青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「います~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いひ~ ~いふ いふ~ ~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~ ~います
います~
~いません いまだ~ いも~ ~いや いや~ いやいや~ ~いよいよ いよいよ~ ~いよう いよう~

「います~」 4551, 49ppm, 2367位

▼ います~ (1277, 28.1%)

25 これは 23 それは 10 私は 9 あれは, それが, 私の 7 その中 5 それを 4 あなたは, それから先, 他の, 何か, 彼は

3 [11件] あなたの, これで, これには, そのこと, そのほか, その時, それも, もとは, 今の, 以前は, 私には

2 [44件] あなたが, あの人, あんなもの, いずれも, こ, こういう珍しい, この, このお話, この句, この頃, これが, これも, さし当っ, しかしその, しかし私, そのなか, その人, その人々, その他の, その前, それに, それよりも, そんなの, たしかにそれ, どうしましょう, まだこの, もう一つ, 今でも, 今までの, 何と, 俳味に, 僕は, 元は, 四五日すれ, 実際は, 文吉が, 斧は, 日本の, 普通の, 此の, 猥感を, 結局は, 絵描きの, 自分の

1 [1039件 抜粋] あたしには, あちらでも, あとで, あながち僕, あなたにも, あなたを, あのよう, あの人たち, あの小町, あの根津様, あの武田重二郎様, あの頃, ある確か, あれでも, あれなら, あれも, あれを, あんなに出世, いくらにも, いくら僧侶でも, いったい真言宗, いつなくなった, いつまでも, いつもという, いつもひどく, いまだに解決, いままでに, いま海底大陸の, いわば職人, うまくゆけ, おくびょうものの, おなかの, おばあさんが, お前さん一寸行っ, お嬢さま, お嬢様は, お急ぎ, お時計, お米, お蔭な, かように, かれを, きっとあの, こいつも, こういうふう, ここには, こちらからは, こちらへ, このぶん, このシートン, この事件, この人たち, この働く, この前, この地方, この少女, この方, この時代, この民主主義, この画家, この節, この貪, この鋲, この間の, この際, これこんな, これであります, これと, これに, これはな, これらは, こんなこと, こんなの, こんな体, こんな変, さてそれ, さまざまの, しかしいかにも, しかしこれ, しかし一本道, しかし安き, しかし心, しかし猟銃, しかし誠意, じつは最近, すくなくともあなた, すべて, そう, そういつた, そうしましょう, そうまで, そこです, そこには, そこは, そしてあそこ, そして私, そちらの, そのうち, そのお礼, そのしっぽ, そのとき, そのほう, その下, その事情, その二人, その修する, その別荘, その十年一日, その原語, その地方, その声, その女, その家, その性分, その悪業, その愛人, その数, その方法, その曲りかど, その本質, その病源菌, その考え, その草賊, その親分, その近く, その陽光, それから大森, それぞれに, それでは帝室, それでもあなた, それでもこの, それでもやはりごく, それでも四十年前, それと, それにしてもいわゆる, それには, それほど理窟, それまでの, そんなもの, そんな本, た, たしかに, たしかに人生, ただかりにそう, ただこの, ただひとつ, ただ小学校, たとえば夏, たれも, だいたい男女, だめです, だれも, ちっ共, ちょっと, ついあった, ついに浮かばれず, つまりその, でもあの, でもその, とき, とてもできません, どういう廻り, どうしてそうまで, どうせ自然, どうなる, どうもその, どうも僕, どうも誠心誠意, どこか, どちらも, どんなに窮迫, なかでもあなた, なかなかそうは, なかなかたべる, なかなか多忙, なかなか愛らしく, なかなか深山幽谷的, なかに或は, なにを, なるほどこれ, なんだか女, なんとなくかわいらしい, なんの, はるかに, ひとりで, ひょっとする, ほかに, ほとんどこういえるでしょう, ほとんど昔, ほんとの, まあそのうちよくなるでしよう, まあ悲しい, まず朝, またあの, またもう, また何, まだこれ, まだ今, まだ夕方, まだ時間, まったく惜しい, まア自然, みなそれぞれに, みんなお母さんの, みんなピストル, むろんほんとう, むろん明智探偵, もうあめ, もう一度しらべ直し, もしつぐみ, ものの, やせおとろえた顔, やはりいけません, やはりそれでも, やはりピストル, やはり余程神経, やはり能, やれやれお気の毒, よく分りません, よろしかったら, わが家中, わずか三十歳, わたしこんなに, わたしたち二人が, わたしも, エンジンが, ケーベル博士は, サト子さんは, ダンスの, トラ十は, ハイカラに, パトラッシュは, ブロンドでは, ベーカー家は, マドロスが, マラーなんかは, マルファ・イグナーチエヴナは, メロオズは, 一つは, 一つ二つその, 一体全体これ, 一口に, 一年でも, 一度自ら, 一番高い, 一羽の, 万事こういう, 三年前までは, 上の, 下総の, 世上の, 両刀を, 中, 中でも数, 中でも池田監物, 中には, 中村屋の, 中谷銃二です, 九時五分に, 亀の, 事務員は, 事実は, 二人が, 二官は, 互の, 人から, 人の, 人生の, 今に照彦様, 今まで, 今もっ, 今度は, 仏教の, 他には, 代表制民主主義の, 以前一緒に, 会社の, 何うし, 何かに, 何しろ私, 何だか共通, 何も, 何を, 何故土地, 作家は, 例えば頭脳, 俳句の, 僕の, 元来は, 元気が, 先き, 先生の, 全体何の, 六根が, 其の外, 其の頃沼田下新田, 内心は, 出品画などには, 出来る迄, 力が, 助造, 北の方に, 十羽の, 博士の, 原則として, 叔父の, 只今の, 可怪し, 同じ人間, 味は, 商売の, 噂という, 国々で, 地方の, 坂井屋では, 塾生と, 夏頃は, 外にも, 多くは, 夜に, 大きい端, 大きな菌, 大の, 大体閑散な, 大衆向きの, 天辺が, 奥の, 女らしさ, 女殺しは, 如く斉眉, 始めは, 子供たちは, 子供の, 学校では, 実になんとも説明, 実の, 実は一人, 実際いろいろの, 実際には, 客に, 家賃は, 小さい貧屋, 少くとも, 少し大きく, 少し経つ, 山王越えし, 島野の, 川幅は, 市川さんなどの, 希望や, 帳を, 幸右衛門様は, 店の, 当時泥酔し, 彼には, 彼らの, 彼等は, 後には, 御岳山の, 徴用の, 心は, 念仏を, 悪魔の, 愛情の, 成る程, 或いは違っ, 所詮亡ん, 抑, 折角お, 探して, 故に歡喜び咲, 文章語の, 文筆を, 斯う書い, 方々で, 日の, 日本でも, 日本へ, 早春の, 昔は, 昔日の, 是非, 時々この, 時々客人, 時による, 暖い, 月江と, 木の, 本当はユーフラージー, 村から, 東京行きと, 果して全部, 根作の, 梅や, 植幸の, 橋の, 正夫は, 死んだひと, 殆ん, 殺気立ったその, 母の, 母親の, 毎年夏に, 氏は, 気象統計を, 水が, 江戸でも, 池には, 決して決して成功, 沖の, 洞窟が, 浅吉さんの, 減刑に, 港という, 満州では, 火は, 然しまア, 片手に, 物覚えの, 特に親しい, 現実の, 琺瑯を, 生きて, 生れつき二本の, 町奉行所の, 疑いも, 登るの, 皆さんに, 皇室秘蔵の, 目は, 相変らず, 相手も, 真に怨む, 真夜中に, 真逆, 石っ, 確かに, 神によって, 私たちの, 私たち日本の, 私どもの, 私にだって, 私も, 窓外は, 立派は, 笛を, 精神は, 紛れも, 結局小, 結構可笑しく, 絶対に, 練習に, 縄さえ, 罪は, 義朝の, 聡明で, 芝居の, 花盛りの, 芸術は, 茂太郎は, 莨と, 葉子さんの, 裏では, 裏面には, 西洋は, 要するに本心, 要するに聖人, 見た所, 見馴れると, 観察という, 言葉も, 詞の, 説明が, 誰も, 貧しい人々, 貴方お, 費えも, 赤い布, 身は, 近いうち, 近頃では, 道幅の, 違いますか, 都内の, 野呂は, 野見さんの, 釘が, 録音の, 開墾当初の, 間ちがった, 陸相あたりが, 隧道は, 雨戸を, 面白いことば, 顔は, 飛行機の, 食慾なく, 駕は, 鹿は, 黒塚さんは

▼ います~ (958, 21.1%)

10 そこへ 7 そのうち, 一人の, 急に 6 その中, それは, ひとりの 5 こんどは, そのとき, どこからか, 今度は, 彼は 4 しばらくし, それが, ふいに, むこうの, 何か, 向こうの, 男は 3 ある日, うしろの, そこに, やがてその, 向うから, 彼女は, 怪物は, 正面の, 老人は

2 [47件] いうので, おじいさんは, お俊, お津賀, お父さんが, ずっとむこう, そこの, その人, その時, その男, その黒い, それらの, だしぬけに, だれか, となりの, どうでしょう, どこかで, なかなかおもしろい, ふたりの, まあどうでしょう, またし, また同じ, やがてそれ, スーッと, ゾウの, 人の, 今の, 何だかこう自分, 助手の, 同じ下宿, 向こうから, 失礼です, 女中が, 妙な, 川上の, 怪人は, 書いて, 机の, 母は, 池上は, 目の, 相変らず, 私は, 答えた, 言って, 頭の, 鼠であった

1 [735件 抜粋] あごひげの, あたりに, あちらの, あっとおどろく, あなた方には, あのおばさん, あるじの, あるとき, ある家, ある日公使, あれほど, いいましたでございますよ, いう, いうに, いかだが, いきなりガラス戸, いきなり猫, いきなり脳天, いくらでも, いちいち説明, いつかの, いつしかそれ, いつしか青黒い, いつのまにか眠っ, いつのまにどこ, いつの間にか空, いつもは, いつ頃, いままで, いろいろな, いろんな噂, うしろで, うすあかるくなった, うとうとと, うまいぐあいに, おおかみ, おじいさんたちは, おじさまは, おばあさんは, おやじは, おり私, お亡くなり, お前は, お女中, お姉さま, お婆さんが, お定, お客様は, お庭, お滝, お爺さんは, お由, かい犬の, かなり御, かばんは, きたない風呂敷包, きっと醜聞, けたたましい音, けっしてさびしく, げんかんの, こういう光景, このお雪ちゃん, このとき, この人ども, この小湊, この時姉妹, この水, この港, この老人, この頃, こわいよう, こんども, ご新造, さきでも, さまざまの, さよなきどり, しばらくは, しまいには, じいさんは, じきそばの, すぐもう川, すぐ前, すぐ眼, すぱすぱすぱすぱと, せんぽう, そうお, そうでも, そう父, そこい, そこらで, そとで, そのうなり, そのおじいさん, そのへん, そのほら穴, そのトラ, その一, その匂い, その十兵衛, その大蛇, その女, その女性, その姿, その年, その手技, その方, その明, その月の, その洗面室, その澄み切った, その環, その白いも, その赤い, その間に, その黄色い, その黒板塀, そまつななりを, それからしばらく, それこそ, それにも, それも, それ臨検だ, たいへんな, たしかにへん, たしかにべつ, たちまち自分, たった今まで, たまには, たるの, だんだんその, だんだん胴体, ちがったすき, ちっとも眼, ちょいと, ちょうどあなた, ちょうどこの, ちょうどその, ちょうど目, つい何事, つい気, つけ加えて, とき, とっくりけ, とつぜんどこ, とても大きな, どうも疲れ, どこかの, どこから, どちらを, どやどやと, なつかしい見覚え, なにか房枝さん, なわが, なんだかもう此処, なんとなく首すじ, ねむそう, のっそり大きな, はたして思いあまった, はっきりとは, はるかかなた, はるか下の, ばあさんは, ひびは, ひるごろ例, びっこの馬が, ふしぎに, ふしぎにも, ふとうしろ, ふと向こう, ふと大変, ぶじで, ぷつり, ほかにも, ほかの, またちらちら, またカーテン, またラウド・スピーカー, また中, また扉, また耳, まったく世にも稀, まっ黒い服を, まもなく大, まるで博覧会, まるで目, みんなが, みんなは, むこうから, もうお, もう一人, もう一度おなじ, もっとふしぎ, もともと狭い, やがてずっと向こう, やがてふたり, やがて一つ, やがて一匹, やがて平賀さん, やがて往来, やがて殿様, やがて父, やがて紅矢, やがて鉄, やがて陽ざし, やはり夕がた, やまどりが, ゆうべの, ゆうべは, よくあの, よく御, よく路傍, よけいに, よろよろと, れいの, わきで, わしは, わたくしも, イタリー人は, エンジンの, カタンと, カタンという, カランコロンと, カーテンの, コマイヌの, ゴイゴロフという, ダンビラの, チラッと, ドアの, ネズミどもは, ビュウーン, ブドリの, ホヲリの, ポーンと, ロボットは, 一けん, 一そうの, 一体それは, 一匹ずつ, 一方の, 一昨夜二時過ぎに, 一疋の, 一郎さんが, 丁度そこ, 丁度今, 三味線や, 三度めに, 三郎は, 上から, 下から, 下の, 不意に, 世間の, 久江は, 九つ, 乱暴者は, 二三日来の, 二人三人と, 二階の, 云いました, 云うこと, 云うそれ, 云う返事, 云った, 云つた, 五つ, 亡なった, 人に, 人見さんの, 人間の, 仄明るい, 今日町で, 仲働きと, 何かに, 何だかきらきらと, 何とも云え, 何事が, 侍の, 傍らに, 先方も, 先日の, 入って, 入口の, 公園の, 兵十が, 別にお, 前を, 劉洋行と, 北国から, 十一歩でした, 午すぎに, 博士は, 却ってどの, 叔母の, 右の, 吉五郎は, 吹上の, 吾家の, 啓司は, 嘉六は, 四つン這い, 垣を, 塾頭が, 夏めく南風, 夕やみの, 外から, 外に, 多分に, 夜なかに, 大きな山, 大きな銀色, 大嚢, 大岩のね, 天井は, 天窓の, 奥から, 奥さまは, 奥の, 奥様に, 奥様は, 女は, 女中は, 女王さまは, 女給が, 妻に, 妻君が, 妾には, 娘の, 子供らは, 実に女々しい, 宮越の, 家内は, 富久町よりは, 寒い寒い星, 専務の, 小猿, 小鳥などが, 少年は, 山の, 川づら, 川上から, 巡査は, 常になく, 弁財天は, 弟が, 彼様な, 後から, 御姫様, 思ほして, 怪人団の, 怪獣は, 恐怖王は, 悴が, 我々と, 戸を, 手が, 探偵さんに, 新兵衛, 旧暦の, 早くも, 時間が, 暗い坂の下, 暫くし, 書き遠く, 木の葉が, 木戸君が, 本当にこうなる, 杉や, 松本さんは, 果してそうです, 果して七つ半, 某博士, 案の, 梯子を, 森の, 極楽世界です, 楽屋の, 槇原の, 橋の, 機械の, 次第に気分, 武が, 殿村は, 母に, 母親は, 氏は, 気を, 気味の, 水夫が, 水素乾燥用の, 江戸と, 池の, 泥棒は, 泰二君は, 海面に, 渦に, 無い方, 無茶先生は, 父は, 父も, 片隅に, 狼が, 猟は, 玄関で, 王子は, 現つ, 田圃を, 申すの, 男の, 畳んだ袖, 白いさ, 白鳥の, 目から, 直ぐ下, 相川は, 真っ黒な, 真夜中ごろあんのじょう, 示威し, 社宅の, 秀梅は, 私共の, 程なくそこ, 空に, 突然, 突然大きな, 突然彼女, 突然露子, 突込まれ, 笑われた, 答う, 米峰氏が, 紅木大臣は, 紙し, 紳士は, 給仕が, 総身に, 老人の, 自分の, 自分自身の, 船は, 色の, 芳男さんが, 茶の, 蔦代は, 薬売り, 覆面を, 見えるもの, 覚えやすい, 言うそれなら, 言えば, 言つても, 言われて, 誤謬を, 説明とともに, 警官が, 豚肉の, 赤いゴムふうせん, 足の, 身も, 車夫は, 途中から, 途中で, 速達という, 進んで, 運よく, 運転手が, 道化師は, 道庵先生は, 道灌山に, 遠くいくつ, 遠くの, 酒が, 酒を, 野口と, 野郎は, 鉄の, 鐘の, 長谷川一夫に, 門の, 門番の, 閉て, 間もなくうしろ, 間もなく家, 電気スタンドの, 電話の, 霧の, 非常な, 面白いこと, 音なき声が, 須叟猫は, 頭上遥かに, 顔や, 首領らしい, 香油を, 馬は, 馬春堂は, 魔人は, 鳥屋が, 鷹が, 黄金豹は, 黒服の

▼ いますから~ (687, 15.1%)

10 それを 8 私は 5 御安心 4 私の 3 これは, ご安心, その中, その人, 私が

2 [32件] あれを, おいでに, お筆, ここには, これからの, そこへ, そこまでは, そのとき, それに, ちょっとのぞい, どうか, わたしは, 一緒に, 何か, 何かと思っ, 外から, 夜の, 大丈夫です, 安心し, 少し不良少年少女, 彼の, 心配はいりません, 念の, 明日の, 暑からず, 用が, 私も, 第一, 米友も, 聞いて, 自然と, 誰も

1 [581件 抜粋] ああ出来た, あそこには, あっしも, あとに, あなたの, あのかけじ, あの世界, あの大きな御輿, あの大鷲, あの扉, あの袖, あまりおすすめ, あるいはそれ, あれへ, あんな物品, いいでしょう, いかに奥店無差別, いくら刺, いずれここ, いずれ正確, いっそう気丈夫, いっそお, いつもそれ, いつも自転車, いまごろは, いま一度問い返しました, いま川上機関大尉は, いわゆる盲, うっかりし, おかえなすっ, おさまりません, おたがいに双眼鏡, おめんめ, おやしき, お先に失礼, お前は, お嫌, お嬢様行っ, お宿, お座敷の, お持ち, お松は, お気を, お気持, お申し聞け下さい, お目, お身, お金を, お雪ちゃんを, お馴染, かまわず私ども, きっとあなた, きっとです, けっしてだまされ, こういう屋敷, こうして縁側, ここなら, ここへ, こちらから, こっちも, このごろの, この一行, この上小使, この多摩川沿い, この子, この秋頃, この者, この話, この長い, これからお話, これから僕, これくらい, これで, これも, これを, ごらんなさい, ご心配, さのみ, しばらくしばらくお待ち, しばらくでも, すぐそちら, すぐ行きます, すでにわが, すべてそれに, ずッぷり, せっかくわざわざ来, ぜひです, そいつが, そういうもの, そう言, そこから, そこが, そこに, そこを, そのうち相当, そのおつもり, その処理, その姿, その子, その恩, その折, その攻撃, その智, その母性, その燐寸, その神様神様, その稽古, その複雑, その間に, それだけ気, それで, それならお, それのを, それは, それも, それらの, そんなの, そんなもの, そんな八百屋, そんな大きな声, そんな捫著, ただ先代謙信, ただ武力一途, たって, たとい昼, たとえ君, たぶん大村氏自身, たまりませんホン, だめです, だれも, ちっとも怒らず, ちっとも淋しく, ちっと休ませ, ついでに, ついに滅亡, つづけて, つれて, とうてい将来, とくに問題, とても助かり, とても強情, とても行かれません, とても見分, ともかく早く, どういう隙, どうかと, どうか会社, どうか御, どうか極刑, どうか要領, どうしても長く, どうしても鷹揚, どうぞお, どうぞおしまい, どうぞひとつ, どうぞよろしく頼みます, どうぞ上っ, どうぞ庭, どうぞ當年, どうにも調べよう, どうも仕方, どうも薬局, どこか, どこからか, どんなに人目, どんなに霧, なだめて, なにか毛色, なによりも, なんでも, なんといわれた, なんなら, なんの, にわかに野望, ねえよろしい, のぞいて, ほとんど独りぽっち, ほんとに醒めきる, ほんのねる, まあ余り世話, まあ劬, まげて船長, またあと, まだ盗賊, みんなから, みんなし, めったに, めッた, もうあまり長く, もうこれからは, もうこれきり, もうつきあえない, もうなん, もう判るでしよう, もう少しする, もしこんど人間, もし二人, もっとはなはだしい, ゆっくりと, ゆっくり書い, よく分かっ, わたくしは, わたくしも, わたしに, わたしの, われわれは, オヤジの, シャワーなんぞは, トオサンという, ネルロが, ハヽアこれは, ヘリウムは, 一々気, 一切しません, 一寸来, 一寸気, 一層趣, 一日二日で, 一時から, 一枚だって, 一荊州を, 一行だって, 一足も, 七兵衛も, 万一を, 三人で, 上りましたので, 上等のを, 上野町の, 下から, 世は, 中へ, 主権在民主義の, 主食の, 二人で, 人が, 人の, 人間がも, 今しも, 今それを, 今は, 今までの, 今年は, 今度こそ, 今度見えた, 今日こちらへ, 今日なんぞも, 今日は, 今日以後の, 仕事の, 他は, 何かの, 何だか案じられます, 何とも云え, 何の, 何ぼ, 何も, 何処に, 何卒御, 兄弟だ, 先ず間違い, 先生の, 兎も, 兵馬は, 其様な, 再び板, 冷かしは, 判明次第帰署し, 別に苦しく, 加勢を, 助出し, 勢い顔が, 勧めたくも, 十五年にも, 十分光が, 印度の, 可哀そうだ, 同志を, 吾吉の, 呼吸を, 嗜みの, 國の, 土に, 地球上の, 城を, 塔の, 声は, 売買の, 外へ, 夜に, 夜中でも, 大きに驚きました, 大事を, 大体は, 大坂の, 大小の, 大層優待, 大抵の, 大抵今夜中, 大方まだ朝, 天性上手な, 奥さんと, 奥方の, 女は, 女房も, 妻は, 娘に, 婢なぞも, 婦人も, 孝助は, 室内や, 家にさえ, 小麦を, 少々の, 少しお, 少しぐらい, 少し打合う, 尾根に, 帰ったら後, 帰っても, 帰りは, 帳場にも, 平気です, 平生その, 年に, 庭も, 弱い庶民, 強いて聞く, 当人の, 当分お尋ねは, 彼が, 彼女に, 彼女も, 後でも, 後の, 従って, 御ゆるり, 御覧に, 御通知, 心は, 心強いよう, 心配いりまし, 心配しなく, 急に, 愛の, 慌て, 我邦の, 或と, 手数が, 折り紙つきです, 拵えるの, 持て参ります, 掛けて, 支度は, 政治的に, 故障の, 斜陽族を, 斯様な, 新しくお作り, 新潟界隈を, 日本の, 日本人には, 早くさえ, 早くのっ, 早く外, 早く胃中, 早く行っ, 映写室から, 昨夜なぞは, 是非それ, 是非ともお, 是非大井さん, 時と, 晴着に, 最近の, 月に, 月は, 朗らかな, 本陣の, 杓子で, 林念寺前の, 根岸の, 案外に, 椰子蟹という, 横露路から, 次の, 止むを, 歩くところ, 歴史に, 残念ながら, 殿様とも, 母は, 気の, 気の毒で, 気イつけなさいや, 水の上に, 水筒の, 求職の, 決して不正, 決して手伝わない, 決して海, 河の, 泡立てる訳, 泥棒の, 浅はかな, 濃紅姫, 無理にも, 無理も, 無論これ, 父の, 犯人の, 瓦にさえ, 生焼の, 生焼や, 産業的に, 用の, 申せません, 異存の, 疾医より, 発売禁止の, 白痴だ, 皆さま御, 皮を, 直に取れます, 直に駈出し, 相当の, 相手に, 眼の, 知り合いに, 神楽師に, 私たちいわゆる, 私たちが, 私どもと, 私どもは, 私なさけない, 私に, 私みたいに, 私共は, 空気に, 筋肉が, 策を, 粉に, 納屋物置でない, 総計八十八類に, 考えて, 而し, 背に, 自分の, 自然その, 自然怪異の, 自身の, 興奮の, 花見は, 茲には, 血の, 衆議院で, 表でも, 見ちがえるよう, 見るから, 言うこと, 計略を, 訊問と, 話を, 読んで, 誰が, 調べて, 譲って, 買って, 軍人が, 農夫が, 迂濶, 近いうち, 近づいて, 通りぬけ, 連れてって, 道庵が, 避けられません, 邪魔しよう, 部下は, 銭の, 長くお話, 長崎から, 間もなく捕まるでし, 間接に, 間違えるはず, 陽気で, 随分くしゃくしゃし, 障子へ, 隠したって, 隠密が, 雪の, 頭目烏啼は, 頼んで, 顎に, 顔は, 馬にも, 馬春堂の, 高尾の, 高輪の, 黒っぽいアイヌ

▼ います~ (190, 4.2%)

5 それに 4 私は 3 あなたは 2 それを, 店の, 森の, 遠くの

1 [170件] あからさまに, あたくし, あなたから, あなたが, あなたの, あなたも, あの人, あの悲しい, あんなに気, いろいろな, いろいろハタ眼, うしろからは, おかみさん, お客さんたちにとっても, お父, お館, きょうあたり会計を, くりや, この上, こんどの, こんな事, さあどう, ずっと古くから, そういう点, そうして健吉氏自身, そしていく, そのか, そのこと, その壁, その小柄, その魚, それから後, それから春, それが, それにちかく, それにもう, それに私, それは, たいへん敬服, だいいち私, ちょうど品夫, とうてい書生, とにかく東北地方, どうせタクシー, どうせ一度行っ, どうも不思議, なお朝倉教諭退職, なかなか感心, のども, ひとりで, べつの, ほとんど眠らなく, まさかそんな, まして丞相, またあの, またおもいたい, またご, またその, またたいへん, またよしんば, また人, また嘘, また生まれた, また生れる, また私, もう一つ, よく見る, わたくし共も, エレベーターから, スエ子も, ドストイェフスキーの, ボサも, マア宿に, レスラアは, 三人の, 下へ, 不賢者, 世間でも, 久世さんなんかも, 久保は, 二つの, 亡くなられた御, 人も, 人込を, 何もかも母さん, 倉田組の, 出せるならまた, 切口の, 刑法の, 十分, 千年先よりも, 半蔵さまは, 古ぼけた木造, 同時にまた, 啼くと, 在来の, 埋めたトロニア家, 壁は, 夏の, 多津も, 天井裏にも, 女房も, 妹たちも, 妻としては, 姉は, 姿の, 姿も, 娘の, 実家で, 実際現場捜査, 室の, 容貌は, 宿でも, 将来も, 少しの, 席も, 幸四郎の, 床は, 弟が, 彼と, 御縁日, 御覧の, 或は日月並び, 或る, 新しくここ, 昆虫たちも, 昔から, 時雨堂の, 普通の, 書けるのよ, 書生も, 木立に, 朱実の, 武夫君も, 母の, 泣き泣きその, 現在の, 痰も, 療養所は, 真弓という, 石村さんの, 磁石だ, 私共は, 突伏し, 窓には, 窓の, 第一わたくし, 築地辺の, 米の, 自分が, 自然何かの, 色と, 芸術家も, 葉の, 表には, 買う方, 赤松さんの, 運命も, 都は, 野原の, 鋼鉄箱を, 間取, 阿波へ, 陳家とは, 随分美しい, 雨でも, 雨戸を, 青い青い色, 順序が, 顔が

▼ いますので~ (169, 3.7%)

4 それを 3 私も 2 ございます, その金, セエラは, 私たちは, 私は

1 [152件] あなたの, あなた方は, いかにも某, いまは, おせなか, おとうさんは, お一人, お気の毒, かくべつ驚き, くせ者を, ここから, ここで, ここは, このお話, この札差, この益子, これからは, これから先, これは, これまでの, これを, こんな場合, ございましたらたぶん, ご通行, して, すぐに, すこしも, せっかくです, そうした国々, そう心配, そこに, そこへ, その国, その意味, その木, その部分, その音, それが, それで, それの, それは, ただ一人, ただ赤い, だいじょうぶと, ちい子ちゃんは, ときどきどこ, とても逃げだす, どういうこと, どうか, どうした, どうしても出られませんでした, どうしても手, どうぞお, どれから, どんなにいま, なかなか儲けどころ, なかなか見舞い, なんとなくそれ, はるか下の, びっくりなさいました, みるみるうち, もうすぐ見えるでしょう, もうそのうえ早く, やがてはと, やっぱり申し上げられません, やや心安, より江は, わたくしは, アトリエの, イソダンでは, スピードは, チュンセ童子は, ホンの, 一っ走り, 一両日中に, 万人に, 三ヵ月いじ, 不経済, 九時に, 事情御, 今までほど, 今度こそはと, 今度の, 何かの, 何処を, 先ずこれ, 先に, 別に不思議, 匪賊達も, 参りました, 又驚きました, 反射した, 右に, 夕方燈台の, 夜通し裏口, 夢では, 大きくなる, 大変に, 大根だの, 将来の, 小さな公園, 少し当て, 履物が, 心配でございます, 忰や, 愚僧は, 手さぐりで, 掲載を, 日頃より, 早よ, 明智さんに, 時と, 朝は, 次の間の, 毎日お, 気に, 江戸の, 池上も, 汽車賃を, 炭酸水をも, 無茶先生は, 爺やに, 特別に, 田を, 男のは, 画室の, 睡眠薬を, 私ども陳列された, 私の, 私を, 私共と, 私慄え, 窓から, 笠井氏も, 義を, 肝を, 船客の, 蛸壺引きあげ, 行って, 衣裳の, 裏の, 見物人が, 誰にも, 誰も, 赤ちゃんは, 足の, 遠くの, 隣近所は, 霊性で, 音楽に, 顔を, 鼻が

▼ います~ (86, 1.9%)

2 いますよ, くやしかったら, ここに, それに, ッ

1 [76件] あさましい, あなたと, あなたの, あの時馬車, いかに伏目, えお分り, おかげで, おかしなもん, おろしましょう, お前さんが, お嬢様, お机, けちんぼの, この六月, これが, しかしそれ, すこしあなた, そらあの, それだけです, それには, そんな事, たしかに見つかっちまった, だからあなた, ちょいと, なかなか大した, なにを, ほんとにあの, まあよく御, また相当, もし狐, わかって, アッタスンさま, ォ, クリイニングに, シルヴァーさん, ハヽヽヽ, フレッド, 一度は, 三輪ちゃんに, 丸顔のね, 二人の, 今でも, 今日という, 伯母さん, 佐々さん, 何うし, 何だか凄い, 何を, 僕は, 兄さん, 先生の, 前から, 口の, 吉原が, 孫悟空みたいにね, 富士や, 少し気, 怪塔の, 日本の, 早く帰っ, 母屋の, 皆んなお祭騒ぎを, 目星いものを, 知って, 私が, 私と, 私に, 節ちゃんさ, 経済的に, 親分, 誰だって, 誰も, 諸国の, 車掌, 電氣も, 鵜の

▼ います~ (79, 1.7%)

5 じゃ 32 ですか, ですが, やが

1 [65件] かえ, があの, がいつ, がしだいしだい, がつぎ, がとても, が残ん, が苦しい, が遠い, ことである, このうち, これからは, さえみずから, じゃ間, その方, だが, だってそりゃ本当に, ってしきりに, でしょうか, ですから, ですもの, どす, なら参りましょう, なら神, には, はお, はどんな, はもう, は一枚, は四回博覧会, は実は, は当時, は彼女, は悪人, は此方様, は炭, は甚だ, は皆武力, は相, は結果, は罪, は花, ひとりで, ほんとにもう泣きださない, もうあっち, もその, もだれ, も世の中, も人, も随分, や, よりたくさん, を, を七兵衛, を何より, を侍達, を子供, を山三郎, を見, を院, んか, ホホホホ, 吉川さんは, 御隠居さま, 長兄の

▼ いますけれど~ (73, 1.6%)

2 これは

1 [71件] あすこから, あちらの, あなたの, あなたを, あの名古屋, あまりにお, ある人, いつの間にか金庫, いま一日お待ちくださいませ, いらし, いろいろな, うらむらく, おそらくは現実, けっして呪い, この世に, この婦人夫婦, じき帰っ, そして私, その形, それでもお家, それは, そろそろ部屋, そんなこと, たしかに明智探偵, だってそう, だってそれ, ちょっといい, ちょっと看護婦上り, つっかい棒に, でもまだ, どうもその, なにも, なんと云います, ほんとは, まあわたし, まだ十九, みんな金色に, もう殆, もしそうであったら, よく見れ, わたしなんぞは, 二十面相は, 二階から, 人生を, 何にも, 俺は, 到着早々誰も, 四回とも, 夜も, 大丈夫です, 失業者な, 女には, 姉上は, 婦人たちの, 小林君は, 思うよう, 思う方, 旦那も, 本当に人間全体, 松本さんに, 決して他人様, 真実正気な, 神様は, 私の, 老躯を, 誰も, 賊の, 遠くの, 隆ちゃんが, 電線が, 顔出ししなけれ

▼ います~ (65, 1.4%)

135 それを 2

1 [45件] あいい, あのひと, あの人, あの晩帰り途, いつかわるものどもの, えこれ, お前さんは, お母さん, こちら井深です, ときいたらい, とにかく申しあげ, どうか, どうかお, へえ何, わたしを, ァ, アノ深夜の, ジャン, ハハハ, ハルクは, 七夕です, 今日の, 分りませぬが, 呆れたもの, 坊さんかたれ, 多分生き, 妹が, 姉さん, 御主人, 御同情, 忍んで, 承わりとうござる, 日本の, 日頃の, 早くいらっしゃい, 春だ, 本では, 村の, 濡れた薪木, 無論内地, 白秋の, 知って, 私は, 記代子さんは, 道夫さんは

▼ いますけれども~ (53, 1.2%)

2 私は

1 [51件] あんまり無茶, お恥, こちらの, これは, これも, こんな時節, そう暴虐, そのあと, その側, その実は, その欲望, それでも何, それは, そんなにまで, どうもあまりはつきり, どうもその, どうも仕方, ふたりは, もう捕まえ, もしその, ベルクマン銃が, マア三四日の, 一葉は, 三年を, 中, 今の, 何だか判然, 味は, 国家的の, 実際は, 帳面でも, 怪我を, 我国の, 拙者などの, 最初から, 木偶人形じゃあ, 未だ決して懺悔, 条理, 此方から, 母の, 流眄を, 牛にも, 現実に, 田舎で, 箱部屋の, 聞いて, 自分が, 自覚という, 誰の, 院号などを, 食用には

▼ いますうち~ (45, 1.0%)

3 にある, にその 2 にお, にこんな, にふと

1 [33件] その夜, つい調子, なお親子, に, にあなた, にいつ, にいつしか, にここ, にこれ, にすべて, にそう, にだれ, にだんだん, にやがて, にわかい, に一軒燈火, に大きく, に小鳥, に山道, に或, に期限, に熱い, に相手, に眠く, に知己, に財産, に間近, に非常, に食糧, に魔法使い, はたがい, は不遇, は何

▼ います~ (34, 0.7%)

1 [34件] あすこには, あなた, あれは, あれ陣鉦, いという, いろんなところ, うちの, おかしら付き, おやお帰り, お嬢さん, きっと狐, この頁, すず菜も, ずいぶん, そしてその, それは, ただ不景気, だんなの, どうする, ほほほほ, まったく, よくその, リザベタさん, 争われないもの, 今の, 切れる処, 多分房州, 恐しい声, 悪い刀, 測量技師さん, 若いのに, 誰が, 貴方は, 金時計が

▼ いますという~ (25, 0.5%)

4 ような 2 のも

1 [19件] お返事, ことを, この言葉, のです, むごい返事, ゆえその, ように, 二度の, 様子だ, 欄が, 歌である, 眼で, 私の, 自慢話を, 自粛自, 言葉を, 話で, 途方も, 風に

▼ いますのに~ (24, 0.5%)

1 [24件] いきなり帰っ, お知らせが, そちが, その絵, それでも私, それに対して, どうしてこんなに白々しく, どうしてそれ, もうちゃんと四阿, ものごとに, 何と, 唯い, 女性が, 妹は, 娘の, 子供かと, 少しも, 弓を, 当のあなた, 晩飯前で, 法廷の, 異様な, 眼が, 舟木は

▼ いますこと~ (22, 0.5%)

2

1 [20件] があの, で始終, どすか, は似合わしく思われません, は何かしら, は悪い, は東洋, もきまり, もだれ, も朝廷, も私, よ, をあなた, をお, を前生, を申, を神, を聞い, を言っ, 勿体ない

▼ いますからね~ (20, 0.4%)

1 [20件] そうなさい, そして明日, そのおつもり, その先入主, それが, それを, だからその, どの点, へたに, またどこ, ヒ, 二万円と, 人には, 又出直し, 女工さんたちに, 現在の, 貢さん潜と, 赤いブラウス, 遊びに, 養母っていう

▼ いますがね~ (17, 0.4%)

1 [17件] あなたって, こいつは, この中, そこは, それは, たいがい毎晩です, ただ鼻, もとより金目, 二人の, 今の, 何時上れ, 僕は, 前のは, 年中叱られ通しだ, 本当は十六, 毎年夏に, 高田の

▼ いますそれ~ (17, 0.4%)

1 [17件] がいずれ, が今, が曲者, だのに, に一旦ああ, に今日, に場所, に紅い, に舅, に蒸し暑い, は, はもうそろそろ, はわたし, は事實, は今, は家伝, を眺め

▼ いますもの~ (15, 0.3%)

5 ですから 21 こうして姉さん, でございますから, という一言, とか御, はどうか, は道頓堀あたり, まして私, をほか

▼ いますその~ (14, 0.3%)

1 [14件] あなた様が, ことは, ために, ほかいくつかの, 一人は, 人は, 人も, 光りで見ると, 前に, 力は, 封筒を, 渾沌性について, 盲法師は, 魔法使いと

▼ いますとも~ (14, 0.3%)

1 [14件] あなたは, いますとも, いまの, これだけ, これは, さっきから, しかしそれ, まあなん, 伊勢の, 可哀想な, 書かれて, 祥子さんと, 絶世の, 親切な

▼ いますよう~ (14, 0.3%)

52 なわけ 1 で, ですが, にさき, にと祈った, に十月, に感じ, に最初

▼ います~ (13, 0.3%)

7 です 1 だの, だん, ですかね, ですが, ですとね, ですよ

▼ いますかと~ (12, 0.3%)

2 聞いて 1 きまってそうな, 伺いましたら今あなた, 冗談の, 大きな声, 尋ねました, 思ふ, 聞いた, 訊いた, 訊くと, 騒ぎたてるそんな

▼ いますそして~ (12, 0.3%)

1 [12件] かつての, その中, その神経, それが, ね鍋島, もう何, もっと楽, われわれ二人は, 冨美子が, 時々は, 美しくもなく優しく, 長篇的構成を

▼ います~ (12, 0.3%)

2 はそんな 1 にとっては忘れる, のもっ, の姓, はその, は割りました, は奉天, は帽子, は幸福, は頬ずり, もいそい

▼ いますけど~ (11, 0.2%)

1 [11件] あの人, けれどやはり, その場合, でもおなか, どうもそう言え, まだ頂ける, ホントの, 一番さん, 別にツテ, 無宗教, 縁という

▼ います~ (11, 0.2%)

2 おばさま 1 すっかり聞えます, それでも, なんでも, ねえ, わたくしが, ピアノの, 併し, 決してわるい, 言葉が

▼ いますところ~ (10, 0.2%)

1 で, に大きな, の球形世界, の芹沢, へそれ, へよう, へ江戸, まで駈けつけ, より注げ, 定まれるが

▼ いますとね~ (9, 0.2%)

1 お茶の, さあ, ますますみょう, 僕は, 半生の, 向う斜, 呉越同舟といった, 本当の, 里に

▼ いますよと~ (9, 0.2%)

1 かの宇治川, 世間に, 云ったわ, 何気ないよう, 囁きかける, 或る, 注意され, 注意した, 言ったかと

▼ いますそう~ (8, 0.2%)

2 です 1 して, しますと, で一度, で太刀風, 云いながら, 書いて

▼ いますのよ~ (8, 0.2%)

1 あの築山, おばさまが, だからそれ, ほんとうに, 五年前, 勝は, 発展的な, 磯崎だって

▼ います~ (8, 0.2%)

1 あり, が見, の大宮, の許し, は福慈神, へ, よりその, をかく

▼ いますあなた~ (7, 0.2%)

1 どのくらい, に助け, の心, はぼく, はまだ, も屹度, を思い出し

▼ います~ (7, 0.2%)

1 あれごらんなさい, いけません一人, お名前, われわれに, ア, 僅か四兩, 旦那さまアお

▼ いますんで~ (7, 0.2%)

1 いるの, ご婦人, そういうこと, その椅子, へい, 日が, 暫くも

▼ います~ (7, 0.2%)

1 など伯母さま, には恭敬, に李景雲, に波, の事, は眼, は秋

▼ いますあの~ (6, 0.1%)

1 やさしい花, 人は, 人達大変綺麗わたし好きです, 位の, 天文博士に, 車井戸の

▼ いますこの~ (6, 0.1%)

1 ことに, 子の, 照らす日月, 産物は, 眼で, 馬にとっては

▼ いますこれ~ (6, 0.1%)

1 がわいたら上りましょう, は今, は実に, は彼女, は私, を買っ

▼ いますしかし~ (6, 0.1%)

1 こちらは, 僕には, 僕の, 彼女は, 東京にだって, 私が

▼ います~ (6, 0.1%)

21 いな, いますぞ, え, 貴方が

▼ いますなんて~ (6, 0.1%)

1 いえない, きざな, そんなこと, そんな先生, 相談を, 自惚

▼ います~ (6, 0.1%)

1 う致しまし, かしら扁桃腺, だろうと, でも食べ, にし, にも遣わない

▼ います~ (6, 0.1%)

1 にすっかり, にも人, にドーブレク, に一人, はあなた, は姫宮

▼ いますがと~ (5, 0.1%)

1 いうと, お目, 事情を, 云うの, 内意を

▼ います~ (5, 0.1%)

1 お家の, すなわちわが, や, 夫人のみにて, 空間の

▼ います~ (5, 0.1%)

1 でも引っこぬき, にどうしても, に今度, に私, に翌

▼ います~ (5, 0.1%)

1 へあの, へ想う, へ折しも, を希求, を晴

▼ います~ (5, 0.1%)

1 がそいつ, でありさ, にいでまし, に無限, へ手紙

▼ いますからと~ (4, 0.1%)

1 おことわり, 彼女に, 言う, 鉛筆を

▼ います~ (4, 0.1%)

1 このペテルブルグ, 一体なに, 五十嵐の, 白いエプロン

▼ いますって~ (4, 0.1%)

1 いうのに, はっきり云っ, 声よ, 申せば

▼ います~ (4, 0.1%)

1 よぼっ, 余まりトンチキの, 汽車の, 諸国一見の

▼ いますとき~ (4, 0.1%)

1 にお便り, に乞食, はじめて文吉, 残って

▼ います~ (4, 0.1%)

1 あああどうにか, 先生も, 因って, 圓朝や

▼ いますもん~ (4, 0.1%)

1 かね, で, ですから, でちっとも

▼ います~ (4, 0.1%)

1 の高, はそんな, は今, は昨日

▼ います~ (4, 0.1%)

31 をお

▼ います~ (3, 0.1%)

1 はいりなさい, 師匠さん, 福ッて

▼ いますかね~ (3, 0.1%)

1 この扉, 内に, 自分の

▼ いますさかい~ (3, 0.1%)

1 これこそ, 年齢の, 私は

▼ いますぼく~ (3, 0.1%)

2 はカムパネルラ 1 のお父さん

▼ いますよという~ (3, 0.1%)

1 ように, わけで, 風に

▼ いますわと~ (3, 0.1%)

1 こぼして, 団扇で, 泣いたり

▼ います大きい~ (3, 0.1%)

1 体の, 因子として, 規模で

▼ います~ (3, 0.1%)

1 の井, の意, 又は鎮座

▼ います早く~ (3, 0.1%)

1 すきな, 来て, 飲もうと

▼ いますあれ~ (2, 0.0%)

1 じゃ先, だけロシア語

▼ いますからって~ (2, 0.0%)

1 云って, 断ったの

▼ いますからなどと~ (2, 0.0%)

1 ひと言も, 母親らしい

▼ いますがな~ (2, 0.0%)

1 あの笛, 親爺は

▼ いますけれどもね~ (2, 0.0%)

1 いま玉子を, そのさき

▼ いますこう~ (2, 0.0%)

1 なったらご覧, なると

▼ いますここ~ (2, 0.0%)

1 に, にこんな

▼ いますしね~ (2, 0.0%)

1 それにああ, 庭の

▼ いますせい~ (2, 0.0%)

1 かほんとう, かセル

▼ いますただ~ (2, 0.0%)

1 一箇所だけ, 説明し

▼ いますとは~ (2, 0.0%)

1 はああれ, 往かねえので

▼ いますなどと~ (2, 0.0%)

1 歯の, 話を

▼ いますねと~ (2, 0.0%)

1 気の, 鷺の

▼ いますものの~ (2, 0.0%)

1 いよいよ二人一緒, 疑わないに

▼ いますやがて~ (2, 0.0%)

1 カサとか, 階を

▼ いますゆえ~ (2, 0.0%)

1 もう櫓, 見たからに

▼ いますわが~ (2, 0.0%)

1 大君かも, 母が

▼ いますわたくし~ (2, 0.0%)

1 は白, をこの

▼ いますわれわれ~ (2, 0.0%)

1 が新しい, はまだ

▼ います~ (2, 0.0%)

1 て, てねエ

▼ います~ (2, 0.0%)

1 にそれ, に窓

▼ います~ (2, 0.0%)

1 に若, のその

▼ います~ (2, 0.0%)

1 ならば, はいます

▼ います~ (2, 0.0%)

1 かも, はいま我等

▼ います~ (2, 0.0%)

1 には見込み, に肖ない

▼ います~ (2, 0.0%)

1 こんなところ, は私

▼ います自分~ (2, 0.0%)

1 が座席, の在る

▼1* [312件]

いますああして, いますあした行って, いますあした工合がわるく, いますあそこには官, いますあなたがたには殺す, いますあんなのが, いますいいですか, いますいいえ立てて, いますいかにもゴミの, いますいつぞやの凌雲院, いますいつもユリが, いますいまはどこ, いますいやそれどころかはっきり, いますいろいろのこと, いますうえにこっち, いますうち八重子は昨夜, いますうち紀伊守とお, いますうまいとは思いませんでした, いますおしゃれして, いますお前さんはこれから, いますお父さんは頭, いますお蔭でいろいろ, いますかいの, いますかって聞いたら彼, いますかというやりとりから, いますかとかどういう物語, いますかの時分の, いますからこそこうして黙っ, いますからというのでしょう, いますからな何という, いますからなははん, いますからねと町内に, いますかわいそうだわ, いますがもくだよの, いますぐあぶないというようすもないので八月にふたたび, いますぐにひつようでないものはほしがらないからこのよう, いますけどねズーッと, いますけどもそれが, いますけにこね, いますけれどねお雪ちゃん, いますこっちへお出で, いますこと五年あまり今年の秋, いますこれらも重要, いますこれ一本だけでもどうか, いますころにほか, いますこんな人の, いますさあここに, いますさと小声で, いますしかしながらこの最後, いますじゃないかね, いますそういう感情に, いますそうしてたった今の, いますそこに彼等, いますそちらの目, いますそれでおそくなりました, いますそれらのいろいろ, いますためにどうしても, いますだから銀座なんかが, いますだけでも心が, いますだけに何だか私, いますだんだん可愛く大きくなっ, いますちっぽけな物, いますちょっと前まで, いますですから大阪の, いますでも気持が, いますといった体, いますといふ意味にも, いますとかこれこれの, いますとかべぜんたいが, いますとき今度は馬, いますとき私に貯金, いますところがだれかが, いますところ四時この旗, いますとだけ書き添えて, いますとでも云えば, いますとの答えに, いますとばかりでは, いますどうか加減, いますどうぞ充分御静養, いますどうもあんな教員, いますどこでどんな, いますどちらもピリピリ, いますどっしりとな, いますどの辺を, いますどのみちやがてここへ, いますなかにちょっと, いますなといふ意味だつた, いますなにも姉御, いますなんだかうら悲しくなりました, いますなんとか遠ざける工夫, いますには夕景に, いますによってどうぞご覧, いますねんなア, いますのでと言訳しかける, いますはじめてこんなもの, いますはやさすら, いますひまに朱文, いますふっくりと肉つき, いますほどに閉ねたら, いますほら菜種に, いますほんとうに美くしそう, いますまたは愛して, いますまだ子供の, いますめでたき女神よ, います少しお, いますもうそれで, いますもちろんそれと, いますものここを根拠, いますもの熊だと, いますないか, いますやっぱり平田大人と, いますゆえわたくしは夜, いますゆえ例のつじ, いますよう神を祈れよ, いますよってここで, いますよね分りましたか, いますよりももっと幸福, いますらん島にも似たる, いますらん鶯来啼く我, いますわが家を, いますんでのところで, いますアゼルバイジャンの髭, いますコルヴィッツというの, いますサア私が言葉, いますシライシテイネには白河, いますスエ子さんが命, いますハシカが悪い, いますピアノさんピアノさん優しい言葉, いますフェルガルというもの, いますフラショーで, いますフランス人の暮しかた, いますマリユス様と申し上げ, いますルソーの必然, いますレジダンスだから, いますほんとうに, います一〇パーセントのティップ, います一双の御, います一時間前に私, います丁度エッチングの, います三百万余人が職業組合員, います上品でいい, います上皇或いは法皇, います世話になった, います世間の人, います串戯じゃない, います丸太式の小舎, いますにお, います主としてお恭ちゃん, います主人の命令, います九月から頼ん, います九条村の渡舟, います二人の医博, います云々のいわゆる, います五十八歳頃にその後, いますの畑, います人間の顔一つ, いますあの昔, います今ごろ誰ひとり, います今回当局の命, います今晩はあそこ, います今私の様, います仕事を私, います代議士よ, います以上は旅行, います以後おたがいに往来, います仮面や紙, います位僕が面好き, います何でございます, います何分にも命, います何年ああやっ, いますは, います作家の消長, います俄づくりやつけ, います諸功徳, いますにむす, いますしか月給, います元気でいます, います兄さんの世話, います先生あなたはわたくし, います十二里歩いたの, います危険ですが, います原田さまはどんな, います月々幾ら送ります, います古いフランスの, います吉左右ともにこれから, います品物にどれ, います囹圄の灯, いますなるからの, います場合によってはあの, います売文社の時代, います多助を遣っ, います夜具も蒲団, います大殿の上, います大胆な態度, います天幕張だろうが, います天皇即ち天津日嗣天日根天皇, います失敗しますよ, いますの雑誌, いますにベトベト, います婦人の文章, います子どもを地, います子供のとき, います学校の威厳, います安達ヶ原の孤家, います家族の者, います家来に無心, います将来自分と対手, います小さい男の子として, います小説ですが, います小金井の母, います少くとも二十世紀, います少し馴て, います尤も平地の, います山ノ井という者, います師匠は竹割り虎松, います平凡な手紙, います平野の意, います年末で配給, いますだって三津子, いますでそむかない, います元気でい, います御方といえ, います御飯をやっ, います心から愛して, います息子はムツ, います悪漢どもにすき, います感心です, います程親, います我々無関門, います我等の父, いまする場合, います戦士等の乗馬, いますがない, います自然と, います故に善, いますがあります, いますこそ尊い, います日本のお, います昨夕中央会堂の慈善音楽会, います時勉強して, います時召使の一人, います時大藏が長局, います時後ろから若い, います本牧へ行きましょう, いますだよ, います東大は来年, います枕もとで書き置き, います林檎の樹, います諸徳本, います様々な意味, います樋口はいつも, いますになっ, います橿の森, います次第であります, います此処が一段と, います此所に下駄, います武子姫の御, います死神に, いますがどこ, います母公があす, います汝らの父, います洋燈は躍りはためく, いますに恵まれ, います熊本へ帰る, いますが落, います熱いんです, いますして, います王禄の庭, います生活から, います画面ですが, います白い頭布を, います白髪の顔, いますをクシャクシャ, います眼底に充血, います立たす少, います神父の功徳, います神聖なる場所, います私たちは今, いますをあおい, います笠置の山, います第一線の花形, いますを出しません, います結婚の対手, いますない者, います者汝わが子孫, います聖書を家, いますは腐っ, います胡弓弾きが, います脚絆股引これはもちろん, います興味がある, いますがこれ, います良人にし, いますはなん, います蛇田よけふ, います試験の問題, いますが誰, います調あり愚痴, います象牙柄の小さな, います財産も渡します, います赤坊をつれ, います近日拙者東京に出る, います通り家の内外, いますのびら, いますまで押し進めよ, います関係上心ならずもこういう, います限りでは彼女, います陶器は日本, いますとともに人, いますは近い, いますもお, いますは壱割, います黒船ではございません