青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いなけれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いつも~ いづれ~ いで~ ~いと いと~ ~いない いない~ ~いなかった いなかった~ ~いなけれ
いなけれ~
いのち~ いひ~ ~いふ いふ~ ~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~

「いなけれ~」 2029, 20ppm, 5677位

▼ いなけれ~ (2011, 99.1%)

264 ならない 114 ならないの 104 ならなかった 84 ならぬ 54 なりません 48 ならないはず 42 ならないと 37 いけない 28 ならないという 27 ならないこと 23 なりませんでした 22 ならぬの 19 ならない筈, ならぬという 16 ならぬと 15 ならないよう, ならぬ筈 14 ならぬはず 13 ならないのに 12 いけないの, ならなかったの 11 ならないし 10 ならないん 9 ならないから 8 ならないわけ, 気が 7 いけないと, ならないか, ならん, なるまい 6 いけません, ならないが, ならないだろう, なりませぬ, 私は 5 ならないので, ならないもの, ならなかったが, ならなかったこと, ならぬこと, ならぬよう, ならんの 4 いけないという, ならないかも, ならない理由, ならぬから, ならぬし, ならぬもの, ならんと, 気の

3 [13件] いけないよう, ならないであろう, ならないところ, ならないほど, ならない自分, ならぬか, ならぬ義務, なりますまい, なりませんし, なるまいと, 人の, 生きて, 駄目だ

2 [56件] いいの, いけないって, いけないね, いけないのに, いけないわ, おれは, それは, それを, だめだ, ならず又, ならないからね, ならないとは, ならないなんて, ならない人, ならない人間, ならない処, ならない彼女, ならない心構え, ならない時, ならない義務, ならない者, ならない運命, ならなかったから, ならなかったですからね, ならなかったので, ならなかったはず, ならなかったよう, ならなかったろう, ならなかった時代, ならなかった筈, ならなかつた, ならなくて, ならなくなった, ならなくなる, ならなくなるの, ならぬかと, ならぬが, ならぬこの, ならぬのに, ならぬ事, ならぬ人, ならぬ場合, ならぬ理窟, ならん筈, なりませんが, なりませんので, よかった, わしは, 不可ない, 宜いが, 成らないよう, 痩せても, 真の, 誰が, 誰でも, 都合が

1 [707件 抜粋] ああまで, あえてする, あたしは, あなたという, あのくらい, あのバラック, あの墓地, あの小説, あり得ないこと, あれほど, あわてても, いいと, いい未来, いい気持, いかんよ, いくらお, いけないそう, いけないぞ, いけないでしょ, いけないのよ, いけないはははは, いけないよ, いけないん, いけない筈, いけない転んだが, いけない音楽, いけませんから, いけませんね, いざという, いつでも, いつどこへ, いつも大抵九時十五分前ごろ, いないで, いられなかったの, いろいろな, うそだ, うまくいった, うまく始まらなかった, おそらくこの, おまえは, お前は, お島, お房, お雪ちゃんという, かの大, がまんが, きっと敵, きっと青々草, こういう劇的, こう滑らか, こせこせし, ことに今日, このまま, このまま落下傘, この中, この島, この犯行, これが, これだけの, これほどの, こんな道楽, こんな閑文, じっとし, すぐにから, すぐ逢坂山, すまないの, すまないよう, そういっ, そうかと, そとは, そのままお, そのまま驅, その人間的, その方, その真, それから頸, それが, それで, それらの, そんなに骨, そんな事, た, たいていは, たしかな, ただ軽蔑, だまされは, つけない裳, つまりそれ, できない, とても区別, とても満足, とびおりるつもり, ともかくおまえ, どこに, どこの, どこへ, どっちでも, どのよう, どんなほら, なし得なかったこと, なにか文人, ならずしかも, ならずすべて, ならずそれ, ならずまことに, ならずまた, ならずシルビア, ならず子分, ならないうち, ならないおまえたち, ならないかという, ならないかの, ならないかは, ならないけれども, ならないこの, ならないそう, ならないそして, ならないその, ならないため, ならないつまらな, ならないでしょう, ならないでしょうが, ならないでは, ならないとか, ならないとき, ならないとも, ならないなどと, ならないほどに, ならないもう一度, ならないもっと, ならない一つ, ならない一つ二つ, ならない一定, ならない上, ならない事, ならない人々, ならない仲間, ならない倭文子さん, ならない億劫さ, ならない全部, ならない六三郎, ならない力, ならない口惜し, ならない右, ならない地点, ならない女, ならない女性, ならない子供たち, ならない実情, ならない山椒, ならない左膳, ならない年頃, ならない幾つ, ならない当時, ならない彼, ならない後, ならない戸外, ならない所, ならない日本, ならない有様, ならない期間, ならない歪んだ卑屈, ならない段, ならない状態, ならない理屈, ならない用事, ならない程, ならない立場, ならない若い, ならない苦し, ならない藩家, ならない警官たち, ならない身, ならない道理, ならない部分, ならない隠忍, ならなかったか, ならなかったこの, ならなかったでしょうから, ならなかったね, ならなかったん, ならなかった二人, ならなかった伯父, ならなかった母君, ならなかった私たち, ならなかった青年時代, ならなかつたの, ならなくなったから, ならなくなったの, ならなくなった自分, ならなくなります, ならなくなるよう, ならなくなるわけ, ならぬあいだ, ならぬおのれ, ならぬこれ, ならぬそう, ならぬであろう, ならぬでは, ならぬとか, ならぬとは, ならぬよ, ならぬユーモア, ならぬ一時間, ならぬ不幸, ならぬ人間, ならぬ仕事, ならぬ何ごと, ならぬ例, ならぬ境遇, ならぬ恨めし, ならぬ日, ならぬ杉田, ならぬ気力, ならぬ清逸, ならぬ為政者, ならぬ理屈, ならぬ生命, ならぬ知性, ならぬ私, ならぬ童心, ならぬ肉身, ならぬ苦し, ならぬ苦しい, ならぬ薄, ならぬ辛ら, ならぬ音楽家, ならねえしな, ならねえの, ならんぞ, ならんという, ならんので, ならんのでのう, ならんはず, なりませぬ私, なりませんから, なりませんでしたため, なりませんでした私, なりませんのに, なりませんよ, なりません左様, なるまいから, なんとも思っ, ひきが, ほかに, ほとんど常にまたも英蘭銀行, ぼんやりし, まして天才, またほか, また主題, また心配, また殴りつける, また犯した, まだいい, まったく没交渉, もうそれっきり, もう一度橋, もう少しなんとか格好, もっと強調, やって, やまないよう, よいが, よいさもなければ, よい詩, よろしいあの, わからないほどの, わたしは, ギョリュウを, クラムは, コックの, ジャックリーヌの, タバコを, チエホフ型も, デッキから, トテモ幅が, フランスは, プロレタリアの, モウ二尺位上の, 一つの, 一体どこ, 一家の, 一日として, 三人で, 上欄には, 不便です, 不可ません, 不安心だ, 不法行為の, 世の中に, 世界に, 中, 乗り込んで, 井上の, 人が, 人に, 人間と, 仕事は, 仕方が, 他の, 休んでも, 伴の, 何にも, 何により, 何もかもばらばら, 何一つする, 何処かへ, 供回り若党も, 信州生まれの, 俳優だ, 俺は, 倒れそう, 値打ちが, 偉大な, 僥倖な, 冬の, 出来ない, 出来ぬと, 出来ぬ事, 分る筈, 判らずに, 別に飲み, 到底国運, 動物も, 十六七の, 南洋群島一帯は, 危険この, 危険に, 原子の, 又反対意志表示, 取りかえしの, 口癖の, 口紅一つ塗っ, 古書や, 同行の, 君の, 味を, 咽喉が, 喰えないん, 嘘だ, 嘘でしょう, 困るだろうと, 困るね, 地平線上に, 埋められない空虚, 塀の, 外から, 外で, 大切な懸, 大手を, 大蹉跌, 奴は, 奴僕も, 好い場所, 姓は, 子供仲間で, 子孫について, 学ぶの, 安心し, 安心できません, 家の, 家全体の, 寂しがるでしょう, 小さな過ち, 小左衞門, 小松の, 居られないよう, 川へ, 工場の, 常木鴻山も, 広告を, 庭の, 御一緒, 心ぼそい, 心を, 思いは, 思えば, 恐らく貴女, 悪かった, 想像力という, 慎ましさ, 成らないので, 成らぬの, 成り立たない親, 手紙一本書けぬ, 承知できない, 承知の, 折角だ, 折角針, 描かれたもの, 損だ, 支倉さんは, 文学生活が, 斯様な, 明日も, 昔でも, 書く事, 書けない描写, 最も長い, 服従する, 木も, 本当にうたえる, 本当によい, 机竜之, 正宗の, 正常の, 正気の, 此の, 武蔵は, 死んだかも, 死骸としての, 毬栗頭でなんぞ, 水底に, 決して行なわれ得ない, 法律と, 泣いても, 浪花節語りとは, 海草も, 済まないと, 満鉄, 溢れぬ涙, 火夫の, 火星の, 煙草盆も, 父に, 片方が, 片時も, 牛馬の, 犬も, 猛々しい顔, 生じぬもの, 生は, 生徒に, 用も, 男女の, 病人も, 痩せすぎても, 真昼の, 眠れない, 眼に, 知合いの, 神の, 私が, 私たちは, 私の, 科学的研究が, 空家である, 窓の, 立っても, 立法者が, 立派な, 立身出世は, 第二, 精神は, 結局は, 絶対に, 罰が, 耳には, 聞いても, 脅迫の, 膳も, 自分で, 自己弁護も, 自然科学は, 艇の, 色白でも, 芸術作品は, 若い人たち, 若者の, 草を, 虎では, 虫も, 血が, 行ったところ, 解らないよう, 触れた形跡, 貞世の, 責められる, 賢二ぼうやを, 身体に, 軽ん, 迷惑する, 逃がしは, 通用しなかった, 進歩した, 過労には, 遠目には, 遠路を, 金色の, 針ノ木峠の, 銃も, 関八州から, 阿父さん, 隣家へ, 面白くない, 頭と, 食物を, 駄ちんは, 駄目よ, 駅までの, 鳥とは

▼ いなけれ~ (7, 0.3%)

1 それで, ならずお, ならない, ぶん殴って, 仕方が, 成り立つて, 生きて

▼ いなければと~ (4, 0.2%)

1 云うところ, 心を, 思いますが, 思うが

▼ いなければこそ~ (3, 0.1%)

1 こうして亡者, こうやっ, こんな白々しい

▼1*

いなけれ大丈夫だ, いなけれならないの, いなけれ人生は, いなけれゃあその人