三人と, 三十男は, 三年よ, 上お雪ちゃんでも, 上なく, 下半身の, 不幸な, 不通線は, 世界が, 世論という, 世間全体の, 両刀使いの, 中国の, 丸々したほ, 主人の, 九畳の, 乞食の, 乳のみ, 二つの, 二万の, 二人を, 二大学即ち, 二期には, 五人, 交響楽から, 人々こそ, 人を, 人形は, 人波の, 人生における, 人達は, 仕事ぶりは, 仙十郎は, 仲間が, 伴奏を, 位置から, 体という, 作と, 作品は, 作家の, 作爺さんの, 作者が, 作者の, 例証に, 侍が, 俺なら, 倖せ, 健康道場の, 僧が, 優れた地球物理学者, 優雅な, 兄の, 光景が, 公卿も, 写真だけは, 冷静な, 凶変に, 分なら, 切り立った岩, 切堀の, 前の, 包の, 包物は, 十年間さぞ, 半五郎, 半島の, 卒業証書なる, 卓子を, 印象を, 危険が, 厭な, 叔父お前の, 叢書は, 古入道, 吉左衛門にも, 同志は, 咽喉を, 品じ, 商人たちの, 問題が, 善良な, 喜びの, 四人の, 四十男も, 国じゃ, 土地だけ, 地の, 地上の, 地方としては, 地方は, 地点に, 地球全体の, 地震国の, 城中に, 堂の, 場所で, 場所は, 塾の, 墓を, 壮い, 声が, 変化は, 大きく深い淵, 大事を, 大地が, 大官たちが, 大御所様の, 大河の, 大道場は, 大都市に, 大雪の, 天使の, 天守閣は, 奥さんの, 女には, 女に対して, 女もち前の, 女房は, 女水泳教師の, 女神は, 妹が, 姉を, 始末を, 姿を, 娘さんの, 娯楽の, 婦人が, 婦人の, 婦人作家が, 婦人作家は, 子が, 子供たちと, 字という, 存在でしか, 宇宙の, 実在世界の, 実際的, 実験室の, 室だけでも, 家が, 家屋敷を, 富豪を, 封建の, 将校は, 小さい人, 小さい花嫁, 小っぽ, 小坊主が, 小径から, 小篠, 小説は, 少女の, 少年, 尾張名古屋の, 山, 山々には, 山であり, 山は, 山上の, 山奥を, 山脈と, 岩から, 島で, 巻物は, 市民的古式の, 席は, 平地に, 年老った, 幻想を, 広々と, 床石の, 店の, 座談会として, 廃屋の, 廓も, 弟の, 弦之, 彗星たるや, 役が, 御時世, 御柱, 心臓を, 怪我人は, 怪紳士は, 悟性, 悪党の, 悪漢は, 情景の, 意味の, 愛敬者を, 憐れな, 戦国に, 戦場の, 戸ヶ崎熊太郎は, 手それが, 手ほとんど, 技法をば, 提督を, 教室には, 数年来の, 文化連絡協会の, 文壇人達, 新校長, 方々と, 方々も, 旅行の, 日本ラジオは, 日頃の, 昌仙が, 時が, 時の, 時代の, 時代的危険を, 時期に, 晩会った, 景色の, 暖かい部屋, 暗号長が, 曠野は, 朝の, 期待の, 末期的僧団であった, 本流, 本陣の, 村は, 村も, 村脱けに, 東洋人は, 松で, 柔かい草, 根拠の, 桑の, 棺桶の, 植民地の, 極楽地下街建設の, 概念は, 権利を, 橋場の, 機微についても, 欠点が, 歩道も, 母であった, 母は, 民族の, 沈潜性が, 治郎吉で, 波形の, 洲の, 派の, 海を, 液体の, 深夜に, 温泉は, 湯島の, 源吉の, 灌木は, 火星人だけが, 灰色の, 点に, 無双や, 無数の, 煩悩夜盗, 片以外の, 片脚, 物干, 物語の, 特権に, 狩りを, 珍らしい, 現世地獄を, 現在の, 現実は, 現実を, 現象に, 理由の, 理論的被, 生活だ, 生物に対して, 田舎に, 甲府の, 男に対しては, 男を, 男先生に, 町では, 町の, 画像の, 界隈も, 疑問の, 疑問は, 病院の, 発明者を, 白い海, 百合の, 相手を, 着物も, 瞬間ほど, 瞬間良人の, 矛盾について, 矛盾をこそ, 石像の, 石碣湖な, 硝子戸の, 社会的特徴は, 社会的現実の, 私が, 私でさえ, 私では, 私の, 秘密を, 税も, 突っ込みを, 窮境が, 第四, 箱根山の, 粗末な, 紅巾へ, 紅蓮の, 納屋を, 紙上の, 紙屑屋の, 素晴らしく立派, 紳士は, 給使とを, 統一連関の, 絶巓から, 綱の, 線は, 縄目の, 羅の, 美しさ, 老いた樵夫, 老人に, 老人は, 老婦人, 老貴族, 肉体, 肉体の, 胸を, 脳髄と, 自家撞着は, 自然の, 興行の, 船の, 船全体に, 花の, 若い作家, 若い娘, 若い衆願く, 苦境を, 草案は, 萩乃と, 葛岡という, 蒲団は, 蒲生泰軒を, 蒼黒く, 虎井博士邸へ, 蝶ヶ岳霞沢岳焼岳の, 血闘は, 行者は, 裏山の, 裏街では, 覆面の, 見すぼらしい男, 見やすい, 観念の, 角三は, 言葉には, 言葉を, 訓は, 記号だ, 許可制度は, 許可証は, 評論家は, 話を, 誇張の, 調査会の, 諸観念, 謎を, 谷の, 谷を, 豊かな, 貝を, 貨車の, 資本主義社会では, 足で, 身体は, 軍は, 農園に, 迷いの, 通蔓草の, 連中には, 運転手に, 道こそ, 違いは, 選挙伯領の, 邸の, 郁太郎の, 部分は, 部屋までが, 部落で, 都は, 酔客様は, 醜いもの, 重大な, 重蔵に, 金の, 錫が, 長い仕事, 長椅子の, 間違いを, 附近の, 階級の, 際でも, 際今夜ここで, 雑誌の, 離れ家へ, 雨の, 青いボタン, 青年が, 青年に, 革命的階級性以前の, 音楽の, 頭の, 風流という, 飛行島が, 駄洒落は, 驚くべき事件, 骸骨, 高塔, 高氏に, 魔海の, 魚は, 鳥の, 鳥は, 鷲を, 黒い影, 龍造寺主計である

▼ いる~ (1029, 0.3%)

20 島の 12 君の 10 通の, 銀の 9 増の, 銀様の 8 島に, 庄の 7 今の, 高の 6 妙を, 延の, 杉の, 米の, 絹の 5 島は, 粂の, 蝶の, 蝶を, 銀様は, 駒の, 高を

4 [11件] せい様の, 久の, 勢が, 千絵の, 君を, 咲の, 咲は, 綱と, 綱の, 菊の, 銀は

3 [21件] それが, たがい, ひろの, めえ, ゆきの, 人は, 今に, 倉は, 光の, 吉の, 吉を, 庄に, 庄を, 神楽の, 稲の, 艶の, 蝶は, 豊の, 近という, 銀様を, 静の

2 [64件] さるの, のぶの, ふみの, みよという, 久という, 互の, 京の, 人だ, 今が, 今は, 作の, 兼という, 千代さんは, 千代の, 友だちに, 君さんの, 咲を, 品だった, 品の, 土産を, 城で, 城の, 妙に, 姉様が, 店の, 弓の, 徳と, 徳は, 日さまの, 春を, 燕の, 父様の, 爺が, 町の, 石は, 秀が, 秋という, 竹の, 筆を, 米であった, 米は, 粂に, 絹は, 綱を, 縫の, 美夜ちゃんを, 芳の, 茂登の, 菊は, 菰の, 葉は, 蓮様の, 藤の, 蘭の, 行儀の, 角さんは, 計ちゃんが, 通には, 通へ, 銀様が, 銀様と, 駒という, 駒を, 高が

1 [629件 抜粋] あまりを, あんさんという, おかみだった, おかみは, かたが, かたです, かたは村井信濃様とかいう, かっぱの, かねの, かめさん多助さんにも, きえさんを, きせの, きみに, くにも, くみを, けいの, さいせんを, さかなの, さだを, さやの, さよに, さよのその, さよへ, さらを, しづを, すぎという, せいには, せいは, せい様に, せきの, それは, たけに, たみが, つね婆の, つまさん仲間との, つやさんという, つやと, ときは, ときも, とっさんを, ぬいさんに, のぶだ, のぶサンと, はぐろとんぼ, はぐろ溝, ばばは, ひいさま, ひとでも, ひとに, ひろたちの, ひろと, びたゞしい煙を, ふみには, まさの, みちの, みつの, みねは, みよは, もての, やといスイス兵の, ゆうが, ゆうの, ゆうの美しい, ゆうや, ゆきは, ようと, よめさん, らくは, りつの, ろうそくが, チエの, チビまでが, トキばあさんまで, トンカチです, ハナさんの, ミヤさんという, 三輪と, 主には, 主婦さんや, 久さんという, 久でなく, 久とは, 久なんかも, 久には, 久はと, 久よりも, 久美だった, 二人が, 京さん, 京だけが, 京と, 京は, 人たち, 人である, 人という, 人の, 人よ, 人よりも, 人形さんは, 代官が, 仲は, 仲間を, 企てを, 住居であった, 体で, 体では, 体何かに, 侍さまへ, 侍さんだ, 侍さんで, 侍さんという, 侍の, 倉が, 倉だった, 倉の, 元という, 元の, 光は, 光を, 八重の, 八重へ, 六も, 兼さんを, 内儀さんの, 内儀を, 冬の, 出入り同様の, 勢との, 勢どのの, 勢の, 北の, 医者さまが, 医者よりも, 医者を, 十夜だ, 十夜と, 十夜とを, 十夜にも, 十夜孫兵衛, 千の, 千を, 千代でした, 千代という, 千代には, 千代を, 千代婆さんは, 千絵を, 千絵様で, 千絵様を, 半が, 半は, 厩が, 厩門から, 友だちが, 友達が, 友達と, 友達に, 台場が, 台場の, 吉と, 吉に, 君さんは, 君に, 君は, 君も, 味方の, 品, 品です, 品まで, 囃子連の, 国が, 国という, 国とが, 園という, 園は, 土産の, 城が, 城を, 城下の, 城坊主の, 堂の, 墓なども, 墓に, 墓の, 増などの, 増夫婦の, 夏さん, 夏さんの, 夏を, 多喜凄い, 大に, 大名方には, 奉行の, 女中と, 女中は, 女中を, 妙が, 妙へ, 妹です, 妹君を, 妻は, 妾の, 姉様, 婆アちゃんに, 嬶さん連中が, 宅の, 定の, 定まりの, 容である, 富でなけれ, 富に, 富は, 小夜様だった, 小姓とんぼは, 小間使いと, 尻の, 屋敷仕え, 屋敷者らしい, 島が, 島さんという, 島さんは, 島たちの, 島としては, 巡査さんを, 巡査さん達の, 師匠さまが, 師匠さんの, 帳の, 幸の, 幾の, 幾は, 庄と, 庭を, 延だ, 延という, 弁当を, 弟子さんの, 弟子でも, 弟子の, 役所だ, 役目では, 徳にまで, 徳の, 徳利は, 心が, 心持も, 志保さんの, 悦の, 情けの, 成道の, 房だ, 手かけさまだ, 手紙で, 手紙です, 手紙実に実にいろいろ, 手許使いの, 手飼の, 才の, 政でも, 政の, 政は, 敏さえ, 日さまが, 日さまに, 日さまを, 早という, 春に, 春の, 春めを, 春よりも, 時は, 時も, 暖い, 月様の, 杉が, 杉と, 杉とは, 杉に, 杉を, 杉婆に, 杉戸の, 染と, 柳の, 梅の, 梅は, 構えが, 槙へ, 此という, 此の, 武家でも, 武家様六文どもに, 歯ぐろ溝に, 殿さまじゃ, 母だけ, 民と, 民としては, 民に, 民を, 民春江定子など, 気もちが, 気もちだった, 浜さんが, 浜という, 浜は, 浦だ, 浦の, 浦の胸もとの, 浦を, 涙頂戴から, 滝には, 濠との, 為という, 照さんの, 父様は, 父親さんの, 狂言師でござる, 珊が, 珊と, 由さんという, 由利だ, 由羅は, 由羅付の, 甲と, 甲の, 留でした, 留という, 留を, 留守組町に, 百姓からも, 百姓が, 百姓さんが, 百姓さんたちである, 百姓たちが, 百姓たちに, 百姓に, 百姓も, 直を, 石揚場の, 祖母あ, 祖母様の, 神さんが, 神さんは, 神さんも, 神さんを, 福の, 福も, 秀は, 秋か, 稚児が, 稚児さんは, 種の, 稲を, 稽古人を, 立会いの, 竜ちゃんには, 竹が, 竹を, 篠という, 篠の, 米という, 米に, 米倉どれほどの, 粂からの, 粂であっ, 粂では, 粂との, 粂には, 粂自身も, 糸が, 糸さんだ, 糸という, 紋だって, 経な, 絹が, 絹さんに, 絹と, 絹という, 絹なんぞは, 絹や, 絹を, 綱が, 綱は, 縁談な, 縫が, 縫に, 縫には, 美代と, 美代に, 美夜ちゃんが, 美夜ちゃんは, 膳の, 舎利を, 舟も, 艶と, 艶へ, 艶も, 艶を, 艶栄三郎である, 芳から, 芳である, 芳へ, 若いの, 茶わんを, 茶事という, 茶碗を, 菊が, 菊ちゃんの, 菊であっ, 菊という, 菊を, 菰を, 葉が, 葉という, 蓮さまと, 蓮さまに, 蓮さまの, 蓮様, 藤に, 藤姐御, 藤最大の, 蘭を, 蝶です, 蝶という, 蝶とは, 蝶には, 角, 角が, 角さんに, 角さんには, 角という, 角には, 角の, 言葉に, 豊が, 豊は, 豊を, 貞さんに, 身の上であった, 軽の, 辰の, 通であった, 通に, 通は, 通へは, 通を, 連合と, 遊さんが, 遊さんのは, 道は, 道姉さんの, 邸の, 部屋に, 部屋は, 酌の, 重箱の, 金持ちでした, 金持ちの, 釜の, 鈴との, 鉄に, 銀や, 銀様, 銀様その, 銀様でありました, 銀様に, 鎌という, 長屋の, 雇い壮士, 雪に, 雪の, 雪を, 露では, 露を, 静です, 静という, 静を, 静坊と, 面が, 面の, 顔だった, 顔を, 願かけの, 類という, 食事の, 館も, 香代, 馴染の, 駒が, 駒ちゃんが, 駒ちゃんの, 駒ちゃんを, 駕籠へ, 高でも, 高という, 高に, 魚の, 魚を, 鳥の, 鶴の, 鷹匠が

▼ いるじゃ~ (1019, 0.3%)

586 ないか 228 ありませんか 65 ねえか 43 ないの 16 アない 14 ないですか 13 アありません 8 ございませんか, ないかね 7 ないかと 6 ねえかよ 4 ありませんの, ござんせんか 3 無いか 2 ない, ないかよ, アねえか 1 ないかい, ないかって, ないかねえ, なしポチ, ねえですか, ねえですかよ, ねえよ, アございません

▼ いるかと~ (986, 0.3%)

192 思うと 76 いうと 43 思って 37 思えば 28 いえば 24 思われる 20 云えば, 思う 19 いうに 16 云うと 15 云うこと 12 思われた 10 思われるよう 9 思うよう 8 思われるほど, 訊いた 7 思うが, 思うほど, 申しますと, 言うと, 訊くと 6 いって, おもうと, 云う事 5 おもえば, きいた, 見えた, 言えば 4 尋ねて, 想像し, 訊ねた

3 [13件] 云うに, 云うの, 人に, 問うて, 存じます, 思います, 思えるよう, 思われます, 考えて, 考えると, 聞いて, 見て, 見ると

2 [27件] おもわれるよう, きくと, たずねると, 云うよう, 云おうと, 問うた, 好奇心を, 尋ねた, 思いの, 思うこと, 思うの, 思える, 思った, 思ったが, 思ったの, 思ったらこんな, 思われるの, 思われるばかり, 案じて, 疑われる, 眼を, 私は, 耳を, 聞くと, 聞た, 見れば, 言って

1 [271件] あなたは, あやしむの, あやぶんで, あらためて考え直し, いいますと, いうだけの, いうとね, いうので, いうのに, いうより, いうよりは, いったら脳, おどろきます, おもって, おもわれる, おもわれる白面紅顔, お尋ねでした, お思いなさるでしょう, お思われしたくありません, お見舞, お訊ねです, きいて, きかれたとき, きくの, さがして, さも気の毒そう, すぐ思った, そういうこと, そこで腹, それが, そればかりは, それを, たずねた, たずねても, たずねました, ちょっと感じた, とられる, ならば, ほかの, ほほえまれるの, ぽつりぽつり話, また栖方, まるで自分, よく思います, わたしに, クルリと, ヒヤヒヤした, 一々訊ねられ, 一分ばかり, 一寸思いついた, 万力は, 云うお尋ね, 云うだろう, 云うのに, 云う理由, 云う顔, 云ったよう, 云って, 云われては, 云われると, 人目も, 仰しゃるのですか, 仰っしゃいますか, 便りを, 冴えた寒空, 出窓から, 切実に, 別にそれ, 千枝太郎は, 半七, 反問する, 呑気に, 呼びかけ小姓, 哀れな, 問いかえしよるん, 問いただした, 問い合せを, 問うた時, 問うと, 問うならば, 問われると, 問われれば, 嘲られそう, 女房らしく, 妄想を, 娘に, 実は案じ, 家の, 尋ねました, 尋ねましたら, 尋ねられた, 尋ねられるかも, 尋ねる, 常々心ぼ, 底澄ん, 強味を, 得意気に, 御訊き, 心を, 心配し, 心配で, 心配に, 思いおった, 思いながら, 思いの外身に, 思いました, 思いまして, 思いますが, 思いますと, 思い宮本竹蔵先生, 思い想像, 思い片, 思い考えて, 思い藤尾, 思ううち, 思うその, 思うだろうが, 思うて, 思うは, 思うばかりに, 思う位, 思う場合, 思う宅, 思う程, 思えたが, 思えるそれら, 思えるほど, 思える凸凹, 思える千鶴子, 思ったから, 思ったに, 思ったよ, 思ったらこれ, 思ったらまた, 思ったり, 思った所, 思った源三郎, 思ってさ, 思ってな, 思っては, 思つ, 思ふと, 思わずに, 思わず大声, 思わせられる, 思わるる, 思わるるくらい, 思わるる色, 思われあるいはまた, 思われこの, 思われた白帆, 思われました, 思われるかも, 思われるが, 思われるくらい, 思われるけ, 思われること, 思われるだけ, 思われるところ, 思われるは, 思われるほどの, 思われるまでに, 思われる事情, 思われる位, 思われる小金ヶ原, 思われる烏合, 思われる町人, 思われる老人, 思われる艶, 思われん, 思われ後者, 怪しまれる程, 怪しみながら, 怪しむと, 怪ま, 怪むことだろう, 恨んで, 想って, 想われる稍, 想像される, 想像も, 感じられた, 感ぜられる, 懐しげ, 手で, 早合点なさる, 時々心配, 案じられて, 棚の, 様子を, 橋の, 檀那が, 気がつくと, 浮舟は, 涙を, 深く考え, 率直に, 申しあげまするならば, 申しますに, 申しまするに, 申すに, 番頭に, 疑う, 疑わざること, 疑われた, 疑われん, 病女王も, 目を, 知りたく思って, 硝子障子の, 私に, 絶えず源氏, 考えざるを, 考えだすと, 考えました, 考えられるから, 考えるの, 考えれば, 考え出す事, 聞いたそういう, 聞いたらいいえ, 聞いた所, 聞かれたの, 聞かれたら社, 聞かれるかも, 聞きたく思われるの, 聞き返した, 聞くので, 聞けば, 胡班へ, 自分でも, 自分ながら, 自分の, 草の, 虎之助は, 見うけられる, 見えたの, 見えるほの, 見える二人, 見える幹, 見える築庭, 見える頂, 見に, 見まごう白壁, 見ましたが, 見まわしました, 見るうち, 見るに, 言いたいくらい, 言う, 言うこと, 言うの, 言う事, 言う故, 言われるん, 訊いたところ, 訊いた男, 訊かれたという, 訊かれましたので, 訊ねられたぞ, 訊ねると, 訊ねるの, 諸所の, 質ねた, 質問した, 長三郎は, 随分厳しい, 隣りを, 面白く思う, 頷かれる節, 驚かれるほど

▼ いる~ (968, 0.3%)

29 の姿, の顔 26 の人 21 のひと 14 がある 13 であった, のよう, の声 11 である 9 があった, がいる 7 の方, の生活, の首 6 だから, もある 5 だ, のこと, の家

4 [13件] が, がいた, だと, ではなかっ, というの, のひとたち, の心, の手, の様子, は, もあった, を見た, を見る

3 [12件] があっ, ですから, なの, なん, の一人, の人たち, の体, の前, の心持, の横顔, もいる, を

2 [44件] かも知れない, があったら, がありました, がここ, がその, が一人, が男, が自分, だった, だという, であったから, であったが, であるという, でお, でございます, です, ではない, では無い, ということ, というもの, とすこし, と云う, と自分, のかん, の事, の人達, の先生, の児, の名, の多い, の手首, の気持, の着物, の絵, の肩, の腕, の頬, の頭, もやはり, や子供, や男, を後, を愛し, を見

1 [557件 抜粋] か, かも知れぬ, からいつも, からお, からきれい, から京, から始まった, から聞かされた, があるじ, があるだろう, があれ, がかわいい, がこっち, がこの, がこれ, がござんせ, がそう, がそういう, がどうか, がどうこう, がどうして, がどんな, がねたましい, がはため, がひそん, がひとり, がぶらぶら, がもう, がキャラメル, がバー, がピクト, が三, が三人, が二つ, が二人, が五人, が今, が何人, が何故, が僕等, が判りました, が参る, が四五人, が四人, が外, が多い, が如何, が寐衣, が寝台, が居ます, が居る, が感覚, が折々, が有り, が有る, が栗色, が武家奉公, が歩い, が片端, が玄関, が生き, が真向い, が立っ, が絹, が老朽, が腰, が芸, が芸人, が袂, が見, が見える, が覗い, が赤い, が酌, が頭, このカフェー, さ, さえすでに, じゃありません, そう云った, そこでお, その女, だか, だからとまでは, だが, だけでも二三, だけに, だけにまことに, だけの席, だけは曲, だったが, だったという, だったの, だつた, だとは, だな, だなと, だもの, だろう, だろうが, だ屹度, っぽさ, であつ, であります, であるため, であると, であれば, であろうかと, でしょうか, ですあなた, ですよ, でそう, でそれ, でないこと, でなければ, ではありません, ではこれ, では決して, では無, でも見かける, で人間, で千人, で年, で拉的野鶏, で日中, で普通, で無い, で継子, とかま, とから離れる, としてこれら, としての我が, としての条件, としての現実, としては顔, とその, とちょっと, とどう, となにか, とのあいだ, との二人立, との情事, との絵, との関係, とはたち, とは正反対, とまだ, とみ, とも男, とタウエンチーン街, と判明, と同様, と夜, と女たち, と差し向い, と知己, と窓, と綺麗, と青年, と顔, ながらも西大陸, なぞもそう, などから聞される, などではあり得ない, などと共に全然, などは絶対, なので, なのよ, ならいい, ならうまく, ならば, なら少し, に, にきまり, にございます, にすれ違った, にそれほど, にだって難儀, についての感想, にとっての幸福, にとっては愛, にはその, にはちがい, にはまざまざ, にはやはり, には尚, には気, には違い, にまでも謀叛, に両手, に云った, に伸子, に似, に何, に出来た, に向っ, に変えなけれ, に変わった, に安心, に対してどんな, に対して抱く, に対する封建性, に対する封建的, に対する雇い主, に小山, に山, に思える, に手, に指, に振り向いた, に殺生, に相違, に背中, に街, に見物, に費, に近づい, に逢った, に違い, に限られ, の, のあまり気, のあり, のある, のうち, のお, のかお, のからだ, のこういう, のこえ, のす, のため, のちょっとした, のどの, のなか, のふくら脛, のほう, のやや, のプラトーク, の一, の一人位, の不安, の中, の人々, の今日, の仲間, の伯父, の例, の傍, の像, の児一人, の写真, の処分方, の利き腕, の助手, の匂い, の半身, の右, の周囲, の唇, の啜り泣きである, の囚人, の堕落的気分, の夫, の娘, の子供, の室, の家庭教師, の巡礼, の常, の平常, の弓なり, の形, の影, の後れ毛, の後姿, の微か, の性質, の恋慕, の持ち, の持っ, の指, の振り乱した, の断髪, の日常, の旦那, の様, の標準, の櫛, の死んだ, の死骸, の母親, の活動, の浮彫像, の生徒, の生白い, の真, の真実, の眸, の眼, の眼つき, の瞳, の社会的, の素足, の美し, の群, の肉付き, の肉体, の肖像, の背なか, の背後, の腹, の自由, の良人, の色, の苦しい, の苦しみ, の衣裳, の表情, の袂, の裾, の話, の読者, の誰, の謡曲, の赤い, の身ごなし一つ, の身の上, の身体, の輪廓, の道, の醜態, の銭, の鍋, の長い, の震え勝ち, の青白い, の面, の頬ぺたをつッ, の頸足, の額, の額部, の風俗, の魅力, の黒髪, はあの, はあやめ, はありません, はある, はあるでしょう, はおりん, はこうして, はさちよ, はさっき兄, はし, はしみじみ, はすくない, はすぐ, はすけなく, はそういう, はたぶん, はつい, はとかく, はどうやら, はどんなに, はなかっ, はひとり, はやはり, はゆうべ, は一人, は乙女, は井, は人間, は伸子, は何者, は余, は僕, は勿論, は厭, は召使筋, は同じ, は君, は坂東三十三ヵ所, は多かっ, は女同士, は女流作家, は女給, は市, は愛人, は成島柳北, は打たれる, は掃き, は昨夜手切れ, は木, は珍しい, は生活経験, は異教徒, は矢田津世子, は知るまい, は磯五, は糖尿病患者, は結婚, は誰, は身, は透きとおる, は連城, は里, は頭, ばかり数人, へとうとう, への批評, へ往, へ眼, ほど始末, ほど憐れ, ほど頭, もあり, もあれ, もいた, もいない, もこうして, もすべて, もその他, もヴァイオリン, も三浦, も喧嘩, も来, も病, も見える, も言った, も首, や, やまた, や年, や竪琴, や長い, よ, より偉く, より叔母, より自分, をあつかましい, をあらためる, をいくら, をいぶかし, をお, をしっかと, をじっと, をそこ, をそれほど, をだ, をどう, をのぞき込み, をほろり, をみ, をもっとも, をも同時に, をチラ, を一, を一人沈黙, を三十五, を不思議, を二十一, を伴, を兵馬, を十郎, を可哀相, を呼ん, を好い加減, を妻, を射撃, を恋, を押し倒した, を括しつけ, を指さした, を指さす, を指し, を捨て, を授ける, を探しました, を斬るなら, を横取り, を殺す, を沈め, を泊める, を満足, を源氏, を片, を男, を皆愛人, を示す, を突きとめる, を自分, を表現, を見かえる, を見かけ, を見つけよう, を認め, を貰い受けたい, を降ろし, を顧み

▼ いるため~ (931, 0.3%)

26 である 23 にその 12 にこの 11 であろう, ではない, に 9 であった 8 にそれ 7 だ, だった, であると 6 だと, であろうと, なの, にかえって, に自分 5 に私, らしい 4 だろう, であろうか, にこれ, に一層

3 [17件] でしょう, でしょうか, です, でもあろう, にいつも, にこういう, にそう, にそういう, にそこ, に作品, に同じ, に彼ら, に日, に自然, に起る, のよう, もある

2 [55件] かその, かそれとも, かも知れません, だったの, だとも, だろうか, だろうと, であって, であります, でありまた, であろうが, でその, ではあるまい, ではなく, でもあった, でもない, でもなく, にあるいは, にいっそう, にお, にこんな, にそんな, にちがい, にどうか, にどの, になお, になおさら, にふだん, にほかならない, にもう, に一種, に人前, に伸子, に体, に出, に却って, に声, に外見, に大きな, に如何に, に実際, に彼女, に暗く, に暴風, に殆ど, に決して, に現実, に男, に眼, に窓, に遂に, に顔, ばかりで, もあろう, 却って興ざめなく

1 [582件 抜粋] いたるところ, いっそう年月, いっそう暗く, いつも下, うまくゆかず, おくみ, おしの, かあの, かあるいは, かいよいよ, かえって疫病, かお, かこの, かさして, かすぐ, かずっと, かちっとも, かと思われる, かなお, かまだ, かめっきり, かもしれない, かも判らない, かも知れぬ, かハウス, か不断, か伊万里焼, か似た, か夜, か嫂, か容易, か寒い, か川, か彼女, か探り兼ねる, か早く, か書いた, か柵, か森, か猫背, か神経, か総体, か背筋, か間もなく, か顎, か高尚, こんなところ, すこし体, そのまま之, その中, その価値, その動作, その唇, その書類, その梢, その準備, その片目, その特長, その紐下, その重み, その錯覚, それからあの, それでその, ただ西南, だいぶ苦し, だから, だったね, だとは, だなどと, だろうが, だろうしぶしぶ, だろう切って, だろう根気仕事, だろう逞しい, ちょうど顔半分, ついに追い打ち, つい大事, であったか, であったの, でありましょう, でありますか, であるか, であること, である事, である場合, でいわゆる, でこれ, でしょうから, ですら, でちょっと, でないこと, ではなかっ, ではなかろう, でもあり, でもありました, でやがて, でオシッコ, で何, で弦楽四重奏曲, で燈火, で私, で血友病, ということ, とかく気持, とかく注意, としか思われなかった, となった, とより外, と彼, と彼自身, と思う, と発熱, と頭, なお研究, なお薄暗い, なん, にあたりいちめん, にあなた, にあの, にいつの間にか, にいよいよ, にいわゆる, にうちじゅう, におおむね, におこる, にお前, にかえってなんとなく, にかこの, にかそれとも, にかれ, にかろうじてともかく, にか皮膚, にきわまり, にこう, にこうした, にここ, にこちら, にことに, にこんなに, にさながら, にさほど, にしかも, にしくじり, にしばしば, にすなわち, にせっかく, にせまい, にそして, にそれだけ, にそれほど, にたくさん, にただ, にたとえ, にたまさか, にだれ, にだんだん, につまり, にです, にとっ, にどうにかこう, にどれ, になかなか, にはいっしょ, にはかならず, にはこごと, にはまず, にはやはり, には今夜, には好意, には湯, には相当, には第, には高い, にばかりまだ, にほんとう, にほんの, にまた, にまっ, にまめ, にみな憶病, にもっと, にやってきた, にやはり, にやる, にようやく, によく, にわざと, にわずか, にわれわれ, にウナギ, にウラニウム, にチットモ, にチョット, にポプラ, にマフチャズ, にマリユス, にマーク, にモーニング姿, にルス, に一定, に一巻, に一部, に三四回, に三日, に上, に不吉, に不幸, に不揃い, に世の中, に世界, に両者もと, に乾いた, に互, に互い, に人, に人々, に人口, に人間, に仁右衛門, に今, に今後, に今日登場, に以前, に何時の間にか, に作者, に例えば, に修理, に俺, に偽善, に働かない, に全体, に全然, に其処, に冬, に出かけ, に出し入れ, に出発, に刈り, に判らない, に判断, に前後, に労働組合, に化粧, に北極, に医者, に危, に叔父さん, に口, に古蹟, に右, に周囲, に味, に品, に唯単に, に嘲笑, に四月上旬, に国粋ファシスト, に国賊, に国際的, に土地, に地上, に変, に変った, に夕なぎ, に外, に外出, に多数, に夜中, に大, に大家, に大抵, に失う, に女性, に妖しい, に妖怪, に妾, に子供ら, に孟孫子, に宮, に家, に家庭, に密貿易, に寸時, に寺領六百石, に居間, に川中島, に左岸, に幾度, に当然, に役人, に彼ら三匹, に往来, に後閑, に得た, に御殿, に御用, に心づかなかった, に必要, に応仁, に思いついた, に急ぐ, に恐ろしい, に懐中, に戦争, に戦争中弾圧, に戦争参加, に手, に手袋, に探偵, に換言, に敵, に文芸, に斉護, に断食, に日当り, に日露戦争後, に昔, に昔気質, に春, に昨日, に時どき, に最近蚤, に月, に有力, に服, に木, に朴, に来なくなっ, に枕, に柳生城, に植物, に楽屋, に機微, に歌調, に止むなく, に歩い, に殆, に殺し, に毎夜食物, に比較的, に比類, に民主的文化, に気持ち, に水温, に河南, に活き, に流転, に海面, に深い深い, に溌剌, に火, に熱, に爪弾きされる, に父, に爺, に片っ端, に牛乳, に犠牲者, に犬神, に犯人, に玄関, に現在地代, に理性, に生きざる, に生じ, に生じた, に生ずる, に田螺, に男女相互, に痛く, に痺れ, に目前, に直接そのもの, に相当敵, に相違, に確かめる, に神代, に神保様方, に神社, に私たち, に科学上, に稼業, に空間, に立つ, に第, に米友, に純粋, に級友, に綿貫, に縛られ, に美しく, に美人, に肩さき, に背後, に自然自省的, に舌, に船, に船底, に英国, に英語, に荷物, に落, に蜂矢, に袁更生, に補助味, に裸体武兵衛, に見えない, に見物, に親爺, に観客, に言語, に話, に読者, に誰, に誰か一人留守, に貧窮, に貴い, に賀川市長, に路, に身動き, に軍, に軽く, に軽便, に辷り出し, に通例世人, に運動不足, に過ぎない, に過ぎないであろう, に過つ, に道庵, に酒宴, に重, に重吉, に鑿, に長く, に開墾, に闇, に隙, に隣, に隣接, に雰囲気, に面変り, に頭, に風呂, に風当たり, に飛鳥時代, に食物, に首, に駆, のそして, のクセ, の不満, の人, の名, の手袋, の生命, の相手, の落付き, の話, はからずも思い, ばかりだった, まだこの, もあっ, もあります, もたしか, やっとこさ互いに向い合っ, やはり短剣, ややこしさ, やるの, よ, よく見ない, よけい小さく, よりも時代, わが最愛, わずかの, グレゴール, 一層こぢんまりした, 一層彼女, 何だか口, 勢い牛乳, 勢い科学, 卑しく見える, 却ってそれ, 同じ年ごろ, 如何せん君, 少くとも, 常に東京, 強い降り, 強い風, 思うよう, 怯みがち, 枯れ萎びて, 段々腕, 漸く通り, 濁って, 落ちた斜面, 蒸れるほど, 追い討つこと, 避けがたく, 飲んだだけ

▼ いる人間~ (911, 0.3%)

2318 がある, なの 17 の姿 11 のよう, の顔 9 というもの 8 がいる, である, です 7 だと 6 だという, の中 5 ですから, のこと, は一人 4 であった, なん, の形, もある

3 [14件] がいた, がこの, が自分, だから, であって, ではありません, ではない, と同じ, にはその, の仕業, の数, は, はまだ, を見る

2 [54件] から見る, があの, がありました, があろう, がみな, が三つ, が二人以上, が多い, が私, じゃない, だからね, だが, だし, だった, だのに, だよ, であること, ですよ, ではなかっ, としてこの, なので, ならば, には誰, に若い, の, のある, のうち, のからだ, のはた, の一人, の体, の内, の多い, の家, の心, の生活, の目, の目玉, の眼, の自然, の身体, の集り, の頭, の首, の魂, の鼻, はことごとく, はなかっ, は今日, は誰, らしい, を発見, を見, を見た

1 [580件 抜粋] いと無造作, か, かい, かと思います, かも知れぬ, からいきなり, から俺たち, から給料, から金, が, があったら, があらわれる, があります, があるであろう, があれ, がい, がいるでしょう, がうん, がえれ, がお河童, がかつて, がこんな, がざら, がしばしば, がすん, がそういう, がその, がたしかに, がたまたま, がだれ, がどこ, がどれ, がどれほど, がない, がなん, がみんなそう, がやられる, がサツ, がジャーナリスト, が一番気, が世の中, が二名, が井戸, が人間, が今後, が今日, が他, が佐伯氏, が何で, が何ら, が何千人, が全部, が勝利者, が単に, が城, が変わる, が存外, が宅, が実に, が少ない, が店, が庭, が心細い, が意外, が慾得, が捕手, が普通人, が最も, が有, が枯れ木, が気, が気付かない, が煮豆, が犬, が生き, が皆, が相手, が真逆様, が眼, が総がかり, が腰, が蛆虫, が見えた, が見えます, が足, が遠, が遠方, が雰囲気, が頭, こそあやしい, こそまことに, じゃ, じゃあない, じゃが若い, じゃじっと, じゃぞよ, じゃなし, だからな, だがね, だけが違う, だけに, だけにむやみ, だぜ, だたま, だったの, だったら, だったらさぞ, だったら葉子, だもの, っての, つまり殺される, であります, でありもう, であるかぎり, であるかも, であるから, であると, であるとかいう, であるの, であるらしい, であれば, であろうに, でございまする, でしかも, でした, ですからな, ですからね, でそれ, でないこと, でなければ, ではあった, ではあります, ではあり得ない, ではな, でもあたし, でもときには, でもなけれ, でも彼, でも書い, でも私, でも老若, でも自殺, で実験, で引き取っ, で彼, で御座いますからね, で手, で私, で聖降誕祭, で雪, とあまり, という観念, といえ, といった方, とが, とが一緒, とが正しく, とし, としか見えないであろう, としての世界, としての感覚, としての自己, としての質量, として心, として社会人, とそう, とでもいう, との共同生活, との善悪, との関係, とは人間, とは城主, とは思えない, とは思えないだろう, とは思われなく, とは想えない, とは種類, とを見くらべた, と云う, と少し, と突, と精神病患者, と見なし, と見る, と通信, どうして私, なこと, なぞはいなかったろう, などどうして, などは何, などは寥々, ならべつ, ならほぼ, なんかに二川家, なんかに気, なんかに眼, なんか一人, なんか見向き, なんぞは来ない, なんてこの世, なんてまず, なんて仕方, に, にいつの間にか, にし, にたたりきれる, にだけ渡っ, にとってはその, にとっては何ん, にとっては全く, にとっては我慢, にとっては油断, にとっては自分, にとって事実, にとって何, にとつ, にはかまわぬ, にはきけん, にはこうした, にはすくなくとも, にはすべて, にはそれ, にはみんな, には人間, には何, には判らなかった, には害, には尾崎一雄流, には悪魔, にも分らない, によって満たされ, にドーン, に会う, に会った, に偶然出, に出会った, に出口, に反抗, に取り, に対しても決して, に対して執刀, に比べ, に無限, に相違, に着い, に言いかける, に話しかける, に逢えた, に遇った, に過ぎなかった, に過ぎません, に違い, に邸, のあいだ, のあろう, のいる, のいろんな, のうち一定数以上, のうっかり, のしわざだなとにらんだだけさ, のすべて, のする, のそば, のたま, のつもり, のにおい, のひとり, のほう, のむす, のもの, のようす, のタイプ, のペコペコ, のポケット, の上の空, の不安, の不徳, の世の中, の両, の人別, の人間性, の仕事, の位置, の住む, の体力, の傍, の働い, の働き, の光, の前, の力, の勝利, の印象, の又八, の命, の国, の声, の女房, の将器, の座, の心境, の心情, の心理的, の心臓, の惨死図, の意識, の愚かさ, の愛, の感じ, の或, の手許, の技師, の文章, の方, の本質そのもの, の果敢な, の横ッ面, の横顔, の横顔みたい, の歴史的嘆息, の死がい, の死体, の気むずかし, の気持, の活溌, の浅まし, の無限, の燈台, の猿智慧, の生首, の白い, の社会生活, の社会的結合, の社会組織なぞ, の神妙げ, の精神, の統一体, の美, の群, の考え, の而, の胸, の胸中, の苦悩, の血, の行列, の表情, の裾, の観かた, の訴え, の話相手, の赤ん坊, の過失, の重, の集合, の願い, の風体, の首実検, の黒い, の黒山, はありえぬ, はいくら, はいくらでも, はいずれ, はこの, はしまいに, はそれでも, はそれほど, はたしかに, はどこ, はどれ, はなくなる, はまことに, はみなフォーク, はみんな観世縒, はよろしく, はアラビア人, はギョッ, は一体どう, は一見, は世間, は事, は二人, は五日, は人間, は全部該艦, は前者, は半数以上, は単に, は却, は却って, は可, は困る, は土, は天下, は女, は家, は当局, は怖い, は悲喜交, は振り, は文化勲章, は時に, は案外, は死にたくなる, は気, は永遠, は決して, は牙, は特別, は発覚, は百人, は皆, は皆ムキ出し, は皆不正直, は皆芝居, は程度, は老人たち, は耳, は聖者, は腐敗, は自分, は討てぬ, は身分, は身構え, は野武士, は驚く, ばかりがどうして, ばかりのよう, ばかりを襲った, へつまずい, への共感, への愛, への映像, へはかつて, ほどみっともない, ほど始末, ほど平等的, までが歴史的, までが見物かたがた, まで消え, もありました, もあります, もいくら, もごみごみ, もその, もどんな, もなく, もまた, も共に, も十人, も四十五六, も多い, も宙, も居る, も美しい, も自分, や動物, や動物植物, や少なくとも, よりもつねに, よりも死ん, よりも背, より紙, らしい感情, らしい目付, をいきなり, をし, をじっと, をその, をとりかえそう, をどこ, を一しょ, を一人, を人, を前, を大別, を女子供, を後ろ, を批評, を拉, を捉え, を探す, を描く, を殺し, を片っ端, を生き, を町中, を直接, を眺め, を眺めたなら, を示し, を羨んだ, を見殺し, を見究めない, を観察, を計る, を追い越した, を部屋, 生きて

▼ いる~ (880, 0.2%)

16 に私 1411 にその 9 に自分 7 に彼 6 の君 5 にあの, にもう, に又 4 にいつしか, にただ, にだんだん, に一人, に時間, に次第に

3 [17件] でこの, にあっ, にこの, にそれ, にどうも, にどうやら, にふと, にやっと, に人, に何, に何時の間にか, に偶然, に僕, に夜, に子供, に雪, へ平次

2 [45件] から五人目, から起き, で, でそんな, でどうして, でも平気, で何, で彼, にお, にこれ, にすっかり, にそんな, についに, にふっと, にまた, にやはり, にやや, に一軒, に中毒, に交っ, に今度, に何時, に先生, に妙, に妾, に子路, に少し, に御, に昇華作用, に月野博士, に段々, に津浪, に混, に漸く, に父, に白髪, に真白, に誰, に足, に雨, を, をまっしぐら, をやっと, を子供たち, を私一人

1 [637件 抜粋] あの滑, あの綴れ錦, から, からあがっ, からあの, からお, からやがて, から一ばん, から一人, から出, から大きい, から巾着一つ, から忽ち, から抜け出し, から死んだ, から死体, から河原, が花, だし, だのに, であの, でおら, でから, でさらしもの, でずば抜け, でその, でそれら, でただ, での生活, ではなおさら, では最も, では最初, でぼうっと, でまず, でもう一度, でも特にひそひそ, でも臣子, でも高官, でやがて, でデカダンス, でピストル, で一方, で五人連れ, で人, で伊兵衛ひとり, で剣, で南, で同時に, で声, で大声, で女王ひとりにこにこ群衆, で婦人班, で嫁, で小, で己, で彼女ひとり, で必要, で悩ん, で悲しい, で村民, で椿, で殊勝, で気兼, で永井龍男氏, で父, で片岡源五右衛門, で独りひそか, で獣医, で矢代, で経机, で耳元近く, で聞きつけた, で花袋, で若い, で阿部知二, とうとう柏木未亡人方, どうした, なにかサンボリスト, なら妾たち, にあらゆる, にあんまり, にいくら, にいた, にいつか休暇, にいつか夜, にいつか暮色蒼然, にいつか義理, にいつしかすっかり, にいつも, にうまい, におれ, にぎっしり, にここ, にさしも, にさっき宇宙電話, にしだいに, にすっぽり, にすべて, にそういう, にそこ, にそれら, にたしかに, にちち, につい, につくづく, にでも, にとうとう, になるほど, にはお, にはきっと, にはどの, にはろれつ, には万事, には乾く, には大方, には専門学校出, には我々, には拙者, には牛, にひ, にひじょうに, にひとり閑逸, にひどく, にひねこびた, にひょいと, にほんとう, にぼつ, にぽつねんと, にまず, にまるで, にもこの, にもし, にもその, にもちょっと, にもふと, にもまざまざ, にも三吉, にも分け, にも半蔵, にも向う, にも多少, にも明日, にも時々, にも活気, にも面白い, にゃあ, にやがて, にわかった, にイツ, にグー, にコンナ, にサルーン, にヒシヒシ, にヒョイ, にビール, にピイン, にホテル, に一, に一つ, に一つ目, に一九一七年, に一個, に一八一二年十月七日, に一度霧, に一方, に一日, に一時間, に一柳斎, に丁度, に三人, に三宝山, に三造, に下人, に不動院, に不覚, に中形, に中気, に丹治, に久能, に予科三年位, に二人, に五十両, に五十年, に井深君, に交じっ, に今, に今やこれから, に他, に伊藤博文公夫人, に伯父, に住ん, に何だか, に何となく, に何方, に作家, に作者, に信一郎, に停車場前, に兄君, に先刻神路山, に先生自分, に先程, に其の, に内々, に内地向き, に内大臣, に内火艇, に初め, に到頭, に前後不覚, に匆々帰村, に十二月, に午, に半年, に口, に口紅, に可笑しい, に右, に唯, に噂, に土佐堀, に塵, に墨絵, に夕方, に夕餉, に夢, に夢心地, に大きい, に大きく, に大抵, に大降り, に大雨, に奥さん, に如何にも, に姓名, に娘, に嬉し, に宇津木, に安行, に宿酔, に小さな, に小石, に少年, に屏風, に山鹿, に岡本一平氏, に峭壁, に巧, に市郎, に年, に幸い, に広い, に庭, に弁, に彼女, に彼等, に待合室, に後藤さん, に微か, に微熱, に徳兵衛, に怖, に思いの外, に思わず, に思想的, に恋, に悪寒, に情ない, に意外, に扉, に折, に抜からぬ, に挾ま, に捕虜, に授業, に掌, に握りしめた, に支度, に放送文化研究所, に数珠つなぎ, に既に, に日, に日本, に早く, に明け, に昔, に時政, に暗, に暗い, に曝され, に最上, に最早, に望む, に朝倉先生, に机, に松吉, に栄介, に案内者, に楊, に極, に正座近く, に此方, に死んだ, に残暑, に母親, に気どった, に気に入られた, に水仙, に永禄四年今川氏真署名, に浪, に浪人風, に浸っ, に涙腺, に源次郎, に源氏, に漱石氏, に炎威, に点々, に焼け延びる, に片, に独り慎ましやか, に猛烈, に玄関, に甲源一刀流, に申訳, に男, に男らし, に白い, に白樺, に皆余り, に目だつ, に看守, に看護婦, に真白い, に眠く, に眼界, に睡, に短い, に神様達, に突如, に突然, に窓硝子, に筍, に箏, に結局, に綿貫警部補, に美奈子, に老, に老人, に胸, に脇, に脳漿, に腰, に自ら, に自ら修飾, に自動車, に芝居, に芸そのもの, に苦, に菜ッ葉服, に蜘蛛, に表情, に見覚え, に視力, に言葉, に話, に誤っ, に誰か人, に起きる, に軈て, に逃亡, に過ぎ, に違った, に郎女, に酒石酸, に酷い, に金銭, に鐘, に門前, に間もなく, に陽, に障える, に雄吉君, に雇人, に雑木, に雙喜, に非常, に頬, に頬ペタ, に顔, に顔色, に顱頂部, に風邪, に飛騨, に飽き, に首, に馴染, に髪切虫, に鶴, に黒い, に黴菌, のひとり, の一つ, の一個所, の一疋, の己, の悪事, の眼球, の離れ家, の面白い, はいけねえ, はその, はよろしい, はダメ, は人々, は成績, は橋, は苦しい, は面白い, ふと旅情, ふと気がつい, へ, へそっと, へその, へつっこみました, へはいる, へニッケル, へ一文字, へ三人, へ入っ, へ入った, へ奥様, へ好ん, へ差しかかった, へ帰る, へ後援者, へ御, へ来, へ棒, へ浪, へ舞っ, へ落し, へ葡萄酒, へ追っぱらう, へ飛びこん, へ馬, また一つ私, もう秋風, をあっさり, をあらし, をかきわける, をこうして, をすう, をどうして, をぬけ, をひとり, をやすやす, をゆったり, をニヤニヤ, をマキリ, をムク, をラッセル, を伊豆守, を何, を例, を再び, を吾輩, を堤, を家, を悠然, を折角, を抜け出し, を押し分け掻き分け攀じ上った, を時, を木祠, を東京帝国大学, を極右, を母屋, を洒然, を牛, を目, を真紅, を眼, を私, を簡単, を自分, を苦しみ, を行っ, を賊, を走る, を通り抜け, を静か, を駕籠, 少しボトボト, 急いで, 次第につかれ, 知らず知らずに, 突然京子, 突然何物, 老人らしい

▼ いるかの~ (857, 0.2%)

406 ように 91 ような 45 ようであった 37 ようである 35 ようだった 12 ようだ 9 ごとく 8 ようで, ようにも, 様に, 観が 6 女は 5 ようでした, 如くに 3 ごとくであった, よう, ようであり, ようです, ようにさえ, 女の, 如くである

2 [11件] ようであっ, ようでありました, ような泣き, ようにしか, ようにすら, 女に, 女も, 如く, 如く見えた, 如く見える, 様な

1 [131件] ごとき丘陵, ごとき了見, ごとき働き, ごとき太陽, ごとき様子, ごとき自分, ごとき見えざる機械, ごとき軍容, ごとき錯覚, ごとくである, ごとくひょうひょうふらふらと, ごとくふらふら, ごとくまっすぐ, ごとく印象, ごとく夢みること, ごとく少し, ごとく思われて, ごとく拍節ごと, ごとく揉み揺れて, ごとく智深, ごとく河村さん, ごとく相, ごとく私, ごとく見えて, ごとく誤解, ごとく雲母, ごとく音, さまが, どちらか, ほかは, やせた男, ようでございました, ようでも, ようところどころ, ような云い, ような取, よう内輪へ, よう思われた, エイゼンシュテインが, パンテオンの, ヴァン・ダイン又は, 一つの, 一点である, 七人連れを, 不幸な, 事実である, 二つの, 人の, 余裕が, 原因を, 問題が, 善良な, 外は, 太陽雲の, 女を, 好材料, 如きす, 如きもの, 如き働き, 如き夕ぐれ, 如き奮闘的, 如き感, 如き態, 如き態度, 如き狡い, 如き顔, 如くこすり時々, 如くであった, 如くみえる, 如くデリケート, 如く前後, 如く平安, 如く思いこんで, 如く思う, 如く感じた, 如く攻撃せられた, 如く曲解したがる, 如く書いたもの, 如く桃, 如く極めて, 如く気, 如く裂け目, 如く見えました, 如く見ゆる, 如く解せられるが, 如く跳ね, 如く陰気, 嫌いが, 実例が, 実態記録など, 小山脈, 悲しい歌, 感が, 感じが, 感を, 態度を以て, 懐しい面輪, 新撰組の, 方を, 様子だった, 様子であった, 横断鉄道には, 潮来節の, 点に, 現象を, 疑いが, 疑は, 疑問は, 百姓と, 相手を, 相異, 知善院寄留の, 程度であり, 竹の, 紳士の, 結果が, 統一時代である, 絵姿を, 美しさ, 蛇の, 表現を, 見るかげ, 見当が, 観を, 証拠である, 詳しい研究, 資本家だ, 赫々たる, 違いが, 違いしか, 類だ

▼ いる自分~ (810, 0.2%)

37 の姿 19 を見出した 14 を発見 13 の心 12 に気がついた 10 の手 9 の顔, を感じた 8 だと 7 の心持 6 に気づいた 5 の前, の方, を見出し 4 であること, ではない, に気づく, の位置, の声, の身, の身体, を想像, を感じ

3 [13件] が実は, だった, である, に気がつく, に気付く, の体, の気持, の現状, の足, の運命, を意識, を見いだした, を見出す

2 [49件] が, がこの, がさすが, がふと, が何だか, であった, というもの, と同じ, に対してなん, に気, に気づい, のこと, のす, のよう, の一生, の上, の不幸, の事, の住居, の傍, の力, の右, の哀れ, の夢, の妻, の家庭, の影, の性格, の感情, の歌集, の物好き, の理性, の生活, の神経, の立場, の耳, の脚, の頭, の顔つき, の魂, をふい, をまた, を彼, を知っ, を自分, を自覚, を見いだし, を見上げた, を見出しました

1 [478件] からみる, から解きほどかれ, かをしきりに, があらわ, がある, があろう, がいかにも, がいとわしく, がいや, がうれしい, がおかしかっ, がかえりみられ, がきまり, がしだいに, がそうした, がその, がだれ, がつくづく, がなぜ, がなんだかもう, がはっきり, がばかばかしく, がばからしく, がひどく, がまるで, がむき出し, がもどかしく, がよしんば, がわかっ, がスフィンクス, がピタリ, が不思議, が世界一, が世界中, が今夜, が今更, が何, が俄, が偶然, が却って, が厭, が喬, が宇宙, が小さく, が居る, が従来, が思い, が急, が怪しまれ, が恥しく, が恥ずかしくっ, が情けない, が情けなかっ, が掴む, が敬太郎, が気恥しく, が淋しく, が滑稽, が百年前, が腹立たしく, が自覚, が若, が行軍, が認められる, が都, こそ藩家, この自分, ごときもの, さもなければ暗い, その光景, だ, だが, だけが別物, だという, だなと, であるが, である信仰生活, ではないだろう, ではなかろう, でもない, と, という存在, とが向きあっ, として感じ, とでは見る, とどっち, との間, とは別に, とも知らず, と今日, と同郷, と向き合った, と女, と思う, と武蔵, と比べ, と民衆, と田部, と追われ, ながら一寸, などはまだ所詮, などは恐らく, なの, におや, にき, にしかし, にその, にたまらない, にだんだん, について清らか, にとっては面白かろ, にどうか, にはかえって, にはこの, にはその, にはそれ, にはっと, にはなかなか, にはなれない, にはなん, にはほとんど, にはまるで, には切々, には所謂唯物論, には生憎, には自殺, には見た, にびっくり, にふと, にまず, にまた, にまで返っ, にめぐりあう, にもこの, にも脆い, にも驚い, にやりきれなく, にソヴェト・ロシア, に一体, に伸子, に古江さん, に向っ, に多, に寂し, に対して限り, に少し, に心, に心づい, に心づいた, に忸怩, に思いあたっ, に思いくらべた, に恥ずかしい, に愕然, に感涙, に持っ, に検事正, に気がつい, に気がつかない, に気がつき, に気づきました, に氣, に求めずし, に皮肉, に看守, に腹立っ, に苦笑, に触れる, に過ぎなかった, の, のある, のうしろ, のこころ, のした, のすぐ, のその, のそば, のそばめた, ので彼女, のところ, のなか, のひよわ, のまわり, のみじめさ, のむき出し, のもと, のもの, のわき, のロケット, の一家, の一枚, の世界, の世間, の両, の両手, の両親, の五つ, の人生, の人生問題, の人間, の今, の仕事, の企画, の伴侶, の住ん, の写真, の刀, の利己心, の力一杯, の努力, の動機, の勝手, の半, の友達, の右側, の名前, の周囲, の命ひとつ, の哀れさ, の唇, の坐る, の変化, の外出着, の夢想, の大刀, の天寿, の天職, の女房, の女房ぶり, の好奇心, の姉, の娘, の子供, の孤影, の学識, の孫たち, の客, の家族, の家系, の宿, の寝床, の寝間, の寫生, の小, の小さな, の屋敷, の年齢, の幸, の幸福, の弟, の弱味, の役割, の役目, の微力, の心理, の心臓, の性分, の性質, の息子たち, の恰好, の悲惨, の意図, の愚, の愚かさ, の感傷, の慈母, の態度, の憫, の成行き, の所有地, の手持無沙汰, の手首, の持船, の指さき, の振舞い, の掌, の文字, の斜横, の斬り落された, の旅, の旅人, の旦那, の書物, の本, の本家, の本当, の机, の柔, の歌, の正体, の死んだ, の死体, の死状, の段階, の母親, の水色, の決心, の流れ, の渋染, の父親, の牛, の物, の理解, の生い立ち, の生真面目, の田畑, の田舎, の男, の画帖, の症状, の目, の真価, の眼, の眼つき, の着物, の科学的精神, の童姿, の箪笥, の精神, の罪, の習慣, の肌, の肩先, の肱, の背中, の胸, の胸中, の脚元, の腑甲斐, の腕, の腹, の自動車, の舞台, の良心, の苦悩, の茶色, の草履, の蔵書, の虎の子, の蝦夷, の血, の行爲そのもの, の言葉, の話し方, の謎, の足音, の身の上, の部下, の部屋, の野心, の金, の領地, の風体, の首, の馬, の髪毛, は, はいつ, はいやしくも, はこの, はそう, はそっくり, はその, はついに, はどうしても, はほんとう, は何, は北方, は多分, は妻子, は岩魚, は習い性, は自然, は責任, は道徳的, は馬鹿, への反撥, への嫉妬, への非難, へ冷たく, も, もほ, もまだ, も一寸, も寒い, も心から, も貧乏, やこの, や兄弟たち, や針, よりは一層, よりももっと, より背, をあわれむ, をいとおしく, をいよいよ, をかえりみ, をかえり見, をこの, をさえ感じ, をさえ見出す, をさがし出, をさし, をしみじみ, をじかに, をすぐ, をその, をたのしもう, をぱちぱち, をふりかえった, をほとんど, をほんとう, をみた, をめまぐるしい, をもがく, をもち, をも他方, をも嘲笑っ, をも眺めた, をチヤホヤ, を一層, を今, を他人, を伸子, を冷やか, を参らす, を口惜しく, を嘲けるごとく見た, を圓朝, を夢み, を如何, を彼女, を忌々しい, を思い合せ, を思い描く, を思う, を想い出す, を感じつづけ, を感じます, を慰めよう, を招い, を探し求め, を擽ったく, を毎日, を気味, を淋しく, を清木先生, を源氏, を無産階級, を理解, を痛感, を省み, を空想, を素子, を考えた, を蛆虫, を見, を見いだしました, を見せたくなく, を見たい, を見つけた, を見つめ, を見ない, を見る, を見出さね, を見出ださね, を見廻した, を説明, を識, を軽く, を連想, を顧, を顧み, を顧みる, を顧みれ, を養っ, を馬糧小屋, 恵まれて

▼ いる~ (773, 0.2%)

22 の顔 13 の方 12 の耳 9 の姿, の眼, を見 8 の心 7 である 6 の手, の胸 5 のよう, の目, はそれ 4 に, のこと, の傍, の母, の頭, を見る

3 [15件] がその, だった, ですよ, ではない, にはこの, のすぐ, の友人, の家, の様子, の背後, の身体, の部屋, の魂, の鼻, はこの

2 [47件] がそう, がそんな, その私, であった, とその, と彼女, にこう, には, にはそうした, にはそれ, にはよく, にもお前, によく, に気がつく, の, のところ, のもう, の内部, の前, の名前, の後, の心持, の所, の父, の空想, の考え, の膝, の袂, の言葉, の醜, はこれ, はその, ははっきり, はまったく, は丁度, は心, は毎日, は私, は胸, もまぶしい, も彼女, を, をつかまえ, を残し, を襖, を見ます, を連れ

1 [494件] からのねぎらい, から明日, か易介, がああ, があらゆる, があんな, がいちばん, がいまさら, がいる, がお前はん, がかく, がこうした, がこの, がこんな, がせしめ, がそこ, がただ, がなぜ, が一番先, が出た, が動かす, が怪我, が此, が気味, が泪, が矢田津世子, が自分, が言う, この二つ, さえ前, じゃない, だ, だけ, だけであった, だって同じ, であったが, でありながら, であるから, であるかを, であること, であるのに, であるゆえ, である以上, でございます, でさえが首, でさえこの, でさえそう, でさえもちょっと, でさえもまとも, でさえも真偽, でさえ真に, でさえ自分, です, ですから, ですが, ではあった, では何かと, でもあなた, でもそうそう, でも検事廷, という中枢, という人間, とし, としてはその, としては自己, としては諸, との間, との顔, ともう, とムッソリニ, と云う, と側用人, と僕, と男, と画面, と盗もう, と置きかえたら, なぞには到底, なぞはちょっと, などから見る, などとは雲泥の差, などは夏, なら私, にあっ, にいつしか, にお, におじさん, におっ, にこの, にこんな, にさえやりきれない, にさえ本, にし, にそう, にその, にそれ以上, にそン, にだってどう, についてい, にとってはこの, にとってはたとえ, にとってはたまに, にとっては何となく, にとっては偶, にとっては大体, にとっては決して, にとっては胸, にとっては驚くべき, にとっても批評文, にとってやがて, にとってイエ, にとって家相, にとって昆虫類, ににおう, にはあの, にはお, にはかえって, にはじゅうぶん, にはすえ子, にはそんな, にはたまらなく嬉しかっ, にはちと, にはとても, にはどうしても, にはなかなか, にはなしかける, にはやっぱり, には一顧, には与えなかった, には中条流, には何, には何より, には彼, には推察, には机, には殆ど, には涙, には用, には疑う, には聴, には興, には警察, には食後, にむりやり, にもむずかしい, にもわかった, にも好い, にも皆目, にも能, にも話しかけない, にアリアリ, にシビレ, に万一, に人ごこち, に何だか, に何ん, に向い, に向っ, に女, に対する手紙, に対する説明, に少し, に尾, に強飯, に悲しみ, に旅館, に毒づいた, に気がつい, に気づく, に病青年, に目, に知人, に第, に聞こえた, に聞こえよ, に話しかけ, に語りはじめた, に隠し, のあの, のおとな向き, のお母さん, のお父さん, のかたち, のからだ, のす, のせめて, のそば, のため, のとこ, のふだん, のふところ, のもと, のアタマ, の上, の上半身, の下, の中学時代, の九歳, の仕事そのもの, の位置, の体, の信じ, の兄, の兄弟, の全部, の写真, の処, の別居, の剣幕, の友人達, の友達, の口, の右手, の喉一杯, の地位, の声, の夜具布団, の好き, の妙, の姉, の姑, の子供, の室, の家内, の宿, の希望, の幸福, の廻り, の張った, の影, の従妹, の從姉, の心持全体, の悪友, の想像, の意見, の感覚, の憐れむべき, の所有物, の指, の指先, の掌, の方針, の枕もと, の枕辺, の次男, の正面一二尺, の歩み, の気持, の理性, の生活, の甥, の男の子, の男一人, の病所, の眼前, の眼界, の知らない, の知己, の知識慾, の窓, の立っ, の立場, の立居振舞, の競争者, の耳元, の肉体, の背, の脳髄, の腕, の腹ちがい, の自我, の芸術, の若い, の表情, の袖, の視線, の観測, の詩, の護衛, の財布, の足, の足音, の身, の連れ, の運命, の長男, の離別, の電燈, の面, の面持, の靴, の鼻先, は, はあたり, はあなた, はあんなに, はいそがしい, はいつ, はいもり, はお, はお化け, はこれから, はしまいに, はしみじみ, はすっかり, はそう, はそうした, はそれだけ, はそれら, はたすかる, はつい, はてっきり, はとても, はなぜ, はほか, はまた, はまだやっと, はまぶた, はむずがゆい, はよう, はガタガタ慄, は一人, は一体, は一日, は三羽, は与え, は二倍, は今, は今夜, は他, は何, は何遍, は兀, は先ず, は出, は出来る, は別に, は医師, は単なる, は取あえず, は塵, は夢中, は大丈夫, は夫, は定め, は屈辱, は岩角, は工場, は左, は帰りたい, は幾度, は床の間, は序, は忽ち, は思わず, は性器, は恥ずかしい, は悲しく, は我身, は手伝いたく, は押込められ, は振り返っ, は故郷, は明日, は時々, は栗ぜんざい, は案外, は森厳, は水戸, は泣き叫ぶ, は浅草海苔, は火, は無, は父, は相続, は眼, は穴蔵, は笑い, は筆, は箱, は自分, は自慢, は自然, は茶店, は虚しく, は街裏, は途中, は遂, は錐, は随分, は非常, は飛行島, は飽くまで, は魂, は麻痺, は黙っ, へ光ちゃん, へ向っ, へ弘田啓子, へ朝日支社, までも気絶, もただ, もつらい, もまた, もやっと, も初, も聞いた, も食べる, も飽かない, や女達, よりお前さん, よりも別人, よりも夫, より外, をあと, をいたわる, をいち早く, をいらいら, をおかし, をおびやかす, をかつぎ上げ, をからかう, をかわいそう, をこんなに, をさんざん, をしかし, をじっと, をそっちのけ, をたまに, をどう, をどこ, をながめ, をなだめ, をまで時々, をみた, をわざわざ, を不吉, を促し, を信用, を前, を前後, を助け, を助け上げ, を叩き起し, を可愛, を外らさない, を太宰, を好意, を妙, を尻目, を幾度駭, を引っ立て, を待っ, を忘れ, を思っ, を急き立て, を息苦しく, を想像, を慰める, を憐れん, を押し, を招, を振り, を捨て, を掛けさせた, を日新亭, を日本人, を本田君, を発見, を眺め, を眼下, を紋付, を茫然, を蔑ん, を薄情, を褒め, を見あげ, を見い見い, を見かけ, を見た, を見つけだした, を見つけました, を見上げ, を見出し, を見返り, を誘っ, を誘った, を譴責, を軽蔑, を雅子, を麾きました, を鼠頭魚, 共一家

▼ いるけれども~ (732, 0.2%)

24 それは 9 これは 7 私は 5 それを 4 これを, それが, 実際は 3 その他の, 人間の, 女の, 彼の, 自分の

2 [26件] あれが, これまでの, これも, これらの, しかしそれ, そのほか, その眼, はたして彼, 一切の, 之は, 伸子の, 女は, 実際に, 実際には, 実際の, 彼には, 彼も, 彼を, 彼女は, 彼自身は, 心は, 或る, 東北の, 現実に, 自分が, 裏の

1 [608件 抜粋] ああいう, あいてに, あいては, あのころ, あの宿命, あの足つき, あの辺, あれは, いかにも富裕, いずれの, いっこう猿轡, いったんその, いつも最も肝要, いつ帰る, いまだに昔, いろいろ分け, いわゆるヨーロッパ的創作方法, おさえきれず溢れほとばしり出る堰, おだやかな, おとなでは, お寺の, お松は, かさねては, かしこの, かつてこの間, かつて不動明王, きょうの, きんは, けっして主観, こいつが, こうまで, ここには, こころは, このうち, このお, この人たち, この北上川, この句, この土地, この大通寺, この息, この拙者, この日本風, この時, この腕, この若人, この訳語, この間の, これから車, これで, これと, これに, これによって, これまでに, これ程分明, こんな晩, さすがに, さてど, さほど害, しかしそ, しかしどこ, しかし厳密, しかし旱魃, しかもわれわれ, しかも何人, しかも吾, しかも多数, しっかり者, しばしば年出生, じつはぼく, ずいぶん冷淡, そいつは, そういう趣き, そういう逆もどり, そういう風, そう云う, そう思われる, そここ, そこに, そこには, そこへ, そこを, そしてフランス, そして時に, そのさま, そののち嘉吉三年九月二十三日, そのよう, そのダビデ, そのトリック, その一人一人, その一間, その上, その人数, その代り四十一, その伸吉, その内部, その分配, その力, その厭わし, その国, その夫婦, その実在, その小判形, その幻想, その時, その時刻, その晩, その根本, その法則, その湖面, その藩籍俗姓, その言葉, その運動, それから, それだって, それでいて鈍く重, それでもこうして, それでも両者, それでも中, それなら店, それにしても, それには, それよりも, それらは, そんなふう, たッ, だいじなところ, だいぶ古い, だんだんと, ちゃんとわかっ, ついこの, つまり社会科学的, ではその, とてもあすこ, とにかくに, とにかく今日, とにかく大事, ともかく犯罪, どうしてなかなか虚栄心, どうしても白状, どうも変死, どうも静さん, どことなく皮肉, どこにも, どちらが, どちらも, なかなかそんな, なかなか動けない, なにかモヤモヤした, なにしろ総領, なまの, はたして開化, はっきりと, ふつうの, ほしいと, ほんとうの, まだその, まだそれでも, まだまだ品格, まだみつかりません, むしろかかる, むしろこの, めいめいの, めったに便り, もうあれ, もうすぐお金, もう夕暮れ, もしかしたら, もしも消え, もちろん今, もったいぶって, もともと彼ら, もと沓作り, もはやその, やっぱり今日, やっぱり昔, やっぱり男, やはりその, やはりなにかと, わずか山脈, わたしが, わたしは, わたしを, アイヌの, アルベールの, ウィーン市の, オウタハイトの, オカグラサマすなわち, クラウデに, クリストフは, ケープルトンの, ゴカイし, サンマー, ダイナミックな, ハリの, バーンスの, パチンコが, パール, フィジー島と, フィラデルフィア市と, ボウも, ボーッと, マーニャの, モティーヴが, モー少し, ロシアにおける, 一つは, 一個の, 一八三一年に, 一八九五年に, 一向何, 一方それ以上厳密, 一日に, 一歩省線の, 一縷の, 一般的には, 一面に, 七兵衛は, 七草の, 三代前には, 不吉の, 不審な, 世界の, 世間が, 世間だの, 中庭を, 中野と, 丸の内に, 九千三百万マイルを, 事実そんな, 事実上その, 事実仕事を, 二十数ヶ村ある, 五郎の, 人そのものは, 人事という, 人生の, 人間では, 人間と, 今は, 今までの, 今も, 今仔細, 他に, 代々の, 仮りに, 仮りにも, 伏目に, 伸子や, 何かの, 何から, 何だか優男, 何だか薄汚い, 何ゆえ泣いた, 何よりこの, 何処か, 作品の, 例えば大西博士, 例えば女, 俳句の, 元は, 先に, 光丸の, 全体としては, 全体の, 八月の, 公儀には, 其他は, 其頃の, 内実は, 内容極めて, 出入りの, 前記の, 助役の, 勤労する, 十七八の, 半世紀以上, 半面に, 卑屈な, 単なる世俗, 又或, 口に, 口を, 古いところ, 古くは, 古学派も, 叱り飛ばされたこと, 各, 同時に陰鬱, 呼吸が, 商業が, 善いとか, 善とは, 国語の, 地理学の, 場面から, 夕頃に, 外国側で, 多くの, 大した悪人, 大会に, 大戦の, 大谷繞石君が, 天保と, 夫婦の, 奇妙な, 女中の, 女房よ, 妻の, 姉の, 婦人の, 子供たちの, 定例で, 実はこんな, 実はそれ, 実はよほど, 実は同, 実は山田, 実は肉体, 実は自殺, 実感の, 実質は, 客商売の, 家に, 家は, 容易に, 寄るもの, 小説だ, 少しも, 尚一抹, 尚力強い, 山を, 常にひそか, 常に輿論, 平安朝において, 幸子などは, 広い意味, 建部が, 弥次, 張が, 当面の, 彫刻そのものが, 彼は, 彼らが, 彼らすら, 彼女が, 彼女の, 後にも, 後半で, 後生の, 微かに, 怖い, 思想の, 性格よりも, 恋愛にだって, 情味の, 意識は, 憐れむべし彼等, 我々が, 戦いかたにおいて, 戸田左門覚書にも, 手前たちの, 押しも, 拈華微笑の, 敵は, 文句は, 文学自体の, 料理と, 新鮮な, 日本では, 日本のは, 日本犬という, 明日の, 昔は, 時々空虚, 時あっ, 時にそれ, 時計は, 最も盛ん, 月代は, 服装は, 朝鮮に, 本当に買っ, 本当はこうな, 本心は, 桑では, 森林の, 武州公は, 歴史の, 歴史的現象の, 残された手紙, 母に, 気休めに, 気候風土は, 氷の, 永田の, 決してただ, 決して己, 決して町人, 法律という, 泰造も, 活字に, 活計に, 派手な, 浜の, 源泉を, 演壇に, 無味乾燥な, 然し武蔵自身, 焼かれたの, 燭光の, 父が, 特にこうして, 特に血, 狼狽という, 現存の, 理由としては, 生きた信仰, 生れは, 男子労務者と, 病的に, 発音としては, 百年後の, 目下の, 真桑瓜を, 眺望は, 知恵が, 社会生活の, 社会的に, 神話という, 福松は, 禰宜様宮田は, 私たちに, 積分学といった, 第一公論社, 筋肉は, 算木の, 米友が, 米国製品に, 紀子の, 素人に, 細いピンタック, 細部に, 絶えず読む, 綺麗な, 総じて無, 縁談と, 考えると, 耜鋤算盤を, 肉づき, 肉体は, 胸の, 膝頭まで, 自分で, 良いの, 色彩ことに, 芝居の, 花模様の, 蝋よりも, 行く手の, 行手に, 表情は, 要するに方面, 見物すべき, 親切な, 言い廻し, 評判どおり生仲な, 読者も, 誰か, 誰かに, 誰よりも, 豊富な, 豹では, 貧乏な, 賢い人間, 距離は, 轆轤は, 辰雄さんは, 近頃は, 返事は, 道庵として, 道筋と, 釉薬が, 金五郎への, 銃後に, 離れでは, 離婚しよう, 雨か, 電車が, 頬の, 頭は, 題材は, 飛騨にも, 食慾や, 馴染は, 骨子は, 骨組は, 高原の, 黒蛇の, 黙々として

▼ いる人々~ (708, 0.2%)

20 の間 16 の中 13 の顔 9 である 7 がある, の姿 6 のこと, のため 5 の心 4 のほう, の感情, の方, の眼, は誰, もある

3 [15件] がいた, が多い, であった, なの, のなか, の上, の口, の声, の生活, の背, の頭, はこの, もあった, を見, を見た

2 [47件] がかなり, がこの, がそういう, がどこ, が少く, だった, にはその, には何, に向っ, に対して全然, のあいだ, のうち, のよう, の列, の多く, の実感, の心持, の手, の気持, の気持ち, の目, の群, の肩, の背中, の表情, の足, はそういう, はその, はそれ, はぞろぞろ, はどんなに, はみな, はみんな, はもう, は何, は多く, は大抵, は息, は手, は歴史, は皆, は頭, もその, をまたぎ, を相手, を眺め, を見守っ

1 [456件] からいろ, からはよい, からやっと, から一尺, から離れ, が, があった, があったら, がいかなる, がいつもそう, がいまだに, がいる, がうらやましかっ, がすこし, がその, がたまたま, がどういう, がどうか, がどんなに, がほとんど, が一つ, が万一, が不思議, が世間, が中葉期羅馬人, が五〇〇円, が仕合わす, が他方, が低地, が住む, が何, が俄, が全部, が冷淡, が執筆, が大抵そう, が如何, が小石, が少い, が少し, が平和, が当面, が必ずしも, が想像, が手, が文学, が文書, が来り, が来る, が横, が歎賞, が生前, が画面, が病気, が第, が自ら自分たち, が舟, が色々, が虱つぶし, が見つけ, が見られました, が間接直接, が首, が鳴り, こそまさしく, こそ愍, こそ貴族, そういう人物, そういう感じ, そして都会, そのため, たる船員, だ, だけあっ, だけの持つ, だと, だという, だの, だの或, であって, でありおとなしくやさしく, であります, であり泰造, であること, であるだから, であろう, であろうと, ではない, ではなかっ, ではなく, でもその, でもまずい, でも夏, でも常に, でも決して, で一杯, で庭, で自分たち, というもの, といえ, とだけ話, とどういう, との交流, との高尚, とまた, とも闘わね, と並ん, と同じ, と家族, と彼等, と挨拶, と私語, と自分, ならば, なら大, に, にあわれみ, にくばっ, にし, にとってここ, にとってそれ, にとっての問題, にとってはこの, にとっては之, にとっては他, にとっては木そのもの, にとっては無, にとっては無意味, にとっては無理, にとっては防寨, にとっては非常, にとってまた, にとっても深い, にとってらくに, にとって切ない, にとって正直, にとってMRA, にどうして, にはこの, にはこれ, にはほんとう, にはみんな家, にはわからなかった, には印度人, には又, には叶いっこ, には少し, にひろく, にも何, にも頼朝, によく, によって試みられ, に一人, に一礼, に一種, に何, に助け, に向かっ, に対してきまりわるげ, に対してこの, に対してはそれ自身, に対して負わせた, に対して身近, に対して郵便, に尋ね, に平和, に引き上げ, に損, に林房雄, に真に, に知合い, に自分, に言う, に語ろう, に頭, の, のいる, のうしろ, のごった返す, のじゃま, のす, のその, のたのもしい, のとおり, のところ, のようす, のソヴェト, のモンパルナス, の一人一人, の世界観, の並々, の事, の何人, の余り, の作, の傍, の傍ら, の処, の前, の力, の動き, の動静, の叫び, の叫び声, の叫声, の各, の名, の名前, の困難, の外, の大, の容子, の寒, の小, の帽子, の平和, の影, の心もち, の忠実さ, の思う, の息づかい, の悪口, の悲し, の意見, の愛情, の態度, の手前, の挨拶, の支え, の放言, の日頃, の最大最善, の服装, の未, の本能, の様子, の死骸, の気, の気配, の活動, の熱心籠, の物音, の特質, の現代, の生きた, の生命力, の生態, の生活ぶり, の目つき, の目前, の瞳孔, の稚気, の立てる, の経済, の総, の罵る, の群れ, の耳, の胃, の胸, の行為, の表札, の視線, の記述, の証言, の話, の話題, の賃銀, の足元, の辿っ, の通信, の遠慮がち, の鎮守, の集団, の雰囲気, の静か, の面, の額, の顔ぶれ, の風景, の騒ぎ, の魂, は, はある, はいいました, はいじらしいいとしい, はいずれ, はいつ, はいま, はうなずく, はかなり早くから, はきっと, はきわめて, はけれど, はことごとく, はしだいに, はすぐそう, はすべて先月以来, はそう, はそれぞれ身, はだれ, はとかく, はなおのこと, はばらばら, はまだ決して, はみんなどこ, はみんな幸福, はめいめい, はやっぱり, はわざわざ, はケツァルコアトゥル, はゴーリキイ, はソレ地震, は一度, は一種, は一語, は何とか, は作家, は例えば, は健康, は光栄, は公式, は六年, は刀, は単純, は同じ, は埋葬, は声, は大鷲, は嫉ましく憤おろしく, は子供, は学生, は安心, は定め, は容易, は幕府, は彼, は彼等, は思想, は懐疑, は我, は戦争, は押す, は数年来私, は早速, は明らか, は昨日, は暫く, は本当に, は民主主義文化, は気がね, は決して, は煌々, は煙草, は牧, は犬, は現実, は皆彼, は目, は終戦, は綱手, は老人, は自分, は自身, は解除, は赤山靱負, は風向き, は驚いた, ばかりでなく, へ, へのひそか, への喝采, への無, へ伸子, へ叫んだ, へ手, へ神後五六郎, へ穏, へ送ろう, もあり, もあるだろう, もいる, もかなり, もこれ, もざわめいた, もひっそり, もほとんど, もわれわれ, も互いに, も入り, も加わっ, も多い, も多かっ, も少く, も少しく, も死者, も皆地味, も私, も自分, も重苦しい, やまた, や両, や売店, や日除け付き, や板新道, や父, や血縁, よりいくぶん, よりはむしろこれから, よりもさらに, らしさ, を, をいう, をおどろかすであろう, をかきわける, をくさらせよう, をこめ, をさんざん, をし, をつきのけ, をとり囲み, をなさけない, をなつかし, をひっくるめた, をふくむ, をふり, をもっ, をもひっそり, をもまるで, をも入獄, を今私, を助け, を呼び, を呼び醒す, を威嚇, を尻目, を影絵, を急, を憐れむべき, を扶, を批評, を押し分ける, を撮った, を次々, を眺めたら, を祝福, を見かける, を見まわし, を見るであろう, を見下し, を見廻し, を記念, を驚愕, 例えば裁判官, 或いは働く, 苦しい中小商工業

▼ いるかという~ (679, 0.2%)

141 ことを 62 ことは 55 ことが 33 ような 26 ことについて 21 ことも 17 ことの 15 ことに 14 ことである 12 事を 9 事は 8 ことだ, ことで 7 ことであった 6 ことについても, 事実を 5 ことと, ことについての, ことについては, 点が, 点に 4 ことにも 3 こと, ことです, ことな, ように, 事が, 点で, 点である, 証拠である

2 [17件] ことそれが, ことだけは, ことでした, ことまで, のが, のを, 一つの, 事に, 事も, 事実が, 事実と, 問題が, 点だ, 点を, 興味と, 話を, 風に

1 [152件] お尋ねだ, ことぐらいは, ことこそ, ことこそが, ことこの, ことさ, ことさえも, ことしたがって, ことその, ことだけ, ことだけで, ことだけに, ことだろう, ことつまり, ことであります, こととは, ことなぞ, ことなぞを, ことなど, ことなどが, ことなどについては, ことなどには, ことなども, ことなどを, ことにさえ, ことにまで, ことによって, ことに対する, ことに迄, ことのみが, ことはす, ことや, ことよりも, ことらしい, ことをね, ことをも, こと印度婦人は, こと性病の, こと牧草地を, こと現在の, ご不審, その原因, その姿, その社会生活, その裏面, その驚くべき, たったそれ, つきつめた親鸞, ところこそ, ところに, ところへ, ところを, ところ迄, のだ, のだった, のである, のは, ふうに, もっとも大切, んだ, ニュースそういう, 一本の, 一種の, 事であった, 事にこそ, 事実に, 事実について, 事実同時に実際, 事情によって, 位置を, 個人の, 具体的な, 分析にまで, 原因についての, 原因については, 問を, 問題だ, 問題である, 問題について, 問題をも, 境界線を, 大切な, 実状に, 実際が, 客観的な, 客観的意義を, 小さい論文, 居り場処, 巨細の, 形で, 御詮議, 心理に迄, 心配では, 心配の, 思いと, 想像は, 意味であろう, 感ふかい, 憤ろしい今日, 方向から, 明らかな, 最もいい, 最も緊急, 最下級の, 標準を, 正確に, 歴史という, 段に, 気が, 点です, 点についての, 点についても, 点には, 点は, 点までを, 特徴づけ, 特殊な, 現実の, 現実を, 理由の, 理由を, 生活的真実を, 疑問が, 疑問であった, 疑問に, 疑問を, 確信それ以外に, 社会の, 社会的根拠を, 積極的な, 第三, 統計を, 考えが, 背景からの, 自分との, 自覚も, 自身の, 花形一つの, 証拠に, 証拠は, 証明に, 説明を, 課題にこそ, 課題を, 議論を, 質問が, 質問を, 輪郭は, 関係なし, 面からは, 風だ, 骨折を

▼ いる~ (655, 0.2%)

29 がいい 13 がよい 12 の手 8 がよっぽど, が気 7 では 6 がどんなに, がまし 5 がかえって, がよかろ, が却って, が多い, が多かっ, である, なん, へ出, もある 4 がよかっ, が安心, さ, でも, なの, へ歩い, へ行った

3 [14件] がはるか, が好い, が安全, が幸福, が遥か, だった, だと, であった, です, のよう, へ来, へ行っ, へ近づい, を見ました

2 [46件] が, があったら, があの, がい, がいろいろ, がおもしろい, がずっと, がどの, がふさわしい, がまだ, がむしろ, がもっと, がよろしい, が一番, が便利, が先, が勝手, が呑気, が好き, が宜, が得, が得策, が愉快, が気楽, が無難, が美しい, が辛い, が遙, が面白い, だという, でしょう, ですけれど, に乗ろう, の乳房, の借家人, の左手, の足, へ, へ向っ, へ走っ, へ近寄っ, もあろう, をながめました, を眺め, を見, を見た

1 [359件] かも知れない, からききました, からはその, からまるで, から光線, から参った, から又聞き, から来, から電車, かをやめさせ, か吼え立て, があっ, がありました, があります, がある, があるでしょう, があろう, がいっそ, がいらっ, がおくゆかしい, がお前, がかわい, がせめて, がそれ, がたくさん, がたっぷり, がとかく, がどれ位みんな, がない, がねほら, がむずかしい, がもしか, がやっぱし, がよ, がよく, がよほど, がより, がわれわれ, がズッ, がドレ位気, がピオニー, がヤエ子, がラク, が一杯, が一番気楽, が下っ, が不自然, が世間, が事実百倍, が二六時中, が今, が仕事, が仕合わせ, が似合う, が余っ, が例外, が信用, が僕ら, が先生, が六ヶ, が凌ぎ, が労働者, が勝ち, が勝つ, が勲章, が危険, が君, が埒, が増し, が多く, が大きかっ, が大切, が大好き, が好都合, が嫂さん, が嬉しい, が子供, が家庭円満, が家鴨, が寧ろ, が小説, が年配, が幾人, が当り前, が影響, が御, が御し, が心, が心から, が心安く, が心底, が急, が恥ずかしく, が悦ばれ, が悲しく, が我々人類, が数等楽, が日々, が本当, が極, が楽, が楽しみ, が気丈夫, が甘味, が生活, が男女同等, が町家, が痛々しく, が確実, が私, が立派, が童話, が精神, が素子, が細く, が紳士, が結局わし, が自由, が見, が迷子, が造作, が都合, が醤, が野蛮人, が静, が静か, が面倒, さえあります, だ, だから, だからと, だったか, だねえ, だよ, であったが, であると, でございます, でございますの, でした, でしたが, でしょうし, ですの, ですよ, です飯田, でそんな, でふと, で一々, で新子ちゃん, で祖先, で酒, とは反対, とは後向き, などはその, なのよ, なりませば, にき, には全然, には後ろ向け, には手, には見向き, にぼんやり, に光, に凝, に少し, に目, に自分, に興味, に迄手元, に近い, に近かっ, に進物, に駈け, のお, のお前, のこと, のな, のオブラート, のカズ子, の一つ, の三千子, の事, の二人, の人々, の元禄袖, の半分, の博士, の反対側, の壁, の女, の室, の小道, の屋根, の底, の意識, の手首, の文鳥, の母さん, の海賊ども, の片, の男, の瘠せた, の神々しい, の端, の結晶, の肩, の若僧, の袖口, の言いつけ, の足跡, の連中, の頭, の馭者, の麓口, はきょう, はただ, はどっち, はない, はね妙, はまだ, はみんな夕刊, はもう, はわたくし, は例外, は女性, は岩, は曹長様, は次の間, は汁, は温泉気分, は熊内中尉, は用達し, は疏水, は白く, は辛棒, へおいでおいで, へかけ出しました, へかじ, へずんずん, へそろそろ, へだんだん, へちょこちょこ, へとびもどっ, へと向う見ず, へと微, へと急いだ, へと杖, へと歩い, へと足, へと近づい, へはちょっと, へまわった, へも別れ, へやってくる, へやって来た, へよっ, へ一緒, へ上がった, へ勝手, へ去った, へ向い, へ向け, へ向けた, へ君, へ奔, へ寄っ, へ少し, へ帰っ, へ弓之助, へ往, へ往かなく, へ惹かれ, へ戻った, へ抜き足, へ押しやった, へ拉せられた, へ据え, へ散歩, へ歩き, へ歩み寄っ, へ歩み寄りました, へ殺到, へ泳い, へ流れ, へ渡った, へ猫, へ益々, へ眼, へ自分, へ行きましょう, へ走り, へ起っ, へ跳ん, へ踉, へ身, へ近づいた, へ近づき, へ近づける, へ近づこう, へ逃げ, へ逃げだした, へ進ん, へ降りるなら, へ顔, へ飛び出し, へ飛ん, へ駈け, へ駈けた, もあり, もありましょう, もあります, もあるでしょう, もあれ, もお, もかなり, もたくさん, もとても, もどちら, もやがて, も多い, も多数, も少く, も悪い, も惹き入れられ, も気, も気分, も眠く, も聞い, をさして, をちらっと, をぬすみみ, をのぞかせた, をふり向いた, をみんな, をむい, をジロジロ, を伊須気, を何気なく, を信ずる, を向, を向い, を吸い込ん, を御覧, を指し, を指しました, を振り向い, を断っ, を暴利, を本, を楽し, を楽しまない, を横目, を爪立ちし, を眺めた, を私, を窺う, を見る, を見受けます, を頭, 笑って

▼ いる姿~ (626, 0.2%)

25 を見る 20 だった 15 を見た 14 を見 12 が見えた 11 が目 8 である, を想像 7 であった 6 が眼, です 5 がまざまざ 4 がある, が見える, だ, を眺め, を私, を見せ

3 [11件] が映った, なん, にみえる, のよう, は, をみ, をみる, をよく, を見つけ, を見つけた, を認めた

2 [34件] がありあり, がぼんやり, が今, が如何にも, が発見, が絶えず, が見えました, であること, なの, になった, はあらゆる, はその, はとても, はなかなか, はまるで, はわが家, は如何にも, は妙, をどこ, をひねてる, をみつけた, を御, を思い浮べた, を思う, を現実, を目, を眼, を考える, を見かけ, を見かけた, を見かけました, を見せた, を見ました, を誰

1 [364件] あのささやか, かさも, からは暑い, から声なき声, があたり, があちらこちら, がいたいたしく, がいちばん, がうつった, がおかしかっ, がかすか, がこうして, がしん, がその, がたまらなく, がだんだん, がちらりと, がどういう, がどこ, がなかっ, がなにか, がなんとなく, がまだ, がまるで, がみじめ, がやっぱり, がやはり, がよく, がわかる, がチラ, がチラリ, がハッキリ, が一個, が一昨日, が三吉, が今秋, が他, が伸子, が何となく, が何とも, が先, が前, が和歌子, が夕陽, が多い, が多く, が女中衆, が姿勢, が宇野浩二一流, が度々, が彷彿, が彼, が御, が心, が想像, が手, が描い, が描きたかった, が明る, が映る, が月光, が有明, が朧, が朧ろ, が橋, が歌麿, が気の毒, が浮かびました, が火, が甦る, が眺められた, が眺められる, が眼前, が私, が簾越し, が美しく, が羨, が胸, が荒い, が萩戸, が薄暗く, が蟇, が見えない, が見えます, が見かけられた, が見受けられた, が覗かれた, が認められた, が諸, が遠眼鏡, が鏡, が闇, が雑多, が頭, こそ日本, こそ最も, さ, しかお, しかなかっ, その肉体, だけが思い出され, だけが頭, だけである, だったから, だったが, だったの, だと, であったの, であるから, であると, でその, でなかった, ではございません, ではない, でも想像, で描かれ, で邪魔, といい, というもの, といった方, としか思われぬ, として描い, とは何, とみすぼらしい, とも見えた, とを合せ考え, と似, なぞは頼まれ, などいかにも, などが顕然, などはアマゾン, などは一層, などは憐れみ, などを思い出し, などを思い出す, などを見かける, などを見る, など今, など何とまざまざ, など格別, など見る, なるもの, なんか見せたくないでしょう, において彼, において描く, における人, にすらどことなく, にそう, にちがい, について知らず知らず考えこんだ, になっ, にはげまされ, にはなにか, にはひとしお, にはまた, には味わい, には殆ど, には異常, には行く末, には覚えず, には身, にもどこ, にヤア, にロマンティック, に変った, に寂し, に対して学生, に接した, に描きあらわし, に異ならない, に見えた, に見える, に見入り, に金五郎, のありあり, のどこ, のなか, のまま, のみじめさ, の幻, の底, の混乱, の目鼻, の美し, の良い, の見えない, の見えぬ, はあまり, はあり得る, はいかにも, はお子様, はお祖母さん, はかえって, はさながら, はたえ, はだんだん, はちょうど, はときどき, はどうにも, はどうやら, はどこ, はない, はなおさら, はまちがい, はやがて, はよく, はわたしたち, はハアモニカ, は一つ, は一体, は一同, は一種, は中, は二, は井戸, は人々, は他, は仲, は伸子, は何, は何と, は何とも, は全く, は勝手口, は参加, は哀しかっ, は哀れ, は国持大名, は場ちがい, は天下, は実に, は寂し, は少し, は巧み, は当時, は彼, は恰度, は悲痛, は文楽, は昆虫, は暗がり, は枯れた, は桃, は死ん, は殆, は江戸開府以来, は決して, は涙ぐましい, は然るべき, は生, は男同志, は相当, は粋, は罪, は美しくも, は艶美, は若い, は見えないであろう, は過去, は道ばた, は高貴, へきびしく, までが石, までが豆, まで思いやられる, もすぐ, もすべて, もない, もやはりいかにも, もよく, もわたしたち日本, も伸子, も何度, も余り, も俺, も哀れ, も思う, も母親, も知っ, も見える, やその, やペット, や田舎, よりも奥方, をあなた, をありあり, をお, をおもいだし, をおりおり見た, をこっち, をごらん, をそこ, をたしかめた, をただ, をつい, をときどき, をとらえよう, をながめ, をなだめた, をのぞき, をのっしのっし, をはじめて, をまざまざ, をまるで, をみかけた, をみた, をみとめ, をみれ, をようやく, をジッ, をソックリ, をマトモ, を久慈, を二三度, を何処, を何等, を作る, を偶然, を兄, を内親王, を変ってる, を幾人, を心, を思いうかべ, を思いだした, を思いやった, を思った, を想った, を感じる, を或は, を折りおり, を探しあてた, を描く, を描写, を撮っ, を撮影, を油絵の具, を目撃, を眺めたら, を確実, を示し, を窓越し, を美しい, を自分, を見うける, を見せられた, を見せる, を見たい, を見たかった, を見たなら, を見ない, を見ます, を見られた, を見るであろう, を見下ろした, を見出した, を見詰め, を覗く, を認め, を踊らせ, を閉めきった, を静か, を頭, 赤い疲れた

▼ いる~ (624, 0.2%)

36 の姿 17 の顔 13 の眼 11 だった 9 であった 6 の前, の様子 5 なの, はその 4 だ, とし, にはそれ, のこと, の女, の目, の腕, を見, を見る 3 である, に取っ, の, の心, の手, の方, の父親, の背中, の頭, は

2 [45件] が, がこれ, ではない, でもあった, にし, にはこの, のうしろ, のうしろ姿, のすぐ, のところ, の人がら, の仕事, の作品, の側, の口, の妹, の存在, の家, の小さい, の意志, の態度, の母, の父, の瞳, の神経, の美しい, の耳, の耳もと, の膝, の表情, の部屋, の非情, の頬, の頭脳, の魂, は世界, は寝床, は父, もまた, れの, を, を想像, を眼前, を見かけた, を見た

1 [360件] かに見える, がある, がこのごろ, がしょんぼり, がそうした, がそれだけ, がなぜ, がぼく, がまあ, が不思議, が世上, が何故かそう, が十一月, が十七歳, が弱々しく, が手飼, が日課, が最後, が本当に, が武蔵, が知る, が自殺, が頑強, こそ文壇的, しかも爪先, だから, だから一種, だが, だけあっ, だけにかなり, だけに共にこう, だったので, であったが, であって, であり酔えば, であるから, であろうか, でした, です, ではあった, でもある, でもなかっ, としては或は, としては手, としては無理, としては珍しく, とたえ子, とは格, とほぼ, と別れた, と同年輩, と柳生, と自分, などが反対, にあっ, にこの, にとってこの, にとってはこれ, にとってはその, にとっては空想, にとって幾分, にとつぜん, にどうして, には, にはあたかも, にはかなり, にはそうした, にはその, にはそんな, にはただ, にはむしろ, にはもはや, には二元, には休暇, には全, には好い, には苦しかっ, には襟足, にもなかなか, にもマリユス, に一銭, に云った, に分った, に向側, に声, に対して私, に展, に明るい, に目, に突如, に窮屈, に脅迫状, に近づいた, に重ね, のことば, のす, のたま, のひとみ, のほ, のほう, のまわり, のよう, のスウトケイス, のズボン, の一人娘清子, の一友人, の一子, の一貫, の上, の不思議, の中, の主観, の五人, の係り, の傍, の傍ら, の傍観的, の兵糧, の剣下, の勇ましい, の友, の友だち, の友人, の友人たち, の叔母, の受動性, の右, の右耳, の味噌っ歯, の唇, の嗅覚, の噂, の増減自在, の声, の壺類, の大, の大工, の如く, の妹さん, の妻君, の妻君アン, の姉, の娘達, の存在なぞ, の室, の家庭, の家臣ども, の容子, の容貌, の寝顔, の左, の幼年時代, の座右銘, の役, の心持, の心持ち, の思想, の性情, の性格, の悲しい, の意識, の愛人, の感じ, の感傷, の憤怒, の懐中, の手のひら, の手紙, の指, の指さき, の挙動, の掌, の方法, の旧, の暢気さ, の書, の書簡, の最も, の有名, の歯, の母堂, の気まぐれ, の気持, の気楽さ, の煩悶, の熱心さ, の狂人みたい, の甲州, の男, の画, の痩せた, の百姓気質, の皮膚, の眸, の眼つき, の眼ツキ, の眼光, の知り合い, の祖父さん, の秘妾, の立場, の競争, の素姓調書, の細い, の細君, の網膜, の罪, の考察, の耳元, の聡明, の肚, の腸, の自己過信, の蒼ざめた顔, の蓬, の袂, の袖, の視線, の親類, の言ゆえ, の言動, の誇り, の調子, の赤鸚鵡, の躊躇, の身の上, の身体, の身内, の農場, の返事, の逞しい, の部下, の金, の長所, の頭上, の顔つき, の首筋, の高い, の鼻, はいくら, はここ, はこの, はこれ, はしょっちゅう, はそれ, はちょっと, はどんな, はどんなに, はなお, はなに, はなるべく, はなん, はひと言, はほとんど, はほんの, はまた, はまだ, はやり損なった, はゆっくり, はドア, は一層, は世にも, は二百哩, は人面獣身, は今, は休み, は体, は何, は何者, は侍, は僕, は冷たい, は冷汗, は凡俗以上, は出張, は別, は危ぶんだ, は夢みる, は大きく, は妙, は姉, は宅, は山田さん, は川, は巧み, は弓, は彼等, は彼自身, は往来, は心, は慌て, は手強く, は掟, は時々, は暗い, は気づかない, は浄瑠璃, は淋し, は無, は狗, は瞼, は矢張り一個, は知らず, は立合, は紋作, は耳, は自分, は著者, は裏切り, は読者, は誰, は談話, は長襦袢, は関白殿下, への信念, へ尊氏, へ柳営, へ至極, もここ, もやがて, も兜, も呆気, も思わず, も昼, も画名, や弟, よりもそれ, れは, をお, をかこん, をし, をしかめ, をじっと, をすぐ, をひろいあげた, をよく, を一目, を介抱, を何かしら慰め, を再び, を呼んだ, を嘲笑っ, を妻, を左右, を引張る, を想い出す, を振向く, を捕え, を救う, を殺した, を気の毒, を法律, を注意深く, を無遠慮, を砂, を至る, を見つける, を見出す, を誘っ, を顧み

▼ いる場合~ (596, 0.2%)

55 が多い 49 ではない 15 がある 14 でない 13 ではありません 12 じゃない 10 もある 7 が少なく, じゃねえ, でないと 6 じゃありません, である, にはその 5 さえある, もあります 4 が少く, が決して, ではなかっ, に限る 3 があり, があります, がない, でもない, にそれ, に限っ, も多い

2 [30件] が多かっ, であると, であろう, でないとして, でないので, ではござらぬ, では無い, でもあるまい, でもなく, とそう, なので, にはそれ, にはもちろん, に用い, に限られ, のある, のこと, のほう, の多い, はある, はそれ, はない, は別, もあっ, もあった, もあるでしょう, もあるらしい, も少なく, よりももっと, を指す

1 [282件] あまり多く, かと思われる, かれこれと, がありゃしません, があり得る, があるでしょう, があろう, がかなり, がかなりしばしば, がすくなく, がすこぶる, がずいぶん, がそう, がそれ, がたまに, がどの, がなく, がなけれ, がわが国, が世界観, が他, が古典, が外, が多く, が大変, が大方, が如何に, が往々, が新しい, が最も, が有っ, が有りうる, が案外, が極めて, が殆, が毎, が甚だ, が西洋, が起り, が起る, が非常, が風俗, じゃあありません, じゃなかった, じゃねえや, じゃア, じゃ剣山, じゃ無い, じや, すぐ無視, そのリズム, その小, その文章, その積んだ, たいてい無, だけの彼女, だけは間違い, だっても困難, つねに敵, つまり公理, つまり学校, であったこと, であったの, であって, であります, であるから, であるのに, であろうが, でさえもそれ, でさえも書いた, でしょう, です, ですから, でそれ, でないから, でないの, でないん, でなかった, でなし, ではあった, ではある, ではあるまい, ではございますまい, ではございませぬ, ではなし, でもある, でもいかに, でもかまわない, でもございませぬ, でもその, でもとかく, でもとがめる, でもどこ, でもなかっ, でもまずしばらく, でももし, でも一往, でも依然として, でも動かせない, でも夫, でも彼女, でも我々, でも決して, でも泣顔, でも私, でも自分, でも若し, で静的目的論, とかにかぎる, とかに始め, とその, とそれ, とだ, とではその, とでは目的, とはちがっ, とは同じ, とは大変, とは少々, とは違います, とは限りません, と他, と十, と同じ, と思われる, と積極的, と空, と零下二十度, などがそれ, などにこの, なの, なのに, ならいつも, においては報償, にかぎる, にきっと, にこの, にこれ, にこれら, にさ, にしろ, にその, にだ, について統計的, にでも二日, にでも云, にどうして, にはあたかも, にはいかに, にはこの, にはこれ, にはそこ, にはそれで, にはどう, にはなかなか, にはなかんずく, にはやはり, にはやむを得ず, にはよろしく, にはわずか, には二人, には他, には出ない, には単に, には句, には同僚, には商業的富, には家畜, には彼, には改めて, には更に, には本質的, には極めて, には歌, には気むずかしい, には特にそう, には盗み, には相当, には私, には種族, には聞き手, には観客, には警察, には赤木, には農業者, には避けられない, には銀行, には鋭敏, にも, にもまた, にも使われる, にも出ない, にも純一, にも製造工業家, にも詰らない, に一度, に一般的商業, に何, に取調べ, に外, に多い, に家出, に当然そう, に彼, に必ず, に扇, に於い, に決して, に演出家, に生ずる, に用いる, に私, に考えられる, に茶入, に軽軽しく, に過ぎない, の, のほか, のよう, の出, の利益, の夫, の如く, の対立, の方, の無産者的, の現実, はいくら, はその, はなおさら, はなく, ははなはだ, はまるで, はもちろん, はよう, は下総, は各, は大抵, は始終, は少い, は屡々, は必ずしもそう, は明, は極, は正札主義, は決して, は甚だ, は落第, または大衆, も, もあり, もありましょう, もあり得る, もあるだろう, もあるであろう, もあれ, も少く, も少なし, も忘れ, も想像, も本質的, も案外, も決して, よりもはるか, よりもより, よりも安定, らしい, をみる, をスグ, を云う, を想像, を意味, を我邦, を考える, 一体何, 初めて哲学, 即ちコンダクター, 実際の, 小さい作品, 少なしと, 決してコムパクト, 甚だ微妙

▼ いる~ (577, 0.2%)

34 のもの 14 もある 1311 を見る 10 がある 9 である 5 があった, であるが 4 があっ, だから, だった, です, へ出た, へ往 3 だと, でした, にその, のこの, の一つ

2 [23件] から今, じゃない, だが, だろう, であった, であるから, ですから, にある, に立っ, の, のその, の哲学, の学問, の本質, の根本的, の現象形態, の色男, は少ない, へ例, へ来, へ来た, へ通り, もあった

1 [391件] えそっと, からもあるいは, から一寸初会, から一心に, から三間, から之, から同氏宅, から問題, から四辺, から始まる, から婦人雑誌, から当然, から日和下駄, から服装, から橡, から正面, から皮粕, から見, から遠ざかっ, が, があり, がございます, がその, がどこ, がない, がひどく優しい, がぽか, がわからない, が一九三六年度, が一寸, が一目, が不思議, が先年, が内, が出来た, が分る, が判ってるなら暴れこむ, が即ち, が堪らなくな, が少く, が恥, が数ヶ所, が文化人, が現場, が空間, が箱, が能, が解る, さえあった, じゃ, じゃありません, じゃ無い, だけから見, だけ粉, だし, だったので, で, であったから, であったが, であって, でありその, でありますから, でありますが, でありまする行, でございましょう, でごそごそ, でしたが, ですのに, でちょっと, でないと, でなくては, ではすべて, ではなかなか, ではなくし, では何処, では草, では雪, でもない, で二人, で初めて, で左岸, で彼, で我, で木内検事, で正しい, で治兵衛坊主, で見付けた, とその, とは反対, とは定め, とは異, と上がり口, と云え, と京橋, と対世間的, どうも動物, なぞ思わず, なの, ならば, にいわゆる, にこの, になかっ, には右, には誰か一人, には近代都市, にぶつかった, にまで来, によっても確か, にフィヒテ, に一つ衝立, に一軒, に出た, に医者, に反対, に彼方向き, に彼等, に従え, に従って本文, に来た, に瓦磚, に登っ, に着い, に立てた, に細, に胸のど, に見え, に賛成, に足掛り, に達した, に雑草, のこと, のこんがらがった, のしかも, のもっと, のもはや, のインテリゲンチャ層, のオリーブ, のゴーグ, のプロレタリア, の一理論, の世界, の事柄, の云わ, の人, の何, の例, の別, の加工品, の動く, の即ち又, の各, の名前, の哲学的手段, の哲学部門, の唯物論, の多数, の大, の大勢, の大阪的, の夫, の存在, の宿命的, の専門的, の弁証法, の当の, の従って, の思想傾向, の性格それ自身, の意味関係, の意義, の技術的, の技術的範疇体系, の政治活動, の教え得る, の文化統制上, の文芸, の断片的, の新鮮, の方, の日本型ファッショ, の景気変動論, の条件, の根本存在, の概念, の欠点, の歴史的社会的制約, の海, の物, の物的関係, の物質的生産技術, の現下, の理解, の相当高水準, の真理性, の知識, の神秘的, の祭礼, の空気, の空間, の系統, の自然科学的法則概念, の色々, の芸術特有, の観念論的弁証法, の認識, の認識論上, の近代軍需工業, の野蛮人, の闇, の雑多, はいぶし銀, はいまし, はこの, はどちら, はない, はやはり, はわからなかった, はガラ, は何, は八畳敷, は向う, は多い, は少なく, は尾, は市ヶ谷停車場, は忠孝, は意外, は方々, は日本, は東, は無い, は石垣, は見ない, は近頃, は面白い, は鷹揚, へ, へいつ, へうっかり, へかわるがわる, へこう, へこの, へこんな, へのたれ込ん, へひとり, へまっすぐ, へやって来, へやはり, へフラリ, へメルジイ, へ一声, へ丁度, へ三唖, へ三度笠, へ三百, へ世話人, へ乗り込んだ, へ二時間, へ五十, へ亭主, へ今, へ件, へ何, へ偶然邂逅, へ兄, へ先程幸手, へ八月, へ出, へ出ました, へ出る, へ前記, へ半, へ又もや, へ右, へ向う, へ唐突, へ塩田氏, へ夏, へ女将, へ女房, へ子供, へ子供部屋, へ幇間, へ幸い, へ床, へ彼, へ忍び込ん, へ忍ん, へ忙し, へ恐く, へ恰も, へ或, へ抜身, へ放火, へ新聞, へ書生, へ有難い, へ朝, へ来ました, へ松吉, へ此, へ汝, へ源次郎, へ瑠美子, へ直ぐ, へ私, へ突然, へ肝心, へ若い, へ若江, へ訪ね, へ誰, へ踏み込まん, へ金子, へ門, へ隔, へ頭髪, へ頼うだ, へ鳶, またつい, までお, までし, まではまだよほど, までやって来ます, まで散らばった, まで来, まで来た, まで来る, まで行く, もあっ, もあり, もありました, もございます, も厭, も多く, も女, も方々, も狸, や二三軒人家, や標示板, や鉄兜, より少しく, を, をあべこべ, をいきなり, をおのれ盗賊, をここ, をすぐ, をその, をそれ, をたのむ, をちゃんと, をちらりと, をつつく, をとうとう, をば更に, をぶつかった, をまさかに, をみる, をヨシハラ, を中島, を何故, を何遍, を大, を奇蹟的, を尋ね, を思い出した, を思った, を指し, を探そう, を探り当て, を掩殺, を攫っ, を灯, を犬, を盗賊, を絵, を背後, を蚊帳越, を見, を見たがりました, を見られましたなら, を言う, を訂正, を誰, を警官, を遠望, を鉄鎚, を隣り, 素晴らしいドライヴウエイ, 迄来る

▼ いるかを~ (540, 0.2%)

13 考えて 9 知って 8 知ること 7 見て 5 吾, 示して, 見ること, 調べて 4 よく知っ, 考えると, 見るが, 証明する 3 教えて, 明かに, 知るには, 示すもの, 私は, 見なければ, 見よ

2 [33件] ご存じない, である, はっきりと, まざまざと, よく承知, よく物語っ, 切ないほど, 判断する, 君は, 察しない, 思った, 明らかに, 物語って, 発見する, 知らないから, 知らなければ, 知らねば, 知り得たならおそらく, 知るため, 知ろうという, 知ろうとして, 示す, 示すの, 示す事実, 示そうと, 見た, 見ても, 見ねば, 見よう, 見るため, 見るの, 詮議した, 静かに

1 [380件] あからさまに, あなたは, あますところ, あまりによく知りすぎ, ありありと, ありのままには, いうとき, いつでも, いまさらの, うかがいとって, うかがうこと, おまえに, お尋ねしたい, お気づきに, お秀, お話しし, きいたの, くわしく物語りました, ご存じでしょう, ご覧なさい, さがしだすと, さがすの, さぐって, さぐらなければ, しらずただ, しろうとも, じろりと見検める, すぐ見て取る, すっかり勘定, すっかり忘れ, そこに, その写真一枚, その理論自身, その生い立ち, その雀, たしかに見窮め, たしかめて, たしかめるの, たずねエディス, ちょっと見, つきつめると, つくづくと, つくづく感じた, できるならば, とくと, はっきり意識, はっきり知ったらしい, はっきり自覚, はっきり見窮めよう, まず審さ, まず考えなく, まず見れ, まだ知らない, まだ知らなかった, まるで忘れ, もう少し明暸, もっと具体的, もっぱら噂, やっと悟った, よく理解し合っ, よく考え, わかりやすく, クリストフは, パーシウスに, マザ, 一々指摘, 一刻も, 一応は, 予想し, 予測し, 云い表わす仕方, 云えば, 互に知り合おう, 人に, 人知れず監視, 今更きい, 会得する, 何よりも, 俺が, 光る眼, 勿論知っ, 半七, 厳しく看守, 厳密に, 合点する, 吟味し, 吟味しよう, 吾人は, 告げて, 告白する, 呑み込むこと, 味わうこと, 問わねば, 問題に, 国民は, 垣間見たよう, 大いにみせびらかしたかった, 大体知っ, 夫, 子細に, 学べば, 学問的に, 容易に, 察した, 察し過ぎる位, 審さに, 尋ねた所, 尋ねる, 尋ねると, 少しも, 少し知った, 左大臣家の, 市民の, 常に正確, 当てるの, 彼は, 彼女へ, 後から, 御存じです, 心に, 思いだしてぞ, 思いやって, 思いやること, 思い出さぬ訳, 思い出して, 思い出す, 思い出そうと, 思い到底, 思い深い, 思うと, 思うとき, 思えば, 思って, 思わずには, 思わせるもの, 思わないでは, 怠らず調査, 悟るだろう, 悟るであろう, 想い見れば, 想像させ, 想像し, 想像しうる, 想像する, 意識しない, 感じさせる有様, 感じたので, 感じとって, 感じるの, 感づいた, 感得する, 指して, 指摘し, 挙げて, 探しだそうと, 探すこと, 推定した, 推察しただろう, 推察する, 推知した, 描く事, 摘発する, 教えるもの, 断言する, 既に見貫い, 早くも, 明らさまに, 明治時代の, 明確に, 暗々裡に, 暗示する, 暴露し, 曝露する, 最も曲折, 最も雄弁, 検べて, 横から, 正確に, 残る処, 気づかずに, 気づかった, 気づくであろう, 気付かないわけ, 決定し, 決定する, 注意する, 注意せね, 注目すれ, 深くは, 源氏は, 無慈悲に, 無論二人, 熟知し, 物語るもの, 特に注意, 率直に, 理解した, 理解しなかった, 疑いまた, 痛感させ, 発見されるでしょう, 発見した, 発見するであろう, 目に, 目撃し, 直ちに察しる, 直感した, 省みて, 省察する, 看破しなけれ, 看破せん, 知ったから, 知ったが, 知ったなら同情, 知っては, 知つてゐます, 知つて私は, 知らさなければ, 知らず, 知らず小鳥, 知らせた主役, 知らない, 知らないお前, 知らないが, 知らないこと, 知らないの, 知らないので, 知らなかった, 知らなかったの, 知らなくては, 知らぬ, 知らぬだけ, 知らぬ者, 知らんだろうが, 知りそれ, 知りたいこと, 知りたいと, 知りたいという, 知りたかったの, 知りたくかねて, 知りぬいて, 知りました, 知りません, 知りませんでした, 知り両方, 知り悉, 知るとき, 知るべきである, 知るもの, 知る事, 知る便宜, 知る必要, 知る者, 研究し, 研究すべきで, 確かめた, 確めしかる, 確めた, 確めに, 確める, 示さんが, 示した, 示しわれわれ, 示すいい, 示すため, 示すであろう岐路, 示すところ, 示すには, 示すべくほんの, 示す実例, 示す小さな, 示す面白い, 究めなければ, 突き止めること, 窺い同時に, 算定する, 簡単に, 紹介し, 考えた, 考えたいが, 考えたこと, 考えないわけ, 考えなければ, 考える, 考えるならば, 考える必要, 考える精神, 考えれば, 考え何とか, 考え粛然, 耳に, 聞かれた, 聞くが, 聞洩し, 自ら尋ねた, 自分は, 自分自身に, 自覚しなけれ, 自覚する, 興味深く感じる, 見いだし仏教思想, 見せつけようと, 見その, 見それから, 見たいと, 見たい気持, 見たまえ, 見た時, 見ては, 見とどけに, 見とどけようとして, 見やぶって, 見ようとして, 見よという, 見られるでしょう, 見ると, 見るべきだ, 見るべきである, 見るべきであるとして, 見る事, 見る為, 見る目的, 見出して, 見分けるには, 見分ける力, 見定めようと, 見定めること, 見当つける, 見抜くこと, 見極めて, 見極めようと, 見直される必要, 見知って, 見透す, 覗きに, 親しく見る, 観るの, 観察する, 観察せよ, 観測させ, 言つ, 計算し, 計算した, 記して, 訴えた, 証するもの, 試験し, 話した筈, 話して, 詳細に, 誇示した, 認識した, 認識出来ない, 語って, 語らねば, 語りたい燃えるよう, 語るもの, 説明し, 説明した, 説明する, 説明すれ, 説明せん, 読者は, 調べたの, 調査に, 論じようという, 資料として, 質ね, 赤裸に, 身を, 述べるの, 選択する, 酌んで, 闡明しなけれ, 雄吉は, 雄弁に, 顕微鏡で, 顧みずして, 鮮やかに, 黒板を

▼ いるつもり~ (494, 0.1%)

39 です 37 でも 33 なの 2924 なん 22 である 15 でいた 13 だが 12 はない 10 であるが 9 だった, であったが 8 でいる, では 7 だったが, らしい 6 ですが 5 なのに 4 だから, だったの, だと, だろうが, であった, でい, でございます 3 か, かも知れない, だがね, であります, でしたが, ですけれど, ですよ, なので

2 [13件] かしら, だけれど, だったのに, だろう, で, でした, ですか, ですって, なのよ, になっ, になろう, はなかっ, よ

1 [123件] かという意味, かと聞いた, かどう, かね, かの, かもしれなかった, かもしれません, かを訊ねた, か多く, か彼, か知らん, か給与, さ, じゃ, だそう, だったら挺身隊, だったん, だった余五郎, だって私, だね, だのに, だよ, だろうと, だろう一方, だわ, であかるい, であったかも, であったから, であったけれども, であつ, であまり, でありながら, でありました, でありますが, でありますけれども, であるか, であるかも, であるから, であるとの, であろうけれども, でいたい, でいました, でいます, でおおいに, でかえって, でご, でございましたが, でございましたけれど, でございますから, でございますが, でございますけれど, でございますまた, でございますよ, でしたから, でしょう, でしょうか, ですから, ですからね, ですし, ですぜ, ですそのうえずいぶん, ですそれ, ででもあるらしい, でないと, でなくむしろ, でなまいき, でほんとう, でよろこんで, でシャッポ, でマリ, で今夜此寺, で何気なく, で働いた, で元気, で勉強, で喜ん, で夜, で実は, で寝床, で得意, で悪い, で戦い, で暮し, で暮しまする, で書い, で本当は最も, で本質的, で準備, で片足, で生き, で立って, で自分, で見, で説明, で逐一, なんで, にした, になれ, のお, のが, のこと, のその, のとき, のところ, のわたくし, の三名, の作家, の感情, の由, の男, の私みずから, の自分, の自分たち女性, の蒲, の貝, はなく, は無い, もありませんでした, もねえ, も無かっ, らしいから, らしく見えたので, 構わずそこ

▼ いる~ (494, 0.1%)

41 である 33 では 12 にある 10 です 8 に於 7 がある, に注目 5 が多い, もある, をあげ 4 が私 3 であった, でも, なの, を勘定, を指摘

2 [21件] から私, が少く, が面白い, だ, だった, でそれ, で有名, で浦粕一番, で興味, に意味, に於い, に来る, に注意, は, はすこぶる, は何, は同じ, もあります, を今, を注意, を見ね

1 [300件] および方言使用, および歴史小説, かもしれません, からこの, からさまざま, からも在りし, からも明かである, から之, から創作, から考え, から見, から見れ, から言え, から言っ, があっ, があまりに, がありました, がいい, がこちら, がこの, がそれ, がちがう, がはっきり, がまことに, がやがて, がよく, が一つ, が不思議, が人間, が今日, が似, が共通, が可笑しい, が吾人, が味, が問題, が多く, が大いに, が少なく, が尠, が有難い, が本, が気に入らなく, が決して, が沢山, が注目, が特に, が疑われた, が相, が誤り, が賃銀関係, が進歩, が違っ, こそ却って, こそ問題, さえ読む, そのよう, その下, その誤解, その通り, だが, だけその, だけである, だけでいえ, だけは両々相, だけを申し, だと, だという, だろう, ちょいちょい見た, で, であって, であり第, であると, であろう, であろうが, でおもしろい, できょう法廷, ですいきなり, ですぐれ, でその, でそれだけ, でたとえて, ででも, でもかすか, でカント哲学自身, でルオー, で一般, で不備, で世界, で世界中支那人, で他, で仮令, で共感, で前, で実に, で従来, で批判, で明確, で昔, で有益, で根本, で根本的, で様々, で注意, で注目, で深い, で無視, で物言わぬ諷刺, で珍重, で理論, で甚だ, で画時代的, で私, で蝦夷, で言語道断, で許せない感じ, で買われ, で選ぶと, で非常, といい, といえ, としかし, として神隠し, とそれから, とで私, とともに革命的指導, と仰, と思います, と清水方面, と稀, と言い, と誤解, どうしても玄一郎, なかなか面白い, などがその, などこん, などで, などでは明らか, などで武蔵, などは年齢, などは貴族, なども大胆, などファッショ的定石, など単, など彼, など興味, など見, など親子, にあっ, においてのみいかばかり, においては平次, においては良寛様, においても文学上相当, において二重, において今, において朝鮮, において特色, において私, において自分, にかけてはエジプト, にその, にだけ同情, にちょっと, についてであった, については先生, については自分, については語り切らなけれ, について全く, について観る, には意味, には誠に, にふれよう, にもある, にもうかがわれる, にも血, に向っ, に大阪弁, に存する, に差別, に強み, に意外, に気づいた, に気づかれたであろう, に特色, に着目, に立っ, に第, に至っ, に興味, に過ぎない, の一つ, の少し, はいい, はいくらか, はうて, はおそらく, はここ, はこの, はこれ, はこん, はすでに, はその, はたくさん, はなかっ, はなかなか, はなぜ, はむしろ, はゆるす, はよく, はイデオロギー, はソヴェト, はチェスタアトン, は一方, は一般, は三代目小さん, は三嘆, は両, は事新しく, は人, は人間, は全く, は十分, は史眼, は変わらない, は婦人, は実に, は屋敷, は後代, は我国, は所謂進歩的, は日本, は未だ, は氏, は独特, は理論, は理論的, は直さね, は確, は社会民衆, は私, は税金, は第, は興味, は見落し, は見落す, は読者, は赤外線, は赤見沢博士, は遺憾, は重要, は門, は関西, は驚くべき, まことに天才, までは話, もあったろう, もあろう, もそこ, もなく, も不敵, も実に, も正しく, も理解, も生じ, も自覚, も雪, やまた, や不, や誤謬, や錯覚, をさした, を不安, を分析, を十分, を城太郎, を子供, を小林, を弦, を後代, を感ぜざる, を教え, を明らか, を明白, を核心的, を深く, を無視, を異, を私, を見ぬい, を見逃し, を親, を言え, を説く, を買わね, 又はなれる, 及び所謂俚耳, 旧いもの, 特に多く, 面白いが

▼ いるあいだ~ (492, 0.1%)

8 に, にわたし, に彼 6 にその, に私, は 5 はこの 4 にぼく, に女, はその 3 にお, にかれ, にきみ, にこの, にどこ, にもう, に何, は無事

2 [27件] かれは, にいつか気ちがい, にいろいろ, にうしろ, にそれ, にひどく, にまた, にも自分, に二人, に僕, に出, に四十面相, に小林少年, に少し, に明智, に登, に自分, に自分自身, に船, に車, に高い, は僕, は欠かさず, も毎日, も留さん, も私, を大勢

1 [355件] あの人, いろいろ質問, おしの, おそらく興奮, おたがいに日本人, お島, お高, が目ッ, この古ぼけた, この筆屋, この頃, こんな考え, しか話, しばらく浜, しょっちゅう四方八方, じっとつっ立っ, じぶん, じゅうぶんに, すること, そうして待っ, そっと外套, その不思議, それでも敷居, たれひとり, だけであった, だけは紙一重, だけ客室つき女中たち, だけ祖国, だけ胡弓, つまり七つ, でもなかっ, でも隙, にあたし, にあなた, にあなた方, にある, にいかに, にいく度, にいつ, にいつか夜, にいつの間にか, にいなくなっ, におそらく, におそろしい, におばあさん, におもわず, にかの, にきょう, にくれた, にこいつら, にこれら, にころあい, にさ, にさっき, にしっぽ, にじつに, にすぐ, にすこぶる, にすさまじい, にそういう, にその後, にそれぞれ, にたちまち, にだれ, にだんだん, にちゃんと, にちょっと, にとうとう, になにもの, になん百万, にぬいめ, にぬれた, にはわたし, には何事, には自然, には迷路, にひい, にふたり, にふとすぐ, にぷんぷん, にべつ, にほら穴, にまだ, にまるい, にもあなた, にもいちど現場, にもそ, にもなにか, にものすごい, にももの, にもわれわれ, にも今, にも働きつづけた, にも執念, にも病気, にも透明人間, にやおら, にやや, にわかっ, にわが, にわし, にクレヴィン, にザムザ夫妻, にジョウ, にストーヴ, にソーンダイク, にバター, にバルブレン, にフィリピン, にマデリン嬢, にマユミさん, にミリガン夫人, にロボット, に一方, に一番, に七兵衛, に七月二十八日午後同艦, に下ノ者, に不二雄さん, に不思議, に世の中, に中井少年, に主, に主人側, に事業, に二千万ドル, に人知れず, に今度, に他, に伊豆屋, に何時間, に何物, に使い, に光秀, に公, に六郎兵衛, に冬, に出品, に別, に千両, に千太, に卒倒, に取られ, に受刑者, に古代, に各国人, に名声さかん, に向う, に呂宋兵衛, に商人, に四ほう, に四人, に四角, に埋葬, に変貌, に夜, に天魔外道, に女の子, に小林君, に少壮, に屋上, に川北氏, に巨ゾウ, に形見分け, に彼ら, に徐々に, に従僕, に従来, に怪人, に恐ろしい, に恐怖王, に息子, に悪がしこい, に悪夢, に手伝い, に担ぎ出し, に支配人, に文代さん, に旅, に早く, に昌吉, に春, に時々, に最初, に朝食, に機械, に檻, に死に, に母, に水夫, に泳ぎ, に流人村, に海蛇, に無数, に父親, に牛, に狂, に独逸, に猫吉, に現実世界, に男, に町, に発病, に相手, に眼, に神田川, に私たち, に私自身, に突然, に竜神, に筒井, に精, に素早く, に絞め殺し, に絶えず, に置き去り, に美佐子, に老人, に自然, に船底, に虎, に蛇吉, に袖, に親方, に証人, に調理場, に赤座, に起きた, に足, に踏むべく, に通行人, に部下, に酒, に酔, に金色, に銀行, に長い, に隠し持った, に雨, に風采, に飛騨, に魔人, に魔法使い, に黒ん坊, のこと, のでき, の姿勢, の新聞, の最後, の死, の永かっ, の私, はいかにも, はおそらく, はおまえ, はおろか, はお嬢さん, はお客たち, はかならず, はくち, はけっして, はご, はさけぶ, はすべて自分, はそこ, はそり, はたとえ, はだれ, はとうてい, はなにごと, はふり向く, はほか, はまたたきする, はまだ, はまわり, はゆめ, はよかっ, はわたしら, はわれわれ, は一同安眠, は人々, は人間, は今, は休み, は何, は元日, は元気, は几帳面, は出したくなかった, は別に, は卜, は又, は大丈夫, は始終, は幾らか, は床, は張卒, は恐ろしく, は手, は昼, は最後, は机, は楽しく, は武侠, は毎日, は決して, は法律, は浴びる, は消え去っ, は父, は生活, は用心, は甲板, は白雪姫, は真面目, は石, は私, は私たち, は美しい, は見ちがえる, は調子, へ騎馬巡査, ほんのしばらく, もあとどの, もあまり口, もいく度, もいのりつづけました, もその, もとかく, もひどく, ももうすぐ, もやがて, もエゾヤマドリ, も今に, も何, も女, も寝る, も彼, も本郷, も気, も疲労, も精神, も背筋, をかの, を内田さん, を後醍醐, を政府直営, を金鼓, を鉄柵, グレゴール, 別に何事, 待って, 撓むこと, 生きて, 酔えるよう

▼ いる~ (490, 0.1%)

16 がある 14 の前 11 があった 10 もある 9 の中 8 もあった 7 が多い 5 であった, ですから, というの, の娘, もない 4 の参右衛門, の者, はない 3 だと, でした, ではない, のなか, の主人, はなかっ, は一軒, は今

2 [26件] がありました, があります, だ, だった, である, であるから, ではその, でも次の間つき, なの, なん, のそば, の主婦, の二女, の奥, の子供, の屋根, の方, の近所, はありませんでした, はこの, は私, へ帰らね, へ料理, をたずねる, を一軒, を見つけ

1 [302件] か, かと思っ, からはいい, から一番, から会場, から町, か旅館, があっ, があるだろう, があるでしょう, がうれしい, がきまっ, がここ, がそこ, がその, がたくさん, がところどころ, がどうやら, がどこ, がどんなに, がまだ, が一軒, が三四軒, が京大阪, が何, が何十戸, が何軒, が名, が嫌い, が少々, が幾ら, が建つ, が数限り, が有る, が東山, が爆弾, が百姓鍛冶, が私共, が見つかる, が軒並, が飛ぶ, くらいはある, さえある, すっかり寝しずまっ, だから, だが, だけは自分, だったが, てえの, であったり, であっても, であろうと, です, ですぜ, ですよ, でないかと, ではかわいい, ではたった, では一種, では庭, では飯時, でも隠居, でダブリュ商会, で一度, で世話, で二階, で兄, で実は, で座敷, で買う, で近江屋, で部屋, で飼っ, とができる, としたら, との対立, とはとても, とは前, とは十町, とは堀ひとつ, とまったく, と主人, と芥子畑, と見え, などがあった, などはない, などもあった, などを珍し, など村, なのよ, なんか全く, にいた, にいっ, について内偵, になに, にはかえって, には井戸, には目印, にぼく, にむなしく, にも足, に三十七, に下宿, に入る, に半年, に向っ, に執達吏, に嫁入り, に帰っ, に帰り, に水, に着いた, に着く, に育った, に蚊帳, に行っ, に遊び, に限っ, に響き渡っ, ねあそこ, のあたり, のある, のかげ, のこと, のすぐ, のぞんざいさ, のまわり, のヒッソリ, の事, の二三軒手前, の二男, の亭主, の人々, の側, の別室, の前庭, の名, の向う側, の地下室, の坊ちゃん, の垣根, の大家, の女, の子供たち, の屋根瓦, の形態, の影, の意, の戸口, の扉, の投影, の暮し, の東方, の格子, の横, の正面, の殆ど全部, の油土, の物, の玄関, の直ぐ, の窓, の米俵, の納屋, の老婆, の表, の裏口, の見とり, の設備, の話, の軒, の近く, の門, の階下, の隣り, の鴇婦, は, はあの, はあばら屋, はありません, はあるまい, はいかに, はいくら, はおろか, はかの, はじき, はそれから, はたいてい, はただ, はどこ, はどんな, はなく, はむしろ, は一応, は伝通院, は体, は借家, は元々, は全く, は全焼, は六人家族, は北鎌倉, は四谷, は妙, は宗家嘉門, は小石川, は小野, は少ない, は恐ろしい, は最下級, は楠木家, は殆ど, は沢山, は生き, は町, は稀, は見かけない, は見当らなかった, は農家, は門並, は静かそう, は高台, は麟祥院前, ばかりである, ばかりはカセギドリ, へお, へそんな, へとたどりついた, へもう一度, へ不相, へ九十郎, へ入り込ん, へ帰っ, へ帰れ, へ戻る, へ真佐子, へ知れない, へ祟る, へ舟, へ行き, へ行っ, へ行った, へ裏, へ見すぼらしい, へ見舞, へ這入った, へ間借り, へ集まる, ほどもある, までやっ, まで突き, もあり, もありました, もひどく, もまた, もまだ, もみな, も二三戸, も土地, も売る, も多い, も少なく, も手入, も明け渡さね, も私, も見うけられた, も見える, も見当たらなかった, も随分, や五反歩そこそこ, や壁, や子供, や木, や鶏, よりもずっと, らしいと, をさし, をざっと, をその, をのぞきました, をみつけた, を云え, を今新, を千代子, を尋ね, を思い出す, を恐喝, を捜し, を捜し当て, を探す, を朝, を焼く, を示す, を空想, を縁り, を見, を見せた, を見る, を訪ね, を訪ねた, を護った, を離れたくない

▼ いるものの~ (466, 0.1%)

8 あるの 7 あること 4 如くであった 3 一つは, 本当の

2 [21件] あったこと, その特徴, それも, それを, ほかに, 一人な, 今では, 何の, 全部です, 前に, 如くである, 如く視るもの, 彼が, 心の, 心は, 心を, 思いも, 数は, 目から, 考えかた, 間に

1 [399件] あちこちが, あったの, あとへ, あなた方の, あるべきは, いいよう, いざと, いっこう面白く, いつかは, いつまでも, いまなお, いまを, いる工場, お前の, お年は, かえってだんだんシヅ子, かくて, かたちを, かのお, かれ自身, くる最後, こうやっ, ここから, ここに, ことを, この方, この時不思議そう, この無駄, これが, これぞと, これのみ, これまた, これら南方離島は, これら各種の, こんなところ, ごとき形相, ごとくその, ごとくそのまま, ごとくであった, ごとくである, ごとくと, ごとくに, ごとく云わず語らず細やか, ごとく使用人一人, ごとく天堂一角, ごとく嫉んだ, ごとく手真似, ごとく澄まして, ごとく考えて, ごとく語った, さして広く, さもなければ得られた, しかも今日, しるしばかり, すべてを, そこに, そのどこ, その下, その坐り方, その子孫, その実, その心中, その男, その脚, その間の, それだけの, それでもさすが, それでもずいぶん, それでも格子, それでも椎たけ髱, それとて, ただ二人きり, ただ盗んだ, ただ見る眠ってる, だんまりの, ちっとも主人, つめたさ, とにかくまっすぐに, とにかく世界中, とにかく闊達, とびついて, どういうもの, どうしても感情, どうして私, どうにもしようが, どうも孤独, どこか, どちらか, どれが, なおその, なおそれでもお, なお多く, なかなか繁昌, ひとつひとつが, まだ正式, みんなの, もうわたし, もしお, やがて自分たち, やはり彼女, やはり社会, やはり行きたく思う, やはり貴族, よろこびと, サテな, タカを, ロマンティックな, 一つであります, 一つでしょう, 一つに, 一人であります, 一人である, 一人として, 一人娘である, 一円を, 一半は, 一向に栄えない, 一尺ほどの, 一日も, 一旦彼女, 一番下に, 一番冷静だった, 一色党の, 一部として, 一部にも, 一部分な, 万里の, 三種である, 下では, 下にさえ, 不平は, 不思議と, 不意に, 不治の病ことに, 世界へ, 世間の, 中心これを, 中核の, 主税は, 事実ある, 二つの, 二倍以上と, 云うこと, 云う事, 人は, 人生の, 今さらに, 他の, 他人に, 代表者である, 以前は, 住所とは, 佐吉は, 体の, 体臭に, 何か, 何かを, 何という, 何んである, 何分にも, 例である, 価値という, 修行体得は, 僅少な, 元結が, 先方では, 全部を, 公平に, 兵に, 内容や, 内心には, 内心不安に, 内福で, 凡そどこ, 出家は, 利権生命線が, 前より, 力に, 助けによって, 動いて, 参考には, 口から, 只歎, 可能性を, 合宜, 同じく火事, 同時にまだほんの, 同時にまるで他人, 名であった, 名取に, 味であろう, 固定観念です, 国民に対する, 国際市場な, 夏の, 外見る, 多いこと, 多いの, 多いヨオロッパ人, 多い事情, 多きを, 多くは, 多くも, 多さ, 多分約束, 大体は, 女は, 如き観, 如くぐにゃ, 如くであります, 如くに, 如く劉封, 如く孫権, 如く感ぜられる, 如く歌風, 如く無言, 如く無駄矢, 如し, 妹の, 姿が, 姿を, 孟に, 完全な, 実の, 実はどうも, 実はふたり, 実体が, 実体は, 実例を, 実現する, 実現である, 実質として, 実際は, 実際美味問題, 容子に, 容易に, 寛闊な拘り, 屋敷の, 岩が, 差という, 帯着物長襦袢から, 常日頃, 年すでに, 幾次郎が, 店の, 弁慶の, 弱点を, 形が, 形は, 影さえ, 影である, 影という, 影は, 役人たちの, 彼女は, 彼自身一匹の, 待ち伏せて, 待って, 後楯を, 微妙な, 心では, 心には, 心持として, 心持の, 心着く, 心配は, 念の, 思いやりが, 性質それらを, 性質を, 恐らくこれ, 悪鬼の, 意味を, 懐へ, 我が国でも, 或る, 手足が, 持彦が, 振舞です, 故郷たる, 数あるいは, 数も, 斯う, 日ざかりは, 早その, 明治四十年頃に, 更けて, 最古の, 期間に, 本は, 本当には, 本質は, 本質も, 果してその, 果して何人, 枠の, 柳吉の, 根が, 案外すれっ, 構成の, 模写な, 権威さえ, 欠点を, 欲求と, 歌麿の, 正体が, 正体は, 正反対である, 正式な, 歯ぎしりこれは, 殆ん, 比率から, 気持を, 決して永久, 河の, 流石に, 満足を, 甚だ多き, 生彩ある, 田能村竹田の, 由来小, 町役人達も, 疲労と, 痛苦と, 痩せても, 目ざめの, 相手が, 真価は, 真理でさえ, 眼に, 眼には, 眼を, 確かな, 確信から, 社会的客観性を, 神経をも, 私が, 私は, 科学的解明でなけれ, 空の, 空は, 空虚, 立てる賑, 端から, 精神の, 精神を, 精進ぐらしも, 約四千倍, 終末な, 絶え間なき, 罹りやすい, 羞恥も, 義務だ, 義務とでも, 老臣たちは, 聯想から, 胸には, 脚力が, 脳裡に, 自ら兵を, 自信を以て, 自分が, 自分であったら, 自分の, 興味を, 芸術的な, 血が, 血は, 衷心では, 要素が, 要素も, 見かた, 言動やによって, 認めざるを, 豊かさ純一性成長性が, 賞賛や, 質が, 質及び, 踏みしめるべき大地, 身に, 身分について, 輪廓が, 迂愚は, 都からも, 重さ, 釣台の, 長良川の, 間で, 陰陽道の, 階段を, 随一は, 静岡で, 音に, 音楽とは, 頭の, 顔だけ, 顔だけは, 魂では, 鶴子は

▼ いるとも~ (465, 0.1%)

24 いえる 21 いえるの 14 知らずに 8 いえよう 7 云える, 考えられる 6 思えなかった, 見られる 5 いう, 云うこと 4 思われない, 知らず, 言えるの, 言われる 3 いないとも, いるとも, 言える

2 [24件] いえるし, みえる, 伝えられて, 取れる, 思えない, 思えないの, 思えないのに, 思える, 思った, 思われないから, 思われるし, 知って, 知らずお, 知らずただ, 知らないで, 考えて, 考えられない, 聞いた, 聞いて, 見えないが, 見える, 見られるの, 言われた, 識らず

1 [289件] あの坊主, ありがたくは, ある, いい大和, いう面, いえないので, いえなかったけれども, いえません, いえるであろう, いえるよう, いった例, いって, いやしっ, いわずいないとも, いわないし, いわれその, いわれた, いわれるであろう, いわれ石見, うかがい知ること, うかたかた, きいて, きめがたい, ここに, さめて, して, しらずしめやか, しらずしょんぼり, しらずその, しらずジム水兵, しらず一号艇, しれたもの, ずんと五右衛門承知, その意味, つかずうとうと, つかず怒って, つかない不思議, つかない眼, つかなかったし, つかぬ顔, とれるし, とれるの, とれる複雑, ない彼, なくはいっ, なく夜, なく浅く短い呼吸, なく誘い込まれる, なく隠れ, なしに, なんとも思っ, またどこ, またよく, またわたくし, また笑っ, みえるし, みえ云うべき言葉, みられる, みること, わからなくなった, わしの, わしも, ウジャウジャいる, ッと, 云えた, 云えない, 云えます, 云えよう, 云えるしいないとも, 云えるでしょう, 云った, 云ったり, 云われて, 云われ土間, 云われ諸説紛々, 他から, 付かない細君, 令嬢は, 伝えられ九分九厘, 似て, 僕は, 先刻倉蔵が, 分つこと, 分らないよう, 分らなかった, 分らぬだけに, 分りも, 利家は, 取れなく, 受けとれた, 受けとれる, 喘いで, 噂した, 大解りじゃ, 宮の, 左膳に, 帆村君, 師輔は, 形容し切れない, 彼は, 心付かずに, 心附かで, 思います, 思うこと, 思うまい, 思えた, 思えないから, 思えないが, 思えないし, 思えないでも, 思えないほど, 思えない胴腰, 思えます, 思えません, 思えませんので, 思えるその, 思える坂本, 思って, 思わせない, 思わないが, 思わないただ, 思わなかったが, 思わなかったし, 思われた, 思われないが, 思われないし, 思われないの, 思われない下車, 思われなかったであろうが, 思われぬ, 思われぬので, 思われます, 思われません, 思われ或, 恥じを, 感じたの, 感ぜられるの, 我々には, 推断し得ない, 明示され, 書いて, 書かれて, 死んだとも, 気がつかずに, 気が付かず悪人, 気付かなかった, 決まらなかった, 物体に, 現実に, 目には, 知らずいつも, 知らずいや, 知らずおのおの, 知らずして, 知らずそのうち, 知らずと, 知らずどこ, 知らずまして, 知らずまた, 知らずやっぱり, 知らずゆう然, 知らずコックリコックリ, 知らずスーッ, 知らずネルチンスキイ, 知らず一世, 知らず二言返事, 知らず井戸, 知らず人間, 知らず右, 知らず夜更け, 知らず大型和船, 知らず好い, 知らず妻, 知らず少年, 知らず左膳, 知らず席亭, 知らず庭下駄, 知らず応接室, 知らず悠々, 知らず懸命, 知らず新橋, 知らず机, 知らず檻, 知らず此女, 知らず灌木, 知らず熱心, 知らず犬, 知らず玉蘭, 知らず福島, 知らず稜々, 知らず突然, 知らず老母, 知らず花道, 知らず血みどろ, 知らず見物, 知らず迂濶, 知らず通路, 知らないよう, 知らない彼女, 知らない玄徳, 知らぬか, 知らぬふう, 知らぬ姫君, 知らぬ覆面探偵青竜王, 知らねえでその, 知れざりし夫人, 知れず店, 知れず真暗, 知れない, 知れません, 知ろうよう, 称し得るもの, 笑って, 考えずただ, 考えては, 考えぬ, 考えられない一本二本, 考えられよういわば, 考えられるの, 考えられるわけ, 考えるから, 考えること, 考え得るの, 聞いたが, 聞えた, 聞えて, 聞かなん, 聞く, 聞くが, 聞こえる, 聴いた, 苦しいとも, 見えず静まって, 見えた, 見えて, 見えないしさ, 見えないのに, 見えなかった, 見えなかったが, 見えなかったの, 見えぬその, 見えぬわい, 見えぬ程, 見えるし, 見え或, 見られない事, 見られまさに公然, 見られます, 見られるし, 見られるであろう, 見られるドイツ哲学, 見られる微妙, 見られる遊芸人, 見られボロクソ, 見ること, 解らないが, 解らなかった, 解釈が, 解釈出来る, 言いそれ, 言いますぜ, 言い得られる, 言えない, 言えないので, 言えなかった, 言えば, 言えましょう, 言えよう, 言えるし, 言えるほど, 言えるわけ, 言えるん, 言った, 言ったもの, 言って, 言わるる, 言われなくは, 言われよう, 言われる噂, 評されません, 評判の, 話した, 語った, 起きて, 足を, 近ごろ聞い, 運命を, 限らない, 雨の

▼ いる人たち~ (461, 0.1%)

14 の中 6 のこと, の間 5 がいる, の姿 4 である, の顔, はこの 3 がいた, がみな, が自分, だから, であった, です

2 [25件] がある, がみんな, であったから, であります, であるが, でも昔, と同じ, なの, にもまた, のある, のうち, のため, のなか, のほう, の一人, の仕事, の大, の生活, はほとんど, は非常, もある, もいっしょ, もきっと, をどなりつけた, を眺め

1 [345件] からいい, から俸給, から来た, から沢山, から生き神さま, から神奈川奉行, から見る, から逃げる, が, があっ, があります, がいちばん, がいちばん勢力, がいます, がおかしく, がかなり, がどこ, がなぜ, がばかばかしく, がまさか, がまぶし, がやや, が三千人, が人間らしく, が作者, が例えば, が出, が前, が参加, が四五人, が多く, が小さく, が少く, が幸福, が意義, が懐かしい, が折々, が数えきれない, が昨今, が林町, が歩み, が沢山, が知っ, が笑い, が見える, が讓, が買出しかたがた散歩, が踊り, が重宝, が階級的, が集まり, さ, さえある, だけが命, だけが選り整えられた, だけのもの, だけの中心勢力, だけの間, だけれども, だそれ, だった, だっている, ってみんな, であって, でありましたから, であり写真, であるから, であること, であろう私, でした, でしたから, ですか, ですから, ですの, でで, ではない, では私, でもなかなか, でも浮足立っ, でも瞬間, でパンパン, で地震, で現実, という, というもの, とかが源氏, とこの, とそっくり, とその, とに慣らせなけれ, とよもやま, と同様, と牙, と私, と顔, と食べた, どのひと, などと自分, などへは派手, にいう, にいじ, にいわゆる, にかわ, にくらべ, にこういう, にこっそり, にしろ, にその, にそれ, にとってたとえば, にとっては十分味, にとっても最も, にとって一番, にどうして, にはあらゆる, にはこうした, にはその, にはわかるまい, には取っつか, には夫人, には殊に, にほほえみかけました, にも出あいませんでした, にも欠点, にわかり, に一々, に丁寧, に与えた, に声, に大いに, に対してお, に対してであった, に対してはうらない, に対する軽い, に有益, に比べる, に病人, に私, に聞かせる, に見せる, に見られ, に訊いた, に話し, に迷惑, に顔, のおかげ, のしめし, のする, のそれ, のたべ, のところ, のなみ, のふっきれない, のまじめ, のよう, の仕事場, の仲間入り, の何人, の余技, の作った, の呼び声, の多い, の宮中, の寝るべき, の幻想, の影, の心, の心持ち, の忠誠, の思う, の所, の教え, の斉, の方, の書いた, の曹司, の様子, の気, の理解, の目, の真中, の私語, の耳, の肩, の血管, の裳, の言葉, の評判, の話, の足もと, の選挙, の階級, の風雅, の髪の毛, の魂, は, はあわて, はうすい, はおそらく, はかえって, はここ, はさっさと, はしかも, はしらけた, はすくえない, はそう, はそれ, はだれ, はどうして, はどちら, はどれ, はなんと, ははっきり, はほか, はまさか, はまだ, はみな, はみなヒゲ, はみな一廉, はみな顔, はみんなびっくり, はむろん, はもう, はもうビクビク, はもし, はよく, はよろこん, はわたしたち, はナロウドニキ風, は一しょ, は一種, は七人, は今度, は仕合せ, は他, は仮に, は六条院, は動かない, は又, は同情, は周囲, は容易, は島, は左, は年月, は当然, は待つ, は必然, は手, は日, は昨日, は更に, は服, は次ぎ, は沈黙, は源氏, は源氏物語, は皆, は眼前, は自分, は自動車, は自然主義風, は要するに, は親切, は身なり, は追善供養, は銀座, ばかりかもしれません, ばかりだった, ばかりで, ばかり見, へどれほど, への義務, へ向け, へ向っ, へ面, ほどわれわれ芸術家, までが仲よし, までが立ち止まっ, までが陳列, までこちら, もあちら, もあった, もあり, もいつ, もうかうか, もお, もかなり, もそれ, もちりぢ, もぴったり, もまた, もみな, もみんな, もみんな中国人, もわたしたち, も僕, も同じ, も変らない, も奇蹟, も尊い, も往来, も戰爭中, も気が付かなかった, も浜子刀自, も皆, も私, も米友, も自分, も芸者たち, も起きた, やらもっと, よりはずっと, より以下, らしい, わけて北原さん, をある程度, をうち, をお手本, をこれ, をご覧, をそう, をにらみました, をねぎらう, をはげまし, をわれわれ, を二三人, を少し, を岸, を後に, を指す, を救っ, を末, を火焙り, を相手, を眺めやった, を祝福, を見ました, を誰, を軽蔑, を追い出し, を追い払う, 例えば北海道奥地, 働けば, 故なかなか

▼ いるだけの~ (444, 0.1%)

30 ことで 28 ことを 24 ことだ 14 ことは 11 ことな 10 ことである, ものです 9 ことであった 8 ことです 7 事は 5 ことだった, ものだ, もので, ものな, 事を 4 ことさ, 事である, 話だ 3 お金を, ことじゃ, ことでした, ものであった, ものに, ものは, 相違である, 話です

2 [17件] こと, ことしか, ことに, もの, ものだった, ようだ, ようです, ような, ように, 事だ, 事で, 元気も, 力が, 力も, 相違だ, 相違です, 話で

1 [198件] お値打ち, お姿, お客様が, お話は, ことそういう, ことだろう, ことであっ, ことでありました, ことであろう, ことなら, ことにも, ことも, ことらしい, この土着武士, その牧場, ために, ちがいだ, つまりやっぱり, ひとだ, ものか, ものだろう, ものであります, ものである, ものであれ, ものの, ものらしい, ものを, もの弓矢の, もんじゃ, もんだ, もんで, ようであった, ようである, ようにも, よその, わずかな, ダイヤを, デモは, フランス語を, 世界観の, 主観的な, 事だった, 事であった, 事でございます, 事でした, 事な, 事情か, 互に透明, 人々が, 人々は, 人かも, 人に, 人間で, 人間の, 今の, 伯母に, 余裕は, 修養が, 僅少な, 元気が, 公園だった, 兵も, 兵力を, 力さえ, 力は, 力を, 助言さえ, 勇気が, 勇気は, 単純さで, 単語を, 原始詩人の, 右に, 同じ事, 名前のこらず, 名前を, 唄を, 商売で, 喜劇, 国ぐにのことばをつかってたずねてみました, 地名でも, 場合が, 多面さが, 奥ゆきを, 女性であろう, 妓たちだけ, 妙達を, 姿勢に, 子供を, 孤立的な, 学問の, 学者な, 客観的知識を, 寂寞と, 小遣いは, 少女達の, 屋内靴を, 平凡な, 平家は, 建物は, 弾丸を, 彼の, 心の, 忍耐が, 忍耐力が, 忍耐力を, 悪縁さ, 情実でも, 情懐が, 情熱も, 愛を, 愛情に, 感情で, 我慢が, 我流の, 所で, 批判を, 指輪を, 文献を, 新聞は, 方が, 旅費を, 時などは, 時間を, 智慧の, 智慧も, 果いが, 構えに, 構図である, 様子な, 正体の, 毒薬の, 気力も, 活力しか, 浪人は, 演説は, 無能視され, 物が, 物は, 物腰にも, 状態だった, 状態に, 現実には, 理由が, 生活が, 男であった, 相違かも, 相違で, 相違でありました, 相違でしか, 相違に, 眼つきでは, 知慧を, 秘話を, 程度に, 穀物を, 空気さえ, 立場な, 範囲では, 簡素な, 精力を, 紙数も, 素敵な, 細工とも, 絵に, 罪の, 義理も, 老いぼれに, 肚も, 能しか, 自分を, 自分自身の, 舞いを, 蜂が, 蠅を, 親しみは, 観覧席には, 計画書を, 話さなどと, 話であった, 話であり, 話では, 話な, 話を, 話探偵小説は, 違いだった, 違いで, 違いである, 酒は, 重量と, 金は, 金を, 銭を, 間の, 闊達さ強靭さ雄大さは, 音に関しては, 高さ, 鱶が

▼ いるけれど~ (434, 0.1%)

5 それは, 私は 3 その実, それも, 心の 2 ああいう, いまに, これが, これは, その中, 大部分, 顔は

1 [401件] あいつは, あえてそれ, あそこは, あっちでは, あとは, あなたという, あなたの, あのこと, あの人たち, あまり時間, あんな立派, あんまり着物, いずれも, いったいどんな, いつかどうか, いつもきちんと折目, いまにも涙, いまの, いやらしい例, おたがいに籠, おとうさんは, おばあさんは, おばさんの, おれたちは, お互いに, お前さん攘夷という, お化けが, お医者様, お母さんとて, お父さんを, お酒呑み, お高, かつては, からだは, きっとまた, きっと親父, きみの, けっしてたがい, こうして男, ここには, ここのだけは, このざま, この作者, この女, この有様, この現実, この縁談, この頃, これも, これを, これ以上悪化する, こんなにおいぼれ, こんなに見事, こん夜は, ご亭主, さりとて解釈, しかし世の中, しかし私, しかたが, しかも彼, じつは王さま, すらっとし, すること, ずっくり, せめては, そうし, そうした留女, そうした過去, そこに, そして新聞, そっちの, そっちへ, そのうち, そのかわり, その他の, その円, その大きなやつ, その心持, その描写, その日常, その時分, その本, その点, その爪, その理由, その眼鏡, その短慮, その足跡, その騒ぎ, それが, それで, それでいて断じて, それでものべつ, それでもまだ, それでも安心, それでも満足, それでも目, それでも餌, それに, それにしてもこの, それにしても困った, それに対して, それを, たしかに明智探偵, ちがう顔, ちっとも速く, つまらないから, でも洋服, ときどき生地, とにかく我々, どうしたら, どうしてもおくれ, どうせ当人, どうだ, どうもいや, どんなこと, なおいくぶん, なかなかです, なかなか美貌, なにも, なるが, なるほどこの, なるほど北槻中尉, なんだかがさつ, なんだか妙, にこにこし, ひょっとする, ひよわいよう, ほとんど使用, ほんとうに, ほんとうは, ぽつん, まあそんな, まさしく志水幹, またなに, また身なり, まだお嬢様, まだどうにもしようが, まだまだ焼跡, まだ十六歳, まだ曹操, まだ満足, まるきりに, まわりの, みんな腕に, めいめい自分の, もうその, もう横, もう鉱山, もし一度何, もし君, もっとはっきり話し, もっともっと先, もはや遅, やがて帰っ, やがて背後, やさしいよ, やっぱり思わしくない, やっぱり育ち, やはり微細, やはり日本, やはり物思い, ややともすると身, よくごらん, よく書ける, よく見る, わが上新田, わたしたちだって, わたしたちは, わたしには, わたしは, われわれを, アトランチス人の, ストッキングを, センチに, ルオーの, ローマは, 一つには, 一つも, 一つ間違う, 一として, 一には, 一人でも, 一体どこ, 一度も, 一日に, 一種の, 一見する, 丁度今頃, 七度もと, 三月の, 下から, 下級の, 世帯持は, 世間の, 両家は, 中年の, 中洲より, 主人は, 事実は, 京大阪から, 亭主に, 人を, 人間の, 今から, 今に時刻, 今度の, 今度は, 今日まで, 仕事という, 以前を, 以来手紙一本よこすで, 仲, 何が, 何だかその, 何となし, 何とも味気, 何も, 何を, 何んで, 何一つしでかす, 何処か, 俺から, 側面から, 僕たちの, 僕の, 元の, 先に, 全く別人, 八人までは, 八津は, 兵馬は, 其様な, 内心の, 内心は, 内証の, 内部で, 内面は, 初耳の, 別にその, 利口そうで, 利根川の, 前に, 加賀国で, 北山川の, 医療という, 十一日第, 十兵衛光秀は, 叔父さんの, 口から, 口に, 各戸を, 名人達人を, 向うが, 向側の, 君の, 吹く男, 周囲の, 困ること, 土地そのものが, 声を, 夕方に, 外出は, 多分あれ, 大きくなったら, 大敵に, 天保時代には, 夫婦に, 女たちには, 女の, 女は, 女房は, 妹さんが, 嫂の, 字を, 実は四十五ノット, 実現の, 小路は, 尚お, 居所が, 島田は, 島田市から, 帰する, 帰って, 年は, 廊下から, 弁信さんお前寝過ごし, 弱々しいところ, 当時の, 役者衆とは, 彼は, 彼らが, 彼女が, 往年全国の, 後には, 復讐の, 心は, 思いは, 思うよう, 恋愛の, 愛して, 慈善病院は, 憎悪の, 戦場の, 承知し, 指の, 描写の, 提灯の, 政さんなんかに, 政夫さんの, 教育の, 敢て, 敵の, 文句を, 文字として, 日は, 明智に, 明瞭に, 昔は, 更にその, 木の葉に, 未だかつて斯様, 本当は怖く, 本来の, 村では, 東京近くにも, 松江だ, 栃木県と, 桃水との, 桑は, 正しく蒼竜斎膝丸, 武芸十八般ことごとく, 歯ごたえの, 死ぬの, 残念ながら, 母親が, 江戸へ, 江戸中の, 決してそんな, 油断も, 波の, 泪も, 流石に, 浪人者には, 海女が, 滅多に誰, 演劇芸術家としての, 無論沈黙, 無邪気に, 牛の, 甚助を, 生活の, 画面での, 病気も, 目的の, 相当の, 相手の, 確証が, 私が, 私だって, 秘密の, 空気の, 竪穴が, 素破, 細香女史が, 美しい容貌, 美しい顔, 聞けば, 臈た, 自分たちには, 自分でも, 自分の, 自校, 製氷会社の, 西洋の, 見知った者, 親方は, 誰も, 課長は, 豈図らん, 貉を, 買った時, 身分は, 辻斬り稼ぎの, 遂ひ, 運動不足の, 選手では, 酒井の, 野天の, 鉄板の, 随分それ, 霜置く, 面会謝絶の, 面倒臭いから, 風邪お, 飯を, 騒動が, 高くて, 鳥は, 鵞鳥って, 黄門卿とも

▼ いるあの~ (430, 0.1%)

6 人の 4 娘は 3 不思議な, 女が, 女の, 子の, 有名な 2 ひとの, 唄を, 女, 小桜神社, 時の, 男が, 男だ, 男を

1 [389件] あたりが, あわれむよう, いい眼, いなか侍です, いやらしい怪物, うめのき, おいらんでさえ, おごそかな, おそろしいよう, おそろしい気持ち, おどろおどろしさ, およんちゃ, おれんじ色, お妻, お方です, お照, お祭り, お粗末な, お蝶, お袖, お軽, お関, かたい殻, かたが, きざな, きれいさは, くすぐったい作法, ご宝物, しゃれた掏摸, すごい土煙, すてきに, すばらしい彫刻, たぐいなく甘い, たなばた祭りです, ちっぽけな, つぶらな, ときの, なつかしいゴットフリート, なんともいえない, ぶきみ, ぼう大な, ような, ように, りんと, わけの, アンティブの, ガチョウに, サモイレンコが, シタドヤ, ジャンパーを, スヒンクスと, スミス中尉であった, ソホーの, デンワで, ピストルは, マドロスには, マドロス殿様も, リビエラ沿岸いわゆる, 一つの, 一時的の, 一条の, 一種独得な, 一種異様な, 一空和尚の, 七月十九日夜の, 三人の, 三角形の, 三重の, 上の, 上層の, 不幸な, 不思議に, 不愉快な, 不調和な, 両方の, 中津王を, 乳房は, 二人は, 二日間私は, 五十・五十二番地という, 五重塔が, 人たちとしては, 人たちに, 人たちを, 人です, 人に, 人には, 人は, 人造人間が, 人間とは, 人間は, 仕事の, 他力の, 任務との, 伝馬牢と, 何とも知れない, 修道院の, 働きと, 優美な, 兄を, 八間の, 冷静な, 出世した, 切なげ, 刺戟とやらには, 努力を, 匏の, 化物の, 十五六の, 十四年間の, 南瓜でも, 厖大な, 厚い本, 叔父が, 古の, 古風な, 哲学径の, 唇の, 問題が, 喪服を, 噂の, 四十女の, 地上, 地底の, 坂田省吾の, 坊主な, 城を, 墓に, 墨の, 声にも, 夏の, 外人に, 外界の, 夢が, 大きいサル, 大きい青い板石, 大利根博士が, 大将が, 大業刀には, 大船を, 大車渠貝, 大軍だ, 天主閣の, 太い檜, 太陽は, 太陽を, 奇怪な, 女に, 女ね, 女を, 女思いがけなく, 娘だ, 娘を, 媚びるよう, 嫌悪すべき, 子どもだましの, 子どもには, 子も, 子供の, 子猫に関する, 安価に, 客座敷二つの, 客観的な, 家族写真, 尊い先生, 小さい美しい一種, 小路を, 少年ゆう, 屋敷だ, 山の, 山本さんて, 山本信義が, 峰を, 川へ, 川開きが, 巻き奉書の, 巻尺の, 市場の, 平坦な, 幸運一生涯中贅沢と, 広場へ, 底なしの, 度胸には, 庭の, 庭へ, 従弟の, 御藩中, 微笑である, 忌まわしい情景, 忘却の, 思想を, 怪しい動物, 怪人丸木が, 怪人物だった, 愉快げな, 意地悪な, 意気で, 感じは, 感激である, 憎たらしい坂道, 憲兵ら黒い, 手一つに, 手品師の, 投書について, 故郷の, 文士は, 文鎮を, 料理の, 斜めに, 方が, 方の, 方は, 日常性平凡事へ, 日本人の, 昇天の, 明智だ, 易者, 春の, 春子さんは, 曲がり工合一つ, 書物を, 書記の, 木なども, 本を, 柔和な, 柳原土手である, 桃色の, 梁が, 楡の, 様子の, 様子を, 模範的の, 歌を, 段通を, 殺風景な, 殿様は, 毛も, 気の, 気高い胸, 水沢という, 江戸者女に, 沙門の, 河を, 河野であったらしい, 浪人者さ, 浮標の, 深淵の, 渦の, 湯の, 漠と, 潜水艇は, 無明です, 父の, 片われ, 牛は, 狐の, 独りぼっちの, 猿, 猿殿と, 理論, 甘美な, 生家の, 生意気な, 甲虫とも, 男です, 男と, 男は, 男試みに, 町は, 画面の, 痩せこけた顔, 白い衣, 白木づくりの, 百姓の, 皮肉な, 目ざましい灌木, 盲の, 真の, 眼ただ, 眼つきが, 睿智の, 知的教養を, 石道が, 神話的な, 秘密の, 程度よりも, 稚児像で, 稲を, 稲野谷兵助は, 空地が, 竜泉寺の, 納骨都市の, 紙切を, 細い鋭い眼, 絞首台の, 緑なす, 繊細な, 美しい大理石, 美しい女, 美しい芳江姫, 美留藻の, 羽撃き, 老人に, 老婆は, 職人仕立ての, 肖像画を, 胆吹の, 背丈の, 脚で, 自我への, 自由さに, 臭い溝, 色とりどりの, 若い人, 若い女達, 若衆と, 苦力は, 荒れ地まで, 菩薩の, 華麗な, 蓋を, 蔓草に, 蕾の, 薄倖な, 薄暗い書斎, 薄気味の, 行員の, 行為が, 親切気あの, 言葉あれは, 言葉の, 調子で, 論文みたいな, 谷も, 豌豆大の, 貞永式目という, 赤レンガの, 跛の, 辺の, 逆潮流, 逆説が, 透明怪人は, 通り長い, 逞しい撥形鶴嘴, 道弥と, 達磨禅師を, 遠い虫, 部落の, 金の, 金属から, 金髪蒼顔なる, 針が, 針の, 銅像は, 鋭い両, 錦紗を, 鍵孔の, 鎧櫃だ, 長い刀, 闇太郎の, 陰惨なる, 際の, 隻脚隻腕の, 雀である, 雄々しく苦しん, 雑踏の, 離縁状を, 雲の, 青い大きな, 青空が, 青竜刀は, 非妥協的, 面影は, 音は, 音も, 音を, 頭は, 願文な, 風車であった, 飛行島の, 駕の, 高い崖, 鬼の, 鳥は, 鴨でも, 鷲に, 黒檀の, 黙った人, 黴の

▼ いる~ (428, 0.1%)

29 な気 13 に見えた 11 だ, である 7 だった, です 6 だが, では, なもの, な気持, を見 5 に見える 4 であった, な事, に思う 3 ですが, な感じ, な訳, な顔, に思われます, に思われる, に見えます

2 [29件] が想像, だから, だね, であったが, でした, ですね, で薄気味, な口調, な妙, な心持, な男, な空, な調子, にその, になった, にも思われた, にも感じられた, にも見える, に僕, に取れた, に妙子, に思った, に思われました, に感じられた, に見えました, に見ゆる, は一寸, は傍, も叙

1 [224件] か, がいじらしく, がいろいろ, がその, がちょうど, がのぞかれる, がばからし, がよく, が一望, が何, が凄味, が反映, が大いに, が奇観, が左京, が描い, が描かれ, が涼し気, が眼, が私たち, が見えます, が見える, が見られます, が説かれ, が豆人形, が遥か, こそ心もとない, じゃ, じゃありません, じゃなあ, だからと, だけれど, だったが, だったらもう, だったら主任, であります, でありますから, であるが, であるそれでも, である従って, でい, でございました, でございましたが, でございましたよ, でございます, でしたから, ですあちら, ですから, ですといった, でそれ, でも, でもあった, でゾッと, で何, で従って, とが目新しく, と桜, どうに, なお, なこと, なしんねりむっつり, なすぐ, なその間, なそぶり, なつもり, なところ, なとでも, などは見る, など夜, なの, なまるで, なもんダ, なゆったり, ならば, な一方, な一種異様, な不安, な何とも, な作り方, な光りと深, な光景, な具合, な厚い, な厚味, な声音, な変てこ, な夢, な天候, な奇怪, な如何にも, な家, な家人, な山林経営者, な常磐木, な平たい, な所, な手ごたえ, な春暁, な時間, な格好, な渓あい, な物音, な独立的, な狭い, な珍しい面白い, な生活, な男性女性, な異様, な目尻, な眼付, な石塔, な色, な色艶, な芝生, な錯覚, な陰翳, な非常, な音, な響き, に, にあの, にいまさら, におもわれ, にかつて, にこちら, にこれ, にし, にしか取れない, にしたかった, にまるで, にも思われる, にも見え, にも見えた, にも見えなかった, にも見えます, にバタバタ, にブルブル, に世間, に先生, に実に, に屋根裏, に常識的, に当時, に彼, に思いこん, に思え, に思っ, に思わせる, に思われ, に思われた, に感じた, に感じられる, に押絵, に描き改めた, に旨く, に朝, に本来護法, に様々, に疑われ, に白かっ, に眼, に空々, に美しい, に美麗, に聞える, に聞こえた, に聴, に脇目, に自分ら, に薄笑い, に見えるでしょう, に見せかけた, に見受けられる, に見誤った, に豹一, に頭, ね, はいかにも, はえがく, はきらびやか, はとても, はなん, はなんとなく, はまるで, は世, は中, は凄, は天使, は女性, は実に, は市中, は浅草寺, は空, は美しい, までも父, まで連想, もまま, も叙する, も土地, も思いやらるる, も眼前, も見えた, も見もの, も面白かっ, やら狭い, らしく思われる, をあるじ, をいま, をうらやまし, をかつて, を僕, を夢, を思い見る, を描い, を眺め, を絶えず, を装う, を見た, を見たら, を見よ, を見る, を見渡し, を証言, 命ずると

▼ いるほど~ (423, 0.1%)

23 である 13 だった 129 だから 7 であった, です 6 であるから, なの 5 小さいと 3 だが, ですから, なもの

2 [15件] お前の, だよ, であります, であるのに, では, でも, で腕, なので, なのに, なん, な子, な者, 気の, 気楽な, 自分の

1 [296件] あって, あなたならではという, あれも, いい気な, いくらでも, いつのまにか都振り, いつもあの, いやな, いよいよ見, うかつだ, うれしい事, おおかめさん, おとなしく後, おまえは, おめでたい人間, お前ら一族の, お艶ちゃん, お通, かれを, きっぱりと, くわしく知っ, このいとわしい, このスミタキ, この世の中, この人, この政治的利害, この着想, さっきから, しかくかれ等, そうひどく, そのつよい, その人たち固有, その保護, その列, その勢力, その峠酒屋, その影響, その恢復, その時, その贋金遣い, その逞しい, その風景, それは, それほどじっさいチャアリング・クロス, それほど愚弄, たとえば今, だいこんはじぶんの, だからな, だったが, だっただから, で, であって, でありましたから, でありませんよ, であるが, であるとも, であるのみ, でこの, でこれ, でございますもの, でさ, ですもの, ですよ, でなくとも, でよく, で屋根, で当時, で方角, で知識, で祖父安兵衛, で雪崩, で高級, とかく余事, とっぴな, どうしても彼女, どこまでも, なかなかし, なよい, ならもう, なら一ッそネネ, なら何で, なら青春, なんの, な三谷総本家, な人, な処女, な勇士, な暇, な身分, な重傷, な高熱, のんきで, のんきな, はげしく活動, ひどい事, ひどい砂煙, ぼくは, ます, ますますどうしていい, ますます力強く, ますます神妙, ますます高い, まぶ, みすぼらしい土地, むつかしい問題, ゆえ固, よけい喧嘩, よろしいもの, わたしという, イヤな, ゴウマンな, シュルンシュルンという, デザインが, ビンランした, 一層人, 一日が, 一種異様に, 世に, 乱暴に, 事実に, 京吉は, 付いてるでしょう, 付景気の, 以後の, 低劣で, 何ともいい, 何等かの, 余裕の, 作家の, 保の, 信吉は, 俺の, 倖せな, 僕の, 優しいもの, 優秀な, 光り出して, 兼子の, 内面は, 冷遇され, 出た乳, 判って, 前に, 劇が, 劇団に, 勇敢な, 動かないところ, 区切られて, 医術が, 医術という, 反省も, 取上気せた, 名の, 品物が, 問題を, 善人の, 喜ばされたの, 困って, 堅いので, 境内の, 多く三代, 夜どおし魘され, 大きな罪悪, 大きな退歩, 大混雑, 女の, 好む, 好人物揃いでした, 子供じゃ, 安心で, 安直に, 尊とく, 小さいという, 小学校から, 少くも, 尨毛である, 年を, 幸福に, 幼なかった, 広汎に, 強か者だった, 強力な, 当の金吾, 当人は, 当然高度, 形勢は, 彼の, 彼は, 彼女に, 彼女の, 彼奴の, 徳利が, 忌まわしい習慣, 快晴である, 怒って, 怖しい, 怖ろ, 怜悧で, 恐いこと, 悩ましい恋情, 悪い方, 悲しく淋しくなっ, 惚れっぽく, 意気地なし, 愚な, 拙いもの, 損な, 数が, 新しいもの, 新吉は, 日本に, 日本の, 日頃から, 時代おくれ, 有名な, 未練に, 札幌の, 机の, 権力の, 歎い, 武勇にかけても, 武道熱心な, 歴史の, 段々先方, 気に, 決してそんなに簡単, 洋食が, 涼しいの, 激化し, 無情な, 無智無感覚, 無責任で, 父親として, 片腹痛い事, 特長の, 狡猾で, 生活力が, 生蕃的で, 異国人の, 病弱に, 痛切な, 発音の, 益々よい, 盛んな, 目も, 相手は, 眼も, 確かな, 祖母の, 私と, 空間に対する, 筋は, 簡単な, 素子の, 細ながく伸ばされた, 結果は, 綱宗が, 綺麗である, 職業的に, 肥えて, 胃腸の, 腹が, 臆病な, 自棄な, 至難な, 苦しみながらも, 葉子の, 複雑な, 見苦しいほど, 親しくなった, 親の, 言語に, 読まれ年々, 豪毅な, 足早な, 軽捷な, 辛いもの, 辛い事, 近い距離, 通って, 邪魔な, 酔った, 醜い子, 長くて, 間の, 陳腐な, 陽あたりの, 雌牛は, 難しい仕事, 難渋した, 雪崩れ, 面倒な, 食べた, 馬鹿, 騒がしい賑わしいこの, 鮎が

▼ いる若い~ (393, 0.1%)

30 女の 12 男が 11 男の 10 男を 7 女性の 6 人々の, 女が 5 女を, 娘が, 男は, 男女の 4 男に 3 人々と, 妻の, 娘の, 娘を, 男女が

2 [19件] 世代の, 人に, 人達の, 労働者が, 女, 女に, 女性たちの, 女性は, 娘は, 婦人が, 婦人たちの, 婦人に, 官吏に, 心に, 男女を, 画家の, 百姓真壁の, 綺麗な, 者に

1 [234件] お主婦さん, お里の, のが, のを, ひとが, ひとと, ひとも, ものは, アメリカ人の, サラリーマン達の, ニューラの, ブナの, モダンボーイ風のや, モーニングを, 一組が, 丈夫な, 主婦さんの, 主婦を, 乗馬将校の, 事務員が, 二人づれが自分たちの, 二人にとっては, 二人を, 井上医師が, 人々が, 人々に, 人々は, 人たちが, 人たちと, 人たちに, 人たちの, 人たちは, 人たちを, 人で, 人の, 人は, 人も, 人達が, 人達に, 人間は, 作家が, 作家にとって, 作家の, 作家を, 侍と, 侍の, 侍へ, 侍臣に対しても, 俳優である, 俳優に, 俳優達の, 公達なども, 兵士たちは, 兵士に, 刑事の, 劇作家であり, 助教授の, 動物学者の, 勤人夫婦その, 博士が, 友だちは, 友人が, 叔母が, 叔母の, 同胞の, 君に, 命を, 商人ていの, 堂衆である, 士官の, 売子たちとの, 外人は, 大工さんと, 大工の, 夫人は, 夫婦である, 夫婦の, 夫婦者を, 奥さんの, 女たちの, 女な, 女などが, 女の子が, 女も, 女や, 女ホテルに, 女中が, 女事務員の, 女二人の, 女工が, 女店員たちは, 女性たちが, 女性たちほど, 女性たち日本の, 女性に, 女性も, 女性を, 女性達が, 女性達は, 女房が, 女房で, 女房などで, 女房の, 女房は, 女房も, 女給が, 女達で, 奴らが, 姪が, 姫君の, 娘さんたちの, 娘さんに, 娘さんにとって, 娘さんよく, 娘さん達が, 娘さん達の, 娘たちが, 娘たちに, 娘たち少女たちの, 娘や, 娘夜目には, 婦人たちは, 婦人は, 婦人を, 婦人作家が, 婦人労働者が, 婦人労働者に, 婦人労働者の, 婦人労働者アサに, 婦人客の, 婦人達の, 子息の, 孔明の, 将士を, 小せがれ, 少女労働者は, 少数の, 尼さんよりも, 尼僧を, 工員が, 店員からも, 店員に, 店員の, 弁護士に, 彼等を, 律勲は, 心と, 急進的青年を, 技手は, 新吉に, 方の, 旅の, 旅びとは, 旅行者たちの, 時代が, 時分は, 杉杜の, 梢も, 棟梁うしろから, 楢の, 武家と, 武家の, 武者修行は, 母が, 母は, 母を, 母親, 活動家が, 流行作家の, 浪人の, 浪人者と, 漁夫の, 父の, 産婦の, 男たちが, 男たちの, 男だ, 男と, 男も, 男や, 男女にとって, 男女は, 男女も, 男女会員達は, 男性と, 画家と, 番頭に, 番頭を, 白人の, 看護婦たちは, 研究生たちまた, 純な, 細君の, 細君らしい, 紳士を, 美男らしい, 者からの, 者が, 者たちの, 者でした, 者な, 者ね, 者の, 者二人を, 芸者そのまま, 芸者と, 芸術家たちの, 落語家の, 血が, 見物人たちが, 親子たちの, 詩人が, 誠の, 諸君が, 身もちの, 農小婦の, 連中が, 連中なんか, 連中なんかに, 連中は, 配達夫でし, 里恵の, 野梅です, 間に, 雲水さんです, 青年か, 頃の, 風邪の, 飛行士の, 馬一匹を, 騎馬武者は, 龍子は, NHKの, PWの

▼ いる~ (377, 0.1%)

7 で, でその 6 でそれ 4 を通っ 3 でこんな, で彼

2 [20件] だと, でこの, ですら, でだんだん, でよく, で廻す, で私, で自分, にあの, にこの, にゆうべ, によく, に太刀, に既に, に立っ, の家, へ来, へ来る, まで来る, を通り過ぎ

1 [307件] からちっとも, からつい, からなんで, から無理, だけで, だけでも君, だけなら, だったので, であの, であまり, であり得べからざる, でいきなり, でうめく, でお, でお里, でき, でくどかっ, でこう, でこっそり, でこのたいした, でさして, でさんざん, でしくしく, でしたよう, ですて, でつけつけ, でです, でですか, でどうして, でどんな, でのみ真面目そう, では, ではいくら, ではいやに, ではっきり, ではつまらない, ではともかく, ではどうにも, ではなおさら, ではやはり, では丸く, では二人, では例, では兄弟, では啼かない, では少し, では必ず, では思い, では恥かしく, では母親, でひ, でひばり, でふところ, でみっともない, でもう, でもええ, でもっ, でもびっくり, でも平気, でも関わん, でも随分, でよくこう, でよくも, でわたし, でオルガンチノ, でキス, でビーカー中, でベラベラ, でミサ子, で一つ皆さん, で一度, で一本, で上原, で丹下左膳の, で二重箱, で人間, で今, で仕事, で仰向け, で伸び, で何ん, で何度, で停った, で停りました, で僕, で冷やか, で出し, で切, で剃刀, で前, で加えられた, で勘定, で取り乱した, で口, で口汚, で召使, で喜平, で囃子方, で圓朝, で地面, で堂々, で外箱, で大声, で大手, で天ぷら蕎麦, で太陽, で女, で女中, で女房, で始めて, で嫂, で小さな, で小太郎, で少し, で帯, で平気, で床, で座, で弟子, で御, で恥, で惜気, で愛する, で手, で手土産がわり, で手足, で支払った, で斬りすてろ, で断り, で日本人, で更に, で最愛, で有無, で杉, で杯, で椅子, で正太, で殺さなけれ, で母親, で池, で泣い, で泥棒, で浜辺, で滑る, で漢, で無造作, で焼い, で熱烈, で父, で犯人, で狐拳, で理想, で男, で畑中自ら貝, で白い, で盃, で目, で相手, で短刀, で礼, で純潔, で紛失, で細い, で肉屋, で背, で腰, で腰巻姿, で腹, で花輪, で言った, で言ッ, で話, で話し, で読ませ, で誰一人, で謝罪, で醜し, で重箱, で金庫, で障子, で電報, で面, で顔, で顔中, で食堂, で飲みました, で高木, で鯉, などでは容易, なんかで, に, にこれ, にすでに, にそう, にそこら, にその, にそれ, にちょっと, にでもよッ, にとつぜん, になお, になにか, にはまさしく, にはまばら, には一つ, には叩い, には白峰本岳, には長, にひとり, にほんの, にぼく, にまず, にまるで, にもっと, にわたし達, にマキ割り, に一人, に三年, に丸く, に兵力, に初江, に十分, に半兵衛, に安死術, に家, に彼, に必ず, に手, に投げ出し, に持っ, に木戸, に歩み寄りました, に海北友松, に片手, に突っ, に緋, に脱衣, に自分, に襖, に転げ, に重, に閑散そう, に院内, の, のところ, のほう, のロハ台, の上さん, の九州探題北条英時, の予備校, の夫, の女, の市長, の席, の廊下, の往来, の快, の所作, の方, の日, の槍, の水面, の煙, の畳, の空地, の精進落, の系列, の裸体, の路, の黄金, へいっ, へお, へさしかかった, へすすん, へぞろぞろ, へと出る, へやってきました, へやって来た, へクレオン, へ出た, へ小次郎, へ廻っ, へ彼, へ戻っ, へ方向, へ立っ, へ行っ, へ金, もかまわず, も平気, よりはるか, をつばめ, をやすやす, を一匹, を先刻兄, を右左, を巡査, を往, を旗, を男, を皺, を私達, を考え, を路傍, を通, を通ります, を通る

▼ いるせい~ (366, 0.1%)

17 でも 12 だ, もあろう 11 かも知れない, だろう 8 だろうと, では 7 であろう 5 かその, でしょう, でしょうか, なの, もあっ 4 か, かどこ, だろうか, である, ですか

3 [12件] かそれとも, かもしれない, かも知れん, だった, だと, であった, であろうか, であろうと, なん, ばかりで, もあったろう, もある

2 [18件] かこの, かしら, かすべて, かどうも, かなんとなく, かも知れなかった, か一人, か何, か海, か甚だ, じゃない, だか, だよ, だろうが, ですな, にもよる, もあるだろう, らしい

1 [163件] かある, かいっこうに, かいつも, かうまく, かお客, かきゅう, かきん, かけさ, かこ, かこういう, かここら, かこれ, かしごく, かじっと, かすぐ, かずっと, かせん, かそれ, かとにかく, かともかくかれ, かと思った, かと文学好き, かどうして, かどっち, かどれ, かな, かなかなか, かなんだかまだ, かひどく, かふと, かほとんど, かまた, かまたは, かまだ, かもしれん, かも知れません, かよく, かスポーツ精神, かヴォルフ, か一寸, か一層, か一番めんごいこと, か一目, か一緒, か万, か不作法, か世の中, か二つ, か京吉, か今日, か他人, か仲, か伝右衛門, か使者二人, か俺, か入道, か兵馬, か其中, か冬, か前, か双翼, か坐っ, か坐り, か声, か夢見, か女官たち, か存外, か室, か平生, か幸太郎, か延ばした, か彼, か怖い, か思い掛けず, か悪, か意外, か敵, か文章, か斜め後, か旅行用品部, か早口, か昼間, か普通, か景行, か暫らく私たち, か有色人蔑視, か東京, か梨, か植木屋, か横浜, か武骨, か気持, か波, か湖畔, か炬燵, か物, か独り, か皮膚, か直, か真弓, か眼, か瞼, か知らない, か私, か穴蔵, か米, か背丈, か芳香, か菅原洋平, か蒼白い, か表情, か近頃, か通り, か造作, か進取的, か野童, か銀河, か長い, か随分, か頭, か飛び, か鶴雄, か黄いろい, たかと, だけで, だったかも, だったであろう, だったの, だとのみ, だとも, だろうかと, だろうなあ, であるかとも, であるかも, であろうかとも, でいよいよ, でこの, でしたろうが, でしょうね, でしょうよ, です, ですが, でなんだか, でみょうに, でもあった, でもあったろう, で保, で先方, で彼, で御座いましょう, で断髪, で暑, で眼, とも見えます, と思う, と思われます, などでは毛頭ない, にしよう, に違い, ばかりでなく, もあったでしょう, もあるらしい, も大いに

▼ いるより~ (364, 0.1%)

33 ほかは 28 ほかに 21 仕方が, 外に 19 他は, 外は 10 ほかなかっ 6 他に 5 しようがなかった 4 外なかっ 3 しかたが, しようがない, ほかない, 仕方なかった, 遙かに 2 どんなにいい, ほかしかたが, ほかには, 仕方も, 仕様が, 以上の, 多数の, 死んだ方, 自分の

1 [165件] あの色, いいと, いくら増し, いたしかた, いっその, いっそ身, おれ達と, お妻太夫, かもっと, このほう, この方, この薄暗い, こんなにさっぱりした, さらに西, しョ, ずっといい, ずっと健康, ずっと多く, ずっと実用的, ずっと深い, その方, そんなこと, たずねた方, たとえそれ以上, ちやんと, つまらない, どうだい, どこぞ, どこへでも, どころが, どっさりルーブル, どのくらい, どれだけ, どれほど, どんなにどんなにいい, どんなに重味, どんなに骨, なかった, はるかに, ひとりで, ほかこの, ほか今の, ほか仕方が, ほか仕方なかった, ほか何ごとも, ほか意外な, ほか策が, ましで, ましです, またじ, もう時節, もっといい, もっといろいろ変った, もっとこまる, もっとひろく, もっと多く, もっと女給, もっと細部, もっと進んだ, もっと重大, よいたい, よけいに, よっぽどその, よっぽど人間らしい, よほどサッパリ, モスクワでは, 一層聞き苦しい, 一思いに, 一日でも, 一日の, 一日も, 上の, 世の中へ, 今日を, 今頃こんな, 仕かた, 仕方ないでしょう, 仕方の, 仕方は, 他ない, 他愛なかった, 他無い, 何が, 何れほど, 余程いい, 俺と, 働く方, 僕は, 優しです, 児童らが, 判断力を, 別れて, 勢いよくサッと飲ん, 十倍近くも, 台所に, 君の, 呑気で, 図書係りにでも, 土精骨の, 地方に, 外, 外何の, 多勢と, 大きい事実, 大きい社会性, 大きな, 大切です, 大胆に, 奉公に, 奥さんと, 女の, 好く知っ, 学校に, 安いこと, 実行です, 家に, 寒いの, 寧ろプロレタリア文学, 少しも, 岩井の, 張りあいも, 心強いわけ, 思い切って, 急速な, 悪くなっ, 悪人の, 愉快じゃ, 意味の, 戸外に, 新らしい, 早くお, 早くパンパン, 早く実験, 早く東京, 明るい確か, 正直に, 歩いたほう, 死んだほう, 江戸へ, 炬燵にでも, 獲物は, 現実に, 現実には, 生ずる変態たる, 田舎で, 百も, 直接ウィルソンに, 真実で, 知って, 空高く, 細君が, 美しく見える, 自分も, 若い世代, 苦しいに, 荊棘の, 行った方, 遙により, 銭形の, 青めりん, 面白いよ, 面白くなる, 高い空, 高度の, 魚でも

▼ いるだけに~ (351, 0.1%)

5 なって 3 彼の, 過ぎない

2 [16件] あたくし, あたりの, かえって気味が悪かっ, この姿, すぎないの, すぎなかった, すべての, なった, 二人の, 新子の, 気が, 痛々しい, 聞いて, 過ぎないの, 過ぎなかった, 順平を

1 [308件] あざやかなる, あの男, あまり人相, あれを, いかにもそういう, いかに人間, いくらかその, いくらか気分, いささか小才, いっそうきみ, いっそうそんなふうに思われる, いっそうみじめ, いっそう凄惨, いっそう競争意識, いつ死なぬ, いまさらはずかしく, いま手を, いろいろ珍しい, お前なんぞより, お嬢さん気質の, お愛嬌, お熊, お絹, お藤, お銀様, かの二見ヶ浦, かれの, かれら, きのうほど, こういう取り調べ, こうしてしばらく, こう言う, このくらいの, このパリ, この世の中, この主義, この句, この脆弱, この辺, この闘い, この際, この頃, この頼み, これが, これは, これを, こんどは, こんな愚行, さすがに, しかもきれい, して, すぎず詩的, すぎない, すぎない者, すぎまい, すべてそれ相応の, すること, そうし, そうした時, そこでは, そこには, そこは, そのうしろ姿, そのきたな, そのまま黙っ, そのやり, その中, その保有美, その凄まじ, その創始者, その声, その後を, その濁っ, それが, それだけむつかしく, それだけ却って殆, それだけ犯人, そんな目, だれも, つまり自分, とき, とどまった, とどまって, とらえどころなく, どうしてあの, どうも馬鹿, どうやらあやしい, なおさら憐憫, なおさら腹立たしかっ, なおさら自身のぶざま, なおの, なお尊い, なお恐ろしい, なお答え, なお面白, なか, なかなか能弁, なかなか詳しい, なつた, なにさまこの, なりました, なんだか不思議, ひときわ目, ひとしおの, まあ幾分, またおどけた, また特殊, みんなも, もうすぐに, もう児太郎, よけいに, より手ごわく, わが子の, わけても江戸娘たち, わたくしは, アラが, スバラシイ尖端的な, ズケズケと, ズット調子が, タンタンタンと, 一そう妖しい, 一句の, 一層この, 一層仕, 一層優長, 一層効果的, 一層気違い, 一層罪, 一生懸命だ, 一番又, 万力は, 不思議でも, 中へ, 争いがたい, 事がらが, 事情は, 二度と後, 二葉亭の, 五つ紋の, 人を, 人柄も, 今は, 今宮さんも, 他の, 伎倆が, 体力が, 何か, 何となく一種, 何と慰める, 何やら空々, 何んだ, 何処か, 何時助太刀に, 何等他, 余計に, 余計人間離れ, 俊亮には, 僕は, 全体が, 八五郎は, 八五郎も, 其の疑い, 其東面に, 力は, 動くもの, 十分若い, 千穂子は, 単に一身, 危なくって, 危険に, 危険の, 却って現実, 厄介である, 双方すこしも, 反って, 古来の, 可なり, 向うの, 吾, 問い返しも, 困った顔, 困難である, 坊主と, 城太郎は, 大井久我之, 大沢の, 夫人の, 如才の, 妙に, 妹の, 姑は, 存外転身, 安心し, 実は甚だ, 家内は, 容体ただならず, 容易な, 寂寥が, 富士山は, 尊王の, 小左衛門は, 小次郎の, 少しは, 少しも, 少なくももっと深く, 尚さら不潔, 尚の, 居心地が, 市中並びに, 常識的だ, 平次は, 平次も, 店も, 庭の, 弟子たちの, 弥生の, 強情らしい, 役人の, 彼は, 彼らは, 彼を, 彼女の, 彼女も, 心の, 心得たやつ, 心配する, 必死に, 思い切って, 思わずハッと, 悲しみは, 戦争と, 手狭な, 探偵には, 摂氏一度だけの, 敏く才覚, 教育すれ, 日本語として, 明日から, 昔の, 普遍性を, 暮れの, 有れども, 朝鮮人には, 本当の, 本質は, 東京へ, 梶田さんは, 森君に, 槍を, 次郎の, 武夫の, 母も, 気温が, 決して表面, 泥んこの, 洋次郎であった, 無事に, 父に, 物の, 物は, 物凄い形相, 特にはつきり, 玄白斎は, 疑いようは, 痩せた上, 皆が, 相当な, 秀吉も, 私は, 私よりも, 秘密の, 米友の, 紀久子は, 紙の, 罪の, 美しさ, 肉体的だった, 腸の, 自分より, 自然で, 興味ある, 良人も, 花井一郎は, 華奢な, 薪に, 見識が, 親譲りの, 言葉として, 許せないの, 赤井は, 足利方でも, 身動きも, 轉落は, 近年ここへ, 近所では, 過ぎないと, 過ぎない平和, 道具建てに, 違いない, 雄大で, 集まって, 雪に, 非人乞食よりも, 非常に, 面白い事, 音楽も, 額に, 首夏の

▼ いるくらい~ (345, 0.1%)

47 だから 30 である 2522 ですから 17 です 12 であった 11 なの 7 だが, なもの 6 だった, なん 4 であるから, でした, ですが, ですもの, なんだ 3 だからね, ですよ, なので

2 [12件] いいこと, だと, だよ, で, であの, であります, であるが, ですわ, では, なこと, 小さいと, 率直で

1 [102件] この二神, じゃ, だからな, だからねエ, だこの, だこんな, だし, だったが, だとか, であったから, であったが, でありましたから, でありますから, であるいは, でこれ, でご, でございます, でごわす, でしたが, ですけれど, ですと, でそう, でそっち, でそれ, でとにかく, でまったく, でもし, でヘエ, で一般, で下宿住い, で乗組員, で他, で大谷家, で少し, で平民, で年, で年じゅう十二三人, で最初, で決して, で泳ぎ, で美食, で誰, なところ, なら, ならあと, ならいっそ, ならお, ならおとなしく, ならこう, ならこんな, ならと, ならなに, ならば, ならばからしい, ならひや, ならむずかしい, ならもうとっく, ならチャンス, なら今, なら今日, なら会ったところ, なら何, なら俺, なら初め, なら君, なら女, なら家, なら寺, なら床の間, なら戦場, なら普通, なら死んだほう, なら死んだ方, なら深山, なら私, なら記憶, なれば, なプロペラ音, な種類, な者, な薩摩絣, な訳, ふくれます, やっぱりその, ゆえよほど, ヘンリーは, 一般的に, 好いところ, 小さいけれども, 恥ずかしかった, 惨めな, 楽しいこと, 毎日の, 流祖自, 滑稽で, 狩猟は, 評判に, 貧しい乏しい暮し, 辛いこと, 醜かった, 非常に, 鳴らしたもの

▼ いる~ (343, 0.1%)

62 では 19 でも 1712 である, です 10 には行かない, には行かなかった 8 には行かぬ 6 じゃない, だが, であります, なん, にも行かない 5 なの, には行きません 4 にはいかない, に行かない, に行かなかった 3 がない, だからね, だった, だね, であるが, ですが, にはゆかない, にも行かなかった, のもの, はなかっ

2 [12件] じゃねえ, だから, だろう, であった, ですから, ですね, になる, にはいかん, には行かなくなった, にも行くまい, は, はない

1 [87件] かどうも, かな, がございます, が成, が無い, じゃなし, じゃのう, じゃアごぜ, じゃ御座んせん, じゃ毛頭ない, だろうと, だわ, であったかも, であったが, であって, でありますから, である銀山平, であろう, であろうと, でこの間じゅう蘆屋, でこれから, でございましょう, でございますよ, でさ, でした, でしょうが, ですか, ですなあ, です科学者, でそこ, でちょうど, でつまり, でなし, で一方, で実にどうも, で彼ら, で眼, にいかず, にいかねえで, にいきますまい, になっ, にはいかなかった, にはいきましねえ, にはまいりませぬ, にはめえりません, にはゆかなかった, にはゆきません, には参らぬ, には参りません, には行かず, には行かなくなる, には行かん, には行くまい, にもいかない, にもいかん, にもなった, にもゆかず, にもゆかない, にもゆきません, にも参りません, にも往かねえで, にも行かず, にも行かぬ, にも行かん, にも行きますまい, にも行きません, にゆかない, にゆかぬ, にゆきません, にゆくまい, に参りません, に行かないでしょう, に行かなくなっ, に行かなくなった, に行かなくなる, に行かぬ, に行かん, に行く, はございません, はねえ, は別に, は桃, は無い, もこれ, もない, もなく, を手

▼ いる~ (340, 0.1%)

13 に私 11 にふと 8 に彼 5 にお, にその, にだんだん, に段々 4 に, にやがて, に自分 3 につい, にとうとう, に何, に男, に突然, に結局

2 [21件] にいつか, にいつの間にか, にそれ, にちょうど, にまた, にもう, に一番鶏, に体, に僕, に十円, に外, に女房, に妓, に少し, に我々, に手, に掌, に板場, に自然, に足, はまだ

1 [216件] いかなる名, がその, がわに, するすると, だ, だけわずか, で所謂好男子, で最も, とうとうのび, なにかホッと, にあせ, にあなた, にある, にいいそびれ, にいかにも, にいつか勤め先, にいつしか, にいつの間にかもう, にいつも, にうむ, におく, にかつて, にこう, にこの, にこれ, にさ, にすうっ, にすっぽり, にそこ, にそれから, にそれら, にちょこちょこ, にでも, にどこ, になぜ, になに, にはあるいは, にはまだ, には刺戟, には召, には妙, には戦争, には日頃おなじみ, には木賊, には段々, には水兵たち, にひとり, にますます, にまだ, にもう一度, にもどかしく, にも事務員, にも女中, にも父, にも魔法使, にようやく, にわたし, にハッ, にハラハラ, にヒョイ, にヒョッコリ秘密, にフト, にフト今年, にボート, に一人, に一層, に一斉, に一瞬, に一種, に丁度, に三年, に三度目, に三谷, に三郎, に上がっ, に不意, に不良少年, に乗客たち, に九月, に二人, に二十, に今, に今度, に何とも, に何故, に何故か, に先方, に其の, に分った, に列車顛覆死傷数知らず, に刻々, に前, に前川家, に北川氏, に十時, に卵子, に又, に双方, に句仏氏, に只今, に同じ, に咽, に四十, に因果, に国男さん, に坊さん, に声, に夜, に大町, に大砲, に妙, に妙子さん, に始め, に官僚, に小便, に小太郎, に山, に岡村, に川手氏, に帰っ, に幽, に幾分, に床の間, に座, に廣介, に式, に当の, に役人, に彼女, に恒川氏, に慎太郎さん, に成長, に我が, に所持金, に散歩, に文三, に新子, に日, に明智, に暗く, に暴風, に柵, に案の定, に検車係, に橋板, に次, に次第, に歯, に殆, に段々日, に母, に涙, に涙声, に無くなります, に無論, に物, に甚七, に眼, に短い, に石田三成, に神鳴り, に秋, に端, に糸, に約束, に紳士, に耳, に胸, に船, に芝居, に草, に蕗屋, に蝶吉, に見舞, に視神経, に豆腐屋, に貯金, に路, に軸物, に追, に逃げられる, に遂, に道, に道頓堀, に郡奉行, に針ノ木岳, に長屋中, に階段, に障子, に雨, に電車, に静か, に非常, に頭, に風呂敷, に馬車, に髭, に魚, の相当, はその, はそれ, はただ, は一緒, は人間, は他, は熱心, は王, は親, は謹慎, は陽気盛ん, ひょんなことからこの, ふとある驚くべき, 不図, 中尾という, 捕えられて, 白くなっ

▼ いる二人~ (333, 0.1%)

11 の姿 10 の女, の男, の間 6 だった, の人物, の男女 5 の耳

3 [11件] の侍, の前, の娘, の婦人, の子供, の客, の方, の者, の若い, の顔, を見る

2 [18件] がある, に向かっ, の上, の人, の傍, の兵, の妹, の小, の心, の息子, の日本女, の武士, の火星兵, の背, の若者, の隣人, の青年, をせきたて

1 [200件] ある兄さん達, があった, があろう, がこの, がなみ, が公事, が協力, が変, が日本左衛門, が来た, が自分一人, が逢っ, じゃない, だ, だったの, であった, であったの, である, であること, であるとも, とはいう, とふたり, とも自分, にすぎない, にちっとも, にとってこれ, にとる, になった, にはにわかに, には以前, にも拘らず, に対しては決して, に挨拶, に着せまし, に自然, のいちばん, のうち, のす, のその, のそば, のところ, のなか, のはるか後, のひたい, のほう, のまるで, のよう, のドイツ人, のピオニェール少女, の下男, の下足番, の中, の中学生, の乙女, の乾児, の予期, の人かげ, の人夫, の人影, の人間, の仲, の体, の作家, の侍女, の側, の兄, の兄妹, の兵隊, の冥界, の刑事, の助手たち, の動静, の協力, の召使, の囚人みたい, の土人, の坑夫, の太刀構え, の夫婦, の姉, の姉妹, の姫君, の子供たち, の寝顔, の小男, の少女, の巡査, の店員, の弱い, の影, の後姿, の後方, の心底, の怒声, の息子達, の愛情, の手, の手下, の技手, の旅, の旅客, の日本人, の木挽, の横顔, の気持, の水夫, の洋装婦人, の浪人者, の漁夫, の火星兵め, の生命, の生活, の男性, の白い, の看守, の眼, の科学者, の童子, の素振り, の紳士, の罪人, の美男子, の老, の老人, の老人組, の肩口, の脚, の芸者, の葬儀人夫, の衛兵, の見なれぬ, の親しみ, の訪問者, の話, の負傷者, の賢人, の趣, の足音, の距離, の身体, の道づれ, の部下, の関係上, の陳彩, の陶器師, の隠者, の頭上, の黒い, の黒奴, の黒点, はいっしょ, はお互い, はそこ, はそんな, は互に, は人々, は今更, は似, は夫人, は帰り, は思わず, は性格, は打ち込まるべき, は昨夜窮余, は木枕, は滑, は若々しく美しい, は葡萄耳人, は血, は道場, へ救い, ほどの女房, もよく, も六郎兵衛, をいつ, をとり押えた, をみつけ, を他人, を叱り, を庭, を引き分け, を想像, を招きました, を振り返った, を暗に, を残し, を気, を照らし, を眺めた, を睨んだ, を突き飛ばさん, を立会人, を紙帳, を繞, を見, を見下す, を見比べる, を認める, を連れこんだ, 或いは三人

▼ いる最中~ (333, 0.1%)

20 だった, であった 17 である 138 だから, でした 4 だったので, なの, なので, なん 3 であったから, にこの, にその, に突然

2 [11件] だったの, であったが, です, にあいつ, にこんな, にやりました, に何, に彼, に飛び出し, のよう, 恰も頃

1 [197件] いましがた外, かにそこで, かもしれない, からりと, この汽船ウラル丸, さ, さえ私, さらに爆弾, そのため, その女きょうだい, その翌日, その若い, その頸, そんなこと, だけマユミ, だそこ, だったから, だったが, だったそう, だっただけ, だったり, だつた, だと, だという, だとの, だのに, だろう, だろうが, だろうし, だろうと, であったか, であったその, であったので, であった自分, でありました, であること, であるので, であろう, であろうたっぷり, でこちら, でございました, でございますから, でさえその, でさえ彼, でしたから, でした不, でしょう, ですから, ですぜ, ででもあった, でなく降り止んだとたん, でもたえず, でもふい, でもわくわく, でも北, でも子供ら, でも良心, でも読みおわった, でツールーズ, で文学, で気, といえ, と思われます, どんな拍子, に, にいつも, にうしろ, にええ, にすっかり, にすでに, にすねはじめ, にせき, にそれ, にそれほど, にちがい, にちょうど, にちょっと, につまらない, にです, にとうとう, にとつぜん, にねんね子, にのん, には食事, にひ, にまるで, にもすでに, にもはや, にもふと, にもやはり, にも幾度, にも時々, にも絶えず, にらん, にイギリス艦隊, にゼルビノ, にバルブレン, にワンワン, に一箱, に不, に不思議, に事務所, に今, に例, に偶然, に僕, に先生, に出, に卒中, に口笛, に咳, に変身, に女王, に実に, に小田原, に当の, に彼女, に後方, に従僕相手, に徳市, に忍びこん, に我々, に戦災者, に早く, に景彦, に木戸, に本郷, に校長さん, に桟敷, に植木鉢, に検閲点呼, に殺された, に気絶, に法師丸, に流され, に清之介君, に湯殿, に激しい, に無人, に焼けた, に熊本, に犯人, に甲斐甲斐しい, に目覚めた, に眠っ, に眼ざとく, に確か, に私, に突然ぴったり, に翁, に老, に老人, に聞いた, に舟, に行われる, に衣川, に誰, に賊, に起こった, に足元, に踵, に遠く, に金五郎, に金博士, に限っ, に階子段, に雨戸, に電光石火, に青楓氏, に飛び込んだ, に麻油, のお, のこと, のところ, の事, の大深, の熱度, の疲れ, の自分, はそういう, はよく, は朝野, ひょっくり出, ふとおもいつく, ふと眼前, ふらりと, へおくればせながら, へこの, へ山伏, へ銭形平次, やのに, らしかった, を大手, を私, バタバタと, ポンポンお客, 或日

▼ いるとか~ (326, 0.1%)

6 いないとか, 聞いて, 言って 5 云って 3 そんなこと, 似て

2 [12件] いったが, いないとかいう, これからいらっしゃる, どこの, 云ったが, 何でも, 半七, 思えば, 省作は, 聞きました, 聞きましたが, 誰に

1 [273件] あたりに, あなたは, あの汽車, あるいはひどく, あるいはまたどういう, あるいはもう, あるいは作者, あるいは信仰, あるいは土地家屋, あるいは将来, あるいは県会, あるいは羅馬カルタゴ方面あたり, あるいは踊っ, あるいは進ん, ある夕方, ある特定, ある者, いう, いったけな, いった鹿島なにがし, いつの間にかそんな, いつ病気, いないとかの, いやあそこ, いやに, いやもう, いらないとか, いろいろと, いろいろな, いろいろの, いわゆる天地人三才, うわさの, おおよその, おまえの, お副采, お客様たちから, かわるがわる礼, ここが, ここの, この特技, これは, こんないろいろ, こんな美しい, さびて, さもなければ芝居, さらば近代, しそう, しょっちゅう際どい, そういう肉体的, そういう論, そういう風, そのため, その他その他の, その結果, そりゃもっけの幸い, それも, それを, そんなよう, そんな具合, そんな評判, ちがうとかいう, ちったそいつ, ですね, でそっち, でその, でなければ, でなければいつか僕, でなければせめて, で先, とかく事欠き, とにかく極めて砂, どういうふう, どこそこに, どんなこと, なにかの, なにがしの, ならば, ぶとの, ぶりを, またどこ, またはたびたび, またはケチ, または主人, または壁, または指, または林房雄, または母, または裁判官, または雨, また一人, また彼, また老年, また註文, また証拠, むすめ, もうしまいには, やれ三浦環, やれ小学校, バスクが, プロペラの, 一つの, 一時間ばかり, 不審なかども目に, 不承不承に, 中で, 乱婚が, 云ういかにも, 云うが, 云うこと, 云うぜ, 云うよう, 云う事, 云う例, 云う類, 云えば, 些かユーモア味, 人に, 今年は, 今度は, 他に, 他人に, 仲冬百姓が, 伊東は, 会社員を, 伝染病の, 伺いましたが, 何かしら, 何かしら彼等の, 何だ, 何とか, 何とかいえ, 何とかで, 何とかです, 何とかまだ不定, 何とか云い得られよ, 何とか言う, 何時何分に, 便りを, 候文でも, 偶数だったらいない, 僕は, 光線や, 六十度の, 兵隊に, 利家夫妻の, 即時開城に, 参ちゃんは, 又わが国, 反対に, 同じ日陰, 同僚との, 唐の, 善いとか, 噂は, 図らずも, 図鑑を, 地蔵様に, 坐って, 大奥の, 大杉は, 太って, 好奇心を, 嫌いぬいて, 家庭教師が, 富山七之助が, 審査員である, 小さくて, 小生意気な, 居ないとか, 帝展の, 干からびて, 座席の, 弟から, 心ばかりの, 怖れ, 意外な, 懐疑の, 或いはまた道具, 或は徳川家, 承ります, 持ち物に, 救われたとか, 昇の, 暑中休暇に, 書けて, 最も大きな, 朋輩衆と, 木ご, 本を, 朱色に, 株にも, 欺瞞に, 歯車が, 死んだこと, 比例させ得る, 氷水を, 決して他, 法城の, 注目すべき, 浅草区から, 湿って, 火鉢が, 無理想, 然しそのうえ, 熱が, 狼に, 理性的な, 生れた子供, 生焼けだ, 田山, 申しますが, 申しますけれど, 申すが, 申すこと, 町では, 目鼻だち, 相当の, 相手の, 相手を, 破れて, 私にとっては, 科学的に, 称する作者, 空を, 笑い声が, 答えて, 粘土製の, 素朴な, 美しい着物, 聞いた, 聞いたが, 聞いた鶴さん, 聞かされて, 聞きたがらない当人, 聞きましたよ, 聞きます, 聞く蕗どの, 腰を, 自分の, 自分は, 色々不平, 花壇に, 若いとか, 荒木の, 言いました, 言うに, 言ったな, 言ってた, 言ってたわ, 誰は, 誰某の, 諷刺的である, 足袋の, 軽蔑し, 近代的な, 道義が, 遠慮し, 遠見を, 量とか, 銃口の, 長いあいだ, 陣中の, 陸に, 際限が, 隣の, 隣りの, 雪は, 預金帖を, 顔が, 風俗が, 馬が, 高慢な, 鬼気せまる

▼ いる~ (324, 0.1%)

7 にその 4 にお, にこの, にまだ 3 に今, に自分

2 [17件] に, にいつも, にかなり, にさらに, にそうした, にまた, に万一, に二人, に周囲, に平生, に長い, に門, に雲, に鼻, の子, の部分, を徒渉

1 [265件] からは人為的, からは何, からは大事, からは直接関係, から云え, から固く, から左, から背伸, から踏み破り踏み破り蹴, から黒茶色, すべりした浅はかさ, その性格, だだ広く, であった, でそんな, での折衝, で作家, で古い, で探り, で農村, どの部屋, なので, にあたり, にあっちこっち, にあんまり, にいい, におどろく, にお仕着せ, にお前, にきのう, にこれ, にこん, にごうごうと, にさして, にしかも, にすでに, にそう, にそういう, にそれ, にたとい, にちかごろ, にちょっと, にどこ, にどことなく, にどれ, になお, にね, にはきらきら, には太陽, にぶくぶく, にまだいくらか, にもう一度, にも雪, にカギ, にクリスチャン, にストオヴ, にセロみたい, にデッキ, にハケ, にヒンクマン氏, にピカピカ, にポタポタ, にランニング, に一二ヵ所, に一人, に一代, に一段, に一種, に七ツ八ツ, に三の宮, に三尺, に不思議, に世間, に両側, に丹那小町, に乗りかかっ, に五万円, に人, に人相書, に今度, に他, に他人, に何度, に俳優, に個別的, に僅, に先頃, に光像, に出版業者中, に前方, に前歯, に努め, に十九年間仕事, に印籠, に去年, に口, に古風, に向こう, に唇, に四月, に土壌, に外, に外洋, に多勢, に夜分内職仕事, に大きな, に大将, に大小二つ, に大手, に天井, に天気, に女あしらい, に字, に学校, に実に, に家来, に富士, に将来日本, に小さい, に少し, に山林, に平易明快, に床, に弟ども, に彼, に彼女, に彼等, に心張棒, に忽然と, に急, に悪, に悴, に愛らしく, に感情, に懐中, に懐中電灯, に抜け毛, に指, に数人, に文献, に新しい, に普通, に暇, に暴行, に更に, に更にまた, に最後, に月, に村, に根性, に桜, に検事, に次兄, に歌風, に武, に気味, に池, に漢字, に濛々, に烈しい, に無銘, に熊, に片, に特に, に現金払い, に生き物, に町, に疲れ, に百倍, に皺くちゃ, に直ちに, に相当, に眼, に瞳, に石ころ, に硬い, に経済, に緑青, に聞い, に聞き捨て, に職人上り, に肉, に腹, に臂, に船, に草, に著者, に薄曇, に血液, に見る, に試験場, に貧しい, に赤ん坊, に身体, に軒, に途, に連日, に酔っぱらっ, に重たい, に金, に階段, に階級章, に雑音, に雨戸, に電燈, に非常, に面つき, に頂, に頑固, に顔じゅう, に顔一面, に風, に馴れない, に駒井能登守様, に高く, に鮮紅, のこと, のほう, のテント, の大きな, の女の子, の娘, の寐台, の方, の橋廊架, の滝, の男の子, の眼, はお, はその, は主人, は何ん, は其方, は助け, は生きられる, へかがみ込んだ, へまた, へもう, へフワリ, へ云いかぶせる, へ偃松, へ妙齢, へ投げおとしました, を, をこっち, をたった, をぽい, をザク, をフウワリ, を五色, を伊助, を俥屋さん, を唸り, を圧し, を樅, を綿, を自動車, を越し, を軽く, を通っ, 大きな亀裂, 大きな黒眼鏡, 実にきっぱりと, 実に小さな, 御一人

▼ いる彼女~ (323, 0.1%)

14 の顔 11 の姿 7 の眼 5 の前, の横顔 4 のこと, の体, の心, の方, の様子, の肩 3 の境遇, の白い, の胸, の腕, の視線, はその

2 [13件] であった, ではあった, に向っ, の口, の声, の母, の瞳, の神経, の腰, の金髪, の頭, の鼻, は自分

1 [213件] からこうして, からの手紙, から嗤, がいる, がその, がふたたび, がよく, が今夜, が死, が遠く, こそまさに, だけに一方, だった, であったから, であったので, でありツイこの間, であればこそ, とこの, としては矛盾, とその, とそれから, とは別, とまるで, とを比較, と変り, と握手, と肩, に, にいわれ, にたずねました, にとってそれ, にとってどうか, にはすぐ, には武蔵, には都会, には黙っ, にも恥し, に会った, に何, に何気な, に出遭った, に向, に対しても男子, に抗議, に気附, のうしろ, のうしろ姿, のかかる, のざら, のしなやか, のす, のすべて, のすもも, のそば, のため, のほう, のわき, のタイプライタア, のピアノ, の一, の上, の事, の人間, の体たらく, の働く, の優しい, の全, の冷たい, の別れ, の創口, の厚み, の友達, の口許, の含蓄, の唯一, の在所, の奇妙, の守霊, の家庭, の容姿, の容子, の容態, の寝す, の寝顔, の小さい, の幻, の形相, の恰好, の感情, の態度, の懸命, の手, の手管, の手箱, の指, の最初, の楽, の死, の死に顔, の気持, の流儀, の涙, の為め, の熱情, の生涯, の目, の矢張り監獄, の秘密物品, の素振り, の耳朶, の肉体, の背, の背後, の胸部, の自覚, の行動, の表情, の言語動作, の貞節, の足, の運命, の過去, の部分, の醜い, の閉めきられた, の陰った, の静か, の面影, の頬, の頭髪, の顏, の顔じゅう, の顔色, の風体, の髪の毛, の魂, の黄色い, はあれ, はきっと, はきっとこう, はこの, はこれ, はしかし, はすでに, はその後, はぞっと, はただ, はたら, はちっとも, はどうも, はぼんやり, はまた, はもっと, はシイカ, は一度, は何, は何処, は古い, は外見, は夜, は大概子供, は女, は巧み, は彼ら, は心, は心持ち, は怨むべき, は日, は枕, は気軽, は津田, は熱心, は燃えあがっ, は白粉, は私, は突然, は紙雛, は縦, は薄荷, は表向, へも常々, もまた, も今夜, も当座, よりも背, をあわや, をそんな, をどう, をどうして, を一目, を会話, を使嗾, を呼ぶ, を引き摺る, を彼, を後, を思うさま, を恐らくは, を感じ, を慰め, を抱きかかえ, を支えた, を更め, を殺そう, を相手, を眺めた, を眼, を羨ましく, を見かける, を見る, を見染め, を見舞っ, を遠く

▼ いる~ (318, 0.1%)

41 がある 138 がいる 6 もある 3 がい, さ, だから, だと, なん, はない, は誰, もない, も大勢

2 [11件] があり, がうんと, だな, です, ですから, なの, の気, は, はなかっ, ばかりな, もあれ

1 [201件] あみんな食詰もの, あるいは飢え, か, かあるいは, かそれ, か女衒仲間, があそこ, があっ, があるかっ, があるだろう, があろう, がいきなり, がいつの間にか, がいるらしい, がおり, がおりまし, がかなり, がきた, がこの, がご, がずかずか, がたくさん, がつい, がどうにも, がどうも, がやや, がよ, がよく, がロイド, が一番, が三人, が上海, が下手人, が九州大学, が五六人, が人形, が其処ら, が十中八九下手人, が図々しく, が多い, が多う, が大概, が居よう, が居る, が座, が思い付いた, が悪い, が書く, が殺人犯, が猫, が白い, が笑い出した, が腐る, が薄っぺら, が見つかったなら, が言った, が訪ね, じゃない, じゃねえ汚, だからこそ, だそう, だった, だって何, だって大, だろう, だ世に, だ我々同職, で, であった, である, でおまけ, でございます, ですからね, ですぜ, ですよ, でなければ, ではない, でも, でも戦線, でも顔付, で姓名, で常識, とこの, とは殆, と同じ, と大分, と椅子, と無茶, なので, なら, ならとっくに, なんかをうまく, なんか一匹, なんか大, なんか居る, にちがい, になんとも, にはかなわねえ, には這般, にも似あわず, にカウンター兼給仕長, に向っ, に様子, に渡せる, に誰, に違い, に邂逅, のそば, のよう, の仕業, の奴根性, の娘, の懐中, の正体, の脳髄, の自信, の血液, の褌, の面, はかならず, はこの, はそもそも, はそれ, はそんな, はたしかに, はなかなか, はまったく, はやっぱり, はソンナ生, はタタキ, は一人, は何, は何時, は何者, は俺たち, は全く, は冥利, は勇二, は四十五六, は国籍, は小使, は少ない, は崖下, は思う, は悪魔, は意気地, は我々, は手, は旅, は早速, は村, は植える, は犯人, は皆, は皆んな, は訳, は賊, は鈴, は馬鹿, ばかりがやかましい, ばかりだ, ばかりで, ばかり多い, へ番人, ほどおっかない, ほどはば, ほど眼, ほど自由, もあった, もありません, もいいかげん, もいた, もいる, もたしか, も中, も少い, も無い, も獲物, も遊び人, も面白く, やいろいろ, やバタ, をマン中, を八時九時, を喰いたい, を引きずり出し, を引っ, を引っぱっ, を当局, を捕る, を捜す, を検閲, を殺す, を無理矢理, を眺め, を背負い込んだ, を薪割, を見, を見た, を誘き出す, を途中

▼ いる以上~ (316, 0.1%)

6 のこと, は 4 は自分

2 [12件] その正体, にひと, に猫, はこっち, はこれ, はその, はもう, は人, は人間, は何, は何事, は安心

1 [276件] いいたいこと, いきなり廃め, いずれ遅かれ早かれ, お延, かくして軽々しく, かれは, きっとジルベール, けっして黙っ, こう私, こっそり抜け出し, この争闘, この勇敢, この女達, この教養, この時代, こんなこと, こんな所, さらにわれ, じぶん, すこしは, そういう人々, そうしたこと, そうムザムザ, そう簡単, そう自覚, そしてまた高音, そのなか, そのままに, そのままの, そのよう, その上, その人形, その作品, その例外, その劇的構造, その因果関係, その娘たち, その家中, その展望, その悪人, その意味, その手, その欠損, その狂い, その生理上, その規則, その論文, その運用, それで素直, そんなこと, そんなこと話題, そんなまね, そんなケチ, そんな家, たしかに一つ, たとえどんな, たとえ民主主義, だったでしょう, とうてい示し得ない, とは思う, どうにか始末, どうも仕方, どの家庭婦人, なぜ憎まれ, なにかの, なまじいに, なもの, なん, な苦しみ, に, にいろいろ, にぐっと, にこの, にすばらしい, にその, にです, には清澄, にみだれ, にもっと, にも莫迦げ, に切迫, に外国語, に実際, に恋い合う, に我国, に清潔, に煩悩, に私, に耳ざわり, に自分, に親しく, に運命, に重大, のおどろくべき, のなに, のよい, のよう, の事柄, の周密, の哲学, の問題, の大胆, の安心, の実, の平和, の思い, の恐怖, の意味, の確, の系列, の記述, の資料, の道理, の雄弁, はあいつら, はあっち, はあなた限り, はいろんな, はお, はお前, はかならず, はかの, はこの, はごく少々, はその間, はそれ, はそれら, はそんな, はたしかに, はたとい, はつい, はできない, はという, はとそんな, はとにかく, はと言った, はどうしても, はどうにか, はどんな, はな, はなくなる, はなさない, はまず, はまた, はもの, はやむをえぬ, はやむを得ません, はゆうべ, はゆっくり, は一日, は一足, は不断, は争闘, は今, は他, は何とか, は何不自由, は作物, は使いよう, は倉公, は優勝劣敗, は元, は前, は単に, は反問, は収支, は周囲, は国内, は土, は外, は多少, は夥しい, は如何, は客観的価値, は岡本兵部, は座敷, は式部先生, は必ず, は戦争, は手ばなし, は折, は招かれる, は指, は捕まった, は断じて, は是非, は是非共, は時々, は本能的, は止める, は死, は決して, は法律, は浴場, は湧き出し, は狭量, は献身, は生き, は皆危険, は確か, は種々, は立, は米友さん, は精神, は繋がっ, は肉体, は自分たち, は草香流, は落着, は行儀作法, は詠嘆, は詳しい, は身体, は遊ぶ, は遠く, は鏡, は長火鉢事件, は頭, は鬼, ひくわけ, また当分, まだお, まだまだ気, まったく宗右衛門さん, まったく根拠, むこうへ, むろん本校職員, もうかくし, もう一度命令, もう部屋, もちろん大人, もちろん昔, やはりいい, やはりその, やはりハハコグサ, やれば, よほど重大, を平ヶ岳, 今にきっと源十郎, 今些, 仕損じの, 会う機会, 何とか婉曲, 何とも仕方, 何らかの方法, 何らかの計, 別に云う, 又兄, 多少の, 大安心, 小藤次, 少しは, 少なくとも然るべき, 広い包容力, 当然, 当然に, 御引受け, 或場合, 所詮かの, 所詮駄目, 明くまでは, 是非ともお, 更に作家, 横切ること, 欲しいの, 決して生活, 無論に, 相せめぐ, 縦令子爵, 舞い手, 行わずに, 討つこと, 起したくも, 近づくの, 遅かれ早かれ網, 黙ったま

▼ いるにも~ (313, 0.1%)

6 かかわらず, かかわらずその 5 かかわらず今, 拘らず 4 かかわらずそれ, 拘らずその, 拘らず私 3 かかわらず自分, かかわらず過去, せよこの, 似て, 拘らずそれ 2 かかわらずこの, かかわらずこれら, かかわらずすこぶる, かかわらずわれわれ, かかわらず一方, かかわらず何, かかわらず私, 拘らずなお, 関らず

1 [246件] あたらない, あたるまい, いったんまず哲学, いられずお, かかわらずあの, かかわらずある, かかわらずいつ, かかわらずいまだに, かかわらずいわゆる, かかわらずお, かかわらずかつて, かかわらずかれは, かかわらずこれだけ艦, かかわらずしかし, かかわらずしからば, かかわらずしじゅう, かかわらずすぐ, かかわらずすこしも, かかわらずするどい, かかわらずそれほど, かかわらずただ, かかわらずたとえ, かかわらずついに, かかわらずとかく, かかわらずときどき, かかわらずとにかく, かかわらずなお, かかわらずは, かかわらずほとんど, かかわらずむき, かかわらずもみ療治稼業, かかわらずゆうべ, かかわらずろくすっぽ, かかわらずカナダ, かかわらずネルロ, かかわらず一人, かかわらず一向に, かかわらず一座, かかわらず一歩一歩, かかわらず両性間, かかわらず中国, かかわらず丸万自身, かかわらず二つ返辞, かかわらず二人, かかわらず人口, かかわらず人間, かかわらず今や, かかわらず依然として, かかわらず個性自身, かかわらず兄, かかわらず別に, かかわらず商業新聞, かかわらず図, かかわらず垣, かかわらず堂々, かかわらず声, かかわらず女, かかわらず女子, かかわらず好んで, かかわらず密林, かかわらず審査, かかわらず少しく, かかわらず左門, かかわらず彼, かかわらず彼ら, かかわらず後藤氏, かかわらず快活, かかわらず悠々, かかわらず意識, かかわらず扉, かかわらず指紋, かかわらず掃除, かかわらず教育映画, かかわらず敷かない, かかわらず新館, かかわらず明, かかわらず暖か, かかわらず本, かかわらず来べきはず, かかわらず案外, かかわらず森, かかわらず樹, かかわらず氏, かかわらず江戸時代, かかわらず活き活き, かかわらず現在, かかわらず現在そこ, かかわらず生活資料以上, かかわらず町内, かかわらず番頭, かかわらず竦んだよう, かかわらず第三者, かかわらず綾子, かかわらず臭気, かかわらず至極, かかわらず若い, かかわらず英国大使館方面, かかわらず虫, かかわらず被害民, かかわらず親, かかわらず誰, かかわらず警察, かかわらず貴女, かかわらず退院, かかわらず闘志, かかわらず非常, かかわらず驚ろ, かかわらず魚たち, かかわらず麓, しろ日本, しろ雪, せよ, せよその, せよただ, せよですすなわち, せよですそれ, せよですよ, せよなお, せよふだん, せよまさか, せよ彼, せよ我々, せよ本当に, せよ私, せよ群雄, せよ藻, せよ読者, せよ高, たえられない, でるにも, どうしても通らね, 似ず, 似ず性質, 係らずしきりに, 係らずところどころ, 係らず彼等, 係わらず並行線, 係わらず私, 係わらず酒井はずッ, 又あの, 又おびやかされた, 及ぶまい, 及ぶまいとの, 同じ黒い, 堪えないここち, 堪えないで, 堪えない気持, 寝て, 当りますまい, 心とめず, 心着いた, 忍びない, 忍びぬ気, 拘らずあまり, 拘らずぐったり, 拘らずこんな, 拘らずこんなにも, 拘らずそういう, 拘らずそれぞれ何ん, 拘らずつまり, 拘らずどこ, 拘らずまだ, 拘らずやがて, 拘らずわたし, 拘らずナカ, 拘らず一目散, 拘らず両, 拘らず人目, 拘らず作品, 拘らず例外, 拘らず停車場, 拘らず傾いた坂, 拘らず出版屋, 拘らず却って, 拘らず同時に, 拘らず否, 拘らず否あまり沢山, 拘らず唯一, 拘らず国師岳, 拘らず夢中, 拘らず太, 拘らず女工, 拘らず実は, 拘らず実物, 拘らず尚, 拘らず当の, 拘らず彼, 拘らず彼等, 拘らず我々, 拘らず文三, 拘らず既に, 拘らず日本, 拘らず日本人自身, 拘らず日本精神主義, 拘らず柱, 拘らず決して, 拘らず現場, 拘らず甚だ, 拘らず目立って, 拘らず直ちに, 拘らず相, 拘らず真紀子, 拘らず矢張り, 拘らず矢張り彼自身, 拘らず知識, 拘らず社会, 拘らず神田, 拘らず積み重ねられたすべて, 拘らず第, 拘らず結局学問概念, 拘らず自分, 拘らず芸術品, 拘らず賃銀, 拘らず近代科学, 拘らず返答, 拘らず遠近, 拘らず錯誤, 拘らず首実検, 拘らず黙って, 拘らず鼻, 拘わらずおまわりさん, 拘わらずそこ, 拘わらずコソ, 拘わらず人麿, 拘わらず却って, 拘わらず女将, 拘わらず実見, 拘わらず強かっ, 拘わらず毛鈎, 拘わらず水温, 拘わらず百松, 拘わらず眉, 拘わらず祝賀, 拘わらず腹の中, 拘わらず非常, 捨てて, 比しい不安, 理は, 目を, 窮屈だ, 縁が, 耐えないの, 耐えなかった, 行列就職する, 長襦袢に, 関せず

▼ いるふう~ (295, 0.1%)

80 だった 33 であった 32 だったが 10 である, です 9 であったが 8 でも 7 に見えた 6 なの 5 だ, では 3 があった, が見える, だから, だが, に見える, もない 2 がある, でありました, なので, はない, はなかっ, もなかっ, も見えない, をし

1 [56件] がない, が充分, が歴々, が見えた, こそ見える, さえ窺われる, さえ見える, すらある, だし, だったわ, であったから, であったの, であつ, であると, でいつ, でこれ, でしか, でした, でしたが, ですら, でてんで, でハラハラ, で一言, で中将, で子供, で沈痛, で煙草, で熱心, で相手, で笑うとき, で鬱々, なのに, なんで, にご, には見えなかった, に姿勢, に巧み, に机, に見えました, に見られた, に言う, の情景, の賢, はちょっと, はみせなかった, は見えない, は見えなかった, もある, も心苦しく, も見える, をまだ, をよそおう, を粧っ, を見せ, を見せる, 迷って

▼ いる部屋~ (294, 0.1%)

17 の中 6 の前 5 の襖 4 がある, のそ, の方, へはいっ 3 から出, である, のドア, の外, の隅, の障子, へ行っ

2 [15件] があり, だった, であった, でこの, に入っ, のうち, のどこ, の縁側, の雨戸, へとん, へ入っ, へ帰っ, へ行き, へ行った, をのぞい

1 [199件] か, からいえ, からはいかにも, から店座敷, から離れよう, から馬車, があった, があの, がありました, がかすか, がまるで, が下, が庭, が気詰り, だけを選び, だったかしら, だの遠く, だよ, つづきの, であって, であるにも, である私, であろうかと, であろう換気, でした, でしたの, です, でそこ, では, ではなく, では今朝, で我慢, で東京, で永い, で窓, で舞台, とおなじ, とてもありません, とは何, とは思えない, と同じ, と杉戸一枚, と部屋, なので, ならどこ, なん, にこういう, にしか映し, についていえ, には, にはいっ, にはいった, には一箇, にひらく, にもその, に入り, に入れられた, に勝手, に寝かされ, に座りつづけ, に松山さん, に給仕, に行く, に返し, に追いやり, に這入っ, に這入った, に飛び込ん, のあり, のお, のこしらえ, のすぐ, のつくり, のなか, のひそや, のほう, のむさくるし, の中央, の光景, の入り口, の入口, の内部, の几帳, の小さな, の屋根, の床, の床板, の廊下, の戸, の扉, の旅客, の明かり, の明るい, の板敷, の柱, の横, の橋廊下, の正面, の沈黙, の片隅, の真下, の破れ障子, の硝子扉, の硝子窓, の空気, の窓, の見当, の近く, の鍵, の隣, の隣り, の静けさ, の頭, はその, はちょうど, はまだ, はもう, はもうすっかり, はポケット小僧, はルイバコフ, は一つ, は丁度, は三間, は二階, は何処, は全て, は四畳, は地下, は奥, は浴室, は見えない, は違う, は長, へあんな, へかけこん, へすべりこんだ, へとび込んだ, へと出かけ, へぬう, へはいる, へはこの, へまいりました, へも廻っ, へフラフラ, へメグ, へ佃, へ入れ, へ寄った, へ導かれ, へ引き返し, へ戻っ, へ戻った, へ挨拶, へ曲がる, へ来, へ来た, へ案内, へ着, へ私, へ突然, へ行かない, へ行きました, へ行く, へ行けない, へ行こう, へ走った, へ近づい, へ退った, へ通ずる, へ通ります, へ連れこまれ, へ飛び込む, まで辿り着きました, もあった, もありました, もある, も広く, も見かけなかったです, をあけさせなけれ, をこの, をすっかり, をそ, をその, を一つ一つ, を一応, を世話, を写生, を振返った, を横, を照らした, を目がけ, を直感, を美しい, を見せ, を見つけました, を見つける, を覗い, を覗く, を通してその

▼ いる~ (293, 0.1%)

9 を見 5 を見る 4 が非常, だ 3 が映った, して, だった, でした, の上, の前, ばかりだった, もある, をし

2 [17件] が幾つ, だと, で, である, です, なの, に注意, に見え, のうえ, のよう, の輪郭, の間, もあった, を, を眺めた, を草, を見た

1 [210件] いろだったが, いろであった, いろも, いろを, からポタポタポタ, から視線, があった, がありあり, がある, がいかにも, がいくつ, がいっせいに, がいま, がだんだん, がならん, がまざまざ, がまるい, が一つ気, が一日じゅう眼, が不意, が代る代る, が偶然レンズ, が可愛らしい, が実に, が強い, が日, が明瞭, が月, が林之助, が殊更, が母親, が滑稽, が目, が石鹸, が若, が荷車, が見あたらず, が見え, が見えた, が見える, が見ゆる, が軒燈, だから, だけしか見る, だけを見, だぞ, だちで常に, だの, であった, であるか, であるが, である事, ですから, でそこ, ではない, ではなく, でも印刷, とであった, との間, とは朝夕打, なよう, に, にそっくり, にたっぷり, についてこんな, にどっか生殖器, になっ, には何, には色, にほれぼれ, にも見せ, にやさしい, に厭味, に困った, に天井, に少し, に漂っ, に漲っ, に笑い, に紙, に青, のうち, のこと, のほう, のまっ, の一つ一つ, の他, の利巧そう, の前面, の外郭, の多く, の大写し, の寂し, の持主, の歴史, の真上, の笑い, の線, の色, の蒼い, の表情, の袖, の赤み, の道具, はいずれ, はうっとり, はお, はきっと, はことごとく, はし, はどこ, はない, はひとつ, はふつう, はまさしく, はもう, はやっと, は一つ, は一人, は之, は何と, は平生, は満足, は潤い, は特攻隊, は蒼白く, は見当らなかった, は誰, は雄弁, ばかりたくさん, ばかりでなく, ばかりをたくさん, へ, へそっと, へ多少, へ映した, もここ, もただ, もはっきり, もみんな知合い, も手, も見えた, も見える, やにがりきっ, や前髪, や沈んだ, よりも警棒, をあげた, をあげる, をいよいよ, をうち守った, をうつし, をかくそう, をきゅっと, をごまかした, をさがし出そう, をじ, をじっと, をすこし, をたしかに, をちら, をながめ, をながめた, をなで廻した, をのぞい, をふき, をふり向けた, をみあげた, をみつけだす, をみつめ, をみる, をよけいニコニコ, を一層, を上げ, を仰むい, を仰向け, を伏せる, を偸見, を合せた, を幾つ, を恥じ, を想像, を憎らし, を数える, を斜め, を此方, を洗う, を矢代, を知らない, を笑いくずし, を背け, を見いだす, を見せた, を見せ始めた, を見つける, を見つめた, を見ます, を見まわし, を見やり, を見よ, を見下し, を見出し, を覗いた, を覗き込み, を認め, を認めた, を豹一, を赧らめ, を越え, を顰め

▼ いる~ (287, 0.1%)

19 がした 15 がする 12 が聞えた 10 がし, が聞える 8 だった 6 であった, である 5 が聞え, が聞こえ 4 がきこえ, が聞こえた, が聞こえました, を聞いた 3 がかすか, がきこえた, だ, の主

2 [21件] が, がお, がきこえます, がきこえる, がしました, が微か, が耳, が聞えました, が聞こえる, だと, で, でした, です, に耳, のよう, の中, の調子, をきいた, をききつけ, を耳, を聞き

1 [121件] から判断, があちこち, があった, がいたします, がかすれ, がきかれました, がこいつ, がこんな, がしずまっ, がしばらく, がします, がとぎれとぎれ, がどうか, がどこ, がなんとなく, がふと, がみち, がよく, がハッキリ, が一層, が五秒, が入り乱れ, が十分, が南玉, が国, が地獄, が塊まり, が奥, が少し, が平, が幽か, が弱々しい, が掠め, が洩れ, が湖, が空耳, が聞えるでしょう, が花やか, が軽い, が近々と, が遠い, が部屋, すらとこなつ, すら耳, だが, だけがかすか, だけが残っ, だったでは, だったの, だつた, でありました, ですぞ, でつぶやいた, ではない, でもあった, で伸子, で反抗気味, で呼んだ, で目, で窓, で素子, で言う, とがもつれ, とそれ, とも音, などが聞こえた, などとは思われなかった, なので, なん, にかれ, にこの世, には米沢訛り, にひきつけられ, に対して, に愛嬌, に振り向く, に振り返える, に新田先生, のたしか, の本質, の聞こえ, はいっかな, はおよそ, はよく, は一, は内蔵助, は吉三郎, は多い, は決して, は聞える, は自分, は都民税二・七倍増し, までありあり, までが, までが聞え, もあと, もある, もきわめて, もこの, もし, もする, もすれ, もふた, も二三, も姿, も時々, も甲板, も聞えた, も聞えます, も聞き, や眼, や雀, より人数, をいつ, をお婆さん, をたしかにそう, を女中, を聞い, を聞いたなら, を聴い, 呪って

▼ いるとの~ (286, 0.1%)

36 ことであった 28 ことである 21 ことだった 20 ことだ 18 こと 13 ことでした 12 ことで, 事であった 10 事である 9 ことです 6 事だ 3 話も

2 [14件] うわさすら, うわさも, お言葉, ことが, ことでございます, ことゆえ, 事, 事だった, 事で, 事です, 噂も, 意である, 話であった, 迷信に

1 [70件] うわさは, お叱り, ことしかし, ことじゃ, ことその, ことであります, ことでございました, ことでござる, ことともかく, ことな, ことなれ, ことに, ことを, こと官員に, さまや, ほかには, ボーイの, 事であります, 事なり, 事を, 仰せの, 伝説である, 信頼が, 先入観の, 博士の, 噂が, 噂である, 回答を, 報を, 報知すら, 境が, 差違くらい, 幕内からの, 強い自信, 形容である, 御注意, 忠告も, 念が, 情報を, 意味であるまい, 意味です, 早馬だった, 注進が, 注進も, 無電が, 由, 由である, 目安以外富五郎の, 結論に, 自惚れが, 自覚が, 見解によって, 言い分である, 記事で, 訴えだった, 評判が, 話, 話に, 話を, 説である, 説も, 論に, 返事で, 迷信から, 迷信が, 通知を, 關係に, 風評が, 風評には, 風説も

▼ いる~ (281, 0.1%)

30 がし 29 がした 19 がする 7 がしない, になっ 5 か, がしなかった, がします, はい, はない 4 にはなれなかった, はしなかった, もした 3 がしません, だ, なの, になれ, にもなれず, はしない, はなかっ, もしない

2 [14件] かい, がされた, である, でいた, では, でも, になれなかった, にもなれない, にもなれなかった, のいい, のよい, の弱, の荒い, もなかっ

1 [100件] かえ, かなお, かなんて, かね, かネ, か血刀, があそばされた, がいたし, がお, がされなく, がしなくなった, がしなくなる, がしませんでした, がし出し, がし出した, がせず, がなかっ, がなくなっ, がなくなる, がふ, がまえ, が少し, が無けれ, が致しません, じゃが, じゃ困ります, だから, だったら煙草, だな, だろうか, づけえはねえ, であった, であろうか, でいる, でいるなれ, でいるらしく, でおもしろ, でこう, でそれ, でね, で働いて, で働け, で又, で実は, で少し, で待っ, で来, で目, とみえ, なら置いて, なん, になった, になり, にはなおさら, にはなるまい, にはなれなくなりました, にはなれません, にもなる, にもなれません, に入り, のきかない, のしない, のせい, のない, のなかっ, の利いた, の勝った, の小さい, の弱い, の彼, の抜けた, の遠く, はありません, はあるまい, はいが, はいはなかった, はいも, はさら, はし, はしてなかった, はします, はしません, はせん, はないでしょう, はねえ, もしなかった, もしなくなっ, もしませんでした, もする, もない, もなくなりました, もゆるん, も無くなった, も知らない, を失った, を沈め, 弱い人, 持ったらない, 遣が, 遣は

▼ いる一人~ (278, 0.1%)

30 の男 17 の女 13 の若い 8 であった 7 の人間, の老人 6 の青年 5 である, の人物, の少女 4 が, だった, の女性, の娘, の母親 3 だろう, なの, に, の人, の友, の武士

2 [11件] か, が答えた, です, のお, の侍, の子供, の息子, の日本, の日本人, の紳士, の顔

1 [115件] がえ, がすん, が傍, が帰らなく, が憤激, が手, が書いた, が正宗白鳥, が頭, じゃな, だけ残し, だったが, だと, だとの, であったが, であるという, であるので, でした, ですが, でもある, で丸多, としか見えなかった, と都合三人, なので, なん, に相違, に過ぎない, のうら若い, のさむ, のりっぱ, のルンペン, のロシア娘, の世界, の中学生, の中年過ぎ, の乾児, の仲間, の作者, の先生, の児分, の兵士, の勧進元, の半, の友人, の叔母, の可憐, の司書, の同居者, の同族, の塾生, の声, の大男, の女学校, の女学生, の妹, の姿, の婆さん, の婦人, の婦人作家, の学生, の学者, の客, の小さい, の小僧, の小児, の小男, の少年風間三郎, の島民女, の年, の年寄, の強盗, の従兄, の手, の文士, の旅人, の易者, の死刑囚, の母, の洋服男, の浅黒い, の浪人, の無産女性, の牧師, の生徒, の生活的, の男らしい, の異性, の白い, の知人, の祖母さん, の童子, の美少女, の老, の老女, の老婆, の者, の背, の脊, の若者, の荒くれ男, の衛兵, の西洋人, の見知らぬ, の親方, の訪客, の野, の魔女, の鮮人, は又助, は眉間, は神尾主膳, は穎川, は立派, を斬り, を私たち

▼ いるそれ~ (270, 0.1%)

3 を思う 2 がし, だから, のよう, はいつかカムパネルラ, はいつも, はちょうど, はもの, を憤っ, を無理

1 [249件] から三番目, から少し, から急い, から間もなく, がいよ, がくちおしい, がさらに, がしかし, がすでに, がたまらぬ, がだんだん, がどう, がどうか, がなお, がひどく, がほかならぬ, がまず, がまた, がまるで, がやがて, がわかりきっ, が今, が南国生れ, が原, が各, が哲学, が堪えられぬ, が変質的彼, が大変綺麗, が山楽, が岳川岳, が年齢, が庄吉, が彼, が彼女, が彼等二人, が恐らく, が懸崖, が教えられた, が教化的, が東, が此等, が気, が父親, が特徴, が甚だ, が田山, が給主, が耳, が花崗片麻岩, が見たい, が誤り, が貫之, が金, が非常, が首, こそ数えきれない, さ, さえほんとう, さえも文学, じゃあだらし, だからこそ, だけあっ, だけが彼, だけで, だけでもう, だけで充分, だけのこと, だな, だのに, であった, でない小説, で分った, との間, とは全く, とは心, とは意味, ともう, とマスト, と何, と全く, と判った, と同じ, と寸分, なの, なら分るよう, なる耳, にうまく, についてであります, についても多, についてゆけない, には, にはお, には一万円, には石川島, にも拘らず, によく, に一体, に乗っ, に似, に千代紙, に向っ, に坊主丸儲け, に対する嫉み, に就い, に相違, に第, に自分, に違い, に関する訓令, に附, に類した, に髯, の管理一切, は, はあなた, はこの, はずっと, はその, はほか, はもっと, は一つ, は一基, は一種, は不可避的, は主観, は二人, は人, は何, は全くどう, は別に, は即ち, は原始民族, は原子, は可, は同志, は噴火口, は多分, は小さい, は彼女, は後藤氏, は快い, は恐ろしい, は戸, は文明進化論, は昔, は時に, は未だ, は柔術, は歓び, は武尊山, は気, は決定論, は流れ, は珊瑚, は瑛子, は疑る, は皮肉, は直ちに, は社会, は神秘, は老中, は自己, は芸妓, は見, は見張り, は輪王寺宮, は長期, ばかり, ばかりか服部兄妹, ばかりで, へこの, へ幾尋, へ眼, へ紹介, までにどこ, もうれし, もこれ, もそう, もそこ, も乱れ, も今, も看板, も瞬き一つ, も胸, よりほか, よりもっと, をあの, をいっしょ, をおそらく, をお前, をきょう, をくぐる, をくるくる, をこの, をしじゅう, をすこし, をそのまま, をつっつい, をどうか, をなおし, をのぞい, をよく, をわたし, をコルク, を一つ, を云え, を人々, を伸子, を信じ, を剪, を動かそう, を単純化, を君, を図解, を堰き止め, を多分, を引き出す, を彼女, を思え, を悟られまい, を愛し, を抑える, を指し, を指す, を掻き乱された, を救う, を早く, を朝夕見聞, を横手, を珍し, を疲れた, を知っ, を程よく, を組みふせ, を考える, を見る, を見抜いた, を見込ん, を観察, を角三郎, を警戒, を軽気球, を降りた, 故この, 故そ, 故まるで, 故家中一同, 故立ち

▼ いるくせ~ (269, 0.1%)

447 にその 6 にそれ, に何 5 にどこ 4 にわざと, に人, に自分 3 にこんな, にちょっと, にまだ, に彼 2 にお母さん, になかなか, にもう, にやはり, によくも, に何故, に俺, に口, に若い

1 [159件] して, だったし, にあたり, にありゃ, にあんまり, にいかにも, にいざ, にいちいち, にいったい, にいつ, にいつの間にかなんとなく, にいつも, にお, におしまい, におぞましく, におばあさん, におよそ, にお母さま, にかげ, にこちら, にこっそり, にこの, にさぞかし, にさっき, にしら, にすう, にすました, にぜんぜん, にそう, にそんな, にてかてか, にといいます, にとんだ, にと云う, にどういう, にどうも, にどっち, になあ, になお, になぜ, になっ, になに, になん, になんにも, にね, にほとんど, にほんとう, にまさか, にまた, にまだまだ, にまるで, にみっ, にもう少ししっかり, にもっとも, にやっぱり, によ, によくまあ, によくよく, にわたし, にわれわれプロ, にカストリ侯爵, にカミナリ, にタシナミ, にマア坊, に一回, に一年先, に一廉, に一方, に三人, に世間, に久助, に人並, に今, に今日, に仏法, に仲よく, に体, に何となく, に何処, に余裕, に使う, に僕, に八五郎, に六波羅, に内, に内心, に分らない, に切先, に動かなかった, に化粧, に半, に卑屈, に却って, に名香, に国府, に場所, に外, に外界, に大, に娘, に子供ら, に学問, に小, に少年, に履物, に平凡, に御, に心, に心臓, に恍ける, に愚痴, に愛人, に感, に或いは, に手, に拳闘, に掘りだした, に放課後, に故意, に日本人病, に時として, に最後, に木剣, に気, に油断, に無茶苦茶, に熊本博士, に現実, に甘く, に男, に督郵, に知らない, に私, に竹童, に笑いたくなる, に箒一つ, に級, に絶えず, に翌日, に考えてる, に肩幅, に自分自身, に表店, に表面, に視線, に話してる, に話す, に誰, に近頃, に重た, に鋭い, に間もなく, に随分, に離れる, に非常, に非常識, に面, に頭, に風教上

▼ いる伸子~ (267, 0.1%)

12 の心 10 の顔 7 と素子 5 に向っ, のところ, の体 4 の手 3 に, にその, に素子, の唇, の感情, の眼, をかえりみた, を眺め, を見, を見た

2 [14件] というもの, に云った, に笑い, の前, の方, の生活, の胸, の腕, の頭, は, や素子, をからかっ, をじっと, をちらりと

1 [161件] がいる, がきいた, がきまり, がもし, が太い, が惨め, が素子, が見た, さえ息, だった, としてかすか, としてソヴェト, との間, ともっと, とを見くらべ, とテーブル, にある, にいった, にかかずらわない, にきいた, にきこえない打ちあわせ, にきびしい, にこだわらず, にしずか, にとってあんまり, にとってそういう, にとってはのり子, にはこれら, にはっきり, にはっきりそう, には三人, には仕事, には川辺みさ子, には彼, には暗, には目, にふりむけ, にほとんど, にまざまざ, にまわり, にむかっ, にも感銘, にも聴き, にクラウデ, にシャ, に千種, に多, に女, に対していささか, に対して不愉快, に山上, に彼, に彼女, に背, に視線, に逆説的, に顔, のうしろ, のこころ, のさっぱり, のそういう, のどこ, のはげしい, のふっくり, のほか, のよう, の上, の下腹, の丸く, の先, の口元, の姿, の娘, の官能, の情熱, の意志, の感興, の態度, の手の甲, の手先, の指, の指さき, の暖か, の横前, の歯, の注目, の特別, の目, の直感, の笑い, の耳, の肩, の背, の背なか, の背後, の脚, の苅りあげられた, の視界, の視線, の視野, の軟かい, の額, の髪, はおちつい, はぎくりと, はさき, はじっと, はひきつけられた, はふっくり, はわざと, はピン, は力一杯, は彼, は往来越し, は思わず, は次第に, は眼玉, は自分たち, は送られ, は逆光, は部屋, は郷愁, への傾注, への感想, へ電話, まで笑い出した, も思わず, や生活, より遙, をおいてきぼり, をおどろかせた, をおびやかす, をしげしげ, をじりじり, をつつん, をなんと, をびっくり, をふりかえった, をみたら, をみる, をめずらしい, をよこ, をわざと, を一九二七年, を思いがけな, を感動, を慰めよう, を柔, を椅子, を眺めた, を素子, を自分, を蜂谷, を見あげた, を見つめた, を見る, を見わけたらしかった, を見上げ, を見出す, を認める, を説得

▼ いる連中~ (266, 0.1%)

8 もある 4 だから, である, のなか, の中 3 だ, なの, にはちゃんと, のうち, の方, はその, もあった

2 [13件] がある, がいる, だった, ならば, のこと, のほう, のよう, の様子, はいろいろ, を, を後, を見, を見渡し

1 [195件] あの折, が, があつまった, がいくら, がいずれ, がいた, がさっき, がすべて, がそれ, がどしりどしり, がどんな, がまだ, がワアワア, が二十名, が十分, が又, が多い, が多かっ, が幾組, が怒鳴っ, が意識不明, が有っ, が案外, が楽し, が甚だ, が相談, が自分, が面白, が驚く, こそヘン, だけが口々, だけじゃなかった, だけで, だそう, だってあります, だろうと, ってどうしてあんなに, であります, でおおむね, でさえ明日, でした, ですから, ですからね, ではなく, でもう, でもそう, でも大抵, でよく, で息, というの, とは前々, とは無論, と一緒, と何, と同じ, などの梯子, などばかりが思い浮ん, なので, なのよ, にあなた, にくらべる, にした, にそんな, にはこんな, にはよく, には一応, には一種, には唯一人, には専用, には待ちくたびれ, には気付かれない, にまじっ, にもそれ, にもやはり, にも受信, に他, に会うべく, に何, に向っ, に声, に外, に対しては権限, に急がせた, に自分たち, に顔, のところ, のアタマ, の一人, の一組, の仕事師ぶり, の側, の内, の創作, の心, の心持, の悪口, の悲鳴, の所, の手元, の権威たっぷり, の群れ, の話, の身もと, の運命, の金庫, の間, の頭, の頭数, の額, の顔, は, はあと勘定, はいずれ, はいつ何, はここ, はしきりに, はすべて, はだれ, はどっと, はどんなに, はまだ, はみな同類, はみんな, はみんな両刀, はみんな人いきれ, はみんな見かけ, はみんな転向, はもう, はよっぽど, はよろこんだろう, は一人, は仕事, は代議士, は元, は十人中九人, は咳ひとつ, は容易, は幾人, は彼, は待ち切れなくなっ, は思いがけない, は指, は時間, は渦巻く, は生憎, は皆, は知らず, は石, は腰, は蝙蝠傘, は騙され, ばかりが巣, ばかりだ, ばかりであった, ばかりな, までがここ, もああ, もあっ, もあり, もありました, もいます, もいる, もお, もこれ, もたくさん, もだんだん, もやはり, もわあっと, も上手, も執務姿, も少なく, も尠, も居る, も毛, も気, も気むずかし, も沢山, も迷っ, も雨, や荷物, よりはまし, をあてこすっ, をむしろ, をよく, をステッキ, を一列, を嘲笑, を招いた, を拾い集める, を捕える, を数え, を数えたて, を見る, を見下ろし, を酒場

▼ いるのみ~ (250, 0.1%)

29 である 25 であった 24 だった 109 では 5 であります, ならずその 4 で, です, でその 3 であるから, ならずまた 2 であったが, であるが, で他, なの, ならずこれ, ならずただ, ならず別に

1 [111件] かれの, その他は, だし, だったから, だと, であったと, であって, であるという, であろう, であろうか, であッ, でいっかな, でおれ, でございます, でさき, でしかも, でした, でしたが, でしたけれど, ですから, ですんで, でそこ, でそれ, でそれ以上, でなくかえって, でなくさらに, でなくその, でなくなお, でなく別に, でなく徒ら, でなく笏, でなく認識, でなく金鶏, でべつ, でほとんど, でまだ, でわれわれ, で一, で一人, で久しく, で依然, で十分, で南, で古典, で安行, で定額, で家中一般, で宿, で山名, で後世, で木立, で未だ, で東西山梨, で毫も, で法達, で眠流し, で蛙, で親友, で近世, で部屋, で青苔, で頭, で食味, で黄茅白蘆, ならずいつも, ならずこの, ならずこれから, ならずさらに, ならずそこ, ならずそれ, ならずトロッコ路, ならずヨーロッパ, ならず一八三一年, ならず乗合い, ならず事実, ならず人, ならず人生, ならず今, ならず内容, ならず卑しく, ならず南北日本アルプス地方, ならず各自, ならず同じ, ならず君江, ならず女将, ならず強いて, ならず当初出稼ぎ, ならず当時, ならず彼, ならず彼ら, ならず得意, ならず数多い, ならず文明, ならず明日中川, ならず昔, ならず時として, ならず時代, ならず書棚, ならず泣く種, ならず現代, ならず経験, ならず美しく, ならず能, ならず脳力, ならず自分自身, ならず芸術家自身, ならず蚕, ならず財布, ならず遥か, ならず郡内, なるにも

▼ いる大きな~ (250, 0.1%)

3 木の

2 [12件] ブナの, 二つの, 公園の, 前歯を, 唐金の, 岩の, 樅の, 目が, 石を, 船の, 鉢を, 銀杏の

1 [223件] いちじくの, いなかの, おうむに, おけの, おでこが, お茶碗, かまどを, くろい森, すべすべした, ぞうりが, てつの, てのひらで, ものに, やしき, カシの, カシワの, カフェーを, ガチョウは, ガレから, ケヤキが, サークルで, テーブルなどが, ドックなどを, ニューファウンドランド種の, ブザーが, ブン廻しの, プラータ河に, ベッドも, ホテル十一階建ての, ボンボン時計を, ポスターを, レーニンの, 三毛猫が, 不思議同じ, 中国の, 乳房に, 亀の, 争いを, 事件を, 井戸を, 人間より, 修道院生徒らが, 傾斜は, 傾斜北側に, 凸眼色素の, 刀を, 前歯で, 力な, 力の, 動脈が, 千鶴子の, 半球形の, 口から, 口だった, 口は, 口や, 古い魚, 台所へ, 向日葵の, 吸取紙, 唇を, 器械を, 噴水が, 四肢には, 四角な, 土盛りの, 基礎だ, 壁時計だった, 声と, 夜の, 大根を, 天地では, 太鼓型の, 姿見の, 子供が, 子息に, 字が, 室を, 家屋だの, 屋敷なら, 岩塊は, 岩石を, 川を, 広い建物, 広間の, 店の, 建物に, 建築を, 往来を, 御家に, 徳は, 意味も, 意地の, 意識から, 手が, 手指は, 振子に, 政党が, 教会が, 料理屋が, 新聞に, 曲った鼻, 木だ, 木やぶ, 松の, 柱時計へ, 柱時計を, 株が, 桑が, 森が, 棺を, 椎の木の, 楠の, 榎の, 槐の, 権力だ, 樫の, 欅の, 段梯子を, 水かきで, 水差と, 氷塊に, 沼へ, 沼地に, 洞穴が, 浮標の, 消灯器を, 渦です, 湯呑を, 溝を, 漁場が, 炎であった, 片耳を, 牙, 牢の, 牧場を, 物語と, 犬で, 犬に, 犬の, 猫に, 玉板である, 理由だ, 甕の, 男の, 男を, 町では, 疑問として, 白い形, 白猫が, 皮の, 目は, 真珠の, 真理が, 真赤な, 眼だ, 眼の, 眼は, 石の, 硝子壺の, 禿頭の, 突傷を, 窯業地では, 筏風の, 箱が, 箱に, 箱の, 箱は, 籠の, 絵で, 絵である, 網を, 置時計の, 老舗では, 耳が, 腹し, 自動車の, 花の, 葵の, 蒼い波, 藍色の, 蛇で, 蛙の, 蜘蛛みたいに, 蝦の, 蝦蟇口から, 裸体画や, 襟巻の, 西洋室へ, 誤りは, 誤謬が, 謎, 講堂は, 貼札, 距離の, 部屋が, 部屋で, 部屋へ, 部隊の, 都会, 都会とも, 都会には, 都会や, 重たい長持, 野望も, 釜の, 鈴と, 鉢の, 銀の, 鍋が, 鏡に, 鏡の, 鏡は, 闇の, 青竜刀, 食いもの屋は, 馬車の, 鬚とで, 鳥は, 黄金の, 黒い木枠, 黒壁の, 鼻の

▼ いる~ (248, 0.1%)

6 のお 5 の顔 4 の肩 3 があっ, がある, の方

2 [16件] があった, が子供, が李克用, だ, だったの, である, に贈られた, のこと, のところ, の姿, の手, の死体, の死骸, の贈った, をみ, を見た

1 [192件] お吉, お糸, かいそれともまた, から仕送っ, から羊羹, が, がい, がいた, がいました, がいよいよ, がお針, がすき間, がそういう, が二人, が二人突, が今度自分, が可哀そう, が嫁, が急病, が某, が毎日八時, が気がついた, が泳い, が聞い, が見えなくなった, が選定, さえも杏, じゃア, だそう, だそれ, だった, だったので, だと, だという, だなと, だ金, っちの, であった, であったから, であると, でお, でございますから, でした, です, ですお, ですよ, ではない, ということ, というの, というもの, とか姪, とがいました, とそれ, とだけ聞い, との間, とはちがった, とはマリア・グレゴーリエヴナ, とは思い, とは思えなかった, とを対比, とを見た, と一緒, と何, と何等, と宋江, と男, と結婚, なの, なん, なんていやしませんでした, にあの, にそう, について近所, にやさしく, にアト, に向かっ, に向っ, に小さな, に小太郎, に接吻, に気づい, に目, のどんな, のなか, のよう, のミドリさん, の両方, の休暇, の伸子, の初, の前, の口, の君子, の大石先生, の夫, の幽, の弥生, の心, の心持, の悩ましい, の感覚, の時々, の有様, の枕許, の案内, の気持, の浪路, の淋しい, の生活, の由利, の白い, の目, の着物, の窓, の立場, の美しい, の肉体, の背後, の胸, の膝, の色白, の袂, の視線, の言葉, の身ぶるい, の頭, の額, の髪, の鷹揚さ, の鼻, はこの, はその, はただ, はどう, はひどく, はわたくし, はエリザベス, は不仕合せ, は何人位, は其の, は友達, は年恰好, は恐ろしい, は悲鳴, は手芸, は物怪, は猶, は知らない, は縫子一人, は英語, は褄, は鋏鍛冶金重, へ言う, もある, もあるだろう, もその, も二人, も今日, も勤め, も可愛い, も女学校, やお, や女, や女房達, や心配そう, や芸者, らしくない娘, をうらやむ, をはねのける, をもっ, をイキナリ一思い, を一そう, を三人, を再びそっと, を助け, を唯, を妻, を宥める, を慰め, を抱, を救い, を欺きおおせね, を源氏, を滅多, を自分達, を舞台稽古見物, を見, を見まし, を見る, を見上げる, を離す, 小桶

▼ いる限り~ (248, 0.1%)

7 のこと 3 ではこの, の人々, はお

2 [12件] その日, では, では君, に於, の人, の毒舌, の秘密, の者, の言葉, はその, はそれ, は其人

1 [208件] あの池, あの艦, ある程度において, いくら個人, いちいち人, おそらく君, かなり多数, きっと君, こうした書物, この教授, この種, この結果, この資本, この趣味, ご主人桂子様, じゃおやじ, そういう殺生, そうして克己的, そしてこの, そしてバルナバス, そのツナガリ, その労作, その反対文化, その哲学, その男, それだけは, ちっともその, であの, でいちばん, でこれ, でたいてい, ではあなた, ではいつも, ではこれ, ではこんな, ではしばしば, ではそう, ではない, ではほんとう, ではまだ, ではイデオロギー, では井伏さん, では今, では内弟子, では十七歳, では友人中村君, では取り乱し, では古来最長, では古来此地方, では唯物論, では土蔵, では埼玉県, では実際, では局外者, では彼女, では手長, では明治四十五年, では普通, では母, では父, では石原純博士, では立派, では米斎君, では美しく, では蒸気, では表現, では阿波, では黒板, でもすくなくとも, でも勤続年数, でも四ツ五ツ, で天下, で聞い, という条件, どうしても同, どうも仕様, ない歓喜, なき歓び, なく艶麗, なく長い黒灰色, なるべく詳しく, な人々, な父, において, においてこんな, においては決して, においては私, においてもここ, において全体, において日本, において最も, において読者, に於い, のあらゆる, のある, のどんな, のほとんど, の事, の人たち, の人数, の僧俗, の出来事, の労働過程, の太田, の存在, の山人生息地, の工場, の建築趣味, の御返事, の性格, の方法, の暗号記法, の最も, の朝鮮語, の沖縄, の爆弾, の物, の知識, の糸, の美くし, の美文, の若い, の証言, の誰, の貨幣, の軽蔑, は, はああ, はあの, はいつ, はおよそ, はここ, はそのまま, はそれぞれ, はたとえ, はとても, はどうにか, はどんな, はひと, はやっぱり, はよもや, はわたくし, はロク, は世良田源氏, は仏像, は住居, は俺, は刻んだ, は受けきれ, は只今, は土人, は大船, は失恋, は家, は山中, は思量, は恐らく, は悪, は意識的, は戦い, は所詮, は拙者, は拙者身, は決定的, は無遠慮, は狼, は生殺与奪, は生活そのもの, は男, は知らし, は私, は自分, は葬儀屋, は誤謬だらけ, は酒, は附近, は鳥, またその, また私, もッ, よしんば偶然, を彼, 一見まるで別, 全く不可能, 全世界, 刻々彼自身, 又は世間, 喚きたてて, 少くとも, 強いて追放令, 当然の, 徹頭徹尾辞書, 必ずこうした, 必ず戻っ, 愛し合おうという, 拾い集めて, 案じなさんなよ, 死ぬという, 泊めて, 現に順子, 篤い信仰, 続くであろう, 聞きつけて, 苦しむの, 解き尽すこと, 話させられたので, 話した, 飽きるほど

▼ いるもん~ (245, 0.1%)

72 だから 3734 ですから 19 ですか 85 だよ 4 かね, だね 3 だな, です, でね 2 じゃない, だろう, だナ, ですからね, ですね

1 [43件] かい, かかず子ちゃん, かきっと, かと思った, かな, かねえ, かねそりゃ, かネ, か俺, けえ, じゃが今, じゃねえ, だし, だぜ, だそう, だぞ, だで, だと, だという, だなあ, だなと, だねえ, だわよ, で, でさあ, ですかい, ですが, ですぜ, ですな, ですよ, ですよという, ですわい, です事, です子供, でそんな, でホン, で早く, で約定書, で逢うの, には分ってる, はあれ, やから, よ

▼ いる~ (244, 0.1%)

30 だった 11 がある, であった 8 だったが 7 だ, なの 6 であったが, です 4 があった, で, である, に見えた, に見える 3 がない, でした, でもあった, もない, をし 2 がありあり, が見える, さえある, ではない, なので, なん, に見えました, のため, のない, はどこ

1 [103件] があっ, がいいました, がうかがわれ, がお, がかえって, がさやさや, がその, がみえる, がわかる, が今, が以前, が勃々, が固定, が多分, が強く, が鎖, が魚, さえ見え, じゃござんせん, すらある, だから, だが, だし, だったかね, だったから, だったからも, だった世間, だった素子, であったから, であつ, であり侍者, でいじらしく, ですが, ですね, でたやすく, でもあります, でもある, でもない, でもなく, で右手, で押せ, で歌, で眼, で立ち止まる, で笑い, で自分, とそれから, と雨, なところ, なのに, な一室, な様子, な眼差, に, にさえ見えた, にしか見えなかった, につけ足し, にみえる, にもない, にもみえた, にも受けとれない, にも矢代, にも見え, にも見えなかった, に乗っ, に千鶴子, に受取られる, に少し, に思えた, に思われる, に装い, に見えなかった, に見えぬ, に見せたかった, に首, のつめたい, のもの, の中, の日, の旺, の真面, の魔神たち, は, はパンシオン・ソモロフ, は南風, は少し, は無い, は見えませんでした, は誰, もあった, もかなり, もなかっ, もなく, も余り顔, も出, も窺われる, も見えない, や時雨, よけ眼鏡, をまとも, を装う, を装つて, を見せ

▼ いるなんて~ (240, 0.1%)

13 ことは 6 おもいも 5 そんなこと 4 だれも, 思いも

2 [11件] おかしいね, ことも, ことを, これは, そしてどうにも, なんという, ばかな, へんな, ほんとうに, 云って, 聞いたこと

1 [186件] あたしもう, あまりほめた, あやしい老人, あんまりとっぴ, あんまりな, いいたてて, いい加減の, いい商売, いうこと, いうならそれ, いうの, いかにも君, いかにも立原, いったらパパ, いって, いやな, いッ, うそっぱち, うその, うそを, えの, えデマ, おあつらえ, おかしいと, おまえは, およそ意味, おらアちっとも, お前さんも, お前さんよく, お思い, きみは, けしからんじゃ, けっしていい, こたぁしめえ, ことが, ことない, ことについては, こと絶対に, この人, この先輩, こんなへんてこ, さもさ, じつにふしぎ, じつにへん, すこしも, すこし物騒, すばらしいわ, その女, その料簡, そもそも可笑し, それこそ, それじゃあ, それだけで, それでも君, そんなお前さま, そんなべらぼう, そんな恥しい, そんな法, そんな筈, ただごとでは, ちょっとほんき, ちょっと考えられない, とてもそんな, とても思えない, どうかし, どうしてみのりさん, どうしてもこりゃ, どうしてゆめにも, どうもただ事, どう考えた, どんなにひどい, どんな名, なさけないこと, なんだかへん, なんだか夢, なんとまあインチキ, なんの, のは, のも, はずが, ばかばかしいこと, ひどいと, ひどいわ, ふしぎだ, ふしぎでしょう, へんじゃ, べらぼうな, ほとんど気, ほんとにあんまりと, ぼくは, まったくおもい, まったく信じられない, まっぴらごめん, まるで狐, めくらの, もしもこれ, よっぽどびんぼう, わからない, わが国では, わるい奴, エことは, ナカナカ義理や, ナースチャは, 一見風流, 不思議な, 主張は, 事は, 云いわけ, 云うかも, 云うん, 云えば, 云ったの, 人に, 人間の, 何て, 何んかの, 余りに能, 使って, 信じられないこと, 僕には, 全くふしぎ, 全く夢, 分ろうもの, 卑怯な, 可笑しいじゃ, 同棲し, 君にとっても, 君は, 君少し, 善悪ね, 嘘だ, 嘘っ, 嘘ばかり, 噂どなたから, 変だ, 外からは, 夢にもしりません, 夢にも思っ, 夢にも考え, 夢にも考えられない, 妙じゃ, 妙な, 妾は, 始めて気, 実に薄気味悪い, 実に馬鹿馬鹿しい, 少しおかしく, 常識では, 常識を以て, 思う方, 思って, 恥ずかしくって, 悪魔でなく, 想像した, 感心だ, 手前は, 承知出来ない, 本当は前川さん, 楽な, 殺人者は, 気が, 気づかれるはず, 法は, 烏啼天駆らし, 珍らしい, 疑いっこないでしょう, 痩せッ, 知らねえだろうなあ, 私は, 私を, 穏やかじゃ, 考えられないこと, 考えられないん, 者は, 聞かせても, 芸当は, 言うこと, 言って, 話したところ, 贅沢です, 途方も, 非理性的だ, 面白いじゃ, 頼母しいわねえ, 飛んでも, 馬鹿気た

▼ いる場所~ (239, 0.1%)

4 だった, を発見 3 がある, であった, の近く, を指定 2 がわかる, だったの, である, ではない, との間, もあった, を指示

1 [205件] からそっと, からなるたけ, からはじめて, からはほんの, からは見えなくなっ, からものの五間, からも聞えた, から二米あまり, から僕, から八尺, から十二マイル以内, から始める, から左手, から成たけ, から斜向う, から樹, から沙丘, から深い, から真直, から近づい, から遠く, から離れ, があり, があろう, がいつも, がここ, がどこ, がない, がもう, が一カ所, が兄貴, が冬, が分った, が判らない, が各地, が場所, が変った, が彼等, が有りうるであろう, が沈ん, が見つかりました, が違っ, して, じゃない, だ, だがの, だけにそれ, だったという, だと, だという, だろうそれ, つまり職業, であったが, でありまして, であるから, でうり貸家, でこう, でしかも, でした, です, ですから, ですよ, でだが, でなければ, では, ではありません, では特に, でもそう, でも仕事, でも繁華, で二タ組, で大, で江田, で終る, ということ, というもの, ときまっ, とては数える, となった, との両方, と信じ, と動こう, と同じ, と正反対, と気, と終わっ, と考え, なので, なら決して, に, にあった, にしく, になっ, には人, には夜, には遠い, に岩, に来た, に生え, に目, に相当, に続い, に起こる, に身, のこと, の下, の任務, の向う, の問題, の壁, の安定, の指示, の無数, の目あて, の相, の称, は, はこの, はすっかり, はその, はたくさん, はだいたい, はわからぬ, は今, は地上, は城内, は少ない, は書く, は書斎, は森, は極めて, は狭く小さく, は瓦, は田舎道, は第, は行きがけ, へいそぎました, へお出まし, へかけ付ける, へそうっと, へそれとなく, へだ, へと近づいた, へもどっ, へやってきました, へ何で, へ入った, へ女, へ少し, へ御, へ来ない, へ来る, へ目, へ私, へ近づこう, へ連れ, へ駈けつけた, まですすむ, まではわかりかねます, までは見届けよう, まで戻る, まで来る, もある, もこれから, もない, も二, も多い, も少く, も知っ, や事情, や時間, らしく想像, をいえ, をおっしゃい, をこう, をしるした, をたずねる, をちゃんと, をつきとめる, をよく, をわし, を三十八年, を冕, を出る, を動かず, を急, を指さし, を掘っ, を探し, を教え, を書いた, を物憂, を生涯, を知っ, を知らなけれ, を示し, を精密, を能, を行っ, を見せ, を見つけた, を見つけました, を見物, を除い, を離れ

▼ いる有様~ (235, 0.1%)

21 である 13 であった 12 です 11 だった 95 を見る 4 だから, なの, を見 3 がよく, でした, ですから, に, を想像 2 なので, はその, はちょうど, を見た

1 [129件] から見る, が, があらわれ, があり, がうつっ, がちょうど, が何, が勝平, が夜目, が嬉し, が室外, が尾, が気味悪く, が美奈子, が遠く, しか見えません, じゃ, だが, だけれども, だし, だったので, だと, だもん, でありました, であります, であり乏しい, であるから, であるが, でざっと, でなかなか, でねえ, ではあった, でもあった, で実に, で心労, で歳費, で苦笑, で警察, で跡部満十郎, とかその, として文学, とまるで, とよく, とを見守っ, と云う, と聞き, なぞを見, などが浮かん, なども私, など見, なん, なんていう, には一種, には自分, に似, に夢, に悟浄, に至っ, の儘そこ, はごらん, はさながら, はどう, はどうにも, はなるほど, はまことに, はまさに, はまったく, はまるで, は一個, は一層, は一日一晩オーヴン, は不思議, は何だか, は受け身, は地獄, は壮観, は多分, は奇妙, は奇抜, は宛然, は実に, は実になんとも, は実際, は宣伝, は彼等, は怖い, は時めく, は極めて, は決して, は涅槃会, は火, は珍中, は耶馬渓, は興味深く, は萬華鏡, は蜻蛉, は表面上, は見やる, は誰, は車座, も何と, も見られる, やが, やら知名, をああ, をからだじゅう, をじっと, をただ, をながめ, をながめる, を一つ一つ病的, を一目, を一郎, を両親達, を傍観, を僧院, を夢みる, を思い合わせ, を悲痛, を描いた, を望見, を眺める, を眼, を見かね, を見せつけられ, を見せよう, を詠んだ, 古い版画, 見兼ねた新九郎

▼ いるには~ (234, 0.1%)

25 相違ない 21 違いない 13 いるが 9 いたが 7 いた 5 ちがいない 4 いるの, 及ばない, 相違ありません, 違ない, 驚いた 3 いたの, いるん, 違いありません 2 いたけれども, いましたが, いましたけれど, いる, いるけれど, いるらしいが, しのびない悲し, 何か, 知って

1 [107件] あえてし, あたらない, あまりに全盛期, いくつの, いたんだが, いるがな, いるがね, いるけれども, いると, いるね, いるので, おどろいた, がんりきは, くっきょう, こういうわけ, この家, この街道一筋, ご孝養, すこし間違い, その女, それだけの, それ故, そろそろ歯, ちがいなかろ, ちがいなく, はいったが, まず出なけれ, まだ久子, もう数回車輪, もっと勇気, よいが, よほどの, わけが, ワケが, 一向おかまい, 三四段の, 二つの, 二百円の, 何かの, 余りにか, 余りに堪え難き, 及ばないじゃ, 及ばないと, 及ばない半, 及ばぬ, 及ばぬぞ, 呆れると, 堪えられない, 堪えられないの, 堪えられなくなって, 変りの, 夜な夜な燃える, 大きすぎる, 大熊の, 大笑いでした, 好適な, 如何ほどの, 季節が, 少し狭い, 巻きついて, 弱らせられる, 張って, 必ずしも根拠, 忍びなく, 忍びぬ, 恰好であった, 恰好です, 惜しいくらいの, 惜しい気, 持って, 日が, 曲りくねつた峠, 本館まで, 東京が, 案内役に立たれた, 残って, 気が付かず外, 決まって, 涼し過ぎる, 淋しいし, 無理も, 特別の, 珍らしい, 相違なかろ, 睡って, 磨り減つた岩の上, 立って, 細心な, 耐えないで, 耐えられない弾力, 薄気味が, 蜂須賀侯爵令姉年子という, 費用が, 躊躇し, 近づかざるを, 違いありませんが, 違いありませんけれども, 違いなかった, 適しない, 金の, 長過ぎる, 驚いて, 驚かされましたよ, 驚きました, 驚きます, 魂消た, 黙って

▼ いる時分~ (234, 0.1%)

11 のこと 76 だった 5 であった 3 です

2 [15件] からこの, だが, だと, だろう, であろう, でした, なの, にこの, にこれ, にその, にはよく, にふと, にもう, に私, は随分

1 [172件] あのイヤ, あの城下, あんなに気, あんなに羨しく, かしら, かと思われる, からあの, からあまり三毛, からかけ, からこれ, からさ, からそろそろ, からちょいちょい, からつい, からよく, からプラトー以来, から上京, から俺, から働い, から好い, から実に, から家, から岸本, から広瀬中佐, から引っ, から得意, から怠けもの, から懇意, から方々, から時々, から界隈, から綿密, から聞い, から色気, から邸, から餓鬼大将, から駒井, から鼓, が一番, こういう帳面, この空家, だし, だったが, だったので, だなぞと, だのに, だろうなどと, だろうね, である, でしたから, でしたが, でしたろうだから, でしょう, ですよ, でまだ, でも何, でも泣きたい, で民さん, と同じ, に, にあたし, にお, にお雪ちゃん, にかそれ, にかなた, にこそ金, にこんな, にたくさん, にどこ, になっ, にねこ, にはいつも, にはこの, にはね, にはまだ, にはもう, には同じ, には名高い, には岸, には殿様, には皆私, には私, には米友, には謹んで, には隣家, にひま, にまた, にまたも, にまだ, にもただならぬ, にも始終, にも宜しく, にも支那料理, にも生活, にも話した, にやっと, によく, にア何, にポツリポツリ, に与八, に世界, に世話, に二人, に兄, に初めて, に外, に夢, に少し, に山村, に年, に御, に思いがけなく, に新しい, に日, に月, に格二郎, に歿, に法螺, に独り, に現在子規, に目, に習った, に聞い, に脚気衝心, に若い, に貰った, に起き, に鈴木, に雇, に雑種, に電話, に頭, の体面, の姿, の深間, の私, の聞き覚え, の臭い, の話, はこれ, はそれ, はそんな, はただ, はほんとう, はほんとに, はほんの, はよく, は小麦, は母猫, は毎夜, は盛, は私, は節子, は雨, もこれ, もよく, も母, よく代, よく先, よく小石川, よく風呂敷包, よりも余計, より若く, 或日わたし, 折々海, 明るいなつかしい空, 時々法医学教室, 満鉄, 為って, 習ったから, 軽い熱病, 頻りに心

▼ いるといった~ (231, 0.1%)

31 ような 20 方が 9 ふうであった 7 ふうな 6 ほうが 4 ように 3 のは, ふうの, 感じの, 風だ

2 [17件] あんばいな, お通, ぐあい, では, ところで, ふうである, 感じだ, 感じである, 感じを, 様子でした, 肌合の, 調子だった, 調子で, 風, 風で, 風であった, 風な

1 [108件] あの話, あんばいで, ぐあいである, ぐあいでした, ぐあいで自然らしい, ことが, ことなどを, ことの, ことを, このうまい, ささやかな, じゃありません, そりゃ風変り, ちょっと好い, ところで後, ならば, のか, のだ, ので, のも, ひどいもの, ふうが, ふうだ, ふうだった, まますぐ, ものが, ものだ, ものでした, やつで, やり方では, ようだ, ザラの, ショペンハウエルは, センチメンタリズムも, ペテルスブルクの, 一種変った, 不安定な, 五十男だった, 人その, 人も, 体たらくである, 光景であった, 光景を, 其許の, 具合で, 具合な, 劇場へ, 品物に対して, 型の, 塩梅だった, 塩梅で, 塩梅である, 天下泰平な, 天下泰平の, 奥の, 女の子でした, 始末だ, 姿であった, 姿勢に, 姿態です, 子供が, 字体で, 実例は, 実感は, 寸法でした, 屈託の, 山気の, 工合だった, 工合である, 店番に, 形で, 性質の, 恰好である, 悪評を, 感じだった, 感じで, 技の, 按配に, 振りを, 料理かね, 時代の, 有様であった, 極く, 様子が, 様子です, 次第で, 次第な, 気持ちの, 熱狂ぶりだった, 男の, 番頭十兵衛です, 眼で, 私の, 第三, 肥りかた, 船の, 言葉を, 誇の, 調子でした, 趣が, 音である, 頼もしさ, 顔だ, 顔つきで, 風の, 風情だった, 風情である, 風景画は

▼ いる子供~ (229, 0.1%)

10 の顔 4 のよう, の声, の群 3 なの, のそば, の姿, の心, の方, を見

2 [13件] が多い, に向っ, のこと, のため, の傍, の様子, の眼, の身体, の頭, は珍, もありました, も居た, を呼んだ

1 [163件] が, があげる, がある, がいった, がいつしか, がいました, がいる, がざら, がその, がはいっ, がもう, が不意, が不憫, が今, が可哀そう, が泣い, が皆んな, が神田川, が突然, じゃない, そして其処, だから, だった, です, でなかったらどう, では一年生, でもありません, でもある, で十, というの, という意味, とが途中, として, とどこ, と云っ, と生活様式, と私ども四人, と細君, と見馴れない, などに逢った, にお, にけが, にする, にはこうした, にはよく, には深い, には職人たち, には脚, にひかれた, にも似た, にウォー, に乳房, に五十銭宛, に似, に毒, に源氏, に聞い, に言いかけた, に話しかける, に食わし, に餌, のある, のいたいけ, のいま, のかくし, のころ, のところ, のほう, のぽちゃぽちゃ, の上, の中, の乳母, の体, の側, の口, の可愛らしい, の名, の周り, の安否, の寝顔, の手, の枕もと, の枕頭, の様, の母親, の泣く, の無心, の状態, の生命, の病気, の白い, の眼中, の短い, の網, の群れ, の肛門, の胸, の足, の額, の食慾, の鼻, の鼾, はある, はあるいは, はすっかり, はそれ, は不良少年, は勉強, は外, は娘一人, は皆, は眼, は笑っ, は脊中, は路傍, は雪子, へ話し, までとっ, もあった, もいた, もいます, もなく, も大人, も少く, も彼, も有ました, やその, や女工, や犬, や軒下, らしいお, らしい声音, らしさ, をお, をすかし, を夜通し, を引出した, を後, を思った, を慶応, を抱き上げ, を抱き上げた, を抱き起した, を押しのけ, を指し, を揺り起こし, を時々, を桝, を樹, を殴りつけた, を母, を目がけ, を眺め, を眺める, を背負っ, を背負った老けた, を蒲団, を見た, を見つけます, を蹴飛ばそう, を迷子, を連れ, 程も大き

▼ いる~ (228, 0.1%)

97 にその, にもう 53 にかれ, にすぐ, に彼, に早く, もなかっ 2 にお, にすでに, にはや, に夜, に家康, に敵, に自分, も心, んの

1 [167件] が人間, さかり, どの下, どろこしさ, にいつか, にいつか冬, にいつか影響, にいつか戦そのもの, にいま, におやじ, にお先に, にお次, にからく, にきかえ, にくりかえされ, にぐんぐん, にこの, にさし, にさしも, にしてやられたら, にしぶん, にそういう, にそれ, にそれら, にたたんじまえ, にだんだん, にちょっと, にとうとう, にどこ, にどんと, にはおお, にはまたとない, にはよう, には自然, には自然ことば, には魏, にまこと, にまた, にまほう, にまめやか, にもあの, にもあやしい, にもお, にもザッザ, にも必死, にも頻々, にわが, にわたし, にスラ, にチョビ安, に一方, に一発, に万一, に三根夫, に二間三間, に五郎左衛門, に伊織, に何, に信長, に先, に先方, に光悦, に八ツ山下, に列車, に刻々, に包まれる, に千羽, に卯木夫婦, に又八, に又四郎, に右門, に同じ, に名人, に呂宋兵衛一族, に坂下, に壁, に奈良, に婆, に官兵衛, に小屋, に屋敷, に市中, に幸村, に庄次郎, に座敷, に彼方, に彼等, に後醍醐, に恐るる, に手, に持っ, に指, に数日前, に敵兵, に星, に時, に格子, に機, に武田家, に浜, に火, に為, に犬, に狼藉人, に男, に留守, に異様, に疾風雲, に癩病, に白く, に着物, に社会, に秀吉, に私, に立ち去っ, に羅門, に背後, に舟, に舟め, に船, に若人輩, に董卓, に蒼く, に藤吉郎, に虚無僧, に西洋料理, に許, に賛, に軽く, に辺り, に近頃, に部屋, に野火止, に長崎, に門, に青砥, に頭脳, に馬超, に駈け出し, に駈け去っ, に骸骨男, に鮮やか, に鷲, に黒山, むこうの, もありません, もおれ, もございません, もその, もない, も一日, も一葉, も冠, も双方, も同志たち, も山一つ, も思い出す, も気, も面倒, んです, ん前の, ッさいちゅうなのである, ッ白い, ン中の, 一種の, 向かいに, 新しい久留米絣

▼ いる~ (225, 0.1%)

12 の前 8 であった 54 だった, に見えない, の中 3 である, ではない, を

2 [12件] があった, がある, ざし, ざしだ, だと, なざし, の先, の方, の端, の覚める, の鋭い, を仔細

1 [155件] からは手繰られる, からは涙, から急, から次第に, から流れる, から涙, から見れ, がどんより, がギラギラ, が介, が何, が夜, が大きく大きく, が湯, が霞もう, が青く, こそは何より, ざしだったこと, ざしなの, ざしは, そういう姿, だおれ, だったという, だろうか, だ人, でお力, ですよ, でもない, でクリストフ, で五郎蔵, で娘, で彼, で父親, で見つめ, で附近, との寂しい, と反, と取留め, と唇, と杯, と水火, と鼻, にそれ, にはすべて, にはただ, にはなにやら, にはまるで, には定め, には愛情, には煙草, にほんの, にもかげろう, にもこれ, にも蔽い得ない, にも見えず, にも道誉, にやや, に一種, に出っくわし, に問いたげな, に気づい, に泌, に膝こぶし, に見えぬ, に酒, のいと, のうち, のきれい, のぎょろぎょろ, のせい, のない, のまわり, の上, の位置, の光, の怖い, の方向, の明晰さ, の流れ, の火, の熱心さ, の狭, の真赤, の瞼, の色, の表情, の裡, の視線, の配り, の鋭さ, の隅, はあの, はうつろ, はすぐ, はわたし, は一刻ごと, は上ず, は主, は信長以上, は冱, は壁, は大きく, は少し, は格外, は火, は空洞, は貪婪, は黒い, ばかりが陰影, へ憤怒, もこの, もない, も熱く, も綾, よ金髪, をあげ, をうつし, をお, をくばっ, をし, をした, をしばたたい, をそっと, をその, をどうしても, をもっ, をよけい, をわざと, を上げた, を下, を務め, を又八, を口, を大きく, を天眼, を宙, を恭一, を感じ, を擡げた, を真っ直ぐ, を私, を置く, を自分, を落す, を見, を見た, を見られた, を見る, を見据え, を覚ます, を野, を離さない, 太い含み声, 開いた手, 青じろく針

▼ いる事実~ (217, 0.1%)

14 である 7 がある 6 なの 43 であった, に照, を告白, を知っ

2 [13件] だけで, だった, であるが, です, ではある, に徴, に私, は一層, は何と, も私たち, を抹殺, を発見, を語っ

1 [148件] からでも容易, から推し, がありあり, があろう, がいくつ, がきのう発見, がこれ, がたびたび, がともに, がわかった, が分った, が既に, が現代, が発表, が発見, が着目, が語られ, さえある, さえ知らず, だけから推定, だけに依っ, であったから, であって, であります, であり最後的, であるから, であるそれ, である政界, ですよ, でもあった, でもある, で他, で誰一人, とから彼, とを眺めわたした, とを綜合, と一致, と方則, と正反対, と考えあわせ, と鋭く, など空ふく風, なん, にこそ高貴, については無, にはいつも, には大いに, には自分, にぶつかっ, にまで幾多, によって稀少, により幼年期, に憤慨, に注目, に理解, に苦しむ, に触れた, に越す, に過ぎなかった, のすべて, の具体的特殊性, の外, の大きな, の方, の裏面, はあるいは, はいろいろ, はおととし, はことごとく, はこの, はざら, はすべて, はそう, はそれ, はとうてい, はなぜ, はもっとも, は何人, は如何, は実際とても, は容易, は幾分, は恐らく, は支配階級, は是非, は時局, は注目, は現在私たち, は私, は見のがされ, は誰, または少なくとも, または私, までも序, まで透かさず, もたしかめました, もセエラ, も無視, も見お, やそれ, や一方, や何, や国民, よりもさらに, をありのまま, をいかに, をいくらか, をおもしろく, をお気づき, をつきとめ, をどう, をはっきり, を両, を云う, を人民, を何と, を否定, を吾輩, を夢, を忘れた, を我, を持ち来っ, を指摘, を挙げ, を日々, を毎日, を江戸, を注意, を満足, を父親, を物語る, を知った, を知らぬ, を知り, を確かめる, を私, を考え, を自分, を船長, を見あきる, を見おとし, を見せ, を見せる, を見よ, を見る, を見出す, を見逃し, を語り合った

▼ いるきり~ (215, 0.1%)

57 だった 23 であった 17 である 169 でした 5 です 3 なので

2 [11件] じゃない, だったが, だったの, であったが, でお, でがらん, でご, でざんざ降り, でその, で二人共沈黙, なの

1 [63件] じゃ, だから, で, であけ, であと, でいかに, でおなじ, でございますむかし, でしいんと, でしばらく, ですが, ですその, でその他, でね, ではで, でほか, でほとんど, でみんな, でわりに, で一本, で人, で人ひとり, で他, で何だか, で何とも, で何処, で何時, で凹んだ, で別に, で南, で婆さん, で小さい, で形, で彼, で彼女, で彼女達, で恐ろしく, で手不足, で新吉, で本人, で異状, で神月, で窓, で落着き, で足許, で銀子, で静か, で面白い, で頷き, なり, なん, になった, のエミリイ, の二三, の二階, の小さい, の小さな, の形, の水瓶, よ, らしいの, 穢い静か, 答えない

▼ いるかは~ (211, 0.1%)

4 誰も 3 別問題, 読者の 2 わからない, 少しも, 彼の, 知らないが, 知らないの, 知れないが, 誰でも

1 [187件] あの報告書, あまり考え, あるいは彼自身, いうまでも, いかにもはっきりし, いらないうち, いらぬかに, いわずと, おさよさん, おそらく未決, おどろくべきもの, おどろくほど, おぬ, およそ御, かの日清, けっしてだれ, ここに, こっちの, この一事, この木曾谷, この際問題, これからの, これだけでも, これでも, さっぱり分かりませんでした, じゅうぶん分かりました, すぐわかる, すこしもうかがえなかった, すさまじいね, すでに読者, すでに述べた, すべてこの, ぜんぜん分からなかった, その婦人, それらの, たいていの, たいてい想像, ただ実証的, たやすく分る, ちっとひどい, とうとう分らず, とうに聞い, とにかくちゃんとわかる, まだこれ, まだよくわからない, まだよく分らなかった, まだわからない, まだ容易, まだ知らなかった, まだ調べられ, みんなに, むろんわからなかった, やはり西洋, よく承知, よく知っ, よく見えませんでした, わかってる私, わからないが, わからなかったが, わかりかねるが, わかりません, わかるであろう, わかるに, エゴン・エルウィン・ウィッシュの, シャアにも, ソヴェート書籍の, 一寸東京, 一目見れ, 一般的に, 一見し, 世界が, 世界最初の, 世間に, 之で, 今一つ一つ見る, 今日に, 他の, 以下に, 会わなくとも, 何よりも, 何人にも, 余り注意する, 作者に, 兎も, 全く偶然, 分った, 分らない, 分らないん, 分析出来ません, 判らないし, 判らなかったけれども, 別として, 到底常人, 前から, 前に, 右によ, 周知の, 周防から, 善悪ともに, 外見からは, 夢測り, 大きな疑問的存在, 大抵不明, 大抵分る, 大棟の, 大賞堂の, 妻君にも, 存じません, 実は明, 実際それ, 実際年, 家族の, 容易に, 寛斎は, 少し考え, 屡々述べた, 彼と, 彼女にとって, 彼自身にも, 後に, 御存じなかっ, 御存じの, 怜俐な, 思わないで, 恐らく当の, 想像に, 想見する, 掌を, 斯うい, 新子には, 明かに, 明らかでない, 明らかに, 明白であった, 明瞭りし, 未だまったくみずから明, 未來の, 未知数である, 杉代だけが, 東宝の, 次の, 欧洲政局の, 河原の, 測り知ること, 現代の, 生徒たちに, 疑問だ, 疑問である, 知って, 知らずに, 知らない, 知らないけれど, 知らなかった, 知らなかったの, 知らぬが, 知らぬものの, 知らん, 知りすぎるほど, 知りませんけれど, 知るよし, 知る由, 石油及び, 確実には, 私たちが, 私には, 私の, 空しい想像画, 第二, 聞取れない, 自分には, 解らなかった, 言うを, 言わずとも, 話の, 説明を, 誰に, 誰にも, 誰一人知る, 論ずるまでも, 諸君が, 路地裏の, 逆睹し, 遺憾ながら, 金五郎にも, 雪之, 露程も, 頓着も

▼ いるとしか~ (211, 0.1%)

25 思われない 13 思えない 12 思われなかった 11 見えない 10 思えなかった 7 考えられない, 見えなかった 6 見えないの 5 思われないの, 考えられないの 4 思えないの 3 思えないん

2 [11件] 僕には, 彼には, 思えません, 思われなかったから, 思われぬよう, 思われません, 思われませんでした, 感じられない, 考えられぬの, 考えられませんね, 見えません

1 [81件] いいよう, おもえません, きこえなかった, 云えまいと, 取れなかった, 受け取れなかった, 受け取れまい, 受取れなかった, 形容の, 復讐し, 思えて, 思えないくらいの, 思えないですぞ, 思えないので, 思えないよう, 思えない事, 思えない動き方, 思えない小野田, 思えない折々, 思えなかったね, 思えなかったの, 思えなかったので, 思えなかったほど, 思えなかったほどに, 思えなかったん, 思えなかった大熊, 思えなかった筈, 思えなくって, 思えぬしわがれた悩ましい, 思えぬの, 思えぬ人間, 思えませんから, 思えませんでしたし, 思ったこと, 思わない伴, 思わなかつたの, 思われて, 思われないあの, 思われないので, 思われないのに, 思われないもの, 思われないよう, 思われない事, 思われない怪異美, 思われない意外千万, 思われない深い, 思われない群れ, 思われない言葉, 思われない食う事, 思われなくて, 思われなくなって, 思われぬ, 思われぬので, 思われまい, 思われませぬ, 思われませんでしたが, 思われや, 想えない, 感じ得られない癖, 矢島には, 私には, 考えて, 考えない, 考えぬお, 考えられないから, 考えられないので, 考えられない諸, 考えられなかったの, 考えられません, 考えられませんで私, 考えられませんもの, 考えられん, 聞えない, 自分には, 見えない位, 見えない某, 見られないもの, 見られません, 観られない, 解釈が, 響かなかった

▼ いるよりも~ (208, 0.1%)

6 はるかに 3 遙かに, 遥かに 2 いっその, もっと広い, 一層の, 激しくこん, 重大な

1 [186件] あすの, あの小鳥屋, いくらかいい, いくら景気, いっそう悲しい, いっそう手, いっそう苦しい, いっそがけ, いっそ早く, いま圓朝の, おれも, かえって焦躁つき, かえって高等, かかる所, こうした人達, こうした御, ここに, ここへ, このよう, この方, この東京, これが, こんなにさっぱりした, さらに描写, さらりと, しばらく怠っ, すぐに, すわって, ずっといい, ずっとはっきり見た, ずっと危, ずっと飛び離れた, その方, それは, そんなもの, だまして, ちょっとで, とつぜん試合場, どれくらい, どれほど気持, なおいっそう, はっきり耳, はやくこの, はるか余計, ひとしおその, ひどい動悸, ましだ, まだまし, むしろプロレタリア作家, むしろ見かけ, もっとずっと長く, もっとね, もっとはるか, もっと大きい, もっと整然とかしこまった, もっと深い, もっと美しい, もっと良い, もっと重大, もっと陰険, もっと風, やせて, やっぱり私, よりつよく, より多く, より多く彼自身, より活溌, ゴーゴンの, ゴーリキイは, ズット怜悧な, タイピストの, ロンドンに, 一倍寒く, 一刻も, 一層未, 一思いに, 一死を, 不都合に, 二人離れ離れに, 他の, 以上だった, 以上に, 以上の, 以前である, 低く自分, 何とかし, 何ともいえない, 何んで, 何千ばいしあわせか, 像の, 僕と, 兵隊に, 出て, 分相当, 動くほう, 危ない, 土に, 地獄に, 城中の, 堪え易かっ, 外へ, 外国の, 多い, 多産的である, 夜が, 大きいのね, 大きな幸福, 大であろう, 大規模, 女を, 好きに, 好ましい描写, 安全だ, 安心かも, 安心だ, 家で, 寂しかった, 寧ろ元来一つ, 小さな人口, 少しでも, 少し歩い, 山の, 島へ, 幸次郎に, 広々として, 広い大道, 当の劇団, 彼の, 心に, 想像されうるであろう, 数百カロリー優っ, 早くすぐ, 早く兄, 早く海岸, 早く角太郎, 早く金庫, 更にあぶない, 更にはげしく, 本当に精神, 案外利巧, 楽だろう, 機関室の, 正確な, 死んで, 比較に, 気が, 深いその, 深い本心, 深刻な, 瀬川にとっては, 理解し, 男である, 画期的とも, 白鳥号に, 盗みを, 私の, 第一印象, 美しかった, 老いの, 老人と, 自分が, 自分の, 自分も, 自由に, 若いもの, 苦しいこと, 衆群を, 見ず知らずの, 見ること, 詳細な, 誰に, 貴方に, 軽蔑し, 辛いこと, 辛い程, 道行の, 違った姿, 遙に, 遥に, 野良で, 陰翳に, 離れて, 雲雀の, 非常に, 食事の, 養母の

▼ いる~ (207, 0.1%)

21 であった 10 だった 5 である, のこと 4 でしょう 3 だ, だから, であったが

2 [18件] から音羽, だが, だったので, だと, であったと, であろう, であろうと, でした, でしたから, です, なの, なので, にはもう, には店, に向田大尉, の事, の馴染, までやはり

1 [117件] あの人, ある人, ある日女文字, ある時福次郎, いつも町外れ, かと思われます, からくるしい, からその, からそろそろ, からの庄屋, からもう, からチラチラ, から一緒, から兄, から大粒, から小梅瓦町, から店, から憧憬, から支那, から新聞配達, から気, から江戸中, から浅草, から漱石氏, から知っ, から私, から約束, から耳, から起き, から飼われた, この屋敷, じゃ, すでに封建后数世紀, その大きな時計問屋, その直ぐ, だし, だった久米, だろうが, だろうて, だろうと, であったの, できん, でさあ, でしょうか, ですから, ですわ, でなければ, でも老母, で二世, で消した, と殆ど, と考えた, なのに, におれ, になっ, にはつまり, には何処, には叔母, には年, には彼, には盛ん, には私, には解剖衣, には難症, に先方, に千代, に彼, に私, に窓外, に粗相, に給仕, に襲いかかる, に誰, に起った, のお父さん, のこの, の俤, の先生, の彼, の深間, の話, の顔馴染, はあんなに, はほぼ, はまだ, は一発銛, は人, は伊丹屋, は信玄, は冬, は外, は山野, は巧妙, は弁天座, は昼間, は浅草, は道楽, は高原, までは年始状, までは東京中, まで住まつ, まで着物, も官立病院, も草花, やあたらな, よりも非常, より継母方, らしかった, を見計らい, を見計らっ, 何となく化粧, 持って, 教えたある, 早くも, 知り合, 見つけて, 間違っても

▼ いるほう~ (202, 0.1%)

30 がいい 4 がまし, がまだ, がよかっ 3 がよい

2 [14件] かもしれない, がかえって, がすなわち, がずっと, がよ, がよほど, が好き, が情ない, でも, で歯, の手, へ歩い, へ行った, へ視線

1 [129件] かも知れない, からみる, が, があなた, があの, がいかにも, がうち, がお, がおもしろかっ, がきらく, がこの, がご, がしあわせ, がたしか, がどの, がどんなに, がはるか, がほんとに, がまいっ, がまず, がむしろ, がもっと, がよかろ, がよろしい, がよッ, がわたしの, が乗客, が伴大次郎, が便利, が優し, が嘘, が多く, が好ましい, が好ましかっ, が好ましく, が嬉しかっ, が寝, が彼以上, が得, が恥ずかしく, が愉しかっ, が早かっ, が東京, が楽, が気, が気楽, が生活, が立っ, が美しい, が見, が遙, が遥か, さ, じゃあな, だ, だと, でいちばん, できのう自分, です, でその, では, で役所, で直衣, などにも出, なので, なん, にはただ, には軍艦, に上席権, に進ん, に黒眼鏡, のすこし, の一人, の側, の六帖, の対, の小野寺十内, の庭, の役人, の怪物, の男, の組, の者, の部屋, の顔, はただ, はなんとか, はもと, は主任, は海部同心, は蛮人, へあるい, へと忍びよった, へはいる, へは行かず, へぶらぶら, へほう, へまたたく, へまっすぐ, へやってきた, へゆきました, へヒョックリ, へ一目散, へ丹前, へ出かけ, へ向きかえた, へ向っ, へ大股, へ好んで, へ小次郎, へ征矢, へ戻っ, へ来た, へ流し目, へ源氏, へ目, へ真黒い, へ行こう, へ行っ, へ走っ, へ駈け, もああ, もまた, よ知ってるでしょ, をはるか, をめがけ, を御覧, を見あげ, を見た

▼ いる~ (201, 0.1%)

19 だから 1716 である 8 であった, です, ですから 7 のもの 4 であるから, であるが, なもの, の事 3 いだ, だった, なの, のこと 2 であります, でございます, ですよ, ならまだしも, なん, の程度

1 [78件] いそれ, いだから, いだが, いで偶, か否, が丁度, が精一杯, その頃, だし, だすぞ, だったから, だと, だよ, だろうと, だろうよ, だァ, であったと, であるその, でいかにも, でこれ, でございましたそう, でした, でその, でそれから, でどんなに, ではっきり, ではない, でまず, で一向に, で余り, で別に, で室内装飾, で店, で御座いました, で御座いましたから, で東洋, で権現, で然し, で結局貸間, で装飾, で非常, なので, なら一そ川, なら妾, なんで, な事, な積り, な見すぼらしい程度, にしか見えなかったろう, に痩せっぽち, に石, に考え, のこん, のちぐはぐ, のひどい, のよし, のマニア, の仲, の余情, の啓蒙者, の大き, の容色, の弾丸, の時間, の男, の短い, の表情, の詰まらない, の誤魔化し, はミニマム, は大抵, までの作品, よ, よくわかった, 古かった, 強い, 強かった, 若い冷泉為尹

▼ いる通り~ (194, 0.1%)

30 である 125 です 2 だが, であるが, になる, のこと, のもの, の旅人宿, 大地震

1 [133件] あくまでも否認, あの如来衛門, あの界隈, あの辺, あの連中, あんまりうまく, いつも一つ, おか目八目, お父様, が出, が実在, この, この惨劇, この春, この机, この村, この法律, この素姓, この頃田安家, これから俺たち, さ, その論理, それだけの, たとい先方, だから, だからね, だし, だと, だわ, つまる処性格, であります, でお, でこの, ですから, ですが, でその, でそれ, でなし, とか箪笥類, とすれ, と見積るなら, どんな立派, ないろんな, なの, な姿勢, な彼, な心地, な愉快さ, に, にいっ, にこれ, にし, によい, に一般, に事實, に云った, に作者, に信長, に僕, に大層, に始終, に書きあらわせない, に未来, に武蔵, に現われ, に紅茶, に紙, に近視眼, に長谷川鄰完, のいつも, のその, のハッキリ, の事, の叔父, の大団円, の師匠, の建物, の意味, の明るい強い, の昔風, の現実, の盲法師, の真実, の第, の者, の自然, の角, の言語的照明, の足, へ出, へ私, ほとんど世間, まだ稚い, まで来, むしろ例外, やっぱり恐ろしい, よ, よい歌, をあるく, をずっと, をわし, をデュト, を今, を大学, を家, を書き止め, を来た, を残らず書い, を洗いざらい, を直截, を真似, を突っ切る, を米友, を述べた, 元来二月, 元来体, 別に新, 単に主観, 埋もれた宝庫, 大層気前, 実にすばらしい, 実に三重, 恐らく, 旧インテリゲンチア, 案外ほんとに合点, 極めてハッキリと, 極めて聡明, 死んでは, 決して当局, 現に眼前, 直指人心, 訳すにも, 馴れそめ

▼ いる一つ~ (190, 0.1%)

5 のこと 4 である 2 の事実, の例, の大きい, の大きな, の室, の常識概念, の弱点, の戸口, の扉, の点

1 [161件] が東宮, が頭, だった, に眼, のごく, のたのしみ, のちがい, のぬ, のまとまった, のみになっ, のシステム, のスイッチ, のトリック人形, のドア, のフランス的, のベンチ, のボックス, のボート, のメートル, の不安, の主題, の仮定, の伝統, の俳優, の傑, の傾向, の光景, の凶行, の力, の動物, の包み, の危険, の原因, の原理, の可愛らしい, の同じ, の問題, の器, の四角, の基礎概念, の場所, の塔, の大きな大きな, の大事, の大変, の女, の姿, の婦人帽, の学問的, の完全, の宗教, の客観的, の家, の小さい, の小さな, の小説, の屋根, の岩, の忘, の性情, の恐しい, の恐ろしい, の悪口, の悲劇, の意見, の感覚, の手首, の政策, の文学作品, の文芸評論, の断崖, の星, の時代, の暗示的, の机, の椅子, の権威, の欠点, の歌曲, の死骸, の気持, の気風みたい, の水車, の活動, の流れ, の海, の消防派出所, の湖, の演劇ジャンル, の激しくせつない, の煙筒, の物, の物語, の特質, の犯罪事件, の独自, の現象, の理由, の瓢箪, の生ける, の男, の畑, の疑問, の真面目くさった, の眼, の眼眸, の知識, の石, の研究, の禿げた, の窓, の笑顔, の精神上, の線, の義務, の考え, の舞台, の花, の荒地, の莟, の血腥い, の行動, の表情, の要望, の言葉, の記憶, の証拠, の認識論上, の誤解, の誤記, の負, の貴重, の質問, の身ぶり, の道徳的標準, の部屋, の重大, の金, の鎖, の長い, の隣保事業, の隧道, の雑誌, の項目, の顔, の風物, の首, の駒, の髑髏, の魅力, の黒い, の黒装束, はきょう, はまさしく, は山口県, は白米城, は角館, も消えた, をあわて, を提げ, 残らず開けて

▼ いる~ (189, 0.1%)

3 多数の 2 ぜい, インテリを, 森林を, 煙突と, 番頭の, 金庫を, 銀杏の, 鯰が

1 [170件] いちょうなる, さとか, さな, さも, それた諸君, それた魂胆, ちょうちんを, なる活動, な牛, な白犬, の男, アパートメントは, アルプスの, カブトムシが, カードに, サーカスが, テーブルの, テーブルへ, パンという, ビルディングの, 一座が, 下水から, 丸髷に, 之丞, 事件の, 事務所の, 事変だった, 事業家では, 仕事でも, 仕掛けの, 伝馬船に, 使命でなけれ, 僧坊の, 先生が, 円柱の, 勘な, 勘は, 勢力な, 勲位公爵を, 商人だ, 商人です, 商人達が, 問題だ, 喰岳の, 噐氏の, 坊主や, 大坂の, 太鼓の, 女を, 姐御, 子供を, 宇宙に, 宇宙を, 宗匠で, 実験室の, 富豪な, 富豪の, 屋根と, 屋根に, 屋根の, 屋根は, 工場です, 工場に, 工場の, 怪物を, 悪党だ, 戸棚の, 扉から, 才である, 掾国香も, 斜面を, 新聞社の, 旋風の, 旗を, 旦那です, 時計を, 智識達の, 条兵庫や, 格子の, 森林が, 樺池は, 樽みたいな, 機械の, 檣に, 檣帆の, 気宇な, 氷原に, 氷原の, 泥棒を, 活躍の, 海原でありました, 湖で, 火事を, 燭台の, 犬が, 犬だ, 生命の, 町人だった, 番頭が, 番頭さんの, 番頭たちは, 番頭との, 異には, 異の, 百姓で, 盃などが, 盗賊です, 盥に, 目標に, 真打が, 磐石に, 磐石の, 禍時, 科学者ヘポメニアス氏であった, 秘密でも, 秘密を, 窓の, 章魚あなごご, 竹林の, 紡績工場が, 美術館も, 群集の, 腹中の, 自然と, 自然の, 英国の, 華族や, 蒸汽船紡織機械ピストンの, 薙の, 薬罐の, 薬鑵を, 虎杖の, 蛸の, 蝋燭が, 蝙蝠の, 蝦蟇形の, 行進は, 街道である, 裏の, 襖の, 規模で, 親分な, 親分日本老人アンリ・アラキと, 観覧車に, 講堂の, 貴族の, 資本国は, 資本家である, 資本家階級から, 躯の, 通辞の, 部分は, 都会が, 都会としては, 都会を, 都会甍が, 金持だ, 金融資本の, 釘の, 鉞を, 銀杏も, 階段の, 階段を, 集団農場の, 食堂の, 飢饉及び, 馬路には, 髻の, 鶏舎, 鼎の

▼ いる証拠~ (186, 0.1%)

25 である 179 です 8 だと, であった 6 なの 5 になる 4 であって, ではない, なん 3 じゃない, だった, だよ 2 だから, であろう, でもあり, といえよう, にはならない, は挙がった

1 [75件] がある, がその, がそれ丈, さ, じゃ, だわ, で, であったと, でありでも, でありましょう, であります, であるから, であるこの, であると, であろうしかし, でこの, ですよ, です勿論, でその, でなくて, でなければ, ではありますまい, ではありません, ではあるまい, ではなく, でもあった, でもあります, でもあろう, で二三日, で喜ばしい, で川田, で御座いますから, で面白い, ということ, としきゃ思われない, として額, ともいえよう, ともなり, とも見られる, と思います, と見, と見えた, なのよ, にじ, にその, にちがい, になった, になります, にねえさん, にはいつの間にか, にはかすか, にはちがい, にはならないだろう, には二人, には戦い, には曾, には有明, には水, には眼, にも見た, に四列, に相違, に豹一, のよう, の一ツ, は少し, は無い, もない, よいっ, らしいが, らしいもの, をあらわし, を握った, を私たち, を見

▼ いる~ (185, 0.1%)

6 に力 4 を放し 3 の下, の指, や足, を休め 2 がふるえ, でしっかり, と手, の上, の形, はありません, をそのまま, を出し, を放した, を風

1 [143件] から大事, から消えた, から血, から頭, がある, がかすか, がだんだん, がぶるぶる, がわなわな, がギヤマン, がビクリ, がブルブル, がワナワナ, が少しブルブル, が微か, が怒り, が思う, が烈しく, が直ぐ, が見えた, が触れ, すらも茫然, です, でそっと, ではあった, でも見落すまい, で仕事, で汁碗, で編笠, で自分, で親父, で顎, で馬, というの, としか見えなかった, と右手, と肌, と胸, に, にぎゅっと, にとられ, にはげしく, にはほとんど, には気附, にほろっと, にも首筋, にピーン, に又八, に握らせ, のかからない, のところ, のよう, の中, の働き, の先, の力, の拇指, の持主, の指先, の掌中, の白く, の節, の触感, はそのまま, はちっとも, はとめず, はなかっ, はねえ, はまだ, はブル, は信頼, は影法師, は思わず, は無性に, は筋張っ, は藁ゴミ, は金剛杖, は離し, へ佐倉屋, へ力, まさぐりから, も女, も身体, も間に合わない, も随分, やその, や体, や膝, をいきおいよく, をお, をかけ, をこぶし, をさえ冷え上らせる, をさがしあてた, をそっと, をにわかに, をはなし, をふりはらっ, をふれたら焦げただらされ, をほどい, をもう, をやっと, をゆるめなかった, を仄, を何度, を何時の間にか, を先刻, を内懐, を刀ぐるみ, を動かし, を危うく, を取った, を固く, を少し, を差し伸べ, を引い, を引きしめた, を引き退け, を引込めた, を忘れ, を挙げ, を振り, を振りほどこう, を振りもい, を振り払っ, を振り放し, を掴み返し, を握られた, を握り返した, を机, を止め, を王さま, を耳, を脚, を腕, を見ました, を離せ, を静か, を顫わし, を首板, 近いの, 近い例, 附きも

▼ いる~ (180, 0.1%)

37 はない 20 がない 13 もない 12 はなかっ 8 がなかっ, もなく 6 のない, もなかっ 3 があったら, はありません, は無い 2 あ無, がある, が無い, もありません, も無く

1 [51件] があった, がありませんでした, がありゃ, があるなら, があるまい, が一分, が無かっ, なくそれだけ, などもなかっ, など許されなかった, なんかもっ, にうんと, におせん, にさっさと, にちょい, にもう少し, にも続けられ, にも音楽, にグリゴリイ, に世の中, に事, に伴藏, に僕, に又, に姫, に少し, に彼女, に忽ち, に数, に易道, に藪, に首, のある, はございません, はなく, はねえ, はほとんど, はまったく, は今, は無, は薬, もなかったらしく, もなくなります, もろくろく, も実は, も惜しい, も無, も無え, をもたなかった, を持たない, を狙っ

▼ いる~ (177, 0.0%)

4 がある 3 といえ, の中, の形 2 であると, ならば, の, のよう, の音, はこれ, は何, を返せ

1 [148件] かとばかり御, があ, があった, がありました, があるで, があるらしかった, がきたなく, がない, が一個, が何物, が余りに, が依然, が出来, が判らない, が動く, が如何, が少なく, が火花, が物, が置い, が金魚, じゃない, だ, だが, だそう, だって古道具屋, だと, だろうと, である, であること, でさえも, では, でも, で値, というの, という物, とこちら, とては芝生, とは違っ, と死ん, などは猶, にじっと, には何, にアニオン, に山田先生, に赤色, に近づいた, に鰹, のある, のうち, のかたまり, のこと, のずっこけたあい, のホック, の一部分, の云い, の全部, の味, の尠, の本体, の柄, の消費者, の色目, の言い, の話, の隠れ, は, はいったい, はさる, はどう, はない, はみな誰, はみんな他人, は一切, は一緒, は剣, は実際, は引き摩っ, は往来遙, は普通, は正, は浅葱, は物, は研究, は社会, は薩摩焼, ほどただ, まで野盗, もある, もその, もない, も手もと, も拾わなかった, も片づけられ, も立ち居, も立派, も粗末, も見えません, も貧しく, も高価, も鬼, らしいから, をそんな, をそッ, をなん, をみんな, をむやみ, をもっ, をやったら, をガタガタ, をズルズル, を一帖, を何とか, を使用, を出す, を出せ, を取られ, を取落し, を同じ, を吐き尽した, を土間, を夢見る, を当てたら, を得よう, を手, を手紙, を抵当, を挟ん, を揃えましょう, を構成, を死ん, を死力, を無理, を独立, を碩寿翁, を示し, を絶えず, を見, を見つけた, を見つけだした, を見る, を買い, を頭部, を食う, 干, 干台, 要するにただ, 馴れないみほ子

▼ いる~ (174, 0.0%)

9 の姿, の顔 3 のお, のそば

2 [13件] が第, というもの, と私, の愛, の態度, の横, の苦労, の言葉, は常に, や妹たち, や姉, を伸子, を見る

1 [124件] からさっき, が, がいつ, がどうも, が一層, が世界, が声, が女中, が姉, が嫂, が実物, が少し, が微笑ん, が恋しい, が感ぜられる, が浅間, が父, が眼, が菜穂子, たる妻たち, たる資格, だった, だのに, ではなかっ, とが眼, としての櫛田さん, としての面, として彼女, とつや子, とは違っ, と子, と小作人, と遠く, にうるさく, にお, になんとなく, には事実, にわざわざ, に向っ, に対して羨望, に手, に気付い, に私, に繰り言, に顔, の, のあおぐろい, のくら, のす, のところ, のゆるし, のよう, の一挙一動, の事, の体臭, の何太后, の写真, の分別, の唇, の土産, の場合, の境遇, の声, の多, の大きい, の妃, の屈託, の引きしまった, の後, の後ろ姿, の心, の心づかい, の悲, の愛顧, の感情, の手, の手紙, の文字, の気もち, の瀧子, の無言, の生活, の痩せた, の秘密, の粒々辛苦, の背中, の視線, の記念, の許, の足元, の身, の静か, の面影, の魂, はそれ, はそんな, はときどき, はわたし, は三味線, は初めて, は生れる, は私, は笑った, もある, もどこ, も天界, も母, も顔つき, や小さい, らしいひと, らしい様子, を, をそのまま, をどう, をひろ子, を何, を助け, を含む, を呼んだ, を宏子, を幼い, を手招, を無理, を見た

▼ いる次第~ (171, 0.0%)

47 です 39 である 1410 であります 8 でございます, なの 4 ですが 3 であるが 2 だが, で, であった, でご, ではない, で御座いますが

1 [26件] さ, じゃよ, だから, だった, だと, だよ, であって, でありました, であると, であるノデアル, である日本, であろう, でございまする, でござる, でしょう, ですああ, ですから, ではございませぬ, でもあろう, でもない, でも絶対, となっ, なので, なん, にはあらず, を了解

▼ いる日本~ (170, 0.0%)

5 の女 4 の女性, の民主化 3 の人, の人々 2 のよう, の人たち, の人民, の作家, の封建制, の封建的, の現実, の社会, の軍艦, の青年

1 [131件] がまだ, が平時, こそはその, ではおくれ, ではすぐ, ではとかく, ではアイマイ, では共産党, では総て, では青年男女, でもどんなに, でも一流, でも優に, で著, とくらべ, としては少し, と中国, においてまた, においてまだそんなに, において人道主義, について或, にとって独特, にはあれ, にはしっかり, に数冊, に聡慧篤実, のあらゆる, のえらい, のお, のかくれた, のことば, のすべて, のその, のなか, のわたしたち, のインテリ, のインテリゲンチャ, のビール, のファシズム, のブルジョア文学, の一つ, の一箇, の上流階級, の世間, の主力艦隊, の人口問題, の人民生活, の今日, の伝統, の作者, の侵略, の働く, の全, の兵隊, の凧, の列車ボーイ, の反動勢力, の名士, の哲学界, の善意, の国旗, の国際裁判, の多数者, の奴ら, の姿, の婦人, の婦人たち, の婦人大衆, の官僚, の家庭, の封建的基礎条件, の小説, の小説壇, の少年たち, の帝国主義, の恥, の戎克, の探偵小説家, の政治, の数百万, の文学精神, の方, の旅館, の映画, の有様, の林産資源, の歳の市, の歴史家, の母, の民主的解放, の民衆, の法律, の海女, の現代, の現状, の画家たち, の番兵, の知名人たち, の社会主義者, の社会因習, の社会文化生活, の紀元節, の紳士, の習俗, の腰抜け政府, の自由主義者, の船, の若い, の若き, の若者信吉, の詩人, の貨物, の貴族, の資本主義, の資本形態, の軍人精神, の軍国主義, の軍国的, の農村, の部隊名, の金, の青春, の鶏, は今や, は若人, へ急激, へ来, をそこ, をその, を愛せず, を見た

▼ いるからと~ (168, 0.0%)

40 いって 23 云って 11 言って 6 いうので 4 いうこと, いうの 3 いうだけの 2 いうて, いうわけ, 云った, 答えたそう, 言っても

1 [67件] あった, ありました, いい鳩, いうが, いうだけで, いうても, いうところ, いうなら一体所謂, いうに, いうばかり, いうまま, いうもの, いうよりは, いう以上, いっては, いっても, いわれるならそれ, うるさそう, おっしゃって, お断わり申した, くる, すすめたので, そう仰っしゃ, どうにか思い止まらせた, トクを, ナポレオンに, ロンドンで, 下宿につれて, 云うだけに, 云うばかり, 云ったよう, 云っても, 五十銭銀貨を, 仰言って, 口実を, 告げた, 告げて, 囁いた, 女は, 妹に, 安吉を, 小枝は, 市役所から, 得意然, 御放念, 思います, 思うの, 思われるの, 推定した, 断った癖, 棄てさせられて, 注意され, 申して, 私に, 称して, 簡単に, 考えた, 言いはっては, 言い訳し, 言う, 言うの, 言うよう, 言った, 言ったそう, 語って, 謎の, 買手の

▼ いる小さな~ (168, 0.0%)

3 箱の 2 人の, 列車が, 家の, 家へ, 穴が

1 [155件] あわれ, かばんが, すみれの, ひらき戸, ほったて, カップで, ガラス窓から, ザルを, プロテスタントの, ホテルに, ボタンの, ボタンを, マイクの, マツの, ランプだけで, ランプの, 一人の, 一本の, 上着は, 不明瞭な, 中庭を, 人物だけが, 人間の, 会社に, 児が, 円い錫, 動物たちと, 動物の, 動物は, 包物を, 半ズボン, 博多人形の, 古い軸, 器具で, 四角な, 国それが, 墓地に, 壺で, 女の, 女の子が, 女の子たちの, 女の子たちばかり, 女の子に, 女の子へ, 姿を, 婦人たち一人一人の, 子どもが, 子の, 子供だ, 孔だった, 官舎の, 客間に, 家々の, 小刀細工であった, 小箱を, 尼は, 尾根を, 島へ, 川の, 川を, 市の, 店が, 建物は, 弟を, 忘れ窓, 怒りに, 悪弊に対する, 戸棚には, 手を, 打ち破り疵, 星が, 木の, 木造の, 村, 板の, 植物の, 橋を, 死骸を, 水母の, 水精の, 水鳥の, 氷店ぐらいしか, 沢の, 洋館であった, 漁村である, 潜戸を, 灌木などが, 灰色の, 犬蓼の, 独立した, 瓦斯油供給所が, 瓶の, 生命が, 生物の, 田舎町が, 町の, 町や, 町を, 界隈を, 白い月, 白い礼拝堂, 眼の, 石仏の, 石橋の, 祠や, 私娼宿は, 窓が, 窓に, 窓の, 窓を, 竹柄杓を, 箱を, 築山の, 糸くずなどの, 紙は, 絵は, 緑の, 肉の, 胸に, 脚で, 自動車の, 花が, 花束, 茶室, 茶釜, 草場を, 草路が, 虫が, 虫の, 蚋が, 蟹は, 谷, 谷で, 足の, 部落だ, 金の, 金壺眼は, 銀行の, 鍍金の, 陸棲貝を, 青虫が, 靴音が, 鞭を, 音が, 頭を, 顔の, 風呂敷包みを, 食客だ, 駅を, 駝鳥の, 骸骨みた, 魚や, 鳥の, 黒い人影, 鼻や

▼ いる~ (159, 0.0%)

9 がある 7 もある 3 がない, が多い, である, の娘, を私

2 [11件] の, の仮, の女, の婦人, の武士, はいくらでも, はこの, はたくさん, は多い, は決して, も少く

1 [106件] がこちら, がなく, がまま, が大分市, が少く, が必ずしも, が挙げ, が最も, が特に, が珍, が非常, さえある, すらある, せば, でもファッショ化, として又, として自作, などが多い, などを挙げた, にし, には日本人, に依る, に石芋, に遭う, のいかめしい, のいや, のお, のおしゃべり屋伝六, のかなり, のエンプレス号, のホテル会社, のラキーチン, のロシア人, の一丈八尺, の不可解, の事, の二人, の人, の仮面, の倉庫, の先輩, の切通し坂, の変り者, の大尉, の奏請責任問題, の奔馬, の女中, の学生, の宏大, の封緘, の小さい, の小川, の屋敷, の復讐, の心霊学会, の怪しい, の手真似, の指輪, の文化主義者, の旅客, の染井, の根本問題, の楽書, の横町, の武家, の深川, の病気, の砂, の社会観, の種, の窓ガラス越し, の紳士, の胆刺, の自分, の花, の赤い, の軍国意識, の顔見知り, の首, の黒い, の黒ずんだ, の黒須, はある, はほとんど, はファーブル, は一つ, は今日, は余りに, は多々, は富士山, は少く, は少なく, は見ない, もあった, もまた, もわたし, も喜界島, も多い, をたくさん知, を吾, を御, を挙げ出した, を知らぬ, を見る, 少なしと, 繰方

▼ いる~ (157, 0.0%)

12 がある 7 がありました 4 の前, もあった 3 があっ, があった, の方 2 からそれ, であり栄子, である, でする, の者, の間

1 [109件] から一冊一哥, から二十間, があります, がそこ, がそのまま, が一軒, が並ん, が二パーセント, が五, が僅か, が十五六軒, が点々, が軒, さえが一軒, そう普段利益, だそう, だのに, だよ, であるので, でした, でその, では主人, では始終, でみる, でヴェラスケス, で十歳, で江戸町, で私, で茗荷, で酒, というなら, という店, と云う, と云え, なの, なら必ず, なれば, に, にちがい, に一つ, に入っ, に立ち寄っ, に迷惑, に電流, のある, のうす暗い, のなか, のはず, のまえ, のよう, の中, の主婦, の人たち, の先, の先輩達, の内部, の広間, の忙し, の様子, の番頭, の缶詰棚, の表, の軒, の軒先, の閉, は, はある, はいくら, はこの, はさすが, はたいがい東京人, はたしかに, はどうも, はない, はなかっ, はにぎやか, は一二軒, は何軒, は僅か, は塩煎餅, は妻君, は当家, は彦兵衛さん, は本屋, は町内, は私, へ売り, へ寄っ, へ来る, へ行っ, へ見習い, まではほんの, もあります, もある, もございます, もない, もりっぱ, も休業中, も勿論, も多かっ, や魚屋, をきい, を一軒一軒, を私共, を見た, を覗いた, を譲り受けた, を選び, 小さい梨

▼ いる~ (154, 0.0%)

11 うだつた 3 私は 2 こういう奴, この人, どこの, わかって, 今日は, 僕の, 分って, 君は, 知って

1 [122件] あっちに, あのお方, あのかっこう, あの人, あの娘, あの子, ありゃ木村, あれは, あんな奴, あんな竜宮城, いるともさと, うすからなんとなく, うすでも, うすとき, うすなんか, うっ, えおう, おしゃべりだ, おとっちゃんおとっちゃんおかさんまだアタイ, おやじ, お前が, お品さん, お婆ちゃん, お隣り, きみは, けれどもねえ, こうな, ここからは, こちらは, このジャンガラ星, この小僧, ごく安い, しっかり頼みます, しって, しんベエの, すぐそこ, そうくどくどしゃべらなく, そこの, そしていろいろ, そして栄養食ヴィタミン, その宛て, その長い, それが, それじゃ, それは, たった一人, だから遊び, とても綺麗, どうした, どうせお, なつかしいかわいいインゲ, なア, に見えた, ばかげたこと, まったく, もしそういう, ゆうが, ゆっくりいる, よく検め, りか, りか出かせ, わしは, アダムは, イヤに, ッ, ヒトミちゃんは, モコウは, ラウダ君, リヴジー君, ーッ, 一円余計, 一郎さん, 中に, 五井君四本君六条君あれは, 今度は, 伯父さん誠に, 伸ちゃん僕が, 何んて, 俺ぁ, 六文じゃあ, 剥身屋の, 加奈ちゃんピンセットは, 十間も, 呆れも, 困るね, 夕べあしたの, 多分金の, 夜分は, 大概いる, 夫婦の, 姫を, 宇部には, 安心なさい, 宏子ちょっと, 岡っ, 弁当の, 御覧, 怪力線か, 抛り込み, 持って, 敬二君, 旦那の, 早くかわん, 昼から, 暢気な, 本当の, 本艇の, 栄ちゃんここだ, 栗も, 死人や, 海図室で, 爺お前早く, 生れつきの, 町へ, 睨めてるん, 蝶が, 行って, 見せましょうか, 親分, 親孝行で, 解って, 駕籠舁き

▼ いる~ (153, 0.0%)

7 である 4 は他, もある 3 の人, は日本 2 だから, であった, ですから, と国, においてはこれら, においては土地, においてより, はその, はない

1 [114件] からは一切, からは国民, から取得, から熟練, がある, がいかに, がそこ, がはじまる, が世界中どこ, が実行, その物, だという, だといった, だもの, であります, であるから, である以上, ですら, ではそれ, ではなく, では一人一人, では一般的凶作, では住民, では地熱発電, では早かれおそかれ, では無学, では父権, では社会主義的リアリズム, でも商工業, でも野性, でサルトル, ということ, というもの, という国, とが紛争, としては日本, と思われる, なの, ならば, なん, においてそれ, においてはかかる, においてはすべて, においてはその, においてはそれ, においてはほんの, においては不可能, においては事情, においては人民, においては出生者, においては粗, においても人民, において外国穀物, において富, については事情, にはたいそう, には明ける, には適用, に不順, に存在, に対し通常以上, に行け, に較べる, のある, のお嬢さん, の中, の人々, の人間, の住人, の勤労, の国民, の山, の方, の歴史, の生れ, の穀物生産, の資源, の過度, の都, はありません, はありゃしない, はこの, はどこ, はまれ, はもちろん, はやはり, はイタリア, はリシア, は世界中, は亜米利加, は内地, は呉, は外国, は外国穀物, は少し, は昔, は疑い, ばかりな, へいった, へ流れ, へ行きます, または少く, まで来た, もあった, もまた, も珍, も転じ, や勢力, よりも週期的伝染病, より軍艦, をさがし, を更に, を棄て, を素晴

▼ いる~ (152, 0.0%)

6 供の 3 供は, 市民的な, 部屋へ 2 っちゃな, 丘の, 侍に, 供が, 市民の, 広い横丁, 溝が, 部屋の, 魚が

1 [119件] がらな, が崎, ちゃい姉ちゃん, やかな店先, アントンの, チャナ足あとが, ツルに, テーブルの, ブルジョア的文化が, ホテルの, 三津という, 丘であっ, 事務所や, 人数の, 仏山脈が, 住宅には, 侍の, 侍従という, 侍従は, 供に, 供を, 信が, 信さん気が, 信は, 公園の, 円柱を, 劇場で, 動物などを, 動物に, 区域の, 十郎や, 卓の, 卓を, 博奕打ちを, 商人の, 商人達よりは, 噴水が, 圓太の, 地主の, 地蔵たちは, 塊は, 妻を, 婢の, 孩を, 宮岡も, 宰相, 宰相という, 屏風の, 山脈の, 工場は, 工面の, 市民中農の, 市民層と, 市民風な, 式部を, 式部人形だった, 怪物と, 才子を以て, 抽斗から, 抽斗や, 掻巻に, 料亭へ, 断片を, 新聞を, 松原へ, 枝を, 楊子入れを, 楢の, 槍とでも, 槍ヶ岳の, 水滴の, 沛へ, 流れへ, 灌木を, 牧場と, 猫を, 猿が, 猿達を, 瓢箪の, 盒の, 石敷, 社会が, 窓が, 窓の, 窓を, 筐を, 策士らしい, 腕は, 茶ちゃんの, 茶も, 蒔屋との, 蒜すなわち, 蒸汽は, 蒸汽船が, 虎は, 虫を, 蝿達を, 説話の, 豚や, 賢しげな, 運動場の, 部屋しか, 部屋に, 部屋を, 都会が, 都会ホウソン町に, 鐘には, 障子の, 障子を, 雄鹿の, 雄鹿を, 雑貨店が, 風呂敷を, 鬼の, 魔人に, 魔人を, 魚を, 魚等は, 鰻が

▼ いる~ (150, 0.0%)

5 の顔 3 の姿, の方 2 であった, と母, に相談, の前, の後姿, の心, の様子, の眼, を見た

1 [121件] から三千代, から填補, から手紙, から酒, が, があった, がこの, がどうして, がまるで, が好き, が恋しい, が憎く, が控え, が激怒, が父自身, が臨終, が苦し, が黄金魔, そっと涙, だけを一人, でもある, でもなかっ, として無論, との間, と圭子, と戸外, などは今, なん, にはほとんど, にまで栄さん, に云っ, に会わなけれ, に対して急, に往還, に感謝, に気づかれまい, に紅茶, に頭, のため, のところ, のどっしり, のにおい, のほう, の一つ, の事, の事情, の介添え, の伊太夫, の体, の八分どおり, の北畠親房, の友達, の娘, の存在, の寝, の寝息, の屈託, の屍骸, の平静, の影, の往生際, の心もち, の恰好, の扇, の手, の手前, の手帖, の改革, の教訓的, の敵, の書斎, の死, の死顔, の病気, の白骨, の窶れた, の立場, の義一, の耳, の虚栄心, の襟, の記憶, の評判, の讐敵坂上主膳, の跡, の辱, の頬, の高い, はいつも, はいろいろ, はしばしば, はとても, はどうして, はない, はにこにこ, は一種, は何処, は家事向き, は彼, は徹頭徹尾, は既に, は禿頭, は私, への手紙, へも何, へやる, もこの, もその, も分かっ, も無事, よりも母, をこの, をさし, を制止, を呼ん, を悲しむ, を救う, を老人, を見, を見る, 御ひとり

▼ いる人達~ (148, 0.0%)

3 だ, の間 2 が多く, だと, であった, なの, のよう, の姿, の顔, を見, を見る

1 [124件] からと極端, から内証, から徳蔵, があまりに, がある, がいよいよ, がうようよ, がかかる, がさっき, がしだいに, がそこ, がどうして, が会っ, が何, が何人, が勘定方, が家, が悠々, が歩く, が通行人, が集っ, が青, そういう時代, だった, である, であること, であろう, です, でなにか, でもし, でも斯, というの, とみえ, と一しょ, と何處, と同じ, と私, と自分, なので, ならば, にあたい達, にこう, にそうした, についてだの十月革命, にでも上げ, にとっての地上, になる, にはもちろん, には分らぬ, にも元気, に一応, に気がつかない, に父, に行き会う, に話す, のあいだ, のこと, のため, の中, の事, の住居, の余技, の分析的, の哄笑, の思い思い, の方, の暢気相, の為事, の裏面, の解放, の話, の身体, の集っ, の頭, の風俗, はあまり, はその, はそれ, はそれぞれ, はどう, はなにか, はひどく, はみんな顔なじみ, はややもすれば, はよほど, は仲裁, は何かと, は何れ, は名, は大概礼装, は少し, は思い思い, は早速, は死ん, は殆ど, は殆ど裸体, は江戸時代, は滅多, は皆, は赤羽夫人, は軽はずみ, までが皆, までが聞い, もある, もびっくり, もみんな口, も二人, も俄, も名士達, も大変上品, も死に, も番, も繻子奴, も退屈凌ぎ, をかきわけ, をみ, をも悦ばせたかった, を厭, を愛国心, を撒いた, を眺め, を見おろし, を見た, を見やっ

▼ いるかが~ (147, 0.0%)

8 わかる 4 わかるの, 分る 3 わかるでしょう, 之で, 判るだろう 2 よくわかる, わかります, 不思議であった, 分かる, 分るだろう, 判る, 問題だ, 思いやられた, 解る

1 [104件] ありありと, いちばんの, いまはじめて, うかがわれる, おぼろげながら, おわかりでしょう, お増, ここからも, この世界, この例, この夫婦, この本, これで, これを, さっぱり分らなかった, しを, すぐお, すぐに, すぐ決定, そこで, そこでは, それによって, それを, たいへん気, ちょっと分る, なかなか容易, はっきりした, はっきりと, はっきりわかる, はっきり見える, はっきり観取される, ほぼわかっ, まず第, もっとも明らか, もっと心配, やがて彼, やっぱり分っ, よく分るであろう, よく判る, よく解った, わかった, わかったならば, わかって, わからずに, わからない, わかりどう, わかるであろう, わかるほど, わかるわけ, アリアリと, 一番大切な, 中江の, 今問題である, 分かりかけて, 分かるよう, 分ったら自分, 分って, 分りました, 分ります, 分りますが, 分るの, 分るほど, 判ったと, 問題であり, 問題であります, 学問の, 実に明瞭, 家の, 容易に, 察しられるの, 推し量れる, 文章の, 明かに, 明らかと, 明白と, 明瞭である, 最も肝要, 本当には, 次第にやや困難, 気に, 理性によって, 理解される, 疑問であります, 皆さんに, 瞭然として, 知られて, 知られる, 知られるであろう, 知りたいもの, 知れよう, 知れる, 示される, 私には, 窺えるの, 窺われるの, 窺われるほど, 簡単には, 美奈子に, 美奈子にも, 自分ながら, 見たいだけ, 解らないの, 解るだろう, 重要の

▼ いるなと~ (147, 0.0%)

16 思って 15 思った 4 思うと 3 いうこと, 思いました, 思ううち, 思うよう 2 その時私, 思いながら, 私は, 長平は

1 [92件] いう事, いう程, いった, うなずけるだけの, おもいながら, おもったが, こう思召, すぐかんづいた, すぐ感じさせる, その年, なっとくする, のっそり山門, みな気に, わかるの, 一郎が, 不審には, 世にもすゞしげ, 云う気, 云う自覚, 仰向いた時, 余は, 俺は, 偲ばざるを, 六兵衛は, 内心に, 冷酷に, 分るだろう, 同情してた, 問おうと, 園は, 女中が, 安心し, 寝ながらも, 察した, 心の, 心附き, 思いだした, 思いましたので, 思いまして, 思いネクタイ, 思い又, 思い弥生, 思うが, 思うとき, 思うには, 思うべきである, 思う気, 思う瞬間, 思う途端, 思えたが, 思えて, 思えば, 思ったが, 思ったとき, 思ったの, 思ったり, 思ったん, 思った瞬間, 思われまする, 怪しんだの, 感じたの, 感じて, 感じられるばかり, 感じ殊更, 感づかせしかも, 感付いた, 戒める, 推察しました, 気がつく, 気がつくや, 気が付きましたから, 気附いた, 火の, 直覚した, 知って, 石田大, 私が, 竹藪の, 老公も, 聞きすごすだけ, 自分でも, 見ただけ, 見て取ったもの, 見破って, 見詰めて, 言っても, 訊き直した, 謙作は, 貝は, 近所の, 野口は, 鑑定する

▼ いる人物~ (145, 0.0%)

6 だった 5 があった, がある, である 4 であった, なの 2 が敵, だから, だと, であるから, です, でその, ではない, はほか

1 [100件] がいる, がわからない, がジイド, が一人, が世界, が古今東西, が居る, が我が亡き, が戦災, が明智小五郎, が次, が現れない, が生れ, が疑わしい, が露伴, こそあの, たること, だけが素面, だったが, だったの, つまり殺される, であったと, であって, であらね, でありしかも, でありそうして, であるため, であると, であるので, でなくては, ではなく, でもひそか, で又, で話題, としてここ, として見られ, とそっくり, とはいったい, とはまるで, とは思わなかった, と心得, と明智, と顔, なん, におじ, にも性格, に依っ, に現物, に疑い, のお, のこと, のところ, のよう, の中, の価値, の名, の名前, の声, の容子, の性格, の方, の時代, の検挙, の言動, の評論, の足, の輪郭, はすべてカンニング崩れ, はその, はたくさん, はたった, はない, はもっと, はやはり, は人前, は僧形, は天下, は宗教的, は日本人, は炭坑成金, は玄徳, は紛れ, は誰, は龍造寺主計, もある, もあるらしく, もあれ, もみな立派, を, をかりた, をまざまざ, をみ, をものめずらしい, を先陣, を必要, を持つ, を指した, を生かし, を発見, を監視

▼ いる光景~ (143, 0.0%)

5 を見た 4 である, を想像 3 が目 2 がありあり, だった, でした, です, は今, を描いた, を眺め

1 [113件] がたしかに, がちょっと, がちら, がちらつい, がひどく珍しく, がまざまざ, がタマラナク咽喉, が今, が実にありあり, が弁天座, が悪夢, が想像, が椅子, が現れた, が眼, が私, が要, が見え, が見えた, が見られる, が観客, が面白く, さえも誰憚ら, だと, であるが, であるという, でも時, で御座います, で続け, とはいつか, とも見えない, なぞが我々, などはもう, などもあった, などを思い浮かべ, などを頻りに, にぶつかる, によく, に出会いたい, に感服, に接します, に驚い, のごとき, のすぐ, のすさまじさ, のスナップ, の中, の如き, の珍し, の詠嘆, はいよいよ, はかなり, はさながら, はちょうど, はどんな, はなかなか, ははっと, はひろ子, はふしぎ, はまことに, はマリイ夫人, は一種不気味, は何かしらこの世, は何となく, は全く, は実に, は悲しい, は昭和, は歌劇, は気味悪い, は決してあまり, は物すごい, は甚だ, は相, は私たち大阪, は立田, は緩慢, は舟, は言語, は誠に, は誰, は通りがかり, は野蛮, は面白かっ, ばかりを伸子, ものどか, や事実, や毒薬, よりも桜, らしく判断, らしく思われる, をさながら, をしみじみ, を予想, を前, を彼, を思いやる, を思い浮かべ, を思う, を描い, を描きあらわした, を描く, を泰造, を眺めまわし, を眺める, を眼, を眼前, を米友, を美しい, を薄暗い, を見, を見かける, を髣髴

▼ いる~ (143, 0.0%)

6 の中 3 がある, のよう, の頂

2 [14件] だ, である, です, という山, との間, の容, の数, の方, の皺, の肩, はすく, また山, も登っ, を眺め

1 [100件] から東, がいちめん, がそう, がちゃんと, がのび, が三つ, が三十座以上, が或は, が次第に, が赤城山, だった, ってすごい, であること, であるらしいの, である事, でおまけ, でした, ですが, でも今日, で他, としてある, と前方, と向う, と昔, ならば, なん, には濃い, に材木, のうえ, のかさ, のこちら側, のつづき, のふところ, の中腹, の乙女山吹, の事務所, の冷え, の前, の名称, の夜空, の姿, の小鳥, の尾根, の峯, の峰, の廻り, の形, の影, の或, の斜面, の方角, の本, の朽葉, の林, の森, の池, の泉, の波, の海月, の深, の湯, の生活, の療養所, の砦, の祖神, の空気, の絶頂, の裾, の鉱石, の頭, の駅, の鼻, はこれ, はその, は上州, は山, は恐らく, は此山, は無かっ, は長大, へ遣り, も河, や林, や森, や石橋, や谷, をさし, をながめました, を仰い, を思惟, を指し, を正確, を歩いた, を知っ, を表わす, を表現, を見, を見上げ, を親切, 籠りの

▼ いる言葉~ (142, 0.0%)

5 である, の意味 4 だ, の中 2 であるが, のよう, の内容, の方, はない, をかけよう, をそこ, を聞い

1 [108件] かどう, があっ, があなた, がある, がいちいち, がかえって, がすこし, がわるけれ, が一つ一つ明確, が丈八, が何年, が思い出された, が意味, が有力, が沢山, が生れた, が聞えない, が隣室, こそ違っ, だった, だとて, であって, であり実際, であること, でしたよ, ではあった, ではなかっ, では当, でふだん, で話そう, というの, として受け取る, として感じとられる, とその, との間, とは面白い, と佐文, と動作, ながらまたし, などは大抵よく, なの, なので, について家, にはまさしく, には不如意, には明星派, にももうすこし, にも矛盾, にも自ら, にも違い, によって想像, にヌタ, に対して片岡鉄兵氏, に従え, のがん, のイノチ, の上, の奥, の実体, の感覚, の用法, の異色ぶり, の端々, の行間, の表面, の重圧, の重大さ, の音楽, はお, はなく, はほとんど, はまことに, はわかる, はハッキリ, は一言, は低く, は信一郎, は本当, は正確, は現代語以外, は系統的, は脅かし, は自然発生的, は謂わ, への疑問, もそう, も上品, も理解, も自分達, も都人士, らしい, らしいこと, らしかつ, をかける, をかの, をそっくり, をそのまま, をも思い出した, をよんだ, を何だか, を厭, を口, を彼, を決して, を綜合, を言っ, を言った, を読んだ

▼ いる~ (141, 0.0%)

75 だから, だった 4 であった, でありながら 3 だが, ではない 2 である, でもない, で自分, なの, なので, になっ

1 [98件] かと改めて, かと考える, か知らない, が, があんな, がどうして, が主筋, が勿体なく, が奇蹟, が辛い, じゃ, じゃろうが, だからよ, だがそこ, だけに, だという, だとねえ, であっては, であるから, であるが, であるのに, であれば, でご, でございまして, でございますから, でさあ, です, ですから, でそれ, でどう, では, ではある, ではございます, ではございません, では今, では何, でもある, でもなけれ, で人, で生臭, で鉄道, として, とはいえ, とは違い, と思い, と言う, ながら思いやり, なのに, なのよ, なればこそ, につまされる, にとっての一, にとって音, になれ, には, にはそれ, にはたとえ, にはまるで, には全く, には気持, には酒, に何で, に勝目, に法律上, のうち, のこなし, のそば, のつたな, のとど, のまわり品, の不徳, の内容, の味, の悲し, の振り, の方, の油断, の箔, の苦し, の道理千万, は, はこんな, はよけい, は不安, は出られない, は空, まもって, もわすれ, も一緒, も熱く, よりもだまし, をさて, をそう, を口惜しげ, を忘れ, を楽しまん, を畏れ, 寝るにも

▼ いる~ (140, 0.0%)

6 となっ 5 の自分 4 の場合

2 [12件] だと, である, に思い知る, のうち, の世の中, の人々, の境遇, の彼, の新撰組, の時代, はその, もいる

1 [101件] が一番, こそ君, この場所, じゃ, じゃない, すぐ前, そう考える, その混雑, その点, たしかにこの, であった, であるの, でさえその, です, ですら, ではかえって, では友, では見当, でもおれ, でもこの, でも彼女, でも篤介, と今, になっ, にも葉子, にも見, の, のあなた, のお, のここ, のこの, のほう, のもの, のソヴェト同盟, のロシア, の九谷焼, の余, の僧, の処, の壮士, の子供, の孤独, の小児, の小次郎将門, の幻像, の念い, の慶四郎, の日本人, の時, の時期, の時節, の最大, の有利, の武士ども, の気候, の洋服, の海岸, の状態, の生活法, の着物, の瞬間, の社会, の私たち, の若い, の身分, の青年, はこの, はそう, はそんな, はただ, はどういう, はまだ, は今年, は後, は老い, は食べ物, ほどブルジョア婦人雑誌, までなら, までの小屋, までの物理学上, までの考え方, までは宇治山田, も, もいう, もその, もそれ, もなお, もドア, も出かけ, も目, も私, も美しく愛くるしく気高く, より三十三年前, をいなかった, を父以上, 何故か彼, 狂おしい憤怒, 若い世代, 若も, 茲四つに, 通過した

▼ いるひと~ (139, 0.0%)

6 がある 4 なの, もある 3 のよう, もあります 2 があります, がいる, だった, の面, の顔, びとの

1 [107件] か知らない, があっ, があった, があまりに, がい, がいたら, がいない, がうらやましく, がかず, がなかっ, がひと, がほか, が世田ヶ谷, が今日, が来, が波, が煙草, が聞いたら, が鳥取, たれが, だ, だそう, だったら私, だってある, だと, だという, だの, だろう切株, っていうなら, って案外, である, であろうと, でした, です, ですから, ですね, でない対象, でもまた, でもめったに, でも汽車, でも目前, となっ, とはみえない, とマチネ, と思われ, と晩餐, と生活, なのね, ならしらないけれど, なら力, なら高校, なん, なんかいない, なんか無い, にあなた, にしかし, にだけきこえれ, にはわかりますまい, に似, に花束, に電話, に非合法, のかげ, のわき, の一生, の中, の住居, の姿, の家, の息子, の書斎, の気分, の美し, の言動, の身, はあなた, はおそらく, はきょう, はその, はたしかに, はただ, はない, はひとり, はまず, はみんな, はもう, はやっと, はゐ, は多い, は慎重, は日本じゅう, は果して, は死人, は皆ここ, びとに, びとのあり様を, もあっ, もあった, もその, もない, もなくなった, も多い, らしい, をよぶ, を知っ, を見なくなりました, を見ます

▼ いるある~ (136, 0.0%)

6 種の 3 一つの 2 人が, 人を, 婦人の, 日の, 物が, 男が, 男の

1 [113件] いくつかの, おじょうさんを, お婆さんは, ひそかな, ひとつの, まじい恋, ものに対しての, フランス人に, ホテルへ, マダムの, 一人の, 一人を, 一時期の, 一種の, 一言を, 丘の, 人と, 人に, 人の, 人は, 人物に, 仕事が, 他所の, 会の, 会社の, 何物かが, 作家に, 作家は, 保姆の, 先生の, 全く不可思議, 冷たい憎しみ, 出版社の, 分子が, 劇場の, 力から, 勤勉な, 名誉職という, 名高い御用商人, 品物, 境遇の, 夜の, 大切な, 大学の, 大工を, 大新聞, 夫人の, 女に, 娘から, 娘について, 娘は, 媒介物を, 学者が, 宗教観, 宗門の, 家の, 富豪が, 寒い日, 工場主だった, 工業学校の, 後家さんから, 思想とか, 悪意ある, 意志に, 感情が, 慈善事業の, 推定についても, 数の, 文学者も, 料理屋の, 新聞社が, 新聞社の, 日であった, 果樹園の, 柔道の, 歌人の, 歴々の, 気持を, 江戸料理屋へ, 汽船の, 法師について, 物, 物である, 物の, 特別な, 男からの, 疑問を, 発見の, 目的, 相場師が, 知人の, 研究所の, 神学校出の, 秘密の, 美しい女, 美人の, 老人が, 職業から, 自然の, 若い女, 草を, 著者の, 裏街区域へ, 誘拐団が, 貧民の, 農家の, 辻広場へ, 通運会社へ, 階級の, 雑誌から, 青年文士は, 香水商の, 魚族は

▼ いるって~ (136, 0.0%)

6 いうの 5 ことは 4 いうじゃ, ことが 3 いうこと, いうん, んだ, 法は 2 ことを, わけさ, わけな, 事を, 云うじゃ, 云うのよ, 云うん

1 [91件] あたしじゃ, いうけれど, いうし, いうとき, いうので, いうのに, いうもの, いうわけ, いう気, いったよ, いってね, えこった, えこと, えとむこう, えと彫っ, えの, えのに, えわけ, おわかり, こういうわけ, ここには, こちらに, ことこの, ことないしょに, ことをな, このぼく, この間警察署を, そういえ, そうなる, そう言っ, それは, ただそれだけ, たましい, だれを, ったよと, とてもよろこばれたです, どういうふう, どこに, どんなこと, のが, のは, はなしだ, まあ無法, ますから, わかって, わけかい, わけには, 云いだしたん, 云いました, 云ったじゃ, 云ったよ, 云ったん, 云ってたん, 云っても, 仰しゃったけれど, 印さ, 嗤う, 噂の, 壮平, 女でございましょう, 小学のね, 幹夫さんが, 御自信, 心を, 書いて, 歯痒がっ, 汽船を, 町中の, 筋な, 聞いたとき, 聞いたり, 聞いては, 触れ込みな, 言いだしたん, 言うが, 言うん, 言って, 言ってね, 言ってるじゃ, 言われたもの, 言われますわ, 話しだぜ, 話じゃ, 話だろう, 話です, 話なら, 話を, 誰がさ, 返事が, 頭で, 駅員さんは

▼ いる~ (136, 0.0%)

3 の底, の状態 2 だ, というの, というもの, は自分, をしずめ

1 [120件] からそう, からそれきり言づてをすることもやめて, からたまさか, からもう一度, から利巧ぶり, から気づかれず, がいつも, がおどり出し, がじめじめ, がそこ, がどこ, がどんなに, がなに, が別, が実質以上, が滲ん, が見える, が起き, が通じない, ちありと, であった, であり計画, で行動, で集っ, とお雪ちゃん, とが聖餐, とはまだよほど, とは反対, と少し, なの, にかわり, につよく, になれ, にはいくつ, には一かた, には起こり得ない, にまざまざ, にもそれ, にも表情, に同感, に変り, に小, に映った, に温かい, に目安, に羞恥心, に舞台, のあらし, のあり, のいかに, のうち, のしょうこ, のすぐ, のゆとり, の上, の人, の余裕, の問題, の奥, の姿勢, の影, の意味, の態度, の戦慄, の支え, の方向, の暖, の武蔵, の渇き, の温かみ, の点, の焦点, の病気, の痛憤, の秘密, の美し, の臓, の飢渇, はこんな, はその, はない, はまた, はやがて, は二つ, は今, は僅か, は動かなかった, は外, は当然, は彼, は慰められる, は決して, もわかり, も一掃, やすい堀川さん, や習慣, をあなた, をうけ, をうちあけ, をしよう, をすすめ, をそらし, をひき抜く, を代弁, を別段, を単純, を宥められ, を少し, を幸福, を底, を思わせた, を抱い, を押し潰された, を持っ, を書く, を激励, を現, を痛ましめる, を直接, を鈍らし

▼ いる感じ~ (136, 0.0%)

16 である 12 だった 11 だ, であった 8 がする 4 でした, なの 32 がした, がよく, です, でその

1 [59件] あの色あい, からいう, からそんな, からで, からの選定, がおそらく, がし, がない, がなくなった, が人, が体, が去らない, が強く, が歴々, が珍, が苦しい, が起らない, さえあった, そういう感じ, だから, だが, だったが, であったろうと, でこの, でときどき, でとても, でならび, でひし, で何だか, で幾日, で悲しみ, で日本, で特別, で薄暗い, で話声, とでも言おう, におや, にしろ, にとらえられる, のある, のする, のもの, の世界, の女, の安宅先生, の次第に, はいや, はこう, はもう, はスポンジ, は又, は変らない, も随分, をあらわしたい, をそれ自身, をとうに, を出すべき, を常に, を書い

▼ いるほか~ (135, 0.0%)

16 はない 11 なかった 10 はなかっ 5 はありません, はありませんでした 2 ありません, にはなんにも, には何, に人通り, は何物

1 [78件] あまり他, ありませんでした, すっかり包帯, その広い, その枕もと, その青年たち, たいていの, ないぞ, ないと, ないとも, ないの, ない状態, なく殊に, にあいだ, にありますまい, にあんまり, にこの, にすぐれた, にそこ, にその, にない, になお, にはしらじら, には二人, には人, には何一つ, には全く, には為さん, には犬, には誰, には野菜, にまだ, にやはり, にわたし, にラ・リブレリ・ソシアル, に一年, に中国, に何, に何等, に孤立, に手, に綺麗, に親しい, に道, に鰐, に鶏, のどんな, のもの, のものたち, の人, の人たち, の動物たち, の婆娑羅大名, の子供, の子供たち, の得々, の猫, の百姓, の稚, の者, の誰, の青年たち, の顔, はある, はこの, はございません, はすべて, はすべてこれ, はその, はひろい, は床全体, は美姫, へ運ぶ, もう火の手, もしいささかでも, 全裸体, 在りよう, 折々前線

▼ いるんで~ (133, 0.0%)

4 さあ 3 ござります, ごぜえます, しよう 2 げすよ, ゲスから, 僕は, 親は, 雇われてるわけ

1 [110件] あいつは, あの時, いつもの, いよいよ不思議, いろいろ思いつめた, うまいことかま, ええいまあっし, おどかして, おなごの, おれが, お山へ, お春さん, お腹の中, がす, がすよ, がっかりなすった, がんす, きょうは, げす, げすが, ここンと, この上, この崖, これが, こんなひと, さつき返し, してネ, じりじりと, すい, すっかり見, せう, そこに, そこは, その下調べ, その代り, その冠, その実地試験, それでこうしてやって来ました, それに, ただ書きさえ, とても口, どうしてもうまく, どうしてももう一度戦, どうも, なしに, なにも, なんとかしたい, ばくさんに, びっくりしました, もうそれっきりどこ, やっこさん手も, やりきれないよ, わっしも, われわれ人間が, オヤと, カッと, サッパリ消息が, ジメジメと, ポサンと, 一人欠け, 一寸面白い, 三百代言が, 何か, 到底歩け, 割合に, 又私, 名前だけは, 君達にゃ, 呼びに, 問題が, 変に, 外国人に, 姐さんに, 嫉妬を, 学問の, 学校を, 学生も, 安心し, 将軍様は, 尊敬を, 居眠りを, 床に, 店中で, 庭から, 心当りを, 憎らしくなっ, 手が, 持ってる, 本当に君, 毎日いろいろな, 眼を, 石川島へ, 私しょっちゅう, 私どんな, 私を, 竹名は, 締めにく, 腕は, 自然権力が, 血が, 見たら須永君, 諸国の, 踏んだって, 遠慮の, 部屋の, 障子も, 雨戸を, 頬ぺたが, 驚いて, 鳥打帽子を

▼ いる青年~ (133, 0.0%)

4 の顔 2 があった, がもし, だった, であった, のこと, のほう, の声, の手前勝手, や乙女たち

1 [111件] からの讃辞, からジーナ, がありました, がある, がいった, がいるだろう, がその, が三人, が主人, が休暇, が先輩, が前川別荘, が卑屈, が四つ脚, が多かっ, が描かれ, が教え, が真に, が美しい, が自ら, が自分, でありました, である, です, でないこと, でもなけれ, で三吉, で政治科, で漢文, というべきだ, とがこうして, となん, との結婚生活, と一緒, と同じ, と昔, と淑女, などは殻, なの, ならば, になじん, には不幸, にもそれ, に会い, に会わし, に伸子, に悪い, に手渡す, に指図, に聞こう, に顔, のいかにも, のいわゆる, のうち, のため, のよう, のわき, の上, の保, の前, の可愛, の姿, の心, の心掛一つ, の恨み, の想像, の意志, の慾望, の懐中電灯, の手, の挙動, の横顔, の死, の無心, の痛々し, の癖, の白皙, の眼, の眼差し, の細首, の耳, の肩, の表情, の訪問, の部屋, の面, はいきなり, はこの, は何者, は後, は必ずや, は来ない, は歩い, は磯崎, は自分, は黙っ, ばかりこしらえ, もそれ, も多い, も少く, やその, よりずっと, をあと, をふたり, をほとんど, を伴, を私, を脅し, を見, を見た, を見上げる

▼ いる~ (131, 0.0%)

7 の姿 6 の顔 4 の方 2 に, のこと, のほう, の眼

1 [106件] から今朝, がある, がかすか, がどんな, がなに, がふと, が一層, が可愛, が大きく, が恋しゅう, が死, が毒々しい, が良人, であった, であっては, ですから, でも妻, という立場, としてこういう, として御, とその, とは夢, と山中, と私, なるひと, なる人, にこの, にすべて, には一切, に何度, に少し, に手短, に時々, に話, のお, のす, のそば, のよう, のドローレス, の一途, の久子, の俤, の傍, の前, の加世子, の千枝子, の右, の声, の妹, の弟, の微か, の感情, の所, の手つき, の手許, の掌, の松子, の様子, の横顔, の毅然, の気配, の無精, の窶れた, の絆纏, の絵, の美しい, の若菜, の裾, の襟足, の躯, の邪気, の静子, の靴先, の顔つき, はそう, はその, はまだ, は埋葬, は彼, は涙, は生存, は直ちに, へこう, へ云い残した, もやっぱりそう, や伯母, や子, や息子たち, を, をおどろかし, をじっと, をつれ, をなぐさめ, をもつ, を呆れる, を引張りまわし, を心, を想う, を捨てえよう, を欺い, を無理, を無視, を疑い, を相手, を見, を見た

▼ いる~ (131, 0.0%)

10 がする 7 がし 5 が聞え 4 がした, が聞こえた 3 が聞えた, が聞える, だ, である 2 がきこえる, の流れ, を聞い

1 [83件] あた, いろでもねえ, かと思いました, が, がきこえた, がきこえます, がきこえ出す, がさっき, がします, がはっきり, がひっきりなしに, がひどく, がぶ, がシャリシャリ, がセルゲイ, がデッキ, がリズミック, が一層, が単調, が夜陰, が妙, が戸外, が更け, が枕もと, が毎朝枕元, が洩れる, が海, が絶え間, が續, が聞えました, が聞え出した, が聞こえます, が聞こえる, が近づく, が風雨, さ, だけが聞える, だけである, だけはザアーッ, だった, だと, でありました, であります, でご, でした, でしょうか, です, ではありません, でもない, としか思われなかった, とね, と同じ, なの, ならば, なん, にし, に合わない, に怯え出し, の様, はまるで, は一つ, は漸, もするだろう, もすれ, も聞え, も聞こえた, も聞こえました, やレコード, よ, らしい, らしかった, を, をき, を他, を何, を宮, を模, を知っ, を立て, を耳, を聞いた, を聴いた, を聴き

▼ いる白い~ (130, 0.0%)

2 女の, 布を, 新鮮な, 石造の, 鴎を

1 [120件] きものを, くまを, めんどり, ものに, ものはくぼくを, アワを, ガスの, クリームの, シグナルの, シャツだけが, スポーツ帽を, セトモノの, ブルースを, ホースが, マントを通して, モスク, リンネルの, 上っぱりの, 両開きの, 人の, 仔猫に, 僧衣は, 兎の, 八字髭を, 刃は, 包みを, 半月形を, 土蔵の, 地層線と, 塔の, 天井や, 奇怪な, 女を, 家や, 封筒が, 小さなもの, 少女が, 山腹を, 布と, 帽子を, 建物安定を, 影が, 所が, 手が, 手巾へ, 手拭である, 折り返しの, 旗を, 柔毛の, 框の, 橋の, 歯を, 毛糸レースの, 氷の, 浴衣の, 炭を, 燈火を, 牙, 物が, 物と, 物を, 物体に, 犬が, 猿は, 皮膚と, 皺に, 睡蓮の, 砂山の, 砂浜と, 碁が, 碁盤縞の, 粉の, 粉末です, 粉毒でしょう, 紐などは, 紐は, 純潔な, 素地に, 羊毛レースの, 肌の, 肱に, 脛も, 花の, 落花生の, 蚊帳を, 蛾が, 蝋の, 蝶々の, 襟布までが, 角封の, 解剖衣の, 谷川を, 足の, 遊覧船は, 道に, 道士の, 道路へ, 鉄板で, 銃口を, 閃きは, 開襟シャツ黒と, 雪と, 雪ばかり, 雲が, 雲を, 霧が, 頸筋を, 額に, 顔が, 顔と, 顔な, 顔は, 顔を, 顔黄色い, 風呂敷包みの, 馬に, 髯の, 鬢髪からも, 鶏の, 麻の

▼ いるやつ~ (129, 0.0%)

16 がある 4 さ, だ, です 3 は大嫌い, もいる 2 が, があった, がたくさん, ですから, はない, はほか, もある

1 [81件] かと思っ, があったら, があるで, があろう, があッ, がいたら, がいよう, がいる, がいるらしいです, がそう, がその, がそんな, がにせもの, がやかましい, が何, が宿, が泣露梅, が犯人, じゃ, だが, だけが例, だと, だね, であります, でしょう, での葉蔭, でグイグイ, ならこの, なら五円, なん, なんで, にお, におおい, にしょうしょう, にちがいありません, に片っぱし, のとき, の最後, の自動車, の顔, は, はいくら, はいない, はおそろしい悪, はおれたち, はかえって, はこの, はそこ, はなにもの, はほんもの, はみんな, はみんなばか, は一人, は人形, は何商売, は命, は本, は機械, は犯罪史上, は肉, は陳, は顔, ばかりだ, へ飛びかかろう, もできるだけ, もなんだか, も並み, をうつ, をその, をはさん, をひとり, をみ, をみる, をヒョイ, を一生懸命, を今, を噛みしめる, を捜す, を自身, を見る, を運ん

▼ いるとおり~ (128, 0.0%)

17 である 4 です 3 だ, に, のこと 2 さ, にこの, に彼女

1 [92件] あの男, あの音楽浴, あらゆる場合, あり得べからざること, うごかすこと, おは, くぼんだ場所, この一種形容, この初老, この北赤道海流, この塔, この文芸復興, この砂山, じつによく描かれ, そういっ, そのひろい, そのよう, その住居, だから, だった, だったが, だとしても, つい先頃, つねづね奥さま, であります, であるが, ですね, ではない, でダンネベルグ夫人, で一七八四年, どの国, なかなか多難, なの, なるほどこの, な自身, にかいた, にしたまえ, になる, にはっきり, にはできず, にふるまう, にゴーリキイ, に取りたてる, に学生, に展開, に巨大, に日本文化, に歩い, に確か, に芝居, に表現, ね, のおとなしい, のところ, のもの, の並, の事情, の実状, の思想, の意味, の感想, の東通, の正しい, の現実, の疑問, の禅, の立身栄達, の顔, は, はっきりし, ほとんど踵, ほんとに少しどうかし, ほんの講義, めぐりあった社会, もう何年間, もっと高い, やはり事態, よく, をこたえました, を守っ, を申, 出て, 古い城, 大いに歓ぶべき, 少し前, 最も留意, 生きて, 生来野心, 相異なっ, 答えますと, 読むこと, 高かった

▼ いる~ (128, 0.0%)

11 の光 7 であった 6 が多かっ, だった 4 が多く 3 があった, もあった 2 がさ, が何日, が多い, でその, の色

1 [78件] からわずか, がいつ, がきた, がつづいた, がつづく, が一等, が刻々, が四, が基督教, が来た, が無い, が続いた, ぐれであった, ざしの, だけだ, だったから, だったが, だったならば, であったそう, でありまた, である, でございました, でございまして, でした, です, ではあった, ではない, でもここ, でも国主, でも国境, とてはなかっ, なの, なのに, に, にそう, には山, には彼, に出かけ, に出るらしい, に台湾, に大和民族, に汽車, に照らされた, に道, のこと, のほか, のよう, の出来事, の午前, の午後四時半頃, の弱, の方, の昇る, の空気, の遠目, はいかにも, はちっとも, ははるか, はわざわざ, はわずか, は刻々, は十二月, は少ない, は島, は斜, は旧, は朝夕, は違う, ほど夜, もある, も少なく, も得, も訪れる, より見, を一日, を眺める, を空しく, 突然電報

▼ いるとでも~ (126, 0.0%)

13 いうの 8 思って 7 いうよう, 言うの 4 おっしゃるの, 思うの 3 いうか, 云うの 2 いうかの, いうところ, いうふう, いうん, いったよう, いった風, 云うよう, 思ったの, 言ったよう

1 [59件] あなたは, いいたいほど, いいたげな様子, いいふらして, いうし, いうため, いう形, いう風, いえる感じ, いおうか, いったらいい, いった虚無的, いわないばかりに, して, なったら嫉妬, 云いそう, 云うべきなの, 云うべき極めて, 云うより, 云うわけ, 云う心理, 云った様子, 仰言ったん, 形容し, 形容しなく, 形容す, 思うか, 思ったらしく葉子, 思ったらそれ, 思ってるの, 思わなくては, 思わなければ, 思われたかも, 思われたの, 思われるの, 感づいたの, 申しましょうか, 申し上げたいくらい, 疑って, 考えて, 考えられたの, 考えるほか, 見えたの, 言いそう, 言いたいくらい, 言いたいよう, 言いたげな, 言いますかね, 言うか, 言えようかしら, 言えるか, 言おうか, 言おうもの, 言ったほう, 言われるん, 評するより, 誤解し, 謂うべきであろう, 青木は

▼ いる部分~ (125, 0.0%)

5 がある 4 もある 2 が多い, である, のうち

1 [110件] から外界, があっ, があった, があの, があるだろう, が一見いかにも, が何ら, が大いに, が少く, が深けれ, すなわち史伝, だけであっ, だけでもふかい, だけよん, だけを人, だけを信長, だけを叙, だけ見較べ, であって, でありそれ, であるよう, ですが, でそういう, ではこう, ではない, では男, でも勘定, でも后妃, で信玄, で肯定, とが二様, とはほとんど, などにも著者, などは作者, なので, においては食物獲得, にはわし, にぼんやり, にまだ, にもかなり, によってたとい, に実際, に布, に愛蘭麻, に横, に続い, に至っ, のあらっぽい, のある, のこと, のため, の修補, の多く, の子供, の影, の或, の数行, の方, の水準, の煉瓦細工, の知識, の研究, の糸, の脳髄, の自然, の軟, の過剰分, の銅線, の面白, はいたって, はかたく, はすこしも, はだんだん, はどういう, はなるべく, はもちろん, はわずか, はエッゲ, は上, は中, は何, は大, は実に, は左, は彎曲率, は文化人, は月, は深い, は痛い, は端, は融ける, は銀, は静か, は黒い, また非常, もあり, も多い, も明らか, も決して, も珍, より多, を, をさす, をちかぢかと, をよんだら, を完全, を直線, を私, 従って山越, 或は作者

▼ いる老人~ (124, 0.0%)

4 があった 3 であった, の眼 2 だった, と若い, の姿, の顔, もあった

1 [104件] から歩き, から眼, が, がありました, がある, がいかにも, がいつ, がからかい, がこれ, がさすが, がまだ, がチャンチャンコ, が三人, が壁, が深川, が澄江, が父, が竹内式部先生, が續, が見舞, が馬, さえいた, その孫, だ, だが, である, でいかにも, で七十余歳, で機嫌, と, というもの, と瓜二つ, と話したかった, と跛, などもある, にだけ意味, になくなる, に対しことさら, に熊, に訊いた, に軽く, に逢っ, のうしろ, のかこい, のこと, のことば, のご, のそば, のため, のところ, のよう, の上, の位置, の傍, の口許, の右, の唇, の声, の小舟, の後ろ姿, の懺悔, の甥, の竜神, の耳, の肩, の膝自身, の蒼い, の言草, の鉢巻儀作, の首, はこういう, はじき, はどう, はよく, は例, は可哀そう, は土佐, は寝所, は文吉, は洋服, は目, は私, は答えました, は老い, は鍼按摩, は鼻, へ眼, へ近寄っ, も, もある, もここ, もそう, も少なく, や子供, や老婆, をつかまえ, をつかまえた, をむしろ, を伴, を気の毒, を相手, を見, を見つけた, を連れ

▼ いる状態~ (123, 0.0%)

12 である 9 です 5 だった 4 であった 2 であって, なので, にある, に似, は何だか

1 [83件] からみ, から一秒, から折々, から遠い, がさっぱり, がよく, が何となく, が切なく, が満足, が英国, が蟹, が陽子, こそ最も, だ, だから, だったし, であったが, でありますが, であるから, であると, であるという, であるならば, であるよう, でした, ですから, ですが, ではない, で玄関, で真空中, といっ, としてみ, として理解, とはまるで, とゴッチャ, なん, なんて私, にあった, になった, に在る, に基いた, に意味, に我, に気がつく, のもの, の効果, の方, の時, の謂いだ, はあっち, はじつに, はトテモ凄惨, は五・一五事件, は他所, は内部的, は市民精神, は木戸, は殆ど, は無比, は鎌倉, は顕微鏡下, へ塗りつけた, も一掃, やその, をある, をかえって, をただ, をどう, をまったく, をみ, をよく, を一日, を内包, を堕落, を小, を想像, を意味, を指す, を捉えた, を描いた, を目撃, を眼, を見, を見た

▼ いるとしても~ (122, 0.0%)

5 それは 2 しかしその, それが

1 [113件] あまり度外れ, あらゆる動物, あれから, いざという, いったいあの, おのおのの, おふくろや, お構いなし, きっとまだ小さい, このよう, この地方, この物質概念, せめては, そいつらに, そういう年ごろ, そのため, そのほかの, その上層, その主題, その区別, その回転軸, その所有, その気層, その男, その美し, その肉, その近所, その面積, それでもあなた, それを, そんな遠方, ただこれ, だその, だ広告, ちょっとそこら, どんな連絡, ないしはより, なおひとかた, なおマイナス, なお一般死亡率, なお近代, まさか今ごろ, まんざら不自然, むやみに, もし一兵卒, もはやその, もはや他, やはりその, やはり多人数, ゆるんで, われ, カルロ・ナイン嬢は, フリーダには, ヴィナスの, 一つの, 一歩ゆずる, 一歩外へ, 一般に, 一面自分が, 主婦という, 二人の, 互に相, 人みな善人だった, 今日は, 作品が, 作者の, 依然としてある, 僕の, 僕は, 僕等には, 先ず他, 先祖の, 全体としての, 其は, 刑執行を, 到底人間一生, 原住民も, 同じよう, 大和行幸論に, 夫は, 媒介自身の, 客観的に, 少なくとも名, 山勢の, 彼らは, 彼女は, 性欲と, 感情や, 政策と, 新しい文化, 新世界, 早晩かれ, 未だに自分たち, 果して事実, 標の, 毎日朝から, 江戸から, 決して忘れられなかっただろう, 現在の, 現実の, 現行の, 男女の, 私, 私に, 私は, 結局イデオロギー理論, 耄碌し, 萩原新三郎の, 観衆の, 道江が, 酌婦か, 金なぞは, 雪之

▼ いる~ (120, 0.0%)

6 だった, なの 4 である 3 だから, です, なので 2 あって, だ, であるから, では, の余裕

1 [85件] あの人, あれは, お金を, かんじんの, がっしりと, が推し計られる, しっかり建てられ, それが, それらが, だからな, だったが, つまらないもの, であった, でございます, ですから, で女房, で学校, で足柄山, なのに, なら, な将, な忠臣, にいと, にこの, には, には彼, にやがて, にようやく, に外務省側, に実際, に早う, に痛快, に重大, のすべて, のひと, のもの, の与兵衛, の井深君, の伯父, の凄腕, の凝り, の力, の好き者仲間, の年齢, の御, の意, の時間, の物, の男, の県下随一, の精神主義者, の美人, の美作, の者, の膨れた, の苦痛, の血気, の観音, の魔力, ゾッと怖く, ポーに, 単純で, 吾, 変化し, 宗教に, 尊王の, 少くも, 川手氏は, 彼女の, 悲しくは, 我々は, 普黄蓋の, 暢気な, 氏の, 渦巻く淵, 無知な, 狂的に, 瞬間の, 自分すら, 自分では, 自分の, 自明な, 苦しいこと, 辛いもの, 違って

▼ いる仕事~ (119, 0.0%)

5 なの 3 です, なん, のこと 2 であつ, である, であるから, ではない, をし

1 [95件] かと不, から, から気持, から言っ, があります, が不正, が他人, が到底, が君, が当時, が私, が行き詰まっ, だ, だからな, だからね, だけでも限り, だったの, だつた, だでな, だとして, だね, であった, であるかを, でございますしかも, ですからな, ですからね, でないこと, で現在, というの, とそこで, と一枚, と対立, と申します, なので, なんか筆, なんぞは此, には手伝おう, には武田信玄, にも彼, によっても年齢, に坐った, に就い, に従事, のため, のなか, のまっただなか, のよう, のノオト, の一つ, の予定表, の価値, の工合, の意味, の手伝い, の方, の最中, の欲望, の真実, の裡, の重要性, の音, はお互い同志, はそんな, はたいがい, はたくさん, はどう, はのんき, は左, は皆女中, は真実世間, は続けたい, は誰方様, もありません, もある, もない, も多かっ, よりも, よりも伊兵衛殺し, らしかった, を, をしたい, をする, をたのまれた, をやめ, をタッタ一人, を仕遂げない, を何者, を問題, を学校, を照らす, を片付けよう, を理解, を自分, を見ます, を見附けたい

▼ いるころ~ (118, 0.0%)

127 だった 5 であった 3 だろう, である, でしょう, になっ 2 だと, だよ, でありました

1 [76件] おい不死身, からその, からの計画, からの馴染み, からみんな, からチラチラ, から不服, から劇, から半蔵, から広い, から文学上, から石川, から私ども, から自分, から芝居, こう言った, このひとたち, すぐそば, その自動車, たいていの, だからね, だったが, だったでしょう, だとも, だろうと, であったかと, であったから, であったため, であったの, であろう, であろうと, でしたから, ですぜ, でその, でみんな, でも母, で今度, で景蔵, で気の毒, とても着, なの, にあたる, にはする, にはつくづく, にはもう, には各, には少尉候補生, に人間改造術, に六条院, に出立たせた, に半蔵, に妹分同様, に彼, の他, の笑子, の達三, はことに, はその, はフランス, は卓二, は却, は古着屋, は御, は朴, は清三, は空襲警報, は軍艦, へこの, ほのぼのと, まではお盆, までは戸山君たち五少年, もそう, よく数学, らしいんで, 時々これ, 集めた本

▼ いる小さい~ (118, 0.0%)

2 のぞき窓, 男の子を, 竹藪は, 者の, 蝙蝠は

1 [108件] あの白い, がまとも, ごろつきの, とって, のは, へりど, むすこの, ガラス戸の, ケットに, 一人一人です, 三重の, 人たちも, 人物などが, 人間の, 休み茶屋で, 体の, 個人経営の, 側栢が, 光りや, 入口を, 別荘です, 動物の, 動物は, 包みに, 口が, 墓に, 娘と, 子供たち, 子供の, 子供らが, 子供を, 子供達は, 学校な, 家々は, 家が, 家は, 寮が, 少年の, 尖ったもの, 屋台店が, 島, 島の, 工場です, 巾着から, 市場, 店の, 弟の, 弟を, 影が, 恋の, 愛嬌黒子が, 手で, 手の, 手紙を, 押釦を, 料理店へ, 方へ, 日本女が, 書生さんと, 木札に, 本箱と, 机を, 桟橋の, 椅子を, 検事は, 橋に, 汽船の, 沼の, 浴槽の, 溝の, 火の, 熊手と, 物挟を, 玉石を, 石田重吉の, 祠の, 穴へ, 穴も, 窓が, 窓を, 窯も, 簀子の, 紙包みを, 縁無し帽を, 羽虫が, 苔に, 茶室造りの, 茶店が, 荷物が, 蒲団の, 虫は, 螺旋形の, 装飾品に, 谷が, 貧相な, 農家の, 送話器を, 道具類で, 部屋が, 部屋それを, 部落だった, 鉄の, 鉦を, 雌花すなわち, 雲の, 食店である, 高台の, 黒板の

▼ いる時代~ (116, 0.0%)

10 であった 7 である 3 なの, のこと 2 かもしれない, じゃありません, だと, であって, ではあるまい, になっ, の空気

1 [79件] かも知れない, から七百年, が来, だから, だったと, だつた, つまりいま, であったし, であったら金, でありその, でありました, でありますから, であるから, であるからこそ, でないと, ではあるいは, ではその, ではない, で半, で虫食い, とそうして, とその, となっ, と同じ, と歴史, と永遠, なのに, なん, にあっ, にあまりに, にあれ, においてなま, においては民族, にこれ以上, にさえ大徳寺, にはそういう, にはフランス, には常人, には幸福, には書かれ, には真理, にひょんなことから, に二千年前, に原始男女, に右, に生まれた, に相当, に負けた, に頭脳労働者, のよう, の人間, の例, の十八両, の女性観, の子供, の尺度, の常識, の彫刻界, の思想, の描き, の数学, の末期, の知識人, の脈動, の虫, はなかっ, は古今, は外廓的, は少い, は少壮, は後, は退い, へのエンファシス, ほど怖, もない, もまた, よりは千年, をこの, を過渡期

▼ いるさま~ (111, 0.0%)

3 だ, を見る

2 [13件] が描かれ, が見えた, が見える, だった, であった, はいかにも, はまるで, は真, は見事, を描い, を眺め, を見, を見た

1 [79件] があきらか, がありあり, がある, がいかにも, がおおらか, がそう, がはっきり, が全体, が兵士達, が判っ, が想える, が想像, が手, が浮き出す, が私, が秋, が窓外, が窺われた, が美しかっ, が美事, が薄暮, が見分けられる, が見透された, である, というもの, ともうし, なども見えた, にまた, にゆがんだ, に何となく, に気づく, に見えた, はじつに, はずいぶん, はただ, はたのもし, はなんと, はほんとう, はまったく, は人里近く, は全く, は如何にも, は実に, は恋, は打たれた, は石川五右衛門, は見る, は誠に, は譬え, は餓えた, は鬼気, は鼈四郎, までをすっかり, もよく, もわたくし, も却って, も可憐, も哀れ, も面白く, や溝際, や自由, や黒板, よりも背後, をじっと, をふと, をみる, を一つ, を叔父, を屹, を形容, を思い描いた, を思う, を想像, を目, を目撃, を眺める, を示す, を私, を薄目

▼ いる気持~ (111, 0.0%)

7 だった 3 でした 2 だ, でございました, で私, の中

1 [93件] から例えば, があらわれ, がきれい, がし, がした, がしない, がどこ, がはっきり, がみえる, がわかる, がヨーロッパ, が出, が又, が若し, が赴任, が起きない, が酔っ, すらかがやい, そういう境地, だから, であった, でありました, である, でいた, でいるらしい, でおった, でしたが, でその, ではどう, ではなく, で口, で実は, で書いた, で歩く, とあきつ, とそれ, との間, とは違う, と一脈, と同じ, と少し, などは考えなかった, など云う, なの, なので, なんかチット, にある, になっ, になり, になる, には無視, にひどく, にぴったり, に伴っ, に感謝, のいい, の中心, の余裕, の楽さ, の裏, はありませんでした, はしません, はしん, はその, はもう, は伸子, は俺, は実によく, は憎しみ, は日本, は眼, は自身, は足軽小者, もおこらず, もおよそ, も充分, も哀れ, やぬれ, や客, や本当に, よくわかります, をあらわし, をいかなる, をしずめ, を取り除こう, を否定, を感じ, を瑠璃子, を知っ, を私, を親, を避け, 悪さ

▼ いる~ (111, 0.0%)

14 の下 10 の方 5 の外 3 のそば 2 のすぐ, のそ, の側, の障子

1 [71件] からこの, からはいり込んだ, からはなれ, からは晴れた, からは遠い, からわずか, からベルリン, から一つ, から一尺, から丸木, から壁, から柔軟弾, から流れこむ, から異様, から稲妻, から見る, から逃げた, から飛びだし, がそれ, が一つ, が皆, が見え, が閉, でで, とはべつ, と直角, に凭れ, に向ける, に向っ, に声, に彼女, に来, に視線, のあたり, のほう, のよこ, のブラインド, の一枚, の中, の前, の半分, の悲劇, の明り, の枠, の構造, の正面, の硝子越し, の空間, の緑, はたった, はなく, は真正面, へ卯の花, もある, や店, や明い, よりの場所, よりもずっと, をおし開けた, をじっと, をたたい, をみあげた, をゆびさしました, を一つ一つ, を一つ一つ丁寧, を指差し, を敲いた, を通して全体, を通して内部, を通して部屋, を開け

▼ いる土地~ (109, 0.0%)

6 がある 4 である, の人, もある 3 であるが 2 も多い, を見捨てる

1 [84件] からは何百里, が今, が多い, が遥か, が関西方面, が高い, その物, だ, だから, だけにこの, だって私達, であった, であなた, でありすなわち, であるので, である鎌倉, でござるぞ, でしょうか, ですから, でたしか, でも爪, で評判, といえ, と云え, と家, と言わなけれ, なら津軽, について考える, には晁蓋, に出る, に出来る, に同じく, の上, の人々, の勾配, の名前, の名所案内, の四分の一, の土, の地図, の手伝い, の改良, の文学青年, の歌人, の漁夫, の生産物, の者, の聖山, の船頭, の長脇差, の顔役, はいくら, はこちら, ははなはだ, はもうだんだん, は三世紀以前, は今, は停車場, は全国, は北海道, は多く, は少かろ, は少なく, は広く, は河, は翌年, へやってきた, へ戻っ, ほど健康, もあります, もあるらしい, もあろう, もこの, もない, も一千年以前, も他, も同じ, も広大, やたれ, よりも高い, らしいが, をいう, を物, を耕作

▼ いるひま~ (108, 0.0%)

16 はない 12 がない 10 がなかっ 9 はなかっ 8 はありません 4 もない 3 はありませんでした, もありません, もなかっ 2 がある, がなくなった, なんかない, のない, もありませんでした, もなく

1 [28件] がありません, さえない, なとき, なんかあり, な郎党, に, にかれ, にさっき, にぼく, にやがて, に乞食, に偶然, に娘, に小坂部, に少年, に幕, に念入り, に時間, に研究室, に老人, に離れ, に青二, はあまり, はなく, はねえ, はほとんど, はもちろん, も無い

▼ いる~ (108, 0.0%)

3 の手, の耳, の顔 2 が, の心, の愛

1 [93件] がこの, がそう, がふとどう, がやっぱりこう, が同じ, が愚, が残ってる, が羨ましい, さえ腹, だ, である, ですが, でも新聞, という人間, とちがった, とはとても, と新た, などの態度, なんぞもなんだかこう, にとっては折角, にとっては音楽, には実際, には日光, にも何, に一すじ, に一番, に構わず, に気がつい, に気づい, のかたわら, のこと, の側, の兄さん, の友達, の壁隣, の如き, の姿, の家, の尻, の弟, の影法師, の心持, の憧憬, の方, の旧友, の様子, の理性, の画, の立場, の習慣, の肩, の興奮, の親友, の頭, はこの, はこれ, はしばらく, はすぐ, はその, はそれ, はたびたび, はまだ, は何, は別に, は可哀想, は向う, は君たち, は夜具, は彼女, は或, は甚だ, もここ, も今井一家, も口, も大, も時々, も気, も耳, を, をいたわっ, をかえって, をそこ, をつかまえ, を不幸, を促し, を先生, を愛し, を時々じろりじろりと, を死ん, を肩, を見, を野呂, を顧み

▼ いる今日~ (107, 0.0%)

6 の日本 5 この頃 3 の彼女, の社会 2 に於, のよう, の事情, の文学, の現実, の生活

1 [78件] あえて背後, から考えれ, から見れ, この話, じゃありません, その文学的, だ, であった, である, ではすべて, ではそして, ではその, ではどんな, では之, では抑, でもその, でも場合, でも紅い, という時代, となっ, とは違う, なお依然として, なので, なればこそ, にあっ, にいたる, においてこの, においてもその, に生まれ合せた, に生れ合せた, の, のこの, のアメリカ社会, のクイーン・メリー号事件, のスランプ, のロシア, の一種, の人々, の人生, の人類, の各種, の吾, の問題, の国際的哲学界, の大, の徳川幕府, の感情, の政府, の文化感覚, の文明, の時代, の東京, の柩車, の気持, の生命, の生活感情, の矛盾, の社会的悪, の自由主義者達, の若い, の苦し, の読者, の饗応ぶり, は一つ忠告, は又, は四月七日, は夕景, は幾分, は推敲六・七・八・九, は随分, もまた, よりは明日, をよそ, 今更十九世紀, 即ち昭和九年, 正しい美, 突如と, 若い世代

▼ いる三人~ (106, 0.0%)

3 のうち, の名, の女, の男 2 の刑事, の助手, の姿, は顔

1 [86件] から離れ, が入札, が本当, だった, では, とも組合, などは仲間内, なの, にとる, に斬りかかっ, のおとなたち, のだれ, のなか, のチンピラ, の一人, の中, の主従, の人影, の人物, の人間, の優れた, の刑事さん, の半被, の壮士, の外国人, の奉公人たち, の女学生, の奴, の姫, の娘, の子ども, の子供, の子供ら, の小さな, の御, の息子たち, の文学者, の新しい, の方, の旗本ども, の暗黙, の暴れ者, の武士, の歯, の生命, の男たち, の男女, の目, の眼, の私室, の紅毛人, の若い, の蛞蝓共, の距離, の頭, の顔, の黒人, の黒衣, はああ, はみな無, はファッション, はローリーさん, は一日, は不二夫君, は加留多, は又もや, は土蛛, は小笠原島生まれ, は西, ばかりの下, ばかりの人, ばかりの侍たち, へ二十円, へ大, へ慇懃, もこっち, も思わず, をあと, をのけ, をふりかえっ, を前, を加え, を大きく, を相手, を見, を見あげ

▼ いる~ (106, 0.0%)

14 である 10 だった 5 であった 3 であります, なの 2 がある, だ, でした, です, なので, になっ

1 [59件] があった, がありあり, があります, がつよい, がセレナ夫人, が消え, が美しく, だからね, だが, だったが, であったが, であつ, であり若し, であるの, ですから, ですが, ですし, で二重三重, で伝七郎, で向いあわされ, で結び目, で院, で面白い, といえ, ともなる, と女性本然, にあった, にある, にお, に対し, に屹然, に於い, に見せ, のおもしろい, のまま, の小刀, の展望, の粗雑, はすべて, はどう, はなんと, は何ん, は少し, は見事, ばかりの桟橋, ばかりの門, ばかりの門松, ばっかりを見, も大き, をした, を作っ, を思い浮べた, を描い, を現, を絵, を見, を見つけ出した, を視た, を鈴

▼ いる~ (105, 0.0%)

4 の方 2 を通っ

1 [99件] からはねかえそう, からゾウッ, から丸い, から女, から引き出し, から背負い, から薄, でお, でおばあさん, では, では行坊, でも, でボーイ, で大きい, で彼等, で柩同士, で父, で知らぬ顔, で素裸, に, には, にはつい, には真, には高い, にガタ公, に人間, に伸び, に何やら, に倒屏風, に墓石, に大きな, に実験台, に小, に小さい, に島, に怪奇, に恰好, に来る, に池, に沈丁花, に石, に立ち, に童子, に耳盥, に自分, に藤吉郎, に電車, に馬, に鷺, のお, のところ, のほう, の処, の単, の墓石, の横町, の段, の浜辺, の焼け, の男の子, の線路, の縁, の者, の蓆, の釣台, の間, はことごとく, はふん, はパンツ, は一面, へ, へいくつ, へくたびれた, へ下, へ出た, へ来る, へ自分, へ逃げ, へ這い込ん, までトンネル, まで来る, をくぐっ, をくぐりぬける, をぞろぞろ, をのぞく, を二頭立ち, を冬子, を水, を見た, を通る, を長方形, ッ端の, 剃の, 広がりの, 座敷に, 瞼の, 腮の, 襲を, 顋の

▼ いる婦人~ (105, 0.0%)

2 があった, である, なの, の数, はその, もある, を見る

1 [91件] がいます, がその, がなんとどっさり, が一つ, が共に, が多い, が察し, が或, が担架, が来, が皆それぞれ, が通っ, が附い, だから, だって妻, であった, であったと, であったならあるいは, でこちら, でしょう, ですよ, でなければ, としての感情, と共に, と家庭, と青年, なら夫, なんて印度, にくらべ, にとって大きな, にはそれ, にまでその, にノート, に向っ, に注目, に特有, のこの, のごとき, のほう, のよう, の世界, の中, の人力車, の内, の労働, の場合, の多い, の天才, の存在, の客, の専制, の差別的, の強烈, の態度, の服, の求人欄, の活動, の矛盾, の美しい, の群れ, の能力, の脈搏, の膝, の衣服, の話, の諸, の身ごなし, の身体, はそういう, はつい, は今後, は姑, は恐らく, は新聞, は曾根, は淫売宿, は神聖, は藤原家, ばかりでなく, ばかりの病棟, もあっ, もあるらしい, もいず, らしい人影, らしい笑顔, をすくった, をなぐさめた, を後, を心配そう, を発見, を見出した

▼ いるなどと~ (104, 0.0%)

3 いう, 思って, 思っては, 書いて 2 いって, いわれて, 云った, 云って, 思ったの, 考えるの

1 [80件] あきれないで, あのお方, あらぬ噂, あられも, いい気, いったら元気, いったんだ, いや挨拶の, いわれる, うわさされた, お考え, ごまかされて, さりげない, そういうこと, だれひとりうたがっ, どうして納得, ひやや, ほざいて, もったいない事, やさしいこと, ゆゆしげ, 不平を, 世間では, 云い伝えられては, 云い触らし殊, 云うこと, 云う一種, 云う下等, 云う人, 云おうもの, 云わなければ, 云われたり, 伝えられて, 何が, 余計な, 信じて, 僕は, 分化する, 北鳴, 口走ったと, 口走るの, 問わず語りに, 嘘を, 噂せられた, 噂も, 安心させる, 思いそめなかった伸子, 思いながら, 思いませんねえ, 思い彦太郎, 思う, 思うの, 思われるの, 意識し, 政府に, 書く, 決めて, 無雑作, 申しますもの, 疑ったこと, 私は, 称するもの, 考えて, 考えられては, 考えられようか, 自覚を, 言いおったが, 言うこと, 言うと, 言う面白い, 言えないばかりか, 言って, 話した, 語ったこと, 語って, 誰が, 通人は, 陰口を, 非常に, 馬小屋の

▼ いる~ (104, 0.0%)

133 があった, にそれ, にわざと 2 がある, に他, に子供, に尋ね, に相手

1 [72件] がなおらない, が活字, が無意識, にあっさり, にあの, にいい, にいじらしく, にきっと, にぎこちなく, にこういう, にこっち, にこれ, にこんな, にさ, にざらざら, にそうした, にそれでも, にただ, にたべ, にって, にどこ, にまた, にまだ, にろくな, にアメリカ兵, にコケット, にナカナカ, にフッ, に一人, に一羽, に二人, に仲間, に何, に何となく, に何処, に咽喉, に大きな, に太宰なぞ, に夫人, に始終, に宅中, に実は, に実際, に峡谷, に御, に恋愛論, に恐しい, に恐ろしく, に態度丈, に成長, に星, に時々いかにも, に死亡通知, に残し, に毎日, に滅多, に無学, に現在僕, に知らない, に突当っ, に箪笥, に自分, に表, に裏側, に貧寒, に貴方, に退い, に酒場, に醜, に青江, に高く, はなく

▼ いるこれ~ (103, 0.0%)

2 まで幾たび, も一種

1 [99件] があの, がつまり, がわたし, がマルセーユ, が一梃, が台所, が大, が有名, が杓子岳, が沢山, が男, が私, が華厳瀑, が行動, が象頭山, こそ勝ち, さえじ, じゃ富樫, だけの古い, だけの箇条, では伊達家, では御家, では空巣狙い, では駄目, でもな, でも不可能, で一突き, で爪, というの, と同じ, にはふだん, によってもその, に投じた, の父親, はいわゆる, はおかしい, はおれ, はお寺, はこの, はそういう, はたしか, はと思っ, はどうしても, はどこ, はまた, はわれわれ, はマルドゥク, はモノヌギバ, は一つ, は一体, は仮に, は何, は健康, は光, は前, は助高屋, は受精, は同じ, は国家危急, は大, は大きい, は妻, は彩色図, は恐らく, は恐ろしい, は愚図愚図, は据物, は明瞭, は最も, は水源池, は注意, は珍しく, は疑うべく, は病毒持ち, は私, は自然, は近ごろ流行, は通例水盤, は黒木, ばかりで, までで, までの刺繍, までの新, まで私, もなかなか, もクレン, もスマート, も六十, も或, も浪人者, も皆, をつけれ, をオイカケ, を政治的権威, を有効, を漸く, を衣子, を追懐, 古来学生

▼ いるよりは~ (102, 0.0%)

5 ましだ 3 はるかに

1 [94件] いい, いいじゃあ, いいでしょう, いい値, いくらか, いっそこうし, いっそさっぱり焼かれ, いっそ一思い, いっそ世界, いっそ死ん, いっそ牢屋, お茶を, かかる野天, こうして悠々, ここから, この方, この闊, こんなお家, ずっとあなた, ずっとまし, ずっと仕合わせ, ずっと明るい, ずんと欲望, そなた, たいてい人家, ちっとは, つまりは, ともに働きたい, どうだ, どうも昔, どこか, どのくらい, どんなにか, どんなにましだ, どんな窮屈, なんとなし, ましじゃろが, ましだった, ましでしょう, ましです, まだしもその, まだマシ, むしろ俊亮, むしろ彼自身, むしろ病ん, もっともっと重大, もっと冷静, もっと束の間, よいと, より根深く, わたくしの, マシだろう, マシであった, 一定限度に, 一層淋しく, 一策でも, 下を, 他の, 何んな, 働かなければ, 効果が, 勝手である, 千倍も, 哀れみを, 坊さんたちの, 多勢ある, 好いと, 好い心持, 宜い, 実はもっともっと, 実家が, 寧ろどしどし発展, 少しく出世, 幾らか蒼ざめていたし, 広く今, 店員で, 当ての, 彼らに, 数年間でも, 有益な, 母親を, 気が, 無人島の, 無駄でも, 粗食と, 精神に, 紀代子と, 自分に, 逃げる場合, 遙かに, 遥かに, 離縁を, 面白いという, 鬼でも

▼ いる~ (102, 0.0%)

6 の中 4 の方, へ入っ 2 の上, の前, の扉, へ入った, へ往, へ行った, を教えた

1 [74件] からは太田道灌以来, がちょうど, がなかっ, が二つ, が硝子窓, さがしを, だろう今, であった, である, であろうと, でもあるらしく, でも女, で王, で話しあった, で重盛, との間, と寝室, なん, におかれ, にはいっ, にはいった, には無数, にまで進出, に寢, に手拭い, に明るく, に来, に来る, に武蔵, に移った, に耳, のどこ, のなか, のドア, の一つ, の三つ, の右, の右どなり, の周囲, の外, の崩れ落ちた, の敷居際, の次の間, の目, の空気, の窓, の筋向う, の背後, の裡, の障子, の隣, の露台窓, はちょうど, はミンナ, は一石橋, は温か, は眼, は西向き, は雨戸, へつれ, へどなった, へはいる, へ呼び, へ戻っ, へ突然, へ続いた, へ赴く, へ這入った, まで伝わっ, をことに, を板戸, を立出, を見, を通り抜けました

▼ いるあたり~ (101, 0.0%)

2 から冷たい, だった, に或, の景色, はいっそう

1 [91件] からしばらく, からも花川戸, からやに土, から刈上げ餅, から地中, から説き出し, から険しく, がことに, がひっそり, が一つ, が十巻, が急, が昔, が気に入りません, が空洞, が美しい, が苔むし, が赤く, そこらへん, たしかに貴下, だ, だと, では百米, では私, でぶっ, でほの暗い, で見えなくなった, といい, と調和, に, にかっと, にどうやら, にはいつの間に, にむかし母, に人, に女, に年中, に手提電灯, に灰色, に門, に限られ, の人たち, の人達, の北カナダ, の地点, の地面, の小さな, の岩, の岩溝, の岸辺, の床, の形勢, の断裂, の様子, の空気, の群衆, の街, の青, は小さな, は暮れ, は木曾川, は水くみ, は煙, は紫, は都会, ぴんとくる, へも十分, までサモイレンコ, まで来る, まで近づく, まで順々, むしろ近頃, も与謝野氏自身, やはり人麿一流, をあるく, をうろ, をもずっと, を中心, を指, を指しました, を時折, を歩いた, を目がけ, を眺め, を立っ, を等しく, を見た, 全くやりきれない, 毒々しいもの, 迄は段々, 迄来る

▼ いるだけでも~ (101, 0.0%)

2 何か

1 [99件] あなたより, いい気持, いっこう差支ない, いやに, いやみ, いるかいない, おしりの, おそろしかった, お縫, かなり多く, かなり特異, きさま, きっと随分判断力, ここの, この像, この頃, これを, しんと心, すぐ見分け, すまないと, その小, それだけわたくし, なか, ひっそりと, まだ奴隷, むろんそれ, やはり偉い, よかった, わしは, イヤだった, カトリーヌ, 一寸わるく, 一応は, 一日かかる, 三人の, 不思議な, 五人は, 今でも, 他の, 何人かは, 倫敦に, 僕は, 僕より, 十人は, 半日位は, 吉次は, 名誉には, 四五人くらいは, 四度の, 四種は, 夢を, 大分前の, 好い心持, 嬉しいのよ, 子どもたちは, 家に, 家の, 小次郎は, 少ない数, 少なくとも三度, 少なくない, 彼が, 彼は, 恐ろしいがなあ, 懐しみは, 或る, 数人いる, 明らかだった, 楽じゃ, 楽み, 機敏な, 歓しかった, 気が, 気丈夫です, 気強いじゃ, 沢山な, 注意を, 無限に, 猿の, 珍重すべきだ, 生活に, 百枚や, 相当の, 神経が, 私の, 紀州の, 羨望に, 肩の, 若さ, 貴島さんに, 貴島を, 賢くなる, 辛い松本, 過去において, 長島は, 随分いろいろの, 非常な, 顫えた, 駒沢や

▼ いる~ (101, 0.0%)

2 [11件] がある, であるから, の人, の人々, の名, はある, は美しい, へ出る, も村, や村, を通る

1 [79件] から一里半余, から町, があった, がめ, が判る, だから, だけにそれ, ではない, では馬蹄, でも有名, で両, で俗称, で僕, とうねり, なの, なん, にある, にたった, にのぞん, に九兵衛さん, に何, に信者, に着い, に足, のけはい, のだるま, のところどころ, のなか, のほう, のステーション風景, の中, の人達, の名所, の呼吸, の商店, の四つ角, の娘たち, の嬰児健康相談所, の家々, の師匠, の年, の思いがけない, の文学青年, の方, の母子健康相談所, の気分, の消防, の者, の裏側, の角, の軍事施設, の遠景, の青年, の静けさ, の駅, は僅か, は少し, は湯, は瀬戸内海, は猶, は都会, へうろうろ, へやってきました, へ出た, へ来, へ来る, へ着きました, へ着くでしょう, もありました, も病院, よりも美しい, をどこ, を取り留め, を歩い, を沈默がち, を物影, を見た, を訪ねます, を通っ

▼ いるすべて~ (100, 0.0%)

14 の人 9 のもの 5 の人々 3 の物, の者 2 のこと, の人間, の正直

1 [60件] がスペイン, が歓び, が湯, であったが, に興味, のひどい, のよう, の不幸, の世界, の中, の人たち, の人民, の人物, の内容, の動物, の各様, の地域, の夫, の女, の子供たち, の学級, の小さな, の山, の年代, の感情, の文学者, の文章, の文芸評論, の新聞, の条件, の権力, の母親, の民主作家, の滝, の漫画, の物質, の生命, の男女, の窓, の竹刀, の美くし, の義務, の考え, の船, の良心的, の苦艱, の虚栄心, の要素, の詩, の論者, の貨物, の軍国主義復活, の野蛮民族, の青年, の青年諸君, も父, をある, をこの, を詳細, を認め

▼ いるほどの~ (100, 0.0%)

2 人々は, 平次と, 時だ, 立派な, 者は

1 [90件] お方でございます, ことなら知らぬ, ことは, ところは, のろさ, ひとでも, ひとは, もので, ゆとりが, 不敵な, 世にもまれ, 事も, 人から, 人が, 人たちには, 人だ, 人である, 人でも, 人なら, 人は, 人物だ, 人物です, 人物では, 人物は, 人間に, 人間には, 余裕が, 俸給を, 分らず屋では, 名を, 国者でも, 場面場面は, 夙さに, 大きな利益, 大人でありたかった, 大仕掛, 大恐怖, 女の, 姑義理にも, 宝物です, 寝坊で, 尊敬すべき, 小さな少年, 少年でした, 年でした, 年に, 快青年, 怪奇を, 恐ろしい高速度, 悪党じゃあ, 悪徳家でない, 惨憺たる, 感銘も, 手並だった, 日本通だった, 暴威を, 曰くつきの, 有様な, 本質を, 気高い娘, 池だ, 瀕死の, 烈しさ, 無分別でも, 熱心さだ, 父に, 物, 物を, 物惜しみしない, 物持ちで, 生臭い抜き, 男だ, 町方同心なら, 科学的及び, 統一を, 者が, 者で, 者でしたら, 臆病者でない, 自分が, 良人であった, 苦しさ, 資産家だった, 身の上の, 進歩的思想の, 野暮で, 野暮でも, 金を, 間もなく勝家, 飛躍ぶりであった

▼ いる世界~ (100, 0.0%)

3 だ, の人々 2 がある, そしてその, とはちがった, と同一, は三次元

1 [84件] からはまったく, から一段, から遠ざかっ, ががらり, がここ, がアマゾン河, が作品, が千里, が悲惨, が神秘, が自己自身, だけが一番, だった, であった, であって, である, でたった, でのこと, での出来事, ではその, では交通, で奮戦努力, で彼ら, で私, というもの, とは交通, とは全く, なん, にあの, にといった方, にとけ入る, にとってはあまりに, には自分, にふれ, にリアル, に強く, に私たち, のすべて, のつづきだった, のなか, のリアリティー, の働く, の動揺, の周囲, の善意, の婦人, の情勢並, の意志, の政府, の文化, の珍宝, の現実, の現実感, の町, の空気, の脆, の遠く, はあまりに, はいま奇妙, はどういう, はどの, はもっと, は何, は優しく, は地球, は夜, は引裂かれ, は立体, は衣裳, へあなた, への情愛, への近接, へ色々, へ行く, もつまり, より一段, を, をパラエグジステンツ, を創っ, を怪しい, を想像, を感じた, を散歩, を理解

▼ いる~ (99, 0.0%)

5 であった 43 である, です, なの, なので 2 だった, でそういう, にし, を見る

1 [70件] から来る, から着物, がある, がひどく, が少し, が憎い, が朝, だから, だろうとも, であったが, であの, でおまけ, でございますから, ではどうしても, で嘉十郎, で甲種, とはその, と体, どうしても互いに惚れ合っ, なん, にはなが, にはなっ, にも見えません, に冷水, に横, に気づい, のひと, の前, の力, の変調子, の大きい, の重心, はたしかに, ははずみ, はば, はまさしく, はやはり, は傍若無人, は少し, は崩さず, は死, は笑止千万, は自分, は自由, は見る, は頂上, へ降りかかっ, やいやいや, よ, をくねらせた, をのばす, をひき起し, をふれさせる, をもがい, をよそおい, をクルリ, を押入, を捩り, を暫く, を曲げた, を柔かい, を椅子, を立, を立たせ, を置い, を腹這い, を見, を見やっ, を長く, 悪くしたら

▼ いる母親~ (99, 0.0%)

6 の姿 5 の顔 3 のこと, の心 2 と一緒, に, のところ, のよう, の声, の愛情, の様子

1 [68件] からの支払い, から赤子, から車, から鉱主, がどんな, がびっくり, がふと, が今ここ, が病気, じゃったの, であれば, とそれから, と乳, と私, と義妹, におどおど, にかの女, にたずねました, には脇眼, にも聞える, に今日, に呼吸, に声, に大きな, に姉さん, に対する藤吉郎, に気, に注意, に源一, に送るべき, に鄭重, のあしもと, のかかる, のほう, の両手, の乳房, の喧嘩, の境涯, の時々, の暴い怒, の枕もと, の温か, の病気, の考え, の耳, の肩, の蝸牛, は幾人, は村, は狂った, は芸者, まで赤ん坊, もあれ, もお, もまた, も娘, も茶, や息子, をかえりみた, をその, をたすけ, を呼ぶ, を和め, を小突いた, を慕う, を憫, を見下す, を見舞い

▼ いる必要~ (98, 0.0%)

25 がある 24 はない 7 もない 5 があった, はなかっ 3 がない 2 がなくなっ, がなくなった, はありません, はあるまい, は無い, もなかろう

1 [17件] があります, がなかつた, に迫られる, のない, はあった, はありませんでした, はなく, はなくなる, は何処, は更に, もある, もなくなった, もなくなりました, もなけれ, もまたない, も気持, を聞き知っ

▼ いる時間~ (98, 0.0%)

8 の方 3 がない 2 が短い, が長い, が長く, はない, もない, を利用

1 [75件] かさもなければ, から云え, があっ, があった, があります, があるなら, がすでに, がどれ, がなかっ, がひしひし, がわりに, が今, が体, が出来, が多い, が多かっ, が延び, が惜しい, が本当, が費える, さえあれ, さえも今, すら持たない, だったが, でした, です, ですからね, で伸子たち, というもの, とする, と実際, と目, などなくなっ, などはない, なのに, にはどう, には架空, にもひろげ, に休ん, に対する遊ん, に私, に起き, のほう, のほか, のむだ, の中, の割り当て, の忙し, の恐ろし, はこうして, はとっくにもう, はラエーフスキイ, は五六日, は伽藍, は僅, は十分, は短, は長い, は頭, までには間, もなく, よりもこの, よりもセントルイス, をおくらせる, をちゃんと, をなおも, をふりかえっ, をべつ, をもちたい, を一番重点的, を外, を測っ, を都合, を除い, を面白く

▼ いる理由~ (97, 0.0%)

6 の一つ 4 がわかった 3 である, はない 2 があっ, がお, が分った, が少し, はここ, も実は

1 [69件] が, がある, がちょっと, がない, がなく, がやっと, がよく, がわからない, がわからなかった, が一つ, が人々, が判然, が戦争, が明白, が私ら, だと, であった, であると, であるに, でもある, と全く, と私, なの, についてあまり, にはなりません, にまで入っ, にも似, にやっと, によって万年不平, によらぬ, の第, はいくつ, はけだし, はこれ, はその, はなに, はまったく, はもっと, は右, は実に, は彼女, は落馬, は説明, も, もある, もこれ, もこれから, もそういう, もそこ, もなく, もなくなっ, もほぼ, もやっと, や私, をいっ, をたずねられました, をもはや, をも説く, をアリョーシャ, を六ヵ条, を問うた, を尋ねる, を挙げられる, を申し上げましょう, を画家, を納得, を見出す, を話し, を説明

▼ いるかに~ (95, 0.0%)

12 見える 10 見えた 4 みえる 2 就いて, 思われた, 思われる, 気がついた, 興味の, 見えたが, 見えたの, 見えました, 驚くであろう

1 [51件] あった, あると, しても, でその, なると, の頭, みえた, みんな明るい, 一驚を, 不変の, 今更ながら, 依るの, 全く気, 又同時に, 向かわなければ, 存する, 小分けし, 就いては, 思いなされるの, 思い到った時, 思われその, 思われたが, 思われるが, 感じられた, 感じられたの, 感じられて, 望まれる, 気がつかない, 気がつかなかったの, 気づかなかった, 注意さるべきである, 窮知せられる, 興昧を, 見えるあの, 見えるが, 見えること, 見えるという, 見えるどっしり, 見えるよう, 見える人, 見える私, 見える近代世界, 見受けます, 解せられる, 関わって, 関係しない, 関心を, 驚かされる, 驚かざるを, 驚かずには, 驚嘆する

▼ いる少年~ (95, 0.0%)

3 の姿, の顔 2 があった, がありました, が春木清, だった, でした, です, のこと, のよう, の方

1 [71件] から町, がある, がい, がいる, がおおい, がころがされ, がさらに, がそこ, がまだ, が二十人, が云った, が井上, が橋本, だけにすぐ, だったので, だの若者たち, つまり正太君, であった, であります, ですから, との群像, なら必ず, のす, のそば, のひざ, の円, の動き, の動作, の小さな, の後ろ姿, の心臓, の憐れ, の手記, の挙動, の振舞, の放歌, の木像, の水兵さん, の自分, の誰, の身の上, の門弟藤吉, の頬, はその, はひとり, は一〇五万人, は主税, は弱々しい, は息, は意外, は早熟, は殆, へ, へ眼, もある, もきっと, も過労, をだきおこしました, をどう, をよびさまそう, を久助君, を介抱, を呼びとめ, を彼ら, を抱きおこし, を片手, を目前, を見た, を見つけました, を見る, を起こし

▼ いるのよ~ (94, 0.0%)

2 きっと, 日本の

1 [90件] あたしは, あの人, あれが, いいえ聞い, いま手伝いが, ええぎゅっと, おじさまには, おそらく, おまえさんは, お嬢さん, お母さんが, きこえないか, ここは, この人, この前私, この男, この間ちゃんと, この頃, これは, こんな, こんなにゆっくりした, しかもまるで, すぐ済む, そうでしょう, そしたらいつか, そしてお, そして栄養食ヴィタミン, そして眠っ, そのため, その主観性, そりゃ面白, それを, そんな所, だから冬, ついでに, ではね, では明後日, でも今, どこが, どこで, なかにはわたし, なるほどよく, ねえパパ, べしべしづくし, ほんとよ, よくッ, わかって, わたしの, オ, シッカリしない, シャボンは, ストーヴの, マダムは, 三日も, 三本足の, 三段構え位で, 世間には, 今の, 何冊書いた, 僕は, 出て, 動くと, 動物園で, 口を, 女が, 定遍, 実家の, 常に, 心の, 怖い怖い, 悪条件的に, 散歩とか, 明日お出で見せ, 東京駅行, 根本には, 段六公, 江戸菊を, 男の, 疎開の, 直そうと, 私たちは, 私という, 空いて, 紹介も, 自分は, 芽が, 蝋燭なんか, 言て, 近所に, 電信柱の

▼ いる~ (94, 0.0%)

11 だから 3 であるから, なので 2 だ, でしたから, ですから, にある, にかの

1 [67件] このクライマックス, しかも私, じゃない, だし, だったから, であったから, であったと, であったので, であった故に, である, であるからと, であるし, ですからね, ですぞ, ではあり, ではいや, でもあった, でもある, でも別に, でも頭, で足尾, とて三谷, とは反対, などに老人, にお, において自分たち, にくちばし, にここ, にこんなに, にその恐るべき, にたまたま, にちょうど, にどう, になるべく, には, にはその, にはちょうど, にはるか東北方, には風景, にもはや, にも尾張名古屋, にも彼, にも翁, に不意, に会衆, に信忠, に又, に太祖, に学校, に実証科学的, に当っ, に彼ら, に摩擦係数, に母, に無位無官, に発見逮捕, に私, に蚤, に誤っ, に電気, のこれぞ, の久助さん, の出版, は寒けれ, は極めて, もなお, 或人

▼ いるみたい~ (93, 0.0%)

86 なもの 4 だった, なん 3 な様子 2 じゃない, だが, だね, だわ, です, な恰好, に

1 [54件] じゃないです, だけど, だし, だったから, だなあ, だなどと, であった, でした, ですね, ですねえ, ですよ, でつらかっ, ででも, でシャク, で気味が悪い, で海, で私, で自分, な, なくせ, なすごい, なところ, なヘン, な云いかた, な人間, な余裕, な実感, な按配, な方, な暗い, な気持ち, な甲だかい, な自分, な自分たち, な行先, な音, な顔, にあくまで, にあざやか, にあの, にいい, にだから, につまっ, にとても宜, にどんどん, にひっそり, にぴょんと, に感じ, に澄まし, に絶対的, に聞えた, に聞える, ね, ねあの

▼ いる~ (93, 0.0%)

8 るもの 6 る種 2 ること, る一つ, る一部, る力, る友人, る女, る晩, る特殊, る男, る船

1 [59件] るとき, るユーモア, る一ヶ所, る一定, る世界, る主観, る予言者, る人, る人間, る冷たいたましい, る同志, る大工, る奥さん, る家庭, る彫刻, る日, る日本的, る旧, る暗い, る書物, る朝, る毒虫, る物, る特色, る現在, る異種性, る百貨店, る盲人, る秘密, る素晴, る経済雑誌, る者, る育馬所, る若い, る親しい, る財閥, る週刊新聞社, る運動具店, る重要, る険しい, る電気会社, る驚くべく恐るべき, 人の, 会について, 友だちを, 友達の, 叩き大工の, 山国の, 工場に, 広々と, 日の, 日偶然八重洲口の, 時は, 物を, 男を, 硝子屋へ, 種の, 親しい友人, 身縁を

▼ いる相手~ (93, 0.0%)

2 が誰, だから, というの, の姿, の気持, の顔, は誰, を殴りつけ

1 [77件] から冷遇, があった, がうら若い, がほしかっ, がもしや, が向う, が手, が次第, が考え, じゃない, だが, だっただけに, であった, であったなら処罰, であるから, であるが, です, ですから, なので, ならともかく, なん, に, にいくら説明, にうしろ, にそうずけずけ, には身動き, にむかっ, に対してその, に対して絶えず, に添わせ, に露骨, の, のことば, のこの, のばかばかし, の人, の名, の場合, の女, の屍骸, の帽子, の汚れた, の眼, の素子, の素振り, の背丈, の腕, の言葉, の足, の重圧, の顔つき, はいずれ, はことごとく, はそれ, はやっぱり, は一般に, は何, は入替り, は大学生, は女たち, は松山, は気づまりの様, への弱, もなかっ, も二人, らしいもの, をどう, を刺す, を夢, を射竦めん, を待ちわび, を扱わなけれ, を援, を横取り, を殆どちらっと, を粉微塵, を自分

▼ いるだけで~ (92, 0.0%)

2 他に, 何も, 充分だ, 彼の, 満足した

1 [82件] あつた, これは, これも, ござります, すでに身体, せいいっぱいだ, その用い, それは, なにも, なんとなく気持ち, なんにもなかっ, むしゃくしゃと, よろこばしい亢奮, エマニュエルの, クーペの, スーッと, 一つも, 一層私, 一言も, 三角標石は, 世界の, 人に, 人は, 人生の, 仄暗い, 今までの, 他には, 何の, 何年か, 充分な, 先生の, 全然別, 六七人の, 判断し, 助言も, 効果を, 十分である, 口外へ, 命も, 外の, 安らかであり, 実生活には, 客席に, 将来の, 幸福感を, 所在が, 未来に, 未読です, 本分を, 殆ど全部, 殆ん, 沢山です, 涙が, 涙も, 済めば, 済んだの, 満足し, 満足だ, 火が, 無力な, 片付ける手腕, 独りで, 猛悪な, 玉の, 相手にも, 私は, 答えを, 精一杯であった, 結構用は, 胸が, 脳貧血が, 自分という, 落ち目に, 言葉も, 足が, 足りた, 足りるの, 足る心, 返事が, 返事を, 閑静な, 顏の

▼ いる~ (92, 0.0%)

2 僧であった, 婦人が, 婦人に, 婦人を, 紳士の

1 [82件] エフィゲニウスの, デ・グリーフの, 主人の, 乞食であった, 伯爵にも, 僧に, 僧の, 僧は, 僧を, 先生だった, 先生の, 刀自は, 刑事の, 医師と, 博士たちの, 執事が, 売卜者の, 夫人に, 夫人は, 夫人を, 夫婦だった, 夫婦な, 夫婦までが, 女中は, 妻かつ子へ, 妻の, 婆さんは, 婦人という, 婦人の, 婦人は, 婦人も, 嫗は, 学生の, 家庭医の, 将に, 小使の, 小使へ, 尼に, 幹に, 成人らは, 手品師が, 教育家先生だち, 書生の, 杉に, 杉の, 柳の, 案内勝野玉作と, 楊が, 楊を, 楽師は, 武士が, 武士で, 武士な, 武士の, 父母が, 父母は, 父母やは, 牧師の, 用人の, 用人も, 百姓が, 看守某の, 神官に対して, 紳士だ, 紳士も, 美人との, 職人との, 船長を, 船頭の, 芸人に, 蓮月尼を, 蝮であった, 詩人が, 貴族エフィゲニウス氏が, 貴族額部に, 農夫である, 農夫の, 遊女が, 道士が, 部将であった, 郵便配達夫一家であった, 革命家であり

▼ いる~ (91, 0.0%)

5 である 4 をする 3 をした 2 だから, だが, であるが

1 [73件] かそれとも, から推し, があり, がある, がはいった, がツイお伽話, が多い, が如何にも, が沢山, が盛ん, くらいのところ, して, じゃない, だ, だからね, だけを書い, だよ, ついこないだ, であった, です, でちょい, ではない, ではなかっ, では無官太夫敦盛, でもなかっ, でも小さい, で何, で当時, といえ, とはだいぶ, などはこれから, などをちょっと, にとくに, に夕方, に触れ, のあと, の一つ, の中, の二十, の内容, の場合, の方, の筋, の聞こえなくなる, はこの, はその, はよく, は前, は手っとりばやく, は昔, は源義経, は聞いた, は若年, も聞かされ, をおじさん, をきい, をきいた, をきかされた, をくりかえした, をし, をしよう, をそこ, をよめ, を今, を今夜, を余, を嗅ぎつけた, を始める, を思い浮かべた, を横あい, を聞い, を聞く, を載せ

▼ いる~ (91, 0.0%)

9 之丞 3 の上, の中, の全量, の量 2 のよう, の姿

1 [66件] からは水蒸気, がそこら一面, がその, がちょうど, がとけ, がばらばら, がふっくり, が一億九千万トン, が人, が何兆トン, が美しい, が遅く, である, と泥, などよりはずっと, などを見る, におおわれた, に蔽われた, に辷っ, ね, のあいだ, のかたまり, のため, のちらちら, のなか, のアルプス連山, の丘, の女王, の室, の山々, の峡流, の峰, の工合, の明り, の景色, の様, の横腹, の深, の白, の線, の肌, の街路, の衣, の降る, の音, はもはや, は中, は凍っ, は恐らく, は表面積, は銀, は靴, までは近い, もこれ, も噛ん, をかかえ, をじっと, をたたいた, をとおし, をのける, をシャベル, を眺め, を眺めた, を落し, を見降し, を踏み散らし

▼ いる余裕~ (90, 0.0%)

12 はなかっ 11 はない 7 がない, がなかっ 4 もない, もなく 3 のない, もなかっ 2 がなくなった, などある, はなく

1 [33件] がありましたでしょう, がありません, がありませんでした, がくれた, がなくなっ, が双方, が怖, が米友, さえない, さえなかっ, すらない, なく, などがある, などなかっ, などはなかっ, などはなく, なんてかなしい, のある, はありません, はありませんでした, はあるまい, はな, はなくなりました, は無い, もあった, もありませぬ, もたしかに, もなくなっ, もなし, も大して, をさえ私, を彼, を有

▼ いる~ (90, 0.0%)

3 なん

1 [87件] から両側, がじれったく, がまた, が原っぱ, が正しい, が私, が純, だった, だのに, であった, であるから, であるが, である以上, でございましょう, です, ですから, でもある, でもどこ, で向う, で地面, で折, で福島, とすれ, とはまったく, と一しょ, と同じ, なき所, なの, なので, には規則正しい, に出, に出る, に少し, に疑い, に身, に面し, のすじ, のべまで一面, のほとり, の上, の両側, の木戸, の途中, はありません, はかすか, はただ, はまとも, はロマン, は少し, は最短距離, は甲武信, ばかりをいきます, へもその, へわれ知らず足, へ乗りかえましょう, へ出, へ向け, へ歩み, もせ, らしかった, をえらん, をお, をたいそう, をたとい, をゆけ, をゆっくり, を下った, を内庭, を奥, を小走り, を指, を明確, を暫く, を松平備後守, を歩かせられる, を眺めた, を知っ, を積極的, を腹いっぱい, を見つけた, を辿っ, を逃げる, を通っ, を過ぎ, を避けた, を除雪, 踏みやぶる間道

▼ いる二つ~ (89, 0.0%)

7 の眼 4 の大きな 3 の窓 2 のもの, の星, の白い, の目

1 [67件] のどっち, のはね, のオパール, のネズミ, のモメント, の乗物, の事, の人影, の仕事, の価値, の個所, の別, の勢力, の古刹, の命, の問題, の四角, の国, の大きい, の大動脈, の妨げ, の孔, の孤独, の封筒, の小さい, の屍体, の建物二棟, の影, の性質, の恐怖, の悲しき, の感情, の放浪種族, の文字, の時期, の朝食用, の模様, の水色, の氷河, の生活形態, の目だま, の眼球, の瞳, の研究, の種類, の穴, の章, の群, の西瓜, の要素, の観念, の観念内容, の郷, の釦子, の鏡, の防寨, の陰鬱, の電極, の額, の顔, の風俗, の飾り具足, の首, の駒, の鳥, の黒い, を比較

▼ いる~ (89, 0.0%)

2 にばかり目, の姿, もありました

1 [83件] かもしれない, からは応, からもらっ, から何, から聞える, があっ, がありました, がある, がない, がわれわれ, が出た, が恐らく, が杉部隊, が来る, が波, が満潮, が皇后, が見えた, が陸地, が難波, だ, だという, です, ですね, でも港, とを真中, とアイルランド, と後方, と綱, なら伸縮, にその, について調べ, にとっては適当, には船灯, にも三角, にも陸, に博多, に向け, に夜, に用事, のしめった, のところ, のまわり, のよう, のデッキ, の位置, の動揺, の名, の左右, の帆柱, の影, の数, の方, の方向, の旗, の材木, の真下, の胴, の艫, はあの, はが, はこの, はその, はどう, はどれ, は優遇信用, は平気, は幾人, ばし, へ, へ出かけ, へ寄せ, へ往, まで帰っ, まで汽車, もあった, もなけれ, をいち, をねらう, をめがけ, を台場兵たち, を注意, を雇う

▼ いる~ (89, 0.0%)

7 はない 6 をみ 4 をねらっ 3 に後ろ, をうかがっ 2 がない, に, もなく, を狙っ

1 [58件] がありませぬ, がありません, すらなかっ, でした, なんかない, にお, にこっそり, にすぐ, にそっと, にそれ, にどこぞ, にふと, にガラス, にサーシャ, にスリ, にボーナス, にルパン, に七福神, に丑之助, に久慈, に二品, に報告書, に外, に奴, に守刀, に宮原君, に平中, に廊下, に徳太郎, に急い, に恩田, に根来, に濁水, に犯罪, に独り, に祐堂和尚, に笠神博士, に自分, に裏通り, に要は, に豚吉, に貴島, に通り過ぎた, に長駆, に飛びかかっ, のない, はなかっ, は無い, へ, へ打込む, もない, もなくなった, も勇気, をついと, を利用, を窺い, を窺っ, を覗

▼ いる~ (89, 0.0%)

11 の上 2 の中

1 [76件] から肩, が真ン中, ごしに, だのだだっぴろい, である, でいつぞや, でそれ, では七間四方, で他, で蜂谷, とがそこここ, にこの, にのこっ, にはこの, にぴんと, にまだ, にも妹, に手, のいい, のうしろ, のさき, のすぐ, のところ, のなか, のよい, のわき, の不規則, の丸い, の位置, の働き, の先, の底, の悪い, の持主, の数, の方向, の毛, の禿かた, の禿げた年取った, の腐れ, の苅り, の近く, は恍惚, ばかり大きい, へちょっと, も上げ, や面, をかいた, をかかえた, をかがめ, をかすめた, をさげた, をそちら, をちょい, をなでた, をふっ, をふり, をふる, をガッシ, をパリパリ, を不思議そう, を両方, を勘ちゃん, を射透す, を感じた, を持つ, を振る, を支え, を斬る, を時々, を無遠慮, を畳, を米友, を自分, を重, を針

▼ いるなか~ (88, 0.0%)

3 でその

1 [85件] からふと, から支那, から明けました, から牡牛, であなた, でいちばん末, でうっとり, でかれ, でこう, でそういう, でどうして, では蝦蟆仙人, でも慌て, でわれら, でカイ, で伊賀, で佐太郎, で君, で地球, で大, で大吉, で岡君, で柳盛座, で男女同権, で自分, で色眼鏡, で花, で茄子色, で長左衛門, にあの, にある, にかわいらしい, にそれ, にちょっと, にどう, にどこ, になぜポツン, にはおそらく, にはスカラ座, にまるで, にもなにやら, にも私, にも袴, にパンフョーロフ, に一株, に一点, に一軒灯, に云うべからざる, に倉庫体, に兄, に可能, に宗匠, に寝, に広津和郎, に怪塔王, に提灯, に河陽ハ則チ山, に火, に玉, に男, に目, に祖母, に自分, に論理, に金吾, に鋤, に黒輝石, の恰好, へ腕, みを, をつっきっ, をとおっ, をひとりふらふら, をよごれた, をエイト・オアス・シェル, をマント姿, を何ん, を半, を家, を探しまわった, を泰忠, を私, を親たち, を通っ, を野良犬

▼ いる容子~ (88, 0.0%)

8 だった, であった 2 だが, だったが, で, である, なので, はいかにも, もない, を見

1 [56件] がある, がおかしい, がその, がたれ, が可笑しく, が岸本, が常, が彼, が明らか, が清楚, が聞える, が静か, さえどこ, だ, だけしか彼, だし, だったため, であるから, でおよそ, でこうして, ではなかっ, では今夜, でもなかっ, で掴み, というもの, なぞで, などこころもとない, にどことなく, にはこれ, に厶, に満悦, に見える, に謙信, に魯粛, の唐沢氏, はきょう, はない, はまことに, は在りし, は殆百鬼夜行, は疾く, は見えず, は見えなかった, は迚, むんむんと, もこう, らしいので, を, をながめ, をみる, を何, を羨まし, を装っ, を見た, を見れ, 然るべき一方

▼ いる~ (86, 0.0%)

3 の者 2 の二人, の人々, の諸, はない

1 [75件] ですがな, にこの, にはな, には人通り, には何人, には矢はり何物, に他, に光沢, のあらゆる, のある, のお客, のだれ, のビール, のヨオロッパ諸国, のラバール, の一人, の一方, の一派, の三人, の主観的生活者, の事実, の二十人, の人たち, の人びと, の似た, の価値低落原因, の修道院, の医師, の半分, の友達, の反面, の品種, の国, の場所, の塾生, の外人, の多く, の妓たち, の子供達, の島民, の御, の御息所付き, の患者, の患者達, の惑星, の手紙, の敵, の村娘たち, の烏ら, の特色, の犯罪者, の男, の男の子, の画, の盛り場, の社会層, の社会的, の種々, の船, の若い, の被告たち, の見物, の論文, の諸侯, の車, の連中, の部分, の重要, の階級, の面, はありません, は人, は全身赤裸々, は園内, より低い

▼ いる作品~ (86, 0.0%)

12 である 32 であった, です, の世界, の中

1 [63件] から活き, がある, が多う, が多かっ, が探偵小説, しか見る, だけ云っ, だそう, だと, であるから, であるけれども, であること, であるという, でしょうね, ですね, でそういう, でもその, でも将校, でも山水, で年末, で部屋中, というもの, として, として体質, として歴史的, と作家研究, にしろ, にそんな, について, について代表的, について自らあそこ, にはどれ, のある, のその, のどういう, のなか, のゆとり, の世界観, の作家たち, の作者たち, の再現, の多, の多く, の性格, の性質, の数, の構想, の生活的確実さ, の発表, の結び, はあぶない, はすなわち, はすべてここ, はどういう, は例外的, は多く, は大分, は徳川末期, への参考, をよみ, を全部, を夜店, 第三十一

▼ いる~ (86, 0.0%)

12 はなかっ 11 はない 2 には何, に何

1 [59件] から布令, から開けた, でしゃがん, ない, なかつた, にさらに, には, にはあたり, にはたった, にはどう, にはほとんど, にはまず, にはまったく, には今, には何物, には全く, には別, には地位, には変った, には殆ど人通り, には知るべきよす, には私達, には至って, には途, に何ら, に全然, に別, に和洋, に四月, に姫路, に數種, に木, に沢山, に物音, に考え, に豆, に高利, のベンチ, の人達の, の天地, の廊下, の門, の陽, はありません, はありませんでした, は人影, は何, は外, は山, は晦日, は植物, は片方, は貴族, へ出, へ向っ, をぐるり, を眺め, を見, 別になんらの

▼ いる~ (86, 0.0%)

7 もある 3 がある, の人たち 2 が多い, だ, の子供たち, の方

1 [65件] かなんぞのよう, からそれ, があった, がありましょう, があります, がいくら, が幾つ, が見えた, であった, では云う, では採算, でも大, で一生, というの, にいっ, に住む, に悪, に着きます, の, のやつら, の中, の人々, の人達, の健康調査, の出来事, の助役, の名, の夜, の娘たち, の子どもたち, の屋根屋根, の本家, の村長, の男, の眺望, の神さま, の老いぼれ, の者, の自然, の裁縫, の農民, の連中, の道, の間, の青年, の青年たち, の風物雰囲気, は南部スコーネ, は市, は方々, は決して, は焼石, は芸備沿線, は関東, ばかりが視野, への菜穂子, へ入る, へ出, へ出る, も多い, をはなれた, を一眸, を私, を通り抜けた, 全村

▼ いるそういう~ (85, 0.0%)

3 のが 2 姿が, 感じ, 感じの

1 [76件] おそろしいこと, ことで, つまらない性的対立, ところへ, のどかな, ばあさんであった, ものに, ものは, ものを, タイトルを, ロマンしか, 世界が, 九十郎を, 事実も, 人たちの, 人の, 例は, 光景が, 全集が, 前半の, 同僚を, 名の, 地点まで, 場合なら, 場所で, 女で, 好都合の, 姿を, 子供らしい, 家の, 家庭な, 屋敷でございます, 岩が, 年頃の, 彼女の, 微細な, 思意的な, 性格の, 想いな, 意味で, 意識が, 感じが, 感じよ, 時に, 時刻が, 有様, 武士が, 気が, 気配だった, 水面には, 混血児たちは, 特権を, 状態は, 玄関の, 現実的な, 生活が, 生活こそ, 町の, 白拍子と, 眼ざし, 瞬間が, 石段は, 立場の, 老人たちが, 老儒者は, 者が, 職業を, 自分の, 花の, 複雑さ, 身の上に, 陰を, 類の, 風に, 風体を, 風説を

▼ いる~ (85, 0.0%)

7 の顔 4 の方 2 の事, の姿, や妹

1 [68件] い彼処, からつい, があった, がいる, がその後元気そう, が山高帽, が来た, であると, でもあった, との真中, と一人, と千浪, と妹, なる人, にでも知れたら, にも頼ん, に会う, に聞い, に面会, の, のうしろ, のからだ, のところ, のほう, の傍, の八郎兵衛さん, の処, の友だち, の壮太郎, の声, の妻, の宅, の小笠原十左衛門, の後姿, の心, の態度, の所, の手, の放埒, の新太郎, の朱貴, の様子, の硬, の穏, の義雄, の耳, の脇腹, の腕, の膝, の許, の軍人, の頭, の額, は新婚, は昔, は確か, は私, へやった, へ弟, や両親, や何, や嫂, をいつも, を呼んだ, を憐れんだ, を持っ, を私, を見

▼ いる問題~ (85, 0.0%)

6 である 2 がある, だが, であるが, です, の人, は

1 [67件] がございまし, が幾つ, が提出, が隠れ, だ, だった, だと, であった, であって, であること, であるに対して, でございまして, ではある, ではない, で地方官中, としてファシズム, として歌曲, として考える, とは別, とを比較, と連関, なの, にしろ, についてどんな, についての知識, について伸子たち, につき, にはふれない, には口, には文学そのもの, の中心, の具体的, の口, の形態, の性質, の性質上, の核心, の焦, の真相, の領域, はいろいろ, はない, はハンス, は今日, は別, は問題, は実にどっさり, は寧ろ, は小さい, は恐らく, は極めて, は私, は耕地整理, は誰, は難題, は鶴代, ばかりを集め, も道, や素材, をここ, をめぐっての僕自身, を徹底的, を演劇, を考え, を解こう, を解決, 即ちどっち

▼ いる始末~ (85, 0.0%)

209 です 8 である 4 だから, であった, なの 3 だった, なん 2 でこれ, でございます, なので

1 [24件] お察し, じゃござんせん, だがね, であったが, であって, でございまする, でした, でしたが, ですからな, ですからねえ, でどうも, でのう, ではない, で市, で結局いかん, で興信所, で駒形名うて, なんで, にもなっ, に大, のわるい, 何とも面目, 現に私, 罵り合って

▼ いる~ (84, 0.0%)

1452 かまを, わを

1 [61件] あっしな, あの時分, いつの事だい, いッそ, うむあの, おれが, お前さんは, お客だ, お早, かまの, がめだった, きのうより, こっちじゃねえ, ことによる, こりゃ面白い, さまで戦意, そこで鷦鷯梅, そんなに己, だがどう, ちゃんと見え透いてる, はやく落ちよ, まあくび, まったく, まの, みな出はらった, もう大, やみでも, ようしそう, よし覚え, アあッ, アこの, ア女だ, ゴウヤクとは, ホホウこんな, ルチアノの, 一体幾匹いる, 世の中には, 併し, 八五郎は, 可愛い可愛い顔, 唐詩選か, 困ったな, 大粒の, 子供に, 年の, 怪しからん, 暴れても, 村上賛之, 浪々酌を, 甲府詰めに, 男が, 目が, 真正直, 着物を, 確かに, 落着け落着け頭, 話が, 貴様は, 酒の, 酔って, 馬の脚と

▼ いる~ (84, 0.0%)

2 がある, がない, は何, もない

1 [76件] からまぬがれ得た, があの, があろう, がどんなに, がなかっ, がなくなっ, がなくなり, がなくなる, がひびい, がまだ, がもう, がゆるんだ, がわれわれ, が伊織, が根こそぎ, が立てる, が金吾, すなわち飽くまで, だ, であった, である, でこれ, です, では十分, と, と同じ, と考える, なの, にだらし, にも自身, に動かされる, に左袒, に比べ, のこもった, のない, のみな, のやり場, の全部, の意味, の組織, の重苦し, はたいへん, はない, はまだ, はクラム, は仮説, は歯, は鎌倉そのもの, への信頼, への持つべき, またこれ, までちがっ, もここ, もその, もなくなりました, も伸び伸び, も女, も根, も無い, も無く, よりも大きな, をもっ, をも自覚, を一杯, を与えない, を出した, を十二分, を失っ, を存分, を尽し, を引込ませ, を彼女, を感じ, を振りしぼった, を暈され, を確信

▼ いる多く~ (84, 0.0%)

7 の人々 3 の人, の作家 2 の, のこと, の事柄, の女, の男性, の者

1 [59件] の主人, の人たち, の人びと, の人達, の人間たち, の他, の会社, の伴天連たち, の俳事, の個人的, の傷, の古典, の問題, の困難, の場所, の女性, の婦人, の家族, の尊い, の尊き, の小さな, の小姓, の小説, の少女, の志士たち, の性質, の患者, の手配, の政治家, の教科書, の文学者達, の晩, の条件, の武士, の淑女たち, の灌木, の熱心, の版画, の生徒たち, の生活, の百姓たち, の眼, の矛盾, の社会人, の聖職, の職工たち, の肉芽, の芸術家, の菌, の菌類, の親, の負傷者, の賢人, の遺家族たち, の附人, の青年, の音, の音楽家, の願い

▼ いる~ (84, 0.0%)

3 であった 2 だから, というもの, なん, の中

1 [73件] が, があった, がい, がいい, がいた, がみんな, が國, が棠, が見えなかった, さえある, さらいの, その金魚, だが, だけれども, だった, だったから, だったが, であったから, であったらという, でした, でしたから, ではない, で性質, と母, に, にあう, にあて, にもしきりに, にも会わせる, に挑んだ, の, のこと, のぼん, の上, の傍, の兄, の寝顔, の心, の沙金, の注意, の清, の頬, はあの, はありません, はいない, はおいた, はその, はそれ, はみな, は小さい, は珍, は知らず, までが乳, まで付い, もある, もいた, もいます, もいる, も一人, も付け, も居る, も漢権守様, や妻, や身体的, をお, をじっと, をなだめる, をのぞい, を看護婦, を私, を見, を選んだ, 之助

▼ いる~ (84, 0.0%)

3 がある 2 もある

1 [79件] があった, があったら, がすくなくとも, がすぐ, がどうか, がない, がびっくり, が元日, が多い, が礼儀, が私, が立っ, だった, だのに, であったと, である, であろう, ではある, で一年, との無遠慮, と主人, と女給たち, と見えた, など一人, になる, にはこの, にまじっ, に対する気, に湯漬け, のある, のうち, のほう, の一人, の中, の前, の大半, の姿, の間, の頭, の顔, の顔ぶれ, はこちら, はすでに, はそれ, はなかっ, はもと, はやはり, は中, は奈良晒, は少かっ, は年齢四十一二, は故, は盆暮, は馬鹿らしく, への接待, への礼儀, へ向っ, もあります, もやはり, も一時, も主人, も少なく, も怪しく, も老人, や船夫, よりほか, をいかにも, をよそ, を乗せ, を前, を始め我々三人, を怖, を推し, を朝飯, を横眼, を無理, を見張らせる, を負, を追いたて

▼ いる~ (84, 0.0%)

8 の中 5 の音 3 の面 2 のなか, の姿, はその

1 [62件] からぽ, がほんの, がぼんやり, が凍る, が噴水, が溢れ, が見え, が青く, だ, であるか, で唇, と皮膜, と蒸気, には腐えた, にもそこ, に口, に沿う, に洗われ磨かれ, に浮い, に違い, に集, のお, のこと, のす, のどっと, の何ん, の光, の凍る, の垂れる, の大, の容積, の平ら, の様子, の涼し, の澄みきった, の痕, の縁, の美し, の集り, はあっ, はうす汚, はひとつ, はまことに, は先日来, は夕闇, は澄ん, は町, は音, は風, は鹿島川, も大して, や森, や河, を, をかけ, をじっと, をふるった, を掌, を掬ん, を浴び, を見た, を飲む

▼ いる~ (83, 0.0%)

4 の姿 3 の顔 2 の方, を憎ん

1 [72件] からとおなじ, から愛されよう, から明確, がすこし, が又五郎, が小間使, が恨めしかっ, が気の毒, こそ幸い, であろう, ではない, とか子, として私, との性的交渉, と子, と淋しい, に云った, に似た, に向っ, に声, に対しては最早, に対しては用事, に対する一種, に挨拶, に自分, に蒲団, に蔑まれ, に蜜柑, に赤ん坊, のいた, のそば, の三木雄, の事, の仕事振り, の仙太郎, の前, の変化, の夜具, の夢, の少数者, の悌二, の愛, の態度, の手, の日夜, の期待, の枕許, の様子, の浅吉, の胸, の長い, の頭, は二重, は云う, は人, は何, は出さね, は誰, は足, への差入, へ言った, もあまり, もある, や妻, をもっと, をもつ, を恨み, を捨て, を探し出す, を見, を見る, を避け

▼ いる生活~ (82, 0.0%)

3 のこと 2 というもの, のなか, の中, の感情, の条件, の波

1 [67件] がある, がゴーリキイ, がフリボラス, が内面, が知らず, が金五郎, それから家庭, だけで, だった, でありただ, である, では折角, で小, として印象, とどこ, とは全く, と云う, なの, なんて大, におけるすべて, にはどんな, のこまかい, のこみあい, のため, の一部分, の信仰, の半分, の周囲, の声, の姿, の姿そのもの, の実質, の実際, の常識, の幅, の悲鳴, の断片, の時間, の歓喜, の物音, の狭い, の現実, の破滅, の秩序, の空虚感, の絵模様, の習慣, の芸術的再現, の諸, の資本, の辛苦, の道, はこんな, はそういう, はちがう, はどうも, は一刻ごと, は不自由, は人, をうらやんだ, をしたい, を想っ, を整理, を発掘, を紙, を続けろ, 断えず未来

▼ いる男女~ (82, 0.0%)

7 があった 5 の姿 2 があり, の一組, の声, の間, の顔

1 [60件] がある, がこっち, がその, がなくなった, がなんらかの, がタクサン, が一遍, が必ずしも, が愛し合う, が数人, が法律, が行うた, だった, だったの, とその, とは気持, に共通, のあらゆる, のそわそわ, のたくさん, のほう, のヤクザ者たち, の人影, の仲, の勤労, の勤労者, の口, の影, の従業員, の性生活, の損失, の方陣, の生徒, の生活, の社会生活, の絵, の者, の腕, の関係, の頭, の顔ぶれ, はあらそっ, はこの, はイカルス, は一週, は土人, は悉く, は新しい, ばかりがずらりと, もあり, もある, も多い, やかけまわっ, や子供, を一晩, を尻目, を憚, を見る, を鳥たち, 連れ立って

▼ いる~ (82, 0.0%)

4 があった 3 があっ, がある, が描い, のよう, の中 2 があり, があります, だった

1 [57件] がいくつ, がかかれ, がけばけばしい, がよく, が出, が印刷, が描かれ, が消え, が淡彩, が随分, だ, だったよう, であった, である, です, とか傷病兵, なぞがあっ, なぞはことに, などもあった, なども初め, にパリ, に一定, に時間, に目, のこと, の上, の仕事, の出た, の前, の娘さん, の落書き, の読本, の顔, はその, はない, はなかなか, はめずらしい, は傑作, は極めて, は題材, ばかりです, もあった, も何, も欲しかっ, も見た, や彫刻, をお, をかいた, をどんな, をみ, を一巡, を思い出した, を描い, を描かれました, を殊によく, を石版刷, を見ました

▼ いるからには~ (81, 0.0%)

4 何か 2 どこかに

1 [75件] あのへん, いずれソヴェト作家, いのち取りの, いよいよ贋牧師, お嬢さんは, お通, ここは, ここへ, この女, これくらい, これは, これを, その地位, その胸, その間の, それに, なおさらだ, なるたけ外国, ほんとうの, まさしくその, もう此上, もう相場, やはりその, やはり人間, やはり火星, やはり生前, よけいな, よほど親密, わが輩もちと, わらわたちとて, メンデルの, 一日の, 世を, 二十面相の, 五十人までは, 人間が, 今日私たちの, 伝六の, 住人が, 作り事では, 元より, 内地人である, 助太刀し, 十七の, 十九世紀が, 同類も, 君は, 大将だって, 客として, 小さいけれど, 当初確かに, 文学に関して, 昨夜の, 朝倉の, 植物が, 構わんわいと, 死ぬかも, 殺さなければ, 父が, 犯人が, 疾くより, 私の, 私は, 空地と, 純情であろう, 考えずに, 苦しいの, 誰か, 講義を, 貴島の, 遊ばなきア損, 道に, 部屋の, 鎮西八郎ぐらいには, 黙っても

▼ いる~ (81, 0.0%)

2 かが起り, かの木

1 [77件] かがある, かがすこし, かが朝子, かが現実的, かが甚, かが目ざましく, かが静, かそこ, かちょっと, かなくなる, かによって妻, かのごみ, かのはずみ, かのビラ, かの価値, かの傷痕, かの委員, かの影, かの意味, かの新しい, かの樹, かの法則, かの理由, かの秘密, かの繩, かの話, かの誘惑, かはあろう, かは文学, かをな, かを追究, か一つ, か僕達, か凶暴, か微妙, か悽惨, か特別, か狡獪, か痛々しい, か這入りたく, か酔っ払った, か重大, か食おう, さお前, だっけな, だって俺, だろうと, でも其村, でも其辺, でも瑣末, でも財産, という力, という知恵, という者, といっ, とかいうアメリカ, とかいう一人, とかいう人, とかいう男, とかいう若い, とも云えず, とも目, とも言えない酔っ払い, のきず, の意味, の罪, もあと, も彼, も恥, よりの幸福, よりの証拠, よりも困難, を如何に, を恍けた, を恐がる, を感服, 話し掛けても

▼ いる黒い~ (81, 0.0%)

2 ものは, 人影と, 影が, 漆塗りの

1 [73件] ふろしきづつみはいったい, もじゃもじゃの, ものには, ものを, ゆたかな, カラスが, チックの, ドレスの, バテレン, ヒゲを, ボール紙の, リボンが, 一団が, 上っぱりの, 二つの, 人の, 人影までが, 人間を, 倉庫の, 包みの, 土の, 塔が, 壁掛けが, 大きな玄関, 大円筒, 女の, 姿が, 小袖は, 屋根や, 山高帽が, 山高帽の, 布を, 影, 影に, 影は, 影へ, 手垢を, 指の, 日に, 日本海の, 木立である, 杉の, 樹幹を, 毛とは, 氏の, 水面ばかり, 汚染は, 洋装の, 無気味な, 物が, 物体を, 玉は, 百合の, 眉は, 眸の, 眼と, 箱を, 粒革の, 罎を, 聖服の, 脊中が, 葉影などを, 蔵造の, 薄毛織, 血し, 革の, 頬鬚を, 頭巾を, 額縁に, 風船の, 飛沫を, 骨の, 魚を

▼ いる主人~ (80, 0.0%)

3 の顔 2 が時々, である, の前, の姿, はこれ

1 [67件] からお, がある, が気づかない, であるし, というの, というもの, として妾, とはまったく, と一種, と現在, と自分, なり妻, にたずねました, には無論, に云う, に奪, に対しても告げたです, に対して何, に横浜, に番頭, に百パーセント, に見せた, に馴れない, のため, のてのひらに, のところ, の三右衛門, の優肩, の凄まじい, の弟子, の手文庫, の挙動, の敵, の暑中休暇, の期待, の様子, の死体, の残酷さ, の気持, の燕尾服, の私, の表情, の身, の逸作, の鄭, は下女, は容易, は心配そう, は狐, は痩形小づくり, は遠縁, へどうにも, への義理, も, もお供, も来た, も若い, らしい男, をおだやか, をすらえられない, をみる, を奪われ, を揺り起こし, を時には, を無, を蔑, 第四

▼ いる友人~ (80, 0.0%)

3 の家 2 に当て, の許, の話, もある, を訪ね

1 [67件] からの手紙, から大変興味, から生徒, から聞いた, から長い, がひとり, が呼び起こされる, が懇切, が或, が来た, さては天幕, その助手, だけに悪い, だと, であること, でかねて, でなければ, で轟一夫君, との交際, と一緒, と挨拶, と話し合っ, と飯, なの, になぜ, に会う, に会った, に紹介, に聞い, に聞いた, に語った, に警備, に貸家, に送っ, に送った, の, のこと, のノンダクレ, の下宿, の元, の名, の墓, の妻, の心臓, の恋, の手, の手紙, の日本画家, の景蔵, の群れ, の蒼ざめた顔, の電話, の顔, の香蔵, はある, はすぐさま, はペルシャ, は一人, もまま自嘲的, をあと, をたよっ, をとまり, を二階座敷, を促し, を口説い, を叩き起し, を訪ねよう

▼ いる意味~ (80, 0.0%)

2 がない, で, である, はよく

1 [72件] からも面白い, がある, がお, がちっとも, がなくなっ, がなくなりました, がぼんやり, がまるで, がもはや, がわからなくなっ, が何, が分る, が判らなかった, が如何, であった, であると, でこの, でなければ, での, でのイデオロギー, での中間小説, での所謂常識, ではない, では連続的, でばかりで, でもあった, でやはり, で大いに, で敬太郎, で正に, で興味, で見落せ, で解釈, とがメリメリ, とその, についての価値判断, について烈しく, に変り, に応じ, に於, に解する, の, のこの, の無, の解釈, はあるまい, はそう, はどれ, は何人, は小さく, は正しい, は甦っ, は議論, は豊富, は軽視, ばかりが真, もない, もなく, もはっきり, もわかる, や連関性, よりも重い, をさぐる, をつくづく, をもっと, を心, を感じ, を感ずる, を汲み取った, を理解, を知っ, を解い

▼ いるそこ~ (79, 0.0%)

2 のところ

1 [77件] いらあたり, からいかにも, から山稜, から来る, から現代, から秋, から見える, がすなわち, がせき, がどの, が又, が目, が私達, で思い切っ, で我輩, なん, にある, にいた, にその, にはまん中, には又, には樹木, に一日, に世, に両者, に何, に倒れ, に天幕, に寂しく, に微塵, に惡意, に知識, に膝, の両, の土間, の塗屋, の墓地, の寝台, の寺, の川口, の巨大, の広縁伝い, の戸, の木戸, の気持, の淡路楼, の物, の美しい, の見物記, の電車, は蚤, は高, へ, へがむしゃら, へ三人ぐるみ, へ侵入, へ傍, へ入る, へ四季, へ坐っ, へ忍び寄った, へ怒れる, へ捷径, へ私, へ肱枕, へ蝋燭, へ行く, へ農村, へ通された, をやられ, をコンクリート, をホテル, を佐吉, を余り, を倉地, を見せ, んところ

▼ いる~ (79, 0.0%)

1242 あっちいい, おれは, ウ, オ

1 [55件] あのお, いったいあれ, いないなんて, いまに, いるぞ, え, お婆さんお婆さん鼬が, お身, かわいそうに, この人骨, この頃, これは, これ見ろ, しかもその, そいつは, そらおまえ, それから頭, だからこうして君たち, ちゃんと知っ, どうした, どうだ, なし, よく胸, ッ危ない, 一匹, 一時を, 並んで, 中山卿だの, 人間は, 力も, 右が, 土佐肥前なんぞは, 女子が, 少し見, 川股さん, 広海屋, 後から, 我が事, 暗さ, 本当に嬉しい, 本当の, 死に近い相, 殺しちゃ, 気を, 注意しろ, 甲斐, 谷地までは, 貴様こそ, 貴様は, 軍人の, 道円, 道子, 選べ選べ, 酒が, 酔っちゃ

▼ いるばかりか~ (79, 0.0%)

2 横町から, 自分の

1 [75件] あっちこっちに, いる間, おまけに, かの三好家, きょうは, こうして何年ぶり, ここらの, このごろでは, この七年間予期, すぐに, すべての, その両手, その位置, その奉公, その実, その木像, その武元, その湖水, その眼, その腕, その顔, それを, たんすの, どんな風, ひきあけるにも, まだ一度, まだ三十五日, むしろわざとらしい, カイの, ミュッセの, 三尺の, 下等な, 不可避的に, 事件を, 今の, 今や新しく, 信長を, 傍からも, 優美で, 冬季には, 前よりも, 土間の, 壁との, 室内の, 小早川が, 年も, 彼女の, 往来の, 心安い人々, 悪庄屋, 或る, 文法の, 新しく出来る, 新蔵が, 時々に, 比島で, 水の, 現に河内屋, 男の, 盗賊どもが, 目に, 第二巻, 絵画に, 縁を, 考えてさえ, 肌を, 花瓶は, 英国の, 話し声の, 谷間で, 車道の, 近いよう, 遂には, 食堂の, 馬鹿に

▼ いる~ (79, 0.0%)

12 の前 3 に見えぬ 2 ではない, で何, なの, のすみ, をうばう

1 [54件] から見る, がいつも, がこちら, が交っ, が女, じるしでまるい, だ, だろうか, であった, でありこの, ではなく, で見られる, と絶えず, なぞまるで, にはとても, にはまた, には四本, には娘, にほろり, に好意, に物, に見えない, に見える, に赤い, のくばり, のつんだ, のまま, のよう, の中, の倦怠さ, の側, の塵, の方向, の永遠, の色, の醒める, の青い, はこの, はそッ, は余り, は依然として, は動く, ぼしい店, もあてられない, よりも真剣, をとじた, をもっ, をパチッ, を上げた, を大きく, を心持ち上, を開い, 企みを, 引きしまった口もと

▼ いる父親~ (78, 0.0%)

3 のこと, の姿, は 2 のよう, の傍

1 [65件] から真赤, から素子, がこのごろ, がする, がまだ, が田舎, が話しかけた, だと, だろうと, です, とリレー, には赦す, にもその, にも知らし, に代っ, に余計, に呼びかけた, に幻滅, に新しい, に物, に自分, のす, のため, のほう, の前, の友達, の墓, の声, の奇妙, の孫六, の寝言, の専左衛門, の尊い, の左門, の従姉, の惣助, の暗い, の様子, の横, の歌, の気持, の浅ましい, の眼, の総裁柳田篤二郎氏, の胸, の親愛, の遺愛, の顔, はいつか学校, はさっき, はときどき, は上京, は物, への酒, まで亡くなった, もいくらか, もボンヤリ口, や引上げ, や弟, をいかに, をお, を寝室, を悦ばせ, を看病, を見やる

▼ いる~ (78, 0.0%)

6 もない 4 の下 2 に星, はなかっ, もなかっ, を見あげた, を見詰め

1 [58件] からは炎熱, から落ち, から雨, から雪, がなくなる, が年頃, というもの, とてはございません, にその, には私, にびっくり, にも星, にも街, にサーチライト, に浮き出, に眼, のうえ, のほう, のボート, の一方, の一角, の一部, の上, の光, の壁龕, の女, の姿, の寂し, の影, の方, の方向, の椅子, の硝子壜, の色, の茜色, の見晴, の雲, はありません, は無かっ, は真青, へ帰りかけた, も, もございませんでした, も暗く, や雨, をどこ, をながめ, をながめる, をなん, を不安, を仰ぎ, を凝視, を指しました, を眺め, を背景, を通して遠望, を飛ん, 高く何処

▼ いる~ (77, 0.0%)

2 か, か私, に彼, に是, もあろう

1 [67件] いろいろ珍しき, かこの, かすっかり, かそれ, かも知れません, か大切, か大層粘着力, か思った, か環境, か眠い, か眼, か自暴自棄, か車台, か電燈, か顔, か馬力, その一代記, その時おれ, だと, だよ, だろうか, である, であると, であろうか, でしょうね, でもあります, で例えば, なり, にいよいよ, にこの, にそんな, にたしなめる, にどういう, に一言, に人生, に今や, に古典詩学, に古来そのまま, に士, に大小, に妹, に存在, に欧洲, に江戸, に理, に生, に盲人, に移動, に終, に表現, に近頃, ばかりで, もあった, ゆるゆる身, をもっ, をもつ, を話した, 以であろう, 参の, 既に詩, 松谷鶴子の, 柳枝, 石橋氏の, 精神が, 買い, 起すの, 起すも

▼ いる美しい~ (77, 0.0%)

2 女を

1 [75件] お小姓, きりの, この公卿後家, この馬酔木, ものの, 一人の, 一山の, 下女の, 中年の, 人です, 人形の, 侍女に, 光, 和琴の, 国であろう, 国です, 夜でした, 女の, 女は, 妻の, 姿は, 娘さんだった, 娘と, 婦人だ, 家や, 少女が, 少女を, 山である, 島の, 布を, 幻影が, 庭園を, 彼女を, 従妹と, 恋人が, 慰みを, 方が, 時間的律動と, 晩だ, 景色を, 曲だ, 樫の, 水草を, 洋子に関する, 湖が, 源氏を, 煙りであった, 町を, 相手の, 眼それが, 眼で, 石乳も, 稲妻が, 箱な, 船体としか, 芝生に, 芝生より, 花いきいき, 花の, 芸妓, 若衆武士の, 葉を, 薄色, 衣の, 詩集の, 貝殻を, 道路を, 金魚か, 金魚を, 銀時計で, 面から, 領巾を, 顏が, 風景が, 髪を

▼ いる作家~ (76, 0.0%)

3 である 2 がある, であること, のよう, は一人, や作品

1 [63件] かとも思う, か何, があり, があります, がこの, がその, がサルトル, が作家生活, が出版社, が刻々, が多く, が現代, さえ現われた, しかもその, だが, だけが主観的, であったが, であります, であるが, であると, である豊島与志雄, です, でなくては, でなければ, ではオーモニア, でもその, としての専門家, としての足どり, としてはロマン, として中條百合子, として二, などには真似, には注意, に就い, の, のある, の一人, の一人一人, の作品, の名, の存在, の悪口, の東野, の殆ど皆, の現実, の短篇集, の美し, はあり, はおそらく, はこの, はスタインベック, は半額, は古来, は各自, は大変心情的, は少ない, は既成, は殆ど, もあります, もこの, も自分, よりはるか, 又知ろう

▼ いる~ (76, 0.0%)

1 [76件] お恥, から, から茂太郎, から離れず, で, でいつか, でお針, でそんな, でちょっと, でとまった, でにわかに, でぽかんと, で作る, で参右衛門, で叔母, で姉, で島田, で庸三, で急, で恐らく, で正造, で皆, で私, で笹村, で細君, で経文, で胡弓, で踊子たち, などを通り過ぎる, にあった, にき, につい, についてい, について墨, にどこ, にはその, には大きな, に一本, に五つ六つ位, に傾いた, に八つ, に切り髪, に千客万来, に坐っ, に壮, に寝そべっ, に座り込ん, に彼女, に従兄弟同士, に持っ, に歯痕, に男, に突っ, に立っ, に簿記用, に膝, に身寄り, に転がされ, に銀, の古ぼけた, の台, の席, の性格, の肱掛け椅子, へ千枝子, へ往, へ来た, へ来る, へ行っ, へ通訳, まで五十嵐, まで歩い, まで駆け, を子守達, を通っ, を通る

▼ いる~ (75, 0.0%)

5 もある 2 だと

1 [68件] からわき, がある, がよい, が並ん, が前田河広一郎, が消化, だ, だった, だったから, だろうと, であった, である, です, との連続, なのね, なん, なんかちっとも, にアンドレ・モーロア, に李太白, に絵, のうち, のなか, のページ, の一つ, の三分の一, の乾いた, の内容, の前, の山, の活字, の訳者, の話, の重量, の非, の類, はみんな暗記, はチェホフ全集, はチャント, は借り, は殆ど, は読ん, ばかりを読ん, へ纒わり, もお, もずっと, もなけれ, もみんな, をそのまま, をできるだけ, をとり, をひろげ, を一瞥, を一緒, を一部, を伏せ, を全部片っ端, を出し, を片っぱし, を片端, を突き留める, を見せた, を見た, を読んだ, を貸し, 助という, 河豚にも, 菌最初の, 藩領の

▼ いる素子~ (75, 0.0%)

3 に云った 2 のまわり, の後姿, の手, の方, の眼, の顔, の顔つき

1 [58件] からの封筒, からの手紙, からナターシャ, から伸子, がきく, がさっと, がその, がメトロ, がモスク, が云った, が伸子, が支那女, が次, が答えた, が通訳, とを一緒, とパリ, と目, と顔, にいった, にくっつい, にさえ伸子, にその, について厨房, に仰向い, に声, に対して傷つけられた, に瀬川, に秋山, のこんなにも, のそっけ, のわき, のブラウス, の両, の側, の声, の手紙, の書類, の様子, の横姿, の父親, の白絹, の素子, の耳, の肉体, の腕, の話しかた, の返事, は, はあっち, はそこ, はマルセーユ, は鞣細工店, へのたより, をかえりみた, をしげしげと, をじっと, を見た

▼ いる~ (75, 0.0%)

3 のよう 2 という縫子, の曠野, はいつ, を見

1 [64件] が, がその, がだんだん, が咲い, じや, だ, であつ, である, ですからね, という娘, という美しい, とにおい, なの, に僕, に宝石, に対せ, に目, に露, のす, の上, の割, の匂い, の如き, の姿, の房, の穂, の美し, の色香, の花自身, の華麗, の身の上, の辺り, の鎖, の顔, の香, はきれい, はじき, はみんなどこ, は大きく, は日本, もあった, もありました, もありませんでした, も亦, も照らしました, も草, やし, やちょう, や大きな, や私, や葉, よお前たち, よめを, をごらん, をしばらく, をつけます, をならべました, をよび醒ます, を横, を眺める, を蕾, を見つけた, を髣髴, 散里

▼ いるかぎり~ (74, 0.0%)

3 のこと 2 だけでも随分, 年がら年中同じ

1 [67件] いずれまた, いや道徳的, かーん, がすなわち, こういう仮定, この学校, この島, この親, その一人, その力, その生活, その輪廻, その震動, そんなばか, だった, ちっともこわがる, ちっとも不思議, つねに恐怖, ではいちばん, ではお祖父さん, ではそう, ではそれ, ではたった, では五万円, では何, では君, で奥州, で家, ということ, ともし, どんな人, においての家庭, のいろんな, のもの, の事実, の人, の力, の宝石類, の彼, の最も, の歌, の神仏, の穀物, の美術家仲間, の話, はこの, はその, はそれ, はっと思う, はつまり, はなん, はほか, はまだまだ, は一生めんどう, は働い, は呼べ, は清浄心, は生き甲斐, は西国, をみんな, 両艇, 大して不幸, 必ず二人, 思い知らして, 打ち明けろなどと, 現にその, 非道徳的

▼ いるもう~ (74, 0.0%)

23 一つの 14 一人の 5 ひとりの 3 一人が, 一名の, 一面の 2 一方の

1 [21件] おむかえ, おれに, どんな名医, ひとつの, 一つのも, 一つは, 一つ向うに, 一挺の, 一本の, 一本別の, 一週間も, 一頭の, 二人の, 十万円も, 夜の, 振りむきも, 沢を, 老年の, 隠退を, 駄目だ, 鳥井峠の

▼ いる女房~ (74, 0.0%)

3 もあった 2 の方, は

1 [67件] からそんな, からの手紙, から細か, が, があった, がある, がいる, が寝返り, が彼, が心配, が見かね, が驚い, だったらあんな, という女, と何, と子供, と満面蒼白, と赤ン坊, などからいろんな, などに小言, などは不思議, なの, に, にこう, にこんな, にまで頼め, に剣呑, に力づけた, に外, に挨拶, に気がね, に注意, に知れない, に話しかけ, に話しかけた, のお, のお松, のまえ, のもと, の一人, の不貞, の出かけ, の前, の少ない, の数, の眼, の襟元, の部屋, はすぐ, はせっかく, はその, はまた, は亭主, は少し, は御, は急, は汽車酔, は皆年, は笑いたい, は選ばれた, へ, も半, も子, やハッパ, や子供たち, を介抱, を起し

▼ いる~ (74, 0.0%)

3 の声 2 と同じ, のお, の方, の身, の顔, を見, を見る

1 [57件] お藤, からのもの, からの電報, から来た, があっ, つまりみゑ子縁組, ですが, ですもの, ではある, と座敷, にあまえた, にだけは思い, にも云った, に優しく, に半, に送った, に鷲尾, のこと, のそば, のため, のカエ, の事, の亭主, の人, の代り, の前, の品, の姿, の寝, の後姿, の文便, の気持, の消息, の痩せ細った, の白い, の百代, の腕, の菊路, の身の上, の長い, の難破船, の頬, はまた, へもまた, も同じ, も美しい, らしいひと, をあの, をからかう, をそれほど, をひかし, をも恐怖, をよく, を励ます, を尻目, を慰め, を持っ

▼ いる日本人~ (73, 0.0%)

2 がいる, の国民性, の方

1 [67件] がやる, が一人, が何故, が戦争, が私, が老若男女シコタマ, が金まわり, だ, だったならいざ, である, でベルリン, で腹, との間, と云っ, と支那, と非合法, にとってお, にとってこの, にとっては不思議, にとっては甚だ, にとって大使館, にとりまして興味, にはおのずから, にはこれ, にはその, には及び, には理想的, に一言二言何, に出喰わした, に気づい, のうち, のすべて, の不正入国, の人情風俗, の体面, の君, の多く, の心持ちよう, の性質, の旅行者, の旅行者夫妻, の日常生活, の案内人, の欠陥, の目, の臓腑, の蒙昧, の視察団一行, の記者, の連絡係, はきょう, はこれ, はそれら現象, はどう, はみな非国民, はめいめい, はやがて, は皆, は蜂谷, への反感, もあった, や土人, よりも好い, らしい若い, をだまっ, を皆死刑, を苦笑

▼ いる~ (73, 0.0%)

2 ではない, の棒, はどこ

1 [67件] がある, がたちまち, がない, が与助, が他人, が取れる, が無い, くらいなら, だと, でどの, では一銭, で彼等, としたなら, と共に呪咀, と等しい, なの, にならない, に対抗, に惚れた, のくびわ, のさ, のなる, の主, の事, の五分の一, の使途, の力, の力丈, の十字架, の実際, の小判, の楔, の縁飾り, の蒔絵, の装飾, の輪, の鈴, の飾り, の鯱, はいくらでも, はその, はスッカリ, は世間, は人, は何処, は皆お前, も着物, も衣類, をそっくり, をとりのけた, をとる, をみ, を出し, を半分, を取ろう, を取出し, を口先一つ, を妻, を学校, を家, を拾いあつめ, を拾い集め, を日仏銀行, を私, を送らない, を隠す, 売り吉次

▼ いるそして~ (72, 0.0%)

2 それを

1 [70件] あきつ, いつも平和, いない, うのめた, このよう, これらの, すぐ近く, そのため, その人たち, その十万, その結果君, その頂辺, それが, それによって, つやの, できること, なぜに, ぬれしずく, ほやは, もし自分, よろこんで, エルロンは, カント学者は, コサイケ山と, パーヴェル・パーヴロヴィチが, プレハーノフの, 下らない事, 之こそ, 二人の, 人並に, 今の, 他の, 何かが, 俺の, 六人に対しては, 又甚七, 如何にも精神, 実際先験的論理学, 客や, 将来彼の, 彼の, 必然どこかへ, 接吻の, 早船乗の, 昼頃から, 最後の, 根気よく, 棕梠だの, 森久雄が, 次第次第に, 死ぬ方, 水量も, 片唾, 犯罪や, 男の, 禁慾主義の, 私たちの, 経験した, 結句の, 統制を, 線描の, 而も, 詩も, 論者は, 金屏風を, 雨上りの, 頼朝為朝蒲生氏郷など, 顔に, 顔色も, 高地芝の

▼ いる~ (72, 0.0%)

4 である 2 があった, が描かれ, であった, でいわゆる, です, などが多かっ, などもあった, なの

1 [52件] かモオゼ, か仁王様, がある, が出, が描い, が春信, が時々, が架け, ぐらいにすこぶる, そう腹案, だ, だった, であると, でした, ですこれ, でみんな絵草紙屋, で着物, で脚下, で色彩, というの, などあっ, などの記憶, などもオダイシ様, なんざ, にいたっ, の屏風, の門内, はあわれでない, はどう, はどうも, はまるで, はむしろ, はわるい, はバカバカしい, は奇妙, は想像, は絶え, も絵空ごと, も見, も見る, をかい, をかかせ, をかけ, を何, を出し, を思い出します, を思い描き, を描き出し, を片, を絵, を見かける, を見落した

▼ いる~ (72, 0.0%)

10 の枝 3 の幹 2 にとまった, のまわり, のよう, はどこ, を見る

1 [49件] からもぎ取った, があっ, がある, が本当に, が黒い, だ, で昔, とその, のあいだ, のきれ, のしげみ, のちかく, のてっぺん, のほう, のゆれる, のようす, の上, の傍, の先, の切り株, の切株, の匂い, の十字架, の廻り, の枝ぶり, の柄, の根本, の梢, の若芽, の足, の釣橋, の香, はたくさん, はどれ一つ, はみな喬木, は唐檜, も無けれ, も若干, も風, や板, や竹藪, や草たち, をお, をなぐる, を一本, を見つけませんでした, 之助, 朽ちかかった木, 洩れの

▼ いる~ (71, 0.0%)

3 いないも, のらは, 一人の, 同然な 2 ようが, ンだ, 何も, 同じだ, 同様で

1 [49件] あったもの, ありまた, あり明らか, ある, いいが, いっしょなら, いねえも, いらないも, おらぬと, おらぬも, そこに, その土, ないじゃ, なにほど, のらに, のらには, のらまで, ようだ, ようだった, ようで, ように, よかろう, ンで, 一に, 久しいもの, 何となく極, 同じこと, 同じだった, 同様それに, 同様だった, 同様であった, 同様勇ましき, 同然である, 同然です, 同然と, 大天井, 好いけれどもね, 好かろう, 愚か, 敵地かえる, 方便だ, 本意で, 死城外へ, 皆な, 省略に, 自由であり, 芸の, 面白い, 馬鹿気て

▼ いる~ (71, 0.0%)

3 条件を 2 問題と, 将へ, 要素は

1 [62件] イデオロギエンの, モーメントが, 世相を, 事情について, 事情を, 会社に, 住伊四郎という, 体系にとって, 作家の, 元素を, 先輩の, 労働党の, 友の, 同人作家達が, 問題が, 問題の, 問題を, 問題をば, 外国の, 大名は, 大将には, 学問が, 学問の, 学問を, 学問之を, 学説も, 将が, 将であった, 将の, 将は, 形態が, 形態の, 役人の, 性質に, 恒星に, 文学雑誌について, 時間, 有る迷信, 材料に関する, 条件と, 概念は, 機関を, 武家の, 沙汰には, 現象の, 矛盾が, 矛盾と, 矛盾の, 科学が, 範疇は, 範疇を, 職諸, 臣の, 葛丞相は, 要因を, 要素とは, 要素の, 要素への, 規定を, 部族の, 部族は, 雑誌が

▼ いる~ (70, 0.0%)

9 を見 8 を見た 4 でした 3 だった, をみ 2 のよう, の中

1 [39件] か何, が事実, だったが, だと, だとは, だもの, であるよう, であろう, でしたそんな, ではない, でも見, で眼, とも匹敵, と現実, なの, に入りました, に驚い, のお, のコント, の内容, の国, の数, の神, の道, はやはり, は全く, は視神経, ばかりだった, ばかり見, も覚え, らしかった, をなんらかの, をみた, をみる, を見ました, を見る, を見初める, を見続け, を見通した

▼ いる~ (70, 0.0%)

5 の家 4 の顔 2 がい, のこと, の外, の姿, や妹

1 [51件] からの手紙, がさっき, がめ, が停車場, が参詣, である, というの, とこの, とには貧しい, に対して姉, に持っ, に病院, に自分, に電報, のそば, のコーリヤ, のジェームス, の二の腕, の傍, の兇悪, の勘右衛門, の大, の大池孝平, の奴, の家内, の心持, の忠三郎め, の惣治, の新, の方, の杉作, の格二郎, の森仙千代, の牛三, の結婚式, の繁盛, の脇屋義助, の青黒い, の龍造寺兵庫介, はこの, へ遺し, もまた, も五つ六つ, や大人, よりも拳, をもお, をよびました, を父, を背, を見, を見た

▼ いる社会~ (70, 0.0%)

2 の悪, の条件, の現実, の習慣, は過去

1 [60件] がどうして, がまったく, だから, であった, であること, でどうして, でのエゴイズム, ではある, ではあるまい, ではその, ではるか, ではイタリア, では働く, では名誉教授, では文化, では自分, で一人, で少く, とその, と今, と家庭, と文学, なの, なら両性, において独占, について考えたら, にとってしか通用, には不便, に対しては必ずしも, に対する理解, に男, のおくれた, のなか, の一般的永続的改善, の下部構造, の不, の中, の仕組み, の前, の圏, の実況, の層, の常套, の形態, の必然, の文明, の暗い, の歴史的現実, の生産関係, の眩, の空気, の落伍者, の認識, の雰囲気, は単なる, は複雑, へと退歩, をうらまなく, を善く, を考えなけれ

▼ いる~ (70, 0.0%)

2 の尻

1 [68件] があるいは, がなまけ, がびっくり, がぶら下がっ, がまた, が一疋, が嵐, が進まなくなった, ぐらいな, けむりを, すこし気, だ, だし, だのそれから, である, でかつて, とファゼーロ, と来, なんかまったく, にだれ, につながれ, にはかまいませんでした, には三本, に乗った, に名残, に水, に高瀬, の休養所, の前足, の名, の如き, の姿, の尻ッ尾, の尾, の彫刻, の方, の番人, の群, の脾腹, の草鞋, の足音, の轡, の頭, の額, の鬣, はこの, はそれ以上, はほとんど, はよい, は今, は濡れ, までを彼, もいた, も人, も裏庭, や人々, や牛, よりも悲痛, らしかった, をうしろ, をどれ, を使っ, を停められ, を山姥, を急がせ, を故意, を見, を見る

▼ いる写真~ (69, 0.0%)

4 を見た 3 が出, が新聞, である 2 の絵はがき, をのせ, を見たら, を貸し

1 [48件] があった, がありました, がありません, がある, がのっ, が今, が何度, が広告, が懸賞写真, が掲げられた, ぐらいに過ぎなかった, であった, であったが, でした, で伸子, というの, とそれから, と実物, と記事, なぞを自分, など二, など興味, なの, なんかだったら, にぶつかっ, のところ, の中, の彼, の静物印画, の順, の顔, はこの, はたいがい, は袋, もあった, もある, もそれぞれ, も見た, をお, をくれた, をやっ, を何, を奪, を思いだし, を看, を見, を見せた, 実にヒシヒシと

▼ いる~ (69, 0.0%)

2 主人が, 当人は, 浪人で, 米の

1 [61件] 一族が, 主人も, 主人様が, 主君, 主君の, 亭主より, 人数の, 城内の, 夫婦を, 女中の, 姿である, 婆さんの, 婦人たちは, 婦人向きの, 子息たちも, 子息の, 孫であった, 守殿女の, 客かも, 客が, 当人だけ, 当人と, 当人にも, 当人の, 当人も, 息女では, 息女や, 意見には, 愛嬌には, 憐憫の, 支配という, 支配様という, 時世である, 時世に, 普請上納金より, 本丸様, 本尊である, 柱の, 様子が, 様子です, 様子では, 様子は, 様子物思いばかりを, 歴々の, 母さんだ, 母さんの, 父っ, 眉で, 着へ, 神体は, 竹倉一帯の, 符売り, 自分を, 自由の, 良人なら, 賄組の, 起居の, 連中は, 門番詰所の, 開帳あてこみ, 隠居さん十徳なんか

▼ いる先生~ (68, 0.0%)

3 の姿 2 だった, の方, の頬, の顔

1 [57件] があったら, があります, がいかに, がいや, がいる, がね, が中心, が来る, が横網町, が正し, が現, だから, だったが, である, であるが, でないよう, でも辞表, で年歳, と思っ, にいちばん大事, にこの, にちゃんと, に対していうべき, に船, のお, のところ, の一人, の心もち, の意外, の手, の様子, の片手, の発音, の袴, の親戚, の言葉, の調子, の退却, の逸話, の面, はあの, はいつも, はここ, はなんとなく, は到る, は宛然, は小諸藩, は決して, は相, へ, へ何度, も, もあり, もある, をうたてげに, をのこし, を笑わせよう

▼ いる一種~ (67, 0.0%)

1 [67件] ちらちらひどくちらつく, の, のたたずまい, のにおい, のゆきづまり, のゆとり, のスズメ, のニンニク式, のマンネリズム, の中性存在, の動物, の原始, の厭, の同情, の哀れむべき, の哀感, の商業的ブロック, の土, の墓地, の変った, の妙, の定か, の巡査, の常識, の帽子, の形式, の心理的現象, の快感, の怪力, の怪物, の政論的傾向, の条件, の植物, の残忍さ, の消極, の深み, の激しい, の物, の特殊, の疲れた, の病気, の発明狂, の白痴同様, の社交, の神秘的, の秘密, の秘密団体, の織部風作柄, の美, の能力, の色魔, の英雄主義的, の茶盆, の荷物, の落伍者たち, の藻, の表情, の認識, の誘惑者, の論理学, の護身術, の野外ダンス, の野獣, の霊魂教, の高利貸し, の魅力, 言い難い

▼ いる古い~ (67, 0.0%)

2 灰の

1 [65件] あや, いじけたあの, ものの, アフタヌンだけに, カシワの, ハノイ, パイプの, ボウトを, ヴェランダの, 世界と, 人, 仕来りには, 仮面を, 写真が, 口碑の, 品物を, 土地で, 土塀門の, 城の, 堤防に, 塔が, 墓から, 壁を, 大学こそ, 太古からの, 家が, 家であった, 寺の, 広大な, 店だ, 役人という, 御家人屋敷へ, 教会の, 文化の, 時代からの, 書類だの, 木の, 本には, 本を, 栗の, 格式や, 歩道に, 火山でも, 灰色の, 生活の, 短刀を, 磔刑台に, 祖先の, 肖像画が, 脂粉の, 自分の, 英吉利の, 蔵が, 言い伝えです, 話が, 車の, 軍服に, 都市の, 重荷の, 金具と, 銅像と, 門の, 隠居家を, 頽れかけた, 額縁などの

▼ いる~ (67, 0.0%)

4 だった, だと, である, であろう

1 [51件] いかに駒, かそれ, かとにかく, か以前, か町, か鉄, だろうと, であったらしい, でありまして, であること, であるらしい高, であるらしかった, であろうという, であろう遭難, であろう長五郎, でこれ, です, ではない, ではなく, でもあろう, どう云う, にああ, にいつしか, にそこ, にともすれば, にニキタ, に下, に人間らしい, に余計, に僕, に元締, に却って, に呼ばれ, に四近, に多く, に娘, に急, に恐ろしく, に或, に晴れた, に氏, に注意, に石, に紙, に脚下, に裸, に身体中, に車寄せ, に違い, の名, の気

▼ いる~ (66, 0.0%)

3 とそれ 2 がこんな

1 [61件] かそれとも, から飛び去った, がいる, がわからねえ, が二人, じゃねえだ, たった一人, だ, だああ, だけが見えた, だもの, だ自慢, でさえ, でさえも怪我, ではある, という, とその, とはやっぱり, とはやはり, と二人, と歩い, なのに, にこう, にとってはあんなに, にはフェエナゴ, にゃ雉子, に綾子, のこと, のやる, のアタマ, の両方, の両親, の二人, の口元, の声, の幻覚, の指紋, の方, の父親, の生命, の立場, の耳, の遙, の頭, はあの, はそれ, はワッ, は今, は歩い, は涙, は無, は闇, は防寨, へのそれ, をあくまで, をこっち, をそこ, をつくづく, を目がけ, を見た, を遠く

▼ いる~ (66, 0.0%)

2 のお, の姿, の良人

1 [60件] から, から若い, が, がそっと, がだらし, が先月二十三日, そして和尚, とひどく, と妻, と姉, と弟, と松子, と母, に声, に宛て, に小萩, に知らせ, のこと, のもと, のオルガ, のブローニャ, のマダム・ビュイッソン, のマリイ・テレーズ, の一人息子, の事, の傍, の傍ら, の優しい, の単純, の厄介, の婚家, の家, の寝, の所, の料簡, の枕元, の目, の眼, の肩, の胸, の許, の質問, の身, の長男, はいつも, はちょっと, は句作, は夫, は昨夜, は自分, への感情, へも投げた, へやる, や母たち, をたずね, をまた, を尊敬, を怒っ, を突, を紹介

▼ いる~ (66, 0.0%)

2 に石, の声, を床

1 [60件] がわたし, が多い, が鼻, だ, だけでも二十匹, だと, だという, でさえうろつき廻る, でさえも尻尾, でなにか, という犬, とのき, と同じ, と猿, なぞを通っ, なんか見, にむちをふりまわしてみせた, に細君, に近づい, に骨, のそば, のよう, の一匹, の不気味さ, の二, の入手先, の前, の子, の影, の愚鈍そう, の死骸, の目, の脇腹, の許, の鼻面, はいつ, はがむしゃら, はほか, はまさしく, はやはり, は恐く, は死んだ, は気, は犬, ばかりには見える, ほど人, までも引っぱり出し, も尊い, をつれ, を制止, を嗾, を子供, を抱え, を抱き上げた, を指さし, を見, を見る, を追い散らし, を連れ, を驚

▼ いる女性~ (65, 0.0%)

2 が幾人, だとも, であった, の生活, の生活記録, の肉体

1 [53件] かと疑った, があった, がある, が十数名, が居合わし, が翁, こそまことに, だから, だけに, だという, である, でさえ, でロイド眼鏡, という現実, といえ, といたわけ, とこの, とさき, としての共通, として愛します, とすれ, と言葉づかい, なども案外, なの, なん, にとって二十五・六, の, のうしろ姿, のごとく, のす, のよう, の一人, の伝説, の大群, の常, の方方, の気もち, の生きた, の生活闘争, の精神, の自立, はいない, はきょう, は一人, は彼, は従って, ほど他, や全く, をお, を寸刻, を書かない, を見かける, 第二

▼ いる~ (65, 0.0%)

2 のロケット, を攻撃

1 [61件] から逃げ, があります, がある, がそんなに, が射, だぞ, だと, であった, でさえ容易, ですぞ, ではあった, というの, に何, に脚, の一人, の中, の中堅, の丸根, の前列, の四, の城中, の城骸, の外れ矢, の大将, の奴, の封鎖, の岡部元信, の左翼, の幾つ, の影, の意志, の数, の様子, の死骸, の水軍, の油断, の猛烈, の目, の篝, の諜者, の輩下, の退き, の遠藤喜左衛門, の陣容, の馬岱, はすべてみな, はそこ, は互に, は何者, は単に, は由来, は飛ん, を射撃, を持っ, を支えぬ, を見つけ, を見のがす, を見下ろし, を討っ, を追い出す, を追い払おう

▼ いる程度~ (65, 0.0%)

6 のもの 5 である 3 なの 2 であるが, です, とみえ, にすぎない, のこと

1 [41件] だ, だが, だった, であった, でありましょうか, である東京, でそう, では心眼, で全, で大体, で通行人, なので, にさえ語った, にし, にしか思っ, にでも研究, にとどまった, にやや, に止っ, に正確, に法学, のつきあい, の働きぶり, の味覚, の大き, の小さい, の心構え, の成績, の所, の数字, の私, の者, の花, の調子, の遠, はまったく, は今村, は去年, は浅い, は産児, は米国

▼ いる少女~ (64, 0.0%)

4 の姿 3 の顔 2 の伸子, の眼

1 [53件] から若い, がお, が何人, が大阪, が恋人, だが, だったので, だろう, である, であるが, ではなかっ, と, とその, とそれ, と他, と醜くく, などがみな口々, にその, にとってそれ, にふと, にも構わず, にも気, に会った, に大きな, に着せるべく, に頻りに, のしおらしい, のひとり, のよう, の中, の傍, の写真, の前, の寝顔, の方, の瞳, の透きとおった, の青春, の頬, の頭部, の鼻, はいつか, はいつも, はずっと, は呼びかけました, も, も死んだ, を抱き上げた, を救った, を見, を見た, を見つめた, を見ました

▼ いるいろいろ~ (63, 0.0%)

2 の事情

1 [61件] と複雑, なおもちゃ, なお話, なこと, な事実, な事業一般, な人, な人種的民族的要素, な仕事, な出来事, な化粧品, な医者, な変化, な年頃, な幻影, な弊風, な意見, な感情, な掟, な文学, な条件, な案, な点, な無理, な現象, な産業技術, な知識, な美点, な草, な装置, な記録, な鍵, な顔, のいきさつ, のお, のでこぼこ, のわけ, の事, の可能, の商品, の問題, の境遇, の学説, の宣伝, の工場, の心配, の必要, の思想, の怪物, の意思, の教科目, の文化団体, の方策, の曲線, の生活感情, の知識, の脚本, の芸事, の調子, の電燈, の顔

▼ いる感情~ (63, 0.0%)

2 のあり, の嵐

1 [59件] から発しる, があります, がその, がわかりませんでした, が普通, だ, だけな, って実に, であって, です, ではなかろう, で終る, と, とその, との対比, とは必ずしも, とも一致, と泰造, に何ら, に疑惑, に直接影響, のかげ, のくすぶり, のため, のなか, の一面, の上, の中, の全面, の内容, の力, の奇怪さ, の性質, の昂ぶり, の曲線, の欠陥, の片隅, の緊張, の習慣的, の角度, は今日, は期待, は身, は非常, または愛情, もあった, も複雑, や思想, や感覚, や願い, を和一郎, を噛みころし, を察し抜いた, を抑えつけ, を秘す, を結局, を逆用, を重吉, 若しくはその

▼ いる気配~ (63, 0.0%)

4 だった, である, もない 3 がある, がした, がする 2 がし, であった, はなかっ

1 [36件] があたり, があっ, があまりに, がここ, がしません, がそこ, が少し, が手, が明瞭, が部屋, だ, であったが, であり去りも, です, と物音, などが分りやしない, なの, に, に感づい, はあった, はありません, はする, はせず, はせぬ, はたしかに, はない, はまったく, は全身, は見えなかった, もある, もたしかに, もなかっ, もなく, を薫, を見て取っ, を誇張

▼ いる現在~ (63, 0.0%)

3 の日本 2 である, の生活, の自分

1 [54件] が愉快, その日記, だけがあった, だった, では戦争中, でもそれだけ, でも多く, というもの, としては正確, どんな馬鹿げた, なおあの, において彼ら, にとって絶対的, にもなお, にも拘らず, に於, に於い, のありよう, のお, のおくれた, のアメリカ, のジャーナリズム, のドンフワン, のパリ生活, の事, の低級, の俳諧, の処理, の北海道, の千鶴子, の国家, の国府, の境遇, の学校, の彼女, の情況, の意気地, の時代, の村, の杵, の段階, の母, の状態, の男, の社会感情, の私, の自家障害, の舞台, の要望, の資本, の金五郎, のABC, もやはり, を利用

▼ いる現実~ (63, 0.0%)

3 である 2 の生活, の複雑

1 [56件] から生れ出る, が右, こそあまりに, すらも観念的, だのに, であるからこそ, としてつかん, とのバランス, とまだ, と言った, なの, においてどの, において人間, について見る, にはよく, によってつくられる, によって決定, に偽り, に向っ, に対してもこれ, に雄弁, の, のいきさつ, のこっち側, の一片, の一部, の世界, の世界以外, の中, の事情, の人生, の他, の力, の有様, の歴史, の理由, の生活感覚, の社会条件, の社会関係, の細目, の認識, の誰, の諸, の諸相, の関係, はこういう, はどこ, は極めて, は民主的文学, をまざまざ, をまず, をよく, を典型, を知っ, を語っ, を連続

▼ いるうえ~ (62, 0.0%)

2 にここ, に筋肉, はいくら

1 [56件] あの手紙, この曲, てれたよう, なおつりあい, にあたし, にお, にお茶屋, にさすが, にさるぐつわ, にしかも, にそうした, にその, にそもそも, にまだ, にまだまだ, にクロクロ島, にゼルビノ, に三万円, に主, に事件, に人, に今度, に倒れかかっ, に勤勉, に地上, に壮太郎氏, に女, に子供, に学校, に家, に密事, に左, に平生喜兵衛, に年, に慧, に方法, に時々, に更に, に水, に浪, に火山脈, に父親, に男客, に男手, に皺だらけ, に空腹, に窓ガラス, に若い, に莫大, に賢, に遠く, はその, はだれ, もう日, を電光, 両大将

▼ いるとかいう~ (61, 0.0%)

5 ような 4 ことで 2 ことでした, ので, のなら, のは, のを, 噂だ, 噂は, 噂を, 話であった, 話である

1 [32件] けれどそれ, こと, ことが, ことじゃ, ことです, ことに, ことによって, ことは, ところが, のでない, やむをえざる事情, ようにも, デマが, 一面は, 不具者の, 事は, 俗説が, 印象は, 噂が, 噂だった, 噂も, 場あい, 小夜子の, 形を, 彼仕事に, 明瞭な, 条件によって, 種類の, 話だ, 話です, 話は, 頼朝の

▼ いるようす~ (61, 0.0%)

7 もありません 5 はありません 4 もない 3 を見 2 がありません, はなかっ, もなかっ, もなく

1 [34件] がありあり, がじつに, がどうも, がまえ, がわかる, が伊兵衛, が栗, が見えない, さえなかっ, さえ見える, で窓, にもとき, はいかにも, はただごと, はだれ, はない, はなく, はなんと, はなんとも, ははた, はもちろん, はものものしい, はグロッス, は全然, は殆, は水戸様石置き場, は見る, は隠せなかった, をあらわしました, をさっし, をとくと, をみ, を見る, を身振り入り

▼ いる女中~ (61, 0.0%)

4 の顔 2 のお, の方

1 [53件] かとおもうでしょう, が, があっ, がこの, がそこ, がのんびり, がむっくり, が三人, が十一時ごろ二階, が呼び, が紙屑, が証人, とお, とは思われない, とも馴染, と一緒, と話し, に, にお, にきいた, に同情, に向っ, に命じた, に問いかけました, に顔, のうしろ, のうち, のきよ, の丸まった, の声, の姿, の定, の布団, の所管, の様子, の気配, の父親, はすっかり, はみんな日本髪, は婉転, は年相応, は逃げだしたい, へ, もいる, も家, よりもまだしも, を, を呼んだ, を咎める, を尻眼, を後, を手伝い, を押

▼ いるからこそ~ (60, 0.0%)

2 人間の, 斯様な

1 [56件] あっしが, あの一方, あんな脅迫状, おばあちゃん, おれの, お前に, かけ換え, こう掛け合っ, こんな途方, その他人, それの, たとえば文化サークル, だ, であろうと, では, とんまだ, みんなこう, やって, ドイツの, 一入恐ろしい, 先手を, 公正な, 出入りしたくなる, 君と, 土砂岩石の, 大臣の, 好きという, 尚更あの, 左翼は, 幸福な, 彼等が, 悪事の, 抒情詩としての, 文字に, 方丈様とか, 日ましに, 最初に, 武士道に, 民衆に, 洗濯ものと, 渋い顔, 特別な, 甘えて, 生じて, 生じ得るもの, 私たちの, 私の, 私は, 私達は, 筆が, 見るに, 起るの, 逆に, 鋭意その, 長年の, 長時間の

▼ いるわたし~ (60, 0.0%)

2 とし, のため, の心持, の顔, をわざわざ

1 [50件] からそう, から目, がかえって, がこう, がどうして, さえもひやひや, すらも十七, だってそう, だのに, だわ, というもの, としてはもはや, にし, には大砲, に交, に取っ, に手, のいちばん好き, のくちびる, のそば, のただ, のところ, の一家, の兄貴, の先生, の助手, の卓上, の同僚, の周囲, の子ども, の学生時代, の家族, の心, の念日様, の手, の書きつづった, の様子, の背, の見知らない, の言葉, は定められた, は必ず, は折詰, も知っ, をお, を可哀そう, を尻目, を意地, を激励, を見

▼ いるそば~ (59, 0.0%)

3 でおとなしく 2 へ院, を逃げる

1 [52件] からあの, からポロポロ, でこの, ですよ, では地味, でまたこうして, でスチュディオ, でベティー・デーヴィス, で嘉吉, で太刀川時夫, で彼女, に, にい, にいっ, にきちんと, にすぐ, には茶色, には鶏, にやって来た, に何時, に偕行社, に天魔太郎あい, に彼, に番人, に行っ, に近寄っ, に進ん, のフランス人, の人, の枝, の老人, の者, へいっ, へおい, へきた, へふい, へやってこられ, へやって来た, へよっ, へ出た, へ恐る恐る, へ行っ, へ近, へ這いすすん, までいっ, を四少年, を大, を子どもたち, を抜け, を通っ, を通りかかります, を通りかかろう

▼ いる人影~ (59, 0.0%)

8 があった 3 が見える 2 がありました, がある, だった, を見

1 [40件] がおぼろ, がさし, がすすけた, が全員いっしょ, が動いた, が動き, が潮霧, が見えない, が見えました, が通り, である, で而, といっしょ, なども見えた, には二人, にもなかなか, に提灯, に気づいた, に気づく, の中, はほとんど, はみな弓, は伸子, は少なく, は死骸, は身, は遠く, までが幽か, もある, もまばら, も動かなかった, も自動車, も見えた, も見えなかった, も見当らない, を, を発見, を見た, を見つけ, を見つけた

▼ いる~ (59, 0.0%)

3 は君 2 の方

1 [54件] がなぜ, が事件, が大勢, が波止場, が連れ, でなければ, でも行け, とが互いに, としては私, とは違う, とソックリ, と遁げ, なんかには分るまい, に, にこの, にすぎない, には僕, に気がついた, のうち, のこと, のその, のほう, のよう, の参考, の友人, の国, の奥さん, の姿, の家族, の幸福, の未来, の深い, の直覚, の看病, の精神そのもの, の量, の頭脳, の顔, は, はくたびれ, はその, はなおさら, はなか, は一体, は即刻, は振り向き, は本体, は現在, までが, も残れ, よりも遙, を換え, を救う, を見る

▼ いる態度~ (59, 0.0%)

5 である 2 が伸子

1 [52件] かとも思われた, からの一展開, から見, がいかにも, がつまり, が今夜, が新しく新しく, が根柢, が逆, だ, だった, であった, です, でもある, でもう一度, といい, という架想, とどこ, とは見えません, と比較, と読書, なの, には親切さ, にもかかわらず, に伸子, に叡智, に対して涙, に少し, のいっさい, の作家, の裏, はどんな, はなん, はまあ, はまるで, は決して, は面白い, もまた, も全, も支持, をおもしろく, をみ, をトルストイ, を奥床しい, を嬉し, を康子, を慨歎, を更に, を示し, を見, を見れ, を言う

▼ いる~ (59, 0.0%)

16 です 4 である 3 であるが 2 であった, を承知

1 [32件] おどろき入ったもの, がありません, がやがて, せまいが, その奇襲, それからツワイク, だ, だが, だぞ, であります, であり証人, であるし, ですが, で近頃, なり, なるが, なれど, にご, まだその, まだわかりません, よく親族会議, をお, を人伝, を叙述, を告げ, を告げる, を書い, を知っ, を答える, 先ずヨミスギ刑事, 称して, 面白いもの

▼ いる赤い~ (59, 0.0%)

3 花の 2 腰巻逞しく, 表紙の, 達磨の

1 [50件] さくらんぼの, さらが, ちゃんちゃんこと, ものを, バラの, プラカート, プラカートの, 丸々と, 二つの, 唇を, 夏菊を, 屋根の, 屋根や, 布の, 幡に, 手を, 手柄の, 旗胸の, 木の, 木の実を, 泥を, 演壇の, 火を, 灯, 焔の, 煙突の, 片端だの, 目を, 紐な, 紙に, 紙片を, 絵模様の, 綬章の, 色が, 花が, 花は, 草の, 萼が, 蕾を, 薬料に, 西日の, 豆の, 酒が, 鉱石の, 雪は, 雲を, 電燈は, 顔で, 風船の, 鳥を

▼ いるけど~ (58, 0.0%)

1 [58件] あたいは, あたしたちなんの, あたしには, あたしの, あたしゃ昼寝られない, あてに, あの方, あの時, あれが, あれで, あんまり達者, いい青年, いずれは, おかあさんよせつけない, お前さんの, お祝いを, こんな間違い, さて何年, そのうち, それを, そんなにビンラン, ちっとも他, でも私, どうかした, はじめは, はっきりと, へえつら, ほんとうは, まるで違う, みな健在です, むずかしくて, もうちょっと大口, わざと戯れ, ノブ子さんは, ピストルで, ホンの, ホントは, 一緒に, 会社では, 何でも, 偏執です, 僕の, 僕も, 勿論兄さん, 外へ, 感想きく, 昵懇と, 本当はお金, 案外カマトト, 気が付かないで, 玉村光子よ, 知らん顔を, 花模様か, 話にも, 買う気, 農民らしい荒れた, 金魚とは, 靴だの

▼ いるなどという~ (58, 0.0%)

12 ことは 8 のは 7 ことを 2 ことが, ことも, ような, 程度の

1 [23件] ことに, のを, ようすは, 中に, 事は, 事実は, 人が, 偶然は, 噂さえ, 噂も, 場合を, 子供は, 家は, 愛すべき事実, 所は, 様子は, 理屈は, 窮状の, 美しいよう, 興味では, 話な, 誇大な, 風には

▼ いる範囲~ (58, 0.0%)

1 [58件] が狭い, だと, である, でかい, ですし, でその, ででも気, ではあまりに, ではある, ではおれ, ではこれ, ではそういう, ではアルコール臭, では二百六十回, では五人, では佐々, では何一つ, では噛ん, では多分, では太平洋沿岸, では夫, では役に立つ, では日本, では次, では渋谷, では石田, では秋川駿三, では見当らなかった, では読み, では谷川, でもたしかに, でも毎日電車, で四社連盟, で最も, で木曾, で法律上, で話し, で骨, とを知っ, と他人, と断っ, なんてた, において真剣, に作者, に於, に限ろう, のなか, の作家, の友だち, の支那文化, の政治家, の現象, はごく, は何と, は当局, は狭く, までぐらい自分たち, やバス

▼ いる若者~ (58, 0.0%)

3 がある, であった 2 があった, だった, にし, の中

1 [44件] から教え, が, がありました, がい, が何, が徒党, が急, が指図, が見舞い, が通りかかった, でありました, でお, です, ではなく, として立ちはだかっ, とちがい, と名前, などが異様, なども交っ, にねじ伏せられ, のほう, の内面的吐露, の唄っ, の場合, の心, の方, の詩, の頬骨, の頭髪, はお前, は何, は相良金吾, へいった, もあった, もあり, もありました, もある, も朝鮮人, らしい横顔, をのせ, を僕, を想像, を眺め, を見

▼ いる関係~ (58, 0.0%)

2 から, からその, だった, もあっ, もあり, を破らなけれ

1 [46件] からあるいは, からお父さん, からかれ, からし, からふたり, からよく, から一応, から双方, から台所, から哲学史, から団十郎, から島, から校長初め同僚全体, から熊本人, から現代, から知合, から義兄, から舟, から裸女, があっ, が三郎爺, であった, ではない, でまえ, で先, で恋, で新, で自分, で酔い, とでこの, と切り離し, なの, にあった, になる, に等しい, のきまった, のよう, の本質, は今日, は厳密, は有りえない, は益々, もある, を理解, を見つけ出し, を離れ

▼ いるくらいの~ (57, 0.0%)

5 ものだ 4 ことは, もので 2 ところであろう, ものでありました, 大きさ

1 [38件] かさに, からだつきの, かるさ, きたないこと, ことだ, ことで, ことでも, ことなら, ことを, とこで, ところだった, ところだろう, ところで, ところです, もの, ものであります, ものです, 事でした, 人だ, 人間だ, 医学生である, 半建, 収入しか, 場合に, 大きな穴, 大作家, 女に, 小さな豚, 山だ, 年輩の, 扱い方で, 潮干狩が, 男だ, 程度の, 速力で, 青年たちと, 高さ以上, 高札だ

▼ いる夫人~ (57, 0.0%)

3 の顔 2 の姿, の心, の方

1 [48件] がどこ, が彼, が木賀, が自分, と税関吏, に, にとってはこの, に対して燃, に応待, に比べれ, に突っかかっ, の事, の今日, の内, の内面, の努力, の口, の声, の娘, の常, の手, の手前, の教養, の様子, の無力, の生活, の眼, の神経, の美し, の美しい, の胸, の胸中, の部屋, の高貴, はあっ, は灰色, は私, へ丁寧, も六条, をガラス, を古い, を慰め, を正視, を玉鬘, を私, を美和子, を見出した, を見慣れ

▼ いるあなた~ (56, 0.0%)

3 にこんな 2 に向っ, の姿, は誰

1 [47件] がきっと, がた, がです, がとくに, がわたくし, がわたし, が厭, が尼, が恍惚, こそ残酷, だったら或いは, だとは, ではない, とまったくそっくり, にお, にこの, にそうした, にとってあちら, になんで, にはあたし, には丁度, に判断, に向かっ, に如何なる, に情感, に手紙, に眼, に私, に鍋, のところ, の体, の作家, の全身的, の国, の夢, の岸, の御, の態度, の手, の琴, の目, の緑色, もまた, も私, をどう, を四条, を破滅

▼ いる~ (56, 0.0%)

12 です 7 だから 53 だが, だよ 2 だね, だろう, で, ですか, ですよ

1 [16件] じゃない, じゃア, じや, だぜ, だもの, だろうけど, だろうと, だろうな, だッ, でございます, でしてね, でしょう, でしょうな, ですから, ですが, ですもの

▼ いる地方~ (56, 0.0%)

6 もある 3 は多い 2 があり, がある, も多い

1 [41件] お知らない, からやってくる, があった, が多い, が少なく, が東北, さえもある, だってかなり, ですが, ではそこ, ではその, では古い, では女児, では農民, でもその同じ, ならば, なん, に住ん, に出かけました, の人々, の例, の因習, の土語, の総称, の議員, はたくさん, は下, は今, は広い, は日本, は當時, は知らない, は緯度, もあるらしい, もこの, もございます, も多かっ, も甚だ, を愛し, を見出す, を語る

▼ いる心持~ (56, 0.0%)

2 が, です, はなかっ, もしない, を知っ

1 [46件] があんまり, がたとえば, が中断, が何, が動い, が十分, が可哀そう, が我慢, が肯ける, が遊び, が飾り, けれども一方, この, そんなこと, だけで, ってあんなに, であろうと, で従容, で毎日山, というもの, とを感じられる, なので, なり態度, にとってさ, になりました, の伸びやかさ, の或, の状態, の真実, はおよそ, はただ, はどこ, はどんな, はパトラッシュ, は伸子, は何とも, は思い切った, は相当, は近頃, は顧み, ばかりを自分, もない, も直っ, や家運, をうたった, を今日私共

▼ いるゆえ~ (55, 0.0%)

3 にその 2 に一層, に必然的, に闘争, をもっ

1 [44件] あたかも単に新奇, あの辺, いろんなこと, いわゆる先輩, おおかた今にどこ, かスケッチ, か目, この宮本村, こんなとき, そこでその, その中, その人魚, ではなかろう, どのくらい, なかなかは, に, にかの, にかれ, にそれらすべて, になお, に多く, に多少, に天下, に小売, に彼女, に滅多, に無為, に神, に私, に薄暮, に覚え, に過ぎぬ, ぶくぶくと, ほしいだけ, ほって, また伊兵衛, 各個体, 同一人, 早くも, 案じぬが, 決して真実, 珍しゅう思う, 見る程, 開けて

▼ いる仲間~ (55, 0.0%)

4 の者 2 の手

1 [49件] がそんなふうに, が笑い, が精神, が警察, だった, である男, ですから, では沖縄, と, といっしょ, と一ぺん, と一緒, と相談, なん, に, において, にはやく, に池, のこと, のもの, の上, の姿, の子供, の家, の源六, の爺, の生命, の話, の間, の顔, の顔色, はあるまい, はあわてすぎ, は乾政彦, へ大声, ほど仲間内, までが一層, もあった, もある, もこれ, よ仲間, をのぞき込んだ, をふり, を今, を待っ, を抱き上げよう, を笑った, を見た, を見られた

▼ いる唯一~ (55, 0.0%)

3 の人物, の人間 2 の, のこと, のもの

1 [43件] のお, のお伽噺, のお方, のアジア, のドア, のレコード, の人, の人種, の信念, の古寺, の商業集落, の地方, の外典, の外国人, の岸, の希望, の意味, の意義, の感覚, の時期, の武器, の点, の理由, の生き, の生存者, の祖父, の神, の神託, の窓, の立派, の糧道, の統一的, の者, の訪問者, の証人, の証人アウチイ・ベエコン, の詩的興趣, の論証, の近代的事例, の避難所, の防寒具, の障害, の隠れ家

▼ いる~ (55, 0.0%)

3 では, も折 2 からだった, だから, ですから, なの, なので, りから

1 [37件] かな, からこの, からだ, からな, からなかなか, からのおくり, から世, から全日本, から山形県史蹟名勝天然記念物調査委員会, から果たして, から私, が多かっ, しもいくつ, しも表, そっと藪陰, だし, だった, だったので, であるから, ですら, でも, とて止む, などあいつ, などは冷, にはその, には自分, にも自分, に千代ちゃん, に空襲, に釈放, のこと, のよう, は任意, へ番将, へ縁, を見, 曲った縁側

▼ いるまま~ (54, 0.0%)

2 です

1 [52件] さめて, だった, であった, でお, でそれ, でねえか, でみんな, でもう, で便器, で保たれ, で大声, で寝, で払わん, で殆, で返事, ならぬ境遇, なん, に, には扱いませんでした, にひと口, にやはり, にわめきつれ, に大衆, に数条, に書い, に歴史, に現実, に終わる, に編笠, のところ, のよう, のバラ, の偏見, の吸いがら, の大, の形, の意味, の意見, の生, の自分, の鯛, をガラス, を原大佐, を描かれた, を細かく, を話した, を述べた, を食う, 腐ったり, 食うこと, 食うなど, 食うの

▼ いる子供たち~ (54, 0.0%)

2 の一人ひとり, の事, の声, はそれ

1 [46件] からこういう, がそこ, がその, がどっさり, が出かける, が見える, である, といっしょ, について何くれ, には諒解, にまじっ, のあした, のたのしい, のほう, のよう, のわき, のガヤガヤ, の一人, の姿, の幸福, の想像力, の手, の歓声, の群れ, の顔, は, はしきりに, はねっしん, はめいめい門, は一〇五万人, は一般, は下手, は戸外, は木作り, は珍し, は預けられた, もとても, も一緒, も寂しく, も父, や泳い, をあわれ, をみ, を屹, を瞞, を示し

▼ いる~ (54, 0.0%)

3 の方 2 の景色, を眺め

1 [47件] があった, すっかり雨, であり諸所, にきのう, につるし, に向いた, に拷問, に水, に突きだした, に立っ, のさま, のはずれ, のほう, の一所, の中, の人影, の向う, の垣, の奥, の容, の寂, の小道, の後ろ, の植込, の樹立, の眺め, の礫, の竹藪, の続き, の若葉, の茂み, の草場, の雪, の面, へおり, へ出, へ向い, へ持っ, へ止める, へ降り, もただ一人, をその, をながめ, をパーッ, を一人, を真直ぐ, を通っ

▼ いる私たち~ (54, 0.0%)

2 に取っ, は

1 [50件] から拝, から見るなら, が利休, が空, が船長, じゃない, ではありませぬ, ではある, としていったい, との距離, にはかかる, にはさびしく, には神経, には自由, にまた, にも夜ふけ, に強く, に東北なまり, に近寄る, のこと, のま, の前, の去年, の姿, の心, の心もち, の意欲, の文化, の文明, の方, の日常, の生活図, の皮膚, の船, の足許, はあなた, はついに, ははねとばされ蹴たおされる, はまさに, は今, は夜風, は思わず, は逆茂木, は銅鑼, は難なく, は音楽, も少なから, やおまえたち, をいつ, を見向き

▼ いる自動車~ (54, 0.0%)

9 の中 2 のうしろ, の窓, の運転手, を見る

1 [37件] からとびおりよう, からポポーッ, があった, が幾種類, が急停車, が気, そんなもの, にいささか, にさっさと, にとびのった, にのりこみました, に乗り, に乗り込んだ, に乗込んだ, に片足, のところ, のほう, のヘッドライト, の上, の側面, の傍, の前, はいつこう, はからっぽ, はすでに, はどうやら, はない, はまだ, はめった, は停車線, へ手, ほど衝, も走っ, をよく, を相手, を突然, を見た

▼ いる長い~ (54, 0.0%)

2 劒を, 廊下を

1 [50件] からだを, はだ, ひろがった列, ものは, もよりも, カニみたいな, コードの, テーブルの, ナイフと, 並木路を, 丸太に, 他人との, 光りの, 剣針で, 卓子の, 品好く, 夏の, 小説を, 尖った指, 尾を, 崎の, 市街の, 帯を, 序文を, 廊下も, 廻廊へ, 木剣に, 杖を, 棒を, 棺の, 槓杆を, 橋の, 沈黙な, 火箸の, 田圃みちを, 短冊振子が, 綱の, 聯の, 部分や, 鏡の, 間に, 間の, 雑草の, 雲が, 頂上を, 顎鬚を, 髪毛を, 髭を, 髭ロイド縁の, 髯を

▼ いる~ (54, 0.0%)

3 のよう 2 の声, や獣

1 [47件] がああ, があります, がもしも, が一羽, が何百羽, が飛ん, けもの, じゃがの, だ, だった, っていうのはね, であった, である, であるから, でどんなに, ではあったらしい, ではない, で辛夷, と慈母, にはろくろく, のどれ, のやわらかい, の外, の大群, の学者, の巣, の形, の王様, の群, の翼, の音, の首, はその, はなんだい, はゆっくり, は何, は僕等, は時鳥, は沢山, は足音, も今日, も走っ, よりも胃中, をうつ, をつくづく, を撃つ, を落とす

▼ いるお前~ (53, 0.0%)

2 が, だ, を呼び

1 [47件] から見たら, がすっかり, が何, が何故, が眼, じゃ無い, なぞは本当によく, に, にしろ, にその, にとって, には気の毒, に血染め, に迷惑, のこと, のよう, の人生, の伝える, の体, の命, の女房, の妹, の小娘, の心配そう, の決心, の病母, の肩, の誠, の顔, はあたりまえ, はあの, はおかしく, はてっきり, はどこ, は僕, は斃, は私, ほどのもの, もさ, もまた, をとらえ, を失いたくない, を媒介, を感じる, を殺そう, を見つけた, を見る

▼ いる~ (53, 0.0%)

2 と反対, の白樺, へ寄っ

1 [47件] から見る, から道連, だけ書い, だとの, でくすぶる火, で二番目娘, で伯父, で先生方, で日吉, で欲し, で自分, で話しつづけた, で路, とがある, としては聴き, とそう, とは反対, にいる, にじみ, にぬっと, には交番, には大きな, には敵, に二人, に伯父, に河, に流れ, に美人, に躍った, に酌, のスコッチ, の人, の今一つ, の列車, の壁, の多数, の戸棚, の消息中, の窓, の馬車ランプ, の鳥居, の黒ずんだ, は焼, へやって来, へ出, へ坐る, を往

▼ いる武士~ (53, 0.0%)

5 があった 2 がある, がいる, であった, というもの, の姿

1 [38件] あがりらしい男, か, があり, がいった, がずいぶん, が三人, が紛う, だった, であったが, であって, であるか, となれ, とは全然, と臆病, なの, に討たれ, のかたわら, のまとっ, の口, の寝顔, の左側, の後ろ姿, の所作, の数, の物の具, の理想, の病人, の顔, は五味左門, は出雲松江侯, は四人, は廻し合羽, は此, は輦台, へいいつけた, もまた, も生ける, を起し

▼ いる矢先~ (53, 0.0%)

2 だ, だった, だったので, であった, である, でもあり, のこと

1 [39件] き, きであるから, きであるだけに, きでも, きに, きへ, き三浦, この不思議, だから, だったから, だったの, だったもん, だ妹, であったから, であったが, であるので, でそれ, ではあり, ではございません, とて柄, どうしてそんな, どうでしょう, なの, にこんな, に先刻, に娘, に横, に都下, へあいにく, へぜひ, へそれ, へ伯母, へ先, へ思いがけなく, へ恰も, へ手紙, へ通りかかった, またし, 突然甲子園

▼ いる~ (53, 0.0%)

7 の下 3 の先 2 であるが, に力, の爪先

1 [37件] がかかる, がからくり, がジリッジリッ, が痛く, が自然, が階段, であった, でがばと, にグッ, に触れ, に靴, のつかれ, のところ, のほう, の小指, の悪い, の甲, の神経, の裏, の配り, の革足袋, はゆるめず, は何, は木, は素足, は絶えず, は薄原, ばかりが見える, をすり, をつねり合っ, をふみ代えた, を上げ, を動かし, を垣根, を無理, を運びました, を除ける

▼ いるあらゆる~ (52, 0.0%)

2 問題の, 弱点は

1 [48件] ことも, ものが, モノスゴイ記憶の, 万葉仮名を, 不可思議な, 人々が, 人々に, 人々の, 会にまで, 侮蔑を, 偽善恋愛と, 力が, 力を, 勤め人にとっての, 危険を, 問題こそ, 国々にとって, 国には, 国家権力を, 国民の, 国語を, 場所から, 変化は, 女性の, 完成の, 店は, 形ばかりの, 怠慢さを以て, 悲惨から, 愛くるしい瞳, 文字を, 新聞紙を, 時代あらゆる, 時間語学に, 漫画諷刺雑誌の, 物によって, 物を, 犯罪醜い, 狭い人間, 眼の, 種類の, 美なる, 者に, 肉体的精神的魅力を, 資本部分は, 近代諸国の, 過失や, 高慢さと

▼ いる~ (52, 0.0%)

10 いちゅうでした 4 いちゅうに 3 の山 2 いちゅうなのでした, いちゅうへ, むらい

1 [29件] いちゅう, いちゅうだというんですがね, いちゅうで矢来は, いちゅうどこから, いちゅうなのです, いちゅうにさえこの人たちが, いちゅうにちげえねえ, いちゅうにわかに, いちゅうに事が, いちゅう不審です, いちゅう取次ぎ, うですから, おれも, おを, すれば, だからね, だが彼女, だが気, ねえ君, ほ子, むらいだった, むらいの, むらいもあった, や, 別にその, 毎日俺も, 毎朝, 私は, 行けば

▼ いるすき~ (52, 0.0%)

4 をねらっ 2 にその, をうかがっ, をちょろり

1 [42件] からはいりこん, から女将, がありません, だってありゃしません, にあいつ, にあたり, にあの小さな, にかれ, にきっと, にそっと, につい, になにか, にひとにぎり, にべつ, にぼく, にまた, にまったく, にタイヤ, にポケット, に一軍, に乗じ, に伊東, に何事, に例, に十間, に呂宋兵衛, に室外, に小林少年, に山下君, に幽霊, に手綱, に知り, に石見守, に純金, に若い, に逃げる, に部屋, まから, もなかっ, をめがけ, を狙っ, を窺い

▼ いる~ (52, 0.0%)

1 [52件] いうまでも, ええが, お浦, この訳, さすがに, さらに嫌, すだと, すであったが, その一例, たしかにその, とりも, どうした, なおおかしい, なんじゃ, なんの, ねえで, はかた, もちろん同じ, もちろん相, よかった, よろしくあるまい, 他人の, 何だ, 何の, 同一任務, 同心でござる, 四方八方を, 奈落で, 女難も, 実にこうした, 実に奇怪, 寧しろ, 常夜燈, 年頃二十二三の, 当然の, 彗星である, 愚かである, 手足も, 敵ながら, 明らかに, 暇つぶしさあ, 柳家金語楼と, 極めてしばしば人間, 消えて, 知れたこと, 私靜夫樣は, 笑うべきの, 舞台に, 表相のみ, 誰じゃ, 関羽か, 隠す所存

▼ いる~ (52, 0.0%)

3 いるわ

1 [49件] あたいこれで, あなた, あの人, あんた変な, いっ, いつの間にか, いまここへ, え, えとホホ, えなぜそう, お金そんなに, きっと, ここへ, すぐに, すぐ取らなく, その考え事, それでも遅い, それは, とてもおいしい, どうぞご, ほんとよ, よくくらべ, わはははは, シクラメンが, シャンパン飲まし, ッたわけ, ムク犬が, ワッショワッショイワッショワッショと, 一人, 出るわ, 十七の, 啓坊の, 奥さんなんて, 女には, 宇乃は, 宮本の, 性質の, 所長の, 支那から, 水あげましょう, 私が, 私も, 私わかつた, 絵にも, 評判では, 金魚屋さんに, 隣りに, 面白いこと, 題や

▼ いる~ (52, 0.0%)

8 であった 6 だった 3 である 2

1 [33件] あの方, けだ, けだった, けで, けである, けでも退屈, けで済め, さほ, だが, であったが, でございます, でさえ損, ですもの, ではなく, でもあさましく, でもともすれば, でも四五へん, でも豊か, で人間, で冷然, で危険, で灰色, で都会, にその, に限り, に面白い, の友達, の短い, の高い, よ, わずかばかりの, 高い草, 高い軍服姿

▼ いる~ (51, 0.0%)

2 には誰, のこと, の事

1 [45件] が不明, が含まれ, だけでもまとめたい, だけはすばらしい, である, では俺, で五冊, にはあまり, にはいかにも, にはさ, にはそれ, にはち, にはどこ, にはなに, にはなん, にはなんと, にはのどか, には世話, には世間様, には何, には八幡知らず, には別に, には小説, には少し, には構わない, には歯牙, には気, には無事, には痛く, には重く, には難, には頭, にゃかえって, の色糸, の鳥, も場所, や借出した, をお, をさしひい, を引き, を払い落し, を新, を眼鏡, を表, を配給

▼ いる同じ~ (51, 0.0%)

2 ような, 人間の, 年ごろの, 町の

1 [43件] くらいのいじらしい, テーブルに, 仲間の, 八丁堀の, 処から, 力が, 名の, 名前の, 国民どうしの, 場所じゃ, 夕刊に, 女達を, 学校の, 宿へ, 山頂を, 年配の, 数くらいの, 新聞の, 旗下で, 日本アルプスでも, 時刻に, 時計よりも, 晩に, 材料で, 村の, 柳生の, 満洲, 生活の, 画家の, 病人の, 病棟の, 真理なり, 瞬間に, 花莟を, 若党の, 街道を, 邸内の, 電燈会社でも, 青磁色の, 馬上の, 高さ, 魚を, NYKの

▼ いる恰好~ (51, 0.0%)

4 である 32 だった

1 [42件] がまったく, がドウ, が変, が面白い, たらない, だったから, だったが, であった, でした, でちょびちょび, では, で万事万端, で喚きかかって, といえよう, ときたら, などちょっと, になった, のよい, の少年, の憑かれた, の支那婦人, はこの, はし, はどう, はグロテスク, はモウ立派, はモツサリ, は博徒, は哀れ, は奇妙, は尋常, は散文家, は狐, は理髪店, は西洋, や, を, をした, をみつかったら, を御, を見まする, を見る

▼ いる~ (51, 0.0%)

2 のよう, のベンチ, の上, や煉瓦

1 [43件] から離れず, がある, がはいっ, が入り乱れ, が限り, だよ, でありました, で叩き, と石, どうろう, なんかつるつる, につきあたっ, にとまる, に一二度下駄, に咽ぶ, のこと, の体, の六地蔵, の土台, の地蔵, の堆積, の塀, の帯, の形, の橋, の狐, の破片, の穴倉, の窪み, の表面, の角, の面, は乱れた, は仙人, は多く, も一つ一つ, や岩, よりはまだ, を一つ, を担ぎあげた, を考える, を見つけた, 曳き歌

▼ いる~ (50, 0.0%)

6 の中 2 がある, にそっ, の水

1 [38件] がいくつ, が写真, が細かく, っぷちで商人, では魚, で今, というもの, とがあった, に, にいっ, におち, に濁流, に産まれた, に繋い, に赤川, に面した, のあたり, の中洲, の南辺, の名, の概念, の水の上, の流れ, の瀬, の面, の鮎, はこの, はまれ, は幾筋, は見よう, へ出た, もありました, や屋敷, をざぶざぶ, を二里, を指した, を渉, を溯っ

▼ いる建物~ (50, 0.0%)

2 がある, の下, の方, の板囲い

1 [42件] からは笑う, から杉戸口, か何, があった, がかたまっ, がさ, がない, が火, が見える, で二家族, にも似合わず, に達する, のすき間, のすみ, のどこ, のほう, のスープ, の一軒, の二階, の内, の内部, の埃, の壮大さ, の廊下, の所在地, の窓, の高, はことによく, はなん, は原士, は大, は工場, は武蔵野, は皆自分, は飴チョコ, へつれ, へと出かけた, へ目, もやはり, を完成, を尋ね, を見まわした

▼ いる新しい~ (50, 0.0%)

2 人間の

1 [48件] いろいろの, のを, ものと, フェルトを, リアリズムの, 世態を, 世界との, 主人の, 仮説の, 偽茎, 先生は, 共同住宅には, 分割において, 卓上書架, 国民運動にも, 地下電気だ, 場合に, 家が, 小魚, 工場組織が, 幸福を, 廟臣たちを, 建設に対して, 思想これが, 情景に, 抒情が, 改正番地で, 文化の, 方法が, 晴朗な, 東京人の, 様式の, 演劇という, 生命の, 生活の, 登場人物が, 研究の, 社会的な, 立場が, 笹の, 素質, 組織な, 落花も, 落葉も, 藁の, 部下は, 関係の, 髷の

▼ いる武蔵~ (50, 0.0%)

5 のす 3 であった, の画 2 の姿, の影, の手, の顔

1 [31件] である, という客分, とも自然, とやらいう, と禅家, と禅門, と薪小屋, と逃げた, にし, にとってそう, にとっては彼ら, に対して, のからだ, のすそ, のひとみ, のほう, の坐像, の山狩, の方, の歯, の眸, の眼, の空想像, の肩, の身, は行雲流水, へ向い, を眼, を見, を見る, を見上げ

▼ いる~ (50, 0.0%)

9 一の 3 一房の, 三の, 二の

1 [32件] 一に, 一ヴァイオリンが, 一号を, 一号艇に, 一国語と, 一房は, 一番の, 一相互の, 一電車は, 一面の, 七感の, 三回目の, 三次世界戦争への, 三次元の, 二世の, 二号機から, 二工場と, 二工場の, 二次的人間の, 二病棟の, 二砲台と, 二自己を, 五図を, 五関で, 六天の, 十三号機だけが, 十回目の, 四斥候隊からの, 四版すなわち, 四級民が, 宅の, 88888号という

▼ いる~ (49, 0.0%)

17 否や 4 否やを 2 うだつた

1 [26件] ぎひげなどがなんと, さう, さきな, さきに, さきへ, しきが, すぐに, すでに心霊的空気, そう言った, その五尺六寸, どうかは, どかりだった, ないか, まがら, まもなくの, まゆり, ヤセッポチの, 全く興奮, 右手へ, 同時にちらりと右門, 否やいきなり, 否やという, 否やは, 否や返そう, 如何の, 島中事件を

▼ いる一方~ (49, 0.0%)

1 [49件] かれの, この一般的, そのギセイ, であったが, でかねてから, ではギリシャ, ではラエーフスキイ, では五円, では女, では女の子, では徳川方, では簔虫, では自分たち, では自身らどうし, でエセックス, で人々, で弁, にそもそも, になお, にはその, にはほか, には又, には灰神楽, にまた, にマリユス, に一身, に前面, に同じ, に捕まる, に於, に船乗片手間, に錦ヵ浦, に音丸久能, のあわただしい, のはし, のコマイヌ, の人間, の手, の梢, の男, の眼, の端, の表札, の釣瓶, また多く, 少し頭脳型, 常にそれ, 早くも, 老妻かつ子

▼ いる作者~ (49, 0.0%)

3 の態度 2 の姿, の心, の気持

1 [40件] がこの, が舞台, でも環境, としての肯定, との相互関係, と同時に, にし, のその, の主観的翹望, の人, の体勢, の内面的, の努力, の勝敗感, の執着, の当時, の心持, の情感, の意企, の意識, の愛する, の感情, の手法, の描写, の暗示, の柔軟, の生きた, の生活感, の目, の精神, の組織活動, の緒言, の芸術的感覚, の過去, は, はこの, はそういう, はその, は別, も一つ

▼ いる~ (49, 0.0%)

2 で塀外, の疵跡

1 [45件] からは鍔越し, がボ, が光る, が壁際, が押絵, が粟田口國綱, が電光, だが, だけが自慢, である, でこっち, ではない, で物, で銘, として伝えられ, なので, にからみついた, に気づく, に自分, に血, のうち, のさげ, の刃紋, の切っ先, の折れ, の折れや, の柄, の柄頭, の鍔, の鞘, はすばらしい, はどう, は何, は十口, は立派, は見えなかった, まで手放さねえなんねえ, もヌラヌラ, や槍, をあんばい, をもぎとり, を抜き払っ, を拾う, を自分, 尖が

▼ いる労働者~ (49, 0.0%)

3 の姿 2 が, を見る

1 [42件] からたしかめた, がどれ, が彼, じゃない, だけ精出し, だった, で五人六人, で髪の毛, とは一身同体, などは明日, に, のところ, の一, の不平, の娘, の子, の家族, の影, の息子サーニ, の支那人, の生活, の眼, の荒い, の話, の食べられる, はいずれ, はます, はボロ, は一人, は二万三千人, は失業, は島流し, は見あたらなかった, は道, ばかりで, へのよびかけ, もある, もどんな, も社会主義社会, や馬匹, より馬車引き, を見た

▼ いる広い~ (49, 0.0%)

1 [49件] たっぷりし, ところから, らしい部屋, 一直線の, 入江の, 区域にも, 原が, 台所で, 土間の, 埃っぽい, 大きな港, 大通りも, 小綺麗な, 屋内に, 庭を, 往来の, 往来を, 意味での, 村道から, 松林の, 枯野が, 楡の, 沢の, 河原そこに, 河原を, 泥岩の, 洞窟の, 濠が, 濡縁を, 牧場, 特別室に, 畳敷き, 盆地の, 砂原の, 秋の, 空地を, 腹部の, 葉を, 街路樹の, 視野が, 路も, 道の, 道を, 部屋が, 野の, 野原の, 間これが, 階段を, 高原の

▼ いる彼ら~ (49, 0.0%)

3 の姿 2 はこれ

1 [44件] がたまに, が互いに, だったが, だったので, であった, である, である追い逼, では無かっ, としては当然, とてやはり, にとってその, にとっては音楽, には, にはこの, にも近頃, に対しては国家, に対して提起, のかさなりあった, のかたき, の一人, の主君, の乱世生活, の企み, の低い, の借用証文, の労役, の立場, の絵, の群, の群れ, の胸, の親しい, の身体, の首領, の骨身, はすべて愛想, はみんな怏々, は一糸, は事情, は日なた, は蓄音機, は雨, を何, を助け

▼ いるそれら~ (48, 0.0%)

3 のもの, の人々 2 の山々

1 [40件] が一斉, が採取, が続い, しい人, にくらべる, のこと, のなか, の一団, の人物, の人間, の創作, の困難, の地方色, の城, の場所, の女, の女ども, の姓名, の姿, の少女たち, の影, の思想, の手紙, の新, の暗闘, の書簡, の東方, の猟犬, の田舎言葉, の男, の眼, の紹介, の絵, の老, の色チョーク, の身, の連中, の重用物件, の顔, の魂

▼ いる~ (48, 0.0%)

2 だった, であった, であったが, の大阪

1 [40件] だ, だったが, だと, であって, でも昼, とお産, と思っ, などというもの, など特に, など誠に, にこれ, になる, には好ん, には母, に下界, に慾, のよう, のヴェルダン, の付き添い, の冷え, の学校, の室内, の心持, の桜, の灯, の町, の稼ぎ, の空, の窓, の美し, の脈搏, の部屋, の雲, の静か, の風, ふけてからの, もあった, もあります, もある, を薄

▼ いる廊下~ (48, 0.0%)

2 の右側

1 [46件] から終日そこ, か女中達, がある, がカギ, が十字形, が玄関, が触れる, で厨室, との間, なん, にも廊下, にレッドルース, に出, に動い, に反響, のはんた, の中央, の先, の取っ着き, の外, の左側, の床, の突当り, の足音, の途中, の陰, は床, へこっそり, へちょうど, へ坐っ, へ導き入れた, をいつ, をそっと, をとおりすぎ, をゾロゾロ, をレーニ, を先, を前, を奥深く, を寐, を横, を横切っ, を歩きまわっ, を片足, を通らなけれ, を通る

▼ いる~ (48, 0.0%)

5 の上 2 の中, の方, の景色, を見た

1 [35件] がめ, が好き, でした, です, ではある, には一艘, には苦労, にもまた, に向いた, に見入っ, に跳び込ん, に飛び込ん, のこと, のずっと, のつい, のよう, の古老たち, の向う, の奥秘, の底, の水, の水泡, の迷信, の風景, はそんな, へ, へ連れだそう, まで走る, もさながら, やその, をぼんやり, を未練, を眺め, を虫眼鏡, を見やり

▼ いる細君~ (48, 0.0%)

4 の方 3 の姿, を見た

1 [38件] がある, があわて, がうち, が古, であった, と話し合った, に, にかわっ, にすら夫, に向っ, に宛て, に深い, に見せ, のこと, のよう, の事, の何, の実家, の寂しい, の様子, の母親, の気息, の耳, の肩, はこんな, はそれ以上追窮, は今さら, は医者, は女専中退, は隣, は黙っ, も老人, らしい女, をかえって, を呼んだ, を抱き起し, を捕え, を連れた

▼ いるなど~ (47, 0.0%)

2 いうこと, おのずからなる, それは, とてももう腸

1 [39件] いうそんな, かれの, ことわりすぎて, この作品, これ以上不相応な, こんな荒んだ, その例, ただごとでは, であります, なかなかもののあわれ, なんだか奇蹟, ひとりでに妙, ひどいインチキ, ふしぎという, まさに芭蕉, まったく夢, 会心の, 全くわれわれ, 到底一寸吾, 勝家の, 園井の, 壮者として, 多忙と, 夢にも気附, 奇抜じゃ, 如何に之, 実に愚, 少なくとも作陶精神, 悪口を, 悪戦苦闘の, 捨て難い, 本当に夫人, 欧米人は, 決してめずらしい, 現代と, 真に飽きれ果てた, 箇々の, 聞いて, 職業軍人の

▼ いる女たち~ (47, 0.0%)

3 の中

1 [44件] が口々, が四人がかり, が焦れ, さえ何処, だのちん, であるから, であろう, ですら, という逆説, とは違っ, に, にすばやく, にとってこれ, にも何処, にも啜らせ, に劣らない, に対する憎悪, に幾たび, に暗い, のうしろ姿, のうち, のほう, の夜具, の大, の姿, の服装, の枕元, の縛め, の間, の顔, はおどろい, は三姫, は媒介役, は慈善, は気がつかなかった, は求め, は濃く, は生きた, は畢竟, への仁義, も両, も皆何, を四本, を押分け

▼ いる学生~ (47, 0.0%)

2 もあった, もある

1 [43件] がある, がいかにも, が一人, が一年, が二人, が口, が振り, が揃っ, が殆ど, が沢山, だという, であっても, でありおそらくは, である, ですが, と文化的, なんぞには帽, にむかっ, に彼女, のなか, の一群, の三六パーセント, の中, の多い, の大, の授業料, の日々, の机, の様子, の話, の顔, はいったい, は国民学校, は市民税, は私, は紫, は都会, もあり, も同じ, も多かっ, や部屋住, らしい青年, を見た

▼ いる座敷~ (47, 0.0%)

3 の前, の方 2 である, のほう, の縁

1 [35件] が離れ, で茶漬, で誰, で開かれた, なのに, にとびこみます, にはぼんやり, にはもう, には一閑張, には帯, のあたり, のわざと, の向, の床柱, の敷居ぎわ, の様子, の縁さき, の縁下, の縁側, の縁先, の隅隅, へあの, へだれ, へつれられ, へはいっ, へ入っ, へ帰ろう, へ往ッ, へ戻った, へ持っ, へ這入った, へ通った, も約束, を蚊帳越し, を覗いた

▼ いる~ (47, 0.0%)

3 時代の 2 社会の

1 [42件] らしい事, らしい二階家, らしい兵隊墓, らしい土瓶, らしい塔婆, らしい木, らしい車体, 七の, 七や, 世界の, 中国の, 事態が, 令嬢は, 仲見世通りを, 八にも, 八郎と, 兵衛乗馬の, 助の, 夫人から, 夫婦か, 夫婦が, 夫婦に, 女御の, 女性にとっても, 戦場としての, 新訳, 日本国民同盟は, 東京の, 毒瓦斯が, 浪漫主義が, 生活の, 百瀬の, 知識の, 社会では, 社会を, 秩序に対して, 箏曲の, 英洲殖民地時代そのまま, 農業者は, 開墾地の, 領土の, 龜の

▼ いる無数~ (47, 0.0%)

3 の眼 2 のもの

1 [42件] な弱き者, のつまらぬ, のふくらみ, のパリ独特, のラジオ, の人, の人たち, の叫喚, の史料, の啄木鳥, の商船, の問題, の善男善女, の夫婦者, の妻, の小, の幕, の廊下, の形象, の成り上がり, の歯車, の気泡, の汲出櫓, の滑車, の玉, の男女, の白い, の百姓たち, の皺, の細い, の細かい, の縁, の群衆, の腕, の航空路, の船影, の赤坊, の鉤刺, の長屋, の雪, の頭, の飢えたる

▼ いる良人~ (47, 0.0%)

4 の顔 3 の姿 2 のこと, の手

1 [36件] がいつ, がうらめしく, がたとえ, が原因, が物足りない, としての軽蔑, と二言三言, と子爵, に向っ, に対して出来る, に扶, に神秘, に腕, のお父さん, のもと, の上山草人氏, の側, の側室, の名, の啓三, の声, の心, の心根, の所, の来る, の枕頭, の狂暴, の相良寛十郎さん, の胸, の重吉, の青木, は良人, は足, への愛慕, への疑惑, を眺め

▼ いるなどとは~ (46, 0.0%)

2 ゆめにも, 信じられない, 思って, 考えて

1 [38件] いくら自惚れ, いったいだれ, いわなかったであろうと, こちらは, この男, すこしも, ちっとも思い寄らない, つゆ知らぬ, どう考え, ひとは, よろしくない, 一つの, 云わない, 何と情ない, 全く迷信, 到底思われない, 哀れサンタンたる, 嘘の皮撲っ, 夢にも思っ, 夢にも思わず, 夢にも思わない, 学生の, 少しも, 微塵も, 思いも, 思われない, 想像しなかった, 想像も, 愚の, 毛頭思っ, 毫も思う, 真赤な, 知らない, 知らないので, 聞えない声, 聞き捨てに, 自分ながら, 間違っても

▼ いる大きい~ (46, 0.0%)

2 並木の

1 [44件] のと, ガラスの, デスク, 一室であった, 作業室から, 商店が, 図体の, 地面が, 大理石の, 娘という, 娘に, 子供らしい, 寝台は, 店が, 店で, 建物は, 影を, 怪奇な, 方の, 本の, 柳の, 桐の, 欅の, 水の, 河が, 洋館でありました, 漁船と, 燭光の, 瓶のを, 百日紅を, 皮ばりの, 眼から, 眼を, 石に, 石の, 硝子製の, 窓ガラスの, 背景を, 解剖室を, 輪じる, 部屋の, 金色の, 闇の, 魚を

▼ いる~ (46, 0.0%)

5 の花 3 の間 2 の上, の中, の実, をたより

1 [30件] がある, が柊, だから, であって, とか木, などを見つめ, にうずもれた, にすべっ, の名, の実は, の枯れた, の穂, の芽, の茂った, の茂み, の葉, の高, はチシマラッキョウ, は大抵, は弘法麦, ばかりで, もあり, もめった, や木, をたん, をよく, を抜き, を掻き分け, を踏み, 掻きであって

▼ いる~ (45, 0.0%)

12 がたを 7 がた 6 がたは 4 がたが, がただった 2 がたな 1 がたであった, がたである, がたでした, がたと, がたなども, がたに, がたも, がたより, ぐわきにあぐらをかいていた一見世帯持の, ぱりとして鋭い

▼ いるやら~ (45, 0.0%)

2 死んで

1 [43件] あっちへ, いろいろの, さっぱりわからない, さっぱり下, それともすでに, それは, でなに, どんな届, どんな恐怖, どんな悲しみ, むだぼ, わからずに, わからない, わからないまま, わからないよう, わからない人々, わからなかった怪物たち, わかりません, 何を, 便りも, 分りも, 判らないじゃ, 判らない男, 判らぬので, 参ったこと, 大木が, 孤独やら, 実は恐れ入っ, 実験台が, 察しも, 少しも, 座って, 形も, 戦死した, 時, 死んだもの, 消息すら, 知る由, 知れやしまい, 私には, 自分でも, 顔を, 風が

▼ いる二階~ (45, 0.0%)

2 の方

1 [43件] だから, では, にはお客, には行った, には造花, に上ろう, のこれ, のしきりに, のすみからすみ, の一間, の上り口, の下, の壁, の奥, の客ども, の室, の庇, の座敷, の戸, の手摺, の方角, の梯子段, の欄干, の演説会場, の硝子窓, の窓, の翼部, の部屋, の障子, の雨戸, の風通し, はゴチャゴチャ, は火の気, へあがる, へお, へと階段, への階段, へ上っ, へ南向き, へ自由, へ通じる, を提供, を見上げる

▼ いる彼等~ (45, 0.0%)

3 の姿

1 [42件] がそれ, が揃い, が時折, そういうよう, であって, である, なの, にとってこそこわい, にとって何, には真面目, にも判然, に理論, のきらきら, のため, のどうにもこう, のまとまり, の仲間, の前, の哲学概論, の情実, の態度, の新, の朝, の目的, の眼, の血, の顔, はいつか, はけれども, はどうしても, は不潔, は今度ゴーリキイ, は従っ, は或, は泣き虫, は金剛砥, は飛びもさわぎもせずに, もさすが, も世界, も少しくぎょっと, をひきつつん, を覗い

▼ いる模様~ (45, 0.0%)

6 である 3 だった, であった 2 だ, です, で御座います

1 [27件] がつい, が何だか, が如何にも, だし, だったが, だとの, であると, でご, でした, でしたから, ですから, なので, なん, のお, のない, のよう, のレタアペイパ, の紅, はない, は変える, は常に, までつくづく, も全く, も見えなかった, をぼんやり, を見, を調べ

▼ いる病人~ (45, 0.0%)

2 がある, の側, の心持

1 [39件] があるらしい, があろう, がかすか, がどうして, がよる, がベッド, が即刻, が言った, である, でも身内, というの, とみえ, なので, にも死, に目, のまくらもと, のアヤ, の傍, の姿, の意見, の感情, の我儘話, の手, の枕元, の枕頭, の様子, の番, の雰囲気, の頭, の顔, はいけない, はつねに, は夏, は重態, もある, をそんなに, を君, を捉, を見据えた

▼ いるここ~ (44, 0.0%)

3 にいる

1 [41件] から只見川, から見, でそれ, ではどんな大きな, では時, で保本, にその, に三尺, に脇差, のかみさん, のこと, のところ, の三年, の主人, の修羅場, の処, の土壌, の学生, の家, の小, の屋敷, の村, の松原全体, の父さん母さん連, の病人たち, の空気, の者たち, の職人, の隊, は呉竹, は槍ヶ岳, ばかり銭, へ出, へ呼びだされた, へ引越し, へ来る, へ集まった, までが難事, まで一座, も一杯, を一廻り

▼ いると共に~ (44, 0.0%)

3 他の 2 他方では, 他方に, 変に

1 [35件] お銀様, こうした諸, このよ, ほとんど自分, また文学史上, アメリカ一流の, ジュスト右近の, 世間の, 人情に, 人生を, 他方かつて, 他方理解こそ, 他面その, 他面においては, 先ず二つ, 其の芸術論, 内面生活は, 同時に又, 吾, 大変心持の, 妖艶な, 学者に, 常識は, 当家の, 恍惚たる感を, 所謂文壇の, 敵の, 文芸学上の, 日本の, 有福な, 梅の, 正に常識, 現代支那語にも, 自己自身に対して, 軍需景気米穀繭の

▼ いる友達~ (44, 0.0%)

2 に時々

1 [42件] からノート, が健, が外, が来, が殆ど一人, が私, が考える, と一緒, と声高, と砂土原町, と約束, と裂こう, に大声, に目, に相談, に絵ハガキ, に逢い, に重吉, のこと, のところ, の仲間入り, の処, の名前, の声, の妹, の家, の寛容, の所, の手前, の漁夫, の目つき, の知らぬ, の胸, の間, の顔, はいつも, は反対, は私, ほどいい, を尋ね, を尋ねたら, を見る

▼ いる小説~ (44, 0.0%)

2 がある, である, は

1 [38件] かきましょうねえ, がかけたら, が前者, が急, だった, です, ですか, でなければ, というもの, などが混, なんぞを引い, にひかれた, に出, のこと, のごとき, のスタイル, の一冊, の三分の一, の他, の俗語, の問題, の宮本武蔵, の思構, の覚書, の謂いであった, はどれ, はね姉, は今日, もいつか, や芝居, や風聞録, をどんなに, をわざわざ, を中断, を外国小説, を書き, を読んだ, 或は小説

▼ いる~ (44, 0.0%)

4 だった 3 だ, である 2 であった, を見

1 [30件] がある, がうかがわれます, がはるか, が異国, が見え, が遠く, たらくだ, であったが, です, でペコペコ, で昨夜彼女, で玉虫, どうも織田家, など傷ましく, なの, なので, に気がついた, に見ゆる, のもの, は四馬路, は小さい小さい, は花, は鬼, をながめる, をみ, を図, を興がっ, を見おろし, を見た, を見る

▼ いる手紙~ (44, 0.0%)

2 であった

1 [42件] からで, がお, が幼稚, が来ました, だけそっくり, だった, だったのに, である, とがどこ, と白い, など, による, に目, に貼った, のこと, のどこ, のなか, のよう, の中, の差し出し, の表面, はお, は茂庭佐月, や用件, をまき上げ, をみた, をもらっ, をも隠した, をよん, を一つ一つ, を取り, を取り戻す, を取り返す, を嫂, を春一, を渡さね, を熱海検事, を自分, を見, を見た, を覗き, を鷲

▼ いる椅子~ (44, 0.0%)

4 の上, の背 2 ががたつい, に靠れた, のすぐ, の前

1 [28件] からふらり, から滑り落ち, がかすか, が激しく, だけが島, にかける, にしっかり, に坐り, に腰かけた, のうしろ, のそば, のところ, のない, のひとつ, のまん中あたり, の一つ, の下, の中, の影, の横, の背中, の脚, は壊れかかっ, やテーブル, をどこう, を指した, を越え, を逆さま

▼ いる源氏~ (44, 0.0%)

2 であった, であるから, の様子

1 [38件] がおとずれし, が非常, であったから, ではある, なの, にそれ, にとって夫人, には故人, にばかり馴染ん, に及ぼす, に有名, に見舞い, のほう, の目, の美, の美し, の美音, の顔, はいつもそう, はこんな, はただ, はなおも, はほろほろ, は並み並み, は今日, は仏勤め, は公私, は平生, は思いやり, は気の毒, は美しかっ, までも悲しく, をその, を少納言, を父君陛下, を見, を見る, を頼み

▼ いる瞬間~ (44, 0.0%)

4 がある

1 [40件] かれの, があった, だけは人間, だけは良妻, だった, だつたので, であった, です, でもその, と見, に, にお, においてさえその, にその, にたいしてばかりである, にのみ唯, にはどうしても, には本, には紙箱, には自分, にふと, にももたらし続け, にもわたし, にも胸, に呪文, に柔らかく, に眼, に経験, のなか, の楽し, の自然, は彼, は怪盗七兵衛, は百姓七兵衛, は真に, までも笑ま, もあった, をそこ, をとらえ, を見

▼ いる結果~ (44, 0.0%)

4 だと 3 である, になっ 2 なの, になる

1 [30件] かえってそんな, かと思います, かも知れない, からだけ見, こうした本来, だとは, だろうと, であると, であろう, でしょう, ではあるまい, として夫婦間, として彼ら相互, として必然的, として敗けるだろう, となった, とみなす, ともいわれる, とり立てて, と別, と思われます, なん, になった, になり, のもの, の心境, の興奮, はやはり, を助手, を応用

▼ いる者たち~ (44, 0.0%)

3 である 2 だった

1 [39件] から見る, がある, がくだっ, が確か, が違約, じゃ, だ, だけに一種緊張, であり即時断行, でなければ, で上, とそこ, に, にはずっと, に何, に御, に教えられ, のこの, のため, のほう, の部落, はおどろいた, はこう, はパッ, は小作料, は必ず常に, は極めて, は置き残し, は見た目, は逆らわず, は首, ばかりの顔, へは, をなだめる, をにらむ, を助けた, を喝, を突き退け, を等しく

▼ いる~ (44, 0.0%)

7 はない 5 がない, もない 4 がなかっ 3 もなかっ, もなく 2 がありません

1 [15件] があったら, がなくなった, などは持たん, などもとより, など元, にその, はございませぬ, はございません, はどっち, はなかっ, はなし, はもとより, もな, もなし, を持たない

▼ いるふたり~ (43, 0.0%)

2 の刑事さん, の男, の青年

1 [37件] にはい, にはそれ, のあいだ, のおとな, のこっけい, のなわ, のひざ, のほう, のもの, のボクサー, の人物, の人間, の人間ども, の侍, の傍, の傷, の士卒, の少女, の少年, の影, の後藤, の捨て子, の明智小五郎, の書生, の浪人, の浮名, の者, の腰, の若者, の衣類, の警官, の足, は東京, もいっしょ, もぼく, をおどろかし, を見

▼ いる~ (43, 0.0%)

9 の上 3 の斜面

1 [31件] から百ヤード, から頂天, があった, がいくつ, がお互い, が好, が見え, だけな, であった, にそっと, のすぐ, のほとんど, の一つ, の上空, の中腹, の周囲, の周囲全体, の小屋, の広い, の突端, の背, の脈, の裾, の道路, へ行った, へ通ずる, もありました, や豊饒, をたびたび, をぶらつい, を歩き

▼ いる息子~ (43, 0.0%)

3 を見 2 のこと

1 [38件] からの手紙, から不正, から危篤, がひょっこり, が二人, が自分, が長く, ですって, というわけ, とが残っ, と手製, にそっと, にはそう, に向かい, のさびしげな声, のため, の六, の姿, の嫁, の後ろ, の慶太郎, の手紙, の方, の春着, の柔和, の横顔, の自慢話, の鼻, はかく, へ和協, も異質的, や兄, をしずめる, をたずね, を傍, を母, を罵っ, を銀座

▼ いる~ (43, 0.0%)

1 [43件] がたべられる, がだんだん, が片目, だから, ではある, ではない, では眼, でも狙っ, という文字, などを見る, には赤紙, のところ, のよう, の中, の味, はいま一種類, はそれ, はなかっ, はなにか, は実に, は李一, は触っ, もいます, もクジラ, やへ一人前, や石ころ, や蟹, よりもずっと, をあがっ, をうっ, をつかまえる, をどう, をのぞき, を呼び寄せる, を子供, を抛り出し, を挾ん, を捕る, を薄く, を見つけた, を見る, を追っかけ突く, を魚籃

▼ いるそんな~ (42, 0.0%)

2 家が, 明さんの

1 [38件] あわれ, いつも抵抗, ことは, ことも, こと疾う, ところから, ところが, のは, 些細な, 亭主だって, 処に, 化けぶろおけ, 反映は, 噂が, 夜の, 夢, 夢を, 太い奴, 女を, 工合いの, 幻の, 心がけの, 心持, 感じ, 手には, 棒立ちの, 気が, 気分について, 気持も, 火で, 田中の, 神経は, 芳子の, 野望が, 金を, 風, 風に, 鳥持っ

▼ いる~ (42, 0.0%)

4 の方 3 の室, の茶室, の間 2 のほう, の部屋

1 [25件] からのサンビ歌, から女, と良人, にはほんのり, には知らせまい, にひそみ居る, にまるい, に更に, に行っ, の一人, の三畳, の小座敷, の居間, の座敷, の建物, の書院, の閑静, の障子, の離室, の食堂, へかけこんだ, へ奥, へ飛びこん, を見る, 仕えの

▼ いる~ (42, 0.0%)

3 であった, のよう 2 の中

1 [34件] かと恨めしく, があった, がいま, がそのまま, が下, が彼, が移り, さえ消そう, だという, と深夜, と煙, に焚木, に眼, のそば, の事, の側, の光, の勢い, の山, の柱, の海, の熱, の色, の音, は消え, は血, は顔, ばし, も火かげ, をかきおこし, を持っ, を消し, を見, を見る

▼ いるしかし~ (41, 0.0%)

2 それは, われわれの

1 [37件] そこから, それから, ちかづいて, なんという, もういい, もし鶴さん, シャスタ山は, フランスは, 万人に, 事実は, 人間は, 仏と, 何たる大和撫子, 全体を, 加勢を, 単に状態, 咽喉部に, 地球が, 小布であり, 微笑し, 悪念を, 悲しい感銘, 感覚の, 日本人が, 春琴の, 時として十分ぴりりとしたことをやってのける, 正面は, 気がついて, 沢山の, 濫読から, 火蓋の, 熱烈に, 田中自身が, 石と, 自分は, 金之助さんは, 飽くこと

▼ いる一本~ (41, 0.0%)

2 の松

1 [39件] ぐらいは打たし, のたんぽぽ, のつえ, のむきだし, のリンネ, の中, の十字架, の古い, の大, の太い, の寒い, の小径, の小松, の小柄, の山桂, の巨, の幹, の木, の杉, の枝, の柳, の榛の木, の樺の木, の無花果, の熱い, の短, の紐, の綱, の茎, の草, の葉巻, の藁屑, の蜜柑, の街すじ, の軽い, の長い, の髪の毛, の麻繩, を振放そう

▼ いる位置~ (41, 0.0%)

1 [41件] からあの, からなに, から二百万キロ, から十数間, から注意深く, がちょうど, が少し, である, でしたから, でもあった, というもの, とは反対, と絵図, などあの, にある, についての観念, にて作られた, に少し, に従って変化, に突っ, のいびつ, のかげん, のエネルギー, の関係, はまさに, は不可解, は人, は前方, は敵, は東, は決して, やひとりびとりの表情, よりは少し, よりも気持, をさまざま, をはっきり, を利用, を少し, を思いあわせ, を知る, を遠廻り

▼ いる叔父~ (41, 0.0%)

3 の家 2 のところ, の前

1 [34件] からあべこべ, から手紙, がどんな, がわが子, が戦争, が目, だという, である, なぞはオッチョコチョイ, に, に宛て, のこと, のため, のもと, のようす, の声, の子, の幽霊, の息子, の旧, の様子, の横顔, の滑稽, の財産, の顔, はまた, はわざわざやらなくたってきまりきったことなのに, は実際, は盤, は顎, も磯野, をだまし, をとうとう, を見上げ

▼ いる~ (41, 0.0%)

2 も彼

1 [39件] かいる, かから貰った, かがいる, かが実は, かが私たち, かとしきりに, かと喧嘩, かと対談, かについて気, かに自分, かに雇われ, かの体臭, かの背中, かの銅像, かひとり, からも愛され, からも敬愛, かを思い出し, か来, がどう, が何料理, であろう, でもそこら, でも喜ぶ, でも生活, にとはなく, にはっきり, にもうなずい, にもがこれ, にもまね, にもわかり, の子, の顔, もが心から, も知らないだろう, も螫, よりも一番, よりも先, よりも肚

▼ いる~ (41, 0.0%)

5 の先 3 の穴 2 がその, っ先, づらを, とあくまで, の表現

1 [23件] がある, がさき, が却って, が柘榴鼻, が案外, たらし小僧, であります, ではこんな, と同じ, などこんな, によく, のさき, のハンカチ, の上, の下, の欠けた, は草木, は高く, やおどろいた, を両足, を前, を左, 厚い唇

▼ いるわれわれ~ (40, 0.0%)

2 の心

1 [38件] がはじめ, がひそか, が不正, が小, が手, でさえもずいぶん, でなくても, ではないだろう, でも専門, にし, には何より, には異様, にもなにか, に合図, に向い, のうち, のみは不幸, のもの, の中, の人間的存在, の努力, の問答, の存在, の所, の手, の皆, の目, の知識, の社会, の胸, の自由, の身体, の邪魔, はさっと, は開いた, もまた, も共に, を捜し出すだろう

▼ いる~ (40, 0.0%)

4 七は 3 七を 2 ペラの, 七に, 七の

1 [27件] ぺらをたよりに宝探しを, ズボンの, ズボンゴム長靴チョッキには, ペラを, 七が, 七と, 七も, 三郎の, 三郎を, 九郎の, 人的機械人形が, 介という, 出家であった, 助の, 右衛門で, 封建性と, 封建的な, 封建的社会の, 封建的要素と, 斤の, 瓦の, 社交娯楽の, 纒に, 自由労働者, 蓑は, 透明の, 野生化した

▼ いる~ (40, 0.0%)

3 である, 探偵が, 探偵の 2 だ, もない

1 [27件] がつけられました, が本当, だけでもいくら, だった, であります, であること, であるの, ですのよ, ではあれ, のよい, はその, はただ, は大, は後, は藤井新五郎, は頭中将, まえが, も知らない, をそ, を呪文, を目付よう, 同心の, 庵という, 探偵も, 探偵小説を, 探偵青竜王の, 魚たちに

▼ いる~ (40, 0.0%)

2 の中, ももうどんどん

1 [36件] があった, がある, がうつっ, がそう, が妙, が星あかり, が朗々, が目, が眼, が磨硝子, が色々, が見えました, が見える, が魚のかげ, こそまさしく, さえ見えます, だった, であった, である, にすぎない, にピタリ, のせい, は全体, は共に, は年, は見えない, は谷将軍, も二, も見た, や色彩, を何より, を吹き払っ, を手招き, を発見, を目掛け, を見ました

▼ いる方角~ (40, 0.0%)

2 を見た

1 [38件] から一台, から十人, から忍び姿, から突然, がど, が分った, こそつねに, だけ教わっ, だった, であった, である, でまにあわせよう, と反対, と違っ, にむかっ, に歩い, に靡い, のよく, はどっち, は彼等, は西, へ冬次郎様, へ動き出す, へ向い, へ強力, へ浪, へ眼, へ瞳, へ視線, へ郎党, をあご, をさがした, をさがす, をたしかめた, をめがけ, を下女, を瞰, を見守る

▼ いる百姓~ (40, 0.0%)

2 である

1 [38件] が, がありました, がだいぶ, が一人, が江戸, が都会, が顔, だ, だぞ, でございますもの, でもそれ, で牛, などがあちこち, などを微笑, に対して済まない, のおやじ, のこどもたち, のため, の一人, の一団, の嗄れた, の女房, の子, の影, の後, の歌, の眼, の親爺さん, の鍬, はその, は割合, は引き上げる, は自分, は違う, は食う, も気, やえッ, を見付ける

▼ いる身体~ (40, 0.0%)

42 だから, の大きな

1 [32件] がワナワナ, が一しお, が何, が棒, が独楽みたい, だった, であ, でありながら, でいつも, でもっ, で鴻の巣, について見るなら, にはいつ, には凡て, には少し, には魔, にもかかわらず, に対して適当, に驚き, のしん, のまま, の前, の平均, は到底, も膝頭, を左右, を思い切っ, を抱え, を睨んだ, を自分, を草, 若いもの

▼ いるすぐ~ (39, 0.0%)

4 そばに 3 傍の, 前に 2 眼の

1 [27件] うしろが, うしろで, そばには, そばの, となり, に, にこちら, にそろ, に大, のところ, わきの, 下の, 側で, 側の, 側迄, 傍まで, 右手の, 外が, 後方に, 横が, 目の, 紹介状かきます, 裏の, 足もとの, 足許へ, 近くの, 隣の

▼ いる~ (39, 0.0%)

5 の中 2 を大きく

1 [32件] あの恐ろしい, からだらり, からは声, がある, がうめき声, そしてその, であった, である, でわめいた, で五郎蔵, とがある, には出来ない, のあたり, のはた, のハタ, の下, の利け, の隅, はない, はもう, は見える, へつぎ込む, へ一匙二匙, もあい, もあれ, や大きな, を, を動かさなくなった, を動かした, を掘りだされた, を聞き込んだ, を開け

▼ いる学者~ (39, 0.0%)

6 もある 3 の中

1 [30件] から見る, がある, がスエーデン, が十五人, が数名, が面白い, である, でさえも昆布, でね, ではない, として博士以上, と全く, なんておかしい, にしろ, に聴い, に言わせる, の傍, の家, の方々, の瞳, はハルナック, もあっ, もあります, もあれ, もいた, もない, も少なく, も幾人, も現われ, や教育者

▼ いる狭い~ (39, 0.0%)

2 三片が, 橋の, 範囲だけでも

1 [33件] 一室で, 二階から, 交際の, 入口が, 入口の, 勝手口から, 場所であった, 山稜の, 山道私達は, 川が, 往来の, 急な, 曲りくねった街路, 村の, 梯子段を, 檻の, 生活環境が, 町が, 砂洲が, 窮屈な, 範囲から, 範囲でも, 範囲内でも, 袷弥蔵を, 谷を, 路地を, 道を, 部屋に, 間口の, 陸地には, 階段の, 露路の, 露路を

▼ いる現象~ (39, 0.0%)

5 である 2 の中

1 [32件] たとえば滑り, だけのもの, だけをとりあげ, であるかも, でつまり, ではありません, でもない, で今日, で彼, とを詠んだ, なの, に外, のごとくで, のため, の一つ, の複雑, はあまりに, は文学, は断じて, は案外, は私, へだけ気, もあります, も生, よりもその, よりも深刻, をお, を始終, を自分, を若干検討, を見た, を誤った

▼ いる細い~ (39, 0.0%)

1 [39件] たるきがよしんば, ものを, レールは, 右眼から, 坂を, 小径や, 尾根その, 山路を, 岨路の, 帯の, 庭を, 廊下へ, 径, 径を, 新月の, 杭の, 枯木が, 棒の, 毛が, 毛ピンを, 畝を, 眼, 眼つきは, 石渓の, 糸を, 綱です, 線描の, 肉体に, 胴, 胴を, 路次口に, 道が, 道に, 道へ, 道へと, 道路, 銀の, 鎖を, 露路を

▼ いる~ (39, 0.0%)

2 のあたり, の上, の中, を抱い

1 [31件] から上, から夜目, が気だるく, と高く, に満足, のうち, のどこ, のもだもだしさ, のもの, の下, の処, の前, の底, の真上, の苦しみ, の薄い, はヒヤヒヤ, も手術, や腕, よりも山河内, をおさえ, をさすが, をじっと, をはっ, を出し, を察しる, を少し, を持つ, を流れる, を細く, 悪くなる

▼ いる~ (39, 0.0%)

1 [39件] がいくら, がとろとろ, がみな思考力, がカッ, が一面, が信じる, が水銀燈, が流れる, が臓器, が逆さ, しおが, と泥, につける, にぬれ, に浸り, に温み, に滲んだ, に濡れた, のあと, のことば, のにじんだ, のよう, の上, の声, の染, の痕, の痕跡, の筋, の雫, は当然, もそう, も俺, も涙, や油, を, をとおし, を呪っ, を浴びた, 粘を

▼ いる高い~ (39, 0.0%)

3 演劇 2 塔の, 山の, 演劇を

1 [30件] ものは, 丘の, 人家は, 傾斜の, 噴水も, 土手の, 塔が, 壇から, 家の, 山々に, 山にも, 岩壁に, 崖の, 崖下へ, 帽子を, 建物を, 所から, 新道は, 柳などが, 椽側に, 気品精魂芳香に, 炉棚の, 石塀の, 石畳み, 粗野な, 素直さ人間性という, 胡桃の, 蒼空を, 足場が, 鼻を

▼ いる事柄~ (38, 0.0%)

2 だから, なの

1 [34件] があった, がひとたび, が浅く, が直接, だ, であって, である, であるから, ではある, で真個, と主観的制限, にいまさら, について依然として, について深い, について私たち, によってはそれに, に不審, に対して反対, の一つ, の中, の埒, の大, の客観的, の幻影, は余, は品位, は食事, をあなた, をお話し, を処理, を強暴, を根柢, を話題, を警察

▼ いる~ (38, 0.0%)

4 だから 3 であった, である 2 であって, ですから, なので

1 [22件] じゃねえ, だ, だが, だった, だったが, であっても, であること, であるので, ですがね, でなくても, ではあった, ではない, で旧い, なと末, なの, なん, の森清代議士, の男, の男女, みせ通り, を世間, を生き

▼ いる動物~ (38, 0.0%)

2 はどこ

1 [36件] たとえば熊, たとえば蟻, だけであった, だって逃げるで, であった何方, である, であるゆえ, です, ですよ, ではいつか山中, ではこの, とあまり, と子供, と思う, と橋, と素手, ならば, において見いだす, にはガラス, に社会本能, のそれ, のよう, の一つ, の世界, の巣, の生命, の異常行動, の肉, の顔, の顔付き, は, はない, はなかなかよく, はみんな非常, は概して, をかわいそう

▼ いる婆さん~ (38, 0.0%)

2 は例

1 [36件] あり人丹, から信吉, があっ, がある, が不思議, が教えた, が来, が見つけ, だ, だけが今, として描き出され, とその, なぞにまじっ, などはこんな, に, にも聞えぬ, にステッキ, に彼, のこと, の五, の住居, の処, の存在, の所, の給金, の話, はあんぱん, はもう, は何, もあった, も門野, や足袋, をぼや, を呼ん, を引っ張っ, を軽蔑

▼ いる思想~ (38, 0.0%)

2 なの

1 [36件] からもっと, が依然として, であっても, である, でなく実生活, ではない, でもシステム, とか云う, とか気分, とにある, との知識, と同じ, と大同小異, なり観念, にまるで, によって煩悩熾盛, の深い, の火の手, の解釈, はいろいろ, はこう, は空, は自然, もまた, も結局, や人, や信仰, や文化, や見解, よりも彼, をまとめよう, を俳句, を咀嚼, を紙, を見徹し, を進め

▼ いる~ (38, 0.0%)

10 の上 3 の傍 2 のところ

1 [23件] が庭, とそれから, には二, に向っ, に坐っ, に頤杖, のすみ, のそば, のほう, のまわり, のまん中, のわき, の側, の前, の向う, の周囲, の居心地, の引出し, の抽斗, の横, の端, の間, をぐらぐら

▼ いる着物~ (38, 0.0%)

2 の私, の裾

1 [34件] からし, からは湯気, がぜんぜん, がぼろぼろ, が出せなく, には焼け焦げ一つ, に薄, のがら, の下, の主, の婦人, の懐中, の柔らか, の色, の色合い, の袂, の袖, はくれ, はそりゃあ, はひとりむし, は一日, は丁寧, までが濡れる, までも帯, もみすぼらしい古い, ももと, も消え失せ, や帯, らしいもの, をおくれ, をくれ, をぬぎかえる, を大切, を見たら

▼ いるおれ~ (37, 0.0%)

2 ではない

1 [35件] がその, がなぜ, がひと, さえ陰気臭い, にとってそれ, にとっては, にはまだ, には獄中, には酔客, に対する幕府, のすっかり, のつもり, の力, の名, の地位, の外, の姿, の所, の故郷, の方, の眼力, の耳, の虚栄心, の見える, の身, の頭, はそこ, はそんな, はまえ, はもうすこし, は死にどき, は毎日, は翌, は試験, をたずねた

▼ いるまで~ (37, 0.0%)

4 だ, です 3 である 2 じゃ, だと, では, 自動車と

1 [18件] あたしって, こっちに, だが, だよ, だわ, であって, であります, であるくらい, でございます, で洞池, で維新, なん, ほとんど夢中, まだまだ間, 一日も, 判然見える, 長屋の, 高氏は

▼ いる~ (37, 0.0%)

5 の上 2 のよう

1 [30件] かべをみつめました, があっ, がくずれた, がぐらぐら, というの, とによって形作られ, と壁面, にかなづち, にぶつかった, のあいだ, のうえ, のうしろ, のかけら, のごときかたまり, の側, の先, の唇, の天井, の床, の節理, の絶壁, の肌, の表面, の角, の間, の頂上, はつい, は家, は研き, は落ちなかった

▼ いる巨大~ (37, 0.0%)

2 な杉

1 [35件] で複雑, な, なる松, なエネルギー, なカブトムシ, なモーター, な二つ, な力量, な噴水, な噴火口, な宇宙船, な実験, な山々, な師匠たち, な年老いた木々, な建築素材, な梁, な沙漠鷲, な海水, な火, な炉, な無数, な物, な犬, な甲虫, な石塔, な租税, な紳士, な良人, な谷, な釜, な鉄, な鋼鉄, な階級的芸術, な鼻

▼ いる文章~ (37, 0.0%)

4 である 3 だった 2 の中

1 [28件] からは精神, から何, が, がいかに, がすでに, がはっきり, が読者, なの, なりをそのまま, に金, のところどころ, のまま, の一行, の事, の内, の題, はかかれた, はという, もよん, をあらためて, をよみ, をよん, をよんだ, を一行一行, を熟読翫味, を見, を見た, を読み

▼ いる~ (37, 0.0%)

2 が一つ, だと, のかけら, のよう

1 [29件] がある, がもちろん, が交っ, が破壊, こそ地球, じゃない, だけがハッキリ, である, でもじつは, ならぼくたち, に話, のいくつ, の一つ一つ, の光, の光り, の群れ, はどういう, はない, は実に, は答えました, は膨張, を, をながめた, をば探しました, をみあげ, を眺め, を瞶め, を見た, を見まもり

▼ いる~ (37, 0.0%)

4 の中 3 の方 2 の上

1 [28件] から飛び降りる, がしばし, が見えない, だ, だろうと, と見る, にぎゅっと, に乗つた, に乗り, に乗ろう, のかげ, のところ, のもの, のボディ, のルーム, の前, の外, の心棒, の流れ, の窓, の運転手, はある, はいつ, は普通, や馬車, をとめる, を呼んだ, を指し示した

▼ いるいわゆる~ (36, 0.0%)

1 [36件] スーパー屋さんにまで, バショウ, メロンも, 伝説な, 低級神話の, 剣状突起癒合である, 力学的が, 十七条の, 地方色の, 大部屋であります, 女流の, 完成の, 客観写生の, 察緬小地区の, 少年懲治監な, 山沢の, 常ならぬ, 戦国の, 旧家門閥である, 本業からの, 東洋を, 正規六花状の, 浜荻は, 準戦時体制, 現在の, 甘栗が, 生存中も, 神釈の, 稲コヅミの, 義理と, 茶屋女な, 責任の, 軍夫たちであった, 通俗の, 酒場, 鬚根である

▼ いるしか~ (36, 0.0%)

16 なかった 7 ない 4 ないと 2 ないという 1 ありません, ないこと, ないね, ない面持, なかろうか, なく尊氏, わたしたちに

▼ いる~ (36, 0.0%)

2 材木の

1 [34件] さな, さ新し, だたみ, の貴公子, わらじばかり, 九谷とは, 井戸の, 作品の, 友達, 塚であった, 塚の, 女房だ, 帽子の, 手拭に, 新聞に, 新聞の, 新聞を, 板塀に, 歌の, 永徳か, 沼の, 築土, 藁で, 裂れ, 襖の, 言が, 譚の, 輿の, 金襴の, 鍋に, 鍋を, 陶磁という, 雑誌を, 電車や

▼ いる~ (36, 0.0%)

2 と直角

1 [34件] からは一番, からふい, があっ, が見える, であり一方, というもの, にお, には大きな, に倒れ, のしみ, のむこう, のわき, の一場面, の上方, の外, の差込み, の方, の横木, の窓, の色, の銘仙, の隅, はお, はそれほど, までがずしんず, をつたっ, をみとめ, を叩い, を持った, を捜し, を木, を降りる, を除く, 高いところ

▼ いる~ (36, 0.0%)

22 計代の 3 計代は 2 計代に, 計代を 1 の市, 与里などは, 介子重次郎が, 市さんという, 治経明という, 計代だ, 計代に対して

▼ いる女の子~ (36, 0.0%)

2 のほう

1 [34件] かもしれない, があまり, がありました, がタクサン, が通りかかった, だと, です営養士, とその, と副食物, に参っ, に向っ, に好意, に尋ねた, に白エナメル, のわたし, のフクラハギ, の体, の姿, の姿勢, の態度, の指さき, は一人, は三つ, は今, は我勝ち, ほど可愛い, もいます, もいる, や調理人達, をご, をひしと, を見ます, を見る, を顧み

▼ いる工場~ (36, 0.0%)

2 の方

1 [34件] からはタラバガニ, がどんな, で, であるからには, であるだけ, でしらべ, では二百人, では工場, でも各, で四五人, などでない, なら生産管理, のへい, のクレーン, の中, の主任, の人たち, の建築物, の托児所, の文学研究会員, の熔融炉, の社長, の紙, はあるまい, はわが, は無い, へはいる, へ一週, へ働い, へ入る, へ画, や沖, を前, 又はその

▼ いる~ (36, 0.0%)

4 をとった 3 の若い

1 [29件] じゃあない, であるから, ではない, でもなかっ, で薫, とったえらい, とったそこもと, とったねこ, とった侍女達, とった土人, とった女中, とった家来, とった牝牛, とった生き物, とった連中, のころ廿四五, の格好, の頃十四, は稀, よりきり, よりのお, よりの是信さん, よりは小柄, よりは目, わかいひとたち, を正面, 若いお, 若い侍, 若き夫婦

▼ いる~ (36, 0.0%)

10 の中 4 の方 2 や林

1 [20件] から出, が遥か, その後方, だの道, つづきの, と森, に向かっ, のこと, のなか, の上, の周囲, の奥, の姿, の岬, の間, は次第, は重い, へもやって来ました, や窓, や谷

▼ いる歴史~ (36, 0.0%)

2 の段階

1 [34件] がほとんど, が発掘, であり歴史, であるし, にとっても大切, に於ける, のあの, のこと, のその他, のゆがみ, の世代, の事, の反映, の大, の学問, の性質, の意味, の意義, の波, の波濤, の流れ, の特殊性, の現実, の秩序, の若, の表面, の進歩的, の過程, の関係, の限界, への無, をうけつがなけれ, を捜し, を見透さなけれ

▼ いる~ (36, 0.0%)

3 の声

1 [33件] か鳩, がかく, がやって来, が入っ, が轢かれ, だか, だから, だった, だってたいして, でも猫, で名前, とを運ん, などの口, にしく, に向っ, のうち, のよう, の一倍半, の世界, の傷口, の爪音, の糞, の鳴い, の鼻先, は多かっ, は素敵, へ注意, もやはり, や犬, をむんずと, を呑もう, を見, を蹴とばし

▼ いる積り~ (36, 0.0%)

5 です 3 だが 2 だ, だろうか

1 [24件] だけど, だったん, だと, であった, であったが, であったよう, でありますけれども, である, であるから, であろうか, でいる, でおられる, でしょうが, ですか, ですよ, でも実際本当に, で位牌, で実際, で血の気, なの, なら気, なん, になっ, よ

▼ いる空気~ (36, 0.0%)

2 の中, は鉛

1 [32件] が感じられ, が駒井, この酒, だけだった, だった, だの思い出せ, であったし, でなくては, とそういう, とのつながり, と共に宏子, なの, には何とも, にみんな, に煮え, に矢代, のまま, の分子層, の性質, の流通, はいつも, は何, は氷, までがそれ, もみんな外, も肌, を否定, を嫌っ, を澄ませる, を西日, を送っ, を魚

▼ いる自分自身~ (36, 0.0%)

5 を発見 4 を見出した 3 の姿 2 に気がつい, に気がついた, の恐ろしい

1 [18件] がいや, が怖く, が此上, が驚い, なの, に向けられ, に気がつく, に満足, のいじらし, のせい, のみじめ, の卓子, の物, の裡, も三畳, をかれはかれ, を見出さず, を顧み

▼ いる葉子~ (36, 0.0%)

2 では, の目, の顔

1 [30件] からも離れかね, が田川博士, だもの, であった, であったが, でも, にすら見当, にも意外, に手紙, に気がついたろう, のからだ, のよう, の下心, の傍, の前, の噂, の小間使, の心, の気持, の気持ち, の神経, の部屋, はこんな, はしきりに, はとかく, は一種侮蔑, は何, は鼻, を理解, を詰った

▼ いる~ (36, 0.0%)

73 の中 2 に向っ, の前

1 [22件] から出る, が一, である, です, ですよ, で相手, で自分, のところ, の上, の反射, の底, の方, の横, の面, はたしかに, へ自分, をとり出す, をのぞい, を上目, を取り上げ, を差し出す, を見

▼ いる~ (36, 0.0%)

3 の峰 2 のよう

1 [31件] か霞, がしぶき, だの汚れた, と遠山, にたわむれ, にまで響く, のあたり, のお, のたたずまい, の中, の塊, の多い, の嵩, の巨大, の影, の柱, の様, の海, の粒, の運動, はその, は型, は平常, は遠く, もある, もこういう, や薄, をいろいろ, をふりはらい, を散らし, を見

▼ いるとばかり~ (35, 0.0%)

16 思って 2 信じて

1 [17件] でいつ, でくわしい, でどういう, わかっても, 今日まで, 信じきって, 思いこんで, 思い込んで, 思うて, 思ったらこの, 思った病人, 思ってた黒川団長, 思われて, 承知を, 考えて, 見えます, 院は

▼ いるどころ~ (35, 0.0%)

23 では 5 じゃない 2 の騒ぎ 1 じゃございません, じゃねえ, でなくはだし, のさわぎで, の話

▼ いるひろ子~ (35, 0.0%)

3 の心 2 を見

1 [30件] がそう, が昨夜, である, でさえも, と笹田執事, と縫子, にさえ分った, にその, につれて視線, にぶつ, に危く, に四月下旬, に曖昧, に自分, のこころ, のところ, の体, の俗っぽ, の気持, の足, の躯, の顔つき, は傾きかかる, は家族的, は東北, は熱い, への親切, をのせ, を出来る, を見た

▼ いる会社~ (35, 0.0%)

2 の支配人, の社長

1 [31件] がおなじ, がつぶれ, であったが, と直結関係, につかわれ, につとめ, に勤め, に就, に買収, に雇われる, のこと, の同僚, の奉職口, の子会社, の専務取締役, の小さい, の平, の書類, の株, の株主総会, の社員, の給仕, の若い, はばか, は三沢, は或, は随分, ばかりに照らない, へ出た, へ暫く, を川端康成その他

▼ いる~ (35, 0.0%)

1 [35件] から礼状, が, があった, がある, がいる, がたくさん, が見える, だ, である, と同じ, ならおそらく, にし, にしばし, に出会う, の群れ, の顔, はみな弱そう, はもう, は外, は外門, へ怒鳴った, もあった, もある, もいよう, も中, も五百, も供与, も千二百, も見えた, や将, や役人, よりも強い, をよび集めた, 常にどこ, 食うに

▼ いる生徒~ (35, 0.0%)

2 の前, の父兄

1 [31件] が, がい, がいたら, がいる, がしょっちゅう, がところどころ, が不成績, が動き, が私, が答えた, であった, である, でもかならずしも, で満員, と話, にちがい, のなか, の一人, の中, の作文, の命令, の頭, はおけない, はこの, はごく, はない, はまた, は小諸町, は軽蔑, もある, もいました

▼ いる~ (35, 0.0%)

1 [35件] がかかっ, が少く, だけ見, だった, といっ, と岸本さん, と眼, にはいっ, にも髪, に冷たい, に汗, のひろい, のぼうぼう, の下, の中, の乱髪, の例, の布, の月の輪型, の汗, の繃帯, の背後, の辺り, は蝋, もない, や看板, をさしました, を仰い, を剃刀, を払っ, を抑えた, を押しつけ, を持っ, を撫で上げ, を月光

▼ いる顔つき~ (35, 0.0%)

8 だった 2 であった, である

1 [23件] が又, だ, ったらなかっ, であつ, です, で縦横無尽, で董卓, とがいかにも, などまるで, なの, なので, の定雄, はいっこう, は余程, は気の毒, ばかりな, もなく, をあらわし, をゆるめず, を心, を装う, を見, を見る

▼ いるこんな~ (34, 0.0%)

2 人達の

1 [32件] ことが, ことと, ことは, ことを, ときを, ものを, 乱暴な, 事情を, 会話を, 偉大な, 割りに, 卑怯な, 命令は, 品物の, 商売も, 商業の, 夜ふけに, 姿の, 姿を, 家の, 心持, 情景は, 所で, 時に, 水戸浪士の, 沙漠では, 無益なさわぎ, 無駄な, 町から, 病人を, 絵の具と, 貧しい人々

▼ いるたくさん~ (34, 0.0%)

2 の人, の人たち, の人達

1 [28件] な一族, な筏, な船, な船大工, な花, な負傷者, な金魚, な馬, のおしボタン, のからす, のたくさん, のほうせき, のスイッチ, の人間, の友人たち, の器械器具, の天使, の子供, の子供たち, の書籍, の細かい, の脚, の蝋燭, の規則, の話, の謎々, の馬, の魚

▼ いる不思議~ (34, 0.0%)

1 [34件] が私, と可憐, なお櫃, なばつ, な一人, な人びと, な人間, な光景, な力, な勘, な可愛い, な妖気, な婦人, な宝物, な形, な情熱, な感じ, な木, な死者, な現象, な盲目, な瞬間, な石階, な箱根細工, な能力, な葬礼, な薫, な追分, にも深い, に建設的, の一つ, の力, の思い, を

▼ いる世の中~ (34, 0.0%)

5 である 2

1 [27件] じゃない, だから, だとでも, であった, でありましたけれど, であり最近武藤元帥, でこれ, ですから, でその, では面白く, で我が身, とはまるで, とは全く, とは種類, なら今頃, なら私, にあっ, には跡, に住み, に何, に光, に情, に貪食, の児童, の出来ごと, の女, を善

▼ いる~ (34, 0.0%)

1 [34件] があっ, があります, がある, がいっ, が二人, が何, が制した, が呼んだ, が芝居, が草, こそは怨敵白河戸郷, である, でなければ, に, にいいました, に向い, の一人, の名, の持っ, の方, の胸もと, の血, の黒覆面, はお座之間, は人殺し, は其の, は尾州, は自分, へ向かい, もある, も彼, をあと, を目, を遠ざけ

▼ いる小鳥~ (34, 0.0%)

4 のよう 2 の死骸

1 [28件] いつもなかよし, がい, が天人, が籠, だけだ, だった, とはくらべられない, に目, に餌, の中, の名, の声, の巣, の歌, の籠, の羽根, の訴え, の骸骨, は, はこの, は焼, ばかりであった, をながめました, をばびっくり, をみな, を指さす, を捉える, を見ない

▼ いる時刻~ (34, 0.0%)

3 だ, なの 2 である, です

1 [24件] がただ一秒, じゃない, だったから, だったの, だろう, であった, でそれに, ではない, ではなかっ, とが狂わない, と留守, なので, なのに, にポアンチュウ, に平気, に愛子さん, に決まっ, のよう, の余裕, よりずっと, をちょうど, を指し, を知らし, を見る

▼ いる留守~ (34, 0.0%)

5 の間 2 の将士, の時

1 [25件] だった, であったので, でひま, にお, におき, にちぐさ, にまだちゃんと, にもお, に奥畑, に女, に屋根裏部屋, に弟一人小鍋立て, に折々, に持ち出す, に来た, に次, に猿, に貴, に買物, のとき, の家, の炉, の衆, をお, をお母さん

▼ いる~ (34, 0.0%)

3 の中 2 のなか

1 [29件] かもしれない, からあめ, から二匹, から目, です, にはダイナマイト, に目, の上, の前, の孔, の底, の戸口, の最も, の横, の硝子蓋, の蓋, はお寺, はわし, は巨大, は相当, も箱, や蓋, をおろしました, をもっ, を二, を勤め人, を持ち出し, を選ん, を風呂敷

▼ いる精神~ (34, 0.0%)

2 の力

1 [32件] がまた, が感じられた, が輸入, だった, でありもはや, という言葉, とかいうもの, と言語, にかけかまい, にとっては軽々しく, にとって決して, にとって高まり伸び達, には或, にもまた, にも矛盾, によっての質問, に関した, のコムプレックス, の合理性, の姿, の戦き, の明る, の秩序, の諧音, の諸, は, はなく, をぐにゃぐにゃ, をもっ, を拵える, を探究検討, を日本精神

▼ いる身の上~ (34, 0.0%)

5 だから 3 であった 2 であるから

1 [24件] かもしれない, じゃ, じゃない, じゃア, だ, だが, だけれど, だった, であったといった, であっても, であること, ですからね, ですもの, ではありません, ではとても, ではない, で其様, とほそぼそ, なの, なので, なんとし, につまされ, らしくさ, を考えれ

▼ いる~ (34, 0.0%)

2 のない

1 [32件] からは出血, があり, が本, だか, と云う, と首, には例, には白粉, に少々, のここ, のひとつ, のほう, のもぎとれた, の持主, の梟, の縄, の赤い, はあった, は皆一つ, は美術展覧会, は裁判官達, へかけ, よりは彼, をさらに, をひねっ, をスウェータア, を剥出, を右, を抵当, を支え, を無理, を見た

▼ いる~ (33, 0.0%)

8 はいが 5 はいも 2 だもの, はいである, はいは, やきの, んど 1 いさ, はいでした, はいでもと, はいな, はいの, はいを, ものじゃ, ものの, ものらしく歩い, エ

▼ いるじゃあ~ (33, 0.0%)

26 ないか 2 ありませんか, ないの 1 ございませんか, ないかと, まんがあら

▼ いるなどは~ (33, 0.0%)

1 [33件] いいこと, いかにも哀れ, いかにも心細い, いささか年甲斐, いぶかしいぞ, いよいよ奇抜, おそらく意識, この堂, この祭り月, この頃, これまた, すこぶる危ない, でたらめも, どうもあまり痛快, ますます以, まだ尋常, まったく陸戦, めずらしくない, よい口実, 中にも, 余りいい, 全くの, 大蛇クラと, 実に愉快, 悲しむべきこと, 愚の, 文明国の, 材料が, 漢詩人も, 笑うべきの, 誂向きの, 誠に気, 誰も

▼ いる~ (33, 0.0%)

1 [33件] うちが, おまえさん, お前さんは, お客さんが, この目だま, これだけ, こんな爺さん, さつき, しかし食べさせたい, そうそうこっち, どうじゃ, ぼくも, むのはやしについたときしゅっこは, わたしの, ミッツィ, ンはよ, 大原君これは, 大莫連, 実を, 少し変, 暗黒と, 武ちゃんこれは, 死に金, 水筒なんか, 浪さん, 縁台を, 親分, 誰が, 道人様は, 道夫君, 金ずくで, 金勘定を, 間取

▼ いるぼく~ (33, 0.0%)

2 の姿, の部下

1 [29件] じょう, であった, とそっくり, なぞはもったいない, にさえ聞える, にだけは判る, にとってもはや, には話, に喜ん, に比べる, に気づく, に注がれた, のかえ, の友だち, の好き, の影, の枕下, の目, の瞳, の肩, の表情, の頬, の顔, は幸福, をつかまえた, を坊主, を沖縄人, を自動車, を見つけ

▼ いるドア~ (33, 0.0%)

3 のところ, の方

1 [27件] から一ぴき, から入った, から室内, がその, だったの, でさえあける, でないと, に大きな, のかげ, のすき, のひとつ, のほう, のまえ, の前, の呼び, の隙間, はうしろ, は壁, や窓, をあける, をしめよう, をつぎつぎ, を引っかく, を急い, を押し, を通っ, を開け

▼ いる事件~ (33, 0.0%)

2 である, の中

1 [29件] かしら, がどういう, が人, が有り得る, が複雑, だ, であろうと, で例えば, とは無, については実は, についてぼんやり, について夜, には無罪, に対してあまり, に就い, のころ, の一週間前, の先々, の性質, の成りゆき, の真相, の範囲外, の鍵, はひどく, は何, は異様, を各, を注意深く, 即ちこの

▼ いる人形~ (33, 0.0%)

2 のよう, の顔

1 [29件] がある, がいました, がふと, が傷められ, が据えつけ, が控え, だから, でありました, でしかない, ではあるまい, ではつまらない, では無かっ, とそう, に大型, の側, の手, の目, の評判, の髪かたち, はその, は価, は皆註文, は長い, までが首, や人形, をつれ, を妾, を狩り集め, を飾っ

▼ いる大勢~ (33, 0.0%)

2 の声, の間

1 [29件] が見せしめ, のうち, のひと, のモカさん達, の中, の人, の人々, の人間, の何処, の侍, の商人たち, の囁き, の姿, の子供たち, の客, の弥次馬, の手下, の捕手, の旅装, の男, の百姓町民, の紳士たち, の群れ, の若い, の見物, の見送, の頭上, の顔, は寒気

▼ いる文学~ (33, 0.0%)

2 について, の世界, の仕事, の大衆化

1 [25件] が, がだれ, がもし, が存在, が本質的, が若い, である, としての問題, とはどういう, と一般読書人, なる通俗語, における自我, の, の中, の伝統, の本質, の民衆化, の精進ぶり, の賞, の領域, は探偵小説, への感覚, もかく, を教える, を求め

▼ いる~ (33, 0.0%)

11 の光

1 [22件] が御, が忽ち, が美しく, が鏡, です, ともそう, に向かっ, のよう, の世界, の光り, の白, の相, の色, の隈, はある, は下界, は太陽, や森, を仰ぎ, を包ん, を見上げ, 浚いさ

▼ いる~ (33, 0.0%)

3 である 2 がある, に, の声

1 [24件] が他, だが, であるが, でなくては, というの, と俳句, なの, にも実に, に合わせ, に旋頭歌, に返歌, のよう, の一節, の多い, の業績, の雑誌, の類, はなんと, は次, もある, も前, よりこういう, をうたいはじめ, をうたえ

▼ いる~ (33, 0.0%)

2 が描い, のよう, を見

1 [27件] があっ, があったでしょう, がある, がつい, がのどか, が一種型, が出, が安っぽい, である, でございました, で天井, と同じ, なんぞあっ, に死, のこと, のついた, のやがちょうと, のマーク, の傍, の本, の複製, の輪郭, ばかり描い, まで添え, をある, を描い,