青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いよう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

います~ ~いません いまだ~ いも~ ~いや いや~ いやいや~ ~いよいよ いよいよ~ ~いよう
いよう~
~いらっしゃい ~いらっしゃる いらっしゃる~ ~いらつ いらつ~ ~いられない いられない~ ~いられなかった ~いられる いられる~

「いよう~」 1371, 15ppm, 7558位

▼ いよう~ (348, 25.4%)

17 いまいと 13 思った 7 思う 6 思ったの, 思って 5 した, それは, 思いました, 決心した 4 いなかろうと, すると, 思えば 3 して

2 [13件] いう, するの, そんなこと, つとめた, つまりは, 云うの, 僕は, 心に, 思います, 思うの, 思うん, 思ったが, 思っても

1 [238件] あそばしても, あとへは, あとを, ある, あるいは珍奇獣虫, いうだけの, いうんで, いっこう問題, いって, いろいろ考え, おかまいなし, おそれること, お前たちの, お望み, お言いでした, かならず追いつい, かまわない存在, きめた, こう決心, このうえ, このもっぱら, この人, この前石川, この綱五郎, この郊外, これからだ, さっきから, したところ, したの, した努力, した幕府, した跡, しながらも, しや, すくなくとも所在, すでに精神, する, するか, するもの, するよう, する作家, する光春, する彼, する心持, する気, する私, する筒井, する者, そういっ, そのまま明け, それが, それに, それに対して, それを, そんな事, そんな恩怨, たかがおもちゃ一つ, ただ飲め, たとえ彼, だめな, ちっとも気, つとめて, できるもの, とにかくそれ, とにかく四方八方明けっぱなし, どうして思わない, ひとりの, べつにそれ, またそれ, またはギニイ金貨, または禁止法, またパリー, また哀れ, また新聞記者, まるで同じ, まるで米粒, まるで頓着, まア土, みなで, もう一度おまえ, もう気儘一杯, もう矢代, もがきながら, ロンドンへ, ヴィーナス, 一切おかまい, 一向構わない, 一向気兼ね, 一度も, 三郎兵衛が, 上の, 主人の, 久しい間, 二人の, 云う, 云うに, 云うもの, 云う兇暴, 云う古風, 云う算段, 云った, 云ったと, 云って, 五シリングを, 人前では, 人力車に, 仰云ったああ, 仰有, 仰有って, 何でも, 何の, 何も, 余計な, 停止的であろう, 先天的な, 全く同一, 八匹いよう, 出席者の, 別に不思議, 努めた, 努めたが, 努め出した, 動坂の, 勝手で, 勧めたからの, 原人が, 又は商売違い, 受けて, 同じだ, 同じに, 同一である, 声を, 大きにお世話, 大して構わん, 大声で, 大新聞, 姫君たちは, 孤児院から, 官に, 定命の, 少くとも, 少しも, 少なくとも何年, 屋根へ, 度胸を, 彼は, 彼以下には, 心を, 思いましたが, 思いますよ, 思い続けて, 思うけれど, 思うだけ, 思うと, 思うなら, 思うはず, 思う岸本, 思ったうち, 思ったん, 思ってるん, 思わなかった人, 思わなかった蛙, 思われたから, 思われるの, 思われるのに, 思われる頃, 思召すらしい, 怠け者の, 惚れては, 意に, 或は新, 手近に, 抗議も, 捨てて, 敗けて, 教養が, 新しい土地, 朝寝を, 棚の, 森村源五右衛門の, 楽しみに, 構わない, 横に, 武夫を, 死んで, 気違いです, 決して, 決心し, 決心しました, 沸き立つ腕, 泣きそう, 海に, 海岸では, 清吉は, 無論有無, 煩って, 物も, 経済学でも, 結婚する, 絶対に, 緩慢に, 翻然として, 考えた, 考えるよう, 肉体の, 肚を, 自分には, 自然科学の, 苦情を, 蒼空と, 血の気の, 要するに時日, 言う量, 言えば, 言ったの, 言わるれば, 誰にも, 谷底に, 貧乏詩人の, 質屋の, 足を, 踏にじられ, 近くに, 道具方が, 遥な, 邪魔に, 釘に, 釘を, 間が, 願いるか, 風が, 飯は, 飲んで, 驚くあっし, 高貴な, 髪の毛を, 鷹の, 黙りこくって

▼ いようとは~ (292, 21.3%)

24 思わなかった 19 夢にも 17 思いも 6 夢にも思っ, 夢にも思わなかった 5 思いがけなかった, 思って 4 さすがに, 思われなかった, 知らなかった 3 今の, 思えなかった, 思わない, 思わなかったので, 思わなかったよ, 思われない

2 [12件] それこそ, 交通機関の, 夢にも思いませんでした, 夢にも思わない, 夢にも気, 思いませんでした, 想像し, 想像も, 気が, 気がつかなかった, 神ならぬ, 考えられませんが

1 [156件] あまりに意外, いくら名, いまの, おれも, お前の, お松には, お釈迦様でも, この時, さすがの, しかし君枝, しないで, すこしも気づい, そこから, その時, そもそもな, それからだけでも, だれにも, ちょっと予想, ついぞ気, つゆしらなかった, どうしても信じられなかった, どうしても思われなかった, どうしても考えられない, どうしても考えられなかった, なおまだ, ふうんーそれ, まことに不思議, まことに予想外, まさに寝耳, まったく思い, まるで予期, もちろん知ろう, もとよりご, よもや夢にも知ろう, わたしだって, わたしも, 一寸考えられません, 予も, 予想も, 予期しなかった, 今まで, 何という, 何人も, 信じがたかっ, 信じられないので, 信じられぬの, 信ぜられない, 俺に, 僕年五十に, 全く予期, 全く夢, 全く夢にも思わなかった, 全く思い設けぬ, 古い言葉, 夢に, 夢にもお, 夢にも予想, 夢にも存じません, 夢にも思いがけなかっ, 夢にも思いません, 夢にも思い浮べなかった, 夢にも想わなかった, 夢にも気付い, 夢にも知りませぬ, 夢にも考え, 夢想する, 夢想も, 妾が, 存じませんでした, 存じよらなかった, 存じられませぬ, 存ぜぬたとい, 学生の, 実に意外, 実際予期, 少からず, 少しも, 少し意外, 左門老人にとっては, 当の倭文子, 彼が, 彼には, 彼の, 彼は, 彼奴だって, 心がけて, 思いのほかだった, 思い出す丈, 思えないから, 思っても, 思わず殆ど, 思わず第, 思わないしさ, 思わないという, 思わないの, 思わなかったから, 思わなかったけれど, 思わなかったさて, 思わなかったし, 思わなかったぞ, 思わなかったね, 思わなかったの, 思わなん, 思わねいもんだからははははは, 思われず明かしを, 思われないから, 思われないが, 思われぬ, 思われませぬ, 思われません, 思われません変って, 思わ無いが, 恐ろしいこと, 想像さえ, 想像されず, 想像されない, 想像しないでありましょう, 想像しなかったでしょう, 想像だって, 想像できなかった, 根井も, 正に世界, 気がつかない, 気づかなかったの, 気づきませんから, 気づくはず, 気の, 池谷医師も, 決して決して思われない, 流石商売柄, 滅多に, 知らずとんだ, 知らずに, 知らないから, 知らなかったね, 知らなかったの, 知らなかったよ, 知る由, 私には, 私は, 私も, 種々の, 考えないが, 考えなかった, 考えなかったから, 考えられなかった, 芝居の, 誰が, 誰だって, 誰とて, 誰も, 誰れ, 賊も, 露知らずお, 露程も, 驚きましたね

▼ いよう~ (109, 8.0%)

4 気も 2 一種の, 心持で, 心持に, 感じを

1 [97件] あこがれにも, いい気もち, いやがらせの, いやな, きまりが, こうもり男を, その顔, それでいて浮き立つ, なつかしいよう, また嬉しい, もう片時, やるせない心持, ジャンガラ星の, 不可解な, 云うに, 人が, 仕事は, 何かの, 何とも云え, 光を, 功利的な, 半ばもどかしい, 半分ばかり, 又然, 口つきで, 口惜しい気持, 可懐しい, 呼吸が, 大きな家, 大罪を, 容態か, 寒々しい最上, 尊敬の, 小さな芽, 小僧の, 小憎らしいよう, 彼女の, 心もちさえ, 心もちに, 心地が, 心持でした, 心持でしょう, 急斜面だ, 恥か, 恥しいよう, 悩ましい衝動, 愛嬌が, 感じで, 感激に, 所謂る, 挙動を, 昨夕であった, 晩が, 晩ねえ, 楽いよう, 樺紫の, 歓呼が, 気もちに, 気もちも, 気分に, 気持に, 気持も, 沈黙が, 滅入った心持, 滑稽さだ, 濃艶, 無意識な, 焦立たしさ, 燿く, 物凄い気持, 状態だった, 狂的な, 生活を, 用心深くは, 睡たいよう, 空模様です, 美が, 義雄兄の, 羽ばたきを, 脊の, 興奮に, 落武者の, 親しさ, 言いかた, 訊きかた, 話も, 謙譲の, 重たい気分, 銷沈いよう, 陸地を, 頭の, 顔で, 飛び離れた長い, 馴染の, 魔鳥の, 鳴声, 黒いよう

▼ いようとも~ (108, 7.9%)

4 それは 2 それらの, 思われぬ

1 [100件] あくまでこの, あたしの, あまり変り, あれは, いなかろうとも, うちの, おそらくなお, お浜, かつて花田植, きっとこの, こういう大浪, この世に, この永劫霽, この種, こんな無作法, すでに殺され, せめて自由, その力, その手, その精神, それが, それだけで, それを, そんなこと, そんなの, です, とにかく虚偽, どれほど人, どんな欲求, どんな風, はかられぬ, ほぼその, またどんなに, また小ざかしく, みんな過ぎ去った, めったに窓, もうそれ, もはや苦情, やっぱりよく生きたい, やはり似通うた, やはり自分, ゲー・ペー・ウーの, 一人の, 一切無, 一向用, 一生の, 世には, 世人の, 主人の, 之を, 互いに思っ, 何様な, 俺は, 其故にこそ, 出帆の, 刀と, 切り殺す, 努めて, 同じ世界, 天下公然の, 幽邃の, 強権と, 当分は, 彼の, 彼は, 彼女の, 心は, 思えぬが, 思わなかったが, 思われない, 恁う, 恋人らが, 我々は, 手を, 数を, 断じて許そう, 明に, 最初から, 最後の, 木村の, 死んで, 生活が, 男にとっては, 社会生活から, 神様は, 私の, 立派な, 結局悲しい, 聞かれて, 自分に, 自分の, 自分自身を, 英蘭銀行の, 表面は, 誰人にも, 軽薄な, 輝かしい喜び, 金及び, 関せず, 階級的な

▼ いよう~ (103, 7.5%)

15 いまいが 2 そんなこと, 構わない, 生きて

1 [82件] あたって, いつに, いまいか, いまいがそんな, いまいが日に, いまいが自然と, おそらくそんな, おまえと, お互に, お前の, ここなら, ここは, この幸福, この忍剣, こんな光琳風, しかしなぜ, それだ, それは, そんな事, ただここ, ただヨオロッパ, ためには, だれも, ちょうど半月前, とうてい駄目, ともかく舞台, どう見, どっちでも, どんな時, なにが, ひとまずこれ, まず息災, または冷やか, みんなに対して, やせて, よしんば正式, ガスの, ベン, 乳の, 他の, 何であろう, 何者が, 作者は, 六年前龍泉殿, 其の正体, 別して地方劇場, 医者の, 千枚流通し, 又いまいが, 善い人, 子供が, 少々腹, 少しも, 平河町から, 彼は, 彼等は, 敵機は, 昇降機に, 曇って, 根本は, 格別苦にも, 死んで, 死んでよ, 気狂いであろう, 汚い顔, 汚れて, 決して叱り, 消防船が, 生爪を, 生理の, 生産に, 眠って, 私の, 科学上の, 税吏であろう, 自分を, 謡を, 起きて, 趣向だけ, 身体が, 鎖を, 駄目である

▼ いようという~ (74, 5.4%)

4 のだ 3 ものだ, んだ 2 ことに, ところ, のは, ものです

1 [56件] あらたかな, あんばい, いかにも女, うちに, お先棒の, お約束, のであります, のである, ぺんぺん草の, まことに春風駘蕩, もので, ものである, ものを, ような, んです, サモシイ心根を, ソノ霊薬が, チャキチャキの, 不了見, 人だ, 人と, 人物, 光景は, 処かねて, 博多の, 土地ッ子だ, 場合では, 奴さ, 寒い時, 寸法, 工夫である, 平凡な, 心に, 心持だった, 態度を, 掛声を, 政治家めいた, 時に, 極めて残酷, 横着者, 気で, 気に, 気力が, 気持ちが, 煙草屋が, 私の, 立派な, 肝心の, 薄鍋, 親分, 訳です, 警察でも, 豆腐屋さ, 連中だ, 顔つきを, 騒ぎ

▼ いようもの~ (39, 2.8%)

3 なら, ならそれ 2 ならその

1 [31件] ならあと, ならあの, ならお家, ならここ, ならこの, ならご, ならさぞかし, ならすぐ, ならそやつ, ならたちまち, ならたとえ, ならどう, ならどんな, ならひどい, ならもう, ならやっぱり, ならスーッ, ならフン, なら下, なら人間箱, なら仕事, なら取り残されて, なら吉見, なら捕まって, なら杖, なら直木三十五, なら筑阿弥, なら足, なら逃げられて, なら難題, なら黙って

▼ いようなどとは~ (38, 2.8%)

5 夢にも 2 夢にも思っ, 思いも

1 [29件] お釈迦さまでも, さすがの, ちっとも気, どうしても想像, どうして思えよう, まるで嘘, 京一郎と, 今初めて, 全く考えられなかつた, 到底想像, 勿論気づく, 圭介は, 夢にもおぼえずまことに無礼, 夢にも思い, 夢にも気, 夢にも気付い, 夢にも考え及ばないらしく, 彼は, 思い泛んで, 思っても, 気が, 気がつかなかった, 神さまだって, 考えたこと, 考えも, 考えられも, 考えること, 誰あっ, 誰ひとりとして

▼ いようかと~ (22, 1.6%)

4 思った, 思ったが

1 [14件] いろいろの, しばらく躊躇, ためらうふう, ちょっとの, 思いますこんな, 思ったり, 思ったん, 思って, 思われますゆえ, 思われるの, 思われるほどの, 考えた, 考えて, 躊躇した

▼ いようはず~ (15, 1.1%)

5 がない 4 はない 1 がありません, はありませぬ, はありません, はあるまい, は無い, もない

▼ いようじゃ~ (14, 1.0%)

5 ありませんか 3 ないか 2 ねえか 1 あっしに, ないかという, ないかね, ないの

▼ いよう~ (13, 0.9%)

6 がない 3 はない 1 がありませぬ, なのに, もございません, もない

▼ いよう~ (11, 0.8%)

1 [11件] あっちへ, しらずまア, それとも出, それとも行っ, ほかの, 一方で, 上って, 人間に, 師の, 生きたかろうか, 黒

▼ いよう~ (11, 0.8%)

1 [11件] その彼等, また少し, わるくすれ, 奴に, 宇津木兵馬は, 寝すごしても, 或は他, 殊に今日, 熊笹や, 色も, 鉄砲なら

▼ いようこれ~ (9, 0.7%)

2 はこれ 1 は, は仙波さん, は仙波先生, は無任所与力, は玻璃窓, は郡上氏, は錢形

▼ いようなんて~ (9, 0.7%)

1 あたし夢にも, 一度も, 僕は, 夢にもあたし, 思いも, 想像も, 考えも, 誰が, 頭から

▼ いようなどと~ (7, 0.5%)

1 そんなこと, そんな馬鹿馬鹿しい, 外から, 考えても, 言う人, 言って, 誰が

▼ いよう~ (7, 0.5%)

4 知れぬ 1 しれぬと, 知れない, 知れないと

▼ いよう道理~ (6, 0.4%)

1 がございませぬ, がない, のない, はありません, はなく, もございません

▼ いようとしても~ (5, 0.4%)

1 それが, つい須美子, 城太郎の, 眼に, 顔が

▼ いよう~ (4, 0.3%)

1 きっと家来, しかも紛う, そんなこと, 拙者には

▼ いようといった~ (4, 0.3%)

1 先生が, 嗜みは, 塩梅だ, 塩梅である

▼ いようなぞとは~ (4, 0.3%)

2 夢にも 1 夢にも思っ, 少しも

▼ いよう~ (3, 0.2%)

1 浜坊元気だ, 米シヤン, 逢いしたいもの

▼ いようから~ (3, 0.2%)

1 これからすぐ引き返し, その国, 貨幣は

▼ いよう~ (3, 0.2%)

1 妖怪変化の, 山の, 間の

▼ いようもん~ (3, 0.2%)

2 ならそれ 1 なら盗賊

▼ いようわけ~ (3, 0.2%)

1 がない, がなかっ, はない

▼ いようかしらと~ (2, 0.1%)

1 思いましたが, 思って

▼ いようかとも~ (2, 0.1%)

1 思って, 考えて

▼ いようこいつ~ (2, 0.1%)

1 あ驚いた, は大した

▼ いようこと~ (2, 0.1%)

1 は誰一人, をせめて

▼ いよう~ (2, 0.1%)

1 もせず, をなさいます

▼ いようそれ~ (2, 0.1%)

1 こそ汝, を射つ

▼ いようって~ (2, 0.1%)

1 いうん, 者あ

▼ いようとして~ (2, 0.1%)

1 とういす, 全身の

▼ いようなぞと~ (2, 0.1%)

2 誰が

▼ いよう~ (2, 0.1%)

1 いまに, ええ

▼ いよう今晩~ (2, 0.1%)

2

▼ いよう~ (2, 0.1%)

1 から何, とはあ

▼ いよう洞窟~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ いよう~ (2, 0.1%)

1 らしいところ, らしいな

▼ いよう豪勢~ (2, 0.1%)

1 だ, だな

▼1* [74件]

いよういとな, いよういがを, いようかしらんとも, いようかってこの座敷, いようかという身分に, いようかとさえ思ったの, いようかなどと頭の, いようけれどもそれは, いようご両人お揃いで, いようじゃがどうもお, いようすごいものを, いようそして釣目は, いようぞというのである, いようただ太郎坊ばかりが, いようたって行くところ, いようえわけ, いようてには仏蘭西の, いようでもあり恐ろしい, いようとさえ思えなかった, いようとて何にも, いようとでも思うよう, いようとばかり考えて, いようどうしたん, いようどちらへ, いようどんな環境と, いようなけはいを, いようなぞいう事, いようなぞという事には, いようなと云って, いようなどという挨拶が, いようななりをした大男, いようなんだや, いよう従って探偵, いようすが, いようはしけやし, いようほどにあとでも, いようまた亢奮する, いようもう一度思案し, いようやっぱし来てたな, いようやら知れぬ, いようじゃ大切, いようわざと女共から, いようコゼットはあなた, いようタキノの親父, いよう一ツ橋家の武士達, いよう三四人の奉公人, いよう世間をはばかる, いよう久し振だな, いよう亜米利加の先生, いようは三合目陶器師, いよう先生ようこそお帰り, いよう公園へ引っ返し, いよう六月下旬植えつけ, いよう只少し足溜りの, いよう合点長屋あっ, いよう団長しっかり, いよう大分揃つてゐるな, いよう大坂町方役では錚, いよう大槻玄卿という人物, いよう宇土のびつこ馬, いよう壯どう, いよう旦那なんでもつ, いよう旦那万歳と云う, いよう此奴は大した, いよう殺人の美女, いよう熱くでもなつ, いようはそれ, いよう立腹もすまい, いよう色男っ, いよう貞女だな, いよう金吾やるなあ, いよう長者町の先生, いようも春, いよう黒外套の哲学者先生