青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いつた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~ ~いつ いつ~ ~いつか いつか~ いつしか~ ~いつた
いつた~
いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~ いで~ ~いと いと~ ~いない いない~

「いつた~」 2117, 23ppm, 5053位

▼ いつたやう~ (354, 16.7%)

55 なもの 12 なところ 7 な顏 6 な感じ, な調子, な風 5 な, なこと, な顔 4 な事, な態度 3 なの, な人達, な気分, な気持, な物

2 [15件] だが, ない, なて, な具合, な問題, な場合, な姿勢, な意味, な表情, な話, な道具, な顔つき, にいかにも, にその, に実際

1 [194件] です, ないつ, なお伽, なごく, なさかん, なしつかりした, なそこら, なそんな, なたわい, なふんわり, なわけ, なアトリエ風, なコース, な一種, な不安, な不平, な世俗的, な世間, な中庸的, な二つ, な交渉, な人, な人柄, な人相, な仕事, な会合, な何, な使命, な公共事業, な冷た, な冷笑, な切手, な刈り倒された草, な前面, な匂, な古風, な叮嚀, な台詞, な味, な品, な問答, な單調, な団体, な坊さん, な場所, な多く, な天候, な奈良朝以來, な奴, な好景気, な妓達, な子供, な子供ら, な存在, な季題, な小, な小口, な小説集, な巧, な席, な年中, な形, な心持, な急, な性格, な性質, な怯えを, な悠久, な情緒, な情趣, な意気, な所, な所謂苦界, な手筈, な批評, な承知, な投書欄, な拵え方, な數週間, な断, な昔, な時代, な時間外勤め, な暢氣, な有閑人, な朝, な東洋語, な検校, な極, な樣子, な歴史, な気, な洒落たこと, な滋味, な状勢, な甘い, な生き方, な生活, な生返事, な男, な痴, な目的, な眼つき, な社會不安, な禅家, な私, な結構, な考, な者, な聲, な自分, な臭気, な芝居, な芥川, な草, な著書, な薄弱, な複雑, な言, な言葉, な訳, な語句しか使, な論題, な譯, な豪族, な身辺些事, な通り一ぺん, な遊び, な遣瀬, な顏つき, な顔付, な風景, な風貌, な飲み屋, な香, な馬鹿, な高尚, な鹽梅, に, にあまり, にあらゆる, にいつも, におも, にすましこん, にひと, にまつ, にもつたいない, にムヅムヅ, にリッケルト, にロムブロオゾオ, に世間, に二階, に人間歴史, に今日, に何處, に個性的, に僅, に先生, に全体的, に其内儀さん, に凄い, に北海道, に卒業証書, に博士, に双子山, に四辺, に夏, に大きな, に天井, に少し, に居る, に思ふ, に情ない, に惡魔, に感じた, に慌て, に或, に撃つ, に政變, に日本, に未だ, に洗濯, に潮, に特に, に現代, に皆, に眞, に石, に稀有, に義經, に芥川龍, に菊池氏, に長い, の感じ

▼ いつた~ (187, 8.8%)

21 である 7 では 6 です 5 か, だ, でした 4 だから, だと, であるが, ですが, や若い 3 だらう, はこの 2 が大, だが, だつた, でございませう, と同じ, は, はその

1 [98件] かがわかる, かぐずついた, かそれ, かと苦笑, かな, かはいらない, かも知れない, かも知れません, かわからない, かを少し, があつ, がいけなかつた, がどう, がほん, がよく, が久しぶり, が初, が奈具, が戻つ, が改めて, が果して, こんなこと, さ御, じや, そのきき, ださうだ, ださうである, ださうな, だつたか, だつたが, だらうもしや, だろう, だ彼女, でありますが, である例へば, である古ぼけた紙看板, でございましたが, ですから, でなかつたならば, でも, でもわかつた, とをごつ, と好一対, ならそれでも, はあれ, はお, はくどく, はさ, はそれ, はパクストあたり, はレンズ, は三時ごろ, は二十二三, は偶然, は僕, は写生, は前後, は南齊, は外, は女, は女ぢ, は始め, は學, は實, は小, は小生一生, は彼, は明治, は是, は最も, は林田英三, は此処, は瀬越七段, は琴平社天神社, は當つて, は知らない, は確か七歳, は第, は老人醫學, は自然, は蓋し, は警部, は鳶, も矢張り, やがな, をあの, をなんとか, をほめ, をボリ, を動作, を始め, を思ひ出す, を思ひ合せる, を慕つた女, を私, を聞い, を見つけた, んだ

▼ いつた~ (128, 6.0%)

4 それは 2 この茶人, これは, それが, 是れ, 暫くする, 私は

1 [112件] あとで, あとは, あの男, あんな凄い, おつぎ, かういふ先入主, かたわらに, こ, この終戦後, この質問, この通り, これも, こんな長い, さびしい月, すぐ素直, すると, そのやう, その人, その健康, その席上, それきり来なかつた, それでもすぐ, それと, それにつれて, それほど皮肉, それらは, たつた一つ例外, ぢれつたさう, つまり僕, とう, どうやら久助君, どう考へ, なか, なんだか顔, ぼくには, また黙つ, もう黄, ものも, やがて出, ゆき子は, よい湯, よからう, ツイ鼻さきの, テクニカラーか, 一尾も, 一幕ずるけ, 一月も, 二人きりゐない, 今は, 何を, 何時まで, 俺の, 假に, 別に座敷牢, 別に案内, 印度では, 向は, 多分二人, 大方それ, 姉と, 宋代には, 家業の, 己れ, 座り直, 建物が, 当然な, 彼が, 彼も, 後還俗した, 念の, 我々は, 旅に, 更にまた, 朝鮮の, 果して金, 構想力こそ, 武夫は, 残りの, 汚いもの, 波の, 清造は, 漸と, 無智, 理由の, 直ぐ再びやつ, 硝子戸の, 私だけは, 私を, 突然後ろ, 篤胤は, 續い, 脂肪過多の, 自分では, 自分には, 行くなら早く, 表現する, 見ると, 見物の, 起小花さんといふ, 近頃では, 鏡を, 間もなく現れ, 防彈ハガネほど, 難きを, 震災で, 鞭を, 順吉は, 顔を, 飛騨は, 馬は, 鷦鷯は, 黒い人垣

▼ いつたもの~ (101, 4.8%)

86 がある 5 だが 4 である 3 があつ, だと, であつ 2 がありました, でそれ, では, はさ

1 [61件] か, からま, が感ぜられた, が盛ん, が確か, が移出, が見事, じや, だから, ださうな, だな, であ, であると, ですから, で伯母さん, で只, となつ, と同等, と推定, と見えます, にでも收録, になつて, にほかならぬであらう, にみえ, のこと, のやう, はあらう, はその, はなかつた, はもう, は今日, は光り, は助, は実に, は屁, は東洋的抽象的表現, は煤, は純粋, も含ん, よりも日本国, らしい, らしいとの, らしいの, を, をうまく, をしみじみ, をたえ, をと詩人, をはつきり, を丸善, を工人, を指し, を搜, を支持, を書いたら, を渡され, を発見, を自分, を見せた, 其の優美, 及び通詞

▼ いつた~ (78, 3.7%)

8 なもの 32 であつ, である, な, な世の中, な事, にひ, に体, に源太郎, のもの

1 [49件] がある, だつた, でした, ではなく, で京子, で唯, で毎日, なこと, な否定, な思ひ切つて, な性, な感じ, な日さ, な男, な話, にあつ, にいろんな, にぐいと, にし, にすげなく, になる, にまだ, にわな, に凡て, に分れ, に寝た, に振り上げられた, に昔, に男, に直ぐ, に眼, に色々, に解し, に説い, に追いかける, に頭, のある, のおとなしやか, のすみ子, のところ, の世帯, の令嬢, の容子, の心得, の気軽, の珍しく, の顏, をし, を持

▼ いつたこと~ (71, 3.4%)

6 があつ 5 がある 2 がない, を信じない, を身

1 [54件] がありました, があります, がすぐ, がなく, がほ, が二三, が判つて, が無, が目, が科學概論, それからその, だ, であつ, である, でお, でございませう, でも, でわかつたよ, で母, と思う, などがあるだらう, に尽きる, に自分, に間違, の無い, の證人, は, はいちど, はない, はなかつた, はやりとげる, は何時, は嘘, は無, は確か, は自我, は辯證法, は銘, まで思ひ出し, もいろいろ, も全く, も言, やりつぱな籠, をおぼえ, を一, を事実, を傳, を平然と, を彼, を思ひだした, を思ひ出した, を私, を言, を話した

▼ いつたところ~ (45, 2.1%)

32 で何, で僕

1 [38件] がある, が偉大, ただ宿, だね, で, でおれ, でこんな, でさみしい, でその, でそれ, でたかだか, でただ, でとても, でボロ二三枚, で兩親, で別段, で古事談, で好い加減, で妻君, で家族, で幼稚, で掘, で政治, で真, で筑前侯, で簡単, で菊次さん, で解, で詮方, で道端, で金, で青竹, なの, なので, になんたらいふ, に濁り, のエドムント・フッサール, は八畳

▼ いつたので~ (44, 2.1%)

4 あつた 3 あらう, 私は

1 [34件] あらうか, おい合點, さしひきすると, すぐさま同君, すぐ同じ, せう, せうか, それからあと, それによ, それを, とくに親し, なくして, やはり本, 何よりも, 元來, 其が, 出て, 勘次は, 博士も, 可哀, 奴氣質とは, 嬉しくて, 昔花冠に, 正直に, 祖父の, 私も, 胃が, 腹の, 自分でも, 自分も, 色色説を, 表現法の, 言葉で, 馬車の

▼ いつた~ (40, 1.9%)

32 みえて

1 [35件] いひますといふ, いふ, いふが, いふでは, いふので, しよう, すれば, ほりでございました, ほりです, ほり叔父さん, ほり古今集, ほり品物, ほり天氣, ほり後世, ほり支配階級, ほり第, ほり風呂敷包み一つ, 云はる, 傳へられ, 思つた, 思ひますと, 思ふ, 思ふ品, 思ふ木賃宿, 書いて, 望むでゐた夢, 知れたらどんなに, 称せられる言葉, 聞いて, 自問自答し, 見て, 解す方, 言ひたげ, 話を, 謂ふ

▼ いつた~ (38, 1.8%)

5 がい 4 がいい, が適当 3 がよい, が好い 2 が当

1 [17件] がしたしめる, がふさ, がよから, がよささう, がわかり易い, がわかり易く, が俺, が宜, が当る, が得, が正しい, が當, が痛切, が適し, が適當, になる, は

▼ いつた~ (29, 1.4%)

2 だ, です

1 [25件] かうと, じや, そうして氣, そうしよう, そうなる, だか, だから, だが, だつて, だもの, だらうと, ですが, ですけれど, は失望, グッと, 一応の, 張り出した強情, 沈んでは, 泣きだしたと, 流しの, 知ると, 裏切られれば, 言うまいと, 近づいたら極力, 逃げられないと

▼ いつた感じ~ (19, 0.9%)

3 である 2 のする

1 [14件] がある, がする, だ, だつた, であるこ, でさ, ですね, でもある, のなにか, のもの, の三階, の方角, の顏, を持たされる

▼ いつた~ (19, 0.9%)

2 お品

1 [17件] かなア, からずつと埼子, から俺, などは自分, にはもう, には一體, には後, には窕子, には自分, に村長, に熊, の印象, はすでに, はもう, も新太郎ちやん, 其の顔色, 返辭

▼ いつた言葉~ (19, 0.9%)

2 である, を憶

1 [15件] がなおさら, がほん, が全部, が残つて, が私, ださうだが, と記憶, の効果, の手前, は皆三, も思ひ, や最後, をふつ, を思ひ出す, を胸

▼ いつた調子~ (18, 0.9%)

2 である

1 [16件] がこの, でかう, ですね, でザポロージェ人, で來, で居る, で文学志望, で早口, で現れた, で痛烈, で舞台, で逆襲, なの, にさ, の手紙, の洒落れた

▼ いつたから~ (14, 0.7%)

2 である

1 [12件] いかにもそれ, いわなかつたと, おとなしく酉, お暇, しつぽ, それで言, つて私の, とうとう我, ツて, 六百連ほど, 学校の, 正直に

▼ いつたとき~ (14, 0.7%)

1 [14件] になぜ, に也ちやん, に初めて, に夫人, に彼, に言つたの, に飛田, のこと, のやつれ, の大西, は汽車辨当がま, は眼鏡, ひゆつと, 即ち遂に

▼ いつた~ (13, 0.6%)

1 [13件] からつい, から考へる, がそれ, ださうですよ, でもとより, で今日, で只, で手, で満更, に三太郎, に恰も漠然と, に舞, をつかまへた

▼ いつたといふ~ (12, 0.6%)

2 ことだ 1 ことで, ことである, ことに, ことは, のか, のである, のを, 感じは, 証拠は, 話を

▼ いつたわけ~ (11, 0.5%)

2 なの 1 がどうやら, だ, だね, で, である, です, では, でペンペン草, ね

▼ いつた~ (11, 0.5%)

1 [11件] がもう, が多い, でもなけれ, にある, の寒い, の心, の顔, は二三人, は幾人, を思ふ, を食つたところ

▼ いつた意味~ (10, 0.5%)

1 で偉い, で奈良, で廃園, のうまく, のこと, のもの, は極端, も八島ヶ池, も半ば, を示す

▼ いつたふう~ (9, 0.4%)

1 にいろ, にみんな清正, に使用, に取れました, に指, に書い, に皆, に眉, のね

▼ いつた~ (9, 0.4%)

1 がない, に就い, のない, はわからんです, は全, も云, を知, を考える, を考へる

▼ いつた様子~ (9, 0.4%)

1 が現れ, が見られた, だつた, であつ, である, でこれ, で慌て, で碁盤, で静か

▼ いつた通り~ (9, 0.4%)

2 である 1 おもしろく夜, この日, その作風, だ, だが, でした, に面した

▼ いつた~ (8, 0.4%)

1 おぼえて, お役人, その理由, たみは, 南無阿弥陀仏, 火事か, 知れません, 覚えて

▼ いつたよう~ (8, 0.4%)

1 な世俗, な人間, な学問, な民間, にも思はれる, に一番, に我々, に駿三

▼ いつたからとて~ (7, 0.3%)

2 あまりしつこく 1 べつだんそれ, 二十代の, 故人を, 許して, 貸て

▼ いつた~ (7, 0.3%)

1 なもの, な性質, な眼, な顏, に周圍, に恐ろしい, に自分

▼ いつた~ (7, 0.3%)

2 になつ, をした 1 があります, がある, が今

▼ いつたかと~ (6, 0.3%)

4 思ふと 1 思ふが, 思ふ松竹

▼ いつたその~ (6, 0.3%)

1 ま, 一言を, 一語で, 暗くあかるく月, 自分の, 逗子の

▼ いつたのに~ (6, 0.3%)

1 いつに, そして従順, それでも一二本, ちが, 何の, 生憎留守

▼ いつた具合~ (6, 0.3%)

1 である, に切々, に将棋, に最初, ひに, らしく発表

▼ いつた姿~ (6, 0.3%)

1 だ其他頸, で川岸, は気, も浮ん, をおぼえ, を思ひださう

▼ いつた~ (6, 0.3%)

1 の仕事ぶり, の國姓爺合戰, は三十八万円, は又, は囲炉裡ば, も無言

▼ いつた~ (6, 0.3%)

1 な密か, な巻物, な性質, な時代, な顔, に周囲

▼ いつた塩梅~ (5, 0.2%)

1 だな, で, で筆者当人, に咄家, に語り進めよう

▼ いつた~ (5, 0.2%)

1 出来, 天才で, 姑小姑が, 町人の, 變な

▼ いつた樣子~ (5, 0.2%)

2 でした 1 でもあつ, で元, を見せ

▼ いつた表情~ (5, 0.2%)

1 この絵, だつた, できつと, をし, を浮かべ

▼ いつた~ (5, 0.2%)

3 をし 1 で幾, や眉

▼ いつたあの~ (4, 0.2%)

1 一瞬時だつた, 叫びは, 大雨の, 生々しい文学青年

▼ いつたあんばい~ (4, 0.2%)

1 である, で何とも, で寝床, で銀座通り

▼ いつたけれども~ (4, 0.2%)

1 其方を, 後にその, 私も, 美術を

▼ いつただけ~ (4, 0.2%)

2 では 1 である, で横

▼ いつた~ (4, 0.2%)

4 やない

▼ いつたほど~ (4, 0.2%)

1 だ, であるから, でつまり, 価値に

▼ いつたものの~ (4, 0.2%)

1 中が, 俺なんかも, 影に, 自分は

▼ いつたんで~ (4, 0.2%)

1 がす, せう, せうなど, ほんとうに

▼ いつた~ (4, 0.2%)

1 だといふ, でその, では日本, で雙方

▼ いつた作品~ (4, 0.2%)

1 ではない, の値打, はその, もある

▼ いつた~ (4, 0.2%)

3 の目的 1 莊では

▼ いつた~ (4, 0.2%)

1 があるでせう, がゐる, だと, のある

▼ いつた工合~ (4, 0.2%)

1 で彼等, に毎月, に蟻, の一種

▼ いつた恰好~ (4, 0.2%)

2 である 1 だつた, は

▼ いつた態度~ (4, 0.2%)

1 である, にすすめ, をとつ, を採る

▼ いつた批評~ (4, 0.2%)

1 がこれ, が多い, も見え, をみかける

▼ いつた時代~ (4, 0.2%)

2 であつ 1 にその, にやまと

▼ いつた~ (4, 0.2%)

1 だが, ですね, でその, の英漢數學

▼ いつた~ (4, 0.2%)

1 はあた, はとても, は後, は無論何とも

▼ いつた~ (4, 0.2%)

1 ある和蘭医者, で世話人, と同じ, には二様

▼ いつたきり~ (3, 0.1%)

1 だつた, で橋銭, 黙つて

▼ いつたけれど~ (3, 0.1%)

1 どうなる, 夫の, 妾そんな

▼ いつた~ (3, 0.1%)

1 また借金, フオン・シーボルトの, 闇の

▼ いつた~ (3, 0.1%)

3 いたらく

▼ いつた~ (3, 0.1%)

1 なるほど忘れ, 平次殿, 黄猿

▼ いつたばかり~ (3, 0.1%)

1 でひどく, で別に, で極

▼ いつたまことに~ (3, 0.1%)

1 お悧巧, お気の毒, よい一日

▼ いつた一種~ (3, 0.1%)

1 の型, の能力, 微笑ましいやう

▼ いつた事情~ (3, 0.1%)

1 が潜ん, で自然消滅, は多く

▼ いつた人たち~ (3, 0.1%)

1 が一割, その二人, の眞

▼ いつた~ (3, 0.1%)

1 である, で彼, の無垢清浄玉

▼ いつた~ (3, 0.1%)

1 である, でまさか, で人間の

▼ いつた~ (3, 0.1%)

1 だつたの, でございます, の棺

▼ いつた性質~ (3, 0.1%)

1 のもの, の言葉, をもつ

▼ いつた有様~ (3, 0.1%)

2 である 1 だつたの

▼ いつた氣持~ (3, 0.1%)

1 になつ, になれる, 常に戰場

▼ いつた然し~ (3, 0.1%)

2 舞台の 1 その時

▼ いつた~ (3, 0.1%)

1 ださうですよ, である, のくせ

▼ いつた種類~ (3, 0.1%)

1 で銅, のこわい, の人達

▼ いつた肌合~ (3, 0.1%)

1 ですが, の人間, の女

▼ いつた顔つき~ (3, 0.1%)

1 でかう, です, をし

▼ いつたあと~ (2, 0.1%)

1 でその, で芥川

▼ いつたからと~ (2, 0.1%)

1 いつて, いふて

▼ いつたきり石~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ いつたそこ~ (2, 0.1%)

1 は小郡町唯一, は謄写刷

▼ いつただけで~ (2, 0.1%)

1 すまされますか, 出かけました

▼ いつたつけ~ (2, 0.1%)

1 がおりせ, な

▼ いつたつもり~ (2, 0.1%)

1 だつたが, では

▼ いつたとか~ (2, 0.1%)

1 そんな奴, 激しく咳きこんだ

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 あんたも, 君は

▼ いつたもん~ (2, 0.1%)

1 だ, だから

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 かつた, に

▼ いつた事実~ (2, 0.1%)

1 だけが確か, はざら

▼ いつた二人~ (2, 0.1%)

1 と南洋, はまる

▼ いつた人柄~ (2, 0.1%)

1 で裏, に見える

▼ いつた人物~ (2, 0.1%)

1 ださうで四十年配, であること

▼ いつた人間~ (2, 0.1%)

1 はまだ, を平

▼ いつた何ん~ (2, 0.1%)

2 となく

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 うつくしい菊, 小さな島

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 その夫, ついて

▼ いつた奇妙~ (2, 0.1%)

1 な性質, な集まり方

▼ いつた子供~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ いつた~ (2, 0.1%)

2 はりつぱな酒場

▼ いつた容子~ (2, 0.1%)

1 の樹脂, をし

▼ いつた小さい~ (2, 0.1%)

1 記事が, 隣の

▼ いつた小さな~ (2, 0.1%)

1 瓶を, 籠と

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 から寢, の夏

▼ いつた年代~ (2, 0.1%)

1 が千年以上, は地理的

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 で首, を以てした

▼ いつた彼女~ (2, 0.1%)

1 の鼻先, もずゐ

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 の或, の路上

▼ いつた徑路~ (2, 0.1%)

1 のうち, もおぼえた

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 大名屋敷が, 様子でございました

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 にはどう, には列

▼ いつた時主人~ (2, 0.1%)

1 は急, は机

▼ いつた景色~ (2, 0.1%)

1 とでもあつ, に見える

▼ いつた服装~ (2, 0.1%)

1 ではなく, で座

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 でした, の百姓

▼ いつた格好~ (2, 0.1%)

1 でその, をし

▼ いつた次第~ (2, 0.1%)

1 である, でその

▼ いつた気分~ (2, 0.1%)

1 でさよなら, のまだまだ強か

▼ いつた気持~ (2, 0.1%)

1 が湧, で来

▼ いつた気持ち~ (2, 0.1%)

1 になつ, もかうし

▼ いつた瞬間~ (2, 0.1%)

2 の美し

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 の事, の大きな

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 へにより私, へを仄めかした

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 がこの, は二度

▼ いつた自分~ (2, 0.1%)

1 の身内, はそれ丈

▼ いつた~ (2, 0.1%)

2 さが

▼ いつた茄子~ (2, 0.1%)

2 をもぐ

▼ いつた荒々しい~ (2, 0.1%)

2 のた

▼ いつた記者~ (2, 0.1%)

1 は, への公開状

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 語序も, 輸入で

▼ いつた連中~ (2, 0.1%)

1 にも好い, の方

▼ いつた青い~ (2, 0.1%)

1 小父さんでした, 札を

▼ いつた順序~ (2, 0.1%)

1 で北進, になる

▼ いつた~ (2, 0.1%)

1 でいかにも, のもの

▼ いつた風情~ (2, 0.1%)

1 がたしかに, で面倒臭

▼1* [445件]

いつたあなたの閉会, いつたあまり世間の表, いつたある人妻の, いつたあんな手合とは, いつたいつぞやお魚, いつたいまあさういふ, いつたいやだと, いつた品さんの, いつたかはこの次, いつたかも知れませんね, いつたからのことで, いつたかを辿ること, いつたがかけちが, いつたきのふは米, いつたきり一人も浮き上, いつたきり交渉がぷツ, いつたきり何もいはない, いつたきり俯向いて, いつたきり外つ方, いつたくせに, いつたぐあひで少數, いつたぐあひに萬一に備, いつたことさへありませんでした, いつたこと以上はなんにも, いつたこの詩形の, いつたこれらの自然, いつたこんな言葉も, いつたごく通俗な, いつたさうなのである, いつたさびしいな, いつたしたたかものの人柄, いつたつかり主人氣取, いつたそれにつ, いつたそんなことも, いつただけでもくすぐ, いつただけのことが, いつたついでに駅, いつたつてと一言, いつたとおもふと, いつたときどこかにゐる, いつたとき二階の窓際, いつたとき奥の方, いつたとき彼がキリスト, いつたとき暮方ちかい曇天, いつたとき私が急, いつたとき菊次さんは左足, いつたとき運動会の楽隊, いつたとこで一文, いつたところが後に, いつたところぢやない, いつたとしてもアンチピリンを, いつたとたんに縁, いつたとでも思いましたか, いつたとの事, いつたとんでもない置土産, いつたなと感じましたから, いつたなどに至つては, いつたぬくさが, いつたのちまでも容易, いつたのでをぢいさん, いつたのみで沈默を, いつたのよどうした, いつたはずです, いつたばかしであつ, いつたばかりに卯平は, いつたばかりの或る, いつたひさは自分, いつたほうがいつ, いつたほどになつて來た, いつたほのぐらい処に, いつたまだ風呂が, いつたまでだ, いつたままのあるじ, いつたむさくるしい感じに, いつためんどくさが, いつたもどかしさで, いつたものぢやよ, いつたもの複雜な近代日本, いつたやうぢやありません, いつたやや見くだすやう, いつたやらいつ寝た, いつたやるせない心持に, いつたより江の枕元, いつたわけぢや, いつたわたくしの家, いつたカフエーに彼, いつたクラシック張りは三岸, いつたゲエテのやう, いつたコモと丸太, いつたゴミゴミした小路, いつたシュールリアリズムとしての彼, いつたショーペンハウエルでさ, いつたジューベールは常識家, いつたスタンプもやつ, いつたステッキである, いつたチヤンチユウサントウカとなつ, いつたヂプシー女めいた恰好, いつたトマトちぎつて, いつたニイチェのなげき, いつたバツトをふかし, いつたフランスのフオン・ド・ゴーム, いつたブツは仏, いつたホヤだつたけれど, いつたホロリとさせる, いつたボールを拾つて, いつたマルクスはその, いつたモオリアックのやう, いつたリズムとかね, いつたルビークインと云, いつたですもの, いつた一事で萬事, いつた一人の男, いつた一寸好い男, いつた一瞬間汽車の走つ, いつた一言とはまるで, いつた丁寧な言葉つき, いつた三つの事, いつた三上山が平, いつた三十枚ばかりの文章, いつた三味線がぶら, いつたでも裂い, いつたに漸く, いつた下手な理髪, いつた不安定な空氣, いつた不幸な若者, いつた不思議な靜けさ, いつた世にも氣の, いつた予感がした, いつた事實をおもふとき, いつた二種類の分裂的批評, いつた人々だけしかやらない, いつた人相ですから, いつたない風采, いつた仕事にもぽつぽつ, いつた代物であつ, いつた以上それはもう, いつた伊達の素性, いつた休養ができる, いつた位ひでえとも, いつた位美人に似つかわしい美しい, いつた体ほろ酔で漫読, いつたんともい, いつた何となく庵らしい, いつた何人かの友人たち, いつた何年ぶりのシネマ見物, いつた作家が沢山, いつた作風はすでに, いつたは多い, いつた侍僕にとつて, いつたはありません, いつた俳優志望のもの, いつた傳説によれ, いつた傾向の作, いつた僞粧が生理的, いつた優しい眸を, いつたのお, いつた先生の訓, いつた其の聴覚も, いつた其時代唯一の婦人文藝雜誌, いつた刹那輕い喘息, いつた劍幕です, いつた勿体ぶつた顔付, いつた卑しい言葉で, いつた単純な批評, いつた印刷術が第, いつた反映である, いつた古淡無慾な, いつた同じ日の, いつた名高い寺子屋の, いつた向屋敷には孟宗, いつたの心持, いつた周一はこれ, いつた品々を持つた, いつた唯一の手紙, いつた問題になる, いつた四代目春風亭柳枝此の人等, いつたです, いつた基督の言葉, いつた堀田とかといふ男, いつた場合とか不器用, いつた場所で逢つて, いつた塀外の畑, いつた壮年のこと, いつたでクンクン, いつた外道である, いつた夜なかの畳, いつた大きな辞書で, いつた大工の普請小屋, いつた大智氏に対する注文, いつた天才でさ, いつた失敗つたと思, いつた奥まつたところ, いつた奥方は余程, いつた女中の声, いつた女事務員は一日一日, いつた女房がよかつ, いつた奴昨夜足袋を穿い, いつた如くに苦虫, いつた如く人の行動, いつた妖婦肌の女, いつたに対して不憫, いつた孔子の言葉, いつた學者もあり, いつた安らかな笑, いつた富岡の弱, いつた富裕な郷, いつた寒村です, いつた寸法でした, いつた小局的なもの, いつた小屋掛の見世物, いつた小母さんは楽しみらしく, いつた少しばかりの疑, いつたの間, いつた山氣のある, いつた岡本がまだ, いつたの尾根, いつた峻烈な空気, いつた市街で心, いつた常緑針葉樹林でなり立つ, いつた平安朝の古今集, いつた平福百穂氏の言葉, いつた年配少し四角, いつた年配四十五六柔和な何等, いつた幾らでもない, いつた店番に生れ付いた, いつた建て前から自然, いつた引出しがあります, いつた強情さで拒絶, いつた強盜が二十圓, いつた形式を覺, いつた御家人崩れのこれ, いつたを思ふ, いつた心意氣で名, いつた心持ガラツ八は一ペン, いつた心理的過程をこれら, いつた心算でもなかつた, いつた心靈はその, いつた恐ろしい沈默の, いつた悪作だと, いつた情味と, いつた情趣である好き, いつた意義から差別, いつた意見の表現, いつた愚問をくどくど, いつた感情を書き残した, いつた感覚に身, いつた懸賞小説なども目, いつた成金根性が癪, いつたる若い, いつた所ぢやが, いつた手代は, いつた手合なん, いつた手輕なものぢ, いつた才能が必要, いつたのきいた, いつた拍子にふい, いつた政府以外のもの, いつた政治家がゐた, いつた文壇人の美術批評, いつた新太郎ちやんが何, いつたの大, いつた春霜が冷, いつた時とつつきの物置, いつた時ふつくりした鼻, いつた時ビツクリさせられた印象, いつた時上陸するの, いつた時何処かの宿屋, いつた時噺が暫時, いつた時梯子段から女, いつた時画家は既に, いつた時目を瞠つて水月, いつた時素戔嗚は又, いつた時藩主松前徳広は江刺, いつた晝下りの風情, いつた普通の人間, いつたである, いつた景気になつて, いつた書き方からいへ, いつた書物を讀んだ, いつた最初の日曜日, いつたがまとも, いつた樣でした, いつたださういふ, いつたこの隣り, いつた林田は何とか, いつた柔軟な境地, いつた案配でど, いつた梅玉は根本, いつた明よ, いつた樹明君は新, いつただと, いつた歯切れのい, いつた氣性者も親讓, いつた氣輕さをよそ, いつたを重, いつたの所論, いつた汽船はずん, いつた河内産れの, いつた活東が辨慶橋, いつた淡い悔恨が, いつた清三はお, いつたの湖, いつた源之助のお, いつた滿足はし, いつた漢學の私塾, いつた雑作な, いつた無事な日常, いつた無為の業, いつた燈火がなく, いつた爆音も今日, いつたの顔, いつた牛乳と堅い, いつた牛肉店で吉川町一番地, いつた状態である, いつたに出処, いつた王學の老, いつた現在では思ひ出す, いつた現実感が産ました, いつた現状だが, いつた理由を讀者, いつた理髪店勇床のおや, いつた画壇でさ, いつた画家がありました, いつた画帖風の美しい, いつた留守に樹明来, いつた當座は百, いつた百圓足らずの金, いつた目つきを投げ, いつたである, いつた相手はアラ, いつたの引き, いつた真剣味を吉原氏, いつた短篇がつい, いつたの繪, いつた砂糖の白, いつたの下, いつた硬骨の人, いつた私たちとちやう, いつた私どもの胸, いつた秋濤の愛人, いつた程度で特筆, いつた童子等も其処, いつたである, いつた筋書は狂言, いつた簡単な批評, いつた紅庵の姿, いつた紙包の上書, いつた細君が何処, いつた経済上の条件, いつた経路ならその, いつた経験のある, いつたであるしかし, いつた絵画上の苦心, いつた緊迫ぶりであるいつ, いつた美しく寂しい半島の, いつた翻訳の仕事さ, いつた老人の掌, いつた職人にし, いつた自信がふくまれ, いつた自嘲風な力声, いつた自然と人間, いつたの信号燈, いつたが閃い, いつた色若衆の化物, いつた芝辺の女医者, いつた芥川を僕, いつた芸術すると, いつた若い作家達の, いつた若手のちやきち, いつた苫舟の上手, いつたで藝術家, いつた處女姿でした, いつた虚無の心, いつた虚無主義者の新人, いつたと米, いつた蛞蝓の好き, いつたがまた, いつたはせつせ, いつた血なまぐさいやり口まで, いつた行乞米一升ばかりくれた, いつた行儀の悪い, いつた表現である, いつたを持つた, いつた見世物のひとつ, いつた記憶がある, いつたである, いつた詩人草菴主人は今日, いつた誤解はかなり, いつたである, いつたかの言葉, いつた調べの短歌, いつた謙遜さもある, いつた豪華な役割, いつた貴人によく, いつたしい人間, いつたがある, いつたのやう, いつた軽い意味の, いつたい反感, いつた農婦です, いつた途端に殺された, いつた途端人間としての面白味, いつた途端扉が音, いつた通り僕もあつ, いつた通り社會上に大, いつた通り管仲晏子のみを天下, いつた通草のなか, いつた過ちの功名, いつた過去はある, いつた過程を含んだ, いつたに戻, いつた道すじや考へた, いつたのある, いつた遥かな自分, いつた邪魔ものをどうか, いつた部厚な物, いつた都會を見捨て, いつた醜い女です, いつた重大な点, いつた野心の点, いつたに眼, いつた門人の小春団治, いつた門外漢が社会的地位, いつた閑雅な風景, いつた間柄が芥川, いつた陸軍の軍用タンク, いつた際立ちを現し, いつた隣室の聲, いつた青々軒の言葉, いつた青年が氣狂, いつたかなかすか, いつたにとくに, いつた面々でな, いつた面持で暫く, いつた韻致カソリシズムの象徴, いつた頃北京の宮城, いつたへ一波, いつた顔付きをし, いつた風景いつまでもあかず, いつた風格貧苦病苦と鬪, いつた飽満感を与, いつたを舌, いつた骨肉感を抱く, いつた體裁に包ませ, いつた鷺宮にそんなに