青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~ いで~ ~いと いと~ ~いない
いない~
~いなかった いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~ いひ~ ~いふ いふ~ ~いへ いへ~

「いない~」 16586, 179ppm, 575位

▼ いない~ (3304, 19.9%)

524 である 415349 です 146 だから 107 では 8867 であった 51 ですから 49 だった 44 だと 43 であるが 38 であるから 35 だが 27 ですか, ですよ, を見 25 だという 23 だよ, ですが 22 かい, でした 21 であります 20 かも知れない 19 だろう, だろうか, を見る 15 が多い, を幸い 13 であろうか 12 かしら, かもしれない 11 だからね, はどう 10 であって, ですね 9 かね, が残念, はどういう, を知っ, を見すまし 8 だそう, でございます 7 が不思議, だね, だろうと, ですからね, ですもの, は残念, を遺憾 6 か分らない, さ, じゃ, だもの, であろう, でしょうか, は事実

5 [11件] が現実, だか, だけれど, だし, でしょう, でしょうね, と同じ, はこの, を発見, を確め, を見た

4 [13件] かと思う, かな, かも知れません, が事実, が当然, は, は勿論, は遺憾, もある, を感じた, を知った, を知る, を見定め

3 [27件] かえ, かその, かもしれぬ, かもしれません, がおかしい, がかえって, がこの, がわかった, が普通, じゃない, だけれども, だったが, だろうかと, であったから, であろうと, でも, に気づい, に気づいた, に気づく, はいう, はその, はなぜ, はまだ, も当然, をかえって, を不思議, を私

2 [61件] かそれ, かそれとも, かただ, かと思っ, かと思った, かもしれず, かも知れん, かわからない, か判らない, か知ら, がある, がとても, がわかる, が今日, が何より, が多く, が常, が当り前, が彼, が最も, が淋しかっ, が現在, が甚だ, だからな, だからなあ, だな, だなと, だわ, でありました, でありまして, でしょうから, ですがね, ですけれども, との相違, ならば, なら私, に気付い, に驚く, はあたりまえ, はそれ, はない, はなかっ, はやはり, はよく, は一つ, は一体, は不思議, は判っ, は変, は当然, は彼一人, は淋しい, は確か, も無理, を, をいい, をたしかめる, を信じ, を確かめ, を見とどけ, を見定める

1 [483件] あんた, かいくら, かいっこうに, かいる, かい与八さん, かお, かお前, かが問題, かくやしけれ, かこき, かこと, かさっき, かしらとあやしんだ, かしらと思っ, かしらん, かじっと, かそら耳, かそれでも, かそんな, かということ, かという問題, かとさえ思う, かとその, かとたずねる, かとまた, かとも思われた, かとんと, かと云う, かと云っ, かと彼, かと彼方, かと思いました, かと思えた, かと思われました, かと思われる, かと素子, かと見た, かと訊く, かと長蔵さん, かどう, かどうしても, かどちら, かなあ, かなぞということ, かなとも思い, かなと不思議, かなと思い, かな早く, かねえ, かはっきり, かほとんど, かまるで, かもう, かもしれなかった, かも分らなかった, かも判然, かも知れぬ, かよう, から考える, かわかりませんでした, かガン人, かコトリ, かシカ, かシン, かジッ, かッ, かトント判断, か上調子, か世間, か二階, か何とも, か俺, か僕, か分からない, か分らぬ, か判然, か区別, か吉村, か外目, か家, か小, か少し, か居なかった, か時々, か武蔵, か玉枝, か疑わしい, か相, か真名古, か知らない, か知らん, か私, か考える, か見, か見た, か誰, か談論風発, か返辞, か遠く, か長く, か隆夫, か障子, か顔色ひとつ, が, があたりまえ, がいい, がいささか, がこの上なく淋しかっ, がこれら, がさっき, がざんねんだ, がざんねんだよ, がせつない, がその, がなおさら, がふつう, がまだ, がまだしも, がよろしい, がわかっ, がわかり, がわたし, がわたし達, がバレ, が一期, が人, が人間生活, が何だか, が何となく, が例, が判る, が半数, が口惜しかっ, が困る, が変, が太閤, が姉妹たち, が嬉しかっ, が宝, が実状, が実際, が寂しく, が寧ろ, が小, が少し, が役柄, が彼等, が情けなく, が明, が武蔵, が浅い, が浅ましい, が混, が物, が物足りない, が特色, が玉, が知られる, が私たち日本, が空, が結局気楽, が絶えざる, が自分, が見えた, が証拠, が通例, が通常, が遺憾, が難, さえあります, さふしぎ, じゃあるまい, じゃな, じゃないです, じや, だいるに, だからと, だからねえ, だからネ, だけが淋しい, だけ二十五種, だこの, だぜ, だそれ, だただ今, だだから, だちっとも, だったから, だったら何, だって, だなんて, だまた, だろういつも, だろうが, だろうし, だろうたまに, だろうという, だろうな, だろうなどと, だわたし, だ位, だ先代拳法, だ噫, だ女房, だ徳川, だ戦, だ末期, だ見えるもの, だ警察, ぢゃ仕様あるまい, でありこの, でありますが, であり村長, であること, であるそこで, であるため, であると, であるとか, であるの, であるばかり, であるまた, である旁, である立って, であれば, であれ入口, であろうかと, であろうかという, であろう彼女, でございまして, でございますから, でございますね, でございますねえ, でございますよ, でございます別世界, でしたから, でしたら逃げ出して, でしょうけれど, でしょうと, ですからねえ, ですけれど, ですし, ですしかし, ですそうして, ですぞ, ですって, ですと, ですという, ですのに, ですわ, ですガラ, です一刻, です私, です遠慮, でないが, でないと, でなかったが, でもあった, で御座いました, といわれ, とかよう, とがある, とじゃ, とだけの相違, とでお, とでどう, とでは味, とでは坐り, とで庭, とで社会, との区別, とまるで, ならいただきたいと, ならこんな, ならそれで, なら不安, なら今, にし, には, には何だか, には感心, に乗じ, に気づきました, に聞い, に驚いた, に驚いちゃった, はあなた, はいい, はうれしい, はおお, はおどろかれます, はお前, はきっと, はくだらない, はここ, はこれ, はすこぶる, はたしか, はたった, はちょっと, はつい, はつまり, はつらい, はどうしても, はどうも, はなにか, はひとり, はふしぎ, はほとんど, はみんな, はむしろ, はもっとも, はわかっ, は万人, は不当, は中毒作用, は事物, は人間, は何, は何たる, は何ゆえ, は何故, は作者, は信長, は倖, は分っ, は分り切つ, は刈られ, は判り切っ, は千二君, は千人, は単に, は同じ, は多分, は大助, は大方, は奇妙, は奇異, は女給, は実に実に, は尤も, は平生, は年代, は幸, は幾分, は彼女, は彼等, は彼自身, は怪しから, は悲しい, は情けない, は慥か, は憎い, は或いは, は掛軸, は明かだ, は明らか, は明治以来, は明白, は明瞭, は最近, は木, は母, は決して, は泥酔, は無い, は無論, は無造作, は物足りない, は特例, は甚だ, は目, は私達, は筆塚, は箇性, は米国, は結局, は職人たち, は臨機応変的解釈, は自分, は自然科学, は興味, は草, は表情, は襟, は覚え, は言うまでもない, は貴方, は逃げた, は面白い, は頭, は食い物, は食道楽, もあっ, もあった, もいない, もこの, もよい, も不十分, も不思議, も何と, も忘れ, も知らぬ, も面白く, やそう, やら, やらあちこち, やらちょっと, やら殆ど, やら解らなかった, をこれ, をすぐ, をたしかめ, をつけめ, をはっきり, をみ, をみすます, をもどかしく, をよく, を三次, を不本意, を仏, を他, を何心, を信ずる, を同宿, を喜ばし, を喜び, を売り, を売り物, を大, を好都合, を察し切っ, を常, を幸, を引け目, を待ち遠し, を御覧, を快く, を思い出しました, を思う, を怪, を怪しん, を悲しく, を悲しみ, を意外, を感じ, を感づいた, を慊ら, を慥か, を歎, を汝, を物足りなく, を痛切, を目のあたり, を目撃, を着, を知り, を確かめた, を確かめる, を羨ましく, を考え, を聡明, を胸, を自ら, を見いだす, を見すます, を見とどけた, を見れ, を見出したら, を見定めた, を見澄ます, を見計っ, を証明, を語っ, を責められた, んやったら, サ, ナゼあんな, 本を, 来年の, 相違に, 程度だ, 面白いこと

▼ いない~ (1085, 6.5%)

45 すれば 33 思って 26 いって 22 思う 19 見えて 18 思います 14 いう 13 すると, 云って 9 云うこと, 私は 8 いうので, 信じて, 聞いて, 誰が 7 云うの, 思うの, 見える, 言って 6 いうだけ, いうだけの, なると, 思ったの, 言う 5 みえて, 云っても, 思った, 知ると, 答えた, 見て 4 いうと, 云う事, 彼は, 思ったのに, 思われる, 断言し

3 [18件] いうから, いうのに, いった, いったが, いっても, わかって, 分って, 危険だ, 同様に, 思いました, 思いますが, 思うと, 思うわ, 思うん, 考えた, 考えて, 言った, 言っても

2 [37件] ある, いえば, お思い, したら, すぐこれ, する, ねむられないほどの, シラを, 不安で, 云う, 云うが, 云うので, 云うのに, 云える, 云った, 云ったが, 云わねば, 仮定すれ, 安心し, 思うが, 思えば, 思ったので, 感じて, 断言した, 本当の, 確信し, 称して, 答えること, 考えられる, 考えられるよう, 考えること, 自分の, 見えます, 見た方, 言うん, 言ったの, 言われて

1 [592件 抜粋] あっては, あとで, あとの, あるので, あれも, あんなになっ, いいますし, いい切られるであろう, いい顔, いうでは, いうならこれ, いうべきであろう, いうほど, いうほどの, いうよりも, いうん, いう者, いえと, いえよう, いえるかね, いくら職人的, いけない, いけないんだい, いけまいから, いけまいね, いざという, いったけれど, いったって, いったので, いったら結城, いってるけれど, いつ牙, いまも, いやだ, いろいろよく思われる, いわねば, いわれて, いわれても, いわれるが, いわれるよう, うまく行かない, おそらくお日様, おっしゃるの, おっしゃるん, おまんまつぶ, おもいました, おもしろ味, お母, お父さま, お葬式, からだに, がらりと, きっとどんなにかお, ここの, この事件, この小屋, この男, こぼしながら, これから恐竜, さっき宮子が, さっぱり張合い, さびしい, さびしく物足りないという, したらそして, したらたとえば, したらだな, したらともかくどんなに, したらどう, したら何たる, したら何時, したら僕, したら彼, したら生きて, したら結婚当夜, しましても, しらを, すぐさま潰れ, すぐに, すぐ妙ちきりん, すぐ茶餉台, するならば, するなら彼, するの, ずいぶん苦しく, せえ, そう返事, そそくさ通, そのままには, その意義, その辺, たちまち彼等, たれが, だめな, だれが, つい考えだし, つけ加えた, とうに悟っ, とかく自分等, とてもいい, とても脱出計画, とんだ失敗, とんだ狂い, どうあっ, どうにも恰好, どうも気, どうも淋しく, どこの, どのくらい, どんなところ, どんなに打ち捨てられた, どんなに淋しい, なおこの, なぜ存在, なぜ早く, なりゃあ, なれば, なんだか天気, なんだか極まり, なんとなく淋しかっ, はじめから, はっきり自認, はんと, ひとくちに, ほかに, ほんとかね, まずいから, まったく他, みえる, みえ千曲川, みずから信じ, みずから欺い, みた方, みんなその, みんなだめに, やはり花, ややともすれば, やや不満, やられて, よくいう, わかってる時間, わからないがね, わからん方, わかりやがて, わかると, わたしは, アドバルーンとしての, ケロリと, ゴマカした, スポイルされる, ダメな, ロシヤ語で, 一人前の, 一口答える, 不便です, 不都合である, 世話を, 世間から, 主人が, 主張し, 主張する, 主演者は, 乳という, 云いました, 云いまた, 云うつもり, 云うに, 云うべきなの, 云うよう, 云うんで, 云う一部, 云う動かぬ証拠, 云う始末, 云う点, 云う発見, 云う筈, 云う見識, 云う訳, 云う風, 云えば, 云え自分, 云ったところ, 云ったね, 云った方, 云わなければ, 云われた, 云われたが, 云われて, 云われ始めた頃, 人から, 今の, 今夜, 今度は, 仕事が, 仰しゃって, 仰しゃるのと, 仰っしゃるか, 仰云いますそう, 仰云ったので, 仰有るの, 何となく悄気, 何となし, 何の, 何を, 作品においても, 保証した, 保証する, 信じきって, 信じつつも, 信じながら, 信ずべき理由, 信仰的反ばくが, 僕は, 元も, 公言してる, 兵卒は, 具合が, 内閣が, 冷やかに, 出世の, 分らないよう, 分ると, 判断される, 匂いが, 危いものだ, 危ないから, 危ないです, 叔父さんが, 可哀想だ, 叱って, 各国の, 同じくその, 同じく部屋, 同時にこれ, 告げた, 告げました, 告げる眼つき, 告白しなけれ, 営業停止を, 嘆じた, 嘘の, 困ります, 困りますが, 困るから, 困ると, 困るの, 固い泡, 固く信じ, 報じられて, 売れないと, 変に, 大変不, 大層御機嫌, 夫は, 子分も, 存じまする, 安心しきっ, 安心しない, 安心できなかった, 実に不便, 客観的多面的な, 家の, 家は, 家族達に, 容易には, 差支えが, 帰りがけに, 帰納し, 庭から, 彼らは, 彼自身いう, 御註文, 心で, 心得て, 心配が, 心配な, 必然此処に, 忽ちこう成り下る, 忽ち衰え, 思いこんで, 思いますがね, 思いますネ, 思い彼, 思い込んで, 思ううち, 思うか, 思うかっ, 思うきわめて, 思うけ, 思うけど, 思うけれども, 思うこと, 思うた, 思うので, 思うよ, 思うよう, 思う時, 思う私, 思える, 思ったから, 思ったが, 思ったらしくそのまま, 思ったらしくやがて, 思った客, 思った由吉, 思った石段, 思った闇, 思った階段, 思ってか, 思ひこんで, 思わねば, 思われた, 思われたの, 思われて, 思われるうち, 思われること, 思われるん, 思われる側面結晶, 思われる妙, 思われる色, 恐らくそれ, 悩ましい気持, 惰弱だ, 想像され, 想像するなら, 感じました, 感付いた, 手の, 手も, 批評した, 承知し, 技術では, 拒んだ, 推論し得ない, 損を, 撲殺される, 断定し, 断言なさる, 断言は, 新聞の, 早呑みこみ, 明言しました, 昼間でも, 更に一層ゆく, 本気で, 材料を, 来た, 板に, 果して云い切っ, 権益を, 歎かせられた, 正直に, 死んで, 段さんが, 気が, 気に, 気の, 気持が, 江戸へ, 治まらないよう, 泡が, 淋しいからね, 淋しいけど, 深くない, 滑って, 火の, 無心する, 熱帯の, 物足りません, 生きた気, 申され, 申しますが, 申すこと, 申すの, 申上げ, 申上げられる, 癖が, 相手が, 眠れないので, 眼が, 眼の, 矢張り僕は, 知ったから, 知ったとき, 知っては, 知れた, 研究所の, 確かめると, 祖母の, 秀吉は, 私には, 私を, 秋に, 秘蔵な, 穴は, 空疎に, 第二, 答えたかった, 答えたであろう, 答えたり, 答えた人数, 答えました, 答えると, 答えれば, 簡単な, 罵り喚くので, 考えその後土地, 考えましたが, 考えられるかも, 考えられる理由, 考えるならば, 考えるよう, 耳に, 聞かされると, 聞くと, 肌さびしい, 肺動脈の, 腹立たしかった, 自分で, 自分達が, 自惚れた天狗様, 自白する, 舌を, 色々な, 落付けない, 蓋を, 虫が, 行動で, 見えまた, 見えよごれた特別広告, 見えるね, 見えコトリ, 見え侮蔑, 見え友達たち, 見きわめを, 見さだめたか, 見たものの, 見つかります, 見ても, 見ること, 見るの, 見極めて, 親たちに, 解釈する, 言いはった, 言いディッケンズ, 言い切り得る, 言い切るため, 言い張ること, 言い得るであろうか, 言うただけじゃ, 言うの, 言うものの, 言う事, 言う人, 言う報告, 言う程, 言え, 言えと, 言えないん, 言えば, 言えるの, 言えるん, 言ったが, 言ったな, 言ったにも, 言ふ, 言わせて, 言わなければ, 言わるべきであるから, 言われますか, 言われると, 記されて, 話した, 認めなければ, 誤解しよう, 説いて, 誰れ, 買わないそう, 追い返したん, 都合が, 金さん金さんと, 鑑定しなけれ, 鑽は, 間に合いませんぞ, 限らない, 限りません, 雌鶏が, 電気に, 非道い, 非難し, 非難した, 面白味は, 飛んだ目, 飛んでも, 食事も, 飯が, 駄目だ, 駄目である, 駄目な, 騒ぐに

▼ いないこと~ (1023, 6.2%)

24 はない 22 である 18 だった 16 になる 15 もない, を知った 14 がわかりました 13 を知っ 11 が分った, だ, は確か 10 です 9 がわかる 8 がわかった, に気がつく, はなかっ 7 がある, をたしかめ, を発見 6 は明らか, をたしかめる, を示し, を示す, を証明 5 が多い, であった, でも, に気がついた, に気づいた, はこの, を知る, を確かめる

4 [13件] がこの, がよく, がわかっ, が分る, だけはたしか, であろう, では, に気がつき, は事実, は注目, を思う, を意味, を確め

3 [20件] がお, が感じられる, が明らか, さえあった, だけは確か, だったが, でした, にし, に気, に気がつい, はたしか, は彼, もある, もなかっ, をはっきり, を信じ, を知りました, を確信, を私, を見

2 [51件] から来る, がたしかめられた, がはっきり, が分かっ, が判った, が判り, が多かっ, が少し, だけである, だけは明, だし, だと, であります, であるが, になっ, になります, にほっと, に原因, に気がつきました, に目, の証拠, はいう, はなく, はほとんど, はまず, は分っ, は勿論, は明, は明かだった, は明かである, は明白, は誰, もたしか, やその, を, をさとった, をたしかめた, をたしかめました, を不思議, を主張, を希望, を彼, を思い出した, を感じた, を物語っ, を確かめ, を確かめた, を自覚, を見て取った, を見出し, を説明

1 [505件 抜粋] および別に, おわかり, かくて, かというよい, からで, からでも明らか, からひき, からも凌ぎ, から彼女, から推せ, から生れた, から考え, から若い, があきらか, があげられる, があっ, があらわれ, があり, がありあり, がいかにも, がいよいよ, がうれしく, がかえって, がかなり, がことに, がさすが, がし, がしばしば, がすべて, がそう, がその, がたしかめられる, がただちに, がどっさり, がなかっ, がなに, がなんだか, がむしろ, がより, がわかります, がわかるなら, がわかろう, がオリヴィエ, がペーピー, が一, が一つ, が不幸, が不思議, が伸子, が分かる, が分っ, が判, が多く, が実に, が幾度, が彼, が心, が心細い, が思い出される, が思われる, が悪い, が慾, が手, が掲示, が斷言, が旦那, が明白, が明瞭, が時々, が有力, が条件, が次第に, が残念, が気づかれない, が波田, が現われ, が現在, が発見, が直接, が知れよう, が知れる, が美奈子, が自慢, が解った, が解るだろう, が証明, が認められるであろう, が語られ, が誰, が金五郎, が長い, が離婚, が非常, が面白く, ぐらいで, こういう手術, こそが誇り, この際伸子, そういうこと, そしてそれ, そして万一, そして日本, その点, それどころか二つ, それに彼, だいぶ不満, だから, だが, だけが分った, だけで, だけでもこの, だけははっきり, だけは人, だけは分った, だけは最も, だけは確, だけれども, だけをたしかめ, だろう, だろうから, だ一人, だ思い, つまりたとえばバルナバス, であったが, であって, でありましたが, であるか, であると, であるのみ, ですから, でそれ自身一つ, でどう, でほっと, でまず, でも明らか, でフリードリッヒ, で実業家, で待って, で忽ち, で私, で誰, と, といったら, とかを話した, とこの, とぞんじます, とて芝田さん, とで彦兵衛, とどうして, との間, とは一致, とを確かめる, と呑気, と想像, と料理, と自分, と解決, と運動神経, などからなに, などが感じられる, などが推定, などにからん, などをも知りました, なの, なのよ, ならびに深川, なんぞも一向, にあった, にある, においては全然, におよそ, についてあなたがた, についてそれ, についても言及, についてゴーリキイ, について批判, について考えなおす, にとっくに, になつ, にならそう, になり, になりました, になるで, にはいざ, にはこう, にはどうにも, には気付い, には浜, には葉子, には言及, にもよるであろう, にも原因, にも語られ, にゃ葬式, にやがて, によってかなり, によってはっきり, によってもなんら, にアグーシャ, に不満, に人, に人びと, に今, に他, に因っ, に安心, に対する憤懣, に帰したい, に帰着, に思い当った, に悲観, に成功, に押し通し, に気づかなかった, に気づく, に気づくでしょう, に氣, に注目, に由来, に相当負け目, に私, に竹二郎, に自ら得意, に自分, に苦痛, に驚く, のおどろき, のため, のハッキリ, の反映, の多い, の憾み, の所為, の理由, はあなた, はあまりに, はありません, はありませんでした, はあるまい, はいっそう, はお前, はせめて, はその, はそれ, はただ, はどうかよく, はなかろう, はなくなった, ははっきり, はもちろん, はやや, はわかっ, はわかりすぎる, はわたくし, はキット一つ, はフリーダ, は一度, は一抹, は一般読者, は争えません, は今日, は何と, は信一郎, は出, は判っ, は判り切っ, は前, は前山さん, は半日, は協会, は叔父, は口, は君達, は吾, は土方与志さん, は多勢, は多少, は夫人, は女, は家庭, は寂しい, は察せられます, は小径, は尾州藩, は屍体, は帆村, は幕府方, は幽邃, は幾分, は彼女, は悲しむ, は想像, は意味, は日本画, は明かでした, は明瞭, は本当, は柳, は格別帆前船, は残念, は気の毒, は決して, は注意, は浩, は物足りない, は特色, は田園, は田鍋課長, は申す, は疑い, は病人, は白雲, は目付役, は相, は相手, は真実, は知れ, は確, は確め, は確実, は米友, は自分, は自明, は興りうべき, は見, は見ただろう, は解っ, は解る, は認めね, は警官, は賛成, は過去十年, は遺憾, は郷土自体, は長谷部大尉, は限り, は青島, は馬鹿げた, ばかりである, への奇蹟的, への目ざめ以外, への自覚, まずこれら, まで口走ってる, もあった, もあり, もありだった, もありません, もいかに, もお話, もっとも下, もまた, もよく, もらいてう, も亦, も何, も実に, も帝, も明かであった, も明白, も無, も無い, も甚だ, も目, も知っ, も知った, も私たち, も著しい, も解っ, や今, や機械, や温泉, よ, らしかった, をあげ, をいい張っ, をいぶかりくりかえし, をいまさら, をうまく, をくやんだ, をことごと, をことに, をこの, をさとりました, をしめす, をその, をそれ, をそろそろ, をたちどころに, をだれ, をとう, をとりすがる, をふと, をほとんど, をほんとう, をみずから, をも一度, をも学んだ, をよく, をハッキリ, をポリニャーク, をマルクス, を一生けんめい, を不便, を久助君, を予, を予め, を事実, を云々, を云いました, を云った, を人, を企て, を伸子, を作者, を僕, を冷笑, を別に, を半蔵, を告げた, を喋っ, を坂口, を報告, を外国, を家, を察し, を少く, を少し, を希っ, を彼女, を彼等, を心細く, を忖度, を忘れ, を思いだした, を思い出し, を思わせる, を怪しみ, を恥じた, を恥じる, を悟った, を想見, を感じる, を憤慨, を手軽, を指し, を指摘, を明, を書いた, を最初, を松江, を標榜, を欲, を残念, を沁, を注意, を淋し, を無言, を熟知, を特色, を申し, を疾く, を痛感, を直覚, を知ってる, を知らず, を知るだろう, を確実, を神, を突然, を立証, を経験, を罵倒, を考え, を考える, を聞い, を衆人, を見いだした, を見た, を見まし, を見る, を見出しました, を言おう, を話した, を話しました, を誇示, を認め, を認めざる, を認識, を誓わせ, を語る, を読みとる, を誰, を遺憾, を電話, 勿論だ, 失くなったの, 従って今夜, 従って当時, 既に女

▼ いないよう~ (812, 4.9%)

7158 である 49 です 33 だった 29 に見える 27 に思われる 24 であった 22 だが 20 な気 15 に見えた 12 ですが 11 であるが 10 だね 9 だから 7 でした, なこと, な様子, に思う, に思われた 5 じゃない, だし, だな, ですね, ですよ, でもあった, なところ, に私 4 なの

3 [16件] だと, だという, であります, ですから, なふう, なもの, な態度, な時, な空虚, な調子, にする, になる, にみえる, に思います, に見え, に見受けられる

2 [33件] じゃありません, すだ, すであった, すである, だけれど, であったが, でい, でしたね, では, なある, なその, なただ, なので, なものの, な人, な変, な性質, な生活, な顔, に, にその, になった, にも思えた, にも思われる, に伸子, に平気, に思えた, に思える, に思っ, に思われ, に見えました, に見受けられた, よ

1 [229件] じゃ, じゃが, じゃな, すでした, すです, すで汽車, すなので, だけれどね, だけれども, だぜ, だったから, だったが, だったら女, だどうか, だなあ, だねえ, だよ, だわ, だネ, だ拙者, で, であったら近所, であっては, でありました, でありますが, であり一瞬髯, であり仮に, であるから, であるし, でいや, でございます, でございますな, でございますよ, でしたが, でしたねえ, でしたよ, ですけれど, ですけれども, ですな, ですもの, です今日, ででも, でとうてい, でも, で全く, で少し, で母, で片腕, で相手, で薄い, で裾, と笑っ, な, なあやふや, なおろか, なそういう, なそっけ, なちぐはぐ, なつまり, なと, なふしぎ, なふり, なほがらかな声, なぼんやり者, なまね, なよう, なわけ, なん, なイヤ, なコロンタイズム, なテイタラク, なミサ子, なロシア生れ, な一定, な一種, な不得要領, な世故, な仕事, な何, な例, な保, な加減, な半面, な印象, な参考資料, な可哀そう, な問題, な噂, な土地, な地域, な声, な大昔, な夫人, な家, な小路, な山, な席, な弱, な彼, な心もち, な心地, な忘我, な思想, な思想文化, な悠然たる, な悲しい, な惰性, な愛嬌, な感じ, な感情, な憤怒, な放電路, な敏行君, な文芸作品, な新, な旧知, な暗い, な書, な有名, な有様, な樣子, な次第, な殆, な母君, な気分, な沈黙, な活動欲, な然, な物, な状態, な現状, な現象, な瑠璃子夫人, な甚だ, な生活態度, な目つき, な眼, な眼付, な瞼, な神々しい美し, な科学的, な穴蔵, な素晴らしい, な色々, な苦しい, な著作家ら, な虚ろ, な街, な被害者, な言葉, な責, な路地, な連関, な遠い, な部屋, な野戦病院, な鋭い, な隙, な風, な骨, にあらかじめ, にがくがく, にこの, にさえ思います, にさえ思われる, にさえ見える, にさせた, にし, にしん, にすら見える, につや子, にとだけ言っ, にとりすまし, にと特別, になっ, になり, になりました, にね, にまた, にみられます, にむしろ, にもみえた, にも取れる, にも思います, にも思われた, によろこばしい, に三人, に八重子, に吉野村, に夢, に天真爛漫, に小説, に岑閑, に平然と, に彼, に思え, に思われました, に思われます, に感ずる, に手早く, に振舞った, に斉興, に斬らせた, に正常的理想的状態, に決っ, に無遠慮, に特別, に猛烈, に真面目, に祈っ, に笑い出した, に笑っ, に考え, に聞えた, に自分, に致したい, に見うけられた, に見えます, に見せかけ, に見受けた, に見受けられます, に見受ける, に観察, に言う, に迷信, に鈍かっ, に静か, に顔, ね

▼ いない~ (680, 4.1%)

5 ためである 4 何でも, 私は 3 いつかこの, これは, これを, ともかくも, どうした, 彼は

2 [27件] あの元日, これでも, これも, さすがに, しかしそれ, しかしどこ, しかもこの, それでも, それは, そんなこと, ために, どこかに, なんでも, ようだった, 今も, 他の, 兎に, 夕方の, 多年の, 女の, 彼の, 東京の, 現実の, 素袷すそ取りの, 羽織の, 自然と, 花が

1 [595件 抜粋] あさ子は, あたしは, あっちこっち旅行は, あの時, あの火事場, あるいはそんな, あるちょっとした, あれから, いいぞ, いいよ, いずれに, いずれ朱実, いったいあ, いまこの, おそらく俳句, おそらく半分近く, おそらく梅, おもむきは, おれの, お待ちよ, お振袖, お気に入りの, お通, かの, きっとここ, きのうの, きわだって, きわめて彎曲, けっして古くは, こういう歌, ここに, ここには, このさわぎ, この一足, この前, この御, この招婿婚, この時, この歌人, この湖, この衝突, この記事, この講演, この通り, これから仕事, ごとくカタカタカタ, さあ幾日, さっき話した, さてどれ, さて何処, さながら自身, さる警察署長, さんざん君, しかしここ, しかしこれ, しかししりぞけよう, しかしともかく, しかしウードレー, しかし出生, しかし北条家, しかし広い, しかし彼女ら, しかし書斎, しかし最も, しかし死ぬ, しかし癢, しかし紙幣, しかし諸君, しかも生, したがってつまり女, しまいには, じかに身, ずいぶん間違った, そういう怪物, そういう誤解, そうかと, そうしなかったら, そこが, そこに, そのうち, そのかわり, そのかわり一日中真暗, そのゴム毬, その上, その両者, その中, その亡霊, その出立前, その勇ましき, その名, その夏, その家, その屏風, その意味, その感激, その文章, その方則, その時氏輝, その監督主任, その緑, その辺, それから, それが, それでもまだ, それでもやはり, それでも一度, それでも大阪, それでも明けッ, それでも東京, それでも次, それでも毎日, それでも汽車, それでも被りもの, それに, それより, それよりは, それよりも, それらは, それを, そんな気持, たいへん感じ, たしかに今ぼく, たずねて, ただそういう, ただ一事, ただ以上, ただ生れた, ただ相手, ただ鑑賞者, たぶん相手, だいぶ大きく, ちいさな鰈, ちょうど神田, つきつめると, つねに鬢頬, とかく軽く, ときどき顔, とにかくその, とにかくまあその, とにかく一課題, とにかく常識破り, とにかく持っ, とにかく是非休ん, とにかく蜂, ともあれ急げ, ともかく彼女, どういう気もち, どうか, どうだ, どうやらふざけ合っ, どこに, どこへ, どっちみち三日, なお尚侍, なにしろ十五, なるべく庵つき, なんとなく痛々しい, なんとなし, なんともいえない, はたしてそんな, はなはだしく空虚, ぼんやりした, まあ今, まさかに百万円, まさか面白, ましいもの, また決して, まだまだこの, まだもう一息, まだ山国, まだ登るべき, まだ自身, みんなの, むろん調べる, めいめいの, めんどうの, もしかする, もし一月, もし他, もともと鳥獣虫魚何, もと押丁, もはやそれ, やがてどやどやと, やがて弁当, やがて食事, やさしく話, やっぱり熱田, よい, ような, よく似, わしとは, わたしの, わたしは, アバス・ヌリ殿下の, アメリカインデアンの, イモムシと, ガスも, ゴルロフカ炭坑に, タークイン・ゼ・プラウドの, チチグサという, パパヴォアーヌの, ブリックスといった, モット真実では, ラウダ君です, ロパーヒンも, 一つ一つの, 一つ面白い, 一丁字も, 一度山, 一時新聞に, 一書に, 一月十九日に, 一生の, 一番の, 丈の, 三十三間堂との, 三十分ばかり, 三十女らしく, 上泉伊勢守の, 世に珍, 世馴れた概念, 中ぐらいに, 中でも日本人, 主として鳥類, 之が, 之は, 予てから顔, 事態が, 二世は, 二川は, 五十瓩内外だ, 五百か, 京都大阪は, 人名や, 今でも, 今度の, 今暁ここの, 仏教関係の, 以て, 以前は, 何か, 何でも摩耶さん, 何となく中, 何や, 何人にも, 例えばベスト, 俗間伝うる, 元の, 元和二年の, 元来一の, 充分出るでしょう, 先ず一つ, 先生得意に, 光秀の, 党が, 党代表として, 全くその, 全体が, 全盛の, 八百円という, 其頃既に, 冬枯を, 冬眠し, 処で, 切なそう, 利根の, 前借乃至, 剣術だけは, 副将として, 動く模様, 勝負づよいと, 勿論あの, 医術と, 十九歳の, 十五分か, 半分以上白髪で, 南方大陸の, 去年の, 反響は, 古典平家だ, 古東領左衛門, 只正午近く, 君らしく, 味方も, 噂に, 四囲の, 因縁を, 土田氏と, 在来不可離の, 城内の, 執筆を, 堅固さが, 夕方らしい, 多分その, 多分利尻山登山, 多分牛頭山, 夢中に, 大体こんな, 大塩中斎あたりが, 大学に, 大方ここら, 大気圏外も, 天辰の, 女が, 女である, 好いて, 好きな, 妙な, 子供らしく, 学び知った形式, 孰れ, 実は箇々, 客も, 宮本の, 家では, 家の, 寅彦の, 将来この, 尊氏の, 小さくがりがり, 小ぢんまりした, 小野氏が, 少くとも, 少しの, 少なくともこの, 少なくも二, 少年ネルロは, 山の, 山林谿流すべてが, 工事場からは, 工藤上等兵が, 左様な, 帆村探偵は, 師の, 常にここ, 平家部落からは, 広小路の, 広義の, 当時の, 彼より, 彼を, 彼等の, 往還から, 徒然草が, 従僕の, 微笑し, 必要に, 忍, 忍剣は, 思切らぬ, 急ごしらえの, 恐らくは議論, 恐らく俳句, 悲しさ, 想像する, 意識され得る, 懸命でいった, 我々も, 戦争前に, 手には, 押入れの, 探偵は, 擬国会みたいな, 放射線の, 故にそれだけますます, 文学の, 新九郎が, 新将軍, 新田先生は, 新聞, 既に大学, 既に柔, 日脚が, 明敏な, 明治二年に, 春樹は, 昨夜山梨県で, 時々それ, 時が, 暗々裡の, 最初から, 最初に, 最後に, 最後の, 最近東京で, 服部南郭の, 望遠鏡などは, 未亡人は, 本当の, 本来は, 東京生れだ, 東方の, 桟橋に, 歌が, 武士の, 武蔵を, 死という, 死亡率は, 毛むくじゃらな, 毛織の, 氏の, 水源地の, 汚くて, 決して悪い, 油断は, 波浪に, 泣きはらした美しい, 泣き出した気持, 深井を, 温泉客は, 漁師にとって, 潮は, 火勢に, 無論これ, 然しこういう, 然しひどく, 然し愛さず, 物が, 特に新田先生, 現在日本の, 生物の, 田尻市長の, 画面右の, 病人も, 目の, 直接それと, 真っ蒼, 着て, 研究所内では, 確実に, 禁ぜられても, 私が, 私の, 秋海棠の, 科学乃至, 秘密境という, 秘蔵弟子として, 米国からの, 綺麗な, 肝心の, 脚光などの, 脾臓の, 腹は, 自分に, 船を, 若し個々, 若し民衆芸術, 英国の, 菓子屋でも, 落葉で, 著者が, 血ばしって, 表面が, 西洋では, 西鶴以前の, 覆面の, 見る見るうち, 見捨てられない愛着, 覚えたもの, 親子と, 記代子を, 話の, 読者は, 誰々の, 貴兄の, 赤い鶏, 足跡の, 蹌踉と, 身もとを, 身体の, 軽視も, 辺りは, 近い頃, 近頃のは, 迷信的な, 道中差は, 道化芝居の, 道誉には, 適宜に, 郊外に, 郷土趣味六号に, 鉄骨に, 開闢以来の, 関東や, 闘志満々義憤に, 隙が, 雛妓にまで, 静かな, 非常に, 鞴の, 音楽的に, 頂上が, 頭巾を, 風が, 餘所行きの, 館の, 首に, 馬詰丈太郎氏は, 鳴雪翁にも, 麻鳥や

▼ いないという~ (623, 3.8%)

65 ことを 58 ことは 38 ことが 22 ことに 18 ことである 17 のは 15 ことだ 12 ような 11 ことも 10 ことだった, のが 9 ことで, ことです 7 のか, 事実を 6 事が 5 ことであった, 事は, 事を, 事実は 4 のだろう, のです

3 [14件] ことについて, ところに, のだ, ので, のであった, のである, はずは, わけだ, わけで, 事である, 点である, 点に, 話を, 風に

2 [25件] こと, ことであります, ことにも, ことの, ことをも, ところが, のであります, のと, のも, ふうで, ように, 事です, 事に, 事実に, 事情も, 意味で, 意味である, 意味な, 感じが, 法は, 点を, 結論に, 自信を, 限りは, 風な

1 [189件] あちこちに, ことから, ことさ, ことしかし, ことそれは, ことだけ, ことだけが, ことだけを, ことであり, ことでした, ことでない, こととは, ことなど, ことにかけて, ことについては, ことにでも, ことには, こと即ち, こと彼らの, こと構成の, こと父が, こと自分が, こと開放的, これが, しいんとした, すべての, その決定的, それ自らとしては, たの, ところあれは, のかい, のかネ, のさ, のであろう, のを, はっきりした, ひどく邊鄙, ふうだった, ものです, ものは, ものも, わけだろう, わけでしょう, わけです, わけに, んだ, んです, ギャップが, ギャップを, スペシァリストは, ヴェルダン市街の, 一事こそ, 一応は, 一般の, 上記の, 不安ばかり, 不安を, 了解の, 事その, 事だ, 事で, 事実が, 事実だ, 事実である, 事実と, 事実な, 事実には, 事実に対する, 事実の, 事実も, 人たちも, 人に, 仕末, 位の, 何か, 何とも, 例は, 僕の, 公の, 内輪談など, 利益が, 印象を, 反駁文を, 合図な, 吉報を, 回鶻語の, 報告を, 場合が, 場合だ, 場合では, 大発見を, 大統領に, 大衆的事実を, 妙味が, 学者も, 安心も, 安心感が, 定評に, 定説な, 実状に, 実際が, 屍体解剖の, 差異が, 建前に, 引け目が, 心配が, 志ん, 悲痛な, 意味が, 意味だ, 意味であります, 意味では, 意味なら, 意味を, 意識が, 感じばかり, 感を, 感覚から, 態度であった, 慰藉を, 批評は, 条件において, 根本欠陥である, 様子だった, 欠点が, 歓びの, 気が, 気にも, 気持が, 気持に, 気配いくら, 消極的な, 淋しさ, 澄ました顔, 点かと, 点から, 点が, 点だけで, 点で, 点です, 点について, 点は, 為体であった, 状態を, 現実は, 現実を, 現象から, 理由は, 理窟に, 理解が, 生き方も, 発見に, 発見は, 盲目的信念は, 盾の, 空虚感には, 答えでした, 答えです, 結論を, 自己弁護の, 自覚に, 自覚は, 表面の, 記録が, 訳です, 証拠が, 証拠に, 証拠も, 証拠を, 話さ, 話だ, 話まで, 話も, 説と, 談話が, 貧しい聖シルヴェストル寺院, 近代資本主義の, 返事であった, 返事です, 返事を, 返辞だった, 関係も, 関係を, 限りも, 電話です, 非難が, 非難を, 顔を, 麻痺した

▼ いないから~ (591, 3.6%)

63 である 3323 です 9 なの 7 だと, では 4 だという, であった, であろう 3 だろう, わからないが, 之は, 私の

2 [18件] いいよう, いつまで, これから足腰, これは, それは, だが, だそれ, でした, でしょう, でも, どうにも, よいが, 分らないが, 君の, 彼女の, 板場の, 知らないの, 自分の

1 [389件] ああ云う, あとで, あなたの, あまり正確, ある一定, あれで, あわてて, あんな事, あんな奴, いいじゃ, いかにも, いけないけれど, いたずらに感傷主義, いないという, いやだ, いろいろそれ, いろいろの, いろいろ考え, いろいろ間違った, いわばかたい, いわば処女地, えらい, おそらくは病院, おめ, お上ん, お前少し, お前様方も, お富, お雪ちゃんの, かえれないという, かほど有利, かるがるとから, きいたの, こういうこと, こういう一時的, ここでは, ここは, ここへは, こちらの, この乗り物, この商品勘定, この方面, この男, この鐘, これから一里半, これから直ぐ, これでは, これを, これ帰っ, これ幸い, こわいこと, こんなに鮮, こんな事君, こんな仔, ごく少数, さかんに, しかたが, しかとは, したがって一人一人, しばらくの, じゃ, すぐこの, すぐつかまっ, すぐ玄関, すぐ結婚, すべてが, せいせいしてた, せめて, そういうこと, そうした指示, そして自分, そっとし, そのため, その方, その点, その真意, その複写, その間に, その間は, その限り矢張り受動的, その點, それが, それでほか, それとの, それほど好き, それを, それ以上何か, そんな赤い, たとえばこの, だった, だめだ, だめだろう, だよ, だろうか, ちっとも陽気, ちょっとした事実, ちょっと寄っ, ちょっと路, つまらない, つまらないと, つまんないもの, でありこの, でありまして, であるかも, であるが, であること, であると, であるという, であろうが, であろうこうした, であろうと, でしょうか, ですよ, ですわ, でその, で二つ, で出来るならどんな, で娯楽用具, で尚, で本当に, で要するに, どうしてもお互い, どうしても損, どうもすべて, どこを, どんなにうるさく, どんなソヴェト, なおいい, なんだ, にすぎない, に過ぎない, に過ぎなかった, はっきりと, ひとりで, まずこの, またそう, また首切り, まったく生活, まるで早, むやみに, もう一週間, やすとは, やっぱりまだこうして, よいと, よくありません, わからないん, わしが, わたし内緒で, われわれが, アメリカの, ウィスキーは, サビエルは, タマの, ダメである, フトコロの, ボートに, マーケットの, ムクも, メートル法強制の, ワニス塗りの, 一個の, 一度類焼, 一見共産主義とは, 三十五秒も, 不幸に, 不思議, 世話が, 世間も, 両国間に, 丸薬さえ, 久子が, 事実において, 二葉亭の, 五分ばかり, 亭主への, 人無, 仕方が, 他家の, 代りに, 何とも批評, 何も, 何方にも, 余りその, 使者の, 信用できかねる, 俺の, 俺は, 偶然率に, 僕の, 僕らは, 充分な, 先方でも, 光という, 全くの, 全く生活, 全体にも, 共同の, 其処へ, 分からぬ, 分からぬが, 分るまで, 労働者の, 勢い我田引水, 勿論残業手当, 勿論臆断, 化膿性の, 博士は, 却って生活, 却って男, 友達に, 只音の, 同一の, 同人雑誌, 吾, 味も, 善かれ悪しかれ若いもの, 喧嘩に, 喫べ, 四人まえはいるだろう, 困って, 地層も, 地方においてさえも, 地袋の, 執念深く食い, 変でしょう, 多くの, 多少怪しい, 夜空は, 大したこと, 大して重要, 大そう部, 大体五六時間から, 大変青年達は, 大降りに, 太宰の, 女学校にでも, 好都合だ, 妙庵が, 威張る必要, 学校出身者と, 安心おし, 安心し, 安心しろ, 安心する, 安心だ, 家内と, 小舟を, 工場へ, 左近も, 帰りたいといった, 幇匪と, 干鱈の, 平野謙氏の, 当には, 当りまえである, 当分は, 当座の, 彼等が, 従って, 心に, 心もちが, 心配の, 思いきって, 恐ろしいん, 恥ずかしいが, 悪くッ, 悪人を, 慰問金を, 或いは僕等, 戦車では, 所謂常識の, 手も, 手を, 手付けに, 手先を, 手毬に, 扱いに, 探して, 探り易い, 散歩を, 散漫で, 文化的意義の, 文芸評論其他に, 料理に, 日本人には, 早くその, 明日つれ, 明日の, 明日持っ, 是は, 時期的な, 暗ければ, 服装を, 未しである, 村の, 来週ベスや, 松屋の, 果してどうだ, 此の, 此簡単な, 歩いて, 殿様は, 母性も, 毎日毎日わがままばかり, 毒だ, 気が, 法学教育の, 注射だけでも, 泳ぐに, 流し元で, 浮き上らないの, 温度が, 漁人が, 火傷は, 火星についても, 灰が, 無事に, 無料で, 爪は, 物種は, 特別な, 特別の, 狐についての, 現象形態だけを, 現象的に, 甘いもの, 甘ったれ涙, 皆敬意, 皮膚も, 盲目的な, 盲窓みたいな, 真相を, 眼に, 睡眠が, 研究などと, 確定的な, 確言は, 社会は, 私は, 私達は, 秋子も, 空手で, 立証の, 端下の, 第一級, 粗食に, 細い粗朶, 結束する, 罪が, 美しくなった, 翁が, 老眼鏡は, 考えて, 肉体の, 肝心の, 肥料を, 胃洗滌する, 背中が, 自働電話, 自分が, 自分について, 自由に, 若干説明する, 荷物の, 血を, 親子の, 解決を, 訊かなくちゃ, 訊きたいこと, 話が, 話以上伝説化した, 誰も, 警察へ, 貧しくたっ, 貨物や, 趣味は, 輪, 近い血, 追い出されたの, 遠慮し, 遠慮はいりません, 金を, 随って, 随意には, 雨か, 面白い点, 頼むから, 馬を, 駄作だ

▼ いない~ (549, 3.3%)

10285 です 50 だから 38 だよ 25 ですか 17 ですもの, ですよ 15 ですから 12 だね, だもの 11 でしょう 10 だが 8 だぜ 7 じゃない, だからな, だからね, だと 6 だな, ですからね, ですが, ですね 5 だろう 4 だけれど 3 だか, だし, だという, でしょうか, ですけれど, ですって, ですの 2 だがね, だけど, だぞ, だって, だなあ, だろうか, だわ, ですってね

1 [49件] じゃこっち, じゃつまらない, だいい, だからなあ, だからねえ, だがな, だきみ, だけさ, だけれどねえ, だけれども, だそう, だただ, だったらいい, だってのう, だつい, だとよ, だなどという, だねえ, だねと, だのに, だまだ, だろうねえ, だろうよ, だろうッ, だエ, だナ, だ全, だ掃除夫, だ鼻, でございますよ, でござんす, でしょ, でしょうが, でしょうね, ですあなた, ですからねえ, ですからネ, ですがね, ですて, ですてね, ですな, ですもう, ですわ, ですわたくし, です机, です松山, での, でも, ならとにかく

▼ いないので~ (459, 2.8%)

5 彼は 3 これは, すぐに, まっ暗です, わたしは, 何を, 私は

2 [13件] あたりは, ござります, そこは, それに, それは, それを, 人に, 安心し, 御座います, 画家は, 皆は, 直ぐ分っ, 詳しいこと

1 [410件] ああした, あか児を, あとを, あの裸体, あまり大きな, あらゆる心配, あるいはその, いいかげん斜め, いいチャンス, いくらでも研究, いっさいを, いっそうすべて, いつの間にか仲仕たち, いなくなるので, うちの, うまくかけず, うまく逃げられた, お気の毒, お葉, お角さん, お鈴, かすかに, かたぎな, かれは, がっかりした, がっかりだ, きっとやめる, こういうの, こうこうと, ここに, このハガキ, この探索, この珍奇, この番外試合, この石川訳, これ等は, こんなにさびし, こんな場合, さがして, さきごろの, さらにフランス, しかたが, したがってその, すきとおったプラスチックばり, すこぶる奇異, すっかり見通し, すべての, ずいとお市の方, せいせいした, せっかくおいで, せっかく出来上った, そういう場合, そうした夜, そこで一種他動的, そこらに, そのとき, そのまま片隅, そのまま踵, その三匹, その前, その態度, その日偶然, その横町, その点, その私, その著しい, その評論, その配属部隊, それだけ何, それでかえって, それ以上深く, そんな人, そんな噂, たたき屋根, ただがんりき, ただまあ, ただ無, ただ眸, ただ自己, ただ近所, だいぶ省ける, だれの, だれも, だんだん疑い, ちょうど退け際, ちょっと楽しみ, ちょっと舌打, ついぞ一度, つい忘れ, つやに, とくに人々, とてもよじのぼる, どうした, どうしても犯人, どうする, どうもよくわかる, どうもガラス, どうも可笑しい, どこからでも, どの方面, なおさらその, なおさら妙, なお一回, なかなか思う, ななか, なんにも, なんらの, はだけた胸, ひどく意外, ふしぎそうに, ほかには, まあ我慢, まえの, まことに気, まず四, またそれ, またもと, また今度, また後, また極貧者, また無邪気, まだわけ, みんな他人が, むしろ後れ, もうやけ, もう一度たしかめ, もしやと, もし御, もとの, やって, やはり晴天, ややへばったらしい, やや当惑, ゆっくり話す, ゆるくカール, よく字, よほど前, わずかに, エミイが, コトリコトリ下駄の, スキーが, ズルズルと, セエラは, バッジは, フサフサした, 一と, 一目に, 三人は, 上衣の, 不安に, 不審を, 不満ながらも, 不自由を, 世界中の, 中は, 乃公は, 之と, 予審の, 事実と, 事実に, 事実の, 二三梃いっしょに, 二階中は, 云わば, 井上君と, 交代で, 人を, 人声も, 今ここに, 今これを, 今の, 今まで, 今全集の, 今出品目録を, 代金を, 伊豆の, 何か, 何の, 何も, 何事も, 何処を, 何度も, 作者は, 侍臣の, 先ごろの, 先達ての, 光悦は, 全然お, 其の変化, 其処には, 其真相を, 内部は, 刀を, 分らない, 分らないけれども, 分量の, 切符を, 別手組の, 利益を, 勤務演習に, 半七, 博覧会を, 原稿を, 参賀する, 召使までが, 台所へ, 向う側の, 君江は, 唐島という, 商売繁昌客にも, 四期分の, 困った, 困るの, 変に, 夏の, 夕飯までに, 外の, 夜の, 大いに不満, 大いに失望, 大きな計画, 大そう, 大人の, 大変嬉しかっ, 大抵昼寝, 大阪の, 夫の, 失望しました, 奥へ, 子供の, 学生も, 安心しきった, 実は容易, 客車は, 室が, 寂しい所, 専ら車輪, 少しあわてた, 少し頭, 岩間温泉附近に, 巌に, 巣の, 平常は, 廷丁と, 弥助は, 強い光, 当人達自身も, 当然の, 当然天窓, 役に立たない, 彼が, 彼にも, 彼らは, 彼らを, 彼女は, 彼等が, 彼等には, 後から, 従って模写説, 御座いますから, 御座いますが, 御米, 復興が, 心細いという, 慣れないトラック, 憂鬱な, 憤然ひとり祖父の, 所々の, 手の, 手不足で, 披露式の, 押し返して, 控室に, 撮影の, 改良すべき, 敬太郎は, 文句は, 断定的の, 早速楊修, 昼も, 時々風, 時どき人, 時に順一たち, 来年あたりからの, 果してそうか, 柔和な, 柳の, 槍騎兵を, 横切った川, 此処まで, 歴史を, 残念ながら, 母は, 毎日奥の, 毎日私は, 江戸じゅうの, 泣き沈んだユキ, 流れは, 浅い句, 淋しいこと, 淋しかった, 満洲特有, 漕ぎ寄せて, 無責任な, 無駄足を, 牧草が, 物の, 物を, 犯人石川が, 玄関の, 王さまは, 現在の, 甚だすまない, 産卵は, 留置場じゅう森と, 畸形的な, 百万ドル出した, 皆郵便に, 直ぐ彼方, 相当に, 真実らしく見える, 眼が, 眼やにを, 眼前の, 知嘉姫に, 短い幅, 破調, 確かな, 禅師の, 私の, 空しく引っ返しました, 笑われは, 第一回, 紙入れを, 細かき仕事, 紹介傍, 絶対無としての, 綿と, 編輯長は, 胸の, 腰が, 腹が, 腹を, 自分たちで, 自分は, 自然と, 船は, 船頭どもの, 芥川が, 若しジイド, 茂助も, 荒れたまま, 荒田老も, 荷物なんかを, 菊江は, 落ち合うと, 薪水積込み, 薬や, 蜜柑の, 袷くらいの, 裏の, 西保の, 見当が, 見物人に, 訊いて, 訊くこと, 話が, 誰が, 誰だった, 誰の, 諸臣, 谷中派の, 赤十字の, 起きて, 身よりの, 身体に, 躯じゅうが, 躯中がか, 軽く引受け, 近いうち, 近頃の, 追う者, 遂には, 運転手の, 酔わぬ時, 重い洋書, 釘勘は, 鉄板の, 錠前を, 門の, 間もなく人々, 階下へ, 階段登りしか, 難なく午前十一時頂上, 雨戸が, 雲の, 零落れても, 鞭の, 頭が, 頸輪も, 頼朝は, 顔と, 顔は, 風で, 食事より, 食事を, 駆けこんで, 驚いた, 髭と, 鬢を

▼ いない~ (399, 2.4%)

5 こっちへ 4 何か 3 ここへ 2 あなたの, あらう, くれれば, しよう, それに, どうする, わかりません, 江戸へ, 自分で, 自分の

1 [367件] ああいう, ああな, あき茶屋の, あたしの, あなたも, ある箇所, あれも, いいあらそって, いいと, いい塩梅, いきいきし, いっそ黙っ, いつもの, いつも重要, いろいろの, うつむきかげん, うろつき廻りそこかしこ, おあがり, おそらく彼女, おれを, お兄様, お前も, お坐, かえって自分, かえって自然力, かえりましたが, かわいそうな, けしからんことだ, こいつが, こういうの, こうなった, こちらの, この乞食独特, この事件, この人, こぶ, こんなにぽかぽかする, こんな処, さあひとつ, さっそく宝, さまざまに, さようならと, しかもそれ, しかもそれぞれ, すぐいらっしゃい, すぐお, すぐに, すぐにも, すぐ問題, すぐ帰っ, すこしお, すこしこの, すこし手伝っ, すっかり忘れ, すむの, すむ事, ずんと先, せめて手, そうして人生, そこに, そして存在, そのままスタスタ新橋, その人, その全部, その吸血鬼, その押し, その移り変り, その重荷, それも, それよりは, そろそろ出かけましょう, そろそろ議事, たいがいは, たずねた, ただその, ただわずか, ただスリラア, ただビニール, ただ一人, ただ寄せかけ, ただ死体, ただ突き刺し, ただ通りかかり, たまには, たやすく生, だれか, ちっとあっち, ちっと眼, ちと手伝い, ちょっとばかり, でて, とりなして, どういうわけ, どうかする, どうしてお, どしどし言い, どっちとか, どんどん扉, なお前途遼遠ダ, なにか赤黒い, なんとかおっしゃっ, なんとか言っ, なんら損傷, のどの, はっきり言っ, はやくお, はやくお出で, はやく逃げ出せ, ぱちんと鍵が, ひっそりし, ひっそりと, ひとりっきりぽつねんと, ふたりとも, ほとんど子供たち, ほんとに面白い, まあ焚火, まあ片, また前, まもなく縺れ, まるで風, まるで鱗, まれには, まアお歩きなさい, まア一杯, みなに, みんなそろっ, みんなもうよぼよぼ, みン, むしろトランク, むしろ彼, めいめいちがった, もうか, もうさっさと帰っ, もうすこし快く, もう少し気, もっと手近, もっと早く, もっと直視, もっと立派, やって, やはりわれわれただ, やはり大地, ゆったりと, よいから, よいと, よい方法, よかった, よければ, わかるよう, わしに, クリストフの, ズカズカその, ズンズン世話を, トムの, ドアを, ビュルストナー嬢の, フリーダだけが, ブラブラ町, 一その, 一つの, 一刻も, 三人づれで池の, 三味線でも, 上さんが, 下仕えの, 世界像を, 両眼, 中では, 中央公論社は, 二三時間し, 二人の, 二十九日ごろから, 二十人ないし, 五十文字ぐらいは, 京へ, 人相書とは, 今お前が, 今少し, 今年は, 仏頂寺と, 他の, 他人の, 伊達さんが, 伸子たちの, 何とかいえ, 何とかお, 何とか知恵, 何んとか, 何処か, 余り感服, 便利な, 借着を, 値段を, 偶然にも, 働く者, 元気よく, 入らないかね, 全く平凡, 全十二巻, 具体的に, 典侍が, 前庭の, 十五夜の, 十分に, 南フランスの, 危険でも, 厳選に, 叱りました, 吹雪さえ, 吾等の, 呉れ, 四通八達で, 園内は, 坊主ばかりが, 堂々と, 壁に, 声の, 外へ, 多賀ちゃんの, 大きな炉, 大手を, 大胆に, 天上を, 奥の, 女が, 子供を, 寂しいでしょう, 寧ろ上出来, 寺男らしい, 対手だけを, 小さくとも, 小なる, 少くとも, 少しきちんとし, 少し坊や, 少し奥, 少し急ごう, 少し海, 少し蒼味, 尚前途遼遠ダ, 展望が, 岩は, 岩石や, 帰って, 常に河, 当方の, 彼が, 彼の, 彼女は, 思い切って, 思掛けなく, 愉快です, 慣れて, 懇願を, 扉が, 扉の, 手に, 手を, 手紙を, 折角お客様, 操縦室に, 放りっぱなしに, 旦那の, 早く, 早くいえ, 早くそこ, 早くも, 早くパアティ, 早く上がっ, 早く上陸, 早く下, 早く出しなさい, 早く安らか, 早く新潟放送局, 早く眼, 早く立っ, 早く籤, 早く行きましょう, 時々, 書いて, 書斎に, 有明の, 朝鮮人の, 本当に可愛い, 来て, 柔らかいやさしい手, 椿の, 極めて具体的現実的, 次の, 此の, 武夫少年の, 武者振りつい, 残って, 残念である, 比較的利口そう, 気晴らしに, 気楽そうに, 水の, 水虎などという, 済むの, 点々と, 為さあの, 無事だった, 煙草の, 物を, 現と, 理由を, 町はずれに, 登って, 白い座蒲団, 皆の, 皆穴の, 益満, 目で, 直ちに, 直径が, 直立し, 眺めて, 着物を, 研究所の, 社名での, 神通道力という, 祭司の, 私たちを, 私に, 私は, 私一人が, 空気が, 空気の, 窓の, 笑い声が, 給仕女が, 罪悪や, 肉が, 自分たちの, 自然の, 至極皮相, 舞台の, 船に, 若党の, 茶でも, 草鞋でも, 襟まで, 見なれない束髪, 視線は, 言った, 診て, 証拠を, 話して, 話も, 誰の, 諍闘の, 足もとの, 足を, 近くへ, 途中へ, 過去から, 酒の, 開放され, 関う, 陰で, 障子を, 雪之, 額に, 飯の, 飽くまでルンペン性, 髪を

▼ いないもの~ (334, 2.0%)

40 はない 11 である 10 のよう 9 がある, だ 8 だと, でも 7 ですから 6 だから, はなかっ, は無かっ 5 であった, です, と思っ, はありません 4 では, は無い, もあった 3 が多い, であるから

2 [15件] か, だが, だけである, だった, だろうか, であって, であると, とばかり思っ, と諦め, なの, は一つ, は問題, もある, もない, を

1 [146件] かがわからなくなっ, かしら, かという疑い, かと探し廻った, かと考える, かと見廻した, かと言っ, かと首, かも知れない, かナ, か知らん, があった, があっただろう, があまりに, があり, がありました, があろう, がいくら, がいるだろう, がおそらく, がだいぶん, がどうして, が上等, が乱れ, が争っ, が何, が急, こそ務め, さ, じゃない, すなわち若, だからネ, だったかも, だて, だな, だよ, だろう, だろうと, で, であったら中, であるかという, であるが, であること, であるし, であるという, である上, である以上, である点, でいわば, でおおかた, でかえって, でしょうか, ですからね, ですがね, ですよ, でバルニバービ, で本陣, で法師, と, といえ, とがある, として受取る, とてはありません, とみえ, と了解, と信ぜられ, と存じます, と常々, と彼, と思つて, と思わなけれ, と思われ, と断念め, と考え, と考えなけれ, と考えます, と考えられる, と見なけれ, と見なされ, と見ね, と言った, と諦める, なども御覧, なん, についてどういう, についての客観的, について獲たい, にとってはただ, にはその, にはできません, には決して, に依, に対してその, に生命, に遒古閣文庫所蔵, に鮭, ね, の態度, の推移, の見方, は, はあるまい, はいや, はございません, はその, はただ兄, はないだろう, はなく, は一人, は一本, は仕方, は何, は価値, は処女, は切りよう, は同じ, は天井, は強制, は手, は殆, は殆ど, は稀, は買う, もあります, もやがて, やら保証, をいかに, をこの, をなお, をなんで, をもっ, をも惚れ, をも相手, を今ここ, を含む, を択ばなけれ, を持っ, を明かな, を犠牲, を示し, を示す, を見, を見る, を讃えるべきで, を選べ, 突っこんだもの

▼ いない~ (300, 1.8%)

4 それに 3 第一 2 それを, 人を, 他人の, 冬に, 困ったもの

1 [283件] ああし, あたま, あまったどんな, ある点, あんぽ, いいえ姉さん, いい折, いくら呼ん, いやいよいよ, いわゆる人代, いわんや感嘆, うちに, おまえ達は, おやじは, おれも, お父さんは, かぜも, ここは, ここへは, こちらは, この作, この数年間, これから生れる, これまで, さのみ, さらに今日, しまいには, するから, せめてその, せめて私, そういうこと, そして親, そのままに, その一人, その年入用, その耕地, その肱, そば粉か, それこそ, それで私, それにそこ, それにまた突然, それも, そろそろ愚痴, そんなもの, ただデモクラシー, できも, どんな本, ほとんど懸念, またお, またこの, またこれから, またしなけれ, またそこ, またその, またそんなに, またなぜ, またもの, またよそ, また一歩一歩, また割れ目, また四世紀, また宇宙, また将来, また思いたく, また愛しうる, また憎ん, また憶良, また新しく, また絞殺, また近所, また雪崩, みな私を, みんな悪党でも, もし向う, やがて竿, ゆっくりやる, よしそれ, ろくろく教え, わけて茶道, わずか作っ, わたしが, わたしひとりハラハラ, ウェッブ夫妻の, カケガネも, カモが, グレゴール, タイヤにも, デモも, ビュルストナー嬢なんかは, フーフーね, ポケットには, ムクも, ムダな, ローネル夫人は, 一冊の, 一言の, 不自由さも, 世間体よく, 主脈の, 主賓が, 久助さんも, 事実そんなに, 二つには, 二川を, 人目も, 今日は, 今日も, 今朝も, 仙台藩の, 伊那の, 何の, 何も, 何物も, 使ったこと, 俗事について, 保証する, 催促が, 優雅な, 全体が, 公の, 内の, 写生に, 凱歌を, 刀も, 助太刀所か, 厳しく見据えられ, 又お, 又そういう, 又つくそう, 又今, 又持ち得ないだろう, 又殴られる, 又物そのもの, 又特に, 又研究, 同時にどこ, 同様に, 名誉職の, 向こうの, 問題を, 善意的で, 四辺の, 国家権力の, 土木工事に, 圭子姉さんは, 城中の, 報復の, 外に, 外套も, 夜の, 大いなる奉公, 大体の, 大決心, 夫と, 女である, 好い口, 姿も, 学問による, 学問は, 孫権の, 宇宙塵に, 宝石も, 実際その, 室の, 家の, 少しおかしい, 崖下には, 左右も, 幕府の, 幼稚な, 役人も, 彼女の, 心配は, 必要と, 必要ともし, 怒る女房, 感ずること, 或は気, 或る, 手紙は, 手足も, 持とうと, 敵対し, 文字の, 斬られて, 日も, 日本書紀を, 明日が, 昨夜は, 時々ビーヤホール, 時々刻々に, 時々点検, 時政が, 暮れて, 曠野にも, 書物の, 最も生かし, 月の, 服も, 朝廷に, 李, 根気で, 欧弗同盟の, 正しい想像, 正成の, 死んだ事, 死中生有り, 母も, 気楽だ, 求めても, 決して理解, 法則としても, 海には, 涼しくて, 無禄, 煩わされても, 燈火の, 牧仲太郎の, 物騒な, 猫女は, 現代における, 田山先生だ, 発表後に, 省線電車の, 知ろうとも, 碓氷トンネルが, 神尾主膳も, 私にも, 種類も, 空いて, 第一政事, 約束する, 素朴と, 経済力も, 織田信雄の, 考えても, 聞いても, 聞こえも, 自分からも, 自分としては, 自動車も, 自己の, 英語は, 草一本だって, 荻江節の, 藤夜叉さんも, 衣嚢も, 衣服や, 表通りだけは, 装置も, 複雑に, 親類組合の, 許されても, 許されなければ, 誰も, 貴方が, 贅沢を, 足は, 通る人, 運動の, 道江の, 金銭も, 長島も, 関係者の, 関守さんも, 院の, 陰の, 陸路は, 靴も, 領土の, 頭文字も, 額縁も, 飛行機に, 食って, 馥郁たる, 馬は, 駅伝の, 駕の, 驢馬も, 髪かたちが, 魅力も, 黒田小笠原有馬などの

▼ いないところ~ (235, 1.4%)

10 がある, を見る 7 はない 5 をみる 4 があった 3 から来, で, でその, もある 2 から生じ, でありました, である, でワアッ, にその, に注目, は無かっ, へ行く, もあった, を見れ

1 [167件] からき, からそう, からのみ生じ得る, からも来る, からアナーキスティック, から図らず, から始まる, から察, から探求, から母さん, から湧く, から為す, から遂に, があっ, があり, がありまし, がこれら, がたくさん, がまるで, がディレッタント, がフシギ, が却って, が又, が多く, が多少, が新鮮, が注目, が異性, が豪い, が違っ, が面白い, しかもそれ, だから, だからね, だけだろう, だったが, だろう, であって, であるから, でかすか, でくれた, でこんな, でたった, でちょっと, でつい, でなんとか, でね, ではお, ではどんなに, では夕闇, では決して, でひま, でふれた, でも国際婦人デー, でも正しく, でやめる, でわき目, で云いきかした, で交換, で人知れず, で半蔵, で大きく, で小畑, で帯, で待っ, で従姉, で心, で心静か, で恋愛, で感情, で未亡人, で母親, で泳ぎ, で溜息, で省さん, で精いっぱい, で細い, で考えれ, で話し, で調書, で謡いなさい, で責任, とはいい, など近頃, に, にあった, にある, にかえって, にかの, にこそ罪, になっ, になっちゃう, には梅, にもの, にも理由, に一大陸地, に一本, に在る, に大きな, に引退, に感, に日本, に本当, に浴衣, に無限, に特長, に私, に考えるべき, に自身番, に行く, に行っ, に行った, に西鶴, に踏み込んだ, のよう, の人, の兄弟, の向う岸, の囲炉裏, の宗教的信仰, の樹枝状, の行政, の農村富農, はいかにも, はざっと, はどこ, はないだろう, はないでしょう, はほとんど, は例えば, は殆ど, は無い, へ, へある, へいっ, へこの, へだしぬけ, へなん, へ今や, へ先生, へ呼ん, へ外界, へ持っ, へ本来, へ来る, へ物, へ着け, へ移りました, へ立っ, へ逃げだしたい, へ逃れたかった, もあろう, もかまわず, もよい, も全体, も出, も当時, やはり自然, をつかまえ, をなるべく, を日本, を示した, を見, を見せる, を見ます, を見まする, を見出す

▼ いないのに~ (218, 1.3%)

14 気が 2 あなたは, それを, たった一人, ひとりで, 反して, 声だけが, 安心した, 感附い, 相違ない, 違いない

1 [184件] あいてにばかり, あのたくさん, あの図抜け, ある堪らない本能的, あわてて, あんなに仲よくいつも連れ立っ, いきなり市民, いきなり民情, いきなり素子, いったいなに, いっぽうの, いつでも, いやに, おせい, おたがい, お寺の, お心, がっかりした, きまりわるげに, くるしそう, ぐらぐらと, こうやっ, こう長引く, ここで, このみすぼらしい, こんなに世評, こんな花, ごらんなさい, じっさいに, すでに英国大使館, せんだって真面目に, その人, その原論, その恨み, その最後, その様, その祿, その落された, それでもいじらしい, それは, そんな事, そんな多人数, たくさんドレスこしらえ, たたきつぶされたの, ただ一念, つくえ, ときどき立ち上がっ, なかなか戸, なぜあの, なぜか, なぜ僕, はや東京, ひとりでに窓, ひとりでに身体, ひどく愁然, ほっと安心, まずおどろかされた, もうすっかりここ, よくもこんなに似た, りんごを, コンクリート塀に, コンモンセンスと, パリへ, フラフラと, 一寸した, 一方は, 一部分が, 一驚を, 三人も, 不思議な, 不服で, 京都の, 人に, 人工流産を, 人気が, 今お嫁, 今の, 今日は, 伸子は, 何か, 何度も, 全然まごつい, 出獄し, 割り切ろうと, 勝手に, 千客万来で, 半分頭が, 卒然として, 又同じ, 反し沖縄, 吃驚し, 向いて, 君たちは, 四つ手網だけが, 声が, 外から, 外からは, 多くの, 大きなこえ, 大蓋, 女の, 妙に, 姿なき, 学歴の, 宅助の, 実にびっくり, 実によくその, 実に待っ, 家中は, 工場は, 弁信は, 弁慶の, 彼には, 彼の, 彼女たちは, 御主人, 忽ちこれ, 怪人の, 憤慨し, 或る, 戦を, 敵の, 新吉原, 新帰朝, 新田先生は, 新聞の, 早くから鎌倉, 未成品的な, 本だけが, 本堂で, 机も, 死魂だ, 殆ん, 母の, 気に, 油紙を, 満身の, 滴が, 無理やり大人, 狐の, 生みも, 田中検事さんや, 甲高な啜りあげる, 相手の, 矢は, 知るという, 砒素中毒で, 私たちは, 突然電光石火, 立木を, 竜一の, 素早く気がつい, 縁を, 置かれて, 聴かせるもの, 背中を, 自分だけが, 自分に, 花嫁は, 葉子は, 螢ばかりが, 蟹は, 衰えたりと, 見知らぬ人, 話家は, 起こったらどう, 身に, 軒から, 軽々に, 逗留客でも, 道庵先生そのものが, 鉄人, 隠れ蓑を, 電人, 青春の, 顔だけが, 顔の, 飛空機が, 食を, 馬超の, 驚かれます, 驚ろいた, 高座の, 髪の

▼ いない~ (152, 0.9%)

4 を見はからっ 32 がある, にお, にです, にはその, にはどう, に何, に限っ, のこと, はない, を見計っ

1 [125件] いる時, がよく, が多かっ, さえある, そしてシュピネル氏, そんな話, たまらなくなっ, だけな, だった, であった, であったなら自身, である, でさすが, でした, ですけれども, ですら, でもいつ, でもこういう, でもその, でもなかなか, でもなんと, でもトマト, でも伊吹山, でも校長, でも絶えず, でも訪客, で三郎, で二人, で機, で親しく, というもの, と同じ, なぞ私, などには危険, などには部屋, など入社以後絶対, など彼女, など私たち二人きり座敷, なの, なんか凄い, にあと, においては何人, にこっそり, にこの, にする, にその, にそれ, にだけははっと, にだけ入る, にでもクリストフ, にはそう, にはそういう, にはコッソリあくび, には一銭, には勢い, には墓掘り人, には夜着, には彼女, には思い切り, には息, には文武, には未, には母さん, には母様, には水, には父親, には玄関, には行い, にばかりあの, にもやはり, にも二人, にも大抵, にも彼, にやった, にビレラフォン, に勘定, に四十語, に好く, に手帖, に撃っ, に物売り, に綺麗, に見知らぬ, に鏡, に限る, のみである, の事, の彼, の方, の鏡, はおそろしい, はそう, はなかっ, はやはり, はデスク, は六畳, は女, は子供たち, は情けない, は昼間, は此, は無かっ, は独り居室, は相, は眠り, は笑っ, は籠, は豚, は這っ, は鎧, は青山博士, ばかりお, またおる, またお嬢さん, も屡々, よりは覆面, よりもいる, をねらう, を待つべきである, を狙っ, を見すまし, を見計らっ, 住むに, 初めて幸福, 屡々起こる

▼ いないかと~ (140, 0.8%)

16 思って 5 思う 4 いうと 3 あたりを, 尋ねた, 思ったの 2 思ったから, 思われるほど, 捜して, 熱心に, 訊いた

1 [96件] あたりに, いう, いって, いろいろ訊き糺し, おもう, おもちゃを, おもったから, きかれて, くるくるあたり, さがしまわりましたが, しらべて, それを, たずねますと, ひらひらと, ふと気がつい, ニヤニヤ言いかけ, ルウスが, 一応考えた, 一生けんめいに, 一種の, 上を, 二人の, 前後を, 吠え脅しながら, 周囲を, 問うた, 嘉七には, 四囲を, 四方八方に, 地面ばかり, 変な, 存じますが, 宿屋や, 尋ねたらこの, 尋ねて, 尋ねました, 尋ねられるかも, 尋ね病人, 少年に, 左右に, 常に調べ, 心待ちし, 心配し, 心配した, 必死の, 念の, 念を, 思いますが, 思い訊ねて, 思うが, 思うん, 思われた, 思われる, 思われるの, 惧れ, 懐を, 懐手し, 拡大鏡で, 探が, 探したの, 探して, 改めてみた, 文字通り草を, 方丈の, 星明りに, 検べ, 比較し, 気が, 気がかりの, 気を, 注意を, 点検し, 物の, 物色し, 甲州屋から, 申すと, 疑われるばかり, 目を, 直芳, 眼を, 考えそう, 考えながら, 耳を, 聞いた, 聞いたが, 聞いたら, 聞くと, 自分の, 藤吉郎は, 血眼に, 行って, 見まわしました, 言って, 訊くと, 調べて, 近くの

▼ いない~ (133, 0.8%)

7 どうか 6 どうかを 3 それは, ア, 見て 2 え, それが, それを, そんなこと, わからないほど

1 [101件] あのお婆さん, あるいはずうずうしく, あるいは稀, いないか, いるかという, いるかの, うなされるよう, えお前ンとこ, お検, こういう点, これは, さもなければその, さもなければ誰, しきりと, すれば, そうでなけれ, そのいずれ, その人, たが, たしかめて, ただ悲し, っ, であったが, である, であるといった, ですもの, でなければあの, ともかくも, どうかと, どちらか, ふり返っ, またはほんの, または十分正確, まるで分らない, もしくは濫費, よう, ようやくそんな, よく気, れだったが, れら, わからない, わからないくらいの, わからないと, わからない位, わからぬほどの, わからぬよう, わかりませんが, ア医者は, サグリを, チャンと, 一寸試し, 七兵衛は, 世俗的観念が, 世間態の, 久助どのお雪ちゃん, 人は, 仏頂寺弥助と, 以前の, 伊藤甲子太郎は, 似て, 分らないが, 分らないとり分け気ばたらき, 分らない新しい, 分らない程, 分らんよう, 判然しない, 判然分りません, 又はすでに, 問題は, 外部へ, 夫は, 存在し, 存在の, 将門を, 帰郷病に, 店を, 懐中電燈を, 或いは結び付い, 正気か, 民蔵, 気に, 気の, 町人でも, 疑わざるを, 真ッ先, 知らないが, 確めた, 私は, 聞いて, 自信の, 荒木と, 見てから, 見まわした, 訊くん, 訳らない, 誰か, 誰だ, 調べて, 谷村は, 足跡でも, 陸地が

▼ いないはず~ (116, 0.7%)

22 はない 2015 である 6 です 4 だが 3 はありません 2 だから, だった, はあるまい, はなかろう, もなかっ, よ

1 [34件] がない, だがねえ, だけれど, だし, だぞ, だよ, だろう, だ新撰組, つまり科学, であるが, ですから, ですが, です実は, なので, なのに, のそこ, のところ, の人, の人魚, の仏壇, の先, の塙郁, の廓内, の彼, の灌木, の父, の空屋敷, の部屋, の鍛冶, の闇, はありますまい, はないでしょう, はなかっ, もない

▼ いないじゃ~ (114, 0.7%)

82 ないか 19 ありませんか 4 ないの 3 ないですか 2 ないかと 1 お葬式, ないが, ないけど, 俺が

▼ いない~ (108, 0.7%)

5 である 4 であった 3 だった 2 だ, です, になる, に気がついた, に気が付いた, もない, を意味, を私

1 [80件] かもしれない, がある, がしばしば, がすぐ, がだんだん, がない, がわかった, がわかる, が不言, が医学上, が多かっ, が少し, が直ちに, が相手, が言われ, が記され, だけであった, だけはたしか, だけはわかった, だけは従前通りたしか, で直ぐ, とそれから, と手紙, と達次郎, と頭, になるらしい, に気がつく, に気づく, に神経, に胸, はその, はない, はもちろん, は一門, は勿論, は君自身, は帳場, は慥, は明らか, は無い, は無論, は皆, は私, は論理上, までま, まで口走る, もあった, も思った, も明, やもっと, や色々, をアラカタ, を保証, を僕, を全部, を古臭い, を意識, を断っ, を明弁, を明白, を明言, を暗示, を暴露, を物語っ, を犯人, を直覚, を知っ, を知った, を確かめ, を確認, を神, を考える, を見, を見せられる, を覚らね, を証する, を証拠立て, を認め, を認識, 従って又

▼ いない~ (103, 0.6%)

41 しても 7 ちがいない, 違いない 3 きまって, 相違ない 2 反して, 関係なく

1 [38件] かかわらずグングン, かかわらず中国, かかわらず人間, かかわらず人間らし, かかわらず他人, かかわらず内心, かかわらず当然, かかわらず悠々, かかわらず敗北, かかわらず根本, かかわらず真, したところ, してからが, しろたえず, しろストライキ, しろ形式, しろ彼等, しろ私, すぎない, せよその, せよ史家, せよ真実, ちがいありません, ちがいなかった, 係らずあそこ, 出す作, 拘らず, 拘らずこんな, 拘らず之, 拘らず彼, 拘らず自然値段, 拘らず非常, 拘わらず運命, 決って, 決まって, 近くの, 違いありません, 関係は

▼ いない~ (91, 0.5%)

1513 はない 11 である 4 だった, なの 3 だが, です 2 じゃありません, だから, なのに, はありません, はないだろう

1 [28件] がない, だお前, だからね, だったし, だと, だという, だどう, だのに, だ誰, であるから, であると, ですから, ですが, ですね, と思っ, の, の世襲, の主人, の作衛, の寺院, の本願寺, の男, の社会科学, の艦内, の階段, の隣り, はないでしょう, は無い

▼ いないとは~ (85, 0.5%)

8 限らない 4 いえない 3 だれが, 云えない, 誰が 2 いえません, どうした, 私は, 言いながら, 言えない

1 [54件] いえないけれども, いえないの, いえなかった, いえぬこと, いえますまいが, いえ私自身, いっても, お気の, かぎらない, かぎらないから, ちょっと心細い, どうしても思えん, どうして云え, どうも意外, どこに, にらんで, ドウし, フシギである, 一国の, 云えまい, 云わない, 云われない, 伸子には, 保証出来ない, 奇怪千万でした, 実に解すべからざる, 幸運だ, 思うが, 思えない, 思わない, 思われません, 情けない何とか, 断言できない, 断言できないだろう, 断言出来ないであろう, 決していえまい, 決して言えない, 決して言わない, 考えられない, 言い抜けられない有様, 言えなかった, 言えまた, 言わなかったが, 言われない, 限らないが, 限らないさ, 限らないなどと, 限らないわけ, 限らなかった, 限らぬ, 限りません, 限りませんけれど, 限りませんでしょうけれど, 限るまい

▼ いないかも~ (83, 0.5%)

14 しれない 11 知れない 10 知れないが 7 知れません 5 しれません 4 知れぬが 3 知れないから, 知れぬ 2 しれないが, しれぬ

1 [22件] しれないから, しれないと, しれないの, しれないよ, しれない気, しれませんぜ, しれませんよ, わかって, わからず墓所, 分らないほど, 分らない場合, 知らないよ, 知れないけども, 知れないぜ, 知れないでは, 知れない少く, 知れなかった, 知れませぬ, 知れませんが, 知れませんけど, 知れませんよ, 覚えなかった

▼ いない~ (82, 0.5%)

32 がいる, がかなり, が一人, であった, である, はない

1 [67件] かと思え, があり, があろう, がいなけれ, がどれ, が並ん, が仲良く, が信心, が候補者, が児島さん, が多く, が少なく, が帰り際, が最高五〇〇円, が来, が盛装, が立派, が答える, そして彼, だった, であるが, であると, でいつも, ですから, で店, と源氏, なの, なのにと, なら効果, なん, にとってはその, になっ, にのみ酷薄, には僕, にやる, に肉体, のこと, のそば, のぶっきら, のほう, のよう, の名, の家, の心, の意外, の感覚, の細君, の言う, の顔, はありません, はあるまい, はこの, は一人, は事実上多数, は多い, は恐らく, は時, は自分, もあった, もありましょう, もある, もずいぶん, もその, も五, も多い, を愛し, を知っ

▼ いないため~ (80, 0.5%)

3 にその 2 だと, である, であろう, にやや, に今日, に探偵小説

1 [65件] あけるには, お詣り, かおそらくは, か一入, か案外, この一座, だ, で, であったかも, であり第, であること, であろうホール, でもあります, とも思われます, なの, にいつ, にここ, にこの, にこれら, にそれ, にともすれば, にどういう, になおさら, にまた, に一緒, に人生, に今, に内地, に危く, に口実, に右顧左眄, に品物, に女, に実験室, に心持ち, に急, に戦争挑発, に文化, に方程式, に日本, に書く, に本当, に歌, に水中, に洗面鉢, に無謀, に犬, に皆興, に精神力, に細胞, に結局新子, に自分, に衒学者風, に読者, に豊富, に起こる, に遂に, に需要供給とも, に飛ぶ, に黙認, に黴菌, の怪我, ばかりで, らしい, 怪しくも

▼ いないとも~ (75, 0.5%)

13 限らない 6 かぎりません 5 限らないと 4 答えなかった, 限らないの, 限りません 2 かぎらない, 限らないから, 限らないので, 限らなかった

1 [31件] いえない, いえないん, いえるの, いわなかった, いわれない, かぎらないと, どちらにも, 云えない, 云えないし, 云わなかった, 受取れない, 思わなかった, 現在の, 答えずに, 考えなければ, 見られるの, 解せる, 言えないね, 限らず気, 限らないが, 限らないし, 限らないであろうが, 限らないという, 限らないのに, 限らなかったから, 限らぬ, 限らぬであろう, 限らぬの, 限りませんから, 限りませんよ, 限るまいさ

▼ いないわけ~ (75, 0.5%)

16 では 7 はない 5 である 4 でも 3 だ, だった, です 2 じゃない, だな, ですよ, もない

1 [26件] かね, がいま, じゃあるまい, じゃなかった, じゃなし, だところで, だなどと, だね, だのに, であります, であるが, でして, ですから, でそれでは, でない, でなかった, でもし, で国民, で症状, にはゆきません, に行きません, ね, のもの, はないだろう, もそれで, よ

▼ いない~ (74, 0.4%)

15 はない 2 でも, のよう, は一人, は無い

1 [51件] があっ, があった, があるなら, がいる, がさらに, がそれ, がもがく, が多う, が多かっ, が盗んだ, だけがいろいろ, だけであった, だって労働者, では, としてあきらめ, と見られ, と観念, などは畜生, ならその, においていっそう, にやれる, に向かっ, に嫌疑, に見せる, のうち, のこと, の方, の比率, の胸中, の表情, の追想, はありません, はいわゆる, はたった, はとかく, はひとり, は一兵, は大抵つとに, は歩く, は殆ど, は殆ど一人, は無かっ, もあった, もある, もしらみ, も同数, も多い, よりも何百万, を戦慄, を罵っ, 又はアルコール中毒者

▼ いない~ (72, 0.4%)

2 である, で私, はない, へ行っ, もある, を見る

1 [60件] から命, から推し, から逃げよう, があります, がある, が怖く, だった, だのにと, で, であったから, であの, であるが, でいろいろ, でお, でどう, でどこ, では貰った, でもきまり, でカツラ, で二つ, で帝, で日の目, で木村さん, で殺し, で独り, で眠っ, で行われた, で起った, で駿三, という, なので, にい, にいらっしゃる, にこういう, にはたいてい, に井戸, に夢, に天幕, に批評, に旅, に時江, に行っ, の世にも, の光, はなく, はほとんど, は寸土, は殆ど, へできれ, へ伴, へ呼ばれ, へ呼び出した, へ洋子, へ若, へ行, へ行きたい, へ行く, まで行っ, をやたら, を歩く

▼ いないけれども~ (71, 0.4%)

2 富山あたりの

1 [69件] いまだに娘, いま飲ん, いろいろの, およそ旅人, お前に, ことごとく煉瓦作り, このまま, この一つ, この若党, この親, しかも現実, そうそうかしずい, そのボーイ, その使用, その性質, それでもという, それにしても彼, それを, ただ衆, とにかく要る, どうせ禄, まずよっぽど古い, またその, また晩, やはり呉青秀, グーテンベルク本は, ソヴェトの, メールヒェンの, 不安な, 人間そのものが, 伸子には, 何でも, 冠を, 初江の, 同じ座敷, 城の, 多分三成, 夜の, 奇妙な, 妹山の, 実際には, 家へ, 寝衣姿, 小説を, 廊下へ, 彼は, 待ちくたびれたすべて, 接して, 文化発達の, 文章は, 新しい演技, 昔の, 晩に, 朝鮮や, 未だかなり, 楠緒さんは, 殺児, 熟, 父だ, 痩せきって, 私は, 紅葉は, 緑の, 茲に, 衣装が, 講義の, 赤ん坊が, 農村にだけは, 運命の

▼ いない様子~ (67, 0.4%)

11 だった 8 です 5 であった, である 3 だ, なので 2 だったので, ですが, を見, を見せ

1 [24件] じゃない, で, であったが, であったと, であります, であるが, でございます, でしたが, でただ, でひとり, でまるで, でスウィッチ, で兄, で工場, で往来, で盆暮, で相, で答えた, にむっと, に気づい, に見えた, をみる, を見せた, を見る

▼ いない~ (59, 0.4%)

10 がいい 3 がよい, の手 2 がよかっ, が好い, にし

1 [37件] がい, がうるさく, がかえって, がかかる, がのぞましかっ, がはるか, がよう, が多う, が女, が家, が正しい, が足手, が身, が邪魔, だが, だけれど, だったか, なのね, に行っ, の一人, の口, の子弟, の指, の片手, の眼, の舗道, の通り, はなかろう, へ, へちょッ, へと二人, へばかりいっ, へ行くべき, へ雪崩, もある, を喜ぶ, を頤

▼ いないとき~ (58, 0.3%)

2 はいつも

1 [56件] あの女, いて, かつ窓, がっかりした, が多かっ, すっかり遠慮, その雲, だけのこと, でもいつ, でも恭一君, という, とかまた, と同じ, どうであった, ならそのまま, に, におかあさん, には, にはたいてい, にはどんな, にはまったく, にはよく, には女房, には彼, には郵便, にまた, にもっともよく, にやって来た, にわざと, に不思議, に会われたら, に私, に見ました, に銀貨, に長い, のこれ, の中山, の淋し, の癖, の表情, は, はそういう, はなんと, はスイッチ, は勝者, は大きな, は書記長, は梶, は温和, もありましょう, やるん, をつけこん, を見はからっ, を見計らっ, 来て, 第二

▼ いないでも~ (56, 0.3%)

9 なかった 6 ない 3 いいの 2 ないが

1 [36件] あなたの, ありませんが, ありませんでした, いいでしょう, いい人間, いい心配, これはと, せめて墓, たかちゃん出られます, ただ腕, ちゃんと仕事, ないと, ないところ, ないに, ないの, ないのに, ないらしかった, なかつたけれど, やって, よいそこ, よいという, よかろう, わたしの, 分るよう, 別に差支え, 十分私を, 同じよう, 君は, 問題に, 大丈夫だ, 好い, 宜しい僕独り, 思想そのものとして, 無い, 矢張り黙っ, 都合さえ

▼ いない場合~ (56, 0.3%)

6 が多い 3 が多く 2 がある, の方, はない, もある

1 [39件] がない, が多, だ, だけだった, だったので, である, でもほか, でも実質的, でも引き抜く, でも有らゆる, とでは個人, どういうこと, にあるいは, には, にはいっそう, にはいつも, にはじめて, にはほとんど, には一方, には出生, には尾根, には後, には法律上, には精神的, にもセンス, に田川, に面画, ね, はなかっ, はコップ一二杯, は稀, は統帥権, は閂, もあり得る, もし実際私, もまれ, も見受けられる, をさす, を指す

▼ いないかの~ (55, 0.3%)

24 ように 10 ようだった 7 ような 3 ようであった 2 ようである, 問題である 1 お客が, ごとく非難, ようだ, ようでした, わかれめ, 問題に, 如くに

▼ いないけれど~ (47, 0.3%)

1 [47件] あれで, いいかな, いうまでも, いつか夜父が, お祖母さんが, お金なら, ここに, ことによる, この語句, これからそうするだろう, こんな意味, そうして突然, その前後, その種類, それでもバルナバス, それと, それを, たしかに存在, たしか誰, でも蝋人形, どうもお里, なにしろ読む, みんな好きに, セルの, マッチは, 一緒に, 七夜には, 今に, 余り家に, 借りること, 土地の, 大体右の, 大変面白, 太郎の, 当時としては, 恐ろしい大, 数理を, 文字の, 最後の, 村の, 法律的には, 満更御, 絵の, 腰が, 自転車は, 西郷隆盛の, 見つけたら持って

▼ いないこの~ (44, 0.3%)

2 娘が

1 [42件] ありさま, お銀様, ことについて, みすぼらしい女, ような, ニューギニアは, 下宿では, 人から, 作品は, 作者の, 全体, 啓蒙期には, 四辺の, 団体が, 地方の, 宇宙の, 家に, 席に, 情実は, 春日の, 時計屋敷の, 時間潰しで, 書物の, 期間以前の, 本も, 海岸に, 淋しい森, 生々しい戦塵, 研究所は, 社会では, 祖父の, 秘境で, 窮僻の, 素晴らしい快感, 芝居な, 要素こそ, 道士を, 部屋である, 部屋に, 音曲が, 頃の, 餓じい馬にとって

▼ いない証拠~ (41, 0.2%)

54 だと, である 3 なの 2 にはなる

1 [23件] がカール, じゃ, だが, だったかも, だとしか, だろう, で, であって, でありまた, であるの, ですよ, として狼煙, とも考えられます, になる, にはダンス, には山田さん, には暗闇, には自分, には荷物, のよう, は私たち, も見, をお

▼ いないそう~ (40, 0.2%)

9 です 7 である 53 だが 2 ですが

1 [14件] だから, だった, だという, ですから, ですぜ, ですと, でその, でなかっ, で分銅, で天気, で袋め, な, 尊敬は, 思った

▼ いないその~ (38, 0.2%)

1 [38件] くせ一種殘忍な, ことからの, ことが, ことは, つましさ, ときの, ような, 丁度空しい, 上の, 人の, 人は, 仮髪, 僅かな, 光景の, 坂の, 声や, 外人の, 夜浅草千束町の, 女を, 室の, 小娘とに, 広間で, 思いを, 愚かさを, 態度に, 権威は, 気風を, 清浄な, 熱誠の, 環外に, 疑いすらも, 眼つきとを, 空白の, 素顔が, 色彩の, 著物, 蛙は, 遊びは

▼ いないつもり~ (37, 0.2%)

6 です 5 だ, である 3 ですから 2 だが

1 [16件] だから, だぜ, であったが, であるという, でいた, でいる, でございます, でございますが, でございますよ, ですが, ですがねえ, ですもの, でも, で口, なら羞汚, に違い

▼ いない~ (37, 0.2%)

2 の普通一般, もある, を見る

1 [31件] からその, から判断, から家中, から往々, から来る, から見る, が南仏, が残っ, が無意識的虚偽, だとか, でどうか, では何, でよく, で人間, なの, にまで文化統制, に眼, に連れ, のあれこれ, の上等, の人々, の人的要素, の人間, の従って, の潜在的制作力, の私, の非, は右上, ばかりだった, へいっ, へ来

▼ いない~ (37, 0.2%)

6 である 2 では, にある

1 [27件] がのこされ, がブリーノフ, が不足, だ, であり同時に, であるが, であると, ですから, でやはり, でわれわれ, で同断, で本当は, とに潜ん, とは孔明, と言い, などで何となく, にあり, にあろう, について一応, に於い, に詩, はその, は小, は私たち, や弁護士, をあげ, を諷した

▼ いない人間~ (35, 0.2%)

2 だから

1 [33件] がいない, がその, が五, が今更, が単に, が見え, だ, であった, である, であること, として私, とのたのしみ, なの, にしか生きる, にはどうしても, に仕事, に過ぎませんでした, のよう, の不安, の本名, の無, の言葉, はみな, は先ず, は最後, は正しく, もいる, も少なく, や発音体, をつくる, を不思議そう, を指し, を自分

▼ いない~ (34, 0.2%)

3 の中, はない 2 であったから, のなか

1 [24件] が保たれ, だったので, では主婦, では戸ごと大抵馬, というの, というもの, なのに, にいる, にそれ, の二階, の外, の沈黙, はあれ, はどことなく, はまるで, はまれ, は妙, は滅多, は無い, は荒れ野, へ三年目, へ嫁, へ帰る, を寂

▼ いない~ (32, 0.2%)

1 [32件] だけはせめて, というわけ, にあるいは, にお, において彼ら, にさっき, にたんと, にと思っ, にブリュジョン, にヨーロッパ, に二百冊, に何, に出, に取りかえ, に女, に得た, に歩い, に母, に病室, に簷, に自分一個, に読もう, のこと, のとっさ, の事柄, の方, の洗濯, の淋し, はあの, はじっと, は内国穀物, は樹下石上

▼ いないかという~ (29, 0.2%)

5 ことを 2 ことです

1 [22件] ことが, ことそれだけが, ことだ, ことだけ, ことで, ことである, ことでした, こととは, ことの, ところに, ような, ように, 不安な, 不安の, 事は, 事を, 判定は, 懸念であった, 懸念を, 文学の, 疑問が, 質問に対する

▼ いないかを~ (27, 0.2%)

2 たしかめるため

1 [25件] うかがいたいと, しらべて, たしかめたうえ, たしかめようと, たずねたところ, 初めて行き違った, 実際に, 尋ねた, 少くとも, 慥かめるため, 探りに, 正直に, 理解する, 疑問に, 看護婦は, 確かめなければ, 確かめようと, 確かめるため, 確かめるには, 確かめるもの, 示すもの, 見て, 見ようと, 調べる目的, 顕微鏡の

▼ いない自分~ (27, 0.2%)

2 の部屋, を感じる

1 [23件] が遺品, だと, というもの, には彼, に気がついた, のうち, のすまない, のなか, の姿, の心, の立場, の胸中, の苦悩, の身, の顔, は往き, をつたえたく, を卑下, を恥じ, を押しすすめ, を痛切, を示す, を認識

▼ いない~ (26, 0.2%)

3 である 2 だ, だから

1 [19件] がいた, がそれ, じゃが折角, だが, だつて, だと, であるから, ですが, で将来, と女, なの, なら彼, に嫁ぎ, のどんな, の不意, の中, の身近, を殺さなけれ, を殺そう

▼ いない限り~ (26, 0.2%)

1 [26件] あらゆる製造業者, いくらこういう, こういう見方, この原理, ずいぶん当てずっぽう, それだけ今, だ, ちっとや, どうにも, には到底, はいつも, はどんな, はない, はまるで, は列車, は家, は敵, は郵便, もない, もはや節操, やはり評判, 一目この, 先ず聞え, 全く無関係, 少なくとも現象, 気が付かないの

▼ いない留守~ (24, 0.1%)

4 の間

1 [20件] なの, にお, にその, にだまっ, につけ込みやがっ, には毎日, にみんな, に伴, に何, に化け, に小林, に来, に誰, に限られ, に鸚鵡, のこと, の家, の浪宅, はお前, を心配

▼ いないうち~ (23, 0.1%)

3 に浮き上がった

1 [20件] なの, なんとかし, にいつか父, にいや, にお, にちらちら, にどうして, に亡くなられ, に他, に入っ, に入込ん, に多, に夫, に帰る, に木のぼり, に海, のこと, の寂し, は加持祈祷いろいろ, は彼女

▼ いない~ (22, 0.1%)

2 はそう

1 [20件] であった, ではあった, ではある, とその, にはたして, には嘆息, の思想, の態度, の言語動作, の財嚢, の道心, はいつも, はそれ以上相手, はどうしても, はまだ, は十二世紀, は愈, は自分, もその, もまのあたり

▼ いないだけ~ (21, 0.1%)

92 です 1 あって, この表現, それだけ混雑, だった, である, でその道, でなく駒井さん, でまだ, で嫌っては, 悪い道

▼ いない人々~ (21, 0.1%)

2 にはこの, もある

1 [17件] から泰造, がいる, が世の中, が全部, が爆心, だった, にとって岡本かの子さん, に教え, に給仕, に限る, のペン, はかならずや, までその, もあるだろう, をあまりに, をやくざ者, を意味

▼ いないばかり~ (20, 0.1%)

3 では 2 でなくその, でなくそれ, でなく今

1 [11件] でなく前者, でなく同, でなく名高い, でなく悪魔, でなく明るい, でなく益々, でなく知ろうとしても, でなく私, でなく自分, でなく辞書一冊, で無し

▼ いないばかりか~ (20, 0.1%)

1 [20件] かりにも, このごろは, たいていは, どだい猟夫, 人が, 仄かながらも, 何だかポオ, 夜半の, 大学は, 彼より, 情操を, 数年前には, 民主主義文学の, 社会党も, 肝心の, 誰一人と, 警官が, 軽蔑さえ, 遺憾ながら, 鎧戸も

▼ いないまでも~ (20, 0.1%)

1 [20件] これらに関する, すくなくとも全くまれ, どこかに, まさか遠く, 一行が, 元康が, 千枝松の, 危険な, 女性であり, 娯楽に, 居士の, 彼が, 散逸は, 気狂いに, 決してローマ, 決して欣ん, 用向以外に, 自分の, 静粛には, 鶴さんの

▼ いないくせ~ (19, 0.1%)

1 [19件] に, にこの, にさも, にそこ, にとかく, になぜそうたびたび, になんぞといえ, にむやみ, にやはり, によく, にカトリック, に世間体, に俺, に周囲, に大, に大君, に悦二郎, に水, に迎合的

▼ いない部屋~ (19, 0.1%)

1 [19件] から女, が長々, だけがこんな, だけな, だった, であった, に運び, のまんなか, の一つ, の中, の壁, の片隅, の窓, の蝿, はなく, は暗かっ, や火, を一つ, を歩い

▼ いないかは~ (18, 0.1%)

1 [18件] あいつが, きまりが, すぐ分る, もうわからなかった, わかるの, チトおかしい, パイの, 事実上当局が, 余と, 全級, 別としても, 吾, 問題です, 大てい, 彼が, 決定出来ない, 疑問です, 知らないが

▼ いないせい~ (18, 0.1%)

2 だな

1 [16件] かしら, かその, かみなさん, かも知れない, か学校, か財布, か顔, だと, だろう, だろうね, であろうが, でしょう, では, でもあった, もあっ, もあり

▼ いないとか~ (18, 0.1%)

2 云うこと, 言って

1 [14件] ある者, これは, これも, そういうこと, そういう占い, ちょうどその, 云って, 体験が, 女の, 批判する, 服地が, 洗濯物が, 真面目に, 苦労が

▼ いない~ (18, 0.1%)

2 が難産, は私

1 [14件] がいつ, が安全, です, としては個々, にはいま一様, には寒, には苦しい, に懇切, のお, の考え, の部署, はあらかじめ, は一, は作品

▼ いないだけに~ (17, 0.1%)

1 [17件] いっそう強く, うしろめたい女客, これは, その特殊, ちょっとその, とどまるの, またインド, みずみずしかった, よけい不愍, わしよりは, 不安が, 実に恐ろしい, 老いも, 見て, 足が, 遠慮が, 邦之助なぞにも

▼ いない~ (17, 0.1%)

2 俺は

1 [15件] ああつまらない, ありがたいと, いるの, おばかさん, ここへ, この間うちから, だから厭, わしなんぞは, 八, 唯元来仏蘭西人, 日暮方は, 朱実は, 来ても, 水ン中にゃ, 猿沢君

▼ いないからと~ (16, 0.1%)

5 いって 3 云って 2 言って 1 いうこと, いうわけ, いうんで, 思って, 拗ねて, 首を

▼ いないって~ (16, 0.1%)

1 [16件] いう, いうこと, いうじゃ, いうもん, いうん, いわせるん, ことです, ことは, なぜ, ものさ, んだ, 云うの, 云うのに, 書いて, 言ったら絶望的, 訳は

▼ いない彼女~ (16, 0.1%)

1 [16件] なので, には存外, のいい, の姿, の娘, の学力, の指紋, の本能的, の気魄, はじっと, は彼, は時間, は甘んじ, は髪, を見た, を見つけた

▼ いない~ (15, 0.1%)

1 [15件] 光の, 吉は, 延に, 延は, 由利の, 祖父様の, 篠は, 粗末な, 角さんが, 角さんは, 通の, 部屋で, 重から, 雪の, 顔付きでした

▼ いない~ (15, 0.1%)

2 のこと, はない

1 [11件] がああ, がある, が多かっ, と言っ, に主人, に殆ど癖, の方, はなかっ, はなく, はほとんど, は一日

▼ いない日本~ (15, 0.1%)

1 [15件] だと, なんかで, においてどうして, に生まれた, の, のブルジョアジー, のプリマドンナ, の一面, の多く, の女性, の文化世界, の民主化, の民族生活, の社会, の都市

▼ いないそれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] が自分, が風景画, にお嬢さん, にひきこまれたら, に下宿, に反し, に机竜, はお互い, は客観的, は発見, もひろ子, も決め, より今度, をつよくつよく

▼ いないなんて~ (14, 0.1%)

1 [14件] いう社会, いったら関東地方全体, いって, がんばって, ことが, どうしてそんな, 僧侶が, 却って不自然, 大嘘さ, 書けるもん, 眼に, 確かに, 言えば, 間違いだ

▼ いないふう~ (14, 0.1%)

5 だった 2 であった 1 がうかがわれた, だし, だつた, であったが, である, なので, をした

▼ いない以上~ (14, 0.1%)

1 [14件] じぶん, せめてその, そうでも, たとえ何年, に桜井忠温, はお前, はこの, はむしろ, はもはや, はわたくし, は分子, は結局, は肉, は逆

▼ いないのみ~ (13, 0.1%)

2 ならずお, ならずこの 1 でその, ならず, ならずこれ, ならず却って, ならず去ぬる文禄三年, ならず本宅, ならず神功皇后, ならず誘拐者, ならず貸本屋

▼ いないほど~ (13, 0.1%)

1 [13件] それを, つまらぬ花, やさしいよいおかあさん, 不明な, 厳粛な, 彼女に対する, 活溌に, 清掃が, 珍らしくなかった, 用心が, 苦しい事, 著者は, 金持の

▼ いない~ (13, 0.1%)

2 はなかっ

1 [11件] がいくつ, でも横顔, とも見えぬ, に玉鬘, はただ, はない, は一つ, をする, を出した, を見, を見た

▼ いない~ (13, 0.1%)

5 だった 1 だ, であった, でした, で弱々しく, で葡萄酒, に見えた, に見える, をよそおっ

▼ いないかが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるばかり, うまい寿司, この上結婚, これで, わかると, わかるという, 今頃どうして, 問題である, 問題に, 少なくとも哲学専門家, 目でも, 第一

▼ いないとしても~ (12, 0.1%)

1 [12件] いつかは, これは, そのよう, それは, よく見世物, 三千石の, 少くとも, 少なくともご, 普通の, 美和子が, 色男の, 誰かに

▼ いない伸子~ (12, 0.1%)

1 [12件] が不自然, としてはだまっ, と素子, にさえもブハーリン派, には秋山, の心, の服装, はいま, はそれ, ははげしい, はひたすら, は何

▼ いないとの~ (11, 0.1%)

4 ことであった 1 こと, ことである, ことでした, ゆえを, 答え, 答えです, 返事に

▼ いないにも~ (11, 0.1%)

1 [11件] かかわらずこう, かかわらずすべて, かかわらずそれ, かかわらず事実, かかわらず他方, かかわらず何とか, せよ軽々しい, 拘らず無産大衆, 拘らず燈火, 関らず, 限りません

▼ いない~ (11, 0.1%)

1 [11件] から自分, にあどけなく, にこ, に事実軍人, に唐人, に床, に河床, に相手, に舟艇, に舶来, に色

▼ いない~ (11, 0.1%)

1 [11件] だから, というもの, といっしょ, として生れ, に限っ, のため, の反面, の本心, へ両者, や乃至, をつい

▼ いないあの~ (10, 0.1%)

1 りっぱな, ソルティーニが, 人が, 人に, 布片は, 憐れな, 時の, 海岸の, 道誉は, 関係な

▼ いない~ (10, 0.1%)

1 あなたを, まさか, まだ歴史, ネー, 尾籠な, 我儘を, 本当の, 母さんになんか, 金魚は, 風が

▼ いない事実~ (10, 0.1%)

1 が明, だって世の中, でニューヨーク・クーリエ紙, に深く, は決して, をせめて, をたしかめ, を描い, を発見, を自白

▼ いない~ (10, 0.1%)

2 となっ 1 からすぐ, この伊藤, できるだけはやく, ではいっそう, のわたし, の場合, は, は貴方

▼ いない~ (10, 0.1%)

1 いですのに, じゃありません, だから, だのに, である, であるから, であろうが, なんで, のとう, の大き

▼ いない場所~ (10, 0.1%)

1 だ, でお話し, です, では地主, で獅子, で自分, なの, の方, もあった, を目がけ

▼ いない時代~ (10, 0.1%)

2 であるから 1 があった, であった, である, なので, によってまさしく, に多い, に寺院, の意識

▼ いない言葉~ (10, 0.1%)

1 が急, だと, で意味, で書かれた, のよう, の内容, はすべて死語, は評論, を用いる, を言っ

▼ いない部分~ (10, 0.1%)

1 がある, が左側, が毎日, だけロマン, について知り, に針金, は布地, は既に, や展開, を次々

▼ いないくらい~ (9, 0.1%)

1 だから, だった, であった, であるから, でございました, でした, なので, 心に, 時間に

▼ いない~ (9, 0.1%)

21 ここには, どうした, ッ, 変だ, 洞門貴様どこかへ, 退いたの, 鐶も

▼ いないといった~ (9, 0.1%)

2 ところで 1 じゃありません, のを, はずの, 世にも気の毒, 感じだ, 程度の, 風に

▼ いないのよ~ (9, 0.1%)

1 きのうから, ささ, ほんの小さい, オ, 一頃よりは, 二人は, 店は, 愛して, 散々探し

▼ いない一つ~ (9, 0.1%)

2 の大きな 1 の世界, の主要, の大きい, の理由, の神, の苦しい, の魂

▼ いない人たち~ (9, 0.1%)

1 が金貨, と戦争, にあっ, には人生, に呼びかける, のこと, の場合, の様子, ばかりであった

▼ いない~ (9, 0.1%)

1 だ, だから, ですか, ですけれど, でも, なもの, な扱かい方, に成っ, に見えます

▼ いない若い~ (9, 0.1%)

1 おばあさんや, 人々の, 人の, 女の, 女性は, 女房なども, 娘たちが, 婦人が, 母と

▼ いないからこそ~ (8, 0.0%)

1 そのよう, では, ヒューマニズムの, 可能に, 抽象論が, 探求し, 明治以来日本の, 踊りも

▼ いないそして~ (8, 0.0%)

1 そのうっとり, その暗黒, ばかでも, もし偽, リルケ自身も, 之を, 暗い夜, 高橋教授の

▼ いないのみか~ (8, 0.0%)

1 かえってこんな, また林田, むしろそそ, むしろ旺ん, むしろ陰, わざわざひとり, 己れ, 自身包みを

▼ いない~ (8, 0.0%)

1 がある, においては不健康, において人口, において最大, における人口, の同数, はほとんど, へ行ったら

▼ いない~ (8, 0.0%)

2 を求め 1 がある, だ, に上陸, に住ん, に残っ, へ着きたい

▼ いない時分~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 だから, でこれ, で木, にどう, に与八, 思い切って

▼ いない~ (8, 0.0%)

3 がする 1 がした, だろう, なの, になったでしょう, はする

▼ いない~ (8, 0.0%)

4 はない 1 に対して高い, のこと, は無い, を示し

▼ いない~ (8, 0.0%)

21 にその, によしよし, に彫, に恰, に悪い, に然

▼ いない~ (8, 0.0%)

2 に賭場, 早く死んだ 1 その玄関, な大将, 常識化し, 瑣末な

▼ いないかな~ (7, 0.0%)

31 いないかな, アと, 下駄屋は, 放射線を

▼ いないけど~ (7, 0.0%)

1 あるよ, お前さんなんかに, その代り, とにかく稲, まもなく愛する, 君が, 少しなずん

▼ いないしかし~ (7, 0.0%)

1 それが, と云っ, 何時かの, 俄かに, 山好きな, 素と, 花だらけの

▼ いないだけの~ (7, 0.0%)

2 ことな 1 ことだ, ことである, ことです, 話で, 話である

▼ いないとに~ (7, 0.0%)

1 かかわらずおれ, かかわらず必ず, かかわらず朝, かかわらず決して, 拘らず魂, 拘わらず大目付, 関わらず心から

▼ いないほう~ (7, 0.0%)

1 があなた, がいい, がよかっ, が多く, が本当, であった, へ引っ張っ

▼ いない一人~ (7, 0.0%)

1 だった, であるの, のうら若い, の先輩, の労働者, の憂鬱, の負傷者

▼ いない作品~ (7, 0.0%)

1 である, でも芸術品, の中, は本当, は純粋, も相当, を吾

▼ いない土地~ (7, 0.0%)

1 であって, であるから, でところどころ, に来, に行きたい, は一般, は住むにたえぬところとして宣伝

▼ いない有様~ (7, 0.0%)

3 である 21 です, は煙

▼ いないどころか~ (6, 0.0%)

1 あたかも蟹, この下々段, まるっきり違っ, 君にとっては, 妙に, 立派な

▼ いないもん~ (6, 0.0%)

4 だから 1 ですさかい, でも

▼ いないんで~ (6, 0.0%)

1 お願いする, しよう, 二・二六事件も, 俺は, 僕あ, 本当に淋しかっ

▼ いない世界~ (6, 0.0%)

1 でだけ完全, にいた, に執着, は生活意欲, は真, まで

▼ いない~ (6, 0.0%)

1 だからね, には馬鹿気, に恐, の君, の妹, を見計っ

▼ いない二階~ (6, 0.0%)

1 のほう, の広間, の床, の隅, は不思議, へ上がろう

▼ いない人物~ (6, 0.0%)

1 だったから, だったん, であった, で頸, をばかり描写, を探し出し

▼ いない問題~ (6, 0.0%)

1 が次ぎ次ぎに, だったので, であろうか, にいい, のよう, を別

▼ いない子供~ (6, 0.0%)

1 がニコニコ, の面影, の頃ふた親, はそこ, を三人, を細君

▼ いない~ (6, 0.0%)

1 が悲しかっ, の亡き, の子爵, の性癖, の突然, は

▼ いない~ (6, 0.0%)

1 ざしで, でもっ, の前, の美し, をし, 遣やら

▼ いない~ (6, 0.0%)

2 では 1 じゃあない, である, で百貨店ひとり, に行かない

▼ いない連中~ (6, 0.0%)

1 が何, だった, で, のやる, はさぞ悠々, ばかりである

▼ いないある~ (5, 0.0%)

1 寄席の, 小間物屋の, 政治雑誌の, 種の, 誠実さを

▼ いないかしらと~ (5, 0.0%)

1 いちまいいちまい私, さがしまわりました, ふと思っ, 思ったの, 思った位

▼ いないからって~ (5, 0.0%)

1 そう早く, そんなに私たち, ちっともおかしい, ベソを, 反歯

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 いないな, ことによる, それどころか皆様, 妹よ, 短艇浮かび

▼ いないなと~ (5, 0.0%)

1 いう当然, 思いました, 思うと, 思っただけ, 気がついた時

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 お初つ, きょうは, たった三歳, ねじこんで, 八

▼ いないみたい~ (5, 0.0%)

1 なん, な実に, にはしゃい, に長男, ねいつも

▼ いない人達~ (5, 0.0%)

1 がいる, が甚だ, なの, は何時, は更に

▼ いない今日~ (5, 0.0%)

1 ではない, のラジオ, の心持, の日本婦人, までで

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 から這入った, の原因, の機能, の民族, の稀少

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 かがあった, かがあるらしい, かの間ちがい, か真実, も考え

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 につめたかった, にはそれ, に留意, のよう, は頭

▼ いない多く~ (5, 0.0%)

1 のもの, の名前, の喜び, の場所, の能力

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 地主の, 天井の, 暴雨の, 牧場とでは, 都会で

▼ いない大きな~ (5, 0.0%)

1 事実で, 低能児ね, 家が, 幸福を, 浴槽の

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 があり, だ棚, で静か, に静か, へ来

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 侍だけを, 供は, 商人が, 家の, 砂利混り

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 によこ, の上, の中, の方, へ這入りたい

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 では小さい, でも世話, なので, にお, のむす

▼ いない心持~ (5, 0.0%)

1 がある, がね, が絶えず, だから, の身じろぎ

▼ いない感じ~ (5, 0.0%)

1 がむき出され, だった, だと, なの, は何と

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 るもの, る上品さ, る動揺, 点からも, 田舎に

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 とをながめ渡し, のほとり, の景色, の真ん中, をいっそう

▼ いない淋し~ (5, 0.0%)

2 さを 1 さである, さに, さも

▼ いない状態~ (5, 0.0%)

2 である 1 にまでおかれ, に置かれ, をさして

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 がバルコン, が一そう, であった, は進む, を狙っ

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 が続き, じゃわ, ですが, の事, もあった

▼ いない~ (5, 0.0%)

2 をみ 1 にこっそり, に手早く, をうかがっ

▼ いない~ (5, 0.0%)

1 だが, であって, で岸本, のわれわれ, を見計っ

▼ いないあらゆる~ (4, 0.0%)

1 客間は, 男たちの, 美を, 貿易部門において

▼ いないうえ~ (4, 0.0%)

1 にその, にもう, によごれきった, に矢比

▼ いないこれ~ (4, 0.0%)

1 がお, は公方さま, もし, も土塀

▼ いないただ~ (4, 0.0%)

1 その美し, 名古屋の, 天父の, 川の

▼ いないとして~ (4, 0.0%)

1 また組織人, わからないまま, 君が, 深い意味

▼ いないどころ~ (4, 0.0%)

4 では

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 だか, もちろん大切, 別として, 物足らぬ

▼ いないほどの~ (4, 0.0%)

1 思いを, 有様である, 狭い路, 美少女だった

▼ いないまた~ (4, 0.0%)

1 そちが, 向うでも, 来るはず, 誰かに

▼ いないむしろ~ (4, 0.0%)

1 そういう自分自身, よろこんで, 危ッかしい, 望んで

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 ないです, 同じこと, 同じ事, 同然だ

▼ いないよと~ (4, 0.0%)

2 仰云 1 もう午前十時, 私が

▼ いないより~ (4, 0.0%)

1 あった方, よくて, 結句幸, 複雑な

▼ いない世の中~ (4, 0.0%)

1 なんてなん, の女, を忌む, を貫い

▼ いない仕事~ (4, 0.0%)

1 は私, は結局, をし, 気がついて

▼ いない作者~ (4, 0.0%)

1 があちこち, でよく, の大きい, はいったい

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 でさえも私, について説明, に対して復讐, の耳

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 が力任せ, が悪い, だ, はなかろう

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 のこと, の友達たち一人一人, は深い, は箒

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 からある, がいる, であること, であるわたし

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 しかも何, でだれ, などをこの, もその

▼ いない家庭~ (4, 0.0%)

1 では女, にいたらしい, は光り, は炉

▼ いない小さな~ (4, 0.0%)

1 丸い球, 印刷所で, 工房で, 建物を

▼ いない少年~ (4, 0.0%)

1 から七十歳, がいた, が空虚, の肩

▼ いない~ (4, 0.0%)

3 の中 1 へ登躋

▼ いない座敷~ (4, 0.0%)

2 の障子 1 につっ立っ, を手索

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 なの, の中, の赤土, へザブザブ水

▼ いない彼ら~ (4, 0.0%)

1 にどうして, の境国, の家庭, は思い思い

▼ いない新しい~ (4, 0.0%)

1 ものを, 社会生活の, 美を, 話も

▼ いない現状~ (4, 0.0%)

1 である, ではこうした, なの, を不満

▼ いない理由~ (4, 0.0%)

1 が分った, にはならない, はまず, は恐らく

▼ いない生活~ (4, 0.0%)

1 が世, で左右, の俳諧, はたしか

▼ いない相手~ (4, 0.0%)

1 さえほか, にじ, に同情, も多く

▼ いない私達~ (4, 0.0%)

1 がビックリ, にこの, へ給料, を警戒

▼ いない程度~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 であるかも, の熱心さ

▼ いない積り~ (4, 0.0%)

1 だ, である, でいる, にし

▼ いない~ (4, 0.0%)

1 のところ, や庭, や戸, を眺め

▼ いない自然~ (4, 0.0%)

1 というもの, のまま, の動き, の顔

▼ いない自身~ (4, 0.0%)

1 のめぐり合わせ, の姿, の欲望, の見解

▼ いない~ (4, 0.0%)

2 さが 1 さの, 侍共に

▼ いない食堂~ (4, 0.0%)

1 で酢, のなか, の方, へ行っ

▼ いないあいだ~ (3, 0.0%)

1 に二人, に市野さん, は花魁

▼ いないあと~ (3, 0.0%)

1 でも決して, の耕地, はにわかに

▼ いないあなた~ (3, 0.0%)

1 に逢う, の気持, は云々

▼ いないいつも~ (3, 0.0%)

1 のポカン, の大きく, の私

▼ いないかぎり~ (3, 0.0%)

1 そんなに早く, どんな幅, は

▼ いないかしら~ (3, 0.0%)

1 せめて十日, どじょうでも, 飛んで

▼ いないかなと~ (3, 0.0%)

1 待って, 桐の, 注意し

▼ いないからっぽ~ (3, 0.0%)

1 だった, でした, の部屋

▼ いないからという~ (3, 0.0%)

1 点で, 理由も, 腹を

▼ いないからに~ (3, 0.0%)

1 ちがいない, ほかならぬ, 他ならない

▼ いないくらいの~ (3, 0.0%)

1 ものだ, ものです, 無名の

▼ いないここ~ (3, 0.0%)

1 での週末, ではふれない, は何かしら別物

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 あんな者, おれも, ぶちゃん

▼ いないしかも~ (3, 0.0%)

1 かつて見た, 慢性の, 気が

▼ いないじゃあ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 ないですか

▼ いないすき~ (3, 0.0%)

1 か寝, にだれ, に乗じ

▼ いないとかいう~ (3, 0.0%)

1 ことには, ような, 理由で

▼ いないどこ~ (3, 0.0%)

1 かへ行っちまった, にもいない, までも兇状

▼ いないなどと~ (3, 0.0%)

1 あばかれたらまた, 云える, 思わないお

▼ いないには~ (3, 0.0%)

2 違いない 1 増しに

▼ いないのにも~ (3, 0.0%)

1 かかわらずその, すぐ慣れる, 係らず見物人

▼ いないひと~ (3, 0.0%)

1 のはい, はないだろう, をつれ

▼ いないほどに~ (3, 0.0%)

1 ゴウマンな, 見えた時, 親密

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 にこの, に逃げなけれ, ぼろしを

▼ いないもう~ (3, 0.0%)

1 一つの, 帰って, 諦めて

▼ いないもっとも~ (3, 0.0%)

1 ヒロポンを, 斬新な, 独創的な

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 あの餓鬼, うだつた, ムクを

▼ いないわたし~ (3, 0.0%)

1 にまで過分, の姿, の身の上

▼ いないガラン~ (3, 0.0%)

3 とした

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 てば, て云ったら, て泣き泣き

▼ いないテーブル~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の一つ, の前

▼ いないドア~ (3, 0.0%)

1 から何気なく, をそっと, を少し

▼ いないホテル~ (3, 0.0%)

1 の窓, の給仕たち, をうろつく

▼ いない一種~ (3, 0.0%)

1 の人類, の光り, の廃語同様

▼ いない事柄~ (3, 0.0%)

1 でしたから, なの, を考えてる

▼ いない人生~ (3, 0.0%)

1 の片隅, の複雑, の諸

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 だ, に協力, をもっ

▼ いない古い~ (3, 0.0%)

1 二本の, 種子が, 都市の

▼ いない唯一~ (3, 0.0%)

1 の屍骸, の建物, の柱

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 だという, なかっこう, な村

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 ただ一人, でも墓, なの

▼ いない夫人~ (3, 0.0%)

1 に期待, の顔, は何

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 のほうヘシッカリ両手, の六畳, の間

▼ いない女性~ (3, 0.0%)

1 の低, はいない, らしかった

▼ いない始末~ (3, 0.0%)

2 なの 1 だが

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 として感じ, にとって結婚, には自分

▼ いない宿~ (3, 0.0%)

1 の部屋, やでで, やへぽつんと

▼ いない小屋~ (3, 0.0%)

1 のこと, の窓, よりズーッ

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 がたくさん, の上, の間

▼ いない平和~ (3, 0.0%)

1 な時期, な睡りであるよう, の時期

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 さえある, よりの大きい, 若な

▼ いない年頃~ (3, 0.0%)

1 である, なのに, の人間

▼ いない幸福~ (3, 0.0%)

1 をばただ, を追っ, を頭

▼ いない広い~ (3, 0.0%)

1 大通りを, 室であっ, 邸だった

▼ いない彼等~ (3, 0.0%)

1 の悪意, は時, は非常

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 にでも, を見すまし, を見計らっ

▼ いない教室~ (3, 0.0%)

1 でしょんぼり, に四五十分, へ入っ

▼ いない文化~ (3, 0.0%)

1 でもやはり, の歴史的, の貢献者

▼ いない日本人~ (3, 0.0%)

1 とは昔, にとっては全く, を見る

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 の上方, の空, の話

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 があっ, なぞずいぶん, の台所

▼ いない書物~ (3, 0.0%)

1 や神秘的, を発見, を著す

▼ いない最も~ (3, 0.0%)

1 書かれて, 理想的な, 通常な

▼ いない気持~ (3, 0.0%)

1 なの, は後輩, を通じて大学全体

▼ いない海岸~ (3, 0.0%)

1 につけなけれ, の雑草, を散歩

▼ いない現代~ (3, 0.0%)

1 においては個人, の文化, の興行ジャーナリズム

▼ いない現実~ (3, 0.0%)

1 の根拠, の限界, を示す

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 に貼り, のベンチ, の段々

▼ いない社会~ (3, 0.0%)

1 だけでやっ, に対する嫌厭, ほど愚かし

▼ いない~ (3, 0.0%)

2 のボート 1 の火入れ

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 一波を, 三街組と, 五等地に

▼ いない薄暗い~ (3, 0.0%)

1 時分から, 窓べりの, 通りを

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 問題概念も, 実験について, 藩の

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 が一瞬, であった古市, ですから

▼ いない過去~ (3, 0.0%)

1 の思考, の文学的素養, を嗅ぎ出そう

▼ いない階下~ (3, 0.0%)

1 の家主, は窓, へ下り

▼ いない静か~ (3, 0.0%)

1 な家, な祭典, に召され

▼ いない飛行機~ (3, 0.0%)

1 か, が操縦者, をとばす

▼ いない~ (3, 0.0%)

1 がひとり, をうまく, を選ん

▼ いないあんな~ (2, 0.0%)

1 ところへ, みよし屋の

▼ いないいい~ (2, 0.0%)

1 子どもだった, 字だ

▼ いないいずれ~ (2, 0.0%)

1 も宙, 両親が

▼ いないおり~ (2, 0.0%)

1 にそっと, の芸術家ら

▼ いないかすら~ (2, 0.0%)

1 疑問視された, 看破し得ない

▼ いないかに~ (2, 0.0%)

1 かまわず送話器, 驚きを

▼ いないかねと~ (2, 0.0%)

1 しきりに技師, 次の間へ

▼ いないからとて~ (2, 0.0%)

1 そんなへま, めったにいなくなる

▼ いないかわり~ (2, 0.0%)

1 に前髪, に子供づれ

▼ いないがと~ (2, 0.0%)

1 一寸考え, 言う

▼ いないがね~ (2, 0.0%)

1 あの人間, 実はこの

▼ いないきやす~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ いないきわめて~ (2, 0.0%)

1 女性的な, 手術のし易い

▼ いないこと前~ (2, 0.0%)

1 に同じ, の通り

▼ いないこんな~ (2, 0.0%)

1 時だ, 枝が

▼ いないすべて~ (2, 0.0%)

1 のおとなしい, の人

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 だ, なたも

▼ いないそういう~ (2, 0.0%)

1 実に興味深い, 猛烈な

▼ いないそこで~ (2, 0.0%)

1 かの十五夜, 新派劇という

▼ いないそれだけ~ (2, 0.0%)

1 はたしか, 自然科学は

▼ いないそんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 話は

▼ いないぞと~ (2, 0.0%)

1 のびのびと, 云って

▼ いないぞという~ (2, 0.0%)

1 抑えては, 気に

▼ いないたって~ (2, 0.0%)

1 そんなにしょげる, なんという

▼ いないたとえば~ (2, 0.0%)

1 お昼飯, きみの

▼ いないだから~ (2, 0.0%)

1 クシャと, 人間は

▼ いないだけでも~ (2, 0.0%)

1 地元の, 少し寒く

▼ いないだけは~ (2, 0.0%)

1 慥である, 明かであった

▼ いないとさえ~ (2, 0.0%)

1 感じられるの, 言ってるわ

▼ いないとでも~ (2, 0.0%)

1 云うの, 思ったよう

▼ いないとばかり~ (2, 0.0%)

1 思った, 思って

▼ いないなか~ (2, 0.0%)

1 に顔, へはいっ

▼ いないなぜ~ (2, 0.0%)

1 なら我慢, なら自分自身

▼ いないなどという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 批評は

▼ いないによって~ (2, 0.0%)

1 あちらへ, 得意先の

▼ いないのにと~ (2, 0.0%)

1 びっくりする, 思うと

▼ いないのね~ (2, 0.0%)

1 そしてこれから, ゴールドスミスは

▼ いないふり~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ いないほか~ (2, 0.0%)

1 にそ, の課

▼ いないほんの~ (2, 0.0%)

1 初歩程度の, 少年でした

▼ いないまま~ (2, 0.0%)

1 に, になっ

▼ いないもし~ (2, 0.0%)

1 来て, 燕尾服を

▼ いないもっと~ (2, 0.0%)

1 他の, 危険な

▼ いないものの~ (2, 0.0%)

1 地方に, 如く相

▼ いないゆえ~ (2, 0.0%)

1 かいっそう, ほんの雨つゆ

▼ いないよい~ (2, 0.0%)

1 お得意, 証拠である

▼ いないよそ~ (2, 0.0%)

1 の国, の家

▼ いないよりは~ (2, 0.0%)

1 ましだ, よいし

▼ いないわし~ (2, 0.0%)

1 の消息, の眸

▼ いないわよ~ (2, 0.0%)

1 お判り, ちっと河岸

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 よくききわけ, 受けて

▼ いないダイヤ~ (2, 0.0%)

1 の原石, の新

▼ いないパン~ (2, 0.0%)

1 で生活, をふくら

▼ いないペレール~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ いないユーモア~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 だな, だよ

▼ いない一方~ (2, 0.0%)

1 の手, の露路

▼ いない一眼~ (2, 0.0%)

1 である, を頭巾

▼ いない一般~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の読者

▼ いない一間~ (2, 0.0%)

1 の本棚, を探っ

▼ いない不幸~ (2, 0.0%)

1 な喜助, のため

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 からいきなり, の石

▼ いない主人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の書斎

▼ いない二人~ (2, 0.0%)

1 は今度, は暗い

▼ いない人形~ (2, 0.0%)

1 も苦しん, を与えられた

▼ いない人民~ (2, 0.0%)

1 が自分たち, の多数

▼ いない代り~ (2, 0.0%)

1 に盗賊, に秀吉

▼ いない以前~ (2, 0.0%)

1 から狂人, で階下

▼ いない仲間~ (2, 0.0%)

1 がある, はひどく

▼ いない伸子たち~ (2, 0.0%)

1 とあらゆる, はうすい

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 さが, 気圧だ

▼ いない個所~ (2, 0.0%)

1 の雪, を注意

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 をよって, を向い

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の善良, 丸の内勤めの

▼ いない先生~ (2, 0.0%)

1 が秩父, の方

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 がまだ何ら, はまれ

▼ いない出来事~ (2, 0.0%)

1 である, のため

▼ いない別荘~ (2, 0.0%)

1 へ戸締, をどんどん

▼ いない勘定~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 九郎は, 葉を

▼ いない口吻~ (2, 0.0%)

1 であったこと, である

▼ いない台所~ (2, 0.0%)

1 で勝手, を覗き

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 分科が, 地方の

▼ いない向う~ (2, 0.0%)

1 にすわってる, の砂

▼ いない国土~ (2, 0.0%)

1 に対する不法, はない

▼ いない園内~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, の路

▼ いない地上~ (2, 0.0%)

1 だった, はない

▼ いない地方~ (2, 0.0%)

1 ことに都市, を対象

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 が二ヶ所, の上

▼ いない夜中~ (2, 0.0%)

1 であった, わざわざ呼び

▼ いない夜明け~ (2, 0.0%)

2 のデッキ

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 に関するノート, も母

▼ いない大衆~ (2, 0.0%)

1 といえ, は大衆

▼ いない天領~ (2, 0.0%)

1 だと, ということ

▼ いない失望~ (2, 0.0%)

1 と同時に, よりも家出

▼ いない姿~ (2, 0.0%)

1 である, もむしろ

▼ いない婦人~ (2, 0.0%)

1 が人形, の公民権

▼ いない子ども~ (2, 0.0%)

1 には手紙, にみえる

▼ いない子供たち~ (2, 0.0%)

1 はぬかるみ, を近い

▼ いない子息~ (2, 0.0%)

1 の山淵右近, の芳太郎

▼ いない学校~ (2, 0.0%)

1 が甚だ, へ移っ

▼ いない安易~ (2, 0.0%)

1 な作品, な態度

▼ いない実に~ (2, 0.0%)

1 おびただしい多様, 立派な

▼ いない室内~ (2, 0.0%)

1 に入った, をジロリ

▼ いない家族~ (2, 0.0%)

1 の大, も少なく

▼ いない市場~ (2, 0.0%)

1 だった, ではある

▼ いない広々~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 へはいっ, へ行く

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 におる, をあと

▼ いない建物~ (2, 0.0%)

1 の内部, の前

▼ いない彼女たち~ (2, 0.0%)

1 の涙, の背後

▼ いない待合室~ (2, 0.0%)

1 からは外, だ

▼ いない恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 獣の, 神秘であった

▼ いない恨み~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ いない悲し~ (2, 0.0%)

1 さには, さを

▼ いない愛情~ (2, 0.0%)

1 なら決して, の軛

▼ いない感情~ (2, 0.0%)

1 がある, への猜疑

▼ いない態度~ (2, 0.0%)

1 はあまり, を今日

▼ いない憾み~ (2, 0.0%)

1 があり, がある

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 であった, を大勢

▼ いない技術~ (2, 0.0%)

2 は技術

▼ いない支那~ (2, 0.0%)

1 や日本, を導く

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 このお, に我々

▼ いない教養~ (2, 0.0%)

1 に富んだ, は教養

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 との交戦, は目

▼ いない文句~ (2, 0.0%)

1 や言葉, を重々しく

▼ いない文学~ (2, 0.0%)

1 の動き, を私

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 事実を, 吉を

▼ いない方面~ (2, 0.0%)

1 との二つ, はない

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 を立論, を誓った

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 だという, はなにゆえ

▼ いない時刻~ (2, 0.0%)

1 だが, を見計らっ

▼ いない普通~ (2, 0.0%)

1 そこい, の健康者

▼ いない暗い~ (2, 0.0%)

1 倉庫の, 空家の

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 完成の, 発達の

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の二分の一位い, の頁

▼ いない栄三郎~ (2, 0.0%)

1 ともすれば受け太刀, のこと

▼ いない模様~ (2, 0.0%)

1 だったので, でした

▼ いない死体~ (2, 0.0%)

1 からは出刃, だった

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 にでも訴える, の多

▼ いない母親~ (2, 0.0%)

1 とただ, のうわさ

▼ いない気配~ (2, 0.0%)

1 が見て取れた, であった

▼ いない沢山~ (2, 0.0%)

1 の問題, の封建性

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の上, を無理やり

▼ いない淋しい~ (2, 0.0%)

1 秋川邸に, 赤ん坊の

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 である, に悲壮

▼ いない為め~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に斯

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 であり従って, 試験検定の

▼ いない無人島~ (2, 0.0%)

1 であるが, らしいの

▼ いない無数~ (2, 0.0%)

1 のこと, の壁

▼ いない煙草~ (2, 0.0%)

1 をくわえ, をどうして

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 が逃げ出した, の子

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 があるかっ, はあるまい

▼ いない~ (2, 0.0%)

2 父の

▼ いない田舎~ (2, 0.0%)

1 にいる, の野鍛冶

▼ いない疑い~ (2, 0.0%)

1 なん, に答える

▼ いない白い~ (2, 0.0%)

1 小手毬の, 鬚と

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の寂莫無人, 暗い部屋

▼ いない真暗~ (2, 0.0%)

1 な場所, な座敷

▼ いない砂地~ (2, 0.0%)

1 で, の中

▼ いない社会主義者~ (2, 0.0%)

1 の一人, は容易

▼ いない社会的~ (2, 0.0%)

1 な出来事, な課題

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の力, の御子

▼ いない種々~ (2, 0.0%)

1 の本能, の理解

▼ いない種類~ (2, 0.0%)

1 の動物, の現象

▼ いない空屋~ (2, 0.0%)

1 のよう, を出る

▼ いない空腹~ (2, 0.0%)

1 がお, にひどく

▼ いない空虚~ (2, 0.0%)

1 なもの, な電燈

▼ いない空間~ (2, 0.0%)

1 とを充ち足りた, へちょい

▼ いない立場~ (2, 0.0%)

1 がある, にある

▼ いない立派~ (2, 0.0%)

1 なおもちゃ, な男

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 がある, に別けた

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 だろうと, まで探しはじめた

▼ いない美し~ (2, 0.0%)

1 さに, さにも

▼ いない者ら~ (2, 0.0%)

1 の芸術, を取り

▼ いない舞台~ (2, 0.0%)

1 うらに, はペンキ

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 が流れ, のよう

▼ いない芝居~ (2, 0.0%)

1 が音楽効果, であったの

▼ いない芸術~ (2, 0.0%)

1 はない, を愛してる

▼ いない若々しい~ (2, 0.0%)

1 上気した, 激情の

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の葉, は一面

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 の方, は

▼ いない表情~ (2, 0.0%)

1 である, はありあり

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 が隠され, の階段

▼ いない裸馬~ (2, 0.0%)

1 だった, だった見たところ

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 と子, なん

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 だ, として同じ

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 もいない, よりも魏

▼ いない課題~ (2, 0.0%)

1 が生きた, なの

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 がある, や課題

▼ いない赤い~ (2, 0.0%)

1 パイプを, 三角形の

▼ いない踏切~ (2, 0.0%)

1 にさしかかった, をよこぎる

▼ いない農奴~ (2, 0.0%)

1 に対して私, をね

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ いない運動場~ (2, 0.0%)

1 で鉄棒, の隅っこ

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 である, の近く

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 には相違, を返し

▼ いない金魚~ (2, 0.0%)

1 を島本, を見た

▼ いない附合~ (2, 0.0%)

1 であるが, に物

▼ いない限り人~ (2, 0.0%)

2 の想像

▼ いない限り誰~ (2, 0.0%)

1 でも, でも絶えず

▼ いない電車~ (2, 0.0%)

1 には暖かい, のドア

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 ざしに, をし

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 とを哀れげ, は一組

▼ いない音楽~ (2, 0.0%)

1 というもの, にたいしては少し

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 であること, を出され

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 のあせ, の汗

▼ いない風呂~ (2, 0.0%)

1 で, の中

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 が醜, の列

▼ いない~ (2, 0.0%)

1 が砕け, もない

▼ いない黒い~ (2, 0.0%)

1 筒を, 顔を

▼1* [1458件]

いないああここで, いないあいだ今日のうち, いないあいだ政務にお, いないあかつきには兄, いないあき家なのよ, いないあたしに対して, いないあの世へ旅だっ, いないあるいは感じて, いないいかにもありのままなもの, いないいくつかの大国, いないいつでも, いないいつかそのうち, いないいま磨いだばかりという, いないいや一旦この, いないいろいろの時代的苦悩, いないうぐいす谷に有, いないうしろにねずみ色, いないうす暗がりの, いないうまやと, いないうまいつけものを, いないおばさま何処なのよ, いないおまえは手, いないお前がほんとう, いないお前たちの母上, いないお山ですから, いないお雪ちゃんがこの, いないかえって幸福である, いないかぎり世渡りはできなかった, いないかぎり人家はそれほど, いないかぎり推断に苦しむ, いないかぎり狐のごとき, いないかくらい誰にでも, いないかぐらいのことは, いないかさえ問題に, いないかたはあるまい, いないかだけを確かめて, いないかだのそれが, いないかっぷくのいい, いないかとか当って, いないかとかいう科学的な, いないかとさえ思われた, いないかどでもう, いないかなあ三味線は, いないかなどは確かめも, いないかなんてついぞそんな, いないかについてドイツの, いないかにもよるし, いないかによって敵の, いないかによるのである, いないかによるにすぎない, いないからこその真情だ, いないかわり東部のそういう, いないがま口をしらべました, いないがやッぱりその巻添いだろう, いないきっと帰って, いないきれいな名刺, いないくらしして, いないぐらいの事には, いないやきの, いないこうした下宿なんか, いないこうして名誉も, いないここいらの避暑客, いないここ数日のま, いないこといやな郵便物, いないことそれに下地, いないことばの正直さ, いないことほかのこと, いないこと上記の通り, いないこと女の化粧, いないこと妾チャンと知っ, いないこと彼等は附近, いないこと比島人を襲撃, いないこと確かである, いないこと窓その他人間の出入り, いないこと等を説明, いないこと翼をもがれ, いないこと脂肪率も三・八, いないこれから増進する, いないこれら初期俗流経済学の, いないころには人間, いないさあ上って, いないさっぱりした表情, いないさびしいところが, いないさまざまの花, いないさりとてとり押えられたという, いないしんとした, いないすぐ前の, いないすこぶる幽邃な, いないすごい威力を, いないすすり泣きとそれ, いないすでに気高い風采, いないすなわち死刑囚, いないすばらしい幾多の, いないずっと昔の, いないせいようかんの中, いないせっかく仙台へ, いないそうしたうつつの, いないそこでどんな, いないその後は容易, いないそもそも都々逸には, いないそれどころかもっと知っ, いないそれなのにかれら, いないそれほどに美しい, いないそれゆえにかつて, いないそれゆえ何事も知らず, いないそろそろ虫の, いないぞといったような, いないたくさんの机, いないたしか余は, いないただ一人の人間, いないたちの人間, いないたった二人の, いないたとい他方が, いないためかつはあまり, いないため三浦さんの行動, いないため下の, いないため最後まで私, いないたよりない宿, いないだがお互に, いないだけかも知れない, いないだけが不思議です, いないだの彼をも, いないだらしなさ, いないちいさな島に, いないちょいとした, いないやない, いないっていうように, いないつなぎの部屋, いないつまり魂を, いないつむじを曲, いないつもり心だけは, いないつるいないと, いないつるつる滑りそう, いないでさ手近い, いないでと源氏は, いないというか天地間は, いないというじゃないか, いないというのだい, いないというのみで取りあわない, いないというまでである, いないというまでのことで, いないといったばかりじゃないか, いないとかの問題でなく, いないときあなたの別荘, いないとき伝吉がやった, いないとき幾度か水, いないとき截り斃, いないとき昼間行くの, いないとき絹子の打ちとけ, いないとき自分の別, いないとき誰も見ない, いないとき金の蔵, いないとき青木にささやいた, いないとこも一方, いないところどころで臨時施設, いないところ曠野くらやみの焼跡みたい, いないとしか考えられなかった, いないとしてもねそのあな, いないとて夢いささか, いないとともにこんに, いないとのみ思って, いないとばかし思って, いないとやらでいよいよ, いないと共にそうかと, いないどうしても毛織の, いないどの座敷へも, いないないな, いないながら或る, いないながらも無聊に, いないなどとは夢にも, いないなども変である, いないなにしろ加賀で, いないなんぞと高杉あたりに, いないなんぞは膝栗毛も, いないなんにもむなしい, いないねと云って, いないのびやかな環境, いないのんきな明るい, いないはかな言, いないはずこれは駒井, いないはずみな山へ逃げこん, いないばかりじゃない, いないばかりに男として, いないばっかりにわが身を, いないひっそりした村, いないひと大変ですね, いないひまをみ, いないひもじさを, いないひろい両親の, いないふうんそうか, いないふくろうのばたばた, いないふしぎなこと, いないふたりがはいっ, いないふらふらした作品, いないふわふわと浮き上った, いないへんに冷たい, いないほこりだらけな敷物, いないほんとに見えは, いないまあよかった, いないまことに不便な, いないまして二つの, いないまっくらがりでした, いないまま水にうつる, いないまるで気体の, いないみすぼらしい風体の, いないみち子は磁気学研究所木曾実験室助手, いないみんなマヒした奴, いないむさくるしい傍の, いないむずかしいわからないと, いないもしくは到る処, いないもぬけの殻へそれ, いないもの実力を用意, いないもの彼岸のもの, いないもの所有して, いないやつがいる, いないゆえに罪である, いないよこしまではない, いないよし疑って, いないよなどと舌の, いないよもひとりの, いないりっぱなピアノ, いないに, いないわが主人は, いないわがいわゆる乗るは, いないわげをゆうた, いないわずかに一厘二厘, いないわたくしには何, いないんでな今は, いないアイヌにはこういう, いないアカシのよう, いないアクタみたいにいつなんどき, いないアングロサクソン民族から出た, いないアンテルナシオナールの泰造, いないインテリゲンチアの行動性, いないオールマイティーの科学者, いないカントによれ, いないガランドウの独房, いないガラ場で平蔵側, いないガレージの横, いないキジ蚯蚓が溌剌, いないクドも別, いないクリストフにとってはラインハルト, いないクリティシズムのやり方, いないクルミさんである, いないグループなら彼女, いないコゼットにそれとなく, いないコルホーズについて自慢, いないコーヒー茶碗をとりあげ, いないゴタゴタしたマアケット街, いないゴーリキイの小学生生活, いないサロンの壁, いないシナの言葉, いないシムラでもう一度, いないジイドが, いないジェーブル伯邸の事件真相, いないジョリクールはきょろきょろとう, いないジレッタントにはゲーテ, いないジープが日本製, いないストウブを取り巻い, いないズボンの上, いないタイプの組長, いないタクシー溜りへ馬車, いないタクミの名作, いないダンサーはまるで, いないチョウチンでしたが, いないツイそこの水車, いないテントの炉, いないデュト通五八番地の木, いないデューラー何百人かの作品, いないトバ口ぐらいのところ, いないドブジェンコの, いないドーリヤと清潔, いないナンテ手はない, いないヌケ道があった, いないノンキな似而非芸術家, いないバサバサの長髪, いないパイプを指, いないパウンドケーキやフルーツケーキ, いないパスカルが珍しい, いないパリの生活, いないヒスパニオーラ号を追って, いないピアノの側, いないフランスにおいて何, いないブラリと提げ, いないブルジョア大学のアカデミー振り, いないベニは淋し, いないペーピーがいちばん, いないホールへ相, いないボデイ・ラインを賃銀, いないボロボロの絵本, いないボール紙へ塗った, いないポローニアス役の淡路研二, いないポーズを取っ, いないポーチにもどらなけれ, いないマサ子にとってそれ, いないマズルカの曲, いないマニョンという知り合い, いないモスクワの中庭, いないラーベンシュタイナーで彼, いないリバーティ・ストリートの渡船場, いないロケットはジャイロコンパス, いないロッテナム夫人が大伴さま, いない一々の手, いない一まきであること, いない一人きりの仕事, いない一人っきりである, いない一人ぽっちのお前, いない一個の旅役者, いない一切の地方, いない一大事について皆さん, いない一家の主婦, いない一対の者, いない一座が荒寥, いない一時のすべて, いない一枚の紙, いない一片のカラスミ, いない一番大きな机, いない一種奇妙な変化, いない一等車のコンパートメント, いない一群の人々, いない一脚に腰, いない一般的なこと, いない一艘の方, いない一見地味な, いない一途にちょうはん, いない一部のウルトラども, いない一階の隅, いない七つの奇妙, いない万太郎は彼, いないですよ, いない丈夫な裏, いない三つ目の窓, いない三人の弟子, いない三枚駕籠で行ったら, いない三歳年上の姉, いない三浦浄心の, いない上等のボックス, いない下坂川のよう, いない下手な床屋, いない下根凡愚かもしれぬ, いない下等動物でしかあり得ない, いない下等微生物になる, いない不備にもよるでしょう, いない不完全避雷針を見ました, いない不審はどう, いない不断の顔, いない不束者のこと, いない不浄門なんてえ, いない不満足である, いない不用意な私, いない不良がこわい, いない不逞な風, いない世帯のこと, いない世襲の住職, いない世間の目, いない眼か, いない両側の壁, いない両手に頼り, いない両親や伯母, いない中性温度的存在で熱電率, いない中流性にもあてはめられた, いない中甲板の手すり, いない中肉中背で愛嬌, いない丸い左の, いない丸坊主だったが, いない丸裸で傷痕, いない丹田に力, いない主膳はそれ, いないもない, いない予期というよう, いない事件などを作品, いない事務室の床, いない事実それを申してる, いない事左翼らしいと, いない事情をはっきり, いない事業よりは高く, いない二つの大, いない二三輪の白い, いない二人きりの時, いない二十五歳未満の青少年, いない二室から血だらけ, いない二枚貝を発見, いない二畳の間, いない二種のもの, いない二長町は見る, いない云々という意味, いない五名の兵士, いない交友は罪悪, いない人々今日でもなお, いない人それがどこ, いない人名をあたかも, いない人哲学史の知識, いない人夫の中, いない人柄の生々, いない人格などは要するに, いない人造人間がある, いない人間たち特有の事務的, いない人間同士が父, いない人間社会にあっ, いない人類のすべて, いない仇敵である, いない今ごろベルネのうち, いない今日結婚数の減少, いない今日自然主義を誨淫文学, いない今村謹太郎にとっては浅野護謨会社事務員月給七十五円, いない仏像をふろしき, いない仕立屋と新しい, いない他人に向かっ, いない代り前の人, いない代物のよう, いない令嬢の一人, いない以上シャイロック・ホルムスとアルセーヌ・ルパン, いない以上一人だけの用, いない以上不可能なこと, いない以上法則は抽象化, いない以上直観はただ, いない以上自分が特に, いない以上迷信に過ぎない, いない仮定的な教養, いない伊織の体, いない伝七郎へ門人達, いない伝六がことごとくもう, いない但しラム氏の, いない佐々の家, いない何となれば, いない何よりの証拠, いない何らの立派, いない何んだってそう, いない何人を挙げる, いない何物かが在ったら, いない何者かがしかも, いない余程明るい感じ, いない作家にすぐれた, いない作文屋であると, いない作爺さんの家, いない作物は惜しい, いない使者の勤め, いないがある, いない侵略戦争を計画, いない俗塵世塵を正面, いないの体, いない信州辺であると, いない信長であった, いない修辞論であって, いない倉地に対して今さら, いない個的なところ, いない偉大なる科学者, いない健三はただそう, いない偶発的できごと, いない傍観者が帆, いない儒教の人, いないと思ったでしょう, いない兄上とが普通, いない先生達が我と, いない先輩の前, いない光景はかえって, いない克巳ちゃんもまだ, いない全く落ちつき払った, いない全身をかえり見た, いない八月二十日頃を先ず, いない公債であると, いない公共構造物が至る, いない公園の小道, いない六甲村に今度天然記念物, いないに来た, いない内地から来た, いない内心の秘密, いない写真機の買収, いないの蠅, いない処女のにおい, いない凶行についての世間一般, いない出版社の方, いないの味, いないのこと, いない分子は馬鹿正直, いない刑務所にしたい, いない初めはその, いない初夏の教室, いないの一棟, いない別種の品, いない利家である, いない利益と相, いないだったから, いない前川夫人まで引合, いないい人間, いない劇団は一つ, いない功績をあげたい, いない労働者住宅ってある, いない動機が熟し, いない動物にだってね, いない勝家でもあった, いない勢いのいい, いない勧進帳の三味線, いない化粧着の下, いない北国の名都, いない北海道の魅力, いない医者がすぐ, いない十人ばかりの敵, いない十本の指, いない千人同心が旗本衆, いない千早の古, いない午飯をいつも, いない半ば空しい大きな, いない半島の青年たち, いない半身の刀, いないの上, いない南方諸島では滅多, いない南蛮寺緑青のふいた, いない単に並存し, いない単調な浜, いない博士号のねうち, いない印度人は如何, いない即ちその女, いない却って個別を, いない原因があり, いない原野の中, いないとがある, いない厳粛な試験場, いない参考書を取り寄せ, いない自分に, いない又は結び付いて, いない又八の銷沈, いないの作品, いない友人の前, いない友造どこへ行った, いない友達は驚ろ, いない反響を伴うだろう, いない叔母としてはああ, いない口調です, いない自動車の, いない古代の哲学者達, いない只二十人三十人とかたまっ, いない可愛相なもの, いない可憐しい妹, いない可能として渾沌, いないの向う, いない台所道具は煉瓦じき, いない同年兵たちに語らね, いない同情心の深い, いない探偵な, いない名前もアイスクリン, いない名義ばかりの神人, いないを愛し, いない大いに考え, いない吹き曝しの身, いない呂宋兵衛も昌仙, いない告訴人等は著作権法, いない周囲を見廻し, いないだと, いない味噌汁を吸い, いない咲二を慰める, いない哈爾賓で亡くなった, いないと鹿みたい, いない商店街だった, いない善人にも悪人, いない善作に向い, いない善良で気品, いない喜久井町の家, いない喬さまが出, いない器官や能力, いない囈語の一種, いない囚人はもし, いない四人の男女, いない図々しい人の, いない国会を外国, いない国技館の中, いない国民が非常, いない国際島なん, いない園長の半面生活, いない土曜日の晩, いない在野学者や素人学者, いないあたま, いない地下室に動く, いない地位のほう, いない地名などが故意, いない地域が多い, いない地層はほとんど, いない地獄よりも必ず, いない地球人の交易場, いない地精よいそしめ, いないの結晶, いないを払いおとし, いないの生活, いない城下でしかなかっ, いない城兵の士気, いない執拗残忍な女, いない堀尾一等卒の眼, いないの中, いない報告を一つ, いないである, いない場合あなたならどう, いない場合印象の追跡はと, いない境遇にある, いない墓地に吹きすさん, いない壁板に西日, いない壁際の小, いない声音である, いないは山葵, いない夏床のうえ, いない夕暮の通り, いないの門, いない外国語をいくらか, いない多数に不用, いない夜空の眩, いない大きい黒髭が, いない大使館では我々, いない大樹は一本, いない大気の中, いない大町が従って, いない大衆浴場へそれ, いない大道芸のせい, いない大都市でもやはり, いない天井裏を無益, いない天地なの, いない天空にいる, いない太陽が彼, いない夫婦で絵, いない夫婦さし向いの朝, いない奇襲兵器でもっ, いない奉仕でしょう, いない奥地の植民地, いない奥庭へ於市, いない奥様のお, いない奥深くへ這入っ, いない女一人にこけ, いない女気もない, いない奴どもはよそ, いない天気だった, いない娘たちが非常, いない娘一人で, いない婦人代議士がどうして, いないがある, いない子供等には会津戦争, いない子供達の成績, いない子猫だ, いないとをつきとめる, いない存在であるという, いない孤独な青年, いない学問はありません, いない学生にとってはきわめて, いない学者思想家もまた, いない安宅先生を探し, いない安政の大, いない安易さそのものこそもっと, いない宗教的には極, いない官舎の裏, いない定刻より三十分以上, いない実例もまた, いない実情だった, いない実状です, いない実験室を横眼, いない客たちのそれぞれ, いない客席は夜, いない客観的ないい, いない客間の光景, いない室殿であった, いない家々なく華, いない家庭婦人というもの, いない家庭服をなあに, いない家康の本城, いない家業繁昌の秘法, いない容子だった, いない容顔に危険, いない宿命のかげ, いない宿舎をちょっと, いない寂しいがらんと, いない密室で極秘裡, いないさの, いない寛永十年なの, いない寝台などを, いない寝室で妻, いない寝顔でもある, いない寡婦鰥夫を含ん, いない寧ろ生きんが, いない寺中では, いない対手と話すらしい, いない対等の姿, いない専務の小柄, いない将士の疲労, いない将来の可能性, いない尊氏なの, いない小さい叫びが, いない小僧さんに対して本当, いない小家の前, いない小林秀雄氏なども, いない小癪にさわる, いない小袖や髪, いない小説をかきたい, いない小麦色の肌, いない少くとも或, いない少女に早く, いない少年少女は物, いないをなだめぬいた, いない屋上を見, いない屋形は彼女, いない屋形船から一本, いない屋敷は荒れる, いない屑屋の負い, いない山城守のこと, いない山川はない, いない山河はあまりに, いない山浦家の家風, いない山腹を踰, いない岩山が大, いない島武士だったが, いないがある, いない川上機関大尉につけられ, いない巡査どもがそれぞれテエブル, いない工面をし, いないの手, いない左手をこぶし, いないがどうして, いないで発生, いない市営バスがあたかも, いない市街の屋根, いない常習犯であること, いない附きの, いない干潟のよう, いない庭で, いない平七はでも, いない平凡な服装, いない平坦さを見せ, いない平常とただ, いない年代に一人, いないにし, いない幸福敬虔な感激, いない幻影だった, いない幻想的なデカダンス, いない幼児にはただ, いない幼少の時分, いない幾多のもの, いない幾組かの家族, いない広やかな壁, いない広場はまだ, いない広間に大勢, いない庄左衛門の姿, いないに厚い, いない床の間よりの一隅, いない店先にもちゃんと, いない座席に向っ, いない庸三はしばらく, いない廊下へ手, いない弁当がいくつ, いないに弦, いない弟子はこんな, いない弱い人でございました, いない強いガスです, いない当惑を物語った, いない当時に彼ら, いない彗星の行方, いないである, いないは毒婦型, いない役者であろうが, いない彼女想像の眼先, いない往来へ出た, いない待賢門が開い, いない後れ毛をかきあげる, いない後篇に語られ, いない後部をこちら, いない従って人間に, いない従姉の母親, いない隠居にでも, いない復命をした, いない微力の人びと, いないには佃, いない心地もします, いない心理を温存, いない心理風景も存在, いない心算だよ, いない心配そうな声, いない必ず侯に, いない応接室へ這入り込んだ, いない応接間と食堂, いない忽ち上ずって, いないるべき人物, いないて今, いない思い出の中, いない思想のゴーチエ, いないぎかたをしてけがをしてしまったのだ, いないなので, いない性問題に虚無性, いない性格であろうし, いない事実が, いないに共鳴, いない恐らくこういう論理的, いない恒川氏にはまだ, いない恨めしげな, いない恰好のよい, いない悟浄は依然として, いない悠遠なる昔, いない悩みもあろう, いない悪党だ, いない悪口雑言を吐きちらす, いないの心, いない情景をグラス, いない意味がある, いない意味そのものはその, いない意外な人間, いない意志を表明, いないの泉, いないがある, いない感傷がこもっ, いない感銘を受けた, いない慈顔温容となっ, いないだった, いない慎ましい職業婦人に対して, いない憎悪の言葉, いない憧憬なんぞを知らない, いない懐しい世界が, いない或はそのこと, いない戦争なんてあっ, いない戦場で敵, いない戦時公債を償還, いない戸外へ向っ, いない房吉そのとき, いない所以である, いない所謂有史以前の人類, いないを押, いない手斧のあと, いない批判的態度に出, いない投げやりなそういう, いない折々に先刻, いない折下でよりより, いない折炉辺を囲み, いない抽斗の全部, いない持彦のもとめる, いない挨拶の仕方, いない振りして, いない掛小屋のなか, いない探偵小説界の知性, いない提灯を辻番所, いない支倉の家, いない改札口を出た, いない放牧馬はそれ, いない放課後の教室, いない故人クロード・ディグスビイの驚くべき, いない故郷は山, いない教官室へ帰った, いない教義をも覗い, いない教育を受けた, いない教育予算の中, いない敬太郎もこう, いない数右衛門をながめ, いない数字である, いない文壇はそこ, いない文字である, いない文学者は近ごろ一人, いない文明の利器, いない文明人はない, いないに寝, いない斯様な温泉, いない新しい柔かい頭へ, いない新聞があった, いない新説であろうと, いない新進作家チェーホフにわざわざ, いない新顔だった, いない新鮮さを寧ろ, いない方向へ全速力, いない方法で感謝, いない旅客から言われた, いない旅館がいくら, いないに茶, いない旗太郎とクリヴォフ, いない日中を狙っ, いない日本家庭の家事, いない旧来の, いない早春の乾いた, いない明き家のヴェランダ, いない明らかな証拠, いない明るい海岸の, いない明るくしずかな, いない明日のこと, いない明朝まで待っ, いない明神の境内, いない昔ながらの芝居見物, いない映画でも故郷, いないだとも, いない昼ごろに行っ, いない昼湯のあの, いない昼間のうち, いない昼食は今, いない時それは批判者, いない時よそから電話, いない時イデオロギーはある程度, いない時一人静かに家, いない時世はいかに, いない時勢の先, いない時十分考えて, いない時宵のうち, いない時戦闘が始, いない時接吻したと, いない時期であった, いない時決行するの, いない時私は弱い, いない時葉子は時々, いない時読者はどこ, いない時間ではあった, いない暖かいよ, いないさであった, いない暗夜の野, いない暮しのきつい, いない曲者はまだ, いない書庫である, いない書斎を撰んだ, いないはありません, いない月刊の雑誌, いない月給袋をうけとった, いない有名なる巨躯紅肉, いない朝倉夫人がすでに, いない期待というもの, いない木立ちのこと太陽の見えない, いない未熟な品, いない末席の若い, いない本屋の儲け, いない本来の心, いないの引出し, いない杉丸を組んだ, いない村それをあたりまえ, いない条理混雑した欠陥, いない東京で働こう, いない東宝という映画製作所, いない東海道で附, いないの枝, いない松江の家, いない果断にある, いない枝ほそく鋭く夜空, いない架空の人物みたい, いない柚子の実は, いないの実, いないに価, いない根拠がここ, いない案内を連れ, いない桜月夜の下, いない梶井は国, いない森閑とした, いないや皿, いない椅子ばかり並ん, いない極めてルーズな, いない極悪無道の人非人, いない楽天思想と相反, いない様々の事実, いない樋口がどこ, いない標本を眺め, いない権大と三位, いない横谷やほか, いない機会を偸, いない機械ちいっとばっか工合, いないの木太刀, いないの室, いない次女ほどの美人, いない次第です, いない次郎はしくじった, いない次郎吉はベトベト, いない正味一万二千トンの重, いない正成であったので, いない正直なす, いない正造の部屋, いないの家, いない武者の顔, いない武蔵太郎あたりをこの, いない歩み出しをつけ, いないの中, いない残念と言った, いない段々と正面, いない段階では已むをえないことでもあり, いない殺害の行われた, いない殿様はなお, いない母たちや姉たち, いない母子だなと, いない比較的原始的な, いない民器を見出す, いない民族は決して, いない民族心理学の課題, いない気の毒な人間, いない気安さから, いない水夫室は出入り口, いない水木由子が待っ, いない水鉛鉛鉱だよ, いない水面からひとりでに, いない永田の家, いない江戸に三人, いない江戸気質の他, いないの中, いない沢庵もいない, いない河床の向う側, いない法水にとる, いない洋服などがおかしかっ, いない洋食の勘定書, いない流儀だし, いない流動的な恒常性, いないの砂丘, いない浪人者である, いない海原のうえ, いない海岸地方では人民, いない海辺の淋し, いない淡々たる語調で, いない深夜に細々, いない混同比喩などにはっきり, いない清い清い人だ, いない渋団扇で松葉, いない満開の桜, いない溌溂たる新興プロレタリアート, いない滝見小屋があり, いない漢文で認め, いないいこの, いないの消えた, いない火桶を脇, いない火薬庫がある, いないへ向っ, いない炉ばたには, いない炉灰の中, いない点点とした, いない無名作家の作品, いない無邪気な顔, いない然し多少に, いない焼け残りの待ち合, いない焼物がありましたら, いない煎餅なら大概, いない熱くて鐘, いない父親がある, いない頬に, いない片方の手, いない片目の男, いない片隅において去年, いない牛小屋があり, いない牛込か芝, いない牢舎の実現, いない物自体が心, いない物蔭の鉄淵禅師, いない物語の冒頭, いない特異なる残忍性, いないさえ居ない, いない犯人は挙っ, いない犯罪事件では探偵, いない犯行事実をば確実, いない状勢になっ, いない狡いか善良, いない独特のもの, いない独立的な生気溌剌, いない狼藉者及び軍兵ら, いない獄内の日常些事, いないの脚あと, いない獣医さんの家, いないらしさ, いない現在の宿命, いない現象について条件, いない理智的という, いない理窟になる, いない理論は別, いないだ, いない生まれ故郷の上新田, いない生れながらのまま, いない生徒のあちこち, いない生意気な学生, いない生活環境にいる, いない生物はどうか, いない産業軍の一兵卒, いない田舎者を憎らしく, いないを答えた, いない申し分である, いない男世帯としては戸棚, いない男四人もいない, いない男性に突然, いないはほとんど, いない町人をそう, いない町人体の未知, いない画家たちも来あわせた, いないがあった, いない留守許で母親, いない異教徒の国, いない疾風のごとく, いない病人の白地, いない病気なの, いない発見によること, いない発音を繰り返す, いない白痴の眼, いない白紙から立ち上がる, いない百日紅の木, いない皆利口者になり過ぎ, いない皮膚は友, いない盛り場だ焼き払ったところ, いない盛名の妓, いないがねをかけた, いない省線電車に腰かけ, いないにいる, いない真剣だ, いない真新しい箪笥が, いない真昼の広々, いない真正なあの, いない真白な雪, いない真面目な顔つき, いない着物から, いない瞬間とに乗じ, いない知識人の嘆き, いない知識経験にはことに, いない短い毛を, いない石仏とかいずれ, いない石室に寝, いない砂丘を越し, いない研究をやっ, いないである, いない破れ家の多い, いない硬論のなごり, いない確信がある, いない社会層の中, いない社会感情の今日, いない社会状態にのみ妥当, いない社会生活のうめき, いない社寺の仏像, いない神社の森, いないだった, いない私たちを妙, いない私たちふたりがここ, いない私共の仲間, いないの夕空, いない秋山の衣裳箪笥, いない秋川家に行く, いない秋本との交渉, いない科学の根柢, いない科学者というもの, いない秘めやかな力, いない秘事を一つ紹介, いない秘密の暗号, いない秘本をずいぶん, いない稚い伊予子は, いないが白穂, いないなの, いない穏かさだからね, いない穴ぐらの中, いない空き部屋ですみ, いない空っぽの部屋, いない空台所へシューラ, いない空地に何, いない空室だったと, いない空家だったのに, いない空舟をお手前, いない空車のよう, いない窮乏の原因, いないが折れる, いないに湯, いない範疇のため, いない米友がなぜ, いない米源よりもっと, いない粘着材料で出来, いない精神のこもった, いない精養軒のガーデン, いない純文学や芸術文学, いない純粋の名所, いない紙巻煙草をポツンポツン, いない素人なの, いない素子をそういう, いない素朴な港, いない紫色のヤツ, いない細面の顔, いない紳士と淑女, いない紳士荘のところ, いない組合が成立, いない結果だと, いない結果今だに俗語, いない継子はわが, いない綺麗な丸髷, いない緊迫した真, いない編集者たちは一冊, いない緯四路へ出, いない繊弱な夢想的, いない羅馬人の風俗等々, いない美しい凛々しい人達では, いない美しく素晴らしく脱皮し切っ, いない美濃紙四つ折刷の極めて, いない美男なの, いない群集の好奇心, いない義父や母, いない義理人情とを教え, いない習慣で, いないいた良人, いない老朽の芸人, いない考えを得た, いない者どもだ, いないも確か, いない聴者といえ, いない聴衆にすぎなく, いない職業でどこ, いないのしまった, いない肉体を冷た, いないを掠め, いない肺病も癩病, いないぶくろ, いない胃の腑へ沁み込ん, いない胃袋は格太郎, いない胆吹へひとつ, いない能力が私, いない自作農だった, いない自信の色, いない自分たちと同じ, いない自己の影, いない自我の問題, いない自然現象と人間, いない自然科学をもっ, いない自由は本当, いない自衛意志がおのずから, いない自転車がひとり, いない臭いがする, いない舞踏会てえもの, いない舵輪は舵, いない船室でこれ, いない船頭は早く, いない良人の姿, いない良心の流露, いないを示し, いない色彩のとり, いない色華やかなモダーン, いないと見えます, いないなしの, いない芸術派かもしれない, いない若い若い松井君で, いない若干の細目, いない若若しい光沢を, いない苦心を重ね, いない茶店風の家, いない茶皮のポートフォリオ, いない草野の細君, いない草野さんだと, いない荒涼たる風景を, いない菊屋の別館, いない菓子を取り出した, いない落ちつきのある, いないにさわる, いない葉子はこの, いない葡萄の季節, いない蒲生泰軒居士ほんとに愚楽老人, いない青い絹, いない薄い皮膚の, いない薩摩と長州, いない虎之助は七日, いない虚無的な別離, いない細い肢体, いない蜀軍はこれ, いない蜂谷の財布, いない蜘蛛の巣, いないの佃煮, いないが夫人, いない血縁に繋がれる, いない街幅なので, いない街灯の鉄柱, いない街路を好む, いない街道を歩い, いない衛国では已む, いない衣服を着, いない表現が沢山, いない袴野は皆, いない裏藪や表, いない裏表なしの, いない裏通のカッフェー, いないの黒い, いない裸ガス燈の生みだした, いない裸体の幹, いない製造者の手, いない複雑さがある, いない西洋というもの, いない西蝦夷の海, いない要素を含ん, いない見合いと云っ, いない見物を相手, いない視線を明るく, いない親友がいる, いないがある, いない観念的な言葉, いない角三郎のふだん, いない角度だけに事実それ, いない言い訳をいよいよ, いない訓練されて, いない証明になる, いない話しぶりだったが, いない読者にとってはどの, いない諸侯も多い, いない諸君ははたして, いない諸国では今, いない警官隊はどう, いない議論に陥っ, いない議長席がある, いない貝どのがどんな, いない財産の大, いない貧乏と貧乏, いない貧者であった, いない貪婪なもの, いない貴公子たちの懸想ぶり, いないが忍びこんだ, いないだったから, いない購買組合の店, いない赤裸だった, いない赤裸々な悩ましい, いない赧ら顔に鬚, いない赭土道が乱暴, いない趣味の悪, いないと血潮, いない足利家だった, いない距離に記載, いないの家, いないの石ころ, いない踊りである, いない身どもらおぼつかなくも, いない身の上でありいつ, いない身内の私, いないの上, いない車室の中, いない軌条を追い求める, いない軒端にも見えない, いない農場へ鶏, いない農家であった, いない農民組合の卵, いない返事であった, いない退屈極まる男, いない通りを先, いない通り一遍の観覧者, いない造りものの鐘, いない遅い朝食も, いない遊芸を習わせる, いない過敏さが伸子たち, いない道端に七, いない遠くの娘, いない遠謀深慮ある人物, いない選手達を取り巻い, いない遺憾がある, いないだけの店, いない酒飲みの腹, いない醇朴そのもののよう, いない重大なこと, いない重要な部分, いないの道, いない野原へ行っ, いない野性のまま, いない野放しで桃子, いないである, いない金三郎を恋い慕い, いない金椎君は話した, いない金貨は持主, いない金髪の青年, いないがきまり, いない針目左馬太学士は大学, いないさが, いない鈍刀はいくら, いない鈍物同様の挨拶, いない鉄ストーヴを見, いない鉄路を横切る, いない銀杏の幹, いない鋭く深い見方が, いない鍋屋小路の一角, いない長い町, いない長女御厠人, いない門内の砂利, いない門小屋をのぞい, いない間みつにばかり苦労, いない間イズレールは料理番, いない間朝から晩, いない間退屈だったろうな, いない関係上僕は一度, いない関係上厭でも放課後六時半, いないの中, いない阿南さんの八月十日, いない阿呆くさい限り, いない限りこれらの実験, いない限り主張せられ得ない, いない限り之に対する復讐, いない限り僕の言葉, いない限り商売は小体, いない限り多くの者, いない限り天にかけり, いない限り女一人で働い, いない限り娘と親子, いない限り嫉妬も同情, いない限り店の中, いない限り東京に帰っ, いない限り永久に絶対, いない限り病人を寝かせ, いない限り相当の信用, いない限り相手を殺し, いない限り私有物の所有権, いない限り自分の空間, いない限り致命的の怪我, いない限り観念を文字, いない限り銀貨に対して六%, いない限度や矛盾, いない陰鬱な彼, いない陳腐な駄洒落, いない隅っこに早く, いない隅田川がくろく, いない階段に二人, いない隙間に元彦, いないにこちら, いない隠居家めいた家, いない隣家の農婦, いないの赤子, いない雄吉に単行本, いない集団農場が書かれ, いない雑文家の才筆, いない雑木林の中, いない雑草地があり, いない離れの茶室, いない離反の臣, いない有い, いないの日, いないの中, いない雪割草のよう, いない雪枝から完全, いない雪田を踏ん, いない雲行きだった, いない電気鳩によく, いないは乱れ, いない露八が恋しく, いない露地を罩め, いない露路へ走り込まざる, いない竜王は, いない青年の自信, いない青年団の青年たち, いない青草原のあいだ, いない面伸子母弟時代と三つ, いない面持ちだった, いない面白いお話を, いない靴造りの腰掛台, いない頃大学を出た, いない順二郎は態度, いない頑固な健三, いないにこわごわ, いないの上の空, いない頸筋のところ, いない頼りなさ, いない頼門には渓川, いない顔つきで, いない風呂場の月明り, いない風呂敷包はない, いない風情で伸子, いない風采骨柄のところ, いない飛鳥寧楽時代乃至鎌倉時代, いない食卓へ往, いない食品の味, いない食道楽家の間, いない飲用泉のところ, いない飾りけなさ, いない馬越翁の所蔵, いない駄句ですゾ, いないなので, いない高山が多い, いない高度な美, いない高氏だったが, いないはすこし, いないを結っ, いない鬱屈をその, いないを作者, いないであるから, いないもいない, いないなんていったい, いない鳥羽蔵の首, いない鶏小屋があり, いない麦畑はかすか, いない黄色い花や, いない黄花石楠花がここ, いない黒っぽい尻尾でありました, いない黒死館には相次い