青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いたし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いささか いささか~ いざ~ いず~ ~いずれ いずれ~ いそい~ ~いた いた~ ~いたし
いたし~
~いたしました ~いたします いたずら~ ~いただきたい いたら~ ~いたらしい ~いたる いたる~ いち~ いちいち~

「いたし~」 1804, 19ppm, 5889位

▼ いたし~ (1138, 63.1%)

102 おります 35 居ります 33 おりました 19 ござる 17 おる 16 居りました 14 おりまする 13 います, いるの, おりますが 11 置きます 9 居りますが 8 おりましたが, おりまして 7 いたの, おきます, おりますので, おるの, 居りましたが 6 いました, おきましょう, おりますと, 居りまして, 居りますと 5 いるよう, おきました, おく, おったの, おりましたので, おると, おれ, まいりました, 来い, 見ましょう 4 いる, おきたいと, おりましても, おりますもの, おるが, くれ, くれる, しまいました, 済みません

3 [20件] あります, いましたが, いるから, いるもの, おったところ, おりましたから, おりましたの, おりますから, おりますの, おりません, おるもの, ございます, ござります, 参りました, 宜しいか, 居りましたので, 居る, 手に, 紙屋川の, 置きましょう

2 [59件] あす知らぬ, ある, いたが, いたところ, いますの, いませんでした, いること, いるところ, いる間, おいて, おいても, おきますから, おきますが, おきまする, おくの, おけよ, おった, おらぬ, おりましたところ, おりますとき, おりますゆえ, おるそう, おるぞ, おるところ, おるな, おるに, おるので, おれば, くれい, くれよ, ございまして, ござるが, しまひました, まいった, みましたが, みましょう, みます, よろしゅうございましょう, ゐるやう, 一しよ, 参ります, 参れ, 參つた, 參りました, 姿を, 居りましても, 居りますよ, 居ります大和屋十右衛門, 居ります文字房さん, 居りません, 居るが, 居るもの, 来た, 来たか, 皆様の, 相済みません, 置かなくては, 見ますると, 飢ゑ凍え

1 [498件] あげい, あげろ, あちらに, あとで, あらためてお詫び, ありますこの, あるが, ある筈, あわせも, い, いた, いたから, いただきたくないもの, いたほど, いたもの, いたら詮議, いた人物, いた場合, いっしょに, いつも翌年の, いて, いないこと, いましょう, いますじゃ, います関係上, いやはや, いらっしゃいますが, いるうち, いるお方, いるかの, いるが, いるそう, いるだろうと, いるとは, いるな, いるふう, いるやつ, いるわけ, いる伊那丸君, いる侍たち, いる品, いる土地, いる場合, いる外, いる投げなわが, いる極めて, いる独り暮し, いる若君, うろたえて, おいた, おいたが, おいたこと, おいたのに, おいたよ, おかなければ, おかねば, おきたいこと, おきたく存じます, おきましたから, おきましたが, おきましたものの, おきまして, おきましょうか, おきませんではと, おくが, おくがた, おく次第, おけ, おけと, おけば, おこう, おしろに, おったという, おったよう, おった小判, おった者, おつかわし, おらねば, おられますことゆえ, おりそして, おりとうご, おりましたがな, おりましたけれども, おりましたし, おりましたで思わず, おりましたのに, おりましたゆえ, おりましたよう, おりましたらお, おりましたるうち, おりましたれば, おりました卑しい, おりました稼業, おりましてねえ, おりましては, おりましょうぞ, おりますうち, おりますか, おりますからな, おりますこと, おりますのよ, おりますよ, おりますよう, おりまするから, おりまするが, おりますると, おりまするよ, おりまする次第, おりまする百合江, おりますれば, おりますわ, おりますんで, おります今日, おります六郎左衛門殿, おります地方, おります御, おります心, おります所作事, おります於通, おります晩, おります甥, おります神, おります親爺, おりませんから, おりませんの, おりやす, おり方々, おり東, おるお客, おるか, おるかも, おるから, おるかを, おるしだい, おるでごぜエ, おるでは, おるとか, おるは, おるゆえ, おるよう, おるわ, おるわけ, おる元, おる君, おる柳生, おる男, おる身, お上申, お師匠さま, お返申すべきでございます, お邪魔, かさねて上方, かならずご, かならず栄職, きた, きっと逢っ, きのどくじゃった, きました, きょうの, きりりと引きしぼつ, くれかたじけない, くれた, くれます, くれますので, くれますゆえ, くれるから, くれると, くれるゆえ観念, くれるよう, くれるわ, くれん, ぐるりと, こうなる, こちらでの, このターヘルアナトミア, この小屋, この顔, これからは, ございますから, ございますし, ございますので, ございまするが, ございます此, ござりす, ござりまする, ござるほどに, ござるよ, さしつかえない, しまいましたが, しまいまする, しまいますわ, しまひませうか, しまわれよう, しんぜよう, じぶん, すぐには, すぐ返辞, そこでお, その家族, その毒気, その還俗, それから, それから湯, ただ今も, ただ今自刃, つかわそう, どうか治し, どこの, どっどと, なかなか坐り心地, ならないの, なりませんでした, なんとする, はおらん, はおりませぬ, はおりませぬつもり, はおりません, はおりませんから, まいったの, まいった馬, まいって, まいらせえ, まいりまして, まいります, まいりますから, まいりますと, まいりますよ, まいりまするから, まいるつもり, まことに相, またかの, また塩原, また江戸, また温かい, また襯衣, まだいま, まるで帳場, まゐりまし, みい, みたい, みたい昔, みた所, みました, みましょうか, みますると, みようかと, みようと, みると, みろ, もらいましたが, やりました, やれ, やろう, ゆうべのそのそ, ゆかれぬの, ゆくりなくも, よいこと, よいもの, よくもの, よろしいつまり, よろしいもの, よろしうございます, よろしきや, よろしゅうございます, われらの, ゐても, ゐましたので, ゐます, ゐますが, ゐますので, ゐませう, ゐるから, ゐると, ゐる者, ギユツと, 一世一代の, 一語半語ずつ, 丁子乱れに, 上げたく存じます, 上げます, 上げられもしましょうゆえ, 上使を, 上戸の, 下さるに, 不届至極, 丞相に, 中村正直という, 主の, 主水正, 人民に, 今では, 今にも眼, 今日で, 今日の, 今日までに, 仏果を, 伯父の, 佐渡様まで, 何うし, 何し, 何ん, 何処と, 作つた所の, 八千五百石の, 公儀へ, 別れ御船蔵前, 勝負を, 十一月の, 印形を, 参った, 参ったに, 参ったよう, 参らねば, 参りましたよ, 参りましても, 参りますが, 参りませぬか, 参り聚楽, 參つたは, 又この, 口も, 古人の, 召され候はん, 可愛い奴め, 同地の, 呵々大, 堀越團十郎と, 売って, 大いに心養, 大切に, 大坂で, 大悟徹底し, 大望の, 失礼つかまつった, 失礼です, 奥方に, 宜しゅうございましょう, 家を, 家名も, 寄りつかれぬと, 密かに, 密と, 小谷を, 尻からげに, 居たから, 居たが, 居ました, 居ますわ, 居ませんでしたので, 居りお, 居りましたあの, 居りましたところ, 居りましたわけ, 居りました人, 居りました処, 居りました猶, 居りますうち, 居りますから, 居りますといふ, 居りますので, 居りますほどの, 居りますよう, 居りまする, 居りまするから, 居りまするが, 居りまするの, 居りまする内, 居りまする真珠塔, 居ります少し, 居ります幸兵衛, 居ります成, 居ります旨, 居りません僕, 居りません暫く, 居りやんしたけれども, 居り誠に, 居ること, 居るの, 居るので, 居るやう, 居る中, 居る最早, 居る次第, 居る無礼至極, 居る私, 居る音, 居ろうが, 差し上げましょうやら, 差上げれば, 帰りましたが, 帰るまでには, 弁じまする, 弓矢を, 当時浪々の, 御大人, 御恩, 御詮議中, 御音物, 心の, 忝い, 恐れ入りますが, 恥じいる次第, 悲しゅうございました, 悴の, 手の, 折角捕える, 持って, 故院, 新に, 日ごろの, 日一刻も, 早や, 早御, 明日早く, 明朝には, 時々譫語, 暇を, 更けない用心, 木下殿まで, 木屋町の, 来いと, 来たが, 来たな, 来たの, 来たよう, 来て, 来ましたが, 来るが, 来るの, 権利の, 欝いでいます, 此罪を, 段々御, 殺されたという, 殿様の, 気に, 江戸で, 漸くの, 犯罪者を, 獨り, 生死を, 由比ヶ浜の, 甲府の, 申さずに, 申しわけありません, 申せば, 申せませぬ, 申訳も, 申訳を, 畏れ多くも, 相果てます, 知らせたいもの, 石塔や, 石疊に, 禁裡の, 私も, 種々と, 立去りまする, 竹田の, 置いて, 置きながら, 置きました, 置きましたが, 置きましょう程に, 置きますが, 置きますべ, 置くいうと, 置け, 聞きましたるところ, 草鞋を, 荷物を, 蜀勢は, 見せます, 見まするけれども, 見るつもり, 見ると, 許されました, 訳を, 調べましたが, 謹慎を, 貰いたい, 貰い度いがどう, 貰ひたいが, 貴方決して, 追, 通行の, 連添わせようと, 進ぜたの, 遣す, 遣るよう, 都合を, 長らく明国, 長物語を, 長篠へ, 難有うございます, 頂戴いたしまする, 飢え凍え, 黒鍬組頭小早川剛兵衛只今竹の

▼ いたし~ (47, 2.6%)

5 につき 2

1 [40件] かその, があなた, が煙, このあたり, この度, てかやうに紙, ては恐, て豊前国興津, て躰, とて土民, とともに手, とも人々, と留守宅, と相, に付, に已, はば何, ひしが, ひしならむ, ひぬ其疎豪, へと被, へばかの, へば久太郎もち, へば此世, へば麓, べくたべ物, ま, まで, もいかが, もつとも在所表, ものこれあり, ものニ, もまた, よし世間, よし訳司中之学者, を憎み, を茶山老人, 同人死後, 故に而, 故遂に

▼ いたしても~ (45, 2.5%)

2 い, ようございます

1 [41件] おりませぬ, かまわぬという, ここ両, さしつかえございますまいか, さしつかえは, そそそなた, そのつど, その折, たいがい書面を, なんとなく, よいかと, よいが, よいぞ, よい程, ようござる, よくぞ, よろしいでしょう, よろしいよう, よろしゅうございましょう, よろしゅうございます, 不思議の, 今に, 他日には, 前黄門松平周防守, 変った所, 妹澄江は, 妾の, 宜く聞える, 宜しうございませう, 宜しゅうございます, 忝けなし, 拙者の, 母屋へまでは, 病中でございます, 真剣で, 私どもの, 証文が, 話が, 読めないもの, 責任感を, 邪魔者を

▼ いたしてを~ (27, 1.5%)

8 ります 3 りました 2 りますか, りますが, りますの 1 りそして, りましたの, りましたらお, りました近所, りますから, りますので, りますのよ, りまする仕合, りますトレパッツ教授, りません

▼ いたし~ (24, 1.3%)

4 いと存じます 2 いと思います, く, と申参候

1 [14件] いと希望, いと思ひます, いの, いのです, うございます, うございますから, う御座います, う御座いますが, くわざわざ, と奉, と存じ候, と存候貴著, 御許容可, 色々手段

▼ いたしながら~ (19, 1.1%)

1 [19件] お尋ねする, お尋ねも, この宮, さすがに, そのわ, その頼む, たまさかの, ひそかには, まだいちど, わしに, 冷たさ, 心怖じけ, 感謝の, 拝見いたしました, 推参いたしました, 朝露の, 武芸を, 私が, 諸所一見できる

▼ いたしては~ (16, 0.9%)

2 どうだ, ならんぞ

1 [12件] これを, どうでございましょう, ならぬ, 人目を, 何となく心残り, 天国の, 如何, 如何でありませう, 少し華美, 居りませぬが, 悪うございます, 済みませんから

▼ いたしその~ (15, 0.8%)

1 [15件] ために, まずきこと, 事の, 効いが, 報道の, 実手前峠において, 折の, 次に事業, 河水で, 節こそは, 節この, 翌九月, 翌年承, 翌日も, 翌朝出立しよう

▼ いたしよう~ (15, 0.8%)

4 もない 3 がありません 2 もござらぬ 1 があるまい, がござらぬ, がない, でどう, によってはまことに, もございませぬ

▼ いたしまた~ (10, 0.6%)

2 村雲の 1 これよりは, そのころ, 一昨年松向寺殿御卒去の, 御修法, 立上って, 自ら信ずる, 貴兄を, 飲用泉の

▼ いたし~ (9, 0.5%)

1 かんと, わかいお, ッた, 家来衆に, 屋敷の, 種さんの, 部屋を, 饗応を, 高祖頭巾を

▼ いたし候もの~ (6, 0.3%)

2 の名前 1 の名前申し出づるにおいては, の税, の近ごろ, もこれ

▼ いたし候儀~ (6, 0.3%)

1 は一橋中納言殿, もこれ, もでき申し, を好ん, を拒むべき, 相見え

▼ いたしたり~ (5, 0.3%)

1 あげくに, お呪咀, お詫, した, なにかおしゃべりでもいたしたりしようというわけで

▼ いたし~ (5, 0.3%)

1 しませぬ, しませぬか, しませんよ, すまいか, せぬか

▼ いたしこの~ (4, 0.2%)

1 上は, 忠房に, 紙幣の, 蓋の

▼ いたしこれ~ (4, 0.2%)

1 なる森かげ, に背く, は存じ, へ来

▼ いたし候事~ (4, 0.2%)

2 に候 1 と相成り, にて禽獣

▼ いたし~ (4, 0.2%)

31 たこと

▼ いたし~ (4, 0.2%)

1 マクスに, 新感覚派, 発表の, 長州で

▼ いたし~ (4, 0.2%)

1 報告を, 立腹を, 義母の, 道中と

▼ いたしそれ~ (3, 0.2%)

1 に父親, を肌身, を自己

▼ いたしつつ~ (3, 0.2%)

1 あります, ありますな, ある

▼ いたしてもと~ (3, 0.2%)

1 一句うっかり答うる, 一句迂濶り, 思うが

▼ いたし~ (3, 0.2%)

1 まいります, 参ったが, 参邸の

▼ いたしやう~ (3, 0.2%)

1 がありません, がございません, でございます

▼ いたし~ (3, 0.2%)

1 になっ, 以て, 山下の

▼ いたし候よう~ (3, 0.2%)

1 には相成り申さず, の始末, 申すべくさ

▼ いたし居候~ (3, 0.2%)

1 ととさ, とも浪人体, に付

▼ いたし~ (3, 0.2%)

1 果てまする場所, 果てますれば, 謀り

▼ いたしいま~ (2, 0.1%)

1 は全く, は私

▼ いたしそこ~ (2, 0.1%)

1 に屍, を基点

▼ いたしたる~ (2, 0.1%)

1 がふ, にお

▼ いたしながらも~ (2, 0.1%)

1 仏に, 楽々と

▼ いたしまア~ (2, 0.1%)

2

▼ いたし一切~ (2, 0.1%)

1 の政務, の財産

▼ いたし丈余~ (2, 0.1%)

2 の火柱

▼ いたし不思議~ (2, 0.1%)

1 なもの, な縁

▼ いたし~ (2, 0.1%)

1 の見聞, も災

▼ いたし何かと~ (2, 0.1%)

1 お世話に, 協議を

▼ いたし候樣~ (2, 0.1%)

1 にとの事, 承り候得共

▼ いたし候由~ (2, 0.1%)

1 この遊歴中, にて今回

▼ いたし候者~ (2, 0.1%)

1 は人, 御仕置

▼ いたし候間~ (2, 0.1%)

1 この段大坂, 御案じ

▼ いたし~ (2, 0.1%)

1 の宮廷, の文化

▼ いたし~ (2, 0.1%)

1 の躑躅, の頂上近く

▼ いたし度候~ (2, 0.1%)

1 へどもなにぶん, もつとも当

▼ いたし~ (2, 0.1%)

1 に善人, は他人

▼ いたし或は~ (2, 0.1%)

1 説明を, 賊を

▼ いたし未だ~ (2, 0.1%)

1 本統の, 間暇に

▼ いたし校正~ (2, 0.1%)

2 せぬさき

▼ いたし~ (2, 0.1%)

1 の親, もそれ

▼ いたし誠に~ (2, 0.1%)

1 不本意, 有難い事

▼1* [320件]

いたしあたりの暗黒, いたしあの鎖駕籠へは, いたしいささか頭の, いたしいろいろと御, いたしお前を虐, いたしかの国の, いたしほ, いたしがたき業にても, いたしここを式場, いたしこの上なく驚き入りました, いたしごく暗かった, いたしごとだ, いたしご存じの七つ道具, いたしさきほど受け質, いたしさっぱりした気分, いたしさてそれから, いたしさんざんに弱った, いたしすこしでも御, いたしずんと家業に, いたしそうで, いたしそぞろそのウ, いたしそっと抜足を, いたしそばにはまだ, いたしそれから家老渡邊外記にも, いたしそれらの武士, いたしそろところあやしき, いたしそろそろこの拙き, いたしそんなことに, いたしただ天理に, いたしただいまやっとまいりましたるところ, いたしちょッと一パイ, いたしついでそれを, いたしついには守旧, いたしてかちっとも流行らない, いたしてから諸藩共, いたしてからが御本尊, いたしてからも時たま話す, いたしてこそはじめてまっ, いたしてな今夜も, いたしてねえ其の翌年, いたし待避壕を, いたしのっそりが, いたしとかいかようにも, いたしどうしたらいい, いたしなみでお蔭, いたしなむあみだ, いたしにくいそうです, いたしにくうございます, いたしにはならないん, いたしはじめて民権の, いたしはなはだ失礼つかまつりました, いたしひと度この者, いたしひろ子もここ, いたしふと云い出しかねて, いたしほどなく出船上筋へ, いたしするとお, いたしまだまだ私は, いたしまちを, いたしまるで狂人じみ, いたしまァす, いたしみずから遺言書をこしらえつくっ, いたしやすく貧者は, いたしやなどとだけ言ふ, いたしやに戻つて, いたしたの, いたしよって不肖わたくしが, いたしわかぎみは自分いち, いたしわが長女との, いたしカープホーレルを, いたしサラセンの領内, いたしジョイスは自分, いたしロシアと戦争, いたし一々口分に, いたし一刻として安き, いたし一昨々日をもって完全, いたし一時は私, いたし一時粂之助の暇, いたし万手落ちのない, いたしを守ります, いたし上方より馳せ下り, いたし上様は以ての外, いたし上様御覧のみぎり, いたし下男の丹治, いたし申候, いたし両人で長話, いたし両方とも百枚, いたし巻は, いたし丹生川平の人々, いたし主人の処, いたし予定がおくれ, いたしの仔細, いたし事穏かに話, いたし二人とも宿屋, いたし二十四人の家僕, いたし二十日ごろ立って, いたし人数も多かっ, いたし人間はその, いたし今夜隣の源次郎, いたし今日は無礼講, いたし仏像仏器は焼きすて, いたし他日国家の大事, いたし以前嫁いて, いたし伯父が住い, いたし佃島では出入り, いたし何処へ往く, いたし余りで馬, いたし侍風を吹かし, いたしを呼ん, いたしの者, いたし俺らは海象号, いたし候ことに御座候, いたし候まま伴は無用, いたし候アメリカ船へ向け, いたし候一箇の愍, いたし候儀これあるまじき事, いたし候処其船くつかへり, いたし候処夏の熱き, いたし候処越後より山越, いたし候半と存, いたし候山路に迷, いたし候得バ早々申達, いたし候得共一向其驗, いたし候得共一國の武備, いたし候所え諸藩士竝, いたし候所このごろハお, いたし候所望の人, いたし候抔世界萬國え被爲對, いたし候樣申聞候得共是は相調, いたし候歟又は角力, いたし候此方之迷惑, いたし候段は幾重にも, いたし候由風聞有之, いたし候砌右一揆に加担, いたし候積姑思案仕候, いたし候節はさびしさ, いたし候處勝たる散歩, いたし候趣意にほかならず, いたし候酒を慎しみ, いたし候間後の月見, いたし候院之荘, いたし傍ら西洋古家具骨董商, いたし八月二十日にさかん, いたし共々このターヘルアナトミア, いたし其中此方御手當此度, いたしの吉野, いたし向う事, いたし割当てが相, いたし弱き農民百姓達, いたし加納は前線, いたしを積んだ, いたし医師はもっと, いたし十三日にやま, いたし午後二時ごろから宿, いたし半時た, いたし却って御立腹, いたし厳格の修養, いたし友人夫婦より余り, いたし収納申し付くべし, いたし収納申付くべし, いたしに付け, いたし古学の名, いたし申哉, いたし台所口から, いたし右樣に取, いたし吉原へ飛火, いたしの御馬前, いたし呉候處肩並胸抔之痛も少く, いたし唯一の家宝, いたし善光寺から松本, いたし御立腹, いたし器械が出来, いたし囚人の上, いたし四条通りから五条, いたし四隣の諸, いたし困難いたすしかし, いたし国々人物を尋ね廻り, いたし国家老を引出しました, いたし国政の善悪, いたしを歩行くも, いたし心配し, いたし大変失礼をいたしました, いたし大藏の前, いたし大雨が降りまし, いたし失望もいたし, いたし奉公が出来ん, いたし奠酒禮供へ脂肪, いたしに鎖國攘夷抔申儀, いたしの方, いたし安心しました, いたし宗也と名, いたし宗門をひろめ, いたしの中, いたし彌死ん, いたし尊氏に会う, いたし少しづつ勉強し出し, いたし少数の甲殻類, いたし尤もに存じ候え, いたし尼ヶ崎花隈の二城, いたし居り候明日の, いたし居候内今年も明日, いたし居候得共国中一統人気も平常, いたし川上氏はそのまま, いたし左様な者, いたし巴里の都, いたしのあたたまる, いたし帰宅仕候, いたし常に人間らしい, いたし幸いにカンプラチンキ, いたし度ものに候, いたし度希望罷在, いたし座敷の床, いたしや姉, いたし彼方此方と心当り, いたし御所の御, いたし御用の趣き, いたし萎え身体, いたし快諾を得ました, いたし怪我もし, いたし憂国の至情, いたし成丈米抔は勿論, いたし戸毎の人員, いたし殺日本, いたし折角班超の, いたし披露宴にもいた, いたしの胸, いたし斯様な邪非道, いたし方々の御内, いたし施餓鬼をいたしまする, いたしを経, いたし以前の, いたし明日早天に山谷町出口, いたし明朝出帆のつもり, いたし明番になります, いたし昨夜屋敷を駈, いたしから急, いたし時候寒暑等, いたし晩飯をうまく, いたし最も敬神の, いたし朝鮮以来絶えて, いたし本郷春木町に裏家住い, いたし来世でおと, いたし松浦流と申す, いたしの一存, いたし槍鉄砲をたずさえ, いたし權六は着慣れ, いたし此奴己を讐, いたし此方へまいる, いたし武家屋敷にあるまじき, いたし殊に幕府の, いたし殿様は奥, いたし毎晩八ツ九ツまで夜延, いたしのお, いたし浪速の建部四国太夫, いたし清助という百姓, いたし滯在五年の後, いたし漸うの事, いたし炊事その他萬般雜事には長尾君, いたし無心になっ, いたしまでが手つだい, いたし独り娘のあった, いたし独身で居ります, いたし現在の娘, いたし甲府の勤番, いたし甲斐は玄関, いたし申つもりにてあに, いたし申候よし, いたし申候事ニいたすべくとの, いたし申訳はありません, いたし番頭新造から此, いたし當今必要の西洋學者, いたし皆様のため, いたし皇室の藩屏, いたし盗人をひっ捕らえよう, いたし目下の處, いたし相当限度まで, いたしがかすみ, いたし眼病になり, いたし神仏に願, いたし私儀も上陸, いたし笹田執事はわれわれ, いたし置候一通を披見, いたし置候樣伊勢守殿被仰, いたし羊豚と同, いたし胆吹名代の薬草, いたし腹の中でそっと, いたし至尊をあなどり奉りたるごとき, いたし若殿樣御手習ひの, いたし若江から梅三郎, いたし苦労を掛け, いたし草場へ参った, いたし荊妻と三越, いたし落合村庄屋周吾宅へも仕掛, いたしという組織, いたし血路を塞循環, いたしと表, いたし裾野いらいの, いたし襄公自身も痛手, いたし親切丁寧を旨, いたし親子二人ぎりでくらしておりましたのでわたくしをおいて出あるくこと, いたし誠に宜しからぬ事, いたし大名を, いたし谷底へ二三, いたしうらは, いたしを一散, いたし辮髪とか申す, いたし酷く腹も, いたし重々の不埒, いたし金蔵方の受帳, いたし長閑は立派, いたし雑沓の中, いたし離屋に住ん, いたし難いと思うなら, いたし難き発声と, いたし青森で船, いたし飴屋の源兵衞, いたし香東川堤において上役人松野八太夫, いたし香花を毎日, いたしを御, いたしの手, いたしを以て伸