青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いで~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いつか いつか~ いつしか~ ~いつた いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~
いで~
~いと いと~ ~いない いない~ ~いなかった いなかった~ ~いなけれ いなけれ~ いのち~ いひ~

「いで~」 1276, 14ppm, 8066位

▼ いで~ (197, 15.4%)

3 見るに

2 [15件] いきれぬるかも, すでに二十とせ, そぼちに, ただち, みん, ゆく, 人の, 今日も, 寂光の, 柔き, 秋の, 蔭ある, 蛙は, 見るもの, 言は

1 [164件] あはれはるばる, あゆめば, あるいは鬼, いたの, いづちにかゆく, いない, いひけるは, いよいよいぶかし, いよいよ不審, いよいよ右門流, いよいよ奇怪, いよいよ奇怪千万, いよいよ美し, いよいよ重なる, いるか, いること, いるの, いる泉, いわでもの, うち霧らふめり, おどると, おりまする, かたちよき, きぬ割れども, きぱきとさばいてやり度, くるの, くる不思議さ, こしもの, こぞり耕す鍬, さくは, さすかた, さやぐ小松の, さらに重なる, さらば一月, しほた, しまった, すべしらぬ, その葬儀, ながく双, なぐり合いが, ふりあ, ほかに, ますます不意, ますます奇怪, また木陰, もはや通詞, もろもろの, ゆく船, わかれ流る, わが寝ぬ, わが来し, わが眠り, ゐる, 一大桑樹の, 一風の, 三つと, 上を, 下り來, 中古廣く, 云々, 云は, 人類を, 今日しも, 今日は, 仏の, 他家を, 何となし, 何を, 侘居し, 半満権実, 南に, 南京路の, 口上を, 右が, 合羽を, 和議成る, 咲きみだれつつ, 地獄に, 塵に, 夕か, 夜は, 家庭戦の, 家賃十円という, 少女らに, 尽きなかったもの, 屋上に, 川に, 常の, 年若き, 幾年もの, 庭白く, 廊下づたいにアリシア区に, 後の, 後ダンテ, 後見る, 恭しく式礼, 意は, 意外気なり, 感ずるところ, 我が足もと, 我を, 手紙を, 技を, 新たに, 既に幾時, 春は, 春寒き, 時も, 木漏, 来たところ, 来つ, 来に, 来ぬ, 来るか, 此方見, 泣き伏した翁, 海を, 消ゆる, 渡良瀬川を, 源叔父は, 漣の, 瀬戸内海の, 火災現象の, 町に, 留守の, 畳のうへに, 砲車と, 砲車とど, 神明の, 空の, 第一, 節制の, 紅の, 純なる, 美はし, 美わし, 自分の, 船中は, 茶臼山に, 草に, 葉裏を, 街を, 裳帯を, 見ゆ, 見る, 足に, 路にあたり, 近代の, 遊べり黒き, 遊客を, 道は, 遠くわ, 選択の, 邪見の, 醫術に, 野に, 野生の, 鋸山へと, 鏡の, 長うのび, 雲の, 靴の, 頬を, 高い絞首台

▼ いでたち~ (143, 11.2%)

7 をし 6 をした 3 であった, である, でそれ 2 だった, で, でその, の旅路, の男, をと, を見る

1 [107件] があまりに, があんまり, がけばけばしく, がこの, がまず, が一切, が今晩, が笠, だ, だったので, であつ, であるし, であろうとも, でお, でお菓子, でこがね作り, でさっと, でせう, でとにかく, ではある, でほうき, でまず, でホテル, でレスナヤ街二十八号, で三度笠, で与次郎, で両, で京都, で何処, で先頭, で入っ, で全, で出掛けた, で前のめり, で南地溝, で夜道, で大いに, で大小二人, で家伝来, で山, で徒に, で恋人, で文子, で暇, で来, で汽車, で片手, で皆, で稲田, で蚊脛, で親類, で静か, で革足袋, で頬かむり, で駅頭, で黙々と, という拵え, となっ, となる, について少々, にて, にてまかりい, にて家, になつ, にまで現われ, に両刀, に革襷, のずんぐり, のそれ, のでっぷり, のまま, のもの, のサーシャ, のボオイ達, の人, の女, の宮, の富農, の岩畳, の強, の御方, の忍び, の本格, の武士, の武者二人, の異様, の相手, の私, の菅谷半之丞, の面々, の頭数三人, は, はえら, はざら, はし, はみな先日, は草鞋脚絆, は身軽, をなされました, をほめ, をほめた, を以てその, を後ろ, を思わせる, を着飾っ, を脱ぎ捨てる, を見れ

▼ いで~ (66, 5.2%)

14 ないか 6 ありませんか 4 無いか 3 おかぬ, ないかと 2 おきませぬ, 御座いませんか

1 [32件] いよいよ武士道, おられぬが, お主, かなふまじ, かなわぬこと, ございません, ございませんか, ござらぬか, ござらぬかな, とっても勉強, ない, ないかも, なくむしろ, ならぬ筈, なりませぬが, なりません, 一人前や, 一足も, 主人方へ, 分りませぬ, 叶わぬ用事, 奇特の, 妾の, 婆は, 御坐いません, 恋は, 措かぬから, 歌の, 法印にも, 深井様への, 都合の, 酒には

▼ いで~ (61, 4.8%)

2 これより, つらからば

1 [57件] あれし, あれに, いでや, かしこ夏に, かねての, こたび, このひま, このまま城内, この今日, この富める, この涙, すぐさまお越し, つてゐた, つて居ます, なぞ数ならぬ, また無心, 一走りと, 主君の, 事の, 事成れ, 二十餘年の, 人生の, 作者は, 公判開廷の, 再びそれ, 再びもと, 出立前の, 加勢が, 子よ, 子ら日は, 将軍を, 彼は, 往きて, 怪しきは, 手の, 新身の, 日を, 是より, 是れ, 柳の, 森よ, 此事此後に, 浮島の, 独楽を, 白木で, 直ちに呼び来らん, 短き讃歌, 秀歌を, 私も, 結婚当時の, 者輩当, 聲を, 見むいかにか, 記念の, 長居は, 隠士の, 飛べ

▼ いで~ (39, 3.1%)

6 よい 4 宜い 3 いい 2 よかろう

1 [24件] あれば, え, しず, ない武蔵自身, ぼくたちだけの, よいや, 一緒に, 其のくれ, 其日其日を, 出来ること, 分りましょう, 可いと, 女の, 宜かん, 断末魔の, 構は, 死なずに, 秘めて, 翡翠が, 行て, 見せると, 買うよう, 逃げて, 黐棹の

▼ いで~ (35, 2.7%)

13 けり 4 けれ 2 けむ, なったの

1 [14件] ける, けるかな, ける釣, なったかと, なった陛下, なって, ならぬと, なられそれから, なられて, なりました, なりません, なろうとは, 濱邊一帶を, 白粉罎を

▼ いで~ (18, 1.4%)

2

1 [16件] たっけ, たもの, た不, た人足, た權次, た武村兵曹, た百姓, た若い衆, てお, ても騷, て呉れた, て輕, ました, る, るが, るという

▼ いでその~ (17, 1.3%)

1 [17件] コンクリートべ, モウセンゴケを, 冷たい容器, 吻は, 妻は, 川岸通りに, 役僧等我等の, 息の根止め, 手ぶし切落さん, 概略を, 機械買っ, 無学蒙昧なる, 素頭を, 見る人, 都も, 首を, 鼻の

▼ いでこの~ (13, 1.0%)

4 上は 1 うえは, 事全, 味いがあまり世間受けの, 文こそは, 方乗りました, 時と, 松原つ, 若き獣神, 詩を

▼ いで~ (10, 0.8%)

2 くりゃれ 1 かりょうか, 君も, 城の, 定は, 宮仕えの, 目に, 茶菓子の, 銀の

▼ いで~ (8, 0.6%)

1 へる道, 云いましょうとも, 今度は, 其蒼白い, 売りだしたばかりの, 嬢や, 子を, 親の

▼ いでそれ~ (8, 0.6%)

1 から警視庁, がし, は巨大, をかつい, を巡っ, を教えた, を渡っ, を綺麗

▼ いでばかり~ (8, 0.6%)

1 いた, いて, いるよう, いるよりは, ゐるので, 居ちや調べが, 居るね, 居る人ぢ

▼ いで美しい~ (8, 0.6%)

52 血潮が 1 音楽で

▼ いでやつ~ (7, 0.5%)

1 た, た酒, てくる, てくれるだらう, て來, て居る, と砂煙

▼ いで~ (7, 0.5%)

2 ります 1 よく考えた, りますが, 受けた, 心から感謝, 許可した

▼ いでさらば~ (6, 0.5%)

2 投壺参らせん 1 と志し, 予は, 山を, 我は

▼ いであつ~ (5, 0.4%)

2 たさうである 1 た, たが, て柿

▼ いで~ (5, 0.4%)

1 はた, は世の常, は羅馬, も御供, をその

▼ いで~ (5, 0.4%)

1 の家, の心, もこの, もたしかに, も近代日本印刷術

▼ いでから~ (4, 0.3%)

1 お賽錢, 三月四月煩う, 二つ揃えた, 僅に

▼ いでては~ (4, 0.3%)

2 住みなれし 1 天の, 軍船を

▼ いでながら~ (4, 0.3%)

1 その母, ついには, 傷春自棄私が, 支那人墓地馬来人墓地めぐり

▼ いで~ (4, 0.3%)

1 あるよし, つくり話して, に寝泊り, の町

▼ いで二人~ (4, 0.3%)

1 で顔, で食べました, の友達, の家

▼ いで~ (4, 0.3%)

2 ふやう 1 つた, へばジエンナロ

▼ いで~ (4, 0.3%)

1 ひしある, ふ, ふこと, へば

▼ いで~ (3, 0.2%)

1 ひたまひ, へりさながら, りく

▼ いで~ (3, 0.2%)

1 ざりましょうぞ, ざりますか, ざりますから

▼ いでやがて~ (3, 0.2%)

1 人形使夫人画家たちを, 小路一面の, 附けて

▼ いで~ (3, 0.2%)

1 がその, が当っ, に向

▼ いで~ (3, 0.2%)

1 ことごとく湧く, にのぞむ, をとおく

▼ いであの~ (2, 0.2%)

1 お染, 敵を

▼ いであんな~ (2, 0.2%)

1 ことした, 厄雑な

▼ いでこそ~ (2, 0.2%)

1 したま, したまうべけれ

▼ いでこれ~ (2, 0.2%)

1 にて突き, に従事

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 つぱりして, アあった

▼ いでさながら~ (2, 0.2%)

1 乾物に, 元の

▼ いでさらば分~ (2, 0.2%)

2 厘の

▼ いでそこ~ (2, 0.2%)

1 いら中, には鏡台

▼ いでそして~ (2, 0.2%)

1 お勢, 持ち込むべき荷物

▼ いでたり~ (2, 0.2%)

1 げにかく大いなる, 冬の

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 俎に, 朝に

▼ いでなん~ (2, 0.2%)

1 だってやる, にはや

▼ いでには~ (2, 0.2%)

1 僕も, 学生たちも

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 や, わが玉

▼ いでひと~ (2, 0.2%)

1 押しに, 破りに

▼ いでまだ~ (2, 0.2%)

1 見たこと, 賑やかに

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 呼ば, 呼ばはりて

▼ いでわたくし~ (2, 0.2%)

1 の知った, は保さん

▼ いでわれ~ (2, 0.2%)

1 こそ彼奴, は是

▼ いで主人~ (2, 0.2%)

1 に委しく, の一分

▼ いで今日~ (2, 0.2%)

1 に至つて, に至る

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 かで壓, でも出

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 伏せる偃松, 向いた

▼ いで~ (2, 0.2%)

2 ひけん

▼ いで入院~ (2, 0.2%)

1 したとき, して

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 へいれ, を動

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 あるもの, もない

▼ いで~ (2, 0.2%)

2 みに

▼ いで奈良~ (2, 0.2%)

2 に到着

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 は知らず, を猿女

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 といっしょ, とし

▼ いで小鳥~ (2, 0.2%)

2 の餌

▼ いで少し~ (2, 0.2%)

1 ばかり色あい, もシンミリ

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 は又, は抑

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 に入った, をたたいた

▼ いで更に~ (2, 0.2%)

1 古語に, 文造の

▼ いで欲しい~ (2, 0.2%)

1 ぞ, またと

▼ いで歸つて來~ (2, 0.2%)

1 た時, て畢

▼ いで決して~ (2, 0.2%)

2 本心貧乏を

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 の隅々, 見せん夷原

▼ いで独り~ (2, 0.2%)

1 で飲み初めた, 飲みながら

▼ いで礪ぎ~ (2, 0.2%)

1 出した純粋江戸ッ子粘り気, 出した純粋江戸ッ子粘り気無し

▼ いで空々しく~ (2, 0.2%)

2 天駈ける

▼ いで~ (2, 0.2%)

2 して

▼ いで自分~ (2, 0.2%)

1 が代表, は何

▼ いで落成~ (2, 0.2%)

2 の式

▼ いで~ (2, 0.2%)

1 ふので, も交

▼ いで~ (2, 0.2%)

2 の子

▼1* [471件]

いでаптекаへ買物, いであなたを見上げました, いであるいは屋根の, いであんたは悪い, いでいくらかこころ, いでいぶせなく見えた, いでいままで喋々, いでいまやかの半球みな, いでいろいろな話, いでうかうかとかれの, いでうちへけい, いでうまい汁が, いでおそくまで話し, いでおなじ旗本と, いでおのずから節まわしも, いでおれを待ちぶせし, いでお供を, いでお出でになった, いでお初を睨む, いでお前の處分, いでかくも荒れはてたる, いでからくも一命, いですが, いできみをさらっ, いできょうは朝, いでは香爐, いでここの空地, いでこれから横川筋へ, いでこんな子供を, いでさえあった, いでさわりを頬, いですぐ口へ, いでせいの立つ, いでせい一ぱいしかつめらしくかまえ, いでよ人, いでそうして, いでそのうえにちょっとした, いでそのままはしご段を, いでそれでもあきらめ兼ねたらしく, いでただただ不思議の, いでたまふかとの, いでたまらなかったの, いでたりはいったり, いでたわいなく寝て, いでだってもしあなた, いでちゃんといただいて, いでちょっと黙った, いでちょッと言い損ない, いでついほんのこの間, いでつつ朝早く, いでつまり八人がその, いでてともしかきたて, いでてのみ動こうと, いで言ふんだ, いでとても駄目な, いでとどろと, いでなあ夜中の, いでなむ世の, いでなるべく風の, いでなんともいえないさわぎです, いでにくかった, いでにてもこれに, いでのうもしちり, いでのびのびと手, いでのろのろと遠く, いではげしい立ち回りを, いではと訴えますので, いではや低き水際, いでひとりひとりジロジロ睨めまわし, いでほとんど自動機械の, いでづ二枚折の, いでまことの武門, いでましなば, いでまた番台へ, いでむとするを誰か支, いでむトスカーナ人よかの, いでものごとをすじみち, いでやというほどの, いでやはり四部の, いでゆっくり話して, いでゆわが浴め, いでよかった, いでよとある, いでよろしいやろ思うて, いでるれ, いでわが影淡く, いでわれ親ら往いて, いでアポロンの助け, いでイジメるの, いでクリジスに遭ったらしい, いでゴッタ返し乗り物は通行, いでサッサと郷里, いでシャンマティユーを牢, いでジロジロと槇子, いでソロモン王の智, いでタングシチュウをもりもり, いでチラと顎十郎, いでヂッと凝視め, いでディドローのあと, いでいい事, いでフルヰアの名, いでボリッと齧った, いでボーツと眼, いでポリニャークの両, いでリエを抱擁, いでワッショワッショと押し出し, いでヴェロナの市街, いで揉みに, いで一世を驚かす, いで一人表はれた, いで一刻も早く, いで一同も退出退出, いで一家の言, いで一方担いでは, いで一時に先, いで一晩極楽天上の夢, いで一杯でした, いで一枚にひろげた, いで一泊した, いで一生一人でいる, いで一睨みに, いで三人の子, いで三尊來迎を拜, いで不安のな, いでをそむけり, いで世話して, いで並木の木蔭, いで久作が, いでを行, いで乘込んで來, いで了つてさて言, いでも一鞭, いでの川, いで二度目には当人, いで二百人の枢機官, いで二目とは見られない, いで二階に上つた, いで二階縁側の花道, いで五十人の総, いで五右衛門が退治, いで人格の内奥, いで人目につかぬ, いで人穴城いらいの, いで人集りは増す, いで申した, いで今宵は御身, いで今誰かに頼まう, いで仕事の出来る, いで仕方がない, いで他人に劣る, いで伊太利本土に力士一揆, いで休みやさかい, いで低く何か, いで体中がガクガク, いで何人を待つ, いで何時の世誰, いで何時もの茶目, いで作つた本で六藝略, いでになく, いで保險業者になる, いでをナブリもの, いで健脚に又, いで僅か三年の, いで僧侶になつて, いで先づ掌に八箇国, いで先刻もやたら, いで先生を引っぱっ, いで城全市盛装し, いで兩手をあなた, いで其概略を文, いで其識者といふもの, いではことごとく, いで処理始末のできる, いで出來たもの, いで出征を命ぜられた, いで化粧などはいい, いでの新地, いで北国人の手並, いで北狄を防がん, いで十五日に五女癸巳, いで十八の年, いで半日以上の大, いで私の, いでは長, いで叩き斫るか, いで史學をする, いで同じ道筋を, いで同級の男の子たち, いで名主の家, いで名状のできない, いでを向い, いでと臣, いではかく, いで咽喉を鳴らし, いで喋べり捲ってるかと, いで因幡町の恩師, いで團欒して, いでの牢, いで土地が大した, いで土藏について石段, いでつ, いでの鳥, いで夜叉王をしばりあげ, いで汗にな, いで大きく半円を, いで大の字形に寝込ませた, いで大仙寺の廃, いで大地に臥しつ, いで大小があり, いで大崎木見兩八段の對局, いで大手搦手を押し開い, いで大樹の津液, いで夫婦になっ, いで失敗して, いで奄見大島へぬけ, いでの上, いで嬉しくなったから, いで学校に行きました, いでを閉ぢ, いでの者, いで富山の洞, いで寝間までかつぎ込んだ, いでたが, いで寺男の庄吉, いで将軍家光ににくまれはばかられ, いで將軍となられた, いで臺の, いで小屋の中, いで小石を銀, いでの姿, いで尽きはしない, いで屑屋を掴んだ, いで山林方を働い, いでへか, いで崩落すること, いで巡礼謡をかすか, いで左手に高々, いでの教え, いで平和な気分, いで平生から欲しい欲しい, いでを越した, いで幼きころ都にて, いで幾度も見せられた, いでについてその, いで弁護士となっ, いで引込思案のお, いで弘化三年十一月二十二日に至っ, いで強国の城廓, いで彼方の昼, いで往來へ飛出した, いでには山県, いで後藤堂方にたのまれ, いで徒らに流れ, いで隠居が, いで御座居ます, いで御飯にしよう, いで必ず開墾地へ, いで思い切り上等の, いでに亡くなる, いで息の根を止め, いで悲痛の洲, いでくやう, いで成島柳北は柳橋新誌, いで我等は晴やか, いで我試みにこれ, いで我身邊に帶び來, いで戦死すること, いで戰場に臨む, いで戸主となつ, いで戸障子の鳴る, いでを済ませ, いで折角の御, いで抽斎は再び, いで招魂社のお, いで持参いたしました, いで接頭語である, いで提灯をつけ, いで支那人の手, いで支那學者として指, いで敵勢の多少, いで敵軍一切を城中, いで文學の方面, いで文楽がキッパリ, いで新家の裏, いで新宿まるやへ, いでとなり, いで日常生活を特色, いで昌平黌に通う, いでのパン, いで時務軍政を見, いで時間性との聯關, いで晴そうぞ続け続け, いでを絆す, いで天を, いで暗い段々を, いで會話を讀む, いでの前, いで月夜蟹で肉, いで有名な八丁堀, いで朝露の艶, いでに就いた, いで東方諸国へ, いで枝豆を食う, いで架空の話, いでに身, いでのところ, いで梅月へ出かける, いで検査するやう, いでを抜ける, いで次に松浦川の, いで次年辛卯には死ぬる, いで此上は茄子, いで此方こそ, いで此機をはづさず, いでつたり, いでにでもした, いで死亡した, いで死人を見せ, いでれるもの, いでれたの, いでが嚇, いで汝等世の爲, いで江藤新作氏の軍事費, いでにそう, いで沈み去り, いで沓脱の上, いで沢山だろう, いで波状に宙, いでも乾び, いで深更まで世間ばなし, いで濟ますもよし, いで作と, いで無断東下をあえて, いで煎餅の仕上げ, いでの引火奴, いでさうと, いで父将軍はちょっとした, いでやを案内, いで牢屋に入り, いで物蔭を縫, いで独身で叔母様, いで射撃, いでのよう, いで現金代りの札, いで琵琶湖へ, いでのふち, いでれて, いでゐられて, いで田甫からあ, いで甲武信岳の霊, いで男爵に自分, いでへ還った, いで異様に沼, いで病舍を出, いで登場して, いでから敬遠, いでくるを, いでに物, いで勤めまする極彩色写絵, いで看板繪をかい, いで看護するまことに, いで涼しき優男, いでりその, いで石崖頂に置き, いでをまい, いで祝福した, いで稀代の活字字母, いでの香, いで立ち上がつて勝負, いで立ち盡すの, いで立處に驗, いで競争する, いで節倹は経済, いで米国公使となり, いで米國公使となり, いで素ッ首を申しうけた, いで紹介すべしとて, いで紺青の波, いでを張る, いで美味そうに, いで義通がうしろ, いで翌年春喪があけます, いで老中松平伊豆守安部豊後守をはじめ, いで肉片の饗応, いではだかりに, いで寒き夕, いでについた, いで自ら自分を引き渡す, いで自然は神, いで自然科学などになれ, いで臭くそこに, いで至つた清川即当蒔, いでの帆柱, いでの中, いで良人が見, いで芙蓉の峯, いで若紫ゆく末, いで苦しみて口, いで落ち葉を敷きつ, いで落語家の名, いで葛岡に差し, いでの方, いでた, いで行ぐんですが, いで行つた若い男, いで行つた子分は回向院, いで行つてしまつ, いで行つて人眼をごま, いで行方不明になつ, いで製造されつ, いで西にながる, いで見学に来, いで見越しの松, いで親友でも隣人, いで誇らかに雷電, いでかと話, いで諸賢の團體, いで謹慎を命じた, いで警護して, いで谷中へ行つた人足, いで起りしかど其運命, いでのう, いでいた, いでから龕灯, いで路傍に立て居る, いでををどつ, いで車力を引き, いで輿に載せ, いで農業を開いた, いで近在の村, いではれた後, いで途中まで, いで通つてゐたが, いで通りぬけた, いで進げて下せえよ, いで之助, いでをふさい, いで道化師のふう, いで道場にあつまっ, いで道案内を, いで酒肴を隱居, いで野原に遊び, いで野山をかけ, いで野路を行く, いで長安に歸ら, いで閉口だ, いで関羽が誅罰, いで陸軍病院へ行く, いで電車道へ出かけた, いでとなっ, いで静脈がもりあがる, いで靜かな風のない, いでは陣, いで風景や静物, いで風邪ひいたか, いで食物を準備, いで飮酒家と可味いも, いでひて, いでけ出す, いでを拭い, いで高向玄理南淵請安などの留学生, いで鬱陶しくはない, いで鬼怒川を渡つた, いでを引ッ, いで魏延が城門, いで鹿見村は焔, いで麥畑へ出た, いで黒い木立ちのかなたうち震う, いで黒き天使に, いで黒くなった糸切歯, いでを重