青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いまだに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~ ~いません いまだ~
いまだに~
いも~ ~いや いや~ いやいや~ ~いよいよ いよいよ~ ~いよう いよう~ ~いらっしゃい ~いらっしゃる

「いまだに~」 1083, 11ppm, 10035位

▼ いまだにその~ (31, 2.9%)

2 行方が

1 [29件] ききめなき, ことは, ころの, しきたりを, にじんだ描きかた, まわりの, 仕事の, 僅かな, 地方に, 妖艶とも, 家が, 屋根の, 幹の, 心得が, 怖ろ, 思ひ出, 性質を, 時の, 機運に, 正体を, 生ま生, 節まわしが, 臭気が, 親には, 記憶の, 邸内の, 音が, 頃の, 願いを

▼ いまだにこの~ (25, 2.3%)

2 老人の

1 [23件] ありさま, 亭主に, 動悸を, 南国的な, 古式の, 囮商いは, 土に, 地で, 地に, 妾を, 屋敷に, 山茶花の, 日記の, 有様では, 町に, 紫の, 網膜に, 話は, 辺に, 通り解脱が, 長屋から, 長持の, 音楽家を

▼ いまだに~ (15, 1.4%)

1 [15件] せいの, めえ, よしに, 城に, 妙に, 師と, 帰りが, 帰りございません, 帰りない, 忘れないこと, 手当と, 独身で, 猿の, 藤の, 音信が

▼ いまだに~ (15, 1.4%)

2 の裡

1 [13件] には一人, によく, の屍骸, の目, の言葉, の頭, はこの, はその, はそれ, はなん, はシャクゼン, は俳句, は知らない

▼ いまだに帰っ~ (14, 1.3%)

10 て来ない 3 てこない 1 て来ないらしい

▼ いまだに覚え~ (14, 1.3%)

8 ている 2 ていた, てゐる 1 ていました, ていられるなら

▼ いまだにそれ~ (11, 1.0%)

1 [11件] が一ツ話, が気, が痺れ, は血, を思い浮べた, を思ひ出す, を抱い, を済ませない, を繰返し, を覚え, を蹈

▼ いまだに記憶~ (10, 0.9%)

5 して 4 に残っ 1 されて

▼ いまだにはっきり~ (9, 0.8%)

3 と覚え 1 とした, と蘇らせる, 分からないで, 眼に, 眼底に, 覚えて

▼ いまだに~ (8, 0.7%)

2 に残っ, の中, の底 1 につい, に残つて

▼ いまだに行方~ (8, 0.7%)

1 がわからない, がわかりません, が知れなく, の知れないこけ, は知れませぬ, も知れず, も知れない, 知れずなん

▼ いまだにあの~ (7, 0.6%)

1 つづきとして, とおり行く, ときの, 愚かな, 時の, 時ほど, 源三郎の

▼ いまだに~ (7, 0.6%)

1 がどうして, が両刀, のす, の名前, の目先, の身うち, を煩わした

▼ いまだに自分~ (7, 0.6%)

2 を力強く 1 から立ち去らない, が農民, にもわからない, の耳, をとりまきつづけ

▼ いまだに~ (6, 0.6%)

1 か奇蹟, の使者, の手, もいっ, もくださらぬ, もわかっ

▼ いまだに~ (6, 0.6%)

1 には不可解, の家, の手, の腦裡, の貧しい, はこんな

▼ いまだに姿~ (6, 0.6%)

1 が見えん, をあらわさない, をみせない, を見せなかった, を見せやしない, を見ません

▼ いまだにこれ~ (5, 0.5%)

1 という見当, といっ, ほど超, を他人, を労働

▼ いまだに一人~ (5, 0.5%)

1 でいる, で下宿住居, と言っ, の容疑者, もわからぬ

▼ いまだに~ (5, 0.5%)

3 に入り 1 も昼, をゆめ

▼ いまだに子供~ (5, 0.5%)

1 が一人, のよう, の時分経験, や子供, を持たない

▼ いまだに彼女~ (5, 0.5%)

1 にとっての未知数, のこと, の消息, の胸, を悪魔

▼ いまだに~ (5, 0.5%)

1 布れ, 心配を, 浪人か, 粥と, 謝恩の

▼ いまだに残っ~ (5, 0.5%)

4 ている 1 て学問研究

▼ いまだに独身~ (5, 0.5%)

1 だからね, でご, で通してる, の五十男久兵衛, を原則

▼ いまだに~ (5, 0.5%)

1 についてはなれません, にのこり, に残っ, に殘つて, の前

▼ いまだに~ (5, 0.5%)

1 がどきどき, が一ぱい, に想っ, に残ってる, の中

▼ いまだになお~ (4, 0.4%)

1 きりきりと, つけ慕っ, 多少この, 目的への

▼ いまだにまだ~ (4, 0.4%)

1 この男, こんなところ, 胸は, 震災直後の

▼ いまだによく~ (4, 0.4%)

2 覚えて 1 わからない, 憶えて

▼ いまだにハッキリ~ (4, 0.4%)

1 しない, とはわかっ, とはわからない, と憶え

▼ いまだに帰らない~ (4, 0.4%)

1 のである, のは, のも, アヤシイゾ

▼ いまだに忘れず~ (4, 0.4%)

2 にいる 1 にいた, に居る

▼ いまだに忘れられない~ (4, 0.4%)

1 でいる, でゐる, のでした, のは

▼ いまだに~ (4, 0.4%)

1 に入らぬ, の着け, をつけ, を着けない

▼ いまだに集古館~ (4, 0.4%)

4 へこの

▼ いまだにいきり立つ~ (3, 0.3%)

3 てさ

▼ いまだにこんな~ (3, 0.3%)

1 娘が, 所を, 支離滅裂には

▼ いまだにそう~ (3, 0.3%)

1 か私, やって, 信じられて

▼ いまだにそのまま~ (3, 0.3%)

1 そこに, にし, のなりかたち

▼ いまだにどうも~ (3, 0.3%)

21 節度を

▼ いまだにどこ~ (3, 0.3%)

1 かの古道屋, かの恐れ, か分らない

▼ いまだにない~ (3, 0.3%)

1 ことだ, という, とは突ッ拍子

▼ いまだになん~ (3, 0.3%)

1 のお知らせ, の吉左右, の手がかり

▼ いまだに不思議~ (3, 0.3%)

1 でなりません, に思います, に感じられます

▼ いまだに住人~ (3, 0.3%)

3 のさだまらで

▼ いまだに分らない~ (3, 0.3%)

1 からのこと, が悪い, 問題に

▼ いまだに分らぬ~ (3, 0.3%)

1 ので嫁, ままに, 節の

▼ いまだに判然~ (3, 0.3%)

2 しない 1 しないが

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

1 も娶らず, も子, を釈然

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

2 の騷ぎはげしく 1 の騒ぎ

▼ いまだに宿~ (3, 0.3%)

3 とても定まるまじく

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

2 六を 1 つぶな

▼ いまだに忘れる~ (3, 0.3%)

2 ことが 1 ことの

▼ いまだに愛惜~ (3, 0.3%)

3 を感じ

▼ いまだに月給~ (3, 0.3%)

2 はこれ 1 が上がらず

▼ いまだに未練~ (3, 0.3%)

1 があった, がきざし, を持っ

▼ いまだに死んだ~ (3, 0.3%)

2 父の 1 と信ずる

▼ いまだに江戸~ (3, 0.3%)

1 じゃア, と呼ん, 旧幕府

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

1 がさめない, に残つて, に見える

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

1 えてゐた, えてゐます, えてゐる

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

1 かに支えられ, にも分らない, のもの

▼ いまだに~ (3, 0.3%)

1 すら見せおらん, も挙げない, を出さない

▼ いまだにあなた~ (2, 0.2%)

1 の居所, は御

▼ いまだにありあり~ (2, 0.2%)

2 と覚え

▼ いまだにある~ (2, 0.2%)

1 そうです, んだ

▼ いまだにあれ~ (2, 0.2%)

1 がある, を愛し

▼ いまだにおぼえ~ (2, 0.2%)

1 ています, てゐる

▼ いまだにここ~ (2, 0.2%)

1 は鬼門, へ帰っ

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 子息左内様から, 逗留という

▼ いまだにごたごた~ (2, 0.2%)

2 して

▼ いまだにぜんざい~ (2, 0.2%)

1 を食った, を食つた事

▼ いまだにだれ~ (2, 0.2%)

1 もそば, も忘れ

▼ いまだにどうしても~ (2, 0.2%)

1 私には, 親密に

▼ いまだになんとも~ (2, 0.2%)

1 いえず懐かしい, 気味わるい

▼ いまだに一つ~ (2, 0.2%)

1 の逸話, も私

▼ いまだに一度~ (2, 0.2%)

1 も笑った, も郷里

▼ いまだに不明~ (2, 0.2%)

1 であった, とされ

▼ いまだに主人~ (2, 0.2%)

1 の前, は帰宅

▼ いまだに代議士諸公~ (2, 0.2%)

2 は天皇制

▼ いまだに仮越し~ (2, 0.2%)

2 の不安定

▼ いまだに何とも~ (2, 0.2%)

1 いい出さないの, ご通知

▼ いまだに執拗~ (2, 0.2%)

1 に望ん, に空

▼ いまだに大事~ (2, 0.2%)

1 にこころ, に保存

▼ いまだに大切~ (2, 0.2%)

1 な時, に保存

▼ いまだに好い~ (2, 0.2%)

1 恰好で, 町に

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 の名, の心

▼ いまだに孤高~ (2, 0.2%)

2 の文学

▼ いまだに完成~ (2, 0.2%)

1 して, しない制作

▼ いまだに左膳~ (2, 0.2%)

1 の掘立て小屋, へ対し

▼ いまだに帰らねえ~ (2, 0.2%)

1 から私, ところを

▼ いまだに微か~ (2, 0.2%)

1 な惜, な波動

▼ いまだに忘れ~ (2, 0.2%)

1 がたく思つて, は致しません

▼ いまだに戻らない~ (2, 0.2%)

1 さう, のだ

▼ いまだに方法的~ (2, 0.2%)

2 に完成

▼ いまだに明瞭~ (2, 0.2%)

1 では, にその

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 と変らない, の松竝木

▼ いまだに楽しい~ (2, 0.2%)

2 思い出である

▼ いまだに欧羅巴~ (2, 0.2%)

1 と亜米利加, 第一

▼ いまだに死骸~ (2, 0.2%)

1 が知れません, も知れません

▼ いまだに残る~ (2, 0.2%)

1 ところの, 額の

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 の彼女, を怨めしく

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 になっ, に病ん

▼ いまだに決定~ (2, 0.2%)

1 しては, しない

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 をうかべ, を流す

▼ いまだに深い~ (2, 0.2%)

1 交友を, 疑問を

▼ いまだに独り身~ (2, 0.2%)

1 です, なの

▼ いまだに生き~ (2, 0.2%)

1 てい, ている

▼ いまだに疑問~ (2, 0.2%)

1 として残っ, のまま

▼ いまだに目的~ (2, 0.2%)

1 を達し, を達する

▼ いまだに米友~ (2, 0.2%)

1 にはその, のこと

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

2 の仕込み

▼ いまだに約束~ (2, 0.2%)

2 を果さない

▼ いまだに継続~ (2, 0.2%)

1 して, する二つ

▼ いまだに行方不明~ (2, 0.2%)

1 だつた, であること

▼ いまだに行衛~ (2, 0.2%)

1 がわからない, は知れませぬ

▼ いまだに解決~ (2, 0.2%)

2 がつきません

▼ いまだに~ (2, 0.2%)

1 としておる, として飛加藤

▼ いまだに達者~ (2, 0.2%)

1 でいたら, でゐる

▼ いまだに鐘巻~ (2, 0.2%)

2 自斎

▼1* [603件]

いまだにあすこで最終, いまだにあったのを, いまだにあらしの日, いまだにいささかの恋情, いまだにいつ切符が, いまだにいぶかしく思うて, いまだにいられるかどう, いまだにいるということ, いまだにうしろ向きで震えつづけ, いまだにうす赤く菓子の, いまだにうち震えながら, いまだにうっすらと残っ, いまだにおかしいのは, いまだにおさまらずさっさつと, いまだにおもしろいと思っ, いまだにおれの記憶, いまだにお前さんを想いつづけ, いまだにかうしたアパート住ひ, いまだにかれの心事, いまだにきまった職が, いまだにえらねえん, いまだにこけ猿の, いまだにこんな大きなのを, いまだにういつた芸人付き合, いまだにさすがに威力, いまだにさよう然らばが, いまだにてゐます, いまだにしくしくして, いまだにしっかり握って, いまだにしっくり反が, いまだにしっとりと湿っ, いまだにしんしんとお, いまだにそいつが根, いまだにそこにまごまご, いまだにそれ等のすべて, いまだにそんな時計を, いまだにそんなふうに私にたいして, いまだにたいせつに所持, いまだにただの一口, いまだにたよりもよこさなけれ, いまだにちゃんと覚えて, いまだにできないでもがい, いまだにうとうとわたる, いまだにとかくの評判, いまだにとんと眼くらの, いまだにどんどん飛行を, いまだになしのつぶ, いまだになぜ生きて, いまだになにか魔力が, いまだになるようにしか, いまだになれなかつたのである, いまだにぬけず朝夕の, いまだにねむいのよ, いまだにのこる名説明, いまだにはかばかしいものが, いまだにはつきりとした, いまだにひざがしら, いまだにひとつの傑作, いまだにひとりも, いまだにふくんでいらし, いまだにふりしきる夕だ, いまだにぶすぶす内攻し, いまだにつこんで, いまだにほるつがるりすぼ, いまだにぼうぜんとたたずみながら, いまだにると, いまだにまごまごして, いまだにまつたく執着が, いまだにみたことは, いまだにみつからないってこと, いまだにもてないでいます, いまだにもとの場所, いまだにもどっては來, いまだにやっぱりこの問題, いまだにやっぱりそのままになっ, いまだにやはり解決が, いまだにやらずにいる, いまだにやり切れない気が, いまだにゆくえ不明なの, いまだにらちがあかない, いまだにわからないが兄, いまだにわが東大泉の, いまだにわたしには疑, いまだにわれらの土, いまだにさまらぬ, いまだにアトリエに他, いまだにアンドンを使っ, いまだにウロウロして, いまだにオカユをすすっ, いまだにカケ算ワリ算も満足, いまだにカッキリと, いまだにゲイシャやゲイシャ, いまだにゲラゲラ笑って, いまだにトルストイやガンジイ, いまだにナイフで肉, いまだにヌルヌルと流れ, いまだにハムエッグスとベーコン, いまだにピオの遺蹟, いまだにピストルも発見, いまだにマドリッドの劇場, いまだにモノにならねえ, いまだにリアルリアルと穴てんてん, いまだにリッパア事件の研究者, いまだに一人拙宅へやって来る, いまだに一兵の来援, いまだに一向知らない, いまだに一種の誤解, いまだに一部の人, いまだに丈夫でいるならば, いまだに上るけしきが, いまだにだけ黒くっ, いまだに下宿料を一文, いまだに下手人があがらねえ, いまだに下流の者, いまだに下級社員に甘んじ, いまだに不完全なもの, いまだにに残され, いまだに世界で一番高価, いまだに中途半端な妥協的見解, いまだに九月のまま, いまだにを子供, いまだにの成行き, いまだに二剣ところを別して, いまだに二十年前の怨み, いまだに二階の一間, いまだに五代目ほどの役者, いまだに五十年前の男, いまだに京都で三百年, いまだにに馴れ, いまだに人々は身辺小説, いまだに人並みの金, いまだに人民の口, いまだに人間の肉, いまだにのどの, いまだに会わぬもよう, いまだに伺候せぬが, いまだに位置などは無い, いまだに住居して, いまだに佐助が赤児, いまだに佐竹家からたしかに, いまだに何かと主家に, いまだに何だかキラキラとし, いまだに何となく昂奮し, いまだに何れであるかを, いまだに何彼と主家に, いまだに何枚か残っ, いまだに余喘を保っ, いまだに作左衛門を討った, いまだに作用して, いまだにのない, いまだに保存して, いまだに信じておる, いまだにをひい, いまだに借り手がない, いまだに停頓して, いまだに健三の耳, いまだに健在である, いまだに傘入の中, いまだに催されてゐる, いまだに充分お心, いまだにへ行く, いまだに全く分らない, いまだに全快しないで, いまだに全然手を, いまだに八本共に揃う, いまだに八王子からやってこない, いまだに六波羅別院の板屋びさしにお, いまだに共同風呂が行, いまだに其儘にし, いまだに其頃を夢, いまだに兼好法師のお, いまだに再会して, いまだに冴えた目と, いまだに冷えず恋の, いまだに凄いような阿, いまだにたり入, いまだに出ぬぞ, いまだに出世をしない, いまだに出現いたしません, いまだに分らねえからお前, いまだに分別がごわせ, いまだに初音の鼓, いまだに在して, いまだに利休の心, いまだに利用されて, いまだに止めること, いまだに加賀家家中のもの, いまだに助かっている, いまだに動悸がします, いまだに勝つたことも, いまだに十九とはひどい, いまだに十五夜になります, いまだに十円札を手, いまだに十分な結果, いまだに千鶴子との結婚, いまだに職業的な, いまだに占めてゐる, いまだに印象に残っ, いまだに即位のご, いまだにを産まなく, いまだに厚く交わって, いまだに原稿料を払わない, いまだに去らないのは, いまだにってあった, いまだに取りに来ない, いまだに受難なの, いまだに古い習慣通り十二三年も, いまだになり見当違いな, いまだに可笑しくて記憶, いまだに各地に残つて, いまだに吉報はありません, いまだに同じ場所に, いまだに名残の花, いまだに君ヶ代も満足, いまだに和歌などを弄ん, いまだにの一度, いまだに嗣子がない, いまだに四方八方の露路, いまだに在家の知れない, いまだに在所が知れない, いまだににまろび, いまだに地方の伝説, いまだに地獄の火坑, いまだに垂れさがって, いまだに城内外はしらみ, いまだに堂内に入らざる, いまだにり一つ, いまだに壕舍生活をし, いまだにをからし, いまだに物に, いまだに夏服だから, いまだに多くの人々, いまだにのよう, いまだに大きな子供では, いまだに大したもので, いまだに大して成長も, いまだに大船を二隻, いまだに天長節があ, いまだに失うことが, いまだに奇縁に思っ, いまだに奇蹟的にその, いまだに奥坊主組頭をつとめて, いまだに女々しい恨みを, いまだに女体の線, いまだに晴の, いまだに好きなこと, いまだに好意の記憶, いまだに妄執を地上, いまだににはわからない, いまだに妾越中にお, いまだにの力, いまだに嫁がないでいる, いまだに嫁げないでいる, いまだにがねえ, いまだに子どもがない, いまだに子供部屋と呼ばれ, いまだに存在して, いまだに宇宙をふらふら, いまだに安らかに憩つて, いまだに宗教心と云う, いまだに定まる業も, いまだに実在するか, いまだに実現しないで, いまだにの隅, いまだに家財道具も満足, いまだに宿題として決めかね, いまだに宿駅への関心, いまだにてゐる, いまだに寢込んでゐる, いまだに尋ねる師の, いまだに小学校の先生, いまだに小次郎は太刀, いまだに小次郎殿にはご, いまだに小止みなくふっ, いまだにが好き, いまだに岐阜と京都, いまだにの上, いまだに工場法の適用, いまだに左手を首, いまだに帆立貝のまま, いまだに師匠の許, いまだに帰らぬお綱, いまだに帰られないのでございます, いまだに帰着するところ, いまだに平々凡々たる学者, いまだに平泉へゆく, いまだに年々変りなく水害, いまだに幼少のまま, いまだに広島の屋敷, いまだに床板のまま, いまだに揚げ切れないところ, いまだに引きつけている, いまだには兄貴, いまだに弱まらないでいた, いまだに強い印象を, いまだにを見せぬ, いまだに彼女等がハリウッド, いまだに後悔いたして, いまだに復員服を着, いまだにに留め, いまだに心からなる好意, いまだに心底から確信, いまだに心臓が躍っ, いまだに忘れかねると云う, いまだに忘れないで居, いまだに忘れぬ心意気から, いまだに忘れられぬ唯一の, いまだに忘れられねえ彼奴が, いまだに忘れられませんがそれ, いまだに忘れ兼ねています, いまだに忘れ得ぬ恥辱の, いまだに思ひ出さないでごぼう, いまだに思わしくいかないので, いまだに思わしくないことのみ, いまだに怨みは忘れられません, いまだに恋している, いまだに恋しい夫に, いまだに恨んでいる, いまだに悟りがつかない, いまだに患いついてしまっ, いまだに悲しくてならない, いまだに浮べること, いまだに想い出すのは, いまだに感づかないのかな, いまだにへてをります, いまだに憤りを覚えず, いまだに成効の曙光, いまだに成案の眼鼻, いまだに成長した覚え, いまだに我が東大泉の, いまだに我慢して, いまだにる作用, いまだに戦々兢々で差支えない, いまだに戦慄なしで, いまだに戦時統制時代の夢, いまだに戻ってきやし, いまだに戻つて来ない, いまだに房一が往診鞄, いまだに扇屋から戻っ, いまだに投げ槍小六との, いまだに折れた矢が, いまだに抜け切らずにいた事, いまだに拙者を根深く, いまだに拡められて, いまだに持って来, いまだに振向いても見ない, いまだに捕えることが, いまだに捕りませんよ, いまだにの上, いまだに放れ駒の, いまだに政府や議員, いまだにはれざる肉体, いまだに救われざる肉体を, いまだにを打て, いまだに断ちがたい愛着, いまだに断行の運び, いまだにう心, いまだに新鮮である, いまだに方向さえ明, いまだににある, いまだに住民の, いまだに明らかに認められ, いまだに明治大正の古, いまだに普遍性をもっ, いまだに暗い軒下に, いまだに暗誦して, いまだに最も等敬, いまだに朝霞のこと, いまだに朝鮮でつくられる, いまだに木津の家, いまだに未定である, いまだに未解決な課題, いまだにを讀む, いまだに本復して, いまだに本陣に頑張っ, いまだにの上, いまだに机竜之助, いまだにのもの, いまだに東京から返送, いまだにとして消息, いまだに果せないでいる, いまだに枢機に列せられない, いまだに柳生石舟斎という巨人, いまだに栄三郎を恋い慕う, いまだに格式と言, いまだに桔梗様には解らない, いまだにのつぶ, いまだに検事総長の椅子, いまだに検断所の放免, いまだに極まらずにゐる, いまだに樹下石上をつづけ, いまだに機械体操と薄化粧, いまだに歌手の一人, いまだに止め置きになっ, いまだに正体は判然, いまだに正体不明のまま, いまだにの日記, いまだに此國では女性, いまだに此点では為出かさない, いまだに此處いらぢ, いまだに武松自身には不可解千万, いまだに武蔵様の後, いまだに歸還せず久子, いまだに残つてゐる位, いまだに残りつづいて, いまだに残存して, いまだに残念がって, いまだに毎日自分の村, いまだに毎朝市場へ出かけ, いまだに民族主義的な感傷論, いまだに気がかりでならなかった, いまだに気もみをし, いまだに気味の悪, いまだに気持ちがわるい, いまだに水盤の中, いまだに江戸全体は引っ, いまだに決つた住居を持たない, いまだに沙汰なしの, いまだに油蝉の声, いまだに泣き声を絶たない, いまだに流れている, いまだに流人村にとじこめられ, いまだに浪人致しおるとは, いまだに浪江を引っ, いまだに浮かばれずに迷っ, いまだに浮かばれない修羅の, いまだに海外から輸入, いまだに海賊の名, いまだに消えずにいた, いまだに消えたまんまな, いまだに消えないその疑問, いまだに消え失せずにいる, いまだに消息がわからない, いまだに深くはぬくもらぬ, いまだに混迷状態から脱, いまだに温厚篤実な学者, いまだに湛えていた, いまだに満たされないままに, いまだに源助柱という名, いまだによって, いまだに演劇としての立ち場, いまだにとしてゐる, いまだにに帰れる, いまだに濶達できびきび, いまだに妻で, いまだに無事に小学校, いまだに無産政党とか労農党, いまだにを噴い, いまだににも母, いまだに物凄い池などが, いまだに犯人は逮捕, いまだに犯罪研究者の間, いまだにえるものの, いまだに独りの武蔵, いまだに独り者で, いまだに理性や学問, いまだに理解されず或は, いまだに甘い考えから, いまだに生々しかった, いまだに生き生きとそれら, いまだに生ける時の, いまだに生存して, いまだに生死不明のため, いまだに生活が苦しい, いまだに用いている, いまだに田舎へ行く, いまだに町人髷を頭, いまだに町奉行所でも何, いまだに疎開から家族, いまだに疑わぬ印度, いまだに痛んでならぬ, いまだに療養中だと, いまだに発見できぬいま, いまだに登場しない全然, いまだに相続する人, いまだに相良玄鶯院と御, いまだに真っ蒼な, いまだに真意がとどかなかった, いまだに眠ったきりです, いまだに眼先にチラツイ, いまだに眼前をちらつく, いまだに眼星がつい, いまだにている, いまだに睨み合いをつづけた, いまだに知らねえらしいが, いまだに知る事を, いまだに知れず私は, いまだに知れないことに, いまだに知れませんから本当に, いまだにのお, いまだに祝言のさかずきごと, いまだに神秘である, いまだに私らはそれ, いまだに秘密に行なわれ, いまだに秘蔵して, いまだに立ち去るようすも, いまだに立ち木に背, いまだに米兵の死骸, いまだにを果さず, いまだに納得できないこと, いまだに細君の父母, いまだに経机の角, いまだに絶えず寝刃を, いまだに絶えないそうしてその, いまだに博物館長の, いまだに考へてゐる, いまだに聞こえるようです, いまだにがどこ, いまだには六尺, いまだにく覚え, いまだに自ら住むべき部屋, いまだに自家内心の直接問題, いまだに臭っている, いまだにがのり出す, いまだに舶来品が輸入, いまだに良くならないで, いまだに芥川のその, いまだに花キャベツを食う, いまだに花前を気味, いまだに若わかしく立派な, いまだに茂太郎を誘拐, いまだに華々しくは出現, いまだに著者の目, いまだにってあります, いまだに蔵書印というもの, いまだに虚脱と混迷, いまだにの正体, いまだにをしたたらせ, いまだに褐色の實, いまだに西だの東, いまだに西洋の人々, いまだに要路に就任, いまだに損った, いまだに見えるものと, いまだに見たものは, いまだに見つからない秘密結社の, いまだに見つけないところを, いまだに見まもっている, いまだに見ることが, いまだに覚め切れないのである, いまだにや兄, いまだに親族のあいだ, いまだに解けていなかった, いまだに解剖して, いまだに訓練も教育, いまだに記憶力が鈍った, いまだに評定役にし, いまだにのかた, いまだに詳しいことは, いまだに貧乏だから, いまだに責められている, いまだに責任のある, いまだに贖われないほどの罪科, いまだにの他人, いまだにの落胤, いまだに身柄の不明, いまだに車人形というもの, いまだに転入ができない, いまだに辞書がろくすっぽ, いまだに近来は机, いまだに近海の野々島, いまだに返金ないん, いまだに迷うている, いまだに迷信的な話, いまだに逮捕されないじゃ, いまだに身として, いまだに都会の借家, いまだに酔いが醒めない, いまだに見から, いまだに金井さんの体術, いまだに金星につかない, いまだにが離せない, いまだに長火鉢中心の古い, いまだに開通して, いまだに附近の人心, いまだに降りつづけている, いまだにの目, いまだにに立っ, いまだに隠居しようと, いまだに震えている, いまだに青い葉を, いまだに青ざめながらうち, いまだに面影が残っ, いまだに音信が有りません, いまだに音沙汰がございません, いまだに頃合の家, いまだに預かっている, いまだに頑張ってはいる, いまだに頑是なく, いまだにに残っ, いまだに頭痛がし, いまだに頭髪が生えない, いまだに尚が, いまだに飲料水に祟り, いまだに香油でも塗られた, いまだに時は, いまだにかに思い出す, いまだに鮮明り残って, いまだに鳴ってはいた, いまだに鴨居へ髷, いまだに鴻山殿の居所, いまだにの鳴き声, いまだにS子の所