青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いふ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いと~ ~いない いない~ ~いなかった いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~ いひ~ ~いふ
いふ~
~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~ ~いません いまだ~

「いふ~」 31350, 339ppm, 289位

▼ いふこと~ (5714, 18.2%)

234 である 139 になる 91 であつ 8275 です 66 になつ 60 だつた 35 がある, はない 34 を私 31 にし 29 になつて, を 28 であります, を云 27 だが, では, になり, を知つて 26 があつ 25 でした 23 になります, はその 22 は, を言 21 で, なの, を言つて 20 が出, もある 19 がわかつた, なしに, を考へ, を考へる, を聞い 18 は私 1716 はこの, を考へた 15 なん 14 が云, はこれ 13 であ, であらう, ですが, は誰, を知 12 ができる, がない, をお, をし 11 がわかる, であるが, になりました, に就い, に氣, はそれ, をする, をよく, を聞いた 10 かといふ, がよく, が分つた, が私, もない, もなかつた, を書い

9 [12件] がわかつ, が書い, でも, に就, は今, は何, は決して, もなく, をきい, を僕, を彼, を話した

8 [11件] ですね, ですよ, になれ, はある, は不可能, は出, をこ, を云つて, を信じ, を忘れ, を知らない

7 [21件] が, があ, がなかつた, がわかり, が分る, が大切, が歸結, だけで, だらう, でありました, にある, にした, に気がついた, はよく, はわれわれ, は人間, は自分, は言, をいつ, をはつきり, を誰

6 [15件] がこの, が彼, によつて, のため, はどう, は云, は今日, は想像, は絶対, も出, をいふ, をやつ, を今, を知る, を証明

5 [35件] かと云, からし, から私, がその, ができよう, がどうも, がわかりました, が問題, が非常, さ, そのこと, でなければ, になった, になつたの, になるでせう, のない, はあるまい, はもう, はよほど, は一つ, は全く, は容易, は彼, は必ずしも, は歸結, は確か, は非常, も考へられる, をきかない, を意味, を教, を書いた, を聞く, を語る, を説明

4 [44件] があらう, が今日, が何, が出来ない, が出来る, が可能, が度々, が既にもう, が言, が起る, だつたが, だと, だな, でしたが, ならば, にする, になつた, に對, に成つた, の意味, はいつたい, はつまり, はなかつた, はなく, はやはり, は出来ない, は即ち, は実に, は日本, は明らか, は極めて, は考へ, をもつ, を少し, を彼女, を思ひ, を承知, を注意, を深く, を理解, を示す, を聽, を自分, を認める

3 [111件] か, かと申します, がありました, があります, がいへる, がこれ, ができない, ができるだらう, ができるであらう, がなく, がはつきり, がより, がら, がわからない, が一度, が人々, が全然, が出来なかつた, が実に, が必要, が想像, が既に, が男, が知れる, が自分, が行, だし, だつたので, だね, であるか, であるから, でこの, でこれ, ですか, でせう, でその, と, にしたら, にしませう, になつたん, になるだらう, にはならない, に一決, に依, に彼, に決定, に私, に非常, のあつ, のうち, の中, の出来る, の外, の方, はあり得ない, はさ, はすぐ, はた, はただ, はなかなか, はなるほど, はなんと, はわたし, は一応, は不思議, は事実, は人, は僕, は元, は凡, は前, は大, は如何, は実際, は少し, は恐らく, は我々, は所詮, は普通, は聞い, は頗る, もあつ, もあらう, もこれ, も亦, も私, も言, よりも何, をきいた, をこれ, をすぐ, をはじめて, をまだ, をやる, を前提, を忘れる, を指摘, を書く, を申しました, を申す, を痛切, を發見, を知つたの, を知らなかつた, を知り, を繰返し, を耳, を聞かされ, を記憶, を證明, を述べ

2 [322件] かと申しまする, からこの, からだから, から蜜蝋, があなた, があまりに, がいかにも, がいちばん気, がいつも, がうそ, がきつ, がございます, がそこ, がそんなに, がとかく, がとても, がなけれ, がまた, がやはり, が一方, が一見, が不可能, が主, が今, が何だか, が何より, が余り, が僕, が出来ぬ, が出来ます, が分かつた, が分らない, が判る, が大, が妙, が察せられ, が察せられた, が常に, が強く, が後で, が心, が時々, が最も, が有, が有る, が極めて, が正しい, が殆, が段々, が渠等, が現在, が生れつき大嫌ひな人間, が目的, が結果, が考へられます, が考へられる, が訣, が許されるなら, が起つ, が起つた, が起りました, が間違つて, が頭, だから, だけだ, だけだつた, だけは訣, だけわかりました, だけを考へ, だよ, だらうと, でありそれ, でありまして, でありますが, であるかと, であるかを, であると, であれば, でいろ, でしたから, で一切, で人民, で日本, で私, とは違, と同じ, などを語, なので, なりき, なんかちつ, にかけては融通無碍, にきめた, についてそれ, について今, について考へ, につきもの, にでもなれ, になりませう, には, にはじまつ, にはならぬ, には全く, には気がつかなかつた, にもなる, にや, によるの, に依つ, に反対, に外, に存する, に彼女, に心, に極めた, に歸著, に気, に気がつい, に気がつかない, に気が付いた, に気づい, に注意, に聊か, に落ちついた, に過ぎない, に違, のやう, の不安, の出来ない, の必要, はあまり, はあり得る, はあるだらう, はいき, はしない, はすべて, はそこ, はそれだけ, はそんな, はそんなに, はたしかに, はたと, はできない, はどうしても, はどうも, はどこ, はどんなに, はひとつ, はま, はまさに, はまつたく, はまるで, はむしろ, はめつたに, はもちろん, はもつ, はもの, はわかつた, はわし, はわれ, は一々, は一切, は一度, は丁, は予, は人生, は今や, は何と, は凡そ, は到底, は勿論, は単に, は危険, は友達, は同時に, は君, は單, は外, は多く, は夢, は夢にも, は子供, は実は, は已に, は常人, は必要, は意味, は明, は時に, は時代, は殆ど, は無い, は無論, は物, は特に, は珍, は現実, は甚だ, は生活, は當時, は疑, は相談, は眞, は知つて, は確, は納得, は考へた, は聽, は自, は興味, は苦痛, は間違, は難, は餘程, ばかりは忘れず, ばかりを問題, もありうる, もあります, もありません, もあるだらう, もい, もその, もできる, もないだらう, もまた, も一つ, も出来ない, も左, も彼, も忘れ, も忘れました, も時には, も有る, も決して, も無い, も無く, も珍しく, も當時, も真理, も知つて, も聞いた, も聞きません, も解, よりも, よりもその, よりも寧ろ, らしい, をいたく, をいつた, をいはれた, をうた, をきかず, をきかなかつた, をされ, をしきりに, をした, をしない, をしなかつた, をしなけれ, をちつ, をちやん, をつい, をつけ加, をどうしても, をはつきり云, をみんな, をむき, をやめ, をわたくし, をわれわれ, を今更, を何, を切りだした, を初めて, を前, を口, を告げ, を問題, を好く, を嫌, を官長, を常々, を御, を御存じ, を心, を忘れた, を思ひつく, を思ひ出し, を思ひ出した, を思ふ, を想像, を意識, を感じた, を新聞, を斷, を明らか, を最も, を望む, を期待, を標準, を母, を気, を無視, を痛感, を発見, を目的, を知つた, を知らず, を知りました, を研究, を考, を考へなけれ, を考へまし, を考へました, を許し, を話し, を誌, を語つて, を語りたい, を調べる, を論じ, を述べた, を附け, 及びこれ

1 [2118件 抜粋] あた, ありと, いつて, お信さん, から, からで, から前代, から考へる, かわかつて, か歴史, があまり, があり得る, がいく, がいへます, がおます, がここ, がさう, がすらすら, がそれだけ, がだんだん, がどんなに, がなぜ, がなんとなく, がはつきり云, がやれる, がわたくし, がサンヂカリスト, が一, が一朝一夕, が一番肝心, が不思議, が二度三度, が伝へ, が傳, が児童精神発育, が凡そ, が分つ, が初めて, が判つて一月, が前, が又, が商売気, が国民, が堪らなく, が多い, が大好き, が好きぢやつ, が嫌, が寧ろ, が屡々, が幼い, が彼等, が微塵, が惜しい, が感ぜられ, が文化, が斷, が明らか, が書かれ, が有り得よう, が本質的, が楽しい, が水落ち, が沢山, が滑稽, が無い, が特別, が現, が皆, が知られ, が禪, が第, が絶対条件, が考へられるであらう, が肝腎, が苦手, が解, が解る, が誰, が近代劇, が邪念, が隨つて來, が馬鹿, こそ風俗作家, さう, しか分らない, すら意識, そして当人, その場合, だえ, だけあなた, だけが根本的, だけぢ, だけでもある, だけで安心, だけで若い, だけは宣長翁, だけは言, だけを大いに, だけ役者根性, だつたん, だといふ, だ仕度物, だ甚だ, であり, であるに, である又, でうめて, でご, でございますので, でしたツ, ですぐ, ですわたし, ででも, でどうしても, でなん, で一, で一治一亂, で他人, で十分, で変, で宇佐美左内, で少し, で彼, で惡, で支那人, で晝過ぎ, で止むを, で泥棒, で町, で結局, で自己破壊, で銘々, ところがお, とてもない, とは全く, とは往々, と共に深く, と桃谷鬼一郎, と盜むといふこととの間, と考へる, ないが, なく實, などあり, などきいてる, などは一向, などもその, などをも話した, など私, なら何ん, なら諾, なんかない, なんて, にかけては密か, にくよくよ, にそむい, については考, について一言, について国民一般, にでも反対, になつて先づグループ, になられ, になるだ, にはそんな, には兎角, には気づかず, には立ち入らない, にまた, にもすべて, にも成つたの, にも限り, による説明, に不, に互, に何やら, に出あ, に喙, に大変, に定め, に対して今日非常, に対つて, に心づかね, に意見, に拘, に於い, に気がつかず, に気が付きました, に決した, に甚だ, に相違, に自信, に苦心慘憺, に観る, に誇り, に遁げ, に関連, のいかに, のほかなん, のみに止まつたら, の不倫, の内容, の前, の好き, の役割, の明, の派生, の研究, の習慣, の認識, の面白, はあらゆる, はあゝ, はいちばん, はいふ, はうち, はおもしろい, はかう, はこいつ, はさすが, はしよう, はその間, はたび, はちやん, はできんです, はどれ, はなし, はなん, ははつきり云, はほ, はまあ, はまつたく生じ得ない, はもはや, はやや, はわからない, はわれわれ日本人, はインテリ, はトリビヤリズム, はポン公, は一切抜き, は一年, は一生, は一般, は三傳, は不幸, は並, は丸切り, は事柄, は人間社会, は他人, は何となく, は余程, は俗衆, は健全, は先づ, は八五郎, は其, は出来ぬ, は分らせん, は分ります, は別に, は千恵, は原書, は古い, は君自身, は味方, は困難, は地球, は多分, は大変, は奇異, は如何にも, は子供自身, は実力, は實際, は小生, は已に屡, は平気, は当の, は後れ勝ち, は從つて, は心細く, は快い, は恰, は愛される, は懷疑, は手數の, は換言, は斯, は既に, は日本紀, は明瞭, は最近, は有難い, は根本的, は樂, は正宗さん, は此方, は殆ど想像, は気, は注目, は無, は無言, は現今, は生きる, は異論, は皆藥, は相互, は知らないです, は確實, は社會生活, は福田氏, は稀有, は簡単明瞭, は終, は結論づけられる, は義理, は考へられない, は聞えぬ, は自慢, は至つて, は船出, は苦手, は著者, は解る, は言葉そのもの, は詩境以外, は認める, は諸君, は起つ, は迚, は過程的, は重要, は間々, は青年, は頭, は飼育, は餘程考, は駈け, ばかりに気, また未だ, までは却, まで取決め, まで略, も, もあるです, もう一つ, もしえなかつた, もそれ自身, もできなく, もはや殆, もやれる思ひ, も一応, も二つ, も出来ぬ, も口惜しい, も女性, も御存じ, も忘れる, も慌て, も明らか, も樂, も源泉, も物, も知りました, も考へ, も考へなさい, も考へられませう, も船醉, も解つて, も話し, やが, や姉, よ, よりほか, よりももつ, よりも信ちやん, よりも私たち, より他, わけても海外旅行, をあの, をいつも, をいふ者, をうち, をかなしい, をけぬ, をこの間, をしでかす, をしませんでした, をすれ, をその, をそんな, をつひ, をはきち, をはつきり知つて, をはなばなしく, をば大変, をひとりでに, をほん, をもつく, をも知つて, をやらかし, をハッタリ, を一わたり, を一般的, を三宅軍兵衞, を主, を二度三度言つて, を云つてやつ, を今に, を他人, を以て精神, を伺つて, を作品, を信用, を全然, を内海達郎, を努力, を勧める, を去年, を口癖, を否認, を告, を困, を夢にも, を好まないせゐだらう, を嬉し, を察しるだらう, を小池, を屡々, を庄吉, を強調, を御存知, を心配, を忘れとる, を怖, を思ひ浮べる, を息, を感じさせ, を感じつ, を成, を房一, を打明けよう, を指す, を敢, を既に, を日本橋倶楽部, を明瞭, を普天間権現, を書物, を本質的, を栗田博士, を森野, を正式, を此頃, を気付く, を漏れ聞い, を物語つて, を理論的, を申出した, を白状, を眞面目, を知つた重吉, を知らざる, を知らね, を知りません, を示した, を第, を素直, を続け, を義雄, を考へれ, を聞き, を聴く, を自慢, を菅公, を行きずり, を見せかけたら, を見抜い, を覚えず, を覺, を言っ, を訊い, を許すなら, を試み, を誇りうる, を語り, を読者, を論断, を讀者, を質問, を通詞, を避けね, を銘記, を隣人, を順吉, を首肯, 信ぜられずすること皆人, 即万葉集, 感じられる世界, 程無謀

▼ いふ~ (2795, 8.9%)

286 である 150 では 12390 です 6653 がある 4128 だから 26 であるが 25 だらう 22 でした 21 があつ, だが 20 であります 18 でも 16 だつた, は何 15 が私 14 はその 13 はどう 11 がこの 10 がそれ, が彼, であるから, を聞い 9 かい, がその, だと, ですから, はこの, はこれ 8 があり, だらうか, は容易, は私 7 でありました 6 かね, があります, がお, が普通, はさ, は嘘, は少し 5 かえ, が, さ, ですよ, はそれ, は面白い, もある, を聞く 4 だな, ぢや, ですか, と同じ, ならば, はあれ, はつまり, はどうも, は無理, を見

3 [41件] かしら, がこれ, がまた, が一つ, が一人, が今, が例, が彼等, が第, が聞えた, が聞える, であった, でありますから, であれば, ですが, はあなた, はお, はかう, はそんな, はどこ, はどんな, はほん, はまことに, はよく, は之, は人, は僕, は嬉しい, は尤も, は彼, は必ずしも, は極めて, は誰, は變ぢ, もその, も嘘, も決して, らしい, を書い, を書いた, を無理

2 [105件] かこの, かしらあなた, か水, がいつも, がつまり, が何となく, が僕, が先, が其, が出た, が家康, が常, が我輩, が既に, が本来, が此, が當時, が癖, が評判, が變, が面白く, だけれど, だといふ, だもの, だらうと, でありまして, であるか, であると, でございませうか, ですね, でもなかつた, と, と同様, と違つて, になる, に安心, はあまり, はあまりに, はいかにも, はおそらく, はお玉, はこれから, はそこ, はそんなに, はどんなに, はもう, はをかしい, は一, は一つ, は一寸, は今, は他, は元来, は其処, は単に, は即ち, は反物, は古く, は單, は困つた, は多く, は多分, は天上, は女, は如何, は子供, は実は, は我々, は手, は昔, は有名, は本, は此場合, は此日早天, は決して, は渠, は無茶, は當然, は破格, は腑, は自分, は要するに, は進歩, は間違, も不思議, も何, も偶然, も変, も怖, も温泉, も無理, も知れてる, も私, をきい, を君, を振り, を本, を聞いた, を見る, を読んだ, を讀んだ, を遣, 上に, 中に, 要ある

1 [1132件 抜粋] ある柿, いやだ, かお, かこちら, かさ, かそいつ, かそれとも, かといへ, かと思, かと自分, かなぞ, かねえあんな, かね重, かもしれない, かも知れません, かわたし, かハツハツハツ, か何ひとつ, か平次, か弟子, か承知, か物, か知ら, か罰, か近く, があるだらう, がいくつ, がいま, がおかしく, がきこえ, がこ, がすこし, がせいぜい, がそも, がです, がどうして, がない, がはっきり, がふしぎ, がほ, がぼく, がまるで, がや, がよい, がわし, がゐる, がをります, がコポオ, がフォイエルバッハ, が一, が一代, が一段と, が一番効き目, が七百人, が三冊, が三百二十一, が不良青年, が世間, が中, が事實, が二つ, が云, が亡命時代, が代々, が会, が何樣, が余り, が信用, が其昔, が内, が処女作, が出る, が前, が創造, が即ち, が原則, が口くせ, が古い, が向う, が吾人, が基, が墨説, が大, が女史, が婿, が嫌ひな, が実は, が小, が少く, が居つ, が常住的, が平民時代, が底意, が心理學, が怖, が愉快ぢ, が我田引水, が所謂, が掛値, が政治的結婚, が新しい, が日本人, が春, が最も, が本名, が本意, が来, が来り, が歌劇, が正直, が気, が沈惟敬, が法家, が溌剌, が無理, が特に, が理想, が百合子さん, が目立つ, が直, が私ども一般, が私達, が第一歩, が結末, が老人, が耳, が自然, が表, が見える, が話, が近代, が道教, が銀之助, が長く, が関連, が頭立つた, が類型學者, が馬鹿殿樣つて, さ挨拶, だからと, だがね, だこっち, ださうである, だし, だつたさうだ, だとかで, だね, だよ, だらうが, だ何, だ晴, だ順吉, つぴき, でありますが, であり木村嘉平, であるいはば, であるこれ, であるノンキ, である果して, である監督, でございませう, ですな, でない, でなくどの, でなくよく, でなく物, でなく自己, で御座いませう, といつ, とおなじく, とで有年, とは事情, とは語気, とわき, と二説, と句, と均しく, と小作り, と略, と變つて, ならさて, ならよろしい, なら一郎, なら哲學辭典, なら道理, なら頭, にしてやらう, につ, にのせ, にはどうしても, には云, には市, には魔, にふだん着, にみ, にも枯葉, にロロ, に五十五六, に何, に入, に加はつ, に大きな, に家, に少し, に引算, に応, に慰められた, に比べる, に浴衣, に温かい, に灯り, に異議, に第, に緋チリメン, に角狂, に過ぎぬ, に重たい, に阿, に驚い, はあ, はあつし, はあり, はいつ, はいつも, はいや, はおい, はかういふ, はかくして, はきつ, はぐで, はこちら, はこれから段々, はごく, はそれつきりか, はたいてい, はただ, はつまりかういふ, はどうか, はどない, はどれ, はなにか, はなんていふ, はへん, はほんとう, はま, はまだしも, はまつたく, はまるで, はみんなムジナ, はやつぱり嘘, はやめ, はよかっ, はわかい, はゐない, はイワン, はダメ, はテン, はニセモノ, はメッタ, は一円合点, は一心盡忠, は一昔, は一般的, は万代不易, は世間, は中傷, は乾かし, は云, は亡くなつた, は人生, は人間, は今日, は仔細, は以前, は何だか, は何もの, は何時頃, は余, は俗説, は値段, は偏, は僞金, は僭越, は先刻, は全体見習士官, は八月, は其間, は出まかせらし, は分つ, は別, は勘定好き, は勿論, は十中, は半, は半可通, は博士, は厄介, は原稿紙, は反, は可笑しい, は同じ, は否, は唯, は四十年配, は国, は坂, は変, は大した, は大和, は大宅氏, は大阪, は夫婦連れ, は奈良平安, は媛, は子, は宇宙觀, は実際, は實, は小, は少い, は島, は平凡主義, は年, は庄太夫十九歳以前, は当然, は後に, は後日, は従来, は必ず, は思當ら, は恐らく, は惜しい, は愚説, は感じがい, は戲諢談, は手間, は摺れつ枯らし, は散る, は文學, は新, は日, は日本特有, は曲名, は朝, は村長, は東京, は根本的, は椿子それ自身, は樗牛, は次, は止せ, は此行事, は歴史, は殆ど此等, は永井荷風, は湿性, は滝野, は火ぐち, は無法, は煙草代, は物好き, は特別, は猫背, は甚だ, は生, は生身, は田舍者, は男, は當時新た, は目, は矢張り馬鹿さ, は知らぬ, は研究家, は社会的錯覚, は神座, は私自身, は端倪, は紀子さん, は純然, は綺麗, は罪, は習慣, は聞き馴れない跳ねる, は聯合黨領袖株, は能芸, は自明, は色々, は苫舟, は落第生, は見当らない, は言っ, は評判, は誠に, は變, は貧乏人, は貸借行為, は赤彦君, は造作, は遣すで, は酒, は長い, は阿呆, は非人, は頻, は飾り, は馬鹿氣, は鬼, は黄山谷, ほんとにさうな, もあなた, もあります, もお, もこの, もそれ, もひか, もやはり, もわりに, もゐた, もをかしい, も一つ, も一種, も事實相違, も人々, も今後, も仲間たち, も何となく, も其, も内容, も又, も古書, も向, も好き, も少し, も彼, も必ずしも, も戰前天皇賞レース, も支那風模倣, も新, も歌ふん, も片手落, も現身, も皆, も知らない, も羞, も話, も調和, も難, も領す, やの外, らしかつ, をい, をお, をし, をふり, をも押し, をやつ, をやり出した, をオガ平, をテスト, を一つ女, を二枚, を伊太利語, を低い, を作者, を冒頭, を創刊, を半, を卑下, を容易く, を山形, を平次, を引張り出し, を彫らせ, を御覧, を愛讀, を拵, を斷つて公學校, を束, を浴びせられ, を父, を知つて, を知り切つ, を練習, を耳, を聞いてる, を聞き馴れ, を自分, を表装, を見た, を設け, を読み出した, を譯者, を讀む, を買つて, を迎, を錢形平次, を食った, 中から, 人間の, 空語たるは

▼ いふもの~ (1520, 4.8%)

5541 がある 23 だと 19 では 18 である 16 があつ 1510 であらう 9 が出 8 か私, です 7 あり, だか 6 があります, がない, はない

5 [12件] かこの, かといふ, があれ, さ, であるか, なの, は, はある, はその, もあつ, もある, をかう

4 [13件] あれども, だから, だらう, であ, であつ, であるの, でなければ, でも, になる, はこの, はどんな, は全く, を持つ

3 [35件] かお, かさ, かといふこと, かと云, か此時, がこの, がその, がなけれ, が多い, が日本, だといふ, ぢや, であるかを, ですか, ですよ, でせう, で有らう, にし, はありません, はさ, はそれ, はどこ, は一人, は人間, は恐らく, は日本, もなく, を, をみる, をもつ, を作つた, を創り出す, を書いた, を書く, を見る

2 [72件] あるのみ, ある可, かあの, かその, かそれ, かどうして, かな, かね, かよく, か人, が, があり, がいかに, がなかつた, が今日, が到る, が多く, が有る, が段々, が生れ, が生れる, が絶えない, だつた, だらうか, でありまして, ですかね, と, との間, と同じ, なので, にこ, に對, に非常, のなか, の元祖, の存在, の影, はそれ自身, はどう, はなく, は何, は女, は子供, は存在, は少し, は微塵, は有りませんで御座んした, は理由, は甚だ, は私, は絶対, は自分, は降, への同感, をその, をつい, を拵, を書い, を求め, を無理, を発見, を知つて, を知らない, を私, を立てる, を組織, を考へ, を考へる, を見, を観, を読む, 以外に

1 [905件 抜粋] ありければ, あるは, おくれや, かあいつ, かいきなり, かいや, かぐつと世間, かしらと思はれる, かずつと以前, かそして, かてんで, かとか君, かと思ふ, かと諦める, かどちら, かなど, かま, からす, からシルレル, から入り, から制約, から成り立つ, から自分, から解き放たれた, かわれわれ, かギョッ, か不, か今泉, か何, か何とか, か全く, か利根子, か千枝子, か右大臣さま, か夏, か大体, か宇野さん, か実に, か小笠原, か微か, か心, か息, か愈々, か房一, か持つ, か擽つたい, か新聞記者, か桂木, か氏, か父, か特に, か睡, か知らん, か突然, か素直, か菊五郎, か裸体, か誰, か身體, か道夫, か黒岩万五, があ, がありまし, がありません, があるべき, がいづれ, がいま, がこの世, がしつかりでき, がだ, がとり入られなけれ, がどうして, がどれ, がどんな, がなく, がひよつこり, がまだ, がみられる, がわからなけれ, がゐ, がピカデリー, が二人, が亡び, が今や歴然と, が他, が伺ひました, が何処, が作品, が備え付けられ, が僕, が全, が出来, が初めて, が別に, が動い, が却, が含まれる, が問題, が回つて, が在るべき, が外形的, が大切, が如何に, が嫌, が存在, が少し, が平和, が彼, が後日, が必要, が感ぜられる, が我が, が捌けやせん, が掛け, が描かれ, が文化団体, が既に, が映画芸術, が書きたい, が最も, が本当に, が正義権利, が民衆, が汽車, が海, が演劇鑑賞上, が片隅, が現在, が生じ, が生存競争, が發見, が盛大, が真に, が矢張り自己, が結局, が美人, が能狂言, が芸術的作品, が評判, が起つ, が跋扈, が通用, が選手, が際限, が非常, が飛びこん, こそい, しか書けぬ, ぞ犢牛, だけがあなた, だけが持つ, ださうですが, だつたやう, だつて, だとして, だなど, だね, だらうがな, だスケベイオヤヂ, だ見れば, であるかなどといふ, であるから, であるにも, でげせう, でございませうか, ですから, ですね, でないといふ, でなけりや, での方, でエスペラント, で僕ら, で全, で幕, で東桂さん, としてはもう, とすれ, とそれから, とはおよそ, とは十分戦つて, とは根柢的, と今, と佐太郎, と手, と縁遠く, なきは, ならそれ, ならない方, なら書けさ, にいつか, にたと, について一言, について漫想, について考へ, になつた, になり, には實際碌, には或, には気, には縁, にふさ, にもよく, にも馴れる, にやまだ, にウツ, に人気, に作者自身, に元々, に全然, に冷静, に囚, に好奇, に対してもつ, に対して戦々兢々, に対して最も, に対して示さう, に対する世間一般, に対する当事者, に対する生々しい, に対する考へ, に引つ張られ, に戦き, に施し, に曾, に束縛, に比べる, に渡つて, に現, に甘やかされる, に疑ひ, に私, に解決, に関心, に限定, のある, のこの, のすれ動く, の一つ, の上, の伸びる, の価値, の内容, の前, の厳粛さ, の如く, の孤独, の実は, の探求, の日本的性質, の極限, の正体, の気持, の海老, の現, の由来, の精神, の総, の蒼ざめた, の運動, の離散, はいい加減, はいかん, はいつの誰, はうれしくなつかしい, はおそらく, はお客, はかういふ, はこれ, はじめて見た, はそもそも, はそれ自身不自然さ, はとても, はど, はどれ, はなに, はほか, はまことによく, はまだ, はむしろ, はもっと, はやつぱり夏爐冬扇, はよ, はわかつ, はイザ, はパチンコ, は一體何所, は人, は今日世界精神, は何一つ, は余り, は俳優, は偶然, は僕ら, は先廻り, は出, は別, は劉向, は勇悍, は勝手, は単に, は受けるだらう, は各々, は含蓄, は唯, は單, は夢にも, は大して, は大体, は大切, は大概指手, は天性これ教育者, は妙, は宇宙, は家族間, は家老, は寂し, は寿命, は屁, は居る, は山, は平凡, は当然, は役に立たぬ, は彼女等, は得, は復活, は必ず, は忘れつ, は息子, は想像, は或は, は教科書, は文芸上, は明治初年, は映画, は普段, は書いた, は根強く, は欲しく, は死ぬ, は殆ど, は消極的, は清潔, は無, は無駄口, は独逸製以外, は現地, は理論, は盲目的, は眞作家, は社會, は素材, は肚, は至極, は苦手, は言, は言葉, は誰, は賢い, は越王, は通常, は遂に, は閑暇, は隨分, は頗る, は鼻, ばかりだつた, ばかり読む, ほんとに人生, も, もありました, もうまい, もございます, もどしどし, もイヤ, も依然, も大いに, も女性, も感じられる, も混つて, も生じる, も皆杜九如, も眼, も箱, も蓋し, やら番小屋, よりももつ, よりも彼, よりも所謂贔屓役者, より他心, をあと, をいふ, をおかき, をおき, をくり, をさ, をしか見, をしたく無くなつ, をしつ, をたくさん作つて人々, をちつ, をはじめて, をば力, をほんとに, をみ, をもう一度, をやはり, をやる, をゆ, をトリ, を一つ, を与, を五つ, を仏訳, を他, を何處, を作り出し, を使っ, を借りる, を傍ら, を充分, を公然, を内, を凡人, を出した, を卒業, を取出し, を含め, を嗅ぎわけ, を嗤つて, を基礎, を大事, を失つて終, を始め, を家庭, を尊重, を幻, を彼等, を恋し, を想像, を意味, を愛し, を戰, を担, を持ち出した, を持ち合せない, を挟む, を捜し, を採, を掴める, を描かう, を搜, を教, を文章, を是非とも, を更め, を書いたら, を書かせる, を書くん, を有, を本当に, を根本, を楽浪, を母, を渡し, を甘く, を生かす, を發見, を目, を相当信用, を知, を知らなけれ, を知らぬ驚くべき, を穿く, を經, を考へさせる, を考へない, を臧むるには倉庫, を自由, を裏切り, を見た, を見つける, を見附けた, を訓練, を訳す, を買, を軽々と, を軽蔑, を逆, を通じた, を金, を集め得る, を黙, 其の一, 嗚呼何, 斯くあるべき, 決して愉快, 知つてゐる, 色々と, 詳しくいふ

▼ いふ~ (1414, 4.5%)

27 それは 18 私は 14 雖も 12 これは 10 さう 9 彼は 7 何か 6 さうで, た 5 ほりに, 主人の, 私が 4 さうでは, 今の, 僕は, 日本の

3 [17件] すぐに, それが, どういふ, 人は, 人間の, 今度は, 例の, 夢中に, 必ずしもさうで, 決してさうで, 盆が, 私の, 第一, 自分の, 語弊が, 赤彦君は, 非常に

2 [66件] いつでも, いふこと, いふの, おすゑ, お前の, かうな, こ, これからの, これには, これも, そこに, それぢや, それには, それを, そんな津村君, なく, なんでも, ほり, ほりを, ハイと, モウ自分の, 丁度昨日, 不思議に, 主人は, 人間が, 人間といふ, 今までの, 他人の, 仲間の, 何から, 何の, 何んだ, 僕が, 先生は, 医者は, 吉兵衛は, 否といふ, 單に, 大層な, 大抵の, 女は, 奴の, 少々物々しい, 少しも, 岡田は, 我々は, 或る, 承知しない, 新太郎ちやんは, 日本人の, 昔は, 此は, 氏は, 石や, 私ばかりを, 精, 聞えが, 自分が, 自分も, 芥川は, 蓼太に, 阿母アはん, 須磨子の, 顔が, 顔を, 馬鹿に

1 [1091件 抜粋] ああ杉村さん, あだつ, あとの, あの世で, あの弟, あの池田め, あまりに時間的, ありまして, ある, いかにもありふれた, いかにも本屋, いくら貴方, いつもそれ, いつも少年, いふ, いやさ, いろいろと, うしろに, おくれ勝ち, おぼえて, お前が, お前に, お嫁, お孃さん, お師匠樣, お母さんと, お禮一つ, お葉, お高婆さん, かういふ風, かめよも, ことばが, このまつ, この三つ, この位, この峻烈, この犯人, この間から, これだ, これまた, これまでは, こんなにも古ぼけ, さうでない, さすがに, ざつと今の, すぐ, すぐみんな, すぐ四疊半, すぐ抱いた, すさまじく聞こえる, すでに今日一部, するならば, すツ, そのお嬢さん, その人, その友人, その婆さん, その後女が, その時, その次に, その神学校, その複雑さ, その門弟, その頃, その顔, それだけ, それではまたといつて帰つて, それでは承知, そればかりを, そんなこと, そんなもの, たいへんいい, だいぶ八釜, だんだんそれ, ちよつと, つまりこれ, てんから嘘, とりわけ誤解, どうしても俗, どうしても農産物, どうも僕, どこへ, どの位, どんなこと, どんな匂ひだ, どんな正直, どんな雜誌, なく言, なしに, なにが, ならば子, なんだ, なア, ぬひかけの, のすよ, はやおも, ひとは, ふとん, ほと, ほりさまざまな, ほりなんと, ほり縱横, まだまだ十分, まつたく體, まるで相手, みんなは, みんな大急ぎに, もうそんな, もう役に立つ, もう次, もちろん棟梁, もと, やつと, やはり前, やはり權力, やはり能, わたくし自己です, わらふかも, われわれをも, エデイソンは, カアネギイは, カアペンタア言霊の, サブスタンスの, ショファは, スルスルウと, チョン髷頭や, チヨコチヨコと, ツイそこに, ツル子が, バサウリュークは, ヒヨロ, フアブル先生済ました, フェリックスは, ベルンストロフ伯の, ボールを, ミケエロ・アンヂエロ風な, 一つだけ, 一も, 一体俳優, 一字でも, 一寸見は, 一度呪言, 一方には, 一本の, 一概に嫌, 一番いちじるしい, 一般の, 一錢づつであつた, 丁度今頃, 丁度法事, 三十歳から, 上中里か, 下町好みの, 不思議な, 世にも嬉し, 世界ぢう, 世間は, 丹泉は, 主語表象と, 亀は, 二十から, 五十兩, 交通が, 人の, 人一倍はずんだ, 人形師東洲齋の, 人格の, 人生に, 今ごろは, 今まで, 今日だ, 今日までの, 今案内, 他の, 仰ぐもの, 休養に, 伯父さんと, 似ないといふ, 何だかあなた, 何だか子供, 何だか洒落れ, 何でも, 何となく薄暗く, 何処でも, 何十万年後でありませう, 何物を, 余は, 作れり, 作者も, 俄商人がぞ, 俳優達は, 俺が, 側で, 僅に, 僕には, 僕をが, 優しく聞える, 元來日記, 先づわれわれは今日まで, 先づ契沖阿闍梨を, 先づ洲崎あたりだらう, 先生が, 兎も, 全く一種, 全く今, 全然無, 八五郎は, 六助が, 其の項目, 其処には, 其時分幕府の, 其間に, 冒頭つ, 凡そ二万, 出おつくうがる性, 出たさ, 到来物の, 前にも, 劉向劉, 勇ましき水兵, 勝手が, 勿論冬, 北欧殊に, 十萬億土などといふ, 千四百四十五年で, 単にや, 却つて改つた気にな, 卵屋は, 参学せず, 友と, 反撥的に, 古い言草, 古くさいと, 吉兵衛氏は, 同じく道, 同伴は, 同時に二人, 同義語が, 名目は, 向ふ, 哲學的に, 唯おま, 唯先生, 問ふ, 喜んで, 四足で, 国民学校の, 地元の, 夏の, 外國の, 多くは, 多勢らしく, 夜明けの, 大いに語弊, 大きく聞える, 大久保氏は, 大倭の, 大分遠方である, 大変恐れられ, 大根河岸の, 大衆に, 大部分, 天の, 失礼ながら, 奇妙に, 奈良には, 奥床しい點, 女史は, 女将は, 好機逸すべからず, 如何にもよもすがら仕事, 如何にも救, 娘二人だけ, 婦人は, 婦人向, 子供達は, 學問とか, 安からぬ, 定つた樣に, 実は今来, 実際神仏混淆, 室生は, 家康は, 寧ろ小品, 小い, 小坊主が, 小島氏の, 少さい大名, 少し固く, 少年の, 尠くも近親は, 局なら, 山の手では, 岩野泡鳴が, 席の, 平安朝頃までは, 平常この, 平温よりも, 年は, 幼な, 庄兵衞だ, 庵崎さんか, 弟の, 強く當, 当り前だ, 当節は, 形容詞的な, 彼が, 彼みたいに, 往々に, 待つて, 得恋メデタシ, 心の, 必ずしもさう, 必ず隊, 必要に, 快よく, 思つた, 思ふが, 思想は, 恁だ, 恐ろしく暗, 惜しいと, 惡い, 意見が, 愚痴りかけたり, 慄然として, 我れ, 我鳴り立てる, 或は趣向, 戯曲家として, 戯談の, 所謂劇通から, 抱月氏が, 拙者と, 接吻や, 支那でも, 放つても, 政治家や, 故人も, 数年前西伯利亜の, 文化部といふ, 文字と, 文学者の, 斬つて了ふよつて, 斯うなる, 新しいながら, 新嘗祭の, 新月の, 既になく, 日出雄少年は, 日本を, 日本人を, 日本紀の, 旦那は, 早詮義, 昔天竺に, 時々一つ, 時鳥が, 普通に, 暑い夏百日, 最初仮りに, 有名な, 本所でも, 机の, 東國に, 東照宮樣御入, 杵の, 松魚氏は, 果して脚本そのもの, 梳る櫛, 極つたやうに, 極めて少い, 標準語を, 次の, 次席通詞の, 此二つを, 此家の, 此處へ, 武村兵曹は, 歴史といふ, 殆ど無い, 殺しぢや, 殿様に, 母の, 毛蟲よりも, 民主, 永く蓄, 決して物, 汽車鉄道など, 河童, 法事を, 活字は, 浦賀奉行の, 消極的で, 清三も, 漢の, 濱野さんが, 炭竈の, 無味乾燥な, 無闇と, 然し農民, 爺さんが, 物々しく聞えます, 猪之さんは, 現代人の, 甚だ不快, 生憎手元, 甲でも, 男なら, 画の, 番臺の, 畸形的だ, 白痴は, 百穗氏は, 目の, 直ぐ叱る, 直ぐ慇懃, 直に又, 相当の, 相手は, 眼の, 矢張西洋料理屋を, 石屋の, 社會の, 神に, 神経質ある, 福を, 私などよりもずつと, 私にも, 程朱の, 稻妻は, 競りが, 算盤高い今, 米国の, 結婚が, 結局頭の, 縁起譚が, 義歯の, 習慣こそ, 耶蘇教では, 聞かれて, 胃ぶ, 自分は, 自由奔放思ひ, 舞の, 良寛さんは, 色は, 花のに, 芸が, 若しや, 英國牛津大, 菊池氏と, 葬られて, 蘇州杭州とか, 蝸牛や, 袋戸棚の, 見るからに, 親分も, 言ひかへれ, 言葉の, 記す, 評判の, 話は, 説いて, 誰と, 謹厳な, 貌を, 貴女に, 赤門の, 踊の, 躰と, 連体言に, 進行が, 運賃が, 酒は, 野球放送の, 金花は, 鎌倉で, 鏃などの, 長歌よりは, 長身瀟洒の, 間拔に, 閾際に, 陸軍の, 雖詩人は, 雪之, 雷の, 青木は, 音曲の, 頗る片腹痛い, 頼山陽などを, 風流に, 首に, 馬も, 骨董は, 高いもの, 高射砲の, 鶴子は, 黄檗の

▼ いふので~ (1293, 4.1%)

217 あつた 24 せう 23 あらうか 19 あらう 11 あつて 9 私は 7 あらうが 5 これは, せうか, それを, 僕は 4 あつたらう, みんなが, 二人の, 二人は, 態, 有つた, 私も

3 [12件] あらうに, すぐに, そこへ, 一緒に, 他の, 彼女は, 急に, 此の, 母が, 母は, 私が, 私の

2 [47件] あつたの, あツ, お八重, かなり世間, こ, この人, それが, それとなく遠慮, たうとう, わざ, 一杯やる, 仲間の, 何か, 何の, 僕の, 其晩二人も, 兼から, 到頭四時頃, 吃驚し, 名高かつ, 夜を, 安心し, 富岡は, 山上へ, 強ての, 彼の, 急いで, 料理から, 昼食を, 有らうが, 村の, 歌の, 止むを, 正宗の, 此月のは, 浦島も, 特別の, 甲田が, 皆な, 私達は, 考へて, 見に, 近所の, 酒と, 離婚にな, 電話を, 驚いて

1 [805件 抜粋] あけて, あつしには, あつしは, あつた相, あつて一ヶ月, あらうま, ある御幣担ぎ, ある批評家, ある香料研究所, いつもの, おせき, おれは, お縫さん, お長屋, きまるの, ぎつしり汽車の, ここで, こちらから, この事実, この度, この彫刻家, この賊黨, この近在, これで, これを, こんどの, こんな愉快, ご夫婦, さきの, さんざじらしたあげくやつと抽匣から, しかたが, しようか, すっかり腹, せうが, せうその, せうね, せう廣くも, せう親分, そこらを, そのうち, そのままにな, そのまま追, その募集, その四五十人, その奇観, その宿屋, その意味, その方面, その日, その時代, その瀧, その父母, その縁故, その蓄音機, その証書, その車内, その間に, その頃田端, そりや, それから急, それだけの, それで, それでは大津, それでは客間, それで斯, たいへんな, たぬきも, ちよつと, つまりひどい, つらつら見た, どうしても母君, どつち, なによりも, はじめから, はじめの, びっくりし, ふくらし粉なし, ふと会, ほつと, ぼくは, また後十日, まだ家, まだ暫らく, まるで自分, みんないつしよ, みんなハリキった, みんな騷いださうである, もうひとつ, やつて, やつとの, ゆた, よろこんで, よろしくなにがし, わたくし共は, わたしは, われわれ旧友二三人が, アラスカへ, アンポンタン, カブトの, クサる, コックも, サッと元気, サルトルの, シルシは, ゾッと身顫, ヂツと, ドロツプスをど, ハリ切る, ポーター先生が, ミスター薄氷と, リユックサックに, 一人での, 一人に, 一人十五銭の, 一同先生の, 一家みな一つ処に, 一所懸命に, 一日で, 一時先生を, 一枚二千圓と, 一枝は, 一番湯を, 一種の, 七種ばかりの, 三人大笑した, 三十年後の, 三四本丈伐らせられた, 三本ブラック, 上演した, 下の句は, 下へ, 下男は, 下車, 下野国へと, 不味い顏, 丑松も, 中央政府に, 主人の, 之が, 之亦, 予告を, 二円ばかり, 二百間から, 二階へ, 五十銭の, 五郎兵衛どんも, 井伏鱒二その他数名の, 京師に, 京極も, 今に伝はつ, 今まで, 今年からは, 他に, 代官林兵左衛門が, 仰山飛彈, 伊勢とか, 伊東, 住職も, 何, 何も, 何時も葉巻, 余興見物に, 使者を, 供奉官と, 保定まで, 信用が, 俺達は, 偉いといふ, 停車場へ, 働く, 僕を, 元の, 兄貴へ, 先に, 先生が, 先駆的な, 免職にな, 入ると, 入浴し, 全國, 八時半頃に, 六日も, 六條殿から, 其の藏書十萬四千卷, 其の通り, 其佛の, 其儘に, 其普請に, 其筋の, 其通りに, 冷吉は, 出かける東宝撮影所スタッフ一同, 出来るだけ, 出立した, 初めの, 到頭使者, 勝頼の, 勿体らしくそろそろ, 十八歳の, 十時半開き, 午前七時起き, 半分づゝだよと云ひ聞せられる, 半通夜, 博士の, 卯平の, 印度に, 厄介な, 原まで, 参った, 參謀官の, 友だちに, 句の, 各方面, 同門の, 名を, 名乘, 呼んで, 命だけは, 問題に, 噂が, 四五の, 四人で, 四十金を, 国民学校の, 坂本氏が, 城の, 堀内氏は, 堀川の, 塩物でも, 外国産の, 多くは, 多少朋輩, 夥多の, 大いに悦ん, 大勢の, 大喜び, 大変に, 大層な, 大抵の, 大方祟り, 大牟田へ, 大變, 天井から, 天子に, 太郎冠者に, 夫から, 奪返さう, 如何にも床上の山梔, 妹に, 妻君は, 始終洋服, 姪の, 媼の, 嫌味を, 子供の, 家の, 家の子郎黨達は, 家光家綱相續い, 家康は, 宿の, 寄つたところが, 寄つて集つて押冠せた, 寒さ, 寢て, 寺男は, 将軍が, 尊敬され, 小さな山, 尚馬鹿, 巫女の, 市来先生は, 市長さまが, 平七も, 平次は, 年代が, 広い領土, 床入り際の, 庵中独酌待つ, 廿日市の, 引とめられた, 当時自分の, 彦太郎は, 彼は, 彼等は, 往て, 後始末を, 後家の, 御褒美, 心待ちに, 心配し, 念の, 怒り出す者, 思ひ出せる, 息子さんの, 息子たちに, 意識の, 慌て, 或下宿屋, 戦時中の, 戦闘帽を, 手先は, 批難すべき, 掃部山へ, 支店長が, 支度始める, 政府から, 敬君が, 文げい, 文字通り弟を, 料理人を, 断りに, 新婚の, 方々へ, 日本でも, 日本人が, 日本媼の, 早くから世界, 早速前川等, 早速頼ん, 明日あの, 明朝は, 易教, 昔の, 是から, 是非とも, 昼飯の, 普段から, 景気の, 暑いの, 書いたの, 書き出すと, 曹長の, 替牛, 最近議会の, 有史以前の, 有名で, 有島さんに, 朝つ, 朝御飯は, 未だ誰, 本堂の, 李如松が, 村中申し合せ, 松平を, 栄蔵は, 校長は, 案内役の, 梅と, 棧橋が, 樗牛のは, 次兄達は, 止めたん, 此処へ, 死んだふり, 母と共に, 毎日の, 毎朝自ら起き, 氣持も, 水なら, 池に, 沢山の, 洋服に, 洋紙の, 洋食屋と, 消防夫と, 清末殊に, 渠に, 湖水の, 湯殿へ, 源氏は, 滴の, 滿腹する, 漢代から, 火を, 炊事がかりの, 烏は, 無理に, 然し最初, 熊野の, 熱狂し, 父が, 父と, 牛鍋を, 特にその, 特にカレー汁, 玄竹の, 玄關に, 理髮床や, 生徒にも, 用事だけ, 男が, 町中の, 画商の, 當時の, 病人の, 病院に, 百中十首が, 百本二十圓の, 皆何か, 皆引出し, 直ぐに, 直接行動なら, 相当広い, 眞晝間の, 矢代初瀬も, 砂山を, 磊落不, 社会生活といふ, 神君崇拜が, 私たちも, 私ひとりがたがたの, 空の, 窮迫の, 竹川, 笑つ, 第三, 筆を, 管理の, 細君は, 編輯の, 縞の, 羽が, 羽柴といふ, 老母は, 能く, 能を, 自分の, 自分は, 自然値が, 舊藩主の, 舞台で, 船底が, 艫では, 良寛さんは, 色々京都, 色々趣巧, 若い者, 苦學生にたいする, 英語だけは, 草履を, 草鞋穿で, 落葉を, 蓖麻子油を, 蓮太郎の, 蘿月は, 蛸市と, 行きポタアジュ, 行く十六, 行ったが, 行長は, 街は, 西太后と, 親の, 親爺の, 言はば, 評判が, 評判を, 誰が, 警戒區域内に, 象は, 貫太を, 買はれたつ, 資本の, 赤が, 赤青黄紫などの, 跟い, 身體の, 近所に, 近村の, 近頃は, 追っかけて, 途中の, 連れ立つて, 遁げて, 遂に支那, 道子と, 道庁から, 適當に, 部下の, 部屋の, 酔つ, 重宝がられ, 鎗屋町, 開かれて, 院長の, 階下に, 隣組の, 隨分苦心された, 離屋に, 電気で, 飛んで, 食堂の, 飮めない, 馬霊神とも, 駅まで, 騎手の, 鬼が, 鳥右ヱ門の, 黒胡麻を, 鼻に

▼ いふ~ (1073, 3.4%)

3530 である, になる 27 であつ 15 になつ 12 がある, になつて 10 を知つて 8 があつ, が分つた, は無い 7 が判, が書い, になり 6 だつた, では, なの, はない, をする, をよく, を聞い 5 だが, です, は何, は私, もなく, を云, を聞いた, を言, を言つて 4 がわかつた, が何, が出来る, だから, に氣, をいふ, をお, を教, を私, を考へ

3 [22件] からし, がない, が不思議, が何故, が出, が有ります, なん, にした, に一致, は大衆, は容易, は解る, も無く, をきかない, をきけ, をし, を忘れ, を知, を考へる, を聞き, を覺, を説明

2 [64件] かさも, があります, がはつきり, が一度, が惡, が有, が理解, が當時, が私, が繰り返し, が解る, が起つた, だけな, だつたの, だと, であ, であるが, でございますから, でした, でしたつけ, ですか, で五歳許, で其代り, で市井, で風呂敷包, なれど, にし, になつたの, になれ, には極めて, に就, に就い, に気, に相談, のある, はあまり, はこれ, はなく, は人々, は學校, は己, は度々, は明らか, は氣, は滅多, は畢竟, は知らない, は考へ, は自分, もない, をさ, をしない, をも悟つた, をわたくし, を御, を忘却, を思ひ出した, を思ふ, を感じ, を暗示, を書い, を考へた, を聞く, を話し

1 [536件 抜粋] あらば, あるべし船, いで思はうと, おまつかいな, お米, かその, かと思, かと申しまする, から何等, から放, から生れ, から考へ, から自己, から説き起し, があなた, がありませう, がありませんで, がいつか, がいよ, がうか, がかなり, がこれ丈, がこんなに, がございます, がすんだ, がたと, ができる, がなかつた, がなくなりました, がやう, がゆき子, がよく, がわかっ, がわかり, がわかる, が不, が不可, が主, が二三日, が云, が人間, が伝, が何だか, が働い, が先, が先決, が内心, が出来よう, が分かつ, が分る, が別, が即座, が吾, が呑気, が多, が大体, が如何にも, が始めて, が少く, が平気, が幾度, が彼, が彼等, が必要, が悪い, が想像, が意識, が技術, が既に, が明らか, が昔, が最高, が有り得る, が歴史地理科, が気, が流行, が渡, が盛, が知れ, が確, が私一人, が科學的, が自分, が自分一人, が落ち, が行事, が西洋, が見え, が解らない, が解るでせう, が許されるなら, が起つ, が足利時代, が餘計, して, すらも忘れ, する事, だつたが, だつたさうで忠綱さま, だつたらどんな, だよ, だ当て, つまりこの, でありまして, でありますから, であるから, である此, でお辞儀, でがす, でござんしたか, でさ, でしたから, ですから, ですが, でそれ, でなければ, ではしたなく, では何時, では空, でも興味, でやつ, で世の中, で他人, で南威爾斯, で嬉しく, で富岡, で實, で少なから, で尽き, で後, で日, で有る, で着物, で私, で竪棒, で閻魔先生, で須磨子, と, といふもの, とが認め, となり, との間, とは何, と二度と, と例, と口語, ないか, などはこ, などは私, などは誰, などを女達, などを附け, なので, ならそれ, ならば, なら打, なら明日, なら百円貰つて他所, なら頼んでまでも, なりしが, なんかお, なんぞは素, にある, にいでさせ, にかけてはひどく, にかけては総領事, にしたい, について得意, について特に, につき, にてこの, になつて來, にならう, になりませう, にはこれから, にはつきり, にはならない, にはなる, には一人, には召食, には少し, には必ず, には慣れ, には至つて, には非常, にまで及ん, にもならず, にもなる, にも格別興味, によつて, によつて俳優自身, によつて區別, に二言, に余程, に倒れた, に冷かなり, に判決, に取り極めた, に基づい, に変, に外, に夢中, に定め, に就き, に己, に帰結, に心づく, に悩み, に慣れ, に打, に本, に極めました, に歸着, に比すべき, に気がつい, に決つて, に特別, に生き, に用, に真実, に致します, に落ちついた, に過ぎない, に関聯, に限つて, のない, のみで, のみです, のみ多い, の中, の出, の外, の当否, の次第, の解釈, は, はある, はあるまい, はいつ, はおなじ, はおぼろげ, はご, はさ, はしかしながら, はすぐ, はその, はた, はちつ, はなかつた, はなほす, はなるべく, はなんと, はほとんど, はま, はまま, はみな違, はむしろ, はや, はやめなきゃ, はよく, はよほど, はわたくし, はクド, はハッキリ, はホプキンス, は一度, は一方, は一種, は不可能, は不思議, は中, は人間, は今後今一度, は仲, は何だか, は何人, は余り真似, は作者, は例, は信じたらしい, は俳優, は俺等, は倫理学, は偏, は傍居, は全く, は公然, は出, は出来ず, は出来ない, は分かつ, は別, は到底, は前, は十四五歳, は取り上げない, は口, は同時に, は唯もう, は女, は如何にも, は子供, は実は, は宮本武藏, は宿, は實際目, は少し, は履かれない, は幸福, は強, は彼, は彼女, は彼自身, は後々, は從來, は思, は思ひ, は恐ろしい, は悲しむ, は成るべし, は承知, は抑, は折々, は文學上, は既に, は日本, は日本紀, は有, は有り得ない, は此頃, は水, は決して, は深, は無理, は無論, は然し, は父母, は狗, は産聲, は疾病絶滅, は百姓, は直ぐ, は眞言宗, は確か, は私事, は結局そのもの, は総て, は老人, は考へない, は聞取り, は肖像製作, は自ら所論, は自ら日本宮廷, は芳しく, は蒸溜水, は訣ら, は詩, は詩語, は誰, は近代, は進歩, は遊ばすまい, は酒, は間違, は面白い, は飜譯物, まで誰, もあつ, もあらう, もお, もやつ, も世に, も亦, も例, も兄様, も出来れ, も分つ, も印度, も富岡, も昔, も有り, も有りうる, も珍, も知つた, も稀, も考へなかつた, も肯かず, も落ちる, も見え, も訣, も許され無い, も逆, やもう少し, よ, を, をあり得べき, をいつた, をきい, をきいた, をきかせ, をきかせよう, をきく, をく, をご存じ, をした, をしませんでした, をしみ, をすこし, をその, をた, をのべ, をほん, をチラツ, を一々, を事こまか, を人, を仕出かした, を他人, を以て東西暗合, を仰, を会得, を何度私, を信じる, を公言, を兼, を初めて, を十月廿日, を告白, を命じ, を唱, を喋り, を大声, を女, を好まない, を嬉しく, を居合, を幾度, を廢, を徹底, を心, を心掛ける, を必要, を志す, を思, を思っ, を思つて, を思はず, を思へ, を恥かしく隱, を懸命, を我々, を承い, を承認, を探り出す, を教つて, を是非, を書いた, を書きました, を有島氏, を根本方針, を母, を決め兼ね, を注意, を演繹的, を申し上げる, を発見, を眞面目, を知らない, を知らなかつた, を知りぬい, を知り得たら, を知るだらう, を研究, を確め, を考へてる, を考へました, を聞いたら, を聞かせいで, を聞かなけり, を聞かん, を自分, を良く, を見た, を見て取る, を見出した, を訊く, を話した, を話す, を語る, を説いた, を調べた, を述, を追及, を道樂, 借りた金, 宜しきを, 無いで, 絶えずきこ, 聞いたが, 聞くや

▼ いふ~ (732, 2.3%)

69 にし 10 なこと, に考へ, に言 98 になつ 6 であつ, にお, になつて, になる, に自分 5 に云 4 な考, にすれ, に考へる, に見える

3 [15件] だから, なもの, な形, にさ, にみ, に出, に出来, に変, に彼, に心, に教, に書く, に書くべきである, に祝詞, に観

2 [38件] がある, で我, な, な傾向, な氣分, な状態, な男, な調子, にあらはれ, にこれ, にこんな, にしよう, にその, になり, にもできる, にもの, にやつ, に僕, に処理, に判断, に思つて, に思ふ, に文字, に日本, に書い, に段々, に理解, に私, に置く, に考へました, に育てられ, に葉, に見, に見る, に解い, に解釈, に解釋, に述べ

1 [444件] があつ, が起つ, だ, だつた, だと, であるかなど, であるから, であるが, でいちいち, でした, ですか, ですから, でせう, でない, でなければ, では和蘭人, では困る, では罰, で一時間たち二時間經, で中, で兎, で別に, で地方, で大分神社等, で實際政治, で思潮, で昔, で村, で水, で祝詞, ないろ, ないろいろ, なくだらぬ, なことさ, なところ, なの, なや, なら時代, なカラス天狗, な三人, な人間並, な仕組, な作り, な公会堂, な内密, な却, な味, な地名, な型, な場合, な大, な女さ, な女性, な孤児院, な幼稚, な彼, な心地, な思想, な意見, な感興, な教育, な時代的, な書き方, な枝垂れ, な標本, な歌, な消息, な温い, な状況, な狭い, な環境, な痛快, な真剣, な神さま, な習慣, な考えかた, な考へ, な色々, な處, な表現, な言葉, な説明, な部類, な錯覚, な順序, な驚き方, にあげつらふべきで, にあたし, にあなた, にあの, にあべこべ, にいちいち, にいふ, にいろいろ, にうち樹, にお話し, にくろうと, にしか云, にしか受け取られ, にした, にしたら, にしたら生れる, にしてやる, にしろ, にす, にすべて, にする, にそして, にそつ, にそれ, にそれでも, にたつた, にたのしん, につかん, につける, にできてない, にです, にでもとれる, にといふ, にど, にどの, にな, になつたの, になつて來, になに, になりましたです, になるだらう, になんだか, にねゆ, にのべ, にはじまつた, にはたらいた, にはつきり, には出来ない, には動かん, にばかり申し, にひどく, にぶつ, にみえる, にみられ, にみる, にむき, にもつれあ, にやられ, にやる, によ, によく, にわるく, にウイスキー, にクラブ, にハヘ, にポオル叔父さん, に一つ, に一つ一つ反対, に一国, に一度, に一段, に一生懸命, に一致, に三つ, に三代變化, に三通り, に不自由, に並ぶ, に二つ, に二十歳, に云つて, に云ふよ, に互に, に人, に人々, に人物, に人生, に人間, に仄めかし, に今, に今日, に仕上げる, に仕事, に他, に仰, に仲よし, に伸び育つ, に何, に作つて, に使用者, に信じ, に傳え, に働く, に全く, に兩手, に兼ね思ふ, に内外共多事, に再, に写真, に切り, に前, に副詞, に動詞, に区別, に十, に協力, に単に, に却, に取扱, に取扱つて, に古語, に向, に君主專制時代, に吹かれる, に呟く, に命じてる, に圓, に土地, に堅い, に堕落, に報じ, に塊, に塞外, に変化自在, に外, に外国, に大神宮, に天子, に女, に始め, に始末, に子規, に完成, に宮廷その他, に寄附画, に密接, に寛い, に専門化, に小さい弱い, に左右, に常識的, に平素壮健, に幾つ, に幾らか, に幾種, に引つける, に当局, に彼女, に応, に思つたの, に思はせられ, に思ひこみたくなる, に思ひます, に悪魔, に悲觀, に情緒, に想像, に意志, に意気込ん, に感じ, に感じなけれ, に感ぜられ, に感受, に或, に房主, に押し進め, に持つ, に捉, に探し, に描いたら, に支那人, に教育, に整理, に文化, に断り, に新, に旅, に日増, に日本文化, に日本紀, に日本語, に旧, に明確, に昔, に時代, に時間, に書かず, に書かれた, に書け, に最高至上, に會通, に有, に本来, に朱子, に柄杓, に校正, に森林, に極められぬ, に横道, に次ぎ, に次第に, に歌, に歴史, に毎日, に水心, に決つた, に決めたい, に沖縄, に泣かれ, に活かし, に活動, に混雑, に渠, に滅多, に演じ, に演じる, に演出, に無沙汰, に片づけ, に物, に現し, に生きる, に生れる, に生活, に申します, に男女別居, に畫, に病勢, に發達, に白い, に皆んな, に皮肉, に真, に真似る, に真剣, に着けた, に矢張り観光, に研究, に神, に神事, に空間, に突き, に童貞, に筆, に答, に篇末, に純粋, に紹介, に線, に考へさせる, に考へた, に考へます, に考へられる, に考へれ, に聞き苦しい, に肩, に肯定, に育てられる, に脚色, に自由, に致します, に舊相識, に船, に色, に芸術方面, に苦労, に行, に行ふか, に褥, に要綱, に親しく, に解さない, に解し, に解した, に解決, に触れ, に言つた, に言つたの, に言つて, に言つて來, に言ひ現したら, に言葉, に訊かれる, に訊き, に訊きただし, に訛つて, に訣ら, に話, に話された, に話しかけ, に話した, に語り, に誤, に説明, に諦めるべき, に讀み, に變化推移, に變調, に資本家, に起ち上らなけれ, に超えただらう, に足輕, に踊る, に身, に軽く, に輕蔑, に迎, に近代, に逃げるべき, に途方, に通信機関, に造られ, に逢, に連續的, に進まない, に運命, に過去, に道徳, に鉢皿, に長道, に限る, に隠したい, に電文, に靜, に非常, に面白い, に響く, に順々, に頭, に風流, に食, に飮め, に飽, のふき, のもの, の人, の便り, の吹, の吹き, の太宰君, の家屋被害, の建て, の議論, はなく, は大体, は見えぬ, をなさる, を装つて

▼ いふ~ (711, 2.3%)

83 しては 13 それは 11 非ず 8 過ぎない 7 これは 6 至つては, 貴君には, 過ぎぬ 5 何の, 至りては 4 あらず, あらねど, 君が, 在り, 夫れ, 決してさうで, 違ない

3 [13件] あつた, お力流とて, そんなら, みれば, 串談は, 何か, 勝手に, 太吉を, 妻は, 我は, 昨日らも, 添うて, 私は

2 [41件] あらず嶺南人, あり, あゝ貴君, お, きまつて, さう, さうで, しても, そは, ちが, ふさは, もし私, ソコが, プラトオが, ヱヽ憎く, 一同覺えず, 他の, 似たりき, 僕は, 入つた, 在つた, 在れども, 家内は, 情無い, 成つて居まする, 成程, 於いては, 止める, 此野郎めと, 歸する, 歸着する, 異る, 病氣では, 着いた, 自分は, 過ぎず, 過ぎずして, 過ぎなかつたの, 非ずや, 黄金丸は, 黄金丸も

1 [412件] ああ貴君, あたる, あなたも, あの時分, あの甥, あらざるなり, あらざれば, あらずや, あらず肉, あらず色, あらず艶史小説, あり眞, あり誠に, ある, あるの, あるやう, あるらしい, いたつて, いたる青島目睫, いはれぬ優し, いはれぬ心外, いはれぬ恋中, いはれぬ趣き, おおさ, おのれの, おほほほほ, お前が, お糸, お話に, かの相, かれは, きめたの, げに故, ここは, この場合, この表情美, この野郎め, これから又, これ以上まだ, こんなつまらぬ, さうでは, さうでも, さすれ, さても, さらば君, したが, すぎないと, すぎないの, すぎなかつた高間道平, すな, せ教師, そこには, その後の, その敵手, その部屋, その陰影, それでもお前, それにお前, それには, そんなら呼べ, そんな人, ただ一つ, たと, たまたま劉氏, つけても, つとすゝ, なかなかさう, なかなか貧乏どころぢ, のぼりて, ふふつ, ほひには, まかせよ, まさかこれ, まづ對馬一支, みすみす原価, むし暑くて, もし魂, もじもじし, もとづく, やあもし, やどる暑, よくやる, わが昔崇拜, わらひた, われおくれじ, われは, アヌンチヤタさらば, サンタも, ゼェシュイット派の, ヂオニソスの, テーマが, ヰクトルは, ヱヱ憎く, 一泊し, 一體意思といふ, 万斛の, 三世ある, 上る, 不思議の, 不思議は, 世人は, 両側の, 主任警部室の, 之は, 之れ, 之亦全く, 二階で, 亞拉比亞語に, 人愈, 今の, 仮の, 休みそこ, 似ず厳しく, 体といふ, 何うし, 何かは, 余は, 作者の, 例の, 信念の, 個人たる, 僕一個の, 元來, 元來商業上, 元來賦, 先づ第, 先づ諸行無常とも, 入って, 入りました, 入れました, 全體, 其は, 其れ, 凡そ民間学, 凡そ民間學, 出向いた事, 分けて, 到ては, 到る, 割に, 励され, 勝見一家の, 博多に, 及ばざるべし, 及ばず土耳古人, 及ばぬ此不思議, 取次いでも, 只官吏, 同じ, 同じく東西リヴィエーラ, 同じまた, 同じやう, 同じ土地, 同じ溪, 君は, 吾黨が, 周三は, 哲学の, 嘘は, 在る, 在るの, 在るので, 基因し, 墨子の, 外ならない, 夙く起き, 多くの, 大入満員補助売切, 大好, 大雪が, 奥様も, 奧州から, 女は, 妹頻りに, 姉君憎, 始めて逢, 姫が, 姫の, 嫁は, 定つて, 定り, 実際の, 家は, 宿り駒ヶ岳神社, 宿を, 寄つた, 寄つて前から, 寒い朝, 寒の, 寛斎は, 實は, 對し, 對す, 對照する, 對絶對逍遙は, 小木の, 小田原の, 少しは, 就いて, 就て, 尽て, 岸田は, 川村曼舟氏の, 左樣でも, 己は, 己以外の, 帰着致候, 常に少しづつ変, 年増は, 幼女はい, 庄太郎は, 床を, 弱ったもの, 当時私は, 影を, 彼の, 彼は, 彼れ, 彼等が, 從ひ, 微笑む君, 微笑尽きず, 心を, 必ずしもさう, 必竟歐洲に, 応は, 忽然とし, 思ひ合せても, 恐らく最初, 成つてゐまする, 成程々, 我が力, 我等が, 戯作者でも, 投じて, 投宿す, 據る, 政治上より, 散らでしとまるもの, 散る氣, 敵は, 斯う, 新妻莞と, 於いてを, 於ても, 日本へ, 日本人は, 日本的な呼び, 日比行ひ居り侍る, 早く皆, 早稻田文學, 明日は, 昭和も, 是れ, 時により, 時間の, 暖簾口も, 曼舟氏の, 朝日新聞社員休息所の, 木精の, 未練は, 村で, 松陰の, 松陰は, 根が, 梅が, 梅は, 植物や, 極つてる, 欹てる耳, 止つて居る, 止まり更に, 止まり著者, 止まる, 止めて, 止めねば, 止め度者, 止め重き, 止らず積極的, 此の, 此は, 此入口は, 死といふ, 殆ん, 殘念ながら, 決して日本, 決して然らざる, 決して然樣, 泊つた, 泊る, 法言の, 滿座の, 漸く病院, 然う, 然様で, 熟して, 特に前, 犬の, 猪之, 班固, 生憎に, 田舍に, 甲田は, 男の, 男爵こなた, 画然とその, 病気では, 白赤黄青黒, 皆を, 益, 目を, 矢張私は, 私共は, 立定を, 立寄りて, 章學誠は, 第一, 等しからむをおそれてなり, 終るまことに, 結びて, 絶對に, 老婦人, 聴水覚束なく, 臥すべき病, 臨んで, 自分でも, 自分の, 自己の, 自殺を, 至つて其自然と, 至つて尠から, 至つて幾度も, 至つて立つ, 至らむ, 至りて, 至るまで, 至れり, 船を, 若し傍, 若し自利, 草鞋を, 荷物を, 薄暗い家, 行き取次, 行き土蔵づくり, 術といふ, 街路樹の, 裸男得意に, 裸男閉口し, 親の, 覺えず, 言はれぬ, 詩は, 詩人の, 詩人も, 該國の, 語弊が, 読書し, 譬へ, 負かざらん, 賣手, 赤い色, 走ること, 足らん野心, 足るもの, 足る程, 足を, 身を, 身體が, 転生に, 辿り着いた, 近い, 近かつ, 近き義, 近くその, 近頃引越したる, 追ひ駈け, 這入り込み足, 遅くな, 過きず, 過ぎず從つて, 過ぎないこと, 過ぎないの, 過ぎないん, 過ぎなかつた, 過ぎぬの, 過ぎぬ場所, 過ぎぬ簡單, 過ぎませぬけれども, 過ぎんもの, 達す, 違ひない, 適した恋愛境遇, 金眸も, 金眸訝り, 長崎なら, 開店し, 間は, 雨いたく, 雪は, 非ざる, 非る, 面群れ, 頭の, 餅搗きも, 餘日も, 馬琴は, 馴れしごとし, 鷲郎も, 鹿を, 黄金丸打よろこび, 黒衣も

▼ いふわけ~ (582, 1.9%)

8339 では 2218 だか 17 でも 1211 である, です 10 で私 9 でせう 8 だらう, なの 5 だね, なん 4 かその, か知らない, でその, でまた, のもの

3 [17件] かそれ, だと, だ親分, であらう, であるから, でこれ, でさ, ですか, ですね, です親分, でそれ, でもなかつた, で田丸浩平, で神, にいかぬ, にいかん, にはゆかない

2 [28件] かお金, かこの, かといふ, か僕, か知らん, か私, か考へ, か自分, か非常, だお, だから, だらうか, でこんなに, でございます, でした, ですからな, ですが, でそんな, でね, で彼女, なので, になる, には行かない, には行きません, にもいかない, にも行かない, にも行くまい, に行きません

1 [197件] あひで, かあの, かお, かお前, かきちんと, かさ, かした, かそんな, かといふこと, かと云, かと寧ろ, かと思, かと想つて, かと申します, かと言, かね, からそれでは, から挙国一致, かピストル, か一寸, か不出来, か二本, か今夜, か代々, か余自身, か倉敷, か兼, か冬子, か區, か受, か口, か同じ, か君, か小西さん, か少年, か左足首, か彼, か彼女, か文学, か新潟市, か新聞広告, か永く, か火葬, か照子, か物音, か畏敬, か福岡県下, か突如, か美津子, か舌, か親分, か買手, か足, か酷く, か馬鹿, があなた, がある, ごぞんじ, だえ, だからさ, だが, だし, だもう少し, だらうと, だらう私, だ佛樣, だ八, だ聽, であつ, であの, でありますから, であるか, であるが, であれ, でうれしい, でお, でかうして, でこの, でご, でございました, でございますから, でございませうぞい, でさう, でした方, でしめて, ですから, ですけど, ですと, です阿星樣, でそのもの, でそんなに, でつい, でといふ, でなくても, でまつたく進退, でむら, でもう一応, でもねェほしい, でクロオデル, でシローテ, でスイス, でタイタイ先生, でワシリ, で一筆, で一體平民發展時代, で三十分の面会時間, で世間一般, で今年, で今度, で他, で伊吹未亡人, で僕, で僕ら, で六疊間位, で別室, で前, で十七, で千駄木, で占星術, で唐突, で唾, で夏, で姉, で婆さん, で実験的方法, で宣伝, で尊厳, で尾崎さん夫妻, で幾島家, で庄吉, で引張られ, で当地, で彼, で御座います, で我が国, で散歩芸, で文学, で斯, で斯く, で早速, で星野家, で最後, で朝な朝な, で東国方, で柊屋, で森林, で此日本, で此辛酉革命, で死んだ, で気, で水, で泣ける, で泥棒, で海, で病人ども, で矢代初瀬, で砲兵隊, で第, で肉, で自分, で行先, で起きた, で連立つて, で遠く, で青木さん, なんで, にはいかず, にはいかない, にはいかぬ, にはいきません, にはいけない, にはゆかぬ, にはゆきません, には參, には行か, には限らない, にもゆかない, にも行かず, にやいかねえ, にやア, にゆかない, にゆかぬ, に行かない, に行かぬ, に行かん, ね, のわからない, のわからぬ, のわからん, はありません, はございません, はなく, は停電, もなく恥しく, もなし, を太田, を言

▼ いふ~ (528, 1.7%)

18 如きは 15 如きもの 7 如きこと 6 それは 5 如し, 本當, 私は 4 これは, 此の

3 [11件] あり, さう, それも, もしかする, 二階に, 儘に, 名を, 大詰めの, 委しくは, 有る物, 私の

2 [28件] あつて, あり恐らくは, あり極めて, ごとし, それに, ままに, わたしは, モウ一字知れたら, 事に, 君の, 天下の, 如き, 如きである, 如きも, 如き元, 如き斬新, 如き言葉, 如くに, 如く下, 日本の, 早いか, 是は, 有之, 死骸の, 疾いか, 第一, 自分は, 金を

1 [370件] あつた, あの喜光寺, あの弟, あの福徳円満, あまり當, ありこれ, あり接待茶, あり神社, ある, あるか, あるから, いくら卜者, いつたい何, いつも眞奈, いはば, いまは, いよ, うまさうに, おれは, お前たちや, お前なんか, お殺し, かうして, かつらの, かなしき, こ, こいつは, このやう, この事件, この分, この花, この金網, これなぞも, これも, ごとき冷静, ごとくに, ごとしこれ倉卒, さうなる, さすが希臘人, さも, しかし變革期, しばしば引きあひ, じつさ, じつさい, すぐそば, すでに少女, そのいきさつお前, そのくせ, そのげ, その使, その内儀, その四部, その女, その實, その後五十年に, その批評, その折, その方, その時部屋, その書き物, その本願寺, その江戸, その蒲團, その説, その頃, その魂胆, それあ, それが, それこそ, それぢや, それでも一間, それにしてもむくつけき, そればかり, そればかりが, そんなこと, そんなもの, そんなら, そんな事, たしかに市, たまたま僕, つしり, ともかくわたし, どうして, どうも近く, どこの, どれが, どれほどの, どんなこと, どんな恩, なかなかやる, なかツた, なにしろ旅先, なほ面白く, ひなさを, ほんたうです, ほんとうは, ぼくのば, ぼくは, まつたくその, まつたく見るからの, むろん衣食, めでたし, もしか挙国一致, ものは, やうの, よい, よし我, わしには, われわれは, われわれフアンテエジストは, ゐる, オランダ人から, ゴツホなどは, 一の, 一軒殘つてそこで, 丁度図中に, 万事が, 三月の, 上州の, 不思議な, 世の中も, 世は, 中沢博士も, 之は, 亀屋の, 事実は, 人情本に, 今で, 今の, 今回は, 今日この, 他人の, 仮宅, 何しろ内地, 何も, 何處が, 何處に, 何處へ, 來て, 例の, 僕が, 僕の, 僧侶藝子及び, 先代の, 全く十歳, 其には, 其の一つ, 其は, 其一念でも, 其内に, 凄いほどの, 出たから, 刊行中の, 初めての, 初期浮世繪の, 勿論である, 勿論俗間, 勿論信用, 北海道の, 千古の, 卒中で, 厳密な, 去年死んだ, 同じ俳優, 唐人は, 喪主その, 四五年前アメリカには, 四日目とは, 国も, 土台関西, 城趾が, 外國の, 夜は, 夜毎に, 夢は, 大体無理にでも, 大学にて, 大観は, 大變, 大阪醫科大, 夫人から, 如きあるいは, 如きこれ, 如きそれ, 如きそれ自身, 如きそんな, 如きを, 如きフォーミュラー抔, 如き一例, 如き不公平, 如き世俗的, 如き世界, 如き亂暴, 如き事情, 如き人物, 如き今日, 如き作者, 如き例, 如き俗流, 如き判斷, 如き勢ひで, 如き即ち, 如き又, 如き句, 如き唯, 如き問, 如き嚴めしき態度, 如き國民性, 如き地上, 如き奇妙, 如き妥協的存在, 如き実例, 如き差異, 如き常識, 如き幽, 如き形式, 如き形式的, 如き思想, 如き性的二元説, 如き情態, 如き最も, 如き熱烈鷙悍, 如き現, 如き理論, 如き生, 如き用語例, 如き皆有情, 如き經濟學, 如き自, 如き舞台, 如き薄弱, 如き觀念的, 如き言葉つき, 如き語, 如き論, 如き論拠, 如き通俗的信念, 如き関係, 如き風情, 如き高尚, 如く分り, 如く又, 如く如何なる, 如く明確, 如く福, 如しかく, 如し此を, 如し然, 如まともに, 嬉しさ, 学者の, 學術的に, 安川が, 完全に, 定則だ, 室生夫人は, 實に, 實は, 居て, 屡, 岩井半四郎市川白猿松本幸四郎仲藏菊之丞などの, 岩波が, 常識である, 年老いて, 庭は, 彼は, 後に, 必ずしもさう, 必ずしもさうでなかつた, 必要である, 忽ち福, 恐らくその, 恐らく偶然, 恐ろしく身仕舞, 應長元, 我々雀は, 或る, 所謂く, 按摩の, 掴み合つたくら, 数へれ, 敵の, 文学の, 斯うし, 新に, 日の, 日本文化宣揚は, 昔の, 普通は, 本名は, 本所一つ目お, 本書が, 本来は, 本籍は, 来て, 松の木は, 板に, 柳里恭柳澤淇園が, 桃は, 横槍を, 歐洲では, 此では, 此も, 此平安朝の, 此時代から, 此處南方離島では, 氷峰の, 浅草の, 為事の, 然しこれ, 然しもう, 物を, 理智も, 甲の, 番人が, 発句では, 百年々, 益田に, 真個か, 真実だ, 知識は, 砂も, 確かな, 秀吉の, 私には, 私立の, 粋な, 納凉舟から, 細い調査, 綿屋に, 老境にも, 聞えると, 背が, 背中に, 腕は, 自分の, 自墮落, 至當だ, 良い職人, 芥川には, 芥川氏は, 芸術の, 若き極端, 若しや, 落で, 蔭で, 藝文志は, 蟻や, 血を, 表情は, 詩の, 誤つて, 誤譯, 誰が, 誰にも, 變な, 賤男賤の, 軽井, 適当だ, 適当なり, 遺伝といふ, 遺言状といふ, 野幇間だ, 金儲けは, 金廻りが, 間違ひない, 雑草の, 響きし, 頭かけ, 食べだした奴

▼ いふよりも~ (402, 1.3%)

5 もつと, 寧ろ 3 壺前栽を, 好きな, 彼の, 私の 2 あの彌陀來迎圖, いつも濁, た, 他の, 寧ろそれ, 寧ろ一個, 彼が, 彼は, 牡丹といふ, 私は

1 [360件] あきらめと, あなたは, あの弥陀来迎図, あまりに健全, ありがたい手紙, ある, ある過去, あれこれ考へ, あんまり氣, いつそ匂, おれの, かの女, きたない夢, げて, こ, こすり込んだと, こそつぱい處, ことによる, この暗い, この私, これが, これを, こんな自分, さう, すききらひが, すきを, すでに十分成熟, すでに故郷, そのとき, その出鱈目, その前, その効果, その女, その手すり, その竝, その臭, その醜い, それは, そんなに好き, ちつと, どういふ, どこか, どの程度, へたば, ほうれん草の, ほかに, ほとんど独り言, まあ兄さん, まさつてを, まるで鼻, むしろけは, むしろすばらしい, むしろそれぞれ, むしろそれら, むしろどす, むしろ一層多く, むしろ人氣の, むしろ娯楽, むしろ對立, むしろ己, むしろ平衡感覚, むしろ強奪, むしろ形式的, むしろ彼自身, むしろ怒, むしろ文化的, むしろ概ね理想主義的傾向, むしろ深々と, むしろ相互扶助, むしろ精神, むしろ能楽, むしろ舞台的因襲, むしろ英語, むしろ蕎麦, むしろ誇示的, むしろ運命, わるくなれ, われ, アルコールを, イデーもしくは, イブセンが, ウソを, ヒロシの, ピッコロミリ夫人が, 一つの, 一個所に, 一滴も, 一種の, 一筆, 一般に, 一見明らか, 万葉調の, 不可能と, 不安な, 不幸そのものだ, 不快だつた, 中間色の, 主人の, 之が, 乱痴気騒ぎで, 事態の, 人生の, 人間そのものの, 人間は, 人間的なあた, 人類の, 今では, 今言, 仕事即, 仕事場といふ, 休息を, 何か, 何よりも, 何時品物を, 例の, 依估地, 僕は, 優れたもの, 元から, 先づ眞先に, 先に, 党を, 全くいいかげん, 全く自分, 全体として, 冷気が, 凍つて, 匂ひとでも, 却つて有害である, 却て, 厭ふ, 反対に, 古い神話, 句集草稿を, 各人物, 味は, 呷らずには, 坐談会, 場末の, 売娼婦, 大きい明るい自然, 大人に, 奇妙な, 奪つた, 女厄坂と, 女性が, 女性的な, 女郎と, 好人物に, 如何にもその, 妥当だ, 嫌ひで出来なかつた, 学問に, 宇野さんの, 完璧的な, 実は動物, 寒いほどの, 寛いで, 寝なかつた, 實際は, 寧ろある, 寧ろお嬢さん, 寧ろその, 寧ろより, 寧ろギリヤーク族, 寧ろ世紀末それ自身, 寧ろ二十年前, 寧ろ人生的, 寧ろ共同, 寧ろ別個, 寧ろ勝れ, 寧ろ哲學者, 寧ろ善い, 寧ろ多く, 寧ろ大きな, 寧ろ威壓, 寧ろ平静, 寧ろ廣汎, 寧ろ弟子達, 寧ろ教養, 寧ろ文化的感覚, 寧ろ日本人, 寧ろ流れ, 寧ろ漁村, 寧ろ演出家, 寧ろ無産者, 寧ろ照れくさ, 寧ろ獣, 寧ろ生きたる, 寧ろ生み出された, 寧ろ生理的作用, 寧ろ異国的, 寧ろ相撲, 寧ろ礼, 寧ろ空間, 寧ろ穿つた, 寧ろ自然, 寧ろ自由, 寧ろ臭気, 寧ろ苦行, 寧ろ蔽, 寧ろ蛇類, 寧ろ見物, 寧ろ觸覺的, 寧ろ詩的, 寧ろ雑文集, 寧ろ驚いた, 寧其折臨時に, 尋ねた, 小さくはがしはじめた, 小町を, 小説といふ, 小説の, 少年たちにと, 師弟の, 常態に, 幾島が, 広く東洋画式, 広業といふ, 座談会そこには, 影の, 彷徨する, 彼女が, 彼女への, 復帰する, 心の, 性だ, 恥づかしい夢, 恥知らずに, 悪いもの, 想像力によ, 愛情の, 感じるそして, 感想と, 慰安娯楽と, 慾張連中が, 或は忘却, 或ひ, 持つて, 捨てられたる物, 散文の, 文字通りその, 文芸と, 日常茶飯事を, 日本の, 日譜が, 春の, 昨夜からの, 時に応じ, 暖い, 更に一種, 書かされたと, 書けないの, 最後的斷定の, 未だ切られない, 本来の, 本能的な, 材料が, 桂月といふ, 森林を, 構造の, 樂な, 歌ひたい欲望が, 正しくは, 此の, 死にそこ, 残酷だ, 気が, 氣の, 沼か, 洗つてもらふ, 涙ぐましく対酌, 渓谷が, 溢れて, 滑稽感である, 無愛想らしい, 無慈悲に, 無神經な, 焦燥つたさで, 熱茗を, 物理的な, 生きて, 生きては, 生きるに, 生き御, 生命の, 生存苦に, 生理的だつた, 生理的な, 生理的変化が, 異常な, 疲れ切つたの, 病床に, 目に, 直接心を, 相手が, 知らん顔を, 石鑿と, 確信的な, 磨かれた人間, 私が, 私一人に, 秋雨に, 穴を, 突飛に, 笑ふと, 米が, 粗雑に, 缺乏は, 缺点の, 缺陥そのものだ, 美しい野, 翻波式の, 考へ, 自分の, 自分自身溺れん, 自己観照, 自我の, 自然の, 自然人で, 自由に, 自覚の, 船着場と, 花藪に, 若葉の, 苦労人らしか, 草の, 親しみを, 言はずにはを, 詐取だ, 詩的な, 誠実さは, 諦めました, 諸君である, 谷風の, 豫言者と, 踏み固めた道, 踏潰した, 身内整理, 身心整理, 身心整理と, 通俗的美観を, 連体終止の, 遊郭経営者の, 過程的に, 道楽と, 遺書といふ, 酒への, 酒狂と, 酒飲根性が, 酔うて, 酔つてゐたい, 鉄面皮に, 闇そのものが, 附属幼稚園の, 附屬又は, 青葉の, 非人情的態度の, 飲みたい酒, 驚異であります

▼ いふから~ (273, 0.9%)

5 變ぢや 4 私は 3 不思議ぢや, 今の, 僕は, 大したもの, 大變, 大變ぢ, 達者な 2 あつしが, こいつは, さう, もう男, 京都にも, 今日中に, 曲者は, 氣の, 話が, 金貨を

1 [223件] あつしの, あつしは, あとで, あの人, あの百味たんす, あまり利口, いかに西歐武士, いかぬと, いかん, いづれ拜領物, いづれ筋, うちの人文学者で, お兒ちや, お前さんも, お前方, お喫, かう云, このこと, この圖, この家, この鎖された, これも, ごめんかう, ざんねんながら當時の, せめて八兄哥, せめて脇差, そのあたり一面, その前週, その頃, それから, それで木登り, それに, それは, それも, そんな女, そんな金, たいしたもの, たとへ, だで, だでは, ちつさいのに, ちよつと, つい疑はれる, どうおかしい, どうした, どうぞ私, どう考へ, どれと, どんな事, のみならず疱瘡, まあそれ, まあ嗅タバコ, まさか竹光, まさに一銭五厘位, またそんな, まだ好い, まるで活き, もうこの, やつたら, チの, ハンガリー人は, バリモントは, ブロムホフに, 一層妙, 一應は, 一生懸命ドブを, 一緒に, 丁度長唄, 三日前の, 上げたのよ, 下手人が, 丸善との, 之も, 乘せ, 二度とは, 五十銭ぎんくわ, 亥刻, 亥刻半頃かな, 人手にか, 人目を, 人間は, 今に上等, 伐つたん, 佐太郎にも, 何だか自分, 余は, 佛教と, 佛教徒も, 修業の, 借りて, 借りるんぢ, 全く支那, 其處へも, 冷吉は, 凄いもの, 力士や, 努力の, 勿論だ, 十右衛門の, 半刻, 厄介で, 可哀, 可哀想ぢや, 右の, 呆れるぢ, 唯事ぢや, 唯事でない, 喧嘩し, 因縁事ぢや, 困るぢ, 図の, 土地の, 地震後凡そ一時間半を, 多分その, 多分去年, 大した手際, 大した虐め, 大真理ぢ, 大笑, 嫌ぢや, 家で, 家康の, 宿屋へ, 寄つたんだ, 富子は, 察する, 小さいながら, 少くとも, 年紀は, 引越したと, 弘よりも, 彼に, 後年佐幕派連署組の, 念入りぢや, 怖いで, 怨んでる男, 恐らく百人, 恐ろしいぢ, 惱ましい, 意見を, 感心だ, 成程, 手伝ひ, 手伝ふこ, 扨こそと, 持つて, 捨てて, 擧げて, 料理に, 日本牛の, 昔は, 春の, 是も, 暮し向を, 書かせて, 最初に, 朝から, 櫟津の, 此んで, 殺す筈, 気に入つたら一晩, 気を, 深刻であるです, 無教育者, 無理も, 物盜り, 犢鼻褌の, 猶太種, 玉屋の, 王莽も, 甘えもんで, 町内の, 癪に, 皆んな集め, 益々国王, 相当な, 相当の, 相応だらしの, 穩や, 突然ポカリ, 約八十間道路, 結構な, 義理にも, 腕に, 腹が, 自分も, 自動車を, 舞台の, 色々と, 芝居の, 若氣, 親方が, 誰かと, 誰が, 誰も, 讀者は, 豪気な, 買ひ, 赤ん坊が, 赫ら顔の, 身の, 逃げも, 連れ添つた夫婦だ, 郷里に, 金が, 鉢植の, 間もなく生んだ, 間違ひ, 随分自分達, 随分達者, 隣家に, 隨分市之助を, 面白いぢ, 面白いで, 額に, 飮んで, 駆けつけたので, 騙されたと, 驚くぢ, 魔法使の, 鶏ぢや, 黄河の, 默つて母屋へ

▼ いふやう~ (267, 0.9%)

24 なこと 18 なもの 12 な事 65 な意味, になつ 4 な言葉 3 な, な形, な物 2 だが, なさ, なところ, な格, な気持, な考, にし, にて手すりめ, にな, に支那

1 [164件] だけれど, であるが, ですからね, ですが, なありふれた町人根性, なお, なさうかと, なすべて, なせりふ, なその, なちよ, なつもり, なところで, なものぢ, なもん, なやつら, なよけい, なわけ, なわれわれ父娘, な一種, な世間, な事柄, な他国, な傾, な傾向, な儀式, な内容, な内輪話, な分り, な前, な印, な印象, な口調, な古風, な名, な命令, な問題, な国, な声, な幼い, な強い, な当然, な役に立たずでございます, な御, な心持, な性質, な恰好, な愛人, な感じ, な感情, な所, な手前勝手, な方面, な旋毛, な極めて, な様子, な樣子, な機関, な民藝品, な氣, な氣持, な消極的, な温湯, な演出上, な特種, な犬, な状態, な猿, な現象, な申出, な疑問, な疑心, な秘密, な童話, な笑声, な筋, な経験, な色々, な表情, な規則, な言, な訳, な詞, な話, な貴人, な身構, な道徳的感傷, な集り, な音, な顔, な風, な騒, な體, な鬱陶しい, な鹽梅, にいつた, にいふ, にこの, にしたい, にす, にその, にそわそわ, にぞ聞えたる, になりました, になる, になるべく, にのんき, には美容院經營, にほえつ, にぽ, にまた, にむつくり, にもぞもぞ, にもの, にも答える, にカラツユ, にデラポールト, に一声, に二魂一体, に云つて, に人, に全体, に宜しく, に家庭, に山野, に広狭種々, に心掛け, に快く, に意識, に成立つ, に手順, に擲, に文学作品, に昔, に時代, に晩年, に柳, に歴史, に決して, に温, に猛々しく, に申します, に穀つぶし, に簡単, に精巧, に編纂, に考へた, に聞こえる, に舞台上, に色々, に萬般, に落合村, に解釋, に詰り, に調子, に貸借關係, に赤味, に転向, に近代, に郷倉氏, に關係, に非常, ほどにも単純, 顧みて

▼ いふところ~ (262, 0.8%)

11 にある 7 による 5 がある 4 でせう, の, を 3 でした

2 [17件] から, から日本人, から生れ, が惚れた, だつた, だと, だらう, であらう, です, でその, に存する, に從, に興味, のうまい, のこと, をきき, を兎

1 [190件] かな, からあらゆる, からこれら, からの伝来, からも推測, から不, から出る, から子供, から家, から工夫, から左様, から思ひ, から或は, から書きはじめる, から来る, から梟, から立ち, から見, から誰, から順に, か知りません, があり, があるであらう, がうまく, がです, がまだ, がよく, が不満, が主, が値打ぢ, が即ち, が呑み込めん, が大事, が旨い, が正当, が気, が違つて, が違ふか, さ, だから, だが, だけだ, だけど, だつたので, だね, だらうね, でありその後, でかの, ですか, ですし, でで, でどう, ではおちつける, ではこの, では不, では係累, では豚, でもございませう, で一人前, で下り, で余計, で僕, で八五郎, で大, で彼様, で新郎新婦, で有る, で来, で現実的, で私, で筆, で落つ, で途中, で造り酒屋, で遠く, で馴染, とプーチヤチン, なのに, なん, におそらく, にこの, にその, になります, にはたしかに, には西洋人, にひとつ, にまで私達, にもある, にもさういふ, にも人, にも脚本家, にも芥川, にカッコ, にレオナさん, に一人, に一泊, に一番感心, に人, に似, に作画上, に其人, に出, に参る, に問題, に在, に大きな, に妙, に妙味, に寧ろ, に帰着, に御, に既に, に日本国民全般, に早く, に最も, に最近行幸記念, に来, に氣, に生命的, に発生, に目, に穴, に腰, に間違, の出世作, の奧, の小石川, の川村氏, の平民思想, の意味, の海老坂, の物質的生活關係, の者, の臣道, の自意識, の荊公, の血球, の運命, の非常時的性格, はじめて見, はその, はそれ, はそんなに, はぬき, は前記, は少々, は無論, は神仙家金丹家, は酒, へお, へお前, へすらも達し, へは足ぶみ, へまで今, へホンモノ, へ出, までこれ, まではいかなかつた, まで国民, まで引つ, まで思ひいたら, まで来, まで話, まで間違, まで青年, もあるでせう, もまた, も同じ, よし, をお知らせ, をきく, をすぐ, を一番, を不穏, を仔馬, を信じ, を注意, を活かせ, を省い, を確め, を聞かん, を見せたがる, を見せられる, を解しかね, を許さざりし, を讀み返し, を讀ん, を通, 知らないで, 迄はうつ

▼ いふ~ (259, 0.8%)

5 でした, に私 3 である, には私 2 だ, であつ, にこれ, になぜ, になる, にはかう, に限つて, は世の中, は鐘

1 [225件] あの人, あんな恰好, あんな風, い, いつも司会役, いつも彼女, おつぎ, がある, が一度, が来ます, が来る, きまつて, こそ私, こそ色々, だけは真剣, だけは私, だそれくら, だつた, で, であるから, でで, でなければ, でなけれや, ではない, でも君, でも彼, ともなれ, にああ, にいつも, にお, にかう, にかの女, にこそ彼, にさ, にせめて, にその, にでも言葉, にな, にはうたた, にはか, にはきつ, にはこの, にはこれら, にはた, にはちつ, にはつとめ, にはどう, にはどうしても, にはふだん, にはまた, にはまるで, にはもう, にはよく, にはわし, にはチョウホウ, にはバカ, には一人, には仕切札, には何, には作者, には先生, には全く, には其の, には前, には勿体ない, には博士, には又, には又もや, には召, には君, には哀し, には嘘, には大抵, には妙, には妻, には實, には少々うんざり, には尚さら, には幻術, には彈ん, には彼, には得, には我知らず甥, には押込み, には時々, には曾, には極度, には洟, には灼ける, には父, には病氣, には私達, には空, には窕子, には肩書, には興行者, には草鞋, には譬, には道綱, には革命, には驚く, にふつとこ, にめぐりあつた人, にも国民, にも女中, にも読む, にやあ, にやはり, にや頭, にゆき合せ, にタバコ, に亡くなつた, に代役, に何, に使, に先, に出, に出来る, に困る, に姉, に実は, に庭, に廻つ, に影, に思ひだす, に惚れ, に感心, に故人, に新派連, に槍, に添, に現実, に生れた, に生徒等, に生理的, に男, に發句, に耳, に胆, に自分, に至る, に良く, に行き合せよう, に誰, に起る, に返し, に都合, に隣棧敷, に非常, に魅, の, のおのれら, のきつ, のこと, のやう, の先生, の博士, の妻, の対手, の對手, の少年, の彼, の晝寢, の林平, の爲, の皆, の目, の目当, の第, の約束, の習慣, の自分, の道づれ, の隨分, の順序, の顔, は, はぐつと首, はその, はそれで, はつい, はどこ, はなるべく, はキツカケ, はハツキリ, は一層, は先づ故郷, は夢みる, は女ちやら, は御膳焚, は必ず, は思想, は惚れた, は日常友だち, は暗い寂しい, は柳, は案外, は気, は水底, は美くしきもの, は自分, は自分自身, は自慢, は草, は親身, は誰, は辛い, は鋸, ばかりじゃない, ほどい, ほど實, まで續, もある, もあるだらう, もよき, わざわざ口辺, をいふ, を待つ, 並んで, 忽ち犯すべから, 思ふさま, 悦んで, 突然人々, 舐めま, 見ると

▼ いふ~ (229, 0.7%)

10 がある 8 があつ 7 もあつ 4 はない, もある 3 だと, はあれ, はなく, は一人

2 [14件] ありと, があり, がその, がない, が有, さつて, にとつ, は一向に, は無い, もあり, もあります, もない, もなかつた, を怖

1 [156件] あり, ありければ, がありまし, があるなら, がいつ, がこの, がどう, がどの, がなかつた, がなく, がふえ, がやる, がゐない, がゐる, が一名, が世間, が之, が二三人, が何處, が作り始め, が使, が再三, が出没, が四部, が多, が多く, が始め, が実力, が密告, が尚も, が居た, が居る, が張金吾, が待つ, が持てない, が本所相生町, が正直, が武者修業, が歸順, が泉州城, が清衡, が病中, が立合, が肝, が薔薇水, が訪碑, が誰, が錢形親分, が附い, が頭, が鹿, さ, ぞと教, だか, だ明日, でございますが, です, で奥さん, と三つ, と私, なりけん, なれば, なん, にし, について考, にとつて, に價値, に同感, に命じ, に對, に属す, に屬, に懸つ, に成候, に討たれ, に負, に逢, に遇つて, の世, の僞作, の声, の女房, の娘, の寂しい, の流れ, の温和, の財力豐富, の顔, の首級, はありません, はお, はかうし, はこんなに, はそれ, はそれくら, はそんな, はどこ, はどんな, はなかつた, はやるまい, はゐない, は全く, は其大源, は其権利, は到底, は奧州, は宇宙, は家, は少く, は広大, は所謂先見, は時には, は暢気, は村ぢ, は機械, は死人, は決して, は滅多, は無, は無し, は然, は生, は絶えず, は腹, は自ら, は萬葉, は長壽也, また自然, も, もあら, もあれ, もお前, もしあら, もし應, もひいき, もゐる, も出, も多, も有, も沢山, も無い, も物静か, をお, を今度嫁, を商用, を愛し, を持たぬ, を檢擧, を歌, を立つる, を立てなけれ, を背徳亂倫, を診る, を連れまし, を面白し, 多きにや

▼ いふ~ (228, 0.7%)

4837 です 14 だから 9 だが, だね, だよ, ですが, ですよ 8 だらう 6 ですか 4 だか, だな, だもの, ですから 3 だけれど 2 だえ, だからね, ださうで, だと, ですがね, ですな, ですね, ですの, でね, では

1 [31件] だからな, だからねえ, だがね, ださ, ださうで武家, だぞ, だつたら僕, だつて, だ何だ, だ俺, だ感情, だ相, だ関雪, ですいつたい, ですかね, ですがな, ですけど, ですけれど, ですつて, ですべ, ですもの, です見たところもち, ならいつ, ならなまじ, ならもう, ならわかるが, なら一号, なら丁度, なら簡単, や, やあらへん

▼ いふよりは~ (203, 0.6%)

3 自分の

2 [11件] 不快感である, 地藏菩薩と, 夫が, 寧ろ偉大, 寧ろ多面, 寧ろ政界, 寧ろ無作法, 寧ろ自分, 庭園と, 癪に, 詩や

1 [178件] いかにも聰明, いかにも面倒臭, いつそじやが, いつもも, うんと飲んだ, おきみ, お腰元, この作, これぢや, これは, さう, しみじみと, しんからの, すつと, すでに熟知, すべり落ちたといふ, そこへ, つまらない疑ひ, つまり貸金, どちらかと, のろ, まだ世間, むしろそこ, むしろシニック, むしろ伝説, むしろ動物的, むしろ形成, むしろ既に前, むしろ死後, むしろ生命, むしろ當時, むしろ私自身, むしろ雑音, やはり包世臣, やるから, よく見, アラビア風の, ガラツ八の, タイキが, 一そう触感に, 一種の, 三輪の, 上品さで, 下男と, 世に, 中心點を, 些か辟易, 何だか情ない, 何だか蒸し蒸しする, 何とむかし, 作者の, 停滞した, 先代朝井玄策の, 先方から, 先輩の, 全體, 兵學者の, 凄い女, 凄然, 力の, 反射的に, 叔母さんの, 古くな, 古道具屋と, 各政黨, 同人の, 名ある, 呆れて, 呆れ返ツ, 器物の, 地蔵菩薩と, 壇の, 壮士輩の, 大きな箱, 太政官に, 女の, 如何にも娘, 威, 子を, 寧ろ, 寧ろ一種, 寧ろ不可思議, 寧ろ丸味, 寧ろ人格試驗, 寧ろ人間, 寧ろ信仰, 寧ろ冷徹, 寧ろ印象寄り, 寧ろ宮廷人士, 寧ろ感覚そのもの, 寧ろ日本, 寧ろ最後, 寧ろ歌文, 寧ろ沈黙, 寧ろ清らか, 寧ろ物哀れ, 寧ろ理智, 寧ろ痛, 寧ろ発散, 寧ろ筆記者, 寧ろ精力的, 寧ろ精神, 寧ろ純情型, 寧ろ自我意識, 寧ろ遠雷, 寧ろ黄金そのもの, 寧神託の, 小博奕, 小大名, 少し粗野, 尻ごみする, 巣と, 彷徨それも, 悲劇的な, 意識的に, 感じた, 懶惰な, 手踊の, 摘綿の, 改風し, 放漫であります, 故土, 教育上の, 日頃の, 暗と, 暮しの, 本草家か, 本草家の, 楽んで, 歌舞伎役者に, 此人達の, 死も, 毛皮で, 氏族制度の, 氣の, 水溜りと, 泣言とも, 注視した, 派手な, 流れるの, 清潔な, 無下に, 無住の, 無腰の, 燃えつくやう, 物馴れた, 珍らしい, 現代的に, 町方一統の, 疲労のせゐだつたらう, 白熊と, 盆の, 砲兵帰りの, 確りした, 神經の, 私自ら志願し, 空乏, 空氣みたいに, 笊の, 精しく味, 納戸に, 索寞として, 絶望し, 羽目を, 老来益々出不精, 自ら絶望を, 自分達の, 艶めかしくさへ, 薔薇の, 逆に, 這ひずり込んだ, 酒のみて, 鋭敏な, 雪狐と, 青光り, 頑固な, 風俗が, 飛ぶやう

▼ いふ~ (201, 0.6%)

47 がする 31 がした 20 がし 6 になつ 5 がしました, になる 4 がします 3 がしない, になつて 2 がいたしました, がいたします, が起る, になり, にはなれない, のする, の利いた, はし, はしなかつた, を起した

1 [57件] か, がこみ上げ, がしきりに, がしなかつた, がしなく, がし出した, がし始め, がするで, がすれ, がむらむら, が始終, が彼, が致した, が致します, が起き, が起つた, だが, だったの, でこんな, でした事, でその, でゐ, で何, で憎々しく, ならおれ, ならこつちも, になつた, になつたの, になつて中, になつて有楽町, になりました, になるだらう, には誰, にもなつ, にもなる, にもなれない, にも追, に幾度, の起つ, の起らなかつた, はあつ, はした, はない, はなかつた, は出ませんでした, は少し, は微塵, は心から, は無い, まづい, もした, も出る, を起させ, を起させた, 易さ, 遣ひが, 障つぽ

▼ いふ意味~ (197, 0.6%)

13 のこと 7 なの 3 か知らない, があつ, で, でこの, ではなく, に於, に於い, の詩

2 [11件] か, から云, だ, だか, だと, であつ, でせう, ではない, で云, なん, のもの

1 [131件] かといふこと, かとその, かな, かね, から, からいつ, からいふ, からいへ, からもこ, からも新劇, からも日本, から人間, から全部, から見物, から過去, か兄さん, か分らない, があり得る, がある, が古典, が幾島, が折込まれ, だつた, だらう, だらうと, だ舊譯, であらう, である, であるか, でいろいろ, でこれ, でございませうか, でしたら勿論, ですか, ですが, でそれぞれ, でないので, でなく自分, での勇者, での呼吸ぬき, での新し, での新しい, での本, での歴史的, での演劇, での生活, ではたしかに, ではジュウヴェ, ではフランス人, では印象氏, では彼, では或は, では文学, では消極的, では現在, では私, では芝居, では誰, でよ, でフランス語, で一種, で不幸, で余程しっかり, で作者自身, で使, で使用, で僕, で凡て, で利用, で卑俗, で叡子さん, で古人, で古典, で外国, で実際, で尊位, で弁証法的唯物論, で恰度現在日本, で明治初年, で書い, で決して, で独伊国民, で神, で私, で自分, で舞台, で言つたの, で造形性, で非常, で面白い, なら鼻声, において従来, において旧, になる, になるでせう, に使, に於ける, に眞實, に解釈, の事, の冷血, の前置き, の吉岡, の女親分, の宣誓文, の幸福, の彼等, の感覚, の憐れみ, の挨拶, の政治, の文化, の発想法, の義雄, の記録, の誤, の誤り, の説明, の返事, の雜駁さ, はそれ, はない, もあります, もある, をいつ, をその, を合点, を持たせた, を明らか, を汲ん, を籠め

▼ いふ~ (196, 0.6%)

4 がある 3 があります, にある, は何, もある 2 から出, にあ, による, のもの, はずつと, へ行つて, より遠い

1 [166件] からし, からである, からやつ, から何, から來, から出た, から前, から和尚, から宋學, から我國, から持つ, から揃つた聲, から支那學, から来た, から穴師, から自然, から起つ, か知らない, が, があ, があつ, があらう, がありました, がつまり, がよかつ, が好き, が實状, が活水, が現, が腹, が違つて, が違ふか, が面白, そしてそんな, だが, であつ, であらう, ですか, では大抵, でほんの, でもこつ, でも蟋蟀, で働く, で劉向, で大きな, で望生, で死ん, に, にあるらしい, にいたる, にかし, にきぬ, にくる, にする, にずつと住み着い, にて其性理學, にて女房, にとくる, になる, によれ, にテレザ, に一番, に一種, に不思議, に作者, に到れ, に力, に同感, に在り, に女, に守, に安住, に年九十, に最も, に木曾川, に根拠, に残つて, に泊つて, に白帆, に至りぬ, に行つた時, に起因, に降りた, の八百屋, の古墳, の大きい, の客観的, の小さな, の少名, の斷崖, の普, の書数種, の松原, の根底, の沖, の洞穴, の漁人, の細注, の習慣, の論理, の酒造り長沼家, の關中, はい, はいい, はどんな, はよほど, は天才的, は平井山東, は春の間, は東京, は氣候がい, は猿芝居, は蔵王, は非常, は鳥, へ, へもう二度と, へもお, へ上陸, へ出る, へ出掛ける, へ収容所, へ家, へ日本, へ来る, へ漢, へ濱野さん, へ現れ, へ舞, へ行, へ行く, へ行つた, へ行つて炭, へ越す, へ辿つた, までだ, まで徹底, まで行つて, まで迫つて行つて, まで進められた, もあり, もよい, も甚だ, より出, より望む, より綱手, より落ち, を, をすぎ, をすぐ, をひつ, をシヤン, を借り, を大阪, を學び, を徘徊, を散歩, を渡る, を聞く, を見た, を見つ, を通, を通り, を過, を過ぎてた, 又一寸

▼ いふ~ (187, 0.6%)

6 もある 3 がゐる, であつ, である 2 かといへ, があつ, がある, が有, だと, ではない

1 [160件] ありて, あれど, う知らん, かしらと思, かと好奇心, かと幽か, かと思, からお金, か全く, がさういふ, がなあいろいろ, がゐない, がゐるなら, が三々五々, が住ん, が來, が其地方, が出た, が啓示, が好き, が好ましい, が文化文政, が泊つて, が洋行, が筆, が若し, が逢, が骨折つて古代, こそ大丈夫, こそ眞, だあつたかい, だけしか扁理, だちは, だつたの, だとも, だね, だよ, だらうか, であらう, でありました, であり好んで, でしたが, です, ですと, でせう, でといふ位, でなかつたから, でなくては, でも実際, で他, で此頃, で議会政治, とかとささん, と同じ, と夫婦, と対座対談, と結婚, と考へ, と逢, なの, なん, にあらず, にとつて, になつ, になれん, にはわるい, には恰好, にみえ, にも樂しみ, に使, に出, に対しては私, に対して私, に對, に時々, に絶対迷惑, に限つて, のある, のこと, のその, のところ, のない, のみにて手がかり, のわざと, のゐる, の不自由さ, の中, の事, の仕事, の取り立てた, の同情, の妻子, の姿, の平素, の心持, の所, の日記, の最も, の氣持, の発句, の筆, の経営, の耳, の話, の集る, の頭, はああ, はあれ, はいやらし, はたいがい青年, はどこ, はない, はないだらう, はもつ, はもともと, はわざ, はわたし, は下, は動, は失敬, は字余り, は字餘, は少し, は左様, は心臟, は我々, は手, は政治, は是非, は有る, は朋友, は沢山, は祕密, は私, は結局最後, は自ら, は金持, は香水, もあつ, もゐた, も候, も劇団, も可, も多から, も実際, も応, も有る, をお, を使, を入れ, を妻, を尊敬, を強, を捨てる, を欲する, を穢多, を羨ましく, を聞かず, を見受ける, を頼ん

▼ いふ~ (168, 0.5%)

4 得可き, 見れば 3 持つた事, 煩つて死なりまし, 見た事, 越えて

2 [18件] あとに, かしな, き, ききて, 事実と, 冒頭に, 喜びて, 待たず, 得ざるもの, 得べし, 得んや, 渡つて六七町も, 考へれば, 聞きて, 聞きては, 聞て, 聞ても, 開いて

1 [112件] あけて, ある人, いかなる意, う, うるを, うる時, うれども, えざらむ, えざるなり, えざれば, えすた, えず, えむ, えんため, きかんよりも, すられるぜ, すられるぞも, ぢさんも, つくり國體, つめて, とめ居りよく, とりに, とろうと, ぼやいて, みむと竹筒, もてわが, もて将官, もらって, もらひたるを, やめよ如斯, わたりて, わたるに, われ若し, んな, 一つ見つけた, 七月と, 不都合の, 例と, 公子強ひ, 切つた, 創立し, 力に, 名に, 吾心に, 咎めて, 土臺として, 媒妁代はり形ばかりの, 少女と, 山守に, 幸頻, 待たず獵夫, 後に, 得ず, 得ず力, 得べきか, 得べきかと, 徴され, 怪むべ, 憚かる, 憚る, 懐胎し, 懷胎し, 戸口にて, 手に, 打消して, 押さえて, 招き寄せ, 拜み, 拜みまつる, 持出して, 振, 梅津の, 楯に, 気に, 決定する, 沢山あつ, 清三郎, 溯るの, 烹て, 無禮, 現は, 疑は, 発行し, 皿に, 看板に, 知らず, 笑ふも, 経て, 聞きしとき, 聞きしとき我, 聞きし如くなりき, 聞きほつとして, 聞き得たり, 聞くとも, 聞くに, 聽き, 自慢の, 見て, 見るが, 言は, 試に, 試みけり, 越えた, 連れて, 過ぎると, 過て大, 陽に, 非なり, 須ひず, 須ひない, 須ゐん, 黄金丸は

▼ いふのに~ (152, 0.5%)

3 これは 2 それは

1 [147件] あいにく踊り, ある朝, あれらの騒々しい, いまだに冴えた, うちだけは, うちは, お前さんい, お勝手の, このうら, このひと, この二, この人, この陽気, さつ, そのコンミュニケ, その日, その朝, その脱, それさへも, それには, そんなクレバネット製, た, ちつとも, どうした, どうして一言, なか, なかなか覺, なぜこんなに聴き, なりも, のんじまった, のん気, ほんとうに, まだヘルメット, まだ二人, まだ家, まだ帰つて, まるで逆, もう一寸, もう薄暗い, よう行かなく, わからねえ野郎, わざ, コック氏は, 一俳優に, 一向花, 一度二度, 一見する, 一貫と, 三十五六もつ, 中年の, 主人の, 二十一の, 五日も, 人の, 人は, 伝蔵は, 何か, 何と云, 何ぼ, 何を, 何事も, 何処まで, 何処を, 優しさ, 元の, 全で, 兩國橋に, 八五郎などは, 其程身の, 出て, 別に証拠, 劍道で, 助太刀まで, 北ヨーロッパ諸, 土堤は, 地上の, 夜は, 奉公人が, 女の, 女子供に, 女房に, 女房は, 妙に, 娘の, 子供, 子守歌を, 室内では, 寢卷姿では, 床へ, 店の, 座敷には, 弘雄は, 彼は, 必ずしもさうでない, 恐ろしい呆けやう, 恐ろしくませた, 息子は, 恵まれたるかな, 惡い, 愛想よく, 憐れつ, 日の, 早くも, 暑いこと, 暦は, 木綿絣の, 未だに祟つて, 本人は, 柔かい微笑, 樽神輿を, 此処に, 歸るいふ, 水草の, 決して書かない, 無愛嬌な, 父爺はね, 物音も, 生憎何, 産後の, 百姓は, 眇目で, 眞白に, 真冬の, 矢張り生き, 秀吉は, 私は, 秋に, 第一, 素人ばかり, 絹糸の, 翌る, 翻つて私の, 老人は, 聲を, 良い男, 藏の, 街は, 袷では, 語学の, 足駄に, 随分訝しい, 雨戸を, 雪が, 顏も, 飛上る, 鳥屋の, 麹町四丁目までや

▼ いふまでも~ (148, 0.5%)

33 ない 7 ないこと 6 ないが 5 なく 4 なし 2 ありません, なき事, なくこの, なくそれ, なく卓一

1 [83件] あるまい, ないその, ないだいぶ, ないと, ない事, ない人格者, ない暮れ, ない皆, なからう, なくお, なくこれ, なくその, なくそれで, なくそれ等, なくよい, なくわざわざ, なくわれわれ, なくスイス, なくストルチェンコ家, なくモボ, なく一番金, なく一般, なく三本, なく世界的日本, なく主, なく二十四歳, なく俳優術, なく俵屋, なく僕, なく元, なく兄, なく先生, なく八重一重, なく劇場, なく勝角力, なく原版刷り, なく反省, なく各々, なく同じ, なく同行, なく名優, なく否定, なく場所, なく外套, なく孫生, なく對象, なく小, なく小説, なく山水, なく左手, なく当事者, なく当時, なく彼等, なく惠みの賜物, なく我々, なく批評的精神, なく文化史的考察, なく日曜日, なく晉, なく本質, なく板, なく極月, なく氣, なく河合, なく熊, なく田巻文子, なく番町邊, なく社会, なく立見場, なく老人, なく聖代, なく肥後熊本五十四万石, なく舊大小名, なく良い意味, なく芝居, なく花, なく蚊, なく許由, なく赤い灯, なく野々宮, なく金策, なく額田, なく風俗

▼ いふ~ (143, 0.5%)

9 をし 8 がある, をした 4 があつ 3 だ, をきいた, を聞いた 2 が出, だつた, で, である, になる, もある, をする, を聞かされました, を聴い

1 [87件] からユキ子, から歌舞伎, があります, が一度, が伝, が傳, が出る, が進め, さそれ, だから, だが, だよ, だらう, であつ, でございます, でしたが, ですぜ, ですなあ, で瀧野川, で私, などある, などし, など出る, ならいくつ, ならこちら, にふざけ, に処すべき, に決め, に甚だ, のあつ, のあとぢ, のある, のうち, のつ, のとき, はあつ, はこれ, はどれ, はよく, は出る, は別, は安川, は寧ろ, は恐らく, は掲載, は時候見舞, は此処, は決して, は沁, は真面目, は聞い, は聞いた, は聞く, までなさる, もよく, も出ました, も時々, も杞陽君, も遺つ, やし, をある, をきい, をきき, をきつ, をしかけた, をすれ, をつい, を傳, を嘗つて下枝子, を始めた, を尽く, を幾つ, を思ひ出した, を或, を持ち込ん, を杞陽君, を此間彼女, を沢山, を注入, を知つて, を私, を私ひとり, を簡單, を聞い, を聴き, を良寛上人, を銀之助

▼ いふ~ (142, 0.5%)

4 居る 3 あひ, ゐやはり, 下さるも, 小言を, 置いて, 遣したと 2 いたらく, はりまつ, 困らせては, 濟むと

1 [112件] あいを, あたかも我邦, あのま, ある, あるが, あるの, あんたもなあ, いいの, いど, おく, くれ, くれたらよい, くれと, くれるし, くれるので, これを, しまひましたがな, じや, はりましたぜ, はりましてん, はります, はりますの, はるし, はるなあ, ましてん, みたいの, やつたら, よいで, よいやら, よこしたの, わあ, ゐや, ゐやはりました, ゐる, ゐるつまり火, 下さいと, 下されと, 下さんした, 二の, 人を, 人命に, 今更残念, 何の, 何も, 僻物と, 兎角百姓, 別にあるで, 利根川, 勿論愉快, 十兵衞は, 取らせけるは, 可なるべし, 名前こそ, 呉れるの, 味方の, 呼ぶと, 喰は, 売りけるよし, 外に, 奇声を, 奇妙な, 宜い, 宜さそう, 尋ねて, 居た, 居られる, 居るでは, 山へ, 川には, 引起し, 往復に, 怒って, 恥しいとおも, 我も, 戴かふもの, 挽き返す一横町こ, 排斥し, 描いて, 明日の, 晝日中寢そべつて, 普通の, 木枯凄じく, 楽む歌よみが, 樂む歌よみが, 歩いて, 泣かし給, 済むと, 滅多に, 濟ん, 為れたでは, 爭つてゐる, 皺だらけの, 立つて, 置いたが, 聞かす事, 肥える, 見ましてん, 見ると, 見れば, 貰ひまし, 貰へば, 賞めも, 贈られたの, 返事を, 退けむ, 選科を, 除けしを, 除けるつもり, 青年らしい, 頭下げるだ, 飛退いた, 驚く者

▼ いふ~ (138, 0.4%)

4 があつ 3 によつて, を用 2 が, がある, が何, が多く, である, の用語例, を, を区別

1 [112件] から, から遠ざかり, がその, がはずみ, がよく, が今, が出た, が分別男, が古い, が多く用, が後, が既に, が有る, が減る, が特に, が矜持心, が私, が米, が置き, が色, が達者, が驕, この作者, であ, であるらしいこと, で代表, で終つて, と共に數, などに無量, なども始め, については昔, については水, について少し, にはその, にはだから, には大きく, には聯想, にむかへ, に出, に力, に対して僕一流, に明らか, に近づい, のよ, のン, の入, の古い, の同義語, の命ぜられ, の定義, の将然, の形そのもの, の意, の意義, の持つ, の格, の終り, の美, の融合, の見える, の語義, の連用体言, の駆, は, はう, はなかつた, はギリシア, は一つ, は万葉, は初め, は天子様, は容易, は彼, は必ずや, は息, は我々, は或は, は日本人, は明, は根源的, は立派, は腰巻き, は自然, は解釈, への不審, もあり, もある, もあれ, も之, も出来た, も同一, も子ども, も此処, も氣息, も第, も高祖本紀, をそのまま, をつかふ, をもつ, を三義, を使, を口, を唯, を多く, を添, を牽いたら分るだらう, を知らなかつたらしい, を見, を見る, を起し, を附け, を頭

▼ いふ場合~ (132, 0.4%)

4 には私 3 にその 2 が多い, になる, に非常, は消極

1 [117件] いつもなら, うるさくなつ, があり, がある, がほんとに, が三度, が度々, が特定, が短歌, だけ発撥, だつたので, であらう, であるから, でした, でないから, でないと, ではなく, でもすぐ, でも決して, で氣, といふ風, どう挨拶, ならわしども, なん, に, にああ, にかう, にかぎつ, にこそあの, にこの, にこんな, にごまかし, にすべき, にすべて, にそんな, にでも方言, にでも方言はか, にでも肩身, にどんな, にはいつも, にはかならず, にはどんな, にはなほ一分の苦, にはアルコール, には一句, には一婦人, には一應本人, には何, には傍観的態度, には兎角, には句, には母, には泣かず, には甚だしい, には直ぐ, には笑顔, には酔う, にもやがて, にも侵入者, にも俳優, にも直ぐ, によく, にわれわれ, に丑松, に他人, に何度, に何故, に先づ, に兩親, に実際, に当意即妙, に彼, に我儘, に接する, に来た, に此, に男, に眼, に簡単, に自由, に處, のみならず, のアルコール, の処置, の夕立, の太鼓, の孤独, の彼, の心細い, の断り, の方, の無表情, の處置, の行乞, の読物, は, はあつ, はあまり, はま, はもちろん屡々, は一方, は其の, は別, は得, は殆, は起きない, むしろ男性以上, もあ, もありうるだらう, もない, も想像, やはり気がかり, を兼ね, を待ちもうけ, を想像, 度々引合, 若い役者

▼ いふ言葉~ (132, 0.4%)

5 を使, を用 3 がある, を使つて 2 である, を人毎, を取交し, を聞いた, を辷らせる, を通しても, 遣ひを

1 [102件] ああいふ発音, から想像, かを掛けるだらう, があつ, があります, がきれ, がご, がなかつた, がまた, がやりきれない, がわからない, が出た, が利用, が可笑しい, が少く, が徳川時代, が文献時代, が明瞭, が栖鳳氏, が極, が無, が聞き, が自分, しか言, だつた, であ, でいひ, でこの, でどう, でも大体, でも恩, で答, で表され, で表現, で詩人, で述べ, といふもの, となつ, と共に樺太, と特別, なり, についで, にはもう, によつて, に微笑, に次い, に驚いた, の上, の中, の優し, の完全, の文化, の生れた, の端, の裏, の裏表, の訓練, はあどけない, はその, はちつ, はない, はわが, は今, は何, は古く, は君, は極めて, は現世, は矢張馬, は頭領, もある, もさ, も其処, をいつ, をきい, をそこそこ, をつかつた, をつけ加, を云, を交した, を取交した, を取替した, を夢中, を嫌ふか, を心, を必要, を思ひ出した, を想像, を投げかけ, を拵へた神, を持ち合せ, を書いた, を無, を父, を産む, を発し, を発せられ, を知らなかつた, を聞く, を議論, を起す, を附け

▼ いふ~ (126, 0.4%)

4 にある, に於 3 では 2 からいつ, から云つて, である, ですか, では十分, で優れた, に触れ

1 [101件] からいふ, からみ, からみれ, から現代, から考へられるべきである, から見, から見る, から言つて, から説明, があつ, がある, が今日東京, が気に入らなかつた, が演劇, が第, が肝要, が解決, だけから青年, だけが共通, だけ彼, で, であり画面, でお手本, でかなり, でさ, でせう, でその, でその道, でたいへん, でのみ, での感覚的魅力, ではともかく, ではウインケルマン, では一長, では日本人, では菊田, でもツムヂ曲り, でも彼, でも日本, でやつ, で一つ紛糾, で一概に, で一致, で今度, で僕, で大衆, で夫, で尊敬, で従来, で我々, で新聞そのもの, で日本服, で注意, で私, で能, で自信, で自分たち, で芸術的感銘, で訳者, で非常, と正直, なんか, にあつ, にあり, において非常, にか, にかけては極端, にちよ, について研究, になる, には反対, にもあつ, に不満, に作者, に存する, に思ひ, に最高票, に注意, に特色, に眼, に誤り, に賢明, に高く, のつけられ, はよく, は奥さん, は忘れ, は敏感, までの指導, まで熟読味到, まで考慮, もある, も有, をこの, をはつきり, をも暗示, をよほど, を無視, を考へます, を認め, を重視

▼ いふ~ (110, 0.4%)

3 だ, で, ではない, でもない 2 だらう, であらう, です, でも無い, にも行かない, のもの, は無い, もなく, も無い

1 [80件] かそれ, かといふ, かとさう, かと後で, からか今日, から蓮太郎, か土地, か大, か好ん, か殊に, か癩, か私, か表紙, があ, だか, だから, だが, だし, だどう, だ過日, である, でいくら, でか, でこんな, でございますから, でさ, ですから, です殊に, でずゐぶん, でそんなに, でないこと, でなく先祖, ではあるまい, では無い, でもありません, でもあるまい, でもなから, でもなく, でもなし, でも何, でも有ません, でよく, で十分, で各々, で奥さん, で学校, で安心, で富田, で寝すごした, で彼等, で早目, で東京, で梅廼屋, で歩い, で死にまする, で生ずる, で私, で野菜食, で黄金餅, なの, なので, にいかなかつた, にはいかない, にはならない, にはゆかず, にはゆかない, にはゆかぬで, には出来なかつた, には往かない, には行かない, には行くまい, にもいかない, にもいかん, にや, にやまたは, のもん, は少し, ばかりでなく, もなし, も無

▼ いふ種類~ (76, 0.2%)

5 の歌, の芝居 3 のもの, の女 2 の, の人, の人間, の戯曲, の煙草, の芸術

1 [48件] とは, に属する, のこと, のね, のものぢ, のミリタリスティック, の云, の人達, の作品, の作家, の劇団, の卑下, の商人, の喜劇, の噂, の地震, の夢, の客, の小数, の建物, の心配, の必要, の感想, の損害, の數多, の日記, の時計, の書きつけ, の書物, の本, の材料, の気の毒, の演技, の熱情家, の白, の立場, の管, の素人演劇, の若, の著述, の観客, の言葉, の記憶, の追憶, の運動, の間違, の雑誌, 或はまたその

▼ いふ時代~ (71, 0.2%)

2 であつ, である, になつて, に出来た, に生れ, の民衆

1 [59件] が所謂演劇時代, が早く, が来た, が要求, が過去, だけに自分, だと, であるから, ではない, で恐らく, といふもの, としてはまだまだ, とでもいふ, なの, にこそどうしても, にその, にともかく, には人間, には各人, には国民, には時としてどうか, には歴史, にもともかく, にわき目, にクリスト教, に世阿弥, に先行, に到達, に反省, に外国語, に将門, に希望, に欧米人, に決して, に生れ合せた, に若い, のかう, の俳優, の夢, の心地, の戯曲家, の気風, の混乱, の演劇, の話, の魔力, はとうに, はまだ, は古今東西, は非常, ほどめいめい, もあ, もあつ, もある, をわし, を仮定, を僕, を指し, を私共

▼ いふ~ (69, 0.2%)

3 の人 2 であつ, のこと, の一人, の唯一, の声

1 [56件] からの葉書, がある, があれ, がお, がだんだん, がゐた, が他, が居る, が得たい, が理想的つて, だ, だから, つ子, であらう, である, であるから, ですから, でもいつの間にか, とチョコレート, と碌, と立話, と結婚, と話す, なの, には辟易, に一種, に対する興味, に憎まれ, に懸, に有り勝ち, に溺れ, に話しかけられる, に限つて, のあそこ, のことごとく, のひと, の僞, の夫, の心, の手, の生活, の聲, の雑誌, の頭, は, はさ, はそこ, はどう, は十七八, は物, は百姓, は腐れ縁, は陳腐, もあり, をも, を見る

▼ いふ生活~ (69, 0.2%)

5 をし 2 があつ, が自分, しかできぬ

1 [58件] かういふ生活, からは自他, があり得る, がある, がつ, がほぼ, がほんとう, が劇作家, が皆ほんとう, が私, が続い, が続けられる, におちた, にこそほん, についても同じ, について母, には, にはいりこんだ, にはもう, にも少々, に入る, に材, に溺れ, に疲れ切つ, に興味, のなか, の中, の余儀ない, の根源, の状態, の荒蕪, の貧し, はつづけられない, は想像, は段々, は精神的, は閑散, へ私, もある, もこの, もない, も優れた, をうたつた, をした, をする, をなさつ, をもつ, を仕, を営む, を土台, を描い, を望ん, を生活, を祖先, を私, を私たち, を繰り返し, を續

▼ いふ~ (69, 0.2%)

2 へが頭, へをもつ, へを持つ, へ違

1 [61件] があつ, がある, が矢張私, が起つ, で言, なの, の上, は持たなかつた, へから出た, へから自分, へがたえず, へがで, へがふと, へがまるで, へが一寸, へが一杯, へが一段と, へが不意, へが今, へが強く, へが支配的, へが洩れる, へが浮き上, へが浮ん, へが矢, へが自然, へが薄らい, へが起こつ, へだ, へである, へでつまり, へで蔬食, へで言つたの, へになつ, へには自分乍ら賛成, へに本, への上, へはなく, へは固, へは少し, へは思ひ, へは是, へは此頃, へは毛頭, へは神聖, へは霊山, へも付くまい, へも成り立たなく, へも自然, へをい, へをいくらか, へを以て私, へを卑ん, へを払, へを抱い, へを捨て, へを誘ひ出す, へ落ちめいた事, もなく, も私, を抱かれた

▼ いふ~ (68, 0.2%)

7 もある 5 がある 4 もあります 3 があり 2 があります, も出た, を出し

1 [43件] があつ, がその頃大分ひろ, がよい, が一部, が出, が問題, が多い, が妥当, が持, が生れ, が立派, が行, であるが, とああ, と又, と峠, と障子, なれば, になつて, に傾いた, に傾き, に傾きました, の生じたる, の研究, はあまり当然, はまち, は今, は御, は最も, は正しい, は立派, は誤り, もありました, も出, も可能, も成り立たない, も成立つだらう, も標山, をなし, を唱, を樹, を發表, 必ず起ら

▼ いふには~ (63, 0.2%)

3 あらず, あらねど 2 あらざれど, あらねおのれ, あらねども, 及ばぬ, 餘り

1 [47件] あの躰, あまりにしづか, あまりにも, あまりに口, あまりに朗, あまりに顕著, あまり短日月, あらざりしかど, あらずこ, あらずた, あらず蕪村派, あらで石見, お二方, これは, こんな結構, どこやらの, なんだかその, ぶんま, まだ寒, 不適当, 二三日なら, 儒童菩薩を, 入院料を, 凡て私が, 國府田志願兵は, 多數, 大い, 実は渡辺さん, 將棊倒し, 当らない, 彼は, 後世子孫に, 忙しすぎる, 拙者の, 是非とも, 有らねど, 杣が, 槌や, 滑稽な, 無論の, 犬張子, 私の, 種々あり, 若々しく媚, 銃猟ほど, 非ざる, 非常に

▼ いふふう~ (62, 0.2%)

5 にし 2 に川

1 [55件] だ, であ, であるかといふ, なの, なもの, な仕方, な作り, な外国語, な女, な思想, な感じ, な枝垂れ葉, な民俗博物館, な生活, な考へ, な趣向, にごく, にしかその, にせいしつ, にぢ, につごう, になつ, にもう, にもとらず, に一平, に一言, に一首, に仄めかし, に作られる, に力, に古墳, に噴出, に天皇, に家, に後退り, に意見, に愛し, に披瀝, に早, に最後, に歪めた, に現代, に着け, に考へ, に考へる, に自分, に見るなら, に解釈, に詠ん, に違つて, に鶴, の, のもの, の造り, を裝

▼ いふほどの~ (61, 0.2%)

4 もので 3 意味で

1 [54件] おとなしい批判, お蕗, ことは, ことも, ごく廣, ものだ, ものである, ものは, 事は, 云はば, 全く同じ, 凜, 凝り方, 勇気は, 勢ひで, 善人です, 夜さへも, 夢などは, 大人物が, 大胆さなどは, 奴な, 奸智は, 寸法で, 心で, 心にな, 心持である, 心遣, 忠実な, 意味しか, 意味だけ, 意味な, 意味なさうだ, 意味にて, 意味の, 意志も, 有様な, 構へでも, 權威の, 気も, 気持から, 煮えきらない心持, 物ぢや, 現代風も, 病氣でも, 真剣な, 老衰ぶりでは, 考も, 自惚, 興味を, 距ても, 酒好きにな, 長閑な, 間の, 顏では

▼ いふもん~ (54, 0.2%)

114 だから 32 かね, がない, だか, ですよ, でせう

1 [26件] かだんだん, がある, が必要, が魂, じや, だからね, だと, だよ, だらうね, だ他人, でしてな, です, ですかね, ですから, でない, でないぞ, で自然人間, は, はこんな, はつい, はまつたく, は人騒がせ, は半分, は可愛い, は実際, は指してる

▼ いふ問題~ (53, 0.2%)

2 を考へ, を解決

1 [49件] から出発, がある程度, が仮に, が出た, が婦人公論, が等閑, が起る, できつ, ではなく, なら今, について少し, について棋士, について特に, について翼賛會, について議論, には何, にぶつつ, に對, に熱心, に特別関心, に答, はといふ, はどう, は君, は大した, は恰も, は拔, は演劇, は現, は細大, は考へれ, もまことに, も加, も直接, をあそこ, をあゝ, をひろ, をまた, をやかましく, を一つ提供, を一概に, を取扱, を惹き起す, を提出, を放棄, を数, を真剣, を考へる, を考察

▼ いふ~ (52, 0.2%)

2 であつ, の姿

1 [48件] がこの世, が父, が片目, が画家, が病魔, が自己, と遊ぶ, にすこし, にとつ, にはもはや, には遂に, に勇猛, に抗, に期待, のすべて, のはげしい, のほとんど, のクリスト, の倦まざる, の傍, の全, の力作, の動作, の存在, の實生活, の希ひで, の懴悔録, の最も, の機敏, の氣, の涙, の混乱, の自己, の行動, の顎, の顔つき, は神, は金髮, をあはれむ, を一ヶ月後, を側, を彼女, を揶揄, を支, を更に, を窮屈, を認める, を豪勇

▼ いふ~ (51, 0.2%)

3 がした 2 がし, が耳, が聞えた

1 [42件] がうしろ, がきこえる, がざはめきの中, がしだした, がする, がもう, がやつ, がイワン・フョードロ, が不意, が僕, が彼, が微か, が戸外, が扉, が聞え, が近づい, が響い, ぞする思ふ, でありたい, でこの, で私, といつ, と共に女, なればこそ, にも知り, に耳, のつぶれた, の泌, の細く清し, はしきりに, もか, も幽, も次第に, も素子, より他, をき, をきい, をよく, を幻聴, を耳, を聞きます, を聞きもらさない

▼ いふ~ (51, 0.2%)

2 にその, にもう, のこと

1 [45件] から, から醸されなけれ, でも好き, で手, なく五月蠅, にどう, になるほど, にはね, にまた, にもじ, にもやはり, にも独り丑松, にも私, にも養父, にも駐在, に一尾, に三人, に仏, に他人, に十重二十重, に卯平, に取れ, に大洋, に始終, に彼等, に循環, に持出す, に掌, に推量勘定, に氣球, に湯槽, に祿兵衞, に舟子, に見事心臓, に起つた, ののびた, のわるい, の惡さ, の抜けた, もあらで, もない, もなき, も心, も我等, も無

▼ いふ~ (50, 0.2%)

2 にはきつ

1 [48件] かな, かはあらゆる, がある, がつ, が何時やつ, が多く, が幾日, が撮影中, が毎日, が続いた, が續, だとばかり, であつ, である, にこそ廢驛, になつ, になつて, になる, にはいつも, にはず, には一寸, には何, には何だか, には君, には私, には網代笠, にもなほ一方, に休まれ, に多い, に恣, に相, の方, の来ない, の来るべき, の疎ましい懶, の私, の長い, は一日, は回数, は尚更, は山の上, は決して, は浅草, は警戒, もすく, を喜ぶ, を見つけ, 実は私

▼ いふ~ (49, 0.2%)

2 で表現, で表面, になつて, のもの

1 [41件] からやはり, でありました, でおの, でか, ででも現れ, でなければ, でのみ現, で世に, で作品, で先づ世界, で国民, で常に, で時代, で極度, で現れ, で現れた, で現れる, で生き, で生れ, で確信的, で示される, で私, で表れる, で進められつ, なき読者, において, にする, にはならなかつた, にまで大きく, に出, に流れ, に重き, の中, の塚, の御堂, の踊り, の雲, はどこ, をとらう, を漠然と, を生み出した

▼ いふ~ (48, 0.2%)

2 だ, は今, は見た

1 [42件] からの久々, か知らない, がこの, がなけれ, がゐ, が今四十, が好き, が得意, が或, が月三百円, が標札, が近い, だから, だつたね, であつ, であらう, でも一生, で五尺八寸五分ぐらゐ, で危ない, で昨夜, とさういふ, には有り勝ち, にも理性, に挨拶, に限つて, のそば, のやう, の友達, の声, の態度, の養女, は刑務所, は失敬, は女郎屋, は昔, は猛獣なみ, は考古学教室, は銀行家, は随分, も一人ぐらゐあつていゝと, を創る, を向う

▼ いふより~ (47, 0.1%)

4 他は 2 外は

1 [41件] かなりに, しかたが, すれば, どころの, ほかの, むしろそれ, むしろ爽やか, 一つの, 人と, 人を, 仕方が, 仕方の, 他なく, 他の, 全くの, 唸るの, 問題点が, 四角な, 夏めいて, 外ない, 外に, 外には, 寄せしなり, 寧ろ十吉, 弱くし, 恐ろしいお, 感興が, 所謂呉須赤繪鉢の, 早し肩先, 正しい意味, 水源地まで, 汽車の, 燒物が, 私にと, 自己の, 言ひ, 言葉が, 諸國, 貧乏である, 隨所に, 馬車から

▼ いふ人達~ (47, 0.1%)

2 が寄つて

1 [45件] から肥つて, から自由, がどう, がゐ, がゐる, がタゴオル, が一度, が住ん, が早く, だと, だよ, であるか, であるから, とはまる, と一緒, と同じ, にとつ, には自分, に取, に比べれ, に限つて余り書物, のこと, のまん中, のやう, の一擧一動, の事, の仕事, の會合, の理想, の落ち合, の間, は, はきまつ, はこの, はこれ, はさ, は前田氏, は喜ぶだらう, は家, は年頃, は池田氏, は生き, は身, は金, を恐れた

▼ いふ~ (46, 0.1%)

3 へ不思議感 2

1 [41件] かぞんじあげません, から申しますれ, がい, がお母さま, がさう, がゐた, がテラス, がヨリ痛切, が他所村, が当, が甘, が知らぬ, が賢い, が適当, だえ, だから, だとは, でしたが, でなく不動, でなく気質的, では, でも少う, ならあなた, ならぜひ, には喧しい, にばかり注意, に傾き過ぎ, に就い, のこと, のやう, の人, の画, はた, はどう, は初め, へお供, もなき, をぞんじあげた, をみた, を申さうなら, を申します

▼ いふ状態~ (46, 0.1%)

2 になつ, の下

1 [42件] から必然的, から抜け出なく, から演劇, から發達, がある, がいつ, がずつと今日, が一時間二時間, が一箇月近く, が二週間あまり, が人間, が今後半年一年, が今日, が最後, だと, であるから, である大, ですから, ですな, では小説, で老, で鹽湯, にあつ, におかせ, になつて自殺, になる, にゐない, に入る, に放置, に生き, のまま, の浪人, の絵, はあまりに, はつまり, までもつ, を人, を持続, を見, を許すまい, を黙過, 自づ

▼ いふ人々~ (45, 0.1%)

3 の間

1 [42件] から理想的, があつ, がどんな, が平民社, こそ頼母, とは少し, と親しく, にこそ私, になに, にも観せられる, によつて哲學, に出, に心から, に興味, に贈らう, に限つて, のため, の出現, の前, の口, の名前, の姿, の専門的, の憐れ, の最も, の爲, の生活, の目的, の背中, はたまたま, はまた, は屡, は果して, は楽屋, は次, は真に, は遊ん, は適当, ばかりで取, もかくして, をもつ, を積極的

▼ いふ~ (44, 0.1%)

2 だつた, であるから, にとつて

1 [38件] がいかにも, が八月十日以後, が最近, しなければ, であつ, ではございません, ではない, としてかう, なども半生, にもある, にもハッキリ, にも否応なしに, に反比例, のやるせな, の一生, の姿, の強制, の想像, の素振り, の考, の行動, の身體, の配慮, は, は今, は名器, は年若, は浦潮, は訪ね, もその, もむろん, も近頃, をほとんど, をほんとう, を気の毒, を生んだ, を精進, を進級式

▼ いふ~ (44, 0.1%)

1 [44件] か, からいつたなら, からし, から見, から見ます, から説明, がえらい, が偉い, が優つて, が劣つて, が墮落, が最も, だらうとお, でい, でいくらか, でこの, ではむしろ, では平, では殊に, でもあばた, でも將來, で君, で多分, で大いに, で枯渇, で現代小説, で祕密, で身, においても彼, において故人, についてはあの, について鎌倉時代, に就, に遲鈍, はど, は古い, は明白, は此人, までジャスティファイヤブル, もお, も一致, より冬, を功名顏, を防ぐ

▼ いふ人間~ (43, 0.1%)

2 だから, なの

1 [39件] かと申します, から親しい, がああ, がごく, がどんな, がゐなかつたら, が多い, が明治, だと, であ, でありいま, であるかを, でてんから, として許し, とは中, になる, に対する場合, に持つ, に限つて, のうち, のもの, の姿, の心持ち, の生き方, の集團, の顔, はこれ, は二種, は実に, は澤山, は絶えずやはり, もあつ, もあり得る, も成るべく, を作る, を現在, を産める, を立派, を裏返し

▼ いふ~ (43, 0.1%)

3 であつ 2 で威張つてさ, をつけた

1 [36件] がついてた, がつけられ, が出た, が出来た, だつた, であ, である, でとほつ, でもあつ, で六首, で出, で出よう, で呼ばれ, で呼ばれた, で呼ばれる, で知られ, で青黒い, にあこがれ, になつ, になつて, に代, に内祝言, に改める, に觸, のある, のお子さん, のお寺, のついた, のひと, の人, の国, の掘割, の知れぬ, の雲, まへで, 看板の

▼ いふ人物~ (42, 0.1%)

3 だから

1 [39件] かを, がある, がおの, がわれわれ, がゐる, がスクリィン, が一人, が今, が出来上る, が受けもつ, が描かれ, が横行, が理想的, であらう, でどう, とちよ, と引合, と情景, なん, にそれ, に接する, のみが充満, の一人, の取合せ, の活き, の生活, は一人, は同胞間, は嫌, は或は, は極度, は自分, もある, をさ, をよくよく, を一番軽蔑, を利用, を大臣, を誘引

▼ いふ~ (42, 0.1%)

2 が出来る, を作つて, を詠ん

1 [36件] が, がある, がいくつ, がこの, がだんだん, が先, が出, が後々, が書い, が此, です, になる, にまた, の作者, の漸く, の興味, の題, はあまり, は一種, は作られた, は目前, もある, もそれ, も作者, も強, をくり, をまねた, をよむ, を一人もとつて, を作らう, を朗誦, を歌, を無心, を詠む, を読ん, を集めた

▼ いふ自分~ (42, 0.1%)

2 の小さな

1 [40件] が嘘つき, が本, とさういふ, と世界, になる, には最も, には最早, にもその, に不快, に困る, に気がつく, の不幸, の単純, の周囲, の好き, の妄想, の姿, の感じ, の方, の注意, の考, の肝腎, の覚え, の貧し, はあまり, は不純, は少年期, は果して, もまだ, をさんざん, をたしなめる, をだんだん, をひどく, をまだ, を天才視, を左門, を意識, を背負つて, を試したい, を軽蔑

▼ いふ~ (41, 0.1%)

2 へ出入

1 [39件] から出た, から生れ, から発し, から考へる, がまだ, であらう, で若い, で話す, にある, にてあ, には素晴, にも吾, に占合, に従, に来, に来た, に気, に用, に病, の天, の用, は, は拠, へいらつ, へお前様, へ入れ, へ又, へ落ちつく, へ行, へ行く, まで来, も性, をツー・スチヨール, を何, を斥, を斥候, を聞か, を解釈, を重く

▼ いふ~ (40, 0.1%)

1 [40件] あんたには, うもり以外, おぼえとも, この阿保ッ, この馬鹿野郎, これの, これまことに, さきざきすぐ, その人, その正確, その胸, その辺, それとも, それを, とおも, はりに, ひなきもの, ひなくぞ, ひなくて, ひもなき, ほかたちを, まあ濁, むしろ僕, 一応の, 今かうし, 君を, 否かは, 執拗といふ, 有りあまるもの, 源太が, 生気といふか, 田舎らしい, 知つ, 知れたもん, 第三者の, 簡潔に, 英雄は, 豊かな, 賛成する, 非常に

▼ いふ~ (40, 0.1%)

3 にあ

1 [37件] からも過去未来, でみえ, でも大空, でも姉, でも寢姿, でも特に, でも猶, でも生粋, でわたし, で元気, で寢, で年, で清ちやん, で町, で私達, で自分たち, で芭蕉, で農民, に, には今夜, にもひとり力, にも唯, にも独り丑松, にも祭, にも非ら, によい, に主婦, に又, に収められ, に咲く, に渡, に蝋燭, へ帰つて, へ立つ, へ這入られ, を彼, を經

▼ いふほど~ (39, 0.1%)

5 でも 4 では 2 飛ばないの

1 [28件] あつて, あるの, である, でこつちは, でなく茂つて, ぶつん, まとまつたこ, わたしは, アテに, 九郎の, 大きな力, 度胸が, 彼奴が, 愚かな, 新しいもの, 日本人ば, 深い意味, 然く, 神秘的な, 積極的に, 立派な, 簡單な, 純粋かつ, 脅えて, 落ちついて, 認められること, 間近に, 降らない

▼ いふ態度~ (39, 0.1%)

2 をとつ, をもつ

1 [35件] から何気ない, がなかつ, で, であつ, でのぞまない, で受け, で居る, で彼, で書い, で民衆, で逃足, に出, に出ます, の鑑賞, はむしろ, はよい, はわれわれ, は学問的, は彼, は思想自体, は感謝, は私, は芸術的, をした, をする, をすれ, をとるべき, を以つて傳道師, を取り, を取るべき, を必要, を確立, を示すだらう, を結局, を默認

▼ いふ~ (39, 0.1%)

3 だか 2 ですか, でせう, もなく

1 [30件] かといふ, かときく, かと料理人仲間, か三番通詞, か此, か自分, だ, だから, だろうかと, であらう, である, でございますから, です, ですかね, でそんな, では, ではありませぬ, で井上秀子女史, で今朝, で尊崇, で應仁, で折角, で牢屋, で當時朝廷, で私共, で部屋, で長く, で關八州, で隨分研究, なん

▼ いふものの~ (38, 0.1%)

1 [38件] あの頃, これにも, さし当, さて熟, しかしそれ, そして身の丈, その哲学, それが, それは, それ等は, たとへ, とにかく法律, また可愛く, まだその, もしひよつ, 事御, 今の, 勿論それ, 北欧の, 単に甚, 四年の, 堂々たる武者行列, 夜が, 失うて, 心の, 抱月氏さへ, 斑, 歴史を, 無理な, 男一人女一人の, 破れて, 私は, 良い手柄, 血の, 追求が, 途方も, 隠しきれずに, 須磨子も

▼ いふ理由~ (38, 0.1%)

2 からだ, で, もなし

1 [32件] かと言, かな, かよく, からいつ, からでせう, からでもあつ, からみ, から夏, から糠漬, か分らない, か好く, がある, が何處, だ, だか, だらうと, であつ, であるの, でそして, でその, で其の, で比較的, で縮れ毛, で醍醐, による, によるの, に基づくであらう, のもと, もねえ, も土牛神格化, を知らない, を述べ

▼ いふだけ~ (37, 0.1%)

5 では 4 である 2 です, 野暮の

1 [24件] あつて, いはせて, お前が, だ, だもの, であたし, であるその, でこつちにと, ですよ, でない, でなく一作者, でまだ, でもう, で何処, で尤も, で折角, で習慣, で言葉そのもの, なの, なん, 元氣, 涙の, 珍らしい, 野暮殊に

▼ いふつもり~ (37, 0.1%)

2 だつた, では, なの, はない, はなかつた

1 [27件] か, かお前, か練吉, だか, だつたか, だつたの, であること, であんな, でか, でかうやれ, でした, ではじめ, でやつ, でソラ豆, で五代, で付けた, で兄さん, で右手, で坊主, で書い, で書かれた, なら僕, なん, になる, は無い, もあつ, らしいん

▼ いふんで~ (35, 0.1%)

8 せう

1 [27件] あつしで, あつち, あんな二階, えらい人, がっかり, ごすが, すつかり, せうかういふ性質, せうが, せうほん, せう鯨, どうで, みんなへんな, 二十六の, 債鬼が, 僕ことに, 僕に, 八つ当りに, 参ったね, 名古屋へ, 多少お冠, 小説と, 拾つたん, 閻魔が, 雑誌に, 非常な, 鯛の

▼ いふ結果~ (35, 0.1%)

3 になつ 2 になる

1 [30件] からみ, から考へます, がそこ, が安川, が決る, が生じる, が生れる, になった, になつたか, に成つて, に至る, はどう, はどんな, は単純, は必ずしも, は第三者, をしか招かぬ, をもたらす, を予想, を収めた, を導き出す, を得る, を招いた, を招来, を生じる, を生む, を生ん, を生んだ, を示す, を見よう

▼ いふ~ (34, 0.1%)

3 だ古風 2 であらう, と定め, の見えない

1 [25件] であつ, に向, に感じ, に接する, に真先, のあ, のもつ, の考へ, の言, はない, はまだ, は主, は何, は滅多, も一通り, も林檎, をお, をほし, を何となく, を作る, を大切, を届ける, を持っ, を斯, を書物

▼ いふ~ (33, 0.1%)

1 [33件] それは, つれだ, ほかみ, もひ, 上品な, 互ひ, 人は, 作冬青の, 別れの, 医者が, 医者さんが, 吉の, 名前でした, 大尽が, 婿さんの, 宗さんも, 師匠さんぢや, 席で, 心掛けに, 料理珍しい, 氣の, 百姓が, 皆は, 稽古も, 稽古を, 答へを, 糸の, 綱に, 考へを, 言葉で, 詞戴い, 顔が, 馬鹿さんな

▼ いふ~ (33, 0.1%)

3 人に 2 ふは, まだ早し, 守株の

1 [24件] この者, その事, づみか黒岩万五のから, なしと, なしに, なほパリ大, もとより望む, 元弘元年八月二十四日なり, 全く御免, 参議正, 嬉敷も, 子自ら感動する, 心の, 所謂羹に, 故意ならぬ, 敬し, 正しく我, 此調が, 汝に, 無論當ら, 組合教会の, 船頭の, 車も, 靨の

▼ いふ~ (33, 0.1%)

2 内外形勢の, 大方は

1 [29件] あり, ありあるは, あり紫清, おずしやうじん, かくてこそと, アエネアスの, 其の関係, 其の關係, 初めに, 古語也, 古語也つきつく, 四辺を, 大久保彦左衛門佐倉宗五郎幡随院長兵衛荒木又右衛門なんどいふ, 大久保彦左衞門佐倉宗五郎幡隨院長兵衞荒木又, 実はわし, 帝国党は, 帝國黨は, 彼女の, 恐多いやう, 愚かな, 我儘だ, 東京のと, 死兒の, 狂気か, 畏れ多い程, 美の, 聞きぬ, 蕪村は, 鳩吹刈株の

▼ いふ~ (33, 0.1%)

5 ひ方 3 もなし 2 ながら萎れ, ひ, ひ訳

1 [19件] すらも冬来, に一理, に敵軍, のこのごろ, のよろし, はわが, は一度位, は彼, は拙けれ, は皆, ひがかり, ひやう, ひ分け, ひ方がい, ひ草, ややあら, を以て自分, を弄ぶ, を発せられた

▼ いふ傾向~ (32, 0.1%)

2 のもの, は決して

1 [28件] がある, がはつきり, が作風, が俳壇, が全く, が多い, が多く, でも新しい, になつ, に思想, に賛同, のさ, の人, の劇評界, の抗議, の文学, の景色, の画, の絵, の言葉, はやはり, は不知, は確か, をたどり, を助長, を持ち来した, を日本人自身, を辿つ

▼ いふ~ (32, 0.1%)

2 のうち

1 [30件] いとを, から斯, か荻江, があつ, が残つて, だ, では何, になる, に成つたの, のはたらき, のまとまり, の交錯, の作用, の影, の智慧, の空虚, の起伏, の餘裕, は初め, は毛頭なく, は男, は私達, は起されない, もあ, をかたちづくる, を先生, を意識, を持たぬ, を起した, 懸の

▼ いふ気持~ (32, 0.1%)

2 が強く, になつ

1 [28件] がある, がこの, がわからなく, が一瞬, が何かしら, が働い, が従兄, が無心, でこの, で斯, で氏, で眺め, で結びつけた, で随分, なら僕, なら無理, になる, のよろしく, はあつ, は僕, は望まれない, も悪く, よりも誰, をことごと, をもち, を味, を多く, を自分

▼ いふけれど~ (31, 0.1%)

2 打見には

1 [29件] あの人, え魚氣, きつと, しんぱいだ, そりや, それには, そんなこと, そんなもの, どうも腑, まさか図書館, 何が, 何そんな, 俺は, 僕に, 僕は, 卓一には, 台湾に, 單に, 実感としては, 実際は, 晦日近く, 朝鮮半島滿洲地方及び, 母親は, 熾盛な, 現在日本に, 私は, 粗末で, 考へて, 近頃藤屋

▼ いふ~ (31, 0.1%)

3 がある

1 [28件] か解らない, がございました, がた, がどう, が二三軒, が画, が紙, だね, です, ですか, には何ん, には永く, にゐた, に住まはれる, に住みたい, に倅, に出入り, に立つた, のなか, の一つ, の中, の暮し, の生活, の石垣, はまだ, ばかり歩い, へた, を持つ

▼ いふ方面~ (31, 0.1%)

3 の研究

1 [28件] からもそれぞれ演劇, から探り, から父親, での君, で餘程伊藤君, なの, には用, にもかなり, にも明る, に今, に全く, に特色, に発達, に興味, に進む, のこと, のもの, の仕事, の助け, の専門的知識, の相談, の空気, の能力, はあたしぢ, へ, への研究, へは一切, へも出かける

▼ いふ仕事~ (30, 0.1%)

2 に興味, をし

1 [26件] から手, から演劇活動, がある, が幾ら, にすぐさま, には全く, に不慣れ, に対する十分, に没頭, に生涯, の一部, の愚劣さ, の訓練, は何時, は勿論, は鳥右ヱ門, もなかつた, をえらばせた, をさせるなら, をしよう, をする, をすれ, を勇敢, を始め, を爲, を絶えず

▼ いふ~ (29, 0.1%)

2 は決して

1 [27件] から見, があり, がただ, の一つ, の口癖, の速, はある, はたまさか, はほか, は今, は他, は外, は尚, は或, は極めて, は無数, は諸方, もある, も余り, も沢山, をお, をずつと皆, をわれわれ, を挙げ, を挙げれ, を私, を見

▼ いふ感じ~ (29, 0.1%)

2 がある, がする, である

1 [23件] がし, がした, がしない, が全て, でいふ, で私, といふだけはこれ, とが接続, などはしない, なの, はかなり屡々, は好もしい, もある, もそれ, もなかつた, も手傳つて彼, をいふ, を享, を抱い, を抱かせられる, を持つ, を持つであらう, を最も

▼ いふ連中~ (29, 0.1%)

2 は歴史的豪傑

1 [27件] があの, がやはり, が五十人, が何時, が多く, が支那學, が時々, が集まる, だ子, とともに名前, と一夜囲炉裡, と一昨日, には斯ん, には旋毛, に比べ, のお, の押し, の顔, は全く, は多少, は大事, は恰度, は日本, は生活費, は能, を無理, を相手

▼ いふけれども~ (27, 0.1%)

1 [27件] その眼, それでは何やら, それでも長い長い, それは, どうしてさう, なべて青春, ビールの, 一向に実用的, 人間の, 假令佛に, 僕のは, 全然いん滅, 実際は, 実際剣光砲火, 小杉さんは, 少し性質, 彼等が, 昔ぼくが, 正にそんな, 水ふくとは, 然しずいぶん, 犬だの, 現代人の, 相当決定的, 矢張り人物サ, 私には, 阿諛者は

▼ いふとも~ (27, 0.1%)

2 なく, なし独言, 甲斐は

1 [21件] かの琴, かの群我等, このとき, これくらゐ, これに, そのこれ, そのはや, その眉, なくかう, もう逢, 作家自身に, 和歌の, 思ふに, 我れある, 斯く光り, 猶太, 知れず, 神の, 詮ずるに, 誰とて, 道取せざるべき

▼ いふ考へ~ (27, 0.1%)

7 方を 6 方が 3 方は, 方も 2 方から, 方の 1 ごとの, 方です, 方に, 方や

▼ いふにも~ (26, 0.1%)

2 あらず

1 [24件] あらざる故, あらず下手, あらず又, あらず唯, あらでたゆ, あらで押され押され市中, あらで拙き, お宮の, この花, すべて東京を, その時, つかれるの, 交通の, 亦た, 土地の, 懷中が, 當らじ, 程度が, 至らぬ勝, 訳が, 足らぬこと, 足らぬ差別, 非る, 骨が

▼ いふ~ (26, 0.1%)

3 がある

1 [23件] があつ, が多数, が瘋癲, さ, じや, だつたね, であるといふ, なん, にかか, にかぎつ, には罷り, にや目の玉, にサイン, のこと, はゐ, は全く, は女房大明神, は役に立ちます, は後, は此方, は鑑賞, もゐる, をここ

▼ いふ思ひ~ (26, 0.1%)

3 がする 2 をし

1 [21件] あが, がいつも, がけない, がした, がそれとなく, つきは, で迎えるだらう, にかられた, に偽り, に駆られる, の無意味, は然し, は真面目, もかけぬ, も寄らぬ, を傳, を感じる, を抱い, を起させる, 入れの, 出に

▼ いふ手紙~ (26, 0.1%)

2 がある, を読む

1 [22件] があつ, が来た, が枕許, ださうだで, でも眞, のやり取り, の差支, はすべて, もすく, をあたし, をかく, をつい, をもらつ, をメール社, を今日, を受け, を書いた, を書かなけれ, を書く, を私, を見た, を見る

▼ いふ~ (25, 0.1%)

16 やない 6 やありません 1 つと眺め, やございません, やア

▼ いふ事実~ (25, 0.1%)

1 [25件] から割りだし, があ, があつ, が偶然, が歴然, にあてはまる, にでつく, にひけ, に対して青年, はなく, はザラ, は万, は今日, は別段, は恐ろしい, は素人, もあるでせう, をお前, をとら, を人びと, を否定, を基礎, を思ひ出した, を立証, を認める

▼ いふ事情~ (25, 0.1%)

2 があつ, がもと, なれば, のもと, の中

1 [15件] から脚本, か二ヶ月, がある, であるから, で酷く, にある, になる, に胚胎, に行かない, に通じない, の下, の内, の問題, はこれ, をひと通り理解

▼ いふ人たち~ (25, 0.1%)

1 [25件] がのさばつて, がみんな, が好き, とのむ, に, にだけ見せれ, にわれわれ, のうち, のおかげ, のふしだら, の一人, の一様, の作品, の倍テンポ, の存在, の武者修業, はいつ, はさ, は人, は好ん, は數, は詩人, ばかりで, を採用, を楽しませる

▼ いふ~ (25, 0.1%)

3 がある 2 がまことに, が女, が強い, が深い

1 [14件] がし, がする, がふかい, が今更, が洋々, が深, が深い惜しい, が猛然と, である, に強く, は良人, をしみじみ, を与, を深く

▼ いふ~ (25, 0.1%)

11 ひの 5 のもの 1 だ, である, にいたる, の光輝, の和漢, の批判, の気分, の藝談, の言葉

▼ いふからには~ (24, 0.1%)

2 ちやんと

1 [22件] きつと, この, フランクリンの, 一層その, 元来物語られた, 其等の, 印刷機及び, 多くの, 多分水草, 如電も, 少しは, 就中私である, 應仁の, 景色だけを, 柳樹に, 満更の, 第一仇敵和蘭, 絵具や, 至つて身分の, 賑やかには, 高い建築物, 齊昭の

▼ いふひと~ (24, 0.1%)

3 がこの

1 [21件] がある, がずゐ, がゐ, がゐる, がゐるだらう, が出, が来ただ, が現れ, ですよ, としては品, ならあたし, ならなほい, にはいはせ, のお世話, の外れる, はあなた, はなん, は不思議, は仕様, もありました, もゐます

▼ いふ心持~ (24, 0.1%)

1 [24件] が堪らなく, が大学, だつた, では無, でゆかう, で一寸, で俳句界, で啄木鳥, で居る, で正月, で良寛さん, で讀んだ, になつて, になれなかつた, に近い, はある, は或は, も湧いた, も解つて, も響い, をいふ, を抱く, を持つ, を表現

▼ いふ方向~ (23, 0.1%)

2 に導い, もある

1 [19件] にそして, にゆけ, に今後努力, に力, に向, に強, に從つて詩, に意見, に既に, に絶えず, に赴かしめた, に進まなけれ, に進ん, に達する, に限らず, へゆかうゆかう, をとつて差支, を取らない, を目ざし

▼ いふ現象~ (23, 0.1%)

1 [23件] があつ, が続く, が起きた, こそ実は, だらうかといふ, としてのみ眼, に対する皮肉, に就い, のあり得べきでない, の中, はそれ自体, はつまり, は何, は先づ最近, は私, は長い, は風俗的, も往々, をむしろ, を呈し, を感じた, を生む, を考へ

▼ いふ~ (23, 0.1%)

2 を聞か

1 [21件] から固, で見, で講演, にた, にも覗, によく, にゐたく, に住む, に入, の, の人, の宗教, はあまり, は何ん, は自分, へ出る, へ季節, へ家, へ行かない, へ行つて, を實行さ

▼ いふ通り~ (23, 0.1%)

2 さ, だ, にし, に都合

1 [15件] この祕密, その時, だらう, です, どうもはき, なれど, におみこし, にした, にしました, になります, に男, に皆, に皆それぞれ帽子, に運ん, 暫くは

▼ いふ場所~ (22, 0.1%)

1 [22件] でかう, ではなかなか, では白い, で整然たる, で私事, で自分, で親しい, で詩人, にきまつ, には地方的特色, の, のどんな, へ立入つ, へ行く, へ行つて, もどうせ, をあんまり, を好まない, を択ぶ, を択ん, を描い, を見つけた

▼ いふ~ (22, 0.1%)

2 な女, な意味, な顔

1 [16件] だが, な, なこと, な光景, な怨めしい, な想, な条件, な物, な要素, な走尸行肉, にすれ, にたりき, に万葉集, に其, に夫, に自分

▼ いふ機会~ (21, 0.1%)

2 がなく

1 [19件] かに劇場, がある, がなかつた, がなくなり, が若しあつ, だつたか, には出会, にパッ, に作りだし, に凡そ, に持ち出す, に文学, に斯, に正宗さん, に誰それ, の来る, を待つ, を活用, を間違

▼ いふ調子~ (21, 0.1%)

1 [21件] だと, で, である, でした, でずつと今, でもっ, で一寸, で云つた方, で書かれ, で話, なので, にならなけれ, に一筋, に満足, の句, の声, の返事, はある, はいかにも, はどこ, は不

▼ いふとき~ (20, 0.1%)

1 [20件] あの人, そのやう, にはふと, には立派, には芭蕉, にも使用, に光彩, に書, に直に, のディスカッション, の人間, の癖, はかう, は人, は先, は天地, は氣息, は穉, 其の原因動機, 殴られるといふ

▼ いふ~ (20, 0.1%)

2 ぐづぐづして見ろ

1 [18件] え俺らなんざ蛇, からむ, つたら, んだ, アなんに, ホントウがいへ, 何處で, 到頭縮尻りや, 善いこと, 嫌え, 川上お前の, 昨日或, 櫛の, 正直者めが, 汝等は, 罪だ, 誠だに, 飾るな

▼ いふ世界~ (20, 0.1%)

1 [20件] が最も, が東洋人, が現実, であつ, でのザラ, で本当に, にゐる, に恋, に縁, に足, に長年, のある, のなか, の中, の古めかしい, の空気, は僕たち, は十八世紀的, を好かない, を通り

▼ いふ性質~ (20, 0.1%)

5 のもの

1 [15件] が次第に, が缺, だと, ですから, なの, なのに, なん, の事業, の劇団, の地震, の女, の男, の薄皮, は, を思ひ出させる

▼ いふ方法~ (20, 0.1%)

1 [20件] かで新劇協会, かで知りたい, でもつ, でタマ, で十分円滑, で撃退, で果して, で知りました, で研究, で考へる, によつて, は益々, もない, も彼, も知らず, をとつたらい, を以てし, を使つて, を取つた, を批難

▼ いふ次第~ (20, 0.1%)

2 でありまして, でありますから, で私

1 [14件] か, だから, だと, であるから, ではなし, でメネラーオス, で君, で手古奈自身, で時々, で若し, なの, ならば, を經, 故

▼ いふ~ (19, 0.1%)

2 考へ, 話です

1 [15件] 修行が, 客は, 心配に, 思召かを, 意見です, 本人が, 用向きかな, 目附即ち, 縁故か, 言葉が, 註文です, 話を, 議論も, 都合で, 都合に

▼ いふ~ (19, 0.1%)

2 では

1 [17件] だから, ぢや, でなくなんとなく, なの, なりき, によ, にリアリスト, に車, のこと, の事, の余裕, の力, の意, の意味, の立派, 相手は, 素朴な

▼ いふ迄も~ (19, 0.1%)

5 ない 2 ありません, ないが 1 なく, なくお, なく命, なく東京弁, なく東京辯, なく焼酎, なく罵倒非難, なく蔭, なく鏑木さん, 無い

▼ いふ~ (19, 0.1%)

2 がする, もなく

1 [15件] がお祖父さん, がとても, がはなれ, がまだ, が天幕, が激しく, が聞こえ, が頭, のやう, は何, も遠く, をさせた, をさせる, をたて, を一年

▼ いふあて~ (18, 0.1%)

9 もなく 3 もなし 2 もない 1 がなけれ, はない, もない寂し, もなかつた

▼ いふ~ (18, 0.1%)

1 [18件] あはせ, それに, つかりもの, どうせさう, はがれた声, ほらしさぞ, やれたもの, 下總, 其に, 叔父さんも, 學生の, 小杉さんは, 廻しの, 惡いわねえ, 浪人は, 淫賣だ, 私は, 若い方

▼ いふても~ (18, 0.1%)

1 [18件] いは, た, ふんふん云, よいが, 三田さんの, 仕方が, 取合はず, 宜かるべし, 実際眼前, 書物の, 決して不, 海面から, 稍かたちの, 精, 聞かぬ気, 能には, 長く持つ, 飮ません

▼ いふわけぢ~ (18, 0.1%)

8 やない 3 やね 2 やありません 1 やあるまい, やございません, やなかつた, やねえ, やア

▼ いふ不思議~ (18, 0.1%)

3 なこと

1 [15件] が無い, なほどの, な人物, な先生, な力, な團體, な性質, な現象, な目, な變化, な魚, の趣味, は此, を仏教, を示さない

▼ いふ思想~ (18, 0.1%)

1 [18件] がありません, が強く, が支那, が来, が贋物, さう, それから社會状態, と生き方, に制せられ, は奈何, は思想自体, は最も, は由来芸術, もまた, を抱い, を持つた, を眼中, を起した

▼ いふ感情~ (18, 0.1%)

1 [18件] がぶつかり, が文学, が爆発, すら妥協, であるの, のお, の処理, の前, の景物, の異常, はしかし, は凡そ, は自然, をもち, をもつ, を懐い, を懷, を起す

▼ いふ氣持~ (18, 0.1%)

1 [18件] からもお手本, から出, でせう, で之, で書い, で書く, で歩い, で毎日, におちつく, になつて, のいい, はちつ, は力強く, は十分, は惡, を受け, を味はず, を押える

▼ いふ光景~ (17, 0.1%)

1 [17件] がイギリス, が電光, に目, に繋つて, はしかし, はやがて, は一々, は今, は映画, もまた, も最早, をどう, を作者, を毎日目撃, を演じ, を自分, を見る

▼ いふ~ (17, 0.1%)

1 [17件] からず, きは, きものに, きアデン灣, き伊太利, き名, き名誉, き我, き折, き新, き澄んだ眼, き程, き第, き處, き風呂場, 哀い, 怖え

▼ いふ~ (17, 0.1%)

1 [17件] がふと, がよく, が微か, でも楽しん, とその, に走っ, の寝言みたい, の組織, の観音, はあ, をみた, を与へ, を想像, を與, を見た, を見ない, を見る

▼ いふ工合~ (17, 0.1%)

3 にし

1 [14件] ですもの, にうれしい, にする, にて謝絶, にぽつり, にプルウスト, に何時もパッ, に書いた, に書かれた, に水, に活用, に簡単, に風呂, ひに

▼ いふ~ (17, 0.1%)

2 に見え, を借りた

1 [13件] が近々, に, には此, の中, は南北時代, は支那, は有無不明, もある, を公方, を取り, を見たら, を読み, 焚ける

▼ いふ~ (17, 0.1%)

1 [17件] がけん, がする, が他, が大きく, が彼處, が近く, が錯雜つた時, す, でその, につ, に家, に青年, のある, の細く清し, は若々しく, も聞えず, 喧しく木棉

▼ いふ議論~ (17, 0.1%)

1 [17件] がどうして, が出た, が起つた, について一, はさて, はその, は一応, は可, は恐らくもう, もうなづける, も今日, も成立つ, も澤山, をし, をする, を聞く, を聴かされる

▼ いふだけの~ (16, 0.1%)

1 [16件] ことで, ことに, ことは, ことを, もの, ものだつた, もので, ものでした, 余裕は, 効能も, 意に, 意味で, 目標では, 相違である, 話さ, 謙遜な

▼ いふ~ (16, 0.1%)

5 あらう 4 せう 3 あらうか 1 あらう入湯, あらう屹, せうねと, なかなか油断

▼ いふ~ (16, 0.1%)

2 のある

1 [14件] あるを, があつ, がホントウ, が隠れ, となつて形, に飽きたる, のうち, の味, はもう, は争, も, もある, を作つた, を作りたい

▼ いふ~ (16, 0.1%)

3 を聞い 2 もある

1 [11件] があつ, があと, が滿更嘘ぢ, が行, が高, でも立てられる, は擴, は聞いた, は香ばしく, を耳, を聞く

▼ いふ程度~ (16, 0.1%)

2 のもの

1 [14件] にしか受けつけない, にはなつ, にまでなつたの, に解釈, の, の云, の写実主義, の多義性さ, の心, の芝居, の距, の連中, の間に合せ, の関係

▼ いふうち~ (15, 0.0%)

1 [15件] が悶かしく, にだんだん, にもお, にも私, にパラリ, に三人, に山, に巣鴨, に彼女, に段々, に茶, に関雪氏, の宿六, は一軒, へ

▼ いふ印象~ (15, 0.0%)

2 を与, を与へる, を人 1 がピッコロミリ夫人, の告白, の起つ, は今度, は勿論, は必然的, を一般人, を受けた, を私

▼ いふ~ (15, 0.0%)

2 があつ, がある

1 [11件] がつく, がなくなりました, が附い, である通り, になあほんとう, に最初, に案外ニコニコ, の彼, は何時, は改める, も名古屋人間

▼ いふことさ~ (14, 0.0%)

1 [14件] へ, へいや, へできよう, へなく, へなけれ, へはつきり, へ忘れる, へ意識, へ気, へ気づかぬ, へ考へ, へ考へられる, へ至難, へ著者

▼ いふでは~ (14, 0.0%)

5 ないが 2 なく彼 1 ない, なくあの, なく斯, なけれども, 無い, 無いけれども, 無く奧樣

▼ いふんぢ~ (14, 0.0%)

8 やない 3 やありません 2 やね 1 やなく

▼ いふ具合~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] で気軽, で私, にだけは二つ, になん, には行かぬ, にヂッ, に僕, に勵, に文明人, に斷, に茶羅, に述べ

▼ いふ~ (14, 0.0%)

2 の男

1 [12件] に嵌, のお, のきまつたもの, のもの, の人物, の女, の特別, の男達, の考へ, の靜, はまた, を破つた

▼ いふ境地~ (14, 0.0%)

1 [14件] かういふ境地, から湧い, がうらやましい, が私, が要求, でありたい, なの, にありつきたい, に入りたい, に到り得, に到り得る, に応ずべき, に立つ, を見出し

▼ いふ批評~ (14, 0.0%)

2 を受ける

1 [12件] が多, です, と観察, に耳, の千差万別, の在り方, は画壇, も可能, をされた, をする, を戴い, を読ん

▼ いふ~ (14, 0.0%)

2 がする

1 [12件] がねやはにかみ, が出る, が出れ, になつ, になる, にはなれない, の強い, の毒, はある, はしなかつた, はなかつた, もおこさず

▼ いふ見方~ (14, 0.0%)

2 から紀州人, をし, をしなけれ 1 からすれ, から云, で安川, にある, はつまり, をしだす, をする, を一応

▼ いふては~ (13, 0.0%)

2 居ず旦那, 惡る, 私の 1 なかつた, ゐず旦那, 外に, 悪る, 毛筋ほども, 近頃雪太郎, 露ほども

▼ いふ努力~ (13, 0.0%)

2 をする

1 [11件] がいくらか, なしに, のため, の結果, もとうとう, をし, をすれ, を払つて, を試み得る, を誰, を費す

▼ いふ古い~ (13, 0.0%)

1 [13件] ものが, 口碑などの, 國であります, 文語を, 日本の, 日本人の, 本には, 瓦を, 発音に, 種族の, 自分の, 行事を, 言葉であります

▼ いふ名前~ (13, 0.0%)

2 なのよ

1 [11件] からし, がある, であるの, でとほ, で千七百噸, には似, のついた, の気違, の魚, を与へた, を持つた

▼ いふ彼女~ (13, 0.0%)

2 が僕, は大きな 1 の微妙, の眼, の瞳, の言葉, の遠慮勝ち, は時どき, は死に, をあんな, を醜い

▼ いふ~ (13, 0.0%)

1 [13件] から彼, でも, などいつぞや, には一度, には何気ない, には属官, には屹度, には決して, には若菜集, にも見せぬ, に漁師, もあつ, 入つて

▼ いふ~ (13, 0.0%)

1 [13件] にあ, にあふ, にはあの, にはこた, に合, に會, に逢, に逢った, に遇, に遭, の瞳, の輝き, をよそ

▼ いふ立場~ (13, 0.0%)

1 [13件] からのみ見よう, からはさう, から少く, から権威, から演劇, から知つて, から述べ, がなけれ, なの, に立つ, に置いたら, を取らない, を固守

▼ いふ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, がしばしば, がなかつた, が分かる, が古人, ぞと知らぬ, なきか, なれば, の出せる, の定義, もお, 聞きも, 解せざれどなは

▼ いふばかり~ (12, 0.0%)

2 ぢや 1 だつた, だつたが, である, でど, でなくそこ, でなく思想, では, なく出店商人, なし, 無き雲

▼ いふ以上~ (12, 0.0%)

1 [12件] にほんとう, にもつ, に其子, に確か, はない, はもうそ, は万物, は今, は常に, は検閲, は調理, は運命流行

▼ いふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からとう, がうまい, に, に或, の一つ, の主人公, の生育, は作者自身, をガストン・バチイ, を思ひ出した, を見たら, を読み

▼ いふ作家~ (12, 0.0%)

2 もあつ 1 が現れる, とも異, の一群, の偉大, の態度, の良心, はおそらく, はやつぱり日本, は或は, をこんな

▼ いふ使~ (12, 0.0%)

2 が來, ひの, ひ方 1 がきた, が来た, が隣家, で出かけたつ, はもう, ひは

▼ いふ~ (12, 0.0%)

2 から見れ 1 からなら, からばかりは考へる, から詞, が更に, とその, に貶される, の人々, の作物, の女, の立場

▼ いふ土地~ (12, 0.0%)

2 がある 1 かういふ時勢, であるから, でかう, では金, では露骨, で彼女, なので, に出かけ, のお, を選ん

▼ いふ姿~ (12, 0.0%)

1 [12件] が消え, が獣, でこの, で実在, と踊り, になり, の人達, の半分くら, の指摘, も珍しく, をお, を自分

▼ いふ小説~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出ました, が編輯者, くさい随筆, にだけしか興味, にはちよ, の女, の愛讀者, らしいところ, を書い, を書いた, を書きたい, を書く

▼ いふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がどこかしら, が東京, である, でとりわけ, に入り, に客足, の女, の客, の片端, はお客, へ私, へ藪小路

▼ いふ戯曲~ (12, 0.0%)

2 が出 1 があなた方, が現れ, に対する心持, に慣らされた, の中, の書方, の本質的, もなかには, を求め, を活字

▼ いふ約束~ (12, 0.0%)

2 なの 1 がある, では原稿, で別れた, なら貴様, の世界, の足場, はさせる, をします, を受け, を母

▼ いふ美しい~ (12, 0.0%)

2 病氣だらう 1 ものが, 人が, 声を, 娘が, 娘たちの, 思想を, 方, 月に対して, 海も, 生活の

▼ いふ習慣~ (12, 0.0%)

2 がすゝむと 1 があつ, がある, がついた, がない, に引きずられ, のため, のなかつた, を一掃, を忘れ, を身

▼ いふ自信~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありがたくない, があつ, がついた, がもちたい, が強, のある, のうへに立つ, のうへに自分, の方, をもつ, を持つ, を高く

▼ いふ芝居~ (12, 0.0%)

2 があつ 1 が現在, ならやつ, なん, はもう, は日本, めいたもの, をうたざる, をもう少しどうか, をやらせ, を観

▼ いふ要求~ (12, 0.0%)

1 [12件] からどんな, からまた, が皆無, に歯, は勢, は太古以来我々, は始め, をし始め, をフエニキヤ, を市民, を心, を持つ

▼ いふ~ (12, 0.0%)

3 を踏まない 1 である, でした, をひとり, を幾曲, を歩い, を歩く, を踏ん, を通つた日本, を通過

▼ いふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かういふ飯, から離れ, がほんとう, しか飲めない, だけを飲む, だけ飲むべし, でなければ, をのん, を私, を貴公, を飲み慣れたい, を飲ん

▼ いふ関係~ (12, 0.0%)

3 がある 1 から日本, から私, が生じつ, でいよいよ, でこの, にある, になつて, の土地, は表向き

▼ いふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かさて, ですから, で右, には好個, には有り得ない, に喧嘩, に文化, の, の数字, はできる, は多少, よく喋る

▼ いふ~ (12, 0.0%)

2 が好き 1 があの, が何と, じつと, つくづく美麗, でねめつける, はどちら, をし, を世間, を赧, 触が

▼ いふお話~ (11, 0.0%)

2 をうか 1 がしたかつた, がつづく, がでた, はなるべく, はみなさん, をした, をしたら, をちやん, を承っ

▼ いふこの~ (11, 0.0%)

1 [11件] お家の, なつかしさ, 人は, 兄弟の, 兩角相等しきが, 日福の神樣が, 祈りオウィディウスの, 者胸部より, 身こそ, 身も, 軟かき處

▼ いふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あれ, うだ, うだが, うで, うですさびしく, はれ今, へ, へ助, へ息, まであつ, も意外

▼ いふ~ (11, 0.0%)

3 ないか 1 うん成つた, おまへん, きものは, その着眼點, 否や, 毎に, 落ちて, 赤い手

▼ いふ作品~ (11, 0.0%)

2 を一つ 1 がそれ, にあらはれる, に感心, の日本, はたと, は書けない, を上演, を発表, を腦裏

▼ いふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] だつた, にまことに, に心, に愛人, の, の一区画, の可愛い, の悪事変物, の映画, の話ぐらゐ小説, の通譯

▼ いふ文章~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, ではじめて, のリズム, の創始者, の構成法, を公, を好まなかつた, を書い, を書いた, を書かせよう, を読ん

▼ いふ特殊~ (11, 0.0%)

2 な内容 1 なもの, な事情, な気候, な畸形児, の人達, の作家, の状態, の職業婦人, の風俗

▼ いふ相談~ (11, 0.0%)

2 をし 1 でも既に, ならいつ, に應, をした, をする, を妻, を持ち掛けた, を持掛けた, を掛けた

▼ いふ経験~ (11, 0.0%)

1 [11件] おあり, がある, があるだらう, が記憶, などをも考へ, は私, もない, をだれ, を一度, を持つ, を語り

▼ いふ經驗~ (11, 0.0%)

1 [11件] がありました, が無い, が藥, こそい, とは根本的, は嘗めなけれ, は心理學的, は相互, は自己包括的, も滿更, を有

▼ いふ表現~ (11, 0.0%)

2 をし, を用 1 の仕方, の態, は全く, は多少, は彼女, やかう, をせざる

▼ いふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかう, かしらと考へる, かといふ, か若宮, だか, だから, である, ではない, で天子, で日本, で流離生活

▼ いふことそれ~ (10, 0.0%)

1 が伯父, だけでもう, だけで大変, にはなんと, はかうし, はその, は我々, は文学, は近代, を云つてみたいの

▼ いふわたし~ (10, 0.0%)

2 は自分一人ぎり 1 なぞが亡くなつた, なぞも些細, の幼稚, の言葉, の語, はこの, は信濃, は木曾

▼ いふ一つ~ (10, 0.0%)

2 の目標 1 の力, の基本的, の役割, の方法, の朝廷, の歴史, の策略, の見識

▼ いふ以外~ (10, 0.0%)

1 にその, になんと, には所持, には殆ど, に取柄, に支那, に本質的, に此, に目的, の一般観衆

▼ いふ~ (10, 0.0%)

1 でさ, なの, にやさし, に人々, の中, の未, の話, をどう, を可笑しい, を彼等

▼ いふ境遇~ (10, 0.0%)

1 から私, であゝ, にある, には育っ, に同情, に居, に置かれ, に落ち, の女, の娘

▼ いふ~ (10, 0.0%)

1 いさの地動が, ざつぱなものしか作成できなかつた, それた量, 噴火を, 家族の, 群衆が, 膽さは, 規模の, 變煩は, 都会の

▼ いふ大きな~ (10, 0.0%)

1 事は, 事実には, 仕事を, 國であります, 寺が, 時代であります, 時代を, 構成の, 機構を, 船に

▼ いふ形式~ (10, 0.0%)

1 でももう一度, で文章, で贈答, にある, に依る, のもの, の下, の舞台芸術, は愛護民譚, を選んだ

▼ いふ心配~ (10, 0.0%)

1 が又, が第, が起る, のある, はない, は叔父, は深く, は無い, ばかりに捕はれ, もない

▼ いふ意見~ (10, 0.0%)

1 か知らない, がよほど, が無, が當時, だか, なん, は一方, を信じない, を平素, を発表

▼ いふ意識~ (10, 0.0%)

1 があつ, が殆, で観察, とは雲泥, のなか, は却つて邪魔, は影, は毛頭, は私, を突き破つ

▼ いふ~ (10, 0.0%)

1 が好き, が貴重, でどう, に感服, の上, の中, をどう, を読む, 來の, 當の

▼ いふ~ (10, 0.0%)

2 の姿 1 から暗示, だつたか, のゐない, の静か, も姉, を不言実行, を少年, を見る

▼ いふ矢先~ (10, 0.0%)

1 きなん, き肝腎, じや, だつたの, でありますし, なので, に, にお, に妻, 新し橋

▼ いふ表情~ (10, 0.0%)

2 をする 1 が文体, であ, に餘程, ほどに驚いた, も見えなかつた, をいかにも, を美しい, を露骨

▼ いふ~ (10, 0.0%)

2 は大抵 1 に遭つて, のなか, はよく, は一事, は崇拝者, は滅多, は自分, は財布

▼ いふ運動~ (10, 0.0%)

1 から転向, があつ, がどこ, がもう, に投じた, に投じよう, の機運, は我邦, は起り, もそれぞれ

▼ いふ雰囲気~ (10, 0.0%)

4 のなか 1 が一段, の中, の所為, は怖, を伴, を感じ出した

▼ いふ青年~ (10, 0.0%)

1 かといふイメージ, が, であれば, なので, にはもう一度, に魅力, のふてぶてし, の心持, は一体どうしたらい, は叔母さん

▼ いふ~ (10, 0.0%)

2 かげなくば 1 からでなく, から云つて, から指摘, から見, だけをみ, での積極的, の有益, もなく

▼ いふ順序~ (10, 0.0%)

2 がある 1 である, で出, で勉強, で持ち込むべき, で最初, で發達, で話し, になる

▼ いふもんぢ~ (9, 0.0%)

3 やねえ 2 や, やない 1 やあねえ, やありません

▼ いふ~ (9, 0.0%)

1 がこ, がそれ, がみんなく, の持主, はあり, をもつ, を持つた, を有つて, を発揮

▼ いふ~ (9, 0.0%)

1 が鬚, だつて頬かぶり, であ, の最も, の純金, はまつたく, は病, よ, を憎みはじめた

▼ いふ~ (9, 0.0%)

1 が幾晩, であつ, でも窕子, には鼠, に褞袍, の事, の色, はよく, を寝

▼ いふ文学~ (9, 0.0%)

1 が対立, としてその, として他, と性質, のみが市場, の本質, の本質的, の正統, はたま

▼ いふ~ (9, 0.0%)

1 らしいもの, らしい學説, エルサレムの, 古今時代の, 工夫は, 時代の, 社會の, 組織新, 舊の

▼ いふ~ (9, 0.0%)

1 がといふ, が続けられた, するゲエテ, では珍, でもない, にかう, に慣れ, は田丸, も面白い

▼ いふ機運~ (9, 0.0%)

2 の成長 1 が到来, が動き, が大, が昂め, に乗じ, に相, のある

▼ いふ~ (9, 0.0%)

6 はない 1 でもある, ないわ, も無い

▼ いふ特色~ (9, 0.0%)

1 がある, がだ, が時に, のある, はただに, は言, もあるであらう, も見えない, をもつ

▼ いふ理窟~ (9, 0.0%)

1 からで, なん, にもなる, の根據, はなりたたないだらう, は言, もなし, をこね, を述べた

▼ いふ疑問~ (9, 0.0%)

1 がひつきりなし, が浮ん, が私, に答, は絶え間, も起るであらう, をもつ, を提出, を起し

▼ いふ病気~ (9, 0.0%)

1 が起らなく, でせう, なの, になつた, に成る, に陥つ, の持主, の疑, は治る

▼ いふ~ (9, 0.0%)

4 はない 2 であ 1 でもなかつた, ながら, もない

▼ いふ~ (9, 0.0%)

2 になつて 1 であつ, で内田氏, には誰, にま, に私, の友伯父さん, は沈まり

▼ いふかと~ (8, 0.0%)

7 思ふと 1 思つた

▼ いふことこれ~ (8, 0.0%)

1 が最も, に反し, はまた, は今日, は君, は国防国家, は誰, をその

▼ いふことぢ~ (8, 0.0%)

2 や, やありません, やなく 1 やない, やらうまあ

▼ いふその~ (8, 0.0%)

2 場合は 1 地方の, 恐ろしいもの, 時の, 男の, 蝮の, 魔法使ひ

▼ いふ不安~ (8, 0.0%)

1 があ, がどうして, が幾晩, が蟠まつ, なので, に思ひ, は有るべき, を与へる

▼ いふ不幸~ (8, 0.0%)

1 な女, な子, な目, にさらされね, に出, の根, は日本人, を目

▼ いふ俳優~ (8, 0.0%)

1 がどんな, が近代的色彩, の一人, は多く, は誰, ばかりなら, をもつ, を生みだす

▼ いふ~ (8, 0.0%)

1 だか, だらうなんと, であるから, なの, に健全, に生れたら, のやう, は侠客

▼ いふ場面~ (8, 0.0%)

1 にぶつかる, の取扱, は実際, は實演, を書き, を現実, を舞台, を見

▼ いふ家庭~ (8, 0.0%)

1 さう, であるから, に育ち, の空氣, の陰鬱さ, の雰囲気, はむしろ, を切り廻し

▼ いふ少年~ (8, 0.0%)

1 がもう, が彼, に稼がせ, の事, の方, の空想, の頃, もその

▼ いふ必要~ (8, 0.0%)

2 もない 1 があるなら, があるまい, がない, がなく, のない, はない

▼ いふ手合~ (8, 0.0%)

1 がまだ, がゐ, だらうと, には何, は話, ひに, ひは, を引き入れ

▼ いふ文句~ (8, 0.0%)

2 がある 1 があります, だけから田丸浩平, なの, を四五枚, を耳, を読ん

▼ いふ様子~ (8, 0.0%)

1 か見, でゐる, で手, に気がついた, に見える, の見える, は町, は茂子自身

▼ いふ標準~ (8, 0.0%)

1 であ, で人選, で選ん, で選んだ, なら御免, に照らし, の生活, は文学的

▼ いふ~ (8, 0.0%)

1 だが, なこと, な談判, に何, に其の, に砂, に空々, に鳴く

▼ いふ気分~ (8, 0.0%)

1 が好き, が芝居, になりたい, になりつ, に遊ばう, の中, はとても, を肯定

▼ いふ演劇~ (8, 0.0%)

1 がどこ, が過去, こそ, の存在, の実際, の専門家, への要求, もあつ

▼ いふ目的~ (8, 0.0%)

2 のため 1 が達せられる, で, なの, に使用, の下, を達し得ます

▼ いふ~ (8, 0.0%)

1 でごらん, でばかり見たがる, でみるせゐ, で周囲, で平次, で自分, をかれ, を求め

▼ いふ研究~ (8, 0.0%)

1 に入りこむ, の仕方, はこれ, はし, は全く, は無駄, も専門家, を実は

▼ いふ~ (8, 0.0%)

1 のため, ひと涙, ひやう, ひ声, ひ方, ひ話以上, ふべき役割, を持たない

▼ いふ~ (8, 0.0%)

2 ならず物言 1 で喧嘩, の知りあ, の穏やか, の話, の錢, を書かう

▼ いふ精神~ (8, 0.0%)

1 からばかりで, が入, が動い, のはたらき方, の命令, の状態, やかう, を鼓吹

▼ いふ要素~ (8, 0.0%)

2 をもつ 1 があ, があまり, がもつ, を吸収, を比較的, を豊か

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 不審を, 事情は, 用事で, 相談を, 縁はめつた, 身分のせゐです, 関係で

▼ いふやり方~ (7, 0.0%)

2 のなか 1 がこの, では百位, で研究, らしい, をすれ

▼ いふ~ (7, 0.0%)

2 お前が 1 お靜さん, さが, つて, つてあんまり, つて笑つとりまう

▼ いふ事柄~ (7, 0.0%)

1 が既に, について次ぎ, にでも笑, のもつ, は一時抽象, は他, を次

▼ いふ人生~ (7, 0.0%)

1 でなければ, に文学, のす, の真実, の道, の風物, もまた

▼ いふ~ (7, 0.0%)

2 まではこんな 1 となつ, のおま, の自分, は食, まで誰

▼ いふ便利~ (7, 0.0%)

2 に馴れ 1 がある, な交通, な国, な実質的, な言ひまはし

▼ いふ先生~ (7, 0.0%)

1 でせう, の一人, の如き, の姿, の言, もその, を生徒

▼ いふ~ (7, 0.0%)

5 の下 1 ですが, の利き

▼ いふ~ (7, 0.0%)

2 ひは 1 が普通, のこまかい, はひ, は銀座, も訳語

▼ いふ変化~ (7, 0.0%)

1 があるだらう, が彼女, が起る, だと, の絶え間, はをにも見られる, を故意

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 にある, には何, には何ん, には対話, には邪念, に何, はありません

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 がひとり, だ, ですよ, でせう, の意地惡, はどう, も一寸

▼ いふ役割~ (7, 0.0%)

1 にしか思ひつ, は実際, をし, を十分, を果し得る, を果す, を演じる

▼ いふ意味ぢ~ (7, 0.0%)

6 やない 1 やなく

▼ いふ手段~ (7, 0.0%)

1 でそれ, で殺した, で發表, をとつ, を取つたら, を取る, を用

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 でございませう, にあ, にきまつ, に車, の極楽飯, は彼女, は暖

▼ いふ景色~ (7, 0.0%)

3 のなか 1 と一つ, に打, の処, はない

▼ いふ条件~ (7, 0.0%)

1 がもちだされた, が世話人, でなければ, にとらはれない, に適つた候補者, の小説, をだし

▼ いふ機會~ (7, 0.0%)

1 でか, にフランス語, に凡そ, は私, は絶えず, を得た, を發見

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 にいい, に適当, の中, の代表者, の或, の石彫工塲, を歩い

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 である, にはあらず, の御末, の攝理, をば曾, を得よう, を感得

▼ いふ結論~ (7, 0.0%)

2 を下した 1 なら双葉山自身, になる, に達し, に達した, を引き出させる

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 か迂闊, が海邊, が生きてる, ぞといとせめて, であつ, の少い, を見

▼ いふ評判~ (7, 0.0%)

1 が山家, が高, だつて, よ, をきいた, をとつ, を一度

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 があつ, が一體何時, が実に, との混合, の文句, をも作つた, を作らう

▼ いふ資格~ (7, 0.0%)

1 がいる, が必要, でと云, に欠け, のない, は無い, を具

▼ いふ趣味~ (7, 0.0%)

1 ならば, の缺乏, は解らん, も嫌ひだア, をもつ, を嫌, を持つ

▼ いふ運命~ (7, 0.0%)

2 をもつ 1 に定められた, のサイクル, の下, の子, を現ずる

▼ いふ過去~ (7, 0.0%)

1 がわれわれ, の歴史, の藝術家, の記憶, の話, の追憶, をかへりみる

▼ いふ~ (7, 0.0%)

1 見か, 見が, 見だい, 見だか, 見だつた, 見なの, 見の

▼ いふ馬鹿~ (7, 0.0%)

2 なこと 1 が多い, だらうこんな, な, な女, な目

▼ いふある~ (6, 0.0%)

2 日の 1 夜順吉が, 日妻の, 日彼女は, 晩古賀は

▼ いふそれ~ (6, 0.0%)

2 もよい 1 は家庭, は科學, は美しい, は重

▼ いふでも~ (6, 0.0%)

1 ないが, ないけれど, なく例, なく水, 無い代り, 無くされ

▼ いふにや~ (6, 0.0%)

2 有らん 1 あらん, 知らざれど, 親戚朋友の, 近き人

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 上州の, 入つた, 埋葬いたし, 来た, 着いた, 降り着いた

▼ いふ~ (6, 0.0%)

2 うも 1 からむ, からむが, けん, んが

▼ いふ一人~ (6, 0.0%)

1 がこの, がどう, である, であるべき筈, であるらしい, として見た

▼ いふ一面~ (6, 0.0%)

1 があれ, がまだ, もあ, もあつ, もある, も十分

▼ いふ了見~ (6, 0.0%)

2 なの 1 か, かビール一箱, だ, で運

▼ いふ事件~ (6, 0.0%)

1 が起つた, のなん, はその, はもうすぐ, は今日, は村落

▼ いふ~ (6, 0.0%)

5 ひ方 1 ひ廻し

▼ いふ出来事~ (6, 0.0%)

4 があつ 1 があなた, もあつ

▼ いふ~ (6, 0.0%)

2 置を 1 にあなた, に私達, の歌, 稿に

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 その手, である, で二三里, で十五人入江, で急, で鐵

▼ いふ商売~ (6, 0.0%)

1 だ, なの, の女, をし, をやらせる, を始めた

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 に対して素子, に對, ひに, ひを, を掛けた, を發

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 であつ, ですが, には氣, をする, を思出, を聞く

▼ いふ女性~ (6, 0.0%)

1 がかう, が一人, に肩, の細やか, は凡そ, を眞

▼ いふ好い~ (6, 0.0%)

1 お天気, もの, 方法を, 条件が, 機会は, 運動が

▼ いふ婦人~ (6, 0.0%)

1 となら, と何ら, と対, と死ん, の相手, はなに

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 のついた, はどう, は山陽一流, は木偏, までどこ, を使

▼ いふ学校~ (6, 0.0%)

1 さう, であ, にはいり, に学ぶ, の先生, の必要

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 が何百, にはい, には打っ, は着い, をうさんく, を前

▼ いふ宿~ (6, 0.0%)

1 で新年, にかへつて, にとつて, にはめつた, の一夜, を狙

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 がお, だか, ではなし, の冬, の取り, はちよ

▼ いふ影響~ (6, 0.0%)

1 があつ, は却つて豫期, をうけ, を及ぼした, を受, を殘

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 はちよん, る場合, る夜, る日, る物, 一つの

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 があれ, が今時, で筆, のつけやう, はない, 温く下等

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 からの学問, からの習慣, にも好い, のくらし, の人, の景色

▼ いふ時世~ (6, 0.0%)

1 なん, になる, には東京, に男, に贅沢, の喜劇

▼ いふ有様~ (6, 0.0%)

1 であるか, で試験, に残つて, の日本軍, をエミリアン, を見る

▼ いふ~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 ではなかつた, ではなく, には見えません, の俳優

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 が知る, こそ袴, はほか, は何者, また幸, わが彼

▼ いふ熱心~ (6, 0.0%)

2 な態度 1 なもの, な文学者, な見物, は漸く

▼ いふ環境~ (6, 0.0%)

2 のため 1 で作られた, に身, のなか, の變化

▼ いふ~ (6, 0.0%)

4 似を 1 の小説, は聖靈

▼ いふ瞬間~ (6, 0.0%)

1 であつ, である, でさ, にはそれ, にもすべて暗闇, はもう

▼ いふ社会~ (6, 0.0%)

1 でも存外さ, にあ, に対していろいろ, のかう, へこんな, をくぐつ

▼ いふ積り~ (6, 0.0%)

2 かな 1 かは知らぬ, であつ, なん, らしい

▼ いふ空想~ (6, 0.0%)

2 に耽り 1 に走る, の明る, をも何處, をも僕

▼ いふ~ (6, 0.0%)

3 粹な 1 日本式なお, 粹意識, 粹意識の

▼ いふ素質~ (6, 0.0%)

1 があつ, といふもの, のさ, の演技, の片鱗, をもつた

▼ いふ美し~ (6, 0.0%)

2 さだらう 1 さが, さも, さや, さを

▼ いふ翻訳~ (6, 0.0%)

1 では原文, の私, もあ, も貧乏文士, をする, を通して西洋

▼ いふ脚本~ (6, 0.0%)

2 がある 1 でなければ, は一度, を上演, を演ずる

▼ いふ~ (6, 0.0%)

1 に染らない, の小便, の黄色, は未だ, をし, を見る

▼ いふ計画~ (6, 0.0%)

2 であ, はこの 1 が百年後, でさ

▼ いふ訓練~ (6, 0.0%)

1 があれ, がない, のない, も伝統, を与へよう, を受けた

▼ いふ試み~ (6, 0.0%)

1 に幸, は不思議, は或, をする, をもつた, を抛擲

▼ いふ談話~ (6, 0.0%)

3 をし 1 に妨げられ, の様子, を為る

▼ いふ~ (6, 0.0%)

2 である 1 がやかましい, が出た, も出, も起つた

▼ いふ~ (6, 0.0%)

3 の不幸 1 になつ, になつて, のない

▼ いふ間違~ (6, 0.0%)

1 ひか弁当, ひが, ひは, ひを, ひ方, も時々

▼ いふ關係~ (6, 0.0%)

1 があつ, が重なる, で自分, にあるだらう, になります, は

▼ いふ面倒~ (6, 0.0%)

2 な問題 1 なこと, なところ, は止した, を生じ

▼ いふ風景~ (6, 0.0%)

1 と私, は抽象的, もこの, を何度, を暫く, を背景

▼ いふかの~ (5, 0.0%)

1 やうだつた, やうな, やうに, 川柳においても, 最も完全

▼ いふこと自体~ (5, 0.0%)

1 がその, がモラル, が一般, が不自然, に意味

▼ いふこれ~ (5, 0.0%)

1 は燒物, も表現本能, わが最も, を賤, 深く天下

▼ いふさびしい~ (5, 0.0%)

2 自分の 1 問答の, 微笑で, 海岸だ

▼ いふなか~ (5, 0.0%)

1 で, では聖書, でも一番, には肝腎, にむかし曹洞

▼ いふプルウスト~ (5, 0.0%)

1 についてこそ語りたい, の意向, の文體, の模索, の筆

▼ いふ世の中~ (5, 0.0%)

1 につくし, になつて來, になる, の広告気球, はやつ

▼ いふ事態~ (5, 0.0%)

1 にならなかつたら, になりうる, になるであらう, はその, を知つて

▼ いふ事業~ (5, 0.0%)

1 にこれ, に依, のみに没頭, は算盤, をやる

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 で家庭劇, には来, に引つ, に成るべく, へ出た

▼ いふ冷たい~ (5, 0.0%)

2 もの 1 のは, ものに, 眼が

▼ いふ動物~ (5, 0.0%)

1 が此民譚, なり, に出あはす, の独特, を地球外

▼ いふ原因~ (5, 0.0%)

1 か知らない, が其処, であらう, で始め, に依

▼ いふ取扱~ (5, 0.0%)

3 ひを 1 ひ方, をした

▼ いふ因縁~ (5, 0.0%)

1 がある, でまた, によつて同棲, のある, の下

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 だつたら一層, に対してはじめて, の科, をもつ, を知

▼ いふ奇怪~ (5, 0.0%)

1 な世界, な事件, な変てこ, な思想, になまめかしく

▼ いふ姿勢~ (5, 0.0%)

2 のまま 1 で左, で見る, はもともと

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 むつかしいこと, 乘教である, 劍が, 杜杜牧の, 笛を

▼ いふ小さい~ (5, 0.0%)

1 お子さん一人にでも, のが, 木札が, 枝枝にも, 活字で

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 に生え, の中, の木, の風景, 住みには

▼ いふ~ (5, 0.0%)

2 にも立たない 1 に遭遇, はこ, を振られる

▼ いふ彼等~ (5, 0.0%)

1 の恐るべき, の息子, の死者, は妄り, を見

▼ いふ微妙~ (5, 0.0%)

1 なこと, な気, な点, な精神的均衡, な関係

▼ いふ恐ろしい~ (5, 0.0%)

1 そしてその, 女主人公, 現象が, 空想を, 行爲に

▼ いふ悲し~ (5, 0.0%)

3 げな 2 さだらう

▼ いふ悲しい~ (5, 0.0%)

1 ことも, 世の中かねえと, 役を, 物あはれな, 背景を

▼ いふ情勢~ (5, 0.0%)

2 の中 1 にあ, のうち, を遥か

▼ いふ情景~ (5, 0.0%)

1 に係り, のひとつひとつ, や動作, や情趣, を見

▼ いふ想像~ (5, 0.0%)

1 が生れ, にあまる, はする, は決して, を抑制

▼ いふ意志~ (5, 0.0%)

1 が先, が毛頭ない, と自然, は長い, や眼

▼ いふ批判~ (5, 0.0%)

1 が含まれ, は仕事, は結局, は表面, をフレデリック

▼ いふ文化~ (5, 0.0%)

1 が或, とか文学, に必要, を十分誇り, を自分

▼ いふ料簡~ (5, 0.0%)

1 でああ, であるといふ, でやつ, のもん, は微塵

▼ いふ新しい~ (5, 0.0%)

1 演劇への, 生々と, 癖が, 習慣を, 考へを

▼ いふ方々~ (5, 0.0%)

1 があります, が中心, にもわれわれ, はこの, は非常

▼ いふ時期~ (5, 0.0%)

1 ではなかつた, で知識層, にはまた, の来る, は極めて

▼ いふ時機~ (5, 0.0%)

1 が来る, といふもの, にはじめて, にぶつからう, に直面

▼ いふ時私~ (5, 0.0%)

1 の心, はあなた, はきまつ, は晝, は氏

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 が米国, でも村中, に生れた, は昔, を拵ら

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 かけ論, がある, にも等しい, の音, を飲んだ

▼ いふ深い~ (5, 0.0%)

2 縁が 1 思想で, 感じを, 理由が

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 が高じる, にか, に取, ひ, やらも知らない

▼ いふ窮屈~ (5, 0.0%)

3 を忍ん 1 な公式, な寂しい

▼ いふ組織~ (5, 0.0%)

1 とは無縁, になつて, に對, のもの, は決して

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 をかいた, を描いたら, を描く, を見せられる, を見た

▼ いふ能力~ (5, 0.0%)

1 がある, が何処, のある, をも, を有する

▼ いふ自分自身~ (5, 0.0%)

1 に, の姿, の表面, も斯, を自

▼ いふ興味~ (5, 0.0%)

1 からいは, が一般公衆, にテンタン, のもち方, はもはや

▼ いふ芥川~ (5, 0.0%)

1 が田端, と僕, はいつも, を僕, を怖

▼ いふ~ (5, 0.0%)

1 がつい, が好いた, の好い, の害, ぼしなど

▼ いふ見解~ (5, 0.0%)

1 でも書, に対しては多かれ少なかれ, は十年以前, を所持, を持つ

▼ いふ観念~ (5, 0.0%)

2 かと云 1 から誓約方式, が薄い, は日本本来

▼ いふ~ (5, 0.0%)

2 篇の 1 先生が, 篇は, 關係の

▼ いふ~ (5, 0.0%)

3 ひが 1 ひだらう, ひやう

▼ いふ遠慮~ (5, 0.0%)

3 のない 1 がない, をしなけれ

▼ いふ部分~ (5, 0.0%)

1 が人, が多い, と云, なので, を見

▼ いふ雑誌~ (5, 0.0%)

1 が一つ, の存在, の読者, を求め, を見せられ

▼ いふあの~ (4, 0.0%)

1 げほう福祿寿である, 人の, 蒙古, 頃からよ

▼ いふたち~ (4, 0.0%)

1 だから, の女, の家, の男

▼ いふため~ (4, 0.0%)

1 ではないだらう, ではなく, に書かれた, のその

▼ いふとを~ (4, 0.0%)

1 かしいが, かしいで, かしい響き, ばさんは

▼ いふなら~ (4, 0.0%)

1 ば坂田, ば玩具箱, ば私, 今の

▼ いふにぞ~ (4, 0.0%)

2 ありける 1 便ち, 景気は

▼ いふにて~ (4, 0.0%)

2 知るべし 1 午飯を, 止みぬ古

▼ いふほか~ (4, 0.0%)

2 はない 1 にあんた, に法

▼ いふめでたし~ (4, 0.0%)

1 と, と渠等, と知己朋友, と親類等皆いふ

▼ いふやすら~ (4, 0.0%)

2 かさだ, かな心で

▼ いふよう~ (4, 0.0%)

1 なあ, なところ, なもの, な生活

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 がま, ざによつて倖せな, どんなこと, 森元さんが

▼ いふケチ~ (4, 0.0%)

1 なもの, な稼ぎ, な考, な魂胆

▼ いふタイプ~ (4, 0.0%)

1 の人々, の男, はそんなに, を目

▼ いふ一家族~ (4, 0.0%)

2 全體 1 の中, の雰圍氣

▼ いふ一日~ (4, 0.0%)

1 が一生, が時に, その日, は一年

▼ いふ一種~ (4, 0.0%)

1 の假死, の因果思想, の安堵, の狷介

▼ いふ主人~ (4, 0.0%)

1 の孫右衞門, の話, はかくしやくたる, らしい男

▼ いふ事實~ (4, 0.0%)

1 があつ, だけを擧げ, は一再, を否定

▼ いふ些細~ (4, 0.0%)

1 なこと, な事実, な部分, の事

▼ いふ伝説~ (4, 0.0%)

1 が流布, は日本海, もかうした, をまる

▼ いふ伴侶~ (4, 0.0%)

1 の一人, の殊, の間, は千菜

▼ いふ~ (4, 0.0%)

2 の物音 1 かの角店, か突きつめた

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 が大切さうに理論, ちが, でねえだ, も其毒惡

▼ いふ傾き~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があつ, があります

▼ いふ判断~ (4, 0.0%)

1 が一番危険, にはどうせ, に到達, はつきかねる

▼ いふ加減~ (4, 0.0%)

1 かいやに, からかそれ, だつたか, をあそばす

▼ いふ動作~ (4, 0.0%)

1 はその, をし, を起させた, を間断

▼ いふ単純~ (4, 0.0%)

1 な偽, な意味, な掛声, な脅威

▼ いふ友達~ (4, 0.0%)

1 が來, と伴, の二三, を現実

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 來の, 言も, 軌道に, 雑誌の

▼ いふ~ (4, 0.0%)

2 にユウモラス 1 なる生産器具, なる風景

▼ いふ境涯~ (4, 0.0%)

1 でありたい, に私, の善し悪し, を希

▼ いふ大切~ (4, 0.0%)

1 なこと, なもの, な森林, な用事

▼ いふ奇蹟~ (4, 0.0%)

1 のやう, の行, の起る, を私

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 のそぶり, の他愛, の注意, の返事

▼ いふ始末~ (4, 0.0%)

2 だ, であるの

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 にはなほ, に見せ, はうつ, は本

▼ いふ學問~ (4, 0.0%)

2 をする 1 ですか, は最小限

▼ いふ小さな~ (4, 0.0%)

1 同人雜誌に, 製作の, 部落が, 部落を

▼ いふ希望~ (4, 0.0%)

1 が夢, の現れ, を与へられた, を宣揚

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 で作られた, になる, にははじめて, はねえ

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 に子供同志, に彼, に惜し, に揃つた

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 が有, の巴里, の配慮, を殘

▼ いふ強い~ (4, 0.0%)

1 力が, 印象が, 印象を, 色彩が

▼ いふ役目~ (4, 0.0%)

1 の人, は, もする, を引受けた

▼ いふ役者~ (4, 0.0%)

1 が出, の才能, はなかなか, を探し出したら

▼ いふ心持ち~ (4, 0.0%)

1 です, でをつた, の上, を顏

▼ いふ心理~ (4, 0.0%)

1 はなんと, は苟くも国民, も実際, を摘發

▼ いふ~ (4, 0.0%)

2 れを, ろしい

▼ いふ性格~ (4, 0.0%)

1 が形づくられ, で自然, の, を認め

▼ いふ恰好~ (4, 0.0%)

2 をし 1 で大, の別

▼ いふ悪い~ (4, 0.0%)

1 ものが, 名前の, 癖が, 風潮に

▼ いふ悪戯~ (4, 0.0%)

1 をし, をしく, をしなさるだ, を思ひついた

▼ いふ悲劇~ (4, 0.0%)

1 が一つ, が何処, はかなり, を避ける

▼ いふ情ない~ (4, 0.0%)

1 ことだらう, ことにな, 奴が, 状態で

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 と恨, の最初, の絆, は

▼ いふ感想~ (4, 0.0%)

2 を抱く 1 に就, は毎日

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 よくわ, よく汝, を導く, 視るに

▼ いふ批難~ (4, 0.0%)

3 を加 1 を恐れず

▼ いふ挨拶~ (4, 0.0%)

1 であつ, はすべて追憶, をする, を蔵裏

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 へがまだ, へです, へを形, へ方

▼ いふ教育~ (4, 0.0%)

1 が行, を受け, を受けたらう, 乃至啓蒙

▼ いふ文字~ (4, 0.0%)

1 が齎す, の腦裏, を考へた, を見ない

▼ いふ時勢~ (4, 0.0%)

1 かういふ思潮, であつ, に植物, も昨年

▼ いふ時間~ (4, 0.0%)

1 が第, に合, の長い, を利用

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 にく, の在る, の生えた, は山毛欅

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 との格闘, にもの狂, の境地, は單

▼ いふ母親~ (4, 0.0%)

1 に対して感謝, の気苦労, はたま, は此

▼ いふ気持ち~ (4, 0.0%)

1 が絶対, で三吉, で喚く, にさせない

▼ いふ注意~ (4, 0.0%)

1 をまつ, を与へ, を最後, を附け

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 法則の, 藝大食の, 費用を以て, 躾な

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 の悲しい, の目ざし, の臨終, の行

▼ いふ生き方~ (4, 0.0%)

1 が最も, が私, は尊い, やこぢつけ

▼ いふ看板~ (4, 0.0%)

1 に, の文字, は他, を外

▼ いふ矛盾~ (4, 0.0%)

1 であらう, は私, を指斥, を生きつ

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 があれ, は危, は無い, や金屬の

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 がある, では処理, は不, をしろ

▼ いふ種々~ (4, 0.0%)

1 なもの, の事柄, の念, の悲劇

▼ いふ空虚~ (4, 0.0%)

2 だらう 1 な悩み方, や寂し

▼ いふ素晴らしい~ (4, 0.0%)

2 自分で 1 人の, 奴が

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 がある, であらう, によつて, の浮ぶ

▼ いふ~ (4, 0.0%)

1 のなか, のま, のやう, はそれ

▼ いふ義務~ (4, 0.0%)

1 によつて, や犠牲, を諸君, を負

▼ いふ習性~ (4, 0.0%)

1 がある, がすべて, には盲目, を身

▼ いふ職業~ (4, 0.0%)

1 でそして, にありつける, に缺, や仲間達

▼ いふ苦しみ~ (4, 0.0%)

1 から人々, であつ, は無駄ぢ, を堪へ

▼ いふ行為~ (4, 0.0%)

2 をこの 1 として追, の常習犯

▼ いふ覚悟~ (4, 0.0%)

1 で一つ, と努力, は十分, をもつ

▼ いふ観点~ (4, 0.0%)

1 からのみ取りあげ, から例へば, から私, から考へ

▼ いふ角度~ (4, 0.0%)

1 からこの, から私, から言つて, やコース

▼ いふ解釈~ (4, 0.0%)

1 もできる, を与へ, を受け, を許さない

▼ いふ記憶~ (4, 0.0%)

1 が全く, はどこ, は朦朧, を呼び出し

▼ いふ証拠~ (4, 0.0%)

1 にはならない, はありません, は沢山, をみせられやしない

▼ いふ詩人~ (4, 0.0%)

1 がリアル, の出現, の肖像, も私

▼ いふ読み方~ (4, 0.0%)

1 しかされない, なら読まない方, をさせる, をし

▼ いふ質問~ (4, 0.0%)

1 の追求, をし, をした, を受け

▼ いふ身の上~ (4, 0.0%)

1 にと其の, になつ, になつて, のワシリ

▼ いふ身分~ (4, 0.0%)

1 が気に入らず, が高かつ, に零落れ, の人々

▼ いふ述懐~ (4, 0.0%)

1 につい, は丑松, は田丸, を次々

▼ いふ連想~ (4, 0.0%)

2 からかかの 1 の脈, を持つ

▼ いふ部落~ (4, 0.0%)

1 が新, で宣撫, にも興亡, を中部地方

▼ いふ~ (4, 0.0%)

3 やか 1 寶な

▼ いふ階級~ (4, 0.0%)

1 が僕, の三十ばあさん, の人, やその

▼ いふ雰圍氣~ (4, 0.0%)

3 の中 1 に身

▼ いふ電報~ (4, 0.0%)

1 が來, を掛ける, を私, を途中

▼ いふ静か~ (4, 0.0%)

1 な夜, な川原, な明るい, に晴れた

▼ いふ面白い~ (4, 0.0%)

1 ところの, 世の中だ, 経験が, 話が

▼ いふ頼み~ (4, 0.0%)

1 でもきい, なん, なんで, は再び

▼ いふ馬鹿げた~ (4, 0.0%)

1 ことが, こと俺の, 方法さへ, 精神が

▼ いふ騒ぎ~ (4, 0.0%)

1 になつて, は次第に, をよそ, を三十七日間

▼ いふ魂胆~ (4, 0.0%)

1 か, の設計, を一人, を愛し

▼ いふあたり~ (3, 0.0%)

1 のさま, は一寸, まへの

▼ いふあと~ (3, 0.0%)

1 では笑ひと, には怖, 程餘計

▼ いふあり~ (3, 0.0%)

1 さま, 様だ, 金岡の

▼ いふいい~ (3, 0.0%)

1 意味の, 文章が, 癖を

▼ いふいぢ~ (3, 0.0%)

2 らしい男 1 らしい感情

▼ いふいひ~ (3, 0.0%)

1 かたは, かへれ, 方を

▼ いふいろいろ~ (3, 0.0%)

1 な問題, の条件, の鬪爭

▼ いふかも~ (3, 0.0%)

1 しれない, わからない, 知れぬ

▼ いふことがち~ (3, 0.0%)

2 つとも 1 がつてるなら

▼ いふこと聽~ (3, 0.0%)

1 いたらよ, いて, かねえ

▼ いふさま~ (3, 0.0%)

1 その消, も惓, よ雛鳥

▼ いふすつ~ (3, 0.0%)

3 きりと

▼ いふすばらしい~ (3, 0.0%)

2 肩揚げだらう 1 変位だらう

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 なな, は, は月並派

▼ いふそんな~ (3, 0.0%)

1 偉い者ぢ, 月が, 気の

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 ぐひの人に, のが, やうに

▼ いふだけで~ (3, 0.0%)

1 せう, その頃, 別に變つた事

▼ いふつまらない~ (3, 0.0%)

1 人の, 対話を, 空気が

▼ いふなり~ (3, 0.0%)

2 請ふ 1

▼ いふなりに~ (3, 0.0%)

1 なつて, 何も, 成るので

▼ いふまま~ (3, 0.0%)

1 に, にしつ, また十万

▼ いふやつ~ (3, 0.0%)

1 がなかなか, てこない, は

▼ いふらん俄~ (3, 0.0%)

3 に今日品切れ

▼ いふわれ~ (3, 0.0%)

1 は汝, も痛む, も見る

▼ いふわれわれ~ (3, 0.0%)

1 にとつ, の目, の風習

▼ いふをも~ (3, 0.0%)

1 またず鈴子, 止めつ, 聽か

▼ いふアネゴ~ (3, 0.0%)

1 が好き, が恋人, の物語

▼ いふニュアンス~ (3, 0.0%)

1 から無意識的, があつ, は必要

▼ いふ一切~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の感情, を超えられた

▼ いふ一節~ (3, 0.0%)

3 がある

▼ いふ上品~ (3, 0.0%)

2 なはい 1 な世の中

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 仕合な, 屆千萬なる, 覺が

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 であつ, と知りぬ, に自分

▼ いふ世間~ (3, 0.0%)

1 が口惜し, と争ふため, の論法

▼ いふ主張~ (3, 0.0%)

1 はしかし, は永久, もあつ

▼ いふ二つ~ (3, 0.0%)

1 の意味, の欲求, の相反

▼ いふ今日~ (3, 0.0%)

1 だ, の感じ, の言葉

▼ いふ仕方~ (3, 0.0%)

1 で神, で自分たち, をとる

▼ いふ仕組~ (3, 0.0%)

1 にし, になつ, を考へ

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 の彼, の談話, を勸め

▼ いふ会合~ (3, 0.0%)

1 が人生, でなければ, を開かね

▼ いふ会話~ (3, 0.0%)

1 が幕, などがあつ, を仮想人物

▼ いふ位置~ (3, 0.0%)

1 と関係, にあり, にのぼつ

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 になつ, になつて, を装はず

▼ いふ何分願~ (3, 0.0%)

3 ひますと

▼ いふ俳句~ (3, 0.0%)

1 に畑打, を作らう, を私

▼ いふ傑作~ (3, 0.0%)

1 でも作家以上, の裏側, を私

▼ いふ入り~ (3, 0.0%)

1 だ, では, らしい

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 が往つた, のま, の支度

▼ いふ凡て~ (3, 0.0%)

1 の苗, を凉, を放つ

▼ いふ利益~ (3, 0.0%)

2 があり 1 をまもる

▼ いふ効果~ (3, 0.0%)

1 をねらつた, をもたらした, を考へ

▼ いふ動機~ (3, 0.0%)

1 からである, でうまれ, でグウテンベルグ

▼ いふ区別~ (3, 0.0%)

1 はないです, をし, をしない

▼ いふ危險~ (3, 0.0%)

1 かといふ, な事件, な人物

▼ いふ反駁~ (3, 0.0%)

1 である, は予め, を受け

▼ いふ口実~ (3, 0.0%)

1 によつて救, に道理, を設けた

▼ いふ古賀~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, であつ, のところ

▼ いふ叫び声~ (3, 0.0%)

1 があ, が互, が反対

▼ いふ可愛い~ (3, 0.0%)

1 そして正直, やつだらう, 男の子さへ

▼ いふ名目~ (3, 0.0%)

1 であれ何, で結局, によつて利用

▼ いふ名称~ (3, 0.0%)

1 が与へられた, は文学, もある

▼ いふ告白~ (3, 0.0%)

2 をする 1 を続け

▼ いふ品物~ (3, 0.0%)

1 はどことなく, をも無くさず, を購入

▼ いふ問答~ (3, 0.0%)

1 から一, が行, の結果

▼ いふ~ (3, 0.0%)

2 が和歌腐敗 1 つぱちな感動

▼ いふ地位~ (3, 0.0%)

2 を占め 1 にある

▼ いふ地方~ (3, 0.0%)

1 でも彼等, に居, の人気

▼ いふ塩梅~ (3, 0.0%)

1 だトントン, に悪霊, に私

▼ いふ境界~ (3, 0.0%)

1 に入りたい, に立戻り度, を經驗

▼ いふ夫人~ (3, 0.0%)

1 からの申し出, の冷靜さ, の靜

▼ いふ女優~ (3, 0.0%)

1 によつて自作, はあれ, もあります

▼ いふ女子~ (3, 0.0%)

1 が何處, でない筈, とは違

▼ いふ好み~ (3, 0.0%)

1 に敏感, のうち, や感じ

▼ いふ好奇心~ (3, 0.0%)

1 すら起らず, とそこ, は起らなかつた

▼ いふ如く~ (3, 0.0%)

1 ひとしほそれ, 一種王莽に, 貴きこの

▼ いふ婆さん~ (3, 0.0%)

1 だけが生真面目, だと, は大抵

▼ いふ子供~ (3, 0.0%)

1 に乳, はさ, を未

▼ いふ子細~ (3, 0.0%)

3 でと父

▼ いふ存在~ (3, 0.0%)

1 は自分, もたしかに, を全然

▼ いふ季節~ (3, 0.0%)

1 でありますが, にもつとも, を私

▼ いふ安易~ (3, 0.0%)

1 な気分, な英語, を覚

▼ いふ対立~ (3, 0.0%)

1 する部分的観念, とか摩擦, の感情的

▼ いふ山の端~ (3, 0.0%)

3 を仰いだ

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 がある, では巡査, なる語

▼ いふ巨大~ (3, 0.0%)

1 な岩塊, な怪物, な生気

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 よか, よわが聞く, よ黒き

▼ いふ平凡~ (3, 0.0%)

1 な山, な眞理, な私たち

▼ いふ年頃~ (3, 0.0%)

1 でなければ, ではある, になつて

▼ いふ広い~ (3, 0.0%)

1 ところを, 場所を, 河原だらう

▼ いふ弊害~ (3, 0.0%)

1 がある, に傾き, は純

▼ いふ弱弱しい~ (3, 0.0%)

3 心臟の

▼ いふ当り前~ (3, 0.0%)

1 のところ, の実業家, の見通し

▼ いふ心がま~ (3, 0.0%)

1 へで生き, へで生活, へになつて

▼ いふ心境~ (3, 0.0%)

1 にはなれない, への第一歩, をもらし

▼ いふ心得~ (3, 0.0%)

1 で方言, なの, は褒めた

▼ いふ心掛~ (3, 0.0%)

1 だから, では書物, で居

▼ いふ怠惰~ (3, 0.0%)

2 な日 1 や放

▼ いふ~ (3, 0.0%)

2 で毎日 1 の女

▼ いふ性癖~ (3, 0.0%)

1 があつ, が自己, の人間

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 に似た, ひしさ, を一度

▼ いふ情な~ (3, 0.0%)

3 さ女房の

▼ いふ惨め~ (3, 0.0%)

1 な口説き方, な正直, な破綻

▼ いふ意図~ (3, 0.0%)

1 だけは示された, は持つ, は毛頭ない

▼ いふ愚劣~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 な哀愁

▼ いふ感覺~ (3, 0.0%)

1 が限り, に瞬間的, の特に

▼ いふ戦争~ (3, 0.0%)

1 ごつこ, をひきおこし, を惹き起した

▼ いふ才能~ (3, 0.0%)

1 があつ, といふこと, のはたらき

▼ いふ技術~ (3, 0.0%)

1 の所有者, も修業, をいつの間にか

▼ いふ支那~ (3, 0.0%)

1 の古代史, の禅師, の郡

▼ いふ政治~ (3, 0.0%)

1 ではいけない, の上, の上なほ

▼ いふ文体~ (3, 0.0%)

1 に手, も可能, を撰ばれた

▼ いふ日本~ (3, 0.0%)

2 の平服 1 の古い

▼ いふ日本人~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, に一番, のところ

▼ いふ時いつ~ (3, 0.0%)

1 でも玉ちやん, でも用心, までも彼

▼ いふ時彼~ (3, 0.0%)

1 はぐうつと胸一杯, は何, は朧ろげ

▼ いふ暗い~ (3, 0.0%)

1 家庭の, 影を, 運命は

▼ いふ月並~ (3, 0.0%)

1 なもの, な文句, の一句

▼ いふ月夜~ (3, 0.0%)

1 の光景, の晩, を背景

▼ いふ~ (3, 0.0%)

2 樣で 1 樣です

▼ いふ朋輩~ (3, 0.0%)

3 もあり

▼ いふ材料~ (3, 0.0%)

1 は日本, をごく, を自己中心

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 についてはこれ, に違, は先づ

▼ いふ條件~ (3, 0.0%)

1 で曹植, にかなつて, のすべて

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 が酷く, で問題, は子供

▼ いふ概念~ (3, 0.0%)

1 が頭, は大いに, をひつくり返す

▼ いふ標語~ (3, 0.0%)

1 の募集, をみ, を書いた

▼ いふ歴史~ (3, 0.0%)

1 のあつ, の変遷, は兎

▼ いふ気象~ (3, 0.0%)

1 の激しい, の男, を知つて

▼ いふ気質~ (3, 0.0%)

1 の点, は可憐, をうけ

▼ いふ派手~ (3, 0.0%)

1 な奴, な思想, な考

▼ いふ滑稽~ (3, 0.0%)

1 な作用, な姿, な盲信位難有迷惑

▼ いふ漠然と~ (3, 0.0%)

1 した季節, した帰心, した意味

▼ いふ無意味~ (3, 0.0%)

1 であらう, なスローガン, につひやされ

▼ いふ無残~ (3, 0.0%)

1 なこと, な扱, な男

▼ いふ無駄~ (3, 0.0%)

1 な努力, をさせられる, を省い

▼ いふ理想~ (3, 0.0%)

1 にピカデリー, は昔, をもつ

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 さは, つたれた見方, つたれ声

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 が無い, といふの, に使つて

▼ いふ皮肉~ (3, 0.0%)

1 であらう, な影, な見方

▼ いふ相手~ (3, 0.0%)

1 に接する, の言葉, をもてなすべき

▼ いふ相違~ (3, 0.0%)

1 が, に対しても自分, のある

▼ いふ真似~ (3, 0.0%)

1 が好き, なら立派, は人間

▼ いふ秘密~ (3, 0.0%)

1 な企みと, な感情, のつながり

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 がなごやかな柚子, や草, 頼めを

▼ いふ立前~ (3, 0.0%)

1 から始まつ, なの, を厳格

▼ いふ立派~ (3, 0.0%)

1 なもの, な態度, な瓦

▼ いふ素朴~ (3, 0.0%)

1 なペザントアート, な切な, な魂

▼ いふ細かい~ (3, 0.0%)

1 ところに, 夜にも, 皮肉な

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 がたまたま, であらう, に別れた

▼ いふ結構~ (3, 0.0%)

2 な土地 1 な説話

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 でかそこ, のない, を犯した

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 僧などに, 壮士か, 壯士か

▼ いふ老人~ (3, 0.0%)

1 が日本, や家人, を前

▼ いふ者さ~ (3, 0.0%)

2 のみ賤しき勤め 1 へ聞知

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 でいはれる, に相違, の立て

▼ いふ舞台~ (3, 0.0%)

1 がある程度, が時, を予想

▼ いふ良い~ (3, 0.0%)

1 お日柄, 土で, 教師を

▼ いふ若い~ (3, 0.0%)

1 の, 学生や, 記者である

▼ いふ苦痛~ (3, 0.0%)

1 だらう, にみちた, を忍ん

▼ いふ虚しい~ (3, 0.0%)

1 平和であらう, 美で, 肯定のみが

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 は初め, ひの, 懸り興世王

▼ いふ親切~ (3, 0.0%)

1 がお, にヒロシ, のうち

▼ いふ観察~ (3, 0.0%)

1 の仕方, をしまし, を下した

▼ いふ観方~ (3, 0.0%)

1 からする, をし, をすれ

▼ いふ記事~ (3, 0.0%)

1 がある, のある, を掲げ

▼ いふ設備~ (3, 0.0%)

1 は出来, をした, を持つた

▼ いふ詮議~ (3, 0.0%)

1 はいま, は別, をする

▼ いふ誤解~ (3, 0.0%)

1 が私, といふもの, も生じた

▼ いふ論理~ (3, 0.0%)

1 からか自分, の循環性, は誤解

▼ いふ諦め~ (3, 0.0%)

1 があれ, がどうしても, の中

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 と後, なかつたかしら, 見たいな

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 だ, めいたもの, をいつも

▼ いふ道具~ (3, 0.0%)

1 でお, はないだらう, を使つて餘念

▼ いふ都会~ (3, 0.0%)

1 が世界, では女, めいた場所

▼ いふ都合~ (3, 0.0%)

1 で御, のい, もある

▼ いふ都會~ (3, 0.0%)

1 では女, めいた場所, をよく

▼ いふ錯覚~ (3, 0.0%)

1 はしかし, は一種, を起し

▼ いふ鏑木さん~ (3, 0.0%)

1 の一つ, は, は生得

▼ いふ限り~ (3, 0.0%)

1 あるもの, に於い, もなけれ

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 のたたず, のなか, は絶えず

▼ いふ青年たち~ (3, 0.0%)

1 には許嫁, に十分信頼, の心

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 かな夜, かな樂, かな渡し船

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 の下, はどう, を掲げ

▼ いふ~ (3, 0.0%)

2 をし 1 の婦人

▼ いふ風俗~ (3, 0.0%)

1 なり慣習上, に落ち, をし

▼ いふ馬鹿気~ (3, 0.0%)

1 たこと, た考, た贅沢振り

▼ いふ騷ぎ~ (3, 0.0%)

1 である, に成つて, の光景

▼ いふ魅力~ (3, 0.0%)

1 あるもの, なので, にごく

▼ いふ~ (3, 0.0%)

1 とかうもり, とるため, や犬

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 はた, ひだに

▼ いふありふれた~ (2, 0.0%)

1 習慣は, 青年病な

▼ いふあんばい~ (2, 0.0%)

1 で二人, ならしばらく

▼ いふあゝ~ (2, 0.0%)

1 マーレブランケよ, 天を

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 はゆる, へに入り

▼ いふいや~ (2, 0.0%)

1 でいや, な事

▼ いふうた~ (2, 0.0%)

1 が必要, をうたつた

▼ いふうるさい~ (2, 0.0%)

1 出来事で, 心持が

▼ いふえらい~ (2, 0.0%)

1 人の, 御役人さん

▼ いふおもしろい~ (2, 0.0%)

1 げいを, 意匠が

▼ いふお前さん~ (2, 0.0%)

1 はこの, は又

▼ いふお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 は奇想天外, は無邪気

▼ いふかなしい~ (2, 0.0%)

1 不滿, 曙で

▼ いふからは~ (2, 0.0%)

1 極く小さい, 蠅で

▼ いふきれい~ (2, 0.0%)

1 なお, なたべもの

▼ いふけど~ (2, 0.0%)

1 井戸ば, 薩張り阿呆で

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 は光, は十一世紀

▼ いふことお雪さん~ (2, 0.0%)

1 はその, は自分

▼ いふことぐらゐわかる筈~ (2, 0.0%)

2 である

▼ いふことそこ~ (2, 0.0%)

1 に人間生活, に於

▼ いふこと云~ (2, 0.0%)

1 つちや, ふのよ

▼ いふさわぎ~ (2, 0.0%)

1 があっ, があった

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 いぜ, 今度の

▼ いふそして~ (2, 0.0%)

1 感に, 詩人の

▼ いふたて~ (2, 0.0%)

1 まへから, まへで

▼ いふだけに~ (2, 0.0%)

1 さへ, 全く驚かず

▼ いふだらう~ (2, 0.0%)

1 それを, 夫れ

▼ いふだらし~ (2, 0.0%)

1 なさ, のない

▼ いふつての~ (2, 0.0%)

1 はほん, は一種

▼ いふとこ~ (2, 0.0%)

1 では成, で主人

▼ いふとね~ (2, 0.0%)

1 母さんの, 身震を

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 えらい大損, つしり

▼ いふどこ~ (2, 0.0%)

1 から種本, か才氣煥發

▼ いふどん底~ (2, 0.0%)

1 の役者, までいつ

▼ いふない~ (2, 0.0%)

1 そんな筈, 貧乏画描き

▼ いふにこそ~ (2, 0.0%)

1 おどろかれぬれ, 北海道の

▼ いふねが~ (2, 0.0%)

1 ひから, ひは

▼ いふはず~ (2, 0.0%)

1 のもの, はなけれ

▼ いふはずみ~ (2, 0.0%)

1 かあちこち, からか今

▼ いふはつきり~ (2, 0.0%)

1 した一致, した標準

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 あひ, あひも

▼ いふひどい~ (2, 0.0%)

1 事を, 傷我なんか

▼ いふへん~ (2, 0.0%)

1 なもの, な形

▼ いふぼんやり~ (2, 0.0%)

1 した話, した語

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 さやけく咲き, はり合せか

▼ いふまあ~ (2, 0.0%)

1 仕合せな, 恐いもの

▼ いふまで~ (2, 0.0%)

2 去りとは

▼ いふまるで~ (2, 0.0%)

1 人の, 急行列車が

▼ いふものさ~ (2, 0.0%)

1 へも既に, へ今日

▼ いふものぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ いふもの紛々~ (2, 0.0%)

2 として起る

▼ いふやうぢ~ (2, 0.0%)

1 やあまあ, やお前

▼ いふよい~ (2, 0.0%)

1 影響を, 画面

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 には今, むか而

▼ いふクリスト~ (2, 0.0%)

1 の受難, 同樣

▼ いふジジ~ (2, 0.0%)

1 にすつかり, の動作

▼ いふセンセイシヨン~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ いふタツノ~ (2, 0.0%)

1 が人, の思ひ

▼ いふハガキ~ (2, 0.0%)

1 といつ, を弟

▼ いふホテル~ (2, 0.0%)

1 の孤獨生活, や銀座通り

▼ いふモオリアック~ (2, 0.0%)

1 の初期, はそれ等

▼ いふ一句~ (2, 0.0%)

1 がある, だけがいくらか

▼ いふ一家~ (2, 0.0%)

1 の歴史, を築き上げ

▼ いふ一寸~ (2, 0.0%)

1 した事, した悦ばしい

▼ いふ三吉~ (2, 0.0%)

1 の生活的, を神経

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 にはどうしても, はハルトマン

▼ いふ下の句~ (2, 0.0%)

2 をつけます

▼ いふ下劣~ (2, 0.0%)

1 な女, な演出

▼ いふ下品~ (2, 0.0%)

1 な探偵根性, な考へごと

▼ いふ不便~ (2, 0.0%)

1 は免れ, を奇貨

▼ いふ不愉快~ (2, 0.0%)

1 な町中, はありません

▼ いふ不純~ (2, 0.0%)

1 な心持, な間接的

▼ いふ不都合~ (2, 0.0%)

2 な結果

▼ いふ主義~ (2, 0.0%)

1 であるかといふ, の押

▼ いふ主題~ (2, 0.0%)

1 に首, を率直

▼ いふ乞食~ (2, 0.0%)

1 に仮装, もあつ

▼ いふ乱暴~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, な真似

▼ いふ亂暴~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, な考

▼ いふ事ぢ~ (2, 0.0%)

1 やが, やらうな

▼ いふ事金~ (2, 0.0%)

1 は敵薬, は敵藥

▼ いふ二人~ (2, 0.0%)

1 の問答, の氣

▼ いふ二人づれ~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ いふ人声~ (2, 0.0%)

1 で目, もめつきり

▼ いふ人情~ (2, 0.0%)

1 が湧いた, に一

▼ いふ人間的~ (2, 0.0%)

1 な感情, な要素

▼ いふ仇名~ (2, 0.0%)

1 で彼, を付けぬ

▼ いふ代り~ (2, 0.0%)

1 に, に子供達

▼ いふ代物~ (2, 0.0%)

1 は十中, 時による

▼ いふ仲間~ (2, 0.0%)

1 と表面, を怖

▼ いふ企て~ (2, 0.0%)

1 はむろん, もやんでしまつた

▼ いふ伝統~ (2, 0.0%)

1 を強, を生んだ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 なら太鼓, の交際

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 は人麻呂, は本誌過去一年間

▼ いふ作者~ (2, 0.0%)

1 の意識, は作品

▼ いふ侮辱~ (2, 0.0%)

1 だらう, を感じさせる

▼ いふ信仰~ (2, 0.0%)

2 もあつ

▼ いふ信念~ (2, 0.0%)

1 に落ちつく, をもつ

▼ いふ修業~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ いふ俳優たち~ (2, 0.0%)

1 の演技, の踏み馴れた

▼ いふ偏見~ (2, 0.0%)

1 の為め, は消え

▼ いふ傳説~ (2, 0.0%)

1 が有, が有り

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 に別居, に奉公

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 を半ば, 振つたこと

▼ いふ先生方~ (2, 0.0%)

1 だから, は皆一人

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 人格の, 體の

▼ いふ共感~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ いふ其の~ (2, 0.0%)

1 呼吸を, 降つ掛け

▼ いふ写真~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, には裏

▼ いふ処女~ (2, 0.0%)

1 の場合, の生活

▼ いふ初め~ (2, 0.0%)

1 この皓潔玉, の頃

▼ いふ初期~ (2, 0.0%)

1 のレクヰエム的要素, の作品

▼ いふ制度~ (2, 0.0%)

1 がこれ, に関する論議

▼ いふ劇作家~ (2, 0.0%)

1 が自分, の出現

▼ いふ劇場~ (2, 0.0%)

1 があ, だつたか

▼ いふ勇気~ (2, 0.0%)

1 があつ, のある

▼ いふ動き~ (2, 0.0%)

1 がない, をする

▼ いふ動詞~ (2, 0.0%)

1 は普通, も出来

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 が働く, はたしか

▼ いふ卑怯~ (2, 0.0%)

2 な質問

▼ いふ危険~ (2, 0.0%)

1 が起りかけた, な座談会

▼ いふ危険性~ (2, 0.0%)

1 のある, をもつた

▼ いふ原理~ (2, 0.0%)

1 による, の上

▼ いふ友人たち~ (2, 0.0%)

1 の氣, はそろ

▼ いふ反問~ (2, 0.0%)

1 に答, の出る

▼ いふ反応~ (2, 0.0%)

1 を示さない, を示す

▼ いふ反省~ (2, 0.0%)

1 をする, を君

▼ いふ古狸~ (2, 0.0%)

2 の煙たい

▼ いふ叫び聲~ (2, 0.0%)

1 が起り, が院長

▼ いふ可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 心は, 相手が

▼ いふ台詞~ (2, 0.0%)

1 のあと, は確か

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 はい, は倉田さん

▼ いふ同志~ (2, 0.0%)

1 の姿, へのこんな

▼ いふ同情~ (2, 0.0%)

1 はあなた, は一時

▼ いふ名所~ (2, 0.0%)

1 がある, といふ事

▼ いふ名物~ (2, 0.0%)

1 がみな平民社, ならいくらでも

▼ いふ名詞~ (2, 0.0%)

1 がある, を書き残し

▼ いふ呑気~ (2, 0.0%)

1 な幸福, な身分

▼ いふ呼び~ (2, 0.0%)

1 方で, 方を

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 で艶子, を唄つて

▼ いふ問題ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ いふ喜び~ (2, 0.0%)

1 で有頂天, とか楽し

▼ いふ喜劇~ (2, 0.0%)

1 の行, は其性格

▼ いふ器物~ (2, 0.0%)

1 です, は働かない

▼ いふ困難~ (2, 0.0%)

1 が出, な場所

▼ いふ国家~ (2, 0.0%)

1 にあ, の運命

▼ いふ国民~ (2, 0.0%)

1 からかの, は一面

▼ いふ地名~ (2, 0.0%)

1 から歴史上, を江戸

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 があり, で述べる

▼ いふ場合私~ (2, 0.0%)

1 とし, は私自身

▼ いふ変り者~ (2, 0.0%)

1 でその, は先づない

▼ いふ外面的~ (2, 0.0%)

1 な条件, の事情

▼ いふ多く~ (2, 0.0%)

1 の人達, の条件

▼ いふ大事~ (2, 0.0%)

1 なたつた一つ, な身體

▼ いふ大衆~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は本当に

▼ いふ奇現象~ (2, 0.0%)

2 に恵まれた

▼ いふ奇談~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ いふ女たち~ (2, 0.0%)

1 の一人, の生活

▼ いふ女房氣質~ (2, 0.0%)

2 を誰

▼ いふ奴等~ (2, 0.0%)

1 が近親, は早速

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 な似而非童話, な薬

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の傳言, の影響

▼ いふ委員会~ (2, 0.0%)

1 からの命令, のこと

▼ いふ子守唄~ (2, 0.0%)

2 をきかされた

▼ いふ孤獨~ (2, 0.0%)

1 のなか, の偉大さ

▼ いふ宗教家~ (2, 0.0%)

1 がわれ, は常

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 數を, 連が

▼ いふ定義~ (2, 0.0%)

1 に当て嵌る, を女性

▼ いふ定説~ (2, 0.0%)

1 が呑気, といふもの

▼ いふ実例~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を知つて

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 があつ, であるかは

▼ いふ室生さん~ (2, 0.0%)

1 の文章, の發狂

▼ いふ家族~ (2, 0.0%)

1 の中, の最後

▼ いふ家業~ (2, 0.0%)

1 の者, は厭

▼ いふ容子~ (2, 0.0%)

1 は一つ, は少し

▼ いふ宿屋~ (2, 0.0%)

1 だつたかしら, に勤め

▼ いふ富士~ (2, 0.0%)

2 の美し

▼ いふ富永~ (2, 0.0%)

1 の研究, の考へ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 がある, を山陰道

▼ いふ将来~ (2, 0.0%)

1 が約束, の事

▼ いふ将棋~ (2, 0.0%)

1 でないと, になりますち

▼ いふ尊い~ (2, 0.0%)

1 名称で, 鳥の

▼ いふ對話~ (2, 0.0%)

1 をし, を交

▼ いふ小鳥~ (2, 0.0%)

1 のやう, の性格

▼ いふ少し~ (2, 0.0%)

1 の告白, も巧まぬ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の角, もあった

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の名, の砂浜

▼ いふ差別~ (2, 0.0%)

1 は三度三度, もなく

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 でなくても, へ走るまい

▼ いふ常識~ (2, 0.0%)

1 が愛, の上

▼ いふ常識的~ (2, 0.0%)

1 な問題, な経験

▼ いふ幸福~ (2, 0.0%)

1 な, をなめ

▼ いふ幻覺~ (2, 0.0%)

2 だらう

▼ いふ幾多~ (2, 0.0%)

1 の事實, の問題

▼ いふ序歌~ (2, 0.0%)

2 だけでも優に

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の小説, の甚だ

▼ いふ度胸~ (2, 0.0%)

1 は持てなかつた, をきめ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 は先づないが, をなに

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 にはいま, の好み

▼ いふ弱い~ (2, 0.0%)

1 心を, 身体だ

▼ いふ張合~ (2, 0.0%)

1 でどんな, ひの

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 さで, さも

▼ いふ形容~ (2, 0.0%)

1 はある, をし

▼ いふ形態~ (2, 0.0%)

1 ではない, のもつ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の語, 撰集に

▼ いふ得体~ (2, 0.0%)

1 のしれない, の知れぬ

▼ いふ御念~ (2, 0.0%)

2 の入

▼ いふ御用~ (2, 0.0%)

1 です, ですか

▼ いふ微笑~ (2, 0.0%)

1 のため, を浮べた

▼ いふ徹底~ (2, 0.0%)

2 しない論理

▼ いふ心もち~ (2, 0.0%)

1 は段々, を半ば自嘲

▼ いふ心地~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 が頻りに, より外

▼ いふ念仏~ (2, 0.0%)

1 にも済まぬ, のやう

▼ いふ念入り~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ いふ思出~ (2, 0.0%)

1 がある, を恐れ

▼ いふ思召~ (2, 0.0%)

1 しかと存じまし, でしたらなに回想録

▼ いふ思案~ (2, 0.0%)

1 に能, も付かず

▼ いふ性分~ (2, 0.0%)

1 か今, であるらしい

▼ いふ性父~ (2, 0.0%)

2 は又

▼ いふ恐し~ (2, 0.0%)

1 い世界, い思想

▼ いふ息子~ (2, 0.0%)

1 の姿, は不思議

▼ いふ悟つた~ (2, 0.0%)

2 考へ方

▼ いふ悟り~ (2, 0.0%)

1 の境地, をひらかなけれ

▼ いふ悩み~ (2, 0.0%)

1 を悩ん, 多き人

▼ いふ悪魔~ (2, 0.0%)

1 が入, の所業ぢ

▼ いふ悲しみ~ (2, 0.0%)

1 や切な, をなさる

▼ いふ悲惨~ (2, 0.0%)

2 な境遇

▼ いふ悲慘~ (2, 0.0%)

1 なこと, な仕事

▼ いふ悲痛~ (2, 0.0%)

1 の情, をかみしめ

▼ いふ情熱~ (2, 0.0%)

1 はやはり, を奮

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 がある, を解し

▼ いふ意外~ (2, 0.0%)

1 なこと, な人物

▼ いふ意慾~ (2, 0.0%)

1 や感情, をあの

▼ いふ意気~ (2, 0.0%)

1 で進む, を持つ

▼ いふ意氣~ (2, 0.0%)

1 な學問, は大

▼ いふ愚劣さ~ (2, 0.0%)

1 だ, であらう

▼ いふ愛情~ (2, 0.0%)

1 の中, の激越

▼ いふ感念~ (2, 0.0%)

1 が右往左往, が容易

▼ いふ感慨~ (2, 0.0%)

1 にいつ, を洩らさせ

▼ いふ感覚~ (2, 0.0%)

1 が健全, によつて

▼ いふ慾望~ (2, 0.0%)

1 の激しく, を制し得ない

▼ いふ憂鬱~ (2, 0.0%)

2 な幻

▼ いふ懸念~ (2, 0.0%)

1 はない, は受けとり

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 しい心, は

▼ いふ扁理~ (2, 0.0%)

1 の不幸, を前

▼ いふ批評家~ (2, 0.0%)

1 の顔, は闘牛師

▼ いふ指導者~ (2, 0.0%)

1 の名, は必ずしも

▼ いふ改作~ (2, 0.0%)

1 が原文, やそれ

▼ いふ放れ業~ (2, 0.0%)

2 ができる

▼ いふ教師~ (2, 0.0%)

1 が其頃, の役に立たぬ

▼ いふ教養~ (2, 0.0%)

1 と技術, を文化的

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 でありませうか, と戰

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 でこなす, へ謠

▼ いふ文明~ (2, 0.0%)

1 が新しい, をもつた

▼ いふ文體~ (2, 0.0%)

1 が宜, の微妙

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 見か, 見は

▼ いふ料理~ (2, 0.0%)

1 がお, は全く

▼ いふ新聞~ (2, 0.0%)

1 は好きません, を受け身

▼ いふ方針~ (2, 0.0%)

1 に基づい, を以て日本

▼ いふ旅行~ (2, 0.0%)

1 が幾分, の仕方

▼ いふ日々~ (2, 0.0%)

1 の禁厭, もかなり

▼ いふ映画~ (2, 0.0%)

1 が歓迎, と他

▼ いふ時ちよ~ (2, 0.0%)

2 つと我慢

▼ いふ時下女~ (2, 0.0%)

1 がはいつ, のお

▼ いふ時井伏君~ (2, 0.0%)

1 はもう, は夫人

▼ いふ時分~ (2, 0.0%)

1 で極東, のこと

▼ いふ時博士~ (2, 0.0%)

1 の默つて, はよく

▼ いふ時彼女~ (2, 0.0%)

1 が私, の眼

▼ いふ普通~ (2, 0.0%)

1 の文学, の精進

▼ いふ智恵~ (2, 0.0%)

1 の行商人, の闇商人

▼ いふ智惠~ (2, 0.0%)

1 よりもはるか, をつけた

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 がない, もなかつた

▼ いふ暮し~ (2, 0.0%)

1 もあんまり, をし

▼ いふ書付~ (2, 0.0%)

1 かそれ, なんで

▼ いふ書物~ (2, 0.0%)

1 の紹介, はなかなか

▼ いふ最初~ (2, 0.0%)

1 の条件, の記憶

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 だか, にめぐり

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 に出, を時折経験

▼ いふ期待~ (2, 0.0%)

1 なんかし, をかけ

▼ いふ未来~ (2, 0.0%)

1 のあるべき, を浮べ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 が建つ, を持

▼ いふ東京~ (2, 0.0%)

1 の漆黒, の画家

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 に御, を推考

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 や箱

▼ いふ極端~ (2, 0.0%)

1 な保守主義, に頑迷

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 がある, みが

▼ いふ楽し~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ いふ楽しい~ (2, 0.0%)

1 問は, 心地は

▼ いふ構造~ (2, 0.0%)

1 に於, の地盤

▼ いふ様々~ (2, 0.0%)

1 なもの, な声

▼ いふ様式~ (2, 0.0%)

1 が生れた, の脚本

▼ いふ模様~ (2, 0.0%)

2 に中

▼ いふ樣子~ (2, 0.0%)

1 が見えない, であつ

▼ いふ欠陷~ (2, 0.0%)

1 といふの, を補つた裝飾

▼ いふ正し~ (2, 0.0%)

1 さで, さは

▼ いふ正しい~ (2, 0.0%)

1 奮鬪を, 形は

▼ いふ歴史小説~ (2, 0.0%)

1 に近い, も手がけ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ いふ気味~ (2, 0.0%)

1 の悪い, も有ます

▼ いふ気性~ (2, 0.0%)

1 であ, の男

▼ いふ気風~ (2, 0.0%)

1 ですから, の人

▼ いふ決心~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ いふ注文~ (2, 0.0%)

1 である, は幾分

▼ いふ活動~ (2, 0.0%)

1 が往復, が最も

▼ いふ流儀~ (2, 0.0%)

1 がある, こそ我輩

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 のさかな, の色

▼ いふ消極的~ (2, 0.0%)

1 な部面, な面

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 い身

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 さが, 處には

▼ いふ深刻~ (2, 0.0%)

1 な國民的體驗, な感傷

▼ いふ混雜~ (2, 0.0%)

1 の中, の起る

▼ いふ漢字~ (2, 0.0%)

1 をあてはめたはう, を当てる

▼ いふ漸進主義~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の意味, は角兵衞獅子

▼ いふ澄んだ~ (2, 0.0%)

2 美しい水

▼ いふ澤木君~ (2, 0.0%)

1 にも借りた, のこと

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 におこ, に柳行李

▼ いふ無理~ (2, 0.0%)

1 を云, を重ね

▼ いふ熟語~ (2, 0.0%)

1 の作り方, はその

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 に對, の昂つた時

▼ いふ父親~ (2, 0.0%)

1 の濁つた, も家族

▼ いふ物見高~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ いふ物語~ (2, 0.0%)

1 の奧, をする

▼ いふ物音~ (2, 0.0%)

1 がきこえる, が聞える

▼ いふ物騷~ (2, 0.0%)

1 な學校, な生き物

▼ いふ特別~ (2, 0.0%)

1 な藝術, な號令

▼ いふ状況~ (2, 0.0%)

1 でもつ, にあ

▼ いふ狡い~ (2, 0.0%)

1 考へは, 輩の

▼ いふ狭い~ (2, 0.0%)

2 処を

▼ いふ玩具~ (2, 0.0%)

1 のやう, は

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 らしいこと, らしい話

▼ いふ珍手~ (2, 0.0%)

2 もあみだした

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 實の

▼ いふ現実~ (2, 0.0%)

1 によつて限定, 放れの

▼ いふ現実上~ (2, 0.0%)

1 の事, の繋縛

▼ いふ甘い~ (2, 0.0%)

1 気持によ, 考へは

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 やさしい話ぢ, 之乎

▼ いふ生徒~ (2, 0.0%)

1 は外, は教師

▼ いふ生態~ (2, 0.0%)

1 に同化, の中

▼ いふ生活全体~ (2, 0.0%)

2 の表情

▼ いふ生活態度~ (2, 0.0%)

1 は国政, も生活様式

▼ いふ用事~ (2, 0.0%)

1 がある, はこれから

▼ いふ用意~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ いふ町内~ (2, 0.0%)

1 づき合, に僕

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の周圍

▼ いふ病的~ (2, 0.0%)

1 な鋭, な頭脳

▼ いふ白い~ (2, 0.0%)

1 ものや, 皮膚が

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 のあるで, もなく

▼ いふ目論見~ (2, 0.0%)

1 で僕, なの

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 だ, だな

▼ いふ相図~ (2, 0.0%)

1 をした, をしました

▼ いふ眼付~ (2, 0.0%)

1 であらう, であるに

▼ いふ着物~ (2, 0.0%)

1 を着, を着せられ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の中, の飛來

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 目に

▼ いふ硝子窓~ (2, 0.0%)

1 のついた, の一つ

▼ いふ社会的~ (2, 0.0%)

1 の地位, の立身出世

▼ いふ社會~ (2, 0.0%)

1 の女性, を來

▼ いふ神聖~ (2, 0.0%)

1 な渇仰心, な行為さ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 はあつ, も少なく

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 に亡びた, ひは

▼ いふ私自身~ (2, 0.0%)

1 の考, 決してその

▼ いふ科白~ (2, 0.0%)

2 を吐く

▼ いふ稀有~ (2, 0.0%)

1 な出来事, な場合

▼ いふ空気~ (2, 0.0%)

1 のなか, を畏れる

▼ いふ空白~ (2, 0.0%)

1 は何時, を埋めよう

▼ いふ突飛~ (2, 0.0%)

1 なおもひ, なこと

▼ いふ筋道~ (2, 0.0%)

1 だつたかは, を通つて

▼ いふ範囲~ (2, 0.0%)

1 でこれ, の人々

▼ いふ簡単~ (2, 0.0%)

1 な, な批評

▼ いふ簡單~ (2, 0.0%)

1 で思ひ, な取引

▼ いふ粗暴~ (2, 0.0%)

1 な生き方, な礼儀知らず

▼ いふ粗雑~ (2, 0.0%)

1 なもの, な形

▼ いふ紀年~ (2, 0.0%)

2 の書き方

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の上, を求め

▼ いふ素人~ (2, 0.0%)

1 に脚本, の手

▼ いふ素子~ (2, 0.0%)

1 の声, の横顔

▼ いふ素性~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人

▼ いふ素振り~ (2, 0.0%)

1 をまだ, を見せた

▼ いふ素直~ (2, 0.0%)

1 でなかつた性質, な人

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 があります, で二人

▼ いふ罰あたり~ (2, 0.0%)

1 だらう, にかか

▼ いふ美男美女~ (2, 0.0%)

1 である必要, の類

▼ いふ義理~ (2, 0.0%)

1 がある, 固い変らない

▼ いふ義理堅い~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ いふ義男~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ いふ羽目~ (2, 0.0%)

1 で妻子, になる

▼ いふ習癖~ (2, 0.0%)

1 が許され, を身

▼ いふ者あらむ是~ (2, 0.0%)

2 れ必ら

▼ いふ聯想~ (2, 0.0%)

1 は唯, を起させる

▼ いふ肩書~ (2, 0.0%)

1 はなく, を誇示

▼ いふ腹立たし~ (2, 0.0%)

1 さで, さも

▼ いふ自然~ (2, 0.0%)

1 の流れ, の風光

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 には籐, を漕ぐ

▼ いふ色々~ (2, 0.0%)

1 な教養, な方面

▼ いふ芥川さん~ (2, 0.0%)

1 は僕, や齋藤茂吉氏

▼ いふ芸術~ (2, 0.0%)

1 が曾, に結びつく

▼ いふ苦しい~ (2, 0.0%)

1 ことも, 心づかひの

▼ いふ苹果~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ いふ荒々しい~ (2, 0.0%)

1 出来事が, 革命的な

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 に茄子

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 で何, で何とか

▼ いふ處置~ (2, 0.0%)

1 は望ましき, をとる

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 を亨, 生臭いこと

▼ いふ血液~ (2, 0.0%)

1 の分派, をわれ等

▼ いふ行き方~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ いふ行事~ (2, 0.0%)

1 には場, のすくない

▼ いふ街道~ (2, 0.0%)

2 を父

▼ いふ表面~ (2, 0.0%)

1 に現, の漣

▼ いふ複雜~ (2, 0.0%)

1 なもの, な氣持

▼ いふ要領~ (2, 0.0%)

1 でさすが, のスケートマン

▼ いふ見地~ (2, 0.0%)

1 から我と, 第二

▼ いふ規則~ (2, 0.0%)

1 が詩人, になつ

▼ いふ視線~ (2, 0.0%)

2 に値する

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 があり, の氣持

▼ いふ親善~ (2, 0.0%)

1 とは自分, ならごめん

▼ いふ親子~ (2, 0.0%)

1 の問答, ばかりだ

▼ いふ觀念~ (2, 0.0%)

1 の上, もたしか

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 畫を

▼ いふ記者~ (2, 0.0%)

1 である, も亦

▼ いふ記録~ (2, 0.0%)

1 やもつ, を天候

▼ いふ訛り~ (2, 0.0%)

1 はちよ, を東北

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 へに対してなに, へを聞き流し

▼ いふ註文~ (2, 0.0%)

1 があれ, である

▼ いふ詩作~ (2, 0.0%)

1 にのみ耽つ, をもし

▼ いふ詩句~ (2, 0.0%)

1 は何となく, を讀む

▼ いふ詩集~ (2, 0.0%)

2

▼ いふ詰問~ (2, 0.0%)

1 の裏, をした

▼ いふ話題~ (2, 0.0%)

1 のひとつ, は世間

▼ いふ該博~ (2, 0.0%)

1 な學識, な智識

▼ いふ詳しい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事を

▼ いふ~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ いふ語気~ (2, 0.0%)

1 にくらべ, の激し

▼ いふ説明~ (2, 0.0%)

1 は自分, を聴き

▼ いふ調~ (2, 0.0%)

2 の味

▼ いふ論議~ (2, 0.0%)

1 への浅薄, もある

▼ いふ諸君~ (2, 0.0%)

1 は死, は然し

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 は, はゆる

▼ いふ譯ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やね

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 な光線, な客

▼ いふ變化~ (2, 0.0%)

1 が何, を行

▼ いふ賞讚~ (2, 0.0%)

1 の声, を浴

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 の人ぢ, の河

▼ いふ趣旨~ (2, 0.0%)

1 で行かう, を村

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 を取るなら, を歩い

▼ いふ踊り~ (2, 0.0%)

1 の巧み, を踊つて

▼ いふ身體~ (2, 0.0%)

1 の位置, はその

▼ いふ退屈~ (2, 0.0%)

2 な人生

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 があつ, が今度

▼ いふ途方~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 にし, をやりし

▼ いふ連作體~ (2, 0.0%)

2 の詩

▼ いふ遊び~ (2, 0.0%)

1 にかけては友伯父さん, に勝つ

▼ いふ過失~ (2, 0.0%)

1 は言, や蹉躓

▼ いふ道理~ (2, 0.0%)

1 のあらう, も存在

▼ いふ部門~ (2, 0.0%)

1 の専門的, を包含

▼ いふ酒場~ (2, 0.0%)

1 で小林, へ這入つ

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 惡な, 顔ぢやらう

▼ いふ醫者~ (2, 0.0%)

1 が信用, の見方

▼ いふ重い~ (2, 0.0%)

1 病気の, 音が

▼ いふ重大~ (2, 0.0%)

1 な一事, な人間教育

▼ いふ野心~ (2, 0.0%)

1 が遂げられる, は毛頭ない

▼ いふ野郎~ (2, 0.0%)

1 でご, はきつ

▼ いふ鑑定~ (2, 0.0%)

1 だ, を正確

▼ いふ長い~ (2, 0.0%)

1 五年の, 手紙を

▼ いふ閑寂~ (2, 0.0%)

1 な風景, の境地

▼ いふ間拔~ (2, 0.0%)

1 な法, な深草

▼ いふ間柄~ (2, 0.0%)

1 でありながら, に置かれ

▼ いふ間違つた考~ (2, 0.0%)

1 へも持つ, へを起し

▼ いふ阿蘭陀訛~ (2, 0.0%)

2

▼ いふ限定~ (2, 0.0%)

1 によつて, を越え

▼ いふ陽気~ (2, 0.0%)

1 な一日, な存在

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 が生活, に自分

▼ いふ隙間~ (2, 0.0%)

1 が往々, の空

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 れたる世界, れて

▼ いふ難題~ (2, 0.0%)

1 です, をもちかける

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 が降つた, の降

▼ いふ露骨的~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ いふ青年男女~ (2, 0.0%)

1 がお, を見る

▼ いふ青葉~ (2, 0.0%)

1 の村落, の間

▼ いふ非常~ (2, 0.0%)

1 にはつきり, の際

▼ いふ非難~ (2, 0.0%)

1 はある, めいたもの

▼ いふ面白~ (2, 0.0%)

2 がり方

▼ いふ革命~ (2, 0.0%)

1 でありますが, に加

▼ いふ音樂~ (2, 0.0%)

1 に近い, の空氣

▼ いふ韻律~ (2, 0.0%)

1 の觀念, の語意

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 と一緒, のいい

▼ いふ響き~ (2, 0.0%)

1 が聞え, を聞く

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 でこんな, に杯

▼ いふ順吉~ (2, 0.0%)

1 がおち, を見

▼ いふ頼り~ (2, 0.0%)

1 ない文子, ない状態

▼ いふ顔つき~ (2, 0.0%)

1 で彼女, をし

▼ いふ風ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ いふ風変り~ (2, 0.0%)

1 なこと, なすばしこい

▼ いふ風流~ (2, 0.0%)

1 と縁, は山

▼ いふ風潮~ (2, 0.0%)

1 の因つて, を招く

▼ いふ風習~ (2, 0.0%)

1 に変, はなつかしい

▼ いふ餘裕~ (2, 0.0%)

1 が出, もなく

▼ いふ~ (2, 0.0%)

1 を乗り廻し, を借り出し

▼ いふ體驗~ (2, 0.0%)

1 がある, の上

▼ いふ高い~ (2, 0.0%)

1 ところで, ところに

▼1* [2962件]

いふあかりのもと, いふあか抜けのした, いふあなたにとつて, いふあはれないたましい, いふあぶない喜びは, いふあらはれが, いふあらましであった, いふあれさ, いふあんたはどなた, いふいきさつに関係, いふいざルビカンテよ, いふいざこざは事務所, いふいたましい風物だらう, いふいつも砂埃り, いふいと約やかに, いふいとまもなく思はず羽織, いふいはれの種, いふいまの生きる, いふいま江戸の下町娘, いふいろんなものを, いふうまみがある, いふうるささだらう, いふおだやかな人間, いふおとうさんの顔, いふおとなしい方だ, いふおどろしき言葉もて, いふおぶやま, いふおもしろさを, いふおれは馬鹿, いふおんけいだらう, いふおん惠に與らんこと, いふお伽噺の本, いふお天気では人出, いふお嬢さん批評家にか, いふお子さんのそば, いふお客さまかわからない, いふお客さんがあ, いふお家の屋根, いふお寺の建築, いふお年でお, いふお方の時, いふお母さんが留守, いふお父さんのこゑをきいて, いふお触れが出た, いふお銭をたんまり, いふかういふ仲間内で, いふかういへばああ, いふかくては彼, いふかさつぱり, いふかすかな音, いふかたい葱で, いふかたちで, いふかとでも思つてゐるらしい, いふかどで頻りに, いふかなア非常に, いふかなしみの日, いふからかうでもあらう, いふがいなや, いふがかういつて, いふきざしを見る, いふきつかけで, いふきらびやかさに目, いふぎごちない姿勢, いふくらみの方, いふくれた指を, いふぐあいですから対称形より仕方, いふぐあひではては乳色の, いふぐあひに問題にされる, いふぐあひに御返事申上げた, いふぐらゐのところで二号の世話, いふふの, いふけち臭いもんぢ, いふな, いふげらげら笑ひ, いふここに於, いふこちらの氣, いふこぢつけた見方, いふことあきらかならずされば, いふことぐらゐ心得て, いふことぐらゐ意気を沮喪, いふことぐらゐ誰よりも先, いふことこれらの愚劣, いふことすなは, いふことその他この類, いふことそれゆゑ特別な待遇, いふことそれ自身が問題, いふことだいそれは, いふことぢやつたかなあ, いふことつてよくあります, いふことどなたかからお, いふことなつめそれ自身のやすけさ, いふことはじめばや, いふことばはありませんでした, いふことば半ばにし, いふことローマ古代の文人ヴァレリウス・マクシムス, いふこと一念を凝らす, いふこと丈けは爭, いふこと之は行長, いふこと事芝居に関しては向, いふこと今晩中に引越さない, いふこと以上の意味, いふこと会ひたければ, いふこと作中の人物, いふこと例へ文化, いふこと俳優学校の課程, いふこと其他之に類する, いふこと前後にまつ, いふこと十銭二十銭の交通費, いふこと反対に一巡り実物, いふこと同化力が強い, いふこと問ふ人, いふこと孤独といふこと, いふこと彼が現在, いふこと意慾とそして, いふこと戰線に送る, いふこと日頃見て, いふこと森田は逓信省, いふこと此の二つ, いふこと此二つを實行, いふこと気が附き, いふこと水に乏しい, いふこと漢字のやう, いふこと物の, いふこと物事の一点, いふこと理想のない, いふこと等である, いふこと能はざりき, いふこと自分の家, いふこと自己嫌悪といふこと, いふこと芝居の世界, いふこと葉だしかも, いふこと觸れられること, いふこと言葉を替, いふこと設また其の, いふこと謂はば理念, いふこと買ふの, いふこと鋸で鯰, いふこと間違つてるかよ, いふこと鼠よりも柔和, いふこなたにては煮ゆる, いふこの世ならぬ色合, いふこれチャンポロの奸智, いふころであると, いふごとく目を, いふごとく信ずと思はる, いふさうざうしい小僧, いふさうやがあんた, いふさかいなア, いふさかなの骨, いふさだめでござらうほどにのう, いふさなかを窮窟さうに, いふさばさばした調子, いふさまざまな感じ, いふさみしい自分の, いふさむい晩など, いふさらば我に, いふされどいづれの, いふさわがしさも, いふざまだらう, いふざわめきと哄笑, いふしきたりの者, いふしぐさでぐつ, いふしづかなこと, いふしなやかな体, いふしのびなきの唄, いふしやれといふもんだ, いふしんとした, いふがたは, いふすぐなる澁柿, いふすぐれた力の, いふすばらしさであらう, いふすまを背, いふすると答, いふせせこましさで, いふせつぱつまつたわななきが二人の, いふそばから, いふそぶりを見せる, いふそれだけの余裕, いふそれ以上のもの, いふぞいなあといふ所, いふたかてそんな, いふたくさんの鳥, いふただち可笑し, いふたりまでもかかえて, いふたりを見守ったまま, いふねソローピイ, いふだいまいの餘裕, いふだけが蛇足なり, いふだけを能事と, いふだしは各地, いふだつたが, いふだに恐ろしき事, いふだるまの一人, いふちかごろ強情に, いふちつち蝉といふ, いふちよつとした, いふついそこだ, いふついでに白河樂翁, いふつくりした躯つきを, いふづうづうしい客に義理, いふてはをれど, いふてもよかつた, いふとか面白い人, いふときそれは作用, いふとき我等の研究, いふとき所謂外的リズムを高調, いふとげとげしたさびしさ, いふとこそ覺ゆれ, いふところが当時の, いふところこれでも昔日, いふところどころをもゆるしなう, いふところ何うも, いふところ倶に眞, いふところ家の中, いふところ料理は塩辛い, いふとしてもその水, いふとぞ又日光山, いふとて今は, いふとにもあらず, いふとの事又, いふとはほんとうに, いふと共に向上心に, いふどうしても寝られないと, いふどぎつい一面も, いふどのも最初, いふどんよりとした, いふなかれ我は, いふなつかしい微笑で, いふなどは余り生意気, いふなども確かに, いふなまけものの人間, いふなめらかさを持つ, いふなよ八, いふなりになつたのも, いふなり下向いた, いふなるをわれ, いふなればとて医師, いふなんざアという顔, いふにかの小羊子, いふにつれなきを, いふにつれて厭に, いふにては駆ると, いふにと思ふと, いふにへが単に贄物, いふにをさな, いふに対して芭蕉が, いふぢくれた, いふのあれは, いふのそれや, いふのでさでもその, いふのどけさが, いふのみでなく更に, いふのみにあらず人, いふのよ男は, いふのわたしをだまさう, いふのんきなもの, いふのんどりしたものを, いふのんびりした温い, いふはき溜めに鶴, いふはげしく陰鬱なる, いふはなしは馬鹿, いふはやいことだ, いふばかりもなし, いふひえもんを持つ, いふひそかな空気, いふひとすつかり見損, いふひとぢやなかつた, いふひとりはない, いふひと小説書くひと, いふひと言です, いふひねくれた人生觀の, いふひねこびた真実を, いふひまにこれ, いふひよわいお子さんが, いふふうぢやわからない, いふふしぎなところ, いふふしだらな事, いふふりをし, いふべら棒な事實, いふほうとした, いふほととぎすをラヂオ, いふほどに筆が, いふほめ方を, いふほんたうに儲け, いふほんとうに梟, いふほんものの感じ, いふつくりの, いふまぐれ当りで美男子, いふまじなひ, いふまじきことを, いふまたおもふ, いふまちがひを起さず, いふまでは自分が, いふまではと腰を, いふまどかな日, いふみぐるしさだ, いふみじめな現実, いふみすぼらしい服装の, いふむつかしいのは, いふむづかしい事はよく, いふむづかしい場合にも手, いふもうひとつの, いふもかひなくて, いふもどかしさが, いふものたちを伴侶, いふもの何もせず, いふもの其表面に至り, いふもの四は菊田一夫作, いふもの変に淋しい, いふもの有害な微生物, いふもの滅多に戸口, いふもの當時の長崎, いふもの私は唯, いふもの等が數, いふもの等身大の畫, いふもの螺旋状は一定距離, いふもの連日つづけさま, いふもの鈴むらさんはまるで, いふやかましい事は, いふやくざな荷厄介, いふやさしいことを, いふやつがれの生み, いふやつらは, いふやりそこな, いふやりきれない日常を, いふやり口が何時, いふゆかしい底光りと, いふゆき方と, いふゆゑ一合附けて, いふよりはからだ中, いふよりはずつと立派な, いふらんらんたるもの, いふい雪, いふわけこいつは無理, いふわけ合で肉体的, いふわげぢや無い, いふをだに聽き, いふんだい誰が貼つた, いふんぢやあないか, いふアトラクションは此処ら, いふアパートに似た, いふアマはおれ, いふアムビシァスな仕事, いふアルバイト学生で家庭教師, いふアーサーの突きいだせる, いふイカサマにかへらる, いふイキなや, いふイキサツだから, いふイデオロギイによる演劇, いふインチキな諦観, いふインテリゲンチヤがどし, いふインテリ男でも芝居者, いふイヽ芸者は屹度, いふエッセイの面白, いふエッセイ的なもの, いふエピソオドのため, いふエライ手紙をやつ, いふエンヂンの音, いふオッチョコチョイなこと, いふオモチヤを持つ, いふカトリック的要素は二つ, いふカラクリによるの, いふキェルケゴールの日記, いふキュークツな精神, いふギゴチない身体, いふクラッソよ黄金, いふグアイに放送, いふグラン・タムール大いなる恋, いふケムペルとはドイツ人エンゲベルト・ケムペル, いふゲルマント公爵夫人の感嘆, いふコマッチャクレたアブク, いふコレクシヨンを尊敬, いふコースを選んだ, いふゴシップは軽べつ, いふゴム人形をくれた, いふサモしい量見, いふシテが置物, いふシニックな御仁, いふシブイ人物であるから, いふシャレは一切, いふジタバタはしなかつた, いふスバらしい鼎, いふセキバライをし, いふセンチな甘い, いふタテマヘのもの, いふチエエスはそんな, いふチャチな根性ぢ, いふチャンスは人生, いふチョットきくと, いふチヨツカイを出し, いふヂェスチュアを工夫, いふヂレンマに陷つた者, いふッくりした面, いふッ普通の勉強, いふツマラヌ心労や不満, いふツモリであつ, いふツワイグもいよいよ, いふデカダンな傾向, いふデマだか, いふトオンは作者, いふトリックを生む, いふニユースを出せ, いふネクタイは銀座, いふハズミか徳岡氏, いふハヅミでゴソゴソ, いふハーモニカを吹い, いふバアさ, いふバカなこと, いふバカバカしい人々に, いふバツとした, いふバランスのよく, いふバンから出来, いふパパやママ, いふヒステリー的なやり方, いふピーリ家の家紋, いふフアキルは亞拉比亞, いふフィヤンセがある, いふフエデリゴなりと答, いふフォービズムの影響, いふフザけたことが日本文化, いふフザけたもので漱石, いふフザけた退化精神が日本, いふフランスのマラガアル地方, いふフランス流の哲學, いふブリキ屋を, いふプラトンの対話篇アポロギア, いふプロヴァンスは温和, いふペタンとした, いふポイントの上, いふポーズや技術, いふポーター先生ももうと, いふマオの頼み, いふマホメット教徒の記録, いふマメ人又は活溌, いふミユンヘン新聞の手がかり以外, いふメロデイーなり源氏的, いふモオリスの蠱惑的, いふモダンを取り入れ, いふモデイフイカチヨンをなし得る, いふモデルの給金, いふヤブレカブレで, いふユダヤ人が出, いふラジィゲの祕密, いふラヂオ文学の特殊技巧以外, いふランシング氏は今, いふリズムでない新しい, いふリルケ詩中の希臘, いふレアリスムとして缺陷, いふレインコートが流行, いふレツテルを貼れ, いふレニンの言葉, いふロイド・ジヨウジぢやない, いふロケばかりならい, いふロゴスの課題, いふロマンチック趣味をあまり, いふワイルドの内省, いふンぢやない, いふヴェネチアにおけるニイチェ, いふーわりとした, いふ一々のもの, いふ一さいの翼, いふ一つ一つがいつ, いふ一事がある, いふ一人ぼつちの寂しさ, いふ一休は小説, いふ一例を挙げ, いふ一個の考, いふ一卷をなさず, いふ一場の挨拶, いふ一徹な犬, いふ一戰は負け, いふ一方のもの, いふ一日私は友人, いふ一時の間違ひでもあらう, いふ一時代もあつ, いふ一朝の場合, いふ一枝の声, いふ一段を讀ん, いふ一派が分裂, いふ一点張りの主張, いふ一特色が強く, いふ一生懸命さが平次, いふ一種勝手次第なる観念, いふ一筋徹つてゐる川, いふ一續きの, いふ一般の有識者, いふ一般概念を養ふため, いふ一見フザけたことはすぐ, いふ一言一句に身内, いふ一貫したもの, いふ一途な性格, いふ一週間もつ, いふ一部の読者, いふ一部分の缺點, いふ一風変つた道へ踏みこんだ, いふ万年松は別, いふ万年草は当山, いふの心持, いふ三人の方, いふ三百代言共がその, いふ上の級のひと, いふ上乘の信, いふ上流の花, いふ上酒は何年, いふにかくる, いふ下らぬ遊を, いふ下地があるう, いふ下女の取次ぎ, いふ下婢と私, いふ下手の横好き, いふ下町に対する意味, いふ不具の手, いふ不可思議な取り引き, いふ不吉な名, いふ不器用なぎごち, いふ不平を続け, いふ不心得者だらう勘弁, いふ不快の原因, いふ不思議さであらう, いふ不意打ちによつて, いふ不正乗客を検, いふ不満を覚えました, いふ不潔な話題, いふ不潔さにはもう, いふ不義理先が何十家, いふ不自由な約束, いふ不自由さを嘗める, いふ不良青年兄弟の世話, いふ不規則の面白い, いふ不足を覚える, いふ不逞な意圖, いふ不運ないぢ, いふ不遜な癖, いふ与里をしかし, いふ丑松の秘密, いふ且つ添へて, いふ世にも殘酷な, いふ世代に育つた, いふ世界ぢやない, いふ世界的は滑稽, いふ世評と對照, いふ世話も焼いた, いふ世間師のテクニツク, いふ世間常識のあいさつ, いふ世間的な関係, いふ世間的扱ひを, いふ並びの中, いふ中腰の恰好, いふ中間時代の学問, いふよその, いふ主婦の尖, いふ主客転倒のやう, いふ主観的の句, いふ久しぶりでこの, いふ久保の味方, いふ乎呂知とあり, いふ乏しい時世が, いふ也万葉集抄には細き, いふ乾いたこれらの, いふ亂世で面倒, いふ亂雜さをすこしも, いふ了簡なら己, いふ予定だつたぢ, いふ予想といふもの, いふ予想たるやハツキリ, いふ予期しない結果, いふ予測を下した, いふ事さへ出来なかった, いふ事それは私, いふ事それ自身が彼, いふ事なほ我を怖し, いふ事はじめばやもとより, いふ事もちつたァ聞い, いふ事丈を願った, いふ事務的な仕事, いふ事外に嶺雲その他, いふ事実そのものやそれから, いふ事山ほどあれ, いふ事温泉に來, いふ事知つたるか, いふ事私や真面目, いふ事等であつ, いふ事跡を持たれ, いふ二通りの神, いふの修業, いふ五類に分けます, いふ些末な事項, いふ享楽境遊蕩場所へ立ち寄らない, いふ京都とか奈良, いふ人さへあり, いふ人つていふもん, いふ人並の考, いふ人人と一, いふ人好きなの, いふ人心には悒, いふ人手はない, いふ人数でございました, いふ人柄の方法, いふ人為的或は堕性的, いふ人物達と自分, いふ人畜のきたなく, いふ人種であつ, いふ人自身のうち, いふ人達妾はとても, いふ人間どもの妄想, いふ人間像を描く, いふ人間性の一面, いふ人間的思惟に對象的眞理, いふ人間的肉体的な要素, いふ人間的風格は無論, いふ人間離れした決斷, いふ人類の樣相, いふかは承知, いふ仁ぢやな, いふ仄かな気休め, いふ今なほ地方人は舊藩主, いふ今度は, いふ今日新劇不振の声, いふ今日私はいま, いふ今泉の足もと, いふ仏教哲学を一応, いふ仕儀になつて, いふ仕度で一日, いふ仕打ちの底, いふ仕掛をした, いふ仕掛けの物, いふ仕様のない, いふ他人の眼, いふ代表作をのこし, いふ代表的なお嬢さん数人, いふ令嬢の生まれる, いふ以上直接自分の仕事, いふ以下その例, いふ以外實に私, いふ仮定をする, いふ仰せだ, いふ仰山なもの, いふ仲間たちの後, いふ仲間内でゴシゴシ, いふ伊万里の名称, いふ伊太利人の奥さん, いふ伊東伴作の内, いふ休茶屋にはきまり, いふ会社の船, いふへのあつ, いふ伝記なら現に, いふ伝説的な一面, いふ伯爵もあるでせう, いふ似た言葉の, いふ低い声が, いふひを, いふ住ひで色女と一緒, いふ体勢になつ, いふ体験は私, いふ何かしら物騒がしい気配, いふ何事にも從, いふ佗びしいランプの光, いふ佗住居では殊に, いふ余儀ない生活の, いふ作中人物は最早, いふ作劇法のうへにだけある, いふ作品はちよつと拾, いふ作柄かと思つて, いふ作歌態度は態度, いふ作法をも見物, いふ作爲は本人, いふ作物の価値, いふ作用を營ん, いふ佳人は薄命, いふ佳作もある, いふ佳境に至る, いふ併存の呼吸, いふ來歴即ち歴史, いふ來訪者に對, いふ例外だつて, いふ例証は挙げれ, いふ価値のない, いふ便利主義の實用效果, いふ便宜のない, いふ俗悪無思想, いふ俗氣俗意を何人, いふ俗物根性の奴, いふ俗称の蛙, いふ保活里の末孫, いふ信濃の山の上, いふ信者が夜中, いふもあつ, いふ修正であります, いふ個人主義は国家的見地, いふ個想は實, いふ倦怠の気配, いふ假初の出會, いふ假死から蘇らせた, いふでおま, いふ偉い男が, いふ偉大な政治家, いふ健全なる魂, いふ健康なもの, いふ健康者はみんな煉獄, いふ側背の廬山, いふ側面を数, いふ偶然の理由, いふれた戯曲作家, いふ催しをする, いふ催促の樣, いふへを語つて, いふ傳記の一部, いふましい風物, いふ傾向色彩のもの, いふな彼, いふ僅かに傳, いふ働きを愛さなかつた, いふ僕たちを恰も, いふ僕自身を見る, いふは實際幾, いふ僧房を築く, いふ價値無きに, いふ儀式がひどく, いふ儀式的なもの, いふ儀礼的の或は, いふ儀軌がない, いふ儒教は政治道徳, いふ優しげな, いふ優しい人で, いふ優れた人間の, いふ儲けがあつ, いふ元気すらない, いふ元首連に比べ, いふ兄さんが欲しい, いふ充実感であるか, いふ兇悪な眼鏡, いふの長い, いふ先例があつ, いふ先入見を, いふ先入主や獨眼龍, いふ先導者を持つ, いふ先駆的な努力, いふ先驗的統覺はまさに, いふ光栄に浴, いふ光榮に浴する, いふ光輝がある, いふがあや, いふ入江に近い, いふ入門書が依然として, いふ兩方を比べる, いふ兩者の對照, いふ兩親にいつも, いふ八五郎を後ろ, いふ公平な処置, いふ公式の最初, いふづかしい名, いふ六区の役者, いふ其子の數, いふ其方の心算, いふ其檜ぢやが, いふ其老が皮, いふ其職業に忙殺, いふ兼業もし, いふに直, いふ内容の言葉, いふ内心の美質, いふ内心的の苦しみ, いふ内情かういふ行, いふ内氣の人, いふ内証事がどんなに, いふ内醫者はどうして, いふ冒險の幾場面, いふ冗談を言, いふ写実の芝居, いふ写象のうち, いふ冷めたさが, いふ冷めたい心の, いふ冷情のしぐさ, いふ冷汗の出る, いふ冷酷な特異性, いふ凄い唸聲, いふ几帳面さ凝り性癇性妙な贅澤さ, いふ処偽ならずば, いふ処分になる, いふ凹地に水, いふ出來事らしかつ, いふ出所は公, いふ出方をした, いふ出過ぎた心は, いふ出鱈目さ加減は次, いふ分け方で, いふ分子が多い, いふ分析をする, いふ分析的な見方, いふ分科もあつ, いふ分類の名, いふ切なさだらう, いふ切ない境遇の, いふ到来物は私一人, いふ制作の場合, いふ制服を着る, いふ制札が器物, いふ刻々の変化, いふ刻印を澄江, いふ刻限に目, いふ前代未聞の註文, いふ前例にかんがみ, いふ前借方法を提供, いふ前夜の錯覺, いふ前日投書したる句, いふ前者には徳, いふ剣舞を教, いふ剥げたやうな, いふ劇場向きの戯曲, いふ劇界の功労者, いふ劇評家がこんど, いふ力とりのある, いふ力強さを, いふ功名心もあの, いふ功績の世俗的, いふ加上の原則, いふ助け船なしに, いふ勉強をした, いふ動物保護で人道, いふ動物性を秩序, いふ勘定だ, いふ勘違ひを, いふ勝れた凧の, いふ勝野老人はひどく, いふ勞働者の待遇, いふ勢力に対する天下征服者, いふ勤めの世界, いふ勤労階級の青年たち, いふ勲位官名の肩書, いふの静か, いふ化物屋敷であるならば, いふ化石も出る, いふ医者の説, いふ區別をした, いふ十九歳頃の私, いふ十郎左衞門その人, いふ千古の美談佳話, いふ午過ぎに十四ぐらゐを頭, いふ夢幻的状態の, いふ半日を與, いふ半端者の貧乏人, いふ半面もたしかに, いふ卑しい商人官吏夜學校の, いふ卑下した考, いふ卑劣な心, いふ卓一の冷たい, いふ南無樹明如来焼酎大明神豆腐菩薩, いふ南蘋の偽物, いふ単独の業, いふ単純さであらう, いふ単語がポツ, いふ単調な生活, いふ博物館でね, いふである, いふ印度の神様, いふ印章は故人, いふかしさ, いふ危惧のある, いふ危機を出発点, いふ危険人物か儂, いふ危難をこんなに, いふ厄介さを我慢, いふ厖大なものぢ, いふ厚顔しさ, いふ原則で研究, いふ原稿とはかけ離れた, いふな音, いふ厭世主義である, いふ厳しい遺伝の, いふ厳密な話ぢ, いふに別れ, いふ友人の方面, いふ反動をお, いふ反感の現れ, いふ反映の義これ, いふ反省癖はその, いふ叔父はこの, いふ叔父さんが有れ, いふ取り止めなさが, いふ取り越し苦労は露, いふ叙述がある, いふ口上だ, いふ口付きのむツつり, いふ口實の下, いふ口調が却つて舊套, いふ古ぼけた京都を, いふ古代の素朴, いふ古代思想に對, いふ古刀で柄, いふ古語が平俗, いふ古風な川蒸汽, いふ句境から抜け出したい, いふ只中に在し, いふ叫びは何処, いふ叫声を聞きわけた, いふ召使を困り, いふ可愛味を, いふ可能性はあり, いふ号令の声, いふ吃りがちな芥川さん, いふ方面の, いふ各地の小, いふ合唱が繰り返される, いふ合図をした, いふ合言葉の内容, いふ吉日が續, いふ同じ様子で, いふ同君は日露戰爭當時, いふ同性の戀人, いふ同盟には入らない, いふ名ぢやあつ, いふ名儀だが, いふ名取りですが, いふ名器よりも常に, いふ名士つてえ奴, いふ名家を引張り出し, いふ名文章が胸中, いふ名案が浮ばなかつた, いふ名義であつ, いふ名義論に過ぎない, いふ名裁判をやつ, いふ名香になる, いふ名高いほうだ, いふは色々, いふ君達狼連まで有る, いふ吝嗇家がこの世, いふ告白的な飾らざる態度, いふ告訴状を上つた, いふ呑み込みのお, いふ呑んだくれの極悪人, いふ呟きを私, いふ周囲であつ, いふ周圍の影響, いふ呪詞に関した, いふ味噌汁を今一度吸ひたい, いふ呻き声を, いふ呼吸を実に, いふの瀬戸ぎはに, いふ命令が出, いふ命知らずはヤグラ沢, いふ和尚さんを相手, いふ和田垣先生の健康, いふ哀れな女, いふが流行ります, いふ品々が揃つて, いふ哲學で村中, いふ哲學的用語をフランス, いふ哲學者や心理學者たち, いふ唐突な古代史, いふ唐茄子や南瓜, いふ一つの, いふ唯一の尊い, いふ唱和の歌, いふ唱歌を大, いふ唸りが起つ, いふ唸り声と一, いふ賣を, いふ商人氣質として自分, いふ喀血が幾回, いふ善事は凡て之, いふ善良な男, いふ喚声があがり, いふ喧騒むつとする, いふ喧騷の中, いふ営業を始めた, いふ嘆きは誰もかも, いふ嘆息を洩らす, いふ噂さへあつ, いふ噂話を耳, いふ噴火口あとの八丁池, いふ嚴肅沈痛な姿, いふ嚴肅貞實な夫人, いふ囁きがそこら, いふ囘避は決して, いふ囚人は土地, いふ四つの種類, いふ四五寸ばかりの雑魚, いふ四六判ですな, いふ四円お出しなさい, いふ四畳半の一間, いふ回向院の, いふ回想風に渉, いふ因循な村人たち, いふ因果な倅, いふ因縁話と関係, いふ因習と惡, いふ団躰を離れ, いふ図々しい女だらう, いふ図太さが, いふ図太い了見を, いふ固い靴の, いふ固有名詞は探しあたらなかつた, いふ国々の土地, いふ国内機構の区分法, いふ国家的な重大時局, いふ国柄では婦人, いふ国民教育とか何, いふ国民的傾向を助成, いふ国民的性格は実に, いふ国民的罪悪の害毒, いふ国際的な催し, いふ国際間の交渉, いふ圈内にゐる, いふは黄金, いふ國學の四大人, いふ國民の思想統一, いふ園長先生のもと, いふだ, いふ團結のため, いふの乾いた, いふ土人は羊, いふ土台の上, いふ土地柄で隱居, いふ土産話をした, いふ土用なかばの風, いふ在来の戯曲, いふ地上の常, いふ地上的な勢力, いふ地下の働き, いふ地位そのものが一種, いふ地勢と風土, いふ地層で外, いふ地方情況に對, いふ地方文化の啓蒙, いふ地方的な動き, いふ地方的偏見から離脱, いふ地獄の中, いふ地理的條件が峠, いふ地盤的理性地盤的感情地盤的情熱を支柱, いふ地誌には軽から, いふ地道な仕事, いふ地震計で遠方, いふ地響に似た, いふ坂道の中途, いふの小路, いふ坊さんに限つて, いふ坊ちやんがつい, いふ型通りの商売人, いふ型違ひな子供のゐる, いふ城市も一見, いふであらう, いふ埴輪の人形, いふ執拗さだらう, いふ基本的なこと, いふ堂本にし, いふ堅い阿母さん, いふ堅固さだらう, いふ堪へ難い季節, いふ報告です, いふ場処を夜, いふ場合いつでもど, いふ場合ちよつと相手, いふ場合リヴィングストーンは実に, いふ場合何か知る, いふ場合保護者の膝, いふ場合修正しようとして, いふ場合安里はしかた, いふ場合年寄りの意見, いふ場合当局がどう, いふ場合後から気がつい, いふ場合河合はまさに, いふ場合熊川忠範はしかけた, いふ場合率直にしか答, いふ場合男の子ならまだ, いふ場合翻訳者はそれ, いふ場合責任者は責任者, いふ場合青木は黒田, いふ塲面の空氣, いふに参じたい, いふの下, いふ墮落した女, いふ壮士芝居の中, いふ声々をあと, いふ声耳に狭, いふな後味, いふ変った興行は, いふ変つた例がある, いふ変つた毛嫌ひに, いふ変つた病院であるから, いふ変つた風を見せる, いふ変てこなもの, いふ変り方であらう, いふ変則的な都会, いふ変態的なカラクリ, いふ変調のかすか, いふ変質的なところ, いふ夕澤邊鴫立つからに, いふ夕辺もあつ, いふ外国の社会主義思想, いふ外国語の習得, いふ外形ばかり美しい, いふ外形的美醜判斷を捨て, いふ外来客が多く, いふ外的条件をとほし, いふ外見にかかはらず, いふ外貌のすべて, いふ多幸な憂鬱, いふ多彩にし, いふ夜鳥は早晩高野山上, いふ夢みがちな, いふ夢心地の部分, いふ大がかりなこと, いふ大きいのが, いふ大げさな催し, いふ大したえらい見識, いふ大人はなる, いふ大人びた考へまでが, いふ大厄の今年, いふ大問題がわからう, いふ大変が私, いふ大家の字, いふ大家たちの間, いふ大層な歌, いふ大広間を三つ, いふ大政翼賛運動が起る, いふ大智勝観氏の若, いふ大胆な試み, いふ大胆不敵な評, いふ大西に生長, いふ大谷の話, いふ大食國と唐, いふ大騒ぎをする, いふ大黒さまとお, いふの世界, いふ天上に妬, いふ天下一品の足, いふ天分をもち, いふ天地の創造, いふ天女型の図像, いふ天才は何, いふ天氣と思はれた, いふ天然の貴重, いふ天資だらう, いふ太田の言葉, いふ太虚の状態, いふ太陽が昇つたの, いふ太鼓は二度, いふ夫たちを運ぶ, いふ奇体な扮装, いふ奇品に面した, いふ奇妙な動物, いふ奇癖の持主, いふ奇術的曲芸をより, いふ奇蹟的な存在, いふ奥さんとあたし, いふ奥歯に物, いふ奧田君はしばらく, いふ奨め方を, いふ女たち二つの典型, いふ女らを, いふ女らしいやさしい一面が, いふ女中が昔, いふ女塾に時折, いふ女学校へ稚い, いふ女客ばかりが二三人一, いふ女性的香気のある, いふ女房気質を誰, いふ女教師も共に, いふ奴そりや厭, いふさは, いふ好かんたらしい名前の, いふ好ましい大自然, いふ好意のつもり, いふ如き歌風である, いふ妄信を擁, いふ妖婦なのよ, いふ妖怪どもだらう, いふ妖怪変化の話, いふ妥協をしなく, いふからの頼み, いふ姉妹等と生活, いふ委員からのお, いふあつて猛, いふ娘一人の命, いふ娯楽といふの, いふ娯楽本位の芝居, いふ娼妓の生活状態, いふあはしやう, いふ婦人たちをみこ, いふ婦人達がこの世, いふ婿を貰, いふ媒介者があつ, いふの言, いふ嬉しいことで, いふ嬉しさうな顔で, いふ嬰兒さまの本, いふ子供たちが大人, いふ子供同志の馴れ, いふ子供等を引率, いふ子供雑誌の編輯助手, いふ子分を連れてぬ, いふ子守歌でした, いふをあけた, いふ季題でも一般, いふ季題分類法に關, いふ孤島の僻邑, いふ学校出身者で細く, いふ学生には二代目, いふ学課がある, いふ學んで思はざる, いふ學校には何, いふ學者的傾向から彼, いふ學説になつ, いふ宇宙觀を現, いふ固な, いふ安らかさだらう, いふ安全さを利用, いふ安堵がわかる, いふ安宿をやつ, いふ安心を私, いふ安里を彼女, いふ完全さに最も, いふ宗教が実現, いふ宗教的な考, いふ宗教的感情の陶冶, いふ宗祖親鸞の手植, いふ定石を打破, いふ実体はわかる, いふ実情におかれ, いふ実用方面のこと, いふ実際の仕事, いふ実験少女が現れた, いふ客観的状勢では, いふ客觀とは自己, いふ宣傳になつて, いふ宣傳文學など書かう, いふ宣告を受けた, いふ宣言を意外, いふ宣詞とも名, いふのある, いふ宴会が一つ, いふ宴席に出, いふ家々の門前, いふ家族同士の関係, いふ家風はむろん, いふ容態になる, いふ宿命であらう, いふ宿命的な劣等感, いふ宿場はちつ, いふ寂しさを, いふ寂寞だの蕭森, いふ寄手の轟き, いふ富士見高原なども謂, いふ寒い日に, いふ實踐は主, いふ寧ろ形而上的な, いふ寫眞用語がいかに, いふ寮生たちの異, いふ対立意識がおの, いふ封建的な動物, いふ封建的事大的階級的心理を打破, いふ専門に精しく, いふ専門家に僕, いふ専門的なこと, いふ専門的符牒はどう, いふ專門がある, いふ尊称を用, いふ導者即ち淑女, いふ小作人の仲間, いふ小劍は過去, いふ小型の和訳本, いふ小学校の風貌, いふ小家の貧しき, いふ小川の水, いふ小池ではありません, いふ小禍惡と健鬪最中, いふ小窓を明け得る, いふ小綺麗な歌, いふ小言なら母, いふ小説以上のもの, いふ少女のお, いふ少年たちの心, いふ少数の読者, いふ尤もかんじんなこと, いふ尻切れとんぼのよう, いふについてまた, いふ屋根裏じかの, いふ展覧会を私, いふを含ん, いふ履歴の俳優, いふ履歴附の文琳, いふ山々が澄み切つた, いふ山の上の牧夫, いふ山中の自然, いふ山奥に辛抱, いふ山家に生れた, いふ山村を西岸, いふ山道を越える, いふ山陰の特色, いふ岡田は今日, いふや石, いふ岩洞は遠く, いふが半, いふをうつ, いふのしかも, いふ島々に永く, いふ崇高な功績, いふ川穀蒼ざめた瞼の下, いふ巡査を見せつけられる, いふ巣窟にあり, いふ巣立ちをまつたく離れた, いふ工場で働い, いふ左右に何等, いふ左翼思想に趨, いふいこと, いふ巧智には乏し, いふ巫女が一番勢力, いふ巫山戯た真似を, いふが生じた, いふ市井の芸人, いふ布令が出, いふ布地が御, いふ希求はむろん, いふ師匠が移つて, いふ平和なとある, いふ平地を河, いふ平家の傳説, いふ平次も黒雲五人男, いふ平湯はたしかに, いふ平野の間, いふ年ごろになる, いふ年代別も嚴密, いふ年鑑へ入れ, いふを描く, いふ幼児に真実, いふ幽玄な學問, いふ幾日がすぎ, いふ幾箇月の苦闘, いふ広々とした, いふ広場の手品師, いふ序文を書い, いふ店先でなくお目にかかつてお話, いふ座標軸を概念, いふ座談会で僕, いふ庭前の槐, いふ庭木の見, いふ庶民美術品の一つ, いふ廊下を歩, いふ廣漠な荒れ地, いふ建札が立て, いふ建物に挟まれた, いふ建築物には近寄らぬ, いふ廻り合せにぢ, いふ弁解はいづれ, いふ弁護士の言葉, いふ引例の場合, いふ引合に出され, いふ弱点に就, いふ弱蟲の自分, いふ弱點を心, いふ張出しも其處, いふ強迫命令が起つ, いふ彈壓に恐怖, いふのない, いふ当人の陳述, いふ当年の少壮弁護士, いふ当時の歌人, いふ当節の青年気質, いふ形のと又, いふ形容詞のついた, いふ形式的な権威, いふ彫刻の神秘的, いふ彫刻界では反対者, いふ彫刻的な美し, いふ役人を親戚, いふ役廻りをさせられる, いふ役柄の問題以上, いふ彼女らが普通, いふ彼奴は法螺吹き, いふ彼岸の常世, いふ彼自身の痛ましい, いふ待遇をし, いふ後口のわるい, いふ後年の彼自身, いふ後進者の原稿, いふ徒輩は悉く, いふ従姉たちに立ちまじる, いふ従属を誓つて, いふ従来の御身, いふ得手勝手なわけ, いふ御両人であるから, いふ御仁が多けれ, いふ御名医方が見放す, いふ御子なれば, いふ御身が本事, いふ御身分に零落れ, いふ御面相である, いふ復讐が完全, いふ音が, いふ微分數なの, いふ微苦笑劇の一シーン, いふがあつ, いふ心そのものは何, いふ心づかひなぞを, いふ心尽しをされる, いふ心当りが二三人, いふ心情がいつたい, いふ心掛けは全く, いふ心構へであの, いふ心理状態である, いふ心理的な悟道, いふ心理的傾向は徐々に, いふ心算でなかつたに, いふ心許ない女の, いふ心配げな会話, いふ必至の厳し, いふ忍従に堪へる, いふ忍自身はここ数年, いふ志賀氏との對話, いふ忙しい世の中では, いふ応答は苦手, いふ忠告を与へた, いふ忠実な狗, いふ忠義だてか, いふ快い慰撫に, いふ念想がすぐ, いふ怒りの瞬間, いふ怒気だつた, いふ怖いお化けが, いふ思うて學ばざる, いふ思惟はギリシア的, いふ思想上に聯絡, いふ思想的な扱, いふ思潮かういふ内情, いふ思索の根源性, いふ急進的自由主義者が屡, いふ性情のもの, いふ性教育とやらを受けなかつた, いふ性格以外に全体, いふ怪しげなもの, いふ怪奇な現象, いふ怪物が一人, いふ恋愛の歌, いふ恐るべき言葉からの, いふ恐怖がこの世, いふ恩知らずの野郎, いふ恰も光が, いふ悔恨は丁度, いふ悪口は多い, いふ悪所通ひに, いふ悪辣な奴, いふ悪魔奴が, いふ悲しむべき傾向が, いふ悲喜劇を勝手, いふ悲壮な決意, いふ悲壯なる人物, いふ悲願であらう, いふに薄い, いふ情人を見る, いふ情報がはひつ, いふ情態にある, いふ情趣といふもの, いふ惜しいことを, いふいいたづら, いふ惡感が私, いふ惡戲をした, いふ惡文のなか, いふ惡歳に氣, いふらしいこと, いふに耽りつ, いふ想出は例へば, いふ想念につづい, いふ愉しさも, いふ愉快な人物, いふ意味深長な諺, いふ意地のわるい, いふ意志表示をし, いふ意思が相手, いふ意気込の現, いふ意氣込を以て書きまし, いふ意義ではなく, いふ意識的な氣もち, いふにもつかない, いふ愚かな弱, いふ愚劇はやりたくない, いふ愚痴を滾し, いふ愚直な悲痛, いふ感傷は滑稽化, いふ感化を各, いふ感受性を持つ, いふ感心な人物, いふ感応は今度, いふ感性を尊重, いふ感懷が強, いふ感激は二度, いふから心, いふ慈善家を支那, いふであつ, いふ態勢は国際間, いふ慘酷な叫び聲, いふ慟哭的な詩, いふ慰めであり励ましで, いふ慰勞の一酌, いふ深な, いふ憎らしさだらう, いふ憎悪にドス, いふ憧憬と探究, いふ憶測が言, いふを充足, いふ應援者が多く, いふ應答も少し, いふ懐疑の念, いふ懶惰の底, いふ懸賞の附いた, いふ懺悔の形容, いふれが, いふ戀句に就, いふ戀愛的な考, いふべし, いふ成人をし, いふ成功主義的または英雄主義的心理, いふ成敗をし, いふ成果があつ, いふ成立ちの事柄, いふ成行は悪く, いふ成語はない, いふ成金の一人, いふ我儘に彼, いふ我慢が出来るだらう, いふ我等の橋, いふ或は戊午の, いふだから, いふ戦場ではどこ, いふ戯曲家はお, いふ戯画化された典型的人物, いふ戯談も出る, いふ戰慄すべき餓鬼道, いふ房一の活気, いふ所へまはってそれから, いふ所問ふ童, いふ所多くは先生, いふ所有り, いふ所謂延言の一種, いふ所謂文明の器械, いふ所謂目的主義を全然, いふ所謂素人下宿の一つ, いふ所謂自然療法である, いふ扁理たちに對, いふ手下とう, いふ手前味噌は意, いふ手加減でもつ, いふ手厳しいものをのみ, いふ手工品の陳列会, いふ手当てを十分, いふ手心を加, いふ手料理といひ, いふ手痛さを, いふ手真似をする, いふ手筈であつ, いふ手習ひは, いふ手腕は幸, いふ手間を惜しませない, いふを拾, いふ才分に欠け, いふ才腕に長け, いふ打印器とは種字, いふ打合ひや, いふ打算から出た, いふ打算的な作家, いふ批判検討の上, いふ批評めいた事を言はん, いふ批評態度はむづかしい, いふ技巧は如何, いふ技術的な一面, いふ抒情詩を書く, いふ抗議に反撥, いふ折々の途方, いふ折柄に図らず, いふ折檻のあと, いふ抵抗力みたいなもの, いふ拍子かふと, いふへの刀, いふ持前の顔つき, いふ持論である, いふ指針を知つて, いふ捕捉しがたい, いふ掛け合ひですよ, いふ掛け声が如何, いふ掛り合ひに, いふ採り方を, いふ接待ぶりも其頃, いふ推断は出来なかつた, いふ推測を逞しく, いふ描寫が合理的, いふ提案をもちだした, いふ插話がある, いふ揚子江頭楊柳春楊花愁殺渡江人数声風笛離亭晩君向瀟湘我, いふ揚足取りは相手, いふ揶揄と呪, いふ撰び方を, いふ擦れつからしな, いふ擧動をする, いふ支那及支那人なるもの, いふ支那學者が何れ, いふ支那式の勇気, いふ縱な, いふ放浪生活の徒, いふ放浪者の群, いふ放送があつ, いふ政府の政治的態度, いふ政治情勢下に於, いふ政治的救済を信じ, いふ政治的計画は絵, いふは此処, いふ故事がある, いふ效果を知つて, いふ敏感は比較的, いふ教化力も, いふ散しいた落葉を, いふ散文家の最も, いふ散文的な一面, いふ散歩から歸, いふ敬虔な風, いふだ, いふ数々の奇蹟, いふ数奇な生, いふ数字を私, いふ数字的な領域, いふ数間の屋, いふ數字であらね, いふ數年前の光景, いふ文人の文章, いふ文化政策を綜合的, いふ文化的な欲望, いふ文化的要素が浸潤, いふ文学以前の問題, いふ文学的になつ, いふ文学者が居た, いふ文書を発明, いふ文範の教, いふ文藝にずぶ, いふ料簡さへ苟且, いふ断れ断れな文句, いふ断崕はフランス, いふ断崖の間, いふ断簡零墨を近代語, いふ新らたな, いふ新劇まが, いふ新大陸を發, いふ新年であつ, いふ新手にか, いふ新日本の特産品, いふ新聞記事の氾濫, いふ新聞記者を外科医者, いふ新聞通信を見た, いふ新造語を拵, いふ新鮮な雰囲気, いふ新鮮さでせう, いふ方たちの生活, いふ方便に従, いふ方式で計画, いふ方角から切り込ん, いふ方達とお, いふ施策はない, いふ施設に金, いふ旅舎が私達, いふ旅行者に其の, いふ旅行者達を余り, いふ旗色を鮮明, いふ日和にはし, いふ日常生活の観察, いふ日常限りなく直面, いふ日本一は箕有電鉄, いふ日本獨自のもの, いふ日本的迷信に対して反逆, いふ日本風に訓, いふ日村ぢうの, いふ日母はまた, いふ日蔭ものを連れ, いふ日記帳が二十七番, いふ旦那さまを態と, いふ旧いものと, いふの述懐, いふ早書きの体験, いふ明りをしまつ, いふ明るさで, いふ明るい部屋なら, いふ明暗のくり, いふ明治廿五六年のころ, いふ映画もどきの表情, いふ春風もなけれ, いふを食, いふの悩まし, いふ時うかつに口, いふ時かなしみに堪へない, いふ時くらゐ淺間山, いふ時これは又, いふ時ちやんと云つて, いふ時なにか食事代り, いふ時ぴつたりと肩により添, いふ時アスピリン見たいな, いふ時タバコのこと, いふ時不思議に死んだ, いふ時代潮流の中, いふ時便利なやう, いふ時候ぢや狼, いふ時側にゐた, いふ時僕のすぐ, いふ時刻だつた, いふ時動物達のこと, いふ時妙なもの, いふ時妻の真帆子, いふ時安里に妹, いふ時家庭がない, いふ時少年はわざと, いふ時山田は決して, いふ時己は向う, いふ時幽かなシユブタ, いふ時弟も秋さん, いふ時従兄の弘, いふ時我わが悦び, いふ時振袖源太の輕業小屋, いふ時母は実に, いふ時涙ながれき, いふ時渡瀬さんが丈夫, いふ時熊川忠範はほとほと, いふ時爺いさんは, いふ時窓へ目, いふ時綿の条, いふ時老人の過去, いふ時花子は眼, いふ時荒物屋の老爺, いふ時萱野夫人が一緒, いふ時蝙蝠でも飛ん, いふ時計は日本, いふ時跡片付けで少し, いふ時身体全体は依然として, いふ時障子紙を貼つた, いふ時静かなとこ, いふ時鷲郎が後, いふ晩年の菊池氏, いふ景情だらうと, いふ智能が現れる, いふ智識から見れ, いふ暖か味は晶子さん, いふ暗合もあつ, いふ暗示的な一つ, いふ暗黒な長い, いふ暢気なこと, いふ暢氣家さんである, いふ暴君でもあつ, いふ暴評をした, いふ曇つた夕暮前の時刻, いふ曰く因縁御存じなき奥方, いふこそ最も, いふ曲解が此歌, いふ書き卸し短篇集, いふ書きかけの芝居, いふ書きだしはどう, いふ書きなぐり物では, いふ書き方はもつ, いふ書き誤りであらう, いふ書出しの葉書, いふ書卓をひろげ, いふ書斎で静か, いふ書添がし, いふ書生式の会合, いふ書附が, いふ最大なる幸福, いふ最悪の欠点, いふ會合にぼく, いふ會話のやり取り, いふの出, いふ月並一句を作つ, いふ月並調といふは理窟, いふ月日だつた, いふ有りがたい批評, いふ有りうべからざることを, いふ有難い国で, いふ服装は持つ, いふ期間だつたの, いふ朦朧とした, いふ木の芽をぽ, いふ木札の音, いふ未來の可能性, いふ未開拓地の作物, いふの句, いふ末路と待遇, いふ本当の書斎, いふ本性は自然, いふ本末顛倒は僕, いふ本格的な小説, いふ本社の命令, いふ本紙編輯者の命, いふ本能を自ら, いふ本質的な研究, いふ朱塗の琴, いふ杉村の態度, いふ村人は森, いふ村落を包ん, いふ村里のある, いふ杜撰の説, いふ条件つきなん, いふ来客に取, いふ東洋的な古語, いふ東西の詩歌, いふ東郷大將, いふ松江の顔色, いふ枕詞なの, いふは即ち, いふ敢無さ, いふの垂れた, いふ枢軸国の人々, いふ柔弱男子の住む, いふ柿本人麻呂は必ず, いふ栗色の馬, いふのない, いふ根性はここ, いふ根本的なこと, いふ格構でヒゲ, いふ植物と虐待, いふ楠本夫人のなん, いふ楽しみがある, いふ楽天的な明朗, いふ楽屋などへの出前専門, いふ楽屋話はどちら, いふの聲, いふ構想を思ひついた, いふ構想力の論理, いふ構成上の缺陷, いふしい自然, いふ標題で最近, いふ樣相を呈した, いふ権利でもある, いふを與, いふ機会最近にお, いふ機嫌のいい, いふ機微な事情, いふ機械にかけた, いふ機構を通して鴎外, いふ機縁にふれ, いふの木, いふ權利を有, いふくること, いふ欠陥のある, いふ欲望を私, いふ欲求の満, いふ歌特有の持味, いふ歌留多会を演じたら, いふきに, いふ正に今これをぞ, いふ正月の街, いふ此所は昔, いふ此際若し華語, いふ武門は平家以後, いふ歪められた文章も, いふ歴々と一緒, いふ歸納法の基礎, いふ死に方を, いふ死生観は庶民, いふ殆ど死なんとして, いふ殆ど傍若無人と言つて, いふ殆ど植物に近い, いふ殊勲は芸術家, いふ残忍な秘密, いふ残物と冷たく, いふ段取りで一個, いふ殺し文句を言つて, いふ母国語の一句, いふをつめた, いふ毒々しく堅く結んだ唇, いふ比例であるの, いふ比較は手古奈, いふ比較觀照はあり得ない, いふ毛並の牛, いふ民家が軒, いふ民族よりも優美, いふ民族的性格との闘, いふ気づかひの厭, いふ気の毒な話, いふ気まぐれなさくら, いふ気むづかしい連中の寄合, いふ気もちもわかる, いふ気候の侘び, いふ気儘つ児, いふ気心の知れた, いふ気欝病とやらむ, いふ気焔をあげたなら, いふ気転と仇敵, いふ気軽なもの, いふ気運があります, いふ気配が感じられる, いふ氣まぐれな思ひつき, いふ氣もちにさせられた, いふ氣分を全然, いふ氣勢が云はず, いふ氣取つた趣味を妻, いふ氣合で居る, いふ氣弱さを出, いふ氣息をつきつ, いふ氣持がちがつて, いふ氣易さなら誰, いふ氣概は持つ, いふ氣欝の嵩じた, いふ氣質をあの, いふ氣配は少し, いふ水上生活者の夫婦位妙, いふ水帳といふもの, いふ水役とは檜職人, いふ水準でなければ, いふ水雑炊は湯沢山, いふをかかせる, いふない奴, いふ汝心に銘じおけ, いふ汝等いづれも, いふ汝血に渇き, いふ江戸前の身, いふ決定的な功績, いふ決意のもと, いふ汽船の笛, いふ沈默とはさ, いふ沈黙がつづいた, いふ沒分曉漢の居ない, いふ沙金歌でその, いふ沢山な彼等, いふ河原者根性に反感, いふ河水の怒, いふ油断のならぬ, いふ治亂興亡を相互, いふ法則を發見, いふ法律なの, いふ法悦のひと時, いふ法王マルティヌス四世を指す, いふの活動, いふ泥くさい不手際で, いふ泥濘の町裏, いふ注釈づきの, いふ洋学者が揃, いふ洒脱な魂胆, いふ洒落たものを, いふ洒落れた諺を, いふ洒落者だけに本法寺, いふ洗煉と感傷, いふ津浪は沖合, いふ活溌組は案外, いふ流れをたどり, いふ流浪人の心, いふ流浪漂泊の生活, いふ流義で僕, いふ流行にのみ生命, いふ浅はかなひとり, いふ浅ましい連中の, いふ浮気をし, いふ浴衣を甚だ, いふ海岸だ, いふ海底の地形變動, いふ海辺の神たち, いふ消息がとつく, いふぞ, いふのない虚し, いふ淋びしい思ひに, いふ淡々さの, いふ深夜の心, いふ深山を跋渉, いふ深海に活字, いふ混合をも出, いふ混濁のみな底, いふ混血兒たちは何, いふましい醜い, いふ清い心を, いふ清らかな端麗, いふ清明どきは, いふ清水はいくらでも, いふ渦巻の中, いふ温いなつかしい友情で, いふ温和な方法, いふ温帯的な雰囲気, いふ温泉がありませう, いふ温泉宿があつ, いふ温顔なの, いふ渺莽は広く, いふ渾沌とした, いふ満ち足りた思ひを経験, いふ準備もし, いふ準備行動をとつ, いふ溶溶渓口雲纔向渓中吐, いふ滿月より五日目, いふ漂泊の悲しみ, いふ演伎をする, いふ演出は演出, いふ演出法もあり得る, いふ演技以前の日常生活, いふ漢文の著述, いふ漱石が門下, いふ潔癖家には通俗小説, いふ潮時であつ, いふ潮流は暴風, いふ澄明と自然さ, いふ澤山の材料, いふ澱みきつた, いふ激しい愚痴で, いふ激烈な芸術, いふ瀬戸際に自分, いふ灰色の文壇, いふ災禍の来ない, いふ点梨枝子の好み, いふ為めではなく, いふ為事の出来ない, いふ無事是れ貴人, いふ無作法がつきもの, いふ無法な言草, いふ無為の生活, いふ無知な状態, いふ無秩序の中, いふ無茶な誇張, いふ無言の疑惑, いふ無限のシイン, いふ無頓着さが近頃, いふ無頼の私, いふ無頼漢や悪戯好き, いふ焦点の合, いふ焼夷弾はふりしきり, いふの見える, いふ煩い役務は, いふ煩悶のうち, いふ熱い男の, いふ熱意を示し, いふ熱烈な文字, いふき物, いふ爆発の音, いふひの, いふ爾名を知る, いふわの年輪, いふ片々たる投書批評, いふ片輪ではなし, いふ片輪者ですから, いふは其の, いふ牝牛が今五十頭, いふ牡丹の述懐, いふ牢人の生活費, いふ物差で他人, いふ物的な人々, いふ物腰に至る, いふ物語物まうで, いふ特別深遠なもの, いふ特定の數, いふ特性を有つて, いふ特攻隊員のツナガリ, いふ特殊世界は最早, いふ特殊区域が今時都心, いふ特殊問題の会議, いふ特質は文学, いふ特長がだんだん, いふを持つ, いふ犬社会に通じた, いふ犯人にか, いふ状勢だから, いふ状景だつた, いふ狂気以上の妄想, いふ狂言でワン, いふ独り好がり, いふ独創的な歴史家, いふ独善的な潔癖, いふ独断に近い, いふ猫なで声などは一向, いふ献立を作らした, いふと人間, いふ獄卒の見張り, いふ獨斷といふの, いふ獨特な性格, いふ獨語が彼, いふは鼻, いふ獻身を續, いふ率直な頼み方, いふ王朝文學獨得の花やか, いふ珈琲店の名, いふ珍しいものが, いふ珍妙な活用, いふ投げが, いふ珠揃のお, いふ現代教育に対する忌憚, いふ現在において, いふ現状のなか, いふはない, いふ理想論を唱道, いふ理知的な恋, いふ理論なの, いふ理論的検討の基礎, いふの新, いふ環境風な因果, いふ瓢箪舟に乗り, いふ甘い甘い哀調を, いふ甚兵の態度, いふ生き易い人, いふ生きんとする, いふ生き生きとした, いふ生れながらの有, いふ生れつき負はされ, いふ生れ合せだと, いふ生兵法大疵, いふ生動飛躍のところ, いふ生命は単なる, いふ生徒さんの作つた問題, いふ生活信條だけは自得, いふ生活気分だつた, いふ生活環境をもつ, いふ生理が心理, いふ生花を習, いふ生類がなつく, いふ用心は必ず, いふは今年, いふ田圃さなぜ入, いふ田園の景色, いふ田植時にでも飛び込まれ, いふ田舎に居, いふなり往昔秀衡, いふ由々しいことにな, いふ甲斐性なしだ, いふ申入れがありました, いふ申込なん, いふ男の子にさういふ, いふ男女の戦がない, いふ男子もある, いふ町角の一つ, いふに力, いふ画壇に自分, いふ画壇的位置画風を示し, いふ画壇的地位といふの, いふ畜生腹これが縁家先, いふだぞ, いふについてこそ不審, いふつた光景も, いふ異例の出来事, いふ異分子が居る, いふ異常な感情がた, いふ異様な咳, いふ當時の男女風習, いふ畸形のなり物, いふ畸形稿が記念號, いふ末な, いふ疑ひを起す, いふ疑念もさる, いふ疑義があります, いふ疲れきつた, いふがない, いふ病人に對, いふ病処のある, いふ病態の小生, いふ病氣だつたの, いふ痕跡を止め無い, いふしい事, いふ痛快な思ひつき, いふ痛感がある, いふ発作に駆られる, いふ発展を遂ぐる, いふ発想法はガリヴア全編, いふ発明をなさる, いふ発熱でピカツリ, いふ発表方法を選ぶ, いふ発達を遂げる, いふ発音ああいふ, いふ發作の時, いふ白痴がある, いふ百姓にとつて, いふ百姓達のおそるべき, いふ百尺竿頭の業, いふ百日目が恰も, いふ百本杭より石原, いふ皮膚をし, いふ皮膚病に罹, いふ盛り場などに出入, いふ監査役といふところ, いふ目拔きの, いふ目標がおの, いふ目當がある, いふ目立たない花には, いふ目立ち易い恰好, いふ目録といふこと, いふ盲動やお先棒, いふ盲拜的な信心力, いふ盲目的な意志, いふ相似が何處, いふ相剋のため, いふ相場の有る, いふ相学のテクニツク, いふ相手方のひと, いふ省略をする, いふは多い, いふ看護婦を恐れた, いふ看護婦たちの行動, いふ真夏の昼, いふ真実も然し, いふ真実性は思想, いふ真理をちやん, いふ真面目な正しい, いふ眠りがたい夜, いふ眼付き厭な眼付, いふ眼玉を喰つた, いふ眼附を自分, いふじさだ, いふ知らない部分で, いふ知吉は先代, いふ知性を生, いふ知性そのものを除い, いふ知覺はもとより, いふ知識は十年くら, いふ知識上の考, いふ知識人であるといふ, いふ知識的の遊び, いふかい言葉, いふ短いのは, いふ矮叢のなか, いふ石刷即ち拓本, いふ石陰の深み, いふ砂利小砂利, いふ研究家を今, いふ研究法は文芸, いふ研究的態度に欠けた, いふ破綻に私, いふ硝子質の鎔岩, いふ確たる自負は, いふ示威行為が流行, いふ示威運動をする, いふを欠いた, いふ礼儀とは頭, いふ礼譲のない, いふ社会的境遇に身, いふ社命を受け, いふ社會淨化の論旨, いふ社會状態に一致, いふ社會異變はおそらく, いふ社會的斷面だけで, いふ社會觀を固く, いふ祈りをもつ, いふ祈願は非常, いふ神あしやげ前, いふ神典の上, いふ神樣を祀つ, いふ神経病とか何とか, いふ神經ばかりになつてしまつて, いふ神經質な最初, いふ神風もさる, いふ祭りである, いふ禁呪のお, いふ禁止の中, いふれた名器, いふ秀でたお方でございませう, いふ秀吉と家康, いふ私たちに冷, いふ私どもは私ども, いふ私娼窟が軒, いふ私心から全く, いふ私見を持つ, いふ私達も二度と, いふの歌, いふ科学書生で平素其方, いふ科学的な方面, いふ科学記事を読ん, いふ科學的の眞實, いふ秩序の中, いふ移動は, いふ程足蹴にした, いふも仕掛, いふ種目の緑, いふ稱呼で唐, いふ稼ぎをする, いふで京, いふ穏やかな国民, いふ穢らはしい, いふを三つ, いふ空しさから, いふ空地にうめ, いふ空想的な文章論, いふ空氣は私, いふ空虚軽薄な形, いふ穿鑿をしない, いふ突拍子もない, いふをもつた, いふ窮屈さに対して自分, いふ立廻を賣, いふ章助の態度, いふ章句のリズム, いふ童女のやう, いふ童心めいた慾張り, いふ童話的雰囲気のもの, いふ端歌を教, いふ笑止な豪傑, いふ笠置の大きな, いふ七識から, いふ第六感を幸, いふづかひの, いふ筆法で行く, いふ筆記以外の事, いふ筋合ひあつ, いふ策動の張本, いふ策謀のない, いふ算術をとい, いふの本, いふ築港のあらまし, いふ篤学者がなかなか, いふ篤志家は一人, いふ簡単服の型, いふ簡單服の型, いふ簡潔な文章, いふな真似, いふ粕谷の手, いふ粗野な現, いふ精密な見方, いふ精神不安も船醉, いふ精神主義も最も, いふ精神的技倆と才幹, いふ精鋭な理論, いふ系列とわかる, いふ系圖を引い, いふ系統の畫家, いふ系譜的な考へ方, いふ約やかに汝等, いふ約束ごとの把握, いふ純一無二の境, いふ純真さだ彼, いふ純粋な友情, いふ紙治の文句, いふの取引, いふ素地が有, いふ素姓をあと, いふ細々とした, いふ細かな心づかひを, いふ細君が絶無, いふ細部を私, いふ紳士的な業務, いふ紹介の常, いふ終演近い女優, いふ組合なり何, いふ経歴の男, いふ経路を辿る, いふ経過を採る, いふ結合を得なかつた, いふ結城ひろ子の方, いふ結婚後の肉体上, いふ結婚法と相互, いふ結末を吾, いふ結納であります, いふ統一の行, いふ絶世の美人, いふ絶望よ, いふ經路で手, いふ經驗一般の可能性, いふ綜合的な傾向, いふ綺麗な墓場, いふ綺麗事で男, いふ緊迫した情況, いふ緑雨の死, いふ緑青を溶かした, いふ練熟した言葉, いふ縁故関係かおそろしく, いふ繁雑な用法, いふ繋りがある, いふ織田の衒気, いふ繪高麗實は支那磁州窯, いふ繰返しの波, いふき合, いふ缺點は微塵, いふ罪名を付せられた, いふ署名の手紙, いふ美しい青い色が, いふ美人の美, いふ美徳と同じ, いふ美挙は俳句道, いふ美擧が, いふ美文が読者, いふ美醜などは何, いふ美麗が見える, いふ羞恥が強い, いふ群盜が江戸, いふやむべき境地, いふ義太夫なぞの事, いふ義寧坊の大秦寺, いふ翌日になつて家, いふ老人共の空襲下, いふ老妓と親類, いふ老樹名木はた, いふ老翁の死, いふ考へてるのが, いふ考察はこの, いふ考案もあつ, いふ者これのみ, いふ者どもを救つて, いふ者はめつたにある, いふ者二十軒餘もある, いふ者候ひしが, いふ者勅命を奉じ, いふ者多くは趣味, いふ者天神七代を此山, いふ者材木を業, いふ者棄教後は二宮, いふ者武者修行として稀, いふ者母を邪魔, いふ者狩山に来り, いふ者班超を讒し, いふへ忍ぶ, いふ耐久力だらう, いふをした, いふ耶蘇の学者, いふ聖人のやう, いふ聖人賢者は好き, いふ聖徒達は神, いふ聖歌なの, いふ聴けばげんげ, いふの役人, いふ職人としてはジッド, いふ職人仲間にこんな, いふ職場にゐる, いふ職工が日本, いふ肉体の所有者, いふ肉感的と云, いふの非常, いふ肥料過剩, いふの張つた譯, いふ育ちの人, いふ胃袋の持主, いふ背景だけは實在, いふ胴間声が彼, いふはざれ, いふ能觀の相, いふ脅威を脅威, いふ脆弱なもの, いふが所謂火山脈, いふ脾肉を嘆ずる, いふには内心, いふ臆面の無い, いふ自作の歌, いふ自分たちがどんなに, いふ自分事の話, いふ自力で得た, いふ自叙伝が複雑, いふ自在の技法, いふ自己犠牲に對, いふ自惚れは凡そ, いふ自慢話はしない, いふ自殺の例, いふ自滅的頽唐的なる不健全, いふ自然主義とは, いふ自然木の柄, いふ自由がまたは, いふ自由さと強み, いふ自由人は自己, いふ自由結婚ナ, いふ自白をし, いふ自覚があつ, いふ自負をもつ, いふ自身も世帯, いふ臭気は世間, いふ興味中心の書物, いふ興奮を受けた, いふ興行者にも幾つ, いふ舊いものと新しい, いふ舊藩主歸郷論はここ, いふかとばかりかなたこ, いふ舞台監督は舞台, いふ舞臺裝置です, いふ舞踏場のあく, いふ船はいふ船は, いふ色どりはなく, いふ色情の世界, いふつぽい, いふ芥川氏を正宗氏, いふ芭蕉の句, いふ花々しい祭の, いふ花さへある, いふ花やかな友達, いふ花子の顔, いふ花日本語で何と, いふのない, いふ芸人の態度, いふ芸当は日常茶飯, いふ芸術家が生れる, いふの房, いふさで, いふ若い可愛い僧が, いふ苦みやらもだえ, いふ苦悩を内部, いふ苦肉策を考へる, いふ苦行生活は到底, いふ苦辛の間, いふ英獨露其の, いふ茘枝と我々, いふやりしたなな, いふ茫洋たる女, いふ茶目吉さんだつた, いふ草餅の香氣, いふ荒れ果てた庭といふ, いふ荒服の地, いふ荒涼とした, いふ莊嚴な, いふ莫迦気た話しが, いふ華々しく豊かな, いふ華やかなこと, いふの刈株寸, いふ萩原さんと同じ, いふ萬一を僥倖, いふ萱草の大, いふ落つきは生れつき, いふ落胆は尤も, いふ落語を聞いた, いふ葉書だけおくれ, いふ蓮太郎の観察, いふ蕪村既にこの, いふ蕪村集を得来りし, いふ薄汚い話は, いふがあります, いふ藏書や軸物, いふ藝無しの先生, いふ藝當も出, いふ藝術から拔, いふ藝術論は彼, いふは何, いふ處アルガイ族はすでに, いふ處シエリイのは, いふ處忘るな, いふ虚しく遠い殆ん, いふ虚勢の上ッ面, いふ虚無的なやう, いふ蚯蚓にもあらず, いふ蛆虫が膿汁, いふ蛇使で顔, いふ蜘蛛の巣, いふ蜜蜂飼ルードゥイ・パニコーのところ, いふ血液的な環境, いふ行動をさせよう, いふ行末のかれん, いふ行爲のもつ, いふ衒学を披瀝, いふのあり, いふ衝動を諸君, いふ衝撃を地球, いふ衣物を衣, いふて立つた, いふ表札の出, いふ表現それ自身が生活自体, いふ表現法は従前, いふ表題なら何, いふ裏印を押した, いふ裏町にひつそり, いふ裏表の気候さ, いふ補助を受け, いふ裝飾品も行, いふ裸婦形式なの, いふ製作者があゝ, いふ複雑な思ひつき, いふ複雑さ豊かさを少し, いふ西洋の輓近, いふ西洋人はこれら, いふ西洋式の採入れ, いふ見え坊の慚羞, いふ見るからに六区, いふ見事な健男児, いふ見慣れない海を, いふ見物に迎, いふ見込のある, いふ見透しと感覚, いふ規定がある, いふ規格は定義, いふ規頂面さを想像, いふ親密な, いふ親戚のあつ, いふもある, いふ観客によつて支持, いふ觀客が無代, いふ觀方が伴, いふだった石ころだらけ, いふ解きがたい苦悩, いふ解決を要する, いふ解釋をする, いふ解題が折々, いふ言草だ, いふ言葉使ひだつた, いふ言葉書を誌, いふ言葉程げつそり, いふ言葉通りの意味, いふ言質もある, いふ訂正をつけ加, いふ計略がある, いふ計算から煙草, いふ訓育を受け, いふ記述上の体裁, いふ訪問客のなか, いふ設定日でもおかなけれ, いふ許しを乞, いふ訳ぢやない, いふ訳日頃の気性, いふ証明の仕方, いふ評価でもつくらず, いふ評言は其處此處, いふ評論家です, いふ詠み方の, いふ詠嘆を感じる, いふ試驗は理學者, いふ詩趣の豐, いふ話いやですか, いふ話しぢや, いふ話合であつ, いふ話声が足音, いふ話好きな人, いふ話術は, いふ誇りを示し得る, いふ認識の對象性, いふ誘惑が起つ, いふ語そのものが示す, いふ語のはは多分あてぶといふ語, いふ語り伝へがあつ, いふ語今は俗語, いふ語奇妙な語, いふ語学力をもつた, いふ語根そのものに大, いふ語氣で云つて, いふ誠に今から, いふ誠実な思考, いふ誠実さが南風氏, いふ誠實さが誰, いふつた判断は, いふ誤りを生ずる, いふ誤魔化しのどうにも, いふ説教の間, いふ読後感を受けなかつた, いふ読書室に一家, いふ課程をこし, いふ課題を与, いふ調つた景色の歌, いふ調査は軍部, いふ談判とは下田柿崎村玉泉寺, いふ論じ方を, いふ論拠に対して疑ひなき, いふ論法の悪態, いふ論者が澤山, いふ論議上の矛盾, いふ諦觀に行きつく, いふ諸氏もあれ, いふ謀反氣の滿, いふ謙遜な心掛, いふ講師に向, いふ講演会といふやう, いふの先生, いふ謬見から語法, いふ證據はあまりに, いふ警報がもう, いふ譫言を云, いふへ話, いふ讀後の印象, いふ讀物を滿, いふ讀者は低俗, いふ讀者諸君にはお, いふ讃嘆の言葉, いふ變つた男でせう, いふ變物であ, いふ讚辞を浴びせられる, いふの處, いふかな夫人たち, いふ豐富さだ, いふだけはどうにか, いふ豪傑ぞろ, いふ豪華な魔術, いふ負けかたをした, いふ負担であらう, いふ貧乏のなか, いふ貧血性の美し, いふ責任者はちやん, いふ夫人たちといふ, いふ貴い努力が, いふ貴女の聡明, いふ貴賓には各戸, いふ資本家から大した, いふ賑やかさを紀子さん, いふをいた, いふ賢い女人の, いふ賢明な處置, いふ質屋の番頭, いふ贈物を受け, いふ赤い顏の, いふ越後は八百八後家, いふのある, いふの運動, いふりが, いふ跫音が堪らなく, いふ路上から誘はれた, いふ路地を畫, いふ身の上話は然し, いふ身体の忙し, いふ身心では困る, いふ身振りをする, いふ身柄であるか, いふ身構へで軽々と, いふ身軽さを感じる, いふけの効果, いふ車二つあらば, いふにいでたつ, いふ軍勢がある, いふ軍艦がたつた, いふ軟弱な質, いふ軽い気持で, いふ軽い快げな, いふ軽微な微妙, いふ輕薄な心, いふ辛抱もできない, いふ辛苦をし, いふ辛辣な観察, いふ農事の仕方, いふ農民は農民, いふ辺土の女, いふ辺鄙な部落, いふ辻野君を措い, いふ迂遠な道, いふ迂闊ものでしたらう, いふ迄のことも, いふ近い隣國の, いふ近代人の心理, いふ近代的顔貌は今日, いふ返事をお, いふひが, いふ迷信である, いふ追憶がある, いふ追懐の情, いふ逃亡は走り百姓, いふ轉し, いふ逆説のやう, いふひやられたやう, いふ途次に目, いふ途端になる, いふ通りお前の為, いふ通りそつちだこつちだね, いふ通り三ヶ月ぐらゐ居候をし, いふ通り僕は一人, いふ通り先生に逢つて, いふ通り加納屋の甥, いふ通り各人の慾, いふ通り情實なく謙遜, いふ通り是非當分保養しないと, いふ通り晴てみれ, いふ通り歌はぬ, いふ通り相場になつ, いふ通り私がまだ, いふ通り腹も立つ, いふ通り蟒も三田公三田公, いふ通り魚は東南風, いふ通人とか藝人, いふ通俗な型, いふ通信を受ける, いふ通有性は今さら, いふ造語の旨, いふ連中がたうとう自治委員会, いふ連中さへ自分, いふ進行の一方法, いふ進言もする, いふ遁げ路を取, いふ遊び方は君, いふ遊女がすみか, いふ遊戲が子供たち, いふ遊蕩的分子をその, いふ遊里で私, いふ過不足が生じ, いふ道具立と一致, いふ道徳をこの, いふ道程を踏ん, いふ道筋を通つて岐, いふての御, いふ遠い処に, いふ遠大な計画, いふ遠賀神社鶴岡城南稲荷村有近頃迄土俗稲荷大明神, いふ適任者が既に, いふ選定者と作者, いふ遺族にこの, いふ遺産が社会, いふ邪念はない, いふ邪教の門, いふ邪気の無い, いふ邪道や下心, いふ部屋にお, いふ部類の人柄, いふ郵便局へ出かけた, いふ郷土武人の末, いふ都会人はたしかに, いふ都市の治安維持, いふ配慮のもと, いふ酒はめつたに飲める, いふはれ方, いふ酷いめに, いふ醜いみぢめ, いふ醜態を演じた, いふ醤油でも滅多, いふ重々しい慟哭的な, いふ重傷のとき, いふ重苦しい心の, いふ重荷を背負, いふの逸駿, いふ野卑な対話, いふ野火の惧, いふ野蠻な戰慄, いふ量見で居る, いふ金儲け的なもの, いふ金持の息子, いふ金牌なぞを頂戴, いふ金物製品ばかりでなく, いふ金目の物, いふ大きけれど, いふ針音ザラザラといふ, いふは敏捷, いふ暗な, いふではあつ, いふ鉄道に驚く, いふ銀之助の言葉, いふ銘品が顏, いふ鋭い音を, いふ鋭さといふもの, いふ錯誤をくり, いふ錯雑した響, いふ鍛練によつて出来上, いふ鍛練中の一日, いふは古墳, いふ鐵道院の方, いふ長波長の津浪, いふ長者に対してどうして, いふへすがり, いふ開閉であらう, いふをも作らず, いふ閑人の閑文字, いふ閑吉の空々しい, いふ間斷食を守る, いふ間母を愛し, いふ間隔を保つ, いふ関はりがある, いふ関係上重太郎は正家, いふ関節の曲り, いふ閨秀歌人芥川の言ふところ, いふの夜, いふ闘争は自然, いふり合, いふ關節の曲り, いふ爺が, いふ阿呆な感傷, いふ阿字觀とはその, いふ附屬すること, いふ附録が附い, いふ限られた技術の, いふ陛下の稜威, いふ陰口が出る, いふ陰氣な靜まり, いふ陰謀がある, いふ陰謀政治家やクーデタ派, いふ険しい石火を, いふでどう, いふ階級的組織從つてまたその, いふ隙だらけなそして, いふ際立つた特徴に, いふ障子をよせかけた, いふ障害がある, いふにあつ, いふ隣同志の家, いふ隣組はしかし, いふ雅號をつけよう, いふ集め方を, いふ集りでは皆, いふ集団的の行動, いふ雑多な人物, いふ難事を能面作者, いふ難儀から暫らく, いふ難渋な直, いふ雨垂れ落ちを古く, いふ雨風に窶れた, いふ雪舟代用の山, いふ露西亜独得の生活気分, いふ露骨な冗談, いふ青い小雨の, いふ青く無風の, いふ青年達の頭, いふ青空のない切ない, いふ青草の, いふな瞬間, いふ静寂な世離れたところ, いふ静物としても, いふ靜かさでそれ, いふ靜かな人の物足りない, いふ靜けさのなか, いふ靜穩な日, いふ靜肅な襟度, いふ度い, いふ非凡人は一人, いふ非常時に對, いふ非常識な男, いふ非情を要求, いふ非道いこと, いふ面以外の日本人, いふ面影は全く, いふ面構へがつまり, いふ面白くない話, いふ革命的な質問, いふ韜晦の蓑, いふ音數の多い, いふ音楽を聴きつけ, いふ音楽美術のアカ, いふ音樂的なへん, いふ頂点も大切, いふ頃平次は漸く, いふ頃独照はがばと, いふ頃私だけ先, いふはピクニツク, いふ領域であるかといふ, いふがこつち, いふ頭部がつるりと, いふ頼もしい人物を, いふ題咏ではある, いふ題材はとかく, いふ題目即ち日本, いふ顏色のあ, いふ顔付をする, いふ顔色を顕, いふ類音から説明, いふ顧慮はまつたくやめ, いふ顰め面が, いふ風態は隨所隨時, いふ風物なり生活, いふ風船の音, いふ風評は今, いふ颯爽とした, いふ飛電が係, いふひ物, いふ食事をしなけれ, いふ食堂で飲む, いふ食料で生命, いふがホンモノ, いふ飲み方の, いふ飲料を好む, いふ飾りの物陰, いふ餘儀ない事情, いふ饒舌もしん, いふ首つりの名句, いふ香川氏は今, いふ馬鹿バナシはボードレエル, いふ馬鹿騷ぎの間でも彼等, いふ馴染客が坐る, いふ騷ぎをして居る間, いふ驚きを役者, いふ驚くほど簡單, いふには附き, いふ骨相学で完全, いふ骨董を頂戴, いふ骨董好きで加之, いふ體得があれ, いふ高みでは, いふ高原にああ, いふ高山植物が可愛く, いふ高論もある, いふ高貴の身辺, いふを結, いふをつけ, いふ鬼弾の類, いふをひきこむ, いふ魔法使ひの, いふ魔物めく実体, いふ魔窟にまことに, いふや獸, いふ鳥兜の根, いふをつける, いふと遊び, いふ鴨跖草の蔓, いふの一声, いふ鹿や猪, いふ鹿田の聲, いふかな朝, いふ麦飯の身体, いふ麻油に痴川, いふ黄金機会がなに, いふつて横を, いふにつき易い