青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いひ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いで~ ~いと いと~ ~いない いない~ ~いなかった いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~
いひ~
~いふ いふ~ ~いへ いへ~ ~いま いま~ ~いました いました~ ~います います~

「いひ~」 2022, 22ppm, 5271位

▼ いひながら~ (241, 11.9%)

6 彼は 4 私は, 良寛さんは 3 立あがる 2 それは, 火鉢の, 私の, 自分の

1 [216件] あるいて, あわてて, いいかげんに, いかにも面白, いきなり二つ三つ石, いつとは, いつの間にか醉つて來, いやがる私, おつぎ, おふろ, お勝手へ, お尻, お庭, お萬, かうした宿, かたつむりは, かの子の, きいて, くり返しくり返し河原, こそこそと, こんな横道, さつきの, しばし爭, すまなかつた, ずらりとわれわれ一座, ずるずると, そこに, その仕度, その女, その後始末を, それが, たうとうづら, たどりを, ちらばつた, ついて, てきぱきと, とても快い, ばら, ふいに, ほんの隱居仕事, また風呂敷包, まだ何, もとの, やつぱりお前には, よくもこんな, ろうそくを, わたしたちを, コムユンの, シンサツする, ステツキを, ドリアンに, 一人の, 一方の, 一旦沸つた鐵瓶, 一時主人の, 三尺の, 上村少佐は, 中に, 中へ, 中国が, 二三度顏を, 二人は, 人々の, 人を, 今度は, 今日まで, 仏像を, 何の, 側に, 傍へよ, 僕は, 先刻おりかに, 先刻から, 入つた, 其文化が, 其風呂敷包から, 刀の, 初瀬は, 刺すやう, 剃りたて, 北湖先生は, 卑しい微笑, 博勞が, 印半纏の, 又一銚子三田, 又座敷, 友達が, 叔父が, 取り出すは, 口を, 向ふ, 呑んで, 地べたへ, 売込んだ愛敬, 夜更けの, 大戸を, 大男入り来る, 天晴れ, 太田は, 女は, 妻子を, 実は種々, 家の, 小提灯, 山また, 岡田の, 席に, 帶の, 座敷の, 庭伝ひ, 弁当箱の, 引ツ張つて見た, 強ひ, 彼女は, 彼等と, 御檢屍, 御自身, 必ず一篇, 忙しくぽつと, 急に, 恋人は, 手に, 手の筋を, 手を, 手早く支度, 手綱を, 指で, 指の, 振り分けに, 振替の, 提灯を, 搖すぶる, 文吉の, 春三郎は, 時折は, 書記室へは, 杉村は, 村長は, 柔らかで, 椅子に, 欄干の, 武助さんは, 母様其衣は, 気だるさうに手, 氣に, 淺い, 溢れる水, 滅茶, 滑稽至極な, 炭を, 無造作に, 無雜作, 煙草入で, 熱灰が, 爺さんは, 牛の, 猪に, 玄関つ, 産れない, 町並の, 皆の, 皮を, 目た, 相尋, 眤と, 眼の, 矢張り亭主が, 福助は, 私を, 空いて, 突つか, 突つ立つた, 竈の, 竊に, 立ちつくして, 笑ひ, 紙片を, 素足の, 罪なき, 肩に, 肩へ, 腕を, 自ら死し, 臭き煙草, 良寛さんが, 草鞋を, 蕎麦饅頭を, 行く, 行くと, 衣服の, 表に, 袂で, 裏戸へ, 跳ては, 踏台の, 躄は, 追ひすがる, 送り出すの, 遠慮氣なく, 部屋の, 采と, 野呂さんの, 金之助に, 銃を, 長ん, 間々鋭い, 隅々の, 隅の, 頭に, 額を, 風呂敷を, 食べさせて, 首を, 馬を, 駈け出した, 鳥右ヱ門は

▼ いひ~ (209, 10.3%)

6 すな, 身を 3 二十八か 2 しもの, ちよつと, 体を, 前の, 取止めんと, 寄る, 是も, 泰西の, 起きて, 顏を

1 [174件] ありければ, ある人, いやしむるなり, かの人々, かの芽, かれ千餘, き忌むべきもの, ける, この世を, さし覗きたる, しこと, しひて, その以前, その兄, その効, その家, その疑ひ, その胸, その腕, その船, その行く, その衣矜, その高慢, そを, たちぬ, つとあるじ, つひに, とりおとせる, のち輪を, はらり, また言, もとお, もとは, やりける人, よめる歌, わが導者, わびわびぞ, われに, カルリンの, 一足すさり, 万葉集に, 上下に, 下の句を, 世は, 世相派の, 之を, 二十五歳に, 今年七歳なる, 伏す, 伴ひゆきぬ, 住みそめける, 何の, 何心なく, 偏執あり, 八鹽折の, 共に打ち興じ, 其手を, 内侍の, 再び顏, 凡ての, 刀を, 前に, 去れりアルタイア, 受く, 右に, 右の, 右手さしのべ, 名字を, 吹かへ, 吾も, 善行を, 嘲りしなど, 四十五歳に, 垣の, 夜も, 夥しき利息, 大刀の, 奥へ, 妹待つ, 富める酒問屋, 寵愛限無, 山代の, 左の, 広き野成, 形状と, 彼に, 彼を, 彼等を, 後, 後後方に, 御佩, 心足れるごとく, 憂を, 我が立て, 我とこそ, 我を, 我生も, 戸口を, 手を, 手早く母衣打掩, 手足に, 指ざし, 指を, 日を, 暇を, 望みを, 木の, 格子戸の, 格子戸を, 樂しむ, 横刀の, 橋を, 洪水にも, 浪の, 渡し, 火もちて, 烏追, 猪口の, 畔を, 疎略の, 疑ひを, 目を, 直之輔の, 眉を, 眺めつ, 礼拝す, 穀の, 窓の, 立ちぬ, 立つたる折, 笊を, 笑ふ, 節を, 紐小刀以ち, 結はず, 絵姿を, 縄付を, 罪業を, 罵りは, 老若の, 而も, 肯ひた, 腕組し, 自らわが身を, 自ら堯の, 與へき, 船出さずなりぬ, 花と, 花子は, 苟も道具, 萎まむ, 蓋を, 行く間, 見えずなりに, 見返勝, 言継ぎに, 詠める歌, 謝絶せしなるべし, 賜ひ入れき, 蹲る処, 軍を, 軽く我肩, 迫りて, 造化無, 金三よりは, 隱れぬ, 雨乍見, 靴の, 頭を, 顔を, 食ふ, 馴染ならぬ, 默し, 默せり

▼ いひ~ (57, 2.8%)

43 へれば 12 へると 1 へたなら, へる

▼ いひ~ (52, 2.6%)

7 をはやした 6 をはやし 3 のはえた 2 のおじいさん, の生えた, をひねっ, をひねり, を生やした, を胸, を長く

1 [22件] が伸び, が僅か, が口, が生え, でおおわれ, と, とをいっしょ, と深い, の, のある, のからだ, のやせた, のマドロス氏, の子分, の白い, やたえず, をぐいと, をのばした, をひねつ, をふるわせ, を口許, を針

▼ いひ~ (30, 1.5%)

1 [30件] この辺, これに, その弟子, それに, 一説には, 一錢漢と, 何, 其の藏書, 劉禪に, 命中の, 唐人物と, 大師の, 天下一家とも, 奄人といふは, 孔子の, 思想多き, 患者が, 文章と, 春の, 暖き, 梅といふは, 略して, 略しては, 盛夏にも, 短いの, 私, 篇末に, 自ら来臨を, 解嘲, 魏志の

▼ いひその~ (28, 1.4%)

2 言葉には

1 [26件] あとで, さまで, 下から, 世に, 人肉料理場の, 低級なる, 区別は, 友に, 反対に, 各戸の, 名の, 大きさ, 好惡, 子の, 家は, 差別は, 怪しげな, 態度と, 欲有限の, 沫咲く, 海水の, 經驗少き, 聖車を, 請ひ, 貿易船が, 都度首を

▼ いひやう~ (28, 1.4%)

8 のない 2 がない, もない

1 [16件] があつ, があらう, がありません, にては小便桶, のない哀しい, のない妖しい, のない快い, は些, は無い, もあらう, もありません, もなかつた, もなく口惜し, もなく可愛らしい, もなく悲し, をした

▼ いひつつ~ (20, 1.0%)

1 [20件] ありし他, 丁寧に, 咳一咳し, 埃だらけの, 天井を, 対ひゐ, 左の, 左右を, 掘つて, 母親は, 海野は, 相別れけり, 立身にて, 被りし帽, 走りよりて, 逃れ去る, 這入りかかり気, 進みよりて, 陣羽織を, 鷲郎を

▼ いひまた~ (18, 0.9%)

1 [18件] あの承, ある學者, こ, その心理的考察, 三日四日も, 人麿の, 人麿死時妻依, 員邱山の, 外の, 彼を, 性空上人は, 故人斎藤緑雨なりし, 映画といふも, 澤庵の, 狂歌と, 玄蕃に, 菊五郎の, 飛翔の

▼ いひ~ (18, 0.9%)

4 でたま 3

1 [11件] だせるその, でかねたれ, でしかな, でしと, でたりと, でたる, でねど, でむとせしに, で人々, で試しみる, で難き

▼ いひ或は~ (17, 0.8%)

4 彼れ 2 彼を

1 [11件] ビユーチフルと, 國事と, 城市の, 早稲田大学の, 早稻田, 神の, 西域人と, 通告を, 遭難紀念会と, 遭難紀念會と, 願自

▼ いひ~ (17, 0.8%)

3 をし

1 [14件] が大体非常, であつ, である, であると, で調子, といふもの, なので, にち, はこそつ, はよさう, は古いい, をする, をすれ, を好まぬ

▼ いひこれ~ (15, 0.7%)

3 といひ

1 [12件] が国民文化的能力, こそ一個, でも私, なるは, に對, は五分, は背中合せ, を, をくり, をもて, を別, を離れる

▼ いひ~ (15, 0.7%)

3 くさうに 2 けり, 來て 1 くさうにくご, けるかも, ければ, やり笑つてふり, 來る, 女中さんが, 少年は, 行くと

▼ いひ~ (14, 0.7%)

3 へすれ 2 うだな, うな 1 ういふときお, うで, うもないこと, がなし, しもの弱虫, まけた, ま腋の下

▼ いひ乍ら~ (13, 0.6%)

3 も平次 1 きら, もお, もこの, も事態重大, も兎, も八五郎, も手早く, も湧き, も錢形平次, 一向大

▼ いひ~ (13, 0.6%)

7 ひは 4 人は 1 る人, る地方

▼ いひこの~ (12, 0.6%)

2 妥協に 1 キキョウを, 上は, 二つの, 妹君の, 対蹠的な, 愛を, 月夜に, 歌の, 比叡山の, 附近には

▼ いひ~ (11, 0.5%)

3 へられて 2 へられる 1 ふ, ふる人, へだ, へであなた方, へでは大, られたこと

▼ いひわけ~ (10, 0.5%)

1 が済まぬ済まぬ, などをし, なり, のやう, はどれ, は無い, をし, をする, をせず, を仰有らなかつた

▼ いひたり~ (9, 0.4%)

3 しを 2 き而 1 ければ, しかるに二つ, しに, 旨き事

▼ いひ~ (9, 0.4%)

2 あへず 1 しないの, しない先, はてざるに, ものご, 出でずして, 敢ず更けぬ, 竭きざる

▼ いひ~ (9, 0.4%)

2 つた, はした, ふやう 1 て恐れ, はさね, ひながら

▼ いひ~ (9, 0.4%)

4 へれば 2 れば 1 へてもよい, へても差支, へて見る

▼ いひ甲斐~ (9, 0.4%)

2 なき我が 1 ありと, なきもの, なき事, なき事哉, なき心, なくも, なしと

▼ いひ難い~ (9, 0.4%)

2 のである, 微妙な 1 がこれ, がそれら, ことである, と思ひます, 愛着を

▼ いひつけ~ (8, 0.4%)

2 を待つ 1 で, でお茶, で誰, になぞ行, に背かじ, よりもこの

▼ いひては~ (8, 0.4%)

3 甲府まで 2 却り 1 おそらくは批評, おそらくは裁判, 未だ與

▼ いひながらも~ (8, 0.4%)

1 おんつ, さして驚く, そこらに, なにひとつ嘘は, ガラツ八は, チェレ, 勃凸と, 簑虫を

▼ いひ~ (8, 0.4%)

1 か, かの老人, がる, がれ給ひ, だね, 渋がちにも, 通りこんな, 通り巡査か

▼ いひ~ (8, 0.4%)

1 しませんでした, するものの, つてた, つてを, つて取り合は, ひつて, やすを, 放たねど

▼ いひ~ (8, 0.4%)

3 少し直さず 1 つたと, はみけり, はりて, 付けるつもり, 草枕旅に

▼ いひ~ (8, 0.4%)

41 から知らぬ, から私, たから, たが

▼ いひ~ (7, 0.3%)

1 つてから, はせるかけあひの, ひこが, ひました, へり, へりけり, へる

▼ いひがたき~ (7, 0.3%)

1 ことも, 哀愁の, 心より, 樂しみを, 歡びよあゝ, 滿足を, 生活の

▼ いひても~ (7, 0.3%)

1 さし支, 善き様, 好かるべし, 梅花道人が, 殆反對者に, 辭しも, 隅田川の

▼ いひ一つ~ (7, 0.3%)

1 として人, の洞穴, はあてはか, はサブシ, は二月有餘, は福州板, を田圃組

▼ いひ~ (7, 0.3%)

21 ふるもの, へど, へになつ, へのこと, へ聞き伝へ

▼ いひ~ (7, 0.3%)

1 いこと, いの, い爲め, かつたの, さうな無, さうな興, さうに

▼ いひ~ (7, 0.3%)

2 れが, れの 1 の計, はまた, 聞きて

▼ いひかた~ (6, 0.3%)

1 である, ですけど, とがきまる, は妥当, は実は, をする

▼ いひ~ (6, 0.3%)

1 といひ, に不, に如是理想, に平等理想, に牡牛, を女性

▼ いひ更に~ (6, 0.3%)

1 今俗傳, 昔に, 玄宗の, 甚だしきは, 略して, 転訛し

▼ いひ難き~ (6, 0.3%)

2 に若し 1 事情の, 噂の, 子細の, 愛敬あり

▼ いひあら~ (5, 0.2%)

2 はし, はす 1 はしたら

▼ いひきつ~ (5, 0.2%)

2 た, てしまふ 1 た時

▼ いひしも~ (5, 0.2%)

1 おなじ談理, 一理なき, 実はこの, 斯くの, 暖国の

▼ いひにくい~ (5, 0.2%)

1 が煙草一服, ことな, ところから, 共通点が, 思ふに

▼ いひまたの名~ (5, 0.2%)

1 は八千矛, は宇都志國玉, は火, は葦原色許男, は豐石

▼ いひよい~ (5, 0.2%)

1 ととび, と二歩, と靴, と飛び越した, 歩いてるから

▼ いひ~ (5, 0.2%)

2 て彼, て毫も 1 て美

▼ いひ~ (5, 0.2%)

1 のま, はその, は棗, も亦, より六つ年長

▼ いひ自分~ (5, 0.2%)

1 でも考へる, はその, は確, も信じ, よりはずつと背

▼ いひ~ (5, 0.2%)

1 ばかり頭, をし, をする, 立つもの, 致さんにも

▼ いひ~ (4, 0.2%)

3 らく 1 たれたるダンテ

▼ いひそれから~ (4, 0.2%)

1 おほん, 保元平治あ, 辛酉に, 鞄の

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 つてるもの, ひが, ふうち, ふ声

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 ではその, の人達, の批評家, は肌

▼ いひ其の~ (4, 0.2%)

1 学政に関しては, 學政に, 実業に関しては, 實業に

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 が通りませう, であると, として離婚請求, をきい

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 はアクイーノ, は今, は相, を小

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 へた, へておく, へてゐる, へれば

▼ いひ~ (4, 0.2%)

2 りて 1 りし時, れば

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 はし, はした, はしたる, ふ声

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 がふる, じや, で気, に安房上総

▼ いひ~ (4, 0.2%)

1 あそばすほどが, して, をする, を心

▼ いひかは~ (3, 0.1%)

1 されるの, し毎夜毎夜, す聲

▼ いひがたい~ (3, 0.1%)

1 のであ, もので, 節が

▼ いひけむ~ (3, 0.1%)

1 云々, 太古の, 瞞され

▼ いひげだるま~ (3, 0.1%)

1 がひどく, の絵, の顔

▼ いひこれから~ (3, 0.1%)

1 は, は悪い, 私達が

▼ いひさて~ (3, 0.1%)

1 己と, 彼に, 我に

▼ いひそう~ (3, 0.1%)

3 な物

▼ いひそして~ (3, 0.1%)

1 兄貴ぶつた, 戻つて, 闇取引の

▼ いひたま~ (3, 0.1%)

1 しひは, はで, へるキリスト

▼ いひなり~ (3, 0.1%)

2 にし 1 になつて

▼ いひ世間~ (3, 0.1%)

1 の口, の思惑, の義理

▼ いひ付け~ (3, 0.1%)

1 で番頭, とい, といたんだ

▼ いひ~ (3, 0.1%)

1 に廻りて, の拳, の襦袢

▼ いひ~ (3, 0.1%)

1 が名, の言葉, 又汝己

▼ いひ~ (3, 0.1%)

1 はまた, は同苗九十九完道, を阿

▼ いひ彼女~ (3, 0.1%)

1 には不可解, の手, はそれ

▼ いひ我罪~ (3, 0.1%)

3 おあと

▼ いひ手紙~ (3, 0.1%)

3 といひ

▼ いひ~ (3, 0.1%)

1 に着し, べ, 国劇と

▼ いひ~ (3, 0.1%)

2 して 1 りの

▼ いひ~ (3, 0.1%)

1 さなかつたといふ, さなかつたの, した

▼ いひ立て~ (3, 0.1%)

1 にも別に, に一日, は大体

▼ いひいかにも~ (2, 0.1%)

1 典型的な, 羊羹を

▼ いひかへ~ (2, 0.1%)

1 しました, たるチャムポロの

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 どうも江戸ツ子, 事だ

▼ いひがたし~ (2, 0.1%)

1 されど我, ヤーコモと

▼ いひここ~ (2, 0.1%)

1 が諸, ではほぼ

▼ いひさうな~ (2, 0.1%)

1 十目十指を, 話だつた

▼ いひすべて~ (2, 0.1%)

1 が濡れた, よく纏つて

▼ いひすべてこれわれわれ日本民族~ (2, 0.1%)

2 の現実

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 へた, へておく

▼ いひそこ~ (2, 0.1%)

1 には知的犯人, に生え

▼ いひそれ~ (2, 0.1%)

1 が名打, は今日新奇

▼ いひそんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 風な

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 あつた, 叱りつけたから

▼ いひにく~ (2, 0.1%)

1 かつた, げにいひ

▼ いひにくき~ (2, 0.1%)

1 もの, 事を

▼ いひマリア~ (2, 0.1%)

1 は唯, を皇妃とい

▼ いひ一般~ (2, 0.1%)

2 の批評家

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 に對, れと

▼ いひ乍ら自分~ (2, 0.1%)

1 で這入, を見

▼ いひ互に~ (2, 0.1%)

1 激烈な, 誹詆

▼ いひ~ (2, 0.1%)

2 深く其非行

▼ いひ~ (2, 0.1%)

2 の評判

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 の女給さん達, の説

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 へれば, 濶葉樹で

▼ いひ伊藤侯~ (2, 0.1%)

2 に向

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 にあり, には年

▼ いひ善き~ (2, 0.1%)

2 歌といふも

▼ いひ国防国家~ (2, 0.1%)

2 の建設

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 といひ, の質

▼ いひ外交~ (2, 0.1%)

2 の力

▼ いひ天下~ (2, 0.1%)

1 といひ, を天家

▼ いひ女西鶴~ (2, 0.1%)

2 といひ

▼ いひ~ (2, 0.1%)

2 れも

▼ いひ容子~ (2, 0.1%)

2 といひ

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 に拙劣, に立派

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 た死ぬといふ, た羅針盤

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 といひ, を越え

▼ いひ張つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, 直さず入れられなん

▼ いひ必ず~ (2, 0.1%)

1 杜鵑の, 金勝寺の

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 を, を叙事戲曲

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 とよび, にもいふ

▼ いひ殊に~ (2, 0.1%)

1 映画と, 父子兄弟の

▼ いひ沢山~ (2, 0.1%)

1 にあ, の人

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 つたが, ふほどに

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 のみすまる, ひし貧しく

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 はしたい, はせる

▼ いひ畢ら~ (2, 0.1%)

1 ぬうち, ぬ内

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 といひ, のくぼみ

▼ いひ研究~ (2, 0.1%)

2 といふ

▼ いひ祇園~ (2, 0.1%)

2 の百合

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 といひ, を立て

▼ いひ経済力~ (2, 0.1%)

2 といひ

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 ふ, ふな

▼ いひ絶對~ (2, 0.1%)

1 といひ, といふもの

▼ いひ~ (2, 0.1%)

2 して

▼ いひ自然主義~ (2, 0.1%)

1 といふその, といふもの

▼ いひ表情~ (2, 0.1%)

1 といひ, といひ歩く

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 の瀬戸, の馬小屋

▼ いひ西郷内相~ (2, 0.1%)

1 を弁護, を辯護

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 し, らしたん

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 のしかた, は平凡

▼ いひ~ (2, 0.1%)

2 れも

▼ いひ~ (2, 0.1%)

1 といひ, といふもの

▼ いひ身分がら~ (2, 0.1%)

2 の卑しから

▼1* [709件]

いひあしきを下手, いひあたい達は日曜, いひあとについていつ, いひあなたはお, いひあらゆるものの, いひある人は, いひあんしたつけ, いひいふかと思ふ, いひいふ間も我等, いひうちけぶつた五月晴, いひおしだから, いひおのづから, いひお前は運, いひお里に向, いひかいなでの少女, いひかくて二者相, いひかの火何と, いひかへてゐる今日, いひがかりのやう, いひがたけれども前例, いひがたく雪の, いひがへしである, いひぎゆつと力を籠め, いひくさつたか, いひけばけばした成り上りもの, いひげあとをなで, いひこめらる, いひこれらを若し, いひこんな所へ, いひさつきボーイに電話, いひさま刀を抜き, いひしかといふ事まで, いひしきりに評議し, いひしげしげと顔を, いひすぐ堺氏を, いひすべて天孫降臨の章, いひすべて孝道を第, いひすべて此等の新, いひすゑられて, いひそしてまた武二招待会について, いひそれなら何なり, いひたりしも蘆庵翁の, いひたりとすれば, いひたりとていつはり, いひたるを聞き付け, いひだこすみそ, いひつけ通り帯を, いひつたへて昔, いひつつもなほ小説家と, いひつるは十幾年, いひづめは繁縷, いひづらいンだ, いひてかへる, いひてぞ泣きける, いひてつきり近頃はやりの新興宗教, いひてもよかるべしとい, いひでもしたら, いひとくを待つ, いひともにこれを, いひつちか, いひどころのないよ, いひはれただ, いひないしね少し, いひない善い心持です, いひながらかなぐるやう, いひながらずつとはひつたら, いひながらをぢさんは, いひなし予は, いひなすにいたれ, いひなどするの, いひなんといふ靜肅, いひなんとなく伯母の, いひのち剃髮, いひはかなくも私, いひはたでみ, いひはつたが, いひはやしぬ, いひだの, いひひさはしきりに, いひひとりは夕暮, いひふつくりとした, いひほとんどその財産, いひほどきて, いひほぼ同一の, いひほか, いひまことに日本国はじまつ, いひまつしやろ, いひまるで尋常一樣の, いひみつを発見, いひみな旨さうに葱の, いひもみぢやさくら, いひやがて枝に, いひやすい餅を, いひやや大なる, いひゆるへう, いひつたの, いひたつた程度, いひわが国体といふ, いひわざと無雜作, いひわたくしはあなた, いひわれわれはずゐぶんいろいろ, いひアスデンテはその, いひアドリアティコの岸, いひアブルッチの隱者, いひアレッツオなるギベルリニ黨, いひウラニウムといひ, いひエステといふ, いひグ氏といひ, いひコンチ・ディ・ラヴァーニアと稱, いひダンテの疑ひ, いひこなしさ, いひツこなしと, いひツヤといひ, いひナポレオン砲以上だ, いひハルトマンはこれ, いひパートヴァの人, いひフィリップ三世の後妻, いひフィレンツェ第一, いひヘリウムといふもまた, いひベアトリーチェの望むごとく, いひホフマンといひ, いひボルゲエゼの族, いひポーは二男, いひマンドレークに於ける, いひヤンキー・ドウルもいざ, いひラヂウムといひ, いひヴィナスといひ, いひ一三〇二年ダンテ逐はれて, いひ一日十五日の外, いひ一月の長, いひ一癖も二癖, いひ一種他に見るべからざる, いひ一説にはこれ一三〇四年プラート, いひ三才の奈々子, いひ三方より見られる, いひ三權鼎立といふ, いひとはいはない, いひ上手に向, いひ上杉百二十万石の番頭, いひ賤な, いひ見理想, いひ不平のため, いひ且つ其の身体, いひの人, いひもまた, いひ両様の意味, いひの海, いひ觀の, いひ乍ら下女のお, いひ乍ら半紙を綴ぢ, いひ乍ら大森浜の人気, いひ乍ら大森濱の人氣無さ, いひ乍ら平次は取散らかした, いひ乍ら我々を大切, いひ乍ら手にした, いひ乍ら新三郎の前, いひ乍ら春三郎は膳立, いひ乍ら朝の膳, いひ乍ら町を歩い, いひ乍ら私は頭, いひ乍ら立上る, いひ乍ら精神の慾, いひ乍ら風呂の蓋, いひり廻りし方角, いひも中田, いひ九九六年より一〇三一年, いひ九五上六に大人虎變, いひ乳母は妹, いひ事柄は二, いひ事語といひ, いひ二十四歳妹の方, いひ二重にて入り替り, いひ五月と言, いひ亢倉子の氣, いひ京都といひ, いひ人情といふなど元, いひ人權といひ, いひ人民のこと, いひ人間に呼ばるる, いひ今夜は帰らない, いひ今日はすでに, いひ仕草といひ, いひ他方に洞察, いひ他日自己をし, いひくるも, いひ付け今日は堺, いひ伊万里といふその, いひへり, いひか人間, いひ何ごとかをし, いひ何ひとつそつがなかつた, いひ何もかもがまるで, いひ何れも平和的發明, いひに於, いひれ, いひ來つていかにも努力, いひ侶といへるは, いひ信仰を云, いひ修書といつた, いひ俳諧といふ, いひ個体といふも世に, いひされて, いひ健康といふの, いひもおも, いひ柳橋の, いひ先々金満紳士だつた, いひ先頭に立つ, いひ克己と決意, いひの泣く, いひ入道相國清盛の平家一門榮華, いひ兩者は殆ど一致, いひ八幡宮は寛永年間, いひ共にこの雑誌, いひ兵力に訴, いひに似, いひ其下に風土, いひ其二を世相派, いひ其他の神, いひ其佐を太禁, いひ其処の有様, いひ其各部を縛り, いひ其国防に関しては常に, いひ其國防に關, いひ其引諭といひ, いひ其爲めに態, いひ其説明に, いひ兼好が徒然草, いひに詳, いひ内侍所の御, いひ再現情感といへるもの, いひ写実といふこと, いひ凡そ佛法所立の, いひといひ, いひ出づる人だになし, いひ出らるるとも, いひ出来といひ, いひを左, いひ分福は自己, いひ別に其様な, いひ到底日を, いひ到底さういふ, いひ劇的文体といふそれぞれ, いひ劇的結構といひ, いひなきに, いひ北朝は南朝, いひ匹夫には之, いひ十一歳になる, いひ十七歳であること, いひ十三日の朝, いひ十二分に能通, いひ十二月に行, いひ千本松原といふ, いひを南極, いひ卜筮瞽侑皆在左右, いひ印度の日神スリア, いひ即ち漢代に, いひ卿雲といひ, いひ原子といひ, いひ参謀本部の廻し者みたい, いひ又は孔墨と, いひつてみんなに, いひされて, いひ古典の處分, いひ一二・一三二に, いひといひ, いひ名護屋といひ, いひもまた, いひ君臣の關係, いひ狐火だ, いひ味方といひ, いひ和語本草にも玉柏石松, いひ員経を心無き, いひ哲學者を其範圍, いひ嘗て四ヶ月間山間の, いひ四つ並びし中, いひ国半ばといふ強い, いひ国民的訓練の不足, いひ国訛りといひ, いひ國家といひ, いひ土左の國, いひ土民といひ, いひ地上戰鬪の旗, いひに入, いひ堯舜禹のこと, いひへます, いひ塵氣といひ, いひの桀王, いひは, いひ外国には御宇日本天皇, いひ外蕃には日本天皇, いひ大した地位も, いひ大夫は卒, いひ大局からみ, いひ大晦日道中寂りとして, いひを代表, いひ天台慈恩は佛法, いひ天地即ち山川, いひ天寶元年二月更に尊號, いひ天親以來正見なく皆, いひ太田はその, いひ太虚といひ, いひにおとらぬ, いひ夫人はその, いひ奥州にてへこし, いひ女心のそ, いひと奈, いひ如是理想本來空とい, いひが名, いひ娼妓といひ, いひといふも世, いひ孔子も, いひ孔子教の更張, いひのくばり, いひの字, いひ孝宗の廟號, いひ孫子の氣, いひ定かに語り, いひ実際的と, いひと映, いひ宣伝が足りない, いひ宮廷の儀禮, いひ家々といひ, いひ家主の方, いひ家系の継紹, いひ寄つたのがみんな学士, いひ寄つた男や焦れ, いひ寄つてもどうしても, いひ寧言語學者といつた, いひ審美感を再現, いひ寺人といひ, いひ寺院の改善, いひ将門が相馬小次郎, いひ尊稱して, いひ尋常の政治家, いひ對象に生, いひ六正, いひ小原節といつた, いひ小春日の下, いひ少き者を, いひ少しも貴殿, いひ尚武といふ, いひ山上の花園, いひ山岳の氣, いひ山本とは大, いひ川口君といひ, いひ希臘ではアポロー, いひ帝乙歸妹箕子明夷高宗伐鬼方, いひ平戸といひ, いひ平等理想といひ, いひ平素あまりこんなもの, いひは二十九, いひはせて, いひ幽玄といひ, いひ幾度かの汽車, いひ床几に上り, いひ度げの風景, いひ度胸といふの, いひ廟號と陵號, いひ延年舞ではもどき, いひ弁士の恰好, いひの前後町内, いひ弥助に, いひ張りて已, いひ張耳の客等, いひさといふ, いひ弾のと, いひ当今百枚に余る, いひ当時夜そこからは細燈, いひといひ, いひ形貌の清浄さ, いひ彼我に代る, いひ彼此議論を鬪, いひ彼等が所請, いひ徂徠する雲, いひ後に聖列に, いひ後者を統覺, いひある者, いひ徴用された時, いひにかかる, いひ心耳といふ, いひ思想の化石, いひに笑ひだ, いひ性命といふもの, いひといふふかき, いひ恐らく世界的名校歌で, いひ恰も一の, いひ悉く結構である, いひ悟道徹底といひ, いひ悪しといひし, いひ悪心といひ, いひはし欺く, いひ惣七十蔵その他のもの, いひ意志といひ, いひ意気といふ江戸伝来, いひ態度といひ, いひ慶雲といへるしかと, いひ懷疑といふも物, いひ我顏を見, いひ戰國策には狐濡其尾, いひ所作といひ, いひの振り, いひ手巾を顔, いひへあげる, いひ拙い役者と, いひ拙き小説家を, いひは引つ, いひひ居る, いひつべし, いひ描線といひ, いひ支公が手談, いひ教育といひ, いひ文化の向上, いひ文壇といふもの, いひ文章といひ, いひ料理屋といふは常に, いひ新しいものと, いひ新しき犬は, いひ新劇俳優の演技, いひ斷案の明快, いひ方法といひ, いひ旅人の旅具, いひ旋律といひ, いひ既に在るもの, いひ日光の導き, いひ日本に来た, いひ日輪の兩傍, いひの明星, いひ明治の初年, いひその辺, いひ映画といひ, いひの如き, いひ時に沿うて, いひ晋中興書に陶侃荊州, いひ景教碑出土の當時, いひ景曲といひ, いひ暈氣といひ, いひ曲線といひ, いひ更に改めて若江と, いひ更に突然私の, いひといふ友, いひ曹魏の王肅, いひ曾子は之, いひ最後に指導教授, いひ月夜の眞夜中, いひ有情非情同時成道などといつ, いひ木津のだいがく, いひに着し, いひ本土の風, いひ本気で探す, いひ材料といひ, いひ色んな民族, いひ東亜新秩序, いひ東郷温泉といひ, いひのしん, いひ果して此は, いひの樣, いひ椿をあしら, いひ實主義と, いひ極めて大なる, いひ構想といひ, いひのない, いひ様不意に王, いひも心, いひ横顔が仲, いひ機械工業といひ, いひ機械装置劇といひ, いひ次に聞得大君の, いひを盡, いひ正面の背景, いひといひ, いひ此三四日来の脳, いひ此處といひ, いひ此身は風, いひがいかにも, いひにはまた, いひ段々入り込んで, いひは之, いひが利い, いひ気品の高, いひ水莖山の最, いひ沒却理想の詩文, いひ沒理想に至る, いひ泉氣といひ, いひ法隆寺の金堂, いひ泰平無事の日, いひ洋人の記録, いひ流沙といふ処, いひ流転といふ, いひ消極的美とはその, いひ淨土宗の事, いひ深々と沈む, いひ清巖といひ, いひを追, いひ源蔵を茶碗, いひ演芸といひ, いひ漢名玉柏一名玉遂また千年柏, いひつたが, いひ澁つてをりました, いひ澤氣といひ, いひ烟草入から煙管, いひといひ, いひ無意識といふ, いひらざれ, いひといひ, いひ熊吉はずる, いひ熱海から多賀, いひ爭つた揚句家を飛出し, いひ爭つてゐた, いひの氣, いひ特色といひ, いひ犠牲の不公平, いひ犯罪は殺人未遂, いひ狗奴國王は男子, いひ献上物をし, いひは壽八百, いひ獨孤莊といひ, いひといひ, いひ玄弉の立, いひ玉島川といひ, いひ玉清境即ち清, いひ王翦は六十萬, いひ珍しき事を, いひ現にそれが, いひ現代人と稱, いひ現在といつ, いひ理容師ともいはれる, いひ理想の世界, いひ甘さうな物が, いひ甚だよく似て, いひ生活社といつても今, いひ申し分もない, いひでいた, いひ留守と聞い, いひてること, いひ當時の洋人, いひ白い浪頭を, いひ白鼠頭魚といふ, いひ皮肉の反語, いひ目下が献つた数多, いひ直現情感といへる, いひなの, いひ相応して, いひといひ, いひに氣, いひ眼千古を曠, いひ矢場女といふ, いひといひ, いひ短い詩形を, いひ短長といひ, いひ矯正と称し, いひ石田局といひ, いひ神さんといふとき, いひ神官は嫌う, いひ祭祖といひ, いひ禁獄といふ恐ろしい, いひ私情といひ, いひといひ, いひ科學生活を享受, いひ科白のものものし, いひといひ, いひ窮苦といひ, いひに, いひ笑ふたとある, いひ三の, いひ管仲の人, いひといひ, いひの國, いひ粤于爰曰也爰粤于也といふの, いひ糊紅の仕掛, いひ系図には見えぬ, いひ紀伊続風土記, いひ紀貫之と書かずし, いひ細みといひ, いひ終りには, いひ経験といひ, いひ給はず眞の礎, いひ絵姿を拡げし, いひ絶對主客兩觀といひ, いひ絶對我といひ, いひ絶對理想といひ, いひ美文といふもの, いひ美的といふ, いひ義侠といふ其の, いひ羲仲を嵎夷, いひ鸛河を, いひ聖教量といへり, いひ聖經賢傳中にある, いひ聚書讀書の利益, いひかせるやう, いひの國, いひ背景といひ, いひの瘠せた, いひ脚布といひ, いひせず弛なき, いひ自らその善, いひ自ら書斎の一隅, いひ自分のは要するに, いひ舟遊びの船, いひ良永といつた, いひ艱難辛苦といふもの, いひを成すべき, いひ色合といひ, いひ色彩といひ, いひなる波斯, いひ芸妓の手踊, いひ草ぢやない, いひ菊五郎の秀吉, いひの欺罔, いひ萬里の長城, いひを買, いひ薬屋の方, いひ虚子は, いひ虞舜の姓, いひ虹氣といひ, いひ衆人の行, いひ行為の柔か, いひはす, いひ遣りたや, いひ製紙といひ, いひ褪紅色と答, いひ西といふ名目, いひ西のは当業, いひ西郷といひ, いひ西鶴が, いひ要するにその魅力, いひ見様体といふ皆我いふ所, いひ言葉は違う, いひ詩想複雑にし, いひ読者の側, いひ諸侯に薨, いひ讚岐の國, いひの國, いひの胴, いひ象傳で治暦明時, いひ貧しきはこれ, いひ貿易的産物といひ, いひ赤猫は, いひ起しは正しく, いひ越し玉ふもある, いひの運び, いひをのべ, いひき舟, いひ辨天樣といひ, いひ農村の舊, いひ通商關係といひ, いひ通稱を兵右衞門, いひ造化といへ, いひ連歌といひ, いひ過去の動詞, いひ道家の導氣養性, いひ遠方から心配, いひ遺産の大, いひ野原といひ, いひ野氣といひ, いひ鉄ちやんと呼ばれ, いひ銀座裏の店, いひは魂, いひ鐵瓶の湯, いひ長安の乾, いひ長書といひ, いひ間違へだらう, いひ關尹子の豆, いひ阿房の宮殿, いひ附子といふも皆, いひは高低, いひ陰影と云, いひ陸游は, いひ雄渾高雅なる, いひといひ, いひ雜記の書, いひ難くや侍らん, いひ難解といふ中, いひ雲氣といひ, いひ雲雀といひ, いひ電子といひ, いひ霊魂の不滅, いひ青き雲北斗を, いひ青磁といひ, いひといひ, いひといふ矛盾, いひ音聲といひ, いひ韻書に倭, いひ領巾振山といひ, いひを垂れ, いひを見合せ, いひに, いひ顔つきといひ, いひ顔色といひ, いひはす, いひしおきぬと, いひ風采といひ, いひ香取明神の一, いひが荷物, いひ英土耳古, いひ駱賓王の, いひ骨格といひ, いひまで小さく, いひ體裁といひ, いひ體質といひ, いひ高句麗が遼東, いひには上がる, いひ鮨桶を梶原, いひ鰺ヶ沢といひ, いひには落ちる, いひは彼等, いひ黒人の露骨, いひ默示録四・八には各, いひはこれ, いひ齋藤茂吉のだと