青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いわず~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いるで~ ~いるらしい いるらしい~ ~いれ いれ~ ~いろ いろ~ ~いろいろ いろいろ~ いろんな~
いわず~
いわば~ いわゆる~ ~いわれ いわれ~ ~いわれた いわれた~ ~いわれる いわれる~ ~う う~

「いわず~」 1101, 12ppm, 9196位

▼ いわず~ (314, 28.5%)

3 おくもの, しまった, 自分の, 黙って 2 いた, いられなかった, いるの, おいた, 出て, 家の, 帰って, 死んで

1 [286件] あきらめた嘆き, あっしへ, いい景色, いうとき, いきなりおばあさん, いきなりそんな, いたが, いたこと, いたなあ, いたの, いたんだな, いた方, いったい今, いって, いて, いられないたくさん, いられないもの, いられないわ, いられなくて, いられなくなるまで, いられぬよう, いるとき, いんで, うつむいて, うろうろし, おいて, おきたまえ, およう, おられますかい, おるよう, お供, お暇, お糸, お綱, お辞儀を, お高, きたお, きょうも, くすんだ顔, ぐいぐい引っ張っ, このとおり腕, この僧, この娘, この撰, さっさといっ, さっさと引き揚げ, しまいました, じっと見, すうと, すぐと, すぐ当時, すたすたと, すましは, すませて, せっかくの, ぜひ案内, そこへ, そこらを, そっとお宮, そっとし, そのままハンドル, その取っ付き, その場, その夜, その姿, その家, その手, その新聞, その鉛筆, そばを, ただ, ただひしと, ただ感情, ただ杯を, ただ母, ただ癪, ただ苦笑し, ただ見詰め, だまって, ちゃんと多, ちょいと, ちょっと宮ちゃん, どうか判っ, なぜ民主主義文学, なるべく誰, はいられません, はいられませんでした, ひったくるよう, ふさぎこんでること, ぶつぶついう, ぼくを, まじまじと, またこないだ, また書斎, また武蔵, また顔, まなこを, みんなと, むっつりとして, もち帰って, ゃおきません, やたらに, ゆるりと, わかって, クリストフの, ケント兵曹の, ズラリと, ツウと, ツツと, ドアを, ヒエロニムスの, ピアノの, ブラウンの, ブルへ, ヘリコプターの, ボイラーから, 一つ本気に, 一切の, 一夜その, 一瞬の, 三十両で, 三蓋松の, 上がって, 下を, 両足を, 乗って, 事を, 二三歩お, 五分刈の, 人を, 人差指で, 今いる, 今すぐ, 今宵だけを, 仰向きにどたりと, 仲よく半分, 会って, 伝六の, 伸びきった源十郎, 何処かに, 何卒取っ, 例の, 働かせて, 働きだした, 元きた道, 元の, 元気を, 先に, 先へ, 先生って, 先生へ, 全国に, 具体的に, 出したらいい, 出来るだけ, 勢いよく闖入, 十日ほど, 原を, 去るの, 又七を, 取りました, 和談に, 喋り出した安二郎, 坐り込む, 城太郎が, 塩の, 墓碑の, 大きな咳払い, 大人しく我慢, 夫婦に, 奥へ, 婚儀を, 嬰寧を, 学校から, 孫兵衛の, 安兵衛が, 実行し, 少し早口, 居たの, 居ったです, 席を, 帰り去った, 床の間を, 座を, 引き出して, 引き退がれなかった, 引っ返すと, 引ッ奪, 引取って, 引受けて, 引込んで, 弦之, 彼に, 彼の, 彼を, 往って, 微かに, 心が, 忍んで, 恥し姿, 恥ずかしさ, 息が, 扉口まで, 手を, 払って, 折れますから, 持って, 掴むという, 敵軍を, 斬りつけた男, 旧い習慣, 早く出せ, 普通ヨシハラと, 書付を, 書斎へ, 書物箱といった, 有江の, 本舞台, 東北振興と, 様子を, 橘, 次の間に, 正直な, 歩いて, 気が, 沈んで, 浄瑠璃に, 無二無三に, 無益の, 物は, 猛然と愛一郎, 玩具一つと, 男の, 白雲は, 皆が, 皆連れ, 看板を, 眼を, 知らすると, 短歌と, 私と, 私どもについて, 穴の, 突っ立っ, 立て, 笑ったまま, 箱と, 紅いベレエ帽, 素直に, 組みついたの, 置いてたも, 聞け, 肉切庖丁の, 腕組を, 茜染と, 茶碗だの, 草の, 行こうと, 行って, 袋探偵の, 許したの, 赤ちゃんが, 越前の, 踊って, 車を, 辛抱し, 退がったの, 逃げだした, 逃げて, 途, 通りすぎて, 過ごせないもの, 遣って, 酒を, 酔いの, 里見と, 釣って, 鉄杖を, 鉄棒を, 青い切符, 青柳の, 静かに, 顕霊と, 食べはじめた, 驚けと, 黙礼した

▼ いわず~ (62, 5.6%)

2 知れたその, 知れた火葬場, 知れて, 黙って

1 [54件] あやまれあやまれ, ここへ, これを, しれたむっつり, しれた主人, しれた二十面相, しれた伝六, しれた大西洋海底, しれた新参, 今夜から, 分ること, 判ったこと, 名を, 唄って, 早くおいで, 済む, 白状しろい, 知れた, 知れたこの, 知れたベルト・コンベーヤー, 知れた二十面相, 知れた今, 知れた今朝がた, 知れた八丁堀, 知れた十九歳, 知れた南町奉行神尾, 知れた喧嘩, 知れた土井大炊頭さま, 知れた夜泣き, 知れた大名, 知れた大奥警備, 知れた広, 知れた彼女, 知れた怪塔王, 知れた恋歌, 知れた東方力士, 知れた東海, 知れた某, 知れた武田博士苦心, 知れた毛沼博士, 知れた浅草馬道, 知れた浪人者, 知れた祐筆頭大口三郎, 知れた職人, 知れた芝露月町土偶師泥斎, 知れた葬具屋主人, 知れた親, 知れた親族, 知れた話, 知れた郷士鷲塚佐太夫, 知れた金丸長者, 知れた金八屋敷, 行って, 都へ

▼ いわずとも~ (20, 1.8%)

2 知れたこと, 知れて

1 [16件] この物語, それぞれ実際, ただ勤王家, また別様, みずから明らかで, みなさんは, よいこと, よい言葉, フルステンボルグ城とのみで, 二人は, 人を, 分かりましょう, 各々の, 少し召し上がれ, 民主主義と, 通り共同の

▼ いわずただ~ (16, 1.5%)

2 傍を

1 [14件] うれし泣きに, ひとつの, みだれて, イといった, 一言お, 中央の, 久子の, 二褌を, 古歌, 当所の, 機械的に, 稀れ, 自分らが, 頑強に

▼ いわずその~ (10, 0.9%)

1 くせお, ころ夥しく, 下っぱに, 全面より, 少ない材料, 日の, 晩の, 槍の, 煉瓦館に, 牛を

▼ いわずには~ (10, 0.9%)

1 いません, いられないと, いられないに, いられないの, いられないはず, いられない所以, いられなかった, いられなかったの, おかなかった, おられなかった

▼ いわずまた~ (10, 0.9%)

1 この弊, ひどいの, 夕暮と, 有名な, 白金と, 眼の, 笑いも, 考えるでも, 聞かず胸, 黙視の

▼ いわず~ (8, 0.7%)

6 といわず 1 といわず上っ, といわず喘ぎつづけ

▼ いわずこの~ (7, 0.6%)

1 九州でも, 前途の, 君に対しては, 土地は, 時代の, 身を, 辺では

▼ いわずもがな~ (7, 0.6%)

1 ここから, そこの, たとえそれ, 人猿山椒の, 自分が, 誘い入れの, 足利方の

▼ いわず~ (6, 0.5%)

1 人よし, 任かせしよう, 小屋と, 庭先と, 民は, 館或いは

▼ いわず~ (5, 0.5%)

4 といわず 1 からふりかけました

▼ いわずいきなり~ (4, 0.4%)

1 おうち, どこかへ, わたくしの, 肩越しに

▼ いわずおよそ~ (4, 0.4%)

1 ありとあらゆる人間, ぶら下り, 家と, 湾岸全体人影一つなかっ

▼ いわず~ (4, 0.4%)

1 でも利, でも好き, といわず, も知らぬ

▼ いわず~ (4, 0.4%)

2 といわず 1 から泡, をにごし

▼ いわず~ (4, 0.4%)

2 といわず 1 と言わず, も夜

▼ いわず~ (4, 0.4%)

2 といわず 1 になった, 坑と

▼ いわず~ (4, 0.4%)

2 といわず, ともいわず

▼ いわず~ (4, 0.4%)

3 といわず 1 といわず浴びせかけた

▼ いわず~ (4, 0.4%)

3 といわず 1 のさき

▼ いわずうしろ~ (3, 0.3%)

1 から躍りかかった, を振り, を見せ

▼ いわずすぐ~ (3, 0.3%)

1 お目通り, にうとうと, に下駄

▼ いわずすべて~ (3, 0.3%)

1 が, の人類, の男

▼ いわずそれ~ (3, 0.3%)

1 はただ, は電気性, を確実

▼ いわずどこ~ (3, 0.3%)

1 でも蛙, へでも入り込ん, も鉄扉

▼ いわずについて~ (3, 0.3%)

1 おいでそこには, きた, 来る

▼ いわず~ (3, 0.3%)

1 なるまい, なるまいて, 赦すまいぞ

▼ いわずみんな~ (3, 0.3%)

1 いいあわ, さびしい色, で上京

▼ いわず~ (3, 0.3%)

1 わが天, 一国の, 四海皆

▼ いわず今夜~ (3, 0.3%)

1 これから案内, すぐに, のうち

▼ いわず商店~ (3, 0.3%)

3 といわず

▼ いわず天井~ (3, 0.3%)

3 といわず

▼ いわず~ (3, 0.3%)

1 といわず, に合うた, の先

▼ いわず~ (3, 0.3%)

1 という石, といわず, や土

▼ いわず~ (3, 0.3%)

2 といわず 1 の葉

▼ いわず~ (3, 0.3%)

3 といわず

▼ いわず~ (3, 0.3%)

2 といわず 1 の下

▼ いわずいわゆる~ (2, 0.2%)

1 数学パズルと, 維新の

▼ いわずこう~ (2, 0.2%)

1 して, 大きく呟い

▼ いわずさかん~ (2, 0.2%)

1 な食欲, に飛込ん

▼ いわずそこら~ (2, 0.2%)

1 のもの片っ端, を打ちまし

▼ いわずともの~ (2, 0.2%)

1 ことだ, ことで

▼ いわずよく~ (2, 0.2%)

1 もいわずだ, 呑んだ

▼ いわずバラック~ (2, 0.2%)

2 の家々

▼ いわず一面~ (2, 0.2%)

1 に刺される, に真白

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 の喪章, の煮え切らぬ

▼ いわず即座~ (2, 0.2%)

1 によっしゃ, にカッフェー

▼ いわず~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 といわず, との切レ

▼ いわず方々~ (2, 0.2%)

1 から自分, から集まっ

▼ いわず武将~ (2, 0.2%)

1 といわず, にせよ

▼ いわず牛乳~ (2, 0.2%)

1 のよう, をたっぷり

▼ いわず現在~ (2, 0.2%)

1 のみといわず, 既にその

▼ いわず~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず直ぐ~ (2, 0.2%)

1 その場, に

▼ いわず直ちに~ (2, 0.2%)

1 唯今から, 御報告

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 の落ちた, や眉

▼ いわず背中~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 といわず, ともいわず

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 といわず, を拱い

▼ いわず自分~ (2, 0.2%)

2 は古い

▼ いわず船客~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず草木~ (2, 0.2%)

1 といわず, の枝葉

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 といわず, はみんなどこ

▼ いわず~ (2, 0.2%)

1 から頸, をたてた

▼ いわず身体~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず~ (2, 0.2%)

2 といわず

▼ いわず高氏~ (2, 0.2%)

1 は野面, も禅師

▼1* [475件]

いわずたくしと, いわずあごの下, いわずあちらこちらに十人二十人, いわずあなたといっ, いわずあまがとまや, いわずあらい息を, いわずあらゆる科学について, いわずありとあらゆるものを, いわずある時代に, いわずあれがかといっ, いわずいささか離れた話, いわずいずれにし, いわずいっこう平気な, いわずいっそのこと今夜, いわずいやでもおう, いわずいよいよ苦りきった不愉快そう, いわずうっかり帽子の, いわずおかみさんともいわず, いわずおよそはじめて太平洋を, いわずお前たちも行く行く, いわずお客の耳, いわずお腹といわず, いわずかえってみなが, いわずからめ手の総, いわずきせるをくわえ, いわずぐったり壁際の, いわずぐるぐる巻きに, いわずこれはあなた, いわずさっさと足を, いわずさっと流れて, いわずさっぱりとした, いわずざぶり滝の水, いわずしばらく黙然と, いわずしみじみと都会, いわずじっと池の, いわずじつにきれいな, いわずすたすたと役宅, いわずすべてバラバラバラと, いわずすべて五十年までの汽船, いわずすべて半歳の籠城, いわずすべて文字的創作文学のみをはっきり, いわずすべて理想教たる倫理教, いわずすべて自分の影, いわずそこで虎に, いわずそこらじゅう血まみれになった, いわずその他いかなる宗教, いわずそれから怪漢の, いわずそれなり横倒しに, いわずそれらはいずれ, いわずためいきばかりつきあっ, いわずつい昨今まで, いわずつまり東京市街の, いわずときなはれ江戸, いわずところきらわずその, いわずとっとと走った, いわずとても歩いて, いわずともかの土方歳三を, いわずどの廊下と, いわずなにも喰, いわずなんとかなるもの, いわずにくよ, いわずにこりともせず, いわずにのあんたも, いわずにゃ腹が, いわずいこんで, いわずはじめから宿, いわずはなはだしく古びて, いわずばあやといわず, いわずばらばらと遠藤, いわずひそかに睨んだ, いわずひたぶるに古き, いわずびしびしと打ちのめし, いわずふたりはふたり, いわずふり向きもしなかった, いわずべとべとの腐, いわずほとんど放ち飼いの, いわずぼうぜんと立ちつくした, いわずまずその人, いわずまだ余熱を, いわずまっすぐにつん, いわずまる一日あるきつづけ, いわずみな不安にみちた, いわずむしろその教え, いわずむっつりとした, いわずあれ, いわずもしも人が, いわずもっと早く雪, いわずゆかいな歌を口笛, いわずゆるりとお, いわずよそ見をし, いわずらいの令嬢, いわずわたしと人力車, いわずわっとばかりに泣き出しけり, いわずガラス戸を引きあけ, いわずクリスト教といわず, いわずクロにとび乗っ, いわずスイッチのところ, いわずスゴスゴ歩んで, いわずズタズタに斬る, いわずチクチクとつつきまわっ, いわずツルガと発音, いわずテエブルの上, いわずトビ市の眉間, いわずトルーソツキイ氏の風采たる, いわずニュウ・ジイランド土人が警戒, いわずバラ撒いて, いわずペタリと坐っ, いわずポンポン突いて, いわずメチャメチャに殴り付け, いわずリエと別れなかった, いわずルームといわず, いわず一つの身振り, いわず一切の宗教, いわず一同がやんや, いわず一斉に絶えず, いわず一時間ごとにもどんどん, いわず一様に表情, いわず七八十合も槍, いわず七八合槍と太刀, いわず下肢といわず, いわず与八と連れ立っ, いわず眼を, いわずを取っ, いわず丹羽長秀の名, いわず主体といっ, いわず乗客といわず, いわず九郎兵衛とも名乗らず, いわず乱雑にひっかきまわされた, いわずのあらまし, いわず二の腕といわず, いわず二人に浴びせかけた, いわず二十代の時, いわず二抱三抱に余る, いわず二階の窓, いわず互いになぐり合った, いわず交易といっ, いわずの肩, いわず人家の裏手, いわず人造人間とよぶ, いわず今日越しなせえ, いわず今日じゅうにかならず, いわず今晩にもヒスパニオーラ号, いわず仕舞にし, いわず仕込杖で打ちかかっ, いわず伊織がふたたび, いわず何一つせず, いわず何事をも行わず, いわず何処でも好き, いわず便所といわず, いわずに新橋, いわずの前, いわず元々通り可愛, いわずは他人, いわず入口の扉, いわず全体として教育, いわず全身血だるまのよう, いわず全部が船室, いわず六つの平面, いわずといわず, いわず出発させた, いわず刈田と言わず, いわずな範囲, いわず前垂掛けで朗, いわず前年の九月, いわず動きもせず, いわず化石したよう, いわず北国の天地, いわず単に飛翔機と, いわず即刻にも引き上げ, いわず即時から親戚, いわず即死して, いわず即答したこと, いわず友だちに対して堅苦しい, いわず合戦の始め, いわず藩の, いわず同じ運命を, いわず向うのドア, いわずの色, いわず唯々として曳い, いわず唯々諾々として彼, いわず唯それとなく目色で, いわず四民の家々, いわず土龍のよう, いわず地上に尻餅, いわず城門の屋根, いわず堂々たる若者たちまでが, いわず場内の一隅, いわずったまま陽, いわずのする, いわずといわず, いわず夕方といわず, いわず夕食といわず, いわず外出の折, いわず外国人といわず, いわず外部といわず, いわず百姓, いわず大きな土塊を, いわず大人たちはてんで, いわず大助と嫁, いわず大坂陣のとき, いわず大声に叫ん, いわず大抵はバラック, いわず大本教といわず, いわず大江時親といえ, いわず大道具小道具すべてをお, いわず大門に赤, いわず天皇という文字, いわずの方, いわず奥常念大天井, いわずでない女, いわず女らしい要求一切を, いわず女中部屋といわず, いわず女子供といわず, いわず女連からは横向き, いわずと言わず, いわずが血管, いわずといわず, いわず婦長さんの肩, いわず孔子の特別, いわずといわず, いわず存分に腐っ, いわず学校の帰り掛け, いわず学校図書館といわず, いわず守人は外, いわず安達もなに, いわず官兵衛もまた, いわず客席といわず, いわずの中, いわず寂しい山の, いわず寝台の上, いわず尊敬のま, いわず小屋といわず, いわず小手をかざし, いわず小説といわず, いわず小道といわず, いわず少し兄の, いわず少なからぬ便宜, いわず少年少女の教育, いわず屋台店の飲食店, いわずといわず, いわずといわず, いわず山野といわず, いわずといわず, いわずでも湖, いわずれの, いわずを走り, いわず市民たちからといわず, いわずといわず, いわず帯刀の前, いわず常にむしろいたわって, いわず帽子といわず, いわずのそ, いわずといわず, いわず幹竹割に斬り伏せられ, いわず幾個も当てられ, いわず床の間といわず, いわず床下までも残る, いわずが浅い, いわず廃坑といわず知らぬ, いわず廊下といわず, いわず廻廊といわずうろたえさわぐ, いわず強い太陽の, いわず強いてするよう, いわず徐晃の弓, いわず従業員といわず, いわず必ずジャパニーズと, いわずのできない, いわず悄然と退がっ, いわず悲しいときも, いわず我来也を捉える, いわず手あたり次第引っ掻きまわされて, いわず手当りしだいに馬車, いわず手当り次第に積み重ねた, いわず手文庫の中, いわず拙者の首, いわず撃剣といったの, いわず文学的の作物, いわずになるべき, いわずといわず, いわず日影がここ, いわず日曜といわず, いわず日本人といわず, いわず旦那と呼ばず, いわず放した窓, いわず映写機のよう, いわず昼間出て, いわず晩酌がすむ, いわず普通ソメと, いわず書棚といわず, いわず最も自然で, いわず有耶無耶のうち, いわず服装といわず, いわずは早起き, いわずの梢, いわず未来の全体, いわず材木だけはともかく, いわず東京より秩父, いわず松江からの便り, いわずといわず, いわず柔かい曲線を, いわずといわず, いわずともいわず, いわずといわず, いわず槍ヶ岳といわず, いわずも語らず, いわずともいわず, いわず欄間といわず, いわずから次, いわずも詠まない, いわず歓びを告げる, いわず武者修行をやっ, いわず武蔵もいわず, いわず時間あなたに, いわず比較的近代について, いわず民間会社と云わず, いわず永遠に別れる, いわずといわず, いわず油断なく構え, いわず泣きもせず, いわず流行の帯一本, いわず浦倉山と呼ん, いわず浪士といわず, いわずといわず, いわず海岸部といわず, いわず涼風の吹い, いわず温突の底, いわず滅多無精に掻き, いわず漁師までびっくり, いわず演奏家はみんなオリジナリティ, いわず潔しと思わぬ, いわずの狂う, いわずの中, いわず名刀と, いわず無常といわず, いわず無数の注射, いわず無茶苦茶にたどっ, いわず無言でその, いわず然るべき識者に, いわず煮込み蕎麦で結構, いわず燈火といわず, いわずを遣る, いわず狂言方といわず, いわず猛獣毒蛇の襲撃, いわず猿臂を伸ばし, いわず玄関へかかっ, いわず王道派といわず, いわず生憎に嘆息, いわず用件のこと, いわず男先生女先生といった, いわず畑林といわず, いわず白布で一面, いわず白衣に月, いわずは破門, いわず百姓といわず, いわずと一緒, いわず皆退却して, いわず盲滅法に打っ, いわず直義をかつぐ, いわず見るたび, いわず蒼な, いわず真先に立っ, いわず眩しきまでに飾りつけ, いわず着物といわず, いわず着衣といわず, いわず睡眠病息者のよう, いわず矢玉のよう, いわず知らん顔をし, いわず石原といわず, いわず禁門の中, いわず禅門の者, いわずが見た, いわずといわず, いわず突然與助の, いわずからといわず息づまる, いわず立上りつと建物, いわず簡単な言葉, いわず精一杯の力, いわず維新後の革命, いわず総じて京風な, いわず総てのもの, いわず羽織ともいわず, いわず老幼男女を問わず, いわずのうしろ, いわず職工といわず, いわずといわず, いわず胸もとといわず, いわず胸肩といわず, いわず胸肩背ともいわず, いわず胸腹手足の区別, いわずといわず, いわずのあたり, いわず膝ッ小僧といわず, いわず自力といわず, いわずといわず, いわず舞楽といわず, いわずのつい, いわずだの豆, いわず花車の片方, いわず芸事といわず, いわず若い人々の, いわず若芽といわず食いちぎり, いわず草叢といわず, いわず葉子に集め, いわず蒼白い冴えた面, いわず蔦葛の類, いわず薄い寝具の, いわず藤山吹杜若でもなし, いわず蘇秦張儀の術, いわず蘭丸こそその, いわずや泥, いわず行燈といわず, いわず街道といわず, いわずと後向き, いわず裏通といわず, いわず補充兵役にある, いわずといわず, いわずといわず, いわず西国といわず, いわず見物人の批評, いわずを突き刺し, いわずも思わない, いわず諸侯はみな, いわず諸方の武士, いわず議場その他内部の構造物, いわず貞世の上, いわず財力を持つ, いわず贅沢もいわず, いわず赤く染めて, いわず足利勢がここ, いわずといわず, いわずをクルリ, いわず身もだえ一つしなかった, いわず身体全体至るところ, いわず身動きもせず考え込ん, いわず軍艦といわず, いわず軽い会釈を, いわず近頃は欧風, いわず退出といわず, いわず連歌といわず, いわず連結器のところ, いわず過去にはなかっ, いわずといわず, いわず道具といわず, いわず遮二無二がんばって, いわずといわず, いわずを賞する, いわずといわず, いわず金銀五穀の豊富, いわず鉄水母のうわさ, いわず銀座中をひょろひょろ, いわず鏡台にレース, いわず長押といわず, いわず関所さえなけれ, いわず附近の山, いわず陣中につめ合っ, いわず陣幕の外, いわず雅号と称した, いわず雑兵の背, いわず雑貨といわず, いわずともいわず, いわずといわず, いわず頸胸といわず, いわず頼春は手, いわずといわ, いわずといわずき, いわず顔中に血, いわずを与うれ, いわずけだした, いわず髪の毛の中, いわずといわず, いわずたと, いわず鳳儀亭の朱橋, いわずをすえ, いわず煙りに, いわず黙々と終る人