青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いっしょ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いたる いたる~ いち~ いちいち~ いちど~ いちばん~ ~いっ いっ~ いっさい~ ~いっしょ
いっしょ~
いっそ~ ~いっそう いっそう~ ~いった いった~ いったい~ いったら~ いったん~ ~いっぱい いっぱい~

「いっしょ~」 4984, 54ppm, 2158位

▼ いっしょ~ (4728, 94.9%)

220 なって 40 して 38 行って 32 いて 26 連れて 25 歩いて 24 いること, 来て 22 出て 21 いるの, 住んで 18 帰って, 暮らして 15 つれて 14 持って, 遊んで, 食事を 13 いると, 酒を 12 きて, なった, 寝て, 行こう 11 なると, 死んで, 集まって, 飯を 10 いって 9 いた, それを, 暮らすこと 8 なったの, なること, 乗って, 出かけた, 出かけて, 家を, 散歩を, 暮して

7 [14件] おいで, なるの, 伴れ, 声を, 外へ, 往って, 散歩に, 来たまえ, 行きましょう, 行くこと, 行くの, 見て, 話を, 食卓に

6 いたの, いても, いるとき, そこに, ついて, 苦労を, 表へ

5 [20件] いたいと, いらっしゃい, いるよう, お城, くらして, こい, ここへ, なる, 一人の, 仕事を, 働いて, 坐って, 家に, 来い, 来たの, 生活し, 私の, 笑い出して, 笑った, 行こうと

4 [41件] いこうと, いさえ, いたこと, いては, いられるよう, いるところ, したよう, なったところ, なったよう, なってから, なっても, なるという, なるよう, なる時, やって, 住むこと, 何か, 出かけました, 出ると, 勉強し, 勉強する, 叫びました, 府庁へ, 御飯を, 旅に, 旅を, 来た, 汽車に, 流れて, 煮て, 父の, 立って, 笑って, 自分の, 行かないか, 行くつもり, 行くひと, 読んで, 起きて, 遊ぶこと, 過ごした

3 [98件] あっちへ, あの世へ, あわてて, いくこと, いこう, いなければ, いるから, いるという, いるに, おいでに, お家へ, お暮らし, きたまえ, くっついて, くるの, ここで, ここに, ここまで, この家, ご飯を, さそって, されちゃ, した, したもの, しばらくむしゃむしゃたべました, するの, どこかへ, なったもの, なった時, なりたいと, なるもの, なる前, なる気, また幾万, やって来た, 一枚の, 下の, 並べて, 二階に, 住むの, 働くこと, 先に, 出かけるの, 出た, 出たの, 動いて, 夕食を, 家の, 家へ, 寝る短編, 山の, 帰れば, 帰ろうと, 彼の, 彼は, 往来を, 手を, 手紙を, 散歩し, 散歩した, 散歩しよう, 散歩で, 来いと, 来ないかと, 来なさい, 校門を, 歩いた, 歩きだした, 死にたいの, 残って, 泣いた, 泣いて, 涙を, 現場へ, 生きること, 町へ, 笑い出した, 絵を, 自動車に, 舟に, 船に, 落ちて, 行くが, 行くん, 行こうか, 行こうじゃ, 行ったの, 行っては, 読んだ雑誌, 踊って, 車へ, 追っかけて, 逃げて, 遊びに, 遊んだり, 運んで, 顔を, 馬に

2 [241件] あがった, あがって, あなたの, あるいて, いくの, いたいの, いたころ, いただけ, いた友人, いらっしゃいな, いる, いるのに, いる時, いる間, いれば, うずくまって, うたいました, うちに, おいでよ, おうち, おなりに, おりますこと, おること, おれば, お乗り, お帰り, お願いいたします, お駒, かかって, かたまって, かれの, こいよ, こう言いました, さけんだ, させて, されて, すべって, すること, するため, するという, すれば, ずばりと, そこへ, そこまで, その家, それに, たこを, つづいて, でて, とまること, どこか, どやどやと, なったか, なったり, なりほか, なりましょう, なるとか, なるはず, なるわけ, なれば, なろうと, ねました, のせて, ひとりの, ふたりは, まいりましょう, やりましょう, やれば, ゆこう, ゆっくりと, わかります, わたしの, わたしは, わたしを, アムステルダムへ, エレベーターに, ゾウの, ドアが, ドアを, パッと, モスク, 一つの, 上海へ, 上野へ, 下流の, 乗せて, 乗りこみました, 乗りました, 伸子の, 住まわせて, 働いたこと, 先頭に, 光君の, 入れて, 冷たい暗い気, 出かけたの, 出よう, 出ようと, 出掛けて, 前の, 力を, 北へ, 北海道へ, 博士の, 参りましょう, 君の, 吹きつける桟橋, 國の, 地下室に, 地下室の, 夕食でも, 外に, 外出する, 夢を, 女も, 宅を, 客間に, 家まで, 宿に, 寝た, 寝ること, 居たが, 崖から, 崖を, 帰るよ, 帰ろう, 年を, 廊下を, 廓の, 往こう, 待って, 悩んで, 感じた, 戻って, 投げ込んで, 教鞭を, 旅する, 日光へ, 昼飯を, 晩飯を, 暮すこと, 暮すん, 暮らさなければ, 暮らそうと, 書いて, 朝の, 来たもの, 来なかったの, 来なければ, 来るの, 来るよう, 椅子の, 次の, 歌った, 歩きながら, 歩くこと, 歩くの, 歩く時, 歩こう, 死にましょう, 死ぬの, 母の, 気が, 水泳を, 沈んで, 浜へ, 海の, 海辺へ, 消えて, 混じって, 湖心寺へ, 湯にへ, 焼いて, 生きて, 生きては, 生活を, 町に, 白い岩, 県庁に, 眼の, 石を, 私は, 積んで, 空へ, 空を, 立ち去って, 笑いながら, 笑いました, 縛って, 置いて, 考えて, 考えること, 聞えて, 聞こえて, 自炊を, 芝居を, 花を, 茶を, 行かんか, 行きたいと, 行きましょうよ, 行くと, 行くわ, 行けと, 行こうよ, 行った, 行っちゃ, 行っても, 見た, 言って, 読むの, 走って, 走りっこ, 走りながら, 起きふし, 足を, 踊ろう, 近くの, 逃げること, 通って, 連れ立って, 進んで, 遊びましょう, 遊びましょうと, 遊ぶの, 遊ぼうと, 道を, 郊外を, 部屋を, 鎮江へ, 降りた, 階段を, 随い, 雪の, 音楽を, 飛んで, 食って, 飲みに, 飲んで, 鬼ごっこを, 黙って

1 [2743件 抜粋] あかりが, あそぶの, あちらに, あつくおじいさん, あなたを, あの客, あるきだしました, ある交響曲演奏会, いかないかと, いきなり後ろ, いくから, いければ, いそいで, いたい事, いたずら盛りの, いたと, いため塩, いた僧たち, いた親方, いったもの, いないこと, いねえでいっそ, いますわ, いらっしゃいね, いらっしゃらないん, いられる, いるか, いるん, いる心地, いる者, うずくまったり, うたったおなじみ, うなって, えッえッと, おいらも, おくよ, おじゃました, おつゆ, おどりだしました, おぼれさせて, おもむろに味わっ, おられても, おりました, お乗せし, お使い, お召し, お届けしなけれ, お曲輪内, お眼, お裁縫, お越しくだされませ, お願いしたい, かいたであろう, かけて, かぜを, かまえとって, きたのに, きっと先祖, ぎゃあという, くずかごの, くらす考え, くるかね, くるんだっ, けむり, ここを, こっそりふたり, こなかったの, このなぞ, このロープ, この大, この怪物団, この穴, こびりついた共通, ころがった, ごたごた大, ご相談, さがそう, さして, さらわれたの, したとかいう, しっかり勉強, してやられて, しばらくパリ, しめきったガラス戸, しらべて, すうと, すぐ水, すでにテーブル, するつもり, する事, ずいぶん荒れた, そういう雰囲気, そこを, そのお, そのカフェー, その伝六, その喪屋, その情緒, その灯, その芸者屋, その香, それへ, たおれたまま, ただちに篠崎家, たびたび超人倶楽部, ため息を, だんだん空中, ちょっとした散歩, ついて行った, つきましょうと, つづった, つみ重ねられ疲労, つれたまま, では拙者, とっちめた山の神, とんだ屋, どこからか, どしどしサンムトリ市, なかよくくらそう, なったそうすると, なったので, なったらもっと, なった夜, なった表情, なってからは, なってるの, ならずどこ, ならない前, ならぬにも, なりたいから, なりコカール, なり次に, なるだろうと, なるべき線, なる約束, なれない事情, なれるでしょう, なんかの, ねこを, ねる事, はいった仲間, はいり込んで, はやく艇, ぱっくりやる, ひっくり返った, ひょいとお, ふいに, ふたたび故郷, ふらふらと, ふる小雨, ほうり込んで, ぼくたち六人は, まいらないこと, まさしく女, また矢来, まちがって, まとめて, みに, むんずとつかん, もうほか, もぎとられたよう, やったらよかろ, やっては, やはり燃料運搬, やりだした, やる人, ゆかなければ, ゆきませんでした, ゆこうかな, ゆれて, よこぎって, ろう仮面の, わらって, イギリス人は, カイの, クリストフの, ゲエルの, シャワーを, タクシーを, テニスを, ドイツの, バスに, パリーを, フロックコートで, プラットホームに, ホテルを, ポケットへ, マユミさんを, ラッコ狩りに, ロシア内地へ, ワルツを, 一室へ, 一杯やろう, 一膳めしに, 七八名の, 三杯酢に, 上洛した, 不動の, 並べたもの, 中学校に, 丹沢山へ, 乗ったの, 乗りたまえ, 亀戸へ, 二人の, 二階へ, 五六人の, 京都に, 人形を, 今度こそ, 仕止めたでございましょうそう, 伊万里の, 伴って, 住まって, 住むのをおきらいなさるのね, 住んでから, 何にも, 使われて, 保管し, 借りた書物, 働いた, 働けるだけ, 先へ, 入った, 入ること, 全く方角ちがい, 内風呂に, 写真を, 凍え死んで, 出かけまして, 出かけること, 出ては, 出れる, 出掛けよう, 出迎えに, 初恋の, 前髪の, 勇一少年の, 動物園のけだ, 十人ばかりの, 南へ, 原っぱへ, 参りましょうか, 参覲道中させた, 口に, 召して, 右門が, 同居し, 向岸, 吹きつけて, 呼びだされた戸倉老人, 喧嘩を, 四谷を, 土に, 地獄へ, 坐りつづけて, 埋めるつもり, 売り歩いて, 夕飯の, 夜山越を, 大へん, 大声を, 大捕物, 大騒ぎを, 天王寺西門の, 奇面城を, 女房並みに, 始めましょうか, 娘たちを, 学校に, 宇宙艇に, 宿へ, 寄り集まり窖, 寝たらいい, 寝ようすぐ, 寝ると, 寝床へ, 射撃場へ, 小さくまるめ, 小林君が, 小金井の, 居ても, 山おく, 山荘へ, 島に, 巡査を, 左膳を, 市気匠気まで, 帰ったら鳥屋, 帰りたまえな, 帰るつもり, 帰ろうじゃねエか, 帽子を, 幾つも, 床木を, 座を, 弔辞を, 引き従えて, 引っ越しでも, 引込んで, 彼らの, 往こうと, 後方へ, 御者台へ, 忘れようと, 怪人二十面相の, 悪事を, 惜気も, 戦って, 戸の, 手塚家の, 打たないで, 扱われようと, 投ずるが, 抜け出そうよ, 招魂社へ, 持ちこめば, 捜しに, 掲示が, 携えたもの, 故郷の, 教室の, 文句を, 新しくなっ, 旁の, 旅行する, 日田に, 明るい世界, 昨日女が, 晩食でも, 暮したこと, 暮しましょう, 暮らさせて, 暮らした姉妹, 暮らすうち, 暮らせますよう, 書物を, 朝倉の, 木の, 村役場へ, 来たぜ, 来た二人, 来てるから, 来るなんて, 来る決心, 東海道を, 架空的な, 梨畠へ, 極左的誤謬も, 楽しめるよう, 機関車から, 歌いながら, 歌ったり, 歩いたその, 歩かない, 歩き出すん, 歩くよう, 歩こうじゃ, 死にたいもの, 死ぬほう, 死のうじゃ, 気がかりな, 水入らずで, 氷水を, 沈んだの, 泉州堺の, 泣きだしました, 泰軒先生が, 泳ぎ廻るん, 洗い物を, 活動させる, 流れ出して, 浮かんで, 海底に, 深川かなめ橋の, 渋江の, 温泉へ, 源十郎の, 演習が, 炭坑の, 煎餅蒲団に, 煮るもの, 父と, 犯人を, 玄関に, 現場に, 生き得ないならば, 生徒監室に, 田舎で, 畑を, 白い花びら, 白鳥号に, 盗人の, 相談し合っ, 真面目な, 眺めて, 矢筒も, 硝酸アムモニヤを, 祈りましょう, 神戸も, 秋の, 積ませた, 空想し, 立ちあがりました, 立ち上がったとき, 立並んで, 笑いましょうと, 笑われましょう, 答えました, 粟畑の, 紛れて, 結びつけるには, 絵葉書を, 縛られた四足, 美わしい, 老人に, 耳を, 肉を, 育てられ二人, 腐るわい, 臥せるよう, 自炊生活を, 舞った大臣, 艦長室まで, 花畑の, 苦しんで, 荒縄で, 落ち合ったの, 蓮の, 藤井から, 融け合う事, 行かないよう, 行きな, 行きましょうとは, 行くべきはず, 行く勇気, 行けば, 行こうね, 行ったチロル帽, 行列を, 袋の, 裏で, 西洋の, 見たん, 見做, 言いそれからまた, 訪ね小生, 話し合った, 読んだり, 警察へ, 責任を, 走らなければ, 起きたよう, 足拍子を, 踊ろうとさえ, 車の, 送って, 逃げながら, 逃げ出すこと, 通り一丁目の, 連れだつこと, 遊う, 遊びたい気, 遊ぶ, 遊ぶ悪戯仲間, 遊ぼうじゃ, 遊んだ松吉, 過ごした長年, 過した初め, 道太を, 遠征する, 部屋中の, 酒井邸を, 重ねて, 釣りを, 録音放送を, 長押に, 防空ごうに, 陪乗した, 隙見, 雁鍋も, 集めて, 零落れて, 青々と, 非常に, 風の, 飛びかかりました, 食いに, 食べたらどう, 食べること, 食事した, 飲まなければ, 飲む仲よし, 飲んだん, 餌を, 馳けて, 駈け歩くはず, 高見の, 鯉を, 鵜飲み

▼ いっしょ~ (61, 1.2%)

3 ところを, ように 2 ところへ, ようでした, 方が, 汽車で, 部屋を

1 [45件] うちに, お部屋, ことだ, ときには, はずだ, はずでした, ほうが, ようで, わたしの, アメリカの, カネーとともに, 仏様も, 卓へ, 墓には, 声が, 声だった, 声で, 室で, 室に, 室へ, 小松の, 居室に, 席について, 座に, 御主人様, 扱いなどを, 数でしょう, 方角に, 旅に, 日でござる, 時だけ, 時であった, 時よりも, 気持ちに, 汽車に, 生活に, 生活を, 穴に, 空気を, 組に, 蚊帳の, 道だった, 部室に, 部屋に, 馬に

▼ いっしょ~ (18, 0.4%)

2 ところを, んだ, んでしょう, んです 1 ことだった, の, のが, のだ, のである, ので多少, のよ, のを, のバルナバス, んだろう

▼ いっしょだった~ (17, 0.3%)

2 マルソに

1 [15件] あのころ, か, かね, から高田君, がそれ, が支店長, とな, ね, のか, のでしょう, ので御, ので源三郎自嘲的, よ, マルソ, 目礼を

▼ いっしょには~ (17, 0.3%)

1 [17件] いったって, いって, いってる三等病室, いない, いられないでしょう, いるん, おられないので, ならないん, なれぬ, なれませんよねえ, なれるの, ゆかなかった, 暮らせませんとても, 来れんからな, 決してならなかった, 行かないこと, 行かないよ

▼ いっしょ~ (16, 0.3%)

3

1 [13件] からさと言った, からと云う, からよ, から一同, から僕きたん, ぞ, となお, とアンナ, とウルサイこと, と一層, と六人, と思った, ものです

▼ いっしょ~ (16, 0.3%)

1 [16件] きりきりと, ここで, たまるもん, めで, 二人とも, 他の, 伝六辰の, 別段なん, 寄せなべ, 心意気一つなり, 感謝あまった, 果然上張り, 次郎も, 決まったよう, 湯煙たてながら, 男の子の

▼ いっしょについて~ (14, 0.3%)

1 [14件] あるくの, おいで, おいでよ, かけながら, きた木の葉, きた警官, ゆきました, ゆきますけれど, ゆき三人の, 出たが, 出掛けて, 来た, 来た典獄, 来て

▼ いっしょなら~ (9, 0.2%)

1 けっしてよそ, だいじょうぶだ, どこへ, どんなさ, ひとりでは, ぼくこわく, ぼくも, 一文なし, 心配は

▼ いっしょでした~ (8, 0.2%)

2 って, の 1 から汽車, から誰, がすぐ, ね

▼ いっしょじゃ~ (6, 0.1%)

3 なかったの 1 つまらない, ないか, ないかね

▼ いっしょです~ (6, 0.1%)

1 からあす, の, ので夜, ものね, よ, 湯も

▼ いっしょでなけれ~ (6, 0.1%)

1 ばきのうここ, ばやってこられなかったろう, ば出さない, ば歩けなかった, ば水の上, ば音楽会

▼ いっしょけんめい~ (4, 0.1%)

1 にがまん, になっ, にはしっ, に泣きすがっ

▼ いっしょであった~ (4, 0.1%)

1 けれどた, のが, 女学校の, 米国の

▼ いっしょでは~ (4, 0.1%)

1 ありませんでしたの, ないと, 目だつこと, 都合の

▼ いっしょでも~ (4, 0.1%)

1 いいし, すこし遠く, やはり腹, 宜しゅうございましょう

▼ いっしょにと~ (4, 0.1%)

1 いいたいところ, この中, 位牌を, 思ったが

▼ いっしょでさえ~ (3, 0.1%)

1 あるならば, あれば, ございましたら高

▼ いっしょ~ (2, 0.0%)

1 あるいはや, ッ

▼ いっしょである~ (2, 0.0%)

1 が日本人, ような

▼ いっしょでなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃ困る, てああ

▼ いっしょ~ (2, 0.0%)

1 いうので, 口にこそ

▼ いっしょにという~ (2, 0.0%)

1 ふうに, わけにも

▼1* [29件]

いっしょかと思うとったけんど, いっしょ厭なら, いっしょごろになります, いっしょが浅, いっしょしたいのは, いっしょだったらどんなこと, いっしょであってもその, いっしょであったら会ってもその, いっしょであるならばはいる, いっしょでないのに, いっしょでなかったけれども東京, いっしょとも伯父さんが, いっしょなら出るもいっしょ, いっしょなら逢いたいが外, いっしょにおいてありました, いっしょにかけて来た, いっしょにしもの上に, いっしょにだけはなりたくない, いっしょについては行きません, いっしょになどなりませんよ, いっしょになんかなったん, いっしょにねいっしょにね, いっしょにはははと笑った, いっしょにばかりいた母, いっしょにぶツかって, いっしょにへえっても, いっしょにべんきょうしましょう, いっしょにより合わされて, いっしょよりも楽だったろう