青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いま~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~ いひ~ ~いふ いふ~ ~いへ いへ~ ~いま
いま~
~いました いました~ ~います います~ ~いません いまだ~ いも~ ~いや いや~ いやいや~

「いま~」 19820, 214ppm, 464位

▼ いま~ (2083, 10.5%)

12 そんなこと 11 何も 10 これまでと 9 それを 6 それも, もうこの, 何の, 彼の, 私の 5 ない, なにも, 早や, 自分の 4 いって, それが, のきはに, もう, もう一つ, 一刻も, 何か, 列の, 昔の

3 [17件] あとかたなく, あなたも, いて, そこに, そんな事, どうする, なんの, 何を, 夜の, 大事な, 普通の, 男の, 疑う余地, 立派な, 絶えて, 見るかげ, 誰も

2 [90件] いかにも昔ふう, いずこ, この瘤, これまで, こんなささやか, すつかり, すべてを, そうじゃ, そうで, そのお, それどころで, そんな時, たいかに, たしかにそれ, つきり, どうし, どうだ, どこへ, なか, なぐもり, なにを, はた, はや, まだ春先, まるで桜, もううすい, もうその, もう僕, もう私, もう跡方, もの憂くとにかく, われにも, 一日も, 一本の, 一枚の, 人間誰にも, 仕方が, 他の, 何よりも, 何んと, 何事も, 何処にも, 全くその, 十四に, 土が, 地上には, 大事の, 大坂, 大過渡期, 女が, 安らかに, 少しも, 廃業し, 彼等に, 後悔した, 徳川家の, 忘れたが, 戦ふ時, 日ざし, 日本の, 日本は, 智識ある, 朝鮮の, 村の, 東京には, 松吉は, 殆ん, 汝の, 潮の, 無人で, 燃えつきた瞳, 父の, 物語の, 白いペンキ, 眼の, 破れかぶれに, 神田の, 私も, 観念した, 言ふ, 記憶し, 記憶に, 詮なし, 身を, 農家と, 進退きわまっ, 違う, 雪の, 青じろき, 静かに

1 [1724件 抜粋] ああし, あいにく季節, あき家, あちこちの, あの辺, あまりに寂しい, あらゆる貨物, あるいは偉い, いい時季だし, いえない, いかんとも, いずこの, いつさい, いのちの, いろいろに, おかく, おそい御, おとうさんは, おぼえも, お国, お忘れ, お目, お酒, かえってきのう, かえって以前, かすかに, かなしい思い, からすは, きたない, こうした宿無し, ここを, この人, この地金, この寺, この木, この町, この筑前, この重圧, こみあげて, これまでに, こんなにから, こんなもの, こんな繪, こんな駕籠舁, ご祐筆頭, さうでも, さて何と, しいシーン, しい名, しい沙汰, しかたが, しずくが, しょうち, じつにうまく, すくなくともおれ, すっかり午睡, すっかり私, すでに消滅, すべてに, せめて最後, そう呼ん, そう悪く, そちの, そのあいだ, そのとき, そのまま神, その一片, その他何も, その名, その女達, その子運八, その復讐, その悲しみ, その時期, その木かげ, その痛切, その考, その興, その証明, その金色, その顫, その鯉幟, それで, それに, それらを, そんなとき, そんなま, そんなわかり切った, そんな悪ふざけ, そんな病名, たしかに朝, ただここ, ただその, ただシュテッヘ, ただ周瑜大都督, ただ憎い, ただ死後, ただ混乱, ただ部屋, ただ随勢, たった二円, たびぢをへだたりぬ, た目白僧園, だれだつ, ちがいます, ちっともあなた, ちょうど双方必死, ちょっと出来, つかれはてて, つぶさに見, とくに殺され, とまって, どうか, どうしていられる, どうして居られる, どうなっ, どことなくおちつい, どこの, どこを, どのやう, どんなにこの, ないの, なかなか得難い, なくな, なにか具体的, ならぬか, なんにも, のがれんと, はっきりお, はや御, ひとりで, ふるえあがった, ぶりも, ほどこすに, ほんとうに, ぼやけて, まさに三月十一日, またクマ, また気持ち, また違う, まだマッチ, まだ地獄, まだ見えますまい, まだ食堂, まったく自信, まっ白に, まるでだめ, まれにしか, みじめな, みるかげ, みんな落ちぶれ, むしろ僕, むらむら慾氣さ, もういっそ母, もうこの世, もうさんざんで, もうどうでも, もうどんどん流れ, もうほる, もうよい, もう三十がらみ, もう二日もの, もう会おう, もう全くシバヰ, もう千里, もう同じ, もう地主, もう宮様, もう後退, もう故郷, もう日, もう私ども, もう自分, もう薄日, もう豹, もう返らぬ, もう野, もう鹿児島県, もとの, もはや冥府, ようやく病気, よその, よるも, わが嘘, わずかな, われから, イタリヤ製の, カコ技師も, クイーン・メリー号の, サラリイマンにな, セルカークも, チャンスという, トップで, ハヤ朽葉の, パンシオン, ヘリコプターから, マズルカさえ, ヤレ身仕度だ, 一人まえ, 一人暮しな, 一刻の, 一大火災の, 一年中落葉の, 一片の, 一身に, 三十二と, 三月中旬だ, 下の, 不仕合わせ, 世にない, 世界中で, 世間を, 主でも, 主人の, 九州の, 亀千代さまの, 二人で, 二十面相では, 五十三の, 亡い, 亡き愛人, 亡き母, 亡し, 京都に, 人を, 人影も, 人手も, 仕合せな, 他人の, 会計事務から, 体操場が, 何と, 何やら苦しみ, 何んでも, 何処の, 何千圓何萬圓の, 何時だろう, 余すところ, 使用し, 保守党に, 信者も, 借家の, 働くこと, 兄さんに, 兄弟で, 全く呉王廟, 全く昔, 全く癒えた, 全く葭原, 全部公開し, 八つに, 八時に, 公魚の, 兵力よりも, 冬菜畑を, 凋落の, 出軍, 切ない私, 初夏で, 劉皇叔の, 努めなくても, 勘定が, 勝者の, 北条美作の, 十五歳に, 午前二時半を, 南朝方に, 危険に, 原田さんの, 収拾も, 口を, 只よそ, 各地に, 名を, 吾れ, 告げても, 唯お, 問題でございません, 四千人しか, 國家の, 地方と, 堅くなった, 場面を, 壮健で, 変わって, 夕方な, 外国へ, 夜だ, 夜明けつ, 夢の, 大へん荒廃, 大変だ, 大方に, 大阪, 天に, 太平洋委員長という, 失業時代で, 女学校へ, 妻に, 姻戚, 子どもの, 孤独にも, 孫たちに, 完全に, 実際感, 家康の, 寒鮒の, 小暗き木下闇, 少しばかり, 屈しても, 山林に, 嵐の, 巨匠と, 巴里に, 師匠の, 帰国でなく, 幕府側全, 平時と, 年頃の, 幻と, 広言を, 度胸も, 廃刊し, 廿三歳に, 引っ返せ, 張り弱く, 当所へ, 彼ただ, 彼女一人のけものの, 後宮に, 御岳の, 御簾内にも, 徳川に, 心の, 必要で, 忍ぶべからずと, 思い出せなくて, 思われた, 恐らく気がつい, 恩師と, 悩みも, 悲しみに, 意気投合というか, 慎まねば, 憐れみぶかい, 我々は, 或る, 戰ひやぶれた, 手もとに, 手頸に, 抜け殻と, 持って, 揚屋入りで, 支那にとって, 敦賀と, 数学が, 敵の, 断固たる処置, 斷えた, 既にこなごな, 日ごとに, 日本にとっては, 日本画ばかり, 明らかに, 昔と, 是が, 時を, 時措くべきでない, 晴れて, 曹丕が, 最も大事, 最期の, 朝の, 木も, 本州の, 本願寺一類の, 東に, 果敢なき花, 根からの, 植字工にな, 横浜市内, 欲しい, 止むかた, 歯齦の, 死にものぐるいに, 死体と, 残念にさえ, 母一人の, 民主革命の, 気候が, 水も, 汝に, 決して自惚れ, 泣きたくなって, 活気ある, 海産問屋を, 消し去りたい, 満員かも, 漢水の, 火星人の, 無数の, 焼けて, 燃え尽きて, 牧君の, 猶豫, 王子と, 生絹みずからの, 甲府の, 申しません, 男爵である, 疑いの, 痕かたも, 百年も, 皆わかちあた, 皮肉な, 相当な, 真盛りで, 瞑して, 石川の, 神も, 福沢桃介氏の, 私は, 秋らしくなった, 空いっぱいの, 空家な, 窮屈として, 笑うこと, 第三部, 築地に, 素子が, 綴込の, 緑を, 義貞に, 耕土も, 肉親たちと, 腰弁です, 腹を, 臣下でも, 自分には, 自虐的な, 良人玄徳は, 花畑の, 苦しくて, 英雄の, 草場でした, 華月堂の, 落ちぶれて, 落人どう, 蒸汽軍艦が, 藻海の, 蜀帝玄徳を, 行け, 西かぜ, 見わたすかぎり茫々, 覚悟し, 親戚一同から, 覺えず, 言いおくこと, 言えないが, 訥吃蹌踉七重の, 試運転中で, 読者に, 誰を, 責任を, 赤黒い萼, 越路の, 躊躇する, 車も, 轉入が, 辱めたな, 逃げる一方, 通いの, 遉の, 過渡な, 違う貴方, 遠く遙, 避け難い, 酒やに, 重大な, 野蛮の, 金網が, 鉄鎚の, 鋼鉄の, 鎌倉の, 長岡液を, 閑役に, 阿呆の, 雑草と, 雪で, 電燈一つ灯っ, 青き魚, 青扇を, 非難を, 頭も, 飯田橋駅ちかく, 馬鹿馬鹿しく大きい家, 高い屋根, 鳥の, 黄金の, 默視し得ず

▼ いま~ (1914, 9.7%)

86 うちに 31 ような 24 ように 19 日本の 16 ところは 12 自分の 11 いままで, 私には 10 私の 9 話を 8 ところでは, やうに, 世に, 話の 7 あなたの, うちだ, 世の 6 この世の中, ところまだ, 日本に, 此の, 私に, 自分には, 若い人たち 5 ことを, 今まで, 文学の, 男は

4 [21件] おれの, できごと, まに, ままで, ままでは, わたしの, 世の中で, 世の中に, 世の中の, 場合では, 声は, 女の, 牛の, 生活が, 私にとって, 私は, 自分に, 若い人, 言葉は, 間に, 鳥捕り

3 [26件] お話で, ことは, ことばを, ところ私は, は誰, ままの, オレは, モスク, 京都府の, 人には, 人は, 僕の, 君の, 声が, 女は, 女房を, 家へ, 日本で, 日本では, 日本は, 時間で, 生活に, 生活は, 男が, 男に, 話で

2 [117件] あたしの, あなたに, あなたには, あの人, あんたの, うちで, うちなら, おじさんは, お前なら, お前の, お父さんは, お髪, が辛夷, ことばで, この世の, この刹那, この場合, この時代, この現実, さき内で, さわぎの, その, つづきを, ところ, ところあなたは, ところこの, ところその, ところそれが, ところに, ところへ, ところ僕の, は, はいったい, はうそ, はじょうだんだよ, はほんとう, は冗談, は嘘, は夢, ふたりの, ぼくは, ま, ものは, やうな, わたくしの, われわれの, バララゲの, フランスの, 一言を, 三鷹の, 不思議な, 世は, 主人の, 二人が, 人が, 人間は, 仰せは, 伸子は, 僕なら, 僕には, 儘では, 内に, 出来事を, 南方氏の, 吉原は, 四つの, 場合に, 場合は, 境遇と, 境遇に, 境遇は, 妻と, 姿を, 学童たちの, 家の, 家は, 小説は, 少女が, 師匠の, 幕の, 彼は, 心の, 心持は, 思想を, 我々は, 日本には, 日本人には, 日本人は, 時代に, 時代は, 東京の, 格闘で, 椅子に, 様子を, 生活を, 男の, 目で, 社会の, 社会は, 私たちに, 私たちは, 私を, 空にも, 細君が, 自分こそ, 自分は, 自由主義者という, 船津の, 言葉に, 話では, 話は, 語から, 豆腐の, 身に, 電話の, 電車の, 青年の

1 [1174件 抜粋] あたしには, あのこましゃくれた, あの婦人, あの弟, あの編輯人, あらい足音, あれ狢, いいなずけを, いまだってなあ, いままでの, いま心を, いま雀の, うちあせらず, うちなれ, うちはいりません, うちひどく, うち挨拶させ, うち物を, うち養生を, おことば, おじいさんが, おたずね, おまえは, おれには, お前に, お嬢さん方は, お客さん何シイに, お方は, お蓮様, お言葉, お話の, かの投げ, が怪塔王, きみには, こ, こうやっ, こと一同評議の, この呼吸, この昭和二十一年, この生活, この若き, この苦難, ごようす, さお, さき私が, さわぎで, しゃっくりは, じいさんが, そのあたり, その三人目, その太刀, その琵琶, その露地, たのみくれぐれも, ところあれも, ところおせい, ところこいつを, ところこれが, ところせいぜい, ところそれを, ところただ, ところどっちとも, ところの, ところひと息つく, ところほんの, ところむつかしい, ところわずか, ところわたしの, ところ一日に, ところ他の, ところ何に, ところ全く, ところ出来ぬ, ところ博士は, ところ四百名たらずです, ところ女だ, ところ寛大ぶっ, ところ意見は, ところ手も, ところ日本の, ところ書け, ところ柿崎道場は, ところ無事です, ところ田舎ま, ところ百円を, ところ私の, ところ空想の, ところ表向き大講会奉行所まで, とこ関係し, と似, なんだった, はかすった, はそれ, はどこ, はやり言葉じゃ, はわたし, はサンムトリ, は何者, は原子爆弾, は山, は指, は正気, は痛かっ, は贋物, は青大将, ひとたちに, ひとの, ふしです, ぼく自身の, ぼつて, ままこういう, まま一月も, もう一人, ものおもい, やうぢや, やつの, やつを, ようで, わかいひとたち, わが身に, わたくしは, わたしは, をぢさん, を見, ウィーンの, カフエみやま, カムポスの, キスみたいに, コマ五郎は, コーラが, サルトルの, スウェルドロフスクで, ストライキに, スパイは, ソヴェトには, ソ聯は, ツヤの, パウリスタの, ベニイの, ベンゲットの, マゲ物は, マチアの, メリイ・カルヴィンは, ルンなら, ロシアが, ロンドンに, 一番ふさわしい, 一瞬の, 一言で, 一過の, 三つの, 三原レイ子とかいう, 三木武吉である, 上策としては, 上閉伊郡, 不覚は, 与吉には, 世が, 世には, 世の中には, 世紀の, 世間は, 並べた傘, 中洲の, 主人には, 主君の, 久慈さん, 乙女たちとは, 九段あたりの, 乳母の, 乾びた笑い, 二三千円にも, 二代目の, 二種の, 交番の, 人, 人だれな, 人よりは, 人影は, 人間の, 仕事に, 仕掛花火は, 仙川牧場は, 件は, 会社との, 伝説の, 伸子には, 位置から, 何げなく, 作家には, 俗曲西川たつ子, 修羅の, 俳家の, 僕に, 優位の, 先に, 光秀とても, 八つ橋には, 六波羅奉行所, 其方に, 処肴よりは, 分では, 別当房では, 劇場の, 加野の, 勝負は, 勤めを, 北上川である, 北鎌倉の, 十四郎が, 千早赤坂小学校だ, 南部男爵の, 厄介な, 叔父上と, 取次の, 叫び声は, 右京六条の, 吉兵衛の, 吉原へも, 名残の, 呼石と, 咳は, 喜びは, 図面を, 国際情勢と, 土地に, 地球住民では, 地震が, 場合かまう, 場合こんな, 場合とは, 場合よじ登る, 塔内から, 境界が, 境遇では, 変りようは, 外交官として, 外記が, 大きな屋敷, 大友具簡の, 大海人, 大臣以上の, 天ぷら屋, 天氣を, 天野栄介一人に, 奇妙な, 奈良市の, 女が, 女の子たちは, 女性は, 女房さんが, 女房への, 如くんば, 妻の, 妻ほどの, 娘さん達の, 子どもたちが, 子には, 季節が, 学校は, 宇治山田市の, 官職は, 実験を, 宮将軍の, 家庭を, 寂しさ, 密議を, 専門家に, 小さい体, 小切手を, 小売商は, 小姓部屋には, 小田原行き電車の, 小説の, 少年も, 尺八の, 山口県, 山野には, 川越市の, 市十郎は, 師匠から, 帰路を, 年頃では, 幸福を, 広小路は, 庄公より, 廻転に, 弾丸さえ, 当主貞氏に, 役人の, 彼と, 彼にとって, 後姿が, 御了見, 御堂を, 御政治, 御賢明, 御身分, 心と, 忠相は, 恐犬病, 悪口雑言武士として, 情勢下に, 憂身に, 憲法は, 我と月, 戦国多端の, 戯曲家は, 所で, 所の, 所在地は, 手なみは, 手紙を, 拷掠については, 挨拶は, 政府が, 政府の, 政府を, 敗北を, 文学に, 文藝春秋社の, 新潟市なぞは, 新石橋, 旗を, 日本ぢや, 日本ほど, 日本人の, 日本橋馬喰町, 日雇取りや, 明智日向守光秀は, 時として, 時世だ, 時代の, 時刻に, 時勢にも, 景色を, 暴富を, 曲者が, 書状は, 有楽町駅あたりに, 望みは, 末広の, 本所表町, 東京, 東京都の, 東大寺を, 松島の, 某々君などは, 柳橋君は, 栄位に, 権三の, 横濱驛近くの, 機械が, 歌を, 歎き, 武将は, 武蔵野に, 殺人が, 母の, 母親は, 比較的若い, 気持からは, 気持ちを, 気持は, 氣持からは, 水分で, 池田吉之助君たる, 泣きッ面を, 洞窟喫茶深夜喫茶も, 浩平を, 清国は, 源次郎は, 激しい三年, 為政者には, 無礼を, 爆風と, 爺は, 物音は, 状勢で, 状態の, 独言によって, 玄徳の, 王さまを, 現実であっ, 環境が, 生きかた, 生活から, 生活で, 生活より, 田中さんの, 田畝では, 申請は, 男を, 白鷺が, 目印の, 真斎, 石段なんぞ, 社に, 社会に, 神戸市の, 福島県の, 私が, 私たちの, 私では, 私にだけは, 私のねが, 私達の, 空地の, 窮状では, 立山が, 第二問題, 米軍事基地千歳まで, 糟谷の, 紙し, 細君は, 紳士は, 絶対に, 綱宗の, 美しい光景, 老婆を, 老齢の, 育児の, 能の, 腕で, 自分と, 自分なんぞより, 自然と, 船に, 芝の, 芝居は, 芸者です, 若い人々, 若い女房, 若い者, 若き世代, 苦しい時代, 茶々姫ぐらいな, 落盤は, 蜘蛛が, 製菓工場へ, 襦袢なり, 親仁に, 親爺の, 角力が, 角力は, 言伝を, 言葉で, 言葉を, 訥子の, 試合は, 話, 話しを, 話について, 説明の, 論争は, 諸国を, 警官たちは, 財産の, 貴様の, 質問の, 赤ん坊の, 赤インキの, 身じろぎで, 身には, 身の上が, 身の上を, 身分以上の, 返事が, 返事も, 逆境の, 造幣局, 運命を, 道化師も, 道得とかの, 道筋とは, 遠駆け, 都会の, 重職を, 金の, 鉄板が, 長も, 院線が, 隣家の, 雨に, 雪の, 電気洗濯機が, 青年たちとは, 青森県の, 音ぐらいでは, 音を, 風俗小説風の, 飛脚は, 首を, 駅売の, 驕慢の, 高座の, 魚を, 鯛は, 鹿児島県, 麻布林念寺前の

▼ いま~ (968, 4.9%)

43 なって 34 して 14 見て 11 わかるよ 7 きつと 6 何か 5 なっても, わかる, 出て 4 びっくりする, みろ, わかります, 後悔します, 私は, 至るまで 3 おもしろいこと, どんなこと, なつて, 大人に, 後悔する, 残って, 自分も, 血の, 見ろ

2 [51件] ある, いたって, いたるまで, おれの, おれは, きっとお, きみにも, そのほん, そのほんとう, その贋聖者, それが, だんだん深い, なっては, なるまで, なれば, ひどいめ, またどこ, みんなが, みんなの, りっぱな, わかるさ, ヒョックリ戻っ, 世界文化の, 偉くなる, 傑作を, 冬が, 分る, 夕立が, 始まったこと, 居どころ, 帰って, 彼の, 思いしらせて, 思い知らして, 思い知らせて, 明智先生が, 皆分る, 私が, 私の, 稼いで, 罰が, 至っては, 至っても, 落第する, 行くよ, 見せて, 見ろと, 見ろよ, 解きます繻子, 誰か, 鉄の

1 [685件 抜粋] あいつの, あすこの, あそこから, あたしが, あっこおばちゃん, あっと, あっという, あなた章魚に, あのほうせき, あの口, あの警官, あの部屋, あらしが, あれよりも, あれ以上, あんなになりたい, い, いいこと, いくらでも, いくらでも紙, いくら美しい, いつしか人生, いまに, うんとお母さん, えろなったるぞ, おいしいもの, おっかけて, おまえたちを, おまえにも, およぐよ, おらの, おりて, おれたちは, お上の, お兄さま, お分り, お前さんの, お前たちは, お前の, お前も, お母さんに, お池, お父さんが, お豆, お身体, かえって, かぎったこと, かなしも, きさまら, きっとあいつ, きっとあなた, きっとえらい, きっとおまえ, きっとこの, きっとそいつ, きっとどうにかなります, きっとひどい, きっとめおと, きっともの, きっとわかります, きっと人間, きっと内, きっと動く, きっと名人, きっと幸福, きっと悪い, きっと状元, きっと盛り返し, きっと私, きっと素晴らしい, きっと自分以上, きっと見つかります, きっと逢, きっと高く, きみが, きッ, くたばるづら, けがする, こいつに, こうかいする, ここから, ここに, ここへ, こっちの, このバダジャッカ, この家, この島, この箱, この道, この鉛筆, こばやしくんが, これを, ころころと, こんな, ご本尊さま, ご案内, すぐ堀木, すぐ白む, すこしは, すっからかんに, すること, するよしも, そいつを, そうする, そこに, そっちへ, そつと, その人, その日, その私たち, その音, その鼠, それを, たって, たどんの, だんだんかわっ, だんだんそういう, だんだん人間らしい, だんだん私ひとり, ちょうが, ぢき, つかまって, つかまるばかり, つたえて, でかくなれ, できて, とけずこの, とっちめて, とても豊年, どうして上, どえらい, どこかへ, どつ, どん, なおりますよ, なおるからね, なすよしもがな, なにかかわった, なにか知らせ, なにを, なりては, なると, なんとか仰っし, はかに, はじまったこと, はねとばされるぞ, はれるだろう, ばけねこ, ひとりで, びっくりし, びっくりしない, ふしぎな, ふもとから, ほんもの, ぼくと, ぼちぼちと, また伺ひます, みよみんな, みよ汝ら, みるみる武芸, みろいほえづら, みろとでも, みろとは, みろみんな, みろチンピラ探偵め, みんなよく, みんな暴れ出す, むこうの, もう信長, もさっと飛びだし, もしかする, もっとひどく, もっとまし, もっともっと喜ばせ, もっともよき, もっと面白く, もつとい, やって, やってくるに, よくなります, よく鳴る, らくになる, わかりますから, わかるから, わかるとき, わしが, わたしが, わたしに, われわれの, アイルランド問題も, アメリカへ, エプロンを, オレが, キスされる, チロオヌ壊滅の, テーブルが, ナタン夫人が, バッサリやられる, パウロの, ベソを, ベルが, ホウホケキヨなんて, メーデーは, ロクな, ロシアの, 一まとめに, 一人前に, 一空さまが, 三十目ばかりの, 下りて, 世界じゅうを, 世界中の, 世間から, 中學生, 主義なんて, 乞食に, 乞食にでも, 乾雲を, 事情が, 事業家肌の, 二人とも, 人々痛快な, 人殺しする, 伝えた記念, 伝えて, 伝わって, 何かの, 何とか人生, 何もかも分かっ, 何時か, 価が, 信長を, 俺たちを, 俺だ, 倖せ, 借手が, 偉くなるだろう, 傷だらけに, 僕は, 儂は, 先生も, 入院する, 六波羅の, 六畳の, 出ますよ, 出るかと, 出世を, 出征する, 分からずには, 分かるさ, 分かるって, 分ります, 分りますよ, 分るでしょうから, 分るよ, 刑事さんたちは, 初めぬ覆車, 判る, 判るがネ, 励みだそうし, 勉助, 千頁の, 南海の, 南蛮船も, 原書が, 叔母が, 叔父にも, 叩き折って, 可愛い嫁菜, 君は, 君達が, 呉れつちやうん, 唄い出すだろう, 四十面相の, 土耳古が, 夢にもそんな, 夢も, 大きくなったら, 大作家, 大変な, 大怪我, 大挙し, 大日向教の, 大泥棒, 大砲の, 大空の, 大酔い, 大金持, 天罰が, 太田武か, 太郎の, 姉ちやんだ, 始まったもの, 始まらなかった, 始められたひにゃ, 嫁にでも, 室いっぱいに, 富雄が, 寝込んで, 将門は, 尋ねに, 小林が, 小胆な, 少女の, 少年たちが, 尾も, 尾鰭で, 山田市を, 峰を, 島田へ, 巨人の, 帝都に, 帰ったらひとつ, 帰りませうと, 帰るべ, 弁天さまへ, 彼には, 彼らを, 御らん, 御利益が, 御後悔, 復讐し, 微笑んで, 必ず将軍, 忍術を, 忘れずに, 思いしらせ, 思い知ること, 思い知るぞ, 急に, 恐ろしい破滅, 息を, 慌てふためいて, 慣れるさ, 手紙か, 描く, 改めてその, 敬だんなも, 文筆で, 斎藤氏を, 日本の, 日本国中の, 明智先生泣き, 映画の, 春が, 暮して, 暴風雨が, 曹操が, 木村の, 本堂で, 本気に, 朱実は, 来たるらし板, 来るかと, 来るよ, 来れば, 楽に, 櫛田さんが, 此の, 死なせて, 死ぬこと, 残りて, 残る大仏, 残る御堂, 毒ガスでも, 比べると, 毛利軍が, 気が, 氷の, 江戸中が, 池へ, 泣きべそ, 泣くん, 洋太郎は, 活動や, 海を, 海坊主の, 涼しくなったら, 湖畔の, 溺れ死ぬだろう, 火星塵を, 熱海の, 燈がと, 物干, 犬も, 犬殺しが, 現われるという, 甘酒に, 生き残れる者, 番入りを, 痛みは, 発見し, 百千の, 皆んなに, 目に, 目の, 直にカフェー, 真相を, 眼を, 知らないで, 破れると, 磔に, 示すかの, 礼子ちゃんと, 社會人として, 禿げるだろうと, 秀吉と, 私と, 私に, 空とぼけた顔, 竹童を, 竹藪には, 笑へ, 精神的の, 絶望が, 美くしい, 美沢も, 義元以下営中の, 聞えるよ, 聟とんだ, 臍を, 自分たちが, 自分は, 自動車も, 至って, 至りては, 船酔いする, 芽を, 苛められるだろうという, 莫大な, 落ちぶれやがるだろうと, 落語家にでも, 薄茶が, 薬売に, 蘇生します, 虫けら会の, 蛍の, 蜀陣の, 行方の, 街も, 裾野に, 見い神, 見かえして, 見せる, 見たまえオツベル, 見つかるでしょうあの, 見つつ, 見てろい, 見なさい木村, 見なせえ, 見よ, 見よわれ, 見るが, 見ろいま, 見ろきみ, 見ろ眼, 見ろ魔法, 見を, 見破られて, 規則正しい波, 親友の, 記憶する, 誤解が, 説明します, 誰もかも元素, 誰れ, 調子が, 警官たちが, 警官隊に, 貴様は, 赤こちゃんを, 起って, 迎ひ, 追い出されて, 送って, 酔うさ, 醜猥, 里から, 野外要務令で, 野球の, 金を, 鉄親方の, 長五郎とやらの, 陳登は, 隠居が, 雪でも, 青梅屋を, 非常管制が, 風土に, 飢えて, 餌を, 馴れるよ, 騒ぎだすだろうと, 骨を, 高橋さんという, 鬼どもが, 魏の, 鯊が, 鳴き亀と, 鷲尾の

▼ いままで~ (836, 4.2%)

13 一度も 9 見たこと 7 黙って 6 忘れて, 自分の 5 だまって, 見た事 4 いくつの, おれは, どおりに, ばけもの, カムパネルラの, 私は 3 ここに, ちつとも, 僕は, 夢にも, 持って, 明るかった, 睡って, 隠して

2 [46件] いったいどこ, いろいろな, お世話に, お前が, かくれて, がやがやと, こんなこと, じっとし, どおりの, どこに, どんなに苦しい, なんの, 一度だって, 三度も, 五時五十分を, 人の, 人を, 何度も, 傍若無人に, 八年も, 十年間こんな, 嘘を, 多くの, 嫌悪し, 家に, 小娘だ, 少しも, 峠や, 昼寝を, 殿様には, 毎日の, 気がつかなかったが, 生きて, 男の, 眠って, 着て, 知らずに, 私が, 窓の, 考えて, 聞いたこと, 自分たちの, 自分は, 見て, 雪に, 音を

1 [645件 抜粋] あたしが, あたしを, あったもの, あつた, あなたみたいな, あのよう, あまり思いすぎ, あまり飛ん, あるんぢ, ある工場, あれを, あんたが, あんなにさわい, あんなに早く, あんまりなんにも考える, あんまり構いつけなかった, いきいきと, いくらに, いたうち, いたへや, いた大きな, いた童子, いちども, いったこと, いっていなさいました, いっぺんも, いるところ, いろいろの, うしろに, うすぐらかった, うつって, うら口の, おった第, おなかの, おろそかに, お世辞, お便りを, お勝手の, お城, お母さまが, お母さんは, お目にかかったこと, かいた絵, かごの, かもめは, からっぽだった, かれは, かわいがって, かわいらしい美しかった, がっかりと, きこえなかった遠く, きたなかった, きょうの, こねえに, この事, この善良, この木, この黄金, こらえこらえた腹だたし, これほどに, こんないい, こんな不思議, こんな年, こんな美しい, さえて, さわがしかった, したいろいろ, したこと, しどろもどろに, しばしば危機, しぼみかけた薔薇, しゃべって, しんせつに, じっとがまん, じっと聞い, すやすや眠ってる, すらりと, ずいぶんいろいろ, ずいぶん世間知らず, ずっと忘れ, ずっと点け, ぜんぜん起った, そこへ, その, そのこと, その大臣, その村, その沙汰, それに, それを, そんな具合, たいていの, ただ飮ん, たった一人, たって, たのしかった, たびたび明智, たびたび聞えた, たびたび聞こえた, だまつて立つ, だれにも, だん, ちっとも気, ちっとも見えなかった, ちゃんとここ, ちゃんと残っ, ついて, つい彼, つけた事, ときどきこんな, とちが, とても幾度, どうしてくらし, どおりでは, どおり何んの, どおり保は, どおり往っ, どおり拾銭に, どこへ, どじょうを, どの女, どれほど, どれほどの, どんな勉強, なお止まず, なきそう, ならんで, なんともない, なんとも思わずに, なんら悪条件, のぞいて, はさほどにも, ばかな, ばらの, ひつそり火の, ひとりだった, ふいて, ぷりぷり腹, へやの, へんな, ほとんど吹出物, ぼくと, まるで作り, まる二日, みて, みられなかったよう, みんなの, やすんで, やって, やらして, やられて, ゆれに, ろくに手紙, わからずにおった幾部分, わざわざ取調べ, わらって, アブれ, カウンターに, ゴーゴーと, サンムトリの, シャーイシャーイと, ジイジイと, ジッと, ジャーナリズムの, ダダイズムを, トランクの, ドーラギリの, ヌケヌケと, ビル街や, ペスの, ワラワラ逃げまどっ, 一介の, 一方に, 一日を, 一緒に, 不平が, 世間の, 乗って, 二つ三つそういう, 二人し, 二人の, 二十三人の, 二十数番見, 二階家に, 云いそびれて, 五六ぺん見た, 人から, 人が, 人並に, 人殺しは, 人間だ, 他愛なく笑っ, 伊豆の, 会った, 伴奏を, 何かで, 何ごとも, 何も, 何んにも, 何年と, 何處かで, 何處へ, 修身の, 個人的に, 偉ぶつ, 傷病兵と, 僕の, 兄と, 充分に, 六天山塞の, 冬と, 凍てついて, 出羽, 分った数字, 判らなかったの, 劇作家の, 努めて, 努力し, 勇敢に, 北京へ, 南から, 単に捕り, 博士の, 収容され, 取っ組みあって, 取り乱して, 右馬の, 向い風であった, 向側から, 君の, 吹き出されるもの, 呻りつづけ, 呼吸を, 喋々と, 営々と, 嘔吐や, 嘗つて無かっ, 四年間レスパネエ夫人に, 固くなっ, 国語の, 地の, 地面に, 坐って, 埋もれて, 場長さんと, 声の, 外で, 外国語の, 夢で, 夢を, 大きく張った, 大洋中の, 天空に, 夫に, 奴隷状態を, 好い氣, 好きやった, 威勢よく, 宇部五右衛門が, 安吉は, 客は, 寒帯だった, 寝台の, 小林君に, 少し遅れ気味, 少年が, 局の, 居た老婆, 山の, 岸壁の, 崩れた土塊, 平和であった, 年とった, 年を, 幸福という, 幹の, 幾分神経的, 度々死に, 張りつめた気持ち, 張り詰めて, 形相ものすごく, 彼の, 待っても, 御信用候, 御決裁, 心づかなん, 心を, 忌わしい疑念, 怒つたこと, 思いだしたこと, 思いなやんで, 思い出して, 怪塔の, 怺え, 恋愛では, 惨死した, 想像も, 感じなかったなつかし, 慕つてゐた, 我ままが, 手に, 手伝いを, 手紙や, 手首を, 折々かんさん, 抱いて, 持ち歩いたお鉢箱, 持つて, 持続し, 探偵し, 描いた絵, 撃ち取った四十四頭, 攻勢を, 新橋の, 方々に, 方向を, 日本に, 日本一太郎が, 日本人には, 旦那様の, 明るい台所, 晩留めに, 暖かい外套, 暮らして, 書いたこと, 書いたほか, 書いて, 書き綴って, 曹操が, 木村と, 本を, 本箱の, 東京で, 東京方面から, 案内された, 森閑と, 横浜に, 機窓の, 歓楽の, 正義は, 歩いたけれど, 歩いて, 死なせるの, 死んだやう, 殺そうと, 毎夜ここに, 毎日お, 毎日まずい, 毎日まわっ, 毎日見なれ, 毎朝食べ, 気が, 気がつかなかったの, 気がつかなかった不思議さ, 気づかなかったその, 気づかなかったの, 気に, 気を, 水が, 水を, 水田の, 沈黙し, 沢山あった, 沼ば, 洋服箪笥の, 洋画を, 海上には, 海面に, 測定された, 湲, 潛伏し, 火事を, 炎を, 父に, 物置小屋で, 王子に, 現れた抑留生活, 生かして, 生魚でなけれ, 用った, 申しました基本的人権, 男なんか, 目にも, 目的地の, 真直に, 眺めて, 睡つて, 知らなかった, 知らなかった感じ, 知らなかった新しい高い, 知らなかつた, 知られなかったろう, 磯屋の, 示して, 神の, 福沢, 私たちのいた, 私どもが, 私の, 秘密も, 稲の, 穏か, 空間を, 竹さんの, 竹やぶの, 笊の, 米の, 経験し, 結婚の, 統制などを, 絵で, 絶えず働きかけ, 縁の, 老人の, 考えられも, 考え進めて, 聞こえなかった半鐘, 背中を, 胸の, 膝に, 自信を, 自分が, 自分たちが, 自分という, 自分を, 自慢を, 船橋に, 良人の, 艱難辛苦を, 花々しさ, 苦労を, 苦虫を, 蔵って, 行われたこと, 表二階, 裏口の, 見えなかった雲, 見せたこと, 見たほか, 見たもの, 見やぶられなかったの, 見慣れない鳥, 見慣れぬ毛色, 覚えの, 観察し, 角の, 言い争って, 言った手段, 語った命題, 語って, 読んだ全体, 誰かが, 誰も, 調べられたあなた, 論じたこと, 論じたどの, 警官の, 豚なんかで, 軒端に, 軽蔑しつづけ, 輝いて, 述べたよう, 述べて, 述べ来った薬師如来像, 通りすぎて, 通り七分搗き, 通り勉強を, 通り旅人, 遊びに, 遊んで, 遠慮し, 酒を, 酒臭い, 酔った色, 重大視し, 長い間, 長く辛抱, 閉じて, 阿鼻叫喚で, 降って, 随分交友, 隙が, 隠れて, 雁の, 集めた記念匙, 雨垂れの, 電話にまつわる, 青かった, 風の, 食べること, 食客にて, 飼った犬, 髪を, 髭の, 鮎の, 黒かった, 黙ってた, 黙りこんで, 黙然と, 鼻の

▼ いま~ (475, 2.4%)

4 いったよう, 毎朝新聞を 3 いったとおり, これを, それを, 伸子は, 殘つてゐる, 生きて, 申しあげましたよう, 申しましたよう, 私は

2 [32件] あるが, いうと, いった通り, お話した, き, そうであった, そう思っ, そのホテル, なお私, なほ太郎を, なほ我を, なほ黒い, むかしも, 何となし, 功夫し, 小平さんは, 彼の, 心の, 忘れて, 昔と, 昔も, 松吉は, 残って, 申した通り, 申すとおり, 目に, 瞬間の, 私の, 螺鈿の, 言ったよう, 身に, 遠きわたりより

1 [376件] あたしを, あの可憐, あの好楽, あの男, あの辺, ありありと, あるだらうか, あるだらうと, あんなにありありと, いいましたよう, いう旅, いう節, いったとおり平家蟹, いったとおり平面, いまそんな, いまとて, いま何處と, いま半分寝, おもしろいと, おもって, おれは, お乳母さん, お店, かすかな, からだに, かりの, かわらなかった一方, くどくど頼ん, こうして望遠鏡, こうして話し, ここに, このとんぼ組, このキタナさ, この戯曲, この調子, この道, この風, こりずに, こんこんと, しぼくらが, しわが, し彼, するが, そうな, そう呟いた, そう思い返し, そう言っ, そこから, そこに, そしてこれから, そのこと, そのつづき, そのままに, その中, その夜鷹, その川, その市松, その憎悪, その手, その摩耶, その源十郎, その羽織, その話, その通り, その部屋, その銃, その鍵, それが, それと, たっしゃにしておるようです, ちょっと迷っ, ちろ, つつがなくこの, つづいて, つぶさにその, つぶさに調べた, どこかで, どこかに, どこやらに, なおあなたさま, なおいい, なおいる, なおその, なおそれ, なおたいへん, なおたくさん, なおときたま, なおひとみ, なおわたし, なおカルタゴ, なおベエコン, なお信じ, なお十分, なお報知新聞社, なお女王, なお姫, なお小河向き, なお屋根, なお平静, なお御殿, なお忘れず, なお悠然と, なお昔, なお昔ながら, なお時代, なお混沌, なお生きる, なお生彩, なお白鳳, なお絶えず, なお行われ, なお記憶, なお赤城, なお青かっ, なぐります, なほ, なほ夢寐にも, なほ天守閣を, なほ引つ, なほ悲惨の, なほ日本の, なほ此の, なほ生きる, なほ私たちの, のべたよう, はた涙, はっきり持っ, ひとつ飛立った, ふたりが, ふっくりし, ふと山着姿, ふと蚊帳, まざまざと, ましますが, またあの, またこの, またそれ, まただまし, まだ軽く, まだ降っ, まだ陰々, みじめな, みんなその, むっくり起きた, やさしい心, やはりどうも演説口調, やはり此, よくわかっ, よく人々, よみます, わからぬ, わが家の, わが身を, わすれず, わすれないで, わたしが, エリザベスの, クイーン・メリー号を, スコットランドの, ネイヤに, ノートに, ハツキリ当時の, ベッドの, マカオに, マザマザと, ユスチニヤンの, ラプンツェルが, 一生懸命に, 下院議長が, 中六番町, 久左衛門は, 乙寿丸を, 二つ三つ日に, 二匹いる, 云ったよう, 云つた, 京町さんと, 人民が, 今とて, 仮の, 仰せられたとおり, 何か, 侍座には, 信じて, 信長が, 信長は, 修治, 健在である, 働かせて, 僕は, 僕を, 兄弟子の, 其の木木, 冀城に, 再びその, 出つつ, 出陣を, 分裂し, 初夏の, 前の, 前線に, 副総長室, 加速度は, 動坂の, 勝手な, 印象に, 危険であり, 古い詩, 右馬介から, 同じく安房人, 同じよう, 同感なる, 名誉の, 吹きしむ思, 周囲を, 喝采の, 噴き出しそう, 四五人の, 国際的, 坐つて, 変って, 変りが, 外では, 大切に, 姉と, 実はちと, 家に, 家内の, 寛け, 尚, 尚春, 尚科学界, 山よりの, 山家は, 左の, 左膳は, 巫女だ, 帆村が, 常磐津歌子は, 広小路に, 床の, 底には, 引き続き鶴岡市民, 後醍醐は, 御覧の, 心に, 忘れがたき, 忘れず, 忘れられずに, 忘れられない, 忘却は, 思ふもの, 思へば, 恋しき一つ松見ゆ, 恐いん, 恐れぬ, 惆然として, 想を, 愛誦され, 所々に, 押し寄せて, 持って, 日本中で, 旺の, 暮して, 月輪殿の, 朝は, 本殿三座の, 来る途中, 東両国の, 柄を, 根強く頑迷, 梶には, 横浜の, 横蔵の, 此の, 歴史の, 母子の, 母親は, 毎日はたらい, 民部に, 気もちの, 水分で, 汝は, 汝を, 決して否定, 流るるよう, 温かに, 焼けずに, 片方の, 牧の, 物語って, 玲瓏秋の, 現に小母さん, 現に蔵前中, 申しあげたよう, 申しあげた通り, 申したとおり, 申したよう, 申しました裏通, 申しました通り, 申します通り, 申し上げた通り, 申し上げましたよう, 申上げた, 眠りつづけて, 眠りに, 眠元, 眼に, 眼の, 眼は, 着て, 祐筆に, 神を, 私たちの, 私やっぱり, 秘めて, 立ならぶ, 笠井さんは, 繁栄し, 耳に, 耳元に, 聞けば, 聴える, 胸が, 胸に, 胸底に, 胸底ひそかに, 自分が, 自転車屋である, 船からの, 芦田さんに, 虎視眈々として, 袁紹の, 見るよう, 角菱楼とかに, 言うた事, 言うと, 記憶し, 詩集, 話して, 語草に, 誰かの, 警蹕が, 貰い泣きを, 貴方の, 躊躇ったよう, 身の, 辺鄙には, 這, 過ぬる, 道誉が, 邪魔である, 都に, 野原で, 金沢, 閑や, 雷に, 電話を, 電車の, 霖の, 青黒い波, 静かに, 顔を, 風説を, 飯を, 飲んで, 飼われ侍り, 駅からの, 魯粛から, 鳥部野に, 鳴かぬか, 鹿が, 黄色の, 鼻先で, 龍太郎が

▼ いまでも~ (361, 1.8%)

8 私の, 私は 6 燃えてるって 4 ありありと, はっきり覚え, 残って, 耳に 3 そう思っ, 忘れずに, 覚えて

2 [18件] おぼえて, お父様, この林, この草むら, そうだ, そのとき, それを, はっきりと, りっぱに, 主人の, 公言できる, 島の, 心に, 心の, 忘れない, 目に, 記憶し, 雀の

1 [278件] あざやかに, あそこの, あのときわたし, あのへん, あの方, あの時, あの最後, あの歌, あの辺り, あるいはこの, あるか, あるが, あんたの, あんな大きな家, いいから, いって, いる, うたう, うろ覚えに, おせい様, おそらくはそうでない, お互いが, お前の, お持ちでしょう, お胸, お達者, かれの, きっと毎日, けっしてサケ, けっして七人組, ここの, ここを, この, このあたり, このふえ, この村, この青い, しづかに, しよつちゆう金木, じいつと, ずきんずきん痛ん, そういう流儀, そうだろう, そうである, そうに, そう云う, そう信じ, そう呼ばれ, そのままに, そのキツネ, その中, その人, その人たち, その伝統, その先生, その内容空疎, その冒頭, その岩石, その巨人化, その恨み, その折, その春峯庵物, その歌, その淵, その田, その町, その筆法, その話, その金高, そんなもの, つづいて, ときどきお家, とても憎ん, とんと理解, どこかを, どこやら, どんなにガロフォリ, どんなに迷惑, なお働い, なお当山, なか, なつかしい, なつかしいあた, なほ人が, にがい思い, はっきりし, はっきりしません, はっきり思い出す, はっきり記憶, はっきり頭, ほんとうに, ぼくの, ぼくは, ぼんやり覚え, まいに, まださうだらう, まだところどころに, まだ私, まだ遇ひつ, みちの, みんなは, やってるだ場所, やっぱりその, やっぱり目黒, やはり上品, やはり吉州, よく人々, よく申し, よく覚え, よく覺, わしは, わすれない, わたしに, わたしを, エジプトや, サランパンという, シッカリと, セルがわりに, パリに, ボクシングの, ポラーノの, ヨーロッパの, 一二流の, 一日も, 一部の, 七十九の, 丈夫か, 上杉という, 不思議に, 世界の, 世界的な, 中央の, 亀を, 二百六十カ所水面を, 人形町の, 仏像と, 仏蘭西の, 他の, 何う, 俺が, 僕は, 入って, 全世界, 出るでしよう, 判然り, 加能作次郎氏は, 労働力は, 北海の, 十五夜の, 口から, 君の, 国田渡船場の, 変らぬもの, 多少の, 多少は, 夜は, 大層残念に, 奇声な, 姉娘の, 子どもの, 子供です, 尊敬し, 小さな娘, 小さな胸, 尻ッ尾の, 居ると, 山形市の, 川風に, 平気だ, 年間数十万の, 店を, 当時の, 彼が, 彼には, 忘れないの, 忘れないわ, 忘れられない, 忘れられないこと, 忘れられないで, 忘れられないほどの, 忘れること, 怒って, 思いたいくらいの, 思い出されること, 思い出しますが, 恥かしく思っ, 恥じて, 悪くない, 愛しつづけて, 感じる, 憎まれ塵, 憶いだす, 手放す気, 手紙を, 折りに, 持って, 捨てては, 方々から, 於通の, 昔の, 昔師匠の, 時々あなた, 時々で, 時々思いだしまする, 時に思い出す, 晩酌を, 暗誦できる, 朦朧と, 本当の, 栄養不良の, 欠かしたこと, 歌だって, 死の, 死んだ戦友, 殿樣といふ, 母と, 気に, 気の, 決してそうでない, 決して上杉氏, 浅草の, 消えずに, 消え去って, 深く彼, 渡そう, 漁師は, 焼けあと, 燃えてるつて, 現にそこ, 甚伍左を, 生きて, 田舎廻りの, 目を, 矢野が, 社に, 私には, 私よく, 稀には, 立てて, 紙で, 美しいわ, 耳について, 聞えるじゃ, 聞えるぢ, 聞えるぢゃありませんか, 聞こえますか, 聞こえるじゃ, 腹が, 自分には, 自分の, 臭いが, 色濃くあざやか, 芝居の, 若い子, 若くて, 荘子の, 行って, 裾野当時の, 西洋の, 覚えてるかしらん, 覚えてること, 覚えてるだが, 許しもの, 試験の, 詩人の, 返すよ, 送電線が, 道らしい, 金歯の, 釣りざおを, 釣りする, 阿弥陀さまは, 隣りだが, 飲みたい, 饂飩が, 饗庭芳子の, 鳩ぐらい, 鷄小屋を

▼ いまでは~ (357, 1.8%)

5 私は 3 どうやら朝太郎, 徳川家の, 私の 2 わたしの, 全く健康体, 百円でも, 遠い昔

1 [335件] あなたが, あのとき, あのひと, あの人, あの倉庫, あの蔓バラ模様, あるところ, あるやむなき, いい若者, いい薬, いずれも, おれの, おれは, お互い非常に, お客さん用に, お母さまの, かくの, かなり伸び, からくも, きっとたいした, きんに, このとおり二十四五匹, この世界, この俺, この城, この安土城, この家, この村, この男, この言葉, この順序, これらの, さいえ, さして軍荷, さして魅力, しあわせに, しかし上京当時, すっかり民衆, すっかり町, すっかり落ちつく, すつかり, すつかり鳴らなく, すべての, すッ, ずいぶんから, ずっと私ども, せいしき, そこに, その, そのお母さん, その批評, その機械, その機運, その第, それが, それに, それにも, それらの, それを, それ等の, たかい天国, たしかに一流品, たれにでも, だれひとり, とてもおよび, とても心細く, どうしてもやめられなくなっ, どうでも, どうやらこの, どうやらとおくに, どうやら二頭曳, どこかの, どんなもの, ない, なかば貸し倉庫の, なくなつ, なんでも, なン, ひどく異なった, ふつうの, ほとんどたいら, ほんのちょい, ぼやけて, まず十分確証, まったくその, まったく前非, まったく楠木家, まるで地球, まるで山, むこうの, むろんその, めちゃめちゃに, めったに用いられない, もうこの, もうさういふもの, もうその, もうそんなに寒く, もうまとも, もう世界的事件, もう全く鈴岡, もう出世, もう将軍家, もう彼女, もう思いだす, もう怪人, もう押し, もう松, もう死刑, もう無人島, もう生きた, もう痛みます, もう社会主義, もう結局自分, もう自分, もう誰, もう諦め, もとに, もはや私, もはや都, やつと, やはりこの, ゆき子の, よほど硬く, よほど興味, りっぱに, わかっただけの, わからない, わが子の, わしが, わしと, わしは, オカミサンが, オリオンと, カンカン蟲, コンクリートの, ゴシップに, スコール艇長の, ダメな, テッド隊長も, テレビなどの, ハムレットさまの, バラバラの, ブルジョアイデオロギーの, ヨイトマケ商売にも, ロシアで, 七八十匁から, 上の, 上海は, 不安を, 世界第, 両岸, 九分しか, 九太の, 二つの, 二人の, 二日に, 二里も, 五人に, 五十人六十人という, 五所川原町の, 人の, 人をも, 他人にな, 他人の, 伯爵の, 何だか皆, 何千万円という, 何千円かの, 信じて, 俺の, 僅かに, 働いて, 僕にとって, 僕の, 兄さんと, 先祖の, 全く失われ, 全く姉弟, 全然馬鹿, 初めの, 北条二郎時行と, 十五, 十四郎が, 十手を, 十歳の, 南京と, 南京総, 南蛮寺を, 博士で, 却って前, 叙事詩を, 台所の, 各国とも, 君の, 味方と, 和太郎さんは, 唯物論者の, 国民所得の, 夜も, 夢の, 夢遊病と, 大久保石見守の, 大小さまざまの, 大砲の, 大部分, 大酒, 天才びわ法師として, 奇面城の, 妾が, 妾は, 子供の, 守護代清高の, 家康以外には, 宿命の, 小林団長の, 小金も, 少数の, 尾張家が, 屋敷まわりの, 山の, 平気で, 年を, 年齡の, 幾度も, 底が, 店の, 延岡の, 役者も, 彼は, 彼女も, 心の, 忍術組の, 思うより, 思って, 思ひがけ, 恋愛を, 慣れて, 憎々しい程, 手もとに, 数も, 日本人と, 日本美術史上からも, 日本食の, 明治大正の, 昔は, 時計ばかり, 書庫に, 有楽座, 木船の, 木賃宿と, 村では, 村に, 松風園も, 極く淡い, 横田は, 武雄を, 死んで, 死神がと, 毎年七月二十四日芥川龍之介君の, 汚れて, 沖縄が, 河内の, 沼ば, 泣き虫の, 浜屋敷で, 海内第, 深くつつん, 濃い色彩, 父御, 爺やの, 犬でさえ, 犬好きなら, 玩具に, 田舎者です, 町に, 町内で, 画学生では, 異国人の, 痛く私, 皆死ん, 相場師で, 相当の, 眞ツ平だ, 眠ろうと, 神様を, 禅師の, 私一人を, 種痘の, 立派に, 笠井氏の, 築地の, 経済界中枢の, 総領土四百万石, 老齢に, 考えて, 聯合紙器という, 自分が, 自分の, 舵の, 良心が, 色つやも, 色濃いもの, 草花を, 荷厄介です, 葵は, 蟹江へ, 行って, 見たくないもの, 見ても, 親父の, 誰からも, 誰が, 誰の, 誰も, 謎の, 譜代同様な, 貴族は, 越前, 越後の, 道場の, 遠い記憶, 遠い過去, 酒も, 金を, 銀行の, 鎌倉山の, 閉伊川一流の, 間抜けて, 降るよう, 随分の, 隠居し, 電車の, 馴れっこ, 騒ぎが, 鬚の

▼ いまにも~ (299, 1.5%)

10 泣きだしそう 8 泣き出しそう 6 倒れそう 4 崩れそう 3 くずれそう, こちらへ, とびかかって, 切れそう, 崩れて, 自分の

2 [14件] かみつきそう, くいつきそう, すべりおちそう, たおれそう, ちぎれて, とびかかりそう, まぶたから, 壊れそう, 屋根を, 崩れ折れさ, 崩壊し, 思い出せそう, 気が, 降るかと

1 [225件] あでやかな, あのおそろしい, あの元気, あの小さな窓, あの抑揚頓挫, あの猛虎, あふれ出るほど, あれが, ううう, うしろから, おってが, おまわりさんが, かくれさうに水, かどわかされそう, かばんの, かぶさって, かみつかれるかと, くぐりそう, くずれるよう, ここへ, こちらへと, こちらを, ころされそう, ころされる, さけそう, さし殺す, さし殺そう, すぐに, すべり落ちそう, ずり落ちそう, ずるずる引きこまれ, そうほう, そこらの, そのこと, そのさわぎがおこるかとおもうと, そのへん, そのステッキ, その妙, その悲愁, その直径一メートル, その瞬間, だれか, ちぎれそう, つかまれそう, つかみかからんばかり, つかみかかりそう, つぶれそう, とけそう, とびかかろうという, とびだしそう, とびつこうと, とび出さ, とび出そう, とび立ちそう, とらにくい, どやどや人, なんとかいいた, にがい胃液, ねらわれそう, のみこまれそう, はりさけそう, はりさけんばかりに, ばらばらに, ひっくりかえりそう, ふみつぶされるか, ふりおとされそう, ぷっつりと, ぼうぼうたる, ぽつんと黒い, むこうの, やって来ないとは, やぶれるかと, わっと, ウオーッと, カーテンの, ガッと, グサリと, スルスルと, ゾッとする, ニッコリふりかえっ, ノックの, ハーケンが, ビリビリひき, ロボットが, ロンドン塔に, ワッと, 下ノ者に, 二人の, 二本の, 伊賀から, 倒れさ, 倒れさうに, 倒れて, 倒れるかと, 公衆電話の, 出て, 勇氣が, 動きそう, 動きだしそう, 取り落しは, 口を, 叩き割られそう, 吹き倒されそう, 吹き倒されるかと, 吹き飛ばされさ, 吹き飛ばされそう, 吹き飛ばされて, 呪文でも, 咲きさ, 嗚咽が, 嘔吐のき, 圧し潰されるかと, 地球の, 塀外で, 声を, 夕立が, 大きな出世, 大きな背中, 大夕立, 大雨が, 女の子に, 小林君に, 少年たちに, 崩れ落ちさ, 帰るでしょう, 幸福な, 座敷の, 引越したい位, 彼女は, 心臓が, 怪物が, 息が, 手もとが, 投げつけるよう, 折れさうに, 折れそう, 抜け落ちそう, 指さきから, 振り落されそう, 掴みかかって, 掴みかかろうと, 散りそう, 斬りつけそう, 斬りつけるかという, 日本語で, 木の, 朽ちて, 村の, 柱時計が, 椅子から, 欠伸と, 死にかけて, 死にもう, 気を, 氷壁を, 沸き起こる悪魔, 泣きそう, 泣き出しさうに, 泣き出し相, 浜辺へ, 浮かれて, 消えそう, 消えるか, 消して, 溢れんばかり, 潰れさ, 火を, 焔が, 燈台を, 爆破し, 生きながら, 町の, 目が, 睡りこんで, 砕けは, 破け落ちそう, 私を, 立ち上がろうと, 立ち現れ給うごとく感じた, 立って, 結婚し, 絶えいるばかりの, 絶えそう, 絶えなんと, 絶入りそう, 羽搏き飛ぶ, 肋骨の, 胴中から, 胸の, 舞台から, 船戦か, 花が, 落ちそう, 落ちて, 襖を, 襲いかかるよう, 西軍秀吉の, 討ち死にし, 誘はれ易, 警官の, 象の, 豹が, 起きあがって, 足もとの, 足音に, 踏み抜きそう, 辷りそう, 逃げだそうと, 達成せられ, 長い手, 降って, 降り出しさうな, 降り出しそう, 青龍刀を, 頭の, 顛覆し, 飛びかかりそう, 飛びかかろうと, 飛びそう, 飛び出しさうに, 飛び出しそう, 飛び掛って, 飛び掛ろうという, 飛び降りるだろうと, 駈け出しそう

▼ いままでの~ (259, 1.3%)

32 ように 8 ことを 7 ような 2 お前の, ことが, 倍に, 日本の, 暗がりとは, 毛布を, 浅草, 生活に, 自分の

1 [194件] あいだに, あなたのと, あらゆる彼, あらゆる紛々, あれほどの, いうところ, いかつい調子, いきさつを, いままでの, うちに, お礼心で, お話は, かすかな, けしきが, ことや, こと許し, この家, ごとく敗けつづけしかも, その緊張, たえずくりかえし, たのしいきそくだった, たびたびの, つかれが, つつましさ, できごと, とおりに, ところこの, ところでは, ところどの, ところな, ところなんにも, ところには, ところは, どういう不安, どこやら, どんな場合, なかま, なごやかな気持ちが, はげしい悩み, はさみは, ひそひそ声, ひとの, ふしぎなことをいろいろとせつめいしてくれましたがたけしくんが, ぶしょうひげのきたない男, ほかの, みすぼらしい服, ものに, ものを, やうに, やつは, やり方は, ようには, われわれの, ロボットの, 一人一日の, 一切の, 一部将の, 三つの, 不始末, 不審な, 不為合せな, 不穏な, 世に, 世間から, 中でも, 事情を, 二人の, 五つの, 人造人間は, 仕事にも, 仕事の, 仕事は, 何, 何もかもを, 作家からは, 倍額と, 働きでも, 僕の, 元気は, 兄弟分の, 出来事を, 分は, 分よりも, 努力を, 十数年間続い, 千鶴子を, 半分でも, 句でも, 呑気な, 変態的な, 外国ぎらいをやめて諭吉の, 外国劇では, 多くの, 大カブトムシ, 大黒尊像は, 奮闘の, 女中さんの, 孤独は, 富岡に, 小説の, 屋賃を, 幕といふ, 店舗を, 形式で, 役柄に, 御達ら, 快活さを, 思想や, 思想体系の, 怠け放題, 怠惰な, 怪人の, 悲しいこと, 惡評を, 意地や, 感情理性を, 戦艦とは, 戯曲には, 所謂, 排日が, 教科書について, 数学は, 敵に, 文化記録を, 日本には, 日本人と, 日本人らしい, 旱魃の, 明るいうれしそう, 明るい青いそら, 書物とは, 権力の, 殺人事件なぞ, 殻を, 気取つた生活, 気温は, 気象の, 氣取つた生活が, 水や, 熱心な, 特質の, 生活の, 生活を, 生涯に, 白い明智, 百倍もの, 石屋や, 私でなくなりました, 私は, 私への, 秘密は, 空しさ, 空の, 経歴を, 経験から, 経験で, 経験に, 絶好の, 經驗から, 美しい赤い葉, 習癖によ, 老人とは, 考えが, 考え方を, 育て方, 若い女性, 苦しみも, 苦心も, 荒涼たる景色, 藩を, 要素に, 見聞で, 試合と, 話でも, 話の, 話は, 説明では, 豫定では, 貞女の, 軍事基地反対運動平和憲法擁護運動原水爆禁止運動沖縄返還および, 通り公衆食堂で, 進路と, 道を, 道徳律には, 酔いが, 長い年月, 限度では, 雰圍氣は, 非を, 非礼の, 馬は, 馬車を, 黒の, 黒ん

▼ いまこの~ (251, 1.3%)

3 ような, 国に 2 やうに, ように, バアの, 一つの, 仕事を, 分水嶺の, 室内に, 思索に, 部屋には, 部屋の

1 [225件] うちの, うつくしいりっぱ, おんなが, からだを, かわいらしい女の子, くらいの番組, ことを, さまを, どことも, ぼろぼろに, むこうの, やうな, アトリエを, ジプシーの, テーブルで, テーブルに, トランクから, ドュウルンの, ベルチョン博士が, ホテルに, ロンドンの, 一家は, 一座が, 下に, 不仁の, 不幸について, 世の中は, 世界に, 世界劇場で, 丘陵を, 中の間に, 丹波の, 久助の, 亀田の, 事を, 事件について, 事件は, 二人は, 二少年の, 井の頭公園の, 人が, 人なき, 人の, 人は, 人造胎児は, 人間を, 伴天連を, 作品の, 供物を, 入海から, 六月の, 冬私の, 冴えた月, 刀の, 劇を, 劇場の, 化物屋敷には, 南太平洋を, 原稿を, 友人が, 受け難い, 台地に, 司馬道場の, 和泉屋の, 四冊の, 国で, 圧倒的な, 地上に, 地方には, 城に, 城内には, 堀木の, 場で, 場に, 場の, 塔中には, 士を, 夏の, 夢の, 大西洋の, 天井の, 天来の, 天空の, 女が, 女は, 女助医は, 娘と, 子供の, 子供を, 宝探しの, 客車の, 家の, 寒さ, 寝ごと, 小事に, 小娘を, 少年が, 屋根の, 山の, 岸に, 島に, 島には, 島の, 島を, 川を, 工場で, 巨砲が, 幼年時代について, 広々と, 御堂へ, 忌中札を, 怪塔は, 戦場を, 所へ, 手に, 手紙で, 手紙を, 操縦室には, 教会から, 断末魔の, 日本で, 日本の, 時日本は, 暗い巨, 暗やみの, 暗黒街を, 書を, 書記君が, 木に, 木は, 条件が, 柔かな, 柔らかな, 柳江亭の, 森の, 機会に, 機会を, 機會を, 武蔵太郎つくる, 死亡率が, 江戸で, 沼津へ, 海賊の, 深沢で, 湯に, 満々たる, 演題を, 濁った自分, 濁流を, 濃霧の, 火事を, 火打袋には, 烈しい苦しい恥羞, 燈台に, 牢獄の, 牧場に, 物憂い筆, 物語を, 猿酒宮殿に, 珍客, 現代に, 田端の, 田舎みそを, 男が, 男に, 男の, 男は, 男を, 町で, 町は, 画舫は, 白鮫号に, 白鮫号へ, 目で, 盲の, 眼で, 瞬間に, 瞬間の, 瞬間ほとんど, 祁山においては, 私の, 秋森さんの, 科学の, 稿を, 突き出た岬, 窓から, 竝木ある, 章を, 筆屋の, 納屋の, 老女の, 老骨を, 脱毛が, 自分を, 自戒すべき, 自然を, 般若の, 花壇に, 荒れた河原, 街上に, 裏庭つづき, 言葉に, 設計図を, 話を, 議場に, 谿を, 豆潜水艇は, 負けた日本, 身体で, 近くの, 通りかかった, 通り病気を, 遊里には, 道で, 邸内に, 金華山沖で, 鏡に, 長州屋敷には, 階へ, 隻眼隻腕の, 雜誌から, 青年が, 飛行島に, 首府に, 駕籠へ

▼ いまから~ (231, 1.2%)

8 思えば 4 思うと, 考えると 3 思へば, 考へると

2 [15件] おもふと, すぐに, その言葉, 三十年ちかく, 三十年も, 三日の, 三百年ほど, 二十年ほど, 二百年ばかり, 十分間後に, 後は, 既にこの, 百年ばかり, 考えて, 考へて

1 [179件] あなたは, あらためて貴女, あんなにできる, いきなさい, おねがいいたし, おもふとずいぶん, およそ百五十年前, お約束, お話しよう, かんがえますのに, きみと, ここを, この石塀, こぼすの, ざっと千二百年, ざつと三四十年の, しっかり英気, すぐにも, すぐ出発, すぐ大山, その作品, その場, その案, その返事, それが, それを, そんなん, だと, ちょうど百五十年前, ちよつと, でかけて, でさえ, でも, なら九分, なら食事, ひきかえしても, ひと月程, みれば, もう二十年, もう人だかり, もう胸, やく十分, ゆっくり話, よわねを, わしの, わたくしの, 一ヵ月まえ, 一世紀も, 一人で, 一千余年前醍醐天皇の, 一年ばかり, 七八百年も, 七日あとです, 七日だ, 三代前狂馬楽の, 三十五年か, 三十五年まえ, 三十六年もの, 三十分ほど, 三十分も, 三十年ばかりも, 三十年ほど, 三日乃至, 三百十二年まえ, 中学へ, 九千年前大, 二三ヶ月ほど, 二十三年前の, 二十五年前信長が, 二十分ぐらい, 二十分ほど, 二十年まえ, 二十年前お前さんは, 二十年前である, 二十年前東京へ, 二十数年前に, 二十数年前氷と, 二十歩あるいたら, 二十面相の, 二日の, 二時間の, 二百九十年ばかり, 二百年ほど, 五六代も, 五分まえ, 五十年前, 五年ほど, 五年まえである, 五年位前の, 五年前, 亡夫の, 住吉の, 八百年も, 六七年前の, 六年ほど, 兵タンの, 冬の, 出立いたしましょう, 分別顔し, 十かぞえる, 十七年まえである, 十五六年まえ, 十五年も, 十五年前に, 十余年前までの, 十八年前画学生の, 十分ほど, 十分後には, 十四年前であった, 十年ばかり, 十年前である, 十年前に, 十日ほど, 千年以上も, 半年ばかり, 台詞の, 吉田山へ, 命令を, 四十年くらい, 四十年も, 四年まえ, 四年前の, 團子を, 夜明けの, 奢りを, 姉は, 宿へか, 寝ては, 尊氏は, 帰ったって, 幾ら謝り, 徳川さまの, 思い出して, 思い廻らして, 急げば, 急に, 想い出しても, 想えば, 捜しても, 数へれ, 数年ほど, 數週間前まだ, 書いても, 東京行の, 楽しみな, 歌いますという, 生れたと, 田中杉雄君塚三次本田菊次郎の, 申しても, 男遊びし, 百何十年まえ, 百年まえ, 百日咳に, 盗賊たいじに, 目を, 神山さんの, 私たちは, 約五十年前, 総員作業を, 考えても, 考えましても, 考えれば, 自分の, 行くの, 見れば, 試験が, 諦めてるて, 諦めてるよ, 諫めを, 辛くて, 追っかけたって, 遠い昔, 金を, 阿倍野生野を, 隠棲生活を, 電話を, 頼んで, 飲んでは, 驚いて

▼ いまその~ (209, 1.1%)

4 電燈を 3 ことを, 部屋の 2 一が, 中に, 事で, 夫婦たちの, 姿を, 容貌の, 必要を, 皈り, 頃の

1 [181件] あたりへ, あたり一面に, あわただしさ, うしろ東の, うちの, うねりを, お妙, お姉さん, かた百花楼に, ことは, こなたに, こぼれるに, さた, てっぺんに, ときえた, ときを, ひとどこに, びんの, よろこびに, わけを, ザチという, トランクの, メイフェアの, モスタアに, 一つでも, 一人を, 一弾指の, 一腰は, 一般の, 三傘夫人の, 下を, 世界が, 中から, 中を, 主人が, 乏しい体験, 事を, 二冊を, 二册を, 人が, 人に, 人の, 人は, 代用品の, 伊奈節が, 伝説を, 作家を, 例を, 例外を, 借金を, 兄弟を, 全文を, 全身を, 功を, 功徳の, 十篇の, 半途に, 原本が, 原稿を, 名を, 名簿を, 喧嘩の, 地へ, 夢の, 大小は, 大役を, 大正時代の, 奥秘の, 女たちの, 子供たちの, 実状を, 家を, 左膳の, 廊下を, 建物の, 強敵を, 当時の, 形を, 彼が, 御廚子, 心易, 情景が, 惨状を, 憂は, 懸案が, 扉の, 手足を, 捕虜, 新之助が, 施薬の, 旗が, 日傘を, 春の, 時に, 時の, 時間が, 景色を, 暇は, 書生連が, 望みが, 朝の, 木には, 本を, 林の, 森まで, 橋を, 次第を, 武勇にかけて, 武島裕吉が, 気魄その, 池の, 洞窟の, 深い淵, 渦が, 滑稽を, 漂浪える, 現場に, 生墻, 男から, 男が, 男と, 男に, 男の, 病棟を, 皇帝を, 目次を, 相手の, 眼を, 眼球には, 研究を, 神尾喬之, 禍乱を, 秀吉の, 稀代の, 第二段階, 紀行で, 絵は, 縁と, 美術室の, 者が, 自動車に, 舞台に, 舵の, 船が, 落ち着いたところ, 薔薇は, 蜀呉合作を, 蟻を, 血統絶え, 街すじには, 袂に, 袋の, 裏階子の, 西軍側の, 角に, 言の, 計算中だ, 記憶は, 記憶を, 証拠を, 象においては, 赭い, 辺に, 近くの, 退治方法を, 途中に, 遠矢の, 酒宴の, 釣堀から, 鉄の, 鎧戸が, 門之, 難を, 雪と, 露を, 青黄いろい, 非を, 飛行機に, 食事が, 高潮に, 魏延をも

▼ いま~ (204, 1.0%)

6 はその 5 の心 4 の手許, はこの, は私 3 がこの, の前, はそれ

2 [17件] がたまたま, が佇ん, が噪音, が少し, が蜜蝋, が静か, にはその, の手もと, の掌中, の机, の耳, の背後, はあきらか, はこれ, は可, は必然的, は眼

1 [138件] からは見えなかった, がいっ, がいった, がここ, がそれ, がたより, がどう, がなん, がもち, がよき, が傘, が夜具, が引用, が彼女たち夫婦, が思いつく, が思い出しました, が持っ, が捉, が朝, が死のう, が煖爐, が申, が申し上げた, が発表, が眼, が立っ, が考へる, が船, が行く, が見る, が訪ね, が語ろう, が誰, が講演, が関所, とむき合っ, と一緒, と同じ, と話し, につくづく, には三人, には悲しい, にまざまざ, に一番, に振りかかっ, に注ぎ込み, の, のあ, のいる, のお, のぼんやり, のまぶた, のわき, のゐる, の下方, の中, の会おう, の住まつ, の住ん, の來, の借り, の傍, の入った, の全, の印象, の口, の可哀想, の失敗, の家, の寝, の尊敬, の居る, の抱い, の暮し, の書かう, の歩い, の求め, の滞在, の目, の眼下, の立ってる, の習う, の考察, の芸術的生活, の言うた, の記憶, の許, の話, の讀み, の近く, の進捗ぶり, の邸, の部屋, の頭, は, はあちら, はあの, はじめて聞い, はすこし, はそんな, はふと, は丁度, は中村屋, は二, は会社, は右手, は失恋, は女たち, は廊下, は戰災, は死, は求める, は現, は甘んじ, は眞, は真, は瞳, は私自身, は窓, は脳, は自分, は起き上っ, は身体, は身體, は銃, は限り, は陣, は非常, は飢え, は駅, もこうして, もし千円, も甚, を殺した, を求め, を追いかけ, を驚かせた, んとこ子供

▼ いまごろ~ (185, 0.9%)

10 になつて 9 になっ, はあの 8 はもう 3 になる, はどう

2 [11件] あんな崖, どうしてこんな, の時間, はきっと, はきつ, はその, はだれ, はどこ, はまた, はまだ, は東京

1 [121件] あの乞食, あの方, お庭, か, から, からあんな, から稼ぎたく, きみがわるいわね, このへん, この二, こんなもの, そんなこと, そんな話, だと, でいい, どうしてゐる, どうしました, どうなされた, どのあたり, どの辺, どんなに驚い, なら泳いで, に, にか, になつ, になつて涙, になります, になり気づいた, にもこの, のんびりと, の季節, の暑い, の若い, の郊外, の食う, の馳せ参じ, はあそび, はおだ, はおやじさん, はかたく, はかなり, はきみ, はけいりゃく, はどういう, はどんなに, はなん, はへた, はぼく, はもっと, はやす, はやはり, はやまがら, はわが家, はクロ, はコンクリート, は一人, は三つ, は上野, は不良少年, は世界劇場, は二人, は人, は何, は何処, は先王, は国家, は国旗, は女中, は子ども, は安楽, は実直, は富岡, は寝床, は尋ね, は小さな, は山, は山椒, は岩瀬, は島, は帰っ, は弁当箱, は彼, は待ち, は暑い, は暖かい, は暗号, は桃, は極楽, は泰軒, は父, は猛虎, は王さま, は男, は眠るであろう, は破産, は神さま, は私, は血眼, は赤, は赤い, は鍋, は高山, まだ自意識, まっ赤, まで, までいつも, までおき, までなに, まで何處, まで呼出し, まで露店, もう鱶, やっとそんな, 凄い不良, 寒い日, 寝ぼけた機関銃, 帰って, 歩くの, 気がついたか, 餓えて, 高い山の上

▼ いまここ~ (144, 0.7%)

4 にいる 3 にその 2 でこの, で問題, で平気, にあなた, にこう, へ持っ

1 [125件] から出, から帰っ, から警官, から逃げだし, がその, が人界, で, でいちいち, でお, でかれこれ, でけんか, でせず, でせっかく, でその, でたとい, ではいえない, ではなんとも, では祭典どころ, では訊かない, でみせ, でみんな, でエセックス, で一ト雨, で与えられ, で具足, で助役, で勉強, で名指し, で問わぬ, で妾, で実践, で引用, で当時, で彰義隊, で彼, で御, で忍従, で感想, で文子さん, で書きしるそう, で柳多留, で殴れ, で犯人, で生蕃, で異様, で百両, で私, で脚本, で見た, で見る, で語っ, で退校, で野卑, で鉄水母, で黄金郷, に, にいた, にいられる, にうれしく, にお, にすこし, にそう, にそれら, にちょっと, にはいない, には十一人, にへん, にもある, にカンバス, に一例, に上村松園氏, に並べ, に偶像, に八万, に出, に到る, に十五円, に天使, に怪訝, に日本画, に映る, に来, に来り, に海, に火, に現われた, に立っ, に竦ん, に考察, に蛾次郎, に詳述, に論じよう, に集っ, に集められた, に青, のうち, の別院, へあいつ, へいらっしゃる, へおしかけ, へき, へつれ, へはいっ, へまいった, へやってきます, へ一寸法師, へ丹下左膳, へ呼ん, へ女, へ尼様, へ引き出しまする, へ来られた, へ正勝, へ現われた, へ訪ね, へ豹, へ黒い, まで従い, まで落ちのび, より舞鶴城, をチラ, を二十面相, を退いた, を通っ, を通りかかる

▼ いま自分~ (124, 0.6%)

9 の前 3 の家, の部屋, はどこ 2 のいる, のこと, のところ, の傍, の感じ, の腰かけ, は日本

1 [92件] がいった, がお, がこうした, がこうして, がこの, がその, がつばめ, がどんなに, がなに, がひどく, が争議中, が云った, が出した, が名, が坐っ, が子供, が幸福, が枕, が横, が男, が目, が行こう, が見, が見つけ出した, が貰, が逃げなけれ, が遠く, でいい, では資料, で働いてる, と同じ, と梅原, には暇, にもいちいち, にゆだねた, に予言者, に見え, に課せられ, に返された, のあるい, のいった, のこの, のし, のそば, のどうやら, のほう, のもの, の一家, の上, の介抱, の仕事, の住居, の創作年表, の双肩, の口, の周り, の娘, の子供, の寝, の實感, の待っ, の待つ, の心, の手, の暮らし, の書きかけ, の本, の歩い, の生, の生活, の発見, の登っ, の登つて來, の眼前, の耳, の腰, の逢っ, の青春, の頭, の頼るべき, の顋, の首, はたくさん, は忠実, は舵, は行きつ, は長い, をさらけだし, をとりとめなくさせた, を撲った, を案内, を痛めつけた

▼ いまこそ~ (122, 0.6%)

8 わたれわたり 6 私は 2 何を, 怪塔王の, 生きて, 私との, 言はう

1 [98件] あなたの, あの三氏, あんなどっち, あんな大, うそを, おいおい声, おいおい聲, おれは, おんみは, きっぱり片, きみたちを, この武田伊那丸, これは, こんなに賑やか, しみじみと, そのマスク, その名, その細, そもじと, それが, それを, たのむは, です, どこかで, なんぢに, はつきりと, ほんとうに, ほんとうの, まんまる, わが呉, わが左, わしが, わしの, アウフヘエベンの, ポローニヤスは, 一面の, 世界において, 事を, 二重橋の, 亡き君, 人は, 他家の, 伸子は, 国恩に, 圓朝の, 大自然, 太陽の, 妾の, 婦人画家その他の, 室内が, 小説集の, 少しは, 島に, 帰還する, 強い大地, 役に, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼女の, 御出馬, 御執心, 思い知ったであろう, 感じたまま, 成否の, 打開を, 文壇の, 日本の, 晴れて, 来ぬうち, 死ねやわが, 決然立つべき, 煙草のむべき, 生きたもの, 生地の, 甲谷が, 発揮し, 知らせて, 短く苅りこまれ, 社会運動三十年の, 私の, 私も, 米国が, 絶好の, 肝腎かなめかと, 脱出の, 腕力を, 自分の, 自分は, 自衛の, 芸術を, 菊水の, 血の, 言うが, 託されて, 誰に, 迷夢が, 退く魏兵

▼ いま~ (111, 0.6%)

5 つし 3 せい様の, めえ, 留守です, 高の 2 せい様に, 帰りに, 聞きの

1 [88件] あがりに, かよの, ききに, くつは, さいの, さとへ, さよの, せい様が, せい様という, せい様は, たかは, たくが, でかけの, はなしした, はなし申しあげた, はるは, ひまだらう, ひるを, みやが, ゆうの, 一人は, 主だけか, 互に感じ合っ, 互の, 伺い申し, 使いなら, 兄さんが, 兼婆さんに, 別れしたら, 剃刀を, 化粧し, 召しの, 吉に, 品の, 嘆きでした, 城の, 売りにな, 姉さんを, 宅へ, 寝る, 尻を, 届けしよう, 帰りであります, 帰りです, 庭を, 弁当の, 手すきでしょう, 手に, 手許へ, 持ちなおしに, 捜しには, 日さまは, 昼寝を, 暇です, 汁できる, 淋しい御, 玄関で, 町が, 着きにな, 祖師様が, 祖母さまの, 祖母ちやんが, 祖父さまは, 義父さまは, 考えに, 聴きに, 膳に, 艶は, 苦しみなさって, 葉は, 薬が, 訊ねの, 詣りを, 豊が, 買いに, 造りの, 道さんが, 雪の, 風呂を, 食事が, 馬婆の, 駒さんに, 駒ちゃんが, 高から, 高と, 高に, 高へ, 高を

▼ いますぐ~ (105, 0.5%)

2 という, に, にもその, にも焼い, 出て

1 [95件] あれと, いいもの, いただこう, いわしは, うか, お手当て, お沙汰, お見せしましょう, かえると, かくし戸, ここから, ここで, ここを, この手, この暗闇, この気, じゃない, そこに, だ, でいい, です, とは申しません, なの, なら札幌, にこ, にここ, にこの, につきあっ, にでもたたき返さなけれ, にでも大, にでも殺せる, にでも退院, には見られない, にわかります, に先生, に死ん, に自動車, に葛岡, に行きます, に返し, に連れ, よ, ピーツク, ボートが, ロダンを, 下山できない, 仕度が, 僕には, 兄さんが, 入院という, 出陣する, 切ろう, 前に, 参られるぞ, 問い合せるわけ, 宿証を, 小説として, 川に, 工場を, 己の, 帰って, 帰ること, 待って, 思い出せない, 思ひ出せない, 恐慌で, 戻つて來, 承わる, 描かなくたって, 支度し, 政治の, 政治運動に, 映画なんかの, 書ける自信, 来ますから, 来ること, 東京へ, 楽に, 死ぬ身, 江戸へ, 渋谷へ, 牢へ, 玄関へ, 発足する, 目の, 聞かして, 自分に, 行かれては, 行くからと, 話が, 話すから, 返して, 返事しない, 返事しなく, 返事を

▼ いままでに~ (101, 0.5%)

5 一度も, 見たこと 3 なかった 2 ありませんでした, よかった, 一人も, 感じたこと

1 [80件] あったできごと, あのいただき, いちども, いちばんシックな, いろいろと, お前ほど, お嫁さん, きいたくま, くらべて, こういう冒険, このこと, この一万倍, こんな危険, こんな大きな鳥, ご存じなかっ, さしのべられた富, しばしばたいへんしばしば起った, しばりあげた三人, しろわかって, そう云う, その一つ, そんなこと, たびたび消えうせた, ついぞ覚えた, つくったの, できた糸, どんなに冷めたい, ないこと, ないと, ないほどの, ない大, ない大きな, ない大戦, ない柔, ない重い荷, ながしたなみ, なく, なく去就, なく強く感じ, ほんのかぞえる, まだ一度, まったく起った, やったよりも, 一どでも, 一日一人で, 一遍だ, 三番と, 二十二ルーブリ五十カペイキしか, 仕えた筒井, 何を, 何人か, 何度も, 何頭ほど, 倍し, 八百億ルクルの, 君を, 好きな, 岩の, 彼の, 挙げられたすべて, 数へ, 春吉君と, 水に, 無いこと, 無人島に, 異性と, 私の, 習ったの, 考えて, 聞いたこと, 色々な, 見たどこ, 見たり, 見た事, 覚えない凄, 訪ねて, 誰とも, 起ったこと, 起った事件, 頂戴した

▼ いま言った~ (83, 0.4%)

12 ように 9 ような 5 ことを 2 ことから, 通りに

1 [53件] あの争論, あまりゾッとしない, ことさ, ことわかりました, このテイラア課長, そのごく, その世間一般, その事, その信濃, その子供, その理解, その盆ゴザ, だけしか知りません, とおりおれが, とおりなかば形に, なかに, な何, ねその, のも, ふたつの, アストン・クリントンの, プラトーという, 一言を, 三人だけが, 不破の, 九月八日ハンベリイ街の, 出羽への, 分だけを, 加賀田の, 古小路, 四字の, 土塀の, 大刀釣瓶落しを, 橋の, 正義党の, 毛虫も, 氷上ホッ, 理由で, 生活という, 町の, 百人一首の, 若年寄であろう, 萩また, 言葉の, 通りお前は, 通りです, 通りスクーネル型の, 通り年分, 通り江戸へ, 関係が, 高大之進を, 鹿島磐城の, 黄昏に

▼ いまなお~ (80, 0.4%)

1 [80件] ありありと, おかすべからざる気概, かれは, この種族固有, この竹生島, この附近, これいじ, その土, その折, それが, それを, わたしを, チャアリイの, ラムプである, 一大疑問を, 一族と, 一触即発の, 七つの海を, 世界平和を, 五七五調であっ, 以前の, 伊勢伊賀の, 健在だった, 健在である, 出丸や, 刻々水嵩, 医局の, 十七年後の, 叡山に, 合戦の, 国民一人一人の, 城外の, 多く散在し, 嫌いで, 子供たちに, 子弟を, 寧子に, 少年の, 尽きぬ苦恋, 山上の, 彼らの, 忘れられない犬, 憩うこと, 成都の, 拘泥し, 拷問中です, 持続され, 捨てない, 播州の, 止まぬクリームヒルト, 残って, 残りて, 決して鎮まっ, 決しない, 決し難い, 浅く寒ざむ, 消え残る一個, 現存せる, 甲州軍の, 痕跡が, 白旗に, 盛んに, 真にご, 矍鑠として, 私の, 織田軍が, 荒地の, 落城の, 蠢動し, 血液が, 見えない眼, 記憶し, 読んで, 退却中という, 達者で, 重役どもの, 野暮な, 鑁阿寺の, 頑強に, 高氏の

▼ いま~ (79, 0.4%)

31 なっては 12 なって 5 なれば 3 違って 2 ちがって, なると, 店の

1 [22件] いって, おなじ生活, すこしもか, せまったわし, つて來た, なっちゃ, なってから, なっても, はなつたが, ほる, ほるの, 云い終るか, 全く変わり, 同じよう, 同じ事, 同じ内容, 同じ批評, 同じ様, 店に, 指で, 比べて, 聞いて

▼ いま~ (77, 0.4%)

4 いえば 2 はかへ

1 [71件] ぁ野原もさ, いうと, いうインテリゲンチャ, いう十二時, いう寺, いう恐水病, いう颱風, いかんとは, いるの, いわさず賀来子, うんと云わない, お能, さへ, して, しんみり出来なかった, すべてこれカンの, ただの, つき纏うの, てきた, ともすれば門, にこにこ笑っ, はけむりとすすとちりでよごれきってなんとも, ぴたりと, みなに, みんな作りごとな, やったもの, よく聞い, アクを, コンドルに, 一向気, 一度も, 一緒に, 一言も, 丁度古本屋, 云ったこと, 働いた, 吹きおえると, 嬶の, 少しも, 復讐的な, 忍従させよう, 悪いん, 憎んで, 折られて, 残された, 漏さず云って, 申す殴りこみの, 神妙に, 窺って, 立会った人, 聞くか, 聴いて, 聴くと, 自分の, 自分を, 血を, 見度, 言う午前三時ごろ, 言えば, 言って, 言つてしまつては, 言へば, 言わさず, 読まないわけ, 謂うクッキー, 送んなさったろう, 静粛に, 非常識を, 顔を, 魔が, 黙って

▼ いま少し~ (75, 0.4%)

3 いま少し 2 の時間, 力を

1 [68件] お聞き下さいまし, お話いたしたい, かせいで, くわしくいっ, すぎに, すべてに, その他の, って一日, でも骨, とのぞまれ, のところ, の愁い, の慈悲, は増加, は昔, ばかりその, へだたりが, も勉強, 上の, 之を, 仙骨を, 仮小屋, 信仰が, 出世させ, 前に, 前焚いた, 前郵便局に, 勉強し, 勉強しなくっ, 勉強なさっ, 収入が, 商売が, 嚴密に, 大きければ, 大人に, 平ったく判り, 広汎な, 待って, 徹底させ, 手伝って, 打ち解けて, 早くっても, 早くどうか, 朗らかに, 此処に, 母と, 注意し, 深く内省, 深く考え, 深刻に, 熱心に, 生活に対する, 短期で, 縫って, 耳を, 自分も, 若い女, 複雑な, 見とどけたいので, 詳しくいえ, 詳しくお話し, 詳しく考え, 詳しく説明, 辛抱し, 進めば, 遅くなる, 長じた, 静観し

▼ いまどこ~ (70, 0.4%)

15 にいる 6 にある 4 に居る 3 にいます 2 にいられる, に何, へいっ

1 [36件] かかの墓穴, かでそんな, かの守っ, かの病院, かへ退け, からか馬, か外, か靜かな所, であの, でなに, で寂しい, で由子, と言っ, にあるだろう, にあるであらう, にいらっ, にいらっしゃる, においてある, におります, におる, にかくれ, にどう, にどの, にもとめよう, にゐる, に住ん, に宿, に居られる, に置い, に身, の仕事, の海面, へどう, までも白く, を旅行中, を航海

▼ いままた~ (69, 0.3%)

2 そのお, 明るくなる, 都会の

1 [63件] お雪さんだって, かれの, ここに, このサヴォイ・ホテル, この人, この惨劇, この戦果, この玄徳, この練兵場, この随筆, しても, その前, その大敗, それを, はじまり出す, ひたひを, まざまざと, もえつづく, ゆき子の, よほど激しく, わが三歳, わたくしの, アメリカと, イタリアの, ペネタ型に, ペネタ形に, 乃木將軍が, 五人組の, 伊那丸さまはじめその他の, 伊那丸を, 兵法に, 勝手に, 北の, 同志秋穂左馬之, 君を, 大きくご, 女中が, 宕渠の, 将来に, 張高に, 怪しくせ, 悪天候に, 改めてこの, 改めて思う, 檻の, 汝呉の, 波を, 父に, 犬の, 犬畜生を, 眼の, 磁力砲の, 稲を, 糸子の, 繰返しながら, 聖書に, 肉親の, 自分も, 蘇つて来た, 話されると, 関興の, 養父は, 駕籠の

▼ いまそれ~ (65, 0.3%)

2 がわかった, だけがあらゆる, に就い, に達した, をここ

1 [55件] かと暗に, がいく代, がこの, がない, がまた, が判っ, が役, が机, が流行っ, が自分, が自由, こそ文字通り, こそ肉親, しか持ち得ない, について縷述, に従, に気がつい, に眼, はロンドン, は透き通る, をいい, をいい出し, をおそれ, をお話, をくれよう, をたしかめた, をやっ, をやめたら, をやろう, を一つ, を云い出す, を報告, を実際, を心, を思いだす, を思い出す, を書い, を書架, を決心, を狙つて, を着, を知らない, を短く, を破つ, を翻訳, を考えた, を考へる, を肉声, を自分, を褫奪, を見, を見せ, を見た, を言おう, を鍾

▼ いま~ (61, 0.3%)

4 の前, の心 2 の靴音, の顔, は横

1 [47件] がその間, が両手, が口, が帝, が木炭筆, が求め, が炉, が訴え, が馬首, にはちかぢかと, のあはれ, のうつろ, のゐる, の企画, の双肩, の句, の命令, の感情, の推理力, の描いた, の服, の直面, の神経, の耳, の背, の身体, はあれこれ, はここ, はその, はひとり, はオクローシカ, は不思議, は彼女, は手さぐり, は目ざす, は着, は神, は私, は美以教会, は身, は頭, をここ, をひとり, をほんとう, を勇猛, を壓, を自然

▼ いままでは~ (59, 0.3%)

2 あんなにも, いて

1 [55件] あまい顔, おしのさん, おまへ, おもわれて, おやと, きこりと, このひどい寒, この牧場, ごく秘密, そういうあたりまえ, そんなにラジオ, たいして気, ただてれ, ただ一面, たとえ彼, ちゃんと間, どうかする, なくこと, なんで先生, なんの, ほかの, まだ大丈夫, まるで家庭, やつて, やや心, ゆらゆらと, よくロマンテイツク, モンペを, 剣を, 北海道の, 受取つてゐた, 団栗と, 団栗とは, 塩水選を, 夜分なんぞ, 大饗の, 學校の, 寒いにつけ, 小林君に, 小男に, 強情我慢で, 日が, 毎夜毎夜心から, 無関心, 煌々と, 異形な, 空腹という, 至って無事, 舷を, 莫迦な, 蔭であった, 見えなかった側面, 謎の, 通信が, 避けて

▼ いま一人~ (57, 0.3%)

2 の人間, の同志, の妻, の男, の私, は古ぼけた, は肥え

1 [43件] かむはたとべをあげたのは錯誤, が, が影武者, きりだそうですね, じゃない, だになし, でいたい, です, でそこ, でゆず, でアパート, のこの, のアメリカ人クラーク博士, のグプタ氏, の人物, の大, の大将, の女房, の娘, の子, の方, の機械人間, の津田, の百姓, の穉児, の落語家柳家某, の親方, の警官後, の足下, の踊子, の遍路, は, はそれ, はたしかに, はオックスフォード, は富裕, は源氏, は行基, は道, また一人, ももの, もゐない, を振放し

▼ いま~ (55, 0.3%)

4 大事な 3 いままで, だいじの 2 はじめてで

1 [43件] あらしの, いいしおどきだ, いちばん可愛い, いま, いまそっくり, いま二十円の, いま出版する, いま船が, こないだ一巣発見た, さいご, その例, ちょうど三字五十五ミニュート, ちょうど仲間, はじめてだった, はじめてである, はじめてでした, よい頃, 一番いい, 一番本を, 二番肥料で, 人気の, 今まで, 今までの, 初めてである, 初耳それと, 四月です, 壮年期だ, 夜半の, 大切, 始めて, 最後と, 最盛期らしい, 機会だ, 毒薬の, 満潮だ, 生きるか, 絶好な, 絶好の, 考えどきだぞよ, 花の, 見ごろ, 闌である, 鶯の

▼ いましも~ (55, 0.3%)

1 [55件] その家, のびたつ稲田, ひとりの, ふと姉, またうつつ, サフランの, シャツ一枚の, シヤツ一枚の, ドスーンと, 七八人の, 三人の, 三度目の, 三軍星を, 久留米絣の, 伸びて, 傍に, 大きな弁財船, 実験室の, 富士男の, 小文治, 小高い丘, 展く, 弁天島の, 式部の, 彼が, 彼等の, 往生を, 急降下爆撃, 打ちあげられた狼煙, 斎院の, 斜陽を, 施無畏, 有料道路の, 林を, 正坊, 水上の, 汽車を, 浴衣に, 満々たる, 燈台守の, 物柔らかに, 甘き睡り, 着陸した, 腕を, 表へ, 見送った北方, 赤は, 軍令部の, 軍師小幡民部から, 里の, 重い荷, 金明泉の, 金色に, 鈎に, 黒い影

▼ いま~ (55, 0.3%)

24 の前 6 がさめた, のまえ 5 のあたり 2 をさまし

1 [12件] が見えぬ, が醒めあった, と眼, にうかべ, に見, に見せ, のさき, の先, の色, をあげぬ, を閉じ, を開き

▼ いま~ (53, 0.3%)

5 盛りに 4 おいて 3 さかりと, 措いては, 盛りと 2 さかりに, 季節とみのれる, 盛なりき, 限りとの

1 [27件] おいては, かしな, さいごと暴れまわっ, さかりの, さる十二, たのしむこと, ときめく執権相州さま, どんな時勢, はずしたらもう, ふたつの, 一期と, 利して, 去る廿有余年, 善政とは, 壮に, 外したらまた, 外して, 措いて, 時めく公園界隈, 最後と, 機會ぞ, 盛りの, 築いて, 自在の, 血気盛りの, 逸しては, 限りに

▼ いま~ (52, 0.3%)

4 をし 3 を考え, を考へ

1 [42件] かいっ, かおれ, かの物語, から何, かを生み出そう, か不自由, か声, か矢代, か言いおわった, か言いやしなかった, か言っ, か言った, か話, が一番気がかり, が正しく, して, してんの, て幸福, といった, と言われた, にこんなに, に使用, の役に立つ, の歌, もない, も見えず, も言わなかっ, よりも惣平次, よりも男, をした, をしてる, をしよう, をなさっ, を云っ, を仕事, を作る, を吹いた, を告げよう, を思う, を感動, を演, を激しく

▼ いま一つ~ (49, 0.2%)

32 の, の例, の奇妙, は日本

1 [38件] には当局, のこと, のヒロイン, の不満, の出張所, の原理, の古い, の大, の大きい, の大切, の水, の理由, の罪, の聲, の話題, の象徴, の部屋, はこの, はこれ, はする, はなん, はぼく, はイギリス, は一休禅師, は冬ごもり, は南方, は印籠, は双方, は富士男, は山口, は普通, は橋, は歴史家, は洋學, は瀧澤馬琴, は無数, は自分, 嬉しいこと

▼ いまもっ~ (43, 0.2%)

2 てす, て判らない

1 [39件] て, てあの, ている, てお, てかの, てこげつい, てこの, てこれ, てそんな, てなん, てのろし, てふん, てむかし, てわたし, てポントス, て上方, て分りませぬ, て判らぬ, て南蛮寺, て口癖, て国もと, て大きな, て子, て宿駅, て忘れられぬ, て支那公ロン・ウウ, て残っ, て淡路島, て滑稽, て狂っ, て生きのび, て眼底, て知られぬ, て知らん振り, て老い, て荀, て開拓使時代, て陥ちない, て食った

▼ いま~ (41, 0.2%)

25 いまかと 2 いまか

1 [14件] いまかという, うつつか, ぎりごめんこうむります, その言葉, ひろぐる, ような, アちゃんと, 今かと, 吹くらし小林, 市場は, 極まる声, 消ゆらん, 眼玉を, 降るらし滋賀

▼ いましめ~ (41, 0.2%)

2 をうけ, を解い

1 [37件] か, からこの, があり, ぞ忘れ, とし, とした, として憶, などがいっぱい, の正し, の為, の綱, の繩, の裏書き, の言葉, の記念塔, はぎゅっと, はイデアリスト, は彼等, は描かず放ちぬ, を, をきかない, をし, をとい, をぷっきりほどいてやると, をプツリ, を切っ, を守れ, を忘れ, を思はず, を書い, を破っ, を破る, を背かない, を解き, を解き始める, を解く, を解け

▼ いま日本~ (38, 0.2%)

2 にはいくら

1 [36件] から理性, がこの, ではお前, では俳優, では文芸復興, では文藝復興, で自分, と英国, に, にあり余る, にあれ, にい, にはむかし海軍, にはブルジョア民主革命, に二十七八歳, に於い, に来, に流行, のこと, のすべて, のどこ, の人, の内地, の北方, の忠義, の政治, の民主革命, の經濟界, の谷川, はひじょうに, は一面, は戦争, は早く, は重大, へ帰っ, を最後

▼ いま来た~ (38, 0.2%)

4 ほうへ 3 道を

1 [31件] あのおやじども, あの女, か, かといっ, この縦筋, ところで, のは, のよ早く, ばかりぢ, ばかりのもの, ばかりのドゥチコフ, ばかりの水車場, ひとなら, ふたりの, ように, んかい, 三崎街道より, 人が, 十人が, 向こう岸に, 坂を, 女の, 客という, 小みち, 方へ, 方向へ, 男はかの, 角に, 路を, 途中に, 雪道を

▼ いま~ (36, 0.2%)

3 はこうして 2 の机上, はこの

1 [29件] がどういう, が人造人間, が報告書, が暗い, に湖畔, のいった, の世話, の住ん, の前, の書い, の枕許, の言った, はあの, はこの世, はすべて, はニユー・アダム, は一つ, は一度, は他, は僕, は無性に, は生死, は笑ってる, は自分, は階下, を危険, を怯え上る, を苦しめ, を非常

▼ いま考え~ (36, 0.2%)

16 てみる 6 ている 2 てみ

1 [12件] ていた, ていっとこだ, てみたい, てみれ, てもあと, てもあまり, てもらいたい, ても不思議, ても冷汗, ても惜しい, て見る, 中です

▼ いまこれ~ (35, 0.2%)

3 を読む 2 を, を讀む

1 [28件] がすむ, が一番, が一番問題, が終えたら, だけしか無い, ときまった, にならっ, に気がついた, に輯録, へ呼ぶ, へ呼ん, へ運ばせる, へ隠岐, をあなた, をしてる, をはじめ, をハナササゲ, を一つ, を処置, を取りあげ, を売っ, を思う, を書い, を書きかけた, を村, を聞い, を言う, を読ん

▼ いまより~ (35, 0.2%)

2 ただちに喪主

1 [33件] ずっと道幅, それが, なさねば, のちハこの, はるかに, まる二年, もっとおどろいた, もっとひどい, もっと柔かく美しい, もっと薄暗い, らくになるだろう, わたしどもの, 一そう強烈の, 三十分後正, 予見する, 以前の, 勘当いたすべき, 匆々に, 十余日も, 十年ほど, 十年わかい, 十年を, 収入が, 多く良心, 家へ, 小さなとき, 庭へ, 後いついづく, 急いで, 日本艦隊の, 親子の, 運搬費に, 馳走を

▼ いま~ (35, 0.2%)

17 の前 4 のまえ 3 が覚めた

1 [11件] がさめた, が覚め, にし, に見た, のさき, の見えなくなる, をさまし, をさます, をとほし, をふさい, を覺

▼ いまそこ~ (34, 0.2%)

1 [34件] から出, から来, では幾年, で一杯, で会つて, で筆屋さん, で配達夫, に, にあっ, にあった, にある, に漂った, に立ち停, に落とした, に誰, の両国, の人混み, の山門, の往来, の溝, の金庫, の門, へだした, へ控えた, へ盗人, へ行きます, へ集まつ, まで行, まで追っかけ, も閉めよう, をおり, をとおりすぎよう, を出, を通った

▼ いま一度~ (34, 0.2%)

2 あのころ, 考え直して

1 [30件] あの広々, お姉様, お考え願えませんでしょう, お運び, ご検分, その北条坂, に立, の御, はっきり断言, は大越, もう一度くりかえし, も美人, 不必要, 取りあげて, 取り戻したい, 吹き渡る, 問い返しました, 振り返って, 歌うの, 歌って, 申して, 立ち寄ると, 繰り返して, 見しらべました, 見たいだけ, 見返して, 読んで, 起き上がる気, 逢おうと, 逢って

▼ いまあなた~ (32, 0.2%)

2 のおっしゃった

1 [30件] からにぎやか, がいられまする, がおっしゃった, がおられる, がどんな, が相当, と對, と智慧, にお, に必要, に愛された, に求め, に迫る, に逝かれたら, に非常, のこゑをいくつもいくつもおもひだしてゐる, のなさった, の云われる, の妄執, の姿, の手紙, の死んだ, の眼, の祝福, の耳, はなつかしい, は何処, をわたし, を見, を見上げ

▼ いま見る~ (30, 0.2%)

2 とそこ, とその

1 [26件] うれしさ, この友釣り, この水田, とおりに, とこの, とやはり, と三十二分, と今日, と壁, と夏, と彼, と最初, と村, と眼, と背, にあの, ものは, ように, 先生みたいな, 光景が, 友も, 建物なりしかば, 形に, 彼の, 所では, 空に

▼ いまかと~ (29, 0.1%)

5 待って 3 待ちかまえて, 待つて

1 [18件] お待ち申し, お越しに, かたずを, ずいぶんしびれ, まって, まつて, 刻限の, 十手に, 吉報を, 命令の, 待ちかねて, 待ちつづけた, 待ちわびて, 待つてを, 目を, 自動車の, 舟宿から, 見えた

▼ いまわし~ (29, 0.1%)

2 をし

1 [27件] がお話し, がこしらえた, が変, が念入り, が手, が文壇, が降り, であらわした, でデレンコフ, で何ごと, で表現, で解釈, のあと, のからだ, のかわり, の母, は六百円, をおどかし, をきい, をする, をすれ, をとり, を一ばん, を真似る, を知っ, を研究, を聞い

▼ いまあの~ (28, 0.1%)

2 子を, 方の

1 [24件] へんへ, ように, 一匹に, 前の, 婆は, 子供さんたちが, 小屋では, 山の, 操り人形の, 時分の, 木の, 村には, 火葬の, 生物は, 男は, 私は, 窓で, 竹林の, 船を, 行列の, 訝しい若者, 象が, 路へ, 邸に

▼ いま~ (27, 0.1%)

6 て行った 5 て来た 3 ていった, てきた 1 がけに, ていらっしゃる, てきます, てくる, てゆかれた, て来ません, て来られません, て行きました, て行く, て行っ

▼ いまいった~ (26, 0.1%)

6 ように 3 ような 2 ことを, のは

1 [13件] じゃァありません, とおりあれが, ばかりだ, 土の, 大久保の, 年ちゃんッて, 後見人の, 診察な, 通りの, 通りキングス・パイランドへ, 通りバタバタ, 通り横綱の, 高音の

▼ いまどんな~ (26, 0.1%)

4 ことを, 歌を 3 風に 2 ことが, 景色で

1 [11件] ものが, 事件が, 事情に, 危険な, 女性とだって, 悲しい思い, 浅間しい, 深い感情, 生活を, 苦しみを, 顔を

▼ いま~ (26, 0.1%)

2 このO村

1 [24件] から捜し, から繚乱, こんなところ, である, どうして来た, どんなに騒い, になっ, になつて聽, になる, になッ, の季節, の日, はさぞ, はどこ, はねそして, は何処, は家, は森, は藩知事さま, は輪転機, は金持ち, は関所止め, 出て, 漸く出

▼ いまお前~ (24, 0.1%)

4 の云った 2 の私, は私

1 [16件] から離れれ, がいった, がう, がはいっ, が何, が死んだら, が随身門, が飛び込ん, に去られる, に白衣, のうわさ, の見, はここ, はどこ, は咳, は庭

▼ いま~ (23, 0.1%)

7 ている 4 て来た

1 [12件] つつ声, ていた, てきた, てしまった, てのとおり, てもその, てもやつぱり, ても彼, てゐる, て思ふ, に来た, ゆ

▼ いまひとり~ (22, 0.1%)

2 の青年

1 [20件] ぐらい増したら, これに, のブランド, の刑事, の助手君, の勇士, の少女, の支那少年伊孫, の癩, の者, の軽, の骸骨, はせ加わりまし, は光一, は安場, は式部, は怒り滿, は書, 加藤主税というは, 源三郎殿が

▼ いま持っ~ (22, 0.1%)

5 ている 2 てき, て来

1 [13件] ていた, ていません, ていられる, ておりません, てきます, てくる, てゆく, て出た, て来た, て来ます, て来る, て歩いた, て行っ

▼ いま考える~ (22, 0.1%)

2 とまるで

1 [20件] と, とあほらしい, といらいら, とおれ, とずいぶん, とそれ, となかなか, となぐられた, と不思議, と与力, と可笑しい, と天性, と婆さん, と当時, と愛嬌, と慄, と私, のだった, のに, のは

▼ いま~ (22, 0.1%)

2 もいない, もゐない

1 [18件] かが船, かつけ, かと立ち話, かひとり, かを呼ん, か来る, がいる, が出, が寝起き, が持っ, が時代, が来ました, ともさりげ, と誰, と論ぜん, にも会いたくない, の懐, も人

▼ いまおれ~ (21, 0.1%)

1 [21件] がいき, がすりばん, がその, がはずし, が使った, が赦し, この病気, のとこ, の体, の棲む, の眼, の胸, の首, はロケット, は人間, は真裸, は遠藤博士, をな, を先生, を殴る, んとこ

▼ いまこうして~ (21, 0.1%)

1 [21件] さがして, もう一度くり返して, わが夫, キタイスカヤ街を, クラッペンボルグの, ラジオを, 中尉の, 住んで, 傍に, 兵士を, 壁の, 奈良に, 感じて, 書いて, 橋の, 汽車に, 私が, 花の, 苦しんで, 見違えるほど, 話して

▼ いま~ (21, 0.1%)

1 [21件] くやしき, しずめり, ねむれと, はじめて名人, はじめて腰, 初て, 岸邊に, 撤け, 擾乱の, 散りしく, 昼餉を, 最後と, 涙ことごとく, 知る, 花の, 見惚, 追いくずせ, 還り來, 鉄は, 開始されんず, 鳴る風

▼ いまだって~ (21, 0.1%)

2 私あ

1 [19件] あたしそれを, おっかなびっくりで, ここに, この方, こんな修治みたい, すいて, そうかも, そうです, なおその, まだ真剣, もうマイナス, わかって, 上品ぶった, 伸子は, 同じよう, 君は, 少しも, 殴りつけても, 私は

▼ いま帰っ~ (21, 0.1%)

8 て来た 2 て来

1 [11件] ていく, ていった, てきた, てくる, てこれ, てその, て来る, て行かれた, て行く, て行こう, て行った

▼ いま帰った~ (21, 0.1%)

62 ばかりだ

1 [13件] お侍, ぞ, って明日, ところその, ところだ, のか, のに急, はずの, よってはいっ, よと言っ, 尼巫女の, 斥候部隊である, 猿田さんが

▼ いま~ (21, 0.1%)

2 がふさがっ

1 [19件] がはなせない, が放せない, が放せなくなった, が空い, にかけ, にはいった, にはずむ, にもどった, に入れた, に手, に持っ, はほどい, も足, をかけ, をつけ, をはなす, をひい, を切っ, を叩きます

▼ いま申した~ (21, 0.1%)

4 ように 2 ような

1 [15件] ことだ, ことに, さきおとついの, とおりだ, とおり胸もとを, 不可解な, 古墳は, 天皇樣の, 我家の, 疑問の, 白四角形のむらさき旗を, 穀物の, 者を, 身の, 通り日本では

▼ いまわたし~ (20, 0.1%)

1 [20件] が仰見る, が昔ながら, が死んだら, が閉め出され, が魔法, と庵居, のあと, のうち, のぐるり, の心, の数歩前, の書いた, の眼, はおきかかる, はおまえ, はお前がた, はほんとう, はわたし, は審, やあなた

▼ いま時分~ (20, 0.1%)

2 のよう

1 [18件] お帰りなさった, お月さま, お着, からはいつも, こんなに遅く, しかも死ん, とつとつと, どうした, にどうして, になる, にまだ, はお湯, は部屋, またなん, まで何処, 急いで, 歩くの, 起きて

▼ いま聞いた~ (20, 0.1%)

2 ことを

1 [18件] からである, そのま, だけで, ところでは, ところに, のである, ばかしのところ, ばかりで, ばかりの仙次, ばかりの星宮君, ばかりの番号, ものを, ような, 発端だけによって, 読人不知の, 通りの, 通りわたしは, 龍造寺主計が

▼ いまいる~ (19, 0.1%)

2 のだ

1 [17件] この健康道場, ところの, のね, のは, クラマールの, 位置を, 国には, 場所です, 場所は, 奥に, 女優なんぞ, 家の, 山の, 我々の, 西多摩地方を, 陣地も, 高原などは

▼ いまじゃ~ (19, 0.1%)

1 [19件] あなたは, この山, この歯, みんな帽子を, ア所変えし, モン・ブランの, 三都で, 天下の, 弘法大師も, 槍傷刀傷, 武田様藤田様田丸様加多さんはじめを, 流行らないけれども, 白ちゃんは, 社長の, 米屋が, 身分が, 長屋の, 青井君一人ぽっちです, 鮒一尾いやあ

▼ いまなら~ (19, 0.1%)

2 誰の

1 [17件] あんまり楽, お嫁さん, きつと, くず屋さんに, さしずめ黙殺, さしづめ傾いた, ば一鼓, ば監守盗, ぼくたちの, みんなは, もうお嬢さん, パスや, 値が, 六月末の, 年俸である, 私は, 道誉の

▼ いまはじめて~ (19, 0.1%)

1 [19件] お会いした, お前さんの, お母さんが, きかされたん, きみの, なりまして, 会ったばかり, 伺うこと, 実現された, 文学に, 明瞭に, 武右衛門の, 気がついたよう, 皮膚に, 目が, 相分った, 知つたのである, 謁見す, 近くで

▼ いまぼく~ (19, 0.1%)

4 のこと 2 のそば

1 [13件] がいう, がこれ, がその, が妙, が読み返し, にじゃれつい, にはっきり, に口蓋, のうえ, の愛し, の感情, はあれ, はほんとに

▼ いま~ (19, 0.1%)

1 [19件] から貰う, があり, があんな, がみた, がやっ, が聞いた, に告げる, に土壌, に書き送らう, に笑わせ, の云った, の口, の手紙, の目, の言った, の話, の話した, はウイッタンバーグ, をはづかしめる

▼ いまある~ (18, 0.1%)

2 劇作家の

1 [16件] あれじゃァねえ, かなき, がまま, といったじゃない, ところで, ところに, の, のは, 事件の, 女の子の, 市場に, 役人と, 生活が, 艀と, 重大な, 鎌倉の

▼ いまなに~ (18, 0.1%)

4 をし 3 を考え

1 [11件] がおかしい, が起ころう, してんの, もたべたくない, も論文, より心配, をお, を企て, を思っ, を習っ, を計画

▼ いまわたくし~ (18, 0.1%)

1 [18件] がそれ, に就, に素直, のいもう, の嗜好, の心, の心象, の所, の目, の眼, の胸, はそれ, はふしぎなよろこびにとざされています, は全く, は歩測, は自分, もそれ, を親切

▼ いま彼女~ (18, 0.1%)

1 [18件] からそう, が一人, が泣い, にかけ, のいる, のこと, の上, の前, の唄ふし, の心, の息づい, はそう, はそれ, はどんな, は彼, は辻馬車, を抱きしめ, を押し倒し

▼ いま思い出し~ (18, 0.1%)

2 ている, てもせつなく

1 [14件] てご, てみ, ても, てもいまいましい, てもきりきり舞い, てもこの, てもひとり, てもまるで, ても変, ても狂的爆発的, ても身震い, ても遅い, ても陽気, てやっぱり

▼ いま江戸~ (18, 0.1%)

1 [18件] からかけつけ, で一, で京金襴, で名, で売り出し, で大, で折り紙つき, で磯五, にき, には名, にも姿, に在住, の下町娘, の奥底, の総, は開府創市, へ上る, を騒がせ

▼ いますこし~ (17, 0.1%)

2 勉強する

1 [15件] うちしめり, お金持, たてば, で終, で腰骨, のところ, は男らしい, まえから, 前に, 励んだらしまいに, 經つと, 綿密に, 考えて, 聞かせて, 近いところ

▼ いまはの~ (17, 0.1%)

3 際の 2 床に, 歌を 1 あとは, いぶきいと, がる, きわの, みこと, 人の, 勇みなり, 床の, 御こと, 際に

▼ いま~ (17, 0.1%)

2 の光, の鳥居

1 [13件] たびおとづれ給, にここ, に運命, ねむり, の愛, の日輪, の明らか, の疑ひ, の石橋, の碾石まろ, の絃, の者汝, 真寺

▼ いま何処~ (17, 0.1%)

4 にいる 2 にある

1 [11件] で過ごし, にあり, におられる, にゐる, に居る, に居住, に隠れ, へ, へすすん, へ到着, を歩い

▼ いま初めて~ (17, 0.1%)

2 気がついた, 私は

1 [13件] すてを, だが, 佐々の, 分かって, 原始的な, 書くこと, 発見する, 發見する, 目に, 知ったこと, 知ったわけ, 見るやう, 雲霧を

▼ いま~ (17, 0.1%)

1 [17件] いそがしの, かいのが, ぜい, なる優越感, へん咳を, 三郎を, 川岸の, 東京の, 格闘が, 次の, 正午の, 沸騰を, 流行の, 総督は, 起重機は, 都會の, 都督の

▼ いま思う~ (17, 0.1%)

2 と私

1 [15件] と, とあれ, とおかしい, とこの, とさきおととし, となん, となんだか, とまるでもう, とホノルル, と伊東温泉, と嘘, と噴き出したくなる, と実に, と悲しい, と灰色

▼ いま思え~ (17, 0.1%)

2 ばその, ばそれ

1 [13件] ばあたっ, ばあの, ばこれ, ばただ, ばつかのま, ばどうして, ばナターシャ, ば三角関係, ば卯木どの, ば無意識, ば私, ば自殺, ば道

▼ いま見た~ (17, 0.1%)

2 のは

1 [15件] ことを, とおりまた, ところ何の, と同じ, ものは, ような, パノラマの, 二つの, 夢である, 景色が, 気が, 物の怪を, 舟より, 蝋色の, 雲の

▼ いまでこそ~ (16, 0.1%)

1 [16件] この家, だれでも, なにも, 世間は, 幕閣の, 昼夜銀行が, 書生だ, 沖縄の, 琉球と, 田端といふ, 種々な, 荒木村重の, 身は, 鉱毒の, 錚, 食へ

▼ いまどう~ (16, 0.1%)

6 して 5 なって 1 しようとも, でありましょうか, と言っ, なってるの, なつて

▼ いま~ (16, 0.1%)

4 であるいた 2 の中, の国, を見 1 に閑古鳥, のやう, の世の中, をみ, を見た, を見てる

▼ いま眼前~ (16, 0.1%)

3 に見る 2 のこの

1 [11件] にある, にこの, にみる, にわだかまっ, に事実, に喬, に如実, に思い浮かべ, に立ちはだかった, に迫る, に陸地

▼ いま~ (15, 0.1%)

2 お餅

1 [13件] あなたの, あやしい男, この婆, この御所, すっかり白状, そこの, モデルが, 仏印の, 伊作さんが, 北原先生からの, 私眠っ, 野球選手の, 鎌倉の

▼ いまぼろし~ (15, 0.1%)

2 の森

1 [13件] こそは彼等, でこそ, と自然, につ, の, のあなた, のぬれ, の世界, の家, はいつか, はだんだん, を見, を見ない

▼ いま二人~ (15, 0.1%)

1 [15件] あの門, が坐っ, が見た, くらいははいられよう, で住ん, で営まれ, で大久保, とも出かけ, の小僧さん, の少年, の御, の恋物語, は二年以前, は熱心, を首

▼ いま~ (15, 0.1%)

1 [15件] 人数は, 勅問に, 威勢さかりの, 威勢高き, 年も, 当家の, 思案と, 案内し, 案内します, 案内申し上げます, 渡英中の, 神火茶屋から, 継嗣について, 辺に, 采地の

▼ いま曹操~ (15, 0.1%)

1 [15件] からその, が呉, と戦っ, に仕え, のまわり, の下風, の威, の実力, の弟曹仁, の悩み, の軍勢百万雄将千員, の陣容, はこの, は黎陽, を討つ

▼ いまお話~ (14, 0.1%)

2 したよう

1 [12件] いたして, が出た, ございましたよう, したこと, した古墳, した滿洲, するの, のありました, のその, の今後, の出た, をきい

▼ いまやっと~ (14, 0.1%)

1 [14件] あなたに, わかった, わかりました, わかるとき, 一かたまり, 人間の, 倫敦テムズ下流の, 御帰宅, 思い出しました, 戰爭は, 眠入った, 知らされた, 終わった, 食事を

▼ いまわれわれ~ (14, 0.1%)

2 の前, の日本 1 がどういう, が少しく, が目指し, が立っ, のもっ, の手, の置かれた, はその, はそんな, は周囲

▼ いま~ (14, 0.1%)

1 [14件] から承りました, が乗った, が出盛りで, が直面, では無い, にし, に調べさせた, のあやまち, の出盛りらしく, の語りたる, は如何, をつかわし, を殺し, を遠ざけ

▼ いま東京~ (14, 0.1%)

2 から離れ

1 [12件] から以東, では男山, で修行, で巡, にい, にいない, に住まい, に軍人, の帝大, の或, へ立たはりました, を立ち去ろう

▼ いま直ぐ~ (14, 0.1%)

1 [14件] この下, じゃきまり, じゃ拙い, でなくっても, にご, にその, にはお話, にも土, にも彼自身, にも描ける, 廻ります, 此処に, 言うても, 貴殿の

▼ いま~ (14, 0.1%)

3 いちども

1 [11件] あの御, だまされて, のも, 下手に, 兎や, 切り取つた白い, 書いて, 疲れたか, 蝦を, 通りお前の, 随分色々

▼ いまこんな~ (13, 0.1%)

2 こと考え出し

1 [11件] ことで, りっぱな, 事を, 小説を, 手紙を, 汽車になんぞ, 物を, 胸の, 苦しいみっともないぶ, 親しい口, 際に

▼ いま~ (13, 0.1%)

3 ういふ 2 か羊羹鹿の子餅 1 うした, う思つて, とは次男, な, なくても, はや, ァ, 何と図々しい

▼ いまする~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, かオヽ, ことを, こと如何, そんなよう, と, とおのが, とお菓子, ときまって, のにそれ, はただ, ゆえ面妖に, 女房も

▼ いまそんな~ (13, 0.1%)

3 ことを 1 ことは, ちぐはぐな, ひまは, ふうに, 事を, 匂ひ, 呑気な, 時では, 風に, 餘裕の

▼ いま我々~ (13, 0.1%)

2 にとって重要, は夢み 1 が厄介, が無から, のいう, の世界, の周囲, の眼前, はこの, はその, はマリー・ロジェエ

▼ いま生き~ (13, 0.1%)

4 ていたら 2 ている, ていれ, てゐる 1 てい, ていたなら, て居れ

▼ いまきみ~ (12, 0.1%)

2 が見た 1 が言った, に対しても汗, に抜けられ, に言った, のところ, の隣, はかく, はだれ, は結構, を警視庁

▼ いまこう~ (12, 0.1%)

4 やって 1 して, たんかを, も苦しまなけれ, 三方面に, 真剣と, 考える, 肩肘を, 見えて

▼ いま何時~ (12, 0.1%)

3 だと 21 だろうな, でございましょう, でしょうか, ですか, でせう, と思うとります, や思

▼ いま~ (12, 0.1%)

1 [12件] にあの, にそれ, にっていっ, にへん代え, に三次元, に人手, に呼びさまされた, に彼女, に持ちなおした, に改めなけれ, に熱く, に素子

▼ いま~ (12, 0.1%)

1 [12件] あんな子, が鳴った, この乱れた, じゃ芝居, そんなこと, の御, の方, は一合, は物々交換, を逃せ, 小さい丸麺麭一つ, 甚だしい空論

▼ いま書いた~ (12, 0.1%)

2 のは 1 お松への, その文字, ばかりのよう, ものを, ような, ように, 原稿の, 四五の, 字と, 字を

▼ いま残っ~ (12, 0.1%)

11 ている 1 ていない

▼ いま申し上げた~ (12, 0.1%)

3 ような, ように 1 平家の, 紡車な, 荒野の, 蛮地の, 親分さんが, 通りものに

▼ いま着いた~ (12, 0.1%)

1 [12件] ぞ, っていう, と, ところだ, ところで, と城門, などと客, の, のか, のだ, ばかりで, ばかりの荷揚げ舟

▼ いま私たち~ (12, 0.1%)

1 [12件] がその, がで, が寄凭, が憎み, が来た, に関係, のいる, の問題, はその, はどこ, は聴く, を見

▼ いま行く~ (12, 0.1%)

521 で, ところです, わ, わよすぐ, 道こそ

▼ いま読ん~ (12, 0.1%)

2 でいる 1 であげる, できた, では大して, でみ, でみる, でも読む, でやる, でゐる, で今, で来た

▼ いま~ (12, 0.1%)

3 のなか 2 に影, の中 1 がいつ, にかぶっ, に一番, に手, の君

▼ いまじき~ (11, 0.1%)

1 [11件] ですよ, にここ, にはなす, にわかる, に持っ, に製紙工場, に雨, の間, もう一人, 晴れて, 来ないかと

▼ いまちょうど~ (11, 0.1%)

1 [11件] ひげ, 三字五分前, 二人づれの, 十時です, 十時な, 水いろ, 池の, 牆の, 空いて, 退汐時, 遣唐大使丹

▼ いまちょっと~ (11, 0.1%)

1 [11件] お出かけだ, お歯, ここへ, ご用が, ひまな, ペンを, 出掛けて, 分らないが, 南阿, 胸に, 近所の

▼ いまへん~ (11, 0.1%)

3 なもの 1 か, があの, がナ, だぞとか, という関係, なひつじさん, な声, ね

▼ いまもし~ (11, 0.1%)

2 現代が 1 ここの, 他の, 会って, 何等かの, 君が, 感性的ならぬ, 現代の, 生きて, 荊州の

▼ いま一歩~ (11, 0.1%)

4 というところ 2 にし 1 であつ, という危機一髪, という手前, ゆずりまして, をすすめ

▼ いま伸子~ (11, 0.1%)

1 [11件] が見, の前, の喉, の見, はしみじみ, はふと, はパリ, は心, は悲しく, は父, を見

▼ いま住ん~ (11, 0.1%)

7 でいる 3 でゐる 1 でゐます

▼ いま出た~ (11, 0.1%)

1 [11件] からそれ, ばかりで, ばかりと思われる, ばかりの, ばかりの三州屋早刷り瓦版, ばかりの後, ばかりの満月, 目と, 穴へと, 船を, 計りで

▼ いま天下~ (11, 0.1%)

2 の大乱 1 に一国, に縦横, に行われる, に身, のどこ, の動向, の大事, の者, の英才

▼ いま現に~ (11, 0.1%)

1 [11件] ここに, このロスアンゼルス, やつがれが, 利用し, 存在する, 建築中の, 歯の, 町や, 立つて, 羅府で, 自分の

▼ いま申しました~ (11, 0.1%)

3 ように 2 ような 1 とおり午前十時二十分艦側から, とおり船は, 大島流の, 父の, 種々の, 通り長浜へ

▼ いま~ (10, 0.1%)

1 さ青, しづけ, よ, 事に, 半ならざる, 悠長な, 日の, 物そのものの, 物に, 程なき

▼ いままでと~ (10, 0.1%)

1 あまりかわっ, うって, おなじコンクリート, かわって, ちがうの, ちがった強い, 反対に, 同じよう, 同じヌメヌメ, 変わったとは

▼ いままでとは~ (10, 0.1%)

2 事情が, 全然異 1 ちがったらんぼう, まったく違った, 全く違った, 別人の, 異った, 違った竈

▼ いままでも~ (10, 0.1%)

1 トマトの, 内容が, 小柄で, 左膳は, 時代の, 来て, 栄三郎の, 白い菜, 義理の, 薬師寺を

▼ いままでより~ (10, 0.1%)

1 いっそう暗い, いっそう無慈悲, なおくもり, 一層神経質, 広い世界, 広くあかるくなった, 早目に, 暗くそして, 歩度を, 道幅の

▼ いまわたしたち~ (10, 0.1%)

1 がわきまえ, が中国人民, が封建社会, が菜の花, のぐるり, の前, の耳, ははっきり, はパリ, は文化そのもの

▼ いま先生~ (10, 0.1%)

1 からきみ, が水, が狼藉者, が言った, に伺え, のおっしゃる, の廬, はお, は経世, を怒らし

▼ いま幸福~ (10, 0.1%)

2 なの 1 であった, であります, なこの, な身の上, にはちがい, の予感, の豫感, よ

▼ いま~ (10, 0.1%)

3 らしく灼いたばかりの 1 らしき遊戲, 京を, 八には, 嘉坡の, 政府では, 知識の, 羅山人筆の

▼ いま~ (10, 0.1%)

2 の土地 1 のところ, のバラツク建, の京, の屋敷, の手紙, の機会, の機會, を小林清親

▼ いま~ (10, 0.1%)

4 だから 3 の日 1 だ, のかぜ, ふかみ

▼ いま話し~ (10, 0.1%)

3 ている 1 つつあった, ていた, てはいられません, てもわからんでしょう, てもわかり, てやろう, に来い

▼ いまおまえ~ (9, 0.0%)

1 がお襁褓, がた, に感心, のいった, はどんなに, はまだ, は何, をしばっ, を自由

▼ いまお茶~ (9, 0.0%)

1 いれるわ, かい, でもいれます, をいれる, を入れてる, を入れます, を入替えよう, を持っ, を淹

▼ いまどの~ (9, 0.0%)

1 へんな, へんに, へんの, へんを, 程度に, 辺かしら, 辺まで, 辺を, 邊あるいてる

▼ いまはっきり~ (9, 0.0%)

1 いい当てること, きまりました, させた半面, と知った, わかったわ, 味わうこと, 目の, 見えて, 言って

▼ いまふと~ (9, 0.0%)

1 それを, そんな気, ダンデスムという, 妙な, 思いだしたの, 思いついただけの, 思い出したから, 考えた事, 頭に

▼ いま三人~ (9, 0.0%)

1 が嗅い, で夕餉, によって白日下, のチンピラ, の吃り, の子, の弟妹, の目, ほど満

▼ いま世間~ (9, 0.0%)

2 の評判 1 から大騒ぎ, ではどんな, では疱瘡, にて政府, に知られ, をさわがせ, を見る

▼ いま人間~ (9, 0.0%)

2 の不死 1 が一人, であるわれわれ, の屑, の潮, はひじょうな勢い, は眠らない, をいい気

▼ いま~ (9, 0.0%)

1 から受取った, がここ, が出, として幸せ, のこと, のロウ人形, の頭, は伸子, は親戚

▼ いま~ (9, 0.0%)

1 であたし, にいるでしょう, に入った, はいそがしくっ, はとりこみちゅう, へき, をお, を出よう, を建て

▼ いま~ (9, 0.0%)

1 では自然, に想, のうち, のやはら, の中, をいため, をわが, を掠め, を読まし

▼ いま改めて~ (9, 0.0%)

1 いわれるまでも, それを, それ等の, オリエント, 主膳に, 強調する, 群山四囲の, 見直すと, 見直すとな

▼ いま~ (9, 0.0%)

3 の日 2 の夜 1 である, になる, の光り, はまた

▼ いま死ぬ~ (9, 0.0%)

1 かいま, かっていう危篤状態, かと待ちかまえ, くらいなら, ぞ, とあたし, のだ, んだ, 人そして

▼ いま~ (9, 0.0%)

1 からあげた, から上げた, から上った, につかっ, に華さき, のごと, の中, を吸, を汲みます

▼ いま漸く~ (9, 0.0%)

2 旅の, 眼の 1 問題と, 嘴を, 彼が, 私に, 透明な

▼ いま立っ~ (9, 0.0%)

5 ている 2 て行った 1 ていさ, ても居

▼ いま荊州~ (9, 0.0%)

1 にある, にいる, の守り, へは禰衡, へ引, を去る, を取っ, を取らん, を獲た

▼ いま通っ~ (9, 0.0%)

4 て来た 3 てきた 1 て行く, て行った

▼ いま電話~ (9, 0.0%)

2 がかかっ 1 がかかった, が鳴っ, しようと, で知らせました, で警察, のかかった, へ出る

▼ いまいう~ (8, 0.0%)

1 ことは, とおり贋物だ, ところだ, にいえぬ, ような, ランデブウを, 幹線で, 通り父親の

▼ いまかれ~ (8, 0.0%)

1 がのがれだした, の口, の胸, は千万無量, は無我無心, は臍下, らの, らを

▼ いまさっき~ (8, 0.0%)

1 いったよう, とはもう, なにかしきりにコソコソやっ, も喋ったで, わかったの, 現にいま, 行ったん, 駆けつけて

▼ いましばらく~ (8, 0.0%)

1 お待ち願いたい, このまま, だれにも, の間, はお待ち, はきっと, 見合せようと, 辛抱しなさい

▼ いまという~ (8, 0.0%)

2 わけには 1 ことは, ひとときの, ものかも, 世に, 今は, 瞬間は

▼ いまどうして~ (8, 0.0%)

1 いなさるの, いますか, いらっしゃいますか, いらっしゃるか, ゐるかと, ゐるだらうか, 死のうなんて, 泰軒と

▼ いままさに~ (8, 0.0%)

1 おこなわれつつ, 併行し, 別れんと, 十七歳であり, 来たの, 消えんと, 行われようと, 鉄砲の

▼ いままでよりも~ (8, 0.0%)

1 いっそうはやく, ずっと時間, もっとたびたび隣, よけい不幸, 一層他, 一級上の, 確りし, 自由に

▼ いま世界~ (8, 0.0%)

1 では平和, に残っ, に誇り得る, に雄飛, のはて, の事情, は新しい, は黄金色

▼ いま~ (8, 0.0%)

1 あまりくさくさする, とナエーア, に突き飛ばされ, に電話, のする, のところ, は停車場, は返電

▼ いま問題~ (8, 0.0%)

1 だったの, でない, としてゐる, にし, になった, のボゴビ, の列車, はこんな

▼ いま~ (8, 0.0%)

1 から歸つて來, で聞いた, にぶら下っ, に出た, のモーター, の風呂小屋, へ出れ, へ運ばせます

▼ いま~ (8, 0.0%)

2 も子 1 が洩した, としての想い, のベッド, の手紙, はどう, を迎えよう

▼ いま小さい~ (8, 0.0%)

3 の見えなかった 2 太郎の 1 の見えなかつた, 行李から, 部屋一つ借りる

▼ いま思い出した~ (8, 0.0%)

2 よ, んだ 1 が七兵衛, ことで, ぞ戦場, のは

▼ いま~ (8, 0.0%)

1 が落ち, の光いま嵐, の暮れ方, の神, の面, は構外, は沈みかけました, を横ぎる黒雲

▼ いま此処~ (8, 0.0%)

1 からは見えない, で股引, にこうした, に来, は諸, を去る, を立ち去る, を通る

▼ いま~ (8, 0.0%)

2 ぬること 1 にかかってる, についての夢, にのぞむ, ぬるに, の中, の迫つて

▼ いま死ん~ (8, 0.0%)

1 で, でしまっ, でそれ, ではなん, では新作さん, でもいい, でも死ねない, で行く

▼ いま~ (8, 0.0%)

1 が神, に曰, に頼らざる, の布いた, は蜀, をぞう, を伐っ, を逮捕

▼ いま~ (8, 0.0%)

3 へ行ってら 1 からあ, から上っ, にはいつ, のそこ, へ行つてら

▼ いま玄徳~ (8, 0.0%)

1 に向っ, の軍, は一身, は国, は思い出し, は河北, は蜀境, を殺す

▼ いま申しあげた~ (8, 0.0%)

1 その四ツ下がり, とおりに, ような, ように, 事情によって, 名宰相松平伊豆守様, 権三めを, 稲村さんです

▼ いま病気~ (8, 0.0%)

1 だ, だから, だと, でね, で寝, で無かったらなあ, なん, よ

▼ いま私達~ (8, 0.0%)

2 は急 1 がやって来た, のまえ, の幸福, の立っ, は留守, より一足先

▼ いま聞い~ (8, 0.0%)

3 て来た 1 ていれ, てきた, てのとおり, てやる, て來

▼ いま聞く~ (8, 0.0%)

2 のが 1 かみ, ことも, ところに, と旦那, にはおよばない, 紅旗青旗の

▼ いま言う~ (8, 0.0%)

1 ことが, わたしの, 裏街道では, 通りこの, 通りこれから, 通りワザと, 通り唄の, 通り面は

▼ いま話した~ (8, 0.0%)

2 ような 1 とおりだ, とおりの, のは, 手帳が, 東兵衛の, 行方不明に

▼ いま起きた~ (8, 0.0%)

2 ところだ 1 ところと, のか, ばかりで, ばかりのところ, ばかりのねまき, ばかりの店

▼ いまお前さん~ (7, 0.0%)

1 が取出した, が台所, が夕飯, にそんな, に来, のとこ, を捜し

▼ いまお母さん~ (7, 0.0%)

4 の夢 1 がご飯, の喪, はこの

▼ いまなにか~ (7, 0.0%)

2 明りて 1 いったの, おっしゃいました, 仰有ったの, 申した者, 言ったよう

▼ いままでにも~ (7, 0.0%)

1 たびたびあった, たびたびこの, だめといった, なかった, 倫理学者の, 名前が, 増して

▼ いまみんな~ (7, 0.0%)

1 が, で掘っ, で追っかけ, の意見, を尊敬, 来るから, 話し合って

▼ いまもつ~ (7, 0.0%)

1 ぞオ, てなん, て光り, て判らぬ, て実, て消息, て遠い

▼ いまやっ~ (7, 0.0%)

4 ている 1 ていた, ていない, てやる

▼ いまようやく~ (7, 0.0%)

1 お母さんや, その考, 天下の, 家の, 瞳を, 葵は, 軍も

▼ いまよりは~ (7, 0.0%)

1 お館, きっとよくなる, まだ健康, もっと善良, もっと暗かっ, 海の, 深く端西の地

▼ いまわれ~ (7, 0.0%)

2 はこの 1 の瞳, やみ, らして, を訪う, 破れて

▼ いま一生懸命~ (7, 0.0%)

2 なのよ, よ 1 なん, のところ, 考えて

▼ いま一緒~ (7, 0.0%)

1 にゐる, に何, に出られ, に旅, に来た, に行ったら, に降車

▼ いま丁度~ (7, 0.0%)

1 みんな働きに, ボンボンの, 休憩時間である, 北緯十度の, 夜明けと, 私達の, 見事に

▼ いま再び~ (7, 0.0%)

2 彼女の 1 この仕掛け柱, さらけ出すの, 世間は, 東京日本橋箱崎川の, 頁を

▼ いま呼ん~ (7, 0.0%)

2 でみる 1 でいる, でお, でみ, でもし, で来

▼ いま始まった~ (7, 0.0%)

4 ことで 1 ことだ, ことでない, 事で

▼ いま~ (7, 0.0%)

5 ている 1 ていた, についても早寝

▼ いま~ (7, 0.0%)

1 あひ, からもどった, から帰った, に溶け, の中腹, の療養所, は紅葉

▼ いま~ (7, 0.0%)

1 にある, のもの, をしまおう, をはなれる, をひらきかけ, を出よう, を畳みます

▼ いま手許~ (7, 0.0%)

1 が不如意, にある, にお金, にない, に原文, に残っ, に適当

▼ いま更に~ (7, 0.0%)

2 なって 1 また瞳, 妹を, 小童言する, 復讐心に, 無限の

▼ いま書い~ (7, 0.0%)

1 ていた, ている, てやろう, て下げた, て來, て来た, て貼った

▼ いま~ (7, 0.0%)

2 ている 1 てとまつた, てみる, て先, て戸, て見れ

▼ いま歩い~ (7, 0.0%)

3 ている 1 てきた, てゆく, てゐる, て来た

▼ いま~ (7, 0.0%)

5 ている 1 てゐる, て歩い

▼ いま知った~ (7, 0.0%)

1 か, か三十五頭, のじゃ, のである, ような, ように, わけで

▼ いま考へ~ (7, 0.0%)

2 てゐる 1 てみ, てもあんな, ても一家, ても可笑しい, てゐます

▼ いま~ (7, 0.0%)

1 からおりた, が出る, が行かなけれ, は加賀, は暹羅, をおりる, を出す

▼ いま貴方~ (7, 0.0%)

1 がお, が云われた, が掛け, のうわさ, のお父さん, はあの, は云われたでしょう

▼ いま述べた~ (7, 0.0%)

2 かの傾動 1 けれども彼女, その時期, やうな, ような, 女の

▼ いま階下~ (7, 0.0%)

1 で女中, で小父さん, にいる, の連中, の門口, へいっ, へ降り

▼ いま~ (7, 0.0%)

1 から半身, の中, の八重垣, の夕, の震慄, は一せい, を出た

▼ いま非常~ (7, 0.0%)

2 に困難 1 なる複雑, に不愉快, に気持ち, に進退, に重大

▼ いま~ (6, 0.0%)

2 たくしの 1 えらいばった, おすが, 其, 厄介払に

▼ いまかうし~ (6, 0.0%)

1 てお, てゐます, て二人, て兵士, て戀人, て此處

▼ いまかりに~ (6, 0.0%)

1 この時計, それを, 二人が, 十首ばかり, 彼らを, 殺人者の

▼ いまこれら~ (6, 0.0%)

1 の事, の根拠, の根據, の濤, の言葉, を挙げ

▼ いまごろお母さん~ (6, 0.0%)

3 はどうして 2 はどう 1 はいっしょう

▼ いまちよ~ (6, 0.0%)

2 つと強い 1 つとペン, つと値, つと引用, つと胸

▼ いまほど~ (6, 0.0%)

1 おれも, な酒, 危ない亀裂, 尊いとき, 木の葉や, 行き渡らないから

▼ いまぼくら~ (6, 0.0%)

2 の唯一 1 が決心, のいる, の故郷, は一致協力

▼ いまみたい~ (6, 0.0%)

1 な場合, な年齡, な自動車, な蒸れきった樹皮, にほんの, に苦しまず

▼ いまわれら~ (6, 0.0%)

2 にはただ, を離れ 1 の龍, は

▼ いま一息~ (6, 0.0%)

1 だ, だとばかり, である, で公卿補任中, といふところ, の頑張り

▼ いま云った~ (6, 0.0%)

2 ような 1 その神田, ひとだ, 中国筋の, 充実した

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 て伊丹城内, て何, て彼, て時々, て残念, て疑問

▼ いま僕たち~ (6, 0.0%)

1 がじっと, が一, にサムエル・バトラ, の乗った, の乗つた汽車, の前

▼ いま入っ~ (6, 0.0%)

2 て来た 1 てきた, てきなすった, てゆく, て来

▼ いま向う~ (6, 0.0%)

2 の山 1 から来た, でその, の岸, を通った

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 から大槻斎宮, のほう, の予算, をうしなった, を救う, 亡んで

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 あはす, のあった, をかけ, をかけた, を出した, を立てた

▼ いま大きな~ (6, 0.0%)

1 クリークに, テニス, 枝には, 犬に, 社会学の, 祭の

▼ いま学校~ (6, 0.0%)

2 の帰り 1 の教師, へゆく, へ行く, を追われる

▼ いま完全~ (6, 0.0%)

1 にとまっ, に一致, に好奇心, に警察, に近藤, に逆転

▼ いま~ (6, 0.0%)

4 の流れ 2 の中

▼ いま帰る~ (6, 0.0%)

2 のか 1 ところだ, ところらしく, とサト子さん, ものらしい

▼ いま感じ~ (6, 0.0%)

5 ている 1 ているじ

▼ いま戦争~ (6, 0.0%)

2 をはじめよう 1 がはじまっ, と発展, はずっと, をし

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 に追いつめられ, の先鋒, の形, の軍隊, の陣, の高松城

▼ いま最も~ (6, 0.0%)

1 地上に, 心を, 恵まれて, 欠けて, 気がかりな, 要望され

▼ いま最後~ (6, 0.0%)

1 に述べた, の一つ, の一戦, の刑罰, の力, の鉱山

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 にて世持役, に記念碑, のある, の助役, の衆, の鎮守さま

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 がつきました, が乗らない, が気, が狂っ, を失っ, を許し

▼ いま汽車~ (6, 0.0%)

1 がどこ, に乗っ, の窓, は函館, は青森県, を降りた

▼ いま泣いた~ (6, 0.0%)

2 烏が 1 かと思った, からす, 涙が, 烏の

▼ いま玄関~ (6, 0.0%)

2 に横 1 から出, で我, で聞け, を出る

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 が焼け, でいろ, のもどり, へ行っ, まで買い物, をさまよっ

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 から下, から外, のそ, の下, の右手, を開け

▼ いま~ (6, 0.0%)

4 を吹い 1 の音, の鳴っ

▼ いま~ (6, 0.0%)

4 にした 1 のはた, を奪われた

▼ いま自動車~ (6, 0.0%)

1 が崖, が通り越した, でかけつけた, にひかれ, にソッ, をやった

▼ いま行っ~ (6, 0.0%)

3 て来た 1 たって会える, ている, て見

▼ いま見せ~ (6, 0.0%)

4 てやる 1 てくだ, てやった

▼ いま~ (6, 0.0%)

3 つたやう 1 ふた河中の島, ふべき言葉, へない

▼ いま警察~ (6, 0.0%)

1 から出, から医師, から電話, がきてる, に保護, へ行っ

▼ いま貴様~ (6, 0.0%)

1 が云った, にわかった, の家, の水筒, の言, を訪ね

▼ いま~ (6, 0.0%)

1 うごきが, に纏う, のしまる, を以て感じ, を投げよう, を置く

▼ いま部屋~ (6, 0.0%)

1 のどこ, のなか, の中, を借り, を開けわたし, を飛び出そう

▼ いまあけ~ (5, 0.0%)

2 てやる 1 てあげます, てみれ, ても暮れ

▼ いまいちど~ (5, 0.0%)

2 はつい 1 おつかい, お取調, 入るよ

▼ いまいっ~ (5, 0.0%)

1 たって駄目, ている, てきた, て演, ぱんの

▼ いまいっしょ~ (5, 0.0%)

3 にさそっ 1 にいきます, に歩い

▼ いまいつた~ (5, 0.0%)

2 やうに 1 やうな, リズムと, 普通の

▼ いまいづ~ (5, 0.0%)

41 こなどといふ

▼ いまくわしく~ (5, 0.0%)

1 お話しし, お話します, 教える, 申しあげますから, 話すわ

▼ いまさあ~ (5, 0.0%)

31 いわゆるバラバラ事件, そんな事

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 ぶんと, ぶんの, ぶんは, ぶんを, ッき

▼ いますべて~ (5, 0.0%)

1 が分った, の作家的手法, の男女学生, を識, 美し

▼ いまそう~ (5, 0.0%)

1 いおうと, とも狼, やって, 呼びかけられると, 考えたところ

▼ いまそちら~ (5, 0.0%)

1 の別荘, へお, へまいります, へ参ります, へ明智探偵

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 かまが, はむれ, は高い, 憂うる, 笛声を

▼ いまたしかに~ (5, 0.0%)

2 私は 1 どこかで, 火繩の, 精神病院の

▼ いまだれ~ (5, 0.0%)

1 かきませんでしたか, かの手, のとこ, も見, も見ない

▼ いまづい~ (5, 0.0%)

1 の感じ, は先づ別, を決して, を論, を超えた

▼ いまとは~ (5, 0.0%)

1 ちが, ちがうかも, 全く違った, 外国の, 異って

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 そうと, のだ, ほかくれゐたら, んで, んです

▼ いまなん~ (5, 0.0%)

1 だつて, のため, の気, の気がかり, の生き甲斐

▼ いまひと~ (5, 0.0%)

2 たびそへてむ 1 いきいまひといき, いきで, かっせん

▼ いまぼくたち~ (5, 0.0%)

3 の居る 1 のいる, の感じ

▼ いままだ~ (5, 0.0%)

1 不幸な, 焼海苔, 自分は, 見ぬ伊賀, 銀座裏で

▼ いまよく~ (5, 0.0%)

1 眠って, 考えて, 見て, 見ると, 調べて

▼ いまパリ~ (5, 0.0%)

1 で絵, で英国式作法教授, にい, の代数学者たち, の繁華

▼ いま一段~ (5, 0.0%)

1 の努力, の改善, の飛躍的, めだつて, 高い標準

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 で聞い, で話し, にいた, のほう, はひっそり

▼ いま仕事~ (5, 0.0%)

1 だよ, で手, にとりかかっ, の最中, はし

▼ いま何處~ (5, 0.0%)

1 かの雪, と云つて厭, へ到着, もかも緑, を吹い

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 世界を, 官軍の, 心身を, 機能を, 武門の

▼ いま八丁堀~ (5, 0.0%)

1 からたびたび, でお, でかくれ, でご, で評判

▼ いま~ (5, 0.0%)

2 の世 1 に展, に進み出, を横切っ

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 こうして夫人, こうして奇妙, そんな報告, 八に, 息子が

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 が降伏, と蜀, の国力, の糧財奉行, を説い

▼ いま咲く~ (5, 0.0%)

2 は色香 1 ばかり薫, 花も, 草では

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 が留守, とこうして, の云った, の手, の魘される

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 で一ぱい, で休ん, に坐っ, の書院, の間

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 が來, と二人暮し, になる, のこと, の涙

▼ いま子供~ (5, 0.0%)

1 が生れる, っぽい顔つき, と一緒, のいった, の頭

▼ いま孔明~ (5, 0.0%)

1 が上流, が首, の側, の布いた, はそこ

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 信の, 利に, 功を, 圓太は, 親が

▼ いま小さな~ (5, 0.0%)

2 姪は 1 壺を, 白い男, 白い花

▼ いま巴里~ (5, 0.0%)

1 にいない, には町, へ来てる, へ滑り込もう, へ行っ

▼ いま思ひ出し~ (5, 0.0%)

1 てもあの, てもせつなく, てもばかばかしい, てもへん, ても神

▼ いま戻った~ (5, 0.0%)

31 ばかりの男, よ

▼ いま故郷~ (5, 0.0%)

1 に生き残っ, の名残り, の土, へ帰ろう, を離れ

▼ いま暫く~ (5, 0.0%)

1 で三田さん, なりと, 披露する, 時間を, 誰からも

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 なん, のごとく, のごとく驚かれぬる, のやう, めくこと

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 からもいだ, と變, の根っこ, の陰, を切っ

▼ いま来る~ (5, 0.0%)

1 お客さま中国の, かいま, かといらいら, かと思い, ときに

▼ いま流行~ (5, 0.0%)

1 して, の, のニヒリスト, の女, の衣裳

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 の樣子, を取る, を消し, を点け, を熾しかけた

▼ いま甲府~ (5, 0.0%)

1 では飛ぶ, の城下, の家, の民, の牢内

▼ いま申す~ (5, 0.0%)

1 にも及ばん, 父の, 通り古金二千両新, 通り堂上の, 間の

▼ いま盛ん~ (5, 0.0%)

1 にやっ, に刈つて, に実演中, に焼け, に追求

▼ いま突然~ (5, 0.0%)

1 かうした言葉, にあたたかい, の死, 書いて, 結婚という

▼ いま~ (5, 0.0%)

3 を掛けた 1 をおろし, をおろした

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 の眼, の蕾, はひからび, をさかせる, を咲かせ

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 にあっ, にいる, の冷苞, をお, を救急

▼ いま~ (5, 0.0%)

1 のごとく, の音, をすわせ, をみず, を洗

▼ いま見れ~ (5, 0.0%)

1 ばすこしも, ばみな苦しみ, ば新, ば笠, ば閉房

▼ いま調べ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ていられる, ている, てなおします, てもらった

▼ いま諸君~ (5, 0.0%)

1 に僭越, に報告, に感謝, に書き残し, の目

▼ いま警視庁~ (5, 0.0%)

1 が全, に引っ張っ, に留置, の中村さん, の中村警部

▼ いま遠く~ (5, 0.0%)

1 にいられます, 二つら三つら, 消えゆくオルガン, 郷土を, 離れて

▼ いまあちら~ (4, 0.0%)

1 の余興, の野原, は景気, へ乞食

▼ いまあれ~ (4, 0.0%)

1 が死ん, だけの旅, へ来, ほど気

▼ いまいい~ (4, 0.0%)

1 たまえあとでは, 床に, 残して, 酒を

▼ いまいそがしい~ (4, 0.0%)

1 から, でしょう, のでせう, んだ

▼ いまうち~ (4, 0.0%)

1 ではいります, でやっ, にいる, には信州

▼ いまおっしゃった~ (4, 0.0%)

1 ような, 異人の, 若松屋さまから, 透明人間を

▼ いまおばあさん~ (4, 0.0%)

1 がこうして, となりました, の店, の魔法

▼ いまお父さん~ (4, 0.0%)

1 が面会所, のいう, の事務所, は市

▼ いまお話し~ (4, 0.0%)

1 した金かん, しなければ, しようと, しようという

▼ いまからは~ (4, 0.0%)

1 子の, 宮方へ, 御辺, 御麾下

▼ いまこちら~ (4, 0.0%)

1 が動い, が心配, でお茶, へ来

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 さいそくを, 案内します, 辺と, 辺の

▼ いまさかり~ (4, 0.0%)

2 なり 1 なり吾が, なり思ふ

▼ いまさき~ (4, 0.0%)

1 がたこの, まで使っ, まで女, 投げ出して

▼ いまされ~ (4, 0.0%)

1 ざらむよはひにも, ざらむよはひにもあらざるものを, ざらむよはひにもあらざるものをあはれ, ざらむよはひにもあらざるものをあはれ親なし

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 方そこらを, 方わが家の, 方幕の, 方湯呑み所で

▼ いましばし~ (4, 0.0%)

1 ここに, のところお待ち, の別れ, の辛抱

▼ いましらべ~ (4, 0.0%)

1 ている, てみます, てみる, てやる

▼ いますっかり~ (4, 0.0%)

1 わがロケット隊, 失敗に, 後悔し, 憔悴し

▼ いますでに~ (4, 0.0%)

1 会って, 危うきを, 呉軍が, 魏帝に

▼ いませり~ (4, 0.0%)

1 という, ということ, と思ひ, はぐくみて

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 かりし昔, がる, よとも動かない, を履行

▼ いまっし~ (4, 0.0%)

1 ゃろな, ゃろ茶色の, ゅ, ゅお願い

▼ いまとても~ (4, 0.0%)

1 いそがしいの, そうした光春, 天朝さまの, 落ちついて

▼ いまなほ~ (4, 0.0%)

1 その體, わが血, 存す, 生ける者

▼ いまなんて~ (4, 0.0%)

1 いったの, いったんだ, ッた, 云った

▼ いまにな~ (4, 0.0%)

1 つてこれを, つて判つた, つて得がたい, つて息苦しい

▼ いまはた~ (4, 0.0%)

1 のべを, へずと, 呼吸に, 絶えぬ藝術

▼ いまはと~ (4, 0.0%)

1 きくと, 問はれたら, 正成が, 自刃を

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 かけの, だれを, なんだ, ン

▼ いまほとんど~ (4, 0.0%)

1 その相貌, 一切の, 真暗である, 餓死せん

▼ いままでよりは~ (4, 0.0%)

1 いっそう注意, やせたよう, 多少自分, 早くかけだす

▼ いまもっと~ (4, 0.0%)

1 いい肥料, 勉強しなけれ, 正直に, 落ちついて

▼ いまやつ~ (4, 0.0%)

1 とわかる, と終りました, と雨, にそっぽ

▼ いまやりかけ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 てゐる

▼ いまよりも~ (4, 0.0%)

1 なほふさは, もっと大きな, マシな, 辛い生活

▼ いま~ (4, 0.0%)

2 円い影 1 ざいとはたとえば, と蝸牛

▼ いまラジオ~ (4, 0.0%)

1 が臨時ニュース, でいっ, でも聞いただろう, で聞い

▼ いま一方~ (4, 0.0%)

1 から見る, だけの手, には曹操, の甘糟三平

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 に考えた, の女の子, の方, へ担い

▼ いま丞相~ (4, 0.0%)

1 から新た, が使臣, は反対, は朝廷

▼ いま京都~ (4, 0.0%)

1 からこの, に家, に群がる, への途中

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 にはちよ, に恃む何もの, に語りたい, の仕事

▼ いま仮り~ (4, 0.0%)

1 に, に四つ, に正しい, に第

▼ いま会っ~ (4, 0.0%)

1 ておきなすった, てみる, てみれ, て一通り

▼ いま何刻~ (4, 0.0%)

21 だと, だな

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 たところ, た奴, た道, れるかといふ

▼ いま光秀~ (4, 0.0%)

1 がその, のこの, はここ, をお

▼ いま其の~ (4, 0.0%)

1 奥殿に, 影にや, 渦が, 袂に

▼ いま出し~ (4, 0.0%)

1 て見ましょう, て見ます, て見まっ, にかかっ

▼ いま出る~ (4, 0.0%)

1 かいま, かとそいつ, とこ, ところなり

▼ いま北上~ (4, 0.0%)

2 の山, の平原

▼ いま~ (4, 0.0%)

2 をきいた 1 がすべった, の底

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 でやつてら, ふの, ふ方, へ軍陣

▼ いま圓朝~ (4, 0.0%)

1 の目, は心, は生甲斐, も心

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 が明け, の九時, の八時十分前, の更ける

▼ いま奥さん~ (4, 0.0%)

1 からさんざん, から浜島君, に申しあげ, はお客さん

▼ いま始め~ (4, 0.0%)

1 ている, て気がついた, て氣, て謁見

▼ いま~ (4, 0.0%)

2 しなくては, し始めること

▼ いま宿~ (4, 0.0%)

2 を寝かします 1 の近く, へ帰っ

▼ いま少しく~ (4, 0.0%)

1 内容を, 有史以外を, 深く考えたい, 自然を

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 父を, 茂林寺に, 遺族の, 革命的精神によって

▼ いま思へ~ (4, 0.0%)

1 ばそれで, ば予て, ば二人, ば空

▼ いま~ (4, 0.0%)

2 に告げよ 1 に示し, を壓

▼ いま我が~ (4, 0.0%)

1 妻も, 瀧太郎さんは, 膝へ, 身の上に

▼ いま我等~ (4, 0.0%)

2 が屋根 1 が識, はその

▼ いま手もと~ (4, 0.0%)

1 にそんな, にない, に統計, に集め

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 に乗せ得た, に五十銭銀貨, に附着, の中

▼ いま新しく~ (4, 0.0%)

1 二千九百二十円の, 建築中だ, 昇ったばかりの, 灼いたばかりの

▼ いま新た~ (4, 0.0%)

1 に出現, に思い出された, に胸, に草

▼ いま日本人~ (4, 0.0%)

1 が通称, としてのエスプリ, のあなた, をやっつける

▼ いま朝日~ (4, 0.0%)

2 の射し 1 がのぼりかけよう, は玻璃

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 に倚, の前, を買, を買い

▼ いま此處~ (4, 0.0%)

1 でそれ, に來, に這入つた, まで來

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 の結婚生活, の計画, の話, の顔

▼ いま気がつい~ (4, 0.0%)

1 ておる, ても後, てムカムカ, て見る

▼ いま気がついた~ (4, 0.0%)

1 か, からといつ, のか, んです

▼ いま江戸中~ (4, 0.0%)

2 の御用 1 の岡っ引き, の目あかし

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 から上がった, にはいっ, の音, を掘っ

▼ いま燈火~ (4, 0.0%)

1 は弱弱し, を消し, を消した, を点

▼ いま現在~ (4, 0.0%)

1 ある文学作品, のやう, の一松斎, の生活

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 うる文字, があっ, がある, の済んだ

▼ いま甲州~ (4, 0.0%)

1 から歸つた, の山, の方, の鋭鋒

▼ いま発見~ (4, 0.0%)

1 けて, したの, した内容, した吸殻

▼ いま目前~ (4, 0.0%)

1 に千浪様, に悠然と, に浮びあがっ, をむこう

▼ いま直面~ (4, 0.0%)

4 して

▼ いま眠り~ (4, 0.0%)

1 からさめた, から醒めた, と現実, に就こう

▼ いま秀吉~ (4, 0.0%)

1 が手, が新手, と対峙, の苦慮

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 から真っ, へのぼっ, を歩い, を見れ

▼ いま結婚~ (4, 0.0%)

2 を考え 1 の意志, の話

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 で岸, のうえ, をもつ, を持っ

▼ いま老人~ (4, 0.0%)

1 からのお礼, と通っ, と通つて來, の人達

▼ いま聞け~ (4, 0.0%)

1 ばお前, ばこの, ば上杉殿, ば扇屋

▼ いま自分たち~ (4, 0.0%)

1 がやっ, が人間, が支那事變, を襲うた

▼ いま舞台~ (4, 0.0%)

1 から消えた, で舞っ, に出, の上

▼ いま苹果~ (4, 0.0%)

4 のこと

▼ いま落ち~ (4, 0.0%)

3 てきた 1 てゐる

▼ いま~ (4, 0.0%)

2 の灯 1 の店, の角

▼ いま評判~ (4, 0.0%)

1 なの, の, のディズニー, のバカ

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 に出た, のよう, をきい, をし

▼ いま読んだ~ (4, 0.0%)

1 おもしろいお, とおり紙に, ところです, ところは

▼ いま豹一~ (4, 0.0%)

1 がそんな, には見えなかった, はいくらか, は隅々

▼ いま買っ~ (4, 0.0%)

1 ておけ, てきた, て来た, て置かなけれ

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 から降りた, がうねり, に乗せられ, をこちら

▼ いま追憶~ (4, 0.0%)

1 して, の山の上, の空, の筆

▼ いま造っ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ています

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 で名高い, にいない, にいる, に住ん

▼ いま~ (4, 0.0%)

2 は降らない 1 と降る, にぬれ

▼ いま青い~ (4, 0.0%)

2 雪菜に 1 実を, 瓦斯の

▼ いま頻りに~ (4, 0.0%)

1 問題に, 旧主が, 気に, 邸内の

▼ いま風呂~ (4, 0.0%)

1 から上っ, にはいる, の湯, へ行った

▼ いま~ (4, 0.0%)

1 で盛ん, はストレーカ, を休め, を雇っ

▼ いま鳴る~ (4, 0.0%)

3 かねは 1 鐘は

▼ いまあいつ~ (3, 0.0%)

1 をつかん, を古道具屋, を見はっ

▼ いまあそこ~ (3, 0.0%)

1 であばれ, でうかがっ, にいる

▼ いまあたし~ (3, 0.0%)

1 がちょい, の車, は気

▼ いまあっち~ (3, 0.0%)

1 からくる, はいい, へ

▼ いまありあり~ (3, 0.0%)

1 とかれ, と見えた, と隣

▼ いまいかに~ (3, 0.0%)

1 けんのんな, 恃む味方を, 戦国の

▼ いまいず~ (3, 0.0%)

21 こに

▼ いまいた~ (3, 0.0%)

1 お節という, 塀の, 高僧を

▼ いまいつ~ (3, 0.0%)

1 しよに, とせ, ぱいだ

▼ いまいろいろ~ (3, 0.0%)

1 うかがって, の花, の魚

▼ いまからでも~ (3, 0.0%)

1 名誉挽回が, 柔道あるいは, 間に合いますから

▼ いまきた~ (3, 0.0%)

1 ばかしじゃない, ばかりな, 道を

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 えいつのそさま, えりました, ものの

▼ いまごろだれ~ (3, 0.0%)

1 が二階, だろうか, もこの

▼ いまごろどこ~ (3, 0.0%)

1 かの島, にいる, にどうして

▼ いまさア~ (3, 0.0%)

3

▼ いましける~ (3, 0.0%)

2 月の 1 時日下の

▼ いまじゃあ~ (3, 0.0%)

1 そんな言葉, もう半年, 行くの

▼ いますばらしい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 七色の, 航空ページェントが

▼ いまずいぶん~ (3, 0.0%)

2 ばかに 1 世界の

▼ いませし~ (3, 0.0%)

1 折は, 頃にや, 頃より

▼ いまたすけ~ (3, 0.0%)

1 てあげる, てやった, てやる

▼ いまたずね~ (3, 0.0%)

1 てきた, てみました, て来る

▼ いまただ~ (3, 0.0%)

2 精神のみを 1 朝の

▼ いまだら~ (3, 0.0%)

1 がたくさん, が厚く, の星

▼ いまちょい~ (3, 0.0%)

1 とお, と出懸ける, と迎え

▼ いま~ (3, 0.0%)

2 やもうおれ 1 き帰つて

▼ いまでの~ (3, 0.0%)

1 執念であり, 子供を, 間夏冬に

▼ いまとっ~ (3, 0.0%)

3 て来た

▼ いまとっても~ (3, 0.0%)

1 いそがしいので, 美しい雪景色, 面白い小説

▼ いまどういう~ (3, 0.0%)

1 ところに, 場所に, 種類の

▼ いまどちら~ (3, 0.0%)

1 なん, に, にいる

▼ いまはいっ~ (3, 0.0%)

3 てきた

▼ いまはや~ (3, 0.0%)

1 みどりは, 懺悔を, 罪びとの

▼ いまはやり~ (3, 0.0%)

3 の言葉

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 ょッと, ッちぎれる, 升た

▼ いまひといき~ (3, 0.0%)

1 です, というところ, と暗い

▼ いまひと方~ (3, 0.0%)

1 が出這入りなすっ, の御, もいつも

▼ いまふっと~ (3, 0.0%)

1 思い出して, 思った事, 眼が

▼ いまほんとう~ (3, 0.0%)

1 だと, に殺す, に気

▼ いままでが~ (3, 0.0%)

1 台なし, 特別華やかだった, 私の

▼ いままでよほど~ (3, 0.0%)

3 激しく流れ

▼ いままでよりか~ (3, 0.0%)

1 ずっと早足, みんなに, もっといじめられるだろう

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 づ底のみ, ていかにも, ている

▼ いまみる~ (3, 0.0%)

1 と, とこの, と公卿

▼ いまもう~ (3, 0.0%)

1 一つの, 文六ちゃんは, 霜に

▼ いまわかった~ (3, 0.0%)

1 ことも, ようだ, んだ

▼ いまわが~ (3, 0.0%)

1 二隻の, 手によって, 魏軍は

▼ いまわり~ (3, 0.0%)

1 か, はその, 方へ

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 から, からそんな, から帰った

▼ いまマヌエラ~ (3, 0.0%)

1 が喋っ, とも相談, の発作

▼ いまロンドン~ (3, 0.0%)

1 にい, の日本大使館, を震

▼ いま一台~ (3, 0.0%)

1 で飛び立つ, の自動車, の重い

▼ いま一層~ (3, 0.0%)

1 に慕わしい, ネパール政府の, 切なる

▼ いま一本~ (3, 0.0%)

1 お差し紙, の円い, の樹

▼ いま一段と~ (3, 0.0%)

1 お大師水, 大切なる, 高い緯度

▼ いま一般~ (3, 0.0%)

1 に信じられ, に江戸, のストライキ

▼ いま一足~ (3, 0.0%)

1 が舟, でと, 早かったら

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 に容れられざる, の裏, はなお

▼ いま主人~ (3, 0.0%)

1 に呼ばれた, の抜き出し, はおりません

▼ いま二つ~ (3, 0.0%)

1 に見える, のもの, の工場

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 つたこと, ふニコヨン組, やはった

▼ いま人形~ (3, 0.0%)

1 におっぱい, にごちそう, を塗ってる

▼ いま人生~ (3, 0.0%)

1 の中道, はどう, を感受

▼ いま今松~ (3, 0.0%)

1 が困り, はこの, は師匠

▼ いま以上~ (3, 0.0%)

1 にスピード, のこと, の二点

▼ いま仮に~ (3, 0.0%)

1 この男, 呼んで, 東京から

▼ いま伊東~ (3, 0.0%)

1 からの帰り路, の別荘, の帰り

▼ いま伺っ~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, てびっくり

▼ いま何者~ (3, 0.0%)

1 かにしたたか腰, かに投げられ, であるかという

▼ いま使い~ (3, 0.0%)

1 がもっ, とおっしゃいました, をやった

▼ いま信長~ (3, 0.0%)

1 がいいつける, の味方, の立場

▼ いま倒れた~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 馬車が

▼ いま働い~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ いま兄さん~ (3, 0.0%)

1 が冗談, に手伝っ, の言う

▼ いま入った~ (3, 0.0%)

1 ばかりな, ばかりの雲, 戸口に

▼ いま出かけ~ (3, 0.0%)

1 ていった, にもああ, にもあゝ

▼ いま列車~ (3, 0.0%)

1 が通過, は全速力, は横浜駅

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 にあいの子, に信仰, の生涯

▼ いま到着~ (3, 0.0%)

1 した渡し船, しようと, と披露

▼ いま勢い~ (3, 0.0%)

1 ある国務大臣ファブリイス伯, がある, に乗っ

▼ いま北京~ (3, 0.0%)

2 にゐる 1 に住ん

▼ いま北海道~ (3, 0.0%)

1 から届いた, だけでも何万人, に残つて

▼ いま午後~ (3, 0.0%)

1 だが, の三時ごろ, の四時

▼ いま受け~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てしまった

▼ いま叫んだ~ (3, 0.0%)

3 のは

▼ いま合図~ (3, 0.0%)

2 がある 1 をする

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 ざした面々, をおっしゃられ, を思い出せない

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 にちらばる, に降し給う, をかぎまわっ

▼ いま売り出し~ (3, 0.0%)

1 のむっつり, の名, の流行歌手

▼ いま多く~ (3, 0.0%)

1 のわが子, の人々, の民衆

▼ いま大学~ (3, 0.0%)

1 という書, と話す, へはいっ

▼ いま大騒ぎ~ (3, 0.0%)

1 が持ち上った, して, をし

▼ いま太平洋~ (3, 0.0%)

1 の方, はいつ, を涼しい

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 なこと, なところ, な男

▼ いま安土~ (3, 0.0%)

1 に醗酵, の城, の豪壁

▼ いま尊氏~ (3, 0.0%)

1 がいる, のまわり, の子

▼ いま居る~ (3, 0.0%)

1 ところを, 家だった, 背後に

▼ いま岸田さん~ (3, 0.0%)

1 がお, のお, はもう少し

▼ いま帆村探偵~ (3, 0.0%)

1 と一彦, と一彦少年, はその

▼ いま帰ったらしく~ (3, 0.0%)

3 さっきなかっ

▼ いま広島~ (3, 0.0%)

2 の街 1 の海江田市

▼ いま広間~ (3, 0.0%)

1 じゃ大騒ぎ, の中, へ入っ

▼ いま座敷~ (3, 0.0%)

1 うけの, にいる, をかり

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 で立消え, で見た, の草

▼ いま彼ら~ (3, 0.0%)

1 はドイツ, は何処, を地方

▼ いま彼方~ (3, 0.0%)

1 であなた, で原士, の田圃道

▼ いま彼等~ (3, 0.0%)

1 に決して, の目前, はどこ

▼ いま思っ~ (3, 0.0%)

1 ている, ても地獄, ても脊筋

▼ いま想いだし~ (3, 0.0%)

1 てなに, てもうそ, てもその

▼ いま想像~ (3, 0.0%)

2 されて 1 の羽

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 が開いた, をたたいた, を立てた

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 の方, をあけ, を押し

▼ いま折竹~ (3, 0.0%)

1 に抱かれ, の企図, はすべて

▼ いま抱い~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ いま拙者~ (3, 0.0%)

1 がしきりに, がその, が遠矢

▼ いま支那~ (3, 0.0%)

1 に関するちょい, の国内, よ

▼ いま~ (3, 0.0%)

2 うして 1 う書き

▼ いま新潟~ (3, 0.0%)

1 に来, の仕事, の旅館

▼ いま旅行~ (3, 0.0%)

1 から帰つて, じゃない, に就い

▼ いま明け~ (3, 0.0%)

1 て, てみます, て進ぜます

▼ いま明らか~ (3, 0.0%)

2 にこのおそるべき 1 にされよう

▼ いま時分だれ~ (3, 0.0%)

1 がくる, だろう, もたずね

▼ いま更め~ (3, 0.0%)

1 てお, てそう, て言

▼ いま曹軍~ (3, 0.0%)

1 が南下, の陣, を不意

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 の水, の鴉, 早く飛ん

▼ いま来がけ~ (3, 0.0%)

1 にそこで, にふた, に丸太町

▼ いま東京じゅう~ (3, 0.0%)

2 をさわがせ 1 の新聞

▼ いま栄三郎~ (3, 0.0%)

1 と立ち合っ, のはいっ, の心身

▼ いま次郎吉~ (3, 0.0%)

1 の心, は, はしきり

▼ いま正に~ (3, 0.0%)

1 創られつつ, 座を, 摂氏の

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 つたよ, つたらしく, りがけ

▼ いま汲んだ~ (3, 0.0%)

1 ような, 分よりも, 水を

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 がゆれ, のしぶき, をおさへ

▼ いま漢室~ (3, 0.0%)

1 の政命, の衰える, の裔

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 が出, が出まし, つぽい

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 のこしらえかけ, は下, は病ん

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 に入れられ, のなか, へはいっ

▼ いま~ (3, 0.0%)

2 の居る 1 の血

▼ いま現実~ (3, 0.0%)

1 になっ, にマドリッド, に生き

▼ いま甲斐~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, の書い, の見張っ

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 上げたやう, 上げました, 上げましたよう

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 ですの, にでき, にはい

▼ いま疲れ~ (3, 0.0%)

2 てながく 1 てかたち

▼ いま~ (3, 0.0%)

3 にかはり

▼ いま登っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てきた, てみたい

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 が大, で大騒ぎ, におさえさせる

▼ いま相手~ (3, 0.0%)

2 はほんとに 1 が切出す

▼ いま眠っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ています

▼ いま研究室~ (3, 0.0%)

1 から来た, へもどる, を調べた

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 の一ヵ所, の中, の二の丸

▼ いま磯五~ (3, 0.0%)

1 という銀蠅, はこの, は龍造寺主計

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 に残っ, へ帰っ, へ電話

▼ いま神様~ (3, 0.0%)

1 がこらしめ, のお, を信じます

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 一国立オペラ, 三インターナショナルの, 十三号機は

▼ いま米友~ (3, 0.0%)

1 が心配, が背中, が見かけた

▼ いま素子~ (3, 0.0%)

1 がほつれ, の日曜日, の眼

▼ いま細君~ (3, 0.0%)

1 にたいする小言, の話, の降り

▼ いま考へる~ (3, 0.0%)

1 と, とあの, とそれ

▼ いま自分達~ (3, 0.0%)

1 がそう, の乗っ, の身辺

▼ いま自身~ (3, 0.0%)

1 でこれ, にひょっとこ, の女房

▼ いま花束~ (3, 0.0%)

2 を置い 1 はすつぼり

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 でじっと, を一匹, を開ける

▼ いま~ (3, 0.0%)

2 の方 1 にひっくりかえし

▼ いま親方~ (3, 0.0%)

1 がいなくなれ, が居ない, に言われた

▼ いま言っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 たって仕方

▼ いま読みかえし~ (3, 0.0%)

1 てどんな, てみる, 私自身にさえ

▼ いま読者~ (3, 0.0%)

1 と別れる, の参考, を拉したい

▼ いま貴女~ (3, 0.0%)

1 にどの, の出家, は赤毛

▼ いま足下~ (3, 0.0%)

1 に凍てつけり, を封じ, を得た

▼ いま迄の~ (3, 0.0%)

1 どんな正月, 所お母さんが, 蛮地の

▼ いま逃げだし~ (3, 0.0%)

2 たりしたら 1 てはなんにも

▼ いま途中~ (3, 0.0%)

1 で休んだ, で行き倒れ, で逢つて來

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 で馬, を文化, を歩い

▼ いま都下~ (3, 0.0%)

1 に名高い, に絶対, 第一

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 のやう, の市価, を飲ん

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 となる, のもち, もって

▼ いま隣室~ (3, 0.0%)

1 で小説, に来, の

▼ いま~ (3, 0.0%)

2 と戦っ 1 が降つ

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 っぺた, つぺた, をあかく

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 につけ, を洗った, を見れ

▼ いま~ (3, 0.0%)

1 ながれ, に吹かれ, を切っ

▼ いま飛ん~ (3, 0.0%)

1 でいる, できた, でもない

▼ いま飛行機~ (3, 0.0%)

1 から投げ下ろす, といった, に積もう

▼ いま食べた~ (3, 0.0%)

1 と同じ, ばかりな, ばっかりだ

▼ いま食卓~ (3, 0.0%)

1 の卓布, の据え, を共に

▼ いま黙っ~ (3, 0.0%)

1 て考え, て聞い, て軽蔑

▼ いまあがっ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ いまあった~ (2, 0.0%)

1 事実を, 白いクレエ

▼ いまあと~ (2, 0.0%)

1 からこうして, から乱暴者

▼ いまあはあ~ (2, 0.0%)

2 はと土耳古玉の

▼ いまあらためて~ (2, 0.0%)

1 それを, 日本に

▼ いまあらゆる~ (2, 0.0%)

1 努力と, 東洋的な

▼ いまあらわれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てきた

▼ いまいかなる~ (2, 0.0%)

1 目標に, 貴紳の

▼ いまいが~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 単なる観念

▼ いまいく~ (2, 0.0%)

2

▼ いまいない~ (2, 0.0%)

1 の, のよ

▼ いまいま~ (2, 0.0%)

1 しったら, と指

▼ いまおいしい~ (2, 0.0%)

1 ごちそうが, 御飯が

▼ いまおいで~ (2, 0.0%)

1 でないが, になる

▼ いまおじさん~ (2, 0.0%)

1 がいった, のふと

▼ いまおまえさん~ (2, 0.0%)

1 がいった, の役に立つ

▼ いまおる~ (2, 0.0%)

1 すだ, 宿である

▼ いまお上~ (2, 0.0%)

1 の心配, をお

▼ いまお婆さん~ (2, 0.0%)

2 の退場後

▼ いまお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 がどこ, が名

▼ いまお宅~ (2, 0.0%)

2 にあがらう

▼ いまお知らせ~ (2, 0.0%)

1 申そうか, 致します

▼ いまお金~ (2, 0.0%)

1 がある, がなくっ

▼ いまかく~ (2, 0.0%)

1 の如き, 稱へ

▼ いまかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, て行った

▼ いまかの~ (2, 0.0%)

1 小剣, 者が

▼ いまからだ~ (2, 0.0%)

1 があいた, につけ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 てみる, は応神天皇

▼ いまきみたち~ (2, 0.0%)

1 におもしろい, の部屋

▼ いまくる~ (2, 0.0%)

1 かいま, かとまい

▼ いまぐんぐん~ (2, 0.0%)

1 と雲, 機の

▼ いまけむる~ (2, 0.0%)

2 小雨の

▼ いまこういう~ (2, 0.0%)

1 落日を, 話を

▼ いまここ鼠~ (2, 0.0%)

2

▼ いまこそと~ (2, 0.0%)

1 彼は, 胸お

▼ いまこっち~ (2, 0.0%)

1 で桶, へ疎開

▼ いまこれから~ (2, 0.0%)

1 やりはじめて, 東の

▼ いまごくこっそり~ (2, 0.0%)

2 と戻る

▼ いまごろここ~ (2, 0.0%)

2 へやってきた

▼ いまごろなん~ (2, 0.0%)

1 だろうな, の用事

▼ いまごろなんの用~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ いまごろ子供~ (2, 0.0%)

1 がいなくなった, は墓

▼ いまさかん~ (2, 0.0%)

1 にその, に黄葉

▼ いまさけんだ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ いまさなか~ (2, 0.0%)

2 とぞ思ふ

▼ いましい~ (2, 0.0%)

1 が理屈, て弟

▼ いましかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, てきた

▼ いましづか~ (2, 0.0%)

2 な冬

▼ いましょう~ (2, 0.0%)

1 か, かと云った

▼ いましろくさやけき~ (2, 0.0%)

2 蓮の

▼ いますい~ (2, 0.0%)

1 はた, ほりに

▼ いますめえ~ (2, 0.0%)

1 か名前, よ

▼ いませず~ (2, 0.0%)

1 それに高松宮様, ひとり殘つてゐ

▼ いまそち~ (2, 0.0%)

1 から敵状, にいわれ

▼ いまそっち~ (2, 0.0%)

1 へお茶, へゆく

▼ いまそれら~ (2, 0.0%)

1 の作家たち, の言葉

▼ いまたくさん~ (2, 0.0%)

1 の刑事, の女

▼ いまたった~ (2, 0.0%)

1 五十円の, 半時間

▼ いまたべ~ (2, 0.0%)

1 てやる, ものを

▼ いまだけは~ (2, 0.0%)

1 ともかくも, どうにかこの

▼ いまだしぬけ~ (2, 0.0%)

1 にだいじょうぶ, に逢っ

▼ いまだったら~ (2, 0.0%)

1 どうしても運送, 観客席から

▼ いまだんだん~ (2, 0.0%)

2 そっちを

▼ いまちやう~ (2, 0.0%)

1 ど水, ど花盛り

▼ いまちら~ (2, 0.0%)

1 とひとめ, と白い

▼ いまつい~ (2, 0.0%)

1 そこの, 近い自動車

▼ いまつと~ (2, 0.0%)

1 たべろな, 大く

▼ いまつれ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, てっ

▼ いまとて~ (2, 0.0%)

1 伊那丸と, 強情を

▼ いまとな~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ いまとも~ (2, 0.0%)

1 がらは, な道

▼ いまどうしても~ (2, 0.0%)

1 思い出す事, 書かずに

▼ いまどこぞ~ (2, 0.0%)

2 の山の端

▼ いまどっち~ (2, 0.0%)

1 も鬼ごっこ, 向いても

▼ いまどれ~ (2, 0.0%)

1 くらいか知ってる, ほどといったなら

▼ いまどんなに~ (2, 0.0%)

1 しあわせだか, 忙しく体

▼ いまなし~ (2, 0.0%)

1 つつある, ている

▼ いまなじり~ (2, 0.0%)

1 にあつめた, には少しく

▼ いまなにごと~ (2, 0.0%)

1 もいう, を訴え

▼ いまなんとか~ (2, 0.0%)

1 言ったっけな, 言われましたな

▼ いまなん時~ (2, 0.0%)

1 だらう, です

▼ いまにおいては~ (2, 0.0%)

1 せっかく蓄えた, 審でない

▼ いまにては~ (2, 0.0%)

1 大島中の, 真に神仏

▼ いまにと~ (2, 0.0%)

1 考へながら, 言つても

▼ いまのべた~ (2, 0.0%)

1 ことに, やうに

▼ いまはいった~ (2, 0.0%)

1 ばかりです, 透明怪人が

▼ いまはとて~ (2, 0.0%)

1 異の, 見えざなるを心ある

▼ いまはね~ (2, 0.0%)

1 お染, 天火の

▼ いまひとたび~ (2, 0.0%)

1 あはれいまひとたび, は未練

▼ いまひとびと~ (2, 0.0%)

2 は帽子

▼ いまひどい~ (2, 0.0%)

2 屈辱を

▼ いまひる~ (2, 0.0%)

2 ねをし

▼ いまふくめられたる~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ いまふたたび~ (2, 0.0%)

1 一命を, 故郷に

▼ いまほんもの~ (2, 0.0%)

1 のよう, のクロ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 へりますよ, ぼろしの

▼ いままたこうして~ (2, 0.0%)

1 犯人の, 背負われるという

▼ いままったく~ (2, 0.0%)

1 すること, 反対な

▼ いままでずつと~ (2, 0.0%)

1 お側に, 書くこと

▼ いままでだって~ (2, 0.0%)

1 お仕事, 私たち夫婦は

▼ いままでど~ (2, 0.0%)

1 いってた, どこに

▼ いままでのとは~ (2, 0.0%)

1 まるで形, まるで形もち

▼ いままでのは~ (2, 0.0%)

1 もう小さく, 書斎も

▼ いままでほど~ (2, 0.0%)

1 思い出さなくなりました, 自由な

▼ いままるで~ (2, 0.0%)

1 垂直な, 迷って

▼ いまみた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 夢に

▼ いまみなさま~ (2, 0.0%)

1 がお, のお

▼ いまやっぱり~ (2, 0.0%)

1 伸子に, 手水鉢の

▼ いまゆく~ (2, 0.0%)

1 から, ぞ

▼ いまわる~ (2, 0.0%)

1 か指, ような

▼ いまゐる~ (2, 0.0%)

1 といふ事がち, 場所を

▼ いまを以て~ (2, 0.0%)

1 世を, 御軍

▼ いまアメリカ~ (2, 0.0%)

1 と日本, の戦力

▼ いまイギリス~ (2, 0.0%)

1 の通俗小説, へ帰る

▼ いまイギリス人~ (2, 0.0%)

1 が, はわずか

▼ いまオレ~ (2, 0.0%)

1 にかけた, に説教

▼ いまタルジュ事件~ (2, 0.0%)

1 について話し, について論じ

▼ いまチラッ~ (2, 0.0%)

2 とのぞいた

▼ いまパン~ (2, 0.0%)

1 がふける, はたっぷり

▼ いまヘリコプター~ (2, 0.0%)

1 からおりた, から縄梯子づたいにおりてきたのであろう

▼ いまベニイ~ (2, 0.0%)

1 のいる, の私生活

▼ いまペペ山~ (2, 0.0%)

1 にいられる, を地底

▼ いまホレーショー~ (2, 0.0%)

1 に捜させ, を捜し

▼ いまボーイ~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, が置い

▼ いまモザンビイク~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, をむんむん

▼ いまルゾン号~ (2, 0.0%)

1 の下, をしずか

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 すッ, す新しい

▼ いま一つ別~ (2, 0.0%)

1 の目的, の研究

▼ いま一ぴき~ (2, 0.0%)

1 の虫, も翔け

▼ いま一ツ~ (2, 0.0%)

2 の手段

▼ いま一匹~ (2, 0.0%)

1 しか生き, だけのこっ

▼ いま一声~ (2, 0.0%)

1 をおも, 早いとこ

▼ いま一寸~ (2, 0.0%)

1 の間, 首を

▼ いま一度くり~ (2, 0.0%)

1 返した, 返すまで

▼ いま一度っきり此処~ (2, 0.0%)

2 へ帰っ

▼ いま一心不乱~ (2, 0.0%)

1 に筆写, の顔つき

▼ いま一時~ (2, 0.0%)

1 この場, の術

▼ いま一曲~ (2, 0.0%)

1 その方, を弾き終った

▼ いま一杯~ (2, 0.0%)

1 ふさがっとる, やるところ

▼ いま一機~ (2, 0.0%)

2 がふわり

▼ いま一生懸命勉強~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いま一番自分~ (2, 0.0%)

1 でも美しい, の苦しい

▼ いま一般的~ (2, 0.0%)

2 に見られた

▼ いま一見~ (2, 0.0%)

1 すると, 見む

▼ いま一遍~ (2, 0.0%)

2 は愈

▼ いま三代~ (2, 0.0%)

1 の君, の孫権

▼ いま三年~ (2, 0.0%)

1 の方, ばかり生きられれ

▼ いま上っ~ (2, 0.0%)

1 てい, て来た

▼ いま上京~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ いま下り~ (2, 0.0%)

1 てゆく, 勾配にか

▼ いま下谷谷中~ (2, 0.0%)

2 の天王寺墓地

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 図言葉に, 真面目な

▼ いま不思議~ (2, 0.0%)

1 な処, な境

▼ いま不意~ (2, 0.0%)

1 に彼, に心弱く

▼ いま不空羂索観音~ (2, 0.0%)

1 の前, を仰ぎみる

▼ いま与吉~ (2, 0.0%)

1 がうしろ, が投げこん

▼ いま世渡り~ (2, 0.0%)

1 ということ, といふこと

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のでん, へ飛び込もう

▼ いま中国~ (2, 0.0%)

1 においてお, の一隅

▼ いま丸く~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ いま主膳~ (2, 0.0%)

1 が坐っ, を驚かした

▼ いま九時~ (2, 0.0%)

1 と云う, をすこし

▼ いま事務所~ (2, 0.0%)

1 でおれ, で疵口

▼ いま二人きり~ (2, 0.0%)

1 でまあ, の領分

▼ いま五人~ (2, 0.0%)

1 だけです, のもの

▼ いま五六寸~ (2, 0.0%)

2 で床

▼ いま亜弗利加旅行~ (2, 0.0%)

1 からおかえり, へ出発

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に住まっ, の南禅寺

▼ いま人々~ (2, 0.0%)

1 の感じ, はルター翁

▼ いま人気者~ (2, 0.0%)

1 の三遊亭圓朝, の助

▼ いま仔細~ (2, 0.0%)

1 は聞いた, を将門

▼ いま仙台~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ いま代ります~ (2, 0.0%)

1 がその, さかい

▼ いま仰っし~ (2, 0.0%)

1 ゃった二女の, ゃった語も

▼ いま仲間~ (2, 0.0%)

1 のひとり, を殺す

▼ いま会った~ (2, 0.0%)

1 ばかりの少女たち, 山崎譲の

▼ いま伸子たち~ (2, 0.0%)

1 が来かかっ, が爪立っ

▼ いま伺え~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば出陣

▼ いま住む~ (2, 0.0%)

1 山科の, 所に

▼ いま体躯~ (2, 0.0%)

2 堂々たる巡査

▼ いま何と~ (2, 0.0%)

1 ここで, 申したか

▼ いま何となく~ (2, 0.0%)

1 その金, 感覚の

▼ いま何もかも~ (2, 0.0%)

1 正直に, 申し上げて

▼ いま何時何分~ (2, 0.0%)

1 かなァ, を指し

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 かの幽霊橋, の耳

▼ いま作品~ (2, 0.0%)

1 の名, を書こう

▼ いま作業~ (2, 0.0%)

2 から解放

▼ いま使~ (2, 0.0%)

1 に出した, をやつ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 かにそ, におも

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ いま僕達~ (2, 0.0%)

1 の体, の立っ

▼ いま先方~ (2, 0.0%)

1 から電話, を引っくくられ

▼ いま先方門野~ (2, 0.0%)

2 を呼ん

▼ いま入口~ (2, 0.0%)

1 を締め, を開ける

▼ いま全く~ (2, 0.0%)

1 一人きりで, 別な

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 が辻, を起し給わ

▼ いま其處~ (2, 0.0%)

1 から追, でドイツ語

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 い密雲, 湿な

▼ いま凉道蓮台~ (2, 0.0%)

2 の門さき

▼ いま切り出す~ (2, 0.0%)

2 だけの勇気

▼ いま初夏~ (2, 0.0%)

1 きたり, きたる

▼ いま別れ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ いま別れた~ (2, 0.0%)

1 ばかりの歌子, ばかりの芥川

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 なく何事, を入れ

▼ いま動力的~ (2, 0.0%)

1 かつ全体的, 且つ全

▼ いま勝家~ (2, 0.0%)

1 すでに滅び, と秀吉

▼ いま勝頼~ (2, 0.0%)

1 の代, の教えた

▼ いま勤め~ (2, 0.0%)

1 ていられる, ている

▼ いま北方~ (2, 0.0%)

1 の大, の海原

▼ いま十人~ (2, 0.0%)

1 ほどのお, ほどの顔

▼ いま十六~ (2, 0.0%)

1 ですがね, になった

▼ いま午前十時~ (2, 0.0%)

1 すこし過ぎた, ちかい天地

▼ いま午後三時~ (2, 0.0%)

1 すこし前, です

▼ いま半兵衛~ (2, 0.0%)

1 から直視, のす

▼ いま半分~ (2, 0.0%)

1 寝呆け, 引くべ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の空, へ越え

▼ いま南方~ (2, 0.0%)

1 すでに定まり, に行っ

▼ いま博士~ (2, 0.0%)

1 の令嬢, の出

▼ いま博士邸~ (2, 0.0%)

1 に来, の檻

▼ いま取っ~ (2, 0.0%)

1 てき, てやる

▼ いま受け取った~ (2, 0.0%)

1 数々の, 速達郵便を

▼ いま受精~ (2, 0.0%)

1 を終った, を終つた

▼ いま古い~ (2, 0.0%)

1 ことにおいても, 葡萄酒でも

▼ いま古賀~ (2, 0.0%)

1 があるい, がゐる

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のよう, の目

▼ いま向こう~ (2, 0.0%)

1 のやみ, の洞穴

▼ いま吠え~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ いま吠えた~ (2, 0.0%)

1 ムクの, 犬の

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 がかき, 助爺さん

▼ いま味方~ (2, 0.0%)

1 の一軍, の士気

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 つきぬ, にそむけ

▼ いま咲き~ (2, 0.0%)

1 そむるマグノリア, にけり

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 になっ, に上った

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のした, の中

▼ いま土蔵~ (2, 0.0%)

1 からお, の前

▼ いま在る~ (2, 0.0%)

1 勢は, 自分の

▼ いま地球~ (2, 0.0%)

1 の一角ヒロシマ, の人類

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に飾った, の向う側

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 なこと, な男

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 から秋, の空気

▼ いま夕日~ (2, 0.0%)

1 は赤く, を受け

▼ いま外国~ (2, 0.0%)

1 の汽船, へ逃げ

▼ いま大久保~ (2, 0.0%)

1 が大和錦, の射的場

▼ いま大坂~ (2, 0.0%)

1 にあるらしい, はお

▼ いま大日本帝国~ (2, 0.0%)

1 と大, の自存自衛

▼ いま大空~ (2, 0.0%)

1 にあらはれ, の気息

▼ いま大風~ (2, 0.0%)

2 の如く君

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 から降っ, を渡ろう

▼ いま天が下~ (2, 0.0%)

2 知る五月

▼ いま天国~ (2, 0.0%)

1 にいる, に遊ん

▼ いま夫人~ (2, 0.0%)

1 の運ん, は髪

▼ いま奇妙~ (2, 0.0%)

1 な結晶体, な花輪

▼ いま奈良~ (2, 0.0%)

1 に逗留, の法華寺

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の企て, は至極

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 が何処, といっ

▼ いま始まろう~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ いま姿~ (2, 0.0%)

1 をくらまし, を消し

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶべき, の実家

▼ いま存する~ (2, 0.0%)

2 ところの

▼ いま孟達~ (2, 0.0%)

1 が本然, の内応

▼ いま宗教家芸術家~ (2, 0.0%)

2 とは真

▼ いま実行~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ いま実際~ (2, 0.0%)

1 この音, 充実してる

▼ いま実験~ (2, 0.0%)

1 して, の途中

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 の電燈

▼ いま室内~ (2, 0.0%)

2 にひとり

▼ いま家族~ (2, 0.0%)

2 を挙げ

▼ いま宿下り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ いま寂しい~ (2, 0.0%)

1 のでご, 半島の

▼ いま密林~ (2, 0.0%)

1 に抱かれ, へ逃げ込ん

▼ いま富士山~ (2, 0.0%)

1 の頭, は大

▼ いま富士男~ (2, 0.0%)

1 がしるした, は一身

▼ いま寝よう~ (2, 0.0%)

1 とする, と思っ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 から電話, に虎の子

▼ いま将軍~ (2, 0.0%)

1 の恩養, を仰ぐ

▼ いま小説~ (2, 0.0%)

1 に取上げ, を書きたい

▼ いま尺八~ (2, 0.0%)

1 の音, を吹いた

▼ いま居た~ (2, 0.0%)

1 四畳半の, 藻の

▼ いま屋敷~ (2, 0.0%)

1 の式台, は御用

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 にくだける, の水

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ いま左膳~ (2, 0.0%)

1 の手, を自分

▼ いま左舷~ (2, 0.0%)

1 に過ぎよう, の後方

▼ いま帆村~ (2, 0.0%)

1 の感覚, の頸

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 にさし, もおわさぬ

▼ いま帰りました~ (2, 0.0%)

1 おそくなりました, とあ

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 に見えたる

▼ いま幾時~ (2, 0.0%)

1 だらう, なン

▼ いま床の間~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, へ飾っ

▼ いま廊下階段~ (2, 0.0%)

1 にガス燈, に瓦斯燈用

▼ いま廓内~ (2, 0.0%)

1 よりの帰り, よりの歸

▼ いま建設中~ (2, 0.0%)

1 のこの, の噴気孔

▼ いま引いた~ (2, 0.0%)

1 文章にも, 赤い線

▼ いま引用~ (2, 0.0%)

1 した, した短い

▼ いま弾雨~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ いま当時~ (2, 0.0%)

1 の新聞記事, の日記

▼ いま当面~ (2, 0.0%)

1 とし, の難局

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のドアー, を見

▼ いま後ろ~ (2, 0.0%)

1 へ流れた, を見せる

▼ いま徐晃~ (2, 0.0%)

1 の副将, は勝ち

▼ いま御身~ (2, 0.0%)

1 に会い, を放つ

▼ いま御門~ (2, 0.0%)

1 のまえ, の外

▼ いま御飯~ (2, 0.0%)

1 も出来ます, をそう

▼ いま微妙~ (2, 0.0%)

1 なほんのり, にうごき

▼ いま必死~ (2, 0.0%)

1 とやつ, の場合

▼ いま必然的~ (2, 0.0%)

2 に有る

▼ いま忙しい~ (2, 0.0%)

1 からあと, 事も

▼ いま忠顕~ (2, 0.0%)

1 が来, にはそんな

▼ いま思ひ~ (2, 0.0%)

1 がけなく, やつて

▼ いま思ふ~ (2, 0.0%)

1 ともう, と汗

▼ いま思惟~ (2, 0.0%)

2 するすべて

▼ いま急激~ (2, 0.0%)

1 にからだ, に変革

▼ いま怪しい~ (2, 0.0%)

2 奴が

▼ いま怪塔王~ (2, 0.0%)

1 が見, はその

▼ いま恋愛~ (2, 0.0%)

1 は自由, をし

▼ いま恍惚~ (2, 0.0%)

1 とし, と夢見る

▼ いま悠々~ (2, 0.0%)

1 と糸, と高

▼ いま懐中~ (2, 0.0%)

1 から手帳, にない

▼ いま成功~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 つて, をはじめる

▼ いま戻っ~ (2, 0.0%)

1 て参りました, て来た

▼ いま扁理~ (2, 0.0%)

1 の悪口, の惡口

▼ いま手下~ (2, 0.0%)

1 から受けとった, の者

▼ いま手前~ (2, 0.0%)

1 が来, をお呼び

▼ いま手塚~ (2, 0.0%)

1 が得意, と喧嘩

▼ いま打った~ (2, 0.0%)

1 水らしい, 駒で

▼ いま投げ~ (2, 0.0%)

2 てやった

▼ いま投げ込まれた~ (2, 0.0%)

1 お御籤, 盲法師は

▼ いま持参~ (2, 0.0%)

1 して, 致させるいや

▼ いま掃除~ (2, 0.0%)

1 した地面, をし

▼ いま撥ね~ (2, 0.0%)

2 かへるつ

▼ いま放送局~ (2, 0.0%)

1 からアナウンス, の地下室

▼ いま政府~ (2, 0.0%)

1 に学校, に常備

▼ いま教授~ (2, 0.0%)

1 がのせた, だか

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 を書い, 之丞

▼ いま文化部門~ (2, 0.0%)

1 と普通云, 殊に文学芸術

▼ いま文句~ (2, 0.0%)

2 が出る

▼ いま新しい~ (2, 0.0%)

1 のを, 山吹は

▼ いま新聞~ (2, 0.0%)

1 に書いてる, を教

▼ いま新野~ (2, 0.0%)

1 に劉予州, に玄徳

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 から帰った, の仕度

▼ いま旦那~ (2, 0.0%)

1 がなすった, の話

▼ いま明り~ (2, 0.0%)

1 をつけます, を失いかけ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の俤, を超越

▼ いま時計~ (2, 0.0%)

1 など持つ, を見る

▼ いま暗黒~ (2, 0.0%)

1 の中, の空間

▼ いま暫し~ (2, 0.0%)

1 いま暫し, といい

▼ いま書き~ (2, 0.0%)

1 つつある, ながらもおじいさん

▼ いま書く~ (2, 0.0%)

1 という気持, に当っ

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 しろの

▼ いま月下~ (2, 0.0%)

2 の宴

▼ いま月夜野橋~ (2, 0.0%)

1 の架っ, の架つて

▼ いま有る~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ いま望ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でやまない

▼ いま朝飯~ (2, 0.0%)

1 をやっ, を済ました

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 起ちゃん, 起と二人

▼ いま本当に~ (2, 0.0%)

1 よいこと, ハンブルな

▼ いま本船~ (2, 0.0%)

1 の左舷後方, はどこ

▼ いま本艇~ (2, 0.0%)

1 から出来る, は大

▼ いま東京中~ (2, 0.0%)

1 に猖獗, を自動車

▼ いま東京帝国大学~ (2, 0.0%)

2 の法学部

▼ いま柳橋~ (2, 0.0%)

1 ですが, で斬合い

▼ いま案内~ (2, 0.0%)

1 させるゆえ, をし

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に見事, の身辺

▼ いま棲息~ (2, 0.0%)

1 して, するは

▼ いま極めて~ (2, 0.0%)

1 深いところ, 無気味な

▼ いま楽しく~ (2, 0.0%)

1 こうしてマカラム街付近, 送られて

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の上, の渡り

▼ いま機嫌~ (2, 0.0%)

1 よく酔つて, よく醉つて

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のよう, の幕

▼ いま正成~ (2, 0.0%)

1 から, の姿

▼ いま正確~ (2, 0.0%)

1 な資料, には思い出せない

▼ いま此方~ (2, 0.0%)

1 があれ, へ二

▼ いま死なう~ (2, 0.0%)

1 といふ人, とする

▼ いま死のう~ (2, 0.0%)

1 とし, とする

▼ いま死んだ~ (2, 0.0%)

1 と思った, のか

▼ いま殺し~ (2, 0.0%)

1 ておかなけれ, てくれる

▼ いま殺そう~ (2, 0.0%)

1 というきわ, とし

▼ いま殿~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ いま気分~ (2, 0.0%)

1 が流れ出す, はいかが

▼ いま求め~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 があげ, のあげ

▼ いま決定~ (2, 0.0%)

1 されると, するの

▼ いま汽船~ (2, 0.0%)

1 が煙, はここ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 から帰った, を見

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の工事, へほうり込まれ

▼ いま注射~ (2, 0.0%)

1 をうちます, を頼ん

▼ いま洗っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ いま津村信夫~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ いま流行らね~ (2, 0.0%)

2 ど茶屋

▼ いま浪人~ (2, 0.0%)

1 か, になつて

▼ いま浴槽~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ いま海底~ (2, 0.0%)

1 に着く, を伝っ

▼ いま海賊~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ いま渡っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ いま渡る~ (2, 0.0%)

2 橋は

▼ いま温室~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ いま湯殿~ (2, 0.0%)

1 から身浄め, へ案内

▼ いま満開~ (2, 0.0%)

1 だといふ, である

▼ いま演劇~ (2, 0.0%)

1 の世界, の歴史

▼ いま濃い~ (2, 0.0%)

1 雲の, 霧の

▼ いま火星人~ (2, 0.0%)

1 と言った, は洪水

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のついた, をつけます

▼ いま灯り~ (2, 0.0%)

2 をつける

▼ いま無く~ (2, 0.0%)

2 てならない

▼ いま無意識~ (2, 0.0%)

1 にもとめ, のうち

▼ いま無造作~ (2, 0.0%)

2 に捨てる

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 もみえず, をあげた

▼ いま照り匂~ (2, 0.0%)

2 ふ秋山

▼ いま熱い~ (2, 0.0%)

1 お汁, お茶を

▼ いま熱海~ (2, 0.0%)

1 にいる, におられる

▼ いま燃え~ (2, 0.0%)

1 さか, ている

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の影, を點

▼ いま爆発~ (2, 0.0%)

1 したらこの, すれば

▼ いま牢屋~ (2, 0.0%)

1 から出, の中

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 を尋ね, 狂わしく屋根

▼ いま特に~ (2, 0.0%)

1 推奨したい, 空間的生活という

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 が吠えた, に嗅がせる

▼ いま狂人~ (2, 0.0%)

1 のひと群, の幸福

▼ いま狭い~ (2, 0.0%)

1 割れ目と, 崖道を

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 の肉

▼ いま玉子~ (2, 0.0%)

1 の語っ, を言っ

▼ いま王さま~ (2, 0.0%)

1 からどんな, から一切

▼ いま珈琲~ (2, 0.0%)

1 でもいれます, のみに行こ言う

▼ いま現われた~ (2, 0.0%)

1 二古老が, 西洋婦人が

▼ いま現金~ (2, 0.0%)

1 がない, が一万円

▼ いま生きる~ (2, 0.0%)

2 か死ぬ

▼ いま生憎~ (2, 0.0%)

1 こちらへ, 郷里へ

▼ いま田舎~ (2, 0.0%)

1 へかえす, へかへす

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の誰, はいない

▼ いま留守~ (2, 0.0%)

1 でございます, なン

▼ いま発表~ (2, 0.0%)

1 するの, の時期

▼ いま白き~ (2, 0.0%)

1 じよ, 世界の

▼ いま皆さん~ (2, 0.0%)

1 お揃いで弁当, は電話

▼ いま皇叔~ (2, 0.0%)

1 の領せられる, をもっ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 なり, なる人

▼ いま目の下~ (2, 0.0%)

1 にいる, の岩

▼ いま目的~ (2, 0.0%)

1 が達せられる, もなく

▼ いま目黒~ (2, 0.0%)

1 のチョッピリ女史, の不動様

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 むかふひととき

▼ いま相談~ (2, 0.0%)

1 したこと, して

▼ いま省察~ (2, 0.0%)

2 の順序

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 つ盛り

▼ いま真名古~ (2, 0.0%)

1 が歩いた, が真相

▼ いま着座~ (2, 0.0%)

1 したばかりの, だとか

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に浮かんだ, をあけ

▼ いま神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 から貰った, が硯

▼ いま祭日~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ いま空中~ (2, 0.0%)

1 をとん, を弾丸

▼ いま空魔艦~ (2, 0.0%)

1 のなか, はだんだん

▼ いま立った~ (2, 0.0%)

1 ばかりの七里, 彼な

▼ いま立てた~ (2, 0.0%)

1 のが, 丈の

▼ いま立去った~ (2, 0.0%)

1 旅人の, 旅人を

▼ いま立派~ (2, 0.0%)

1 に実行, に實行

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ いま竹藪~ (2, 0.0%)

1 から走り出した, にはいっ

▼ いま笑った~ (2, 0.0%)

1 か, のは

▼ いま笑つたの~ (2, 0.0%)

1 が掻, を見た

▼ いま筑前~ (2, 0.0%)

1 その任, の手許

▼ いま素裸~ (2, 0.0%)

1 でいられます, でいられる

▼ いま給仕~ (2, 0.0%)

1 が問題用紙, の少年

▼ いま絶体絶命~ (2, 0.0%)

1 の位置, の試錬

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の振動, を下し

▼ いま総監~ (2, 0.0%)

1 と話し, の公舎

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に陥ろう, を称え

▼ いま美しい~ (2, 0.0%)

1 心に, 虹に

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のかしこい, 兵士は

▼ いま考えれ~ (2, 0.0%)

1 ばこれ, ば作者

▼ いま考え直し~ (2, 0.0%)

1 ている, てみる

▼ いま聴い~ (2, 0.0%)

1 てゾッと, て不思議

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 をこの, を買っ

▼ いま胆吹王国~ (2, 0.0%)

1 にいる, の主

▼ いま背中~ (2, 0.0%)

1 のまがった, へ背負っ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 につけ, に手

▼ いま能登~ (2, 0.0%)

1 の口, の輪島

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に抱い, をあげ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 がぺこぺこ, の具合

▼ いま自棄~ (2, 0.0%)

2 に嚠喨

▼ いま自殺~ (2, 0.0%)

1 させて, という事

▼ いま自転車~ (2, 0.0%)

1 は買う, を走らせました

▼ いま船橋~ (2, 0.0%)

1 で話題, に立っ

▼ いま船長~ (2, 0.0%)

1 とふたり, と打ちあわせしよった

▼ いま若き~ (2, 0.0%)

1 ロシアは, 主君伊賀の

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 に傷つきはて, に顧

▼ いま荷馬車~ (2, 0.0%)

1 の上, を乗りつけた

▼ いま落ちた~ (2, 0.0%)

2 玉の

▼ いま落つる~ (2, 0.0%)

1 とこ, 日ひびき

▼ いま蒲団~ (2, 0.0%)

1 がはり, を被っ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の包紙, をとり

▼ いま蜀中~ (2, 0.0%)

1 から帰った, から銭糧

▼ いま蜀軍~ (2, 0.0%)

1 のさし, を破っ

▼ いま蜀黍畑~ (2, 0.0%)

2 にはいつた

▼ いま蜂矢探偵~ (2, 0.0%)

1 があの, は思いだした

▼ いま行きます~ (2, 0.0%)

1 から, からね

▼ いま行った~ (2, 0.0%)

1 クーペを, 南条五十嵐の

▼ いま行ってる~ (2, 0.0%)

1 とこで, ところで

▼ いま裏口~ (2, 0.0%)

1 から入っ, に訪れた

▼ いま西~ (2, 0.0%)

2 の陣一方

▼ いま見え~ (2, 0.0%)

1 ている, てきた

▼ いま見えた~ (2, 0.0%)

1 のは, 形である

▼ いま見えない~ (2, 0.0%)

1 けれどもむ, のである

▼ いま見つけ~ (2, 0.0%)

1 て大騒ぎ, 物を

▼ いま見つけた~ (2, 0.0%)

1 からつれ, んです

▼ いま見つめ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ いま言うた~ (2, 0.0%)

1 九重の, 通り

▼ いま言えない~ (2, 0.0%)

1 わあなた, 今日は

▼ いま記憶~ (2, 0.0%)

1 して, はない

▼ いま証明~ (2, 0.0%)

1 せられたごとく, せられたよう

▼ いま試験~ (2, 0.0%)

1 して, のため

▼ いま詳しく~ (2, 0.0%)

1 は述べえない, 話して

▼ いま認めた~ (2, 0.0%)

1 それが, ばかりのこと

▼ いま読む~ (2, 0.0%)

1 とまた, と故

▼ いま證明~ (2, 0.0%)

1 せられたやう, せられた如く

▼ いま讀ん~ (2, 0.0%)

2 でゐる

▼ いま貴下~ (2, 0.0%)

1 が考え, の前

▼ いま貴公~ (2, 0.0%)

1 のいった, の手

▼ いま足音~ (2, 0.0%)

1 がし, のない

▼ いま踊った~ (2, 0.0%)

1 姿を, 通りに

▼ いま踏台~ (2, 0.0%)

1 となった, になった

▼ いま躑躅~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ いま迄に~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 一度や

▼ いま近づい~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来た

▼ いま返事~ (2, 0.0%)

1 をほめた, を書きはじめる

▼ いま逃げ~ (2, 0.0%)

1 ていったつ, てきた

▼ いま逃げられ~ (2, 0.0%)

2 てはたまりません

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 にこちら, に戻っ

▼ いま途方~ (2, 0.0%)

1 に暮れ, もない

▼ いま通った~ (2, 0.0%)

1 ぞと知らし, 侍は

▼ いま通りかかる~ (2, 0.0%)

1 巡礼に, 机竜之

▼ いま過ぎた~ (2, 0.0%)

1 ことを, 驟雨が

▼ いま道誉~ (2, 0.0%)

1 からふい, が彼

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 かたの, 駆けの

▼ いま遠い~ (2, 0.0%)

1 ところに, 昔の

▼ いま遠き~ (2, 0.0%)

1 信號燈と, 湿地に

▼ いま遠方~ (2, 0.0%)

1 で鳴る, の波かげ

▼ いま都会~ (2, 0.0%)

1 ではバネ, に住み

▼ いま重大~ (2, 0.0%)

1 な布告, な罪

▼ いま鉄塔~ (2, 0.0%)

1 にからみつい, をつたっ

▼ いま鉄砲~ (2, 0.0%)

1 の音, を出し

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のつばさ, の壺

▼ いま銀座~ (2, 0.0%)

1 でダンス, へくり出そう

▼ いま銀色~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のよう, の前

▼ いま長い~ (2, 0.0%)

1 あいだうつ向い, 黄昏が

▼ いま長崎~ (2, 0.0%)

1 で敵討, のひと

▼ いま長浜~ (2, 0.0%)

1 に来, へ両替

▼ いま開け~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, てやる

▼ いま開通~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いま関羽~ (2, 0.0%)

1 を無事, を見殺し

▼ いま陣中~ (2, 0.0%)

1 ではもっぱら, にある

▼ いま陸上~ (2, 0.0%)

1 では人間, にいる

▼ いま障子~ (2, 0.0%)

1 の破れ穴, の穴

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 が渡った, を追っ

▼ いま電燈~ (2, 0.0%)

1 のスイッチ, の蒼い

▼ いま面白い~ (2, 0.0%)

1 ことが, ところへ

▼ いま革まり来~ (2, 0.0%)

2

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 のした, を聞き

▼ いま頃何~ (2, 0.0%)

2 をうろ

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の跡, をたたい

▼ いま飛び出し~ (2, 0.0%)

1 てはあぶない, て来た

▼ いま飛行場~ (2, 0.0%)

1 となつ, の上空

▼ いま飛行島~ (2, 0.0%)

1 の建設, は工事

▼ いま食った~ (2, 0.0%)

1 のは, 餅を

▼ いま食べ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てみたら

▼ いま飢え~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ いま馬車~ (2, 0.0%)

1 で乗りつけた, で出かける

▼ いま高座~ (2, 0.0%)

1 に出, を退っ

▼ いま高時~ (2, 0.0%)

1 がさも, の名

▼ いま高須隆哉~ (2, 0.0%)

2 は八重田数枝

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 の曹操, の申し入れ

▼ いま魏王~ (2, 0.0%)

1 の御名, 薨ぜられ太子

▼ いま魔法博士~ (2, 0.0%)

1 に呼ばれ, の寝室

▼ いま~ (2, 0.0%)

2 が一匹いくら

▼ いま~ (2, 0.0%)

1 がひとつ, は二羽

▼ いま鳴いた~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ いま鳴く~ (2, 0.0%)

1 のは, 鳥の

▼ いま黒き~ (2, 0.0%)

1 天鵝絨の, 旗し

▼1* [3817件]

いまああして, いまあいたばかりの座席, いまあいつらの弱点, いまあいにく出かけて, いまあおげば七星, いまあかあかと刈り干し, いまあくびをした, いまあけた木戸口の, いまあげた手柄名のりの, いまあげるよあげる, いまあさういふもの, いまあすこにいる, いまあたいおじさまの頬, いまあたらしい男としての, いまあたらしく朱金や, いまあってもう, いまあてに花, いまあなたがたに注射, いまあなたさまの忠義者, いまあなた方のため, いまあぶれている, いまあべこべになっ, いまあまり豐かに, いまあまりに緊張きつ, いまあやしい四人の, いまあらびっくで何, いまあらかたの弥次馬, いまあらずされど罪, いまあんたを見, いまあんないしますよ, いまあんな大きな声で, いま色の, いまいおうとし, いまいかあ, いまいかにもぴつたりと彼女には, いまいが日に尠, いまいが自然と道徳, いまいきもたえだ, いまいきなり飛びこんでは, いまいくつですか, いまいくら考えて, いまいささかも後悔, いまいして四五時間, いまいしサッカリンもない, いまいし想い出せも, いまいし正木から通わせる, いまいそがしくめぐる蟻, いまいそぐ荷作りが, いまいたずらにここ, いまいちど武蔵が自分, いまいちど診察を受け, いまいっさいを失った, いまいっそう微妙な, いまいったい何時な, いまいったらいるかもしれない, いまいなくなったってだれ, いまいぬすぎなその, いまいはしめよ, いまいまいまと指, いまいますか, いまいまわたしはおきかかる, いまいもの, いまいやさう, いまいよいよしげく, いまいらっしゃいましょうか, いまいらっしゃるところそこん, いまいろんな事を, いまうかがうのが, いまうさぎを撃っ, いまうしろの山, いまうす紫の, いまうす汚ない商品鞄, いまうす赤黒くほそく痩せた赤ん坊, いまうたばよらし, いまうたっている, いまうちあわせたとおりに, いまうちの人風邪気味で臥, いまうち君の身まかり, いまうってきた, いまうっとりと耳, いまうつっている, いまうとうと眠って, いまうら青い榾, いまうららかな波, いまうれひは瀧, いまうわさしたその, いまうんとにぎやかにしてあげますからね, いまおいとま, いまおいいやすあの時, いまおいらの旅, いまおかえりになりました, いまおかしなものが, いまおかゆをたい, いまおかれている, いまおきにかはって, いまおきたばかりのところ, いまおくさんの, いまおくり物を, いまおこさなければならない, いまおじいさんの持っ, いまおじさまは嚏, いまおじょうさんがここ, いまおそろしい嵐の, いまおだやかにこと, いまおちいろうとし, いまおちぶれたような, いまおっ母を, いまおっしゃいました加瀬谷先生への, いまおとうさんが失業, いまおとなの人, いまおなかの赤ちゃん, いまおなじ人が, いまおにぎりを食べ, いまおのれの芋虫, いまおばさんとかわります, いまおびやかされた大名の, いまおぼろげな記憶, いまおまえ方の子, いまおみこしがかえって, いまおもひだした, いまおもえば僕, いまおもしろいものを, いまおりていく, いまおれのはふり出され, いまおわったばかりで, いまお住いになっ, いまお出かけのところ, いまお前さん方が無法, いまお前たちのゴム靴, いまお勤めを休ん, いまお呼びしようかと, いまお客を送りだした, いまお客さまにとくい, いまお家の大事, いまお寺から汲ん, いまお座敷へ出る, いまお松の言った, いまお母さまや弟, いまお湯をもっ, いまお産の紐, いまお稽古して, いまお話中のよう, いまお部屋へ推参, いまお雪ちゃんから与えられた, いまお願いして, いまかうまで言, いまかう呼ぶより外, いまかえった人という, いまかえったらすぐうち, いまかえって雲を, いまかえようが, いまかかる哲學の, いまかきたいことと, いまかく口を輕くせ, いまかけ上って来た, いまかつむべからしも, いまかというように, いまかとしもべは拳をに, いまかなたの森蔭, いまかなったのだ, いまかなり興奮し, いまかぶっている, いまかべをてらして, いまからだって継げるわ, いまかんがへ, いまかんがえている, いまかんがえるとその, いまかんがえれば尤も, いまがに知んねえから, いまがんりきが忍び込ん, いまきいておきたい, いまきいた声は, いまきいてると上高地, いまききなすつたな, いまきっとお苦しい, いまきなるをむれ, いまきらめきだすその真鍮, いまぎれにおだて上げて, いまくらの扉, いまくらくなり電車, いまくるめき入ろうと, いまくんできた, いまぐらつきはじめている, いまけむは口惜しき, いまけんもほろろに断わられ, いまげんにその山, いまのちひ, いまこうした父島で, いまこえむとす, いまこころからいのる, いまこそは何人でも, いまこちら側で鉄屑, いまこっそりと形成, いまこつちへ襲撃, いまことさらに註文, いまことごとく役に立って, いまことばもない, いまこの世のあらゆる, いまこの大きな流動し, いまこほろぎ啼ける, いまこまかなストーリイ, いまこまっている, いまこみ合った室内の, いまこれおみやげよ, いまこれこれだと, いまこれ一本しか残っ, いまこれ以上を氏, いまこれ以外に世, いまころころと水, いまこわくなったので, いまこんなに走って, いまごはんをたべ, いまごまかそうとし, いまごめんなさいといいました, いまごろあなたはどこ, いまごろおじいさんはどこ, いまごろおまえさんはなに, いまごろお姫さまはどう, いまごろお父さんはお家, いまごろどちらへ行かれる, いまごろなにをし, いまごろはやりもしない, いまごろみんなはどう, いまごろゆりの花, いまごろタローがひとり, いまごろ上洛して, いまごろ二十キロの速, いまごろ今時分ここまでおいで, いまごろ何を食べ, いまごろ何人が, いまごろ塹壕の中, いまごろ夜汽車の中, いまごろ妙な顔, いまごろ妙高山麓に旅, いまごろ小林さんや明智先生, いまごろ山にのぼる, いまごろ年ちゃんはお, いまごろ弓なんか持った, いまごろ弟やお母さん, いまごろ復員なさったの, いまごろ晩御飯を持っ, いまごろ涙になつて, いまごろ灯がやっと, いまごろ物おき小屋なんかで, いまごろ矢筈の森, いまごろ神さまなどというおじいさん, いまごろ秋雨のしとしと, いまごろ警察へと, いまごろ進化論を真理, いまごろ重罪裁判廷でこしらえられ, いまごろ金持ちになっ, いまごろ電話をかけ, いまごろ鳥がなく, いまごろ麦の青々, いまご覧になった, いまさいて来た, いまさき庭のうち, いまさき煙草の銀紙, いまささやかな幸福, いまささやかれた給仕が, いまさし当っての, いまさしあたって愛児, いまさしもの豪雨, いまさし当り何という利用法, いまさずいろと提灯, いまさずなりて我, いまさっきアタゴ山のサイレン, いまさっき日ぐれがた, いまさっき枕崎の立神館, いまさっき裏の糊売ばば, いまさつきの曠原風, いまさつき戸口で逢つた芸者, いまさながら羅刹だ, いまさぬ後でも, いまさば遠く遊ばず, いまさば余輩その法廷, いまさば有不勝, いまさむも, いまさらにいかなる駒, いまさわぎたてたらおくさんの, いまさんの座, いまさア何うか, いまさ先刻から見, いまさ盲目の女, いましかし芝居の, いましきりに日本の, いましければ, いましずもうとし, いましたでヨシ子, いましだいに銀, いましっかり私を, いましねえから, いましぼるからこの, いましもなかむ, いましものうげに, いましょったれた恰好を, いましようよ, いましらふでまとも, いましらべさせています, いまじきに俺を, いまじつに想像する, いまじゃァ以前より, いますいます猛獣が, いますくなくも四十万の, いますぐいちどにすべて問題を, いますぐすぐもうあなたの, いますこしそっとして, いますごく私の, いますてきなごちそう, いますばやく仙之, いますべなくわれら, いますむから茶の間, いまするでござりましょう, いまするどい羽を, いまするどく鋭刃を, いますれば薄気味悪く, いますれちがったばかりの二人づれ, いますんだばかりの古風, いまずいと大あくび, いまずつとほてい商会に, いまずんずんスピードを, いませがれが下部, いませけんを, いませっかく天から, いませっぱ詰まって魔法使い, いませつなさで, いませまい私の, いまそいつに占領, いまそういうことに, いまそういったのは, いまそうした年頃の, いまそちたち夫婦に武門, いまそっくり出せ, いまそっと眼鏡を, いまそのあらゆる外郭陣営を, いまそのちひさき我が, いまそれだけの現金, いまそれほどに感じ, いまそれ等がいかに, いまそんなに簡単に, いまぞとここを, いまたいそうぜいたくを, いまたいへんなところ, いまたいへんよく待遇され, いまたしかな事, いまたしかにそうおっしゃいましたわね, いまたしかめてみます, いまたすけるからね, いまたずね出したところが自殺説, いまたそがれ時の燭, いまたたきを見せる, いまただちに勇んで, いまたちどころに答えるであろう, いまたづねて, いまたてかけしまな板の, いまたてた易占の, いまたとえこの男, いまたねあかしをします, いまたぶんこの凶行, いまたれの眼, いまたんぼのあぜ, いまだから私は, いまだけでいい, いまだけが危機だ, いまだけじゃない昔, いまだしげに浮んだ, いまだってもこの手紙, いまだのこれり, いまだまされている, いまだ捕へようとも, いまちいっとやせえ, いまちっともないの, いまちぬの浦, いまちぬられた鉄杖を, いまちやうど池のまん中, いまちやうど米の供出割当, いまちょうと細け, いまちょっとごたごたがありまし, いまちょっとした過失の, いまちょッと見当りません, いまちよいと中腰, いまちらりと微笑むやう, いまっすぐなへりのついた皮帽は, いまついに完全な, いまつかまえてはなさずいる, いまつかまろうとし, いまつくづくと空, いまつくろっている, いまつけている, いまつけねらわれている, いまつけるから, いまつたいおりたほそいひも, いまつなぎますよ, いまつめてきた, いまつめたいアイアンビックにか, いまつらんと, いまつらんともうす, いまつり不生不死, いまつるみたり, いまつる会に参列, いまづい遣り方の, いまづさを噛みしめ, いまては人の, いまできたての, いまできたばかりのよう, いまできぬと申されたで, いまできるだけ正直で, いまでこそはこんな色気, いまでさえこうだ, いまでした遊蕩児であった, いまでた予の, いまでますいま, いまでもとは何だ, いまでんとうをつけます, いまとおく左門洞の, いまとおって来た, いまとくに言いたいの, いまところまだ, いまとちがつて, いまとったうぐいすに, いまとつぜん森川夫人の, いまとても恐らくはそのお, いまとでは和一郎と, いまとのさまが, いまとびおりなければつぎ, いまとまっている, いまともした行燈を, いまとりに来た, いまとりいの前, いまとろとろしたところ, いまとを比べて, いまとんでもないこと, いまどうかして, いまどうしてもそれだけ欲しいン, いまどうしようもない, いまどうやら叶いそう, いまどらかな線にからだじゅう, いまどれ丈けの絶望, いまなき声のした, いまなくなっている, いまなすっていらっしゃる, いまなつかしい爬虫の, いまなにかたいへんなこと, いまなにもかもと呟いた, いまなほこれがため, いまなほみつかひ, いまなほアルノの渡り, いまなほデイダーミアを歎くに, いまなほ世に殘, いまなほ人のま, いまなほ地に伏す, いまなほ地心のかなた, いまなほ實に不安, いまなほ屋台の色, いまなほ山と岩, いまなほ崇をうくる, いまなほ彼に殘, いまなほ心に喜び, いまなほ我を控, いまなほ我等の上, いまなほ真珠で飯, いまなほ神を讚め神, いまなほ私の匣底, いまなほ骨を積, いまならやれるぞ, いまなら喜んで飛び込もう, いまなれや, いまなんだかおそろしい速度, いまなんとも云えません, いまなん刻だ, いまにあたり前に, いまにおいてどういう意味, いまにぎり飯を食い, いまにはかにくらく, いまにらみしさまは, いまにわかに圓朝には, いまにわかにはっきり断言は, いまにをさなき, いますっとが, いまぬけのわにめ, いまねえあの女の子, いまねがうことは, いまねたばかりです, いまねむりから活動, いまのがれることは, いまのこっている, いまのこらずお前は, いまのちからがにぶり, いまので話の, いまのななえには, いまのにそんなこと, いまのびて, いまのぼってきた, いまのみかど後醍醐, いまのよびこは, いまのり子が歎, いまはいちめんに氷, いまはうなゐ, いまはおとしも三十, いまはかの女, いまはかなはずと, いまはからずこれへ, いまはからずも蔡, いまはかれはまったく, いまはじける程に, いまはじまった問題の, いまはじめてかく謂えり, いまはじめるから, いまはずッと矢, いまはたはたと遠く, いまはつきり自覚した, いまはつつみぬ, いまはどいつもこいつ, いまはなみだ垂れ, いまはなやかな田園, いまはにのこしたる, いまはめるものを, いまはやいのち凍らん, いまはりの空氣, いまはるとなる, いまはるか彼方の縁, いまはわづかに, いまばけのかわを, いまひいてもらいたい, いまひいた青線とが, いまひざまずいて一碗, いまひっくりかえって焼け, いまひとつのフィクション, いまひととおり調べましたが, いまひとり先ほど下手人め, いまひと足おくれたらおれたち, いまひどく退屈し, いまひまではない, いまひよつと考, いまひらく花の, いまひらこうとし, いまびっくりするもの, いまぴかりと光ったよ, いまぴたり手を, いまふいにこの, いまふかがわ, いまふかくそれを, いまふくれ上りはち切れんばかりになつ, いまふこしふごさ, いまふさがっているで, いまふしぎなもの, いまふたりの武士, いまふところから取り出した, いまふと頗る唐突に, いまふみこんだくらの, いまふゆ枯れはてて, いまふらふら起きて, いまふりか, いまふわりと浮い, いまふんだくったときに, いまぶちまけたくなつた, いまへにぼくは, いまべつの意味, いまべつになにも, いまくち箱, いまほう使の悪, いまほかの若い, いまほっている, いまほのかにくらし, いまぼんやり渡つて來た, いまぽっかりと咲かせ, いままくづほれ泣け, いままけば秋, いままさしくグランド, いまますます悪いと, いままっすぐにやって来, いままつたく消えうせてしまいました, いままつ川の夢八, いままでさびしくってしようなかったというように一郎たちの, いままでさえざえと夜明けの, いままでには見当らなかった, いままでので満足できない, いままでのとほりに, いままではもやの, いままでよりずつと遠くまで, いままでよりもずつとはつきり, いままぬかれた死こそは, いままのあたり見るに, いままるっきり清酒が, いまみがきをかけた, いまみごとに達せられた, いまみすみすおばさんを, いまみずから牢砦を出, いまみつかったら百年目いきなりバッサリ, いまみな立派に変っ, いまみな金のあ, いまみれば月, いまむくむくと臭き, いまむこうの方, いまむちゅうになって働いて, いまむなぐるまということばを擬古文に用いる, いまむなしく引っ返して, いまめきめきうり出して, いまもうしあげたような, いまもうすこしで息, いまもう一度平和が, いまもからだが, いまもさねあらば, いまもしものこと, いまもっとも避けようと, いまもとの関係, いまもとどおりになっ, いまものがパパ, いまもんの肩, いまやうやく瞳, いまやくそくしたじゃない, いまやじぶんの運命, いまやせたり, いまやったところを, いまやってくるからそいつ, いまやみ夜の海, いまやめちゃ一生, いまやめたのは, いまやめるとお, いまやられたのが, いまやりかかっている, いまやろうという方針, いまやんまが飛ん, いまゆうはんをたべおわった, いまゆかいそうに, いまゆき子と一緒, いまゆくりなく事情から, いまゆりかが気がつきました, いまゆるやかに北, いまよいものを, いまようすを見, いまよじのぼった塀の, いまよすわけには, いまよそのをばさん, いまよほど立派そうに, いまよりかずっと若かっ, いまよりずつと真剣で, いまよりはずつと値の, いまよろこびをもってこの, いまよろしいでしよう, いまるみをおびた, いまれいの, いまろうそくに火, いまわかれたスミ子ちゃんの, いまわがはいは大志, いまわが国において一, いまわし自身の楽しみ, いまわたくしどもの来た, いまわたしどもがこう, いまわったりし, いまわった挙句上へ, いまわらせていた, いまわり初めるかと疑われる, いまわり配電盤には百個, いまわる水陸両棲類の姿, いまわる者もあり, いまわる者どもにひどい, いまわる金網の中, いまわれ意中の人, いまわれ戦いに敗れ, いまわれ盲目となりぬ, いまゐないよ, いまゐればことし, いまアドロ彗星に追いかけられ, いまアナタにお詫び, いまアパートの前, いまアマンドさんが撃っ, いまアムバアの光, いまアメリカ地学協会の探検, いまアルハンゲリスクから帰航, いまアングレセイと呼ばれ, いまイバンスを殺し, いまイングランドはそれ, いまインドから拍子, いまウィスキーでもだします, いまエドガー・ウォーレスという探偵小説, いまエフ氏は真暗, いまエプソム町近郊の競馬場, いまエリスに会えます, いまオデオン座の, いまオトギバナシの, いまカーネーションが素晴らしい, いまガレージにとじこもっ, いまキャリコのした, いまキューネの胸, いまキリスト教の社会, いまギョロリとにらんだ, いまクレエム・フレェシュを片づけ, いまクーペに逢ったろう, いまグリーンランドで新, いまケデロンの小川, いまケートおばさんがとらえられた, いまゲエをやる, いまゲラゲラと狂い, いまコック部屋にいる, いまコロンバンで珈琲, いまゴボゴボとしずん, いまゴルドンが自分, いまゴーギャンを買える, いまサザンプトンとデエバアス, いまサモア酒の中毒, いまサルビヤが群, いまサンムトリに届いた, いまサヴォイに来, いまシェパードなんかの軍用犬, いまシグナルの暗い, いまジェネヴァに来, いまジプシー達の手, いまジャッキーと五郎, いまジャン・ジロオドウに夢中, いまジャーナリズムのヒステリック, いまジョリクールを自分, いまうちに, いまスウィスの田舎, いまスクリーンに写っ, いまスタンドのそこここ, いまステーションへ見送り, いまストライキをやる, いまスマトラです, いまスミスがいった, いまスヤスヤと眠つた枕辺, いまズタズタにめちゃめちゃ, いまセイロンの紅茶, いまセイ氏が論じ, いまゼノアに停泊, いまソフィア地方へ急行, いまタマニーに風, いまタミル族の碩学ヤトラカン・サミ博士, いまターマンがもつてる, いまダネックが胸毛, いまねえべっぴんちゃん, いまチェルダウロにあり, いまチビ公の嗟歎, いまチョイと湯殿, いまツイそこでおじぎ, いまツルちゃんに頼ん, いまツルイエールの鉱山, いまデスクの上, いまデストゥパーゴの家, いまデパートの食堂, いまデンマークはむずかしい, いまデーツコエ・セローの歩道, いまトシちゃんに捨てさせました, いまトラれて, いまトラックに分乗, いまトルコ領のところ, いまトルストイの, いまトロイア軍勢とヘクトール, いまドアを開きます, いまドイツと闘っ, いまドノバンはみずから, いまドノバン君を大統領, いまドロップスの入っ, いまニコニコ笑って, いまニャン君がもつ, いまニューヨーク郊外のベルローズ, いまニーナさんのお, いま鴨下ドクトルの, いまノオと言える, いまノッソリとお, いまノルウェーの海岸, いまハッキリと蘇っ, いまハンケチに包んだ, いまハンドバッグを持ちかえた, いまバトラアまで讀ん, いまパイ軍曹は叱りとばす, いまパウロの事, いまパチンと, いまパッサージから, いまパリー中のどこ, いまヒアシンスを売っ, いまビイルの酔い, いまビフテキを喰, いまビーフステーキの食事, いまビールどころか米, いまピストルか短刀, いまフランスが先棒, いまブラブラ野道を, いまブランデスの如く, いまブリッジをこちら, いまブルジョア的財産に對, いまプラグマティズムの意味, いまプラットホームにはいった, いまベイスフォード警察の臨時, いまベッドに腹這い, いまベルリンの小料理屋, いまペテルブルグで計画中, いまペンを置い, いまペンキ屋の親爺, いまホテルにいます, いまホームにあふれ, いまボートにのっ, いまポウゼンで買った, いまポオ助教授が大佐, いまポッカリと丸い, いまポローニヤスから聞い, いまマア坊の友情, いまマジエルの星, いまマヂエルの星, いまママの大, いまマユミさんといっしょ, いまミス・ヘミングウェーが御, いまミセス・レイマンとその, いまヤクの糞, いまヤトラカン・サミ博士は非常, いまラジオ受信機の製造, いまランチが一せき, いまリエを見棄て, いまリストリア王国の女王, いまリルケを讀ん, いまリンゴをすて, いまルウス・ジュッドと思われる, いまルチアノ一味が全, いまルンペンらしい男, いまルーブルにある, いまレヴェズの談話, いまロドルフが更にそっと, いまロムバルディアの語, いまロンドン塔に帰る, いまワルツを踊っ, いま一々世上の, いま一そうの大型船, いま一そうひそかに厳酷, いま一たび聖怒を, いま一つ前の形, いま一つ外秩父の吾野村, いま一つ書きもらせないの, いま一つ苦笑して, いま一とき前の悲惨, いま一どこちらを, いま一ばん急な問題, いま一ぺんかんがえなおして, いま一まとめに綴じこまれた, いま一カ所子どもたちの首筋, いま一ツ橋御門へ入ろう, いま一ヶ所この部落, いま一ヶ所此処みたいな宿屋, いま一万メートルだが, いま一二の例, いま一人きよ子という学校友だち, いま一人ここを歩い, いま一人前の男, いま一人十六歳の少年ゴルドン, いま一人塚崎の金持ち, いま一人根本松江といふ人, いま一人歌沢の好き, いま一人洋服を着けた, いま一体何を, いま一例として挙げた, いま一側の炉端, いま一分も遅けれ, いま一分間の後, いま一刻をも争う, いま一味のコーブ, いま一命をすてる, いま一囘轉して, いま一回の正月, いま一場のお話, いま一太刀あんなの, いま一定の歴史的時代, いま一家すべて死に絶ゆ, いま一寸用があっ, いま一寸眼をはなした, いま一尾の山女魚, いま一平にもはつきり, いま一度ガタリと跳ねる, いま一度ハイドの激情, いま一度三つの窯, いま一度人間の疱瘡, いま一度今年の春, いま一度俊基朝臣にお目にかかり, いま一度傷口を改め申そう, いま一度入念に点検, いま一度内部をくわしく, いま一度写真を見たら, いま一度加賀家の指南番, いま一度哲学的学科に対する興味, いま一度妃の笑顔, いま一度学問がやっ, いま一度寮へ立ち帰ろう, いま一度屋敷へ回っ, いま一度左腕に縒り, いま一度弾丸が発射, いま一度戸締りを見ろ, いま一度文学へ引戻そう, いま一度書きあらためた, いま一度桑をやる, いま一度検視に参った, いま一度目を通して誤り, いま一度私は瀬戸内海, いま一度笑つてみせて, いま一度芳輔の両親, いま一度術を施し直そう, いま一度表に出, いま一度趁うよう, いま一度陸にうけ, いま一度階段を登つて二階, いま一心に窓外を, いま一応奥村氏に, いま一息声を張上げ, いま一息車を飛ばし, いま一戦を交え, いま一戦争あつて, いま一所なの, いま一手まいろうか, いま一挙にそれ, いま一挺の駕籠, いま一文も収入, いま一斉に弥次, いま一日もう一日, いま一日お待ちくださいませ, いま一時的戦術的に反対, いま一書として編録, いま一服進ぜようかの, いま一服つけそれからまた浮かぬ, いま一条の堀, いま一枚は慶應二年頃, いま一株のサラダ菜, いま一椀の飯, いま一様に雪, いま一樹の手, いま一歩ひと息というところ, いま一歩積極的に出, いま一歩突入つた沈静な喜悦, いま一段複雑味を加えた, いま一生けんめいに心あたり, いま一男が船, いま一番高き木, いま一番あとから遅れ, いま一番大事なこと, いま一番尊敬して, いま一番度の高い, いま一番方ですか, いま一盃はじめたところ, いま一瞬だけはたしかに, いま一矢を汝, いま一祈り祈りかけると, いま一筋荒々しく乗りこん, いま一筋畳を剥い, いま一節を君, いま一網にし, いま一膳はいか, いま一色に物悲しく, いま一葉の蘆, いま一製造業において固定資本, いま一言申して, いま一走りつかいに, いま一足早かりせば, いま一踊り済んだところ, いま一軒隣の芋屋, いま一通りお話したの, いま一週二回の割合, いま一週間休暇をつづける, いま一酌をはじめた, いま一陣にやぶれ, いま一隊の歩兵, いま一霞心細うまことに, いま一頭の馬, いま七ツの長女, いま七人の家族, いま七八百円の金, いま七兵衛が出かける, いま七十歳とも見えぬ, いま七十郎めを緊め, いま七巻になっ, いま七月で葉かげ, いま万事がお, いま万国堂の奥, いま万引をし, いま三げんめのやしき, いま三ツお袖さん, いま三五十年もたて, いま三人めをねらっ, いま三伝はこの, いま三倍もできる, いま三十に近く, いま三十ノットの快速, いま三十三キロまで出, いま三千キロの全速力, いま三千夫の口, いま三国ヶ嶽から帰った, いま三日夜の亥, いま三木城ひとつすら陥, いま三木派の者, いま三条高倉邸の離亭, いま三枚橋に片足, いま三根夫の発見, いま三河屋という牛肉屋, いま三法師君のお, いま三角暗礁をはなれる, いま三階の自室, いま三高の理乙, いま上々の成績, いま上がってきた, いま上げた線香が, いま上げますから, いま上げませるおん容顔や, いま上げ汐である, いま上りかけた人足の, いま上人の前, いま上代的紅顔の美女, いま上原稔がいた, いま上天吉祥を垂, いま上方に住ん, いま上村松園氏の作品, いま上海国際社交界の大立者, いま上越線というの, いま上長と戴い, いま上陸中だと, いま下されたばかりの新し, いま下手に行っ, いま下着にし, いま不可抗と闘い, いま不用意にその, いま不知哉丸を高氏, いま不肖周瑜に南郡, いま不良少年を一人, いま不遇の地位, いま五兵衛らが, いま与えてやった, いま与えた解決に, いま与八が整理, いま世上の人々, いま世界中であわれな, いま世界地図を拡げ, いま世界学界の注視, いま世界平和の天使, いま名の, いま両国に小屋, いま両国橋の上, いま両替したばっかりの, いま並べたような, いま並べ返してみる, いま中国服のうえ, いま中天に皎, いま中央では藤原氏, いま中学の二年, いま中学校へ通っ, いま中宮寺思惟像の傍, いま中支でやっ, いま中村屋には職長級, いま中軍の一端, いま中部船底より船首船尾, いま中野には會, いま中風になった, いま丹後一円の地, いま丹波が最後, いま乃公は人殺し, いま久々に読み返し, いま久助が落とし, いま久子の内部, いま久慈の町, いま久方ぶりに会っ, いま乗っていった, いま乗るべき微風を, いま乗込んだ十五騎が, いま乘移つた人も煎餅, いま九十九円七十五銭という小切手, いま九十九里浜の別荘, いま九大の病院, いま九州の方, いま九機から成る, いま九百の青少年, いま九輪の根もと, いま九郎助が持っ, いま九郡十一州の主たる, いまるる恋, いま乱国いわば火事場, いま乱暴して, いま乳呑児をかかえ, いま乳母と私, いま乾板現像液で茶色, いま了現や新, いまと水火, いま予自ら一詩を賦さん, いま争うときでない, いまがある, いま事あらはれて, いま事務長から電話, いま事務長さんから特別手当, いま事実を誇張, いま事業のうえ, いまの叔父, いま二つ目にした, いま二三千人の釣り客, いま二人侍で行った, いま二十七歳になる, いま二十万人のひと, いま二十二になる, いま二十二個の生命, いま二十五歳の長者息子, いま二十円の金, いま二十面相の首, いま二寸たべましたから, いま二年目になった, いま二度まで乗り込み来たる, いま二晩ばかり過, いま二本の刀, いま二条の里内裏, いま二種だけ用意, いま二等車と三等車, いま二葉三葉散りかかる折, いま二足三足の足, いま二重の喪, いま二階からちら, いま云われたところを, いま五体満足なの, いま五分前に先生, いま五十に近い, いま五十五六歳まだ老人, いま五千円いただきましょう, いま五年後にその, いま五枚の隨筆, いま五面ことごとく危うき, いま井戸の中, いま亜弗利加の西, いま亡きものを, いま交代して, いま京金襴を買い出し, いま亭主がいない, いま亭主持ちでございます, いま人ごみの中, いま人びとはみな, いま人力車が通り, いま人口七十万を擁し, いま人心は草木, いま人殺しどころでは, いま人相書をお, いま人穴城の火, いま人間ひとりの生死, いま人間性のうち, いま人馬で埋められ, いま仄かに記憶, いま仏頂寺のいる, いま仕合せなん, いま仕込み立てのホヤホヤ, いま他人の感じ, いま他所から帰ります, いま仙太のポケット, いま仙次の野郎, いま代るから待っ, いま代表的という半玉, いま代金を渡し, いま以前よりはもっと, いま仮死と云われました, いま仰しゃったようなどこの, いま仰せをうけ, いま仰せられたことは, いま仲時の話, いま仲直りしたって, いま仲達の申された, いま企てようとする, いま伊井君の一座, いま伊太夫の見せられ, いま伊東深水氏の, いま伊東署で打ち合せ, いま伊東義益の子, いま伊豆の温泉宿, いま伊豆屋の出前持, いま伊豆山の温泉, いま伏龍鳳雛二人のうち, いま休ませて来ました, いま休んでゐた, いま休息に踏出した, いま会いたがらないのなら, いま会うことが, いま会うたばかりだ, いま会うとるのやろ, いま会長からかんた, いま伝つてゐる源氏物語絵巻, いま伝わったらしいのです, いま伝六が帰っ, いま伯爵はどういう, いま伸びる盛りで, いま伺うとまた, いま伺わせるからお前, いま位置して, いま住まえる尼君の, いま住んでる人は, いま住吉警察署からお, いま佐々さんの云われた, いま佐吉を見, いま佐野十郎に鏡, いま何かしらこれまでになかっ, いま何とかして, いま何もかも相分って, いま何よりもじぶん, いま何事か私たち, いま何人の子, いま何千という両, いま何字でございますね, いま何年かの後, いま何年ぶりかで, いま何度にあり, いま何時ごろでしょうかネ, いま何気なく言ったその, いま何番が出, いま何県の上空, いま余裕も何, いま佛法僧が啼い, いま作つたばかりの洋菓子, いま作られている, いま作りあげようとする, いま作者の名, いま使ったばかりのよう, いま使ったらしくまだあつかっ, いま使つてゐませんから, いま使者をうけた, いまにあげた, いま供えたばかりの果物, いま便所の隣, いまの方, いま係長の舌, いま俄かに用のない, いまにかいた, いま保元の乱, いま保枝ちやんと恋愛論, いま信じている, いま信州に植え, いま信濃にあり, いま信盛のす, いま信秀の孫信忠, いま信長公に弓, いまで日盛り, いま修理にかかっ, いま修禅寺奥の院道の三宝ヶ辻, いま修禪寺奧の院道, いま俺たちのうしろ, いま倒れてゐる, いま借りて使っ, いま倫敦のドルウリイ・レイン座, いまを叫んだ, いま健康ですか, いまと寝, いま偶然にその, いま傍らから解説, いまをすぼめる, いま傲然と呼び捨て, いま傷つけないからといっ, いま傾国の兵, いま傾注されて, いま働く少女で, いま僕らの努力, いま僕学者にあっ, いま僕自身あぶないの, いま僧徒らの斉, いま元気にし, いま元禄十四年はその, いま兄上に叱咤, いま充分に取返し, いま先ず自然であろう, いま光つた所は水道タンク, いま克ち獲たところの, いましが, いま児玉院長の肉体, いま入れてかへる, いま入学試験に行つて, いま入浴して, いま全体の陰画, いま全員全力をあげ, いま全市を震駭, いま全快っちゃ, いま全然ちが, いま全米国民を代表, いま全部は思い出せない, いま全部閉がって, いま八代吉宗公がお, いま八十万キロの後方, いま八幡様に奉公, いま八時ですわ, いま八百八町にかくれ, いま公使館の客間, いま公儀へ対し, いま公判がひらかれ, いま公園のふけ, いま公式に彼ら, いま公舎からおいで, いま六七人の村人, いま六千種からある, いま六号艇もこの, いま六月の草木, いま六波羅の御, いま共食いの話, いま兵力の不足, いま兵隊さんたちが泊つて, いま其処へ持つ, いま其家も閉めよう, いま其方に死なれ, いま具体性を与えた, いま具行が告げ, いま具足屋を人手, いま冀城にいる, いま内儀さんたちもそう, いま内部から新しい, いま円光の中, いま再演されたとしても, いま再現した神意審問会, いま冐險をし, いま冒険をし, いま写している, いま写します紅葉が, いま冠山の城, いまもこよう, いま冬至である, いま冷蔵室へ私, いま冷蔵鞄に入っ, いま冷静且つ果断, いま凱旋して, いま出かけようと思っ, いま出された刀だ, いま出したらどうです, いま出しますからまあ, いま出し抜けにふう, いま出そうとする, いま出ちゃったんだ, いま出どころが違う, いま出なくッちゃ, いま出ました大号外, いま出ようとしてゐる, いま出会頭にお, いま出入り禁止になっ, いま出向いて行った, いま出帆したところ, いま出張中なの, いま出掛けられたようです, いま出来ている, いま出来たての三州屋, いま出来なくなつたの, いま出水の危険, いま出版するわけ, いま出発を前, いま出逢った犬が, いま出鱈目に, いま分かれてきた, いま分ったのさ, いま分れてきた, いま分秒ごとに消え, いま切って落された, いま切らしています, いま切りたてのほやほや, いま切り離したばかりの血だらけ, いま刈つてゐた, いま刑場のなか, いまの先頭, いま判っている, いま別当職まで申し入れ, いま利己的快楽主義の鉾, いま利根を渡っ, いま利用できるの, いま刷り出した大椿事, いま刷物の競馬, いま刻々にそれ, いま立ての, いま前後左右すべて生命にかこまれ, いま剥ぎ取られたのかと, いまが悪い, いま割拠する諸国, いま劇場の昼, いま劉予州をたすけ, いま劉玄徳は新野, いま力一杯に使い切っ, いま力戰の眞最中, いま加わった騎馬武者の, いま助けにき, いま助手がここ, いまが少しく, いま勇ちゃんのお母さん, いま勇敢に鬼, いま勉強して, いま勉強中なん, いま動いている, いま動いたような, いま動かしては命, いま動かしたのが, いま動かせないほどの重体, いま動けば磯五, いま動けないわけが, いま動力はすべて原子崩壊, いま勘解由は正面, いま勝浦の沖, いまある国務大臣ファブリイス伯, いま勤務時間中をサボってる, いまふもの, いま包もうとする, いま化けている, いまに曹操, いま北さんと別れ, いま北原先生がどうして, いま北国を圧する, いま北支に居ります, いま北斗を見る, いま北条氏に取, いま北東の風, いま北東貿易風にのり, いま北極を目ざし, いま北極圏の大島グリーンランド, いま医者を呼ん, いままで数, いま十一時五十五分だ, いま十一枚目をこしらえ, いま十万ばかりの借財, いま十九になる, いま十九人という大連, いま十二月の真冬, いま十五少年諸君の行動, いま十何年ぶりで圓朝, いま十個持って, いま十六世紀にいる, いま十分のうち, いま十四号へ朝飯, いま十年早かりせ, いま十年ぶりでやっと, いま十年旧恩の親, いま十時をうった, いま十時一分前なの, いま十歩を隔てぬ, いま十郎兵衛がこの, いま千九百四十五年でなくて, いま千二がかいでいる, いま千二少年の父親, いま千円さつを, いま千思百慮して, いま千恵プロにいる, いま千曲川をへだて, いま千浪と入れ違い, いま卅歳だから, いま午後七時半の講演, いま午後五時です, いま午後四時すこし過ぎ, いま右衛門の, いま半ばを過ぎた, いま半身を起き直し, いま半鐘が鳴っ, いま卒都婆小町が授けた, いま協力しなければ, いま南京街のキールン・ホテル, いま南征の途上, いま南条の口, いま南東貿易風圏内にある, いま南洋から到着, いま南郡はすでに, いま福と, いま単身よく障碍, いま単騎備前へ入る, いま博士論文を書い, いま博物館になっ, いま卜斎に召使, いま印刷されて, いま印東から聞いた, いまいぞ, いま危くなつて, いま危険な立場, いま即刻戦わなければ, いま却つて我らが底意, いまをよく, いま原っぱに建てかけ, いま原大佐からきいた, いま原稿用紙とペン, いまへ行っ, いまッた, いま去って行った, いま去れば今夜, いま参っておる, いま参った姫路の, いま参りましたのは, いま参考までに決議文, いま参詣した蝉丸神社, いま友人の語つて, いま反古ども披きみるに, いま叔母が住ん, いま叔父さまに御返事, いま敢えず, いま取りかえしのつかない, いま取り出してもまだ, いま取り寄せたばかりの膳, いま取り混みの最中, いま取り組むかとさんざん, いま取り込んでゐる, いま取付け中なん, いま取次いでやっ, いま受けた印象を, いま受けとった手紙の, いま受け取りたいのだ, いま受信いたしましたそう, いま受取った手紙の, いま受取つた郵便物の區分, いま受附の少年, いま陶磁の, いま古代及び中世, いま古市加十を拘引, いま叩いた缶は, いま叩き落とすから目, いま叫ばれた川流れの, いま召し上りませんか, いま可愛さざかりで, いま可愛い娘さんの, いま台所に立っ, いま台風は僕, いま右下に聞える, いま右京亮宗良となのり, いま右前方から吹い, いま右門が申した, いま右馬介が負っ, いま司令官に大利根博士邸, いま司令艇のテレビジョン, いま司馬懿は郷里, いま各務房之丞が先生, いま各国の勢力, いま吉原は兵庫屋, いま吉坊がぼんやり, いま吉村鐡太郎君によつてわれわれ, いま同国の南部, いま同志がおり, いま同流秘伝の一つ, いま名うての新撰組, いま名のり出よとは, いま名主どんに頼ん, いま名乗って出れ, いま名代の弁天, いま名前をあげた, いま名称や言葉, いま吐いて糸, いま吐きに吐く, いま向いの動物園, いま向きをかえ, いま君らに交す, いま君前においていずれ, いま君達の日本, いま吠えるやうに, いま吠え出したそれは, いま吹きつけている, いま吹きつけたが, いま吹きはじめるところな, いま吹きやめたら父は, いま蒙も, いま呉とわが劉予州, いま呉君におかれ, いま呉羽之介, いま告げる力も, いま周防を誹謗, いま呱々の声, いまっている, いま呼びにきた, いま呼びかけた声は, いま呼びたてた同じ浅草奥山, いま呼びますからこれから, いま呼んだ愚楽老人な, いま和一郎さんが腹, いま和尚の肩, いま和尚さんが烏谷, いま和泉屋の屋根, いま和田氏御一族, いま和蘭陀の方, いま咲いてゐる, いま咲いた山ゆりで, いま咲きかかったばかりな, いま咲き切っている, いま咽び音まじり, いま哈爾賓の市中, いま哨兵が大勢, いま哭き声で, いま唄ったカレワラは, いま唐もろこしが繁つて, いま唐招提寺の松林, いま唐船あきないが, いま唱歌すきなの, いま商店の川, いま啼いた烏見たい, いま善ちゃんや勇ちゃん, いま善世が来ます, いま善軍の総, いまから手, いまつたこと, いま喋ったことが, いま喚んでおいで, いま喫茶部で使用, いま之助, いま喬さまのお, いま喰べたようなもの, いま営外に着い, いま嘉吉は自分, いま嘉平や昌造, いま噛んだばかりの藤蔓, いま噪然と囂然, いま噴火孔上に立っ, いま四ツ谷のほう, いま四五人のお客, いま四五日たつと, いま四人もいる, いま四十三歳である, いま四台のクレン, いま四方八方からねらっ, いま四条大橋に行っ, いま四阿のところ, いま四隣へ虚勢, いま回顧談をもとめられ, いま団員篠崎始君のお, いまつては, いま困っています, いま困ってたとこな, いま国交を求むるとせば, いま国外に追放, いま国宝の一つ, いま国家のため, いま国王孟獲は, いま国立銀行にあずけ, いま国策で問題, いま国連の内部, いま国運を賭し, いま国道をどんどん, いまを家, いま園絵を褒美, いま土杯の祝い酒, いま土牛は, いま土田が云いだした, いま陣か, いま在りながらも孤独, いま在世して, いま在房の言った, いま圭介は其処, いま地上へ向け, いま地下に感慨無量, いま地下一階から七階, いま地中海にさえ海賊潜水艦, いま地底戦車が断崖, いま地方文化再建のため, いま地獄から飛びだし, いま地獄街道を蝙蝠, いま地球上に生存, いま地表に対して垂直, いま地金の騰貴, いま坂本までたどりついた, いま坂本氏の作品, いま均衡が成立, いま宝の, いま城中にある, いま城址には何等, いま堂上に流行, いま堂本印象氏は寺院壁画其他, いまにか, いま報らせに, いま報告を持つ, いまの真中, いま塗りたてたばかりの, いま塞外の砂漠, いま塩焼にし, いま塩田大尉は士官室, いま墓地がある, いま墓場から出, いま墓畔近く居, いま壊されたこの壁, いま壊れて, いま壬生の南部屋敷, いま壱唱としたため, いま売だしの堺屋さん, いま売りに出し, いま売出しの高橋圭三君, いまがどう, いま夏侯惇の十万騎, いま夏場の用意, いま夕化粧もすました, いま夕方の五時, いま夕日それとかかれ, いま夕暮富士を右手, いま夕焼の変圧所, いま夕立ち日本ヨイトコの実況放送, いま外出するから, いま外国資本を排斥, いま外相が両, いま外科で縫っ, いま計代の, いま多少君を, いま夜明けと共に船上, いま夜駕籠をめ, いま夢みてゐた, いま夢中で, いま夢想する境涯, いま夢聲さんの話, いま大きく移りかけて, いま大きな大きないい変り目, いま大わらわでお, いま大事を胸, いま大体どの辺, いま大利根博士の語った, いま大功を立てよう, いま大和街道口の三, いま大坂城にいる, いま大塩沙漠ゆきをうっかり, いま大声を発した, いま大変幸福です, いま大奥の一間, いま大宅氏の用語法, いま大富町から本田主膳, いま大将軍の御身, いま大岡様のお座敷, いま大工が机, いま大平氏の宅, いま大忙しなん, いま大急ぎで服, いま大挙して, いま大江に船, いま大江戸に移っ, いま大津の宿, いま大熊の子供, いま大病なん, いま大石良雄とおっしゃったでしょう, いま大砲となる, いま大統領の重, いま大西洋のまっただなか, いま大軍を率い, いま大道を通る, いま天ヶ丘の南蛮寺, いま天下信長公の亡き, いま天下大半のあるじ, いま天守を叙, いま天性備えつけの, いま天文を仰ぎ見る, いま天正三年という今日, いま天然痘にかかっ, いま天華堂さんから鳩, いま天雨ふりてやまず, いま太い綱を, いま太刀川時夫は司令官ケレンコ, いま太夫元さんのお話, いま太子に関する正確, いま太陽が水平線, いま失意の境遇, いま失業で実際, いま失業者だ, いま失踪中なの, いま奇面城には四十面相, いま奈何におもう, いま奉公に出れ, いま奉天の陥落, いま奉行屋敷の奥座敷, いま奉行所から帰っ, いま奥山に若衆歌舞伎, いま奥方の供, いま奥様の心情, いま奪って行った, いま女たちが閉め, いま女中の点し, いま女中どもが睡つ, いま女中部屋へ曲者, いま女房と二人, いまと一緒, いま如何ならん, いま妄想の疲れ, いま妊娠したり, いま妖しいキラめき, いまが帰っ, いま妻君のそば, いま妻子のため, いま姉さんのおっしゃった, いま姉妹のよう, いま姉様がいった, いま始めて判りましたが, いま姜維が敵, いま威勢のいい, いまやも女中, いま婆刀自と愚痴, いま婚礼がある, いま嬉しいと言った, いま子供たちと一緒, いま子供らの目, いま子恋の森, いま子息利長の陣所, いま存するごとくつねに存, いま存する如くつねに存, いま季節は終らう, いま学徒海鷲として飛び立つ, いま学界で問題, いま学者なん, いま孵ったばかりの小, いま宇内二分して, いま宇喜多家と和議, いま守っている, いま安らかに眠っ, いま安全と言つた事, いま安宅先生がいない, いま安産よ, いま安里の逞しい, いま安静の時間, いま宋学流行のなか, いま宗匠と重要, いま宗教は気休め, いま宗易の許, いま定さんが来, いまをむすんだ, いま実はお宅, いま実例を示し, いま実在するもの, いま実地でためす, いま実感としてちら, いま実現のできない, いま実験室は火星, いま客間でご, いま宮中に残っ, いま宮仕えの身, いまへ移ろう, いま家中ぜんたいの関心, いま家内の遺骨, いま家庭の主婦, いま家庭的には孤独, いま家路に就こう, いま寂滅の落暉, いま寄宿にゐる, いまの一点, いま富さんが飛ん, いま富岡はふつ, いま富木どのこれへおわ, いま富沢は大, いま寒い風が, いま寒き夕闇の, いま寒冷な北西風, いま寝そべって半身, いま寝たばかりだ, いま寝台の端, いま寝室に入っ, いま寝床に腹這い, いま審査中である, いま寫した我子の, いま寸刻も弥生, いま対山の頂, いま対岸の渡し口, いま対面したら, いま対馬守の前, いまを切, いま専門に金魚, いま専門的に人体測定学, いま射撃した透明の, いまに生娘, いま将棋指しとしての一生, いま将監の申した, いま将軍吉宗に拝, いま将軍家のみだい, いま尊敬して, いま尋ねようとして見合わせた, いま尋常三年生の隆チヤン一年生, いま小保内のやつ, いま小倉のいった, いま小僧が暖簾, いま小六さんの前, いま小出しにしてる, いま小初は黙っ, いま小刻みに長襦袢, いま小原丹後に馬, いま小坂の家, いま小学校の三, いま小学生でも知っ, いま小島新五郎があり, いま小手先を動かしたら, いま小杉谷は大変, いま小林の許, いま小林君に聞いた, いま小樽の公園, いま小次郎が眼, いま小石川第六天, いま小笠原附近の上空, いま小脇にかかえ, いま小菅が葉藏, いま小西に対して感ずる, いま小西六にいる, いま小諸の駅, いま小豆を買っ, いま小鳥が鳴いた, いま少々熱が, いま少しこまごまとした, いま少しとくにこの方面, いま少しもう少しって, いま少しゆっくり読んで, いま少し少しにても遠く, いま少年の描いた, いま少年たちは五人, いま少年時の思ひ, いま尺寸の功, いま尾張屋敷から出, いま尾行者は身, いま居酒屋のおやじ, いま屋上から下, いま屋内にはいろう, いま屋根の上, いま屋根屋新道からお, いま屋根裏へ入っ, いま山の下の方, いま山の手の番町, いま山中に接む熊, いま山口は得意, いま山山は四方, いま山崎から説明, いま山狩の帰途, いま山門の前, いま岐阜城にいる, いま岡崎にお, いまの上, いま岩塩の壁, いま岩壁を離れた, いまの本村, いまの方, いま島内の乗組員, いま島後の八尾川ぐち, いま島民を動揺, いま島田さんが金庫, いま崖下で警視庁, いまの中, いま川上機関大尉は素裸, いま川口の宿, いま川崎銀行のある, いまへもぐり込んだ, いまの眼, いま左右太の述べる, いま左枝が訪れよう, いま左門洞のほとり, いま左馬介の口, いまきな, いま巨大な幹, いま巨椋の入江, いま巨船クイーン・メリー号はひ, いま当って, いま差上げただけの頁, いま差当りその気, いまの頬, いま巴蜀を取っ, いま巴里中であたし, いま納めようと, いま市中のすっぽん料理店, いま市場区のある, いま市民のひとり, いま帆綱はぴんと, いま帝みずからご進発, いま帝都に名, いま師匠のかけがえ, いま師直が申しあげたごとく, いま師直方から最後, いまから立ち上ろう, いま帯屋小路の家, いまつて, いま帰した使いに, いま帰つたとこだつて, いま帰らなければ御, いま帰られては困る, いま帰らんとする, いま帰りぎわにちょっと, いま帰り路に近づい, いま帰ろうとし, いま帰朝したに, いま帰省中のある, いま帰還して, いま帳場に電話, いま常盤御前のお, いまの裾, いま幕僚を集め, いま幕閣では俊基朝臣, いま平和な喜び, いま平家を語る, いま平面の世界, いま年々五月十四日に種痘祭, いま年収八千万ドルといわれる, いま年号が変る, いま年少な君達, いま年間売上げ七十億円十五の工場, いま幸せだ, いま州から, いま幽霊のお, いま幾人の孤児, いま幾冊かの画集, いま幾分か不, いま幾年た, いま幾月の兵糧, いまを馬上, いま庄兵衛の膝, いまの上, いま床下へもぐりこもう, いまを突いた, いま座右の銘としてゐる, いま座席についてほつ, いま座長の銀, いま庫裡の方, いま庭前に繰りひろげられ, いま庭向うの病棟, いま庵室で大乱痴気, いま廃府となっ, いま延びている, いま廷尉に捕縛, いま建物の蔭, いまに余り商売, いま弔っている, いま束ねつ, いま引いて来た, いま引きあげて来た, いま引き返してくる, いま引っぱりあげてくる, いま引っ込んでしもては一生女優, いま引張りあげ博士が, いま引留めてゐる, いま引算の結果, いま引込んだ関守の, いま引返して来た, いまがそれ, いま弱い心を, いま弱くてもとにかく, いま張りつめている, いま張り切った弓弦を, いま張り切らなきゃ張り切るときは, いま強くあたしを, いま強盗が押入り, いま弾いていた, いま弾いたのは, いま弾丸を運ぶ, いま弾圧と迫害, いま城の, いま当てがわれた, いま彫っている, いま役人がし, いま彼一人なの, いま彼女たちが緋, いま彼自身である, いまってみ, いま往診した哀れ, いま征馬をここ, いま待っている, いま待つてゐる, いま後悔して, いま徐州の城, いま得たばかりのなまなましい, いま御不浄から出, いま御堂の後ろ, いま御多分と一緒, いま御用帳を読みおわった, いま御用部屋であんな, いま復興の物音, いま復讐魔と化し, いま微塵はとう, いま微細といえ, いま徹頭徹尾死なねば, いま心しずかに薔薇, いま心づいている, いま心一っぱい, いま心底から力強く, いま心象の気圏, いま必要であります, いま忍び込んだ様子の, いま忍川の日, いま忍耐というもの, いまん生, いま忘れていた, いま忙しなの電車, いま忠作が代り目, いま忠相はわれと, いま心得意の, いま忽然とそれと, いま怒ったばかりのよう, いま怒りをみずし, いま出せないから, いま思いあわせるとさき, いま思いかえしてみる, いま思いがけなく眼の, いま思いだしてもつい, いま思いだしたのです, いま思いだすと暗い, いま思いついたんです, いま思いつくいちじるしい例, いま思い出されて急, いま思い出しましたよ, いま思い合わせてみる, いま思い当ったよ, いま思い当るのです, いま思い知ったというの, いま思い返してみる, いま思つてもこの, いま思ひだしてもつい, いま思ひ浮べてみる, いま思出してる彼女, いま思案に耽り, いま急いで開放, いま怪人がこの, いま怪塔の中, いま怪塔ロケットの舵, いま怪船のとっ, いま恋一つにすがらなけれ, いま恐れるに足る, いま恐ろしいことが, いま恐怖の息, いま恐竜島の附近, いま恥じておる, いまたゆる, いま息子の宗十郎, いま恰度そういう境, いま恰度其処を何, いま恰度授業のはじまる, いま悉く大手に, いま悔いを眉, いま悟っても人, いま悟られるものが, いま悪くいわないに, いま悪ものにおっかけられ, いま悪人来たりて善人, いま悪漢どもが襲撃, いま悲しげなる, いま悲しい事なんか, いま悲哀の涙, いま情けないことに, いま情報部から聞いた, いま情緒ややさしい, いま惟任光秀と何, いま想い出してもぞっと, いま想ってもすばらしい, いま想ひついたんや, いま愛国思想がどう, いま愛宕下のほう, いま愛蔵して, いま感じたような, いま感情にかられる, いま感謝と喜び, いま慎吾の腕, いま慧鶴が読ん, いま慧鶴青年はそれ, いま慶応義塾大学の図書館, いま憂鬱の重たく, いま憎悪と敵意, いま憤激の頂上, いまい出しても, いま憶えてゐない, いまゆく, いま懐かしまれていた, いま懐中鏡を取り出した, いま懲りると言うた, いま懺悔によって罪, いま成人して, いま成就しようとして, いま我々日本民族が直面, いま我とわが身に, いま我らには金, いま我儘な腹立たし, いま我数奇を憐, いま我數奇を憐, いま戒壇院を睥睨, いま戦乱のあと, いま戦争さいちゅうの曠野, いま戦争中なの, いま戦友に抱えられた, いま戦場にゐる, いま戦況は我, いま戦災の破れ衣, いま戦端に先だって, いま戸倉温泉の陸軍療養所, いま戸口にいなけれ, いま戸田さんのこと, いまつて来た, いま戻りましてご, いま戻り道に向った, いま戻るとあの, いま房枝はそんな, いま所持のお金, いま所謂先輩たちの悪口, いま所長に会おう, いま手ずから荷造りし, いま手下どもとひとりひとり, いま手伝いが只一人, いま手元にない, いま手入れをし, いま手套をとっ, いま手当はどれ, いま手形を書い, いま手紙を書く, いま手続きをいたし, いま手術いたします, いま手術中だよ, いま明くる, いま打ち下ろした刃は, いま打ち明けられて初めて, いま打つ砧の, いま打割羽織に野袴, いま打明けて申す, いま打殺すと女だてら, いま払えなかったら貸して置く, いま投げ出して休んだ, いま投げ出した金一封が, いま投函したばかりの, いま抜きかけてぱちんと鞘, いま抜刀を下目, いま抱火矢を使っ, いま抱蔵して, いま押し寄せて来る, いまへなかつたら貸し, いま拘置所から脱獄, いま招いても馬超, いま招待によって艇, いま拵えております, いま拾ってあげます, いま拾ったんでね, いま持たしてよこします, いま持つてくる, いま持つてる金で, いま持主の宗湛, いま尖で襷, いま指した七八銀の, いま指摘した箇所, いま挙げた性格の, いま挨拶を交した, いま振袖の指した, いま捕えるよりももう, いま捕まえたばかりのサラブレッド系, いま捕まるわけには, いま捕われて来た, いま捜査本部の神田班, いま捨てた子も, いま捲き起った霧を, いま授業中なので, いま排他的に社交界, いま掘りっ放しの, いま掘りかえされて麦畑, いま掘りかえした菜根の, いま掛けちゃいけねえ, いま掛川へお, いま探偵小説の種々, いま探照灯をそっち, いま控所で見た, いま推理を懸命, いま掴まえた男の, いま描いている, いま描きあげたばかりのまだ, いま提出した二つ, いま提灯をつける, いま提琴を弾い, いま揚々として病院, いま換えたので, いま換玉を呼び出し, いまけにゆかなけれ, いま揺り覚まされた眼の, いま揺り起こしに行こう, いま搗きしもちいを, いま撃ちとめたこの一頭, いま撃ってしまいました, いま撞き鳴らされていた, いま撫でるところだ, いま播磨一円を領し, いま撮影中だけれど, いま操縦室の映写幕, いま操縱すもの, いま操縱すもの, いま擦れちがひぬる, いま支度して, いまって批評, いま改めやうとは, いま改良主義と云われ, いま放れたり, いま放庵を論じ, いま放送せられて, いま政権をもっ, いま政治よりも教育, いま政治的には一応, いまある人, いま故主玄徳こと河北にあり, いまったばかりの, いま教つたばかりのフランス, いま教師の言った, いま教養の不, いま散歩から帰っ, いまの多い, いま数倍の強, いま数年を隔て, いま整理しなければ, いま敵国の使臣斎藤下野, いま敵手にある, いま數段の科學的方法, いまれる無念, いま文化委員のひと, いま文化部としては経済, いま文壇に無くなっ, いま文学にもとめ, いま文学座でも俳優, いま文學よりひどい, いま文明の大義, いま文楽師匠から報せ, いま文珠屋と言っ, いま文部省がつかつ, いま斬り落されたわけで, いま斬り離されたばかりの血, いま断わって来る, いま断末魔が迫っ, いま断言したでは, いま断食のあと, いま新宿の, いま新宿駅のそば, いま新緑の中, いま新興の都府大坂, いま新造衆をし, いま新道を下っ, いま斷食により, いまはいっ, いま方々へ人, いま於虎の面, いま旅人の目, いま旅宿の庭, いま旅立ってしまえ, いま旅立つ途中に, いま旋流にまきこまれ, いま族王様にお, いま旗太郎との間, いま既にその裾野, いま日の出の勢い, いま日中を通行, いま日光におる, いま日本一太郎がおり, いま日本全国の金持ちども, いま日本国内で反戦, いま日本女のとなり, いま日本政府に平和的条約, いま日本文学に就い, いま日本芸術のこの, いま日比谷公会堂の地下室, いま日蓮の難, いま日野山の奧, いま旦那さまは嚇されてる, いまや渠, いま旭屋という花屋, いまんなる, いま昂奮してるから, いま昇っている, いまの身体, いま明け渡る甲板は, いま明るいかとおもう, いま明るみへ出よう, いま明智はどこ, いま明智探偵の発明, いま明石海峡をひがし, いま明言されて, いま昏倒したとき, いま易筮を終っ, いま星尾さんいら, いま星野に命じ, いま映った影法師は, いま映画といふもの, いま映画室でポパイ, いま春秋座の一党, いま昨日佐久間さんがモーニング, いま昭和二十七年である, いま昭和遊撃隊がみんな, いまの時, いま昼寝をし, いま時々刻々に変貌, いま時一升十五銭などという安い, いま時分お父さんを帰す, いま時分たらがどうして, いま時分どこからか, いま時分人間が歩い, いま時分何の用, いま時分何処に行く, いま時分室蘭に休む, いま時分戦闘帽をかぶり, いま時分湯を飲ん, いま時分炉辺にすわっ, いま時分釣りをする, いま時分高原を通っ, いま時利休が賞め言ひとつ, いま時刻は, いま時妙な呼び方, いま時江さんが耳, いま時物々交換でなくちゃ, いま時私はあんな, いま時間はどう, いま晩年のこと, いま普通に書け, いま普門院の本堂, いま晴れて街, いま晴れわたる村長の, いま智能の功徳, いまの瞬間, いま暁団を追いまわし, いま暇乞いのためここ, いま暑からし蝉, いま暑中休暇を利用, いまをとる, いま暗夜の叢, いま暫爰にお, いま暮している, いま暮れはてし下枝, いま暮春の花, いま暴びゆく接吻よ肉, いま暴動が起っ, いま暴行沙汰のため, いま暴風のため, いまといふ, いま曝井という古, いま曲れば, いま曲者が入った, いま更いま更子供をだます, いま更子供をだます, いま更尊公の口, いま更狼狽したの, いま書かなければならない, いま書きたいことは, いま書きたくてうずうず, いま書き上げた看板とを, いま書き出そうとしてその, いま書き抜いてみた, いま書き続けている, いま書けた許り, いま書架に並んだ, いま書院に坐った, いま最中食って, いま最大のスピード, いま最後的な, いま最期の炎, いま會つたばかりの少女たち, いま月世界に病む, いま有馬の湯, いま朔郎を放免, いま望郷の日, いま朝焼けをうけ, いま朝餐の青い, いま朝鮮の京城, いま木の下に立っ, いま木の葉笛を吹き, いま木下さんが骨, いま未申の方, いまをどの, いま本尊の側, いま本庁の特高課, いま本当の時刻, いま本所の化物屋敷, いま本署に事件, いま本誌に連載, いま本郷の道場, いま本陣で気, いま本隊不在中, いま札幌停車場新工事, いまの茶, いま杉田の衣嚢, いま子夫人, いま材木屋の前, いま村中はその, いま村医などを勤め, いま村瀬というわたし, いま村祭の賑, いま杜鵑が啼い, いま来し客は, いま来ようとし, いま来られては浮かぬ, いま来合せたのは, いま来客中じゃ, いま来訪して, いまの雲, いま東京丸ノ内のオアシス, いま東京監獄の一室, いま東北の或, いま東朝館といっ, いま東洋はあげ, いま東流二絃琴の正統, いま東西の両, いま東野の話, いまが上っ, いまの下陰, いま松尾君の提案, いま松岡さんのおっしゃった, いま松村にそれ, いまについてまず, いまが昨晩お前, いま林太郎の頭, いま果してよく, いま果たさんのお, いま果敢なる突撃, いま枯菅を踏み, いま架けてゐる, いま染丸さんに怒られ, いまの間, いま校長がもらい, いま校長先生と秘密, いま校門を出, いま格納庫を襲う, いま桂子の夢, いま桂華の写実的方法, いま桐庵先生がき, いま咲きぬと, いま桟敷の下, いまをこしらえる, いま梅花の盛り七面鳥, いまの墓場, いまのなか, いま椅子へ腰, いま植木屋を呼ん, いま植物園内博物館に剥製, いま植物採集の旅, いま植物界では楓, いま植物辞典をみ, いま検事や署長, いま検事局でその, いま極楽にいない, いま楽しい旅を, いま楽屋にはいった, いま楽屋入りして, いま榊原から釣台, いま構えている, いま模索した程度, いま権利あらそいで, いまへ切れた, いま横山君や杉本君たち, いま横浜と横須賀, いま横須賀に帰, いまのあいだ, いま樹立の中, いまを見つけた, いま機械の覆ひ, いま機関砲も爆撃機, いま機関部員はただ, いま機関銃が鳴った, いま櫓櫂の音, いま櫛田さんがおっしゃいました, いま次に説明を, いま次第に切迫し, いま欧亜主義なる一つ, いま欧州大陸には諸所, いましかねえだ, いま欲しいのは, いま歌うたのは, いま歌っていた, いま歌つてゐた許, いま歌子を谷底, いま歌舞伎劇などで下町娘, いま歌舞伎座が大, いまを通じた, いま歓楽境宝塚新温泉地, いま歓語して, いままたは負, いま正体をあらわします, いま正季へ言った, いま正真正銘のもの, いま正雄は自分, いま正面ボックスの下, いま此室へ茶菓, いま此寮には不知火流, いま此等の正しき, いま武蔵野市の片隅, いま武装しないでは, いま歩道から来, いまを謝, いま死す自分へ, いま死なんとする, いま死にさうにな, いま死にかけている, いま死んじまっちゃあなん, いま死んだらお前は, いま死生念頭全く絶ちぬ, いま死神がその, いま殆ど一切の, いま残して出, いま残つてゐるの, いま段落をし, いま殺られた二人を, いま殿様は船, いま母子の仲, いま母犬のもっ, いま毎日新聞に連載, いま毎日自分が汚れ, いま毒矢にあたってお, いま比丘尼の死骸, いま比叡の峰, いま比較的讀みやすい, いまをみんな, いま毛氈を畳み掛け, いまは実在, いま民主化されること, いま気づいたみたいに, いま気付いている, いま気球は風, いまがつきはじめた, いま水冷管に冷却水, いま水平に起しました, いま水平線はとおく, いま水晶を溶, いま水海の底, いま水神丸一党を引っ張っ, いま水粒がぱらっと, いま水車小屋にいた, いま水際に降りる, いま水面に辷り出した, いま氷山のほか何もの, いま氷河のちょうど, いま永久に別れる, いま永久眞理もしくは幾何學的, いま永禄四年ごろは後, いま永遠がとおりすぎる, いま求めずして妻女山, いま求める面白い本, いま汐留駅と名乗つて, いま汝らの怨, いま汝南にある, いま江原さんからいろ, いま江州できりょうのすぐれた武将, いま江戸じゅうに何軒小屋, いま江戸一といわれる, いま江戸市中の取締り, いま江戸憧憬者が惜, いま江戸表へ来, いま江湖にまみえん, いま江頭に着きました, いま池上にしろ, いま汲んできた, いま決定的に悲観説, いま決行せられようと, いま決闘も終結, いま沈まうとする, いま沈み入ったところの, いま沈もうとする, いま沈んでいく, いま沈んだばかり, いま沖合に坐礁, いま没落した床, いま沢庵を切っとっ, いま河北に無事, いま河南の宛城, いま泊っている, いま法事をあげた, いま法隆寺に伝わる, いま波濤を蹴っ, いま泣いてい, いま泣いたらウソだ, いま泣き声出して, いま泣き泣き快楽を, いま泣き腫らした顔でも, いま注いだ麦酒の, いま泰軒の言った, いま泰軒先生を呼ん, いま泰軒栄三郎の出, いま泳いでゐるであらう, いま洋服きた女, いま洗い薬をこしらえ, いま洗ったばかりの布, いま洗濯女と出, いま洗足をとっ, いま洛中の南禅寺境内, いま洛内に駐, いま洛内人口の大半以上, いま活動を開始, いま活眼を開い, いまを渡り, いま流れている, いま流れだした光芒は, いま流亡して, いま流別の日, いま流動食を飲ませ, いま流行児ですが, いま流行兒ですが, いま浅瀬に洗う, いま浅草の小屋, いま浅草三社まえの, いまの松, いま浜田山の庭, いま浪人衆が集まっ, いま浪打際とほとんど, いま浮かぶ飛行島へ, いま浮世絵のよう, いま浮沈の境, いま海内にときめく, いま海底大陸の空気洞, いま海波の上, いま海道を上っ, いま海道筋へ現われた, いま消えて行つた, いま消えうせたのも, いま消しとめましたが, いま消し炭を持っ, いまを流したら, いま恨断腸三代の, いま深い夜の, いま清国留学生は日本全国, いま清正と妓生, いま清水に向った, いま渓向うの山葵沢, いま渡された西瓜の, いま渡したばかりのところ, いま渡政ばかりでなく, いま渦巻のまわり, いま温泉宿をやっ, いまの沖, いま湖水からあがっ, いま湯気に煙る, いま湿布をし, いま寵が, いま満州の新, いま溌剌と生き, いま源三郎殿はどこ, いま源十郎へしらせ, いま源様といっしょ, いま準備中である, いまの中, いま溶いていた, いま溶けるのである, いま溺れようとする, いま滅亡のほか, いま滅前の一燦, いま滑走をやっ, いま滝壺にからみ合い抱きあっ, いま滝田君が火傷, いま滝蔵から聞いた, いま滯在して, いま滿洲へ行つてら, いまから帰った, いま漁業組合で働い, いま漂着する薬師外輪山, いま漉き出すように, いま演壇で話し, いま演技をすました, いま漕ぎかへる, いま漢中は掌, いま漱石の文章, いまっと気がついた, いま潔斎して, いま潜水扉をあけます, いま濃霧のなか, いま濠洲艦隊司令官の支配下, いま濡れる思ひで雨, いま濡縁へ上がっ, いま火元を見, いま火口原の中, いまにかけ, いま点けた蝋燭は, いま点滅した三つ, いま烏丸光広の館, いま焚かば庭, いま焚火の明り, いま無一文だった, いま無事に育っ, いま無事平穏なこと, いま無尽な夢, いま無意味そのもののよう, いま無欲なる骸骨, いま無理にその, いま無理やりに起こされた, いま無線班は怪塔, いま焼けつつある, いま焼けたばかりのパン, いま焼死しようと, いま照会中なん, いま煮えるという, いま熟しつつある, いま熱中したかと, いま熱情に燃えさかっ, いまゆるよう, いま燃えんばかりな, いま燃させて差上げました, いま燈台にいる, いまの火, いま燦爛かくやくたる, いま爆弾を落した, いま爆撃せられたらしく火薬, いま爆破すると, いまはない, いま父さんの所, いま父君が鹿, いま父母の懐ろ, いま父親の忌中, いま爺さんの入金, いま枝は, いま片倉と志摩, いま牛込から戸塚, いま牡鹿半島の鮎川港, いま物々しい夜景を, いま物見櫓の者, いま物音をさせた, いま犯人を揚げ, いま狂女のよう, いま狂気のよう, いま独りで謀略, いま独身でないという, いま独逸で私たち, いま独逸航空会社が純, いま猛然と突き出した神尾主膳, いまに行っ, いま獅子の舞う, いま獅子舞が堀川, いま獨身でないといふ, いま玄徳さまは帝室, いま玄徳孔明の輩, いま玉屋総一郎の邸, いま玉音の録音, いま王様のお前, いま珍談を聞きこんだ, いまのなか, いま現にこんなにも深く強い, いま現にほぼ証跡を, いま現にまだどこまで, いま現われるかと入口, いま現在俺の山登り, いま現在枝折戸の外, いま現場にむかっ, いま理由もなく, いま琥珀の杯, いまを弾, いま琵琶湖の心, いま瓦口関に兵, いま瓦町へ向かおう, いま甘えている, いまひたるぞ, いま生きた白象は, いま生き出したばかりの巴里, いま生き死にの正念場, いま生き返って幽か, いま生けるものに, いま生まれてはじめ, いま生まれたみどりご, いま生れてはじめ, いま生れたばかりの赤坊, いま生れたらしい蜻蛉が, いま生れるのです, いま生れ甦った感じである, いま生命の危険, いま生命びろいをした女でないと, いま用事をいへ, いま田園調布に本殿, いま田宅を彼ら, いま田川君が言った, いま田村町の通り, いま由っちゃん, いまと丙, いま甲冑を白い, いま甲州街道を上っ, いま甲州道中を飛ぶ, いま甲府塗師屋町の四ツ, いま甲軍の疾風, いま申された一事は, いま申してもよろしゅう, いま申しあげかねる事情が, いま申しあげましたやうに, いま申しあげられないんです, いま申しおいた頼みを, いま申したこけ猿の, いま申します通り修羅の, いま申し上げましたとおり良人が, いま申し聞かせたような, いま申し述べました情況の, いま男爵閣下がお, いま男装して, いま町じゅうがひっくり返る, いま画期的な時代, いま画面のまん中あたり, いま留置場で歌代, いまを引上げ, いま番地をおぼえ, いま畳んだように, いま疑う余地も, いまひの, いま病氣で仆, いま病身な子供たち, いま病院の裏庭, いま病院中でも二番目, いま痛みをとめ, いま痛切に抱い, いま療養所では許し, いまにさわった, いま癒さなければ母命, いま発火信号をする, いま発起に附き, いまつて, いま登りつつある, いま登り来るという武家, いま發見される鏡, いまをおいた, いま白い寢臺の, いま白む野の, いま白人種にでる, いま白刃の飛び出した, いま白旗をかかげ, いま白浜へ来, いま白皚々の雪, いま白砂青松の地, いま白髪の老人, いまの工場, いま百万円の借金, いま百五十ぴきぐらいいる, いま百人一首が始まった, いま百号のカンヴァス, いま百姓たちは長い, いま百年ごの, いま皆さまをお誘い, いま皆どこへ行つた, いま皆外へ出てる, いま皇城に還り給う, いま皺くちゃの渋紙, いまの上, いま盗まれた宝物を, いま盛っている, いま盛りである, いま食むさま, いま監禁されて, いま目のあたり見る大谷刑部, いま目刺を持っ, いま盲めつぽう, いまぐというわけにはまいりませんが待っ, いま直ちに浜松城を, いま直にと云う, いま直接に聞い, いま直義の書状, いま相州屋に寝, いま相父に会っ, いまつ暗, いま真っすぐに来る, いま真に心服なし, いま真一が離座敷, いま真剣になっ, いま真実に追いつきました, いま真相をつまびらか, いま真空だ, いま真青な麓, いま眠らなければいけない, いま眺めなおしたときその, いま着々と繊維網, いま着いたですか, いま着かえて来ます, いま着くんでしょう, いま着換えしますから, いま着物を持っ, いま着陸するロケット, いまむたさうでまだ, いま睡り薬が, いまじく, いま睨みしさまは, いまと並ん, いまを放した, いま矢代さんがいらっしゃる, いま矢倉門を出た, いま知って驚いた, いま知らされ私の, いま知らせてくれた, いま知らぬ間に, いま知りぬらん命運に, いま知ることの, いま石段から転げ落ちた, いま石獅子の写生, いま石畳を右, いま石金のおじさん, いま石黒の話, いま砂地に倒れちゃった, いま研究ちゅう, いま研究中なの, いま砕け散った波の, いま砥石のひびき, いま破牢のあった, いま破竹の勢い, いま硅酸の雲, いま確実に思ひ出す, いま確説をもっ, いま磁力砲をあやつっ, いま磨いだばかりという刃, いま磯屋の人間, いま磯屋五兵衛と名乗っ, いま磯崎の防空監視哨, いま社会主義の世の中, いま社宅の茶の間, いま社會運動の中心, いま祁山と渭水, いま祈祷が済ん, いま祐筆に認めさせ, いま祖先の地, いまから特別, いま神刑に梟, いま神前に御, いま神樂坂上の割烹, いま神童子越えの, いま祟ってきた, いま禁中のかごの鳥, いま禁裡の楽寮, いま福沢さんが後援, いま私どもの持っ, いま私らはこの, いま私一人の身勝手, いま私丸ビルまで來, いま私前を通っ, いま秋そばを播きつけ, いま秋元但馬守の練塀, いま秋川さんとあなた, いま秋森家の前, いま秋篠寺という寺, いま秋草がいつ, いま科学主義万能によっていちじるしく, いま科学性を喪失, いま秘かに奇蹟, いま秘仏としてここ, いま秘密をひとつ発見, いま秤台にかけ, いま秩序よく分散, いま移されたその椎, いま移り住んでゐる, いま移転し, いま稀音屋六四郎の細君, いま税関に居ります, いま穂高の上, いま積もってる上へ, いま積年の辛苦, いま空地で女役者, いま空威張りをし, いま空家になっ, いま空色の帆, いま空襲中なん, いまとして眼, いま突いて来た, いま突発した事件, いま窓帷を開けた, いま立ちしなの身じろぎ, いま立ちどまったところです, いま立ち塞がった二人の, いま立ち帰ったぞ留守中, いま立ち話にふけっ, いま立つ人は, いま立てかけた刀を, いま立てきったばかりの戸, いま立て直そうとする, いま立とうか苦しく, いま立合をし, いま立場の相違, いま竜宮劇場の中, いまをあらためて, いま端然と坐つて, いまでつっつい, いま竹中半兵衛がそう, いま竹垣のそ, いま竹村はしきりに, いま竹童は息の根, いまはれた, いま笑いましたね, いま笑つたでは, いま笑んだ柘榴み, いま第一線でわし, いまを擱, いま筆硯をふところ, いま筆者が参照, いま箱丁が帰っ, いま箱提灯に送られ, いま箱根路の三島口, いま節穴の向う, いま築地の異人館, いま篝火のよう, いま簡便に入手, いま籠釣瓶の鞘, いまがない, いま米国の晩香波, いま糖蜜のよう, いま糟谷くんからかいつまん, いまと云われました, いま糸子の場合, いまノ五左衛門, いま紀介様がこう, いま紅玉島金剛石砲台の上, いま紅琴に説かれた, いま紅閨にお, いま納まった庵も, いま納曾利のなげき, いまの端, いま純心修道院は幼稚園, いま紙帳の中, いま素晴しいの, いまねて, いま紫いろの海, いま紫水晶の耳かざり, いま細部の工夫, いま紹介したひとたち, いま紹介状を書い, いまのいぶき, いま終えたばかりな, いま終って最後, いま終ったところ, いま終らうとしてゐる, いま終りに臨ん, いま組立鉄骨の間, いまて来た, いま経済速力の範囲内, いま経験したばかりの, いま結合しようという, いま結婚前でありその, いま結末と云われました, いま結氷から解けた, いま結立てと見える, いま絶命する, いま絶壁の上, いま絶好な便り, いま絶対服従の地位, いま絶望の底, いま絶頂の賑い, いま經驗論における眞理, いま総がかりで捜索, いまに流, いま緑川に実演, いま締めきった障子に, いま締めたばかりの表, いま編輯長から, いま緬羊とアンゴラ, いま縁側へ腰, いま縁切りだ出て, いまを下ろし, いま縄のれんの中, いま縣會に於い, いま縣本部で印刷, いま縫いかけている, いま縫う猪之が, いま縫っている, いま繁昌の一端, いま織田家のうち, いまをさがします, いまけ全力, いま置時計が十時, いま罹っている, いま羊毛の雲, いま美濃から近江, いま美耶子さんにとってこれ以上, いま群衆のなか, いま群集はどこ, いま義助を迎え, いま義務の爲, いま義枝は二十九, いま義経だと, いま羽柴殿からご, いま翁島へ曲がっ, いま習っている, いま老体の大目附, いま老臣十兵衛がさき, いま考えあわせてみる, いま考えさせられている, いま考えたことが, いま考え事の傍, いま耳食の昔話, いま聖ミシェルの鋪道, いま聖書を取り出し, いま聖者は疾患, いま聞いてりゃ車内の, いま聞えるあの轡, いま聞かせた話を, いま聞きしに勝る, いま聞きつけて廊下, いま聞きなすった通りだ, いま聞きゃこっちの, いま聞き出してきた, いま聞こえたへたくそな, いま聞こえるらっぱは, いま聴くは市, いま職場転換だと, いまえて, いま抜いて, いまをほぐし, いま胃袋におさまった, いま背後を掠め, いま胎内に宿し, いま胎龍が三月許, いま脇坂の部屋, いま脇本門之丞, いまを, いまなくすべて, いま脱いだばかりというよう, いま脳味噌の内部, いま膃肭獣がいた, いまにのせ, いま膨大なわかちがたい, いま臆測して, いま臆病な私, いま臣道といふこと, いま臥床のうへで熱, いま臨海練魚場の巌頭, いま轉車を, いま自らすすんで, いま自ら購ひ求めて, いま自信に満ち, いま自分たち人間のはかな, いま自分らが立て, いま自分自身が波, いま自国の富強, いま自炊の生活, いま自然の法則, いま自由になった, いまは彼女, いま至急の勉強中, いまをかみ切ろう, いま舌三寸で事もなげ, いま舟底から這い出し, いま船上の大人気者, いま船室にあり, いま船長室で午前, いま艇長に話, いま芝居噺でお, いま芥川家の家ダニ, いま芭蕉の姿, いま花やかなる踊り場, いま花火のひと言, いま花瓶のなか, いま芸術を論ずる, いま芸術家の場合, いま芸魔に憑かれ, いまが出かかっ, いま芽ぐんでいる, いま芽ぶくさかりの, いま若くあること, いま若山さんところに不逞鮮人, いま若旦那から聞い, いま若松屋のこころ, いま若返りつつある, いま苦しいのは, いま苦しめられている, いま苦しんでいる, いま苦笑をもらした, いま英吉利におけるあなた方, いま英国の栽培者, いま茂太郎によって紹介, いま茂朝が傷口, いま茂林寺のある, いまをいれよう, いま茶人らしき字, いま茶席の柴折門, いま草上で生命, いま草堂で午睡, いま荒らだてて, いま荒城のよ, いま荷物を向, いまを剥いだ, いま莫大な女, いま菊池契月といふ作家, いま菊池武敏の若い, いま菩薩と声聞, いま華氏九十五度といふ日, いま菱山はヴァレリイ, いま萬朝の怒る, いま落ちぶれている, いま落ちる陽の, いま落ち着こうとしてる, いま落款を書きおわり, いま落語界で名実共, いま葉子のこと, いま葛原しげる氏の原稿, いま葬儀しつつ, いまの部屋, いま蒋介石がゐる, いま蒼き暈きる, いまを仕直した, いまやら荷置き場, いま蔵主が申しあげた, いま蔵王堂の北, いま蕭殺として流れ, いま蕭照の空腹, いまなり, いま薄い日が, いま薄れゆく九州の, いま薔薇の花びら, いま薔薇色の雲, いまのさかり, いま藤吉はこうして, いま藤枝君が申す, いま蘇生っています, いま虚空に呼吸, いまのこと, いま蛮国を討治, いまのいった, いま蛾さんが帰っ, いま蜀人のうち, いま蜀本国から運輸, いま蜂矢の書斎, いま蜂谷に説明, いま蜂退治のはなし, いまり蜿, いま蝶ちゃんの正気, いま融け行くぞかなしけれ, いま血みどろな沼, いま血戦の最中, いま血眼になっ, いま血肉をわけた, いまに慇懃, いま行かうとする, いま行けば非常, いま行こうとする, いま行つて來た方, いま行われている, いま行幸になった, いま行方不明であるとも, いま行李より出したる, いま行衛不明ですが, いま行音のま, いま街裏を逆, いま街頭にさまよっ, いま衣嚢から釘, いま衣笠久左衛門様がお, いま表わした感情は, いま表記の通りアパアト住, いま袁煕袁尚の兄弟, いま袁紹や藩中, いま袋叩きに会っ, いま装束の流行, いま裏門をあけさせませう, いま裕福な自分, いま補欠が見つからなけりゃ, いまを片手, いまでいなけれ, いま裸形を恥ぢず, いま複線工事をし, いま襤褸をづらし, いま西の丸へ怪しき, いま西崎をみせ, いま西方アカグマ国イネ州の首都オハン市, いま西洋の書, いま西洋料理屋になっ, いま西洋日新の学, いま西荻窪と言った, いま西郷副園長, いま西鉄の新人豊田, いま見あたらないが柿色, いま見えられたによってかさねて, いま見くらべて悲しみ, いま見させにやろう, いま見せつけられたような, いま見つかりゃ肋骨の, いま見はらかす耕地のは, いま見ますけ, いま見ようというの, いま見られたばかりです, いま見合せた顔を, いま見廻り中な, いま見棄てられて成る, いま見渡せば港, いま見直すとじつに, いま見着けし顔にて, いま見附の坂, いま親しくそのお, いま親分と一緒, いま親父の出し, いま親鸞の著作, いま観世音は実に, いま観念についていえ, いま観音さまへ参詣, いま覺めて思ひ出し, いま觀念についていへ, いまに, いま解いて上げる, いま解かれた鉄の, いま解きにかかった, いま解きかかっている, いま解している, いま解剖室には警察, いま解式が分かりました, いま解放が来た, いま解釈して, いま触媒の白金, いま言いますからお先, いま言ってることは, いま言つた三日の眞夜中, いま言つて来たこと, いま言われてなるほど, いま言われたことを, いま言下にシェークスピア, いま言及して, いま言葉が彼, いま訊いたら夜の, いま訊きかえしてやった, いま討ってき, いま討つべき者と, いま記代子が帰った, いま記録も統計, いま訣別して, いま訪ねて来た, いま訪問者によって傷つけられ, いま設楽ヶ原の西, いま許昌にあっ, いまに見た, いまって荊州, いま詣でた榎の, いま試みに不, いま試運転が終ろう, いま詮議中との評判, いま詰むか詰まない, いま話してるところだ, いま話し出すことだけは, いま話すこの大川通, いま話そうとする, いま話頭に上っ, いま話題に上さ, いまにしない, いま詳しいことを, いま詳述の余地, いま認識は判斷, いま誓約を捨て, いま語るをさし控えよう, いま語るべきことを, いま語れるところにては, いま説いている, いま説明するよ, いま読まないことに, いま読みあげたしごきどろぼうの, いま読み聞かせたのは, いま読み返してみる, いま読売りを, いま読売新聞に書い, いま読者諸君の何人, いま課長来て, いま調べられたばかりな, いま調べられてるんだ, いま調印交換をすました, いま調和を求むる, いま調室からかえされた, いま調書を読む, いま調査して, いま諸方の巡警, いま諸部の陣相, いま謂わば幽か, いま謙信の手, いま講談や落語, いま講釈師の先生, いま謹慎中の身, いまがありません, いま警官が二三十人, いま警部補さんのいわれた, いま議論も尽き果て, いま譲るとなる, いま讀むとユウモラス, いま谷底の石, いま豁然一笑投げ捨てた, いま財界になく, いま貫いて焦らだたせ, いま責任を以て教え, いま貯蔵の矢数, いま貰い掛けましたさかい, いま貰つた銀貨で花, いま郎の, いま貴国の強兵, いま貴様らに見せる, いま貴殿取押え方, いま買ものをする, いま買物にお出かけ, いま買立ての提灯, いま貸席となつ, いまかな街, いま彌の, いま質問を受ける, いま赤い舌を, いま赤く人轢く, いま赤壁の恥, いま赤帽はあやまちでない, いま赤色をはられ, いま赤間ガ関におとどまり, いま赫耀とした, いま赫耀燦爛たる光, いま走る幽かに, いま赴任の途, いま起きている, いま起きだしたばかりの男先生, いま起き上ろうとする, いま起こったばかりの一事件, いま起ち上つた詰襟黒服の, いま起ちたるはそも, いま起った不意の, いま起らねばならない, いま起る物の, いま起居して, いま越えて来た, いま越え来った谷村一面を, いま越して来た, いま越前に示した, いま越前守様の苦悩, いま越智に対してどなりつけた, いま足利高氏の主従一列, いま足羽川のほとり, いま踊っていた, いま踏んでいる, いま踏絵が馬道, いま蹴破られた山の端へ, いま躍動に移ろう, いま躑躅ヶ崎の石門, いま身まかると知り, いま身震いして, いま軍務の苦労, いま軍医の拒絶, いま軍艦にのっ, いま軍部の依頼, いま車台で, いま転げ込んだ鍋焼饂飩を, いま転入とか学校, いま軽々しく玄徳に, いま軽々とその良否, いま輿にのっ, いま辞して来た, いま農兵が謀叛, いま辺境に騒がせられ, いま辻中佐の頭, いま辻斬の狼藉者, いま辻町は蒼然, いま辻番から言われた, いま迄で経験した, いま迄は私が, いま迅速に彼, いま迎えにやろう, いま近々と見て, いま近いうちに, いま近畿の諸道, いま返している, いま返しまっさかい堪忍, いま返せっていったん, いま返って来た, いまぶるが, いま述べた驚くべき事実を, いま駈けて, いま追いかけたのは, いま追うて出る, いま追手がかかります, いま追跡されて, いま退出して, いま送られた素晴らしいビラ, いま送り返している, いま逃げたらまた兄さん, いま逃げだしたらきみは, いま逃げだそうとした, いま逃出したと, いま逆光に赤き, いま透明怪人がこの, いまひ出したり, いま通つて來た路, いま通りかかりに見た, いま通り過ぎて来た, いま通り過ぎたと思った, いま通知がありました, いま通称して, いま速成の勉強, いま速水輪太郎からことづかった, いま造りかけのミロク, いま造船で懸命, いま逢ってあげなけれ, いま逢紀義渠などが附随, いま連れて来, いま連れ出せば罠, いま連合軍の報道班, いま連戦連勝この勢, いま週刊誌上に書い, いま進んでわが, いま進歩党の幹事長, いま進行中なので, いま進駐軍の人夫, いま逸子が酒屋, いまれて, いま遁げようとする, いま遅れ走せに会場, いまの最中, いま遊びの最中, いま遊佐剛七郎春藤幾久馬鏡丹波がやって来, いまよくその, いま運搬をやめ, いま過ぎ去った二人の, いま過去のいつさい, いま過渡期にある, いま道中記を見, いま道化師につかまっ, いま道場の真中, いま道庵が聞く, いま道庵先生が投げた, いま道順は逆, いまかなる, いま遠い遠いところへ, いま遠からずこの世, いま遠のいてしまった, いま遠廻りの小道, いま遠望する白壁, いま遠眼鏡にうつる, いま遠藤博士と明智探偵, いま適当な家, いま遺っている, いま遺憾この上ない次第, いま遺産とおっしゃった, いま邊鄙な山奧, いま邪魔なく障礙, いま邸内へへえっ, いま部下の二人, いま部署につい, いま郷里の家人, いま都督が東南, いま都門を遠く, いま酒宴は真っ盛り, いま酔って来た, いま酔態を演じ, いま酬つて来るとともに, いま醉つたのよ, いま醒めたといつた, いま右衛が, いま重態なん, いま重慶へ飛ん, いま重油の弁, いま重臣董昭から, いま重苦しい考を, いま重要な性格, いま野毛山の安, いま野獣檻だけでも無蓋貨車, いま野良声を放った, いま金ちゃんの母親, いま金剛寺門前町に起こった, いま金剛山寺にのぼっ, いま金剛石に別れ, いま金城に住居, いま金奉行を呼び, いま金山寺屋に教えられた, いま金座の人相, いま金持ちになっ, いま金椎さんが, いま金色のやつ, いま釘つけに痺れ, いま針路は真, いま針金でぐるぐる, いまに夢中, いま鈍くもきかむ, いま鉄くずでも紙くず, いまいろに, いま鉱業停止で猛進, いま鉱物学者として世界, いま銀床に来, いま銀燭は眩い, いまの札, いま銚子を持っ, いまが停滞, いま鍬鎌を振り, いま鎮子はそれ, いま鏑籐日輪巻の強弓, いまがなりました, いま長兄は故郷, いま長安宮中に柏梁台, いま長年の人, いま長椅子を呑んだ, いま長白の嶺, いま長野市にいる, いまを潜った, いま門辺を過ぎる, いまて籠め, いま閉ぢてゐる, いま閉めたばかりのドア, いま開いてゐる, いま開けるよ, いま開け放しておいた, いま開場たの, いま開墾されて, いま開明の世運, いま関ガ原のへん, いま関ヶ原軍記を繙い, いま関守さんが出, いま関東の長, いま関東方の将士, いま閣下と私, いま閣老随一のきけ, いま閻圃の言, いま閾一すじを間, いまの女, いまなり, いま防空警報が出た, いま新を, いま阿波太夫があと, いま降った淡雪の, いま降りて来た, いま降りた人たちの, いま降りるよ降りる, いま降り出した烈しい夕立, いま降参を誓っ, いま降誕したばかりの, いま陥ち込んでいる, いま陥った奴隷の, いま陪審官になったら, いま陸地を見る, いま陸路の交通, いま陸軍から引っ張り, いま険阻な山奥, いま陽子の触感, いまのほう, いま隅田公園の一部, いま隊長はここ, いま随筆として発表, いま障子外の雨落, いま隠したので, いま隠れん坊をはじめて, いまの部屋, いま隣りの室, いま隣国の甲斐, いま隣接して, いま隧道の中, いまの唄, いま集めに行きます, いま集福寺坂を登っ, いま雌牛の悪口, いま離れる事の, いま離家へ行っ, いま離陸したばかりの, いま雨ヶ岳を本陣, いま雨戸をあけ, いま雨期のまっ, いま雨沫を浴び, いま雲間を逃れ出た, いまが第, いま雷洋丸はぐんぐん, いま雷雨のなか, いま電気をつける, いま電気局のある, いま電話局で調べさせた, いま電車が通過, いま霊感がきた, いまのなか, いまにうかびぬ, いまべか物語, いま青ガラスの模型, いま青島陥落の号外, いま青年の立っ, いま青森県の民選知事, いま青江機はまったく, いま静かなの, いま非常中国の興亡, いま非常事態が発生, いまり使人, いま音楽は止ん, いま音楽会が始まつた, いま音楽家の原信子, いま頂上の見晴らし, いま頂戴に成つて, いま頃明はあの, いま頃疎開歸りでも, いま頃私達のいた, いま頃腕を組ん, いま頃誰方でしょうもう, いま順にくださるお待ち, いま順吉の前, いま預つてある, いま頓悟を得た, いま頗る滑稽な, いま頭上でひびいた, いま頷き合った黒の, いま頼みに行かう, いま頼んだ普門院の, いまで教え, いま顕れよ天譴下りぬ, いまへた, いま風下に向かっ, いま風景は秋晩, いま風邪ひいたら一大事, いま飛びかかろうとする, いま飛びこめばもうなにもかも, いま飛びこんだ人たちが, いま飛び出したばかりです, いま飛び込むところです, いま飛込んだ窓も, いま食ってしまった, いま食べさせて上げる, いま食べないで明日, いま食べなおして胃, いま食事もすまし, いま食堂ですてき, いま食膳に向いかけ, いま飢えた虎を, いま飢えるかここ, いま飲ませてやる, いま飲みこんだ酒に, いま飲んでみる, いま養父勝家と筑前守, いま饗宴第一夜, いま香料浴を済まし, いま馬の背を征服, いま馬上で走せ, いま馬上しずかに雨ヶ岳, いま馬謖の副将, いま馬超を語らう, いま馬鹿な道化役者, いまの前, いま駅員と話, いま駅門に馬, いま駆つけた者を, いま引きを, いま駈け出すところだ, いま駈け込んで来た, いま駐在へ行, いま駕籠を呼びます, いま駕籠かきの大男, いま騒ぎだしゃえさが, いま騒ぎ立てたところで, いま驕慢で贅沢, いまの話, いま骸骨男から電話, いま骸骨紳士が歩い, いま一少年の, いま高利貸の亭主, いま高司さんからうかがいました, いま高向の部落, いま高屋市長と, いま高度六千サハラ沙漠の上空, いま高氏は不知哉丸, いま高速プロトンの爆撃, いまを作る, いま鬱勃たるもの, いま魏延の陣所, いま除けの, いまやけく綯えるもの, いまを買つた所, いま鳥渡座席にいません, いま鳩舎の上, いま鳩麦をかじった, いま鳴いておりましょう, いま鳴いてるのは, いま鳴き出でし馬追虫, いまの声, いまの噴水, いまから落ちた, いまがどこ, いま鷺町物産会社の技師長, いま麻布に十番, いま麻布笄町のもと, いま麻生津という里, いま黄いろく熟し出して, いま黄口の小児, いま黄昏の部屋, いま黄権の諫め, いま黄祖を討つ, いま黄色い声で, いま黄表紙に仕立てた, いま黄金なす向日葵, いま黄金豹がここ, いまと赤, いま黒い煙を, いま黒犬が走り去った, いま黒繻子のカーテン, いま黒衣隊が一卒, いま點けたばかりのラムプ, いま鼻寺を出た, いま鼻風邪をひい, いま龍太郎が斬りつけた, いまSTOPの字版