青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いまだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いふ~ ~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~ ~いません
いまだ~
いも~ ~いや いや~ いやいや~ ~いよいよ いよいよ~ ~いよう いよう~ ~いらっしゃい ~いらっしゃる

「いまだ~」 1722, 19ppm, 6175位

▼ いまだかつて~ (215, 12.5%)

5 なかった 3 ない, 一度も, 人間の, 経験した, 聞いたこと, 見たこと

2 [16件] ないこと, 一日も, 人の, 彼の, 念頭に, 木を, 油画の, 滅せざるなり, 牧を, 私を, 経験しなかった, 聞いた事, 自分に, 見ざるところ, 見た事, 見聞せざる

1 [160件] あの女, あらずと, いかなる試練, かの強権, このよう, このわが国, この問題, この情景, この時期, この道路, これあらざるなり, これで, これに, これほど, こんな喜ばしく, こんな奇麗, こんな線, こんな行動, そのよう, その例, その国, そんな事, どこでも, どろぼう, ないという, ないん, ない一大事実, ない文化, ない経験, ない重大事件, めぐりあわしたことなんてなかったからだった, われは, われわれの, アリョーシャの, タタリを, 一たびも, 一回も, 一度だ, 一言も, 一頁も, 二人は, 亡霊亡魂より, 京都祇園の, 他に, 休むこと, 伯父は, 住民の, 何びとも, 何も, 何人も, 何等の, 何者も, 作らざりしもの, 作らざりし者, 信ぜざりし狐狸, 俳優が, 僕の, 先生に, 医として, 参禅という, 同協会, 哲学者ほど, 嗅いだこと, 夫の, 如何なる人, 存在したであろう, 完成した, 官権の, 実物は, 家康を, 小児たり, 小林の, 市ノ瀬に, 影さえ, 彼から, 彼に, 彼女から, 彼女に, 彼女において, 微塵も, 心遣, 想像した, 我々が, 投票場に, 損に, 日本で, 月末に, 月給という, 有らざりしところ, 東京の, 桓霊に, 櫛の, 武門に, 歯痛の, 母を, 水に, 汝が, 法律に, 海豹が, 温かい言葉一つ, 演出あるいは, 火食を, 無い, 狐惑に, 独立独行政治社会の, 現存の, 生れたよう, 男として, 疼痛の, 百戦に, 目にも, 目撃した, 直接に, 瞼を, 知らざる興味, 知らない, 知らないほどの, 知らなかった, 知らなかった地方, 知らぬ最大幸福, 知られざる新種, 知りません, 砂糖の, 私に, 私共の, 筆に, 義母を, 考えた事, 考え企てたこと, 耳に, 聞かない, 聞かぬ, 聞きなれざるもの, 聴かざるいまだ, 自分と, 自分を, 苦ん, 落ちて, 行欲せざる, 衣物を, 見ざるいまだかつて, 見ざるかの, 見ざる多数, 見ざる端厳, 見ざる若々し, 見たもの, 見ないこの, 見ぬ騒方, 見も, 見られなかったほどの, 見られなかった一大発展, 許されざりし里帰, 訳語あらず, 轡を, 追っ払われるの, 錦旗に対し, 院長の, 顔を, 食ったこと, 馬という

▼ いまだ~ (80, 4.6%)

4 覚えて 2 忘れること, 忘れる事, 思って, 迷って

1 [68件] あんな昔, いきり立って, かせいで, かわききらぬ水びたし, こびりついて, さうか, たたきおわっては, たよりが, ついて, つきまとって, ひとり身で, ひとり身娘は, わからない, ナニワ節が, 乾くヒマ, 何処からも, 信じて, 充たして, 分らないと, 分別が, 判然しない, 判然せず, 天龍寺造営の, 失せて, 妾には, 家柄の, 履いて, 引いて, 強く吹い, 待って, 忘れない, 忘れません, 忘れ難い, 思い出すたび, 思い出すの, 思い起そうと, 悔いて, 手懸りが, 持って, 持ってなぞ, 探し, 敷いたまま, 暗く, 期が, 果し得ないの, 果たし得ないの, 正気が, 生きてるが, 疑わねば, 疑問である, 着きませんどう, 矢代の, 私は, 立ち働きが, 続いて, 胸が, 苦しい生活, 行くえ, 行方が, 裂けて, 解し難い, 解らない, 討ったと, 誰にも, 郁次, 隠して, 離れたまま, 鹿島槍が

▼ いまだその~ (57, 3.3%)

4 例を 2 人を, 文筆ある, 書を, 痕を

1 [45件] ことを, よって出でし, 一端をも, 事を, 二つの, 今の, 光を, 勢声を, 原因が, 原因の, 原本を, 奏功を, 姓氏を, 存在を, 実を, 実現の, 形を, 心垢を, 志を, 本書を, 根拠の, 欲を, 比例を, 流行する, 混沌と, 理の, 理由を, 生死を, 用を, 相違の, 短所を, 確証を, 社を, 絵の, 緒に, 脳中に, 芽を, 蒐集に, 血に, 裏を, 詳らかなる, 轅を, 道理を, 頃は, 頭上に

▼ いまだこの~ (19, 1.1%)

2 種の

1 [17件] あとで, ようなる, 一女性にすら, 不思議を, 世界を, 事業を, 回の, 女の, 性情を, 日の, 点に, 理を, 祈り聞かるべし, 精神上の, 言の, 論派より, 論派を

▼ いまだ全く~ (18, 1.0%)

1 [18件] その気, わたくしの, 信許し, 妄説に, 手が, 文明化せられざる, 明けざるに, 明らかならざる, 暮れたるに, 独特の, 理由事情なく, 生活する, 着手せざる, 絶望する, 自在ならざる, 自己を, 解せざるものの, 釈けませんでした

▼ いまだこれ~ (17, 1.0%)

3 あらざるなり 2 を詳らか

1 [12件] をもっ, を実視, を断定, を明, を明らか, を明白, を本当, を知る, を秀郷, を見ざる, を見ず, を見る

▼ いまだ一度~ (12, 0.7%)

2 もない, も嘘言 1 の御, もお目にかからぬ, もはずれた, も他, も恋愛ちょうもの, も無い, も見, も見た

▼ いまだ十分~ (10, 0.6%)

1 ならざる内, なりと, な意味, にその, に厚から, に及ぶ能わず, に日本語, に研究, に神社合祀, 尽したとは

▼ いまだ~ (8, 0.5%)

2 に語らず 1 たるもの, とならね, につかうる, に知れざる, の見るあたわざりし, 住まざりし時

▼ いまだ~ (8, 0.5%)

1 てあらざりし, てなかっ, て何もの, て描き出し得なかった, て洋学, て見ざるなり, て認識, て雲

▼ いまだ充分~ (7, 0.4%)

1 でない筋肉脳髄, では, なりと, にあらはれざる, に発達, に行なわれなかった, に長

▼ いまだかかる~ (6, 0.3%)

1 一種の, 事情の, 奇人ある, 最期の, 粗暴に, 自慢も

▼ いまだかく~ (6, 0.3%)

2 のごとく 1 のごとき, ばかり見えすいた, まで美しき, 譽を

▼ いまだ~ (6, 0.3%)

1 かね, 思い下っ腹, 新八は, 早速千匹屋, 税務署長は, 考えた

▼ いまだ一人~ (6, 0.3%)

1 として我が, として政府, のその, の余, の正義, もない

▼ いまだ~ (6, 0.3%)

2 の半面 1 に対して鋒, の史料, を見し, 地方にて

▼ いまだ発達~ (6, 0.3%)

1 し終わったもの, せざるに, せざるゆえん, せざる古, せざる種子中, の最上

▼ いまだ見ざる~ (6, 0.3%)

5 ところなり 1 の名所

▼ いまだいまだ~ (5, 0.3%)

1 あの頃, このあと, 正統派な, 漫才氾濫以前では, 話術家として

▼ いまだ~ (5, 0.3%)

1 こもれ松山, ねむれ天, やければ, 伸びね逢, 着ねど

▼ いまだ~ (5, 0.3%)

2 を画因, を畫因 1 を真

▼ いまだ今日~ (5, 0.3%)

3 よりはなはだしき 1 の如く, の学説

▼ いまだ~ (5, 0.3%)

2 には遠し 1 の中, をなさぬ, を成さず

▼ いまだ日本~ (5, 0.3%)

2 のヤソ教 1 に来たら, の大学, の宗教

▼ いまだ~ (5, 0.3%)

4 を知らず 1 のとき

▼ いまだ~ (5, 0.3%)

1 の地, の学問, の意味, の政党派, の理想

▼ いまだ~ (4, 0.2%)

2 青し夜霧 1 ふらはず, ほどに明らか

▼ いまだつまびらか~ (4, 0.2%)

2 ならざる以上 1 ならざる, ならず

▼ いまだ~ (4, 0.2%)

2 夜霧と 1 寒し氷採り, 寤めまさぬ

▼ いまだ一つ~ (4, 0.2%)

1 として確実, の体言, の作詩, もなかっ

▼ いまだ一日~ (4, 0.2%)

1 も去るあたわず, も忘, も烽火, も砲声

▼ いまだ判然~ (4, 0.2%)

2 たる運動 1 せざりし, せざるに

▼ いまだ半ば~ (4, 0.2%)

2 ならずして 1 ならず早く, のまま

▼ いまだ嘗て~ (4, 0.2%)

1 そうした恥辱, ヘゲタレとは, 酒杯を, 電信柱に

▼ いまだ完成~ (4, 0.2%)

1 されない内, せず, せずして, せられざりしなり

▼ いまだ少年~ (4, 0.2%)

2 であった私 1 であった頃, で神田淡路町

▼ いまだ~ (4, 0.2%)

2 もあらぬ 1 くならぬに, ならぬに

▼ いまだ~ (4, 0.2%)

1 も出でぬ, も浅く, を竟, 浅きに

▼ いまだ明らか~ (4, 0.2%)

1 ならざる, ならざる以上, にせざる, に分析

▼ いまだ暗き~ (4, 0.2%)

2 に小嵐 1 にこの, に目ざめゐる

▼ いまだ決して~ (4, 0.2%)

1 一回も, 分かって, 種属維持の, 絶対的確実な

▼ いまだ~ (4, 0.2%)

1 せざるが, せざるに, せざる前, せざれば

▼ いまだ生まれざれ~ (4, 0.2%)

2 ば元気, ば知る

▼ いまだ進歩~ (4, 0.2%)

2 せざりし紅絵 1 せざるに, せざる当時

▼ いまだ青き~ (4, 0.2%)

4

▼ いまだいちど~ (3, 0.2%)

2 ももの 1 もその

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 勘定もらっ, 年若で, 目見えも

▼ いまだから~ (3, 0.2%)

1 いって, 白状する, 皆正直に

▼ いまだからこそ~ (3, 0.2%)

2 こんなふうになん 1 一口噺にでも

▼ いまだそういう~ (3, 0.2%)

1 のが, 伝説を, 場合に

▼ いまだそれ~ (3, 0.2%)

1 を賞翫, を造らない, を重ね

▼ いまだともに~ (3, 0.2%)

1 人事を, 家業の, 霊魂を

▼ いまだまったく~ (3, 0.2%)

1 商業家たるの, 心の, 落ちず富士

▼ いまだよく~ (3, 0.2%)

1 検討し, 江戸演劇の, 知りつくすこと

▼ いまだわが~ (3, 0.2%)

1 学問の, 日本全体の, 邦の

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

2 さなき 1 さなき合歓

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 としてその, として特別分離, の妨害物

▼ いまだ一般~ (3, 0.2%)

1 にいき渡らない, に日曜休み, の鑑賞家

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 射之射, 平等を, 満足の

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 に心部, に知られざる, に知られぬ

▼ いまだ人間~ (3, 0.2%)

1 にならざりし, の捕らえ, の苦悩

▼ いまだ何人~ (3, 0.2%)

1 の手, もなさざる, も組織的

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 でまさず, 來ぬ, 阪しおらざりき

▼ いまだ多く~ (3, 0.2%)

1 のもの, の同胞, を知らず

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 わかく, をとらぬ, 若くおわせし

▼ いまだ幼稚~ (3, 0.2%)

1 なころ, なせい, なるを

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

2 往生も 1 幼年ながら

▼ いまだ悉く~ (3, 0.2%)

1 中川の, 服せざる所, 東京市中から

▼ いまだ成らざる~ (3, 0.2%)

1 に妾, に身, 仏

▼ いまだ成らず~ (3, 0.2%)

1 と孫文, また以後, 銀座通には

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 せずして, なむと, を口

▼ いまだ死なざる~ (3, 0.2%)

21 さきに

▼ いまだ生き~ (3, 0.2%)

1 ていた, てわが, て過ぎし

▼ いまだ真に~ (3, 0.2%)

1 これを, 作られたもの, 般若を

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

1 が取り調べ, の方, の理想

▼ いまだ経験~ (3, 0.2%)

2 したこと 1 せざること

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

2 を見ざる 1 を見ざるなり

▼ いまだ至らず~ (3, 0.2%)

1 と云, と置き, もはや生きる

▼ いまだ見し~ (3, 0.2%)

1 事なし, 事の, 人は

▼ いまだ見た~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことも, 事も

▼ いまだ開けざる~ (3, 0.2%)

2 はもつとも 1 頃の

▼ いまだ開けず~ (3, 0.2%)

1 とあきらめ, 医術の, 資金を

▼ いまだ~ (3, 0.2%)

2 の音 1 ふらざるに

▼ いまだある~ (2, 0.1%)

2 かい

▼ いまだかなしき~ (2, 0.1%)

2 宇麻志阿

▼ いまだけぶらふ~ (2, 0.1%)

1 雑木原あ, 雜木原あ

▼ いまだこの世~ (2, 0.1%)

1 に存, に実証

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 若年ご, 若年の

▼ いまだなお~ (2, 0.1%)

1 その祖先, 十分に

▼ いまだなん~ (2, 0.1%)

1 のご, の現象

▼ いまだにわかに~ (2, 0.1%)

1 その声, 信ずべからず

▼ いまだはなはだ~ (2, 0.1%)

1 久しからざる, 幼稚であっ

▼ いまだやまず~ (2, 0.1%)

1 ときどき雷鳴, 午後に

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2 に出したる

▼ いまだアイヌ~ (2, 0.1%)

2 の古語

▼ いまだ一たび~ (2, 0.1%)

1 も聞かざりし鬱し怒れる, も行き

▼ いまだ一定~ (2, 0.1%)

1 せざるを, の原則

▼ いまだ不明~ (2, 0.1%)

1 であるが, にご

▼ いまだ世間~ (2, 0.1%)

1 に公表, に民権

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 しからず, しからず火徳衰

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 も色気, も色氣

▼ いまだ何ら~ (2, 0.1%)

1 の達, 俗剣術の

▼ いまだ俳句~ (2, 0.1%)

1 の趣味, を解せざりし

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 けにせぬ, にせられざる

▼ いまだ公然~ (2, 0.1%)

1 の発表, 成立せぬ

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2 の田

▼ いまだ到らざる~ (2, 0.1%)

1 証であろう, 魔境で

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 の謡, 脚ふみあげ

▼ いまだ十六~ (2, 0.1%)

1 ぐらいの初々しい美しい, の春

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 ならざるに, 元服の

▼ いまだ半途~ (2, 0.1%)

1 にし, にだ

▼ いまだ及ぶ~ (2, 0.1%)

2 に易から

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 を知られず, 付かぬ付いたら名簿

▼ いまだ咲かず~ (2, 0.1%)

1 牡丹は, 黄あやめに

▼ いまだ四ヵ月~ (2, 0.1%)

2 を経ざる

▼ いまだ四十~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ いまだ国民~ (2, 0.1%)

1 あらずと, の統一

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 は明けず, 明けず

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 さそふに, 多くし

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 ならぬ内, なる福

▼ いまだ妖怪~ (2, 0.1%)

1 と称, の事実

▼ いまだ始まらず~ (2, 0.1%)

1 ましてや現在, 候間いま暫爰に

▼ いまだ始め~ (2, 0.1%)

1 にあたり, より極

▼ いまだ嫁がず~ (2, 0.1%)

2 鉄道省に

▼ いまだ学問~ (2, 0.1%)

1 の方便, も熟

▼ いまだ学識~ (2, 0.1%)

2 に富まざる

▼ いまだ宗教~ (2, 0.1%)

1 ではない, の真理

▼ いまだ容易~ (2, 0.1%)

1 に囲み, に断定

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2 現せず

▼ いまだ寸分~ (2, 0.1%)

1 の詠歎, も進歩

▼ いまだ尽きず~ (2, 0.1%)

1 拙きすゑ, 閨の

▼ いまだ干なく~ (2, 0.1%)

2

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 にし, に西河岸

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2 海家より

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 に及ばざる, を死

▼ いまだ彼ら~ (2, 0.1%)

1 に敬服, は

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 出ずに, 詠まぬ歌

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 に一点, も落ちつかぬ

▼ いまだ必ずしも~ (2, 0.1%)

1 始めより, 航路の

▼ いまだ情け~ (2, 0.1%)

2 の露

▼ いまだ成仏~ (2, 0.1%)

1 せざるもの, せざる立場

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 に答, に非

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 の感覚, も觸

▼ いまだ散ぜざる~ (2, 0.1%)

1 あいだに, 間は

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 の信ずべき, らしく見ゆるにぞ

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 ならず, 熟なかなか

▼ いまだ架け~ (2, 0.1%)

2 了へ

▼ いまだ死せざる~ (2, 0.1%)

1 にこの, 汝の

▼ いまだ残っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ いまだ浅けれ~ (2, 0.1%)

2 ど想

▼ いまだ消散~ (2, 0.1%)

1 すること, せずして

▼ いまだ満足~ (2, 0.1%)

2 せずさらに

▼ いまだ熟し~ (2, 0.1%)

2 ていない

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

1 見ぬ当家, 軋轢する

▼ いまだ真正~ (2, 0.1%)

2 の政治上

▼ いまだ真理~ (2, 0.1%)

2 を語りません

▼ いまだ知るべ~ (2, 0.1%)

2 からざる

▼ いまだ知るべからざれ~ (2, 0.1%)

2 ばこれ

▼ いまだ知音~ (2, 0.1%)

1 を不, を得ず

▼ いまだ社会~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ いまだ究め尽くさざる~ (2, 0.1%)

1 ところある, ところあれ

▼ いまだ童貞~ (2, 0.1%)

1 である青年, なる青年

▼ いまだ答えざる~ (2, 0.1%)

1 に先だち, に大助

▼ いまだ終らざる~ (2, 0.1%)

1 に彼, に神

▼ いまだ義務教育~ (2, 0.1%)

2 を実施

▼ いまだ至らざる~ (2, 0.1%)

1 ところが, ものである

▼ いまだ若い~ (2, 0.1%)

1 がねえ, 身空で

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2 のたま

▼ いまだ行かざる~ (2, 0.1%)

2 地の

▼ いまだ見ず~ (2, 0.1%)

1 我に, 言絶え

▼ いまだ見ね~ (2, 0.1%)

1 ども我, ども目

▼ いまだ読まね~ (2, 0.1%)

2 どこれ

▼ いまだ謂い~ (2, 0.1%)

1 もはてざる, も果ざる

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2

▼ いまだ起き~ (2, 0.1%)

2 て火

▼ いまだ起らず~ (2, 0.1%)

2 新しき国民美術なほ

▼ いまだ進まざりし~ (2, 0.1%)

1 ときなら, ときに

▼ いまだ鋤かね~ (2, 0.1%)

2 どぬめり田

▼ いまだ開かざる~ (2, 0.1%)

1 が幹, 夏の

▼ いまだ~ (2, 0.1%)

2 けどひえびえ

▼ いまだ高利貸~ (2, 0.1%)

1 のすでに, の手

▼1* [803件]

いまだあえかにましまし, いまだあけざる故尋, いまだあけ放たぬ雨戸の, いまだあの頃の, いまだあまりに弱い, いまだあらず仏性の, いまだあるべきものをだに, いまだいかなる強剛, いまだいくばくならざるに, いまだいずれとも決し, いまだいちじるしき論争を, いまだいはぬに生れいで, いまだいひもはてざる, いまだいまこそきっぱり, いまだいわゆる喇叭吹き込みだった, いまだうたはざりし, いまだお目もじつかまつらずそうら, いまだ青き櫨, いまだかがやかずつつましく箸, いまだかつてこれ程画家の, いまだかつてめったに経験した, いまだかつて別に将帥を, いまだかなたに下立たぬ, いまだかばかりおびただしき血汐, いまだかぼそくうすあを, いまだかれらの, いまだきいたことも, いまだきかねば漢土, いまだきたらざるに殺気, いまだびじろさあ, いまだここまでは堕落, いまだことごとく知れぬ点, いまだこの間の雪, いまだこれらの区別, いまださうかうま, いまださかりをいつしか, いまださだまらざるときの, いまださびしくて内, いまださめ切らぬ目を, いまださる書を読まざるなり, いまだしきことをのみ, いまだしき感の我口, いまだしであってもたしかに, いまだしも落葉松の, いまだそこに達しない, いまだその頃の隅田川, いまだたしかにハ候ハねども, いまだただの一度, いまだひさし追, いまだてらさず白雲は, いまだとかずて, いまだどこにも灯火, いまだないようである, いまだなかったろうが, いまだなにびともこの, いまだなほ去にを, いまだならざる幼いそして, いまだならず美田を, いまだなんらの思想, いまだにはつきりお, いまだのどかに暮らす, いまだはじめより相, いまだはっきりと解決, いまだはなしも終わらざる, いまだはやけむ, いまだひそめる胸の, いまだほとんど異教的な, いまだほどなきに, いまだほどへざるに, いまだまとめて話した, いまだわかず, いまだみしことなし, いまだみぬ國を, いまだもって密雲, いまだやまざるも激浪, いまだゆらげる橡の, いまだようやく九時半ごろなり, いまだアトローポスに追, いまだギヨオテシエクスピイヤを出さず, いまだゲルマンのごとく, いまだコックリの説明, いまだコックリ様の説明, いまだテイブルのまわり, いまだプンプンとし, いまだポイエシスということ, いまだ一々これを, いまだ一ことのい, いまだ一ツとして寺観, いまだ一事として政府, いまだ一二回は上京後, いまだ一介の無名, いまだ一個人の食物, いまだ一兵を進めずし, いまだ一周忌にも到らざれ, いまだ一回も経験, いまだ一国の生活, いまだ一子だになき, いまだ一年に満たぬ, いまだ一月ならずして, いまだ一段を終らぬ, いまだ一点の疑い, いまだ一点滴の大地, いまだ一科の学問, いまだ一等国と呼ばれなかった, いまだ一編の詩, いまだ一致せざるを, いまだ一般民衆の中, いまだ一言も発し得ぬ, いまだ一郡をなする, いまだ一雲片の空間, いまだ一面識も無い, いまだ一風を作す, いまだ一首としてこの, いまだ万葉の実質, いまだ三十日とは過, いまだ三河の手勢, いまだ三界を流浪, いまだ三郎を見つけませんでした, いまだ上らず人ッ子一人通らぬ, いまだ上古の先, いまだ上達せしには, いまだ不充分の感, いまだ不完全なため, いまだ不幸にもラック, いまだ世に親鸞上人お, いまだ世事を思ふ, いまだ世人に対してその, いまだ世間知らずの若い, いまだもなく, いまだ主体と環境, いまだ久しからざれば, いまだ乏しか炬燵, いまだ乗りこんでこない, いまだ九ツに割けず, いまだ乱れざるに治めよ, いまだのみて遊ぶ, いまだ了らず, いまだ二人の頭, いまだ二十代の血気, いまだ二十年かそこら, いまだ二葉の若衆, いまだ五十度ならぬ間, いまだ五年の月日經, いまだ五科を経ざる, いまだ人影なき時, いまだ人心を誘掖, いまだ人界に知られ, いまだ人間社会が到達, いまだ人類が不完全, いまだの武蔵野, いまだ今度ほど苦しく, いまだにならせ給わざりし, いまだ途に, いまだ代議の制度, いまだ伊勢の国, いまだ伝説にも口碑, いまだ伸びないでもそこ, いまだに即, いまだはすっかり, いまだ何事もこれら, いまだ何者も制御, いまだがごとく, いまだ作り竟へ, いまだ佳人の贈り物, いまだ信ぜざる者の, いまだ修らず一家, いまだ俳諧特有の妙処, いまだ倒れざる封建社会の, いまだ停車場に達せざる, いまだ備わらざるに先立っ, いまだ像法だと, いまだ兆さざる時は, いまだ駈けを, いまだ先覚者の説, いまだ光りえなくに, いまだ光琳の蒔絵, いまだ入り込み得ないものその, いまだ部分を, いまだ全国に普及, いまだ全般の傾向, いまだ全部の完結, いまだ兩書を讀まぬ, いまだ八ツ山下の本陣, いまだ公刊せられずその, いまだ公立図書館の設立, いまだ公許するに, いまだ公認せざれば, いまだ公認教の名称, いまだ六十年にならぬ, いまだ其義を悉さ, いまだ具備せず, いまだ内包の光明, いまだ冶鋳せられず山, いまだ凍たる岨の, いまだ出でたまはず, いまだ出版のはこび, いまだ分れなかった世に, いまだ分娩をおえざる, いまだ分離するを, いまだ初心のこと, いまだ判らぬと見える, いまだ利かざるに既に, いまだに乏しい, いまだならず, いまだ加盟せぬの, いまだ勅許を得ない, いまだ勉強の方, いまだ勝負なき以前, いまだ勤めていた, いまだせざるによる, いまだ十年ならずして, いまだまでは十数歩, いまだ危機の切迫, いまだ心是仏を, いまだ厚き銀杏の, いまだ原義を残す, いまだ処する, いまだ去らざるを覚ゆ, いまだ參上仕りませぬ, いまだかざる前, いまだ収まらず船は, いまだを利いた, いまだ古い思想に, いまだ古今を照らす, いまだ同志の人, いまだ名分を備えざる, いまだ名残に, いまだ名無しの風来, いまだのあたり, いまだ吹かぬ間に, いまだ味わったことの, いまだの棄て, いまだ命ほしさに呂宋兵衛, いまだ咄合も不, いまだ和歌山県に聞き及ばず, いまだ咲いていた, いまだ咲かねば霍公鳥佐保, いまだ哲学などに捕えられぬ, いまだ問われざる一つの, いまだを尽さず, いまだ善からずと, いまだ喰つみと海老, いまだ器械は不, いまだ四十日を出でざる, いまだ四段活用ばかりの単純, いまだ固まらざる十六歳に, いまだ固まらぬ諸多の, いまだを匡, いまだ国会のため, いまだ国務ではない, いまだに触れざる, いまだ在るとも言, いまだにつかじ, いまだ垢相あらず心時, いまだ堕ちずと世, いまだ報いられざりしがジェリ, いまだにいらざるまえ, いまだ売出し前の若手二人, いまだ変ぜざる俳諧は, いまだ夏場のこと, いまだ夏布団の綿, いまだ夏布團の綿, いまだにあり, いまだ外人に接せざる, いまだ外国へ対し, いまだ外的であって, いまだ多からず政事思想, いまだ夢にも忘れぬ, いまだ大した所へ, いまだ大原の事, いまだ大同論派より強大, いまだ大学生であったころ, いまだ大寒に故郷, いまだ太刀を引い, いまだと称, いまだに自分, いまだ妓籍を脱せざりし, いまだ妹背の縁, いまだを捨て給わざりけん, いまだ婚姻しないもの, いまだせざるや, いまだの温情, いまだ子路を見ずし, いまだ孔子に触れた, いまだ孫六のやすり, いまだ孵らぬ卵を, いまだ安定を回復, いまだ完全なる一形式, いまだ宗教的人間のいかなる, いまだ定かならずである, いまだ定まった解決も, いまだ定まらざるの間, いまだ定まらずもはやこれ以上延引, いまだ定まりたる言を, いまだ定まる妻が, いまだ定説となる, いまだ実効の挙がる, いまだ実地を御覧, いまだ実子とてはなき, いまだ実視したこと, いまだ実際に戦端, いまだ客者の目, いまだなり, いまだ家庭のあたたか, いまだ家督相続者と名乗るべき, いまださ烈き, いまだ寒き小倉を, いまだ寒けれど遠く, いまだぬ戸, いまだ射しくるあけがたの, いまだ尊体を顕し, いまだ小さく人か, いまだ小児であるもの, いまだ小屋に還らざれ, いまだ小路の暗し, いまだ少しはまし, いまだ尽きざる証拠是を, いまだ尽くさざるものなお, いまだ尽さざるを恐る, いまだ不申候, いまだ岡崎氏ごとく手, いまだにいたらざる, いまだ程に疲れ, いまだ左右の顧慮, いまだ差上不申哉, いまだまず, いまだ布設せられなかった頃, いまだ師匠もお, いまだ帰ってこない, いまだ帰らざるに乗じ, いまだ帰らざれども堅く, いまだ帰らず身まず, いまだ帰らないほうが, いまだ帰り来たらずすごすごとして, いまだ平七郎の生き血, いまだ平和に達する, いまだ平静に相成らざる, いまだ幼き筍は, いまだ幼少のこと, いまだ幽かな光, いまだ幾ばくもあらぬ, いまだ幾何もあらね, いまだ幾多研究の余地, いまだ幾年を經ずし, いまだ幾日もあらざれ, いまだ幾葉ならざるに, いまだあぐる, いまだ強迫の威力, いまだを結ばざる, いまだ形式化した五倫思想, いまだ役者などになっ, いまだ後世の如き, いまだ得ざるを得, いまだ御法度ならざりし頃, いまだを好む, いまだ徹底せざる不十分さ, いまだ徹底的に主観的卵殻, いまだ必ずしも然らざるなり, いまだ成らずして, いまだを, いまだ思いも寄らぬ, いまだ思想といえる, いまだ思案にあまり, いまだに家, いまだ恐ろしい感じを, いまだをわかつ, いまだ悟らず晏然, いまだ悟りを得ずし, いまだ悟りきっていない, いまだ悲しまずば汝, いまだ情合というもの, いまだ想いいたらない運命, いまだ想像として形, いまだを知ってる, いまだ愛くるしさも, いまだ感じたことの, いまだ感じなかったような, いまだ感想がまとまらない, いまだ懲りずに待ち伏せ, いまだ成就しない, いまだ成立たずにいる, いまだ戦わざる先に, いまだ戦争を作品, いまだ戦場において敵, いまだ戰爭の思ひ, いまだを開かず, いまだ所有せざるもの, いまだの未熟, いまだ拝眉の光栄, いまだ拝見して, いまだ拾いませぬという, いまだ持っておらない, いまだ掘り出さしめなかった期間自然に, いまだ掘発さざるがあり, いまだはざれ, いまだ攘夷親征の機会, いまだ政治の改革, いまだ政治上の結合, いまだ政論の機関, いまだからざりし, いまだ数字できめられない, いまだ数里ならずして, いまだ整わずとも細君, いまだ整わない新都の, いまだ文字を使っ, いまだ文学的批判の対象, いまだ断じて必定すべからざる, いまだ断行し得ざる空前, いまだ断言して, いまだ斯文を喪さざる, いまだ新秋で麦藁帽子, いまだ日本人民の半ば, いまだ日本固有の学, いまだ早大の学生服, いまだにわが, いまだ明けざる間に, いまだ明けねば關本, いまだ明暸なる御, いまだ明渡しの運び, いまだ明瞭に原因, いまだ昼前だのに, いまだを月, いまだ時々来ては, いまだ時節が到来, いまだ時間のこと, いまだ普及せず文字, いまだ普通の意味, いまだ智識の発生, いまだ暑い盛り油津より, いまだ暑きに, いまだならず, いまだ暮れやらず, いまだ暮れざるに忽然と, いまだ暴行に及んだ, いまだを物, いまだ書かれざる巻, いまだ曽つてなかつた制度, いまだ曾つて聞いたこと, いまだ曾つてどこの国, いまだ有形無形の区別, いまだ睡の, いまだ木戸銭を払わざる, いまだ木曽のお, いまだ本文を見出だす, いまだ本郷の手, いまだ来たらざるうちに, いまだ来たらざればなり, いまだ来らず醜草なほ, いまだ東都に候哉, いまだ果さざる処である, いまだに持っ, いまだ棄てずにおります, いまだを卒, いまだ極めざるものと, いまだ機會を得ず, いまだ出せられざる微量, いまだ欧米に及ばざる, いまだ欺かるとの自, いまだ止まざるに叔父良兼, いまだ正確な事実, いまだ正統派な軽妙江戸前の, いまだ此土にとどまる, いまだ武蔵野の切れ切れ, いまだ歩まぬみどり子を, いまだ死なざりしかど遂に, いまだ死なずにいる, いまだ死後の霊魂, いまだ死犬のため, いまだ残んの色香, いまだ殿上人にお, いまだに叱られた, いまだが声, いまだ民心に容ら, いまだ気分の域, いまだ気象要素に相当, いまだに漂っ, いまだ水中に住, いまだ氷る夜の, いまだ永遠の幸福, いまだ求むる能わずまた求めん, いまだを見し, いまだ決まらなかった所長も, いまだ法治の階段, いまだ法王と爭, いまだ泯びざれども浄壇使者と為すべし, いまだ泰西の都市, いまだ洋風の交際, いまだ洗わざるときの, いまだらふ, いまだかり, いまだ浅い子供の, いまだ浅くして, いまだ浅し山椒の, いまだ浅学寡聞この取捨, いまだ浮気あらわに言え, いまだ浹辰を移さずし, いまだ消えざるを一斉, いまだ消えず薄気味悪き青光, いまだ消え絶えていないだろう, いまだ淡雪の消えかねた, いまだ深く咎むるに足らずと, いまだけれど, いまだ減ぜず室内に, いまだ渡らぬ朝川わたる, いまだ滅びずしてありしかばその公使館もまた下二番町, いまだ漫才とは書かなかった, いまだ漫才氾濫以前ではあった, いまだ漸く現世利益か, いまだなくに, いまだと燃えし, いまだ無名に近, いまだ無形の心, いまだ無理口説をせず, いまだ無用の長物たる, いまだ無病年も五十路, いまだ煙管の発明, いまだ熟さず確たる証拠, いまだ熟眠せざること, いまだ燃えていませり, いまだひを, いまだの墓参, いまだ牧野吉晴君が青年画家, いまだ物理の規則, いまだ狂態を示さず, いまだ狂歌の趣味, いまだ独り身ならし, いまだ独立の日本人, いまだ狹隘なる婦人, いまだであったとき, いまだ猿同様であって, いまだ現われないからである, いまだ現今の社会, いまだに通ぜざる, いまだ理想的の自由, いまだしく顕著, いまだ甚だ伸びずなほ能, いまだ生ぜざればなり, いまだ生まれざるのとき, いまだ生れざる以前の, いまだ生れず古い心持, いまだ生れぬ犬にも, いまだ生徒なん, いまだ生成しないうち, いまだ生物学の門, いまだ用いざる新句法, いまだ用件も聞かされない, いまだを見ずし, いまだ画かざる画家, いまだ畢らざるに忽ち, いまだ疼ずいている, いまだ病みしまま, いまだ癒えがたきを, いまだ癒えずして歩行, いまだ発せられない時期に, いまだ発生せずして, いまだかりしかど, いまだ白からず, いまだ白昼の一騎勝負, いまだ百年もたっ, いまだ百歩に至らざる, いまだにのこる, いまだ目ざめてはいなかった, いまだ目的に達しない, いまだ眞理の上, いまだ真価を究めざる, いまだ真偽を確めし, いまだ真実無妄, いまだ眠らざることあり, いまだ眠りに就かず, いまだを開く, いまだ着ずして色, いまだ着目せざりし所, いまだ睡眠せるによる, いまだ瞑せずして死骸, いまだ知らず行ない得ぬものにとって, いまだ知らなかった道徳の, いまだ知らぬがこの, いまだ知られざりし神に, いまだ知られてない恐ろしい黴菌, いまだ知る機会を, いまだ知るべからずしかれどもこれ, いまだ知れずと判断, いまだ石そのものの完全, いまだ石碑がない, いまだ研究の浅き, いまだ研究道楽の流行, いまだを知らず, いまだ碑碣を建てず, いまだ確立されて, いまだ祝言の式, いまだ神道とは申す, いまだ神避りまさざりし前, いまだ禁茶運動のある, いまだ禽獣の域, いまだ私人の慈善事業, いまだを告げざる, いまだ科学的の思弁, いまだ究められざる文化史上の, いまだ空漠たろうとも, いまだ空襲の被害, いまだ立憲政を主張, いまだ立憲政体の主張者たる, いまだ立派でなかった時代, いまだへざる間, いまだ竣成せられなかった時, いまださぬところ, いまだ管見に入らぬ, いまだを高い, いまだにこもれり, いまだ納まらない当時の, いまだ純潔なる青年, いまだ純然たる色摺板物, いまだ来たらずと, いまだ終らぬに, いまだ終わらぬうちに, いまだ経営なし, いまだ結婚するに, いまだ統一するに, いまだ絶えざる中に, いまだ綿密に出来, いまだにつかざる, いまだ繁らず榛の木の, いまだ美しい蓮田が, いまだを與, いまだ老いてはいない, いまだ老いざる健脚家, いまだ老いず矣, いまだ考えたことの, いまだ聞こゆる高原, いまだ聴かざれど重量感, いまだ肉眼で見た, いまだ胃吉と腸蔵, いまだく東洋諸般, いまだ脱し得ないもの一つは, いまだやわらかき赤子, いまだ自分の意思, いまだ自治の事, いまだ自然といふ事, いまだ自然円満の域, いまだ至る事能は, いまだ致されぬがしかし, いまだ致仕せざる時, いまだ臻らざりしかば, いまだ興らざる先に, いまだ興らずこの間において, いまだ興り得ない精神の, いまだ芳野を見ず, いまだ若く妖婉で, いまだ若僧の身分, いまだ若年の儀, いまだ茅屋のうち, いまだ茫漠として明らか, いまだ茫然として考え, いまだ茴香の露, いまだ萌芽せざるもの, いまだ落ちゐぬにくれ, いまだ落着かず, いまだ葉守の神, いまだ著しき教育の, いまだ著しくはない, いまだ葺き合へ, いまだ蕎麦の事, いまだ薄暗いのに表, いまだ藤原宮においで, いまだ行かず帰り報ずると呉, いまだ行なう能わざるときは, いまだ行届かないところ気付かない, いまだ表象的なもの, いまだへざる永正, いまだ衰えは見せぬ, いまだ衰えずと涙, いまだ裸体で海, いまだ西洋の事情, いまだ見ざりしところなり, いまだ見なくに散らまく, いまだ見ぬ著者呉先生を, いまだ見んが好く, いまだ見当り不申候, いまだ見物せしもの, いまだ覚めやらぬほどなりけれ, いまだ親しくこれを, いまだ覺めやらぬ今日, いまだ解かずて, いまだ解けずして再び, いまだ解決されない憂鬱, いまだ触れざる新妻を, いまだ触れられざる地, いまだと書, いまだ正せられざりきといふ, いまだ計りがたし, いまだ訖らざるにどっと, いまだ許さず其の牲, いまだ証せざるを証せり, いまだ試みずしてまず, いまだ試みた事が, いまだをよく, いまだ話術家として高座, いまだならず, いまだ詳らかならざるもの, いまだ詳細を知らぬ, いまだ誇る宝が, いまだ誇るべき宝が, いまだへずありや, いまだ説かざりしところこの, いまだ説かざる説教者, いまだ説明せられない幾つ, いまだ読まない人が, いまだ誰人にもその, いまだ調はぬ, いまだ調わざる今日の, いまだ調査せられざる研究, いまだ諦めておらぬ, いまだ諳記して, いまだ講究の余地, いまだ讀まねどこれ, いまだ豪健放恣なる一家, いまだ買いえないでその, いまだ資本主義の一大勢力, いまだ質屋の暖簾, いまだ赤道をこえざる, いまだ起るに至らず, いまだ起出る気力なし, いまだ越えしことなし, いまだ足らざるに起源, いまだ足らずとし, いまだ足跡をしるしたる, いまだにある, いまだ近づきになる, いまだ近代の侵害, いまだ近藤に嫁がざりし, いまだ迫らぬこの谷, いまだぶること, いまだ途中にあつ, いまだ造られざるさきに, いまだ造物主ありの, いまだはなく, いまだ逢ったことも, いまだばざる, いまだ進化せざる以前, いまだ過去帖を獲ざる, いまだ達せざる者一歩なり, いまだ達せざる千万年の, いまだ達せられないですぎ, いまだ達らずとは, いまだみか, いまだ遠しなの, いまだ適確な答解, いまだ還り來ず, いまだ酒気中にわたらせられる, いまだ酔ひ臥し安ら, いまだ酔わざる以前の, いまだ酸ゆき梅の果, いまだ野猪の臥し, いまだ野蛮人や子供, いまだ金鈕であった頃, いまだ鉦太鼓の騒ぎ, いまだ銅器時代から以上, いまだ鎧櫃にこもっ, いまだ長からぬに, いまだ長ぜざるにもかかわらず, いまだ長州の義かた付, いまだ開かない時に, いまだ開かぬ瞼ごし, いまだ開かれざる宝庫です, いまだ開けざりしに当たり, いまだ関西の卒, いまだ降らずそれを, いまだ降るべき庭の, いまだ陳腐ならず, いまだ階級思想を打破, いまだ隠れざるうちに, いまだ離れない霊を, いまだの降らない, いまだゐねば, いまだ雲霧を排し, いまだ電車なき世, いまだ霊廟を見ない, いまだ霊魂の内包的光明, いまだ青くして, いまだ静まらない顔つきである, いまだ面ア出さ, いまだ音律的なる活動, いまだも切られ, いまだ頑迷にし, いまだわで, いまだはでない, いまだかはげしき, いまだ飛びかかってこない, いまだ食わず夜に, いまだ飢餓に瀕, いまだをたく, いまだを用いる, いまだ馴染まねど友, いまだ騎士道の衰, いまだ高き時に, いまだ高尚ならざる, いまだもさかり, いまだ鳴きがてぬこ, いまだ鴈治郎を知らず, いまだ鷲郎にも語らざりし, いまだ黄金丸が牙, いまだ黒く明け切らない山脈, いまだれる電燈