青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いつしか~ ~いつた いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~ いで~ ~いと
いと~
~いない いない~ ~いなかった いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~ いひ~ ~いふ いふ~

「いと~」 3932, 42ppm, 2737位

▼ いと~ (283, 7.2%)

32 もない 27 がない 11 をつげ 10 はない, もなかっ, を告げ 8 あらず 6 ないほど, のない 5 がなかっ, を告げた 3 あらずと, がなく, ない, を与え, 乞いに

2 [12件] がある, なかった, なき岩波, なくただ, なさ, なし, もありません, も今, を告げる, 乞いにと, 乞に, 乞ひ

1 [114件] あらざるなり, あらざるべし, あらずすなわち, あらずまず, あらぬ, ありません, あり名主, あり眠る人, あるまじくも, ある心, ある時, あれば, あれや, があったら, がありません, がありませんでした, がだせる, がなかつた, が三日, が幸い, さえなかっ, しかありませぬ, すらない, すらなく, たまは, たまはば, たまへ, どはしき, ないくらい, ない中, ない女, ない忙, ない程, なからしめる, なき, なきが, なきほど, なきほどに, なきよし, なきを, なき中, なき程, なき途中, なくありのまま, なくいきなり, なくこれ, なくさせた殊勲, なくついに, なくて, なく仕事, なく傍難, なく前方, なく加古川以東, なく地, なく皆, なく陣, なければ, なしであった, なしと, などはまったく, に折々, に摘める, に遣る, に飛脚, の無い, はあり, はある, はおろか, はなかっ, はなく, もあらず, もございませぬ, もつげ, もなし, も与えず, も待たず, も惜しい, も無い, も知らず, も見つからぬ, も言わず, も許された, よりは振りかぶっ, をあたえなかった, をおかず追撃, をくれい, をつげた, をつげました, をつげよう, をつひやせる, をとっ, をとは, をもち, をもらっ, をやっ, を与えた, を与えない, を乞い, を取りたい, を得ざる, を措かず, を無視, を生じ, を秀吉, を賜った, を遣っ, を遣れ, 乞いし, 乞し, 乞ひでも, 出したれ, 安け, 無き身, 申上げ出

▼ いといふ~ (98, 2.5%)

6 のは 4 ので, やうな 3 ことで, ことに, のか 2 ことは, ことを, のが, のだ, のであつ, のである, のです, ので兼, やうに, 電報を

1 [55件] から面白い, ことだ, ことと, ことにな, ことまで, だけで, だけ元, とこで, のでそれで, ので到頭, ので夫, のに, のも, ばかりで, ふうを, ほどで, ほどのこと, よりはタイキ, よりも奇妙, わけこいつは, わけぢや, んです, んなら, 一つの, 主人の, 主義の, 事に, 事は, 事も, 事を, 事丈を, 事等で, 人でした, 仰せだ, 処へ, 境遇に, 弊は, 当人の, 意慾を, 態度で, 折入, 掛け合ひです, 樣子で, 気持, 氣に, 氣持は, 申入れが, 考へが, 考へで, 考へは, 自信が, 若いの, 話だ, 限りある, 電報が

▼ いという~ (94, 2.4%)

8 ものは 5 のは 3 ことは, ことを, のが, のだ, ものを 2 ことから, ことで, ことに, のに, のも, もので, 気に

1 [52件] からで, から然, がため, くらいに強い, けれどこれ, けれども住んでる, ことが, ことそれに, ことだ, ことであります, ことです, ことまで, ことも, ことや, だけで, だけに過ぎなかった, だけのこと, て田, と, にそれ, に何故そう, に尽きまする, ので, のである, のです, ので三家中, ので仕度, ので店, ので御座います, ので金口, のにまた, ばかりでなく, もの, ものも, よりは何, よりも何だか, よりも初め, より熱, わけだった, わけで, んです, 実際の, 方に, 日は, 時には, 時ウイスキーの, 気も, 筈は, 訳だ, 訳には, 訳は, 音には

▼ いと思っ~ (93, 2.4%)

8 ていた 7 ている 4 て居た 3 て居ました, て居ります, て居りやす, て居る 2 て, て人, て居ます, て居りました

1 [54件] てあの, ていた事, ていました, ています, ていれ, てこんな, てしかるべきだ, てとんだ, ての, てはらはら, ても絶景, ても綿, ても金, ても黙っ, てやれ, てハア, てヒエー, て二回分, て伯父さん, て何, て例, て六枚, て出, て勉強, て去年, て参りました, て取り代えた, て外, て威張っ, て居りやした, て山坂, て屹度世話, て岸田, て待ってる, て御, て或いは, て提げ, て書いた, て此, て此処, て死んだ, て牢, て珍, て目途, て私, て蚊, て血液, て行った, て見, て見た, て訪ね, て軒下, て遂に, て離縁

▼ いと~ (81, 2.1%)

4 思わない 3 思はない 2 ひょっとする, 言ひません

1 [70件] あせりに, いい得るだろう, いえ一歩, いえ良人, いはれる事, いひながら, おぼしめしませんかね, ざりけり, ざりしドナート, ざる聖なる, しいけれど, しいそれ, しい嫌, しい者, しく無礼, しみ蚊帳釣草, し日, じつに複雑, つらく見ゆれ, ない人, ない旨, なかつた, なんだ, ぬ春, 云い悪う, 云い難い, 云えまい, 云え敵, 云つてない, 云われない瓦屋根, 何ごとじゃ, 何んと, 存じましたが, 存じますが, 思いました, 思いますが, 思いませぬか, 思いません, 思いませんか, 思えなかった, 思ったが, 思って, 思つてゐる, 思はず幸福, 思はないの, 思はなかつた, 思はなかつたが, 思はぬか, 思ひながら, 思ふものの, 思へないん, 思わないし, 思わなかった, 思わなくなって, 早春こちらに, 比較に, 氣違ひ, 申して, 私の, 綾瀬川の, 覚えなん, 言ひきりません, 言へ, 言や, 誰も, 身知らずの, 違った声, 違って, 限らんが, 養家でも

▼ いと~ (70, 1.8%)

12 ふの 5 ふこと 4 ふので 3 はれる 2 つた, ふ, ふやう

1 [40件] うけれ共, たが, た所, つたお鳥, つたこと, つてつ, て夫, て法螺, て誉め, はない, はね, はれてから, はれても, はれれば, はれ所蔵, ひなさいよ, ひました, ひ一人, ふあだ名, ふと下腹, ふと翁, ふならば, ふに, ふのに, ふ不安, ふ事, ふ使, ふ場合, ふ好み, ふ心持, ふ樣, ふ權利, ふ気, ふ法律, ふ礼, ふ結果, ふ話, ふ議論, へばそり, へば身

▼ いと云う~ (58, 1.5%)

1 [58件] が, ことが, ことに, ことは, て居られる, て遂に, と壮士等, のか, のが, のでいらっしゃいました, のです, ので俄, ので兄, ので六斎市, ので出掛けた, ので大きに, ので奥, ので授業料, ので有る, ので踊, のとは, のなら, のは, のを, まででなく, ような, 中に, 事を, 事情は, 人が, 借手が, 側から, 処を, 執念は, 嫁の, 孝心から, 弖爾波が, 心も, 念だけ, 念を, 感が, 感じも, 感情を, 気なら, 注進に, 狂言だろう, 目的に, 知識が, 礼が, 程の, 者です, 衝動を, 許りで, 訳だ, 資格は, 間もなく暑く, 顔を, 願いも

▼ いと思う~ (56, 1.4%)

5 んだ 4 のです 3 ような 2 んです

1 [42件] か考え, が何, が敵, くらいなら, けれども何分, けれども長, ことは, しね他, だけで充分, てお, ておっ, て石塔, とぐっと, と一軒家, と後, と益々, な, などと一時間, のか, のだ, のであります, のでございます, のに中, のは, ものか, ものなどが, ものを, よ, んじゃ, 事を, 仔細を, 仕事は, 分の, 吾, 暇も, 本の, 様に, 母親は, 熱望と, 物は, 面を, 題目な

▼ いと易い~ (54, 1.4%)

6 こと, ことで 5 ことじゃ, ことでございます 4 ことだ 3 ことに

1 [25件] がそ, が御, が殿, けれどおま, ことお, ことお話し致しましょう, ことご, ことじゃが, ことぢや, ことである, ことです, ことでは, ことながら, ことなんに, こと宣り申そう, こと拙者が, こと文を, こと説明してやろう, といふの, 事だ, 事です, 事宣り申そう, 依頼では, 望みじゃ, 業だ

▼ いと~ (52, 1.3%)

6 ふの 4 つた 3 ふ, ふこと 2 つたが, つたな, ひ乍ら, ふでは, ふに

1 [26件] つたん, つて, ひながら, ひました, ひますぜ, ひますよ, ひ出した, ひ出したら侯爵, ひ出したん, ひ出して, ひ出し宵, ひ出し親類, ひ出し離室, ひ少し, ひ張る, ふで種油, ふと味噌摺用人, ふのに, ふわいの, ふ不具ぢ, ふ者, ふ體, へ, へば皆んな惡いが, れやう, 出した

▼ いとほし~ (43, 1.1%)

6 んで 5 と言 42 と, と口, 乳房の

1 [22件] あきらめられず, かつた, がり柏の葉, げなき, げなる, げにも, さ, さかな, と同義語, と思し, と思ふ, と日, と言ふん, のもの, の君, むもとごころ湯に, む一つの, む人なき, む何草の, やと母, や見る, んだ

▼ いとぐち~ (41, 1.0%)

2 を見出す

1 [39件] があり, がつい, がついた, がなく, がみつ, がやう, が彼女, が朧気, が開かれ, が開かれた, さえあれ, である, であるよう, としてかきました, となった, と申すべき, にとり, になっ, にはなる, には持っ, によって時事新報, は多種多彩, は白梅, もつかめなかった, をつかもう, をつかん, をつくった, をも見つけた, を作りたがる, を含ん, を得た, を求め, を繰り出さず, を聞い, を見つけたい, を見つけよう, を見つける, を變, を開い

▼ いとまもなく~ (41, 1.0%)

1 [41件] あらしに, かくは, ぎょッ, この獄中, そのま, その中, その場, ぶうんと, またまた上州厩橋, 勝ちほこった, 単衣帛髪, 危急を, 安土を, 室の, 小走, 彼は, 思はず羽織, 急いだ, 感極まつて, 或る, 掌へ, 早暁そこを, 明智の, 次の, 永安城に, 泉に, 無慙に, 焼けては, 焼出されました, 父は, 甲斐, 窯に, 群集の, 聞こうと, 腰に, 陣装の, 雲間の, 青州の, 食卓に, 馬だけ, 鳴りを

▼ いと~ (41, 1.0%)

16 つた 5 つたか, つたが 3 つたこと

1 [12件] つたけど, つたけれど, つたし, つたところ, つたもの, つたよ, つたらその, つたら詫, つたり, つたん, つたんで, つた以上

▼ いと思つて~ (40, 1.0%)

3 ゐたが, ゐるの 2 ね, ゐた, ゐたの, ゐます, 居たが

1 [24件] から帽子, ゐたので, ゐた自分, ゐない自分さ, ゐました, ゐる, ゐるやう, ゐるよ, ゐる主たる, ゐる所, 居た, 居たから, 居ましたが, 居りました, 居りましたが, 居ります, 居りますから, 居りますが, 居ります事, 居る, 居ると, 居るの, 急いだ, 直ぐに僕

▼ いと思ふ~ (40, 1.0%)

3 と見え, のです 2 のである, のも

1 [30件] かね, からなのよ, から乘, があの, けれど自分, ことが, ことで, ことは, ことを, てをります, ところを, な, ね, のだ, のであります, ほどでした, ものとを, ものは, も可笑しい, やうな, んです, ンだ, 事が, 人間が, 其本を, 場合は, 心が, 慾求も, 気持のみに, 箇所が

▼ いと~ (38, 1.0%)

8 かし 2 し不便, はき

1 [26件] かしうめでたし, かしきこと, かしきに, かしき誤謬, かしくて, かしくも, かしく御, かしく花紅葉の, かしといふた, しき事, しくて, しく本, しく本当に, しみたる幼き, しや, たぐり寄せて, つなぎあわせて, ならべたよう, 失った顔, 引いて, 張つた琴だ, 忍んで, 持って, 見たい, 見るばかり, 魂もろとも

▼ いと思った~ (37, 0.9%)

2 からである, よ

1 [33件] からそッ, から相手, か鉄扇, がいくらか, がつい, がどうしても, がへん, がまだ, が二流三流, が実は, が悪人, が日本人, が矢張己, が誠に, が道頓堀, けれどもまさかにそう, けれども僕, ことでしょう, だけど死ん, というよう, に, のか, のじゃ, のであります, のです, のは, のも, 事は, 夢占が, 念が, 時幕あきの, 華麗な, 飛衛は

▼ いと高き~ (30, 0.8%)

2 をたた, 光は, 十の, 處に

1 [22件] が小, しらべなりけりふじ, ところの, ところより, ところを, にある, にわれ等, ものへの, より風地上, 價を, 処にて, 列に, 吊灯籠, 君が, 山顛に, 梢に, 王の, 疾き, 神と, 神の, 處なる, 踊したる

▼ いと~ (25, 0.6%)

2 ことで, 事で

1 [21件] あつかい, ことだ, ことである, こと又, ために, ねいろも, やうな, 中から, 便宜を, 勧告に, 勧告に従って, 即答一切大童と, 取り合いに, 外に, 希望の, 希望を以て, 志を, 機微が, 生活を, 記憶で, 間に

▼ いとせめて~ (23, 0.6%)

2 啄めよこの, 日の, 秘しつつ, 鳴りよそふと

1 [15件] の深, もゆるが, われに, 一度は, 変りはてぬと, 恋しき時, 愛であへりし其の, 戀ひしき, 油多き, 泣くべく人, 燃ゆるが, 花見ごろもに, 親を, 遣瀬, 闇路ながらに

▼ いと言つて~ (22, 0.6%)

1 [22件] もお前, もよい, も一, も入, も商, も盲目, よろこびませんでした, るぢ, ゐたが, ゐる, ゐるだらうと, ゐるの, 居たが, 居たさ, 居ました, 居られるが, 居るから, 来たから, 泣いたと, 見ろ, 遣つた, 鬱いで

▼ いと~ (18, 0.5%)

2 なるを

1 [16件] いなり, いなりしとき, いなりと, いなれば, くて, なり, なる効, なる岩, なる建物, なる石, なる者, なる黒猿, にし, よろこびで, 聲なるべし, 變な

▼ いと深く~ (18, 0.5%)

2 いと静, して

1 [14件] いと冷, おわした, それも, に住む, に住らん物, 傳ひゆけ, 墜ち今, 寸のめり, 愛する物, 映りぬ, 沈みたる憂愁, 清らなる, 父上母上の, 見し者

▼ いと深き~ (17, 0.4%)

2 憐愍垂れさせ

1 [15件] あたりに, かなしみ, まことに愛すべく, 一の, 岩穴は, 底より, 思量を, 恩惠わが, 林なれ, 歎息に, 泉より, 狭霧の, 知慧を, 聖旨の, 願ひ

▼ いとよく~ (16, 0.4%)

1 [16件] あらはる, にて春秋, まどろみたるべし, クリストに, 三人に, 似たり, 倣ふ, 小言を, 思ひは, 我を, 斉ひ, 晴れたり, 檢べ, 知り給, 見入られける, 鼠の

▼ いと多く~ (16, 0.4%)

3 して

1 [13件] さしたれば, てそれら, て其等, て掛腰, の天使, の指輪, の流れ, の濠, の花片, 咲き乱れを, 殊に山腹, 涼風裡に, 滴らせし

▼ いと思い~ (16, 0.4%)

1 [16件] ここで, その腕, ながらも真面目, 乍らも, 其の室, 再び争い, 十円札を, 室の, 手を, 殆ど主人風, 殊にお前さん, 生垣に, 種々云っ, 色々考え, 行動の, 辛え

▼ いと言う~ (16, 0.4%)

3 んです 2 のです

1 [11件] かの, ことの, ことを, そうだ, のだ, ので, のである, のは, よりもあたし, んだ, 事であった

▼ いと近き~ (16, 0.4%)

2 處に

1 [14件] あり, あり然, がゆゑにいと福, が鏡面, はその, はわが, は寡婦, ほどの事, ものは, 時と, 珠の, 者も, 路を, 輪を

▼ いと静か~ (16, 0.4%)

2 なり

1 [14件] だ, である, で裏, なりき, なる湖, なる聖鐘, に, にし, にそして, にぞ誦しいだす, にわきざし, にわたくしたち母子, に参上, に控

▼ いと思います~ (15, 0.4%)

431 がね, が如何, が是, が貴女, とお腹, とこう, 素人の, 貴女の

▼ いと高く~ (15, 0.4%)

5 いと深く 2 冴えたる声, 聳ゆる 1 いと暗く, して, せられあたかも, 人の, 痩せ衰, 風に

▼ いと~ (14, 0.4%)

3 軒並びの 2 如何ほど, 頭を 1 その黒髪, はや暮れ, 一国に, 上洛し, 落第した, 訴え出, 誰にも

▼ いと大いなる~ (13, 0.3%)

1 [13件] いと深き, こと知りぬべし, ものにて, イッポクラテ, 害毒を, 桶ならでは, 榮光の, 火を, 者時を, 腕を, 處にては, 譽を, 銀杏の

▼ いと長き~ (13, 0.3%)

3 休息所に 21 その喜び, 旅に, 消息の, 竿を, 筏の, 蜘蛛ぬれたる, 街のは, 間

▼ いとほしく~ (12, 0.3%)

3 てたまらぬ 1 ことわりかなとぞ, てたまらない, て涙, て身, も涙ぐましい, 何時も, 思はれて, 思ふからには, 蘇つて来た

▼ いと思ひ~ (12, 0.3%)

2 つらう, の外 1 ながら, ながらだまっ, ながらだまつて口, ながらもう, ながら復, ながら時々, 四半刻ばかり, 境の

▼ いといっ~ (11, 0.3%)

2 てじゃ 1 ている, て人, て姪, て小間使, て彼ら, て持つ, て親, て遂に, て駕籠無し

▼ いと仰し~ (11, 0.3%)

5 やつて 1 ゃったから出した, ゃったの, ゃるこんだから戴い, ゃるぜ, ゃるならわたくしが, ゃるのでございますえ

▼ いといと~ (10, 0.3%)

2 高きを 1 しめつぽく, ほしと, もろきわが, 小さくちらちら, 淡き今日, 深き歎息, 清きその, 赤し

▼ いと~ (10, 0.3%)

4 隣家寒 1 ことを, のみかは, の念押, 大和の, 心こそ, 心は

▼ いと低き~ (10, 0.3%)

2 處に 1 ところに, ものを, 土塀わ, 沼, 沼より, 瓦の, 處より, 階さへ

▼ いと思いまし~ (10, 0.3%)

2 て, てね 1 てあの, てねこうして, てね一, てハイ, て故郷, て私

▼ いとしむ~ (9, 0.2%)

1 やうに, ような, 代りに, 伸子であった, 先輩の, 心に, 手段である, 青空の, 響を

▼ いと~ (9, 0.2%)

21 そして憎んだ, て煩, ながらも哀れ, はせじ, 多忙と, 段々に, 無し即刻

▼ いと存じます~ (9, 0.2%)

31 お話が, から, から何卒, がお, なんで此, よ

▼ いと小さき~ (9, 0.2%)

3 者の 1 もの, ものと, 兄弟の, 毛穴にも, 窓, 者に

▼ いと~ (9, 0.2%)

1 うくや, おきなく笑って, にくき踊り手, にも無い, に心, ぼそげ, やすくうち, よく思ふ, を砕い

▼ いとしみ~ (8, 0.2%)

1 からとお, からと思え, しくしくと, て鋭き, であれ, の耐え, パトラッシュは, 給ふ

▼ いとしん~ (8, 0.2%)

2 でくれる 1 でいる, でくれるだらう, でつかわせよ, で珠, で皇叔, で給

▼ いと~ (8, 0.2%)

3 もいう 1 も云う, も考へ, 前方大約七十噸ばかりの, 噂さを, 湧き返るよう

▼ いとはん~ (8, 0.2%)

1 うき雲, が, が打水, なの, に会った, に傘, もよろこん, や女中さん

▼ いとほしき~ (8, 0.2%)

2 おも 1 かな, ものに, 京に, 夢の, 妻と, 子を

▼ いとやすい~ (8, 0.2%)

2 こと, ことに 1 がなん, がわが, が秀吉, 勤めです

▼ いと云つて~ (8, 0.2%)

1 は來, も散る, やつたの, ゐなかつたかね, ゐる, ゐるの, 引止められた, 置いたの

▼ いと~ (8, 0.2%)

1 から腥い, になり, はこんな, へ出し, もつかめない, をしく思ひし, をつかみだしたい, を掛け

▼ いと思ひます~ (8, 0.2%)

51 がそれ, よ, わ

▼ いと白く~ (8, 0.2%)

2 霜や 1 たおやかなる, たを, 咲きたるに, 塵埃吹きつけ, 糊の, 肉置き好く

▼ いと~ (8, 0.2%)

2 なり, にいと 1 に, にて熾熱燈, にて穉きもの, に臥し

▼ いと~ (7, 0.2%)

1 てまえ, やすいこと, 千代が, 手紙で, 気色ようて, 請けの, 高を

▼ いとする~ (7, 0.2%)

2 所を 1 かえ, から私家出, が爾, と木の根, のだ

▼ いとよき~ (7, 0.2%)

2 型の 1 かをり身に, ことぞ, 型である, 幸のみ, 御聞き

▼ いと~ (7, 0.2%)

1 なり, なりければ, なる次第, なる生涯, な音, にひ, に楽

▼ いと強く~ (7, 0.2%)

1 うつ風の, 天にか, 惹く調, 燃えその, 胸を, 輝きて, 輝けり

▼ いと思ひまし~ (7, 0.2%)

2 てね 1 て, てな, てねへエ, て何分, て父樣

▼ いと易き~ (7, 0.2%)

2 程の 1 ことでござる, こと哉である, ところを, までになり得ました, 事なり

▼ いと~ (7, 0.2%)

2 あり 1 あること, ある言ひざ, づきて, 深かげ, 深げ

▼ いと見え~ (7, 0.2%)

1 てあつ, てお, て今日入定, て平生, て旅先, て研げ, て雪

▼ いと近く~ (7, 0.2%)

1 して, たと, なりたる, わが導者, 止まれる光殊, 立てるグラッフィアカーネ, 見て

▼ いとなっ~ (6, 0.2%)

2 ている 1 てあろう, てきた, て伊太郎, て頬

▼ いとなる~ (6, 0.2%)

1 とさらに, とそれ, とむろん, は必定, ばかりだった, や

▼ いと~ (6, 0.2%)

1 さいなまれて, ためいきする, つかしきその, ひかつて, 会って, 呪われて

▼ いとまごい~ (6, 0.2%)

3 をし 1 がすんだら, をしました, をする

▼ いと~ (6, 0.2%)

4 しやる 1 有つて, 言つておいでな

▼ いと善く~ (6, 0.2%)

1 似たるは, 似合ひ, 父に, 知れれど, 見極めたり, 識る

▼ いと多き~ (6, 0.2%)

2 議に 1 ものから, も寂しき, 山なれ, 輪に

▼ いと好く~ (6, 0.2%)

1 したる, 九十九の, 似たり, 咲きたる枝, 整ひたる, 磨きて

▼ いと容易~ (6, 0.2%)

2 なこと 1 すければ, だまたは, となり, なり

▼ いと容易い~ (6, 0.2%)

2 ことじゃ, ことであった 1 がしかし, がただ

▼ いと小さく~ (6, 0.2%)

1 ちらちら眺められ, まざまざと, 低きが中, 尾は, 淺く, 眦垂れ

▼ いと~ (6, 0.2%)

1 き前, き男, き間, く弘, しと, やかに

▼ いと思つた~ (6, 0.2%)

1 からお前, からさ, からそれで, から拔, が適當, だけのこと

▼ いと~ (6, 0.2%)

1 が眠く, のため, の下駄, は思った, は考えまし, を突き返した

▼ いと美しき~ (6, 0.2%)

1 ありて, が路傍, ものにまで, 夜なりき, 天使の, 禮讓は

▼ いと聖なる~ (6, 0.2%)

1 ものあり, 光が, 威力よ, 平安を, 浪より, 淑女よ

▼ いと覚悟~ (6, 0.2%)

2 した 1 したが, して, の中, をし

▼ いと赤き~ (6, 0.2%)

2 が縁 1 さくらんぼ啣え, 狐の, 血を, 西天ながめ

▼ いと飛ん~ (6, 0.2%)

2 で行く 1 でいた, でいる, でもない, で来

▼ いと~ (6, 0.2%)

2 かなりし, かな一片 1 かに揚心流, に読まれ

▼ いと~ (5, 0.1%)

1 あるふう, ぽつんと切れた, 一緒に, 家じゅうに, 鳴ると

▼ いとそれ~ (5, 0.1%)

1 に耳, のみを心掛け, は大, は誰憚, を鞄

▼ いとめでたき~ (5, 0.1%)

2 歌にて 1 事なり, 地なり, 意匠にて

▼ いとよし~ (5, 0.1%)

2 酒も 1 とする, と聞い, 答ふる

▼ いと冷や~ (5, 0.1%)

2 き笑, き綾 1 き水

▼ いと厳か~ (5, 0.1%)

2 に古けれ 1 なる命, にこの, に聞こえ

▼ いと大き~ (5, 0.1%)

2 なるが 1 なるを, やか, やかなり

▼ いと安らか~ (5, 0.1%)

1 なるを, な心持, に厳か, に楽しく清き, に眠っ

▼ いと流れ~ (5, 0.1%)

2 ている, て行く 1 表をか

▼ いと~ (5, 0.1%)

2 上げて 1 付けたに, 付けましたので, 入れましたところ

▼ いと申す~ (5, 0.1%)

1 しかない, に, ので, は二, 唄で

▼ いと疾く~ (5, 0.1%)

2 めぐる天 1 いちはやくかの, 我等に, 走る

▼ いと~ (5, 0.1%)

3 やげ 1 やかなり, やかに後背

▼ いと遠く~ (5, 0.1%)

1 で女, はあらざる, はあらぬ, 呼ぶ声, 隔りて

▼ いと長く~ (5, 0.1%)

1 なりにたる, はたいと低し, 手足みな毛お, 曳きて, 衣の

▼ いと~ (5, 0.1%)

1 かなる, けき, なり, にし, にて熾熱燈

▼ いと面白く~ (5, 0.1%)

1 ぞ覺, 捲くし, 読むん, 講釈師の, 趣ある

▼ いとあはれ~ (4, 0.1%)

2 なり 1 なるに, に眺めた

▼ いとうる~ (4, 0.1%)

1 はし, はしき歌天, はしく, はしと

▼ いとおもしろく~ (4, 0.1%)

1 かたりつた, なむ, 其形を, 東京灣内海岸の

▼ いとした~ (4, 0.1%)

1 か考證, ものさ, もので, 所が

▼ いとたやすい~ (4, 0.1%)

1 かと存ぜられます, ことだった, ことだったろう, ことである

▼ いととの~ (4, 0.1%)

3 虫よ 1

▼ いとはず~ (4, 0.1%)

1 といふ感動, ば, 赴きしに, 重い風呂敷包み

▼ いと~ (4, 0.1%)

2 のに 1 がらか, のに夢

▼ いと久しく~ (4, 0.1%)

1 て待, て待ちかねた, 大開化, 願ひし

▼ いと低く~ (4, 0.1%)

1 いと暗く, して, て君, 歌ひはじめぬ

▼ いと~ (4, 0.1%)

2 かに襟元 1 かにされど, にいと

▼ いと~ (4, 0.1%)

1 ある文字, なげに, なしなど, をあわせ

▼ いと古き~ (4, 0.1%)

1 代の, 代より, 花が, 駅の

▼ いと多か~ (4, 0.1%)

4

▼ いと~ (4, 0.1%)

1 しくその, しと, しとお, 怪しき擧動

▼ いと存じ~ (4, 0.1%)

1 しばらく様子, ておりまし, 明神下の, 此處に

▼ いと寒き~ (4, 0.1%)

1 に早く, 折などに, 為め, 高嶺ならまし

▼ いと崇高~ (4, 0.1%)

4 き殿下

▼ いと広き~ (4, 0.1%)

1 原にて, 寝屋の, 磧の, 西穂高岳が

▼ いと念じ~ (4, 0.1%)

1 てゐる, て居た, て私心, ながら

▼ いと思つたの~ (4, 0.1%)

1 か, である, です, も無理

▼ いと思ひました~ (4, 0.1%)

1 がこれ, が近頃, よ, よあんな

▼ いと思わぬ~ (4, 0.1%)

2 事は 1 人が, 者が

▼ いと悲し~ (4, 0.1%)

2 げに 1 げな, と告

▼ いと~ (4, 0.1%)

1 ういふ, う云う, う思う, う言

▼ いと暗く~ (4, 0.1%)

1 いと密, して, 萬物を, 霊や

▼ いと書い~ (4, 0.1%)

2 てある 1 てあつ, てよこした

▼ いと濃き~ (4, 0.1%)

1 われらが, 時にあたり, 紫に, 緑の

▼ いと無造作~ (4, 0.1%)

1 に, にこっち, に組み伏せよう, に血

▼ いと熱き~ (4, 0.1%)

1 思を, 火の, 言をば, 間蔭に

▼ いと~ (4, 0.1%)

2 かなる 1 かなりき, かにわが

▼ いと畏き~ (4, 0.1%)

2 いと崇高 1 こと, 所に

▼ いと~ (4, 0.1%)

1 なり, なるわが, に, に鞭

▼ いと空しく~ (4, 0.1%)

3 なびく 1 なりぬか

▼ いと簡単~ (4, 0.1%)

1 ですが, にそれ, に突ッぱねる, の如く

▼ いと聞い~ (4, 0.1%)

1 ていた, てゐた, て見た, て見ましたら

▼ いと聞く~ (4, 0.1%)

1 からそう, とすぐ, と庄太郎, んでしょう

▼ いと覺束~ (4, 0.1%)

3 なきもの 1 なく心許なき事

▼ いと言つたの~ (4, 0.1%)

2 に態 1 は若, もある

▼ いと遠き~ (4, 0.1%)

1 ありまた, ことも, ところより, ものに

▼ いと~ (4, 0.1%)

2 を立て 1 がし, をたてる

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 ざけくもひゞきくる, ざやかなるをもてレーテも, はひ

▼ いとあざやか~ (3, 0.1%)

1 なるを, なる天, に粧

▼ いとあしき~ (3, 0.1%)

1 この獸, ミルラの, 事なる

▼ いとある~ (3, 0.1%)

1 にそれ, に夫, のも

▼ いというで~ (3, 0.1%)

2 はありません 1 はない

▼ いといえ~ (3, 0.1%)

1 ば余義, ば病, ば貰おう

▼ いといふ話~ (3, 0.1%)

1 だらう, でしたが, で瀧野川

▼ いとおそく~ (3, 0.1%)

2 めぐる天 1 めぐる圈

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 はに罪, びしとのたまふにて君は, へ思つて

▼ いとさえ~ (3, 0.1%)

2 思った 1 いわれた

▼ いとしまれ~ (3, 0.1%)

1 てならない, てならぬ, て浪費

▼ いとしめやか~ (3, 0.1%)

1 な窓, な足取り, になりました

▼ いとすぎ~ (3, 0.1%)

1 の木の下, 亞刺比亞護謨の木, 桂など

▼ いとすこやか~ (3, 0.1%)

1 ないびき, なりしが, になりし

▼ いと~ (3, 0.1%)

2 ょっくら物を 1 はやぶる

▼ いとちかき~ (3, 0.1%)

1 やを, ソクラーテと, 輪の

▼ いとつよく~ (3, 0.1%)

1 ば印, わが心, わが目

▼ いとなぐさめ~ (3, 0.1%)

2 がたうも 1 難く暮れ

▼ いとほしい~ (3, 0.1%)

1 なごやかに, ものに, 粗野な

▼ いとをか~ (3, 0.1%)

1 しかし, しかるべし, しかるべし三味

▼ いとカンタン~ (3, 0.1%)

1 に云, に昔, に真相

▼ いと仰しやる~ (3, 0.1%)

2 お禮 1 お礼を

▼ いと切め~ (3, 0.1%)

1 たる御, て勧めける, て血

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 恐しい, 煩くて, 笑き

▼ いと同じ~ (3, 0.1%)

1 ことです, 屋根の, 程度に

▼ いと哀れ~ (3, 0.1%)

1 なるぞ, なる声, なれば

▼ いと善き~ (3, 0.1%)

1 ものをば, を聞きつ, 二人メッセル・グイードならびに

▼ いと嬉しく~ (3, 0.1%)

1 て直ちに, 自ら針を, 談合は

▼ いと寂し~ (3, 0.1%)

1 たん, 人まぜ, 時に

▼ いと寒し~ (3, 0.1%)

1 と云, やことし, 崑崙山に

▼ いと小さな~ (3, 0.1%)

1 あわを, 人間が, 声で

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 なり, にて, にめぐり

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 なる光, なる朝風, にミリヤアド

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 気軽に, 辞儀を, 隱居樣が

▼ いと思いました~ (3, 0.1%)

1 がそういう, が外国, が彼

▼ いと思うた~ (3, 0.1%)

1 けれどな, とてそれ, 事も

▼ いと思ってた~ (3, 0.1%)

1 があに, に今, のにお

▼ いと思はない~ (3, 0.1%)

1 で暮らした, のか, ばかりか却つて廣

▼ いと思へ~ (3, 0.1%)

1 ばさ, ば郡視学さん, ば郡視學さん

▼ いと思わない~ (3, 0.1%)

1 ことは, で暮らした, 人が

▼ いと思われる~ (3, 0.1%)

1 ほどの晴天, ような, 場所へ

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 しげに, になりぬ, に垂

▼ いと~ (3, 0.1%)

3 かしう

▼ いと慇懃~ (3, 0.1%)

1 に, に彼, に頭

▼ いと憎き~ (3, 0.1%)

1 宝石商の, 男の, 矜恃なりけり

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 なる法事供養, に拭, に教

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 の膨れた, を差しのべ, を放し

▼ いと明らか~ (3, 0.1%)

1 でただ一方, なること, にし

▼ いと暑き~ (3, 0.1%)

1 ころほひ, 夏の, 日の

▼ いと暗き~ (3, 0.1%)

1 ものの, 夜鬼の, 芝生の

▼ いと殊勝~ (3, 0.1%)

1 に立働き, に縁切り, に見ゆる

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 かり, かりしなり, げにも

▼ いと満足げ~ (3, 0.1%)

1 だった, な温良, にうち

▼ いと潔く~ (3, 0.1%)

1 いひ放ちぬ, 愛したま, 謂放ちぬ

▼ いと物静か~ (3, 0.1%)

1 に殆ど, に燃え, に言葉

▼ いと狭き~ (3, 0.1%)

1 所に, 真暗がり, 落し戸より

▼ いと甘き~ (3, 0.1%)

1 乳を, 梔子の, 沈丁の

▼ いと申し~ (3, 0.1%)

1 て居ります, て居る, て承知

▼ いと申しまし~ (3, 0.1%)

1 てうるさく, てな, ても人間位い怖ろ

▼ いと異し~ (3, 0.1%)

1 と, とせられ, と思へり

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 が言つて, こういっ, なから

▼ いと盛ん~ (3, 0.1%)

2 なる落成式執行 1 であった際

▼ いと知り~ (3, 0.1%)

1 つつも身, ながらそれ, ながら不

▼ いと繁き~ (3, 0.1%)

1 に歳月, に片, ひといろは

▼ いと~ (3, 0.1%)

2 はしき君 1 わしく

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 く似れり, く見え, く響き

▼ いと自分~ (3, 0.1%)

1 からあせつ, でさう仰有る, の口元

▼ いと苦し~ (3, 0.1%)

1 げなり, げに, そうに

▼ いと華やか~ (3, 0.1%)

1 なフィナーレ, にいと, に魚河岸

▼ いと蔭口~ (3, 0.1%)

3 いふ朋輩

▼ いと見た~ (3, 0.1%)

1 かやをら立上, からである, か牛

▼ いと言い~ (3, 0.1%)

1 あなたの, この言草, ながら前

▼ いと貴き~ (3, 0.1%)

1 はそが, ものなる, 者と

▼ いと~ (3, 0.1%)

1 かに, なり, に世界

▼ いと重く~ (3, 0.1%)

1 して, 一とせの, 加へらるべき

▼ いと青き~ (3, 0.1%)

2 光の 1 ソプラノの

▼ いと高けれ~ (3, 0.1%)

1 ばいまいまし, ば我, ば農夫等

▼ いとあきらめ~ (2, 0.1%)

1 てゆるし, もつく

▼ いとあさましく~ (2, 0.1%)

1 くくられし, やはら

▼ いとあどけなき~ (2, 0.1%)

2 微笑を

▼ いとあら~ (2, 0.1%)

1 はになり, びいと廢れし

▼ いとあれ~ (2, 0.1%)

1 ばそれ, ば天

▼ いといふ人~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ いといふ外~ (2, 0.1%)

1 には何ん, には邪念

▼ いといふ性~ (2, 0.1%)

2 で毎日

▼ いといわれ~ (2, 0.1%)

1 ています, て居る

▼ いとうら若い~ (2, 0.1%)

1 大将楠木河内守正行殿でした, 女房でも

▼ いとうれしく~ (2, 0.1%)

1 て, ほ

▼ いとおもしろき~ (2, 0.1%)

1 は冬, 事に

▼ いとかい~ (2, 0.1%)

1 つてお母さんが, つて病院を

▼ いとかすか~ (2, 0.1%)

1 に, に思ひ

▼ いとかんた~ (2, 0.1%)

2 んに

▼ いとくれやす~ (2, 0.1%)

1 や, やその

▼ いとしづか~ (2, 0.1%)

1 なり, に

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 え思やあ, て私

▼ いとそう~ (2, 0.1%)

1 仰しゃるものですから, 言って

▼ いとその~ (2, 0.1%)

1 方面の, 時思った

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 ふとき詩人

▼ いとたのもし~ (2, 0.1%)

1 げな, げに

▼ いとちかく~ (2, 0.1%)

2 我に

▼ いとつつまし~ (2, 0.1%)

2 うひと

▼ いとつややか~ (2, 0.1%)

1 なる板, に見え

▼ いとつれなく~ (2, 0.1%)

1 もある, も見ゆる

▼ いとでも~ (2, 0.1%)

1 いふの, 言いなさるんで

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 し, ほき花桐

▼ いとなき~ (2, 0.1%)

2 まで並べたる

▼ いとなだらか~ (2, 0.1%)

2 に行き延び

▼ いとなった~ (2, 0.1%)

1 ことを, のでお

▼ いとなつかしき~ (2, 0.1%)

1 正月の, 父の

▼ いとならぬ~ (2, 0.1%)

1 かぎりも, 限りも

▼ いとなり~ (2, 0.1%)

1 ふらふら彷徨, 年は

▼ いとねん~ (2, 0.1%)

2 ごろに

▼ いとのみ~ (2, 0.1%)

1 思って, 思つてを

▼ いとはし~ (2, 0.1%)

2 と言

▼ いとばかり~ (2, 0.1%)

1 望んで, 言って

▼ いとばかりに~ (2, 0.1%)

1 椽側へ, 首を

▼ いとひび~ (2, 0.1%)

2 がきれる

▼ いとふさ~ (2, 0.1%)

1 はしき, はしき叫び

▼ いとふべき~ (2, 0.1%)

1 ことで, もので

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 いとの, 寂しくて

▼ いとまご~ (2, 0.1%)

1 ひして, ひ申候

▼ いとまだ~ (2, 0.1%)

2 にあれ

▼ いとまとてない~ (2, 0.1%)

2 怪しい心

▼ いとみえ~ (2, 0.1%)

1 て団扇, て時々

▼ いとみんな~ (2, 0.1%)

1 から引き止められた, の前

▼ いとものすごき~ (2, 0.1%)

1 ものなれ, 群の

▼ いとやさし~ (2, 0.1%)

1 かりき, げな

▼ いとやさしく~ (2, 0.1%)

1 する, 興ある

▼ いとやすき~ (2, 0.1%)

1 ことなり, 事なり

▼ いとやすやす~ (2, 0.1%)

1 という, 駒ヶ林の

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 ふの, 両音

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 しかし, 死にさ

▼ いと一緒~ (2, 0.1%)

1 に何, に暮らし

▼ いと丁寧~ (2, 0.1%)

2 に塵

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 に投げあげ, を見

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 に來, に来

▼ いと不思議~ (2, 0.1%)

1 に思い, に打

▼ いと二人~ (2, 0.1%)

1 で此処, 同じ家

▼ いと云い~ (2, 0.1%)

1 ながら桂斎先生, 此の

▼ いと云え~ (2, 0.1%)

1 ないの, ば何

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 しげくなほ, のいう

▼ いと仰しゃ~ (2, 0.1%)

1 って私, ッた

▼ いと仰しゃる~ (2, 0.1%)

1 ので僕, ので古い

▼ いと似つ~ (2, 0.1%)

1 かはし, かはしき色

▼ いと侘し~ (2, 0.1%)

1 うしが, 少し切り

▼ いと便~ (2, 0.1%)

1 なかるべしと, なきもの

▼ いと優雅~ (2, 0.1%)

1 な, に耳

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 代って, 懇に

▼ いと再三~ (2, 0.1%)

1 お願いしました, の掛け合

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 じ, じき気色なりき

▼ いと凄まじ~ (2, 0.1%)

1 かりしに, 木の葉を

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ いと厚く~ (2, 0.1%)

1 その重量, 禮を

▼ いと厳重~ (2, 0.1%)

1 に封印, に警固

▼ いと反身~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ いと古く~ (2, 0.1%)

1 より猴, より秩父

▼ いと古びた~ (2, 0.1%)

1 ままなお, 三升焚き

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 は思はぬ, をよく

▼ いと呼ばれ~ (2, 0.1%)

1 てもはや, て嫌

▼ いと呼ぶ~ (2, 0.1%)

2 声が

▼ いと喜んだ~ (2, 0.1%)

1 のに宿はずれ, 甲斐も

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 がする

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 かりしかど, にあり

▼ いと多い~ (2, 0.1%)

1 から茲, 大阪落語では

▼ いと多けれ~ (2, 0.1%)

1 ば新田, ば百本杭

▼ いと多し~ (2, 0.1%)

1 また臥し, 大帝の

▼ いと大事~ (2, 0.1%)

2 と思ひ

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 が言, より告訴

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 かつたとい, かりき

▼ いと好し~ (2, 0.1%)

1 とぞ聞く, 今は

▼ いと嬉し~ (2, 0.1%)

1 うて, げに

▼ いと存じまし~ (2, 0.1%)

1 て, てわざ

▼ いと寂しき~ (2, 0.1%)

1 も我が, 一軒の

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 やかな物, やかに

▼ いと小さし~ (2, 0.1%)

2 面直に

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 かりき, かるべし

▼ いと少なき~ (2, 0.1%)

1 もその, 時丘の

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 しくあ, しく脛

▼ いと希う~ (2, 0.1%)

1 本能は, 自分は

▼ いと希望~ (2, 0.1%)

1 して, する次第

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 ありける貫一, を改めて

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 かりき, かりし頃

▼ いと広く~ (2, 0.1%)

1 て地, 潔らなる

▼ いと強き~ (2, 0.1%)

1 物の, 硝薬の

▼ いと強し~ (2, 0.1%)

1 かくの, 是故に

▼ いと彼女~ (2, 0.1%)

1 は思う, は思った

▼ いと後妻~ (2, 0.1%)

2 をいれた

▼ いと徐ろ~ (2, 0.1%)

2 に日

▼ いと心地よく~ (2, 0.1%)

1 眺めた海, 覚ゆ

▼ いと心得~ (2, 0.1%)

1 て居りやす, また元

▼ いと心配~ (2, 0.1%)

1 して, ぶって

▼ いと忍び~ (2, 0.1%)

1 がたく思されけれ, て語らひ侍り

▼ いと忙しく~ (2, 0.1%)

1 動けり, 瞳を

▼ いと念願~ (2, 0.1%)

1 して, するのみ

▼ いと思え~ (2, 0.1%)

1 ども中, ば信用

▼ いと思つた時~ (2, 0.1%)

1 にはあと, には三千円

▼ いと思はれる~ (2, 0.1%)

1 ぜ, 様な

▼ いと怪し~ (2, 0.1%)

1 とけえたん, のほう

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 をし, を切らし

▼ いと悩み~ (2, 0.1%)

1 なく逍遙, は知る

▼ いと~ (2, 0.1%)

2

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 さげなり

▼ いと懷かし氣~ (2, 0.1%)

1 に倚子, に進み寄る

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 へました

▼ いと新しき~ (2, 0.1%)

1 事にて, 聲すなり

▼ いと明けれ~ (2, 0.1%)

2 ど強く寒き

▼ いと易し~ (2, 0.1%)

1 と耳語, むしろわが身

▼ いと晴々しき面色~ (2, 0.1%)

2 にて渠

▼ いと有難き~ (2, 0.1%)

2 人とお

▼ いと望む~ (2, 0.1%)

1 やうな, 者は

▼ いと望ん~ (2, 0.1%)

1 でた, でゐた

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 しけれ君, し氣

▼ いと正しき~ (2, 0.1%)

1 人が, 信心深き

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 から命ぜられた, にも言

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 が気, を苛

▼ いと気の毒~ (2, 0.1%)

1 がりても, がり女

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 が付かなかつた, が附け

▼ いと沈みたる~ (2, 0.1%)

1 お声, 調子にて

▼ いと淋し~ (2, 0.1%)

1 げに, や

▼ いと淡き~ (2, 0.1%)

1 今宵の, 今日の

▼ いと深き甘~ (2, 0.1%)

1 寐の, 寝の

▼ いと清き~ (2, 0.1%)

1 そのこ, 水といふ

▼ いと清し~ (2, 0.1%)

2 げに答

▼ いと温和~ (2, 0.1%)

1 なる方, にて怨み

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 かなれ, げに

▼ いと熱心~ (2, 0.1%)

1 に云, に説明

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 から言いつかっ, は口

▼ いと爽やか~ (2, 0.1%)

1 に晴れたる, に私

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 おぼえぬこと, をあまり

▼ いと物々しく~ (2, 0.1%)

1 お寺の, 現場の

▼ いと物凄き~ (2, 0.1%)

1 かぎりにて, 女の

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 いとによつ, く上

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 らしくおもしろし, らし古き

▼ いと珍しき~ (2, 0.1%)

1 ことなり, ものなり

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 なり, なり但し

▼ いと生々しく~ (2, 0.1%)

2 目を

▼ いと申した~ (2, 0.1%)

1 のでご, のは

▼ いと申しました~ (2, 0.1%)

1 がお隣, 位

▼ いと申します~ (2, 0.1%)

1 が嫌, のでへエ

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 き天

▼ いと痛う~ (2, 0.1%)

1 力を, 哀れに

▼ いと痩せたる~ (2, 0.1%)

1 が取る, 若い一処士

▼ いと白う~ (2, 0.1%)

1 緑鬢に, 面おだやかに

▼ いと白き~ (2, 0.1%)

1 にその, に髪

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 き者, 助は

▼ いと真面目~ (2, 0.1%)

1 な面持, に聞いたら

▼ いと祖母~ (2, 0.1%)

2 との話

▼ いと神妙~ (2, 0.1%)

1 に, に手錠

▼ いと穏やか~ (2, 0.1%)

1 にぞ見えたる, に馬関

▼ いと答え~ (2, 0.1%)

1 てすぐ, 源吾盛安から

▼ いと紅き~ (2, 0.1%)

2 林檎の

▼ いと美し~ (2, 0.1%)

1 げなる, と我

▼ いと考えた~ (2, 0.1%)

1 のであろう, のでわたし

▼ いと聞き~ (2, 0.1%)

1 女房答え, 錯られた

▼ いと良き~ (2, 0.1%)

2 月に

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 の中, ふかく枝

▼ いと花やか~ (2, 0.1%)

1 なる儀式, に笑みまし

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 て峻烈, て怯氣

▼ いと言え~ (2, 0.1%)

1 ばこ, ば声色

▼ いと言つた事~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ いと言つた調子~ (2, 0.1%)

2

▼ いと言つて來~ (2, 0.1%)

1 たお, ましたから

▼ いと許し~ (2, 0.1%)

2 て頂け

▼ いと評判~ (2, 0.1%)

1 されて, して

▼ いと誇り顔~ (2, 0.1%)

1 に, に立っ

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 はし, はしく聞え

▼ いと賢しら~ (2, 0.1%)

2

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 く手, く風

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 かりければ

▼ いと醜き~ (2, 0.1%)

2 に因り

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 やか, 耳は

▼ いと長々~ (2, 0.1%)

1 しき繰り言を, しき雑報を

▼ いと長けれ~ (2, 0.1%)

2 どお

▼ いと頼もしく~ (2, 0.1%)

1 思いたり, 見えたりき

▼ いと~ (2, 0.1%)

1 がよい, を見合せ

▼ いと願つた吉野~ (2, 0.1%)

2 を初め

▼ いと~ (2, 0.1%)

2 やかに

▼ いと高い~ (2, 0.1%)

2 ところで

▼ いと高し~ (2, 0.1%)

1 といふ, と姉

▼ いと鮮やか~ (2, 0.1%)

1 に振り廻し, に見られ

▼ いと鳴りだす~ (2, 0.1%)

2 ほどに手

▼ いと麗しき~ (2, 0.1%)

1 壯夫なり, 神來ましつ

▼ いと麗しく~ (2, 0.1%)

1 まだおみ, 咲きたり

▼ いと黒く~ (2, 0.1%)

1 て艶, はた遠き

▼1* [1050件]

いとあかくふくるる, いとあさましう情なく, いとあっさりしたもの, いとあったので, いとあつたの, いとあつしてなりもてゆき, いとあなたは仰, いとあの人が, いとあまたぞ植ゑたりける, いとあやしき事ども, いとあやしとおもはれざる, いとありがたく侍りける, いとあるまじきことはや, いとあわた, いというならキッパリ断る, いといかめしき鉄の, いといけねいが, いといたう恨みて, いといなくマニラ国へと, いといぬいかりゐど, いといひ得るものも, いといふ事實を否定, いといぶかしくや思ひけん, いといへば二人, いといやにしつっ, いといわれるがかれ, いとうつくしう彈, いとうつくしきものと, いとうつくしく微笑みたれば, いとうつくしければ, いとうまいな, いとうららかな長橋, いとうるわしき伯爵夫人の, いとうれしきいつばかりなりけむ, いとおおどかに展開, いとおかしく山中なる, いとおかしげに交じっ, いとおごそかに人, いとおそき球の, いとおそろしき化ものと, いとおったこえで, いとおもい表へ, いとおもいなされそりゃ犬猫, いとおもしろかるべけれど, いとおもしろければ船, いとおろかなる業, いとおろそかに, いとお前さんが這入っ, いとお客様の前, いとお母さんのお供, いとかいいえとか, いとかいつて突然, いとかう花魁が, いとかしこくも口惜, いとかするとモウ氣, いとかたく神に, いとかなし勧工場のぞく, いとかわゆき小女の, いとかわりしことなし, いとかんがえて東京, いときいたが庭, いときたもんだ, いときっと咎が, いときびしアセモが, いときまっていたなら, いときよき水あふれ出づさくもて, いときらびやかなる女人, いときり歯はミス, いとくぐりぬけて行く, いとくちをし, いとくらかりしかば, いとくらく殊にきのふ, いとくりかえしくりかえし一同の, いとくり返し読み得しは, いとくれやすうち欲しうないよ, いとくれやすやという言, いとくれ頼むぜ, いとけたたましい号外の, いとこう云うた, いとここでも更に, いとここちよげに, いとこそ似たれ, いとこちたうもあらぬ, いとことわりなり何と, いとこない云ふて, いところがある, いと一緒に, いとさかしげに, いとささやかな財布, いとさだかに述べ, いとさまざまなり, いとさむし苔の, いとさやかにするする, いとさらにその女, いとさりげなくあなた様, いとさん第二診察室, いとさん小池いとさん, いとさん私にはあなた, いとしおもひ, いとしげに擦りはじめた, いとしとやかに奏すべし, いとしぼげな御, いとしませたものかも, いとしまなければならない, いとしみいつくしむことだけは, いとしみじみと力演, いとしみ従える事は, いとしみ愛する心が, いとしみ抱く女たちの, いとしみ眺める域に, いとしむすめと思ひし, いとしむ思ひのため, いとしめつぽくは, いとしもとがちにさし出, いとしょうがとはっか, いとすくよかに世, いとすさまじき所ゆえ往古より, いとすずしくいい放てり, いとすみやかにうつろ, いとすれば昇, いとすゞし, いとせがむのです, いとぜんそく持ちのおじいさん, いとそりかへる, いとそれらの顏, いとたいせつなもの, いとたくみにて, いとたのしきこゑ, いとたやすく搬ばれ, いとだけ思った袖, いとだみたる聲にて, いとちいさきものと, いとちさき, いとちやんと豫定, いとついて行ったらなんと女気, いとつけ加へた, いとつっきるように, いととある二階へ, いととび込むとそこはじぶん, いとすういと, いとなく歎か, いとなごやかに初夏, いとなして槍, いとなつかしく美くし, いとなまめいた漁師出る, いとなめないなどと思う, いとなよびかになつかしく, いとならば從來做, いとならない限りも, いとなるまいとする, いとにがにがしき事に, いとによつてこれ, いと後退りに, いとねたし泳の, いとねぶうて物, いとねむごろに, いとのどかなり, いとのどけくまるで王朝時代, いとのみは思えぬ, いとはいって来ます, いとはしきもの愛しきもの, いとはしたなくて立てる, いとはじなどそぞろ, いとはすつかり変つた人の, いとはずしてわが, いとはずひとりひとり順々に別室, いとはず塔の周囲, いとはず夜歩きをたのしみ, いとはず天地の法, いとはず精一杯の手當, いとはず返答しなければ, いとはず露店の賑平日, いとはた長うう, いとはで濡る, いとはば舟に, いとはまぐりの二人の貝, いとはやもなれる, いとはやき火花の, いとはやくして, いとはやければ詞, いとはやしたてますといちばん, いとはるけしとの, いとはんたちを笑わせ困らせ, いとはんやよって自分, いとはん達から, いとばかりも言えなかった, いとひいとはれ, いとひくく垂れたるに, いとひし人に, いとひどく息を, いとひもせまし長月に, いとひろきに着かえ, いとひろく天を, いとふかき心に, いとふくよかに温臭き, いとふつひの, いとふるびて興, いとへいで持ち切っ, いとへどもほかに, いとへれば椽, いとほしうこそ, いとほしければお, いとほしさが胸, いとほしみたまふ, いとほしむ以外には, いとほそうなりて, いとほそくかげうつしほの, いとほのかなる, いとまあらば, いとまいとま, いとまごいして別れけり, いとまじめに, いとまたまはる藪入, いとまぢかき所の, いとまでに悪企み, いとまでの話に, いとまなみ今日あすともだし, いとまなみ昨日も今日, いとまなみ畑にたつ, いとまめやかに愛らしく, いとまもなきうち, いとまもなかつたのに珍, いとまもなくいったんは心ならずも, いとまもなくさんざんに討ちなされ, いとまもなくひたすら呉の, いとまもなくもう仕事場に, いとまもなく直ちに城を, いとまもなく遥か上流の, いとみなで云, いとみる事は, いとみんな一緒に声, いとむさくろしき家なり, いとむつは心, いとめずらしくおぼえられて, いとめでたいそうでございまする, いとめでたく度量濶大に, いとめでたしとかい, いとものうくて日ごろ, いとものしずかなところ, いとものものしく門へ, いともの淋しく冬枯れ野辺を, いともろきわが胸, いとしないよ, いとやごとなき, いとやさしい愛情の, いとやさしかった, いとやすからんと, いとやすかるを思ひ, いとやすく之に, いとやつて來, いとやをら入り給ふとすれ, いとゆかしかりき, いとゆたかに眺め, いとゆるやかに泳ぎつ, いとようやく方々で, いとよくも修めたま, いとより鯛魴, いとよりの姿壽司土佐かまぼこ魚の, いとよろこばしげに, いとよろしと也, いとよろしき女が, いとよわき我等の, いとわかき身にて, いとわかつたか, いとわかやかにまろ, いとわたくしも顔, いとアッサリと, いとインギンに頭, いとインギン丁重に如才, いとキンパラの雄, いとコップとの摩擦, いとニコやかに会釈, いとニコヤカにサルトル, いとと晩, いと一つで脆い, いと一人の車夫, いと一声高く乗組員, いと一手になっ, いと一時に咲き寄せる, いと一生懸命なん, いと丁重にお辞儀, いと丈夫めかしき, いと三藏は気, いと上り口を横, いと上品にいいました, いと上荷に積ん, いと下女に聞い, いと下足番の声, いと不憫に思ひ, いと不断気焔を吐, いと世話好きな先生達, いと並んで記念撮影, いと主人から言いつかりました, いと久しうなりに, いと久しうして待ちかねた, いと乾くまだ斯, いと云いますお父さんは, いと云うたのだ, いと云つたとかそれ, いと云つて一人でぶつぶつ, いと云つて主に空, いと云つて人をよこした, いと云つて來たが, いと云つて來たんださうですが, いと云つて感謝した, いと云つて氣遣つてゐる, いと云ふところからし, いと云ふより外, いと云わぬばかり巡査, いと云われるだけ私, いと云付かって私, いと五月蠅しと, いとかに道, いと人橋を架け, いとのさっきけいべつ, いと仰しゃいましたから, いと仰しゃいますがあの, いと仰せられたが, いと仰っしゃって, いと仰つしやる, いと企んで居る, いと伊藤は云った, いと伯父も心配, いと低い声で, いと低うなりて, いとかいわれる, いと何処かへ行っ, いと佗びし気に上がっ, いと余韻とを作品, いとたね, いと信じたらば乘ら, いとも阿, いと健やかにて我と共に, いと偲ぶらむ, いと偽って馬超, いと傷ましき業なれ, いとは思った, いとになった, いとなり, いと優しきが涼しき, いと優しく他の, いと先入主になっ, いと全身の力, いと共にその時, いと其児に突飛, いと其処ら中の若い, いと其頃から自分, いと内々話を進め, いと円太郎自動車は東京市内, いと冴えたり, いと冷然と云, いと凄き三の, いと凄まじき物躰あり, いと出たわけさ, いと分っている, いと分ったので反対, いと切におもわずには, いと利他的な大悲, いとなり, いとく動き, いと努めながらそれ, いと為しと, いと勇ましき軍歌を, いと勇ましくも忙, いと勇み立って引き, いと動き出して人, いと十尾釣れるところ, いと千石積でも動き, いと午飯も食べない, いと半ばあの世へ足, いと半分はばか, いと卑しきをさげ, いと卑しくいかなる分際, いとし, いと危くも桟づくり, いと原庭の仙吉, いと厳しきなかにぞ, いと厳そかに聳え, いと厳めしき面構の一癖, いとひよつくり, いと受けとめる思わぬ力を, いと口惜しうもゆかし, いと口惜しく思ひ侍れど, いと古い食器戸棚よ, いと古びたる円卓子に, いと古代じみたる木彫地蔵尊, いと古代めきたる翁, いと古風な櫓, いと叫びながら死ん, いと叫んだ時までの, いと可笑しく候, いと台所へ逃, いと叱られてゐた, いと合圖をされた, いと同じくもとは, いと同時に甚淋びしいものである, いと同様で社会, いと名高き學者にて, いと向う見ずに遣った, いとつかけたが, いと呟いた途端マダムは, いととどう, いと味気ない日々夜々, いとつれて, いと呼びなれましたが今, いと呼んでさがし, いと命じたので斷, いと和やかでなければ, いと和尚に無理頼み, いとなり, いと哀れげに訴, いとが次第に, いとその結果, いと唯今のさかい, いと善しと認む, いと喘ぐような, いと喜ばしくさて詩人, いと喧しく囃したり, いと嘆いて居る, いとなり, いと嚴そかに聳え, いと囃し立てた事なぞも, いとより心, いと固く勢能を, いと国内騒然とし, いと圧力その力学性, いと坊主もお, いと執拗く投げ文, いと堅き家の, いと堅牢なり, いとかく, いと堪へがたければ, いと堪へぬことお, いと夙く起き出でて, いと多かりき宿に案内しま, いと多かるをか, いと深きに, いと夢中になつ, いと大いにして, いと大きくものものしげなる, いと大きな声を, いと大層作左衞門は目, いと太う驚かれて, いと太一が小言, いと奇しき言なり, いと奥まりて在り, いと床し, いと女の子が夢中, いと好う似奉れる, いと好き消遣, いとの声, いと威勢のよい, いと威張ってやる, いと媚めかしく私たちに覗かせ, いとな匂い, いと存じたところ, いと存じまするくらいです, いと宇之助という人, いと安いこと然, いと安き事ニ候, いと安く朝の, いと安全なるべしとお, いと安直に狙う, いと宝塚の人出迎, いと実はお組, いとに充ち満ちた, いと寂くも往来の絶えたる, いとにいと, いと密やかな裡, いと寒く凡ならず, いと寒げなる状, いときに, いと察した気転か, いと寧ろ向うから, いと審かし氣なる顏, いと寺島兵庫と申す, いと尊きジョーヴェ世にて, いと尊し汝と, いと尊敬するよう, いと尋ねてあるい, いと尋常に対面, いと小さい人の, いと少ければ武光, いと少なく墓守る, いとを捲くる, いとといふ, いと島中に告げる, いと巡査様が三人, いと巧みにめぐり, いと巧妙なる文, いといなる雪人形, いと平凡に世, いと平和な異国情緒, いと幼いお子たち, いと幼かった, いと広けれどた, いと広やかなる原野, いと床しや, いと序でよしと, いと引いている, いと弱き視力における, いと弱くて肺炎, いと弱げに息, いと弱しされば, いとつて申上げました, いと強き光に己, いと強つての談判, いと弾き飛ばされたというの, いと形容詞に扱, いとは直覚, いと彼地で申します, いと徐に起き上りて, いと得意顔に鼻蠢, いと微かなる音, いと微小なるもの, いと心がけていた, いと心地よげに, いと心地好かりき, いと心安げにうまい, いと心安き生活を, いと心安くすた, いと心強く見えたり, いと心得ずッと, いと心得まして一席, いと心細げにて, いと心細く世を, いと心細けれ北殿こそ, いと必死に願う, いと志して其方, いと応えたつもりであった, いとき事, いと忠告致しました所, いと忠実に傅, いと快く涌き出づる日, いと怒鳴りつけるしおまけ, いと思いつめたものか, いと思いなさるか, いと思いやして店出し, いと思い居りしがこれ, いと思い推して見ました, いと思うたれば夜もすがら, いと思うなら直ぐ様後, いと思えた人が, いと思えぬそう云っ, いと思し召されてお, いと思っててくれるなら, いと思ってるかも知れない, いと思つた事はない, いと思つた人は無い, いと思つた時自分は本間久雄氏, いと思つた樣子でピヨコリ, いと思つた頃はもう, いと思つた飛衞は紀昌, いと思つてお勝手の戸棚, いと思つてそつと靴音, いと思つてツイあんな事, いと思つてメモして, いと思つて一通り眼を通しました, いと思つて今迄にも他家, いと思つて來たが, いと思つて來たんだけれど, いと思つて差控へて居ました, いと思つて惡い料簡, いと思つて我慢して, いと思つて様子を見, いと思つて皆な流し, いと思つて眞つ直ぐ, いと思つて私は默つて耳, いと思つて醫者に内々, いと思つて默つてゐた, いと思つて默つてあんしたが, いと思はれたのであらう, いと思ひ込んでゐた, いと思ひ込んだのです, いと思ふだろがお前, いと思ふなら出家遁世でも, いと思わずにはいられなく成る, いと思わせるものであった, いと思われている, いと思われようという一種, いと思召すの, いと性病患者がいる, いとがみち, いとれ浮いた心ぢ, いとしき声にも, いと恐しけれ, いと恐ろしかりき, いと恐ろしき声にて, いと恐ろしくおもひしも, いと恨むか, いとに着る, いと悄々と恩, いと悟ったんです, いと悲しく銭あらば, いと悲惨なるを, いと情ない姿である, いと情なき顏に, いと惜しげに下駄, いと惜しとおもひぬ, いと惡くしてマルタ, いと悲し, いと愛嬌の無い, いと愛息たる彫像家某氏, いと感じ良い時, いと感じるぐらい思いついた, いと感じ得るだけのいのち, いとかしき事, いとだしく龍卷, いとはし, いとしきこと, いとはしげ, いとに不思議, いと憐れなる汝, いと懇ろにその, いと懇切に主演, いと懐しく退りて, いとひしや, いとる詩人, いと截然有仰つて, いと房楊子と塩, いと手代の喜三郎, いと手当が宜, いと手裏剣を打出し, いと湿りたるを, いと打ち悦びて彼ひとり, いと打解けてませたる, いと批評された経験, いと承知しながら, いとからむ, いと拙く覚え候, いと持ち上ってぺらぺら, いと捌口のない, いと捩込んで来た, いとく行く, いと掛声しながら, いと控え目に, いと教えてやった, いとうるに, いと敵手を強ゆる, いと文句なしに, いと斬りとるのだ, いと断言しますか, いと斯樣に申し, いと新しかった, いと日夜念願致して, いと日頃から熱望, いと旦那樣が仰し, いと旨きに人々醉, いと早く暗き内に, いと早口にいと, いとなる王衣, いとに見える, いと明きに行燈, いと明く影もかは, いと明るかった, いと明暮燃え熾る心, いと明瞭に鳴き出す, いと明細に, いとかり, いと易々と仕上げた, いと易かろうが, いと易しいことです, いとから考えられ, いと昔世話になつ, いと昔気質の誰, いと昨日まで一緒, いとは土産, いと時折仏様さ上げるの, いと晴々しき顏色, いと晴れやかに心地よし, いと晴れわたりたる日也, いと暑いとの二度, いとかりき, いと暗い空, いと曲線とが乏しい, いと更に面の, いと最早言を, いと最近より著しき, いと有るまじく思掛けざりし, いと有難くをがみ, いと朗らかに赤ちゃん, いと朦朧とさせ, いと本意なく思ひゐし, いと朴訥なボキヨン, いと果敢なげに, いと柳誰れその, いと栄えある聖母さま今日も, いと栄えさせたまいし, いとの枝, いと棟梁が申します, いとれば, いとに覚えられ, いと楽しげなる, いと楽しきも我が, いと楽しく夜を, いと様子あしく打, いと樂しげなれども, いとんでおりましょう, いと歎息しながら, いと止めるのでその, いと正しくいと直き, いと正直に云わない, いと歯痒くて心苛, いと死に花です, いと死ぬにもまさる, いと殆ど乞食の, いと殊勝げにぞし, いと残忍なる苦しみ, いと残念に思う, いと気がついたね, いと気楽にニコニコ, いと気高き渇望に, いと氣色あしくて, いと水街道の麹屋, いと水門から舟, いと永きここちす, いと決心した決心, いと決然たる調子, いと沈思と, いと泣くだね誠に, いとき美女, いとけれど紡績会社, いと浅からぬ御, いと消えていった, いとけき, いと涼しく心地よきこという, いと涼しげに微笑, いと淡かった, いと淫らかに蒸し挑む, いと深いおんみの愛をと, いと深う青みたるやう, いと深ければす, いと深しと見え, いと深切におっしゃっ, いと深遠なの, いと混雑の方, いと清うさしいで, いと清くつややかなれ, いと清ければたとい, いと清らにその, いと清らかな水溜り, いと清冽な輝き, いと清楚なり, いと清純とよみしける, いと温かに, いと湯加減の適度, いと満足気に微笑, いと滑らかに, いと澄渡つて甲板に, いと烈しかりき, いと烏滸なれど, いと愛相に, いと無礼なれど, いと焦立っている, いとき人心, いとのよう, いとの箪笥, いと熱くひとり迷へり, いと熱望して, いと燃えさしの薪, いと父さんが言, いと片々たる雑艸, いと牧師のクラーク氏等, いと物すさまじい其の場, いと物凄く天, いと物静に言葉, いと物靜かに燃え, いと狭い小城と, いとくならしむる小さき, いと獰悪き狐, いと王さまのお, いと珍しい僧形の, いと珍し古き像にて, いと珍らかの眺め, いと用意して, いと申されました事でございまし, いと申し出でた事, いと申そうか小腹, いと申出たときに, いと申込んで來, いとの未練, いと男女並び言うたくもいの, いと疾し斑點ある, いと痛くないよう, いと痛し古き痍に, いと痛快至極な捕物さばき, いと百姓とのほか, いと皆賞めるなど, いと皓著なるを, いと盛りに白鬚梅若, いと盛大して, いとをつけなかった, いと直き腹を, いと論じた蟹, いと実しやかに, いと真剣に考えはじめ, いと眺めたのである, いとに内, いとつた一方, いと知つていても, いと知れにくかりけれ, いと短き時を, いと短く見える, いと研究してから, いと神々しけれどその, いとなる火, いと秀づる家系と二, いと秀でいと貴き, いと私一人で気, いとに心, いと称してここ, いと稚しと軽しめたる, いときほどの, いとかなもの, いと穏当な芸, いとなる夢, いと突刺すやうに, いと立ってゆく, いと立てられる男一匹何人前, いとふべき撞著, いと笑ってくれ, いと笑止なる事, いとへる, いと答えたが次兄, いと答える四十女らしい, いとと絵羽, いと箕作と私, いと粗く且つ艱, いと粗末では, いと約やかにこれ, いと紅しとこの, いと細々と認めた, いと細う暗きに修行者, いと細き声を, いと細く雨は, いと絵巻物の香気, いと絶え絶えにて時々, いと絶壁の上, いと続き難き者, いと緩い音を, いと緩やかにながる, いと繁く着きたるが, いとなれば, いと美しくかつ微笑み, いと羨ましげに, いと考え氷子女史に, いと考えたならば尠, いと考えますがまた, いと考へてゐる, いと考へまして低, いと考へるのである, いと耳立ちて近き, いとなれば, いと聞いたもんじゃ, いと聞いたらすぐ講釈, いとがする, いといて, いと脆き命は, いとを運ん, いとにした, いと腹立しかった, いと腹立しげに呟い, いと腹立たし氣に, いと膝組みで話, いと自信をもっ, いと自慢して, いと興がらせ給えり, いと興味深く聴いて, いとりたるもの, いとをおしただ, いと色々苦心を, いとめかしうそう, いと若い仏門の, いと若き我, いとかりけるを, いと苦き朱みぞわきいづる, いと苦く心跼り, いと苦しくこそ, いと苦しければ心, いと苦心したので, いと荒れたり, いと荒れたれば自然, いと荒れ古びてはいる, いと荒廢せるさま也, いと荘厳に, いと菅君がその頃住つて, いと華々しく敷詰めたり, いとかりけり, いと著く見えたれ, いと葛岡が矢, いと蒼き女手品師君去り, いと蒼くしまりなき眸, いと蒼白くなりけるが, いと蕭条に海棠, いと薄きうれひも, いと薄く内部を, いと薙いでおい, いと虚ろな音, いとつて, いと褒められたのは, いと襟髪を取らぬ, いと見えたればさすが, いと見えるわい, いと見せてあげたい, いと見ぬ果報に, いと見られないことも, いと見ると政府, いと見ればすぐ, いと見苦しき死様を, いと親し疎しこの世に, いと観ずるよりほか, いと解したり, いと言い出しましたが此人気, いと言い張った怪我人の, いと言い続けて来た, いと言うたなら一文二文の, いと言えるだろうか, いと言つただけぢ, いと言つた様であつ, いと言つた樣であつ, いと言つた程度の考, いと言つた越前屋を調べ, いと言つた顏をする, いと言つて会ふ度, いと言つて檻のそば, いと言つて此部屋に籠, いと言つて父はそれ, いと言つて給仕に劍突, いと言つて舟を出させます, いと言つて馬鹿にする, いと言つて騷いだ娘, いと言ふんぢやねえ, いと言わぬばかりに先, いと言われた時遠藤主膳は, いと言われるなら言ってしまいましょう, いと言われればたしかに, いと訊くとみんな, いと訝しきに似, いとふるもの, いと詰らぬ事も, いと詳しくかいて, いと顔に, いと認めた事は, いとを極めて, いと調子づきてさき, いとはう, いと謂われた日にゃ, いと豊かさと気品, いと貞操なる御, いと貞潔でありました, いと貧しい世帯道具が, いと貴く美しくして, いと賑々しけれど今日, いと賢き者に, いと賤しき工匠にいたる, いと赤くぬれたる石, いと赤し蘇鉄の, いと身軽にとぶ, いとの上, いと軒先の青柳, いと軽かった, いと軽きもまた, いと軽く高座の, いと辛き心比べと, いと辛しとやう, いと逆上した, いとき翼, いと近く人形室に引入れられ, いと近く立いで, いと近ければといふ, いと辭を, いと迫めて乞, いと懸けて, いと退屈しのぎにあれ, いと逃げて竹青, いとましき二匹, いと逞しい二人の, いと逞しきものにぞ, いと連れの男, いと遅き山かな, いと違いましてね手, いとかなる, いと遠し我善く, いと遠慮を抱いた, いとく目, いと遲きものも汝等二人, いと遺言をし, いと避けようとする, いと鄭重に突っ返された, いと酔ひたる声, いとき赤き, いと重々しくさらに合掌, いと重々しゅう扱って, いと重き剃刀の, いと重ければなり, いと重げなる黄金, いと重ねている, いと鋭きが爲, いと錯覚された二・二六事件直後, いと長うて顔つき駒, いと長きくろ髪石段の, いと長閑くそぞろ, いと開く音が, いと間もなく只そのこけおどし, いとしいと子君伯母, いと闘っている, いと降りたとたんに, いと隠れた事実分っ, いとの間, いと難き路なれ, いと難ければなり, いと難しと思ひ, いとに天, いと青く見えわたる, いと静粛にひそまり返っ, いと面白かるべしと, いと面白き狛笛の, いと面白けれどその, いと面白げにおわした, いと頼みますのを, いと頼もしげに, いと願う或重大, いと願っています, いと願つたからである, いと願つてゐた女, いと風趣あるに, いと飛び廻れば諸, いと飛ぶあれは, いと飛べば目路, いと飲みつづけている, いと香ばしくうち匂ふ, いと馬耳東風軽蔑されるに, いと駕籠の底, いと騒騒しく玉の, いとを折つて, いと骨折っている, いと高々に鳴り渡っ, いと高うする眞理, いと高きみ手にすがり, いと高く暗き崖には, いと高く美しき思想も, いと高く遠きところに, いと高まった大衆の, いと高飛びが自由, いとは違い年, いとつた, いと鳴きたてて, いと鳴立てたがそれ, いと鹿爪らしく嫁, いと黒い片隅に