青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いたら~ ~いたらしい ~いたる いたる~ いち~ いちいち~ いちど~ ~いちばん いちばん~ ~いっ
いっ~
いっさい~ ~いっしょ いっしょ~ いっそ~ ~いっそう いっそう~ ~いった いった~ いったい~ いったら~

「いっ~」 46564, 447ppm, 220位

▼ いっ~ (37456, 80.4%)

1065 いる 607 いた 569 いるの 353 よい 246 しまった 239 しまいました 235 いい 217 いました 197 いたが 179 来た 175 みると 161 います 160 いるが 143 いたの, いるよう 113 おります 112 来て 109 しまったの, 彼は 108 いるん 105 みれば 102 いること 100 いると 94 いるとき 91 いるうち 89 くれ, みた, 下さい 87 それを 85 行った 84 いるところ 82 きた 80 ください 79 私は 76 自分の 69 いて 66 くれた 61 きて 60 いいか 59 しまえば 58 いった 57 みよう 56 よかった 51 みました 50 おりました, 手を, 来たの, 私の 49 いますが, 出て 48 おいて 47 きたの, 帰って 46 しまって 45 いましたが, しまうと, よかろう 44 くる 43 くれたまえ 42 しまうの 41 いきました, しまう, 笑った 40 いいの, きました, やった 39 それが 38 みますと, みろ 36 彼の 35 いいほど, いるもの, みて 34 顔を 33 おりますが, しまったん, よいの 32 おくれ, くれました, ごらん, 見て 31 そこに, それは, 笑って 30 いるので, いるのに, よいか, 彼女は, 来る, 私を 29 くれと, 頭を 28 いるから, みても, 博士は, 見ると 27 いたん, いる間, 急に 26 いるそう, おじいさんは, やると, よいほど, 声を, 持って 25 ある, いたから, いるか, やって, やろう, 来ると 24 いいくらい, いって, やる, 二人は, 僕は, 来ました 23 いたもの, おいで, くれれば, これを, 居る, 来たが, 眼を, 置いて 22 いたこと, おく, ごらんなさい, すぐに, みたいと, やろうと, 僕の, 帆村は, 葉子は 21 いたので, いない, どうする, 何か, 坐った, 彼を, 私に, 足を 20 いたそう, いても, くれる, これは, 今の, 喜んで, 非常に 19 いいかも, いたよ, おられた, おる, くれるの, よろしい, 何も 18 いいと, いたと, いますよ, そこの, みようと, 人を, 水を, 私が, 自分が

17 [12件] いるよ, くると, くれたの, さきに, その人, みましょう, 例の, 女は, 目を, 腰を, 行くと, 見た

16 いるじゃ, いるとおり, おくが, それに, たずねました, 女の, 手に, 見れば, 首を, 騒いで

15 [16件] いいだろう, いるという, いるわけ, このまま, しまうこと, その場, ちょうだい, のけた, まいります, みたまえ, やりました, ドアを, 村の, 来るの, 聞かせて, 自分で

14 [12件] いいほどの, いつまでも, いましたよ, おこう, お母さんは, みたが, 先生は, 待って, 来た時, 行きました, 行って, 警部は

13 [24件] いいよう, いたという, いられました, いるし, いる時, いる者, えどう, おるの, くれて, これが, しまいます, みようか, やれ, ポケットから, 二人の, 外に, 彼が, 机の, 来ます, 涙を, 無理に, 自分は, 自分も, 身を

12 [32件] いい位, いたし, いたよう, え何, くるの, くれたので, くれよ, これも, じぶん, そこへ, その男, それから, みたところ, みな, ゆきました, 人が, 今でも, 他の, 何を, 口を, 娘は, 教えて, 来たん, 母は, 立上った, 笑いました, 聞いて, 自分を, 行く, 訊いた, 話を, 遊んで

11 [29件] いいであろう, いないで, いられない, いるだけ, いるに, いろいろな, かれは, きいて, きかせました, きな, くれないか, しまったもの, その日, ほかの, みたり, みること, みんなが, よいかも, よこした, 下さるの, 家の, 捨てて, 日本の, 来たので, 相手に, 笑いながら, 買って, 電話を, 黙って

10 [37件] あげよう, あたりを, いたわ, いますから, いるあいだ, いる声, えどこ, おけば, おられました, くだされば, くれない, くれると, しまった後, しまってから, そこから, みんなに, もらいたい, やったの, やるから, やろうか, よいくらい, よい位, よい程, ら, わたしは, 二つの, 人の, 倉地は, 先に, 家を, 寝て, 居ります, 彼女の, 急いで, 戸を, 来ても, 金を

9 [50件] あげましょう, あるの, いいでしょう, いないの, いるでは, いるらしい, いる人, いる場合, いる言葉, いる通り, おいた, おりましたが, お角, きかなかった, くれませんか, くれるな, さっきの, しばらく考え, しまいそう, しまうが, しまったこと, すまして, そこを, ました, みたの, みる, みるが, みる気, みんなは, やるの, ゆく, ゆくと, よいでしょう, よいと, わたしを, 主人は, 二階へ, 京子は, 他に, 刀を, 受話器を, 帰った, 懐中電灯を, 歩いて, 泣いて, 竜之, 見ろ, 訊くと, 酒を, 非難する

8 [61件] あとは, いくと, いくの, いたか, いた頃, いつもの, いては, いなかった, いましたから, いらっしゃい, いられた, いられるの, いるけれども, いるま, おいでに, おきながら, おくん, おばあさんは, おられる, おられるの, きたこと, きたん, くれ給え, ここで, ここに, こんどは, しずかに, しまいには, しまえ, しまったと, みたい, みんなを, やんで, ゆくの, よいだろう, よいであろう, らっしゃい, 三人は, 下さいよ, 二人で, 人々は, 今度は, 先生が, 外へ, 多くの, 奥の, 女が, 妙な, 家へ, 帰りました, 手紙を, 断って, 横に, 特別に, 眉を, 置くが, 聞かせても, 言葉を, 話して, 誰も, 頼んで

7 [72件] いたけれど, いっしょに, いながら, いるくらい, いるけれど, いるその, いるのよ, いるほど, いるものの, おきましょう, おしまい, おれは, きかないの, きと, きなよ, きます, くれという, くれること, くれるもの, こい, さしつかえない, しまうから, しまおう, しまったという, しまったので, しまったよ, すぐ, その時, その話, だまって, ふたりの, ほかに, みたいもの, みたん, もらった, やれば, よいほどの, わたしの, 一つの, 一人の, 一緒に, 三人の, 下さると, 世間の, 両手を, 人に, 今も, 僕が, 別れた, 勧めた, 外を, 奥へ, 好い, 後に, 扉を, 本を, 来るもの, 気を, 特別の, 男は, 相手の, 窓から, 立ちあがった, 老人は, 聞かして, 聞かせました, 膝を, 走って, 返事を, 道庵は, 部屋の, 部屋を

6 [127件] あげます, あなたの, い, いいもの, いたとき, いたほど, いた者, いつまで, いないよう, いやがる, いやな, いらっしゃるの, いるかと, いるかも, いることば, いる土地, おいたのに, おかあさんに, おかねば, おきたいこと, おくの, おくれよ, おれば, お姉さん, お宮は, お辞儀を, お銀様, お雪, きたので, きた時, くるから, くるよう, くれたが, くれた人, くれます, くれるよう, こない, こよう, ごらんよ, しまうもの, しまおうと, しまったが, しまったよう, そいつを, そこで, その中, それで, どこかへ, なにも, なにを, のけました, ぼくは, ますよ, みたって, みなさい, みようじゃ, みようよ, みんなの, もらいたいと, やりましょう, やること, よいもの, よろこんで, ニヤリと, 丁寧に, 七兵衛は, 下すった, 人間の, 今から, 僕を, 入口の, 別れて, 同じよう, 呉れた, 塩田大尉は, 夜に, 夜の, 大事に, 大騒ぎを, 好いか, 子供の, 子供は, 子供を, 尋ねますと, 少しも, 居るの, 山の, 平気で, 年は, 彼女を, 微笑した, 心配し, 悪ければ, 感心し, 慰めて, 懐から, 探して, 断りました, 普通の, 有名な, 来たこと, 来たとき, 東京の, 検事は, 次の, 水の, 火を, 着物を, 立った, 立って, 立上る, 笑ったが, 笑ったの, 聞かせた, 聞かせるよう, 背中を, 行くこと, 行くの, 見せて, 訊いて, 調べて, 退けた, 逃げて, 間も, 頭の, 額を, 驚いて

5 [153件] ああし, あげて, あった, あの人, あれを, いいくらいの, いい程, いきますと, いたって, いないよ, いなければ, いばって, いません, いるんだい, いる事, いる所, いる男, いる筈, いれば, いろ, うちの, おいたが, おいでよ, おくがね, おまえの, おられます, おりますから, おれの, お母さんに, お礼を, お通, お高, きかせて, きかせても, きかないので, くること, くるもの, くれい, くれるので, これに, しばらくする, しまうよう, しまうん, しらべて, じいさんは, そこには, そのこと, その方, ただの, たのみました, つれて, どこに, どんなこと, なんの, ばかに, ひそかに, ほんとうに, また, またその, みい, みたいの, みたくなりました, みなければ, みましょうか, みます, みるか, みるつもり, みるて, みんなで, むやみに, もらいたいの, もらって, やります, やるよ, よいが, ようすを, よこして, よっちゃ, ドアの, 一人で, 下さいませんか, 両手で, 主人に, 事情を, 二と, 二人とも, 二人を, 仕事を, 伸子は, 何でも, 何の, 倭文子は, 入って, 前の, 喜びました, 売って, 外から, 多計代, 女中を, 子供たちを, 宜しい, 居るです, 左の, 差し支えない, 差支えない, 庄吉は, 店の, 弟の, 彼らは, 手紙の, 断った, 明智探偵は, 時計を, 書いて, 木の, 村川は, 来い, 歩き出した, 気が, 気の, 泣いた, 無闇に, 父に, 父は, 白雲は, 目に, 眼の, 石の, 窓の, 窓を, 笑う, 置こう, 腹を, 自分に, 若者は, 茶を, 草の, 行ったが, 褒めて, 見えなくなって, 見たが, 見たり, 見よう, 見ようか, 見ようと, 訪ねて, 身体を, 連れて, 障子を, 静かに, 頭から, 駒井は, 魚を

4 [245件] あげましょうか, あげるから, あとから, あなたは, あなたを, あるん, あわてて, いいこと, いすから, いたがね, いたころ, いたぜ, いたその, いたっけ, いたところ, いたな, いたのに, いた通り, いったの, いつでも, いないこと, いますね, いますので, いままで, いらっしゃいまし, いられます, いるこの, いるぜ, いるはず, いるひま, いる村, いろいろの, えどういう, えなん, おいたじゃ, おかみさん, おきますが, おくれでない, おしまいに, おじいさんに, おじいさんを, おじさんは, おそれて, おった, おやり, おられますが, おれと, おれを, お前が, お前の, お絹, お綱, かごの, きかせるの, きかない, ききません, くださいまし, くださいよ, くれたん, くれって, くれないん, ここの, ここへ, ここを, このこと, このよう, この場合, この男, こぼして, これほど, こわがって, こんなこと, さがして, しきりと, しまいましたが, しまうので, しまっては, そこらを, そのとき, そのへん, そのままに, その土地, その手, その辺, それだけ, ついには, ていねいに, どうした, どうすれ, どこへ, なかには, なかま, のけて, のけると, はいって, はじめて, ひとりで, ひまを, ほかには, ほしいと, まいりました, ましたが, ましたよ, ます, みたいな, みるならば, もらいましょう, やたらに, やったが, やるん, らっしゃいな, らア, わけを, わたしが, カーテンを, テーブルの, トントンと, 一座を, 三人で, 下から, 了った, 人々の, 人間が, 人間は, 今この, 今に, 今は, 今まで, 仲間の, 件の, 体を, 働いて, 兄の, 先生に, 出かけた, 出たまま, 勇ちゃんは, 去った, 口に, 古藤は, 可い, 叱った, 叱られた, 右の, 右へ, 名刺を, 呉れと, 呼んで, 唇を, 嘘を, 姿を, 客を, 家で, 宿を, 尋ねて, 小林君が, 少女は, 少年は, 左へ, 帰して, 庭の, 廊下へ, 弟は, 弦之, 彼と, 彼に, 彼女が, 後の, 後は, 後を, 御覧, 御覧なさい, 微笑し, 心の, 悠々と, 悦んで, 愛吉は, 憚らない, 懐中から, 或る, 戸外へ, 承知しなかった, 拝んで, 指で, 支度を, 暇を, 最初から, 月に, 来た男, 来よう, 東京へ, 椅子を, 歎息した, 正ちゃんは, 母に, 海の, 消えて, 済まして, 澄まして, 父が, 玄関の, 現在の, 男の, 百姓は, 皆を, 目の, 相当の, 相手は, 相手を, 私も, 立ちあがりました, 立ちあがると, 米友は, 聞かせると, 肩を, 胸の, 腰の, 自分から, 船の, 良い, 薬売り, 見ても, 見ました, 許して, 貝十郎は, 貰った, 貰って, 近所の, 道具を, 部下に, 銭を, 鏡を, 長火鉢の, 青年の, 非常な, 非難した, 頼みに, 頼みました, 顔の, 飛んで, 馬に, 馬の, 馬鹿に, 鶴見は, 鼻を

3 [549件 抜粋] あいつを, あきらめて, あげる, あげるよ, あげれば, あちらから, あの方, あやまった, あります, あるのに, あれほど, いいくらいに, いいね, いいました, いいん, いきなりその, いけなければ, いそいで, いたかと, いたね, いた人, いた時, いた時代, いた男, いっしょうけんめい, いったが, いないという, いないので, いましたか, いましたけれど, いましたね, いましたわ, いまして, いますし, いらっしゃるん, いられないの, いられるが, いるだけの, いるだろう, いるでしょう, いるとは, いるね, いるふう, いるらしかった, いるインゲンマメ, いる中, いる女, いる奴, いる娘, いる子供, いる店, いる点, いろいろと, うしろに, え, えどんな, えなに, おかしそう, おきたい, おきましたし, おけ, おこうと, おしまいには, おじいさんの, おじぎを, おったが, おったの, おねえさまたち, おめ, おられたこと, おられたの, おり, おりません, おわびを, お別れ, お前は, お前を, お吉, お嬢さんは, お宮の, お島, お百姓さん, お花, お金を, かけだしました, かしらは, からかった, きいてるん, きかせるが, きかないん, ききました, きたが, きたと, きたとき, きたもの, きたよう, きては, きますから, くださいな, くださらんか, くるか, くるん, くる人, くれさえ, くれたこと, くれても, くれないの, くれなかった, くれば, くれましたが, くれますが, くれるか, くれるかい, くれるん, くれる人, くれん, くれッ, くんねえ, ことわりました, この人, この頃, これほどの, こんなもの, さすがに, さっきから, さわいで, しかりました, しまうか, しまうには, しまったか, しまったし, しまったって, しまわれました, すすめた, そそくさと, そっぽを, そのそば, その肩, それと, たくさんの, たずねた, ため息を, だれでも, だれも, ついて, とって, とめて, どこへか, なぜか, のける, のぞいて, ばあさんは, びっくりし, ふたりは, ほめて, ぼくらの, ぼんやりと, ましたわ, ますが, ますね, また笑った, みたいこと, みたいん, みたかったの, みない, みないか, みましたけれど, みましょうよ, みよ, みようかな, みるかな, むこうへ, めえります, もう一人, もって, もらいたいん, もらえれば, もらおう, もらっても, やらなかったの, やらなければ, やりたいが, やりましたが, やるが, やるのに, ゆくこと, ゆくもの, よろこびました, らっしゃいまし, わたくしは, わたくしを, アメリカの, カイは, スイッチを, ハイロは, ベスは, ポケット小僧の, ポンと, 一匹の, 一年に, 一本を, 一枚の, 一種の, 万吉は, 上等の, 下さいな, 下さいね, 下さいました, 下さいますか, 下さいますの, 両方の, 中から, 中へ, 中を, 二階の, 人々を, 人は, 今までの, 今夜の, 仏頂寺は, 仰向けに, 休もうよ, 休んで, 佇んだ, 何事も, 俺に, 俺の, 兄は, 先へ, 先生から, 出かけて, 出たの, 前に, 加十の, 助けて, 医者は, 博士に, 博士の, 去年の, 右手で, 右手を, 号令を, 向うの, 向こうに, 吾, 呉れ, 呵々と, 和太郎さんは, 品物を, 啼いたか, 嗤った, 嘆いて, 四人の, 土地の, 地に, 塔の, 壁の, 声かけた, 変に, 変わったところ, 外の, 大利根博士は, 大声で, 大尉は, 大師が, 大空を, 太郎は, 夫の, 夫人の, 奥を, 女の子は, 好かろう, 妹は, 姉は, 威張って, 娘の, 子供が, 子供たちは, 子供らは, 学校へ, 安心させ, 客の, 家に, 家庭の, 容易に, 宿の, 寝ると, 寝室へ, 寝転んだ, 将曹, 尋ねたです, 小倉は, 小太郎は, 小言を, 小鳥を, 局長は, 居った, 居や, 居りました, 居りましたが, 居るけれども, 屋根の, 差支ない, 帆村が, 席を, 常陸の, 帽子を, 平手で, 平気な, 床に, 床の, 座を, 彼らの, 彼らを, 往来に, 後から, 後には, 御機嫌, 怒って, 怒るの, 怪塔王は, 恍けて, 悪かった, 意味あり, 愚痴を, 憤慨し, 房枝は, 手さぐりで, 手で, 手許に, 承知しない, 挨拶を, 教えた, 敵を, 斬って, 旅の, 早くも, 暫くし, 最後に, 月は, 月丸は, 朝から, 本当の, 杜は, 来た三人, 来ない, 来なかった, 来ましたが, 来るだろう, 来るよう, 来る人, 来る者, 松村は, 栗の, 案内を, 極く, 様子を, 歎い, 止めて, 正造は, 正面から, 武蔵は, 死んだの, 母親の, 氷の, 汗を, 池の, 泊って, 泣きながら, 洗って, 涙ぐんで, 深い溜息, 清さんは, 澄して, 火の, 為朝は, 無造作に, 煙草の, 父の, 父親は, 片手で, 片足を, 特徴の, 生れは, 男が, 男を, 町の, 病人を, 皆が, 盛んに, 看護婦が, 眠って, 眼に, 知らん顔を, 石を, 礼を, 私たちの, 私とは, 私には, 私達を, 穴の, 穴を, 空に, 空の, 窓に, 立ち上がった, 立ち上った, 立ち去りました, 立ち止まった, 立上ろう, 立派な, 竜の, 笑うと, 笑うの, 笛を, 箱の, 箱を, 簡単に, 米友を, 紙に, 素直に, 紹介し, 紹介した, 置きながら, 置く, 耳を, 聞いたの, 聞かした, 聞かすこと, 聞かせる, 聞かせること, 聞かせるの, 聞かないので, 聞きました, 胸に, 胸を, 自動車の, 自動車を, 自慢する, 自身の, 舌を, 舟が, 舟を, 花の, 若い女, 若い男, 茂太郎は, 荷物の, 葉子の, 藩の, 蜂矢の, 行こうと, 行ったの, 襖を, 見たまえ, 見物に, 親の, 訊ねた, 話も, 誰かが, 諾か, 貝を, 貞雄は, 貰いたい, 貰いたいの, 貸して, 足の, 車を, 辻永は, 迎えに, 近づいて, 途中で, 進んで, 道を, 部下の, 金の, 金博士は, 金貨を, 釣って, 鏡の, 長い間, 長椅子の, 門の, 隣の, 雑誌を, 青竜王, 頬を, 頼みますと, 額の, 顎を, 風呂に, 食べさせて, 食事を, 飯を, 馬を, 駕籠を, 騒ぎました, 騒ぐの, 鬼の, 鳴いて

2 [1583件 抜粋] あけて, あげましょうね, あげると, あたしは, あちらへ, あとで, あなの, あらわれて, あるので, いいかと, いいところ, いいやら, いうまでも, いくらか, いたけど, いたずらに, いただきたいの, いただくと, いたでしょう, いたばかり, いた時分, いた秋田, いないし, いなかったの, いますか, いますの, いまに, いらっしゃる, いられるもの, いるあれ, いるさ, いるだけで, いるとも, いるらしかったが, いる人間, いる子ども, いる感情, いる日, いる若い, うしろへ, うれしさ, えおもし, えどうして, おいたこと, おいたので, おいでだった, おきたいの, おきました, おきますがね, おくよ, おく必要, おたずね, おどかして, おまえは, おられたから, おられるという, おりましても, おるが, お城, お小皿, お役人, お松は, お母さんを, お父様, お粂, お見え, お駒ちゃん, かえってくる, かけだした, かたわらの, がんりきの, きかなかったの, きたから, きた日, きますよ, きれいな, くださって, くだすっても, くるだろう, くれおれ, くれたことば, くれたね, くれないので, くれぬか, くれるかね, くれるひと, くんからな, こうし, この世に, この場, この辺, これだけ, ごまかすの, さしだしました, さわって, しばらくし, しまいな, しまいますよ, しまうし, しまうという, しまうほう, しまったそう, しまったのね, しまった日, しまわれるでしょう, じっと眼, すたすたと, すわって, ずっと見, その, そのたび, そのままにいさん, その人間, その女の子, その実, その席, その晩, その頃, そばへ, それから自分, それで私, それ以上の, ただで, たべもの, ちょいと, つい先頃, てれくさそう, とってを, とりたてて, どうか私, どこからか, どなって, なかなかの, ならんで, にげだしました, にやにやと, のけ, のは, ひっそりと, ひとりは, ふいと, ふたを, ふとん, べつに, ほしい, ほめられること, ぼくらを, ましたから, ましたの, ますがね, またし, またもと, また泣い, また笑いました, みせえま, みたとき, みたらいい, みち子は, みねえな, みますか, みるの, みるん, みろッ, むかしは, むりに, もういちど, もしこの, もとは, もらい現在, もらうの, もらっては, やがてす, やっからな, やったり, やらあ, やりあと, やりたいの, やりたまえ, やるもの, やんだい, ゆう飯, よいから, よいという, よい種類, よく調べた, よこしたので, よびかけました, よろしかろう, らしたん, わしの, わたしたちの, アタフタと, イヤな, カラカラと, キョロキョロと, クロの, スミ子ちゃんを, チラリと, ドン, バニラの, ピストルの, ボールを, マユミさんを, ミドリちゃんを, リット少将は, 一人が, 一体何, 一夜に, 一度も, 一本の, 一生懸命に, 七つに, 三つの, 三味線の, 三時間ばかり, 上の, 下さいません, 下せえ, 下を, 不思議な, 世の中に, 世間に, 中には, 主膳には, 乙は, 二人が, 云々する, 井上君は, 人情を, 今すぐ, 今度の, 今更の, 代りに, 伯父は, 住み込んだん, 何が, 何物も, 使いを, 俯向い, 俺は, 僕に, 元気な, 光子さんは, 六個しかも, 内を, 出かけたが, 出す, 刃物を, 別に, 前々から, 力の, 勅使の, 動かない, 区長は, 半七, 半蔵は, 卓子の, 厭がっ, 参ります, 反対の, 取って, 受取らなかった, 叫んだ, 叱られる, 右手の, 同じこと, 向直って, 呉れるの, 呼べば, 唾を, 喜びの, 喰べ, 国を, 土間へ, 坐ったが, 声が, 変ったところ, 外国の, 大そう, 大喜び, 大砲の, 太郎と, 失望した, 女中が, 女中は, 始めての, 婦人の, 子供達を, 学校の, 安心する, 宜い, 宝石を, 室を, 宿は, 寄って, 寝た, 寝台の, 寝床を, 小刀を, 小次郎は, 少し熱い, 居りますと, 届けて, 山崎譲は, 岸に, 差支えあるまい, 師匠の, 帰ったが, 帰る, 幕の, 年の, 店を, 庭に, 弁信法師は, 引取って, 弟を, 形容したら, 彼女に, 後へ, 後家さんが, 徐かに, 御馳走を, 心を, 応接間を, 怖, 怪物の, 息子は, 愉快そうに, 慢心和尚は, 懐きました, 我に, 扉が, 手ぶらで, 手錠を, 承知した, 押入れの, 指さす所, 掌を, 揶揄う, 攻撃した, 教わって, 断ったの, 旅人は, 日に, 日本人を, 早く床, 昔の, 昼間の, 時間を, 暴れて, 最初の, 木之, 机に, 村人は, 杖を, 来たから, 来ただけの, 来たところ, 来たばかりの, 来たらしいので, 来た事, 来た客, 来ないと, 来ますよ, 来るし, 来れば, 林太郎の, 桐の, 椅子から, 極く細かい, 機嫌よく, 止めた, 正作は, 正直に, 歩いた, 歯を, 死んだという, 殺すの, 母親は, 気の毒な, 決して悪い, 沖の, 法の, 泣きました, 泣くの, 泥だらけの, 浅草の, 海苔を, 淋しそう, 深山理学士は, 渡した, 滅多に, 無暗に, 無関心, 父親を, 牛の, 物を, 猫を, 王子は, 生かして, 男泣きに, 百両の, 盃を, 盗伐の, 真の, 眠りました, 知って, 祝福した, 私から, 私どもは, 稲の, 立ちあがる, 立ちどまりました, 立上っ, 笑いだした, 笑うだろう, 笑われました, 箸を, 約束の, 素子は, 紳士は, 絶対に, 縁起の, 罪人の, 置いた事, 置きました, 置けば, 美津子の, 老人の, 老妓は, 耳の, 聞かせたが, 聞かせないでは, 聞かないの, 聞くと, 肯かないん, 脇差を, 膝の, 自慢の, 船乗りに, 船長は, 良人の, 花に, 苦りきって, 苦笑した, 茶店の, 葉子が, 薄い唇, 蝟集し, 行くもの, 行ったよう, 表へ, 褒めた, 見えぬ目, 見たの, 見ましても, 見るまでは, 親切に, 親方は, 訊ねても, 話そうと, 説明を, 諸君の, 警官の, 豚の, 責めるの, 貰えば, 買うの, 賞める, 足もとに, 身震を, 軽蔑した, 辞退した, 近くの, 逃げだしそう, 逃げるよう, 通りを, 遠くから, 邸を, 酒は, 金五郎は, 釣りの, 鍵を, 門を, 阿繊, 障子の, 電灯の, 青竜王は, 鞄を, 頭が, 頼みましたけれども, 風の, 飛んでも, 首領は, 馬車を, 騒いだ, 驚きました, 高笑いを, 鳴いたの, 黒シャツの

1 [15959件 抜粋] ああいう, あげくに, あざみの, あったり, あのものすごい, あの老人, あまり百姓, あるかい, あんなに強い, いいじゃ, いい家中, いえよ, いきなり戸, いけないよう, いたかも, いただきたいが, いたものの, いた予備, いた小川虎之助氏, いた留守, いた音, いったん墓, いつもおいてきぼり, いないぜ, いまいましそう, いま塗りつぶした, いようかと, いられない人間愚, いるかね, いるでしょうむやみ, いるアメリカ, いる以上, いる地獄, いる弟, いる氷, いる竹童, いる赤い, いる鼠, うかつには, うまいお菓子, ええの, え重, おいらも, おくより, おしだしても, おったんで, おどりだしました, おもわず大きな, おられますがね, おりますの, おるのう, お出, お嬢さま, お断りし, お爺さんの, お茶を, お館, かけよりました, かなりだろう, がまんし, きかなかった漸, きたね, きた時代, きのうここへ, きらわれた母, くだすっ, くるところ, くれたその, くれた楽園, くれますよう, くれる夫, くろい風呂敷, げっぷを, こう頭を, こっちが, こないでは, このまま関係, この六尺豊か, この小説, この気, この話, こまらないよう, これ位突飛な, ござりやせん, さがした, さっき見た, さびしがりました, さらりと, しかし信ぜられぬ, しきりに巻紙, しばらく母親, しまいます隠して, しまう以外, しまったでは, しまった血, しょうばいをしたことにはならない, じっと春木氏, すぐお, すぐ成敗, すすめると, すまんが, せっかくの, そうで, そこで彼, そしられた, そのころ, そのままぴしゃりと, そのまんまプーイ, その免状, その女性, その後間もなく, その有り様, その瓶, その耳, その都市防衛, その首, それから左右, それで先, そんなばか, たいへん大きな, ただちにこれ, たばこに, だまされたらすぐ, ちちくびからしたたりおちているのを茶碗, ちょっとふり向きました, ついにローマ, つくづくと, つまり神様, でるの, とおして, とびついて, どうしてもそう考えざる, どうにも致し方, どれだけの, なお意気地, なげきました, なにか歌, にいさんは, にらみつけましたが, のけたかった, のろま清次に, はたらいて, はれぼったい瞼, ひところは, ひどく甥嫁, ふくれる平馬, ふふん, べつだんその, ほめそやしたもの, ぽいと, まさか倭文子達, まず題号, またぺろり, また倭文子, また欄干越し, また道, まだ見た, まるきり事件, みたいとは, みだりに外国人, みみずの, みれおもしろい, むしゃくしゃし, もうけっして逃げ, もう四十九日, もしまた, もときた, もらえないかと, やがて一つ, やすみなさい, やった拙者, やはり僕, やりかえした, やり給えよ, やんねえ, ゆく後ろ姿, よいくらいに, よい田楽, よくにおい, よこさなければ, らいつ, わかれますと, わざわざ遠方, わらって, アーメンと, エリスの, ガタガタふるえ, グレゴール, サワリを, スカンポの, ソースの, ディーケに, ネタ洗いに, バイロニズムには, ピアノから, ヘイカの, ボートに, マルコの, ヨシ子ちゃんに, ロッティに, 一つどうしても, 一個の, 一家族を, 一方ならない, 一杯やる, 一発で, 一郎青年を, 七番堂の, 三十六品の, 三浦はずん, 上人を, 下さい改められる欠点, 下しますと, 不審がっ, 世の, 中世以降徳川時代まで, 丸山勇仙も, 久代さんは, 乞食坊主でも, 二ツ頷いた, 二十二妹は, 二月早々に, 五十円請求し, 人から, 人間らしくなる, 今まだ, 今日何故, 仏頂寺と, 付け足した, 仲之町では, 会社へも, 住んで, 何もかもさ, 何程かの, 例えば毎月毎月, 信じませんでした, 倒れたが, 傘を, 僧と, 先ず半, 入浴し, 八百屋の, 兵馬とは, 円形の, 冷くすまし, 出すの, 出刃包丁を, 刑の, 別にその, 別れを, 前丘, 力自慢の, 動坂は, 北原が, 十二番の, 千九百十二年大日本帝国の, 半自叙伝, 印半纏の, 参りますから, 友情という, 取り柄は, 口もとに, 古葉書, 叱っては, 吉田は, 名は, 君に対して, 呉れなくちゃ, 呼びました, 咎めを, 問屋に, 喜ぶと, 嘘らしい, 四日も, 固く口止め, 土で, 地球を, 埓を, 壁は, 外で, 夜道を, 大きないい, 大ざっぱに, 大喚ぎをたてながら, 大層怖い, 大海へ, 天を, 太い自分, 奥から, 女史に, 好い時, 姥ヶ餅の, 媚びたながし眼, 孔子は, 安場は, 実用向きの, 家々から, 宿場で, 寝たよう, 対山が, 小さい木の実, 小博奕, 小林君に, 小野君が, 少し鬱ぐ, 居たの, 居れば, 山狩の, 島流人の, 左手から, 已に四子, 帯の, 帰る日, 幕府直轄の, 年内から, 床へ, 庸太郎が, 引き返し町筋, 強いもの, 当然国家保安法, 彼等と, 後家を, 御慈悲, 御飯も, 心配しました, 応ずる者, 思いがけないその, 思想問題という, 恥ずかしいん, 悪いもの, 情熱という, 感慨を, 憎みおそれきらわないもの, 懸命に, 戯れ遊んだ, 手さぐりでそこらをなでまわしていたがとつぜん, 手綱と, 批難する, 抱き上げた児, 拝む神, 指先に, 捜索し, 接ぐ, 撫子を, 政府を, 散滴, 斎布に, 断わって, 新吉の, 日が, 日頃親分も, 明智先生と, 昨夜の, 暑かった, 暫く黙っ, 書画帖を, 有頂天に, 木原店という, 本堂の, 杉戸を, 来ず筑波, 来た会社, 来た貝十郎, 来ますが, 来るところ, 来年三の酉が, 板の間とか, 柿沼に, 梅干か, 植物園や, 様々の, 機械装置を, 歌ったり, 正ちゃんに, 此処まで, 歩度の, 残忍酷薄な, 毎日毎日刻限に, 気持を, 永くこの, 決してわたし, 沖に, 泊めた, 泣き狂う紋太夫, 洋杖で, 浪人は, 涼しいという, 清吉は, 温い大きな, 滝太郎が, 濡れた舟, 無念そうに, 焼けおちた自動車, 父から, 牟射佐妣という, 特異な, 猪首の, 王さまと, 理学士は, 生徒を, 田植の, 申込め自分, 畔の, 疲れた身体, 白い毛布, 百姓の, 盗み食いとは, 直ぐ先生, 相談し, 真黒な, 着物や, 石工や, 磯五を, 神さまに, 秀才だ, 積極的に, 突然げらげら笑い出した, 立ちどまって, 立上ったら, 竹蜻蛉の, 笑わせた, 筋を, 粂五郎は, 納まり返りまた, 細いがっしり, 結局やらない, 綺麗に, 置いたけれど, 羅刹の, 羽仁五郎の, 耳が, 聞かせますの, 聴かない風, 肯き入れない, 脅かすと, 腹痛でも, 自己から, 舌でも, 良吉は, 芸者と, 苦悩自体の, 荊州から, 落着か, 蔑むの, 藁苞の, 蛇管の, 行きながら, 行く者, 衣嚢の, 裸同様の, 要領を, 見たわけ, 見ろお前, 覘い, 言いたてるところ, 託宣が, 詩も, 誇ったよう, 説明の, 調達局の, 謝罪って, 貝谷は, 貰えて, 買っても, 贈られたの, 起ち上がりかけると, 跼む, 車に, 辞令を, 近隣諸, 退けたと, 逃げ出そうと, 速水は, 遊んだの, 違和は, 避難する, 酒盛が, 金モールを, 釣に, 銃創と, 長いあいだ, 長椅子に, 関相撲を, 陶器を, 隠れるの, 雨を, 電車は, 非を, 音の, 頬杖を, 頼るところ, 風呂場で, 食おうかと, 飾りだ, 馬車へ, 騒ぎに, 高い煙突, 魔女は, 鳴りました, 黄色な

▼ いっても~ (6122, 13.1%)

107 それは 101 よい 75 いい 45 過言では 35 いいくらい 33 これは 27 よかった 26 いいの 25 よいの 22 いいだろう, いい位, よかろう 21 いいほど, よいほど, 何も, 私は 19 よいくらい 17 いいでしょう 15 私の 13 仕方が, 自分の 12 いいほどの, いいよう, それが, 人間の, 誰も 11 よいが, 今の 10 ここは, よいであろう, よい位, 好い, 普通の, 過言でない 9 あの人, いいくらいの, いいと, 私には 8 いいかも, いいが, よい程, よろしい, 同じこと, 彼が, 日本の, 私が 7 いいん, 人の, 僕は, 彼は 6 いいし, よいかも, よいでしょう, 今日の, 可い, 大したこと, 彼の, 相手は, 自分が, 自分は

5 [16件] い, いいかと, いい程, いっても, この辺, そこは, それを, ただの, だめだ, どこか, ほんとうの, ぼくは, よいほどに, よいよう, 何の, 昔の

4 [36件] あれは, いいという, いい過ぎでは, おかしくない, ここでは, この事件, この頃, これを, そこには, それには, むだだ, よいくらいに, よいだろう, よいので, よいほどの, よいもの, よさそう, わたしは, 中, 主に, 二人の, 人間が, 今は, 例の, 多寡が, 大部分, 好かろう, 宜い, 実際は, 山の, 平気で, 相当の, 知れたもの, 自分で, 非常に, 駄目だ

3 [73件] あとの, あなたの, あなたは, あの方, いいじゃ, いいです, いいもの, いいわけ, いい人間, いずれも, いまの, いろいろの, お前は, かれは, きりが, ここには, こちらは, この土地, これが, これほどの, これも, さしつかえないの, しようがない, そうは, そう多く, その頃, たいしたもの, だれも, ふつうの, ほんとうに, みんなが, よいから, よいくらいの, よいでありましょう, 一つの, 一般の, 上に, 人が, 人間は, 今では, 今度の, 以前の, 兄は, 先生は, 別に, 前の, 同じよう, 多くは, 大家の, 女の, 好い位, 娘の, 学校の, 差支えは, 差支ない, 急に, 意味が, 敢て, 日本は, 最大の, 本当の, 東京の, 母は, 決して誇張, 決して過言, 無理だ, 現実に, 眼の, 自分を, 言いすぎでは, 誇張では, 誰が, 途中で

2 [244件] ああした, あいては, あたしの, あたり前の, あと三日しか, あながち過言, あの子, あまりに覿面, いいか, いいこと, いいって, いいので, いいほどに, いいよ, いいわね, いい人物, いうこと, いつもより, いろいろある, いろいろ種類, うちの, おれは, かなり広い, かまいません, きかないの, ここだけでも, ここの, こっちに, この人, この地方, この際, これだけの, これと, これには, これほど, さからう者, さしつかえあるまい, さしつかえない, さしつかえないであろう, さすがに, しかたが, しょうがない, すべての, そう広い, その中, その人, その内容, その後に, その方, その時, その通り, それ以外に, そんなこと, だめです, だれが, どっちが, ないほど, なにも, びっくりする, まだお, まだ子供, まだ寒い, まだ当らない, まだ梅雨, まだ若い, まちがいでは, みなしょうばいにんあがりであった, むっつりと, もうじき, もう仕方, もとは, やはりその, よいあり, よいか, よいし, よいと, よいわけ, よい所, ようございます, よほど内福, わしは, エライのは, ガラス絵は, パンでは, ホンの, 一丁目から, 一人の, 一方は, 七十八歳とは, 世間の, 丘は, 中心に, 二間しか, 亡妻寿衛子の, 人々の, 人を, 人物から, 今と, 今までに, 今までの, 今度は, 仕出し専門, 他人の, 何に, 何を, 余計な, 俗に, 信じて, 僅かに, 僕の, 元より, 先代の, 先生の, 分らぬから, 別にむずかしい, 別に何, 別棟の, 前に, 十二時ころで, 南方の, 叔父の, 口に, 可いのです, 同じだ, 名に, 君の, 呑気な, 問題の, 問題は, 土地は, 坐り込んで, 堤を, 士族の, 夏の, 夏は, 多種多様で, 大きさ, 大勢の, 大過あるまい, 好いの, 子供の, 子供らは, 学生と, 宜しいの, 実際の, 家が, 家に, 家庭の, 容易で, 容易に, 少しも, 屋根裏の, 差支えない, 差支えないかも, 差支えないくらい, 平凡な, 年が, 年は, 当時は, 当然な, 彼女の, 彼女は, 彼等の, 彼等は, 必ず自分, 恥かしくない, 悪くは, 意外な, 我々背広服の, 掌に, 故郷に, 敵は, 断じて過言, 日本で, 日本一の, 日本人は, 日本国内では, 明治十五年, 曹操の, 曹操は, 最初の, 月に, 月の, 東洋の, 根が, 森や, 横に, 樹齢の, 此の, 武蔵の, 殆ん, 母が, 毎日おなじ, 気が, 水の, 水は, 決してそれ, 決してふしぎ, 海は, 無理である, 父の, 特別な, 現在の, 現実的な, 生活する, 田舎の, 男が, 男の, 相変らず, 相手が, 真の, 知らない人, 確かに, 神さまの, 神様の, 私に, 空は, 笑って, 第四, 耳に, 職人の, 肉に, 肯かないの, 自分には, 良い, 良いほど, 若い人, 西洋の, 言葉の, 許して, 話が, 返事を, 過去の, 過言で, 過言には, 遠くへ, 酒を, 金を, 錦の, 間違いは, 雪に, 雪は, 風流な, 黙って

1 [4160件 抜粋] あああの足軽, あえて過言, あなたが, あのピストル, あの親, あまりに失礼, あまり話は, あるいは不可, あんたの, いいくらいさ, いいであろう, いい両方, いい品, いい時, いい神経衰弱, いい誰, いくらかの, いちばん安心の, いつの間にか古, いまさら未練がましく, いやだ, いろいろな, うんざりなさる, おせい様, おなじこった, おまえには, およそ悪い, お前が, お嬢さんが, お断りだ, お盆前の, お駒, かたちばかりの, かまいませんか, からくり仕掛ばかりの, かわいがられるだろう, ききませんでねえ, きみは, くつろぎの, けっして他, こういうとき自分, こうつけ加えない, ここらの, ことばの, このとおり, このベンチ, この国, この寒空, この教師, この村はずれ, この煙, この節, この面, これだけしか, これ以上加える, こんなに人格, こんにゃく色で, ごく身近, さしつかえあるまいと, さしつかえは, さも肩身, しもたや, じっさいこれ, すき焼専門だ, すこしちがいます, すでに遅, ずっと八郎潟寄り, せいぜい障子, そういう特別, そう上等, そう種, そこらあたりの, そのため, その一部, その場合, その年代, その支配, その狙う, その短期間, その興奮, そりゃもう, それでもまだ, それも, そんなに品, たいした不合理, たいてい誤り, たしかに本船, ただ普通, たった一人, たとえよう, だめだめ, ちっとも自慢, つつましや, できなかった, とたんに気, とどのつまりは, どうした, どうもしょうが, どこを, なおいい足りない, なか, なかなか家柄, なさけないもの, なにを, なんにも, はじまりませんが, はや一日, ひとは, ふだんの, べつに大した, ほとんど取る, ほんの小さな飲屋, ぼんやりした, まじめに, まず第, また元, また特に, まだおくら, まだまだ多, まだ世間, まだ十八, まだ完全, まだ本当, まだ素槍, まだ進む, まったく覚え, みかども, みんなからは, むすぼれ解けなかった, むろん貧乏長屋, もうこれ, もう七つ, もう十一月, もう意地, もし商人, もちろん一年じゅう, もとより不完全, やがて淀橋, やっぱり悪党, やはりひと, やはり空箱, やめなかったとの, よいおとなしい顔, よい不思議, よい場合, よい成信, よい真四角, よい香気, よくって, よく大津, よし家族づれ, よろしいかも, よろしい白骨, わかるめ, わしのは, わずか四, われわれには, アメリカは, インドや, ガラスなんて, グヰンの, ジャンセエニュ先生の, チクと, テンポが, ニーナの, パリと, ブルジョアの, ボストンあたりの, ムリの, ロマン派の, 一センチメートルの, 一度縁, 一日十銭か, 一概にこれ, 一番微妙な, 一般化し, 一里余も, 七兵衛の, 三人は, 三十郎に, 三陸すなわち, 下らなくなるほど, 不埒な, 不自由は, 世界一は, 両が, 中途半端でほうり出されます, 主として水石, 主膳は, 九時か, 争えないの, 二とは, 二人きりな, 二十五六より, 二号車と, 二等駆逐艦です, 五六段ぐらいしか, 五百人の, 亭主の, 人家は, 人物の, 人間同士の, 今後の, 今石塔, 仕事先の, 他人には, 仮の, 伝統が, 佐々砲弾の, 何だかぼんやり, 何にも, 余程怖い, 例えばプラトン, 俊亮であった, 修道院長の, 倭文子自身では, 働けば, 元の, 兄妹の, 先の, 光が, 全然頭, 六七年前まで, 兵部の, 内臓の, 凡人と, 刀に, 切身は, 別に何一つ仕出かす, 別に系統的, 利己主義の, 割り算ほど, 動かないので, 勿論口, 北宋の, 十一月, 十帖と, 千二の, 半焼け同様, 南京豆脂肪に, 単に仮, 単に能動的, 厳冬の, 取り分けお睦まじかっ, 古人の, 可なりだ, 右腕の, 同じの, 同時に自然, 名も, 君には, 吾, 呼びつづけて, 品物が, 商売が, 喜太郎でございます, 四十だ, 困るが, 国木田独歩が, 土臭かろう, 地方の, 垣も, 場所柄で, 声も, 変り種の, 外部に, 多情多感な, 大きいど, 大したお, 大して不当, 大事な, 大声を, 大引近い, 大東京, 大船駅で, 大阪弁である, 天然産の, 奈良漬色の, 女よりは, 奴泡を, 如何なる立場, 娘義太夫である, 子供には, 学資かせぎ, 宗良親王御撰の, 宜しいもっとも, 実はそう, 実は恥ずかしく, 実情を, 実験という, 宮本家, 家屋らしい, 容太郎が, 寧子は, 小さすぎます, 小児だ, 小田くんは, 小遣に, 尤もである, 山を, 岡は, 崎でも, 工場では, 差しつかえありません, 差支えないであろう, 巴だけの, 帰って, 常備二百人以上は, 平素よりは, 幼年期の, 広いのに, 店売りを, 庭木戸から, 張合いのね, 当りまえだ, 当然であろう, 形式を, 彼に, 征夷大将軍の, 御岳教の, 微細気象学的に, 心腹の, 必ず溺死, 思いだせなかったろうあれ, 怪我の, 恐ろしい墨色判断, 息子は, 悪口の, 意気筋な, 成るほど, 戦後の, 房枝たちの, 手向いする, 才能以外に, 折詰ひい, 拒絶し, 掃部様は, 撃剣の, 政治は, 教育の, 敵の, 文学精神の, 断るには, 旗本屋敷である, 日向の, 日本天狗道の, 旧暦だ, 旭川の, 易らず, 昨夜まで, 時々は, 時間が, 暁に, 曲りなりにも, 最も不幸, 最早家, 服色は, 朦朧たる, 本人に, 本来いくらも, 机と, 東京で, 東側には, 板造りの, 校舎は, 案内人もつれず, 森を, 極めてお, 構わんな, 橘家三好, 歌子は, 正面だ, 武帝は, 死ぬ日, 段数が, 母親の, 民間の, 水を, 江戸には, 池で, 決して客観写生, 決して昔, 決定的な, 治郎左衛門は, 泣くばかりで, 活動も, 海上五十キロも, 深いこと, 渡瀬さんの, 源助と, 濡れないもの, 点火限界に, 無条件に, 無理は, 無駄だ, 爆弾を, 物に, 特に父, 狭い道, 王子は, 現行犯だ, 生と, 生蕃は, 申, 男まさり, 畢竟は, 疑われた男, 白あばたが, 百貨店を, 盗む者, 直径一万分の一ミリくらい, 県庁の, 眼を, 知って, 砂だらけ御汁と, 確かな, 神変幻術を, 祭の, 私のは, 科学的機械文明の, 稽古に, 立って, 竿は, 箏の, 米国は, 紀州公は, 終局において, 結局は, 絶対的な, 繁昌った, 美妙は, 翻せない心持, 耳を, 聞く人, 肉体と, 胸に, 腹には, 自分も, 自然に, 舞台が, 良いかも, 良人の, 色艶うるわしく, 若い咄家, 若年者それに, 茶の, 落武者の, 薄だけが, 蛸, 行かないので, 街路の, 袖切坂は, 西新町の, 見えないかも, 見込んで, 親は, 角力道に, 言いわけ, 訳が, 認識主観の, 誰一人味方に, 講義や, 豹一にとっては, 貴君の, 赤の, 足りない者共, 身にとっての, 軽兆候, 近代教でしょう, 返らぬ, 退治る, 通ずるが, 遁れ, 過去何者に, 道庵には, 遠くも, 部屋仲仕の, 酔って, 野武士時代の, 金銭から, 錬磨の, 長さ二メートル半, 門外の, 関羽の, 限りが, 随分暇, 雑貨屋の, 電車が, 青山から, 非難攻撃を, 須臾の, 頭が, 題詠では, 飛びついて, 飲み手は, 首を, 驚きも, 高価で, 魚類を, 黄金怪人の

▼ いっては~ (782, 1.7%)

16 いけない 14 いけません 8 いけないと, 何も 7 いけないの 6 いけませんよ, 失礼だ 5 ならないと, 一人も, 困る

3 [14件] ありませんでした, いかん, いるが, ただその, ないの, なかった, ならぬと, なんです, 一つも, 失礼です, 微塵も, 悪いと, 済まないが, 語弊が

2 [32件] ありません, いけないという, いけないよ, いたが, いるものの, おかしいが, お手, お話に, すぐに, そこから, それだけだった, ちは, どうかと, ない, ならない, ならないという, ならぬという, ならぬもの, もう何, よく父, レイレーを, 人の, 何だ, 別に無い, 喝采し, 嘘に, 変です, 持って, 済みませんが, 申し訳ない, 考えて, 話に

1 [596件 抜粋] あたしに, あたるまい, あなたの, あぶないよ, あまりひどい, ありますけれど, ありますまい, あるが, あれ一人, あわれなほどしか, いいよう, いい過ぎだろうか, いかに思われ, いかぬ, いけないこと, いけないじゃ, いけないぜ, いけないでしょう, いけないとか, いけないもう少し, いけないよと, いけないん, いけない理由, いけない禍, いけませんでした, いけませんでしょうか, いささかも, いずれも, いたがね, いただけませんか, いたらしい, いちばんいい, いないじゃ, いないん, いなかったあの, いなかったでは, いました, いません現場, いまだ定まった, いま着, いやです, いやよ, いよいよますます製法使法発達, いられないこと, いられないので, いるね, いるん, うるさいという, うわぐつ一足, おいおい泣き出し, おそれ多い, おだやかでない, おのおのの, おまえを, お冬さん, お前たちが, お前一人だ, お屋敷, お後明晩, お粂, かえってきれい, かえってわかり, かなりしげしげかよっ, きげん, きよくも, きわめて低い狭い, くれないの, くれなかったか, こうした恋, ここには, こちら様ばかり, このコック, この上, この侍一人, この信州, この家, この船, これ一つしか, ごく少ない, ございませぬ縛られる前, ございません, ござらんまあ, さあホッ, さかんに, さがしまわりました, さしずめあの, しっぽを, しまいにき, すぐ忘れ, すこしでも, すまないが, すまないその, せいぜいコオロギ, せっかく使い, そうたくさん, そのタバコ屋, その土地, その浪花節, その男, その黄金色, そりゃよく, それくらい, それしか, それに, それより, それを, たいてい笑われるでしょう, ただこの, ただの, ただ他, ただ単に, ただ往来, ただ背, ただ虐政者大院君, ただ読書, ただ遊ん, ただ酒, たった一ぴき, たとえ光秀討伐, たぶん父, たわごとみたいで, だめだ, だめです, ちょっと語弊, ついぞつけ, ついぞ居まわりで見た, つい二足三足前, つぎつぎに, つらくあたる, ところどころに, ところどころの, とても小樽, とても金, どうか, どうだ, どうにも, どう形容, どこが, どちらにも, どんな処, どんな時, ないし, ないはず, ないもの, ないん, ない所, なく父, なし交番, なつかしさ, なにも, ならないおまえ, ならないという迄, ならないといった, ならぬ, ならぬといった, ならん, なりませんよ, なんだ, なんでございます, ひとつの, ひとりあたり二両ずつ, ひと現場, ふるいすき, べつな, ほとんどありません, ほとんど全く顧みる, ほとんど史料皆無, ほとんど少く, ほんの卒伍, まあこの, まずいという, まずこの, またシャンパン, また据えられた, まだその, みたが, みたものの, みなを, みな年老いた, みるものの, もう一ト方, もう夜半, もう女, もう此の世, もう通じない, もとよりなんにもない, もらえませんでした, やらないが, よくない, よく介抱, よく寺, わからない人, わからぬ人, わかりますまいが, わかりませんか, わるいか, キョロキョロ前後を, サンドウィッチに, ソースが, テケレッツの, トラ十の, ニヤリと, ニワトリや, ヒステリィを, プリンスから, ヘッド, マラバト・ナバトの, レールに, 一分も, 一本も, 一歩映画街を, 三千八百人の, 三枚の, 三段論法じみ, 不可ん, 不安だ, 不徹底である, 世上の, 両親は, 久米一が, 二三尺も, 五体みじんと, 些と, 交わされない, 京都の, 人を, 人相手相面相爪相足相にまで, 仕立屋の, 他に, 何だか調和, 何です, 何ともどうも, 何ひとつない, 何べ, 何一つない, 何一つなかっ, 何一つなく, 使役の, 侍女と, 僅かに, 僅に, 働いた, 僧尼各, 先様の, 全くない, 公然と, 内の, 冬な, 出しませんが, 別に, 別にある, 別にご, 別にない, 到底急, 前座として, 前足で, 劇場側でも, 勇一君の, 勿体なし, 十貫十ウの, 千人中の, 厳氏の, 又一踊り, 友人を, 取れない, 可笑しいかも, 叱られた経験, 叱られながらも, 叱りつけわすれもの, 向うに, 呉れないで, 唯昼間, 唯銃猟, 喜び少なく, 喧嘩, 喧嘩を, 嗅いで, 嗤われる, 困るじゃ, 土地不案内である, 地だ, 坊様だけ, 墓の, 声を, 売れ残りの, 夜を, 大きな面, 大きな黒馬モルヴァアク, 大ゲサ, 大廻りじゃ, 大次郎と, 大洗に, 大狼狽, 大袈裟かも, 大袈裟に, 天下に, 失敗し, 失敬だ, 失礼な, 妥当を, 子供の, 官位や, 実に歯, 実際それ, 宮が, 家内の, 家康の, 容易の, 対岸の, 小さい荷車一つ, 少しな, 少しも, 少し冥, 少し大げさ, 少し大袈裟, 少し当らない, 少し空, 少し言い方, 少し違う, 尾張から, 岡場所の, 工合が, 師匠に, 帰れん, 常磐津の, 平手で, 幸福でなかった, 幽霊談皆無と, 幾日も, 庭の, 庸之, 当らない, 当らないほど, 当らないよう, 当りまえ過ぎ, 当りません, 御先祖, 微々たる小族烏合, 心が, 心に, 念入の, 思いやられるばかり, 恐ろしい位, 恐縮千万, 恩着せ, 息を, 悪いかも, 悪いであろう, 悲しむその, 意を, 愚痴に, 感じが, 懐中電灯ただ一つだ, 或いは誤る, 戻りした, 戻り五歩, 手荷物を, 折角の, 拙者の, 拝殿の, 接吻し, 支那扇子で, 断じてあるまい, 新しいの, 日々勝手口へ, 早くても, 早過ぎる, 昔から, 昼から, 昼間を, 普通の, 暴女王の, 更にない, 月の, 月並かな, 有合わせの, 有頂天に, 朝日新聞から, 村山の, 来たが, 来られまい, 柳原を, 桜並木の, 椅子に, 植え集めたこと, 検束された, 極めてぼんやり, 極めて悪く, 槓桿の, 民の, 気に, 気の毒だ, 気まずいこと, 沢山の, 泣いた, 泣いて, 津田, 洪水に, 涙の, 済まないじゃ, 済まないよ, 済まない水気たっぷり, 済まんが, 済まんぞ, 減食を, 渡して, 炒った豆, 無いが, 無理でしょう, 無理に, 特に目立った, 犬の, 猶予が, 猿が, 現在わたし一人その, 瓜など, 甚だ悪い, 甚だ申しわけ, 甚気の, 生きて, 由紀子を, 由良以外に, 町の, 病気では, 病気を, 白い幹, 皆に, 皆を, 盛んに, 目だけ, 相済まない, 眺めたの, 眼の, 瞬く星, 石の, 砂の, 砂馬が, 社交倶楽部では, 社会の, 神さまの, 私に, 私を, 私達二人の, 稀れである, 穏か, 空吹く, 笑われて, 箸持つ, 粉ひき臼を, 綿竹関が, 罵られて, 耳を, 聞かせて, 肥料の, 背後の, 胯を, 自分たちの, 致方が, 興味が, 舌つづみを, 色々な, 虫の, 裏庭の, 言いすぎじゃ, 言いすぎだろう, 言い過ぎに, 言葉が, 話も, 語弊も, 読書の, 誰も, 買って, 賊の, 赤い顔, 足がらみの, 身なりも, 近辺を, 過賞なら, 違うかも, 違うだろうか, 金属性の, 金閣寺よりも, 鍵の, 長い舌, 長椅子に, 間違いかね手, 隅っこに, 非科学的, 面会を, 頭を, 顔見合せ, 顳, 食べ頃も, 首一つ取っ, 馬鹿正直と, 高い天井, 高さ一丈, 黒住教の, 鼠が, 龍睡

▼ いったり~ (588, 1.3%)

74 して 49 した 26 きたり 22 する 17 こっちへ, するの 12 来たり 8 すること 7 したこと 5 したが, したり 3 したの, しました, するから, するその, すると, する者, また

2 [16件] いたしました, したもの, しても, するが, するほか, するん, そのほか中小都市, たわいも, でいくら, なんかしない, 書いたり, 注文される, 私は, 考えたり, 自分の, 遠くから

1 [293件] あたしが, ありがとうと, あるいはまた一方, あるいは家, あるいは末節, あるいは飾らず, あんまりわがまま, あんまり苦しく, いたします, いつも他人, いつも変らず, いろいろ勝手, いろんなこと, いわなかったり, うなずいたり, おさせに, おもしろく暮らし, おもちゃの, おれたちでも, かくれて, きいたり, きりも, くるわへ, こちらに, こちらを, こっちの, させたり, さわいで, したあと, したそう, したので, したらそれ, したら六右衛門さん, したら大変機嫌, した彼女, した野郎, した関係, しつこい努力, しつづけて, しては, してるという, してる者, しないこと, しないだろう, しましたからねえ, しますから, しますが, しや, しやしねえ, すりゃもったいないからすててしまやしないわよ, するあいだ, するかと, するぐらい, するけれども, するすべて, するため, するため自動車, するだけ, するだけでも, するだろう, するでは, するな, するので, するはず, するばかり, するよう, する世界, する事, する人, する仲居, する兵隊, する口癖, する女, する寺, する小, する日, する様子, する気, する洋, する為, する自分, する蚕, すれば, せず単純, そこで見つけた, その奇襲戦法, それに, そんなこと, ときによっては, とにかく気心, とにかく海民, なさるから, なにを, なんだか博士, はいったり, はいらなかったり, ひいひい言ったり, ひとりあなた, ひとりで, ひやかしたり, まごまごし, またし, または, またはこの, またはその, またはパン, または一時, または主人自ら, または儒教, または塗り膳, または算法円理云々, または醜い, またモグリドリ, また別, また古今亭志, また夜中, また大いに, また林, また殺し, また考える, また頼ん, もったいぶったり, もっと困る, ものを, やかんの, やがてまた, わざと仲間はずれ, ウロウロし, カタリと, ゴロかと, シャッと, ジンを, トカゲが, ヒューッと, ブルック先生に, マテマテカ塾という, 一塁へ, 七つの, 下へ, 下駄を, 世の中の, 九年の, 乱暴を, 五月六月七月八月と, 人を, 今まで, 仏に, 他人が, 伊豆の, 何か, 便所へ, 偽ったり, 傘を, 僕が, 光陰如矢と, 全くこの, 凄まじい気焔, 出たり, 加藤と, 助七は, 十一の, 十日も, 反対する, 可也無理, 名残りを, 君と, 呼寄せたり, 喰べたくもない, 四月だ, 地方へ, 坂を, 変な, 外出し, 夜遅く, 大いに笑っ, 大きなウミガモ, 大事な, 太い金, 太鼓が, 姥甲斐ない, 子守が, 家の, 家集を, 寒くなれ, 小便を, 小菅又八郎だ, 小鳥の, 山内へ, 巌流島を, 左に, 左へ, 帰ったり, 床の, 彼女の, 御馳走を, 怪しまれるの, 息の, 悪口を, 意地わるを, 慰めあったり, 慰めたり, 憎まれ口を, 懇願し, 或る, 所と, 手でも, 振舞ったり, 接吻を, 政談演説会へ, 散歩を, 敵意ないしは, 断末の, 明るい月, 昼寝でも, 昼酒の, 普通作文と, 月が, 朗読し, 村から, 村の, 村全体を, 桃から, 此方へ, 歩いたり, 歩きはじめました, 殿下などと, 毒吐い, 気持ちを, 氷で, 泣いたり, 泳ぎに, 涙を, 湯に, 無駄金を, 焼けのこりの, 熨斗目の, 牝牛を, 田舎臭い, 疲れると, 白い筋, 知らない村, 石を, 科学博物館から, 立派な, 笑ったり, 笑わせようとして, 羨望し, 翁と, 聖書を, 臨時の, 自分で, 自分ながら, 自慢を, 臼を, 草田病院へ, 葉子には, 薄暗がりの, 行ったり, 見物し, 言葉や, 記したり, 訴えるよう, 講談本を, 警察へ, 路の, 車から, 逃れようと, 途方も, 這入って, 過賞を, 道が, 邪魔し, 邸の, 郊外散歩と, 野を, 野原を, 野良の, 釣堀に, 間違ったこと, 隅田川馬石と, 階段を, 顔に, 食いものを, 饗応の, 馬車で, 馬車を, 馬鹿だ, 馬鹿野郎と, 高島田だっ, 高等工業で, 魔術の, 黒鍬衆と, 鼻の

▼ いったって~ (422, 0.9%)

5 仕方が 4 仕様が, 私は 3 誰も

2 [19件] あの人, いつかまた, えらいという, おめ, お嫁さん, それは, どうなる, むりだ, 仕方がねえ, 何の, 何も, 僕は, 君が, 木津さんに, 罰金くれえ, 自分の, 頭の, 駄目だ, 駄目よ

1 [368件] あいつは, あいつらにも, あたし付い, あたりますよ, あっちこっちの, あっちへ, あなが, あなたが, あなたには, あまり狼狽, あらまし出来, ありは, ありゃしない, ありゃしないよ, あるさ, あれぐらい, あれは, あれほどの, あんたと, あんなに早く, あんな大きなもの, いいくらい, いいくらいの, いいのに, いいよ, いいドライヴ, いい意味, いい知惠, いきなり放火, いけない, いつ帰る, いまある, いまさらどうにもしよう, いまさら赤ん坊, いやな, いろいろです, うちじゃあ, おいらアこの, おかしくないや, おとよの替わり, おまえさんどんな, おまえに, おまえは, おまえ母子こうして, おれが, おれの, お内儀, お前, お前あの, お前さん, お前さんあの, お前さんの, お前程度という, お前豪傑の, お母さんが, お父さん一人じゃ, お父さん長谷川さんの, お父つぁんは, かまわない, かまわないが, がんじ, きさま, きみに, きりが, くらせるもん, こち, このひい, この奥, この年, この村, この状態, この車, この頃, これぐらい, これだけの, これ以上の, こんなこと, こんなところ, こんな小, こんな提灯, しかたが, しつけひとつ, しばい者, しようがない, しようがねえ, ずいぶん広い, せいぜいの, そうかと, そうだ, そうな, そうは, そうも, そこは, その鉄ごうし, そりゃつい, それが, それじゃァ, それで, それより, それを, それァ, それ以上説明が, そんなお, そんなに永劫不変, そんなばか, そんな男, そんな芸, たかが島民, たかが老耄, ただ女, ただ骨, たった二間, だめよ, だらしが, ちょっとした出来心, つまらん, とうていダチャカン, とうに野郎, とても謂うこた, どうしてもほんとう, どうせ段切, どうせ籍, どうせ荒家, どうにも, どうにもなり, どこが, どこです, ないもの, なにを, なまめかしいん, なんにも, なんにもできやし, ねむられるもの, はいって, はじまらない, はじまらねえ, はじまりませんよ, ひと一人死んだ, べつに, べつに仔細, べつに聞屋, ほんとは, まだ半年そこそこ, まだ年, まだ芸人, まともの, まるで樽, むだぼ, むりです, むろんあなた, もうだめ, もう一緒, もう五十, もう共同正犯, もう大勢, もし二日, もとを, やはり芝, やれるわけ, わからない, わからないよ, わかりは, わかるよう, アンペラや, エスキルという, キーシュの, コップ一ぱい分ぐらいの, コレ位怪しから, コンナ不思議な, タカ助の, ハダカだ, パーヴェル・パーヴロヴィチ・トルーソツキイです, ピアノまで, フウワリ受けとっ, ポチは, 一ト月か, 一体変, 一文だって, 一日も, 一畝り乗っ, 三枚だ, 下手人は, 不可え, 世界中で, 世間も, 中学を, 事実私は, 云いました豊島, 五百キロ以上は, 交代が, 人間に, 人間は, 今夜の, 今宵の, 今度はき, 今更どうにもあと, 今更ドウ, 仕事の, 仕様がね, 仕様ねえ, 他の, 他人だ, 会って, 何が, 何でも, 何ともない, 何に, 何ほど, 余りはめ, 作家に, 俺が, 俺の, 僅か一尺, 僕なんかは, 僕には, 儂は, 元々品, 元に, 兄が, 兄は, 先方の, 先殿様が, 入口は, 出掛けるん, 出来ないん, 分りませんよ, 初めて男, 判りは, 力では, 劬って, 勤まりゃしねいや, 勿論いいかげん, 勿論必ず犢鼻褌, 勿論狐, 医学博士を, 十八九で, 十円の, 博奕の, 友に, 吉野の, 同じ理窟, 同級生です, 名人戦が, 君には, 君は, 命を, 和歌子さんだって, 困りますよっ, 坊さんだ, 売れません, 変です, 変な, 夏の, 夜更かし, 大した時間, 太夫が, 女には, 女優なんぞ, 妾の, 姉の, 始まらないから, 嫌いじゃ, 子供です, 守るべきもの, 宜いよ, 実はアイビキ旅館, 家の, 容子が, 差支えない, 市川宗家ほどの, 師の, 帰るもん, 弟の, 役者を, 彼に, 御主人, 志村君は, 忘れちまう様, 忘れないよ, 恥かしい, 悪くは, 我々の, 手も, 撞球場では, 支那の, 政府と, 敗けて, 断然ダンチ, 方図が, 旦那たいてい, 昔馴染だ, 昨夜の, 朝まで, 木乃伊の, 本場だ, 本場で, 村の, 東京じゅうに, 東京には, 東郷青児の, 格別目に, 極めて簡単, 構うもん, 構や, 構わないと, 次郎さんは, 死んだもの, 死んだ人間, 死んだ農奴, 殴り合, 毎日三十分ずつ, 気楽な, 水の, 清水の, 無理や, 無理よ, 無論昔, 特別それが, 犬が, 現にやってる, 生きては, 白い綺麗, 真に分ろう, 着物を, 知らない言葉, 知らねえよ, 知事の, 社会に対する, 私あ, 私が, 私今度と, 練出す, 繁盛する, 聴くもん, 胴巻の, 自分らの, 良人が, 色が, 薬が, 見る処, 親身じゃ, 解るじゃ, 話なんか, 貰って, 貴方の, 貴方一人だ, 貴様の, 貴様は, 貸して, 軍からの, 軽部には, 逃げられるわけ, 道ばたで, 違いますよ, 銭を, 陽虎に, 階下の, 離れられるわけ, 雪の, 面白い, 革命って, 頼むこと, 馬鹿には, 駄目ね, 驚きようが, 鮎が, 鶴は, 鼻介の

▼ いってから~ (243, 0.5%)

3 だを, 急に, 私は 2 大ぶ立っ, 私の, 自分で, 隣の

1 [226件] あたりの, あらためて客, あわせて, いかにも満足, いねむりをはじめた, いまだに便りとてなかった, うしろの, うれしかった, おいキャプテンと, おさまったが, おせんの, おみの, お上さんも, お前は, お島, お昼の, お浦, お父さんは, お美夜ちゃん, お高, かたわらの, かれこれも, げんげんを, こう云った, こんに, さらに重ね, すぐこの, すぐまた, すぐ女先生, すこしの, ずいぶん意外, ずんずんとむ, その場, それこそ, たばこに, たびたび寝返り, たべもの, だ, つぎに, つづけて, であるが, でしたかな, でないと, でも, とつぜん霧, とにかく相当底力, どういうもの, なんだか胸, にわかに暑, のちの, はじめて口, はじめて東洋人, ひとまとめに, ひとりも, ひと膝, ふと何, ふと日吉, ふと書類, ふと立, ふりかえって, ほんのひょいと, ますます知識階級, またさらにあれ, また泣いた, まだなにか思いつい, まだ一月, まもなくある, もう一度あらためて腰, もう一度塗香, やおら三津子, やや暫くし, ようやくまちがった, よくわかっ, エキモスは, エミイは, セエラは, チチコフに, トキエは, パン屋の, フフと, ポンともとの, 一刻の, 一足とび, 三年めに, 三年めの, 三日目に, 下金屋と, 中野さんは, 久助は, 二タ月も, 二三日たった, 二三日という, 二人で, 二人は, 二十分の散歩を, 二日後に, 二時間あまり黒い, 二階の, 五六町歩く, 五分間と, 五分間目を, 五年ちかい, 休もうよ, 伸ばそうという, 佐八は, 俊子を, 倉地の, 倉地は, 兄に, 先生は, 入って, 八日めの, 六月二十五日朝鮮での, 写真を, 冴えて, 出て, 別れて, 動揺し, 北清事変の, 十数日たった, 博士は, 友だちと, 可なり, 右側に, 四日目に, 城太郎に, 外へ, 多摩川における, 大きな声, 大吉が, 大成を, 大辻と, 天皇の, 奥さんに, 姉の, 姉は, 始めて, 姿を, 孔明は, 客も, 家臣の, 密着いた, 小さい娘, 小諸に, 帰って, 年を, 弟は, 彼は, 彼女は, 後に, 後まで, 御重体, 心ない, 思い出したこと, 恭一に, 息苦しくては, 慌てて, 或いは男, 扇子を, 拷問を, 斬りますぞい, 新子に, 日も, 明日の, 時々ちょいちょい遊び, 時間が, 暖い, 暫くし, 暫く空虚, 暫く言葉, 朝鮮での, 木戸も, 杏丸の, 杏丸は, 東へ, 枯れた草, 校長の, 楽しそう, 樺太を, 次第に上昇, 次第に変った, 死にに, 母は, 毎日あの, 毎日の, 気が, 気に入りの, 気候は, 泣きやんで, 溜め息を, 父母の, 独りに, 用人に, 申しあげよう御, 畳の, 発見した, 目を, 直接の, 眼を, 神奈川の, 立上った, 笑いました, 組み太刀の, 継子さんは, 老母の, 股当てを, 脚を, 腰に, 自分の, 若ざむらい一同, 蓋を, 試みに, 詳しい話, 警部は, 貴重な, 軽い疼みの, 退屈で, 酔いが, 重ね棚の, 長く寝床, 間が, 防火演習や, 降るの, 障子の, 頭を, 馬車は

▼ いっちゃ~ (187, 0.4%)

24 いけない 8 いけないよ, いけませんよ 6 アいけ 5 いけねえ, いけません, なんです 3 いかん, なんだ, 何です, 困るよ, 失礼だ 2 ありゃしない, いやだ, だめだ, ならねえ, ならん, ひっかぶり, 何だ, 駄目だ, 駄目よ

1 [93件] あたい困っちゃう, あっしが, あぶない, ありません, ありゃしませんけれど, いかんいくら子供, いかんよ, いかん創意, いけないかな, いけないこれ, いけないじゃ, いけないぜ, いけないとは, いけないの, いけないのよ, いけないよと, いけない今度, いけない諸君, いけねえぜ, いけませんそんな, いけませんほんとに, いけませんや, いけません永年潮風, いけません犬, いなかったの, いました, いません, いませんがね, いや, いやだいた, いやよ, いやーよ, いられないかも, おかしいけれど, おかしいよう, かねの, こまるよ, しかし済まない, すまないが, だめです, どうだ, どうだい, ないと, ないねえ, ないや, なお悪い, ァいかん, ァよく, アいけない, アいけねえ, アいけやせん, アしょうがねえ, アな, アなりません, ア不可ない, ア厭だ, ア可哀想だ, ア困ら, ア失礼だ, ア彼処では, ア新, ア旦那それじゃ, 一ぱいかんとか, 一粒の, 不可いよまあ, 不可え, 不可ません, 似合いませんが, 具合が, 勿体ない悪所, 危い, 卿の, 取れるもの, 困ります, 困りますね, 困りますよ, 困る, 失礼かも, 女の, 当節大金だ, 悪いか, 悪いが, 悪いでやす, 悪かった, 汽車に, 深川へ, 済まねえが, 禁軍の, 罰が, 義理が, 聞いて, 聞こえが, 聴いただけでも

▼ いっさん~ (62, 0.1%)

2 にかけだし, に走っ, に道場, に駈け, に駈け出し

1 [52件] にうら, にかけだした, にかけだしました, にかけりだした, にこっち, にそっち, にとん, ににげだした, にフェージャ, に上っ, に台所, に地下室, に宙, に将監橋, に岸, に島, に崖道, に庭, に後ろ, に校門, に氷, に流れだし, に浅草, に涙, に狂奔, に突き進ん, に築山, に自分, に虻田, に裏木戸, に訪れ, に谷, に谷底, に走りだしました, に走り出ずれ, に走り去った, に走り去りました, に追いかけ, に逃げだし, に逃げだした, に通り, に飛び立っ, に馬首, に馳けた, に駆け, に駆けだし, に駆け出しました, に駆け出す, に駆け去る, に駈けた, に駈けだしました, に駈け出す

▼ いってね~ (50, 0.1%)

3 いまの 2 おいおいそこつるはし

1 [45件] あたしいつでも, あなたなんか, いい医者, うしろの, おいおいそこ, おおいばり, おじさんは, おふくろだけは, おれは, お上から, きみの, くるくると, この受け取り, これでも, さぞお, それには, それッきり, ときどき持薬, どうで, どこにでも, ほらあの, よしんばあたし, わりかた東京ッ児, コウノトリなんかには, 一旦運転手, 二十七家の, 人間は, 作右衞門どんも, 僕いやだった, 僕ンと, 可愛い子, 君に, 夜中に, 安心した, 寝る子, 御用だ, 日本の, 時々私, 有名な, 村とも, 氷に, 総じて武芸, 若え, 西村商会の, 見ると

▼ いってや~ (46, 0.1%)

13 がる 5 がるんだい 4 がるん 3 がら, しない 2 あがる, がるんで, がんだい

1 [12件] がって, がらあ, がらア, がるくせ, がるという, がるな, がるナ, がる任原, がんで, しないあまり, しないのよ, しなかったこと

▼ いっ~ (42, 0.1%)

3 くれ 2 くれな, 笑って, 考え込んだ

1 [33件] いでよ, いとおくれよ, おいで, おばあさんは, お出ましを, くんなさい, すくいベッド, せねば, その後を, なった, ひきました, 乱れてさ, 刃並みを, 刻むなんてなことになってくると雷の, 叫んだの, 大喝してやろう, 微笑まんばかりに, 懸声, 望遠鏡で, 気合を, 沈黙した, 秀之進の, 笑った, 簡単な, 考えたが, 考え込む, 耳を, 見上げたが, 見入ったもの, 見入って, 言いました, 誰やら, 鳰鳥を

▼ いっちゃあ~ (38, 0.1%)

3 ない 2 いけねえ, いけませんよ

1 [31件] いかん, いやだ, おかしく聞えます, お屋敷, お松ッ子が, そこの, たッ, どんなに力, ない様子, なりませんって, なんだ, まあお前一人, まずいかナ, わるいけれど, アノ笑顔を, 一ぱい, 不可ません, 何だ, 冗談に, 口で, 可け, 可笑しいけれども, 嚇か, 困ります, 大した評判, 末始終は, 済まないよう, 済まねえが, 返事が, 食べて, 馬に

▼ いってからも~ (26, 0.1%)

2 彼は

1 [24件] しきりに雨, しばらくの, そしてまた晩めし, そのつもり, その夜, その距離, それが, できるだけ, なかなか眠る, ぼやけたよう, やっぱり時々母親, 不平が, 人々を, 南さんは, 夜っぴて大きな, 始終忘, 容易に, 忘れられませんでした, 昔の, 機関車の, 正ちゃんは, 源氏は, 算術の, 西の

▼ いってな~ (25, 0.1%)

2 すりばんを

1 [23件] あったら例, いっしょに, おじさんは, おせい様, こういうところ, ここの, そのうち, それは, それも, となりの, のがさねえよう, もっぱら敵, わしの, チャーチル奴の, 二つの, 人は, 何でも, 値段に, 左膳め先日から, 幕府の, 武蔵坊弁慶で, 白昼人の, 西洋の

▼ いっぽん~ (25, 0.1%)

2 あったずおん, の木, めぐんで

1 [19件] あち, あれば, しびれて, だした, だれかに, では, のより糸, のろうそく, の桜, の生, ほうき一つ手に, 参ったわい, 夢の, 横たわって, 町は, 肩に, 脇眼も, 腕の, 道が

▼ いってからは~ (21, 0.0%)

1 [21件] いちおう建つ, おかしく急, さきほど申, だれも, どうなる, ほんの断片的, ますます距離, まったく家老, 仕事を, 学科用の, 少年の, 山家の, 平地が, 御通行準備, 旅寝の, 白い壁, 碌に, 起き上がること, 長い電気火花, 雷の, 非常に

▼ いってからの~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことだ, ことである, ことと, しあわせを, みじめさを, やや複雑, 三番目の, 五六年の, 木村の, 東京の, 極楽でも, 次郎は, 気温上昇が, 物質文明の, 話に, 話の

▼ いっぴき~ (16, 0.0%)

2 の鯖

1 [14件] だけいた, のする, のめうし, のハエ, の動物, の小, の巨大, の生きもの, の縞鯛, ぶうんと, 盗んだと, 逃げだすすき, 這い出さぬ, 雇うの

▼ いっぱん~ (12, 0.0%)

2 の事実 1 に倫敦市内, に女性的, に幕府時代, に手がる, に男, に白髯サマ, に解釈, に非常, の人々, の教育目標

▼ いっちく~ (10, 0.0%)

8 たっちく 2 たっちく太右衛門どん

▼ いっ~ (9, 0.0%)

1 の後, の気休め, の花, はっとした, も休む, も心から, を庭, 待って, 見ないふり

▼ いっ~ (9, 0.0%)

2 かいねえ 1 か, かいない, かっ助けて, か来, か来い, か見, か起き

▼ いってさえ~ (7, 0.0%)

2 くれれば 1 くれたらおれたち, やれば, 悲しかった, 粋でねえ, 肉襦袢姿で

▼ いっぷう~ (7, 0.0%)

2 変って 1 変ったやつ, 変ったエディポス複合, 変った人物, 変った物語, 変わった女性

▼ いっ~ (6, 0.0%)

1 いっ, いっどう, いっ間違えて, うっ, 師匠さまは, 袖の

▼ いっての~ (6, 0.0%)

1 おはなし, ことで, ご相談, たれ死, 帰りはからずも, 数時間は

▼ いっ~ (6, 0.0%)

1 うする, がおかしい, しや, するん, を勘, を愚図愚図

▼ いってしも~ (5, 0.0%)

1 うしなァ, うた, うたが, うて, うては

▼ いってにが~ (5, 0.0%)

4 笑いを 1 笑いした

▼ いっぺえ~ (5, 0.0%)

1 に手品, 居るよう, 恵んで, 掛かったな, 詰ってるん

▼ いっ~ (5, 0.0%)

2 いっ 1 あっ, いっ何, いっ孔明

▼ いっ~ (4, 0.0%)

2 いっ, いっおお

▼ いっおれ~ (4, 0.0%)

1 のいう, のお, の体, を白洲

▼ いっから~ (4, 0.0%)

2 女が 1 御なか, 田植だけは

▼ いっこく~ (4, 0.0%)

2 ですから 1 も早く, らしく

▼ いっていう~ (4, 0.0%)

1 のも, もんだ, んでしょう, 言葉も

▼ いってけ~ (4, 0.0%)

1 えったよ, えろう, もので, ものや

▼ いってと~ (4, 0.0%)

1 いうよりは, そう豆絞り, びらを, 委しく教え

▼ いってよ~ (4, 0.0%)

1 あたし恐く, うく見, そうそうおまえ, それでなけりゃ

▼ いってナ~ (4, 0.0%)

1 そうして眼, 一発で, 右脚が, 小梅あたりの

▼ いっどこ~ (4, 0.0%)

1 から拾っ, の馬の骨, へ行く, まで参る

▼ いっばい~ (4, 0.0%)

1 になっ, に月, の声, の日光

▼ いっ~ (4, 0.0%)

1 おくれりゃいっ刻, ぐらいを過ぎ, もいやざま, よけいむごい

▼ いっおお~ (3, 0.0%)

3 うっ

▼ いっ~ (3, 0.0%)

1 え, えこの, えよ

▼ いっしっかり~ (3, 0.0%)

1 しろ, しろよ, せい

▼ いったっても~ (3, 0.0%)

1 仕方が, 余り見ともない, 飽きが

▼ いってからという~ (3, 0.0%)

1 ものろくな, ものニールスは, もの何もかも

▼ いってでも~ (3, 0.0%)

2 いるよう 1 いるかの

▼ いっ~ (3, 0.0%)

1 を出せっ, を曳け, を貸せ

▼ いっあぶな~ (2, 0.0%)

1 いっ, いっあぶな

▼ いっうるさ~ (2, 0.0%)

1 いっ, いっうるさ

▼ いっええ~ (2, 0.0%)

2 いっ

▼ いっかい~ (2, 0.0%)

1 はいらないこと, 膝の

▼ いっくら~ (2, 0.0%)

1 でも出ます, 呼んだって

▼ いっここ~ (2, 0.0%)

1 へ, へ一つ

▼ いっこの~ (2, 0.0%)

1 ブルジョワ夫人, 白き手

▼ いっこれ~ (2, 0.0%)

1 さ何, でもか

▼ いっ~ (2, 0.0%)

1 ょにいるあいだにわたしはイタリア語が, よにそこ

▼ いったりは~ (2, 0.0%)

1 しないだろう, しませんが

▼ いってこそ~ (2, 0.0%)

1 より多く, ニンフ水浴の

▼ いってのに~ (2, 0.0%)

2 おまえさんが

▼ いってもね~ (2, 0.0%)

1 どんな腹いせ, 陽あたりの

▼ いっという~ (2, 0.0%)

1 ことに, 掛け声もろともに

▼ いっ~ (2, 0.0%)

1 い咲いて, しの

▼ いっぱいぬぎちらして女一人~ (2, 0.0%)

2 のきやす

▼ いっぱししょうばい人~ (2, 0.0%)

2 のつもり

▼ いっぱり~ (2, 0.0%)

1 に張り, の朝

▼ いっみんな~ (2, 0.0%)

1 寄って, 来て

▼ いっもう~ (2, 0.0%)

1 一杯ついでこい, 三碗

▼ いっ~ (2, 0.0%)

2 てっ

▼ いっ時息~ (2, 0.0%)

1 をひそめた, を呑む

▼ いっ~ (2, 0.0%)

1 は黄巾賊, れ待たぬかよ

▼ いっ~ (2, 0.0%)

1 が見えん, をさませ

▼ いっ~ (2, 0.0%)

1 を, をくれい

▼1* [186件]

いっあまり世話を, いっおふくろ殿もいっ, いっおらの縄, いっお嬢さんっ, いっくら急な抱擁, いっこくそうな青年, いっこちらへやっ, いっこっちへ来, いっしゅん硬直して, いっじゃあたしが, いっそいつを確かめ, いっそくの靴, いっそこにいる, いっそのとおりだ, いっそんな物を, いったあいきょう者です, いったった今そこで, いったってじゃねえか, いったってねえ新さん酷く, いったらしく思われました, いったりさえするの, いったりなどしました, いったりなんかして, いっちくしょうっどこ, いっちゃあね詰らないこと, いってかにゃ出来んじゃねえか, いってかの女は, いってかべにくっついて, いってからがきわめて適当, いってからに俺し, いってからね親分お, いってからものの五分と, いってさいやに, いってさえもあらゆる可能性, いっててすりに, いってにぎやかなところをごらんなさい, いってねんをおしました, いってのみました, いってばかりおいでであった, いってへびをくるくるとむすびこぶにまるめてそれで, いってほどでも, いってほどじゃないけど, いってまで山へ, いってめえ達もちょっと, いってもからだが, いってもて囃す, いってもという肉体的の, いってもほどのあるビロード, いってやらア, いってよというので, いってネこの方, いっでも田沼先生, いっどうした, いっなぜ逃げる, いっなにをいっ, いっなんとかいえ, いっ体つきは, いっばばあ, いっぱいあけてけらけら笑ったり, いっぱいからあげっぱながよいがところによってそう, いっぱいぐうッと飲む, いっぱいけやきの木の枝, いっぱいござりましてな右の小鬢, いっぱいだからくんでやろうかそんなこと, いっぱいつんつんつッたって, いっぱいなみだをためてだまって, いっぱいにすぎなやよもぎの生えて, いっぱいについていいかおりがそこら中いっぱい空にはもう, いっぱいについていゝかをりがそこら中いっぱい空にはもう, いっぱいになつてをり誰でも勝手, いっぱいになるそのほこりだらけの日曜の雑沓, いっぱいになるようなことはたまにしかないし野菜とか肉, いっぱいにはいまわって青々と, いっぱいにひらいてわめき声をたてよう, いっぱいにほのおの映像をはしらせ, いっぱいにわたしをおさえてみてかの女はこう, いっぱいのがんじょうな鉄ごうしがたちふさがっ, いっぱいのつめものがはじけるよう, いっぱいはいったかごを上にあげました, いっぱいはいっているおへやへお寝かせに, いっぱいはいっているたるにいれられてむざんな死にかた, いっぱいはいっているふくろを十ふくろも草, いっぱいやりながらそばやなら鴨南蛮か天, いっぱつ鉄砲を射ち込ん, いっぱりしてのー, いっぱりでとびぬけて朝ねぼう, いっぱんがこんなふう, いっぱん一千万人の投票, いっぴきなにもコソコソ, いっぴき葱緑の天, いっぺい持って, いっぺえくわしたのもこの餓鬼, いっぺえでいって, いっぺえ祝い酒をやろう, いっほかのもの, いっろっ, いっぽんとてもかわいらしいもみ, いっまでも決心が, いっみんな県の宋江さま, いっ黙って, いっもとちがって, いっものとおりの, いっやかましいっ, いっゲゲ玄心斎すぐしたく, いっチョビ安血を浴びる, いっフランソアお前もそう, いっフリッツあれは破風, いっ不忠者の人でなし, いっ人間の命, いっ今ここから出, いっとやら, いっ仙波っ小倅, いっお, いっ何でそこに, いっをのせ, いっせもの, いっで浜町花屋敷, いっ劉唐峠へ出, いっ加山波越ッ二人ともおらん, いっ又蔵っ, いっ命がけだぜ, いっ四十めんそう手をあげる, いっ土下座するん, いっ堪忍しろ, いっ外記もいちど馬, いっ大江へ出ろ, いっや, いっ嫌いなヌルヌル, いっ孔明もう一遍戦, いっ官軍っ, いっ客人起きて, いっ頼いちどここを, いっ三, いっ市十郎ここへ来い, いっ庄公っ, いっ廊下へ飛, いっ弁当を持っ, いっ役所中の小役人ども, いっ御厨外へ出ろ, いっいっ, いっ悦之進っ, いっ慥かりしろよ, いっ拙者は小田原, いっ灯っ提灯, いっ提灯を持っ, いっ料理場の若い, いっにひそむ, いっの衆, いっ時みんなは黙し, いっ時庭の樹, いっ時足の痛み, いっを取っ, いっ植田御池太田黒ほかの者, いっ此馬はもう, いっ武士うぬ, いっでそんな, いっ汝アもう死んでる, いっ深雪このまま, いっ渡辺の甥, いっ牢番どもっ, いっ特別の賓客, いっ王婆っ, いっがある, いっ田舎鍛冶っ, いっ男臭いっ, いっの衆, いっ畜生っ, いっの者, いっ番人っ, いっ白兄哥って呼んだ, いっ益満手前が一番, いっ笑いごとじゃあない, いっ粋狂にも程, いっを押しゃがっ, いっ襟首へ手, いっ詐術師尋常にもう一度, いっ諸君何をいう, いっは火薬, いっ身もとを明かせ, いっ返辞をせんかっ, いっまるな, いっをもどれ, いっの父娘, いっ関ヶ原の合戦, いっを上げろ, いっ黒旋風とかいった