青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いも~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~ ~いません いまだ~
いも~
~いや いや~ いやいや~ ~いよいよ いよいよ~ ~いよう いよう~ ~いらっしゃい ~いらっしゃる いらっしゃる~

「いも~」 1125, 12ppm, 9039位

▼ いも~ (536, 47.6%)

2619 ぢや 13 だと 11 です 9 がある, である, では, はない 8 ですね 6 だな 5 でした, を 4 か, ですから 3 が私, だという, であると, ですか

2 [28件] かと胸, か怎, か惡いもの, がタラタラ, が落ち, が走, が身體, じゃ, だぜ, だそれ, だつた, であった, であるかを, でございます, でして, でないだけは, なんかありやしない, なんだ, にし, に相違, やけるの, を感じ, を感じた, を見, を見る, 花, 葉に, 蔓に

1 [331件] あとさへ, あなかろ, いじめ, いひ, お氣, かこれ, かどう, かの, かはつきり, かを知ったなら, か優しい, か悪い, か悲, か殆ど, か浄瑠璃, か考へ, があっ, があり, がありまし, がい, がいい, がいくら, がこの, がこびりつい, がたくさん, がたちまち, がたまたま, がちら, がつけ加えられる, がない, がなかつた, がなけれ, がスーッ, が一つ, が上, が並ん, が乗つた, が伝わった, が充満, が入, が出, が動い, が參, が喜ばれる, が始めて, が幻, が影, が彼女, が感じられる, が手, が永遠, が流れ, が流れた, が流れました, が湧き上っ, が澤山, が猛烈, が玉太郎, が空, が絶えず, が続々, が緻密, が美, が背中, が胸, が脊筋, が襟, が見えます, が見付かった, が触りました, が触れた, が這い上った, が頗る, が額, きんと, しっぽが, じゃうち, じゃのう, じゃア, それ, それも, それを, だからいつも, だから借金だらけ, だが, だがしかし我々, だがその, だが到底, だけれ共, ださうでさる, だぞよ, だったと, だったろうと, だったん, だつて, だといふ, だなあ, だなア, だよ, つまり下手人, つもりに, であったと, であったとしても, でありながら, でありましょう, であります, でありますが, であるかに, であるに, であれば, であろうか, でございますか, でございますね, でございまする, でしょうか, ですかい, ですが, ですけれど, ですという, ですよ, です鏡台, でなければ成りません, ではありません, でもあつ, でもこれ, でも三四枚, でも其, でも未だ, でも直接, といえ, といへば, とぐちゃぐちゃ, とし, とする, となっ, との區別, との差別, とはどうも, とは知らなかった, とみえる, と信じ, と察せられる, と度胸, と念じ, と思え, と思っ, と思つて, と思はれた, と思ひ, と思ひ捨て, と新しい, と村方, と申さね, と答, と諦める, なこと, なし, なべを, なら何, なら惡いも, なり, なれば, にさせます, にした, にします, にしよう, にすれ, にせず, にせんけりア, になった, になります, になる, にぶつかれ, に思い, に思え, に思われる, に想像, に感じられる, に抱えられ, に抱かれた, に抵抗力, に縛られ, に見よう, に見られた, のまない方, の五日十日積る, の流れる, は, はあらかた, はありのまま, はありません, はあるでしょう, はお, はことごとく, はこの, はな, はなかっ, はなく, はみな, はみな写しました, はもっての外, はテアトル・コメディイ, は一切口, は今日, は何, は何年, は出, は可愛らしい, は声, は売却, は大, は大切, は大概金, は巧, は後, は恋, は敵, は未練氣, は浦戸入江, は無く, は米沢城, は總, は魂, ほど強い, まわりに, みこと, むしろ断念, むしろ斷念, もある, もはかない, も惟うに, も見あたらなかった, やら存じませんが, ゆえ此者を, ような, をおきせしよう, をそれ, をそんなに, をよくよく, を一つ, を一刀, を世の中, を二十四, を五朱, を何, を作り出す, を僕, を別に, を包ん, を味わった, を売っ, を大刀一揮, を奪い取る, を射た, を差上げます, を彼, を思い出し, を愛宕山, を感じないで, を手, を拾, を拾つて來たん, を正直者, を用, を着, を着せたがる, を知らなけれ, を苦痛, を見た, を覚えた, を誰, を買っ, を身, を選んだ, を食べ, を飲ん, を飾っ, 三年跡に, 元來, 力を, 即ち雜草, 可愛もの, 喰べ, 大ぶりの, 天ぷらを, 好きの, 好みを, 如きは, 如件, 妥協的な, 子が, 安全剃刀の, 山々あれ, 強いもの, 待つと, 御馳走し, 悪いもの, 杜若に, 残りいもで, 汚ら, 汚らわしいもの, 渋いもの, 焼ける匂い, 煮えたの, 煮たの, 痕, 盛りに, 知らずの, 美しいもの, 芒や, 花の, 茎が, 茎という, 葉が, 葉の, 薄ぎれをやいている自分たち二人, 許り, 買いでは, 超自然的, 身ぶるいを, 身体の, 邪な, 重さ, 量を, 釜です, 難有, 音やにはに, 頂戴, 頂戴な, 食べさして, 飲みつ

▼ いもので~ (84, 7.5%)

8 あつた, せうか 3 ござります 2 あつて, せう, 双方の, 有る, 起居に

1 [55件] あつたら, あつたらう, この, この葛岡氏, さすがに, それからそれ, それが, それを, たつた一, ちっとも惜しい, どうかな, なうお前様, なかなか來, なかなか改まらなかった, ひどいやつ, もちろんあと, よく婦人, ロースに, 之が, 代々植付けられ, 何う, 何一つもと, 兎角の, 兵曹を, 十九世紀の, 双六を, 叔父は, 妻子が, 寶玉の, 彼程, 待つて, 心の, 忰と, 恐く舞楽, 文明開化の, 明る日, 是へ, 普通の, 東面の, 橋本の, 殊に故郷, 汗疹が, 決して争, 物をも, 私は, 米国でも, 米櫃一つ噛らなくなる, 自分の, 色の, 見返えると, 触られたよう, 貰ひたい, 道庵先生に, 鐵砲風呂を, 麻の

▼ いもなく~ (53, 4.7%)

1 [53件] きらきらと, この苦境, さまざまと, しどろもどろに, しんしんと, すぐに, すでに足利直義, すべての, すまぬもの, そんな事, ただ景色, ただ覚えた, だらしなく酔っぱらった, ちと深入り, ちょこちょこと, てんしゅの五重が, なんとなく笛, カタリとも, シインと, 両側から, 中に, 僕は, 六尺棒を, 切りつ薙ぎつ追, 吸収する, 夜まで, 夢の, 大きな声, 婦人たちの, 彼女は, 彼等は, 従って力強く, 御迷惑, 思うが, 悶々と, 懸想し, 手を, 段々悪い, 気負って, 泣き伏して, 涙を, 火星兵団の, 片っ端から, 犬の, 眠って, 腹が, 色も, 血気な, 言いだす奴, 赫く, 轍に, 連想が, 遠方を

▼ いもない~ (29, 2.6%)

4 のです

1 [25件] くらいヒッソリ, こと申す, と思い, ばか者だ, ままに, ものだ, もので, もんだ, ように, らしかった, わい出, 一輌の, 人じゃ, 友太郎だった, 奴のう, 姫草ユリ子の, 岩見銀山の, 怒りを, 様子を, 歌麿の, 江戸屋敷の, 者, 虚勢と, 閑山あったら, 顔を

▼ いも~ (24, 2.1%)

1 [24件] あてがって, おもひで, こしらえたり, そのままほうりこんだ, とって, どんな煮, ぶんどって, むして, 分けた, 口の, 噛んでさえ, 坊やに, 掘る駄菓子屋, 植えたので, 洗うよう, 減らすの, 煮て, 買いに, 買って, 食ってから, 食ってや, 食べましたか, 食べる, 食べる事

▼ いものの~ (17, 1.5%)

2 やうに, ように

1 [13件] そばに, ために, なかに, ほうに, ようである, 一つだ, 必然な, 感じの, 枝豆なども, 模倣である, 正体に, 籠手に, 退路を

▼ いも~ (16, 1.4%)

3 ですか 2 だ, ですね 1 でございますね, でございます此処, でしょうね, ですかってさ, ですから, ですな, ですよ, でね, 喰ひ

▼ いも~ (13, 1.2%)

1 [13件] うむを, ええ, ごろごろ出来, しらばかり, つかないん, ならべて, へる, まつらむつきはへにつつ, もらえなくっても, やけてから, 来ますよ, 金の, 食べられませんとは

▼ いも~ (11, 1.0%)

1 [11件] おうけとり, お酒, せに, のぼれば, 両人男の子一人かつ, 仮名書の, 呼ばわりて, 商人が, 打込んで, 畏る, 莢ゑん

▼ いもよう~ (10, 0.9%)

2 があります, のある 1 がこの, がつい, が次, のむかし, の陶器, をかいた

▼ いも~ (9, 0.8%)

1 あったこと, どうでした, やらない, わすれじ, 浦和の, 湯気を, 特別おいしい, 野生に, 鳶のねの

▼ いも~ (9, 0.8%)

1 から現れた, が出来る, ぐらい出来る, だ, だやきいも屋, になる, も初める, をし, を初める

▼ いも~ (8, 0.7%)

2 ている 1 あるいは自, ておりません, てやらない, て四方, て臥よう, または昼

▼ いもある~ (7, 0.6%)

2 のが 1 からだじ, から心, というよう, もんか, 美人ぶりなかなか

▼ いもやの~ (7, 0.6%)

2 中から, 中に 1 ような, 中の, 壁である

▼ いもしない~ (6, 0.5%)

1 きみの, でいる, で要り, という場合, ところの, 所を

▼ いも~ (6, 0.5%)

2 のよう 1 が人間, じゃあない, のやう, の如く進ん

▼ いもざし~ (5, 0.4%)

2 になっ, になる 1 になれ

▼ いもする~ (5, 0.4%)

1 がまた, この禰宜, と見える, のであった, ものです

▼ いもせず~ (5, 0.4%)

1 にどんどん, に要らない, ズシンと, 夕暮方まで, 扈い

▼ いもなかっ~ (5, 0.4%)

41 たし

▼ いものに~ (5, 0.4%)

1 イヤといふ, 抱へ, 氣の, 私は, 自分ながら

▼ いもうと~ (4, 0.4%)

1 ごという, たちに, たちの, たちは

▼ いもした~ (4, 0.4%)

1 し危く命, のだ, のである, のでそれぎり勝重

▼ いも~ (4, 0.4%)

1 して, 似た恰好, 恨みが, 角目を

▼ いものでも~ (4, 0.4%)

3 たべて 1 食べたかったが

▼ いもふと~ (4, 0.4%)

1 おかをが, やしないありしよし, ハと, 五歳に

▼ いも~ (4, 0.4%)

1 だと, だな, でわが子, よりエビフライ

▼ いも甘い~ (4, 0.4%)

1 もよう, も加減, も勉強, も知り尽くし

▼ いも~ (3, 0.3%)

1 といった, のと, わらを

▼ いもづら~ (3, 0.3%)

1 のだ, のだんな, を見る

▼ いものばかり~ (3, 0.3%)

1 だね, ですよ, では

▼ いものや~ (3, 0.3%)

1 好い着物, 気高いもの, 珍しいもの

▼ いも~ (3, 0.3%)

1 かぼちゃの, さんの, 粉の

▼ いもしねえ~ (2, 0.2%)

1 おかた, 人を

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 の山, の習い

▼ いもせぬ~ (2, 0.2%)

1 ことを, エリスの

▼ いもそれ~ (2, 0.2%)

1 と同時に, と少しも

▼ いもだの~ (2, 0.2%)

1 朝鮮いもだ, 豆だ

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 指の, 造つた白と

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 さそうな, や

▼ いもなき~ (2, 0.2%)

1 ことと, 佗び住居は

▼ いもなどを~ (2, 0.2%)

1 入れる方, 持って

▼ いものとして~ (2, 0.2%)

1 この経済的, 彼方に

▼ いものやら~ (2, 0.2%)

1 お志保, また道中

▼ いもばかり~ (2, 0.2%)

2 食は

▼ いもほり~ (2, 0.2%)

1 ともなんと, をする

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 の渡り, はない

▼ いも五八~ (2, 0.2%)

1 も皆, も私

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 にもせぬ, にも知んねえ

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 の方, は鳥

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 ず, ずて

▼ いも~ (2, 0.2%)

1 で, らしい

▼ いも行かん~ (2, 0.2%)

1 とい, と前

▼1* [172件]

いもあって顔, いもあつたものぢ, いもあとも残り, いもあり習慣も, いもあればこころ, いもあろうししくじり, いもいなければいけない, いもとにキッス, いもありに, いもなし, いもかけない二百円ばかりの, いもかなり親切に, いもかまわずバック・ストロオクまで, いもから幸福が, いもくわゐもおい, いもぐらいはなんでも, いもこちらでご, いもこれには及ばなかった, いもさめて唇, いもさらに残っては, いもしなかったがチョチチョチ位, いもしようというの, いもすみまして自宅, いもすれば男狂い, いもせずして皮肉, いもその頭で, いもそんなにないので, いもかとうだい類の, いもただ謹で, いもって英語で, いもつかいようが, いもつかず棚引き渡っていた, いもつかないで, いもつかぬ巧妙無造作な, いもでありますのう, いもできず祇園島原で, いもという小さな草, いもとこひしきか, いもとっくに済まして, いもないあさはかなまねを, いもないだだっ広いだけのその, いもなおせばなおる, いもなくなりましたぞ, いもなく可愛い息子セリョージャを, いもなく懐しく慕わしいものに, いもなしに灸, いもなども原形の, いもなにかえもと言, いもなんばいも茶碗を出す, いもえいのち, いものぐらい買って, いものだけを守る工夫, いものにたいする純なる, いものばかりを選り抜くつもり, いもたけを, いもばかりを幾日間といふ, いもひどくおぢ, いもふたふぜ, いもぼうへ出かけ, いもひきに, いももうあの杉, いもやっとござす, いもやっぱり昼と, いもやれば雑穀屋, いもやをくぐりぬけて, いもやをとほして, いもよし非常に, いもよりかずっといい, いもんで頻りと, いも一向まだ父へ, いも一度盡く破, いも下界で読む, いものつね, いも乏しくただがらん, いも二本掛の処, いも云わずに私, いもにこそよれ, いもにゃ食え, いも佐渡は此寺, いもより大切, いも兄貴を木剣, いも充分父の, いも先生もナポレオン先生, いもにひきうけた, いも凶いもあるもん, いもて来なされしません, いも出せないから少し, いも出られへんの, いも助くり丸といっ, いも南瓜は煮物, いも去った深川富ヶ岡八幡の, いも受けずにすんだらしかった, いも叶い最上の, いも同じだ, いも同然や, いも含まぬ声に, いも呑みもせぬ, いも哀しいも解り始めました, いもは訪客, いもも姉, いも姿見せんようになった, いも学問なり時勢, いもに居ったら, いも宿直と, いもられず, いも少なくないが, いもだとか, いも床づくりに余念, いもも土佐国中, いも悪くないお蔭, いも情けもないきつい, いも惡いもありません, いもをやきました, いも忘れ武家, いも改まっている, いもと共に荒く, いも日本を去っ, いも有りやんしよこれから, いも果てず大地に, いもがかぶさ, いも正しくしゃんとし, いも水色だった, いも決してゆるんだ芸術品, いも深夜こっそりと, いも満足そうな色, いもませぬ, いも無い池田家の, いも無益である, いも犠牲になる, いも犯しにくいと, いも追いもし, いも甘藷だが, いもるに, いもの片端, いも秀吉は慨然, いもには楽しかっ, いも秋草のなか, いもに帰し, いもを執っ, いも篝火をさかん, いも終りがいよいよ, いも羊羹製造からわずか, いもも無残, いも脅迫がましい, いも茶碗を出す, いも華やかだったには, いも虫けがや死人, いも虫みたいに動い, いも虫みみずもヒル, いも虫ヒルみみずの類, いもの奇怪, いも血汐が噴く, いも行きやしないよ, いも行ってます, いもておく, いも親しみもない, いもてきた, いもはない, いも言わず鬼の, いも大きなうずら, いも買いもする, いも起きあがって両手, いも送って来た, いも這入ってえへん, いも遊びに来なさるやろ, いも酸いも味わい知っ, いも錦霜軒から起き出し, いも随分心得たつもり, いもえて, いも飛出している, いもかぼ, いも高くなりきりょうもずっとうつくしくなってはいましたけれど