青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いたずら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いず~ ~いずれ いずれ~ いそい~ ~いた いた~ ~いたし いたし~ ~いたしました ~いたします
いたずら~
~いただきたい いたら~ ~いたらしい ~いたる いたる~ いち~ いちいち~ いちど~ いちばん~ ~いっ

「いたずら~」 1666, 18ppm, 6356位

▼ いたずら~ (506, 30.4%)

5 しても 3 しては, 人の, 人を

2 [12件] ひょろひょろし, 世間の, 兵を, 反感を, 悲観する, 敵を, 日を, 民を, 空中に, 賢人ぶる, 身を, 過去を

1 [468件] あざみの, あって, あのあのとばかり, あばけるの, ある空中, あれて, あわてまわるの, いきむばかり, いや無理, いらだたしい心持ち, うまうま, うららか, うろたえて, うろたえるよう, おし静め, おどしたの, おもしろくない, お膝元, お辛, お魚, かくしに, かじって, かれら, がやがやと, がらんとして, きまって, くり返し言った, ぐずぐずいう, ここで, ここの, こだわって, こんなこと, ご両親, さがしあぐんで, さびゆくの, さび刀を, さわいで, さわぎまわるばかり, さわぎを, さわぐばかり, しまいと, すぎない色事, すぎなかった, すっかりやられた, たちのぼりて, だ, だだあ, ちがいありません, ちがいない, ちりぢ, つとめた, つとめながら, つまらぬこと, とりとめの, どきどきする, にごすを, のがれようと, のびた桑, はねのけようと, ひどく気持, ふえても, ふかして, ふき立って, ふと書いた, まごまごし, また悲しませよう, みずから蹂躙する, みだれて, むず痒く彼, むなしき, もがき廻って, もがく愚, もてあそんで, やった鼠, わめいて, カンカンてりかがやき, スケッチし, パクパク口, パリーでの, フォックス, ブラブラさせ, モグモグと, ワザと, 三日と, 上から, 不可解を, 不満の, 世を, 乗せられたか, 云った, 人生の, 他に, 他を, 他言を, 会社の, 伸び繁って, 住むか, 余る黒壁, 作為で, 使いの, 使う胡乱, 倦怠です, 偶像を, 傷つけ殺し軽蔑, 僕らは, 先輩の, 入り口を, 内訌する, 冷めたくその間, 凝って, 処女を, 出て, 出会って, 出入りし, 前衛戦で, 劇烈なる, 力攻めし, 功績を, 努めて, 動かず, 動き消費, 勝ち驕り, 卑下し, 厳に, 参るのでな, 参加し, 双方の, 反抗せん, 反覆する, 取り散らかした品物, 取り返しの, 口には, 口ばかり, 古法, 右往左往し, 同情に, 吹くは, 呆れ果てた, 呼びかけてるその, 命を, 咲きほこって, 哭して, 問題の, 啾々と, 喫かしい, 嗄れるばかり, 嘆き悲しんで, 嘆息と, 嘲笑する, 器を, 嚇しは, 嚢底に, 回避する, 固唾を, 国の, 土に, 土中に, 地を, 堅きも, 場所塞ぎを, 増えた髪, 増すばかり, 墨で, 壁上に, 士卒を, 売卜者の, 変更を, 外交は, 外国模倣式で, 外套を, 外部から, 多数の, 大を, 大事を, 大仕掛け, 大言壮語するなら, 天井を, 太って, 太守の, 奇を, 女の, 存し, 守って, 安泰を, 官爵を, 家具什器を, 寒鴉を, 対峙し, 小知恵, 小石でも, 小石や, 屠られて, 嵩むばかり, 川底に, 巨大な, 年を, 幹を, 庫中の, 延び八月, 引きずりこまれたりも, 弥生を, 強がるのみ, 当人の, 形だけの, 待ちあぐまれたグルーシー, 待つ時, 待惚け食う, 御不快, 御当人たち, 御陣, 心を, 心身を, 怒りたって, 思うばかり, 急ぐ必要, 恍惚と, 恐怖する, 悪騒々しい, 悲しんだり, 悲しんで, 悶え苦しんだ, 惜しむべき将士, 愚を, 感傷に, 感傷的の, 慌て騒ぐばかり, 慕郷の, 憤慨し, 憧れるだけ, 成った, 我と汚し, 我に, 我説を, 戦局を, 手に, 手の, 手もとの, 手を, 拳を, 持って, 指を, 掃く園丁, 描きましたので, 攪き廻した, 改革そのものを, 放つはず, 故陵潮, 敗戦の, 散って, 散りや, 数の, 数珠を, 敵の, 文学を, 旧い殻, 昂奮し, 明るく周囲, 時刻の, 暮らして, 曲げては, 更けて, 書く, 最後の, 木の葉を, 未解決, 机上に, 朽ちるばかり, 束ねられて, 来たの, 格式を, 楽しみ自己, 欲求が, 歎く, 歩いて, 歩くばかり, 死なんより, 死に恐怖, 死を, 死んで, 毒々しく醜怪なばかり, 毛の, 毛を, 求めてるその, 江戸へ, 決まっとる, 泳ぎ自慢, 洛中の, 流れて, 流れ去って, 浪費する, 混沌を, 混雑を, 渇いて, 溜息を, 滞陣の, 濃くなる, 火の粉に, 烈しい雷鳴, 烈しさ, 焦るばかり, 焼いた器, 煩わしいばかり, 熱狂する, 燃えつくしてるその, 牆に, 牙を, 物価を, 猛って, 王さまを, 現実の, 生くる, 生徒の, 男の, 画面の, 畷の, 疲れたの, 病に, 病者の, 病苦を, 発達する, 白く続き, 百数十万の, 皮相を, 皮相的模倣を, 目を, 直ぐ書く, 相違なかっ, 真を, 眼を, 知ってるばかり, 石塔を, 砂を, 示すに, 神経過敏に, 私と, 秘伝として, 空腹を, 空虚と, 穿鑿する, 立ち向って, 立ち騒ぐは, 立てるあいだ, 筆で, 筋を, 精細なら, 紛々たる, 紛れも, 終らなかったこと, 経つのみ, 繰返して, 罵るべきでない, 美しい四門, 美しく咲きみだれ, 老いて, 老七面鳥マルガリイダ, 老大国, 考えこんで, 考えなければ, 耳を, 聴かすの, 肥えて, 肥えてるは, 肥えてるッ, 肩の, 肩を, 育った縞柄, 胃を, 胸の, 腹を, 臣の, 自から, 自ら労苦すと, 自分に, 自分の, 自分を, 臭い臭いと, 興奮し, 舌を, 苛, 苦々しい無用, 苦しめるもの, 茂って, 茫としてはおられない, 落葉の, 蒼白く死, 藤房の, 虚名に, 虚名を, 虚栄心を, 虚空を, 虚飾の, 血を, 血走らして, 行き暮れて, 西洋人の, 見えるよう, 見慣れたもの, 見放くる山たる, 見送って, 見過ごしまするは, 親を, 言葉の, 試みるもの, 試験官の, 誤解を, 読者の, 諸人に, 豊田の, 費えるばかばかしく, 贅せぬ, 贅でも, 赤茶けて, 起き上がろうと, 足の, 足手まとい, 躍る白羽落花, 身の, 輾転し, 辷りこむ微妙, 追っかけながら, 逃げようとして, 逃げ返す部将たち, 逆らおうとばかり, 逆らわなかった, 逢ったところ, 過ぎた, 過ぎて, 過ぎないと, 過ぎ頼み, 過ごして, 過ごし参らせ候, 過した, 過去と, 過去の, 違いありません, 違いない, 選手を, 都の, 醜く年, 金を, 鋩子先に, 長くなった, 長引きそう, 長談義の, 開けたところ, 間口の, 震撼する, 青年時代を, 面を, 革命党の, 響くのみ, 頭を, 風に, 首を, 首斬, 駈けまわって, 騒いでは, 騒ぐこと, 騒ぐを, 驚いて, 驚愕せしめ, 高くその, 高く上っ, 高く微力, 高言を, 麓の, 黒文字を, 黙して

▼ いたずら~ (320, 19.2%)

57 して 18 するの 11 したの 7 したん 6 した, すると 5 したもの 4 しても, するか, する奴 3 したこと, しては, しました, する, するつもり, するもの, するやつ, 始めたの

2 [21件] させて, されて, したか, したって, したもん, したり, した女, した奴, しに, しや, しようと, するから, するとき, するに, する筈, する者, なさるもの, なされたの, やったもの, 始めて, 憎みなさい

1 [132件] いたしました, きれいに, くわえて, させたもの, させないよう, させる, されたん, された女, されないよう, されましたやら, されますので, される仲間, しおったらすぐ, しかけて, しかける, しかねまじきふう, しくさって, しそう, したかで, したかと, したから, したその, したとかいう, したとでも, したとは, したに, したので, したのに, したも, したやつ, したよう, した不良青年, した人, した児, した学生たち, した書生さん, した男, した者, した訳, しちゃ, しちゃあ, してと, しての, してやる筋書, しないよう, しなかった, しながら, しなくなるだろう, しなけりゃよかっ, しなさるな, しは, します, しますから, しますからね, しますの, しませんから, しようとは, し合って, するからと, するたアなにごと, するだけ, するだろう, するっちゃ, するという, するとは, するなよと, するならば, するには, するはず, するもん, するよう, するらしい, するん, する人間, する可能性, する時, する江戸, する話, つづけて, なさいましたね, なさいますね, なさったの, なさって, なさる, なさるに, なさるん, なさる人, なさる先生, はじめたすばや, はじめたと, はじめたの, はじめて元豊, はじめるの, ぶつか, みつけられた子供, やったの, やったのに, やって, やっては, やりくさって, やりやがったの, やり出すの, やること, ゆるして, 中心に, 二三度くり返した, 仕出し内弟子, 仕掛けて, 初めるかな, 利用した, 叱り留めつ, 始めた, 始めようという, 始終やる, 実行させた, 思いついたの, 思い出す, 思い出すと, 書いたの, 書いて, 書くの, 最初から, 横腹を, 止めないの, 歯が, 演じて, 考案し, 致しましたわたし, 見つけられて, 試みるほどに, 誰が, 防ぐため

▼ いたずら~ (70, 4.2%)

3 があっ 2 だ, だよ

1 [63件] がこの, がむずむず, がウヨウヨ, が世, が人, が外部, が多い, が多う, が多く, が寄りつかなく, が少し, が来おった, が発見, が考え付いた, が自分, が隠れ, だか, だからと, だが, だろう, で, でこの, ですか, でそん, で世間並み, で悪魔, で根強い, とおっしゃる, として市ヶ谷見附, とは聞い, にでもなった, にでも出っ食わした, に閨, のいない, のゼルビノ, の仲間, の何者, の北原賢次, の名残り, の大, の学生二人, の彼, の本家本元, の椋鳥, の為す, の腕白ども, の落書, の詮議, の運命, はどこ, は将軍, は暗い, は禁廷, もこの, らしい笑い, らしくこんな, らしくさんざん, らしくそっと, らしくひとり笑い, らしくほくそ笑んだ, らしく腹の中, をどう, を見つけたら

▼ いたずら~ (69, 4.1%)

2 平沙, 心が

1 [65件] お嘆き, から耳, こだまパックを, ことも, どうどうめぐり, のだろう, のです, またはいけない, ものに, んじゃ, んだろう, んという, 一人が, 努力を, 嘆声も, 大兵は, 好奇心が, 子どもの, 子供, 子供が, 子供は, 希望を, 幻の, 循環が, 心も, 忌々しさ, 性質で, 恋慕, 悪魔です, 想いを, 愚痴を, 愛の, 感傷は, 憐憫に, 日を, 昂奮の, 望みは, 構成の, 機会が, 気持から, 波が, 活動に, 焦燥誇大な, 煩悶を, 狐でし, 理窟を, 男の子とを, 町家娘と, 矢数を, 禁止は, 笑みを, 自分の, 興味の, 蜘めが, 蝶に, 言葉を, 諜報は, 諸所, 身振りを, 運動と, 道具は, 餓鬼どもめ, 騒擾が, 驟雨は, 魔もの達は

▼ いたずら~ (46, 2.8%)

2 ような, 為に

1 [42件] うちの, したいだけを, しほうだい, たわ言とは, はげしい森夫, スケールが, デテールが, プリムロウズからでも, 予想外に, 仲間などに, 光束を, 勝手な, 好きな, 子供たちは, 子供で, 小学生が, 弟は, 心から, 手柄とも, 放送を, 方が, 方であった, 方は, 是ほど, 気分が, 犠牲であった, 犠牲に, 痕跡を, 真似刺しなど, 祟り, 結果と, 罪に, 罪を, 罰が, 脱け, 蘊蓄を, 虫, 裏を, 跡であろう, 迷いに, 限りを, 面白味は

▼ いたずら~ (43, 2.6%)

3 して

1 [40件] いかに面白い, いやなら, かの女, きしたよう, きして, き帳, この子, この様, させたこと, したくって, したくなった, したくなったの, じぶん, すきである, すきな, すぎたため, だんだん犯罪, できまいもの, はずむ車座, やり損なった時, よく流行, 何度も, 出来て, 募って, 又はじまった, 夜どおしかの, 始めな, 嫌いで, 役に立って, 彼を, 意外な, 暗い中, 烈しくなっ, 盛ったあと, 結局殺人行為と, 過ぎたの, 過ぎたり, 過ぎますいくら, 過ぎる, 面白いか

▼ いたずら~ (28, 1.7%)

2 よしたまえ

1 [26件] きょうだけ, これだけ, しないと, するけれど, せなかったであろう, その間にも, たいがい常識を, まだこれ, まるで蛇, もうきょう, やまなかった, やんで, よせ, 人間には, 今に, 何の, 大分やった, 容易に, 幸いに, 止せよ, 決してやめる, 無いかと, 誰にも, 誰の, 鐘楼から, 隠して

▼ いたずら~ (26, 1.6%)

2 からわざと

1 [24件] から処女, から古藤, が出た, が勃発, が手伝っ, が挑発, が起っ, が起りました, が跳ね返っ, でした事, で取扱われる, で進ん, といいきれるだろう, として中, なの, に, のない, のまま, はいたずら心, は遽, もなくなっ, や浮気, をそそられ, を止める

▼ いたずらもの~ (21, 1.3%)

2 がある, ないしは臭い, はいない

1 [15件] が二, が勝手, が忍び込んだ, が時計, が臆病, でした, では, でもあったらしい, で人間, なので, に逢っ, のごとくに, のなか, の野鼠, を威嚇

▼ いたずら~ (20, 1.2%)

2 して

1 [18件] これ位で, した, したもん, しませんでしたから, するぶん深刻, せぬよう, せまいよ, はげしい, はげしくて, やった, やってのけおおいに, 仕様が, 四郎と, 大方おのれ, 大概に, 心持ちよく, 思うが, 時により

▼ いたずら小僧~ (20, 1.2%)

2 が塀越し

1 [18件] かとぼけ婆さん, が, が何, であること, に百文, に相違, のよう, の声, の様, の群, の顔, はその, はなぐられ, は私, もその, も俄, らしい次, をひっぱっ

▼ いたずらっ子~ (18, 1.1%)

1 [18件] が悪たれ, が猫, だけれども, です, で表, なら中学校, にでも殺された, に殺された, に殺される, のない, のよう, の男児, の笑い, の美和子, はそば, らしい顔, らしく, らしく笑った

▼ いたずら~ (18, 1.1%)

1 [18件] いやしくも武夫, がんしょう, きっちり並べられ, ござりまし, するもの, ねなか, やみそう, やるの, わたしどもは, 一番ひどい, 事が, 反動的に, 学生の, 御免下さい, 満足する, 終らないため, 長作は, 随分有り勝ち

▼ いたずら~ (16, 1.0%)

3 ている 2 てみた

1 [11件] たりし, ちゃァ, ていた, てきた, てその, てと表現, ては大変, て作り出した, て先生, て歩く, ょるんじゃ

▼ いたずらした~ (16, 1.0%)

3 んだ 2 んじゃ

1 [11件] かもまる, ことです, っけが, ときの, のを, の君たち, ように, んだろう, 右手を, 大きな双眸, 新子の

▼ いたずら~ (16, 1.0%)

3 児が, 児の 2 児も 1 児さんお前は, 児だった, 児と, 児とは, 児らしい, 児時代の, 児相手の, 気を

▼ いたずら半分~ (16, 1.0%)

2 にそんな

1 [14件] に, にかける, にその, にはし, に抜い, に採られた, に松葉, に染めた, のはかり, のレンズ装置, の手紙, の気持, の試しごころ, はお前さん

▼ いたずら~ (15, 0.9%)

321 か, かどちら, から人, か波, ということ, といわれ, とも想像, と思っ, なと気づきました, わ

▼ いたずら好き~ (15, 0.9%)

1 [15件] で人, なその, な口調, な子供, な小, な杖, にあなた様, の天分, の妹さん, の学生たち, の学生達, の少年, の梅吉, の眼, の神様

▼ いたずらそう~ (13, 0.8%)

2 な目つき, な眼付き 1 な微笑, な男, な眼付, な碧眼, な顔, に眼, に笑っ, に肩, に見え

▼ いたずらでも~ (13, 0.8%)

2 したの

1 [11件] されたかと, したよう, したん, した時, すると, ない, ない好き, なければ, やって, 強情でも, 自分ひとりの

▼ いたずら~ (12, 0.7%)

1 [12件] こんに, その中, その髪の毛, それとも何, ぞうさなくめぼし, なぞを, 今しも, 但しは, 先生の, 男と, 知らぬが, 脅しか

▼ いたずら~ (12, 0.7%)

1 [12件] すれば, のみ見過ごさないで, 云って, 判断する, 変死事件との, 怖れ, 決めて, 罰は, 聞いた迷亭君, 見て, 認めて, 違いますよ

▼ いたずら盛り~ (12, 0.7%)

1 [12件] が大勢一度, であって, となっ, な自分, のが, の和子たち, の子供, の孫, の小, の年頃, は今日, 総じて無邪気

▼ いたずらする~ (11, 0.7%)

1 [11件] かわからない, ことなど, ことは, とこわい, なあ, なよ, にちげ, のが, のは, やつが, んです

▼ いたずらから~ (10, 0.6%)

1 事の, 今一度これを, 出たこと, 多勢を, 少年ペシコフを, 思いも, 枝が, 樽の, 起った罪, 面白半分

▼ いたずらじゃ~ (10, 0.6%)

2 あるめ 1 ありません, ありませんよ, ない, ないかしら, ないかと, ないだろうな, ねえかと, ねえよ

▼ いたずらです~ (10, 0.6%)

51 か, ぜ, な, ね, よと老

▼ いたずらばかり~ (10, 0.6%)

3 して 1 しました, する, するから, するもの, でなくこの, なされたという, 心掛けて

▼ いたずららしい~ (10, 0.6%)

2 眼で 1 と頻りに, にこにこした, 微笑と, 微笑を, 男の子でした, 目を, 笑みとともに, 表情を

▼ いたずら~ (9, 0.5%)

3 をし 1 があった, して, としか思われない, としか見えない, をやった, を始めた

▼ いたずらである~ (8, 0.5%)

1 か, から再び, か目的, ことが, ことは, としか思えなかった, と知った, に拘らず

▼ いたずらでは~ (8, 0.5%)

3 ない 1 ないかしら, ないかと, ないかも, なくて, 泣きそう

▼ いたずら~ (8, 0.5%)

1 から取って返した, から色んな, しかもたなかったでしょう, とばかり思い, にニッコリ, は毛頭なかっ, も起り, を隠し

▼ いたずら~ (6, 0.4%)

1 があっ, がき, が多う, が来た, が留守, に

▼ いたずらなる~ (5, 0.3%)

1 なぞを, 剣の, 喧嘩ずき, 嘆きを, 情人も

▼ いたずらごと~ (4, 0.2%)

1 がなん, でこの, ではない, を申す

▼ いたずら~ (4, 0.2%)

4 子の

▼ いたずらであろう~ (4, 0.2%)

21 とそのまま, とびっくり

▼ いたずらという~ (4, 0.2%)

1 ことを, のは, ものです, 板面を

▼ いたずらとは~ (4, 0.2%)

1 いいながら, なんの, 云いながら, 何の

▼ いたずらとも~ (4, 0.2%)

1 いうべきもの, 水音の, 見られる, 言うべきもの

▼ いたずらいたずら~ (3, 0.2%)

1 しく見せた, した大きな, した新子

▼ いたずらかも~ (3, 0.2%)

1 しれない, 知れませんが, 知れませんね

▼ いたずらだった~ (3, 0.2%)

1 からやっ, と申出る, な

▼ いたずらだろう~ (3, 0.2%)

1 ぐらいに思いまし, というん, と気

▼ いたずらめいた~ (3, 0.2%)

1 ことを, ものを, 眼色が

▼ いたずら~ (3, 0.2%)

1 あやまちは, うそが, なんかじゃ

▼ いたずららしく~ (3, 0.2%)

1 どん栗は, 周囲に, 眼を

▼ いたずら~ (3, 0.2%)

1 ではなかっ, のかりそめ, の成れの果て

▼ いたずら童子~ (3, 0.2%)

1 に失敗的逸事, のわざ, の頭

▼ いたずらかと~ (2, 0.1%)

1 思って, 疑ったが

▼ いたずらがき~ (2, 0.1%)

1 をつづけた, を濃く

▼ いたずらざかり~ (2, 0.1%)

1 な三男, の子供たち

▼ いたずらでしょう~ (2, 0.1%)

1 か, 一軒置い

▼ いたずらとしては~ (2, 0.1%)

1 余りに念入り, 規模が

▼ いたずらとしても~ (2, 0.1%)

1 楚王が, 無下非礼としても

▼ いたずらなど~ (2, 0.1%)

1 でありましょう, 必ず必ずあそばす

▼ いたずらなんか~ (2, 0.1%)

1 して, やるもの

▼ いたずらについて~ (2, 0.1%)

1 一言説明し, 説明した

▼ いたずらについては~ (2, 0.1%)

1 なにも, 聞いて

▼ いたずらには~ (2, 0.1%)

1 張らぬ, 相違ない

▼ いたずらにも~ (2, 0.1%)

1 しろ二人, 程が

▼ いたずらみたい~ (2, 0.1%)

1 なこと, な不細工

▼ いたずららしい笑い~ (2, 0.1%)

2 方を

▼ いたずら~ (2, 0.1%)

1 ぽい気長さ, ぽく逆

▼ いたずらッ児~ (2, 0.1%)

1 というもの, のよう

▼ いたずらッ子~ (2, 0.1%)

1 でお母さん, のよう

▼ いたずら~ (2, 0.1%)

1 が私, のよう

▼ いたずら~ (2, 0.1%)

1 であろうか, を持った

▼ いたずら小僧みたい~ (2, 0.1%)

1 なズル相, な目

▼ いたずら描き~ (2, 0.1%)

1 を始めた, を眺め

▼ いたずら止め~ (2, 0.1%)

1 て呉ろ, で呉ろ

▼ いたずら気分~ (2, 0.1%)

1 によって, を多分

▼ いたずら道具~ (2, 0.1%)

1 で若い, を売り歩い

▼1* [101件]

いたずらよしよ, いたずらおもちゃだった, いたずらぐせが大人, いたずらぐらいはしんぼうすべき, いたずらな眼, いたずらごころから髪, いたずらごと誰でもある, いたずらさえ用意し, いたずらされながらまるで, いたずらされたらよけい世間, いたずらさんこちらへおいで, いたずらしおったな, いたずらしかけてもお, いたずらしたら猿が, いたずらしちゃいやよ, いたずらしてるのだ, いたずらしないように, いたずらしようぞ, いたずらじゃあねえに, いたずらすなわち神を, いたずらそうして下っ端を, いたずらたぬきにもこまった, いたずらだけで罰は, いたずらだけはいうつもり, いたずらだったら格別もし, いたずらだってとんでもない, いたずらだってもうちの, いたずらっこで夏の, いたずらっこらしい眼を, いたずらって奴は, いたずらっ子僧の様, いたずらであったことを, いたずらであったであろうが同じ, いたずらでない自分たちの, いたずらでなかったことを, いたずらでなくて救助, いたずらでなければ耳, いたずらでもないし真面目な, いたずらとしかみえませんが, いたずらとでも云おうか, いたずらとの場面で, いたずらとのみ言いきれないふし, いたずらなすってはいけません, いたずらなすったんじゃ, いたずらなりしを思い当り, いたずらなりませぬとふ, いたずらな呼びかたも, いたずらな荒立ちに浪費, いたずらにつき放して, いたずらにでも悪い芸, いたずらによって神さまの, いたずらに対して相手の, いたずらに対しても彼は, いたずらはてまえの, いたずらはんぶんにそれ, いたずらばかりしていたかれが, いたずらばかりじゃない, いたずらまでもやった者, いたずらめいた事のため, いたずらめかしてそう, いたずららしく微笑むものも, いたずらをも働くの, いたずら七八九十はよみ書き, いたずらなどかけ, いたずら事件です, いたずら事大方は都, いたずら仕事とのみ思われた, いたずら仲間であったらしくその, いたずらじゃ早う, いたずら半分社会への意趣, いたずら坊ちゃんほどに悪い, いたずら坊主にはたのしかっ, いたずら好奇心まがいの自慰, いたずら子供が小さい, いたずら子供たちにとりまかれ, いたずら小僧どもからどんな, いたずら巧者の姉たち, いたずら心充分でやった仕事, いたずら心地と大人, いたずら悪気のない, いたずらにもまだ, いたずら書きをし, いたずら気分たっぷりという目つき, いたずら深い意味では, いたずらが怖い, いたずら物語を書い, いたずらが私, いたずら猿めが迷い込ん, いたずら画きしたものでした, いたずら者めが賀川肇, いたずら者油断もすき, いたずらていた, いたずらの句屑, いたずらを憚, いたずら遊戯聞けば, いたずら過ぎたかな, いたずら過ぎると思います, いたずら野郎でございます, いたずら騒ぎのため, いたずら髪二筋三筋扇頭の微風, いたずらにちらかされました