青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いつしか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いった~ いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~ ~いつ いつ~ ~いつか いつか~
いつしか~
~いつた いつた~ いつのまにか~ いつの間にか~ ~いつも いつも~ いづれ~ いで~ ~いと いと~

「いつしか~」 1289, 14ppm, 7991位

▼ いつしかその~ (40, 3.1%)

2 方へ, 生涯を

1 [36件] すがた, ために, ときから, まんなかに, 中に, 人たちも, 人口において, 個人性を, 内側即ち, 嗜は, 声々の, 声も, 女の, 姿は, 姿を, 家に, 影響を, 後ろから, 手に, 文字が, 文字に, 日も, 時分の, 景色に, 本来の, 桶屋の, 町も, 罅隙に, 聲, 芸術の, 調子を, 跡を, 近在に, 附近一帯が, 音が, 頭髪が

▼ いつしか~ (40, 3.1%)

2 太い筋綱, 春の

1 [36件] あり, おさんの, どうせいかう, ほの暗き障子, われ世を, 佳境に, 冷やし豆腐, 夏と, 夏の, 夜着の, 居らずなりし事, 心ふるへ, 敵の, 日は, 日和かは, 暮る, 替り果てたる, 桐の, 歔欷て, 正月も, 生れて, 甲田の, 秋に, 篳篥あかる, 聞えず茄子, 色に, 蒸汽の, 薄らに, 虫も, 血が, 親しくなり, 谷中を, 金柑の, 雨に, 露に, 露繁く

▼ いつしか自分~ (25, 1.9%)

2 でも捕捉, で自分, の母, もその

1 [17件] というもの, と変っ, にとって危険, のすぐ, の事, の家, の弾い, の思い, の指頭, の案内, の身体, の身辺, の非, は振りわけ, もあきらめなけれ, も涙ぐん, を神

▼ いつしか~ (21, 1.6%)

2 またまぎれ, 夏も

1 [17件] いぶせかりつる, し思へばに, なごに, なごみ来ぬらし向山, ほのめきぬ月, 仕へぞ, 寒うなるらし見, 待つ吾が, 思ひ送りし御, 我を, 散りぬれば, 日光反さず, 真闇の, 眼に, 身は, 開けんこと, 鶯の

▼ いつしか~ (20, 1.6%)

3 の頭 2 に子供

1 [15件] と同じ, に或, に話しかけ, の方, の様子, の記憶, は切り開き, は呼吸, は私共, は笠森稲荷, もそんな, を, をし, を夢, を散歩

▼ いつしか~ (15, 1.2%)

4 の心

1 [11件] にも薬, のこと, のひめ, の意識, の躯, はうとうと, は有難う, は現実, は睡る, は高谷千代子, をし

▼ いつしかこの~ (12, 0.9%)

1 [12件] 地方特有の, 夜中の, 奥様の, 娘と, 定義は, 市長の, 店の, 漢子は, 特権は, 碁戦の, 神様を, 童と

▼ いつしか二人~ (12, 0.9%)

3 の間 2 の仲 1 のあいだ, の全身, の心, は互いに, は仲よし, は戦車, は赤い

▼ いつしかそれ~ (11, 0.9%)

1 [11件] がただちに, が一つ, が二つ, が如何にも, すらまったく, と気, に慣らされ, は, は実感, も知れ渡っ, を反撥

▼ いつしか消え~ (11, 0.9%)

3 てしまっ 1 てこんど, てしまいました, てなくなっ, て前方, て見えなくなり, て鋸, て開け放った, て青々

▼ いつしか~ (10, 0.8%)

2 が明け, が明けました 1 があけ, が更け, になつ, はほのぼの, は明け, も白ん

▼ いつしかうとうと~ (9, 0.7%)

2 と眠っ 1 とし, としかけた, としてる, とまどろみぬ, と眠った, と眠り込ん, 眠くなる

▼ いつしか~ (8, 0.6%)

2 たまじ 1 兼は, 梶と, 立派な, 美夜ちゃんに, 艶も, 銀様は

▼ いつしか過ぎ~ (8, 0.6%)

4 て赤蜻蛉田圃 2 て日かげ 1 て夏, て春

▼ いつしか~ (7, 0.5%)

2 となり 1 が積, が降りだし, の上, の降出で, はふり

▼ いつしかまた~ (6, 0.5%)

1 あちらの, うとうと眠ったらしく, リウクを, 弛んで, 物音や, 隆吉の

▼ いつしか~ (6, 0.5%)

1 日の, 日はへに, 枯れては, 水菜は, 袖うちかけん, 見ん紫

▼ いつしか~ (6, 0.5%)

2 はまったく 1 が暮れ, が沈み, は霧, も海

▼ いつしか~ (6, 0.5%)

1 が深く, となり, の夕暮, の風たち, もいよいよ, を感じる

▼ いつしか更け~ (5, 0.4%)

2 ていました 1 て彼等, て此處ひとつ, て草とりどり

▼ いつしか~ (5, 0.4%)

1 から涙, が曇り, が茫として, のふち, の皮

▼ いつしか~ (5, 0.4%)

1 にしみこみすぎ, についた, につけ, に振り, に添った

▼ いつしかあの~ (4, 0.3%)

1 お方を, 一とき感じた, 恐しい, 恐ろしい熱さ

▼ いつしかそんな~ (4, 0.3%)

1 事も, 工合の, 空想も, 考えを

▼ いつしか吹雪~ (4, 0.3%)

1 になっ, になつて, のうち, の中

▼ いつしか~ (4, 0.3%)

1 に夢, のよう, の如く, の間

▼ いつしか姿~ (4, 0.3%)

3 を消し 1 を見せなくなった

▼ いつしか忘れ~ (4, 0.3%)

2 てしまっ 1 がちに, ていった

▼ いつしか忘れられ~ (4, 0.3%)

1 がちに, てし, て白熱, 剥製の

▼ いつしか慣れ~ (4, 0.3%)

2 てきた 1 てこちら, てしまっ

▼ いつしか暮れ~ (4, 0.3%)

1 てしまっ, て暗がり, て蜩, て電燈

▼ いつしか~ (4, 0.3%)

1 になまめかしい, には金銀, の雲, 吹く風

▼ いつしか遠く~ (4, 0.3%)

1 なる, なる耳, まできた, 離れて

▼ いつしか~ (4, 0.3%)

1 が出, さえ加わったらしい, は埃, は止ん

▼ いつしかあかるく~ (3, 0.2%)

2 なれば 1 ちかづいて

▼ いつしかあたり~ (3, 0.2%)

1 にはヒカゲ蝶, には真白, は暗黒

▼ いつしかうっとり~ (3, 0.2%)

2 とし 1 と寝込んだらしい

▼ いつしかすやすや~ (3, 0.2%)

1 と寝入った, と寢入, 泣き入る子

▼ いつしかそこ~ (3, 0.2%)

1 にはまた, に情, に相対的

▼ いつしか下駄~ (3, 0.2%)

2 をも藏 1 をも蔵

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 に裸川, の気づかぬ, は私

▼ いつしか傘屋~ (3, 0.2%)

3 の路次

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 が好む好まない, に対する心, に對

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 は見えなくなった, も形, も残らず

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

2 になり 1 に随

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 のうち, の虜, までも座頭

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 が東, も傾い, も経っ

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 ではお, の子供ら, をはなれつ

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

3 の匂ひも行手

▼ いつしか涙ぐん~ (3, 0.2%)

1 でいた, でいます, でしまいました

▼ いつしか絶え~ (3, 0.2%)

1 てしまいました, て今, て心靜

▼ いつしか調~ (3, 0.2%)

2 ふ奧樣風 1 ふ奥様風

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 が反映, と煙草, に親しむ

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 が降りだし, となつ, をふくみ

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

2 の世界 1 も消えれ

▼ いつしか~ (3, 0.2%)

1 ことごとく禿げ, の中, はしん

▼ いつしかあらぬ~ (2, 0.2%)

1 山路に, 方へ

▼ いつしかうつらうつら~ (2, 0.2%)

1 とし, 仮睡する

▼ いつしかこれ~ (2, 0.2%)

1 が發達, を顧

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 ういふ, かさま

▼ いつしかそのもの~ (2, 0.2%)

1 が低まっ, はまったく

▼ いつしかとえせ~ (2, 0.2%)

1 幸にな, 幸ひ

▼ いつしかもう~ (2, 0.2%)

1 九時です, 酔って

▼ いつしかやん~ (2, 0.2%)

1 で月, で樋

▼ いつしかやんだ~ (2, 0.2%)

1 ようです, 寒の

▼ いつしかガツシリ~ (2, 0.2%)

2 した姿勢

▼ いつしか一人~ (2, 0.2%)

1 の側室, の美少女

▼ いつしか人間~ (2, 0.2%)

1 に移殖, の本性

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 が夏草, を乾かし

▼ いつしか保子~ (2, 0.2%)

1 のこと, の家

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 てしまった, 來か

▼ いつしか友情~ (2, 0.2%)

2 の限界

▼ いつしか同じ~ (2, 0.2%)

1 ように, 風俗と

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 に伏し, の上

▼ いつしか太陽~ (2, 0.2%)

2 の光

▼ いつしか夫人~ (2, 0.2%)

2 を彼

▼ いつしか子供~ (2, 0.2%)

1 と共に居, の姿

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 が傾い, での彼

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 てしまった, 入つて

▼ いつしか少年~ (2, 0.2%)

1 の私, は年

▼ いつしか尽き~ (2, 0.2%)

1 てここ, てしまっ

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 の方, へさしかかっ

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 をとっ, を取っ

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 に見る, のよう

▼ いつしか彼女~ (2, 0.2%)

1 のこと, の美しい

▼ いつしか快い~ (2, 0.2%)

1 気持ちに, 眠りに

▼ いつしか我が~ (2, 0.2%)

1 手心を, 聟が

▼ いつしか我家~ (2, 0.2%)

1 の裏, の裏近く來

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 を伸し, を取りあっ

▼ いつしか散っ~ (2, 0.2%)

1 てしまい, て今

▼ いつしか散り~ (2, 0.2%)

1 ざらむ, てあと

▼ いつしか日本~ (2, 0.2%)

1 の社会, の鴎外

▼ いつしか明け~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 と同じ, の悲しい

▼ いつしか暗く~ (2, 0.2%)

1 なって, なりゆく

▼ いつしか曇っ~ (2, 0.2%)

2 てき

▼ いつしか机上~ (2, 0.2%)

1 に置き忘れられ, に開展

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 の中, も出外れた

▼ いつしか機械的~ (2, 0.2%)

1 にその道, になっ

▼ いつしか段々~ (2, 0.2%)

1 といくつ, 臆面の

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 のふち, を半周

▼ いつしか消え失せ~ (2, 0.2%)

1 て頭, 狸石だけが

▼ いつしか淡く~ (2, 0.2%)

2 茶を

▼ いつしか深い~ (2, 0.2%)

1 友情を, 瞑想に

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

2 のよう

▼ いつしか生きる~ (2, 0.2%)

1 ことをも, 事をも

▼ いつしか疲れ~ (2, 0.2%)

1 てうとうと, を覚え

▼ いつしか白い~ (2, 0.2%)

1 天使の, 素足も

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 に涙, のピント

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 の芸術, の親心

▼ いつしか砂漠~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ いつしか社会~ (2, 0.2%)

1 の推移, への意識

▼ いつしか私達~ (2, 0.2%)

1 の間, は飛沫

▼ いつしか秋めく~ (2, 0.2%)

2 山に

▼ いつしか立派~ (2, 0.2%)

1 な青年, に幇中

▼ いつしか純文学~ (2, 0.2%)

1 が通俗作品, の水準

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 の枝, の色

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 ゆる花, 杉の

▼ いつしか自分自身~ (2, 0.2%)

1 のこと, の身体

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 が変っ, 少し蒼ざめて髪黒

▼ いつしか衰微~ (2, 0.2%)

1 して, し現今

▼ いつしか西~ (2, 0.2%)

1 にかたぶきぬ, に傾き

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 すずめと, の如

▼ いつしか解け~ (2, 0.2%)

1 て無くなる, て長く

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 を留めた, 疾くなりぬ

▼ いつしか通り~ (2, 0.2%)

1 すごして, ぬけて

▼ いつしか速度~ (2, 0.2%)

1 がにぶり, を失っ

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 は暮, も西

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 に駕, のこと

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 の枯野, 深き林

▼ いつしか青い~ (2, 0.2%)

1 色に, 葉が

▼ いつしか青黒い~ (2, 0.2%)

1 底の, 沖の

▼ いつしか~ (2, 0.2%)

1 は消え, を出し

▼ いつしか顔馴染~ (2, 0.2%)

1 になっ, になった

▼ いつしか高く~ (2, 0.2%)

1 なった蜀黍, 上がったけれど

▼ いつしか高畠~ (2, 0.2%)

2 の杜

▼ いつしか黙りこん~ (2, 0.2%)

1 でそれから, で神妙

▼1* [725件]

いつしかあがっていきました, いつしかあきらかになれる, いつしかあけて見る, いつしかあぶら汗が, いつしかあるかなき, いつしかいかにも胸が, いつしかいつものごとく訴える, いつしかいびきをかい, いつしかいまこの天空, いつしかいろいろの夢, いつしかうつりにけり, いつしかうとくなって, いつしかうるおいをおぼえました, いつしかえん側を, いつしかおくがたの, いつしかおじいさんとこの, いつしかおばあさんの家, いつしかおれ達だけになっ, いつしかお互いに全, いつしかお伽噺の様, いつしかお爺さんに連れられ, いつしかかえ彼等は, いつしかかがり火は消え, いつしかかきの木, いつしかかの怪しき星, いつしかきゅうりのつる, いつしかくわの葉, いつしかぐったりと静まり返っ, いつしかこたつに入っ, いつしかこの世の羞恥, いつしかこわれて寄り合っ, いつしかごみもたまった, いつしかさびしいところに, いつしかさめやせむ, いつしかしかし的確に, いつしかしくしくと泣い, いつしかしげ子と上坂, いつしかしずまりかなかなの, いつしかしずんでだまっ, いつしかしっかり根を, いつしかしっとりと秋, いつしかしばしば想って, いつしかすすり泣きに変わっ, いつしかすっかり一通りの, いつしかすっと神社の, いつしかすみれの花, いつしかせんだんを, いつしかそういう習性を以て, いつしかそばにき, いつしかそれとなく耳を, いつしかそれらの言葉, いつしかたのしい泳ぎの, いつしかだれいうとなく, いつしかちりぢりに, いつしかつくってやる, いつしかつめたく冷え切って, いつしかとおくになっ, いつしかとがめずはなりぬ, いつしかとけて昨日, いつしかとよ子は厠, いつしかとらわれていっ, いつしかとわが少女たち, いつしかどこへかいっ, いつしかなおってしまいました, いつしかなくなつて月, いつしかなくなってゆきました, いつしかなれてしまっ, いつしかにこやかに微笑ん, いつしかねずみのこと, いつしかはかどっていた, いつしかはや登別の, いつしかはれて土用, いつしかやうばんに, いつしかひき入れられていた, いつしかひぐらしの声, いつしかひっぱられて流れ, いつしかひとりでに年を, いつしかひどくドロンと, いつしかふたりは赤い, いつしかふだんのあの, いつしかぺこぺこ頭を, いつしかほんとにねむって, いつしかぼうぜんとして出かけた, いつしかぼんやりかすんで, いつしかぼんやり雨音に聞き入っ, いつしかぼんやり電燈がつい, いつしかまだすこしも知らない, いつしかみさきといふ所渡らむとのみなむおもふ, いつしかみのむしもゐない, いつしかみんなからおくれ, いつしかもうこの無情, いつしかもうそんなに大きい娘さん, いつしかやたらに煙草, いつしかやみの大空, いつしかわが頬に, いつしかわしの気持ち, いつしかわたしは体じゅう, いつしかわびしい時雨雲が, いつしかわれを載せ, いつしかをかしからず我, いつしかアナーキズムの流れ, いつしかウトウトとねむっ, いつしかカッシノに, いつしかキチンと床, いつしかクリストフに影響, いつしかグーグーと寝入っ, いつしかケシ飛んで, いつしかコブを肉, いつしかゴーリキイの心, いつしかシットリ潤んで, いつしかスヤスヤと転寝, いつしかセンゲンと音読, いつしかゾシチェンコごのみ, いつしかチャ行音になっ, いつしかトンネルの中, いつしかヒサと言い交す, いつしかピラミッド形に積まれ, いつしかペロリと, いつしかマスミの顔, いつしかラムネの玉, いつしかレールは左右, いつしか一つの精神的, いつしか一ヵ月以上の日, いつしか一切苦悩を脱, いつしか一年と半ば, いつしか一手に大阪中, いつしか一月ばかり経っ, いつしか一痕の月, いつしか一軒の家屋, いつしか一面に生え拡がり, いつしか丁寧な言葉, いつしか七千メートルの高空, いつしか三人は芝口, いつしか三十の年, いつしか三千米の天空, いつしか三昧という気持, いつしか三角点近くまで辿り着き, いつしかずつた, いつしか上り坂にか, いつしか下宿屋専業とはなり, いつしか下界に降り, いつしか忍池の, いつしか不満の点, いつしか不良少年の群, いつしか与えている, いつしか世間から擯斥, いつしかの方, いつしか両側の人家, いつしか並はずれな生き方, いつしか中ごしに, いつしか中学も卒業, いつしか中野を避ける, いつしかの軍勢, いつしか九段の下, いつしか九段坂の上, いつしかくらむ, いつしか二つの小さな, いつしか二つがいになった, いつしか二三年は経っ, いつしか二人別れ別れになり, いつしか二十年近くの年月, いつしか二手に別れ, いつしか二郎は月明, いつしか五ひきの小さな, いつしか五年の歳月, いつしか五穀実る数千町歩, いつしか人影を没し, いつしか人狩りの網, いつしか人生の怠惰, いつしか今度は, いつしか仏教に化せられ, いつしか仏法の妨げ, いつしか仕事場の低い, いつしかの青年, いつしか会話の圏外, いつしか伝え伝わって中国, いつしか伝統は甲府, いつしか佐倉の方, いつしか何処かへ飛び去っ, いつしか作者とテーマ自体, いつしかのあやし, いつしか俳優に転じ, いつしか倉稲魂神となり, いつしか偃松とかはり, いつしかへ來, いつしかを癒, いつしか傾き三ツ山の, いつしかは深い, いつしか僕等を真, いつしかのとおり, いつしか兄さんの年, いつしか兇悪な影, いつしか先ず根本的に, いつしか先刻からの事柄, いつしか先夜豆太郎とともに深川, いつしか光りの中, いつしか光り薄れて時雨空, いつしか入り江にはいっ, いつしか六十の坂, いつしか六峰駢峙した山頂, いつしか共産党独裁となり, いつしか兵蔵のこと, いつしかれと, いつしか其の香雪の, いつしか円くなり頬, いつしかがき, いつしか冷淡になり, いつしか凪いで紫, いつしかを鞘, いつしか切株から離れ, いつしか初秋になっ, いつしか別物なは, いつしかの二人, いつしか前進させて, いつしか割りない仲, いつしか創作の方, いつしか無く首, いつしか動きは広まり, いつしか化石のよう, いつしか北極の頂上, いつしか北緯八十九度の地点, いつしか医師の手, いつしか十一時過ぎになつ, いつしか十三册まで發行, いつしか十九世紀のブルジョア勃興期, いつしか十二時を廻つて, いつしか十時を廻っ, いつしか十時近くなったので, いつしか十月に入り, いつしか十里近く歩きお, いつしか千枝子が進ん, いつしかも過ぎ, いつしか半分眠って, いつしか半年は過ぎ, いつしかから吹く, いつしか南無阿弥陀仏を口, いつしか南瓜と馬鈴薯, いつしか衣に, いつしか単なる女祐筆と, いつしかも精虫, いつしか原形を止めなくなっ, いつしかとも師, いつしか反対の沈滞, いつしか叔母を母, いつしか取り払われて跡, いつしか受けむ我は, いつしかを噤ん, いつしか口惜しさの, いつしか井戸の, いつしか古きものの, いつしか可笑しい位ゐ, いつしかの掌, いつしか右手に過ぎ, いつしか各々の寝所, いつしか各自の室, いつしか同棲するよう, いつしか名取川の沿岸, いつしか名高い薬の, いつしか向うの岸, いつしかのこと, いつしか咲いてゐる, いつしか哄笑は影, いつしかを噛み破っ, いつしか商売の道, いつしか喧嘩をはじめて, いつしかに鼻音化, いつしかもの緑, いつしか四條通りに出た, いつしか國境を越え, いつしか地盤の移っ, いつしか坐りなおしていた, いつしかの根, いつしか堅く唾を, いつしかもまばら, いつしか壮助の心, いつしか変え祖母に, いつしか変って来ざる, いつしか変った者の, いつしかも夕影, いつしか夕方になった, いつしか夕暮れ方になります, いつしか夕陽にはえる, いつしか夕靄の中, いつしかの景色, いつしか外国人が目, いつしか多少の才, いつしか夜分に仕事, いつしか夢路に入り, いつしかッピラに, いつしか大きい声で, いつしか大勢の馬, いつしか大変私のため, いつしか大御所気分になっ, いつしか大木と茂り秀でた, いつしか天井を仰い, いつしか息に, いつしか太平洋の上, いつしか太郎は村, いつしか失せてその後, いつしか失神して, いつしか妖気と殺気, いつしか妬心を忘れし, いつしかのこと, いつしか姫小松まばらにおいたち, いつしか媒妁人のため, いつしか嬋娟たるたお, いつしか子供心に老, いつしかの話, いつしか季節がめぐっ, いつしか学生になった, いつしか学習院の前, いつしかの時代, いつしか連も, いつしか家扶の孫火庭, いつしか寂しい路を, いつしか富子の姿, いつしか寒くなつた, いつしか寝ってしまった, いつしか寝臥したりしかば茂左衛門, いつしか寝込んでしまふ, いつしかとなりぬ, いつしか導き込む安易さが, いつしか小山を忘れ, いつしか小菅川に沿う, いつしか歳に, いつしか尨大なもの, いつしか屏息して, いつしか履物もすっ飛ん, いつしか山の上のお宮, いつしか山城屋の前, いつしかつづきに, いつしかの王さまみたい, いつしか巣くったと周囲, いつしかにそれ, いつしか左右の手, いつしか市十郎の胤, いつしかを立ち, いつしか帰滅へ急ぐ, いつしか平素の高慢, いつしか幸福という二つ, いつしか幼い涙に, いつしか広い沙漠を, いつしか広小路へ出, いつしか広間をすべり出, いつしか床の間の明り取り, いつしかの奥, いつしか廃れてわずか, いつしかとなり, いつしか弱い基力と, いつしか弱者の人間的堕落, いつしか張りがなくなり, いつしか当時の支配者たち, いつしか役所ぢかくまで戻っ, いつしか彼女たちは河内介, いつしか彼女自身のうち, いつしか彼奴の姿, いつしか往きてはや, いつしかている, いつしか起床に, いつしか徴兵除けと, いつしか忌明といふ, いつしか忘れたやうに, いつしか忘れられかけてるような, いつしか忘れるともなく, いつしか思ひの外, いつしか急降下しつつ, いつしか怪潜水艦の姿, いつしか恍惚と腑, いつしかかしさ, いつしか悪魔の胸, いつしか悲しいまけん気, いつしかを語らう, いつしか愛国愛土の百姓, いつしか感ずるように, いつしか感情統一におかれ, いつしか感染して, いつしか憤激となっ, いつしかれな, いつしか懇意な叔父さま, いつしか懐疑癖に陥っ, いつしか懦弱に流れ, いつしかの淵, いつしかを忘れ, いつしか戻ってき, いつしか所帯染みて人, いつしか扇形に開い, いつしか打ちしぐれつつ鹿, いつしか持ち出しそれを, いつしか推古の大観, いつしか描く気が, いつしか政一は上級生, いつしか故郷の人, いつしか散つて今, いつしか散る日が, いつしか文公に気, いつしか文字でしか書けぬ, いつしか文学技術そのものと不可離, いつしか文学青年の巣, いつしからしい隠れ場所, いつしか新しい組唄を, いつしか新橋へ来た, いつしか新秋を迎える, いつしか新緑を忘れる, いつしか新聞雑誌の漫画漫文, いつしか新鮮味を失った, いつしか方様をあなた, いつしか日数をへ, いつしか日本民族の優秀, いつしか日本民族化して, いつしか日本的な日本, いつしか稻田學園といふ, いつしか明治大正が過ぎ, いつしかのかげうせぬ, いつしか星空の中, いつしかがき, いつしか春めいてきました, いつしか春めく泡盛を, いつしか春過ぎ夏来ると, いつしかの流れ, いつしか時代と共に変遷, いつしか時計のなかっ, いつしか時間を忘れ, いつしか暑中休暇になった, いつしか暮れ方で早く, いつしか暮色が迫る, いつしか曇り来りて今にも, いつしか曖昧模糊たるもの, いつしか更に若いゼネレーシヨン, いつしか書き替えられてある, いつしか書中の人となり, いつしか最初の音, いつしか最後の, いつしか月日はたちました, いつしか朝子の心, いつしか木の根許の土, いつしかを持つ, いつしか本人も知らない, いつしか本当に眠って, いつしか本来の節度, いつしか村じゅうのもの, いつしか村正の嫌忌, いつしかを捨てた, いつしかの空, いつしか東宮仕えの堀川, いつしか知らぬ無, いつしか架空的な幻, いつしか染んでしまっ, いつしかの純, いつしか桐庵先生の話半, いつしか椰子の林, いつしか極りの惡, いつしか様子に現, いつしか横ざまに直射, いつしか橋ひとつを隔てた, いつしか橋上橋畔から姿, いつしかのまわり, いつしか檜垣へ洩れ聞えけれ, いつしかの室, いつしかの撰ハ忘, いつしか止み顔に, いつしか止んで草木, いつしか正月になった, いつしか此世の隙, いつしか武甲信の三国, いつしか武蔵の草庵, いつしか歩きだしていた, いつしか死ぬ気に, いつしか残暑が過ぎ, いつしかの好き, いつしか毎夜こうして先生, いつしか毎年繰り返して, いつしか毎晩の癖, いつしかが遠く, いつしか気力を失い, いつしかが涸れれ, いつしか水藩の志士, いつしか水車場の脇, いつしか永き歳月を, いつしか江戸前に変化, いつしか決定してる自分, いつしか沈んでしまいました, いつしかして, いつしか沙汰やみとなった, いつしかに洗われ, いつしか泰軒を訪れる, いつしか流行におくれ, いつしか海面から消え, いつしかゆるなり, いつしか消えうせてさながら, いつしか消え失せることは, いつしかがやどっ, いつしか涙ぐましいまでに哀し, いつしか涙ぐんだそれから急, いつしか涙声になり, いつしか深き愛の, いつしか深くなって, いつしか深井のこと, いつしか温みが消え, いつしか渾一に融合, いつしか湧き上る涙の, いつしか漠然と知るやう, いつしか漲ってその, いつしかの流, いつしかが消え, いつしか火勢に先んぜられ, いつしか火鉢へいつ, いつしか無くしてしまひ, いつしか無人の島, いつしかんでいた, いつしか熱い涙が, いつしか熱心にかがやい, いつしか爪先上りとなり, いつしかと母, いつしか爽やかなさ, いつしか片側の松, いつしか物持筋になる, いつしか狡智と謀略, いつしか獅子舞と混同, いつしか玄海洋の海岸, いつしか王位を妹, いつしか甘ったるい舌たるいものに, いつしか生じて来た, いつしか生じはじめたのであった, いつしかに立たない, いつしか田圃も通り, いつしか田島章吾さんの名, いつしか甲板へ出, いつしかは叫び声, いつしかにまでなっ, いつしか町人たちの間, いつしか畏敬の念, いつしか民族としての, いつしかの上, いつしか疎遠になっ, いつしか痛みも忘れ, いつしか癒つてしまつ, いつしか発見して, いつしか発覚して, いつしか発達した探索, いつしか發覺して, いつしか白く明るい光線が, いつしか白山御殿町を過ぎ, いつしか白雲に埋れ, いつしか白馬の大池, いつしか相手の又, いつしか真っ暗になっ, いつしか眠つてしまつ, いつしか眼瞼が重く, いつしか眼鏡をかけた, いつしかつてし, いつしか矢田津世子になっ, いつしか知らずその太鼓, いつしか知らず知らずにその, いつしか知りたれどすでに, いつしか知るように, いつしか知己がある, いつしかばかりになっ, いつしか破壊されて, いつしか神経衰弱になりかかった, いつしか私たちは異国, いつしか私自身にとって非常, いつしか秋子の眼眸, いつしか秋風が吹い, いつしか移って高く, いつしか穢多から離れました, いつしか空いっぱいに雲, いつしか空しく座敷までも, いつしか空想は羽, いつしか空虚な夢, いつしか空間に放たれ, いつしか窮迫の身, いつしか止まりたる足, いつしか立って来, いつしか立消えてしまいました, いつしか之助, いつしかを下, いつしかが滑った, いつしかの違った, いつしか筮竹と変じ, いつしか米友とムク, いつしか精根つきた重苦しい眠, いつしか糸子は本, いつしかを潮, いつしか紺青の空, いつしか綺麗に晴れ渡っ, いつしか美術のみをそこ, いつしか群集とたまっ, いつしか習得された頭脳, いつしか習慣のよう, いつしか考え込んで地面, いつしかになれ, いつしかかしさ, いつしか聞えなくなつて, いつしか聴き手を, いつしか張って, いつしかと肩, いつしか肱枕でうたた, いつしかの臓, いつしか自国語にし, いつしか自己の姿, いつしか自身の低下, いつしか般若寺越に奈良坂, いつしかも流れ込んだ, いつしか船員たちにも町, いつしかの方, いつしか色褪せて別, いつしかも了, いつしか芸者のこと, いつしか芽ぐみはじめた疑いが, いつしか若い男達の, いつしか苦味をふくんだ, いつしか苦痛を忘れ, いつしか茂太郎の人寄せ声, いつしか茶の間を去っ, いつしか草原も人, いつしか荒れはててしまいました, いつしか荒筵に変っ, いつしか落伍して, いつしか落葉のこぼれたる, いつしか蒸汽は吾妻橋, いつしか蒼白なもの, いつしか蓮鉢を忘れ, いつしか薄らいでい, いつしか売りは, いつしか蝕まれていた, いつしか融けて流れ出でぬ, いつしか血まみれになった, いつしか血脈相承となる, いつしかへ出, いつしか街道を挾ん, いつしか衰えると母, いつしか褪せて葉, いつしか失つてし, いつしか見えず斬られた本人は, いつしか見えなくなって町, いつしか見えなくなる其黒い, いつしか見わたすところに, いつしか覚悟をきめ, いつしか言い伝えられていた, いつしかと私, いつしか話題が泰軒, いつしか誘惑されその, いつしかを止め, いつしか読者はつり, いつしかか盗ん, いつしか調子はくる, いつしか庭奉公人と, いつしか谿の向う, いつしか路傍に白雪, いつしかえこそ, いつしか躍起になっ, いつしか身体が顫, いつしか身体全体が原稿用紙, いつしか身辺雑記的な心境小説, いつしか近村の一大評判, いつしか近江の大津, いつしか迫ってくる, いつしか退場従者は壁, いつしか通俗文学に入った, いつしか連中から遠, いつしか進んでナースチャ, いつしか運河の岸, いつしか過ぎ去りましてはや, いつしか過去の夢, いつしかが下り坂, いつしか遠い彼方と, いつしか遠ざかる馬蹄の, いつしか遠慮も打ち忘れ, いつしか遠方の山々, いつしか遠浅の圏内, いつしか適当な場所, いつしか邸内の音楽室, いつしか部屋の中, いつしか酔いつぶれて眠っ, いつしか醒めていた, いつしか里人の文化, いつしか針葉樹林となり, いつしか吏の, いつしか長崎奉行水尾甲斐守の耳, いつしか陰翳のうち, いつしかの方, いつしか障子の破れ, いつしかの山の上, いつしか隣人の疎外, いつしか集まり集まって, いつしか雑誌を投, いつしかは止み, いつしか電光のよう, いつしか電車の通る, いつしかのため, いつしか霜柱が立たなくなりました, いつしかの槍すすき, いつしか青き苔の, いつしか静かなる憐みと, いつしか静まり返っていった, いつしか非凡なもしくは, いつしか非常時の声, いつしかに納められ, いつしか音信も途絶え, いつしか韻律の恍惚, いつしか順造の頭, いつしかの色さ, いつしか飛びのいて立ち木, いつしか飛んで赴く, いつしかひあらされてるので, いつしか飴チョコを箱, いつしか飽きを覚える, いつしか饒舌になった, いつしか垂れて, いつしか馴らされてしまっ, いつしか馴れてしまった, いつしか駒井能登守の屋敷, いつしか騒然たる反響に, いつしか驚くばかり壯大, いつしか高き街に, いつしか高く大きくなって, いつしか高邁なる勧学, いつしかが藻脱, いつしか鳴よわりて朝日, いつしか鴎外の文学, いつしか黄ばみかけた日の, いつしか黄葉しはじめた, いつしか黙々先生に, いつしか黙って考え考え, いつしか黙許黙認の姿