青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いつか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いった いった~ いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~ ~いつ いつ~ ~いつか
いつか~
いつしか~ ~いつた いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~ いで~ ~いと

「いつか~」 7714, 80ppm, 1397位

▼ いつか~ (629, 8.2%)

5 それを 4 それが, 自分の, 自分も 3 此の, 消えて, 私が

2 [26件] あの方, きつと, ここで, こころやすらはん, これと, またきっと, またもっと, わかって, 判ること, 地上に, 天道へ, 少しずつ, 尻尾を, 彼が, 彼の, 彼女の, 御わび, 必ずその, 書いて, 東京に, 死ぬん, 炎さかりに, 私の, 老の, 許しても, 身を

1 [551件 抜粋] ああなって, あいつを, あきるだろう, あなたの, あなたも, あの北の方, あの古都, あの女, あの山, あの避雷針, あの鷲, あまりの, ある形, ある木, いずれまた, いつかは, いつて, いろいろ御, いわねば, うらみを, おかしら, おかしら自身, おそらく数十年, おれの, お上に, お前に, お前の, お前恐れ入っ, お吉, お嫁, お母様に, お目にかかる日, お身, お逢いできるだろう, お駒, かならず, かならずひとつ, かならずやってくる, かならず救, きさま, きっと, きっとえらくなっ, きっとおまえ, きっとご, きっとやりとげ, きっと今日, きっと何もかもみんなお話し, きっと張飛翼徳, きっと後悔, きっと手, きっと晴れます, きっと東国, きっと自由, きっと見つかります, きっと迎え, きっと通る, きみたちにも, けんかに, こいつの, こういう事, こういう曲者, こういう生活, こうしてゆるり, こうでない, こっちの, こっちへ, このバター, この不憫, この九州, この事実, この仕返し, この島々, この怨み, この恨み, この浅ましき, この種, この老骨, この自分, この苦しみ, この蒼暗, この闇市, これを, こんなこと, こんな事, さういふ時, さうし, しあわせに, しなければ, そういうこと, そうした, そうしたこと, そうして必ず, そうなる, そこに, そちたちの, そっくり取り返し, そのおご, そのよう, その中, その便り, その地位, その坊さん, その峰, その怨み, その極めて, その権利者, その民族, その父, その秘密, その秘密室, その精力, その絵巻物, その身の上, それは, それより, それらの, そんなこと, たとえば一〇〇〇万年, だめに, だれかに, だれも, つかまって, つかまるに, でしょう, どうしてもその, どこかの, なくなっちまうん, なくなる, なくなるはず, なすべきこと, なれて, はてと, ぴつたり當るだらう, ぶつかるべきもの, ほろび正しい, まじめに, また, またこの, またそうした, またそこ, またちょっとした, またどこ, またもう一度, また帰る, また弛んだ, また縁, また繰返されるであろう, また英子, まみえる敵, みつける, みんな笑う, やられるだろうと, わかること, わたしという, われわれの, アドリアチック海の, インキつぼ, ケチな, チャンスが, デパートの, ニューギニアか, ピリーニの, ボロが, マスクの, レアンデル博士夫人に, レース向きに, 一か, 一つの, 一人前の, 一度あの, 一度お目にかかり, 一度この, 一度ハルピン, 一度一期の, 一度来なけれ, 一度来る, 一度荒廃, 一度誰かが, 三先輩に対する, 上げずには, 上演されるだろう, 下り坂に, 世に出版, 世界じゅうの, 世間の, 両親から, 主上の, 之を, 五年前目白へ, 亡び失せる, 亡ぼそう亡ぼそうと, 人の, 今日ある, 今日の, 仕事の, 他人の, 会いたいもの, 会うもの, 会えるだろうと, 会えるよねえ, 会おう, 住んで, 何か, 何かが, 何かの, 何とも相すみません, 何らかの形, 何んとか, 作曲も, 例の, 信長の, 俺は, 倒れるだろうし, 倦怠を, 偽物という, 僧門へ, 優るため, 全く運転, 全体を, 公道を, 共産国が, 内閣の, 再び焦土, 冷却し, 出っくわすん, 出て, 刎頸を, 列強の, 初さんの, 利かなくなるだろうと, 前川氏を, 動き行くべき, 動揺する, 勝利を, 勝利者の, 北条を, 千島に, 印度を, 又逢, 又逢おう, 双方で, 取出さうとして, 吉良を, 同じ運命, 同化し, 名工に, 君等にも, 告白しなけれ, 咲くだらう, 回って, 国外に, 国立博物館長にさえ, 変じ行くもの, 変ること, 大丈夫である, 天の, 天空の, 太陽に, 失われて, 失敗する, 女奏の, 奴茶屋の, 好くな, 妻と, 婿が, 宇宙怪人の, 安心の, 完全に, 実現せらるべき, 宮の, 寺田屋を, 将文将, 尊氏に, 小説にも, 尽きて, 屹度神様に, 屹度芸の, 巨大な, 己れ, 幕命を, 幸福に, 廉子が, 弁天娘の, 当人も, 当然又, 役に, 役に立つこと, 彼も, 彼女が, 彼女に, 彼等の, 御仕官, 必ずあらわれる, 必ずお上, 必ずくる, 必ずこの, 必ずそれ, 必ずそれだけの, 必ず何度, 必ず半兵衛重治, 必ず日本, 必ず来ず, 必ず獲物, 必ず百化け十吉, 必ず相手, 必ず臭気, 必ず起るであろう, 忘れなければ, 忘れ去られるもの, 思いがけぬ方面, 思いを, 思い切り戦っ, 思い知ること, 恋愛が, 恐しい, 恵みによって, 悲しい記念, 意図の, 憎んで, 我れ, 我手に, 戦争なき, 戦争の, 戻れるから, 手ごめに, 打ち明けるに, 払わねば, 拝姿の, 政治外交にまで, 敗けて, 文壇にも, 文明の, 文献学的水準も, 断食の, 新しい花, 早晩愛から, 昇って, 昔がたりに, 昔時の, 普通教育の, 書きたいと, 曹操を, 最後に, 最後の, 有限な, 有髪の, 本当に困った, 来らむことを, 来らむ遥か, 来るだらうと, 来るであろう, 来るという, 来るに, 来る滅亡, 果たさねば, 枯れた葦, 梁山泊へ, 梁山泊を, 楽しく照り映える, 止める, 此方も, 死ななければ, 死なねば, 死ぬさ, 死ぬる刹那, 死ぬ芥川, 死んじまうん, 気球広告を, 洗われて, 涯の, 清々淙々たる, 清き面影, 滅びるのに, 滅び行く運命, 無くなって, 無くなるが, 無理に, 焼かるべき, 父に, 物資文化の, 物質上の, 犯人に, 犯人の, 犯罪とでも, 狂気とも, 現はれる, 現われて, 現われるが, 生々と, 生きかえって, 生きる, 生の, 生れて, 申上げる, 男が, 男に, 男は, 発狂ささう, 目に, 目的を, 目的地に, 相当に, 真っ暗な, 真二つ, 真相が, 眼が, 矛盾でなくなり, 知らず一人, 知らず恍然, 知れること, 知れるに, 知れるには, 知れる事, 知れる身の上, 短気を, 石井鶴三にも, 破れなければ, 確実に, 神に, 神のみ業が, 神様が, 私たちの, 私どものくらい, 私は, 私も, 私を, 私達の, 第三者が, 第四階級, 筑前に, 終末を, 経験しなけれ, 結婚しなけれ, 罰が, 罰せられるであろう, 耐えきれぬもの, 耳について, 腹を, 自づとやめねばならぬ時, 自分から, 自分が, 自分は, 自分を, 自由の, 船の, 花の, 茸の, 萎び今夏川, 蚯蚓に, 行き違い, 行つ, 行つてみたいと, 行われて, 行動の, 衰えるもの, 補強せらるべき, 見なん太平, 親分方の, 親族に, 親族関係を, 解けるが, 解けるであらう, 解けると, 触れないもの, 訊かうと, 設立される, 誅すべきぞ, 誰か, 誰かが, 誰かの, 誰にでも, 谷間を, 貞載の, 貴方が, 買えるでしょう, 赤い籠, 起りうると, 追討の, 通りぬけられるであろう, 逢えると, 過去に, 道に, 道灌山の, 遮るもの, 醒めん醒めて, 間違いなく, 陶然と, 障子が, 雌雄を, 離れて, 零と, 静かな, 革命を, 顕れること, 顧みられなくなって, 餌食に, 鳥に, 鶴と, 黄色の, 黒さ

▼ いつか~ (468, 6.1%)

25 ように 20 晩の 7 やうに 6 時の 5 お手紙, 晩も 4 ことを, 夜の, 手紙に, 春の 3 夢の, 女の, 手紙で, 新聞に, 機会に

2 [24件] お前の, お話の, 万豊の, 人形の, 午後の, 哀れな, 展覧会に, 扇子の, 新聞の, 日に, 時と, 時代に, 晩だって, 晩と, 晩は, 晩電人, 暴言を, 望遠鏡です, 望遠鏡まだ, 朝の, 父の, 笛の, 葬場で, 香具師が

1 [321件] あなたの, あなたみたいに, あのしお, あの可愛らしい, あの夜, あの敏感そう, あの時, あの詩, あの道, あれかね, おじいさんが, おじいさんに, おたのしみ, おとうさんの, お客さんでございます, お寺の, お役人, お礼だ, お言葉, お話では, お話ね, お話は, お説, お集り, お雛さん, かいあんな, からすじゃ, からすに, くれがた, こたつ騷ぎは, こちょうが, ことで, ことは, ことも, こまどりを, ご病気, すずめさんでした, そのインチキ, その時, とおりに, ながめして, なぞが, ひとの, ぴかぴか光る, やうな帰し, やつって, やつです, やり損ないを, ウィルソンという, エスペランタユ・プロザゾエ, エハガキに, カトリックの, ギャング一味が, クラブの, ジーナに対する, ジーナを, チビが, ニュートン祭に, ビョルゲ邸の, フランス語の, ホップの, 一件とは, 下河原の, 不足米を, 両美人, 中村の, 乙女の, 事件の, 二人だつた, 二冊の, 五十金駒形の, 人, 人かい, 人形屋に, 仙樵の, 何時に, 催の, 八五郎の, 兼元じゃ, 冗談への, 写真が, 写真ブックについての, 冬あなたは, 分の, 分は, 初夏の, 初対面の, 叡子さんの, 叩き合いならあんた, 向島の, 君の, 問いを, 喧嘩は, 地下鉄の, 墓場の, 夏の, 夏君を, 夏林町に, 夏簾の, 夏船の, 夕がた淡谷スミ子ちゃんたちが, 夕方ひとりで, 夕方デュトへ, 夜あの, 夜そんな, 夜とは, 夜など, 夜トカゲ怪人が, 夜一ノ関の, 夜半彼は, 夜果物か, 夜棲り, 夜浜子を, 夜矢代と, 夜私が, 夜自分の, 夜蜂谷良作が, 夜道太は, 夜銀座の, 夢で, 夢に, 大地震, 大嵐, 大工の, 大火に, 大雪の, 天使が, 失敗を, 奥様みたいな, 女が, 女と, 女ね, 女を, 女乞食, 女房と, 妹への, 娘が, 娘さんが, 子が, 家ね, 宿屋の, 寫眞屋を, 小さなみ, 小僧じゃ, 小藤次, 小鳥の, 少年が, 展覽會に, 川越みたいに, 差入れは, 年大勢し, 弥勒寺長屋の, 待合の, 復讐を, 心中の, 悪ものの, 扇谷温泉の, 手です, 手紙にも, 打撲傷が, 折に, 抱擁も, 推古仏の, 文部省展覧会の, 断定は, 新ぎれじゃねえけれど, 新小説, 新聞で, 新聞記者が, 旅行の, 日よりも, 日伯父の, 日写真の, 日彼等の, 日斉彬の, 日本文学の, 日本麻雀選手權大會の, 日楽しく, 日私は, 日艇長と, 早春にも, 明けがた知世子が, 明方見た, 昔に, 昔の, 昔焼岳の, 春一家族の, 春光子さんが, 春雑司ケ谷の, 時さ, 時なんか, 時に, 時は, 時指を, 晩あなたが, 晩あの, 晩お, 晩かどわかされ, 晩その, 晩てめえが, 晩に, 晩には, 晩ね, 晩もさ, 晩ヨシ子ちゃんが, 晩京橋口で, 晩僕は, 晩先生が, 晩母が, 晩治六が, 晩私は, 晩篠崎始君の, 晩綱倉の, 晩蠣浜橋で, 晩関ヶ原で, 晩鼻寺の, 書類ね, 月明りの, 朝さう云っ, 朝自分が, 朝顔を, 木賃宿, 松葉屋の, 林の, 桑さんの, 梅竜, 植木屋, 植物実験室の, 植物實驗室の, 機会には, 歌の, 水草の, 泥坊に, 洪水で, 派手な, 潮干の, 熱に, 熱海の, 父を, 物忘れの, 犬に, 狂人が, 猿か, 甥ご, 画家さんよ, 画舫の, 百姓が, 真面目な, 知恵に, 石膏の, 石黒の, 祝賀会にも, 神主が, 秋妾が, 科学では, 筆幸の, 約束です, 約束どおりに, 約束どおりリリパット皇帝の, 約束による, 経験の, 絵で, 絽刺しを, 美しい祝詞, 羽織を, 臨検の, 若い娘, 若い武士, 苦い想出, 萬朝報に, 薄霧, 薔薇の, 薬を, 虫食いを, 行列と, 行李の, 行李を, 詩を, 話が, 話きつ, 話しの, 話とは, 話に, 話を, 論文に, 貴方と, 輪投げの, 返事を, 述懐が, 通り下男姿で, 連信の, 連名は, 運転手は, 過ぎ去つた日, 過去に, 選手は, 金は, 金曜日の, 長いお, 間に, 間淵の, 陰気な, 険悪な, 雨の, 雪の, 雲雀の, 電気娘が, 露西亜人達などは, 青年と, 青年代表が, 靴以来です, 風の, 風雨の, 飯島の, 魚たちは, 鴎の, 鶯を, 麥藁帽子の, 麦藁帽子の, 黒ん坊の, 鼓草のと

▼ いつかその~ (124, 1.6%)

2 うちに, うちには, 中に, 中の, 任務を, 宿命として, 母の, 肩に, 舌の

1 [106件] あたりへ, あでやか振りが, あわれ, うしろに, お仲間, お嬢さんが, ことが, ことを, ころに, にいさんという, はずれまで, ほうへ, まんまで, ような, クコ茶を, ドイツ語の, 上に, 不幸に, 中一緒に, 中間の, 事を, 二つが, 人と, 人の, 人を, 傍から, 働らき, 内部に, 前後の, 創作の, 勧工場が, 匂いに, 印象を, 叔父の, 口擬ねを, 哲学的意義を, 噂が, 噂を, 姿は, 姿を, 安さ, 小心を, 小脇に, 弱点を, 弱點, 心の, 恐怖も, 感じを, 手は, 支払命令に, 新聞紙は, 方を, 旅人の, 日の, 時々の, 暴漢の, 本を, 本物を, 枕の, 枝の, 毒虫に, 毛虫に, 毛蟲に, 気に, 池の, 深い穴, 溶けたはるばる, 点を, 物語そのものを, 犬が, 由次郎にも, 男が, 男たちの, 男に, 男の, 異常な, 病院の, 眞中に, 真似を, 眼から, 石仏の, 破片を, 空氣に, 簾の, 膝に, 興奮の, 見知らない女, 見解を, 親分の, 言葉すら, 話が, 赤い屋根, 赤みは, 跡も, 辺りも, 通りやっ, 道理に, 雑誌で, 雲の, 青年と, 面を, 音は, 頃の, 風に, 首を, 魚屋の

▼ いつか~ (123, 1.6%)

3 の心

2 [13件] がそう, がもろもろ, が言った, におれ, にも或, に話した, に語った, の知らない, の頭, は, はお, はこんな, はそれ

1 [94件] があなた, がお, がつかまった, がまだ, がホテル, が一言, が不平, が享, が何処, が切支丹屋敷, が姉, が岩躑躅, が彼女, が御, が心配, が感覚, が感覺, が戸山, が来た, が申し上げた, が笑ったら, が見た, が言, が訪ねた, が貯金帳, ですら, と同じ, に, にこう, にそんな, にどなた, にもすすめた, に対して, に愉しい, に書い, に洗馬氏, に満足, に話しました, のところ, のもの, のよう, のペン先, の不快, の傘, の口, の実行, の家, の恋人, の恋心, の戀人, の日常生活, の父, の番, の疑問, の眼前, の腋窩, の見, の記憶, の財産, の身, の面上, の高等学校時代, はこう, はこの, はそう, はその, はそれ等学究, はびしょ濡れ, は一つぱし, は一切, は井伏さん, は以前, は先生, は塙, は夢中, は小出, は巴旦杏, は想像, は日曜日, は渋面, は父上, は笑, は西洋, は道, もそう, も其美, も命, も憶え, も泣い, も甘い, を思ひ込ませ, を殺し, を見掛ける, 小さい男の子

▼ いつか~ (111, 1.4%)

3 いった通り, うその, お話し申した, 書いたよう 2 お前に, 話した通り, 貴君に

1 [93件] あなたに, あのチョビ安が, あの大ガニ, あんと, いいましたよう, いったよう, おはなし, おまえが, お城, お宅, お許した, お話ししました, かう云つて, こ, こういうこと, こういう事, こうして無理, ここへ, ここを, この手, この欄, こんな計画, そういう話, そう言っ, それは, そんなこと, ちょっとお話し, ちょっと云った, どうもたべつけた, ひよい, ほらお前, ほんの冗談, やった明星派是非論, わたしに, 一度彼, 一緒に, 井伏君は, 人間は, 会へ, 伺ったけれど, 修善寺の, 僕に, 八弥様には, 印判屋の, 口に, 古本屋が, 同じ様, 同役にも, 君が, 大へん, 妻は, 客に, 富士見の, 寝物語に, 尹主事は, 山の, 師匠宅を, 彼女は, 後藤新平男が, 怪人の, 悲しんでる時, 慰め顔に, 打明け申した通り, 旦那が, 月の, 有金すつかり飲んでしまつ, 服部と, 母が, 江戸町の, 煙突を, 甲吉ひる, 申しあげた通り, 申したのに, 申して, 申上げた, 白鳥会で, 考えたこと, 芳秋蘭が, 蝶吉が, 言った通りあまり, 話したとおり例, 話したよう, 話した母, 謙信が, 議会で, 議論の, 負傷の, 銀座を, 銭湯で, 雑司ヶ谷に, 騎兵の, 驚くべき派手, 高等學校に

▼ いつかまた~ (99, 1.3%)

4 深く首 3 帰って 2 再会の, 別の, 帰つて来る, 支那や, 私は, 近いうち

1 [80件] お母さんの, お目, お目にかかる折, お艶仕込み, お逢いする, かすかな, きっと尊氏, きみの, きゃつのすがたを見かけしだい, きッ, ぐっすりと, ぐれだすよう, この世へ, この大, この消えた, さきへ, さまざまな, しとしと糠雨, その上, なんとなく乍ら, やって来るだろうな, ゆっくり落ちついた, ゆつくり聞ける, ゆるりお, わたしも, われは, アポリネエルの, 万乗の, 三町も, 人間は, 他の, 会おう, 会われるという, 元通りの, 別れる潮, 前の, 古巣に, 呼んで, 夏が, 好感を, 妙に, 妻と, 彼の, 彼を, 彼女の, 往き来も, 御殿へ, 御縁, 心から笑っ, 快い眠り, 折を, 押しかけて, 握り合わされて, 改めて出直さう, 敏ちゃんは, 旅の, 春の都の, 書くかも, 月の, 村が, 母や, 水と, 泣き声に, 現われて, 相会う, 相逢う, 秀吉の, 私の, 窓ぎわに, 自問自答が, 船に, 芽が, 芽生を, 葛木や, 話が, 近付いて, 遊んで, 雲の, 馬霊教が, 魂が

▼ いつかこの~ (93, 1.2%)

3 船に 2 ように, 二つの, 対話の, 硝子会社の

1 [82件] うわさも, お婆さんが, ことに, ことの, ところに, ひとの, キャディの, パノラマを, 一行に, 事あるべきです, 事が, 事は, 二人は, 他愛の, 偉人さえも, 僻遠の, 光る銀貨, 写本を, 努力の, 動勢が, 医者が, 原で, 反動が, 名前に, 商売が, 問題に, 土地に, 地上で, 地球の, 女を, 女人を, 子の, 客の, 小徑の, 帰りがけに, 店で, 廊下へ, 彦根に, 恨みは, 日記からも, 旦那によって, 星に, 木の, 木蔭に, 条を, 梁山泊には, 次ぎの, 池で, 池の, 活字の, 流れへ, 流行に, 混沌的表現を, 港に, 火星兵団の, 無明長夜の, 犬の, 町に, 町の, 町へ, 町を, 硯屏の, 社会に, 空を, 精力的で, 美しい夕暮, 苜蓿の, 若先生, 苦しみが, 謎を, 資格を, 踊りを, 身に, 身も, 部屋で, 野呂松人形の, 金は, 雛に, 電車で, 馬で, 高麗の, 髪だって

▼ いつか自分~ (80, 1.0%)

2 の身

1 [78件] がいかにも, がお母さん, がこれ, がそう, がその, がなっ, がなりたい, が初めて, が安治川屋敷, が希望, が志, が涙ぐん, が聖天, が踊った, でこの, でしたじゃ, でする, でない美しい, でもうろ覚え, でも気づかない, といふ子供, と差向い, なども時勢, になつ, にもこの, にも内々, にも気, にも起こっ, に俺, に向, に注意, のうしろ, のこと, のこの, のそば, のまわり, のもの, の体, の側, の兄, の前, の力, の呼吸, の命, の境遇, の姿, の室, の家, の宿, の小さ, の小さな, の屋敷, の心, の手, の手指, の描く, の父親, の現在, の目的, の経験, の荒く, の裡, の親類, の身の上, の過去現在未来, は忘れよう, は手傷, は水色, は無花果, は自分ひとり, へ廻っ, もひと, もまた, も召し還される, も横, も次第に, をその, を順

▼ いつか~ (76, 1.0%)

2 妙の, 書きに, 目に, 銀の

1 [68件] こぼしなされて, すゑの, せわに, たくに, ついでの, ぬしの, めえ, めえと, ユーと, 主婦さんは, 互に気まずい, 会いできるつていう, 会い致しましょう, 会ひ致しませう, 信さんの, 傍の, 医者の, 千絵は, 友達の, 台所から, 品は, 国へ, 報せした, 増の, 大尽の, 女郎を, 姉さんそう, 姉様が, 屋敷へ, 巡査さんの, 市が, 庄が, 延の, 慕いもされまして, 梅も, 此を, 民の, 涌も, 燕ちゃんが, 目にか, 神さんに, 篠の, 経は, 絵を, 綱に, 綱の, 綱を, 聞きに, 芳と, 茶わんを, 薪山へ, 蝶の, 言葉が, 訪ねしましょう, 訪ねしよう, 読みに, 逢いしたいと, 逢いしましたか, 逢いに, 逢した, 邪魔した, 酌を, 酒を, 頭領にも, 頭領の, 顔の, 願ひした, 高に

▼ いつか一度~ (70, 0.9%)

42 お目, は武蔵, は自分

1 [60件] あの呪い, あの大菩薩峠, いら, お目にかかって, お目にかかりました, ぐらいひょっと, このお, じゃない, でも私, と思っ, なの, はあの, はある, はき, はきっと, はこういう, はこっち, はこれ, はその, はそれ, はどう, はどうせ, はどこ, はまとめ, はもう, はやらなけれ, はわかれ, はわし, は世界, は会っ, は光琳, は夕雛さん, は幻滅, は必ず, は日本左衛門, は書い, は来なけれ, は歸つて來, は死ん, は殺し, は登っ, は真実, は私, は粉微塵, は自然主義, は自身, は試し, は話し, は誰, は讀まね, は零, は露, は黒衣, ゆっくりその, 思ふ存分飮ん, 悲しいこの, 泊まったこと, 生きて, 見たよう, 言おうと

▼ いつかそれ~ (52, 0.7%)

2 が本当, をメッキ

1 [48件] がいま, がお, が世間, が主観描写, が口ぐせ, が執り行われる, が大人, が姓, が愛情, が教壇, が溢れる, が父, が由良さん, が繰返される, が習慣, が自然, が赤ン坊, が里村君, が陣中, すら忘れ去つた, ていた, とまったく, にはあられ, にも馴らされ, に似, に気がつい, に自分, に選ばれた, の再び, はわからない, は演出論, は演技論, まで水中, もやみ, も埋没, も本気, をみんな, を使っ, を声, を正しく, を王女髷, を生活的, を甦えらせます, を聞き伝へ, を見事, を解きあかし, を訳そう, を通してひそか

▼ いつか~ (50, 0.6%)

3 の前 2 には離し, の心, はその, は彼

1 [39件] が, がこう, がこつ, が呉れた, が紋三, と懇意, と自分, には莫迦げた, に告げた, に降伏, のうしろ, のこの, の両方, の中, の側, の口, の向う, の本心, の構えた, の母, の脳裏, の話し, はとろ, はもう, は三十歳, は博望, は寒卵, は文徳殿, は昔, は母, は渺, は知る, は空, は自分, は長途千里, もそこ, をふかい, を襲い出した, を謹厳

▼ いつか~ (48, 0.6%)

5 の家 2 の万年筆, の影, の杯, の目

1 [35件] が, がお父さん, がここ, がその, がつけた, がはじめて, がまた, が友人, が彼, が聞かされた, が葡萄, にいった, にもあった, に婉曲, に教, に気品, に見せた, のいる, のこと, のアパート, のオフィス, の体, の友人, の実家, の山, の忘れ, の情人, の枕もと, はあなた, は一匹, は仕事, は君, は自分, を彼, を捉

▼ いつか~ (44, 0.6%)

4 のこと 3 かこの 2 か, か覚えた, という事

1 [31件] かあるいは, かここ, かそこ, かその, か云っ, か五月, か傍, か凝り始めた, か出, か彼, か文学, か朧げ, か母, か江戸, か癖, か糸, か聞えなくなっ, か若松屋, か西園寺, か諦め, か酔, か静枝, か黄金, が実戦, であつ, でも低い, でも勉強, ということ, というよう, の存在, の爲來

▼ いつかあなた~ (39, 0.5%)

2 にお話, に教え

1 [35件] いったでしょう, からおもしろい, が, がおっしゃった, がジャーナリスティック, が下, が僕, が来た, が気嫌, が私, こなたの, ともお話, と兄弟, と村, に, にいただいた, にお, にくわしく, に云った, に有名病, に申したでしょう, に造り付け, に青々, のお, のおっしゃった, の作文ネー, の御, の着, は黒い, も書い, も殺され, も神, を不幸, を評し, を追いかけた

▼ いつかどこ~ (38, 0.5%)

5 かで 2 かでその

1 [31件] かでお目にかかった, かできい, かでこれ, かでこんな, かでごちそう, かでもつ, かで人知れず, かで会つた小菊, かで何等, かで出あった, かで出会う, かで必ず, かで比田礼二, かで私, かで聞いた, かで落合っ, かで見た, かで観た, かで誰, かで起こり得ない, かにそれ, かに恋人, かのおじさん, かの博物館, かへ流れつく, かへ流れ出し, かへ行つて, かへ見えなく, かへ見えなくなっ, からか帰っ, からか現れる買い

▼ いつか~ (38, 0.5%)

2 口を, 手に

1 [34件] この仲裁, ウンとは, 不可抗力が, 信用しない, 加はらない, 埓が, 姿は, 彼を, 愚鈍で, 憂鬱は, 成功しなかった, 承知しない, 承知なさらない, 柔らが, 正通和尚の, 特攻命令が, 猛烈な, 発表の, 盗賊の, 私は, 空へなどの, 細君を, 罠には, 耳を, 聴入れず, 聽く, 諾きいれず, 酔が, 離れること, 離れればこそ, 青年は, 食指を, 馳り越えつべし, 鹿児島行を

▼ いつか~ (31, 0.4%)

4 になっ 3 が更け, となり

1 [21件] がしらし, が明け, が明けかけ, が明けた, が白みかけた, ちょっと訪ね, になった, になつて, にならう, に入った, の明ける, の海, はとっぷり, は明けたらしい, は更けかけ, は白, は白みかけ, もすっかり, も更けた, 明けて, 更けて

▼ いつか彼女~ (28, 0.4%)

3 の心

1 [25件] がにんがり, が出, が新しい, が洗う, が自分, が金, と共に東京, には黴, に來年, に黴, のあと, の乳首, の友だち, の心もち, の手, の部屋, はぼんやり, はスヤスヤ, は夫, は短銃, は谷中, も白髪, も良人, を, を女乞食

▼ いつか見た~ (28, 0.4%)

3 ことの 2 ような, 古備前

1 [21件] この下宿, そしても, ぞと思ふ, だけで能, ゆめ, ショーウィンドウの, ディトリッヒの, ロシア映画では, 事の, 姿とは, 小さな犬, 巫女であった, 微かに, 時と, 時に, 時よりは, 火事の, 炊事を, 絵巻物が, 覚えは, 通り一ぱい本が

▼ いつかもう~ (26, 0.3%)

1 [26件] あたりは, おとなに, ぐつすり寝, そこには, たそがれかけ, ディッキンソンの, ロマン主義を, 一遍これ等の, 八十何回も, 十五分の時が, 十間ほど, 夜は, 夢の, 小屋中に, 島の, 年頃の, 彼女の, 揚子江の, 日暮にな, 灯ともし, 米を, 美しい歯, 若者の, 車は, 軽いいびき, 静かに

▼ いつか~ (25, 0.3%)

3 に話した 2 の家

1 [20件] がひどい, が一寸法師, が云っ, が病気, が言っ, といっしょ, と口論, と観, にはなしただろう, にも話そう話そう, に僕, に言った, に話, に話したい, に話そう, の細君, はあの, は詩, は非常, をつかまへ

▼ いつか消え~ (24, 0.3%)

3 てしまっ

1 [21件] さすがに, たり, てい, ていた, てうす白い, てしまい, てしまう, てしまった, てしまつ, てなくなった, てゆき, てゐ, てゐる, て了, て周囲, て平気, て暖かい, て階段, にけり, 真理の, 遠くで

▼ いつか知らず~ (23, 0.3%)

6 識らず

1 [17件] うとうとと, お君, このよう, その立錐, それも, そんな時, マドロス君に, 傍らの, 其の手, 右の, 地価が, 寝棺は, 寺小屋と, 海道方面へ, 濃紅姫, 絵本の, 自分が

▼ いつか話した~ (23, 0.3%)

4 ことが 2 ように, 錦繪を

1 [15件] あたしの, お前の, ことの, っけ, でせう, と思ふ, ね, んだ, 人か, 兵學の, 土肥八十三郎だ, 牧草培養でも, 聖書泥棒だ, 通り東京から, 錦絵を

▼ いつかきっと~ (22, 0.3%)

2 家鴨に

1 [20件] あなたが, いたします, お目にかかりましょう, お話する, この無人島, そのいずれ, なくなって, みんなが, やって来るに, よい果, わたしの, 仕事の, 会うぞと, 意趣遺恨が, 死ぬの, 殺されて, 私が, 義兄貴の, 衝突する, 見直す人

▼ いつかそんな~ (22, 0.3%)

5 ことを 2 気に

1 [15件] ことしました, ことも, 事は, 事を, 俗信を, 唄を, 妙な, 意志が, 時が, 母親の, 疑問を, 目に, 立派な, 話を, 風に

▼ いつかうとうと~ (20, 0.3%)

3 眠って 2 しますと, と夢路, と眠っ

1 [11件] とした, と居眠り, と浅い, と深い, と眠った, と眠り, と眠ります, ねたさ, 居眠った, 眠りそう, 眠ると

▼ いつかわたし~ (20, 0.3%)

2 の祈祷, は何

1 [16件] がど, が殺される, が話した, のこと, のめんどく, のもん, の捕物帖, の話, の身柄, の透明, の釵, の難儀, の顔, は相手, も父親, を呼ぶ

▼ いつか~ (20, 0.3%)

1 [20件] お目にかかりたいもの, その方, もとの, ア, プランを, ロマンティックな, 今の, 出会わす, 別に参りましょう, 叡山で, 右手に, 夏が, 波の, 潤んで, 用に, 白詩を, 私達を, 自分の, 自由なあきない, 遠泳を

▼ いつか二人~ (19, 0.2%)

2 が仲の町

1 [17件] が花園, そろって, でかえって, で此手紙, で聞い, のあいだ, の侍, の手, の腰, の行手, の間, の降り, はいっしょ, はさつき久保, は久左衛門町, は互に, は寄り添っ

▼ いつかお前~ (18, 0.2%)

2 が訊いた, の手, の故に, の方 1 がヨコハマ, が持っ, が言った, に貰っ, のダッディ, の話, の話した, の願った, の首, を賞め

▼ いつかあの~ (17, 0.2%)

2 人が, 人に, 男の

1 [11件] ハイドさんに, 人と, 問いを, 子供と, 滅茶苦茶に, 火夫の, 灼熱した, 犬を, 白い海鼠餅, 船を, 鏡の

▼ いつかここ~ (17, 0.2%)

1 [17件] から味噌漬, でたいへん, でねこ, でべん, で馬車, に三, に使いした, に相寄, に見る, の広間, の白骨温泉, へ寫生, へ来た, へ来られる, へ駒, をあらためた, を目当

▼ いつかすっかり~ (17, 0.2%)

2 夜が, 町に

1 [13件] しずまって, しづまってゐた, わきで, ガラスが, 夕陽が, 寝こんで, 忘れて, 明るくなり, 林に, 異っ, 見抜いて, 霽れ, 黒雲重く

▼ いつか忘れ~ (17, 0.2%)

3 てしまっ 2 ていた, てしまった 1 が訪れ, ておし, てしまう, てしまつ, てわたくし, てゐた, む, むと, 横溢する, 顔だった

▼ いつか~ (17, 0.2%)

2 が溜っ, を流し

1 [13件] がいっぱい, がかわき, がわきました, が一ぱい, が乾い, が流れ, が湧い, が瞼, が私, が頬, のにじむ, を光らせ, を忘れ

▼ いつか~ (16, 0.2%)

2 かの本

1 [14件] かで読んだ, かにつれ, かのとき, かのまぎれ, かのディスクシオン, かの折, かの拍子, かの花柳小説, かの雑誌, かをうまく, かを必要, か物の本, か編集者, と云っ

▼ いつか~ (15, 0.2%)

2 かの話した

1 [13件] かがこれ, かが造るべき, かが雑誌社, かにもさ, かによって書かれるべき, かに殺される, かに聞い, かのため, かは, からも知られる, の声, も真似手, やらに山田

▼ いつか~ (14, 0.2%)

3 を引っ張っ

1 [11件] が君, が轅門, が連れ, に, にむかっ, に向, のもの, の考, はあの, は何処, もあの

▼ いつかこれ~ (13, 0.2%)

3 と同じ 1 が将軍家, に熊蜂, は又, もまとめる, も押ッ取り刀, も週刊朝日, も騒ぎ, をよい, を使っ, を最も

▼ いつかこんな~ (13, 0.2%)

3 ことを 1 ことお話しなさいました, ことが, ことの, ときの, ところを, んならない, 字を, 折が, 機縁は, 皮膚病に

▼ いつか~ (13, 0.2%)

2 はおだやか

1 [11件] にのこされ, に彼女, の取られた, の清い, の緊張, の裏, はすさみ, は亞刺比亞奇話, も近く, よくな, をすっかり

▼ いつか必ず~ (13, 0.2%)

1 [13件] おれが, こういう不思議, また自分, ものを, わかるとき, 平安を, 幻滅の, 死ぬもの, 消息が, 王命の, 破れること, 訳し直されなければ, 起るの

▼ いつかお話~ (12, 0.2%)

1 [12件] があつ, したこと, したとき, したわね, したパフパフ, した伊豆さん, した東京庁立体操音楽女学校, した津, して, すること, なすったでしょう昆虫, をした

▼ いつかそう~ (12, 0.2%)

2 なって 1 おっしゃったでしょう, おっしゃって, おっしゃってたわ, ださようならお, だと, も考える, 云う状態, 思ったこと, 言ったもん, 言って

▼ いつかそこ~ (12, 0.2%)

1 [12件] で人, にいなくなっ, には東京通船株式会社, にゐなく, に表現, に袖, に雜つて, の男女, へいつ, もとの手, も空, を歩みだし

▼ いつか先生~ (12, 0.2%)

1 [12件] からわざわざ, が, がこっそり, が御, が手紙, との雑談中, と呼び馴れ, に預けといた, のところ, の尻尾, の畫室, の芳志

▼ いつか暮れ~ (12, 0.2%)

2 たり 1 かけたと, かけては, かけ玉蜀黍, てしまう, てしまつ, てしもうた, てもう, て座敷, て細かい, て行き

▼ いつか~ (12, 0.2%)

2 と私 1 がそんな, となっ, となった, にお, にその, に会う, に買っ, の記念出版, は犬, らしい抵抗

▼ いつか聞いた~ (12, 0.2%)

2 ことが 1 ことの, ことは, その展示, のが, 光丸の, 君の, 極意だ, 言葉を, 話を, 身の上話の

▼ いつか~ (12, 0.2%)

2 を間違え 1 ですれ, で王仁, に出るであろう, に迷い, に迷いまし, に迷ったらしく, の正面, はもう, は六条, を間違

▼ いつかある~ (11, 0.1%)

1 [11件] お茶屋で, ことと, にちがい, のか, 場所において, 大新聞社, 席上で, 所へ, 日には, 時期を, 画家が

▼ いつか~ (11, 0.1%)

2 が暮れ 1 がかげり, がくれかかりました, が暮れ夜, が落ち, の暮れ, はとっぷり, はトップリ, は暮れた, は高く

▼ いつか書いた~ (11, 0.1%)

2 ことが 1 かしら, かしらダーウィン, ときの, ものを, ように, ゴールスワージの, 印刷文獻に, 手紙の, 私の

▼ いつか~ (11, 0.1%)

2 の耳 1 からいろいろ, が鼻, と遊び, にさ, にねだ, に向っ, のよう, の腕, の膝

▼ いつか~ (11, 0.1%)

1 [11件] がつかず, がつくであろう, が遠く, の狂っ, の置けない, の荒い, も心, をつけた, を奪われ, を奪われ眺め, を揃え

▼ いつか読んだ~ (11, 0.1%)

2 ことが 1 ある歌, ことの, ことも, 事の, 信者に, 将棋雑誌の, 新聞記事に, 横文字の, 物の

▼ いつか~ (11, 0.1%)

2 之丞 1 でも催し, となり居, になっ, になる, に変っ, の中, の夜, の降った, の降る

▼ いつかお父さん~ (10, 0.1%)

1 がいった, が何, が日本, が枯れる, が話し, が青年, について蔵, に海, の書斎, やお母さん

▼ いつかゆっくり~ (10, 0.1%)

1 お話し致しましょう, した時, した時間, 二人で, 会って, 印象を, 御話, 来て, 行きますから, 骨折って

▼ いつか~ (10, 0.1%)

1 が芽ぐむで, でも用事, になつ, の訪れ, の雪, は廻り芽, もくる, も去り, も四月, やさん

▼ いつか白い~ (10, 0.1%)

4 柔らかな 2 手に 1 かもめの, 毛が, 蝶に, 黄昏の

▼ いつか~ (10, 0.1%)

1 がくっつい, が据わり, の前, の縁, をしかと, をつぶっ, をつむっ, を悪く, を見開い, を閉ぢたま

▼ いつか眠っ~ (10, 0.1%)

4 ていた 2 てしまった, てしまったらしい 1 てしまう, て了

▼ いつか自然~ (10, 0.1%)

2 は人間, を愛し出した 1 と伸子, と除かれ, なんぞが本当に, に原田邸, に家, に親しい

▼ いつか~ (10, 0.1%)

3 が降り出し 1 が止ん, となり, になっ, の晩, はやんだ, は降りだし, ふらむ

▼ いつかおれ~ (9, 0.1%)

1 がお, が敵, が気違い, のため, の肩, の顔, はあの, は羽田県属, を突っころばした

▼ いつかそういう~ (9, 0.1%)

1 ことに, ことは, ことを, タワーリシチが, 仲間に, 方面に, 時も, 習慣に, 題材を

▼ いつか~ (9, 0.1%)

1 いうに, 來る, 再遊, 同じヘアーピン, 待てど, 訊いた, 訊いて, 読ますこと, 面白くない

▼ いつか~ (9, 0.1%)

1 に知れる, のうわさ, の妻, の眼, の耳, の色, の談話, の道, を裏切り

▼ いつか~ (9, 0.1%)

1 るところ, る人, る劇場, る新聞, る日, る瞬間, る限度, る随筆, 町の

▼ いつか~ (9, 0.1%)

2 てゐた 1 ている, ても好, て坐り, て子ら, て払う, にけむ朝, 鳴かむ

▼ いつか~ (9, 0.1%)

1 がそれ, がはじまっ, が一昨日, ずきな, に聞いた, のあった, の矛, をまとめ, 合ったこと

▼ いつか~ (9, 0.1%)

2 は高く 1 はさし, は沈みかけ, は没し, は陰っ, も夕, も山蔭, も暮れ

▼ いつか再び~ (8, 0.1%)

1 お目にかからせて, テーブルの, ファーエンツァより, ボローニアに, 会えること, 同じ日, 會ふ, 母の

▼ いつか~ (8, 0.1%)

1 にもした, にベルリン, に他, に度々, に書いた, に身, に鑿岩機, の世

▼ いつか彼等~ (8, 0.1%)

1 が一通り, の不思議, の中, の会合, の富源, の話, の間, は知っ

▼ いつか~ (8, 0.1%)

4 があったら 2 を見 1 があつ, をみ

▼ いつか新聞~ (8, 0.1%)

1 でかれ, に, にも政府, に出, に出た, に青線女給, の家庭欄, の演芸風聞録

▼ いつか東京~ (8, 0.1%)

1 からお父さん, から或, に出る, に家, に残し, の三越, の奥さん, へ連れられ

▼ いつか汽車~ (8, 0.1%)

3 の中 1 に乗られた, のなか, はとまっ, は新宿, んなか

▼ いつか知らぬ~ (8, 0.1%)

4 間に 3 うちに 1 まに

▼ いつか~ (8, 0.1%)

1 だった, なり, になり, の彼岸, の月, の末, の長い, も深う

▼ いつか~ (8, 0.1%)

2 がすっかり 1 からうすれかけ, になっ, にのぼっ, の様, の泉, 遠く隔

▼ いつか~ (8, 0.1%)

1 が変, に薄れ, のうち, の上, の中, の隅, の霜枯れ, を垂れ

▼ いつかお話し~ (7, 0.1%)

1 したこと, しましたかしら, しましたよねえ, しましょう, なさいましたよねえ, になった, の徴兵

▼ いつかはと~ (7, 0.1%)

1 おれは, ひそかに, 実現を, 心ほそし, 折を, 秀吉の, 覚悟は

▼ いつかみんな~ (7, 0.1%)

1 から遅れ, が, がお父さん, になれ, はこの, を相手, 睡って

▼ いつか云った~ (7, 0.1%)

2 ことが 1 くせに, ことを, じゃない, ように, 事が

▼ いつか~ (7, 0.1%)

2 となる 1 となっ, にも入り, の晩, の野原, も深く

▼ いつか~ (7, 0.1%)

1 と共に忘れ果てた, と共に消え, には克てず老いられた, は五十, よりの寺男, をとっ, をとりました

▼ いつか~ (7, 0.1%)

1 とそう, とはなに, と女, にしがみつい, の息, の眼, をたしなめる

▼ いつか~ (7, 0.1%)

2 の中, はづれ 1 から買っ, の垠, へ出

▼ いつか病院~ (7, 0.1%)

1 からこの, で, で三谷氏, で腕, で輝ちゃん, の窓, へ見舞

▼ いつか~ (7, 0.1%)

1 がさめ, にいっぱい, に見えぬ, のふち, の前, をつぶ, を醒まし

▼ いつか知ら~ (7, 0.1%)

1 うとうとと, この二三日来, 役者へ, 甲府の, 立札が, 結果は, 自分は

▼ いつか話し~ (7, 0.1%)

2 ていた 1 ていました, てきかせよう, てくれた, てらっしゃった, をした

▼ いつかあたし~ (6, 0.1%)

2 のこと 1 にし, の仕事, の蓄音機, は自由

▼ いつかあった~ (6, 0.1%)

1 かしら今後いつか, ことが, それは, ところがやはり, のかしら, 様な

▼ いつかおまえ~ (6, 0.1%)

1 がここ, がまた, にあう, に何, に話した, はわたし

▼ いつかから~ (6, 0.1%)

1 お話ししよう, だには, だは, ほんに逢いたい逢いたい, 病気が, 見えないって

▼ いつかこう~ (6, 0.1%)

1 あるの, いったわね, お言い, してやろうと, 云う光景, 言う短い

▼ いつか~ (6, 0.1%)

2 將姫の 1 から一度言, から行っ, の水, も前垂

▼ いつか云っ~ (6, 0.1%)

6 ていらした

▼ いつか兄さん~ (6, 0.1%)

2 が教え 1 がいい, にお, にわかる, に見

▼ いつか~ (6, 0.1%)

3 のとき 1 な日, の客, の機会

▼ いつか同じ~ (6, 0.1%)

2 心理の 1 一本の, 志に, 枝の, 筆者が

▼ いつか~ (6, 0.1%)

2 へ遊び 1 に来た, の多い, の後ろ, の話

▼ いつか~ (6, 0.1%)

2 の池 1 でやられる, の岩屋, は眠り, ひら

▼ いつか~ (6, 0.1%)

1 恩返しの, 恩返しを, 相談しました, 茶でも, 話する, 邪魔に

▼ いつか手紙~ (6, 0.1%)

2 に書いた 1 で知らせ, にかいた, に私, をやりたい

▼ いつか~ (6, 0.1%)

1 から帰っ, で笛, で見上げた, の母子, へ出かけた, へ出かせぎ

▼ いつか日本~ (6, 0.1%)

2 の間 1 で会いましょう, で客死, の代議士, の芸界

▼ いつか書い~ (6, 0.1%)

2 てみたい 1 ておかれた, て下, て見た, て見たい

▼ いつか書きたい~ (6, 0.1%)

2 と思っ 1 がこの, と思う, と思った, と考え

▼ いつか来た~ (6, 0.1%)

1 ときも, 三人の, 時の, 時を, 町へ, 道と

▼ いつか機会~ (6, 0.1%)

2 があったら 1 があったら食っ, があつ, があれ, を見

▼ いつか~ (6, 0.1%)

2 は紅宝玉 1 が痛, は僅か, を怪我, を早め

▼ いつか~ (6, 0.1%)

1 にしみついた, についた, に著けた言葉, は不治の病, をかため, を任さね

▼ いつか遠い~ (6, 0.1%)

1 どこかの, われわれの, 先の, 峰に, 想ひとな, 昔の

▼ いつか雑誌~ (6, 0.1%)

3 で読んだ 1 でみた, に写真, に載っ

▼ いつか~ (6, 0.1%)

1 が出, が変っ, に消え, も秋めき, 立った, 立って

▼ いつかあれ~ (5, 0.1%)

1 なるかわいい, は吝嗇, は秋, をお, を飲ん

▼ いつかえる~ (5, 0.1%)

1 か, かという, かという電報, か分らない, か判らぬ

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 え, ならずこの, ならず戻って, ひの, 分りませんが

▼ いつかぐっすり~ (5, 0.1%)

2 寝入って 1 とねいっ, と眠りこけ, 眠って

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 ういふ, ういふ曲解, うおつ, う言つた, つさ

▼ いつかぼんやり~ (5, 0.1%)

4 した三角標 1 となつ

▼ いつかわが~ (5, 0.1%)

2 傍に 1 一族広く, 兄上に, 手から

▼ いつかわれわれ~ (5, 0.1%)

1 にも伝わっ, の意欲, の集り, は舟遊び, を使っ

▼ いつかセエラ~ (5, 0.1%)

1 が初めて, が教室, が芝居がかり, はベッキイ, は事実上皆

▼ いつか世間~ (5, 0.1%)

1 ではめずらし, に出, に洩れきこえ, に知られ, の景気

▼ いつか互に~ (5, 0.1%)

2 肉身の 1 尋ねあて, 愛しあうよう, 見染め

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 にいなかった, に來, に引き着け, に来, へ来た

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 に登っ, に蜘蛛六, の先, の方, へいっ

▼ いつか内容~ (5, 0.1%)

2 は我が, は我が国生得 1 を換

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 ていた, てゆけ, て来た, て来ねえ, て来る

▼ いつか分る~ (5, 0.1%)

2 時機が 1 おれが, 時が, 時も

▼ いつか~ (5, 0.1%)

2 へ下りぬらし 1 に向っ, の方, の頂上

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 でここ, で見た, とも現, にみ, の中

▼ いつか~ (5, 0.1%)

2 学士は 1 博士は, 正篇も, 澄山という

▼ いつか大きな~ (5, 0.1%)

1 ものと, 味方を, 松林の, 洪水が, 溝に

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 があなた, がおふくろ, と二人, に抱きとられ, の奈保子

▼ いつか小耳~ (5, 0.1%)

31 にはさんだ, に挿ん

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 から上がっ, から折らせ, に植え, の青めり, へ下り

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 があるでしょう, が来たら, が来れ, は八つ, は移った

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 が後, こそない, しろの, は深い, も経ち

▼ いつか次第に~ (5, 0.1%)

2 慣れ出したと 1 変化し, 打ち融けて, 開きはじめる

▼ いつか此処~ (5, 0.1%)

1 であなた, でお目にかかった, で鷹, へも来, へ来る

▼ いつか深い~ (5, 0.1%)

3 眠りに 1 夜霧に, 惱み

▼ いつか私達~ (5, 0.1%)

1 が腕, の眼界, はたこやす, は渦巻, もあすこ

▼ いつか~ (5, 0.1%)

2 を並べ 1 がうなだれ, ぬげつつ, へ手

▼ いつか自身~ (5, 0.1%)

1 が頼朝, でしゃべっ, で自身, の光波, の言葉

▼ いつか見えなくなっ~ (5, 0.1%)

2 てしまっ 1 てしまう, てそこ, て赤い

▼ いつか言っ~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 ていました, てました, て置こう

▼ いつか赤い~ (5, 0.1%)

1 インキを, 土管の, 広場の, 穂の, 紙に

▼ いつか過ぎ~ (5, 0.1%)

1 てここら, てゐた, て一同, て佐藤, て居る

▼ いつか~ (5, 0.1%)

1 が, が絶え, にかくれ, に隠れ, の国

▼ いつか電車~ (5, 0.1%)

2 のなか, の中 1 で急停車

▼ いつかあいつ~ (4, 0.1%)

1 が, がクツみがき, と競馬, に日本橋

▼ いつかいちど~ (4, 0.1%)

1 は来, は黒田官兵衛, 佳いお, 逢ったこと

▼ いつかいっ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ていました, ていられた, てみよう

▼ いつかいった~ (4, 0.1%)

1 ことを, ぞ, のは, ように

▼ いつかうち~ (4, 0.1%)

1 に何, のお, のお母さん, のやう

▼ いつかお母さん~ (4, 0.1%)

1 がコンピラ, が洋服, のいわれた, の田舎

▼ いつかかならず~ (4, 0.1%)

1 奪回する, 成功する, 王位に, 身を

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 がもと, ていた, て方, やべつ

▼ いつかどうか~ (4, 0.1%)

2 して 1 なすったん, なるだらうといふ

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 ひどく引っ掻かれた, 匕首で, 殺されたの, 足を

▼ いつかまるで~ (4, 0.1%)

2 空へ 1 ほかの, 鼠いろ

▼ いつかみな~ (4, 0.1%)

1 のうち, 坐り直して, 忘れ果て次代, 濡れて

▼ いつかアルコール~ (4, 0.1%)

3 がなくなった 1 がなく

▼ いつかカムパネルラ~ (4, 0.1%)

4 のお父さん

▼ いつか一人~ (4, 0.1%)

1 になっ, の大人, の紳士, も見えなくなる

▼ いつか一年~ (4, 0.1%)

1 の余, ばかりお前, ばかり前, ほど過ぎました

▼ いつか一緒~ (4, 0.1%)

1 においでた, に大宮, に行った, に香取鹿島

▼ いつか三人~ (4, 0.1%)

1 の席, の異国人, は中, を捜索

▼ いつか京都~ (4, 0.1%)

1 の三十三間堂, の町中, の舟岡山, の街なか

▼ いつか人生~ (4, 0.1%)

1 の半ば, の彼, の核心, を否定的

▼ いつか仰し~ (4, 0.1%)

1 ゃったお言葉を, ゃりましたが, やつた, やつたじ

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 の父, の門外, へ戻す, 柳橋と

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 いさんと, が車, きを, という厳

▼ いつか博士~ (4, 0.1%)

1 が御酒, が軍艦, の母君, はぼくたち

▼ いつか~ (4, 0.1%)

2 の懐 1 にや, に落ち

▼ いつか夕暮~ (4, 0.1%)

2 となっ 1 の散歩, 近くなっ

▼ いつか失われ~ (4, 0.1%)

2 ていた, てしまった

▼ いつか姿~ (4, 0.1%)

2 を見せなくなった 1 が見えなくなっ, を消し

▼ いつか少し~ (4, 0.1%)

1 ずつ割れ, ずつ掠め, ずつ淋しい, づつ女の

▼ いつか微笑~ (4, 0.1%)

2 して 1 したの, を伴った

▼ いつか懇意~ (4, 0.1%)

1 な医者, にし, になっ, になり

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 に持つ, をつけ, をも握り, を出し

▼ いつか持つ~ (4, 0.1%)

1 ことに, てきた, て行つた, 家内と

▼ いつか~ (4, 0.1%)

3 からすりぬけ 1 の先

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 で読ん, で読んだ, を膝, 當の

▼ いつか~ (4, 0.1%)

3 を見 1 のなる

▼ いつか浅草~ (4, 0.1%)

1 の公園, の四ツ目屋, の金竜館, へ供

▼ いつか消え失せ~ (4, 0.1%)

1 てしまいました, てしまふだらう, て役人, 一面磨硝子の

▼ いつか申し上げた~ (4, 0.1%)

1 かしらイギリス, イヤな, 私の, 筈の

▼ いつか知らない~ (4, 0.1%)

1 うちに, がキッ, 土地で, 間に

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 がすっかり, のすぐ, のところ, はすっかり

▼ いつか素子~ (4, 0.1%)

1 が彼女, と知り合い, は眠った, は自分

▼ いつか習慣~ (4, 0.1%)

2 になっ 1 になつて, のよう

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 にこびりつい, にはいった, の遠い, を傾け

▼ いつか聞い~ (4, 0.1%)

3 ていた 1 ているだろう

▼ いつか聴いた~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 モツアルトの, 話が

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 に乗っ, の中, は揚子江, は蘆

▼ いつか~ (4, 0.1%)

2 に倒れ 1 と偃松, の中

▼ いつか行った~ (4, 0.1%)

1 とき何心なく, とき無断で, 上林の, 料亭千成の

▼ いつか還り住ん~ (4, 0.1%)

2 で遙, で遥か

▼ いつか長い~ (4, 0.1%)

1 ものに, 手紙と, 手紙を, 登りに

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 が見えない, だけ覗かせ, を擡げた, を見知っ

▼ いつか~ (4, 0.1%)

1 昏れかけて, 昏れた, 昏れた山城, 昏れて

▼ いつか黄金~ (4, 0.1%)

4 と紅

▼ いつかあたり~ (3, 0.0%)

1 の見物人, は, はもう

▼ いつかあんた~ (3, 0.0%)

1 がとつ, にその, に話した

▼ いつか~ (3, 0.0%)

2 お世話でござん 1 らしたこと

▼ いつかいい~ (3, 0.0%)

1 こと言った, 人間に, 機会に

▼ いつかいつか~ (3, 0.0%)

1 からほんに, と來, のお

▼ いつかうるん~ (3, 0.0%)

1 でいた, で来た, で来ました

▼ いつかお目にかかった~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことの, 時に

▼ いつかお送り~ (3, 0.0%)

2 して 1 したモネ

▼ いつかお金~ (3, 0.0%)

1 にもならない, をもらった, を恵ん

▼ いつかきみ~ (3, 0.0%)

1 が宇宙怪人, たちしょうねんたんていだんと, にあう

▼ いつかこっそり~ (3, 0.0%)

1 うしろ, やって来て, やって来る

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 いっしょに, 紹介する, 自分の

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 つかりお話, つかり消えて, ひ込まれるやう

▼ いつかだれ~ (3, 0.0%)

1 かにきいた, かの結婚式, かの話した

▼ いつかない~ (3, 0.0%)

1 ということ, のだろう, 人を

▼ いつかはしらず~ (3, 0.0%)

1 まこと, 磨滅し, 祝福あれ

▼ いつかひとりでに~ (3, 0.0%)

1 さつきの, 安らいできたよう, 水に

▼ いつかぼく~ (3, 0.0%)

1 の母親, の病氣見舞, までが代

▼ いつかまっすぐ~ (3, 0.0%)

3 に立っ

▼ いつかみたい~ (3, 0.0%)

1 な, に大きな, に食わず飲まずで

▼ いつかもっと~ (3, 0.0%)

1 彼らの, 悪い別, 補足したい

▼ いつかやはり~ (3, 0.0%)

1 イエが, 三人で, 別の

▼ いつかよん~ (3, 0.0%)

1 でそういう, でみたい, で見ましょう

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 どるとを, 切って, 叩っ切ったら

▼ いつかジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 の眼

▼ いつかペン~ (3, 0.0%)

2 を動かさず 1 の手

▼ いつか一郎~ (3, 0.0%)

1 と楢夫, のおじいさん, ははじめ

▼ いつか三年~ (3, 0.0%)

1 と犬, のご, をこえ

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 に向き直っ, のお, の姉

▼ いつか上野~ (3, 0.0%)

1 の松坂屋, の音楽会, へ着い

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 の方, の街道, へおり

▼ いつか主人~ (3, 0.0%)

1 が妻, に聞いた, より私

▼ いつか二度~ (3, 0.0%)

1 ばかり小さい, ほど逢つた, も妻帯

▼ いつか人間~ (3, 0.0%)

1 に戻る, に極度, の如何那関係

▼ いつか以前~ (3, 0.0%)

1 に彼, に自分, のにやにや

▼ いつか伊織~ (3, 0.0%)

1 から武蔵, と共に舞台, に手紙

▼ いつか伸子~ (3, 0.0%)

1 に反物, の心, の注意

▼ いつか余程~ (3, 0.0%)

1 以前私が, 前に, 前にも

▼ いつか僕ら~ (3, 0.0%)

1 があまり, がどこ, の隊

▼ いつか全く~ (3, 0.0%)

1 とだえて, 同一な, 時間という

▼ いつか其の~ (3, 0.0%)

1 お父さんとも, 小さい門, 金にも

▼ いつか初めて~ (3, 0.0%)

1 ここを, スパセニアに, 葉子を

▼ いつか判る~ (3, 0.0%)

1 その時, と, 時が

▼ いつか十二時~ (3, 0.0%)

2 を打つ 1 を過ぎ

▼ いつか博物館~ (3, 0.0%)

1 でおれ, の森, へいった

▼ いつか友達~ (3, 0.0%)

1 から大いに, が二三人, のこと

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 がきける, の中, の端

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 ふが, ふへ, 柳原が

▼ いつか向島~ (3, 0.0%)

1 でお, にも五, の土堤

▼ いつか吹きやん~ (3, 0.0%)

2 で寒月 1 で今朝

▼ いつか変っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て来

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 になりました, のころ, も近づい

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 せまる方丈, づいて, 迫って

▼ いつか夕陽~ (3, 0.0%)

1 が斜, が消え, が翳り出す

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 には外, にチチチチ, は朝

▼ いつか夜明け~ (3, 0.0%)

1 であったと, の早立ち, の雲

▼ いつか大坂~ (3, 0.0%)

1 で七日あまり又八, で会った, の名だたる

▼ いつか太陽~ (3, 0.0%)

1 がおち, は遠く, も冷却

▼ いつか夫婦~ (3, 0.0%)

1 になる, のよう, らしい夫婦

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 に尋ね, の話, を見失っ

▼ いつか女房~ (3, 0.0%)

1 が勘定, が針金製, の手紙

▼ いつか学校~ (3, 0.0%)

1 で見た, の国語, の望遠鏡

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 仏の, 部屋の, 隆起の

▼ いつか小座敷~ (3, 0.0%)

2 に蒲團抱卷持出 1 に蒲団抱巻持出

▼ いつか小次郎~ (3, 0.0%)

1 はそうした, は坐っ, は暗い寒い

▼ いつか小説~ (3, 0.0%)

1 にかきたい, に書い, を持っ

▼ いつか師匠~ (3, 0.0%)

1 から承りました, に歌舞伎座, の家

▼ いつか広い~ (3, 0.0%)

1 昭和通の, 町へ, 野に

▼ いつか庸三~ (3, 0.0%)

1 の車, は小さい, をつれ

▼ いつか~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ いつか彼自身~ (3, 0.0%)

1 の微笑, も槍隊先鋒, を見出し

▼ いつか心持~ (3, 0.0%)

1 が重く, に余裕, も陽気

▼ いつか忘れる~ (3, 0.0%)

1 ともなく, ような, ように

▼ いつか恐怖~ (3, 0.0%)

1 と変りき, と變りき, に變

▼ いつか成人~ (3, 0.0%)

2 して 1 したもの

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 と名, の討てない, の陣

▼ いつか新しい~ (3, 0.0%)

1 力が, 生は, 能力を

▼ いつか新橋~ (3, 0.0%)

1 から汽車, のおでん, の粧い

▼ いつか旅路~ (3, 0.0%)

1 に出, の蛍ぐさ, をさま

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 の上, の枝, 高きかげ

▼ いつか本当に~ (3, 0.0%)

1 みんなが, 受けなくては, 困ったよう

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 で有名, の中, の前面

▼ いつか来る~ (3, 0.0%)

1 かもしれない, な邪魔, はずの

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 であったきつねくん, とした, の中

▼ いつか~ (3, 0.0%)

3 の場面

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 につい, に近づくなら, の事

▼ いつか死んだ~ (3, 0.0%)

1 おかあさん, フエヂカは, 玲ちゃんの

▼ いつか母親~ (3, 0.0%)

1 のお, の眼, の言った

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 が半分, とすれすれ, のごとき

▼ いつか河原~ (3, 0.0%)

1 で大勢, は暮れ, へ出

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 の中, の底, の王さま

▼ いつか~ (3, 0.0%)

2 される事 1 一年という

▼ いつか溜息~ (3, 0.0%)

2 をつい 1 まじりに

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 が消え, が点され, のついた

▼ いつか煙草~ (3, 0.0%)

1 に味, に触れ, の存在

▼ いつか父親~ (3, 0.0%)

1 がスワ, が怒っ, が自分

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 いう花, をいひ出し, 置きに

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 が前, が見えなかった, に変っ

▼ いつか田舎~ (3, 0.0%)

1 から出, へ帰っ, へ行く

▼ いつか町はずれ~ (3, 0.0%)

2 のポプラ 1 の松並木

▼ いつか番傘~ (3, 0.0%)

2 で蛙 1 を借り

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 ってしまう, って又, りて

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 であるよう, はどんな, ッ白に

▼ いつか真剣~ (3, 0.0%)

1 な輝き, にハラハラ, の手合せ

▼ いつか眠つて~ (3, 0.0%)

2 しまつ 1 ゐた

▼ いつか眠り~ (3, 0.0%)

1 に捕えられた, に落ちた, に陥った

▼ いつか破れ~ (3, 0.0%)

1 かく堕落, て糜爛, て赤い

▼ いつか~ (3, 0.0%)

2 について私 1 の枕詞

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 と腹, に人間尊氏, は一ぱいになつて

▼ いつか自分自身~ (3, 0.0%)

1 の心, も凍っ, をも知らず

▼ いつか舞台~ (3, 0.0%)

1 にそんな, の仕事, も面白う

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 しぼみ, の咲い, もつけ蔓

▼ いつか行っ~ (3, 0.0%)

1 てごらん, て見た, て見たい

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 て下さい, て目, て置きたい

▼ いつか言った~ (3, 0.0%)

1 ことに, こと想い出した, べ

▼ いつか詳しく~ (3, 0.0%)

1 お話しする, そん時の, 云いたいと

▼ いつか読ん~ (3, 0.0%)

2 で貰う 1 でもらつた

▼ いつか~ (3, 0.0%)

2 らしい形 1 には薄暮

▼ いつか貴公~ (3, 0.0%)

1 から礼, がははははは木, はこの

▼ いつか貴女~ (3, 0.0%)

2 にお預け 1 に話したい

▼ いつか貴方~ (3, 0.0%)

1 から本音, がこの, は初めて

▼ いつか越後~ (3, 0.0%)

1 の人, の山, も言っ

▼ いつか野原~ (3, 0.0%)

2 のまん中 1 の小母

▼ いつか釘勘~ (3, 0.0%)

1 と共に尾, と共に石神堂, と次郎

▼ いつか~ (3, 0.0%)

1 がのび, が白みし, を落した

▼ いつかああ~ (2, 0.0%)

1 いうもの, して

▼ いつかあらゆる~ (2, 0.0%)

1 人の, 視界には

▼ いつかいっしょ~ (2, 0.0%)

1 に固く, に大宮

▼ いつかいつ~ (2, 0.0%)

2 だったか

▼ いつかいつも~ (2, 0.0%)

1 のねずみ, の時刻

▼ いつかうつらうつら~ (2, 0.0%)

1 したらしい素子, 夢見てでも

▼ いつかうんこ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ いつかお婆さん~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の故郷

▼ いつかお寺~ (2, 0.0%)

1 の塔, へ見えた

▼ いつかお尋ね~ (2, 0.0%)

1 した時, しようと

▼ いつかお願い~ (2, 0.0%)

1 しました脚本, に上ります

▼ いつかかう~ (2, 0.0%)

1 おつ, 言ふ

▼ いつかかの~ (2, 0.0%)

1 光明の, 女に

▼ いつかきつ~ (2, 0.0%)

1 とおわび, とさう

▼ いつかくるだらあず~ (2, 0.0%)

2

▼ いつかこういう~ (2, 0.0%)

1 ことを, 先入観が

▼ いつかこうもり男~ (2, 0.0%)

1 があらわれた, が屋根

▼ いつかこなた~ (2, 0.0%)

2 へうち匂

▼ いつかこぼれ~ (2, 0.0%)

1 こぼれぬ, こぼれぬ枯れ枯れて

▼ いつかこれら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の布

▼ いつかさっき~ (2, 0.0%)

1 の泉, の足

▼ いつかしなく~ (2, 0.0%)

2 てはならない

▼ いつかしぼんだ~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ いつかしみじみ~ (2, 0.0%)

1 と彼女, 私に

▼ いつかそち~ (2, 0.0%)

1 が夜, は末森城

▼ いつかそっと~ (2, 0.0%)

1 お光め, 医者から

▼ いつかそのまま~ (2, 0.0%)

1 では, 霹靂車と

▼ いつかそら~ (2, 0.0%)

1 あそこの, 銀町の

▼ いつかただ~ (2, 0.0%)

1 一騎と, 俗人の

▼ いつかだいぶ~ (2, 0.0%)

1 前に, 深く入っ

▼ いつかちらばる~ (2, 0.0%)

1 むら雀野路も, 野良雀今朝も

▼ いつかついで~ (2, 0.0%)

1 があったら, に注文

▼ いつかつれ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, てゆく

▼ いつかという~ (2, 0.0%)

1 ような, 正木博士の

▼ いつかとっぷり~ (2, 0.0%)

1 と日, と暮れ

▼ いつかどう~ (2, 0.0%)

1 かおはずしなされます, しようという

▼ いつかなど~ (2, 0.0%)

1 ああ草臥れた, 弥三郎は

▼ いつかなにか~ (2, 0.0%)

1 くださいと, ひょっとした

▼ いつかねむり~ (2, 0.0%)

2

▼ いつかはぐれ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てしもうたまま

▼ いつかはとは~ (2, 0.0%)

1 思って, 知りながら

▼ いつかはね~ (2, 0.0%)

1 アッタスン君は, 必ずです

▼ いつかはれた~ (2, 0.0%)

2 晩に

▼ いつかひどい~ (2, 0.0%)

1 めに, 眼に

▼ いつかふしう~ (2, 0.0%)

1 のきよ, ゑいけ

▼ いつかふたたび~ (2, 0.0%)

1 あわれるという, 太平の

▼ いつかほのぼの~ (2, 0.0%)

2 と晴れかかりました

▼ いつかほら~ (2, 0.0%)

1 三原橋の, 両方の

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 からむ, たよりが

▼ いつかまだ~ (2, 0.0%)

1 吉本が, 独身者であった

▼ いつかまとめ~ (2, 0.0%)

1 ておきたい, て読んだ

▼ いつかまぶた~ (2, 0.0%)

1 は閉じる, は閉ぢ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 てえ, む

▼ いつかみた~ (2, 0.0%)

1 よな, 夢の

▼ いつかみちとせ~ (2, 0.0%)

2 をやった

▼ いつかむかし~ (2, 0.0%)

1 あのとき, は侮蔑

▼ いつかむなし~ (2, 0.0%)

2

▼ いつかもうすつかり~ (2, 0.0%)

1 ほのぼのと, 曇つてゐた

▼ いつかもう一度~ (2, 0.0%)

1 こういう晩, このこと

▼ いつかもし~ (2, 0.0%)

1 うまく行, 可能であったら

▼ いつかもっとも~ (2, 0.0%)

1 らしい幕府顛覆, 偉大な

▼ いつかやっ~ (2, 0.0%)

1 てやがる, てやる

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 つくりお, つくりお話相手

▼ いつかよろよろ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いつかわかる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 折が

▼ いつかわし~ (2, 0.0%)

1 の胸, は名

▼ いつかアラン~ (2, 0.0%)

1 が詩, という評判

▼ いつかグッ~ (2, 0.0%)

2 スリと

▼ いつかコクトオ~ (2, 0.0%)

1 が日本, のポトマック

▼ いつかジーナ~ (2, 0.0%)

2 のいった

▼ いつかスイス~ (2, 0.0%)

1 できいた, で某

▼ いつかターマン~ (2, 0.0%)

1 がおとした, が釣

▼ いつかドシャ降り~ (2, 0.0%)

2 の雨

▼ いつかドッジボール~ (2, 0.0%)

2 のお金

▼ いつかパパ~ (2, 0.0%)

1 が話し, とママ

▼ いつかペン・ネエム~ (2, 0.0%)

1 に用, に用いた

▼ いつかユリ~ (2, 0.0%)

1 が本来, が病気

▼ いつか一つ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは傑作, ずつ失われ

▼ いつか一般~ (2, 0.0%)

1 からも認められる, の人

▼ いつか三十六号船~ (2, 0.0%)

2 の船長

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 が成金, に現れ

▼ いつか両国~ (2, 0.0%)

1 で切利支丹, の賑

▼ いつか中将姫~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ いつか九条村~ (2, 0.0%)

1 であの, の家

▼ いつか二つ~ (2, 0.0%)

1 の剣, の窓

▼ いつか二三人~ (2, 0.0%)

2 の弟妹

▼ いつか二十日~ (2, 0.0%)

2 ほど過ぎた

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 つたこと

▼ いつか互いに~ (2, 0.0%)

1 好みを, 身の上の

▼ いつか五年~ (2, 0.0%)

1 になりまする, はすぎた

▼ いつか人家~ (2, 0.0%)

1 のとぎれた, の立ち並んだ

▼ いつか人形~ (2, 0.0%)

1 に操られ, を舞

▼ いつか人目~ (2, 0.0%)

1 にはわからぬ, のない

▼ いつか今度~ (2, 0.0%)

1 の旅行, の旅行計画

▼ いつか今日~ (2, 0.0%)

1 の真喜, の辱

▼ いつか仰っし~ (2, 0.0%)

1 ゃったことがありましたろう, ゃっていたではございませんか

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 がよく, のいい

▼ いつか伊那丸~ (2, 0.0%)

1 が京都, もかれ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 つたら今度, へさう

▼ いつか会える~ (2, 0.0%)

2 からね

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ いつか体中~ (2, 0.0%)

1 に冷や汗, に冷汗

▼ いつか何とも~ (2, 0.0%)

1 言えず快い, 言へ

▼ いつか何度~ (2, 0.0%)

1 も何度, も口

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 たこと, べきあし分船

▼ いつか信雄~ (2, 0.0%)

1 から同じ, の耳

▼ いつか倶楽部~ (2, 0.0%)

1 で逢った, の壁

▼ いつか偶然~ (2, 0.0%)

1 に出くわし, のこと

▼ いつか傲然~ (2, 0.0%)

2 と世

▼ いつか僕等~ (2, 0.0%)

1 の前, の話

▼ いつか其処~ (2, 0.0%)

1 に臥, は陰謀

▼ いつか再会~ (2, 0.0%)

1 の日, の縁

▼ いつか冷えび~ (2, 0.0%)

2 えと明け

▼ いつか処女~ (2, 0.0%)

1 に会, に会われよう

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 や力

▼ いつか分っ~ (2, 0.0%)

2 てくれる

▼ いつか別れた~ (2, 0.0%)

1 子供が, 方が

▼ いつか別荘~ (2, 0.0%)

1 の帰り, へ往

▼ いつか前人~ (2, 0.0%)

1 の説, の蹤

▼ いつか劇場~ (2, 0.0%)

1 か何, で見た

▼ いつか勇ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がいった, が水たまり

▼ いつか勉強~ (2, 0.0%)

1 したいが, というもの

▼ いつか動坂~ (2, 0.0%)

1 のうち, の客間

▼ いつか動物~ (2, 0.0%)

2 の先生

▼ いつか匕首~ (2, 0.0%)

1 が光っ, らしい光りもの

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 の皮

▼ いつか十月~ (2, 0.0%)

1 にはひつ, を過ぎ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 過ぎて, 過ぎてしまつたのである

▼ いつか友だち~ (2, 0.0%)

1 と来た, の家

▼ いつか友人~ (2, 0.0%)

1 がまじめくさった, は傍

▼ いつか古い~ (2, 0.0%)

1 時代に, 長火鉢の

▼ いつか古典~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ いつか向う~ (2, 0.0%)

1 のお, の方

▼ いつか向う側~ (2, 0.0%)

1 に廻る, に踰

▼ いつか君達~ (2, 0.0%)

2 も好き

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の陣中, へ還さん

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 を助け, を救っ

▼ いつか商量~ (2, 0.0%)

1 するであらう, するであろうすべて

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 にのぼり, も下火

▼ いつか四年~ (2, 0.0%)

1 となる, の歳月

▼ いつか四畳半~ (2, 0.0%)

2 の茶の間

▼ いつか四辺~ (2, 0.0%)

1 がひっそり, は暮れ

▼ いつか団子坂~ (2, 0.0%)

1 と云, と云い慣わし

▼ いつか土地~ (2, 0.0%)

1 の争い, の風俗

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ いつか城内~ (2, 0.0%)

1 ではなに, へ行く

▼ いつか報いられる~ (2, 0.0%)

1 かどう, ものだ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 よりかへりき, を一巡

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の中, をひそめ

▼ いつか夕方~ (2, 0.0%)

1 になっ, の網

▼ いつか外套~ (2, 0.0%)

1 になり, の下

▼ いつか夜中~ (2, 0.0%)

1 になりし, のこと

▼ いつか大勢~ (2, 0.0%)

1 の旅客, の読者

▼ いつか大津~ (2, 0.0%)

1 の問屋小屋, の時雨堂

▼ いつか大阪~ (2, 0.0%)

1 で諭吉, の友人

▼ いつか天然~ (2, 0.0%)

2 の怒り

▼ いつか太郎~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が吹い

▼ いつか夫婦関係~ (2, 0.0%)

1 に変っ, に変わっ

▼ いつか失せ~ (2, 0.0%)

1 てしまひ, て寒子

▼ いつか奈良~ (2, 0.0%)

1 へ旅, へ来る

▼ いつか女自身~ (2, 0.0%)

1 が墓, のもの

▼ いつか好い~ (2, 0.0%)

1 機会に, 気持に

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 が吉, のいたずら

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 に懐き, の愛刀

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 が私, のもと

▼ いつか姉さん~ (2, 0.0%)

1 がもっ, の子

▼ いつか姉ちやん~ (2, 0.0%)

1 も画いた, も畫いた事

▼ いつか子供~ (2, 0.0%)

1 に聞かせ, の時代

▼ いつか孔明~ (2, 0.0%)

1 の存在, を呼ぶ

▼ いつか宋江~ (2, 0.0%)

1 の身, もすべて

▼ いつか宿直~ (2, 0.0%)

2 の折

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の裏手, を出

▼ いつか小さな~ (2, 0.0%)

1 流れの, 美しい流れ

▼ いつか小川君~ (2, 0.0%)

1 に云つた通り, に話した

▼ いつか小平さん~ (2, 0.0%)

2 が町

▼ いつか小林君~ (2, 0.0%)

1 と天野少年, にそれ

▼ いつか小石~ (2, 0.0%)

2 を拾っ

▼ いつか山姫山~ (2, 0.0%)

2 の山小屋

▼ いつか島田~ (2, 0.0%)

1 で私一人店, はそっち

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 と分かれ, のふち

▼ いつか工事場~ (2, 0.0%)

1 らしい板囲, らしい板囲い

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の素姓, れも

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 にいわれた, のお

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ いつか帰っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来

▼ いつか帽子~ (2, 0.0%)

2 を脱い

▼ いつか平凡~ (2, 0.0%)

1 な体, な言葉

▼ いつか平和~ (2, 0.0%)

1 を与え, を与へ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 に手伝, の戸口

▼ いつか廃止~ (2, 0.0%)

1 されて, されるやう

▼ いつか廊下~ (2, 0.0%)

1 が尽き, の下

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 もなく去り, をひそめ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 にたつ, に立て

▼ いつか役人~ (2, 0.0%)

1 の目, や技師

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 ったり, って弾い

▼ いつか往来~ (2, 0.0%)

1 で会った, で自分

▼ いつか征服~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ いつか後ろ~ (2, 0.0%)

1 に囲う, に立っ

▼ いつか後悔~ (2, 0.0%)

1 するでしょうね, する日

▼ いつか後醍醐~ (2, 0.0%)

1 のお, の侍者

▼ いつか復一~ (2, 0.0%)

1 の身体, は自分

▼ いつか微か~ (2, 0.0%)

1 な寝息, な影

▼ いつか忍剣~ (2, 0.0%)

1 とともにこの, のす

▼ いつか忘れた~ (2, 0.0%)

1 ようでござる, 時分に

▼ いつか忘れられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまう

▼ いつか快い~ (2, 0.0%)

1 海軟風の, 眠りに

▼ いつか怠りぬ~ (2, 0.0%)

2 実に子宝

▼ いつか想像~ (2, 0.0%)

2 すべきこと

▼ いつか意地~ (2, 0.0%)

1 の悪い, わるくマリ

▼ いつか憂鬱~ (2, 0.0%)

1 になつ, の中

▼ いつか戻っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくる

▼ いつか扁理~ (2, 0.0%)

1 が言っ, が言つて

▼ いつか折り~ (2, 0.0%)

1 をみ, を見

▼ いつか持っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ いつか掏摸~ (2, 0.0%)

1 の手首, を本業

▼ いつか描い~ (2, 0.0%)

2 て見

▼ いつか放送局~ (2, 0.0%)

1 でこの, でラジオ相談所

▼ いつか故郷~ (2, 0.0%)

1 に帰れない, へ帰る

▼ いつか教え~ (2, 0.0%)

1 てもらった, てやった

▼ いつか教会~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, の門

▼ いつか数年~ (2, 0.0%)

1 は夢, 想わざりき将軍

▼ いつか文学~ (2, 0.0%)

1 の世界, の問題

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 う云ったの, う云つたの

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 ちゃんとこでした, らしく茶

▼ いつか日本中~ (2, 0.0%)

1 の人間, の仁王

▼ いつか日本倶楽部~ (2, 0.0%)

2 で初めて

▼ いつか明瞭~ (2, 0.0%)

1 に噸序, に順序

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の物語, 棲み古し

▼ いつか時節~ (2, 0.0%)

1 が来たら, を待っ

▼ いつか時間~ (2, 0.0%)

1 はたっ, は経つた

▼ いつか時雨~ (2, 0.0%)

1 に染められ, めいて

▼ いつか晴れ~ (2, 0.0%)

1 て居た, 又いきなりゴロゴロ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 をやった, を出そう

▼ いつか暗く~ (2, 0.0%)

1 なった戸, 浮き上がって

▼ いつか暮れた~ (2, 0.0%)

1 な春の日, 方丈の

▼ いつか曇っ~ (2, 0.0%)

1 て寞, て星一つ

▼ いつか曲り出した~ (2, 0.0%)

2 僕の

▼ いつか書きうる~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ いつか書きました~ (2, 0.0%)

1 っけか, ねえ

▼ いつか書こう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と思った

▼ いつか最初~ (2, 0.0%)

1 にお, の動機

▼ いつか月かげ~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ いつか月世界旅行~ (2, 0.0%)

1 の映画, の見世物

▼ いつか月日~ (2, 0.0%)

1 と共に身, は過ぎ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 となっ, になり

▼ いつか朝鮮~ (2, 0.0%)

2 が人情

▼ いつか木下~ (2, 0.0%)

2 にいった

▼ いつか本気~ (2, 0.0%)

1 で君, になっ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 が皆, に倚

▼ いつか東洲斎写楽~ (2, 0.0%)

2 の似顔画

▼ いつか松山~ (2, 0.0%)

1 でかくかく, の家

▼ いつか林町~ (2, 0.0%)

1 でおとり, へ手紙

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の前, はその

▼ いつか校長~ (2, 0.0%)

2 も黄いろ

▼ いつか梅雨前~ (2, 0.0%)

2 のじ

▼ いつか森先生~ (2, 0.0%)

1 に出逢った, の書斎

▼ いつか楽屋~ (2, 0.0%)

1 へやって来たろう, へ行った

▼ いつか横浜~ (2, 0.0%)

1 から蝙蝠, でその

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を渡り切っ

▼ いつか機嫌~ (2, 0.0%)

1 の良い, を直した

▼ いつか機會~ (2, 0.0%)

1 があつ, を見

▼ いつか櫟林~ (2, 0.0%)

2 に見えなくなる

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 んでしまった, んで両側

▼ いつか止ん~ (2, 0.0%)

1 であたり, でい

▼ いつか正当~ (2, 0.0%)

2 な人倫

▼ いつか正気~ (2, 0.0%)

1 を失いました, を失っ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ いつか死ん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ いつか毛唐~ (2, 0.0%)

2 となど得意さうに

▼ いつか気ちがい~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ いつか気分~ (2, 0.0%)

1 のいい, のまし

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 が干

▼ いつか江戸~ (2, 0.0%)

1 を荒し, を荒し廻った

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 に落ちた

▼ いつか洗濯~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いつか浅井~ (2, 0.0%)

1 から聞かされ, の骨折りで

▼ いつか浅草公園~ (2, 0.0%)

2 の裏手

▼ いつか消える~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ いつか消滅~ (2, 0.0%)

1 して, するであろう

▼ いつか涙ぐん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で差し

▼ いつか混乱~ (2, 0.0%)

1 に捲かれ, の波

▼ いつか温い~ (2, 0.0%)

1 感じが, 日の

▼ いつか温泉~ (2, 0.0%)

1 の宿, を調べ

▼ いつか火縄~ (2, 0.0%)

1 に火, もしめっ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 になっ, の中

▼ いつか無言~ (2, 0.0%)

1 のあきらめ, のうち

▼ いつか煙突~ (2, 0.0%)

1 さわぎの, と机

▼ いつか牛丸君~ (2, 0.0%)

2 を誘拐

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれる

▼ いつか現在~ (2, 0.0%)

1 のこの, の芝生

▼ いつか生命~ (2, 0.0%)

2 を失うであろう

▼ いつか生涯~ (2, 0.0%)

1 の夕べ, の方向

▼ いつか申した~ (2, 0.0%)

1 のは, ように

▼ いつか病苦~ (2, 0.0%)

1 を忘れ, を忘れた

▼ いつか相手~ (2, 0.0%)

1 になっ, の本体

▼ いつか真理~ (2, 0.0%)

2 によって日本

▼ いつか真面目~ (2, 0.0%)

1 な眼付き, にこんな

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 についていた, を誘う

▼ いつか眠る~ (2, 0.0%)

1 ことにも, まであなた

▼ いつか眼鏡~ (2, 0.0%)

1 をこ, をこわした

▼ いつか睡魔~ (2, 0.0%)

1 がうとうと, に襲

▼ いつか知っ~ (2, 0.0%)

1 ておる, て語りつたえ

▼ いつか知らず知らず~ (2, 0.0%)

1 にこの, に対象そのもの

▼ いつか禍根~ (2, 0.0%)

2 となるべき

▼ いつか私たち~ (2, 0.0%)

1 はまた, は高い

▼ いつか秋山青磁たち~ (2, 0.0%)

2 と浦粕

▼ いつか窓際~ (2, 0.0%)

1 にすり出, に行っ

▼ いつか立っ~ (2, 0.0%)

1 てやらなけれ, て行っ

▼ いつか約束~ (2, 0.0%)

1 にもらった, を履行

▼ いつか終わり~ (2, 0.0%)

1 に近づい, を告げる

▼ いつか結婚~ (2, 0.0%)

1 したと, しないなんて

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 で見た, を見

▼ いつか絵本~ (2, 0.0%)

1 で日本, を見る

▼ いつか老人~ (2, 0.0%)

1 に変っ, の手

▼ いつか育ち~ (2, 0.0%)

2 のわるい

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 の痛み

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 がはなれ, をのけぞらし

▼ いつか背後~ (2, 0.0%)

1 に眺望, のほう

▼ いつか背骨~ (2, 0.0%)

1 さえ震え出した, を打っ

▼ いつか脂汗~ (2, 0.0%)

2 が額

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 や銚子, を置きざり

▼ いつか自分たち~ (2, 0.0%)

1 で自分たち, のこと

▼ いつか自分自分~ (2, 0.0%)

2 の奥深く

▼ いつか自己~ (2, 0.0%)

1 に敗れ, をも見失っ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 に乗じ, に乗つ

▼ いつか興味~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が動きだし

▼ いつか良人~ (2, 0.0%)

1 の忠興, の放蕩

▼ いつか芝居~ (2, 0.0%)

1 で見た, で見ました

▼ いつか芸者~ (2, 0.0%)

1 が入る, の祝儀

▼ いつか華雲殿~ (2, 0.0%)

1 の廻廊, の闇

▼ いつか萌黄色~ (2, 0.0%)

2 の生菓子

▼ いつか落葉松~ (2, 0.0%)

1 おうる, に變

▼ いつか薄く~ (2, 0.0%)

1 なって, 暈されて

▼ いつか藤夜叉~ (2, 0.0%)

1 もやや, も道誉

▼ いつか藤村~ (2, 0.0%)

1 があの, へ子供

▼ いつか處女~ (2, 0.0%)

2 に會

▼ いつか蝎はじぶん~ (2, 0.0%)

2 のからだ

▼ いつか行方不明~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ いつか衛生博覧会~ (2, 0.0%)

1 だったか, でろう細工

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 が出, が咳

▼ いつか衰え~ (2, 0.0%)

1 て初秋, て筋書

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 から結び文, を顔

▼ いつか裸足~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ いつか裾野~ (2, 0.0%)

2 の文殊閣

▼ いつか西~ (2, 0.0%)

1 に傾い, に傾き

▼ いつか西洋~ (2, 0.0%)

1 のスポーツ, の妖怪図絵

▼ いつか西福寺~ (2, 0.0%)

2 へ来た

▼ いつか見たい~ (2, 0.0%)

2

▼ いつか見られた~ (2, 0.0%)

1 ものに, んです

▼ いつか見物~ (2, 0.0%)

1 の山, をした

▼ いつか親しい~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ いつか解散~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いつか言ってた~ (2, 0.0%)

1 ほら一時, 文化会の

▼ いつか言つて~ (2, 0.0%)

1 た話, ゐた新村

▼ いつか訪ね~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来る

▼ いつか訪れた~ (2, 0.0%)

1 時も, 時姉は

▼ いつか診察~ (2, 0.0%)

1 や投薬, を受け

▼ いつか詩人~ (2, 0.0%)

1 の会, の加納

▼ いつか話さなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ いつか話そう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, よ

▼ いつか話題~ (2, 0.0%)

1 がちかごろ, を楢山夫人

▼ いつか講談~ (2, 0.0%)

1 か何, で聞いた

▼ いつか貧困~ (2, 0.0%)

2 に対する憎悪そのもの

▼ いつか貴様~ (2, 0.0%)

1 が胴巻, に金策

▼ いつか軽い~ (2, 0.0%)

1 揶揄を, 湯づかれ

▼ いつか近い~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ いつか近所~ (2, 0.0%)

1 の小母さん達, の建具屋

▼ いつか透明~ (2, 0.0%)

1 なコバルト色, になり

▼ いつか途中~ (2, 0.0%)

1 で会った, までになっ

▼ いつか通った~ (2, 0.0%)

1 ことが, 時私くらいな

▼ いつか通り過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てまた, て行つた

▼ いつか通り過ぎた~ (2, 0.0%)

1 かし, シベリアの

▼ いつか逢える~ (2, 0.0%)

1 と思ってた, よ

▼ いつか遊び~ (2, 0.0%)

2 に連れ

▼ いつか遊び時間~ (2, 0.0%)

2 に僕等

▼ いつか達ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がお父さん, の手紙

▼ いつか遠く~ (2, 0.0%)

1 の方, 全山

▼ いつか遠ざかっ~ (2, 0.0%)

1 てこのごろ, てしまった

▼ いつか部屋~ (2, 0.0%)

1 に血, を立ちこめ

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 へ出し, を出

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ いつか銀座~ (2, 0.0%)

1 であいつ, の空

▼ いつか銀座裏~ (2, 0.0%)

2 の酒場

▼ いつか銭湯~ (2, 0.0%)

2 でおびやかした

▼ いつか長官~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ いつか長火鉢~ (2, 0.0%)

1 の傍, の前

▼ いつか間断~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ いつか隣り~ (2, 0.0%)

1 の乗合客, 同志で

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の卵, を袂

▼ いつか集金~ (2, 0.0%)

2 に行っ

▼ いつか雜誌~ (2, 0.0%)

1 で見た, で讀んだ

▼ いつか離れ島~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ いつか雨続き~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ いつか電燈~ (2, 0.0%)

2 をともした

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 がすうっ, がはれ

▼ いつか静か~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 に立て, もなく

▼ いつか~ (2, 0.0%)

2 に置かれた

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 の上, はぐるっと

▼ いつか高い~ (2, 0.0%)

1 官職に, 山を

▼ いつか~ (2, 0.0%)

1 に同情, に変っ

▼ いつか黄ばんだ~ (2, 0.0%)

2 皮の

▼ いつか黄昏~ (2, 0.0%)

1 そめて, の色

▼ いつか黒い長い~ (2, 0.0%)

2 繻子の

▼1* [2770件]

いつかをひ, いつかあがりもや, いつかあけてあっ, いつかあそこの桑, いつかあつたぢ, いつかあとになっ, いつかあとかたもない, いつかあなた様が中村, いつかあにきが, いつかあらはに刈られ, いつかあらまし空になっ, いつかあるだろうかしら, いつかあるでせうか, いつかあわれな節を, いつかあんなことを, いつかいうて聞かせた, いつかいうたぞ, いつかいおういつか頼もうと, いつかいけるでしょうがあたし, いつかいじめたので二郎さん, いつかいただいた題よ, いつかいちど薬園の柵, いつかいつか男と女, いつかいなくなってしまった, いつかいぬしでの, いつかいやにわかり, いつかいらっしゃいましな, いつかいるな, いつかいろいろのもの, いつかうかうか船橋も, いつかうごいていた, いつかうさしつかへ, いつかうっとりした気持, いつかうつかり踏み潰して, いつかうつかりときのふから, いつかうつつないお, いつかうつとりと又, いつかうなだれてゐた, いつかうにない, いつかうに引上げさうもない, いつかうに構はなささう, いつかうに眺望がきかない, いつかうに詩的感興を喚起, いつかうに頌揚されなかつたが, いつかうまやの馬, いつかえるったってあいまい, いつかおいでよ二三日中, いつかおおぜいで, いつかおして送って, いつかおじいさんに見せたら, いつかおじさんのつれ, いつかおすがの家, いつかおっしゃいましたがその, いつかおっしゃった人生ミミック物真似芝居の, いつかおとうさんにつれられ, いつかおどろくほど突然, いつかおなじ事で, いつかおばあさんの店, いつかおばさんなにか是非, いつかおまえさんからメダル, いつかおまえたちのおかげ, いつかおりかけいたり, いつかおりかけゐたり, いつかおわらいになりました, いつかお上のお, いつかお世話になった, いつかお初の黒い, いつかお前さんがうち, いつかお前ところに掛けた, いつかお姫さまのむこ, いつかお嬢さんが情, いつかお嬢様の仰し, いつかお宅でお目にかかった, いつかお宮に, いつかお年がお, いつかお母さまのおっしゃった, いつかお母様とその, いつかお気が向いたら, いつかお洒落になっ, いつかお湯屋の女, いつかお玉が姿, いつかお産をし掛かっ, いつかお目にかかつてゐた, いつかお目にかかっておわび, いつかお目にかかつた時に, いつかお知らせしたで, いつかお祭りのとき雨, いつかお詫びの手紙, いつかお返し頂きましょう, いつかお隣の兄さん, いつかお預けしといた蒲団, いつかかういふことが, いつかかかる自分に, いつかかざさむと, いつかかすかに鼾, いつかかぞえたことが, いつかかたわらに来, いつかかっこうの飛ん, いつかかつておかかえ, いつかかなり沖の, いつかかはつて, いつかかびたりくさっ, いつかかもめから聞いた, いつかかれは飲む, いつか悪い量, いつかがらんと人気なく, いつかつと手痛い, いつかきき覚えていた, いつかきこえず部屋の, いつかきた時分の, いつかきたないなりをし, いつかきた紙しばい, いつかきちんと立つて, いつかきっちり腕を, いつかきみたちチンピラ探偵のため, いつかきることに, いつかきれいに時, いつかくたびれたのであろう寝入っ, いつかくつが片方, いつかくもりて眞白雲峰, いつかくるか, いつかくるりと裾, いつかくわを買っ, いつかくわしく書く機会, いつかぐうっと深い鼾声, いつかぐっしょり濡らされて, いつかぐるっとまはっ, いつかぐるりと裸, いつかけしとんで着岸, いつかこうした日の, いつかこうして海に, いつかこちらへお, いつかこちらさまの大, いつかこちら向になつて肘, いつかこっちの壺, いつかことに触れ, いつかこのしろ公といっしょ, いつかこの世を背きはつべき, いつかこわいのも, いつかこわれてあけ放し, いつかこんどの事件, いつかこんなになって, いつかござったそら, いつかさかなになつて行, いつかさくらと人, いつかささくれだった復讐の, いつかさしうつむいていた, いつかさっぱりと葉子, いつかさつきの重苦しい, いつかされたとなったら, いつかしかるべき親分に, いつかしきアツシシマキリ持ち研ぎあぐら, いつかしき冬の姿, いつかしくしく泣きながら, いつかしたような, いつかしぬ男は, いつかしらず歌舞伎座の, いつかしんみりした心持, いつかぶんを, いつかじっとその流出物, いつかすきを見つけ, いつかすくわれるという希望, いつかすぐ曇って, いつかすでに半白の, いつかすべっこくなる, いつかすべての真理, いつかすべり落ちたのも, いつかすやすやと寝入っ, いつかずっとうしろの, いつかずっと後年に, いつかずるずるべったり頼朝の右筆, いつかなたに, いつかそこらはしとど, いつかそつちのけにされ, いつかそのうち伺はせても, いつかその道の逆, いつかその間にこぼれ, いつかそれお話したこと, いつかそれぞれの国, いつかそれだけの貫禄, いつかそれでもとろりと, いつかそれなりに季子, いつかそれにか, いつかそれらの山々, いつかそれ等のにおい, いつかそッと行っ, いつかぞろぞろ列に, いつかたいを海, いつかたしか三千円とられた, いつかたそがれてきた, いつかたった町へ, いつかたとえば私の, いつかたべた京都の, いつかつてさう, いつかだんだんと引き込まれ, いつかちいさな箱の, いつかちょっとお話しなすった, いつかちらと聞いた, いつかって何日, いつかついてゐ, いつかついて行ってそこ, いつかつかえる局面に, いつかつかまつた男で, いつかつかんでしまっ, いつかつきけむ, いつかつぎ穂を失いかけ, いつかつくりばなしめい, いつかつぐなひ得る, いつかつけてしまった, いつかつめたい針の, いつかつりこまれさながら二郎, いつか奥様の, いつかでたらめの歌, いつかといふ希望を, いつかとげをさし, いつかとだえ勝ちに, いつかとっちめてやる, いつかとつぷり闇くなつ, いつかとめどなしに笑っ, いつかとられたの, いつかとろとろと牀, いつかとろんとした慵げ, いつかとんでもないこと, いつかッぷりと日が, いつかどうにかして, いつかどかんと下る, いつかどす黒く沈んで, いつかどっさり見たこの, いつかどな理由を, いつかどのきほひ肌, いつかどんな興味と, いつかなおってみる, いつかなきかない, いつかなくなつて, いつかなくした宝石を, いつかなぐでりん, いつかなごんでいた, いつかなじみになっ, いつかなぞも余り, いつかなにげなくその中, いつかなんたら言うデモの, いつかなんとかなると, いつかな出てこない, いつかな放さずいや放しませぬ放されませぬ, いつかな放してくれなかつた, いつかな立ちあがることが, いつかな聴き入れず遂に最近問題, いつかな起きあがる気持に, いつかにはぺテルブルグの, いつかぬぐい去られたように, いつかぬぐうがごとく消え, いつかぬけてくる, いつかねと答えて, いつかねとかどうもね, いつかねむつてゐた, いつかねむれない気分に, いつかのこして行った, いつかのっそりそこに, いつかのび切ってしまっ, いつかのぼらむ, いつかのら猫といっしょ, いつかはずれたとそんな, いつかはれてゆく, いつかはれ行けば, いつかばかとすれちがい, いつかばけて見よう, いつかひきつけたとみえ, いつかひき立たない気分も, いつかひとつなる, いつかひとりでお, いつかひとりでに最も適切な, いつかひまな人間, いつかひょっこり帰って, いつかひらりと船, いつかひろまっていた, いつかぴったりと寄り添っ, いつかうちの, いつかふくしゆうを, いつかふくよかな胸, いつかふしぎなじいさん, いつかふたりはならび合っ, いつかふへいぜいと, いつかふみ迷つて路もない, いつかふるえ泣いていた, いつかふんだんに使ひ, いつかぷつりと截ち切られる時, いつかへりみられなくなるかも知れない, いつかほかへ移し, いつかほしいといったでしょう, いつかほとんどしなくなった, いつかほんとの父親, いつかほんとに心から叔父さんに, いつかぼくこれとおなじ, いつかぼくのも見料無し, いつかぼっちゃん, いつかぼんやり灰色の霧, いつかけつとには, いつかまあちゃんに, いつかまえておいた, いつかまえることが, いつかまたしてもボタボタ涙, いつかまたまたおとなしくなっ, いつかまっしろな鏡, いつかまったく忘れて, いつかまつしろな, いつかまつりますが, いつかまばゆいシャンデリヤに, いつかまばらな日射, いつかまりの隠れ, いつかまる三年に, いつかみっちり異見でも, いつかみつばちのいったこと, いつかみとめられるし正しく, いつかみな面を伏せ, いつかみまってやろう, いつかみんな葉を取っ, いつかむくいてやるだろう, いつかむさし屋を, いつかむしばみ白々しい虚無的, いつかむす子に, いつかめぐりあふ時がある, いつかもうぐっすり寝入って, いつかもうすこし書いて, いつかもうすっかり曇って, いつかもうずっと先き, いつかもうとろとろ睡って, いつかもう少し立ち入って, いつかもさうした, いつかもさう云っとったぢゃないかな, いつかもちをふい, いつかもつように, いつかもめ牛が, いつかもらってきた, いつかつて來て, いつかやすらはん, いつかやっつけてやろう, いつかやってきたときも, いつかやって来るにちがい, いつかやって来るだろうとは自分, いつかやっぱりかいて, いつかやらかしたおれは, いつかやろうとし, いつかやわらかな微笑, いつかやわらかい芽を, いつかゆうべのよう, いつかゆったり暮れて, いつかゆめ見た風, いつかよくその同じ場所, いつかよけいこくにじみ出し, いつかよその子, いつかよっぱらいがたおれ, いつかよっぽど前の, いつかよびさまされずにいない, いつかよろしかったら御, いつかよろずやのそば, いつから店を開けた, いつから子の, いつかわかすの, いつかわからぬ未來に, いつかわが身のをはりなる, いつかわしらのため, いつかわたくしは町, いつかわたしもちよつと, いつかわっしの, いつかわるものどものため, いつかわれらの前, いつかアアミンガアドにないしょ, いつかアイツ以下になる, いつかアイヌのこと, いつかアカギタニタニタニとし, いつかアトリヱの帰り, いつかアメリア嬢がラヴィニア, いつかアメリカのどこ, いつかアレクサンドラ・ステパーノヴナが土産, いつかイタリアのファッショ, いつかウインに記念像, いつかウソを吐い, いつかウワアズワアスの話, いつかウーファの教育映画, いつかオペラかピアノ, いつかオレンジに変っ, いつかオーゲが召使たち, いつかオール讀物に, いつかカクランと俳句, いつかカツフエ・プランタンの窓, いつかカナダのタール教授, いつかカヤノは眠り, いつかカラリと不, いつかガラッ八と, いつかガラツ八と一緒, いつかガラリと晴れた, いつかキットいつかそうだ, いつかキャベジのよう, いつかクラスの者, いつかクラマールの森, いつかクラリモンドからの手紙, いつかクリスチァンになる, いつかクリストと一, いつかクルイクシャンクの評伝, いつかクルベーさんと何, いつかクレヨン社に原稿, いつかクロポトキンの相互扶助論, いつかクロムウェル街のエリス, いつかグラムダルクリッチが面白, いつかグリューネバウムたちに知られたら, いつかグルリと廻っ, いつかコソコソとはずし, いつかコック部屋へはいっ, いつかコツク部屋へはひつ, いつかコトエは綴方, いつかサラセンで逢った, いつかサーカスでああ, いつかシイカが彼, いつかシグナルとシグナレス, いつかシナの山中, いつかシュクシュクと泣い, いつかシユニツツレルが愛恋愛慾, いつかジジの手, いつかジュヴェの日本版, いつかジヨバンニの眼, いつかスウィンバーンのロザモンド, いつかセメントにて築き改められし, いつかセルヴァンテスの家, いつかセロの如き, いつかゾウが姿, いつかタコみたいになっ, いつかターネフをやっつけ, いつかダラダラ上りに, いつかダラリと下っ, いつかチウメンで出会った, いつかチャンドの別, いつかチュンセはぼおっ, いつかチラチラ京の, いつかチルデンが来た, いつかからはじめた, いつかトキントキンと動悸, いつかトキ子を腕, いつかトムさんが空, いつかトラックにいたずら書, いつかトロリとした, いつかドウダンツツジにかわった, いつかドサ貫が出, いつかドップリと深い, いつかナワ飛びも, いつかニュース映画で兵隊, いつかノールウェーのビェルクネス教授, いつかハガキの終, いつかハッと感じられる, いつかハヤブサ丸の金塊, いつかハルトアン検事から聞いた, いつかバザロフのお話, いつかバヤルヂイが大, いつかバラバラになり, いつかバルザックが貧乏, いつかパナマ丸荷役のとき, いつかパリで見た, いつかパンをくれた, いつかピアノを弾かし, いつかピエールがそこ, いつかピカソやキリコ, いつかピストルの音, いつかピッタリお八重, いつかフアウストの前, いつかフォン・コーレンがラエーフスキイ, いつかフト子供心に浮んだ, いつかフランス美術展覧会に出, いつかフレンドシツプが成立つた, いつかフロを出る, いつかブラゴウエシチェンスクにも顔見知り, いつかプラットフォオムに変っ, いつかプラツトフオオムに変つて, いつかプロス嬢の身の上, いつかヘベレケになる, いつかヘルメットの下, いつかベッキイから話, いつかベニイを暗殺, いつかベルリンで見た, いつかベンに手紙, いつかベーカーストリートで先生, いつかベーブ・ルースの一行, いつかペガッサスを見た, いつかペダルを踏む, いつかホイティアで逢った, いつかボートが要る, いつかボートルレが自転車, いつかポケット小僧が助け, いつかポチなんかいや, いつかマイナスになっ, いつかマッチ箱の中, いつかマドリッドの大通り, いつかマンの背中, いつかモティーヴそのものの社会性, いつかモンパルナスの角, いつかユダの上, いつかラジィゲの, いつかラップの嘴, いつかラツサアレも言, いつかラツプの嘴, いつかラトヴィヤのホテル, いつかリズム模様は嫌い, いつかリュックサックを背負っ, いつかリルケの方, いつかリーズがかの, いつかリーダーズ・ダイジェストに終戦, いつかル・リベルテエル社へ来た, いつかルーシンの言った, いつかレエノルズ博士がその, いつかレーニン・インスチチュートの上, いつかロシア人のコズロフ, いつかロシア文学史の一くさり, いつかロシヤの文学者, いつかローズと一所, いつかロールツヒ先生の秘密, いつかヲダハラの家, いつか一たびは一家心中, いつか一つづつその立派な菓子, いつか一つづつ男女の手, いつか一つ一つと何, いつか一つ違いの藻, いつか一ぱいになっ, いつか一ぺん書いて, いつか一めんに蔦, いつか一ト月あまりにな, いつか一ト月盆の七月十五日, いつか一ノ関で狩, いつか一ノ関さまと吉岡, いつか一匹素ッ首をぶち, いつか一同のまわり, いつか一味の党, いつか一定の居所, いつか一寸したもの, いつか一寸お話ししたと, いつか一寸話のあった, いつか一年余の歳月, いつか一年半も巡っ, いつか一年近くになる, いつか一度お話しして, いつか一度わたしもその, いつか一度われを忘れ, いつか一度今日のよう, いつか一度元のよう, いつか一度到着しなければ, いつか一度君とゆ, いつか一度君たち溌剌たる人々, いつか一度日本人というもの, いつか一度演奏を聞かし, いつか一度私はその, いつか一度経験したネズミとり, いつか一度耳に触れた, いつか一度自分の主人, いつか一度親分を案内, いつか一度誠実な醇朴, いつか一度議会傍聴に案内, いつか一度鉱山の中, いつか一度院長の愛心, いつか一方では庇, いつか一日四杯だと, いつか一時間あまりも夕暮時, いつか一本になり, いつか一決して, いつか一派を興し, いつか一点に邂逅, いつか一種の哀愁, いつか一箇の墓石, いつか一羽の小雀, いつか一般法則となる, いつか一身を以てご, いつか一転して, いつか一週間も逢わない, いつか七人にふえ, いつか七八人になった, いつか七八百人の頭目, いつか七八里もき, いつか七十余日である, いつか七宝寺でどじょう髯, いつか七月の末, いつか万吉が真夜中, いつか万吉さんからも話しました, いつか三ちゃんのあにい, いつか三つ目の化けもの, いつか三びきの赤い, いつか三匹の子, いつか三十が来る, いつか三十人となり五十人となり, いつか三十余年を経た, いつか三千余騎にもなっ, いつか三名は祭, いつか三囲を通りすぎ, いつか三晩も四晩, いつか三月ばかり台湾, いつか三沢が云った, いつか三田文学で, いつか三百年祭か五百年祭, いつか三笠のため, いつか三角点を過ぎ, いつか三越の六階, いつか三郎と一緒, いつか三面の鏡, いつか上がって, いつか上げ潮に變つた, いつか上った時の, いつか上りますよ誰, いつか上る機会が, いつか上ッてつまらぬ, いつか上半身をのり出し, いつか上層の驕慢星, いつか上着は脱い, いつか上聞に達しおかれたい, いつか上野音楽学校で遠藤ひさ子女史, いつか上野駅の向かい側, いつか下手な図, いつか下火になっ, いつか下町の優しい, いつか忍池の, いつか不思議な先生, いつか不惑の年の瀬, いつか不断の素直, いつか不機嫌のカラリ, いつか不眠症ということ, いつか不純と化し, いつか不覚の涙, いつか与吉が親分, いつか世の中は長雨, いつか世人の常識, いつか世帯もったらやはりいろいろ, いつか世界的知性を帯び, いつか世阿弥が黒木柱, いつか袖で, いつか両国橋で平次, いつか両手の間, いつか並んでる安藤繁太といふ, いつか並木がザワ, いつか並木道がアルバート広場, いつか並樹になつた, いつか中井北見の二少年, いつか中原の鹿, いつか中国へはいった, いつか中央公論社から少年, いつか中央気象台の岡田博士, いつか中奥様が吉蔵, いつか中庭の西陽, いつか中心を離れ, いつか中村さんからの私信, いつか中村君や南日君, いつか中絶して, いつか丸善で見かけた, いつか丸山さんとお, いつか丹造もきき知っ, いつかがかわった, いつか主君の足もと, いつか主屋迄とられる, いつか主従の見, いつか久保から聞いた, いつか久慈は矢代, いつか久米一から聞いた, いつかを今, いつか九品庵の展観, いつか九州一円にわたって船上山, いつか九月九日重陽の節句, いつか乞食の女, いつか亀井勝一郎氏が社会的常識, いつかは汝, いつか二こと三こと詞を交わし, いつか二つ目になった, いつか二人とも後を向い, いつか二人のからだ, いつか二俵目にも手, いつか二十になっ, いつか二十九歳の老嬢, いつか二十名近くにもなっ, いつか二十四編になっ, いつか二十日以上になっ, いつか二十歳をかぞえる, いつか二千を超え, いつか二年の春秋, いつか二年余も経っ, いつか二年近くもたった, いつか二日酔の朝, いつか二条を折れ, いつか二百円になっ, いつか二羽のつばめ, いつか二郎がいった, いつか二階の自分, いつか云い出そう云い出そうと思い, いつか云うた通りあいつは, いつか云つたでせう, いつか云つた言葉をいよいよ, いつか云つた通りぢや, いつか五人となり十人となり, いつか五体に行き, いつか五六千人にも余る, いつか五剣山の上, いつか五十軒で喧嘩, いつか五千円で町, いつか五平の小屋, いつか五年六年目となった, いつか五月ごろの雨上り, いつか五間あまり駆け抜けて, いつか井伏さんが釣竿, いつか井谷さんに預けといた, いつか亡びて無くなっ, いつか亡父の歿年, いつかりて, いつか交通が疎く, いつか京伝の膝, いつか京吉のこと, いつか人ごみの中, いつか人並みな真似ごと, いつか人声もなくなった, いつか人数は半分, いつか人格が歪, いつか人民が讙呼, いつか人混の中, いつか人穴城へなげ, いつか人足もやや, いつか人込みの中, いつか人間たちがおどった, いつか仁科を愛し, いつかの奉行, いつか今にもひと雨, いつか今夜の父, いつか今度出会つたらほんとに, いつか今松は, いつか仕上げるというよう, いつか仕事をすっかり, いつか仕合して, いつか仕合せになれる, いつか他殺説を固執, いつか代診より院長, いつか令嬢室で見た, いつかつた様に, いつか仰せられた子は, いつか仰った様に, いつか仰言っていられた, いつか仰言ったわね, いつか仲の町の草市, いつか仲よしになっ, いつか伊万里窯藝史にこれら, いつか伊豆山の蚊帳, いつか伊賀の香合, いつか伊達の藩地, いつか伐り取られ草ばかり, いつか休んで電車, いつか休暇も残, いつか会いたいと仰し, いつか会いましょうね, いつか会うかもしれぬ, いつか会おうぜ, いつか会って語る, いつか会員たる演出家, いつか会得して, いつか会社のひける, いつか伝わって来る, いつか伝八の姿, いつか伯父が東京博覧会, いつか伯父さんと丑寅さん, いつか伴っていた, いつか伴天連の説教, いつか伸び放題の姿態, いつか伸子自身が自分, いつか伺っておりました, いつか住宅地も杜, いつか佐佐木茂索の家, いつか佐佐木茂索君は, いつか佐和山城内で父, いつか佐多稲子が小説, いつか佐女牛のおや, いつか佐平を開墾場一, いつか佐藤が食堂, いつか佐藤氏自身の, いつか何とかして, いつか何となく人懐しい, いつか何処かで逢う, いつか何百人群れよって, いつか作ってみたい, いつか作家である良人, いつか作物の上, いつか作者と同じ, いつか使に来た, いつか使って呉れ, いつか使ひたいと思つて, いつか來む滅亡知れれば, いつか価格にまつわる桎梏, いつかかにやって来, いつか俗化するよう, いつかが生き, いつか保護鳥になった, いつかをなし, いつか信さんの部屋, いつか信吉は雄弁, いつか信子さんは処女ぢ, いつか信州の雪, いつか信用を失うでありましょう, いつか俵一八郎に今度, いつか倉院の広場, いつか倒れてはいた, いつか借りた筆記と, いつか健康を取戻した, いつか偶然それを聴い, いつかからハミ, いつかをうけた, いつか傷ついた秋蘭を, いつか傾いてしまっ, いつか僕たちの歩い, いつか僕乳母やにやった, いつか僕自身に似, いつか僕達がお, いつか僕釣りにいったら, いつか僧衣を着せられ, いつか優しい品の, いつか優勝劣敗の破綻, いつか優美を極めた, いつか元どおりになっ, いつか元利積って二百円余り, いつか元就の城, いつか元旦か二日, いつか元服の年ごろ, いつか元気だったこと, いつか兄夫婦の間, いつか兄貴のフェリックスみたい, いつか先乗りが触れ込ん, いつか光るので雲, いつか光秀の健康, いつか党員の徽章, いつか入らんと父母, いつか入りこんで来た, いつか入れ場所を, いつか入用だけの金子, いつか入質て流した, いつか全幅の考え, いつか全身で嗚咽, いつか全部に紐, いつか八丁堀の旦那方, いつか八五郎に, いつか八五郎さんの縛られた, いつか八五郎親分におす, いつか八寸に縮み, いつか公園を抜け, いつか公然と待合, いつか公爵の子供, いつか公認されるよう, いつか六月は暮れ, いつか六波羅近くへ来, いつか六部のうしろ, いつかの血まみれ姿, いつか兵部さまを討たせ, いつかが此, いつか其まんまで寝, いつか其儘に眠つて, いつか其家の前, いつか其意味が忘れられ, いつか其方から聞いた, いつか其疑の解, いつか其程に擯斥, いつか其處に臥, いつか兼好にもよく, いつか兼家の腕, いつか内蔵助殿からもちら, いつか再挙の日, いつか写真で見た, いつか冤罪をこうむった, いつか冬子に言った, いつか冷え冷えとし, いつか冷たい風が, いつか准尉にあっ, いつか凋ませみえを, いつかと眼, いつかに関する何, いつかの烈しい, いつか出したいと志し, いつか出し抜けにさあ, いつか出たいのだ, いつか出会うお通, いつか出版局長の嘉治隆一氏, いつか出現すべき, いつか出直したらいいじゃ, いつか切なく胸くるしい, いつか切支丹屋敷の牢, いつか刊行したいと, いつか列車は速力, いつかい初, いつか初冬らしい木枯, いつか初瀬川の水音, いつか初秋にいる, いつか判らぬぞ, いつか別れてし, いつか別れるという苦痛, いつか別人のよう, いつか別格におい, いつか利息を含め, いつか利用の面, いつか前後に味方, いつか前方になだらか, いつか前肢にはふさふさ, いつか前途に横わる幾多, いつか剣難の二字, いつか割りてゐ, いつか劇作に手, いつか力説して, いつか加奈子を姉, いつか助かる時が, いつかの叔母, いつかが祖父ちゃん, いつか勘当が許される, いつか勝則が彫, いつか勝気のこと, いつか勤め先は首, いつかに変った, いつか北原先生と, いつか北原大輔氏が山屋, いつか北條一雄の本, いつか北洋の圏内, いつか北海で暴風, いつか医者に云, いつか十一二の頃, いつか十一人になりました, いつか十一年は経っ, いつか十七八になっ, いつか十七年とおなり, いつか十九世紀の教養人, いつか十二年前の円形, いつか十二時近くに針, いつか十二月になつたの, いつか十五の春, いつか十人やら二十人, いつか十何年振りかで出合った, いつか十八の年, いつか十六の春, いつか十分二十分になる, いつか十力の金剛石, いつか十四日の朝, いつか十字架に懸らね, いつか十年はあれ, いつか十年余り仕えて, いつか十数年も使い馴れた, いつか十数町も隔て, いつか十重のし, いつか千久馬君に返事, いつか千代子と行き会った, いつか千古の樹林, いつか千恵造の前, いつか千早川の水音, いつか千枝子の手, いつか千葉の湖畔, いつか千蛾の部屋, いつか千鳥ヶ浜で会った, いつか千鶴子さんからうかがった, いつかすぎても, いつか午後となっ, いつか午睡をし, いつか午過ぎになっ, いつか半七の記憶, いつか半年はたった, いつか卒業間際になった, いつか南部の方, いつか単行本になる, いつか単調に陥りかけ, いつか博覧会の時, いつか印袢纏の兄いが, いつか原っぱのごみ捨て場, いつか原節子が見舞い, いつかの方, いつかになつ, いつか厳つく見える, いつか厳粛な犯しがたい, いつか定は, いつか去年のうち, いつか去年あたり私が手紙, いつか参上の上, いつか又ゆっくり行って, いつか又八っていう人, いつか友吉をはじめ, いつか友情を疎遠, いつか双鶴館でお, いつか反り返ったままに, いつか叔母よりも彼自身, いつか叔母さんと行った, いつか叔父の持ち, いつか叔父さんに教えられた, いつか取りはらはれてどんなに, いつか取り払われていた, いつか受けた数ヵ所の, いつか口中から血, いつか口癖になつ, いつか古塔の上, いつか古市の町, いつか古河の畑, いつか古藤と一緒, いつか古顔となり, いつか可笑しなこと, いつか台所におやじ, いつか叱って追い返した, いつか右衛門七から聞いた, いつか右馬介からそれ, いつかへん, いつか司馬徽の山荘, いつか各州のブルジョワ, いつか吉井勇氏に會, いつか吉原の大火, いつか吉原土手を南, いつか吉岡の門人達, いつか吉田親分のところ, いつか同僚の波越八弥, いつか同勢は湊川, いつか同家の食客, いつか同席したクナイペ, いつか同情さえ持たれ, いつか同車したこと, いつか同郷の先輩, いつかも知らず, いつか向方の森, いつか君枝の皮膚, いつかながら見苦しく, いつか吾人は原子核内, いつか吾家の鶴, いつか呉さんのいった, いつか告白に誘う, いつか呑み馴れていつ, いつか周さんが仙台, いつか周子から浴せられた, いつか周馬を皮相, いつか味方の先鋒, いつか呼び出しに遇った, いつか呼び名になった, いつか和船で垂水, いつか和解が成立, いつか咏嘆に落ちこん, いつか品定めに葎, いつかのよだれ, いつかになっ, いつか問わず語りに話し, いつか問題にし, いつか善蔵氏に話した, いつか喧々たる闘犬, いつか喧嘩をした, いつか喫茶店でやった, いつか嗚咽すらもらし, いつか嘆きを忘れけり, いつかきたい程, いつか嘔気をも忘れ, いつか囚人と同じ, いつか四五人の人, いつか四五人一緒にやってき, いつか四五年は過ぎ, いつか四人の子, いつか四十を過ぎ, いつか四十二のお年, いつか四周の自然, いつか四山の峰, いつか四日の朝, いつか四月も打ち過ぎ, いつか四谷の堂, いつか四道の糧道, いつか回り去るであろう, いつか回復したとき, いつか団菊左の手, いつか困るんだ, いつか図太くなって, いつか固体表面に吸着, いつかに帰れる, いつか国じゅうに伝わり広まった, いつか国家もその, いつか国言葉に戻り, いつか国許で逢うた, いつかから出, いつか園田丈吉君とヨシ子ちゃん, いつか圓太郎はホクホク, いつか圓朝も昨夜, いつかの下, いつか土岐子爵がわざわざ, いつか土手に添うた, いつか土民の中, いつか土間に立っ, いつか在らずなりて首, いつか在留して, いつか地蔵堂へ襲っ, いつか地蔵尼に転じ, いつか坂口自身になり, いつかの外, いつか城中の人々, いつか城太さんが烏丸様, いつか城太郎は自分, いつか堀江の町, いつかの欄間, いつか堕ちていました, いつか報告する機会, いつか塩野が横浜, いつか塵箱に入れられる, いつか墓地の奥, いつか墜落しきって, いつかをながし, いつか墨屋敷の窓, いつか士族屋敷のあたり, いつか変じてトラ, いつか変るかもしれない, いつか変化して, いつか変形し終漁, いつか変通自在な表現, いつか夏目さんといっしょ, いつか夏目先生が風流漱石山人, いつか夏目先生生前のある, いつか夕方新宿でお, いつか夕暮れらしい色, いつか夕暮れ時便所の汲取口, いつか夕暮時の土星, いつか夕闇が迫っ, いつか夕雲を赤く, いつか夕雲華やかに流れ, いつか夕霞の薄い, いつか夕風がそ, いつか夕鴉の黒い, いつか外して居る, いつか外国の名画集, いつか外國の或, いつか計代, いつか多くの人, いつか多少戯曲的な, いつか多賀ちゃんがラジウム, いつか夜ピムキントラクターへわる, いつか夜中バクハツのとき, いつか夜中勉強して, いつか夜仕事して, いつか夜分にいらっし, いつか夜半の暗い, いつか夜大変に混んだ, いつか夜母と父, いつか夜父が子供, いつか夜襲の直前, いつか夜警団となった, いつか夜露の様, いつか夜風呂の帰り, いつか夢まぼろしの国, いつか夢中でその, いつか夢現の境, いつか夢路に入っ, いつか大々的に書かれた, いつか大いに役に立ちそう, いつか大きくなるまま, いつか大二郎は私, いつか大作の姿, いつか大吉と出来合っ, いつか大和街道でベソ, いつか大和路から奈良, いつか大地を馳, いつか大型バスの中, いつか大塚驛前を通りすぎ, いつか大学百景といったよう, いつか大川の河岸, いつか大師へ一同, いつか大成するだろうと, いつか大日の御堂, いつか大村で聞き流した, いつか大河内氏がその, いつか大磯で誂え, いつか大空のひ, いつか大粒の雨, いつか大胆な敵, いつか大臣席から姿, いつか大通りの両側, いつか大隈伯をここ, いつかのお, いつか天下に名, いつか天井からは火, いつか天使が, いつか天地の荒涼, いつか天堂にて自らこれ, いつか天堂一角が万吉, いつか天気のいい, いつか天満の河岸, いつか天現寺橋の辺り, いつか天皇のお, いつか天竜を渡っ, いつか天罰をうけず, いつか天運のお, いつか天道へもれ聞こえる, いつか太刀は抜かれ, いつか太平の風, いつかが莫大, いつか夫人につたわっ, いつかくした, いつか失くなっていた, いつか失ってその, いつか失はれてし, いつか奇矯に偽造, いつか奇面城の事件, いつか奈良ホテルから公園, いつか奈良島の肩, いつか奥さんと手, いつか奥村五十嵐君が銭形, いつか女中さんのこと, いつか女乞食はわたくし, いつか女人の特権, いつか女優としては経歴, いつか女史のかた, いつか女王はなっ, いつか女道楽ははた, いつか好きになれ, いつか好機会をとらえ, いつか如意輪寺の梅月夜, いつか妊娠したらしいので, いつか妬みに似た, いつか姉妹に最初, いつか姉川五郎という男, いつか姦通という忌わしい, いつか姫山の家, いつか姫路の丘, いつか娑婆の人間, いつかは妾同様, いつかやと長谷, いつか婆さんが話し, いつか婚期を失っ, いつか婦人公論かなに, いつかにも訴えた, いつか嫌いであった酒, いつかの背, いつか子孫へ原始人的, いつか子爵の懐古的, いつか字引で見ましたら, いつか孟宗藪の葉もれ, いつか学問のうえ, いつか学士があなた, いつか孫娘と離れ離れ, いつか孵る時が, いつか學校の國語, いつか宅助はヒョロリ, いつか安子は団長, いつか安穏は取り去られ, いつか完全に妹, いつか宗平の家, いつか宗易が耳, いつか宗達のエハガキ, いつかに浮い, いつか宝塚へ遊び, いつか宝泉寺では琥珀色, いつか宝船に変, いつか実現して, いつか室内は暮れ, いつか室生さん流になり, いつかの手, いつか宮廷に採り入れられ, いつか宮方に帰すべき, いつか宮様を見た, いつか家具部を歩い, いつか家族の話, いつか家来共も自分, いつか家督をついで, いつか家門を失い, いつか宿せる暁, いつか寂しい川上へ, いつか寄せていた, いつか寄り添ってじっと, いつか寅さんに内, いつか密告されて, いつか密通した, いつか富岡も食堂, いつか富裕な数奇, いつか寐入つて, いつかぐさい闇が, いつか寝たものと, いつか寝ることが, いつか寝入ったものと, いつか寝入れるその頬, いつか寝具から脱, いつか寝室で聞いた, いつか寝床がなくなる, いつか寝返を打, いつか實感に遠い, いつか寺町の通り, いつか寿江子踏台にエノグ皿, いつか射し添っている, いつか将棋の木村名人, いつか将軍はどこ, いつか将門の家臣同様, いつか將來私が長い, いつか尊公に再び, いつか小名木川の堀割, いつか小堀鞆音の子息, いつか小夜子が写真, いつか小娘のこと, いつか小宮さんとかう, いつか小屋を出, いつか小川町の広い, いつか小幡家の玄関, いつか小春になっ, いつか小杉さんはすらすら, いつか小林に書い, いつか小林団長は二十面相, いつか小林少年が苦しめられた, いつか小林秀雄が日日, いつか小柳生城で猛犬, いつか小歌が落語, いつか小母さんが指, いつか小熊から聞いた, いつか小父さん夫婦の話, いつか小田氏にお願い, いつか小言を云った, いつか小説風に書い, いつか小間使というもの, いつか小鳥の声, いつか少々その方, いつか少年に似た, いつか少年読物の中, いつか尨大になった, いつか尽きて今, いつか尽き果てるだろうとの懸念, いつか尾崎士郎の家, いつか尾張屋の娘, いつか尾鰭になり, いつか居眠って夢, いつか居眠りをはじめた, いつか屈托など言, いつか屋上からみた, いつか屋敷の耳, いつか屋根の夜雨, いつか屋根船に救われた, いつか展望にのった, いつか展覧会で見た, いつか山中で出あった, いつか山伏風に身, いつか山径を二人, いつか山手組の悪名, いつか山木君が教え, いつか山村が自作, いつか山海の珍味, いつか山門の売店, いつか山鹿も黙っ, いつか屹度この, いつか岡山へ行ッ, いつか岡田と三人, いつか岩ヶ根の近く, いつか岸辺に匍, いつかに遮られ, いつかが又, いつか島井宗室も濠, いつか島内へ流れこん, いつか島内君の時, いつか島根県へ左遷, いつか島田君に正体, いつかが抱きすくめ, いつか崩壊した石垣, いつか嵐山の桜, いつかの言葉, いつか川筋気質というもの, いつか川辺みさ子の最期, いつかを懸け, いつか巣窟の入口, いつか工場見せて, いつか左側の店並, いつか左翼系の某氏, いつか己ゃ見た好い, いつかに乱入, いつか布団を捨て, いつか帝劇の楽屋, いつか帝大の参考室, いつか帝展へ出品, いつか師事するよう, いつか帰りて表, いつか帰るとき足もとに, いつか帰一しいかに, いつか太郎君から, いつか常例になっ, いつか干からびてしまうであろう, いつか平之進の頭巾, いつか平常の埒, いつか平民になった, いつか平河さんの方, いつか平野ゆりかさんのへや, いつか年上のもの, いつか年四十を越し, いつか年寄りをヅカファン, いつか年経りましたなあ, いつか年老いることも, いつか幸ちゃんがかぜ, いつか幸福其物のよう, いつかのやう, いつか幼年画報に出, いつか幾島の前, いつか広津和郎氏が築地小劇場風, いつかの上, いつか府中競馬場で同君, いつか庶民の風俗, いつか康頼と一しょ, いつか廃れてわずか, いつか廃れ果てて江戸ッ児, いつか廣介の両手, いつか建てる筈である, いつか建安十二年孔明は二十七歳, いつか弁天島のう, いつか式台には幾ツ, いつかの音, いつか引き下がるだろうと思った, いつか引用した例, いつか引込まれて暗い, いつか弛みが生じる, いつか弛んで再び, いつか弟子の伊太郎, いつか張り続け過ぎて死, いつか張任を見失い, いつか張子の亀, いつか張継尭と譚延, いつかあ子, いつか当たり前になっ, いつか当座だけの用意, いつか当然正面から, いつか当面の敵, いつか形式ができ, いつか影響しつつ, いつか役に立つ日が, いつか彼女自身から聞い, いつか彼娘が申したで, いつか彼等自身の, いつか往年の苦しみ, いつか征途に山桜, いつかの時代, いつか後家のお, いつか後方はるか水平線のかなた, いつか徐ろにそれ, いつか徒党をなした, いつか御伽草子で見た, いつか御前にたのん, いつか御影石を敷き詰め, いつか御所の内, いつか御者台に並ん, いつか御行の松, いつか御車と警衛, いつか御飯のとき, いつか復讐して, いつか復讐戦をやりたい, いつか微笑んで二人, いつか徳田先生と私, いつか徹底的な厭世主義者, いつか心細いものと, いつか心身から喪失, いつか心静かに私, いつか必らず通る筈, いつか必然起る人生, いつかも明けた, いつか忍川の売卜, いつか忍耐に重く, いつかをえ, いつか志津が遊び, いつか忘れられた何人かの, いつか忘れ去っていた, いつか忘れ去られている, いつか忘れ果てていた, いつか応じて来る, いつか応天門の附近, いつかの早, いつかれを, いつか思いの外に長命, いつか思い切ってこっぴどく, いつか思い思われる仲に, いつか思うこと, いつか思っていた, いつか思ひの, いつか思ひ出せるぢやらう, いつか思ひ込んでゐます, いつか思ふさまこの, いつか思わぬように, いつか急ぎ足になっ, いつか怨みを返し, いつか怪談の出た, いつかにも狂う, いつか恋するように, いつか恋歌なども知っ, いつかさも, いつか恐らくせずには, いつか恐ろしい嫉妬の, いつか恐慌が来る, いつか恢復しなければ, いつか恩げえし, いつか息子の英雄君, いつか悧巧に波止場ゴロ, いつか悪いことを, いつか悪戯らしい十五歳, いつか情けなさに, いつか情熱を失った, いつかにもしなくなっ, いつか意味を持ち出し, いつか意欲が理性, いつかかせた録音, いつか愛されようとは思い得なかった, いつか愛している, いつか愛し出していた, いつか愛子夫人が蘆花, いつか感じたように, いつか感受性は鈍く, いつか感染した, いつか感覚を介し, いつか感覺を介し, いつか慣れてし, いつか慶四郎の肩, いつか憂欝の中, いつか憎悪を孕ん, いつか懈怠が来ない, いつかにいる, いつか懐妊して, いつか懐手のまま, いつか成就するもの, いつか成立して, いつか成長しつつ, いつか我々の食物, いつか我が懶惰の, いつか我身はまた, いつか戦そのものが藤吉郎, いつか戦争みたいなこと, いつかがあれ, いつか戴くところの, いつか戸倉老人はへん, いつか戸口は閉ざされ, いつか戸台さんという人, いつか扇形に開い, いつか扇谷氏からそんな, いつか扇雀に逢ふたとき, いつか手代にされた, いつか手元がほの暗い, いつか手本を示した, いつか手水鉢の中, いつか手箱だの衣嚢, いつか手足思ひの, いつか打ちしずんでくる, いつか打ち落されてしまう, いつか打つてゐた, いつか打家劫舎に変じ, いつか打解けて, いつか払った六円若干の, いつか投げ捨てて孟, いつか抜いて棄てた, いつか抜いた長脇差し, いつか抜けだす機会が, いつか抜け出して行っ, いつか抱きしめている, いつか抱合ふ, いつか押してお, いつか拙者に申し出た, いつか招くべきものを, いつか拝借したドストエフスキイ, いつか拝見させて, いつか持ちものを, いつか持て来た応挙あれは, いつか持株の数, いつか指導者のよう, いつか挿したる酒甕の, いつかはれる危険, いつか捺つて行つた翅の粉, いつかつて食べた, いつか採集に連れ, いつか控え室で兵隊, いつか推しておった, いつか推移して, いつか描いた自画像を, いつか握り交わされていた, いつか摩耶へ遊び, いつか播磨灘の空, いつか撮ってやろう, いつか撲ったことが, いつか支那の軍閥, いつか支配人にも起こらないだろう, いつか改まつたやう, いつか改めて話そう, いつか放送してね, いつか参に, いつか故人のこと, いつか救った美しい女, いつか教室から消え, いつか教文館の飾り窓, いつか教育家に経済学, いつか所屋敷の, いつか散り果て, いつか散りそめ程ちかき, いつか散歩のついで, いつか数え日の暮れがた, いつか數年後乾いた溝, いつか文士卓の隅, いつか文字をおぼえ, いつか文字禅理論禅になり, いつか文楽師匠のいっ, いつか文章に音律, いつか斎宮へおいで, いつか斑尾が私達, いつか新内にとぼけた, いつか新潮の交遊記, いつか新田の老臣, いつか新聞社であれ, いつか新芽を吹い, いつか於福から聞き取った, いつか旅費と暇, いつか旗二郎裏庭へ出た, いつか日々の入浴, いつか日かげの土, いつか日向蛤というもの, いつか日夏耿之助がそんな, いつか日暮れになった, いつか日本人の眼, いつか日本小説の繪物語, いつか日本最古の武道, いつか日蔭の腹違い, いつかや自分, いつか早稲田の応接間, いつか明くなりかけた頃, いつか明けていた, いつか明るく電燈が, いつか明るみかけて, いつか明子は自分, いつか明日のわが身, いつか明神様へ引っ返し, いつか易者が十日, いつか昔あなたがすすめ, いつか昔しの様に帰らん, いつか昔一しよに, いつかの冴え, いつか星ヶ岡の中村君, いつか映画でオットセイ, いつか春秋の雨, いつか昨年暮あたりの広津さん, いつか昨日と過ぎた, いつか是非出さんと, いつか昵懇をむすん, いつかになった, いつか昼近くなって, いつか昼間のつかれ, いつか時事新報に出た, いつか時刻が経った, いつか時勢がめぐりめぐり来っ, いつか時子はボート, いつか時枝君が送っ, いつか時次郎とマン, いつか時計館とよんだ, いつか晝近くなつて, いつか晦日近くなった, いつかに入らつ, いつか晩春の夜, いつか普及せられて, いつか普通の歩調, いつか普遍的事実となる, いつか智慧を借りよう, いつかの光, いつか暖かくなり, いつか暖簾の内, いつか暗い窓外に, いつか暗かった, いつか暗にまぎれながら, いつか暗黙のうち, いつか暮色蒼然凍えた手, いつか曇った晩あの, いつか曇らざるを得なかった, いつか曇天を崩した, いつかること, いつか書かせていただきます, いつか書き替えたいと, いつか書き捨てた自分の, いつか書くとすれ, いつか書写山の陣屋, いつか書斎でも何, いつか書生も捨ておく, いつか曹操から関羽, いつかへさ, いつか月江と金吾, いつか月見をした, いつか有らゆる生物が, いつか有るか無き, いつか有信館の座談, いつか有島生馬さんと庭, いつか有明けめいて, いつか朝そこへまた, いつか朝日グラフにいろいろ, いつかな月, いつか朧げに見た, いつか木山が仲間, いつか木曾街道で, いつか木村名人が双葉山, いつか木樵や里, いつか木綿問屋の番頭さん, いつか木蔭から起き出, いつか木隠れに遠ざかっ, いつか起ちゃん, いつか本家の姉, いつか本当のこと, いつか本役になつ, いつか本所の化物屋敷, いつか本殿の物音, いつか本物の熟睡, いつか本田堤の辺, いつか本紙に詩集, いつか本職の屋根屋, いつか本能的体験の不足, いつか本誌で読んだ, いつか本郷座へ出た, いつか朱骨の丸行燈, いつか机博士が六天山塞, いつか杉林を通り, いつか村上さんと親しく, いつか村井も其処, いつか村人はついに, いつか村松梢風氏が, いつか村雨も晴れ渡り, いつかも柄香炉, いつか束ねた縄を, いつか来い肝心の, いつか来るだらあずに, いつかが白ん, いつか東京話になる, いつか東寺の長者, いつか東村と来た, いつか東沢のホラノ貝, いつか東野の逃げた, いつか東野南次はそんな, いつか松並木がまばら, いつか松井がこれ, いつか松年先生の荒い, いつか松樹山の麓, いつか松竹座前の大通, いつか板挟みになっ, いつかは流される, いつか果たしてやれる自信, いつか果心居士さまのお, いつかから落ちる, いつか柳沢にだけはそれ, いつか柳田というれい, いつか柴垣さんの作品, いつか柴桑の城市, いつか柵門もこえ, いつか柿崎さんが貴女, いつか栄さんの良人, いつか栗栖に買っ, いつかを下し, いつか根ほり葉ほり訊かれた時, いつかの花, いつか桃色の花, いつかの葉, いつか桑実寺の山門, いつかの梢, いつか梅茶亭の戻り, いつか梅雨期の蒸, いつか棄てられるにきまつ, いつか棋界に復活, いつか森啓之助にのり, いつか森本の口, いつか森田屋と義, いつか植木屋が証文どおり, いつか検事のハルトアン氏, いつか検分した時, いつかの魂, いつか楓河岸の二階, いつか榊原家から出た, いつか様々な考え, いつかをつたう, いつか模造品と置き換えられ, いつか権十郎息子の方, いつか権門に取, いつかの方, いつか横たわると三千, いつか横文字の雑誌, いつか横町を曲った, いつか横着になっ, いつか檜葉の梢, いつかの澤, いつか次郎坊が毀れた, いつかといふもの, いつか止まむ吾ため, いつか止まってしまっ, いつか止んだらしいが風, いつかちやんの, いつか正午近くなつて, いつか正成のうしろ, いつか正月の朝, いつか正木の家, いつかの木蔭, いつか此問題に出, いつか此方がふさぎ, いつか此等のもの, いつか武一が血, いつか武者小路を見, いつか武者小路さんに, いつか武者小路氏によって使われ, いつか武蔵の画, いつか歩いてしまった, いつか歩いたことが, いつか歩きだしていた, いつか歩くともなく, いつか歯痛も納まっ, いつか歴史的事実として顧みられるであらう, いつか死んだら一生の, いつか死滅し消失, いつか死顔の形相, いつか殆ど知らぬま, いつか残り少く箒, いつか残暑も次第に, いつか段々補足され, いつか殺されたチャンフーという, いつか殺したいたいけな, いつか殿にもお話し, いつかはれて, いつか毀れちまう車の, いつか母屋からよほど, いつか毎日の三度, いつか毎日紙上の, いつか毛ばだつ蕋, いつかに対し怨み, いつか民さんたちと放牧, いつか民間にも移っ, いつか気がついてくる, いつか気づく時が, いつか気持も安らか, いつかが狂, いつか水上温泉で田舎まわり, いつか水夫たち全部がそろっ, いつか水底の海草, いつか水無川の流れ, いつか水道橋は過ぎ, いつかが融け, いつか氷川さまの境内, いつか氷柱にとざされ, いつか永住の目的, いつかに向かっ, いつか江戸城の西, いつか江馬さんと親しく, いつかの魚, いつか池之端の茶屋, いつか池島信平氏が日本, いつか沈まる事が, いつか沈めやがったなッ, いつか沙汰やみになっ, いつかの家, いつかの岸, いつか河内の金剛寺, いつか河内介の情, いつか河豚に酔っ, いつか泊り客の心中事件, いつか法印すっかり酔わされ, いつか法外な数, いつかのうへにゐる, いつか波上の身, いつか泣いていた, いつか泣きやんでやつぱりお月さま, いつか泣き声になっ, いつか泥棒という商売, いつか泥酔の挙句唐紙, いつか注視して, いつか泰軒が評した, いつか泰軒小父ちゃんに言いつかっ, いつか洋服を一著作, いつか洋装に着換え, いつか洋間の壁張, いつか洋館の前, いつか洗つて一寸舞台, いつかたらしは, いつか洩れたとみえ, いつか洲崎の朝鮮料理屋, いつか活動の弁士, いつか流れがたえる, いつか流れ合う一脈の, いつか浅草寺の境内, いつか浅草金龍山内にもあった, いつか浅間山の追分ヶ原, いつか浦松佐美太郎氏に会った, いつか浪人はうなだれ, いつか浮き浮きした声, いつか浮雲にでも乗つ, いつか海岸で恰度青年, いつか海水小屋でお目にかかった, いつか海洋博物館での通俗講演会, いつか浸蝕されて, いつか消えようとせず, いつか消え去り囚人は, いつか消え失せたのである, いつか消え果てていい, いつか消しとばされている, いつか消し飛んでしまっ, いつか涌いて来た, いつか涙ぐみながら広次, いつか涼しい一脈の, いつか淋しくうつむいて, いつか淡谷さんの家, いつか淡谷スミ子ちゃんのさらわれた, いつか淡谷庄二郎さんがきみ, いつか淡路島一帯を捜索, いつか淪落のた, いつか深々寝込んで, いつか深く雲が, いつか深夜に私, いつか混ぜてあった, いつか清らかな涙, いつか清月も柳沢, いつか清水谷の公園, いつか清洒な木の間, いつか済んでゆく, いつか減じてようやく, いつか減って今, いつか渡っていた, いつか渦巻も消え, いつか湖心を去っ, いつか湯あがり後の雑談, いつか湯上りの飯尾さん, いつか溜池の裏通, いつか溶け去って海鼠, いつかして, いつか滅亡する時, いつか滑川の川口, いつかの落ち口, いつか滝人が忘れ, いつか漂い出している, いつか演説口調になっ, いつか漫然と澄江堂と, いつか潤いこまかに, いつかがさし出した, いつか潯陽江の白龍廟, いつか潰える雲の, いつか澄んでいた, いつか澄んだ碧み, いつか激戦のあった, いつか赤い夕雲, いつか濡れてゐた, いつかを七輪, いつか火の気の絶えたる, いつか火星のボート, いつか火箸を弄ん, いつか灼熱して, いつか炬燵の上, いつか点々と隊, いつか為し得ること, いつか為めになる, いつか烈しい夏の, いつか焚火も踏み消され, いつかの中, いつか無くなって居た, いつか無くなりては華鬘, いつか無一物などといったの, いつか無住になり, いつか無意識にそれ, いつか無数の男女, いつか無限の中, いつか焼栗売りに, いつか風機を, いつか熄むものだしなあこんな名物根杏, いつかに出会つたつていふ, いつか熟練して, いつかが出, いつか熱帯魚のはいっ, いつか燃料がたかく, いつか燈火が点っ, いつか燕万年青の白い, いつかもつき, いつか爆発しなければ, いつか爪先が仰ぐ, いつか父娘は牧, いつか片手には青々, いつかは町, いつか牛込の老婆殺し, いつか牛込警察署の刑事, いつか牝牛を盜ん, いつか牢破りの名人, いつか物珍らしげに, いつか物蔭に身, いつかの話, いつか狂信して, いつか独言をいい, いつか狭い部屋暮しの, いつか狭霧が晴れ, いつか猟人のおじいさん, いつか之松, いつか猫女めに横, いつかはこの, いつか玄関に来た, いつか玉井家の家族, いつか王者その冠, いつか現れたホ型十三号という, いつか現われてきた, いつか現実の世, いつかに落ち, いつか理知のつよい, いつか理解したモスクワ, いつか瓢箪池の, いつか甘い眠りに, いつか甚内の前, いつか生じてゐた, いつか生れて初めて, いつか生存適応者らしく足許, いつか生後三月ばかりのフォックステリア, いつか生蕃カンニング事件のとき, いつか産みしと人, いつかに立つ, いつかになつ, いつか田中貢太郎氏の小説, いつか田圃で, いつか田崎夫婦の招き, いつか田植ゑの済む, いつか甲州道中の鶴川, いつか甲板の上, いつか上げたと, いつか町中になっ, いつか町内へ拡がった, いつか画かした小翠, いつか画家志願に変っ, いつか留守に来た, いつか畜生同士のごとき, いつかりたり, いつか異うものに, いつか異常な興味, いつか異様な興奮, いつか疎らになつ, いつか疎遠になつ, いつか疲労にかわり, いつかも忘れた, いつか病人はうとうと, いつか病室で見た, いつか療養所へいらし, いつか癒えて稀, いつかとなつ, いつか発覚するに, いつか登って来, いつか登勢にはほくろ, いつか白くなつた主人, いつか白く硬ばって, いつか白みゆく雨戸の, いつか白んで来た, いつか白ズボンの先, いつか白刃はみだれ合っ, いつか白河戸郷を巡っ, いつか白状する, いつか白茶地に銀朱, いつか白龍の家, いつか百回をこえた, いつか百年余の月日, いつか百田宗治氏に會, いつかを広大, いつか皆さんは茨, いつか皮膚にも同じ, いつかを忘れ, いつか盗まれた親父の, いつか盗み本来の, いつか盛岡市の西北, いつかの中, いつか目標に近づい, いつか目白のお, いつか目的の停留場, いつか目頭が熱く, いつか盲人は群集, いつか直して貰いましょう, いつか直るだらうかと存じます, いつか相互の顔, いつか相川泰二少年が蛭田博士, いつか相当の馴染, いつか相撲の手, いつか相模川の河原, いつかであるやう, いつか真個にいつか, いつか真剣さの溢れた, いつか真実性を帯び, いつか真昼も過ぎ, いつか真杉静枝さんに誘われ, いつか真顔になっ, いつか眠らされて鈍痛的無気力状態, いつか眠りかけびっくりし, いつか眠りだしたようすで, いつか眼底を疲らし, いつかていた, いつか着せてゐる, いつか気を, いつか睡眠中の暗示, いつか睫毛にも涙, いつかにうるん, いつか矢来の老, いつか知つての大, いつか知らずうすれていっ, いつか知らず二三間は隔たり, いつか知らず取返さねばならぬ, いつか知らず寝てしまいました, いつか知らず滅びてしまった, いつか知らず知らぬ間の, いつか知らず色のなか, いつか知らないまに, いつか知らねえうちに, いつか知られてい, いつか知らんが忌々しい, いつか知ら作つて來たとでも, いつか知ら消え失せて胸, いつか知ら風の消, いつか知るように, いつか知れずにはいない, いつか知れないように, いつか知れぬ日まで, いつか知性も良識, いつかの稽古, いつか石橋を渡っ, いつか砂利に垂れた, いつか砕かれていたであろう, いつか破れるような, いつか硝子戸にわたし, いつか確かにした, いつかにされた, いつか示さむ, いつか社会に報い, いつか社長がこの, いつか祈る気持に, いつか祖母だちが, いつか神宮競技場で行われた, いつか神様は有る, いつか神気朦朧として空, いつか神田の丁字風呂, いつか神秘を加え, いつか祭月がきのう, いつかが解かれ, いつか福次郎に教えられた, いつか禿狸をつかまえたら, いつか秀吉が信長, いつか私あなたに私達, いつか私たち純下町人までが平気, いつか私どもは細い, いつか私敵を打たれる, いつか私自身のかなしみ, いつか私達一緒にお参り, いつか私邸に呼ばれた, いつか秋霜のごとき, いつか秋風が立ち, いつか科学博物館でこういう, いつか秘かに来, いつか秘密のどん底, いつか税務署とケンカ, いつか積乱雲は見えなくなる, いつか空いっぱいに伸び, いつか空き地に遊ん, いつか空中に消え, いつか空家になっ, いつか空想はついに, いつか空鞍だった, いつか穿履までそろえ, いつか突っ込んだまま忘れ果て, いつか窓かけを下した, いつか窓側に行つて, いつかに降り行き, いつか窖番人としての警戒心, いつかでそ, いつか窪川鶴次郎が僕, いつか焚きの, いつか上って, いつか立ち出した風も, いつか立ち寄った時蕎麦を, いつか立ち行かなくなったか一階二階, いつか立つや我, いつか立上り小槌を振る, いつか立派に一本立ち, いつか立田山へき, いつか立見の人々, いつか竜宮界を訪れた, いつか竪穴のこと, いつか端唄を歌い出した, いつか競漕に結びつけ, いつか竹一が自分, いつか竹村の温室, いつか竹藪の外, いつか竿をあげ, いつか笑いながら椅子, いつか笑い声のうち, いつか笑っていた, いつか二の, いつかを擱, いつか筐底の古, いつか箱根路の闇, いつかがかわった, いつか範覚は廊下, いつか築地小劇場でやつ, いつか築山の蔭, いつか簾中の人物, いつかを瑠璃色, いつか米友の槍, いつかを持っ, いつか粘るのだった, いつか精神を以て模倣, いつか糜竺糜芳の兄弟, いつかのよう, いつか紀久子が外, いつか紅潮して, いつか納まりがつく, いつか純粋花のよう, いつか紙上で小説, いつか紙芝居を利用, いつか紙鳶を一緒, いつか紛れてしまいました, いつか素晴しいお役に立つかも, いつか素気なく先方, いつか細い狭い通りを, いつか細って枯れはて, いつか細川忠興は三十だい, いつか細引の縛め, いつか終戦後でしたが, いつか終日の帝, いつか経たと思います, いつか経済的無価値, いつか経過して, いつか給料をハミ, いつか統計が出, いつか絵画の方, いつかゆべき仏, いつか絶えていた, いつか絶えたる木の芽かな, いつか絶対のもの, いつか絶滅する時, いつか継母じみて, いつか継父が児, いつか綾子が鉛筆, いつか綾子夫人と一しょ, いつか綾衣の耳, いつか勘定を, いつか総立ちになっ, いつかの解けた, いつか緒方自身に任せ, いつか緩い勾配の, いつか練兵場で練兵, いつか縁側に腰, いつか縁日で見た, いつか縄脱けをし, いつか縊死をしよう, いつかにかすん, いつか繕う気に, いつかもない, いつかで蔵, いつか署長が役場, いつか罵るも, いつか羅漢の像, いつか羊仙のお, いつかを保証, いつか美しい女に, いつか美沢のこと, いつか美音会の忘年会, いつか羞らいをもっ, いつか群集の中, いつか義理や迷惑, いつかの青い, いつか羽田飛行場へでかけ, いつか羽織の裾, いつか習得させられた自分, いつか習慣的になっ, いつかをぱツ, いつか老婆は立ち去った, いつか老母は快, いつかへてらしつた, いつか考え込んで居る, いつか聞かされたことの, いつか聞きかじっております, いつか聞くところに, いつか聞けますよ, いつか聞こうと思ってた, いつか聞こえなくなりますと三人, いつか聞覚えてしまった, いつか聴こうよ, いつかを枕, いつか肝心の須永, いつか肥り出した彼女の, いつか肥沃の地, いつか肥満した婆, いつかを刺戟, いつか背むしの左右, いつか胡桃味噌などを作らせた, いつか胸先からはきれ, いつか脂ぎった腹を, いつか脳貧血を起した, いつかえ散っ, いつか腐つて行くらし, いつか腐る運命に, いつかから辷り落ちた, いつかをのり出し, いつか膵臓の癌腫, いつか自ずと馬の背の, いつか自分一人とそして, いつか自動車が顛覆, いつか自国の敵, いつか自宅の庭園, いつか自家の長屋門, いつかへ給, いつか興奮し出したお, いつかを催しました, いつか舞踏会で君, いつかはひろびろ, いつか舟橋の作品, いつか船岡は久世侯, いつか良い品に, いつか良寛さんはお父さん, いつか芝居気が出, いつか芥川の作品, いつか芥川さんが, いつか花嫁とする, いつか花嫁姿のお客, いつか花房助兵衛の心, いつか花時には大堰川, いつか花月新誌で読んだ, いつか花鳥の立派, いつか芹川さんは大きな, いつかを吹くだらう, いつか芽ぶいて若葉, いつか苅萱の聖, いつか苛立たしさを, いつか檀那と, いつか若い日の, いつか若い美しい火の, いつか若松屋惣七さまがわたし, いつか若者はこの, いつかもなく, いつか苦労が出来, いつか苦笑を洩らし, いつか英国人の宣教師, いつか英語の時間, いつか茂りしかも短い, いつか茂太郎の手, いつか茅野雄は石段, いつかが伸び立っ, いつかに染まり, いつか茜いろの曠野, いつかの束, いつか茫然とうるん, いつかの実, いつか草むらの奥, いつか草履を引づりながら音楽室, いつか草庵で独り留守, いつか草田の家, いつか荒れ障子を, いつか荒木田様が仰っし, いつか荘八さんの挿絵, いつか荻窪の駅, いつかの花, いつか菊坂の裏通り, いつか菊池さんに話した, いつか菖蒲に引き, いつか菩提に入相の鐘, いつか菩提寺の住持, いつか華麗な船列, いつかゆる翅, いつか萎えてしまつ, いつか落したものだ, いつか落ちて四辺, いつか落ちついてお話し, いつか落語で聞いた, いつか葉子の気分, いつか著者が得る, いつか葛西氏が私, いつか蒲団を引被い, いつか蒼白に坑夫病, いつか蓮見の家族, いつか薄いふたつの, いつか薄らいでいた, いつか薄れ至って平安, いつか薄明は黄昏, いつか薄暗くなって, いつか薄笑いを浮かべ, いつか薄闇が立ちこめ, いつか薔薇の花, いつか売りから, いつか薬草になる, いつか暗い夕闇, いつか藍色を増し, いつか藤吉郎は眠っ, いつか藤子にた, いつか藤村氏が, いつか藤枝先生がお, いつか藩邸の附近, いつか藪八を前, いつか虚子のかい, いつかの音, いつか虫めがねでのぞいた, いつかの松原, いつかを殺し, いつか蛇王権現の前, いつか蛟龍は風雲, いつか蛭ヶ小島へ帰り着い, いつか蛾次郎にもこの, いつか蜀都に還幸, いつか蜂の巣を見, いつかの声, いつか蝎はじぶんのからだ, いつか蝙蝠の生き血, いつか蝶子柳吉と三人, いつか蟋蟀の声, いつか蠍はじぶんのからだ, いつか血染の襟巻, いつか行くえ不明, いつか行けるのだろう, いつか行こうねぜひ, いつか行方のわからなくなった, いつか衛府の門, いつか衛弘にいった, いつか袁術はそれ, いつか袋持三五郎が憤り, いつか云って, いつかの上, いつか袷衣にする, いつか装飾を加え, いつか裏土間の藁, いつか裏崖から植木屋弥平, いつか裏庭の芝生, いつか補祭に砂, いつか補筆する機会, いつかになつたの, いつか複写で見た, いつかするの, いつかいて, いつかにも壁, いつか襖際へ来た, いつか西山に沈み, いつか西廂記を読み, いつか西洋人に対してさえ恥, いつか西片町のお, いつか西都に皇学, いつか見えた娘さんの, いつか見えない端し, いつか見えなくなつた, いつか見えなくなったという時間的経過, いつか見えることも, いつか見かけたことの, いつか見せてあげる, いつか見せられた故人の, いつか見たがって居た, いつか見つかったのでしょう, いつか見つけ出していた, いつか見やぶられておりました, いつか見る影も, いつか見付けられてこの, いつか見出していた, いつか見失い味方の, いつか見失ってしまった, いつか見様見真似で稼業, いつか見舞に来た, いつか見覚えのある, いつか見送られて過ぎた, いつか規矩男の家, いつか覗いてみた, いつか覚えてしまった, いつか覚束なくなり茅, いつか親しむやうに, いつか親戚になっ, いつか親爺が死んだら, いつかえしおけさ, いつかがまるく, いつか解かれたり, いつか解ける日が, いつか言い合せたように, いつか言われたように, いつか言葉を失っ, いつか訂正される機会, いつか記しつくしたやうに, いつか許されますようおねがいいたします, いつか許可になっ, いつか診た五郎吉の, いつかか科, いつか試練のとき, いつかなど按じ, いつか詩趣とも云, いつか詫びる日も, いつか話されたでしょう貴方の, いつか話したでしょ五人か, いつか話したでしょう薄墨華魁の, いつか話したろう吉川さんと, いつか話しましたわ, いつか話しましたら静子は, いつか話すといいました, いつか誅伐の時, いつか誘いこむように, いつか誘い込まれはしない, いつか誠意は天聴, いつか説きつけられた恰好である, いつか読みもしない, いつか読者は自分, いつか誰かからきい, いつか誰それを特別, いつか調伏の人形, いつか調子を張っ, いつか調所のいった, いつか諏訪町も通り抜け, いつか諒安の影, いつか論文にまとめた, いつか諸賢を会し, いつか謡って聞かされた, いつか識らぬ間, いつか警備兵も変った, いつか警官が多勢, いつか譬えて言った, いつか議事堂に図書室設置, いつか譲受ける下, いつか讀んだアンリフアブルの, いつか讓さんとこへレコード, いつか谷川からはなれ, いつか豁然として道, いつかほどに小さく, いつか豆菊の澄んだ, いつか豊田の館, いつか豪族となっ, いつか豹一は大声, いつか負けて了, いつか負傷した運転手, いつか貰った写真ね, いつか貴君に助けられた, いつか貴島に斬られた, いつか貴島君に會つて話, いつか賄賂を授受, いつか資本家も人間, いつかにやられた, いつか賑かになつてさつき, いつか賞めたじゃ, いつか賢二少年がにいさん, いつか賢子から彼, いつか贈られて感じた, いつか贈られた刺繍の, いつか赤く熟れて, いつか赤ん坊をいきなり, いつか赤壁渓の小道, いつか赤旗を声, いつか赤煉瓦のかけら, いつか赤門をとおった, いつか赤髯先生がおれ, いつか起き出まさな, いつか起き上がって訳, いつか起りうるわけである, いつか起り出した風に, いつか起るかも知れぬ, いつか越え和蘭領へ, いつか越していた, いつか越智がもし, いつか足かけ三年二度目の収穫, いつか足元にすり, いつか足尾銅山を見学, いつか足袋をおろし, いつか足袋はだしになった, いつかもなく, いつか路傍を歩き, いつか路易の手, いつかがすん, いつか踏み折られたまま枯れ, いつか身冥府の迎え, いつか身近によって来, いつかは冠木門, いつか軌道に乗っ, いつか軍事上のこと, いつか軽くなった, いつかい鼾, いつか辺りはあいろ, いつかへられる, いつか近村といったの, いつか近藤と同じ, いつかつてゐ, いつか述べる時が, いつかひやられて, いつか追憶の美し, いつか退職する時, いつか送って頂い, いつか送り狼の如く刀, いつか逃がした紙鳶ね, いつか逃げてしまうだろう, いつか逃げ散っていた, いつか逆立になつて, いつか逕つてしまつ, いつか這入り込んで来た, いつか過ぎて, いつか通じるように, いつか通りで買つて来, いつか通りがかりにちょっと, いつか通りすぎてしまった, いつか通称となっ, いつか逢えないかとひそか, いつか逢えるであろう位に, いつか逢えればいい, いつか連れて来ない, いつかには俳優, いつか遅く帰った時, いつか遊び仲間に知れ渡っ, いつか遊戯と絡まり合う, いつか運命ということ, いつか運転手の服装, いつか過ぎ去り私たちは, いつか道中でそれ, いつか道具の鳴物の, いつか道場のおれ, いつか道平を診察, いつか道後温泉の, いつか道楽の味, いつか道灌山へ夏目先生, いつか道誉の姿, いつか道誉一人のこと, いつかざかつてゐた昔馴染の, いつか遠く低く丹波連峰の, いつか遠く小さくなつて行, いつか遠ざけてしまった, いつか遣ってみたい, いつか選手も繰込ん, いつか邪気のない, いつか郊外のお, いつか部内でも評判, いつか部屋代値下要求運動の時, いつか郵便屋さんが手紙, いつかの口, いつか都会の道路, いつか都合のい, いつか配所へお, いつか酒井邸で見おぼえ, いつか酒屋の四つ角, いつか酔っ払いが道, いつか酔っ払っていらした, いつかつぱらつて腰, いつか釈けている, いつか離れたところ, いつか兵衛の, いつか重い瞼を, いつか重吉が彼女, いつか重大な意味, いつか重苦しい気持に, いつかたれ死, いつか野球のミット, いつか野辺の茶, いつか金堂から食堂, いつか金持らしい紳士, いつか金沢名物の胡桃, いつか金瞳青眉, いつか金箔附の酒, いつか金華山沖あいの斬り合いで, いつか金青年の殺人犯人, いつか釣りこまれて小声, いつか釣竿かたいで, いつか鈍らされ角を, いつか鈍りがちに, いつか鈴川近くなつたが, いつか鈴鹿明神の鳥居, いつか鉄道の参与官, いつか鉄道唱歌などを口, いつかの猫, いつか銀一君がスリ, いつか銀座尾張町の自, いつか銀河の空, いつかがはずれ, いつか錠前屋のよう, いつか鍬形虫にならね, いつかが取付けられ, いつか鎮まって舟, いつか鎮台でお, いつかのところ, いつか鑁阿寺の御霊屋, いつか長々と身體, いつか長けて西山, いつか長割下水の屋敷近く, いつか長崎村附近を散歩, いつか長政もひきこまれ, いつか長椅子の下, いつか長雨が続い, いつかは十字, いつか門人らと並ん, いつか門前仲町の店, いつか閉じた瞼を, いつか閉店して, いつか開きはしまい, いつか開けるであらうといふ期待, いつかの明神, いつか関所の裏道, いつかになれた, いつか闇夜に暗い, いつか防空壕で會つたダンサー, いつか阿倍野橋の闇市場, いつか阿波をのがれ, いつか阿部定も書きたい, いつか降りやんでいた, いつか限られた日数が, いつか陣務の忙し, いつか陣場さんの持っ, いつか陳腐になりました, いつか陸はずれの小船, いつか陽脚が傾い, いつか隅田川の堤, いつか随筆的に書きまとめる, いつか障子が白ん, いつかがみな空, いつか雑誌社から戻っ, いつか雜曲に亂, いつか離れて了, いつか離れ去って行く, いつか離反の火, いつか雨気をふくん, いつか雪雲が浮んだ, いつか雪風が, いつか雲井のよそ, いつか電報をいただきました, いつか電話をおかけ, いつかが深く, いつか露見するから, いつか露顕したので, いつか青い空に, いつか青山の墓地, いつか青山家の道場, いつか青春の日, いつか青根の宿, いつか青葉になっ, いつか静まつた, いつか静子が角力取り, いつか非常に親しく, いつか革命運動を起す, いつかやかな, いつか音読が止んだ, いつか頂上に来た, いつかより大きい, いつか順助と誰, いつか須永の門前, いつか須田町で乗換えた, いつか預かったまま忘れ, いつかをぬらし, いつか頭殿とは三人, いつか頭目の前, いつか頼まれてそんな, いつか頼もうと思っ, いつか頼んだ合鍵な, いつか顔じゅうの筋肉, いつか顔中に笑, いつか顔見知りになっ, いつか顕微鏡で見た, いつか風向きが変つて, いつか風車となつ, いつか風邪をひい, いつか飛び込んだことの, いつか飛行機射撃演習の行われた, いつか飛行船はけむり, いつか飛鳥川のまえ, いつか食い殺してしまう, いつか食物が少く, いつか飯場の露天竈, いつか飼い犬が脛, いつか飽きてきます, いつか養父から借り, いつかから股, いつか首領の手, いつか馬前へ来, いつか馬子の権十, いつか駅長の使い, いつか駆逐されて, いつか駒形河岸にまで来, いつか駒沢に居た, いつか駝鳥に変っ, いつか驕慢となっ, いつか驚くばかり短く, いつか驚くべき市価を, いつか高ぶるものは, いつか高島屋の川勝竪一氏, いつか高度二万メートルを突破, いつか高座で云った, いつか高時の御前, いつか高村軍曹の穏やか, いつか魅し掛けている, いつか魔法博士というふしぎ, いつか魔界の消息, いつか魚汁を食い, いつかの卵, いつかだつて, いつか鳥屋のおじいさん, いつか鳥打を失, いつか鳥猟の話, いつかに就い, いつかをし, いつか鶏鳴が遠く, いつかの初音, いつか鶴子さんが發句, いつか鶴石の背中, いつかの田野, いつか麦遷と溪仙, いつか麻布の六軒長屋, いつか黄色な花, いつか黄金豹が銀座, いつかかるべき鼻, いつか黒ねこが犬, いつか黒山のよう, いつか黒木の御所, いつかつて首を, いつか黙り合ったまま熱, いつか鼠坂の心霊実験会, いつかから提灯, いつかをかい, いつかに化し, いつかに愛