青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いなけれ~ いのち~ いひ~ ~いふ いふ~ ~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました
いました~
~います います~ ~いません いまだ~ いも~ ~いや いや~ いやいや~ ~いよいよ いよいよ~

「いました~」 4767, 51ppm, 2258位

▼ いました~ (3125, 65.6%)

36 それが 35 そのうち 24 そのとき 22 それは 20 急に 16 やがて 15 それを 14 これは 13 やがてその 12 私が, 私の, 私は 11 いつまで, そこへ, それも 10 すると 9 その中, ふいに 8 どうした, なにを, 不意に, 今は, 俄かに 7 しばらくする, ふと気, やがて顔 6 これも, やがてそれ, 右門は 5 ある日, いまは, おばあさんは, そのなか, その時, その眼, それから, そんなこと, やがて気

4 [17件] このとき, この時, こんなこと, さすがに, しばらくし, しまいには, すぐに, それに, それにも, だれも, ふと眼, 三人の, 今では, 彼は, 或る, 最後に, 相手は

3 [36件] あとは, おしまいとうとう, お角, きゅうに, きょうは, この頃, しかしその, しかしそれ, しかし右門, そこは, その光, その家, その日, その頃, その鳥, そばに, どういうわけ, なんの, ふいっと, ふいと, ふとその, やがて決心, やがて私, よく見る, わたくしが, ハッと, 不思議な, 何か, 俄に, 外は, 女は, 家の, 彼の, 心の, 母は, 部屋の

2 [163件] あなたの, あのとき, ある時, あれは, いきなりその, いずれも, いつとは, いつにも, いまこの, いよいよいで, おどろいたものの, おりよく, からすが, けっきょく, こいつも, ここで, ここでは, ここの, こちらの, このまま, この人, この方, さすがは, しかし僕, しばらくたっ, ずばりと, そうし, そこに, そこの, そこを, その人, その内, その前, その底, その手, その指, その方, その目, その肩, その言葉, その軽蔑, その顔, それさえ, それでもむりやり, それよりも, だんだんと, ちょうどその, でも目, とうとう決心, どうしてこの, どうも安宅さん, なにか決心, なにごとも, なんでも, なんと思った, にわかに起きあがっ, ひとりの, ふたりの, ふとそこ, ふと思いついた, ふと思い出した, ふと気がつい, ふと気がついた, ふふん, べつにあやしい, ほんとうは, ぼくの, もとの, やがてあきらめ, やがてあの, やがてきっぱりと, やがてこういいました, やがてこんな, やがてたまらなく, やがてなに, やがてひとり, やがてふと気, やがてまた, やがてハタ, やがてハッと, やがて一つ, やがて何, やがて大きな, やがて小林少年, やがて悲し, やがて静か, やがて鞄, やっとあきらめ, やっとそれ, やっとの, やはりどうしても家, ようやく床, わたくしの, わたくしは, わたしの, わたしは, わたしを, アマーリアは, カムパネルラは, ゲルダが, セエラが, 一つの, 三人とも, 上の, 上野の, 不思議に, 中, 今から, 今の, 今まで, 今も, 今度は, 今日は, 伝六が, 伝六の, 何でも, 何を, 例の, 兎に, 十月に, 嘘か, 夏の, 夜が, 夜の, 妻は, 家へ, 彼女の, 後には, 急いで, 手を, 日が, 明智が, 暫くする, 最後の, 最近に, 根が, 次には, 次の, 気の, 父の, 父親は, 王子は, 病気に, 相手の, 石の, 神経は, 私には, 私を, 突如, 聞くと, 肝腎の, 自分で, 自分の, 自分も, 見るの, 話が, 遂, 隣の, 静かに, 非常に, 顔を, 風が, 馬は

1 [2207件 抜粋] ああいう, あくる朝, あっと思う, あなたが, あのお嬢様, あの森, あまり恭一, あまり自分, あるとき, ある日ネネム, あんなもの, いい考え, いきなりぱっと地上, いきなりまっ, いきなり少女, いくら少年探偵団, いざみつばちが, いっこう蜀軍, いつかぐっすり, いつか流れが, いつしか知らず, いつのまにか老人, いつまでも, いまぞ, いま子供の, いよいよこうさん, うさぎは, うら, おさえつけたよう, おじいさんが, おとうさんに, おぼろげな, おもいきって, お会いし, お前は, お恥ずかし, お粂, お辞儀を, かけちがって, かなりの, かわいらしい手, きえちゃんの, こういうこと, こうなる, ここにも, ことごとに, このおなか, このなか, この事, この国, この年, この時大急ぎ, この町, この蠅, これからは, これほどの, こんどは, ごく乱暴, さあどう, さすがおさない, さっと顔色, さて自分, さわって, しかしこれ, しかしどう, しかし問題, しかし秋, しずかに, しまいに前, じいさんは, じっと前, じゃむっつり, すぐと, すぐ近く, すばやく机, すみの, ずうっと, せつに両雄, そうこうしてる, そう思っ, そっくり原形, そのあき, そのうちだんだん川, そのうち一箇所, そのうち鬼ども, そのかたわら, そのこと, そのたくさん, そのとき何, そのなきごえ, そのぽくぽく, そのまま奥, そのようす, その上, その人たち, その使っ, その力, その原稿, その天井, その姿, その店, その念, その昔, その晦日, その枝葉, その正面, その火, その碑, その花, その赤鬼, その間ずっと, その震え, そりゃ別嬪, それから弟, それきり禿鷹は, それすら, それだけは, それでもあなた, それでも動かない, それでも歩きつづけ, それでも趣味, それと共に, それほどお, それ等の, そんなにこれ, たがいに, ただその, ただ教場, たちまち身ぶるい, だいたいむずかしい, だれ一人, だんだんに, だんだん一パイ, だんだん月日, ちょうど日, ちょっと首肯い, ついにけっしん, ついに人形, ついに昨日, つい二刻, ていねいに, でもその, とう, とうとうこらえ切れなくなった, とうとうたまらなく, とうとうみんな, とうとう思いきっ, とうとう見つけ出しました, ところがその, とっぜん意外, とつぜんいたずらっぽい, とつぜん人間, とても大きく, ともかくそんなに急, どういう理由, どうで, どうもそうじゃあ, どうもわけ, どうも前, どうも様子, どこかに, どなたも, ないしょらしい, なかなか七兵衛, なぜその, なにしろそれ, なにしろ運, なるほどあと, なんとなくそれ, にせものでない, にんめ, はたとひざ, ぱちぱちと, ひとりきれいなむす, ひどくつかれ, ひょっとする, ふいにが, ふしぎに, ふとうしろ, ふとどこ, ふと何だか心配, ふと地面, ふと思いつい, ふと病気, ふと考えなおし, べつに手がかり, ほとんど大, ぼくと, まことにこれ, まこと相手は, まさかに隣国, まず兄さん, またこうした, またもう, また一声, また思い切った, また運動場, まだそう仕事, まだ半分, まだ死ん, まったく不意, まもなくそこ, まもなく例, まもなく血相, まるで違っ, みんなの, みんな死にまし, もうい, もうそれ, もうひとり, もう声, もう私たち, もし狐, もと山の手の, やがていきなり屈ん, やがてうなだれ, やがておばあさん, やがてがっかりした, やがてこれ, やがてじ, やがてずばり右門流, やがてだいじょうぶ, やがてどうやら元通り, やがてにこにこ, やがてはっと何事, やがてふたり, やがてぷいと立ち上がる, やがてぽんと, やがてもじもじし, やがてサッと顔, やがてニヤリと, やがてヒョコリ, やがてポケット小僧, やがて一彦, やがて三分, やがて中井少年, やがて五十銭銀貨, やがて何者, やがて半分, やがて口, やがて声, やがて少し落着, やがて弱々しい, やがて戸, やがて持っ, やがて木, やがて正気, やがて清らか, やがて白井刑事, やがて祭, やがて笑い出しました, やがて考え, やがて自然, やがて荒々しく, やがて話, やがて道, やがて銭, やがて雲, やがて首, やっとから, やっと今度, やっと心, やっと立っ, やっぱり, やっぱり心, やにわにそこ, やはり何だかわからない, やはり気恥, やはり軍隊, ゆっくり休ん, ようやく昨日, よくまアお, れんがの, わざとしらない, わたしだけ, オキナワレットウに, カーテンに, シナの, ジリジリブツブツと, チェッと, テーブルの, ニタリ殿は, ヒンドバッドの, フト石垣の, ペンネン技師は, ポケット小僧が, メーソフは, ローレンスの, 一人は, 一審が, 一度の, 一方彼等, 一晩考え, 一面の, 丁度通りかかった, 万事拙者の, 三時間ほどで, 上野を, 不図砂地, 世間を, 中から, 主人が, 久しく京都, 九月十六日は, 事務員の, 二つとも, 二人の, 五味溜よりは, 人物としては, 今こそ, 今たがやし, 今までに, 今宵は, 今度米国へ, 今晩という, 今朝の, 今見る, 他の, 会津屋から, 低い声, 何しろあんまり不思議, 何だかどこ, 何に, 何度も, 作品を, 俄かにから, 値を, 僕が, 元気よく, 兄の, 先生は, 全体が, 八王子への, 其の後私共, 出征しなすっ, 初めから, 別に乱暴, 前と, 助役の, 勝負が, 十四五年前から, 半日かかっ, 去年は, 友人の, 叔母だけは, 右手が, 号令一下私に, 同時に自分, 吹屋町の, 四五年前乱に, 四方八方から, 団員の, 土耳古型の, 堪え切れなくなると, 夏休みに, 外へ, 夜おそく, 大きな男, 大変に, 大抵の, 大阪から, 天魔太郎に, 奉公に, 女には, 好く考え, 姉妹ともに, 子どもは, 宇宙怪人の, 実はあの, 実は必ずしも, 家に, 宿執, 小さな子ども, 小吉は, 小舟に, 少し慄, 岩矢は, 崖が, 巳之助が, 常どん, 幸いに, 庁内の, 度々見, 張一滄は, 彼女に, 後に, 徐々に弱り, 御都合, 応験解道窮り, 思い出したよう, 思わず口, 怪物の, 恐ろしい顔, 悲しいかな, 態度が, 或日, 戦争の, 折から, 掌の, 斯う, 日本の, 明智は, 星ばかり, 時々眼, 晩方どこにか, 暮らしはずうっ, 最初の, 最近は, 木や, 木村さんの, 本当に停っ, 村方の, 林太郎たちの, 柏木の, 案の定こんな, 椎の木の, 横目で, 正ちゃんが, 武田は, 死ぬよう, 段々渋面, 母も, 気が, 気付いて, 永遠に, 池を, 洋字の, 淫売は, 濃い鉛筆, 炭屋の, 然しもう, 物が, 犯罪者は, 玄関で, 甘い匂い, 用心の, 町に, 癖の, 百合子が, 盲の, 眼と, 着物の, 石刻の, 礼儀正しく, 私たちは, 私達夫婦は, 空を, 突然きっとなった, 突然に, 突然意想外, 窓の, 竹内さんは, 米友に, 級の, 終には, 結局あたしの, 繩尻取っ, 美術室の, 考えれば, 肺病が, 脇差は, 腹の中は, 自分のは, 自製皇帝の, 色は, 若しこれ, 藤崎さんの, 行って, 被害者達は, 見おぼえの, 見れば, 角兵衛を, 詩文の, 誰かの, 貧しげ, 赤い人形, 足には, 足音を, 軈て低い, 近くに, 迚も, 途中徐晃の, 遂に意, 遂に追い迫り, 道化師の, 配電盤の, 金が, 銀色の, 門地と, 間もなく廊下, 間もなく病, 閣下が, 隠居は, 青年が, 頃あいを, 顔が, 飽きましたから, 驚きと, 魔人の, 黄金仮面は

▼ いましたから~ (341, 7.2%)

6 それを 4 私は 3 そんなこと, 下の 2 それは, とてもみんな, よくは, ジョバンニは, 察する, 彼女の, 誰も, 近所の

1 [309件] あたしが, あたし達は, あちらで, あとを, あなたが, あなただって, あなたを, あのとき, あの小判, あの榎, あの辺, あるいは爆発, あるとき, あわてて, あんまり乗り, いかにもその, いきませんでした, いちばん下の, いつでも, いつも同情, いま小さな, うまくうて, うまくその, おおよその, おくさ, おくれは, おとっつぁんは, お届け, お気が, お父さま, お許しに, お話を, お雪, かるがると返事, かれこれ十二時, かわいそうです, がまんを, きっとあなた, きっとその, けっしてお気, けっしてよけい, こいつ胡散な, ここに, ここの, こずえに, こちらへも, このあいだ横浜, この一枚, この三粒, この五六人, この後, この手紙, この機会, この珍しい, この花, これから未亡人, これなら, これは, こんな壮年, ごぞんじ, さっそくその, さっそく本屋, さてこそ, さびしいこと, すぐに, すは, ずいぶんと, そうでなく, そう書いた, そう遅く, そこでやむなく, そこの, そこは, そこへ, そそそれを, そちらへ, そっとそこ, そっと入っ, そのつもり, そのとき, その不思議, その夜, その心, その心持, その時, その男, その笛, その花, その講中, その針, その電報, それには, それまで, それまでに, そんなにせがまれる, そんな事, そんな馬鹿, たいそう喜ん, ただむやみ, ただ置く, たといいか物, だれよりも, ちょっと失礼, つれて, で, でございます, です, ですよ, とうとう年, とても立ちあがっ, とにかくこの, どうかやっ, どんなにし, なにかつごうし, ねようと, ふかくも, へいの, ほかの, ほんとうに, ぼくは, ぼたん, まさか彼, まだつかぬ, ままむす, みなさんの, もうお, もうかえらない, もうさっそくに, もう娘, もしかする, ものを, やがてその, やがて弟ぎみ, よくわかりました, わざわざ夜, わたくしに, わたくしには, わたしは, ステージに, ナオミと, ハッキリとは, ハハア, ラップと, 一々こまかい, 一つ一つの, 一人で, 一般の, 三月末頃だった, 上からでも, 上の, 世間へ, 中は, 二人の, 人々は, 人の, 今それが, 今も, 今日明日ごろ正気に, 今更どうのという, 介抱し, 仏教の, 他人の, 仮令世の中, 会見のも, 何か, 何とも思わなかった, 何者とも, 傍で, 催促は, 兵曹長からの, 其処から, 内職の, 冬に, 処が, 別荘の, 前々から, 前に, 剽軽な, 加助さんの, 勿論勝見, 午後が, 占めたと, 参りました, 同じお, 同棲し, 同様に, 向うでは, 坊さんと, 声も, 外の, 外人の, 外出の, 多分こいつ, 多分そんな, 多少水, 大きい弓なり, 大喜び, 大学を, 大方その, 奥さんが, 姉さんか, 子供にだって, 子供らは, 学生とは, 守の, 家へ, 容子を, 寒いの, 小鳥に対して, 少し拍車, 少し気, 少し爪, 師匠の, 帰って, 床板も, 店に, 廚裡へも, 強く首, 当分慈愛館で, 彼は, 御岳は, 御船に, 心中喜び, 急所を, 悦んで, 戦局の, 手を, 持って, 持参人払に, 指の, 改めて挨拶, 新吉が, 日野が, 早速今井さん, 春を, 時計を, 普通なら, 暗い家, 曲者は, 望むに, 朝霧の, 木の, 本来なら, 来たらよく, 東海会社社長の, 格別涼しかっ, 格好な, 歌の, 母の, 母は, 母性に, 毎年穀物は, 毎日血圧を, 気づかないこと, 気に, 気安めには, 決して反抗的, 河野さんの, 渭水の, 煎じ薬に, 犬を, 生活が, 用心し, 町や, 病気は, 直ぐに, 直接主人について, 着物は, 神尾も, 私どもは, 私に, 私にも, 私の, 私も, 穏やかな, 竜之, 細かい点, 結婚問題に関しても, 縞小紋友染錦絵の, 置きかえるなんて, 翌日その, 老人の, 老人は, 自然に, 自然出る, 船が, 良人は, 苦に, 裏二階から, 西田さんが, 見ても, 見のがすはず, 親たちも, 誰か, 調べれば, 警官たちは, 貴族でも, 資本家の, 酒屋の, 野宿した, 野菜に, 鎧櫃の, 長い歴史, 隠れた姿, 雨かぜに, 雨戸を, 頭だけを, 飯粒を, 鼠一匹庭の

▼ いましたので~ (334, 7.0%)

15 私は 3 それを, 私の 2 すぐに, そこから, 伝六は, 右門は, 小林君は, 私が, 私も, 退屈男は

1 [297件] あなたがたに, あまが, あらゆるいき, あるとき鏡, ある立派, あれほどまでに, いきなりはいっ, いちどそちらへ, いつもひどく, いつも黙っ, いろいろの, うまくのがれる, おじいさんに, おじいさんも, おとっつあん, おみよ, おもてだって, お二人, お初どのも, お午ごろ, お名残, お好き, お姫さまは, お暇乞い, お母様が, お爺さんも, お納物, お角, かなり沢山読みました, からすは, かりうど, かわって, がっかりしました, ききませんでした, きこえなかったの, きのうは, ぎろぎろ燐, げっそり致しました, こうして人なみ, こうして今晩, こうなる, ここにおいて, こちらも, このとき, この事件, この二階, この夫人, この子供, この渡し場, この真珠塔, これから一緒, これから私, これには, これにも, これは, これも, これを, こんな名前, さすがに, さっきから, さてその, さてはお, すぐこの, すぐ鼠, すべて私の, すみかの, そういったの, そうだ, そこに, そこへ, そこまでも, そそのかすよう, そのいい, そのうえは, そのおねえ, そのたんびアイヌ人, そのとき, そのままドンドン駈け, そのみき, そのマント, その信用, その応答, その朝, その梢, その爪, その男, その縁故, その質問, その金, それは, それへ, それほど音, それらの, それ以上別に, そんな水, ただ一こと, だれにも, ちょっと変っ, つい, ついそれ, ついにずばりと, ついぼんやり, つい斯, つい気, とうとう私, とうとう自分, とうとう花, とおま, とくべつ注意, ともかく小林君, どうにかし, どうも失礼, どんな返事, はなはだ残念, ふかふかした, ふしぎな, まさかあんな, みなは, みんなが, もうすん, もうその, もうどうする, もう九時過ぎ, もしタル, ものも, やつと, わけなく上陸, わざわざ銀行, わたくしの, わたくしは, わたしは, わらわも, アメリカでは, キリスト教の, クロは, タネリは, ツボ平御, パンを, マタンじいさんは, メチャラクチャラ博士だの, メルチセデクが, 一人の, 一刹那家中が, 一年ほど, 一応は, 一筋の, 一緒に, 一門の, 七人は, 下に, 主水, 乞食の, 予審判事は, 二人の, 京阪地方の, 亮二は, 他の, 他人の, 令嬢を, 佐吉は, 何だか急, 何だろう, 何とも答えられませんでした, 何びとが, 何一つ口, 俊夫君は, 僕は, 先方が, 先生に, 其の事件, 内心喜ん, 再び驚いた, 出来るだけ, 別にうるさい, 別になんとも思わなかった, 別に不快, 到頭大学, 助けて, 勿論この, 半分は, 友達などは, 右門の, 右門も, 名人が, 咄嗟に, 問い合せて, 坊やが, 夕方など, 夜が, 大きな不安, 大砲とか, 女についても, 女の, 嬶あ, 学校の, 実は急, 家具を, 小林君の, 小林団長のと, 小林少年の, 少しく敏子, 少しも, 少し位物音, 少女は, 少年とて, 川岸の, 市郎に, 市郎も, 帰って, 帰り去っ, 店の, 弱った方, 当然危険, 彼に, 彼は, 彼女から, 心の, 必ず適当, 忘れられるの, 応急の, 念には, 恥を, 悪くなる, 愈々いぶかり, 憲法第, 懐かしさ, 成功しない, 手前は, 手早く一発, 抗戦し, 押して, 敷石の, 新聞の, 新聞記者に, 早速こう教え, 明るい水上, 明智は, 明智探偵事務所まで, 晩には, 最初から, 未だその他, 村の, 来よと, 母は, 母親は, 気がかりに, 気の毒しました, 水は, 泣くの, 浅間山を, 湖上の, 父は, 爺や, 狐の, 玄関に, 甘やかされて, 男の, 町を, 畜生と, 皇子は, 目の, 私たちも, 私には, 立ち寄って, 聞いて, 自然顔付も, 芝田さんは, 若いお, 行方が, 見つかりません, 親ぐもはすぐ, 親類連中とも, 誰かが, 誰でも, 誰も, 課長の, 請宿は, 諭吉が, 貰受け, 買って, 起きて, 軽気球は, 近所の, 返事する, 退屈男の, 遠くの, 長い説明, 間もなくニンフ達, 電話に, 非常に, 音楽会絵画展覧会子供の, 頭蓋骨に, 飛んだ感違い, 馬上から, 魔法博士の, 黙って, 鼠は

▼ いましたけれど~ (153, 3.2%)

2 こうしてお, だれも, 今日は, 僕は, 米友だけは

1 [143件] あそう, あのお, あれは, いくらお待ち, いちばん上の, いつも男, うっかりし, うつこと, お化けの, お徳さん, お松の, お気の毒さま, かつてこんなに寒い, きた人が, ここから, こちらの, この三人, この格子, これほどの, こんどは, こんなこと, さっきの, しかし世間, しかし決して, しかたが, そういえ, そう思っ, そこには, そしてまた彼, そのうち日本語, そのお松, その人, その実は, その小鳥, その挙動, その時, その晩わたくし, その足, そりゃあ何でも, それに, それも, それらしい, それらは, それを, ただ一時, たとえ二三週間, つい, ついに海, では何事, でもそれ, とうとう抜け出した, とうとう立っ, どうしてもこの, どちらかと, どれも, なおところどころ, なぜか, ふしぎにも, まさかにそれほどの, まだその, もうはいっ, もとの, もともと影, よもやこんな, わたしは, ビリリと, 三郎の, 上の, 不安という, 二丁も, 人間という, 今の, 今は, 今夜は, 今度は, 今雀, 会ったこと, 会社の, 何かと忙, 何となく居心地, 兄の, 入り口には, 初めは, 別に足痕, 別段それ, 前からの, 勇ちゃんは, 坊っちゃんお足もう, 大きなすき, 大きな血管はぶ, 大切な, 大抵は, 奥の, 女は, 妹が, 実はほんとう, 実物に, 小さな足, 小林君に, 少年の, 屋上から, 山岸さんが, 幸いに, 幸吉は, 彼女が, 或る, 戸口に, 持って, 指に, 提灯の, 映画は, 時々休ん, 本当に春さき, 本意でない, 本文の, 村の, 東洋製作会社としては, 此娘は, 沙地の, 牛の, 生憎にも, 甲府へ, 眼が, 確かに, 私は, 私共の, 笛を, 米友は, 若しも彼女, 苦しかったです, 茶袋は, 蚊帳は, 表面は, 見ちゃいられませんでしたわ, 角力なんぞ, 遠慮深く, 邸の, 都合が, 酒が, 額ぎわを, 顔が, 顔は, 風呂番の

▼ いました~ (134, 2.8%)

4 それに 3 おまけに 2 いちばんうしろの, また私, 燈台看守も

1 [121件] ああし, あたらしい政府, あの人, あの晩, いつまでも, うわさの, お二人, お兄様, かねての, からだも, きのうの, くちびるは, くつくつ笑う, この辺, これから何, これに, こんどの, さらに人びと, しぜん神, そうと, そこへ, そちらへは, そのままで, その人, その士族どうし, その方, その顔, それが, それにこの, そんなの, ちんれつ室の, どうもよく分らない, なめくじは, ほかの, ぼだいじゅ, ぽつぽつと, またその, または瓦礫, まだその, もしお金, ようすでも, わたくしも, オレンジの, ゴアへ, ポケット小僧の, 九州地方は, 二人も, 五年に, 今さらあんな, 今また, 今も, 今朝は, 何でも, 保子は, 僕も, 先生は, 凡そ権力, 剣術は, 勝手口の, 勧進帳の, 医者の, 又困窮, 又外, 召使は, 台所には, 后の, 嘉助は, 団員も, 報告に, 壊れた人形, 子供が, 実につまらない, 小夜子サンの, 小野さんも, 小鳥も, 少しくらい, 弟は, 張氏の, 後三日, 或る, 或時, 戸だ, 新生寺さんも, 明智探偵の, 明治に, 月が, 服も, 正ちゃんは, 死刑執行が, 気も, 父の, 父も, 王妃は, 王子は, 現在は, 社殿の, 神社の, 私には, 篠崎さんの, 綱を, 緑いろな, 美津子さんは, 耕一は, 色道にかけては, 茣蓙や, 蜂も, 諸藩, 賊の, 路上にも, 身に, 身体も, 近所の, 通りか, 野原は, 野口も, 随分会社, 雨も, 音楽も, 顔だって, 顔色も, 飛行船も

▼ いました~ (63, 1.3%)

7 です 3 ですが 2 さ, じゃ, では, を木

1 [45件] あなたと, か, かね, があなた, がいま, がどうやら, がはじまりだった, が借金, が鎌首, じゃな, すると急, そして一生涯あなた, その人, でございますよ, ですけれど, ですよ, とその, とちょうど, どすけど, なぜと, はあれ, はおそらく, はそこ, はその, はもう, は今本, は前, は召使, は明治四十三年, は由也, は石橋様, も本当, も道理, をボーイ, を主人, を今度楠, を村, を次兄, を気の毒, を知っ, を蜻蛉, んに, トニオさん始めから, 向うで, 姉さん

▼ いましたのに~ (44, 0.9%)

2 こんなこと

1 [42件] あとで, あまりにお, きて, きばを, このうろたえ, この人, こんなに御, すこしも気, そのうえ近頃, その子供, その日, それが, とつぜんここ, どうしてあんな, どうやら大勢, なぜか, にわかに居なくなった, ひとりおじいさんの, ひどく古び, ほかにも, ほんとうに, よく, わざわざ降り, 一番むずかしい, 丈夫でいた, 今日の, 何です, 何でその, 図書室だけは, 大臣の, 存じの, 帆村が, 彼は, 急に, 東京からの, 東京に, 次の, 牛は, 私を, 私自身いわれ, 背こそ, 雪舟だけが

▼ いましたけれども~ (28, 0.6%)

2 ひょっとしたら勝っ

1 [26件] あの太, あんまり蜂雀, お母様や, お静, こうしたお, この家, それだ, それは, たしかに貴族, とにかく肌, やはり流るる, らんち, わりに汚れませんでした, トテモ逃げる, 人を, 今の, 傍に, 内々では, 地上の, 斯うなっ, 昨年からも, 曲がりくねった地下道ぜんたい, 母の, 渡るすべ, 猛犬は, 私の

▼ いました~ (27, 0.6%)

4 親分 2 小杉君

1 [21件] ここへ, この辺, その晒, それに, そんな莫迦気, はい, キザも, シベリア生れの, パーウェル・イワーノヴィッチ, 千代次郎も, 寒くは, 悪いから, 気に入って, 父上, 男の, 皆んな揃っ, 紺足袋を, 見つかりましたよ, 運が, 隧道の, 飛行班の

▼ いましたもの~ (26, 0.5%)

16 でしたから 4 ですから 1 かそのまま, か不, でございますから, です, と見え, やら見る

▼ いました~ (22, 0.5%)

2 言わぬばかりに

1 [20件] いったこと, いわぬばかりに, すれば, そう伝え, ぬかす, アリバイという, ロヴィーサが, 云うの, 云って, 云ってね, 思います, 悦んで, 申しますので, 町井さんが, 知らせて, 答えられた, 見受けまするが, 言うから, 言ったので, 詫び入るよう

▼ いましたとばかり~ (20, 0.4%)

1 [20件] ごとごとと, ざんぶと海中に, トーチカの, ピョコッと, 一同は, 二人の, 僕は, 助教授の, 塩田大尉は, 壁で, 怪塔は, 懐中から, 敵白人帝国の, 母親に, 海水が, 直ちに応え, 隊員が, 雇主の, 麻紐の, 鼻垂先生鼻を

▼ いました~ (19, 0.4%)

1 [19件] お胤, から好き, その中, その紳士, にあなた, にすわっ, にそこ, にだれ, にふと, に帳場, に彼, に珍しい, の事, は側, は考え, ふと見上げる, まだ無名作家, わざわざお, 突然頭

▼ いましたがね~ (14, 0.3%)

1 [14件] あなたの, お前さんは, そういうごみ, そうじゃ, そのうち, それは, そんな古い, ちっとも心配, 今さら愛, 今度は, 今日は, 免役税だけでも, 兵部卿の, 女中の

▼ いましたところ~ (14, 0.3%)

1 [14件] いとうら若い, かくさずその, かずかずの, からだれいう, で使っ, とつぜん背後, へひょっくり, へまた, へ昨日MISS, へ目, へ能登守, まさに今年, 其の新, 或日

▼ いました~ (11, 0.2%)

31 え肥え, お話申し上げましょう, そうしてその, それとも閉, それは, どうです, 知れませんよ, 知れません五八さん

▼ いましたっけ~ (11, 0.2%)

3 がね 1 があれ, がそこ, がだんな, がやがて, が三人, その友達, 別に何, 畜生坑夫を

▼ いました~ (11, 0.2%)

1 [11件] ああいう, お幾歳, お時さん, どんな悪い, キチガイが, ママちゃんが, 丁度女盛り, 君, 漢于仁君, 私たちが, 震災から

▼ いましたそう~ (10, 0.2%)

2 で, です 1 したら先方, すると, ですが, ですね, でまた, で大変親切

▼ いました~ (10, 0.2%)

2 です, ですよ 1 ですが, ですけど, ですけどね, ですけれど, ですねえ, ですもの

▼ いました~ (10, 0.2%)

621 け桐代さん, てね

▼ いましたがと~ (8, 0.2%)

1 それを, まもなく歓声, やにわにむっくり起き上がる, ッても, 俄然その, 突然右門, 聞かれる, 見るより

▼ いましたという~ (8, 0.2%)

2 ような, 幼年及び 1 そんな人, 程に, 調子で, 風に

▼ いましたとき~ (7, 0.1%)

1 からすが, ちょうどその, にひとり, にむこう, に不意, はどんなに, よりもずっと

▼ いましたものの~ (7, 0.1%)

1 それからも, もうこれ, 京へ, 何分時間, 兎に, 私の, 遠い所

▼ いましたけど~ (6, 0.1%)

1 じゃアどこ, それでもまあ, それで私, 一遍お話を, 地中海が, 少しスキマ

▼ いましたところが~ (6, 0.1%)

1 そのうち, ただいま神尾喬, 御陽光, 手に, 暫らくし, 遊びに

▼ いました~ (6, 0.1%)

1 の悲しみ, はなん, は二人, は口惜しくっ, は松谷秀子, を見つけます

▼ いました~ (5, 0.1%)

1 人形は, 姉さんは, 熊比丘は, 目出度うございます, 祭りは

▼ いましたとばかりに~ (5, 0.1%)

1 すぐ出, わっと, ヨコハマ, 歓迎する, 舌なめずりを

▼ いました~ (4, 0.1%)

1 あの勢い, また一人散歩, 可哀想に, 待ちくたびれて

▼ いました~ (4, 0.1%)

1 あるお寺, そんなこと, のこと, のアメリカ

▼ いましたからね~ (3, 0.1%)

1 たぶんそこ, なにふざけた, まあ吉岡さん

▼ いましたこの~ (3, 0.1%)

1 因襲的結婚に, 山へ, 度の

▼ いましたため~ (3, 0.1%)

1 に人, に先生, に草

▼ いましたでも~ (3, 0.1%)

2 そのなか 1 マッチの

▼ いました~ (3, 0.1%)

2 私は 1

▼ いましたもん~ (3, 0.1%)

1 ですから, でまア, のそい

▼ いました~ (3, 0.1%)

1 え, でもそれ, 暁方まで

▼ いました~ (3, 0.1%)

2 には一つ 1 もすっかり

▼ いましたうち~ (2, 0.0%)

1 にあなた, にわたし

▼ いましたこと~ (2, 0.0%)

1 でその, は教会

▼ いましたせい~ (2, 0.0%)

1 か詩, もあります

▼ いましたそれ~ (2, 0.0%)

1 は即興, は恐らく

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 さあおはいり, ォ

▼ いましただけに~ (2, 0.0%)

1 多少骨, 時疫で

▼ いましたって~ (2, 0.0%)

1 あやまるんかい, 報告した

▼ いましたつまり~ (2, 0.0%)

1 花屋という, 草の

▼ いましたとも~ (2, 0.0%)

1 だからもう, 心中なんか

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 図らずこ, 縁有っ

▼ いましたのよ~ (2, 0.0%)

1 お召でしょう, そうする

▼ いましたもう~ (2, 0.0%)

1 歩くの, 苦しさ

▼ いましたんで~ (2, 0.0%)

1 イリューシャの, 妻なぞは

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 が漂泊, の娘

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 がこの, 漸

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 はこちら, は吸いかけ

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 です, で聞け

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 で後, のこと

▼ いました明日~ (2, 0.0%)

1 の晩, はいよ

▼ いました時分~ (2, 0.0%)

1 にその, はいろんな

▼ いました時私~ (2, 0.0%)

1 がいそい, が小走り

▼ いました~ (2, 0.0%)

1 の国, はふい

▼1* [206件]

いましたね, いましたああいう学者, いましたあたりが暗く, いましたあなたの, いましたあれはどういう, いましたあんまりその姿, いましたいざ帰りましょう左様, いましたうっかり手出しを, いましたおれは若い, いましたお前はあの, いましたかくなじでか, いましたかときいて, いましたかな宅の, いましたかね向うで, いましたかの坂部与, いましたからこそ手加減を, いましたからと言った, いましたからねと口でこそは, いましたがといったお君, いましたがななーるほど, いましたがねえ今日はじめて, いましたがはとどけいが, いましたがほど経て, いましたがやにわと京弥に, いましたきっとですよ, いましたけれどとなりどうし, いましたけれどもネ老女さん私何う, いましたこずえの小鳥, いましたことそれでこそ必要, いましたこれはお前, いましたころもいろいろ, いましたころお上がそう, いました此方へ, いましたさかい部屋を, いましたさぞ御窮屈, いましたしかしそうで, いましたしきのこの, いましたすると草鞋の, いましたそうするとお前さんが, いましたそこでこっちも, いましたそして聖書を, いましたそのお父様, いましたそのうちあれを, いましたそれから繭を, いましたそれで何う, いましたそれでも音声にも, いましたそんな時妙な, いましたたしかにそれに, いましただが今に, いましたつばめたちは秋風, いましたつらさを, いましたとかいい加減な, いましたときお父さんは毎晩, いましたとき彼は力まかせ, いましたとき灰色の海, いましたところいま申しあげたよう, いましたところいまあなたの耳, いましたところこのごろは白き, いましたところ三浦の先生, いましたところ五十日めごろから出, いましたところ今日本屋であなた, いましたところ野口はクロ, いましたとさお稲ちゃん, いましたとしても兄は, いましたとてもいろんな種類, いましたどういうわけな, いましたなぜ困難であり, いましたなんでもその, いましたなんて書いて, いましたねえ滝の川へ, いましたねといふところ, いましたのでというのは, いましたのでなてっきりもう弥吉め, いましたのでね私は, いましたはっと思う間, いましたばかりの小さな發見, いましたへえ何う, いましたほんの少しばかり, いましたぼくは小刀, いましたまあ塵埃ま, いましたまた折角剥いた, いましたまアお上りなさいまし, いましたみじめないたましい, いましたもしわたしの, いましたもちろんあなたも, いましたやさきでありましたから, いましたやさしい星は, いましたゆえまだいる, いましたゆえ私は散歩, いましたようです, いましたよと教えて, いましたよりは見苦しくなく見えました, いましたろうがテーマ, いましたわいドリャお祓いを, いましたわけでずいぶん, いましたわたくしはそういう, いましたわたしだってあなた, いましたんでかーはんは, いましたッけがいつか僕のいる, いましたマルコは草, いましたと月, いました一人お母様があるけれ, いました一匹の亀, いました一度は放逐, いました三人の令嬢, いました三方に, いましたに絵画, いました丹治と申す, いました久世侯のくち, いました二人で, いました二日生き三日, いました京都にもいました, いました人参のこと, いました人魚の様子, いましたまで幸ちゃん, いました今あなたのところ, いました今日はどうしても, いました伊八の奴, いましたで芭蕉, いましたでも玄関, いました何でもこれは, いました信者の世話, いましたの近づく, いました先駆者達は世間学, いました全然伝統的な, いましただから, いました其の者が, いました処私の兄澤田右衞門, いました南蛮寺の謎, いました台所の仕事, いました土人の娘, いました大した上達だって, いました大変品のある, いましたが一人, いましたはもう, いましたく田舎, いましたをいう, いましたもあんまり, いました小舎が恋しく, いました山風が襲っ, いました左様ですか, いました常陸時代のこと, いましたよりの番頭, いました幸ちゃんの用ッ, いました幸作は思いました, いましたの草, いましたはしくしく, いました後家のツァウォツキイ, いましたのつけられない, いました手前真人間から見まする, いましたから師匠東雲師, いました支那にいい, いましたただ漠然と, いました教室の中, いました文句はない, いました新吉は血, いました新子の姉, いましたも夜, いました時あなたが通られる, いました時どこから出, いました時中本たか子さんや宇野千代さん, いました時以来の苦しみ, いました時仲の好い, いました時彼はわざわざ, いました晩がたおかしな比丘尼, いました智慧と勇気, いました曳船通の間淵, いました書画や骨董, いました最近ではロバート, いました合御, いました木澤さんのところ, いましたと云う, いました權六という身の丈五尺五六寸, いました殿様は幾度, いました気分がしっくり, いました犬番の先祖, いました王子は棺, いました田地召上げられまして, いました男の子を取り立て, いましたは其処, いました留守に原稿, いました百五十以上の, いましたが覚めます, いました秀子の身体, いました結果はどう, いました綿銘仙の垢, いましたが尼, いましたが早く, いました自分がパン, いました花嫁風俗を描いた, いましたも悦ん, いました蒲団を頭, いましたの虹, いました干さんを, いましたが皆人, いましたを通りがかり, いましたを取っ, いました長い白いカーテンが, いました開拓使のみがこの, いましたにはご, いました雄二はそれ, いました離婚した妻君, いました頃下宿のお上さん, いました頃夏休みに伯耆, いましたが食い, いました鶴子さん