青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いっぱい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いっしょ~ いっそ~ ~いっそう いっそう~ ~いった いった~ いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい
いっぱい~
~いつ いつ~ ~いつか いつか~ いつしか~ ~いつた いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも

「いっぱい~」 3718, 36ppm, 3262位

▼ いっぱい~ (1883, 50.6%)

265 なって 84 なった 35 なりました 28 して 20 なる 14 ひろがって 13 拡がって 11 なるの 8 なると 7 しながら, ひろげて, 満ちて, 溢れて 6 なります, なるほど, なるよう, 受けて, 水を, 開いて

5 [11件] たたえて, なりながら, ひらいて, ひろがった, 光って, 埋めて, 張って, 漲って, 生えて, 詰って, 詰まって

4 あふれて, さして, した, なったよう, なるまで, ふくらませて, 叫んだ, 吹く, 射して, 見えた

3 [29件] あけた, あったの, あびて, うつった方, こもって, なったの, なっても, なりそれ, なり天の川, ひらけました, みなぎって, 体を, 入れた平たい, 切って, 列に, 占領し, 吹き込みました, 咲いて, 塞がって, 拡がった, 拡げて, 描いて, 枝を, 浴びて, 涙を, 溜って, 漂って, 笑って, 開けて

2 [87件] ある宮殿, うつって, かざって, こみ上げて, さしつけて, しました, する, ただよわせて, たまって, つかえて, なったが, なった眼, ならべて, ならんで, なり, なりますと, なり涙, なり真四角, なり西, なるくらい, なるどころ, なるまでは, はって, ひびきわたりました, ひろがったの, ひろがりました, ひろがるの, 両手を, 並んで, 伸ばして, 充ちて, 入って, 入れて, 吠えて, 吸いこんだ息, 吸い込んだ, 吸い込んで, 呼吸した, 喚きながら, 大きな口, 帆を, 広がった, 広がって, 延ばして, 影を, 思いだされたの, 抱えて, 拡げた, 拡った, 拡って, 描きながら, 敷いて, 映って, 植わって, 止まって, 流れた, 流れました, 湛えた目, 湧いて, 溢れた, 白い点々, 盛って, 積みこんで, 窓を, 立ちこめて, 立ちはだかって, 立ち午, 立ち罩め, 立てこめて, 笑いを, 置き列べて, 群がって, 聞えた, 舞いおりて, 薔薇が, 蛇の, 血を, 見ひらいて, 覗いて, 詰まりながら, 認められて, 開かれて, 陽が, 集まって, 響いた, 飲み込んで, 飾って

1 [985件 抜粋] あいその, あかりを, あけ放った, あたたかい陽, あったが, あの中, あびながら, あふれたとき, あふれるよう, あらわれて, あるため, あるもの, ある珠玉金銀, いだきながら, いばり返って, いわんと, うけ坐って, うすら, うずまって, うつしだされて, うようよと, おおわれた谷, おからを, おそろしい笑い声, お清書, お襁褓を, かいたもの, かかって, かがやく, かぶせて, かんだかく反響, きまれば, ぎっしりと, こう怒鳴った, こちゃ, こぼれて, こもった中, ころがって, さしこみ物, さして居た, させて, さらえ込んで, しげって, しそれから, した余り, してから, してるん, します, しろ, し最後, すること, するし, するもの, ぜひ祝言, そう叫びたい, そのビー玉, その金色, たぎり出しました, たたえられて, たちこめ酒壜, たった一つ, たてて, たまった涙, たれこめた鼠色, ついた巨大, つくって, つっぱったまま, つめこんで, とどろいた, とりちらしたなか, どかアん, ながめて, なったかも, なったこと, なったと, なったもの, なったらどう, なったろう, なった人々, なった墓場, なった時, なった紙片, なった血, なった身体, なっちまった, なってるその, なってると, なってる最中, なってる背嚢, なってる部屋, ならないが, なりいかに, なりさけ, なりすぎたらある, なりそれから, なりどうして, なりほか, なりもう少し, なりコンシエルジュリー監獄, なり妙, なり慄, なり戴宗, なり死, なり水, なり真に, なり立って, なり自動車, なり躯, なり遺言放送, なり静か, なるいろいろ, なるでしょう, なるに従って, なるもの, なる下駄箱, なる刻, なる気, なる気持, なる群, なろうと, にじんで, のばした, はいまわって, はだかって, はち切れそう, はね狂うよう, はびこる姿, はらんだ, ひきまわした幕, ひびきわたった, ひらいた, ひらいた眼, ひらかれ四人, ひらけて, ひろがりゲラゲラ, ひろがり先頭, ひろがる, ひろげた尺, ひろげられた裁ち板, ぴんと響いた, ふうっと, ふき出して, ふくらませた一つ, ふくれあがって, ふさいで, ふみかけ大きい, ふりかかりまるで, ふりまかれて, ふり立てて, ふるわせて, ぶうぶうと, ほおばって, ほして, まっ赤, みてた, みなぎらせて, みなぎり流れて, みひらいた, みひらかれ顔, むずかしそう, むせました, むれ飛んで, もって, もつれた蜘蛛糸, もり上がって, やって来たの, やれば, ゆがんだ微笑, よく荷馬車, よごれて, よろこびを, ウジャウジャと, ゴーリキイの, ヌーッと, パッと, ピカピカひかる, ミクロトームを, モヤーッと, レンガを, 万国旗の, 上ったり, 上流の, 下げて, 下駄が, 不規則な, 並ぶ, 並べた書物, 並んだところ, 乗っかって, 乳房を, 事々しく掲げられた, 人々は, 人で, 付けて, 伸ばさなければ, 伸びるだけ, 例の, 傾斜し, 充たされた校舎, 充ちそれ, 充ち満ちて, 充満する, 入れたいもの, 其処らを, 冒した時, 写し出すこと, 冷たい雨, 出来る, 列ぶこと, 刺青を, 力んで, 包んで, 北へ, 占めて, 占める真似, 取り散らした荷物, 受け入れて, 口が, 古い書類, 叩き売るに, 叫び返した, 叫んで, 吊られて, 吟じ始めた, 含んだ海綿, 含んで, 吸いこもうと, 吸いこんでから, 吸いまず, 吸った, 吸った白雲, 吸ひ込ん, 吹き出もの, 呼んだ, 咲いた花, 咲きこぼれて, 咲きひろがって, 咲き乱れた卯の花, 唄って, 啼いて, 喚きだした, 喜んで, 囀りはじめた, 在っただけ, 垂れ拡がって, 埋めつくして, 場所を, 塗られて, 壁から, 声を, 変な, 夕日が, 大うつし, 大きい箪笥, 大きくなり, 大きくひろがっ, 大きく開いた, 大きな声, 大小さまざまの, 太い竿, 子供たちが, 字を, 実って, 客席の, 密集した, 富士の, 居並んで, 岩に, 差し上げつつ, 巻きつけて, 帯びながら, 平蒔絵, 広がった時, 広がりはじめました, 広がる巨大, 庄吉の, 廊下へ, 引く日, 弘がっ, 張った女郎蜘蛛, 張りつめ肚, 張りわたす, 張り出すよう, 当たって, 当って, 彗星が, 心持の, 忍びこんで, 思ひだされたの, 息を, 感じて, 感じられたよう, 房に, 手にも, 打つかって, 投げ出して, 折り散らして, 抱きしめた, 押し詰り下, 拡がったいつ, 拡がりました, 拡がり近づく所, 拡がるよう, 持ち上がった, 振えるの, 捕えて, 掛けられて, 控えて, 描いた真赤, 描かれて, 敗れたもの, 散らかされて, 散らばりました, 散乱し, 敷くの, 新しいうず, 日が, 日を, 星が, 映して, 春が, 晴れ渡って, 暮して, 暴れまくる, 書いた見取り図, 書かれて, 書きたてました, 書き上げて, 書類を, 枕もとの, 染めて, 桐の, 棚引き今, 植えたの, 植民地的臭気が, 横たわる, 樹幹の, 櫓を, 歌いつづけた時, 歩調を, 残した, 気味悪く広がっ, 水が, 水の上まで, 汚して, 汲まうでないか, 沈んで, 泣きたいよう, 注いで, 洛内の, 活かして, 活動し, 流れすぐ, 流れて, 流れわたった, 流れ込んだ, 浮きださせて, 浴びた庭先, 浴びながら, 浴び黄ばんだ草, 涼しい松, 混沌と, 渦を, 湛えて, 湧き返って, 満したかった, 満ちた舟, 満ち満ちて, 源氏香が, 溢れきって, 溢れたつ悲惨, 溢れた見物衆, 滝と, 漂う一道, 漲り出して, 潜んで, 火の, 灰を, 照らして, 燃えさ, 燃えたったの, 燃え拡がって, 狩野山楽の, 瑞々しい若芽, 環を, 生えたり, 生きること, 生った広い広い, 男の, 疾走中の, 白布粗末な, 皮膚の, 目に, 相手を, 着込んで, 瞠って, 砂利が, 私の, 種の, 積みこまれた, 積み上げた中, 積み重ねられて, 空気を, 立ちこめる護摩, 立ちふさがって, 立ち塞がった, 立てられた燈, 立籠めて, 笑いながら, 笑ったが, 箪笥が, 紅く波, 絡ませて, 絶叫し, 綱が, 縁に, 繚乱と, 繩が, 置かれて, 美しく光, 群れて, 考え出されたよう, 肩ひじはる, 育った馬鹿息子, 育てて, 腕を, 膨らましながら, 膨れる気, 自分の, 舞ひおり, 花を, 苦い味, 茂って, 草が, 菊の, 葉を, 蕩揺し, 薫って, 蜂蜜の, 蟻が, 血汐, 被さって, 見えるの, 見開かれると, 詰めかけて, 詰めこもうと, 詰めて, 詰め込まれて, 詰め込んで, 誇る, 豊富な, 費やそうという, 貼りつけたと, 赤いリボン, 赤い湿疹, 走り出すと, 足場を, 跳ねたり, 踊りはじめました, 踊る人びと, 載せられて, 込み入って, 近隣の, 迫って, 通せん坊を, 遊びまわった, 金を, 金銀極彩色で, 鉋屑が, 銀砂子の, 閊えて, 開いたその, 開かれる, 開きサーッ, 開けた, 開け放され月光, 降って, 陽を, 集って, 雑魚寝し, 雲が, 雲の, 青いかたい小さな, 青じろいあかり, 青じろい花, 青葉照りとでも, 響き渡ったので, 頬ばり唇から, 頬張って, 頸を, 風に, 飛んで, 飾られて, 騒々しかった, 騒然とどよめきわたった, 高く突き出し, 鬱金だの, 麦の, 黄金の, 黒雲が

▼ いっぱい~ (273, 7.3%)

10 涙を 6 人で, 声で 5 大きな顔 3 かなしみに, ような, ように, 本だ, 水を, 黒い雲

2 [11件] 声を, 大きさ, 大声を, 幅に, 流れを, 涙が, 目で, 群衆が, 虫の, 見物が, 金銀が

1 [206件] あの雑多, あばたを, いたやの, おもいを, お団子, お客でありました, お客の, がらくたの, くせが, しずくに, しらがの, その舞台装置, ため飛行場まで, つめたい水, ところまで, ところを, ぶどう酒を, へんてこな, ほめ歌, まぼろし, ものを, もみじでありました, やうな, ようであった, ガラス戸だ, キンキン声を, スープも, トラックが, バルコニーに, ビール, ポンスの, 一日でした, 上り高の, 上潮で, 不安と, 二十九日で, 人が, 人だ, 人だかり, 人だかりが, 人だかりだ, 人だかりで, 人だかりでした, 人だかりに, 人だかりを, 人でした, 人に, 人間の, 仕事が, 仕事を, 入りで, 力が, 力を, 努力で, 勇ましい少年, 原野の, 参拝人だ, 反感で, 叫びだった, 地し, 塩を, 増水で, 壁に, 大うつし, 大きなもの, 大きな手, 大きな皺, 大きな鏡, 大きな鼻, 大さ, 大入りであった, 大気を, 大空に, 大道具の, 媚が, 学生と, 客だった, 客である, 客間に, 寿命だろう, 小説こそ, 川上ポコちゃんだった, 巨大な, 幸福感に, 幸福感を, 彼女だった, 御飯に, 御馳走が, 心持それが, 志は, 快哉を, 思いで, 怪談を, 恥の, 悦びです, 悪魔の, 悸めき, 情愛を, 愛情を, 感情を, 懐中時計万年筆その他指輪貴金属等の, 抗議を, 明るさ, 星が, 星ぞ, 春の, 時間を, 書類に, 曹達水に, 朝日を, 梅干が, 様子です, 横に, 毒瓦斯と, 気もちで, 気持だった, 水, 水で, 水と, 水とを, 水の, 氷華, 汗だ, 汗を, 泉の, 泡立つよう, 泥で, 洋酒の, 洪水だ, 涙, 涙です, 液を, 涼み船は, 涼風を, 混雑である, 混雑殊に, 温室って, 火に, 灰色はが, 無色な, 熱湯ぐらい, 爽やかな, 狭い乾いた, 生活で, 甲冑の, 白い顔, 目やにが, 眠りが, 眼で, 程度である, 穴が, 笑を, 紙切れ今は, 群集だ, 自由行動を, 舟だ, 花ざかり香わしい, 花を, 芸を, 若葉だった, 苦情を, 荷物と, 萩の, 萱の, 蜂, 蜂の巣を, 街での, 裂かれた紙切れ, 西日だ, 見物たちがわ, 見物の, 訴えと, 調子とは, 豪華絵巻を, 辛抱だ, 部屋は, 酒を, 酢と, 鉄ごうしです, 長テーブル, 長屋の, 雀の, 雪あかり, 雲にも, 静養が, 非常に, 面積に, 音を, 顔が, 顔に, 顔の, 飯の, 高さ, 魚が, 魚で, 魚を, 鳥の, 鷲米友さんの, 黄と, 黄色い日向, 黄金の, 黄金を, 黒い流れ, 黒だ, 黒山でありました, 黒雲に

▼ いっぱい~ (101, 2.7%)

15 のだ 8 のです 4 のでした, 涙に 3 涙を 2 のでございます, のを, ような, んです

1 [59件] つまり彼, ときに, ところだ, なつかしさ, の, のか, のかも, のだった, のである, のであろう, のは, のも, のもう, のよ, ものは, んでしょう, 侍が, 信長に, 功名心と, 努力で, 同僚たちは, 墨痕で, 大きさ, 大声, 安心感をも, 客を, 容子であった, 崖の, 巨き, 彼女の, 志望と, 愛嬌を, 感謝が, 感謝の, 感謝は, 慾念だった, 捕手の, 故園, 日光の, 明るさ, 星が, 春心を, 木屑に, 気紛れから, 涙であった, 満足に, 煙草の, 笑みであった, 筆つきである, 紅涙が, 緊張感痛い, 群集までが, 老母の, 蛾次郎天狗の, 足どりで, 軍馬であっ, 陽あたりだった, 頗る壮烈, 風を

▼ いっぱい~ (93, 2.5%)

3 河が 2 それを, 前後も

1 [86件] あなたの, いくらかまとまりましょう, いつも騒々しく, いる潔白, お暇, けれども高慢, こういう女郎衆, この中, こんなにあっけなく, さア, しずかに, しばらくは, すこしも気づきませんでした, そのほか, その中, その後には, その石, その絵, それは, たった五十銭, でっかい紙入, という看護婦たち, どこが, どこにも, どろぶかいの, なかなかみつかりません, なんにも云, なんにも云えず, なんにも考え, なんにも言えず, のどが, はある, はだめ, ひきあげた, ふらついて, ほかに, みつを, もう泣きだし, もまだ, やめるん, よく飛べないらしい, わずかに, オリザの, ジャガイモなんかに, チャンと, ハゼ釣りを, パリを, モスク, 乗せて, 事実に, 五郎吉の, 今の, 他事を, 他意は, 何か, 口々に, 味も, 四五時間も, 堀ばた, 左膳へ, 己れ, 息を, 感謝した, 打たせて, 旅籠の, 暇を, 本を, 江戸番が, 深くかんがえ, 漁に, 無我夢中に, 父親の, 現実などは, 畜生の, 目に, 目も, 私は, 笑いながら, 考えられず, 茂太郎の, 荷足船が, 踊った, 辻, 部屋は, 重かった, 駐在所が

▼ いっぱい~ (53, 1.4%)

30 をため 3 を溜め 2 がたまっ, が溜まっ, をうかべ, をためた

1 [12件] があふれ, がたまりました, がにじん, がわき, をたたえ, をためます, を持っ, を浮かべ, を浮べ, を浮べた, を湛え, を溜めた

▼ いっぱいだった~ (28, 0.8%)

8 のです

1 [20件] が, がかんじん, がそう, が兄貴, が念仏堂, が酔い, けれど宵, ことである, し時, そうである, たいていの, なにを, のだ, のでその, のほか, のよあんた, わあたし, 幸太は, 所へ, 父母の

▼ いっぱいはいっ~ (25, 0.7%)

10 ている 5 ていた 4 ていました 2 てい, ています 1 ており, ております

▼ いっぱい~ (24, 0.6%)

2 し畦道, よ, わ

1 [18件] からきみ, からその, からで, からでした, からとりかえ, からな, から動けない, から後日, がそれでも, けど自分一人勝手, しピクニック, という, とたとい, と仰っしゃ, と思う, どうメリヤス, もんだ, 夜なかに

▼ いっぱいつまっ~ (24, 0.6%)

9 ている 5 ていた 3 てい 2 ています 1 ていました, ているらしい, ており, て在りました, て寝

▼ いっぱいつい~ (19, 0.5%)

7 ている 3 てい 2 ていた, ていました 1 ています, ていわば, て枢密顧問官, て石, である主人

▼ いっぱいたまっ~ (18, 0.5%)

6 ていた, ている 1 てい, ていました, ておりました, てき, てくる, て来た

▼ いっぱいため~ (15, 0.4%)

1 [15件] て, ていつ, ている, ておがむ, てさ, てしまっ, てもの, て心から, て急, て息, て鼻, ながらヒステリカル, ながら抱きつい, ながら爪, 唇を

▼ いっぱい~ (15, 0.4%)

1 [15件] いって, いってるよう, いってるボール箱, いってる大きな, いってる種々, いってる籠, いってる黄楊, おかしいな, お動き, じっと辛抱, なんと言っ, ほとんど忙, もちろんつぎ, 大丈夫です, 宵の

▼ いっぱい入れ~ (14, 0.4%)

2 それを, て, てその 1 その表面, てある, ていた, てくれ, てそば, て白い, て腕, 粉石鹸を

▼ いっぱいいる~ (13, 0.3%)

2 猟場も

1 [11件] ことも, だだっぴろいうす暗い部屋, っていう, と思ったら, んだ, んです, 中へ, 仕事場の, 森から, 猟場まで, 立派な

▼ いっぱいはいった~ (13, 0.3%)

1 [13件] タンスが, チャンを, ブリキかんを, 古い毛糸, 弾薬盒とを, 水差しを, 火鉢に, 美しい宝石箱, 茶碗を, 袋を, 釜を, 馬屋と, 黒い釜

▼ いっぱい咲い~ (13, 0.3%)

7 ている 2 ていた, ていました 1 ています, て風

▼ いっぱいです~ (12, 0.3%)

51 からあと, から何, がしかし, けれどもその, しクルマバソウ, ぞォ, と注進

▼ いっぱいならん~ (12, 0.3%)

5 でいる 3 でいます 1 でい, でいました, でいるで, でその

▼ いっぱい~ (11, 0.3%)

2 女の, 針金で 1 い, いいえ体いっぱい, むせるほど, 寒い白光, 広告で, 死人の, 色とりどりの

▼ いっぱいつまった~ (11, 0.3%)

1 [11件] 中国の, 戸棚が, 琥珀色の, 籠の, 肉屋の, 荷が, 袋よりも, 袋を, 赤い十字, 赤い絹, 飯じとじと

▼ いっぱい~ (11, 0.3%)

2 がさい, をつけ 1 がある, をかかえ, をかざり, をさかせ, をつけてる, をつめ, を抱え

▼ いっぱい入っ~ (10, 0.3%)

5 ている 3 ていた 1 てい, ているらしい

▼ いっぱいある~ (9, 0.2%)

1 さ, じゃない, ぜ君, のでだれ, のに度胆, んでしょう, んです, 地面へ, 川の

▼ いっぱいでした~ (9, 0.2%)

3 がまもなく 1 からこれ, からばあさん, がそれで, がただ, ので目, よ

▼ いっぱいには~ (9, 0.2%)

4 いって 1 いまわりひしめきあって, つけずに, 仕上らずそのため, 敷くわけ, 約その

▼ いっぱいはえ~ (9, 0.2%)

2 てい, ている 1 ていた, ていまし, ています, ており, て花

▼ いっぱい並ん~ (9, 0.2%)

3 でいる 2 でい, でいた 1 でいます, でその

▼ いっぱい~ (8, 0.2%)

2 埋めて 1 うちで, 暗くし, 横切って, 自分としての, 認めて, 赤くし

▼ いっぱい持っ~ (8, 0.2%)

2 て来 1 ていた, ていました, てこい, てこう, てそれ, て帰る

▼ いっぱい溜め~ (8, 0.2%)

2 ていた 1 そこらに, ている, てはいた, て溜息, 涙を, 赤く爛れた

▼ いっぱいくわされた~ (7, 0.2%)

21 な, のだ, のでしょう, のです, んです

▼ いっぱい~ (7, 0.2%)

2 なった 1 あくる朝, いえば, なって, なり船べり, 心いっぱいで

▼ いっぱいにつまっ~ (7, 0.2%)

4 ていた 2 ている 1 て鼻

▼ いっぱい溜っ~ (7, 0.2%)

4 ていた 1 ている, て来た, て黄色

▼ いっぱい積んだ~ (7, 0.2%)

1 枯れ草を, 梢の, 箱の, 贓品の, 車などは, 車を, 重い舟

▼ いっぱい詰っ~ (7, 0.2%)

5 ている 1 ていた, て居る

▼ いっぱい食った~ (7, 0.2%)

21 あの帰途, か知りたい, というわけ, な, ねえ

▼ いっぱい食わされた~ (7, 0.2%)

2 かな, のです 1 な, みたいな, わけです

▼ いっぱいつん~ (6, 0.2%)

2 である 1 だり野イチゴ, でいます, でふるさと, で走る

▼ いっぱい詰まっ~ (6, 0.2%)

2 ていました, ている 1 てい, てきれい

▼ いっぱいあった~ (5, 0.1%)

1 が何, という長持, ので三四郎, ので彼, 白い繭

▼ いっぱいくった~ (5, 0.1%)

1 かな, ね, ねえ, のだ, わね

▼ いっぱいつけ~ (5, 0.1%)

1 てい, て仰山, て地, て来られた, て熱し

▼ いっぱいつめ~ (5, 0.1%)

1 てある, てきた, て行く, て釘, 今の

▼ いっぱいやる~ (5, 0.1%)

21 がいい, ことの, としよう

▼ いっぱい入った~ (5, 0.1%)

1 おは, まま開けず, ランプが, 砂糖入れを, 花鉢が

▼ いっぱい浴び~ (5, 0.1%)

1 てさて, てラジオ, て並んだ, ながら, ながらその

▼ いっぱい積ん~ (5, 0.1%)

3 である 2 でいる

▼ いっぱいあっ~ (4, 0.1%)

1 てあたかも, てすい, てつい, て苦しい

▼ いっぱいその~ (4, 0.1%)

3 林の 1 五合蒔き

▼ いっぱいたかっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていた, て朝

▼ いっぱいたたえ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ていまし, て棒立ち, て睨ん

▼ いっぱいためた~ (4, 0.1%)

1 まましばし, ままで, まま見送っ, 目を

▼ いっぱいついた~ (4, 0.1%)

1 大きな機械, 恐ろしい鉄, 板きれ, 紙は

▼ いっぱいであった~ (4, 0.1%)

1 がその, が斉彬, などとも言われ, 明治二年の

▼ いっぱいである~ (4, 0.1%)

1 かと思う, が救い, と同時に, のに新

▼ いっぱいという~ (4, 0.1%)

1 ところかな, ように, わけだ, 顔つきで

▼ いっぱいならべ~ (4, 0.1%)

2 てあります, てある

▼ いっぱい並べ~ (4, 0.1%)

3 てある 1 てあった

▼ いっぱい~ (4, 0.1%)

1 があつまっ, がい, がつまり, が逃げ

▼ いっぱい~ (4, 0.1%)

1 ていた, てきました, てて, て来

▼ いっぱい散らかっ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 てい, て漸く

▼ いっぱい~ (4, 0.1%)

1 がはいりました, をくむ, を汲ん, 汲みを

▼ いっぱい生え~ (4, 0.1%)

4 ている

▼ いっぱい~ (4, 0.1%)

1 にうかべ, にため, に溜め, に見えない

▼ いっぱい茂っ~ (4, 0.1%)

2 てい 1 ていた, ています

▼ いっぱい詰まった~ (4, 0.1%)

2 靴足袋を 1 ような, 壺を

▼ いっぱい~ (4, 0.1%)

1 が積もっ, のなか, をつけ, を載せた

▼ いっぱいあふれ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ていました, ている

▼ いっぱいいっぱい~ (3, 0.1%)

1 だった, の程度, 紅黄白紫の

▼ いっぱいかけ~ (3, 0.1%)

1 てあります, てある, てそれから

▼ いっぱいたべ~ (3, 0.1%)

1 てからきっと, てしまいます, 家へ

▼ いっぱいたまった~ (3, 0.1%)

2 眼で 1 声で

▼ いっぱいつまってる~ (3, 0.1%)

1 ブリキ罐とが, 引き出しの, 弾薬を

▼ いっぱいつめこん~ (3, 0.1%)

1 であっ, である, でその

▼ いっぱいとっ~ (3, 0.1%)

1 てこさせました, て来た, て来ました

▼ いっぱいなん~ (3, 0.1%)

21 だよ

▼ いっぱいについて~ (3, 0.1%)

3 赤や

▼ いっぱいのせ~ (3, 0.1%)

1 て, てありました, てある

▼ いっぱいふくらんだ~ (3, 0.1%)

2 蚊帳の 1 信玄袋を

▼ いっぱいやっ~ (3, 0.1%)

3 ている

▼ いっぱい~ (3, 0.1%)

2 を入れ 1 だめし

▼ いっぱい吸っ~ (3, 0.1%)

1 てちょうだい, て水中, て眼

▼ いっぱい居る~ (3, 0.1%)

1 け怖い, わ, んでしょ

▼ いっぱい日光~ (3, 0.1%)

3 を吸った

▼ いっぱい~ (3, 0.1%)

1 があった, がある, が光っ

▼ いっぱい書い~ (3, 0.1%)

2 てある 1 てあっ

▼ いっぱい~ (3, 0.1%)

2 鰯を 1 いしげって

▼ いっぱい~ (3, 0.1%)

2 がつい 1 のかたまり

▼ いっぱい集っ~ (3, 0.1%)

1 ていた, て来た, て自分たち

▼ いっぱい食わせ~ (3, 0.1%)

1 てしまった, てやる, またよそ

▼ いっぱい~ (3, 0.1%)

1 の盛られた, を頬, を食った

▼ いっぱい飲まし~ (3, 0.1%)

1 てくれない, てくれる, てもらっ

▼ いっぱいあけ~ (2, 0.1%)

2 て上野

▼ いっぱいいれ~ (2, 0.1%)

1 てその, て上げましょう

▼ いっぱいうけ~ (2, 0.1%)

1 て湯, て顔

▼ いっぱいおい~ (2, 0.1%)

1 てあり, てあります

▼ いっぱいお菓子~ (2, 0.1%)

1 の粉, をつめこん

▼ いっぱいかかっ~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て世にも

▼ いっぱいくっつい~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ いっぱいくわえ~ (2, 0.1%)

1 て来, て飛ん

▼ いっぱいくわされ~ (2, 0.1%)

2 てしまった

▼ いっぱいぐらい~ (2, 0.1%)

1 すぐ取れる, 居たいからと

▼ いっぱいこもっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ていました

▼ いっぱいこれ~ (2, 0.1%)

1 が風流, でおとうさん

▼ いっぱいさしてる~ (2, 0.1%)

1 あちらの, なかで

▼ いっぱいしげっ~ (2, 0.1%)

2 ていました

▼ いっぱいしわ~ (2, 0.1%)

1 がよっ, をよせ

▼ いっぱいじゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ いっぱいたちこめた~ (2, 0.1%)

2 向うの

▼ いっぱいたまり~ (2, 0.1%)

1 ハンケチで, 汚い電灯

▼ いっぱいだろう~ (2, 0.1%)

1 と思います, と推察

▼ いっぱいつけた~ (2, 0.1%)

1 桃の, 生垣が

▼ いっぱいつめた~ (2, 0.1%)

1 大きな籠, 樫の

▼ いっぱいであっ~ (2, 0.1%)

1 て他, て走る

▼ いっぱいであり~ (2, 0.1%)

1 ながらついに, よい主婦

▼ いっぱいについ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ いっぱいにつけた~ (2, 0.1%)

1 古い楢, 栃の木の

▼ いっぱいのっ~ (2, 0.1%)

1 ていました, ている

▼ いっぱいのばし~ (2, 0.1%)

1 て忙しく, て首

▼ いっぱいひろがっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来ました

▼ いっぱいふくらませ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て歩い

▼ いっぱいふくらん~ (2, 0.1%)

1 でいた, ではしっ

▼ いっぱいほおばっ~ (2, 0.1%)

1 ていいました, てごちそう

▼ いっぱいほこり~ (2, 0.1%)

2 をかぶっ

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 がき苦しむ, 呑んで

▼ いっぱいイチゴ~ (2, 0.1%)

1 をさがさなけりゃならない, をとっ

▼ いっぱい人々~ (2, 0.1%)

1 が米, は次第に

▼ いっぱい休み~ (2, 0.1%)

1 なしに, ようやく治っ

▼ いっぱい休む~ (2, 0.1%)

1 がいい, ことに

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 かで詰っ, か書い

▼ いっぱい光っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ いっぱい入れた~ (2, 0.1%)

1 大きなたらい, 金庫の

▼ いっぱい咲いた~ (2, 0.1%)

1 春の, 西洋葵の

▼ いっぱい喰わされた~ (2, 0.1%)

1 ぞもちろん, のは

▼ いっぱい実っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ている

▼ いっぱい感謝~ (2, 0.1%)

1 して, の気持

▼ いっぱい拾っ~ (2, 0.1%)

1 て包ん, て来た

▼ いっぱい敷い~ (2, 0.1%)

1 てあっ, てある

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

2 らしい力

▼ いっぱい書かれ~ (2, 0.1%)

1 ている, て在った

▼ いっぱい来た~ (2, 0.1%)

2 んじゃと

▼ いっぱい汲ん~ (2, 0.1%)

1 であるじゃ, で伊織

▼ いっぱい注いだ~ (2, 0.1%)

1 ところを, 茶わんへ

▼ いっぱい浮い~ (2, 0.1%)

1 てい, ていた

▼ いっぱい溜った~ (2, 0.1%)

2 眼で

▼ いっぱい溜めた~ (2, 0.1%)

1 そしてこれ, 目で

▼ いっぱい漂っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 がつまっ, のはいった

▼ いっぱい着い~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 はほとんど, は泣いた

▼ いっぱい積まれ~ (2, 0.1%)

1 てあった, てい

▼ いっぱい積みこん~ (2, 0.1%)

1 で下, で来

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

2 にはもう

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 がたまる, と野菜

▼ いっぱい置い~ (2, 0.1%)

1 て, てある

▼ いっぱい群がっ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 のはりさける, の中

▼ いっぱい荷物~ (2, 0.1%)

1 をしょっ, を積んだ

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 をつめ, をとっ

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 がいる, がとび

▼ いっぱい詰った~ (2, 0.1%)

1 マベ貝, 頭を

▼ いっぱい詰め~ (2, 0.1%)

1 てやった, て威張っ

▼ いっぱい詰めかけ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ いっぱい詰め込ん~ (2, 0.1%)

1 である, で来

▼ いっぱい這入っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て雛鳥

▼ いっぱい遊ん~ (2, 0.1%)

2 でいる

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 の糸, を持ち

▼ いっぱい開い~ (2, 0.1%)

1 たりする, ている

▼ いっぱい集まっ~ (2, 0.1%)

1 ている, て私

▼ いっぱい~ (2, 0.1%)

1 からかぶせ, にのせた

▼ いっぱい食わした~ (2, 0.1%)

1 のだ, 若党儀作が

▼ いっぱい食物~ (2, 0.1%)

1 がありました, の皿小鉢

▼ いっぱい飲ん~ (2, 0.1%)

1 でからひとつ今夜, で治郎吉

▼ いっぱい飾っ~ (2, 0.1%)

1 てありました, てある

▼1* [531件]

いっぱいあいている, いっぱいあたしたちはよく, いっぱいあつまってきました, いっぱいあびてさて, いっぱいあふれたので舞台, いっぱいあふれてる涙とを, いっぱいあぶら汗が, いっぱいありましたけれど世界中, いっぱいある赤みがかったつやの, いっぱいて夜, いっぱいいい事が, いっぱいいたのでもう, いっぱいいちごにし, いっぱいいなごを取っ, いっぱいいれた旅行用の, いっぱいいろいろな色, いっぱいういていました, いっぱいうかべてわたし, いっぱいうごめいていた, いっぱいうすあかい幹の, いっぱいうち上げられて, いっぱいうっそうと, いっぱいうまいものを, いっぱいうるんでいる, いっぱいうろついて街上, いっぱいうわっている, いっぱいめえ, いっぱいおいしそうな, いっぱいおこってるかなり大きな, いっぱいおせんは満足, いっぱいおりた叢の, いっぱいお前を待っ, いっぱいお湯を沸かし, いっぱいお茶を飲みたい, いっぱいお金を入れ, いっぱいァかった, いっぱいかかえて帰っ, いっぱいかかったんだ, いっぱいかかりますぜ, いっぱいかざってあります, いっぱいかついだだけです, いっぱいかつがれたのです, いっぱいかぶさっていまし, いっぱいかぶっていた, いっぱいくだもののお, いっぱいくっついた杭が, いっぱいくっつけ哀れっぽい, いっぱいくわされたらしいのです, いっぱいくわすのかも, いっぱいくわせたのが, いっぱいくわせようとした, いっぱいくわせる妙技を, いっぱいぐらいに三年ボラが, いっぱいぐるぐる巻いて, いっぱいこうして拙者が, いっぱいここへも仮装, いっぱいこの時の, いっぱいこびりついていた, いっぱいこぼれています, いっぱいこみ上げてきた, いっぱいこめて足, いっぱいこんなものを, いっぱいこんなにひどく明るくて, いっぱいごたごたしけっきょ, いっぱいごちそうになる, いっぱいはどう, いっぱいさいてい, いっぱいさいたみごとな, いっぱいささって夢, いっぱいさしてい, いっぱいさしこんでいる, いっぱいさしてやるが, いっぱいている, いっぱいすくって帰っ, いっぱいすでに発足準備も, いっぱいすばらしいパラダイスです, いっぱいずつ食べて, いっぱいそれから午後も, いっぱいそれぞれの名, いっぱいたかられてかいく, いっぱいたくさんになっ, いっぱいたたえた水が, いっぱいたたえてる眼つきを, いっぱいたたえられている, いっぱいたたまれていた, いっぱいたたみこまれてもうすっかり, いっぱいたべさせ大安心, いっぱいたまってることが, いっぱいだからちょっと浴び, いっぱいだしております, いっぱいだってからよう金も, いっぱいだぶだぶたまって, いっぱいちょうだと, いっぱいちらかっている, いっぱいちらばっていました, いっぱいつかってありました, いっぱいつかんでは投げました, いっぱいつけるのを, いっぱいつづいている, いっぱいつめこんだ袋の, いっぱいつめられている, いっぱいつめ込まれた頭脳を, いっぱいつめ込まれてる牝鶏, いっぱいつめ込んではいけない, いっぱいでかれにあたえる, いっぱいできていた, いっぱいできてる一本の, いっぱいでございましたわたしは, いっぱいでござる決して誇, いっぱいでして, いっぱいでしょういやなに, いっぱいではいれたもので, いっぱいでまぎれもなく, いっぱいでめざす女を, いっぱいでやるのだ, いっぱいで問われてもすぐ, いっぱいで張り裂けるようじゃ, いっぱいで抑えきれない歓びと, いっぱいで歌うもの囃す, いっぱいで歩けば裂ける, いっぱいで見るだけでもうんざり, いっぱいで馴れない男手には, いっぱいとは熱に, いっぱいとび散って居る, いっぱいとり散らした新聞紙をよけ, いっぱいどこにもかしこ, いっぱいどろどろの黒血, いっぱいなっていた, いっぱいなってるその柿, いっぱいなみなみと溜るの, いっぱいならんで居た, いっぱいな頷き方を, いっぱいにあいて下, いっぱいにかけてとびだしたので, いっぱいにじませて, いっぱいにつきたって, いっぱいにつめてあった, いっぱいにとほうも, いっぱいにも注意力を, いっぱいのみこんでる馬車が, いっぱいのんで行こう, いっぱいはえてるだけで, いっぱいはえるよ, いっぱいはってある, いっぱいはった大鍋, いっぱいはと云う心安, いっぱいはびこらせてその, いっぱいはびこるように, いっぱいはめたんだ, いっぱいはりついてきた, いっぱいひしめくように, いっぱいひっかかるところだった, いっぱいひっかけて眼, いっぱいひっかけたいな, いっぱいひっきりなしにごうごうごうごう鳴っ, いっぱいひらひらして, いっぱいひろいこんだ, いっぱいひろげていました, いっぱいひろげることが, いっぱいびらをつめこん, いっぱいふくました筆で, いっぱいふくれさすには十分, いっぱいふくんだ青い空, いっぱいふさがってるというの, いっぱいふってくる, いっぱいぶらぶらして, いっぱいほおばりながら彼, いっぱいほしてあります, いっぱいほどになると, いっぱいまいて雪, いっぱいまじっている, いっぱいまつわっている, いっぱいまででいい, いっぱいみたした大きなたらい, いっぱいみちみちて, いっぱいみなぎっている, いっぱいもう一つには, いっぱいものがおい, いっぱいもらいためるとまた, いっぱいやったのでありました, いっぱいやはり専門だけ, いっぱいやりたいものだ, いっぱいオゾンを呑吐, いっぱいカーテンを引い, いっぱいゴルフのお, いっぱいダイヤモンドをつかみ出しました, いっぱいチカチカまたたいて, いっぱいパリにいる, いっぱいフィヨルドは舷側, いっぱいポケットに入れ, いっぱいローソクをつけ, いっぱい一日五十銭の割, いっぱいから竹樋, いっぱい上がっていた, いっぱい眼に, いっぱい両手で抱え切れない, いっぱい並べた店の, いっぱい乗せてやっ, いっぱい乗り込んでる正直な, いっぱい乱れていた, いっぱい乱れてる考えの, いっぱい乾き切った栗の, いっぱい乾草を平らげよう, いっぱい人造人間の絵, いっぱい今夜は, いっぱい仕事が続く, いっぱい付いていた, いっぱい休めっておれ, いっぱいを開け, いっぱい借り切って短い, いっぱい光ってて夜, いっぱい入れられてある, いっぱい公園中を歩きまわっ, いっぱい出しています, いっぱい出来ておまけ, いっぱい列べてある, いっぱい刷り込んだ五寸平方ほどの, いっぱい刺すかも知れない, いっぱいがよく, いっぱい勢いよく立ちのぼって, いっぱい勤めあげたという古狐, いっぱい勤務し夜, いっぱい包まれて上々, いっぱい包んで小柄, いっぱい十四時間眠って, いっぱい占められて気, いっぱいからかえって, いっぱい取って置いた, いっぱい取り散らされてい, いっぱい受けた船の, いっぱい受け継いだ娘に, いっぱいを開け, いっぱい古いのや, いっぱい叩き破ったのです, いっぱい叫びながら池, いっぱい吊しガラスの, いっぱい吊るすまでは今日, いっぱい向こうへ打ち込ん, いっぱい含んでその, いっぱい吹きこんで川, いっぱい呑みたいやつらばかり, いっぱい味わってもらいたい, いっぱい呻くように, いっぱい呼子笛を吹いた, いっぱい咲いてる花を, いっぱい咲きだしたらどんなに美しい, いっぱいせるばかり, いっぱい唾液をため, いっぱい喰わしたな, いっぱい噛んでいる, いっぱい器械がならん, いっぱい四つ葉を摘ん, いっぱいのたまった, いっぱいがかぶさった, いっぱい夕焼であった, いっぱい大砲が置い, いっぱい大阪で稼い, いっぱい奥行いっぱいにぎっしり, いっぱいを湛え, いっぱい媚びてそして, いっぱい子供がうようよ, いっぱい孕ませて来た, いっぱい孕んだ朱帆は, いっぱい家具のつまった, いっぱい寛いで坐り, いっぱいている, いっぱい射して海, いっぱい射し込んでいた, いっぱい小僧の一人, いっぱい小浜や錦紗, いっぱい小皺をよせ, いっぱい小石を入れ, いっぱい尖った先を, いっぱい居たんでたもと, いっぱい屋根裏に届く, いっぱい展列されて, いっぱい山盛りの飯, いっぱいの魚, いっぱい差し込んでいる, いっぱいにはらみ, いっぱい帰らないんです, いっぱい茸が, いっぱい平和を支持, いっぱいについ, いっぱい引きずっている, いっぱい引っ擦るよう, いっぱい引っかけていた, いっぱい引っかけた時と, いっぱい張った大きな洗面器, いっぱい弾薬を入れ, いっぱいに満ちた, いっぱい往来へ出, いっぱい微笑をたたえ, いっぱいに溜め, いっぱい忙わしい由, いっぱい忽ち泥だらけと, いっぱい濤の, いっぱいがつけた, いっぱい悲しくなって, いっぱい愛情をたたえた, いっぱい我慢しましょう, いっぱいの施し, いっぱい抱いていた, いっぱい抱えてねんねこ, いっぱい押しかけめずらしいもの, いっぱい押し込んで来た, いっぱい押すな押す, いっぱい拡げた子供の, いっぱい拵えてその, いっぱい持たされたからそれ, いっぱい持った大空でも, いっぱい採って来, いっぱい探し求める自由な, いっぱい插んであって, いっぱい握ってそれ, いっぱい握り膝の, いっぱい握りつめた拳を, いっぱい擬勢を張っ, いっぱい散らかった煙草の, いっぱい散らかってる小さな中庭, いっぱい散らばった中に, いっぱい敷きつめた小意気な, いっぱい敷きつめると汚れた, いっぱい新しい力が, いっぱい新茶を詰め, いっぱいがさし, いっぱい日本諸国をかなり, いっぱい日除けをつき出し, いっぱい明けると, いっぱい明後日にかけてもあんな, いっぱいの潮干, いっぱい暗やみがたたえ, いっぱい書きいれてある, いっぱい書きこんだものを, いっぱい書きこんであるね, いっぱい書きつめてあった, いっぱい書き込みをし, いっぱい書き込んだ油じみた, いっぱい書物の棚, いっぱい服んでは, いっぱい朝日がさしこん, いっぱいが茂っ, いっぱいを積ん, いっぱい本所の下屋敷, いっぱいとなっ, いっぱいてその, いっぱいの方, いっぱい板の間または庭, いっぱいに黄金色, いっぱい枯れ草をかかえ, いっぱい森家で病臥, いっぱいじわが, いっぱい機械がはいっ, いっぱい武器を積み込ん, いっぱい歩いていた, いっぱい残っている, いっぱい毛布にくるまっ, いっぱいの玉, いっぱい汲みこんで浸っ, いっぱいをはっ, いっぱいぎこんでおこうとはどうしても, いっぱい注いでくれ, いっぱい泳いでい, いっぱい流して喜びました, いっぱい浮かべて祖国, いっぱい浮かんでい, いっぱい浮き出ている, いっぱい浮んでいた, いっぱいれて, いっぱい清酒を詰めさせた, いっぱいっていた, いっぱいの上, いっぱい湿って淀ん, いっぱい満たされてあります, いっぱい満たして持っ, いっぱい満たした汽車が, いっぱい満ちてい, いっぱい満ちたかのよう, いっぱい溜まった眼で, いっぱい溜息ばかり吐い, いっぱい濡らしながら納戸, いっぱい濡れていた, いっぱい火薬がつまっ, いっぱい灼いたりんごを, いっぱい炊いてある, いっぱい風味な, いっぱい無数の小坊主, いっぱい煙草の匂, いっぱい熱い鮮血を, いっぱいの絵, いっぱい猛烈な胆嚢炎, いっぱい玩具を買いこん, いっぱい瓦町に張りこん, いっぱい生えた三角な, いっぱい生えてるのも, いっぱい生けてあった, いっぱい生じてる二本の, いっぱい発揮して, いっぱいは暇, いっぱい白髪若いの, いっぱい盛ってきた, いっぱい盛られていた, いっぱい盛り上げてあった, いっぱい着け鳥が, いっぱい着物を着, いっぱい着込んで塩, いっぱいの中, いっぱい砂利を入れ, いっぱい祖先伝来の書画, いっぱい神戸附近をとひとりぎめしていたのである, いっぱい私たちとふざけ, いっぱい積みあげたトラックは, いっぱい積もっている, いっぱい積込んである, いっぱいのある, いっぱい突き出てい, いっぱい立ち並びあるいは幌, いっぱい立ち並んでいた, いっぱい立ち並んでる広場には, いっぱい立って騒々しく, いっぱい立てて形変り, いっぱい立て混んでいる, いっぱい笑いながら礼, いっぱい笑みくずれながら, いっぱい籠っている, いっぱい精力的に執筆, いっぱい紅葉だ, いっぱい紅黄白紫の色, いっぱい細長く続いて, いっぱい結晶を受け, いっぱい絡みついていた, いっぱいを持っ, いっぱい縫い込まれてい, いっぱい繁っていた, いっぱい置きならべてありました, いっぱい群らがって, いっぱい群れていた, いっぱい耀めき出した, いっぱいをうっ, いっぱい脱ぎ捨てた服を, いっぱいき物, いっぱい膏薬を塗りこんだ, いっぱいは水, いっぱいの子, いっぱい芸者にさした, いっぱいが生え, いっぱいのはえた, いっぱい菓子をつめ込ん, いっぱい落している, いっぱい葡萄ばかり見, いっぱい葡萄パンを喰, いっぱい蒲団を敷きちらし, いっぱい蒼白の気, いっぱいを抱え, いっぱいの枝, いっぱいがたかっ, いっぱい虻蜂のふるひ, いっぱいが捕れ, いっぱい蜜柑を入れ, いっぱい蝶々が出, いっぱい蝸牛をふりおとし, いっぱい行ってたからよく, いっぱい表わしてみたい, いっぱい西日が赤あか, いっぱい見えたし諸, いっぱい見事に成長, いっぱい観心と玄義, いっぱいを咲かせたい, いっぱい詰ってるのかと, いっぱい詰めた大きな籠, いっぱい詰められていた, いっぱい詰め込まれてある, いっぱい詰め込んでありますのを, いっぱい詰込んであった, いっぱいをもってる, いっぱい読書して, いっぱいにもまねる, いっぱい警官がいたんだ, いっぱい豪壮せよ美術, いっぱい負って二十日, いっぱい負わされた人物から, いっぱい貨車に積ん, いっぱい貼りめぐらされた広告塔そっくり, いっぱい赤土をまい, いっぱい起こってくる, いっぱい載っている, いっぱい輝いてるある晩, いっぱい返辞したい気, いっぱい通行人だ, いっぱい運んで来る, いっぱい過激な労働, いっぱい郵便物をかかえ, いっぱいを注ぎ, いっぱい重態が続いた, いっぱい金貨をつめた, いっぱい鈴鳴りにし, いっぱい銀河が巨, いっぱい銀貨を取り出し, いっぱい銭苔が蔽いつい, いっぱい開かれていた, いっぱい開きそして暗闇, いっぱい開けて見せ, いっぱい開けひろげてあった, いっぱい降る時刻だ, いっぱい陳列して, いっぱいをあび, いっぱい集められていた, いっぱい電車に群れ, いっぱい霜やけの出来る, いっぱいばかりになっ, いっぱい頬張っている, いっぱい頬張りながら餓鬼, いっぱいに生え, いっぱいを避け, いっぱい食うことだけに, いっぱい食べてみたい, いっぱい食べさすッで, いっぱい食べ物をつめ, いっぱいりだした, いっぱい飲んだが一層, いっぱい飼ってい, いっぱい飾りをつけた, いっぱい飾り立てて, いっぱいを乗りまわした, いっぱい髪の毛もぬれ, いっぱいの生え, いっぱいや獣, いっぱい鳥だらけになった, いっぱい鳴っている, いっぱい黄金いろの, いっぱい黒いものが