青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いや~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~ ~いません いまだ~ いも~ ~いや
いや~
いやいや~ ~いよいよ いよいよ~ ~いよう いよう~ ~いらっしゃい ~いらっしゃる いらっしゃる~ ~いらつ いらつ~

「いや~」 29096, 314ppm, 308位

▼ いや~ (3020, 10.4%)

174 顔を 93 気が 50 ことを 43 んだ, 奴だ 42 気持に 3937 ことだ 36 んです 34 思いを 31 気持が 26 心持が 25 ものは, ものを 20 のだ, ものだ, 心持に 19 ことが, 夢を 18 のは 1716 いやな, 事を 14 のか 13 ことばかり, のです 12 顔も 11 ことです, ものが, ものに 10 においが, 感じを, 氣が, 臭いが, 顏を 9 のである, 事だ, 人, 気持の 8 ところを, のよ, やつだ, 事が, 人ね, 感じが, 気持で, 気持を, 野郎だ

7 [12件] ことも, ものです, 事ばかり, 人だ, 匂いが, 声で, 女だ, 奴が, 感じの, 気持ちが, 言葉を, 話だ

6 [14件] お人, ことで, ことに, ことは, においの, ひと, やつ, ような, 事は, 噂が, 奴で, 子だ, 気持ちに, 目に

5 [20件] こッた, ところも, のだろう, ので, のを, ものである, んで, 予感が, 事も, 心持で, 心持を, 気に, 気分に, 気持です, 言葉だ, 音が, 音を, 顔し, 顔は, 風が

4 [30件] お気持, ことだった, ことである, ところだ, 事に, 事件が, 仕事を, 噂を, 声を, 奴さ, 奴と, 心持ちが, 思いで, 思いも, 思を, 想いを, 方, 気持だ, 気持だった, 男です, 眼で, 笑い声が, 笑い声を, 笑ひ, 臭いの, 臭ひ, 色を, 言葉です, 面を, 顔一つせず

3 [45件] お天気, お顔, か, ことだろう, ところが, ところです, ところに, ところは, にほひ, のかい, のさ, のでございます, ものなり, もんだ, もんです, ア, 人の, 仕事でも, 仕事に, 匂ひ, 印象を, 咳を, 商売だ, 声が, 夢ばかり, 奴よ, 後味が, 心持, 思いばかり, 感じ, 感じだった, 感情を, 所だ, 手紙を, 気持ちです, 気持も, 男に, 目つきを, 眼つきで, 眼を, 笑い方を, 色に, 話を, 顔つきを, 香を

2 [150件] あと味を, おばさんから, おばさんだ, おばさんと, おやぢ, お客に, お客の, お祖母様, かおも, かおを, こつた, ことでも, ことという, ことには, ことの, ぢ, つり針, ところでございます, ところばかり, ところへ, におい, においだった, にそれ, のかとか, のだった, のであろう, ので水, のと, ものか, ものだった, もので, ものであります, ものと, ものの, ものまでが, ものよ, やつが, やつで, ように, んかい, んじゃ, んぢや, んでしょう, 上に, 世の中だ, 事, 事だった, 事だって, 事って, 事には, 人ったら, 人な, 人に, 人呪わしい, 人間に, 仕事が, 仕事だ, 仕事も, 仲間も, 先生, 半睡, 印象について, 名前です, 味の, 唸り声だ, 噂も, 困難な, 塊が, 声だ, 夢だった, 夢でも, 天気が, 天気です, 天気に, 女に, 奴です, 奴では, 奴は, 奴悪い, 子な, 子供だ, 客で, 山だったら, 役だ, 役を, 心持から, 心持ちだ, 心持であった, 思い出を, 悪臭が, 感覚が, 手つきを, 手紙が, 文字を, 日だ, 日だった, 日であった, 時は, 晩だ, 晩だった, 月である, 殿御が, 気も, 気もちが, 気もちに, 気持ちで, 気持と, 気持には, 気持は, 気色を, 氣持で, 海だ, 海には, 物を, 物音が, 状態に, 生活は, 癖だ, 監督さんだ, 目つきで, 目で, 目を, 眠りの, 空気が, 笑いかたを, 結婚を, 臭いは, 臭みが, 色が, 花だ, 覚えの, 言葉が, 言葉である, 語だ, 調子で, 辻占だ, 連想が, 重苦しい夢, 野郎が, 野郎で, 陰気の, 雨が, 雨である, 静けさが, 面だ, 顏も, 顔いろ, 顔が, 顔なんか, 顔に

1 [1091件 抜粋] あくどさ, あなた, あるほど, いなかを, いやな落ちつく, うわさを, おかみさんの, おじさんね, おそろしい動物, おばあちゃん, おばさんが, おばさんでも, おばさんは, お兄様, お婆さん, お客は, お方と, お母さん, お狒々さん, お稲荷様, かっこうで, かっこうの, がにもえ出で, きみの, くらいにみな卑劣, こころもちだけを, ことあなたが, こといやな, ことからも, ことこわい, ことじゃ, ことだらう, ことでございましょう, こととより, ことない, ことなり, ことばっかり, ことより, こと云つた, こと平気でおっしゃる, こと真っ平, こと言う, こわい事, こんな稼業, さびしい風, しんぱいも, ずるいやつら, その方, そんなもの, たちだ, だみ声を, つらを, とげとげした, ところだった, ところで, ところでも, ところという, ところとも, とも一人, どころか寧ろ, なんでも, においだ, においに, にざっくばらん, にちゃんと, にめいてい, に今, に何, に別段, に大した, に宰相, に嶋, に情夫, に普通, に植木屋, に石振り, に草心尼, に道誉, のかと, のが, のであらう, のでかえる, のでこの, のでご, のでしょう, のでそれなり, のでやめる, ので勘弁, ので帳場, ので無, ので自分, のなら, のにぎやか, のね, のらしい, の焼餅, の自分, はずね, ばあや, ばばあ, ひとにやにや, ひとねえ, ほどの男, ほど乱雑, ほど見, まずいこと, みそさざいが, みっともない言葉, ものさ, ものだろう, ものな, ものなら黙っ, ものねえ, もの又, もの知らない, もんじゃ, もんぢや, もんよ, やつだろう, やつでは, やつに, やつの, やつらばかり, ようです, わけが, わらい声, んだい, んだって, んでござんす, アに, ギンネコ号の, ショック, ト書きが, ネー, パンを, ポーズが, ラヂオが, ローリイさんあたし日に, 一日で, 一種の, 一面を, 下宿に, 不愉快な, 不自然さが, 世の中であろう, 世の中の, 中に, 予感さへ, 予感を, 事で, 事でしょう, 事と, 事ねえ, 事ニて, 事件だ, 事件を, 事情に, 二日を, 交際も, 人が, 人でしょう, 人と, 人を, 人物とが, 人相や, 人間を, 今日のは, 仕事ぢや, 仕事にな, 仮面だ, 位, 作品だ, 侍に, 傾向が, 兆候だ, 先生ねえ, 光を, 入相が, 六段目は, 処だ, 処に, 切ない思い, 刺戟を, 刺青の, 動悸を, 勘が, 勤めの, 匂いだ, 匂いの, 匂が, 十五六分間の, 古い奇怪, 句です, 叫び声を, 名が, 名の, 名前だ, 名前でしょう, 名前の, 味を, 咳と, 商売だろう, 商売どうせ, 商売を, 問題を, 嘲笑いを, 噂の, 回想が, 土曜日, 坊さんね, 坊主頭だ, 報告も, 場所だ, 場所な, 墓地発掘の, 声だった, 声であった, 声な, 変化は, 多々良さんだ, 夢から, 夢も, 大学にも, 天気, 天気である, 天気なり, 奇妙な, 女です, 女の, 奴あり, 奴たらありゃしない, 奴だろう, 奴っ, 奴でない, 奴な, 奴には, 奴ばかり, 奴ッちゃ, 奴助平な, 奴身ぶるいしたい, 姉さんね, 姑を, 姿である, 婆, 婆だ, 婆や, 子, 子なりき, 子は, 字だ, 存在だ, 宅助, 客, 客は, 室に, 家に, 宿屋で, 小さなもの, 小僧までが, 小悪魔達, 山羊の, 巣まで, 幻影が, 座敷を, 弁信さん昔の, 弱点が, 彫刻が, 役まわりを, 役割を, 彼んな, 後味を, 御想像, 心持だ, 心持ちに, 心持ちは, 心持でございました, 心持でも, 心持なり, 必要から, 思いから, 思いし, 思いでしょう, 思いの, 性分です, 性格の, 性質に対する, 性質を, 怪我でも, 恐ろしい事, 恥しいもの, 息子だ, 悪戯ね, 情景だ, 想像に, 感じも, 感情は, 態度で, 憎しみの, 戒名では, 房枝さん, 所の, 所を, 手紙だ, 押しづよさが感じられる, 捕物だった, 敵役には, 方だ, 方へ, 日, 日が, 日でござんした, 日向ぼこ, 日本髪の, 旦那を, 時期も, 晩, 晩であった, 晩を, 暗い疑ひ, 書類を, 月なり, 期間を, 松村の, 案内役を, 椅子, 槌の, 様子の, 横目を, 欠伸を, 次郎ちゃんわたしを, 歌を, 死神の, 母様, 毛唐だ, 毛虫に, 気の, 気もちだ, 気を, 気分で, 気分を, 気味の, 気持しばらく, 気持ちか, 気持ちでした, 気持であった, 気持な, 気持にな, 気色が, 氣は, 氣持にな, 汁を, 沈默が, 沼気が, 泰軒小父ちゃん, 流行的亢奮からは, 海は, 淋しい気, 添え物なし, 滓が, 灰色の, 無作法な, 煙の, 熱が, 熱風の, 父だ, 父様だ, 物が, 物で, 物ばかりを, 犬です, 犬も, 猫だ, 王女だ, 理由よく, 生活を, 男が, 男だった, 男なり, 男一見, 留守の, 疑いが, 病に, 病気らしい, 病氣は, 病院へ, 癖を, 発熱の, 皮肉や, 皺は, 目には, 目付を, 真似は, 眼, 眼の, 石ころの, 私なり, 秘策を, 程溢れ, 稽古を, 空咳まで, 竜ちゃん, 笑いごえ, 笑いようを, 笑い顔に, 箱に, 箱は, 粗雑な, 結果に, 絵という, 緑茶を, 習わしです, 翳を, 考えなどは, 者に, 耳鳴, 職業を, 胴体を, 胸騒に, 腹立たしさ, 自髮ぢぢイ歸つて來, 臭いであります, 臭いを, 臭気であった, 臭気も, 臭気をも, 色しとる, 色で, 色男だ, 芝居は, 若僧, 苦しいいきさつ, 苦労を, 草なれ, 草ばかりが, 薬も, 虫は, 蜘蛛を, 蝶々だ, 血統だ, 術じゃ, 見かけを, 言い方を, 言葉じゃ, 言葉であった, 言葉は, 記憶さへ, 記憶を, 訪問客の, 話が, 話である, 話ばかり, 誇張が, 説教で, 謎を, 貌に, 赤い雲, 路だ, 身振, 連中です, 運命が, 部分が, 郵便物の, 醜怪, 野心ばかりしか, 野郎ぢや, 釣人どうし, 関係である, 陽気が, 雨でございます, 雲, 雲行きが, 霧だ, 面で, 音, 音だつた, 音でした, 音ばかり, 響きが, 顏にがい, 顏一つせず, 顔からこそ, 顔だ, 顔つきである, 顔など, 顔ひとつ見せる, 顔一つした, 顔一つ見せなかった, 風だ, 風体な, 風情を, 風自分の, 餓鬼だ, 香が, 魔法の, 魚なんか, 鳥だ, 鳴りを, 鴉啼き, 黄色の, 鼠

▼ いや~ (2197, 7.6%)

159 なって 112 なった 37 なる 33 なつた 24 なったの 23 なりました 21 なつて 16 なったん 15 なります 12 なるほど 10 なるの 9 丁寧な, 気を 8 人を, 気に 7 なったから, 思って, 落ちついて 6 なっちまう, なっちまうな, なること, なるね, 改まって, 真剣な, 耳に, 落ち着いて, 落着い 5 なったと, なるくらい, なると, なれば, 丁寧に, 気の, 真剣に, 静かな 4 おちついて, おなりに, なったが, なったという, なったらいつ, なっちまうなあ, はっきりし, 念を, 真面目な, 静かだ

3 [30件] しんみりし, つんとすまし, なったからと, なったよ, なっちまうね, なっちゃ, なっちゃう, なっちゃうな, なっても, なつたら, なり, なりましたよ, なり候, なるに, なるよう, ぬらぬらする, はっきりと, ひっそりし, 傲慢な, 変な, 思った, 思われて, 思われるの, 感じた, 手間が, 横柄に, 気が, 気取って, 静かに, 黙って

2 [105件] いばるの, おとなび彳, お世辞, お思い, がらんと, くっきりと, こだわるの, しとやかな, しんと, すまして, それが, だだ白く, ていねいな, なったって, なったもん, なったらすぐ, なったり, なったろう, なったわ, なったんで, なった時, なっちまうよ, なっちまった, なっちゃった, なつちやうね, なつちやつた, なりましたわ, なりますからの, なりますよ, なるかも, なるから, なるぜ, なるそんな, なるな, なるなあ, なるまで, なる事, ねばつこい口調, はっきりした, はっきりしてる, まじめな, もったい, もったいぶって, ガランとして, コセ, シンと, 上品ぶっ, 不自然な, 世話を, 優しい, 元気づい, 冴えて, 冷かな, 冷つく, 冷淡に, 利いた風, 取り澄まして, 堂々と, 大きな犬, 天井の, 奥深く行先, 好意を, 威張って, 平べ, 御丁寧, 思う, 思っては, 恩に, 文字の, 星の, 横柄な, 活, 淋しかった, 深刻な, 澄まして, 澄む, 熱心だ, 目まぐるしい手足, 目立って, 眼が, 眼の, 眼を, 私の, 細長い頸, 老成ぶった, 考えこんで, 考え込んでるよう, 耳ざわりに, 背が, 胸騒ぎが, 腹が, 落ちつき払っ, 落付払っ, 落着いてる, 蒸しますね, 蒸し暑かった, 言葉遣ひ, 調子を, 遠廻しに, 鈍重な, 陰気で, 陰気な, 陰気臭くて, 香水を, 高慢ちきな

1 [1246件 抜粋] あっさりし, あてこすりばかり, あやまって, あわてた足どり, いそがしくなっ, いばって, うす暗い, うっとり眺め入っ, うるさく我, うれしくなっ, おそいから, おっとりと, おとなしいのね, おとなし過ぎる, おどかし文句, おなりな, おもくるしい夜, おもふ, お北, お滑り台, お辞儀を, お高くと, かっと熱く, からむの, かるく今にも, がき深淵ぞ, きたなかつた, きちんと揃っ, きらきらと, きらめく南国午後, ぎらぎら光っ, くっきりし, くるくるする, くわしいと, こせ, こそこそし, こまちゃ, ごつごつし, さびしいもん, さびしかった, しいんとし, しき蛇と, しずかに, しっくり落, しつっこく, しほし, しめつぽい, しょげて, しらっぱ, しんみりと, じれつたいな, すごい目, すべっこくて, すましてるじゃ, せいて, その, そは, そわそわし, だるくって, ちぢこまって, つくってるな, つつましい様子, つるつる光っ, つんと澄まし込ん, でこぼこし, でぶでぶ肥っ, どうも持ち, ながったらしい, なったかい, なったな, なったなんて, なったのねえ, なったばかりか, なったらしくや, なったらやめるという, なったら花見, なったら遠慮なし, なったわけ, なった得意中, なった時分, なった訳, なっちまいます, なっちまうこと, なっちまわあ, なっちゃうなあ, なっちゃったのよ, なってから, なつたくらゐ, なつたの, なつたんです, なつちやうよ, なまなましく見え, なまめかしくて, ならない程度, ならぬか, なりつつ, なりながら, なりはてながら, なりましたの, なりましょう, なりますの, なりやした, なりゆく, なり世の中, なり二束三文, なり候間, なり到頭, なり娘, なり引返そう屋敷, なり或, なり日本, なり涙, なり申した明日, なり腰, なり自己, なり逃げようと, なり馬鹿, なるが, なるじっさい, なるだろうよ, なるでしょうと, なるねえ, なるまた, なるわけ, なる位, なれなれしいところ, なれなれしく幾分, にこにこし, にやにや笑, ねこめが, のさばり出て, のっぺりした, はずまない気分, はっきりなさる, はっきり画面, はつきり答へ, ひからびた老人, ひっそりしてる, ひつそりし, ひねくれた物, ひねっこびた植木鉢, ひょろひょろし, びくびくし, ぴかぴかと, ぴったり寄り添っ, ぴよこぴよこしながらその, ふけちまつ, ふさぎこんで, ぶかぶかし, ぶっきら棒, ぼんやりし, まがりくねった透明, またはかどらせる, また神妙, まぶしかった, みなイキリ立つ, むくんだ顏, むしむしし, むずかしくなった, めかすぢ, もったいぶってや, やかましいからな, やさしい声, ゆっくりと, よくみえる, よそよそしいン, よそよそしく直吉, れいたんな, わが身の, イジけて, カチカチの, カンカン云, キチンと, キョロリと, ギラギラと, ゲイシヤガールが, シンミリした, センチに, ソワソワ出歩い, ヂロヂロと, ツンツンする, デコデコした, ナマな, ニチャニチャする, ニヤニヤする, ノッペリした, ハッキリと, ピョロピョロする, ブルジョア臭い, ポカポカする, モッタイづけるない, 丁寧だ, 丁寧で, 丁重な, 上品がる, 下唇, 不機嫌で, 世辞る, 中の, 乱暴でしょう, 亭主ぶりや, 人通りの, 人間っぽい, 今日は, 他人行儀の, 仰々しく道誉, 仲人染みた, 低級な, 余裕綽々として, 修行が, 備は, 傾いだ長屋門, 優しい言葉遣い, 元気がねえな, 兄貴ばかりを, 光る, 光る眼, 冷え冷えする, 冷かしたから, 冷たくて, 冷たく冷え, 冷酷無情だ, 処女ぶっ, 分別を, 判然り, 割り切るじや, 力を, 動くね, 動物的に, 勿体ぶつた, 勿体ぶるな, 匂わせるもの, 卑下謙遜するで, 厚化粧を, 反り身に, 取りすました様子, 取澄ました年, 叮嚀な, 可愛がっ, 君子ぶ, 味噌みたいに, 哲学などを, 四かくな, 図々しく月, 固くなっ, 固まってるんで, 固苦しいのね, 圧迫し, 執念が, 執拗でした, 執拗なこだわり, 堅くなっ, 塗け, 売れて, 大きいニッケル, 大きくみえる, 大きく見える, 大きく響く, 大きな洋服, 大まかじゃ, 大切に, 大物ぶっ, 太った芸者, 太陽の, 奧齒に, 女の, 委細を, 威張ってや, 嬌態を, 子供っぽい, 学者ぶ, 安住し, 宣伝する, 寂しい様子, 寒くなっ, 寒くなつ, 小さくまとまっ, 小さな萎びた, 小生意気な, 小綺麗で, 尻を, 屁理屈を, 巴里めかし, 帰思を, 平べつ, 年寄くさく, 底ひびきの, 底光りの, 建物が, 弁解する, 強く彼, 形が, 役目を, 御遠慮, 忙しい, 念入りな, 怖気を, 思いましょう, 思えた, 思えるという, 思われては, 思われるか, 恐い目, 恩になんか, 悄気返って, 悪党がって, 悲観しなさんな, 意味深長に, 感じさせること, 感ぜられた, 感服した, 慇懃で, 我鳴り立てる, 手が, 手の, 才走ったところ, 抓りたいよう, 抹香くさい, 押す人, 推薦します, 搦むね, 改まってさ, 整頓され, 断定する, 新しくわかっ, 早え, 早く走る, 明るかった, 明瞭に, 星が, 景気の, 暖い, 暗いじゃ, 暗かった, 曲けても, 本気な, 東京へ, 森として, 構えて, 横風な, 正確に, 殊勝らしく構え, 母子づれが, 気分に, 気取った兄いが, 水を, 汚れた黒い, 沈み込んで, 沈んで, 波の, 泰山を, 淋しい気, 淋しく悲しくなっちまった, 深刻ぶった, 済ました人, 湿りぽく, 準備ととのっ, 澄ましてや, 澄まし込んでるねえ, 煽動的だ, 熱中し, 物知りぶる, 物驚きを, 狎, 猫撫声で, 理窟つ, 理詰めだ, 生きた感じ, 生っ世辞, 生理的に, 用心深く持っ, 疑い深くしつっ, 疲れて, 瘠せてるじゃ, 発達するだろう, 白く両方相俟, 白ちゃ, 白っぽい光, 皮肉なぶし, 皺の, 目に, 目を, 真剣だ, 真四角な, 真面目くさって, 真面目に, 真黒な, 眩しくきらきら, 睨めるじゃ, 知らん顔を, 神妙に, 神秘的な, 神経過敏だ, 突っかかるじゃ, 立って, 笑いくずして, 笑つてる, 米国空軍の, 納った, 素ッ気ね, 細長かった, 絡んだ言い方, 緊り, 緊張した, 美人に, 義理を, 考えこんでばかり, 考えぶか, 聞えた, 聰明ぶる, 肩を, 背すじが, 胸ぐるしいもの, 胸を, 腹わた, 臆病だ, 興覚め, 色が, 色男に, 艶めかしい, 若いな, 荒っぽく門, 萎れた声, 落ちついた声, 落ちついてるわね, 落ち付かせたきよ, 落ついた様, 落つき払って, 落着きこん, 落着き払った八五郎, 蒸し暑い風, 蒸すよう, 薄のろで, 薄寒くなった, 血走った目, 行届くん, 複雑化し, 見えたこと, 見せびらかしてや, 親切な, 親身な, 訳が, 話が, 語尾を, 調子づいたドン, 謙遜を, 貫禄が, 賢く狡滑, 贅沢を, 赤くむき出し, 赤味の, 身を, 身近に, 軟化し, 軽やかで, 辞を, 込むぢやないか, 退屈に, 逆せ上がる, 通を, 遊子ぶっ, 違ひない, 遠廻しの, 鄭重だった, 鄭重な, 重かった, 重くって, 量が, 釣られて, 長くすそ, 長く永く見, 間の, 阿諛の, 陰欝な, 陽気が, 隠し立てを, 難癖を, 青い糸, 静かじゃ, 静な, 静粛だった, 響くの, 頑丈らしく, 頭が, 頭へばかり, 顔が, 飾り立てた法服, 駄々広い, 騒いで, 高くとまった, 高く目, 高飛車に, 鬱いで, 鮮かに, 鳴るじゃ, 黄いろッぽい, 黒, 黙ってるじゃ, 黙り込んぢまつ, 鼻に

▼ いや~ (1334, 4.6%)

10382 いやだ 7834 なあ 20 というの, な 1918 ねえ 15 という 14 といっ, と思っ, と言っ 11 と思った 10 から, と云っ, と思う 9 と云, と云う 7 ぜ, といったら, といふ, と思い, と言う 6 というん, なア, わね 5 し, とお, と言, と言った 4 あ, からな, というよう, といえ, よ私, わあたし, わそんな, わた, 私は

3 [16件] おれは, からいや, からね, からねえ, こと, しまた, つたのだ, と, というなら, といった, といふなら, とは言わなかった, と思ったら, もの, よこの, よそんな

2 [50件] あんなもの, いと思ひ, おじさんは, からそんな, からで, からどう, からなるべく, から今度, から家, から廊下, つたから, つたのである, つてば, というもの, という事, という風, といつ, とさ, とつくづく, と云え, と云った, と云ったら, と思, と思います, と申しました, と言ったら, と言つて, なあお父ちゃん, ねえとその, ねまた, ぼくは, よいい, よう, よお, よおれ, よもう, よッ, わあんな, わいや, わお, わよ, わ早く, わ私, ッ, ワ, 事, 何にも, 俺ァ, 僕は, 誰が

1 [587件 抜粋] ああいや, あい, あいや, あしない, あそんな, あたしそんな, あたしモスコウへ, あっちへ, あともどり, あんたもう, あんな, あボク, あ乱暴, あ約束, いやだあっ, いやだ云う, いやだ死ぬ, うるさいこと, うんとカット, おいらは, おじさんたら, おばさんったら, お前という, お前どう, お前の, お化け, かと穿鑿, からあさって, からあらかじめ, からいま時分, からきつ, からここ, からこっち, からさ, からすぐ, からその, からそれ, からだ, からである, からでした, からでしょう, からです, からという, からと云っ, からねはっきり, からのこと, からはじめ, からほか, からみんな松, からもっとぐるり, からやめ, からシベリア, から一しょ, から一日, から一旦, から二度, から仕方, から他, から会, から信じます, から僕, から十一月, から十時, から土, から坐らない, から外, から帰る, から急, から旅行, から梶, から横浜, から歸, から玉子, から着, から私, から自, から自分, から落ちる, から近く, から返す, か知れやしない, が, があるべき, がいかにも, がこ, がしかし, がともかく, がやむなく, が会った, が余り一人, が夜, が子供, が已む, が徒ら, が御子, が生活, が着る, が笑, が而, けど, けどもよくも, けど食物, けれどあの, けれどおと, けれどきれい, けれどこの, けれどこれから, けれどもこれ, けれどもしかた, けれども今度, けれど何とか, けれど守, けれど彼, けれど祈っ, けれど行く, このひと, この人, この殿様, こんなところ, こんな家業, こんな汚い, ご亭主, しいや, しじっと, しそれなら, しだぶだぶ, しついそのまま, しなんぞという, しド, し人間らしく, し他, し富士登山, し心持, し本, し特に, し親, すつかり忘れてた, せめて九十, ぜいや, ぜおい, ぜおどす, ぜブイ, ぜ坊さん, ぜ小気味, ぜ悪い, そういうまじめ, そして他人, それァ, そんなこと, そんなもん, そんな怒つた, そんな気持, そん時反対してたら, だれが, だんだん外, って, つたのです, つていえ, つて云つたら, つて申します, つて言つたつて駄目よ, つて言つたら, つて言つてゐ, つて言つて店の, でそれで, とあくまでも, とあや, とあらそった, といい, といいだした, といい出した, というい, ということ, というその, というそれ, というところ, というもん, というわたし, という人, という伸子, という単純, という句, という彼, という彼女, という意味, という感情, という気持, という章三, という精神, という表情, という身ぶり, といえる, といったよう, といってる, といつた, といふだらう, といへ, といわない, といわれ, とおっしゃっ, とおっしゃった, とおっしゃるなら, とおもっ, とかあぶない, とかぶり, とか言っ, ときりすてず, とことわった, とこんど, としきりに, とそんなに, とでもいう, となれ, となをこ, とはいえなかった, とはいえませんでした, とは云い, とは云いますまい, とは云え, とは千代乃, とは言うまい, とは言っ, とは言わないだろう, とは言切れなくなる, ともいえ, ともいえない, ともいえまい, とも云, とも居, とも思わなかった, とも言えません, とも言わない, とわめい, とリボン, と云いたい, と云いましたら, と云い出した, と云い出したら, と云うなら, と仰し, と仰しゃ, と仰せられますまい, と仰っし, と保, と俺, と又, と口, と口癖, と声, と外思い様, と富子, と思いました, と思え, と思ったらしい, と思わず, と思ッ, と怪庵口, と意外, と手の甲, と拒まれます, と振り切っ, と振り切る, と断りきれなかったろう, と断わっ, と断わりました, と歩い, と沁, と泣い, と申した, と申しまし, と申しましたら, と申します, と突き返す, と答えないでしょう, と答えられた, と行く, と見える, と言いだしまし, と言いはっ, と言います, と言い出した, と言い張ったら, と言い張りました, と言うなら, と言うなら訴えでる, と言えない, と言われる, と進, と頑張らない, と頑張りたかったらしい, と頭, どうした, どうでも, どこか, どこに, どっかもっと, なああゝ, なあいや, なあうん, なあこんな, なあそんな, なあという気持, なあと思った, なあの, なあひやかし, なあほら, なあ二人きり, なあ八, なあ血みどろ, なおまえ, なかみのない, なこんな, なそういう, なそんな, なと人, なと荘公, なと莊公, などということ, などといったら, などとめっ, などと申しましょう, などと言っ, なもん, なんかというなら, なんかと思う, なんて, なんていう, なんていった, なんてしまい, なんて云ったらぶんなぐっ, なんて勿体ない, なんて怪しから, なんて愚図り出し, なんて申す, なんて言わせる, なんて顏かたち, なァ, な八, な花月劇場, ねあんた, ねえいよいよ, ねえお父さん, ねえこの, ねえせっかく, ねえそれ, ねえちゃん, ねえまた, ねえゲジゲジ, ねえ何とか, ねえ君, ねえ地震, ねえ手, ねえ本当に, ねおやっ, ねこんなに, ねぼくたち, ねまア, ねわたしゃ蛇, ね兄さん, ね全く, ね私, の, のおう, のと, のに, ひとが, ひとを, ぼくに, また先生, まっぴらです, みんなぶら下げる, もう飲みたくない, もっと涼しく, もん, もんだ, も何, やはりクロ, よあと, ようそれじゃ, ようち, ようるさい, よう支倉の, よおばさん, よお前さん, よお父つぁん, よきみ, よこれ, よこんな, よそれ, よという, よと云っ, よなあ, よなか, よまア, よらん, よわたし, よウ, よウ一寸何, よサヴェート, よツ, よ何, よ何だか, よ便所, よ俺, よ十五銭, よ大将, よ大概声, よ夫婦約束, よ己, よ帰る, よ新, よ此人, よ母ちゃん, よ生き, よ直さん, よ私ゃ夜, よ詰らない, よ関さん, わあ, わあなた, わいろんな, わうちの人, わおかあさん, わこんな, わその, わたし, わたしの, わだんだん, わとかなんとか, わどうして, わなど, わなに, わねえ, わね布団, わもう, わやっぱり, わデタラメ言つて, わパパ, わ二人, わ先, わ夏, わ置い, わ罰金ごっこ, わ赤ちゃんみたい, をしました, を始めた, アと, アねエ, アキャーッ, ッて, ナと思っ, ナア, ネ知らない, ハテナ昔から, パラグアイならい, ホホホホ, ルミ, ワというよう, 一人残る, 事誰に, 人間は, 今日は, 仲間の, 何もかも云っ, 俺らァ, 僕も, 僕北原白秋と, 僕家へ, 全く生きる, 創造と, 勝利者と, 叔父さんは, 君が, 君行け, 夜更けに, 嫌だ, 寝棺が, 屋敷外の, 山窩の, 師匠そんな, 幽霊を, 後で, 恥ずかしいの, 悪いこと, 悪むべ, 我ながら, 昼行燈みたいに, 材料が, 東京の, 殺風景すぎる, 母ちゃんが, 気に, 狸だ, 男の, 百姓が, 知つてる, 脱脂綿みたいだ, 自分で, 銭が, 首縊りだ

▼ いやそれ~ (1034, 3.6%)

47 ばかりで 1510 だけで, はもう 9 に就い 8 に違い, はお, ばかりでなく 7 がです, は何 6 がし, だから, ならば, には及ばない, には及ばぬ, には及びません, はそれ, は困る, は私 5 にちがい, はいけない, はいけません, はそう, はどうも, よりもっと, よりももっと 4 が, は知らない, ばかりでない, よりも, よりも何

3 [22件] が私, だからこそ, ですよ, には及ばん, に相違, はあなた, はいかん, はわし, は冗談, は嘘, は大, は御, は無理, は違う, ばかりじゃない, もある, よりもわたし, よりも一層, より何より, より私, より驚いた, を聞い

2 [93件] いぜんに, がおかしい, がさ木, がそう, がその, がね, がほんとう, がまた, が不思議, が面白い, すらも書け, だ, だがね, だよ, と同時に, にし, について話し, にはおよばぬ, には及ぶまい, には訳, にも及ぶまい, に対する意地, のみか遂に, のみで, のみでない, はあぶない, はいい, はきい, はただ, はだめ, はとても, はともかく, はどう, はならぬ, はまた, はまだ, はむしろ, はもうよく, はわたし, は一つ, は今, は僕, は全く, は出来ない, は分らん, は大した, は大変, は宜しい, は当然, は後で, は御免, は心配, は思わぬ, は恐縮, は拙者, は本当, は構わない, は気の毒, は空耳, は自分, は身, は酷, は駄目, もあります, もそう, もただ, もどう, も私, やある, や僕, や駄目, よりもあの, よりもいっそう, よりもこんな, よりもずっと, よりもなほ, よりもひどい, よりもぼく, よりもまだ, よりもめらめら, よりももつ, よりも一体, よりも僕, よりも先, よりも前, よりも大きい, よりも大事, よりも峠, よりも彼, よりも私, よりも自分, より俺, より自分

1 [544件 抜粋] あいけません, あ君たち夫婦, あ貰つたの, いじょうのおそろしいことが恐竜島, かそれ, からはいろんな, がある, がい, がいい, がいかん, がいまさっき, がかえって, がこいつ, がここら, がこの, がこの世, がしもその, がしも初めて, がたしか, がちゃんと, がちやん, がなかなか, がなに, がねそれ, がね申しおくれた, がまだ, がまちがい, がやつぱし手前, がインチキ, がモシ, が何, が僕, が出, が出来ぬ, が出来る, が判れ, が博士, が外交, が多い, が女子, が常, が当然, が御, が成功, が春月, が残念, が異ら, が當然, が目, が真理, が科学派, が紀長谷雄卿, が魚, が鳥渡, くらいなら, くらいの嘘, くらい頭, こそさっき, こそとんだ, こそは本来, こそ僕, こそ彦田博士, こそ翠, じゃあさっそく, じゃない, じゃによってその, じゃやっぱり, じゃア, じゃ中, すらまだ, すらも自ら, だからか, だけが彼, だけですでに, だけでもありません, だけでも彼, だけは当人, だけは無い, だけを自分, だってとにかく, っくらいの, であるが, でこそ個人, でしたら又, ですから, ですがね, でなくては, でなくもっと, ではない, では困る, では足りない, でよい, でわかった, でわかりました, で判った, で安心, で思ひ出す, とても亦, とても越後武士, とはまた, とは反対, とは少しく, とゆうべ, と一緒, と同じ, と尊氏, と左, と知った, なら有るん, なら知ってるよ, なるが, なん, におよばん, にきまつ, にこの, にしんにゅう, にせよ, にちがいありません, についてこんな, についてご, について不思議, について可, について飛んだ, にはある, にはおよばない, にはおよびません, には何, には探し, には覚え, にもまして, にもまた, にも及ぶ, にも増し, にも話, に似た, に懲りた, に持たれ, に絡ん, に違, に違えねえ, のみかあらかじめ, のみかよく, のみか侍女, のみか縫っ, の先駆者, の寸前, はあと, はあの, はあべこべ, はあまりに, はあり, はあんまり, はい, はいかぬ, はいけますまい, はいずれ, はいずれまた, はいや, はうなる, はおれ, はお前無理, はお断り, はお許し, はかえって, はかをる, はこちら, はことわります, はこまる, はこんな, はご, はさうだ, はさっき, はさて, はさも, はしかし, はしかしながら, はしない, はすこし, はたいへん, はたしかに, はたぶん, はちがう, はちっとも, はちゃんと, はちよ, はつまり, はとんだ, はどうか, はどつちで, はない, はなかつた, はなかなか, はなりまし, はなりませぬ, はなるまい, はねあなた, はね何, はね内田さん, はひそか, はほんの, はぼく, はまあ, はまだはっきり, はまア, はもうすこし, はもう当然, はやすい, はやっぱり, はやはり, はよした, はよろしい, はわけ, はわれわれ, はアント, はイデオロギイ, はルリ, は一人キューネ, は一寸, は万, は世間, は二人, は人, は人違い, は他, は代, は仰, は何とか, は何より, は何れ, は何ん, は何處, は余談, は保健上有害, は優れた, は先ず, は先手, は先生, は処罰, は分った, は分らぬ, は危くばか, は厄介千万, は取り消し, は只一人, は君, は商売上手, は喜代子, は困った, は困ります, は売る, は大いに, は大丈夫, は大発見, は天地, は失敬, は奥方, は宗教, は宜しく, は実に, は小包郵便, は小母さん, は少し, は川, は巻鬚, は後, は念, は思いすぎ, は性根, は悪い, は悪口ぢ, は愛, は憂える, は戦車, は戴きません, は手前ども, は捨て身, は散々, は斯, は早い, は時節柄, は晩, は暗闇, は朝命, は木, は未練, は本国政府, は本当に, は本当は, は正確, は正造, は残し, は残念, は段々, は水面, は波紋, は満足, は無, は無理どころ, は無駄, は片, は物, は理窟, は町人, は画家, は発見, は眉唾, は知っ, は知らなかった, は知らぬ, は結局, は聴かれない, は西洋, は見苦しく, は許さん, は誤解, は説明, は調べません, は調べれ, は豊田, は貧乏人, は連絡, は違っ, は重々, は間違, は間違っ, は雅号, は面白, は面白い, は面目, は驚きました, は鬼, ばかりかお茶, ばかりかこう, ばかりかその, ばかりかなんだか, ばかりかよく, ばかりか傷口, ばかりか僕たち, ばかりか大将, ばかりか彼ら, ばかりか播磨, ばかりか私, ばかりじゃありません, ばかりじゃないらしい, ばかりぢ, ばかりでなく反, ばかりではござりませぬ, までで, までには及ぶまい, も, もいい, もすぐ, もだめ, もだめさ, もない, もならぬ, もばからしい, もほとんど, ももうすこし, もよい, もわびしい, もズン, も一人, も今さら, も全部, も力, も君たち, も嘘, も困る, も外聞, も小次郎, も度胸, も後, も後醍醐, も必要, も急場, も怪我勝ち, も悪から, も昆虫, も普通, も極, も無理, も覇力, も誤り, も貧, やこれ, やわ, や参木君, や君, や是非とも, よ, よかおとうさん, よりお, よりかあなた, よりかおまえ, よりか唯物理學, よりか外国, よりずっと, よりそ, よりはお願い, よりはこっち, よりはこれ, よりはそこ, よりはワーナー博士一行, よりもいずれ, よりもいったい, よりもいつか学校, よりもかか, よりもけさ, よりもこの, よりもしばらく, よりもそういう, よりもだ, よりもどう, よりもなにごと, よりもまあ, よりももっともっと, よりも下, よりも二人, よりも今, よりも以前, よりも伊丹, よりも余りに, よりも信二郎, よりも俳優, よりも先ず, よりも先生, よりも写真, よりも厳つい, よりも君, よりも唯今, よりも圓蔵, よりも夢, よりも大きな, よりも大奥, よりも奥様, よりも始め, よりも孤独, よりも実は, よりも小林団長, よりも岩, よりも彼女, よりも怪しい, よりも恋人, よりも愉快, よりも扉, よりも批判, よりも折角, よりも探偵, よりも更に, よりも東京市中, よりも果して, よりも正直, よりも民衆, よりも沖, よりも淋しかっ, よりも無限, よりも生々しい, よりも田地, よりも真夜中, よりも第, よりも芳太郎, よりも英国士官, よりも親, よりも誰, よりも退屈男, よりも長い, よりも阿, よりも騒々しい, よりも黒井博士, より上, より今, より前, より千葉, より地蔵さん, より外, より少佐級, より彼, より御方, より昨夜誰, より温め, より百姓そのもの, より若しも, をきく, をちょっと, をラジオ, を十層倍, を君たち, を嗤, を思へ, を想い出した, を感づいたれ, を承, を持っ, を聞こう, を話す, を追いつめ, を采女, ァ冗談, 伺えば

▼ いやもう~ (544, 1.9%)

5 それは, たくさん, 大丈夫だ, 滅茶, 私は 4 いい, 何も, 大變, 散々の, 止した, 驚いたの 3 いいん, 一つある, 大丈夫です, 大変な, 結構です, 面目次第も

2 [37件] あの人, いない, お話に, お話にも, ここまで, これが, これで, さんざんな, じきに, その手, とんだ事, どこの, なにも, ひどいめ, ひどい目, ひどい警戒, ふた目と, よい, 一つわたくしが, 一人これは, 世の中は, 何んにも, 夜が, 大丈夫, 大弱りだ, 女の, 年を, 構って, 流石の, 澤山だ, 澤山です, 私も, 綱雄は, 脱ぐ己, 言ふまい, 過去は, 酒は

1 [403件] あたしは, あとに, あと八十日か, あのお話, あれは, あればかりは, あんたは, あんな事, いいだろう, いいの, いいや, いい寝ること, いうの, いくらも, いまから, いや, ええです, おかまいなく, おせんお, おっそろしい, およろこび, おれは, お互いに, お仕舞い, お兄さん, お前の, お前を, お引き取り, お構, お構いなく, お父さんは, お笑, お話しに, かの役, から意気地, がつかりした, がつかり致しました, けなす事, こういう老人, ここが, こちらは, このくらいに, このごろは, この通り, この間ちょっと, これは, これまでに, ごもっとも, ご尤, ご潔白, さかんな, さんざんのていたらくでまっ, じきだ, ぜつたい, そういう時, そういう苦しまぎれ, その, そのお, そのことぢ, そのへん, その先, その問題, その家兎, その斟酌, その辺, その頃, それで結構, それには, そんなこと, そんなこと言ひつこなし, たくさんだ, たくさんで, だめだ, ぢきです, とらえました, とんがり長屋, とんでもない, なくなって, なつて, のん気, はち切れるほどの, ひと晩じゅうにぎやかで, ひどいこと, ひどいやり口, ひどいやり方, ひどい憂き苦労, ひどい有, ひどい沙汰, ひどい薬, ひどい藥, ひどく荒れ, ふだんの, みっともない失敗, やめよう, よい行きなさい, よせ, よろしうございます, よろしゅうござる, らちくち, わかりそう, カラだらしが, キャッキャッという, ギュウギュウ言わされた, ダメだ, チベットの, チベット人は, ドアの, マダムの, ミスの, 一つお, 一つその, 一つふしぎに, 一つ分らね, 一つ推理の, 一つ顔の, 一と, 一ぺん手段を, 一二年も, 一人, 一人あるらしい, 一人いる, 一人おれは, 一人の, 一人人が, 一人居る, 一人彼と, 一人治郎左衛門元成という, 一人進物の, 一夜御, 一年間も, 一息まいりましょう, 一息急げ, 一日も, 一本ほしい, 一歩進ん, 一組他の, 一言も, 一週間だけ, 三四年も, 三日待ち給え, 久ぶりで, 九分の, 乱痴気騒ぎである, 乱脈で, 二三週間する, 二人事の, 二度だけで, 二目とは, 五更の, 人さまざまあ, 人様の, 今では, 今夜という, 今宵を, 今帰った, 今日は, 今朝みたいに, 以後の, 会いますまい義兄, 会ったも, 似てるとも, 何にも, 何んと, 佛樣の, 信雄様には, 働きの, 働くの, 僕の, 僕は, 儲けたの, 先から, 先です, 先方が, 八五郎の, 再た, 冬である, 凡慮の, 出来て, 出発した, 割れっかえるよう, 十三年も, 十二時を, 十五日以上, 十六七かも, 十分でござる, 十年も, 十年一瞬ここへ, 印可は, 厭です, 只た, 合戦とは, 問わぬ, 喧嘩沙汰は, 器用とも, 四十二三, 四方へ, 四方八方に, 四時を, 図に, 地獄の, 埒はねえ, 埒も, 夜は, 大そう, 大丈夫お世話に, 大丈夫売れる, 大人気大人気, 大体の, 大変というも, 大変なさわぎ, 大変な持てようでした, 大笑いで, 大騒ぎさ, 大騒ぎだった, 大騒ぎで, 大騒動, 大骨折, 天罰顛面ぢや, 失禮しましょう, 奔馬の, 好い, 娘といふ, 婆には, 学問は, 宜しい, 寝さして, 小禽の, 屋外は, 山は, 山中の, 工場を, 帰らう, 帰る, 平次も, 年子に, 度胸の, 引き留めないで, 弱虫と, 当たりましたん, 当節はから, 彼方では, 往来を, 待って, 御免こうむる, 御免だ, 御免蒙つ, 御奇特, 御遠慮なく, 忍術指南は, 忙しゅうて, 怒るも, 思っただけでも, 思っても, 急の, 恋に, 恐るべきハリキ, 恐れ入ったもの, 恐ろしい大騒ぎ, 悪い合点, 悲しまないよ, 意気地の, 意気地は, 感心感心, 我々は, 我慢も, 手應の, 数年も, 敵の, 敵は, 旅も, 日が, 日頃から, 旦那様が, 早く熱海, 早鐘一つで, 時刻が, 有難いこと, 本の, 来そう, 来て, 来月結婚する, 東京全市に, 柏の葉つ, 棄てたの, 森の, 止そうか, 止そうや, 止そうよ, 止めい, 此の, 死んで, 死んでたと, 殺伐な, 毎晩の, 気の毒な, 汚れはてた, 江戸は, 江戸中えらい, 沢山だ, 沢山もう, 泣きたくなりまする, 洛中は, 浅間しい, 浪人し, 浮世の, 深夜までの, 済んだです, 溺死し, 滅茶滅茶です, 無いこと, 無理に, 爺も, 物笑いに, 物騒で, 狂女は, 狐なら, 生きた空, 生得大嫌嫌と, 生得大嫌嫌といふ, 町の, 町は, 異な, 當り散らし, 病気を, 痛いの, 百年前の, 皆さんご, 目も, 直き, 真とに, 知らせた, 祖母であろう, 神の, 私が, 私たちにとっては, 私の, 立ち会いは, 立っても, 繕いは, 羨ましい天恵, 翌る, 聞きとうない, 聞くまいとしても, 聞く耳, 背が, 腹は, 若い時, 英雄に, 草臥れて, 荒れ果てた小さい, 落ちん, 薄暗くな, 蜘蛛の, 行かなければ, 行き届いた待遇, 行こう, 行って, 裏も, 裏口の, 要らない, 見えない, 見える頃, 見ただけで, 見て, 見上げたもの, 覺悟は, 解いて, 解決し, 言うまい言うまい, 言って, 言語道断, 話すまいこと, 貧乏閑なし, 赤穂騒動も, 踏んだり, 身の毛も, 迷惑といふ, 迷惑な, 逃げて, 途中追, 遅い, 道中は, 遠くは, 酒あ, 間に合わぬ, 間違いない, 関わずに, 閣下ひどく, 限りも, 雑多な, 離れて, 難民の, 静かな, 頭を, 飛んだ人騷がせ, 飛んだ恥, 飛んだ災難, 驚いた, 驚くほか, 骨の, 鬼塚の, 鳥どもの, 黙って

▼ いやそう~ (433, 1.5%)

64 では 40 じゃない 26 でない 7 でも 6 か, でもない 5 いえば, でないぞ 4 して, じゃありません, じゃあるまい, だろう, です, 云う訳 3 じゃないです, だ, でねえ, でもありません, なん, はいきません, 言うわけ, 言われると

2 [18件] いうよりも, かも知れない, かも知れません, かも知れん, じゃあない, じゃございません, じゃねえ, ですか, でないの, でもあるまい, でもな, はいかない, はいかん, は行かない, やない, 云う事, 見せて, 言わないで

1 [190件] あってこそ, あらたまれては, あるべきが, あろう, いうが, いうな, いって, いわれて, お叱りなさる, お悔み, かそう, かもしれない, きけば, ごていねい, さ, さそり, されるの, しちゃあ, しちゃいられません, しては, しないで, じゃ, じゃア, せかずとも, だから, だとは, だな, だない, だろうな, であったか, であろう, でしょう, ですたしかにそう, でないああ, でないお前, でないそう, でないそこ, でないですそう, でないです今, でないとも, でないね, でないねえ, でないよ, でない事, でない何, でない斬って, でない母, でない貴公, でなくとも, でねえが, でねえよ, でもないです, でもねえか, で無いと, ときま, とって, とでもいわなけれ, とはいえまい, とは云え, とは思えない, とは限る, とばかりは云えん, とばかりも, とばかりも楽観, ともいえない, ともかぎらない, とも限らない, と分ら, と決まれ, なっちゃ, なっては, なるに, なるより, な調子, な顔, にいう, にきまってる, にし, にしんねりと, にちがいあるまい, に云う, に云っ, に受取る, に息, に眼, に運ぶ, に頭, のうて, のみで, はいう, はいえない, はいえません, はいかぬ, はいけ, はいわさぬ, はいわれません, はならぬ, はなりません, は出来ぬ, は参りませぬ, は思いません, は思えない, は思わない, は行かねえ, は行きません, ばかに, ばかりは言えない, ばかりもいえますまい, ばかりも云えません, までおっしゃる, までし, まではっきり, まではなかなか, まで大きく, まで考えなく, むつかしく考えん, もいえない, もいえん, もいかん, もならぬ, もなるまい, も罷り成らぬ, 一人ぎめにしたって, 一途に, 事が, 事なく, 云うつもり, 云うと, 云うの, 云うよりも, 云う人間, 云う内, 云う宝, 云う我々自身, 云う次第, 云えば, 人は, 仰っしゃっても, 仰っしゃりつつ, 信じて, 先廻り, 判ったらもう, 叱らぬが, 君興奮し, 問いつめられても, 固いと, 変な, 希望し, 御心配, 御礼などは, 心配なさらん, 心配を, 思うだけさ, 思うだけの, 思うの, 思ったり, 思ってるこの, 思われては, 急がいでも, 急ぐこと, 手軽には, 承わっては, 断定したい, 早く礼, 昂奮なさらない, 曠れ, 書いて, 物事を, 理窟を, 皆で, 簡単に, 簡単には, 考えると, 聞えたの, 聞けば, 茶化しては, 行くの, 見えたから, 見えるよう, 見ては, 言う君, 言わるるな, 言われて, 誤解された, 諦めるより, 酔っても, 願えれば, 願わずは, 馬鹿に, 驚かなくても

▼ いやその~ (389, 1.3%)

13 前に 9 ことなら 8 ような 5 ことは 4 うちに 3 ために, 上に, 儀なら, 儀は, 御心配, 必要は, 方が, 時の

2 [24件] ことじゃ, ことで, ことについては, ことも, ほうが, 一行も, 事は, 二つの, 儀には, 光が, 内どちらに, 前から, 声は, 女の, 心持は, 時も, 様子では, 点で, 点は, 異様な, 私は, 行者は, 辺の, 辺は

1 [278件] あといんぎんに, う, うるさいこと, うるさいったら, う銀座, えらいよう, お使い, お女中, お旨, お春, お蔭で, くらい感覚, ことさ, ことだけは, ことぢや, ことよりも, これは, さきは, せいか, せいで, たずねは, ちょっとね, つづきを, とおりな, ときこの, ときわしは, とき何者とも, とき慌て, とし, どうしてかは, どつ, ねニヤリ, ばかばかしいこと, びつくりし, へんで, ほかにも, まだそれほどでも, まづい, まへに, もの越の, やうな, アパートは, ヤウカミという, 一見塵芥の, 一軒を, 万歳について, 三十円も, 上いつまで, 上功名は, 不具な, 世辞が, 中で, 中には, 中腹に, 串戯じゃ, 予算の, 事, 事だけ, 事で, 事です, 事なら, 事なら伺ふ, 事なら聞い, 事に, 事については, 事やったら, 五大院ひとりでは, 五本の, 人なら知っ, 代りに, 仮面の, 仲翔は, 伯楽どもは, 位で, 位の, 何です, 何れに, 余の, 使いには, 価では, 信心に, 信玄袋を, 信長頃には, 傷が, 儀なれ, 儀にも, 儘居, 元氣, 内政が, 前にも, 前の, 前久, 劉玄徳どのなら, 功労なら, 十倍も, 千歳座が, 反対だった, 反対です, 反対に, 口ときたら, 口惜しいこと, 可愛らしいといふ, 可能性は, 君意を, 呂布にも, 周りに, 品質という, 唐だ, 唐人飴の, 喜ぶと, 喧嘩が, 噂が, 国費の, 地底戦車隊は, 坊ちゃんみたいに, 場だけ, 場合は, 外に, 大伯, 大望に, 姿が, 娘も, 子供な, 存在が, 孤子の, 安価のが, 官兵衛殿なら, 密林は, 小僧を, 小氣味, 少女を, 届け主は, 山ノ内方面の, 弓弦を, 彼女達は, 御挨拶, 御斟酌, 御言葉, 御配慮, 心に, 心配には, 心配は, 心配無用, 息子の, 惧れ, 惱ましい, 意地も, 愚直は, 感度が, 懸念は, 所在が, 手を, 手傷じゃ, 手紙は, 手腕を, 手触りの, 才よりも, 折は, 拍子に, 挨拶は, 探すの, 方の, 方面は, 旗は, 日ばかり, 時だって, 時と, 時には, 時は, 時分には, 晩の, 智慧は, 暑さ, 本人の, 検査官かも, 様子に, 歩いた道, 段じゃ, 気持ちが, 氣味の, 氣持も, 沙汰は, 浪人は, 海だ, 満足も, 激しいという, 激しいといふ, 無月謝, 無氣味, 父のみかどは, 物悲しい男女, 物見の, 物語に, 犯罪は, 理由を, 用事は, 田鶴子という, 由を, 男が, 男の, 男は, 痛いの何, 相談相手に, 看板の, 真中ほど, 真理の, 砲弾なら, 碁盤で, 祭壇を, 福松とかいふ, 私も, 種の, 窓では, 第一番目の, 筈だ, 答えが, 節は, 綺麗さといふ, 綺麗な, 繃帯は, 翌年には, 翌日だった, 考えは, 考え方が, 者も, 腹帯の, 船長も, 苦しさ, 菰を, 蛙は, 蝶合戦について, 行くえと, 表は, 表現を, 解釈には, 言托を, 言葉の, 評判といふ, 詫びは, 話です, 話は, 話を, 説には, 財布の, 足拍子を, 辺とんと, 返事は, 通り, 通りおれにとっては, 通りだ, 通りである, 通りです, 遁げ状の, 遠慮は, 部屋は, 都度ちがう, 重い毒瓦斯, 金持の, 銀行は, 鎌倉の, 長屋は, 門之, 隠密について, 隣の, 雪が, 頃で, 頃は, 食事や, 馬の, 馬を, 馬鹿気た, 骨で, 骸骨には, 高氏なら, 黒焦げの, 黒門町よりも, 鼾さえも, MPは

▼ いやこれ~ (380, 1.3%)

17 は失礼 10 は, はどうも 7 はこれ 6 は御 5 は冗談 4 で結構, はひどい, は飛んだ 3 はお, はつい, はとんでも, はもう, はやっぱり, は僕, は私, は面白い

2 [22件] だけ切る, でいい, でもう, はあなた, はその, はたしかに, はとんだ, はばか, はほんの, はみんな私, は一つ, は俺, は先生, は大変, は悪かっ, は有難い, は素晴らしい, は苔, は違う, は駄目, は驚きました, も一つ

1 [245件] あいけない, あね, がこの, がなかなか, がわたし, が君, が娼妓, が季節, が実は, が日本, が東, が決して, が神様, が西, が要点, が鶏血草, くらいがちょうど, くらい骨太, ぐらいやらない, こそはまさしく, こそわれわれ民衆, こそ全く, こそ全員, こそ道, じゃない, だけで, だけで済め, だけ證據, だと, だな, だろうと, であなた, であの, でいよいよ, でここ, でなけりゃあ, ではどちら, ではゴロ, では不可, でもまだ, でよい, でよく, でよろしい, でわかった, で一切, で一杯, で仕事, で僕, で充分, で判った, で君, で安心, で案外, で此方共, で気分, で玉, で自分, とてもおおよそは, ならだいじょうぶ, なら願っても, におる, にない, にはおりませぬ, にはたいへん, にはちょっと, には一場, には嚇, には実は, には深い, には静岡もの, にも仔細, にも女, にも時子, に対してもいまさら, に限らず, はあす, はあぶない, はあり, はありがたい, はあんまり, はいか, はいかぬ, はいけない, はいつ, はうっかり, はおこがましい, はおまえ, はおまじない, はおもしろい, はおもしろく, はおれの, はお返し, はかえって, はかり, はご, はさ, はさだめし, はすっかり, はすでに, はだめ, はちがう, はつまらない, はどうもいろいろ, はどうもなかなか, はなんと, はひとり, はまじめ, はますます, はまったく, はめずらしい, はもうい, はやられました, はよい, はアー・エー・ゲー, はシノニム, はタマ, はレンブラントどころぢ, はワルツ, は上官, は不可能, は世間, は中, は串戯, は人手, は今, は伊賀, は佐太郎, は便利, は偶然, は先頃, は八等官, は兵, は内儀, は初耳, は剰, は周瑜, は土地, は堅, は夜中, は大, は大きな, は失敬, は女性, は孤独, は宗舟画伯, は実に, は実験模型, は対岸, は少し, は少年, は山本志丈さん, は己, は市民, は幻覺, は彼自身, は怪我, は恐れ入った, は恐入りました, は恐縮, は意外千万, は手前養女, は撮影, は文字どおり, は本物, は案外, は楽しみ, は歌, は正真, は此方, は残念, は気持, は永い, は浅間, は淡白, は然, は独り, は珍しい, は生れつき, は痛い, は確実, は神霊, は秘密, は素人考え, は美人, は美形, は腐った, は臆測, は自分, は菊池流, は蠅男, は西洋, は親愛, は観念上, は解ります, は誰, は誰方, は謝った, は赤坂, は轆轤首, は逆, は違った, は重々, は重大, は金十郎殿, は鎧, は長崎, は長篠, は間違ひも, は預り物, は驚いた, は驚きやした, は高時, ばかりはいけませぬ, ばかりは内証, ほどに, ほどまでとは思い, ほどデケエ川, までだってすい, まで変り, もあやかり, もわし, も世, も事, も利害相, も失言, も子供, も小さい, も気に入らない, も空魔艦, も繁昌, も自然, も軍曹, や, よりも以前, よりも前, よりわたし, をあずかっ, をご, をごらん, をやらなき, を思え, を知る, を競わせ, を象眼, 迄にも内々

▼ いやそんな~ (337, 1.2%)

79 ことは 26 事は 21 はずは 16 ことを 12 筈は 7 ことで, ものは 4 ことよりも, わけじゃ, 心配は 3 こた, ことが, ことぢや, わけぢや, わけで, 御心配, 話は

2 [19件] ことじゃ, ことに, でも, ばかな, ものじゃ, もので, ものを, わけじ, わけは, んじゃ, 事も, 事よりも, 卑怯な, 意味じゃ, 手輕な, 暇は, 気持ちで, 罪の, 馬鹿な

1 [98件] ありふれたまね, いたづら, お客様は, お方では, お禮, お話を, お説教, かんたん, けちな, こと, ことあとの, こといや, ことしちや, ことして, ことしなく, ことじゃあ, ことより, すぐに, つもりで, ところじゃ, ので, ふうに, むずかしいこと, ものに, もんありません, もんじゃ, ゆっくりも, わけな, わけには, ケチな, 不平などは, 乱暴は, 事が, 事だろう, 事ぢや, 事で, 事でない, 事に, 事の, 事より, 事を, 事ア, 事僕は, 人では, 人とは, 人物であろう, 人物では, 人間が, 仔細では, 元気は, 可哀想な, 名利も, 失礼な, 女ばかりと, 小さい快, 差別の, 必要は, 意味で, 意地よりも, 意気地の, 愚痴は, 所を, 敵わ, 方角じゃ, 時は, 本は, 樣子は, 気持も, 氣は, 氣も, 淺墓な, 無理は, 物ぢや, 物で, 物は, 理なら, 理由ばかり, 生きた者, 生優しい, 筈が, 簡単な, 粋な, 細い枝, 者を, 臼へ, 行列いやだ, 衒学だけ, 覚えは, 訳じゃ, 詮議だ, 質屋稼業の, 野蛮な, 銃丸が, 間は, 間緩い, 隠れ場所は, 風に, 馬鹿らしいこと

▼ いやどうも~ (293, 1.0%)

9 有難う 5 ありがとう 3 お邪魔, これは, すみません, 大変な, 失礼しました, 有難うございます, 私は

2 [14件] おかげさまで, このごろは, それが, ひどい目, 俺も, 口が, 大しくじり, 大変有難う, 有難うございました, 此方の, 盛会です, 私が, 閣下の, 風流の

1 [230件] あたって, あなた方の, あの挾む, あの江戸絵, あの蟻田博士, あの車がかり, あぶない目, あんたも, あんとき, いいお天気, いつまで, うまく運ばんで, えらいめ, えろうお, おかしい, おかしな盗人, おどろきました, おまえみたいな, おれの, お世話でやした, お世話樣に, お前さん可愛らしい, お妨げ, お庭, お待, お忙, お忙しい, お急ぎ, お手数を, お新造, お気の毒さ, お藤, お見, お騒がせし, けっこうな, この一件, この家, この崋山, この頃, こりゃア大敵, これで, こんな所, ごぶさたし, ごらんの, ご無礼, ご苦労さまでございます, ご苦労を, さっきから, しないけれど, しないよ, しねえそン畜生, しません, しやしませんが, しようがない, すまん, すみませんエバン船長さん, せぬ, せぬが, せん, そういう気, その時, その服裝, その素早い, そりゃちと, それは, そんな鋭い, たあいの, とんだ御, とんだ果報者, とんだ横道, とんだ間違い, とんでもない, と口, と喜ん, な, なみ大抵の, ねいろ, ばけもの, ひどい事, ひょうたんぼっくりこですわ, へんな, まずいもの, むかしながら, むづかしい探し, ようすが, ジツに, ニナール姫さまの, リーロフの, 一こう, 人ちがいでした, 今日は, 以ての外の, 何か, 何ださっぱり, 俺あ, 俺の, 僕は, 兄さんえらい, 先生の, 全盛だ, 危ないもの, 厳しいお, 古創, 呆れたこと, 呆れたもの, 咽喉が, 団子を, 執事職とは, 大したもの, 大へん, 大変で, 大失敗, 失敬しました, 失敬なんだかドンドンガンガン, 失敬を, 失礼, 失礼いたしました, 失礼なる, 失礼を, 宋美齢の, 実は私, 寒いこと, 寒いの, 寒かった, 川下に, 年甲斐も, 広大な, 弱い日本人, 弱った, 弱りました, 征途の, 御念の, 御時世, 御苦労さまでした, 御苦労様です, 御退屈, 御面倒, 御馳走さまに, 御馳走でした, 忍んで, 忙しい思, 怖ろ, 恐れ入った見なおしたよ, 恐れ入りました, 恐れ入りましたこうすんなり, 恐縮で, 恐縮です, 恐縮千万, 悪いやつら, 悪い奴, 悪い折, 悪い洒落, 我々こそ, 我々シモジモには, 我々共の, 我折れた, 手酷しい, 捩れて, 擽つたくつ, 敵すべからずで, 旦那は, 旧友に, 早いの, 早手廻し, 晩くから, 智識が, 有り難うさよなら, 有り難う御座いました, 有難い, 有難うござんした, 有難うだんだん, 朝から, 朝つ, 梢さんは, 残酷な, 殴られた殴られた, 毎日の, 気の毒な, 永, 永持, 永話を, 海野先生, 深更に, 済みません, 済みませんでしたね, 済みませんでは, 無理に, 無着, 片山助役の, 異な, 皆さん, 皆さんこれは, 相済みません, 知らなん, 礼儀の, 私も, 立派な, 細い儲け, 胸糞が, 能く, 自分ながら, 花瓶も, 若殿の, 茨右近さまに, 藤波氏の, 見ちゃ, 言おうようの, 話が, 近ごろに, 近ごろ不思議な, 近来に, 近頃の, 遅くなりまし, 遅な, 達者だ, 長話を, 面目が, 面目ない, 頼まれも, 飛んだお, 飛んだ粗相, 飛んでも, 馬鹿な, 馴れないこと, 駭いた, 驚いた, 驚いて, 驚きました, 驚き入ったこと, 驚くねえ

▼ いやです~ (285, 1.0%)

4737201210 いやです 8 から 6 ねえ 5 からね 4 もの 3 よこんな, よそんな, わねえ 2 が, ぜ, ぜ先生, の, よあたし, よ殿様, わあ, ッ, 私は

1 [109件] あなたが, あなたは, あんたのて, いかに仰せ, からあっち, からそれ, からひま, からズツ, からルリさん, から咲枝さん, から思いきっ, がさりとて, がどこ, が奥さん, が広重, が書く, が達ちゃん, きまりの, けど, けれどお, けれどそれ, けれど遠く, こと, ことねエ, こればかりは, しそれ, しだれ, しやっぱり, し今, し他, ぜ顔, そんなこと, そんなら, って云え, て言う, と, という, といったとき, とモジモジ, と申し上げた, と言っ, と言下, なア, ねいくさ, ねいや, ねん, ね白い, のに, ばい, ほんとうに, もし行ける, ものね, ものねえ, ものネ, よいや, よお, よこの, よつい, よと云つて, よと言, よひやかし, よまた, よまったく, よッ, よ何処, よ先生, よ尾, よ師匠冗談, よ神様, よ私, よ紫陽花, よ若旦那, よ親分さん, よ誰, よ軍曹殿, わお, わきみ, わこの, わただ, わどう, わね, わねえとあっち, わねえといい, わねおじさん, わほほほほ, わほんとに, わまた, わ伸子さん, わ先生, わ冗談, わ少佐, わ洟, わ禅尼さま, わ胃, わ艇長さん, ナア蟾蜍は, ネ, ヨ, ワ, ワ貴方, 事よ, 人手が, 今夜は, 僕は, 旧円, 父さん, 私, 私が, 私を

▼ いや~ (281, 1.0%)

44 いやで 15 あつた 9 たまらなかった 8 ござります 5 たまらないん, はない, 仕方が, 仕様が 3 たまらなくなっ, たまらなくなった, たまりません

2 [11件] せう, せうが, なりませんでした, はあった, はありません, はある, はあるまい, はなかっ, も帰らね, 堪らぬ, 通した女

1 [154件] あたしだ, あつから也, あつて, あなたも, あんなまね, いい, いいおたがいに, いいから, いいが, いいです, いやでしょう, いやでじゃ, いやで仕, おあり, がっかりし, きっとたまらなく, こちらの, こんなふう, ござりまする, さえなかっ, さえなけれ, しかたが, しかたなかった, しようが, しようがなかった, しようだから, すぐ死なれた, すっ, すったら嫌, せうお母さん, そうでなくしよう, そのまますっぽかし, それでいい, たえがたくなっ, たまらない, たまらないが, たまらないくだらない事柄, たまらないけど, たまらないけれど, たまらないけれども, たまらないこと, たまらないそれ, たまらないの, たまらないので, たまらない人, たまらない土地, たまらない奴, たまらない生活, たまらない苦悶, たまらなくて, たまらなくなります, たまりませぬ, たまりませんでした, つい堅く, とかいう言葉, どうか巡査, なあ, なほ子は, ならず逃げよう逃げようと, ならなかッ, ねそれから, はありませんでした, はとてもこんなに, はないでしょう, はなかったらし, はなかつた, はなき, はなく, はなくなっ, はなくなった, は仕方, まじめな, またいつ, また予想, もよい, も入らせなく, も川上, も帰らなけりゃならない, も無い, も知らなけれ, よした, よろしい, よろしく, わざと口, わざわざ殺された, われしらず, ギューと, ステージでも, 一年位し, 丁度私, 不安で, 不安な, 世帯持の, 二人づれで, 云わず, 今だって, 今度は, 今日は, 仕事出来ない, 仕方なかった, 伸子は, 何も, 六日に, 十二時迄ね, 反吐が, 反対いたしました, 反対の, 唯一度死ぬ, 困難の, 外に, 妹なんかにでも, 婦人の, 嫌で, 実行出来なかった, 家に, 家を, 尾行られた, 居心地わるかっ, 山の, 幸いだ, 彼に, 必死で生きる, 恋しい心, 恐らく三木, 昼寝せず, 有った, 本当にさっぱりしませんでした, 殆ど腹立たしく, 殺風景で, 毒々しく感じた, 汗を, 涙が, 添わされた亭主, 清人と, 目ざわりで, 私が, 美味く不味しという, 耐らなかっ, 腰を, 腹立たしかった, 自分は, 自身出かけ, 若君は, 荷風の, 象は, 貧乏である, 身悶えしちゃった, 辛いという, 送話口へ, 週に, 適はん, 釣が, 開墾最中の, 顔を

▼ いやはや~ (279, 1.0%)

8 これは 6 いやはや 4 賑やかな 3 何と, 大変な, 若い時, 飛んでも

2 [14件] お恥ずかしゅう, そんなこと, とんだ初陣ぶり, どれだけ, 今度の, 今日は, 何といふ, 忙しいこと, 暑い, 此の, 目も, 空襲は, 笑止千万, 話に

1 [221件] あきれかえった低能児, あっちでも, あっちの, あの時, あの滝川, あんたの, いやはやとても, うるさいこと, えらい時世, えらい目, おかげで, おそろしいこと, おっかねえ, おっ母さん, おどろいたの, おまえは, お好き, お探し申しました, お気の毒さ, お肝, お若い, お談話, きいて, きかされたね, こいつが, こいつは, こっちは, この世の中, この旦那, こやつ, これが, こんなところ, こんなやつ, ご免地金が, すさまじいもの, すっからかんに, そこい, その勝, その名誉回復, その馬鹿, その馬鹿馬鹿しい, そりゃ酷, それが, それは, だ, ちょっとした艶事, つまらぬ客, です, ですよ, とんだこと, とんだ新書, とんだ時, とんだ道化者, とんだ間違い, とんでもない, とんでもねえ, どういたしまして, どっかいい, どんな甜瓜, なさけない, なさけないや, なっとらん, なる程, なんだ, なんともはや馬鹿げた, ばかげきって, ほうが, まつたく, もったいないが, ものでございまし, も阿, らちゃくちゃない世の中, わし同様すっかり, アッハッハッ, イケ好かない, ダレちまっ, ド婆, 不思議な, 不束千万, 不覚でござった, 世界は, 世話を, 中野の, 京都は, 人間に, 人間を, 今に, 今度という, 他国者には, 仰山千万だ, 何う, 何んと, 俺の, 俺も, 偉いこと, 八方みな敵さ, 冷汗, 労れ, 動物園の, 勤王方の, 単純な, 又当て事, 及ぶべからず, 口を, 君たち女という, 君はじぶんには, 呆れた大, 呆れた婆さん, 呆れ反った愚作, 呆れ果てた呆痴者, 四角張た男, 困った御, 夏の, 大したもの, 大変に, 大弱りな, 大気な, 大狼狽, 奇妙不可思議の, 奇怪な, 奇態な, 子供と, 子供の, 安っぽい医者, 宣長翁も, 年寄の, 幾ら食わせ, 強いの, 御機嫌を, 御気の毒, 御粗末, 忙しい事, 思ふだに, 急, 急しい, 恋を, 恐るべきこと, 恐ろしいこと, 息子殿も, 悪い奴, 悪魔共が, 惡魔共が, 意外千万, 意気地の, 意気地は, 態の, 慷慨家の, 成程, 手を, 手古摺りました, 拙僧, 掏摸を, 散々じゃった, 散々な, 散々の, 日本にも, 昨晩は, 智恵者も, 暑くて, 木乃伊取りが, 杉本さん呆れ, 根ほり葉ほりききます, 根気の, 梵語学者と, 機嫌悪し, 残念な, 江戸には, 沒分曉漢の, 浅草の, 涼しい真似, 濡れた, 物凄いの, 独り者は, 田巻さんも, 申しわけが, 癇癪玉が, 白人共の, 皆さんどうもはや, 目前に, 相違ありません, 眼も, 私の, 罪の, 美味しくない, 耳の, 腹の, 色男も, 芋類は, 草疲れた, 落しばなしみたいな, 見ると, 見るも, 言語に, 言語道断な, 話にも, 諫言の, 贅沢には, 赧く, 軽率とも, 辛い, 近藤先生剣に, 近頃に, 運送屋たちの, 都へ, 金に, 金の, 鈍いもの, 長かった, 陋態を, 隔世の, 面目ねえ, 面目次第も, 頑迷な, 飛んだこと, 飛んだ事, 飛んだ御, 飛んだ感違い, 馬鹿げきったご苦労さま, 馬鹿と, 馬鹿な, 驚くべき日本

▼ いやでも~ (274, 0.9%)

16 応でも 7 おうでも 6 應でも 4 自分の 2 いっしょに, これを, そこに, ない, わたしの, 引っ返さなければ

1 [229件] あうぞ, あった, あつた, あとから, あなたは, あなたを, あの家, あり珍妙, ある, あるが, あるし, いのちひとつふい, ええその, おごそかなき, おほ, おまえさんの, おも, お互いに, お妃, お酒, お雪ちゃんと, かれに, くどくならず, こうして飛騨, こちらへ, この世に, この全, この地方, この壺, この女, この富士川岸, この岩井, この材木座, この空, これは, ございましょうが, ご帰館, しようない, すぐと, そういうの, そうならなけれ, そう云う, そう思わない, そのビラ, その人たち, その場, その女, その空間, その翌晩, その行く, その面影, それに, それは, それを, たましい, だんだん高まっ, とうぶんこの, なかつたが, なくなった, なさそう, なんでも, ぬけだすこと, ひとが, ふんだんに小遣い, またその, むきに, もう一度おばさん, もう少し言わなけれ, もっと具体的, やはり神妙, やりぬくほか, よるよう, わかりますね, わかるはず, わが領国近江路, わたしが, カッフェーに, キツクならなけれ, シヤトルの, 主に, 乙様お, 二人の, 二人三人と, 人優れた, 仕事を, 他に, 伊丹城中の, 佃は, 何でも, 何故かう, 俺の, 働かねば, 八橋の, 公卿の, 其中を, 其処まで, 出て, 出会うの, 出席しなけれ, 分割に, 加増するであろう, 助けて, 勝って, 単純に, 博士の, 友としての, 双方の, 取る, 取残されて, 口さがない女, 右の, 同じ方向, 向こうでは, 吾, 善光寺, 喰べ, 嗅がされる譯, 嘘を, 因果を, 土左衛門だ, 増殖させ, 外出がちに, 多いわけ, 夜道を, 大学での, 大海人, 大規模, 夫が, 夫人と, 女は, 娘の, 安土で, 完全な, 宗家と, 家の, 富士と, 己自身に対する, 已むを, 府中と, 度胸が, 彼の, 彼は, 彼等は, 後戻りせざる, 御一緒, 心の, 心安くなる, 応でもに, 思い知らされぬわけ, 戦わねば, 批評へ, 押されるの, 接触しなけれ, 教師の, 旅行中この, 日本人が, 明日は, 星を, 昨今の, 時代の, 書かねば, 書捲くらざる, 朝夕一緒に, 来ると, 横浜に, 此藪を, 死ななくては, 死に花, 死の, 毎日見なく, 毎日顔を, 気づかざるを, 決死の, 泣く時, 洩れて, 浜に, 漕ぎ付けようと, 父が, 物に, 物音を, 犯人の, 異変に, 白むであろう, 目が, 目を, 相手の, 相手は, 相青眼, 眼に, 眼には, 社会的な, 私の, 私は, 私達は, 立聞きしなけれ, 総退却, 編集長の, 置かれるよう, 耳へ, 聞いて, 聞かされる内地, 胴中まで, 自分が, 自火に, 藩地を, 蜀軍の, 西から, 見ずに, 見なければ, 見失わねば, 読まざること, 読むだけは, 読む者, 課税の, 越えねば, 身に, 近づく, 追いついた, 道は, 道江に, 醒めずに, 野洲川で, 釣れるて, 霊公に, 顔を, 飛ばなくちゃ, 首を, 黒人と, 黒板に

▼ いや~ (261, 0.9%)

18 うぢ 12 ういふ 8 う言, ような 5 うでも, う云 4 これ 3 ういふ意味ぢ, うでは, うまで, か 2 ういへ, うして, うですか, うでない, うは, う云つて, にわざと

1 [175件] あの世の, あると, あんなに頭, あゝいふ, いつこの, いやらしい事, いろいろあるらし, うおつ, うかい, うきつ, うさう, うしても, うしなけれ, うじや, うだない, うだよ, うだらう可憐気, うだ矢張り, うぢゃ, うでないよ, うでない先生, うでない帝國, うとも, うなら仕方, うぬ, うらしくないから, う一がい, う仰っし, う來, う外ら, う御礼, う手輕, う深入り, う聽, う臆斷, う褒められる, おつれ, おまえの, お侍, お内儀さん方, お前が, お滝さん, お銀さん, お顔, かと萬歳, から一思い, から自然, かりゆく, がし, がます, が忘, こいつ横着な, この広い, この清麿, これほど, されば, しかし早い, しみや, そうしてシャン, そう呼んだら, そちの, そなた, そらもう, そんな事, たれを, だろう, つそく, で想い出される, と思い出, どうして火星語, どんな感じ, なきだに, なんの, に, にあらず, にお, にこの, にしぶしぶ, にしろ, にずいぶん, にそれとなく, にどうか, にどちら, にカッフェー, にツイ一度, に堅く, に小平太, に怒らなく, に承知, に映画館, に蚊, に起きあがつ, に隠れ, に非, に額, に顔, はどうせ, は我まま, は案ずる, は親密, までには行き届きません, までに憂慮, もあらん, もあり, もきつく, もしかという, も増し, やしき, や澄みぬ, よしんば僕, わしの, をこちら, をなくし, を伸子, を感じる, を持つ, を訴えたい, インテリゲンチヤ鸚鵡は, 七くどう, 不干, 二つかも, 云わんければ, 仮りに, 似非入道, 何を以て, 入道道三の, 分ったよ, 功に, 勾坂甚内大, 名を, 君が, 君の, 吾, 善人ばかり, 大事な, 富さん卍の, 寒いか, 己の, 年の, 彦兵衞, 彼が, 彼の, 御姓名, 悪魔でも, 捜さずとも, 旅の, 木原さん, 本当に斬る, 此の, 死期を, 気の毒な, 源的, 源的源の, 猫でも, 生きて, 用とは, 盗つ人, 神仏が, 竜の, 素裸体に, 絃が, 罷違えばという, 聞けば, 親と, 誰に, 諸君誰ひとりとして, 越前どの人間としての, 転ばぬ前, 辻駕籠かよ, 近辺に, 重吉さん, 釘抜の, 陪臣, 順序で, 鼠殿まあ

▼ いや~ (258, 0.9%)

7 の方 4 はそう, はもう 3 あ, こそ, はそんな

2 [18件] が彼方, にだ, にはよく, のいう, の事, は, はここ, はこの, はさ, はただ, はもうどうしても, は今日, は何, は嘘つき, は御免, は貴方, は駄目, も實

1 [198件] あそんな, あね, あ僕一個, あ別に, いらないよ, からよく, があの, がいう, がいま, がその, が今, が使った, が元, が家, が小説, が悪, が悪い, が殺しました, が生きてる, が生れる, が行こう, が部屋, こそご, こそしつ, こそと意外, じゃない, だ, だけじゃない, だけだ, だけにかも知れない, だってずいぶん, だって同じ, だって困っ, です, としては然, にさういふ, にはまだ, にはもうすでに, には按摩, には日本, には資格, にも無論はっきり, に渡された, のかくれ, のこと, のこの, のはもう, の中, の予言, の云, の信ずる, の僻, の分, の創作, の好き, の懸念, の文学, の死ぬ, の母そのもの, の眼, の知った, の知つた女, の神経, の考える, の聞き, の見, の言う, の言ってる, の豫言, の身の上, の隊, の頭, の魔術, はあくまで, はあした汽船, はあなた, はあなたがた, はあの, はあまり, はいちいち, はいつも, はお, はおもむろに, はお前, はお母さん, はこ, はこのごろ, はさっき, はしくじりました, はすっかり, はそ, はそこ, はその, はたった, はななに, はぬぐ, はね, はね実際, はね崖, はね自分, ははじめ, はひとつ堪忍, はまだ, はまちがい, はもうすっかり, はもっと, はもつ, はやっぱり, はやらん, はテイルデン自身, はバナナ, は一ばんあと, は云う, は些, は今, は他, は他殺説, は会社, は何とも, は信じ, は信じない, は冗談, は初め, は初めて, は別に, は創作慾, は右, は君, は天狼星, は妻, は始め, は富田さん, は幻滅, は必ずしもそう, は忍術, は忠義, は恐らく, は恥かし乍ら, は我慢, は或, は断言, は日本, は日本人, は昨日言, は末山大将, は東京, は此処, は歩い, は気, は決して, は率直, は現場, は生まれ, は男, は番号主義, は眠く, は礼拝堂, は精神的, は総監室, は胃腸, は芸術家, は英語, は見物, は観光団, は貴女, は近々, は近頃, は逃げない, は連れ, は遠慮, は長椅子, は隠しやしない, は革新派, もあれ, もいい, もいま, もうらやん, もけっして, もこれ, もこんど, もそう, もそうぐずぐず, もそんな, ももう, もよく, も今, も危うく, も君, も実は, も帰ります, も悪い, も未だ, も東洋人, も羨ん, も賛成, も骸骨, を叱る, を好き

▼ いや~ (252, 0.9%)

121 いうほど 8 云うほど 4 いえば, 云う程 2 いって, たしなめた, 云うの, 云って, 云ふ, 申します, 申せば, 私は, 言うほど, 言えないの

1 [95件] あらば, いうが, いうなら斬るぞ, いうなら殺してでも, いうので, いうほどに, いうほどは, いえず, いえないのみ, いえぬ性質, いえぬ程気, いえませんでした, いったって, いっても, いはさぬ上手, いふには, いわないからよ, いわれると, おことわり, おっしゃるならわたし, かしこまつ, きっぱり断わった, これへ, なら是非, なると, にべも, はっきり云いなさい, ほにへ, ほみ, また懸け, よく思っ, ケンカを, 云いだした, 云い切れない次第, 云う, 云うので, 云うより, 云う気遣い, 云う程体, 云う程横面, 云う程苛, 云う風, 云えまいから, 云った彼女, 云ひやしない, 仰せられても, 仰云った点, 信助は, 力を, 叫び甲斐, 大いに嬉し, 存候バ今日ニて, 引いたから, 引くほどに, 引っ張ったが, 御思い, 思う, 思うこと, 思うとき, 思った, 思ったが, 思って, 思っても, 感じて, 抑しとどめ, 挨拶とも, 断った, 熱心に, 甲斐は, 申したらいや, 申し上げるわけ, 申し張らるること, 申すなら, 申せた義理, 短く叫ん, 答えたの, 腰を, 見えたうとう, 見えます, 言い切れぬ気, 言うこと, 言うて, 言う筈, 言え, 言えないたち, 言えない性分, 言えなくなって, 言えば, 言えばなの, 言えようはず, 言ふから休ませ, 言へ, 言葉を, 走った, 顔を

▼ いや~ (248, 0.9%)

6 の方 4 はまだ 3 のよう, の心, の言う, はあの, はもう

2 [16件] があがります, が一歩, にはよく, には危険, はこの, はこれ, はそう, はそんな, はもっと, は別に, は普通, は暴, は町人, は貴方, も今, も近頃

1 [191件] あいい, から云わせる, が, がお, がたとえ, がと戦, がもう一度, がやろう, がわざわざ, がインチキ, が会いましょう, が口やかましく, が夢, が持っ, が書生仲間, が毎日手紙, が珍しく, が第, が聞いた, が行こう, が行っ, が行つて, が言う, が養生, こそ, こそ御無沙汰, だ, だけは一度, だって別に, だって御前たち, だと, ではありません, ではない, とあなた, というわけ, という者, としては糞づまりを垂れ, とてもま, と細川君, どもとても, などには一生, などに何程, などもこい, にとってはまったく, にはあの, にはそう, にはその, にはふさ, にはわかりませぬ, には一向, には人格, には判らない, には夜さ, には然, には私, には色々, にわかっ, に感謝, に推参, に聞かせる, に酒, のいう, のところ, のほう, のポピイ, の云う, の伎倆, の取越苦労, の受けた, の妻, の家, の心配, の恋愛, の愛, の欲しい, の知ってる, の知らう, の知ろう, の神経質, の神経過敏, の経験談, の考, の言, の言ってる, は, はあんた, はあんな, はあんまり, はいや, はお化け, はお話し, はきょう, はこう, はここ, はごめん, はさ, はさすが, はさっき壕, はじゃない, はすぐ, はただ今, はたまらなく, はとにかく, はどうしても, はどうも, はどうもああ, はなすべき, はみな, はむしろ, はもちろん, はやめない, はモスクヴァ, は上, は人, は人力車, は今, は何, は何ん, は何度, は先, は先代, は全部, は再生連盟, は冗談, は初め, は前, は医者, は哲学者, は哲學者, は喰わない, は坂田, は多分, は夜道, は大きな, は大利根博士, は失礼, は将軍, は尋ね人, は屋根, は帰さない, は帰り掛け, は忙しく, は打, は探し, は斯, は日本莨, は時間, は最初, は最近こちら, は極, は決して, は決してそう, は満足, は真剣, は碁, は私一個, は第, は胡坐, は裏切り者, は誠に, は誰, は貴君, は足音, は過激派, は金, は録音器持参, は香具師, ばかりは, も, もうっかり, もご, もそう, もその, もまるっきり, もやはり, もよく, もガッカリ, もゴロちゃん, も余り, も妻, も帰ります, も弱る, も彼, も来ない, も無論, も知っ, も調査, よりは余程, をどなりつけた, んとこ, 望む処

▼ いや~ (242, 0.8%)

136 上にも 41 上に 10 うえにも 9 うえに 6 応でも 5 うへにも 2 うへに, つたやうな, つてゐた, つてゐる, ッた, 上の, 言は

1 [21件] うえ士気, おうでも, つた, つたか, つたけど, つたに, つたり, つた樣子です, つてうち明, つておいやす, つてご, つてしない, つて地べたに, つて寄り付かないだらう, つて居た, つて草履しか, なア, ッて, 庭の, 田舎出だ, 見せようか

▼ いや~ (227, 0.8%)

5 恥かしい 3 めえ, 早いお

2 [14件] ことばです, 呼び止めいたして, 堂裏へは, 待たせ申して, 心のほど, 止め申さぬ, 目に, 目出とう, 若いとき, 言葉で, 邪魔しました, 邪魔を, 隠しなさるには, 駭かせし

1 [188件] あげ下さいお, うわさを, かまい下さるな, かみさんそんな, ことばいまさら, ことばを, さまたげしたに, さわぎに, せいさん, せきたてするわけ, てがら, ぬしこそ, ぬしへ, のぞみでございましたら, はいりください, はずかしい, はずかしいこと, ひきあわせは, ひるすこし, ふた方さえ, へんか, ほいに, ほきに, みごと, みごとばかりじゃあ, みそれいたしましたよ, やめに, ゆうどの, わかりは, わらい下さいましただ余り, 世辞じゃ, 両方の, 久しう, 久しぶりでござる, 二人共お, 互に欠点, 互ひです, 互様だ, 京の, 会い下さらなくっても, 会ひ下さらなく, 使い御苦労であった, 優さんと, 光さん写真も, 内儀に, 初めて, 利口お, 取り次ぎ申す, 取次しましょう, 取次でも, 吉お, 吉お前には, 名だけは, 名前だって, 君さんの, 君ちゃん君が, 吟様へ, 味方です, 問い申さね, 喜多は, 坊っちゃんお, 坐りあれ, 坪が, 好きといった, 姿が, 孃さんと, 孃さんは, 孃さんも, 孃樣や, 子は, 孝と, 宅は, 安い御用, 寒いこと, 寝みなされ, 察しいたします, 察しします, 察し申しあげます, 察し申します, 崎の, 帰りに, 帰り早々いろいろ, 役に立つかは, 待たせした, 待たせして, 待なさい, 待遠, 心地よげ, 志は, 忘れですか, 怒りの, 恥しい話, 恥ずかしい話, 恨み申す, 憂慮には, 房が, 手を, 手柄じゃ, 手討ち, 敏も, 新も, 旗本武鑑で, 明し下さらない, 時儀を, 暑い折, 月さんで, 案じなされます, 梅と, 民は, 気の毒どころで, 気の毒に, 気持は, 気軽に, 気遣いなさるな, 汝の, 汝は, 泊めする譯, 灸を, 熱も, 父さまは, 父っ, 父上に, 父上を, 父様が, 留を, 疑いさえ, 目には, 目出度いこと, 眼に, 祭りの, 禮には, 立派じゃ, 粂の, 粂は, 約束いたした如く, 絹さん, 縄などは, 耳に, 耳には, 聞き下さい云わば, 聞き捨て願, 艶さん, 艶については, 艶の, 花さんも, 若けえ, 茶代は, 葉は, 藤これお, 藤さんに, 蝶が, 行者御覧の, 袖さんさ, 褥の, 見事でした, 見届け申さぬこと, 言葉じゃが, 言葉では, 言葉に, 言葉には, 言葉は, 訊ねしたの, 許と, 話しましょう, 語で, 説は, 豐の, 身の, 身の上よく, 辰は, 連れし, 遣わし下されば, 邪魔に, 酒が, 酒は, 隠しなさること, 隠し申す, 隠し遊ばされ, 隣りの, 頭目, 顔いろ, 食事の, 饒舌り, 騒がせして, 騒がせつかまつッ, 驚きあそばします, 驚きめさる, 高の

▼ いや~ (193, 0.7%)

22 でもない 19 うも 6 でもありません 5 もない 3 う致しまし, といっ, にもない 2 うか, うして, しても, にし, にも, のその, も, もそう, も知らない, も言う

1 [112件] あの女連れ, うあっ, ういたしまして, うもすみません, うも大した, うも実に, うも御, うも有難う, うも私, うも誠に, おぬ, かおぼしめし, かしら今度, かそういう, かにつけ, から何, かサバサバ, か分らん, か手前ども, か申す, か癪, か証拠, か重役, がこんな, がなんだか, が幸い, が骨, さらさら御, じゃそれ, そうあらたまっ, だとか, つまらないこと, であれご, でもありませぬ, でもいう, でもござらぬ, でもせんけれ, でもなく, でも君, でも多量, でも帰れ, というけち, という儀, という見ぐるし, という軽薄さ, とはなく, とも云わなかった, とも限らない, と云っ, と仰っし, と言い, と言っ, なら四万, にいたせ, にかまつた, にしろ, にその, にもなりたくない, にもまして, にも判らねえ, にも御構, にも聞かぬ, にわかに刎, の, のこと, の像, の嵩高, の意味, の風波, はおい, まことにしおらしい, もあった, もありません, もいっこう, もおれ, もお前, もした, もひとつ, もむり, も下風, も傑作, も僕, も婿, も後顧, も提督, も無い, も知らなかった, も考えられない, も考へ, も聞い, も聞かぬ, も見, も覚えず, も言, よりは恋しい, よりもいちばん, よりもこの, よりもその, よりもよほど, よりも確か, よりも第, を取られた, を喋った, んぼ, 万何十万, 別にそうでござらぬ, 別にその, 古い里歌, 大したこと, 大した事, 御両所, 決してご

▼ いやなら~ (169, 0.6%)

7 いやで 6 いやと, 仕方が 3 ば, ばこの 2 いつでも, およしなさい, お前の, それでもいい, よせ, 一人で, 僕が, 如何する

1 [128件] あたし誘惑する, あっちへ, あなたの, あんたの, いいよ, いいわ, いやでも, いやとい, おとなしくする, おれも, おれ一人で, おんなじこった, お前だけは, お断わり, お暇, お白洲, くどうは, こう云う, ここから, ここで, ここを, こちらに, こっちから, このなか, この宿, この殺人光線灯, この火, これは, これも, こんどは, すぐおかえりになるといいわ, すぐこの, せめて, そこい, そこに, その定められた, その時, その毬みんな, たって添いとげ, どこか, どこへ, ねえこう, はじめから, ばあの, ばおとなしく, ばただ, ばでは, ばとかく, ばとらず, ばなぜ, ば措かしめ, ば断わる, ば松島, ば止せ, ば水, ば私, ば郊外, ぼく帰ります, まあ伯父さん, むろん止します, やはり怪塔, よしな, よしなさい, よしやがれ, わたしは, んわしは, イヌに, イヤで, ハッキリ言っ, 一文も, 今おれの, 今の, 今オペラがか, 何だけ, 何時でも, 修繕代と, 俺らが, 僕は, 僕獨りで, 勘定から, 十杯飲め, 千代乃さんの, 半ペンニイ, 厭と, 君だって, 君の, 否でも, 否と, 垂を, 声を, 大臣にでも, 好いわ, 始めから, 姫君だけでも, 宝石と, 家に, 弟に, 彼等林町の, 後日に, 持參金一萬兩で, 新しくオリジナル, 早く俺, 明日から, 札幌へ, 来月三日までに, 次郎ちゃんは, 次郎を, 次郎一人で, 止せよ, 決して死なない, 汽車も, 無理に, 然う, 留守を, 私ひとりで, 自分の, 自分ひとりでも, 自決せよ, 西陣へ, 観望し, 誰か, 諏訪あたりで, 退席する, 道を, 銃弾を, 風通しの, 餅食わしょ, 高氏が

▼ いやしない~ (168, 0.6%)

1918 じゃない 1296 のだ 5 のです, んだ 4 かと思っ, かね 3 かと思う, さ, じゃありません, のに 2 かと心配, かと思いまし, から, ぞ, のさ

1 [64件] かい, かきい, かさ, かしら, かしらお前, かというかすか, かとおもっ, かときょろきょろ, かとこわごわ, かとしょっちゅう, かとそれ, かとふと, かと今度, かと外, かと思われる, かと改めて, かと考え, かと隅, かどう, かな, かなあ一分間, かね例, かね売る, からねえ, か否, か家, か悪く, か知らん, が陰, けどね, けれど, けれどね, ことねえ, ことは, し, しこんな, ぜ, そのうち, ぞといいたくなる, でしよう, という批評, と思う, なんてそんな, ねえ福兄さん, のか, のにそこ, のになん, のに何, のよ, もの, や, よお, よ一彦君, よ僕, よ子供, よ戦争, わねえ, んじゃ, んです, ッ, 俺が, 俺だって, 署長に, 脱け

▼ いやまだ~ (165, 0.6%)

8 ある, です 5 ほかにも 3

2 [12件] あります, お早うございます, そこまでは, そのほか, それだけ, それは, 何んにも, 確かに, 解らないよ, 誰かの, 起きて, 陽は

1 [117件] あるよ, い, いくらでも, おかしいの, おわかり, お待ち下さい, お急ぎ, お話が, ここで, ここばかりじゃあ, これくらいな, これで, ご失望, そのさき, その前, それと, そればかり, そんなところ, そんな時, たくさんあった, だが, だと, だほっと, でございます, でしょう何とも, ですよ, とどけ, どちらとも, ひどい, ぷすぷすと煙の, ぼくが, まけたとは, みなさんに, めでたいか, よいよいには, わかって, わからない事, われわれの, コツプを, 一人見えん, 一度も, 丈八郎へは, 三分の一ぐらい, 三四人残ってる, 上陸し, 云って, 五頭通った, 人里が, 今から, 何か, 信長の, 僕は, 其處までは, 出ない今, 出来ない, 分からん, 判らねえところ, 判りませんが, 力を, 十八か, 十数名残っ, 夜半だ, 大名の, 失望する, 始めたばかり, 安心は, 宵だ, 宵だろう, 寝て, 寝るには, 小むす, 居る, 帰りませんでございますが, 幕府の, 引導も, 御検死, 怪しからねえ, 成功は, 打たぬと, 持つては, 早い, 早いよ, 早うございます, 望みは, 東の, 構想中の, 死なない, 死んだ届け, 死んでは, 残って, 殿の, 決まった事, 油断が, 煮え立って, 目撃しません, 知らないの, 立つたま, 第三幕以下, 考えちゃ, 聞かれる声, 自分の, 若馬, 行きませんが, 裏口が, 襲撃を, 解らないことだらけ, 診て, 話しは, 證據は, 起動し, 足らぬこれ, 足りないああ, 逢つた事は, 酒の, 飲む, 駄目だ, 駄目です

▼ いやいや~ (162, 0.6%)

6 さう 4 いや 3 そんなこと, 与八さんと, 私は 2 そうじゃ, そなた, よ, 捨てて, 支那の, 私が

1 [131件] あたしは, あつた, あてらいつ, あなたの, いつぞや材木屋, いやでございます, お前ひとりでは, お名前, お止め, くだらないもん, こういった, ここは, この人, この方, この病身, こりゃあ油断, これだ, これで, こればかりは, これも, さつきさ, さに, すっかり暗く, そういう意味, そうし, そうでない, そうも, そう願わず, そこまで, そのうちひょっくりと, その御, それだけは, それぢや, それには, それは, そればかり, それも, そんなことしちや, そんなはず, そんなばか, そんなふう, そんなわけ, そんな事, そんな細い, そんな話, だめな, だわ, でございますあなた, でないよりも, どうもそうで, どこに, なあにそんな, なんであろう, なんでも, な決して, な調子, ほんとうに, ほんとだ, まだまけた, まつすぐ, もうそんな, もうやめよう, もっと左, よそんな, よ別れる, わしの, わしもちつ, わたくしは, キリシタンは, 一向に知らない, 一週間捜し候え, 主水, 五摂家に, 今は, 今日は, 他所の, 会つた, 何んの, 俺は, 偶像でなくっ, 僕は, 出ちゃ, 出来る, 別に, 十春秋一日の, 単に, 君に, 君の, 唄なんか, 夢では, 女の, 如何考へ, 妻を, 己は, 帝も, 弾くもん, 彼の, 御懸念, 心配いたす, 怪人四十面相は, 恐らくさうで, 我が心, 才能が, 敵の, 断じていや, 明智先生にたいして, 昨夜の, 時々来られる, 會わ, 月給は, 望遠鏡を, 来ては, 決してそういう, 滅相も, 独立に, 猿類女類男類の, 相手は, 知って, 礼なぞ, 私ゃ否です, 私怨では, 罪を, 自分では, 誰か, 車に, 返事を, 迷惑とか, 金なら, 錫を, 関興でしょう, 隠居の

▼ いやこの~ (157, 0.5%)

3 人は, 頃は 2 たびの, ままで, ような, 上は, 事件の, 二つの, 女の, 方が, 辺の

1 [133件] あね, あんばいでは, お仲間, お女中, からげ縄, くらいで, ことについては, たびだけは, たびは, つぎに, なかに, ひき出しの, ほうが, ほうに, ほかに, ままでは, まま山を, ように, りっぱな, わたしを, アルハンゲリタスクでさえも, ソファの, バイロンに, パーセンテージは, 一刻の, 一詩は, 上あんたの, 上殺され, 世界が, 中に, 事件が, 二三日酒は, 二人が, 体たらくじゃあ, 俊基は, 俺は, 傷では, 儘では, 先縁は, 冬初めて, 分では, 前いつだ, 前は, 前北川冬彦氏から, 品は, 問題は, 器械では, 国の, 地方や, 坂ばかりにて, 城は, 場合君の, 塩梅なら, 大陸の, 大陸大江に, 子は, 学校の, 家, 家の, 家も, 家内と, 少年こそ, 山の, 川越に, 己が, 市街から, 席上で, 年に, 幼帝に, 庄司と, 度は, 忠相じ, 忠顕だけに, 怨み骨髓に, 怪塔内ばかり, 悪戯嬢的に, 戦国期だけ, 戦時中ふい, 政治に対する, 新蔵に, 方は, 方面から, 時まで, 時も, 時刻だ, 時半ば怨ずる如く, 時間は, 暗いとこ, 書物には, 最近に, 構えは, 機会に, 水を, 涙という, 漫才以上に, 爆弾を, 狭い街, 男の, 病身では, 目の, 着物も, 窓は, 竃部屋は, 精密度なく, 結婚は, 絵の, 罪悪の, 老爺これで, 興行主の, 芝居は, 藪田助, 袋小路の, 親に, 言葉を, 評価は, 身とて, 身には, 辺は, 辺や, 近海の, 通り変りは, 道です, 酒も, 金は, 門から, 降るの, 際だ, 頃ぢや, 頃でも, 頃の, 風呂敷は, 首だ, 騒ぎも

▼ いやあの~ (124, 0.4%)

5 時は 3 人は, 女には, 女は 2 ころの, ときは, 人の, 女の, 小犬には, 男が, 男は, 金は, 鼈甲牡丹の

1 [92件] あたりは, お方は, お杉, お神さん, かわいらしい小, ことか, ことの, ごようす, ひとには, みかどは, やうな, レヴェズという, 上がった屍体, 不具者には, 両所存在, 中を, 九月十三夜の, 二人だけ, 二少年が, 人たちに, 人のせゐ, 人を, 人間は, 佐々木すらも, 作は, 光りは, 前川夫人です, 北山谷の, 南条先生と, 原稿は, 吝ン坊, 吠えて, 堅い男, 女ひとりに, 娘では, 子は, 子供に, 子供わたしに, 宮は, 家は, 容貌の, 小さい総督, 小説は, 屋造りも, 崖上の, 年頃の, 廻転琴時計を, 彦太郎で, 御方の, 怪奇な, 憐れな, 手紙を, 折も, 方の, 時お前は, 時には, 時の, 時計自体よりも, 晩の, 森ばかりは, 母親では, 毛利時親, 汽車じゃ, 沼の, 浪人者では, 片時も, 状でも, 男の, 画だけを, 番頭なら, 疑いぶかい道誉, 登美子さんです, 白藤の, 眼もとの, 私は, 翁は, 若旦那は, 袢纒は, 親父も, 話だ, 話でございます, 話の, 通りの, 連中の, 部屋には, 野郎の, 銃は, 阿爺, 青草の, 頃より, 頭脳の, 鳥に

▼ いや~ (109, 0.4%)

6 苦勞 2 両所の, 主人, 使で, 勝手と, 好意は, 尤もです, 尤もの, 早うが, 秘蔵の, 辺の

1 [83件] 丁寧な, 不審は, 両所まあまあ, 主人は, 主人実は, 主君や, 亭主か, 会釈に, 使を, 僧とは, 兩人御, 出家, 同役いか, 同様さま, 命令に, 報告には, 奉公は, 奉公を, 威徳によって, 安心ください, 安心と, 安心下さい, 寛大否, 尤です, 尤もじゃが, 尤もでございます, 尤もな, 役に立てば, 心中は, 心配には, 心配は, 心配はいりません, 懸念には, 手数です, 折檻かも, 挨拶には, 支配の, 早う, 検視は, 機嫌よう同胞, 母さんには, 泣きか, 注意を, 深切は, 炯眼です, 無用に, 無礼, 熟考も, 理想の, 申込みは, 病気とは, 病気を, 目覚かね, 築城の, 老人そう, 自身で, 苦労, 苦勞で, 苦勞御, 落胆なさいます, 親切に, 親切は, 親切誠に, 話しにも, 謙遜, 謙遜を, 警固などと, 財政のみ, 貴殿が, 趣意の, 趣意は, 辺こそ, 辺などは, 辺にも, 辺は, 迷惑とは, 迷惑は, 通知いたしかね, 遠慮を, 隠居様, 隠居様どうも, 風流な, 驚きに

▼ いやあれ~ (107, 0.4%)

32 はあたらしく, はあの, は私

1 [98件] から七十日, から各, がそう, がつまり, がわからない, が彼, が鹽田, くらい有名, じゃあれ, だけは幻影, に, にある, におられます, にはあれ, にはいい, に違い, のあと, の兄, はあなた, はうち, はお, はくだらん, はちょっと, はどうしても, はどうも, はどちら, はなん, はふしぎ, はほんとう, はまだ, はまったく, はみな嘘, はみな遊動隊, はみんな, はもう, はやっぱり, はわれわれ, はイワン・ペトローヴィッチ, はフォン, は今夜, は何, は何度, は俊彦, は假病, は兵法, は典厩信繁, は内輪, は凌霄花, は出, は厭, は又, は取消し, は可, は国, は地球, は外務省, は大阪, は失言, は妖怪変化, は実に, は実際, は寒い, は当時乗組員用, は御, は愛情, は戻る, は打ち切り, は新しい, は新聞社, は本当, は椀カケ, は氣, は特別, は病人, は皆わたくし, は真実, は確か, は神田, は空, は胸くそ, は苦しまぎれ, は蘭学, は見た, は象徴, は身分違い, は違, は違いましょう, は違います, は違う, は闇, は馬鹿, は馬鹿ぢ, は鳥渡, もこれ, も別段, も酒, よりもっと, よりも白い

▼ いやわし~ (105, 0.4%)

2 のこと, の方, はあの, はそう

1 [97件] かて解散賛成, から行こう, がかけよう, がぜひとも, が仮病, が來, が先王, が悪, が悪かっ, が生命, が目, が納屋, が行く, じゃ, だって注射, づかみに, とは思わず, にその, には何より, には心得, にも分からぬ, のいっ, のこの大きな, のよう, の一量, の云い, の代講, の実験, の母上, の用事, の脚氣, の行く先, の言う, は, はあんな, はいらぬ, はお礼, はかえる, はさき, はただ, はどこ, はなお, はなこの, はなそう, はな教育課長, はぱつと有名, はまた, はまだ, はもう, はやる, はロロー殿下, は一晩, は与力, は五十八回通つた揚句一年, は仏軍, は信じる, は出ん, は宝蔵院, は年, は幽霊, は役目がら, は思わず, は急ぎ, は恥じない, は所長, は断言, は新参, は時々, は江戸, は烏帽子, は相撲, は知らな, は碧海島, は礼物, は立合う, は自党, は艇長, は見物席, は諸君たち, は身軽, は雲華寺, もここ, もこれ, もそう, もそういう, もそれ, もちつとは, もべつだん, もまじめ, もまんぞく, も尾, も思わぬ, も手, も歩く, も注意, も驢馬, を助け

▼ いや~ (96, 0.3%)

10 がる 4 なこツ 3 しない, だ, な気持ち, な顔, ね 2 がるの, そんなわけ, なもの, よ

1 [59件] あの男, いいん, いやア, おおそう, がったな, がってマア貴方心配, がるお, がると, がるん, がる早く, がる昼間久藏, がる親, がる馬鹿, しないか, しないかと, しないのに, しないん, しねえや, しねえ漸く, しまいか, しまいから, しません, しませんかい, せんか, そのご, それだけじゃ, たなびく天津風, だお, だよ, と額, と馬鹿, どうも惨, どうも突然な, なじみ, なにやらチト物騒, な事, な健ちや, な早く, な昼, な気持, な氣, な虫, な酒, になっ, に生白く, ねいく, ねえ否, ひどい目, まあそうおだてる, もう, もう死ん, もつと, よいや, よく来た, 実は僕, 帰る田舎, 拝むの, 熱いの何, 黙ってるが

▼ いや~ (94, 0.3%)

3 の世の中 2 では内儀さん, でもやはり, に分る

1 [85件] あがらうと, あまり飲みたくない, お目ざめ, からかんがえる, から行つて, が絶頂, が頃合い, こそここ一日, こそ生き, この場, しばらく大入満員, すぐ, すぐでなく, すぐと, すぐに, だから, だつて, ついそこ, ですから, ではそう, でも, でもおれ, でもそういう, でもそんな, でもエセーニン, でも俺, でも彼女, でも猶, となっ, になっ, になれる, にわかります, に江戸中, の人, の内, の口上, の彼, の日本, の日本現代劇, の瞬間, の話, の都, の音, はそんな, はただ, はもう, は一人, は事実, は何, は出来ない, は敦賀城, は数正どの, は書き, は羽織芸者, は誰一人, ふっと思いついた, まであんな, までにない, までにも二, までのところ, までの自分たち, まで何故, まで毎年, まで知った, もなお, もなほ, もなほ当時, もむかし, も安心, も実は, も彼女, も衆道好き, も雀部さん, わかって, 云つた, 來たばかり, 其処に, 医者に, 揉んで, 書いちゃ, 来たばかり, 着きましたよ, 近江屋へ, 食っても, 鼻息の

▼ いや~ (89, 0.3%)

12 いやよ 2 そんな, そんなこと, どうした, 兄さん, 姐さん, 放してよ, 来るわよ

1 [63件] あたいの, あたしあなたの, あたしに, あらいや, あれあたし, あんないけ好かない, あんなの, あんな老爺染, あんな黒ん坊, いけないよ, お世辞, お母, お母ちゃんいや, お母様お母様, お爺さん, お願いいたします, この人, こんなの, さあそれでは, さう, すっかり云っ, すまして, そんなにあたし, そんなに一人, そんなに顔, そんなの, そんな処, そんな意地悪, そんな言葉, ただじゃ厭, だとか, どうか, なに考えこん, まだ一週間, もうそんな, もう議論, わたし梶原なんか, マドロスさんわたしは, モデルなんかに, 今起きた, 何を, 何云ってる, 別れるの, 奥様と, 妾のく, 宇津木さん, 家に, 小畑さん貴, 島崎さんは, 帰らない帰らないで, 帰るの, 日向の, 書く人, 泥棒には, 浜さんそんなに, 私いや, 私こんな, 笑っちゃ, 芝居も, 見に, 訳を, 貞ちゃんは, 駄目でしょう

▼ いや~ (89, 0.3%)

4 のよう 2 あの男, が今, と一所

1 [79件] がかまわなく, がどこ, がムキになる, が今ここ, が想像, が気がつかなかった, が病気, この事件, こんな愉快, こんな話, そういわれる, そう短刀直入, で充分, ところがこの, と侯爵邸, と朝鮮, と逢った, と飲む, なぞは勿論, なら必ず, なんと言っ, にあげる, にだ, にはほんと, には何, には分らない, にもう, に約束, に話したい, に逢, のおかげ, のお供, のこと, のため, のだから, のところ, の不満, の動物まね声, の命, の姿, の当惑, の思想系統, の手腕, の探偵眼, の智慧, の深奥, の紋附, の考案, の胸中, の薬, の親切, の言, の言う, の言葉, の説, の説明, の頭, の鳥, はそんな, はときどき, はねたま, はべつ, はまあ, はわかつ, は今度, は僕, は分らんだろう, は別さ, は贅沢, は馬鹿, まったく景気, もここ, もこんど, も此度, や御, を信ずる, を前, 実に馬鹿, 実際その

▼ いや~ (87, 0.3%)

23 なる 10 なっちま 6 なった, なっちまうな 5 なっちゃう, なっちゃうな 4 なっちまう 3 なっちまった, なっちゃった 2 なって, なるが

1 [18件] した, なったの, なっちまいました, なっちまうせっかく, なっちまうなあ, なっちまうん, なっちゃ, なっちゃあな, なっちゃうと, なっちゃうという, なっちゃうなあ, なっちゃうね, なっちゃうわ, なっちゃったとか, なつたわ, なつちま, なつちやうな, なるほど

▼ いやむしろ~ (85, 0.3%)

1 [85件] あべこべだ, いけすかない客, いま私と, このごろの, この永年, この私等, この老人, そのため, そのよう, その垂れぎぬの外, その蒼白い, その転機, その轉機, それだ, それだけに御, それとは, それを, そんなもの, ない方, ぼおっと, よほどの体力, わたし自身には, 二つある, 二毛作を, 些細な, 今日は, 仕事は, 元の, 先程から, 冷量, 前よりも, 口々に, 可愛い中, 問を以て, 城の, 壮観でした, 外記が, 大きらい, 大佐から, 大変遠い, 嫌いな, 孔明なき, 定住地の, 宮を, 己は, 平常時風景, 形式の, 彼の, 微妙な, 悪者ほど, 情死と, 投げやりな, 敵意を, 日本が, 日本の, 普通よりも, 本質的には, 滅茶苦茶と, 滑稽に, 火つけ役の, 犯人は, 現実以上に, 痛みを, 直截に, 相当の, 真雄の, 私の, 積極的に, 窮民よりも, 立ち去つた後, 結果色々, 継子扱ひなの, 義と, 老人だ, 老爺の, 胸の, 自作の, 自分自身の, 見られた事, 見違えるほど, 証拠と, 近づきたい気もち, 追い出したから, 風船といった, 高慢から

▼ いやよく~ (84, 0.3%)

14 わかりました 6 分った, 判りました 4 わかった, 解りました 3 分りました 2 判った

1 [45件] ある奴, いって, おぼえて, お前とは, お名, して, ぞ申された, はない, はわからぬ, まいったと, やって, やりなすった, わかりましたあまり, わかりましたでは, 事情は, 似て, 出来て, 分かっとる, 分って, 分りましたわい, 分るまい, 判つた, 帰って, 御辛抱, 打ち明けくだされて, 承知し, 来て, 気が, 相分った, 眠った, 眠れたよ, 知ってる, 知つて居る, 老実に, 考えて, 聞かせて, 聞きなさい, 見ると, 見れば, 解った成, 解ります, 話して, 話を, 調べないと, 識らない

▼ いやもっと~ (82, 0.3%)

3 前から, 正確に 2 になる, 正しくいえ, 精密に

1 [70件] ありそう, あるなどと, おそろしいめ, さがるの, すごいこと, たくさんだ, だ, とおくまで, はかない味, はにかんで, むこうへ, よいもの, よい武家統治, わるい, コチコチだろう, 上の, 云って, 五十畳あるいは, 以前にも, 何か, 元気いっぱいで, 切実な, 右いや, 困難な, 多かった, 大きい, 大きいかも, 大きくは, 大きな悲し, 大真面目, 嫌な, 小さいさかずき, 左つっこめ, 心にまで, 恐ろしい敵, 恐ろしい運命, 悪い, 悪い事, 愕いた, 戦争が, 新しい問題, 早く言え, 東の, 正直の, 正確を, 気を, 深い松本, 深かった, 深く突き込ん, 深刻な, 物騒な, 率直に, 瞳孔から, 短かく, 薄気味悪い底, 複雑だ, 見つめて, 記憶の, 詳しく言え, 説明語を, 調子が, 近くつい, 遅くまで, 遠い先, 遠い昔, 遠くて, 適切に, 駭く, 驚いたの, 高く売れる

▼ いや~ (81, 0.3%)

2 あもう, の身体, はお, れゃ

1 [73件] あい, あいい, あこれから, あそれ程, あなん, あもつ, あやっと, あチヨツト寄つて, あ人, かよう, からも礼, からも禮, が, が一番ドンヅマリ, が今日此処, が俺, が慾, が持っ, が死ぬ, じゃあない, だよ, にはなんだかさっぱり, にはまだ, にはまったくなんにも, にはもっと, にはよく, には判っ, には段々, のこと, のこの, の云, の体, の手, の理想, の畫, の見, の言いたい, の言うとる, はあの, はお前, はそう, はそれ, はたしかに, はどんな, はふた, はもっと, はダンス, は一寸, は今さ, は寝ない, は帰る, は忘れ, は日本人, は東野, は止さう, は気, は気がつかなかつた, は決して, は科学主義者, は第, は離屋, ばかりじゃない, ばかりぢ, ももう, も一時, も人間, も寺田さん, も飲みたい, も驚いた, やな, よりおくれ, れが, れにや

▼ いや全く~ (81, 0.3%)

3 だよ, です, 驚きましたよ 2 その通り, それは, だ, でございますよ, の事, の話

1 [60件] い, いい道連れ, えらいもの, おどろきましたよ, お前さんが, この一両日, これは, そのとおり, それが, それに, そろいも, だ何, でがす, ですな, のところ, のはなし, の孤独, 三浦半島木精の, 久し振りだ, 其の頃, 古谷君の, 右近丸様と, 同じこと, 君だった, 変な, 奇遇だ, 妙な, 姉さんは, 寒いなあ, 居ないの, 弁才坊殿は, 弱つて, 御無理, 思わないところ, 恐ろしいよう, 恐ろしい話, 恐縮, 悪い子, 探偵小説家の, 掻き消して, 政の, 景気が, 本当の, 気づきませんでした, 法律が, 申し訳が, 知らなかつた譯, 私とて, 素晴しい, 綿布団とは, 美しいです, 義侠的精神じゃ, 考えものだ, 虎だ, 見上げたもの, 論理を, 貴下の, 酷え, 頭が, 驚きやした

▼ いやおれ~ (78, 0.3%)

4 の方 2 ではない, はいつ, はお前, はこの, はそんな, は云う, は今

1 [60件] がいう, がき, がこう, がどなた, が君, が来, が来た, が真実, が行く, が言っ, が電話, だって和歌山, と別れたら, にとっても大きな, にはもっと, にはわからない, には方寸, には解っ, にもどっち, にもまだ, のほう, の奉行眼, の弟, の惧, の成績表, の片, の骨, はお, はお父さん, はここ, はすこし, はそれ, はとっくに, はなぐる, はむろん, はもう, はよく, はケレンコ司令官, は何ん, は別にどう, は博士, は博戯事, は女, は始終, は教育, は欺かれ, は此処, は決して, は火星王, は確か, は紀淡海峡一本槍, は誓っ, は違う, もかえる, もゆうべ, も五度, も大人気, も好い加減, も御厨, よりもその

▼ いやだった~ (75, 0.3%)

5 のです 4 からだ 3 の, のである 2 が, んです

1 [56件] から, からあんな, からおれ, からである, からでもあった, からという, から是非, がしかし, がとにかく, がオリガさん, が十時すぎ, が然し, が病気, が終戦, が自分達, が茶, が道, けどいま, けれどおじさん, けれど二人ぎりでお交際, しこわらしかった, しさりとて, しその, しもし, し大山, し寄っ, し殊に, し誰, せいである, それは, というふう, と云ったら, なあ, なああの, なア, のであろう, のでご, のでしょう, のでちょっと, のでついにっこり, のでぬすむ, ので何, ので校舎, ので自分, ので非常, のにあべこべ, のに圭子姉さん, のも, のよ, よ, わ, んじゃ, んだ, んでだまっ, 事, 床屋へも

▼ いや~ (70, 0.2%)

3 だぜ, な事, のない, を言, を言う 2 がなく, たっぷりな, を云

1 [49件] えない, がない, が油, たらしい思出, だと, ったらしい, ったらしい表情たっぷり, っぽい光, つた, でないこと, でないの, でなくおろおろ, でなく述べたてた, でもない, でもないでしょう, でもなく, でも云う, でサ, ということ, なことお話し, なところ, なイケ, な句, な様子, な気, な無邪気, な笑い, な言葉, な語調, な返事, になりやしなかった, になる, にはならず, に細い, に見える, ね, の禁忌, の言, もいわず, もなく, をいいはじめた, をおっしゃる, をきかせ, を並べた脅かし, を含めた, を持たせ, を申し上げ, を言い, を言い聞かせ

▼ いや~ (69, 0.2%)

4 は決して 2 の顔

1 [63件] がいい, が山, が彼自身, が恋いした, が教界刷新, が犯人, が私, が稀世, が豊前小倉, さえこの, じゃない, だけでなく, だけは絶叫, でなくとも, でもな, にいわせれ, にとっては自尊心, に仆, のばかりで, のぶつ, のぶつかった, のゆく, のようす, の一族, の呼吸, の女, の床几, の後ろ, の心, の性急, の恐怖心, の意中, の戦時政治, の批判, の生命そのもの, の神経, の禅, の空想, の証判, の跫音, の退却, はそれ, はたのむ, はなかなか, はまだ, は以太利, は位負け, は全く, は君, は数合, は旧悪, は最早, は松平家, は王党, は蜀, は隴西, ばかりで, ももう, も一類, よりも伊織, れは, をそこ, を甘く

▼ いやあなた~ (62, 0.2%)

3 のこと 2 は, は河童

1 [55件] お一人, がそう, がどこ, が御, が悪い, が昨日おいで, が知らない, が硝子, こそほんとう, こそ何かと, こそ拙者共, だけで, では失礼, と私, にそんな, にだ, にだっておそろしい, にはどちら, にもどうも, に分る, のいう, のお, のお話, のやう, の体, の場合, の懐中, の気持, の発明, の言葉, の郷里, の鈴慕, の間違い, の顔, の魔術, はち, はどうか, はまだ, は二十面相, は亡国者, は例, は大きな, は日本人, は環境, は眠い, は神通力, は私, は総督, は自分, ばかりで, ばかりでなく, もさすが, も随分, より僕, を信用

▼ いやここ~ (62, 0.2%)

3 だけの話 2 でよろしい, に来る

1 [55件] から奥, がいい, がよろしい, が堪忍, が大事, じゃない, だて, でええ, でけっこう, でしょう, でそんな, でたくさん, ではちと, ではない, では後日, では春, では緑色, で下手, で失礼, で弛む, で御, で東京, で私, で結構, で話, で話し, に, にいます, におる, にこうして, には, にはおりません, には要らぬ, には足利若御料, に五つ, の城中全体, の子供衆, の御山, の社記, の足場, はマルセーユ, は仕方, は誰, は高徳, ばかりじゃない, ばかりで, ばかりでなく, へと申しふくませ, へ呼ぶ, へ来る, へ立ち寄っ, まではまあ, までは使い, までは登っ, 久しく朝廷

▼ いやお前~ (61, 0.2%)

3 のこと 2 だ, はあの, は若い

1 [52件] かいや, からと皮切り, から出し, がどう, が爾, こそは, こそ気, しっかりし, だけで, だけでい, だらう一番後, ではない, という, とそれ, などはまだこれから, なんて烏賊, にそう, になっ, にはちょっと, には分つ, には少し, には知っ, にもいろいろ, に分らなくっ, に限らず, のよう, の店, の心, の心中, の忰, の方, の立っ, の立つ, の考え, の許, の話ぢ, の驚く, はいけない, はいま, はお, はたしかにそう, はもっと, はよい, はよう分かった, はナニ, は人生, は何とも, は僕, は和歌, は子供, ばかりでなく, も知っ

▼ いやそういう~ (61, 0.2%)

11 わけで 3 ことなら, ことも, わけじゃ 2 君の

1 [39件] うちにも, ことこそ, ことは, ことを, はずな, ものが, ものじゃ, ものに, ものは, わけか, わけでしたら, わけでしたらな, わけなら, 事とは, 事なら, 事情と, 人物をば, 危険を, 号だ, 品の, 商売気も, 喪服なら, 報告は, 広告は, 広告を, 御用なら, 心なら, 意味じゃ, 意味で, 意味では, 押しかけ沙汰, 時期は, 種類の, 童話めいた, 義理に, 者に, 訳で, 階級意識を, 風に

▼ いやいい~ (60, 0.2%)

14 んだ 8 んです 43 じゃねえ, です 2 のよ

1 [26件] からやっつけ, ことを, でしょう, ですお, ですよ, ところへ, と言い, のです, のにあっし, のに草香流, のに道理, や, 一人行く, 事は, 子は, 心持で, 忘れたが, 悪魔にでも, 所へ, 教訓を, 暇つぶしじゃった, 気候です, 気持と, 訳じゃ, 話を, 音の

▼ いや実は~ (59, 0.2%)

3 私も 2 おれも, こんな噂, その, 避暑に

1 [48件] あなたの, あの, いよいよ来た, お断りの, かう云, きみに, ここに, こっちが, この呂布, さっきから, そいつが, その何, その当, その毒薬, それで, そんな風, ね, ねあっし, ねあの, ね藤野先生, まだです, まだ大事, もう五分の後, もう珍客, わしの, フウイヌムの, 今日その, 今朝部下の, 余り欲しく, 先刻から, 叔母に, 君が, 変った中, 家内に, 小遣いは, 山吹先生から, 性分です, 患者の, 新しいん, 昂じて, 本日参った, 本日参つたの, 段梯子の, 泥臭いと, 理智的理論的な, 葉子さん貴女が, 要らない, 観たこと

▼ いやとは~ (58, 0.2%)

3 いへ, 言えなかった 2 いうまい, いえないの, 申されません, 言えないの, 言ひ

1 [42件] いいきれないところ, いえないで, いえないよう, いえませんぜ, いへず香櫨園, いわさないよ, いわず即座, いわせない, いわせぬ, いわせねえぞ, いわないから, いわないだろう, いわないでしょう, おっしゃるまいと, 云うてえへんけど, 何だ, 別です, 大笑い, 思いませんでした, 思って, 殿も, 申さる, 申しますまい, 申しますまいよ, 申しませんが, 言いません, 言うまい, 言うまいけれど, 言うまいに, 言えないよう, 言えない性格, 言えなかったし, 言えなくなった, 言えねえ相手, 言えまい, 言えまいこっち, 言ふまい, 言わずに, 言わせぬよ, 言わないでしょう, 言わないよ, 言わねえよ

▼ いや自分~ (58, 0.2%)

2 は何

1 [56件] からそう, がはっと, がほしい, がまだ, がトマト, が作家, が恥, が悪い, が行きます, が負けた, こそ国主, でこんな, ではない, ではまだまだ, で持っ, で殺し, で自分, などはまだ, にかかる, にとって彼女, にも一半, に言, に通っ, の, のいのち, のこと, の仕事, の労, の労働, の尋ねる, の弦, の思想, の息子たち, の手, の方, の村, の満足感, の耳, の胸, の見ちがい, の見聞談, の記憶, の身体一つ, はよく, はリスポア, は健康, は到底, は嫁, は尖端, は永徳, は荊州九郡, は越前, もいや, も急ぐ, も食べたい, を見失っ

▼ いや~ (51, 0.2%)

6 もっとも 4 もっともです 2 辺の

1 [39件] ていねいな, もっともでございます, もつとも, 一しょに, 丁寧なる, 丁寧に, 下向を, 主人, 主人は, 主君仕え, 催促は, 僧は, 助命を, 名答, 安心なさい, 尤も, 当家にも, 心配ありません, 心配なさいます, 心配には, 心配は, 懸念は, 斟酌なく, 普請場へ, 書箋は, 歓待は, 無理は, 病中と, 老体でございます, 舎弟, 藩名や, 謙遜で, 謙遜なさらず, 辞退申す, 辺のみに, 迷惑で, 過賞です, 遠慮は, 配慮には

▼ いや決して~ (50, 0.2%)

3 そんなこと, 御心配 2 僕は, 物識り振る, 笑や, 隠しては

1 [36件] あなたを, えらい事, お勢さん, お通しす, お醫者さん, ご心配, そういう次第, そういう物騒, そんなわけ, そんな事, そんな安価, そんな御, そんな訳, 世間に, 二人は, 冗談ぢや, 凶事では, 危険な, 取り消されん, 善くは, 嘘でない, 天稟の, 客どのに, 左様な, 御迷惑, 忘れたこと, 手間を, 投身する, 朝命を, 案じないで, 殺すよう, 無謀な, 脅かしを, 諸将, 追従では, 逃げ隠れ

▼ いや実に~ (48, 0.2%)

2 怖ろ

1 [46件] あなたが, おそろしい奴, お前は, お話に, きわどいところ, この村長, この話, その時, その立派さ, それ以上の, つまらん目に, ばかばかしい, ばかばかしい話, めでたい, 一日の, 何うも, 俺は, 劣った馬鹿, 古くさい, 君の, 困った事, 執拗い, 大変な, 奇妙な, 奇抜な, 妙だ, 妙不思議な, 弱ったです, 弱つた, 強いもの, 愕いた, 愚劣だ, 憎むべき天, 昔は, 沢山を, 甘いもの, 申しぶん, 私めも, 立派な, 美しい姿, 美味かった, 見事な, 読みづらい, 面白い, 面目次第も, 高価くなった

▼ いや今日~ (46, 0.2%)

3 は, はお 2 は少し

1 [38件] からかんがえる, からは人, からは日本語, すぐこれから発つ, だけで, でも, でも多分, という今日, にしよう, にも返し, の世相, の支配者的文化, の来る, の演習, の米, の考え方, はいろいろ, はおお, はお忙しいよう, はこれから, はじめて行, はちと急ぎ, はねだん, はもう, はわざと, はわざわざ, は不思議, は何だか, は俺一人, は出, は愚痴, は牛肉, は瓢, は英語, は飲まない, は飲め, は魚, 転法輪寺

▼ いやまったく~ (45, 0.2%)

2 のところ, もって

1 [41件] あいつは, あなたは, こういう搾取者, このお子さん, じゃ, そのとおり, それに, だ, だあ, だから, です, ですまさに, ですよ, ね, の話, の話さ, は治部, は降伏, ばかばかしい話, 不思議な, 人騒がせの, 偶然と, 十両と, 左様な, 彼を, 性に, 恐ろしいこと, 恥だの, 感心した, 昔は, 柵を, 用心に, 申訳ございません, 知らずに, 知らなかったの, 笑い事では, 花束に, 芸術家です, 見あげたまた, 見事な, 驚きました

▼ いやわたし~ (44, 0.2%)

2 は行きませんでした

1 [42件] がねらっ, が云う, が確か, が聴いた, こそお, こそ礼, とした, とて太夫, などは誠心誠意, には神仏, のいう, のうち, のこと, の存在, の血縁, の道連れ, の量見, はいや, はけっして, はごめん, はしなく, はそれ, はなんとなく, はね山羊, はまた, はもう, はダンス, はホテル, は子供, は履き物, は旅, は晩, は知つて, は神田, は薬店, は非常, は鮫洲, もちょっと, もはじめて, ももう, も君, を君たち

▼ いやこんな~ (43, 0.1%)

9 ことは 3 ことを

1 [31件] ぐちを, ことで, ちゃちな, ところじゃ, ところなんか, の平気です, ふうに, やみ夜に, 世の中さだめし, 事は, 事ばかり, 前置きに, 吉い, 地口は, 地震は, 場合うそも, 妙な, 川の, 心が, 時に, 晩に, 望みは, 気障, 癖は, 解答が, 話は, 話まだ, 話よそう, 質問は, 頭など, 風態の

▼ いや寧ろ~ (43, 0.1%)

2 それ等よりも, 全能の, 顔を

1 [37件] そのやう, その思想自身, その悪夢, それが, そんなこと, わめきながら, われわれ一同提案者と, ミスチックに, 一人ぼつち, 一党一派に, 与えたもの, 与へたもの, 久米の, 人並みよりも, 僕自身が, 其れ, 冷量, 印度の, 善意とさえも, 夫れ, 官吏や, 希望に, 幕の, 幼かった, 当世にも, 彼の, 怖いもの, 怖ろ, 憩ひ, 政敵の, 時代の, 森先生に, 流の, 無謀な, 私にと, 花嫁の, 覚悟とも

▼ いや~ (43, 0.1%)

1 [43件] かが嘔吐, かってこと, かの眼, か迎え, がなんと, が悪い, が此処, だっておどろく, だって確, だって驚く, でもそれ, でもできる, でもよい, でも構わん, とでも夫, と誰, にだ, にもうっかり, にもここ, にもしかし, にもはじめて, にも判りません, にも此處, にも聽, に向っ, に對, に理解, のいう, のせい, ひとり好い, も, も入らなかつた, も君, も好き, も憎い, も書かない, も知る, やらの啜り泣く, よりもその, よりも俺, よりも私, れが, れ彼

▼ いや別に~ (42, 0.1%)

2 なんでも

1 [40件] おどろかれること, それでどういう, そんなこと, たいしたこと, どういう箇所, どこへ, ない序, なん, むずかしい詮議, われわれは, コツも, 不審という, 事という, 今すぐといふわけぢやない, 仔細の, 仔細は, 何が, 何でも, 何も, 何事も, 僕は, 取毀すと, 名前を, 固執も, 御援助, 心願という, 必要が, 思い当ると, 急ぐわけぢやないんですが, 悪いこと, 悪いもん, 新しい用事, 明けられんこと, 気分が, 火星王という, 用じゃ, 罪は, 肯定し, 詮議という, 話つていふ

▼ いやそこ~ (40, 0.1%)

1 [40件] から出, から手, がおもしろい, がさ, がちと, が僕, が可笑しい, が研究問題, が社会奉仕, じゃ, じゃて, じゃてそこ, だよ, である, ですよ, でもだまっ, におります, には又, には実際, に如才, はどう, はまだ, は心もとない, ばかりでなく, へは寄らぬ, まではおれ, まではどう, まではまだ, まではやっ, まではよもや, まで確か, まで考え, まで言, をあなた, をこれから, をたすけ, をよく, を兼好流, を逃げた, 迄でない

▼ いやなに~ (39, 0.1%)

2 ただ牛, べつに

1 [35件] かといううち, かの時, かまいません, からなに, ことづけようと, そういうわけ, そんなわけぢ, ただ漫然と, ちょうど読書, ちょっと眠っ, つまらないこと, どうした, なつまり, ね, ねふつ, もあやまる, もありません, もいま, もう埒, もお, もこわがる, もしなかった, もない, も決定的, も社会, も聞い, よりももう, よりも窓際, をする, 一寸会う, 仮令百姓, 別にこだわる, 打ち割って, 行っちまえと, 驚きました

▼ いやという~ (38, 0.1%)

2 ことは, のか, ので, わけで, 程知っ

1 [28件] ことな, のでしょう, のは, もう一段上, わけは, 女でない, 存在の, 法は, 程, 程おこのに, 程ツァー時代の, 程世界中の, 程喋った, 程大地に, 程巖乗な, 程弾き飛ばされ, 程打った, 程投げつけられました, 程私の, 程蹴飛ばした, 程身を以て, 程頭を, 程額を, 程飲んだ, 程高い, 考え, 言葉さえ, 訳じゃあ

▼ いや拙者~ (37, 0.1%)

3 こそ 2 はそう

1 [32件] かつて九州, が早い, が現われた, だから, とて同じ, と伯父一族, などはその, にとってはあくまで, には美服, に女房, のいま, のもの, の罪, はお, はこの, はどうも, ははじめて, はほか, はよく, は一刻, は何, は悪者, は拙者, は斯, は病気, は皆目, ばかりで, もあまりに, も何, も国, も尊公, も長浜

▼ いやたしかに~ (36, 0.1%)

2 それは

1 [34件] あつた, あの娘はん, あの時, あれを, お宅, この附近, これは, そいつは, そこには, そのつもり, その一語, それくらいは, ほんの一瞬間, わしの, ムビウムは, 不死人, 乳房と, 以前に, 動いて, 嚥まされた, 四回うかがいました, 夢でない, 好意を, 幻覚に, 憎んで, 曲者は, 海だ, 美しい所, 自分の, 要るよ, 見たはず, 見た顔, 覚明様を, 馬の

▼ いやどう~ (35, 0.1%)

7 しまして 5 致しまして 3 あっても 2 だっていい

1 [18件] いたして, かそう, したって, したわけ, だかな, だかなあ, だっていいっ, でお, でもいい, でもよく, で判らない, という, といっ, にでもする, 仕りまして, 整理したら, 無理を, 要心いたした

▼ いやなん~ (35, 0.1%)

14 でもない 4 でもありません 2 にし

1 [15件] かと手間どり, たる右門, だって上手, だまだ, であろうと, でございますな, でもありゃしません, でもござらぬ, でもなかっ, でも大変利口, なら引つ張つて, のため, のつもり, のなん, の注進

▼ いやしかし~ (33, 0.1%)

2 今度は

1 [31件] あたしや, あれは, いまから, ことに依る, こんな話, そういうた, その積り, それは, どろぼう市, まあとにかくやっ, わたしが, 先生の, 勇敢です, 千五百石の, 大きにそうかも, 子爵以下では, 年から, 弱い男, 御苦労ぢや, 恋歌でない, 早く本当, 机博士おれは, 淫売店にだって, 烈しい日中, 白い山茶花, 私だって, 絶対に, 自分が, 貴方の, 貴重な, 飛んだ目

▼ いやまあ~ (33, 0.1%)

3 おとり下さい 2 それは, そんなこと

1 [26件] いいから, いろんな事, おとりください, お庭内, お待ち, お聞きなさい, こういう所, これは, じや, そんなもの, そんな事, と若い, なんです, 事実を, 名主の, 待ちたまえ, 後先は, 捕物の, 朝日を, 止そうよ, 皆んな聴い, 第一期, 聞け, 聴きたま, 話がさ, 部屋で

▼ いや~ (33, 0.1%)

2 というもの, の方

1 [29件] だけだ, だと, でない, でなくちゃ, でも二人, といふ奴, と一緒, と云う, と同棲, にかけてはじゃ, にさえもまったく, に力, のきょうだいたち, の一念, の仕業, の問題, の執念, の小説家, の度胸, の悲しい, の生理, の生首, の私, の肉体, の賢い, は, はかあい, は手早く, を拵えた

▼ いやじゃ~ (31, 0.1%)

7 ありませんか 3 ないが 2 ないん

1 [19件] ありませんの, ありませんわ, あるまい, が, この一腰, そんなの, ときや, ない, ないか, ないけど, ないけれども, ないさ, なら御, ねえ, ねえいや, ねえけどよ, ねエよ, 世の中が, 困る

▼ いや人間~ (31, 0.1%)

2 の子

1 [29件] から非合理, がこの, が梅, が死に, が頭, その方面, だっ, って奴, ではありません, という人間, と云う, と悪魔, なんかはいっ, ににた, に尻尾, のたれ, の字, の心, の残忍, の義務, の肉体, の評, の運命, は存在, は親子, は賢い, も五十, をよけて通る, を背負っ

▼ いや待て~ (31, 0.1%)

11

1 [20件] そうでない, それでは雁屋, といった工合, なおまだ, ばまもなく, まずい, よあの, よおれ, よこれ, よ俺, よ隠語, 今出し, 俺も, 孔明の, 待ていう, 愈, 折角ここ, 暫し, 爺, 腹の虫を

▼ いやなかなか~ (30, 0.1%)

2 私が

1 [28件] あなたの, いいすてき, うごきません, おもしろそう, お勇ましい, お手廻し, この頃, ご鍛錬, すごいもの, の臆病者, むずかしいも, やるやるお前様, よくて, よろしい, わかりません, 人参と, 味の, 宜しい, 寝られるどころ, 心配ある, 明朗な, 機鋒の, 男の, 若いとき, 雲を, 面白かった, 面白くできた, 面白そう

▼ いやほんとう~ (30, 0.1%)

4 だよ 3 ですよ 2 のこと, らしい

1 [19件] がうそ, じゃ, だ, だってば, です, なら驚いたな, にお, にそう, にみなさん, に何とも, に店, に張り切ってる, に懲り懲り, に扉, に熱い, のところ, の人間, はじいさん, は私

▼ いや~ (30, 0.1%)

5 の妻

1 [25件] が来た, が縛つた, が鉄, だ若い, なみはずれて, には話さない, によっては死, により仕事, の噂, の声, の好, の流転, の神經, の評判, の顔, はどう, は死にやしなかつた, は知らず, は見掛け, より以上, をし, をやる, を怨む, を疑っ, 違えじゃ

▼ いや少し~ (30, 0.1%)

2 も, も知らない, 待って

1 [24件] は動いた, ばかり勝負事, もお変り, ももっ, も偉, も氣, も見, も見当, も解らなかつた, も解らねえ, も道, 不良じみ, 了簡が, 位は, 位降っ, 待つて, 待て, 急ぐから, 見て, 言葉を, 許りでなくっ, 訳が, 起きて, 頼まれた事

▼ いや結構~ (30, 0.1%)

10 です 3 ですよ 2 だ, です結構, 散々人の

1 [11件] そこでどう, だろう, でご, でございましたおかげさま, でした明日, でしょう, ですお, です君, なもの, な事, な小曲

▼ いやでございます~ (29, 0.1%)

83

1 [18件] あなたばっかりは, あなた様は, いやでございます, か, からどうぞ, からない, から奥さま, ことね, このうえ馬, し, そんなこと, とも, どこぞへ, ねえ, ねこんな, の一点張り, よつめっ, 今日限りお

▼ いや~ (29, 0.1%)

2 別条

1 [27件] ありだよ, さうなやう, しくじりで, なり, にあります, に台所, に声援, まじめで, やかまし, 不服である, 先生に, 劇場向きだ, 地主さん, 変りさ, 変事が, 失敗大, 店の, 悦びでありました, 成功大, 狼狽, 遠忌はけつかうである, 部分が, 部分ちょっと, 酒を, 體この, 體健康不健康は, 魔術と

▼ いや~ (29, 0.1%)

6 がさした 3 がさし, がさして 2 がさす

1 [15件] がさしてる, がした, が付いた, が張っとります, が違った, にさはつたら, になり, に懸ける, に病む, のせい, の迷い, は人並み以上, は悪く, を付けろ, を起させた

▼ いや確か~ (29, 0.1%)

2 に, にそう, にその, に人間

1 [21件] なこと, にあなた, にあの, にそこ, にそれ, にほん, にスラッグ, にパーウェル・イワーノヴィッチ, に他殺, に加筆, に効目, に合いません, に君, に呼んだ, に天才肌, に妙, に彼, に拝見, に持合わせ, に書い, に美しい

▼ いや飛んだ~ (28, 0.1%)

4 お邪魔 2 ことで, 功徳です, 失礼を, 災難で, 無理を

1 [14件] お厩, 不都合でありました, 事を, 修業に, 口強馬で, 名前を, 大しくじり, 物を, 目に, 粗忽を, 縮尻さ, 銀流しよ, 長話で, 骨を

▼ いやただ~ (27, 0.1%)

2 いまの

1 [25件] あの中, いまが, お雪, こういう言い方, そういう古い, そう言っ, にまなこ, のおどかし, の百姓, もらって, 一度小雨の, 世間には, 僕は, 単にその, 単に伸子, 夫は, 最後の, 気が, 甘く見た, 白いの, 笑って, 落ちたん, 通りかかったの, 顏を, 顔を

▼ いやそれどころか~ (26, 0.1%)

1 [26件] あわを, お返事, しこたま掴ん, そんな理由, ないしょの, まだまだ西方, まるで反対, もし僕, エレベーターの, フランボーが, 不正直は, 古来の, 各々の, 君らは, 地球の, 坂田は, 将軍家と, 帰らなきゃいけなかったんだ, 彼女の, 急いで, 法律や, 瓜の, 絶体絶命な, 自分で, 路傍の, 遠藤主膳の

▼ いやそれ以上~ (26, 0.1%)

1 [26件] かもしれません, さ, だ, だったの, ですよ, にいまわしく, にもし, にも充実, に人間, に値うち, に全く, に内面的, に無生物, に知能, に美し, に老成, に落付き, に解り, に迅速, のこと, のもの, の勢ひで増大, の屁, の苦悩, の諷刺, をし

▼ いや~ (26, 0.1%)

6 がる 2 な気, ね

1 [16件] いやいや, うちは, おいらの, おいらァ, がると, これは, なこと, な苦笑い, に感激, よう私兄さんと, 嘘も, 小判が, 救けて, 旦那そう, 豪勢飛びゃ, 隣の

▼ いや~ (26, 0.1%)

142 はない 1 ひます, ひますよ, ひます手前共, ふんだ僕, ふ主人, ふ伜, ふ先代松前屋, ふ宗次郎, ふ富五郎兄哥, ふ殺したの

▼ いやきっと~ (25, 0.1%)

1 [25件] あいつは, あの娘はん, お手数を, かなう, ここには, それまでには, どこかに, わたしの, 僕たちを, 出る, 勝つ, 勝てる, 嘘だ, 大丈夫に, 大谷千尋という, 帰れるさ, 平癒です, 彼は, 思いとまらせて, 承知します, 来る, 死ぬ気, 泣く, 見当が, 返り討ちに

▼ いやちょっと~ (25, 0.1%)

2 待て

1 [23件] あの人, うかがって, お伺い, お待ちよ, お立寄り, お話したい, ご迷惑, つまずいたん, でも会っ, と言い, まった, ものを, 主人に, 今気が, 待たれよ, 待ちたまえ, 待ち給えイワン, 待った, 待って, 待てつい, 思い出したん, 聞いて, 行って

▼ いやいま~ (24, 0.1%)

1 [24件] いいたまえ, お捜し, この猿酒宮殿, だって上品, では禅師, でもそう, ということ, にきっと, によく, に非常管制, の一曲, の人間, の取次, の芝居, はいうまい, はしません, はそんな, は五名, は鎌倉, までも来, もなお, もなほ, も家, 迄の

▼ いやこう~ (24, 0.1%)

3 して, なると 2 なれば

1 [16件] いいだしたからには, いうと, いったからって, きまる上, と知ったら留めず, と見, なっちゃ, なって, なっては, なっても, なりましたうえ, なるの, もいえるなら, よりほか, 呼ぶの, 年を

▼ いやぼく~ (24, 0.1%)

1 [24件] がひとり, が立ちます, が言いたい, こそみんな, こそ失敬, こそ申しわけ, だけかもしれない, ではあるまい, にはできない, には別に, のいっ, の失敗, の子供, の考え, の身, はそれ, はジャンガラ星, は出ない, は左翼, は弱い, は後, は昨日一日, は礼儀, をぼく

▼ いや実際~ (24, 0.1%)

2 僕は, 味方の

1 [20件] あれには, かぎ出して, この男, なん, のところ, の話, はひどい, ひどい音痴, 先生の, 厳密な, 名古屋市には, 君は, 地中に, 東京に, 生れて, 甲野にも, 私は, 竹馬は, 行ったん, 読んで

▼ いやおう~ (23, 0.1%)

5 なしの

1 [18件] なくしょっぴい, なくつい, なく伏せ, なく先祖, なく控えさせ, なく毛利, なく腹, なく自分, なく身, なく達し, なしいなか, なしだ, なし王さま, のない若い, はいわせねえ, はない, 無しに, 無しの

▼ いやかえって~ (23, 0.1%)

1 [23件] そういう男女, そういう苦しい, その期待, それは, 人形を, 他国へ, 僕は, 僕を, 利口な, 反対の, 吉岡一門の, 好都合でござる, 孔明の, 容態は, 御迷惑, 明日入港という, 昨夜などは, 東京より, 此の, 異常に, 禅の, 邪魔だ, 面白い

▼ いやがる~ (23, 0.1%)

2 私を

1 [21件] あたしに, おれに, お秋, かなしがる, わしに, わたしを, テワスを, ババンを, 下女を, 乾草を, 使いに, 同室者を, 呉清源を, 女を, 娘を, 彼を, 息子を, 猿を, 自分を, 芸子を, 茶坊主どもまでを

▼ いや~ (23, 0.1%)

52 やと

1 [16件] いやです, いらない, いるまいはいっちゃ, ございませんこの, はやくしろ, やさね, やという, やめちゃ, やもうさんざん, やもうとんだ, やもう何時, やもう映画, よっぽどの, らんから, んね, ッきりと

▼ いやはやどうも~ (23, 0.1%)

2 ただの, 沙汰の

1 [19件] あっけに, おっ取り, お口, お坊ちゃん崩れ, これには, ご苦労さま, ご苦労さん, ひでえ, やさしくて, 俺は, 僕には, 好い御, 弱ったの, 心細うございます, 敵ながら, 理屈屋が, 皆さんどうもはや, 箸にも, 若い者

▼ いや大丈夫~ (23, 0.1%)

75 です 2 だよ, ですよ 1 この通り, だあの, だと, だろう, だ少し, だ脱, でしょう

▼ いやある~ (22, 0.1%)

4 沢山ある 2 かも知れない, のです

1 [14件] お嬢さんの, ことは, という船長, どころで, にきまつ, よ, より他, んだ, んだろう, 人間的な, 時は, 時代の, 男の, 筈だ

▼ いやそれほど~ (22, 0.1%)

2 でも, 極端の

1 [18件] あばたの, でもありません, でもない, でもないです, でもねえ, なら, にも思われない, の御, の愚か者, の深い, の男, の陰謀, 仰しゃるなら, 何も, 憎い内匠, 私を, 自惚れて, 重くは

▼ いやとも~ (22, 0.1%)

2 思いません

1 [20件] いえおうと, いえずお, いえないし, いえまい, 云えない, 云わずゆったり, 今日持たされ, 仰せられまい, 何とも, 各自の, 応とも, 思ひませんでした, 思わずに, 思わなくなった, 言い出さずやがて, 言えずつい, 言えず仕方, 言えないこの, 言わず応, 言わず黙諾

▼ いや今度~ (22, 0.1%)

2 は見舞

1 [20件] こそ, こそは, こそはもう, こそは中, という今度, と言う, の一大事, の受賞, の土地, の陛下, はおれ, はひとつ, はわし, は何, は南船北馬, は大丈夫, は次郎君, は決心, は途中, ばかりはおれ

▼ いや冗談~ (22, 0.1%)

6 じゃない 3 じゃア

1 [13件] じゃあねえ, じゃねえ, だと, だよ, ですがね, ですよ, でなく僕, でなく私, でねえほんとう, ではない, のよう, はおい, は冗談

▼ いやこいつ~ (21, 0.1%)

1 [21件] あ冗談, のやりくち, はいけない, はいひ過ぎだ, はきい, はすまなかった, はたまらない, はだれ, はついぞ, はまた, は大, は妙, は派手, は皮肉, は私, は聟殿, は言, は間違った, は面白く, を心得, ァ大変

▼ いやどうか~ (21, 0.1%)

11 すると 2 して 1 したら暁方, したら曉方, したら物蔭, したら獨, したら百五十以上, 怒らないで, 悪く思わない, 自信を

▼ いや~ (21, 0.1%)

5 応も 2 おうも

1 [14件] うかれこれ, うその, くれっぷり, すこしいわせ, すこし見, つと好い, つと小さい, つと素早い, ッと, ーひやひやと, 一日さがし, 幸いと, 笑ふ, 頓と

▼ いや心配~ (21, 0.1%)

2 しないで, しないでも, しなくても, すること, するな

1 [11件] いたすな, させて, しては, しなさんな, するが, する事, せんでも, なく, なさらんでも, はあるまい, はしません

▼ いや驚いた~ (21, 0.1%)

7 の驚かねえ 4 の驚かない 1 かのま, というの, な, ね, ねえ, のな, のは, の何ん, の驚か, の驚かなかった

▼ いやあがる~ (20, 0.1%)

4 んだ 3 彌榮 2 な, のか 1 か, からそこ, くせに, このうえ米友様, とこれ, と引っぱたく, んで, んでさ, 始末に

▼ いやそれどころ~ (20, 0.1%)

15 では 2 じゃない 1 でない, でなくたとい, でなく女

▼ いやといふほど~ (20, 0.1%)

1 [20件] かぶり全身汗, そやつを, たくし上げ冠, 俺の, 力一杯挟んだ, 味は, 噛みついた, 地面へ, 思ひ知らされねば, 感じさせられたの, 打つ, 打つかつ, 痛い障碍物, 見て, 足を, 蹴とばされるの, 蹴飛, 蹴飛ばされました, 鞭打つた, 體驗させられ

▼ いやとにかく~ (20, 0.1%)

1 [20件] あの院長, うまいもん, えらい騒ぎ, こういう重大時期, このまんま, これは, その柱, それで, そんなこと, 僕の, 僕は, 君は, 彼と, 恐ろしいもの, 悪い事, 最初こう, 歩きながら, 行くだけは, 貴方が, 軍師と

▼ いや~ (20, 0.1%)

1 [20件] ではない, なこと, に, にそんなに, にとり立てた, にどう, にどうも, に上, に変, に変っ, に変った, に忙しい, に用事, に秘密主義, に聞いた, に間違い, の人間, の看板, の鋼鉄, むずかしいこと

▼ いや~ (20, 0.1%)

1 [20件] いったら眼, ない世界, ない力, ない山上, ない自分, なくおし, なくしっかり, なくその, なくふたたび, なく又, なく戦争, なく抱かせ, なく江戸表, なく泣きこまれた, なく疲れ, なく紀子, なく聴かされる, なく通過, はありません, 云わせないし

▼ いやこっち~ (19, 0.1%)

2 のこと

1 [17件] から行く, から行っ, が気がつかなけれ, じゃ, だ, でござろう, ではない, で下手, にもない, の大きい, の方, の皮膚, の足, はわたしひとり, は病知らず, へおしよせ, へ来ない

▼ いやそれだけ~ (19, 0.1%)

2 ならまだ, のこと

1 [15件] じゃない, じゃないでしょう, ならば, ならむろん, なら何, なら俺, のことぢ, のさわぎで, の話, はいや, はご, はもう, は見たくない, 伺えば, 嚴重に

▼ いや~ (19, 0.1%)

3

1 [16件] いやや, しと, すぐそうばかり, て, なあ, ないらしい, なア, のけし, ゆうて, わと顔, わ悦ちゃん, 云うこと, 云うたら中, 云うの, 思う気持, 驕んな

▼ いや先生~ (19, 0.1%)

2 には女, ようこそお帰り

1 [15件] がおっしゃった, こりゃとんだ, こりやとんだ, ご胸中, それで何, ですか, でない方, には及ばぬ, に化けた, に罪, に話す, のおっしゃる, のよう, の蘊蓄, もこの

▼ いや大変~ (19, 0.1%)

5 な騒ぎ 3 なこと 2 お手間, 遅くなりまし 1 お邪魔, なお, なちがい, 御馳走さまでした, 急いで, 結構でした, 酔ったさようなら

▼ いやすでに~ (18, 0.1%)

1 [18件] かような, そのきざし, その健康, その心構え, なってるの, 三の丸を, 内々は, 利根の, 前代楠木正遠が, 孫策には, 実現された, 後ろから, 敗北の, 春日山を, 木村名人か, 死んで, 結びつけつつ, 起って

▼ いやどこ~ (18, 0.1%)

1 [18件] かに可愛い, かに隠れ, からともなく, というあて, とかで捕まった, にどんな, にも関係, の子, の家, の帰り, の肉, へだって行きます, へでもございませぬ, へも避暑, へ行く, も不景気, やら艶, よりも癩院

▼ いや~ (18, 0.1%)

2 私の, 聞いて

1 [14件] あの, お前さん遠慮を, こ, そんなら, どうなすった, 乳母に, 京都は, 今日ね, 僕の, 外出しない, 大氷河, 皆さんが, 道江の, 障子に

▼ いやはります~ (18, 0.1%)

42 ねん, わ 1 さかいお, さかいだれ, さかい誰, しもう, ねんと, のん, のン, よってどうぞ, よって何処い行きはりまん, 方々や

▼ いやもつ~ (18, 0.1%)

3 と前, と正確

1 [12件] たいない, と, とはつ, とわるい, と云つて, と手ぬるい, と新しい, と正直, と泊め, と老け, と遠く, と體質

▼ いや~ (18, 0.1%)

2 じゃない, だらう, だ嘘

1 [12件] じゃあない, だ, だと, だとしか, だとは, だ俺, であつ, でない, でねえ, にちがい, には違い, らしい事実

▼ いや左様~ (18, 0.1%)

2 なこと

1 [16件] いふ御, か, かも知れません, じゃア, でない, でない禁酒, では, でもない, なお, なもの, な変った武術者, な道理, に心配, に昂奮, ばかりは云われませぬ, 笑つたもので

▼ いや本当~ (18, 0.1%)

4 の話 2 です, でないに, なん 1 かも知れない, さ, だ, だそんな, だよ, だ誤解, ですよ, の事

▼ いやそりゃ~ (17, 0.1%)

1 [17件] いけない, どうだ, もう少し待った, よした方, 云えませんそりゃあ, 君が, 嘘じゃ, 困る, 困るだろう, 妹の, 断じていかん, 春子さまが, 極く, 皮肉な, 真個か, 私の, 考えるだろう

▼ いやそれで~ (17, 0.1%)

1 [17件] あなたを, いいん, すこし判っ, よくわかった, よくわかりました, 一時は, 丁坊少年を, 事情は, 僕も, 宜いのだ, 楽屋の, 様子が, 済むから, 結構だ, 結構です, 貧乏神の, 赤児の

▼ いやたとえ~ (17, 0.1%)

1 [17件] それが, 一晩でも, 以前の, 何ごとが, 余が, 信長を, 子どもが, 本望は, 植木屋の, 法律が, 知って, 自白した, 計りごとであっ, 話を, 部屋が, 降将, 駒とともに

▼ いや~ (17, 0.1%)

2 ようです

1 [15件] おうの, おつとめ, ことを, どつこい, ほかに, もっと悪う, ようで, ん, んそれとも, ドウナーシヤが, ドウーニヤが, 応のという, 殿, 父親という, 経験

▼ いやわたくし~ (17, 0.1%)

1 [17件] が, だって始終, ではありませんでした, なぞはそんな, などはそんな, には何, はあ, はあなた, ははいらない, はまだまだ, はもう, はわたくし, はモダーン・タイプ, は今, は自己, もうろたえず, もねすぐさう

▼ いや~ (17, 0.1%)

2 の中

1 [15件] ないこと, に受, の上丈, の底, の持ち, の裏, の迷, の隅, はくだいた, は変わっ, は決め, をひかれる, を傾け, を養, 持ちさ

▼ いや本当に~ (17, 0.1%)

1 [17件] あの人, いまだまされ, これは, そのとおり, そんなゆっくり, 危い, 困るの, 待って, 御苦労だった, 戯談で, 数え切れぬほど, 気取って, 父の, 知らなかったの, 銀貨の, 駄目です, 魔性的な

▼ いやおうなく~ (16, 0.1%)

1 [16件] いろいろな誓い, こ, この紫陽花, それは, といはう, ふたりの, 争乱の, 今明日, 吉野の, 市松も, 庭先へ, 武蔵の, 濠の, 現地徴用に, 私も, 鍔押し

▼ いやおまえ~ (16, 0.1%)

2 がいい

1 [14件] があんまり, がと小声, が早く, じゃない, だって私, に訊い, の口, の好き, の子, はあいつ, は残る, は病人, は自由, は蝦夷萩

▼ いやだって~ (16, 0.1%)

1 [16件] いうこと, いうならそれ, いったじゃ, いっても, いやとも, その濡れた, それだけは, のを, もう二日, 云うのに, 仰云, 浪子さんが, 狂人みたいに, 言ったら君, 言ったん, 言って

▼ いやどうして~ (16, 0.1%)

1 [16件] それが, それこそ, それは, そんな循環論的, そんな莫迦気, オオヤカマシ, ナカナカ苦しい, 侮辱などと, 向うが, 彼位に, 手に, 死ぬもの, 気の, 素晴らしい人物, 結構な, 錯雑顛倒し

▼ いややっぱり~ (16, 0.1%)

1 [16件] あいつは, あなたに, ここだ, これは, わしが, ラプンツェルの, 僕が, 僕の, 嘘では, 幸福と, 恋人です, 神さまの, 船の, 見違い, 車輛課長, 逢おう

▼ いや何ん~ (16, 0.1%)

5 でも

1 [11件] だか, でない, にも, にもそれ丈, にもない, にも掴んだ, にも知らない, にも知らぬ, にも第, にも考へ, の疑念

▼ いや~ (16, 0.1%)

1 [16件] に厭, に失敬, に恥ぢいつた, に恥づかしい, に愉快, のあと, はあんまり, はこちら, はそれ, はたつた, はねあの, はルリ, は僕, は四半刻, は私個人, を申す

▼ いや~ (15, 0.1%)

2 な又, ね

1 [11件] けれど相手, でて, な, なそれ, なへん, なへツ, な一切何, な可愛い, な思ひ, な氣咎め, な物

▼ いやきょう~ (15, 0.1%)

1 [15件] ということ, にもあらためて, のうち, のお越し, は, はこれ, はひどい, はやめ, はわし, は供, は屋敷, は本当に, は止そう, は特別, は連れ

▼ いやこれから~ (15, 0.1%)

1 [15件] お前さんの, が肝腎, だよ, でしょう, の政治, は柊屋, は永く, 一花と, 君と, 売れると, 始められては, 往診に, 話そうと, 賣れると, 追

▼ いやそれでは~ (15, 0.1%)

1 [15件] あの人, うまく行き, お千絵殿, かえって恐れ入りまする, そのほう, まだ考え, 両人の, 何でもかでも皆コメ, 困る, 大王の, 怪星ガンの, 恐縮, 拙者も, 柳生家に, 町方にも

▼ いやでした~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] からいつも, がぐずぐず, がぐずらない, がだんだん, がまた, が国男さん, けれど, しといつて表, しまた, のそして, のその, ので銀貨, わ

▼ いやはて~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] に, に其單蹄, に絶えん, に鬱金ざくら, の北, の呼吸, の村, の甕, までも, までもうつしゐ, を蛍火, を螢火, 荒涼暗澹と

▼ いやもう少し~ (15, 0.1%)

2 この儘

1 [13件] うん買つた, 喋らして, 左, 広い意味, 待つ方, 慎重に, 持って, 残って, 立入ると, 訊き度, 起き上るの, 送ろう, 遊んで

▼ いやもし~ (15, 0.1%)

1 [15件] おれが, お前様もし, ささやくよう, その人, それが, カルト・ディダンティテを, ティトレリなんか, 人々に, 何でしたら, 何者か, 吉弥が, 見出すこと, 隠れると, 願われるならそれ, 高座へ

▼ いやよい~ (15, 0.1%)

3 ことを 2 わよい, 所で 1 お土産, ことだ, ところが, やよ, 心地じゃ, 所へ, 正月よい, 気味だ

▼ いや恐らく~ (15, 0.1%)

2 か, 誰にも

1 [11件] あるだろう解くが, あるまい, いまに, さうでは, 一生に, 人並以上の, 其は, 幾百度と, 彼は, 彼等以上に, 諸君の

▼ いや~ (15, 0.1%)

8 當だ 3 當に 1 なんか一冊, を読む, 當で, 當の

▼ いや面白い~ (15, 0.1%)

2 ぞ, ぞ面白い

1 [11件] お話なんて, お話を, そうなく, と云った, 対照じゃ, 幽霊で, 手合いです, 旅行だ, 生徒です, 筈だ, 鳥刺殿だ

▼ いや~ (14, 0.0%)

41 あの船印, この胡麻, てもよい, て云う, ほんとに酒, ソレもっと, ッこの, 休みだ, 宇治山田の, 糸鬢野郎めッ二分や

▼ いやお待ち~ (14, 0.0%)

2 ください, なさい, 下さい 1 なさいあなた, なさいよ, なされい, なされませい, めされ, 下さいもう少し, 下さい人間, 遠さ

▼ いやこちら~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] からお礼, から云いださない, が近い, こそ, でしょう, で売っ, にも奇怪, にも誰, に居ります, の兵, もだ, も理不尽

▼ いやそんなに~ (14, 0.0%)

1 [14件] あてに, あんたが, こわがらなくっても, ご心配, ご覧に, しなくたって, もよく, 大した事, 恐れ入るの, 悪う取られ, 深く考える, 用心しなく, 行儀好く, 迄し

▼ いやだめ~ (14, 0.0%)

3 です 21 だだめ, だった, だとは, だ残念, でがす, ですかえらなければ, でない, なこと, なん

▼ いやでしょう~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] いつぞや白馬ヶ岳, からね, がなかっ, が毎年, けどあたし, けれどこれから, けれどともかく, けれどほんとに, ですからここ, と思う, に

▼ いやどうしても~ (14, 0.0%)

1 [14件] あすの, いやだ, おつれ, 一杯に, 今いっ, 俺は, 借りなければ, 出られない, 出家に, 好きに, 御方は, 探し出して, 疑うこと, 適當の

▼ いやはる~ (14, 0.0%)

32 もんや 1 けどもう, けど私, さかい, さかい毒気, しあて, ぞ, とさ, ねん, のや

▼ いやほか~ (14, 0.0%)

1 [14件] じゃあねえ, でこしらえた, ではない, でもない, になんにも, に一人弟, に三四名, に用人, に策, に頼まれた, のところ, の人, の仕事, の奴等

▼ いや~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるきには, がいか, が明けたら, が明ける, が白みかけ, が短い, だ, になる, に入っ, の明, は明け, ばかりで, もふけた, 詣りかも

▼ いや大いに~ (14, 0.0%)

1 [14件] あったな, ありますよ, ある, ある僕, かわって, やって, 不都合だ, 勇飛したい, 学ぶべきこと, 意見が, 感じて, 掠める寥平さん, 理由が, 違う

▼ いや大した~ (14, 0.0%)

4 ことは 1 ことぢや, ことで, もんだ, 事で, 事は, 問題ぢや, 手数でございました, 方を, 負傷では, 金で

▼ いや断じて~ (14, 0.0%)

1 [14件] あのまま, いやだ, それ以外には, そんなこと, そんなはず, ちがう悪人, ないはず, ノンセンスでは, 俺は, 妥協は, 渡すこと, 自分では, 道徳的で, 馬鹿げた話

▼ いや昨夜~ (14, 0.0%)

1 [14件] からの延長, からの経験, この館, すでにお, な些, のそれ, の道, は, はお, は失礼, は御, も本営, 遅く便所, 飛込んだもの

▼ いや~ (14, 0.0%)

2 は手前

1 [12件] くらいの怪我, だから, は, はどうも, は何, は国府, は恐れ入りました, は恐れ入ります, は恐入った, は私, は若林先生, れは

▼ いや~ (14, 0.0%)

4 うじゃ 1 ういう, ういへば, うでないあれ, うでないまア, うでない今日, うでない只, うでない貴様ア感心, うでない雪, うは, んな

▼ いやあいつ~ (13, 0.0%)

2 に無精

1 [11件] が来よう, にかかっ, の性質, はきっと, はじつに, は大丈夫, は破廉恥罪, は親爺, は魔物みたい, まったく一筋縄, も意地

▼ いやけっして~ (13, 0.0%)

1 [13件] いやな, そのそんな風, その気づかい, そんな, そんなこと, そんな甘い, そんな痴, 僕は, 問題と, 安らかに, 手あらな, 殺しません, 裁判所は

▼ いやこんど~ (13, 0.0%)

1 [13件] がはじめて, だけは金輪際, の小説, の戦争, の道中, はもっと, は別, は多分, は浩さん, は深く, は百姓, は調子, は遠国

▼ いやすぐ~ (13, 0.0%)

1 [13件] そこです, ですすぐ, に, にお金, にはどうも, には及ぶまい, に捨て, は出来ない, 今の, 取り消したから, 直るだろう, 眠れそう, 降ろせるよう

▼ いやそいつ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あまあ, かも知れません, はええ, はおまえ, はその後別, はまだ, はよく, は事, は好都合, は怪しい, は断る, も真, ァいけねえ

▼ いやそち~ (13, 0.0%)

1 [13件] が至らぬ, でない, のいう, のせい, の乗っ, の兄, の意見, の手並, の料理, の驚き, はいつぞや, は残れ, ばかりの事

▼ いやだろう~ (13, 0.0%)

2 と思う

1 [11件] からその, がと次郎, が私, が見, けれど当分辛抱, だから乱暴, と, とか世間, とすみません, と思っ, 風呂敷かえせ

▼ いやない~ (13, 0.0%)

71 ありやう筈, かどころ, ことは, です, とはいわぬ, どころか孟優

▼ いや一向~ (13, 0.0%)

1 [13件] そういうこと, はかどらんでしかた, 五丁町へ, 今の, 判らない, 同情は, 振わ, 捗が, 捗どらんで, 構は, 氣が, 聽か, 要領を

▼ いや今夜~ (13, 0.0%)

1 [13件] こそはおれ, のここ, の事件, の酒, は, はお, はかへる, はこれ, はそう, は引っ返した, は面白かっ, は飲まん, も少し

▼ いや待っ~ (13, 0.0%)

4 て下さい 3 てください, てくれ 1 たり他, ていた, てはおられ

▼ いや~ (13, 0.0%)

2 を飲む

1 [11件] か, がある, がない, じゃなか, だ水, でたくさん, のよう, の流れ, の色, も少し, を汲ん

▼ いや飛ん~ (13, 0.0%)

11 でもない 1 じゃあいる, でも無い

▼ いや駄目~ (13, 0.0%)

2 だ, だよ, です 1 だあの, だった, だという, だアレクサンドル, なこと, なん, なんだい

▼ いやちがう~ (12, 0.0%)

2 んです 1 あの感じ, おれだ, その油絵, とはいわせない, のだ, よ, ケン小, 僕は, 科学だって, 自分は

▼ いやつい~ (12, 0.0%)

1 [12件] この先, この四五日前, そのよそごと, てゆく, て行けなかった, 今しがただった, 大木戸の, 目と, 私は, 興奮の, 近所の, 騎士倶楽部風の

▼ いやであった~ (12, 0.0%)

1 [12件] からあした, からお, からひとり, から僕, がいや, が人, が今, が遠方, けれどもお目にかかれ, とかいっ, のだろう, 所へ

▼ いやである~ (12, 0.0%)

2 と思っ 1 からこの, が悪い, が私, しそう, と御息所, と薫, ように, 女御の, 歎き疲れ, 筈が

▼ いやところが~ (12, 0.0%)

1 [12件] お気の毒, かういふ風, そうで, それに, だよ, ちゃんと三十五ノット, です, ね僕, ね私, わたしの, 今夜は, 名案が

▼ いやまた~ (12, 0.0%)

1 [12件] この次, はじまったぞ, まこと, やられた, 会いましょう, 何か, 出直して, 参ろう, 喧嘩に, 巧く, 後に, 御厄介

▼ いややはり~ (12, 0.0%)

1 [12件] その儘, ちがう, どこか, 一人に, 信濃のが, 劉備だ, 夢だ, 大井に, 家の, 続いて, 見ないほう, 長虫が

▼ いや一人~ (12, 0.0%)

1 [12件] じゃない, じや, だけは殘つて, でたくさん, では, のチェエホフさ, はいる, はゐる, や二人, より二人, 居やらば, 逢いました

▼ いや世の中~ (12, 0.0%)

1 [12件] と云う, にはずうずうしい, には案外, には豪, のこと, の事, の人たち, の全部, の移り変わり, の貧乏, は広い, は広う

▼ いや事実~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの方, すでに先頃, そういうこと, そんなこと, ですよ, です第, はそれ所, は腰, もある, も証明, 未だにその, 殺したの

▼ いや今晩~ (12, 0.0%)

52 はどうも, は野 1 はみょうに, は実に, は特別物騒

▼ いや何とも~ (12, 0.0%)

1 [12件] いえない青山辺, お話に, かたじけない早朝, しれぬぞ, ないよ, 云って, 何とも, 大変な, 敵ながら, 申されぬ, 致さぬが, 驚きました

▼ いや~ (12, 0.0%)

2 きに, ないな 1 あ安心, から襲, にゃ話せ, に天上, に立っ, の事, の光輝, へ行け

▼ いや彼等~ (12, 0.0%)

2 ばかりで 1 にとっては棲息, に今, の中, の何處, の心臓, の雄々しい, はアイスキヤンデー, は彼等, は彼等同志, ばかりでなく

▼ いや現に~ (12, 0.0%)

2 龍蓋寺の 1 かすかに, 一匹の, 今だって, 今夜の, 多い, 妙子の, 干しつ, 本艇には, 洵吉自身で, 聞かれつつ

▼ いや知らない~ (12, 0.0%)

2 ね, よ 1 とは言わさない, ねえにやりと, わけは, んだ, 又そんな, 方が, 者は, 黒田と

▼ いや貴方~ (12, 0.0%)

21 が今, が何, だから, でしたか, のお, のおいで, のやう, はあの, は巧, は由兵衞さん

▼ いやありがとう~ (11, 0.0%)

3 ございました 2 ございます 1 ぞんじまする, はござりますが, よくいっ, ウーイケホンケホンウーイうまい, 存じました, 御座いました

▼ いやしむ~ (11, 0.0%)

1 [11件] という私, のです, ものが, やうに, ような, ような怯み, 心の, 気持だの, 結果その, 者ありされ, 風習が

▼ いやそれなら~ (11, 0.0%)

1 [11件] それで, ばてまえも, ぼくの, もちろんけっしていらっしゃらなく, 大丈夫, 家も, 帰します, 御心配, 歓ばしい限り, 私は, 解つてゐます

▼ いやどんな~ (11, 0.0%)

2 急な 1 おとなでも, ことも, 事件か, 女だ, 数字という, 數字といふ, 決心で, 理由が, 馬鹿でも

▼ いや不思議~ (11, 0.0%)

2 では, なこと 1 きわまるもの, じゃない, です, でもなん, でも例外, といへ, な何

▼ いや其の~ (11, 0.0%)

2 方の 1 乞食すらも, 夢の, 姿が, 方には, 方は, 美しい事, 色の, 蓑では, 許は

▼ いや~ (11, 0.0%)

2 をきく 1 が達者, にはだせない, には云われない, に出し, に縒り, の中, の減らぬ, を利い, を割っ

▼ いや~ (11, 0.0%)

3 のところ 1 あなお, のあと, をいえ, を云う, を云え, を申せ, を言う, 朝という

▼ いや~ (11, 0.0%)

2 には動かず 1 かんでも, しいの, な用事, にお, になに, にやって来た, に思いついた, に戦い, に暖かく

▼ いや手前~ (11, 0.0%)

1 [11件] が手, こそ山岡さん, の骨折, はあけ, はけっして, はその, は叔母さん, は生来, もこんなに, を切る, 一向に武芸

▼ いや~ (11, 0.0%)

1 [11件] が難攻不落, ではあるまい, と思つた人間, のおる, の偽計, の士気, の腹, は二万, は新手, は浜辺, は見えぬ

▼ いや~ (11, 0.0%)

1 [11件] が暮れ, けにうれ, けに我, に何遍, に降れ, の光, の短, の経つ, は暑し, は違う, を数える

▼ いや日本~ (11, 0.0%)

1 [11件] たあ, だけで, でも田舎, という国, の内地, の国宝, の新劇, の法律, の現代劇, の覇者, へゆく

▼ いや案外~ (11, 0.0%)

1 [11件] おとなどうしの, こいつ, これで, それが, なもの, にああ, にはやく, 会うん, 君も, 小説が, 来るかも

▼ いや無理~ (11, 0.0%)

4 もない 1 がない, でなくするの, などころか, に低温, に悲劇, もありません, もねえ

▼ いや~ (11, 0.0%)

2 の声 1 がイニシヤティヴ, だか, だけで, としては随分, の人, の決意, の立身, は, は意地

▼ いや違う~ (11, 0.0%)

1 [11件] とも限らねえ, のです, よ, よこれ, よ違う, 一番肝腎の, 信雄卿の, 才六が, 私では, 長三郎は, 鹿や

▼ いや~ (11, 0.0%)

2 はもう 1 だけでもない, です燗, の到着, はすごせ, は和洋, は喧嘩製造, は醒めてる, までつくれる, を飲ん

▼ いや~ (11, 0.0%)

1 [11件] がか, などはちっとも, ならいくら, のこと, の問題ぢ, はちった, はどの, はない, はもう, は確か, もポケット

▼ いやあな気持~ (10, 0.0%)

1 がし, がした, で目, になった, になったでしょう, になりました, になる, に自分, に襲われ, を感じ

▼ いやあまり~ (10, 0.0%)

1 おそろしい発明, じょうぶで, ひどい負け方, 不吉な, 仰山に, 描きませんね, 気に, 潔白な, 長話を, 面白い事件

▼ いやあんた~ (10, 0.0%)

1 がそう, がわし, が先, に大きな, は一什, は下手, は何, は勘違い, も来なくつ, 預つて

▼ いやいずれ~ (10, 0.0%)

1 あとで, そういう事, その事, その内, に致せ, はおれ, またいつか, 劣らぬ紅, 又おいで, 見て

▼ いやいろいろ~ (10, 0.0%)

2 ありがとうございました 1 とありがとう, とよい, と事, なもの, な注文, 有難うござった, 無理を, 理解に

▼ いやお前さん~ (10, 0.0%)

1 にはもう, のため, のほか誰, の扮装, の親類, の過去, はあの, は元, も坑夫, をどう

▼ いや~ (10, 0.0%)

1 いやだったら, いやなら, え, えつて賛成, おうか, おうかそれを, せっかく拙者, 勤めは, 応かで, 老耄いやと

▼ いやことに~ (10, 0.0%)

7 よると 1 よったらそれ, よったら馬鹿, 馬場下の

▼ いやだったら~ (10, 0.0%)

2 いやだったら 1 お母さんに, もう仕事, やだ, よござんす, 大川は, 御ことわり, 母ちゃん, 私も

▼ いや~ (10, 0.0%)

5 やない 31 やこれから, やございません

▼ いやひょっとしたら~ (10, 0.0%)

1 じゃない, それよりも, 夢中で, 始めから, 姿を, 宇宙の, 思いがけない旅先, 怪奇を, 真実だ, 被害者自身の

▼ いやべつに~ (10, 0.0%)

2 そんなわけ 1 おしゃべりをしたいわけではありませんが小さく, お宅, そんな来歴, たいしたこと, なんでも, 不平も, 大した異論, 武蔵も

▼ いやほとんど~ (10, 0.0%)

1 しないといった, 少年らしい, 悲しげ, 楽しみみたい, 民衆の, 洩れは, 無いと, 狂人と, 笑劇だ, 足下で

▼ いやほんと~ (10, 0.0%)

42 だよ 1 かも判らん, だぞ, ですよ, ほんとうだ

▼ いやほんとに~ (10, 0.0%)

1 すまねえよ, 強い, 感心した, 済んだよ, 申したそう, 病気らしく思わるる, 知らない, 身体が, 逢ったの, 隣家の

▼ いやわれわれ~ (10, 0.0%)

1 がいる, が閣下, には弱い, の大, はまず, はミス, は土地, は戦場, は決して, は鬼

▼ いや世界~ (10, 0.0%)

1 でも有名, に名だたる, の広, の文化, の暗黒島, の最後, の美術品, の鳴動, もまた, を驚かし

▼ いや~ (10, 0.0%)

2 によつたらどこ, による, に依る 1 がそう, が事, しげく市民, によったら

▼ いや~ (10, 0.0%)

1 でも無い, に下手人, に人間, に杉浪, の事, の六人, の奴, の方, の点, 人事では

▼ いや何と~ (10, 0.0%)

2 でも 1 いうばかり, いおうが, いたしまして, おっしゃられても, でもお, 仰せあろうとも, 申して, 申そうと

▼ いや博士~ (10, 0.0%)

1 がその, が死ね, と, にちがい, の居所, の言った, の面上, はそれ, は初速, 猛印

▼ いや却って~ (10, 0.0%)

1 その声, その方, 効果的であり, 城兵の, 小酒井さんという, 彼を, 御婦人, 本当の, 美点を, 茶目にも

▼ いや名前~ (10, 0.0%)

2 は明かせない 1 などは今, など訊い, の必要, はまだ, は覚え, ばかりで, もあなた, も出まい

▼ いや大事~ (10, 0.0%)

1 な, ない, ない大事, なところ, なの, な事, な忘れもの, な証拠, に立ちむかう, の前

▼ いや少く~ (10, 0.0%)

1 ともその, とも十年間, とも最近急, とも気に入らん, とも男らしく, とも私, とも藤波金三郎, とも長島長太郎自身, ないどころか, もボタン

▼ いや~ (10, 0.0%)

2 はお前 1 がいなけれ, の喜び悲しみ, の心, は今, は今更, は待っ, は身, れを

▼ いや悪く~ (10, 0.0%)

1 おとりくださいますな, すると, すれば, ない, ないな, ねえ, はない, も良く, 取るなよ, 言つてゐる

▼ いや東京~ (10, 0.0%)

1 だけでも, でございます, というふるさと全体, とはかぎりません, と違つて, の人, の夜, の空氣, は後廻し, ばかりぢ

▼ いや~ (10, 0.0%)

1 がつい, がわかれ, にならん, にはきい, に成らない, はこれからだんだん, は別, は山, は歴史上, を聞い

▼ いやいつ~ (9, 0.0%)

1 そ更に, だって同じ, だつて, でも死ねる, になったら, の戦い, までこうして, まで居, 見ても

▼ いやいやいや~ (9, 0.0%)

2 そんなのいや, とんでもない 1 いや, こんな淋しい, それは, 死ぬると, 誤解では

▼ いやきみ~ (9, 0.0%)

1 がくれ, がブルブル, の方, の返事, は人間, は僕, は正直, は無試験, ばかりで

▼ いやしげ~ (9, 0.0%)

1 なるもの, な猿, な男, な笑み, な連想, な顔, な風態, にお, に見える

▼ いやしねえ~ (9, 0.0%)

32 じゃねえ 1 かな, ぜ, よ, んだ

▼ いやそれでも~ (9, 0.0%)

1 いいです, いまは, な満更, わたしの, 一寸その, 人違いだ, 崔は, 運の, 餓える恐れ

▼ いやつまり~ (9, 0.0%)

1 お前に, この平和, その日本国民, それほど一大騒動, は幼稚, ブルートの, 先生が, 私が, 認めて

▼ いやとても~ (9, 0.0%)

1 おれは, そんな気, だめだろう, わたくしが, 乘れません, 帰れなかったん, 応とても, 應とても, 滑稽な

▼ いやとんでも~ (9, 0.0%)

3 ない, ないこと 1 ない事, ない姪, ない悪い

▼ いやまさか~ (9, 0.0%)

2 そこまでの, そんな鬼 1 じゃない, そんな馬鹿, 三座は, 斬りは, 海ぼうず

▼ いやまだまだ~ (9, 0.0%)

1 あなたは, だ, ともう, ジョヴァンニ・グァスコンティ君, 働きが, 大丈夫これからすぐ, 捜査の, 話されぬ, 足りるどころ

▼ いやもちろん~ (9, 0.0%)

1 うちの, おはずし, それは, そんなつもり, 世の中の, 激しい外力, 目賀野先生の, 私は, 電話では

▼ いや~ (9, 0.0%)

2 情けないやら 1 それでも学校, で何一語, で夜, で胸, なあまだ, 恐しいやら, 難有いやら

▼ いやらしい~ (9, 0.0%)

1 い, いやらしい, いやらしい感想, といっ, と思う, と思ふ, と言った, 煩瑣な, 私を

▼ いや一度~ (9, 0.0%)

1 だけで, などはふとした, はわたし, は捕まった, は正視, も行った, や二度, 別れた女, 行ったきり

▼ いや先刻~ (9, 0.0%)

2 から貴君 1 から俺, から待っ, から待つ, のそれ, は大儀, は気の毒, は落ち

▼ いや単に~ (9, 0.0%)

1 お経, そこに, 弱くなった, 怒りを, 思考の, 愚かな, 浄土教のみ, 烈しいと, 空想した

▼ いや同じ~ (9, 0.0%)

1 ことだ, です, では, 人間であり, 人間に, 名前では, 彫刻の, 感じが, 手は

▼ いや~ (9, 0.0%)

2 折は 1 ぐれえは, のらぬ首, も武蔵, 探偵が, 探偵じゃ, 村長大, 歌は

▼ いや~ (9, 0.0%)

2 ではありません, ではない 1 とならなく, と言, にあらぬ, にさえ忘れた, を見た

▼ いや彼女~ (9, 0.0%)

1 が山岸, であること, と二人, の兄, の小さな, の眼, の顔, は亡き, を慰め

▼ いや~ (9, 0.0%)

1 から拾わせる, から来た, でまた, に知った, に誰, の二妹, の或, より立った, をいうまい

▼ いや昨日~ (9, 0.0%)

1 お姉様, の御, の曉方, の雨, はお, はびっくり, までの本屋, もはら, 来た委員連

▼ いや~ (9, 0.0%)

2 の男 1 では田舎者扱い, の二三日, の勢, の子供, の座敷, は僕, は惡

▼ いや死ん~ (9, 0.0%)

2 でも貴女 1 でい, でいない, でおる, でしまった, ではならぬ, でもあんな, でゐる

▼ いや~ (9, 0.0%)

1 がさした, がさして, がさす, が付いた, が付かない, が差し, としか起つ, もさして, を付けろ

▼ いや~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 か人間, だ犬, ではありません, にし, に曳かれ, のにおい, はちゃんと

▼ いや~ (9, 0.0%)

3 變らず 1 わかりました, 分りました, 変らずの, 変らず豪傑, 済まぬ, 済まん

▼ いや遠慮~ (9, 0.0%)

3 は無沙汰 1 しなくても, せずとも, なさること, はいたしませぬ, は無用, めさるな

▼ いやああ~ (8, 0.0%)

4 ぼくたちは 1 あの江戸っ子, あれかと, チあ, 云ったが

▼ いやあんな~ (8, 0.0%)

1 ことは, のは, もの, 女も, 奴に, 奴は, 子供の, 美しい鬼

▼ いやさすが~ (8, 0.0%)

1 でご, に大気者大気者, に大身, に気長, はフランス人, は干物, は錢形, は長門守どの

▼ いやさっき~ (8, 0.0%)

1 からその, きいた容子, そう言っ, の二千点, の城山戦死説, の生, の通り, はねむく

▼ いやじつは~ (8, 0.0%)

1 きみに, こういうわけ, さっき正太君から, ね, ぼくも, わたしの, パッカアこそは, 心ばかりに

▼ いやすべて~ (8, 0.0%)

1 うはの, が涙, では五六十人, の学問, の現実, は互いに, は渡れ, 啼く物

▼ いや~ (8, 0.0%)

2 なたが, なたの 1 その事, なたさ, なたも, やない

▼ いやそれとも~ (8, 0.0%)

1 この家, また降られない, もしかしたら, 何か, 失恋かな, 少し違う, 按摩さんにゃ, 木の葉の

▼ いやたいへん~ (8, 0.0%)

1 ごちそうさまでした, だこの, である, なさわぎと, なもの, な人間, 失礼しました, 感服させられ

▼ いやだから~ (8, 0.0%)

1 これは, さ, して, そこん所を, なるべくヘラズぐち, もうすでに昨日あたり応援, も何, 北さんに

▼ いやでなけれ~ (8, 0.0%)

2 ばわたし 1 ば, ばみんな, ばもう一度, ばやはり, ば此室, ば田舎

▼ いやといふ~ (8, 0.0%)

1 声は, 方の, 程お, 程並べ立て, 程叩きつけた, 程叩しつけ兼ねなかつた, 程引張つた, 程足で

▼ いやとよ~ (8, 0.0%)

3 和歌は 1 その心配, 一段の, 和殿が, 大王, 老女

▼ いやとんだ~ (8, 0.0%)

1 お邪魔, 不作法な, 災難であった, 目に, 罪つくりの, 長話を, 間違いでねえ, 騒ぎを

▼ いやな思ひ~ (8, 0.0%)

2 をさせた, をさせる, をした 1 をする, 出を

▼ いやねえ~ (8, 0.0%)

1 あなたは, お通夜みたい, ほんとに, まだそんな, 一生懸命注射し, 先生いつか役人や, 弱虫で, 行っちゃ

▼ いやまず~ (8, 0.0%)

1 お預けに, ご遺書, その日, てっとり早い, 一つ, 私の, 聞かっしゃい, 通るに

▼ いやまるで~ (8, 0.0%)

2 わからん, 何か 1 ないね, 夜逃げだ, 御見逸れ申しました, 解らねえ

▼ いやみんな~ (8, 0.0%)

1 が呆れ, というわけ, といっ, 同じ人, 小さい, 投出しても, 持って, 案外正直者

▼ いやよう~ (8, 0.0%)

1 ございます, ござる, ござんすよ, な気, 分りました木の根草の根, 剃れる剃刀, 聞き分けて, 見えられたな

▼ いや~ (8, 0.0%)

2 こに 1 いいとおすので, ちに, ひとり抱き込ん, 先に, 受納しなく, 自分で

▼ いや~ (8, 0.0%)

2 とも結構 1 とぐらいの騒動, とも, と其の, と大きな, と庭, と身

▼ いや~ (8, 0.0%)

2 がだ, と同じ, の話 1 としてたえず, ばかりで

▼ いや~ (8, 0.0%)

2 置を 1 から知らし, にまわろう, にも幾度, にも言つた, に取押え, 刻船の

▼ いや~ (8, 0.0%)

1 いやお前に, い処に, い気な, い面の, うない, かんよ, 笑いやら, 訝しくは

▼ いや~ (8, 0.0%)

2 なこと 1 つたお人, では, な人相手, な夢, な奴, な気持

▼ いや大きに~ (8, 0.0%)

3 有難う 1 そうかも, 左様で, 御苦労, 御苦労だった, 御馳走だ

▼ いや失礼~ (8, 0.0%)

1 あえて美貌, いたした, しました, じゃが気に入った, じゃない, ですが, はお許し, を申しました

▼ いや御苦労~ (8, 0.0%)

3 だった 1 じゃ, だな, でござった, でした, で御座るな

▼ いや恐らくは~ (8, 0.0%)

1 して, 世間も, 九重の, 太刀山も, 此の方が, 気がついたと, 物理学そのもの化学そのものの, 逃げ出したので

▼ いや~ (8, 0.0%)

3 れだとて 1 ながらあんまり, ながらで, ながら思え, ながら智慧, 猶釣

▼ いや我々~ (8, 0.0%)

1 が現在, が生活, には目, の方, はすべて, は云わなけりゃならない, は炉, は道

▼ いや~ (8, 0.0%)

1 ずさみでは, で澤山, ばかりで, をつい, をふれる, をやすめず遣っ, を取っ, 捕りに

▼ いや~ (8, 0.0%)

1 主義は, 勢力だ, 意識跳びかか, 態も, 所得に, 教育どころか, 職業です, 躾だ

▼ いや現在~ (8, 0.0%)

1 でも, でもすでに, でも決して, といわず, に於, のこの, の清国, 見たん

▼ いや~ (8, 0.0%)

1 が全く, が見えなくなっ, に見える, に觸, の中, の早い, は或いは, をそらす

▼ いや知つて~ (8, 0.0%)

1 はゐなかつた, ゐるだらうとい, ゐるどころ, ゐる筈, 居たかも, 居る, 居るよ, 居るわけぢ

▼ いや考え~ (8, 0.0%)

2 てみる 1 ちがいして, ちゃもう, ている, てみなく, てみれ, ても身の毛

▼ いや~ (8, 0.0%)

1 いつぱい食, がすい, がへっ, が減った, が痛, をすべらし, を切っ, を立て

▼ いやあすこ~ (7, 0.0%)

2 はもう 1 からは道, に今, の宅, は非常, へ行け

▼ いやあと~ (7, 0.0%)

1 でいい, でわかる, で黄一郎親子, にする, にひかない, に残された, は明日

▼ いやありがたい~ (7, 0.0%)

1 お言葉, ことでござる, ことに, ことには, な, よ, 利益や

▼ いやいかに~ (7, 0.0%)

1 人造人間が, 商売でも, 大きくても, 好んでも, 忠義を, 正成殿で, 道義が

▼ いやいつも~ (7, 0.0%)

1 ながら巧者, ならば, の持病, の貴方, は洞窟, わしを, 余り長く

▼ いやお礼~ (7, 0.0%)

1 などは却って, には及ばない, には及び, はぼく, をおっしゃられ, を言う, を言われる

▼ いやお話~ (7, 0.0%)

1 がおくれました, がどうも, にならない, はこれから, はよく, をすれ, を伺った

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 がさし, がさした, さまが, もちやきな, やされ, を胃, ッと

▼ いやその後~ (7, 0.0%)

1 にもう一度, の将校たち, はつい, はついぞ, はトン, までも俺達, も博士

▼ いやだれ~ (7, 0.0%)

1 が言える, だってそんな, だっても気, でもいい, にも聞きやしません, もかけよりません, もそこ

▼ いやちと~ (7, 0.0%)

1 お目, なその, ばかりソノ, 大道うらない, 庭を, 調べたいこと, 調べ物を

▼ いやとか~ (7, 0.0%)

1 こないやとか, すかに, はかばかしく返事, ぶりを, 何とか云つて, 好きとか, 此処を

▼ いやどういたしまして~ (7, 0.0%)

2 今日は 1 あなた方の, まだこまごまと, 何と, 私は, 蒲団は

▼ いやなんと~ (7, 0.0%)

1 いう事, いおうが, いって, いふおれ, しても, 仰せありましょうとも, 申そうが

▼ いやはっきり~ (7, 0.0%)

1 したこと, した事, した原因, して, と一郎, 言おう, 計算し

▼ いやほんの~ (7, 0.0%)

1 ひと夜, ひと言です, 半夜を, 心ばかり, 酒に, 雀の, 顏を

▼ いやますます~ (7, 0.0%)

1 それが, 宜しい, 燃えさかるのみ, 筋書が, 降るわ, 面白うなっ, 黙したの

▼ いやまて~ (7, 0.0%)

1 しばし一筋, とはやる, まだ死ん, よ, ビリヤード二軒射的場も, 町に, 自由で

▼ いやもしか~ (7, 0.0%)

3 すると 1 したら, したらもっと, したら無気味, したら生涯

▼ いやもっとも~ (7, 0.0%)

41 だ無理, 女ばかりの, 純理を

▼ いやよし~ (7, 0.0%)

2 ておきましょう 1 きりお早う, それから, では, にすべ, 分った

▼ いや一つ~ (7, 0.0%)

1 あった, あるよ, だけある, の浪, はある, 忘れて, 打てば

▼ いや一寸~ (7, 0.0%)

1 まって, 待った, 待って, 手洗場を, 行って, 行つて来よう, 鰈は

▼ いや世間~ (7, 0.0%)

1 から何, でもよく, という, には十年ぶり, に対してだって, よりか彼女自身, よりも明智先生

▼ いや串戯~ (7, 0.0%)

3 じゃない, はよし 1 は止し

▼ いや二人~ (7, 0.0%)

1 とも成功, の兄妹, の涙, の眼, は宙, は慣れ, を併せた

▼ いや~ (7, 0.0%)

2 の弱い 1 がわるけれ, が思う, の小さい, の忙し, は他

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 の好み, の泰平郷, の西洋画, の逞しい, の風来坊, の黒岩万五, へ知つて

▼ いや信長~ (7, 0.0%)

1 が兵, でなくても, のため, の一族, の使者どの, は後代, 似上

▼ いや僕たち~ (7, 0.0%)

1 だけは二人, と言おう, はここ, はのみません, は君, は薪炭料, もお

▼ いや~ (7, 0.0%)

3 に角 2 も角 1 に角細君, 角く此道

▼ いや全然~ (7, 0.0%)

1 それで僕, だぜ, 反対の, 問題に, 必要が, 扱は, 知らない

▼ いや其様~ (7, 0.0%)

2 なこと 1 な事, な後, な筈, な評頌, な馬鹿

▼ いや喧嘩~ (7, 0.0%)

1 じゃない, するの, ではなく, なら加勢, にならねえ, の筋, をしない

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 だけ二百枚, でもありません, でもない, につない, に用事, はなかなか, ももう

▼ いや多分~ (7, 0.0%)

1 にそういう, に貴方, はそう, 例の, 南光坊は, 機関士だらう, 知って

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 だ, ですな, な事, な役, な男たち, な美談, な話

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 から出, がない, ちがいじゃ, の奴等, の虫, は残っ, へ帰りませんでした

▼ いや御免~ (7, 0.0%)

21 ください, くださいわたくし, なさい, なさい手前, 下さい

▼ いや~ (7, 0.0%)

2 かしい 1 かしいこと, かしいよりも, も外聞, をかかせる, を言え

▼ いや感心~ (7, 0.0%)

1 いたしました, した, したばかり, して, しました, だ恐れ入った, だ恐れ入つた

▼ いや承知~ (7, 0.0%)

2 しました 1 いたしました, いたしました万事, しました大丈夫, できません, はまだ

▼ いや明日~ (7, 0.0%)

1 いや明後日, でよい, にしよう, にでも社, の晩, はどんな, より一日

▼ いや更に~ (7, 0.0%)

2 一歩を, 悲しめ 1 気を, 荒されたまま, 黒き衣

▼ いや最後~ (7, 0.0%)

2 に書い 1 にきまつ, になる, に拾い物, のもの, はまずい

▼ いや未だ~ (7, 0.0%)

1 お耳, だよ, です, 仕事が, 他に, 仲, 確と

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 ている, てくれ, てくれた, てはなりませぬ, てやしない, て居る, て良かっ

▼ いや正直~ (7, 0.0%)

2 なところ 1 なお話, に云っ, に言う, を云う, を申せ

▼ いや正確~ (7, 0.0%)

1 な図, にいう, にいえ, に三度, に他殺, に申します, に申せ

▼ いや殿~ (7, 0.0%)

2 も用心 1 こそ, じゃア, には高氏, はそう, へのお伝え

▼ いや深く~ (7, 0.0%)

1 いや重く, なれるかな, 抱き交しつつ, 絶望した, 考えて, 考えるから, 見せる爲

▼ いや~ (7, 0.0%)

21 じゃない, と云, に小判, はふす, より大きい

▼ いや真実~ (7, 0.0%)

1 か, なん, に, に大丈夫, のこと, を言, 怖ろ

▼ いや知っ~ (7, 0.0%)

3 ていた 2 ている 1 ています, てました

▼ いや絶対~ (7, 0.0%)

1 といっ, にその, にそんな, にといっ, に出来ない, に彼, に黒吉

▼ いや美しく~ (7, 0.0%)

2 する 1 して, しようと, する所以, はない, 生きむとするか

▼ いや若い~ (7, 0.0%)

2 時の 1 のに, もの, 者には, 者にも, 者の

▼ いや行く~ (7, 0.0%)

1 と云ったら, なじゃあねえ, にちがい, のが, のだ, よ, よ行く

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 ていた, てはいけない, まちがいは, も知りませぬ, 得も, 恍れ, 給へ

▼ いや貴公~ (7, 0.0%)

1 が云いださなく, に, にお, のその, の陣地, はそれどころ, は性火

▼ いや非常~ (7, 0.0%)

1 な人, によく, に往々, に感じ, に結構, に美人, に面白く

▼ いや~ (7, 0.0%)

2 ばかりで 1 だけで, の下, は美しい, ばかりじゃない, を見る

▼ いや~ (7, 0.0%)

1 ではありません, に限, に限った, のごとく, の唄, の羽音, 渡した事件

▼ いやあるいは~ (6, 0.0%)

1 あの辺, それ程に, ぼくの, もう少し遅かっ, 小幡民部どのの, 死ぬまでも

▼ いやいっそ~ (6, 0.0%)

1 あれの, この貧乏, この際, その一切, ロビイから, 他人なら笑いあえる

▼ いやおかしい~ (6, 0.0%)

1 ぞ, といっ, とおもった, と頑強, の何, よ

▼ いやおそらく~ (6, 0.0%)

1 いつまで, そうだろう, その婦人たち, 圏点を, 生涯の, 親友の

▼ いやかれ~ (6, 0.0%)

1 の心, の申し立て, の進展全体, は勇気, らは, 自身の

▼ いやこうして~ (6, 0.0%)

1 あなたと, お目, はいられない, 居る内, 置こう, 随い

▼ いやこりゃ~ (6, 0.0%)

1 えらい, まさに禅師, 失礼, 法螺じゃ, 私が, 私ちと

▼ いやそのまま~ (6, 0.0%)

1 がいい, でよい, で結構, 仆れた, 占領した, 行け着けては

▼ いやそり~ (6, 0.0%)

1 やあ, や構, や無論, や私, や組合, や言れん

▼ いやそれら~ (6, 0.0%)

1 のいずれ, のすべて, の人々, の小, の想像, の顔形

▼ いやたとい~ (6, 0.0%)

1 わが身は, 今日かかる, 御眼, 死んで, 米塩の, 肉親の

▼ いやだい~ (6, 0.0%)

2 いやだい, と思い 1 もうすぐ追いつくん, 長いこと

▼ いや~ (6, 0.0%)

3 まえの 1 まえが, まえこそ, まえも

▼ いやどうぞ~ (6, 0.0%)

2 光尚 1 お構, 子爵から, 帰って, 構はん

▼ いやどうもそう~ (6, 0.0%)

5 では 1 仰しゃられては

▼ いやどす~ (6, 0.0%)

4 いやどす 2 かんにんどす

▼ いやなんとも~ (6, 0.0%)

2 ない 1 いえない厭, ないん, 失礼を, 申しあげよう

▼ いやはった~ (6, 0.0%)

1 あの賢一さん, な, も辛抱, やおま, やない, 事だ

▼ いやまことに~ (6, 0.0%)

1 お恥, お珍, それは, 不思議な, 見ても, 言語同断で

▼ いやまつたく~ (6, 0.0%)

1 あなたの, あれこそ, の話, 世の中に, 威勢の, 生意気な

▼ いやよろしい~ (6, 0.0%)

1 おはいり, です, 卯の, 帰って, 心配せず, 窓の

▼ いやわかっ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 てい, ていない, ています, ております

▼ いや~ (6, 0.0%)

2 という 1 たの, と引け, と手もと, と鉄

▼ いや一時間~ (6, 0.0%)

1 いやこの, でも十分, でも早く, も二時間, も生き, も越すであろう

▼ いや~ (6, 0.0%)

2 には死人 1 で間違, にはまだ, には斯, 流民たちだ

▼ いや主人~ (6, 0.0%)

1 の伯爵, の萬兵衞, もそういった, も返辞, よりは御前, を殺す

▼ いや今に~ (6, 0.0%)

2 閣下にも 1 あいつを, なつて, 僕が, 戯曲も

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 ちゃ, てはいけない, て来られまい, て来る, 來る, 來上りか

▼ いや初め~ (6, 0.0%)

1 からおれ, からこっち, からそれ, からなかっ, から三人, から二の丸三の丸

▼ いや子供~ (6, 0.0%)

1 が一人, ではない, のこと, の時, は可愛かっ, は子供

▼ いや少なくとも~ (6, 0.0%)

1 あの純情, おれは, その晩, ジルベール, 三つの, 君が

▼ いや尤も~ (6, 0.0%)

32 です 1 なお

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 でじゃま, はあたり, は溢れる, へ行きましょう, へ行きませう, もいや

▼ いや~ (6, 0.0%)

2 さかる 1 の方, はとりたくない, は老, を取った

▼ いや彼ら~ (6, 0.0%)

1 にとっては味方, に虚無, の口笛, の良心, ばかりで, もこの

▼ いや必ず~ (6, 0.0%)

1 あるに, そんなこと, なくては, 判るの, 御尋ね, 持って

▼ いや~ (6, 0.0%)

4 のため 1 の入った, の爲

▼ いや恐縮~ (6, 0.0%)

1 じゃ恐縮, だね, です, ですが, ですとおつし, なさる

▼ いや折角~ (6, 0.0%)

1 だから, だが, ですが, ながら杯, の妙計, の志しだ

▼ いや既に~ (6, 0.0%)

1 あの程度, そういう衝動, 一歩を, 北, 現在佐々は, 首領は

▼ いや日本人~ (6, 0.0%)

1 が一番, だってそう, だと, の一人, の女, はそんな

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 からこういう, から子ども, に変っ, に変つて, は棲ん, は面白かっ

▼ いや是非~ (6, 0.0%)

1 そんな事, という程, ともさ, ともふたりきり, ひとつで, 私に

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 としてはその, とする, には不審, には何, には幼稚, も時

▼ いや暑い~ (6, 0.0%)

1 からやめです, にも何, のによく, の何の, の何のって, の暑く

▼ いや最初~ (6, 0.0%)

2 からお, から此 1 に彼, は気が付かなかった

▼ いや此処~ (6, 0.0%)

1 が最, じゃ人立ち, に一人, に何, は駄目, へ来

▼ いや死ぬ~ (6, 0.0%)

1 ときで, ときまったら, のだ, はずは, ものか, やうな

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 が何とか, が兄, が私, のお, の部屋, はまことに

▼ いや江戸~ (6, 0.0%)

1 には格別, に公事用, の名物, の嵐山, の気配, へ帰らし

▼ いや決してそう~ (6, 0.0%)

2 じゃない, では 1 じゃねえ, 云う訳

▼ いや~ (6, 0.0%)

2 にお 1 にそれ, に仰せ, に動い, に葉っぱ

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 一それは, 一モロー彗星が, 一機会が, 一話しかけるべきであらう, 一話しかけるべきであろう, 七感だ

▼ いや~ (6, 0.0%)

2 を踏 1 から上, すら起てない, にある, の痛み

▼ いや自然~ (6, 0.0%)

1 といえ, に地球, に振舞う, に石, の好, や歴史

▼ いや見た~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 ことの, じゃ, といっ, ものは

▼ いや言葉~ (6, 0.0%)

1 だけなら, というもの自体, に弄ばれ, はどう, ばかりで, を換え

▼ いや誠に~ (6, 0.0%)

1 これは, むさくるしいところ, 御もっとも至極, 有難うございます, 有難う大した, 結構な

▼ いや貴様~ (6, 0.0%)

1 が斬れ, が殺した, が瞞, に違い, も存外, よりは大きい

▼ いや貴殿~ (6, 0.0%)

1 が日々, に隔意, はすでに, は悪人, もしっかり, を討つ

▼ いや近頃~ (6, 0.0%)

1 はかなり, はの麓, は多弁, は法科, 何時も, 勘気を

▼ いや隠し~ (6, 0.0%)

2 ている 1 てある, てもだめ, ても知っ, ても駄目

▼ いや~ (6, 0.0%)

5 有う 1 有い

▼ いや~ (6, 0.0%)

1 からです, が冷え, の方, の皮, はなんとも, は雪

▼ いや驚きました~ (6, 0.0%)

41 ねまだ, ケネディ博士どうしてどうして

▼ いや高き~ (6, 0.0%)

2 連山の 1 光を, 天の, 片岡, 竝木なり

▼ いやあそこ~ (5, 0.0%)

1 にはもう, にも姑, に真紀子さん, は事実, へ米

▼ いやあな顔~ (5, 0.0%)

4 をし 1 をした

▼ いやあり~ (5, 0.0%)

1 がたす, がてえ, さうな顔, やア前田, 難う

▼ いやいけ~ (5, 0.0%)

2 なかない, ねえ 1 ないっ

▼ いやうち~ (5, 0.0%)

1 では皆, の奴, の竪坑, の細君, も焼かれました

▼ いやえらい~ (5, 0.0%)

1 事だつた, 御栄達, 御高札, 景気でした, 目に

▼ いやおいら~ (5, 0.0%)

1 だ, の子, はほんの, は今, も行く

▼ いやおそらくは~ (5, 0.0%)

1 それの, だれにも, 両方だろう, 御主君, 逃げ出したの

▼ いやおそろしい~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことだ, ことに, 力に, 爆薬を

▼ いやお嬢さん~ (5, 0.0%)

1 と与之助, に用事, の叔父さん, は私, 決してご

▼ いやかと~ (5, 0.0%)

1 いうのに, 云えば, 思って, 思われるけれど, 訊くと

▼ いやかも~ (5, 0.0%)

1 しれないが, しれないでしょうだから, しれませんが, わからない, 知れんが

▼ いやこりゃあ~ (5, 0.0%)

1 いかさま無理, わたしが, 大変な, 油断が, 美い

▼ いやさき~ (5, 0.0%)

21 に彼, に金沢, の門

▼ いやしからぬ~ (5, 0.0%)

1 好青年, 老夫婦, 老女が, 老婦人, 血筋を

▼ いやしないだろう~ (5, 0.0%)

41 か枕

▼ いやしなかった~ (5, 0.0%)

3 んだ 1 か, かい

▼ いやしむべき~ (5, 0.0%)

1 ことで, はただ, は世の中, 愚弄である, 素質を

▼ いや~ (5, 0.0%)

2 やない 1 ぶんは, ぶんも, ょうだんなもんですか

▼ いやじゃあ~ (5, 0.0%)

1 ありませんけど, こまったこと, ないの, なかったろう, 有りませんか

▼ いやずっと~ (5, 0.0%)

1 お供いたしましょう, その以前, 上へ, 以前にも, 後ろに

▼ いやぜひ~ (5, 0.0%)

1 お力添え, この老人, われわれの, 観て, 読んで

▼ いやそれから~ (5, 0.0%)

1 あの鉄, いろいろ勿体, が又, この列車, 生徒の

▼ いやたしか~ (5, 0.0%)

1 それに, それは, 神田だったろ, 門前と, 陸軍のだ

▼ いやたった~ (5, 0.0%)

1 一人ある, 一人知っ, 一度あった, 今見, 先程まで

▼ いやだつた~ (5, 0.0%)

1 が考へ, けれどいいかげん, けれど高島田さ, ことです, ものだ

▼ いやちっとも~ (5, 0.0%)

1 うまくないです, おかしくない, 良くなっ, 見当が, 退屈しません

▼ いやちょうど~ (5, 0.0%)

2 いい 1 いいぐあいでした, 今が, 兄さんの

▼ いやちよ~ (5, 0.0%)

2 つと 1 つとと, つとほろりと, つと試し

▼ いやって~ (5, 0.0%)

1 いうほど, わけじゃ, 大事の, 小せ, 立派に

▼ いやともかく~ (5, 0.0%)

1 もりっぱ, も二本差, も拙者一人, も明日, 大都督周瑜

▼ いやどっち~ (5, 0.0%)

1 かと言え, の大臣, へ廻っ, もだ, も今

▼ いやなあに~ (5, 0.0%)

1 あの女, そのちっと, そんなこと, そんなもん, 寝て

▼ いやなにしろ~ (5, 0.0%)

1 あなたの, むづかしい世の中です, 同心の, 御用が, 暇が

▼ いやはって~ (5, 0.0%)

1 ここに, そない, モデルに, 上りゃはれしません, 大火鉢

▼ いやはや何とも~ (5, 0.0%)

2 残念だ 1 忝う, 悪食が, 辛し

▼ いやはや全く~ (5, 0.0%)

1 このサーレー, 好きだ, 御馳走さまな, 暑い, 江州者には

▼ いやはりまし~ (5, 0.0%)

1 てえらい, てお, てなその, て出かけ, て姉

▼ いやばか~ (5, 0.0%)

3 なこと 1 にした, にする

▼ いやひどい~ (5, 0.0%)

3 目に 1 なあ, めに

▼ いやふたり~ (5, 0.0%)

1 ともしん, ともはな紙, とも粗忽者, の袖, はまだ

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 これを, づこつち, はりだけ, ぼろしで, 八お前が

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 たっぷりな, たっぷりな問いあわせであった, たっぷりを, と違った, を感じる

▼ いやもうたいへん~ (5, 0.0%)

1 だ, な, な数, な発達ぶり, な賑い

▼ いやもっともっと~ (5, 0.0%)

1 お前の, 夥しかった, 恐ろしい事, 恐ろしい事件, 深刻に

▼ いやより~ (5, 0.0%)

1 以上に, 以上悲痛な, 正確に, 驚愕した, 高い地位

▼ いやわが~ (5, 0.0%)

1 劉予州の, 友人の, 君にも, 首へ, 駆逐艦

▼ いやわざと~ (5, 0.0%)

1 汚ない, 油斷を, 負けるには, 遠くに, 鳴りを

▼ いや一年~ (5, 0.0%)

1 じゃない, でも二年, の月日, も二年, も十年

▼ いや一生~ (5, 0.0%)

1 で足らず, のあいだ, の不覚, を支配, 動きたくないの

▼ いや下手人~ (5, 0.0%)

1 が分った, じゃない, の見, は俺ぢ, は至つて非力

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 には大事, の一般, の衆生, へだけでなく, をしのぶ

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 からが本統, こそ抑, は大きい, は失敬, をこそ言葉

▼ いや京都~ (5, 0.0%)

1 などはいつ, のほう, の中, の言葉, へ行っ

▼ いや人群~ (5, 0.0%)

5 がとりまい

▼ いや今朝~ (5, 0.0%)

1 の一時ごろ, の一時頃, は御, は松島, やって来やしてね

▼ いや仰せ~ (5, 0.0%)

2 の通り 1 ごもっとも, までもなく, を待つ

▼ いや何処~ (5, 0.0%)

2 へも行きやしません 1 ということ, へも行った, も何とも

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 しあの, しそれ, し其の, し父, し誰

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 にはお前, のところ, の物の具, は尊氏, も一緒

▼ いや元来~ (5, 0.0%)

1 の嫌い, 儂は, 兄は, 原則的に, 心霊主義には

▼ いや勿論~ (5, 0.0%)

1 これには, そんな事, そんな立派, で御座いますよ, 男な

▼ いや医者~ (5, 0.0%)

1 からも止められた, がもう, ならいくら, なんか役に立ち, はね死にたくて

▼ いや去年~ (5, 0.0%)

1 じゃない, のまんま, の夏, の秋, までは来

▼ いや向う~ (5, 0.0%)

1 からここ, だよ, の方, の部屋, へ行こう

▼ いや君たち~ (5, 0.0%)

1 に信じ, のお蔭, の勉強, の気持, は内心ひそか

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 だけで, によつて不快, はかね, も何, を聽

▼ いや大きい~ (5, 0.0%)

2 鏃に 1 のは, のを, やつが

▼ いや奥さん~ (5, 0.0%)

1 か, そうで, の前, の場合, の敵

▼ いや女房~ (5, 0.0%)

2 のおかげ 1 のところ, は持つべき, をもらえばっ

▼ いや安心~ (5, 0.0%)

1 させるの, しては, では, という弱点, は相成らぬ

▼ いや寒く~ (5, 0.0%)

2 はない, 襞を 1 ない

▼ いや必要~ (5, 0.0%)

1 がない, である, ですよ, とあら, な暴力

▼ いや恐ろしい~ (5, 0.0%)

1 といえ, の何の, ばかりで, やつは, 女だ

▼ いや悪かっ~ (5, 0.0%)

41 た悪かっ

▼ いや悪魔~ (5, 0.0%)

2 の顔 1 でもいい, といふもの, もありません

▼ いや悲鳴~ (5, 0.0%)

1 と言, は主人, をあげない, をあげる, を上げなかった

▼ いや~ (5, 0.0%)

5 なしに

▼ いや持っ~ (5, 0.0%)

1 ていなけれ, ておる, て居りません, て帰っ, て行く

▼ いや曹操~ (5, 0.0%)

1 が関羽, の仰せ, の生命, の返辞, は何

▼ いや正しく~ (5, 0.0%)

1 いえば, なくとも, 二三百両です, 云えば, 言えば

▼ いや殺された~ (5, 0.0%)

1 お才, と申そう, と言った, ので, んだ

▼ いや火事~ (5, 0.0%)

21 だと, ではな, でもない

▼ いや皮肉~ (5, 0.0%)

1 じゃない, じや, をいった, をいつた, をおっしゃっ

▼ いや相手~ (5, 0.0%)

1 が連れ立っ, の夫人, の好き, は輦輿, は魔法

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 だ, の浪人骨, ッ平だ, ッ暗, 逆に

▼ いや真面目~ (5, 0.0%)

1 であれば, な業, な話, にさ, に真面目

▼ いや突然~ (5, 0.0%)

1 こんな所, つかぬこと, でありました, 伺いまして, 伺ひまして

▼ いや笑っ~ (5, 0.0%)

2 ちゃいけない 1 ちゃあいけない, ていない, ては失礼

▼ いや老人~ (5, 0.0%)

1 かと思え, に集まる, はそう, はなに, は金以上

▼ いや親分~ (5, 0.0%)

1 あの頃, いくら人間, お久し振り, の前, は甲府

▼ いや貴女~ (5, 0.0%)

1 こそ, だけに心配, でなくては, はお, は私

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 だけで, のよう, の方, は体, を宙

▼ いや近ごろ~ (5, 0.0%)

1 この焼け跡, の軍人, は将門, は尼, は署名

▼ いや道誉~ (5, 0.0%)

1 にも会わぬ, の客, はそう, は道誉流, までが

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 に, に長から, 坐長, 庵が, 益と

▼ いや面目~ (5, 0.0%)

2 もない 1 ないが, ないぞ, ねえ相

▼ いや~ (5, 0.0%)

1 あ可愛, が一匹疾駈, では猶, に乗, の話

▼ いや馬鹿~ (5, 0.0%)

1 か馬鹿, だ, と鋏, なお話, になる

▼ いや驚く~ (5, 0.0%)

1 には及び, には及びません, には足りません, のが, ほど美しい

▼ いや黒く~ (5, 0.0%)

2 その秀, ひとり堪へ 1 色が

▼ いやあがっ~ (4, 0.0%)

21 ていつ, て今

▼ いやあたし~ (4, 0.0%)

1 の可愛いい, はそれ, はそれなら, はねお

▼ いやあっし~ (4, 0.0%)

1 が参ります, こそ御, は面, は駄目

▼ いやあなた様~ (4, 0.0%)

1 に危害, のよう, の指, を武門

▼ いやあまりに~ (4, 0.0%)

1 もそれ, 無慈悲である, 興奮な, 興奮なさっ

▼ いやいくら~ (4, 0.0%)

1 咲耶子でも, 書こうと, 死にたいと, 秋に

▼ いやいよいよ~ (4, 0.0%)

1 ご健勝, 不審でした, 事重大に, 田舎臭く野暮ったく

▼ いやうそ~ (4, 0.0%)

1 だ, だうそ, ではない, を言う

▼ いやうに~ (4, 0.0%)

2 も思つて 1 と云, ばかり致し

▼ いやかう~ (4, 0.0%)

2 云ふ 1 いふ目に, 迄うらぶれ

▼ いやかならず~ (4, 0.0%)

1 お身, つれて, 助けて, 成就し

▼ いやかまわん~ (4, 0.0%)

1 おれについて, とも, よ, 何だ

▼ いやがん~ (4, 0.0%)

1 だ, だもの, でい, でえ

▼ いや~ (4, 0.0%)

3 ふは 1 ふなら尚

▼ いやさらに~ (4, 0.0%)

1 その前, また後ろ, 二条三条の, 燃えさかるの

▼ いやじゃと~ (4, 0.0%)

1 いうて, しじゅう口癖, 申して, 申しまして

▼ いやすっかり~ (4, 0.0%)

1 平らげて, 忘れて, 懲りて, 暗くなっ

▼ いやすてき~ (4, 0.0%)

4 なもん

▼ いやする~ (4, 0.0%)

1 なといえ, にあまり, のが, ものか

▼ いやせっかく~ (4, 0.0%)

2 だが 1 お休み, よい心

▼ いやその間~ (4, 0.0%)

1 だけは恋, に一髪, に粥, はッ

▼ いやそれ程~ (4, 0.0%)

1 では, でも, でもない, までに強い

▼ いやたいした~ (4, 0.0%)

1 ことは, ものです, もんです, 物です

▼ いやたしかにそう~ (4, 0.0%)

2 です 1 だ, だった

▼ いやたった今~ (4, 0.0%)

1 おしずまり, 下総領から, 刺されて, 禅尼から

▼ いやだいぶ~ (4, 0.0%)

1 今宵は, 参考に, 盛会です, 表て

▼ いやだつたら~ (4, 0.0%)

1 あつち, いやよ, このろくでなし, 姉さんを

▼ いやだらう~ (4, 0.0%)

1 けれど当分辛抱, し, しこつち, と眉

▼ いやちゃんと~ (4, 0.0%)

1 こうして生き, ふせいで, 呑みこんで, 玄関から

▼ いやでたまらぬ~ (4, 0.0%)

1 おまけに, といっ, ように, ジャンの

▼ いやでない~ (4, 0.0%)

1 ひとも, ものです, よりも伸子, 様子の

▼ いやでなく~ (4, 0.0%)

1 この赤児, ばこの, ばだ, わざとらしくも

▼ いや~ (4, 0.0%)

2 つこいし 1 ッこい, ツこい

▼ いやどうせ~ (4, 0.0%)

1 一度は, 主人は, 戴くならそちら, 江戸の

▼ いやどうにも~ (4, 0.0%)

1 不器用な, 元来だらしの, 無礼千万, 箸にも

▼ いやどうもあまり~ (4, 0.0%)

1 お売り, りっぱすぎる, 好くありません, 話が

▼ いやなこった~ (4, 0.0%)

1 いやなこった, ワ, 人身御供なんぞは, 小太郎山を

▼ いやにも~ (4, 0.0%)

2 なり外 1 なろうわ, 思わなかった

▼ いやはりました~ (4, 0.0%)

1 かさっき, がやめました, けどもうちょっと, ので私

▼ いやひょっと~ (4, 0.0%)

2 すると 1 すると大, 信造が

▼ いやびっくり~ (4, 0.0%)

2 なさるの 1 させるばかりじゃ, したよ

▼ いやへん~ (4, 0.0%)

1 なこと, なにおい, なもの, 損や

▼ いやみな~ (4, 0.0%)

1 こたア, ところがどこ, のに苦々しい, 笑い方

▼ いやもの~ (4, 0.0%)

2 を書く 1 に誘われ, は言わない

▼ いやわけ~ (4, 0.0%)

1 があつ, のある, はあります, はどう

▼ いやわざわざ~ (4, 0.0%)

2 ご苦労です 1 参ったの, 御呼び立て申し

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 なったよ, なっちゃうな, なって, よ

▼ いや~ (4, 0.0%)

2 と通り 1 と月, 呑みに

▼ いや一日~ (4, 0.0%)

1 でなくても, に二度, も早う, や二日

▼ いや一緒~ (4, 0.0%)

1 に来る, に行かん, に見廻りまし, に飲もう

▼ いや三つ~ (4, 0.0%)

1 ぐれえの, だったか, の眼, もある

▼ いや三人~ (4, 0.0%)

1 で, といったほう, にひとり, の辻番

▼ いや不意~ (4, 0.0%)

1 だったの, にお, にとび込ん, に襲われる

▼ いや世界中~ (4, 0.0%)

1 このセリフ, で一ばん新ちゃん, のお母様方, を旅

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 のズボン, 三日が, 岸から, 眼を

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 が前, は語らぬ, も初め, も腹

▼ いや二階~ (4, 0.0%)

1 で父, で花, の灯, へあがっ

▼ いや人類~ (4, 0.0%)

1 のため, の全体, の好く, はもっと

▼ いや仕方~ (4, 0.0%)

3 がない 1 が無い

▼ いや以前~ (4, 0.0%)

1 からたくさん, だつてさうだつ, は盛ん, よりも一層

▼ いや~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ちやアゐない, ています

▼ いや何しろ~ (4, 0.0%)

1 三挺頂い, 君は, 大失敗, 早急な

▼ いや余計~ (4, 0.0%)

1 なこと, な前置き, な口出し, もやらぬ

▼ いや僕自身~ (4, 0.0%)

1 のため, の当面, の心, の感じ

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 世界の, 人類の, 人類は, 軍の

▼ いや全部~ (4, 0.0%)

1 ではまさしく, ははいらん, もっともだ, 数えたら十七

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 が白い, どころかある, は私, よりも一層

▼ いや出来る~ (4, 0.0%)

2 ことなら 1 のは, 限りの

▼ いや地球~ (4, 0.0%)

1 が大丈夫, と同じ, の土台, までは遠

▼ いや城下~ (4, 0.0%)

2 の役人 1 の街, もまた

▼ いや大笑い~ (4, 0.0%)

1 です, ですよ, にもなんにも, の頂上

▼ いや天下~ (4, 0.0%)

1 のため, のわかれ目, の人心, の形勢

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 は何, れから, れは, れより

▼ いや失敬~ (4, 0.0%)

1 いたしました, した, します, しよう

▼ いや嫉む~ (4, 0.0%)

4 のそねむ

▼ いや学校~ (4, 0.0%)

1 じゃ英語, という, は仏蘭西人, は知らない

▼ いや寒い~ (4, 0.0%)

1 から踊らなく, ようだ, よりもへん, 季節な

▼ いや~ (4, 0.0%)

2 兄さんは 1 劍に, 浜さんこの

▼ いや小説~ (4, 0.0%)

1 から戯曲, です, でないこの, を書い

▼ いや帰る~ (4, 0.0%)

1 が目的, のも, よ帰る, んぢや

▼ いや平次~ (4, 0.0%)

1 の投錢, は嘘, ばかりで, ばかりでなく

▼ いや幽霊~ (4, 0.0%)

1 ですよ, ではない, と言った, の話

▼ いや当然~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, だ, なこと, 見えなければ

▼ いや待つ~ (4, 0.0%)

1 てゐ, て下さい, て呉れ, 事は

▼ いや後で~ (4, 0.0%)

1 世間の, 取りに, 気がついたん, 皆んなに

▼ いや必ずしも~ (4, 0.0%)

1 そればかり, 一首残らずわからなかつた, 不可能で, 河童ばかり

▼ いや忙しい~ (4, 0.0%)

1 から健康, ことじゃ, ことぢや, ぞ

▼ いや怒る~ (4, 0.0%)

2 かな 1 な怒る, の怒らない

▼ いや~ (4, 0.0%)

3 ろしい 1 やの恐

▼ いや怪しい~ (4, 0.0%)

1 ぞ, と云った, ね, もんじゃ

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 さえはいっ, とはいえない, には懲りました, を覚え

▼ いや~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ いや或いは~ (4, 0.0%)

1 円タクで, 村の, 私には, 自分の

▼ いや或は~ (4, 0.0%)

2 善悪を 1 あの映, 書かなかつたとしても

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 じまり, の音, を卸し, を開いた

▼ いや手紙~ (4, 0.0%)

1 の受け売り, はぢ, よりも木崎さん, を上げる

▼ いや放し~ (4, 0.0%)

2 てくれ 1 てくれた, て上げない

▼ いや放つ~ (4, 0.0%)

1 て置い, て置く, て置け, て置けない

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 ういふ事, ういふ処, うして, うなれば

▼ いや明後日~ (4, 0.0%)

1 などと延期, の午後, の夜行, の方

▼ いや時々~ (4, 0.0%)

1 冗談を, 彼女の, 来られるだけ, 麦酒位は

▼ いや時に~ (4, 0.0%)

1 ね, はどうしても, はもつともつと, は実際

▼ いや曲者~ (4, 0.0%)

1 が入, の逃げた, は刄物, は權三

▼ いや書く~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことなどは, に忍びぬ, のも

▼ いや有る~ (4, 0.0%)

1 と思う, に違い, やうでない, 唯一つ

▼ いや有難い~ (4, 0.0%)

1 おことば, ことだ, 仕儀で, 仕合せ

▼ いや有難う~ (4, 0.0%)

2 ございました 1 そう云っ, 村山君

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 ともならぬ, のあいつ, のうち, 早くだ

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 などの及ぶ, の作, もさように, も不肖

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 だ, の土用, の瞬間, 平です

▼ いや此處~ (4, 0.0%)

1 で宜, で結構, の方, へ來

▼ いや気持~ (4, 0.0%)

1 がちがう, などというもの, のこと, のややこしい

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 の性質, の態度, の涯, の神経

▼ いや無い~ (4, 0.0%)

1 から不思議, ことは, とは言わせませぬ, 訳で

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 についてばかりで, の名, はお, 御とい

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 しも, らしい小鳥, らしき, らしきを

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 があった, ではありません, ではない, はある

▼ いや病気~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, ですよ, で死んだ, と死ぬ

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 なそれ, は早く, 御当人, 此処で

▼ いや皆さん~ (4, 0.0%)

1 がそう, の前, 何ともかとも, 決して何

▼ いや着物~ (4, 0.0%)

1 など着替え, の上, の着, を買い過ぎ

▼ いや~ (4, 0.0%)

2 張りこの 1 ぶみだの, 張り私

▼ いや私ども~ (4, 0.0%)

1 と云っ, はどこ, はまちがい, は何

▼ いや笑いごと~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, じゃない, でない, ではありません

▼ いや義貞~ (4, 0.0%)

1 としては先, にすれ, は呼んだ, をし

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 先生に, 先生は, 爺さん心配おしでない, 賊の

▼ いや聞い~ (4, 0.0%)

1 ていない, ておくれ, ても恐れる, て貰いたい

▼ いや船長~ (4, 0.0%)

1 このボルク号, のこと, はこの, ふ船

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 だろう, では無く, も恥じらわ, をお

▼ いや苦しゅう~ (4, 0.0%)

3 ない 1 ない無礼

▼ いや誤解~ (4, 0.0%)

2 しては 1 して, なさらんよう

▼ いや貴君~ (4, 0.0%)

2 がお 1 が小説家, のお家

▼ いや近く~ (4, 0.0%)

2 ではないです 1 ならば, 私を

▼ いや迷惑~ (4, 0.0%)

2 したよ 1 とか迷惑, な

▼ いや逃げ~ (4, 0.0%)

3 はせぬ 1 はせん

▼ いや道中~ (4, 0.0%)

1 ちっと聞き込んだ, で盗まれた, においてはしばしば, は却って

▼ いや邪魔~ (4, 0.0%)

1 だろうが, というの, になる, をした

▼ いや間違い~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, じゃない, というん, はございません

▼ いや随分~ (4, 0.0%)

1 いい眺望, 不景気だ, 困ったなと, 方々へ

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 あがりでも, が降り出した, はぺちゃくちゃ, を観じた

▼ いや電話~ (4, 0.0%)

1 とじゃ, の切れた, も駄目, をかけ

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 かい, だけでもない, にもいろいろ, のせい

▼ いや~ (4, 0.0%)

1 ではない, はもらった, までは出し, をくくる

▼ いや高く~ (4, 0.0%)

1 うたわれるよう, して, 念仏三昧という, 生え神尾主膳

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 たつて, てらいつ何, ばよ

▼ いやあす~ (3, 0.0%)

1 の変, の朝, 知れぬ身

▼ いやあな心持~ (3, 0.0%)

1 がした, で頭, は月日

▼ いやありゃ~ (3, 0.0%)

1 たった二, ピオニェールの, 女中じゃ

▼ いやあんまり~ (3, 0.0%)

1 寒さ, 笑ったので, 遅くなる

▼ いやいちいち~ (3, 0.0%)

1 その研究発表, 尤も, 御尤も

▼ いやいつか~ (3, 0.0%)

1 の間淵, は一度, 見られたん

▼ いやいやさうで~ (3, 0.0%)

2 はない 1 はあるまい

▼ いやいる~ (3, 0.0%)

1 ということ, な世の中, にゃいやす

▼ いやうつ~ (3, 0.0%)

1 かり話しこんでしまつた, ちやつた譯でも, な

▼ いやうまく~ (3, 0.0%)

1 ない食物, 死ねるとい, 行くと

▼ いやおかげ~ (3, 0.0%)

1 でえらい, で北斗, で私

▼ いやおどろく~ (3, 0.0%)

1 ぢや, にはおよばぬ, 事は

▼ いやお互い~ (3, 0.0%)

1 に洒落, の年齢, もう忘れかけ

▼ いやお父さん~ (3, 0.0%)

1 がお前, はまだまだ, は死ん

▼ いやお笑い~ (3, 0.0%)

1 になっ, になる, 下さい

▼ いやお茶~ (3, 0.0%)

1 はにがい, はまた, も差上げませ

▼ いやお金~ (3, 0.0%)

2 はもう 1 のこと

▼ いやお願い~ (3, 0.0%)

1 する, するどう, だ返して

▼ いやきつ~ (3, 0.0%)

1 とあるに, とある筈, とどうにか

▼ いやきのう~ (3, 0.0%)

1 まではそれで, もだ, をまだ

▼ いやこの間~ (3, 0.0%)

1 この屋敷, のこと, の様子

▼ いやこわい~ (3, 0.0%)

1 ということ, とかこわく, にはこわい

▼ いやこん夜~ (3, 0.0%)

1 こそ御, だけ, も明夜

▼ いやさよう~ (3, 0.0%)

1 か, ご身分, でございましょうとも

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 ている, てもよい, 失神致し

▼ いやしないでしょう~ (3, 0.0%)

21 わたしを

▼ いやしばらく~ (3, 0.0%)

1 でした, 前だ, 逢わないね

▼ いやじっさい~ (3, 0.0%)

1 あの辺, みどりの, 植物の

▼ いやずいぶん~ (3, 0.0%)

1 執こく, 大きくなりました, 大げさな

▼ いやずんと~ (3, 0.0%)

1 うれしいぞ, 佳い, 楽しい話

▼ いやせめて~ (3, 0.0%)

1 は月並み, 大凡の, 天気だけは

▼ いやそのうち~ (3, 0.0%)

1 ぐうすう言い出した, またどこ, 又ゆ

▼ いやその他~ (3, 0.0%)

1 にも居る, に荏原屋敷, 何やかや八百屋

▼ いやそれ以前~ (3, 0.0%)

1 から人前, にも接吻, の船

▼ いやたいてい~ (3, 0.0%)

1 ホテルに, 即日帰郷に, 空の

▼ いやたくさん~ (3, 0.0%)

1 じゃないらしい, だ, 寝たよ

▼ いやただいま~ (3, 0.0%)

1 使いを, 戦場の, 本船の

▼ いやたぶん~ (3, 0.0%)

1 これは, できるだろう, 鐘声などにも

▼ いやっし~ (3, 0.0%)

3

▼ いやっと~ (3, 0.0%)

2 いうほど 1 言って

▼ いやつまらん~ (3, 0.0%)

1 事から, 仕事です, 聯想の

▼ いやでなかったら~ (3, 0.0%)

1 とうに売っ, 姫と, 御会いします

▼ いやでならない~ (3, 0.0%)

1 という態度, のを, 自分の

▼ いやでならなかった~ (3, 0.0%)

2 のである 1 が彼

▼ いやどうもいろいろ~ (3, 0.0%)

2 お世話に 1 の取沙汰

▼ いやどうもこう~ (3, 0.0%)

1 もありゃしねえ, もいま, も本宿筋

▼ いやどんなに~ (3, 0.0%)

1 救われない状態, 景気よく, 王が

▼ いやながら~ (3, 0.0%)

1 しばらく, 学校へも, 来て

▼ いやなぜ~ (3, 0.0%)

1 そんな考, という, 自分は

▼ いやなにか~ (3, 0.0%)

1 とお世話, のぞんで, 違う

▼ いやなになに~ (3, 0.0%)

1 そのよう, それ程でも, 会うたか

▼ いやなら出~ (3, 0.0%)

1 ていけ, て行けっ, て行っ

▼ いやなり~ (3, 0.0%)

1 いやなり, けらし, 穴の

▼ いやなるほど~ (3, 0.0%)

1 そういう点, なあ, 変って

▼ いやはあ~ (3, 0.0%)

2 なんでもねえ 1 べつに

▼ いやはや実に~ (3, 0.0%)

1 口に, 喜ばしい次第, 微妙な

▼ いやふたご~ (3, 0.0%)

2 もりを 1 かな

▼ いやべつだん~ (3, 0.0%)

1 な事, な用事, 用と

▼ いやほど~ (3, 0.0%)

1 よく知, 知つてる, 近い阿弥陀ヶ峰

▼ いやほん~ (3, 0.0%)

1 たう, たうに, との所

▼ いやぼんやり~ (3, 0.0%)

1 した気分, して, してるん

▼ いやまだもう~ (3, 0.0%)

2 一つさ 1 一つそう

▼ いやまちがい~ (3, 0.0%)

1 ではない, ない, 無い

▼ いやまてまて~ (3, 0.0%)

1 もしわるい, ゆだ, 少々退屈払い

▼ いやみつ~ (3, 0.0%)

1 たらしくて, たらしく出, たらしく気

▼ いやむずかしい~ (3, 0.0%)

1 お客様じゃ, ことに, のじゃ

▼ いやもう一度~ (3, 0.0%)

1 だ, 見て, 逢つて名

▼ いやもっとはっきり~ (3, 0.0%)

3 いうと

▼ いややっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てみよう, ぱりこのままつけとくとしましょうよ

▼ いやゆうべ~ (3, 0.0%)

1 のやう, は大杯, は熟睡

▼ いやよいよい~ (3, 0.0%)

1 この境内, 五合程で, 京弥までが

▼ いやよけい~ (3, 0.0%)

1 なお節介, なこと, 不安が

▼ いやよほど~ (3, 0.0%)

2 偉いひと 1 の親友

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 か, 言葉は, 通りこの

▼ いやわたしたち~ (3, 0.0%)

1 の探検, はね酒, は天子さま

▼ いやわるかっ~ (3, 0.0%)

21 たよ

▼ いやコンネクテカット州~ (3, 0.0%)

3

▼ いやドラマ~ (3, 0.0%)

2 を人生 1 を見

▼ いやハヤ~ (3, 0.0%)

1 とても機嫌, ひどいもの, 弱りであった

▼ いやホント~ (3, 0.0%)

1 に狂, は外, は彼奴

▼ いや一向に~ (3, 0.0%)

1 かきませんよ, 知らない, 知らない實

▼ いや一言~ (3, 0.0%)

2 もござりませぬ 1 もございません

▼ いや一週間~ (3, 0.0%)

1 でよかろ, も前, 捜し候えども

▼ いや丁度~ (3, 0.0%)

1 あの晩, い, 左様に

▼ いや三十歩~ (3, 0.0%)

3 かな

▼ いや不安~ (3, 0.0%)

1 であるといった, は既に, や涙

▼ いや不審~ (3, 0.0%)

2 はそれ 1 だった

▼ いや与八さん~ (3, 0.0%)

3 と一緒

▼ いや世界一~ (3, 0.0%)

1 の名優, の役者, の魔物

▼ いや丞相~ (3, 0.0%)

1 のお, の洞察, の門下

▼ いや両方~ (3, 0.0%)

1 だよ, で頭, とも先生

▼ いや二十年~ (3, 0.0%)

1 ぐらい前, でわし, もっとに

▼ いや亭主~ (3, 0.0%)

1 ではない, の吹聴, はもう

▼ いや人生~ (3, 0.0%)

1 というもの, の勝負, の意味

▼ いや人違い~ (3, 0.0%)

1 じゃあねえ, でない, にし

▼ いや今宵~ (3, 0.0%)

1 からは木下殿, すぐにも, はその

▼ いや他人~ (3, 0.0%)

1 にし, のこと, を罰する

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 つたこと, はない, はなかつた

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 が一人, の嫁, はしばらく

▼ いや何より~ (3, 0.0%)

1 こんな時, の大, は足利自体

▼ いや何處~ (3, 0.0%)

2 も何とも 1 へ行く

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 はモロー, は暫く, よりもよく

▼ いや余り~ (3, 0.0%)

1 熱いと, 自由ぢや, 長く待たし

▼ いや信じ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てゐる

▼ いや信州~ (3, 0.0%)

1 といふところ, の白百合, の諏訪

▼ いや俺達~ (3, 0.0%)

1 にも芸術, の子供, は徹底的

▼ いや僕ら~ (3, 0.0%)

1 だけで, のよう, は君

▼ いや僕等~ (3, 0.0%)

2 の精神的生活 1 の事

▼ いや元気~ (3, 0.0%)

2 なの 1 は年

▼ いや先頃~ (3, 0.0%)

1 お登り, からもう, から洛中洛内

▼ いや八五郎~ (3, 0.0%)

2 の威勢 1 をゆすぶ

▼ いや其方~ (3, 0.0%)

1 にはたのみ, に申し, をわずらわした

▼ いや冷たく~ (3, 0.0%)

2 てもいい 1 なると

▼ いや分る~ (3, 0.0%)

2 までもない 1 よよく

▼ いや初めて~ (3, 0.0%)

1 だから十両, のお, 知りましたな

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 だ, というもの, の弱い

▼ いや動く~ (3, 0.0%)

1 という, と一発, な

▼ いや勘弁~ (3, 0.0%)

2 せぬ 1 して

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 のうち八つ九つ, ばかり貰おう, 常侍ら

▼ いや十年~ (3, 0.0%)

1 かな十年, でも間に合った, などと私

▼ いや却つて~ (3, 0.0%)

1 いいかも, その将来, 得難い経験

▼ いや原因~ (3, 0.0%)

1 ではない, というの, はもっと

▼ いや厳密~ (3, 0.0%)

3 にいえ

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 そうなる, にいたそう, 左どのは

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 つてだ 1 つていろ

▼ いや古い~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことばにも, 兵粮丸が

▼ いや名人~ (3, 0.0%)

1 とは言えない, の境, の操る

▼ いや君ら~ (3, 0.0%)

1 に対する愛情, はそんな, は僕

▼ いや商売もの~ (3, 0.0%)

2 を貰っ 1 をもらっ

▼ いや善悪~ (3, 0.0%)

1 から申し, と云, と云う

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 で承りました, のため, へ尋ね

▼ いや地獄~ (3, 0.0%)

1 なら鬼, の一丁目, の名

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 だけで, の世界, を嗄らした

▼ いや夜中~ (3, 0.0%)

1 とは思った, に急, に越え

▼ いや夜明け~ (3, 0.0%)

1 はこの, までには立ち, を待っ

▼ いや大きな~ (3, 0.0%)

1 のも, 声を, 面を

▼ いや大して~ (3, 0.0%)

1 古いこと, 沢山は, 難かしい

▼ いや大人~ (3, 0.0%)

1 だもの, になっ, に近い

▼ いや大分~ (3, 0.0%)

1 お早い, 手ごわいので, 来るじゃ

▼ いや太宰さん~ (3, 0.0%)

2 はもう 1 お言葉

▼ いや夫人~ (3, 0.0%)

1 の服装, はたぶん, はまだ

▼ いや奥様~ (3, 0.0%)

1 にお嬢様, に限っ, の仰

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 です, のほう, の生命

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 のよう, を産ん, 刻

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 こそ高徳, ご自体, は思い止まるまい

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 には六条, のうち, までは確か

▼ いや宿~ (3, 0.0%)

2 を貸す 1 のない

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 でもない, に斬っ, に飛びかかろう

▼ いや小僧~ (3, 0.0%)

1 がゐなく, に化け, に用

▼ いや少々~ (3, 0.0%)

1 なこと, の郎党, 暴れた

▼ いや少女~ (3, 0.0%)

1 がされた, のよう, の鼻

▼ いや山科~ (3, 0.0%)

1 のお, の光悦屋敷, へ来た

▼ いや帰り~ (3, 0.0%)

1 にしよう, にね武田, はしない

▼ いや年寄り~ (3, 0.0%)

2 でもない 1 の話

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 などを有っ, の罪, を見上げすぎた

▼ いや弱りました~ (3, 0.0%)

1 ぜ一夏, な, よ

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 えとも, って帰る, ひて

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, が変っ, の上

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 にし, の男, ばかりで

▼ いや待ち~ (3, 0.0%)

1 がてのわが, たまえ, たまえすぐ

▼ いや御前~ (3, 0.0%)

1 の心, の考え, もさぞ

▼ いや御存じ~ (3, 0.0%)

2 ないの 1 なくても

▼ いや心得~ (3, 0.0%)

1 ていた, ておかね, 申した

▼ いや必ずしもそう~ (3, 0.0%)

1 じや, だとは, では

▼ いや忘れ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てもいまい

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 けない 1

▼ いや怖い~ (3, 0.0%)

1 のは, はずです, 目に

▼ いや思う~ (3, 0.0%)

1 たよりも, でなし, 通りの

▼ いや思った~ (3, 0.0%)

1 どころか次, ほど変っ, より沢山

▼ いや恐れ入った~ (3, 0.0%)

1 もので, よ, よ八

▼ いや悪い~ (3, 0.0%)

1 ことには, というん, 奴でございます

▼ いや感服~ (3, 0.0%)

1 したやう, したよう, する感服

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 程ご 1 程これ

▼ いや教え~ (3, 0.0%)

1 ている, てやった, てやる

▼ いや日本一~ (3, 0.0%)

1 の女, の綺麗, の美男

▼ いや旦那~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, もう御免, よりも更に

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 やあの, やさて, や其

▼ いや昨年~ (3, 0.0%)

1 の今ごろ, の秋, も一昨年

▼ いや時には~ (3, 0.0%)

2 作家自身の 1 一句の

▼ いや時代~ (3, 0.0%)

1 がそれ, が極度, の家風

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 くした, には来られません, はいけない

▼ いや最う~ (3, 0.0%)

2 私は 1 はや見る

▼ いや最前~ (3, 0.0%)

1 あげた名, から各々方, の佐屋桑十

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 という, のもの, の衆

▼ いや栄え~ (3, 0.0%)

2 に数多 1 てあの

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 もなき, も随分, をはやさせず

▼ いや案ずる~ (3, 0.0%)

2 より産 1 ことは

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 く非 1 くつまらない様

▼ いや此方~ (3, 0.0%)

2 から行かう 1 が御

▼ いや歩い~ (3, 0.0%)

2 て行く 1 てゆく

▼ いや死んだ~ (3, 0.0%)

1 ので, のです, 者の

▼ いや~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ いや殆ど~ (3, 0.0%)

1 兄弟に, 絶対に, 聞くに

▼ いや殊に~ (3, 0.0%)

1 よったら乾, よると, 私の

▼ いや殺し~ (3, 0.0%)

1 てはならん, てやる, は宵

▼ いや気の毒~ (3, 0.0%)

1 だが, では, な事

▼ いや済まない~ (3, 0.0%)

1 ことした, ということ, どう考え

▼ いや濱風~ (3, 0.0%)

3 むかひ風

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 だ, は消さんで, を燃す

▼ いや火星~ (3, 0.0%)

1 と海底地震, につく, の生物

▼ いや無駄~ (3, 0.0%)

1 だろう, でねえ, にちがいあるまい

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 もらい, よりもお, 干から

▼ いや理由~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, もなに, をいふ

▼ いや生命~ (3, 0.0%)

1 と職業, の恩人, を持たない

▼ いや生活~ (3, 0.0%)

1 の事, の全部, へのあこがれ

▼ いや疑う~ (3, 0.0%)

1 な, わけじゃ, 事さえ

▼ いや白い~ (3, 0.0%)

1 と私, ので, 蛇であろう

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 しに 1 のない

▼ いや直義~ (3, 0.0%)

1 またそち, を見直した, 思い直した

▼ いや真平~ (3, 0.0%)

3

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 は物 1 ではありません

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 なぞ, は礼, をされ

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 はあなた, は無い, を見た

▼ いや秀吉~ (3, 0.0%)

1 の布陣, の面, もそれ

▼ いや私自身~ (3, 0.0%)

1 まだ十分, も今, を表現

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 判って, 普それくらい, 知つて居れ

▼ いや立派~ (3, 0.0%)

1 な伽藍, な運, に利用

▼ いや笑い事~ (3, 0.0%)

1 じゃござん, じゃない, ではございますまい

▼ いや笑う~ (3, 0.0%)

1 ことで, にも何, のは

▼ いや簡単~ (3, 0.0%)

1 なこと, なもの, に済んだ

▼ いや約束~ (3, 0.0%)

1 じゃもん, だ, などとそんな

▼ いや結婚~ (3, 0.0%)

2 して 1 などし

▼ いや絶望~ (3, 0.0%)

1 からの切断, さえしかけ, というの

▼ いや縄目~ (3, 0.0%)

1 にかけろ, にもおよぶまい, のまま

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 の無い, は無い, を犯し

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 へもせず, へ付いた, へ違ひな

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 であると, の多い, を借

▼ いや聖人~ (3, 0.0%)

1 と言いたい, ならなお, は猟

▼ いや聴い~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て下さい

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 がはぜ, の厚い, の方

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 が少し, と腰, の早い

▼ いや自動車~ (3, 0.0%)

1 だよ, でやって来ました, の外

▼ いや自己~ (3, 0.0%)

1 さえ意識, の小さい, の生涯

▼ いや自由~ (3, 0.0%)

1 になす, にはできない, への欲望

▼ いや芭蕉~ (3, 0.0%)

2 の一生 1 の気

▼ いや芸術~ (3, 0.0%)

1 と云, と云い, の境

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 えに, さが, じにを

▼ いや若し~ (3, 0.0%)

2 遅くなれ 1 かしたら売れ残つたかも

▼ いや若旦那~ (3, 0.0%)

1 はお, はまだ, は殺された

▼ いや若様~ (3, 0.0%)

1 がお, が精神一, にはお

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 の熱い, もいい, も朝飯

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 が深い, や土, を取っ

▼ いや薄々~ (3, 0.0%)

1 その儀, は知っ, は知つて

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 の三之助 1 ただ斎藤

▼ いや見る~ (3, 0.0%)

1 だけで, どころか名, もんじゃ

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 の眼, は決して, もいや

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 はさ, ふ, ふとも

▼ いや言っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てしまった, てみ

▼ いや訊い~ (3, 0.0%)

1 ても知るまい, てゐない, て下さる

▼ いや証明~ (3, 0.0%)

3 するに

▼ いや話せ~ (3, 0.0%)

2 ば長い 1 ば長く

▼ いや調べ~ (3, 0.0%)

1 てはある, てみた, てみたら

▼ いや諸君~ (3, 0.0%)

1 の全部, の大, は何

▼ いや負け~ (3, 0.0%)

1 ちゃいなかった, てはいない, はせん

▼ いや賑やか~ (3, 0.0%)

3 なこと

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 がひとり, が面倒, の右左

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 に余る, のあかり, のおき

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 に乗, の形, は自分

▼ いや逃げた~ (3, 0.0%)

1 という方, ので, の逃げねえ

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 です, にこっち, に作品

▼ いや進む~ (3, 0.0%)

1 がよい, ので, のでなく

▼ いや遠い~ (3, 0.0%)

1 ここちが, つてか, 日では

▼ いや遠き~ (3, 0.0%)

2 連山の 1 昼の

▼ いや部屋~ (3, 0.0%)

1 ではなく, という, 住みの

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 から地方, に舎人奉公, の上

▼ いや酔っ~ (3, 0.0%)

1 ちゃあい, ている, てくる

▼ いや重く~ (3, 0.0%)

2 下べ 1 泣きしづむ霊

▼ いや錢形~ (3, 0.0%)

2 の親分 1 の親分さん

▼ いや鎌倉~ (3, 0.0%)

2 まで一緒 1 の指示

▼ いや間違~ (3, 0.0%)

1 なく大利根博士, ひなく彼女, ひは

▼ いや閣下~ (3, 0.0%)

2 のお腹立 1 がおいで

▼ いや隠す~ (3, 0.0%)

1 ことなんか, には及ばない, 必要も

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 が降り出した, さえ降る, だけで

▼ いや~ (3, 0.0%)

2 に入れ 1 に触らない

▼ いや飛行機~ (3, 0.0%)

1 だ, の姿, の音

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 の催促, はまだ, をいただこう

▼ いや驚くまい~ (3, 0.0%)

3 事か

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 だかに, に天下, に山

▼ いや~ (3, 0.0%)

1 というの, の孔すれすれ, の悪い

▼ いやあいかわらず~ (2, 0.0%)

1 小気味の, 痛むの

▼ いやあした~ (2, 0.0%)

1 の夜明け, の晩

▼ いやあちこち~ (2, 0.0%)

1 ちらばったん, ちらばったんぢゃさがし

▼ いやあちら~ (2, 0.0%)

1 では団長, の棟

▼ いやあつし~ (2, 0.0%)

1 が參, は遊藝

▼ いやあなた方~ (2, 0.0%)

1 のお, ばかりでなく

▼ いやあな気~ (2, 0.0%)

1 になる, もする

▼ いやあべこべ~ (2, 0.0%)

1 だ, の場合

▼ いやあらまし~ (2, 0.0%)

1 の手はず, 分った

▼ いやあります~ (2, 0.0%)

1 ともさ, よといっ

▼ いやあわてる~ (2, 0.0%)

1 だけのこと, にもおよぶまい

▼ いやいかなる~ (2, 0.0%)

1 人間でも, 強力な

▼ いやいたずら~ (2, 0.0%)

1 にお, ばかりじゃない

▼ いやいまさら~ (2, 0.0%)

1 あわてても, おれは

▼ いやいまだに~ (2, 0.0%)

1 一人も, 受難な

▼ いやうだつ~ (2, 0.0%)

1 た, たらば

▼ いやうっかり~ (2, 0.0%)

1 すると, 話しこんで

▼ いやええ~ (2, 0.0%)

1 その, と君たち

▼ いやおい~ (2, 0.0%)

1 とま, 何とか言え

▼ いやおういわさず~ (2, 0.0%)

1 この病人, ものに

▼ いやおおきに~ (2, 0.0%)

1 そうかも, 有難いです

▼ いやおかげさ~ (2, 0.0%)

1 までふたり, まで助かりました

▼ いやおどかす~ (2, 0.0%)

1 わけで, 訳じゃあねえ

▼ いやおどろい~ (2, 0.0%)

1 てしまつた, てはいた

▼ いやおどろいた~ (2, 0.0%)

1 ねこれ, ね富さん

▼ いやおまけ~ (2, 0.0%)

1 にそれ, に情婦

▼ いやおもしろい~ (2, 0.0%)

1 ので, はなしを

▼ いやおよそ~ (2, 0.0%)

1 一カ月の, 彼は

▼ いやお上~ (2, 0.0%)

1 のお, んなさい

▼ いやお世話~ (2, 0.0%)

1 でした, になりやした

▼ いやお前たち~ (2, 0.0%)

1 の事, も認め

▼ いやお前様~ (2, 0.0%)

1 お手近, お手近ぢ

▼ いやお子さん~ (2, 0.0%)

1 はどう, はどちら

▼ いやお客様~ (2, 0.0%)

1 に御馳走, のお

▼ いやお断り~ (2, 0.0%)

1 します, 申しましょう

▼ いやお母さん~ (2, 0.0%)

1 があんなに, にそう

▼ いやお気~ (2, 0.0%)

1 にかけず, に障りましたら

▼ いやお預け~ (2, 0.0%)

2 したこと

▼ いやかい~ (2, 0.0%)

1 って, でみたまえ

▼ いやかかる~ (2, 0.0%)

1 折こそ, 斗

▼ いやかく~ (2, 0.0%)

1 の如く, 教えて

▼ いやかける~ (2, 0.0%)

1 のに, までもありません

▼ いやかなり~ (2, 0.0%)

1 ひどく破壊, 長い時間

▼ いやかね~ (2, 0.0%)

1 てより, ほんとにそんなに危険

▼ いやかねがね~ (2, 0.0%)

1 の所願, 伊豆守様が

▼ いやかへ~ (2, 0.0%)

2 つてその

▼ いやかまいません~ (2, 0.0%)

1 がどう, よ私

▼ いやかまわない~ (2, 0.0%)

1 わしも, んです

▼ いやから~ (2, 0.0%)

1 だが, だばかりじゃ

▼ いやからだ~ (2, 0.0%)

1 は問題, もいっしょ

▼ いやかり~ (2, 0.0%)

2 そめにも

▼ いやかれこれ~ (2, 0.0%)

2 二時間は

▼ いやがっかり~ (2, 0.0%)

1 したと, すること

▼ いやきまっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ いやぐんぐん~ (2, 0.0%)

1 のぼらう, 遡ろう

▼ いやけっこう~ (2, 0.0%)

1 です, ですよ

▼ いやけっしてそう~ (2, 0.0%)

1 でない, では

▼ いやげんに~ (2, 0.0%)

1 今だって, 犯人の

▼ いやこういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 人情を

▼ いやここら~ (2, 0.0%)

1 はお前たち, もそろそろ

▼ いやこつ~ (2, 0.0%)

1 ちのに, ちの方が

▼ いやこないだ~ (2, 0.0%)

1 はいろいろ, は痛

▼ いやこのごろ~ (2, 0.0%)

1 の世間, はこの

▼ いやこり~ (2, 0.0%)

1 やあ失敬, や僕

▼ いやこわく~ (2, 0.0%)

1 はありません, はない

▼ いやこんだ~ (2, 0.0%)

1 あそんな, け厄介

▼ いやこんなに~ (2, 0.0%)

1 わたしも, 集まったの

▼ いやこんにちは~ (2, 0.0%)

1 きのうは, きのふは

▼ いやごめん~ (2, 0.0%)

1 だ, なせえ

▼ いやご苦労~ (2, 0.0%)

1 であった, でした

▼ いやご馳走~ (2, 0.0%)

1 になりました, は

▼ いやさい~ (2, 0.0%)

1 ごには, ごの

▼ いやさして~ (2, 0.0%)

1 ご心配, 大事でも

▼ いやさっぱり~ (2, 0.0%)

1 わかりませんねえ, 御不音

▼ いやさて~ (2, 0.0%)

2 都は

▼ いやさほど~ (2, 0.0%)

1 な者, わしに

▼ いやさまざま~ (2, 0.0%)

1 にむら, にむらむら

▼ いやさむざむ~ (2, 0.0%)

2 と日

▼ いやさめた~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ いやさやさや~ (2, 0.0%)

2 にいなのめ

▼ いやさる~ (2, 0.0%)

1 寺院の, 御比喩

▼ いやしからざる~ (2, 0.0%)

1 が, ものには

▼ いやしからず~ (2, 0.0%)

1 こいつただ, 御態度

▼ いやした~ (2, 0.0%)

1 かな彼, さうな

▼ いやしばしば~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 生命の

▼ いやしみ~ (2, 0.0%)

1 がたれ, とへつらい

▼ いやしむいろ~ (2, 0.0%)

2 え包

▼ いやじつに~ (2, 0.0%)

1 尤物, 明快です

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 つかりあべこべ, つかり噂通り

▼ いやすくなくとも~ (2, 0.0%)

1 わたしの, ゼルビノの

▼ いやそい~ (2, 0.0%)

1 でもあんた, でも先生

▼ いやそいつら~ (2, 0.0%)

1 のこと, は死ん

▼ いやそいつア~ (2, 0.0%)

1 お互, 面白い

▼ いやそういった~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものだけに

▼ いやそうした~ (2, 0.0%)

1 ほうが, 理でも

▼ いやそちら~ (2, 0.0%)

1 からお話, こそいつ

▼ いやそつ~ (2, 0.0%)

2 ちでは

▼ いやそりゃあ~ (2, 0.0%)

1 まあ災難, 実に

▼ いやそれと~ (2, 0.0%)

1 これとは, て日野殿以外

▼ いやそれにしても~ (2, 0.0%)

1 可羨し, 四十幾時間も

▼ いやそれゆえ~ (2, 0.0%)

1 かえってその, のご

▼ いやそれ以外~ (2, 0.0%)

1 には何, にもう

▼ いやそん~ (2, 0.0%)

1 ならこの, なら貴方

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 あ謂われねえ, とひ

▼ いやたつた~ (2, 0.0%)

1 一つ後ろの, 三人さ

▼ いやたと~ (2, 0.0%)

1 へ世, へ米塩

▼ いやだってば~ (2, 0.0%)

1 おばさん, 茂ちゃん

▼ いやだの~ (2, 0.0%)

1 有難くない, 辞表を

▼ いやだんだん~ (2, 0.0%)

1 きいて, と話

▼ いやだ死ぬ~ (2, 0.0%)

1 なんて, までにまだまだ

▼ いやちがった~ (2, 0.0%)

1 おたま, 眼であれ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 が, が車輛

▼ いやつまらない~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事な

▼ いやつまらぬ~ (2, 0.0%)

1 もので, 事のみ

▼ いやであります~ (2, 0.0%)

1 から失礼, がちら

▼ いやでござる~ (2, 0.0%)

1 と言い放っ, よ

▼ いやでござん~ (2, 0.0%)

2

▼ いやでし~ (2, 0.0%)

1 て外, やうが

▼ いやですな~ (2, 0.0%)

2

▼ いやでたまらず~ (2, 0.0%)

1 本を, 自由な

▼ いやでたらめ~ (2, 0.0%)

1 ではない, な嘘

▼ いやでないなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば相手

▼ いやでは~ (2, 0.0%)

1 この辺, 僕は

▼ いやで仕~ (2, 0.0%)

2 樣が

▼ いやで堪らない~ (2, 0.0%)

1 ので今にも, 時代が

▼ いやで成らぬ~ (2, 0.0%)

1 田舍へは, 田舎へは

▼ いやで死に~ (2, 0.0%)

2 さう

▼ いやところで~ (2, 0.0%)

1 ですね, 僕は

▼ いやとんと~ (2, 0.0%)

1 仰つし, 眼幅の

▼ いやどういう~ (2, 0.0%)

1 ひとかと, 態度を

▼ いやどうしてどうして~ (2, 0.0%)

1 パーウェル・イワーノヴィッチ, 大した智惠者

▼ いやどうも全く~ (2, 0.0%)

1 びっくりいたしました, 嬉しいじゃ

▼ いやどうも突然~ (2, 0.0%)

1 伺いまして, 伺ひまして

▼ いやどうも重ね重ね~ (2, 0.0%)

1 それでは実に, 恐縮千万です

▼ いやどちら~ (2, 0.0%)

1 かと申しましたら, も不思議

▼ いやどれ~ (2, 0.0%)

2 もこれ

▼ いやなおも~ (2, 0.0%)

1 ひでの, ひを

▼ いやなかっ~ (2, 0.0%)

1 たの, たら俺

▼ いやなく~ (2, 0.0%)

1 はない, わ仕事

▼ いやなにごと~ (2, 0.0%)

1 も予期, も時世時節

▼ いやなに此~ (2, 0.0%)

1 の写真, の私

▼ いやなほえ~ (2, 0.0%)

1 方だ, 方を

▼ いやなるべく~ (2, 0.0%)

1 素人が, 見せないやう

▼ いやなれ~ (2, 0.0%)

1 ども鳥渡御咄申上候, ど花

▼ いやなわ~ (2, 0.0%)

1 はとかなく, ばし

▼ いやなんだか~ (2, 0.0%)

1 へんだ, 小さなからだ

▼ いやな言い~ (2, 0.0%)

2 かたを

▼ いやにて~ (2, 0.0%)

1 いねいすぎるそのことばづかいがいっそう, 御座候

▼ いやはじめ~ (2, 0.0%)

1 からのこと, から知らせられ

▼ いやはつきり~ (2, 0.0%)

1 きいたの, とはきめたくない

▼ いやはなし~ (2, 0.0%)

1 が沈ん, じゃよ

▼ いやはなはだ~ (2, 0.0%)

1 勝手です, 失礼の

▼ いやはははは~ (2, 0.0%)

2 つい兄

▼ いやはやどうにも~ (2, 0.0%)

1 きたなき振舞ひと, 不愉快の

▼ いやはやなんて~ (2, 0.0%)

1 醜い奴, 長ったらしい名前

▼ いやはやなんと~ (2, 0.0%)

1 いうきたない, 申して

▼ いやはやなんとも~ (2, 0.0%)

1 心細いかぎり, 豪勢な

▼ いやはやよく~ (2, 0.0%)

1 泣く泣く誰, 笑ひ

▼ いやはりま~ (2, 0.0%)

1 っしゃろ, んねん

▼ いやはるの~ (2, 0.0%)

1 では, はへえ

▼ いやひと~ (2, 0.0%)

1 かけら, を弄びすぎる

▼ いやひとつ~ (2, 0.0%)

1 はまた, も気

▼ いやひとり~ (2, 0.0%)

1 がかえって, それが

▼ いやひと口~ (2, 0.0%)

1 に変り者, 舐めるほどずつ

▼ いやひどく~ (2, 0.0%)

1 快いの, 汗を

▼ いやふしぎ~ (2, 0.0%)

1 という, な出来ごと

▼ いやぼくら~ (2, 0.0%)

1 が早く, が負けた

▼ いやまだこれから~ (2, 0.0%)

1 も戦争, 晩までに

▼ いやまだ少し~ (2, 0.0%)

1 云い残したこと, 早すぎる

▼ いやまっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て下さい

▼ いやみったらしい~ (2, 0.0%)

1 し, 女だ

▼ いやみな女~ (2, 0.0%)

1 だと, の様子

▼ いやみの~ (2, 0.0%)

1 あてこすりで, 分からずやに

▼ いやむだ~ (2, 0.0%)

1 では, でもない

▼ いやむろん~ (2, 0.0%)

1 わしも, 金は

▼ いやめづらし~ (2, 0.0%)

1 き, き君

▼ いやめでたい~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, の

▼ いやもうこ~ (2, 0.0%)

1 の界隈, の節

▼ いやもうこう~ (2, 0.0%)

1 して, 打ちあけた以上

▼ いやもうすぐ~ (2, 0.0%)

1 だ, にバス

▼ いやもうすこし~ (2, 0.0%)

1 こちらの, 後でございました

▼ いやもうすっかり~ (2, 0.0%)

1 あがって, 種は

▼ いやもうそろそろ~ (2, 0.0%)

1 一年が, 悪党を

▼ いやもうてっきり~ (2, 0.0%)

1 それに, 疑いなし

▼ いやもうとても~ (2, 0.0%)

1 堪つた, 費い切れない

▼ いやもうほとんど~ (2, 0.0%)

1 止まりました, 神の

▼ いやもう一向~ (2, 0.0%)

2 下らない人物

▼ いやもう決して~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 後悔などは

▼ いやもし真に~ (2, 0.0%)

2 楽天主義なる

▼ いやものごと~ (2, 0.0%)

2 はなん

▼ いやもはや~ (2, 0.0%)

1 人心は, 充分でござる

▼ いややさしく~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ いややつ~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ御, てる

▼ いややめ~ (2, 0.0%)

1 ておる, と云う

▼ いやゆく~ (2, 0.0%)

1 先き, 末夫婦の

▼ いやゆっくり~ (2, 0.0%)

1 でも, 話し合わないからこそ

▼ いやゆるさぬ~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ぞこれから

▼ いやよしんば~ (2, 0.0%)

1 其が, 知って

▼ いやよそう~ (2, 0.0%)

1 おれは, よ

▼ いやよと~ (2, 0.0%)

1 断わるの, 言って

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 し, 思いなさったの

▼ いやろか~ (2, 0.0%)

1 いう気イ, 云う気イ

▼ いやわか~ (2, 0.0%)

2 えに

▼ いやわからぬ~ (2, 0.0%)

1 もの, もの案外

▼ いやわかりました~ (2, 0.0%)

1 じゃ, 有難い仕合せ

▼ いやわかる~ (2, 0.0%)

1 どころかあんまり, にはわかります

▼ いやわが家以上~ (2, 0.0%)

2 に居心地

▼ いやわずか~ (2, 0.0%)

1 な慾, 二た

▼ いやわっ~ (2, 0.0%)

1 しの, しも初め

▼ いやわれら~ (2, 0.0%)

1 のこと, は城下

▼ いやゐる~ (2, 0.0%)

1 と云, 筈で

▼ いやアメリカ~ (2, 0.0%)

1 だけは別, だそんな

▼ いやアルコール~ (2, 0.0%)

1 に誘惑, を獣医

▼ いやア何~ (2, 0.0%)

1 うも, か喰つて居

▼ いやクロクロ島~ (2, 0.0%)

1 の正体, は依然として

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 詳しく話さねえ

▼ いやナニ~ (2, 0.0%)

1 せっかくでございます, そのよう

▼ いやハッキリ~ (2, 0.0%)

1 させて, は知らない

▼ いや一々~ (2, 0.0%)

1 の情況, 銷魂な

▼ いや一切~ (2, 0.0%)

1 この事件, 知って

▼ いや一刻~ (2, 0.0%)

1 も争う, も経った

▼ いや一応~ (2, 0.0%)

1 御内意, 御陣所

▼ いや一方~ (2, 0.0%)

1 に絶対, は芸人

▼ いや一旦~ (2, 0.0%)

1 この手, 斎いて

▼ いや一昨年~ (2, 0.0%)

1 だつたらうか, のこと

▼ いや一般~ (2, 0.0%)

1 に日本ラジオ放送, のストーリー

▼ いや七人~ (2, 0.0%)

1 ですよ, も子供

▼ いや七八年~ (2, 0.0%)

1 では, でもどこ

▼ いや七分~ (2, 0.0%)

1 と三分, と三分位

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 に一つ

▼ いや万一~ (2, 0.0%)

1 の日, 敗れてから

▼ いや三倍~ (2, 0.0%)

1 かな, の三倍

▼ いや三宅君~ (2, 0.0%)

2 と期せずし

▼ いや三年~ (2, 0.0%)

1 たてば, ほど前

▼ いや三日~ (2, 0.0%)

1 ぐらい食わされる, 待つて

▼ いや三月~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは, に入り

▼ いや上海~ (2, 0.0%)

1 からフランス船, では贋金

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 だ, の道

▼ いや下男~ (2, 0.0%)

2 の幹助

▼ いや不可~ (2, 0.0%)

1 い不可い, ん許し

▼ いや不可能~ (2, 0.0%)

1 かとさえ思われ, でさえ

▼ いや不実~ (2, 0.0%)

1 だとは, というわけ

▼ いや不幸~ (2, 0.0%)

1 なの, な人

▼ いや不承知~ (2, 0.0%)

1 というわけ, と申さるる

▼ いや不浄門~ (2, 0.0%)

1 の錠前, へいっ

▼ いや不満~ (2, 0.0%)

1 です私, とは云わさん

▼ いや不躾~ (2, 0.0%)

1 でありまするが, なこと

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 五に, 五はいた

▼ いや世界じゅう~ (2, 0.0%)

1 をあらしまわる, をおどろかす

▼ いや世辞~ (2, 0.0%)

1 ではない, は申しません

▼ いや中国人~ (2, 0.0%)

1 じゃなかった, よりもその

▼ いや丹三郎~ (2, 0.0%)

1 が不憫, が可哀そう

▼ いや久米~ (2, 0.0%)

2 の仙人

▼ いや九州~ (2, 0.0%)

1 の少, ばかりか

▼ いや乞食~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の児

▼ いや予期以上~ (2, 0.0%)

1 の人物, の仰々し

▼ いや事件~ (2, 0.0%)

1 がなかなか, はもっと

▼ いや事態~ (2, 0.0%)

1 がこんな, は全く

▼ いや二つ~ (2, 0.0%)

1 は相, 足りない

▼ いや二十面相~ (2, 0.0%)

1 ではなく, は地下室

▼ いや二度目どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 あれちや勿體, えない

▼ いや五十~ (2, 0.0%)

1 ちかくの, までも七十八十

▼ いや人形~ (2, 0.0%)

1 にとりましてもこんな, を持っ

▼ いや人影~ (2, 0.0%)

1 という, はただ

▼ いや人民~ (2, 0.0%)

1 の甘心, ははじめ

▼ いや人界~ (2, 0.0%)

1 とは面白い, に生れ出た

▼ いや人目~ (2, 0.0%)

1 がなき, の多い

▼ いや今に直ぐ~ (2, 0.0%)

2 判ります

▼ いや今の~ (2, 0.0%)

1 はいささか, はひど

▼ いや今年~ (2, 0.0%)

1 で六年目, も狩野川

▼ いや今時往来~ (2, 0.0%)

2 の出来る

▼ いや仏教~ (2, 0.0%)

1 の坊さん, の根本思想

▼ いや仔細~ (2, 0.0%)

1 のほど, は後

▼ いや以上~ (2, 0.0%)

1 のほか, は要旨

▼ いや仮病~ (2, 0.0%)

1 さ, はわかっ

▼ いや佐山君~ (2, 0.0%)

2 ばかりでなく

▼ いや何これ~ (2, 0.0%)

1 は何ん, は私

▼ いや何それ~ (2, 0.0%)

1 がし, には及びません

▼ いや何とか~ (2, 0.0%)

1 思案も, 早く申付けよう

▼ いや何所~ (2, 0.0%)

2 も彼所

▼ いや何者~ (2, 0.0%)

1 でもよい, でも構わない

▼ いや保養~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ いや信頼~ (2, 0.0%)

2 する外

▼ いや俺の~ (2, 0.0%)

1 はこっち, は小さい

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 がある, 貸などの

▼ いや偉い~ (2, 0.0%)

1 ものと, よ

▼ いや僅か~ (2, 0.0%)

1 でも彼女, 五六年変る

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 はと申します, 助じゃ

▼ いや兄さん~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は先方

▼ いや兄上~ (2, 0.0%)

1 が勅, のお出で合せ

▼ いや充分~ (2, 0.0%)

1 に暖まった, に気

▼ いや先方~ (2, 0.0%)

1 の主人達, はまだ

▼ いや光栄~ (2, 0.0%)

1 あるお, のい

▼ いや入口~ (2, 0.0%)

1 から入っ, の方

▼ いや全身~ (2, 0.0%)

1 がひとつ, はそのまま

▼ いや公卿~ (2, 0.0%)

1 の想われ, はおろか

▼ いや兵学~ (2, 0.0%)

1 のつとめ, を読み習う

▼ いや其処~ (2, 0.0%)

1 は所謂観音力, までは手

▼ いや其許~ (2, 0.0%)

1 がそれ程, は実に

▼ いや兼好~ (2, 0.0%)

1 の身, は机

▼ いや冗談ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 たかつた寒い, てえや

▼ いや冷汗~ (2, 0.0%)

2 が流れます

▼ いや出た~ (2, 0.0%)

1 といふ, 筈だ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ではない, は外

▼ いや分った~ (2, 0.0%)

1 よ八雲君, 地下戦車か

▼ いや分らない~ (2, 0.0%)

1 ことは, ね

▼ いや分別~ (2, 0.0%)

1 も何, を巡らす

▼ いや判っ~ (2, 0.0%)

2 てい

▼ いや別になんにも~ (2, 0.0%)

1 くさくは, 聞きませんが

▼ いや別段~ (2, 0.0%)

1 さうでもねえ, 急ぐわけ

▼ いや前代未聞~ (2, 0.0%)

1 どころかこの世初, のこと

▼ いや助け~ (2, 0.0%)

1 てくれい, てもらった

▼ いや助ける~ (2, 0.0%)

1 助けない, 間が

▼ いや動かぬ~ (2, 0.0%)

1 がよい, 證據が

▼ いや勝つ~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, か負ける

▼ いや勝手~ (2, 0.0%)

1 ながらもう少々, にひとり

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 が強く, やなに

▼ いや十七~ (2, 0.0%)

2 だ十七

▼ いや十八~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ いや十円~ (2, 0.0%)

1 だという, もあれ

▼ いや千万人~ (2, 0.0%)

1 に一人, の中

▼ いや千度~ (2, 0.0%)

1 でも, でも全く

▼ いや午後三時頃~ (2, 0.0%)

2 まで用

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 刻, 刻ほど

▼ いや南原杉子~ (2, 0.0%)

1 のにえたぎった, はビール

▼ いや危険~ (2, 0.0%)

1 はま, をさえ

▼ いや反対~ (2, 0.0%)

1 に人, に私

▼ いや口惜しく~ (2, 0.0%)

1 て口惜しく, 思いなさるだろう

▼ いや古く~ (2, 0.0%)

2 並び鎮

▼ いや可愛い~ (2, 0.0%)

1 や何ン, 美少年じゃ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の方

▼ いや同時に~ (2, 0.0%)

1 わー, 射ったの

▼ いや同類~ (2, 0.0%)

1 じゃない, でねえたって

▼ いや名誉~ (2, 0.0%)

2 や野心

▼ いや君併~ (2, 0.0%)

2 し僕

▼ いや君命~ (2, 0.0%)

1 に依っ, を拒ん

▼ いや君枝~ (2, 0.0%)

1 の将来, を娶った

▼ いや味方~ (2, 0.0%)

1 になります, に取っ

▼ いや商売~ (2, 0.0%)

1 ですから, の話

▼ いや問題~ (2, 0.0%)

1 に出来なく, は教育

▼ いや善人~ (2, 0.0%)

1 といえる, とも善人

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 に何ん, に通る

▼ いや喜び~ (2, 0.0%)

2 勇んで

▼ いや嘘ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やねえ

▼ いや四人~ (2, 0.0%)

1 あるわ, の代表

▼ いや四度~ (2, 0.0%)

1 かな, しか行かなかつた

▼ いや困る~ (2, 0.0%)

1 ほどの事, んです

▼ いや國友~ (2, 0.0%)

1 には私, の方

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 くさき田舎暮し, のかをり

▼ いや地面~ (2, 0.0%)

1 がある, を耕し

▼ いや坊主~ (2, 0.0%)

1 じゃ坊主, や手習師匠

▼ いや場所~ (2, 0.0%)

1 がある, が丁度

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 なぞは建て, の上

▼ いや~ (2, 0.0%)

2

▼ いや増し~ (2, 0.0%)

1 にガンガン, に長持

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の中, はおれ

▼ いや変った~ (2, 0.0%)

1 お頼み, のは

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 与里殿の, 武の

▼ いや大きく~ (2, 0.0%)

1 いって, なったにも

▼ いや大尉~ (2, 0.0%)

2 じゃない

▼ いや大殿~ (2, 0.0%)

1 にははや, には矢田川

▼ いや大石殿~ (2, 0.0%)

1 がそこ, ばかりで

▼ いや大金~ (2, 0.0%)

1 が紛失, だ

▼ いや天地~ (2, 0.0%)

1 がみんな一つ国, のうごき

▼ いや天狗~ (2, 0.0%)

1 にちがい, に攫われた

▼ いや太夫様~ (2, 0.0%)

1 お手, お手ずから

▼ いや太郎~ (2, 0.0%)

1 がひとり, よ

▼ いや夫婦~ (2, 0.0%)

1 にとれ, にはまだ

▼ いや失敗~ (2, 0.0%)

1 った, どころかかえって

▼ いや失禮~ (2, 0.0%)

1 だが, ほんの物

▼ いや失言~ (2, 0.0%)

1 いたしました, しましたご

▼ いや奉行~ (2, 0.0%)

1 であろうが, の職義

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 にいる, の小

▼ いや奥さま~ (2, 0.0%)

1 に限った, のおっしゃる

▼ いや好い~ (2, 0.0%)

1 事を, 気持にな

▼ いや好く~ (2, 0.0%)

1 ない, 出かけさせるん

▼ いや好奇心~ (2, 0.0%)

1 さえも示し, は無論

▼ いや如何~ (2, 0.0%)

1 しても, 考へても

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 は, を死なす

▼ いや姿~ (2, 0.0%)

1 だけなら, の見えない

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 がいる, と言った

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 のあやまり, はどこ

▼ いや存じ~ (2, 0.0%)

1 の外, も寄らず

▼ いや宗教~ (2, 0.0%)

1 は語るべき, を離れ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 い, いがおい幾ら金を

▼ いや実家~ (2, 0.0%)

2 と母

▼ いや客人~ (2, 0.0%)

1 ありがたう, ありがとう

▼ いや容易~ (2, 0.0%)

1 にはころさぬ, に陥らない

▼ いや寂し薄き~ (2, 0.0%)

2 陽の

▼ いや察し~ (2, 0.0%)

1 ています, て下さい

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 だ, へ行っ

▼ いや将軍家~ (2, 0.0%)

1 にもどうか, の事

▼ いや尊氏~ (2, 0.0%)

1 でなければ, を九州

▼ いや小泊~ (2, 0.0%)

1 だ, へ行く

▼ いや少なくも~ (2, 0.0%)

1 日本民族の, 遠因を

▼ いや屈せず~ (2, 0.0%)

2 に進んだ進んだ

▼ いや屹度~ (2, 0.0%)

2 来ますよ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 にはそんな, を行け

▼ いや工場~ (2, 0.0%)

1 のよう, へ這入る

▼ いや左樣~ (2, 0.0%)

2 は言

▼ いや己惚れ~ (2, 0.0%)

1 ぢや, ていた

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の天下, も悪魔

▼ いや師匠~ (2, 0.0%)

1 によろしく, 待ってたよ

▼ いや帰っ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, てもらう

▼ いや常に~ (2, 0.0%)

1 はわれわれ, 五百ほど

▼ いや平凡~ (2, 0.0%)

1 じゃない, では

▼ いや平野屋~ (2, 0.0%)

2 の若旦那

▼ いや幾日~ (2, 0.0%)

2 眠らされたか

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 から上っ, も工場

▼ いや座敷~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 が白い, へ出る

▼ いや廓内~ (2, 0.0%)

1 の大, の大巻さん

▼ いや弁解~ (2, 0.0%)

1 しなくっても, は聞きたくない

▼ いや弟子~ (2, 0.0%)

1 と師匠, にちげ

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ いや張飛~ (2, 0.0%)

1 が興奮, や関羽

▼ いや強い~ (2, 0.0%)

1 の強く, 美を

▼ いや当方~ (2, 0.0%)

1 こそ, では言うまでもなく

▼ いや当時~ (2, 0.0%)

1 は彦右衛門, もそんな

▼ いや彼塔~ (2, 0.0%)

1 を作った, を作つた十兵衞

▼ いや彼奴~ (2, 0.0%)

1 が癪, に限っ

▼ いや彼自身~ (2, 0.0%)

1 にし, の硬

▼ いや待て待て~ (2, 0.0%)

1 さっきわしは, 儂の

▼ いや後日~ (2, 0.0%)

1 の備え, の大

▼ いや御苦労様~ (2, 0.0%)

1 これから緩, でありました

▼ いや御覧~ (2, 0.0%)

1 になっ, のごとく

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 た来る, た逢えたら逢おう

▼ いや復元~ (2, 0.0%)

2 にみ

▼ いや徳川時代文学~ (2, 0.0%)

2 の糟粕

▼ いや心配せい~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 しも河童, しも美徳

▼ いや忘れた~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, んじゃあねえ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 がしい, がしく

▼ いや快く~ (2, 0.0%)

1 ならないまでも, 戯れる

▼ いや怒り~ (2, 0.0%)

1 たまふ, やしない

▼ いや怖く~ (2, 0.0%)

1 はない, もない

▼ いや思い出した~ (2, 0.0%)

1 ぞ, よ

▼ いや思え~ (2, 0.0%)

1 ば以前, ば作者

▼ いや思わず~ (2, 0.0%)

1 それが, 演説しちまった

▼ いや思想~ (2, 0.0%)

1 が心細い, を離れ

▼ いや思案~ (2, 0.0%)

1 の仕方, ばかりでなく

▼ いや急ぐ~ (2, 0.0%)

1 からと云っ, のだ

▼ いや恐れ~ (2, 0.0%)

1 ている, はせん

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 いの, い人

▼ いや想像~ (2, 0.0%)

1 なんかあと廻し, もしなかった

▼ いや意外~ (2, 0.0%)

1 な噂, にお

▼ いや意志~ (2, 0.0%)

1 が堅固, すらなかっ

▼ いや意識~ (2, 0.0%)

1 なんてものぢ, の流れ

▼ いや愛し~ (2, 0.0%)

1 ている, てくれてる

▼ いや愛情~ (2, 0.0%)

1 に退屈, は常に

▼ いや感受性~ (2, 0.0%)

2

▼ いや憎い~ (2, 0.0%)

1 だらう憎い, ものは

▼ いや我が~ (2, 0.0%)

1 心の, 方には

▼ いや我ら~ (2, 0.0%)

1 が持っ, は乞食

▼ いや我儘~ (2, 0.0%)

1 な私, を申しまし

▼ いや我我~ (2, 0.0%)

2 の自己欺瞞

▼ いや我輩~ (2, 0.0%)

1 なぞが老込む, を助け

▼ いや戯れ~ (2, 0.0%)

1 ではない, もほどにいたした

▼ いや所謂親友~ (2, 0.0%)

2 は寧ろ

▼ いや才能~ (2, 0.0%)

1 が無い, などというもの

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 はさ, 僧こそ

▼ いや挙げよう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ いや挨拶~ (2, 0.0%)

1 の仕様, まはり

▼ いや捕物~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, だとか

▼ いや捨て~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て置いた

▼ いや捨てる~ (2, 0.0%)

1 と直ぐに, 神が

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 られたん, るの

▼ いや探偵~ (2, 0.0%)

2 にしろ

▼ いや掻き垂らせ~ (2, 0.0%)

2 その膝

▼ いや提灯~ (2, 0.0%)

1 にジャムス, のほう

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 にはなりません, をし

▼ いや支那~ (2, 0.0%)

2 の警察

▼ いや改名主~ (2, 0.0%)

1 はいなくなっ, はゐなく

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 そのままかえる, ツウリングで

▼ いや故障~ (2, 0.0%)

1 ではない, のところ

▼ いや数年~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, も前

▼ いや断然~ (2, 0.0%)

1 トラだ, 出来る事ぢ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 円以後もっと, 機を

▼ いや新撰組~ (2, 0.0%)

1 の存在, の近藤

▼ いや新聞~ (2, 0.0%)

1 ではありません, も話

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 じて, じてよか

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の人, をする

▼ いや日光~ (2, 0.0%)

1 はもう, ばかりで

▼ いや日本全国~ (2, 0.0%)

1 をあれ, を探し

▼ いや早い~ (2, 0.0%)

1 がよかろ, ものじゃ

▼ いや早く~ (2, 0.0%)

1 幕を, 持って

▼ いや明朝~ (2, 0.0%)

1 の四, もお

▼ いや明滅~ (2, 0.0%)

2 する星

▼ いや是非とも~ (2, 0.0%)

1 やる, 私を

▼ いや時刻~ (2, 0.0%)

1 が来たら, さだめず黒木

▼ いや時間的~ (2, 0.0%)

1 にいえ, にはそう

▼ いや普通~ (2, 0.0%)

1 とちがう, の魚

▼ いや景勝~ (2, 0.0%)

1 は景勝, を軽く

▼ いや暗い~ (2, 0.0%)

1 問題が, 軒先の

▼ いや暫く~ (2, 0.0%)

1 来ないが, 此儘で

▼ いや書生さん~ (2, 0.0%)

1 から電話, はぼく

▼ いや月給~ (2, 0.0%)

1 は問題外, は月給

▼ いや有り~ (2, 0.0%)

1 がたう, がたうまあ

▼ いや有難~ (2, 0.0%)

1 え変った, とう

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ならあるん, を着る

▼ いや服装~ (2, 0.0%)

1 だけじゃない, というの

▼ いや望み~ (2, 0.0%)

1 のよう, もしない

▼ いや朝っぱら~ (2, 0.0%)

1 からお, からもう

▼ いや朝倉先生~ (2, 0.0%)

1 がいつも, のよう

▼ いや木下~ (2, 0.0%)

1 から預った, から預つた

▼ いや木島さん一人~ (2, 0.0%)

2 では

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 に亀玉, 完遂昨夜は

▼ いや未来永劫~ (2, 0.0%)

1 にいつ, に光り輝く

▼ いや本当にそう~ (2, 0.0%)

1 なの, 思ったの

▼ いや本所~ (2, 0.0%)

2 は石原

▼ いや本気~ (2, 0.0%)

1 だ本気, で仰有る

▼ いや本船~ (2, 0.0%)

1 の積荷, はもっと

▼ いや杉野~ (2, 0.0%)

2 の奴一喝

▼ いや来る~ (2, 0.0%)

1 ときには, ときは

▼ いや松平君~ (2, 0.0%)

1 から借り, が持っ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 から頭, が一つ

▼ いや果して~ (2, 0.0%)

1 これは, 所謂人民戦線に対する

▼ いや根拠~ (2, 0.0%)

1 がない, などというもの

▼ いや案内~ (2, 0.0%)

1 したいの, に立った

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の木, の根

▼ いや植物~ (2, 0.0%)

1 はよさう, も生物

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の車, を煮やし

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 えたり, えに

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 はん, へん

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 だ, になる

▼ いや横浜~ (2, 0.0%)

1 に長く, の

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ いや機嫌~ (2, 0.0%)

1 の良い, を悪く

▼ いや機械~ (2, 0.0%)

1 だけは学理, のよう

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の數, も詩

▼ いや止し~ (2, 0.0%)

1 てもらいたい, にし

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 倉院を, 六位だつた

▼ いや正成~ (2, 0.0%)

1 もだ, を知悉

▼ いや正面~ (2, 0.0%)

1 に突き出した, の壁

▼ いや此の前~ (2, 0.0%)

2 の上り

▼ いや此儘~ (2, 0.0%)

1 で幸福, で死ね

▼ いや此家~ (2, 0.0%)

2 へはもう

▼ いや此度~ (2, 0.0%)

2 はお預け

▼ いや武士~ (2, 0.0%)

1 の道, は決して

▼ いや武蔵~ (2, 0.0%)

1 のよう, は

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 で食べるべきだらう, の物

▼ いや歳月~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 でさえも, ぬるまでは

▼ いや死骸~ (2, 0.0%)

1 ならくれて, は辰の

▼ いや残念~ (2, 0.0%)

1 がるまいこ, ながら客

▼ いや段々~ (2, 0.0%)

1 と判っ, 聞いたら何

▼ いや殺人~ (2, 0.0%)

1 があった, はいたしませぬ

▼ いや殿様~ (2, 0.0%)

1 にもかね, のお

▼ いや毎々~ (2, 0.0%)

2 蟇と

▼ いや毎年~ (2, 0.0%)

1 に, の感想

▼ いや毎度~ (2, 0.0%)

1 すみません, のこと

▼ いや気絶~ (2, 0.0%)

1 だ, どころか時には

▼ いや江戸じゅう~ (2, 0.0%)

1 で評判, 乗りまわされるくれえ

▼ いや決して直ぐ~ (2, 0.0%)

2 只今見

▼ いや汽車~ (2, 0.0%)

1 が真直, の中

▼ いや沢山~ (2, 0.0%)

1 だよ, はない

▼ いや注意~ (2, 0.0%)

1 が行った, すらしなかった

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の底, の神

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 こそこぼさない, すらない

▼ いや淡い~ (2, 0.0%)

2 紫を

▼ いや深い~ (2, 0.0%)

1 か浅い, 意味もて

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 に, 敷きて

▼ いや滑稽~ (2, 0.0%)

1 ですめ, な写真

▼ いや火の車~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ いや災難~ (2, 0.0%)

1 だつたね, と申す

▼ いや無論~ (2, 0.0%)

1 そんな奴等, 気附い

▼ いや煙草~ (2, 0.0%)

1 のこと, を買いたい

▼ いや煙草二三服~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ いや父さん~ (2, 0.0%)

1 こそは誰, たら

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の歩み, ばかりで

▼ いや牛乳~ (2, 0.0%)

1 に育った, に育つた

▼ いや犯人~ (2, 0.0%)

1 でなくとも, はけっして

▼ いや狂気~ (2, 0.0%)

1 して, に近い

▼ いや独立~ (2, 0.0%)

1 でもない, に家

▼ いや猿秀~ (2, 0.0%)

2 と申せ

▼ いや率直~ (2, 0.0%)

2 に云いましょう

▼ いや理屈~ (2, 0.0%)

1 に合わない, を言う

▼ いや理性~ (2, 0.0%)

2 を超越

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 こそ殊に, は大事

▼ いや生き~ (2, 0.0%)

1 ていられなくなっ, ている

▼ いや生死~ (2, 0.0%)

1 の境, の程

▼ いや生物~ (2, 0.0%)

1 に生れついた, はどんな

▼ いや田舎~ (2, 0.0%)

1 では二十三, に家

▼ いや甲州~ (2, 0.0%)

1 の山, へはなおさら

▼ いや申し~ (2, 0.0%)

1 ては恐れあります, 開きが

▼ いや番頭~ (2, 0.0%)

1 の肥田, の薬罐頭め

▼ いや疫痢~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, は三四歳以下

▼ いや病中~ (2, 0.0%)

1 とて疲労, 親しく見

▼ いや病人~ (2, 0.0%)

1 がある, を控え

▼ いや百姓~ (2, 0.0%)

1 というもん, の方

▼ いや盗賊~ (2, 0.0%)

1 ではない, も便利

▼ いや目的~ (2, 0.0%)

1 の金巾, はそう

▼ いや直ぐ~ (2, 0.0%)

1 あれな, 夜具で

▼ いや相撲~ (2, 0.0%)

1 とて醜男, のこと

▼ いや真に~ (2, 0.0%)

1 人を, 尊崇すべき

▼ いや真剣~ (2, 0.0%)

1 だ, に

▼ いや眠られない~ (2, 0.0%)

1 のが, 方が

▼ いや眺め~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐた

▼ いや知らせ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, に来た

▼ いや知らぬ~ (2, 0.0%)

1 うちに, こととは

▼ いや知る~ (2, 0.0%)

1 もんです, も知らない

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 に限った, は何

▼ いや祝言~ (2, 0.0%)

1 のため, より先

▼ いや神様~ (2, 0.0%)

1 などという言葉, はいや

▼ いや神聖~ (2, 0.0%)

1 な教会, な男

▼ いや神通力~ (2, 0.0%)

1 のない, も何

▼ いや私の~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は権利

▼ いや私ひとつ~ (2, 0.0%)

1 見破って, 見破つて

▼ いや私怨~ (2, 0.0%)

1 ではありません, をもっ

▼ いや私達~ (2, 0.0%)

1 の哀しい, はどうしても

▼ いや空気~ (2, 0.0%)

1 のよう, を食べ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 から身, ではない

▼ いや立会人~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 とぼうふら, 之助

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ひたいん, ふこと

▼ いや笑い~ (2, 0.0%)

2 の本質

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の蜃気楼, はもう

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ではな, ではない

▼ いや筑前~ (2, 0.0%)

1 すらその, にも一半

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 から放し, の鳥

▼ いや精神~ (2, 0.0%)

1 などという, をば全然

▼ いや素敵~ (2, 0.0%)

1 なこと, に出来る

▼ いや結末~ (2, 0.0%)

1 が甚だ, の落ち

▼ いや結果~ (2, 0.0%)

1 は充血, は産んだ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, 切られですよ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 が一本, を解い

▼ いや繁り~ (2, 0.0%)

1 に繁りたる, に茂りぬれ

▼ いや美しい~ (2, 0.0%)

1 という, と云う

▼ いや美人~ (2, 0.0%)

1 ではない, では時雨女史

▼ いや義助~ (2, 0.0%)

1 とまれ讒者, におまかせ

▼ いや考えよう~ (2, 0.0%)

1 では一番基本的, では機械

▼ いや考える~ (2, 0.0%)

1 と自分, までもなく

▼ いや考へ~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ いや聞えた~ (2, 0.0%)

1 ってかまわん, に違い

▼ いや聞き~ (2, 0.0%)

1 方が, 込みであった

▼ いや聞く~ (2, 0.0%)

1 ところでは, 耳は

▼ いや聡明~ (2, 0.0%)

1 な君, は聡明

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の中, の臓器

▼ いや臆病~ (2, 0.0%)

1 なほど, なるはさ

▼ いや自害~ (2, 0.0%)

1 して, はしまい

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ならもっと, のうしろ

▼ いや良人~ (2, 0.0%)

1 の母, の面目

▼ いや色彩~ (2, 0.0%)

1 のない, の似た

▼ いや色気~ (2, 0.0%)

1 などといういい, におびえ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 っぽいこと, めかしい廓言葉

▼ いや芝居~ (2, 0.0%)

1 だけとは言はん, にはなりますまい

▼ いや英国~ (2, 0.0%)

1 ではだれ, のやり口

▼ いや茂吉~ (2, 0.0%)

1 はこの, はそれ以上

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ いや荒神様~ (2, 0.0%)

2 の怖

▼ いや蒼空~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ いや薊さん~ (2, 0.0%)

1 それほどいうなら任せよう, どうもあなた

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 なぞは用, をのん

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 から棒, から槍

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の群, を追い

▼ いや蚊帳~ (2, 0.0%)

1 は釣らない, を曲

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 だろう, の光る

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 と見た, を吐く

▼ いや行かない~ (2, 0.0%)

1 よ, 事は

▼ いや行き~ (2, 0.0%)

2 度ない

▼ いや行きます~ (2, 0.0%)

1 お供します, わ

▼ いや衣食住どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 が表, の畑

▼ いや裾野~ (2, 0.0%)

1 から来たそうだ, にはきっと

▼ いや西洋~ (2, 0.0%)

1 の医術, はつまらんです

▼ いや見え~ (2, 0.0%)

1 ていた, ても構わない

▼ いや見える~ (2, 0.0%)

1 といっ, どころで

▼ いや見せ~ (2, 0.0%)

1 てはいけない, て聞かせ

▼ いや見てる~ (2, 0.0%)

2 ので

▼ いや見上げた~ (2, 0.0%)

1 お志, もの

▼ いや見当~ (2, 0.0%)

1 の着かぬ, もつい

▼ いや見舞~ (2, 0.0%)

1 じゃという, の使い

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 という, の産婆さん

▼ いや言うべき~ (2, 0.0%)

1 ことでない, ことは

▼ いや許し~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の世界, はその

▼ いや話し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくれない

▼ いや読めた~ (2, 0.0%)

1 やはり太夫, わい

▼ いや誰方~ (2, 0.0%)

1 ともまことに, もお

▼ いや謀叛人~ (2, 0.0%)

1 だ, はあの

▼ いや謙遜~ (2, 0.0%)

1 せんでも, に及ばん

▼ いや議論~ (2, 0.0%)

1 ずきは, をすれ

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ではない, る道理

▼ いや豪い~ (2, 0.0%)

1 人です, 目に

▼ いや負けた~ (2, 0.0%)

1 な, のかも

▼ いや貧乏人~ (2, 0.0%)

1 だって時に, はみんな胃拡張

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 官が, 官を

▼ いや貴さま~ (2, 0.0%)

1 がおれ, もだいぶ

▼ いや貴下~ (2, 0.0%)

1 の罪, は疑い過ぎる

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ひに, ふの

▼ いや買った~ (2, 0.0%)

1 にし, ので

▼ いや買物~ (2, 0.0%)

1 ではござらん, では無い

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 だ手前盗賊, は約束

▼ いや賞め~ (2, 0.0%)

1 てあげる, はしません

▼ いや贅沢~ (2, 0.0%)

1 といえ, にもほどがある

▼ いや赤い~ (2, 0.0%)

1 北極星が, 鉢巻し

▼ いや足跡~ (2, 0.0%)

1 と梯子, なんぞは要りません

▼ いや跡方~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 付けたばかり

▼ いや身体~ (2, 0.0%)

1 の華奢, は別状

▼ いや軍師~ (2, 0.0%)

1 のお, の案じられる

▼ いや辯解~ (2, 0.0%)

1 なさること, は無用

▼ いや辰夫~ (2, 0.0%)

2 は明らか

▼ いや辺境~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ いや近々~ (2, 0.0%)

1 にけろりと, 討てる

▼ いや近い~ (2, 0.0%)

1 うちに, 世の

▼ いや返事~ (2, 0.0%)

1 しなくつちや, をどうか

▼ いや逃げる~ (2, 0.0%)

1 といったの, ように

▼ いや逆上~ (2, 0.0%)

1 して, ではない

▼ いや途上~ (2, 0.0%)

1 まことに失礼, 度々お

▼ いや途中~ (2, 0.0%)

1 で困った, の船

▼ いや途方~ (2, 0.0%)

1 に暮れた, もない

▼ いや通常~ (2, 0.0%)

1 じゃア敵, の状態

▼ いや逢っ~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ いや進歩~ (2, 0.0%)

1 でもあり, なんてほんと

▼ いや遂に~ (2, 0.0%)

1 は, は帝

▼ いや遅く~ (2, 0.0%)

1 なった, なりました

▼ いや遊ぶ~ (2, 0.0%)

1 という, にかけてはあの

▼ いや過ち~ (2, 0.0%)

1 じゃないです, ではないです

▼ いや過去~ (2, 0.0%)

1 は思い出しますまい, は思ひ出しますまい

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 のある, の途中

▼ いや違います~ (2, 0.0%)

1 そうで, 全く案外の

▼ いや遠く~ (2, 0.0%)

1 から見た, 君が

▼ いや遠し遠き~ (2, 0.0%)

2 山脈いや高し高き

▼ いや遺言~ (2, 0.0%)

1 と云っ, と云つて

▼ いや都会~ (2, 0.0%)

1 だいや, の真中

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 け吉事

▼ いや金富町~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ いや銀行~ (2, 0.0%)

1 でも弱った, などで事

▼ いや鎌倉殿~ (2, 0.0%)

1 とてまるで, のお

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 では自分, は要るまい

▼ いや長く~ (2, 0.0%)

1 我等を, 打たないせい

▼ いや長居~ (2, 0.0%)

1 は怖, は致しません

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 いません, はない

▼ いや関羽~ (2, 0.0%)

1 がふかく, 止めて

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 母さん私が, 母の

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 のお, の横町

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 の宿, の間違ひだ

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 りうち

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ いや静か~ (2, 0.0%)

1 に, にとは云え

▼ いや静子~ (2, 0.0%)

2 はそんな

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 が二階, 喰らったといった

▼ いや面倒~ (2, 0.0%)

1 ですから, という

▼ いや面白~ (2, 0.0%)

1 え, 次第も

▼ いや音楽~ (2, 0.0%)

1 がわかる, ってやつ

▼ いや須々木さん~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ いや頼り~ (2, 0.0%)

1 があり過ぎ, ないと

▼ いや風流~ (2, 0.0%)

1 じゃ風流, には夜

▼ いや飲ん~ (2, 0.0%)

1 でおる, で貰う

▼ いや餘計~ (2, 0.0%)

1 なこと, な口出し

▼ いや~ (2, 0.0%)

2 は上方

▼ いや馴れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ いや驚いた慌て~ (2, 0.0%)

2 馬の

▼ いや高い~ (2, 0.0%)

1 ものも, 木の

▼ いや高い安い~ (2, 0.0%)

1 を言っ, を言つて

▼ いや高し高き~ (2, 0.0%)

2 山脈いやが

▼ いや高価~ (2, 0.0%)

1 いだけに, なもの

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 ではない, も釣つた

▼ いや魚類~ (2, 0.0%)

1 いや, だという

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 は真っ, は真平

▼ いや鳶頭~ (2, 0.0%)

1 大きに御苦労, 誠に何とも云い

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 だけでなく, でもあらう

▼ いや鸚鵡~ (2, 0.0%)

1 なら放つて, の如く

▼ いや黒い~ (2, 0.0%)

1 と思った, のは

▼ いや黙っ~ (2, 0.0%)

1 てちゃ, て死ね

▼ いや~ (2, 0.0%)

1 でもない, の音

▼1* [4849件]

いやあえて怪しい御仁, いやあがったからだ, いやあがったいいけ巫山戯た真似を, いやあがらあべらぼうめ, いやあきらめてよい, いやあきらめたのかも, いやあきれたものだ, いやあくまで鉱業停止に, いやあずけるという, いやあせぬわ, いやあたしここから入る, いやあたしなんざあの人, いやあっしゃあ競馬, いやあっしらにゃ二度と, いやあったことは, いやあっちも面白く, いやあっちこっち入れて, いやあっぱれなる小, いやあつたとしても, いやあと二三ヶ月で鎮, いやあと数分ののち, いやあながちにその, いやあなた不景気にも何, いやあなた飛行家におなり, いやあなちぐはぐなおまけ, いやあなひとね, いやあなものを見, いやあな予感がした, いやあな匂いが鼻先, いやあな印象を眼, いやあな声なの, いやあな女だつた, いやあな心地で皆, いやあな心持ちがし, いやあな性質があった, いやあな感じの声, いやあな気持ちになる, いやあな目つきで睨ん, いやあな赤ちゃけた血が上り, いやあな音だった, いやあな風が吹く, いやあぶなかった, いやあぶねえ芸当さははははは, いやあまりよくもない, いやあやしいやつには, いやあやまる事はねえ, いやあらあらしい男性的な, いやあらゆる生物は, いやありえなくはない, いやありがたうございました, いやありがとうありがとう明智さん, いやあり得たのか, いやあり得るという, いやあれきり行方不明になつ, いやあれこれ考えやしたが, いやあれしきの雲, いやあれらと同列, いやあれ限りでございますよ, いやあわて方と, いやあわれだなどと言う, いやあんなにわしが, いやあんな大きな目の, いやあんまりはっきり見え出しちゃ, いやあゝなに, いやあーだ, いやいいえ知りませんよ, いやいうまい三千円の, いやいかにも承知しました, いやいかんぞそいつ, いやいかんそれは云う, いやいくじのねえ, いやいくらでも支払うよと, いやいく百回も通いなれた, いやいけずなお転婆, いやいけねえよ, いやいささか肥って, いやいじらぬほうが, いやいずれ後でゆるり, いやいたさぬことには, いやいただくとなれ, いやいちどつかまっても, いやいちばんおそく出した, いやいっている, いやいっこう気が, いやいっこうに知りませんよ, いやいっそうよく言えば, いやいったことなんか, いやいったいそれは, いやいったん王道の, いやいったんこうはっきりお前の, いやいっときこのまま, いやいつか古塔の上, いやいつか日暮れになった, いやいつぞや材木屋で, いやいつのまにか彼は, いやいづれ明朝僕が, いやいという気, いやいないどころか立派, いやいなければならない, いやいまここを通りかかる, いやいまごろはもう, いやいまどきの少年, いやいまのは戯れだ, いやいまみたいな年齡, いやいま在世して, いやいま村中はその, いやいやいやそれほどでも, いやいやさうぢや, いやいやしく御礼を, いやいやしくも某は, いやいやではこの辺, いやいやらしく狐は, いやいらっしゃい今日は, いやいりませんよ阿, いやい出て行き, いやうかうかすると, いやうしなったので, いやうじやがそんな, いやうすうすそんな様子, いやうだとこれ, いやうだつたら買はない, いやうちかけをかけ, いやうつくしかつた, いやうつしではない, いやうでしたが先生, いやうまそうな, いやうむたんとそうする, いやうらんでゐる, いやうるはしと, いやうれしいぞうれしい, いやうわさというの, いやえい加減に勝手, いやえらそうに, いやえり脚が白い, いやおいでになりません, いやおいら一秒間も考えない, いやおうなくかれが大声, いやおうなくとられてあ, いやおうなくなっとくのいく, いやおう言わさず平次を, いやおかげさまで駒井, いやおかしくない大空, いやおきのどくな, いやおきわすれたのじゃ, いやおくれはとらぬ, いやおくれたからどう, いやおくれだしたどころで, いやおこられるだけなら, いやおこるな竹童, いやおしゃべりはきみ, いやおじいさんにし, いやおじさま死んでは, いやおじさんから豆, いやおそいからでは, いやおそくなつて, いやおそまつなもの, いやおそらくいっそう役に立つだろう, いやおそらくたしかにそうだろう, いやおそらくはもっとずっと多くの, いやおそらくまだ知りますまい, いやおそるべき怪技を, いやおそれてはいない, いやおそろしゅうても構わぬ, いやおたがいに早くその, いやおだてないでください, いやおだてるんじゃ, いやおっ母さんや, いやおっくうだ, いやおっしゃると, いやおっつけここへ, いやおできにならない, いやおとといからもう, いやおとなしい可愛い男よ, いやおどろかないでください, いやおのづから, いやおのおの方も大人げ, いやおのおの方お笑い召されること, いやおのれが知っ, いやおびただしい大兵じゃの, いやおまえさんがした, いやおまえ達の仲間, いやおめでたいことだ, いやおめでとうございます, いやおもしろうなったぞ, いやおもしろかった, いやおもに話したの, いやおやじは僕ら, いやおられましょうとも, いやおりて来た, いやおれたちの体, いやおれどもの土地, いやおれのはまた, いやおれツモるよ, いやおんみずからのご, いやおん兄君の御, いやおん身らの落度, いやお上さんやってないん, いやお互い様に, いやお互い武士ほど儚い, いやお互い災難はどこ, いやお似合いでもある, いやお先へ, いやお出でなさえまし, いやお前さんなにもお前さん, いやお前さん方は馴れ, いやお前さん独で, いやお前たち一家のため, いやお前のは此方, いやお前ひとりでは解決, いやお前一人のこと, いやお前個人として行く, いやお前達こそ気狂い, いやお化けという, いやお婆さんばかりぢ, いやお婆さんそれには及ばぬ, いやお嬢さんわたしはお前さん, いやお客さまを怖がらせる, いやお客さんのおっしゃる, いやお家のきつい, いやお寺に戻っ, いやお尋ね者の喬, いやお忙しいところを, いやお早うひどい風, いやお構いさえなく, いやお次には平常, いやお次さんこそゆうべ, いやお母さんそれは至極, いやお知らせだけで, いやお祭の様子, いやお茶屋へも通さん, いやお蔭さまで諦め, いやお詫びは私, いやお話し申すうち, いやお話中ですが, いやお越し下さると, いやお送りでござる, いやかう立ててはいけない, いやかえしてください, いやかえって欲しい, いやかえることは, いやかかり合わねえといっ, いやかくれる場所なんて, いやかけひきが, いやかけ違って染, いやかさねがさね慧眼恐れ入りました, いやかたわらの経家, いやかつぎ屋である, いやかという質問であった, いやかなしみとは常に, いやかの女に, いやかほどの功, いやかまひませんよ, いやかまうなかまう, いやかららよえいやえ, いやかわいそうなの, いやがらあきだったといった, いやがるかれをかれ, いやきいてもきかなく, いやききたくないわ, いやきこえないね, いやきざに江戸っ子, いやきちんきちんと請求し, いやきっともうおかえりに, いやきっぱり止めろとは, いやきつい当てられたよう, いやきまって拷問に, いやきみのは肩書, いやきめなければならない, いやきょうあなたに会いたかった, いやきょう限り病褥をあげ, いやきらいどころかさぞ, いやきらひどころかかなり通, いやきれいなの, いやきわどいところだった, いやきんのうも, いやくだらないもんです, いやくだらんことで, いやくるし愁は, いやくれぐれも頼んで, いやくわしいことは, いやぐっすりと時, いやぐるぐると廻転, いやけさはわし, いやけつこうすぎる, いやげにこそ徳, いやはいんだ, いやこいつぁ亭主先生あとで酷い, いやこいつらはもと, いやこいつア有難え, いやこうした霧の, いやこうもりのよう, いやこがれ死を, いやここ十数日も役宅, いやこたえられないて, いやこっち方面はどこ, いやこつちは栓, いやことさえわかれ, いやことしは実に, いやことばの上, いやこの間四丁目を通ったら, いやこの間山の卯平が, いやこまやかに渡る, いやこれぁひどいなあ, いやこれからまだ未来が, いやこれくらゐの, いやこれこれの事情, いやこれさへ治れ, いやこれしきの物, いやこれっきりだ, いやこれゃちょっと僕の云い, いやこれらの股肱, いやころさないでつかまえるん, いやこんどのはたいした, いやごうもんなんか, いやごとを謂う, いやごとくでない正に本物, いやごめんなさい帆村さんあの, いやごらんなさい, いやご存じがなきゃいい, いやご念のいった, いやさあれは全体, いやさいぜんわしが, いやさうなんだ, いやさここのおじさん, いやさしたることは, いやさしつかえなら悪問い, いやさしもの大御所柳枝, いやさぞかし面白いお話, いやさっき一寸そんな話, いやさっき郡山からのお, いやさつきさう, いやさつき一度眼を醒まし, いやさびしいなどということ, いやさやに透きした, いやさりとて決して千蛾老人, いやさわいでもどう, いやさわしやそれ, いやさんざんな目, いやさ三遊亭圓生師匠によ, いやさ傷口に嘴, いやさ千円取ったって, いやさ指が, いやさ改心して, いやさ日暮里まで行く, いやさ権九郎何んと俺様, いやさ話がよチチチン, いやさ貴公貴公先刻からこの, いやさ越中島であんた, いやさ鳥居の鬼奉行様, いやざっくばらんに云う, いやざっと彩った絵馬, いやざます, いやざんこくな気持からでなく, いやざんすよ, いやしいんとして, いやしかと拝見いたしました, いやしかのうこの子, いやしかもその両親, いやしかられてもしかた, いやしきを顧みたまいたれ, いやしき業して, いやしくしくに古, いやしげきに梔, いやしたくは途中, いやしっけいしっけいついきみたち, いやしっけいしっけいきみがおとな, いやしっぱいした, いやしないじやない, いやしないですけれどもな職務, いやしな子だ, いやしねえだよ, いやしばしその生命, いやしまいには門, いやしまれていた, いやしみじみと感じまし, いやしむべしと申す, いやしもうたと, いやしやべるしや, いやしょっちゅうじゃない, いやしらじらしい気持といった, いやしるこでやる, いやしろじろに辺波, いやしんぼの, いやしんぼうすると, いやしんぼうめ!≫などとわめい, いやじっとしてると, いやじつをいへ, いやじつはもうほんの目, いやじゃが人間一匹を, いやじゅうぶん信ずるに, いやじわじわと重力, いやすいも甘い, いやすいた所は, いやすくない, いやすくなくともそう彼女は, いやすぐもう一人の, いやすこし事情が, いやすこしも馬鹿げては, いやすでにもう凌いで, いやすませてなる, いやすらかな世界に, いやすんなりと二分, いやずるいや燕作さん, いやずんぐりだから, いやせざるを得なかった, いやせっかくちゃんとついて, いやぜひともおつかわし, いやぜんめつしたと, いやそうして頂けば, いやそうまあがみがみとことば, いやそう一概に断言する, いやそう悠々とはし, いやそちらのを胎子, いやそち達に頼まれい, いやそっちに義理, いやそっぽを向いてる, いやそのうちひょっくりと何, いやそのおんなじやうな, いやその後今迄に, いやその道の古狸, いやそむきは仕らぬ, いやそもそもから事, いやそらいかん俥屋が, いやそら豆か, いやそれさへ滿足, いやそれしきなこと, いやそれぢやあたし, いやそれに元來頭腦, いやそれはかまはない, いやそれ以上並河に出させます, いやそれ以上魔法にやられ, いやそれ以下とも云, いやそれ位の金, いやそれ処じゃない, いやそれ所かもつともつと, いやそれ等の作家, いやそろそろもう負けいくさに, いやそんなにきちんと坐って, いやそんなに古く溯るまでも, いやそんな大きな目標なんぞ, いやぞうさもない, いやたいがい読みませんね, いやたかいの何のって, いやたかが居酒屋の, いやたしかにほんとに違いない, いやたすかって今日, いやたつてといふわけぢ, いやたとえしばらくでも文字どおり死力, いやたとえばいっしょに, いやたのむから中央局, いやたまたまこれは, いやたまにや若い, いやたまりませんよかう, いやたやすくない使者, いやたるにいれる, いやたんだ今, いやたんと雪が, いやたんに眼に, いやだいあたい女の子に化け, いやだいいち腹が, いやだいおらいやだい, いやだいお父さんが家, いやだいじょうぶです, いやだいみよ子は今日, いやだい明日から学校, いやだい牛の糞, いやだおさえちゃいや, いやだおっかあ, いやだかうしてみる, いやだからといって肺を, いやだがもう御, いやだけどほんとにそんな, いやだけにしろいろんな, いやだすいやだす, いやだっもう離さない, いやだったけれ共傍に, いやだったろうと思います, いやだとおしげは, いやだならいじめてやる, いやだまってお, いやだろがこれっきり, いやだんなはまたごき, いやだんなさまご心配, いやだ下っちゃ怖, いやだ云うのに無理矢理, いやだ叱つて呉れ, いやだ怒るからいや, いやだ抜くといったら, いやだ歩いてゆく, いやだ殺すなんて, いやだ知りましねえよそんげ, いやだ考えてもいや, いやだ聞いてもぞっと, いやだ逃げ出そうか, いやだ釣れないときまつてる, いやッけ, いやちがいましたらおゆるしください, いやちっと口は, いやちつとも寂しく, いやちんちんちんでん, いやちんちんもがもがの行者, いやっけな病気だ, いやったらしい動物が, いやってしもてから何ぞ薬, いやついでだから, いやつぎつぎに重き層む波, いやつぎ行かむ今日, いやつくはずだ, いやつくづく女を, いやつぐみお早う, いやつけ加えたばかりで, いやつたも何, いやつづけてもらおう, いやつていふほどぶつ, いやつていふ法ないわ, いやつてことはない, いやつて來る, いやつとでも, いやつとめたいとは思います, いやつぶす真似を, いやつまらなかない, いやつめ民蔵早々, いやつもりぬ, いやつやなア, いやつらたア気, いやてっきり決鬪の, いやてめえの方, いやであっても交, いやであったろうが今, いやでありしかもうつ, いやであるらしかつた, いやであろうが好き, いやでいふんぢや, いやでかしたでかしたぞ, いやできておっ, いやできあがったという, いやできたてじゃありません, いやできないかな, いやできればさうし, いやでことわったけれど今度, いやでこわばって一座, いやでございましてね二条, いやでござんすよ, いやでしたら吐き出しておしまい, いやでじぶんから, いやですあっしゃ今から, いやですたいわしは, いやですつて行かう, いやです放して, いやです死んでもいや, いやでたまらなかつた位です, いやでたまらんけれども篠, いやでなかったらあげるわ, いやでなかつたらいらつしやい, いやでなくなったそうして家庭, いやでならぬふうを, いやでならんというの, いやでなりませんの, いやでなりませんでしたがいつかセエラ, いやでもござりましょうがぜひ, いやでもさうならずには, いやでんつるんでん, いやで別れりや離れよ, いやで堪らなかったしまた, いやで堪らぬと云う, いやで寝てくらします, いやで帰ってきた, いやで帰るんなら, いやで引っ返したのかも, いやで御座いますわ, いやで忘れるなよきのう海, いやで溜らないのだ, いやで白むまで起き, いやで知らぬうちに, いやで装っていた, いやで見ていられない, いやで言うたみたいや, いやで連れられて私達, いやといへ, いやというは活動を, いやといったお婆さんみたいな, いやとうとう腦貧血を, いやとおもふ, いやとかく麾下の, いやとがった線に, いやとけておちた, いやとちゅうには番卒小屋も, いやとっくりとわかりました, いやとっさの場合, いやとつぜん原子力時代が, いやとてもとても想像する, いやとにかくひどく疲れて, いやとにもかくにも, いやとばかりゃァ, いやとびつきたい程の, いやとめるな, いやとらえるばかりなら, いやとるに足らない, いやどうしやがった, いやどうしてそうでないと, いやどうしてなかなかよくおやじの, いやどうしても少しおかしいところ, いやどうせまた呼ばれるん, いやどうぞそのままで, いやどうもえらくおきびしい, いやどうもかくお手厚い, いやどうもかりにも人様, いやどうもこう重ねがさねでは, いやどうもじつに似て, いやどうもすっかり世話女房気取りだ, いやどうもたいへんな中, いやどうもたまらん匂いが, いやどうもなかなか強情な, いやどうもながながありがとう, いやどうもなんだか怖ろ, いやどうもなんとも驚き入ったわけ, いやどうもまことに失礼いたしました, いやどうもよく喋る坊さん, いやどうもわざわざ御呼び立て申し, いやどうも一寸考えついた事, いやどうも何でござりまし, いやどうも嘸お力落し, いやどうも大きに失礼を, いやどうも少々とまどい, いやどうも少し癪だ, いやどうも色々有り難う, いやどうやらあの賀川, いやどけてしまっ, いやどこそこで見かけた, いやどころでは, いやどっさりあるかも, いやどなたがその, いやどのぐらいする, いやどらねこ退治に参っ, いやどろどろに熔け, いやどんねン, いやなあお隅, いやなあいてと出あい, いやなあにあなたには是, いやなあに何も組合, いやなあに格別そうでも, いやなあに迎への人, いやなあに都会の事情, いやないうにいわれない, いやなうなりが聞えました, いやなうらないがでた, いやなお御用多, いやなおさら油断は, いやなかえるったらないよ, いやなかなかそうでねえそう, いやなかなかどうして敵ながら, いやなかなかまだ仏たちも, いやなかろうか, いやなきしみ音を, いやなききたくないことな, いやなきゃならん, いやなこがらしが吹く, いやなこってす, いやなこわらしい事を, いやなしゃがれ声が, いやなすん子さんだ, いやなちょうせんぶななんかかわなければね, いやなつかしさを, いやなつまらぬ学科, いやなどと言いながら, いやなにそちの申す, いやなにそれがねえ, いやなになに禅の修行代り, いやなにものかではありません, いやなにツイ其処まで, いやなに一等背の高い, いやなに人に頭, いやなに君の人物, いやなに源蔵の礼ごころ, いやなに矢張り羅馬字に限る, いやなに雪之丞, いやなに面目次第もござらぬ, いやなに魚類の世界, いやなひやかしやだとお, いやなよっちゃん, いやならいらっしゃらないだってもちろん, いやならかえるように, いやならかえれるいくらでも, いやならたつてとは申すまい, いやならぬ心地の, いやならひきうけはいたしません, いやならやめてもよい, いやならよすまでのこと, いやならよせ拾ってやらぬ, いやならんのじゃ, いやなら借りないが第, いやなら借りるがよい, いやなら出ないでもいい, いやなら来なけれあいい, いやなら来るな, いやなら止してもいい, いやなら止すと言わぬ, いやなら行かなけりゃいいさ, いやなら読まなければい, いやなら進まなければならぬ, いやなることは, いやなるほどなるほどじつによくできた, いやなんてなんぼ作りごと, いやなんで私が, いやなんとか打開しなけれ, いやなんともはや破廉恥きわまる, いやな云い方を, いやな仕樣のね, いやな光りがあり, いやな力みの出, いやな取合わせだと思われるであろう, いやな吐きたいような, いやな夢見た朝の, いやな思い出し笑いを, いやな惚れ方を, いやな懸け声を, いやな沈んだ気分から, いやな流行りものに, いやな落ちつくことの, いやな見っともない, いやな軋みを立て, いやな頼まれごとでも, いやにが舌に, いやにさえ走ったよう, いやにせものをわたす, いやにつぽんの, いやにでもなったの, いやにぶく見える, いやにわかに急用を, いやぬかりはなかっ, いやぬかるみのたまり, いやぬたぬたとぬたった, いやねえさんのそういう, いやねずみかなそう, いやねむりガスが, いやねんやろ, いやのこさなければならん, いやのこしておけ, いやのど自慢顔自慢の東節語り, いやのみこめないばかりなら, いやのろけになる, いやのんきしごくな, いやはいっていない, いやはかどらないどころか修理, いやはげ頭はあれ, いやはじまるよ, いやはったとはどうしても, いやはったら大丈夫どす, いやはってな開票の, いやはなれそんなん, いやはにかんで眼, いやはものうまさ, いやはやいくらとっても, いやはやこうなって, いやはやさすがの沼田正守, いやはやじつにあの人, いやはやずんと面白いわい, いやはやぞっとおののきし記憶, いやはやたいへんな威勢, いやはやとてもしつこく追っかけ, いやはやどうしてなかなかもって, いやはやまあちょいと考え, いやはやまたも逃げ出し, いやはやまたもやはぐらかされたぞ, いやはやまるっきり分りませぬかな, いやはやもう論外で, いやはややっぱりもとの, いやはや一向値打ちござらぬ, いやはや何と申上げた, いやはや余り結構づくめ, いやはや全くもう身の毛の, いやはや大きに泡を, いやはや随分忙しそう, いやはらはらどころかこっ, いやはりましたやろあの人, いやはるかしらん, いやはるかここにおらん, いやはるよって養生, いやはれへんけど大急ぎ, いやはんのか, いやばくはけっして, いやばれない前に, いやぱっさりはぱっさりなんじゃが奇怪なこと, いやひがみでない忠通は, いやひき合わぬことは, いやひたむきな性情, いやひつこいこと, いやひとごとではない, いやひとり我が国のみならず, いやひとり者にきまってる, いやひと事でなく自分, いやひと月待つて, いやひと色ではない, いやひねくれてはおりません, いやひやかしている, いやひょいとすると, いやひょっとしたらまだ昨日あたりかも, いやひんかァ, いやひんだらァ, いやびくびくはせぬ, いやびしょ濡れの着物, いやぴらぴらの簪して, いやぴんぴんして, いやふふふ, いやふくろふお早う, いやふぐそのものである, いやふた月この, いやふと折には, いやぶっつけたので, いやこして, いやへんおいら詰らねえこと, いやつと息, いやほうとうですよ, いやほしゅうござりませぬ, いやほっておけ, いやほっとしたので, いやほめてるんや, いやほめるのは, いやほんとにもう大丈夫だ, いやほんなら芋粥お代り, いやほんのちょっとした感想の, いやほんまやいっそ, いやほんものの神主, いやぼうっとして, いやぼくたちを見つけ, いやぼく一人でたくさん, いやぼろ着物どころかお互い, いやぽんぷの, いやまあさう簡単, いやまあそんなに怒るな, いやまあなんだかそんな気, いやまあまあいいです, いやまぐれあたりってこと, いやまさに溢れようずけは, いやまじめだよ, いやまずいこと私の, いやまだけっして最上の, いやまだそうして, いやまだなかなかだ, いやまだなかなかそう行きそう, いやまだほんとに眼が, いやまだ再三の呼び出し, いやまだ悉皆快いという, いやまだ本当に赤痢とまでは, いやまだ沢山あった様, いやまちがつて, いやまっすぐに東京, いやまったくどうもおどろきやしたナ, いやまったくよく言ったもん, いやまったく随分おどろいたよ, いやまつすぐ自分, いやまつたくこちとら, いやまて思は思を, いやまひたる聊さ, いやまんざら縁が, いやまんなかをとおし, いやまアそういっ, いやみかど以上, いやみじめな思ひの, いやみずからをいや, いやみずから断絶を示し, いやみだりに都会へ, いやみづから大凡下の, いやみなことをいう, いやみなさんのご, いやみなところはなかっ, いやみなものはありません, いやみな事です, いやみな声を出し, いやみな感傷などが主, いやみな気がします, いやみな神尾の癖, いやみな笑を口許, いやみな自己弁護になる, いやみな色気だ袖屏風, いやみな面だったろう, いやみやこにのぼる, いやみや涙があった, いやみや皮肉がなぜ, いやみや臭味を感ずる, いやみょうなの, いやみらしくくちびるを, いやみんなゆすり取るん, いやみんな心配しないが, いやみんな擬ひものでさ, いやみんな雲霧ごっこだと, いやむかしわが家の青侍, いやむかし者の愚痴, いやむさぼるように, いやむしにし, いやむしろすこぶる著しいほどの, いやむしろぜったいに安全だ, いやむしろそうであって, いやむしろますますあの人, いやむしろわざと口を, いやむしろ当然のこと, いやむずかしくも亦, いやむっくり起きあがる, いやむっつり右門の, いやむにゃむにゃむにゃ, いやむろんそうあるべきところ, いやなる子供, いやめいわくということ, いやめざすは清川一人, いやめしなんか食べ, いやめったにお前には, いやめでたいめでたいとうわごとみたい, いやめんだうくさい, いやもういまにも死にそう, いやもうけっして落ちあうこと, いやもうことごとく御立腹, いやもうこれからもう雀部さんと, いやもうさんざんさ, いやもうしっとり冷汗を, いやもうしばしここに, いやもうじつに簡単な, いやもうすんだ, いやもうすでに落ちて, いやもうずいぶん思いがけないこと, いやもうそうしても, いやもうそれだけ出来れば, いやもうそんなに隠さない方, いやもうだいぶ瞞され, いやもうちっとだ, いやもうちょっと見ると, いやもうとっくにくッ, いやもうどんなに叱られても, いやもうなんと云われても, いやもうひとりそこには, いやもうまことに迷惑私も, いやもうまったく御話し, いやもうまるで人間の, いやもうよく笑ふ, いやもうガッカリだわ, いやもうガラッ八の, いやもう一旦ここに, いやもう二度と再び山坂を, いやもう別におかまいも, いやもう大きに疲れましたハアー, いやもう大して無いという, いやもう実に迅速も, いやもう悉皆快くなつた, いやもう既に泣いて, いやもう本当に満洲, いやもう決して再び他の, いやもう漸と食つて, いやもう直ぐ出来ますよ, いやもう間もなく出て, いやもぐらの巣, いやもそっと参ると, いやもっけの幸いだ, いやもったいないと申した, いやもっての他, いやもってのほかな, いやもっとずっと悪いこと, いやもつともつと駄目かも, いやもつとるかも知れん, いやもとのからだ, いやもともと高い山, いやもののふが一番, いやもらうことに, いややあい親, いややがてこの鯉, いややがてふらりと何処, いややきもち屋の, いややさしいお心がけ, いややって来て下さい, いややっと今草鞋, いややつぱり返さうと, いややつぱりクウポン制度です, いややつぱり違ふ, いややぼな顔, いややめたんだ, いややらねばいられなくなる, いややるものか, いややろうと思え, いやゆうべそれがし, いやゆうべ一夜じゅう考えぬいて, いやゆくえをくらます, いやゆる投げられても, いやゆるせ陳宮, いやゆんべ寺島町へちょっと, いやようしんせつに乗せ, いやようよう我善坊の, いやよう下屋門へ来る, いやよからう, いやよかろう, いやよくよく耳を, いやよさうよ, いやよそういうのも, いやよとは寛怠, いやよね私は, いやよろこぶなどとはもっての外, いやよろこんだの何, いやよんどころなく度胸を, いやらしいやらし, いやらしおっしゃろほんまに, いやらしき毛の, いやらしやの, いやらそれよりか先生, いやらっきょうが, いやらわしが位, いやら些と返答, いやら夫れでも, いやろうがの, いやろくに返事を, いやろくろく若い女, いやたいは, いやわかったらそれで, いやわかつてもわからねえで, いやわかつたとしてもどうせ, いやわからないと言え, いやわからなかったのは, いやわかり過ぎておいで, いやわしたちはこう, いやわしらはよ, いやわしら考えようにもそったら, いやわし自身とてそ, いやわし達の行く, いやわたくしどもばかりで, いやわたくし一人です, いやわたくし共の商売人, いやわたしあなたと別れる, いやわたしどもはどうしても, いやわらわをと死, いやわるいことは, いやわれわれ日本人は東洋水面, いやをかしけれや, いやんでえ, いやアあなた方ご兄弟, いやアいまのは冗談, いやアおいお爺さん今日のう寅, いやアお父さん能く来た, いやアがらあ, いやアこれは水品先生, いやアこれア俺が悪かっ, いやアしなかッたか, いやアばくちの道具ですよ, いやアアコ長さん人間の眼, いやアアハヽヽこれは吉原, いやアウトだと, いやアグリパイナはネロ, いやアソレ持って, いやアチッたア人, いやアドレイドでは浅瀬, いやアバタの穴, いやアマリリスだったかな, いやアルプスへ籠る, いやアントニーばかりで, いやアーな気持, いやア万年泣拝という手紙, いやア三十分遅刻して, いやア今日はお預け, いやア便利ぢやからと, いやア俺は悪かっ, いやア大名のお姫さま, いやア巨きなもん, いやア彼處にや昔, いやア手前と己, いやア百両ぐれえ出るに, いやア辰だって浮かばれる, いやア鳶頭まあ何卒此方, いやイギリス人にはこんな, いやイデオローグとしては僕, いやイミテーションと言った, いやインドの釈迦牟尼仏, いやウイスキーに泡, いやウラゴーゴル星のこと, いやエスキモー人かも知れない, いやエライことに成っ, いやエロとかグロ, いやオペラのです, いやオ封印が附い, いやカビにさせぬ, いやカフェのテエブル, いやカンガルーは動物園, いやカンニングだ, いやガサガサと音, いやガソリンが切れた, いやガラツ八は早く, いやガリバルダさん鏃と矢筈, いやガン人なもの, いやキャラ侯の厩, いやキリシタンは異国, いやキリスト教には限らない, いやギリシア語の文句, いやクジの一番, いやグルーシェンカにで, いやコオロギまでがけらけら, いやコゼットだよ, いやコックさんから一瓶, いやコップに二杯以上, いやコラムよ今, いやコレクシヨンと云, いやコロリじゃあねえまあ, いやコンネクチカツト州だ, いやサア遣ろう墨, いやサイダー二本のつけ落とし, いやサケはとても, いやサディが彼, いやサルではありません, いやサーちゃんも私, いやザンスわ, いやシェストフによれ, いやシュトラウスの交響楽詩, いやシラタキはあった, いやジウラを死なし, いやジノーヴィー・ボリースィチだけで, いやジャングルなら猛獣, いやジヨコンダ以上だ, いやジーエフは持つてない, いやジープにのせ, いやステキだね, いやステツキといつてはいけない, いやズボラというの, いやゼムリヤ号事件から続い, いやソノ出願事件ですかな, いやゾウの腹, いやタシナミをある, いやダイヤもすっからかん, いやダシコフだよ, いやダニーさまの発達, いやダメだ, いやダリアさんですか, いやチョークを拾う, いやチーア卿も亦, いやツお婆さん手もと見ねえつたつてさ, いやツイこの間まで若衆, いやツクネいもなどの, いやツヤ君ならそれ, いやテキさんたちがあんな, いやディデロートのこと, いやデストゥパーゴさまは人, いやデマ製造家でございます, いやデモクラシーも当て, いやトシちゃんにきまっ, いやトニーの言葉, いやトンカツやカレーライス, いやリー君は, いやドイツ人には作れないであろう, いやドコにいる, いやドノバンこれから先, いやドノバン君それはいけない, いやドノバン霧が風, いやドリアンなら自信, いやドン芸人じゃア, いやド・ロマは無事, いやナオミさんには会, いやナツシングデーだつた, いやナニここへ参りました, いやナニ地丸左陣殿松風は某, いやナニ誰でもよい, いやナニ鏡葉之助, いやナニ頂戴したこと, いやニッポン人というもの, いやニワトリとは違う, いや誰か, いやネネは結婚, いやノルスキーの脈管, いやノンセンスじや, いやハイベルではありません, いやハコネ山といふのはね, いやハドソン夫人実に有難う, いやハムレットさまは決して, いやハムレットさま失礼ながらまだ, いやハワイ在留の日本人, いやハーバードの実験心理学教室, いやパンもいつか, いやパーヴェル・パーヴロヴィチあなただってお, いやビショット氏は大, いやビュルストナーさんのところ, いやピラトの下役, いやフランスのマカロニ, いやフランス語をかいた, いやフンガイされては, いやブラジルには通り名, いやブリューヘルなくん, いやブレインは庭, いやブンカイそうじを, いやプロシヤのモーゼル銃, いやプロレタリヤの生活苦, いやヘタをする, いやヘッセの本, いやベスビアスの中, いやペエペエならまだ, いやペストにさせ, いやペテルブルグに来てる, いやペーピー私は君, いやホッとし, いやホテルにあります, いやホーベスは最初, いやホームズさんそれはたくさん, いやホームズさん今僕はそれ, いやホームズ先生それはちょっと, いやボクはナマ, いやボッとなる, いやボールがつい, いやボール位の大き, いやポコちゃんは死んだ, いやポッポちゃんどころか僕, いやマズイだけなら, いやマドロスに誘拐, いやマニラで死んだ, いやマルキストにし, いやマートン技師が油だらけ, いやで候得バ, いやミウーソフさん責めましたよ, いやミハイルアウエリヤヌイチ信じません信じる理由, いやミハイルアウエリヤヌヰチ信じません信じる理由, いやミヘーエフは素晴らしい, いやミルキ国ピカ一の科学者, いやミーシャそれはすっかり, いやムルタックではない, いやメダルなの, いやメダルそのものは仮令, いやメルキオルさんだ, いやモウたいへんな, いやモオヴェトンじゃまずい, いやモグラにあれ, いやモザンビイクへ帰れる, いやモスクワ市内の事務所役所, いやモスコオにまでも伝えた, いやヤスリで峰, いやヨシ子ちゃんがにくまれ, いやライオン戦車隊は全滅, いやライター結構, いやラエーフスキイのこの, いやリイケ食べろ, いやリストリア人です, いやルウスが主犯, いやルネツサンスのデリカシー, いやルパン夫人だよ, いやルミさんがまさか, いやルリさんだと, いやルーブル紙幣の名, いやレヤチーズの霊, いやロックフェラアも近頃, いやロッパも劇団, いやロロ新王, いやロンドンへ帰った, いやロークはせまい, いやローマも全体, いやワトソン君実は僕, いやヲダハラの, いやン僕も骸骨, いやーアよ, いや一しょにすべき, いや一たい君はどう, いや一つ二つは消え, いや一つ目小僧やろくろ, いや一つ窓の戸, いや一つ重大な言づてがありますよ, いや一ぱいな威, いや一ヶ月に一度ぐらゐかも, いや一万七千五十八かなあ, いや一万人の人間, いや一人二人ずつこのごろ, いや一人前以上の人間, いや一人前所ではない, いや一体そのよう, いや一個だけで, いや一個所だけある, いや一倍お綺麗, いや一分でたくさん, いや一分一秒を争う, いや一分一秒ごとでさ, いや一分間も猶予, いや一分間ごとにそれ, いや一力まで侵入, いや一匹も生かし, いや一千人でも五百人, いや一台はそのまま, いや一向にまだやらして, いや一回だけでない, いや一大事だ, いや一尺ぐらいでしたろう, いや一尺毎に複雑, いや一層大衆的である, いや一度たった一度きりある, いや一度手代の吉三郎, いや一徹などご, いや一應佛樣に線香, いや一所に入っ, いや一族の誰, いや一時は新聞沙汰, いや一時押へて置く, いや一時過ぎだぜ, いや一杯やる気持, いや一概には言, いや一概にそうとばかりは言うまい, いや一様に一応, いや一橋中納言の家中, いや一歩ゆずって, いや一歩一歩牽いて, いや一河の縁, いや一生君を助けさせ, いや一生夫婦となれ, いや一畳の主, いや一瞬という, いや一瞬一瞬命を燃やし尽し, いや一瞬間だけの気持, いや一矢の矢, いや一秒でも生き, いや一群の雑木林, いや一致がその, いや一般にこういう手合い, いや一蕪湖ばかりじゃない, いや一行はいまだに, いや一諾の信義の, いや一遍剃ったん, いや一風呂浴びて, いや丁とその詠み, いや丁坊は知らない, いや七倍にもふやし, いや七内殿と十兵衛, いや七度八度と爆破, いや七生までも生れかわ, いや七百年来のわが家, いや万々承知いたして, いや万事首尾よく済みました, いや万助ばかりじゃあねえわっ, いや万吉郎の躰, いや万年筆をとおし, いや万有流転だ, いや万象悉く宇宙, いやの方, いや丈夫な眞田紐, いや三ツ股者の降参, いや三人分のがない, いや三伝の死, いや三分のすきもない, いや三割近いぞ, いや三十一日の午前一時, いや三十七歳の今日, いや三十三号の患者, いや三十何本かをとにかく, いや三十円の月給, いや三十分でいい, いや三十年も来る, いや三十本だ, いや三十間ほどしかない, いや三厩の宿, いや三右衛門でなくって, いや三年以来あの堅固, いや三度でも旦那, いや三度目くらゐだよ, いや三座の役者衆, いや三成ほどの武士, いや三月十三日の寅, いや三杯も呑む, いや三歩には及ばない, いや三河路はお, いや三百畳敷位もあろう, いや三等でかま, いや三通かな, いや三階でちょっと, いや三階あたりに, いや三面記事の上, いや上がってから剃ろう, いや上がらずにおら, いや上がるまでもねえ, いや上げられません妹が, いや上乗でござったよ, いや上原君のほう, いや上意です, いや上意討だと, いや上方の犬, いや上杉方の十二旗本, いや上洛して, いや下し得ないというべきであろう, いや下らないんです, いや下半身にはひらひら, いや下地が黒い, いや下女に別品, いや下妻左衛門尉と申した, いや下宿の三階建, いや下座のお, いや下手に腹, いや下町では有名, いや下等な言葉, いや下谷の道場, いや調法な, いや不人情な事, いや不具者を引取, いや不出来なもの, いや不動様でないこと, いや不動樣でないこと, いや不孝ならば, いや不当の願い, いや不恰好な蛙, いや不愍じゃ, いや不断の夜, いや不生不滅であるだろう, いや不眠症のせい, いや不知哉丸母子とたしかに, いや不穏なる国際関係, いや不義ではない, いや不義ゆえの心中, いや不肖民部の身命, いや不良少年の顔, いや不調法でして, いや不首尾も間違ひも, いや与えられはしないだろう, いや与兵衛さん御苦労御苦労もうここ, いや与力部屋も湯呑み所, いや与吉ひとりで片づけ, いや世にも恐ろしき舞台面, いや世の中自体が甘え, いや世話を焼きたい, いや世間ぜんたいをおどかす, いや両側の通路, いや両君君たちもう少し深く, いや中っていない, いや中之島は行ったらいかん, いや中国の兵, いや中学生には中学生, いや中學生には中學生, いや中将さま殿はもう, いや中将様も定めし, いや中折の古帽, いや中田屋が先, いや中納言殿がバクチ, いや中軍の近く, いや中間小者などは俺, いや串談ではなし, いや丸っこ過ぎる, いや丸木は革, いや水では, いや主上をはじめ両院その他, いや主人公はこちら, いや主君の好色, いや主命を以て申し, いや主家の滅亡, いや久しい以前ちょっと, いや久しぶりで折角, いや久し振りでお, いや久喜のほう, いや久太郎じゃない, いや久振りの上天気, いや乏しいので, いや乗るのは, いや乗物まで頂戴, いや九十何パーセントまでは愚, いや九十匁じゃあまり, いや九四歩を見た, いや九疋しか居らない, いや九百九十兩といふより, いやをのぞむ, いや乱心だなん, いや乱暴なわけ, いや乱脈だ, いやの香, いやぬ了, いや予て知って, いや予想どおりであったと, いや争う場合に, いや争えないものだ, いや争議の前, いや事務長ばかりでない, いや事実お祭りなの, いや事実南海の賊, いや事実彼女は追われ, いや事実急用だったん, いや事実現場にもエルブ反射, いや事実目に入る, いや事実相手のご, いや事実誰かれにも, いや事実高等学校時代の吾人, いや事情の分かっ, いや事物であって, いや面そ歌, いや二つ三つことによる, いや二の足ではない, いや二ヵ月ちかくも, いや二ヶ年以下の御, いや二万だ何, いや二三人から, いや二三日お前にムダ骨, いや二兩にし, いや二冊目といふ, いや二分で燃え尽きるだろう, いや二刻も三刻, いや二匹はお家, いや二十を越えてる, いや二十五カペーカ銀貨じゃ駄目, いや二十五回の破産, いや二十歩ほど彼, いや二十間ばかり離れ, いや二千余が陣, いや二夫人には阿, いや二度で澤山, いや二度と会うもの, いや二日も経たない, いや二時間も待った, いや二時間以内に私, いや二晩でも三晩, いや二月ほど前, いや二月ぶりの自分, いや二本まあそれくら, いや二本三本たしかに太夫, いや二疊位の部屋, いや二百株ばかりそれ, いや二百畳いや三百畳敷位, いや二絃琴だよと, いや二足動物だちょうだ, いや云いさえしなけれ, いや云い合っている, いや云い得ないほど白, いや云い足りないくらいであった, いや云うとも, いや云つて貰はなく, いや云わないわ, いや五つの感覚, いや五万三千石で二百何十人, いや五万両は確か, いや五人だらう, いや五体の端, いや五六人は多, いや五六顔は愁い, いや五分の四を兄さん, いや五十二番地だと, いや五十円はある, いや五千兩かも知れない, いや五回目も六回目, いや五年にもなる, いや五年前許婚という空しい, いや五摂家に甲乙, いや五日位前ですよ, いや五月には来ます, いや五月三日の午後, いや五百や千, いや五百円の金, いや五郎蔵殿のお, いや五里霧中とは昔, いや井上円了さんも来, いや井戸の水, いや亡霊であるかも, いや亥刻時分かな中, いやまでは戻りませぬ, いや京吉によりも自分, いや京都あたりではこの, いや京都中の妓, いやの濡れ縁, いや人いちばい強いほう, いや人いちばい繊細でもあり, いや人だかりわらわらはいよ, いや人ちがいじゃない, いや人でなし奴に切腹, いや人よせをし, いや人一倍たくましい親鸞, いや人並以上に寂しい, いや人中もおもしろい, いや人丸は興, いや人丸左陣殿貴殿のお, いや人事不省かも知れない, いや人心は次第に, いや人情といふこと, いや人死にはありがたい, いや人殺しなんておよそ, いや人民戦線の母胎, いや人気といった方, いや人為ばかりで, いや人生意気を重んず, いや人生観が変る, いや人見は先日退職, いや人造人間に霊魂, いや人造人間エフ氏なかなかりっぱ, いや人間すべての意識, いや人間びろいをしたのであるが家に帰っ, いや人間テキにされちまっ, いや人間以上で神, いや人間共通の愚, いや人間本来のもっ, いや人間的には彼, いや人間落ちめになる, いや人間違いだろ, いや人類史始まつて, いや人魂のよう, いや今あちらで掟, いや今しがた馬を飛ばせ, いや今にもわすれて, いや今一度お目にかかり度, いや今一度逢つてたしかめてからに, いや今一度降魔の祈祷, いや今僕の喰った, いや今別にだるく, いや今十内が云った, いや今君に行っ, いや今夜あたりは馬, いや今夜ここへお, いや今夜一ばん貴様は借り, いや今度のは匂ひだ, いや今度ゼルシー島に持っ, いや今度俵さんが洋行, いや今度落度でもし, いや今後とてもけっして話すまい, いや今日のは違う, いや今日一日はおもしろかっ, いや今日僕の前, いや今日殿の御前, いや今日私のお, いや今時適当な家, いや今晩此處へ來, いや今暁来の裏切り者, いや今月は少し, いや今朝がたも訪ね, いや今浜という地名, いや今頃はもう, いやの一存, いやが導く, いや仏像ではなく, いや仏者ばなしは止せ, いや仏頂寺はすでに, いや仔鹿よ真白いおさな, いや仕事にご, いや仕入れ代価の棒先, いや仕合と想う, いや仕合せとまだ, いや仕官はいたしませぬ, いや仕掛けに變, いや他国へ聞え, いや他家の質子, いや他所のお, いや他殺であること, いや他言を, いや他面からはつまり, いや仙太さんとやら少し, いや仙波八郎太を埋め, いや令嬢のはう, いや以ての外の騒動, いや以前六波羅で放免, いや以後の数日, いや陣所と, いや仮にわかつて, いや仮りにそう, いや仮令源三郎と, いや仮屋もたちまち, いや仰げば尊し, いやが好, いや仲間がおります, いや伊勢伊賀一円はみだれ飛ぶ, いや伊太利はこの, いや伊庭さんの代り, いや伊織にちがい, いや伊良虞崎に向, いや伊藤さんどうも遺憾, いや伊豆屋のお, いや伊賀どのの病気, いや伊那の三年, いや休息はここ, いや会うことを, いや会うたところでからに, いや会えなんだ, いや会えないけれども猫柳, いや会おうか, いや会っていない, いや会ったわけで, いや会わないどころで, いや会下山とは掌, いや会心の笑み, いや会津の武士, いや会社のため, いや伝言なの, いや伝説によれ, いや伝馬町の囚罪人, いや伯父に宜, いや伯父さん貴方は結婚, いや伴天連ほど喰えない, いや伸子さんの室, いや伺うてみれ, いや伺ってみる, いや似たような, いや似てるから, いや気圧の, いや住まいにいま, いや住むだけで, いや佐々木と呼びすてる, いや佐殿方への加担, いや佐野屋の番頭, いや何かと家の, いや何しろもっともだから, いや何せい此方のからだ, いや何その間は君, いや何だか厭な, いや何だかまだ滯在中みたいな, いや何だかよく分りません, いや何で門違いと, いや何でも女づれらしかったから, いや何となくそのよう, いや何びとの患ひで, いや何もかもだ, いや何ものだろうと, いや何やらと言, いや何一つ久左衛門には, いや何万人となく, いや何事も慌て, いや何億とある, いや何其許のよう, いや何分お願いします, いや何列座のお, いや何十メートル潜るの, いや何十人のお, いや何十年かの後, いや何十年何百年とまっ, いや何十年振りだ, いや何千人いやいやもっと多い, いや何千里かな, いや何卒全く人違いにて, いや何原因も知れた, いや何国の果, いや何度でも襲, いや何度お前が頼み, いや何式服というもの, いや何曜だという, いや何月それどころか何年, いや何様へ何, いや何気のう河原, いや何父室へ登った, いや何百メートルくだったの, いや何百人もの手術者, いや何百日目といっ, いや何筑州どの甥め, いや何関うまい, いや余り過ぎて困るで, いや余事はおい, いや余人は知らず, いや余裕をもった, いや余震ではなく, いや作りたい時に, いや作り事として水, いや作り語りにちがい, いや作るよ, いや作家こそ最も, いや作平さん狐千年を経れ, いや佳境には入っ, いや使いの戻り, いや使いますとも, いや使ってみよう, いや來月にでも祝言, いや例外がある, いやにしたら, いや侍女までが何となく, いやは入らん, いや御自身, いや便利だからこそ, いや俊寛様の話, いや俗流を追っ払う, いや俗衆以下の場合, いや保子さんと云った, いや保證して, いや保護剤だ, いや信じきった様子が, いや信じさせていただけ, いや信じないわけで, いや信じなくてどう, いや信じなさらないその証拠, いや信じられないそんなこと, いや信じられますよ, いや信じるのみでなく, いや信ずるという, いや信仰も十分, いや信吉がどう, いや信用させて, いや信者である前, いや信造はあ, いや修業も修業, いや俳優になりたい, いや俳句のおかげ, いや俵屋の身上, いや俺たちは, いや俺ぢやない, いやばかりで, いや個人的に知っ, いや倍音は附随的, いや倒れたので, いや借りておる, いや借りた家の, いや借金してまで, いやなどはとにかく, いや値段が極まれ, いや偉大なもの, いや偏見という, いや健やかだよ, いや健全は大いに, いや側女と申した, いや偶像でなくって, いや偶然だ, いや唖では, いや偽作の方, いや備えをなくさせた, いや催眠術じゃない, いや働かされたといっ, いや僕のは色恋, いや僕ら日本人は警察官以外拳銃, いや僕山田です, いや僕達はこの, いや僻みではない, いやどころか百兆, いや優等の肉, いや優級品のもく, いや儲かる世間を, いや儲けがあった, いや儲けたと感じる, いや元々古い雪, いや元日朝の二時頃, いや兄さんマル公の値段, いや兄さん達のため, いや兄上たちは昼, いや兄妹の仲, いや兄弟こうし, いや兄弟おれを助平, いや兄貴は知らねえ, いや先々代の住職, いや先ず何よりもう少し詳しく聴かせ, いや先づ聞かつし, いや先ほどから広言, いや先代よりはとにかく, いや先刻あんたの言われた, いや先刻考がある, いや先年淀の川舟, いや先斗町は鴨川, いや先方様でも, いや先日は失礼, いや先月のおとつい, いや先生さまもうお, いや先生失礼でございますが, いや先生確かに緊張, いや先生自身は自ら社会, いや先生貴下は凡て空, いや先発させるの, いや先程も申しました, いや先陣は自分, いや先頃北越を旅行中, いや先頭をも争っ, いや先験的な事柄, いやは光, いや光る金歯の, いや兎家ひょうたんは早く, いや児玉少佐抛っといて, いやつて來た, いや入った道も, いや入るには痛い, いや入れちゃ不可, いや入れる格好を, いや入歯ですがね, いや入院もいや, いや全くいくらはいはい云おう, いや全くぐずぐずしては, いや全くそうだ, いや全くバラバラで一定, いや全ての者, いや全文読んだ上, いや全滅じゃない, いや全米国民だけで, いや全般であつ, いや全部現金で引き出す, いや全集は出来ない, いや全面的に織田, いや八つだけお, いや八丁鼻はほか, いや八五郎殿で不足, いや八兵衛っていうの, いや八時でもいい, いや八王子でと思う, いやの書態, いや公憤というよう, いや公綱とは戦い, いや六つ七つまで累々, いや六ぴきの大, いや六人まえじゃ, いや六十パーセントは哀れ, いや六十九ですかね, いや六月でしたか, いや六本かも知れない, いや六波羅勤めも忙しい, いや六波羅蠅は旅, いや六百メートルことによる, いや六箇月だったかな, いや六頭もいる, いや働組の, いや共有でない, いや共産主義とは限らない, いや兵営や工場, いや兵庫まで行ったら帰し, いや兵隊は活動写真, いや兵隊将棋もいや, いや其事ですが, いや其奴はおそらく, いや其様なに大層に云わんで, いや其為では無い, いや其處までは何, いや其許たちのお, いや其金を取った, いや具眼の士, いや典獄ばかりでなく, いや兼ね兼ね評判は, いや内儀決して貴女, いや内蔵吉はその, いや内藤がきたら, いや再び政争の, いや冐險なんて下手, いや冒険なんて下手, いや冗弁は御, いや冗戯でなく, いや冗談ごとではありませぬ, いや写真よりいちだんと, いやをつらね, いやの宿直, いやして, いや冴子はまだ, いや冷かしてるんじゃ, いや冷徹であつ, いや冷淡しいばかり, いや艶であるべき, いやに倚, いや凡そあの部屋, いや凡眼の悲し, いや処罰の処罰, いや出かけはしない, いや出かける前に, いや出したんだ, いや出しゃばりと言われる, いや出せんければ宜しい, いや出なかったんじゃ, いや出られる私は, いや出ることならぬ, いや出入どころか自分, いや出勤のお, いや出口をもとめ, いや出征キヒで無く, いや出来た筈だ, いや出来ないことは, いや出来ようが出来まい, いや出立せずには, いや出陣の祝い, いや出雲の守護, いや刄物は持つ, いや分ける事は, いや分ったら自首し, いや分らずば可, いや分りまへん, いや分りましてご, いや分りました叔母さんが, いや分ろうとしない, いやつちや, いや切符のこと, いや刑事も言った, いや刑務署にいる, いや刑罰をさえ恐れない, いやかつおの, いや初歩的ということ, いや判らないのも, いや判らなければそれで, いや判らねえところが, いや判りかけたんです, いや判ろうとしない, いや判断ではない, いや別にどうしたと, いや別にどうもしやしないさ, いや別れたくないのよ, いや別れる爲めに, いや別個の作, いや別嬪だ誰, いや別居はし, いや別条はない, いや別段用じゃない, いや別段用ぢやない, いや別荘のものぢ, いや別製でなも, いや利ちやんは気, いや利家ごときは, いや利己心が起させる, いや利用すると, いや刺されたのだ, いや剃刀が来, いや前もって予告は, いや前髪をよく, いやは剣, いや剣法でもなん, いや剥いだ方が, いや剥製ではありません, いや割ヶ嶽を攻めた, いや創造の技術, いや劉皇叔のため, いや力松はズーッ, いや加賀百万石のあの, いや助教授あのとき, いや助蔵の家, いや努めて機嫌, いや勅使をお, いや之助, いや勇ましいぞ, いや勇気では足らぬ, いや動いてはいない, いや動員解消になっ, いや動坂さん御苦労でした, いや動物だけで, いや勘定は俺, いや勘忍出来ません彼, いやの親父, いや勝家には危ぶまれる, いや勝敗は時, いや勝目を掴む, いや勝負は時, いや募ってゆく, いや勢子などが居並ん, いや勤まらぬことは, いや勤めの邪魔, いや勧めの酒, いや勿論そう言って, いや勿體ねえとも米, いや匕首が突き出された, いや化けものよりももっと, いや化け物だという, いや化物にしろ, いや北国の知人, いや北山殿の公宗自身, いや北岸ばかりでなく, いや北征などという, いや北町の, いや北畠親房の真骨頂, いや北雪北花幾星霜加賀衆のお, いやまうに, いや十万ぐらいかな, いや十三や四, いや十九だ, いや十二分だった, いや十二日になる, いや十二時過ぎまでのべつ, いや十五もつとある, いや十五六かと思はれる, いや十五日だよ, いや十何年間も思いつめ, いや十倍も二十倍, いや十八世紀からそう, いや十八吋の砲弾, いや十六かも知れない, いや十四だった, いや十年ぶりで来, いや十手にかけても受けとる, いや十日位になるだろう, いや十春秋一日の如く変らぬ, いや十本の貨物列車, いや十目の見る, いや十種類の生涯, いやの知識, いや千々岩さん妻だの子, いや千つぶもこんな, いや千九百何年まで, いや千二百兩でも宜しい, いや千代松にこれ程, いや千兩ばかり淺黄, いや千巻くらいの書, いや千年の後, いや千本殿は見かけ, いや千葉介殿か誰, いや午前中にやる, いや午飯を食う, いや半ば夢中なの, いや半人くらいある, いや半兵衛の女房, いや半兵衛どのが行う, いや半弓の矢, いや半日あったらそれ, いや半眼に閉じた, いや半蔵には御嶽, いや半間な手, いや卑しい気持ちで, いや卑怯では, いやでございます南三復, いや南山城の親類, いや南洋型だのアイヌ式文化, いや南瓜どころじゃなか, いや南画とも違います, いや南禅寺から将軍塚, いや南蛮幽霊事件からこの, いや単なる好奇心だ, いや博士さまにまちがい, いや博士ウィスキーなんて浴びる, いや博士例の氷河, いや博士私は申します, いや博士論文が通る, いや危ういことだ, いや危急の場合, いや即ち君これは, いや却つてたまにはこれ, いや却つて日本人たるの意識, いや厄介なもの, いや厚いいや細かい, いや原住民の灯, いや原始でないという, いや原稿も原稿, いや原稿料は取る, いや厩門を入っ, いやになる, いや厳白虎とわし, いやつた, いや参っている, いや参ったな, いや参らぬうちは, いや参ろうぞ, いや参詣の紳士, いや又右衛門としては充分, いや又右衛門どの犬千代もうれしゅう, いやなればこそ, いや友人に対してすまない, いや友情で生かされ, いや友情といつてはいひつくせない, いや友田さんに云った, いや友達といつてはすこし, いや友達以上の偉い, いや双生児のよう, いや反ってその, いや反動的だと, いや反古になっ, いや反応がない, いや反抗はしませんでした, いや反物で結構, いや収量がどれ, いや叔母さんがいけない, いや叔父さんおいらこそ叔父さん, いや取ってもらわない, いや取り囲んでひき連れ, いや取出せばその, いや取引きと, いや取次ぐまでもない, いや取消す必要も, いや取紛れて失念, いや取調べている, いや口以上にもの, いや口頭試問はこの, いやを吐く, いや叩くのは, いや子供の, いや叫びや肉体, いや可哀相に自分, いや可愛相てえ, いや可能だ, いや史実は史実, いや右ぢやない, いや吃驚するの, いや各々方なかなかうまく, いや合力ではない, いや合成酒でしょう, いや合戦だ, いや合点なまいらぬ, いや合理の愛国心, いや吉兆です, いや吉原の水, いや吉宗は安, いや吉岡拳法の長男, いや吉田氏とやら貴殿, いや吉祥天女にし, いや吉良殿ともあ, いや同室一人誓願寺詣の老人, いや同志の前, いや同情と云, いや同感だ, いや同時にもうその盗難品, いや同衾するの, いや名刺が無くっ, いや名器自慢に事, いや名越殿とは限らねえ, いや名高い庭師の, いや向いたわ, いや君これこそ自然淘汰, いや君そりあいろいろ, いや君それはいけない, いや君たち少年ばかりで, いや君たち絵かきだから, いや君ほんとの幽霊, いや君子というもの, いや君方に其, いや君私には何一つ, いや君自身教頭や配属将校, いや君達じゃあ判らない, いや付いたと, いや吹きにいや立ち, いや吹くわ, いや吻ツとした, いや呆れさせたのである, いや呆れることばかり, いやは恃, いや呉侯の肚, いや呉郡富春に英傑, いや告げては興, いや周さんともう, いや周章えは, いやでもありません, いや味たっぷりの色男気取り, いや味ッたらしい, いや味半分粹半分の心持ち, いや味噌のこと, いや味方七分の勝利と見, いや呼んじゃあ, いやを惜しん, いやを乞う, いや和尚さまもお, いや和尚さんは荷物, いや和歌にはん, いや和泉介ばかりでない, いや咎めるので, いや咲子にし, いや咽喉の聞かせ, いや哀しいが胸, いや哀しみ顫いた, いやにもよる, いやなんか聞きたくありません, いやだけです, いや唯今そうふと覚りました, いや唯単に題材の, いや唾液みたよう, いや賣もの, いや商売ずくで買った, いや商談ではございません, いや問わずもがな, いやい殺されたという, いやを行う, いや善いにも悪い, いや善く解りました, いや善兵衛には罪, いや善兵衞には罪, いや善惡と云, いや善良な人間, いや喋るわ, いや喜ぶぞ, いや喜んで貰いたい, いや喜一郎と富, いや喜多屋に係り合い, いや喫茶店で待ってる, いや営業して, いやきじゃ, いや嘆いている, いや嘆くことは, いや嘗つては長崎, いや嘗ては住ん, いや嘗めなくてよかっ, いや噂どころじゃあない, いや噛んだかも知れない, いや噴火口はなおいや, いや嚇しではない, いや四つある, いや四つ五つ巴を描き, いや四五十人はある, いや四分です, いや四分の一でも後輩, いや四十の顔, いや四十フランだ, いや四十万かななにしろ, いや四十分ありますから, いや四十年近くも大事, いや四十面相だッ, いや四大州じゃない, いや四寸ずつ食, いや四年いや三年, いや四百両か五百両, いや因縁だな, いや団長は人類, いやつてねえ, いや困っている, いや困ったことに, いや困りはしません, いや困難はお互い, いや囲われ者に, いやに乗る, いや図書館に行ってた, いや図面どころじゃない, いやより固, いや国主大名から質屋, いや国家のため, いや国府川の川ぐち, いや国民学校だったわね, いや国産だよ, いや国賓待遇を受け, いや国防産業両全主義は軍部, いや園井正一じゃない, いや土屋悪くは, いや土牛は現在, いや土肥権右ばかりでなく, いや土足のまま, いや土龍のやう, いやつた机の, いや地上の活劇, いや地体が肥え, いや地尻の番太, いや地球上の全, いや地球人類の命, いや地質学展覧会ではない, いや地階がある, いや地面それ自体がソツクリ曾, いや坂下まで昨夜, いや坂田を悲劇, いや均一が富士見, いや坐っている, いや坐り直してお, いや坤竜はたしかに, いや城介君も, いや城内は相, いや城廓の儀, いや城持とはなりました, いや城普請の石揚げ, いや堂上ばかりでなく, いや堅いものに, いや堅くなって, いや堪え難いのみでなく, いや堪ふまじき渇きかな, いや場合によってはそれ以上, いやの外, いやからい, いや墜落したの, いやはわし, いやを愛する, いや壮絶いわん方, いや売つてはゐます, いや壽齋は間違つて, いや変つたの変ら無え, いや変らないのは, いや変るべきだとさえ思われました, いや変わるはずです, いや変調子というの, いやだ蛾, いや夕刻までは手前, いや外交家だ, いや外剛内柔か, いや外国人だとて, いや外國人のばあ, いや外形ばかりだ, いや外村と代っ, いや外的生活はともかく, いや外科医術の最大, いや外聞がある, いや外部から忍び込ん, いや多くない, いや多すぎはしません, いや多勢の, いや多少の動揺, いや多忙を作っ, いや夜床の中, いや夜来頻々急を告げる, いや夜遁げ同然な俄発心, いや夢にも思わなかったなあ, いや夢見る人の, いや夥しい畦が, いや大きにそうであろう, いや大そうなよう, いや大まぬけな話, いや大丈夫僕がついてる, いや大丈夫君のお蔭, いや大丈夫彼女だ, いや大久保の彦左衛門様, いや大乗仏教の眼目, いや大人たちよりもずっと, いや大人気もなく, いや大体健康不健康は文明未開, いや大作は三人, いや大使の姿, いや大兵は要りません, いや大分雪が降っ, いや大切な件, いや大利根博士だから, いや大叔父の国香, いや大坂城にある, いや大変参考になりました, いや大変結構だいや, いや大好きですよ, いや大学に幾日, いや大尉どのは憤慨, いや大岡十家のうち, いや大岡越前守の従兄, いや大工さんの, いや大庭どのばかりかそういう, いや大手門だってあけ, いや大抵はわかりました, いや大方の勝れた, いや大月氏はどこ, いや大気に入りだ, いや大沢氏貴公はそれ, いや大澤一家を殺した, いや大王のご, いや大略分りました, いや大石先生がそれ, いや大胆な話, いや大船まで行, いや大蛇ではない, いや大衆だけで, いや大阪もひどい, いや大阪城の石垣, いや大阪弁だけで, いやに向っ, いや天が下の武門すべて, いや天主の大, いや天人だよ, いや天国は決して, いや天国変態の図, いや天國にだ, いや天晴の義侠心, いや天晴れじゃ天晴, いや天水桶の金魚, いや天海寺の天海僧正, いや天災はまだしも, いや天野氏貴殿はお, いや天魔太郎とよびすてにしてもらおうか, いや太した事, いや太閤という人, いや太陽が爆発, いや失地回復させて, いや失恋の結果, いや失敬ぢやさよなら, いや失敬失敬決して笑う, いや失敬失敬僕のいい, いや失敬失敬社長さんあなたは近い, いや失望だわ, いや失礼碁打ちには過分, いや失神してからは, いや奇妙なばかりじゃ, いや奇怪至極だ, いや奇計はめッ, いや奇蹟ではない, いや奇遇だ, いや奉公人に聞え, いや奉行所鑑札が作り物, いや奥方に行き逢うた, いや奥羽の剣人, いや奮然と死を, いや女ごころは外, いや女ひとり死ぬよう, いや女らしかった, いや女中共女中共はおらぬ, いや女体の地蔵, いや女房桟敷や諸, いや女流作家はだめ, いや女王蜂は知らない, いや女類男類猿類の順, いやの初, いや奴隷だから, いや奴隷以上のはず, いや奴隷根性を除い, いや好かないのを, いや好ききらいの問題, いや好んで餌食, いや好奇からかよう, いや好意は持たず, いや好男子の御, いや好色漢の直観, いや如來のていさい, いや如来の御, いや妄想家だと, いや妖怪か狒々, いや妙策だ, いや妥協して, いやのやつ, いや姉さんの幽霊, いや姉さんふたりきりならえ, いや姉さん僕は貴, いや始めて御目, いや御つて言, いやよりもそ, いや姿態が心理, いや威風ばかりで, いや娘さんが町, いや娼婦もたいした, いや婚礼というもの, いやに怨恨, いや婿にだ, いや嫌悪さえ感ずる, いや嬉しいじゃない, いや子々孫々にいたる, いや子供用というの, いや子供達の喜び, いや孔明軍師はあらかじめ, いや孔雀には似, いや存じませんが, いや存在難だ, いや存外気が付かずに, いや孤独なもの, いや学校側に一本釘, いや学生ではありません, いや学生旅行の方, いや学者でさえもアカザ, いや學校の生徒, いや宇宙いっぱいにも注意力, いや宇宙全体の生物たち, いや宇宙塵が斜めうしろ, いや宇宙採取艇のみな, いや宇宙服を着た, いや安さんおくれ仕事, いや安全危険という, いや安土を退去, いや安土以来彼は初めて, いや安堵とはまいりますまい, いや安川がタツノ, いや安房どの, いやく性, いや完全に有り得る, いや完璧に我, いや宗七どのか, いや宗円様には御, いや宗清自身が胸, いや宗湛も隅, いや宗觀かなん, いやの支配下, いや官兵衛御辺, いや官吏で行, いや宜しいと云い, いや宝物として退屈, いや宝生でしょう, いや実あ今度お前さんが, いや実に何とも申そう様も, いや実行して, いや実際何よりです, いや実際少しも光子, いやともいえない, いや客船という, いや宮さまのご, いや宮城野の天ぷら, いや宮方のひとり角力, いや宰相じゃ, いや家中の原稿用紙, いや家事は, いや家内には聞かせ, いや家名の為, いや家庭に在る, いや家来どもをつれ, いや家鴨が河, いや容赦は出来ん, いや宿老のお, いや宿舎へ向う, いや寄って行けない, いや密偵の子, いやの帝王, いや富士の悠久, いや富山の反, いや富岡さんの素早い, いや寒気だとか, いや寒氣だとか, いや寛大さや愛情, いや寝たっきりでは, いや寝てるので, いや寝坊した罰, いや寝室らしくも, いやするに, いや寢床の友, いや實際この俺, いや實際當時の風評, いや實際親切ないい, いや寧それの暗示, いや寧ろそう云う心理, いや寧ろ一層図々しく私, いや寧ろ甚だ多いと, いや寺のだという, いや寺社奉行も町方, いや寺院へ納められる, いや対等では, いや専売新聞に欲しい, いや専門の科学, いや射殺までしよう, いや将来ますます然りか, いや尊公はもう, いや尊師よそう, いや尊敬しなければ, いや小さな動物です, いや小使銭三十九銭机の上, いや小僧っ子ばかりで, いや小児が夢中, いや小判は薄い, いや小勢とはいい, いや小杉さんとしては定めし, いや小林君はそう, いや小欲が深, いや小父さんが後で, いや小牧講和の前後, いや小生はこの, いや小石をそッ, いや小言ではありません, いや小谷というの, いや小野塚家代々のもの, いや小鳥は東巖子, いや少なくともなにかかれの, いや少年の助手, いや少年時代のたわい, いや就きまして, いや就職口を探せ, いや尻尾がやがて, いや尼処かこの, いや尼前六波羅にいた, いや尼處かこの, いや尾久とは方角, いやて貰つた方, いや居たに相違, いや居ってくれ, いや居ましたよ居ました, いや居るわ居る, いや屈辱の大関, いや屋敷の荒れた, いや屋敷奉公をする, いや屍体が手, いや屍山血河を見, いや屏風がひどく, いや展望をぜひ, いや履き物ばかりで, いや山上もだ, いや山内殿の智弁, いや山出しの女中, いや山名屋の奉公人, いや山本勘介の構想, いや山東氏は山東氏, いや山湖の珍味, いや山糞をいう, いや山育ちの自然生, いや山霊のお, いや屹度さうに違ひない, いや屹度そうなの, いや屹度偶然だツ, いや屹度平癒ですよ, いや屹度恩義を受けた, いや屹度気のせい, いや岐路がよい, いや岡島さんの家, いや岡本さん決して無理, いやの下, いや岩国川の郷士, いや岩崎山のこと, いや岩見重太郎ばかりで, いや峯打ちだ, いや峻厳と申し, いや崩れた跡が, いやを呼ぶ, いや嵐以上だよ, いやへ刻んだ, いや巌流の姿, いや川北先生は遠く, いや巡査に化けた, いや左右太, いや左翼は便乗, いや左腕でなくては, いや巨大なる宇宙艇, いや巫女めいた女, いや巫女どもの復讐, いや差しかかった主人の, いや差支えがある, いや己らは山, いやの刻過ぎ, いや巾着切の辰三, いや市之丞様のお, いや市左衛門の笑い声, いや市長殿事件は険悪, いや布団などはなく, いやが破れた, いや帆村君それは違うだろう, いや帆村探偵の姿, いやの坊鉄淵, いや師直ならずとも, いやを隔て, いやするところ, いや帰さぬ帰れもしない, いや帰してくれねえ, いや帰ったといっ, いや帰られてはこまる, いや帰りますと彼, いや帰途にしましょう, いやよりも機嫌, いや常々から朝, いや常世まで, いや常談ぢやない, いや常識などで考えなく, いや常識家が勝手, いや幕府自身からそれ, いやの人間, いや平家の武士たち, いや平常の便船, いや平手でも覚束, いや平然と見えるほど, いや平面と呼ぶべく, いや年さんの幽霊, いや年暮からのこと, いや年齢差だけでなく, いやひの, いや幸い暴風雨にも, いや幸子にはまだ, いや幸田の方, いや幸田節三だけで, いや幸福な時, いや幸運を掴んだ, いや幻術に負け, いや幼い巫女の, いや幼少の時, いや幼年ゆえまだ早し, いや幼年組はとどまっ, いや幽鬼的の兇暴, いや幾すじものふとい, いや幾つもの団々, いや幾刻でも, いや幾十万本の木, いや幾百日織田の大軍, いやの手, いや広島の私たち, いや庄さんにも藤さん, いや庄吉は怠け, いやにもう少し, いやの底, いや底意は知れぬ, いやにたえません, いや庭内に稲荷, いや庭樹の繁り, いや建設だと, いやノ殿, いや弁謹土としてのあなた, いや弁護士が悪い, いやさえ絶え, いや弓さへ絶え, いや引っ捕らえろ, いや引ッこめません, いや引受け手は大いに, いや引裂かれるように, いや引込んで居られる, いや引連れて来る, いや弘法大師の坐像, いや弟思いな奴, いや弥兵衛にはべつに, いや弥次の名言, いや弦振動の発生, いや弱い方が, いや弱くて美しい, いや弱るよあの, いや張りつめし母の, いや張子の虎, いや張本人はあなた様, いや張遼という人物, いや強くなったと, いや強奪にあった, いや強暴になりたかった, いや強盗のたぐい, いや弾くもんか, いや弾丸のよう, いや当のカテリーナ・リヴォーヴナに, いや当り前にする, いや当人に言わせる, いや当分さう, いや当座ばかりじゃありません, いや当惑にみちた, いや当推量ですよ, いや当時海外から日本, いや当節の人間, いや彦田小雪は右, いや役人も兵馬さん, いや役人上りだから, いや役場へやって来た, いや役者じゃありません, いや役者衆にもあんな, いや彼ら父子の身, いや彼ら自身でわれわれ, いや彼以外の富豪, いや彼女自身が犬, いや彼女達は特別純情派, いや彼時は酷い, いや彼氏は横浜, いや彼自身さへそれ, いや往々にし, いや往かんでも宜しい, いや往けばこそだ, いや往来でいつ, いや征服し出したの, いや待たせてあります, いや待たっしゃい, いや待たれよ, いや待ちたまへそれ, いや待ちなさいいいこと, いや待ちましたぞ八時, いや待ち伏せしたと, いや待ち給へ, いや待て待ていうことが, いや後ろへ連れ, いや後天的な自己完成, いや後戻りをすれ, いや徐晃曹洪が出払った, いや従軍の将士, いや得々と諸君, いや得るところも, いや得心ならば, いや從兄同士とはいふ, いや御不沙汰を, いや御大層に大きな, いや御存知ないと, いや御座所をほか, いや御念には及ばない, いや御法度だね, いや御用なれば, いや御苦労さまだった, いや御苦労さんでした, いや御蔭で見なかつた, いや御身に向う, いや御酒はたくさん, いや御馳走になっ, いや御鷹をあつかわせ, いや復興すれば, いや復讐でもやはりもっと, いや微笑しただけでも, いや徳川家康をも冷眼, いや徳川時代にでもまだ, いや徳玄寺いけないさ, いや徹底はした, いや心がかりはまだ, いや心當りが, いや心痛に打ちひしがれた, いや心臓が欲しい, いや必死の武者ばら, いや必然に俺, いやえましい, いや忌々しいの腹, いやはよく, いや忘れたでは済むまい, いや忘れることは, いや忘れ惚けたのか, いや忙務におわれ, いや忠告です, いや忠顕どのの腹, いや念願といふ, いや忽體ない, いや怒っている, いや怒らないでねわたし, いや怒られれば本望, いや怖がるな, いや出せば, いや思いもしなかった, いや思いきって地べた, いや思いたくない心の, いや思いつきはむろん, いや思いのほかだった, いや思いませんな, いや思い出してもむずむず, いや思い出しますよあの, いや思い出しませんが, いや思い切った所か, いや思ってた以上に, いや思つてゐるかの, いや思召は辱, いや急ぎと云う, いや急ぎますから私共, いや急用がある, いや急病で急病, いや急行道路はこれからまだもう, いや急転直上に阿波, いや性格がある, いや性質と習慣, いや怨みはうんと, いや怪いもので, いや怪しんでいる, いや怪人四十面相はそんな, いや怪物どころかもっとも, いや怪音声だ, いや怯みはせぬがお互い, いやえること, いや恁又ものも汚う, いや恋人に言うなら, いや恋路のじゃま, いや恐くないこと, いや恐るべき大事件, いや恐れ入りましてございます, いや恐れ入りました銭五も, いや恐ろしく手も, いや恐入りましたよ, いや恥ずかしめられな, いや恨まれても仕方, いや着せがま, いやがきれた, いや恵まれた仕事である, いや悩まされたのは, いや悩ましい払は, いや悩みがあっ, いや悩んでいる, いや悪事ばかり働いた, いや悪口を云, いや悪戯だよ, いや悲しいを一通り, いや悲しみそのものには変り, いや悲劇ならそれ, いや悲壮なご, いや悶える力すらも, いや惚れたことは, いや惡魔といふもの, いや虐に, いや愉快だ, いや愉快愉快誰か勇壮, いや愉悦だわし, いや愍む貴方よりは富山, いや意気地の無い, いや意見は申しません, いや意識的に洛内, いやくという, いや愕くにはあたらない, いや愚かな先輩, いや愚痴はよそう, いや愚癡にし, いや愚鈍なほど, いやの何たる, いや愛すべきやつじゃ, いや愛児よこう, いや愛国心に理窟, いや愛想の尽きた, いや愛着とがものすごい, いや愛着どころでは, いやきわまって, いや感じないではゐられない, いや感謝への念, いや慈悲ぶか, いや慌てた私は, いやへ, いや慘忍な奴, いや慟哭するだけの, いやにする, いやくの, いやさ餘っての, いや憎むべき大泥坊, いや憎んでおる, いやるところ, いや憤りと落胆, いや憶出しても, いや應言はさぬ, いやるるの, いや戌刻近かつ, いや成上がり者の小, いや成人と共にだんだん, いや成功したばかり, いや成層圏よりももっと, いや我々凡人ばかりで, いや我が家ばかりでなく, いやる習慣, いや戦い占った地, いや戦うまえにその, いや戦乱の生む, いや戦争をしかけ, いや戦争以上の生活, いや戦備よりもむしろ, いや戦国の武将たち, いや戦国武士のひとしく, いや戦地の方, いや戦場という異常, いや戦陣生活もよく, いや戯言ぢやない, いや戯語ぢや無い, いや戴いたのも, いや戸惑いはいたさぬ, いや戻り道だ大平神社, いやを知らし, いや所謂文藝映畫, いやの鍵孔, いや手がかりといえ, いや手ぬかりだらけだ, いや手わけをし, いや手下ではなく, いや手伝はいらない, いや手全体が長, いや手分けして, いや手前ども主人も昨年, いや手前共ではその道, いや手品や奇術, いや手巾はポケット, いや手拭一と筋, いや手掛りはうんと, いや手水鉢が主, いや手籠が悪い, いや手習いはわるく, いや手荒なこと, いや無く力, いや才三については憐れ, いや打たれし牝鹿は, いや打ち明ける義務が, いや打ったって致し方, いや打越を庇, いや払うよ, いや久, いや承ってもはっと, いや技師たちもいろいろ, いや技術長のお, いや抓んだ爪の, いやもよし, いや折々お見え, いや折角よく寝て, いや抜け出ることが, いや抜刀隊と遊隊, いや抵抗しようと, いや着けられて, いや押し出そうとし, いや押し流されている, いや抽象的観念的には愛し, いや拍手があれ, いや拙者そなたに, いや拙者共は曲者, いや拾うて来い, いや拾円紙幣二十枚お借りした, いや持たせられたといっ, いや持出さなかつたので, いや持参して, いや按摩で厶, いや挑戦はいたしませぬ, いや挑戦者になり, いや捕らぬタヌキの, いや捕虜になる, いや捕鯨史始って以来, いや捜すのは, いや捨て置くわけには, いや掛合と云う, いやは掟, いや接吻のこと, いや控えては居られやせん, いや推量のごとく, いや掻き取ったにし, いや揉んでもらう, いや描かずにいられない, いや描きかえさせなくていい, いや提出者は下げまい, いや揚子江の北, いや換言すれば, いや拳で, いやしたの, いや搜す迄もなく, いや撥無する昼夜, いや播磨守の憂慮はなみ, いや支那人自身にし, いや支配者として臨ん, いやまつて, いや改まってそんな, いや改めてこの場, いや改めてゆっくり参りましょう, いや改元して, いや攻めてはならぬ, いや放さねえ怪しい奴, いや放しませぬ放されませぬお前さま殺し, いや放っておけ, いや放免頭の大蔵, いや政治的スローガンは沢山, いや敗れたりといえ, いや敗れたのは, いや敗北よりもずっと, いや敗戦後の学校, いや敗軍の将, いや教えられるまでもなく, いや教わりたがらないので, いや教養は常に, いやてその, いや散々の始末, いや散々散々お察し, いや散ったばかりで, いや散りず散りずみ, いや敦子さまの方, いや敬うてお, いや敬二ばかりが分らない, いや敬太郎はあの, いや敬意と云, いや殖えぬ, いや数えきれないほど頭, いや数十団のどよめく, いや数時間も待つ, いや数百冊の雑書, いや敵兵かもしれない, いや敵地どころか敵, いや敵討と申す, いや敷き鳴きぬ, いや敷ものはいらん, いや殖えぬ, いや文字通りに全く, いや文学の方, いや文鎮を忘れ, いや斉彬公はえらい, いや料理人に化け, いや料紙硯をもっ, いや斜視そのものは美しい, いや斜陽を読んだら, いやッちまえ, いや斬りはしない, いや斬り損じて落し, いや斬るの殺す, いや断ものです, いや断続して, いや斯く云ふ, いや新さんたら, いや新しもきみ, いや新しいのが, いや新吉と才六, いや新居などではありません, いや新橋ステンショの下等待合室, いや新派ではない, いや新調なさるん, いや新造ばかりでなく, いや於菊の身, いや旅情です, いや旅支度など急がず, いや既にさうなりか, いや日ごろ正直者として, いや日光さまにもう, いや日共の尻尾, いや日曜は絶対, いや日曜以外の日, いや日本そのものが完全, いや日本一ばんは即ち, いや日本中の困っ, いや日本人全体が不幸, いや日本内地の生活全体, いや日本国民のため, いや日本的だけれど, いや日本語は殆ど, いや旦那これは頂けません, いや旦那冗談言っちゃ, いや旧いことです, いや旧交を思う, いや早合点するな, いや早起きをショウレイ, いや早速ですが, いや明けても暮れ, いや明らかに女, いや明りなんかなく, いや明るいやうで, いや明るみに明るん, いや明察どころでは, いや明智先生にたいしてけっして, いや明智君よく来, いや明朝明けの鐘, いや昔かたぎの正直いちず, いや昔殿様か何, いや星田代二と称する, いや映画もいや, いや闌けて, いや春先から景気, いや春子さまにゃ春子さま, いや春子さんさ, いや春子さん私なぞにはどうも, いや春秋です, いや昨今の王様, いや昨夜外に出た, いや昨晩から書き出した, いや是非之等のもの, いやの食事, いや時代的には古び, いや晝酒はくれない, いや晩餐でござるの, いや智慧ばかりで, いや智的な修業, いや智者は智, いやけき, いや暑い暑い暑くてあんまり, いや暑からしのぼりける, いやの夜, いや暗くてよく, いや暗黒ではない, いや暗黒星にはねばっこい, いや暗黒街のナンバーワン, いや暫らくお待ち下さいお話, いや暴言でなくだ, いや暴風雨にもなろう, いや曉方川前市助といふ用人, いや曲乗り致したか, いやと手際, いや更めて熟, いやという程, いや書いたらしいがみな抹殺, いや書かず下書きを, いや書き上げずにはゐられない, いや書き損いをつかまえ, いや書き直さなければならない, いや書こうと思う, いや書中では, いや書物はよしませう, いや書物蔵ではない, いや書生の大川, いや最も肝腎な, いや最も屡々自分で, いや最初吉五郎に目, いや最初私はその, いや最近ひきつづき惱, いやわない, いやに一回, いや月余の連戦, いやがとう, いや有り余る風流よ, いや有力な嫌疑者, いや有村じゃとて敗れた, いや有江さんの伝言, いや服部治郎左衛門元成と妻, いや朗読劇かとにかく, いや望月大尉も呼ん, いや望遠鏡を持っ, いや朝子は身体, いや朝廷との対決, いや朝酒のうま, いや朝飯前のこと, いや朝駈けだ, いや朝鮮人だ, いや期待して, いや木の芽や草, いや木戸はそれ, いや木戸番の與三郎, いや木曽へ立ち, いや木見学士をうまく, いや未来だって考えてる, いや未練がましいことは, いやに, いや末山大将の御, いや末輩からいわなく, いや本ものであった場合, いや本国だけで, いや本屋の主人, いや本当はきっとそうだろう, いや本当はこうだ初め, いや本心でげす, いや本日はお, いや本望至極でござる, いや本来あの連中, いや本物の谷博士, いや本社から此方, いや本統だよ, いや本署でも大, いや本艇に予期以上, いや札幌ばかりが自分, いやの前, いや机竜之助, いや杉田氏の仰せ, いや李儒に偽り, いや材木置場から堀割, いや村会へまで出しゃばっ, いや来たってかまわん, いや来ねえと言う, いや来られまい腰抜け都督の, いやの空いっぱい, いや東野先生ただとは言いません, いや松原通りでひっかけた, いや松平のあの, いや松本さんあなたは恐るべき, いや松葉が光る, いや松露でな, いや林檎もい, いや林藏何処へ往く, いやの, いや果せる哉出席教授二十一名の, いや果断さね, いや架空の表現, いや柏手じゃア, いや柘植という家, いやの木, いや柳斎がい, いや柳澤君何もやつちやいかん, いや柳生よりも奈良, いや柴田殿だろう, いや柿の木の枝, いや柿丘のなし得た, いやは何, いや根っから面白くも, いや根本ではそんな, いや格別働いたといふ, いや格別何故って訣, いや格太郎のこと, いや格言でも座右の銘, いやはちがう, いやだ, いや案内者大きに水, いや梶自身としてみ, いや棄置かねえでも構わねえ, いやをのんだ, いや棒切れどころか硬い, いや植木屋の有, いやべてみる, いや椿事は真夜中, いや楊重庭はそう, いやの正成, いや楠木が暴れ, いや楠木勢へも共に, いや楠本君ひとりならこんな, いや極彩色のは仇, いや極端に云え, いや楽しみなもの, いや楽屋と云う, いや楽屋雀はうるさい, いや榮轉したさ, いや構めへん構め, いや構わず遠慮を, いや構わないで下さい, いや構わんでくれ, いや構わんでも可, いやの穗, いや様子を何時, いやしくもあるべけれ, いや樗蒲打だげすの, いや模本を見た, いや模様を考える, いや権勢に溺れ, いや権威ある方々, いや横向きではない, いや横田さんお忙しいところをお, いや横須賀へ飛ばせる, いやの雫, いやはまだ, いや機会はかならず, いや機長意見をいわせ, いや權六許して, いや欠けている, いや次郎に勇気, いや欣んだの, いや欧羅巴きっての, いや欲しかった, いや歌川一馬氏は自殺, いや歓んでおる, いや歓喜の極限, いや歓楽は手中, いや歓迎しようぼく, いや止めたのが, いや止めないで下さい, いや止めるなお, いや止め得なかったのかも, いや正しいとは言, いや正午はもう, いや正太少年でないこと, いや正季の一勢, いや正季季綱などはこの, いや正成一個にとどまらず, いや正木署長その男, いや正義が世の中, いや正行のみならず, いや此の間私が一両, いや此ままでは大井久我, いや此傷はなに, いや此処らは山家, いや此樣子では此方, いや此處ぢや人立, いや此間友達に貰, いや此際むしろ進ん, いや武士たちもです, いや武家なら刀, いや武者の喧嘩, いや武術も少し, いや歩いてることを, いや歩かなければならなかった, いや歩くことが, いや歩こうよ, いや歳暮にも無沙汰, いや死なせてくれ, いや死なねばならぬ, いや死ぬまい須磨子は, いや死ねというだろう, いや死ねだなんてそんな, いや死んじまつた者, いや死人の鼻, いや死因はピストル, いや死霊は事実, いや残された最後の, いや残らなくてもいい, いや残忍な顔つき, いや残酷では, いや殺されて了, いや殺されちまったんだ, いや殺したのは, いや殺伐な, いや殿軍します, いや母上もこの, いや時間たがい, いや毎日の出来事, いやなら身體, いや干と, いや毛利じゃない, いや毛利家の方, いや毛皮のこと, いや毬彙内に詰っ, いや民心には法令, いや民族の自発, いや民部がしいた, いや民間一般にも, いや気がついてい, いや気づいたまでじゃ, いや気づかうなッ, いや気づかざるを得ない, いや気力が出, いや気味の悪い, いや気散じな暮し, いや気永に待たなく, いや気狂い同士で気, いや気違いそのものの行為, いや気鬱の程度, いや氣狂ひぢ, いや水虫が出来, いや水門だ, いや氷室から西の丸, いや氷山のよう, いや永久に新人, いや永井が代理, いや永劫とは申すまい, いや永田杢次じゃ, いや永遠に古い, いや氾濫だ大, いやを渡っ, いや江の島で突落, いや池上市長が十数年, いや汲もうとせぬ, いや決してさう云, いや沁みにけり, いや沈みゆく著者の, いや沈没船がこんな, いや沖田総司なら, いや沙汰あるまで, いや沙汰止みになった, いや河獺よ, いやが下, いや治世の重, いや泊ることだけは, いやを用いずし, いや法律の前, いや法治国の名誉, いや法燈の滅却, いやの音, いや泣きたければ泣い, いや泣き笑いと言った, いや泥坊には相違, いや泥臭い感じだ, いや泰平の世, いや洋画家と言っ, いや洒落どころか, いや洗いたての男, いや洛中にいる, いや洛内もまだまったく, いや洛陽の上下, いやの国, いや津田さんから鳥, いや津軽の流儀, いや洪水の方, いや洲股城に坐っ, いやに愉快, いや活動を開始, いや活動俳優の真似事, いや活気というもの, いや流れるなんてなまやさしい, いや浅い板で, いや浅草の芸人, いや浅草中で知らない, いやの真砂, いや浜地も今に, いや浜島つていうんで, いや浪子夫人は夫, いや浪漫派だ, いや浪花節じゃありません, いや浴衣とはあんまり, いや浴衣がけに釣竿, いや海中の上, いや海亀は僅か, いや海底にごろんと, いや海底牢獄ではない, いや海底要塞の中, いや海蔵寺伯爵に促され, いや海賊団はメリー号, いや海門の彼方, いや消えてしまった, いや消えたので, いや消えないどころかそれ, いや消えるにきまつ, いや消し飛んだとまでは云, いや消印はありません, いや消極的といふ, いやの杳, いや液体だったから, いや淋しいどころか悲しい, いや淡谷さんあなたには関係, いやさ, いや深切は難, いや深刻な譬喩, いや深谷氏の数字, いや深雪さんからそれ, いや清松は下手人ぢ, いや清盛としては父君, いや清算せずには, いや清荒神ですここ, いや清葉だった, いや清閑を得ず, いやは医, いや済まなかった, いや済むのを, いや渋くさびた老, いや渋茶でもいい, いや渓間へ駈けた, いや渡せと云う, いや渡良瀬沿岸何十里が放っ, いや渦中を, いや温泉ぢやありません, いやまではきんきん, いや湊川の御, いや湖州は明治, いや湯女のお, いや湯殿で加減, いや湯田が悪い, いや里の, いや満座の人, いや満座百余の人々, いや満足せよとは, いや満身悽愴の気, いや源兵衞何か心配, いや準備をし, いや滅多な者, いや滅相もない, いや滅相途轍もねえ嬢的, いや滑っている, いや滲み出てくる, いや滴る青葉の, いやではありません, いや漢口ばかりじゃありません, いや漢学の試験, いや漢方のありふれた, いや潔白なもの, いや澄みまさる散りがたの, いや澄んだらしく濁つたらしく矛盾, いや濠ぎわに追いつめられた, いや濡れ燕に人血, いやの生一本, いや火じゃごわせん山の中, いや火の玉のよう, いや火の粉だ, いや火急に召状, いや火星兵団をせめる, いや灯火もない, いや炉部屋の側, いや烏啼が下手人, いや無一文になつてしまつた, いや無一物になるべき, いや無事なこと, いや無人島ではありません, いや無学なわし, いや無学文盲で将棋, いや無意味だけですめ, いや無残な死, いや無法な強慾, いや無用だ, いや無礼はお互い, いや無礼のかどはお互い, いや無礼講の酒席, いや無給くらいはまだ, いや無縁では, いや無邪気といえ, いや無関係どころか極地, いや無電を出す, いや焦げるまで炊きあげた, いや焦れったいどころじゃあ, いや然し犯さずに, いや焼かないで持っ, いや焼けつくような, いや煎じつめればたった, いや煖炉の中, いやの出入, いや煙草盆はある, いや照りしらむ陽, いや照彦様が待っ, いや照明弾が落ち, いや煩くなくつて, いやの皮, いや熊鷹じゃろう, いやはないです, いや熱い湯だ, いや熱きは汗, いや熱く燃ゆる, いや熱帯圏内に入っ, いや燃えのよい, いや燈籠である, いやの多い, いや燻製肉の代償, いやでこそ呑気, いやし得ないのみ, いや父上を一概に, いや父子狎れ合いの, いや牛若様には聞かし, いや牛頭大仙人, いや牛頭仙人に何, いや牢役人どもとぐる, いやの馬, いや牧君と話し, いや牧氏の無事, いや物売のこども, いや物置に飛ん, いや物語の傍流, いや物越しにでもお, いや物音がすれ, いや特に感謝します, いや特攻隊は別, いや特種作りの名人, いや犬合せの番組, いや犯罪などと極端, いや狂っている, いや狂人ならとにかく, いや狂喜乱舞すること, いや狙えばいくらでも, いやだ, いや独白という, いや独裁的に百官, いや独酌で飲ん, いやではなく, いや狼藉はしません, いや猟人だの岩魚釣り, いや献杯つ, いやと呼ぼう, いや猿類女類男類の順, いや猿類男類女類かな, いや噛みついて, いやがしん, いや獣物といえ, いやりの, いや獨身主義ではありません, いや獲れるこの潮時, いや玄徳を殺す, いや玄徳様へお目にかかっ, いや玄海の波音, いや玄竜だ玄竜, いや玄龍は晝, いや玉の井の傍, いやこそ僕, いや王さまの命令, いや王城は下総国, いや王子さまはいや, いや王室へ功, いや王必の短所, いや王手とも言えない, いや王政としてじっさい, いや王水はいけません, いや珍しくもない, いや珍らしみ刈れ, いや珍重に値する, いや現にもう頽れんと, いや現代ではもう, いや現像は好い, いや現在拙者の頭, いや現実がある, いや現金でいただきたい, いやも体, いや理想の天皇親政, いや理窟はどう, いや琵琶だ, いや瓔珞がアア, いや瓜井戸の娼妓, いや甘い空想に, いや甘き欲の, いや甘んじて御馳走, いや甚ッとおもしろ, いや甚三の弟, いや甞めなくてよ, いや生えていた, いや生きた人間じゃ, いや生ける長政どのに, いや生じっか時局物, いや生まれてこの方, いや生まれない前からと, いや生みの子以上にも可愛, いや生れて初めて, いや生れたばかりの赤坊, いや生存して, いや生憎の雨, いや生活気分を一新, いや生身の大日如来, いや産科医としては, いや用事がない, いや用人久賀彌門, いや用意のあの, いや田圃の中, いや田川の死骸, いや田所とは別に, いや田沼殿の引, いや田舎ツペの青年, いや田舎人もきらい, いや田舎者ですよ, いや田鍋谷なら越え行けぬこと, いや由っちゃん, いや由謂なくは, いや甲州生れだという, いや上げます, いや申さいでは天意, いや申しおくれたがお, いや申したな申した, いや申します申上げます, いや申しますまいと答えた, いや申し分ありませんな, いや申すたつきを, いや申譯ないこと, いや男女のこと, いや男性のそれ, いや男爵は霞ヶ浦, いや男親という者, いやの仕出屋, いや町人づくりののっぺり, いや町内ではもう, いや町屋ばかりでなく, いや町長はなかなか, いや画家です, いや画系や禅家, いや畏れ多い次第です, いや畏敬のシンボル, いや略式だよ, いやをする, いや番頭さんはやはり, いや心では, いや當時のみならず, いや畸人といったの, いやのめど, いや疑いもなく, いや疑ったので, いや疑問どころぢやない, いや疲れとも違う, いや疲労じゃよ, いや疳癪を起した, いや疳違いをし, いや疾くから存じ, いや病氣をし, いや病院さ, いや痛いと思, いや痛飲ばかりで, いや瘋癲院へ這入つた, いや瘤村長の噂, いや癈人という刻印, いやだな, いやでね, いや発し得ないのだろう, いや発ってはいけません, いや発香映画が発明, いや登録された国宝, いやの耳, いや白くして, いや白堊の家, いや白旗弓之助様とんだ粗忽, いや白昼に限る, いや白木綿と月照り, いや白熊といふ, いや白状するがの, いや白米大菩薩, いや白金の下屋敷, いや白馬の毛並, いや百つぶではすくない, いや百パーセント見込みは無い, いや百万円お出し, いや百九歳くらいまでなんと, いや百人の唇, いや百以上にも及ぶ, いや百八歳でも, いや百助と先代, いや百名と揃わなく, いや百圓がせき, いや百年なんかほんの, いや皆さんこれだこれ, いや皆さん白状しますとね, いや皆さん私まで御, いや皆んな知って, いや皆んな勝手に手傳つて, いや皆んな知つてゐる筈, いや皆無であった, いや皇后以上なもの, いや皇太子殿下がいま亜弗利加旅行, いや皇帝に逢っ, いや皮肉るんじゃ, いや皮膚の色, いやの寄り具, いや皿一枚といっ, いや盗みとった金を, いや盗むんじゃ, いやだな, いやを伏せる, いや目下その候補者, いや目撃したと, いや目白もみんな, いや目的以上のもの, いや目科君待ち給え詳しく, いやき帰つて, いや直に帰ります, いや直家は当然, いや直接後悔したわけ, いや直江山城に囁く, いや直治が帰っ, いや相川さんおとなげない口論, いや相当の数, いや相性がいけねえ, いや相木熊楠がその, いや相棒君君が出かけ, いや相談はしました, いや相談事がある, いやて取った, いや看板だから, いや看病だけなら, いやつ直ぐ, いや眞個の奈落, いや眞達さんの事, いや真っ向腹を申しおりまする, いや真っ白な衣, いや真にそうだその, いや真個に気の毒, いや真情だ, いや真田どのは真田どの, いや真砂町のは三等局, いや眠くはない, いや眠ったので, いや眠れなかったという方, いや眩くも千客万来, いや着くやいな戦旅, いや着たといふ, いや睨みの利かねえ, いや睨めっこといっ, いや矛盾でない, いや矢ダネ食糧だけでなく, いや矢代さんあなた方はこの, いや矢口と云え, いや矢張りハッキリと, いや矢張己が弱っ, いやつて, いや知った人が, いや知らされていない, いや知らすべき便が, いや知らなくてもい, いや知らなければ好い, いや知りあう前に, いや知りたいんだ, いや知ろうとしない, いや知己の光榮, いや知識そのものが傷み悲しん, いや慶坊主も, いや短くはない, いや石切り場にへいが, いや石橋と私, いや石高に, いや石黒氏がお茶, いや砂糖まるつ, いやをいたし, いや研究の考えごと, いやの一兵, いやなどは賤, いや砲弾ばかりで, いや破れかぶれ何を隠そう, いや破壊がベルリオーズ, いや破滅の方, いや破片でも大, いや硫黄岳ではない, いや確信はない, いや確実なところ, いや磨いている, いや礼儀であった, いや社会に於, いや社会問題には詳しくっ, いや社長のお許し, いや祇園での踊手, いや祈祷の種, いや祖父江出羽さまのお, いや神々しいのは, いや神主だったこと, いや神仏の加護, いや神尾の殿様, いや神尾殿槍は貴殿, いや神戸横浜もいや, いや神父様がた, いや神籤よりは武道試合, いや神経衰弱なんぢやよ, いや神近はすでに, いや神通が切れた, いやを転じ, いや福の神はとんだ, いや禽獣にすら見られない, いや私たちはあなた, いや私たち二人は知りません, いや私ゃ否ですよ, いや私ア金を取る, いや私方ではそんな, いやが深う, いや秋子さん相すみません, いや科学的精神のみが思想, いや秘密に, いや程なく見えられよう, いや程よくして, いや積みまさる大谷の山, いやの中, いやを仰ぎ見ない, いや空々に乾かし, いや空中にほとんど, いや空恐ろしいお行く末, いや空想といふより, いや空気そのものまでが病菌, いや空耳だらう, いや空虚とその, いやのはいった, いや突かれた時は, いや立ちに風浪, いや立つに及ばん, いや竜巻じゃない, いや端正に過ぎる, いや端的に体験, いや競っている, いやの手足, いや竹刀の当りかた, いや竹童いまのは木, いや笑いたいんだ, いや笑ったのは, いや笑わせもんさ, いや笑わないで下さい, いや笑われたってどう, いや笑止千万だ, いやを着, いや笠井さんの場合, いや笠森仙太郎自身の眼, いや笠置落城のさい, いやがなけれ, いやの組みかえ, いや筒井どのが見えられ, いや答えてくれる, いや答えることが, いやだ, いや箕面昆陽野のあたり, いや管輅は左, いやにはない, いやで食いやしょう, いや節ちゃんにそう, いや篝火は待っ, いや簑笠が小さい, いや米友特有の道義, いや米国でもおなじ, いや米屋じゃござんせん, いや粉飾にとじこもっ, いやじゃない, いや粗いどころか冥加至極, いや精しい事を, いや精密な色わけ, いや精物というは潔き, いや精神界をさえ, いや精進の力, いやはもはや, いや糸口はハッキリ, いや紅く百日紅は, いやは可愛い, いや紋十郎ならし, いや納屋と外廻り, いや友は, いや純粋の心理病理学, いや紙屑だって容易, いや紙幣でも同じ, いや素人には知れぬ, いや素子がし, いや素晴らしい結構な, いや素朴でいい, いや素町人の子, いや紫苑ぢやありますまい, いや細いのぢ, いや細かいこれも, いや細かく云わねば, いや細作に相違, いや細引は何処, いや細菌でも何ん, いや細身の刄物, いや紳士ではあるまい, いや紹介するよう, いや紹巴どのも慌てられた, いや終局だ狂, いや終戦後までも虐げられ, いや終日の舟, いや組み着かれたと, いや組踊り自身が玉城重朝, いや経験じゃない, いや結局は比, いや結局おれは中止, いや結局此の方が好い, いや結局自分の予感, いや結構是非願います, いや結構結構大いに愉快だ, いや結氷が水, いや結論ということ自身, いやがはりつけ, いや絵具箱を掃除, いや継ぎ継ぎに, いや継母だと, いや維新変革の後八年, いやは私, いや綾衣はここ, いや綿井氏は絶対, いや大将の, いや総ては何ん, いや総代はもっと, いやってはいた, いや縁者でも知己, いや縁談にかかった, いや縄梯子の方, いや縛るとはまだ, いや織田と結ばん, いや織田家の勃興, いやが一本, いや罪九族にも及ぶだろう, いや罪科を糺す, いや置いた場所は, いや置文の声, いやは覿面, いや罵倒はする, いや罷り間違えば作者, いや罹りはしない, いやの王国, いや美しさといふ, いや美人不美人を問題, いや美佐子がドサ貫, いや美和子さんなんて誰, いや美婦の紅唇, いや美学ばかりぢ, いや美少年といった方, いや美濃へ使い, いや美男ぶりのその, いや美紅姫ではない, いや美緒が現在, いや美迦さんはあんまり, いや群馬県の方, いや羨しいこと, いやに背く, いや義仲のばあい, いや義元のみでなく, いや義兄とも仰い, いや義弟の関羽, いや義経の風采, いや義経公はあまり, いや義詮の一条項, いやも食はず, いや羽根へ中, いや羽織だけ職人, いや羽衣だよ, いや寂びた事, いや翁屋小左衞門殿, いや習いたければ習う, いや習慣的といふより, いや翠川君一言も無い, いや老いてなお, いや老人胸がむず痒う, いや老台を連れ, いや老師のおかげ, いや老師私たちは一日余計, いや考えたんじゃ, いや考えてるものか, いや考えれば考える, いや考え違いなすっちゃ, いや考証を尊ん, いやけるなそんなら如何, いや耐らぬほど, いや耳たぶもふるえ, いや聖者と呼ばるる, いや聖降誕祭に附属, いや聞かいでも大方, いや聞かせてもらっ, いや聞かれて惡, いや聞き違えではない, いや聞き違えでない玄妙観の, いや聞くまい明日は, いや聞分ないという, いやの血気, いや聟どのの自身, いや聟殿があれ, いや職人泣かせでしたよ, いや職工の中, いや職業を得, いやかぬ, いや肉体が亡び, いや肉類も卵, いや肋骨の一枚一枚, いやは自慢, いや肖像画があり, いやを冷す, いや肝心のお話, いや肥田のやった, いや育てた者の, いや胃袋だ, いやの太い, いや胆吹の女傑, いや背中にお, いや胎動ではない, いやはある, いや胸中山水だから, いや胸底おのずから相, いや能力が無い, いや能楽の方, いや脅迫がましいよう, いや脱皮して, いや腐らされざるを得ない, いや腐るものそれが, いやと魂, いや腹アお立ちなさるな, いや腹立つどころで, いやなればこそ, いや自らその幸福, いや自信のつよ, いや自分たちで分割横領, いや自分のからだ, いや自分らは政所直属, いや自分以上の空想, いや自分自身に向い, いや自分達こそ祭典, いや自嘲にたえん, いや自尊心だ向こう, いや自尊心以外に何, いや自惚れている, いや自惚れるだけのこと, いや自身はその, いや自身番なんぞへ連れ, いや自首するつもり, いや臭いというやつ, いや至尊として臣下, いや至急にその, いや至極の言, いや興奮せずには, いや興行師としてのお, いやを噛み切っ, いや舞台姿の彼女, いや舟路を来ました, いやからしぶき, いやのこと, いや船中の者, いや船頭だった, いや良い方だ, いや良寛禅師の書, いや良心ではない, いや良計を教えましょう, いや色々さあず, いや花世とそっくり, いや花火だったかな, いや花見よりもよほど, いや花魁は私, いや芸妓の, いや芸者屋です, いや芸術的演劇と雖, いや苛めやしないよ, いや苛酷かもしれない, いや若かろうが, いや若松の街, いや若様がたは鷹揚, いや若様雷が参りました, いや若気の誤, いや若者念のため, いや苦し愁は, いや苦しみを傍観, いや苦情は尤も, いや苦痛の反対, いや英語らしい, いや茂みの表面, いや茂るのみ江水, いや茫然とした, いや茶室であると, いや茶色の, いや茶釜から尻尾, いやのよう, いや草履取などから士分, いや草山の争い, いや草心尼といえ, いや草色ばかりじゃない, いや草野党だ, いや草香流も飛ん, いやの蔭, いや菊屋のかみさん, いやが不味い, いや菩提の光, いや菰田源三郎氏の夫人, いや萩乃ばかりでなく, いや萬一の間違, いや落ちて來, いや落ちこんだので, いや落第したん, いや葡萄酒だけじゃねえ黒パン, いや葬式がどうこう, いやが出来たら提げ, いや蒙ったにした, いや蒲団の上, いや蒸しに夏, いや蓄音機は青柳, いや蔑棄したい程, いや蔡家溝で下車, いや蕃人だ, いやが延びる, いや髯の, いや薄く冷たき情忘られなく, いや薄井のほか, いや薄情だと, いやが断然, いや薬餌を求め, いやか綿, いや藤吉郎もそれ, いや藤吉郎自身は各, いや藤夜叉どののこと, いや藤枝さんいくら当, いや藤枝君には度々, いやの輿論, いや藪八に采女, いや虎ヶ窟へ, いや虎魚などの刺す, いや虚報とは思われませぬ, いや虫箱はそれ, いやは人間, いやばかりじゃない, いやよりも鼠, いや蛭田博士悪あがきはよし, いや蛮方異産の類, いやの毒, いや蜂蜜は買いません, いや蜂谷もやっぱし, いや蜂須賀のため, いや蝙蝠にかぎる, いや融かすものは, いやよりも更に, いや蠅男に向うた, いやでも何, いや血族的にやまと人, いや血気壮んな若者達, いや血痕でない, いや血盆経というお, いや行かうこ, いや行かねばならない, いや行きたくないからよし, いや行きちがいの話, いや行くなら当寺, いや行ってはならない, いや行つて見よう, いや行儀があまり, いや行司は誤っ, いや行燈の皿, いやも腕, いや衛士と争う, いや衝立の陰, いや衣食は春秋二度, いやに変, いや表通りにすらも, いや袁術へはこちら, いや袋帯のせい, いや作虐者かも, いや被害地は年々, いや被害民に対する讒奸, いやはい, いや裏山へはそち, いや裏表の多い, いや裏通りにもサイレン, いやにされる, いや裸以下には正味, いや裸体じゃない, いやはぴったりしめて, いや西だ西, いや西方が将来, いや西暦千七百千九百笑いなさいうんと, いや西洋どころでは, いや西洋人でもなけれ, いや西鶴の, いや要するに紀州の, いや要らないのです, いや要らぬ遠慮, いや見えなくなったので, いや見おぼえがあった, いや見すかされる云々は, いや見せただけで, いや見せたかったよ, いや見そこないのほう, いや見そこねたどころで, いや見ましたとも, いや見やしないさ, いや見られたとある, いや見れば聞け, いや見事よあれ, いや見合い一回の, いや見失ってはならぬ, いや見得なかったそうです, いや見慣れてゐる, いや見物じゃない, いや見破つてみせます, いや見苦しいのは, いや見詰めてもいなかった, いや規則は規則, いや規律に反, いや覗いたかと思う, いや覚えがない, いや覚一の姿, いや覚悟をし, いや親しくもなりまさる, いや親しめないばかりか気味, いや親分さんの前, いや親切にありがとう, いや親孝行の見世物, いや親方が大分, いや親方大層遅く今夜, いや親父の命日, いや観客以上に新内, いや観心寺の法師ら, いや観念したばかり, いや観相というもの, いやつたつもり, いや解くことは, いや解けぬのが, いや解っている, いや言いかたの, いや言い出したばかりでなく, いや言い合せたように, いや言い訳ならん, いや言うてくれる, いや言ったのなら, いや言つたかもしれない, いや言つて了つた方が宜, いや言わいでもわかっ, いや言語道断の女, いや言責はどこ, いや計画とまでのはっきり, いや計画的な特徴, いや訊いたことには, いや記憶して, いや訪れらしいぞ, いや訪れることすら, いや許したのじゃ, いや許すならばぼく, いや許容しようとは, いや許田の御, いや証人がある, いや詐欺というの, いや詠歎そのものさえもすでに, いや試みに眼前, いや試作伺いのこと, いや試作品はいつも, いや試合の勝負, いや試合順はきまりませぬ, いや試食どころでは, いや詩人とまで言っ, いや詩経にも希臘悲劇, いや詫びることは, いや詭弁じゃない, いや詰らんもので, いや話し合うことを, いや話すは, いや話せるぞ話せる, いや誇るアートレデースいき, いや認めまいよ, いや誓うには及ばぬ, いや誠実な人たち, いや誠心で祈り, いや説き伏せたり証拠, いや説明の出来ない, いや読みにくい, いや読み終った文殻をも, いや読み聞かせよう信濃坊も, いや読むので, いや読んでます, いや読んだよ, いや誰か一人でも気がつけ, いや課長たしかにすっと壁, いや調子に乗っ, いやい男, いや請合うまでのこと, いやより証拠, いや論者の考え, いや諦めてし, いや諦め得てゐる, いや諫言を奉った, いや諸々の原因, いや諸事萬事氣に入りませぬ, いや諸君それよりも気がかり, いや諸君太刀川青年はけっして, いや諸君富士男君を選挙, いや諸員の思う, いや謀反人だと, いやをかけない, いやしますぢ, いや謝るほどなら, いや謹むで拝見する, いや謹んで拝見, いや謹慎のため, いや證明するに, いや警察や憲兵隊, いや譬えようのない, いや譲るべきが至当, いや變つて行つたのでは, いや谷君ならば, いや豆潜水艇だよ, いや豊原には旧, いや豊田の館, いや豊田御厨大葦原, いや豪勢な別荘, いや豪気な都督, いや豪胆な笑いじゃったぞ, いや豫定通り明日が試運轉式, いや豫想外である可, いや豫期しては, いや豹吉はじめ青蛇団, いや貝塚としては面積, いや貞女になれ, いや貞雄ばかりのこと, いや負ける理由は, いや財産だけで, いや貧しくなれば, いや貧乏徳利を探す, いや貫太君にはいづれ, いや責めるのじゃ, いや責任はわたし, いや貰うのも, いや貰われて来た, いや貴僧悪甘い匂, いや貴公等がかかる, いや貴島をかばう, いや貴方これはです, いや貴方是はです, いや貴方様のお, いや貴族は暗黒, いや買うので, いや買つたのでは, いや買わなくても船長以外, いや貸すまいとして歎願, いや賊自身でもほんとう, いや賛成させて, いや質問といっ, いや質屋の通帳, いや質素を通り越し, いや賭そのものを味, いや賭博はやめました, いや賭場が割れた, いや賽の河原は海, いや赤ン坊の着物, いや赤井主水, いや赤土の猫, いや赤座ばかりでない, いや赤禿の山, いや赤羽まで校長, いや赤螺三平の男, いや赤貝だ, いや走るわ, いや起居のできる, いや微生物という, いや越しちゃいや, いや越したよ茅ヶ崎, いや越前屋のお, いやがある, いや足しになる, いや足もとの熊笹, いや足りないという, いや足下だけの敗戦, いや足利には天皇領, いや足利一類と見なさるる, いや足利三十二党を代表, いや足利家の諜者, いや足利御台所へよう, いや足利殿にも, いや踊りは自分, いや踊る事わ, いや踏むやら蹴る, いやめいた, いや蹴倒すどころか僕, いやでも何ん, いや気に, いや身ごなしに清潔, いや身じまいなどをする, いや身どもは, いや身体ぢゆうの, いや身体全体が無い, いや身分と云っ, いや身命を賭し, いや身心を洗, いや身體も只事, いや車副の三十余騎, いやの速度, いや軍艦に相違, いや軍談本にどう, いやして, いや軽井沢に居る, いや軽輩には却って, いや輝くんだ, いや轟さんも実は, いや辛辣という点, いや辞めるわけにも, いや辞句を練るまえ, いや辞退するの, いや辰一郎様でございましたね, いや辰公ばかりでなく, いや辰吉が捕まらない, いや農家の火, いや農村だといふ, いや農民達ばかりで, いや項江戸にも, いや近づいてくる, いや近代精神が生れた, いや近在からも山, いや返答無用といわぬ, いや迦羅奢を, いや迷信だ, いや迷惑そうだといった, いや追いつかないので止めた, いや追ってその許, いや追及したところ, いや追込みに入った, いや退かぬ万一の, いや退却でない, いや退嬰的ですら, いや退屈どころじゃねえ, いや逃がさぬ今度は, いや逃がしたのじゃ, いや逃げようとしても逃げられる, いや逃げられるぐらいなら, いや逃げ足の早い, いや逃げ路なんていふ, いや逃げ隠れはせん, いや逃亡をこころみ, いや逆境はいつも, いや逆法ではない, いや逐一したためて, いや這入っていれ, いや通うという, いや通じない顔を, いや通じなかつたええと, いや通るとも通るまい, いや速く驅くる, いや造作もない, いや連れて来た, いや進んで生かさなけれ, いや進取の御, いや逸してしまった, いやかあ, いや遅刻したの, いや遊ばせておく, いや遊びの心, いや遊んでとはいわれない, いや遊んでるので, いや遊女めかした風, いや運動場の周囲, いや運命は苛酷, いや運命的なの, いや運筆はかへつて私, いや運転手の飛ばした, いや過ぎたことを, いや過ちぢやあるまい, いや過小でも貰った, いや過日は失礼, いや道中水は一切, いや道夫の家, いや道子までが口, いや道弥がせね, いや道徳的なもの, いや道楽どころでは, いや道理で近ごろ, いや道行く人の, いやせずには, いや達也様は花, いや達者なもん, いや違います違いますあなたの, いや違っていた, いや違ったやまともろこしです, いや違ったらご勘弁, いや違つてゐない, いや違ふよ私は実際, いや違わないお前の, いや違わぬ俺の, いやにみ, いやにあれ, いや遠ざかる雲が, いや瀬がねえ, いや遣手だわ, いやけくも, いや遥か野面に, いや適任でないお, いや遮二無二み車, いや遲參で何とも, いやは病人, いや那樣ら貴方に云, いや邪げるの, いや邪魔どころぢやない, いや部下にする, いや部屋住であろう, いや部長あまり面白く, いや都合による, いや都督へ向っ, いやをしよう, いや配偶の言, いや配所へご, いや配給もある, いや酒景のみだれ, いや酒気を帯び, いやへない, いや酔っ払ってるんだ, いや酔払いがこの, いや酔払ったんです, いや酔眼に映つた, いや酷い混雑, いやつ拂, いや醫者が先, いや采女といっ, いや采女一人では, いやへ行つて, いや重いことを, いや重きつもる堅雪, いや重たい首の, いや重ねてはいけない, いや重大な飛行島, いや重治どののお, いや重野少尉の時, いや野々宮さんじゃない, いや野ら番ばかりァ, いや野郎が松の木, いや野鼠でも莫迦, いや金さんこんなこと, いや金五郎はもう, いや金利を取る, いや金吾のみならず, いや金吾君いろいろわけ, いや金属と呼ん, いや金廻りのいい, いや金持ちがありました, いや金星のブブ博士, いや金次がどんなに, いや金花はこの, いや金談でもよろしい, いや金輪際駄目だ, いや金魚はよろしい, いや針さしへ針, いや針一本見付からなかつたの, いや針仕事をし, いや針目博士は頭痛, いや釣れも釣れ, いや釣れるもので, いや釣道具屋の親爺, いやは鈍, いや鈴子さんそれはあんまり, いや鉄砲をいや, いや鉱毒問題はすでに, いや鉱泉宿です, いや銀五郎のみでなく, いや銀座界隈を見下ろし, いや銀杏の葉, いや銀次は道具屋, いや銀次ぢやない, いや銀白のその, いやの山, いや銭形のそう, いや銭金で片づかない, いや鋼鉄で造られ, いや錠前はなにか, いやをとる, いや錯覚にまでたかめられた, いやを掛けろ, いや鎌倉じゅうがうすい, いや鎌倉どのの代官, いや鎌倉中の御家人, いや鎌倉御家人一般をいっ, いやが笑っ, いや鎧櫃はわかっ, いや鎮魂楽の原, いや鏡葉之助, いや鐘楼には電燈, いや長々に, いや長い事おじゃま致しまし, いや長久保さんのこと, いや長崎から越後港, いや長年の友, いや長続きはよろしく, いや長蔓のしげりはびこる, いやの上, いや門前市をなす, いや門口で外, いや門柱くらいに叫び騒がずし, いや門違いした, いや閃いたばかりで, いや閉つてはゐた, いや閉口だ, いや開いた奴が, いや開墾のため, いやにまかせ, いや閑日月に富んだ, いや閑職の身, いや間淵洞斎が打, いや間違ったんです, いや間違ひもなく山師坊主, いや関はんですよ, いや関係がある, いや関東の女, いや関興でしょう, いや闘いではない, いや防空壕じゃない, いや阿修羅の伜, いや降りて来た, いや降りつぎて暗き, いや降りやがるふりやがる, いや降ることは, いや限らないどころかその, いや院展の方, いや陣形がかわっ, いや陳宮は近頃, いや陳珪のいう, いや陸軍にもわかった, いやいッぱい, いやでなくとも, いや隆々として若い, いや階下へ行かう, いや隕石だけで, いやだ, いや隠さんでもよい, いや隠したっていかん, いや隠居の儀, いやしては, いやが吠える, いや雑人どもをよく, いや雑林の奥, いや雑用はこれ, いや雑賀隼人加賀の前, いや雑閙であること, いや雨上りの日当り, いや雨傘が拝借, いや雨戸も窓, いや雨気はもっと, いや雪舟の掛け軸, いや雪駄の跡, いやの中, いや電気ではありません, いや電流は流されない, いや電臓は殺す, いや震えている, いや霊易といおう, いやと申した, いや青年だ, いや青木でいい, いや青江のかたき, いやに歩行, いや静寂ばかりで, いや非難どころでは, いや面白かったですよ, いや面白くないでしょうよ, いや面目しだいもない, いや面目次第もない, いやの袋, いや靴跡の中, いや頃合いにござりましょう, いや須永は大丈夫, いや須藤もいつ, いや頑丈さを持っ, いや頓死ではない, いや領下の民, いや領民すべてのもの, いや頬杖で讀む, いや頭ぜんたいがない, いや頭數なんか數, いやがなくなっ, いやけ, いや頼まなくともこういう, いや頼まれぬことも, いや頼みじゃ同じ, いや頼もしうござる, いや頼朝いらい幕府, いや頼朝みずから出陣の日, いやも襟, いや顔馴染という, いやはくば, いや願念寺は動きません, いや風光は明媚, いや風師山へ登れ, いや風景とも言いきれない, いや風流どころでは, いや風采といい大人びた, いや飛び越えようとした, いや飛出さんでもえ, いや飛行島を爆破, いや飛込むつもりだつた, いや飛魚のよう, いや食えないんじゃあ, いや食おうと思, いや食つて来た, いや食べたよ, いや食べるがよい, いや食事はもう, いや食休みでございましょう, いや食物は持っ, いやより渇, いや飯場だから, いや飲まされたのは, いや飲まなくなったので, いや飲まれすぎた最後の, いや飲みすぎたために, いや飲むんだ, いや飼いやまがらに手, いや飼ってもみぬ, いや飽くまでこの世は, いや飾り綿ばかりで, いや首尾よくやっ, いや香炉峰の二つ, いや馬の脚を冷やし, いや馬岱のこと, いや馬籠の駅長, いや馬超ばかりでなく, いや馬鹿囃子はいや, いや馬鹿気ている, いや馴れない仕事を, いや馴染だって互いに, いや駄目ぢやない, いや駆出しの虚無僧, いや引きしたい, いや駕籠の虫, いやきと, いや騎馬隊だよ, いや騒がせたナ, いや騰り国原恋ふる, いや騰る夏空青し, いや驅けたの驅, いや驚いたいけますなあ, いや驚かねエの, いや驚かせたばかりで, いや驚かないでも好い, いや驚かなくともよろしい, いや驚かんでも宜しい, いや驚きですな, いや驚きまして一応, いや驚き入りまする, いや驚くだろう畳へ, いや驚愕したの, いやを折らせた, いや高井へ行きます, いや高台寺組が新撰組, いや高品さんの世話, いや高圧絶縁とか電磁石, いや高徳には読む, いや高時公のご, いや高札などが押, いや高橋さんや僕, いや高氏の腹, いや高氏どのは召, いや高氏自身にすら複雑, いや高知は両親, いや高間さんは大漁, いやの生え際, いや鬱勃たる不平, いやというもの, いや鬼気ともいえる, いや魏兵の猛烈, いや魏将軍の下, いや魔物ではない, いや魚雷は発射管, いや鳥渡亜米利加まで行っ, いや鳥獣は驚い, いやも違っ, いや鳴き競って, いや鳴きようがさっき, いやなどはおりません, いや鴨たると鵜たる, いや鵜沼の虎, いや鵜飼邦太郎が御霊所, いやは旅順, いや鶴子嬢は僕, いや鶴雄などはまだ, いやのお, いや鸚鵡蔵は沈黙, いや鹿児島やつたらお断り, いや麗子はまだ, いや麦飯だ私, いや黄忠は今朝ここ, いや黄昏の微風, いや黒主は助かりました, いや黒合羽だつた, いや黒吉は以前, いや黒君おめでとう, いや黒川団長城南にはお前, いや黒旋風が泥棒, いや黒服の狂犬, いや黒死館という祭壇, いや黒河内総監こそは, いや黒鍬の者, いや默らねえ, いやではない, いや鼠小僧と云, いや鼻唄さ, いや龍太郎おまえにはさらに, いや龍宮から東京駅, いや龍泉どの, いや龍泉殿へまいった