青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いたる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いた~ ~いたし いたし~ ~いたしました ~いたします いたずら~ ~いただきたい いたら~ ~いたらしい ~いたる
いたる~
いち~ いちいち~ いちど~ いちばん~ ~いっ いっ~ いっさい~ ~いっしょ いっしょ~ いっそ~

「いたる~」 1375, 15ppm, 7542位

▼ いたるまで~ (342, 24.9%)

2 ことごとく安値, これを, すべての, 一貫し, 何の, 天下の, 彼の, 死の, 知って, 銅色の

1 [322件] あらゆる変形, あらゆる年齡, あらゆる日常的, あらゆる部分, ありったけの, いずれも, いちいちもれなく, いちいち明瞭, いとも丁寧親切, いまだ決して一回, いやしくもわが, いやしくも年代, いやしくも男の子, いろいろな, おのおのその, おも, およそ, およそきょう, およそそれ, およそ人間, およそ千二百年, およそ百二, お書付, お角, お許ら, かくうる, かさねて曹操, かさぶたの, かつて手, かならずその, ことごとくが, ことごとくこれ, ことごとく他人, ことごとく眺めつくす, このところ, この事件, この二山, この八重咲品, この圓, この奉行, この流れ, この目標, これでなけれ, さがしもとめ遂に, しげしげと眺め, すすんで, すっかり揃え, すべていちじるしい, すべてわれわれにおいて, すべて似たりよったりの, すべて十二箇条にわたって, すべて和蘭領ジャヴァの, ずっと決着, そこには, そこの, そっくり衣裳, そつの, そのすべて, その任務, その場, その妙境, その小, その徳, その心構, その恩恵, その方面, その点, その生態, その衣裳, その趣, それが, それは, それらの, ぞっとし, たいていは, つ, つづけられた, とくと検め, どこか, どよめき狂喜, ないしは皆様, なおその, なお変更, なかなか解止, ながく我等, なにから, なに一つこの, なに一つとして, のどけき姿, はっきりそれ, ひっきりなしに浜松城, ひとつも, ひと目に, ほとんど誰, ぼんやり雑然とだ, また斯く, まだ, まだついぞ, まだ一度, まったく歪めた, みがかれ光つて, みずから生徒に, みなこの, みなその道は, みなわが, みな木造なり, みな金紫の, みな間道から, みんな裕福な, もっと前, もっぱら玄徳軍, やはり人間, わが家の, われわれの, アクアケータと, ピカソは, 一々明白, 一人残らず, 一切とりあげられ, 一切の, 一千七百五十歳なり, 一千四百十歳なり, 一天蒼碧と, 一室に, 一点の, 一盞ずつ, 一般的に, 一通り揃つて埃に, 三教九流諸子百家古今の, 三百年間一定不変の, 上下を, 上下二つの, 与次郎は, 世は, 世界古今正しく, 中国人が, 丹念に, 事の, 二人曳き, 二千一百八十三歳なり, 二年半の, 二百余年平和を, 五分と, 人に, 人口に, 人間の, 他人を, 仮借なく, 何から, 何に, 何らかの意味, 何んとも, 余が, 僕に, 充分に, 光栄の, 全生活, 全部清掃する, 八百余人残らず, 再びもとのさまにかへらじ, 凡そ歌の, 凡ては, 出迎える中, 十二代, 半日の, 南北の, 印象づけられて, 原因も, 叡聞を, 同じ一つ, 同じ史料, 同じ程度, 呉の, 哲學の, 喰べ, 四十八人の, 因幡伯耆の, 土と, 坊主たちは, 城内は, 堅く口, 堅固な, 夏が, 多くの, 夜来各所の, 大勢の, 大家といふ, 大小二十余の, 天下惣気狂いと, 天然痘の, 太陽北に, 女子として, 妻の, 季感の, 官兵衛が, 実に龍ノ口, 室殿は, 家康は, 寝所から, 寸分たがわぬ, 小洒張, 小皺ひとつうかん, 少しく時間, 岩多く, 己が, 己れ, 帝に, 平和な, 年々米を, 役徳顔に, 彼に, 彼ほど, 彼らは, 彼岸をも, 彼第, 彼霧を, 往々有り, 待てども, 必半ズボンなりき, 忠相は, 怪しげな, 怪奇小説として, 恐慌に対して, 恩典から, 悉く我, 悉皆落成, 悉皆護送車, 意気いよいよ, 愛の, 我かく, 我たえず, 我は, 戟戈鎗斧などを, 手の, 折からの, 招かる, 掌を, 撩乱せよ, 改めて讀み, 改良された, 文字の, 旅客の, 旗や, 日が, 日本人は, 日本女性の, 昇るに, 明るくて, 時代の, 晴れたる空, 智徳ともに, 月々うけとる, 朗々と, 朝は, 本丸の, 歴代の, 殆ど四十余年いまだに, 残された伽藍, 水底次第に, 水火の, 汝の, 消息が, 淋しい漁港, 滔々として, 火に, 烈風中の, 焚き足す榾, 無敵呉軍の, 物の, 物言ふこ, 独楽の, 生かして, 田畑を, 瘡斑點を, 皆が, 皆万歳万歳を, 皆我を, 皆清らかで, 皆確実な, 眉あり, 真に無数, 眼に, 知吉の, 私の, 端坐し, 竹刀の, 糟谷の, 純なりき, 純然たる, 絶えませぬ, 続いたこと, 網の, 綸旨を, 罪人なりし, 自分たちはた, 自分に, 自分を, 船は, 芳き, 蒼々と, 虱潰しに, 蜿々たり, 行き渡るよう, 西南に, 触れさせまいと, 詩情を, 警察当局と, 譫話を, 譫語を, 軍隊式に, 近頃は, 通暁し, 運動に, 都下全国にわたって, 鉦鼓の, 階段的に, 靈の, 静かに, 面白く快く仕事, 鮮かに, 鴉金の, 黒い大男

▼ いたるところ~ (341, 24.8%)

10 にある 4 にあらゆる 3 にあった, にその, に残っ, に青山

2 [22件] で嫌われ, で目, で醜く, に, にいた, にたくさん, に出, に大, に張り, に彼, に散見, に水溜り, に現れ, に現われ, に疎開跡, に起っ, の収容所, の壁, の敵, の水溜り, の野, を占有

1 [271件] ありがたからざる, いたるところ, からヤミ物資, から根, から珍奇, から萌え出, かんばしからぬ, が壁, この法, この騒ぎ, ただ冬夏二季, で, であっても, でいい, できかれた, でくり, でこの, でささやき, でそれ, での成功, では市街戦, でまきました, でやぶれ, でわたしたち, でわれわれ, で不恰好, で人, で喝采, で土地, で大, で失敗, で小鳥ら, で少年, で少年時代, で彼, で思わぬ, で悲喜劇, で成長, で手, で投げかけられ, で政権, で敗敵, で景気, で暴行, で木, で止むなく腐り, で無上, で珍し, で現代文学, で発砲, で絶讃, で聞かれた, で苦戦, で行, で見, で見る, で見物, で角笛, で調和, で調子, で警官隊, で車上, で農夫, で農民, で過去, で銀座, で集徒雷起が, で鼻, にあり, にいる, においてこの, においてただに, にお化け, にかたまっ, にきこえ, にきらめく, にくさり水, にくっつけた, にこれ, にこれ式, にころがっ, にしみ, にすぐ, にそれほど, にちらほら, にでき, にどこ, にどちら, ににぎやか, にのこっ, にはびこっ, にひそん, にふえ, にほころび, にも存在, にゲーテ, にヤソ像, にレイニン, に一輪, に五列, に人間, に伸子, に作っ, に候補者, に傷だらけ, に兄弟, に公立図書館, に出来ない, に切傷, に割れ, に力, に口, に各々, に同, に同じ, に吹かれ, に土豪, に在った, に大きな, に始まっ, に存, に存する, に家, に小さな, に小林君, に山嶽, に広がる, に建てられた, に張りめぐらされ, に彫塑, に彼女, に徘徊, に思い, に悲し, に投げ出され, に押しあひ, に拵え, に捕捉, に散らばっ, に散在, に数字, に数学, に敵, に敵味方, に數, に文明開化, に新しい, に新式, に暴徒騒ぎ, に書い, に書かれてる, に本, に森林, に横たわっ, に横行出没, に櫛比, に残した, に残つて, に水寨, に汽車, に泥沼, に洗面器, に流れ, に満ち, に満つ, に漂っ, に漲っ, に火傷, に爆弾, に爛漫, に猛火燃ゆ, に現出, に生ずる, に生ぜざる, に疾, に病人, に発揮, に盛ん, に盡, に神易, に神跡, に立っ, に粗雑, に紅葉, に紫, に絶えず, に美しく, に群, に群生, に群集, に自然, に自由, に色んな, に藤吉郎, に虎, に血, に行なわれ, に襷掛け, に見せつけられる, に見られる, に見る, に見出さるる, に見出した, に見出し得られる, に見受ける, に言われ, に計画, に設置, に認められる, に読みとれる, に豊富, に豪族同士, に貯炭, に貼りだされた, に近づき, に速報板, に遊惰, に配列, に野生, に間者, に陽線, に露出, に青みがかった, に飛び散っ, に飛耳張目, に香っ, のイギリス居留民, のパチンコ屋, の前哨陣地, の反, の名高い, の囲炉裏, の国境, の山の上, の山川海湾, の山河, の山裾, の山野, の平野, の廃墟, の旅館, の歩道, の河岸, の河川, の町, の窓口, の草木, の街角, の角, の谷, の酒場, の野蛮人, の非常時騒ぎ, の馳走攻め, の駅前, は焼け跡だらけ, へ親切, へ遊び, も秀吉指揮下, をなごや, を吹きまくる, を歩き廻らせ, を漂泊, を訊ね, を逃げだし, 古い都, 大きなコブ, 実に測量, 心地よいほど, 必ず郷寺, 浸

▼ いたる~ (125, 9.1%)

6 にある 3 で見られる 2 でこれ, で人々, で見受ける, にひしめき合っ, に人

1 [106件] から噴出, から来た, が同じ, が透い, この木, そんな噂, で, である, でお, でこんな, ではげしい, では車道, でやぶれた, でゆらゆら, でリンゴ菓子, で乱刃, で人, で何, で光っ, で出水, で北国勢, で叩きつぶせ, で嘲笑, で大, で少数, で山, で我々, で敵, で曹軍, で死力, で甚助, で発見, で目立っ, で私, で秘密会合, で色紙, で血, で行われる, で袋だたき, で達し, で開かれる, なり, に, にあつ, にありったけ, にあれ, にかたまっ, にこの, にころげ込ん, にたかっ, にはまだ, に兵, に同じ, に国旗, に塊, に大きな, に奇襲, に密接, に山林官, に広々, に愛国心, に散在, に木, に死骸, に沼, に流れ入っ, に病熱, に皿, に直立, に競争心, に竹, に紫色, に自分, に花木, に苦しみ, に苦悩, に血, に血まみれ, に見られます, に見受けられた, に設け, に語り伝えられ, に転げ, に銃口, に防ぎ, に青, に顕れ, に鯉, に黒衣, の国々, の国庁, の地, の地景, の地表, の家, の岡, の疼き, の草の根, の門徒一揆, や磯松, を小柄, を支配, を畳屋, を見廻した, 大きな葉, 深い谿

▼ いたるまでの~ (39, 2.8%)

2 すべての

1 [37件] あらゆる万象, あらゆる動物, あらゆる精神, ことそれよりも, ことそれを, ご忠節, フランス人の, 一貫し, 十余年の, 各年代, 名を, 商売上の, 國, 如く希伯來人, 尨大な, 広汎な, 教育で, 春月亭の, 最も多難, 楠木関係と, 生活は, 約千五百年間, 細胞を, 絵業には, 総移動, 苦労や, 苦心惨憺も, 苦心談を, 認識の, 運命である, 運命は, 運命まで, 長編小説で, 長編小説であった, 間に, 間には, 間を

▼ いたる~ (24, 1.7%)

1 [24件] いう, かねて肚, ここに, その最たるもの, どうしても一応終局, なん東北に, まだまだ底, もうただ, 一谷呀然として, 不安は, 人間は, 全國高校野球戰, 共産主義の, 又曰く, 城中にも, 声を, 婦人は, 彼伊之助には, 彼女の, 正成は, 眸を, 説いて, 院政の, 難色を

▼ いたる~ (23, 1.7%)

6 である 2 望みを

1 [15件] かも知れぬ, が至当, が藤吉, であったとの, でありましょう, であろう緑, です, は丁度, も自然, をじつに, を待っ, を待つ, 前ま, 恐れあり, 日あるべき

▼ いたる~ (19, 1.4%)

2 いふ

1 [17件] うるを, えずとも, えんため, おも, そそのかしその, まちわびて, 一度大河, 延長し, 待つ, 心待つ, 更に二十七カ所, 発見せり, 見たり, 見て, 金を, 長右衛門, 魂等未だ

▼ いたること~ (17, 1.2%)

3 なし

1 [14件] ありや, がある, がよく, が遠けれ, なければ, など夢想, はなかるべし, は推する, をおもえ, をわれわれ, を反省, を話した, 甚だ僅, 甚だ罕

▼ いたる~ (15, 1.1%)

1 [15件] およびて, および舟子, かりそめ, ふさは, 一頭の, 万福殿の, 兄弟ともども歓喜び楽しみ, 及びて, 如何で, 少年の, 少時し, 引きかえ花嫁, 果たして夜半, 測らずも, 突然水

▼ いたる~ (14, 1.0%)

1 [14件] が破損, でよ, で女, で私, にいる, にも無数, に催, に善良, に惨, に真, に見え, に貼り, の敵, へ持っ

▼ いたるまでも~ (13, 0.9%)

1 [13件] いやちこなる, 一時一世の, 帷幕の, 干戈を, 従前官学校に, 悉皆学問上, 政府の, 政府より, 数少ないもの, 水の, 法律を, 豪壮な, 遺すところ

▼ いたる~ (12, 0.9%)

1 [12件] ごとし, それにて, ために, ちょうど同家, やがて舌打ち, 七日目より, 以前は, 実にやむを得ざる, 故にベルナルドゥス淑女, 晩年は, 翌朝に, 自分の

▼ いたる~ (12, 0.9%)

1 [12件] これに, なお人々, なお劃然, まだ帰艦, まだ杳, 妻を, 宜なる, 往来の, 我とは, 消えざるを, 計るべからざりしに, 訊問後は

▼ いたるまでは~ (11, 0.8%)

1 [11件] たとえ家中, なお南北両朝, なほ露西亜語を, みだりに物, 他の, 再びかれ, 文学史上で, 知らなかったほど, 表の, 銅, 長江の

▼ いたるもの~ (11, 0.8%)

2 である 1 が何事, が少ない, その數, ならん, なり, なれば, の謂, まで脱い, ゆえ今後人間

▼ いたるまでが~ (9, 0.7%)

2 おのずからに, 武術を 1 あなた様の, その夭折, われ負れじ, 一斉に, 今も

▼ いたる~ (8, 0.6%)

2 京か 1 これ権を, ただ時日, むろんの, 何日, 昨夜の, 老人そちのけ

▼ いたる~ (8, 0.6%)

1 いずれも, こんな流亡, すべての, たえま, みな一階建である, 家族の, 殆ど空間が, 終日たえ

▼ いたる~ (8, 0.6%)

1 においてただ, のタクシー, の人びと, の時々刻々, の習性, の行動, は将軍, をいつ

▼ いたる~ (7, 0.5%)

1 いかに今, 不壞, 否やを, 彼は, 答へて, 紙墨の, 高坂弾正の

▼ いたるという~ (5, 0.4%)

1 ような, 何ものかの, 時に, 有様であった, 面もちで

▼ いたる~ (5, 0.4%)

1 かれら, その光, に和歌子, はこれ, は却つてこれ

▼ いたるかも~ (4, 0.3%)

1 わからない, 知れないと, 知れぬと, 知れません

▼ いたるこの~ (4, 0.3%)

1 数行の, 日栗ひらひ, 時日既に, 舞方ダンテ時代において

▼ いたるまでを~ (4, 0.3%)

1 一堂に, 焼き払いついに, 珠数つなぎに, 襄陽に

▼ いたるやも~ (4, 0.3%)

1 しれぬから, しれません, 測り知れぬ, 知れぬ

▼ いたる~ (4, 0.3%)

1 として一つ, なの, にて, を求め

▼ いたる~ (4, 0.3%)

1 だと, でさ, との三つ, を見つけた

▼ いたるには~ (3, 0.2%)

1 前途なお, 容易ならざる, 長年月

▼ いたるまでに~ (3, 0.2%)

1 いかなる生, そもどの, 費せる時間

▼ いたるまでには~ (3, 0.2%)

1 じつはつぎ, 単なる小手さき, 長の

▼ いたるよう~ (3, 0.2%)

1 な性質, 広がりて, 思したまいたる時

▼ いたる~ (3, 0.2%)

1 すくなからず, なり, は皆

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 りくに, 小姓な

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 そこまでは, 北条殿の

▼ いたるその~ (2, 0.1%)

1 新来の, 時まで

▼ いたるとき~ (2, 0.1%)

1 どんな詭弁, はいかなら

▼ いたるところ乞食~ (2, 0.1%)

1 あらざるはなし, の群れ

▼ いたるところ緑~ (2, 0.1%)

2 の葉

▼ いたるやう~ (2, 0.1%)

1 に一挙一動, に靠れ

▼ いたる二人~ (2, 0.1%)

1 についてみれ, の娘

▼ いたる先生~ (2, 0.1%)

2 の肉体

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 段階にわたっての, 財産を

▼ いたる~ (2, 0.1%)

2 の玉菜

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 世紀の, 世紀を

▼ いたる周囲~ (2, 0.1%)

2 のなんと

▼ いたる土地~ (2, 0.1%)

1 に大兵, の大

▼ いたる広き~ (2, 0.1%)

1 原を, 道なり

▼ いたる時代~ (2, 0.1%)

1 の動き方, を描こう

▼ いたる法令~ (2, 0.1%)

2 の皺溝

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 の間, 洗わぬの

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 八百年の, 四時間という

▼ いたる行動期~ (2, 0.1%)

1 が実証, となっ

▼ いたる~ (2, 0.1%)

1 は廣, を教

▼1* [226件]

いたるあいだの細道, いたるあらゆる詩集の, いたるありとあらゆる種類が, いたるいつぽんの, いたるいわゆる毛人は, いたるうち火取虫に洋燈, いたるおそのと一所, いたるおよそ五十年の, いたるがいとものすごき, いたるこれ時の現在, いたるころのこと, いたるごとに一肚皮, いたるさかい早う拔, いたるしかしてこ, いたるすべての人殺し, いたるたしかな一歩, いたるただ十町ばかりが心ブラ地帯, いたるといふ何ものかの, いたるときあなたさまに一日, いたるときわれらは屡, いたるところいかんとも忍び, いたるところこれに塗れぬ, いたるところどこでも開業, いたるところみなしかり, いたるところセン風をまき起し, いたるところ上流貴婦人の洪水, いたるところ丸坊主の原, いたるところ人はマドレーヌ氏, いたるところ人民たちが炊い, いたるところ何事によらず, いたるところ佳香を放てり, いたるところ刀十手槍のたぐい, いたるところ剣佩馬蹄の響き, いたるところ危機に立っ, いたるところ友を作り逢う, いたるところ向う鉢巻三味線入りで車座, いたるところ唯物論の誤謬, いたるところ商利を約束, いたるところ土龍の作業場, いたるところ大入り叶わざるなきが, いたるところ大変だと, いたるところ奇石怪巌しかも絶壁千百丈, いたるところ山深く樹, いたるところ工場のため, いたるところ市民のごちそう, いたるところ散見して, いたるところ敵の要塞, いたるところ旧教は英国宗, いたるところ木賃宿ばかりの思い出, いたるところ村落あれば, いたるところ柘榴のごとく, いたるところ民間の妖怪, いたるところ温泉いたるところ, いたるところ温泉だらけですから, いたるところ火の手である, いたるところ無数の傷, いたるところ物産にめぐまれた, いたるところ目につく, いたるところ石油びたしになっ, いたるところ石磐を採出す, いたるところ私の後, いたるところ自分の選択, いたるところ蜀軍が馳, いたるところ釣りをし, いたるところ青山ありである, いたるところ駒ヶ岳の絶巓, いたるとの立札が, いたるにもただ足, いたるばかりこの強き星, いたるほどその力, いたるまでだに續かじ, いたるまでといふに, いたるまでのみやび男を, いたるまでよりももう少し長い, いたるみちすがらよみける, いたるもの二人見受けた, いたるやを知るそ, いたるより自殺の, いたるわが武田家の, いたるわけも無けれ, いたるケットを取り, いたるダンテは彼, いたるトレンチノ全線の砲兵, いたるフランスの叙事詩, いたる一千万の信徒, いたる一点は消えうする, いたる不思議な剣術, いたるのかげ, いたるに道化, いたる中折半紙に御家流文字, いたる中根師質あれこそ曙覧, いたる主人中将はこの, いたる乗り合いは座, いたる二十余年間は実に, いたる五十銭銀貨の実物大, いたる井戸あり静井戸, いたるにてこの, いたる人々今はた, いたる以前の個々, いたる伝兵衛に父, いたる作平は蓋し, いたる優しき御心, いたる兀鷹空を舞い, いたる冒険を考える, いたる冒険的な往復路, いたる処恟々たる人心, いたる処荒木方の哨兵, いたる判事検事は赤, いたる前提戦にすぎず, いたる劇壇生活の長い, いたる動智は分離, いたる医師はこの, いたる十二日間を連日舞台稽古, いたる十数冊の書類, いたる十数種の長短, いたるの平城京, いたる台所道具一切それは, いたるは峻嶺笠, いたる各種の燈火, いたる郡阿, いたる唯一の道, いたる国造時代には女性国造, いたる変化なるのみ, いたる嵐であった, いたる大小幾多の政争, いたる大波が明治政府, いたる天竺徳兵衛が印度, いたるの姿, いたる女房の元, いたる客人を見, いたる小僧が墓, いたる小山が, いたる山々はその, いたる巨浪が無辺, いたる平たき肩を, いたる年配の家, いたる広大な地域, いたる廷臣としての序列, いたる式部官に案内, いたる後これこそ怪物, いたる後立連峰を前後, いたる心理に同情, いたる必然の動き, いたる悪戦苦闘のかずかず, いたる所これと同じ, いたる所完全に静か, いたる所山藤がはびこっ, いたる所景色のいい, いたる所生命かけての, いたる所盛りにめど萩, いたる所砂丘の雑草, いたる所花ある所, いたる所薄氷が張る, いたる所謂土手八丁と言, いたる所間をおい, いたるしも立て切り, いたる折柄扉を排し, いたる旅商人は卒然我, いたるを御, いたる日本鉄道をめぐる, いたる時ワイルドの私生活, いたる時兄の中川, いたる暗澹たる時代, いたる期間である, いたる本人のため, いたる東宝系一帯の地域, いたる松莚戯曲の演技的完成, いたる枕流亭にやどる, いたるが風, いたる機関助士作業から蒸気加減弁, いたる武村兵曹は, いたる歴史をみる, いたるは目, いたる毛利氏も天, いたる浄瑠璃本などに因っ, いたる海岸同様の人口, いたるをもた, いたるぞかし, いたる理論のよって, いたる琳派のもの, いたる由殿にも気の毒, いたる男項をかがめ, いたる番附の体裁, いたる眞理を求むる, いたる真中に丈, いたるで闇, いたる知るべし彼等, いたる砂利道の上, いたる社会主義の倫理学, いたる禎介氏の功績, いたるの不変, いたる種類の反感, いたる経路を表面, いたる総て其の道たる, いたるの黒髪, いたるは寂しい, いたるの主, いたる婦人, いたる者たちまでもいつのまにか, いたるを向ける, いたる背打ふるえ髪ゆらぎ, いたる胸中が一時, いたる腕一杯の経験修錬, いたる自分が進ん, いたる自分一個の為而已, いたる航海を定期, いたる色どりがぼーっと, いたる若い女は, いたるがある, いたるは鼠, いたる街道南は岡寺, いたる迄にはギリシャ人たちが, いたる迄は山の, いたる途中アルカラの町筋, いたる途中水の出たる, いたる進取の風雲, いたるもなかっ, いたる都会をのぞん, いたる間美田長し, いたる雛鳥を投げ捨て, いたる青島目睫の間, いたる青楓の材, いたるその全部, いたる次第に垂れ, いたる魑魅魍魎に充ち満ち, いたる黒い長い