青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いちど~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いたしました ~いたします いたずら~ ~いただきたい いたら~ ~いたらしい ~いたる いたる~ いち~ いちいち~
いちど~
いちばん~ ~いっ いっ~ いっさい~ ~いっしょ いっしょ~ いっそ~ ~いっそう いっそう~ ~いった

「いちど~」 1522, 16ppm, 6898位

▼ いちど~ (154, 10.1%)

7 無かった 6 見たこと 5 なかった 3 ありませんでした, 無い, 無かつ

2 [12件] あんなへん, いやな, ここへ, この山, ない, もてやしなかつたん, ものを, 名前を, 経験した, 行った事, 逢ったこと, 逢つた事が

1 [103件] あとを, いやそんな, うしろを, おひき, おめにかかって, お目にかかった事, お見せ, お通, お逢いくださらなかった, かんがえたこと, くやんだこと, こういう事実, こだわりを, この頸巻, しなかった, しゃっくりなんか, すがた, その初志, その古典, その後の, そんな勇壮活溌, そんな目, なかつた, なかつたと, ふところに, まじわりを, みたこと, ドアの, パーマなんか, モデルを, 丸山君とは, 京都へ, 人に, 休まなかった, 会うては, 侍い, 俺と, 入選した, 出くわさなかった, 出っくわしたこと, 出品し, 動いて, 声が, 実感した, 帰って, 床屋で, 弁当を, 御渡宋, 恋人どころか, 愚痴めかした, 感じたこと, 感じなかった或, 手がけなかったよう, 振りか, 振りかえって, 振りかえらぬ, 攻勢に, 敗けたこと, 断ったこと, 日本で, 日本へ, 有りませんでした, 本式に, 本心を, 来たこと, 来ないし, 欠席せず, 此の, 水を, 江戸表へは, 湯島へ, 無いが, 無くたいてい, 無く万事, 現われないよう, 留守だった, 益と, 相談を, 私たちの, 私を, 笑つたことが, 経験しなかった, 考えたこと, 考えた事, 膝に, 自分は, 自分を, 芽を, 行ったこと, 行って, 行つた事が, 見うしなわずに, 見た事, 覚えようと, 触れたこと, 設備した, 試験という, 試驗といふ, 通って, 逢った事, 逢って, 逢つた, 遊びに

▼ いちど~ (115, 7.6%)

2 おいでに, こんな夕, そこまで, つい昨年, 二十五歳の, 十九歳の, 秀吉の

1 [101件] あんな女, いすに, おん供などは, お礼に, かならず乳, きれいな, ぎょッ, こういう涙, ここで, この尊氏, この恨み, この話, この飾窓, こらしめの, こんな経験, ごあいさつ, さきの, ずいぶん烈しい, そなた, それを, なおもと, はっきり合せ鏡, ひそかに, ひとしく味わう, みな孔明に, やって, やること, 七万の, 三号四号を, 下部の, 住むつもり, 住んで, 何といたせ, 信玄の, 元の, 入水し, 冒険を, 制服を, 博士も, 唯一人ぼっち, 坐って, 夏季大, 外へ, 天へ, 実際に, 小林先生に, 小谷どの, 小鳥の, 幕府が, 座を, 当城, 心の, 怒って, 恩に, 愛嬌である, 慨然と, 手の, 扱いに, 敵に, 断わろうと, 是非日本の, 暇を, 書いて, 書かなければ, 来て, 歌垣の, 歎きかなしむだろう, 歩いて, 気の, 水分の, 江戸へ, 泊って, 熊野に, 獄へ, 生死さえ, 着ながし, 社會の, 私が, 私たちの, 築地の, 經驗する, 綱宗に, 薬品で, 覗いて, 言った, 身を, 途方に, 通りすぎたが, 郷里の, 都も, 重囲に, 釣に, 鎌倉に, 鎌倉表まで, 顏を, 首の, 驚目を, 體で, 高時の, 魔が, 黒田官兵衛を

▼ いちど~ (50, 3.3%)

5 起って 2 吐いて, 集まって

1 [41件] あらたまった, うごく, かかって, かぶって, きいて, きらっと, さあっと, ざわつきました, しく, して, とって, ひとりずつ, まいって, わめきたてました, 両方は, 伸び上がった, 単行本として, 叫んで, 喚き出した, 噴きだして, 対岸の, 岐阜城から, 後詰せ, 御他界, 揚がって, 改めろ言うても, 泣くに, 生きかえったよう, 生埋めに, 発して, 立ち上った, 笑ったので, 街路へ, 起った銃声, 身を, 迫って, 開いて, 降りそそいで, 飛びに, 駈け出して, 鳴った

▼ いちど~ (33, 2.2%)

3 目に

1 [30件] かみさんの, ことばぞ, たずねくださるという, たずねしなければと, つかいを, 会いした者, 会いして, 伺いしなくちゃ, 出掛けください, 取調のほど, 城の, 戻りくだされい, 手紙を, 書きに, 極りを, 殺しに, 江戸を, 目通りさせ, 目通りを, 眼に, 砂糖と, 確かめ下さいませんでしょうか, 考え直しは, 船手へ, 訪ねなされては, 読みに, 通の, 逢いしただけの, 酒飲みを, 顔も

▼ いちど~ (22, 1.4%)

2 逢う瀬

1 [20件] おねがいが, ことでございましょう, ことでしょう, たのみだはいって, をわたした, を助けだし, 不覚を, 伺候も, 冒険に, 喚問さえ, 大みそかを, 大使命, 審問も, 悲鳴を, 戦争も, 晴の, 湯浴みも, 糾明も, 買物で, 金曜日の

▼ いちどその~ (19, 1.2%)

1 [19件] ことを, たからを, 人たちを, 人物を, 佐々木小次郎とやらを, 先生の, 前で, 前に, 和子へも, 方どもに, 明国へ, 欲求が, 津島の, 男が, 男を, 登記所の, 眼へ, 舌の, 高士鄭玄を

▼ いちどだけ~ (11, 0.7%)

1 [11件] うたわせること, きいた, でいい, では, ファッション, 周さんに, 浮びあがりたいと, 生涯に, 私は, 私を, 見た松平信綱

▼ いちどだって~ (11, 0.7%)

2 それを 1 あの蔓バラ模様, うまいと, しみじみお話し, そんなこと, ないん, 彼の, 暗い疑惑, 聞いたこと, 自分で

▼ いちど~ (10, 0.7%)

1 上洛あっ, 主人へ, 主君さまから, 帰邸に, 熟考を, 賢慮を, 辺に, 金蔵の, 隠居様は, 集議に

▼ いちどでも~ (9, 0.6%)

2 あの卵 1 あんたを, 想像した, 拒否したなら, 美しいとか, 自分が, 自分の, 辛いかとか

▼ いちど自分~ (9, 0.6%)

1 がうまう, につき, の幕舎, の持った, の村, の生れた, の部屋, の陣所, を紹介

▼ いちど~ (7, 0.5%)

3 にもった 1 にかけた, にはとった, にもつた, を洗ッ

▼ いちど行っ~ (7, 0.5%)

2 てみたい 1 てみよ, てみよう, て一働き, て何とか, て念入り

▼ いちど~ (7, 0.5%)

1 たり感じ, ている, ておこう, てごらん, て来ます, て置きたい, に行っ

▼ いちど見たい~ (7, 0.5%)

2 のと 1 が, ぞ, と云つて, と思っ, と思った

▼ いちどお目にかかりたい~ (6, 0.4%)

6 と思っ

▼ いちどそこ~ (6, 0.4%)

1 で銘々, に待っ, に立ち並べ, に立っ, まで招き上げられた, を歩い

▼ いちどそれ~ (6, 0.4%)

1 から逃れる, がし, がみたされる, なるうつけ者達, を, を大事

▼ いちど同じ~ (6, 0.4%)

2 課に 1 ことを, 嘆きを, 様な, 質問を

▼ いちど~ (6, 0.4%)

1 にえがき直し, をあい, をあけ, を伏せた, を落した, を開い

▼ いちどここ~ (5, 0.3%)

1 でいっ, で会おう, で彼, へ寄っ, を片づけさせ

▼ いちどこの~ (5, 0.3%)

1 ご結構, 店へ, 村に, 生命が, 研究所を

▼ いちど~ (5, 0.3%)

1 いい処女性, おしまいに, こりこりした, よいいちど, よろしゅうございます

▼ いちどはじめ~ (5, 0.3%)

1 からききなおしたい, から云っ, から全部, から戦い直し, から話せ

▼ いちどゆっくり~ (5, 0.3%)

1 あたりを, お礼に, お話ししましょう, お辞儀を, 飲もうでは

▼ いちどよく~ (5, 0.3%)

1 しらべて, 山木判官の, 用心し, 考えて, 見て

▼ いちど深く~ (5, 0.3%)

2 沈んでから 1 うなずいた, 見直さずに, 顎を

▼ いちど見た~ (5, 0.3%)

2 ことが 1 がああ, きりで, 人は

▼ いちどあの~ (4, 0.3%)

1 おじいさんと, 浮世の, 芸術家たちと, 野望と

▼ いちどくらいは~ (4, 0.3%)

1 この家, 二百円か, 何かと注文, 御主人

▼ いちど~ (4, 0.3%)

1 おざかったはねだひこうじょうのでんとうが, 囁いたの, 更に戸外, 眼つきを

▼ いちど云う~ (4, 0.3%)

1 が, がこの, がその, と彼

▼ いちど~ (4, 0.3%)

1 にあらしめ, の巾着, の無礼, の駕籠

▼ いちど帰っ~ (4, 0.3%)

2 てお 1 てまいります, て来た

▼ いちど~ (4, 0.3%)

2 のため 1 いりに, を押し

▼ いちど~ (4, 0.3%)

1 で仮死, へはひらう, へ曳きいれ, を見せ

▼ いちど~ (4, 0.3%)

1 がお, がよせ, の回想記, を又八

▼ いちど落第~ (4, 0.3%)

2 したもの 1 したわけ, をし

▼ いちど見せ~ (4, 0.3%)

1 て, てくれい, てくれません, てやりたい

▼ いちど逢いたい~ (4, 0.3%)

1 って, と思う, どんなこと, ような

▼ いちど逢った~ (4, 0.3%)

3 ことが 1 だけな

▼ いちど遊び~ (4, 0.3%)

1 がてら, にいらし, にいらっしゃい, に行つた事

▼ いちど鎌倉~ (4, 0.3%)

2 へ帰っ 1 へひきあげ, を追われた

▼ いちどあなた~ (3, 0.2%)

1 に紹介, のお, を産む

▼ いちどいう~ (3, 0.2%)

1 が私, ことが, と

▼ いちどいっ~ (3, 0.2%)

1 てごらん, てみろ, てもらっ

▼ いちどくらい~ (3, 0.2%)

1 でたくさん, みなの, 家庭教師として

▼ いちどずつ~ (3, 0.2%)

1 吉祥寺の, 親兄弟, 近所の

▼ いちどぜひ~ (3, 0.2%)

1 急加斎, 浦粕へ, 立上氏に

▼ いちどちょっと~ (3, 0.2%)

2 日本へ 1 こっちへ

▼ いちどもと~ (3, 0.2%)

2 の形 1 のかたち

▼ いちどやっ~ (3, 0.2%)

2 てみよう 1 てやれ

▼ いちどわし~ (3, 0.2%)

1 が郁次郎, の前, は二十二年前

▼ いちど会っ~ (3, 0.2%)

1 てから死にたい, て御覧, て死にたい

▼ いちど其許~ (3, 0.2%)

1 の父, の胸, も山中鹿

▼ いちど受けた~ (3, 0.2%)

1 侮辱を, 傷手の, 心の

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 の都, へかえって, へ帰っ

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 へもどった, へ入っ, へ相談

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 の実力, はいま, はどなった

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 をひきとった, を呑ん, を引きとった

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 にかじりついたら, の配置, へ見参

▼ いちど武蔵~ (3, 0.2%)

1 が自分, の姿, の手紙

▼ いちど死んだ~ (3, 0.2%)

2 身な 1 のは

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 がこんど, に変装, のかた

▼ いちど結婚~ (3, 0.2%)

1 して, しても, なさったこと

▼ いちど繰り返し~ (3, 0.2%)

1 て, てわが子, て教え

▼ いちど見る~ (3, 0.2%)

1 とよい, と久しく, などとはおろか

▼ いちど逢っ~ (3, 0.2%)

1 てごらん, てしみじみ, て置く

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 を合せ, を見, を見せ

▼ いちど~ (3, 0.2%)

1 に乗っ, を曳い, を降りよ

▼ いちど~ (3, 0.2%)

2 の先 1 ばしら

▼ いちどあと~ (2, 0.1%)

1 で来る, へ戻っ

▼ いちどあやまち犯した~ (2, 0.1%)

2 人たちどんなに

▼ いちどお礼~ (2, 0.1%)

1 にあがらんならん, を述べたい

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 一週間に, 二度火を

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 とは, は悪感

▼ いちどきり~ (2, 0.1%)

1 でつねに, のもの也

▼ いちどしか~ (2, 0.1%)

1 この言葉, ない自分

▼ いちどそれから~ (2, 0.1%)

1 母親の, 貴族院にも

▼ いちどだけは~ (2, 0.1%)

2 ゆるす

▼ いちどなどは~ (2, 0.1%)

1 もう何年, 女給に

▼ いちどなんか~ (2, 0.1%)

1 夜明け近くに, 自身番まで

▼ いちどもどっ~ (2, 0.1%)

1 ていっ, てすぐ

▼ いちどやりなおし~ (2, 0.1%)

1 てごらん, に村

▼ いちどわが家~ (2, 0.1%)

1 の物具, へ戻っ

▼ いちど上げた~ (2, 0.1%)

2 腰を

▼ いちど二人~ (2, 0.1%)

1 だけ乗せ, は別れた

▼ いちど二階~ (2, 0.1%)

1 から裏口, のひみつ

▼ いちど云っ~ (2, 0.1%)

1 ておく, てみた

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 の本, へ立ち戻り

▼ いちど会いたい~ (2, 0.1%)

1 と念じ, 話も

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 はピアニスト, もご

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 の坂東平野, 型に

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 の初歩, を離れ

▼ いちど千早~ (2, 0.1%)

1 へ引きあげ, へ引きあげる

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 の裡, を切る

▼ いちど呑む~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ いちど四国~ (2, 0.1%)

2 の古里

▼ いちど土蔵~ (2, 0.1%)

1 の中, の扉

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 をかけました, をのんだ

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 へ出, へ蹴だし

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 笑ひした, 負けに

▼ いちど失脚~ (2, 0.1%)

1 しちゃったのよ, しちやつたの

▼ いちど始め~ (2, 0.1%)

1 からやり直さう, からやり直さなく

▼ いちど姿~ (2, 0.1%)

1 をかくした, を見せられたい

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 へかえる, へ入れ

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 ほどなお, を繞

▼ いちど崩れた~ (2, 0.1%)

1 捕手方も, 陣形は

▼ いちど帰宅~ (2, 0.1%)

1 したうえ, した私

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 ごしの, へおり

▼ いちど御所~ (2, 0.1%)

1 の別院, の郁芳門

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 に銘じ, の底

▼ いちど忘れず~ (2, 0.1%)

2 に私

▼ いちど恵瓊~ (2, 0.1%)

1 がこちら, の肩

▼ いちど戻し~ (2, 0.1%)

1 て貰わない, また初め

▼ いちど抱い~ (2, 0.1%)

1 て, てやっ

▼ いちど故郷~ (2, 0.1%)

1 をこんど, を見る

▼ いちど旋回~ (2, 0.1%)

1 しただけで, して

▼ いちど書院~ (2, 0.1%)

1 に姿, へ入っ

▼ いちど松吉~ (2, 0.1%)

2 は耳

▼ いちど武士~ (2, 0.1%)

1 の子, を捨て

▼ いちど死ん~ (2, 0.1%)

1 でキリスト様, で違う

▼ いちど殿~ (2, 0.1%)

1 にこの, の御

▼ いちど真似~ (2, 0.1%)

1 てつくりかけた, て作りかけた

▼ いちど私室~ (2, 0.1%)

1 へかくれ, へひきとった

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 の上, へのぼっ

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 のむすび, わたりをはじめた

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 を, をよく

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 をたて, を割ッ

▼ いちど自動車~ (2, 0.1%)

1 に乗せ, をさげ

▼ いちど良人~ (2, 0.1%)

1 の声, を寝所

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 の後宮, は野

▼ いちど見直す~ (2, 0.1%)

1 がいい, ことを

▼ いちど親しく~ (2, 0.1%)

1 して, 文観から

▼ いちど話し~ (2, 0.1%)

1 があっ, てこれから

▼ いちど誓った~ (2, 0.1%)

1 愛人の, 良人が

▼ いちど~ (2, 0.1%)

2 を切っ

▼ いちど読み直し~ (2, 0.1%)

1 て, てそれから

▼ いちど読ん~ (2, 0.1%)

1 でみ, でみたい

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 にもある, やらに藤枝税務署長

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 につけた, を退い

▼ いちど退がっ~ (2, 0.1%)

1 てふたたび, て休息

▼ いちど道場~ (2, 0.1%)

1 でざっと, へ御

▼ いちど道誉~ (2, 0.1%)

1 の胸, を見たい

▼ いちど鋭い~ (2, 0.1%)

1 眼で, 眼を

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 のなか, を覗き

▼ いちど開け~ (2, 0.1%)

1 て下さい, て締め直した

▼ いちど~ (2, 0.1%)

1 べかの世界, べかの中

▼1* [683件]

いちどあえたことを, いちどあたしと一緒, いちどあたりを見まわしました, いちどあってあの, いちどあまり大きな足あと, いちどありったけな声, いちどあるか無, いちどあれは鴎, いちどあんなひどいめ, いちどいただきましたわ, いちどいったんですが, いちどいまの吉原, いちどいやな恐るべき, いちどいらして下さい, いちどうたうことに, いちどうなり声を, いちどおいでって, いちどおくへはいっ, いちどおしいれをしらべました, いちどおだやかな人柄, いちどおちてこよう, いちどおれの本当, いちどおれたち自身が父, いちどお互いに呼びかえし, いちどお供えして, いちどお前に相談, いちどお前さんに惚れ直す, いちどお家が乱れだしたら, いちどお目にかかっておけ, いちどお目にかかったことが, いちどお茶に招, いちどお蔦へ向かっ, いちどお願いして, いちどからめ挙げて来い, いちどかんがえてみた, いちどきではせい, いちどくらいの割で, いちどぐらいなもん, いちどこう反覆された, いちどこういう目にも, いちどことばをあらためた, いちどこれを最後, いちどこれらの人々, いちどこんな醜態を, いちど注意までに, いちどご覧なされては, いちどさがりつぎに, いちどしのび足かれ, いちどしみじみと会っ, いちどぶんの, いちどツきりと, いちどせいぜい小猫, いちどそう言って, いちどそちを連れまいれ, いちどそちらへお, いちどそっと読みかえして, いちどそつと讀み, いちどそれぞれの自邸, いちどたけの留守宅, いちどたしかめあいやがて周防, いちどたずねてみたい, いちどためしにやっ, いちどつて笑つたことが, いちどだけでもよろしいから, いちどだけと言って, いちどつかまってもまた, いちどつぶやいた彼の, いちどというわけは, いちどとして意見の, いちどとだけ外出を, いちどとっちめておい, いちどどこかでゆっくり, いちどどなってみました, いちどなだめておかね, いちどにせものをつとめる, いちどにはつかえない, いちどねぐらにはばたく, いちどのや姪御, いちどひいさまは, いちどひそかにお召, いちどひとのもの, いちどひょろ長い松の, いちどひるがへる, いちどひろい世界へ, いちどふりかえってふるい, いちどふりかえると夢, いちどふりむいてあの, いちどほんとのところ, いちどほんの二三分の事件じゃ, いちどまぢかに眺めた, いちどまばゆい白日輪, いちどみなさまのお, いちどみんなを宥め, いちどむきをかえ, いちどむしったのにまた, いちどむすめに, いちどもっとひどく血, いちどものをいう, いちど二度は, いちどやくそくしたことは, いちどやみ西の, いちどやられました道を, いちどゆうべ食事をした, いちどゆけばもはや, いちどゆるりとお, いちどよごされたのを, いちどよそへお, いちどよみかえしている, いちどりっぱにかざりなおし, いちどりゅう宮へ帰っ, いちどわが御主君, いちどわたくしもご, いちどわたくしどもに挨拶, いちどわたしたちをまじめ, いちどわたし家へ寄っ, いちどわっとその, いちどわれらが面, いちどカイにほおずり, いちどカイちゃんって子, いちどクリイムを食べた, いちどグラフにでもとりあげ, いちどケチがついた, いちどスリップを始める, いちどダンスにお, いちどベートーヴェンのあの, いちどホッとタメ息, いちどモエギの刀, いちど一叢の山吹, いちど一室に入っ, いちど一高を受ける, いちど七夕の夜, いちど七歳の初歩, いちど三つの土倉, いちど三田文学に載せる, いちど三谷氏を訪ね, いちど三郎に言いました, いちどから, いちど上役のお供, いちど上洛あるが, いちど下流の堤, いちど下赤坂まで降りろ, いちど中村へも帰っ, いちど中風に倒れた, いちど主人の寝間, いちど乗った以上は, いちど乱軍の中, いちど乱離と崩れた, いちど二つのとき, いちど云おうか, いちど五合くらい買っ, いちど五条大橋の袂, いちど井伏さんの事, いちど亜熱帯で暮したい, いちど京屋へ行っ, いちど京都に出, いちど亭主と一緒, いちどを殺す, いちど人間のかたち, いちど仔細を窺わせ, いちど仙台へもお越し, いちど以前の窮乏時代, いちど仰せ下さりませ, いちど仲間が焼鳥, いちど会いとう思っていた, いちど会おう伴れ, いちど会つて自分の非道, いちど会わせて給わるまい, いちど会釈して, いちどに会う, いちど伝令をもっ, いちど但馬守様のおや, いちど低く頭を, いちど住職と方丈, いちど佐女牛の邸, いちどかこう, いちど佳いお作, いちどの廂, いちど係官たちにもとめた, いちど信じてだまっ, いちど信じれば気, いちど信長に断念, いちど信長公に御, いちど信雄卿に長島, いちど倶楽部へ帰っ, いちど停って休まない, いちど健康にし, いちどの部屋, いちど元弘三年の, いちどの片腕, いちど兄さんに連れられ, いちどにかえす, いちど先生に連れられ, いちど光悦母子の姿, いちど入るよ温泉, いちど入れておく, いちど入念に化粧, いちど入水をやり直さなけれ, いちど全然あたらしく地割り, いちど全部大掃除, いちど六代目のお祭佐七, いちど六波羅のやしき, いちど其処で, いちど具行へたいして, いちど冷やかしに行きませう, いちど凍った堅さ, いちど凱歌をあげろ, いちど出窓からのぞい, いちど切りそれからはもう, いちど刈りとられるともう, いちどへだした, いちど前史をふり返る, いちど前田家へ帰参, いちど前線に立った, いちど割れたものが, いちど加賀田へお越し, いちど助けてもらった, いちど勉強し直すが, いちど勝頼へいった, いちど医者に見, いちど十一月にいちど和歌, いちど十二錢の上等, いちど十円の収穫, いちど南朝に降っ, いちど南禅寺の境内, いちど博多に呼びあつめ, いちど占わせてみ, いちど卯木の台所口, いちどへ立つ, いちど去りかけながらまた, いちど去りかけたがふと, いちど八の, いちど反復して, いちど収め眼の, いちど受話器をかける, いちど叡慮にうかがっ, いちど叡覧給わりましょうか, いちど叫ぼうとする, いちどッて, いちど吉田に連れ, いちど吉田一品の腹, いちど名残りをおしむ, いちどのお, いちど含月荘の方, いちど周防長門の遠く, いちど味わってみたい, いちど呼びかけそうに, いちど呼ぼうかどう, いちど呼んだのである, いちど和歌の文書, いちど咲耶子と竹童, いちどをした, いちど品川へ行っ, いちど啓之助の所, いちど嘉七がひとり, いちど四十面相のヘリコプター, いちど四散したが, いちど国もとへ帰ったらしい, いちどへ膝, いちど地上に抛り出され, いちど地獄が来る, いちどをみよう, いちど執権職を退い, いちど墓参りをしたい, いちど外した襷を, いちど多聞丸と三郎丸, いちどの約束, いちど夜暁の下, いちど大きく乗りだしたいと, いちど大仰に称えた, いちど大和へ帰り, いちど大地に両手, いちど大坂へ上るべきである, いちど大連にわたってから旅順, いちど天蔵のいう, いちどのところ, いちど奉書を押しいただいた, いちど奧樣の生涯, いちど奨学金を貰っ, いちど奮起しました, いちど女中働きにでも出, いちど女王にし, いちど好意を謝, いちどに死なれ, いちど妻恋へ出なおす, いちど始めたら一時間の, いちど嫁いだ女子には, いちどひに, いちど子供らしい好奇心, いちど孔明の陣中, いちど存分遊ぼうじゃ, いちど孟達と会いました, いちど学校の帰り, いちど宇野久美子を泳がせ, いちど安土へ凱旋, いちど安部に誘われ, いちど宗室を案内, いちど官兵衛にむかい, いちど宝塚の方, いちど実物をとっくり, いちど客室にき, いちど室内へ駈けもどった, いちど家名を興させたい, いちど家康に会いたい, いちど家臣とした, いちど寄るように, いちど富士を見たい, いちど寧子の手, いちど寧子どののお, いちどの中, いちど封じかけたがまた, いちど小屋へもどっ, いちど小牛のよう, いちど小生の東京, いちど小石を投げつけ, いちど小谷の地形, いちど小間使として屋敷, いちど少しは和子, いちど少年は台所, いちど屋敷へ召連れい, いちど山門の空, いちど岡山へ帰った, いちど岩蔭に潜みかけた, いちどの学校, いちど崩れるかと見え, いちどまで御足労, いちど市之丞様に会った, いちど帰ったマ氏出直し, いちど帰り給え, いちど帽子をとっ, いちど幕軍の手, いちど平伏して, いちど平定した畿内, いちどの曲がりで振向いた, いちど引返した時は, いちど張魯将軍の御前, いちど強くつっこまれたらあの, いちど弾いてごらん, いちど役宅の同心部屋, いちど徒然草をよみ返し, いちど御不浄に立った, いちど御船蔵へもどらなく, いちど御覧にならなく, いちど復習いたしましょう, いちど徴兵検査のため田舎, いちど怒ったら巨船でも, いちど怒ると山, いちど思いきり大いに威張って, いちど思い出していただきたい, いちど思わず右手が, いちどをした, いちど悶絶して, いちど意識を恢復, いちどの歌, いちど慇懃に礼, いちど慰労しようと, いちど憲法とはどういう, いちど懇談して, いちど懐疑的になる, いちど懲らした魚は, いちど懷疑的になる, いちど我が家を振り向いた, いちど戦場へ出, いちど戸締りを見直す, いちど戻ってき, いちど手入れして, いちど手前が行っ, いちど手合せして, いちど承知したら二度目, いちど投身した者, いちどを見, いちど折々の記, いちど抜いて刃, いちど抱きしめて新, いちど抹殺して, いちど拂つたあとでなければと, いちどしたいといふ, いちど拝礼して, いちど拝見したらマリア・アルコフォラド, いちど拭きなおして下さい, いちど持ちこまれてまた, いちどで埃, いちど挙げた叛旗を, いちど挨拶した, いちど振りかえって光悦母子, いちど振り向いてニタ, いちど振向いてその, いちど捨てた三味線を, いちど探って来い, いちど改めて彼の, いちど敗れて一族離散, いちど敗地にまみれ, いちど散乱のひかり, いちど敵対を示した, いちど斎藤氏のところ, いちど断ち切ってしまう, いちど新田屋敷の門, いちど旅館の玄関, いちど映に, いちど日の目を見る, いちど日吉の姿, いちど明日の変化, いちど時親の頭上, いちど時間を作っ, いちどに来よう, いちどを乞い, いちど曲がった辻へ, いちど書いたのを, いちど曹操と会っ, いちど最後の断, いちど朝日新聞に, いちど木戸をひらい, いちど木賃宿へもどった, いちど本当にこちらへ, いちどでの式, いちどを闇, いちどてもらっ, いちど来る日が, いちど東国へ下っ, いちど東西南北風のふく方角, いちど松千代のす, いちど松平家の人たち, いちど松明の下, いちど枕元へ来, いちど林檎のみのっ, いちど柳町の扇屋, いちど栄吉に逢っ, いちどを練っ, いちどを見ましたら, いちど検討して, いちど楠木家の門, いちど楠木殿のお, いちど極めて大きな息, いちどを担い, いちどになっ, いちどの下, いちど橋廊下から父, いちど正成を見上げた, いちど此家へ姿, いちど武蔵様に会う, いちど歩けば財布, いちど死にかけた娘を, いちど死出のみやげ, いちど死神が離れる, いちどに連れられ, いちど母親の耳, いちど毛穴から内, いちどが変, いちど気持のさめかけた, いちどを張る, いちど水無瀬の宮, いちど水車小屋へ帰る, いちど江南に退い, いちど江戸表へ帰らなけれ, いちど浚いを, いちど汽車から降りた, いちど沈めばぐうとそれきり, いちどへ去った, いちど沙翁の, いちど河内へ行っ, いちど承元年, いちど泣き直したいように, いちど洗いに立った, いちど洗ってみよ, いちど洛陽へ上っ, いちど津軽半島の日本海側, いちど浮びあがらせてやりたかった, いちど清水で晒し, いちど減った市中の, いちど湯島の家, いちど滝壺ふかく沈められ, いちど濃いお茶飲ん, いちどを噴い, いちど烈しく叫んだ, いちど無常の真理, いちどの肉, いちどの生れた, いちど父上にも問う, いちど片脚を踏みはずし, いちど牛車に乗っ, いちど牢屋へはいっ, いちど物見をし, いちど狂人にならなけれ, いちど玄関へ挨拶, いちど現場を見せ, いちど瓦坂の下, いちど生きぬ限りも, いちど生き直って今度, いちど申してみろ, いちど男の子を生む, いちどへ降り, いちど番頭に会っ, いちど異様の物音, いちど皆様そろって, いちど逢う姿, いちど相談して, いちど真っ蒼に, いちど眺めるとその, いちどてごらん, いちど着替えをし, いちど知らずに手, いちど短刀を取り落した, いちど石田の大叔父, いちどをほどこし, いちど神戸でお目にかかっ, いちど禁門を出, いちど禅尼さんの所, いちど秀吉に念, いちど私どもの寮, いちど秋川をたずねる, いちど空壕の底, いちどから顔, いちど停った, いちど立たせて見たなら, いちど立ち上がった天堂一角は, いちど立ち去った鬼六が, いちど立ち寄ってみ, いちど立ち帰って秀吉, いちど笑うとなかなか, いちど約束したの, いちど紅く燃えたの, いちど速い視線, いちど素直にだまされ, いちど退却した, いちど締めてまた, いちど編みかけてそのまま, いちど繰りかへし, いちど繰り返すかのよう, いちど群衆を見まわした, いちど老母の部屋, いちど考えてみよう, いちど考えなおさないか, いちど考え直さぬか, いちど聞いたことが, いちど聞きに行, いちど聞こうと思った, いちど聟どのの顔みたい, いちど聴いたことが, いちど肥後へ召抱えられ, いちど胃腸にはいっ, いちどを正し, いちど自ら堅く決心, いちど興醒めた心は, いちどまで逃げた, いちどから振向い, いちどの中, いちど船岡へ帰らせ, いちど花世の, いちど花魁をひかせた, いちど苦い思いを, いちど苦しんでみなけれ, いちどへ入っ, いちど茶室までのがれ, いちど草だらけなわが家, いちど荊州へ帰っ, いちど菊亭どのに御, いちど落ちてごらん, いちど落ちたらそれっきりです, いちど落ちついて妹, いちど落馬して, いちど落魄れて出直した, いちど薄れた虹が, いちど藤夜叉の肩ごし, いちどの中, いちど虎之助の寝顔, いちど蝙蝠が壁, いちど行きおさめに, いちど行けいッ, いちど行こうと思い, いちど行つても惡, いちど袿衣の裳, いちどのお, いちどでいる, いちど西園寺公宗公重を振り向い, いちど西廂から釣殿, いちど要塞の規模, いちど見かけただけ, いちど見せたいなあ, いちど見せろと云つて, いちど見たら見た者が, いちど見ちゃったらもうだめ, いちど見過ごしていた, いちど覚えてしまう, いちど覚一を都, いちど親分に会っ, いちど角屋へ行っ, いちど言い負けたくせに, いちど言う言葉で, いちど言ってみろ, いちど言ったことは, いちど訊いて見よう, いちど訊ねて来い, いちど訪問したいが, いちど診察を受け, いちどを書く, いちどかけて, いちど話さうと思つて, いちど認めてやっ, いちど読みかえして下さい, いちど読んだことが, いちど誰かがそうして, いちどを吹かせ, いちど負けたらその敵, いちど貴所の方, いちど買いにやらされた, いちど赤いくつを見なおした, いちど赤松勢が攻め入っ, いちど走りだした同心の, いちど起きて下さいまし, いちど起きたもののまた, いちど起った室内へ, いちど越後柿崎の港, いちどであやし, いちど身ぶるいをし, いちどからおろされた, いちどをお, いちど軍務のひま, いちど軍服の, いちど軍艦で遊ばせ, いちど軍隊生活でもし, いちど転んだ虎之助は, いちど載せてほしい, いちど辞儀をし直した, いちど返つて出直した, いちど退いたかとみえた, いちど退き足と, いちど退って休息, いちど途中で焼酎, いちど途絶えたことばを, いちど通ったことが, いちど通りすぎた町屋の, いちどつたこと, いちど逢わして下さいまし, いちど遊牧民の天幕, いちど遠いこだまを, いちど那須与一の段, いちど郊外の料亭, いちど部屋にはいっ, いちどの外, いちど酒場へ行っ, いちど重力の影響, いちど金剛山の麓, いちど金庫を開い, いちど銀坑山の宮殿, いちど銀座で逢い, いちど銭湯屋で一緒, いちど鎌倉史蹟歩きを約し, いちど長島へ帰っ, いちど長浜へ立ち帰っ, いちどの戸, いちど間違うととんでも, いちど阿原峠や江刺堺, いちど阿波に帰っ, いちど降りてうどん屋, いちど限りとおつし, いちど院長についてこの, いちど陣中にお越し, いちど陣営をたて直そう, いちど陣營をたて直さう, いちど陣門を開い, いちど雨戸の隙間, いちど電話をし, いちど青くなった, いちど鞍馬のお, いちどを追って, いちど須磨方面へ鳴り, いちど須賀口へ立ち戻っ, いちどから叱られる, いちど飛び出したが味噌久, いちど食ってみたい, いちど養子に行った, いちどへ帰った, いちどをすくめた, いちど馬上からもんどり, いちど高い高いばー, いちど高くなき声を, いちど高品家の炉端, いちど高氏へ目礼, いちどのよう, いちど鳴るとい, いちどを離し, いちど黒川が犯人, いちど黙っておえつ, いちど黙考してから