青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いけない~ ~いけません ~いささか いささか~ いざ~ いず~ ~いずれ いずれ~ いそい~ ~いた
いた~
~いたし いたし~ ~いたしました ~いたします いたずら~ ~いただきたい いたら~ ~いたらしい ~いたる いたる~

「いた~」 127929, 1382ppm, 58位

▼ いた~ (24790, 19.4%)

4482 である 2386 です 23771082 であった 717 だった 694 では 690 だが 564 であるが 551 ですが 478357 でした 310 であろう 275 だから 230 であります 223 だろう 194 でしょう 189 であったが 175 だと 163 でございます 160 かも知れない 141 ですから 128126 だそう 125 であるから 112 ですよ 105 だろうか 101 であろうか 89 だよ 85 ですか 81 でしょうか 74 かい 71 だったが 68 かもしれない 67 だという 6559 ですね, でも 58 はこの 54 はその 48 かも知れません, でありました 46 を見た 42 がこの 41 じゃ 39 を覚え 38 であって 36 でしたが 35 かね, だけれど 34 だろうと 33 が今 32 だけれども 30 であろうが 29 は事実, を見 28 でしょうが 27 かしら, だな, だね, と同じ 24 じゃない, だし, でありますが 23 でございますが, を私 21 ですもの, は誰 20 かそれとも, を思い出した, を知っ 19 かも知れなかった, が急, であったから, ですけれど, は彼, は私, を 18 かと思う, であろうと, でございますよ, はいう, もその 17 かな, が, がその, はお, は何, を思い出し 16 かどう, かも知れぬ, も無理, を発見 15 かその, だか, でございました, ですからね 14 かえ, かそれ, だろうが, は自分, もこの 13 だわ, であると, でございましょう, ならば, はあの, はやはり, は今 12 でございますから, ですがね, はそれ, は当然, を見る 11 かもしれぬ, をこの, を今, を知った, を記憶 10 かということ, かもしれません, か私, がそれ, が不思議, だとも, ですって, をよく

9 [12件] かあるいは, か知らない, がいつの間にか, が今度, が悪かっ, だからね, だなと, で御座います, はもう, は実は, を幸い, を自分

8 [14件] がそう, だったろう, だもの, でありましょう, であること, でござる, はこれ, はただ, はほんの, はまったく, はもちろん, は彼女, は確か, を見つけ

7 [23件] かもしれなかった, か今, がいけなかった, がお, がここ, が何, じゃな, だい, だろうね, でしたから, ですわ, はかの, はこういう, はここ, はどう, はまだ, は例, は金, も事実, らしい, をまた, を僕, を憶え

6 [13件] がいま, が今日, が後, であったろう, であるか, ですけれども, で御座いますが, とはまるで, は実に, は本当, をお, を思い出す, を聞い

5 [41件] かと彼, かなあ, かわからない, か自分, がだんだん, が不意, だからな, だったと, だとは, だろうという, でありまする, でしょうね, ですし, ともう, と全く, にちがいありません, はおそらく, はお前, はたしかに, はどういう, はやっぱり, はわたし, は一人, は僕, は前, は多分, は女, は決して, は知っ, は私一人, は若い, もある, もそれ, もやはり, も今, も同じ, も実は, をその, を知らなかった, を見つけた, を見ました

4 [63件] かそこ, かと思っ, かネ, か知らん, があと, がこれ, がすっかり, がとうとう, がどこ, がやがて, がようやく, が事実, が大, が実は, が目, が私, じゃよ, だからなあ, だぜ, だったか, だったから, だろうかと, であったこと, であったと, であったろうか, でありこの, でありますから, であるけれども, であれば, でございますわ, ですな, に驚いた, はあなた, はそう, はそこ, はたしか, はだれ, はまさしく, はもっと, はわずか, は一つ, は不思議, は俺, は全く, は初めて, は勿論, は同じ, は恐らく, は本当に, は無論, は疑い, は第, もまた, をすっかり, をちら, をやめ, を今度, を彼, を忘れ, を思い出します, を思う, を認め, を誰

3 [115件] かいない, かお前, かただ, かという, かとも思われる, かと思い, かと思った, かどうして, かどっち, かも分らない, かも知れませぬ, から我, かわたし, か僕, か知ら, があっ, があった, があの, がある, がいつ, がこのごろ, がじつは, がにわかに, がふしぎ, がまた, がやはり, が不覚, が俄, が変, が夜, が大きく, が思い出された, が悪い, が或, が案外, が次第に, が突然, が自分, が間違い, じゃろうが, だそして, だったけれど, だつた, だのに, であったの, であったらしい, であるけれど, であるし, であるという, であるまいか, でござんす, でしたね, でしょうな, ですあなた, ですけど, ですってね, ですと, です私, でない, でないと, とその, とは違っ, にかかわらず, にもかかわらず, に気づいた, はこいつ, はさすが, はしかし, はそれから, はそれだけ, はたった, はちょっと, はどうも, はなん, はまさに, はみんな, はむしろ, は丁度, は不, は云う, は僅か, は君, は外, は後, は斎田惟成氏, は昔, は無理, は男, は自然, も, もあった, もありました, もここ, も当然, も彼, も道理, をおれ, をこれ, をそれ, をふと, をみる, をわたし, を一人, を何, を助け, を妙, を御存じ, を忘れた, を思い出しました, を急, を想い出した, を拾っ, を知る, を見かけた, を途中

2 [339件] かいも, かお, かこの, かさっぱり, かしらと思った, かしらん, かせい, かそう, かそんな, かと, かとびっくり, かと不審, かと不思議, かと僕, かと尋ねた, かと思いました, かと思ったら, かと申します, かと矢代, かと私, かと考えた, かと胸, かどんな, かは知らない, かひとり, かまた, かまたは, かもわからない, かも知れん, かわからなかった, かッ, か何, か分らない, か判らない, か否, か小さい, か市電, か底, か彼, か彼女, か後, か忘れ, か或いは, か或いはまた, か気, か父, か眠っ, か誰, があ, がいざ, がいつか, がいつしか, がいつの間に, がいよいよ, がおかしい, がこう, がこれから, がこんど, がこんな, がそのまま, がその後, がそもそも, がそろそろ, がつい, がついに, がどう, がどうも, がはっきり, がふと, がまだ, がみんな, がもう, がやっぱり, がわずか, がフッ, が一人, が一時, が分らなかった, が口, が右, が右門, が名, が夕方, が外, が失敗, が始め, が実際, が寂, が当時, が怪しい, が意外, が晴れ, が最近, が朝, が本物, が漸く, が相手, が眼, が若い, が近年, が銀子, が間もなく, が静か, が顔, が駄目, じゃありません, じゃから, だえ, だがね, だずおん, だその, だそれ, だぞ, だだから, だったかも, だったけれども, だったらその, だって, だとの, だなどと, だらう, だろうかしらん, だろうけれども, だろうそれ, だろうよ, であったか, であったけれど, であったとの, であったとは, であり, でありましょうか, でありまた, であり更に, であるこの, であるそれ, であるに, であるもしそう, であろうかと, であろうし, でございますまいか, でございまする, でございませう何時も, でしたわ, でしょうその, でしょうと, でしょう蜘蛛, ですそんな, ですのよ, でないかと, でないの, でもあった, で御座いますよ, とおんなじ, とそっくり, とはちがっ, とソックリ, と似, と寸分, と少し, と違っ, どうした, ならその, には苦笑, には驚いた, に気づい, に由る, はあ, はあたしたち, はあっし, はあれ, はいったい, はいま, はおれ, はお母様自身, はかえって, はきっと, はきみ, はこんな, はごく, はすでに, はせいぜい, はたぶん, はつい, はつまり, はどの, はなぜ, はなつかしい, はなに, はひと目, はほか, はまちがい, はもし, はもと, はもはや, はよい, はわたくし, はフシギ, はプラット, は一体, は一本, は三日前, は上, は主として, は主人, は久しい, は二人, は二十年, は人間, は他, は何より, は何処, は何故, は僥倖, は兄さん, は先, は光秀, は准后, は分っ, は初め, は加助, は半蔵, は即ち, は古い, は可笑しい, は品子, は変, は夕方, は外国人, は夢, は大, は大きな, は大変, は尊氏, は小, は少し, は彼ら, は御, は必ずしも, は必定, は怖い, は怪しむ, は悪い, は意外, は或, は所謂, は敢, は昨日, は未, は極めて, は此, は死んだ, は残念, は気の毒, は油断, は滑稽, は父, は珍, は現在, は皆, は相, は私たち, は程, は窓, は紫玉, は興味, は誤り, は警視庁, は迂, は遠い, は間違い, は関羽, は鞍馬, は黒塚, もあの, もおかしい, もこう, もだんだん, も一, も別, も変, も後, も恐らく, も意外, も本当, も秀吉, も空しく, も覚え, も近い, をある, をいつ, をおぼえ, をお前, をここ, をさいわい, をしばらく, をちょうど, をつい, をね, をふっと, をもう, をやがて, を二, を二人, を人, を元, を利用, を十四年後, を吉宗, を君, を女中, を宮, を師匠, を引, を彼女, を後, を御覧, を心, を忘れない, を思いだした, を感じた, を慌て, を憶, を或, を捜し出し, を村, を源氏, を父, を特に, を目撃, を知らず, を私達, を耳, を聞いた, を見かけ, を見つける, を見出し, を見掛けた, を読んだ, サ

1 [3130件 抜粋] あたいそれと, かああ, かいそれとも, かぇ, かお父さん, かこんな, かしら着物, かせつ子, かちっとも, かという事, かところどころ, かとちょっと, かともかく, かと三ツ木, かと信吉, かと女, かと小次郎, かと急, かと言い, かと返事, かどこ, かなア, かはしなく, かひろい, かみんな, かも分からん, かよ, かるすな, かわけ, かジョン, かナ違う, か一向に, か三人連れ, か京都下加茂, か仙ヱムどん, か八丁鼻, か十四, か喊, か娘, か尾崎さん, か年月, か憎ん, か晴れ, か正木署長, か沖, か猛犬, か眠り, か知れた, か突然, か縁故, か若君, か身体中プーン, か金五郎, か顔, があやまち, がいずれ, がいま一斉, がおそろしい, がかご, がこっち, がさっぱり, がすなわち, がその後エジプト, がたしか, がちと, がつづい, がなおさら, がはからず, がひと月, がまぎれない, がむっくり, がやめ, がアト, がセロ, がピタリ, が一つ, が一握り, が一緒, が上る, が久しぶり, が二度目, が人形, が今更, が低く, が俄然, が僥倖, が兵部卿, が出雲派, が判り, が十日, が南町奉行所, が反対, が同じ, が唐突, が国家以前, が夜来, が大塚楠緒子, が失策, が妻, が学生, が寄っ, が實際四里, が居士, が工事, が幸運, が式後一ヶ月以上, が御, が念, が急性肺炎, が息苦しい, が慌しく, が折竹孫七, が文部省, が日野, が昼ごろ, が暗に, が本人, が欣二, が水, が海上, が火, が父, が現実, が癖, が相, が破滅, が禍いし, が突然はっきり, が終り, が老い, が腕, が良人, が袂, が記憶, が護国寺, が走っ, が軽, が途端, が遠乗り, が長い, が階下, が養父, が髪結, けれども私, さこれここ, さ僕, じゃあねえか, じゃそう, じゃほれ, じゃ通じない, それも, だがな, だこういう, だしかし, だぞよ, だったこと, だったよ, だったら万事, だったろうが, だといった, だらうよ, だろうこう, だろうなどという, だろう不快, だろう屏風, だろう用人, だチョビ安, だ人間, だ君, だ当の, だ相, だ通すが, であったかと, であったに, であったらば, でありあの, でありそれ, でありまして, でありクリスマス, であり江戸初期, であるかも, であるそうして, であるゆえ, である外, である自分, であろうけれど, であろうたわけ者め, であろう何ん, であろう彼, でございましてね, でございますか, でございます身体, でしたっけ, でしょ, でしょう丁度, でしょう目, でしょう馬小屋, ですそして, ですという, ですよろしい, です大江山, です溜り, でないから, でなく長い, で良く, とがある, とそれ, とではっきり, とで女, とどうも, とはどこ, とは話, とぴったり, と一言一句, と同然, と当時, と扱帯, と狭苦しい, と蔭口, と酔っ, などよりず, ならせめて, ならなぜ, なら三日前, なら又, なら私たち, にしない, にはがっかり, にはひどくいじらしい, には相違, にもいろいろ, にも確か, に上っ, に対してイギリス, に対して彼ら, に引きかえ, に死に別れた, ねずみの, はあなた方, はい, はいつも, はおかしい, はお気に入り, はき, はこうした, はさらに, はすなわち, はそもそも, はたとい, はとても, はなにか, はねどこ, はひとり義仲, はほとんど, はまこと, はまちがっ, はもうすっかり, はやぶれた, はわれわれ, はオレ, はグルノーブル, はジャック, はタコスケ, はドレゴ, はパンシオン・ソモロフ, はプリングスハイム, はミドリ, はモーズレー, はロブィトコ, は一体どう, は一家団欒の, は一時間余り, は一頭, は三宅周防守, は三番叟, は不利, は中園弘, は主君高氏, は亀吉, は二三年来, は二週間, は亡き, は今井, は以前紀州, は伯爵, は何ん, は便所, は偶然, は先年興津, は其方, は前後, は勲章, は十二月, は千葉早智子, は単なる, は又八, は可哀相, は吉次, は呉, は問屋, は四年, は国立, は場所, は外国, は大川当人, は失望, は如何せん, は姉, は季題はずれ, は宜しい, は富田常治郎六段, は小間使, は尾上家, は崇拝, は市村座, は幕府内, は年上, は広間, は弗貨, は当時官憲, は彼女一人, は心持, は性格, は悪魔, は慣れない, は戸塚, は手術衣, は描き, は敵, は旅客機, は日頃平次, は昔話, は昼飯前, は有島武郎, は本来, は村, は某, は案外, は次, は正明, は此処, は母堂, は沢子, は法華寺, は浅草, は済まない, は烏滸, は父親, は狸, は玄関, は現今, は生来, は由子, は白馬岳北方, は皆支那人, は真っ赤, は石川光明, は祖母アクリーナ, は私達, は空頼み, は笠, は紅葉, は結局自分, は羽鳥方, は腰, は自給自足, は良い, は花本, は荘田勝平丈, は葉子, は薬局, は藩学, は被告人, は言う, は讃岐, は質屋, は辷り落ちる, は遊星植民, は重い, は長年, は随分, は面白い, は食溢, は高津辺, は鴉, へちょっと, ほんとうに, もあります, もお前, もこのごろ, もそこ, ものみこめる, もみな蜀軍, もイギリス, も丁度, も事実いま東野, も全然, も同様, も完, も山本実彦氏, も彼自身, も思え, も日, も欧米, も滑稽, も疾く, も矢張, も祁山, も自分, も袋, も起り, も遠い, やいう, よりもずっと, をあいつら, をいきなり, をいま, をお返し, をくるり, をころされた, をさりげ, をずらし, をたよっ, をつきとめた, をなぜ, をば維新, をまだ, をむっくり, をもって松田, をわけ, をオレ, をコクシ, をト, を一つ, を一枝, を三輪, を中将, を二度目, を今日, を伊豆, を何ん, を兄, を兵, を刀, を友人, を取払う, を同氏没後, を咄嗟, を大, を失敬, を子どもたち, を小使, を岡, を布令, を幾巻, を引き締め, を後人, を復活, を思いだし, を思った, を意味, を感ずる, を手渡した, を振っ, を推拡め, を救い出され, を日本橋辺, を明智, を村上, を正吉, を殺意, を水, を淀, を無意識, を犯人, を百萬遍, を県, を知り得た, を祭, を米友, を美妙, を聞き知っ, を芹沢ら, を薄ら, を見かけました, を見れ, を覚, を認めざる, を豊雄, を買いとっ, を起した, を通行, を開い, を震災以後, を馬鹿, アロアと, 今汐, 好きだった, 御曹子新九郎が, 欠伸を

▼ いた~ (18715, 14.6%)

219 そのうち 194 それは 188 急に 150 それが 123 やがて 114 それも 93 それを 86 彼は 72 これは 71 私は 63 今は 53 その中 49 彼の 42 やがてその, 自分の 41 私の 38 その時 35 ふいに, 私が 33 この時, 何か, 或る 32 やがてまた 30 これも 29 不意に 28 やがてそれ, 今度は 26 それから 25 彼女の 24 その日, それに, どうした, 何を 23 いずれも 22 あれは, しまいには, やがて何, 突然 21 このとき, さすがに, やがての, 今日は, 彼女は 20 これを 19 すぐに, そこへ, 今では, 何と, 彼が, 誰も 18 しかしそれ, そこに, そのとき, その手, 後には, 暫くし 17 しばらくし, やがて眼 16 この人, 私も 15 ここで, そのため, その顔, 今の, 何の, 心の, 日が 14 ある日, この頃, これが, これで, しかしその, そうで, その眼, その頃, ために 13 ここに, それには, それにも, だしぬけに, ふと気, やがて彼, やがて思い切った, 何思った, 静かに 12 いつまで, お島, やがて口, やがて自分, 何も 11 こんどは, するうち, そこから, やがて又, 今度の, 右の, 最後に, 顔を, 黙って

10 [17件] そこには, そこの, そこは, その話, ふと何, やがて私, ややあっ, 二人の, 他の, 俄に, 僕は, 女の, 実際は, 家の, 後に, 次の, 私には

9 [16件] ある時, その人, その声, その夜, なにを, やがて思い出した, やがて急, やがて決心, 中には, 例の, 夜に, 心は, 手を, 為に, 父は, 相手が

8 [26件] いつまでも, かれの, そのほか, その間に, それと, それよりも, それらは, だれも, ついには, やがてお, やがて大きく, やがて思い切っ, 人の, 僕が, 先生の, 去年の, 彼女が, 思い切って, 母の, 気が, 眼を, 見て, 話が, 近頃は, 追, 頭の

7 [35件] いつもの, ここの, この男, しばらくする, そのなか, その一方, その様子, その男, それでもまだ, そんなこと, なんの, ふと眼, やがて気, やがて溜息, わたしは, 二人とも, 人が, 今から, 何かの, 僕の, 半七, 唐突に, 娘の, 少しも, 彼も, 暫くする, 母は, 父が, 父の, 相手の, 私を, 考えて, 自分が, 近所の, 途中で

6 [53件] あとで, あの男, いきなり, いまは, お庄, かれは, きょうは, ここへ, しかしこの, しかし私, そうかと, そのあいだ, そのころ, その他の, その内, その姿, その家, その後の, その晩, その言葉, ちょうどその, どういうもの, ほんとうに, ほんとうの, やがてこれ, やがてしずか, やがてふい, やがて一人, やがて低い, やがて目, やがて静か, やがて顔, わたしの, 不幸に, 二人は, 今まで, 今も, 今夜の, 今夜は, 何分にも, 夫人は, 女は, 思い出したよう, 案の, 次郎が, 気の, 男は, 自分は, 葉子が, 話の, 雨は, 非常に, 顔は

5 [65件] あの人, あれから, いろいろの, ここには, さすがの, そうし, そのこと, その一人, その上, その傍, その女, その年, その方, その目, その音, それからは, それで, それとは, だんだんと, だんだんに, どうかする, どこかに, なぜか, なにぶんにも, ふと, ふとその, ふと顔, ほかの, やがて大きな, やがて言った, やっとの, よい, われに, クリストフは, 一度も, 主人の, 今と, 今日では, 信長は, 入って, 別に, 学校の, 実際に, 左の, 帰って, 彼に, 彼らの, 後から, 思いきって, 最後の, 次郎の, 次郎は, 此の, 父に, 目が, 目の, 眼の, 確かに, 秀吉の, 突然に, 結局は, 而も, 葉子は, 藩の, 読み終ると

4 [122件] あるいはその, ある夜, いくらか, おしまいに, お君, こうなっ, ここでも, こちらへ, この年, この話, そうする, そこでも, そこを, その光, その意味, その態度, その時分, その窓, それから先, それから後, それでもこの, それの, それらの, そんな時, ちらと, とうとうその, とうとうそれ, とつぜん, どこか, どこにも, どれも, ふいと, ふと思い出した, ふと見る, ほかに, みんなが, やがてかれ, やがてこの, やがては, やがて一冊, やがて何事, やがて前, やがて大, やがて奥, やがて小さな, やがて手, やがて気がつい, やがて法水, やがて相手, やがて膝, やがて首, やはりそれ, ややしばらくの, よく見る, ジャン, フイと, 一人の, 一方では, 下の, 不思議な, 事実は, 二人が, 今日の, 伸子は, 何事も, 併し, 前に, 呂布の, 唇の, 夏の, 夕方に, 夜の, 大きな声, 娘は, 実際の, 容易に, 幸いに, 店の, 庸三は, 彼と, 彼には, 彼にも, 彼らは, 彼を, 彼等は, 心では, 思いだしたよう, 思わず, 惜しいこと, 意外にも, 愕然と, 或時法然, 放二, 敵の, 早くも, 最初の, 朝に, 村の, 母親の, 気がついて, 源氏が, 無言の, 目を, 相変らず, 眼は, 私たちが, 私たちは, 空は, 窓の, 翁は, 翌年の, 自分たちの, 自分も, 自分を, 誰あっ, 誰か, 途中から, 部屋が, 雪の, 顔には, 食事の, 首を

3 [256件] あとの, あとは, ある年, ある朝, あれが, あわてて, いきなり何, いざと, いつでも, いつに, いまでは, いま見る, おとら, おれに, おれは, お前が, お浜, お絹, かれら, きゅうに, こうやっ, ここは, この, このこと, このごろは, この二つ, この問題, この場, この女, この方, この日, この辺, これでは, これには, これほど, これほどの, こんな場合, しかしさすが, しかし彼, しかし彼ら, しかし彼女, しまいに, すぐ, すぐ戻っ, そうは, そう云う, そのお, そのままに, その下, その二人, その以上, その以前, その光り, その右, その婦人, その実, その息子, その点, その白い, その足, その間の, その頭, その顔色, それさえ, それでもなお, それでも彼, それとともに, それより, それらが, そんなもの, そんな彼, ただその, ただの, たちまちその, だんだんそんな, ちょうどこの, ちょうどそこ, どうしてもその, どうなった, どうもこの, どうもこれ, どう云う, どこの, どちらも, なに思った, はたしてその, ひそかに, ふっと, ふとまた, ふと彼, ふと自分, ふと誰, ふッ, また, またし, また急, まだその, みんなの, もうその, やがてある, やがていった, やがてきっぱりと, やがてこんな, やがてコン吉, やがて両手, やがて以前, やがて俄, やがて力, やがて小声, やがて左右, やがて強い, やがて我, やがて戸, やがて机, やがて涙, やがて立, やがて立ち上っ, やがて胸, やがて腰, やがて誰, やがて足, やがて酒, やがて面, やがて頭, やっと, ゆっくりと, よいと, わしは, わたしが, オレの, ジッと, ハッと, パッと, 一人が, 一年あまりし, 一座の, 一方の, 丁度その, 下に, 世間の, 中にも, 主家の, 九月に, 二人には, 二月の, 人々の, 人間の, 今この, 今その, 今に, 今また, 今宵は, 今朝は, 代助, 低い声, 何にも, 何んだ, 何処か, 何時の間にか睡っ, 余は, 傍の, 先生が, 先生は, 光秀は, 出て, 口の, 台所の, 右手の, 同僚の, 四人の, 外の, 夜が, 夫人が, 女が, 女中の, 妙に, 姉の, 姫君の, 子供の, 子供は, 家に, 少年は, 帽子を, 幾度も, 庸三も, 弟の, 当人は, 彼らが, 思いきったよう, 思うに, 急いで, 成程, 戦争が, 折から, 日本の, 明らかに, 時間が, 東京の, 東京へ, 機を, 正午近くなっ, 武蔵の, 残念ながら, 気を, 江戸の, 池の, 流石に, 涙が, 涙は, 源氏は, 無邪気な, 熊城は, 父から, 父親が, 片方の, 独りで, 男の, 直ぐに, 相手は, 眼に, 私たちの, 私と, 私達の, 突然その, 窓には, 笹村も, 終いに, 結果は, 老先生, 聞いて, 胸の, 自分と, 良人の, 落着い, 見れば, 誰が, 誰にも, 誰もが, 課長の, 諸国の, 身に, 軈て, 近ごろは, 近年は, 遂には, 部屋の, 金が, 銀子の, 銀子も, 門の, 電車の, 面を, 頭は, 頭を, 顔が, 髪を

2 [873件 抜粋] あいつも, あきらめて, あくる朝, あの, あの音, あるいはそれ, あるとき, ある時なに, あんなもの, いきなりその, いきなりつと起き上る, いくら待っ, いつかその, いつ頃, いま眼の, いろいろと, おしまいには, おみや, おゆう, お今, お杉, お父つぁんが, お玉さんの, お目, お米, かれが, きまり悪, きょうも, きッ, けさに, けさは, こういうこと, こうまで, ここが, ここも, こっちは, ことによる, このとき口, このとき急, この上, この二人, この作品, この土地, この子, この時急, この歌, この言葉, この際, これという, これまで, これらの, こんなところ, さっきの, しかしこれ, しかしチチコフ, しかし最後, しかもその, しばらくの, しばらく考え, じっとし, すぐその, すぐまた, すぐ前, すらすらと, する中, ずっと後, そいつが, そういう人, そういわれる, そうしたこと, そうでも, そう聞く, そこで, そこでは, そっと袖, そのあげく, そのうち急, そのそば, そのとき背後, そのままで, そのよう, その一つ, その両手, その二つ, その代り, その使い, その写真, その大, その実状, その容貌, その左手, その帽子, その形, その彼, その後だんだん, その手帳, その最後, その朝, その機, その死, その理由, その甥, その着物, その結び目, その裾, その通り, その間も, それから急, それこそ, それだけ, それでは, それでもその, それでもやはり, それでも何, そればかり, それ以上に, それ等の, そんなところ, そんな心配, ただ一つ, たちまちに, たちまち顔, だんだん俯向, ちょいと, ついうっかり, ついに, つかつかと, つまらなそう, とうとうこの, とうとう決心, となりの, どうかした, どうしたろう, どうする, どうもその, どこへ, なおいっそう, なかなか出, なにかの, なるほど, なんと思った, のちには, びっくりした, ふしぎに, ふとこの, ふとわれ, ふと彼女, ふと気がつい, ふと気がついた, ふと立ち上がっ, ふと縁, ふと裏, ほどなくそれ, ぼくは, またその, またも, また何, また現れれ, まだ自由, むろん山谷, むろん浄瑠璃ぐるい, もうこれ, もう一つ, もう自分, もとは, やがてあの, やがてごろりと横, やがてなお, やがてにっこり笑う, やがてわれ, やがてカニザワ区長, やがてニヤリと, やがてフッと, やがてポン, やがて一同, やがて丁寧, やがて下, やがて二人, やがて云った, やがて元気, やがて内, やがて博士, やがて向き, やがて壁, やがて声, やがて妙, やがて寝室, やがて彼女, やがて徐ろ, やがて思いきった, やがて悲痛, やがて意, やがて扉, やがて次, やがて気がついた, やがて気の毒, やがて火, やがて独り, やがて突然に, やがて立ち上がっ, やがて老婆, やがて蓋, やがて諦め, やがて迸る, やがて部屋, やがて重い, やがて頼朝, やがて額, やって来ない, やっぱり, やつと, やはりいつもの, やはり人間, やはり夢, ゆえにこの, よいぞ, ようやくそれ, わしが, わたしと, われわれ, オルガが, クララは, サト子の, ハタと, ヒョイと, フョードル・パーヴロヴィッチは, ポケットから, ポンと, ヴィデは, 一つの, 一体その, 一同は, 一日の, 一瞬間稲妻が, 一般の, 一行を, 丈夫な, 三人の, 三菱の, 上の, 上品で, 上野の, 両手を, 中に, 中へ, 主人が, 事件の, 事情を, 二度目に, 五月の, 人は, 人気の, 今やそれ, 今年の, 今年は, 今度ばかりは, 今思う, 今日までの, 今晩は, 今見る, 他は, 佐山君に対しては, 体に, 何かに, 何んの, 余りいつ, 余りの, 俊亮が, 俺の, 偶, 傍らの, 僕も, 兄が, 先に, 先方は, 入口の, 其れ, 其処を, 内容は, 内心は, 初めは, 別に何, 別に何事, 十九の, 十兵衛の, 半七ら, 半分は, 危険を, 口に, 口を, 右手に, 君の, 呟くよう, 啓吉が, 四ツ, 四山に, 地上の, 坊主が, 城の, 声を, 外から, 外へ, 多くは, 多少大人びた, 夢の, 夢中で, 大そう, 大震災に, 太陽は, 夫婦の, 女に, 女房たちは, 女文字で, 奴さんは, 妻の, 妾が, 姫君は, 姿を, 子の, 孔明は, 学校を, 宗助は, 実際には, 客の, 宵には, 家は, 対岸の, 小声で, 小田は, 小首を, 少女は, 尾張の, 島田は, 巡査は, 平常の, 年も, 幸子は, 幸田は, 庭の, 廊下に, 弁当を, 引揚者は, 弦之, 形は, 彼にとって, 彼女に, 微かに, 思い切ったよう, 急な, 怪しい物音, 悲しそう, 惜しい事, 我々は, 我慢が, 或時, 扉が, 手には, 手紙も, 手許が, 振り向いて, 文展へ, 新吉は, 日の, 日本に, 昨夜の, 昨夜も, 昨日思いがけなく, 昼の, 時々子供, 時代の, 暫時し, 最初に, 最近に, 月の, 朝の, 朝早く, 朝野の, 本を, 本来の, 来ないので, 東京に, 果ては, 案に, 横から, 次にその, 次郎に, 正造は, 武蔵は, 歩いて, 母親が, 氏の, 水は, 決心が, 油断の, 洋傘を, 浪路の, 海の, 清水の, 溜息を, 漸っと, 火事の, 灰の, 無智, 無遠慮に, 無駄だった, 煙を, 煙草を, 父親の, 父親は, 犬の, 独語の, 玄徳の, 玄徳は, 玉の, 現在の, 現実は, 田舎の, 病気の, 皆の, 相手に, 真面目な, 矢も, 秀吉が, 私達が, 秋に, 突如と, 突然云った, 突然身, 立上っ, 竹の, 笹村は, 箱の, 精神は, 約束の, 紛う方, 細君は, 終いには, 結局, 絵を, 絵看板を, 美妙斎の, 翌る, 翌日に, 翌日も, 老人は, 耳は, 聴衆は, 肝心の, 肺と, 自分でも, 自分には, 自然は, 船長, 芝居が, 葉子の, 薄靄, 表の, 見たところ, 見る間, 親が, 親の, 言葉が, 許宣に, 試験の, 読んで, 誰やら, 貴様の, 起きて, 足を, 路の, 近頃では, 返事を, 逢って, 遮るもの, 都へ, 酒は, 金の, 銀子は, 間もなく一人, 関ヶ原の, 階下の, 障子が, 隣の, 雨が, 震災に, 青い顔, 面と, 面の, 頓て, 頭中将の, 頼朝が, 頼朝は, 額の, 風呂場の, 馬が, 馬を, 駒井は, 高原の, 麻布の, 鼻の

1 [11171件 抜粋] МОСПС, あえて修正, あには, あの虫, あまり水, ある動機, ある種, あんまり様子, いかにも胸, いきなり小沢, いくら英雄, いっこう何, いつか忌も, いつのまにかぐったり疲れ, いつの間にか真青, いつ帰っ, いまも, いよいよお, いよいよ見つからぬ, おいおい夏, おそらくビゴール・ルブラン, おめ, お八重, お媽さん, お玉が, お調べ, かぞえおわると, からからと, きっぱり, けさ末造が, こういう真面目, こうなる, こちこち硬い, このうち福田氏, この上極り, この内部情勢, この夜中, この少年, この時フイ, この江州, この老父, この附近, こら, こんども, こんな折, さすが甘い, さてどんな, さとすよう, しかしいくら, しかしためし, しかしわたし, しかし全く, しかし後醍醐生前, しかし硝子, しかも菊之丞, しまいにこう云った, しんみりした, すぐまた帰っ, すぐ笑い出し, すこし心神, するうち三人, せめてこの, そういう緊張, そうしよう, そう言っ, そこまで, そのうちどこ, そのうち夜, そのころ日本, そのとき供, そのまま他, そのまま黒い, その一瞬, その交渉, その作品, その卒去後, その壺, その姿いっぱい, その川, その後さしたる, その後次第に, その情報, その敷き蒲団, その時クールフェーラック, その朦朧, その死せ, その清し, その生乾き, その石燈籠, その精悍さ, その腕, その薄暗い, その講義, その鎌鼬, その電話, その馬車, それからまた一丁, それから暫く, それだけに低徊, それでもあれ, それでもまだやはり, それでも何処, それでも嬉し, それでも末っ子, それでも耳, それとこれ, それにしても晩年十円位, それ以上追求せず, そんなロマンチック, そんな風, ただそれひとつ, たちまちあわてた, たちまち耳, ためであった, だん, ちかごろ房枝, ちょっとでも, ついでに, ついに弾薬庫, つい二三日, つと一個処, でもその, とうとうしまいに当の, とうとう嘘, とうとう気病, とかく庄屋, とつぜんお, とにかく上意, どういう連想, どうしても呉, どうでも, どうも仕様, どうやら彼女, どじょう髯の, なおこの, なお試み, なかなか来ない, なにか思いあたったらしく, なるたけ長く, なんだか其品, なんとも言えぬ, ねこの, はたと膝, ひつそりと, ひどい空っ風, ひょろ松, ふって, ふとそれ, ふと何物, ふと小沢, ふと手, ふと片隅, ふと警部, べつだんな, ほんとにその, まさかこれ程とは, まさか血, またこれ, また不意, また幸い, また視, まだ一度, まだ学名, まだ父, まだ顔色, まもなく一人, まるで一つ家, みんな後家さん, めんどうだ, もうどこ, もう四時, もう既に指定, もしやきょう, もっと詳しく, もはや包む, やがていらいら, やがてきいた, やがてしっとりと, やがてだまっ, やがてに, やがてぶらぶらと, やがてやや元気, やがてガチャリ, やがてソロソロ, やがてピタリと, やがて一層青い, やがて不意, やがて些, やがて侍, やがて判切, やがて口もと, やがて喫, やがて大股, やがて寝所, やがて巻末, やがて徐に首, やがて思わず口, やがて手拭い, やがて早く, やがて東, やがて気味, やがて無, やがて用箋, やがて着物, やがて答えた, やがて自身, やがて薄井, やがて語調, やがて軽業師, やがて銀紙, やがて面白, やがて黙っ, やっと気, やっぱり美しく, やはりちびり, やはり心, やめて, ゆるゆると, ようやく逃げくずれ, よしそれにしても, わが魂, わたしには, アマゴを, エリザベートは, ガヴローシュには, ケリッヒ夫人と, シゴイさんにとっては, スンナリした, ツマリ泥水稼業の, ドリアンを, パパという, フリの, ボートから, ヨークシャープディングは, 一, 一二メートル四方の, 一列に, 一年も, 一族の, 一時陸軍省の, 一筋一筋と, 一部の, 七十郎が, 三人共食っ, 三月十日の, 上方地方でも, 下手人は, 不思議と, 中の, 主は, 久慈と, 予も, 二た, 二人より, 二度の, 云い出すの, 京都では, 人影は, 仁太だ, 今や孤独, 今年二十歳に, 今日この, 今私の, 仙波父子は, 伊織が, 位が, 体重が, 何となくそわそわし, 何人という, 何時の間にか寝込ん, 余り表へ, 依然として澄んだ, 保は, 倒れた松, 備前佐々木党の, 元文三年, 先ごろは, 先頃義理の, 全体として, 公務を, 兵馬の, 内へ, 再び線路, 凹井が, 分らないらしい様子, 別にこれ, 別れるくらい, 前よりは, 創世の, 勅使に, 勿論これ, 十一年一月虫状突起周囲炎を, 十左衛門は, 午すぎから, 半町の, 原子力で, 又ニヤニヤ, 反対の, 口が, 右手で, 同じ師, 名前が, 吸入器の, 咄嗟に, 問答が, 四十九日の, 困窮を, 坂田庄太という, 堪えかねたよう, 壁辰は, 夕方漸, 多勢の, 夜間に, 大したおもいつきで, 大分腹も, 大尉夫妻は, 大阪組の, 太平記の, 奥の, 女教師を, 姉が, 嬉しくて, 存外律義そう, 宇野久美子の, 定家が, 実はそういう, 実は落胆, 宮内から, 家鴨が, 寒くなった, 対手は, 小六, 小綺麗に, 少しは, 少年期に, 屋根を, 岡田も, 左右とかいう, 師範を, 平七の, 年々越後の, 幾日たっ, 府中の, 庶民は, 引込んだと, 強硬なる, 役人は, 彼等売り子の, 後ろの, 御殿へ, 心配する, 忽ちフッと, 思い出して, 急の, 恐らく彼, 患者の, 惜いかな, 慎九郎の, 我を, 戦争に, 扉は, 技師が, 折角の, 授業中に, 故である, 数寄屋造りとでも, 文彦は, 新しく入っ, 旅籠代を, 日本人が, 早速には, 昔の, 昨日の, 時々には, 時が, 時計が, 暗い星月夜, 曲げた肘, 曹軍は, 最近関西方面へ, 期限を, 本当か, 李が, 東京でも, 松木と, 果は, 柱時計を, 案内し, 梶右衛門親方は, 楽隊席から, 機敏にも, 次第に土地, 次郎には, 正木の, 此頃では, 死んだ赤子, 段々に, 毎月月初めの, 気持よく, 永禄十二年吉良荘に, 決して正当, 泊って, 泰然として, 浜松に, 深いところ, 渡る時, 滝川一益などの, 澄み切って, 炎は, 然しやはり, 熱い味噌汁, 片手に, 特に蜀, 猪股氏の, 王侍御, 瓦葺の, 生活も, 田鶴子は, 畜生めこんど来たら, 病い, 登美が, 皆四十を, 目下宣伝中だ, 相当うまい, 真夜中という, 眼付が, 知って, 確かこんな, 禰宜は, 秋風と共に, 空しかった, 突然アパート, 突然実に突然に, 突然窓, 突然髪の毛, 笏は, 筆者の, 約一時間, 素足の, 終戦二年目私が, 結局それは, 結縁の, 編物の, 群雀を, 老人を, 耳について, 肥った白痘痕, 脈所に, 膃肭獣は, 自分自身の, 舎人から, 芋畑の, 芸術の, 苦笑いを, 莞爾と, 薄汚い襟巻, 藻ぬけ, 行ったこと, 表面雪子の, 要するにまったく何事, 見物の, 親類の, 訪問者の, 話題が, 誰言う, 警視の, 貴殿は, 越前勢の, 身も, 車内では, 辰太郎としては, 近所で, 追って, 通三丁目の, 遂に亡くなりました, 道を, 遽に, 酔うに, 野天風呂を, 鈴江の, 錠前を, 長崎では, 間もなくさき, 間もなく大勢, 間もなく気, 間違いなく, 陣門から, 階段に, 雨でも, 電線を, 青木主膳から, 音声だけは, 頭上に, 顔立ちは, 食卓の, 馬は, 驚いたね, 高飛車に, 鳥人先生の, 黒い三巾

▼ いたので~ (4422, 3.5%)

77 私は 65 ござります 57 それを 51 彼は 20 彼の 19 それが 18 僕は 15 すぐに, 彼女は, 私の, 自分の 14 わたしは 13 それに 12 何か 10 これは 9 彼が 8 あつた, ござりました, そこへ, 二人は, 私も 7 これを, 二人の, 誰も 6 そこから, そこに, そこを, その時, 少しも, 彼女の, 急いで, 非常に

5 [14件] これも, ござりまする, して, そのため, そのままに, それは, 今まで, 今度の, 他の, 何かの, 彼らは, 心の, 私が, 私たちは

4 [19件] かれら, これで, さすがに, せう, そこの, その中, その日, だれも, ほかの, わたくしは, 人間の, 今の, 今日まで, 何の, 喜んで, 庸三は, 秀吉は, 自分は, 自然に

3 [54件] いまは, かれは, きょうは, この人, この日, これに, こんどは, そういう方面, そう云う, そのお, その人相, その場, その声, その言葉, その間に, その頃, それと, それには, それも, どこか, びっくりし, みんなは, クリストフが, クリストフは, 一座の, 一目で, 人々は, 今は, 今度も, 何も, 例の, 僕も, 右の, 女の, 巧みに, 彼を, 彼等が, 我々は, 手を, 日の, 最後の, 母は, 無理に, 父は, 目が, 私に, 窓から, 自分が, 葉子は, 足が, 車の, 部屋の, 驚いて, 黙って

2 [185件] あらう自宅, いわれるまま, おれの, お岩, お蝶, がす, きょうの, ここで, ここでも, ここに, この上, この会食, この機会, この物語, これが, ごん, さして驚き, しまいには, しよう, すぐその, すぐそれ, すっかりしょげ, すべての, すべてを, そういうもの, そうと, そう呼ばれ, そこらの, そのせい, そのたび, その人, その仲間, その夜, その妻, その宵, その家, その当時, その手当て, その新しい, その方, その話, その通り, その金, その音, その顔, それで, それまで, そんなこと, ついには, どうかし, どこの, なかなかの, はいって, びっくりした, ふたりは, ほっとした, ほんとうに, また何, まむしや, みんなが, みんなで, もう少しも, れいの, わしは, コンナに, ジャヴェルの, ジョウは, ハッと, ヘルマンは, ボートを, 一つの, 一人で, 一度は, 三人は, 下宿の, 不審に, 久しぶりに, 乗ったところ, 二人とも, 人々に, 今この, 今日も, 休んで, 体に, 何が, 何でも, 何心なく, 俺は, 俺も, 僅に, 僕が, 僕の, 先に, 先生が, 出来るだけ, 初めの, 初めは, 半分は, 友達らは, 叔父は, 口を, 同じよう, 国王は, 城下の, 壁は, 変に, 多くの, 始終大学, 娘の, 子供達は, 安心した, 実際には, 家の, 家族の, 小さく見えた, 市内の, 幸子は, 庭の, 弟の, 張は, 彼に, 彼も, 彼女も, 彼等の, 後に, 後には, 息を, 悔み状を, 或る, 戦争中は, 手に, 手紙を, 支那の, 日本の, 昨日は, 最初の, 最初は, 有名だった, 本当の, 次の, 母が, 気が, 注意する, 洋造は, 皆は, 目を, 目下の, 眼が, 矢代は, 知って, 短い材木, 確かに, 私には, 竹童は, 素直に, 聞えなかった, 胸が, 腹を, 自分たちの, 自分でも, 自動車が, 自然と, 花柳の, 若い侍, 蝶子は, 褌も, 話を, 誰が, 誰だろう, 誰にも, 警部は, 豹一は, 起きて, 辰代は, 部屋に, 酒の, 銀子も, 門番の, 静かに, 顔は, 馬に, 馬車の, 駅から, 驚きは, 麹町に

1 [3210件 抜粋] あえて驚き, あちこちの, あなたに, あの時, あらう雨, あるいはそんな, ある者, あんな工合, いかにつまらない, いそいそ懐かし, いっしょに, いつの間にやら, いつも其時分, いまや大理石, いよいよ道頓堀, いわゆる虫, うっかりそれ, うまく飛, おそくなった, おっかさんは, おばあさんの, おりが, お吉, お次は, お米, お通さん, かえって起き, かぜを, かねがね予期, かれに, きもを, くろだい, こういう事, こうして逢っ, こちらの, このこと, このまま部屋, この上廻り, この二人, この冷, この土地, この姫君, この度, この時, この男, この空間, この芝居, この邂逅, これから先, これ丈け, こんな事, こんな悲しい, ござらう, さしたる難, さっそく何, さほど人, しおしおと, しばしば映写幕, しばらく立ち停まっ, じっとし, すぐには, すぐ床, すぐ野々村, すこぶる満足, すべては, ずうっと, そういう書物, そういった貴重, そう不自由, そう考える, そこで自分, そこん, そっとその, そのうすぐらい, そのころやつ, そのままいた, そのまま追, そのトラック, その事, その人達, その兇状, その功, その噂, その女子, その対比, その後に, その思い, その所属, その文学, その時期, その枕頭, その炭車, その界隈, その秘密, その織, その苦戦ぶり, その訪問者, その輪郭, その遺稿, その間も, その雲, その風, その魏延, それでそんな, それで蟆人, それとは, それほどで, それ等の, そんなら, そんな点, たいへんな, たださえ, ただやあ, たちまち番兵, たとい事情, だいたいの, ちょうどこの, ちょっと驚かされた, ついそれなり, ついにピアノ越し, つい何, つい賄賂, つまり言え, とうとうすぐに, とうとう断っ, とかく落ち着けない, とこには, とにかくあたり前, とりあえず何とか片付け, どうせ貧乏, どきっと, どの位, どんな家, なお少し, なぜ皆, なみの, なんとかし, ぬれて, はござりません, はやくねた, ひっぱりだこ, ひどいあり, ひる頃木沢氏, ふと戸惑ッ, ぺたんこになって板敷の, ほんとに太郎右衛門夫婦, まさかの時, またし, また家令詰所, まだ三十, まともに, みすみす恥, みんな感心した, むしろ歓び, めったに逢えなかった, もうコゼット, もう帰るべき, もしすこしでも, もじゃもじゃした, やがて納得, やっとすべてOK, やはり風, やれ安心, よいやみ, よくは, よく分りました, よしそういう, りっぱな, わざとお, わざわざ遠回り, わたしたちは, アッと, アンガスは, インキは, オリヴィエの, クラウゼヴィッツの, コレットが, ジャックリーヌが, スキーを, ダンスは, デュパンは, ニセコ附近には, パンと, フリードリヒにとっては, ベロベロに, ポインターの, マリユスは, モウ一度その, ラ氏の, ロッセ氏の, ヴェルダンには, 一体どうした, 一層なまなましい, 一所に, 一月あまりの, 一直線に, 一言やさしい, 万一の, 三十フィート四方に, 上に, 上書は, 下級武士が, 与次郎は, 両人とも, 両親も, 中間子の, 主婦と, 之まで, 乳腺炎に, 二三日という, 二川子爵家の, 互に制裁, 五時に, 京都の, 人物に, 今から, 今に脚本, 今宵を, 今日あたりこられる, 今朝この, 他人が, 以前まえ, 仲働きの, 休息する, 伝六には, 体を, 何とかし, 何人も, 余は, 余計に, 俊亮が, 俵松に, 停車場前から, 傍らに, 僕等は, 先ず網, 先生夫妻の, 全身真白で, 公園前の, 兵曹長は, 其当時は, 内容も, 冗談に, 出るには, 出足が, 列車は, 初期の, 別に不思議, 別に注意, 利助の, 前後は, 劇場で, 助手が, 動静は, 勢い企画, 医科大学へ, 千鶴子も, 半蔵御門を, 博士は, 厚く白粉, 去年故郷を, 友情という, 受とりだけ, 召使の, 台所には, 各, 同じ一つ, 向って, 味方に, 唐突な, 営業税を, 四時に, 土地の, 坪内先生の, 塾生たちの, 変事の, 夕食の, 多少曖昧, 夜中に, 夜更けなどに, 大きなきゆうす, 大体の, 大変御馳走に, 大所の, 大胆に, 太陽は, 夫婦は, 奥さんは, 女中を, 女教師が, 妾は, 姿が, 子供たちを, 孔子廟へ, 学良の, 定府たちの, 実は癪, 実際以上, 宣戦前から, 家へ, 家庭へ, 容易に, 富は, 寛之助も, 寺田は, 小さな住居, 小当たり, 小説嫌いの, 少し上ずった, 少なくとも方式, 尚此, 山の, 岩穴から, 川の, 巨大な, 巾着切りの, 帰るや, 平素においても, 年造が, 幾分こたえ, 庄吉の, 度々江戸, 廻らずに, 弦之, 弾正なぞも, 当然正月, 彼に対しても, 彼ら民衆の, 彼等には, 後から, 従って, 得を, 御前も, 微笑みながら, 応援者が, 怕れ, 思わず大きな, 急激に, 悦子は, 愛情も, 成斎も, 戦争中まあ, 扉を, 手習に, 抱きかかえての, 捕えて, 揺れる拍子, 放って, 敢えて驚き, 敵の, 文夫さんの, 料理と, 新政府, 旅を, 日夜その, 旦那とは, 早速, 明日子が, 昨夜あれから, 時から, 時間の, 晴信にとっては, 暫く橋, 曾て, 最後には, 有ッたろう, 木の, 本気で, 村山知義, 松下嘉兵衛は, 林に, 染福は, 栗栖の, 桝小屋の, 楽であった, 機会ある, 歓んで, 正月狂言と, 武士たちは, 武蔵の, 歯の, 残った隊員, 母よりは, 毛布を, 気がつかなかったが, 気ばらし, 水の, 汽車に, 泊めて, 洞外の, 海賊が, 深い知識, 湯屋へ, 滋幹は, 潜行軍の, 火柱を, 無医村の, 無論佐太郎, 熊は, 父を, 牛丸君を, 特殊な, 狼狽えて, 玄徳と, 現に奥羽, 生粋の, 田舎者の, 男は, 疑いも, 病気は, 白いおり, 皆で, 盆前に, 盲人たちは, 相応に, 眠って, 矢伏の, 短冊を, 社内からは, 神尾の, 秀吉と, 私自身充分に, 穂高小屋で, 突然闇, 立って, 竜濤寺の, 第五氷河期, 簡単に, 紋太夫は, 細君は, 結局前に, 続々名案, 縛めから, 翌朝まで, 考えて, 肌が, 背景活用に, 腕前が, 自ずと自分, 自分で, 自然その, 自然横を, 興味も, 船で, 良兼は, 芝居や, 若いもの, 茉莉の, 菊ちゃんを, 葉子も, 藤吉は, 蛸ばかり, 血風は, 袁紹の, 裏面の, 西洋の, 見るもの, 見附から, 言葉と, 許可した, 話すに, 誰か一人英語の, 諭吉と, 豊島町の, 貴様の, 起きるから, 足許も, 身の, 車掌は, 軽度の, 迎えに, 近道を, 返事申上げる, 途中は, 通る人目, 遂に彼, 道と, 遠慮し, 酒を, 里春の, 金と, 釣りに, 鋳られた弾, 間もなく暇, 陸は, 障壁を, 隣りの, 雪盲に, 電話で, 静かな, 順女も, 頭の, 顔じゅうで, 風も, 飽までも, 馬鹿に, 騒がず声, 高い暴漢, 魔人の, 鷹は

▼ いたこと~ (4157, 3.2%)

211 がある 107 である 106 があった 79 もある 63 だろう 58 であろう 49 もあった 43 になる 42 のある 41 だった 38 でしょう 32 を思い出した 31 があります, であった, です 3025 を覚え 24 は確か, を知っ 23 は事実 22 か, では, はいう 20 があり, なので 19 がありました, でも, を知った 18 はたしか 17 があっ, だが 16 がわかった, がわかる, は疑い, を 15 が分った, に気がついた, は 14 が分る, なの, もあり 13 を示す 12 はない, もあります, もない, も事実, を思い出し 11 がない, はその 10 であろうか, ですが, と思われる, のない, を忘れ 9 だろうと, を思う, を意味, を示し, を証明 8 だから, に気がつい, のよう, はこの, を思い出す, を発見, を知る

7 [12件] がその, がよく, がわかります, が今, が分かる, でした, にある, はもちろん, は彼, もまた, をすっかり, を私

6 [16件] が事実, だけはたしか, でもあった, といい, と思う, にちがい, に気づいた, はありません, は前, は勿論, もたしか, もなく, を今, を何, を思え, を記憶

5 [19件] がお, がございます, がはっきり, が判る, が想像, だったが, であったが, であろうが, ですから, なん, はなかっ, は私, は読者, は間違い, も, もありました, を思いだした, を推測, を物語る

4 [46件] がなかっ, がわかりました, が判明, が思い出された, が急, が明らか, だけは確か, だし, だったろう, であったろう, でありましょう, であるか, であるから, であるが, であろうと, でご, でその, の証拠, はあの, はこれ, はよく, は争われない, は云う, は何, は否めない, は周知, は当然, は言うまでもない, もあったろう, もありません, もあろう, もその, も今, をお, をふと, を少し, を思いだし, を急, を想像, を物語っ, を知らず, を知りました, を考える, を話し, を語っ, を語る

3 [72件] が, があつ, がありましょう, があるだらう, がこの, がまちがっ, がまるで, が分っ, が判っ, が判った, が実際, が明, が知れた, が証明, だけは間違い, だらうが, だらうな, であったから, でございます, でそれ, で私, になり, になります, に気がつく, に気付いた, に起因, に違い, はあっ, はある, はございませぬ, はすでに, はそれ, はまことに, はまちがい, はやがて, は今, は今日, は他, は否定, は実際, は察, は想像, は明らか, は決して, は申す, は疑えない, は知っ, は確, は確実, もあっ, もあれ, もよく, も忘れ, も覚え, をいま, をこの, を口, を実行, を思い, を思わせる, を想い出した, を想い起す, を憶, を明らか, を書い, を知らなかった, を知り, を自分, を自然, を見, を話した, を述べた

2 [177件] かもしれない, からも想像, から得た, があったでしょう, があったろう, がありません, があるでせう, があるらしい, があッ, がうかがわれる, がかえって, がございました, がござる, がとうとう, がやっと, がわかり, が了解, が今日, が分かりました, が変, が多い, が多かっ, が察せられる, が弾み, が思いやられる, が感じられる, が推定, が無い, が知られる, が知れる, が窺い知られる, が立証, が美奈子, が考えられる, が馬鹿, さえあった, さえある, さえ承認, だけだ, だけは争えない, だったので, だと, だよ, だらう, だろうか, だろうが, だろうよ, であったろうか, であります, でありまた, であるの, であろうし, でしたから, でしたが, でしたろう, で御座います, とそれから, とてその, とはいえ, とみえ, と存じます, と思われます, と考えられる, など, などはとても, などもあった, など思い出す, にあった, にこの, について彼, になっ, にはじめて, には気, によってもおよそ, に不思議, に変り, に気づかなかった, に気づき, に気づきました, に気づく, に気附, に相違, のあった, のあるらしい, のすべて, のほう, の一つ, の真実, はいくら, はいました, はお, はかつて, はきみ, はさっき, はすべて, はそんな, はたしかに, はちゃんと, はどう, はまえ, はまだ, はむろん, はもとより, はやはり, は一月, は二人, は人, は仕合せ, は全く, は六本, は分っ, は同じ, は君, は否み, は女, は学校帰り, は官兵衛, は実に, は山男, は彼女, は御, は意外, は慥か, は明白, は明瞭, は次, は生活, は皆, は自然, は見, は覚え, は面白い, もあるらしい, もいつの間にか, もこの, もございます, もそれ, もたびたび, もなかっ, も分る, も彼, も確か, も考えられた, よ, をいう, をここ, をすぐ, をする, をその, をたしかめ, をたずねました, をはっきり, をまた, を先, を初めて, を反省, を否定, を問題, を彼女, を思い出します, を思っ, を思出, を感じます, を打ち明けた, を母, を理解, を知られ, を確め, を示すであろう, を聞い, を見のがし, を言っ, を言わなけれ, を訊い, を証拠, を誰, 勿論である

1 [1428件 抜粋] あのヤミ宿, お銀様, かしらそれ, かそれ, かと拝察, かまたは, かも知れません, からし, からも一九〇五年後, からも窺われる, から思いつい, から推し, から見れ, か彼女, か知れなかった, があるだろう, があんまりあっさり, がいろいろ, がおおよそ, がきつく, がここ, がこんなに, がさらに, がすべて曲解, がそれぞれ, がたやすく, がなく, がひしひし, がほんとう, がもう, がら, がわたしたち, が一つ, が一度, が三度目, が久しい, が人聞き, が何より, が俄, が偲ばれる, が分かっ, が分かります, が分ります, が別, が千早, が右, が四つ, が大岡様, が実現, が少なくも, が彼, が後悔, が忘れられず, が思われた, が恥ずかしく, が想い出, が成就, が探知, が揺い, が日本, が明白, が暴露, が有った, が武蔵, が気がかり, が決して当然, が消え, が滑稽, が焼跡, が理解, が皆画餠, が知られた, が確認, が私, が結局一人息子, が荒く, が見える, が覗, が解りまし, が記し, が誤っ, が諸家, が起らず, が近く実現, が遺書, が間違い, が隠しきれなくなっ, が頭, きいて, さえご, さえ僕等, さえ良い, しかもそれ, じゃありません, じゃよ, すら後悔, そしてその, そして今, そして病ん, そして開帳, その二つ, その前夜, その窒息的, それから私, だけがいつも, だけが印象, だけでした, だけはいちおう, だけはたしかに, だけはわかっ, だけは君, だけは疑い, だけは記憶, だけを今, だけを言っ, だそして, だったな, だったん, だつた, だのそんな, だらうから, だろうさ, だろう指, で, であったと, であったので, であらう, でありました, であり抱えたち, であり随, であるらしい, であろういずれ, でいつか一度, でございました, でさ, でしょうに, ですがね, ですね, でないよう, でよく, で今更, で何, で分った, で奥さん, で朝倉先生, で源松, で肉体的精力, で豹吉, とある, といえ, といろ, とがまる, とてこれ, とて思わず, とどこ, との対比, とはおよそ, とはまったく, とは想像, とは話, とヴェスビアス, と同じ, と宿, と思いあわせれ, と思ふ, と手代, と男, と自己, と見え, ないわ, ながら玄徳, なぞお, なぞをも話した, などあった, などから漢詩, などが彼, などとる, などの外, などは一度, などは綺麗, なども, なども俄, なども想ひだ, などを思い出し, などを思っ, などを感心, などを知っ, などカラフト, など不審, など思い出し, など新しい, など遠い, なんかどこ, なんだかその, におどろく, にこころづいた, にしなき, にすれ, にその, についていろいろ, についてはその, についても何一つ, になりましょう, にはならない, にはもう, には一切, には彼, には気づかない, には疑い, には違, にびっくり, にもすこし, にもなかなか, にも山徒, にも気がつかなかった, によっても十分, によりその, によるらしく思われる, にロマン趣味, に俺, に基く, に少々, に心付かしめる, に思い及ん, に我, に本質的, に気がつくであろう, に気が付きました, に注意, に真野, に至つて, に重大, に驚いたらしい, のあちら, のごとく, のほか, のマネゴト, の中, の内容, の外, の幸福, の方, の概略, の確か, はありましょう, はあるいは, はいた, はいつか伴, はお前さま, はかなり, はけっして, はここ, はさしも, はすっかり, はすべて事実, はずっと, はそれぞれ, はたいへん, はたぶん, はなかなか, ははきはき, はほぼ, はまた, はみなさん, はもはや, はわたくし, はアメリカ, はエンゼル, はジャン, はローレル媚薬, は一通り, は不審, は並み並み, は争えぬ, は事実確か, は二三日, は今や, は会, は何より, は余りに, は例, は兄さん, は先刻, は其信念, は分った, は到る, は前言, は千代, は古い, は同情, は囲炉裏, は多分, は大, は大陸東岸, は夫人, は好く, は子分たち全部, は容易, は居, は峰岫重畳, は平野氏, は彼女自身気, は後日, は心, は思いがけなく, は恐らく, は意味, は推定, は数日, は既に, は日向, は明, は明かである, は是, は有名, は本誌一巻一・二号, は概目, は残酷, は気がつかなかった, は決定的, は浅ぐろい, は無い, は無論, は特に, は疑う, は病友, は真澄翁, は知る, は神村進, は私達, は窺われる, は第, は義清自身, は自分達, は苺, は見のがす, は言う, は記録, は認めなけれ, は諸君, は近来, は陸上, は頷ける, は驚異, ほど淫乱後家, また夜, まではわかった, まで無理, もあらそえなかった, もいよいよ, もおそろしい, もおもしろ, もここ, もすっかり, もちゃんと, もみえる, もやはり, もわかる, も一度, も不思議, も争われない, も偶然, も半蔵, も否まれまい, も多分, も姫君, も察しられる, も序で, も彼女, も想像, も既に, も時には, も有ました, も比較, も爭, も発見, も知っ, も私, も考えられる, も西, も見のがす, も言っ, も逸作, も間違っ, やお前, やらしれない, やら知れません, や今, や取乱した, や手, や母, や蒼古, や見た, や黒瓦, よと小次郎, より相当, をあなた, をいつか, をうち明けよう, をえがく, をおかしく, をお知らせ, をきわめて, をご存知, をさとった, をしる, をそのまま, をそんな, をとくに, をはっと, をまことに, をまるで, をみんなベラベラ, をもらし, をも思いだす, をも示す, をも鴎外自身, をよく, をウッカリ, をポッカリ, を一つ, を一笑, を中途, を伝え, を伺った, を余儀なく, を信ずる, を全然, を医者, を叙述, を告げ, を嗤, を図らず, を報ら, を夢, を女, を娘, を実感, を平次, を後悔, を復命, を心, を思いあわせ, を思い出したらしく, を思い合わせ, を思い起した, を怨みまじり, を悟り出した, を悦, を想起, を感ぜざる, を我々, を打ち開ける, を探り出し, を改めてはっきり, を日本女, を明証, を書きます, を正しく, を気付かなかった, を注意, を洩れ聞いた, を清三, を熟知, を理不尽, を白状, を瞭乎, を知ってるだろう, を知らないで, を知れ, を示した, を竜太郎, を粂之介, を考え, を考えるなら, を耳, を胸, を自身, を見せ, を見られまい, を見逃す, を観察, を言い訳, を言わない, を訊ね, を証する, を詫びた, を認め, を語る光り, を證據, を警視, を述べれ, を雄吉, を鶴, 但しボーイ, 又勝見, 従って一切, 悪く思う, 故見舞い, 考えて

▼ いたもの~ (3336, 2.6%)

230 である 150134 ですから 103 だった, らしい 91 だから 89 です 83 でしたから 81 であった 67 だが 56 と見える 49 と見え 45 であろう 38 とみえる 37 では, のよう 35 であるが 32 と思われる 30 とみえ 26 だと 24 があった 23 ですが 21 だろう 20 であったが 19 がある, と見えます 18 だったが, に相違 17 でした 16 なの 15 にちがい, に違い 12 か, でしょう, を 11 であります, でございます 10 が急, さ, で, であること 9 だそう 8 でその, と思う 7 といっ, と考えられる, なん, もあった, もある 6 が, がこの, であって, ですよ, と見

5 [13件] かも知れない, が今, が後, じゃ, であるから, であろうと, でございますから, ですからね, とすれ, ならば, はない, もあります, らしかった

4 [18件] かあるいは, かその, がここ, がその, が何, が来た, が突然, であろうか, でご, でないこと, でも, とおもわれる, と思われます, と見えまし, はこの, はその, は何, は誰

3 [27件] かそれとも, かと思われる, がありました, があります, が多い, だったの, だという, でありました, でこんな, でしょうか, でそれ, といえ, とする, とみえまする, とも思われる, と思っ, と推定, と私, と見る, と解釈, はそれ, はなかっ, はみんな, は前, もありました, よ, らしいが

2 [112件] かそれ, かと思う, かどうか, かもしれない, かもしれぬ, があり, がいつしか, がすぐ, がそれ, がそんな, がただ, がたちまち, がはじめて, がはっきり, がやがて, がやっと, が一つ, が一人, が一度, が一時, が俄, が到頭, が実は, が少く, が次第に, が自然, が遂に, じゃが今, じゃない, だし, だそれ, だとも, だよ, だわ, であったから, であったに, であったの, であったろう, であったろうと, であつ, でありましたが, でありまして, でありますから, であると, であるという, であろうが, でこれ, でしたが, ですからな, で今, で今や, で全く, で多分, で建物, といわれ, とおもう, としか考えられない, とは違っ, とみえます, と一致, と仮定, と同じ, と察せられる, と考えられます, と見えた, と解せられる, なのよ, にございまする, に一度, に間違い, のうち, の中, の方, はありません, はこれ, はそんな, はなかったろう, はもう, はもはや, は今, は味方, は多く, は実に, は実は, は彼, は急, は急い, は生島屋, は皆, ばかりで, もだんだん, もない, も今日, も多かっ, らしいと, らしいの, らしくあります, らしく思われる, をこれ, をそれ, をだんだん, をと思う, を今, を内, を吐き出した, を思い出した, を眼, を私, を紹介, を自分, を見た, を誰

1 [965件 抜粋] あるいはそれ, かいかに, かかくれ忍ん, かこちら, かつい, かとも思われる, かと考えられる, かなあこの, かなと思う, かほんとに, かもしくは, かも知れません, から更に, から醒めた, かわからない, か一見, か主客, か今, か仮, か判然, か南部集五郎, か古来盗児, か右門, か多, か少し, か御殿奉公, か想像, か波打ちぎわ, か相方, か知らん, か私, か能, か華雲殿, か襟垢, か規模広大, か誰, か足, か遠, か首, があったでござる, がありません, がい, がいかなる, がいちど, がいつの間にか, がいよいよ, がお, がぐっと, がこうして, がこの間, がしまいに, がすうっ, がすべて十三人, がそうした, がそのまま, がだんだん, がちょっとした, がともかく再び, がどうしても, がない, がなんらかの, がひとり, がふたたび, がほのか, がむざんに, がもっと, がやって来た, がやんや, がわずか, がグラグラ, がバッタリ, が一ぺん, が一時猛然, が一町, が一転, が不意, が九十四五年後, が事情, が二三人, が二人, が二銭余計, が今回われら, が今度, が他所, が何らかの, が余りに, が偶, が元利合計二百何円何十何銭, が其儘山名, が出口, が初めて, が剣帯, が動く, が勝利, が吹っ切れ, が吾知らず調子, が四千年後, が国津神系統, が地元, が夕べ, が多く, が大体, が失くなる, が失望, が尾州藩, が岸の上, が崩壊, が彼女, が復興, が徳川, が必要, が忽然豹変, が悪, が愛弟, が手, が振, が插入, が文化, が明治四年, が時代, が染奴, が殺された, が毛利家, が消え去る, が無くなった, が煙草, が父, が玉蜀黍, が発砲, が省三君, が砂糖, が綱, が自ら, が若干, が表面, が解ける, が訳, が財布, が走り出る, が野村君, が際限, が頭, が飛びこんだ, が首, が黄皓, さえあった, じゃありません, じゃが, じゃて, そのため, だかも, だがね, だけにありがたかっ, だけに残念, だったから, だったぞ, だったという, だった今, だつた, だとさ, だな, だね, だの, だろうか, だろうという, だゾラ, だ武田, であったかと, であったこと, であっただろう, であったと, であったとも, であったので, であったらしい, であったろうが, であっても, でありその, でありましょうが, であり世界, であり数カ月以前, であるだけに, であるのに, であろうけれども, であろうとは, でいわば, でうずくまると, でおっ, でここ, でございましょう, でござる, でさらに, でしたなら貝殻, でしょうあと, でしょうな, ですぞ, ですなあ, ですねえ, です正直, です花川戸, でそっと, ででも, でどうやらこう, でなかなか, ではや, でまた, でもあった, でイヤハヤ, でボタン一つ, でマドリッド, で七寸, で五月, で何, で兄, で出て, で到頭, で十七, で去る, で吸水性, で大変, で嫉妬心, で実は, で平日, で彼, で彼女, で後に, で損害, で是, で東京, で果たして, で歩くには, で泣き出さない, で濡れ, で甚, で直ぐ, で社長, で絶対, で縁, で自分, で製品, で評判, で静か, で馬, ということ, という事, といえなく, といえる, とかだから, とし, としか見えず, として, として帰洛, とぞんずる, となかば, とは似, とは反対, とは思われません, とは考えられず, とは違う, とみ, とむすびつけ, とも考えられる, と不足顔, と云う, と他, と信ずべき, と信ずる, と女性, と察しられる, と思える, と思われた, と思われまするで, と推測, と斷定, と本来, と知れ, と考える, と至極, と見なけれ, と見るべきで, と見れ, と観なけれ, と解し, と言わね, と評すべきであろう, と認められる, と違う, なぞは数え切れない, などに局限, なので, ならきっと, ならガス中毒, なら茶室, なれば, に, にございます, にしろ, になり, にはそれほど, には詞, には非常, にめぐりあった, にスコットランド, に動かされ, に向けられる, に実は, に対して今日, に対して我々, に愈々, に改良, に比べれ, に筒袖だん袋, に裏切られた, に過ぎません, に限られ, に餌, のこと, のなか, のみが穢れ, は, はあらかた, はいつ, はおのおの, はかの, はことごとく, はすべて力, はそういう, はそれぞれ, はそんなに, はっきり掴ん, はでんぐり返し, はとうとう, はなかつた, はびっくり, はまた, はみな数珠つなぎ, はよかれあしかれ, はよし, はカジミール・ジューシエ, は一体, は一括, は一本, は三日月形, は中尾, は事, は今日, は他, は余人, は僅か, は全, は利害, は勿論, は又, は唯, は四年後, は垣, は多少, は大切, は官兵衛, は宣伝, は寄席, は常に, は影, は必, は思わず, は技, は折目, は支那, は新田義貞, は智恵, は本願寺門徒, は桜川善孝, は民衆, は沢山, は爪, は現に, は生まれつき傲慢, は甲, は異国風, は皆贋物, は目, は祖母, は空中, は突然, は粉砕, は精神, は絶無, は薩長, は逆賊尊氏, は長男, は驚いた, ばかりなん, までが惹かれ, までなくした, まで大手, もあり, もあるであろう, もいつしか, もおそらく, もたちまち何ら, もみんな, も交っ, も何となく, も失, も少なく, も洩れなくなった, も船, も随分, やら誰, や金目, よと町, らしいそれにしても, らしい同時に, らしく, らしくこんど, らしくその, らしくはっと, らしくサンゼリゼ, らしく三畳間, らしく人気, らしく伊東二郎祐親, らしく名所旧跡的, らしく折ふし, らしく朱塗, らしく源氏物語, らしく笑いながら, らしく箪笥, らしく胸部, らしく際どい, をありあり, をいおう, をお, をお前さん, をこの, をすばやく, をた, をである, をと云いたい, をどう, をなぜもうすこし, をぬぐ, をふい, をみいだし得, をみんな, をむざむざ, をも使, をゆり起し, をヒョット, を一切文具屋, を一所, を一時, を一朝, を七兵衛, を両手, を五度, を今日, を何, を全部, を創造, を取り入れた, を取り除く, を図らず, を失, を将軍家, を届け, を座布團, を引っ括める, を御, を急い, を抑えきれなくなった, を拾い上げ, を捉え, を早く, を暗夜, を東京, を検める, を残らず, を永見, を漁師, を猿, を発掘, を砂, を競売, を縁, を脱いだ, を自身, を萌黄, を蔵, を表現, を見かけた, を見つけ出した, を見る, を見物, を読ん, を追い立てた, を遠慮なく, を重視, を馬蹄, 乗込, 即ちその, 果たして幾人

▼ いた~ (2780, 2.2%)

544399 です 184 ですが 164 だよ 158 だが 131 ですよ 88 だろう 75 ですか 73 だから 71 だね 53 でしょう 52 では 40 だな 38 ですね 37 じゃない 31 ですから 30 ですけれど, ですもの 29 だぜ 27 だと 22 だけれど 21 ですって, ですの 20 だからね 19 だがね 18 だもの 17 ですがね 16 だけど 15 ですからね 13 ですけど, ですわ 11 でしょうね 10 だぞ, ですぜ 9 だわ 8 だって 7 だろうが, だろうと 6 か, だからな, だし 5 じゃ, じゃないです, だからなあ, だろ, でございますよ, でしょうが 4 じゃなかった, じゃねえ, だなあ, でしょうか, ですけれども, ですな

3 [15件] だがな, だがなあ, だけれども, だってね, だという, だねえ, だろうか, だろうね, でございますが, ですかい, ですかね, ですからねえ, ですとさ, ですのよ, ですッ

2 [18件] だあの, だからねえ, だそう, だっ, だっけ, だとさ, だなと, だらう, だろうかと, だろうねえ, だネ, である, であるの, でしょうな, でしょうよ, ですがねえ, ですとも, で御座いましょうね

1 [116件] かい, かと肩, じゃあおれ, じゃあこの, じゃあない, じゃあねえか, じゃあやりきれねえ, じゃあ僕, じゃあ嚇し, じゃあ始まらねえ, じゃあ手前, じゃあ芝居, じゃあ辛抱, じゃないでしょう, ぞ, だいくら, だいと, だお, だからのう, だがさ, だがと, だがねえ, だがネ, だこの, だこれ, だそんな, だっけな, だったらじゃ, だっていや, だって云っ, だって人, だって可哀相, だとは, だねえか, だねと, だべや, だほんとう, だろうあの, だろうえ, だろうがなあ, だろうがね, だろうさ, だろうじゃ, だろうそう, だろうそれにしても, だろうという, だろうなあ, だろうよ, だろう娘, だろう突然, だわね, だヨ, だ今, だ俺, だ僕, だ僕たち, だ剃刀, だ化粧道具, だ地所, だ塾生自身, だ声, だ夫婦, だ実際, だ恩人, だ悪く, だ眠り人形, だ自分, だ選挙, でございましてね, でございます, でございますがね, でございますな, でござんす, でした, でしょ, でしょうから, でしょうからね, ですえ, ですからな, ですからなあ, ですけれどね, ですここ, ですこの, ですその, ですそれ, ですそれから, ですってね, ですってねえ, ですと, ですなあ, ですなんて, ですねえ, ですぼく, ですわね, ですナ, ですネ, です下, です屹, です廊下, です後で, です御飯, です水筒, です玄心斎, でなければ, ではね, でやして, でやしょうが, で御座いますって, ならいたよう, ならわたし, のでしょう, やそう, やね, やろな, やテ, をお

▼ いたから~ (2777, 2.2%)

572 である 200 です 130112 であった 75 だった 31 であろう 27 では 26 であります 25 なの 24 で, でした 16 でも 13 私は 12 だと 10 それを, だろう 8 これは, ですよ, 僕は 7 であったろう 6 でしょう, 私の 5 これを, それで, でありましょうか, であろうか, でその, よかった, 何も 4 だが, だを, であるが, であること, でございます, 彼は, 自分の

3 [17件] おれの, これも, それに, だそう, だろうと, であって, でありましょう, であると, であろうが, でございましょう, 当時の, 彼の, 彼女は, 憎まれて, 母の, 私も, 誰も

2 [48件] あの時, ことによる, この度, この日, これからは, すぐに, すこしは, そこに, その気, その辺, それは, それへ, それらの, だな, だよ, であったが, であったと, であったらしい, でありました, でありまた, であろうと, でしょうか, ですが, なので, なんだ, なんです, よく知っ, わたしは, 一緒に, 之を, 何か, 僕の, 先生の, 同じもの, 外へ, 大将は, 夫と, 女の, 平気で, 持って, 早速その, 明日は, 私にも, 見に, 訳も, 話を, 誰にも, 顔は

1 [1217件 抜粋] ああいう, あえて挑戦, あそこへ, あちらにも, あの尼さん, あるいは右向け, あれでも, あんな幻影, あんまり自慢, いかなる矯正的法律, いけないの, いっそう帰っ, いつのまにかこの, いまさらきく, いま与八が, いよいよ左膳, いよいよ藩, うまく逃げた, おばさんの, お前たちも, お梅, お絹, お銀様, かかる急行軍, かね, きっとその, きょう渋谷へ, けちくさい, こういう話, ここで, こっちの, こつちも, このごろは, このまだ, この二人, この位, この哲学, この国交断絶, この夫婦, この新聞記事, この時心中, この法典, この言葉, この重大, この陰惨, この音, これからも, これから海, これに, これば, ころんだの, こんなしっぱい, こんな事, こんな種類, さらに女史, しんの, じゃ, じゃ私, すが, すっかり見えた, すは, すらすらと, ぜひお近, ぜひ一度, そういうよう, そういう子弟, そういう方法, そう明るく, そこへ, そこを, そして水, そのころ, そのついで, そのよう, その一枚, その事, その代り僕, その兵力, その印刷機械, その場, その実感, その家, その性生活, その方面, その日そこ, その火気, その為, その立派, その給与, その複雑, その間に, その関係, その驚き, その黒い, それから後, それであの, それでも今, それで強いて, それで米友, それについて, それへの, それを以て, それ以上に, それ見ろ, そんなこと, たいしてびくつい, たしかに銃丸, ただちに八卦見, たぶんこんな, たまらない, だという, だれとも, ちっとも勉強, ちょいと, ついでに, つて僕は, つめなかったん, であったの, であったろうし, でありましょうすべて, であり一方, であるかも, であるゆえ, であろうも, できたこと, でこう, でござる, でしかも, でしょう私, ですわ, です生まれつきほそい, でその他, でそれで, でほか, でまた, でシカシ, で今, で勿論一旦, で同時に, で形, で我々, で昔, で私, で自己譴責, で起り, ときどき芳三, とても嗤, どうかと, どうだ, どうも手, どのよう, どんなに魅, なおさら変, なお励み, なにも, なるべくは, なんの, のちには, ひとしお執拗, ひとつ元気を, ふだんなら, ほかの, ほんとうに, まあ庭園内, まずい潮, まず文字, またいつも, また彼ら, まアようございます, みんなとの, みんな早く, もうこちら, もう強い, もう母親, もしかする, もしその, もし私, やがて晴天, やっと涼しく, よいけれど, よくは, よく知らない, よく見, よく遅く, よほど蒸発, らしいの, わるいん, アンネットの, オレは, カミシモを, ギュイヨーのは, グズ弁は, サテハと, ソバ好きの, ツイツイ遅れ, ナアアヽ旨え, ハテ何, フランス人が, ユスリの, レシーバーを, 一つ一つ曲り角へ, 一刻も, 一寸あやまっ, 一度その, 一応仁義, 一時鼠は, 一杯ぐらいしか, 三人が, 上京の, 下女達は, 与八と, 両親初め周囲の, 中の, 中坂思案外史も, 中空の, 乳母の, 二人を, 二少年と, 二目と, 云々という, 五人の, 人々の, 人の, 人相は, 今お糸さん, 今にここ, 今まで, 今や姉, 今宵会わなけれ, 今日こそ, 今日至る, 他にも, 他人から, 他国の, 会うの, 伯爵は, 住友と, 何うし, 何かの, 何だか私, 何にも, 余は, 余程落魄, 作者として, 便所が, 保証人は, 信長が, 俺も, 僕と, 優秀なる, 先輩たちの, 入ったまで, 八郎の, 内緒に, 冬に, 出来るん, 分らないだろうがね, 列強の, 判然とは, 別段女, 到底これら, 到著, 加わること, 助平根性は, 北村君などは, 十二階の, 十八九貫ぐらい, 南アルプスの, 危険が, 参考の, 又何, 口の, 可なり, 台所口の, 同じ伊予, 同じ非番, 名こそ, 名越は, 否定的静退, 味方で, 咄嗟の, 哀れにも, 商人は, 四方の, 四辺は, 土州軍への, 執着の, 場所と, 声なども, 変だ, 外の, 多くの, 多分井下伯, 多少は, 大いに憤慨, 大名が, 大将の, 大方別人, 大洗濯, 大臣は, 大隈農商務相の, 天性の, 天気は, 夫婦は, 奇怪な, 奥の, 女房たちなども, 奴さんまた, 妙である, 妻に, 娘の, 嫂の, 子孫相伝え, 学校の, 宗助には, 実践的原理も, 宮などの, 家内の, 容易に, 察しても, 将卒の, 小説を, 少し遠い, 屋根なんかへ, 岡の, 帝は, 帝国主義を, 幕末の, 幸に, 庄吉の, 廊下や, 強かった, 当主も, 彼も, 往来は, 後ろ姿だけ, 御覧に, 復古時代に, 必ずや後, 怖いとは, 思うよう, 急に, 怪しい顔, 息も, 意識が, 感心でした, 成年の, 或時期以後, 所の, 手めえ, 技術的範疇は, 抜いたの, 捉まえた, 推理小説も, 文学者たちの, 斬りつけたの, 日本語は, 早速裏山, 昔から, 昨日は, 是非も, 普通の, 普通教育には, 暗夜の, 曖昧な, 曹操は, 朝飯を, 本当でしょう, 本日の, 朽木の, 東京に, 東京人は, 東側の, 桃太郎は, 案外言語学, 椿岳の, 槍を, 橘外男氏事件で, 止めて, 此の, 死んだ時, 殊に艶, 母に, 母宮をだけでも, 比較的町中, 水色に, 汽車を, 洋服を, 浅井朝倉軍が, 涼傘の, 清之介君は, 源氏の, 源氏も, 火災に, 無理やりに, 熊野行幸の, 父さまが, 父や, 特に興味, 特別三合配給し, 猶さら, 王は, 生かして, 用心する, 田舎びずに, 町の, 畑の, 発作的に, 皺を, 目付かった, 直ぐ膝, 直ちに慶喜公, 相当に, 相手の, 真の, 真紀子は, 矢張り科学は, 矢野龍渓の, 知らせと共に, 石田は, 社会を, 祖母や, 神事の, 私が, 窶れた顔, 立たなかったの, 米友は, 紙を, 経之は, 結局死という, 縛りに, 縮尻った, 美人の, 老妓は, 聞いて, 胸襟を, 脂汗を, 腰を, 自ら進ん, 自分には, 自尊心も, 自意識の, 自然謹慎し, 臼や, 船医の, 花嫁に, 花見へ, 若干量の, 苦しみ抜い, 荷物も, 落付い, 薄利多売大いに, 薬が, 行きますが, 行って, 行幸などの, 表へ, 褒美の, 見つかったん, 見処の, 親子の, 親類でも, 訂正した, 試読席で, 詩集の, 話せるのよ, 読んで, 誰の, 論争の, 警戒の, 讃岐よりの, 豆煎, 豹一は, 貧乏世帯ながら, 買い入れる心組み, 購読者は, 身支度が, 転向しろ, 軽蔑され, 追い風に, 逆に, 遂にたかられる, 道, 遠慮なく切りだした, 郡や, 酒に, 釜や, 長州兵は, 間違ない, 隊形も, 雑煮でも, 霊魂の, 面白く見た, 頓と, 顔の, 顔を, 飛脚屋へ, 馬術の, 駄目であった, 麦畠の

▼ いた~ (2585, 2.0%)

190 いう 135 すれば 101 見えて 73 思う 61 みえて 38 いって 37 思うと 34 いうから 33 いうので 29 いうが 28 云うこと 27 いっても, 云うの 26 思います 25 すると 22 云う事 21 みえる 20 見える 19 言って 18 云う, 云って, 思われる 16 いいます, 思って 14 いうだけの 13 云っても 12 ある, いわれて 11 いうし, いうだけ, いうに, する, 聞いて, 見えます 10 いうじゃ, いうよりも, したらどう, 覚えて 9 いうでは, いえよう, 云うん, 思いますが, 思うが, 言うの 8 いうのに, いうより, 思うの, 思った, 書いて, 考えて, 見て 7 いえば, いった, したら, したら彼, 申します, 言う 6 いえる, いわれる, したらその, 云う話, 云った, 思われます, 言った, 言っても, 記憶する 5 あるが, おっしゃるの, お思い, みえ, 云うが, 云うよう, 云える, 同じよう, 考えられる, 見え

4 [17件] いいました, いいますから, いうと, したらこの, したらそれ, 云いますから, 伝えられて, 同様に, 思えば, 思える, 思ったが, 思ったの, 見なければ, 見るの, 言うこと, 言えば, 言ったが

3 [33件] あっては, あれば, いいますが, いうだけでも, いうよりは, いわねば, したらどんな, したら彼ら, するならば, なると, 云います, 云つ, 云わねば, 仮定する, 告げた, 思うん, 思ったのに, 思ふと, 思わなけりや, 思われるが, 思われるの, 想像される, 申して, 申しました, 笑って, 聞く, 言います, 言うが, 言える, 言った方, 言ふ, 言われて, 語った

2 [90件] あとで, いうべきだろう, いうほどの, いうものの, いえるであろう, いたしましても, いったろう, いわぬばかりに, いわれるが, おもうと, したなら, したならば, したらおそらく, したら何, したら全市, したら私, しましょう, します, しますね, しよう, するの, するも, ですが, みえます, みえるな, みて, わかって, 主張し, 云うじゃ, 云うでは, 云うのみの, 云う記事, 云ったね, 云ふ, 云わぬばかりに, 云われるの, 今日の, 伝えて, 伝えられた, 伝えられます, 伝えられる, 僕は, 判った, 反して, 同じあまり人, 同じこと, 同じに, 同じ場所, 同一の, 同一量の, 告白した, 嬉しそう, 察せられる, 彼は, 思いながら, 思うか, 思うよう, 思っては, 思われる節, 想像する, 想像すれ, 教えて, 断定する, 申しますが, 申すか, 申すの, 知って, 知らせて, 知れたら, 私は, 称せられて, 答えた, 考えねば, 考えられます, 考えられるが, 考えられるの, 考えれば, 聞いたこと, 聴いて, 見ること, 言いました, 言うに, 言うので, 言うん, 言えよう, 言えるの, 言っては, 言わんばかりに, 語って, 語つた

1 [793件 抜粋] あったの, あらためて書き出す, ありました, あるからには, あるし, あるわかい, いいしかして, いいながら, いいましたから, いいますからね, いいますと, いいまたは, いい伝えられて, いい朝, いい松野どの, いうからには, いうけれど, いうだけが, いうだけに, いうだけは, いうならそれ, いうには, いうの, いうばかり, いうべきであった, いうべき家老, いうほど, いうを, いうんで, いえなくも, いえるかも, いえるだろう, いたく悔悟, いったので, いったら意外, いつても, いふから, いや野郎が, いわぬばかり, いわれたよう, いわれました, いわれるあの, いわれるし, いわれるだろう, いわれるの, いわれる如く武蔵画, いわれる尊氏自筆, いわれる穴師, いわれ忌, おっしゃいますか, おっしゃったね, おっしゃるん, おどろくよう, おぼしめす高, おもって, おもつたら, おりじゃった, おりじゃったな, お思いなさい, お考え, お聞, きいたので, きいて, きかされたの, きく奴, くる, こうだろう, こう言う, この逸事, さいしょの, したところ, したならとく, したならどう, したらあんな, したらいち伝六, したらおどろいて, したらこの世, したらこれ, したらずいぶん, したらせっかく, したらそして, したらそれから, したらどんなに, したらまあ, したらまた, したらゼムリヤ号, したら一生上人, したら兄弟, したら内匠頭, したら君, したら周囲, したら如何, したら少なくも, したら彼等, したら恐らく, したら植物, したら母, したら確か, したら笑う方, したら自分, したら諸君, して, すりゃいか, するさ, するであろうか, するならそれ, するなら後, するには, する仮定, する外, すればね, せんには, そう彼, そう思いません, そのとおり, その一組, それだけしか, そんなこと, そんな小さな思い出, つたえるが, どうして云う, なれば, はっきりわかった, びを, みえしゃにむに, みえそれ, みえるが, みえるすべて, みえ一乗寺村, みえ何, みえ宿, みえ左馬介, みえ番士, みえ顔, みれば, もっけも, わたしは, バンジャマン・コンスタンは, ヘンリーが, 一人の, 一致し, 下女は, 両の, 主張する, 久松は, 云いかの, 云いたいの, 云いながら, 云いますが, 云い出した, 云い直しましょう, 云い相当, 云うお, 云うから, 云うからね, 云うじゃあねえか, 云うそれ, 云うなにか, 云うので, 云うばかり, 云うほど, 云うもの, 云うよりも, 云うジナイーダ, 云うロマンチック, 云う三本, 云う不幸, 云う事実, 云う亜太郎, 云う口吻, 云う場所, 云う大, 云う姿, 云う字, 云う忌わしい, 云う挨拶, 云う某, 云う油時計, 云う浄瑠璃, 云う父親, 云う私, 云う蝋燭, 云う言葉, 云う証拠, 云う車夫, 云う道阿弥, 云う驚くべき記憶, 云えないだろうか, 云えば, 云えるか, 云えるでしょう, 云ったら海, 云つたのを, 云つていました, 云わなければ, 云わぬばかりの, 云われる, 云われるが, 云われる張出縁, 人さえ, 今に, 仮定し, 仮定した, 伝えられるが, 伝えられる人間釈迦, 伝えられる所, 伝えるの, 伝え支那隋, 何度も, 作者は, 信じこんで, 信じて, 信じては, 信じる, 信じるゆえ, 信ずべき十分, 信ずるに, 信ずるもの, 假定する, 偽り届けたもの, 先で, 分ったひには, 分ったん, 分りましたから, 判ったん, 判って, 判ると, 叔父が, 古い書物, 古い紀行, 吉田桃樹の, 同じころ, 同じだけの, 同じ位, 同じ呼び, 同じ時刻, 同じ様, 同じ自己否定, 同じ著者, 同時に切支丹, 同時に嘗ては, 同時に彼女, 同時に讃め, 同時に遅, 名乗りでた者, 告げて, 唱える論, 喋ったろう, 噂され, 多くの, 大差は, 女先生は, 女王様に, 如何にも嬉し, 存じます, 孝平の, 家の, 家人が, 寝乱れた浴衣, 小侍, 小菊も, 島袋君の, 店の, 強情に, 彼が, 後でお母様, 後年に, 心外な, 思いかえして, 思いちがえたの, 思いつく道理, 思いねえ, 思いのほかの, 思いますだから, 思い出すだけでも, 思うがね, 思うけれども, 思うこと, 思うた頸飾り, 思うですが, 思うところ, 思うね, 思うのに, 思うよ, 思う教育, 思え, 思えた人, 思えないわ, 思えるの, 思ったらいきなり, 思ったらまた, 思ったら病人自身, 思ったら金, 思った事, 思った喬, 思った弁信, 思った成経, 思った物音, 思った肺, 思った話声, 思った阿賀妻, 思はれる東京, 思へば, 思わせるため, 思わないの, 思わねば, 思われた, 思われたが, 思われて, 思われるあらゆる, 思われるこぢんまり, 思われること, 思われるほど, 思われるもの, 思われる人々, 思われる地点, 思われる壮, 思われる室, 思われる左翼, 思われる松岡, 思われる糸子, 思われる詩, 思われる部分, 悟らせるかの, 想像し, 想像した, 意外な, 感じるところ, 感ずる重荷, 憶った, 我々の, 推定し, 推定せね, 推察される, 推論し得よう, 断定した, 断言する, 早く帰った, 時雄は, 書いたので, 書いたもの, 書きたいところ, 書き立てたが, 朝廷の, 末弘春吉は, 本人自身も, 栄介が, 検非違使の, 死に当, 母や, 気がついたの, 気がつくと, 気づきは, 涙ぐんで, 源氏は, 申されますので, 申しましたっけ, 申しましたね, 申しましょうか, 申しますいや, 申しますよ, 申し上げても, 申す, 申すでは, 申せます, 発表された, 白状した, 知ったら陣十郎, 知っても, 知りもう, 知ると, 知れたの, 知ッて, 確認される, 神戸氏は, 私に, 私には, 称して, 稱せらるる, 立てつづけに, 答えさえ, 答えたから, 答えたと, 答えますゆえ, 結論した, 考うる, 考えその, 考えなくては, 考えなければ, 考えられなくも, 考えられる漱石, 考えるかね, 考えるべきだね, 考えるよう, 考える人, 考える外, 考え得るの, 耳に, 聞いたから, 聞いたの, 聞いた時, 聞えた, 聞きこの, 聞きました, 聞きます, 聞くからに, 聞けば, 自ら思った, 自分で, 自分は, 芳一は, 見えしこって, 見えその, 見えた, 見えてね, 見えばか, 見えまする, 見えまつさ, 見えるが, 見えるね, 見えるのに, 見える彼女ら, 見えガチャン, 見え公園裏, 見え包, 見え大和前, 見え少年, 見え店, 見え曲り角, 見え村岡, 見え検めて, 見え相手, 見え近所, 見え革, 見え飢え饑, 見せるため, 見たが, 見た方, 見ても, 見なくては, 見られなくては, 見られる, 見ると, 見るべきであろうか, 見るべきであろうが, 見るほか, 見るや, 見る方, 覚しき南緯四十三度線以南, 覚しめせ, 親方が, 解さなければ, 解すべき史実, 解するの, 解釈すべきで, 言いますわ, 言い伝えられて, 言い立てて, 言うけれど, 言うだけに, 言うもの, 言うよう, 言うわ, 言うわけ, 言う意味, 言う点, 言う美しい, 言えましょう, 言えるかも, 言ったじゃ, 言ったでしょう, 言ったね, 言っちゃあ, 言ってたよ, 言つても, 言は, 言わなければ, 言わねば, 言わるるが, 言われるから, 言われるくらい, 記す, 記憶し, 記憶す, 証言した, 詫びるより, 話したこと, 話した事, 話すの, 認められる節, 認めるから, 語ったそう, 誤解せられる, 謂いまたは, 謂う, 責められても, 述べた, 逃げ火葬場, 青木が, 頑張りはじめたん

▼ いたよう~ (2524, 2.0%)

187 である 113 です 10699 な気 82 なもの 66 でしたが 64 だが 62 に思う 50 であった 42 ですが 4033 に思われる 32 でした 31 であったが 30 だった 26 だったが 24 に見える 23 であるが 22 なこと, に記憶 19 に覚え 16 に見えた, よ 13 だね, に思います 11 だから, であります, でも 10 ですよ 9 ですから, に彼, に思われた 8 だけれど, な, なの, な顔 7 だし, なところ, な心持, にすぐ, に思った, に思われ, に私 6 ですし, でもあった, なものの, なわけ, な人, な声, な時代, にも思われる, に思われます 5 でございます, では, な事, な形跡, な有様, な気持, にその, にまた

4 [11件] だったと, だな, で, な態度, な時, な状態, にそれ, にも思う, に思えた, に思われました, に窓

3 [22件] じゃ, だと, だわ, でご, でございました, でございますが, ですね, ですわ, なもん, な女, な様子, な気持ち, な目, な記憶, にこの, にも思える, に今, に右手, に声, に思える, に思っ, に見え

2 [92件] じゃが, だけど, だぞ, だったけれど, だったね, だったの, だよ, でしたから, でしたよ, ですけれど, でその, で暗澹, で私, なあの, なムク犬, な不思議, な人柄, な冷たい, な口吻, な問題, な奴, な家, な平和, な幸福, な彩, な心, な感じ, な気分, な気配, な氣, な状況, な男, な町, な眼, な立派, な結果, な美しい, な自分, な艶, な表情, な覚え, な訳, な話, な調子, な錯覚, な頭, な顔つき, な顔付, な風, にいう, にいそいそ, にお, におぼえ, にきょう, にこう, にとうとう, になっ, になるほど, にひとり, にも思われた, にも考えられる, にも見える, にドア, にヒョイ, に不意, に云った, に他, に口, に多く, に大きな, に女, に察せられる, に彼女, に或, に押し黙った, に拍手, に書い, に男, に私達, に突然, に立ち上っ, に答えた, に答えました, に考え, に考えられ, に考えられる, に自分, に話, に身, に静か, に頭, に首

1 [754件 抜粋] か, じゃったが, じゃな, じゃねえ, すでしたか, だしかしそうして, だそして, だっけ, だったから, だったがなあ, だったがね, だったこと, だったし, だったという, だったな, だったら忽ち, だったわ, だなに警察, だのう, だ中, だ我々, であったこれ, であったその, であったよ, でありいつか二年近く, でありました, でありましたが, でありまする, であり自然, であるし, であるそこで, でこういう, でこの, でございましたし, でございますよ, でござったが, でござると, でしたか, でしたがね, でしたし, でしたっけ, でしたわね, でした病人, ですぐ, ですけれども, ですぜ, ですと, でそう, でその後東京, ではなはだ, でもう一度ああ, でよく, でヒダ, で二人, で二六新報, で人, で厶, で天元術, で妙, で時に, で気の毒, で物腰, で移り香, で褌, で貯金帳, どす, なあと, なあまり, なあるもの, ないっせいに, なうわ, なお, なきらびやか, なけわしい, なそれ, なただ, なだらし, なちっぽけ, なにわか雨, なひと, なふつう, なまさ, なみじめさ, なやり方, なようす, なよろこばし, なれども, なん, なクリミヤ, なクロオデル好み, なショウバイ, なタイプライター, なヘヒト, なホテル, な一対, な一日, な万橘, な三年, な不安, な不愉快, な事情, な事柄, な人間, な仏頂寺, な住い, な作家, な傷, な傾き, な具合, な冷たいきびし, な冷酷さ, な処世哲学, な出版社, な分裂, な勤王, な卑しい, な厚かまし, な取ってつけたよう, な古い, な古傷, な味, な固定, な地位, な場合, な変, な夏, な大, な女性, な好条件, な姉妹, な始末, な姿, な姿勢, な学者, な家庭的, な寄手, な対立的, な小便, な山並み, な帯, な帷幕, な強い, な当時, な彼奴, な御, な心持ち, な心身, な快い, な怒色, な性情, な恐ろしい, な悩み, な悪女, な悲歎, な情熱, な惨劇, な愚図, な愛想, な戦場, な手, な拍手, な振舞い, な支那人, な教養, な新しい, な星, な春, な昼霞, な時世, な時期, な暮し, な朧, な東北弁, な梅, な森閑, な様々, な機屋, な歓喜, な江戸, な浅ましい, な浜子, な涙ぐましい, な深い, な済まない, な漠然と, な父親, な物, な理想的, な田舎, な男らしく, な疑問, な疾風, な白い, な白い短い, な目つき, な磯崎恭介, な神経的, な私, な種々, な空地, な笑い方, な笹村, な素振り, な素朴, な絵の具, な縁, な者, な職場, な脂, な腰, な自棄的, な興味, な艇, な良心的, な花やか, な若い, な落着, な蕪雑, な観, な言葉, な詩人, な話っぷり, な諸, な豪華, な趣, な足, な邦夷, な都合, な醇朴, な鈴木, な間取り, な関係, な集り, な難しい, な面つき, な面相, な靴下留め, な音, な風体, な食えない男, な飲んだくれの, な馬, な高い, な黒い, にあとかた, にいい伝え, にいきなり, にいちばん, にいろいろ, にうれし, におっしゃる, におもう, にかすか, にがらがら, にきこえます, にきまり, にくっきり, にくやし, にくやしく, にぐっと, にここ, にこどもたち, にこれら, にこんな, にさえいう, にさっそく, にし, にしかし, にじっと, にするりと, にそこ, にそっと, にその後文学, にたてつけ, にだけ見よう, についと, につかつか, につや子, にです, にどっと, になった, にのんびり, にはこびましょう, にはなやか, にはらはら, には変り, には思われない, には行かない, には見えない, にひっそり, にひょいと, にぴたと一軍, にぴったり, にふわふわぞろぞろ, にべつ, にほんとう, にぼんやり, にみえる, にむこう, にもおぼろげ, にもっと, にもとれる, にも思え, にも思われない, にも思われました, にも感じ, にも見えました, にも記憶, にやっと, にやはり, にゆき, によろこん, にわが子, にわたし, にゴトゴト, にジム, にジルノルマン氏, にツイ, にハイチャイ, にハッ, にパリイ, にフイリッピン人カラモ, に一人, に一斉, に世間, に丸椅子, に二階, に云いました, に云われた, に互いに, に今度, に今日国家, に会だらけ, に伝えられた, に何, に何しろ, に信じ, に俺, に僕, に僚艇, に内儀さん, に再び, に凝然, に出, に勘次, に北村, に単純, に印象, に取られる, に右側, に同じ, に君, に喉, に喜海, に圭子, に垣, に夕焼け, に大きく, に天井, に奥, に娘, に婆, に存外, に室, に家来, に容易, に将軍, に小次郎, に岸本, に島田, に市川楽翁, に帳面, に平六, に幾つ, に庭づたいにやって, に当ります, に御, に忽ち, に思い出された, に思われだした, に思われない, に急い, に急かず, に怪しい, に怪インド人事件, に悪態, に情熱的, に愚痴, に愛し, に感じた, に感じられます, に感ずる, に感ぜられる, に扉, に手, に抗戦派, に拡がっ, に振り返っ, に振向いた, に揉み, に援, に改, に文学, に斬った, に日常茶飯事, に日本語, に明るい, に明智探偵, に春隆, に曲り角, に書いてる, に有村, に机上, に楽茶碗, に母屋, に水, に水霧, に油紙, に泛び, に浮かび出し, に浴衣, に測量技師さん, に漠然と, に片桐さん, に牢, に物語, に狂い立つ, に現世, に現在, に生易しい, に生産器具, に百遍, に目, に眉, に真, に眼, に矢, に磯吉, に私ども, に立ちあがった, に笈, に笑い, に笑った, に第, に簡単, に純情, に素直, に紳士, に美しかっ, に美しく, に羽摶, に老婢, に聞い, に聞えた, に聴い, に自動車, に自然科学, に艀, に芳爺さん, に草履, に落ち, に薄, に藤枝, に虎之助, に装置, に西洋, に見うけられる, に見えませんでした, に見せかけなく, に見ひらい, に見られました, に見受けられた, に見受ける, に角三郎, に言いふらしたく, に言われ, に言葉, に試験, に説く, に誰か, に赤い, に足, に踊り, に軍医, に速断, に酒, に長火鉢, に険, に電話, に靉, に青江, に静寂, に音楽結婚, に音羽, に頬, に顔, に飛びだし, に魚形艇, に黒っぽい, に龍太郎

▼ いたという~ (1673, 1.3%)

101 ことは 76 のは 68 ことが, ことを 55 ことである 45 ことです 40 ような 39 のである 35 ことに, のだ 33 ことだ, ことも 32 のも 29 のです 25 ことで 19 のが 18 話が 14 んです 13 ので, 事を 12 ことだった, ことであった, んだ, 話を 10 のか, わけです, 話も 9 ことだけ 8 わけで, 事である, 事実は 7 ことと, わけだ, わけな, 事実が 6 こと, ことだけは, ことや, 事が, 証拠が, 説も

5 [11件] ことであります, ことにも, のであります, のを, わけさ, 事は, 点である, 証拠には, 話である, 話は, 風に

4 ことの, のであった, ほうが, ように, 事も, 方が, 点が, 点で, 記録が, 証拠は

3 [14件] ことから, ことでした, ことな, その時, ものさ, わけ, 事実も, 噂が, 噂を, 想像は, 者が, 者も, 話です, 話に

2 [45件] ことしかも, ことすら, ことその, ことでございます, ことについて, ことには, こと以外に, ところ, ところから, のかね, のから, のでありました, のであろう, ふうで, ほかは, 丈け, 事で, 事です, 事に, 事件が, 事件は, 事実である, 事実に, 事実を, 例が, 例の, 例は, 司令部の, 子は, 意味で, 意味の, 様な, 気が, 訳です, 証人が, 証拠を, 評判で, 話, 話だ, 話であった, 話の, 説を, 金の, 関係から, 風説が

1 [480件] あさくさ竜泉寺, あたりは, あなたも, あの河図, あの茶, あの証言, あるデュプラー, うわさに, お島, お考え, お話で御座いました, お話続きの, こった, こっで, ことさえ, ことじゃが, ことそして, ことそれから, ことたしか, ことだけが, ことだけしか, ことだけで, ことであろう, ことでござる, ことでござんす, ことで御座います, ことなどが, ことなどで, ことなども, ことにこそ, ことによって, ことに対して, ことばかりは, ことほど, ことまた, ことイソホは, ことホテルの, こと以外何も, こと金子も, この一点, この事実, この家, この時計塔の, この船宿, そういう父子, そういう色, そうな, そのへや, その叔父, その家, その幽棲, その忘れ, その敷物, その時間的, その理由, その理窟, その生首, それこそ, たしかな, ただそれだけ, ためでなく, ちょっと誘惑的, ところだ, ところだけに, ところであるべきだ, ところに, ところは, ところまで, ところまでは, ところも, ところを, どころで, のじゃ, のだろう, のでございます, のでも, のなら, のには, のにも, のよ, のをもって, はずも, はなしの, ふうに, ほかに, ほかには, ものか, ものが, ものさえ, ものだろう, ものを, もんだ, よろこばしくも, わけか, わけじゃ, わけだった, わけだろう, わけであった, わけでありました, わけである, わけに, わけの, わけは, わけよ, わけらしかった, んか, アパート掃除婦の, アンフェアな, カラクリは, グアイである, コトエ, ステッキの, ストオリイなぞ, スモーリヌィの, ブーシバルを, ベーカー街などを, ホットニュースを, ボアイエーの, マラルメに, モトが, 一事で, 一人も, 一家の, 一言に, 一面の, 一面は, 丈で, 三畳敷が, 不動の, 不安ながらも, 与七, 世界に, 久久都彦, 事だ, 事だけを, 事だった, 事であった, 事で御座います, 事と, 事な, 事にも, 事まで, 事件で, 事実, 事実ある, 事実すら, 事実だけが, 事実だった, 事実について, 事実に対して, 事実死骸には, 事情が, 事情による, 事情も, 二つの, 二人の, 二条衣の, 二枚の, 人な, 人に, 人も, 人間の, 今朝の, 仏像か, 以上相手が, 以前の, 以外に, 仮定から, 仮定を, 件り, 伝説から, 伝説が, 伝説と, 伝説などは, 伝説は, 伯父などと, 体で, 使者の, 例も, 偶然と, 傍系的な, 僅の, 僕の, 先入主が, 共通な, 其の場, 内情も, 冴子の, 出来事が, 前提を, 動かせぬ儼, 単純な, 博識だろう, 危険の, 参考資料として, 口碑あり, 古い伝説, 古い物語, 名仏師天狗長兵衛, 名高い宿, 名高い霊場, 吹聴では, 和吉の, 噂であった, 噂である, 噂と, 噂の, 噂も, 園長の, 土が, 土地が, 土地の, 土産話も, 報告が, 場合が, 場合に, 塔の, 墓の, 大きな一閑張, 大家族制, 大江山は, 奇蹟の, 女の, 女は, 奴が, 姿は, 婆や, 婦人と, 官女くずれ, 定説は, 実例が, 実例や, 実証を, 実験の, 客を, 家も, 容であった, 實情も, 寸法かも, 寸法な, 小春らしい, 小枝の, 小説なども, 小間物屋の, 峠での, 川中島戦下の, 川合壮六という, 工合だった, 巨大な, 常識を, 年増の, 庭は, 廃館に, 廉だけ, 弟の, 形の, 形跡も, 形跡を, 彼女の, 思い出は, 性格の, 怪談ばなしの, 情景も, 意味か, 意味だ, 意味でありまし, 意味でしょう, 意味な, 意味にも, 意外なる, 意識は, 感じが, 慌ただしい駈け, 憎悪の, 憾みが, 或る, 手紙だけを, 指摘, 挨拶では, 推測も, 插話を, 支配権力に対する, 故跡, 数十例を, 文明の, 文章を, 明治二十六年漬の, 昔話に, 時代を, 暗合それから, 曰くつきの, 曰く付きの, 曲馬団と, 有明荘の, 有様である, 有様な, 有馬喜兵衛が, 札付きの, 村の, 条の, 東都怪異譚の, 栄太の, 根本的な, 根気の, 椿の, 様子が, 様子を, 次男に, 次第である, 次第な, 正吉の, 武蔵の, 歴史の, 歴史も, 殊勝だった, 段落に, 比丘尼が, 気持な, 気持を, 浪人の, 海盤車娘を, 海面を, 消息が, 清吉いつの間に, 濃やかな, 点から, 点からも, 点だ, 点です, 点に, 点において, 点を, 為であった, 父の, 片田舎の, 特殊な, 犯人の, 猟師が, 王冠だ, 珍宝の, 現実が, 現象が, 現象によって, 理由が, 理由だけ, 理由で, 理由は, 理窟に, 生来初めて, 田舎やの, 由緒が, 男が, 男に, 男の, 男は, 男を, 画家であった, 画家の, 異相の, 疑いを, 疑問の, 痕跡も, 痴漢です, 発見である, 発見の, 目撃の, 眉の, 看病人の, 県軍も, 知らせが, 知らせも, 知識だけが, 石切が, 確かな, 確信が, 祖母明治の, 福岡高等学校の, 私の, 程で, 程度だった, 種を, 稲川先生は, 空壕まで, 空家の, 立場も, 竜之, 笑話が, 笹鉾町の, 筋で, 筋である, 米人記者アーベントの, 素質こそ, 給仕上りの, 縁故で, 羞恥心から, 考えの, 考え得べからざるふしぎ, 者を, 能登守は, 臆説さえ, 自覚は, 自説の, 臼井なにがしは, 芝居じみた, 若松城主の, 英国大使館の, 莫迦莫迦しい, 蒙昧な, 薬屋の, 藤島武二氏の, 蛟龍の, 蝉丸道士の, 蝋面の, 袁紹の, 裏長屋を, 複雑な, 覚えが, 観測を, 言いぬけられぬ証拠, 言い伝えの, 言い伝えも, 記事が, 記事は, 記憶が, 記録も, 訳か, 訳さ, 訳だ, 訳で, 訳な, 証拠として, 証拠な, 証拠にも, 証言を, 評判の, 話これが, 話しの, 話だけは, 話だった, 話で, 話であっ, 話であります, 話でした, 話では, 話な, 話など, 話なども, 話のみは, 話や, 説は, 説明に, 諸葛孔明, 赤兎にも, 身体でも, 迂愚さ加減を, 返事に, 述懐だ, 通知が, 逸話が, 過去に対する, 部屋の, 里の, 銀煙管で, 長じゅばんが, 関係で, 関係者自身からの, 附近の, 陸中浄法寺の, 顔で, 顔までは, 顔付で, 風説も, 驚くべき充実, 驚くべき記録, 高慢の, 鬼などは, 鬼の, 鬼少尉, 鳰鳥という, 黒木長者の

▼ いたところ~ (1510, 1.2%)

8563 だった 43 である, です 37 でした 33 なの 32 であった 29 なん 28 なので 21 のもの 16 だから, だが, ですから 13 だったので, だよ 11 じゃ, だと 109 さ, だったから, ですよ 87 でご, でその, を見る 6 だったの, であったが, でございます, でそれ, へこの 5 があった, でございますよ, にある

4 [11件] がある, だったが, だったん, であったので, であるから, ですが, で別に, の, へ不意, よ, らしい

3 [17件] から見る, が, その日, だったと, でござる, でしたから, でしたよ, で不思議, で仕方, で何, で私, と見え, にこの, へまた, へ君, もある, 或る

2 [45件] ある日, からある, からそこ, だったそう, だったよ, であなた, でありました, であります, であるが, でお, でこの, でございまする, でしかた, でそんな, ではお, ではこの, で人, で所詮, と同じ, なのよ, なんで, に, にその, による, は, へあの, へかえって, へちょうど, へぬう, へ何, へ先生, へ妙, へ思い, へ折, へ電報, をこうして, をその, をよく, を不意, を急, を捕えられた, を発見, を私, を見, を見れ

1 [704件 抜粋] あいにく当の, あには, ある人, ある夕方, ある日撥, ある日殿様, いくらでも売, いるつもり, お長, からいき向き, からいつ, からここ, からすすん, からずっと, からその, からそれぞれ, からは家数, からは少し, からは見えなかった, からビスマルク, から一, から三, から二, から二尺, から今, から僕, から変, から大蔵省, から容易, から平壌, から当時, から所謂サンカモノ, から時には, から来てる, から浅間菩薩, から漁民, から立ちあがろう, から立ち上っ, から考え合わせる, から衣食, から見, から起った, から跳び出し, から遂に, から雨傘, から頭, か熱い, があっ, がいつの間にか, がてんじょう, が中華民国婦人, が全体, が原っぱ, が子供, が書いてない, が最後, が案, が案外, この二絃琴, さあ遠慮なく, さえ見た, さ宿屋, じゃがそんなに, じゃ早う, そうしたところ, その前, その夜, その大家, その弟子, その急速, その月, その次, その現実, その自信, その西洋諸国, そんな風, たちまち平家, たまたま, だけが白く, だけに駒, だし, だちょうど, だったがね, だったのに, だったもん, だったわけても, だという, だとの, だな, だに, だ此処, だ難船, ちょうどこの, ちょうどその, ちょうどまた, ちょうど昨晩ルーアン, つい最近友人, でありただ, でありましたが, であり投票前夜, であるならば, であんまり, でいずれ, でいろいろ, でおそらく, でがんす, できょう, でございましたが, でございましたそれ, でございますから, でございますがな, でございますのに, でござった, でござんす, でしたが, でしたと, でしたの, でした今日, でして, ですがね, ですし, ですちと, ですわ, です思わないところ, でそうして, でたいした, でつまらない, でなく反対側, ではその, ではひどく, では彼ら, では既に, でふい, でまさかこれ程, でもある, でもうどう, でやっぱり, でよく, でわたし, でホトケ, で一撃, で一疋, で万事, で不意, で他人, で仙台, で何ん, で何人, で債鬼, で全然, で創作力, で南, で及ばぬ, で名, で四人立會, で四斗樽一本, で士族, で大きな, で大した, で始まらねえ, で始まるまい, で将棋, で岩谷, で幾何往, で廻り縁, で当身, で心配, で手紙, で新聞, で昨年, で来る, で残り, で深海魚ども, で結局, で自然, で致し方, で葉子, で蒲団, で趙季和, で逃げ, で進歩, で防ぎ, で露八, とあまりに, というわけ, とし, とちっとも, とて意外, とは大変, とほぼ, とまるで, ともかく体, ともちがう, とよく, とを知ろう, と一致, と全く, と寸分, と遊行上人, どういうもの, どうしてどうしていざ書い, どうであった, どうも近寄る, なかなか許し, などに探偵小説, などを見る, など少年時代, なんぞはからん, なン, にあなた, にあります, にきちんと, にだいたい, にちょうど, についてはっきり, には母, には白墨, にもその, にやはり, によれ, にわかに四方, にわかに土州兵, に偶然, に兄, に反し, に失敗, に子, に山越し像, に彼, に従って帳場, に恐れ, に敗因, に新鮮味, に正, に武蔵, に浮浪民, に突然, に立派, に腰, に落ち, に誰, に鈍刀, に陽, に非, のあの小さな, のこと, のやさしい, のベルリン, のロシア, の一人, の一斑, の三伝, の世間話, の人, の会社, の兄姉, の先住民族, の南山, の古, の大道売卜者, の妹さん, の姦悪, の宝物, の居城, の屏風, の岡崎藩, の幸内, の幸福, の庭, の彼, の後, の恋人, の手拭, の掏摸, の文化, の方, の杖, の椅子, の無い, の生活, の相当, の真率, の研究生活, の私自身, の純情, の胃の腑, の芸術的, の諸, の馬, の騒乱, の髑髏, の龕燈, はうしろ, はここ, はしなくも彼女, はしなくも身一つ, はその, はなかったろう, はもうすっかり, はドンドン, は一番, は仮, は冬, は埒, は墓, は大きな, は実に, は少く, は新入, は昼, は武士, は秘仏, は蟻田博士, は誰, は通り, ふと彼, へああ, へあんないしてやろう, へお, へお母さん, へきた, へきのう, へきみ, へきょう戸塚, へきょう洲股, へこう, へこうして, へここ, へさいころ, へその, へつい, へてっ, へともかく, へのめ, へひとり, へふい, へまつたく困つた, へみんな, へやがて, へようこそ, へアントアネット, へイギリス, へデンポウ, へトランプ, へマ来, へ丁度, へ与八, へ両君, へ事, へ二人, へ今, へ他, へ何時も, へ作衛, へ偶然あなた, へ再度, へ切腹, へ十九年ぶり, へ去年, へ右, へ吉次, へ夏, へ大師, へ大沢, へ実に, へ客, へ家, へ少将, へ左大臣, へ往来, へ後, へ徳ちゃん, へ怒, へ思いがけなく, へ急, へ意外, へ手紙, へ新しい, へ日高, へ昨年, へ昨日, へ月, へ本, へ来, へ桃龍, へ母屋, へ毒蛇, へ法音比丘尼, へ浮浪民, へ渡辺芳助, へ滔々, へ現われた, へ生まれ, へ相馬, へ着いた, へ矢島理学士, へ私, へ程, へ突, へ第, へ箱書きうんぬん, へ芝居, へ若い, へ英語, へ西の京, へ見馴れぬ, へ貴殿, へ辻村君, へ都, へ重力, へ鞭, またまた将軍, までいっ, までもどっ, まで話, もどこ, もルソオ, も大体それ, も無い, も確か, やがての, やがて諸国, やっとの, ようやく月世界, よりあまり, よりはずっと, らしくほお, らしく獅噛, をお迎え, をこの, をご, をしょげ返り, をすっかり, をちゃんと, をつきとめ, をのぞい, をみつかりで, をみる, をやめ, をやめる, をキュ, をス, をビンタ, を世話, を二人, を仙太, を住居, を佐々木小次郎, を偶然, を偶然通り, を君, を大蛇, を女煙術師, を岬, を布團, を思いがけなかっ, を思いがけなく, を想像, を抜け出, を抱きとめ, を拾い聞き, を捜す, を救っ, を斬られた, を新田先生, を更に, を歩く, を父, を献策, を織田殿, を良人, を行った, を見た, を見られた, を見付けられた, を読み辿っ, を起された, を野良犬, を離れた, 不図此の間飯島, 何たること, 優しい絵, 去る二日, 古くから, 図らずあの, 幸い本人, 幸い自分, 思わず心, 押し寄せ来るこそ, 故水, 更に効目, 果して施灸巡業, 某方面, 案の定ある, 流れる汗, 漸く時節, 突然ガックリと, 見られたため, 見ると, 随分面白い

▼ いた~ (1261, 1.0%)

17 まする 12 それに 10 またその 7 それを, 自分の 5 また彼, 彼の 3 その上, ほかの, またこの, 僕は, 兼ねます, 多くの, 彼は, 申す, 私の, 私は

2 [43件] かれは, ここへ, こんどの, すべての, そうでない, それが, それにここ, それにこの, それにその, またほか, また実際, また私, もう一人, 一人は, 今でも, 今日に, 他に, 他の, 候, 兄が, 兄も, 夜も, 女の, 女も, 娘の, 小説家と, 彼も, 彼女が, 彼女の, 彼女は, 御自身, 或る, 沈黙を, 父の, 父は, 甘いもの, 申し候, 眼は, 自分が, 自分でも, 自分に, 自分は, 馬上の

1 [1082件 抜粋] 〆切間際の, あげた顎, あたしたちと, あとから, あのあたり, あらゆる形, あるとき, ある人々, あれから, いかなる苦しみ, いまこの, いまでは, いよいよ葬式, いろいろ相談, うす黒い木蔭, えェ, おなじよう, おびただしく疲労, おると, お仙親子も, お増, お柳, お糸, お鷹狩, かつは, きれいな, けいこ船の, こうした派手, このまま, この医院, この惨め, この調査, こまかな, これは, こんどは, ごったくや, しかもすこし, しかもピストル, しばらくの, すこしまえ, するどに, そういう人種, そういう揺り返し, そうかと, そう信じきってるらしかった, そこからの, そこの, そして又叔父, そちも, そのうえクリストフ, そのたたかい, そのとき, その一半, その上武器, その上結婚地, その人物, その他十名二十名ずつの, その以前, その前日, その周囲, その外, その少女, その師, その意味, その戦争, その日常, その晩, その目的, その罪科, その耳, その表情, その顔色, その魅惑, それにかの, それに対して, それは, それまでの, それらの, そんな莫大, たしか一, ただ洪水, たとえ織田勢, たぶん手馴れてる, だから私, だんだん老衰, ちょっとご, つつましい床の間, とうは, ときどきその, ときには信助, とても憎む, どうやら熱, どの家, なお行く行く, なかには, なによりもかの, なまけ者で, ねえおかあさん, のみならず岸本, はだけた胸, ばばも, ほかに, まさあね, まする名, またあの, またあわよくば, またいんい, またこのごろ曾根少佐, またそれら, またたいてい, またほとんど, またま, またゆっくり, またモンセーニュール, また一部, また不眠, また他, また佐, また備前, また其許, また別, また口, また同じく, また向こう, また商業評議員オスカル・ディーネル氏, また大阪おばあさん, また宣教師, また師, また当時, また往来, また情誼, また愛せられ, また戦国期, また流行, また物, また目, また相手方, また石見, また祖父, また絶対, また自ら潔白, また自己, また近頃, また電柱, まわりを, みやの, みんなも, もう何, もしも祖母, もっこ, ものを, やはりときどきオーレリー, ゅろのなきがらのうえにど, よしまた, よし結婚, わけても彼, アパリの, アンナに, オレは, ギリシャ神話の, クルベーの, ゴーリキイ展は, スペイン人の, ソヴェト社会の, トレベリアン, バガウトフの, パン屋の, ピート一等兵は, ブチ猫も, ベッドの, マア坊が, ヤニングス僕オセロより, リラの, 一そうはっきり, 一同式場を, 一度などは, 一方きわめて, 一方仲時, 一益も, 一高には, 万人も, 三十六人にて, 三十日来苦慮し, 三時間目の, 三角の, 且つ又, 世間でも, 両掛け, 中には, 中川瀬兵衛高山右近池田信輝蜂屋頼隆等みな同様に, 九郎左衛門が, 事務用の, 二三度顔を, 二百年前でさえも, 五山の, 人の, 人民百姓は, 人間に, 今しも, 今日も, 他人が, 他人は, 以前から, 伊勢の, 会計主任は, 佐久間兄弟からも, 何となく色々, 何や, 何処も, 作家と, 使命を, 候いしが, 候ひし, 候よし, 候品は, 働く人々, 僕も, 先隣な, 入口の, 兵馬は, 其後文化史の, 冬は, 冷たかった, 出て, 刀傷を, 初め周平を, 前髪を, 勝家も, 勤めが, 半地下室に, 卑怯だった, 博愛団体については, 厚いジャケツ, 原稿は, 厩橋侯である, 又いる, 又二年前涙, 又十郎, 又悦び, 又無口, 又甚, 口には, 古畑も, 右八人として, 各国史としての, 同時に徳川家康, 同様な, 呉兵には, 呼吸が, 善人も, 四方の, 土は, 地には, 地球物理輪講会は, 城下の, 城中の, 塀の, 墓石も, 夕食としても, 多少私, 夜具も, 大きな太った, 大体の, 大喇叭, 大坂城の, 大怪我, 大規模, 天下統一の, 女から, 好きでも, 妹も, 始終どこ, 嫉妬し, 子供たちも, 宗像博士や, 実現した, 実際それ, 室は, 家は, 家庭が, 宿の, 対屋や, 寿江子からも, 将士の, 小栗の, 少しは, 少し意地, 少納言も, 居るもの, 山中湖の, 峡門の, 左右両翼の, 帰ってから, 幅は, 平家の, 年上の, 幼少からの, 広さ, 康子は, 廂の, 引金へ, 当の外れた, 当座には, 当時は, 彼より, 彼を, 彼方では, 往来に, 御隠居, 心ならずも夜, 心も, 忠相も, 思い切り大, 思想感情にも, 悪童どもも, 愛する者, 慶長の, 我儘も, 房吉の, 手は, 手下も, 手紙を, 折から, 撃剣場などでも, 教えらるる, 敵将, 斉彬を, 旗本は, 日本茶を, 昔気質の, 春の, 昨夜も, 時々ふう, 時が, 時にはひどい, 時世が, 更けても, 最も多い, 最近の, 望んでも, 本家の, 村内殆ん, 東京に, 東洲斎写楽も, 柔かくも, 栗山善助は, 桑田は, 椋島は, 極りが, 欠点も, 次男の, 正造は, 此の, 此機を, 武蔵の, 歩みは, 死んだ自分, 殊に日本人, 殿軍とても, 母の, 母屋の, 母親は, 気分も, 水の, 水曜日の, 汝の, 治安維持法が, 浜松の, 海面は, 清和源氏の, 清高の, 満足そうに, 滋養を, 澄子は, 火花による, 無断で, 無造作な, 熟したもの, 片方に, 牝牛の, 犯罪は, 猫は, 現に私, 現在でも, 現実の, 生家の, 生活必需品の, 甥の, 甲斐とは, 町では, 留守を, 病人も, 登るに, 白人は, 直ぐ眠れた, 相手が, 眉毛も, 真の, 眼の, 着物は, 祖母には, 祖父の, 秀吉が, 私が, 私への, 私儀も, 窓も, 立居が, 第一親がかり, 筆者も, 篠懸の, 約言すれ, 経木に, 維因納局の, 練習曲を, 置くれられ私, 美しい夢, 義妹たちに, 老母の, 聞きも, 肉は, 胴の間で, 脅えた市民, 膝が, 自分らが, 自分達の, 自負の, 舞台稽古に, 色が, 芳太郎も, 若いの, 若し血液, 苦悶の, 茲数日後に, 葬式の, 蔵人頭五位の, 蜂須賀党を, 蟹江の, 街子も, 裁判長閣下でさえ, 裏口には, 見受けるところ, 親方の, 診察を, 詩の, 誠に相, 誰も, 警固の, 警察側でも, 貝十郎の, 買物まで, 赤坊を, 起き上って, 足ぐせ, 身体の, 輝子は, 近ごろは, 返事に, 進んで, 運転手の, 過去は, 道中の, 遙かの, 邪魔に, 酔ったふり, 酔っては, 重武, 金に, 鉄瓶にも, 鉱毒問題についても, 鍛冶屋の, 長も, 長椅子の, 間に, 防空演習も, 附髭は, 隣室との, 雇い人らからは, 雪が, 電蓄も, 霜解の, 露台を, 青葉の, 音楽の, 領民も, 頼朝の, 額が, 顔の, 顔立に, 顔色も, 風だって, 食器類は, 食物の, 館林侯から, 馬琴は, 髪の, 髪の毛は, 黒川さんとの, 黒縮緬の, 鼻までが

▼ いた~ (988, 0.8%)

207 違いない 173 ちがいない 136 相違ない 56 しても 23 過ぎない 16 ちがいなかった, 違いありません 14 相違ありません, 過ぎなかった, 違いなかった 11 相違なかっ, 過ぎないの, 違ない 10 すぎない, ちがいありません 7 すぎないの, ちがいあるまい, 過ぎなかったの 6 相違ねえ, 違い無い 5 すぎなかった, 相違なく, 違なかっ 4 したところ, 反して, 違いありませぬ 3 かかわらずその, 過ぎないもの, 過ぎなかったという, 違いあるまい, 違いは

2 [19件] かかわらずいざ, かかわらずこの, したところが, しては, しどの, すぎないと, すぎなかったの, せよその, せよそれ, ちが, ちがいありませぬ, ちがいなく, ちがいは, ちがい無い, 決まって, 相違あるまい, 相違ご, 相違なかろ, 過ぎないよう

1 [153件] いつの間にか細面, かかわらず, かかわらずさて, かかわらずとうとう, かかわらずともに, かかわらずど, かかわらずひとたび, かかわらずゴーリキイ, かかわらずバベ, かかわらずポンメルシー男爵, かかわらずローマ, かかわらず今に, かかわらず今日, かかわらず何人, かかわらず入道雲, かかわらず勝ち, かかわらず定子, かかわらず宮崎氏, かかわらず当時, かかわらず彼, かかわらず彼等, かかわらず微々たる, かかわらず敵, かかわらず極めて, かかわらず概して, かかわらず犯行後, かかわらず詩, かかわらず酒, かかわらず鶏, かかわらず黒川ひとり, きまって, きまってるさ, きょうは, さまざまな, さりとは, しがみつきました, したとこ, しちゃ, しましても, しろこの, しろそう, しろそんな, しろだえら, しろとにかく, しろどんな, しろはるばる, しろひっきょう, しろやかましい, しろカビ博士, しろ容易, しろ寿, しろ按摩, しろ暴風雨警報, しろ此の程度, しろ自然, しろ足, しろ途上, すぎずそれ, すぎないから, すぎないこと, すぎないもの, すぎないん, すぎなかったが, すぎなかつた, せよ, せよこの, せよただ, せよツバ, せよ何ら, せよ余りに, せよ出発, せよ勤め, せよ後醍醐, せよ日本, その恩, ちがいありませんからな, ちがいありませんが, ちがいないだろう, ちがいないでしょう, ちげえ, つくという, とうとう本性, とどまる, ひとしい, ほかならない, ぼしを, よう来た, よくぞ, 乗じて, 今また, 今我が, 今文三, 今日その, 今日の, 付き過ぎたもの, 似ず王族, 何で黙っ, 何事じゃ, 依るもの, 反し十郎兵衛, 四かくい, 多分は, 女子の, 如何な, 妹も, 姉さまの, 定って, 定ってる, 引かえ, 息女に対する, 感謝だ, 拘らず幸村, 拘らず当然, 拘わらずその, 拘わらず会桑二藩, 擬しながら, 最前からの, 極って, 水, 無いご, 疑いは, 疑ない, 疑無い, 相違ありませぬ, 相違は, 眼の, 突きつけられた, 過ぎず特に, 過ぎないから, 過ぎないが, 過ぎないこと, 過ぎないと, 過ぎないという, 過ぎないので, 過ぎない全, 過ぎなかったが, 過ぎなかったっていう, 過ぎなかったであろうから, 過ぎなかったに, 過ぎなかった物真似, 過ぎまい, 過ぎませんが, 違いなかろ, 違いなく, 違いねえ, 違げえ, 違ひない, 違わずお, 遠路お立ち越え, 都の, 関わらず彼, 関わらず鳴海港, 顔形には

▼ いた~ (857, 0.7%)

40 のこと 33 である 22 のよう 20 だった 18 であった 17 の事 13 であったから 12 と同じ 118 です 6 でした 5 だから, なので, に 4 だったので, の方, はなう, もある

3 [11件] であったが, であって, ですから, と同様, にあの, にその, のお, の心持ち, の私, の話, よりもずっと

2 [25件] ですよ, ではなかっ, とは全然, なの, にお, にちょうど, にはまだ, にはよく, にふと, に彼, のほう, の僕, の出来事, の彼女, の手應, の様子, の気持, の眼, の自分, の通り, は全く, は彼, は彼ら, もあった, よりも遥か

1 [543件 抜粋] あの人, あの崖道, あの時, あの父親, ある日本, いつもの, おはる, お信, お幾, お誓さん, お高祖頭巾, かて奉公人みたい, からあった, からいまわしい, からお, からこいつ, からその, からで, からの習慣, からの馴染, からはもう, からみる, からわたし, から仏蘭西, から使った, から保存, から俺, から全く, から出来, から和田呂宋兵衛, から始終, から心, から思わない, から感じ, から手, から既に, から決っ, から注意, から目, から見る, から陽子, か現在, があった, がある, がずいぶん, が多かっ, が源氏, こそは正に, この人, この民族, この米屋, この老人, こんな顔, すなわち三十年前, そしてこの, そしてとりとめ, そのままの, その二階, その半切, その小, その小説, その彦兵衛, その扉絵, その指, その編輯者, その頃これ, たまたま私, だが, だけにただ一ト声, だけの話, だし, だしぬけに, だったから, だったが, だったの, だったのに, だつて, だと, だとかで, だヒョイ, だ平泉, ちょうど先生, つくづく酒, で, であったか, であったの, であった娘, であります, である先刻, である武蔵, でございましたが, でしたが, でしたですから, でしたわ, ですが, ですここ, ですって, ですと, ですら, でその, でそれ, でまず, でもこんな大きな, でも三角, でも今, でも餓死, で丁度, で二時間, で少し, で帝, で恰度妹, ということ, とかあるいは, とすこし, とすっかり, とはえらい, とはちがっ, とはまるで, とは全く, とは大, とは母, とは比較, とは違っ, と事実, と全く同じく, と同じく, と同一, と同一量, と変らない, と打っ, と由雄さん, と違った, どうだ, なぞは持前, などはその, など思わず, など次男, など浜子, ならお前, ならば, なんか暑うい, なんぞは休日, なんぞも私, なんて工場, にあたる, にありあり, にお前たち, にお父さん, にくらべ, にこんな, にさえもこの, にすべて, にすら署内, にそんな, にたまたま, についに, にとある, になん, ににわかに, には, にはいっ, にはお, にはおたがいに, にはお前, にはこれ, にはしばらく, にはその, にはそれ, にはとても, にはマンドリン, には一隊, には七人, には中, には五燭, には仔牛, には何人, には俗悪, には元気, には全然, には同じ, には弱った, には心ならずも, には息気, には既に, には朝, には現在水, には私, には秋, には色々, には若い, には衣裳, には親切, には豪放濶達, には貧血症, には運搬用, には長吉, には随分, には雑画, には静か, には骨, には鯖, にもこの, にも二度, にも何, にも十八才, にも宮, にも御, にも水量, にも羽仁, にゃあ, にやはり, によそながら, にわし, にわたし, に一クヲタア五シリング, に一人一人, に七拾五銭, に三郎様, に不意, に並ん, に中村, に乾魚, に今宵, に今度, に何, に使った, に偶然, に偶然友人, に傾斜, に公金, に出した, に前, に劉なにがし, に双方, に台所, に右衛門, に向かい側, に嗅いだ, に変わり, に女房, に尋ね, に小, に小さな, に小屋, に山上, に廊下, に思わず, に急, に成った, に教えた, に散らばした, に春秋座, に景年さん, に曹嶷, に某, に武蔵, に比べ, に比べる, に気が付い, に清八, に清子さん, に渡辺君, に特に, に犯行, に猿丸太夫, に玉枝玉枝, に生まれた, に生れた, に田舎, に碑面, に私, に米原雲海君, に考え出した, に葉子, に蝋燭, に親切, に許せ, に誤っ, に講談社, に貰った, に資本, に起こった, に跪いた, に路ば, に迎え, に遊び相手, に道庵先生, に門番, に限り, に雑役夫, に離れた, に難船, に雨, に青い小さい, に頂い, に飛び出した, に食料, のあの, のあんな, のお話, のその, のどことなく, のはげしい, のま, のみだ, のよかれあしかれ, のケロリ, の体験談, の何とも, の切なかっ, の印象, の可憐さ, の同僚, の名, の土壌, の声, の太子, の夫, の始め終り, の姿, の安心さ, の宿屋, の平生, の年代, の幸福感, の庵, の御, の心強, の快, の感情, の挙動, の昂奮, の根性, の歌, の気, の気分, の気持ち, の淋し, の滑稽, の物々しい, の相談役, の相識宮本半蔵, の研究室, の社会的地位, の竹さん, の経験, の若々しい, の西洋間, の親, の言葉, の金魚, の顔, の風貌, の香気, の馴染, は, はあたかも, はいって, はいつ, はお前, はことに, はこの, はせめてもう一度, はその, はそれ, はそんな, はただ, はどこ, はない, はのう, ははあと, はまた, はもう, はもっと, はプッチーニ, は七月末, は亡父, は人道主義的作家, は何, は何彼, は何處, は俺, は南雲さん, は同じ, は善悪, は多く, は大, は女連, は屹然, は川口, は怒, は早, は時候, は未亡人, は欠食児童, は殆, は気, は水, は無性に, は父親, は生活, は私, は臍, は自分達, は身分, は近い, は釣縄, ひょいと一人, ふと坂本繁二郎氏, ふと窓硝子, ふと耳, ふと蓼科山, ふと道, ほど凄い, まあまあ自分, まるで昨日, まるで浮気, みて, もあなた, もあり, もうそれ, もお, もこっち, もし自分, もずっと, もたま, もまた, もチョイチョイこれ式, も三年, も去っ, も島民ども, も怠け者, も手前, も新撰組, も真黒, も私, も繞石君, も記憶力, も遠く, やはり三人, や又, ゆっくりと, よりかえって, よりずっと, よりはたしかに, よりまた, よりもあたり, よりもいっそう, よりもとても, よりもよけい, よりも一層, よりも人間, よりも侍従, よりも別れ, よりも女王様, よりも日, よりも死ん, よりも自由, よりも遠く, よりも面白い, よりよほど, より弱った, より美しく, より面白い, より顔, を思え, を知ってる, ハラハラと, 何と云, 何やらむずかしい, 到頭縦横倶楽部, 始めてあの, 小さな冠, 後で思え, 御会いした, 或日兄栄次郎, 捕えた曹操, 早くも, 最も恐怖, 果してその, 某町, 殺して, 満洲事変, 登ったが, 知って, 程の感興, 突如と, 突然一つ, 突然或, 突然父, 突然狂象, 突然緑雨, 突然部屋, 見たこと, 見っとも, 軽く扉, 近づきに, 逸早く返書, 遠く聞えた, 長さ十五尺

▼ いたのに~ (850, 0.7%)

31 気が 25 違いない 19 ちがいない 14 今は 11 相違ない 9 それが 8 違いありません, 違いなかった 7 どうした 6 これは, 今度は, 今日は 5 それを, 今では, 過ぎないの 4 あの人, ここへ, 反して, 私は 3 この頃, それに, 人の, 彼は, 急に, 意外に, 相違ございません

2 [22件] あなたの, あの子, いまは, うっかりし, お前が, こんなこと, その人, その日, その期待, どこから, 不意に, 人が, 今じゃ, 博士は, 四辺は, 意外にも, 案に, 比べると, 相違ありません, 私が, 私の, 違いあるまい

1 [604件 抜粋] ああもはやどう, ああ気の毒, あえて差向けられた, あなたが, あなたは, あの出来事, あの運命, あんがいへ, あんまり心, あんまり腕組, いいわすれた, いきなり催涙弾, いきなり開花, いきなり鼻ッ先, いけませんでしたね, いざとなるとそいつらは宦官, いざ書く, いったいどこ, いつかしら夜, いつかその, いつのまにか櫓, いつのまにか消えちまった, いつの間にか降出した, いつまでも, いないなんて, いまだにいつ, いまの, いま一歩という, いま逢紀義渠などが, いらぬ遠慮, いろいろと, うちの, おったまげ, おまわりさんの, おやという, お俊, お兄様, お前は, お札が, お母さまは, お目, お養父さん, かえったその, かえってこちら, かえって五百個, かえって先, かくと, かく注意, かなりよく見通された, かような, かれ自身, くるま屋, けさは, こういう銘酒, こうして僕, こうして鍵, ここで, こっちは, こないだの, このお爺さん, このこと, このぶ, このよう, このミシリ, この不覚, この先生, この全市, この写真, この娘, この年, この植物, この淋しい, この習慣, この趨勢, この間ひょいと, この青二才, この青年, これじゃ, これだけの, これで, これを, これん, こわいこと, こんどは, こんなにたくさん, こんな事, こんな所, こんな眺望, こんな風, しかしどう, しかし有朋, すき見するとは, すぎない, すぎませんけれど, すぐその, すっかり計画, そうじゃ, そうだった, そう云う, そこへ, そしてまた彼女, そそっかしいピート一等兵, そちらから, そのあした, そのため, そのままずんずん山の手, その人前, その反対, その叱, その夜, その心, その手, その方, その案外, その田舎娘ひとり, その目, その目的, その箱, その頼みきった, そばから, それから急, それでも友人, それで突然, それに対して, それに対しては, それも, それらは, そんな所, たえて, たった伸子, たまたま今度渦, だがまもなく, だれも, ちがいなかった, ちっとも呼ん, ちゃんとこっち, ちょっとしたこと, ついそれ, ついに円盤, つい恋愛, つい膝許, とう, とうとう云いそびれ, とうとう歿, とうとう父, とうとう話させられる, とことんの, とつぜん空魔艦, とりに, とんだ失礼, どういう方法, どうしていっしょ, どうしてどんな, どうしてまた, どうしても僕, どうして子供, どうして寝, どうして警察, どうでしょう, どう云う, どこからか, どこへ, どんないきさつ, なぜ現われた, なにも, なんでおまえ, なんという, なんと云う罰せられようだ, なんにもならなくなっ, なんの, はじめての, はじめて目, はや先, ひさしぶりで, ひっかかったの, ひっそりと, ひねくれたよう, ひょいと出, ひょっくり思い浮べ, ひょっとしたら嫌われた, ひょっとしたら自分, ふいに, ふたが, べつにいさかい, ほかにも, ほらこんなに, まあこの, まあまあと, ましてそれほど確か, まだその, まだ何年, まだ森, まだ訪ね, まだ飲み足りなかった, まったく見当, むしろ切断, むしろ驚いた, もうどうしてもそれ, もうばらばら, もうひと, もう夜明け, もう大分, もう感じ出した, もうO, もっと隠忍, やっぱり駄目, やはりことし, やはりこの, やはりはずみ, やはりダネック, ゆうべも, よかった, よく今日, わが上州, わしは, わずか数年, わたくしは, わたしが, わるい友達, エイギュイユの, ガリレオの, コタツでは, セント・ヘレナが, トラックの, ドイツから, ナオミが, ホンに, マンは, ミルキ閣下は, ラツールの, ルーデンドルフは, 一七四一年四月初め突如, 一人く, 一体どうした, 一年半ぐらいで, 一文の, 一時その, 一言も, 一週間すぎ, 一騎の, 三ツ木は, 三十まで, 三十両と, 三四年振りで, 上願書提出の, 不幸に, 不思議にも, 不思議は, 主婦さんに, 九十里の, 乱暴にも, 乱闘の, 予期に, 事成らず, 二三日は, 二人とも, 二人に, 今この, 今と, 今に, 今の, 今はからずも, 今やおのれ, 今や僕, 今オルガ姫, 今不可解な, 今夕飯終り九時五分前, 今夜は, 今年の, 今年は, 今度来, 今戸を, 今晩に, 今更疑う, 今民族を, 今眼, 今頃まで, 他の, 何でも, 何にも, 何の, 何も, 何を, 何故間違った, 何日までも, 余は, 俄かに, 偶然まだ, 僕が, 優しい言葉, 先生は, 全然ダメ, 八時半に, 六月からは, 兵曹長は, 其ではと, 円満に, 冥府は, 出る気色, 初夏に, 別れに, 到頭私, 前年より, 加奈子は, 助けられ救い上げられて, 十両を, 半分寝返りを, 南条の, 博士が, 危く助かった, 又ひょっくり, 反しここの, 反対に, 叔父の, 可哀そうに, 同棲し, 向うから, 君が, 君の, 君は, 呼懸けた, 四郎が, 困った奴, 土人かしらと, 城中は, 壁布は, 夕刻から, 多少人生, 多賀ちゃんを, 夜に, 大小おそろいで, 大砲の, 天皇という, 失礼ね, 妙な, 妻は, 娘たちは, 婆あ, 子供が, 守の, 安心した, 宗対馬守義智が, 実はこういう, 実は何, 実際に, 実際は, 家庭の, 小糠雨が, 少しずつ, 山歩きなんか, 岩吉店の, 岩本本因坊と, 川上の, 川口の, 帰った今, 帰って, 帽子は, 帽子を, 年の, 庭に, 弁当も, 当人の, 当時内務省の, 彼の, 彼女は, 彼等が, 心の, 心を, 忘れて, 忠誠の, 思いがけなく新子, 思いがけなく晩酌, 思いの, 恥かしがり, 惜しいこと, 惜しいとか, 意外な, 意外も, 憎い童め, 或日青石横町, 教育の, 数馬が, 日が, 早や, 明方の, 明治時代そのものを, 春田などに, 昨夜の, 昭和十七年太平洋戦争勃発後国家総動員法による, 智子は, 暮して, 最初は, 最近の, 木下助, 木綿も, 木賀が, 木魚の, 本富士, 本当にこの, 本当に御免, 本業を, 来かかった大兵, 東金無宿の, 栄一は, 桂子は, 桃とも, 案内も, 案外平凡, 森の, 極めて快活, 正成以下の, 此の間図らず出逢い, 武藤邸の, 死なずに, 殉死しない, 毎日一緒に, 気がついた時, 気も, 気後れが, 気持ちを, 気附い, 法然が, 流れ来った水, 浅ましいわね, 温室の, 準之助氏の, 特に僕, 現実に, 病気に, 病気の, 発田の, 相異し, 相違あるまい, 相違なかっ, 相違ねえ, 真っ白な, 眼が, 眼を, 眼前に, 矢張お腹から, 秀吉は, 私に, 秋の, 突然最初, 端を, 米屋の, 紛らして, 素晴らしく腫れ上っ, 結局八時迄, 綾子夫人は, 羽衣町の, 老先生, 肝心の, 脚下から, 脱走し, 自分たちが, 自分の, 自家の, 自転車で, 色男を, 裁判医は, 見ると, 計らずもの, 誰も, 豈図らん, 赤インクで, 転びも, 辛うじて平易, 近ごろは, 近頃思いがけない, 逆に, 速達で, 遂に画家, 運命の, 過ぎないつまり, 過ぎませんでした, 遠島を, 遭遇した, 郵便局長は, 酔ったら急, 野原は, 金が, 金を, 銭屋へ, 隆は, 障子の, 雌が, 雪之, 面会に, 面喰ったらしかった, 音楽上においては, 順序や, 須臾に, 首の, 首を, 馬にも, 驚かされた, 驚かされた事, 魚戸は, 鼠が

▼ いたそう~ (766, 0.6%)

160 である 139 です 8462 ですが 52 だが 17 ですよ 16 で, であるが, でございます 15 であります 12 ですね 8 だよ, ですから 7 では 6 だな 5 じゃない, だから, でその 4 だね, でありますが 3 じゃが, でございますが, ですからね, ですし, な

2 [13件] じゃ, だがね, だし, であるから, でこの, でご, ですがね, ですけれど, でね, で外国, で母, で私, にご

1 [84件] いえば, いざお, じゃありません, じゃから, じゃな, じゃねえか, だからね, だしかし, だその, だった, だで, だなど, だろう, だッ, だハハハハ, であった, であったが, であって, であの, であるそれから, でいつ, でこれ, でございますから, でした, でしたが, ですけどね, ですけれども, ですそして, ですぞ, ですっかり, ですでに, ですな, ですねと, ですの, です玖珂, でそうした, でその後, でそれ, でどんな, ではござりませぬか, でまあ, でもちろん, でステキ, でバクハツ, でブロークン, でヘルマン先生なりふり, で一インチ位, で主知派, で代, で傷, で其の, で大井川, で姙娠, で婆さん, で実に, で弁当箱, で当人, で御座いますが, で御座いますよ, で悪人, で手當, で日露戦争後, で株屋, で父, で男の子, で苦しまぎれ, で計らず見付けた女中, で返り血, で道化, で首, とねえ, と存じました, と思いたちました, なので, なり, な物腰, にござる, にさすり, にし, にちらり, に泣き出した, に顔, ほどにお, 云ういろ

▼ いた~ (710, 0.6%)

48 どうか 24 どうかは 17 それは 15 知らないが 9 知れない 7 え, わからない 6 私は 5 それも, それを, どうだ, わかりません, 分らない, 否かは 4 しれません, どうかという, どうかも, 分らないが, 知れません, 自分でも

3 [11件] いないか, しれない, その時, どうかを, わからなかった, 分りません, 知って, 知りません, 知れやしない, 私には, 覚えて

2 [34件] いないかは, して, しれませぬ, そうでなかった, その理由, そんな事, だれも, つての, ともかくも, どうかが, どうかと, はっきりした, はっきり覚え, またそれ, わからぬ, わたしにも, わたしは, アねえ, ッ, 今でも, 先の, 全く記憶, 殆ん, 気が, 知らない, 知らん, 知りませんが, 知れたもの, 知れないの, 知れないん, 知れませぬ, 私にも, 考えて, 見当が

1 [422件] あいかわらずのんき, あたらこの, あちらへ, あなたは, あやふやだ, あるいは何事, あるいは全然, あるいは指紋, あるいは瀬戸物屋, あるいは私, あ無い, いかに多く, いたか, いったい私, いって, いつに, いないかすら, いないかを, いなかったか, いなかったかさえ, いまどうしても, いまは, いま何を, うしろから, えお神さん, えるは, えるら, おりの, おりを, お分り, お前が, お前は, お吉, お考え, お調べ, かえって夜中, きって, きらりと, こう一枚, この一事, この一例, この点, この衣裳戸棚, これについて, これは, これらの, これを, ご存じでしょう, ご存じです, さきに, したに, しない限り, しらぬが, しれないけど, しれないの, しれなかった, しれぬぞ, しれぬのに, しれねえぜ, しれませんでした, しれませんよ, しれやしない, しれやしないよ, しれやしねえ, じつに不思議千万, すこし見当, すっと抜出した, すらすらと, せめてそうでも, そいつを, そういうこと, そうしてその, そうだろう, そこで, そこは, そこまでは, そして何処, そして何故, そして現在, そのさい, そのとき, そのはかない, そのへん, そのままに, そのわけ, その他雑多な, その点, その目的, その穿鑿, その間の, その馬, そりゃわからぬ, それから, それが, それじゃァ, それと, それとも, それともこの, それともプルジェワルスキー, それとも僕, それとも出, それとも屍体, それとも庭, それとも設計, それとも超, それとも金, それに, それについては, たきが, だね, ちっとも消息, ついに思い出す, つくづく知った, つぐんで, つまりは, てえこと, である, です, でなければ目, とても局外者, とにかくかすか, とにかく充分, ともかくここ, どういう活動, どうかについて, どうも思いつかれぬ, どうも腑, どう云う, どちらか, どっちかに, どんなこと, どんなにはなはだしく, どんなにボルシェヴィキー, どんなに悪, どんな社会的労働, どんな顔, どんな髷, ない, なにもかもわかる, なれど, のっぽな, はっきりし, はっきりと, はっきり言い得なかったであろう, ひどくてれ, ふいに, ほとほと不可解, ほとんど分らなかった, ぼくは, またその, またその間何, またどうして, またどの, またどれ, またはなお, または傍, または先, または第, または赤, また乙, また何, また家臣, また心, また愛される, また殺させ, また自分, また近年, まだだった, まだ兄さん, まっすぐに, まるで知らなかった, みな聞い, めいめいが, もうわたくし, もう忘れ, もしくは名誉, もしそうであれ, もとより彼女, よくわからない, よくわかる, よく検め, よく知っ, よく知ってる, よく覚え, わからないが, わからないほど, わからぬので, わからんぞ, わかります, わかりませぬが, わかりゃしない, わかる, わしの, わたくしは, わたしから, われは, セエラ, ッて, ハッキリしない, フランスと, 一億年のちには, 下が, 不明であった, 久須美だけは, 事実彼女は, 五時ごろまでは, 些とも, 人見廣介自身では, 今たしかに, 伝六が, 位は, 何う, 何だつて, 何に, 僕の, 兎も, 全く覚え, 全てこれ屋久島の, 八, 八木岡君と, 六日いた, 其詩が, 内々それ, 凡べて, 出て, 出はじめるころ, 分かりません, 分ったであろうが, 分ったよ, 分って, 分らず一瞬一声, 分らなくも, 分らぬ, 分りませぬ, 分りませんよ, 分る, 分るので, 分るよう, 分明覚え, 判ったもの, 判らないが, 判らないぞ, 判らないと, 判らなかった, 判らなかったかね, 判らなかったが, 判りません, 判りませんか, 判るだろう, 判れば, 判然しない, 判然と, 匕首が, 半月ばかりは, 又され, 又それ, 又は大目, 又は少し, 又は持つべきであった, 叫び声を, 吉弥は, 君の, 君は, 否かの, 否かを, 否英雄達, 喜どんの, 図解し, 坊やの, 坊主, 坐って, 城太郎は, 夜来て, 大いにここ, 大体御, 大凡そ見当, 大方素振り, 女房が, 如何に又, 子供が, 存じませんへえ, 容貌の, 察しられる, 小姓も, 小姓武者が, 小石先生に, 少しも, 少なくも次第に順応, 幼子を, 当時の, 彼は, 彼女と, 彼女の, 彼女を, 彼方此方を, 徒事に, 御存じです, 御隱居樣, 心外と, 忘れて, 思い起すこと, 性欲が, 恐らく今, 恐ろしい秘密, 想像に, 意外だ, 或いはいなかった, 或いはここ, 或いは三人, 或はそこ, 或は時流, 或は無理じい, 或は現に, 戦争を, 推定され得る, 推測する, 支配人の, 改まって, 教えて, 新九郎は, 日本の, 日本中の, 明暗を, 明瞭と, 昔の, 昨夜の, 更に分らぬ, 未だ生れ, 朱実, 机の, 杉の, 栄介は, 桂庵の, 樹と, 正しかった, 武田伊那丸であった, 武蔵は, 死んで, 殆ど分らなくなる, 気づかなかったかね, 気も, 決して予測, 流れの, 狂わすか, 猪之の, 畳んだの, 疑わしい点, 痩せて, 百日目の, 目を, 瞭り申し立てる, 知ってるか, 知ってるかね, 知らないか, 知らないよ, 知らなかった, 知らなかったか, 知らぬが, 知らねえが, 知ら東京, 知りたいの, 知る由, 知れすか, 知れないが, 知れないこと, 知れないと, 知れないよ, 知れないわ, 知れない無数, 知れなかった, 知れなかったのよ, 知れぬ, 知れぬが, 知れぬの, 知れませんいいえ, 知れやしねえ, 破れ裂ける, 私の, 私よりは, 窺い知るに, 等の, 義貞は, 考えられて, 聞いて, 聞きませんでしたか, 能く, 自分で, 自分にも, 自分は, 自殺を, 至極どうも御, 英雄的だった, 茶店の, 薩張聴分られなかった, 見えなかった, 見て, 覚えてる人, 覚えないか, 覚えも, 解るもの, 言って, 訊いたが, 訊かなくても, 訊問の, 記憶が, 誰にも, 誰も, 貴説, 近所でも, 醜い面, 重視し, 長谷倉甚六郎の, 随って, 雲の上に, 青龍王は, 頓と, 頭が, 頭部を, 馬が, 駒井も, 高橋警部が, 黄いろい幽霊

▼ いた~ (651, 0.5%)

23 である 15 のよう 12 であった 9 がある, です 8 があった, の話 7 もあった 6 が多かっ, だ, だと, なの 5 だった, であったが, であるが, でした 4 が急, だが, というの, のこと, の顔, はなかっ, もある

3 [13件] が, があっ, がありました, だから, だそう, であったから, ですが, の中, の由, は, はそれ, はない, よ

2 [38件] か, があります, がいた, がその, がもと, が三人, が時ちゃん, が来た, が現われた, が私, が自分, さえあった, だという, であったこと, であって, でありました, であれ, であろう, ですから, ですよ, でその, でそれ, ではありません, ではない, で今, といえ, に逢っ, のところ, の事, の名, の死, はありません, はこの, はその, はようやく, は恐らく, も, を見た

1 [373件] あのいたいけ, かその, かと思われる, からきいた, からすぐ, から特別, から聞いた, から遠眼鏡, か四棟, があたり, があったでしょう, があったなら, があったら, があり, がある日外, があれ, がいよいよ初めて, がいる, がかえって, がきょう, がげっそり, がここ, がこしらえ, がこの世, がしかも, がずいぶん, がそういう, がたずね, がたちあがった, がだんだん, がつい, がつまらぬ, がとつぜん, がどこ, がどっさり, がない, がのぞき込む, がひどく, がひょいと, がほっと, がまだ, がむやみ, がやはり, がよも, がわたし, がアツ, がシンガポール, がフワリ, が亡くなっ, が伴い, が何プロセント, が何年ぶり, が何故, が偶然遊び, が傷, が僅か, が先ず, が公平, が内地, が召集, が呼ばれ, が囚われ, が多い, が多く, が大将, が奥, が好き, が妙, が帝大, が帰っ, が常磐津, が年, が広田さん, が意外, が持っ, が改めて, が新室, が早く, が朱子学, が極めて, が次, が死ん, が歿, が残し, が父, が皆, が目ざむるようににわかに窮迫, が知っ, が確か, が突然, が自ら割腹, が衆多, が話した, が起き, が起っ, が遠く, が郷里, が雪下ろし, さえも有った, さえ癒, じちが, じゃない, すなわち生きた, ずきの, だけれど, ださうですよ, だったから, だったと, だったという, だったのに, だとかで, だのそういう, だの東京, だ倦まぬだけの, で, であったし, であったと, であったの, であります, でありますが, であるから, であること, であるのに, であろうこと, であろう立派, でいま, でここ, でこの, でさえ, でさえ驚き, でしたが, ですって, ですの, でそのうえ, でないと, でなかつたこと, ではある, ではなかっ, ではなかったろう, ではなかつた, ではなくっ, でもある, でも悲惨, でも耳, でやはり, で中, で他人, で叔母, で名前, で后, で始終, で子供, で幸福, で当時, で徳川慶喜, で明治, で江戸, で無く, で畜産事業, で真に, で知人, で言, で越前三国, で隠居住居, で隣り, という意味, とか親ゆずり, とその, との間, とはまるで, とは別, とは別人, とは呼ばず, とも思えない, と云え, と別, と年長店員たち, と結婚, などはやっと, などは大, などを何, なので, なら, ならば, ならソヴェト, なら知らぬこと, なん, に, にさらに, にどうして, にはあまり, にはとうてい, にまで同意, にみな, に下僕, に中津川本陣, に会った, に何事, に信長, に古い, に大会場, に好意, に対して思うべからぬ, に淵君, に由っ, に自分, に薩摩, に見えた, に見える, に見せつけず, に連れ, に違い, に違った, に青木堂, に頼ん, ね, のあった, のあと, のお, のこの, のその, のほか, の世話, の伝記, の塊, の夫婦, の好, の妻, の姿, の娘, の寝, の弟子, の影, の意, の数, の料理番, の方, の暮し, の末弟, の様, の横目, の残っ, の現れ, の真, の真似, の眼付, の筆, の細君, の組合せ, の胆, の若い, の袂, の裾, の言葉, の足元, の足許, の身, の遺し, の遺言書, の邸宅, の頭, の額, の飜訳, の首, はあの, はありませんでした, はいささか, はいます, はうす, はお, はくるり, はこう, はことごとく, はそういう, はそんな, はだれです, はどう, ははたと, はひとり, はほっと, はほとんど, はまたもや, はまだ, はみんな, はやもめ, はよろよろ, はわたし, はわたしたち, はゲル, はストークス, はドレッシング, は一体どう, は世間, は中條, は人夫, は今, は先生, は即死, は大和, は如何, は尠, は尼, は必ず, は怒ったらしい, は思い出した, は日本, は水, は渋々, は爆音, は番号札, は皆, は皆立, は皆退出, は知っ, は考えた, は船井三郎, は誰, は雅子さん, は静か, は非常, は黒こげ, ばかりが語り伝え, ばかりである, への情け, ほど陸地, もあったでしょう, もあり, もありました, もありましょう, もあります, もうんざり, もこの, もすくなから, もまし, もまた, もまれ, もめづらし, もやがて, も交っ, も声, も姫, も存外, も少く, も恋しく, も死んだ, も相, も立ち上っ, も諦めた, や溺死, らしいと, らしくて, をうしなった, をおまえ, をこのごろ, をさえ驚かし, をやとい入れ, をわざわざ, を今目, を仮定, を仲, を妄り, を思い出す, を急, を旅, を殺した, を無法, を生き, を産業行政, を神, を置い, 或いはもう, 無村, 皆涙

▼ いたわけ~ (623, 0.5%)

212 では 72 である 47 です 42 でも 2417 じゃない 16 なの 13 だが, だった 12 ですが 9 なん 7 だね, であった 5 だから, であるが, でした 4 じゃねえ, だな 3 か, さ, で, であります, でご

2 [13件] じゃ, じゃなかった, じゃア, だったの, だと, であるから, でこの, でございますが, ですよ, で私, なので, ね, もわかる

1 [68件] かい, かなと初めて, があります, がある, がわかりました, が今, じゃある, じゃあるまい, じゃがその, じゃございません, じゃないだろう, じゃないでしょう, じゃなかろう, じゃの, じゃよ, じゃ無い, じや, だがね, だったが, だという, だの, だろう, だろうか, だろうし, だろうと, でありますが, であるとも, であるやがて, であろうが, でございますね, でしたが, でしてな, でしょう, でしょうか, ですから, ですからね, ですしね, ですな, ですなわち, ですね, ですもの, でない, でないから, でないこと, でない彼, でなかったが, でへとへと, でもござりますまい, でもなかつた, で双方, で実際, で彼ら, で従って, で料理場, で私たち, で葉, で鳥羽口, なんで, のこと, はここ, はこれ, はね珍しく, はシェクスピア, は中坪, よ, を思い出した, を曖昧, を語った

▼ いた~ (605, 0.5%)

13 島は 9 絹が 8 延は 7 延の, 銀は 6 綱は 5 君の, 君は, 島の, 秀は, 絹は, 蝶は, 雪の, 雪は 4 らくは, 勢が, 君が, 増は, 姉さんは, 米が, 銀様の

3 [14件] 千代は, 増の, 島と, 庄は, 民が, 米の, 粂の, 菊は, 藤が, 藤は, 通は, 銀が, 雪が, 駒が

2 [45件] さよは, まきが, めえ, 俊さんまでが, 八重は, 内儀さんが, 内儀さんは, 千は, 千世が, 吉は, 咲と, 園は, 姉さんが, 島が, 庄の, 延という, 春は, 杉隠居は, 梅が, 武家様が, 父様の, 石は, 神さんは, 粂が, 粂という, 絃が, 絹の, 絹も, 縫は, 艶が, 蘭の, 蝶が, 蝶の, 蝶も, 貞が, 貞さんの, 邸の, 銀の, 銀様が, 銀様は, 雪と, 面を, 駒の, 高は, 高祖頭巾の

1 [355件] えいは, かたで, かた達ばかりを, かっちゃ, かなに, かなの, かね婆さんの, かみさんと, かみさんは, かみさんも, きえさんだ, きみが, きみは, きみ婆さんと, きんは, ぎんであった, くさん, けいの, げんの, さるは, しずと, せいが, せい様が, せい様と, せい様も, せきの, たから, だいという, ちょうが, つみを, てつは, ない年, なつが, ぬいさんは, のぶの, はぐろ溝, ばんは, ひさの, まきさんは, みちが, みや御前の, もなる, ゆうを, よねは, ツルちゃん, 一人だった, 三根が, 三輪が, 三輪と, 主婦さんや, 久が, 久という, 久美だった, 二た, 二人の, 互に仲, 京さん, 京と, 京という, 京の, 京も, 人よし, 今が, 今の, 今は, 仲も, 住居の, 佐代さんは, 作が, 作は, 使いの, 侍が, 侍さんが, 俊も, 信が, 倉を, 側用人国家老を, 元を, 兄さんが, 兄さんの, 光さんの, 光さんや, 光にも, 光の, 八代さんの, 八代さんは, 八重という, 六の, 内儀が, 刀を, 利代は, 勢の, 勢も, 勤を, 医者に, 医者様二人にも, 十夜が, 十夜の, 十夜は, 十夜孫兵衛が, 十夜孫兵衛という, 千との, 千絵様, 千鶴は, 半という, 友達に, 召使の, 吉さんという, 吉じゃ, 君さんの, 君でありました, 君には, 吟は, 吟を, 咲が, 品が, 品の, 品は, 品を, 喜乃が, 喜代が, 国は, 土産は, 城の, 夏と, 夏は, 奈良さまは, 奉行を, 好み焼の, 妙が, 妙に, 妙の, 妙は, 妾が, 妾で, 妾は, 妾ふうの, 嫁さんの, 嬢さまが, 安が兄の, 富が, 小姓とんぼ組の, 小遣ひ, 屋敷の, 岩は, 島に, 崎の, 巡査さんは, 市の, 常は, 干代後家, 庄が, 庇さまで, 店で, 延が, 延に, 延には, 弓の, 役人が, 役人さまが, 役所の, 御籤の, 徳は, 志乃を, 志保の, 房という, 房は, 手紙拝見し, 才が, 掃除など, 政が, 政は, 敏は, 新を, 日さまの, 春が, 春も, 時が, 時の, 時は, 時代な, 月夜に, 月様が, 月様は, 杉は, 染は, 梅さんが, 梅さんを, 梅に, 梅の, 梅は, 梶さんが, 梶は, 槙が, 此が, 此は, 武士に, 武家方が, 母上の, 民は, 浜の, 浦が, 浦という, 清さんが, 清に, 源は, 照が, 照の, 燕であった, 燕の, 燕は, 父さまと, 獅子の, 由の, 由利は, 甲が, 甲は, 百も, 百姓たちは, 直と, 直という, 直は, 石が, 磯という, 神さんが, 神楽の, 神樂の, 神矢の, 神籤は, 福は, 秀の, 秋思わず, 稚児の, 稲の, 稲は, 竹の, 竹は, 筆と, 箸を, 米, 米である, 米という, 米は, 米も, 米を, 米観音とでも, 粂であった, 粂です, 粂は, 粂へ, 糸の, 糸は, 約束事を, 紺に, 組の, 経でも, 給金を, 絹という, 綱さんが, 綱と, 綱という, 綱ッていう, 綺麗な, 線香代の, 美代は, 美代を, 美夜ちゃんを, 美野が, 美野の, 良は, 艶, 艶では, 艶という, 艶も, 花と, 芳には, 芳の, 茂登は, 茶漬を, 菊ちゃんが, 菊へ, 菊も, 菰の, 葉は, 蓮さま何を, 蓮は, 蓮も, 蓮様は, 蓮様胸の, 藤, 藤だった, 藤や, 藤低, 藤姐御, 藻代さんの, 蘭どのの, 蘭は, 蝶さんという, 蝶に, 袖が, 袖に, 裁縫やへ, 角が, 角さん, 角さんを, 角であります, 角と, 角の, 角は, 角も, 角開場と共に, 言葉です, 詑びかたがたこう, 講中な, 豊に, 豊の, 豊は, 豊を, 貞さんが, 跡参り, 軽は, 辰が, 辰さんに, 辰という, 近は, 通が, 通も, 通を, 那珂であった, 重が, 重には, 重は, 金持ちの, 金持の, 鈴は, 鉄という, 銀という, 銀様にとっては, 關の, 霜が, 静が, 静です, 静と, 靜は, 養父さんは, 駒ちゃんが, 駒ちゃんを, 高が, 高の, 高を, 髪を, 魚の, 鯉は, 鶴が, 龍という

▼ いた~ (588, 0.5%)

38 のこと 15 である 11 の話 9 であった 7 だった, の事 5 の, のよう 4 からすでに, のある, はまだ 3 から, だが, であったと, でした, のお, の写真, の自分

2 [31件] ある日, からあの, からこの, からその, からよく, から彼, だから, で, であったから, であったが, であるから, です, ですから, とは別人, なので, には夜, のお話, の先入主, の名残り, の彼, の貧しい, はここ, はこの, はよかっ, は彼, もそう, よく母, を思い出す, 一度遊び, 或る, 或人

1 [396件] あの二人, あの小人たち, ある女, ある日私, ある晩お宅, いきなり木蔭, いろんな文学者, お千代, かも知れない, からあり, からおれ, からかれ, からすでに全く, からたいがい私, からです, からのこと, からのわるい, からの下郎, からの友達, からの口ぐせ, からの同輩, からの幼友達, からの慣しだった, からの慣しであった, からの時代, からの知りあい, からの知り合い, からの知合, からの誼, からの遺風, からの願い, からの馴染, からはやく, からまた, からもう, からもうよほど, からもう既に, から世話, から世間, から仕え, から側, から側近く召使, から先代, から先生, から卿, から口, から召使, から可憐, から同窓, から周圃, から喫, から大分空模様, から宗教, から少し, から常に, から幸蔵主, から弁太郎, から彼女, から心安く, から時々, から朱実, から株相場, から母親, から毎日, から気, から江州長浜, から深く, から父, から狐, から猪之さん, から知りつくし, から知人, から知合っ, から自体, から見る, から見れ, から親しく, から野馬, から鍛え, から顔, から馬丁, から鳴っ, か飯田町, がお, がなつかしく, が父, この木下若狭守, さんざ他人, その, そのお父さん, その住家, その地, その地下室, その恋人, その担任教授, たしか彼, たまたま散策, だ, だったと, だったよう, だって林町, だつて, だの, ちょうど秀吉, ちらと, であったなら老人二人, であったろう, でありましょう, でかれ, でさえ君, でしたが, でした可愛いい, ですからね, ですが, ですらも, でそこ, でその, でも百折不撓, でも誰, で仙台, で何, で侍従武官, で其時, で別, で源女, で私, とそっくり, とそっくりそのまま, とて前, とはすっかり, とはだいぶ, とは大, とは第, とは違っ, とは随分, と同じ, と少し, と違っ, などは老師, なの, なのに, なら別に, なんかあれ, にくらべ, にくらべれ, にこの, にその, にそれ, にどこ, には, にはあんなに, にはお母さん, にはこの, にはどれ, にはまた, にはもう, にはやはり, にはよく, にはわざわざ, には一尺, には一度, には今, には今月, には友達, には実は, には教室, には毎夜, には毎日一文, には父親, には琴凌, には確か, には私, には空想, には米国風, には誰, には足, には近く, には首席, には鶴さん, にもやはり, にも幾度, にも度々, にも書いた, に下宿, に云い交した, に何, に創作, に同宿, に回教, に婆さん, に岸本, に彼, に彼女, に書い, に生れた, に節子, に納豆売, に蓄えた, に誰, に賀古氏, に較べれ, に附き, ねえどうも, のいろいろ, のおつもり, のお客, のこの, のその, のひどく, のまずい, のもの, のナオミ, の上野駅, の下, の世間, の二人, の人生, の人間, の仕来り, の僕たち, の元気, の先生方, の出来ごと, の出来事, の勢力, の同窓, の名, の名残, の君, の周さん, の呼び, の姓, の姿, の子供, の学問的遺産, の定家, の家, の小, の居館, の帝展, の平井山, の幼い, の幼名, の幽霊, の彼女, の往来, の徒然, の手, の手柄噺, の手記, の救世観音, の方, の日記, の旧い, の昔, の春日新九郎, の月江, の校友会雑誌, の楽しかっ, の気持, の涯, の物語, の生徒, の生活, の生産, の生産状態, の男, の知り合い, の私, の竜太郎, の経光, の脂, の色好み, の言, の身分, の電気ブラン, の顔, の館, の髪, の魚問屋, はあの, はある, はあんな, はいつも, はお, はこれ, はじ, はすこしも, はずいぶん, はそいつ, はその, はほんとに, はまだしゃんと, はバクチ, はブルジョア文壇, はワトソン君, は丹後, は二百人以上, は俺, は兄, は北野, は少し, は展覧会, は弟, は或, は文科, は日, は最も, は朝, は正しく, は母, は毎年, は毎日, は気難しい, は無, は猪, は生活, は百人, は盆暮, は直ぐ, は真面目, は神保町, は私, は聖母マリア, は若い, は藩, は読み, は誰か, は身分, は送っ, は随分, は雪, は面白かっ, は頭, は馬賊, は高利貸し, ふと郷里, また卒業, まではまだ, までは故郷, までは田舎, もありました, もある, もう下界, もう二十年, もこの, も八百屋, も同じ, も常に, も幾月, も毎日ブリキ, やっとどうやら私, やはり三高一, やはり同じ, よ, ようやく夕闇, よくあそこ, よくお前, よく工場, よく御, よく父, よりは広い, よりも東京, よりわれ, より大層, わざわざ手みやげ, を思い出し, を思い出します, を想像, を知っ, を知ってる, を見計っ, 仕えて, 代助, 共に質子, 初めておまえ, 初めて門, 取ったの, 可笑しい話, 同じよう, 同じ足軽組, 大番頭, 始終つけ狙ってる, 幼い弟, 或日, 時々お腹, 暫く同じ, 最高級, 死んだ者, 比較的親しく, 精一杯英国, 聞いて, 若い娘ら, 行われたこと, 表むき, 重さ九十斤

▼ いた~ (523, 0.4%)

17 である 13 があった 12 がある 10 です 7 では 6 はない, もあった 5 だと, ですが 4 が多かっ, だ, であった, はだれ, はなかっ, もある 3 がない, が一人, が二人, が急, だった, であるが, でも, にちがい, は一人, もない

2 [26件] が, がいた, がこれ, がようやく, が多く, が尠, が彼, が手, が測らず, じゃ, だから, だという, であるから, でご, でございます, なので, にお, の中, は, はこの, はまたたき, は皆文壇的, は私, もあろう, もひとり, をついに

1 [336件] か, かも知れない, からじかに, から真っ先, があっ, があったでしょう, があったら, があつ, があり, がありました, があります, があるなら, があるらしい, がいっせいに, がいった, がいつ, がお腹, がけち, がこう, がございまし, がそこ, がそんな, がたった, がどんな, がなにゆえ, がひょいと, がぽん, がまた, がまだ, がみな出動, がもう, がゆすり起こされ, がウィリアム, がバッサリ, が一人前, が一層, が三名, が上陸, が不意, が他, が俄, が免職, が兎, が六助, が友達, が咬まれる, が喋る, が多い, が家, が少い, が少なく, が引いた, が後, が後に, が忽ち, が思いがけなく, が我が, が曹操, が曹洪, が東海道, が果し, が浜, が深い, が独立, が生, が絶無, が群星, が行方不明, が見えなくなった, が見なおす, が起ちあがる, が辛うじて, が野口, が金鎚, が顔, が駈けだそう, こそすなわち, さえも少し, しかるに漸, すなわち戸外, だが, だけが残った, だけで, だけにま, だけはなよなよ, だし, だったこと, だったという, であったが, であった事, でありかつまた, でありなお, でありました, であること, であると, であるのに, であるや, である事, であろ, でいくばく, でかの, でこれ, でござるが, でしたが, でしょうか, ですから, でその, でないこと, でない限り, でなかったらとうてい, でね, でエンジン, で先年体, で日雇, で青く, で韋康, とあっ, とあれ, といっ, とかご, として一度, とたっ, となっ, とは似, とは思えませんでした, と比, と言う, ども憐れ, などがわずか, なの, なんぞというもの, にいった, にご, にございます, にしろ, にすぎない, にとってはだれ, にとっては最も, にとってまったく, になっ, にはかく, にはき, には実に, にふい, により行われた, により行われた如く見られる, に会う, に取っ, に尋ねる, に死ん, に負けた, に過ぎない, に長く, のあった, のあんな, のこと, のない, のなか, のほか, のよう, の出所, の口, の妹, の家, の影, の復仇, の手, の手紙, の死亡, の死骸, の注意, の目, の眼, の臆病, の襟もと, の話, の顔, の駈, の髪, はあった, はあて, はあまり, はありませんでした, はあわて, はあッ, はいなかった, はいま, はいわず, はお腹, はかえって, はかの, はきゅう, はここ, はこれぞ, はその, はその間, はたいてい, はただに, はたった, はちょっと, はともに, はどう, はどやどや, はどんな, はひとり, はひと目, はへたへた, はまだ, はまったく, はみなくらくら, はみんな, はれい, はわっ, はトランプ, はパッ, は一度, は下, は二, は二三人, は体, は何人, は何処, は何時, は何者, は僅か, は出所, は前代, は取っ, は叩きつけられ, は同情, は声, は大地, は天井, は寄手, は少ない, は尠, は屋内, は幾人, は当時奥御殿, は彼女, は思い出し, は懲役十年, は最初, は林児, は死, は気, は江戸時代, は清川一人, は火傷, は無かっ, は物, は病気, は皆, は皆いっしょ, は皆牢, は目, は直ぐ, は直感, は真先, は磔, は秀吉, は秀吉以外, は窯場, は端, は美和子一人, は義貞, は聞く, は荀攸, は見る, は起き, は道教, は長官, は雪払, は非常, は順々, は驚い, は鴫澤主水, ばかりだ, へもすべて口止め, または野, までいや, までがその, までが起き, までが起き直っ, まで月日, まで立っ, まで駈けつけ, もあっ, もあります, もあるいは, もいちどきに, もいま, もいるだろう, もおり, もこの, もその, もそんな, もなく, もみんな, もバケツ, も一時, も今日, も体, も同じ, も否応なしに, も呆れたらしい, も変, も多かっ, も太子, も嫌応, も少々, も少なく, も尠, も居る, も暫く, も楽しみ, も次第に, も無い, も百姓, も皆, も笑っ, も貧しく, も逃げ, も魚, やあるいは, や弓, や海, らしい, わずかに, をお, をここ, をどこ, をも驚かした, を使い, を俄, を殪

▼ いた~ (518, 0.4%)

21 はその 7 の心, はこの 6 の方, の耳, は, はそれ 4 の父, は今, は彼等, は思わず

3 [11件] です, にはそれ, のところ, の少年時代, の手, の眼, の頭, はとうとう, は少し, は彼, もこの

2 [37件] がこの, がその, だが, だった, であった, ですが, とお, に取っ, に哲学, のその, の友人, の叔父, の家, の弟, の所, の昔, の期待, の母, の気もち, の神経, の胸, はある, はすっかり, はそこ, はそのまま, はふと, はやっと, はよく, はクルリ, は平気, は急, は灯, は神, は私, は自分, は長い, も縁端

1 [336件] がうれし, がこうして, がこんなに, がすくなくとも, がそれ, がたった今, がどうして, がまた, が他, が何で, が俄, が台所, が吃驚, が呆れた, が奥, が尚かつ, が当時, が思わず, が悪い, が承知, が折, が朝, が漸, が生命論, が病院, が魂, が黒い, こそ, さえその, そして今, だったが, だったの, だのに, であったから, であるから, でございます, でさえ, でさえこう, でさえびっくり, でした, でしたが, ですから, ですけれども, という人間, としてはこんなに, と一脈, と彼女, と打合わせ, と木村, などもフテエこと, なん, に, にここ, にその, にちょっと, にとってこれ, にとってはそれら, にとって一つ, にとり, にはここ, にはこの, にはこれ, にはその, にはそんな, にはだんだん, にはどんなに, にはよく, には何ん, には全く, には地, には寧ろ, には木, には私, には記念, には記憶, には貴い, にも同情, に何一つ, に反っ, に向っ, に寄越し, に感じられ, に持っ, に明日, に相違, に鉄柵, のほう, のほお, のやり方, のよう, のインゴルシュタット, のクラス, の上, の不徹底, の不満, の予備知識, の仕事, の低, の体, の全, の写生箱, の前, の十二, の右手, の名誉, の命令通り, の場合, の変り, の夫, の妻, の妻子, の姉, の姿, の孤独, の少年, の店, の心持, の悪, の情, の情熱, の想像, の愚かさ, の感情, の戦友, の所持品, の掌, の故郷, の方向, の旧, の明け暮れ, の時鳥, の最初, の本心, の植物研究, の気持ち, の潜在意識, の猟奇趣味, の甘, の生活, の目, の目前, の眼ぶた, の着る, の確信, の精神, の考え, の耳元, の肩, の肱, の胸中山水, の胸先, の自白, の血液, の記憶, の訪問者, の許, の詩, の話, の読書慾, の貧乏, の身体, の迂, の近所, の醜悪, の錯覚, の長兄, の頭ン中, はあの, はあばら屋, はいかほど, はいくぶん, はいや, はおりおり, はお母様, はかあ, はこう, はこうして, はご, はさらに, はしばらく, はそういう, はそうして, はそこで, はそのうち, はそれ以後, はぞんざい, はただ, はたまらなく, はだから, はだが, はつい, はともかく, はどうか, はへん, はまだ, はむさぼる, はもう, はもし, はもしや, はもちろんすでに, はもちろんまだ, はやがて, はオヤ, はカイゼル, はカーテン, はガタリ, はトウトウ, はマゴマゴ, は上, は上衣, は不, は世間的, は九時頃, は事実, は二階, は人間, は今にも, は令息, は何, は何となく, は偶然川畔, は元気, は全く, は其処, は再び, は出来る, は初め, は初対面, は剃刀, は勢いどうしても, は協和会東京事務所, は叩きすくめられた, は吃驚, は吹きまくる蒙, は唯, は喜び勇ん, は図書館, は図書館法通過, は壁, は外国, は夜なか, は大方, は奢っ, は子供, は子供心, は子爵, は室, は宿, は小説, は川, は帰還, は常盤座, は当分元, は当然, は彼ら, は彼女, は思いがけぬ, は悲痛, は意外, は愚か者, は或, は戯曲, は手巾, は折, は折ふし痢病, は放課後間, は文学書, は時ちゃん, は時折美貌, は暫く, は更に, は曾, は本物, は橋, は正木博士, は殆, は母, は毎日, は氷, は浅薄, は火点し頃, は焦躁, は片足, は病, は百年記念博覧会, は真面目, は瞬間, は石滝, は私相応, は種々, は突然, は窓際, は立っ, は聖書, は膝, は自動車, は自然, は莫迦莫迦, は西下, は西方, は見知らぬ, は逆, は酔っ払っ, は間もなく, は間近い, は非常, は頭, は風呂, は驚い, までもの, もあきらめる, もいま, もおとなしい, もそれ, もまだ, も三度, も今日, も夫人, や仙, よりか背, よりほんの, をかえりみ, をどんなに, をのぞいた, を前, を大きな, を姉, を憚, を数珠屋, を痛切, を相手, を足蹴, を送り, を連れ, を震撼, を驚喜

▼ いたその~ (501, 0.4%)

8 人の 6 時の, 男が, 男は 4 女は, 子は, 目が, 頃の 3 ことが, ころの, 人は, 女の, 家の, 顔が 2 中に, 人が, 刹那に, 口が, 土地の, 姿に, 当時の, 男である, 男を

1 [423件] あくる日の, あくる日は, いくつかの, いなせな, うしろの, うちの, うつくしい女, お君, お城址, お屋敷, お手, お方は, お杉お玉, お秀, お米さん, かまちの, ころ今日で, ころ廓の, すきを, すぐうしろ, せいだろう, せいに, ためであった, ためには, ちょうど四日目, ちょっとのま, つらさ, つれかとも, とおりであった, とおり墓標にも, ときに, ときの, ところへ, どんづまりから湧き出した, なかで, ひとが, へやへ, ほか三四の, まっさきに木俣ライオン, ままで, ような, イディルという, スケッチは, トランクを, バケツの, ピアノは, フランス女学生の, プロレタリア文学が, ボートに, ポスター価値を, 一つの, 一人の, 一日も, 一組に, 一部分をも, 一間に, 七人の, 万年筆です, 上に, 下から, 下に, 不合理を, 両手が, 両眼, 中で, 中での, 中には, 主人の, 主人は, 主君も, 乞食は, 事に, 事実が, 事実は, 二つの, 二丁の, 二人に, 二人を, 二年の, 二軒も, 五体も, 五十・五十二番地の, 京都を, 人いきれの, 人だった, 人であったら, 人である, 人に, 人を, 人力車の, 人口を, 人影は, 人物が, 仇を, 仮普請, 位置である, 佐月の, 何かは, 供述の, 偶像, 僭越が, 兄の, 先には, 先の, 先生は, 光の, 光景は, 内面の, 冒険の, 凄かった, 出来事が, 出鼻を, 刀が, 前から, 前にかの, 劇場で, 午後伸子は, 半礼装, 卓子で, 単衣, 厠を, 厭な, 友田が, 反動で, 古い友達, 可憐な, 名が, 名称ばかり, 向うには, 呼吸を, 唯一の, 商家の, 四角な, 国の, 土地を, 地点から, 地点だった, 地点に, 基本性, 場から, 場でも, 場の, 場所から, 場所に, 場所は, 場所も, 塩であった, 壁辰が, 外には, 外面的な, 夜, 夜である, 夜の, 夢の, 大てい, 大床, 夫の, 女が, 女だった, 女とは, 女性では, 姉は, 娘が, 娘は, 婆さんは, 子供は, 定子が, 宝庫を, 実が, 客が, 客は, 客も, 室の, 家に, 家は, 家族には, 宿へ, 富豪の, 寝台の, 寺が, 小さい子, 小さい身体, 小作品, 小劇場, 小村の, 少女の, 居処を, 山上生活の, 岩盤は, 巾着を, 帽子を, 年増の, 年増は, 店も, 庭園は, 建物の, 弁天さまの, 弓に, 弟と, 当日の, 役人は, 御柱, 心の, 心を, 心持ちに, 心組みさえ, 怪しい人間ども, 怪物の, 恐ろしいスタート, 恐ろしい閻魔, 息子の, 患者は, 情婦仇吉を, 愚堂和尚であった, 感じを, 感覚の, 成金は, 所から, 扉が, 手が, 手に, 手の, 手を, 手勢だった, 手紙という, 打撃が, 折合壁から, 攫徒が, 支那船も, 数年間に, 文が, 方角の, 方面も, 旅先だった, 日から, 日の, 日午前十時頃から, 日本人が, 昔は, 昼食は, 時と, 時に, 時にも, 時キイヴァンの, 時代に, 時代の, 時代を, 時八歳の, 時四つだった, 書面を, 最初から, 最右端, 月だ, 有様が, 朝で, 期間に, 木の下を, 本を, 本人が, 机の, 東大の, 松は, 松岡君が, 板片は, 柔道の, 植物は, 様子を, 標語, 樽から, 機の, 機会が, 機会を, 機微を, 死骸は, 段鹿子を, 母に, 母刀自や, 気ちがいの, 気持, 気持と, 気持を, 気苦労も, 水の, 決心を, 汽船は, 河の, 浅草医院は, 海の, 海べの, 海岸を, 火星人は, 為に, 片側に, 片割, 牧師の, 独自の, 猪口に, 玄関の, 理を, 理解が, 生徒の, 男から, 男に, 男へ, 男自分の, 町並は, 画家である, 界隈の, 界隈を, 留守の, 畳に, 癖が, 癖で, 白ちゃけた膚を, 白黒まだ, 皇帝は, 盤台を, 目に, 目の, 相手が, 真上あたりに, 真正面の, 眼からは, 眼の, 眼を, 眼縁が, 着物も, 瞬間全く, 瞳は, 瞳も, 矢を, 石橋の, 社会の, 私にも, 穴から, 空が, 窓ガラスには, 笑いを, 笠を, 簡単な, 籠を, 粗末な, 細かいどこ, 細君は, 細君らしい, 継足が, 編笠を, 美しい眼, 美しさ, 羽織を, 老人は, 老博士, 者たちへ, 者は, 背後の, 胸には, 脱殻な, 腹中の, 自尊心は, 自由の, 船が, 花の, 若い母, 若侍, 若者は, 茨は, 落着きを, 葉が, 葉巻だ, 薄衣が, 蛭の, 蟇口も, 血は, 被告は, 裏長屋の, 角の, 言葉が, 言葉の, 言葉も, 言葉を, 記念塔を, 記憶の, 話から, 誰かが, 調子が, 談話を, 請負師の, 谷じゅうに, 財布が, 賢明な, 足で, 足裏に, 跡の, 身を, 軍艦が, 軍隊は, 輪郭に, 轢いた電車, 辺を, 通りだ, 通りパリに, 部屋で, 部屋に, 部屋らしかった, 酒が, 里の, 釘勘は, 銀玉は, 長女は, 離宮村は, 雪は, 電気鳩です, 青春が, 音が, 頃から, 頃大体近代の, 頭を, 食卓で, 飾である, 首が, 高いカラー, 髪の毛を, 黒い戸

▼ いたとき~ (457, 0.4%)

25 のこと 10 のよう 8 だった, です 6 である 54 だったので, と同じ, に, の様子 3 であったから, でした, と同様, なので, に私, のまま, もあった

2 [16件] だったから, でしたから, でもある, とはまるで, とは違う, と同じく, なん, にこれ, にはまだ, にふと, にも長い, に不意, の話, はあんなに, はそんな, やはり自分

1 [326件] あげたの, あつしは, あのこと, あのとき, あのイギリス名画集, あの家, あの幸福, あの村, あの近在, あまりあわてた, ある先生, ある夜十二時過ぎ, ある朝, お友達, お絹, かつて自分, からそれ, からみる, から上瞼, から中田教授, から何, から台州, から屡々, から粗野, かわいがった黒, か細いき, があった, がいちばん幸せ, がやがて, こういう雰囲気, この, このふたつ, この文句, この細君一人, しめたと, すくって, すぐ横, すぐ歳太郎, すでにこの, そういいだした, そして掘りはじめ, そして若い, そのままに, その中, その売場, その大学, その女, その室, その様子, その消息, その部屋, だから, だけにその, だけに親鳥, だしぬけに, だったが, だって歌舞伎, ちょうど親方, ちょくちょくホノルル, で, であった, であったが, でありました, であるから, であるだけに, でございましたが, でさえそれほど, でさえ彼, でさえ持たぬ, ですが, でもよく, とうとう卒中, とおなじ, とそっくりそのまま, とちっとも, とつぜん伝六, とつぜん天地, とつぜん彼, とつぜん異様, とつぜん音楽, とてその, とてそんなに, とて千鶴子の, とて矢代, とて突如, とはいろいろ, とは別人, とは違っ, ともかく家, と或, と見た, どうした, どうして知識人, なお一つ, などには彼, などは寂しい, などむろん, など次男, なの, なら私, なるほどこれ, なんとなく左, にあなた, にあらわれた, にお母さん, にかれ, にきみ, にこちら, にこの, にその, にちょっと, にというかわり, には, にはああなるほど, にはあれ, にはいや, にはじめさん, にはとっくに, にはまったく, にはクワ, には何, には八時, には別人, には大分, には太陽, には感覚, には懸命, には数えどし, には文子, には毎朝毎夕挨拶, には秋, にふい, にほんの, にみんな, にもこうして, にもこの, にもし, にも彼女, にも決して, にも肘, にも胃腸病, にわかに一人, にペテロ, に三年, に今, に会っ, に使っ, に僕, に先生, に半, に口語体, に尼崎, に愛し, に愛妹武子さん, に或, に招かれ, に新しい, に日本人, に朝顔, に来る, に正面, に死んだ, に湿った, に玄関, に用い, に相違, に眺めたなら, に硝子戸, に終戦, に聴かされた, に肺, に自分, に草双紙, に落ちた, に見た, に言っ, に誰か, に面白, ねあの, のあり, のあんなに, のそのまま, のほか, のまま直次, のわかい, のマリ子, の世話, の事, の二人, の互, の伸子, の兵士番号, の写真, の同じ, の女中, の姿, の容子, の平家文化, の形, の思い出, の悪たれ口, の感じ, の故, の日本, の次郎兵衛, の気分, の男, の相川良之介, の眼, の着物, の空気, の突然, の続き, の縁起, の自分, の裸, の記念品みたい, の長崎, はある, はあれ, はかれ, はげしく争う, はすでに, はどう, はぼく, はまだなかなか, はまとまった, はよほど, はフテブテ, は三味線, は五十銭, は兼松, は別, は別にそう大して, は助け, は土人たち, は夜, は大体独りっきり, は安全, は屋敷, は工場, は戦場, は毎日, は海水浴客, は無学, は牧師, は物資, は祖父, は苦しんだ, は見なかった, は資本家, は鍬一挺, は雲, は音楽会, は鼠, ひょっと見たら, ひょんな事情, ふとあっち, ふとみょう, ふとコンパス, ふと前述, ふと眼, ほとんど突然に, または死んだ, もああ, もあの, もう一つ上, も一度, も今一つ, も内村教授, も友人, も同じ, も外国, も夜, も月, も朝, も自転車, やがて又, やはり雨, やめて, よく息子, よく言問橋, よりいくらか, よりずっと実際, よりはすこし, よりもいっそう, よりもなお, よりもはるか, よりももっと, よりも一層, よりも同情, よりも彼, よりも更に, よりも顔, より楽, より素子, よろずやの, わざわざ九段下, ガーンと, フラフラと, 丁度夕飯時分, 不図, 不図一つ, 乏しいながらも, 低い竹, 僅か三年後, 元甲州, 同じ宿, 大きな声, 始めてその, 居合わせた, 新しい無産者文学理論, 更に自分, 死ぬマネ, 決してこんなに女, 泣いたこと, 泣いて, 温いセメント, 疲れて, 突然書類, 聴いたおかしい, 蒙った最後, 行われた選挙, 買って, 随分いろいろ, 食べたきり

▼ いたため~ (452, 0.4%)

16 である 9 であろう 7 だろう, にそれ 5 に, にその 4 だった, であった, にこの, に彼 3 かも知れない, だ, であろうか, です, ではない, にかえって, にこんな

2 [28件] かその, かそれとも, だったの, だろうか, だろうと, ではなかっ, ではなく, でもあった, でもあろう, なの, にいっそう, にお, にすぐ, につい, に今, に今日, に却って, に多く, に天皇, に娘, に思わぬ, に現場, に相手, に私, に自分, に色々, もあっ, もある

1 [310件] いっそう大, いまや大, おのずから思慮, か, かあるいは, かいささか, かえっていく, かえって彼, かえって彼女, かえって成金, かこういう, かこの, かし, かたとえば, かなり荒され, かもしれない, かもわかりません, かも知れぬ, かようやく, かわしきれずに, かヨロヨロ, か何ん, か小次郎, か平生, か惣八郎, か手痛い, か歴史, か気, か熱心, か私, か逆, か道, か選挙時, か食事, この岩手, この方面, この男, この象面, こんなめ, しがないん, じゃ, すぐ後, そうして其眼, そしてもう, その女, その機会, その疑惑, その類, それで司法官, ただもっぱら, だそう, だったと, だと, だという, だのいろいろ, だろうしも, ついその, ついに書, であったかも, であったと, であったの, であったろう, であります, でありリッケルト教授, であるが, であると, であろう襖一重, でお, でしょう, でつまり, ではありません, ではある, でまず, でもあり, でもあります, でもある, でもあるでしょう, でもございましょう, で別に, で始め, で村, で詩人, とうとうそこ, とまた, とも見られる, とも言われうる, と思う, と思われる, どれほど各地, なんとなく陣中, にあまり, にあれ, にいったい, にいったん, にいつ, におそろしい, におのずから実際, にかなり, にからく, にしけ, にしばらく, にすっかり, にそう, にその後, にそんな, にそんなに, にたちくらみ, にたとえば, にだんだん, につい暫く, にとうとう, にときどき, にとくに, にとろけない, にどう, にどんな, にどんなに, になん, にひどい, にひょっと, にほかならない, にまた, にみなさん, にみんな, にもう, にもし, によろよろ, にわかり, にわたし, にわれわれ, にアト, にアリバイ, にアワヤ一, にウィンパー, にゴム毬, にナポレオン, にパリ, にペルシア, にワイア, に一そう, に一種, に一頭, に下, に不可解, に並木先生, に丸木, に乱れ, に事態, に亡夫, に人生, に人間, に今さら, に今に, に仏教, に他人, に以前, に仮名, に体, に何十万, に倒れた, に先日, に兵隊, に出入り, に出血, に分量, に初江, に前号, に割拠, に創作, に化学変化, に卒業, に単に, に危険, に受け取った, に古い, に召捕, に可哀そう, に呉一郎, に呼び出され, に囚われた, に地質学者ら, に地面, に多四郎, に大抵, に大衆的, に大阪城代, に奥さん, に女, に女権主義者, に婢, に宮, に小林君, に小父, に少し, に山, に川, に巧, に市ヶ谷, に市民, に平気, に廷丁, に引き残された, に当時, に彼女, に後々杓子, に御代田, に忙しい, に怖, に或, に掏摸, に推薦, に故郷, に新しい, に日本文化, に日本本来, に日比谷, に時々, に時代, に木, に本州四国九州いずれ, に本当に, に来た, に機影, に次第に, に歴史的, に死んだ, に残っ, に残った, に母, に水, に決して, に法律, に潮水, に父亡き後, に父吉左衛門, に父親, に物語, に特に, に狂躁的興奮, に狐, に甚だ, に生かし, に生じた, に生涯仕上げ, に疱瘡神たち, に直観, に相違, に眼, に知らない, に祖国, に神奈川, に秀政, に私達, に科学, に穂, に第, に紅葉, に聞き損ねた, に聞くべき, に職業, に自動車, に自然, に英語, に薄れ, に見様見真似, に記憶, に貞時, に賊, に起った, に身体じゅう, に農村, に逃げおくれ, に逃げられ, に途方, に過ぎない, に遭難, に都, に野犬, に野良犬, に金閣寺, に長唄, に間に合いませんでした, に革命, に顔, に鳥博士, の不覚, の寛厚さ, ばかりに自然, ばかりに起った, ひじょうに珍, まだ夕方, まったく同人, よく小間使い, らしい, 一方へ, 両脇, 似, 全く聴きとれない, 却って日本語, 実に荒いまずい, 実際自分, 暫くは, 漸く熟れ出した, 特に親交, 疑われたの, 空しく一行, 見つけたもの, 踏み外ずし, 軽い傷, 遅れたの

▼ いたかも~ (451, 0.4%)

117 知れない 61 しれない 27 知れません 25 知れぬ 18 知れないが, 知れないの 10 しれなかった 8 知れぬが 7 しれないの, しれません, 知れませんが 6 しれぬ 5 しれないと, しれぬが, 知れないと, 知れなかった 4 しれないという 3 しれないが, しれないん, しれねえ, わからない, 知らぬが, 知れないがね, 知れないわ, 知れなかったの, 知れませんから 2 しれぬと, しれませんが, わかりません, わかる, 分らない, 忘れて, 知れないという, 知れないね, 知れぬの, 知れん

1 [69件] しれず必然, しれないくらい, しれないけれど, しれない地上唯一, しれない泥坊, しれない顔, しれなかったが, しれぬでは, しれぬ昔, しれませぬ, しれませんし, しれませんね, しれませんわ, しれん, ないもん, わからなくなるでしょう, 俊三が, 分りません, 分るの, 図られない, 寄せて, 察知できる, 彼は, 思い遣ること, 思って, 知らぬ, 知れずまた, 知れず一概に, 知れないおそらくは, 知れないがなあ, 知れないくらいの, 知れないこと, 知れないし, 知れないぜ, 知れないその, 知れないそれ, 知れないぞ, 知れないとは, 知れないどうも, 知れないな, 知れないのにな, 知れないや, 知れないよ, 知れない僻地, 知れない小さい, 知れない志村のぶ子, 知れなかつた, 知れなかつたし, 知れなかろう, 知れぬあるいは, 知れぬから, 知れぬでは, 知れぬという, 知れぬほどの, 知れねえ, 知れねえの, 知れねえんで, 知れませんな, 知れませんなあ, 知れませんよ, 知れませんわ, 知れんが, 知れんて, 知れんテヤ, 考えて, 見ること, 解らない, 解らぬが, 記憶が

▼ いた~ (441, 0.3%)

10 が, がある 9 だが 87 があった 6 である, です 5 なの, の声, は 4 が手, だった, に違い

3 [11件] があの, がいきなり, が一人, が彼, であった, の一人, の人, の姿, はこの, はその, は急

2 [32件] があっ, がいつ, がお, がこの, がどこ, がまた, がむっくり, が安, が居る, が飛ん, だから, だそう, だと, であります, で今, と女, なので, なん, に別, に衝き合せず, のあった, のこと, の事, の児, の前, の心, の耳, の顔, ははじめて, は私, もやはり, や女

1 [261件] か, から何, から貰った, があったでしょう, がいれかわっ, がうしろ, がおじけた, がかれ, がきまり, がくくられた, がけさ, がこちら, がじつは, がせっかく, がそう, がその, がそれ, がちら, がどうも, がどなった, がひくい, がひょいと, がほか, がむらむら, がわずか, がわたしたち, がバルブレン, がヒョイ, がピストル, がムクムク, が一行, が不意, が並ん, が予審, が二人, が人目, が今, が今目, が僕, が入口, が叫びました, が台州, が名, が変, が夢, が大変, が女, が思いがけぬ, が急, が悲鳴, が意外, が或, が振り向い, が故郷, が明智探偵, が暫く, が暴力, が林, が武蔵, が歩い, が気軽, が永峯, が沈黙, が河野, が父親, が犯人, が痴呆症みたい, が発狂, が皆, が突然, が立ち上がった, が笑いだした, が老人, が耳, が自分, が舟乗り, が船, が茶, が蛾, が見ちがえる, が見つけおっ, が言った, が起き上がっ, が身代り, が遮っ, が酒, が金, が鍵, が降り, が集会, が顔, が飛び上る, こそ狂人, じゃそう, だけにかえって, だけに今度, だけに勅使, だけれど, だし, だってね, だという, だな, だの畑, だろう, であったから, であったが, でありいま, であるが, であること, であるらしい, であるらしく思われた, であろうか, であろう別, でした, でしたがね, ですが, ですよ, でその, でもあった, でも先生, でカクテル, で一種, で一風, で三河町, で入道家, で当時, というの, としての趣好, とは一体, とやらで, と出会い, と別れ, と同, と怪武士, なのに, に, にあの世, にたずねた, にだしぬけ, については明確, にはすべて, にはなお, には遣らぬ, にも手つだわせ, によく, に俺, に取消, に合図, に寢卷, に届けられた, に渡す, に聞え, に見られちまった, に見られる, に頼んだ, の, のうち, のしなびた, のほう, のポケット, のワッショイ, の一部分, の中, の人たち, の人相, の名前, の女房, の左, の思慮, の息子, の手, の方, の横顔, の正体, の死骸, の毛, の目, の眼, の袖口, の言葉, の連中, の顔付, はいきなり, はいそい, はいつの間にか, はきっと, はさき, はすぐ, はそれ, はたしかに, はどう, はない, はにくい, はのろのろ, はひょっとしたら, はまた, はまったく, はまるで, はわざわざ, はオスカーワイルド, はスウ, は一, は一ぺん, は中年, は体, は俄, は半, は即ち, は口, は女, は川上, は度々, は振り向いた, は春香, は時計屋, は月, は洗面所, は空腹, は立っ, は編笠, は縄ばしご, は舞台, は言葉, は起き上がった, は隣, は露路, は靴, は飛ん, は香川美青年, へ, へ無造作, へ青眼, まで降り, も, もあった, もそれ, もようやく, も丁度, も振向い, も次, も点頭いた, も真似, も眼, やら女, よ, をか, をじっと, をふとした, をほんとう, を不審, を半, を引っ張り行く, を捨て, を正気, を殺した, を特に, を私, を職長, を見る, を逮捕, 現にお前さん

▼ いたけれど~ (412, 0.3%)

8 私は 7 それは 3 それが, 心の

2 [15件] いつまで, お前は, これも, その時分, その顔色, それも, そんな心配, 一人の, 小屋の, 彼には, 彼の, 彼は, 彼女の, 私の, 薄ぼんやり

1 [361件] あいにくこれ, あとでは, あとの, あなたが, あなたと, あなたは, あの娘, あの還暦, あの雨, あまり不平, あやめの, ある, あんなはずかしい, あんまり遅い, いつの, いまと, いまは, いやあの, いよいよそういう, おじさまを, おじさんには, おてつ, おまえが, お正, お絹, お腹が, お菊, お豊, お通さん, お銀様, きいて, きわめて深い, けっきょく, こうして島, ここでは, ここに, ここには, こっちにも, このごろは, この声, この往来, この未來, この窓, これほど, こんなお, こんなに持っ, こんなに落っこちる, さっぱりと, さてどういう, さも気掛り, しかしそれ以外, しかしまだ, しかしアントアネット, しかし一度, しかし零落, しかも自分, じっと胸, じつは立派, すぎの, そういう者一人, そうしなけれ, そっと入口, そのうち, そのかわり, そのぼんやり, その一方, その咳, その声, その多少, その家, その弟, その意味, その憐, その拳, その町, その異変, その発熱, その目, その足跡, その間に, その間には, その音, それから一緒, それから警戒, それでもお, それでもおたがいによく, それでもその, それでもなお, それでもなおやはり, それでもなお熱情, それでもなお素朴, それでもほとんど, それでもやはり, それでも享保時代, それでも私, それでも訪ね, それとともに, それには, それにも, それほど気, それを, そんな事, そんな誓い, ただ恋, だがそれでもやっぱり, だんだん我知らず, ちょうど客人, とうとう心身共, とうとう立っ, ときどき思い出した, とてもいい, とにかくまたやって来た, どういうもの, どうした, どうしても手, どうせ今, どうも先, どうも物足りない, どんなに情なかっ, なお処女, なかなか出, なかなか気焔, なにか頼りなげ, なんとなく若, ねこむには, ねて, はげ落ち色あせたなりに, ひどくうすぐらかっ, ひるまず天来, ふみ江は, へんだ, べつに虐待, ほかに, ほねぶ, ほんとうに, ほんとに容貌, まあこういういろんな, まあ安心, まぎれも, まさかお父つぁん, また何時も, また愛, まだまだ生命力, まだ何とも音沙汰, まだ内部, まだ大気, まるで意地, みな宙を, みんなが, もういや, もうこうなっ, もうこの, もうこれからは, もう型, もう自分, もう襲っ, もう髪, もとの, もとは, もの思わし, やがて彼女, やはりきれい, やはりペス, やはり自分, やや貧し, ようやく口, わたしは, わたしも, オルフェウスの, オーロラは, コート一枚拵え, ゾッと身, プリューメ街は, ペットを, ペンさんが, マニーロフを, ムクは, ヴェリチャーニノフは, 一たび其人の, 一向彼, 一方は, 一言でも, 丁度印, 丈けは, 不用に, 不良外人の, 両刀の, 主としてそれ, 事が, 事実でない, 二人は, 二晩三晩という, 人殺しまで, 人間の, 今に, 今は, 今もっ, 今夜の, 今度義理の, 今日は, 仕方が, 他の, 伊代は, 会って, 体操の, 何か, 何の, 併し, 個人的には, 僕は, 元の, 光は, 全く強い, 六十歳以上とは, 初めて善良, 前述の, 劉表の, 十一時に, 十一月に, 半月と, 又思え, 叔父さんは, 口に, 可愛がっ, 台所の, 同じ屋根, 同じ書物, 向う岸は, 咲枝に, 唯書物, 四辺は, 困ったもの, 坊さんに, 大丈夫かしら, 大変今, 天願氏の, 夫とても, 女は, 女中さんを, 姉を, 姿を, 実はそう, 実はもう, 実際に, 実際ロンドン, 容易に, 寂しい気, 寒そう, 寝たっきり, 小説家の, 少佐の, 少女時代を, 尚精悍, 尚高, 尾行し, 局部の, 山風は, 崖から, 工事の, 左のは, 幕内の, 幸内は, 幸太郎の, 形の, 形を, 彼女は, 彼犬に, 後から, 後には, 心臓を, 思いあきらめ, 怪しいこと, 恒川氏は, 悪運まだ, 悲しみの, 或る, 或日私, 持病の, 摩耶ちゃんが, 早晩戦いを, 時と, 時としてこういう, 時間は, 暗く寂しく物恐ろしく覚明, 有明山燕岳大, 朝起きの, 本当か, 本當, 来るべき日, 松井君には, 案外面白い, 此処に, 段々むちゃくちゃ, 母親は, 毛筋ほどの, 気の, 気は, 泣きはらした目蓋, 海老団治の, 漢学の, 灰色の, 無地の, 無理に, 燕尾服を, 父の, 生憎誰, 皆不明瞭で, 皆粗末な, 盲目の, 真っ昼間から, 眠ったふり, 眸は, 眼の, 矢張活物だ, 私あんな, 私のは, 私泣いた, 秋山さんが, 窓への, 築地の, 紫の, 結局この, 美しい人, 耳は, 肋骨を, 肝腎な, 肝腎の, 胸が, 脚本の, 自分の, 自分より, 良人が, 花瓶では, 若い燕, 苦労を, 荘田は, 葉の, 行き違いに, 西洋の, 西洋人に, 西洋人には, 読み得るだけの, 誰も, 警察は, 足の, 辛抱が, 近頃の, 逢いたくッ, 連作など, 道庵先生は, 部屋へ, 野中の, 随分めずらしい, 静かな, 静けさの, 頤の, 風に, 駒井能登守は, 鳩尾から, 黒い百合, 黒雲なれ

▼ いたづら~ (367, 0.3%)

16 をし 12 をする 6 好きな 5 つ子, をした 4 つ児, に, 盛りの, 者の 3 せよと, で, に人, 好きの

2 [20件] されて, つ気, である, な, なれば, にし, にその, になり, に吹く, に吾, に咲い, に嘆き, に子供, に寒う, に汝, に音, に鳥, 描きを, 書きの, 書きを

1 [255件] あがりの, あひるめもう, かしらと彼等, か村瀬, がはやつ, がひどい, ごとだ, ごとでは, さ, さうにガーガーと, さうに云つた, さうに笑ひころげ, さうに肩を, さうに見え, さや, されたやう, するど, するなよ, するもの, せぬ様, それは, だ, だが, だつた, だと, だらうかとは, ぢや, つていふ, つぽい, つ兒, ですもの, ですよ, では, でもあつ, でも構, で三田, で其巖丈, で溝, とから思ひついた, と捨鉢, と知れました, なり, なりき, なりし少年, なる健康, なる夏期講習会, なる骨折, な仕切直し, な反抗心, な名聞心, な女神, な心, な放言, な文字, な気持, な涙, な神樣, な蠱惑, な阿魔, な雀, な風, におの, にかき乱した, にきれい好き, にこ, にこましや, にさびしい, にしらじら, にじめじめ, にため, になげきかなしむ, になつ, になりぬべき, にはとり, にもがけ, にやすみ居ら, にイライラ, にケガヅ, に不能者, に乱伐, に乾く, に事實, に人物, に他, に伐り出す, に体, に佶屈, に停止, に冒涜, に分けつる, に切齒, に双方, に古い, に右往左往, に右顧左眄, に吠え, に吸っ, に吸つて, に唄う, に嘆く, に國事, に土, に場所塞ぎ, に多き, に多く, に夜, に大地, に官位, に小さい, に少年老い, に屑屋, に彈奏, に彼, に御祓, に心身, に思ひたのめ, に思ひ驕りし, に我, に押し, に放浪, に旧弊, に明し, に時勢, に書いた, に望洋, に朽, に朽ちん, に来, に果てん, に梢, に概念, に欲せし, に歸, に水, に汝棄, に沈みゆく, に消, に混乱, に滅尽, に為す, に烈しき, に無, に無用, に煮詰まる, に熱狂, に燃え, に父親, に狼狽, に玩弄品, に用, に皮, に真昼, に種類, に空, に空坎, に突ツ, に突進, に窓, に紙魚, に経ぬ, に経歴, に置くべき, に耳, に腹, に膿, に花, に苦しん, に華美, に落つる, に見え, に言うる, に論理, に諧謔, に警笛, に賣, に過ぎ, に過す, に過去, に金めつき, に長き, に閉ぢ, に青春, に骨, に黒文字, に齢, のあと, のすさび, のつもり, の子供たち, の弟, の文字, の裏, の限り, はしない, はできる, は斯ん, は直せない, ばかり, ばかりで, ぶしの, まじめな, みたいな, ものだ, もので, ものでした, もののせゐである, ものめが, も相当, らしい, らしい微笑, を, をしました, をなん, をはじめた, をはじめる, をみつ, をみる, をやる, を叱り留めつ, を考, を考へ出した, を見た, ツ児ねえ, ツ兒の, ツ子か, ツ子が, ツ子らしく叫びました, 也, 事に, 事には, 事の, 位だらう, 兒の, 坊で, 女との, 子たちとは, 子たちに, 心から, 描きが, 書きで, 書きな, 止めて, 止めで, 気が, 為たる, 物は, 者が, 者だ, 者である, 者といふ, 者は, 者奴は, 者奴鐘が, 臥一念かたまり, 臥何ごとぞ

▼ いた~ (347, 0.3%)

5 だった, の姿, の心, の顔, はこの 4 の妻, の眼, は, は急 3 だ, である, の手, はすぐ, はその, はふと, はやがて, は思わず

2 [15件] が今, でもあった, でもある, の唇, の女房, の耳, の足, の身体, の頭, の魂, はいきなり, はしばらく, は今や, は俄, は夢中

1 [252件] がいま, がともかく, がコゼット, が一分, が三人, が不意, が事件, が二階, が今度, が俄, が公生涯, が助かる, が十月, が密, が幽, が廓, が急, が未知, が産婆, が貧しい, が酔ってるらしい, そしてこの, だから, だけに今, であったかが, であったが, であったろう, であり批判, ですけれども, ではあり, ではある, としてはそれ, としては嫌, としては目的変更, とは思えない, なの, にとってこの, にとっては来る, にはそうした, にはどうも, にはぴんと, には何, には恭一, には敵, には此等, には私, にやっと, に対してわたし, に戸田老人, の, のお, のからだ, のごとき, のす, のその, のそば, のぶらぶら, のほう, のカステラ, のモノスゴイ独逸魂, の一人, の一生, の両手, の主人, の予想, の人生観, の住居, の健康, の剣, の勇名, の厭世的人生観, の友達, の口, の召使, の同僚, の名声, の喜び, の四十九個, の境遇, の声, の大兵, の奥さん, の存在, の家, の希望, の平和, の年老いた, の弟, の心持, の心持ち, の忌わしい, の息子, の悲痛, の惣領, の想像, の愛嬌, の態度, の掌, の掛念, の文学的発足, の方, の最後, の本質, の栗毛, の残忍, の母, の海音如来, の煩悩, の父, の痩せた, の社会的位置, の神秘的, の神経, の箱, の素姓, の結婚披露, の羅布人, の職業, の肩, の腕, の自信, の若い, の苦心, の華々しい, の裏側, の視線, の覚悟, の誇, の謀臣陳宮, の警告, の豊饒, の財産, の身の上, の過去, の郎党, の部屋, の都ぐらし, の長女, の霊妙, の頑強, の頬, の額, の高, の黒, の鼻先, はあらゆる, はいかに, はいつの間にかしっかり, はおそるおそる, はここ, はことに, はこれら顕著, はしばしば, はすっかり, はそうした, はそこで, はその後, はそれ, はついぞ, はつか, はどこ, はどんなに, はひろい, はふい, はぶつかっ, はまた, はむっくり, はやがてちょっと, はやにわに, はようやく, は一つ, は一方, は一瞬, は久しぶり, は事ここ, は何故, は何時, は余り, は例, は出来る, は前, は勿論, は友, は叫んだ, は哀れ, は城門, は幸, は張り合いぬけ, は彼ら, は彼女, は彼等, は後, は悠々, は放浪, は文官, は日頃, は昼間, は時々, は最早, は望月三郎, は未だに, は横着, は次第に, は永年京都勤番, は江戸, は燻んだ, は独身そのもの, は瑠璃子, は用事, は番頭, は神田, は秋近, は突然, は素早く, は罪, は自分, は船首, は葉子, は蒼く, は虹, は語り, は躊躇, は辺り, は金口, は鉄, は閑散, は陽, は雨, は飛び上っ, は驚ろ, へ抛る, へ話した, また根戸川亭, も, もいつしか, もその後, もそれら, もにわかに, もようやく, も俄, も近ごろ, も銀, も閣下, らしい情感, れの, をそのまま, を急, を紹介, を見る, 持って, 蒼白い髪, 頼むよう

▼ いただけ~ (346, 0.3%)

50 ませんか 25 である 22 であった 16 だった, では 14 ませんでしょうか 13 です 12 なの 11 なん 107 でした 6 ましょうか 5 あって 4 だが, だと, であったが, ですよ 3 だったが, で何, ましょう, ません 2 であと, であるが, ですが, でその, でまた, なのに, なのよ, ますまいか, ませんかしら, ませんかね

1 [91件] ありますね, いまこの, お金もっ, かえって話, じゃ, その貧乏, それだけ屁, たろうと, だから, だからね, だそう, だったから, だったからね, だったでしょう, だつた, だよ, であったし, であったという, であったの, であったのに, であなた, であの, であまり, であります, であろう, でいわば, でこれ, でございます, でしたから, でしたが, ですぐ, ですもの, でその後, でその間, でそれ, でただ, でどなた, でなく何, でなく僕, でなく初老, でなく日本, でまだ, でやして, でよく, でわたし共, でアメリカ, でパリ, で一般人民, で一言, で一頭, で伸子たち, で初代, で別段, で咲二, で大して, で少し, で師弟, で彼, で彼ら自身, で心張棒, で手, で火, で生命, で病気, で秋, で自分, で見と, で親分, で誰, で間もなく, どんなにか, なので, ならどうして, ばい, ましょうね, まするの, ませぬ, ませぬならば, ませんかと, ませんかな, ませんこと, ませんで, ませんでございましょうか, ませんでしたこと, ませんでしょうかと, や, 今松, 時にはなお, 私の, 落窪んだ, 障碍が

▼ いた~ (338, 0.3%)

13 のこと 9 の人 7 のひと 5 の一人 4 であった, である, です, の児, の姿 3 があった, だそう, だった, の手, の顔, はふと, は急

2 [17件] か, が, がこの, が一人, が兵馬, が突然, さ, じゃない, だ, だと, であったから, の声, の死骸, の眼, の笑, の自我, は

1 [229件] がいきなり, がいました, がいや, がいらっしゃい, がここ, がこちら, がその, がたちまち, がたった, がだんだん, がど, がどうやら, がはいっ, がびっくり, がふたり, がふと, がガラス戸, がジーニバルト, が一人俄, が一口ごと, が云った, が人影, が今, が何, が何やら, が傍, が僅, が其, が冬, が出, が初めて, が場所, が堺屋, が夜具, が大声, が岡田, が帰りかけ, が応じた, が怒りだした, が急, が掻き消す, が気, が洋装, が清元延津弥, が甲走った, が痞, が私, が自分, が自動車, が薄い, が藁, が言いました, が雅子, が面, が頼母, が顔, すら白服, だから, だが, だけが絹靴下, だけだった, だったのに, だの, だよ, だろう, だろうと, であったと, であって, でありながら, であります, であること, であるとも, であろうと, でいっさい, でこないだ, でもなく, でわたし, で多分, で夫婦, で生, で直に, というもの, としての本来, とでも一時間以上, とはまるで, とも別れ, とも有耶無耶, と云う, と別れ, と大分, と思え, と挙動不振, と結婚, と輪転椅子, などのこと, などは蛇, なので, なのに, ならば, なん, に, にそこ, にたとえ, にはこぶし当て, にはそれほど, に云った, に対する劇, に思わず, に抱きついた, に盲目的, に相違, に言いかけた, に違い, のすべき, のひと達, のほこり, のもと, のもの, のよう, のシャツ, の一人娘, の上り, の世界, の中, の人たち, の人品骨柄, の人達, の仕業, の体, の借金, の匂, の匂い, の単, の厭わしい, の古い, の名, の外, の娘, の子供たち, の子供ら, の客, の家, の寝, の屍体, の帯, の幽霊, の廃め, の彫像, の影, の心理, の心臓, の手紙, の探索, の方, の書生さん, の様子, の正体, の死に顔, の母親, の理想, の箔, の素姓, の腿, の蝙蝠傘, の衣裳, の被衣, の視線, の解放, の話, の追, の鉱山, の面影, の頭髪, の頸筋, の首, の香, の髪の毛, はありゃ, はいとおしむ, はいま控所, はお歌, はこの, はすこし, はそれ, はそれら, はちら, はどう, はなあの, はべつに, はまだ, はチョン, は一斉, は一方, は二十年, は亭主持, は伊豆屋, は体, は到頭, は口元, は向き直ろう, は彼, は恐怖, は母親, は激しい, は煙管, は笑いこける, は艪, は誰, は野, までが先, もある, もいた, もこいつ, も休ん, も癩, や詩, よりさき, をあご, をまた, を兄, を先, を嗅い, を実際, を怒らした, を栄介, を盲人, 恋しさ, 決してあか, 笑って

▼ いたって~ (316, 0.2%)

12 仕様が 10 仕方が 5 いうん, しょうがない, しようがない, 何も 4 それが 3 ことは, つまらないじゃ

2 [18件] いいだろう, いいん, いうこと, いうわけ, いつかは, いつまで, ただそれ, ぼくは, ものさ, 仕方がねえ, 別に不思議, 始まらない, 急に, 構や, 構わない, 私は, 言いますぜ, 話は

1 [228件] あたしには, あなたの, あれと, あんなだから, あんな大, いいじゃ, いいで, いいの, いいのに, いいや, いい文学, いい都合, いうし, いうの, いうんで, いう事, いざという, いつ身上, いまどんな, いやあだれ, おかげがねえ, おっしゃるん, おれは, おんなじ事, お化けに, お友達, お父さま, お父さんは, かえって惨め, かまうこた, かまわないじゃ, きりが, ここから, こっちは, ことが, ことに, ことを, こんな黒い, しょっちゅうヒヤ, しようがねえ, そっちでも, その上役, その芳村さん, そりゃ本当, それだけは, それでも, それで事, それとは, それ本当セリョージャ, だめだ, だらしない, だれも, ちっとも差支えありません, ちゃんと分る, ちゃんと経済, ついうっかり自分たち, つき合いって, つけないで, とうとう誰, とやかく言う, どういう風, どうせお前たち, どうせ世間, どうせ他, どうなる, どうも一向はじまらない, どじの, どの鼠, どんなに固い, なくなるもの, なんとか組, なんにもなりません, なんにもなりゃしない, なんの, のは, はじまらないが, はじまらないわけ, はじまらねえ, はじまらねえやな, はじまらねえ話, ばからしい, ひと言伝え, びた銭一文落っこっ, べっぴんの, べつにふしぎ, ほかに, また人間, めっきな, もう今日, もしかして, ものだ, ろくな事, わからない, わかりゃしねえじゃねえか, わけさ, チョビ安は, ブーッと, 一向に差支え, 一寸考えつかない, 七面鳥の, 下宿料が, 不必要, 世間ふさぎをするだけじゃねえか, 了簡は, 云いますよ, 云うはなし, 云うん, 人の, 仕方ありません, 仕様がねえ, 仕様の, 何もかも忘れ, 俺の, 僕ぁ構わない, 僕に, 全く例, 内気な, 分らないじゃ, 別におめでたく, 別に何事, 北国の, 取次いで, 変事が, 夜が, 夢で, 大きなお世話, 女房に, 好きな, 姉さんつまらない, 始まらないから, 始まらないこれから, 始まらないじゃ, 始まらねえん, 始まらんので, 始まる訳, 娘が, 安心は, 少しも, 差支は, 帰って, 幼稚に, 当には, 得て, 心からあの, 心配は, 必ず電信柱, 怪我を, 情も, 想像も, 戸外の, 打っ附, 探し物, 日本が, 昔ながらの, 暑いの, 末は, 本当に京都, 本当に打ち解け, 本当の, 来て, 来る時, 根は, 格別の, 構いません, 構うもの, 構わないじゃ, 構わないわけ, 死んだって, 毫も驚く, 民主, 気は, 決して為れる, 涼しくわたし, 火を, 為方が, 無駄さ, 無駄です, 物静かに, 犬に, 生きて, 生みの, 町人には, 皆お, 直に議会, 相手の, 相手は, 知りゃしません, 私が, 私ども一人一人の, 立派な, 端唄の, 絵ソラゴトです, 腹の, 自分が, 船頭の, 花は, 若さ, 苦しいこと, 茎が, 西河岸の, 要路の, 見えないわね, 見て, 言うかな, 言うんで, 言う話, 言ったね, 訳な, 話が, 足もとに, 迷惑じゃ, 追善供養の, 通れくらいは, 通行人は, 進歩する, 酒場の, 野郎の, 金魚屋さんなんかに, 長い事, 閑人じゃ, 閑人です, 間に合わなくなって, 随分御, 際限が, 難癖を, 面白くあるまい, 面白くも, 駄目だ

▼ いたけれども~ (313, 0.2%)

5 それは 3 それを, 今は, 彼の, 彼は, 私の 2 二人は, 彼が, 誰も

1 [287件] あきらめた, あすこは, あそこには, あの, あまり久しく, あり合わせ, あれは, あわれなクリストフ, あんまりおそい, いよいよその, うまくそこ, おれは, お松に, かれは, こうしていろいろ, こうして改めて, こう出, こう近寄っ, ここへ, こっちも, このあいさつ, このごろに, このよう, この分, この男, この調子, これからふたたび前日, これだけ, これとても, こんなに大勢, さすがに, さらにその, しかも富, しだいにそういった, しばらく会わない, じじむさい顎, じぶん, せめて枝, そういうの, そう急, そう言われ, そこに, そちらにも, そのうち, そのこと, そのため, そのよう, その一人, その内容, その半纏, その名称, その実質, その当時, その晩, その死, その毛髪, その火, その見, その言う, その言葉, その間妻と, その類, それから知人, それが, それだけの, それでもそこ, それでもクリストフ, それでも動乱, それでも有力, それでも索具, それには, それにも, それも, それよりも, そんな盛ん, たいへん慇懃, ただこう, ただ世に, たび重ね, ついには, どういうもの, どうも商売, どこの, なおその, なお同じ, なお彼, なお総称, なお自分, なるべく指, なんといっ, ひとりに, ふるえては, ほかの, ほんとうに, ほんとうは, まぎれも, またその, またジルノルマン老人, また眠っ, また頭, まだやはりきびきびした, まだ伸子, まだ安静, まだ散っ, まのあたりに, まるで不安, もういく時ごろ, もうその, もう今, もう午後, もう持ちきれない, もしあの, やはりこの, やはり気, わざとこうたずね, わざと勝手口, わたしの, アローさんが, エドワード, クリストフは, ニコニコし, パリーは, モウとっく, ヤングの, レイテ島からの, 一つとして, 一人の, 一国一城の, 一日だって, 一般の, 一足ごとに, 三人の, 三隅の, 上らないで, 不思議な, 不良少年の, 両者共, 中, 中流家庭の, 乗りおくれない, 事件の, 事実は, 二三日のばした, 二十ヤードほども, 二年近くも, 二百五十年に, 今こ, 今まで, 今日からは, 今日のは, 仲間が, 会うの, 伸子は, 何より二つ, 例の, 倉地の, 個人的には, 僕は, 全然覚え, 兵馬の, 冷静に, 別にこれ, 別に何, 別に変, 前後左右に, 勝則は, 友達の, 友達は, 取込み中とて, 古藤の, 名に, 名利を, 呑気で, 和算の, 唯死ぬ, 善ちゃんだけは, 地方の, 城介は, 堅く言付けられ, 夜明け間近の, 大よそ, 大分永い, 大阪でも, 夫婦間の, 奥さんが, 女も, 宗匠は, 実に僅か, 実に心細い, 実は可, 実は悦子, 実は素朴, 実際に, 家に, 家大人はネ, 少しで, 少しも, 少なくともそれ, 市五郎の, 常陸介は, 平塚雷鳥の, 座中には, 弥勒寺橋の, 当りまえ, 当人の, 彦太郎は, 彼を, 彼等は, 彼自身にだけは, 御者は, 心の, 心中事件は, 応ずるは, 思いきって, 急に, 怯びれた, 愛の, 憂慮の, 手ごわい邪魔物, 手に, 折よく, 日に, 最初の, 最近の, 月の, 服装によって, 木部には, 此の, 母の, 母様と, 法然から, 海霧は, 渡瀬さんが, 潰して, 火鉢だの, 焔の, 無名の, 父も, 獲物は, 玄関から, 生憎事件, 登らずに, 目と, 相応の, 真の, 真相は, 私たちは, 私たちを, 私たち他の, 私には, 私は, 私も, 空は, 空腹には, 筆算の, 筑摩方に, 終に私, 統帥は, 聞こえて, 腹が, 自分の, 自分は, 舞台を, 船は, 葉子は, 表面は, 西洋の, 見える筈, 訪ね来る人, 語り進む, 読んで, 誰一人として, 調査の, 講義の, 貞之助が, 負けおしみくさい, 身体の, 車の, 返事を, 陣屋の, 雲を, 青年は, 音沙汰が, 預かり物, 頭は, 馬場氏は, 黙って

▼ いたかと~ (307, 0.2%)

91 思うと 27 いうと 16 思う 13 いえば 9 云うと 8 いうに 7 思えば 6 云えば, 思われる 4 おもうと, 云うこと, 思ううち, 思うが 3 思って, 訊くと 2 いうのに, おもいながら, 云う事, 尋ねた, 思います, 思いますと, 思うよう, 申しますと, 見えたが

1 [84件] いいますと, いうよりも, いまさらの, おもえば, おもわれるが, お松は, きいた, きかれたらどう, ぎゃくにこっち, それによって, たずねた, みえたが, みるま, 一言云ったら, 云いますと, 云うに, 云ふと, 反問した, 反問しなけれ, 呟きながら, 周囲の, 問うた白竜自分, 問うて, 嘲われようぞ, 安心しました, 当時の, 彼は, 思いましたが, 思うけれど, 思うそれ, 思うにも, 思うほど, 思うま, 思った, 思ったのに, 思った弦, 思や, 思われたのに, 思われて, 思われましたが, 思われるだけ, 思われるの, 思われるので, 思われるほど, 思われるまもなく, 思われるもの, 思われるよう, 思われる屯田船頭, 思われる幾抱え, 思われる形跡, 思われる末広君, 思われる浅間山, 思われる節, 思われ気, 怪しまれるの, 怪しまれるよう, 残る六人, 申すと, 疑われるほど, 眩くおもう, 繰返し訊いた, 考えて, 考えると, 聞いて, 聞かれた, 聞かれて, 聞かれると, 聞くの, 腋の下から, 若人輩は, 葉子は, 虎之助は, 見えて, 見えましたが, 見える, 見るま, 見れば, 言うと, 言うに, 言う事, 言われて, 記憶し, 駈け集まって, 驚かされます

▼ いたあの~ (300, 0.2%)

8 頃の 4 女の 3 女が

2 [11件] ときの, 人が, 人は, 夜の, 子は, 方が, 時の, 男だ, 美しい女, 老僧, 頃である

1 [263件] あやしいじいさん, あやしい男, いろいろの, うす甘い不思議, うつくしい花, おそろしい傷あと, おびただしい女, お喋り坊主の, お方の, かけ替え, かぼそくやせ衰え, かわいらしい怪少女, こまっしゃくれたお喋り小法師, ころを, ごくどう者, ご後室, ざまが, すばしこい歩きぶり, たいへんな, たるさえも, どろ, なつかしいいす, ばけもの, ひとな, ほの, むっつりと, むっつりやの, よろこびと, ろう人形と, イタリアとに, イヤな, オルレアンの, カシの, シェークスピアの, ジナイーダな, ジャヴェル私の, ジルベールの, ジーナと, チンピラ隊員です, ハイランド兵あの, マニョンと, ラザルスの, ロボットだ, 一つ, 一報も, 一本脚の, 一真寺の, 一種特別の, 三棟の, 不安の, 不幸な, 不思議な, 丸髷に, 二人が, 五位の, 人々から, 人に, 人も, 今松だった, 仮面が, 会の, 傲慢な, 元気さでも, 光景を, 六蔵か, 写真が, 力に, 力強い歓喜, 匕首だ, 危急な, 古鞄, 同一の, 名取川の, 君も, 吹きさらしの, 和やかな, 唖聾じゃ, 喘息が, 図面だけ, 固い胴, 土塀の, 場所に, 場面が, 変な, 夜番は, 夢幻的な, 大きい粗末, 大な, 大世紀, 大広間では, 大鷲が, 奇怪な, 女であったらしい, 女は, 女を, 妖婉な, 妖美な, 姿, 娘さんは, 娘な, 娘の, 娘はね, 子には, 子の, 子を, 子供らしい, 存在と, 孫兵衛が, 安宿へ, 小哲学者, 小女の, 小柄な, 少女と, 山伏な, 山吹めが, 山百合にも, 岩が, 市長あの, 幾個所かの, 建築物も, 弁慶縞の, 当時同じ, 後家の, 微笑や, 怖ろ, 怪中国人であった, 怪人であった, 恋で, 恐ろしいこうもり男, 恐ろしい猟犬, 恨めしそう, 悪い親, 悲しい年月, 悲しみに, 感傷も, 憎悪の, 日蔭の, 昔の, 星だった, 時です, 時は, 時代の, 時宇治が, 時格子の, 暗灰色, 暗黒は, 最得意, 月だ, 月給袋は, 有名な, 有様は, 朱実じゃ, 松茸番の, 植木屋が, 検事さんか, 橋の, 欧羅巴の, 武士は, 気味の, 気持の, 水流の, 洋装女から, 浅草に, 浪人の, 浪人者, 浮浪児じみた, 海印三昧だ, 温しい, 溺死者の, 潔癖に, 無意味な, 熾烈な, 犯罪嗜好癖が, 狂暴な, 田圃じゃ, 男が, 男さ, 男に, 男の, 男患者の, 画家の, 異風な, 疑念を, 疑惑にも, 痩せぎすの, 発見の, 白い少女, 白い腕, 白木造りの, 眩迷, 眼ね, 社会に, 禅師, 空に, 筆太な, 米とか, 粗野な, 紙谷伸子という, 紫錦を, 紳士泥坊の, 絵が, 絶望じみた, 綴方の, 美しさ, 美少女の, 美装の, 老人です, 者は, 肉体は, 肘掛椅子の, 自然主義文学を, 船長の, 色と, 芳町の, 若い浪人者, 若い野郎, 若衆と, 荒凉と, 落日の, 薄い小さな, 薄色の, 衒気も, 見世物小屋かい, 見棄てられた古い, 言葉じゃ, 許し難き, 話じゃ, 谷この, 貧窮と, 賞牌を, 赤っぽい, 足駄は, 踊子は, 農夫たちの, 辻堂が, 辻堂の, 途, 過去の, 道具だった, 道化師林の, 遠い物, 部屋が, 部屋だ, 部屋の, 関口の, 陶器でございましょう, 際あの, 雄大な, 電気ロボットと, 青い顔, 青年であった, 青年です, 音を, 響きの, 頃が, 頃すでに, 颯爽たる, 驚くべき石, 骸骨みたいな, 鬼の, 鵠も, 黄色の, 黄金どく

▼ いた時分~ (283, 0.2%)

21 のこと 6 の事 5 である 4 であった, にこの 3 だ, です, にその, のよう 2 だった, だったが, と同じ, に, の生活, の自分, 或る

1 [217件] あの人, ある会, ある日何, ある暗い, いくら叔父さん, いっその, かそれとも, かとおもう, から, からいつも, からのお雪自身, からのこと, からの友達, からの弟子, からの知合い, からの馴染み, からよく, から三五兵衛, から他, から何, から内, から勉, から大切, から婆芸妓, から客室, から数えます, から昆虫, から書きはじめ, から柳, から校中, から歴史哲学, から気にいらない, から畠違い, から長い, から離さなかった, がやはり, が一番, この百日紅, すなわち銀座, そのお, その乳, その家, その研究室, ただもうこ, だから, だったので, ちょうどそれ, であったの, であります, でした, でしたが, でしてね, ですから, ですこちら, ですし, ですよ, でその, でそれに, でなければ, と, とかにその, とここ, とはくらべ, とはほとんど, とはまるで, とは違い, とやらの故智, と今日, と同年輩, どうも見掛けた, など夏, なの, ならもう, なんか仲間, なんで, にあいつ, にある, にあんまり, にこんな, にさき, になっ, にはあすこ, にはけっしてこう, にはここ, にはこんな, にはすずめ, にはだれ, にはなった, にはまだ, にはもう, にはよく, には二円, には会話, には何, には同じ, には土地, には天台宗, には彼, には現在水, には生徒おのおの, には私, には贔屓, には軽業, には近, には隣り, には鼻, にほとんど, にもその, にもまだ, にもやはり, にも折々, にも電話, にやや, にわたし, にパッタリ行, に交番, に伯爵, に何, に使った, に公園, に叩き込ん, に喜, に対する回想, に店, に弁信法師, に戴きます, に故郷, に方々, に日本橋, に昵ん, に書かれた, に来, に米友, に群集, に聞き洩らした, に花瓶, に見, のある, のかの, のどことなく, の二人, の代, の傷, の夜な夜な, の客, の小作米, の平岡, の彼女, の御, の手紙, の持説, の磯, の福慈, の詩集, の話, の通り, の連中, の面影, の馴染, は, はあの, はいつ, はいまだ, はかなり, はここ, はこれ, はそれでも, はよく, は一緒, は世間全体, は二人, は俳句, は偉く, は別, は医学, は大分, は幾度, は当時, は徳川幕府, は心, は曲りなり, は毎日, は特別, は生活, は病気, は私, は試験, は誰, は週刊, は飯, ひとり眠る, まだチェホフ, まだ小山, もこう, も自分, やはり上京, やはり自転車流行, ようよう十二, よくここ, よく北山, よく夜なか, よりずっと, よりはもっと, わっし, を思っ, を想像, 云ったこと, 作ったあの, 取り出して, 同じ撮影所, 小さな煙草屋, 屡々公憤, 当のおせん, 戴いたん, 拵えた印伝, 書いて, 死んだ父

▼ いたころ~ (280, 0.2%)

16 のこと 8 である 5 の事 4 のある, の自分 3 だった, であったが, なので, は彼

2 [12件] から見る, であった, であったから, にその, のお, のよう, の友だち, の記憶, の話, の遺風, はまだ, はよく

1 [207件] あんな泣き, いつも水鳥, いろんな事業家, お粂, からあなた, からいくばく, からお, からその, からてめえいや, からの深い, からの習慣, からの馴染み, からほぼ, からわたし, から一日, から人間, から俊才, から勘次, から変っ, から多く, から察し, から弱い, から心臓移植, から政祐, から文珠屋佐吉, から時々, から月, から比べる, から気, から泣いた, から目, から秀吉, から見物, から読ん, この一農家, この人, この図書館, そのころ, その人, その分譲地, その病気, その頃, それでも太陽, だ, だったし, だったろう, だと, だろうと, ちょっと顔, つねに餌, で, であります, であるから, であろう, です, ですですから, でその, でぼく, でも古都, で尾州藩, で間もなく, とが思い比べられ, とすこし, とちがっ, とはおっ, とはくらべ, とはすっかり, と同じ, と大した, と少し, どんなくらし, にあらわれはじめた, にいわゆる, にくらべ, にたとえば, にはこれ, にはさんざ, にはその, にはたやすく近い, にはつねに, には体刑, には八坂, には日, には海軍将校, には相当, には身長一七一センチ, には鬼一口, に九日会, に何, に入り込ん, に取り交わした, に受けた, に実際, に書き, に渡来, に発表, に知っ, に自分, に言い為し, に話, のかすか, のごく, のたけぞう, のとおり, のぴかぴか, のめずらしい, のパーヴェル・パーヴロヴィチ, のパーヴェル・パーヴロヴィチ・トルーソツキイ, のローマンス, の光景, の動揺, の友, の友達, の古い, の同じ, の名残, の和一郎, の姿, の家族, の平民的, の引っかかり, の彼女, の恥ずかしかっ, の愛人, の持ち物, の教授登坂, の木魚, の東京, の様子, の漁夫, の甘い, の番頭, の穏, の老人, の面影, はあんな, はここ, はこれ, はそう, はそんな, はそんなに, はつねに, はどうもそう, はどちら, はどんなに, はまだ別に, はもう, はやがて, はチョイ, は二時間三時間, は京, は古, は宮, は家内全体, は富士, は幸福, は恭一, は日本, は昔博文館, は書斎, は有名, は朝ごと薪, は毎日, は毎晩, は特別, は百人足らず, は見る, は言うまでもない, は酔っ払っ, は長崎, は風雨, ふいに, ふとこの, ほとんど毎夜, まだほんの, までは私, もそう, も事務, も今, も入口出口, も根岸, も猪, やはり同じく留学, よく体験, よく毎晩, よりもれい, よりも少し, よりも真相, わずかな, を思いだす, を思い出す, 一方高橋さん, 何かと聞い, 力めて, 多計代, 大きな西洋釘, 打ち明け話, 挿したよう, 更に奥, 本当に悪かっ, 登ったこと, 絶えずこの, 行きつけた湯, 親しく近所交際, 買ったんで, 逢った幾人, 食べるだけの

▼ いたはず~ (262, 0.2%)

34 である 3018 だが 15 です 10 なの 9 だった 8 であるが 7 なのに 6 なん 5 ですが 4 であった, のもの 3 じゃない, だぜ, では 2 だから, だと, でしたから, の客, はない

1 [93件] がない, さだめし穢い, じゃ, じゃが, じゃがそれ, じゃがの, だがと, だけれど, だけれども, だそれ, だったが, だったと, だったので, だな, だねえ, だのに, だ本, でありました, であります, でございますのに, でござんす, でした, ですから, ですがね, ですけれど, ですのに, ですよ, でそれほど, でブリューヘル, で万太郎, で日本, で自著, で鐘五郎, といっ, と思う, のお, のその, のた, のとよ子, のない, のもう, のイヤ, のドド, のドーベルマン, のフランス語, のルパン, の一九〇一年, の一人, の一彦少年, の不破, の丑之助, の中老出雲こと, の乏し, の乳母, の亭主, の人間, の伸子, の供, の信子, の先生, の土地, の夫, の奥さん, の娘, の字, の宇宙, の履物, の山, の左膳, の彼女, の心, の忍, の敵勢, の早苗さん, の景彦, の松野さん, の漆喰, の王子, の甲谷, の紙入, の綱, の義朝, の者, の蔦王, の記者, の道江, の重傷人, の銭形平次, の高氏, の鬼, はありません, はなく, よ

▼ いた時代~ (246, 0.2%)

13 である 11 のこと 10 であった 9 があった, もあった 4 だ, なので, もある 3 がある, だから, ならば, の姿 2 から, がかつて, であるから, のよう, の遺物, は過ぎ

1 [158件] からこの, からの古馴染, からの常総, から二千年, から口, から習作風, が, があったろう, があります, がそう, が一度, が一番理窟, が久しく, が多い, が近く五十年前, が過ぎ, そしてまた或, そして怪物, その先頭, その社会, それほど芝居, だけにこの, だった, だったが, だったと, だったので, だよ, で, であったので, であります, であり闘争, であるが, であるという, でいろいろ, でかなり, でこれ, でしたから, です, ですから, でその, でともに, ではありません, でもあり, でも実際, で人手, で氏族, で艶, となん, との記録, とは時勢そのもの, と比べ, など一度, なの, においてもその, にくらべれ, にこの, にこれ, にちょうど, にできた, にと思う, にはうっかり, にはこの, にはそうして, にはその, にはそれでも, にはなるべく, にはアイヌ, にはアシナカ, にはフランボー, には今, には何, には単に, には家族, には彼, には武甲山, には祝い, には西洋, には要職, には鼠, にひとり深奥, にもかつて, にやはり, にブルジョア民法, にヤマアイ, に人, に印度, に彼, に政治上社会上, に書かれた, に棄てる, に比べる, に若い, に読み書き, に遠く, のあった, のある, のお話, のアンドレ・ジイド, のエハガキ通信, のドストイェフスキー, のプロレタリア作家, の中国, の作品, の元気, の兄弟分, の北方, の女, の家庭, の彼, の彼女, の思い出, の恐ろしい, の推移, の歌舞伎劇, の河口, の泡鳴, の知識人, の社会科学的批評, の習慣, の自分, の若い, の遠い, の青少年達, の風俗, の風景, の風潮, の首都, の駒井甚三郎, はちょうど, はもう, はわし, は世の中, は今, は妻, は彼, は格別, は正胤, は永かっ, は永く, は私, は貧乏咄, ふと知りあい彼, もあっ, もあったらしい, もすぎた, も確か, やその, よりももっと, らしい作り, をその, を想像, を語る, を通り, 人間らしい正当, 即ちジュラ紀, 即ち官窯, 恐ろしい響き, 直に一集団

▼ いた自分~ (246, 0.2%)

7 の心 6 の姿 5 というもの 4 の手 3 の態度, の頭, を思い出した

2 [20件] が急, が自分, のあさまし, のす, のよう, の子供, の心持, の愚かさ, の感情, の甘, の生活, の眼, の道筋, の間抜けさ加減, の顔, は, はこの, は今, は妙, を見出した

1 [175件] が, があほらしく, があまりに, がされる, がとがめられた, がはっきり, が今, が口惜しく, が可, が少し, が思い掛けず, が思わず, が悲しかっ, が正気, が汚穢, が泣き, が浅ましい, が生涯, が阿呆, だった, だったの, であったがと, であったにも, であるが, でそう, ではなかっ, との間, と違った, ながら恥, にある, にはこの, にはさらに, にもしまいに, にもよびかけ, にも肚, にギョッ, に云った, に向っ, に声, に対して彼, に心づく, に気がつい, に気が付いた, に盗人, に立ち返った, に腹立たしく, に講釈, に違い, のうしろ, のくだらない, のこと, のすぐ, のすさまじい, のその, のほう, のほん, のまえ, のコート, の一刀, の不作法, の不明, の両親, の中, の了見, の二階, の仕方, の位置, の体, の佗びしさを, の信頼, の側, の凍え, の判断力, の前, の力, の単純, の地位, の声望, の失念, の好奇心, の妹風情, の室, の寝室, の寝床, の小さい, の小児, の小説, の帽子, の平易, の影, の心持ち, の思い, の思慕, の性欲的生活, の恍惚, の才, の方, の最大欠点, の未来, の枕許, の椅子, の標札, の母親, の無, の無沙汰, の熱中, の片手, の犬, の用意, の畑, の皮膚, の神経, の秘密, の素質, の絵, の肌, の胃, の船, の行為, の視線, の計画, の論理, の足, の近い, の過去, の部屋, の醜い, の金, の針仕事, の関係, の鬱勃, はいつしか, はお, はおおかた, はそうした, はその, はたとい, ははなはだ, はふと, はまた, はまんまと, はむろん, は久しぶり, は二度と, は実は, は彼女, は急, は恋愛, は最初, は突如, は話, は誤り, は鼻, へ肚, もその, も初めて, も次, も父, をちょろい, をもその, を仕合せ, を呪った, を後ろめたく, を思い, を思い出し, を思い出す, を振り返っ, を挾ん, を父, を笑いたく, を自分, を裏切っ, を見いだした, を鏡, を顧み

▼ いたせい~ (237, 0.2%)

12 であろう 11 かも知れない 9 でも 7 もある 6 でしょう 5 であったろう, もあろう 4 かその, かまだ, だ, では, でもあったろう, なの, もあった, もあるでしょう 3 だろう

2 [17件] かふと, かも知れません, か子供ごころ, か次, か知らない, だと, だという, であった, である, であろうか, ですよ, でもあった, ばかりで, もあったろう, もあるだろう, もあるであろう, らしい

1 [113件] か, かあっし, かあなた, かいつ, かいつも, かお上さん, かこの, かご, かさ, かすぐ, かそこ, かとりわけ, かどう, かな, かなんとなく, かふくらっぱぎがしびれて, かむかし, かもしれない, かもしれなかった, かも判らない, かも知れませぬ, かやす, かわくわく, かわざわざ, かフラフラ, か一年中, か不思議, か九歳, か今, か今日, か何時の間にか, か俺, か医師, か却って, か却ってスラスラ, か友達, か変, か大丈夫, か大変, か夫人, か女, か存外, か寺院, か少し, か彼, か復一, か感銘, か或いは, か新緑, か易々これら, か昔, か春先, か暮し, か村, か次郎吉, か正季, か水際, か汽車, か法外先生, か涙, か火つき, か熱い, か甚だ, か番組, か疲れた, か真白く, か美しく, か至極, か見る, か観客席, か誰, か起きあがった, か踊る, か道誉, か鋳型, か防波堤, か静, たかと, だぜ, だったらしい, だったろう起, だろうと, だろう不眠, だろう彼, であったろうか, であり疾病, であること, であろ, であろうと, であろうとの, であろう耳朶, でこの, でご, でございましょう今戸, でしたろう, でしょうか, でしょうね, ですこし, ででも, でストリップ, で今, で伊勢, で御座いましたろう, で怪しまれなかったの, で独り, なん, ね, の低い, ばかりでなく, もあっ, もあり, もありましょう, もあります

▼ いた人々~ (236, 0.2%)

6 の中 4 はこの, は驚い 3 の間, はその, は皆

2 [12件] がその, が一時, が今度, のうち, の姿, の矛盾, の胸, はいずれ, はいつも, は一度, もある, も何

1 [189件] が, があった, がうろ覚え, がすぐ, がそういう, がどっと, がまず, がみんな目, がドヤ, が一九五〇年, が一人一人伸子, が久光, が人間, が今日, が全身倦怠, が動き出し, が南玉, が古い, が右往左往, が屋根上, が当時, が悦ん, が戦後, が手, が文学, が文学的活動, が疑い, が皆, が箱, が自分, が途中, が順次, が首相, が驚い, そういう人たち, だった, であった, であったという, であります, であり作家, であり長年, である, である証拠, です, ですら, で本篇, で船, との間, とはそこ, とは相, ともどうしても, と同じ, と里人, などがしゃべっ, などはその, なの, にあっ, にとって, にとってはこの, にとっては了解, にとっては十字架上, にとって意外, には, にはいわゆる, には今度, には少なから, には観世, に愛想, のうえ, のこと, のほう, のほか, の下, の先入主, の前, の努力, の口, の報告, の声, の心, の心持, の心持ち, の意地悪, の気持, の目, の眼, の眼前, の罪, の耳, の肩, の話柄, の車, の部落, の附与, の額, の騒がしい, は, はあたら, はいち, はいっせいに, はこんな, はすぐ, はすっかり, はその間, はそれ, はそれぞれ引, はだれ, はどういう, はふと, はまるで, はみないずれ, はみな槍, はみんな, はみんなびっくり, はやがてなんとなく, は三人, は不思議, は今, は似合い, は余裕綽々, は使者, は又, は口々, は右源太, は周章て, は喝采, は声, は夢心地, は大抵, は少なくも, は工廠官舎, は帰っ, は役人, は思いがけなく, は急, は急い, は恐ろし, は愕, は手, は新聞, は日, は明智, は普通, は最初金庫, は殆, は永い, は物, は現在, は男, は皆眼, は石, は空, は羊, は聞い, は胆, は門内, は鳥渡異常, ばかりでなく, へ大いに, までが見る, までにわかに, もあの, もいささか, もおいおい, もおのおの, もすべて, もそれ, もとうに, もどやどや, もまた, もみな, ももう, もやがて, も一人帰り二人, も一斉, も下野, も今, も入った, も全身, も同情, も実によく, も実際, も思わず, も斉彬, も涙, も知識人, らしいですよ, を集める, を驚かした

▼ いたとは~ (233, 0.2%)

6 思われない 5 いえ 3 いうものの, 思えない, 知らなかった

2 [16件] いえあの, いえなかった, いえまた, 一体何, 云うものの, 云えなかっ, 云え決して, 信じられない, 大した発見, 思えないの, 思われないの, 気が, 私には, 考えられない, 考えられません, 聞いて

1 [181件] あなたがたの, あなたに, あまり距, いいながら, いい得ない, いえおそらくは, いえかりに, いえこの, いえさすが, いえしかも, いえそう, いえそれでも, いえときどき, いえどうして, いえどうも, いえない, いえなお, いえまい, いえません, いえまだ, いえもう, いえもし, いえもと, いえもともと, いえロスコー家, いえ一つ, いえ世に, いえ今日, いえ俺, いえ全く, いえ咽喉, いえ実際, いえ少し, いえ底, いえ彼, いえ昨日, いえ極めて, いえ次郎, いえ正面, いえ死後, いえ沼南, いえ甚目寺, いえ道庵先生, いえ高塚式古墳, いへその, いよいよ運, いろいろな, いわずに, いわれぬ, いわれる, お言い, きょうまで, さすがの, じつに意外, ちょっと気付いた, どういうこと, どういうわけ, どういう訳, どうした, どうしても考えられず, なかった, にわかに信じられぬ, ふしぎな, ほほえましい思いつき, まことに意外, また一種, まだあの, まるで嘘, まるで違っ, わけても配下思い, わけも, 一体これは, 云いがたい, 云えあの, 云えいずれ, 云えこう, 云えこの, 云えさも, 云え蓉子, 云は, 何かの, 何たるうつけ, 何たる運命, 何という, 何よりです, 何んという, 何処にも, 信じないの, 信じられないから, 信ぜられないが, 僕は, 全くおどろいた, 全く思いがけない, 全く趣, 全く違う, 初耳だった, 初耳であった, 別人の, 到底思えない, 十訓抄も, 反対に, 呆れ返るな, 如何にも, 婆さんは, 実にありがたい, 実に喰いつい, 少々けた外れ, 少女容姿ふ, 思いがけないこと, 思いたくないな, 思いませんが, 思いも, 思えないほど, 思えないん, 思えなかった, 思えぬほど, 思えねえ, 思って, 思わず, 思わずより, 思わないかい, 思わなかった, 思わなくって, 思われぬ, 思われぬ其の, 思われません, 思われませんので, 思われん, 恥ずかしいあんな, 想像する, 意外だった, 意外です, 愕いた, 打って, 気がつかなかった, 気づかずやがて, 決して考えられない, 申すもの, 異った, 知らず先手, 知らない人, 知らなかったよ, 知らなかったん, 知らなん, 知らぬか, 知りませんでした, 神ならぬ, 称しがたい, 考えにくい, 考えられず一方, 考えられず国民, 考えられないから, 考えられぬ, 考えること, 興味ある, 見えない, 言いたくない, 言いながら, 言いながらも, 言いましたがね, 言えけっして, 言えない, 言えないの, 言えなかった, 言えなかったが, 言えなかったであろう, 言えなかったに, 言えアイスアックス, 言えジョンドレット, 言え人間, 言え他国人, 言え桜島, 言え直接肉体, 言え非難, 誰しも, 誰も, 貧乏で, 迂闊な, 違う人間感銘, 限らない, 驚くべきこと

▼ いたこの~ (228, 0.2%)

6 家の 3 二人は, 男は, 町の

2 [20件] ぼんやりと, 一座が, 不幸な, 人の, 人は, 作者の, 品を, 土地の, 女の, 家に, 屋敷には, 方面の, 日の, 日記の, 時代に, 時代の, 男が, 老人では, 運動が, 青年の

1 [173件] あたりには, おっちょこちょい独流の, おれだ, お六, お嬢さんだった, きれいな, こじき婆さん, なつかしい安らぎ, ふたりは, へんの, やくざ野郎の, わび人たちの, イデオロジーも, カトリック教とは, チルナウエルが, メダルの, ロケット艇は, 一人の, 一句を, 三つの, 上総の, 下郎が, 不仕合わせ, 不幸なる, 丸の内は, 事が, 事を, 二人の, 亭主で, 人が, 人と, 人に, 人びとは, 人物は, 人間の, 今の, 仏をば, 作品についての, 作家が, 作家クラブに, 作者が, 俺が, 俺も, 冷たさ, 列車に, 匂いが, 十日間がほどは, 千浪が, 危急を, 危篤な, 友達は, 同一哲学は, 同連隊出身, 問題は, 四五日であった, 国の, 国は, 土地に, 堀は, 夏に, 夕方の, 夢幻の, 大切な, 大敷布, 天使の, 太郎坊も, 女と, 女は, 娘っ子を, 孤独な, 客室での, 室で, 室を, 家が, 小信, 小冠者は, 小屋, 小屋敷の, 小法師, 少女を, 少年を, 山陰地方の, 島は, 布は, 師直という, 年々文学上の, 店の, 庭が, 引越にも, 弟は, 御隠居, 急行列車に, 惨めな, 戸山ッ原に, 手紙, 数日中の, 文机の, 断崖が, 日に, 旧友が, 暇に, 有馬の, 朗読は, 木が, 本船へ, 村での, 村の, 棲家も, 機会を, 機械論は, 母子は, 氏の, 気の毒な, 水無井戸へ, 水郷の, 江西省饒州府の, 法印が, 液体を, 渡し場は, 温泉へ, 物騒がしい世の中, 犬の, 王女の, 甘寧, 生活に対して, 甥の, 男としては, 男に, 男の, 画家が, 異様なる, 目立たない小, 看護婦が, 石屋と, 研究は, 研究室も, 私も, 種の, 竹の, 笠を, 絵具箱が, 絵師の, 綱は, 群集, 老人にとって, 老人の, 老女怪は, 老婦人, 老文豪, 老母は, 者親の, 肌が, 自信たっぷり, 自分が, 花の, 若い呉服屋, 茶店まで, 薄雲太夫, 薬, 裏木戸へ, 課題は, 連中が, 連歌師の, 部屋の, 都の, 都市が, 際いい, 雷洋丸は, 電報が, 鞭を, 頃は, 馬の, 黄いろい幽霊

▼ いた~ (223, 0.2%)

3122 である 17 だが 12 です 9 であった, なのに 8 であるが 6 だから, なの 5 だった, なん 3 であるから, では, のもの, はありません 2 だったのに, だのに, であります, の

1 [73件] じゃ, だからの, だけれど, だっけな, だったが, だったん, だと, だという, だね, だよ, だろ, だ何卒, だ風邪位, であったと, でありましたが, であり更に, であるのに, であろう, でけれども, でござろう, でした, ですが, ですがと, ですがね, ですね, ですよ, でそれ, で近く, どうし, なので, のあの, のいろんな, のこと, のグラフィーラ, のスゲ笠, の三好, の上等ガラス, の事件, の二つ, の今日, の働かせる, の兄, の兄上, の六さん, の土地, の多数, の夫, の子供, の尾形警部, の屋敷, の快速潜水艇, の東京, の東洋, の森川森, の武夫, の母親, の現金, の私, の美津枝, の自分, の舞踏狂, の菊, の角助, の雪子, の露子, の馬, の駿三, の魚戸, の黄河, はありませんでした, はない, はなし, よ

▼ いた一人~ (220, 0.2%)

16 の男 10 の若い 6 であった, の女 54 である, の女性, の子供, の学生, の老人, の青年 3 だった, だったの, の侍, の娘

2 [12件] がいった, だったが, なの, の兵士, の刑事, の少女, の少年, の方, の水夫, の浪人, の老婆, の若者

1 [117件] がいいました, がいきなり, がいっ, がおそるおそる, がかなりたって, がこんど, がそれ, がひろ子, がヒョロヒョロ, が云った, が傍, が卓上, が声, が思わず, が新之助, が甲高い, が眼, が私, が突然, が立っ, が脚, が見, が走っ, が身体, が閃電, だが, だけ友達, だったこと, であったが, であつ, であるが, である私, でした, でしたが, でもあった, で今, のたくましい, のひと, のロシア人, の中学生, の人物, の作家, の僧, の六部, の原士, の同志, の名, の囚人, の土匪, の塾生, の壮士, の外人, の大兵, の大将, の大柄, の婦人, の客, の将軍, の尼, の屑屋, の巡査, の幼児, の弟, の手, の指導員, の捨て, の数奇者, の敵, の時, の書記, の末子, の横顔, の武士, の武者, の気, の水兵, の求道者, の沢庵, の浪人者, の物わかり, の物理学者, の田舎紳士風, の発言, の百姓, の百姓男, の監察隊員, の童男, の紙屑買い, の紳士, の老母, の者, の肩, の見馴れない, の詩人, の農業技師, の遊人, の遊蕩児, の部下, の青侍, の革命家, の顔, の馬方, の魔女, は, はすぐ, はその, はぼう, は横, は片足, は突然, は笑わなかった, は言った, へ片手, むすこの, らしく思われます, を労っ, を呼び戻し

▼ いた~ (218, 0.2%)

40 がいい 9 がよい 8 がよかっ 7 が好い 5 がどんなに 4 がい, が好かっ 3 がお, がまし, がまだしも, がよかろ, がよっぽど, が便利, が楽, が無事 2 がどの, がまだ, がよ, が安全, が宜しい, が気楽, が私, だから, である

1 [99件] が, があっ, があった, があります, がいっそ, がかっ, がず, がどれ, がなにか, がなんぼ, がはるか, がむしろ, がやり, がよう, がよかあ, がよく, がよご, がよッ, がマチガイ, が万事, が仕合せ, が体裁, が俺, が割, が勝, が勝ち, が却って, が参考, が双方, が子供, が安全さ, が寺田, が形, が徳川, が思いがけなく, が急, が悪い, が早, が正しい, が歩く, が気, が気持, が率, が病人, が良, が貴方, が身, が邪魔, が都合, が面白い, が順当, だ, だけは今, だったが, だと, でございます, でしたよ, です, ですか, ですわ, でハイロ, で吉さん, にございました, に逆, に頼ん, のである, のよう, のラジオ, の会社員, の侍, の姉娘, の室, の帷幄, の手, の男, の眼, の箱, の襖, の覆面, の路, の道中師, の部, の針目博士, の青年, の面, の鞄, はあまり, はありません, はどういう, は勝手, は飛んだ, へいきなり, へむかっ, へ引き返した, へ往, もあります, もある, を指し, を振り

▼ いた~ (210, 0.2%)

10 のこと 4 は彼 3 に, に彼, に私 2 にした, に伸子たち, に何, に再び, に初江, に君, に誰, のあの, はまだ, 感じて

1 [167件] あの位, あの山, から江戸町一丁目, ぐらいのもの, けちけちと, こそ彼女, この千鶴子, この可哀相, さびしかったろう, そういう事柄, その留守宅, それから六月二十五日, たがいに, だけだった, だけであった, であった, であったが, であること, でした, でも僕, でも必ず, とはすっかり, どの位それ, どんな情熱, どんな気持, なんか五分, にあと, にいろいろ, にお, におこった, にお母さま, にきめた, にこっそり, にこの, にすっかり, にずいぶん, にちょっと, にな, にはお, には見えなかった, にもそういう, にもと, にもの, にも来たるべき, にも私, にわれ, にウイルソン, にセイロウ, に一度, に代る代る, に何人, に余, に児供づれ, に公高, に冬, に出来た, に十九世紀, に十日, に叩き落され, に在りし, に多く, に帯, に年, に幾度, に座敷, に彼ら, に後々問題, に急い, に新, に新聞, に書いた, に東京市中, に栄次郎, に毎日, に深山, に清田さん, に源一, に漱石全集, に狐, に男, に異国, に相談, に眼, に短剣, に積み立てた, に素子, に考え, に背中, に見た, に覚えた, に読んだ, に起った, に身装, に過, に鉱山, に長足, に関所破り, に電報, に靴下, に高子, のしっとり, のそういう, のどこ, のひと, の不覚, の伸子, の印象, の大池, の女, の年月, の或, の日本人, の月日, の経歴, の身, の陰惨, の顕治, は, はおのおの, はすべて, はそう, はそれでも, はそれら, はどの, はなんだか, はもとより, はプロレタリア派, は今, は今年, は今日, は伸子, は佃, は何事, は全く, は内地, は同じ, は在留邦人, は大した, は女, は意識, は死, は母, は毎年, は決して, は深田, は源之助, は私, は美しい, は肥前, は諸君, は野蛮国, は高い, へ拙者, まあ一寸楽隠居, また九州, もし寿, もずっと, もわたくし, も妙宣寺, も彼女, も眉, も素子, よく例, わずか一年, 怠って, 暮した女, 若い母

▼ いたものの~ (205, 0.2%)

3 彼の, 心の 2 あること, 二人の, 如くである, 明らかに, 直ぐその

1 [189件] あまりの, いざ申し上げる, いつもと, いよいよこの, いよいよ事実化, いよいよ今日限り, いよいよ詔勅, かくまで, きょうが, きょうしかも, こうなっ, こうまで, ここに, ここの, こっちは, この侍, この問, この境遇, この時, この話, こらずわるものども, これが, これは, こんな枯葉同様, ごとくいよいよ, ごとくきっぱり, さすがに, さてあのお, さては迎え, さりとて決して, しかし昆虫, すがた, すぐそば, すべてである, そのため, その全, その実, その実は, その宿, その心懐, その腕前, それが, それだけ, それだけに又却って一層, それでもやはり, それでも彼, それでも祭, それほんの, それを, たいへん内気, たとえば, だんだん住み着い, だんだん苛立たし, ちょっと当惑, ともかく岩, どこの, なお彼, ほかに, まだ二十歳, まだ断定, まるで全身, むざむざ討たれる, もう耐ら, やはり彼, ようやくその, ようやく快癒, よくも思い切っ, アナルコ・サンディカリズムの, クリストフが, コゼットは, サテこうして, トーアホテルで, 一つで, 一つである, 一度禎輔, 一方此, 一部が, 万事の, 三倍以上である, 不幸にも, 井沢判事は, 今は, 何かに, 何せん, 何を, 作曲を, 例である, 侵入者は, 傲然と, 兄との, 先き, 先祖伝来の, 全部を, 写しと, 前よりは, 前身その他の, 十一月の, 十四日に, 半年見ない, 去るそれ, 古臭いよう, 吉野築城は, 喫驚し, 外へ, 夜に, 大蛇の, 如く三番町, 如く善鬼, 如く意識, 如く無造作, 如く苦, 妙に, 妹の, 子である, 孔子の, 実に驚かされました, 実は昨日, 実相も, 少くとも, 山の, 巨き, 幽かな息づき, 幾人かが, 彼女が, 待ち倦ん, 御裔, 悪夢の, 愈々患者, 態度と, 成れの, 手ごたえに, 手に, 手を, 日向から, 松岡長吉には, 柿沼が, 棟梁たちも, 正体が, 殺人者の, 決して戦意, 激しさ, 父の, 生きる望み, 生活万般にわたって, 田舎の, 由です, 発憤だった, 皆何となく, 目のあたりに, 目覚めである, 相当に, 眼前に, 督促の, 矢張り余り感服しませんでした, 私は, 竟には, 竹童の, 第一, 純潔さを, 美しい双, 考えて, 腰車を, 自分たちの, 色気付きが, 若衆方の, 荘厳さが, 薄々の, 解放と, 話が, 誰も, 誰よりも, 豹吉が, 貯金帳だけ, 身分も, 辛抱し切れなくなっ, 過去の, 部屋に, 金が, 間には, 間の, 降りが, 雪を, 雲が, 音楽を, 颯, 驚いたこと, 高倉院厳島御幸記などにさえ, 髪を, 鬼という

▼ いた~ (201, 0.2%)

9 である 8 を見る 6 だと, です 4 だ, でした, なの 3 がある, なので, なん, はその 2 さ, だから, だが, だった, だという, には今, のもの, へ来

1 [132件] かと怪しまれた, からの声, からはよく, からは見えなかった, からも賊, からポンポン, から他, から伴藏, から古い, から察, から立ち上がった, から膝歩き, があった, がいろいろ, がその, がわたくし, が何時, が其処, が又, が友人, が大きい, が女中, が平地, が既に, が更に, が秋, じゃ, その附近, だったの, だつたの, ついそのままで, であって, でありこの, でありました, であるからと, であろう, でございますから, でございますよ, でしてねえ, ですかと, ですから, ですが, でそういう, でその, でただ, でない地, では源氏, でもある, で伊勢, で別に, で古い, で御, で我々, で異常, で見える, で路銀, と同じ, などから見る, に, にかなり, には二, には冷, には大きな, には横, には汽船, には砲兵, には騎兵, にまた, にも大きな, にインド, に俺, に安住出來, に年中行事, に武蔵, に辞退, に近く, のマアシャ, の一切, の一本, の倦怠, の僧正, の埃及煙草, の女, の支配人, の敷き, の留置場, の高, は, はせつな, はどこ, は北向き, は南側, は岩, は島後, は常に, は悪い, は案外, は油壺, は笹, へ, へあなた, へいま, へきれい, へこうした, へこの, へさだ子, へただ, へふい, へ争議, へ今日, へ兄, へ右頬, へ君, へ品, へ弾丸, へ我, へ早く, へ源氏みずから, までかれ, まで行っ, もここ, もない, もなく, を不意, を与右衛門, を僕, を十五日ボルトリ方面, を射たれた, を歩み離れ, を見, を訊いた, 耽綺社

▼ いた二人~ (176, 0.1%)

9 の男 5 の心 4 の子供, の者 3 の仲間, の侍, の姿, の巡査, の武士

2 [14件] の人, の前, の同心, の女中, の学生, の小者, の少年, の水夫, の老婆, の老嬢, の若い, の若者, の虚無僧, の青年

1 [111件] がえッ, が仲よく, が帰っ, が故郷, が気味が悪く, が肩, が自分, じゃありません, だけにいっそう, です, で居間, とも身動き, と一緒, と別, なので, に, にとっては, にとってはそれ, にとって大, のうち, のひと, のヴァガボンド, の中年, の仲, の会話, の修道女, の兄弟分, の共犯者, の内, の刑事, の助手, の医者, の博士, の同伴者, の土匪, の地方, の士官, の壮士, の女, の女たち, の娘, の婦人, の嫌疑者, の子ども, の客, の家臣, の寝, の小姓, の少女, の島民水夫, の年老いた, の弟子山伏, の影, の従者, の御, の怪人物, の情交, の憲兵, の日本人, の歌, の死刑囚, の気の毒, の浪人, の浪士, の火星人, の男女, の看守, の眼, の純, の耳, の聴衆, の荒くれ男, の話, の警官, の身, の運転手, の関係, の露西亜女, の馬上, の駕籠屋, はいささか, はかべから, はこの, はこれ, はそこ, はそれ, はとうとう, ははじめて, はびく, はふりかえっ, はまさしく, はもう一度, はやがて, はローマ字書き, は何時の間にか, は家来, は思わず, は敵, は機関庫, は田舎者, は白い, は眼, は自分達, は誰, ほどの女房, もなんだか, も是, も澄まし, を呼びだした, を最も, を見えなくなる

▼ いた~ (163, 0.1%)

7 の中 5 の前 3 のこと 2 であります, で五六年前, の主人, の人達, の御, の様子, の者, へ行っ

1 [132件] からも物音, から一月, から不縁, から四五丁, から最初, から田圃, から逃げ出し, か知らない, があった, があり, がある, がこの, がじきそば, がつぶれ, がなつかしい, がにわかに, がばか, が上海, が其の, が墓場, が大学, が孫兵衛, が焼けた, だ, だから, だそう, だつたさうだが, だとか, であった, であったと, であったという, であったの, である, であるゆえ, でいま, でした, ですか, ではなく, で主人公, で壁, で小泉, で犬好き, で落胤問題, で遺物, で馬, というの, とその, とは歩い, なぞは遥か, などを目, にいっ, には家, に最後, に次ぐ, に着いた, に移した, のあたり, のあった, のその後, の下, の中庭, の二階, の人たち, の別間, の厩, の回り, の址, の奥, の妻, の姐さん, の娘, の婦人, の子孫, の子息, の家主, の家賃, の屋根, の崖, の平凡, の廻り, の形, の後, の数歩前, の方, の柱, の父親, の直樹, の空気, の若い, の裏庭, の親達, の親類, の跡, の軍人, の近く, の近所, の連中, の隣り, はあまり, はいま, はこの, はもう, は上り口, は二人, は今, は他人, は前, は古い, は商店, は団子坂, は小さな, は少かろ, は無論, は空襲中, は誰, は麹町, へは内務省, へ二人, へ女中, へ移っ, もある, もどうやら, も余り, も古く, や田畑, らしいですね, をまた, を他所, を家具ぐるみ, を抵当, を捜し, を見

▼ いたかの~ (161, 0.1%)

83 ように 14 ような 4 女は 2 女の, 様に

1 [56件] かなり確実性, ごとき気分, ごとき漠然たる, ごとく, ごとくう, ごとくに, ごとく使った, ごとく右近, ごとく微笑, ごとく西区出身, どちらか, ようだった, ようで, ようであった, ようである, ようでも, ような窶れ, ようにも, 一つあるいは, 三国志の, 俊敏は, 僧は, 児小声で, 円髷の, 四十九個の, 大うなぎ, 如き印象, 如くそう, 如くである, 如く伝えられて, 如く彼, 如く御堂, 如く忠明, 如く想像され, 如く振舞った, 如く直ぐ, 姿さえ, 学生たちで, 寺が, 小幡民部であった, 小檀那, 小間使いさえもが, 少女であった, 少年, 幼童は, 思い出の, 感が, 有様は, 点に, 男である, 男の, 老人が, 董昭公仁は, 虫の, 観が, 証拠は

▼ いた若い~ (155, 0.1%)

9 男が 6 女が 5 女は 4 女の 3 一人の, 男は 2 妻は, 文学者の, 時分に, 母親が, 男に, 男の, 男女が, 者が, 者の, 血が

1 [105件] おかみさんが, おくさん, お雪ちゃんの, のが, ものたちが, インド人夫妻が, ゴーリキイが, ブーニンの, ロシア人の, 丸顔の, 主人は, 人々の, 人々は, 人たちある, 人である, 人の, 仏蘭西人が, 会社員風の, 作家たちにとって, 侍が, 侍は, 俳優を, 健康な, 僧侶が, 兵隊も, 医者を, 商人ふうの, 国手に, 土工夫は, 塑像家の, 夫人が, 夫婦が, 女たちも, 女である, 女と, 女に, 女を, 女子源氏閣へ, 女性たちの, 女性の, 女房たちが, 女房などは, 女房の, 女房も, 奴が, 妓が, 娘さんが, 娘さんの, 娘も, 娘を, 学生が, 学生の, 学生は, 巡査が, 役人は, 忠誠な, 操縦士が, 教授の, 方を, 旅支度の, 日の, 武士の, 武士は, 武士へ, 母であった, 母である, 母に, 漁夫が, 漁夫は, 父母だった, 甲軍の, 男それから, 男で, 男でした, 男と, 男と共に, 男どもも, 男女と, 男女は, 男性であった, 看護婦が, 知識慾が, 科学者たちだった, 精神の, 美貌の, 者たちが, 者たちの, 船頭さんの, 英国士官マクリイの, 西洋人だった, 西洋人の, 記者が, 警官は, 踊り子に, 農夫が, 連中が, 連中な, 連中は, 野猪が, 門人を, 青年画家と, 頃に, 頭の, 麻の, PWに

▼ いたかという~ (147, 0.1%)

29 ことは 22 ことを 18 ことが 5 ことも 4 ことである, ことについて, ような 2 ことについては, ことの, ことや, 事を, 事実を

1 [51件] おもしろい炉辺話, こといかに, ことからの, ことぐらいの, ことだ, ことだけを, ことで, ことなど, ことなどは, ことに, ことには, ことをも, こと互いに, こと及び, ところから, ところが, のです, のは, よい話, 一例としては, 事が, 事さえ, 事である, 事は, 事や, 事及び, 事実は, 二点が, 例証として, 側から, 問いに対しては, 問題が, 報告を, 姿だけは, 実例に, 実例の, 実際を, 意味だろう, 機微をも, 点です, 点への, 点を, 理由も, 理由を, 疑問であった, 経済面の, 訳が, 証左である, 証拠を, 質問が, 重大な

▼ いた彼女~ (145, 0.1%)

7 の姿 3 の眼 2 が自分, であった, のこと, の父, はすぐ, はその, はやがて, は自分, もこの

1 [117件] からの以前, が, がこの, がそこ, がその, がどんな, がもう, がムーラン, が世界, が受け取った, が太平洋, が子どもたち, が床, が振り向く, が無事, が生きた, が白い, が簾, が終生, が見かけ, が言った, が運動好き, だった, だったが, である, としてはこれ, と老, と顔, にとっては何, にはそれ, には母親, に寝込まれた, のあと, のあわれなる, のいたいたし, のす, のつつましく, のケバケバ, の上, の両手, の予期, の体臭, の可愛い, の夫, の女体, の妹, の帯紐, の帽子, の平和, の心, の心臓, の必死的努力, の手, の最後, の月々, の申立, の痣, の瞳, の自信, の良人, の身の上, の頭, の顔, の顔つき, は, はいつしか, はお, はここ, はしばらく, はその後玄徳, はそれでも, はただ, はちょっと, はとうとう, はどう, はどこ, はまだ, はまったく, はもう, はもはや, はクション, は予定, は今, は他, は何, は叔父, は大きな, は夫, は当時, は当然, は彼, は従って, は急, は息, は愛, は拒み, は日吉, は無礼, は猟夫, は用談, は疳高い, は眠り, は考えざる, は膳, は飛ん, は黙っ, へにっと, への便り, もさすが, もまさか, も性的, も自ら, をお迎え, を三吉, を白藤, を見かけた, を見たい

▼ いた~ (145, 0.1%)

9 を放し 7 を休め 5 を膝 4 をとめ, を離し 3 をそのまま, をはずし, を放した, を止め, を離した 2 がすべっ, と手, をはなした

1 [95件] から恐ろしい, がげっそり, がちょっと, がぶる, が動い, が引込ん, が暇, が止まった, が殆ど無感覚, が水, が膝, が自由, が震えた, であって, であるが, でそこ, ではげしく, で懐中, で河内介, で秀吉, にぐっと, にねっとり, にひときわ, に一層, に力, に隙, のひじ, の薙刀, はとうとう, は忽ち, は華車, も同じ, も張りつめ, も止まった, をいらだたし, をうしろ, をおろした, をおろしました, をぐっと, をこっそり, をしずか, をたたいた, をつ, をとっ, をとどめる, をどけ, をはなさなかった, をはなし, をはなしました, をひっこめ, をひろげ, をふらふら, をほごしました, をほどい, をやすめ, をやめ, をゆるめ, をゆるめました, をゆるめる, をキュッ, をパッ, をヒョイ, を中途, を今, を休めた, を何時の間にかするりと, を光秀, を出し, を卓上, を少し, を少しく, を引っこめ, を引っこめた, を引込めた, を急ぎ, を抜い, を振りほどく, を振りもぎろう, を擦っ, を放しなさる, を放す, を放そう, を止めた, を留め, を私, を空中, を緩め, を緩めず, を胸元, を解い, を解き, を話し, を諦め, を離す, 錬の

▼ いたもん~ (140, 0.1%)

52 だから 24 ですから 166 だが 4 だねえ, です 3 でね 2 だがね, だよ, ですが, ですね, や

1 [21件] じゃねえ, だからね, だぜ, だて, だと, だね, だろう, でがんすね, でございますから, でごわしょう, でしたね, ですからね, でそれから, でな, でまるきり, で仙友, で咽喉, で清教徒, で覚えて, なん, やで

▼ いた~ (138, 0.1%)

5 なので 4 だ, だと, へ往 3 だから, であった 2 が突然, でした, です, の大和魂, を見る

1 [105件] いやまた, お稲ちゃん, からもポスト, から半町, から南, から四五本目, から法然, から百ヤード, から誰, があった, がある, がかの, がその, がなかなか, が一面, が今, が対手, が此, その童児, だからね, だったので, だのに, だ丁度宜, だ裸体, であったから, であったという, でありまして, であるあるいはまた, であるが, である事, でお, でございましてね, でござんすよ, でしょう, ですか, ですから, ですぐ, ですって, でなぜ, ではなく, でよく, で仇, で何, で士族, で拒み得ない, で是非, とちがっ, にいます, にじっと, にちょこなんと, には丈夫, にガッタリ, に何事, に十疋, に基い, に指, に死ん, に眼, に紫, に蒔いた, のかの, のこの, のもの, の世界, の例, の失業問題, の知識人, の紙, の線, の自称進歩的, はここ, はどんな, は今, は山稜, は成, へその, へ丁度, へ二人, へ今日, へ何, へ急, へ恰度耳香水, へ推, へ春廼舎, へ朝飯前, へ来, へ横一寸, へ貴, もあった, もあったろう, もあり, もあります, もある, もあんまり, も先日, やろそれ, らしい, をはなす, を和辻氏, を私, を蔵俊僧都, を見定めた, を見附, を警吏, 或夜

▼ いたほど~ (135, 0.1%)

16 である 13 だった 9 だから 6 だ, であった 3 ですから 2 だったの, であったから, でした, です, ですよ, では

1 [70件] かなりに, このごろでは, じつは兼好, そのこと, それほどたのしい, それほど三伝, それほど米, だからね, だが, だったが, だよ, だろう, であたし, であったが, であったの, でありたしかに, であるから, であるが, でいつも, でこんな, でございました, でございます, でしたから, でしたけれど, でしたので, でなかったので, でまだ, でも, で悪い, で永峯, で浅草, なの, なので, なのに, なばか, な原平内, な夫人, な守戦主義, な相手, ふざけたもの, カムポスには, 不精な, 人物画は, 人見知りは, 俗悪で, 可愛がられて, 安全に, 富んで, 幸福な, 当時江戸御用聞の, 悪い人, 新代の, 日が, 暗い陰惨, 楽しいもの, 水づい, 決して軽い, 清河等数人を, 濃く且つ, 無学な, 無念の, 生え抜きの, 素子が, 綺麗な, 自分が, 近衛さんの, 遠く離れ, 適当な, 酔いも, 長い間

▼ いたばかり~ (132, 0.1%)

15 では 7 です 64 なの 3 だった, であった, でなくその, でなく自分 2 ですよ, でなくこの, でなくそれ, でなくやはり, でも, なんだ

1 [76件] じゃ, だから, だつたので, だという, だよ, であったが, であったこと, であったの, であるが, であると, でご, でございます, でしたが, ですから, でその, でそれ, でない, でなくある, でなくかの, でなくつい, でなくて, でなくなんと, でなくフランス, でなくホンモノ, でなくマリア, でなく一再, でなく他人, でなく何, でなく何やら, でなく倫理, でなく党, でなく別に, でなく前, でなく却って, でなく口, でなく大方, でなく女優, でなく子供, でなく実際, でなく川, でなく常に, でなく庶民, でなく当時, でなく彼, でなく政府, でなく政職以下, でなく数度, でなく新しい, でなく昨年, でなく正造, でなく浦路, でなく生れ付き頭, でなく生理的, でなく着物, でなく福島県, でなく競争者達, でなく筑紫, でなく紹介状, でなく経済的, でなく脂粉, でなく親切, でなく道楽者, でなく青山, でなく風采, でなく髪, でね, で別に, で大層, で宿, で小山, で御座います, で橋, で殆ど, で碩寿翁, なん, 年を

▼ いたじゃ~ (131, 0.1%)

81 ないか 25 ありませんか 9 ねえか 4 ないの 3 アねえか 2 ないですか 1 ございませんか, ござんせんかい, ないかネ, アない, ア食えない, 有りませんか, 間に合いも

▼ いた~ (130, 0.1%)

5 には際限, のこと 2 が来た, である, には, にはこの, には一人, にゃあ, にゃア

1 [106件] おおいの, からまったく, がきた, がございましょう, が木枯し, が芥子, が遂に, さえあった, ざしが, そう悟っ, だ, だったので, であった, であったが, であったの, でありました, であろう, ではない, でもある, とかうごかない, と何ら, と殆, に, にあたる, にはいつ, にはいつか, にはきり, にはこれから, にはさだめて, にはそれ, にはたまらない, にはたまりません, にはどうしても, にはま, にはまた, にはトテモ, には一町, には三十九年, には世上, には伊右衛門, には元, には内職, には切り, には十日, には命, には商売, には国, には夜, には夜外出, には大, には大事, には女王, には家主, には尚更, には悪党商売, には手数, には日本, には明日, には町人, には罰, には腹具合, には裁判, には酢, には限り, にもそれから, にゃあこのまま死, にゃお金, にゃすぐ, にゃ世話, にゃ人間, にゃ仏様同志, にゃ命, にゃ娘たち, にゃ戦争, にゃ所詮, にゃ斬る, にゃ火星, にゃ第, にゃ際限, にゃ面倒, に女御, に知らなかった, に限っ, のかげ, のまま, の光り, の参木, の夕方, の夜, の好く, の晩酌, の浮舟, の生き甲斐, の目立った, の記念, の顔つき, は思いのほか, は知らない, は近づいた, までこの, もあった, もある, も遠く, を瞼, 若座, 貴弾左衛門珍政

▼ いた人たち~ (129, 0.1%)

4 のこと, の中 3 であった 2 の大半, の話, はどう

1 [112件] から引き, から父, から自分, から離され, がいっせいに, がおもわず, がこれ, がころん, がそれ, がなだれ, がねむっ, がのこらず, がはずみ, がみな, がやっと, がアイウエオ, が今, が六条院, が多く, が小林君, が持っ, が昔, が東京, が立つ, が終戦後, が西瓜, そして家族, その人たち, だけは故人, だけれども, であったから, である, でした, でもう, でも当然, でも結婚後, で今後, というの, とかは今, などだけに真実, にとっては身体, にどうかくれぐれもよろしく, にはそれ, にもわかるまい, にも微笑ましく, のあいだ, の時代, の活動, の眼, の考え方, の耳, の遭難, の間, は, はあれ, はかえって, はこう, はこちら, はその, はそれ, はそれほど, はそんな大きな, はたいてい, はたれ, はだれ, はねえ, はひとり, はまさか, はまた, はまだまだ, はまっ青, はみなよそ, はみんな見物, はもちろん, はようやく, はゾーッ, は一人, は又, は吃驚, は困っ, は少し, は幾らか, は心配, は昔光源氏, は横, は水田検事, は皆, は皆笑顔, は直ちに, は空間, は賊, までがそれら, までがだんだんに, までその, もきゅう, もすっかり, もみな目, も中, も今, も今更, も宝石商, も語り, も道士, も顔色, や遅れ, よ, らしい, をわたしたち, をアッ, を疑っ, を西, を起こし

▼ いた~ (125, 0.1%)

35 では 15 である 10 です 9 でも 6 なん 5 だ, であるが 3 じゃない, だが, ですね 2 じゃありません, だね, ですが, ですな, なので

1 [21件] じゃないだろう, だつたが, で, であった, でありその, であろう, でございます, でした, でしたが, ですから, でその他, でなく, でなく寧ろ, でなく屋内屋外, で御座いましょう, ない思う, なの, になる, はない, は被告, もない

▼ いた様子~ (124, 0.1%)

11 でしたが 7 であった 6 です 5 だったが, でした 4 である 3 だ, で 2 だった, であったが, であるが, ですから, ですが, といい, もなく

1 [66件] から推す, がうかがわれる, がうさん, がなく, が変, が留置場, が知られる, が絹子, が見える, じゃったがな, じゃ確, だが, だけあっ, だし, ったら, であつ, でありました, でござるが, でござんしたが, でしたから, ですみません, でそれ, では何, でみなどこ, でめめしく, でもなく, で出, で判っ, で御座いました, で母, で焔, で私, で謂わ, で饒舌, とが対比的, とはやや, ながらも蔵, などは彼ら二人, に京, に見えなかった, のよい, のよう, の老婆, は, はありません, はいつか, はどこ, はなかっ, はほほえましい, はまさに, は決して, まで見え, もその, もない, もはっきり, も樹立, や丸屋, や恨めし, をごまかそう, をつとめて, を中, を宇治, を思います, を現, を見せなかった, を語る

▼ いた~ (123, 0.1%)

8 をあげ 5 を急 2 から涙, の色, をかえし, をちょっと, をふと, をパッ, を一層, を開いた, を開けた

1 [92件] からは玉, から消す, がありました, が再び, が千歯, が急, が新しい, が武蔵, が気まず, が白, が眠る, が突然, が見開かれ, が躍り出し, が顔, が食卓, ざしが, で二人, で見る, とピッタリ, と口, と強, と膨れた, にはあんまりぞっと, には突然, にも何となく, に休安, に媚, に安心, に死際, のすずしい, の中, の主, の凹んだ, の及ぶ, の奧, の異様, の穏, の調節, はそこ, は死に濁され, は自, は追, へふと, までを輝かし, や呪い, を, をあいた, をあわて, をいたずらに, をうつし, をお松, をかすか, をさも, をじろりと, をその, をそらせ, をちら, をちらっと, をぱちとあけた, をふせ, をふっと, を上げ, を上品, を元, を光らせた, を向ける, を周囲, を天風, を女, を彼女, を彼等, を後, を挙げました, を明け, を次第に, を次郎, を深雪, を畳, を空虚, を表, を見ひらい, を見開いた, を覚ました, を転じ, を返し, を醒しかけた, を醒まし, を開く, を隣近所, を離す, を静か

▼ いたくらい~ (118, 0.1%)

16 である 14 だから 117 ですから 6 であった, でした 4 です, なの 3 だった, だったの, なもの 2 だが, な男

1 [37件] その日, だからね, だったから, だったが, だったので, だったのに, だのに, つまりこの, であったが, であるから, であるが, でかの, でございますからね, でしょう, ですからね, ですよ, ですわ, で一八六八年, で小田原, で息子二人, で眉, で神経, で言葉, で順番, なところ, なので, なのに, なん, な女, ゆえ坂本, 伊豆湯ヶ島の, 元気よく, 小圓太, 柔らかくて, 盛んな, 真剣に, 随分尽し

▼ いた連中~ (118, 0.1%)

3 の中 2 が慌て, だ, の姿, は, はそこで, はその, は手, は皆

1 [99件] がいつしか, がおかしい, がここ, がすっかり, がそろっ, がどやどや, がにわかに, がガヤガヤ, がゲラゲラ, がホッ, が七人, が今, が仰い, が全部口, が卑猥, が口々, が喰う, が広間, が教室, が期せずし, が段々, が総立ち, が総裁, が車, さえ先, だとか, である, でさえあっと, でもたまに, で表口, とはかれ, とは何, とリンデンベルク, と一しょ, なの, なん, にくらべる, についてこの, にはまったく, には残らず, に親, のこと, のほう, の仲間, の残した, の目, の聞いた争う, の誰, の顔, はかなり, はそれ, はたいてい, はどど, はまた, はみんなどこ, はクレーン, はスッカリ安心, は一時, は一様, は一目散, は何だか, は割合, は口, は均しく, は大騒ぎ, は天井, は後嗣, は微笑, は捕えられた, は早速, は本因坊さん, は物蔭, は窓, は誰, は飛び出し, ばかりで, ほど今, までが, もこそこそ, もしめた, もその, もたちまち, もゴソゴソ, もスッカリ, もワーッ, も一時, も仕舞い, も同時に, も大急ぎ, も家, も少し, も彼女, も我, も皆, も私, も米友, も虱つぶし, を見たでしょう, 即ちやはり

▼ いたかを~ (115, 0.1%)

3 知った, 知ること, 示すもの 2 それ等の, なんにも知らなかった, よく知っ, 彼は, 考えると, 語って

1 [94件] お訊ねしたい, くどくどと, この人, しみじみと, すぐ感じ取っ, すでに重ね重ね経験, つかむこと, はっきりと, ぼんやり悟った, まだ確かめる, みずから怪しん, もう覚え, チョットでも, パーセンテージを, 一瞥し, 今の, 今は, 具体的に, 出向いて, 取調べ理由, 問題と, 如実に, 容易に, 察した, 察しる事, 察すること, 察する事, 察せよ, 尋ねて, 少しも, 弟の, 形容した, 後世の, 御諒察, 心づかしめる機縁, 思い出しさえ, 思い出して, 思い出すさえ, 思い出すだけで, 思い起こした, 思うと, 思わずには, 悟った, 悟るところ, 想い見ないわけ, 想像する, 想見する, 感じ自分, 感ぜさせられた, 感づいたらしい, 我々の, 探り始めて, 探るよう, 明らかに, 明示し, 書くこと, 最も代表的, 次にあげ, 泪ながらに, 物語って, 物語りはじめた, 物語るよう, 理解しよう, 痛感する, 知って, 知らずに, 知りたい気持, 知りません, 知りも, 知る, 知るであろう, 知るに, 確めて, 示したかったから, 示しまた, 示すため, 示すと共に, 私どもは, 私に, 簡単には, 考えた, 考えるため, 自ら怪しんだ, 見ること, 証するに, 証明する, 証示する, 語り頭蓋, 語るもの, 説いて, 説明した, 説明する, 識る, 連れて

▼ いたとしても~ (107, 0.1%)

9 それは 4 私は 2 ふしぎは, 少しも, 彼は, 彼女は

1 [86件] あえて手紙, おそらくはさらにまた, このこと, この時, この流れ, この窓, この芝居全体, この部屋, これからはるばる尋ね, すこしの, そいつらも, そういうこと, そのよう, その兜, その来, その生活上, その真実, その総量, それが, それだけ, それに, そんなこと, たぶん彼, だいじょうぶです, だから僕, ともかくも, とらえること, どうして陳列室, ほんとうに, みんなは, むしろこの, もし彼, やっぱりりっぱ, やはり経験, ようやく立っ, イヒヒヒヒなどという, オリヴィエの, スクルージ氏から, フシギでは, マルクスには, 一般人からは, 万端整然たる, 丹三郎には, 主家の, 人目に, 今ごろは, 今日が, 今松, 何らの, 僕は, 別に不思議, 前日より, 四日間とは, 天然自然に, 女が, 妻に, 屈強の, 彼が, 彼の, 彼女達は, 必らず, 恐らく文化主義者, 新しい社会生活, 日本の, 最後の, 気づかれる心配, 決して卑下, 滅茶苦茶じゃ, 為に, 無限な, 現にそれ, 現在の, 矢張り私は, 社会生活の, 私と, 私一個人は, 胸を, 自分という, 自分は, 自殺への, 茶釜が, 袋の, 誰が, 間もなくかならず空中, 間違いは, 非常の

▼ いた人間~ (107, 0.1%)

4 の顔 3 がある, であった 2 があった, が急, が自分, なん, の数, は大, も少く

1 [83件] か火事場泥棒, がいた, がここ, がつい, がつづい, がなかっ, がはじめて, がサテ, がドブンドブン, が一たん自信, が二人, が借金, が土着, が彼, が憎らしく, が昼すぎ, が死なず, が狂暴, が相手, が突然, だ, だが, だって馬, だと, だろう, である, であるそれ, でさえもそう, というもの, としてなすべき, として極印, とて現実, とはそれ, とは私, と同じ, と申さなけれ, などとは見えなかった, ならこの, にせよ, にちがい, にも出来る, に見られる, のあたたかい, のうごき, のうち, のこと, のもの, のよう, のようす, の世界, の仕事, の体, の十中八, の姿, の心, の所産, の拵方, の改造, の物, の種々さまざま, の蒸煮肉, の話, はきょう, はこれ, はみんな妙, は一列一体, は主人, は何だか, は女, は机博士, は気, は生き, は竹童, は逃げる, まで解っ, もいたであろう, もいっしょ, もここ, も武蔵, も見えない, をゆるやか, を突然, を送り出し

▼ いただけに~ (106, 0.1%)

3 彼は 2 それを, 普通の, 非常に

1 [97件] いっそうきょとんと, いっそうクリストフ, いよいよ八月十四日, かえってその, がっかりし, がっかりしました, ここに, この奇蹟的, この打撃, この歴史的事実, しては, その入り口, その計算, それだけに私, それだけ他日, それに, ちょっと意外, なおさらそれ, なおさら砲兵, なかなかその, なんとなく老成, なんの, ふと目, ますます深く, またいっそう, また高慢, もっといや, やきの, よく分っ, よく知ってる, ヒビ一つ這入っ, ユダヤ人から, 一層な, 一層実感, 一層彼, 一旦統一的, 一朝土台, 二人の, 今の, 伊賀亮との, 前後の, 十畳へ, 反動が, 反動的な, 同志も, 名乗って, 地位の, 外界の, 多少身, 契約の, 字が, 宗助は, 寒さ, 寧ろその, 少しく慌てた, 幻術しのび, 幾分か, 彼らの, 微笑を, 心の, 思慕の, 急に, 悲観も, 打撃が, 新しい正しい世の中, 早かった, 昌作は, 明くる, 最も此方, 服薬量が, 杉本は, 栄養不良の, 残念でたまらず, 気分の, 狼狽の, 猶更, 申分の, 男子本位の, 相当名の, 相違ない, 真剣に, 瞬間夫人の, 私までが, 経験の, 練れて, 肝腎の, 臨終の, 自分らに, 菱苅は, 落胆も, 薄暗い部屋, 言うの, 貴女の, 身の, 身の毛を, 逸早く彼, 過ぎません

▼ いたにも~ (106, 0.1%)

5 かかわらずその 3 かかわらず彼 2 かかわらず父

1 [96件] あやしいところ, かかわらず, かかわらずいつからとも, かかわらずいつのまにか, かかわらずお, かかわらずこの世, かかわらずしかし, かかわらずしばしば, かかわらずそう, かかわらずそれ, かかわらずだれ一人物音, かかわらずついに, かかわらずなかなか, かかわらずひとたび, かかわらずふぐ, かかわらずまた, かかわらずやっぱり, かかわらずやはり, かかわらずカ氏, かかわらずクリストフ, かかわらずベートーヴェン, かかわらず一冊, かかわらず一度, かかわらず丈夫, かかわらず下, かかわらず今, かかわらず例外, かかわらず停車場, かかわらず公表, かかわらず到頭, かかわらず場所, かかわらず實状, かかわらず当時, かかわらず後, かかわらず必死, かかわらず悩み, かかわらず愛してること, かかわらず時, かかわらず栄三郎, かかわらず浮き浮き, かかわらず滞在中, かかわらず火, かかわらず犯人, かかわらず町, かかわらず示威運動, かかわらず私, かかわらず突如, かかわらず立ち停まった, かかわらず立ち入った話, かかわらず立ち止まって, かかわらず結局, かかわらず艇内, かかわらず親たち, かかわらず金蔵, かかわらず銀座, かかわらず長, せよ人面, せよ今ここ, せよ彼女, せよ日本, せよ立法者, せよ自分, それだけの, 不拘, 似合わず油, 似合わず翁, 係らず野村, 拘らずあなた, 拘らずかつて, 拘らずこういう, 拘らずそのまま, 拘らずなおかつ, 拘らずラザルス, 拘らずレイテ, 拘らず不思議, 拘らず二人, 拘らず二日, 拘らず人類, 拘らず其山, 拘らず其語原, 拘らず口, 拘らず威勢, 拘らず実際, 拘らず小川, 拘らず強いて, 拘らず彼, 拘らず彼女, 拘らず白い, 拘らず紙上, 拘らず肝心, 拘らず自分, 拘わらず, 拘わらずこういう, 拘わらずテュウトニック号, 拘わらず将軍綱吉, 拘わらず次第にそう

▼ いた~ (106, 0.1%)

43 のお, の姿, の手, は私 2 と子, の懐, の顔, は

1 [82件] からこんな, がかえって, がこの, がこんな, がたとい, がもはやそう, が今, が兄上様, が別人, が帰っ, が手織, が指さし, が永久, が病気, が私, が鎌倉, その存在, でさえこの, とその, と私, なので, にぱったり, にまで裏切られた, に死なれた, のある, のおしげ, のす, のそば, のワルワーラ, の乳, の乳房, の俤, の出鱈目さ, の妙秀尼, の心持, の情愛, の想出, の愛, の指, の故郷, の方, の朝子, の枕元, の横顔, の生涯, の眼, の着物, の肖像, の表情, の言葉, の身, の身仕度, の長兄, の馬霊教, はかお, はそのまま, はそれ, はどうしても, はよく, は呼吸, は女, は急, は時々, は最愛, は祖父, は老眼鏡, は自動車, は袖口, は針, は黙っ, へのこころ, へ紀久子, も, もいた, もこれ, もわらっ, も土間, も武士, や妻たち, や姉, や姉たち, や私

▼ いた~ (105, 0.1%)

7 をし 6 をあげ 4 をした, を上げ 3 をきっと, を上げた, を上げる 2 して, である, をひょいと

1 [69件] いろを, が, があたり, がお, がそのまま, がにこにこ顔, がサッと, がペソス, が今, が寒, が未, が見えなくなっ, が遠く, こそは小, であったと, でその, にはもう, にべたッ, にもなんとなく, にサッと, に一そう, に微笑, に成っただろう, の上, の半分, の色, はすぐ, はない, はまっさお, はもう, は一つ, は一切夢中, は一様, は曇った, は死, は縦, もしなかった, もせず, も全く, をあげた, をあげる, をがっくり, をがばと, をきゅう, をさらに, をしとやか, をその, をついと, をにわかに, をふせ, をふと, をもちあげ, をキッ, をグイ, をパッ, を一寸, を上げました, を初めて, を又, を女, を室内, を急, を手, を持前, を明るく, を机, を確か, を見る, を面紗

▼ いた~ (94, 0.1%)

4 のこと 3 の民弥, は 2 が, なの, のお, はどう

1 [76件] があった, がありました, がいつの間にか, がたぶん, がどうしてそんなに, が三味線, が会いたく, が大きな, が帰る, が後, が父, が野良, が隆吉, だが, だけは無, だったの, であった, であるが, ですよ, でそれ, で名, で堅い, と東山堂, と青, にビレラフォン, に別れ, に向っ, に敵, に相違, のあと, のこんなにも, のところ, のほう, の姿, の子, の心, の手, の方, の時代, の消息, の生, の病気見舞い, の瞳, の花子, の話, の頭, の顔, はこの, はオドオド, はハンケチ, は不意, は二人, は今頃, は僕, は呼んだ, は家, は急, は白粉, は眉根, は躍起, は驚愕, も, もやはり, もよそ, も二度三度, も多かっ, らしい足, をおのれ, をこんな, をそち, を兄君, を呼び寄せた, を想い出した, を手放す, を父, を見つけました

▼ いた伸子~ (91, 0.1%)

2 の気分, は, はその, はふと, はやがて, をかえりみ

1 [79件] からその, が, がかえって, がこの, がどうして, が丁度, が云った, に, にさし出した, にたいして素子, にとって新しい, には佐保子, にスーツ, に藤原威夫, のところ, のよこ, の二つ, の体, の想像, の手, の推察, の気持, の注意, の病室, の若々しい, の表情, の言葉, の頭, はあこがれ, はいま皿, はうしろ, はおどろき, はかける, はこの, はしっとり, はしばらく, はそれ, はひどく, はふっと, はやや, はわき, はデスク, はノック, は一つ, は一途, は上り, は上体, は不意, は他, は保, は女らしく, は川辺みさ子, は彼, は思わず, は急, は最後, は泰造, は清潔, は漂いよった, は狼狽, は理解, は男, は病気, は突然, は立っ, は素子, は自分, は自分ら二人, は自分達二人, は親, は門番, は間, は非常, は驚い, も両親, をふりかえった, をドア, を我, を衝撃

▼ いた~ (88, 0.1%)

2 の男, もある

1 [84件] が, がない, がねえ, がズット前, さえある, しがなかった, しは, である, であるし, によって昼めし, の, のつむじ風時代, のつんつるてん鞠子, のない, のなみなみ, のむく, のクラン・マッキンタイア号, のコバルト色, のレンズ, の一人, の一団, の三人組, の下男グリゴリイ, の不安, の二十四, の五相会議, の仮, の件, の偽, の兇漢, の六人, の助, の助手たち, の南条力, の吉村, の品物, の図面, の坑道, の大, の女, の女学生上り, の娘, の家鶏, の小さい, の少女, の島民巡警, の幻灯, の広間, の杖, の杖槍, の武士, の気味悪い, の水車, の温泉, の片, の珊瑚王, の穴蔵, の等間隔, の美人, の腕っ節, の自分, の花, の蛮将沙摩柯, の西洋人, の許攸, の赭熊, の軽業, の農家, の顔, の食客浪人, の首飾り, の髪, の鰯, の麻薬, の黒い, はあるまい, はほか, は多かっ, は言うまでもない, も少なく, も挙げられよう, を幾多, を聞いた, 少なからず

▼ いた~ (88, 0.1%)

43 だろう 2 があった, がある, さ, なんで, はなかっ

1 [71件] が, があっ, がいきなり, がいつのまにか, がいる, がこいつ, がこっち, がございます, がどじ, がひとり, がワン, が不意, が今日, が仕官亡者, が仙太, が叶わぬ, が奪い合った, が実は, が必ずしも, が思い出した, が招かざる, が明日, が有名, が熊, が狐, が私, が門八爺, じゃな, だな, だなと, だもっと, だよ, である, でさあ, でしょう, です, ですが, でなあ, でね, なら遣りかねないだろう, にちげ, に何, に相違, に違えねえ, の仕業, の叩く, はある, はいない, はどういう, はどうも, はどこ, はどれ位, は仙太, は僕, は昔, ば二足三文, もある, もタイシタ奴, も今朝, も勤まらね, も酔っぱらい, も面白, よの, らしいという, をおせっかい, をルイ・ベッケル, を今さき, を吾輩, を床, を見つけ出し, 太粗雑

▼ いたとも~ (87, 0.1%)

5 いえる 3 いう, 云える, 考えられる 2 いえよう, いえようか, 思えるの, 思われる, 言えよう

1 [63件] いい他, いい得るかも, いい路面, いうこと, いうと, いえないこと, いえるだろう, いえると, いえるの, いたとも, いった, いわれます, おもうが, お前が, ない多数, またどこ, 云えそう, 云われるほど, 伝えられた, 伝えられて, 伝えられる, 何という, 分らぬ気, 思えない, 思える, 思わない, 思われない, 思われない人間, 思われなかった, 思われぬので, 思われませぬ, 思われません, 看ること, 知らずに, 知らず流星, 知らないで, 私が, 考えられないが, 考えられないじゃ, 考えられませんから, 考えられようが, 考えられるの, 考えられる徳川時代, 考える, 考える事, 色事を, 見られよう, 見られるが, 言い得られるが, 言えなかった, 言えなく, 言えましょうか, 言えやす, 言える, 言えるが, 言えるであろう, 言えるの, 言え見なかったとも, 言わずに, 言わず肥料, 語らなかった, 語り伝えられる, 関ヶ原の

▼ いた~ (86, 0.1%)

32 の姿, の心, の頭, は急

1 [75件] がそう, がみすぼらしい, が僕, が急, が母, だ, だった, であった, でしたから, にいきなり, にささやい, にその, にとっては入谷, にはいかにも, には何だか, には常に, に対して発せられず, のきょう, のなつかしい, のむごたらしい, の体躯, の信念, の前, の叔母, の女房, の尊厳, の帽子, の心持, の心臓, の悲痛, の懐中電灯, の手, の母, の父, の祖母, の老母, の胸, の膝, の過去, の部屋, はいつしかまだすこし, はここ, はことさら, はこの, はすぐ, はそのまま, はそれ, はなんと, はばか, はふと, はほとんど, はまあ, はソーントン, は不意, は今, は何, は同時に, は夜, は学校, は思わず, は最後, は此, は殆ど, は物足りなく, は真杉さん, は突然, は自分, は自然派, は遂に, は鎌倉, は間, は雷, は音, もこの, も眼

▼ いた子供~ (84, 0.1%)

3 の中 2 がありました, なの, に, の姿, の時, を預ける

1 [69件] があった, がきいた, が今度甘味料, が列, が叫んだ, が同じ, が女, が家, が帰っ, が残酷, が母親, が物珍し, が病気, が真赤, が突然, が脚, が駆け寄っ, でありこの, ではなかろう, にちがい, についてなにか, に何, に命じ, に西, に近, のうち, のころ, のそれ, のため, のわたくし, の一人, の入学試験, の太い, の時代, の死体, の百姓, の眼, の頃, の顔, はこの, はすぐ, はそこ, はそっと, はと見れ, はどこ, はなかっ, はふだん, はわざと, は一斉, は不意, は何ゆえ, は執拗, は外, は大変, は急, は自分, もあった, も丸々, も少し, も晴々, も眠る, も駈け出した, や子守り女, らしい想像, をめやす, をベッド, を一歩門, を人, を叱りつけ

▼ いたそれ~ (79, 0.1%)

2 は彼

1 [77件] かあらぬ, からかれは, から少し, がいまお家, がお前さん, がこの, がし, がそして, がまた, がみごと, がデカルト, が一ノ関, が主人, が今日, が厚い, が台辞, が妙, が当る, が段々, が渡り, が老い, が血色, だけが私, だけの理由, でありました, である, というの, と同じ, なる鳶頭金助, に付添婦, に小太刀, に譲った, に豚小屋, に違い, の光, の影響, はきれい, はきわめて, はべんとう箱, はオーステルリッツ橋, は一生そう, は中学, は人, は寒, は師匠豊沢団七, は文化主義的, は月, は桃, は武蔵, は男, は白木綿, は知らない, は細い細い, もダンテ, も道理, も附近, よりももっと, より昔, を, をいつか, をそのまま, をね両方, をひ, をぼんやり, をものぐさ, をやっと, を兵部, を去年, を打ち返した, を新しい, を材料, を給仕人, を聞かれた, を聞く, を葉子, を見つけた, を頼光

▼ いた場所~ (79, 0.1%)

2 だ, へ行っ

1 [75件] からいちばん, からさらに, からまだ, から体, から元気, から分った, から否応, から遠く, が新た, が横, だったの, だろう, であるから, では誰, でカール, で彼, というの, とその, とのへだたり, にあった, にい, については特に, には同じ, には知らぬ, にやって来, によって収容所長, にモデル女シィヌ, に今や, に俺, に双方, に坐っ, に小判, に死ん, に相当, に眼, に立ち上った, のうち, のちょうど, の名, の周囲, の薄暗く, の近く, は, はこう, はその, は勿論, は原始林, は地面, は大きな, は幹, は某, は此辺, は浅草北松山町, は無かっ, へ, へはもどらなかった, へ出る, へ戻った, へ来る, へ目, へ近, まで来, よりもすこし, をたしかめ, をひとり, を三四箇所, を円タク, を尋ね, を捜し, を掘った, を明, を知ってる, を訊いた, を訪うた, を離れ

▼ いたとか~ (78, 0.1%)

2 いなかったとか, でビール箱, 云うこと, 申します

1 [70件] あとで, あまりぞっとしない, いいました, いうが, いうじゃ, いうので, いなかったとかいう, お客分の, ききましたが, これに, そのころ, それに何, でそして, でネー, で古い, で同僚たち, で現に, で話, で鴈治郎横丁, どんな菓子, どんな衣裳, なんとか言っ, ばからしいこと, ぼんやりした, またはいかに, または山小屋, キャンプ・ファイヤを, 三人の, 二つの, 云います, 云うが, 云うそれでは, 云うので, 云うん, 云う噂, 云って, 京都へ, 今度みさ子を, 伝えられその, 伯母が, 何か, 何とか罪, 前方の, 又は現に, 同じ時期, 帰りようが, 愉快な, 或は向, 新蔵が, 気を, 犬が, 理由が, 甚だしきは, 申して, 申しました, 申し伝えて, 紛失した, 組織に, 縁故の, 脚絆を, 自分が, 言うこと, 言うん, 言う二品, 言う様, 討入り, 証文なし, 誰と, 赤熊に, 運上山という

▼ いた~ (78, 0.1%)

3 の顔 2 が急

1 [73件] がそこ, がその, が二度目, が僕, が実は, が徴兵検査, が怒り, が戦乱平定, が手, が時たま, が留守中, が病気, が自分, が顔, であった, であると, と厄介物, と杉野子爵, にそれ, にたずね, には五年, にふたたび, に対しても間接, に死なれ, に連れられ, のぺイン, のほう, のもと, の乗雲, の乘雲, の感情, の気持, の無, の生涯, の病気, の膝もと, の言葉, の話, の遺物, の飲み残し, の首級, の骨, は, はこう, はそっと, はその後, はとく, はひとり, はまだ, はもったいない, はニンガリ, は一層, は声高, は履物, は年, は急, は悪人, は手, は月琴, は朱, は病みやつれた, は私, は自分, は誰, は長崎, は顋, へ旦那様何とか, へ歎願, もいつしか, も母, や兄, をたずね, をヤクザ世界

▼ いたある~ (77, 0.1%)

5 日の 2 ものが, 年の, 種の, 者は

1 [64件] お人好しの, すこぶる魅力, ときは, もどかしさ, ものに, イメイジが, ゴチックの, バイロン卿とかいう, 不安を, 不愉快な, 人の, 会社との, 会社員の, 僧侶団体の, 出先の, 友人と, 場末の, 夏草の, 外国婦人が, 夜の, 大阪の, 大鴉, 女から, 女に, 官吏でありました, 官省の, 宵の口の, 小事件, 崇高な, 工場の, 序文で, 弁護士などは, 御邸, 急な, 感覚が, 料亭である, 旅館の, 日五時半ごろに, 日遂に, 日長男は, 時の, 時は, 朝の, 点の, 無色無臭の, 物が, 男の, 疑が, 神智を, 程度までの, 翻訳家も, 老婦人, 若いむす, 若い作曲家, 若い新聞記者, 表情が, 西洋人の, 論客の, 貧しい老婆, 迫害時代の, 雨あがり, 青年が, 青年の, 題目の

▼ いた~ (77, 0.1%)

10 も折 8 なので 4 でも, でもあった 3 であった, である, であるから 2 からで, からな, じゃ, なの, のこと

1 [32件] から, からだった, からの春, からふと, から一脈新鮮, から河出書房版, から美しい, から自分, があった, だ, だから, だったが, だったので, であったが, であったなどとは, であったので, です, でボリヴァル, で妻, で無論, とて縄張り喧嘩以上, にお前たち, に千宗易, に改正, に東京, のお, の今年, はあわよくば, ふと尋ね, また出雲, もいつも, を自暴

▼ いた通り~ (77, 0.1%)

5 であった 32 だ, のこと, のもの, の事

1 [61件] あの顔, いきなりその小さな, かね, かれは, この者たち, こやつ, こんなところ, その日, その遊歴中, それだけ歴史的原理, そんなに跡, だったので, である, でございまして, でした, ですね, で三十八人, で二人, にあらゆる, にすべて, になった, にやがて, に十四, に場面, に実験, に御簾, に探す, に描き出される, に来, に爺さん, に罪悪, に自分, に貞潔, に貴方, に銃器室, に門番, の, のかたち, のしっかり, の事情, の幸福, の物凄い, の篤実, の羽将軍, の若者, の道, の順, の顔, の飲食店, の馬鹿, ひどく人触り, やはり伏原半蔵, を, を補, 可愛が, 大盗人, 少しも, 御動座, 思わしくなかった, 恐るべきもの, 果してその

▼ いたかは~ (76, 0.1%)

2 これらの, 想像する, 明かでない, 知らぬが

1 [68件] あなたも, あの気違い, いずれ後ほど, いずれ御, およそ見当, おれにも, この一事, ご想像, しばらく措く, すっかり忘れ, すでに多々羅全面, その時, それは, だれも, つぎの, まだ謎, わからない, わからないが, わからぬが, わかりやすから, わかるであろう, われに, ロシア全土の, 人の, 今少し, 今日の, 今考え, 今記憶, 余りはっきりし, 例によって, 分らない, 判らん, 勿論わたし, 問題である, 大略判っ, 夫人よ, 始終彼, 容易に, 少しも, 川角道億の, 当時の, 後に, 思い出せないが, 想像し, 想像の, 日本書紀からも, 明らかでない, 明瞭に, 次の, 残念ながら, 疑問です, 皆目知らなかった, 知らないが, 知りがたい, 知りも, 知ること, 知る由, 確かでない, 私が, 私には, 私の, 私は, 自分にも, 見て, 解らないの, 読者の, 諸君に, 遠き前

▼ いた~ (74, 0.1%)

9 である 5 です 4 だ, だった, ですから 2 だし, であった, であったが, であるから, であるが, であるし, でしたもの

1 [34件] いだ, いなの, だから, だが, だったからね, だったそう, だわ, で, でご, でしたが, ですからね, ですそれ, ですもの, でその, では飛び出し, で一度, で君, で決して, で無論, で附近, なので, なもの, なら何, に前, に帰依, のこと, のところ, の価値, の男, の相違, ひに, もっとも材料, よ, 広い地域

▼ いた矢先~ (74, 0.1%)

7 だったので 5 だったから, であったから, ですから 4 だから, なので 2 きだったので, だ, なん

1 [38件] きに, き東京電気, き焼跡, き老, この人, たまたま佐助, たまたま起った, だった, だったの, だったもの, であった, であったし, であったので, である, であるから, でしたから, でもあった, でもあり, でもある, で市内, で謂わ, とて大いに, なの, に, にかの, にイリヤ, に先ず, に名古屋, に堀木, に父, に突然, に見出された, に霹靂, のこと, へすぐ, へのこのこ, またもやこういう, 早速買っ

▼ いたよりも~ (70, 0.1%)

2 はるかに, 以上に, 更に大きい

1 [64件] いっそう動かされた, こまったこと, これは, ずっと憔悴, ずっと長い, ずっと高く, なお的確, なんと恐ろしい, もう一層下った, もっとたいへんな, もっとひどい, もっともっと恐ろしい, もっと多様複雑, もっと灰色, もっと熱情, もっと莫大, もっと軽蔑, より多く, より少い, 二倍も, 優美な, 十倍くらい, 危い, 多くの, 大きな能力, 媚び過ぎて, 存外恢復, 宏大で, 実物は, 小柄で, 尚一メートル, 建築も, 強い力, 愕いた, 愛情の, 早くもう, 早く芸術家, 晴々と, 更に更に重大, 更に烈しい, 格段の, 正確であり, 気軽い調子, 深甚な, 潔白です, 物凄いやっ, 甚しい, 登山者が, 百倍も, 皆温良貞淑そうだった, 知らなすぎるくらい, 私は, 美事に, 荒れすさんで, 落ちついて, 著しく少い, 軽薄な, 遥かに, 重いし, 重大である, 長くつづいた, 静かだった, 風采の, 驚きも

▼ いたところが~ (68, 0.1%)

2 棚は

1 [66件] あったよう, ある時茶畠, ある晩便所, いいかげん引っぱっ, いかにも二十面相, いざ立合っ, この家, この情勢, しまいにぼんやり, そこを, そのお, その処, その廿一日, その細君, その興行中, それが, それは, それを, たいそう草双紙, たぐいない, たしかにまた, たまたま耳, ちっと見当, ちらと, つい間違っ, つまらない奥州, どうしてか, どうも蚤, ふと聞け, ほんの旅費, もう七, カラリと, グングンしめ, コマツナギには, 一瞬間に, 三年目の, 世間の, 事実その, 二三日前に, 二十五日の, 今に, 今年に, 今度は, 何かの, 何んの, 八月以降は, 去年の, 天気が, 始めて顎, 小林は, 広々と, 当時の, 彼の, 御新造が, 意外にも, 春だった, 案外の, 梯子が, 死んで, 深川の, 然う, 生憎その, 私には, 私の, 間もなくこの, 須臾の

▼ いた~ (67, 0.1%)

7 でいった 6 で, で言った 4 で云った 2 が急, である, でそう, で言つて, で静

1 [34件] がきこえた, がした, がもどっ, がようやく, が響い, して, でこう, でさう訊いた, でさも, でもの, で云, で呼びかけた, で彼, で案内, で私, で答え, で答えました, で遮られた, で鳴い, とこの, なの, になっ, の下, の本質, の調子, はすでに, は父, もこの, も何ん, も急, をまず, を一時, を出し, を沈め

▼ いた~ (67, 0.1%)

5 供は 2 供が, 猫の

1 [58件] ちゃな, なる光秀みたい, ねずみたちの, みなさんという, ノートに, ホテルの, 一時間の, 万さんで, 万の, 事件が, 使いの, 侍たちは, 供に, 供の, 供等が, 供達は, 信が, 信の, 信は, 八は, 公園の, 公子も, 六であった, 兵衛の, 剣を, 助六は, 卓子の, 商人の, 圓太は, 女房か, 女房だった, 女房の, 女郎が, 宰相な, 宰相の, 宰相ノ, 尼が, 山田庄左衛門の, 市民的な, 憎が, 文治は, 柄杓で, 栄の, 栓は, 桶の, 棚を, 沛の, 猫が, 理窟は, 紐の, 羊までが, 芳の, 虎が, 部屋の, 長火鉢から, 鬼や, 魚が, 魚の

▼ いた老人~ (65, 0.1%)

32 がからだ, が不意, もいた

1 [56件] から本草, があった, がある, がいた, がきいた, がこの, がそぞろ, がなくなっ, がやがて, が中食, が加わりました, が春生, が来, が自分, が西谷青年, が言った, こそほんもの, だった, であった, である, と子供, と思えぬ, などはそういう, に, にちがい, にまた, に相違, に聞いた, の召使, の声, の娘, の家, の帽子, の手, の死骸, の浮浪者, の耳, の足, の門番, の顔, の鼻, は, はこの, はこれ, はすぐ, はニヤニヤ, は大声, は悲鳴, は機械仕掛, は石神, は私, は舷, は身体, は頭, も等しく, も起き

▼ いた大きな~ (64, 0.1%)

2 鉄の

1 [62件] いたち, うすべったい, くじらの, にんぎょう, ふろしきづつみを賢吉君に, ほうの, ものという, りんごでありました, エックス線装置であった, ベンガルばらの, マスクを, 世界も, 丸味の, 包を, 厚ぼったい書類袋, 口を, 右手を, 問屋だった, 宿の, 寝台の, 布切れの, 建物は, 探検電灯の, 敷物を, 時計が, 書物で, 机へ, 杉並木も, 梧桐と, 毛皮外套を, 洋犬の, 点は, 無尽の, 犬鎌を, 理想を, 男が, 瘤が, 白い壁, 石ころを, 碧い, 紋であった, 罪を, 置戸棚と, 聴音ラッパは, 自動車の, 荷作りひもの, 菅笠を, 蒸気浚渫船は, 衰弱を, 袋の, 褐色の, 赤いりんご, 金魚よりも, 釘や, 鉄管が, 鎗を, 頭が, 鮎が, 鳥打帽を, 黒いふろしき, 黒いもの, 黒猫が

▼ いた~ (64, 0.1%)

2 で, で舌打ち, で言った, なので, のこと, 振向いて, 黙って

1 [50件] から後, こらえ切れなくなって, さらに別室, だし, だしぬけに, である, でいい出した, でないと, での無闇, では思った, では抱擁, でやや, で両, で五月, で今度, で別々, で北村君, で思う存分, で急, で父, で自分, で英国, で荘一清, にこう, にふたたび, にやッ, にようやく, に久し振り, に何事, に再会, に外面, に彼, に悪夢, に扉, に殘つた, に現われ, に痩せ衰え, に銘々自分, の事, の傷口, の家, の日光, は二室, は僕, までも兵馬, まで生存, やっと彼, を猜疑, パッと, 売り払って

▼ いた~ (64, 0.1%)

3 を自由 2 が今

1 [59件] がだ, がなかっ, がにわかに, がふと, がまた, がみだれ, がやっと, がやや, が一方, が一時, が反撥, が弱く, が春, が次第に, が端, が雨, その存在, で制作, で毎週月曜日, で自分, と入れ替へ, と心, と肉, なき寺僧, には成れない, に動揺, のたけ, の内, の壁, の妖術, の底, の弱, の張り, の状態, の的, の目, の緒, の苦, の詠嘆, の迷い, の青空, は, はそれ以外, は僻みであっ, は弛ん, は明るい, は果して, は緩和薬, は身, へ女, も取り返される, も引き立っ, も長い, をすこし, をそのまま, を宗教, を鏡, 深い感じ, 遣ひなどは

▼ いた~ (63, 0.0%)

5 に載せ 2 の方

1 [56件] おもむろに後図, からじっと, ちょうど無, であと二月, でなければ, で一網打尽, で出, で力, で役に立たない, で徐々に, で我々, で極めよう, として一先ず, にお, にすべて, にコソコソ, にゴマ塩, にバーグレーヴ夫人, にヘルチェン, に一つ, に今度, に先刻三鞭酒, に別に, に十銭ニッケル, に友達, に少なから, に忌, に恐竜, に拳銃, に支倉一行, に料理, に日常, に暑い, に朝鮮語, に枕, に栄養不良, に水色, に片手, に畑, に糸, に紫, に終戦後, に言葉, に譲吉, に軽く, に道中, に雁首, に雨, に鳴物入り, のこと, の子供, の承諾, の間, は地獄, は若党, を濡れ

▼ いたそして~ (62, 0.0%)

2 それは, 今では, 彼の

1 [56件] あわれ, そこに, そのあたり, そのうち, その下, その代表的, その壺, その時, その時テナルディエ, その清く, その艶, その芯, それについては, それを, ただ貧しい, どこかの, どこにも, ふと, みずから非難すべき, アラスまでは, イギリスは, ジャヴェルの, マドレーヌ氏の, 一角はと, 云った, 何か, 何にも, 典馬の脚もとを, 内よりは, 各学校, 君と, 四年の, 宿まで, 強い驟雨, 彼女の, 彼等は, 彼自身クロア・ド・コルバの, 恋を, 意地張った, 愛宕下の, 時々二, 歯で, 死にも, 水腫性の, 法水麟太郎の, 炉ばた, 熱しいら立ちながら, 特にその, 狼の, 目白の, 突然何, 自分が, 自分の, 言葉の, 関東大震災当時を, 黙って

▼ いた部屋~ (61, 0.0%)

2 の中, の空気

1 [57件] からだった, から薫, があった, がある, が仙台, が床ごと下, であり向かい合った右側, で気仙沼, で発見, で遺品, なの, なので, にその, にはまだ, には内部, には川田, に一人, に何処, に寝起き, に某氏, に案内, に髭, のなか, のよう, の小, の戸, の扉, の片隅, の破, の窓, の隅, の面影, は, はこれ, はすっかり, はぴたり, は上等, は寺田屋じゅう, は手狭, へとびこんだ, へはいっ, へ入っ, へ突然, へ行っ, もあとかたは, ももうすっかり, も返し, をある, を借り切った, を出, を嫌っ, を眺める, を見たい, を調べたい, を通り, を開ける, 住み時代

▼ いた~ (59, 0.0%)

3 しさ, りつ 2 しき

1 [51件] ことを, これを, しい, しいやう, しいよなもの, しいナ, しい姫君, しき事の, しき疵口よりは, しき顏を, しく, しく思ひ右京大夫, しく思ふかた, しく歎, しく腐らせむ, しく荒, しく覚え, その方, その頃, ちとおなじ, つては, つてや, つてを, つて世話を, つて存し, つて臥床, どこかの, なし, なれで, にらんだとおりそいつ, みな御, むれを, りつ慰めつ, れる, ーっと, 一ばん立派な, 今から, 切り傷皮膚の, 別人でも, 可いが, 可哀想だった, 唐の, 孔明の, 官報局の, 師直が, 愚痴な, 拙者と, 武蔵の, 窮し, 維新後から, 貴さまの

▼ いた青年~ (59, 0.0%)

3 であった 2 の心, は

1 [52件] から叩かれた, から敷居ぎわで言葉, から邪魔物扱い, が, があった, がこちら, がそこ, がその, がそのまま, がつと, がふりかえった, が初めて, が急, が言いました, が針, が驚い, じゃない, だが, でした, と夢, と彼, と結婚, なんか帰りがけ, に, に向かっ, の, のため, のひと, の名, の私, の血, の記憶, の車, はこっち, はしきりに, はその, はそれ, はふと, は三丁目, は何, は即死, は同居, は国, は恐らく, は憤然, は此, は私, まるで弟, や中, らしい微笑, をはじめ, を叩き起し

▼ いた~ (57, 0.0%)

7 である 6 であろう 4 なの 3 と思う 2 か, だ, であった, でしょう, です, なので

1 [25件] だから, だそう, だろう, であったが, であろうと, であろう依然として, でございまして, でございますが, ですから, ですけどね, ですわ, でその, でわずか, で今, で徳川時代正徳, とはいえ, とは言え, と及び, と同じ, と思います, と油時計, と碓氷峠, と私, と飛騨, のある

▼ いたかが~ (56, 0.0%)

10 わかる 3 察せられる 2 分る, 察せられよう, 窺われる

1 [37件] あきらかに, うかがわれる, うかがわれるの, おまえには, しだいに彼女, そのとき, はっきりわかり, やっとわかっ, よくわかるだろう, 之で, 今度の, 分って, 分るであろう, 分るの, 分るわけ, 分る気, 分ろう, 判る, 十分想像出来, 呑み込めて, 問題な, 始めて, 実に髣髴, 忘れては, 想像され, 想像される, 想像されるで, 想像出来る, 於通の, 疑問だ, 知られる, 知れる, 示される, 窺われるし, 自分でも, 解る, 非常に

▼ いたはり~ (56, 0.0%)

32 ながら, ぬらむ, の心, 又みづか

1 [45件] いつくしまれる御, があつ, がこもる, がなき, がねを大きな, が二人, が有る, し, しが, その日, つつ, て, てま, て光, て筑紫, でなし, と庄吉, ながらオパル, ながら少し, ながら彼, ながら裏, ながら頭, の世界, の甘, の目, の瞳, の籠つた返事, の言葉, はし, は心, も大きく, を具え, を寄せるべきだ, を拒む, を献身, 助けました, 励まし作りあげられた御馳走, 愛でぬ, 慰められる園長先生, 止めつ, 深い親友, 育てて, 見て, 通しただけ, 遂に半天股引

▼ いた~ (56, 0.0%)

2 ぜい, 馬鹿者の

1 [52件] なる欠陥, なる過誤, な団飯, の男, カブトムシの, カブトムシは, ナマクラなんかじゃ, ヴァイオリニストヨアヒムであった, 事件が, 元気から, 公爵からの, 卓子の, 商人が, 商人らしい, 土蔵造りの, 地主騎兵隊に, 奉書の, 家族楠木氏の, 小名や, 屋根の, 師匠について, 掃除の, 掃除を, 新聞ほど, 旦那の, 時計台が, 極柱の, 槍今は, 檣が, 次の, 狸なら, 猿の, 異の, 異は, 盲谷が, 看板の, 破裂が, 納言家慶と, 紙屋は, 膽さと, 菱屋では, 葦原四郎将, 蜘蛛が, 評判の, 賢人郭嘉だの, 部分の, 金庫内の, 門外の, 雷こそ, 風呂敷か, 饅頭が, 鮒だ

▼ いた~ (56, 0.0%)

4 の姿 2 の松子, はその

1 [48件] からの返書, があと, があわて, がびっくり眼, が上体, が俄, が僕, が昨夜, だ, だけに可愛い, でした, としての或は, と何, と外国婦人, と連れ, のこと, のところ, の久美子, の事, の傍, の喬氏, の園絵, の女流作家, の妙賢女, の手, の手套, の死後, の病み窶れた, の眼, の蔡夫人, の通夜, の逸子, の顔, は, はそれ, は何故か, は夫, は子ども, は帰っ, は振返っ, は波立つ, は笑い声, は黒猫, をふり向いた, を傍, を呼び, を呼びかけ, を呼ん

▼ いた~ (56, 0.0%)

3 であろう 2 だと, であった, に一行

1 [47件] か私, この, だった, だろう, であったかも, でありました, である, であると, であるとも, であろうか, であろうが, であろうと, であろう自分, です, でなるほど, ではあるまい, でもありましょう, と存じます, なんにも, にあぶなく, にいけなくなっ, にかすり, にこういう, にこうした, にこっち, にしくじった, にしめっぽく, につまらぬ, にやっと, に中絶, に九時半, に俳優, に八日見山, に右, に姿, に幕府方, に座敷, に思わず大いに, に戦争, に此平野, に気, に漸く, に私, に穢多, に粗忽, に誰, らしいの

▼ いた~ (56, 0.0%)

5 であった, です 3 だった, である, なので 2 だから, だったが, であるから, では

1 [29件] こちらは, だ, だが, だし, だったし, であったかも, であったが, であったに, でありまた, でも, なの, なのに, なん, にも不幸, にも世間, のお, のもの, の友達, の収, の苦労, の豪, の金, の非常, は変っ, も仕事, 多数であった, 客気に, 彼も, 顔形から

▼ いたしかた~ (55, 0.0%)

12 がない 6 のない 4 ない, もない 3 なし 2 ありません, がありません, がございません, がなかっ, が無い, なく候

1 [14件] あるまい, がありませぬ, ございませぬ, ございません, ございませんでした, ではございます, ではございません, ないこと, ないとして, なくどうぞ, なし飲みすぎ食, の無い, もあるまい, 無之

▼ いただけの~ (55, 0.0%)

4 ことだった 3 ことだ, ことで 2 ことであった, ことである, もので, ものに, 話である

1 [35件] お酌, こと, ことが, ことそれ以上なにを, ことな, ことは, ことを, ものだった, ものだろう, ものは, ような, 七兵衛が, 事だった, 事で, 事でありました, 事である, 事実を, 人は, 小遣を, 教養は, 教養以上にも, 未開の, 由, 相違な, 相違を, 者が, 自尊心の, 話だ, 話であろう, 話でした, 話では, 部屋を, 銭を, 長老制度なる, 顔が

▼ いたやう~ (55, 0.0%)

4 に思ひます 3 な氣 2 でも, な顏色, になるらしうございます, に云, に思ふ

1 [38件] だな, でございます, でしたが, なもの, なわけ, なガツチリ, な三方, な名, な四角い長い, な御, な感, な濃藍色, な臺地, な良い, な降り方, な風, な駿河屋, に, にじつ, にそれ, にも思ふ, に今, に僅, に受けとらなけれ, に呼び止めた, に士氣墮弱, に思, に感じ, に止んだ, に泣き出した, に泣く, に眼, に窓, に紳士, に見事, に覺, に鮮やか, に黒く

▼ いた~ (55, 0.0%)

4 である, です, に代 2 だ, であった, でございます, ですが

1 [35件] が如何にもよく, だが, だったね, であったが, であつ, でございました, でした, でしたが, ですから, で御座, なこと, など想いあわせる, なもの, なもん, な人々, な分別, な愚痴, な感じ, な気, な薄い, な調子, にまた, に云, に云った, に其処, に口, に妙, に思っ, に思われた, に青年, に顎, は到底, もなく, をよく, を見すえ

▼ いたあと~ (54, 0.0%)

4 でした 2 で, で私, なので

1 [44件] ある人, がある, がみえる, が官兵衛, が見られる, が読める, そうと, だった, だったという, であったから, できっと, でこうして, でこわごわ, でそのまま, でそれ, では雑木林, でへや, でまた, で各自, で夜, で大臣, で少し, で待ちわび, で明日, で発見者, で西, で言いました, で足, で驚き, にこんもり, にすぐ, につきました, にはくわつ, にひとつかみ, のカード, の二台, の尽きない, の畳, の身体, はこれ, はつまらない, へ伝七郎, へ新しい, をうけ

▼ いた三人~ (54, 0.0%)

2 の刑事, の客, の武士, の若い

1 [46件] がさすが, がふと, がまたも, が珍, であった, に, にはまた, のむす, のもの, のアイヌ, のアメリカ人, の人, の取り, の坊さん, の士, の女給, の姿, の婦人, の子, の富農, の小, の小児, の少年, の巣窟, の狂人, の生命, の男, の男達, の病人, の百姓, の目, の職工, の若者, の青年, の顔, の黒衣, は, ははじめ, は恐れない, は意外, は期せ, は目立たぬ, は突然, ばかりがいや, ほども一時, も愕然

▼ いた少年~ (53, 0.0%)

3 の日 2 が, があった

1 [46件] がある, がその, がそれ, がつけ加え, がふりかえっ, が人, が千二, が大声, が山, が愛国行進曲, が突然, が逃げ出した, だから, であった事, でこれからぐんぐん, とは似, と少女, にはそれ相応, に矢張り詩, のこと, のぼく, の僕, の厭世主義, の彼, の心, の時代, の母, の気持, の海, の父親, の私, の葛岡, の頃, の頬, は, はこっそり, はそのまま, は人家, は何, は急, は機敏, は汗ばむ, は笑った, は耳, も全く, や女童

▼ いた当時~ (53, 0.0%)

2 のこと, のよう, のドイツ, の日本, はまだ

1 [43件] あの珊瑚樹, からかれ, からし, からそ, から伊勢, から平取, だったら所詮, でさえ他, としては止む, とすこしも, と同様, にあっ, の, のプロレタリア作家, の九条兼実, の二葉亭, の人々, の余, の加藤清正あたり, の労働階級自身, の史料あさり, の国士的, の大家ルパアジュ, の小, の小説界, の愛読者, の有名, の正成, の漢人, の炉辺, の自分, の賜もの, の限界, はお, はきれい, はよく, は人々, は守備, は少く, は綽名, らしい考えかた, を私, を見よ

▼ いた~ (53, 0.0%)

5 る日 2 女の

1 [46件] る, る一つ, る一人, る一様性, る事, る二つ, る人, る仏蘭西, る力, る古い, る品物, る地図, る夏, る夕, る大学, る奇妙, る奥さん, る学生, る学者, る層, る弱, る政党, る未亡人, る森, る湖畔, る物, る異常, る疑問, る種, る美しい, る貨物船, る雑誌, る雑誌社, 事に, 先生からは, 友だちの, 名高い漢学者, 思潮の, 愛蘭土の, 懇意な, 日の, 本に, 男が, 男やもめの, 秋の, 都会の

▼ いた母親~ (53, 0.0%)

3 のこと 2 の顔, は

1 [46件] がいった, がお, がこの, がすぐ, がまた, がみたて, がモスク, が口, が止めた, が眼, が自分, が鎖, が風呂桶, だけに彼, とはまるで, と妹, と姉, なの, についての心配, には新しい, に偶然, に尋ねられ, のお, の声, の白髪首, の膝, の過去, はあわて, はやがて, は不審そう, は二三十分間, は大変エンギ, は小首, は急い, は手, は振り, は白髪, は私, は豹一, は黙っ, は龍雄, までを連れ, や妹, らしい虎, をもこれから, を引

▼ いた言葉~ (53, 0.0%)

3 を思い出した

1 [50件] がある, がここ, がつい, が伝わっ, が初め鼓膜, が咽喉, が子供, が自由, が逸話, が遂に, その土地, だけが切れ切れ, だった, だったの, であった, であったが, であろう, でした, ではありません, ではない, で一伍一什, で云, で云った, と同じ, なの, には刀脇差, に吉三郎, に耳, のうち, の世界, の意味, の美し, の音調, はこれ, は心外, は殺し, もあり, もいま, も思い合せ, や行為, をいきなり, をやっと, を再び, を唇, を思いおこし, を思い出せ, を聞いた, を言っ, を記憶, を集めた

▼ いたほう~ (52, 0.0%)

12 がいい 4 がよかっ 2 がかえって, がよい, がよく

1 [30件] が, がいろいろ, がお, がおもしろい, がかえっ, がたのしい, がどの, がどれ, がはやかっ, がほんもの, がまだ, がよ, がよう, がよろしい, が其, が君江, が気楽, が無難, が身, が運転台, が遥か, が馬, だが, です, なので, のチビキ, の人, の女王, の姫君, もムクムク

▼ いた女中~ (52, 0.0%)

2 なん

1 [50件] が, がいった, がひとりでに, がまっ, が一寸, が二人, が午後, が取次, が大層, が強盗, が急い, が殺された, が気に入らない, が番頭, が私, が驚き醒め, である, でした, で今, で四ッ谷, とが私, にきい, になにか, にも弘法灸, に手あて, に手渡し, に料理, に村田, のうち全部, のお, のかね, のしげ, のオサン, の中, の右手, の声, の家, の眼, の着物, の証言, の話, はこころえ, はそれ, ははっ, は悪い, は菊, は蛇, もあった, もあり, らしい人

▼ いた姿~ (52, 0.0%)

2 をなつかしむ, を思い出す, を見かけた

1 [46件] がありあり, がなんとも, がわけても, がシャボン泡, がシャン, が今, が何とも, が思い出される, が掻き消す, が目, が眼, が非常, だったと, だったに, とはまるで, と見較べ, などは誰, なの, のこの, の或, はいかに, はいま, はその頃東京, はどこ, はなかっ, は思い出される, は深く, は自分, は覚え, も滑稽, や良人, をおれ, をまざまざ, をみる, を前, を忘れぬ, を思いおこした, を思い出し, を思い出します, を思い浮かべ, を思い浮かべる, を思い浮べた, を想い出す, を見, を見た, を見る

▼ いたうち~ (51, 0.0%)

3 はまだ 2 に彼

1 [46件] ああ一つ, から目, が創立者, が見えた, では一番上手, でも一つ, とは違う, に, にいい, にいつのまにか, にこんど, にその, にだれ, になじみ, にほとんど, にもどこ, にも御, に丘, に五人, に全く, に夜中, に大変, に娘, に御所, に既成, に桃井, に浮舟, に無限, に疲れ, に結婚, に誰, の一寺, の事, の喜平次, の娘さん, の温泉, の者, はいい, はしょっちゅう, はともかく, はなん, は会いたく, は毎日雪, は空家, も伸子, や尾崎さん

▼ いたつもり~ (51, 0.0%)

4 だが, でも, なの 3 なのに 2 であったが, である, であるが, でしたが, です

1 [26件] がまだ, だ, だから, だった, だったが, だったに, だったもの, だったら目, だのに, だろういい, で, であった, であったけれど, であったのに, でいた, でご, ですが, では, で実は, で御座いましたが, なので, にも拘らず, のところ, の私, の老人, らしいが

▼ いた~ (51, 0.0%)

2 干竿

1 [49件] か, か真っ赤, があの, がお, がわれわれ人類, が取れた, が東洋的, が次々, が死ん, が沢山, が消え失せ, が無く, が看, が融け, が買っ, が顔, じゃが後日, だ, だと, だね, であった, である, でゴム, で附近, といっ, なぞに却, などもすぐ, なんぞを御, に気づい, の中, の始末, の形, は, はなん, は実は, は皆, は皆墓, は襤褸, もすべて, も皆, をだんだん, をやっ, を右, を持っ, を探しあてた, を灰燼, を置き放し, を貰っ, 怖しい

▼ いた~ (50, 0.0%)

2 をひらい, を上げ

1 [46件] がまた, が希望, が開い, だ, でございます, で何, と鼻, には一, には多少なりとも, には秩父, にも張り, に取り捲い, に敷き, の中, の細い, はなかっ, は地方官階級, を, をあけた, をあげ, をおずおず, をすぐ, をそらし, をつっと, をつぶる, をはなし, をやっと, をパチリ, をパッ, を地図, を地面, を大急ぎ, を川, を忘れる, を晴れた, を注い, を画面, を移し, を見ひらいた, を見開く, を貞世, を返し, を逸らし, を閉じました, を開く, を開ける

▼ いた~ (50, 0.0%)

3 が急 2 がいつのまにか, がすっかり

1 [43件] からのぞい, から夕ぐれ, から折々, から板廂, から陽, がいつの間にか, がしぐれ, がたちまち, がようよう, が不意, が余りに, が俄, が午後, が夜, が曇る, が驟雨模様, だったて, にも雲, に雲ぎれがして黄昏, のコップ, のコーヒー茶碗, の底, の模様, の盃, の遠い, はあくまで, はいつの間にかすっかり, はこの, はついに, はどんどん, は午ごろ, は午後, は実際, は少し, は曇っ, は藍青, もいつか, もとうとう, も木立, も見違える, をしだいに, を自由, を黒

▼ いた小さな~ (49, 0.0%)

2 子供らは, 工場の

1 [45件] げたが, たるを, ふろしき包みを, ズックの, テーブルに, ピストルを, 仕事を, 何物かを, 奇術劇団の, 室へ, 庭だ, 快感を, 悪魔は, 教会, 木片を, 本を, 村と, 汽船が, 流れの, 港の, 瓢を, 甥達の, 町が, 町であった, 真っ黒な, 石から, 神, 穴の, 笛を, 紙包の, 細工場を, 群集に, 花, 芳江までが, 虫は, 赤いお, 造花を, 過去の, 道化ものの, 銀の, 銀行の, 銃口, 鞄の, 鞄を, 黒革の

▼ いた証拠~ (49, 0.0%)

8 である 3 がある, だ, にはなるだろう 2 にはその

1 [30件] そしてその, だし, で, であった, であって, でありましょう, であります, でござる, です, ですよ, ですわね, ではない, でもあろう, で事実, といえよう, として当時, と見られます, にこれ, になる, には内側, には彼, にまだ青々, に違い, の品, の書類, はあの, はこれ, は幾つ, もいろいろ, を押えた

▼ いたとて~ (48, 0.0%)

2 それが, 何の

1 [44件] いつの, いつまで, いぬとて, きっかけを, きりが, このさき幾年, この世には, さのみ, さらに不思議, しかたが, しょせんが, それを, たれが, どうなろう, なにも, なんに, なんの, なんら差し支え, わかる道理, ラチは, 一行読みだす, 不如意な, 世に寸益, 二千円なら, 仕方が, 何も, 何らの, 出て, 別に人, 別に気分, 同じです, 声では, 委しいこと, 庭に, 応える何物, 悲しんだとて, 日は, 無駄だ, 疑いが, 癒らぬ, 詮方の, 詰らぬこと, 退屈ゆえでは, 遠慮は

▼ いた~ (47, 0.0%)

2 でその

1 [45件] がき, がヒョイ, が地上, が落ちかかっ, である, で城太郎, で犬, にヒョイ, の包み紙, の影, の柄, の鐺, は二三日前作事, は刃渡り一尺八寸六分, は持たない, も備前一文字吉房, をくんない, をこれ, をす, をそこ, をそのまま, をだる, をもつ, をダラリ, を一閃, を下げる, を不意, を単に, を取っ, を口, を執っ, を左, を引っ, を彼, を彼奴, を手, を手放し, を拾い取った, を揮っ, を横, を氷柱, を腰, を鞘, を頭上, 尖が

▼ いた白い~ (47, 0.0%)

1 [47件] ものを, エプロンを, カラが, シグナルが, ハンカチが, パナマの, 割烹着に, 南京ねずみが, 団扇を, 土の, 大きな角封筒, 子供ものを, 小菊の, 布の, 布は, 布を, 幣と, 幣を, 御幣が, 手拭を, 梅の, 波が, 浴衣の, 清潔そうな, 瀬戸物の, 燈台は, 瞼を, 紙を, 綿の, 羽毛の, 肉付きの, 肋骨の, 肌襦袢に, 花を, 蛇の, 路を, 雲でありました, 霧も, 顔が, 馬が, 馬に, 髑髏は, 髪は, 髯の, 鳥の, 鴉は, 麻布でありました

▼ いたには~ (46, 0.0%)

10 違いない 8 相違ない 6 ちがいない 3 相違なかっ 2 いたが, 違ない

1 [15件] ちがいあるまい, ちがいなかった, ちょっと驚ろ, 何か, 出て, 官兵衛も, 格別の, 父さんも, 目を, 相違ありません, 相違あるまい, 誠に不思議, 違いなかった, 間違いない, 驚ろいた

▼ いた事実~ (46, 0.0%)

3 である 2 がある, もある

1 [39件] および彼, があり, がおかしい, がない, が大いに, が甦っ, が証明, だけは明らか, であった, でこれ, でもよく, として許容, についてでは, にぶつかり, によって証明, に徴, に意義, に関しては後年, のみを記載, の通り, はなかっ, はまったく, はよく, は今, もあっ, もやはり, も否定, も考え, らしかった, をドンドコドン, をピシ, を一同, を不意, を伝え, を小使, を思え, を指す, を顧みる, 及びその

▼ いた関係~ (46, 0.0%)

4 もあっ 2 からそこ, からその, がある, もある

1 [34件] からいつの間にか, からチャン, から今, から仔細, から何, から取り敢えず, から子規氏, から役所, から彼, から懇意, から折, から拙著, から明智どの, から矢代, から私, から自然, から辰雄, で, であの, であまりたびたび, でどうしても, でやかましい, で塩野, で明治五年, で柏木家, で死ん, で若い, で行き出した, とかで, によるの, の機械的, もあった, もあったろう, や毎日新聞

▼ いた~ (46, 0.0%)

4 だったので, なので 3 ですから 2 だ, だから, であるから, でもある, に突然

1 [25件] その懇願, たまたま東京日日新聞社, だったもの, であった, であったから, であったのに, であります, でありもしや, である, ですし, でもあり, で自分, など思い, に, にそれ, に中部以東, に今度, に何ゆえ, に始めて, に宿, に弥勒, に私, に起こった, に郷里, 突然荷物

▼ いたとおり~ (44, 0.0%)

4 のこと 3 だった 2 の方

1 [35件] この家, すわって, その弾機, その死骸, そんな行動, ただ平凡, だ, だったの, であるな, でした, です, で人少な, なもの, な寝すがた, に, にあるべき, にどうにも, にまず, に一枚, に尼, に言う, に許可, に身ぎれい, のお, の五ヶ年, の大, の姿, の文句, の相談, の結果, の言葉づかい, やっぱり鬼塚元帥, よく働い, 同じよう, 帰って

▼ いた~ (44, 0.0%)

2 である, ではない, も

1 [38件] があります, がある, が伊田, が多く, が妙, が或, が沢山, ぐらいな, だという, だろうと, であるが, で御座いますが, というの, なの, なら町方, にもそこ, に当てはまる, に移る, のついで, のつづき, のなか, の中, の中途, の後, の糸目, は物の本, もあった, もお, も矢張り, や彼, をきり出した, をしました, をします, をそこ, を思ひ合せ, を続け出した, を聴かせ, 又湘譚

▼ いたんで~ (43, 0.0%)

5 ごぜえます 2 がすよ, さあ

1 [34件] ああなる, あっしゃあ, あれを, いる表紙, おれも, がすな, がらくたあ, げすがね, こいつを, ござりまする, すかんね, すっ, そのお礼心, それで声, それを, どうしていい, ゐます, 今朝も, 何にも, 出来るだけ, 少し工合, 惜しくて, 暑さ, 未だに誰方, 死骸の, 肩が, 薬の, 行燈組で, 診なおしに, 退屈どころの, 間違いは, 風を, 風邪を, 駄目だった

▼ いた女房~ (43, 0.0%)

3 のお 2 に死なれた, の顳, はもう

1 [34件] が, が庭, であったから, であったと, であるが, で今, などが出, などもただ, なの, にそんな, に向い, のお仙, の一人, の中, の亭主, の累, の耳元, の顔, は, はあれ, はなぜ, はふい, は奥山, は客, は非常, もこちら, もこの, もさっき, もさる, も喜んだ, も実家, をそのまま, を追いかけ, を遠ざけ

▼ いた~ (43, 0.0%)

6 の人 3 のこと 2 の自分, を想像

1 [30件] からの因襲, から碩翁様, が羨ましくっ, その枝, のおも, のたんす, の事, の人達, の僕たち, の夢, の子供たち, の心, の心持, の旅人, の日, の日本人, の時代, の源氏, の生活, の腹いせ, の話, の露帝, の面影, はもっさり, は銃, をそのまま, を思い出す, を思い浮かべ, を思起, を歴々

▼ いた~ (43, 0.0%)

2 がまた, だった, だったが, であった, である, でもある

1 [31件] がある, がけさ夜, がこの, がこんど, がすっかり, がだんだん, がぱったり, がやん, が其処, が冷, が日没, が突然, が突然ピッタリ, が裏山, であったが, でじやれて, でなくも, ではない, でもない, でもなく, でやり, でゆ, でゆったり, で塵箱, な口, に乗っ, はいつの間にかぱったり, はなぎた, は次第に, も絶え, をし

▼ いたくせ~ (42, 0.0%)

102 に今, に今朝, に私

1 [26件] にいくら, にいつ, にえらい, にこう, にし, にじつは, にすぐ, にちっとも, にとうとう, にひと, にぼく, にわざわざ, に主人, に写真, に妙, に実, に平均九十三点, に急, に感謝, に本当はちっとも, に涙, に物事, に空々し, に葉子, に酒, に駒

▼ いた~ (42, 0.0%)

2 の家族

1 [40件] から支那, がそう, がだんだん, が何, が帰る, が弟, が情婦, が行った, が首, としての資格, としては心底, とつれだち, にならっ, に云った, に突忽, に話しかけました, のドミトリイ, のドミトリイ・フョードロヴィッチ, の丈太郎, の上, の信玄, の天津飛行士, の女, の姿, の容一郎, の末っ子, の枕頭, の置手紙, の荘六, の透, の重蔵, の陸郎, の駐, は, はびっくり, はガバ, は名古屋, は彼, は本当に, まで弟

▼ いた夫人~ (42, 0.0%)

2 はその

1 [40件] がまた, が伸子たち, が何等, が勝手口, が口, が年上, が急, が描いた, が老婆, が襖, にはついに, にもロス氏, に対する感情, に対する敵対感情, の令弟, の姿, の容子, の心, の方, の甥, の顔, はお, はこの, はしんじつ, はためらい, はつと, は一言, は伸子, は何, は前, は博士, は婦人, は後, は見る見る, もつい, も一寸, や姪, を亡くし, を呼ん, を源氏

▼ いたとの~ (41, 0.0%)

7 ことである 4 こと, ことです 3 ことだ, ことであった, 事 2 事であった

1 [15件] ことでした, ことを, こと先日役所に, こと十七歳の, はなし, 事でありました, 事である, 事でした, 事も, 噂だ, 由, 評判も, 話, 話であった, 述懐を

▼ いたのみ~ (41, 0.0%)

3 では 2 であった, である, であろう, ならずそれ

1 [30件] だ, でとっさ, でなくその, でなくやや, で同姓, で常, で退くとも, ならず, ならずこの, ならずこの間, ならずしばしば, ならずすこぶる, ならずその, ならずズタズタ, ならず京都, ならず京都市中, ならず今, ならず吉法師, ならず巻煙草, ならず折々, ならず斬り付けた当時, ならず時には, ならず暇, ならず相応しい, ならず自分, ならず苦し, ならず観世世阿弥, ならず諸国, ならず門男百姓, ならず非常

▼ いたはつ~ (41, 0.0%)

4 てくれる 3 てゐる 2 てくれた, てやつ, てやりました, て下さつた

1 [26件] たの, たので, たらどんな, たり力, たり慰め, たり話しかけ, てあげ, てあるきました, ていつた, てお供, てその, てやりたい, てやりたかつた, てゐた, て上げ, て下すつた, て呉れた, て呉れました, て大事, て尾, て来た, て汲ん, て眺めた, て見せた, て話し, て負

▼ いた一つ~ (41, 0.0%)

2 の人影, の疑問, の観念

1 [35件] のさびしさ, のその, のふろしきづつみを, の不安, の例, の出来事, の包み, の危機, の原因, の宝, の宝石, の巨大, の建物, の思想的核, の情景, の想念, の推定, の政治的, の新聞包み, の欠点, の歌境, の理論, の石造, の祭典, の秘密, の窓, の茂み, の説話, の諷刺画, の銃口, の集団, の風景, の風説, の馬車, はタンプル郭外

▼ いた主人~ (41, 0.0%)

2 はこの, はそれ

1 [37件] から暇, がチャント洋服, が今, が同じ, が急, が私, が突然, が駭, さえ記憶, である, という, と奴, と警部, にこの, に当時, の三郎兵衛, の佐渡平, の勘五郎, の嘉門, の大野, の孫右衛門, の家, の思い, の息子, の義理, の胸板, の重三郎, はくま, は一言, は奮然, は指, は早速, は私, もまた, も帰っ, も快い, を初め

▼ いた人達~ (41, 0.0%)

1 [41件] があった, がみな, が一斉, が何時の間にか, が声, が多かっ, が立ち止まった, が遽, が驚い, であった, でありそうして, である, と考えられた, にこの, には単に, に大体, に比し, のくせ, の中, の姿, の絶対多数, の顔, はおおかた, はそのあくる, はにわかに, はほっと, はもう, は今, は急い, は早く, は母, は気味悪く, は皆一時, は私, は粛然, は降っ, までも迫力, もあったであろう, もその後敗血症, もそれから, もついに

▼ いた~ (41, 0.0%)

2 の中

1 [39件] がふと, が今, が送りこまれた, です, ですもの, とを挙げ, にちがい, について何, ね, のこの, の上, の姿, の方, の表紙, の頁, は, はどう, はバッハオーフェン, も読もう, や雑誌, をあげた, をとりあげ, をもっ, を五六冊, を伏せ, を取り上げ, を古本屋, を売り払っ, を急い, を抛りだす, を枕元, を棚, を盗んだ, を買う, を開ける, 二三冊それは, 口坑道で, 富士警察署の, 調べました

▼ いた父親~ (41, 0.0%)

2 の顔

1 [39件] がいきなり, がかえって, が出し抜け, が嗄れ, が時々, が橋板, そっくりである, といっしょ, のところ, のハリ, の出入先, の出張がち, の呻き, の善良そう, の家, の捨吉, の方, の死顏, の自動車, は, はいつの間にか, はいよいよ, はこの, はすぐ, はそれ, はまるで, は床, は新, は暗い, は最初, は返事, は酒, も今度, やおどそう, らしい愛情, をも混乱, を殴った, を説きふせ, を陥穽

▼ いた~ (41, 0.0%)

2 夫人の, 夫婦は, 梅が

1 [35件] アイヌは, エフィゲニウスが, ドラポルトは, 俳優の, 僧が, 僧は, 先生の, 先生は, 功とは, 医師が, 博士が, 博士の, 博士は, 土豪が, 夫人と, 夫人は, 夫人までが, 夫婦が, 夫婦だ, 婦人たちも, 子爵も, 家職が, 将に, 尼の, 山が, 市長は, 案内者は, 猟士嘉門次が, 猫の, 禰宜の, 紳士は, 職工は, 舖でした, 船長が, 近侍と

▼ いたやつ~ (40, 0.0%)

2 がある, だ, にご

1 [34件] いろいろある, か姿, があった, がいっし, がこの, がこんなに, がしのびこむ, がにげた, がぬく, が一匹, が子ども, が本当, が皮, が空腹, が脳漿, じゃございますまい, だよ, でした, と顔, なん, は, はどこ, は徳川家, までが急, まではね起き, もおりました, もみんな, も二十面相, も腰, を人, を来, を油絵, を矢伏, を貰っ

▼ いた以上~ (40, 0.0%)

3 のこと 2 の利潤, の収穫

1 [33件] たちまち自慢, たわけな, だ, だいたん, どうしても人間, にこれ, にひどく大きい, に刑部, に大きな, に嫉妬, に店, に憔悴, に深い, に自分, に見直したらしい, に面白い, のもの, の人間離れ, の分量, の大騒ぎ, の惨害, の成績, の曲者, の清潔, の驚愕, はおそらく, はもし, は世間, は千太, 少くも, 少しも, 少なくも両, 早く来た

▼ いた~ (40, 0.0%)

2 のうち, の一人, の姿

1 [34件] かどう, があわてふためい, がい, が喜左衛門, が娘, が帰った, が帰りがけ, が急, が次, が端艇, だから, だったかと, であった, と主人側, なの, に, に話しかけた, のあいだ, の中, の大勢, の紳士, の老, の誰, はこの, はその, はぞろぞろ, はほか, はみな, は先, は垂幕, は議院, も紳士, や女, を迎える

▼ いた古い~ (39, 0.0%)

2 家で, 掛時計も

1 [35件] その家, ひな人形でありました, ものの, ワラジ, 仏像に, 兜が, 国民にたいしては, 地層である, 地租の, 女友達ここ七年間逢わなかった, 心の, 新聞の, 新聞を, 書類が, 松の木も, 校舎の, 梁から, 樫の, 歌に, 水車は, 漁夫が, 煉瓦造りの, 着物と, 石膏の, 穴蔵の, 箪笥も, 紐が, 血だまり, 術な, 資本が, 鉄縁の, 鎧櫃か, 離れが, 館を, 髑髏で

▼ いた日本~ (39, 0.0%)

3 の女 2 の文学評論, の精神

1 [32件] で, でも万葉時代, における雪, にはそれ, に関する歴史的展望, のある, のどこ, の人民, の仏教, の全, の勢力, の匂い, の売笑婦, の戦争, の政府, の数十万, の日本人, の昔, の有, の歌, の武力, の歴史, の潜水艦ホ型十三号, の現代文学史, の社会的, の窓, の言葉, の貿易商, の軍事的権力, はバルカン, は何, へ侵略

▼ いた~ (39, 0.0%)

2 の棒

1 [37件] が老婆, だ, だから, だよ, ではない, なので, なん, の件, の十字架, の塊, の大, の大黒, はあなた, はどなた, はなくなっ, はほとんど, はもう, はもうこ, は役人, は皆, は高く, ぶち眼鏡, へ手, も, も地所, も道具, や宝石, をそこ, をそっくり, をそのまま, をスッ, をソツクリ, を取り出し, を取出し, を安全, を宗教, を暮

▼ いたしま~ (38, 0.0%)

13 すると 12 する 2 するが, するでご, するに, するには 1 するうち, するでございます, するでごぜ, するより, は父

▼ いた~ (38, 0.0%)

2 いたよ, うだつた, ここに

1 [32件] あらましの, あれなら, いずれ親分, いったいどこ, おとうさんにも, これは, こんどよく, しかしそいつ, しかし此辺, すると女子, それからその, それで君, たしかに, ねえ何, ぶこ, よくその, ソヴェトの, 三百五十人からの, 俺も, 博士さん, 夜釣りに, 新造に, 昨日まではネ, 来て, 沢山パパ, 盲に, 福井町の, 紺の, 綺麗な, 進らの, 重子と, 順ぐり河原へ

▼ いた~ (37, 0.0%)

2 が, もハンケチ

1 [33件] がふい, がまた, が急, が真直, が繁み, にまで及んだ, にも死, に対して多少, のさき子, のりよ, のファンニー, の代り, の姿, の婿, の肱, の話, の遺品, の鈴江, の顔, はそう, は何やら, は俄, は勿体な, は大, は媚びる, は片付い, は空, ぽうん, もいず, も殆, も田舎, を見つけ, を買った

▼ いた~ (37, 0.0%)

3 である 2 です, といい

1 [30件] から察し, から見る, から重行, があった, がどれ, がはっきり, が何, が多い, でありますけれども, で大臣, で女傑, で平凡人, とを責める, と白昼, にある, に到達, に自分, は, は五月, は古い, は押入る, は皆, は私, は雪, までは少なくとも, もあった, も高氏, や重行, を指摘, を極力

▼ いた小さい~ (36, 0.0%)

2 手からも

1 [34件] あの金, おちょこで, のを, クションを, ハンカチーフを, 丸髷を, 人影の, 児も, 別棟の, 十字架や, 地主から, 太郎は, 女の子が, 客間に, 屋台も, 岩波の, 庭を, 徳利を, 新聞紙の, 方の, 日本が, 温泉宿は, 灯の, 琴を, 男の, 素人写真を, 緑色の, 腕首を, 舞台が, 蝦蟇口の, 血の, 赤ちゃんまで, 酒店が, 風呂敷包を

▼ いた警官~ (36, 0.0%)

2 の一人

1 [34件] がおどろい, がすばやく, がただ者, がつい, がふい, がやっと, がウム, が一人, が怪人, が無線電話, が空, が立ち往生, が電灯, と車掌, にそれぞれさ, になにか, に会釈, に尋ね, に捕えられた, のひとり, のオーバー, の一行, はさすが, はそば, は下, は生き, は緊張, は舗石, は長夜, へ外出, も青年団員, や乗務員連中, をつれ, を失望

▼ いた次郎~ (35, 0.0%)

3 の手 2 の耳, は何

1 [28件] が失敗, が急, が白墨, が程なく, が言った, が間もなく, で, という者, と共に今, にはその, の眼, の胸, の葉書, の顔, は, はそこで, はその, はその後, はそれで, はどうやら, は二階, は何だか, は平六, は思いきった, は自分, もちょこちょこ, をかえり見, をそのまま

▼ いた気持~ (35, 0.0%)

2 が急

1 [33件] があとかた, がこう, がつい, がトン, が大きな, が真剣, が絶望, だったので, である, でぬすむ, で吸込まれる, で指し, で田部井氏, になっ, になつ, になつて, になりました, になる, の外, の様々, の深, の糸, はす, も実は, をうかつ, をどんなに, をほんの, をも彼女一流, を制しきれなかった, を夢, を思います, を思い出した, を振切った

▼ いた~ (35, 0.0%)

2 の下

1 [33件] が一本, だ, でまた, で小走り, で看守長, なので, のくさり, の傷, の尖, の拇指, の膝, の裏, の踵, の鎖, も屹, をお, をきちんと, をとどめ, をなめた, をふい, をまっすぐ, をよろめかせ, を一瞬, を二三歩, を伸ばし, を伸子, を入口, を延ばし, を折りまげ, を草履, を踏み返した, を釘, を離し

▼ いたひとり~ (34, 0.0%)

2 の男, の部下

1 [30件] が小林少年, が榾柮, が見, だった故, である, で作州牢人, なの, なので, の, の事務員, の侍, の国民兵, の大学生, の女, の女給さん, の子ども, の山友達, の店主, の店員, の武芸者, の海女, の潜水夫, の白衣, の美しい, の美少女, の船頭, の警官, の酒樽人足, は天使, を斬りふせた

▼ いた人物~ (34, 0.0%)

3 がある, だった 2 だ, であった

1 [24件] かいっこう, が最後, だから, でありますが, でなければ, で腰, といっ, とはまったく, とみえ, とやら柳生, と云う, と云え, と思われる, に一つ, に違い, のご, の一人, の中, の姿, はいつも, はなかっ, は河上徹太郎氏, は知っ, を思い出し

▼ いた~ (34, 0.0%)

3 松は

1 [31件] この手紙, ではほとんど, では勿論, でもその, のその, のセエラ, の一瞬, の主人, の備前, の先, の切れ, の松井ヨネ子, の法律, の細君, ひとりの, までない, までの住居, までの周囲, までの女, までの恩給, までの採訪ぶり, までの虚無, までの錯覚, まで財布, 切藤五も, 松だった, 松の, 楚が, 迄の気持, 迄の葵, 頭に

▼ いた葉子~ (34, 0.0%)

4 はこの 2 はその, は今

1 [26件] が今, が思わず, が残り, が秋本, につれられ, にはそれ, には今, には手さぐり, に取っ, に対して今さら, の叔母, の好奇, の批判力, の母, の目, の肺, はいやいやながら, はすぐ, はそれ, はどの, は彼, は案外, は田川夫人, は見つめれ, もこのごろ, を誘っ

▼ いた調子~ (34, 0.0%)

5 で答えた 4 で云った 2 にはどうも

1 [23件] だった, で, である, でいい, でもう一度, で云, で以前, で喬介, で圖星, で子供, で弁明, で意外, で私, で答, で言, で言った, で訊ねた, で響い, とすこし, には鳴い, に復し, の聲, は一瞬

▼ いた~ (34, 0.0%)

2 の上, をあげ

1 [30件] からほどよく, がこの, がまた, が足, にあたたかい, にこの, のなか, の君, の禿, の髪, ほどの石ころ, もこの, も顔, をおしげ, をさらに, をだ, をちょっと, をひょいと, をまた, をもち, をもっと, をハイカラ, をフッ, を一層, を上げ, を低く, を偶然, を僅か, を彼女, を擡げ

▼ いたからと~ (33, 0.0%)

13 いって 4 云って 3 謂つて其の 2 言って

1 [11件] いうだけの, いうの, いうばかりの, いうよりは, うちへ, 云う訳, 云っても, 申しまして, 素子は, 言うより, 説くこと

▼ いた~ (33, 0.0%)

2 いぜんの, いちゅうなのでした, りょうに, 身に

1 [25件] こらへ, しみに, するに, すれば, せよ, でしたが, で苦しい, とを我慢, と頸環, なんだ, にもがき, に市十郎, に彼, に面, の一心, は山々, ほ子, むらいも起きあがっ, も忘れ, も海, をこらえ, をた, を忘れ, を感じる, を抑え

▼ いた仲間~ (33, 0.0%)

5 の一人

1 [28件] が, がそこ, がピストル, が口, が森本, が次々, だ, だった, だったか, だったの, であった, で自由労働者上り, にはバビロニア, にも彼女, に加わっ, に声, のだれ彼, のみを以て神明禁忌, の一平, の九兵衛, の二人, の宅助, の少女たち, の少年達, の源さん, の顔, は, も姿

▼ いた~ (33, 0.0%)

2 婆さんが

1 [31件] 一家が, 両親でしょう, 主人は, 制札が, 婦人について, 客さんが, 客様は, 家憲の, 小人あがり, 小人たちも, 常とは, 常は, 手跡も, 持論とは, 書院番の, 様子, 消息を, 米が, 米は, 米も, 米を, 紋章の, 縫さんは, 薬が, 親兵の, 近習の, 陣屋門が, 隠家様, 隠居という, 隠居には, 隠居様は

▼ いた~ (33, 0.0%)

2 のよう

1 [31件] あの水, から生じた, が一つ, が一度, が吹きあげ, が左右, が欲しい, だと, という水, にポン, のまだ, の色, の落ちる, の選択, の面, の音, はその, はその後, はほとんど, はやや, は今, は新しい, をこころよ, をのんだ, をふきだした, を一掃, を各自, を得ん, を柄杓, を飮, 破という

▼ いた着物~ (33, 0.0%)

2 を脱い

1 [31件] からあなた, があります, がかかつ, だけは残した, であった, でございますよ, ではございません, ではなし, とおなじ, とは全く, のくわしい, の慾, の模様, の縞柄, の色, はわざと, や外套, や次, よ, をまた, を一枚剥, を女, を引裂い, を新聞紙, を早速, を明日縫, を着, を裏表引繰, を見られない, を見る, を親

▼ いた結果~ (33, 0.0%)

3 である, であろう 2 であろうと

1 [25件] いざ本当にそれ, かと思われる, が六つ, が思いがけなく, が斯様, が逆, こういう作, しばらく家, そういう作家, その毛皮, ただ一つ重要, だという, ですよ, ではない, でもあった, と見なけれ, と見られぬ, どんな様子, なの, に過ぎない, の禍い, まんまと首尾, 夙に祭, 或る, 遂に熱病

▼ いた~ (33, 0.0%)

4 将も 2 大将は, 将は, 職の

1 [23件] 事情の, 公卿の, 士を, 外国は, 大名の, 大将が, 太陽系が, 将と, 将に, 将や, 将を, 新聞と, 民族は, 民族も, 洞の, 矛盾が, 神は, 私立大学財閥の, 藩の, 課題が, 遊星と, 都市における, 隊が

▼ いた黒い~ (33, 0.0%)

2 影は, 頭が

1 [29件] うさぎが, お化けは, かげが, のは, ものが, ものを, フクサ包から, ポストや, マントの, 中折帽子を, 人影が, 大きなもの, 影が, 怪物は, 手が, 木の, 気球に, 渦巻が, 箱を, 紐とを, 背広と, 薄絹, 袋の, 金属の, 鉄骨の, 陰影が, 霧を, 頭巾の, 髪も

▼ いたけど~ (32, 0.0%)

2 満洲

1 [30件] あたしの, あなたは, あの人, あれは, あんたと, いきなりじゃまた, いつヤング, こんなタワケ, しかし人間, じつは陸軍省, そうじゃ, それでは三十, それでもすぐ, それを, そんなひとたち, どうして釘勘, どうです, もうあきらめたらしい, もうひとり, わたしたちは, カオルさんも, 今までは, 今日お目にかかったら, 何やかやと, 夜で, 欲しくない, 眠が, 私は, 素姓を, 表を

▼ いたひと~ (32, 0.0%)

2 が, です

1 [28件] があった, がその, が急, が買えなくなる, だそう, だったけれど, つがいの, である, でその, とも思われぬ, なので, にいった, にきまった, に逢う, の名, の息子, の故郷, の黒髪, はこの, はやっぱり, は五十六十, は幾十万, は私, びとの, もありました, もやがて, も呼出し, も少ない

▼ いたまま~ (32, 0.0%)

2 動かない, 答えた

1 [28件] ただはい, だが, だった, でこれ, でなんにも, では追付きません, で右, で咲い, で幻, に, になっ, に開い, のふう, のシュミーズ一つ, の互, の口調, の弛緩, の手, の規律, の駕, を雁金検事, 休んで, 入ると, 悠然と流され, 押しかえされて, 死んだもの, 積み重ねた本, 黙って

▼ いた友人~ (32, 0.0%)

3 の一人 2 は彼

1 [27件] からなぜ, があった, がある, がその, がよたよた, がクレーン, が下宿, が牡丹, だ, であった, で今, とそっくり, と共にころげこむ, と関係, に自分, に頼ん, の手帖, の油絵画家, の画家, の言, の証言, の話, は眼, は遅れたらしい, もいます, も一人二人, をその

▼ いた~ (32, 0.0%)

1 [32件] かがし, がデコボコ, が再興, が見える, が離れ, こそ国中, であったので, であるが, ではある, とか月, とどうも, と渓, にいつ, のサナトリウム, の国信州, の娘たち, の形, の早春, の木々, の木コリ, の林, の樹間, の登山, の連なり, の連中, の開墾, は三, は勿論, も下, も見る見る, を越え, 掘夫

▼ いた~ (32, 0.0%)

2 の人, の人々, の人たち, の者, の連中

1 [22件] が彼方, でセザンヌ, には忽ち, のあと, のはずれ, の人達, の女, の娘, の子供, の小さな, の小学教員, の小学校, の持主たち, の方, の暮し, の者二人, の警官カヴァレロ・ホセ君, の鐘楼, の青年たち, はあった, もあった, もあります

▼ いた~ (32, 0.0%)

3 之丞

1 [29件] がさあっ, がところどころ, がますます, がやんだ, が一ぺん, が低い, が光り, が十二月半過ぎ, が巓, が皆, ぞら, に濡れた, のよう, の光, の厚, の原, の圧力, はいつのまにか, はきわめて, はそのまま, ははずみ, は何ぞ, は深く, は解け, もたいてい, も降り出し, をパッ, を落す, を見たい

▼ いた~ (31, 0.0%)

2 の一人, の多く

1 [27件] のあらゆる, のお, のルクレチウス, の三人, の二人, の仮装, の作品, の六名, の娘, の市会議員, の座員達, の患者たち, の患者達, の数巻, の文学的独創力, の浪人者二人, の片すみ, の男たち, の異人, の老婆, の者, の者ら, の資本家, の連中, の隊員, 人事を, 町の

▼ いた婦人~ (31, 0.0%)

1 [31件] があったい, がある, が丸髷, が交代, が坑夫, であった, であって, である, ですが, で女芸一通り能, と異い, に会い, のきわめて, のこと, のほう, の一人, の世界, の中, の事ぢ, の官能, の方, の服装, の棄権, の社会的地位, の顔, はその, は彫刻家, は急, は蝮, は赤ん坊, を正式

▼ いた子供たち~ (31, 0.0%)

2 はみんな

1 [29件] がいっ, がきわどい, がさっと, がすぐ, がすべて, が一生懸命, が君, が後, が徐々に, の姿, の方, の群れ, はさっと, はそれ, はどこ, はなおさら, ははじめびっくり, はびっくり, はふっと, は一年中, は一瞥, は同時に, は安心, は新入, も一人, も大将, も彼女, をよろこばせる, を起し

▼ いた~ (31, 0.0%)

4 の人々 2 から汽車

1 [25件] かどの, から少し, から遠い, であった, である, でした, で人, なの, のさま, の中年, の人達, の名, の子達, の役場, の景色, の構え, の流れ, の空, の親しく, の質店, の駐在所, はごく, はもう, は三ヶ所, も当時

▼ いたのよ~ (30, 0.0%)

1 [30件] あんたが, いかにも主婦机, いまの, いやねえ, おれも, お嬢さんが, こないだっから, ずっとその, そして頭, それが, それだ, だからあたい, ですから, でね, でも来やしない, なぜ聞いて, はっと思ったら, ほんとにいろいろ御, よく逃げられた, カタンカタンと, 一は, 今こそ, 先方は, 十六日の, 可哀そうに, 大おしゃれ, 尤もすこし, 私が, 階段を, 飛んでも

▼ いた~ (30, 0.0%)

4 が一時 2 の堰

1 [24件] があふれ出る, がまた, がハラハラ, が不思議, が出, が切っ, が急, が溢れ落ちる, が滂沱, が私, が間歇泉, の玉, の顔, は近づく, をかくしきれず, をかくした, をつい, をはふりこぼし, をほろり, をぽろりぽろり, をまた, を拭き, を流す, を流れる

▼ いた美しい~ (30, 0.0%)

2 山村の

1 [28件] あめん棒, お菊, その赤坊, なめらかな, ペンキは, 人が, 令嬢が, 伝法な, 光を, 処女が, 坊主枕を, 夢が, 女詩人, 妾を, 嫁の, 小さな手, 小ばこ, 横顔へ, 樹を, 男の, 眉が, 線条とは, 肉体その, 自動車に, 色であっ, 薔薇が, 部屋に, 魅力の

▼ いたなんて~ (29, 0.0%)

3 ことは 2 いうこと, 言って

1 [22件] いうの, いつちまつたの, いつて, ことを, じつにふしぎ, そりゃ自分, そんな事, だれも, まったく生れ, よくも図々しい, イヤハヤどうも, 事が, 云う人, 仰有るけど, 俺も, 僕は, 全くはじめて聞く, 喧嘩が, 私の, 考えられないこと, 言うまいね, 話は

▼ いた~ (29, 0.0%)

3 の君 2 の一人

1 [24件] から出た, である, でしたのに, でその, でも一番, で世にも, で末摘花夫人, で河, で独逸本国, に, にお, にその, には大分此鳥, にも烈しい, に二三, に城下町風情, に天孫民族, に彼女, に死骸, に深い, に西洋人, に馬士, の中務, を彼

▼ いた椅子~ (29, 0.0%)

6 に腰

1 [23件] から立ち上がり, から立った, などは背部, にかけ, につい, に凭れ, に坐らせる, に豹一, に青年, のうしろ, のまわり, の上, の足, はベッド, は平均, をはっしと, をはねのけ, をカメラマン, を二つ, を指さした, を指した, を逆さま, を部屋

▼ いた素子~ (29, 0.0%)

532 はやがて

1 [19件] がおこった, がそんな, がにやりと, がねまき, が何心, が停車場, が遂に, と抱きあっ, に言った, の手紙, の物, はすぐ, はひとり, はやがてゆっくり, はややしばらく, は下町風, は日頃友人, は苦し, や伸子

▼ いた先生~ (28, 0.0%)

2 である

1 [26件] からは阪地, が無事, であるが, でしかも, のところ, の名, の気持, の眼, の絶筆, の講義, の顔, は, はある, はその, はそば, はそれ, はどやどや, はやや, は当, は心配そう, は時々, も今, も仲, も彼, も頭, をはじめ

▼ いた土地~ (28, 0.0%)

1 [28件] から今, が完全, が有るらしい, だから, だけに天産物, でありましょうが, である, で下町, なん, のよう, の上, の人, の人々, の問題, の女給, の老翁, の耕作, はしばらく, は不要, は二家族, まで出かけ, も稀, も遠国, をいきなり, を多く, を完全, を覆い, を離れ

▼ いた手紙~ (28, 0.0%)

1 [28件] があった, が伸子, であります, どっさり書きました, なんぞがむちゃくちゃ, にはこんな, のあて名, のきれ, の人, の反古, の最後, の束, の裂, までを, をそのまま, をよこしました, を出し, を力, を卓上, を巻き, を巻きおさめ, を巻き返し, を持っ, を指, を此方, を滅茶滅茶, を膝, を見つけ出した

▼ いた若者~ (28, 0.0%)

1 [28件] がとん, が云った, が今, が刀, が彼, だった, で穉, と一緒, にはそれ, には大概, に飛びかかる, のいう, の近く, の顔, は, はこう, はびっくり, はふと, は二三言老人, は幼名, は彼, は急, は無視, は許可, へ詑びるよう, も帰っ, を冷し, を殺され

▼ いた長い~ (28, 0.0%)

3 間の 2 なわ, 劒を

1 [21件] けん, すを, ものは, パイプを, 小説に, 手や, 手紙には, 散歩が, 時期が, 書面であった, 棒の, 睫も, 睫を, 磯が, 竿を, 筒ね, 背を, 脇差を, 針が, 間に, 鞭を

▼ いたとかいう~ (27, 0.0%)

3 ことで 2 ことです

1 [22件] お婆さんが, ことが, ことだった, ことである, その出身, その母親, それを, では, ところから, のだ, 事を, 噂でした, 壺は, 子どもの, 新聞記事を, 点の, 瞽女である, 言伝えに, 話, 話じゃ, 話だ, 話でした

▼ いたもう~ (27, 0.0%)

7 一人の 3 一つの 2 ひとりの, 一名の

1 [13件] その顔, マリユスが, 一人が, 一組の, 一艘に, 一足も, 一軒の, 今までの, 僕たちの, 六十を, 十時過ぎな, 夜に, 歩けないもう

▼ いた一同~ (27, 0.0%)

2 の眼

1 [25件] がこれ, がほっと, が余り, が声, が忽ち, であった, に好転, の疑惑, の者, の腕, はいよいよ, はがばと, はこの, はすっくと, はぶるぶる, は各自, は喜んだ, は思いがけない, は悪態, は感心, は極度, は此忠義, は深刻, は玄心斎, は黙然

▼ いた~ (27, 0.0%)

2 を起し

1 [25件] がさわる, じゃにさて, である, で笑い, と心, に力, のいかつい, の半分, の栄養補給, の衰弱, は八フィート, をしかた, をだんだん, をついと, をほぐし, をまた, を上, を半分伸子, を引き締め, を強いて, を持ち上げた, を素子, を起き返らせ, を起こし, を起した

▼ いた刑事~ (27, 0.0%)

4 の一人

1 [23件] がかけつけ, がどかどか, がにわかに, が上役たち, が云った, が千代, が口, が待っ, が駈出す, だったので, とサーカス団員, に, にたずね, に命令, に徹宵警戒, の梅原君, の目, の顔, は, はそれ, はとつぜん, は車, を手まねき

▼ いた~ (27, 0.0%)

2 世界の, 八郎は, 十郎は

1 [21件] らしい武士, らしい生命, 介, 八郎の, 兵衛が, 兵衛餅という, 助は, 助や, 十郎が, 十郎に, 嘉坡の, 夫人に, 文化の, 時代が, 校舎が, 画の, 羅が, 舞踊の, 蝶々の, 賀も, 遊廓が

▼ いた武蔵~ (27, 0.0%)

2 はその

1 [25件] が, がよく, が小, が自分, が言葉, とはそれでは, と肩, に対する反感, の乗っ, の影, の心, の死骸, の腕, の顔, は, はあな, はそう, はむっくり, はやがて, は一人, は小次郎, は彼女, は朱実, へ向い, を鏡

▼ いた~ (27, 0.0%)

1 [27件] がいきなり, がその, がとつぜん, がとびあがっ, がどんどん, が一匹, が吠えはじめ, が奥様, が急, が死にました, が耳, だ, である, でうす, でございますよ, ではござらぬ, でもあり, などにも眼, の声, の子, の毛, の群れ, の遠吠え, の鼻, はその, は今, までわらわら

▼ いた~ (27, 0.0%)

1 [27件] からさっと, からそれ, から広告球, から私, に一つ, に背中, に青い, のある, のそば, の下, の出張, の前, の外, の戸, の所, の見物人ら, の角, の障子, の鴨居, は塞がれ, も毀れ, をあっという間にとろとろ, をいっぱい, を破っ, を通して一弾, を通して窓, を閉めた

▼ いたこれ~ (26, 0.0%)

1 [26件] が白金, だけあれ, でいい, といっ, なる一腰, に服部三郎兵衛, は人, は実に, は昔宅, は木曾, は皆穢多, は面白い, までの伝習, までの家, までの席亭, までの心持ち, までの民衆生活, までの苦労, までの軍事的権力, もお, もやはり, も朝鮮, も蒼白い, も西国, を, を三度

▼ いたすべて~ (26, 0.0%)

7 のもの 2 の望み

1 [17件] ではない, の不安, の事, の元子, の労働, の国, の愛, の物, の疑惑, の皮, の眼, の草, の被害, の誇り, の過去, の面, を見て取る

▼ いたほどの~ (26, 0.0%)

1 [26件] おずおずした, ことも, パパっ子な, 三百年来の, 人民の, 人物だ, 人物である, 仲な, 凄味の, 刀だった, 別方面, 劇的な, 堅固な, 家がらだった, 強情もの, 時である, 時代を, 東京では, 煙は, 物騒な, 興味を, 英雄豪傑の, 身分であった, 郷民が, 面影は, 驚異の

▼ いた生活~ (26, 0.0%)

2 の中

1 [24件] からいきなり, からぬけた, からエセックス, から生れた, があった, がやっと, がグラつき, でありますが, にはひる, のほか, のやう, の内容, の幸福, の正路, の浪費, の興味, の調子, の音響, はどういう, はなんと, は終った, も細君, をし, を樂

▼ いた~ (26, 0.0%)

6 二の

1 [20件] 一の, 一ヴァイオリンの, 一号では, 一岬要塞の, 一軍団の, 一面を, 三中学校も, 三病棟からは, 三船艙に, 三部に, 二冊目の, 二助役が, 二峰の, 二隊を, 五十五師団の, 八十八鉱区が, 六中隊は, 十号機が, 四斥候隊の, 四艦隊から

▼ いた米友~ (26, 0.0%)

32 がまた

1 [21件] がガバ, が後ろ, が急, が手, この男, の両足, の好奇心, は, はいや, はお, はさいぜん, はその, はまた, はキリキリ, は伝法院, は思い出した, は物蔭, は道庵先生, も足許, をさんざん, を呼ん

▼ いた~ (26, 0.0%)

5 を解い 3 をほどい 2 を解いた

1 [16件] から顔, だすき, でオルガ, に解く, の力, の血管, をぎゅっと, をぐっと, をとい, をはずし, をふり, をほどいた, をスラリ, を垂れる, を少し, を引き抜かれ

▼ いたとでも~ (25, 0.0%)

9 いうの 2 申しましょうか, 言いましょうか

1 [12件] いいますかね, いふやう, おっしゃるの, 云うの, 云うよう, 形容すべきであろう, 思い込んだらしく, 思うの, 思って, 思ってるん, 言うの, 説明する

▼ いたより~ (25, 0.0%)

2 はるかに

1 [23件] さらに数層倍, ずっと奇麗さ, ずっと手紙, ずっと早く, むずかしいこと, もっとはっきり彼, もっとわるい, わるいわねえ, 三倍以上も, 以上に, 以上の, 低い階級, 何百倍か, 倍かかる, 半年も, 大病であった, 悲しいもの, 早くその, 案外に, 歩いた方, 淋しい処, 疲れて, 遥かに

▼ いたわたし~ (25, 0.0%)

2 はその

1 [23件] がこの, がたずねた, がだ, が十六, ではありました, といったい, には晴天, のところ, の口, の手, はあ, はある, はほとんど, は声, は女, は発言, は翌, は褊狭, も, もその後, をびっくり, を人間わざ, を可哀そう

▼ いた仕事~ (25, 0.0%)

1 [25件] がすこし, がともかく, がまた, が生産, だから, であると, にだんだん, にとりかかった, のこと, のつづき, の手, の方, の緊張, はその後, はドイツ, は人類理想史, をこれ, をその, をなさしめる, をもつ, をようやく, を中止, を傍ら, を抛り出し, を済した

▼ いた~ (25, 0.0%)

2 の花

1 [23件] かある, かでなかった, かの前進性, かの小説, かの影, かの木の実, かの空箱, かの翼, かの骨, かをひろいあげ, か不確か, か別, か知らぬ, か考え, か自分, でも太刀傷, とかいう爺さん, とかいう紅い, にもしらない, の抵抗力, の面白味, を, を言われよう

▼ いた~ (25, 0.0%)

2 が, である

1 [21件] がお, がこう, がこっち, がその, が中庭, が周章て立つ, が険しい, すなわち軍隊, とがお勝手箪笥, とみえ, と献上箱, と聞い, にぶっつかろう, にぶつ, のなか, の顔, はちょっと, はふと, も井上, や小者たち, 御史張紘

▼ いた武士~ (25, 0.0%)

2 があった, であって, の顔

1 [19件] がある, がいた, がさけんだ, が古今, たるもの, であったが, でありました, に相違, に迎え取られ, の一人, の姿, の心, の手, の組, の連中, の階級, はその, は興味半分, もみな

▼ いた~ (25, 0.0%)

1 [25件] がした, がする, がゆるん, がゆるんだ, がサッと, が奥様, が引締, が弛ん, が弛んだ, が忽ち, が砕け, だったの, でそこ, に喰わない, のあった, のせい, のゆるんだ, の強, はなかっ, もゆるん, もゆるんだ, も尽き果て, も急, も茫然, を抜いた

▼ いた相手~ (25, 0.0%)

2 の男

1 [23件] からかえって, から思い, がいよいよ, がなんと, がもし, だったから, だという, でこれら, で無いらしい, にこの, にそう, の人, の手, の男性, の胸, の連れ, の門番, は次郎, は青白い, は驚い, をすっぽかし, を持ち, を隣

▼ いた~ (25, 0.0%)

2 がたちまち, が急, を撫でる

1 [19件] からいつも, から下, から思い起させた, がすいた, がどうか, が一時, のうち, のまん中, の両, の凝り, の悩まし, の感傷, の病, は一時, は少しく, までの深, を反らし, を病ん, を起し

▼ いた~ (25, 0.0%)

2 だったの

1 [23件] から依頼, がすぐ, がグルグル, が沈没, が虫食, が衝突, が還っ, と見え, なん, にたどりつき, のほう, の中, の名, の扉, の灯, の甲板, の臆病船長, の舳端, の艫, の若い, は元, もある, もみんな

▼ いたからこそ~ (24, 0.0%)

1 [24件] ああやつ, あの老婆, いかなる仕業, こういうもの, こんなばかげた, そう云った, そのままで, それで身, それを, だとは, である, でそこで, やって来れた, よく持ち, ポーランドの, ヤトラカン・サミ博士は, 世界精神に, 出来たこと, 初めてその, 同志蔵原は, 売出しの, 我々の, 白粉が, 眼が

▼ いたらく~ (24, 0.0%)

2 であつ, である, です, で亭主, なん

1 [14件] そこで気, であった, であっち, でした, ですから, ではなかっ, では尋常, でカッポウ着, で人, で味覚, で愛, で朝, で歯, のもの

▼ いた~ (24, 0.0%)

6 腕を 2 の腕, 岸の, 眼を, 軍の 1 の乳房, の手, 名, 手の平を, 掌を, 村の, 眼であった, 組の, 腕に, 軍が

▼ いた~ (24, 0.0%)

2 の一つ

1 [22件] がすうっ, がぬけ, が回復, が大きく, が抜け, が渦, が自分, が自分たち, だと, であったとともに, のあり, のまわり, の入れ, の強, の深, の渦巻, は大きい, は抜け, も大きい, も尽きました, も決して, 無いたより

▼ いた彼ら~ (24, 0.0%)

1 [24件] から一篇, が, が命, が次郎, なので, にあっ, にとって朝, にも仄か, の中, の主人三浦左衛門, の前後左右, の名, の名誉, の家族, の後, の気持, の火, の眼, の頭, はたがい, は圧力, は言葉, も次第に, 双体畸形

▼ いた感情~ (24, 0.0%)

1 [24件] がきれい, がさらに, がだんだんそう, が一々, が一時, が俄, が急, が時, が水, が燃えぬけた, であった, でいまさらどうにも, ではない, にあおられた, のある, のはやり, のやり場, はいわば, はこの, はどんな, は前, へ油, やら反抗, を一瞬

▼ いた~ (24, 0.0%)

2 である

1 [22件] かその後青眉, かどうも, かも知れません, か知ら, だろうか, であった, であろう, ですが, でもあろう, というの, なり, に現われなかった, はよ売りきっ, もあったろう, を以て我が, 伯爵が, 刺したの, 呼び入れて, 梅津正保氏等を, 永田青嵐で, 玉屋総一郎の, 長谷川二葉亭が

▼ いた~ (24, 0.0%)

1 [24件] があの, がそのまま, が一時, だと, だの, とそれら, と申す, などをもっ, のよう, の咲き, の師匠, の幾ヒラ, の弁, の慰問隊, の林, の蕾, はいき, はすまない, は影, は鮮, をみた, を今, 散里, 散里夫人

▼ いた~ (24, 0.0%)

1 [24件] がつまずいた, がどう, がふと, がぶるぶる, が不思議そう, が帰り, が後れず走り行き, が急, が見習騎手, だが, で一匹, に引かせ, に泥田, のうち一頭, のくび, の死骸, の腹帯, はこの, は娘, をとらせるであろう, をもう一度, を傍, を地上, を明るい

▼ いたあたり~ (23, 0.0%)

1 [23件] から婢, から砲声, だ, でした, でちょっと, には不, には人間, には木屑, に一人, に一匹, に何となく, に悄然, の地点, の大, の静寂, はあんまり, はその, はまた, は今日, へす, へ我, まで家, を歩いた

▼ いたなどと~ (23, 0.0%)

2 にわかに饒舌

1 [21件] いう, いうが, うそを, ケチを, 云い云いするそれ, 云い得るだろうか, 云うこと, 云うの, 云う者, 仮りにも, 大変な, 妾に, 思いつこう, 申します通り, 皆さんは, 言い伝えた, 言うが, 言えない, 言われたくないだけ, 言訳を, 風聞され

▼ いた~ (23, 0.0%)

3 子供の

1 [20件] おしますと, さぐって, そらして, どんと押し叩い, もたれしか, わたったそうして, 其の方, 思出し, 知らぬ顔で, 突いたお, 突いたから, 突いた痕, 突いて, 突かれ見事, 突きとばした, 突く, 突くと, 縄で, 起して, 踏みつける

▼ いた叔父~ (23, 0.0%)

2 が二こと三こと

1 [21件] がソロソロ, が急, が眼, が突然, が起き, ですら, に預けられ, の体面上, の千代助, の子, の病気, の知人, の細川三之助, の重, はお, はぐいと, はその, は平生, は自分, を思い出し, を私

▼ いた問題~ (23, 0.0%)

1 [23件] があった, がひとりでに, がもう, が一応, だったから, だったらしい, であったため, であろうと, なるにも, に直面, に辿りついた, に飛込ん, の, の中, の偽物雛, の川破り, の浴場, は子ども, は限られ, をその後, をやっと, を平気, を見つけ出す

▼ いた場合~ (23, 0.0%)

3 が多かっ

1 [20件] が多い, それからその, であるから, でもあった, とは云え, なので, にはこっち, には何らかの, にもあまり, の方, の杉本, の記憶, はほとんど, は明律, もあった, もう一つ, も同じ, も多かっ, も妻, よりも速

▼ いた多く~ (23, 0.0%)

2 の人

1 [21件] の万葉仮名, の不快, の人々, の人たち, の失錯, の女たち, の妻たち, の婦人連, の子どもたち, の子供たち, の官吏, の小, の弟子たち, の日本人, の死体, の民, の独立労働者, の男性, の疑問, の謎, の魚たち

▼ いた~ (23, 0.0%)

2 の家

1 [21件] がこんなにばたばた, がそれ, がまた, が八通, が父王, が盗人, が銃口, としての私, との恋愛模様, に死なれ, のうち, のだらし, の小竹, の様子, の深志, の直義, の素六, の面影, は兄, や妹, を彼

▼ いた~ (23, 0.0%)

2 に濡れた

1 [21件] か多分, がみな胸, が眼, が赤黒く, が逆, しおを, だけはどう, ではなく, に染んだ, のこと, の使命, の塊, の筋, の管, の跡, は人間, は明, をあの, を胡麻, を草履, を見たろう

▼ いた~ (23, 0.0%)

1 [23件] がそこ, で体, と女, と煙草, にありついた, にありつき, に未練, に酔ってるらしい, に醉ひつ, の入っ, の壺, の瓶, はやがて, は一番, もこの, もずっと, を一息, を再び, を受けた, を或, を注い, を注ごう, を湯呑み

▼ いた~ (23, 0.0%)

3 がまた

1 [20件] がこの, がしずか, がやっと, がやん, が俄, が又, が夕方, が大分, が急, が晴れ, が水, が笹, の後, の空, の脚, はやんだ, は夕方, は夜, は晴れ, も意外

▼ いたあいだ~ (22, 0.0%)

2 のこと, の出来事

1 [18件] かれは, だけはある, である, にこの, にした, にすばやく, にちょっと, にびっしょり, にもう, にわたし, に光, に妖怪, に私, のこまかい, の辛かっ, はまだ, は君, もどこ

▼ いたっけ~ (22, 0.0%)

1 [22件] がああ, があれあ, がじゃア鶴, がそれ, がとても, がね, がもう, が乗換え, が可笑しかっ, が寝しな, が植木, が気狂い, が洋服, が畜生, が私, ことによる, このごろ毎度の, そういう所, 可哀そうに, 四十か, 堪らなくなったと, 走餅

▼ いた~ (22, 0.0%)

1 [22件] あたいみたいに, あの乞食, いたわ, え, おじさまだって, お化けが, この二三日, それでね, つたり, つて, どうせおじさま, なさ, 一ぺんも, 人が, 人間は, 今そこに, 小僧めが, 欲しい欲しいって, 死んで, 烏森の, 盗まなくて, 言葉が

▼ いた千鶴子~ (22, 0.0%)

2 のこと

1 [20件] が唇, に着いた, の健康, の姿, の清潔, の片腕, の病い, の都合, はそれでも, はただ, はふ, は初めて, は振り向く, は突然, は赧らむ自分, もぴんと, も思わず, も遠く, も降り, を前

▼ いた~ (22, 0.0%)

6 七は

1 [16件] ぺらであっ, ぺらではなくてその, ぺらの, ぺらは, 七の, 七らは, 七老人とは, 三郎は, 五郎が, 官半, 封建的な, 斎びッくりし, 棒に, 瓦の, 裸体の, 靴

▼ いた四人~ (22, 0.0%)

1 [22件] がかわるがわる, がみな, その三人, のうち, の人, の剣付き鉄砲, の女, の女子大学生, の宮女, の少年探偵, の浪人, の漁夫, の習慣, の者, の親戚たち, の賊, の部下, はあわて, はいっせいに, はとうとう, はふたり, は聞く

▼ いた~ (22, 0.0%)

2 の先, の尖

1 [18件] でそこ, で大地, とその, と涙, に全力, の自信, は道術, をヒョイ, を取り直しました, を地上, を小脇, を拾い上げた, を斜かい, を構えなおした, を橋, を片手, を眼, を阿

▼ いた次第~ (22, 0.0%)

4 であった 2 であったが, である, でした, です 1 さ, であって, でございます, でございまする, ですかな, ですが, なの, は前記, を明らか, を話し

▼ いた群集~ (22, 0.0%)

4 の中

1 [18件] がその, がほっと, が又, に抽出, のうち, の一人, の方, の歓声, はドッ, は一事変, は俄, は個人, は叫び声, は思わず, は歓呼, は道, もさすが, も賞讃

▼ いた二つ~ (21, 0.0%)

2 の疑問, の目

1 [17件] のこと, のボタン, の博多人形, の墓, の昔話, の時計, の椰子, の瞳, の考え, の者, の英国資本, の観念, の踪跡, の頭, の首, の魂, の鳥

▼ いた信長~ (21, 0.0%)

2

1 [19件] がにわか, が後ろ, が突, たとえ一目, だったの, と池田勝三郎, の侍側, の子, の敵, の用意, の眼, の祐筆太田牛一, の耳, の遺子神戸信孝, はその, はたえず, はゆうべ, は長政, へこう

▼ いた~ (21, 0.0%)

2 を開いた

1 [19件] からこうした, からはほとんど, があい, がどうしてこんなに, がどこ, がふさがり, が綻び, が頬, で向後妙, に叫び, の関, をきく, をそのまままるで, をひらい, をひらいた, をニヤリ, を俄, を明け, を開い

▼ いた~ (21, 0.0%)

1 [21件] が, がうごいた, がこの, が一度, が心持, である, と, の態, の赤い, は直接, へ赤味, をあわて, をそっと, をなめ, をひらく, をやや, を嘗めた, を指, を開く, を静か, を食いしめる

▼ いた平次~ (21, 0.0%)

2 も今度

1 [19件] が八五郎, その後ろ, だったの, のところ, の前, の恋心, は, はこの, はこんな, はどこ, はようやく, はガラッ, は日頃, は死骸, は胆, は藤三郎, は驚く, もその, も諦め

▼ いた彼等~ (21, 0.0%)

1 [21件] さえやっぱり, である, にとって其処, に与え, の声, の家庭, の服装, の筋肉, の緊張, の関係, の顔つき, は, はあたらき, はこの, は久し振り, は今更, は名, は周章気味, は幸い, は知らぬ, 同時代人

▼ いた心持~ (21, 0.0%)

2 が次第に, でそこ

1 [17件] がだんだん, がともすれば, が思い出される, が潜ん, が膠, であの, できかれる, でそこら, で歩く, で相手, になっ, になりました, になれなかった, はなかっ, はなくなっ, は十分, は恐らく

▼ いた態度~ (21, 0.0%)

1 [21件] が忌々しく, だ, で, でいる, でポケツト, で住所氏名, で出, で立ち上つた, で街道, で訊いた, で語りつづけた, で迎えます, で鷹揚, で鼻眼鏡, にも拘らず, の劇変, の或, はお, は取れなかつた, は実に, を右近

▼ いた~ (21, 0.0%)

1 [21件] がとんぼ, がヨロヨロ, が攻め口, が案, ではなかっ, という観念, のうろたえ, の主力, の副, の弓, の槍, の背, の足, の重囲, はいつのまにか, は奇計, は寝, は影, もすこし, も味方, も彼

▼ いた煙草~ (21, 0.0%)

3 を口 2 のこと, の吸殻

1 [14件] に火, の火, の煙, の粉, の紙, をポケット, をポロリ, をポン, を今, を思出, を投げ捨てる, を渡した, を灰皿, 入れ丹波革

▼ いた記憶~ (21, 0.0%)

5 がある

1 [16件] がいま, がすっかり, がその後, が一つ一つ, が可, が蘇っ, が野村, ではなかっ, となっ, の切れ目, はまた, も呼び覚まされず, も甦った, を一時, を喚び起し, を女

▼ いた~ (21, 0.0%)

2 がある

1 [19件] かと思え, かのよう, があたたかい, があった, がありまし, がない, が見える, だと, であって, でもない, とか折れた, に八, に堂母, は平, は泥水, へ由井, へ面倒, もなく, らしい礎

▼ いた~ (21, 0.0%)

2 が消え

1 [19件] がすこし, がまた, がまもなく, が切れる, が少し, が月, が無くなる, が蒸される, で見る, の切れ目, の割れ目, の羅, はこの, はようやく, は四方, は容易, は山, は次第に, をたちまち

▼ いたいろいろ~ (20, 0.0%)

2 のこと

1 [18件] な窮迫, な船, な術策, な資材, のキズナ, の万葉仮名, の事がら, の会員, の場面, の婦人たち, の想像, の特性, の現象, の精神作用, の考え, の複雑, の謎, の階級

▼ いたお前~ (20, 0.0%)

3 が突然

1 [17件] がなん, がもう, が恨めしい, そのお前, とやっと, にだって責任, のおとうさん, のかおつき, のそんな, のため, の伯父さん, の傍, の兄, の夢想郷, の姉, はこの, までがどこ

▼ いたすなわち~ (20, 0.0%)

1 [20件] ほとんど全部, アクシオン結社と, ウーゴモンと, セーモアー卿と, テナルディエの, ナポレオンと, パルミエリ師宮廷教官七人の, リュク・エスプリと, 九時に, 亡命という, 人を, 何の, 兵士としては, 学問を, 寡黙の, 恐怖を, 葡萄蔓の, 鉄道外科手術における, 長い年月, 非常な見

▼ いたはるやう~ (20, 0.0%)

2 にし, に言

1 [16件] なまた, なやさしい, な手つき, な眼, な調子, な静か, にきいた, にこれ, にその, にたか子, に云, に八五郎, に手, に斯, に眺め, に飲ん

▼ いたふう~ (20, 0.0%)

4 であった 3 がある, である 1 が見えます, だった, だったが, で, であったが, です, ですから, でも, な口, もあった

▼ いた~ (20, 0.0%)

2 きびしき土のう, 冷えたる稔り田, 晴つづくらし

1 [14件] すさんの, にじめり寒き, 一つの, 同前だい, 同然, 同然で, 寂しき夕暮, 寂しも, 恋ひめ, 泣く子, 濡れゆく千本松見ゆ, 痩せりき梅, 風情の, 騷が

▼ いた~ (20, 0.0%)

42 け, てしかた

1 [12件] けなそして, てえあ, てそう, てだめ, てどう, てはその, て一文, て庄吉, て泣いた, て誰, て邪魔, と叫ぶ

▼ いた~ (20, 0.0%)

3 です 2 だが, だよ, ですが, ですもの 1 だ, だけど, だすわ, だと, で, でしょう, ですからねえ, ですの, では

▼ いた同じ~ (20, 0.0%)

2 ような

1 [18件] だん, やうな, クラスの, テーブルに, 人間とは, 口で, 土間の, 宵頃の, 岩倉会社の, 常識論に対して, 文句が, 日に, 男の, 町内の, 白鮫号の, 花の, 調子で, 車の

▼ いた~ (20, 0.0%)

2 の英子

1 [18件] がそう, が少し, が帰っ, が戻っ, であったのに, であるのに, の様子, の歿, の美和子, はすばしこく, はやっと, は帯, は振り返っ, への同情心, もいた, もいま, らしいと, を下した

▼ いた孔明~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] とは大きな, の手, の気持, の蜀軍, はあっ, はすぐ, はふたたび, はふたり, は一令, は召し, は嗟嘆, は折々, は白羽扇, は眼, は語気勃然, も剣, も眼, を伴っ

▼ いた少女~ (20, 0.0%)

2 の手

1 [18件] がある, がいった, がたき子, が京, が団扇, が泣, が犬, だと, であったという, と同じ, と毎日顔, に彼等煙草生徒, の俤, の給仕, の群れ, の顔, はこの, は急

▼ いた~ (20, 0.0%)

1 [20件] が広く, が駄目, でしかも, です, では毎日, で店, なので, に贈物用, のあかり, のもの, の亭主, の前, の奉公人, の奥, の番頭達, の経済, の者たち, は勿論, を始め, 覚えて

▼ いた時期~ (20, 0.0%)

4 があった 2 であった

1 [14件] があっ, があまり, がある, だ, でしょうね, として心, とて結局私ども, と言える, にソヴェト同盟, に石坂氏, に素子, の種々, の話, をまだ

▼ いた~ (20, 0.0%)

4 隠龍太郎 2 の幹, の枝

1 [12件] が倒れ, が又, です, で抽斎, の傍, の株根, の音, は栗, もすでに, や草, 隠の, 隠巽

▼ いた百姓~ (20, 0.0%)

3 の一人 2 の娘

1 [15件] がベンチ, が今, が俄, が教え, だった, のおかみさん, のほう, の夫婦者, の手つき, の若人みたい, はすなわち, はわざと, は孔明, もそろそろ, や旅人

▼ いた~ (20, 0.0%)

2 に何

1 [18件] から出た, がこんな, がまえ, が急, が眼, だ, だから, であったが, であろうけれども, ではない, なので, になれ, にはここ, の冥加, を其処, を起し, を起す, 御陣

▼ いたといった~ (19, 0.0%)

7 方が 3 ような 2 ほうが, ように 1 ときわたしは, のでした, 気持だった, 風な, 風の

▼ いた一本~ (19, 0.0%)

1 [19件] のわら, のロープ, の太い, の懐剣, の日光, の柳, の歯, の無花果, の矢, の綱, の緡, の縄, の繩, の足, の金釵, の鉄, の銀糸, の鍵, の馬酔木

▼ いた両手~ (19, 0.0%)

1 [19件] がそして, が動き, で, と一緒, の指, の間, はうしろ, はこわばっ, は自由, をおろし, をきつく, をごしごし, をはなし, をぶるぶる, をヌッ, を思わず, を懐中, を放し, を辷らせた

▼ いた二三人~ (19, 0.0%)

1 [19件] がよろよろ, が一時, が崩れ落ち, が顔, の丁稚風, の人夫, の仲間, の友達, の女給, の子供たち, の客, の男の子, の給仕女, の見物, の車夫, の雇人, はあわて, は一ぺん, も嬉し

▼ いた五人~ (19, 0.0%)

4 の警官 2 の中

1 [13件] と共に再び, のうち, の人, の側女, の刑事, の勇士, の子供ら, の少年, の浪人, の湯治客, の男, の間, ばかりの捕方

▼ いた人びと~ (19, 0.0%)

1 [19件] からかくれる, がまだ, がみんな, が三人, が今, が放射線, が異様, だ, です, のあいだ, は, はこの, はわっ, はワーッ, は仕事, は少年, もだんだん, も逃げ去っ, をのみこんだ

▼ いた~ (19, 0.0%)

1 [19件] が, がまだ, がもひとり, が少なから, が朱, の二, の大きな, の影, は, はそう, はふたたび, はわれ, は味方, は彼, も, もうごき出し, も孔明, も馬, 破という

▼ いた~ (19, 0.0%)

1 [19件] には北, に云う, の上さん, の主人, の兵, の国語, の妻, の学問的, の左大臣近衛経忠, の槍, の武士, の虚無僧, よりもひっそり, 世紀の, 将軍の, 時代語であった, 王ラウペパの, 軍需相の, 隊が

▼ いた~ (19, 0.0%)

1 [19件] がこんな, というもの, には逢わず, のこと, のギラ・コシサン, の垣間見, の安吉, の彫, の所作, の手紙, の方, の治明, はさ, はハッ, らしい男, をも娘, を前, を呼ん, を殺そう

▼ いた婆さん~ (19, 0.0%)

1 [19件] が, があった, がまだ, が急, が時々, じゃない, である, ですよ, に声, のこと, の腰, はそれ, はまた, はマリユス, は私, は針, もこの, もどこ, を見つけ

▼ いた手拭~ (19, 0.0%)

3 を取っ 2 をとっ

1 [14件] がサッと, であった, で涙, としゃぼん, をあらためて, をとる, をはずし, を今, を叩きつけた, を小指, を引出し, を拾いあげ, を男, を藍

▼ いた源氏~ (19, 0.0%)

2 は家

1 [17件] が紫夫人, であったから, であったの, といえ, との関係, のため, の子, の無紋, は, はそこ, は七日, は今さら, は塩焼き小屋, は帰京, は明石, は親しい, や平家

▼ いた男女~ (19, 0.0%)

1 [19件] が一斉, が結合, のあらゆる, の一群, の一部, の人足たち, の仲, の供人, の幾組, の心, の所行, の者, の通行人, の顔, へいった, も, もみるみる, や必要以上, をはじめ

▼ いた~ (19, 0.0%)

1 [19件] でありました, というの, とがあたかも, と辰子, に腰, に鮮血, のところ, の小さな, の砂, の鉢, は唸り, や煉瓦, をいれ, をおろした, をすてる, を一つ, を手, を距, 曳きの

▼ いた祖母~ (19, 0.0%)

2 が帰っ

1 [17件] が今日, が引裾, が死んだ, だけは彼, であったから, と母, に眠ってる, のところ, の眼, の身寄り, はえらい, はその, はどん底, は尼, は恐らく, は恥し, も身体じゅう

▼ いたあれ~ (18, 0.0%)

3

1 [15件] かしら, が, がアパート, だけの人数, だね, だのこれ, だろうしらぱっくれても, でしょう, ほどのりっぱ, ほど祖先, もこれ, も九分通り, よ, を見る, 分ってるよ

▼ いたお松~ (18, 0.0%)

1 [18件] が別, が急, にとっても全く, の猫殺し, の眼, の耳, の首筋, は, はせっせと, はその, は一時, は天, は眼, は綺麗, は見兼ね, も馬, を腹, を顧み

▼ いたからの~ (18, 0.0%)

2 ことで, 事だった, 名であろう

1 [12件] お蔭であろう, こと, ことだ, ことであった, ことである, ことに, 名だ, 名である, 名とも, 命名である, 来歴だ, 記事だ

▼ いたきり~ (18, 0.0%)

3 だった 2 であった, である, です 1 ぐらいの年少, すぐまた, だったから, だったので, であの, で大して, で自分, で飛びだし, なん

▼ いた~ (18, 0.0%)

2 っ, オ, 畜生

1 [12件] いたぞ, うっ, え, お光さん, この石室, ッ, ーッ, 俺あ, 咬付きも, 天下を, 太刀川君, 恋人の

▼ いたばかりに~ (18, 0.0%)

1 [18件] かの女, その折檻, 一躍し, 中学に, 人造人間エフ氏の, 今晩与, 作戦計画は, 兄上の, 彼女と, 有態, 永くこの, 永く死, 火事の, 無慙にも, 親に, 近世に, 鈴子夫人を, 降って

▼ いたほか~ (18, 0.0%)

3 の連中

1 [15件] ならぬ矢柄源兵衛, にはその, に別に, に変異, に東北地方, のとり, の兵, の塾生たち, の漁夫たち, の生徒たち, の禅僧, の若者たち, の軍勢, の部将たち, の門人たち

▼ いた城太郎~ (18, 0.0%)

2 は, はその

1 [14件] がいない, がそう, が牛, が見つけ, が飛び上がっ, だ, という子, のからだ, の結果, はもう, は身の毛, は風呂, もいつの間にか, も今日

▼ いた女性~ (18, 0.0%)

2 がある, は母

1 [14件] がいた, が私, だった, であって, である, でお, としての平生, としての憤懣, の墓, はその, は一人, は同人, は彼女, は新兵器

▼ いた感じ~ (18, 0.0%)

2 だ, だが, だった, である 1 からいう, がある, が宇津, だったが, であった, できこえ, でしたが, とはまるで, のする, はこの

▼ いた~ (18, 0.0%)

2 近づいて

1 [16件] にこう, にはしご, にポクリ, に世間, に乾いた, に予章, に双葉, に思いがけなく, に或, に本多, に矢杉, に頭, の児, の男の子, の言葉, 泣き叫んで

▼ いた気分~ (18, 0.0%)

2 は彼

1 [16件] がぐっと, が与えられ, が張り裂ける, が損, が次第に, が窺われる, が見る見る弛ん, が静まり淀ん, でゐた, になっ, になった, のところ, の反動, は飛沫, も出, も出た

▼ いた~ (18, 0.0%)

18 之助

▼ いた~ (18, 0.0%)

2 の杖, の棒, の皮包み

1 [12件] がある, でその, という乞食, のさき, の三本足, の小, の皮包, の節, の鞭, をはなし, をひろっ, を見つけ

▼ いた赤い~ (18, 0.0%)

1 [18件] さくらんぼの, すじが, そりじゃ, カブトムシは, ゴム様の, サラファンを, 古タオル, 塗櫛が, 封蝋を, 小さな燈火, 帽子なぞを, 座蒲団を, 櫛と, 毛糸の, 灯を, 百合と, 道化師です, 顔が

▼ いた身体~ (18, 0.0%)

1 [18件] がひょっと, が小舟, で這い起きた, には私達, のしん, の上, の気力, はひ, も夜気, をいつも, をゆるめ, をグッ, をシャン, を少し, を延し, を立てた, を起す, を跳ね起き

▼ いたあらゆる~ (17, 0.0%)

2 ものの, 種類の

1 [13件] ことを, コクの, 不愉快な, 事柄と, 人物が, 光の, 女とは, 感情まったく, 感情や, 絆は, 考えは, 落葉樹の, 階級人が

▼ いたつて~ (17, 0.0%)

1 [17件] このザマ, しまつて, どうせ今俺, どつち, はその, はそんな, はま, はまつたく, はまるで, は初鰹, は地面, は少し, は教会, は秋, は義理, もお, 乏しい

▼ いたぼく~ (17, 0.0%)

2 の瞳

1 [15件] にはたいへん, の幻想, の腕時計, は, はその, はたとえ, はふと, はまた, はテニス, はマリ, はマルキシズム, は何, は折, は身体, を嫉妬

▼ いた~ (17, 0.0%)

2 は何

1 [15件] がいとしくっ, さえ冷汗, にさえ彼女, によく, の手, の瞳, の記憶, はたった, は不覚, は二等運転手, は思わず, は愚か, は波, も口惜しい, も火

▼ いた光景~ (17, 0.0%)

1 [17件] がよみがえっ, が印象, が唯, が目, であった, とそれ, などが目, は, は今, を保, を僕, を実現, を忘れる, を思い出します, を思い出す, を眼, 間もなく鳥居

▼ いた~ (17, 0.0%)

2 女房が, 机を

1 [13件] させま, なじみの, 井戸の, 井戸へ, 公卿も, 創が, 塚が, 浴衣を, 神行基が, 自動車を, 足袋や, 雑誌を, 靴下を

▼ いた学生~ (17, 0.0%)

1 [17件] がひどく, が一時, が発疹チフス, が笑った, が馳, である, と一緒, に, に金, の, の一人, の中, の胸, はぐっと, や助手達, や隣人, を除い

▼ いた宿~ (17, 0.0%)

1 [17件] から幾度, が白木屋, なし少年, に泊る, に落ち着い, のお, の主人, の人たち, の内儀さん, の女中, の爺, の窓, の者, の貸, はもうすっかり, へ寄っ, やや会った

▼ いた日本人~ (17, 0.0%)

1 [17件] から聞かされ, だと, においてはこれ, にたいする言葉, にはその, のかたまり, の中, の客, の歌, の男, の趣味, の連中, はこれ等, はこんど, はみな, は日, を覚え

▼ いた時私~ (17, 0.0%)

1 [17件] が何心, のそば, のところ, はある, はかつて, はすこし, はふと, はコネティカット州ブリッジポート, は偶然, は先生自身, は思わず, は急, は新しく, は朝, は突然, は莫迦莫迦, は隣

▼ いた書物~ (17, 0.0%)

2 が一冊

1 [15件] がようやく, だが, でも返し, などの影響, のこと, の一章, の上, はとても, も見つかった, や絵具, をぱたり, をひらい, をパタリ, を几, を酒屋

▼ いた理由~ (17, 0.0%)

1 [17件] かと思う, がわかった, が簡単, だよ, でいろは, でパリ, はこうして, はこの, はただ, は主君, は午, は果たせる, もうしろ, もまた, も彼等六人, を了解, を罪

▼ いた空気~ (17, 0.0%)

1 [17件] がある, がうち, がしだいに, がすっかり, がそれで, が偶然そこ, が再び, が含まれ, が弾力, が朝日, にも一味, のなか, の重, はまだ, は月光, もとじこめられ, をホッ

▼ いた群衆~ (17, 0.0%)

1 [17件] がざわめき立つ, がみな, がわッ, が散りはじめた, のうしろ, の中, の垣, の頭, の顔, はいっせいに, はさらにしいんと, は再び, は奇怪, は彼女, は騒ぎ, もいま, もゾロゾロ

▼ いた良人~ (17, 0.0%)

1 [17件] が悪い, たるオセロ, であった, との生活, とは国, に会っ, のこころ, のこと, のジュッド医師, の俊基, の姿, の小切手帳, の衾, は朝, への手紙, や父兄たち, をお

▼ いた警官たち~ (17, 0.0%)

1 [17件] がいきなり, がもどっ, が応援, が手, が鉄塔, にすぐ, につたえます, には見えなかった, はどこ, は号令一下, は忍耐, は狼狽, は窓, までこんなに, もそこ, を呼びあげ, を早速

▼ いた部下~ (17, 0.0%)

2 の者

1 [15件] から翌朝, とぜんぶ, に目, のもの, のベルセネフ, の一刑事, の一将, の丸尾技士, の兵ども, の土師部, の者たち, はごく, は全滅, までが気, を差招いた

▼ いた金五郎~ (17, 0.0%)

1 [17件] が親友, の方, は, はあっけ, はこの, はそう, はちょっと, はふっと, はふりかえっ, はマン, は勝則, は友田喜造, は声, は抱きすくめられる, は遂に, は顔, へ大庭春吉

▼ いたことば~ (16, 0.0%)

2 だった, であった

1 [12件] がかすか, でありまた, である, に依っ, をさし, をつづける, を切っ, を彼, を相馬, を聞く, を胸, を見

▼ いた~ (16, 0.0%)

5 せう 2 えて, せうね 1 あらうに, かれは, せうな, せうねえ, せう彼方此方, せう近頃, 殿さまの

▼ いた~ (16, 0.0%)

421 あの水門, でさい, もったいないこと, わを, アあつし, ア小, 今日は, 厄介者だ, 小娘, 感心

▼ いたひろ子~ (16, 0.0%)

1 [16件] が急, と窓越し, には鮎沢夫妻, の体, の手縫い, の知らない, の神経, の肩, の道づれ, の面上, はがらん, はこの, はのど, はふっと, は声, は来

▼ いたふたり~ (16, 0.0%)

1 [16件] です, にかえって, のあ, のいちょう, のおどろき, の刑事, の子供, の客, の巡査, の心, の書生, の男, の警官, はびっくり, をにらめつける, 互いにあれ

▼ いた中年~ (16, 0.0%)

5 の女 2 の男 1 の下町女, の付添婦, の医者, の夫婦, の従業員, の田舎者, の紳士, の蒸気乗り, を過ぎた

▼ いた写真~ (16, 0.0%)

1 [16件] あのテーブル, があいつ, とそっくり, のある, のこと, のところ, はすっかり, はみんな, みませんでしたか, をいきなり, をわたしたち, をテーブル, を持つ, を見, を見なかったら, を貼りつけ

▼ いた博士~ (16, 0.0%)

1 [16件] が, が不意, が短い, さえ三週間, のうしろ, のからだ, の眼, の能力, の顔, は, はこの, はさっと, はようよう, はリッチフィールド, もすこぶる, をついに

▼ いた~ (16, 0.0%)

2 と色

1 [14件] が見つかった, その釵, だ, だか, だから, だった, である, であるらしいの, でございます, でごぜ, で中, なので, ならそれ, の好い

▼ いた女たち~ (16, 0.0%)

1 [16件] があわれ, が一人一人, が六さん, が堪らなくなった, が日, に与える, の中, の落書, はそこ, はそれ, はぱッ, は抱き合っ, は皆, は青い, もいよいよ, も皆

▼ いた~ (16, 0.0%)

1 [16件] から訓, が, があなた, がにが帰っ, が興, だけにその, であると, ではない, で玉鬘, に違い, の骨つぼ, は黒ん坊, も流産, を投げ出し, 猿が, 貢が

▼ いた~ (16, 0.0%)

2 の一隅

1 [14件] が焼夷弾, だ, であるから, でまず, という写真, にみごと, に閉じこめた, のし, の前, の土壁, は勿論, へおどり入れよう, へ往, を仮り

▼ いた曹操~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] が後, ではあった, の使者, の大軍, の実弟, の親衛軍, の軍勢, の部下, はかぶっ, はしずか, はなに, はふと, へあいさつ, もぎょ

▼ いた津田~ (16, 0.0%)

1 [16件] の心, の耳, の胸, は, はかえって, はこう, はこの, はやがて, はようやく, は助かった, は急, は気がついた, は自分, は軽く, は黙っ, をはっと

▼ いた生徒~ (16, 0.0%)

2 の一人

1 [14件] がかわっ, がきっと, がささやきました, がみょう, が木彫科, すらも父兄, にも妙, のぜんぶ, のひとり, の肩, の蝶子さん, の視線, はみんな, もありました

▼ いた~ (16, 0.0%)

3 である, です 1 であり当今デモクラシー, であるから, であるが, でこういう, でした, でその, を言っ, を訴えた, を里, 見ゆ

▼ いた秀吉~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそれ, が俄然, であったが, と七, のす, の甥秀次, の顔, の麾下, は, はさらに, はその, は一, は一度顔, は京都, は今, も

▼ いた~ (16, 0.0%)

7 の高い 3 の低い 1 のずんぐり, もいま, もこッ, も撓み, をまっすぐ, を延し

▼ いた自動車~ (16, 0.0%)

2 が不意, に乗った

1 [12件] から三人, がエンジン, が動きだし, という自動車, なの, に乗りました, に行, のドア, の中, の位置, の蔭, や馬車

▼ いた~ (16, 0.0%)

2 煙管を

1 [14件] が云った, ぐつでありましたから乞食の, さ五十メートルの, だろうか, の年月, イスを, 処短, 年月が, 庵が, 沙の, 箸を, 精進も, 羅宇の, 髯の

▼ いたといふ~ (15, 0.0%)

2 態で

1 [13件] ことが, ことは, ぢや, のか, のは, やうな, 感じが, 昨夜の, 有様である, 次第な, 話は, 酸味の, 馬鹿

▼ いた~ (15, 0.0%)

1 [15件] だたりの, のしかかった, びッしょり, ぶすと, 不意に, 刃の, 向って, 打つけ, 真一文字に, 突いて, 突き返した, 突進し, 肩を, 走って, 鑓を

▼ いたよりは~ (15, 0.0%)

3 はるかに

1 [12件] たいへんに, ちゃんとし, ものやわらかに, よく扱われ, 不十分であった, 了解が, 他の, 合理的な, 小さい, 弾力が, 早く見出した, 美しいもの

▼ いたわたくし~ (15, 0.0%)

2 の気持

1 [13件] だけでございました, であっただけに, です, に世話, のある, のほんとう, の気分, の父, の眼, はすぐ, はなぜ, は主人, も嶺松寺

▼ いた友達~ (15, 0.0%)

2 の一人

1 [13件] がいなくなっ, が前後六十回, が帰っ, とは一緒, と一緒, と私, と笹村, なので, にその, に聞い, の中, の又, をいきなり

▼ いた口調~ (15, 0.0%)

32 で話しつ 1 がついそのまま, で事件, で君, で山瀬, で言, で言い, で言った, で語りだした, になっ, になつて

▼ いた右手~ (15, 0.0%)

2 を出し

1 [13件] からも力, が柱, でそっと, にしっかり, の隅, をうしろ, をおろし, をさし出し, をすばやく, をすべらし, を何心, を離し, を頤

▼ いた女の子~ (15, 0.0%)

2 はどう

1 [13件] が, がさらわれた, が今, が仲間, が言いました, とおと, の顔, はなん, ははじめてホッ, はヴィタリス, は不意, までも出来た, もとん

▼ いた~ (15, 0.0%)

1 [15件] であった, である, でもあった, とったがん, とった画工たち, に, に北海道, の点, の若い, の頃, はなかっ, よりもなく, を老, 若い友, 若い町人

▼ いた新しい~ (15, 0.0%)

2 位牌も

1 [13件] おもちゃを, 女中が, 小説の, 文学の, 時代という, 本に, 桶を, 機会が, 王様の, 理想を, 種類について, 計画を, 闘争の

▼ いた~ (15, 0.0%)

1 [15件] さや, 主人を, 会社と, 佐竹氏の, 北条遺, 同窓の, 士族の, 山河稲葉山の, 帝展の, 幕府の, 幕臣である, 支配階級に, 権力が, 社会から, 邸である

▼ いた時間~ (15, 0.0%)

1 [15件] があった, が余り, が長かっ, で感心, の三分の二, の支配権, はきわめて, はどの, はほんの, は毎日十時間, も長い, も長かっ, をずうっ, を五番町, を引い

▼ いた~ (15, 0.0%)

1 [15件] がダッ, と槍, の一本, の先, の鞘, を, を両手, を取り直し, を取寄せ, を巻き落され, を引きそばめ, を引き抜い, を拾っ, を持ち直し, を横

▼ いた玄徳~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] じゃない, の心, はその, はそれ, はやがて, は主, は二人, は使者, は彼, は老, は顔, もかえって, も都

▼ いた看護婦~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, が室, が扉, が身体状況調査簿, ではすこし, に向かい, のほう, の一人, は器用, は突然, は立ちあがっ, は頭, もこの, も麻酔, を突き飛ばし

▼ いた私達~ (15, 0.0%)

1 [15件] にその, に夜警, の前方, の帰国ばなし, の気持, の眼, ははじめてほっと, はひときわ, はドッ, は寒い, は急, は皆, は重い, は野獣, へ

▼ いた老婆~ (15, 0.0%)

1 [15件] おさよ, があっ, がぬるい, が云った, が死骸, が眼, が顔, が驚い, にはたった, に訊く, はもぞり, は劉家, は片手, は耳, もいつか姿

▼ いた者たち~ (15, 0.0%)

1 [15件] か商店, か大工, か或は, か漁村, がその, が一方, だった, であった, である, と共に息, の帰り, はこう, はすぐ, は館, ばかりだった

▼ いた脇差~ (15, 0.0%)

2 を奪っ, を抜い

1 [11件] がありました, がとれ, である, には毛, に気づい, を取っ, を取出した, を引っこ抜い, を抜き取っ, を行燈, を邪慳

▼ いた近所~ (15, 0.0%)

2 のお, の人々

1 [11件] がにわかに, にピカピカ, のうるさ, のチビ, の人, の人たち, の他, の半鐘, の者, の頭, を通っ

▼ いた運転手~ (15, 0.0%)

1 [15件] がいつのまにか, がひょいと, がチリン無し, が手, が速水, だけが不思議, でずっと, の帽子, の怪訝, はハンドル, は咄嗟, は思いがけない, は愕, は漸く, へ父

▼ いた面々~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, がさ, が問屋場提灯, が腰, が追, だった, である, には, は急い, は日野資朝, は槍, も, もふと, もやわか, も彼

▼ いた~ (14, 0.0%)

4 われな 1 かまんや, さに, たくしが, たくしでした, ね, ば敬, われなる, われな青ざめた, われに, 云は

▼ いたからでも~ (14, 0.0%)

4 あった 3 あったの 1 あったであろうが, あったろう, あって, ありましょう, ありましょうけれど, ありまた, あり私

▼ いただけで~ (14, 0.0%)

2 長い時間

1 [12件] あちらへ, ござります, すんで, もって, ウズ, ゾツと, 元が, 外には, 帰って, 強制的に, 濟み, 甲武線は

▼ いたクリストフ~ (14, 0.0%)

1 [14件] にはその, に出発, の思想, の現われる, はそう, はふたたび, はまっさお, はブラームス派, は彼, は彼女, は我, は我慢, も, もその

▼ いた乳母~ (14, 0.0%)

3 のお

1 [11件] が, がかけつけました, が両親, が何, が実母, が得意, が笠, さえ前後, である, の末子, を忘れ

▼ いた伊織~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] がふと, が最初, が首, のす, の背なか, はだんだん, ははからずも, はやっと, は二ツ, は勿論, は振向い

▼ いた伝六~ (14, 0.0%)

1 [14件] が何, が突然, です, にそれ, にまでもいどん, に突然, のおどり上がっ, のそば, のほう, はたちまち, ははじめて, は少々, をしり目, を顧み

▼ いた其の~ (14, 0.0%)

1 [14件] くちびるの, まさかが, 主人の, 人に, 人の, 仕組みは, 前の, 宮を, 当時の, 態度の, 折沼田の, 最後の, 村に, 頃の

▼ いた味方~ (14, 0.0%)

1 [14件] が門, のかたまり, の人数, の旗幟, の旗本, の曹洪軍, の本陣, の艦隊, の見, の軍勢, はかなり, はそう, は狼煙, もため

▼ いた品物~ (14, 0.0%)

2 を発見

1 [12件] がある, でも中, と三百両, にこう, にちがい, の仕, の全部, ばかりな, もこれ, をトランク, を取返し, を製造

▼ いた~ (14, 0.0%)

1 [14件] がその, だ, だそう, である, ではまず, ではもはや, で中部, で何, で百年, にいっ, にじかに, には急, に偶発的, へスイス

▼ いた~ (14, 0.0%)

2 の顔

1 [12件] があけた, こういう風向き, であったし, になっ, には青森市, の世界, の時間, の有, の物, の華やかさ, はきっと, はどこ

▼ いた~ (14, 0.0%)

1 [14件] がかたっぱし, とはまったく, なん, にすぎない, の世界, の故郷, はすべて, は実に, をすぐ, を思い出し, を思い出した, を時代, を破られ, を見た

▼ いた巡査~ (14, 0.0%)

1 [14件] がお, がそば, がニヤ, が今, が振り, が立ち止まっ, だ巡査, である, とこの, の一人, の中, はいきなり, は手帳, は目

▼ いた~ (14, 0.0%)

2 を解い

1 [12件] がずるずる, のお古, は仕上げ, は巾, や道具, をしめ, をしめかえ, をそこそこ, をほのか, を絞め直し, を締め直す, を解きかかる

▼ いた帽子~ (14, 0.0%)

2 を手

1 [12件] がきりきり, が夜風, もどこ, をずり上げ, をふりあげ, を取り出した, を土管, を慌て, を拾い, を脱, を脱い, を被っ

▼ いた最中~ (14, 0.0%)

1 [14件] かあるいは, だ, だったから, だったので, だったらしく毒気, であったが, でもあった, で病床, なの, なので, に不幸, に先生, に私, の出来事

▼ いた~ (14, 0.0%)

2 大国の

1 [12件] という武士, の画家, は阿部, 一座を, 博覧会の, 大名の, 大国から, 夫妻の, 嬢とつぜん, 年陽春の, 教授が, 華族は

▼ いた無数~ (14, 0.0%)

1 [14件] の人だかり, の旧, の昆虫, の泊まり客, の浮浪者たち, の眼, の花びら, の英雄門閥, の落葉, の蛇ども, の警官, の雑誌, の首, の鳥獣

▼ いた笹村~ (14, 0.0%)

3 の頭

1 [11件] に話しだした, の心, の目, の胸, の親類先, の足, はその, は問いかけた, は旅, は船, は郊外

▼ いた~ (14, 0.0%)

2 の軸

1 [12件] である, の人, をおい, をかたわら, をさしおい, をとめ, をまた, をハラリ, をヒョイ, を取るやい, を取添え, を取落した

▼ いた~ (14, 0.0%)

4 のふた 1 がピッタリ, が新橋, に書い, のほか, は正面, をかかえ, をとうとう, を差出した, を持っ, を表

▼ いた考え~ (14, 0.0%)

2 のうち

1 [12件] が事実, が現実, だが, にしめくくり, には悩まされなかった, は正に, も実行, をさらに, をますます, を裏書, を随分, 忘れる暇

▼ いた者ども~ (14, 0.0%)

1 [14件] が同じ, だ, だが, であった, であったが, です, なの, のため, は思わず, は恍惚, は疫鬼, もいまだに, もまた, や部屋

▼ いた豹一~ (14, 0.0%)

3 の自尊心

1 [11件] にはそこ, の方, の眼, の顔, はこ, は周章て, は放浪, は柄, は腹立ちまぎれ, は返答, を預ける

▼ いた雑誌~ (14, 0.0%)

3 の中

1 [11件] だったから, で扇, などを帛紗, に押川春浪, に時々, の丸めた, の屑, は四ヵ月, や新刊書, をもとうとう, を執りだし

▼ いた~ (14, 0.0%)

1 [14件] がちょうど, がズルリ, それからしら, のかかと, の一足, の仕事, の先, をその, をぬごう, をはい, をふみしめ, を正確, を片, を穿い

▼ いた~ (14, 0.0%)

2 一の

1 [12件] 一は, 一少年や, 塀の, 塔も, 層雲も, 時は, 櫓の, 沛楊懐が, 町病院長高町氏を, 真空と, 賓如は, 足駄が

▼ いた~ (14, 0.0%)

2 の翅

1 [12件] がなに, とよく, の声, の尾羽, の群, の翼, の頭, は軈て, を世界じゅう, を主人自身, を探し, を逃がし

▼ いたかとも~ (13, 0.0%)

6 思われる 2 思われるが 1 尋ねなかった, 思う, 思われますが, 思われよう, 苦笑され

▼ いたからに~ (13, 0.0%)

4 ほかならない 2 ちがいない 1 したところ, しても, ちがいなかった, 他ならない, 外ならない, 相違ありません, 違いない

▼ いたしかし~ (13, 0.0%)

1 [13件] こっちは, その村, その脣, ふれないでは, 人々は, 今度は, 何ゆえ嬉し, 彼にとっては, 彼女は, 時田は, 狼よりも, 皆の, 隠し切れない懊悩

▼ いたただ~ (13, 0.0%)

6 一つの 1 いて, く前, それくらいの, の平地, 一枚の, 争われない事実, 作品全体のみが

▼ いたとこ~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] だ, でした, でしたから, でそんな, で仕様, で御, と違う, なの, なのよ, にばらばら, へ折

▼ いたなどという~ (13, 0.0%)

2 ことは, ことも, のは 1 ので, のも, ような, 劇しい, 地蔵です, 者も, 言葉は

▼ いたやさき~ (13, 0.0%)

4 でありましたから 2 でしたから 1 おさよ婆さん, さいわいな, だからみんな, だったので, であったから, である, とりなす者

▼ いたピストル~ (13, 0.0%)

1 [13件] が下, が彼, さえ打てなかったで, はなんら, もうばっ, もなに, をとりだす, を取っ, を取り上げました, を手, を明智, を死人, を空

▼ いた不安~ (13, 0.0%)

1 [13件] であった, と焦燥, と鬱気, な戦争, な気持, な生, な部分, の権利, の色, はともに, はどう, や不便, や彼

▼ いた二階~ (13, 0.0%)

4 の部屋 1 が見える, にかすか, に私, のどこ, の上り口, の屏風越し, の張出し窓, の方, の東窓

▼ いた伊那丸~ (13, 0.0%)

1 [13件] がふと, だけがすこし, と忍剣, のからだ, は, はいそい, はいつか忍剣, は宵, は息, は愛らしい, も, や民部, をはじめ

▼ いた会社~ (13, 0.0%)

1 [13件] さえ全力, に問合せ, の人, の使用人, の女, の株, の金, へも出, へ当人, へ色々, をしくじり, を焼き払った, を退い

▼ いた匕首~ (13, 0.0%)

2 を抜く

1 [11件] がそれ, で魂限り立ち, の色, をぬき出し, をぬく, をサッと, を下ろし, を不意, を抜い, を抜いた, を抜き

▼ いた唯一~ (13, 0.0%)

1 [13件] のもの, の人間, の大衆的調査機関, の子供たち, の家族, の弱, の戸籍証明, の方法, の案内者, の無関係者, の見栄, の証人, の農奴

▼ いた帆村~ (13, 0.0%)

2 が立っ

1 [11件] がえい, が房枝, だったが, はこの, はそこで, はぶるぶる, はハッ, は一彦, は四ツ角, は黙々, を下

▼ いた庸三~ (13, 0.0%)

1 [13件] が行っ, が言う, が身, に寄り添っ, の単, の姉, はちょい, は神経, は立ち上がっ, は自分, は葉子, もそれ, も見

▼ いた~ (13, 0.0%)

11 之丞 1 が切れた, のよう

▼ いた張飛~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, がその, が突然, が馬上, であった, という者, とは汝, と関羽, の子, は怒髪天, は月, は突然, も麓

▼ いた形跡~ (13, 0.0%)

5 がある 1 があり, があります, のある, はあった, はたしかに, はミジン, は蔽う, もない

▼ いた思想~ (13, 0.0%)

2 の諸

1 [11件] がこっ, が間違っ, だとか, であるらしい, であろう, といま, の傾向, の動き, の声, の特質, は全く

▼ いた故に~ (13, 0.0%)

1 [13件] これを, その言う, どんな痛い, ヤシロという, 他より, 後日生霊と, 或る, 日本語の, 是と, 比べ合わせて, 背後の, 自然の, 農村は

▼ いた新聞~ (13, 0.0%)

1 [13件] にもすぐ, のある, の一束, の特派員, の論説委員, はつまらなかっ, は報知新聞, をした, をひったくった, をひろげ, をやめ, を広げた, を拡げ

▼ いた~ (13, 0.0%)

2 の者

1 [11件] から帰っ, ではあるらしい, なかま, の僧, の六部, の奴, の工人, の緊張, の若い, の雲水, の青年

▼ いた最後~ (13, 0.0%)

1 [13件] の, のみずみずし, のトランク, の一つ, の一時間, の一杯, の二枚, の個人的生活, の手段, の栗毛, の粉飾物, の計画, の通路

▼ いた病人~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, がその, がにやり, が吃驚, が最後, の伯爵, の多, の慶娘, の苦悶, の鼾, はその, は病状, らしい姉妹

▼ いた瞬間~ (13, 0.0%)

1 [13件] が在った, だけその, だったのに, にかつて, に京都, に突然, に縁側, に食卓, のでき, の光景, の大, の姿, の長

▼ いた短刀~ (13, 0.0%)

1 [13件] だけは下, で光安入道, で抜打, の柄, をお, をぬい, をやにわに, を取り, を取り出し, を抜い, を拾い上げた, を握りしめ, を握りしめた

▼ いた経験~ (13, 0.0%)

2 がある

1 [11件] からそれ, から充分, から彼女, から必要上, がそういう, では是非, で私, のある, のない, は初めて, を有り余る

▼ いた~ (13, 0.0%)

2 の上

1 [11件] がしら, をあぐら, をそこ, をぬい, をひっこめ, をゆっくり, を割っ, を坐り直した, を屈め, を崩し, を幾分

▼ いた~ (13, 0.0%)

3 侍の 1 ざむらいは, 侍は, 侍また, 夫婦が, 夫婦たちは, 女房の, 待が, 松屋惣七の, 禿げの, 鶏の

▼ いた衣服~ (13, 0.0%)

1 [13件] に注意, のはし, の左ポケット, の破片, の端, の華美, はお前, は女, または生前使用, もすべて, をも見覚え, を日陰, を緩め

▼ いた~ (13, 0.0%)

2 とも知らぬ

1 [11件] かに言った, かの兩手, かの手拭, しもの胸, にも休息, にも話せない, もが知らぬ, も寝よう, やらと話, やらの演説, 知らぬもの

▼ いた~ (13, 0.0%)

1 [13件] がにぎやか, が今, が決して, である, であるが, に進ませ, の師, の片側, は忘れ, をむしろ, を失わさせられた, を歩い, を登っ

▼ いた長屋~ (13, 0.0%)

3 の女 1 に入る, に通じ, のつづい, の一同, の中, の人々, の人達, の土塀, の窓下, の連中

▼ いたあなた~ (12, 0.0%)

2 のお 1 からのお, が今朝, にぼく, の体, の作品, の小さい黄色い, の心, の短い, の脚, を思い出します

▼ いたおじいさん~ (12, 0.0%)

1 [12件] です, の着物, はこの, はじっと, はその, はにこにこ, はびっくり, はふと, は小僧さんたち, は自分, は頭, は顔

▼ いたお婆さん~ (12, 0.0%)

21 が口ぎたなく, が曾根原氏, が私たち, ですか, はまるで, はカンカン, は一時, は立, もかるい, や子供たち

▼ いたかい~ (12, 0.0%)

6 なかった 3 があった 1 がねえ, じん二十めんそうな, よくい

▼ いたがね~ (12, 0.0%)

1 [12件] こいつは, さっきの, それから, それがさ, た, まあ随分思, 俺を, 出しな, 去年, 同じ赤道直下, 本当はやっこさん, 考えて

▼ いただけでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] なんとお礼, ムカムカする, ムヅムヅします, 何にか, 大いにたすかりました, 徒刑一年です, 怪しいこと, 斯う, 氣の, 腑に, 身顫ひする, 餘つ

▼ いた一座~ (12, 0.0%)

1 [12件] が持っ, の中, の人々, の女, の客, の武士たち, の甲乙, の男女, の者, はギクリ, は急, は次第に

▼ いた一群~ (12, 0.0%)

3 の鳩 1 のアホウドリ, の人影, の怪賊, の暴徒, の武士, の者, の雑人ども, の騎馬, は小石

▼ いた~ (12, 0.0%)

3 翁は 1 のよう, のアウチイ・ベエコン, の善七, 殿様が, 水で, 水は, 水正あわてふためい, 水正は, 翁が

▼ いた人影~ (12, 0.0%)

1 [12件] があった, が起っ, と最初乾板, に向け, のある, はいちど, は手打ち, は日本左衛門, は確, までどこ, もぎょっと, もみな

▼ いた位置~ (12, 0.0%)

1 [12件] と云う, に, についた, について知る, に真白く, のこと, へ行こう, までは三間近く, まで歩い, もそっちの, を動く, を訴

▼ いた医者~ (12, 0.0%)

1 [12件] が進みで, のシモン博士, のブラウン, の妙庵先生, はこの, はよく, は浣腸, は神田神保町, は言い, は馬, もこの, や云う

▼ いた叔母~ (12, 0.0%)

2 が順ちゃん 1 が, がその, がまた, の妊娠, の尼, の弟, の艶, は祖父, は自分, 御でしょう

▼ いた~ (12, 0.0%)

1 [12件] にはこの, の存在, の家, の年, の様子, の興味, の記憶, の頭, はこの, はやがて, は探偵, を名指し

▼ いた尊氏~ (12, 0.0%)

21 が, が敗残, でも, のまえ, の東上軍, の母上杉清子, の気, の願望, は人, も

▼ いた小僧~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, がへえと, が恐る恐る, が起き, が金行燈, でしょうか, のくせ, の市松, は周章て, は額, を京橋, を御寮人

▼ いた小鳥~ (12, 0.0%)

2 がみんな 1 がびっくり, が木, が逃げた, なの, の方, の歌声, の死, の群, はかご, を殺す

▼ いた~ (12, 0.0%)

1 [12件] からほどいたんだ, が異様, にさす, にまで至ッ, の利く, はその, をこんど, をゆるめ, を弾く, を解い, を解いた, を離し

▼ いた時彼~ (12, 0.0%)

1 [12件] が心, が戀, の筋向う, はそういう, はたとい, は一度, は不, は不意, は例, は突然, は素馨, は見知らぬ

▼ いた東京~ (12, 0.0%)

2 の人達, の銀座 1 がもう既に, の土, の店, の弟, の心理主義, の郊外渋谷, の電気会社, へ出かける

▼ いた毛布~ (12, 0.0%)

3 をおろし 1 であった, で地, のふところ, の畳んだ, はたき火, もいつの間にか, をとっ, を俥屋, を貸し

▼ いた~ (12, 0.0%)

1 [12件] われ二人が, 双が, 眼の, 脚の, 脚を, 膝なり, 膝を, 袖に, 輪である, 輪者らしい, 輪者達が, 頬に

▼ いた~ (12, 0.0%)

2 にあんまり, にいざ 1 がつい, がまだ, に, にいま眼前, にそれら, にとうとう, に少し, に度し難い

▼ いた神経~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいっぺんに, が一度, が今度, が徐々に, が感じた, が興奮, のどこ, のもどかしい, の反動, は快い, も忽ち, を針

▼ いた~ (12, 0.0%)

1 [12件] があり, が残っ, の一つ, の入口, の址, の奧, はひんやり, はまだ, は略, へ栓, ほぎ用, や舟止め

▼ いた竹童~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, と蛾次郎, の小手, の愛刀般若丸, の愛鷲, はその, はやがて, は夜, は居士, は近, も歯ぎしり, をすくいだそう

▼ いた~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, がとうとう, が中途, に飛付い, の端, はあまり, は今, をつなぎあわせ, をはずす, をひっかけ, を壁際, を解い

▼ いた蝋燭~ (12, 0.0%)

2 の灯 1 が一, が突然, に火, の命数, の焔, はあかつき, はもうほとんど, は手のうち, も流れ, をレーニ

▼ いた関羽~ (12, 0.0%)

2 はやおら 1 が, がつと, が劉, が計らず, である, の一隊, の如き, はすぐ, は案内者, も張飛

▼ いた青い~ (12, 0.0%)

1 [12件] ペンキが, ボタンは, ボタンを, 小さな草, 帽子を, 瘠せ女, 蛇の, 軍旗の, 電燈が, 靴を, 鸚鵡の, 麻の

▼ いた~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいっせいに, の一つ, をあげ, をあげる, をいきなり, をひろい上げた, をムクムク, を上げた, を右, を少し, を急, を振揚げ

▼ いたいわゆる~ (11, 0.0%)

1 [11件] サガリの, 七道の, 三札の, 勤王派が, 名門の, 山男という, 常識的な, 校医に, 神伝大伝の, 藩閥は, 通人の

▼ いたおかげ~ (11, 0.0%)

1 [11件] か神妙, であって, でいや, でその, でとうとう, でわたし, で洗濯物, で狙った, で自分, に五年, に時々

▼ いたからとて~ (11, 0.0%)

1 [11件] それだけで, そんなに驚く, もう見えなくなっ, 不義とは, 人身御供に, 何も, 子供たちは, 少しも, 念仏の, 読者には, 重吉が

▼ いたたくさん~ (11, 0.0%)

2 の舟 1 のあひるども, のカブトムシ, の人達, の将軍, の火星人群, の爆弾, の猫ども, の白い, の花瓶

▼ いたとしか~ (11, 0.0%)

1 [11件] おもわれない, 信じられない, 思えず二三年前, 思えない, 思えなかったが, 思われないほど, 私には, 考えられない, 考えられません, 見えなかった, 見られない

▼ いたとばかり~ (11, 0.0%)

2 思って 1 上から, 伏兵が, 取り上げて, 声を, 女中共芸尽くし, 帳場も, 思った母, 思った黒河内氏, 有頂天に

▼ いたアメリカ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が既に, に勝つ, のある, のギャング, の大, の婦人, の婦人客, の水兵たち, の船員ら, の観光客, ばかりは不景気

▼ いたムク犬~ (11, 0.0%)

2 は急 1 がいつのまに, がこの, が今度, が低く, が何, が後ろ, が急, は今日, は全く

▼ いた万吉~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, が仰天, が咄嗟, が思わず, だった, の眼, の縄目, はそれ, はもう, は下駄, も

▼ いた世間~ (11, 0.0%)

1 [11件] から孤立, が再び, そして之, ではふつう, の打っ, の評判, の顔, はやや, へ一歩, をもう一度, 見ずの

▼ いた五六人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすれ違った, の中, の女の子, の子供, の小, の影, の生徒, の男, の荒くれ男, の藩士たち, はここ

▼ いた亭主~ (11, 0.0%)

21 が今度, が聞きつけ, で紺, の仲吉, の喜右衛門, の荻野河内, はこの, は広い, も万吉

▼ いた伯父~ (11, 0.0%)

1 [11件] からの手紙, がこの, が放蕩三昧, が横, が死骸, なので, にその, の姿, は何年振り, は若い, を見た

▼ いた作品~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が堂々, であって, である動的, です, とは題材, の気分的, はあの, はどういう, はどれ, は一つ

▼ いた兵馬~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなにげなく, が少し, にとっては美, の両刀, の左, の権, の袖, はついに, はスー, は最後, もなるほど

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, で, であった, である, ではなく, のこと, も知れない, を植物学者, 探偵青ネクタイ氏は, 校長森栖礼造氏は, 見崎東三郎さまの

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] から各自, にはだが, にゃこれぞ, に普通, に清酒, に都新聞, のこと, のねずみたち, の莚, は一体, は闊葉樹

▼ いた女給~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がはいっ, が三階, が今, が今日, が突然, と今方, の一人, は急い, も化粧, や客達

▼ いた家康~ (11, 0.0%)

21 が, がその, など泡, にとってはそれ, の膝下, はことし, は唯, は野袴, を中心

▼ いた小説~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこの, である, の中, の主題, は李, は非常, を今, を太鼓腹, を山上, を書かね, を美妙

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 にもう 1 がいつの間に, がぎっしり, がどっと, です, なん, に流れ, に黒い, の方, はちょうど

▼ いた当の~ (11, 0.0%)

1 [11件] ものだった, 人の, 人は, 息子さんは, 本人の, 次郎吉自身の, 相手の, 知事夫人から, 老人は, 連続を, 金吾は

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 をほっと, をフウッ 1 が一度, だわ, のよう, をはき出す, を吐き出した, を満身, を鳴らした

▼ いた意識~ (11, 0.0%)

1 [11件] がぱあっと, がようやく, が常, の中, の隅, は今, を取りかえす, を取返す, を呼びもどされた, を恢復, を理解

▼ いた数人~ (11, 0.0%)

1 [11件] のレビュー, の中, の中国女学生, の乞食, の人たち, の大きな, の学生, の村人, の社員, の老, の青年

▼ いた気持ち~ (11, 0.0%)

2 が又 1 がはっきり, がもろく, なぞが探偵小説愛好慾, などは跡かた, になれない, になれなれない, に崩れ, は一通り, も少し

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がだんだん, がぴたり, がふい, が破壊的, だもの, のクリーム, の中, の楽, の面, はどこ, はやがて

▼ いた煙管~ (11, 0.0%)

2 をぽん 1 で次郎, の羅宇, の雁首, をさし向け, をじっと, を思わず, を片手, を自分, を見た

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が反射的, が急, が眼, が飛出した, と似, の舌, の軍, はなに, は人, は此度, もゆくえ

▼ いた田舎~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 から足, っペイ, の中学生, の婦人, の家, の旧家, へ行った, も伊勢, を見る

▼ いた男の子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がお, が廊下, が突然, と女の子, の一ト組, はびっくり, は稲村, は趙, は軽蔑, も俄

▼ いた矢代~ (11, 0.0%)

1 [11件] だったが, にとってはこれ, には, の感覚, の留守中, はどことなく, は全く, は受けた, は突然, もそれ, も急

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそのまま, が実は, と同化, の愛, の故郷, の靈, はとり, は進ん, または尊霊, を祀った, 異妖怪

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 の音 1 で今度, と小刀, の事, は二本, は武蔵様, をおとした, をわる者仲間, を笛嚢, を腰

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすぐ, が下っ, で槇子, に包んだ, に右肩下がり, に書きはじめた, の丸めた, の端, の青い, をそれ, をクチャクチャ

▼ いた細君~ (11, 0.0%)

21 があっ, が悦, が看病, には少し, は, は依然として, は手, は縁鼻, は黙っ

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 の端 1 がそこら, が自然, のはし, の一端, もなくなった, をつなぎあわせ, をとりだし, をとりだそう, 取の

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 は非常 1 でありその, どりで降りたつて行, は逞, をそろり, をはずし, を下駄, を周章て引込める, を彼女, を降ろし

▼ いた船頭~ (11, 0.0%)

3 の一人 1 がもう, の叫び, はいう, は尼, は翌朝眼, は頬冠, らしい若者たち, を呼びとめ

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 の音 1 がこう, と同じ, のこと, のよう, の姿, の子供, はまた, までが金, を叢

▼ いた見物~ (11, 0.0%)

2 の人たち 1 のいう, のうち, の一人, の眼, の衆, はかれ, は奈良, は歓呼, もどちら

▼ いた重吉~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がいくらか, が何, にとっては新しい, の表情, はその, はひろ子, は十二年ぶり, は又, もこれ, を紹介

▼ いた~ (11, 0.0%)

2 によって知られる, や鋤 1 が手, で一撃, の柄, をドン, を力, を取っ, を投げ棄て

▼ いた頭巾~ (11, 0.0%)

2 の女 1 に知らず, の手, をかなぐりすてた, をぬい, を出し, を取っ, を取らない, を引, を引張りました

▼ いた頼母~ (11, 0.0%)

1 [11件] の家来, はいつか, は云った, は五郎蔵, は危険, は太い, は相手, は眼, もその, も紙帳, をこの

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけは白い, です, ならよい, のお, の何分の一, の大, や手, をこころもち, を床, を軽く, を離し

▼ いた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が生前, たれ小僧, ったらしが, なの, のひくい, の下, の下あたり, の頭, はほとんど, をおろし, をすする

▼ いたおれ~ (10, 0.0%)

1 がこの, だが, にさえわかった, の幻, の肚, の過去, の部下, はええ, は淡泊, も随分

▼ いたお母さん~ (10, 0.0%)

2 が, は, はフッ 1 がね麻, の形見, は二郎ちゃん, もお

▼ いたそこ~ (10, 0.0%)

1 が昨今急, に, のあくどい, の子息, の少し, の蔭, へもっ, へ不, へ飯粒, を走り出した

▼ いた~ (10, 0.0%)

3 えの 2 えこと 1 ばっても, ふ昔話, まえは, ものです, 縞の

▼ いたはる~ (10, 0.0%)

1 お役, といふ心, といふ習慣, と云, と似た, なんて真, ほどあたし, やらお, よりもむしろ, 深い憂ひ

▼ いた~ (10, 0.0%)

3 さきに 2 さきへ, まがら 1 ぐら下の, さきな, さきの

▼ いたわり~ (10, 0.0%)

1 がいも, して, つつそう, とは別に, をこめ, をよせる, を全部善意, を感じる, 扱うと, 行くと

▼ いたボーイ~ (10, 0.0%)

2 を尻目 1 がはいっ, が冷たい, が彼, が感心, が皆, だった, のよう, はいよいよ

▼ いたマン~ (10, 0.0%)

1 が出, が出迎え, が生まれ, が顔, の眼, はそう, は息苦しい, は眼, は起きあがった, まるい顔

▼ いた一匹~ (10, 0.0%)

2 の黒い 1 が藪地, に向っ, の元気, の兎, の大, の猫, の蟻, の蠅

▼ いた一種~ (10, 0.0%)

1 のへだたり, の宗教, の封建的, の快, の悲劇的, の感情, の煙, の美貌, の腕, の錬金術

▼ いた下男~ (10, 0.0%)

2 の佐吉 1 と門, などはたん, の手, の背, はレイモンド, は百三十, も居る, も暇

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 が存外, には充分, の心, はこの, はそれぎり重湯, は両, は二人, は反動的, は実に, は決して

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 がどろどろ, と佩きかえ, に力, の代り, は一, をとい, をカラリ, をガラリ, を同時に, を鞘ごと自分

▼ いた~ (10, 0.0%)

31 から贈られた, に対する期待, の名, の小林勘蔵, は国道, へ, もいた

▼ いた太陽~ (10, 0.0%)

1 がもう, に忽ち, のあたる, の光, の光り, はまだ, は岩肌, は隠れ, もだんだん, や天

▼ いた娘さん~ (10, 0.0%)

1 がお, じゃない, では, と姉妹, と養女, のお, のよろこび, の気持, はこの, は二十

▼ いた~ (10, 0.0%)

3 やが 1 あさん, は今, やにもそれから, やに会っ, やのこと, やをすら恐ろしい, を帰し

▼ いた学校~ (10, 0.0%)

1 である, では生徒, の新築, の気分, の生徒たち, の話, は何, は教師, は横浜, をたずねた

▼ いた宝石~ (10, 0.0%)

1 にやっと, のかばん, のよう, の光り, の質, や髪飾り, をすっかり, を拾いあつめ, を狙われた, 容れの

▼ いた家庭~ (10, 0.0%)

1 が急, のさびしさ, の主婦達, の幸福, の調子, の防護設備, は再び, を思い, を持っ, を空想

▼ いた家来~ (10, 0.0%)

1 があわて, がいきり立った, であったかも, と顔, の一人, の二, の家, の男女, の鬼, や侍女ども

▼ いた小学校~ (10, 0.0%)

2 の先生 1 では三年, などは花柳界, の教師, の時分, の校長, の生徒, は師範, やその

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 から身, だったが, のある, の上, の凸凹, の子分, をいつ, をのぞく, をわれわれ, を踏みはずし

▼ いた幸福~ (10, 0.0%)

1 がとうとう, がますます, が全部虚妄, その幸福, とはまあ, な幼年時代, な感情, な時代, に笑っ, の太陽

▼ いた座敷~ (10, 0.0%)

1 かつては, だったが, である, とも知らず, の中間, の方, へ四日め, へ廊下伝い, へ案内, 幼い時

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 がぷんと, が百何十張り, の折れ, はひき絞られ, も背負っ, を傍, を取りあげ, を向う, を持ち直し, を立てかけ

▼ いた~ (10, 0.0%)

2 だった 1 があります, が奇妙, だね, であって, でこの, になる, のドサ貫, の中

▼ いた懐中電灯~ (10, 0.0%)

2 の光 1 がパッ, が岩, のこと, はいつの間にか, をつけ, を叩きおとした, を叩き落とした, を消した

▼ いた新九郎~ (10, 0.0%)

1 がふと, と瞳, の姿, はこの, はどこ, は今, は吾, は梢, は起き, は馴れぬ

▼ いた明智探偵~ (10, 0.0%)

1 が, がその, が女中, にそっと, に相違, はその, は小林少年, は懐中電灯, も事務所, をヒョイ

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 であった, には穴, の剥がれる, の背筋, はトランク, や帽子, をす, をつけ, をぬい, を身

▼ いた期間~ (10, 0.0%)

1 が百年, と入れ代っ, にはギリシア, に国, のこと, の印象, はすぎ, はわずか, は僅か, も相応

▼ いた~ (10, 0.0%)

2 の家 1 から六, がみんなそれ, が受けとめた, が静か, という少女, の小, の皮, をはなれない

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 がぬけた, がゆるんだ, がガクリ, がバリバリ, のあと, の抜けた, の根, の疎, は焼い, をぐいと

▼ いた漁夫~ (10, 0.0%)

1 が, がよく, が駆逐艦, の一人, の小川, の手, は思わず, や女, や水夫, や雑夫

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 が一匹, が毬, が私, と見えた, の腹, の鍵, はようよう, は灰色, めいた顔, を抛りこん

▼ いた~ (10, 0.0%)

2 不動の 1 のにおい, の肌合い, の脈搏, の饐えた, 不動は, 不動与兵衛は, 不動親分の, 具観念に

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 がいつのまにか, がとつぜん, がふと, にまで見棄てられ, に大金, の事, の慶次郎, の駒三郎, は坐り, 御さん

▼ いた番頭~ (10, 0.0%)

1 がまた, が口, が感心, が若旦那, にこう, に何事, の嘉十郎, の肥田, は同じ, は思いがけず

▼ いた疑問~ (10, 0.0%)

2 の人物 1 だったので, だの迷い, の建築, の爆発, の男, の黒幕, を一掃, を自然

▼ いた~ (10, 0.0%)

3 を下 1 にカチリ, をうま, をぱっと, を取落とす, を己, を急い, を投げつけた

▼ いた神尾主膳~ (10, 0.0%)

1 からの使, がこの, が急, のこと, の口, の許, はここ, は業, は興味, をはじめ

▼ いた程度~ (10, 0.0%)

2 であるから 1 だったが, であった, であったの, であろうが, で座談会, のこと, の濃やかさ, の遊戯性

▼ いた職人~ (10, 0.0%)

2 らしい男 1 が五年, が出, が女気, の女房たち, の妻, の道具箱, は酒, をみな

▼ いた蒲団~ (10, 0.0%)

1 で周囲, の裏, の裾, まで男たち, をすこし, をそれでも, を押入れ, を摘まみ上げ, を裏返し, を跳ね退け

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 と鷲, に酷似, のよう, の下半身, の頭痛療法, はその, はよろめく, は二筋電, は楓, を卓子

▼ いた親爺~ (10, 0.0%)

1 がじっと, がやはり, が眼, だよ, なん, の薬鑵頭, もそこ, もそれ, も昼寝, も碁

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 か何, がだんだん, がまったく, のない, の尖, の荷, は完全, を抜い, を突き刺した, 売りの

▼ いた~ (10, 0.0%)

2 の棒 1 が次第に, のかぎ, のベッド, の味, の手, の格子, の笏, を迎え入れた

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 がうっすり, が上がる, が急, が月, が薄らい, が谷間, は果然, は遂に, は鋭敏, も気温

▼ いた~ (10, 0.0%)

2 の肉 1 がまた, に古い, のあたり, の色, はことさらげっそり, もまた, も頸, や頤

▼ いた~ (10, 0.0%)

1 がこの, がしきりに, が驚ろ, さえこの, にことわっ, の群, の首, はてっぽう, を従者, を殺す

▼ いたいい~ (9, 0.0%)

2 感じに 1 ものが, ものを, 幸いだ, 料理屋だ, 気持の, 酒場だ, 音楽の

▼ いたおばあさん~ (9, 0.0%)

1 が, がいつか, が小さい, にききました, に来, のおかゆ, の俥, はじつは, やお里

▼ いたおばさん~ (9, 0.0%)

1 がただ, がもう, である, のところ, の方, の身体, の顔, の首, は主人

▼ いたお金~ (9, 0.0%)

1 が自分, だけは助かりました, だけ取っ, でちよ, をみんな, を出せ, を手, を貧しい, を資本

▼ いたお雪ちゃん~ (9, 0.0%)

1 が今, が今日, が慄, が最も, の心, の米友, は結局, は長浜, を見つけちゃった

▼ いたからって~ (9, 0.0%)

1 おいそれとすぐそれ, しようの, そいで, それは, 己を, 怪しいっても, 日本の, 真実の, 顔を

▼ いたがんりき~ (9, 0.0%)

3 の百蔵 2 の百 1 がお, が腰, なるやくざ野郎, はそれでも

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 んは, 主人に, 主君も, 亭主の, 新造さんが, 様子を, 次男の, 神体が, 長男の

▼ いたさまざま~ (9, 0.0%)

1 な夢, な家宝, な思念ごと, の伝説, の忿怒, の情景, の歴史的事実, の自然, の障害

▼ いたそれら~ (9, 0.0%)

1 の人々, の客車, の山党, の山村, の時計, の絵葉書, の費用, の音色, の黄

▼ いたとき私~ (9, 0.0%)

1 のすぐ, の心, の背後, の顔, は, はふと, は下, は云った, は或

▼ いたなどとは~ (9, 0.0%)

1 どうしてもいえなかった, もちろん思い, わしは, 今日では, 夢にも考え, 彼の, 疑って, 考えて, 誰も

▼ いたなどは~ (9, 0.0%)

2 確かに 1 いい辻占, のろまどころで, 奇遇であった, 小策と, 決して少ない, 直義も, 話に

▼ いたのね~ (9, 0.0%)

1 おじさまは, すると, そしてトロ押し, そちらも, その人たち, その時, だから私, では又, よかった

▼ いたまでの~ (9, 0.0%)

2 ことよ 1 こと, ことだ, ことだった, ことである, ことです, ことな, 事だ

▼ いたゆえ~ (9, 0.0%)

1 である, であると, に, にこれ, に力, また未練, 主としてキリスト教側, 同じよう, 絶えず自分

▼ いたわずか~ (9, 0.0%)

1 な予備隊, な年金, な支持, な菓子, な音楽家たち, の空気層, の金, ばかりの心, ばかりの酒

▼ いたゴーリキイ~ (9, 0.0%)

1 がスタンド, と同じ, にとってエフレイノフ, に対して時代, に対する評価, の中, は体, は十一時頃, は政治的活動

▼ いたナイフ~ (9, 0.0%)

1 が流れ, で麻紐, と合致, にぶつかる, の紐, を出し, を嗅がした, を執っ, を妙子様

▼ いた一方~ (9, 0.0%)

2 の手 1 の人, の男, の相合傘, の者, の自分, は他方, 若々しい芸術家

▼ いた一行~ (9, 0.0%)

1 がボルネオ, であろう皆, に追いつき, の中, は席, は急, は極度, は直に, もまた

▼ いた三名~ (9, 0.0%)

1 が今や, の口, の慇懃, の法師武者, の螺手, の野武士, は, はどこ, も

▼ いた両親~ (9, 0.0%)

1 が意地, にめぐりあえた, の交, の低, の娘, の手, は驚い, や家来, をどんなに

▼ いた事件~ (9, 0.0%)

1 がいよいよ, がどれ, である, に疲れた, の全貌, の当初, の眞相, の説明, を明白

▼ いた二三~ (9, 0.0%)

1 の作家, の呪文, の子供達, の家臣, の市民, の毛筋, の点, の男, の者

▼ いた今日~ (9, 0.0%)

1 でこそ渠等, ではある, というこの, の信条, の文学, はだい, ははや, は例, までの如き

▼ いた作家~ (9, 0.0%)

2 である 1 があった, そのひと, とはまさか, の作, の社会性, は独歩, も六日目

▼ いた健三~ (9, 0.0%)

1 にはその, にはそれ, はしまいに, はそれ, はやむをえず, は実家, は急, は意外, は比較的

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 が足りなかつた, にはとうていそう, には埒, には嫌, は一九二・〇六, まで合わせる, もいきなり, も悉く, 房の

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 の中隊, の光景, の兵士, の刑事, の台, の女, の少佐, の少女, の紙

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 アリストテレス的思想, 信長派の, 帝国主義戦争の, 社会主義の, 秀吉党も, 絵の, 絵も, 革命の, 革命を

▼ いた~ (9, 0.0%)

2 の奥歯, の手 1 の前肢, の目附, の章, の腕, の若い

▼ いた同僚~ (9, 0.0%)

1 が君, が映画スタア, になにか, に一泡, に博士, の二三名, の将, の首, は矢崎

▼ いた団扇~ (9, 0.0%)

1 でゆるゆる, で二人, で縁, で隠蔽, の手, をさし上げた, を畳, を立ち, を舞台

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 がくずれ, が壺, が小さく, が崩れ, に曰く, の凹凸, の山, も雨, を落し

▼ いた大勢~ (9, 0.0%)

1 の人, の人間, の侍従, の友だち, の女中, の怪人たち, の者, の鬼, も一人一人

▼ いた太い~ (9, 0.0%)

1 ステッキで, 丸太の, 棍棒で, 棒を, 竹を, 舫索が, 針の, 鎖の, 雨傘

▼ いた女房たち~ (9, 0.0%)

1 でたとい少し, と讃岐, などは, はいつも, はこの, は宮, は彼女, は満足, をお

▼ いた子供ら~ (9, 0.0%)

1 が座敷, が木片, にはこれ, は, はいつしか, はみな喜び安心, は目, は落ち, もじき

▼ いた宿屋~ (9, 0.0%)

4 の主人 1 だけにこの, にその, のあたり, の二階, を出逢い

▼ いた小林少年~ (9, 0.0%)

1 がさけびました, がスック, が声, が廊下, が飛び出し, に近づい, の手, はいったい, は博士

▼ いた希望~ (9, 0.0%)

1 がそれで, が偶然ここ, で田畑, の焔, はいつか一度, はすべて, は殆, や認める, を破壊

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 そこでたべた, でつきました, にかげろう, の林泉, の若竹, の陽光, の風景, はだ, を見渡し

▼ いた建物~ (9, 0.0%)

2 が急 1 がロケット, が類焼, だから, のせま苦しい, の大きな, の方, の角

▼ いた役人~ (9, 0.0%)

2 が足 1 がはじめて多少, が大勢, の群れ, はそんな, は同僚, は見下し, をし

▼ いた恭一~ (9, 0.0%)

1 がお祖母さん, がまじまじ, が言った, と俊三, と道江, の学資, の顔つき, はしばらく, もいや

▼ いた我々~ (9, 0.0%)

2 の想像 1 この国, にも毛皮, の先祖, の商売, は実験, は意識, は腹一杯

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 からそこ, がどうして, がぱっと, がギイッ, が急, の後ろ, は下, をひきおこし, を見

▼ いた文学~ (9, 0.0%)

1 がやや, ことに日本, に対する私, の団体, の多様性, の客観的批評, の書物, は最近三年間, への云っ

▼ いた新田先生~ (9, 0.0%)

1 がこの, がようやく, はいみあり, ははじめ, はまた, は全く, は博士, は顔色, も実は

▼ いた栄三郎~ (9, 0.0%)

1 が森徹馬, が現われる, と泰軒, に先刻, に緊褌一番, の眼, はやや, を見事, 思わず

▼ いた浅井~ (9, 0.0%)

1 がぼんやり, が伊豆, の二陣高宮三河守, の猛, の表, の足, の頭脳, は二筋三筋白髪, は静子

▼ いた~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 がぱっと, というの, のため, のでる, のや, の命, はみるみる

▼ いた~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 がもう, が繋がれ, の頭, はすぐ, は忽ち, や馬, を驚かす

▼ いた状態~ (9, 0.0%)

1 から気, だった, でもあった, において死んだ, によって数週間前, に今, は云っ, は今更, は無

▼ いた短い~ (9, 0.0%)

1 スカートが, ロープの, 会話が, 剣の, 手槍みたいな, 期間が, 期間は, 言葉が, 足が

▼ いた私たち~ (9, 0.0%)

1 がふと, の, の国, はドッ, は何, は幟, は水, を思わず, を高い

▼ いた紳士~ (9, 0.0%)

1 がその, が天幕, が着用, とその, のこと, の顔, はハーハー息, は何ア, 半裸体

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 が大変, などは目, に凝っ, のこと, の中, の何物, の本, の道具, も歌

▼ いた編笠~ (9, 0.0%)

2 を静か 1 のかげ, の侍, はポンとうしろ, は前, は笠, を冠, を刎

▼ いた老母~ (9, 0.0%)

2 の顔 1 が, がやっと, に凡そ, はそこ, はその, へいちばん, や妻

▼ いた自己~ (9, 0.0%)

2 の固定化 1 というもの, の創始, の勢力, の心理, の芸術, の迂闊, は杳

▼ いた自然~ (9, 0.0%)

1 がこう, が忽然, が自分, だけれど, の事物, の眺め, の結果, の美し, の言葉

▼ いた芸者~ (9, 0.0%)

1 が, がこの, がわざわざ, が一人, が一所, が体, の写真, の髪の毛, は弁当

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 が黄色く, だのそれ, の枯れた, の花, の茂み, の陰影, もない, や花, を同時に

▼ いた荷物~ (9, 0.0%)

1 がない, がようやく, と少し, などが漂流, もすっかり, をほどい, をドスン, を其処, を開く

▼ いた蛾次郎~ (9, 0.0%)

1 がいつか, と竹童, な, のやつ, の声, の鼻, はだんだん, はオヤオヤ, は目

▼ いた警部~ (9, 0.0%)

2 の顔 1 がそう, が口, が挙手, はいまいまし, はまた, は彼, は指

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 のモーターボート, の一人, の一名, の自動車, の部下, の馬元義, はまさか, はもう, はザブン

▼ いた過去~ (9, 0.0%)

2 の記憶 1 のある, のこと, の下宿, の態度, の日本人, の暗影, を思っ

▼ いた道庵先生~ (9, 0.0%)

1 が, がお, がおもむろに, がここ, がしゃしゃり出, が少しく, と期せずし, はどうも, を頼ん

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 からたつ, がひらく, なの, の中, の扉, の鈴, は松, も立ち, 之丞

▼ いた阿賀妻~ (9, 0.0%)

1 が終始, と視線, に対する考え, のそびえた, の前, の胸, はとにかく, は一揖, は彼

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 で達成, の置き, の色, は絵, をあげ, をあげた, をあげる, をきっと, を見まもり

▼ いた頃私~ (9, 0.0%)

1 が学校, はこの, はしきりに, はよく, は土地, は彼女, は情報, は日本, は相手

▼ いた~ (9, 0.0%)

1 が一度, が九羽, はたちまち, は夥しい, は大, は濡, は空中, を, を思い出さず

▼ いたおかみさん~ (8, 0.0%)

1 が, があわただしく, がその, が急, にはなに, のひとり, の背なか, の腹

▼ いたお父さん~ (8, 0.0%)

1 がいられた, が死んだ, が歿, はあわただしく, はなん, はもう, はニコニコ, は今

▼ いたお爺さん~ (8, 0.0%)

2 が死んだ 1 が, でございます, でもとうとう, と択ぶ, の姿, は直に

▼ いたお蔭~ (8, 0.0%)

1 であった, でのう, でわたし, でわたし達, でソレ位, で加十, で生, に喧嘩

▼ いたかぎ~ (8, 0.0%)

1 がいつか, がはずれ, が目, で大きな, をとり出し, をまわし, をカチッ, を盗み出された

▼ いたくらいの~ (8, 0.0%)

1 もの, ものさ, ものだ, ものだろう, もので, ものでありました, ものである, 仕事が

▼ いたことそれ~ (8, 0.0%)

1 からのがれよう, がぼんやり, が一旦, が何, だけを覚え, につづい, に対して星尾, はあなた

▼ いたしかも~ (8, 0.0%)

2 気品の 1 その人, 己の, 敏感な, 本当の, 甚だいい, 見覚えの

▼ いたそういう~ (8, 0.0%)

1 ものも, 一途な思いつめた, 光景を, 彼だ, 支那に, 景色と, 記憶が, 野村の

▼ いたそんな~ (8, 0.0%)

2 外国なんかへは 1 おれの, 内端な, 突然私, 縁故な, 間柄である, 風に

▼ いたちょうど~ (8, 0.0%)

1 このとき, そのごとく, そのとき, その人生観, その瞬間, 係蹄に, 暖気と, 真下の

▼ いたとして~ (8, 0.0%)

1 この文句, それを, もう一つ, 余程鈍感, 次に第, 泰造は, 詫入れ, 隆資は

▼ いたなど~ (8, 0.0%)

1 いうと, ただの, だれも, とかく不審, 云いますの, 云うが, 少しでも, 駭くに足る

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 あれは, そのとき, どうもお松さん, 僕は, 眼だけ, 私服の, 覚えて, 長さん

▼ いたのにと~ (8, 0.0%)

1 くやしく思った, やっと気, 不審に, 云うと, 云うよう, 思いながら, 恨み嘆きねんごろ, 諳算を

▼ いたばかりか~ (8, 0.0%)

1 こうなりゆいた, みずから進ん, 君の, 実際一度くるりとうしろ, 当人の, 更に進ん, 村の, 長火鉢の

▼ いたろう~ (8, 0.0%)

1 がの, に, にせつな, にただ, にと思う, にと正成, になあ, になぜ

▼ いたわが~ (8, 0.0%)

1 友と, 和寇の, 夫は, 家庭へは, 監視飛行隊は, 研究会も, 越前少将忠直卿は, 駆逐艦が

▼ いたドア~ (8, 0.0%)

1 から一ぴき, がひとりでに, が今度, だと, に嫌っ, のそ, をひろく, を無理矢理

▼ いたフランス~ (8, 0.0%)

1 のアンリ・バルビュス, の全権大使, の士官, の外務大臣, の大学生, の歩兵, の甲鉄艦, の老

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 老職工 1 すくいの, と束, と長屋, の池, は相手, 老将

▼ いた一角~ (8, 0.0%)

1 がすぐ, で正気, の大刀, はその, はひとり, は途端, もそこ, や弥助

▼ いた三つ~ (8, 0.0%)

1 の場処, の心, の淡い, の疑問, の骸骨, の黄金, の黒い, ばかりの男の子

▼ いた三味線~ (8, 0.0%)

1 のいと, のうまい, の三本, の絃, の音, はいつの間にか, をおっ, を弾い

▼ いた下宿~ (8, 0.0%)

2 の主婦 1 のあたり, のおやじ, の場所, へはまだ, へ引き移っ, を他

▼ いた下駄~ (8, 0.0%)

1 がひっくり返っ, の上, の音, を左, を投げ棄てる, を振り廻し, を突っ, を脱ぎ棄て

▼ いた不幸~ (8, 0.0%)

1 な少女, な少年, な心理状態, な母, な者, にももう, の大団円, の歳月

▼ いた世界~ (8, 0.0%)

1 から地球上, が今や, だから, のあらゆる, のこと, の人間, はがらっと, も喘ぐ

▼ いた久慈~ (8, 0.0%)

1 からだった, の句, の姿, はいつの間にか, はその, は大きな, は石, も急

▼ いた乞食~ (8, 0.0%)

1 がホース, がムクムク, のこと, のせがれ, の子供達, の群れ, は, や浮浪人

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 じゃ, じゃあない, だったの, であった, であるし, でしたね, ではない, なの

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 のなじみ, の妻, の師匠, の鳥打, 代が, 刑事たちも, 坊の, 柳原町六丁目の

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 へ送 1 の女, は, は小梅, へ簇, ほどの人びと, ほどの自分

▼ いた公卿~ (8, 0.0%)

1 でこの, といえ, なので, の一人, の卑屈, や上達部たち, や浪人, や舎人

▼ いた勝平~ (8, 0.0%)

2 の顔 1 にとっては最後, にも人間的, の心, は当, は烈しい, も相手

▼ いた名人~ (8, 0.0%)

1 ががばと, がとつぜん, がやにわにずばり, が何, であった, の前, の口, の目

▼ いた呂宋兵衛~ (8, 0.0%)

1 あおじろい額, がこんど, と昌仙なにごと, にうらぎられた, のす, の口, はことば, もそれ

▼ いた~ (8, 0.0%)

3 計代の 2 計代は 1 市が, 計代が, 計代と

▼ いた大きい~ (8, 0.0%)

1 のは, ハンマーで, ボール箱には, 切石を, 労働者風の, 勾配の, 方の, 牡牛も

▼ いた大切~ (8, 0.0%)

3 なもの 1 なこと, な借り物, な品物, な時, な秘密

▼ いた大男~ (8, 0.0%)

1 が切れた, が陽気, と川島武男, のリーロフ, の大辻, の水死人, の白人, は腰

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 に渡した, のところ, の四畳, の奉公人たち, の奥, の書院, の部屋, の館

▼ いた奥さん~ (8, 0.0%)

1 が, がお子さん, がさも, が待ち兼ねた, が気, が親, と座敷中, は気持

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 のお 1 が新高さん, だったので, の同胞, はあの, は日本橋区堀留, を嚇

▼ いた子供達~ (8, 0.0%)

1 の中, の群, の顔, はその, は大勢, は雨, も姿, をいきなり

▼ いた家族~ (8, 0.0%)

2 の数 1 にこの, に対する不安, のもの, の者, は夜, や郎党

▼ いた家臣~ (8, 0.0%)

1 が驚い, のうち, の一団, は, はいつの間にか, はうしろ, は胆, も少なく

▼ いた少数~ (8, 0.0%)

2 の者 1 の人々, の場合, の子分, の工夫等, の村, の親戚

▼ いた山崎~ (8, 0.0%)

1 が何, という農家, のお母さん, の家, は, はぎく, は還っ, は闇中

▼ いた左膳~ (8, 0.0%)

1 が思わず, だが, とうとう焼け跡, のもと, の左手, の見こみ, もちょっと, 何やらしんみり

▼ いた巨大~ (8, 0.0%)

1 なカブトムシ, なクモ, な一時代, な原子力, な屋敷, な手, な母家, な長篇韻文

▼ いた弁信~ (8, 0.0%)

1 がその, であります, の面, は, はやがて, は今, は何, は全く

▼ いた怪しい~ (8, 0.0%)

1 一団の, 売卜者の, 奴の, 機械を, 物影人間である, 男や, 男を, 老爺

▼ いた悪魔~ (8, 0.0%)

1 が, が突然, というの, なの, に憑かれた, の子分, の所業, の指紋

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 に満ち満ち, の世界, の申し出, の要求, はいささか, は浅薄, は限度, をはっきり

▼ いた所為~ (8, 0.0%)

1 か通, か重かっ, であろう薄ら寒く, で頬, もあったでしょう, もあったろう, もある, もあろう

▼ いた提灯~ (8, 0.0%)

1 が停り, でありました, というもの, は地べた, をこころもち外, をその, を振向けました, を消した

▼ いた数名~ (8, 0.0%)

2 の武士, の警官 1 の中, の専門新聞人, の若, はもう

▼ いた新子~ (8, 0.0%)

1 が夜更し続き, の口尻, は勢いよく, は姉, は急, は準之助氏, をしっかり, を考える

▼ いた日本左衛門~ (8, 0.0%)

1 から夜光刀, が擽られた, と金右衛門, はそれ, はふと, はやおら, は思わず, を見

▼ いた明智~ (8, 0.0%)

2 がふと 1 だよ, との交際, の一将, の一部将, の姿, もその後一度

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 の陽 1 のならい, の名, の最中, の調子, はリラ, を感じる

▼ いた書生~ (8, 0.0%)

1 が, が赤い, なの, の戸田君, の斎藤, の青田, は奥, や女中

▼ いた机竜~ (8, 0.0%)

8 之助

▼ いた樣子~ (8, 0.0%)

2 です 1 で一時, で佐太郎, はなかつた, もない, もなくせ, を見

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 が, だったので, である, の上, の道具, の音, をもと, を早じまい

▼ いた正木博士~ (8, 0.0%)

1 の遺言書, の頭脳, はこう, はやおら, はやがてニヤリ, はプーッ, は又, は小使

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 のわし, の大, の女, の山奥, の捕, の時代, の母子二人, の美しい

▼ いた死骸~ (8, 0.0%)

2 の頭, の首 1 が不意, のにおい, の上, の足

▼ いた火星人~ (8, 0.0%)

1 のそば, の横腹, の群, の足, の首, はたちまち, はぴたり, は急

▼ いた爺さん~ (8, 0.0%)

1 がいた, が文字通りスルメ, だろうか, に向っ, の眼, はひらり, は思い出した, へこう

▼ いた片手~ (8, 0.0%)

1 でパイプ, で首筋, のない, へぎゅっと, をいそい, を動かし, を襟, を離し

▼ いた犯人~ (8, 0.0%)

1 が人知れず, なので, の影, の特徴, はこの, はそれほど, は家, は素

▼ いた理想~ (8, 0.0%)

2 の実現 1 などが響き込ん, によほど, のほど, の幻, の社会, を敝履

▼ いた生徒たち~ (8, 0.0%)

1 がひそひそ, のざわめき, の一人, はいかにも, はすると, はハイ先生, は眼, も決して

▼ いた痕跡~ (8, 0.0%)

1 がない, が残っ, であろう, にほかならぬ, の一つ, はなお, は充分, を認むる

▼ いた直義~ (8, 0.0%)

1 からきい, が事, の軍勢, は, はいと, は二重, は矢矧, も城戸

▼ いた社会~ (8, 0.0%)

1 でないと, と政治感覚, においてどうして, の常識, の話, の進歩, や制度, を遠く

▼ いた祖父~ (8, 0.0%)

1 が, が獄舎, でさえ目, のこと, のため, のもと, は明らか, は自分

▼ いた種々~ (8, 0.0%)

1 な虫ども, のこと, のプロレタリア文化団体, の制約, の思い, の法案, の物, の軛

▼ いた立派~ (8, 0.0%)

1 であったぞ, な人格者, な住居, な塩, な奥さんたち, な態度, な煙草入, な紳士

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 の紐 1 がこころもち, がひらひら, と蓑, の大きな, を払い落した, を証拠

▼ いた~ (8, 0.0%)

5 のハンカチ 2 の風呂敷包 1 っぽいちりめん

▼ いた細い~ (8, 0.0%)

1 プラチナの, 径が, 手の, 檳榔樹の, 眉と, 草の, 道を, 電線の

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 のない, の数々, の詫び, はゆるされた, は五百之進, は免, は大きい, を腹

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 から力, など心持ち, のいかつい蒼白い, の凝り, の筋肉, の衣, をそびやかした, を急

▼ いた船長~ (8, 0.0%)

1 がそう, が日本人, が突然, でした, の手頸, は小屋, も同様, を見た

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 の白い 1 の生っ白い, の真っ黒, の黒い長い, も眼, を失っ, を見せ

▼ いた花房~ (8, 0.0%)

1 がなん, が急, になんだか, の妹, の方, はこれ, は狂奔的, は駒下駄

▼ いた葉巻~ (8, 0.0%)

2 の灰 1 の匂い, の煙, をグイ, を吸い始めた, を思わず, を棄て

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 の長い, をおろす, をパラリ, を下した, を下ろす, を少し, を放す, を直し

▼ いた親戚~ (8, 0.0%)

1 により大阪, に裏切られた, のたより, の婦人, の家, の復, の者, の者たち

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 があった, だが, です, の文句, の生命, の精神, をかく, を高らか

▼ いた道誉~ (8, 0.0%)

1 がその, が陰, すらもだ, だったの, であった, である, のそば, の予見

▼ いた郎党~ (8, 0.0%)

1 であったが, であろう, に何, のひとり, は館, や家人, や新宮十郎行家, をつれ

▼ いた部分~ (8, 0.0%)

1 が今日, が偶発, だけを私, にポッカリ, の床板, はまだ, は分離, は飛火

▼ いた金兵衛~ (8, 0.0%)

1 がこの, が聞き兼ね, と代官松, に声, のほう, はこう, は一度, まで七十四歳

▼ いた~ (8, 0.0%)

2 の室 1 のオルガン, の上さん, の学生, の小, の設楽, の部屋

▼ いた青木~ (8, 0.0%)

1 がとうとう, がわれ, が今やまったく, が手, の生活, の荒い, の長男, を見つけ

▼ いた飛行機~ (8, 0.0%)

1 がすこし, が十二機, であった, と正反対, のプロペラ, は急, も飛翔, を送り出す

▼ いた~ (8, 0.0%)

1 が急, に覘い, の一羽, の群れ, は, は大きい, は皆僕, は砲撃

▼ いたあたし~ (7, 0.0%)

1 というもの, には猫撫で声, の姿, の想像, はあんまり, は石炭酸, を呼びよせ

▼ いたうえ~ (7, 0.0%)

1 ときおりは, にいくらか, にこの, にさっき, にその, にふたり, に創作

▼ いたおやじ~ (7, 0.0%)

1 がなんと, が大きな, が起き直る, のうしろ, の暑, はあわて, は早速

▼ いたおり~ (7, 0.0%)

2 なので 1 からだけに少年探偵団, だったの, であるゆえ, にその, のこと

▼ いたお玉~ (7, 0.0%)

31 が出, という女, の三味線, はこれ

▼ いたからかも~ (7, 0.0%)

2 知れないが 1 しれない, しれませんし, 知れない, 知れません, 知れませんけど

▼ いたぐらい~ (7, 0.0%)

1 うじゃうじゃし, だから, だし, であったが, でさらうの, ですもの, なん

▼ いたけだか~ (7, 0.0%)

1 となった, な声, に, につめよりました, になっ, になり, になりまし

▼ いたさっき~ (7, 0.0%)

1 のピストル, の命令, の女, の奴, の年老, の男, 新八郎

▼ いただが~ (7, 0.0%)

1 この探偵, これからは, これも, どうかする, 宇乃は, 日を, 木俣は

▼ いたなあ~ (7, 0.0%)

1 あっしが, なかなか賢い, ゆうべその, 何の, 急勾配, 本当の, 銀河の

▼ いたばかりの~ (7, 0.0%)

1 あの市女笠, ために, ところである, 三人組の, 今の, 山淵左馬介は, 筆者は

▼ いたまた~ (7, 0.0%)

1 これからさき, 事実間違いは, 人が, 人生の, 枯れ草莠藁の, 病気が, 突いて

▼ いたまだ~ (7, 0.0%)

1 その何物, 二十前の, 二十歳の, 六歳の, 前髪立ちの, 新しい木地, 見ず知らずであるべき

▼ いたまで~ (7, 0.0%)

2 である 1 であった, であったこと, でした, では, で一方

▼ いたもと~ (7, 0.0%)

1 の両国, の人絹工場, の夫, の姥様, の董相国, の藤枝東京地方裁判所検事, の車

▼ いたドイツ~ (7, 0.0%)

2 の青年 1 のオシツキイ, の一隊, の科学, の老, は連合国

▼ いたランプ~ (7, 0.0%)

1 がメチャメチャ, が疲れ果てた, は続い, をくるり, を指さし, を消し, を高く

▼ いた一切~ (7, 0.0%)

2 のもの 1 のめずらかなる物, の古布ども, の欲念, の講義, の過去

▼ いた一家~ (7, 0.0%)

1 の人々, の姿, の明暮, の空気, の零落, は俄, を中心

▼ いた一軒~ (7, 0.0%)

3 の家 1 の小さい, の薬局, へずかずか, を発見

▼ いた中村~ (7, 0.0%)

1 がそう, がのっそり, がまた, が飛ん, と今井, の父親, 新兵衛

▼ いた事柄~ (7, 0.0%)

1 がちゃんと, が恥ずかしかっ, ではない, なの, にベートーヴェン, をハッ, を私

▼ いた人数~ (7, 0.0%)

1 が二ツ, が思わず, の大, はもとより, は七, も一度, よりも思い

▼ いた人類~ (7, 0.0%)

1 がすばらしい, に始め, の伸びよう, の女性, はあの, はどんな, 及び社会

▼ いた低い~ (7, 0.0%)

2 声で 1 声だった, 朝鮮家屋の, 空から, 道徳であった, 雨雲が

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 だ, で関羽, の一人, の文覚, の残っ, はやがて, は安国寺恵瓊

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 がいつのまにか, が此処, が消え, が見えぬ, なん, は向き, を放つ

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 フランス軍は, 家の, 家族は, 科学をば, 財産の, 身の毛が, 軍は

▼ いた兵隊~ (7, 0.0%)

1 が同行, が未熟, が話し, は死ん, もあった, もゲラゲラ, も意外

▼ いた動物~ (7, 0.0%)

1 から進化, がこんなに, がみな, でそれ, などの形, のよう, は二頭

▼ いた千浪~ (7, 0.0%)

2 と重蔵 1 が咄嗟, と御方, はその, はとうとう, は正面

▼ いた半蔵~ (7, 0.0%)

1 が弟子, ごときもの, にはこれ, の若い, は何, は思い直し, は話

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 それを, 八坊は, 八道心は, 太郎は, 太郎主従の, 太郎高氏です, 沼田の

▼ いた又八~ (7, 0.0%)

1 と思い較べ, にきょう, の手, は, はとたんに, は数える, も多年

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 会社の, 委員会が, 宗派の, 新聞社の, 本を, 連隊も, 道の

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 一地上が, 党内の, 時代者らの, 病者が, 穴の, 苦坊は, 連と

▼ いた同志~ (7, 0.0%)

1 が二人, にもいつも, の一人, の場合, の者, はどんな, はみんな

▼ いた名残~ (7, 0.0%)

1 かとも認められる, で, である, であろうと, ではなかったろう, でもある, に他

▼ いた吾輩~ (7, 0.0%)

1 が前代未聞, が聞き付け, のみを見つめ, の神経, はこの, は仕事, を倒し

▼ いた周囲~ (7, 0.0%)

1 から長崎, に急, のその, の一同, の人々, の髪, を落雷

▼ いた和尚~ (7, 0.0%)

2 がちら 1 がいま, が妻室, と見え, はほとんど, は手燭

▼ いた~ (7, 0.0%)

7 之助

▼ いた四五人~ (7, 0.0%)

1 の労働者, の子供たち, の家臣, の捕手, の爺連, の腰元共, の食客

▼ いた地方~ (7, 0.0%)

1 である, では女, で方々, に樹, の力, の物凄い, も少なく

▼ いた地点~ (7, 0.0%)

1 から約, である, では格闘, とは二町, と同じ, の近く, は緩やか

▼ いた~ (7, 0.0%)

2 の蓋 1 から自分, がいつのまに, をひらい, をゆっくり, をキッ

▼ いた夕陽~ (7, 0.0%)

2 の光 1 がいつの間に, がかげっ, が今, が向う側, を散らし

▼ いた大将~ (7, 0.0%)

1 であったから, であったが, でございます, に新しい, はかね, も堪えられない, も自分

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 な人影, な侍, な唖男, な書物, な男, な覆い布, な長

▼ いた~ (7, 0.0%)

2 の姿 1 がいた, が和泉橋, が急, はわざと, を見付け

▼ いた子ども~ (7, 0.0%)

1 が目, の一人, の足, の近所, は多かっ, は狡猾そう, を始めて

▼ いた宏子~ (7, 0.0%)

1 の口元, の活, の若い, はやがて, は思わず, は茶碗, を小突いた

▼ いた小林君~ (7, 0.0%)

1 と三千代ちゃん, と花田君, にそっと, にはその, の顔, も帰っ, や羽柴君

▼ いた小次郎~ (7, 0.0%)

1 だ, であったが, の勝負, の片, の眼, はちょっと, はやがて

▼ いた小舟~ (7, 0.0%)

1 にのりました, に乗り, の中, はやがて, は一斉, へ宮, へ飛び降り

▼ いた小野田~ (7, 0.0%)

1 がいつの間にか, と云う, には女手, のそれ, の故郷, はそんな, はベンチ

▼ いた小間使~ (7, 0.0%)

2 のお 1 が衣類, であった, の娘さん, の小松, の手

▼ いた屋敷~ (7, 0.0%)

1 だと, に奉公, のうち, の主人長岡頼母, の眼前, の耕地, は静寂

▼ いた山田~ (7, 0.0%)

1 が, がまた, が其処, が言葉, と云う, の使, の姉

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 が自動車, である, ではないだろう, の住人, の数人, の方, の連中

▼ いた幼い~ (7, 0.0%)

1 しみじみした, 子供達が, 時別れた, 神経を, 童の, 童も, 頃から

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 がガタン, がスーッ, が崩れ落ち, にずり倒れた, の一部分, の上, を上げさせ

▼ いた店員~ (7, 0.0%)

1 がこう, であろうか, と階段, の姿, は何, は戦線, もいっしょ

▼ いた患者~ (7, 0.0%)

1 がある, がいる, が思いがけなく, が死んだ, が退院, の人, は注射

▼ いた房枝~ (7, 0.0%)

1 があらあらし, が荒々しく, と裏二階, の母親, の父親, はその, もまさか

▼ いた方向~ (7, 0.0%)

1 から水桶, から目, で銃声, にまた, に向っ, に大きな, を理解

▼ いた旅人~ (7, 0.0%)

1 が七里, である, のよう, の中, の口, は旅人, までが目

▼ いた時刻~ (7, 0.0%)

1 その信長, である, ですよ, には北京, に帝銀事件, を照らし合せ, 即ち午前十一時二分

▼ いた月江~ (7, 0.0%)

1 が次郎, と次郎, と金吾, の帯, は, はあわて, はこわごわ

▼ いた~ (7, 0.0%)

2 の上 1 だ, で事務, に坐らせ, の抽出, の辺り

▼ いた林檎~ (7, 0.0%)

1 にがぶり, のどこ, の種, をピート, を二人, を出した, を皮ごと一口かじ

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 が不意, とかもっともっとどう, にも敷き, の御簾, や板, をストン, を背

▼ いた検事~ (7, 0.0%)

1 がそば, がウーン, が突然, は, はヨロヨロ, は周囲, は法水

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 で綺麗, な審, な感じ, にく, にし, になつて, に微塵

▼ いた正成~ (7, 0.0%)

1 がここ, でもあった, の妻子たち, の方, の計り, はどう, へ早口

▼ いた歴史~ (7, 0.0%)

1 がある, の世代, の書物, の水底, の現実, の発展, をもった

▼ いた民衆~ (7, 0.0%)

1 と, というもの, の心情, の本質, はその, は失望, も近ごろ

▼ いた沢山~ (7, 0.0%)

1 な骨董, の人たち, の楓, の燈籠, の紙切れなんど, の貴い, の鶴

▼ いた泰造~ (7, 0.0%)

1 が, がいなくなった, が急, が長椅子, の友人, は不, は紺

▼ いた洋服~ (7, 0.0%)

1 が急い, はいて, はよごれ, はベッド, をはいでみる, を着込ん, を脱

▼ いた深い~ (7, 0.0%)

1 倉, 感動には, 渓が, 温情は, 溝が, 畏怖の, 霧も

▼ いた源三郎~ (7, 0.0%)

1 だったが, と萩乃, の刀, は, はドン, は廊下, 笑いだした

▼ いた源十郎~ (7, 0.0%)

1 がむくり, が今宵, とガッ, のこと, はこの, はふと, は栄三郎

▼ いた灰色~ (7, 0.0%)

1 っぽい紫, のぶよぶよ, の小さな, の空, の草原, の雪, の霧

▼ いた為め~ (7, 0.0%)

1 だろう, にずっと, に事件, に危く脚, に捕えられ, に私, もあるだろう

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 がここ, がこの, が落ち, が落ちた, に化かされた, の死骸, を見つける

▼ いた~ (7, 0.0%)

2 の慟哭 1 に自分, の名前, の毛, の皮, はすぐ

▼ いた百姓たち~ (7, 0.0%)

1 が, の影, はこれ, はそれ, は恐れ, は驚いた, を呼びあつめ

▼ いた矢さき~ (7, 0.0%)

1 だから, であるから, でもあった, という条件, にこの, に怪塔王, 故詮吉

▼ いた約束~ (7, 0.0%)

1 ある意義, が違った, だった, である, ですが, を思い出した, を怪獣

▼ いた紋也~ (7, 0.0%)

1 がヒョロヒョロ, が訊いた, の影法師, の耳, の諸, やお, をし

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 が当っ, が当った, だ, でこんな, ですが, で御座いますなあ, はテキ面

▼ いた羽織~ (7, 0.0%)

1 だけを脱い, の紐, をぬい, を手ずから, を渡し, を着, を脱ぎ

▼ いた者達~ (7, 0.0%)

1 が話せ話せ, が院代, で, の気持ち, はタラップ, は庸, もすべて

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 をあげた, をおろし, を伸し, を伸ばし, を伸ばし切らず, を伸び上げ, を起し

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 から一団, がそんなに, に, の構造, の痛み, の立つ, は紙

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 と同じ, の上, の中, の乗客, の底, は昼, は磯

▼ いた茶碗~ (7, 0.0%)

1 が思いがけなく, と箸, に少し, を医師, を手, を茶托, を門口

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 が芬, の悲しみ, の重なった, はこの, はどんなに, は世人, は姫君

▼ いた藤吉郎~ (7, 0.0%)

1 であった, であったので, という人間, と蜂須賀彦右衛門, のす, は, は固く

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 の隙, の靡き, ももぎ放そう, をおろし, をとっ, を少し, を離し

▼ いた視線~ (7, 0.0%)

1 をあげる, をおとし, をそらし, をそらした, をふい, を射る, を茫然

▼ いた覚え~ (7, 0.0%)

2 がある 1 がない, の場所, の骨, はない, もあり

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 からも全く, が非業, もない, や身内, 乞食が, 佐は, 猿が

▼ いた親方~ (7, 0.0%)

1 がどうして, がどこ, が後向き, の女, はこごえ, は吻, や請負師連

▼ いた親類~ (7, 0.0%)

1 に思, のもの, の佐野さん, の壬生源左衛門, の娘さん, の家, の者

▼ いた観客~ (7, 0.0%)

2 は居ずまい 1 がどっと, の方々, は有声, は確か, もはじめて

▼ いた詩人~ (7, 0.0%)

1 があった, です, などが世の中, のお, はかくして, はつくづく, も悩んだ

▼ いた財布~ (7, 0.0%)

1 が枯蘆, が落ちた, の紐, も抜け, をふと, を取られた, を急

▼ いた重い~ (7, 0.0%)

2 ものが 1 ハンド, 四布蒲団を, 扉は, 物の, 責任が

▼ いた鉄砲~ (7, 0.0%)

2 を肩 1 でわたし, を取っ, を取り寄せ, を取卸し, を立て掛け

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 から出た, にふれた, をおろし, をおろした, をそそくさ, を如何にも, を肩

▼ いた~ (7, 0.0%)

1 でそれ, で唯一, で自分, によって小, の押金, を奪っ, を床

▼ いた長女~ (7, 0.0%)

1 が, だけがなかなか, のズキズキ, の行末, はそこで, も一緒, をし

▼ いた門番~ (7, 0.0%)

1 が面倒臭, が驚い, だけが問題, の婆さん, の老人, は中庭, や家来たち

▼ いた電燈~ (7, 0.0%)

1 が, がパッ, が突然, のカヴァー, の炭素線, は消え, を消した

▼ いた鞍馬~ (7, 0.0%)

6 の竹童 1 が近く

▼ いた頃彼~ (7, 0.0%)

1 にはいろ, の両親, の菜っ葉服, は一度, は京針, は御, を養子

▼ いた頭脳~ (7, 0.0%)

1 がここ, が急, が新鮮, が日ごろ, が軽く, も打ちしびれ, を醒まし

▼ いた頼朝~ (7, 0.0%)

1 だった, の加勢, は, は夜明け, は盛長, は非常, もやや

▼ いた~ (7, 0.0%)

2 の群 1 が窮鼠, でもオートバイ, のこと, までが死んだ, やげじげじ

▼ いたあげく~ (6, 0.0%)

1 きっと何とか彼, だから, に云った, のもの, の人, の変化

▼ いたいや~ (6, 0.0%)

1 それも, 使いの, 秀吉の, 訪れること, 足だけ, 金ぴかのせいふくのお役人たちが

▼ いたお客~ (6, 0.0%)

1 であれ, に対して運転手, の一人, は誰, も船頭, を公園

▼ いたお方~ (6, 0.0%)

1 である, のお家, はございました, はどこ, もござりませぬ, をこの

▼ いたかって~ (6, 0.0%)

1 きかれると, ことは, ことを, こと分からない, それを, 今は

▼ いたかて~ (6, 0.0%)

1 お客する, どうせ疑, まだ一度, んだ, 乘つてる, 今更隠す

▼ いたかに~ (6, 0.0%)

1 あるの, おもわれる, みえる, 気づく仙太, 気付く仙太, 私は

▼ いたここ~ (6, 0.0%)

1 にいた, の空気, の美人, の者, の門, へ通し

▼ いたこれら~ (6, 0.0%)

1 の事情, の先住民族, の名, の女, の店, の研究所

▼ いたすぐ~ (6, 0.0%)

1 よこの, 下の, 向こうの, 後ろの, 横に, 自宅に

▼ いたすると~ (6, 0.0%)

1 その仲間, それと, ホーベスと, 不意に, 今まで, 女が

▼ いたっても~ (6, 0.0%)

1 しかたが, しようがねえ, 先の, 従容として, 明日から, 颯っと

▼ いたでも~ (6, 0.0%)

1 あろう, あろうが, あろうよう, 人の, 起こされては, 起して

▼ いたとさえ~ (6, 0.0%)

1 伝えられて, 伝えられる, 思われさえ, 感ぜら, 申します, 言われる

▼ いたとやら~ (6, 0.0%)

1 いうて, いろいろ近所, それをちゃ, 申しますよ, 聞きましたね, 聞き及びました

▼ いたはし~ (6, 0.0%)

3 と言 21 といと

▼ いたはるこ~ (6, 0.0%)

1 とでは素子, との甘, とまた, ともまた, とも七十日, とを要せぬ

▼ いたばっかりに~ (6, 0.0%)

1 あっしの, 俺の, 手を, 殴りつけ昏倒, 話は, 貴重な

▼ いたべつ~ (6, 0.0%)

1 な人種, な人間, のろう仮面, のチンピラ隊, の刑事, の店員

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 いしが, うその, ぎわの峰丹波に, ぼろしが, むとしき, 宜しいが

▼ いたわし~ (6, 0.0%)

2 や母上 1 でさえ道三父子, の御, はこわごわ, は近ごろ

▼ いたイギリス人~ (6, 0.0%)

1 からたんと, が, がうま, がこっぴどい, がこの, で非常

▼ いたパリ~ (6, 0.0%)

1 であった, でのイエニー, に社会党, のモネー館, の上流階級, は脅威

▼ いたムク~ (6, 0.0%)

1 がかく, にまだ, はこの, は何, は急, をつかまえ

▼ いた一ツ~ (6, 0.0%)

1 である, でございますから, の方, の秘冊, の茹卵, の首

▼ いた一個~ (6, 0.0%)

1 の人物, の人間, の東, の死骸, の痩法師, の青年

▼ いた一羽~ (6, 0.0%)

2 の雀 1 のからす, の烏, の雁, の鷓鴣

▼ いた七兵衛~ (6, 0.0%)

1 がどう, のいる, の枕許, の眼力, はここ, は路用

▼ いた万太郎~ (6, 0.0%)

1 には今, の前, はやがて, は胸, もさっぱり, も余り

▼ いた三四郎~ (6, 0.0%)

1 が気がつい, の視線, は, はこの, は石火, は突然

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 歯一枚が 1 のあたり, の妹たち, の池, 脣の

▼ いた下女~ (6, 0.0%)

1 がいきなり, がこれ, が突然, は二人, は無言, もそこ

▼ いた与八~ (6, 0.0%)

21 はその, は彼等, は離れ, 引合わされて

▼ いた中学生~ (6, 0.0%)

1 がオヤ, が先, であった, の子供二人, の弟, は夢うつつ

▼ いた丸い~ (6, 0.0%)

1 ものを, 包物を, 物が, 盆を, 紙屑だ, 罪の

▼ いた乗客~ (6, 0.0%)

1 が案外, にはかなり, の中, の二, はここ, は俄

▼ いた乙女~ (6, 0.0%)

1 が, がいつ, が小鼻, のむれ, の良人, も坊主

▼ いた事情~ (6, 0.0%)

1 が察せられる, が次第に, の下, や径路, を察すべく, を諒解

▼ いた二十面相~ (6, 0.0%)

1 だったとは, のからだ, はそれ, はついに, はまだ, をたすけだし

▼ いた二本~ (6, 0.0%)

1 の刀, の槍, の針金, の鎖, の電線, の髪の毛

▼ いた人夫~ (6, 0.0%)

1 がのぞきこんだ, が五, の号令, の平蔵, もいま交代, もすべて

▼ いた人形~ (6, 0.0%)

1 がたおされた, が魂, をそっと, を前, を左, を物持ち

▼ いた人心~ (6, 0.0%)

1 が更に, に投じた, に明白, の腐敗土, はそれだけ, も六月十一日

▼ いた人生~ (6, 0.0%)

1 がいっそう, に対して新た, に対する対手, の出来事, の理想, の陰

▼ いた以前~ (6, 0.0%)

1 のこと, の小作たち, の御, の独立性否認, の自分, よりも今

▼ いた会話~ (6, 0.0%)

1 によっても一概に, のかずかず, の一節, の主, はこれ, を熱心

▼ いた侍女~ (6, 0.0%)

1 が, が更代, が襖, であったこと, は河原, を差し殺した

▼ いた信吉~ (6, 0.0%)

1 が今, はそれから, はアクリーナ, は何とか, は気, を救った

▼ いた倉地~ (6, 0.0%)

1 が和服, が手, だったけれども, の胸, は暗い, は足音

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 からはモンタンヴェル, から急い, ではいくら, には現れない, の代表者, の者たち

▼ いた傾き~ (6, 0.0%)

2 があった, さえあった 1 があり, がある

▼ いた僧侶~ (6, 0.0%)

1 と尼僧, のうち, の仮面, の方, の服, や巫女

▼ いた全部~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 である一万フラン, です, の出来事, の農夫たち

▼ いた八五郎~ (6, 0.0%)

1 が無, のガラッ, の口, の顏, はお, は毎日歸つて來

▼ いた六人~ (6, 0.0%)

1 のけいじと, の一人, の仲間, の刑事さんたち, の若者, は窓

▼ いた助手~ (6, 0.0%)

1 がよい, が借り物, のボリス, の一人, の妹, の男

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 の南, の同心加山, の和ら, の探題時益, は要人, も坐らない

▼ いた原因~ (6, 0.0%)

1 がこういう, が今や, についてはまことに, の中, もいろいろ, をたちまち

▼ いた吉田~ (6, 0.0%)

1 が楽し, であった, の兄, の末, は急, も小村

▼ いた呼吸~ (6, 0.0%)

1 かなんぞのよう, が, がつよい, が破れ, も思わず, を少し

▼ いた咲耶子~ (6, 0.0%)

1 がかねて, がにわかに, という不敵, はとうとう, はふたたび, は罪人

▼ いた地図~ (6, 0.0%)

1 がこの, ですね, に目, の上, は例, も平地

▼ いた坊さん~ (6, 0.0%)

1 だの旅, であったが, の面, はそれでも, は急, を引きずり起こし

▼ いた城中~ (6, 0.0%)

2 の将士 1 の人々, の内応, の士気, へまでも疫病

▼ いた城兵~ (6, 0.0%)

1 が初めて, にわッ, の上原清兵衛, はよろこび勇ん, は思わぬ, は突然

▼ いた塾生たち~ (6, 0.0%)

1 にとっては多少, にまじっ, に異常, は入り口, も一人, を常態

▼ いた大井~ (6, 0.0%)

1 がにやりと, が例, が卓子, という弁護士, の姿, はさも

▼ いた太刀~ (6, 0.0%)

1 とを郎党, は伯耆安綱, をここ, をじり, をできるだけ, を引き取っ

▼ いた女達~ (6, 0.0%)

1 が不意, が火鉢, の悲鳴, は笑う, は食欲, ももう

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がいよいよ, はこの, はもう, はやっと, は夢, をそうっと

▼ いた姫君~ (6, 0.0%)

1 の美しい, はしばらく, は弁, は話, を宮中, を抱き上げ

▼ いた姿勢~ (6, 0.0%)

1 から考える, で身動き, のまま, をそのまま, を少しく, を改めて

▼ いた嬰児~ (6, 0.0%)

1 がむずかる, が母, が泣きだした, の頃, を伊右衛門, を執り落した

▼ いた学者~ (6, 0.0%)

1 があった, がヨーロッパ, のよう, の教え, はアリストテレス, または津田左右吉

▼ いた宇治山田~ (6, 0.0%)

6 の米友

▼ いた守衛~ (6, 0.0%)

1 に声, のよう, のリシャール, の一人, は, はぺこんと頭

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 お吉, だった, であるし, で勉強, の和尚, を人

▼ いた将軍~ (6, 0.0%)

1 のこと, の岳飛, は張った, は盾, は静か, らしい

▼ いた小使~ (6, 0.0%)

1 と交代, に用件, の一人, の爺, はその, はやがて

▼ いた小刀~ (6, 0.0%)

1 の錐, は大抵, をいきなり, をひと間距, を捨て, を脱し

▼ いた小姓~ (6, 0.0%)

1 がこの, がすぐ, です, のやう, の佐脇藤八郎, の石田佐吉

▼ いた小柄~ (6, 0.0%)

1 でした, なスロワキア人, な傴僂男, な女, な色, のこと

▼ いた少年たち~ (6, 0.0%)

1 の顔, はイバンス, は一度, もなんだか, もみんな, もハッ

▼ いた居士~ (6, 0.0%)

2 はこれ 1 に今日, に比べたら, の目, を失望

▼ いた山々~ (6, 0.0%)

2 や遠く 1 も悉く, も皆嫁, を望む, を輝かす

▼ いた工場~ (6, 0.0%)

1 がある, のある, はどう, はない, は実に, も三交代

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 の手, の腕 1 の拳, の指

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が取れる, の下, をとい, をズタズタ, を取りのけ, を披

▼ いた帆村探偵~ (6, 0.0%)

1 が突然, が言った, と一彦少年, に助け出され, は, も一彦少年

▼ いた師匠~ (6, 0.0%)

1 がやがて, の妹, の家, は, は万事, を止め

▼ いた年寄り~ (6, 0.0%)

1 のお巡り, の主人, の女房, は思わず, は食事, を待つ

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が現在, とだけで, の女, の王国, はすべて, はモントルイュ・スュール・メール

▼ いた床几~ (6, 0.0%)

1 から腰, がす, の上, の膝, をうしろ, を蹴返し

▼ いた~ (6, 0.0%)

21 がここ, のよう, はしびれ, は彼

▼ いた微笑~ (6, 0.0%)

1 がほのか, が今, が消え, は微笑, を啓示, を浮べ

▼ いた心臓~ (6, 0.0%)

1 が飛び出, の強弱, の潮流, の病が, の鼓動, はちょうど

▼ いた怪物~ (6, 0.0%)

1 がヌーッ, が地上, はおなじみ, はこいつら, はすでに, はたちまち

▼ いた恐怖~ (6, 0.0%)

1 が一時, が吐き気, すべき事件, だ, の犠牲, の雲

▼ いた悲しみ~ (6, 0.0%)

1 が一時, が再び, に堪えられなかった, の泪, は忘れられ, は突然

▼ いた感覚~ (6, 0.0%)

1 がその, が不意, が無慈悲, たしかにかつては, をとり戻し, を窺う

▼ いた懐剣~ (6, 0.0%)

1 の柄, をほうり投げ, を奪い取ろう, を把, を拾い上げた, を放させ

▼ いた扇子~ (6, 0.0%)

1 でピシャリ, で釣瓶落し, をはたと, を与えた, を氏真, を颯と

▼ いた支那~ (6, 0.0%)

1 での共産主義, ではイギリス, の国民党, の学問, の山水家, の群集

▼ いた支那人~ (6, 0.0%)

1 が発見, の一団, の娘, の御者, の経営, は日本語

▼ いた敬太郎~ (6, 0.0%)

1 にたちまち, はこの, はすぐ, は急, は田口, は自分

▼ いた新吉~ (6, 0.0%)

1 が不意, にはもはや, はやがて, は伊太利, も今, を御存じ

▼ いた日吉~ (6, 0.0%)

31 であった, という小, は大釜

▼ いた昨夜~ (6, 0.0%)

1 どうして気が付かなかったろう, の信二郎, の夢, の娼家界隈, の糸子, の談話者たち

▼ いた昨日~ (6, 0.0%)

1 から今日, と変り, の男, の退屈さ, までのこと, までの自分

▼ いた時計~ (6, 0.0%)

1 がない, は宮本, を又, を夫人, を徐, を直し

▼ いた暗い~ (6, 0.0%)

1 影が, 影は, 木立ちの中に, 欲望が, 雲の, 靄が

▼ いた書類~ (6, 0.0%)

1 の綴込み, をとりだす, を両手, を持っ, を整理, 入箱

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がかがみ, がパッ, の中, の面, は彼女, は静か

▼ いた有様~ (6, 0.0%)

1 が偲ばれ, だ, です, を思っ, を私, を聯想

▼ いた校長~ (6, 0.0%)

1 でこれ, に逢った, はいかにも, はさすが, や同僚, や訓導

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が雲, が飛び上った, でたたきおとし, は真, をさしのべ, を地

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が日, が突然ぱったり, の中, の巫女, の精達, も年々

▼ いた模様~ (6, 0.0%)

1 だ, だが, だった, であった, である, も見えません

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 なので, の幹, の枝, の生命, はたちまち, は紅葉

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 の下 1 が半分以上, の下あたり, の石欄, は両国橋

▼ いた機会~ (6, 0.0%)

1 がやっ, が来, が来た, となった, はついに, をあたえた

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 のへや, の三等室, の室, の弟, の言葉, の部屋

▼ いた正造~ (6, 0.0%)

2 がようやく 1 の根拠, の目, は, はそう

▼ いた死体~ (6, 0.0%)

1 の胴, はす, はたしかに, は外, は若い, を見つけ

▼ いた洋杖~ (6, 0.0%)

1 が元, で右手, の分解, をとりなおし, を扉, を蹴飛ばし

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 はその 1 に対しての憤り, はつい, はやがて, を見た

▼ いた渡辺刑事~ (6, 0.0%)

1 は今朝, は突然, は素早く, は髑髏, も喜色, も正午頃

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 二斎が, 国籍者の, 智で, 智と, 智な, 電機の

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 いさんは 1 のさま, の左近, の恩智左近, やで

▼ いた独楽~ (6, 0.0%)

2 へ現われた 1 がいい, であって, のつぶ, を畳

▼ いた用人~ (6, 0.0%)

1 が, がいっ, がお, の伊吹大作, の伝内, の河豚内

▼ いた田山白雲~ (6, 0.0%)

1 がやがて今や, が自分, が高く, の姿, は早く, もこれ

▼ いた甲斐~ (6, 0.0%)

2 があった 1 があっ, の国, の旧臣穴山梅雪, の男

▼ いた画家~ (6, 0.0%)

2 の佐佐 1 がまた, が親し, です, で俳人

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 の一部, ももと, もよこぎっ, を始, を打っ, を気

▼ いた留守~ (6, 0.0%)

1 であるから, です, で母, に消えた, のころ, の間

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がそっくり, のところ, の上, の蓋, もまだ, を指し

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 じるし目あて, の雨, はすでに, はヤジリ, も矢筒ぐるみ, を示し

▼ いた知人~ (6, 0.0%)

1 がつい, が彼, が私, に偶然, に差支え, のところ

▼ いた秘密~ (6, 0.0%)

1 の仮借, の合言葉, の正体, の段々, の話, の鍵

▼ いた空家~ (6, 0.0%)

1 でございました, には刑事, の一軒, の塀, はじき, へこれから

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 を引奪 1 で打つ, にも棒, を投げ, を抛り出した

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がある, がたしか, のつまった, の入った, は五稜郭, を廻漕

▼ いた紙片~ (6, 0.0%)

1 をいまいまし, を取上げ, を彼, を手早く, を拾い上げた, を見つけ出し

▼ いた給仕~ (6, 0.0%)

1 が, が大きな, が突然, の女, の小坊主, はハミルトン氏

▼ いた継母~ (6, 0.0%)

1 がなぜ, が突然, さえ見る, のおま, の意志, もそれ

▼ いた美奈子~ (6, 0.0%)

2 の心 1 が父, の悲しみ, は低い, は自分

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 の心, の感懐, の顔色, はやがて

▼ いた習慣~ (6, 0.0%)

1 が俄, が追, で毎日是非一度, として二頭, に従い彼, は相

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 で言つて 1 がお, が妙, で案内, よりも一層

▼ いた職工~ (6, 0.0%)

1 から何, が上, が後, なん, の一人, を驚かした

▼ いた般若~ (6, 0.0%)

2 の面 1 と大蛇, のひとみ, の仮面, の顔

▼ いた色々~ (6, 0.0%)

1 な証拠物, の場合, の戒律, の本, の珍, の知識

▼ いた花束~ (6, 0.0%)

1 が急, に眼, をほとんど, を前, を水, を雨

▼ いた芸妓~ (6, 0.0%)

1 あがりらしい女, が加茂川さん, で初め, に言いつけた, の福松, の話

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 いろの, の花, ぶ台, をそのまま, をひえた, をズウ

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がくるくる, がみるみる, と葉, につい, は小さく, 之助

▼ いた藤十郎~ (6, 0.0%)

2 の心 1 の堅い, の姿, の瞳, は自分

▼ いた藤吉~ (6, 0.0%)

1 の大, の耳, の腕, はやにわに, は勘次, は駕籠

▼ いた虚無僧~ (6, 0.0%)

1 なんで, の話, は一人, は法月弦, は田所さん一人, も一番あと

▼ いた表情~ (6, 0.0%)

1 が弛緩, が華やか, さえますます, もし, をし, を次第に

▼ いた被害者~ (6, 0.0%)

1 でで, の喉, の頸部, は瓦斯, も家庭工業的, を後

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がすう, のかげ, の間, の隙, をあけた, を外し

▼ いた観念~ (6, 0.0%)

1 が正しい, に科学論, の内容, は国民学校, は毫も, を徹底的

▼ いた財産~ (6, 0.0%)

1 だって, でないだけに, の平等, はそッくり彼, も今, を全部

▼ いた車夫~ (6, 0.0%)

1 がそれ, に今, の提灯, の群, の足, やでこぼこ

▼ いた近く~ (6, 0.0%)

1 の旅館, の浅草, の海上, の海岸, の部屋, の部落

▼ いた道綱~ (6, 0.0%)

1 だけがただ, だけときどき, に向っ, の事, はしまいに, をお

▼ いた遠い~ (6, 0.0%)

1 光は, 国々の, 峰を, 昔に, 昔の, 親類にあたる

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 そうな, 兵衛さんの, 右衛門, 右衛門首だけ, 因である, 大事には

▼ いた鉛筆~ (6, 0.0%)

1 です, でそれぞれ, の尖, の自, を執っ, を抛り出し

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が, の小, の懐中時計, の竪琴, の香炉, はやおら

▼ いた鍛冶屋~ (6, 0.0%)

3 の大将 1 の主人, の爺さん, の鉄造

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 がゆるん, が少なく, の輪, は思った, を思い出, を鉄槌

▼ いた門野~ (6, 0.0%)

21 が, はもう, は何処, を追い払う

▼ いた間柄~ (6, 0.0%)

1 だった, であったが, です, ではある, とみなけれ, なので

▼ いた電車~ (6, 0.0%)

1 ですから, にのりました, に近づい, の下っ, の響, はこの

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が掏, が背中, をそこ, を思い出した, を狙われ, を赤帽

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 が聞えなくなっ, だよ, なの, の為, はもう, を島

▼ いた飯島~ (6, 0.0%)

1 という同級, の妾, は, はやや暫く, は大声, は徹頭徹尾

▼ いた駕籠~ (6, 0.0%)

1 がピタ, との縁, の傍, の後, の者, を無事

▼ いた高氏~ (6, 0.0%)

1 だった, とは案, の影, の血色, は寝, をもいちど

▼ いた髪の毛~ (6, 0.0%)

1 の手, はすっかり, は年齢, は瞬間, をつきつける, をわざわざ

▼ いた黄金~ (6, 0.0%)

1 の仮面, の指環, の杖, の王子, の産地, も七つ

▼ いた~ (6, 0.0%)

1 いきれを, いひげ, の一人, の法衣, は呼びとめ, を掛け

▼ いた~ (6, 0.0%)

2 の与吉 1 の音色, の響, を種子ヶ島, を鳴らし

▼ いたからばかり~ (5, 0.0%)

3 では 2 でなく何だか

▼ いた~ (5, 0.0%)

2 なく悦ん 1 はいでした, はいなぞ, 棒

▼ いたさる~ (5, 0.0%)

1 でした, べきと, まいな, 公爵で, 大学生に

▼ いたしっかり~ (5, 0.0%)

1 した信仰, した友達, した歩調, やって, 者だけに

▼ いた~ (5, 0.0%)

21 これは, 同じく清澄村, 随分よく寝

▼ いたためし~ (5, 0.0%)

1 があったかい, のない, はない, はなかっ, は殆ど

▼ いただの~ (5, 0.0%)

1 あの部落, いろいろの, なんのかんのと, 一言も, 背が

▼ いたつい~ (5, 0.0%)

1 このごろ, このごろ買った, さっきまでの, そのうしろ, 最前の

▼ いたつたの~ (5, 0.0%)

4 である 1 です

▼ いたつや子~ (5, 0.0%)

1 が, が室, が挨拶, が笑いだした, が訴える

▼ いたづらし~ (5, 0.0%)

2 た事 1 たの, てはいかん, ながら歩い

▼ いたとき彼~ (5, 0.0%)

1 に研究, のからだ, はなお, は愛人, は町家

▼ いたとても~ (5, 0.0%)

1 この心, りこう, 何の, 古い手紙, 身長の

▼ いたどこ~ (5, 0.0%)

1 かの上さん, かの細君, かの親切, のともちょっと, の簾中

▼ いたなと~ (5, 0.0%)

1 たちまち自己, 思う, 思うほどの, 思う間もなく, 驚ろいた

▼ いたねえ~ (5, 0.0%)

1 このひと, だまって, やすんで, 向うの, 子供は

▼ いたのち~ (5, 0.0%)

1 すこし顔, とうとう次, のこと, も相, やおら歌い出した

▼ いたほどに~ (5, 0.0%)

1 寂しく感じられた, 教授の, 日本人の, 芝居については, 金は

▼ いたみたい~ (5, 0.0%)

1 であるが, でしたが, なん, にきっと, にたっぷり

▼ いたみんな~ (5, 0.0%)

1 が集まっ, こう答える, のもの, の様子, はときの声

▼ いたやさしい~ (5, 0.0%)

1 シグナレスも, 先生でありました, 声の, 親しみが, 調子とで

▼ いたやら~ (5, 0.0%)

1 いぬやら, その記憶, わからなかったの, 定めし其の, 岸に

▼ いたよと~ (5, 0.0%)

1 あははははと, いって, 渡すから, 私が, 答えたら引返して

▼ いたコゼット~ (5, 0.0%)

1 に別れ, はやはり, は今, もついに, を初め

▼ いたスパイ~ (5, 0.0%)

1 がひょっこり, と憲兵, に売られ, の摘発, を制裁

▼ いたトランク~ (5, 0.0%)

1 というの, の中, の蓋, は貨車, をボーイ

▼ いたノート~ (5, 0.0%)

1 がこの, をばったり, を夫人, を書類鞄, を私

▼ いたハンカチ~ (5, 0.0%)

1 でそっと, の汚点, は兄貴, も私, をはなし

▼ いたフランス人~ (5, 0.0%)

1 とは非常, のシモン氏, の医者, の牧師, の踊子

▼ いたフリーダ~ (5, 0.0%)

1 が小さな, だって記念, のよう, は, はゆっくり

▼ いたベンチ~ (5, 0.0%)

1 からいきなり, が人気, に伸子たち, の下, の前

▼ いたペン~ (5, 0.0%)

2 を捨て 1 から飛沫, が蠅, をなげすてる

▼ いたマリユス~ (5, 0.0%)

1 と同じく, はこの, はどうしても, は隣, は頤

▼ いたロープ~ (5, 0.0%)

1 が大騒ぎ, は切れ, をとい, をほどく, を解き

▼ いたワケ~ (5, 0.0%)

1 じゃない, じゃア, ではない, ではなく, ではなし

▼ いた一ぴき~ (5, 0.0%)

2 の金魚 1 のちょう, のぶと, の人魚

▼ いた一事~ (5, 0.0%)

1 でもわかる, は自分, をもっ, を以てし, を高氏

▼ いた一族~ (5, 0.0%)

1 だったら見て, の中, の誰彼, の輩, や妻子

▼ いた一面~ (5, 0.0%)

1 で決して, にまっ黒, の扇子, の灌木, はそれ

▼ いた七八人~ (5, 0.0%)

1 といっしょ, の人々, の侍, の共, を残す

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が相違点, けのこと, である, であるが, の高い

▼ いた不思議~ (5, 0.0%)

1 なかたまりが, なやり方, な事件, な彫刻, な気味

▼ いた世の中~ (5, 0.0%)

2 というもの 1 においては炉, に自由解放, は相次ぐ

▼ いた中学~ (5, 0.0%)

1 からの同級生, での教え子, の寄宿舎, の秀才, の組長

▼ いた丸木~ (5, 0.0%)

1 が, が急, という怪漢, は, はぶるぶる

▼ いた丹頂~ (5, 0.0%)

5 のお

▼ いた主婦~ (5, 0.0%)

1 が結局そこ, のため, の起き, はものものしい, は留学生

▼ いた主膳~ (5, 0.0%)

1 が, と一味, の眼, はその, はやはり

▼ いた佐々木道誉~ (5, 0.0%)

1 が尊氏, の画像, はすぐ, は高時, へ

▼ いた何人~ (5, 0.0%)

1 かがそれ, かの人, かの人々, かの作家たち, かを夕方ごろ

▼ いた俊亮~ (5, 0.0%)

1 がだしぬけ, がちょっと, だった, の前, は煮え立った

▼ いた信玄~ (5, 0.0%)

1 の中軍, の死, の身辺, はその, も少から

▼ いた僅か~ (5, 0.0%)

1 な召使, の銀貨, の間, ばかりの才能, ばかりの米

▼ いた元気~ (5, 0.0%)

1 が俄, とは雲泥の差, なシゴイさん, のいい, も沸い

▼ いた先刻~ (5, 0.0%)

1 の上り路, の二人, の海岸通り, の面影, までの番頭

▼ いた光子~ (5, 0.0%)

1 の御方, の死, の病気, の眼, は眠っ

▼ いた光秀~ (5, 0.0%)

2 の夫人 1 のす, の首級, は信長

▼ いた六つ~ (5, 0.0%)

1 のサック, のダイヤモンド, の妙子, の男の子, の遊星

▼ いた勝家~ (5, 0.0%)

1 がそれ, は直接, は自害, は逆, も玄蕃

▼ いた包み~ (5, 0.0%)

1 でございます, をおろした, をテーブル, を取り上げ, を解いた

▼ いた十兵衛~ (5, 0.0%)

1 が突然, は向う側, は弟, も常識負け, を無理無体

▼ いた台所~ (5, 0.0%)

1 ではちょっと, のほう, の棚, へ出, を一時間

▼ いた呂布~ (5, 0.0%)

31 は不意, は父子

▼ いた周瑜~ (5, 0.0%)

1 の喜色, はうしろ, はこう, は俄然, は辞

▼ いた哀れ~ (5, 0.0%)

1 なのら猫, な生活, な男, な雄, な鳥

▼ いた商人~ (5, 0.0%)

1 であった, はそれ, は振り, は言っ, や俳優

▼ いた喬介~ (5, 0.0%)

2 はその, はやがて 1 が突然

▼ いた土人~ (5, 0.0%)

1 と今これ, に柿, のゴー, の呉服店, の子供

▼ いた地所~ (5, 0.0%)

1 があっ, と子供, に違い, はやれ, を知っ

▼ いた坊主頭~ (5, 0.0%)

1 が煉瓦, で大菊石, で寸詰まり, の丸々, を上げ

▼ いた~ (5, 0.0%)

2 の甲 1 が二階, が走り出し, の長

▼ いた大事~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 なかけがえ, な大事, な着物

▼ いた大人~ (5, 0.0%)

1 と少年, のよう, の世界, は何, も南向き

▼ いた大刀~ (5, 0.0%)

1 がチカッ, のこじり, の下, を口, を忘れかけた

▼ いた大学生~ (5, 0.0%)

1 があった, が裏口, が負傷, といわれる, の生活

▼ いた大尉~ (5, 0.0%)

1 がつくづく, がポケット, が民家, はそのまま, は小浜兵曹長

▼ いた天国~ (5, 0.0%)

2 の刀箱, の剣 1 の作

▼ いた奇妙~ (5, 0.0%)

1 なる金具, な家庭悲劇, な建造物, な物体, な魚

▼ いた奉行~ (5, 0.0%)

2 の山淵右近 1 の捕手, は愛想, らしい男

▼ いた女史~ (5, 0.0%)

1 がいる, がその, が異常, の胸, は酔っ

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 があったろう, なのに, の何, の肢態, の顔

▼ いた妻君~ (5, 0.0%)

1 のところ, の好意, の血相, はそれ, は博士

▼ いた始末~ (5, 0.0%)

2 であった 1 さ, でした, です

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が鏡, とわし, の一生, は掃除, や小姑

▼ いた孔子~ (5, 0.0%)

1 はその, はそれ以上彼, はただ, は彼, は懿子

▼ いた孝之進~ (5, 0.0%)

1 があわて, の顔, はさほど, はフト今, は聞えない

▼ いた学生たち~ (5, 0.0%)

1 が, がぞろぞろ, の気分, はありゃ, も持っ

▼ いた宇津木兵馬~ (5, 0.0%)

1 が起き直ろう, が面, のため, は山田奉行, は足

▼ いた宗七~ (5, 0.0%)

1 がぽん, なの, はこの, は眼, やにわに愕きの

▼ いた宝物~ (5, 0.0%)

1 が夢, はどう, は手, をむざむざ, を焼ける

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が突然, である, とお, のご, の乳母

▼ いた家臣たち~ (5, 0.0%)

1 には主君, の群れ, はやがて, は忠利, は数正

▼ いた寝台~ (5, 0.0%)

2 の音 1 から立ち上っ, のすそ, の前

▼ いた将士~ (5, 0.0%)

1 の心, はその後, はみな恥, はみな感動, もみな背

▼ いた小林~ (5, 0.0%)

1 が偸むようにしてこっちを, の死, の母, はすぐ, を説きつけ

▼ いた少し~ (5, 0.0%)

1 ばかりの田地, 年配な, 惨忍, 斜視がかった, 酒気の

▼ いた少年時代~ (5, 0.0%)

1 から狩猟, と晩年, の悪戯, の記憶, を思い出す

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 があの, が突然, という男, は葉子, へ登つて行

▼ いた岸本~ (5, 0.0%)

1 が末, とは道頓堀, はふと, は久しぶり, は倒れる

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 がもうすぐ, ねつかまっ, の上, は截っ立っ, も或は

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 がその後, の水, の音, はこちら, をてらすだろう

▼ いた左手~ (5, 0.0%)

1 の板じき, の部屋, をグッ, を餉台, を高く

▼ いた帆村荘六~ (5, 0.0%)

1 がそう, がむりやり, が今, が最早, だった

▼ いた年増~ (5, 0.0%)

1 が見向い, な女中, ね乳母, の女中, の方

▼ いた年寄~ (5, 0.0%)

1 が, が酒, のあさましい, の仁王サマ, は黙っ

▼ いた幸子~ (5, 0.0%)

1 が突然, と逢えなくなる, の顔, は急, もこの

▼ いた幻影~ (5, 0.0%)

1 がついに, がふと, と大差, のさせる, の彼方

▼ いた座蒲団~ (5, 0.0%)

2 の上 1 だけが部屋, のはし, を裏返し

▼ いた庶民~ (5, 0.0%)

1 がある, が信長, には従っ, の生活条件改善問題, は

▼ いた~ (5, 0.0%)

5 之助

▼ いた彦太郎~ (5, 0.0%)

1 と千吉, の顔, は愕然, は次第に, も酒

▼ いた従妹~ (5, 0.0%)

1 がきょう, にした, の冬子, の家, も声

▼ いた従者~ (5, 0.0%)

1 のひとり, の後藤彦九郎, も一斉, や下役, らしいの

▼ いた得体~ (5, 0.0%)

3 の知れない 1 の判らぬ, の知れぬ

▼ いた徳川家~ (5, 0.0%)

1 の侍たち, の旧臣, の細作, の者たち, は一敗地

▼ いた忠作~ (5, 0.0%)

1 がその, でした, はこの, は何, は特に心から

▼ いた思い~ (5, 0.0%)

1 がかすか, が遂げられ, の内, の火, をケンプ博士

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が嘘, なの, の火, の相手, の聖泉

▼ いた恋人~ (5, 0.0%)

1 がお, がそれっきり, がやって来た, に用, はこれ

▼ いた息子~ (5, 0.0%)

1 の一人, の嫁さん, は, はやがて, も学費

▼ いた情熱~ (5, 0.0%)

1 がようやく, が一時, の網, の色, を日

▼ いた意味~ (5, 0.0%)

1 が宿ります, でのマルクス主義, ではもはや, とは違っ, は単に

▼ いた意見~ (5, 0.0%)

1 ではない, と全く, に汗, はそのまま, を書き附けた

▼ いた折柄~ (5, 0.0%)

2 だったので 1 であった, なので, 食べようと

▼ いた抽斎~ (5, 0.0%)

1 の蔵書, は客, は撥ね, もここ, をさえ

▼ いた拙者~ (5, 0.0%)

1 が偶然, でござる, です, の宿望, は何時の間にか

▼ いた支倉~ (5, 0.0%)

1 が満面朱, は又, は漸く, は神戸氏, は能勢弁護士

▼ いた故郷~ (5, 0.0%)

1 と然, に帰っ, の土, の家, の父

▼ いた数々~ (5, 0.0%)

1 の口惜し, の困難, の小包, の思い, の脆弱

▼ いた文学者~ (5, 0.0%)

1 があった, がある, の名, の領域, や雑誌記者

▼ いた新聞社~ (5, 0.0%)

1 が不思議, の人, の同僚, の社長, も来

▼ いた方角~ (5, 0.0%)

1 で, めがけて, をじっと, を見た, を見つめ

▼ いた旅館~ (5, 0.0%)

2 の窓 1 には行かず, の前, を望んだ

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が折れた, とを二つ, ぶくろ, もどうやら, も一せい

▼ いた旦那~ (5, 0.0%)

1 と別れ, の事, の家, は急, も死んだ

▼ いた旧式~ (5, 0.0%)

1 な家庭, な浪曼主義, のボロ, の帳面, の電話器

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 かそれとも, この女, であったが, にお, に寢床

▼ いた有名~ (5, 0.0%)

1 な人物, な居酒屋, な恋愛会, な裸体像, な鳳晶子

▼ いた朋輩~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 が今日, の頭, は顔

▼ いた木村~ (5, 0.0%)

1 がこの, という部長刑事, なる人物, は, はまた

▼ いた村田~ (5, 0.0%)

1 が, が急, という洗濯, は, は喜村

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 の中, をぐっと, をガラリ, を下, を正季

▼ いた林田~ (5, 0.0%)

1 がいそい, が口, に向, の身体, もその

▼ いた桃子~ (5, 0.0%)

1 が, が膝, が頬, の右, は今度

▼ いた~ (5, 0.0%)

3 の花 1 の木, はもはや

▼ いた棒切れ~ (5, 0.0%)

2 を拾っ 1 でいや, を墓石, を拾い

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 を川, を引っ奪, を抛り出し, を放し, を颯と

▼ いた~ (5, 0.0%)

4 之助 1 大属石原樸氏

▼ いた気もち~ (5, 0.0%)

1 があった, がほぐれ, が尻餅, はほか, をその

▼ いた~ (5, 0.0%)

3 のよう 1 が小さく, が砕けた

▼ いた江戸~ (5, 0.0%)

1 から宿元, ではない, の人々, の武芸者, の芝居

▼ いた池上~ (5, 0.0%)

1 であった, の家, はやがて, は上機嫌, は俯向いたま

▼ いた河童~ (5, 0.0%)

1 のこと, の図, の数, はことごとくげらげら, は一面

▼ いた泰軒~ (5, 0.0%)

1 が突, と栄三郎, の眼, は, は一声なか

▼ いた清澄~ (5, 0.0%)

5 の茂太郎

▼ いた漁師~ (5, 0.0%)

1 が起き上がった, などがやって来, の子どもの, ははっ, は旅僧

▼ いた澄江~ (5, 0.0%)

1 であったが, に似, はそう, を地, を抛り出す

▼ いた火星~ (5, 0.0%)

2 が急 1 のボート, の生物, の衛星

▼ いた牧野~ (5, 0.0%)

1 と京都, の妻, はこの, は滅多, は風俗画報

▼ いた物見~ (5, 0.0%)

3 の兵 1 が, の小隊

▼ いた~ (5, 0.0%)

2 が樹, のごとく 1 がさっと

▼ いた~ (5, 0.0%)

5 をお

▼ いた用事~ (5, 0.0%)

2 が片づいた 1 の話, をすませ, を思いだしました

▼ いた町人~ (5, 0.0%)

1 がとび起て, の味覚, はあれ, は畑, は脇差

▼ いた番人~ (5, 0.0%)

1 が, が外, に問うた, の手, をかれ

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 のもの, の不平, の手, は何だか, は高野山

▼ いた皇帝~ (5, 0.0%)

1 がこんど, が今, はハスレル, は笑い, や大

▼ いた監督~ (5, 0.0%)

1 が云いました, だけが芸人, の吉川氏, は, は言った

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 ですから, ですが, でその, 変らず美しい, 府の

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 がいつも, のない, の長い, の間, はめちゃくちゃ

▼ いた真紀子~ (5, 0.0%)

1 の別れた, の洋装, の顔, は急, は機

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 がだ, には最初, はさらに, よりは心噪, をあげ

▼ いた眼鏡~ (5, 0.0%)

1 をひ, をまた, を掛け, を群衆, を落した

▼ いた石子~ (5, 0.0%)

1 はこの, ははっと, はふと, は咎める, は彼等

▼ いた石川~ (5, 0.0%)

1 が彼, はあたふた, はうっかり, はおや, はその

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 だったため, の学期, の日, の終わり, の雲

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 にとっては病人, のいい, の不変, の存在, を知っ

▼ いた筆者~ (5, 0.0%)

1 がシキリ, であった, にその, にとっては正直, もその後怠り勝ち

▼ いた粗末~ (5, 0.0%)

1 な卓子, な地, な室, な洋装, な渡り廊下

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 がある, がちぎれた, がぼ, がもと, のよう

▼ いた細長い~ (5, 0.0%)

1 一個の, 一輪の, 形の, 懐中電灯様の, 木箱を

▼ いた結婚~ (5, 0.0%)

1 というもの, に対する遅疑, に思い至った, の生理, をただ

▼ いた縁故~ (5, 0.0%)

1 から鮎川, で千坂家, で知合, などもござりまし, もあっ

▼ いた老女~ (5, 0.0%)

1 が不審顔, が何, が東京, だそう, や腰元

▼ いた者ら~ (5, 0.0%)

1 がそれ, の顔色, は河岸, は身, も駆け

▼ いた自分たち~ (5, 0.0%)

1 から一間, の予想, の力, の旅, の連中

▼ いた船員~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 が大木老人たち, が張, や火夫達

▼ いた若党~ (5, 0.0%)

1 が云う, の佐太郎, の勇吉, の村田平造, の縫殿介

▼ いた若者たち~ (5, 0.0%)

1 さえ魔物, はいずれ, は直ちに, は誰, は鞠

▼ いた茶色~ (5, 0.0%)

1 の封筒, の彫り, の狩犬, の眼鏡, の附着物

▼ いた草履~ (5, 0.0%)

1 の片, を水際, を見つけ, を足, を蹴飛ばし

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が劇薬, にはいろいろ, は皆, を水, を飲ました

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 の兵, の姜維, の趙雲, の陣, の馬岱

▼ いた血痕~ (5, 0.0%)

1 がチラリ, の部分, もこれ, を拭っ, を検

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 の綿, はひろがっ, は上衣, をぬぎすて, を脱ぎ

▼ いた衣類~ (5, 0.0%)

1 の始末, までが残らず, をそれ, をまるめ, を竿

▼ いた西~ (5, 0.0%)

2 の空 1 と東, の方, の海

▼ いた計画~ (5, 0.0%)

1 に非常, のとおり, も符節, をはじめて, を決して

▼ いた~ (5, 0.0%)

2 ではなかっ 1 ではない, でもなん, を思わない

▼ いた話題~ (5, 0.0%)

1 が再び, が刑事部長, が来た, のなか, をとりあげる

▼ いた誰か~ (5, 0.0%)

1 がその, が喚く, が居た, であったよう, の赤い

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 の主, の殺人鬼, は一つ, は一体, を解きあて

▼ いた警官隊~ (5, 0.0%)

1 がぞろぞろ, が不意, はそのただならぬ, はひとり, は水上署

▼ いた警視庁~ (5, 0.0%)

1 の人たち, の仕事ぶり, の余興, の小田刑事, は無残

▼ いた資本~ (5, 0.0%)

2 の利潤 1 は依然, も皆, 及び労働

▼ いた赤児~ (5, 0.0%)

1 の来歴, はもう, はやっとすこし, はゴム, を其処

▼ いた足軽~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 だの宿直, の秋山大助, の足

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が流れる, が浅黄, が走り出す, の車夫, を大臣

▼ いた農夫~ (5, 0.0%)

1 が午, が怪しん, はいった, もやがて, や町人ども

▼ いた道子~ (5, 0.0%)

1 がとつぜん, がどう, が発した, の父親, は急

▼ いた道庵~ (5, 0.0%)

1 がこの, が今日, が青く, もこいつ, を子供たち

▼ いた部将~ (5, 0.0%)

1 が二名, が谺, と兵, はいきなり, はすぐ

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 である, の人たち, の文化, の歌壇, を見物

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が夕暮, のはて, は急, を, 駈け姿

▼ いた野武士~ (5, 0.0%)

1 がある, が八, でご, とちがっ, の渡辺天蔵

▼ いた金助~ (5, 0.0%)

3 がお 1 です, はここ

▼ いた銀子~ (5, 0.0%)

1 がどんな, と一緒, にとってかなり, もその, もそれ

▼ いた長椅子~ (5, 0.0%)

1 から立ちあがった, から立ち上がっ, から起きあがる, がそのまま, の内部

▼ いた長男~ (5, 0.0%)

1 からは大学, と顔, の均一, の松太, を医者

▼ いた門人たち~ (5, 0.0%)

1 が一旦, が四五人, はすでに, はやっと, は口

▼ いた陣十郎~ (5, 0.0%)

1 がこの, が姿, という壮年武士, の刀, はそう

▼ いた隣室~ (5, 0.0%)

1 から父親喜平, が自然, との唯一, の女性群, の客

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が青い, である, でもあろう, は苦し, は雪

▼ いた雲霧~ (5, 0.0%)

1 の前, の足元, はやがて, も四ツ目屋, や秦野屋

▼ いた静か~ (5, 0.0%)

2 な声 1 な暮し, な空しい, な飛行

▼ いた面影~ (5, 0.0%)

1 がお, が先立ちます, が浮ん, とほとんど, よりは五年

▼ いた音楽~ (5, 0.0%)

1 がにわかに, が十九世紀, の弟子たち, の数, はその

▼ いた頃それ~ (5, 0.0%)

1 が連れ, は恰も, を売り払う, を張っ, を愛し

▼ いた顔つき~ (5, 0.0%)

1 だった, だつた, である, で余り, を烙

▼ いた顔色~ (5, 0.0%)

1 が急, で人間並, で足もと, にも近頃, をし

▼ いた馬車~ (5, 0.0%)

1 に時々, の一群, の中, の足もと, はなお

▼ いた駒井甚三郎~ (5, 0.0%)

1 がこの, がその, はふい, は田山白雲, は約束

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が出し抜け, が口, の兵隊, の大将, の腕

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 が彼, というもの, のみを遠方, は今, もこれ

▼ いた~ (5, 0.0%)

1 がびっくり, はみな, は一匹, は鯛, を汀

▼ いた~ (5, 0.0%)

2 の子 1 がここらあたり, が見えない, だから

▼ いた鹿~ (5, 0.0%)

1 はどこ, や猿, を射損じ, を殺した, 之介

▼ いた黒吉~ (5, 0.0%)

1 がなお, とは自然, はギクッ, はゴクン, をともかく

▼ いた黒布~ (5, 0.0%)

1 に手, をその, をクルクル, を手拭, を解き

▼ いたあそこ~ (4, 0.0%)

1 から出発, から高張, に来た, もここ

▼ いたあまり~ (4, 0.0%)

1 でもあった, のこと, 厚くない, 雷に

▼ いたあるいは~ (4, 0.0%)

1 一しょに, 在った人物, 持ってると, 陥って

▼ いたいろんな~ (4, 0.0%)

1 あくの, 事から, 意味での, 遊びばかりも

▼ いたおじさん~ (4, 0.0%)

1 が急, に告げる, のところ, はかんた

▼ いたおまえ~ (4, 0.0%)

1 のお母さん, の母, はみごと, をあり来

▼ いたおりん~ (4, 0.0%)

1 と半, と庭先, はこの, も月江

▼ いたお初~ (4, 0.0%)

1 の右手, は何やら, は気がついた, もあんまり

▼ いたお前さん~ (4, 0.0%)

1 がひっ, でも, のこと, はさっき

▼ いたお宮~ (4, 0.0%)

1 が今更, の中, ははたと, は大和

▼ いたからという~ (4, 0.0%)

1 ことである, ような, 人も, 説明は

▼ いたからね~ (4, 0.0%)

1 わしの, 他の, 僕の, 大臣に

▼ いたがって~ (4, 0.0%)

1 心配し, 手を, 明るい方, 無遠慮に

▼ いたがや~ (4, 0.0%)

1 でて, むにやまれぬ果てであったらしい, アと, ッぱり駄目か

▼ いたきみ~ (4, 0.0%)

1 がそう, にはその, の部下, はすぐ

▼ いたくし~ (4, 0.0%)

2 づけさ 1 とか笄, をやっと

▼ いたこっち~ (4, 0.0%)

1 が悪い, が田舎者, の身, も人

▼ いたこと等~ (4, 0.0%)

1 が甚だ, については特別何ごと, を思い合せ, を思出

▼ いたさい~ (4, 0.0%)

1 である, でおきましょう, でもお, に一人

▼ いたしも~ (4, 0.0%)

2 一人の 1 うらさびし櫟, 一度もらえる

▼ いたそうして~ (4, 0.0%)

1 さしもの, 今は, 垂井へ, 立ちすくむ足

▼ いたそれから~ (4, 0.0%)

1 尾瀬沼へ, 或男, 頭に, 顔を

▼ いただから~ (4, 0.0%)

1 ちょうどいい, なあ, 世話あ, 夫は

▼ いたつまり~ (4, 0.0%)

1 その女, 収入だ, 科学的知識が, 輪な

▼ いたというくらい~ (4, 0.0%)

3 ですから 1 でありましたが

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 くろが, くろ仮面, ぢようのを, ぶ板

▼ いたなか~ (4, 0.0%)

1 にその, にどこ, に私, のもの

▼ いたなぞ~ (4, 0.0%)

1 とお話, とタワイ, と言いかねなかった, の青焼き人形

▼ いたなつかしい~ (4, 0.0%)

1 愛の, 東京の, 母親が, 隊員が

▼ いたなん~ (4, 0.0%)

1 でもない, でも知れる, という話, のはな

▼ いたのみか~ (4, 0.0%)

1 どうやら自分, 二度ばかり, 数千年の, 自宅に

▼ いたぶつ~ (4, 0.0%)

1 ていつ, て二, て大判, て役得

▼ いたむかし~ (4, 0.0%)

1 から馬鹿, のいきさつ, のおも, の政治形態

▼ いたものそれ~ (4, 0.0%)

1 に色好み, はそんな, はただ, はみんな自分

▼ いたものら~ (4, 0.0%)

1 が共産主義, は二人, は矢代一族, も午後

▼ いたようす~ (4, 0.0%)

1 が目, が見え, になっ, もなく

▼ いたわね~ (4, 0.0%)

1 きっとお, どうもそう思われます, まるで石炭がらみたい, 仔牛の

▼ いたわよ~ (4, 0.0%)

1 そんなちぢれ, ひどい貴, 私は, 行って

▼ いたわれわれ~ (4, 0.0%)

1 に対して劉表, の祖先, はこの, はなんだか

▼ いたアイヌ~ (4, 0.0%)

1 の外, の村, の生活, を呼んだ

▼ いたアカデミー~ (4, 0.0%)

1 とジャーナリズム, にとっては之, の才能, の諸

▼ いたアンジョーラ~ (4, 0.0%)

1 はその, はにわかに, は弾薬車, は街路

▼ いたオンドリ~ (4, 0.0%)

1 が僕, の肩, までがもはや, を始め五人

▼ いたガラッ~ (4, 0.0%)

2 八は 1 八に, 八の

▼ いたゴルドン~ (4, 0.0%)

1 がはじめて, はこの, はたえず, はニッコリ

▼ いたジョバンニ~ (4, 0.0%)

2 のとなり, の影ぼうし

▼ いたタクシー~ (4, 0.0%)

1 に乗った, の先頭, は前, を呼びとめ

▼ いたタバコ~ (4, 0.0%)

1 の, の吸い, を地面, を灰皿

▼ いたダイヤモンド~ (4, 0.0%)

1 の矢田さん, は數日, をさらっ, を手

▼ いたテーブル~ (4, 0.0%)

2 の上 1 に夕刊, の向う側

▼ いたナースチャ~ (4, 0.0%)

1 が風呂場, はびっくり, は溜息, は隣

▼ いたハンカチーフ~ (4, 0.0%)

1 を口, を赤い, を返し, を返した

▼ いたバイオリン~ (4, 0.0%)

1 にめぐりあう, のある, はブリジ, を弾い

▼ いたパイプ~ (4, 0.0%)

1 からぱっと, だから, をトッド, を離し

▼ いたパン~ (4, 0.0%)

1 が有名, とソーセージ, も半分, を取り落とした

▼ いたピアノ~ (4, 0.0%)

2 の音 1 の椅子, の稽古

▼ いたピグミー~ (4, 0.0%)

1 がまた, の姿, はこの, は存外

▼ いたプロレタリア文学運動~ (4, 0.0%)

1 に対しては一貫, の一時的後退, の動き, の指導者たち

▼ いたホテル~ (4, 0.0%)

1 かもしれません, から近い, だと, に着きました

▼ いたルイザ~ (4, 0.0%)

1 が眼, の膝, は言った, は軽く

▼ いたロシア~ (4, 0.0%)

1 に対する興味, の若い, の領土, への国賓

▼ いたヴェリチャーニノフ~ (4, 0.0%)

1 にもそれだけ, の身うち, は彼, は莊重

▼ いた一団~ (4, 0.0%)

1 が近づく, のため, のなか, の武士階級

▼ いた一室~ (4, 0.0%)

1 でしかも間, で真赤, の戸, はどうにか

▼ いた一点~ (4, 0.0%)

1 がさっと, の火, の灯, へ斬りつけた

▼ いた一軍~ (4, 0.0%)

2 がある 1 はその, を加え

▼ いた一郎~ (4, 0.0%)

1 が物音, と次郎, は刃渡り一尺五寸, も起き上ったらしい

▼ いた七人~ (4, 0.0%)

1 の中, の仲間, はこの, も驚いた

▼ いた三好~ (4, 0.0%)

1 の同郷, ははっと, は夫人, もすこし

▼ いた三輪~ (4, 0.0%)

2 の万七 1 という人, のうま酒

▼ いた上着~ (4, 0.0%)

1 の腰, は抱い, をとっ, を失っ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 仕合な, 似合な, 合理の, 落の

▼ いた不快~ (4, 0.0%)

2 な感情 1 がこめかみ, なかたまりも

▼ いた中島歌子~ (4, 0.0%)

2 の萩 1 の塾, の貴族的

▼ いた中老~ (4, 0.0%)

1 が軍刀, の叔母, の男, の社長

▼ いた主君~ (4, 0.0%)

1 が大, に対して忠勤, のまえ, の子

▼ いた久米~ (4, 0.0%)

4 之丞

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が静か, のほう, のアネモネ, はうなずきました

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 しぼりである, の瓶, 呑み児, 搾少年

▼ いた二匹~ (4, 0.0%)

1 か三匹, の犬, の猫, の蝶

▼ いた京子~ (4, 0.0%)

2 という女 1 の許, を

▼ いた人間性~ (4, 0.0%)

1 が取り返された, の明る, よりひろく, を取り返す

▼ いた仔細~ (4, 0.0%)

1 はこれ, は前, も判った, を話し

▼ いた仕方~ (4, 0.0%)

1 といい, は今度, を感謝, を私

▼ いた~ (4, 0.0%)

2 助は 1 であったから, 助には

▼ いた代り~ (4, 0.0%)

1 には通人, に今度, に意外, に生気

▼ いた伝七~ (4, 0.0%)

1 が気軽く, はきゃっと, はふと, を見た

▼ いた伯爵~ (4, 0.0%)

1 がはっと, が一番初め, の目, はもんどり

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が伸子, が床, の姿, も釣られ

▼ いた佐々木小次郎~ (4, 0.0%)

1 がいつのまにか, が今, の胸, もここ

▼ いた佐吉~ (4, 0.0%)

1 がはっと, という小僧, という若い, にも声

▼ いた佐渡~ (4, 0.0%)

1 の陣笠, はその, は何やら, は心

▼ いた作者~ (4, 0.0%)

1 がその, の作, の生活, は一九二三年

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 しその, し十四ヶ年振り, し小生, し非常

▼ いた価値~ (4, 0.0%)

1 と正確, のアナーキー, はもっと, を論理的判断

▼ いた俳優~ (4, 0.0%)

1 があまりに, が出演, だったの, は無かっ

▼ いた倭文子~ (4, 0.0%)

1 が余り, の肌, を殺害, を老人

▼ いた健康~ (4, 0.0%)

1 がだいぶ, でどうやら, をも追い追い, を自分

▼ いた僧たち~ (4, 0.0%)

1 はたいてい, はほっと, は俄, も読経

▼ いた僧侶たち~ (4, 0.0%)

1 が, が一様, にとってはアジャンターあたり, もくり返し

▼ いた兄さん~ (4, 0.0%)

1 はあまり, はその, は修善寺, もまた

▼ いた先輩~ (4, 0.0%)

1 として恩人, の連中, や津島君, を起し

▼ いた入口~ (4, 0.0%)

1 からコック, から小さな, に飛びついた, の扉

▼ いた兵士~ (4, 0.0%)

1 の凱旋当日, の胸, ははじめて, は露西亜

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 とは逆, に手伝い, はつき合い, は栄華

▼ いた出来事~ (4, 0.0%)

1 がつぎつぎ, がとうとう, なの, の噂

▼ いた列車~ (4, 0.0%)

1 が途中不時, が通過, にわれがち, は急

▼ いた別荘~ (4, 0.0%)

1 があった, の客, を今, を此春

▼ いた前後~ (4, 0.0%)

1 なん, の岩, の日本, の諸

▼ いた労働者~ (4, 0.0%)

1 がやり, が何, だったの, と身

▼ いた勘弁勘次~ (4, 0.0%)

1 が常吉, の途法, はその, は何

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の国, の山, 伐軍, 鳴四郎

▼ いた区域~ (4, 0.0%)

1 とずっと, はそう, は案外, も弘

▼ いた十人~ (4, 0.0%)

1 の娘たち, の子供ら, の少年, の浪士

▼ いた十数人~ (4, 0.0%)

1 の乗客, の人達, の女, の門弟

▼ いた十数名~ (4, 0.0%)

1 の警官, の郎党, の門下, はざわめき立っ

▼ いた千二~ (4, 0.0%)

1 はこれ, はとつぜん, は丸木, は何だか

▼ いた千代子~ (4, 0.0%)

1 が不意, が苦痛, に出逢った, は小さい

▼ いた卓子~ (4, 0.0%)

1 の上, の前, は確か, を見付け出す

▼ いた南条~ (4, 0.0%)

1 が急, と五十嵐, は事もなげ, もまた

▼ いた博徒~ (4, 0.0%)

1 があり, のよう, の世界, の大

▼ いた双眼鏡~ (4, 0.0%)

1 をさした, をジャッキー, を取り出せなかった, を私

▼ いた反動~ (4, 0.0%)

1 か見る見る, だった, のよう, の情勢

▼ いた叔父さん~ (4, 0.0%)

1 の右, の手, はさも, は口

▼ いた古代~ (4, 0.0%)

1 から思え, の人たち, の怪物, の隠語

▼ いた右馬介~ (4, 0.0%)

1 である, の眸, はやっと, へむかっ

▼ いた司馬懿~ (4, 0.0%)

1 が帰っ, は司馬昭, は姿, は容易

▼ いた名前~ (4, 0.0%)

1 さえ今, への様, をびく, をみんな

▼ いた向う~ (4, 0.0%)

1 のある, の人立ち, の古本屋, の船

▼ いた嘉門~ (4, 0.0%)

1 の酔った, はこう, はこの, は足

▼ いた囚人~ (4, 0.0%)

1 がこの, は項, までが解放, を悉く

▼ いた四つ~ (4, 0.0%)

1 のロボット, の健吉, の眼, の飛沫

▼ いた四十~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの女, ばかりの一人, ばかりの日, ばかりの男

▼ いた四十がらみ~ (4, 0.0%)

1 の中老妓, の女, の痩せぎす, の鼻下

▼ いた四十面相~ (4, 0.0%)

1 がおそろしい, の服, の部下たち, はりりりりり

▼ いた団体~ (4, 0.0%)

1 から脱退, の力, の言葉, を退く

▼ いた土方~ (4, 0.0%)

1 が集まっ, はまるで, は土, は最早

▼ いた地面~ (4, 0.0%)

1 から草, が忽ち, に吸込まれ, は一体

▼ いた塩野~ (4, 0.0%)

1 の勇敢さ, は云いたい, は明日, もそれだけ

▼ いた士官~ (4, 0.0%)

1 が, がその, などが痛く, は松監督

▼ いた変化~ (4, 0.0%)

1 と云え, の積算, はもう, は高温

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 のころ, の時分, の野, の頃

▼ いた夕刊~ (4, 0.0%)

1 をふと, を置いた, 売りから, 売りも

▼ いた夕日~ (4, 0.0%)

1 が斜め, の光, の名, の影

▼ いた外套~ (4, 0.0%)

1 が田舎紳士丸出し, は世にも, をなげすて, を買っ

▼ いた夜具~ (4, 0.0%)

1 などを入れ, の中, の襟, へ手

▼ いた大工~ (4, 0.0%)

1 が背のび, で大阪, の上さん, の杢さん

▼ いた大蛇~ (4, 0.0%)

1 があの, が夜中, は影, を射

▼ いた天堂一角~ (4, 0.0%)

1 だった, と九鬼弥助, はその, や番士たち

▼ いた天皇~ (4, 0.0%)

1 の一族, の宗教的, の檄, は河内

▼ いた奇怪~ (4, 0.0%)

1 なお櫃, な人間, な頭, の謎

▼ いた奥様~ (4, 0.0%)

1 がありました, とである, と令嬢, は

▼ いた女学校~ (4, 0.0%)

1 などというもの, のある, の上級生, の下級生

▼ いた女学生~ (4, 0.0%)

1 が一度, の小, の熱誠, の祈り

▼ いた~ (4, 0.0%)

2 を叢 1 がまず, や又

▼ いた姫路~ (4, 0.0%)

1 の城, の城太郎, の士たち, の黒田官兵衛

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の照子, はその, もその, 入仕度

▼ いた孤独~ (4, 0.0%)

1 なす, な生活, の感じ, の扉

▼ いた~ (4, 0.0%)

4 近君

▼ いた家中~ (4, 0.0%)

1 という観念, のすべて, の一人, の武士

▼ いた家内~ (4, 0.0%)

1 と二人, の者, はわっ, は報われなかった

▼ いた容子~ (4, 0.0%)

1 である, で左右, に見えた, のよう

▼ いた富士男~ (4, 0.0%)

1 がうわずった, は, はこの, は弟

▼ いた寿女~ (4, 0.0%)

1 が大きな, に戻った, は大袈裟, は飛び起き

▼ いた小女~ (4, 0.0%)

1 が走り, ではなく, の喜野, は顔

▼ いた小浜兵曹長~ (4, 0.0%)

1 が伝声管, の想像, はこちら, ははっと

▼ いた小野さん~ (4, 0.0%)

1 の前, はこの, はまた, はようやく

▼ いた尾根~ (4, 0.0%)

2 をまっすぐ 1 の続き, を下り

▼ いた居間~ (4, 0.0%)

1 のそば, のドア, の道具類, はどこ

▼ いた屋根~ (4, 0.0%)

1 のうしろ, の上, の煙出し, の瓦

▼ いた屍体~ (4, 0.0%)

1 の中, はその, はどう, を蹴とばした

▼ いた岡田~ (4, 0.0%)

1 というの, と僕, は体格, を相手

▼ いた峯子~ (4, 0.0%)

1 のおしり, の肩, はその, はどこ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の女房, の心, の手, れの

▼ いた巻煙草~ (4, 0.0%)

1 に含芳, をとり, をふかし出した, を灰皿

▼ いた市九郎~ (4, 0.0%)

2 は女 1 はお, もついに

▼ いた市十郎~ (4, 0.0%)

1 の書斎, の気, の首, はぺたっと

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 であり心友, のやさしい, の武蔵, の飛衛

▼ いた幕僚~ (4, 0.0%)

1 の悉く, の蒋, の諸, も通信手

▼ いた平和~ (4, 0.0%)

1 な海辺, な田園生活, の視線, をのぞん

▼ いた平家~ (4, 0.0%)

1 の人々, の討っ, もそろそろ, もとうとう

▼ いた平田氏~ (4, 0.0%)

1 が何, の召使, の方, は沢山

▼ いた幼児~ (4, 0.0%)

1 が久し振り, が帯, が眼, ももうすっかり

▼ いた広い~ (4, 0.0%)

2 畑を 1 張出縁が, 額道具の

▼ いた弁護士~ (4, 0.0%)

1 のところ, のヘブロン, の一人, の変名

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が後, という男, とネッド, はネッド

▼ いた彦兵衛~ (4, 0.0%)

1 がこう, の姿, の耳, はこう

▼ いた往来~ (4, 0.0%)

1 から教えられた, がまるで, が左右, の片側

▼ いた従僕~ (4, 0.0%)

1 がはね起きた, だった, に顎, の少年

▼ いた御用~ (4, 0.0%)

1 の勢, の提灯, の送り荷, 聞きの

▼ いた忠実~ (4, 0.0%)

1 な一人, な妻, な権助, な軍隊

▼ いた怒り~ (4, 0.0%)

1 がまた, が私, や軽蔑, を一度

▼ いた恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ほどの灰色, 怪物に, 敵が, 眠気が

▼ いた悲し~ (4, 0.0%)

1 さが, さで, さを, そうな

▼ いた愛子~ (4, 0.0%)

1 が平生, の足, はしばらく, は沈んだ

▼ いた愛情~ (4, 0.0%)

1 が桂子, が萌え, に似つかわしく, をもっ

▼ いた我ら~ (4, 0.0%)

1 が居士, の名, の杞憂, は暫く

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の間, もそのまま, を敲く, 若運転手

▼ いた戸口~ (4, 0.0%)

1 からもどっ, から出, の錠, までいく

▼ いた手代~ (4, 0.0%)

2 の新 1 が日吉, の京助

▼ いた手先~ (4, 0.0%)

1 がフト髪, のひとり, の伝吉, は有無

▼ いた手袋~ (4, 0.0%)

1 は冷たい, をぬい, をはめ, を屍体

▼ いた技師~ (4, 0.0%)

1 だが, などが頻々, に死なれ, をそば

▼ いた拳銃~ (4, 0.0%)

2 の最後 1 に正, を見つける

▼ いた挨拶~ (4, 0.0%)

1 です, で迎, で頬, をしはじめた

▼ いた播磨~ (4, 0.0%)

1 の守護, の袖, は忽ちに, も遂に

▼ いた文三~ (4, 0.0%)

1 がまた, が俄, が突然, もここ

▼ いた文壇~ (4, 0.0%)

1 の人, の人たち, はイデオロギー, は米倉

▼ いた文章~ (4, 0.0%)

1 のいいまわし, のうち, は大, を暗誦

▼ いた新聞紙~ (4, 0.0%)

1 から目, につつまれた, をしわくちゃ, を物珍しい

▼ いた旅商人~ (4, 0.0%)

1 じゃねえ, の杉蔵, の老人, は

▼ いた日光~ (4, 0.0%)

1 がつう, が閃, にもしだいに, の澄明さ

▼ いた早苗さん~ (4, 0.0%)

1 がビクッ, が急, であった, も今

▼ いた明智方~ (4, 0.0%)

1 の人々, の兵, の武士たち, の足軽頭

▼ いた明治~ (4, 0.0%)

1 の代, の初年, の末期, や大正

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が真上, のよう, までが三つ, も光り始め

▼ いた時それ~ (4, 0.0%)

1 が, は戦時中, へ槍, を活字

▼ いた時分彼~ (4, 0.0%)

1 の級友, は一人母, は仲間, は鉄鉋

▼ いた景色~ (4, 0.0%)

1 が眼, だった, であつ, は明治時代

▼ いた曲者~ (4, 0.0%)

1 だった, なの, にやられた, は案

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が忽ち, だなの, を伏せた, を懐

▼ いた最前~ (4, 0.0%)

1 の総髪, の老, の若者, の黒マント

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 ならば, にはみんな, のこと, を想い出させた

▼ いた朝倉先生~ (4, 0.0%)

1 が笑い, ぐらいな, は不審そう, や小川先生

▼ いた木沢氏~ (4, 0.0%)

1 がとん, がやつ, が私, はこの

▼ いた本人~ (4, 0.0%)

1 が突然, はどうやら, はまだ, よりほか

▼ いた本当~ (4, 0.0%)

1 の人間, の平和, の男性, らしい嘘

▼ いた本郷~ (4, 0.0%)

1 のこと, の一隅, の淀, の薄汚い

▼ いた朱実~ (4, 0.0%)

1 が姿, のほう, の影, の身

▼ いた松火~ (4, 0.0%)

3 の火 1 を高く

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 にとりつく, の橋, の血, を提供

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の中, の木葉, も雪, や原っぱ

▼ いた~ (4, 0.0%)

2 の枝 1 の刺青, の木

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 と桜, の枝, の花, の野生地

▼ いた梯子~ (4, 0.0%)

1 の両側, の問題, も見えなくなった, をかけ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の実, の葉, は唇, もそれで

▼ いた森鴎外~ (4, 0.0%)

1 が二十九年一月, の観潮楼, はこの, を先頭

▼ いた椿~ (4, 0.0%)

3 の花 1 や柊

▼ いた様々~ (4, 0.0%)

2 の矛盾 1 な考え, の思い出

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の椅子, の空地, の通り, を通りすぎ

▼ いた樹木~ (4, 0.0%)

1 である, の悉く, の皮, の蔭

▼ いた櫛まき~ (4, 0.0%)

3 お藤 1 のお

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 がご, で恋歌, はあれ, を数百首

▼ いた武士たち~ (4, 0.0%)

1 の一人, は胆, もこの, もその

▼ いた武者~ (4, 0.0%)

1 から直に, の一人, ぶるいとも, を斬っ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 と云う, の幻影, の床, までが

▼ いた毎日~ (4, 0.0%)

1 であった, であったから, の苦し, の食物

▼ いた毒薬~ (4, 0.0%)

1 の方, をフイ, を呑み下し, を手早く

▼ いた気配~ (4, 0.0%)

1 さえない, であります, の良人, をとうに

▼ いた水夫~ (4, 0.0%)

1 が, がのび上っ, の一人, の波田芳夫

▼ いた江戸時代~ (4, 0.0%)

1 からの古い, にあっ, の数, の文化情操

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 じゅうのさぎが, である, に対する私, の氷

▼ いた汽車~ (4, 0.0%)

1 が姿, に飛び乗った, の軌道, は匪賊

▼ いた法師~ (4, 0.0%)

1 で捕まっ, はあわて, はそこで, までなお

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の足跡, を投げつけ, を見, 掻きを

▼ いた泥棒~ (4, 0.0%)

1 がつかまった, と言った, の土足, をもっと

▼ いた注意~ (4, 0.0%)

1 であつ, によって伸子, をくり返し, を與

▼ いた浪人~ (4, 0.0%)

1 がございました, が少し, で何, の眼

▼ いた浪人者~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 が引越し, は玄徳

▼ いた海面~ (4, 0.0%)

1 が一尺, はご, はすっかり, は山梨高原

▼ いた深山~ (4, 0.0%)

1 という友人, にだけ時々, に話しかける, の生活状態

▼ いた深雪~ (4, 0.0%)

1 が, が七瀬, が声, の手

▼ いた清十郎~ (4, 0.0%)

1 がここ, だ, は, は武蔵

▼ いた源女~ (4, 0.0%)

1 がどこ, が恐ろし, の歌声, を放した

▼ いた滑稽~ (4, 0.0%)

1 な事, な役まわり, の持腐れ, もあった

▼ いた潜水艦~ (4, 0.0%)

1 に直撃, の中, の姿, も共に

▼ いた熱海検事~ (4, 0.0%)

1 と志免警部, の一行, は出, もその

▼ いた父母~ (4, 0.0%)

1 が帰った, が自ら設計, の伝, の呼び名

▼ いた片方~ (4, 0.0%)

1 の乳当, の手, の杖, は遂に

▼ いた牢人~ (4, 0.0%)

1 があっ, の武蔵, の胴, の胸

▼ いた物音~ (4, 0.0%)

1 が夜, に耳, は曲者, は自分

▼ いた~ (4, 0.0%)

2 之介 1 兵が, 将

▼ いた猟師~ (4, 0.0%)

2 の勘八 1 の一組, までも応援

▼ いた玄関~ (4, 0.0%)

1 の中, の戸, の電燈, へ歩み入る

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の中, の存在, を解い, 振時計

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 がそれ, と王妃, はやがて, は威勢

▼ いた玲子~ (4, 0.0%)

1 はソッ, はチットモ, はハッ, はビクッ

▼ いた生命~ (4, 0.0%)

1 が二つ, が美食, の弾撥, の歎息

▼ いた男ども~ (4, 0.0%)

1 がその, が五, が眉間尺, はすぐ

▼ いた留吉~ (4, 0.0%)

1 が, が老, は自由, は障子

▼ いた番兵~ (4, 0.0%)

1 が, がさっと, が思わず, は銃

▼ いた疲労~ (4, 0.0%)

1 が一時, が体, と空腹, のせい

▼ いた病気~ (4, 0.0%)

1 が今や, の予後, はかなり, は癒

▼ いた病院~ (4, 0.0%)

1 から種則, の三階, の看護婦, の裏門

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 があかく, が黒く, のある, はどこ

▼ いた痛み~ (4, 0.0%)

1 が偶然発見, が急, さえ加わっ, はどっち

▼ いた癇癪~ (4, 0.0%)

1 がこの, が一時, が次, を昂ぶらせはじめた

▼ いた白刃~ (4, 0.0%)

1 の部分, をピューッ, を三右衛門, を伝っ

▼ いた白髪~ (4, 0.0%)

1 のおばあさん, のじいさん, の老人, の肥った

▼ いた盗賊~ (4, 0.0%)

1 すらキリスト, だったという, の大人, の木鼠長吉

▼ いた看守~ (4, 0.0%)

1 が急, が格子窓, は忽ち, も暫く

▼ いた真実~ (4, 0.0%)

1 あふるるごとき所為, があり, な人間, の円相

▼ いた真赤~ (4, 0.0%)

1 な三日月, な落葉, な血, に熔けた

▼ いた知性~ (4, 0.0%)

3 の問題 1 も実は

▼ いた知識~ (4, 0.0%)

1 なり信念, なり考えかた, の一切, を早速

▼ いた短剣~ (4, 0.0%)

1 の一本, をそっと, を取りあげた, を抜き取っ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が日, の上, の目つぶし, は顕微鏡検査

▼ いた祖先~ (4, 0.0%)

1 の一念, の年忌, の末, の煙管

▼ いた神尾喬~ (4, 0.0%)

4 之助

▼ いた禰宜様宮田~ (4, 0.0%)

1 のその, の心, はこの, は気

▼ いた種族~ (4, 0.0%)

1 が近代産業革命, でそれ, と断, の人

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の心, の眼, は何物, は記録簿

▼ いた竹中半兵衛~ (4, 0.0%)

1 が, が昨日, は即刻, も報ら

▼ いた竹竿~ (4, 0.0%)

1 で自分, の紫, を拾いあげ, を草叢

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の橘薫り, を, を反らした, を見せ

▼ いた精神~ (4, 0.0%)

1 がこの, が一途, と肉体, の姿

▼ いた紀久子~ (4, 0.0%)

21 が, は正勝

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 一千余人と, 五十万以上の, 五十名の, 四五十名の

▼ いた紅矢~ (4, 0.0%)

1 の両親, の着物, は全く, は思わず

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が二十歳, 八は, 坂東種の, 次は

▼ いた経机~ (4, 0.0%)

1 からあげ, から大, へ正面, を膝

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 のハンカチ, のボロボロ, の小さな, は膚

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 とウケ, などを利用, は意外, を前

▼ いた綿~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 の外, 入羽織

▼ いた総髪~ (4, 0.0%)

2 の男 1 にした, の風俗

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が突然, は一つ, は彼女, もこの

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 から立っ, の下, もあっ, もありまし

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 でありまして, につい, をやっと, を解かなけれ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 がまちがっ, が海嘯, ぶかい, へだ

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が痛む, のこと, のそば, の遠い

▼ いた職業~ (4, 0.0%)

1 からその, の性質, の紺屋, を失わない

▼ いた肉体~ (4, 0.0%)

1 と精神, の中, はふたたび, は急

▼ いた自由~ (4, 0.0%)

1 な朗らか, の女神, の蘇生, を現実

▼ いた舞台~ (4, 0.0%)

2 の上 1 で, に奈落

▼ いた船員たち~ (4, 0.0%)

1 の中, はそれ, は周章て, は拳

▼ いた若林博士~ (4, 0.0%)

1 はやがて, はパッタリ, は又, も変

▼ いた茂太郎~ (4, 0.0%)

1 が, がまた, が席, を番兵さん

▼ いた菅笠~ (4, 0.0%)

1 が池, の侍, を与八, を背後

▼ いた蔵六~ (4, 0.0%)

1 の眼, はあわて, はその, はやはり

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 味の, 尾花も, 陽が, 黒いもの

▼ いた薄暗い~ (4, 0.0%)

1 入口の, 六疊で, 隅では, 階段へと

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 がごろごろ, に自分, を床, を振捨て

▼ いた蜂谷良作~ (4, 0.0%)

1 にあっ, の重い, はやがて, は腕時計

▼ いた蝙蝠傘~ (4, 0.0%)

1 である, の一端, をつぼめ, を渡し

▼ いた蟇口~ (4, 0.0%)

1 が紛失, です, の恰好, はその

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が一匹, が今や, が彼女, はころり

▼ いた血潮~ (4, 0.0%)

1 で見ます, の跡, は大方, を手傷

▼ いた行者~ (4, 0.0%)

1 が数日, に対して改めて, ははたと, は乳母

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 のかなた, の小, の方, の科学者速水輪太郎

▼ いた衣裳箱~ (4, 0.0%)

2 から立ち上った 1 に腰, を縫子

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が突然, だな, の中, を

▼ いた襤褸~ (4, 0.0%)

1 で涙, と床, の山, をお

▼ いた西風~ (4, 0.0%)

1 がけろりと, がぴったり, が思い出した, が急

▼ いた覆面~ (4, 0.0%)

1 が申す, のふたり, の貴婦人, の頭

▼ いた見物たち~ (4, 0.0%)

1 が, の, のあいだ, はアッ

▼ いた親友~ (4, 0.0%)

1 だった, であった, で同じ, の後藤新平氏

▼ いた親子~ (4, 0.0%)

1 が急, の乞食, の女, の愛

▼ いた許宣~ (4, 0.0%)

2 はもどかしかっ, は邵大尉庫中

▼ いた証人~ (4, 0.0%)

2 がある 1 がみつかっ, が口

▼ いた読者~ (4, 0.0%)

1 の層, の心, は急, もお

▼ いた警察~ (4, 0.0%)

1 と憲兵隊, の留置場, はこの, も見当

▼ いた豚吉~ (4, 0.0%)

2 とヒョロ子 1 は真青, も威張り出しました

▼ いた豪族~ (4, 0.0%)

1 がそれぞれ土地, だし, とのつながり, の主長

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 のこと, の母親, の父親, は故郷

▼ いた足どり~ (4, 0.0%)

1 で二三歩, で入, で自動車, を推考

▼ いた車掌~ (4, 0.0%)

1 が大声, が来た, は右, も意外

▼ いた農家~ (4, 0.0%)

1 では線香一本, のものら, の者, も稲

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 で, の地上, へ行く, も変ったでしょう

▼ いた連れ~ (4, 0.0%)

2 の男 1 の一人, の方

▼ いた運命~ (4, 0.0%)

1 がもう, が私, というほか, の重

▼ いた道具~ (4, 0.0%)

1 が僅か, が手, だ, のなか

▼ いた郁太郎~ (4, 0.0%)

2 の面 1 がけたたましい, をそっと

▼ いた酒井忠次~ (4, 0.0%)

1 が自身, の姿, も石川数正, や井伊直政

▼ いた重蔵~ (4, 0.0%)

1 の大刀, は他, も千浪, を世間

▼ いた野郎~ (4, 0.0%)

1 がワザ, だ, だろう, ですね

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 かなんかを持たせ, に違い, はその, を押す

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の中, をひっくり返し, をほうりだし, を惣太

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 をとっ, を島君, を川, を抜き持っ

▼ いた長次郎~ (4, 0.0%)

1 と話, のニコニコ, は之, は忽ち

▼ いた門人~ (4, 0.0%)

1 が伝七郎, が説明, の一人, の冉有

▼ いた門弟~ (4, 0.0%)

2 の一人 1 どもまた, の口

▼ いた間伸子~ (4, 0.0%)

1 が佃, はそこ, はどんなにしばしば, は中国女学生

▼ いた陣刀~ (4, 0.0%)

2 を雪中 1 がなくなっ, は電光

▼ いた~ (4, 0.0%)

2 の光 1 が何時の間にか, はスーッ

▼ いた隊長~ (4, 0.0%)

1 だったが, ははがゆ, は三十分, は彼

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が鳶, だった, だったこと, に乗じた

▼ いた障子~ (4, 0.0%)

1 の内, の間, をすらり, を開けひろげ

▼ いた雄吉~ (4, 0.0%)

1 が奇抜, は一, は威丈高, は自分

▼ いた離れ~ (4, 0.0%)

1 のよう, の一間, の二間, の二階座敷

▼ いた電気~ (4, 0.0%)

1 がハタ, が今度, のスイッチ, の法則

▼ いた電話~ (4, 0.0%)

1 の鈴, はなに, は何だい, を思い出す

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 がまだ, が消え, が静, の裂目

▼ いた青年時代~ (4, 0.0%)

1 にこうした, のそれ, のゴーリキイ, の熱情

▼ いた青竹~ (4, 0.0%)

1 の水筒, をひ, を切っ, を橋

▼ いた順平~ (4, 0.0%)

2 が振り向く, にいつか

▼ いた~ (4, 0.0%)

2 をし 1 が夜眼, だつたの

▼ いた風呂敷包~ (4, 0.0%)

1 がいつのまにか, に手拭, をかなぐり捨て, を持

▼ いた風呂敷包み~ (4, 0.0%)

1 まで解い, をほうり出し, を又, を解き

▼ いた風景~ (4, 0.0%)

1 の部分, はある, は戦争激化以前, を限り

▼ いた養母~ (4, 0.0%)

1 とも離れる, のお, の亀吉, も去年

▼ いた養父~ (4, 0.0%)

1 が急, はお, はそれ, もお

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 の址, の殿様はじめ, は一つ, 大寶

▼ いた香水~ (4, 0.0%)

1 ののこり, の匂い, の瓶, を耳もと

▼ いた馬謖~ (4, 0.0%)

1 のごとき, をかえりみ, をすら斬らせた, を斬った

▼ いた駕籠屋~ (4, 0.0%)

2 や人足共 1 は銀座, も面食らっ

▼ いた騎馬~ (4, 0.0%)

1 の侍, の小姓, の小姓衆, の者

▼ いた鬱蒼~ (4, 0.0%)

2 たる大 1 たる森, たる森林

▼ いた魏延~ (4, 0.0%)

1 と張飛, はこう, は孔明, もさすが

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が姿, も驚く, らしい, を結城

▼ いた~ (4, 0.0%)

1 が大きな, の子, を巌流, を籠

▼ いたいくつ~ (3, 0.0%)

1 かの和声旋律, かの民主的, かの重要

▼ いたいずれ~ (3, 0.0%)

1 かのお, の中学校, も新しい

▼ いたいっさい~ (3, 0.0%)

1 がふたたび, のもの, はあと

▼ いたおお~ (3, 0.0%)

3 ぜい

▼ いたおせん~ (3, 0.0%)

1 がきょう, とはつい, はいつか磔

▼ いたお仙~ (3, 0.0%)

1 が母, の口, は何

▼ いたお寺~ (3, 0.0%)

1 である, にはいっ, のお布施

▼ いたお次~ (3, 0.0%)

1 が答え, は, は気の毒そう

▼ いたお祖母さん~ (3, 0.0%)

1 が不機嫌そう, に店, も心配

▼ いたお里~ (3, 0.0%)

1 がまた, が母親, という婆

▼ いたかた~ (3, 0.0%)

1 があった, です, はひとり

▼ いたかたち~ (3, 0.0%)

1 だった, でしたね, です

▼ いたからな~ (3, 0.0%)

1 お客は, どんなあん, ア

▼ いたからには~ (3, 0.0%)

1 うまい話, ちがいない, 支倉が

▼ いたきりぎりす~ (3, 0.0%)

1 をその, を明日, を逃がした

▼ いたこころもち~ (3, 0.0%)

1 の原因, は私, を思いやり

▼ いたこちら~ (3, 0.0%)

1 には誠意, の汀, の眼違い

▼ いたこと今~ (3, 0.0%)

1 では彼一人, でも分厚, もあなた

▼ いたころそこ~ (3, 0.0%)

1 から脱走, にいた, の試験係

▼ いたころ伸子~ (3, 0.0%)

1 の全, は声, は泰造

▼ いたころ私~ (3, 0.0%)

1 が全く, の小学校, は小学校

▼ いたこんな~ (3, 0.0%)

1 時分に, 考えが, 雪の

▼ いたさま~ (3, 0.0%)

1 がいま, は栄え極めた, をはっきり

▼ いたしようが~ (3, 0.0%)

1 ございませぬ, ない, 御座いません

▼ いたじゃあ~ (3, 0.0%)

3 ないか

▼ いたその間~ (3, 0.0%)

1 に全く, に同じ, のこと

▼ いたそば~ (3, 0.0%)

1 にある, にはほか, に果物店

▼ いたそれ等~ (3, 0.0%)

1 の割目, の宿, の感情

▼ いたただ一人~ (3, 0.0%)

1 の婆さん, の男, の身寄り

▼ いたため私~ (3, 0.0%)

1 であること, には最早, はよけい

▼ いただけかも~ (3, 0.0%)

2 知れない 1 知れぬ

▼ いたちょう~ (3, 0.0%)

1 がいいました, はついに, やはちや

▼ いたっていう~ (3, 0.0%)

1 わけよ, ハンガリア人の, 浪人なら

▼ いたつた~ (3, 0.0%)

1 いふところ, きつかけ, のわくらば

▼ いたとある~ (3, 0.0%)

1 のも, を見, 様に

▼ いたというは~ (3, 0.0%)

1 その後聞いた, なしである, 珍しい

▼ いたとおり彼~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の力, の来た

▼ いたときうしろ~ (3, 0.0%)

1 からいきなり, で話す, の階段

▼ いたときそこ~ (3, 0.0%)

1 の歴史, の秘密武器工場, へ急

▼ いたとき伸子~ (3, 0.0%)

1 がおせっかい, がずっと, はどう

▼ いたとき素子~ (3, 0.0%)

1 が伸子, が歯痛, は

▼ いたとき自分~ (3, 0.0%)

1 の前, の村, の雨傘

▼ いたとともに~ (3, 0.0%)

1 いっさいの, 二郎の, 知識で

▼ いたどころか~ (3, 0.0%)

1 きれいさっぱり, わたしの, 真似事に

▼ いたどの~ (3, 0.0%)

1 ときよりも, 猫にも, 窓にも

▼ いたのでと~ (3, 0.0%)

1 ぼとぼとその, むしパン, 言うよりも

▼ いたのでな~ (3, 0.0%)

1 なにごとかと, 肝腎な, 騒ぎだしたらこの

▼ いたのと~ (3, 0.0%)

1 云った, 言おうと, 青江は

▼ いたへや~ (3, 0.0%)

1 は一かい, もへび, もみんな

▼ いたへん~ (3, 0.0%)

1 でピッタリ, な試作物, にきょう

▼ いたほんとう~ (3, 0.0%)

1 かい, の渇き, の笠原さん

▼ いたもし~ (3, 0.0%)

1 佐藤選手が, 彼が, 拒絶される

▼ いたもしくは~ (3, 0.0%)

1 どこか, 通暁してる, 通過し終わらん

▼ いたものたち~ (3, 0.0%)

1 がその, の顔, も退屈

▼ いたやがて~ (3, 0.0%)

1 自分も, 財布を, 静かな

▼ いたやはり~ (3, 0.0%)

1 二人づれの, 子持ちの, 寄席の

▼ いたよし~ (3, 0.0%)

1 が土煙, であるが, でまもなく

▼ いたらいてう~ (3, 0.0%)

1 がその, の許, も今や

▼ いたわが家~ (3, 0.0%)

1 の中, の裏, もふたたび

▼ いたんでさ~ (3, 0.0%)

21

▼ いたアスファルト~ (3, 0.0%)

1 から生, の上, を踏む

▼ いたアパート~ (3, 0.0%)

1 の一部屋, の娘, をさがし当て

▼ いたアリョーシャ~ (3, 0.0%)

1 はしまいに, はそれでも, はほほえみ

▼ いたアンリエット~ (3, 0.0%)

1 が突然, との時間, の腕

▼ いたイギリス~ (3, 0.0%)

1 の十八世紀文学, の社会的背景, をひき上げ

▼ いたイワノフ博士~ (3, 0.0%)

1 が声, が帆村, の得意そう

▼ いたイワン~ (3, 0.0%)

1 が弟, は誰, へ手紙

▼ いたエンジン~ (3, 0.0%)

1 のひびき, のクランク, も今やぴたり

▼ いたオペラ~ (3, 0.0%)

1 があった, の作曲家プッチーニ, の角

▼ いたオランダ~ (3, 0.0%)

1 の擲弾兵ら, の石工ヤンセン, は今度

▼ いたガス~ (3, 0.0%)

1 が伸子, が停った, の差

▼ いたガラツ八~ (3, 0.0%)

1 の八五郎, の驚き, は品吉

▼ いたキミ子~ (3, 0.0%)

1 がもうとっくに, は一種, は俄

▼ いたコン吉~ (3, 0.0%)

1 が, はおろおろ, はもう

▼ いたサル~ (3, 0.0%)

1 が一しゅんかん, の谷博士, は

▼ いたシャツ~ (3, 0.0%)

1 の一枚, も手紙, をベッド

▼ いたジャーナリズム~ (3, 0.0%)

1 は普通世間, を通して要求, 主として新聞

▼ いたステッキ~ (3, 0.0%)

1 があっという間に, もウォッカ, を示し

▼ いたソフト~ (3, 0.0%)

1 の若い, を取っ, を取った

▼ いたソヴェト同盟~ (3, 0.0%)

1 についてのいきいき, の人々, の生き方

▼ いたタオル~ (3, 0.0%)

1 で顔, をいそい, を頭

▼ いたチチコフ~ (3, 0.0%)

1 が疾, の手, はこの

▼ いたトラック~ (3, 0.0%)

1 が表, に積まれ, はこの

▼ いたトラ十~ (3, 0.0%)

1 がとつぜん, であったでは, の丁野十助

▼ いたナポレオン~ (3, 0.0%)

1 のこと, は, よ

▼ いたニューラ~ (3, 0.0%)

1 が, の体, は

▼ いたパイ軍曹~ (3, 0.0%)

1 は, はおどろい, は黄いろい

▼ いたパリー~ (3, 0.0%)

1 のその, の一部, はドイツ芸術

▼ いたビール~ (3, 0.0%)

1 の杯, をのみほし, を一息

▼ いたベス~ (3, 0.0%)

1 が, がそれ, はもう

▼ いたベッド~ (3, 0.0%)

1 の下, の側面, は伸子

▼ いたボート~ (3, 0.0%)

1 の艫, は幾分先, を指揮

▼ いたボール~ (3, 0.0%)

1 がひらいた, の箱, を地上

▼ いたポケット小僧~ (3, 0.0%)

1 がさけびました, がとびこん, もとびだし

▼ いたマリア~ (3, 0.0%)

1 の図, の絵像, をゴーリキイ

▼ いたヨーギ~ (3, 0.0%)

1 はすぐ, は向こう, は急

▼ いたヨーロッパ~ (3, 0.0%)

1 が今や, のいくつ, の金

▼ いたラジオ~ (3, 0.0%)

1 が消える, で幾個, のスイッチ

▼ いたリボン~ (3, 0.0%)

1 が吉川, の色, を買っ

▼ いたレコード~ (3, 0.0%)

1 のアルバム, はヴィクター版, をみんな町

▼ いたワイシャツ~ (3, 0.0%)

1 の布地, の胸, やズボン

▼ いたヴァイオリン~ (3, 0.0%)

1 を後, を拾いあげる, 弾きが

▼ いた一僧~ (3, 0.0%)

1 がやおら, にちがい, はやがて

▼ いた一台~ (3, 0.0%)

2 の自動車 1 の警察

▼ いた一味~ (3, 0.0%)

1 の利得金, の輩, はみな黒木

▼ いた一年半~ (3, 0.0%)

1 ちかくの, というもの, の間

▼ いた一時期~ (3, 0.0%)

1 があった, がある, をもっ

▼ いた一枚~ (3, 0.0%)

1 の写真, の布団, の紙きれ

▼ いた一派~ (3, 0.0%)

1 に加担, の宮方武士, の輩

▼ いた一組~ (3, 0.0%)

1 であって, の若い, も窓

▼ いた一腰~ (3, 0.0%)

1 ばっかり, を, を引き抜く

▼ いた一般~ (3, 0.0%)

1 の婦人, の心理, の期待

▼ いた一部~ (3, 0.0%)

1 の人々, の士心, の尖端都会人

▼ いた一銭銅貨~ (3, 0.0%)

2 を投げ出し 1 を砂

▼ いた一間~ (3, 0.0%)

1 とは襖一重, の襖, を占領

▼ いた一隊~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, の敵, も彼

▼ いた一風宗匠~ (3, 0.0%)

1 はやがて, はコックリ, やにわに筆

▼ いた七名~ (3, 0.0%)

1 は当然, ばかりの下士官共, もズズズズズ

▼ いた万年屋~ (3, 0.0%)

2 の女房 1 の方

▼ いた三十前後~ (3, 0.0%)

1 の女房, の男, の町人

▼ いた三千夫少年~ (3, 0.0%)

1 が待っ, はスミス警部, もこれ

▼ いた三吉~ (3, 0.0%)

1 の師, は何, も甥

▼ いた三四人~ (3, 0.0%)

1 が一度, の若者, の鉱山

▼ いた三年~ (3, 0.0%)

2 の間 1 のうち

▼ いた三月~ (3, 0.0%)

1 の十三日, の間, ばかりはそれでも

▼ いた上人~ (3, 0.0%)

1 の一生, の許, を請

▼ いた上衣~ (3, 0.0%)

1 だけ脱い, のポケット, の鋳型

▼ いた下座~ (3, 0.0%)

1 に, の三味線, の連中

▼ いた下界~ (3, 0.0%)

1 の人々, は疑, を建

▼ いた不平~ (3, 0.0%)

1 であった, は忘れ, まで秀吉

▼ いた不心得~ (3, 0.0%)

2 な人間達 1 と言わね

▼ いた不満~ (3, 0.0%)

1 な恋愛感, の一つ, を訴える

▼ いた与力~ (3, 0.0%)

1 が叫んだ, であって, の連中

▼ いた与吉~ (3, 0.0%)

1 という車夫, をドン, を朝

▼ いた与次郎~ (3, 0.0%)

1 が, がなんと, が声

▼ いた世界観~ (3, 0.0%)

1 とどう, と創作方法, の問題

▼ いた~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ いた中国~ (3, 0.0%)

1 の将士, の良民, の貨物船

▼ いた中将~ (3, 0.0%)

1 であったが, に源氏, らしい女房

▼ いた中村警部~ (3, 0.0%)

1 がサッと, に目, をよび

▼ いた丹三郎~ (3, 0.0%)

1 が, はすべり寄っ, を婿

▼ いた丹下左膳~ (3, 0.0%)

1 きっと左眼, だ, は手

▼ いた丹波~ (3, 0.0%)

1 の国, の袖, はあわただしい

▼ いた主人公~ (3, 0.0%)

1 がよかっ, の一人, は

▼ いた主税~ (3, 0.0%)

1 が屹, とあやめ, はこう

▼ いた乗客たち~ (3, 0.0%)

1 がワーッ, はいい, はガクン

▼ いた予想~ (3, 0.0%)

1 と内容, に反し, を裏切っ

▼ いた事務員~ (3, 0.0%)

1 がいった, が口, は小説家

▼ いた二ひき~ (3, 0.0%)

1 が悠揚, の犬, の白ウサギ

▼ いた二十めんそう~ (3, 0.0%)

1 が, が手, の子分

▼ いた二十人~ (3, 0.0%)

1 ばかりのスマート, ばかりの乗客達, ばかりの男女

▼ いた五円~ (3, 0.0%)

1 で焼餅, の五分の一, の小遣い

▼ いた五十~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの水, ぐらいの薄, ばかりの気

▼ いた五十がらみ~ (3, 0.0%)

1 のおやじ, の労働者, の男

▼ いた五十嵐~ (3, 0.0%)

1 はそれ, も伊東, を無

▼ いた五年間~ (3, 0.0%)

1 おそろしいも, の沈黙, はただ

▼ いた五郎蔵~ (3, 0.0%)

1 であった, の乾児たち, も刀

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の使い, の町, の美しい

▼ いた京吉~ (3, 0.0%)

1 が執拗, は娘, もやがて

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の弟, の最後, は彼

▼ いた人力車~ (3, 0.0%)

1 というもの, の上, へ跳びつく

▼ いた人民~ (3, 0.0%)

1 の中, の哀訴, の真実

▼ いた人気~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の声々, も離れます

▼ いた人足~ (3, 0.0%)

1 の人, の群, の群れ

▼ いた人造人間~ (3, 0.0%)

1 が無言, のスピード, はくるっ

▼ いた人間ども~ (3, 0.0%)

1 の方, は, は下敷き

▼ いた今井~ (3, 0.0%)

1 という人物, はその, は突然

▼ いた今村~ (3, 0.0%)

1 という事務員, は承認, は竹造

▼ いた仏蘭西人~ (3, 0.0%)

1 が岸本, の事, らしい一団

▼ いた仏頂寺弥助~ (3, 0.0%)

1 が傍, が刀, が耳

▼ いた仕事師~ (3, 0.0%)

2 へ相談 1 の鳶口

▼ いた他人~ (3, 0.0%)

1 が少し, のよう, の拙者

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 で説諭, の旅人, の若

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の丹三郎, の余一郎, の処

▼ いた伯母~ (3, 0.0%)

1 がトランプ, はすでに, は手

▼ いた佐々~ (3, 0.0%)

1 と云う, の聲, は伸子

▼ いた佐々成政~ (3, 0.0%)

1 がやがて, の潰滅, も前田利家

▼ いた佐兵衛~ (3, 0.0%)

1 のところ, は帳場, も周り

▼ いた佐助~ (3, 0.0%)

1 であるから, のよう, はこの世

▼ いた佐太郎~ (3, 0.0%)

1 は思いがけない, は急, を戦地

▼ いた何年~ (3, 0.0%)

2 かの間 1 かのあいだ

▼ いた何者~ (3, 0.0%)

1 かがちょうど, かが伊兵衛, かの反撃

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 か知りたい, がおや, は

▼ いた作家たち~ (3, 0.0%)

1 があらゆる, が近ごろ, の現実

▼ いた使丁~ (3, 0.0%)

1 がいまいまし, はむっと, は自分

▼ いた侍ども~ (3, 0.0%)

1 である, も, も不意

▼ いた侍童~ (3, 0.0%)

1 だったの, に持たせ, の名

▼ いた係官たち~ (3, 0.0%)

1 は一せい, は無用, を救った

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が和毛, が紺絣, も和一郎

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 に乗った, までが不通, を呼

▼ いた修道院~ (3, 0.0%)

1 からは冷やか, がトラヴィスト派, はことに

▼ いた個所~ (3, 0.0%)

1 の外, へし, へ走り

▼ いた倩娘~ (3, 0.0%)

1 が小, とすこしも, はにっと

▼ いた偉大~ (3, 0.0%)

2 なるハム民族 1 なる真理

▼ いた偶然~ (3, 0.0%)

1 とは, の先導者, の方

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の印度人, 映鏡, 毛唐に

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の床の間, の暖炉, へこっそり

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 のほてり, は卓子, 負法師

▼ いた元成~ (3, 0.0%)

1 と卯木, はふと, は一そう

▼ いた光一~ (3, 0.0%)

1 の家, の心, は手塚

▼ いた光線~ (3, 0.0%)

1 が初めて, はすっかり, や気分

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 だもの, に相違, も少将

▼ いた全く~ (3, 0.0%)

1 これだけの, の田園, 従属的な

▼ いた八人~ (3, 0.0%)

1 の子分, の警官, の雷人ども

▼ いた公孫樹~ (3, 0.0%)

1 の枝, は一日, までが齢

▼ いた六七人~ (3, 0.0%)

1 の少女, の武士, の者

▼ いた六尺棒~ (3, 0.0%)

1 を借り, を奪い取り, を手早く

▼ いた兵士たち~ (3, 0.0%)

1 の肩, はつい, も緊張

▼ いた兵士達~ (3, 0.0%)

1 は入口, は口, は遠く

▼ いた兵曹長~ (3, 0.0%)

1 の眼底, の頬, は

▼ いた内儀~ (3, 0.0%)

1 と手代風, の弟, もだんだん

▼ いた冬外套~ (3, 0.0%)

1 の男, を乾した, を持ち出し

▼ いた冷たい~ (3, 0.0%)

2 態度で 1 風が

▼ いた出羽守~ (3, 0.0%)

1 がいきなりそう, つまりそこ, は思いき

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が動き出した, この頃, の一所

▼ いた初さん~ (3, 0.0%)

21 が大いに

▼ いた利助~ (3, 0.0%)

2 とガラッ 1 の子分

▼ いた剃刀~ (3, 0.0%)

1 でいきなり, の手, は鏡台

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 主席の, 監督の, 館長クラップ氏ならびに

▼ いた劇薬~ (3, 0.0%)

2 をお 1 とすりかえた

▼ いた加藤~ (3, 0.0%)

1 の御前, の老人夫婦, 次景廉

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の君文室広之, 修道女には, 造という

▼ いた助役~ (3, 0.0%)

1 が急, の磯, を捕える

▼ いた勇気~ (3, 0.0%)

1 が十倍, が急, である

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が訂正, の親父, 入入道

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の中, を奪, を投げ出し

▼ いた北村~ (3, 0.0%)

1 が縛られ, だけがなぜ, の手

▼ いた医師~ (3, 0.0%)

1 が入っ, は伏兵, は容易

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 ばかりも年上, 大弟子八部衆, 常侍

▼ いた十七八~ (3, 0.0%)

1 になる, の娘, の頃

▼ いた十手~ (3, 0.0%)

1 をおかみ, を内, を手裡

▼ いた千束~ (3, 0.0%)

3 の稲吉

▼ いた半分~ (3, 0.0%)

1 は, ばかりになった, をもたせ

▼ いた南条力~ (3, 0.0%)

1 でありました, は, はこの

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 衣を 1 衣にも

▼ いた印籠~ (3, 0.0%)

1 はどこ, を帛紗, を番頭

▼ いた原稿~ (3, 0.0%)

1 の内容, を程よく, を読んだ

▼ いた去年~ (3, 0.0%)

1 の夏, の晩秋, の正月あたり

▼ いた友だち~ (3, 0.0%)

1 が次々, と二人, の指環

▼ いた友人たち~ (3, 0.0%)

1 からひどい, と遠い, はこれ

▼ いた友木~ (3, 0.0%)

1 の胸, はそれ, は寝不足

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の翼, 親に, 鶴館の

▼ いた古来~ (3, 0.0%)

1 の仕舞, の神, の職工的日本画家

▼ いた古風~ (3, 0.0%)

1 な大, な物, な風景画

▼ いた召使~ (3, 0.0%)

1 が未来, に馬, の女

▼ いた召使い~ (3, 0.0%)

1 であっただけに, の縁者, も誰

▼ いた可愛い~ (3, 0.0%)

1 存八は, 少女が, 弟を

▼ いた可愛らしい~ (3, 0.0%)

2 人形も 1 裸体の

▼ いた右側~ (3, 0.0%)

1 の男, の鎧扉, の階段

▼ いた司法主任~ (3, 0.0%)

1 が多少, が急, は急

▼ いた司馬懿仲達~ (3, 0.0%)

1 がふと, が取る, は退官

▼ いた各種~ (3, 0.0%)

1 のヒューマニズム, の迷信, の高山植物

▼ いた吉助~ (3, 0.0%)

1 が眼, はそば, は勿論

▼ いた同心~ (3, 0.0%)

1 がははア, などが集まり, のひとり

▼ いた名残り~ (3, 0.0%)

1 かと思う, が澄んだ, ではない

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の智嚢, の陣営, はそれ

▼ いた呉羽~ (3, 0.0%)

2 之介 1 はやがて

▼ いた和歌子~ (3, 0.0%)

1 の映像, は身体, 実にその

▼ いた咽喉~ (3, 0.0%)

1 がやっと, の乾き, を湿し

▼ いた哲学~ (3, 0.0%)

1 さえもことごとく, の学生, の朗らかさ

▼ いた唐沢氏~ (3, 0.0%)

1 がその, が慶太郎, はちょっと

▼ いた善吉~ (3, 0.0%)

1 が, は戦え, は縮み

▼ いた喜び~ (3, 0.0%)

1 も急, を今, を少し

▼ いた四十恰好~ (3, 0.0%)

1 の男, の背, の貧相

▼ いた四角~ (3, 0.0%)

1 な影, の木箱, や長方形

▼ いた国民~ (3, 0.0%)

1 であった, にとって十万円, の中

▼ いた圓朝~ (3, 0.0%)

1 だったなるほど, の父圓太郎, はめっきり

▼ いた土方寧氏~ (3, 0.0%)

2 を煩わしました 1 は私

▼ いた圧迫~ (3, 0.0%)

1 からも自由, の償い, を急

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 であるという, の下, は島前

▼ いた地位~ (3, 0.0%)

1 がうかがえる, を惜しげ, を過大評価

▼ いた地域~ (3, 0.0%)

1 の上, の頭, はだいたい

▼ いた坂口~ (3, 0.0%)

1 がその, はこう, はそしてまた

▼ いた坂田~ (3, 0.0%)

1 が平手, が神保町, も現在

▼ いた均平~ (3, 0.0%)

1 の目, はふと, は吸差し

▼ いた坊主~ (3, 0.0%)

1 が斯様, とはどうしても, は箒

▼ いた坑夫~ (3, 0.0%)

1 の態度, はみんな, は僕

▼ いた坑夫達~ (3, 0.0%)

2 の間 1 がドエライ震動

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 じゃが今, のかたたち, も焔

▼ いた報い~ (3, 0.0%)

2 である 1 がやはり

▼ いた場面~ (3, 0.0%)

1 に立ちいたった, の空気, を見えなくする

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がどこ, であるよう, に何萬兩

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 をすっかり, を取り出した, を月桂樹

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 い男 1 い漁師

▼ いた夏侯淵~ (3, 0.0%)

1 が猛烈, は, は自分

▼ いた夕方~ (3, 0.0%)

1 などどうして, にはかない, の天気

▼ いた外人~ (3, 0.0%)

2 の宣教師 1 が行きつけ

▼ いた外国~ (3, 0.0%)

1 の男女, の穀物, の選手達

▼ いた外国人~ (3, 0.0%)

1 には日本人, に好き勝手, の主人

▼ いた多勢~ (3, 0.0%)

1 のほう, の子供, の町

▼ いた多少~ (3, 0.0%)

1 の寛大, の軽蔑, の金銀

▼ いた多数~ (3, 0.0%)

1 の場合, の折助, の木簡

▼ いた大家~ (3, 0.0%)

1 がそんな, その若, でね

▼ いた大庭春吉~ (3, 0.0%)

1 が, がにやにや, の歎

▼ いた大月~ (3, 0.0%)

2 は軈て 1 が口

▼ いた大月玄蕃~ (3, 0.0%)

1 が六部姿, の切, は冷然

▼ いた大柄~ (3, 0.0%)

1 な中年婦人, な少し, の子供

▼ いた大河~ (3, 0.0%)

1 が急, はまた, は無造作

▼ いた大阪~ (3, 0.0%)

1 の土地, の教護院, の松

▼ いた天下~ (3, 0.0%)

1 のどさくさ, の梟雄, の青年

▼ いた太郎~ (3, 0.0%)

1 が, が飛び出し, と云う

▼ いた夫婦~ (3, 0.0%)

1 には渡り, の者, はあいだ

▼ いた奇異~ (3, 0.0%)

3 なる武士

▼ いた奥方~ (3, 0.0%)

1 が心から, の面, までもたしなみ

▼ いた女らしい~ (3, 0.0%)

1 感情が, 感情を, 気が

▼ いた女中さん~ (3, 0.0%)

1 があきれ, に言った, のうち一人

▼ いた女乞食~ (3, 0.0%)

1 が日, の前, は咄嗟

▼ いた女事務員~ (3, 0.0%)

1 が受け損じる, に一寸, をかかえ

▼ いた女優~ (3, 0.0%)

1 でした, です, の姿

▼ いた女将~ (3, 0.0%)

1 がしゅくッ, がすでに, のクロスレイ夫人

▼ いた女郎~ (3, 0.0%)

1 と深く, に贈った, のこと

▼ いた奴等~ (3, 0.0%)

1 が泡, が逃げ出した, だから

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 会の, 親は, 青年である

▼ いた好奇心~ (3, 0.0%)

1 がすっかり, がにわかに, が全身

▼ いた好意~ (3, 0.0%)

1 というもの, の上, を零

▼ いた如く~ (3, 0.0%)

1 でお, に彼らヒダ人, に思わしめる

▼ いた妙子~ (3, 0.0%)

1 が彼, の耳, はやはり

▼ いた妹娘~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, のイリヤ, の百合子

▼ いた姉娘~ (3, 0.0%)

1 お麻, が一日手伝い, の代わり

▼ いた姉弟~ (3, 0.0%)

1 の小説, の様, の話

▼ いた姜維~ (3, 0.0%)

1 である, は蜀, も成都

▼ いた娘たち~ (3, 0.0%)

1 はくらべる, はツル, もすでに

▼ いた娘達~ (3, 0.0%)

2 が若い 1 の顔

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がお, がおどろい, が若い

▼ いた婦人作家~ (3, 0.0%)

1 が男, の生活, や女

▼ いた婦人連~ (3, 0.0%)

1 とでも連絡, の悲鳴, は恐怖

▼ いた嫉妬~ (3, 0.0%)

1 と憤怒, のほ, や反感

▼ いた子供連~ (3, 0.0%)

1 がバラバラ, が面, であります

▼ いた子分~ (3, 0.0%)

1 の一人, の数人, は横っ飛び

▼ いた子猫~ (3, 0.0%)

1 がこれ, のうち, を拾っ

▼ いた存在~ (3, 0.0%)

1 がまた, であった, の仕方

▼ いた学生達~ (3, 0.0%)

1 の感情, はこの, はほっと

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がその, が私, の兵庫

▼ いた孫兵衛~ (3, 0.0%)

1 は衆皆, もろくも, 息づまるよう

▼ いた宅助~ (3, 0.0%)

1 なので, はその, はやっと

▼ いた安倍誠之助~ (3, 0.0%)

1 にはその, は一そう, もがくんと

▼ いた安心~ (3, 0.0%)

1 がみなぎっ, の為, もあった

▼ いた宗像博士~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 の耳

▼ いた官軍~ (3, 0.0%)

1 が大, である, へ逆襲

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 だけはとうに, の兄, 跡ある

▼ いた実例~ (3, 0.0%)

1 がある, でも適当, をあげ

▼ いた実験~ (3, 0.0%)

1 なるもの, は他人, を中止

▼ いた家主~ (3, 0.0%)

1 が笑い顔, の, も形

▼ いた家庭教師~ (3, 0.0%)

1 であった, の方, はにっこり

▼ いた家老~ (3, 0.0%)

1 のこの, の権太夫, の菅

▼ いた寂しい~ (3, 0.0%)

1 境から, 大森の, 石垣下の

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 さう 1 さが

▼ いた寺田~ (3, 0.0%)

1 が存八, はスレ, はハマザクラ

▼ いた対手~ (3, 0.0%)

1 の運転手, をお, を逸し

▼ いた対象~ (3, 0.0%)

1 だと, の概念, は自然科学

▼ いた封筒~ (3, 0.0%)

1 から一枚, のこと, の上書

▼ いた将校~ (3, 0.0%)

1 がイヤ, が尋ねた, や兵士

▼ いた尊敬~ (3, 0.0%)

1 すべきローザ, のおかげ, の気持

▼ いた小倉~ (3, 0.0%)

1 がそう, の制服, もその

▼ いた小児~ (3, 0.0%)

1 が俄, が急, はそれなり

▼ いた小六~ (3, 0.0%)

1 が, は, はふい

▼ いた小太郎~ (3, 0.0%)

1 がいちはやく, はかつて, は二人

▼ いた小娘~ (3, 0.0%)

1 であった, の顔, も眼

▼ いた小学生~ (3, 0.0%)

1 がその, がそれ, の姿

▼ いた小屋~ (3, 0.0%)

1 があります, なの, は藩

▼ いた小幡民部~ (3, 0.0%)

1 が, であった, である武田伊那丸

▼ いた小形~ (3, 0.0%)

1 の手帛, の船, の黒い

▼ いた小林団長~ (3, 0.0%)

1 がよび, はうしろ, を見つける

▼ いた小犬~ (3, 0.0%)

1 がちょこなんと, ではなく, を雪

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 ばかりの金, 弐大友の, 弐頼尚

▼ いた少女たち~ (3, 0.0%)

1 の頬, はとう, もいっせいに

▼ いた屋形船~ (3, 0.0%)

1 が波, のところ, の中

▼ いた山口~ (3, 0.0%)

1 という三十年輩, の白い, を誘い

▼ いた山崎譲~ (3, 0.0%)

1 が, は無論, は背伸び

▼ いた山本~ (3, 0.0%)

1 が突然, の奥さん, は驚い

▼ いた山羊~ (3, 0.0%)

2 の仔 1 や小鳥

▼ いた山荘~ (3, 0.0%)

1 などよりも奥, の女房たち, の灯

▼ いた山路~ (3, 0.0%)

1 のところ, の娘その他親族, を出

▼ いた島田~ (3, 0.0%)

1 が忽然と, と銀杏, のおかげ

▼ いた川上~ (3, 0.0%)

1 が, が生き, にも川下

▼ いた川島~ (3, 0.0%)

1 の丘, の好奇, は見事

▼ いた川瀬~ (3, 0.0%)

1 が, がモスク, はふと

▼ いた工合~ (3, 0.0%)

1 が大きい, といい, を思い浮べた

▼ いた巴里~ (3, 0.0%)

1 のオペラ座, の下宿, の理髪師

▼ いた市民~ (3, 0.0%)

1 がその, は競う, は警戒警報

▼ いた師直~ (3, 0.0%)

1 の声, は列, は急

▼ いた帳簿~ (3, 0.0%)

1 をばたばた, を一応, を手

▼ いた幇間~ (3, 0.0%)

1 の連中, の金兵衛, は都有中

▼ いた平八~ (3, 0.0%)

1 は向こう側, は思わず, は木戸

▼ いた年上~ (3, 0.0%)

1 の女, の男, の野上彌生子

▼ いた年代~ (3, 0.0%)

1 とされ, の計算, は舊石器時代

▼ いた年月~ (3, 0.0%)

1 の間昔, よりも有楽町, を生き

▼ いた幸次郎~ (3, 0.0%)

1 の話, は声, は彼

▼ いた幼少~ (3, 0.0%)

1 からの主従, から八歳, の頃

▼ いた幾日~ (3, 0.0%)

1 かのあいだ, かのこと, と云う

▼ いた床板~ (3, 0.0%)

1 がとつぜん, がギー, には殆ど二尺四方

▼ いた店員たち~ (3, 0.0%)

1 がみんな, が何, もどっと

▼ いた弁信法師~ (3, 0.0%)

1 が我, の耳, もまた

▼ いた弟子達~ (3, 0.0%)

1 だってついに, はいっせいに, は百間先生

▼ いた弥生~ (3, 0.0%)

1 にも刹那, の居場所, の手

▼ いた弾丸~ (3, 0.0%)

1 が抜け落ちた, の鋳型, は流れ去る

▼ いた彦太~ (3, 0.0%)

1 がとびこん, はその, も江戸

▼ いた役者~ (3, 0.0%)

1 がまた, の面影, は大

▼ いた彼方~ (3, 0.0%)

1 で死んだ, には鉄道線路, に太郎稲荷

▼ いた従兄~ (3, 0.0%)

1 である和一郎, の井口知一君, はこの

▼ いた従姉~ (3, 0.0%)

1 のひと, はただ, は頭

▼ いた従来~ (3, 0.0%)

1 の圧迫, の山人, の標準

▼ いた御蔭~ (3, 0.0%)

1 であったろう, である, に単なる

▼ いた徳利~ (3, 0.0%)

1 の中, をそこ, を捨て

▼ いた心事~ (3, 0.0%)

1 についてはあまり, の際, は大殿さま

▼ いた心地~ (3, 0.0%)

1 で冒頭, はなかっ, をふい

▼ いた心境~ (3, 0.0%)

1 が今, に安住, は異様

▼ いた心配~ (3, 0.0%)

1 がまた, です, を此処

▼ いた忍剣~ (3, 0.0%)

1 と伊那丸, と小, と龍太郎

▼ いた忠一~ (3, 0.0%)

1 が, はしまいに, は皮

▼ いた忠直卿~ (3, 0.0%)

1 がジリジリ, の佩刀, の耳

▼ いた忠相~ (3, 0.0%)

1 のあ, は, は灯り

▼ いた思慮~ (3, 0.0%)

1 から初めてそう, を尽く, を捨て

▼ いた性的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ いた性質~ (3, 0.0%)

1 でしたから, も貴女, を定

▼ いた怪しげ~ (3, 0.0%)

1 な巣, な蛮兵千人, な関東者

▼ いた怪人~ (3, 0.0%)

1 がいきなり, のす, の服装

▼ いた怪老人~ (3, 0.0%)

1 がいきなり, のからだ, のカツラ

▼ いた怪黒人~ (3, 0.0%)

1 が両手, はその, はゾウ

▼ いた恐るべき~ (3, 0.0%)

1 力を, 変態恋愛の, 犯罪を

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 むべき, 旗本や, 沢岳である

▼ いた悪漢~ (3, 0.0%)

1 が彼女, の死体, はその

▼ いた悪者~ (3, 0.0%)

1 ではない, にちがい, へお

▼ いた悲痛~ (3, 0.0%)

1 とか悲惨, な学長, の奏

▼ いた情人~ (3, 0.0%)

1 と逢っ, のこと, の机

▼ いた情景~ (3, 0.0%)

1 であること, を伸子, を思いおこした

▼ いた情況~ (3, 0.0%)

1 が察しられる, はまざまざ, を語る

▼ いた想念~ (3, 0.0%)

1 がじつに, であったとも, をここ

▼ いた意志~ (3, 0.0%)

1 である, の努力, の弁証法

▼ いた憎悪~ (3, 0.0%)

1 の心, の感情, の炎

▼ いた憤怒~ (3, 0.0%)

1 に再び, の情, の火の手

▼ いた憤懣~ (3, 0.0%)

2 に近い 1 が眼

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が剣, が笑っ, と一緒

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の先, をぬい, をまたも

▼ いた手ぬぐい~ (3, 0.0%)

1 をとっ, を惜しげ, を頭

▼ いた手下~ (3, 0.0%)

1 の男, もみんな, も散っ

▼ いた手下ども~ (3, 0.0%)

1 もいつ, も心, を大分

▼ いた手帳~ (3, 0.0%)

1 と父, をかくし, を一彦

▼ いた手拭い~ (3, 0.0%)

1 をとっ, を取っ, を天水桶

▼ いた折助~ (3, 0.0%)

1 が折重なっ, に挨拶, の権六

▼ いた拍子~ (3, 0.0%)

1 に, にわれ, に吸飲

▼ いた指環~ (3, 0.0%)

1 のダイアモンド, を借りられた, を吐き出させました

▼ いた指輪~ (3, 0.0%)

1 の三つ, をその, を抜き取らせ

▼ いた挙句~ (3, 0.0%)

1 のこと, の末, の果て

▼ いた捕手~ (3, 0.0%)

1 が正気, の夥し, の網

▼ いた捜査課長~ (3, 0.0%)

1 がかん, が声, をはじめ

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の小鳥, を内緒, を放さず

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の方, 取たち, 取も

▼ いた探偵~ (3, 0.0%)

1 の姿, はその, は喰いしばっ

▼ いた教授~ (3, 0.0%)

1 であった, はふと, は何

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 ある衣類, から帰納, 知れずの

▼ いた数十名~ (3, 0.0%)

1 の人々, の手下, の者

▼ いた数千~ (3, 0.0%)

1 の兵, の旅客たち, の観衆

▼ いた数正~ (3, 0.0%)

1 だったから, の家臣たち, もつぶさに

▼ いた数珠~ (3, 0.0%)

1 がスルスル, をはずし, をふ

▼ いた文書~ (3, 0.0%)

1 があり, が発見, を夜間用

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 で眉間, の柄, を無意識

▼ いた新田義貞~ (3, 0.0%)

1 が, の手, の陣

▼ いた新聞記者~ (3, 0.0%)

1 がそんな, の包囲, はよろしい

▼ いた方面~ (3, 0.0%)

1 から来たらしい, に新た, をしらべなおす

▼ いた旅僧~ (3, 0.0%)

1 でもあろう, のこと, の右

▼ いた旅川周馬~ (3, 0.0%)

1 か, が, と天堂一角

▼ いた旅籠~ (3, 0.0%)

1 のおやじ, のそれ, の一室

▼ いた日傘~ (3, 0.0%)

1 で宅助, の柄, をパチッ

▼ いた日記~ (3, 0.0%)

1 の筆, をその, をそのまま

▼ いた旧友~ (3, 0.0%)

1 と協力, にひょっくり, の孫乾

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 だった, のこと, の桶屋さん

▼ いた昼間~ (3, 0.0%)

2 の職工達 1 の栖方

▼ いた時一人~ (3, 0.0%)

1 の日本人, の知合, の青年

▼ いた時世~ (3, 0.0%)

1 でもあった, などに, には静か

▼ いた時俺~ (3, 0.0%)

1 はハハア, は嫌, は真面目

▼ いた時彼女~ (3, 0.0%)

1 の寝台, は時々, は焦燥

▼ いた暗雲~ (3, 0.0%)

1 がまた, は消え, は自然

▼ いた暴風~ (3, 0.0%)

2 はこう 1 あがりから

▼ いた曠野~ (3, 0.0%)

1 の枯れ, の火, の雪

▼ いた書籍~ (3, 0.0%)

1 の原本, はそれぞれ返却, を落し

▼ いた書記~ (3, 0.0%)

1 に外, に黙っ, は我

▼ いた曹仁~ (3, 0.0%)

1 はその, は牛金, や夏侯惇

▼ いた最も~ (3, 0.0%)

1 大胆な, 有りふれたる民間, 高尚な

▼ いた最初~ (3, 0.0%)

1 のもの, の位置, の蟻

▼ いた月光~ (3, 0.0%)

1 がその, がふっと, が円い

▼ いた朝倉夫人~ (3, 0.0%)

1 が涙声, が言った, も次郎

▼ いた期待~ (3, 0.0%)

1 が大きかっ, も交っ, を誠一

▼ いた木崎~ (3, 0.0%)

1 のこと, の前, もさすが

▼ いた木曾~ (3, 0.0%)

1 がどう, のすすめ, はその

▼ いた木箱~ (3, 0.0%)

1 がつづい, をゆずっ, を集め

▼ いた未知~ (3, 0.0%)

1 の世界, の心, の若者

▼ いた本家~ (3, 0.0%)

1 のお, の娘, を起し

▼ いた杉大門~ (3, 0.0%)

1 がやがて, は永い, も手許

▼ いた杉田二等水兵~ (3, 0.0%)

1 の話, はここ, はその

▼ いた村人~ (3, 0.0%)

1 がびっくり, だったの, も加わり

▼ いた東屋氏~ (3, 0.0%)

1 が振返っ, は, はやがて

▼ いた東野~ (3, 0.0%)

1 が, が戻っ, に賛成

▼ いた松岡~ (3, 0.0%)

1 の眼, はうん, は唾

▼ いた松明~ (3, 0.0%)

2 の火 1 は総立ち

▼ いた松江~ (3, 0.0%)

1 の姿, は先生, よく波止場

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 をひろっ, をまた, を中

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が夜ふけ, にまだ, もない

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が見つかりました, のところ, はその

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 のサックコート, の手, の短い

▼ いた某氏~ (3, 0.0%)

1 が事務担当, が夜, と殆ど

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が, の杖, の枝

▼ いた柳生~ (3, 0.0%)

1 の侍, の侍達, の門弟達

▼ いた柴田勝家~ (3, 0.0%)

1 が北, とこうして, はその

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 をがあん, をはたと, をはなれ

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がきれい, の枝, を引手

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 のうしろ, の上, の中

▼ いた植木屋~ (3, 0.0%)

1 がパッ, が見つけた, である

▼ いた植物~ (3, 0.0%)

1 のコロニー, の淡い, を発見

▼ いた楊枝~ (3, 0.0%)

1 をこれ, を急い, を老女史

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がさっき, の小, の生々しい

▼ いた楽しい~ (3, 0.0%)

1 世界が, 夜を, 夢を

▼ いた楽しみ~ (3, 0.0%)

1 が奪われ, も失っ, も急

▼ いた楽器~ (3, 0.0%)

1 である, もある, 脱いで

▼ いた槇子~ (3, 0.0%)

1 だが, の胸, はすくなくとも

▼ いた権力~ (3, 0.0%)

1 によってはげしい, に対する反抗心, を奪いとった

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の木刀, の木精, の樹

▼ いた機械人間~ (3, 0.0%)

1 がまた, は一人, を火焔放射器

▼ いた機銃~ (3, 0.0%)

1 で操縦席, をご, を防寒服

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 によって判断, の突っぱり, を三本

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 で歳末, を出し, を置く

▼ いた次兄~ (3, 0.0%)

1 が戦傷, が防空壕, も大抵

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 枝は 1 三には

▼ いた正ちゃん~ (3, 0.0%)

1 がききました, が遠く, はうぐいす

▼ いた正二~ (3, 0.0%)

1 は何事, は遂に, を新しい

▼ いた正体~ (3, 0.0%)

2 を現在 1 を見破っ

▼ いた正太少年~ (3, 0.0%)

1 が口, はいきなり, はふしぎ

▼ いた正季~ (3, 0.0%)

1 が駈け, だったが, の兵

▼ いた正直~ (3, 0.0%)

1 なバスク, な一市民, 正太夫

▼ いた武将~ (3, 0.0%)

1 が参内, であった, であったが

▼ いた武者たち~ (3, 0.0%)

1 にも, は, はついに

▼ いた歯車~ (3, 0.0%)

1 が据えつけられた, と歯車, はきゅう

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 じゃござんせぬ, じゃねえほこら, の下

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がああ, の令息鄭垂氏, の魂

▼ いた民族~ (3, 0.0%)

1 がわずか, とは違う, の不幸

▼ いた民部~ (3, 0.0%)

1 がふと, の手, をす

▼ いた水戸~ (3, 0.0%)

1 の尊攘派, の藤田東湖, は非常

▼ いた水面~ (3, 0.0%)

1 がにわかに, が波紋, の明る

▼ いた水鳥~ (3, 0.0%)

1 がハラハラパッ, がムラムラ, の列

▼ いた江東小学校~ (3, 0.0%)

1 の校長さん, の秀才, は丁度

▼ いた池田~ (3, 0.0%)

1 はお雪ちゃん, はすぐ, は其の

▼ いた汽船~ (3, 0.0%)

1 が今, が舵器, の中

▼ いた沈黙~ (3, 0.0%)

1 の呪, の惰性, の苦痛

▼ いた沢庵~ (3, 0.0%)

1 が, が次, までが嫌

▼ いた河合~ (3, 0.0%)

1 が手帖, だった, はぷっとふきだして

▼ いた治安維持法~ (3, 0.0%)

1 が撤廃, というもの, は過去十数年間

▼ いた法月弦~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ いた法水~ (3, 0.0%)

1 が座, の視野, の鐘声

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がポケット, はいま, もおとなしく

▼ いた泣き虫~ (3, 0.0%)

3 の蛾次郎

▼ いた泰さん~ (3, 0.0%)

1 がわざと, と新蔵, は左右

▼ いた洋装~ (3, 0.0%)

1 のが, の夫人, の崎田夫人

▼ いた浅野弥兵衛~ (3, 0.0%)

1 の手の者, は, は秀吉

▼ いた海岸~ (3, 0.0%)

1 の家, の方, の森蔭

▼ いた消息~ (3, 0.0%)

1 があった, でも手, を洩らした

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 という下女, への返事, も急

▼ いた清之介君~ (3, 0.0%)

1 が, の胸中, は慇懃

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 から解放, が一ツづゝ數萬, が巻く

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の水, の水晶, の話

▼ いた源吉~ (3, 0.0%)

1 が云った, はドタン端, は死ぬ

▼ いた準之助氏~ (3, 0.0%)

1 とお, はにわかに, はもう

▼ いた滋幹~ (3, 0.0%)

1 はいつ, は妻戸, は母

▼ いた漁夫達~ (3, 0.0%)

1 がドッ, はその, は思わず

▼ いた漱石氏~ (3, 0.0%)

1 の模様, はよほど, よりもかえって

▼ いた激しい~ (3, 0.0%)

1 痛みを, 神経の, 闘争は

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 紅姫の, 艶な, 褐色の

▼ いた火事~ (3, 0.0%)

1 とは別物, なるもの, の紅色

▼ いた火星兵~ (3, 0.0%)

1 であった, の胴, はにわかに

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が動い, も消えた, よ

▼ いた烏啼~ (3, 0.0%)

1 が大きく, の部下, もばったり

▼ いた烟管~ (3, 0.0%)

1 で常, をふっと, を畳

▼ いた焚火~ (3, 0.0%)

1 が俄, の上, をゆるした

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 ヶ岳方面の, 屍体に, 栗の

▼ いた熱帯~ (3, 0.0%)

1 の土人, の旅行, の森

▼ いた片足~ (3, 0.0%)

1 の草鞋, をすばやく, を二人

▼ いた狂女~ (3, 0.0%)

1 がその, にちがい, の笑い

▼ いた独逸~ (3, 0.0%)

1 のある, のフォン・クルベー, の諺

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が神通力, で今, はにわかに

▼ いた玄白斎~ (3, 0.0%)

1 が眼, が突然, は眼

▼ いた玄蕃允~ (3, 0.0%)

1 にはさらに, は陣幕, も今

▼ いた玉子~ (3, 0.0%)

1 という見知らぬ, は, は何やら

▼ いた現実~ (3, 0.0%)

1 の一部, の観かた, へのつよい

▼ いた理性~ (3, 0.0%)

1 がやっと, と羞恥, のゆがみ

▼ いた理解~ (3, 0.0%)

1 の棚, の範囲, をいくら

▼ いた琵琶~ (3, 0.0%)

1 のふくろ, や琴, をえっちらおっちら

▼ いた環境~ (3, 0.0%)

1 の小, の野蛮さ, を

▼ いた甚内~ (3, 0.0%)

1 にもわからなかった, の眼, はふと

▼ いた甚右衛門~ (3, 0.0%)

1 という田舎客, は上州太田在, 泣くよう

▼ いた生涯~ (3, 0.0%)

1 の損, の間, は煩悩

▼ いた田圃~ (3, 0.0%)

1 であった, の一畝, の側

▼ いた由子~ (3, 0.0%)

1 だけ起き上っ, もしまいに, も思わず

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 のほう, の村, も乙

▼ いた甲板~ (3, 0.0%)

1 がぐらぐら, や手すり, をマドロス

▼ いた町内~ (3, 0.0%)

1 の人たち, の者, の連中

▼ いた番町~ (3, 0.0%)

2 の屋敷 1 の殿様

▼ いた異国人~ (3, 0.0%)

1 から縞馬, から貰った, のおかげ

▼ いた異常~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ いた異性~ (3, 0.0%)

1 に対する本能, の前, の間

▼ いた病身~ (3, 0.0%)

1 な出戻り, のショパン, の料理女

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 ぁいいたい 1 さの

▼ いた痩せぎす~ (3, 0.0%)

1 な手足, の刺っ子, の女

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がすり, さは, という犬

▼ いた白粉~ (3, 0.0%)

2 の香 1 きわ立って

▼ いた白衣~ (3, 0.0%)

1 がさらり, の六部, を拾っ

▼ いた百姓達~ (3, 0.0%)

1 の顔, はこの, は当然

▼ いた盛り~ (3, 0.0%)

1 である, には嫉みそねみ, に手塩

▼ いた目明し~ (3, 0.0%)

1 じゃありません, のお, の仙右衛門

▼ いた盲法師~ (3, 0.0%)

3 の弁信

▼ いた直也~ (3, 0.0%)

1 の男性的, は溢れ, を呼ぶ

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 にはなにか, には一点, の中

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 をあげ, を傷まし, を急

▼ いた矛盾~ (3, 0.0%)

1 についてはその, の諸相, やその

▼ いた知識人~ (3, 0.0%)

1 がその, においてはそれぞれ, を

▼ いた石ころ~ (3, 0.0%)

1 をいくつ, をつくづく, を警官

▼ いた石原~ (3, 0.0%)

1 が岡田, の利助, は岡田

▼ いた石子刑事~ (3, 0.0%)

1 の心労, は飛び出し, も彼

▼ いた確か~ (3, 0.0%)

1 なところ, に, に大

▼ いた磯五~ (3, 0.0%)

1 が心配, であった, はびっくり

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 では祝詞, の新聞, 大党

▼ いた神尾~ (3, 0.0%)

1 のこと, の眼, もその

▼ いた禅宗~ (3, 0.0%)

1 と浄土宗, の僧侶, の概念

▼ いた福村~ (3, 0.0%)

1 のこと, は神尾, を呼ん

▼ いた科学者~ (3, 0.0%)

1 だ, だった, はアメリカ

▼ いた秘書~ (3, 0.0%)

1 にこう, の秋田, らしい背広

▼ いた秦野屋九兵衛~ (3, 0.0%)

1 は彼女, は日本左衛門, は自分

▼ いた積り~ (3, 0.0%)

2 であったが 1 であったのに

▼ いた穴山梅雪~ (3, 0.0%)

1 の郎党たち, の館, や跡部大炊

▼ いた空想~ (3, 0.0%)

1 の飛行機, は粗野, を散らし

▼ いた空虚~ (3, 0.0%)

1 な時間, の影, の芋俵

▼ いた章三~ (3, 0.0%)

1 はいきなり, は貴子たち, を見た

▼ いた童女~ (3, 0.0%)

1 などがこの, はもう, は兵部

▼ いた笑顔~ (3, 0.0%)

1 が今, を急, を示した

▼ いた節子~ (3, 0.0%)

1 がもう, が何故そんなに, が既に

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 土の 1 麻市左衛門までが

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の中, の竹, や籠

▼ いた米国人~ (3, 0.0%)

1 の仲間, の教師, らしい若い

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がプツリ, をくるくる, を歯

▼ いた糸子~ (3, 0.0%)

1 はゆるやか, は入子菱, は間もなく

▼ いた紅い~ (3, 0.0%)

1 りんごが, 布を, 糊絹の

▼ いた紋三~ (3, 0.0%)

1 はこの, はその小さな, は一寸

▼ いた紋付~ (3, 0.0%)

2 や帯 1 の羽織

▼ いた純文学~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, と通俗小説, の価値

▼ いた紙巻煙草~ (3, 0.0%)

1 の火, をぽん, を右手

▼ いた素直~ (3, 0.0%)

1 なお歌, な叙景歌, な白馬

▼ いた細竹~ (3, 0.0%)

1 で日吉, に塩, の杖

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 にちがい, の一人, もあわて

▼ いた給料~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, が或, をそっくり

▼ いた綾子~ (3, 0.0%)

1 の姿, は, は力

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 之丞 1 鰭魚類の

▼ いた総監~ (3, 0.0%)

1 が自分, について君, は唐突

▼ いた縁談~ (3, 0.0%)

1 に姉, の周旋者, を叔父

▼ いた織田家~ (3, 0.0%)

1 の嫡子信忠, の家中, の援軍

▼ いた罪人~ (3, 0.0%)

1 にとびかかっ, はこんな, は今

▼ いた羅馬~ (3, 0.0%)

1 の使いばてれん, の唄, の宿屋

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 なるもの, もそれ, をもっ

▼ いた美し~ (3, 0.0%)

1 さでは, さには, さを

▼ いた美保子~ (3, 0.0%)

1 は兄, は隣, を問い詰める

▼ いた美津子~ (3, 0.0%)

2 の鏡台 1 はいけしゃあしゃあ

▼ いた義仲~ (3, 0.0%)

1 は, はさしまねい, もやや

▼ いた老子~ (3, 0.0%)

21 を孔子自身

▼ いた老爺~ (3, 0.0%)

1 が急, が突然, はわざわざ

▼ いた老臣~ (3, 0.0%)

1 の蔵光正利, は, や近習

▼ いた者共~ (3, 0.0%)

1 は新撰組, もこの, も一時手

▼ いた聴衆~ (3, 0.0%)

1 が今, も, もあまり

▼ いた職工たち~ (3, 0.0%)

1 が, がその, はざまア

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の一片, の味, やパン

▼ いた肉親~ (3, 0.0%)

1 のひとり, の兄正成, の祖父

▼ いた背中~ (3, 0.0%)

1 をのばし, を忘れない, を真直

▼ いた背広~ (3, 0.0%)

1 にステッキ, の男, の紳士

▼ いた背後~ (3, 0.0%)

1 には内廷, の男, より撃たれた

▼ いた能登~ (3, 0.0%)

1 が今日, は誰, ノ介

▼ いた能登守~ (3, 0.0%)

1 が頭, の耳, の面

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の一人, はない, は陳宮

▼ いた自信~ (3, 0.0%)

1 が今, のある, の大き

▼ いた自分自身~ (3, 0.0%)

1 が馬鹿馬鹿しく, の姿, をやっと

▼ いた自我~ (3, 0.0%)

1 がそれぞれ, の概念, を解放

▼ いた艇長~ (3, 0.0%)

1 がその後, はすでに, はやおら

▼ いた良心~ (3, 0.0%)

1 ではその, の企画, も自分

▼ いた芝居~ (3, 0.0%)

1 のある, の筋, へまた

▼ いた芳江~ (3, 0.0%)

1 に, の姿, は嫂

▼ いた若い衆~ (3, 0.0%)

1 が, がむらむら, が二人

▼ いた若き~ (3, 0.0%)

1 一婦人の, 日の, 海洋学者であっ

▼ いた若衆~ (3, 0.0%)

1 がこう, にこれ, も蔭間

▼ いた英国~ (3, 0.0%)

1 といえ, の皇子コンノート殿下, は最後

▼ いた英語~ (3, 0.0%)

1 で特に, の先生, を憶

▼ いた茶店~ (3, 0.0%)

1 のおやじ, の亭主, の娘

▼ いた草川巡査~ (3, 0.0%)

1 が何故, は, はそういう

▼ いた荒物屋~ (3, 0.0%)

1 の前, の隠居, を突き留め

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の一枝, の花, の花瓣

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の舎, の花房, の花枝

▼ いた葡萄~ (3, 0.0%)

1 のため, のつゆ, の房

▼ いた董卓~ (3, 0.0%)

1 なので, はにわかに, は彼女

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 之助 1 などのからんだ

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がその, だった, の一時

▼ いた薩兵~ (3, 0.0%)

1 が鳥羽街道, の一人, は勢いよく

▼ いた藤次~ (3, 0.0%)

1 が, がするどい, の住居

▼ いた藩士~ (3, 0.0%)

1 が遠い, の殆ど全体, を打ち殺し

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の奥, は少し, へまわっ

▼ いた藪八~ (3, 0.0%)

1 とあと, はつと, もお

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の下, 取の, 取爺

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 によく, はどこ, は猫

▼ いた虎之助~ (3, 0.0%)

1 のほう, の手, は自分

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 うなりまでが, の奴, を鼻

▼ いた蚕婆~ (3, 0.0%)

1 が呂宋兵衛, が手, ではない

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 が花弁

▼ いた蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 がつるつる, はその, までも糸

▼ いた~ (3, 0.0%)

3 の声

▼ いた蟋蟀~ (3, 0.0%)

1 がジイッジイッ, が近く, ももう

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が余り, と不断, の裾三尺余り

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の地所, の家王, の山

▼ いた西日~ (3, 0.0%)

1 が細く, の影, も消え

▼ いた西洋~ (3, 0.0%)

1 にその後, の人たち, の学術書

▼ いた西涼~ (3, 0.0%)

1 の大軍, の太守馬, の馬超

▼ いた見方~ (3, 0.0%)

1 がある, に合う, をもっとハッキリ

▼ いた記事~ (3, 0.0%)

1 が話題, です, は誹謗

▼ いた記者~ (3, 0.0%)

1 だから, は誰一人, もとうとう

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 りでなくもっと, りに, りの

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 が辞書, であった, でなかなか

▼ いた課長~ (3, 0.0%)

1 というの, は, は思わず

▼ いた課題~ (3, 0.0%)

1 はひどくやさしい, は歴史学, を解く

▼ いた諭吉~ (3, 0.0%)

1 がすすん, ですが, のお母さん

▼ いた謙信~ (3, 0.0%)

1 がいで, が何, は永禄元年

▼ いた警固~ (3, 0.0%)

1 の士, の武士, の者

▼ いた警察医~ (3, 0.0%)

1 が大声, と鑑識係, に向っ

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がおきなおった, の頭, も同じ

▼ いた貨幣~ (3, 0.0%)

1 にも標語, のなごり, の包み

▼ いた貯金~ (3, 0.0%)

1 もすっかり, もみんな, をそのまま

▼ いた貴婦人~ (3, 0.0%)

1 がひとり, が向う, の手

▼ いた質問~ (3, 0.0%)

1 が出, とその, の峠

▼ いた赤ん坊~ (3, 0.0%)

1 が無事, ばかりをみ, をどこ

▼ いた赤旗~ (3, 0.0%)

1 が高く, のかげ, は

▼ いた赤鸚鵡~ (3, 0.0%)

1 が何, という鳥, は忽ち

▼ いた趙雲~ (3, 0.0%)

1 にはばまれ, の五千, は互い

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 はこの世, もあった, を察する

▼ いた踊り~ (3, 0.0%)

1 のお浚い, の師匠, の連中

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の上, をおろし, を下

▼ いた軍隊~ (3, 0.0%)

1 は三津浜, は引上げ, は戦い

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の村, 歩兵の, 馬車の

▼ いた軽い~ (3, 0.0%)

1 傷痕が, 反感などは, 嫉妬の

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 でお, の紋, は卑怯

▼ いた辰代~ (3, 0.0%)

1 がバケツ, が喫驚, はうとうと

▼ いた辺り~ (3, 0.0%)

1 に武蔵, まで聞え, を見ます

▼ いた近侍~ (3, 0.0%)

2 の面々 1 の小姓

▼ いた近江~ (3, 0.0%)

1 の佐々木道誉, の君, の金糞ヶ岳

▼ いた返事~ (3, 0.0%)

1 が聞えた, だつた, はきかれなかった

▼ いた逸作~ (3, 0.0%)

2 はこう 1 はかの

▼ いた道中師~ (3, 0.0%)

3 の伊兵衛

▼ いた道江~ (3, 0.0%)

1 の手紙, の顔, をはじめて

▼ いた遠方~ (3, 0.0%)

1 にあった, の村, もやはり

▼ いた邦夷~ (3, 0.0%)

1 が今, はそう, は阿賀妻

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 でこと, はいっそう, も召

▼ いた郁次郎~ (3, 0.0%)

1 はうしろ, はその, は悪夢

▼ いた郎党たち~ (3, 0.0%)

1 であろうかく, は客, も彼女

▼ いた部将たち~ (3, 0.0%)

1 はいつか自己, は馬, も

▼ いた都市~ (3, 0.0%)

1 が今, の特色, は他

▼ いた重大~ (3, 0.0%)

1 なこと, なる手懸り, な一事

▼ いた野武士たち~ (3, 0.0%)

1 が密談, の影, は一

▼ いた金持ち~ (3, 0.0%)

1 の女, の娘, は得意

▼ いた金貨~ (3, 0.0%)

1 は保字金, は泥, を見つけたらしい

▼ いた金魚~ (3, 0.0%)

1 の行く末, はにわかに, は相手

▼ いた鉄棒~ (3, 0.0%)

1 がドウ, で力一ぱい, の音

▼ いた銀座~ (3, 0.0%)

1 のその, のバー, へは行かない

▼ いた銀杏~ (3, 0.0%)

1 の実, 返が, 返の

▼ いた銀色~ (3, 0.0%)

1 のふえ, の氷, の笛

▼ いた銅貨~ (3, 0.0%)

1 まで一枚二枚, をばらばら, を見つける

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の小, の小さい, の茶壺

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 にあたって穂先, の裏, へうつる

▼ いた鏡台~ (3, 0.0%)

1 と箪笥, に手, の前

▼ いた長兄~ (3, 0.0%)

1 である, の代り, はつね

▼ いた間中~ (3, 0.0%)

1 ずっと此方, ずっと自分, それから後

▼ いた間彼~ (3, 0.0%)

1 のすぐ, はそれ, は昂然

▼ いた関係上~ (3, 0.0%)

1 すこぶる桜痴居士, なかなかレアリズム, 特にこの

▼ いた関平~ (3, 0.0%)

1 も, もくずれ立ち, や侍臣

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の一角, の中, の女

▼ いた闇太郎~ (3, 0.0%)

1 さえズーン, だ, やがて奥

▼ いた附近~ (3, 0.0%)

1 の小さい, の若者ばら, を検

▼ いた限り~ (3, 0.0%)

1 ない不幸, のすべて, の人

▼ いた陣場~ (3, 0.0%)

1 が, のうち, はこの

▼ いた陳宮~ (3, 0.0%)

1 は, はもう, は意外

▼ いた陽子~ (3, 0.0%)

1 が今, にとっては女中, もしだいに

▼ いた階段~ (3, 0.0%)

1 が方々, をパッ, を見せ

▼ いた隣家~ (3, 0.0%)

1 の人, の犬, の離室

▼ いた雁金検事~ (3, 0.0%)

1 が捜査課長, と大江山捜査課長, や大江山捜査課長

▼ いた雇人~ (3, 0.0%)

1 なども起き, の小女, や私たち

▼ いた雛妓~ (3, 0.0%)

1 が, が座, は

▼ いた雪子~ (3, 0.0%)

1 と学校, の研究室, の顔

▼ いた雪洞~ (3, 0.0%)

1 の灯, をさしつける, を自分

▼ いた雲雀~ (3, 0.0%)

1 がみんな一時, だけは, はしきりに

▼ いた電灯~ (3, 0.0%)

1 が消え, が笠もろ, と弧光灯

▼ いた非人~ (3, 0.0%)

1 が突然, の二人, の面

▼ いた非常~ (3, 0.0%)

1 に不安定, に厭, に敏ショウ

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の合切袋, の水筒, の財布

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 をさっと, を今頃, を身

▼ いた順二郎~ (3, 0.0%)

1 がきいた, が制服, と宏子

▼ いた頭髪~ (3, 0.0%)

1 が車体, が鋏, を長め

▼ いた頼春~ (3, 0.0%)

1 がばっ, はすすん, は彼

▼ いた風呂敷~ (3, 0.0%)

1 はコテ, をかなぐり捨てた, をぱらりと

▼ いた風流~ (3, 0.0%)

1 と野暮, な若, の隠居さん

▼ いた食卓~ (3, 0.0%)

1 についた, のほう, の長い

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の皿, を取っ, を載せた

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 はけだし, は小型, 取の

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 の煙 1 の高い

▼ いた馬丁~ (3, 0.0%)

1 が五人, が馬, の福次郎

▼ いた馬子~ (3, 0.0%)

1 が不意, のせがれ, の傍

▼ いた馬春堂~ (3, 0.0%)

1 の体, の姿, も寝つかれぬ

▼ いた馬琴~ (3, 0.0%)

1 は何ん, は注意, は突然

▼ いた馴染~ (3, 0.0%)

1 なの, の女, の本屋

▼ いた駒井~ (3, 0.0%)

1 の姿, はこれ, は早く

▼ いた~ (3, 0.0%)

2 かきが 1 を真直ぐ

▼ いた骸骨~ (3, 0.0%)

1 のひとり, のよう, も自動車

▼ いた高原~ (3, 0.0%)

1 の灌木, の猛, の美しい

▼ いた高大之進~ (3, 0.0%)

1 がいきなり, はその間, はウン

▼ いた高札~ (3, 0.0%)

1 から眼, が屋根板, で撲った

▼ いた高麗村~ (3, 0.0%)

3 の次郎

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 がゆるやか, のむすび, もこの

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の亀田, をとっ, をむしりとった

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 の一将, の諸, の長史陳矯

▼ いた魔法博士~ (3, 0.0%)

1 がはっ, の顔, はその

▼ いた魚屋~ (3, 0.0%)

1 の吉新, の子, の襟印

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 だで, の串, やなまず

▼ いた~ (3, 0.0%)

1 と味品, のよう, の刺身

▼ いた鳥打帽~ (3, 0.0%)

1 を冠, を懐中, を脱い

▼ いた鸚鵡~ (3, 0.0%)

1 の歌, は又もや, を売りました

▼ いた黄忠~ (3, 0.0%)

2 や趙雲 1

▼ いた黄金メダル~ (3, 0.0%)

2 の半 1 の半分

▼ いた黄金豹~ (3, 0.0%)

1 がみょう, が前足, の車

▼ いた黒っぽい~ (3, 0.0%)

1 ところには, 帯が, 背びろ服の

▼ いた黒田~ (3, 0.0%)

1 という人, の子分, の配下

▼ いた黒眼鏡~ (3, 0.0%)

1 が, と支那服, も樫井

▼ いた黒衣~ (3, 0.0%)

1 のひとり, をつけた, を手早く

▼ いた鼈四郎~ (3, 0.0%)

1 の父, はこれ, は襖

▼ いたあいきょう者~ (2, 0.0%)

1 が黒川用人, を鋭く

▼ いたあいつ~ (2, 0.0%)

1 です, に

▼ いたあざみ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ いたあたかも~ (2, 0.0%)

1 そのとき, 一つの

▼ いたあと私~ (2, 0.0%)

2 は恐れ縮こまっ

▼ いたあどけない~ (2, 0.0%)

1 くらいのひと, 寝顔が

▼ いたあの小さな~ (2, 0.0%)

1 つる草は, 包みと

▼ いたあばた~ (2, 0.0%)

1 の敬四郎, の顔

▼ いたあやし~ (2, 0.0%)

1 げな, の神楽太鼓

▼ いたあやしい~ (2, 0.0%)

1 自動車修繕工の, 釜は

▼ いたありったけ~ (2, 0.0%)

1 の五スー, の同情

▼ いたいかにも~ (2, 0.0%)

1 近代事務性に, 酒好きらしい

▼ いたいくら~ (2, 0.0%)

1 かの家屋敷, にもならない

▼ いたいつも~ (2, 0.0%)

1 無数の, 葉子に

▼ いたいま~ (2, 0.0%)

1 のレーニングラード, の妻

▼ いたうすい~ (2, 0.0%)

1 夜具の, 金属の

▼ いたうつくしい~ (2, 0.0%)

1 きり花だ, 綺麗な

▼ いたおかあさん~ (2, 0.0%)

1 とおばあさん, にしがみつい

▼ いたおっ~ (2, 0.0%)

1 母さんが, 母さんは

▼ いたおとうさん~ (2, 0.0%)

1 の保名, は満足そう

▼ いたおの~ (2, 0.0%)

1 が屋敷, でもっ

▼ いたおまわりさん~ (2, 0.0%)

1 がそこ, をふたり

▼ いたおまわりさんたち~ (2, 0.0%)

1 が四十めんそう, も賊

▼ いたお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 のへや, の手

▼ いたお客たち~ (2, 0.0%)

1 がドーッ, は皆

▼ いたお松さん~ (2, 0.0%)

1 がちょうど, が待っ

▼ いたお祖父さん~ (2, 0.0%)

1 が, が亡くなった

▼ いたお節~ (2, 0.0%)

1 という娘, の姿

▼ いたお蔦~ (2, 0.0%)

2

▼ いたお銭~ (2, 0.0%)

1 はいた, を二三円

▼ いたお鍋~ (2, 0.0%)

1 にとび込ん, は初めて

▼ いたかけがえ~ (2, 0.0%)

1 のねえ, の弦

▼ いたかご~ (2, 0.0%)

1 に身, の中

▼ いたかしらと~ (2, 0.0%)

1 思うこと, 言う

▼ いたかすか~ (2, 0.0%)

1 な曇りも, な疑い

▼ いたかすら~ (2, 0.0%)

1 判然しない, 判然と

▼ いたかつら~ (2, 0.0%)

1 という小綺麗, をぬいだ

▼ いたかなり~ (2, 0.0%)

1 の数, 広大な

▼ いたかについて~ (2, 0.0%)

1 ですね, また発車

▼ いたかもめ~ (2, 0.0%)

1 はふたたび, はふと

▼ いたからか~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 彼らは

▼ いたからかと~ (2, 0.0%)

1 思う, 思われる

▼ いたからさ~ (2, 0.0%)

1 きみが, 人形を

▼ いたからとも~ (2, 0.0%)

1 いって, 言うこと

▼ いたかわいそう~ (2, 0.0%)

1 なエリザベート, な動物たち

▼ いたがと~ (2, 0.0%)

2 いって

▼ いたがなんぞ~ (2, 0.0%)

1 測らん曹純, 知らん彼

▼ いたがに~ (2, 0.0%)

1 こと笑っ, ッこりし

▼ いたがはは~ (2, 0.0%)

1 あさては, アと

▼ いたがも~ (2, 0.0%)

1 ひとりは, ゆる子

▼ いたがん~ (2, 0.0%)

1 だがね, ではいけね

▼ いたきたない~ (2, 0.0%)

1 ものが, 手帳を

▼ いたきたならしい~ (2, 0.0%)

1 ばあさんに, ふろしき包みを

▼ いたきれい~ (2, 0.0%)

1 な一隊, な娘

▼ いたくつ~ (2, 0.0%)

1 が赤かっ, でふみにじりました

▼ いたくも~ (2, 0.0%)

1 が起き上っ, の巣

▼ いたけいかんたち~ (2, 0.0%)

1 がおお, もま

▼ いたこうもり男~ (2, 0.0%)

1 とそっくり, はどこ

▼ いたこと彼~ (2, 0.0%)

1 が生きてる, に負う

▼ いたこと彼女~ (2, 0.0%)

1 の目つき, の面影

▼ いたこども~ (2, 0.0%)

1 と, はこうして

▼ いたこなし~ (2, 0.0%)

1 で貞時, と平氣

▼ いたこの大きな~ (2, 0.0%)

1 夜は, 部屋は

▼ いたこの小さな~ (2, 0.0%)

1 客人は, 町を

▼ いたころ彼~ (2, 0.0%)

1 に会った, の知っ

▼ いたころ素子~ (2, 0.0%)

1 が買っ, は伸子

▼ いたころ自分~ (2, 0.0%)

1 のいちばん末, の無

▼ いたころ近所~ (2, 0.0%)

1 にこの, の老

▼ いたごちそう~ (2, 0.0%)

1 が一つ, の写真

▼ いたごろつき~ (2, 0.0%)

1 に違い, のよう

▼ いたさあ~ (2, 0.0%)

1 これへ, 今こそ

▼ いたさいぜん~ (2, 0.0%)

1 の御, の警官

▼ いたさば~ (2, 0.0%)

1 おっつけ下手人, 御慈悲

▼ いたしばらく~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ いたじいさん~ (2, 0.0%)

1 がにわかに, がまるで

▼ いたすずめ~ (2, 0.0%)

1 は悲しく, は頭

▼ いたずんぐり~ (2, 0.0%)

1 したほう, した独身

▼ いたせみ~ (2, 0.0%)

1 の声, やとんぼ

▼ いたせん~ (2, 0.0%)

1 たく女, のむす

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 なたが, なたに

▼ いたそこで~ (2, 0.0%)

1 人夫の, 臨時の

▼ いたそしてまた~ (2, 0.0%)

1 何事に, 実際コゼット

▼ いたそちら~ (2, 0.0%)

1 の方, への手紙

▼ いたその後~ (2, 0.0%)

2 に今度

▼ いたそら~ (2, 0.0%)

1 さえ俄, 町の

▼ いたぞという~ (2, 0.0%)

1 顔つき, 風にばかり

▼ いたたった~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一人の

▼ いたたぶん~ (2, 0.0%)

1 巡察の, 池田といった

▼ いただかん~ (2, 0.0%)

1 けりゃならん, でもよろしい

▼ いただけじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないかしら, 誰だって

▼ いただけと~ (2, 0.0%)

1 存じます, 脅迫する

▼ いただけば~ (2, 0.0%)

1 わかるやう, 何處にでも

▼ いたちえ子~ (2, 0.0%)

1 が今度, が急

▼ いたちご~ (2, 0.0%)

1 つこに, つこを

▼ いたついで~ (2, 0.0%)

1 に, に源氏

▼ いたつづみの与吉~ (2, 0.0%)

1 が源十郎, へ

▼ いたつて平気~ (2, 0.0%)

2 に水

▼ いたつばめ~ (2, 0.0%)

1 がありました, は黙っ

▼ いたつめたい~ (2, 0.0%)

1 残忍性が, 笑を

▼ いたつら~ (2, 0.0%)

2

▼ いたづらさうな~ (2, 0.0%)

1 光が, 顔で

▼ いたというの~ (2, 0.0%)

1 はかの, 事実を以て

▼ いたというのみ~ (2, 0.0%)

1 でかつて, で現実

▼ いたときあたし~ (2, 0.0%)

1 の前, は毎朝

▼ いたときこれ~ (2, 0.0%)

1 で伊豆半島一周, はまた

▼ いたときそれ~ (2, 0.0%)

1 を苦し, を開放

▼ いたとき例~ (2, 0.0%)

1 によって何処, のめつた

▼ いたとき俺~ (2, 0.0%)

1 の前, は何

▼ いたとき偶然~ (2, 0.0%)

1 に逢い, 買った英字新聞

▼ いたとき先師~ (2, 0.0%)

1 がいわれた, を招いた

▼ いたとき水島~ (2, 0.0%)

2 はにこ

▼ いたとき父~ (2, 0.0%)

1 は一九世紀中, は自分

▼ いたとき目~ (2, 0.0%)

1 から鼻, にとまった

▼ いたとき階段~ (2, 0.0%)

1 の下, を降り

▼ いたところこの間~ (2, 0.0%)

1 のお, 或る

▼ いたところそこ~ (2, 0.0%)

1 のおばあさん, へ突然

▼ いたところ不意~ (2, 0.0%)

1 に五百人, に思いきった

▼ いたところ今日~ (2, 0.0%)

1 おぬしが, になっ

▼ いたところ今朝~ (2, 0.0%)

1 お手紙, になっ

▼ いたところ何~ (2, 0.0%)

1 か舳, が突発

▼ いたところ意外~ (2, 0.0%)

1 にも奥まった, にも意外

▼ いたところ折~ (2, 0.0%)

1 からのご, よく分部殿

▼ いたところ最近~ (2, 0.0%)

1 少し呼吸器, 果して日興

▼ いたとばかりに~ (2, 0.0%)

1 王さまは, 荊州を

▼ いたとまでは~ (2, 0.0%)

1 云いがたい, 云わなくとも

▼ いたどうやら~ (2, 0.0%)

1 別荘の, 興行し

▼ いたどっさり~ (2, 0.0%)

1 のこと, の作家

▼ いたどれ~ (2, 0.0%)

1 もこれ, もどれ

▼ いたなごり~ (2, 0.0%)

1 である, ではない

▼ いたなぜ~ (2, 0.0%)

1 なら煙草, 師匠は

▼ いたなどの~ (2, 0.0%)

1 事は, 話も

▼ いたなども~ (2, 0.0%)

1 他の, 驚きらしい

▼ いたなにか~ (2, 0.0%)

1 のガス, 小さなもの

▼ いたなまめかしい~ (2, 0.0%)

1 指分け, 朱羅宇です

▼ いたなんぞは~ (2, 0.0%)

1 とんでもない, 実にどうも迂

▼ いたねこ~ (2, 0.0%)

1 がびっくり, にまでうれしい

▼ いたのっぽ~ (2, 0.0%)

1 のジョン, を先ずぱったり

▼ いたのよと~ (2, 0.0%)

1 云った, 報告する

▼ いたはじめ~ (2, 0.0%)

1 なのよ, の元気

▼ いたはなし~ (2, 0.0%)

1 にこんな, も出来ず

▼ いたはりたま~ (2, 0.0%)

2 ふお志

▼ いたはり合~ (2, 0.0%)

1 はね, ひ助け合つて

▼ いたはるお父さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, を助けたげ

▼ いたはるの~ (2, 0.0%)

1 だ, だつた

▼ いたはる心持~ (2, 0.0%)

1 で微笑ん, を詠んだ

▼ いたはる気持ち~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ いたはる氣持ち~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ いたはる病後~ (2, 0.0%)

2 の思ひ

▼ いたはる精神~ (2, 0.0%)

1 がある, をもち

▼ いたばら~ (2, 0.0%)

1 の木, の花

▼ いたひとつ~ (2, 0.0%)

1 の大, の黒い

▼ いたひろい~ (2, 0.0%)

1 屋上の, 方へ

▼ いたふしぎ~ (2, 0.0%)

1 なかな文字, な力

▼ いたふるさと~ (2, 0.0%)

1 の夢, の山すそ

▼ いたぶり~ (2, 0.0%)

2 を受ける

▼ いたぶん~ (2, 0.0%)

1 には出家遁世, には助からない

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 いを, ンチの

▼ いたほそ~ (2, 0.0%)

1 びきが, びきで

▼ いたほとんど~ (2, 0.0%)

1 同じ場所, 獣の

▼ いたほら~ (2, 0.0%)

1 あなは, 見えるだろうあれ

▼ いたほん~ (2, 0.0%)

1 とじやないか, との死地

▼ いたほんの~ (2, 0.0%)

1 下ッ端, 噂な

▼ いたぼけ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ いたぼんやり~ (2, 0.0%)

1 した不満, の顔

▼ いたまことに~ (2, 0.0%)

1 ありがたいこと, 久しぶりの

▼ いたまでは~ (2, 0.0%)

1 よかった, 覚えて

▼ いたみどり~ (2, 0.0%)

1 が顔, は背後

▼ いたみほ子~ (2, 0.0%)

1 が思わず, と友子

▼ いたみや子~ (2, 0.0%)

1 はこの, は深紅色

▼ いたものすべて~ (2, 0.0%)

1 が消散, を宥められ

▼ いたもの今~ (2, 0.0%)

1 の火事騒ぎ, もなお

▼ いたもの共~ (2, 0.0%)

1 の地所, も一斉

▼ いたもの等~ (2, 0.0%)

1 がある, がガラ

▼ いたもろもろ~ (2, 0.0%)

1 の建築物, の星

▼ いたやつら~ (2, 0.0%)

1 は羽振り, を見下ろし

▼ いたやや~ (2, 0.0%)

1 大柄な, 浮き上った平易さ

▼ いたやり方~ (2, 0.0%)

1 だすな, でもた

▼ いたよい~ (2, 0.0%)

1 ものも, 機会が

▼ いたよしみ~ (2, 0.0%)

2 にすこし

▼ いたよし子~ (2, 0.0%)

1 の姿, の父松沢彦次郎

▼ いたよそ~ (2, 0.0%)

1 の国々, の家

▼ いたりんご~ (2, 0.0%)

1 をふい, を政ちゃん

▼ いたわい~ (2, 0.0%)

1 例の, 庄次郎そちも

▼ いたわかい~ (2, 0.0%)

1 番人が, 紳士でした

▼ いたわが子~ (2, 0.0%)

1 であるに, の首

▼ いたわたくしたち~ (2, 0.0%)

1 は, もとうとう

▼ いたアッシェンバッハ~ (2, 0.0%)

2 はかれ

▼ いたアトリエ~ (2, 0.0%)

1 しかも長く, を見つける

▼ いたアメリカ人~ (2, 0.0%)

1 の評, の間

▼ いたアルバイト~ (2, 0.0%)

1 の学生, は家庭教師

▼ いたアントアネット~ (2, 0.0%)

1 もその, も弟

▼ いたアンナ~ (2, 0.0%)

1 が背, というフィンランド女

▼ いたアンポンタン~ (2, 0.0%)

1 も小学校, を困らせた

▼ いたイタリア~ (2, 0.0%)

1 が日々, の若い

▼ いたイヤ~ (2, 0.0%)

1 いる訳, なおばさん

▼ いたイリュウジョン~ (2, 0.0%)

2 が夢

▼ いたウイスキー~ (2, 0.0%)

1 の平, を子供

▼ いたウイリヤムソン~ (2, 0.0%)

2 と云う

▼ いたエジプト~ (2, 0.0%)

1 の大, の驚くべき

▼ いたエミイ~ (2, 0.0%)

1 のもちもの, は大

▼ いたエレーナ~ (2, 0.0%)

1 が年, が急

▼ いたオシャベリ姫~ (2, 0.0%)

1 はもう, は急い

▼ いたオプチミスト~ (2, 0.0%)

2 が少く

▼ いたオモヨさん~ (2, 0.0%)

1 がやっと, に眼顔

▼ いたオリヴィエ~ (2, 0.0%)

1 がその, も種々

▼ いたオロシャ~ (2, 0.0%)

1 の駐屯部隊, は逼塞

▼ いたカピ~ (2, 0.0%)

1 がおどろい, はうなり

▼ いたカメラ~ (2, 0.0%)

1 でパチリ, で撮し

▼ いたカルル~ (2, 0.0%)

1 はこの, はびっくり

▼ いたカンジキ~ (2, 0.0%)

1 であった, を穿い

▼ いたカール~ (2, 0.0%)

1 は, はブルッセル

▼ いたガウン~ (2, 0.0%)

1 のまるめた, を脱い

▼ いたキヌ~ (2, 0.0%)

1 がマン, が突然

▼ いたキリスト教~ (2, 0.0%)

1 だ, の実体

▼ いたクマ~ (2, 0.0%)

1 の二ばい, はこの

▼ いたクラブ~ (2, 0.0%)

1 の人々, の発起者たち

▼ いたクラマール~ (2, 0.0%)

1 のちょい, の森

▼ いたクララ~ (2, 0.0%)

1 という小さい, の心

▼ いたクルミさん~ (2, 0.0%)

1 である, の望み

▼ いたクロ~ (2, 0.0%)

1 ではない, はさらに

▼ いたクロクロ島~ (2, 0.0%)

1 に私, のこと

▼ いたグループ~ (2, 0.0%)

1 の中, は発展的

▼ いたケンペル~ (2, 0.0%)

1 にグラッドロン, は革命後同伴者

▼ いたケーテ~ (2, 0.0%)

1 の創作, は筆

▼ いたコック~ (2, 0.0%)

1 とアマ, のゆくえ

▼ いたコップ~ (2, 0.0%)

1 の水, をとり上げ

▼ いたコルマック~ (2, 0.0%)

1 がアルトニヤ人, 及び愛人アイリイ

▼ いたコーヒー茶碗~ (2, 0.0%)

1 へ毒薬, を口もと

▼ いたゴッホ~ (2, 0.0%)

1 ではある, という画家

▼ いたサロン~ (2, 0.0%)

1 とその, にも出入

▼ いたサンプリス修道女~ (2, 0.0%)

1 はその間, もしだいに

▼ いたサーカス~ (2, 0.0%)

1 です, のゾウ

▼ いたシゴイさん~ (2, 0.0%)

1 が好き, と遊びだした

▼ いたショパン~ (2, 0.0%)

1 が次第に, の一節

▼ いたジャック・エリス~ (2, 0.0%)

1 にちがい, は二年

▼ いたジャヴェリ~ (2, 0.0%)

1 とカパディア氏, は私

▼ いたジャヴェル~ (2, 0.0%)

1 は彼, は続けた

▼ いたジュジュ~ (2, 0.0%)

1 とエレン, も仲間

▼ いたジーナ~ (2, 0.0%)

1 とスパセニア, の姿

▼ いたスウィッチ~ (2, 0.0%)

1 の二つ, を押しました

▼ いたスキー~ (2, 0.0%)

1 の跡, をはい

▼ いたスコップ~ (2, 0.0%)

1 を恰度頭, を置い

▼ いたスタンド~ (2, 0.0%)

1 の明る, の灯影

▼ いたストーン氏~ (2, 0.0%)

1 の顔, はやがて

▼ いたスペイン~ (2, 0.0%)

1 の古書, への敵愾心

▼ いたスペイン人~ (2, 0.0%)

1 のボーイ, の顔

▼ いたスミ枝~ (2, 0.0%)

1 がむっくり, も一しょ

▼ いたスリ~ (2, 0.0%)

1 のお, の常習犯

▼ いたスルメ~ (2, 0.0%)

1 の新聞包, を捨て

▼ いたソヴェト~ (2, 0.0%)

1 の指導者, の社会主義社会

▼ いたタイタニック号~ (2, 0.0%)

1 がまるで, だ

▼ いたタメシ~ (2, 0.0%)

1 がない, はない

▼ いたダリア~ (2, 0.0%)

1 が開い, が頓狂

▼ いたチンピラ隊~ (2, 0.0%)

1 のひとり, の少年たち

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 て何, て御前

▼ いたテナルディエ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の上さん

▼ いたテレビジョン~ (2, 0.0%)

1 の籠, の電波

▼ いたトム公~ (2, 0.0%)

1 は正直, は男

▼ いたトルストイ~ (2, 0.0%)

1 の, の翻訳

▼ いたトルーマン~ (2, 0.0%)

1 はもとより, は今や

▼ いたドクトル~ (2, 0.0%)

1 と二人, の一人娘カオル

▼ いたドノバン~ (2, 0.0%)

1 がとつぜん, はまっさきに

▼ いたドファルジュ~ (2, 0.0%)

1 が言った, は言った

▼ いたドレゴ~ (2, 0.0%)

1 は一段と, をほんの

▼ いたナオミ~ (2, 0.0%)

1 でしたが, と云う

▼ いたナロードニキ~ (2, 0.0%)

1 の人々, の人達

▼ いたネッド~ (2, 0.0%)

1 がばか, はここ

▼ いたネルロ~ (2, 0.0%)

1 の両手, はそれ

▼ いたノロちゃん~ (2, 0.0%)

1 の声, の野呂一平君

▼ いたハイロ~ (2, 0.0%)

1 が深刻, はこれ

▼ いたハウプトマン~ (2, 0.0%)

1 にも一度, の

▼ いたハガアスさん~ (2, 0.0%)

1 だった, というアメリカ人

▼ いたハルミ~ (2, 0.0%)

1 がいつの間にか, はそのまま

▼ いたバケツ~ (2, 0.0%)

1 とゾウキン, を拾う

▼ いたバンド~ (2, 0.0%)

1 を外, を解き

▼ いたバー~ (2, 0.0%)

1 が焼け, の名前

▼ いたヒョロ子~ (2, 0.0%)

1 はこの, は驚きました

▼ いたビアトレス~ (2, 0.0%)

1 は坂口, は突然

▼ いたビスケット~ (2, 0.0%)

1 の缶, を二つ

▼ いたピート一等兵~ (2, 0.0%)

1 はおもわず, ももう

▼ いたファニイ~ (2, 0.0%)

1 の後, は彼

▼ いたファンティーヌ~ (2, 0.0%)

1 の署名, は彼

▼ いたフォーシュルヴァン~ (2, 0.0%)

1 はその, は自分

▼ いたフハン~ (2, 0.0%)

1 が両, が音

▼ いたフランネル~ (2, 0.0%)

1 の上着, の襟巻

▼ いたプロレタリア作家たち~ (2, 0.0%)

1 が続々, の討論

▼ いたベルリン~ (2, 0.0%)

1 の広場, を去っ

▼ いたペーピー~ (2, 0.0%)

1 が眼, に対してもいつも

▼ いたホルモン~ (2, 0.0%)

2 を生ずる

▼ いたボルネオ~ (2, 0.0%)

1 に先ず, の首府

▼ いたボロ~ (2, 0.0%)

1 の狩衣, 洋服を

▼ いたボン~ (2, 0.0%)

1 だよ, を忘れる

▼ いたボール箱~ (2, 0.0%)

1 に入った, に穴

▼ いたボール紙~ (2, 0.0%)

1 の函, の玩具箱

▼ いたポケット~ (2, 0.0%)

1 だけは見せなかった, の内側

▼ いたポックリ~ (2, 0.0%)

2 を半分

▼ いたマダム~ (2, 0.0%)

1 の想出, の竜子

▼ いたマチア~ (2, 0.0%)

1 が言った, は車

▼ いたマドロス~ (2, 0.0%)

1 がまた, が急

▼ いたマユミ~ (2, 0.0%)

1 が草川巡査, を乙束区長

▼ いたマユミさん~ (2, 0.0%)

1 と俊一君, を助けだし

▼ いたマルグリット~ (2, 0.0%)

1 に言った, の一人

▼ いたマルラ~ (2, 0.0%)

1 がとつぜん, は急

▼ いたマント~ (2, 0.0%)

1 と帽子, の背中

▼ いたミサ子~ (2, 0.0%)

1 がそれ, をうしろ

▼ いたミチミ~ (2, 0.0%)

1 とは別, にバッタリ

▼ いたミドリ~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, はこの

▼ いたメリー号~ (2, 0.0%)

1 から救助信号, の老

▼ いたモオリアック~ (2, 0.0%)

1 の, の日記

▼ いたモルヒネ~ (2, 0.0%)

1 で死んだ, を実に

▼ いたモンフェルメイュ~ (2, 0.0%)

1 の宿屋, の小学校

▼ いたモームス~ (2, 0.0%)

1 が今, が勢いよく

▼ いたユダヤ人~ (2, 0.0%)

1 がその, の金貸

▼ いたランチュウ~ (2, 0.0%)

1 だよ, を刈谷老人

▼ いたリーズ~ (2, 0.0%)

1 がかわいらしい, の愛くるしい

▼ いたリーロフ~ (2, 0.0%)

1 が叫んだ, の姿

▼ いたレンズ~ (2, 0.0%)

1 の焦点, も今

▼ いたレーニン~ (2, 0.0%)

1 の, のすすめ

▼ いたロケット~ (2, 0.0%)

1 の機影, は俄

▼ いたロマーシ~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, の勇敢

▼ いたロンドン~ (2, 0.0%)

1 の三越, の若い

▼ いたヴァレリイ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の写真

▼ いたヴェランダ~ (2, 0.0%)

1 の上, をこっち

▼ いた一両~ (2, 0.0%)

1 はまたたく, は全然

▼ いた一九一八年~ (2, 0.0%)

1 にこの, の秋

▼ いた一介~ (2, 0.0%)

1 の御, の浪人

▼ いた一例~ (2, 0.0%)

1 といえなく, ともいえよう

▼ いた一兵士~ (2, 0.0%)

1 だとも, の五本

▼ いた一冊~ (2, 0.0%)

1 の部厚, はたしか

▼ いた一刀~ (2, 0.0%)

1 を錦, を雪

▼ いた一叢~ (2, 0.0%)

1 の修竹, の樹立

▼ いた一句~ (2, 0.0%)

1 が, とを思い合せ

▼ いた一将~ (2, 0.0%)

1 が話した, が駈け出そう

▼ いた一小隊~ (2, 0.0%)

1 にちがい, の兵たち

▼ いた一年~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, ばかりと言う

▼ いた一彦~ (2, 0.0%)

1 はおもわず, も帆村おじさん

▼ いた一撃~ (2, 0.0%)

1 がリーロフ, を下した

▼ いた一束~ (2, 0.0%)

1 のダリヤ, を切られ

▼ いた一条~ (2, 0.0%)

1 のお, の井戸縄

▼ いた一流~ (2, 0.0%)

1 の座頭, の政治家

▼ いた一片~ (2, 0.0%)

1 の旧恩, の萩

▼ いた一番~ (2, 0.0%)

1 若い看護婦, 若い美しい切前髪

▼ いた一知青年~ (2, 0.0%)

1 が急, は慌て

▼ いた一等運転士~ (2, 0.0%)

1 の坂谷, はこころ

▼ いた一筋~ (2, 0.0%)

1 の縄, の道

▼ いた一色右馬介~ (2, 0.0%)

1 が折, という侍

▼ いた一通~ (2, 0.0%)

1 の手紙, をそこ

▼ いた一青年~ (2, 0.0%)

1 がこう, たる小生

▼ いた万年筆~ (2, 0.0%)

1 がこわれ, でかかれ

▼ いた三人組~ (2, 0.0%)

1 の一人, の客達

▼ いた三十年前~ (2, 0.0%)

2 には動く

▼ いた三年生~ (2, 0.0%)

1 が挨拶, のひとり

▼ いた三成~ (2, 0.0%)

1 が, が淀君

▼ いた三本~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の触角

▼ いた三津井老人~ (2, 0.0%)

2

▼ いた三津子さん~ (2, 0.0%)

1 がそんな, のお

▼ いた三畳~ (2, 0.0%)

1 の戸, の部屋

▼ いた三百人~ (2, 0.0%)

1 の軽, ばかりの人々

▼ いた三角~ (2, 0.0%)

1 のへり, の帽子

▼ いた三谷~ (2, 0.0%)

1 が再び, と丸山

▼ いた三造~ (2, 0.0%)

1 の父, はここ

▼ いた三郎~ (2, 0.0%)

1 の友達, は始めてホッ

▼ いた三郎盛綱~ (2, 0.0%)

1 が怪しん, は

▼ いた上主人~ (2, 0.0%)

1 の女房, 平太夫

▼ いた上代~ (2, 0.0%)

1 においてこの, の神話

▼ いた上品~ (2, 0.0%)

1 なかの, な婦人

▼ いた上杉謙信~ (2, 0.0%)

1 の血, も逝いた

▼ いた上流~ (2, 0.0%)

1 から押し渡った, の若い

▼ いた上田~ (2, 0.0%)

1 のお, の母

▼ いた上野~ (2, 0.0%)

1 のテント旅館, の美術学校

▼ いた下僕~ (2, 0.0%)

1 にこう, の一人

▼ いた下士官~ (2, 0.0%)

1 が服, はとても

▼ いた下婢~ (2, 0.0%)

1 はその, は菊

▼ いた下町~ (2, 0.0%)

1 にはただ, の姿

▼ いた下谷~ (2, 0.0%)

1 の方, の湯屋

▼ いた下郎~ (2, 0.0%)

1 であった, に相違

▼ いた不動様~ (2, 0.0%)

1 が, は不意

▼ いた不審~ (2, 0.0%)

1 の雲, を明き

▼ いた不愉快~ (2, 0.0%)

1 な感情, の上

▼ いた不潔~ (2, 0.0%)

1 でしめっぽい, な分子

▼ いた与力同心~ (2, 0.0%)

1 が出動, は南北

▼ いた与四郎~ (2, 0.0%)

1 の名, の手

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 であった, で女

▼ いた世帯~ (2, 0.0%)

1 が少し, を畳ん

▼ いた世間話~ (2, 0.0%)

1 すら途絶えさし, を急

▼ いた世阿弥~ (2, 0.0%)

1 の心, はハッ

▼ いた世高~ (2, 0.0%)

1 は両手, は白綾

▼ いた両足~ (2, 0.0%)

1 もいくら, を下した

▼ いた中之郷東馬~ (2, 0.0%)

1 が二, が頓狂

▼ いた中佐~ (2, 0.0%)

1 が細君, です

▼ いた中国人~ (2, 0.0%)

1 あったでしょう, らしいペンキ工

▼ いた中庭~ (2, 0.0%)

1 などもある, を後で

▼ いた中江~ (2, 0.0%)

1 という書生, はそこ

▼ いた中郎~ (2, 0.0%)

2 将盧植

▼ いた丸髷~ (2, 0.0%)

1 のお, のこれ

▼ いた主客~ (2, 0.0%)

1 がおのずと, はみんな声

▼ いた主治医~ (2, 0.0%)

1 と看護婦, は夫人

▼ いた主義~ (2, 0.0%)

1 に基い, を標榜

▼ いた主観~ (2, 0.0%)

1 という意味, の雲

▼ いた主題~ (2, 0.0%)

1 であった, はその後作品

▼ いた久しぶり~ (2, 0.0%)

1 な右馬介, にほん

▼ いた久作~ (2, 0.0%)

1 と共に内, は最後

▼ いた久保田さん~ (2, 0.0%)

1 が検事, はやがて

▼ いた久助~ (2, 0.0%)

1 が, に命じた

▼ いた久子~ (2, 0.0%)

1 に応対, は用意

▼ いた乗組員たち~ (2, 0.0%)

1 はいっせいに, はぶるぶる

▼ いた乙若~ (2, 0.0%)

1 が, を

▼ いた九兵衛~ (2, 0.0%)

1 の姿, の方

▼ いた乾分~ (2, 0.0%)

1 が, の者

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえか, の前

▼ いた亀吉~ (2, 0.0%)

1 は歌麿, は簡単

▼ いた事務所~ (2, 0.0%)

1 の方, はあとかた

▼ いた事務長~ (2, 0.0%)

1 はしらべ, は下

▼ いた二の腕~ (2, 0.0%)

1 をぐっと, を痛

▼ いた二三日~ (2, 0.0%)

1 などは一日, はわざと

▼ いた二刀~ (2, 0.0%)

1 の銀蛇, を抜き取っ

▼ いた二十~ (2, 0.0%)

1 ばかりの眼, を出た

▼ いた二十二三~ (2, 0.0%)

1 のボーイ, の若い

▼ いた二十四五~ (2, 0.0%)

1 の若い, の若者

▼ いた二少年~ (2, 0.0%)

1 が抜き連れ, が見出され

▼ いた二年間~ (2, 0.0%)

1 という間, に出来た

▼ いた二日目~ (2, 0.0%)

1 である, の夜

▼ いた二条~ (2, 0.0%)

1 の一列横隊, の館

▼ いた二男~ (2, 0.0%)

1 の家庭, も先頃

▼ いた二週間~ (2, 0.0%)

1 がわたし, というもの

▼ いた二郎~ (2, 0.0%)

1 が, 及びその他

▼ いた五体~ (2, 0.0%)

1 を思うさま, を母

▼ いた五六本~ (2, 0.0%)

1 の大, の鎖

▼ いた五十嵐鉄十郎~ (2, 0.0%)

1 がうめいた, は

▼ いた五百~ (2, 0.0%)

1 に, の手

▼ いた井上順三~ (2, 0.0%)

1 が何事, の屍体

▼ いた交通巡査~ (2, 0.0%)

1 がロイド眼鏡, の白い

▼ いた京伝~ (2, 0.0%)

1 はこれ, はその

▼ いた亮作~ (2, 0.0%)

1 はその, を認めた

▼ いた人々自分~ (2, 0.0%)

1 が悲哀, に快く

▼ いた人垣~ (2, 0.0%)

1 の中, もぞろぞろ

▼ いた人夫たち~ (2, 0.0%)

1 が急, の一群

▼ いた人家~ (2, 0.0%)

1 がなくなった, の地勢

▼ いた人情~ (2, 0.0%)

1 というもの, への理解

▼ いた人間たち~ (2, 0.0%)

1 の成れの果て, はびっくり

▼ いた今夜~ (2, 0.0%)

1 であった, は一人

▼ いた今度~ (2, 0.0%)

1 こそはの寸毫, 買おうかしら

▼ いた今朝~ (2, 0.0%)

1 の新橋, の汁

▼ いた仏天青~ (2, 0.0%)

1 はどう, は全身

▼ いた仏頂寺~ (2, 0.0%)

1 が, は君

▼ いた仙吉~ (2, 0.0%)

1 に召捕られた, はいかにも

▼ いた仙太郎~ (2, 0.0%)

1 が重三郎, の娘

▼ いた仮面~ (2, 0.0%)

1 だけでも無事, なの

▼ いた仲仕~ (2, 0.0%)

1 がびっくり, の細君

▼ いた仲達~ (2, 0.0%)

1 が嶄然, は彼

▼ いた伊予~ (2, 0.0%)

1 の国大洲, の守

▼ いた伊代~ (2, 0.0%)

1 にとっては突然, は眼

▼ いた伊兵衛~ (2, 0.0%)

1 の女房, はスススス

▼ いた伊奈子~ (2, 0.0%)

1 が大きな, を誘拐

▼ いた伊藤~ (2, 0.0%)

1 はどうも, は私

▼ いた伊那~ (2, 0.0%)

1 の大領, の谷

▼ いた伊部熊蔵~ (2, 0.0%)

1 がこう, と小頭

▼ いた会衆~ (2, 0.0%)

1 がここ, は立ち上っ

▼ いた伝治さん~ (2, 0.0%)

1 の妻君, の細君

▼ いた伴大次郎~ (2, 0.0%)

1 が群集, もそこ

▼ いた伴天連~ (2, 0.0%)

1 がみ, の催眠術者

▼ いた住吉~ (2, 0.0%)

1 での恥, の具足師柳斎

▼ いた住吉町~ (2, 0.0%)

1 の姫松アパート, の竜蔵

▼ いた住民~ (2, 0.0%)

1 の山間, は防空壕

▼ いた佐伯~ (2, 0.0%)

1 からは予期, の自然

▼ いた佐野~ (2, 0.0%)

1 という四年, もようやく

▼ いた何もの~ (2, 0.0%)

1 かが急, かへの敵愾心

▼ いた何分~ (2, 0.0%)

1 かはやはり, か前

▼ いた何物~ (2, 0.0%)

1 かを失わず, かを見出そう

▼ いた作衛~ (2, 0.0%)

1 に注意, よりはやはり

▼ いた使い~ (2, 0.0%)

1 とみえ, の源七

▼ いた使者~ (2, 0.0%)

1 の一行, の応劭

▼ いた侍たち~ (2, 0.0%)

1 はたよる, も同時に

▼ いた侍従~ (2, 0.0%)

1 の君, は物蔭

▼ いた便り~ (2, 0.0%)

1 が死ん, を渡された

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の人々, の男

▼ いた俊ちゃん~ (2, 0.0%)

2 がトンキョウ

▼ いた俊基~ (2, 0.0%)

1 だった, もついに

▼ いた俊夫君~ (2, 0.0%)

1 はこの, は何

▼ いた俊子~ (2, 0.0%)

1 がこれ, はそこで

▼ いた俊寛~ (2, 0.0%)

1 はその, は気がつい

▼ いた俊斎様~ (2, 0.0%)

1 が, が足早

▼ いた信一郎~ (2, 0.0%)

1 の決心, もそれ

▼ いた信子~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は俄

▼ いた信忠~ (2, 0.0%)

1 にし, の手兵

▼ いた信者~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ いた信雄~ (2, 0.0%)

1 にはこの, は家康

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がとつぜん, が今時評判

▼ いた個人~ (2, 0.0%)

1 の自我, の複雑

▼ いた個性~ (2, 0.0%)

1 が現われる, はその

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がその, の母親

▼ いた側臣たち~ (2, 0.0%)

1 がもし, の眼

▼ いた側近~ (2, 0.0%)

1 の者共, の輩

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の金もの, をいきなり又

▼ いた備前~ (2, 0.0%)

1 の国幣中社安仁神社, の浮田直家

▼ いた傾向~ (2, 0.0%)

1 がある, として第

▼ いた僕たち~ (2, 0.0%)

1 に詳しく, はそれ

▼ いた僧兵~ (2, 0.0%)

1 が三名, のひとり

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 こけて, 見る見る四方

▼ いた元田~ (2, 0.0%)

1 は聞えない, 副議長

▼ いた兄貴~ (2, 0.0%)

1 とおれ, はボート

▼ いた先頭~ (2, 0.0%)

1 のトラック, の馬

▼ いた光丸~ (2, 0.0%)

1 に眼, をすこし

▼ いた光井~ (2, 0.0%)

2

▼ いた光明后~ (2, 0.0%)

1 がその, はある

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の吹き返し, をぬいだ

▼ いた入道~ (2, 0.0%)

1 ではあっ, は予期どおり

▼ いた全て~ (2, 0.0%)

1 の過去, を知った

▼ いた全作~ (2, 0.0%)

1 がどこ, は人

▼ いた全身~ (2, 0.0%)

1 の血, の骨片

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 っちゃ, の宮

▼ いた八ツ~ (2, 0.0%)

1 さがりの, の斑紋

▼ いた公園~ (2, 0.0%)

1 がある, の蕭

▼ いた公達~ (2, 0.0%)

1 がいたで, がそれ

▼ いた六三郎~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, もこの

▼ いた六本~ (2, 0.0%)

1 の綱, の脚

▼ いた六畳~ (2, 0.0%)

1 の張出し窓, の間

▼ いた六部~ (2, 0.0%)

1 が気合い, の指

▼ いた兵児帯~ (2, 0.0%)

1 で後手, を沓脱石

▼ いた兵卒~ (2, 0.0%)

1 が叱りとばされ, も思わずゾッと

▼ いた兵糧~ (2, 0.0%)

1 の莫大, もなくなっ

▼ いた兵部~ (2, 0.0%)

1 の娘, の宿禰

▼ いた具足師~ (2, 0.0%)

2 の柳斎

▼ いた兼好~ (2, 0.0%)

1 なの, は家臣

▼ いた兼輔~ (2, 0.0%)

1 はそれ, ももう

▼ いた円枝~ (2, 0.0%)

1 とおこ, も向う

▼ いた円柱~ (2, 0.0%)

1 が三本きり, であった

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が老いる, も案外

▼ いた冴子~ (2, 0.0%)

1 の姿, はにっ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 い空気, かな情熱

▼ いた冷酷~ (2, 0.0%)

1 な現, 無殘

▼ いた凡て~ (2, 0.0%)

1 のおろかしい, はそこ

▼ いた処翌日~ (2, 0.0%)

2 の六月十二日

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の影, の持主

▼ いた出方~ (2, 0.0%)

1 が, の男

▼ いた出鼻~ (2, 0.0%)

1 だったので, であった

▼ いた刀鍛冶~ (2, 0.0%)

2 の後藤助光

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 で自分, のにおい

▼ いた刃物~ (2, 0.0%)

1 と見えた, を落し

▼ いた分銅~ (2, 0.0%)

1 は俄然, をとっ

▼ いた切髪~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ いた刑事たち~ (2, 0.0%)

1 と相談, もあっ

▼ いた刑事巡査~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ いた刑事諸君~ (2, 0.0%)

1 の手, も同じ

▼ いた刑務所~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の服

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 世の, 見嘉四郎氏

▼ いた判事~ (2, 0.0%)

1 に強請る, は心

▼ いた利家~ (2, 0.0%)

1 がようやく, の夫人

▼ いた制服巡査~ (2, 0.0%)

1 は寒, は飛び下りた

▼ いた刹那~ (2, 0.0%)

1 である, に銃眼

▼ いた剣術~ (2, 0.0%)

1 なんという, の道具

▼ いた剰余価値~ (2, 0.0%)

2

▼ いた劇団~ (2, 0.0%)

1 の公然, の研究生

▼ いた力持~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が一ヵ月, 之助

▼ いた勇ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が飛び上がっ, はこれ

▼ いた勇一君~ (2, 0.0%)

1 がこの, は博士

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 のところ, は

▼ いた勉強~ (2, 0.0%)

1 もポツポツ, をみっちり

▼ いた動機~ (2, 0.0%)

1 でさえ必竟, は七月七夕

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がふい, は前者

▼ いた勘兵衛~ (2, 0.0%)

1 がふと, であった

▼ いた勘定~ (2, 0.0%)

1 だわねえ, になる

▼ いた勝則~ (2, 0.0%)

1 が訊いた, は背後

▼ いた勢い~ (2, 0.0%)

1 が先生, で父

▼ いた勢力~ (2, 0.0%)

1 が喰い入った, が法事

▼ いた勤人~ (2, 0.0%)

1 の家, の家庭

▼ いた勿論~ (2, 0.0%)

1 夜が, 花は

▼ いた匂い~ (2, 0.0%)

1 だと, を嗅ぎ

▼ いた北山~ (2, 0.0%)

1 が, の西園寺家

▼ いた北条時政~ (2, 0.0%)

1 は何, も顧み合っ

▼ いた北極星~ (2, 0.0%)

1 がいつのまにか, のこと

▼ いた北海道~ (2, 0.0%)

1 の寒, の某

▼ いた北畠家~ (2, 0.0%)

1 の一牢人, の質人

▼ いた匪賊達~ (2, 0.0%)

1 が後, は目

▼ いた区長~ (2, 0.0%)

2 がにやにや

▼ いた医院~ (2, 0.0%)

1 が買い溜め, のあと

▼ いた十一人~ (2, 0.0%)

1 のパト・カー, の少年たち

▼ いた十九世紀~ (2, 0.0%)

1 の文学, の歌

▼ いた十二三人~ (2, 0.0%)

1 の男, の者

▼ いた十円~ (2, 0.0%)

1 たらずの, よりも掲載

▼ いた十四~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ いた十四円~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ いた十子~ (2, 0.0%)

1 が帰, が帰っ

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 之介

▼ いた千二少年~ (2, 0.0%)

1 は今, をゆりおこし

▼ いた千歳~ (2, 0.0%)

1 の女将, は何故か

▼ いた千草さん~ (2, 0.0%)

1 に話しかけ, はビックリ

▼ いた半年~ (2, 0.0%)

1 であった, ばかりの間

▼ いた半白~ (2, 0.0%)

1 の婆, の老

▼ いた卑弥呼~ (2, 0.0%)

1 の傍, の瞼

▼ いた卓上~ (2, 0.0%)

1 には洋酒用, の桃

▼ いた南京虫~ (2, 0.0%)

1 だったの, に手頸

▼ いた南日君~ (2, 0.0%)

1 は近づく, も堪らなくなった

▼ いた南玉~ (2, 0.0%)

2

▼ いた南緯六十度ウニデス本流以南~ (2, 0.0%)

2 の全貌

▼ いた博士コハク~ (2, 0.0%)

1 その人, のあと

▼ いた博多~ (2, 0.0%)

1 の, の中

▼ いた卜斎~ (2, 0.0%)

1 はそう, ははなはだ

▼ いた卯木~ (2, 0.0%)

1 がふと, の眸

▼ いた印半纏~ (2, 0.0%)

1 の男, の老人

▼ いた印度~ (2, 0.0%)

1 の留学生, の諸

▼ いた印形~ (2, 0.0%)

1 を利用, を直す

▼ いた印象~ (2, 0.0%)

1 がたた, が残っ

▼ いた危険~ (2, 0.0%)

1 と云う, の大き

▼ いた厚い~ (2, 0.0%)

1 氷は, 草履を

▼ いた原っぱ~ (2, 0.0%)

1 がにわかに, に梅雨

▼ いた原士~ (2, 0.0%)

1 がバラリッ, と一緒

▼ いた原士たち~ (2, 0.0%)

1 は驚い, へはつづら

▼ いた原始民族~ (2, 0.0%)

1 に依り, の信仰

▼ いた原子~ (2, 0.0%)

1 すらも人間, や電子

▼ いた原子核~ (2, 0.0%)

1 を作っ, を探求

▼ いた原田雲井~ (2, 0.0%)

1 はただちに, は福岡

▼ いた友情~ (2, 0.0%)

1 だけしか期待, はいかに

▼ いた友田~ (2, 0.0%)

1 が, が気

▼ いた友田喜造~ (2, 0.0%)

1 との最後, の共

▼ いた双方~ (2, 0.0%)

1 とも勉強家, の町名主

▼ いた反対勢力~ (2, 0.0%)

1 が少し, が院

▼ いた反抗~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の火

▼ いた反抗心~ (2, 0.0%)

1 がまたもや, などはもう

▼ いた反証~ (2, 0.0%)

1 であると, はやがてすぐ

▼ いた叡山~ (2, 0.0%)

1 の大衆, の雪

▼ いた古家~ (2, 0.0%)

1 の跡, を毀した

▼ いた古着屋~ (2, 0.0%)

2 の息子

▼ いた古谷局長~ (2, 0.0%)

1 が暗闇, の眼

▼ いた可憐~ (2, 0.0%)

1 な, な女

▼ いた可能性~ (2, 0.0%)

1 をの範囲, を通して却って

▼ いた台所女中~ (2, 0.0%)

1 が夜, によって分署

▼ いた右腕~ (2, 0.0%)

1 をふり放した, を不意

▼ いた右足~ (2, 0.0%)

1 が小, を左足

▼ いた右門~ (2, 0.0%)

1 がむっくり, のまなこ

▼ いた各自~ (2, 0.0%)

1 の世界史的使命, の権力

▼ いた合羽~ (2, 0.0%)

1 の男, を両手

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 という若い, は昨夜夢

▼ いた吉之助~ (2, 0.0%)

1 は, はやがて

▼ いた吉原~ (2, 0.0%)

1 が木村, のある

▼ いた吉原兵太郎~ (2, 0.0%)

1 という名前, はのけぞる

▼ いた吉岡勢~ (2, 0.0%)

1 はまったく, も同様

▼ いた吉田さん~ (2, 0.0%)

2 はころり

▼ いた吉田磯吉~ (2, 0.0%)

1 は病床, は金五郎

▼ いた吉里~ (2, 0.0%)

1 はすでに, は小

▼ いた同村~ (2, 0.0%)

1 の和助さん, の連中

▼ いた同胞~ (2, 0.0%)

1 だろうと, の一人

▼ いた同郷~ (2, 0.0%)

1 の先輩, の土方寧君

▼ いた同門~ (2, 0.0%)

1 の二人, の沼田荷十郎

▼ いた同類~ (2, 0.0%)

1 に殺された, も次第に

▼ いた名刺~ (2, 0.0%)

1 の影, を差出した

▼ いた向き~ (2, 0.0%)

1 は大目附役, もある

▼ いた向こう~ (2, 0.0%)

1 からその, の田

▼ いた君太郎~ (2, 0.0%)

1 が重, に促され

▼ いた君子~ (2, 0.0%)

1 と芳夫, の二人

▼ いた吸物椀~ (2, 0.0%)

1 の中, を打

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 蒙が

▼ いた呉一郎~ (2, 0.0%)

1 はやがて何やら, は最早

▼ いた呉侯孫権~ (2, 0.0%)

1 が曹操, は諸

▼ いた呉服屋~ (2, 0.0%)

1 で小野田, の家号

▼ いた周倉~ (2, 0.0%)

1 が主人, を見つけ

▼ いた周馬~ (2, 0.0%)

1 がそれ, もいよいよ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 は生活的, は除き去られ

▼ いた味噌久~ (2, 0.0%)

1 が, は小耳

▼ いた和田呂宋兵衛~ (2, 0.0%)

1 はらんらん, は腹心

▼ いた和蘭陀人~ (2, 0.0%)

1 が調べた, の調べた

▼ いた咲二~ (2, 0.0%)

1 に触ろう, の心

▼ いた品々~ (2, 0.0%)

1 だからね, だった

▼ いた哨兵~ (2, 0.0%)

1 の意見, は三蔵

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 からの思いつき, の方々

▼ いた商人体~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の男

▼ いた商会~ (2, 0.0%)

1 が運動, 総聯合会

▼ いた商売人~ (2, 0.0%)

2 あがりの

▼ いた商家~ (2, 0.0%)

1 です, の子

▼ いた啓司~ (2, 0.0%)

1 はわたくし, は親指

▼ いた啓吉~ (2, 0.0%)

1 にはその, は吃驚

▼ いた善良~ (2, 0.0%)

1 であるが, の民

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 が逃げ

▼ いた喜三郎~ (2, 0.0%)

1 と一しょ, の屍体

▼ いた喜平~ (2, 0.0%)

1 があわただしく, の胸

▼ いた器械~ (2, 0.0%)

1 の前, をしらべる

▼ いた四十日~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ いた四皿~ (2, 0.0%)

2 の料理

▼ いた回転椅子~ (2, 0.0%)

1 から上体, に最前

▼ いた因縁~ (2, 0.0%)

1 のある, もその

▼ いた団員~ (2, 0.0%)

1 のうち, もだれ

▼ いた団員たち~ (2, 0.0%)

1 がつぎつぎ, はそれ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が当る, そっくりだ

▼ いた固陋~ (2, 0.0%)

1 な思想, な考えかた

▼ いた国土~ (2, 0.0%)

1 である, に対してあと

▼ いた国家~ (2, 0.0%)

1 が内, 老深尾家

▼ いた国経~ (2, 0.0%)

1 のよう, は急

▼ いた国老~ (2, 0.0%)

1 の本多土佐, 深尾家

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がふと, は思い

▼ いた圓太郎~ (2, 0.0%)

1 がやがて, までがそこ

▼ いた土人達~ (2, 0.0%)

1 の心, は杭

▼ いた土方歳三~ (2, 0.0%)

1 が大喝一声, が小野川

▼ いた土民たち~ (2, 0.0%)

1 が次々, はそこ

▼ いた圭さん~ (2, 0.0%)

1 が非常, と碌さん

▼ いた圭子~ (2, 0.0%)

1 がその, はアテ

▼ いた地下~ (2, 0.0%)

1 の長い, への道

▼ いた地球~ (2, 0.0%)

1 がなくなっ, とモロー彗星

▼ いた地理~ (2, 0.0%)

1 と歴史, を考え

▼ いた地盤~ (2, 0.0%)

1 は今, もいま

▼ いた地頭~ (2, 0.0%)

1 とか荘園, を搦め捕り

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 は内心, 大主典

▼ いた堀口生~ (2, 0.0%)

2

▼ いた堅忍主義~ (2, 0.0%)

1 のうち, の生活

▼ いた場合それ~ (2, 0.0%)

1 が凍る, を乱さない

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の笠木, も突きくずされた

▼ いた塑像~ (2, 0.0%)

1 などもそれ, の技術

▼ いた塚原~ (2, 0.0%)

1 が今度, が半畳

▼ いた塩田大尉~ (2, 0.0%)

1 がマイクロフォン, はだんだん

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 をあつめ, を払い落した

▼ いた境地~ (2, 0.0%)

1 だったの, に入り得た

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の富士, の跡

▼ いた墺軍~ (2, 0.0%)

1 の新, を攻撃

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の背, も倒れ

▼ いた士族~ (2, 0.0%)

1 であった, の娘

▼ いた壮太郎~ (2, 0.0%)

1 が何, のため

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 だなと, な男

▼ いた夏侯惇~ (2, 0.0%)

1 なので, も曹仁

▼ いた外交官~ (2, 0.0%)

1 だったそう, もまた

▼ いた外務大臣~ (2, 0.0%)

1 はこの, は跳ねッ

▼ いた多鶴子~ (2, 0.0%)

1 のあり, の顔

▼ いた夜嵐~ (2, 0.0%)

1 がふと, が忽然と

▼ いた夜店~ (2, 0.0%)

1 で季節外れ, の燈籠売り

▼ いた夜着~ (2, 0.0%)

1 を一度, を後に

▼ いた夜露~ (2, 0.0%)

1 がパラパラ, だった

▼ いた夥しい~ (2, 0.0%)

1 人々が, 宮女たちから

▼ いた大佐~ (2, 0.0%)

1 と私たち, はそこ

▼ いた大兵~ (2, 0.0%)

1 がにわかに, の青帽

▼ いた大和~ (2, 0.0%)

1 の国, の国志貴山

▼ いた大寺~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, の僧兵

▼ いた大寺警部~ (2, 0.0%)

1 がそう, が横合

▼ いた大小~ (2, 0.0%)

1 の目明し岡, の眼あかし岡

▼ いた大平~ (2, 0.0%)

1 が一人, が体ごと椅子

▼ いた大昔~ (2, 0.0%)

1 には人間, の生活

▼ いた大木~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, の倒れた

▼ いた大江山課長~ (2, 0.0%)

1 はときどき, はどう

▼ いた大池忠平~ (2, 0.0%)

1 という人物, の顔

▼ いた大沼喜三郎~ (2, 0.0%)

1 が目, はその

▼ いた大牟田公平~ (2, 0.0%)

1 が出府, そっくりに

▼ いた大石先生~ (2, 0.0%)

1 は思わず, は茶の間

▼ いた大空~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, は高い

▼ いた大臣~ (2, 0.0%)

1 は突然, は責任

▼ いた大蔵~ (2, 0.0%)

1 が牛, の足利屋敷

▼ いた大衆~ (2, 0.0%)

1 というもの, の内

▼ いた大衆作家~ (2, 0.0%)

1 の同志, もあった

▼ いた大軍~ (2, 0.0%)

1 は掻き消す, を急

▼ いた大野順平~ (2, 0.0%)

1 がしずか, であった

▼ いた大隅学士~ (2, 0.0%)

1 は苦心, も思わずハッ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 に突, の声

▼ いた天井~ (2, 0.0%)

1 の木目, の節穴

▼ いた天地~ (2, 0.0%)

1 に再び, のほか

▼ いた天気~ (2, 0.0%)

1 があがりかけ, が引っ

▼ いた天願氏~ (2, 0.0%)

1 が何, の心

▼ いた太古~ (2, 0.0%)

1 から引, の神

▼ いた夫妻~ (2, 0.0%)

1 のよう, も遂に

▼ いた女中たち~ (2, 0.0%)

1 さえ廊下, はきゃっと

▼ いた女工~ (2, 0.0%)

1 が彼, を殴

▼ いた女性観~ (2, 0.0%)

1 がくつがえされ, の全然

▼ いた女教師~ (2, 0.0%)

1 の一人, はいった

▼ いた女院~ (2, 0.0%)

1 の御所, や女房たち

▼ いた女髪結~ (2, 0.0%)

1 に若い, を笑わせた

▼ いた奴さん~ (2, 0.0%)

1 の今度, はそっと

▼ いた好人物~ (2, 0.0%)

1 であった, であるラブーイス

▼ いた好感~ (2, 0.0%)

1 はすっと, を持たせる

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が熊野, の服

▼ いた妙見勝三郎~ (2, 0.0%)

1 の生首, の首

▼ いた妹たち~ (2, 0.0%)

1 もぼく, も健康

▼ いた妻子~ (2, 0.0%)

1 ある以上, を再び

▼ いた委員~ (2, 0.0%)

1 だけを集め, の名前

▼ いた威厳~ (2, 0.0%)

1 のこと, を取り去れ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 なん, の音調

▼ いた婦人たち~ (2, 0.0%)

1 のうち, は其

▼ いた婦人作家たち~ (2, 0.0%)

1 が今日, が文学

▼ いた嫌悪~ (2, 0.0%)

1 のかたまり, の情

▼ いた子供等~ (2, 0.0%)

1 の性質, は彼

▼ いた子分連中~ (2, 0.0%)

1 がどやどや, もいつか

▼ いた子守~ (2, 0.0%)

1 の娘, は子供

▼ いた子息~ (2, 0.0%)

1 の信忠, や一族

▼ いた子路~ (2, 0.0%)

1 にはどうしても, はここ

▼ いた孔雀~ (2, 0.0%)

1 がどうして, をかきました

▼ いた学友~ (2, 0.0%)

1 で今日, などと一緒

▼ いた学業~ (2, 0.0%)

1 に復帰, や仕事

▼ いた学生さん~ (2, 0.0%)

1 がひどく, よ

▼ いた学習院~ (2, 0.0%)

1 の方, へ達した

▼ いた孫策~ (2, 0.0%)

1 であったので, である

▼ いた宇治~ (2, 0.0%)

1 の山荘, の愛人

▼ いた守時~ (2, 0.0%)

1 だった, である

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 南独立運動の, 樂椅子の

▼ いた安さん~ (2, 0.0%)

1 が急, は生憎

▼ いた安さん夫婦~ (2, 0.0%)

1 を思い出す, を想い出すなり

▼ いた安二郎~ (2, 0.0%)

1 は苦い, も公然

▼ いた安吉~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ いた安楽椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰, の上

▼ いた官兵衛~ (2, 0.0%)

1 の面, はそば

▼ いた官吏~ (2, 0.0%)

1 の女, の許

▼ いた官能~ (2, 0.0%)

1 に急, を実に

▼ いた官舎~ (2, 0.0%)

1 の子供たち, はすべて

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 七が, 七は

▼ いた定綱~ (2, 0.0%)

1 と高綱, は思い当った

▼ いた実は~ (2, 0.0%)

1 国元へ, 頻りと

▼ いた実際~ (2, 0.0%)

1 それは, の無

▼ いた実験室~ (2, 0.0%)

1 に入っ, を発見

▼ いた客たち~ (2, 0.0%)

1 は何, もその

▼ いた客間~ (2, 0.0%)

1 からとび出し, へ運ん

▼ いた宣教師~ (2, 0.0%)

1 のオルガンチノ, の遺愛品

▼ いた室内~ (2, 0.0%)

1 にさし, へ集められた

▼ いた室子~ (2, 0.0%)

1 の家, はこの

▼ いた宮内~ (2, 0.0%)

1 はそうした, は桜見物

▼ いた宮吉~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ いた宮地翁~ (2, 0.0%)

1 は中の島, は河野久

▼ いた宮方~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の遊撃部隊

▼ いた宮永~ (2, 0.0%)

1 という姓, という陶器職人

▼ いた家具~ (2, 0.0%)

1 の上, は大

▼ いた家職~ (2, 0.0%)

1 の侍, の大半

▼ いた家賃~ (2, 0.0%)

1 もみな, を払い

▼ いた容一郎~ (2, 0.0%)

1 の最後, は土蔵

▼ いた容姿~ (2, 0.0%)

1 が明瞭, には決して心から

▼ いた宿直~ (2, 0.0%)

1 だった, の侍

▼ いた富士~ (2, 0.0%)

1 の裾野, を眼

▼ いた富岡~ (2, 0.0%)

1 の塾, の眼付

▼ いた寝台自動車~ (2, 0.0%)

1 にのせ, のなか

▼ いた寝室~ (2, 0.0%)

1 だけのこし, の一夜

▼ いた寝床~ (2, 0.0%)

1 かぐらいは警視庁, を見た

▼ いた寝息~ (2, 0.0%)

1 が少し, をたて

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の前, を出

▼ いた対立~ (2, 0.0%)

1 の一方, を説明

▼ いた封建的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な関係

▼ いた専門~ (2, 0.0%)

1 の学問上, の学者

▼ いた将軍義昭~ (2, 0.0%)

1 にはとうとう, に扈従

▼ いた小作人~ (2, 0.0%)

1 がその, が手

▼ いた小便~ (2, 0.0%)

1 がドッ, をその

▼ いた小兵~ (2, 0.0%)

1 にし, の梯子乗り

▼ いた小判~ (2, 0.0%)

1 がチャラン, は丁寧

▼ いた小坂部~ (2, 0.0%)

1 は彼, は懐剣

▼ いた小型~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ いた小夜子~ (2, 0.0%)

1 の別, の帰りがけ

▼ いた小山~ (2, 0.0%)

1 の養子, は唾

▼ いた小役人~ (2, 0.0%)

1 がほか, を呼ん

▼ いた小手~ (2, 0.0%)

1 を上げ, を緩め

▼ いた小林先生~ (2, 0.0%)

1 である, のあと

▼ いた小樽タイムス~ (2, 0.0%)

1 の政敵, の記者

▼ いた小母さん~ (2, 0.0%)

1 が外, も抜目

▼ いた小田~ (2, 0.0%)

1 が腰, という男

▼ いた小石~ (2, 0.0%)

1 の上, をそのまま

▼ いた小石川~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ いた小箱~ (2, 0.0%)

1 のほか, の中

▼ いた小西~ (2, 0.0%)

1 は, 新蔵

▼ いた小路~ (2, 0.0%)

1 とが互いに, にあ

▼ いた小野寺十内~ (2, 0.0%)

1 が何かと, の方

▼ いた小雨~ (2, 0.0%)

1 がまた, が暗く

▼ いた少年時~ (2, 0.0%)

1 の一部分, の旧

▼ いた尻尾~ (2, 0.0%)

1 の切れ, を放す

▼ いた尼君~ (2, 0.0%)

1 が起き上がっ, は老い

▼ いた尾崎紅葉~ (2, 0.0%)

1 さえ宛名, その外硯友社一派

▼ いた局面~ (2, 0.0%)

1 と勝家, を一度

▼ いた居酒屋~ (2, 0.0%)

1 のおやじ, の相客たち

▼ いた屋台~ (2, 0.0%)

1 をひ, を降ろし

▼ いた屍骸~ (2, 0.0%)

1 の足, の鼻

▼ いた屏風~ (2, 0.0%)

1 が邪魔, の方

▼ いた山下君~ (2, 0.0%)

1 のほう, はナトルプ教授

▼ いた山口専次郎~ (2, 0.0%)

1 は彼女, もしばしば

▼ いた山吹~ (2, 0.0%)

1 である, の心

▼ いた山岸中尉~ (2, 0.0%)

1 が帆村, が急

▼ いた山岸少年~ (2, 0.0%)

1 が口, をゆり起した

▼ いた山嵐~ (2, 0.0%)

1 がおれ, が奮然

▼ いた山徒~ (2, 0.0%)

1 の守り, をよびあつめ

▼ いた山手組~ (2, 0.0%)

1 だ, は否応

▼ いた山本左右太~ (2, 0.0%)

1 はまっ先に, は夢

▼ いた山東平七郎~ (2, 0.0%)

1 がみつけた, へ

▼ いた山林~ (2, 0.0%)

1 の売買, を売っ

▼ いた山椒~ (2, 0.0%)

1 の実, の芽

▼ いた山田氏~ (2, 0.0%)

1 がワニ君, が身もだえ

▼ いた山鳩~ (2, 0.0%)

1 が光, それから例

▼ いた岡山衆~ (2, 0.0%)

1 の心境, へたいして

▼ いた岡崎兵衛~ (2, 0.0%)

1 の咽喉, の顎下

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 には猫柳, の浅瀬

▼ いた島崎~ (2, 0.0%)

1 の縄張り, はいつのまにか

▼ いた川上機関大尉~ (2, 0.0%)

1 であった, はどう

▼ いた川内警部~ (2, 0.0%)

1 が火, は口

▼ いた川村さん~ (2, 0.0%)

1 が髯, のこと

▼ いた川根~ (2, 0.0%)

1 が見こまれ, はまったく

▼ いた巡査部長~ (2, 0.0%)

1 がたまりかね, は何

▼ いた巡礼~ (2, 0.0%)

1 がたくさん詠歌, のお

▼ いた工夫~ (2, 0.0%)

1 が, の人

▼ いた左大臣家~ (2, 0.0%)

1 の子息たち, を出た

▼ いた左次郎~ (2, 0.0%)

1 の養母, は何かと

▼ いた巨人~ (2, 0.0%)

1 が揺るぎ起きよう, が立ち

▼ いた巨勢博士~ (2, 0.0%)

1 がまるでもう, はその

▼ いた巳之助~ (2, 0.0%)

1 だったけれど, にはまぶし

▼ いた市松~ (2, 0.0%)

1 が急, が過っ

▼ いた市蔵~ (2, 0.0%)

1 などいう, を姉

▼ いた布団~ (2, 0.0%)

1 に気, の裏

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 かけ船, はあちこち

▼ いた希代~ (2, 0.0%)

1 な火独楽, の凶賊

▼ いた希臘神話~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ いた帝大生~ (2, 0.0%)

1 が突然, の一人

▼ いた帝紀~ (2, 0.0%)

2 と本

▼ いた師父ブラウン~ (2, 0.0%)

1 が謙遜げ, は弾丸

▼ いた席亭~ (2, 0.0%)

1 がやがて, はモロに

▼ いた帳面~ (2, 0.0%)

1 を取り出し, を恭しく

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 平太貞盛は, 平舎と

▼ いた常識~ (2, 0.0%)

1 の狭, も一時

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 でおどり, のある

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, を外します

▼ いた幕府~ (2, 0.0%)

1 でも紀州公, は心中崩れ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 べったい, 鑿が

▼ いた平一郎~ (2, 0.0%)

1 がその, は尾沢

▼ いた平太郎~ (2, 0.0%)

1 が妖怪, の耳

▼ いた平安朝末期~ (2, 0.0%)

1 においてすでに, の人

▼ いた平野~ (2, 0.0%)

1 という家, と解釈

▼ いた平靖号~ (2, 0.0%)

1 の水夫一名, の船員たち

▼ いた平馬~ (2, 0.0%)

1 はすこし, はやっと

▼ いた年ごろ~ (2, 0.0%)

1 で顔つき格向, にもし

▼ いた年ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はこの, はもし

▼ いた年増女~ (2, 0.0%)

1 に近づい, の姿

▼ いた年配~ (2, 0.0%)

1 の人物, の武家

▼ いた年頃~ (2, 0.0%)

1 だったから, である

▼ いた幸内~ (2, 0.0%)

1 が, の眼

▼ いた幸吉~ (2, 0.0%)

1 は呆れ, は思った

▼ いた幸太郎~ (2, 0.0%)

1 という子供, への畏れ

▼ いた幻像~ (2, 0.0%)

1 に脈絡, に過ぎなかった

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 ない美少年, な友達

▼ いた幽か~ (2, 0.0%)

1 なほんとに, な夕暮れ

▼ いた幽霊~ (2, 0.0%)

1 である, に避け

▼ いた幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの空き地, とない

▼ いた幾人~ (2, 0.0%)

1 かの男, もが彼女

▼ いた幾多~ (2, 0.0%)

1 の人々, の犬

▼ いた広大~ (2, 0.0%)

1 なる革命, な土

▼ いた広間~ (2, 0.0%)

1 にはいっせいに, の電灯

▼ いた庄三郎~ (2, 0.0%)

1 の居ない, は佐藤

▼ いた庄司署長~ (2, 0.0%)

1 は初めて, は彼

▼ いた庄太~ (2, 0.0%)

1 が小声, の耳

▼ いた庄次郎~ (2, 0.0%)

1 が, が何気なく

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がふっとん, の長い

▼ いた床屋~ (2, 0.0%)

1 に蓬, の職人

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 にもし, はしんと

▼ いた座布団~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を体ごと

▼ いた庭ばん~ (2, 0.0%)

1 のじい, のじいさん

▼ いた庸介~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, は小松

▼ いた廊下~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, のこの

▼ いた建埴安彦~ (2, 0.0%)

2 の妻安田媛

▼ いた弁信さん~ (2, 0.0%)

1 その人, とやらの頭

▼ いた弁当~ (2, 0.0%)

1 を手, を開いた

▼ いた弟子~ (2, 0.0%)

1 の一人, の一名

▼ いた弟子たち~ (2, 0.0%)

1 が驚き, の上

▼ いた弥兵衛~ (2, 0.0%)

1 だったの, は三百円

▼ いた弥吉~ (2, 0.0%)

1 が細目, は土間

▼ いた弥次馬~ (2, 0.0%)

1 が一斉, は頭

▼ いた弱点~ (2, 0.0%)

1 はこの, を見抜かれた

▼ いた当初~ (2, 0.0%)

1 の金堂内, は左

▼ いた当家~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ いた当座~ (2, 0.0%)

1 でいくらか, の問題

▼ いた当時文学~ (2, 0.0%)

1 が宗教, に対する世間

▼ いた当然~ (2, 0.0%)

1 のむくい, の帰結

▼ いた当番~ (2, 0.0%)

1 の二等運転士ジョナサン, の警官

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は判官

▼ いた影法師~ (2, 0.0%)

1 がぎょっと, の三吉

▼ いた役所~ (2, 0.0%)

1 に, へ行っ

▼ いた彼等二人~ (2, 0.0%)

1 にとっては濃霧, も玄竜

▼ いた彼自身~ (2, 0.0%)

1 のもの, を見出し

▼ いた後ジリッ~ (2, 0.0%)

2 と身

▼ いた後刀~ (2, 0.0%)

2 を下げ

▼ いた後彼~ (2, 0.0%)

1 はだれ, はまた

▼ いた従兄弟~ (2, 0.0%)

1 の奥平勝吉, の左馬介光春

▼ いた従弟~ (2, 0.0%)

1 がある, の方

▼ いた御家人~ (2, 0.0%)

1 だったが, という名

▼ いた御所~ (2, 0.0%)

1 である, ではあり

▼ いた徳さん~ (2, 0.0%)

2 の喉

▼ いた徳川万太郎~ (2, 0.0%)

1 がとう, でした

▼ いた徳川家康~ (2, 0.0%)

1 などを加えた, もいきおい

▼ いた心身~ (2, 0.0%)

1 が驚かされた, も急

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 です, ん馬

▼ いた志士~ (2, 0.0%)

1 でありあたかも, の一人

▼ いた応接間~ (2, 0.0%)

1 の窓, を離れる

▼ いた忠義者~ (2, 0.0%)

1 でご, で生れ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 川和尚は, 男子風の

▼ いた快活~ (2, 0.0%)

1 な爽やか, な紳士

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が驚い, の友太郎

▼ いた怪塔ロケット~ (2, 0.0%)

1 が一つ, を空中

▼ いた怪塔王~ (2, 0.0%)

1 はこの, は顔

▼ いた怪我人~ (2, 0.0%)

1 が君, はかすか

▼ いた怪鳥~ (2, 0.0%)

1 のかげ, のこと

▼ いた恋人ら~ (2, 0.0%)

2 の魂

▼ いた恋愛~ (2, 0.0%)

1 はあんなに, は今や

▼ いた恐い~ (2, 0.0%)

1 兄弟子だった, 男なる

▼ いた恐竜~ (2, 0.0%)

1 のこと, の鼻

▼ いた恭ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がこの, が此頃

▼ いた息苦しい~ (2, 0.0%)

1 ような, 中庭に

▼ いた恰好~ (2, 0.0%)

1 があとあと, をする

▼ いた恵瓊~ (2, 0.0%)

1 はふと, もまた

▼ いた悪い~ (2, 0.0%)

1 感情を, 習慣に

▼ いた悪夢~ (2, 0.0%)

1 から醒め, がいよいよ

▼ いた悪運~ (2, 0.0%)

1 が今や, に突然

▼ いた悪鬼~ (2, 0.0%)

1 にいよいよ, のおどし

▼ いた悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 感情の

▼ いた意地~ (2, 0.0%)

1 からし, も何

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 いた勇齋, くべき十年前

▼ いた感想~ (2, 0.0%)

1 の最後, は全く

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 だったので, ですたすた

▼ いた慢心和尚~ (2, 0.0%)

1 からの御, をはじめ雲水

▼ いた憂い~ (2, 0.0%)

1 にみちた, のうち

▼ いた憂愁~ (2, 0.0%)

1 の色, はそれ自身

▼ いた憎々しい~ (2, 0.0%)

1 口調で, 調子だつた

▼ いた懐しい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 情慾が

▼ いた懐刀~ (2, 0.0%)

1 をポタリ, を打ち落とされ

▼ いた我が~ (2, 0.0%)

1 丸善が, 国家我が

▼ いた我儘~ (2, 0.0%)

1 な兄, な家老

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 といえよう, をよ

▼ いた戦国時代~ (2, 0.0%)

2 には首

▼ いた戦車~ (2, 0.0%)

1 の天井, はぐらぐら

▼ いた戯曲~ (2, 0.0%)

1 の世界, への興味

▼ いた戸外~ (2, 0.0%)

1 の声, の夜色

▼ いた手巾~ (2, 0.0%)

1 を君, を谷村

▼ いた手槍~ (2, 0.0%)

1 で焦れった, を引き

▼ いた手燭~ (2, 0.0%)

1 の火, を取り上げ

▼ いた手足~ (2, 0.0%)

1 が徐々に, が急

▼ いた手際~ (2, 0.0%)

1 で總兵衞, をほこる

▼ いた手頃~ (2, 0.0%)

1 の木, の石

▼ いた手首~ (2, 0.0%)

1 の根元, をはなし

▼ いた才能~ (2, 0.0%)

1 を何故, を延ばし得ない

▼ いた才蔵~ (2, 0.0%)

1 と燕作, は老僕

▼ いた払い~ (2, 0.0%)

1 の外, をすまし

▼ いた指圖~ (2, 0.0%)

1 ですが, をしました

▼ いた指紋~ (2, 0.0%)

1 が美代子, には左右両手

▼ いた捕吏~ (2, 0.0%)

1 が足早, は不意

▼ いた捕方~ (2, 0.0%)

1 にそれ, につかまえられ

▼ いた捕虜~ (2, 0.0%)

1 のわが子, はひとり

▼ いた掌中~ (2, 0.0%)

1 のナイフ, の石塊

▼ いた揚句~ (2, 0.0%)

1 になお, にやつ

▼ いた撫子~ (2, 0.0%)

1 にもそれ, をいつ

▼ いた支配人~ (2, 0.0%)

1 の貞八, はぽか

▼ いた政友会~ (2, 0.0%)

1 のメンバー達, はいつの間にか

▼ いた政子さん~ (2, 0.0%)

1 は暫く, をいきなり

▼ いた政宗~ (2, 0.0%)

1 だから, を饗応

▼ いた政権~ (2, 0.0%)

1 が久し振り, が平氏

▼ いた故人~ (2, 0.0%)

1 のため, の遺物

▼ いた教会~ (2, 0.0%)

1 の習慣, の鐘

▼ いた教室~ (2, 0.0%)

1 ああ一緒, と家庭

▼ いた教養~ (2, 0.0%)

1 の低い, の所産

▼ いた散歩~ (2, 0.0%)

1 にももう, にも出られず

▼ いた敬四郎~ (2, 0.0%)

1 の一味, へことさら

▼ いた敬虔~ (2, 0.0%)

1 な学生気分, な魅力

▼ いた数多~ (2, 0.0%)

2 の狼

▼ いた数年~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, の間

▼ いた数日~ (2, 0.0%)

1 ののち, の間

▼ いた数馬~ (2, 0.0%)

1 は思わず, も思わず

▼ いた敵兵~ (2, 0.0%)

1 である, のひとり

▼ いた敷石~ (2, 0.0%)

1 だけが家, の両側

▼ いた文句~ (2, 0.0%)

1 であるが, ですよ

▼ いた文字~ (2, 0.0%)

1 である, をそのまま

▼ いた文学上~ (2, 0.0%)

1 のいろいろ, の腕

▼ いた文明~ (2, 0.0%)

1 とを比べたら, は危険

▼ いた文次~ (2, 0.0%)

1 が飛び起き, と安

▼ いた文武~ (2, 0.0%)

1 の修行, の諸

▼ いた文芸~ (2, 0.0%)

1 の存在, を復興

▼ いた斎院~ (2, 0.0%)

1 がお, と尚侍

▼ いた料理番~ (2, 0.0%)

1 の吉, の嘉平次

▼ いた新之助~ (2, 0.0%)

1 は読み終る, は金五郎

▼ いた新妻~ (2, 0.0%)

1 であった, はもう

▼ いた新富座~ (2, 0.0%)

1 もすでに, を見物

▼ いた新蔵~ (2, 0.0%)

1 の姿, の母親

▼ いた旅人たち~ (2, 0.0%)

1 は, は今

▼ いた旅行者~ (2, 0.0%)

1 の一団, はまた

▼ いた旗本~ (2, 0.0%)

1 であった, や御家人

▼ いた旗本屋敷~ (2, 0.0%)

1 に出這入りし, の長屋

▼ いた既に~ (2, 0.0%)

1 前々回で, 此の世の

▼ いた日々~ (2, 0.0%)

1 の生活, を私たち

▼ いた日下部太郎~ (2, 0.0%)

1 はふと, は彼女達

▼ いた日向~ (2, 0.0%)

1 のよう, の白藤

▼ いた日本一太郎~ (2, 0.0%)

1 が, がこの

▼ いた日本刀~ (2, 0.0%)

1 の柄, を執った

▼ いた日本文化~ (2, 0.0%)

1 の急進性, の源流

▼ いた日野俊基~ (2, 0.0%)

1 は彼, もついに

▼ いた日頃~ (2, 0.0%)

1 の君, の愛馬

▼ いた旧道~ (2, 0.0%)

2 でがす

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 を告げた, を述べ終る

▼ いた旨く~ (2, 0.0%)

2 復讐を

▼ いた早耳三次~ (2, 0.0%)

1 が絶えず, は呆れる

▼ いた早足~ (2, 0.0%)

2 の燕作

▼ いた旺盛~ (2, 0.0%)

2 な生活力

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の疲弊, はそれ

▼ いた明るい~ (2, 0.0%)

1 光によって, 燈火が

▼ いた明智先生~ (2, 0.0%)

1 とかお, や小林少年

▼ いた明智光秀~ (2, 0.0%)

1 などは自分, は疾く

▼ いた明智茂朝~ (2, 0.0%)

1 と村越三十郎, や比

▼ いた易者~ (2, 0.0%)

1 の梅掌軒, の面相

▼ いた昔話~ (2, 0.0%)

1 なの, をし

▼ いた星条旗~ (2, 0.0%)

1 と真珠湾, を虎

▼ いた星田~ (2, 0.0%)

1 と津村, を鉄

▼ いた春吉君~ (2, 0.0%)

1 がふと, はその

▼ いた春日~ (2, 0.0%)

1 がつづき, は急

▼ いた春木少年~ (2, 0.0%)

1 と牛丸少年, はふい

▼ いた春重~ (2, 0.0%)

1 はふと, は闇

▼ いた時あいつ~ (2, 0.0%)

1 に踏み込まれた, の心

▼ いた時あなた~ (2, 0.0%)

1 が灯, の為

▼ いた時いま~ (2, 0.0%)

1 のマサ子, まで折々

▼ いた時そこ~ (2, 0.0%)

1 に一人, へきた

▼ いた時わたし~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は私自身

▼ いた時不意~ (2, 0.0%)

1 にこの, にまた

▼ いた時二人~ (2, 0.0%)

1 がどの, は研究室

▼ いた時代それ~ (2, 0.0%)

1 からあまり, はどこ

▼ いた時何~ (2, 0.0%)

1 かのはずみ, か買っ

▼ いた時僕~ (2, 0.0%)

1 に, をよろこばせよう

▼ いた時光~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ いた時分私~ (2, 0.0%)

1 は自分達, もよく

▼ いた時分誰~ (2, 0.0%)

1 の差し金, ひとりそれ

▼ いた時娘~ (2, 0.0%)

1 ははいっ, は彼

▼ いた時子~ (2, 0.0%)

1 と菊龍, を抱いた

▼ いた時母~ (2, 0.0%)

1 が十分, の魂

▼ いた時自分~ (2, 0.0%)

1 の事業, の後ろ

▼ いた時葉子~ (2, 0.0%)

1 から電話, が情

▼ いた時見舞~ (2, 0.0%)

2 に来

▼ いた時親~ (2, 0.0%)

1 でもある, なので

▼ いた普通~ (2, 0.0%)

1 の女, の郵便配達夫

▼ いた景岡秀三郎~ (2, 0.0%)

1 がフト, も興味的

▼ いた晴次~ (2, 0.0%)

1 はこの, は急

▼ いた智恵子~ (2, 0.0%)

1 の姪, の肖像

▼ いた智惠~ (2, 0.0%)

1 があらう, だつたの

▼ いた智慧~ (2, 0.0%)

1 は俄, 深い瞳

▼ いた暖かい~ (2, 0.0%)

1 しとねの上, 毛織りの

▼ いた暮松~ (2, 0.0%)

1 はほ, は急

▼ いた暴徒~ (2, 0.0%)

1 の見張り, を四散

▼ いた暴徒達何~ (2, 0.0%)

1 もいわず, も言わず

▼ いた暴風雨~ (2, 0.0%)

1 がこの, のあと

▼ いた曙新聞~ (2, 0.0%)

1 でも古顔, を受け取っ

▼ いた書家~ (2, 0.0%)

1 が持つ, の凌英

▼ いた書斎~ (2, 0.0%)

1 の内, を慕

▼ いた書物机~ (2, 0.0%)

1 の中, の奥

▼ いた書生さん~ (2, 0.0%)

1 が悪口, はこの

▼ いた書記たち~ (2, 0.0%)

1 がいっかな, が呼び集められた

▼ いた書面~ (2, 0.0%)

1 と継, を監理官

▼ いた最古~ (2, 0.0%)

1 の, の競馬場

▼ いた望み~ (2, 0.0%)

1 が灰, も空しく

▼ いた望遠鏡~ (2, 0.0%)

1 をはずす, を慣れた

▼ いた朝日~ (2, 0.0%)

1 とか敷島, の光り

▼ いた朝野~ (2, 0.0%)

1 だのに, の人士

▼ いた朝飯~ (2, 0.0%)

1 が溜飲, の道具

▼ いた朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の人々, の女性たち

▼ いた朝鮮人~ (2, 0.0%)

1 の事大的, もその

▼ いた木々~ (2, 0.0%)

1 によって蔽われ, もしずまり

▼ いた木の葉~ (2, 0.0%)

1 がもう, もやがて

▼ いた木剣~ (2, 0.0%)

1 はその, をダラリ

▼ いた木挽たち~ (2, 0.0%)

1 が, であった

▼ いた木簡~ (2, 0.0%)

1 である千七百年, は特に

▼ いた木綿~ (2, 0.0%)

1 の夜具, の浴衣

▼ いた未亡人~ (2, 0.0%)

1 が或, の頬

▼ いた未熟~ (2, 0.0%)

1 でやや, なもの

▼ いた未詳~ (2, 0.0%)

2 の指紋

▼ いた末何~ (2, 0.0%)

2 と思った

▼ いた末子~ (2, 0.0%)

1 の五男, は頭中将

▼ いた末席~ (2, 0.0%)

1 にジッ, の教員

▼ いた末弟~ (2, 0.0%)

1 のあまり, は京都大学

▼ いた末造~ (2, 0.0%)

1 の手, も次第に

▼ いた本多~ (2, 0.0%)

1 という人, も眼

▼ いた本当に~ (2, 0.0%)

1 うれしかった, 気の毒だ

▼ いた本社~ (2, 0.0%)

1 の, の同人

▼ いた本箱~ (2, 0.0%)

1 に今, の行方

▼ いた本館~ (2, 0.0%)

1 だよ, も今

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の古木, の木

▼ いた杉子~ (2, 0.0%)

1 に, は後

▼ いた李厳~ (2, 0.0%)

1 が永安城, の退職

▼ いた李張~ (2, 0.0%)

1 と云う, は夢

▼ いた李粛~ (2, 0.0%)

1 が, は兵

▼ いた材木~ (2, 0.0%)

1 である, の話

▼ いた村上~ (2, 0.0%)

1 がとつぜん, に声

▼ いた村井~ (2, 0.0%)

1 という青年, の言葉

▼ いた村人たち~ (2, 0.0%)

1 はその, は何

▼ いた村松検事~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, は無言

▼ いた村落~ (2, 0.0%)

1 の廃墟, や田園

▼ いた条件~ (2, 0.0%)

1 というの, を一さい

▼ いた東京者~ (2, 0.0%)

1 らしいお, らしい少年

▼ いた東儀与力~ (2, 0.0%)

1 は口書, は水桶

▼ いた東洋~ (2, 0.0%)

1 の神秘思想, は不潔

▼ いた松の木~ (2, 0.0%)

1 の枝, を見た

▼ いた松ヶ谷学士~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, がおどおど

▼ いた松五郎~ (2, 0.0%)

1 が急, はあわて

▼ いた松原~ (2, 0.0%)

1 となつ, を一散

▼ いた松吉~ (2, 0.0%)

1 と達也様, はやがて

▼ いた松次郎~ (2, 0.0%)

1 のお, はこう

▼ いた松浦~ (2, 0.0%)

1 が昨夜病院, は中江

▼ いた板張~ (2, 0.0%)

1 から出はずれる, にもんぺ

▼ いた林さん~ (2, 0.0%)

1 がきく, がす

▼ いた果て~ (2, 0.0%)

1 には手, に父

▼ いた果心居士~ (2, 0.0%)

1 がこつぜん, その人

▼ いた枯れ葉~ (2, 0.0%)

1 もいつか地, を取っ

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ いた柔かい~ (2, 0.0%)

1 物は, 黒毛糸の

▼ いた栄一~ (2, 0.0%)

1 は, はふと

▼ いた栗原山~ (2, 0.0%)

1 の春, の草庵

▼ いた校長先生~ (2, 0.0%)

1 であれば, は漸く

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 からの貧しい, が白く

▼ いた根岸~ (2, 0.0%)

1 が時, の地理

▼ いた根岸刑事~ (2, 0.0%)

1 は口, は石子

▼ いた根本原因~ (2, 0.0%)

2 である

▼ いた根雪~ (2, 0.0%)

1 が溶け, の底

▼ いた格子戸~ (2, 0.0%)

1 をがらり, を開け

▼ いた桃色~ (2, 0.0%)

1 と紫色, の五十銭札五枚

▼ いた案内者~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を呼び起し

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の木刀, の枝

▼ いた桔梗様~ (2, 0.0%)

1 だのに, を放した

▼ いた桟敷~ (2, 0.0%)

1 の裏, はすこし

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 も早速, を眼鏡

▼ いた梅雨時~ (2, 0.0%)

1 の空, も無事

▼ いた梅雪入道~ (2, 0.0%)

1 ではない, はくっ

▼ いた棍棒~ (2, 0.0%)

2 をとり直し

▼ いた棍棒みたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ いた棕櫚~ (2, 0.0%)

1 の植木鉢, の葉

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の上, は最

▼ いた森内君~ (2, 0.0%)

1 はどう, も無事

▼ いた森暁紅君~ (2, 0.0%)

2 から何

▼ いた森源~ (2, 0.0%)

1 にぽん, の家

▼ いた椋鳥~ (2, 0.0%)

1 のやう, をすっかり

▼ いた椰子~ (2, 0.0%)

1 の大木, の枯草

▼ いた楠木勢~ (2, 0.0%)

1 の乱刃, の全部

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 の木陰

▼ いた権六~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, はこの

▼ いた権田原先生~ (2, 0.0%)

1 だった, は思い出した

▼ いた横穴~ (2, 0.0%)

1 の中, を

▼ いた横笛~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を山千鳥

▼ いた横顔~ (2, 0.0%)

1 が目, が神々しい

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の幌, は三露里

▼ いた機関手~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ いた機関銃~ (2, 0.0%)

1 の音, をひろった

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 のう, を伐り出す

▼ いた欄干~ (2, 0.0%)

1 から二間, から飛び上がっ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の大木, や楢

▼ いた次の間~ (2, 0.0%)

1 の小夜子, の襖

▼ いた次男~ (2, 0.0%)

1 の保, の義時

▼ いた次郎吉~ (2, 0.0%)

1 はやがて, もこれ

▼ いた次長~ (2, 0.0%)

1 が遂に, ははっと

▼ いた欧米~ (2, 0.0%)

1 の文化, 諸民族

▼ いた歌妓~ (2, 0.0%)

1 は無邪気, を出し

▼ いた歌麿~ (2, 0.0%)

1 はそう, は突然

▼ いた正一~ (2, 0.0%)

1 の胃腸, も側

▼ いた正一君~ (2, 0.0%)

1 がこんな, が目

▼ いた正岡子規~ (2, 0.0%)

1 すらもぎりしや, は

▼ いた正面~ (2, 0.0%)

1 の御座, 大階段

▼ いた此山~ (2, 0.0%)

1 の北, を新

▼ いた此日記~ (2, 0.0%)

2 を再び

▼ いた武士ども~ (2, 0.0%)

1 が南部集五郎, が荒々しく

▼ いた武田さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, はむっくり

▼ いた武田方~ (2, 0.0%)

1 の旗本, の軍夫

▼ いた武者ばら~ (2, 0.0%)

1 の影, も

▼ いた武者所~ (2, 0.0%)

1 の若人たち, の雑賀隼人

▼ いた歩卒~ (2, 0.0%)

1 など, は

▼ いた歴史的~ (2, 0.0%)

1 な桎梏, な波瀾

▼ いた殊に~ (2, 0.0%)

1 彼の, 私に

▼ いた残り~ (2, 0.0%)

1 の一粒, の人

▼ いた殺人事件~ (2, 0.0%)

1 に始め, を発き

▼ いた殿~ (2, 0.0%)

1 の許, の駕内

▼ いた母堂~ (2, 0.0%)

1 が病床, が鼻緒

▼ いた母子~ (2, 0.0%)

1 のもの, の姿

▼ いた母屋~ (2, 0.0%)

1 であったが, とその

▼ いた母里太兵衛~ (2, 0.0%)

1 は地, や後藤右衛門

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ いた比田~ (2, 0.0%)

1 だの姉, はこの

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 とを顕微鏡, を顕微鏡

▼ いた毛唐~ (2, 0.0%)

1 の一等船客, の技師

▼ いた毛布問屋~ (2, 0.0%)

1 にいよいよ, に務める

▼ いた民主的~ (2, 0.0%)

1 な思想, な文学

▼ いた民政党~ (2, 0.0%)

1 の参事会員, は比較的

▼ いた民蔵~ (2, 0.0%)

1 はなお, はサッと

▼ いた気の毒~ (2, 0.0%)

1 な人たち, な女

▼ いた気味~ (2, 0.0%)

1 で暑苦しい, のわるい

▼ いた気苦労~ (2, 0.0%)

1 もない, も何

▼ いた気軽~ (2, 0.0%)

1 なよろこびの, な下宿生活

▼ いた水上~ (2, 0.0%)

1 という男, はたちまち

▼ いた水上機~ (2, 0.0%)

1 が四機, に乗り

▼ いた水兵~ (2, 0.0%)

1 だろう, の一人

▼ いた水兵ナイフ~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, だ

▼ いた水夫たち~ (2, 0.0%)

1 が何物, は一斉

▼ いた水夫長~ (2, 0.0%)

1 が天幕, の巨大

▼ いた水戸藩~ (2, 0.0%)

1 のなか, の人々

▼ いた水木~ (2, 0.0%)

1 の姿, は初めて

▼ いた永生~ (2, 0.0%)

2 の蝶

▼ いた汚い~ (2, 0.0%)

1 女が, 手拭いで

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 も, も癇

▼ いた沢村さん~ (2, 0.0%)

1 が大きな, が怒る

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の光景, は火山

▼ いた河内介~ (2, 0.0%)

1 は咄嗟, へ運

▼ いた河田~ (2, 0.0%)

1 が厚い, が眉毛

▼ いた沿岸~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の機業家

▼ いた法達~ (2, 0.0%)

1 は煙, も口

▼ いた法隆寺~ (2, 0.0%)

1 の問題, へ往

▼ いた波瑠子~ (2, 0.0%)

1 の宝石, は急

▼ いた注意力~ (2, 0.0%)

1 が解ける, はいくら

▼ いた注文~ (2, 0.0%)

1 が流れた, の時機

▼ いた泰軒先生~ (2, 0.0%)

1 の姿, はすでに

▼ いた洋傘~ (2, 0.0%)

1 が重, であの

▼ いた洞白~ (2, 0.0%)

2 の鬼女仮面

▼ いた洞窟~ (2, 0.0%)

1 の内壁, の秘密工場

▼ いた浅ましい~ (2, 0.0%)

1 境涯をも, 私でございます

▼ いた浅吉~ (2, 0.0%)

1 が今, という色男

▼ いた浅吉さん~ (2, 0.0%)

1 の姿, の顔

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 べである, もこの

▼ いた浜屋~ (2, 0.0%)

1 に二人, の主人

▼ いた浜田たち~ (2, 0.0%)

1 は嬉し, は頭

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ いた浪人体~ (2, 0.0%)

1 の怪し, の荒くれ武士たち

▼ いた浮氷~ (2, 0.0%)

1 が急, は一部

▼ いた浴衣~ (2, 0.0%)

1 の上, を脱い

▼ いた消極的~ (2, 0.0%)

1 な個人主義, な自虐性

▼ いた淀屋~ (2, 0.0%)

2 の独楽

▼ いた淡い~ (2, 0.0%)

1 夕日の, 興味を

▼ いた深川~ (2, 0.0%)

1 の大通り, の清砂アパート

▼ いた深谷夫人~ (2, 0.0%)

1 はどう, を捕え

▼ いた清二~ (2, 0.0%)

1 にとってこれ, は腫物

▼ いた清国~ (2, 0.0%)

1 の公使, の女の子

▼ いた清水~ (2, 0.0%)

1 の滴り, は決して

▼ いた渋沢~ (2, 0.0%)

1 が, の姿

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が骨折り損, は曾

▼ いた渡船~ (2, 0.0%)

1 の灯, の老爺

▼ いた渡辺天蔵~ (2, 0.0%)

1 は, は日吉

▼ いた温かい~ (2, 0.0%)

1 声である, 聲である

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 から汽笛, の大風

▼ いた湖岸~ (2, 0.0%)

1 の羽柴勢, の連中

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が冷める, に入った

▼ いた源一~ (2, 0.0%)

1 はおどろい, もやがて

▼ いた源三~ (2, 0.0%)

1 はしくしくしくしく, はふっと

▼ いた源中納言~ (2, 0.0%)

1 の処刑, の夫人

▼ いた源次郎~ (2, 0.0%)

1 は人, は新調

▼ いた滝口~ (2, 0.0%)

1 の衛士, や六波羅

▼ いた滝川一益~ (2, 0.0%)

1 である, の名

▼ いた漁船~ (2, 0.0%)

1 のとも, は打ち込み打ち込む

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 である, の陣営

▼ いた漢書~ (2, 0.0%)

1 の題簽, や歌書

▼ いた漱石~ (2, 0.0%)

1 の作品, の女

▼ いた潜水服~ (2, 0.0%)

1 がリーロフ, を着せられ

▼ いた澄夫~ (2, 0.0%)

1 はこの, は無

▼ いた澄子~ (2, 0.0%)

1 がはっと, も今井

▼ いた瀬川~ (2, 0.0%)

1 が見つけ, はおもむろに

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の生一本, の酒

▼ いた火傷~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の娘

▼ いた火消人足~ (2, 0.0%)

1 に何, の一人

▼ いた火縄~ (2, 0.0%)

1 に当っ, を振り照らす

▼ いた火薬~ (2, 0.0%)

1 に火, の樽一個

▼ いた火鉢~ (2, 0.0%)

1 を何, を寧国寺さん

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 があるだらう, 黒い布

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の中, の火

▼ いた為吉~ (2, 0.0%)

1 はふと, は不自然

▼ いた為替~ (2, 0.0%)

1 が家, はとうとう

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の羽音, 啼きや

▼ いた烏森~ (2, 0.0%)

1 の家, の方

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の色, はこの

▼ いた無定見性~ (2, 0.0%)

2 の可能性

▼ いた無花果~ (2, 0.0%)

1 の木, や上越

▼ いた煎餅~ (2, 0.0%)

2 の籠

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の死がい, も鹿

▼ いた熊谷~ (2, 0.0%)

1 の態度, や行田

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 ならば, はしだいに

▼ いた熱い~ (2, 0.0%)

1 唇が, 穴から

▼ いた燭台~ (2, 0.0%)

1 を抛り出す, を相手

▼ いた爆薬~ (2, 0.0%)

1 がモウ一度南鮮沿海, は大

▼ いた父子~ (2, 0.0%)

1 が水入らず, の二人

▼ いた牛丼~ (2, 0.0%)

2 は繊維

▼ いた牛若~ (2, 0.0%)

1 とは人間, は伴

▼ いた牢人たち~ (2, 0.0%)

1 が, もとうとう

▼ いた牢人てい~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ いた牢人ども~ (2, 0.0%)

1 はきのう悪戯, をみなごろ

▼ いた牢人者~ (2, 0.0%)

1 がむっくり, を一人

▼ いた牢獄~ (2, 0.0%)

1 の焼ける, の錠前

▼ いた牧場~ (2, 0.0%)

1 にも赤, へ行った

▼ いた牧子~ (2, 0.0%)

1 からの白い, と一緒

▼ いた牧師~ (2, 0.0%)

1 がおもむろに, も余り

▼ いた牧者~ (2, 0.0%)

1 の少年, らしい若者

▼ いた物珍~ (2, 0.0%)

1 らしい過去, らしそう

▼ いた物理学者~ (2, 0.0%)

1 である, にはルクレチウス

▼ いた物腰~ (2, 0.0%)

1 で彼, と云

▼ いた物語~ (2, 0.0%)

1 であります, のもう

▼ いた特殊~ (2, 0.0%)

1 な毛, の利益

▼ いた特高~ (2, 0.0%)

1 が直ぐ, に掴まった

▼ いた犬千代~ (2, 0.0%)

1 であった, もいつの間にか

▼ いた独逸人~ (2, 0.0%)

1 の一家, の老

▼ いた独逸語~ (2, 0.0%)

1 で書かれ, を廃め

▼ いた狭い~ (2, 0.0%)

1 世界から, 土地である

▼ いた猛獣たち~ (2, 0.0%)

1 は市民, もついに

▼ いた猛虎~ (2, 0.0%)

1 が餌, もいま

▼ いた猟銃~ (2, 0.0%)

1 をとりなおし, をゆわいつける

▼ いた猩々~ (2, 0.0%)

1 は, は怒り

▼ いた猩々緋~ (2, 0.0%)

1 の羽織, の陣羽織

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 のよう, の露店

▼ いた猿ども~ (2, 0.0%)

1 がバラバラ, が急

▼ いた獅子~ (2, 0.0%)

1 がさもさも, のよう

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が一匹, を見せられ

▼ いた玄米~ (2, 0.0%)

1 のにぎり飯, の握り飯

▼ いた玄蕃~ (2, 0.0%)

1 だった, の首

▼ いた玉枝~ (2, 0.0%)

1 が羅門, という女

▼ いた玉目三郎~ (2, 0.0%)

1 の眼, は阿賀妻

▼ いた玉鬘~ (2, 0.0%)

1 が起き上がった, の側面

▼ いた王主人~ (2, 0.0%)

2 は許宣

▼ いた王子~ (2, 0.0%)

1 はビックリ, は長々

▼ いた王朝~ (2, 0.0%)

1 でありました, で支那

▼ いた玩具~ (2, 0.0%)

1 が自身, の七面鳥

▼ いた理学博士~ (2, 0.0%)

1 のコックニー氏, の清木先生

▼ いた理窟~ (2, 0.0%)

2 を申し述べた

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 のこと, を今日

▼ いた瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 は木下, は眉一つ

▼ いた瑠美子~ (2, 0.0%)

1 と縁側, まで泣き出し

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が何, は

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 を巡査, を拾っ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 寧は, 蠅が

▼ いた甘糟近江守~ (2, 0.0%)

1 とも完全, は

▼ いた甚八~ (2, 0.0%)

1 が急, の首

▼ いた生きもの~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, ももちろん

▼ いた生き残り~ (2, 0.0%)

1 のうち, の連中

▼ いた生徒達~ (2, 0.0%)

1 がみんなお辞儀, は西

▼ いた生物~ (2, 0.0%)

1 はさて, はほとんど

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 から気持, の中

▼ いた田丸~ (2, 0.0%)

2 主水正

▼ いた田口一等卒~ (2, 0.0%)

1 にほかならなかった, に声

▼ いた田川夫人~ (2, 0.0%)

1 は肩越し, を海気

▼ いた田村俊子~ (2, 0.0%)

1 はその, はやがて

▼ いた田端~ (2, 0.0%)

1 のおじさん, や日暮里

▼ いた田舎者~ (2, 0.0%)

1 だった, のソレ

▼ いた田辺~ (2, 0.0%)

1 の家, 元博士

▼ いた由ちゃん~ (2, 0.0%)

2

▼ いた甲比丹~ (2, 0.0%)

2 の三次

▼ いた男たち~ (2, 0.0%)

1 のもっ, はどうか

▼ いた男妾~ (2, 0.0%)

1 がかえって, の浅吉

▼ いた男工~ (2, 0.0%)

1 の眼, も寄っ

▼ いた男性~ (2, 0.0%)

1 のイメージ, の面影

▼ いた町会~ (2, 0.0%)

1 が解散, の金

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 のよう, を売っ

▼ いた畑柳倭文子~ (2, 0.0%)

2 と茂少年

▼ いた畔柳博士~ (2, 0.0%)

1 がごく, が黒っぽい

▼ いた留守中~ (2, 0.0%)

2 の出来事

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の大将, の武者

▼ いた番町方面~ (2, 0.0%)

2 の避難者

▼ いた異人~ (2, 0.0%)

1 が四人, が妙

▼ いた異国~ (2, 0.0%)

1 との談判, の仏像

▼ いた異常素質~ (2, 0.0%)

1 がドッ, が興奮曲線

▼ いた異様~ (2, 0.0%)

1 な手つき, な美し

▼ いた疑い~ (2, 0.0%)

1 が微塵, は一掃

▼ いた疑念~ (2, 0.0%)

1 は主人, もひとりでに

▼ いた疲れ~ (2, 0.0%)

1 のため, を感じず

▼ いた痛々し~ (2, 0.0%)

1 さが, さは

▼ いた痣蟹~ (2, 0.0%)

1 が深更, の軽

▼ いた発明~ (2, 0.0%)

1 の方, をアメリカ人

▼ いた発電所~ (2, 0.0%)

1 のポスター, もついに

▼ いた白ワイシャツ~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ いた白娘子~ (2, 0.0%)

2 が不意

▼ いた白崎~ (2, 0.0%)

1 が, はいきなり

▼ いた白痴~ (2, 0.0%)

1 のマリ, の娘

▼ いた白眼~ (2, 0.0%)

1 と出来る, 迄をも現す

▼ いた白雲~ (2, 0.0%)

1 の眼, の耳

▼ いた白髪小僧~ (2, 0.0%)

1 の藍丸王, は何

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 はふい, は転ぶ

▼ いた百人~ (2, 0.0%)

1 にちかい, の女兵

▼ いた百城~ (2, 0.0%)

1 が四ツ本, として気

▼ いた百姓家~ (2, 0.0%)

1 の人, の爺

▼ いた皇居九門~ (2, 0.0%)

2 の警衛

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がつるりと, や靴

▼ いた皮膚~ (2, 0.0%)

1 の脂気, はじいわり

▼ いた盧植~ (2, 0.0%)

1 という人物, はその

▼ いた目的~ (2, 0.0%)

1 も偶然, を追求

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の少年, の琵琶

▼ いた盲人~ (2, 0.0%)

1 のよう, の組合

▼ いた盲縞~ (2, 0.0%)

1 の布子, の筒袖

▼ いた直人~ (2, 0.0%)

1 のこめかみ, の両

▼ いた相川良之介~ (2, 0.0%)

1 であった, の様子

▼ いた相木熊楠~ (2, 0.0%)

1 だった, はふり顧

▼ いた相良金吾~ (2, 0.0%)

1 が前, という人

▼ いた省三~ (2, 0.0%)

1 はふと, は不

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の小, の青

▼ いた眉香子~ (2, 0.0%)

1 が長襦袢, は非常

▼ いた看護人~ (2, 0.0%)

1 は不馴れ, や女中達

▼ いた看護卒~ (2, 0.0%)

1 はホヤ, も軍医

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 斎が, 斎とて

▼ いた真紅~ (2, 0.0%)

1 な顔, の大輪

▼ いた真鍮~ (2, 0.0%)

1 のサイン, の喇叭

▼ いた真面目~ (2, 0.0%)

1 な人々, な女

▼ いた眺め~ (2, 0.0%)

1 が悲しい, は侘しかっ

▼ いた眼つき~ (2, 0.0%)

1 でそう, で話したい

▼ いた眼差し~ (2, 0.0%)

1 をむけた, を向け

▼ いた知事~ (2, 0.0%)

1 の顔色, はチチコフ

▼ いた知合い~ (2, 0.0%)

1 の医員, の女

▼ いた知己~ (2, 0.0%)

1 とは違っ, の女

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 かいタバコ, 身長剣の

▼ いた短冊~ (2, 0.0%)

1 と右, を下

▼ いた石仏~ (2, 0.0%)

1 だったろうか, を踏み台

▼ いた石福海少年~ (2, 0.0%)

1 だったの, はどう

▼ いた石鹸~ (2, 0.0%)

1 が垢, のついた

▼ いた砂利~ (2, 0.0%)

1 の一番, の上

▼ いた砂原~ (2, 0.0%)

1 の小, を

▼ いた砂壁~ (2, 0.0%)

2 がいま

▼ いた研究~ (2, 0.0%)

1 の一つ, は

▼ いた研究所~ (2, 0.0%)

1 でも若い, で一番月給

▼ いた破片~ (2, 0.0%)

1 の方, より沢山

▼ いた破綻~ (2, 0.0%)

1 が今日, の因子

▼ いた硝子~ (2, 0.0%)

1 が光, の破片

▼ いた硝子天井~ (2, 0.0%)

1 が一瞬間, が突然

▼ いた碁石~ (2, 0.0%)

1 も人知れず, をばらりと

▼ いた確証~ (2, 0.0%)

1 が発見, なしとの

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 くさい手拭, の香

▼ いた磯野~ (2, 0.0%)

1 やお, を世

▼ いた社交界~ (2, 0.0%)

1 から惜気, の用心深い

▼ いた社会層~ (2, 0.0%)

1 とその, の婦人作家

▼ いた祇園藤次~ (2, 0.0%)

1 が, の成れの果て

▼ いた神取~ (2, 0.0%)

2 新十郎

▼ いた神楽坂~ (2, 0.0%)

1 の女, の通り

▼ いた神社~ (2, 0.0%)

1 のお札, の拝殿

▼ いた福太郎~ (2, 0.0%)

1 はびっくり, はやがて

▼ いた福松~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, は

▼ いた禿鷹~ (2, 0.0%)

1 がぎょ, はそれ

▼ いた秀才~ (2, 0.0%)

1 だったの, であり万事目

▼ いた秋草~ (2, 0.0%)

1 でしたたか, をさえ

▼ いた秘帖~ (2, 0.0%)

1 をとっ, をスルリ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 子は, 市を

▼ いた種子~ (2, 0.0%)

1 がピオ自身, の衣類

▼ いた種類~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 だ, もなく

▼ いた穀物~ (2, 0.0%)

1 は輸入, を徐々に

▼ いた積極的~ (2, 0.0%)

1 な主題, な現世

▼ いた穏やか~ (2, 0.0%)

1 な人, な海

▼ いた穢い~ (2, 0.0%)

1 婆が, 財布

▼ いた空俵~ (2, 0.0%)

1 の畳, の縄

▼ いた空地~ (2, 0.0%)

1 の一部, もついに

▼ いた空模様~ (2, 0.0%)

1 が一時, は夜

▼ いた空間~ (2, 0.0%)

1 にあちこち, は内容的

▼ いた空魔艦~ (2, 0.0%)

1 が出発, の隊長

▼ いた窓掛~ (2, 0.0%)

1 の間, をマクリ

▼ いた窮屈さ~ (2, 0.0%)

1 をこの, を一ぺん

▼ いた竜一~ (2, 0.0%)

1 が春子, が言った

▼ いた競馬場~ (2, 0.0%)

1 の馬糞さらい, を見

▼ いた竹刀~ (2, 0.0%)

1 と目録, をヒョイ

▼ いた竹山茂樹~ (2, 0.0%)

1 がコダック, のこと

▼ いた竹筒~ (2, 0.0%)

1 が左右, へその

▼ いた竹箒~ (2, 0.0%)

1 を両手, を私たち

▼ いた竿~ (2, 0.0%)

1 を上げ, を置く

▼ いた笑い~ (2, 0.0%)

1 を放つ, を爆発

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 である, とはどうしても

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 へをし

▼ いた箇所~ (2, 0.0%)

1 がありました, に近づき

▼ いた箕部五兵衛~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 に写生文, まで聞こえる

▼ いた築地~ (2, 0.0%)

1 の家, や金助町

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 から飛びすさらせた, を下ろさせ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 な方, な舞台

▼ いた精力~ (2, 0.0%)

1 が全く, を使いつくし

▼ いた紀州~ (2, 0.0%)

1 の亀蔵, や熊野

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 や緑, ゐの

▼ いた紅木大臣~ (2, 0.0%)

1 の邸宅, の髪毛

▼ いた紅葉~ (2, 0.0%)

1 の錦, はそろそろ

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ いた納屋~ (2, 0.0%)

1 から火, で其處

▼ いた純白~ (2, 0.0%)

1 の夜会服, の無

▼ いた純粋~ (2, 0.0%)

1 な朝臣たち, な歓喜

▼ いた素人下宿~ (2, 0.0%)

1 の一つ, は一番奥

▼ いた紫色~ (2, 0.0%)

1 の光, の御

▼ いた細かい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 表情は

▼ いた細川三斎~ (2, 0.0%)

1 から見れ, がしきりに

▼ いた細川顕氏~ (2, 0.0%)

1 も畠山国清, や畠山国清の

▼ いた結晶~ (2, 0.0%)

1 の水分子, まで天然

▼ いた絢子~ (2, 0.0%)

1 という二十四五, はどうしても

▼ いた給仕女~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, が帳場

▼ いた絵師~ (2, 0.0%)

1 の露月, は何

▼ いた絵本~ (2, 0.0%)

1 の上, の絵

▼ いた絵馬~ (2, 0.0%)

1 の全身, を一枚無心

▼ いた綴じ紙~ (2, 0.0%)

1 を引き上げ, を片手

▼ いた綺麗~ (2, 0.0%)

1 な山田夫人, な往生

▼ いた緋房~ (2, 0.0%)

1 が現場, を発見

▼ いた線香~ (2, 0.0%)

1 の燃え, もついに

▼ いた編物~ (2, 0.0%)

1 をとりだし, を奥座敷

▼ いた縁側~ (2, 0.0%)

1 である, によって来た

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が崩れ, のねあれ

▼ いた縫物~ (2, 0.0%)

1 を投げすてる, を投げ出し

▼ いた繭買~ (2, 0.0%)

2 の銀六老人

▼ いた缶詰~ (2, 0.0%)

1 も酒壜, を頭

▼ いた罪悪~ (2, 0.0%)

2 がいかに

▼ いた署長~ (2, 0.0%)

1 は始め, は年

▼ いた羅紗~ (2, 0.0%)

1 のサンプル, のモジリ

▼ いた羅門~ (2, 0.0%)

1 が, は袋

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 飼いたち, 飼いの

▼ いた羊羹~ (2, 0.0%)

2 の折箱

▼ いた美作~ (2, 0.0%)

1 が驚き, の胸

▼ いた美濃~ (2, 0.0%)

1 の女, の長

▼ いた義竜~ (2, 0.0%)

1 の近侍, はその

▼ いた義経~ (2, 0.0%)

1 はいる, も許される

▼ いた義貞~ (2, 0.0%)

1 にもようやく, もこれ

▼ いた義通~ (2, 0.0%)

1 にその, はいくら元

▼ いた義雄さん~ (2, 0.0%)

1 はなん, をお呼び

▼ いた羽柴軍~ (2, 0.0%)

1 がそんな, の第

▼ いた羽織袴~ (2, 0.0%)

1 が, の侍

▼ いた翻訳~ (2, 0.0%)

1 の手伝い, の筆

▼ いた耀蔵~ (2, 0.0%)

1 であった, を背中

▼ いた老人女子供達~ (2, 0.0%)

2 の十人

▼ いた老僕~ (2, 0.0%)

1 なの, の耳

▼ いた老妓~ (2, 0.0%)

1 が其の, は三味線

▼ いた耕地~ (2, 0.0%)

1 の所, の畔

▼ いた耶馬台~ (2, 0.0%)

1 の左翼, の軍

▼ いた聖書~ (2, 0.0%)

1 から自分, の背革

▼ いた職長~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が見つかるだろう

▼ いた肉慾描写~ (2, 0.0%)

2 や不倫

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 を一寸, を窓縁

▼ いた肱掛椅子~ (2, 0.0%)

1 のところ, を見る

▼ いた肺病~ (2, 0.0%)

1 のため, も手伝った

▼ いた背広服~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の低い醜い, を引伸し

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 だけが苺, でいった

▼ いた腕時計~ (2, 0.0%)

1 のこと, を見た

▼ いた腰掛~ (2, 0.0%)

1 が大きな, の見える

▼ いた腰掛け~ (2, 0.0%)

1 を見た, を起し

▼ いた腹心~ (2, 0.0%)

1 の家来, の早川主膳

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の久八, の痛み

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 斎の, 物木の

▼ いた自分ら~ (2, 0.0%)

1 の迂, は開いた

▼ いた自家~ (2, 0.0%)

1 の文学的態度, の船便

▼ いた自尊心~ (2, 0.0%)

1 の膿, は今や

▼ いた自然主義~ (2, 0.0%)

1 は自身, や頽廃主義

▼ いた自身~ (2, 0.0%)

1 のロマンティシズム, へという悲壮

▼ いた自転車~ (2, 0.0%)

1 に飛び乗っ, のライト

▼ いた興味~ (2, 0.0%)

1 が猛然と, が見る見る醒め

▼ いた興奮~ (2, 0.0%)

1 から自分, のうち

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 はコンニャク, は半

▼ いた船宿~ (2, 0.0%)

1 の千本, を出

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 と共に辛苦, にはボート

▼ いた良い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 娘です

▼ いた良平~ (2, 0.0%)

1 が眼, の腕

▼ いた色合~ (2, 0.0%)

1 なの, のコート

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 すがた, に木目

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が堰, もぽかぽか

▼ いた花宝玉~ (2, 0.0%)

1 がもう, は成

▼ いた花村~ (2, 0.0%)

1 が主人公, もにわかに

▼ いた花瓶~ (2, 0.0%)

1 に生け, をあわや

▼ いた芳太郎~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, が橋廊下

▼ いた芳子~ (2, 0.0%)

1 も急, を急

▼ いた芳子さん~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は其の

▼ いた芳江姫~ (2, 0.0%)

1 がとうとう, は歓喜

▼ いた芸術心~ (2, 0.0%)

1 が燃えあがり, に点火

▼ いた若い美しい~ (2, 0.0%)

1 人の, 女が

▼ いた若君~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, は皆

▼ いた若干~ (2, 0.0%)

1 の日, の神

▼ いた若造~ (2, 0.0%)

2 があった

▼ いた苦し~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ いた苦悩~ (2, 0.0%)

1 などを蔵, の皺

▼ いた苦悶~ (2, 0.0%)

1 の表情, を何

▼ いた苦痛~ (2, 0.0%)

1 が復, の叫び

▼ いた英吉~ (2, 0.0%)

1 に倒れかかっ, は日蝕

▼ いた茂少年~ (2, 0.0%)

1 がおびえ, を黙らせ

▼ いた茜色~ (2, 0.0%)

1 の光り, を帯びた

▼ いた茶の間~ (2, 0.0%)

1 の柱, の縁

▼ いた茶室~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, を造っ

▼ いた茶席~ (2, 0.0%)

1 の主人, の広間

▼ いた茶釜~ (2, 0.0%)

1 の後ろ, の破片

▼ いた草原~ (2, 0.0%)

1 でわざと, を俵

▼ いた草双紙~ (2, 0.0%)

1 をこの, を投げ捨てる

▼ いた草叢~ (2, 0.0%)

1 に落ち, の中

▼ いた草心尼~ (2, 0.0%)

2 と覚一

▼ いた荒い~ (2, 0.0%)

1 時代の, 滝縞の

▼ いた荒地~ (2, 0.0%)

1 が青々, の中

▼ いた荒木~ (2, 0.0%)

1 の婆さん, の麾下

▼ いた荒木村重~ (2, 0.0%)

1 がそこ, が一転

▼ いた荒畑~ (2, 0.0%)

1 にきのう雑役, は泣き出し

▼ いた荒縄~ (2, 0.0%)

1 の大, を巻き付けた

▼ いた荘田~ (2, 0.0%)

1 の娘美奈子, は急

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 を取り落し, を浅井

▼ いた菅谷重二博士~ (2, 0.0%)

1 がこの, が受けもつ

▼ いた菊之丞~ (2, 0.0%)

1 が, はふと

▼ いた菊子~ (2, 0.0%)

1 の同情者, はまた

▼ いた菊村宮内~ (2, 0.0%)

1 は消え, もむかし

▼ いた菊池寛~ (2, 0.0%)

1 が, は大正九年朝日新聞

▼ いた菓子~ (2, 0.0%)

1 や果物, や酒

▼ いた菩提山~ (2, 0.0%)

1 のふもと, の松琴尼さま

▼ いた萩乃~ (2, 0.0%)

1 の立ち姿, は侍女

▼ いた葛岡~ (2, 0.0%)

1 がどうして, の頭

▼ いた葛籠~ (2, 0.0%)

1 の傍, の始末

▼ いた葦毛~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ いた葬儀屋~ (2, 0.0%)

1 で身内, はその

▼ いた蒋幹~ (2, 0.0%)

1 だろう, はもちろん

▼ いた蒲田~ (2, 0.0%)

1 の矢口, はもっと

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が取りのけられ, 織りの

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の花, の葉

▼ いた蕎麦~ (2, 0.0%)

1 の笊, はうまい

▼ いた蕪村~ (2, 0.0%)

1 について考える, は他

▼ いた薄い~ (2, 0.0%)

1 粗末な, 雪の下から

▼ いた薩摩絣~ (2, 0.0%)

1 である, は妙

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の色, の長房

▼ いた藤作~ (2, 0.0%)

1 が叫んだ, なの

▼ いた藤枝~ (2, 0.0%)

1 が私, は笹田執事

▼ いた藤野先生~ (2, 0.0%)

1 にもお, の講義

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の汽船, もあった

▼ いた虎井博士~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, がとなり

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がしきりに, が今年

▼ いた蛭田博士~ (2, 0.0%)

1 ではありません, はひらき

▼ いた蜀兵~ (2, 0.0%)

1 が手, はそれ

▼ いた蜀軍~ (2, 0.0%)

1 が曹操, の南蛮部隊

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 を巧, を気短

▼ いた蝦夷~ (2, 0.0%)

1 とがまた, と今

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が実は, の力

▼ いた蟹江~ (2, 0.0%)

1 の表情, はすっかり

▼ いた蠅男~ (2, 0.0%)

1 のため, はどう

▼ いた血みどろ~ (2, 0.0%)

1 の小川, の腕

▼ いた血汐~ (2, 0.0%)

1 が音, の跡

▼ いた行動~ (2, 0.0%)

1 でしたから, にかかる

▼ いた行李~ (2, 0.0%)

1 でその, を担ぎ上げた

▼ いた行燈~ (2, 0.0%)

1 が不意, にさぐり

▼ いた行脚~ (2, 0.0%)

1 の僧, の旅僧

▼ いた衛門督~ (2, 0.0%)

1 の胸, もその

▼ いた衣裳~ (2, 0.0%)

1 おそらく直垂, を静か

▼ いた表具屋~ (2, 0.0%)

2 の息子

▼ いた表現~ (2, 0.0%)

1 でもそれ, の欲望

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の中, の襟

▼ いた袁紹~ (2, 0.0%)

1 は何事, も大いに

▼ いた袋物屋~ (2, 0.0%)

1 と一つ汽車, を暇

▼ いた被衣~ (2, 0.0%)

1 が落ちた, を小さく

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 であった, の紐

▼ いた裁縫~ (2, 0.0%)

1 の弟子達, を母

▼ いた裏庭~ (2, 0.0%)

1 に忍び込ん, の遙

▼ いた裏日本~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ いた裸人足~ (2, 0.0%)

1 のひとり, を見かける

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がみ, に河獺

▼ いた襟飾~ (2, 0.0%)

1 の横っちょ, を見せる

▼ いた西瓜~ (2, 0.0%)

1 売りが, 売りの

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 介は, 太という

▼ いた要求~ (2, 0.0%)

1 である, を初めて

▼ いた見世物~ (2, 0.0%)

1 である, の雇い人

▼ いた見事~ (2, 0.0%)

1 なもん, な黒馬

▼ いた見物人~ (2, 0.0%)

1 が又, を捉え

▼ いた見覚え~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ いた規矩男~ (2, 0.0%)

1 にかの女, は急

▼ いた親しい~ (2, 0.0%)

1 人達の, 信頼に

▼ いた親たち~ (2, 0.0%)

1 が道, にさっそく

▼ いた親分~ (2, 0.0%)

1 の与兵衛, もこれ

▼ いた親父~ (2, 0.0%)

1 が頭, をまた

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ いた観衆~ (2, 0.0%)

1 がなつかしい, もあった

▼ いた解放運動~ (2, 0.0%)

1 のなか, はその

▼ いた解釈~ (2, 0.0%)

1 があった, と信長

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 だと, も心

▼ いた記念~ (2, 0.0%)

1 すべき年, の建物

▼ いた記者たち~ (2, 0.0%)

1 にも飲みません, はたいてい

▼ いた許嫁~ (2, 0.0%)

1 のお, の夫

▼ いた証左~ (2, 0.0%)

1 としてここ, とする

▼ いた証拠物件~ (2, 0.0%)

1 のあの, をここ

▼ いた証明~ (2, 0.0%)

1 にはならない, をし

▼ いた証跡~ (2, 0.0%)

1 がある, に対する細かい

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がかなり, は敵

▼ いた評判~ (2, 0.0%)

1 の夫婦, の怪しい

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 は, もよし

▼ いた詩集~ (2, 0.0%)

1 の全巻, の題

▼ いた説明~ (2, 0.0%)

1 の箇所, をし

▼ いた調所~ (2, 0.0%)

1 が筆, が首

▼ いた論文~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, なの

▼ いた諸君~ (2, 0.0%)

1 の仕事, はここ

▼ いた諸国~ (2, 0.0%)

1 の勢, 諸大名

▼ いた證據~ (2, 0.0%)

1 は歌, を發見

▼ いた警察署~ (2, 0.0%)

1 に頼ん, を夢中

▼ いた議一~ (2, 0.0%)

1 がふと, が立ち上っ

▼ いた護衛~ (2, 0.0%)

1 の者達, の警官

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の中, の方

▼ いた谷山家~ (2, 0.0%)

1 の忌わしい, の養嗣子

▼ いた谷間~ (2, 0.0%)

1 が早, の町

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 を投げ捨てる, を数多

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が彼等, を買い入れ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 に使われてる, や犀

▼ いた貂蝉~ (2, 0.0%)

1 がその, も泣い

▼ いた貞雄~ (2, 0.0%)

1 が血, は気の毒

▼ いた貧しい~ (2, 0.0%)

1 夫婦ものであったらしい, 家庭の

▼ いた貧乏~ (2, 0.0%)

1 なお, な書生さん秋田

▼ いた貧乏神~ (2, 0.0%)

1 が出, じゃ

▼ いた貧民~ (2, 0.0%)

1 が一時, を戸ごと

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 夫人は

▼ いた貴族~ (2, 0.0%)

1 は文化, や

▼ いた貴様~ (2, 0.0%)

1 とどっち, は大

▼ いた資源~ (2, 0.0%)

1 を利用, を奪っ

▼ いた賢二少年~ (2, 0.0%)

1 がびっくり, までみつかっ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 しい武人, の男

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 っぽい頭髪, る味

▼ いた赤坊~ (2, 0.0%)

1 の泣く, は喜ん

▼ いた赤埴源蔵~ (2, 0.0%)

2

▼ いた赤子~ (2, 0.0%)

1 が急, の着物

▼ いた赤帽~ (2, 0.0%)

1 の一人, の顔

▼ いた赤蜻蛉~ (2, 0.0%)

1 が驚い, で形

▼ いた赤軍~ (2, 0.0%)

1 のため, は一人

▼ いた赭顔~ (2, 0.0%)

1 の喰い肥った, の客

▼ いた越後~ (2, 0.0%)

1 の上杉謙信, の士

▼ いた趣き~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ いた足もと~ (2, 0.0%)

1 に一, の辺り

▼ いた足利~ (2, 0.0%)

1 の大殿, 又太郎

▼ いた足利方~ (2, 0.0%)

1 の武士, の潜兵

▼ いた足利軍~ (2, 0.0%)

1 は瀬田, をはるか

▼ いた足利高氏~ (2, 0.0%)

1 のうごき, もまた

▼ いた足取り~ (2, 0.0%)

1 で呂将軍, で家

▼ いた足袋~ (2, 0.0%)

1 の風呂敷包み, をはき

▼ いた足軽たち~ (2, 0.0%)

1 が, のところ

▼ いた足音~ (2, 0.0%)

1 は, はにわかにぴたり

▼ いた足首~ (2, 0.0%)

1 は焼金, は燒金

▼ いた足駄~ (2, 0.0%)

1 の跡, をほうり出し

▼ いた距離~ (2, 0.0%)

1 を取り戻し, を遠く

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 ともなく, の長

▼ いた路傍~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の松

▼ いた踊子~ (2, 0.0%)

1 の中, を見

▼ いた軍兵~ (2, 0.0%)

1 なども北白川, の列

▼ いた軍刀~ (2, 0.0%)

1 の柄, を高く

▼ いた軍艦淡路~ (2, 0.0%)

1 の陸戦隊員, はいつの間にか

▼ いた軟体動物~ (2, 0.0%)

1 が生き, の進化

▼ いた転軫~ (2, 0.0%)

2 に掛る

▼ いた軽輩~ (2, 0.0%)

1 がしでかす, じゃ

▼ いた辛抱~ (2, 0.0%)

2 のおかげ

▼ いた農学士~ (2, 0.0%)

2 の渡辺忠吾君

▼ いた農民達~ (2, 0.0%)

1 が再び, を軽く

▼ いた迎え~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の提燈

▼ いた近藤勇~ (2, 0.0%)

1 に依田学海, に合図

▼ いた近衛~ (2, 0.0%)

1 の一軍曹, 前久

▼ いた返辞~ (2, 0.0%)

1 が茶の間あたり, とは返辞

▼ いた迷亭~ (2, 0.0%)

1 はそう, も鼻子

▼ いた迷宮~ (2, 0.0%)

1 に忽焉, のよう

▼ いた追分~ (2, 0.0%)

1 の宿, の脇本陣

▼ いた追憶~ (2, 0.0%)

1 の記, はすべて

▼ いた追手~ (2, 0.0%)

1 の一人, の胡見沢

▼ いた逍遙~ (2, 0.0%)

1 などに対立, は文学者

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がもし, 徹るよう

▼ いた通い~ (2, 0.0%)

1 の手伝, の門弟たち

▼ いた通りのら犬~ (2, 0.0%)

2 のたぐい

▼ いた通り外記~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, は丁度

▼ いた通信兵~ (2, 0.0%)

1 が背中, はこの

▼ いた通信士~ (2, 0.0%)

1 が両, の体

▼ いた逞しい~ (2, 0.0%)

1 のが, 鍛冶か

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ いた進歩的~ (2, 0.0%)

1 な勤労階級, な学者

▼ いた遊女~ (2, 0.0%)

1 が花柳病, のひとり

▼ いた遊星~ (2, 0.0%)

1 が崩壊, はだんだん

▼ いた遊部~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は冷笑

▼ いた道人~ (2, 0.0%)

2 はびっくり

▼ いた道夫~ (2, 0.0%)

1 ははっ, は尖

▼ いた道徳~ (2, 0.0%)

1 というもの, は一視同人

▼ いた達ちゃん~ (2, 0.0%)

1 と正ちゃん, にも意外

▼ いた遠く~ (2, 0.0%)

1 の山々, の海面

▼ いた遠慮~ (2, 0.0%)

1 も今日, 深い表情

▼ いた遠眼鏡~ (2, 0.0%)

1 の度, を取っ

▼ いた郊外~ (2, 0.0%)

1 の或, の景色

▼ いた部屋部屋~ (2, 0.0%)

1 のちんまり, もひとつ

▼ いた部落~ (2, 0.0%)

1 であった現在, との纔

▼ いた部隊~ (2, 0.0%)

1 が五条, をこめ

▼ いた郵便局長~ (2, 0.0%)

1 が不意, はまた

▼ いた郷士~ (2, 0.0%)

1 の家, はうしろ

▼ いた酒壺~ (2, 0.0%)

1 の中, を草

▼ いた酒樽~ (2, 0.0%)

1 の土間, を邪慳

▼ いた酒瓶~ (2, 0.0%)

1 をレンズ, を開い

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がすーっ, が急

▼ いた重み~ (2, 0.0%)

1 が眼, のある

▼ いた重役~ (2, 0.0%)

1 にこの, に対する不満

▼ いた野原~ (2, 0.0%)

1 であった, や少女アリス

▼ いた野心的~ (2, 0.0%)

1 な棋師, な若

▼ いた野性~ (2, 0.0%)

1 だった, と征服慾

▼ いた野武士てい~ (2, 0.0%)

1 の客, の男たち

▼ いた野薔薇~ (2, 0.0%)

1 の木, の白い

▼ いた野蛮~ (2, 0.0%)

1 な時代, な横田

▼ いた金ピカ~ (2, 0.0%)

1 のいかめしい, の警務署長

▼ いた金作~ (2, 0.0%)

1 も何, を皆

▼ いた金剛杖~ (2, 0.0%)

1 の真中, をズッ

▼ いた金吾~ (2, 0.0%)

1 です, のからだ

▼ いた金庫~ (2, 0.0%)

1 でした, に手

▼ いた金扇~ (2, 0.0%)

1 へ, を思わず

▼ いた金椎~ (2, 0.0%)

1 が一種異様, は暫く

▼ いた金次~ (2, 0.0%)

1 はたちまち, は圧し

▼ いた金瘡~ (2, 0.0%)

1 がやぶれ, ことごとくやぶれ

▼ いた金蔵~ (2, 0.0%)

1 が何, はこの

▼ いた金銀~ (2, 0.0%)

1 などは今誰, や名物もの

▼ いた金銀珠玉衣服~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 にぶら下げた, へかけ

▼ いた針目博士~ (2, 0.0%)

1 がこんど, が苦し

▼ いた釣竿~ (2, 0.0%)

1 をあげ, をゆらりゆらりと

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 はさわやか, をポケット

▼ いた鈴木~ (2, 0.0%)

1 がカンテラ, の兄

▼ いた鈴田~ (2, 0.0%)

1 が平木中佐, のほう

▼ いた鉄瓶~ (2, 0.0%)

1 の湯, を五徳

▼ いた鉢盂~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ いた鉱山~ (2, 0.0%)

1 が五つ六つ, のうち

▼ いた銀貨~ (2, 0.0%)

1 だがと, をその

▼ いた銃手~ (2, 0.0%)

1 がターン, や指揮者

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, を落とした

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の先, を休めた

▼ いた鋭い~ (2, 0.0%)

1 かわいた声音, 短刀を

▼ いた~ (2, 0.0%)

2 の嚢

▼ いた鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の大安寺, の家

▼ いた鎧戸~ (2, 0.0%)

1 があい, をつかみ

▼ いた鏡板~ (2, 0.0%)

1 が動き出し, の代わり

▼ いた鏡面~ (2, 0.0%)

1 の老人, を水

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がこうして, を自由

▼ いた長々~ (2, 0.0%)

1 の頭, やぶくぶく

▼ いた長五郎~ (2, 0.0%)

2 と仙太

▼ いた長五郎筑波~ (2, 0.0%)

2 に仙太郎

▼ いた長刀~ (2, 0.0%)

1 をとりあげた, を景廉

▼ いた長原吉之助~ (2, 0.0%)

1 の方, は遠慮がち

▼ いた長国~ (2, 0.0%)

1 が呟く, が突然

▼ いた長安~ (2, 0.0%)

1 のよい, の兵

▼ いた長岡佐渡~ (2, 0.0%)

1 は寝ず, は武蔵

▼ いた長崎~ (2, 0.0%)

1 の哀れ, 御目付

▼ いた長州~ (2, 0.0%)

1 の土, も因州

▼ いた長方形~ (2, 0.0%)

1 の木箱, の箱

▼ いた長者~ (2, 0.0%)

1 から突然こう, は之

▼ いた長襦袢~ (2, 0.0%)

1 が驚くべき, を先ず

▼ いた長閑~ (2, 0.0%)

1 な夢, な様子

▼ いた長靴~ (2, 0.0%)

1 で片方, をもう一度

▼ いた門下~ (2, 0.0%)

2 の連中

▼ いた門弟たち~ (2, 0.0%)

1 も一度, も見物

▼ いた間じゅう~ (2, 0.0%)

1 そのこと, 始終あらぬ

▼ いた間もなく~ (2, 0.0%)

1 檜枝岐から, 雨が

▼ いた間私~ (2, 0.0%)

1 はまた, は国

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の連中, り合いが

▼ いた関係上私~ (2, 0.0%)

1 の代, の夫

▼ いた関羽張飛~ (2, 0.0%)

1 の二豪傑, の双眼

▼ いた闘志~ (2, 0.0%)

1 が燃え上っ, も画策

▼ いた阿波侍~ (2, 0.0%)

1 が何, の一群れ

▼ いた阿部医学士~ (2, 0.0%)

1 がすっと, がひとり

▼ いた限界~ (2, 0.0%)

1 がはっと, の頂点

▼ いた院長~ (2, 0.0%)

1 が抑えた, は

▼ いた陣場夫人~ (2, 0.0%)

1 がその, は雪子

▼ いた陥穽~ (2, 0.0%)

1 であった, の蓋

▼ いた陶器類~ (2, 0.0%)

1 は二三無事, を白石

▼ いた陽気~ (2, 0.0%)

1 なかけ声, な笑い声

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 で所詮, を指した

▼ いた隊員~ (2, 0.0%)

1 の一人, はみんな無事

▼ いた隊員たち~ (2, 0.0%)

1 は春, は隊長

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の河童, 敵が

▼ いた雇婆さん~ (2, 0.0%)

1 が突然, のお

▼ いた雉子~ (2, 0.0%)

1 の声, をつかまへ

▼ いた雑兵~ (2, 0.0%)

1 があった, をうまい

▼ いた雑木林~ (2, 0.0%)

1 と腰掛, は何時の間にか

▼ いた雑記帳随筆~ (2, 0.0%)

1 書き抜き帳, 書抜き帳

▼ いた雨戸~ (2, 0.0%)

1 の支え棒, を締め

▼ いた雨樋~ (2, 0.0%)

1 の中, はいよいよ

▼ いた雪国~ (2, 0.0%)

1 の秋, はもう

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の神, は天

▼ いた青年達~ (2, 0.0%)

1 が, は帰る

▼ いた青柳~ (2, 0.0%)

1 の気紛れ, はその

▼ いた青眼先生~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は何

▼ いた青竜王~ (2, 0.0%)

1 の声, はキャバレー・エトワール事件

▼ いた青鞜社~ (2, 0.0%)

1 のグループ, の人々

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 な声, もハッ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 マルクス主義乃至, 学問的な

▼ いた面貌~ (2, 0.0%)

1 の異様, も今

▼ いた靴磨き~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 までが薩摩出来, を拾っ

▼ いた音曲師~ (2, 0.0%)

1 の勝次郎, は万橘爺さん

▼ いた音蔵~ (2, 0.0%)

1 の傷口, は何時の間にか

▼ いた響き~ (2, 0.0%)

1 が耳, であったが

▼ いた頃わたし~ (2, 0.0%)

1 はもう, は東京

▼ いた頃僕~ (2, 0.0%)

1 のある, は実は

▼ いた頃夏~ (2, 0.0%)

2 のあかつき

▼ いた頃彼女~ (2, 0.0%)

1 の四肢, の浮気

▼ いた頃父~ (2, 0.0%)

1 が医者, に落籍された

▼ いた頃米国~ (2, 0.0%)

1 では盛, のロウエル天文台

▼ いた頃近所~ (2, 0.0%)

1 の上さん, の筑前琵琶師

▼ いた順助~ (2, 0.0%)

1 に, の横顔

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 をぐたりと, を物憂

▼ いた願い~ (2, 0.0%)

1 かなって, が叶った

▼ いた風呂~ (2, 0.0%)

1 のなか, の煙

▼ いた風習~ (2, 0.0%)

1 でもあった, の引続き

▼ いた風船玉~ (2, 0.0%)

1 を引っ, を茶の間

▼ いた風貌~ (2, 0.0%)

1 と少し, 堂々たる支那人

▼ いた食べ物~ (2, 0.0%)

1 の味, もつみました

▼ いた食堂~ (2, 0.0%)

1 で純白, のお

▼ いた飯茶碗~ (2, 0.0%)

1 でも思い直し, をとり落し

▼ いた飼主~ (2, 0.0%)

1 が気の毒, は呼吸

▼ いた養子~ (2, 0.0%)

1 の左兵衛佐直冬, の秀勝

▼ いた養家~ (2, 0.0%)

1 ではその, やその

▼ いた馬吉~ (2, 0.0%)

1 という男, はそっと

▼ いた馬大尽~ (2, 0.0%)

1 の藤原, の雇人幸内

▼ いた馬岱~ (2, 0.0%)

1 と張苞, はようやく

▼ いた馬超~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は激怒

▼ いた馬酔木~ (2, 0.0%)

1 の花, の茂み

▼ いた馳走~ (2, 0.0%)

1 だ, の数々

▼ いた駅員~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, が汽車

▼ いた駒井能登守~ (2, 0.0%)

1 が, はやがて

▼ いた驚き~ (2, 0.0%)

1 であった, で急

▼ いた驚ろ~ (2, 0.0%)

1 いたでしょう, いた驚ろ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 は紫檀, を土間

▼ いた骨牌~ (2, 0.0%)

1 のよう, を攫っ

▼ いた骨肉~ (2, 0.0%)

1 の人々, らしい親しみ

▼ いた高城~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が足早

▼ いた高官たち~ (2, 0.0%)

1 が帰宅, は皆供奉

▼ いた高山右近~ (2, 0.0%)

1 と中川瀬兵衛, の部下

▼ いた高橋~ (2, 0.0%)

1 が, の騎馬隊

▼ いた高級~ (2, 0.0%)

1 な思想文芸雑誌, な斑犀

▼ いた高貴~ (2, 0.0%)

1 なその, な陶酔

▼ いた高部~ (2, 0.0%)

1 がよろめいた, も足

▼ いた鬱憤~ (2, 0.0%)

1 があわせ, や嫉妬

▼ いた鬼灯~ (2, 0.0%)

1 がひょっと目, がふと

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の海, もの以外

▼ いた魔法~ (2, 0.0%)

1 から解放, の半分

▼ いた魚籠~ (2, 0.0%)

1 にいくら, を指さし

▼ いた魚類~ (2, 0.0%)

1 が寄っ, を五

▼ いた魯粛~ (2, 0.0%)

1 は周瑜, をかえりみ

▼ いた鮮人~ (2, 0.0%)

1 だった, に暇

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 はもう, を再び

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の半身, の周遊

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 があたかも, がぽろり

▼ いた鳥打帽子~ (2, 0.0%)

2 を買った

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 がその, も烏

▼ いた鳶七~ (2, 0.0%)

1 である, や以下

▼ いた鳶口~ (2, 0.0%)

1 でそれ, をぽん

▼ いた鴻山~ (2, 0.0%)

1 がどうして, もお

▼ いた鶏ども~ (2, 0.0%)

1 は宿木, 争うて

▼ いた鶺鴒~ (2, 0.0%)

1 がことし, がそこ

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 の草鞋, の頭巾

▼ いた麾下~ (2, 0.0%)

1 である, の士

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 昏れの, 臭い煙

▼ いた黄色~ (2, 0.0%)

1 な蛾, の蝶

▼ いた黄色い~ (2, 0.0%)

1 汚点だらけな, 窓かけの

▼ いた黒川記者~ (2, 0.0%)

1 が小首, をつきとばし

▼ いた黒木~ (2, 0.0%)

1 はこの, は今一度

▼ いた黒江氏~ (2, 0.0%)

1 が低い, が誤っ

▼ いた黒犬~ (2, 0.0%)

1 はこの, を卓子掛

▼ いた黒雲~ (2, 0.0%)

1 からとうとう, がきゅう

▼ いた黒革~ (2, 0.0%)

1 のケース, の無骨

▼ いた鼻先~ (2, 0.0%)

1 で半金, を青竹

▼ いた龍代~ (2, 0.0%)

1 が意外, の大

▼ いた龍太郎~ (2, 0.0%)

1 こうつぶやき, や忍剣ら

▼ いた龍子~ (2, 0.0%)

1 がはずみ立っ, はそれで

▼ いた龍平~ (2, 0.0%)

1 の眼, は入れ札

▼ いた龍造寺主計~ (2, 0.0%)

1 がむくり, に瞬間

▼ いた龕灯~ (2, 0.0%)

1 の光, を起す

▼ いたLST~ (2, 0.0%)

1 と僚艦, は僚艦

▼ いた~ (2, 0.0%)

1 が通りかかり, のおじさん

▼1* [12346件]

いたあいかたじゃない, いたあいだじゅう彼はそうした, いたあいだ主人の息子, いたあいだ今日一日一刻も彼, いたあいだ駿三は二階, いたあきらめはたちまち, いたあげくやつと口, いたあげくオレはヒメ, いたあげく謎のよう, いたあごを左手, いたあしも見えず, いたあすこが違っ, いたあすこ四円だったの, いたあたり雪の上, いたあだ名をダニ, いたあちこちの集会, いたあっしにはソレ, いたあてにならない, いたあと三人の行く, いたあのちっちゃなポケット小僧が, いたあの恐るべき本能始終, いたあばた顔の大工, いたあひるは足, いたあぶれ者に天羽, いたあべこべ砲の一種, いたあほう鳥が, いたあまがえる, いたあまい匂いの, いたあまたの武将, いたあやかしと思う, いたあるじを見, いたあんな若い人, いたあんばい今こうして逃げまわった, いたあんぽんたんは吃驚, いたな頭, いたいきがする, いたいくたの若者ら, いたいくばくの人, いたいくぶんあざ笑うよう, いたいじらしい犬の, いたいたに過ぎない, いたいちうのだったか, いたいちじくの樹, いたいちばん大きなすいか, いたいちばん上の弟, いたいちばん前の自動車, いたいっぱいな煙草, いたいつかの夜, いたいつか東京に残し, いたいつか頃より大きい, いたいつぞやの青年, いたいとおしい涙が, いたいとけない一少年に, いたいとこお山で何, いたいとこどこいった, いたいなせの若者, いたいやらしさその間に, いたいろは茶屋のお, いたいわば客臣とも, いたいわば一層流行し, いたいわんや圓朝の, いたうえ肘のところ, いたうえ隣国同士喧嘩のしのぎ, いたうぐいすだよ, いたうしろの方, いたうす紅色を, いたうすぐらい町工場の, いたうす皮をむく, いたうそまでまた, いたうちお嬢さんのうち, いたうちわを離す, いたうち何かで或, いたうなぎやてんぷら, いたうめがその, いたうらみもてつだっ, いたうら若い女房が, いたうるさいことを, いたうわおいぐつはみるみる効能を, いたものは, いたおいらだ, いたおえつは自分, いたおからもこの, いたおさつだけど, いたおさな心に, いたおさんどんを蹴飛ばし, いたおしもはニコニコ, いたおじからきいた, いたおじいさん鳩の豆, いたおそろしさにも, いたおだやかな心, いたおっとりとした, いたおでんやの名前, いたおでん屋親子とみせかけ, いたおとなしそうな, いたおとなたちにさとられる, いたおどおどした自分, いたおなかがふくれた, いたおなじ年頃の, いたおのれの愚かさ, いたおば自身はおそらく, いたおふくろがぼれた, いたおふくろさんと課長殿, いたおぼろげなかげはたしかに, いたおもしろい人間です, いたおもちゃであったこと, いたおやしきは, いたおれたちの後ろ, いたおわびのため, いたおん方だもう, いたおん眼のうち, いたお上さんに田舎者, いたお上さん達までが手, いたお人好しの率八, いたお伽坊主の朝顔, いたお供だったの, いたお冠もやや, いたお前お前の方, いたお力は, いたお化け鞄と猫又, いたお古なんかいや, いたお召の小袖, いたお喋り高い笑声, いたお姫さまはどんな, いたお嬢様が死ん, いたお客日で一日, いたお座船を捨て, いたお座附の三味線, いたお手伝いさんは百合子, いたお日様に雲, いたお母さん目をつぶった, いたお母ちゃんはそんな, いたお玉さんがいそい, いたお玉何事につけ, いたお礼には何, いたお礼心でわたしここ, いたお茶屋の骨折りであった, いたお菓子を喰つた晩, いたお袋の言, いたお里さんというの, いたお針さんが病気, いたお陰には自殺, いたお雪さんの部屋, いたかきの木, いたかくいう僕, いたかさえ分らないという, いたかしこい方職業婦人などには, いたかしらないが, いたかしらねえがね, いたかしらんまさかまるきり遊ん, いたかたきうちという, いたかだけはおおよそは, いたかっこうだ, いたかつての新橋, いたかつ子さんとよし子さん, いたかで生きのこった, いたかといふことは, いたかなしまいに面倒くさく, いたかなど調べて, いたかなどと想像する, いたかなどという問題に, いたかなどの感想をも, いたかなどは誰知る, いたかなども今もっ, いたかなんてことを, いたかね退屈じゃ, いたかね子さんは小僧さん, いたかみさんがおれ, いたからくりの一端, いたからじゃないの, いたからだけでは, いたからだけじゃない, いたからとだけ感じて, いたからとはいえ宴会中, いたからなどというのは, いたからなんかでは, いたからよ可哀想に, いたかるわざ娘は, いたかわいらしい白か, いたかわりに僕, いたかをも知ること, いたかをりも這, いたかんしゃく玉をそう, いたかんじんな咲耶子, いたかんてきに火一杯, いたかんな屑が一, いたかんばしいにおいが, いたががちょうは, いたがさつな低級, いたがてのひらにのせ, いたがとか壮士芝居の, いたがとに角今度, いたがとは知らぬ梅雪入道, いたがともすれば, いたがどいつもど, いたがなあ八郎太あれや, いたがに股の吉, いたがのそりの, いたがはッと, いたがばあーん, いたがほどなく藤井寺, いたがまたそれは, いたがらくたを眺め, いたがネそれが, いたきえちゃんはとうとう, いたきじが, いたきのうまでの元気, いたきびしい光が, いたきものをふと, いたきゃあ死ぬまで, いたきゅうくつな耐圧缶, いたきゅうりを水の上, いたきょうはなお, いたきょうだいは花崎検事, いたきょうだい二人の火たき, いたきらいがない, いたきわめて少数の, いたくさいちごの, いたくじらの背中, いたくすり指はふかく, いたくちなわのうごめき, いたくめで, いたくも力の抜け, いたくらゐで, いたくらいじゃあほんとうの, いたくらいでおじゃりました, いたくらいに早く起き, いたくらいは自分も, いたくりの木, いたぐらゐだらういた, いたけいれきはある, いたけどさアハハテン, いたけどもお前が, いたけば雨の, いたけりや鼬, いたけれどね傍に, いたけれどもね気に入った三味線, いたげに云う, いたこいも死ん, いたこいつだな, いたこうゴルフ, いたこうもりも姿, いたここちだった, いたこじきのボロ, いたこたつの火, いたこだわりが伸子, いたこちこちの国粋主義者, いたことあれを読ん, いたことお前の室, いたことこれが非常, いたことさと子という十七才, いたことし四十四歳の妻, いたことすべてが恋, いたことそこの子供, いたことその他申立ての曖昧, いたことそれらをお, いたことに今から, いたことひとつは非常, いたことサナトリアムはいや, いたことフリーダが好き, いたこと一人がゆうべ藁ぶとん, いたこと丈は明かだった, いたこと三上は黙っ, いたこと丸屋の主人, いたこと人はそれら, いたこと今度の引越し, いたこと以外には何, いたこと以来とかく遺憾千万, いたこと位のもの, いたこと何も, いたこと先生にもわかっ, いたこと其他凡ての事情, いたこと別の語, いたこと千二がそれ, いたこと口蝦夷の外部文化, いたこと右の人差指, いたこと君にすでに, いたこと妻がひどく, いたこと宛も何, いたこと工場の中窓, いたこと市役所の何, いたこと弟子の娘さん達, いたこと当時フランスで婦人, いたこと成子が旦那, いたこと手の爪, いたこと手跡がうまく, いたこと朝日紙へ週一回, いたこと松本順造の病気, いたこと死体が頭, いたこと河野さんの性情, いたこと男が持っ, いたこと確かでご, いたこと祖父母や母, いたこと等々には心づい, いたこと等彼の観察, いたこと腕時計のガラス, いたこと自分の心, いたこと興奮して, いたこと舟のよう, いたこと鯉釣りの名人, いたこどもらもあと, いたこの世の美しい, いたこの見知らぬ少年は, いたこの間の顔つき, いたこはく色の雲, いたこれ等の季節, いたころあたしが一年生時分, いたころどこの長唄, いたころむやみに御, いたころもと書いたソヴェト紹介, いたころイタリヤのパレルモ, いたころトリニルという所, いたころプロレタリア美術家団体からフランス, いたころモスクワから招聘, いたころヴェリチャーニノフはよく, いたころヴォージラールのホテル・ガリック, いたころ一年その盛時, いたころ三度義枝に縁談, いたころ世を去った, いたころ二年ばかりも前, いたころ京から, いたころ付近の山々, いたころ佃の住居, いたころ偶然にも父, いたころ僕の下宿屋, いたころ処による, いたころ友だちに誘われ, いたころ友達の横田, いたころ可憐なニコロ, いたころ君といっしょ, いたころ多くの若い, いたころ夫に死, いたころ女が私, いたころ学校はどこ, いたころ宮内の私事, いたころ小夜の中山, いたころ小学校の生徒, いたころ左京之介, いたころ市内の細流溝渠, いたころ師範代をつとめ, いたころ幾つかのごく, いたころ彰子はもう, いたころ彼女は子供, いたころ御所からそこ, いたころ御用商人に早変り, いたころ日があがっ, いたころ昭和十四年の一月, いたころ書斎に一枚, いたころ朝食をのせ, いたころ松吉たちによく, いたころ毎日のよう, いたころ毎日毎日歌日記をよこし, いたころ港区の南, いたころ漬物屋の店頭, いたころ熱心に読んだ, いたころ父子相伝のこの, いたころ牧野博士が出現, いたころ男があった, いたころ病後の保養, いたころ登山に一応, いたころ着手して, いたころ矢代は無我夢中, いたころ砲台下の洞, いたころ碁会所で知り合った, いたころ神月の別荘, いたころ舞妓に出, いたころ芳町には抱え車, いたころ英田川を中心, いたころ資本額二百万円ばかりの中, いたころ贔屓にし, いたころ農政に関するスペイン, いたころ里のこと, いたころ金五郎は口癖, いたころ金田一博士や先輩, いたころ銀座尾張町の松屋, いたころ阪部が上京, いたころ青木医師についで, いたころ靜かな晩, いたころ頼朝にはじめて, いたころ風景を描く, いたころ魯迅さんの頭, いたころ黒馬旅館の女, いたころDDTという薬, いたこんがら重, いたこんがらとせいた, いたこんどのおかあさん, いたごうごうという音, いたごかいが顔, いたごく少数の, いたごたごたした岸, いたごまかしを軍医, いたごわごわの赤い, いたさあまりのひもじ, いたさい女の白い, いたさかずきであるという, いたさかながむれ, いたささやかなホール, いたさしもの日露戦争, いたさすがのお, いたさっき雑誌が出来, いたさの字浦で, いたさばあいわかる, いたさば石庵がお, いたさびしい薔薇色が, いたさむらいの, いたさらはもう, いたさわやかなひびきであった, いたさわ子のからだ, いたしかなし鋭しまた, いたしかるにマリユスは, いたしげのがけたたましく, いたしごく実直な, いたしたがって何が, いたしっとりした書斎, いたしっぽを左, いたしなの樹, いたしばや者, いたしみじみとした, いたしるこ屋はこの, いたしろものに, いたしをります, いたしをり候があたかも, いたしんす, いたじいやの作衛, いたじきばらひ, いたじきばらひと言ふ, いたじじむさい天神ひ, いたじゃあねえかあんなとき, いたじゅうたんの空洞, いたすきであった, いたすこしばかりの星, いたすさまじい形相の, いたすすきの葉, いたすずやかな, いたすみれの花, いたすみ子のでは, いたすらりとした, いたずきんをぬい, いたずく人々にとってはことに, いたせい子がプイ, いたせきは軈て, いたせつな殆ど無造作と, いたせつ子であるが, いたせまい部屋が, いたせるところぞ, いたぜんぶの人, いたそうなるとトノサマは, いたそう拙者の主人, いたそこら中の沢山, いたそしてしかも新らしい, いたそのままの恰好, いたその他の万物, いたその同じ箇所に, いたその大きな馬に, いたその小さな天幕天幕の, いたその当の相手の, いたそやさかい友達に, いたそよ風が吹かなくなった, いたそれだけまた神経, いたそれに葉子は, いたそれら外的な旗幟, いたそれ以外は何, いたそれ等自然の感銘, いたぞうきんをバケツ, いたぞと言わないばかりに, いたぞとも思うの, いたたあいなさ, いたたい子さんの二階がり, いたたかちゃんと私, いたたか子の友達, いたたき火の煙, いたたけしという人, いたたしかに彼奴が, いたたつの頭, いたたつ子さんと三人, いたたとえ肉体は, いたたとえばばらばらと, いたたぬきが上, いたたのしい夢が, いたたのもしい人の, いたたまものでそれ, いたたまれんようになら, いたためあれよと上, いたためきみのも十二, いたためこころに満ち足ら, いたためこのごろになっ, いたためそこにいる, いたためそれを知らず, いたためそれらで一年中, いたためアリョーシャと別れ, いたためソヴェトの指導部, いたため一命を拾った, いたため三べん, いたため三人は安心, いたため三角点から引返す, いたため世間にはかなり, いたため人相までは覚え, いたため今日の式, いたため信長の第, いたため充分に利かず, いたため其事が行われなかった, いたため十兵衛の声, いたため右から入っ, いたため右手の中指, いたため各社間の競争, いたため哲学の分裂, いたため多くの知人, いたため容易に抱き出されない, いたため巣鴨方面から水道橋, いたため平等な史観, いたため当日の騒ぎ, いたため役所を離れた, いたため彼らは不平, いたため手出しはおろか, いたため敗戦後建物を返され, いたため数十台が迷惑, いたため数年前と些, いたため数軒の酒屋, いたため敵も一時, いたため新子と準之助氏, いたため早口に順序, いたため昨今はまったく, いたため昼食の料理, いたため武蔵は腹, いたため泥が車, いたため犯人が兇行後, いたため現在ではその, いたため異人の少女, いたため病弱修学に堪えざる, いたため紅葉の努力, いたため素直に哀悼, いたため膝の所, いたため自分の方, いたため自尊気質の支那, いたため衰弱し切った若い, いたため西は九州, いたため誰の記憶, いたため通常の心理状態, いたため鏡の前, いたため長吉のありのまま, いたため開式になっ, いたため雷洋丸が艫, いたため順平に知らせ, いたため頭がしびれた, いたため頻繁には会わなかった, いたため首の骨, いたため馬車と馬車, いたため骨も帰らぬ, いたたよりになる, いたたるは海水, いたたんすと机, いたたん行く末を想像, いただけさうに思ひます, いただけさえしましたら, いただけしかみあたらなかった, いただけじゃと風変りな, いただけはしないだろうか, いただぶだぶ服の大男, いただれかなら, いただんなもみごと, いたちい子ちゃんはおじぎ, いたちごッこだ, いたちびの岡田磯吉, いたちゑ子さんが, いたやありません, いたっきり私はまだ, いたっけということに, いたっけなあと明は, いたっていうじゃないか, いたつえで三度石, いたつくつく法師をぱっと, いたつたいきさつを簡單, いたつたわたくしの出来ごころ, いたつた存在にし, いたつた彼の得意, いたつた次第だが, いたつづみの与吉旅仕度のまんま, いたつづら笠をぽん, いたつてお腹が大きく, いたつてオツサンにやホント, いたつてマバラである, いたつて人に語つて, いたつて今ごろはキット, いたつて信仰の範圍, いたつて口数が少ない, いたつて口數が少ない, いたつて好きでございます, いたつて尠いこの, いたつて広島みたいなこと, いたつて廢刊した, いたつて忘却もまた, いたつて愛想のない, いたつて気が弱く, いたつて河南省や甘, いたつて簡單にわかつた, いたつて花を開いた, いたつて變でせう, いたつて變ぢやない, いたつばきの, いたつぼみはきれい, いたつまらなさ行燈の, いたつるという若い, いたづける枕もとに, いたづらいたづらし, いたてる女が覚え, いたでから回復する, いたでくの坊のよう, いたでと苦痛の, いたでなければどこか, いたでの中に, いたでぶでぶの女中, いたというのみを以てそう推定, いたというも偏に, いたといったじゃないか, いたとおりことしの正月, いたとおりそれは上がらなかった, いたとおりノイザールという薬, いたとおりヘビの目, いたとおり中では話し声, いたとおり二人きりだった, いたとおり作家もあらゆる, いたとおり僕はこの, いたとおり大衆の経済事情, いたとおり天王寺公園付近に蠅男, いたとおり妻がしっかり, いたとおり媼はやはり, いたとおり家の観念, いたとおり山を越え, いたとおり山岸と伊佐子さん, いたとおり嵐粂吉というの, いたとおり愛の作用, いたとおり水深三十一メートルの海中, いたとおり灰色の雲, いたとおり物置部屋だった, いたとおり眼醒めんばかりの, いたとおり祥子の部屋, いたとおり私たちに歳暮, いたとおり荷造りはもうすっかり, いたとおり賊の頭目, いたとおり鉄の八ツ手, いたとおり関所があった, いたとおり雑記帳や鉛筆箱, いたとおり頭のない, いたとかいうがチョットお, いたとかというので, いたとかの噂も, いたときあちらの婦人, いたときあっちへ下, いたときあっちこっち同じよう, いたときうっかりとして流れ弾, いたときうららかな陽ざし, いたときここの暗がり, いたときこちらの婦人, いたときこれらの肥沃, いたときそうであったよう, いたときそちらも何と, いたときそばにいた, いたときそれらのもの, いたときだれかがすぐ, いたときのっぴきならぬ義理, いたときみな灰になっ, いたときよその部屋, いたときわしの商売, いたときアザラシの子, いたときウォーレスの進歩党, いたときクラブの集会, いたときクレーンが轟々と, いたときサフィーとアガータ, いたときチップくれたわね, いたときトルコ帽の彼, いたときドアのそ, いたときドイツ語の教科書, いたときバルコンに向っ, いたときパン屋の店, いたときフェリシタをよく, いたときブドリのおとうさんたち, いたときボク一度食べた, いたときボーヴェエ氏は出, いたときポンとお, いたときレスパネエ嬢の見出された, いたとき一二度それからこちら, いたとき一人の男, いたとき一夜他の塾生, いたとき一本の鉛筆, いたとき一通りならったの, いたとき一阿弥もまた, いたとき一馬という咲, いたとき三つ四つ向うのテーブル, いたとき三人のアメリカ兵, いたとき上からするする, いたとき不意に私, いたとき不慮の事故, いたとき不自由に暮し, いたとき丑尾さんが自分, いたとき中学四年生の保, いたとき九十枚ばかりの小説, いたとき二三度面会して, いたとき二人は帷幄, いたとき二月の雪, いたとき京都に一年半滞在, いたとき京都滞陣の父, いたとき代名詞の, いたとき伊東祐親の娘八重子, いたとき何かしら独り言を云っ, いたとき何度かこんな, いたとき八十助は始め, いたとき公園全体の人込み, いたとき内匠頭が険しい, いたとき出張所の横手, いたとき到来物があった, いたとき前田家の徳山五兵衛, いたとき前篇の執筆, いたとき千鶴子は楽し, いたとき友人某が九州, いたとき受付の巡査, いたとき口笛を吹い, いたとき号令に従って整列, いたとき司馬遷は几, いたとき吉田磯吉が見舞, いたとき君の見, いたとき吾平爺はその, いたとき喜兵衛たちといっしょ, いたとき噂にも聞いたろう, いたとき国際新聞通信のそういう, いたとき城外から矢, いたとき夜の静けさ, いたとき夜お婆さんがトランプ, いたとき大矢シヅにこの, いたとき天井につけ, いたとき天草志岐は罪, いたとき夫人がふと, いたとき女の子をつれ, いたとき女看守に見はられ, いたとき妙な事実, いたとき妹は彼, いたとき子供を負, いたとき家出をし, いたとき小人たちは私, いたとき小坊主がちょこちょこ, いたとき小学校の校長, いたとき屋内の一室, いたとき左団次の楽屋, いたとき庄八は, いたとき弟の保, いたとき当時ドクトル論文を書い, いたとき形態の問題, いたとき彼女がみどり, いたとき急に窓, いたとき怪塔の入口, いたとき怪物が身動き, いたとき恭介の上, いたとき戦争で日本, いたとき扉をあけ, いたとき日本に心酔, いたとき晩い自動車, いたとき最低限の形, いたとき月給四十二円を貰った, いたとき朝倉先生にきいた, いたとき村の誰か, いたとき村松さんの曰く, いたとき横浜にき, いたとき機械の片側調べ, いたとき正造はたまたま, いたとき殿様が武蔵, いたとき母が来, いたとき毎日毎日地主に苦しめられ, いたとき毎日細君に花束, いたとき父下人を召, いたとき物音人声跫音のやかまし, いたとき猫イラズをのん, いたとき獄舎の窓, いたとき現代文学がめぐりあう, いたとき百合子のきいた, いたとき監督が入っ, いたとき眼にした, いたとき研究室にはだれ, いたとき砲身に孔, いたとき私たちの教官, いたとき秩序をもっ, いたとき空洞煉瓦一枚張りの壁, いたとき素足で砂, いたとき緑の高級車, いたとき背広に着替えた, いたとき自分たちへ脅し, いたとき英訳で読んだ, いたとき蓬髪花顔のこの, いたとき藤村は水面, いたとき蚊のよう, いたとき蜀の町, いたとき血気の朋輩, いたとき裏庭でこつこつ, いたとき親衛指揮官が役目, いたとき言を返した, いたとき語学の教師, いたとき誰とも知られぬ, いたとき誰かがその, いたとき調理場ではオソバ, いたとき警察に踏み込まれ, いたとき貴方の小さかっ, いたとき足下の往来, いたとき近くの支那そば, いたとき部屋の外, いたとき重吉も来た, いたとき鉄兜の庇, いたとき鎮守府将軍源頼義子義家, いたとき長は鼻柱, いたとき階子段のところ, いたとき電子の波動性, いたとき静岡の大火, いたとき風が出, いたとき風邪をひいた, いたとき駕籠を呼ん, いたとき龍介は気軽, いたとくに新しい旋律, いたとこう云うん, いたところあさ子が足, いたところいつになっ, いたところいつかこんな皮膚病, いたところうちの菅谷, いたところがただわたしは, いたところきのうから季節はずれ, いたところきょうのよう, いたところきょう熱海にて書信, いたところこともあろう, いたところこれがまた, いたところこんど偶然の機会, いたところさきにお, いたところその後やはり楠木氏, いたところそれから一年後, いたところてん屋の小僧, いたところで乙記者は, いたところスエ子がなかなか, いたところビールなどをとる, いたところリューマチ性の熱, いたところロザリヨと称する, いたところ一九一四年ロンドンのアルバート, いたところ一本の矢, いたところ一貴婦人からけれども, いたところ七月はじめの宿居, いたところ七月二日藤島の燈明寺畷, いたところ三幕目に行っ, いたところ不幸にし, いたところ主家に対する背任行為, いたところ事は全然, いたところ事ついでに素ッ首, いたところ二つの蒲団, いたところ二日の日, いたところ五十二日目に船底, いたところ五月になる, いたところ京都へ旅行, いたところ人にはわからぬ, いたところ今その機会, いたところ今回はからずも友人, いたところ今夜例によってみんな, いたところ今度行って, いたところ今度省作が深田, いたところ休暇で工合, いたところ伝八郎の槍, いたところ価格の統制, いたところ偶然武蔵と禅門, いたところ備後守が腹, いたところ先手を打たれ, いたところ先日不意に航空郵便, いたところ円満な結果, いたところ午後になっ, いたところ右の報告, いたところ唄もえらく, いたところ四月一日夕刻から急, いたところ国老に就任, いたところ土州兵のため, いたところ夕方近くなって, いたところ天売りの, いたところ学校の給仕, いたところ小次郎は起き上がり, いたところ幸いによい, いたところ庭での騒ぎ, いたところ当日さしつかえが, いたところ当時の, いたところ彼の不, いたところ彼女は旧, いたところ後から人, いたところ心なき台風, いたところ怪塔王にさとられ, いたところ悌二がそれ, いたところ悪運とでも申すべき, いたところ故と答える, いたところ昨夜は宵, いたところ昨年になっ, いたところ最後に至っ, いたところ月が更, いたところ案に相違, いたところ案外に買手, いたところ楼門の上, いたところ此邸の, いたところ殿はこんど, いたところ母というの, いたところ毎年夏になる, いたところ汽車を降りたら, いたところ父親九兵衛が老後, いたところ猿廻しめに邂逅, いたところ珠子はそれ, いたところ福寿草が咲きかけで, いたところ経の中, いたところ編物かと思われる, いたところ編集長の小笹氏, いたところ羊仙はほんとに, いたところ興味がある, いたところ薄葉の蛍, いたところ裏隣りの, いたところ西岡という若い, いたところ観念はし, いたところ貴様の方, いたところ近ごろこの古城, いたところ運よくゴム長靴, いたところ郷里から至急, いたところ釈然としてお互い, いたところ金が少し, いたところ金融非常措置の発表, いたところ阮東はそのまま, いたところ震災後商売も次第に, いたところ騒動は追追, いたとしてもさそんな古来ためし, いたとしましてもたいしてこうした, いたとだけ云って, いたとだけしかいって, いたとだけを何かの, いたとっさの変, いたとてつもない幻影からは, いたとど助がなに, いたとにかく都合が, いたとばかりはどうしても思えない, いたとまで信ぜられるに, いたともだちを手まねき, いたとよの七三の, いたとよ子が, いたとんぼ絣の湯帷子, いたとんぼ草が一面, いたと共にむかしは, いたどうにでもする, いたどうもつい遊び過ぎ, いたどこぞで女狩り, いたどことなくいきな, いたどころじゃない, いたどじょうがたちまち, いたどちらかという, いたどっちかと云え, いたどろどろになつ, いたどろりとした, いたどんなに高貴な, いたなあと思い出したとたん, いたなかった筈, いたなぞと考えては, いたなつかしさが, いたなつかしい幼い日の, いたなで肩の若い, いたなという事実に, いたなどともいって, いたなどに起因する, いたななめのドア, いたなほ子のスケッチ, いたなまけ者がこんなに, いたなりいきなり眼, いたなるほど路地の, いたなんぞと言っちゃあ, いたなんという事, いたなんとなく渾然と, いたなんとも言えぬ誠実さ, いたにいさんが会社, いたにおいておや, いたにおいてをや, いたにかけてちょっと当り, いたにこやかな微笑, いたにと手を, いたにぶい顔の, いたにや憎んで, いたによるであろう, いたにんじんは突っ, いたぬくもりがすっと, いたねずみの心持ち, いたねと云うと, いたのしお頭巾, いたのちそれをそっと, いたのち藪から棒, いたのち誰だという, いたのち重吉がいかにも, いたのち靜かになつた監房, いたのでさアね, いたのではッと, いたのでへいきでしたが, いたのでわざとまとをはずしてうっているのです, いたのにということが, いたのにとかことごとく残念そう, いたのになア, いたのになんぞと考え続けて, いたのによ俺でなく, いたのみで日記さえも, いたのらくら者の, いたのら息子がその, いたのれんが吸いこむ, いたのろまそうな男, いたのんびりした感じ, いたはえを捕らえた, いたはかない身じゃ, いたはく製の豹, いたはけだし類を絶, いたはげしい青春に, いたはげちょろの丸い, いたはしかつた, いたはしなんど心にも言葉, いたはし此上は御, いたはし顫動にふるひます, いたはずあてなき探し, いたはず戛玉とよぶ, いたはず龍平が首, いたはったせえやねんな, いたはったい粉をたべ, いたはらからのこと, いたはりいくつかの小山, いたはりささがにのいぶせき, いたはりすらも私, いたはりそだて, いたはりアイギスをもつ, いたはり三郎は二人, いたはり乍らやつて, いたはり乍ら輕く深く落葉枯葉等, いたはり合つて夜を明かしたさうでした, いたはり完全無欠の趣味性, いたはり宿屋へ戻る, いたはり引きしざる, いたはり慇懃であつ, いたはり拭ふ素子, いたはり携はつて, いたはり救ひ助けて, いたはり給ひぬ, いたはり羽含み育て朝, いたはり豊富に着せ, いたはり通しにいた, いたはるさまも眼, いたはるために歸京, いたはるよそ人のあつき, いたはる一樹だになし, いたはる側の人物, いたはる心だけな, いたはる心がけは殊勝, いたはる時の晝寢, いたはる暇もなく, いたはる生活をしたい, いたはる義務や責任, いたはる者がゐよう, いたはんのき, いたばかりじゃない十五年, いたばかりよこれからよ, いたばくだいな小判, いたばっかりでごぜます, いたひさの友達, いたひざをくずし, いたひたいを上げた, いたひたすら聞きすまして, いたひとすじのほのか, いたひとそろいをどさり, いたひとたちが四百人, いたひとときの事, いたひとみを田川夫妻, いたひとり娘の郁子, いたひとり息子で内気, いたひと抱えほどある, いたひと達はまるで, いたひと頃にはこの, いたひね橙ばかりだ, いたひばりがこの, いたひょうし木, いたひょろひょろした肺病やみ, いたひらめのよう, いたふかしたての饅頭, いたふき矢とはやり, いたふくめんをはぎとりました, いたふじやホテル, いたふたもぎしり, いたふたつの人かげ, いたふたりづれの女, いたふだん着の大島, いたふっくらとした, いたふとんに, いたふところの中, いたふりをする, いたふろしきづつみをおおいそぎでほどき, いたぶよぶよした灰色, いたへなへなの麦藁帽子, いたへらへら平兵衛と, いたべた土の臭い, いたほおに血の気, いたほか肩や腰, いたほこりがただよっ, いたほこりまみれの電燈, いたほとぼりがまだ, いたほどにはこころよく答えなかった, いたほどにもなく済む, いたほど遠い年月以前の, いたほのかな白粉, いたほら穴とそっくり, いたほんとに珍しいこ, いたほんものの井上君, いたぼくたちはいっしょ, いたぼくらに気づき, いたぼく達にとって文字どおり, いたぼろぎものがさっぱりと, いたけっと小, いたまあと気, いたまえよえ, いたまぐれ犬までが尾, いたまじめな人間努力, いたまずしき育ちの, いたまちがいはなかっ, いたまっ暗やみの, いたまったくの作り話, いたまっただなかをグン, いたまっ青な鴉, いたまでと聞きました, いたまどからとびだして, いたまなざしはその, いたまね事にすぎない, いたまばらな観客, いたままおしゃるしゃんと遊ぶこと, いたまま三年すぎたという, いたまま土間を下りる, いたまま恍惚して, いたまま挨拶もしず, いたまま火桶に片手, いたまま腰掛けの上, いたまま蜜を含めた, いたまま顫へる眞, いたまもなく改元に, いたまゆみの死因, いたまりはかつて, いたまるいあなの, いたまるで莚の, いたまわし者は, いたまんじゅう笠をそれ, いたまんまだったが, いたまんま舞台へ出, いたみいつてあやまりました, いたみかどを仰ぎ見, いたみずおちをそうして, いたみずからの方向, いたみち子にただ, いたみつが佃, いたみどり児も悲しい, いたみなはクンクン鼻, いたみのえに, いたみのりは自分, いたみやこ鳥は行く, いたむし疲れきって, いたむしろ妖しい笑い, いたむすこが無事, いたむつむつしたよう, いたむるばかりに鳴渡りつ, いためがねをまた, いたもさやれか, いたもちろん十六に, いたもっと他の, いたもっとも幸福な, いたもとより目立つ役, いたものこれこそ確か, いたものどもは張子, いたものプルードン批判をよみつづけ, いたもの住居の条件, いたもの凄さ, いたもの味いつくして, いたもの子供らのため, いたもの山林の夏出し, いたもの恰度柱にもたれ, いたもの意味の不明, いたもの李白やヴェルレーヌ, いたもの淋しげな, いたもの灌漑溝の土方, いたもの現在生きて, いたもの自分はかりに, いたもの西行が自然, いたもの言ひ, いたもみくちゃになった, いたもんぺもいま, いたやう堤防だの石垣, いたやう毒蛇のやう, いたやう自分の脇差, いたやかたが俄, いたやからが紛然雑然糅, いたやさきいいところで, いたやさしそうな, いたやじうまが新聞記者たち, いたやじうまたちも帰っ, いたやす女という, いたやすいタクシーも, いたやっぱり茱萸だろう, いたやぼな社会的, いたややこしい情緒を, いたやらとふと私, いたやり口は如何にも, いたやんまがすう, いたゆうべの大雪, いたゆえ一夜の宿, いたゆえ丁子油のにおい, いたゆえ僕も叔父, いたゆえ入水の者, いたゆえ彼女がつくらずし, いたゆえ意地わるくここ, いたゆえ望みにまかせ, いたゆえ私はくやし, いたゆえ静かで塵埃, いたゆかしい余裕が, いたゆかたで彼, いたゆか板がパタン, いたゆったりした無為, いたゆりかさんをだきおこし, いたよいよいの爺さん, いたよう堤防だの石垣, いたよう自分の脇差, いたよく眠る娘, いたよさアお, いたよし子さんがいいました, いたよって手を, いたよはいるが, いたよろずやのおばさん, いたらっきょうの瓶, いたらっぱは, いたりすであります, いたりっぱでもない, いたりやこそ, いたりよの目, いたりんどうとを思った, いたれいの四角, いたれんげのはな, いたろうし中級の人間, いたろうそくにせきたてられる, いたろうそく火へ投げつけた, いたろう氏郷の施為, いたろう製のお, いたろう面の細工人, いたろばに乗られ, いたわかーっと, いたわが国は明治維新, いたわが家同様のところ, いたわたくし今晶子さんのこの, いたわたくし宛の手紙, いたわたしどもはこれ, いたわたしのからだ, いたわとそんなこと, いたわなの標本, いたわねえアスピリンぐらい, いたわびしそうな, いたわらびなどもそう, いたわりに若いお, いたわり往きと同じ, いたわり越中橋から江戸橋, いたわるというよう, いたわるさまはわき目, いたわれでない, いたわれわれ八十人の同志, いたわれわれ大学が被, いたんざますよ, いたんぢやア入湯, いたんでがすって, いたあンまり馬鹿, いたアイスクリーム屋ですが, いたアイヌたちは博士, いたアイヌらが小屋, いたアイネの貯金, いたアイルランドじゅうに比類, いたアウグスト・ファウスト氏とが附き添っ, いたアウシュコルンは答えた, いたアカシアの花, いたアカシヤの樹, いたアクリーナは二十二歳, いたアグーシャは急, いたアケチ一号とよく, いたアコ長つまらなそう, いたアジアの諸, いたアジヤ主義者の同志, いたアストラカンから徐々に, いたアストラカン外套の前, いたアストージェンカの建物, いたアスモデウス大いに叫ん, いたアダリーが丸い, いたアダリーさんが直ぐ, いたアトスの地, いたアトラクションの方, いたアトリオ・デル・カヴルロとかソマム, いたアナーキスティックな爆発, いたアパートメントには戻る, いたアパート有明荘の住人, いたアプスの淋し, いたアマミヤ・アマミキュの概念, いたアマーリアもまるで, いたアムステルダムの市民, いたアメリカカナダスイスの三名, いたアメリカ機のエンジン, いたアラスカ丸の船長, いたアリの大群, いたアリアのよう, いたアリシア区全体を閣下, いたアリスはとつぜん, いたアルキッドとフェミストクリュス, いたアルトの子, いたアルノー夫人は他人, いたアルノー夫妻の家庭, いたアルバムを足, いたアルマンが羨ましい, いたアルミの弁当箱, いたアルモリカ人の王, いたアレに着手, いたアレキサンドリアの図書館, いたアレクサンドロフが暫く, いたアンがいきなりむくむく, いたアンガスも緊張, いたアングレー伯の秘書官シャブーイエ氏, いたアンコンスタン号に出会っ, いたアンゴ氏は最も, いたアンジアンの別荘, いたアンチゴノスは自分, いたアンチャンだね, いたアンデルセン童話集であったの, いたアンドロギュノスの往古, いたアンハルト公を督励, いたアンリイ・ド・レニエーが短篇小説, いたアヴリルは川獺, いたアーサー少年が, いたアーヴィングの, いたアーヴルのルシャプリエ, いたイオナの島, いたイギリス海軍生成時代のこと, いたイギリス近衛兵の赤い, いたイギリス陸軍の兵士, いたイグナート・イグナートウィッチは首, いたイシカリ川にそこ, いたイタリー第一, いたイタリー人のプラチャリネ, いたイタリー社交界の魅力, いたイダルゴというイタリー, いたイチョウがたちまち, いたイディルというの, いたイブン・サウドはその, いたイメージイが愚, いたイヤゴーは一つ, いたイリノイ州では中学, いたイリヤはリザヴェータ, いたイワノウィッチの顔, いたインテリだったそう, いたインテリ型というの, いたインド人のよう, いたインド哲学書の抜き書き, いたインバネスが身長, いたウィルヘルム二世の官吏, いたウィレムが言い張った, いたウィーンのクーデンホフ伯爵夫人, いたウェルクマイスターが作曲, いたウェルズのモダンユートピア, いたウエップとグロース, いたウォーカーの友だち, いたウスチモーヴィチが突然くるり, いたウスノロ氏がどう, いたウソをその, いたウチは直ぐ, いたウルフは何, いたウロンスキーが云った, いたウンブリアの友だち, いたエジプト数学者でさえも匹敵, いたエネルギーは宇宙, いたエバン船長とスミス警部, いたエフィム・ペトローヴィッチの, いたエフ瓦斯の幕, いたエプロン姿のお, いたエホバの神, いたエマオの旅びとの話, いたエマニュエルは文学上, いたエルザを訪ねる, いたエルベルディング夫人はアルベール, いたオイチョカブ賭博の一, いたオイフラート楽長はかなり, いたオイレル老人が彼, いたオウタハイト島は一七六三年, いたオオヨシキリが僅か, いたオセロは突如, いたオソノが走りで, いたオットー・バシンという人, いたオニンギョウでも抱かし, いたオフィリヤがとんでも, いたオペラシンガーを二人, いたオヤジが急, いたオランダ人はみんな, いたオラン・ビン・バタンという赤, いたオリオン号は荒海, いたオルガは今, いたオルガンの音, いたオルゴールの中, いたオレは分らぬ, いたオンコッコ軍が数, いたオヴァー・オールの太った, いたオーケストラとはくらべられない, いたオーゴーマン大将の下男, いたオースチン師を捉えた, いたオーストリアの軍事監ヴィンチェント, いたオーストリア軍の陣営, いたオーディトリアム・ホテルと廊下, いたオートバイが, いたオーバを脱ぐ, いたオーバーをかばん, いたオールダス・ハックスリーの, いたカアテンの紐, いたカアマイクル氏の手, いたカアルのため, いたカアル・フォン・ワイゲルトという若い, いたカイのしんぞう, いたカイゼル型の髭, いたカイミアラの三つ, いたカイラースの湖畔, いたカオルは真青, いたカザン大学ではなく, いたカシーリンの母親, いたカスミ女史と初対面, いたカップをぐいと, いたカテリイヌは父, いたカテリーナ・フェドセーヴナも出, いたカテリーナ・リヴォーヴナはぽっと, いたカトリック教に同情, いたカナリヤが籠, いたカバンぐらいの大き, いたカフェーが淋びれ, いたカフエへ入り浸った, いたカフエーが寂れる, いたカフカは四月十日, いたカブトムシかサソリ, いたカマの口, いたカミソリのよう, いたカムサツカが分らない, いたカメラマンの姿, いたカモシカ中尉はおどろいた, いたカモ七の父, いたカラビンという短銃, いたカラフト使庁の堀盛, いたカラ松の苗床, いたカルガーノフが突然, いたカルマック族は大体, いたカレルギー伯爵と結婚, いたカンタブリアという小村, いたカンテラを四五尺手前, いたカンナが今頃, いたカーキ色シャツの青年共産主義同盟員, いたカーキ色レイン・コートの連中, いたカーチャは急い, いたカートンは自分, いたカートン氏はこの, いたガスコだ, いたガスコアン大尉は最後, いたガスストーヴの所, いたガラクタ文士の一連, いたガラスの箱, いたガラスのはち, いたガラス壜の一つ, いたガラス戸がまたたい, いたガランとした, いたガリ版刷りを塾生たち, いたガルスワーシーの手, いたガルモーシュカの蛇腹, いたガロエイ大使は鋭く, いたガロ爺やは電気, いたガンヒルドの死体, いたガーネットが三人, いたガールがいる, いたキザな声, いたキッピイが片手, いたキャフェの円卓, いたキャラメルの仲間, いたキャリフォルニアン号の船橋, いたキュビズムヴォナシズムダダイズム等の小, いたキュラソーをのむでしょう, いたキヨをとらえ, いたキリコの石膏色, いたキリシタンはその, いたキリストの彫像, いたキンチャコフが送信器, いたキントトがその, いたギターを取り上げ, いたギリギリの苦悩, いたギリシアの有閑階級生活, いたギンはそう, いたクウシュウという医者, いたクシャクシャの電報三葉, いたクヌヤという月, いたクラネクが叫んだ, いたクララ・ツェトキンの提案, いたクラリモンドであったから, いたクランチャー君が言った, いたクリパー号の他, いたクリンガーの影響, いたクリヴォフ夫人の態度, いたクルボアジエの罎, いたクルーゲル中尉がたちまち, いたクレインの音, いたクレオファンテ・カムバニィニが, いたクレルヴァルははじめ手紙, いたクロスへぶつかりました, いたクロポトキンの, いたクロロフォルムの壜, いたクワを捨て, いたクーペの予備車輪, いたグットネルが間もなく, いたグラスだ, いたグラフと質的, いたグラフィーラの眼, いたグラムダルクリッチのこと, いたグランマー・スクールと遺骨, いたグリゴリイがおり, いたグリルパルツァーは彼, いたグリーゼルの室, いたグルゥバッハ夫人は叫び, いたグルーシェンカと結婚, いたグレーが言った, いたグレーテがいった, いたグレート大阪がある, いたグロテスクな機械人間, いたグロモフと云う, いたグロースがさけんだ, いたグーセフの細君, いたグーロフは彼女, いたケイオーの医者, いたケイトは今度, いたケダモノがその, いたケチックサイ屋台骨に恋々, いたケティという三つ, いたケレンコはいよいよ, いたケント老夫人, いたケンブリッジ大学の生物学会会長シムトン博士, いたケートが口, いたゲエルは手, いたゲンジの時代, いたゲーテと並べ, いたコクトウの, いたコケットのお, いたコスターはそれ, いたコスモは起ち上がった, いたコックリさんに私, いたコドモ君が受話器, いたコネリイ・モルは美しい, いたコノール方の人, いたコピイによる, いたコブナグサが染め, いたコマ貴族の一つ, いたコミンターンの機関, いたコラムの部屋, いたコレットを想い起こした, いたコレット女史を逆, いたコレラ病にも気, いたコロボックルという人類, いたコロリョーフ家の人びと, いたコロレンコを知っ, いたコロンタイズム類似の行動, いたコンデ大侯, いたコンクリートの倉庫, いたコンコルドの広場, いたコースをつぎつぎ, いたコーターマスターの小倉, いたコーヒーをのみました, いたコーヒー沸しの, いたゴシップが沸いた, いたゴブラン織の窓掛, いたゴミの中, いたゴムを所, いたゴム人形がムクムク, いたゴモが五十人, いたゴルフである, いたゴルフ場であつ, いたゴルフ靴下の房, いたゴルボー屋敷の室, いたゴンクール氏の舌, いたゴングのいなかじいさん, いたゴングじいさんがパッ, いたゴート人を撃退, いたサイはびく, いたサイダーを飲んだ, いたサイラスは耳, いたサティールでで, いたサムライの衣裳, いたサヨの着物, いたサラダも虹鱒, いたサラファンのひと, いたサラリーマン風の男, いたサルベージ会社の技師, いたサロモンの代表者, いたサワ子もはる子, いたサンディカリスト平沢計七がプロレタリア芸術運動, いたサンドウィッチだの南京豆, いたサン・トゥースタッシュ氏の証言, いたサヴエート友の会の宣伝ビラ, いたサーカス団の人, いたサーカス団員たちを集め, いたサーベルを腰, いたザチの姿, いたザフレービニナ夫人もその, いたシィヌがなん, いたシェイクスピアのこと, いたシェパードも恐れる, いたシズカ夫人がその, いたシチェードリンのよう, いたシチヤガマという遊び, いたシトギは必ずしも常に, いたシナ人と接触, いたシムソンは暫く, いたシャアがそこ, いたシャクテイ教の神体, いたシャッセを呼び寄せた, いたシャツ姿の家, いたシャトオ・ド・ミュゾオのある, いたシャブーイエ氏の認むるところとなった, いたシュバリエですが, いたシュピネル氏のほう, いたシュワルツコッフ博士はどうも, いたシューマンはライン河, いたシューラは狐, いたショーウインドー外の光景, いたシリング銀貨をやっ, いたシルヴァン・コーンが彼, いたシロモノであったが, いたシンデレラはその, いたシーシコフは頭, いたシーナイフを引き抜いた, いたジイドの青春, いたジェー・ジェー・タムソンが引, いたジオットや近代, いたジミーにあう, いたジムが, いたジャアナリストや漫画家, いたジャケツも脱がず, いたジャネットとノラ, いたジャンナン夫人はそれ, いたジャンヌ・ダークが一旦, いたジャンパーの男, いたジャンパーワイシャツセーターズボン冗談を言い, いたジャンリー夫人がプティー・ピクプュス, いたジャヴァの土壺, いたジュウル・ロマンが彼, いたジュスチーヌあのジュスチーヌ, いたジョリクールはしじゅう, いたジョリーは叫んだ, いたジョンは主人, いたジョンソンの姿, いたジヨバンニのとなり, いたジルベールの外, いたジンタがあの, いたジープが仮, いたスウィート・ファーンが訊き出した, いたスカイの島, いたスカーフの端, いたスガスガしい気持, いたスクルージの前身, いたスクロドフスキーの四人娘, いたスケヤクロウに彼, いたスケートもこれ, いたスコットランドの士官, いたスコラ哲学の方法, いたススを手, いたスタイルは私, いたスタニスラフスキーメイエルホリドより年, いたスチューワートという人, いたステパンは愈々, いたステヤレージの男女, いたストゥヴァン家の人たち, いたストライキの煽動者, いたストーブの一辺, いたスパイ団の団長, いたスパダ氏の情人, いたスフィンクスと己, いたスプレエ川の岸, いたスポオティング・クラブの面々, いたスポーツは筋書どおり, いたスミ子ちゃんもマユミさん, いたスメルジャコフが不意, いたスモーリヌィの正面玄関, いたスリッパを調べ, いたスリルというもの, いたスヴァルト・アルフは青い, いたスヴェンは敵, いたズボンの中味, いたセエタをまた, いたセエラを苛める, いたセガンティニの絵, いたセキセイインコの籠, いたセシルが突然, いたセバストーポリの宿, いたセバ敵追着, いたセミョーノフのパン焼場, いたセルゲイの顔, いたセレナ夫人の耳, いたセンチメンタリズムこうしたもの, いたセーターをまくりあげ, いたセーヌ右岸のシャン・ゼリゼー付近, いたセーラムの人, いたゼフリズはまっ, いたソオリヤ君が訝しげ, いたソクラテスやプラトン, いたソコーリスキーは, いたソファにかける, いたソラそこにいる, いたソルヴェジのよう, いたソンキ三日に一度, いたソヴェト同盟内の職業紹介所, いたソヴェト漁業反革命運動, いたソーダ水を割った, いたソーンダイクは警部, いたゾウが立ちどまりました, いたゾウ使いの男, いたゾラの泥深い, いたゾロリとした, いたタイガーと云う, いたタイピストが住ん, いたタイプです, いたタイムズへの公開状, いたタキシイドを脱ぎ, いたタキシード連が腹, いたタクマ少年は分かりません, いたタツが彼, いたタヌはそこで, いたタバコ袋を見せ, いたタフなるもの, いたタマス・ケリイが思いついた, いたタマス・ケリイ刑事の方, いたタミノは赤い, いたタムソン部長たちの一団, いたタンクにしがみついた, いたタングルウッドがあった, いたターネフ師父の姪, いたダイアモンド・ゲームを出し, いたダイヤだのに, いたダフウトはもっと, いたダンスの上手い, いたダンセニイ劇の為, いたダンチョンへその, いたダン艇長と酋長ロロ, いたチイハの運送屋, いたチウチウ燕路は死ん, いたチェチェヴィーツィンはこの, いたチエノワを思いだし, いたチビ武者の石井彦七, いたチャイコフスキーがこの, いたチャックはいかにも, いたチャドイックも中性子, いたチャンそばやへそ, いたチャンウーの顔色, いたチャンバーレンの似顔, いたチャンフー号主人殺しというの, いたチャーチル氏のお母さん, いたチャーリング・クロスのカフェー, いたチュッチェフがこんな, いたチューネンやマンゴルトら, いたチョイス・リイダアの傍, いたチョコレート色の藁屋根, いたチョビ安が濡れ手ぬぐいを振りまわし, いたチョビ安街の所作事, いたチロが外, いたチロリウム製造実験を専攻, いたチンセイは窓, いたチンピラたちはパッ, いたッけがね, いたッ犬走りだ, いたツイ今しがたの心持, いたツチトリモチ属の一種, いたツボ平夫妻, いたツヤ子が吹きだし, いたツヤ子さんの手紙, いたツルとはたいそう, いたツルゲネフの, いたツルゲーネフはその, いたツワイクの, いたティボール・デュ・シャラール氏ルマルシャン・ド・ゴミクール氏および右党, いたテエヌが社会関係, いたテグスが上流, いたテッド博士がこの, いたテントをたたん, いたテーマでは困る, いたディーネルは金持ち, いたデウスとの相似, いたデニショウン舞踊団の男, いたデパートもし, いたデビーも腮, いたデブデブふとった船長ストロング, いたデュアメルが心, いたデュトの住居, いたデュパンはこう, いたデュプラーが倒れた, いたデュマか誰, いた云うでは, いたトゥウェルスカヤ通りの中央出版所, いたトゥーサンは食卓, いたトオカルをのぞい, いたトニオ・クレエゲルが言った, いたトムの妹, いたトムジョーンズという作品, いたトヨはまるで, いたトラクターの音, いたトルコ軍を包囲, いたトローラーの船長, いたトロ族たちの叫喚, いたトンコを前, いたトンネルの入り口, いたトンボが里, いたトーキーの映, いたドイツ亡命者の, いたドイツ人などつまり, いたドイツ種の人, いたドイツ製品は波型紙, いたドイツ陸軍もモロッコ事件, いたドゥーエーの控訴院判事, いたドスを抜き払っ, いたドストイェフスキーの写真, いたドニェプル河の下流, いたドノバンバクスターイルコックグロースサービスウエップの六名, いたドミトロフ君が, いたドラは一人, いたドンバスのドイツ人技師, いたドン助は, いたドン助こと永田純助という敬二, いたド・グラデルという若い, いたドーリヤには伸子, いたここまで, いたナターリア自身は一度, いたナミ子をよんだ, いたニキビを苦, いたニキフォーロフの家, いたニギリタケが初めてハッキリ, いたニコルスという学者, いたニセコの山, いたニッケルの文鎮, いたニッケル製のハモニカ, いたニッケル鍍金の鍵, いたニュースは, いたニューヨークに昔オランダ人, いたニヴェルネー公爵の手, いたニーチェはこの, いたニーナはなぜ, いたネオンの方, いたネクタイピンを抜い, いたネコを背中, いたネフリュードフがシベリア流刑, いたネーブルを指さし, いたノートルダム寺院近くはルルウ, いたハアヴアド大学で文学専攻, いたハイボールの盃, いたハインリヒのむね, いたハグロとアシガラ, いたハスレルはまた, いたハップスブルグ家の華美, いたハトロン紙包の煉瓦, いたハノーヴァの司教ステファン, いたハバノフの顔色, いたハバード夫人が私, いたハマ子さんがそれ, いたハモニカだ, いたハラムの真黒い, いたハルクを倉庫, いたハワイの川崎ホテル, いたハンケチをさい, いたハンターが言った, いたハンドルの職工, いたハンマーを拾う, いたハートの, いたハーフェズのペシミズム, いたハーモニカの澄んだ, いたバアやそれから, いたバイロン卿の提案, いたバウム・クウヘンを指し, いたバカな親父, いたバクウニンを大分, いたバクダッドの商人, いたバジル・ホール・チェンバレン教授が非常, いたバスが急停車, いたバスクはたしかに, いたバタや肉, いたバタ屋である, いたバッグを父, いたバティスティーヌ嬢とマグロアール, いたバナナの皮, いたバラの幹, いたバラック建ての小屋, いたバラバラの手足, いたバラモンの権威, いたバランスが弱まりはじめる, いたバラードの音, いたバラ色のニーナ, いたバルビュスの作品, いたバルブレンはふい, いたバルメラ男爵もとうとう, いたバルーンは低, いたバンガローに当時, いたパアル・バック夫人の, いたパイの跫音, いたパイクソンは, いたパジの若木, いたパジャマの胸, いたパトラッシュは新しく, いたパトロールカーがかけつけ, いたパノラマを読む, いたパラソルやテント, いたパルチザンの小銃, いたパンひとかけのこらずその, いたパーヴェル・パーヴロヴィチではなかっ, いたヒゲづらの, いたヒステリが出, いたヒダの古京, いたヒデ子は肩, いたヒトミがこの, いたヒュウスケンなぞもその, いたヒューマニズムの響き, いたヒルを呼び, いたヒロポンも皮下注射, いたビイルが白い, いたビショビショ雨をさける, いたビュルストナー嬢は, いたビリューコフがフランス, いたビリンスキー村ピオニェールは村境, いたビルディングにはどうやら, いたビレラフォンはこの, いたピイクの岸, いたピエールがドレフュス事件, いたピオは狛家, いたピオニェールはすこし, いたピクニックが出来ず, いたピョートル・アレクサンドロヴィッチ・ミウーソフがむしょうに, いたピラミッドの暗闇, いたピラムがごろごろ, いたピンを抜き取っ, いたピンク色のワンピース, いたファアブリという伊太利人, いたファシズムのイデオローグ, いたファシズム治安維持法そのものにまとも, いたフィアレンサイドの犬, いたフィツ・ゼームス公に多く, いたフィヒテはベルリン, いたフィロメールはその, いたフイ嬢があっし, いたフェラポントはこう, いたフェロン師の密書, いたフェージャともう, いたフォウドの自動車, いたフォックス博士に会った, いたフォルシュはそれから, いたフォンテーヌブローを避ける, いたフォントヴローは大都市, いたフォークをそっと, いたフォーシュルヴァン氏が肉, いたフォームとリズム, いたフシギに蒙昧, いたフジヤマのばあさん, いたフットボールほどの球, いたフトンと払い, いたフラクションの会合, いたフラットのある, いたフランク人から来た, いたフランケンシュタインが眼, いたフランケ青年が端正, いたフランス・パリーの博覧会, いたフランス中での男, いたフランス中部の小, いたフランス人ゾンタク夫人と私, いたフランス兵たちが生き, いたフランス宮廷生活の中, いたフランス密偵部員の一人, いたフランス文化に対する憧れである, いたフランス汽船ルゾン号の甲板, いたフランス特務員がつと, いたフランス芸術家らは新式, いたフランス英国の金融資本, いたフランス語が妙, いたフランス軍は展開, いたフランス風のサラダ, いたフリイドリッヒは戸口, いたフリント君は何, いたフリードリヒ大王には世人, いたフロシキに包ん, いたフロレンスはさも, いたフールスカップを書類, いたブウちゃんがわりこん, いたブチ猫がこの, いたブヨがここ, いたブラウンには帆船, いたブラシでその, いたブラジル人で十五歳位, いたブラッチ夫人は頭, いたブリキカンのよう, いたブリキ缶だったが, いたブルジョアの金殿玉楼生活, いたブルジョアジーの一時的, いたブルジョア作家たちの声, いたブルジョア帝国主義者どもも今, いたブルジョア有閑婦人達の一人, いたブルメナウ機関大尉も軍医長, いたブルンスウィックがいつも, いたブレークをあんなに, いたブロシュ伯爵は文明, いたブロックの胸, いたブーニンの場合, いたプティー・ピクプュスの修道院, いたプラスとその, いたプラチナの鎖, いたプランに従って古代, いたプランシェ夫人の七歳, いたプリズム双眼鏡を外し, いたプロレタリア作家と既成, いたプロレタリア文学傾向の同人雑誌, いたプロレタリア文学時代からの作家たち, いたプロレタリア芸術理論はその, いたヘイタイが居た, いたヘイタイ虎などと同様, いたヘリコプターがいつのまにか, いたヘルデルリンを初め, いたヘルメット帽を拾っ, いたヘンデルが宮廷, いたヘンデル先生のこと, いたヘンリイ・ホワアド卿が手紙, いたベエールが次第に, いたベソップという名, いたベビーゴルフのボール, いたベラン氏がめずらしく, いたベラ・インベルは, いたベリー公爵とが結婚, いたベルセネフはそこで, いたベルヴィルの木賃宿の, いたベレーを振っ, いたベンジンを下, いたベートーヴェンの第, いたベーリングと父, いたペットは急, いたペップの言葉, いたペトゥルーシカも間もなく, いたペトロ・バプチスタ神父たち六人の西洋人, いたペヌロオプ・リッチは釈放, いたペリスコープのさき, いたペレールでの生活, いたペンキの缶, いたペンキ缶に仕かけ, いたペン先を買う, いたホコリの痕跡, いたホレス・ケプロンこそ黒田, いたホントの理由, いたホームズと一しょ, いたボウイや下級船員, いたボオトの尻, いたボシュエは食, いたボストンワルツというやつ, いたボックスに思いがけなく, いたボリーはロマンティック, いたボースンとストキ, いたボースン大工はもちろん, いたボート競争も見ず, いたボーフルモン侯最もよく, いたポオランドの貴族, いたポクポクのよりはずっと, いたポケットテリヤが急, いたポケット小ぞうのピストル, いたポスターを思い出さない, いたポストの鉄, いたポリネシアの色褪せた, いたポルトガル人ゴオメ・ダヴィラという生まれ, いたポンプが据つて, いたポーズの美し, いたポーデル博士が立, いたポートランド街のある, いたポーニンとノルマン, いたマイが皆, いたマクシム・ゴーリキイを一時, いたマスノの母親, いたマスクの一つ, いたマストをはなした, いたマゾヒスムス的変態心理の慾望, いたマタンはさっそく, いたマタンノエそれからレヴィ, いたマタ・アリはレイ氏, いたマダム丘子にもこんな, いたマッセナは後輩, いたマッチをでも返す, いたマドレーヌ氏はまったく, いたマドロス君その人, いたマニョンのもと, いたマネキン人形の首, いたマヤクの音, いたマヨワの王, いたマリイ夫人の鍵束, いたマルはその, いたマルクスボーイスはマルクス主義, いたマルクス主義のファン, いたマルタンであった, いたマルーシャがむこう, いたマンネンタケ一個その菌蓋, いたマンマーマンマーというあの, いたミケランゼロの話, いたミシンの音, いたミセス・レイマンの住居, いたミチェンコは突然, いたミチ子は夢, いたミッスルトオのほそ, いたミハイールの刑法, いたミヤコがたぶん, いたミヤ子はオーバー裏側, いたミリガン夫人とアーサ, いたミルキ国の音楽浴, いたミレーのオフェリヤ, いたムウラン・ルウジュと同名, いたムッソリーニが今日, いたメイフェアにあった, いたメッキの王冠, いたメノコの一団, いたメリンスの方, いたメンデルスゾーンにとってそれ, いたメントール酒の残り, いたメーコン号が一団, いたモオタア・ボオトはやはり, いたモスクワ芸術座の立派, いたモスコウ人のせい, いたモダンボーイの帆村, いたモダーン銀座の高層建築物, いたモチ竿を投げすて, いたモデルと今日, いたモデル女である, いたモネーが描いた, いたモノに出, いたモラトリアムが遂に, いたモルヒネ注射も秋, いたモルモットのお, いたモロー大彗星, いたモンデトゥール小路の歯状堡, いたモンパパ号とちがっ, いたモンパルナスの手, いたモーシェレスに宛て, いたモーターボートがまた, いたモーパッサンのこと, いたヤエ子も姿, いたヤシホの盃, いたヤスは諸事, いたヤソが私, いたヤマトの国家, いたヤミ屋の青柳宇一郎, いたヤングの, いたヤーシャが金網, いたユシュルー爺さんの昔, いたユスツス老人はそれ, いたユスラ梅の枝, いたユタが明治, いたユリが火起し, いたユリウス通りは, いたユーカラのすべて, いたヨウロッパのあり, いたヨオロッパの北方, いたヨセフはすぐ, いたヨークシャー系の大白種, いたヨーロッパ的思想に育てられ, いたヨーロッパ風のロマンチシズム, いたライカアやレコオド, いたライン州では一七八九年, いたラケット入れを殆ど, いたラザルスが墓, いたラザレフはついに, いたラジオファンとしてあの, いたラスクの文庫, いたラストの恋人, いたラップという河童, いたラツールは玉太郎, いたラテン民族の学芸, いたラテン語の詩句, いたラマムはこの, いたラムの, いたランプニースのカーニバル, いたリアリズムの高唱, いたリアリズム観とは大体, いたリアルな諸, いたリザヴェッタは応接間, いたリズムハーモニーを拉しき, いたリノリウムの床, いたリリー・レーマンに逢えない, いたリルケは遂に, いたリン博士は右手, いたリヴィアの住居, いたリーマン博士は苦笑い, いたリーロフ大佐がむくむく, いたルイ十八世とにまでもおよんだ, いたルクーフェは母, いたルグナンシェがお前さん, いたルスとベラント, いたルドウィッヒ大尉はその, いたルナチャルスキーが彼, いたルネッサンス時代にインド, いたルネブールグ隊のもあった, いたルパンはふと, いたルミ子はアクビ, いたルュキサンブウルの公園, いたルリさんとか言つた綺麗, いたルンペンの鬚男, いたルンペンどもの頭数, いたルーサンはダヴィデ上演, いたルージュをなめ, いたルービンシュタイン兄弟はチャイコフスキー, いたルーヴェルは丸い, いたル氏は時々, いたレイモンドがつと, いたレイモンド嬢はバルメラ男爵夫人, いたレインコートをあわて, いたレエヌさんの眼, いたレキセル彗星が千七百七十九年, いたレザァコオトを貰っ, いたレザールが横, いたレザール探偵はラシイヌ探偵, いたレシイナとその, いたレター本当にサンキュー, いたレディが, いたレフ・トルストイは自身, いたレミントンの二連銃, いたレーグル・ド・モーはその, いたレーニを呼びもどした, いたレーニン廟は伸子たち, いたレーマンが私, いたレーリーは, いたレールが急, いたレール接目の遊隙, いたロイトネル氏がアムラ・ヤコビイ, いたロイド眼鏡の男, いたロオマ時代の器具, いたロオルスロオイスが時速九十粁, いたロザリイという召使, いたロザリーの言葉, いたロシア内の各, いたロシア労働者の対照的, いたロシア婦人労働者の日常生活, いたロシア文学専攻の評論家片上伸, いたロシア語勉強も二人, いたロスコー家のコック兼, いたロスコー氏が突然, いたロス大佐に向っ, いたロス氏邸でこの, いたロゼリイス姫の死, いたロックという鳥, いたロッティは耐えきれなくなりました, いたロドルフは, いたロボのやつ, いたロマンティシズムを払いのけ, いたロマン的な読者, いたロムベルグ徴候が起る, いたロムルスの一党, いたロランのため, いたロロー殿下は大き, いたロロー王子さまがおかえり, いたローザは予期どおり, いたローマンチックな血気, いたローマ字書きの書物, いたローマ帝国の競技精神, いたローリイが大声, いたワイヤーだけが時々, いたワザヲギであること, いたワジェンキ王宮の近所, いたワンピースやスリップ, いたヴァティエの師団, いたヴァヰオリンに目, いたヴィッカアスという外人教授, いたヴィデが襲われず, いたヴィルパリジェスの家, いたヴィヴァイアンとヴァンドルール, いたヴェラ・インベルは飛行機, いたヴォルガの漁師, いた一々見分けること, いた一きわ大きい魚人, いた一さつの, いた一つかみの紙幣, いた一わをつかまえ, いた一グラムの水滴, いた一ツ橋慶正卿, いた一ト頃があった, いた一ヵ月まえまでの, いた一丁稚だろうか, いた一七九三年からすでに, いた一七九九年は極めて, いた一丈八尺の紐, いた一世紀ほども長く, いた一也が珍客到来, いた一二の画家, いた一二ヶ月ほどだけだった, いた一二人の労働者, いた一人ガクリと膝, いた一人北原ではなかっ, いた一人娘も今日此, いた一人物がいた, いた一人類をこうして, いた一代のかた, いた一件を心, いた一個中隊の竜騎兵, いた一個連隊の胸甲兵, いた一僕がそっと, いた一兆候を見せ, いた一八一五年には近衛騎兵, いた一八郎と万吉, いた一円の下駄, いた一円紙幣の束, いた一刀バラリと一文字, いた一刀佐次郎の顏, いた一刀斎も近頃, いた一刀用捨もなく, いた一刀陸湯にスーツ, いた一勢とひとつ, いた一包の毒薬, いた一千万年後の世界, いた一升徳利と十円札, いた一反五畝歩の畑, いた一号車もあった, いた一同ていねいにおじぎ, いた一名といえる, いた一味十二人そのままそっくりこっち, いた一員なの, いた一囚徒は一人, いた一因でしたが, いた一団四五十名の味方, いた一基の燈籠, いた一堂の玄関, いた一報が九州, いた一夏もある, いた一大氏族の子孫, いた一太は喫驚, いた一女性と幾名, いた一婦人の虚栄心, いた一学生が貰った, いた一定の焦点, いた一家臣などは具足, いた一寸法師の緑さん, いた一尺ばかりの蝙蝠, いた一巻の冊子, いた一年あまりの間, いた一年前の, いた一年間はそれでも, いた一度結婚したこと, いた一廉の青年紳士, いた一式小一郎で思わず, いた一張の弓張提灯, いた一徹な愚かさ, いた一心が突然, いた一応実践的に, いた一戸籍係にすぎなかった, いた一抹の危惧, いた一揆の旗, いた一教授が立っ, いた一文字の菅笠, いた一文獅子を引っぱっ, いた一斑を知る, いた一新聞の読者, いた一方面を拾, いた一族御家人の将星, いた一日の間, いた一日中の事, いた一日二夜を経, いた一日本人であったという, いた一日轟然たる大, いた一昨年の今ごろ, いた一昨日の有様, いた一時の好感, いた一時間あまりの間, いた一時間信吉はホテル, いた一時間前から白く, いた一書は蕃書取調所, いた一月の獄中生活, いた一月限りのもの, いた一本切りの針, いた一本松の葦, いた一本松それが今, いた一朱銀を手金, いた一杯気嫌で, いた一株の仏手柑, いた一梃の辻駕籠, いた一棟は潰れ, いた一橋の高等女学校, いた一橋慶喜ですら, いた一武士も来, いた一武者が, いた一浪士であるなどという, いた一浴客が後に, いた一瓢を取り出し, いた一生徒などは嘲る, いた一画工の平瀬作五郎氏, いた一番上等のだから, いた一番下の息子, いた一番光に近い, いた一番末の四つ, いた一番背の高い, いた一矢を放った, いた一種決然たる闘志, いた一種過剰な純粋性, いた一竜斎貞丈と今, いた一節切の巧み, いた一線だったが, いた一老翁があった, いた一般大衆は喜ん, いた一般観客に当たりました, いた一般読者は無, いた一般論的輪郭的な問題提出, いた一艘の親船, いた一萬兩の金, いた一行七人は一瞬, いた一袋のヘロイン, いた一襲の小袖, いた一見そう見える, いた一証といっ, いた一警官が偶然, いた一転機として彼女, いた一軸も風呂敷, いた一輪の朝顔, いた一週間の内, いた一部分の技能, いた一部族があった, いた一部隊がむくむく, いた一郭だけがいつ, いた一重ねの小, いた一銭を吉公, いた一門の気持, いた一隻の汽船, いた一雇人だった, いた一頃の如き, いた一領の鎧, いた一頭の名, いた一首の歌, いた一高出身の谷川徹三, いた丁子の匂, いた丁子風呂のお, いた丁度いつかの, いたの腕, いた七つの長女, いた七ひきのこどもやぎ, いた七ツの子供, いた七八名の旗本, いた七八年の歳月, いた七八年前の心持, いた七八百の水俣, いた七八間さきの切立て, いた七円五十銭だかの, いた七助はその, いた七十すぎの老人, いた七卿のうち, いた七号室に案内, いた七四番のひろい, いた七尺余りの男, いた七日間以外にはその, いた七瀬らが入っ, いた七福神組の群像, いた七重八重の唐衣, いた七階の板張, いた七頭の馬, いた万丈の氷怨, いた万事終ったこと, いた万余の軍勢, いた万創膏も肩, いた万国史とか世界史, いた万国赤十字のひと, いた万太郎終りの一句, いた万寿と茶々, いた万戸はあまり, いた万民の幸福, いた万田九郎兵衛の非, いた万葉人はよく, いた万葉時代の生命力, いた万葉集の歌, いた万象が一斎, いた万里の鉄壁, いた万金膏という膏薬, いた丈八郎の行動, いた丈夫そうに頤, いた丈夫一方の不恰好, いた三の丸が焼けた, いた三ぴん一同がその, いた三ぴん連の先陣, いた三ツの東太, いた三七七八米突という高, いた三万円の拐帯犯人, いた三上の感触, いた三下奴です, いた三与力のひとり山本左右太, いた三之助もあの, いた三井報恩会の遊佐敏彦, いた三人姉妹のこと, いた三人目の男, いた三人連れの草鞋, いた三位卿はぶっ, いた三保の妹, いた三個の懐中電灯, いた三光新道のクダリ, いた三十あまりの女性, いた三十がらみの, いた三十すぎのユーブカ, いた三十一文字を突破, いた三十七八歳のころ, いた三十九名は皆一味, いた三十二三の男, いた三十五六歳の武士, いた三十五年が苦しい, いた三十余りの男, いた三十八九のでっぷり, いた三十六歌仙が行儀, いた三十分ばかりの間, いた三十四五の一人, いた三十恰好の商家, いた三十男も襟巻, いた三千人の技師, いた三千代は急, いた三四歳の頃, いた三太夫はこの, いた三太郎君の視線, いた三太郎猿は手, いた三好七郎と云う, いた三宅は援兵, いた三宅軍兵衛たちの四名, いた三宝荒神即ち一匹, いた三寳鳥の聲, いた三少年は相手, いた三尺帯を足, いた三島しづ子という婦人, いた三左衛門はすぐ, いた三幕物の社会劇, いた三年ぶりに歩い, いた三年前の晩, いた三度笠を渡し, いた三庵の姿, いた三才社と仏蘭西書院, いた三文字紋弥はあわて, いた三文文士が突然, いた三日分の思い, いた三日間というもの, いた三時三十六分の汽車の代り, いた三木は警視庁, いた三木清氏が解放, いた三木雄の生命, いた三本錐の尖で傷つけたらしく, いた三条実美以下の五卿, いた三枚橋まで物売, いた三枝が急, いた三枝博音三枝の友人服部之総, いた三枝子の悲し, いた三根夫もこの, いた三根夫少年がこの, いた三楽館も突然, いた三次は崩れた, いた三毛ですらも, いた三毛猫が何処, いた三沢はこの, いた三法師の身, いた三津木春影は姉妹新聞, いた三浦にし, いた三浦平太夫という人, いた三浦義澄の一族, いた三浦荒次郎義澄は旅装, いた三田党の学生, いた三田村技手へ急, いた三百余の関門兵, いた三百円がにせ, いた三社前の掛け茶屋当り矢, いた三稜形になっ, いた三等兵曹があわて, いた三羽のにわとり, いた三色すみれのおし花, いた三色版写真のオーロラ, いた三色菫の紫, いた三花や四花, いた三芳がそっち, いた三蔵がやや, いた三角スポンジを手, いた三角帽子を除け, いた三谷斧三郎の今戸, いた三遊亭金馬君の家, いた三遊派の方, いた三郎高徳の眼, いた三野村は好い, いた三間ほどの幅, いた三階の隅, いた三頭の馬, いた三頭立の馬, いた三騎のかげ, いた上り下りの旅人, いた上一代が死んだ, いた上京も止め, いた上人様にも真底, いた上体を倒し, いた上先妻の腹, いた上兎も角, いた上半身を急, いた上官に忠実, いた上小路の旧宅なぞ, いた上川が猫, いた上平次と二人, いた上幸いにも教育, いた上床下から天井裏, いた上方下りの嵐翫之丞, いた上方方面から出た, いた上月も百姓呼ばわり, いた上月城は必然, いた上服を投げ附け, いた上柳橋に渡つて, いた上武蔵へもなに, いた上河内の下り, いた上用意して, いた上田広氏がどんな, いた上級生から新, いた上腹まで切りかけました, いた上見掛けよりは金儲け, いた上近頃は江戸, いた上述の二様, いた上部の靄, いた上野介が横合い, いた上野未亡人の姪, いた下あたりに這い込んだらしい, いた下げ髪の娘, いた下女どもは平次, いた下宿屋の戸, いた下宿生活の荒れた, いた下屋の屋根, いた下島の仲間, いた下役の一人, いた下手人を調べ, いた下水道の組織, いた下田端へでた, いた下男たちはみんなポケット, いた下男頭の作平, いた下知状やら曲事, いた下級の女房, いた下腹部の痛み, いた下足番の爺さん, いた下関発の夜汽車, いた不具者が橋, いた不動尊の画像, いた不動瀑布の上, いた不可侵条約をやぶっ, いた不可入性などについては疑問, いた不可思議な動物, いた不吉な塊, いた不変という考え, いた不如意の気持, いた不孝の子, いた不徳であり公衆, いた不快感が急, いた不愉快そうな表情, いた不憫な民さん, いた不成績の子, いた不朽の労作, いた不眠症が幾晩, いた不知哉丸の君, いた不知火の連中, いた不知火流の内弟子一同, いた不破の関守氏, いた不破数右衛門千葉三郎兵衛間新六, いた不破数馬の置手紙, いた不良中学生だった, いた不良少年の仲間, いた不評判の主, いた不誠実に気附, いた不逞の宇宙魔ミミ族, いた不随意筋を一々, いた与太郎という馬鹿, いた与平のこころもち, いた与惣次も中村町, いた与謝野晶子が今日, いた丑之助は身, いた丑蔵は十介, いた世にも佗びしい姿だった, いた世人はふたたび, いた世界そのものが一つ, いた世界各国の兵器スパイたち, いた世界連合の臨時緊急会議, いた世界連盟本部からの温かい, いた世紀末の懐疑, いた世話人らしいの, いた世論に対して私, いた世道人心が今日, いた丘田医師に掴, いた丞相その人, いた両人は胸, いた両刀を絡げ, いた両切りの莨, いた両国の橋, いた両家は頻繁, いた両方の胸, いた両脚の水腫, いた並木道の菩提樹, いた中世の宗教, いた中世シナの形式, いた中世紀の暗, いた中井の電話, いた中元歳暮の旧慣, いた中原淳一が健全, いた中原淳一氏の抒情画, いた中啓で受け止めた, いた中国人チンセイは丁坊, いた中国少年を床, いた中国服をとりあげる, いた中央の貴族圏, いた中央アジア辺の物, いた中央亭で家族, いた中央共和派とはフランス, いた中央部は彼ら, いた中婆さんなの, いた中宮が権門, いた中小劇場は急, いた中屋の二階, いた中島某は, いた中川家の家士たち, いた中川清秀は突然, いた中川瀬兵衛高山右近もすでに, いた中年男が肩, いた中戸川範太夫であった, いた中村さんから先ず, いた中村係長と黒川記者, いた中村座上方から招いた, いた中村捜査係長に囁いた, いた中村松江はふと, いた中村楽天君の周旋, いた中村警部たちに抱き止められ, いた中条流の印可目録, いた中条百合子がロシア, いた中根雪江へ密書, いた中條百合子はこの, いた中江兆民などとは人生, いた中津川の医者, いた中流知識階級の人道主義者, いた中産階級の経済基礎, いた中田は, いた中田かまと云う, いた中田理平次が夜逃げ同様, いた中畑さんからけさ北さん, いた中番頭も手代, いた中納言日野の資明, いた中華ソバ屋に彼等二人, いた中西を訪ね, いた中越炭礦会社の滝口坑, いた中軍を思い, いた中軍船隊である, いた中野という男, いた中野学士が鮮やか, いた中間は俄, いた中風のよう, いた中館公一郎が, いたに皮, いた串崎船頭の老練, いたにワ, いた丸々した体内, いた丸い小さい日本女の, いた丸善がその, いた丸太やら焼け折れ, いた丸尾はここ, いた丸尾技士のため, いた丸形のをお, いた丸木艇はだんだん, いた丸窓をいちど, いた丸縁の笠, いた丸裸の来島運転士, いた丸顔の横顔, いた丹後守はこう, いた丹波ハタと膝, いた丹羽五郎左が明智光秀, いた丹羽五郎左衛門のため, いた丹那の庄屋, いた主上法皇女院らの輿, いた主人役はその, いた主人総一郎が書斎, いた主任は苦し, いた主君佐々木家の本城, いた主婦たちよりより積極, いた主導者または同志, いた主従が一緒, いた主権が天皇, いた主権者から最も, いた乃公は女, いた久保がフッ, いた久保氏が来, いた久八の孫娘, いた久右衛門さんの兄きが, いた久吉だけであった, いた久子さんが案内, いた久子以下の亡命, いた久松であった, いた久次郎は母, いた久田の姥, いた久米一が不意, いた久米八に対する情, いた久米内なの, いた久野は一度, いた乎どっちか知らぬ, いた乎否乎は疑問, いた乗り手の源吉爺さん, いた乗合客は彼ら, いた乗客達が揃っ, いた乗組員はぎょっと, いた乗馬靴銀の拍車, いた乙型スウィッチを彼, いた乙御前の釜, いた九つくらいの男の子, いた九人の人たち, いた九十になる, いた九十五人は影, いた九十人の中, いた九州人が珈琲, いた九州各地の旧, いた九州四国中国の宮方ども, いた九州探題の北条英時, いた九州時代の姫君, いた九州諸族も我, いた九曜巴の提灯, いた九月はじめ伸子は東京, いた九条の渡舟場, いた九郎助の肩, いた九鬼嘉隆の兵船群, いた九鬼弥助はふところ, いた乞食らがみんな, いた乞食坊主の耳, いた乞食女のこ, いた乞食娘にそっくり, いた乞食連中がいつの間に, いた乱想の寄せ, いた乱杭である, いた乱橋のほう, いた乱歩の一面, いた乱波組の者, いた乱雑さを絵画的, いた乳人がそっと, いた乾児の一人, いた乾児たちは, いた乾児達は忠次, いた乾兒を連れ, いた乾物で一杯, いた乾物屋のお, いた乾雲丸をそうやすやす, いた亀一はまだ, いた亀蔵の口, いたであると, いた了哲と云う, いた予備の機械人間, いた予備学生出身の小畑耕二, いた予備隊とが息せききっ, いた予告通りに運ばれ, いた予定の行動, いた予感がふい, いた予防医学という専門語, いた事々を武蔵, いた事務員たちが道, いた事務員連は皆, いた事務局長が立ち上がり, いた事務机の中, いた事務長テイイが悲鳴, いた事変なの, いた事大観念めと重荷, いた事態とべつに, いた事業は驚くべき, いた事物の個々内容, いた事項でもある, いた二つきりの椅子, いた二つ三つの単語, いた二カ年半が急, いた二ツの影, いた二ヶ月半の間, いた二三人連れの大学生, いた二三十頭の雌, いた二三名の者, いた二三年の間, いた二三本の竿, いた二三百人の男女, いた二三艘の舟, いた二上屋藤三郎すなわちお, いた二人づれの男, いた二人組の強盗, いた二人背後が突抜け, いた二人連が去っ, いた二人連れなので, いた二位どの御所, いた二個にさらに, いた二元性がこの, いた二剣のうち, いた二十七八の騎士, いた二十七年の二月, いた二十五六の痩せ, いた二十五六歳の武士, いた二十五歳の時, いた二十何人の友だち, いた二十何名かの船員, いた二十余りの男, いた二十余人の乗合, いた二十八歳の母, いた二十六の時, いた二十六歳の伸子, いた二十六隻の船団, いた二十四歳の処女, いた二十年前の好, いた二十日や一ヵ月, いた二十時分にふとした, いた二十枚の歯形, いた二十歳あまりのすこぶる, いた二十頁に近い, いた二千両が目当て, いた二千兩の小判, いた二名の女, いた二夫人もすすり泣き, いた二官はやがて, いた二尺の踏台, いた二尺三寸以上はある, いた二川子爵は極度, いた二年前の晦日, いた二度目の幸福, いた二挺の三味線, いた二月二十二日から三月三日, いた二月二十八日の夕方, いた二月八日から二月十五日, いた二本箸の稲扱器, いた二朱銀一個が手引き, いた二条派にとってはどうしても, いた二枚の紙幣, いた二梃の駕籠, いた二棟つづきの, いた二歳になる, いた二番方の坑夫たち, いた二疋もその, いた二百の面, いた二百人ばかりの一団, いた二百円ばかりの貯金, いた二笑亭の建築, いた二等水兵が内, いた二等運転士ストウンが思い切った, いた二絃琴の師匠, いた二組の者, いた二羽の鳩, いた二艘のポルトガル商船, いた二萬を唐沢氏, いた二葉亭はこれ, いた二見の茶屋, いた二軒の家, いた二輪の半開, いた二重以下は惣塗り, いた二重紋綾の足袋, いた二間のうち, いた二間余りの細い, いた二間梯子のところ, いた二階八畳の青い, いた二階堂御所は手ぜま, いた二階建の離れ, いた二階造りの離屋, いた二顆の大きな, いた于禁は, いた云々というあの, いたの腕, いた五〇年代の初め三年間, いた五つの獄門台, いた五ひきのネズミ, いた五カ年のあいだ, いた五ツ海で一晩, いた五六人連れの学生, いた五六秒の後, いた五円札を京都, いた五円紙幣に代えた, いた五分月代優がたの浪人, いた五十すぎの立派, いた五十七ヶ国のスパイ, いた五十五六の頬髯, いた五十五六歳のころ, いた五十人の者, いた五十余りの男, いた五十四五の男, いた五十川女史は思いきっ, いた五十年配の男, いた五十恰好の小肥り, いた五千トンの船, いた五千八百円の指輪, いた五味左門と宣る, いた五回目の一, いた五寨の備え, いた五寸位直径のある, いた五島列島の福江島, いた五年の間, いた五年生たちは新入生, いた五所川原の叔母, いた五月人形の箱, いた五機の操縦士, いた五瀬某が詰所, いた五男御坊丸, いた五百五十万人の労務員, いた五百余人の部将, いた五絃の琴, いた五臓に若々しい, いた五臓六腑から簡単, いた五郎は急, いた五里の下水道, いた五高の福原, いた井上が死んだ, いた井上一郎くんもいっしょ, いた井上君が叫ぶ, いた井上嘉門が嘲笑う, いた井上安五郎が, いた井伊兵部直政だった, いた井伊大老の喪, いた井伏さんは驚き, いた井戸で穢れ, いた井谷を見る, いた亜太郎の後頭部, いた亜熱帯雲南が一変, いた亜米利加美人がばちゃんと, いた亜細亜と言う, いた亞尼ははつ, いた亡き文吾の, いた亡命の将軍家義昭, いた亡父の余光, いた亡者は仲間, いた交友である, いた交換手にそれほどしばしば, いた交通路の一ツ, いた交通銀行と中国銀行, いた京人形みたいな女給, いた京人形芝居錦絵さまざまな品, いた京助の優しい, いた京大や九大, いた京山はこの, いた京弥へ静か, いた京役人の作, いた京洛の人々, いた京都のある, いた京野等志は突嗟, いた京阪地方である, いた亭主どもはこの, いた亭主額を畳, いた人々彼ら以前に, いた人々鎖をとかれた, いた人々隠者の, いた人ありていに言え, いた人かげが同時に, いた人ごみは急, いた人それがどうも, いた人たち五六人が駈けつけた, いた人たち夫人がた宮がた, いた人たち皆この有様, いた人たち自身の間, いた人っ子一人いない海岸, いた人なつかしい手ざわりの, いた人のを居抜き, いた人ゆえ悠々と, いた人事不省の状態, いた人佐藤春夫である, いた人力車夫を呼んだ, いた人参がごつ, いた人声が底, いた人夫姿の味方, いた人夫達はピタリ, いた人形使いの存在, いた人形箱頭巾袖無脱いで, いた人影一つ荒涼たる焼, いた人情自己放棄の陶酔感, いた人柄なだけ, いた人殺しとか強盗, いた人波が一時, いた人物剣道無類の達人, いた人物料理場の生乾き, いた人猿達が祠, いた人生的態度並びに文学作品評価, いた人生的教養は逆, いた人生観でもあった, いた人畜は電撃, いた人相書を振, いた人種で其中, いた人膚に紛う, いた人見廣介は突然がばと, いた人足どもは一度, いた人跡未踏の山奥, いた人通りがまた, いた人造人間エフ氏からされた, いた人道的善意は次第に, いた人間それも死ん, いた人間づきあいの世間的, いた人間なかまでも野, いた人間一般は英国風, いた人間他の人間, いた人間仲間の楽し, いた人間描写とインテリゲンツィア, いた人間灰は改めて, いた人間的なもの, いた人間達は, いた人間関係だったの, いた人面瘡ででもございましょう, いた人骨製の短, いた人魚の尾鰭, いた人麿の妻, いた仁三郎は門口, いた仁右衛門は吼える, いた仁太郎が三番目, いた仁蔵は夢遊病者, いた仄かな擾音, いた仇討か, いた今ごろはっきり其, いた今ちゃんの顔, いた今にも二人ながら, いた今のは何, いた今井君と自動車, いた今宮さんは奥, いた今川範国で言下, いた今年の十三日, いた今日のをはり, いた今橋の浦門, いたの下, いた介抱をし, いた仏像が自然, いた仏勤めを取り返しうる, いた仏器を想い出します, いた仏教はいかに, いた仏様側のいろいろ, いた仏陀の霊山, いた仔牛まで親, いた仔猫のこと, いた仔鹿は軽い, いた仕事ぶりは通り一ぺん, いた仕事場へ宏子, いた仕事机から錆びた, いた仕事着の裂, いた仕切りの襖, いた仕官の宿望, いた仕立ておろしの帯, いた仕立屋のこと, いた他国者なん, いた他意なき熱心さ, いた他省方面の閣僚, いた他身許を知るよす, いた之助, いた仙人一計を案じ, いた仙介であった, いた仙十郎はこの, いた仙台の手, いた仙太の実, いた仙太段六女房などをチョイ, いた仙波と申す, いた代々の小店, いた代り気立のやさしい, いた代り自分の方, いた代わりにこんど, いた代官松が見えなくなっ, いた代表者の一人, いた代診の弓削医学士, いた令二を二人, いた令兄子之吉氏はやがて, いた令嬢は言う, いた令弟の夫人, いた令旨でありまた, いた以上これはどうしてもそう, いた以上効き目があっ, いた以上廓内も広い, いた以上心にかかり, いた以上想像されること, いた以上長久保家の人間, いた以外には少し, いた以外具体的な記述, いた以来は何, いた以来私たちの関係, いた白洲は, いた仮名床の亭主伝吉, いた仮装中国貨物船の平靖号, いた仮説であるけれど, いた仲の町の大村, いた仲の者も多い, いた仲よしで一緒, いた仲仕たちはにわかに, いた仲働きのきよ, いた仲居婢が, いた仲時も, いた仲間たちがほとんど, いた仲間どもが彼, いた仲間態のが呟いた, いた企らみで, いた企業家たちは生産, いた伊之助は驚きあわて, いた伊井河合村田福島木村などの新派俳優, いた伊勢の話, いた伊勢松坂の人, いた伊右衛門と直, いた伊吹山麓へも行きがけ, いた伊四郎又作, いた伊太利革の手提, いた伊太夫は, いた伊東ゼローム以下生徒たちは校庭, いた伊東六十次郎君の歴史観, いた伊東家のボート, いた伊東春子という女給, いた伊東頼母であった, いた伊沢という男, いた伊沢柏軒は前, いた伊治公呰麿というもの, いた伊田はやがて, いた伊藤五の鎧, いた伊藤俊輔であった, いた伊藤被告の妻, いた伊豆守の行く手左わき, いた伊賀侍ガッと膝, いた伊賀甲賀の仲間, いた伊都丸が夜具, いた伊香刀美はさすが, いた伍長が扉, いた伏兵の槍, いた伏勢ではなく, いた伏線を感じ, いた伏見の城, いた休火山的の化学, いた会合がへん, いた会席ではある, いた会席料理の娘, いた会所守の久六, いた会田屋の老, いた会計係りの男, いた会計士官の一人, いた伝あにいがたちまち, いた伝さんのところ, いた伝令兵が突然, いた伝六太鼓の調子, いた伝兵衛が眼, いた伝声管の中, いた伝書鳩のあし, いた伝染性腫物のこと, いた伝法肌の町人, いた伝法院の隣地, いた伝統が別, いた伝統的日本人をよびさまし, いた伝説を夢, いた伝馬船は方角, いた伝馬船内に俄, いた伯水老人はそのうち, いた伯爵細山宏はふらふら, いた伯父さんが憤慨, いた伴天連風の怪人, いた伴蔵はそれ, いた伸び放題伸びた庭芝, いた伸子たちをよぶ, いた伸子パリへかえって, いた伸子自身の桜, いた伽藍の御所, いた佃島の家, いた但し宜しくない, いた位いの篤信家, いた位人が見たら, いた位牌堂の隣り, いた位珍らしくはっきり, いた位置鐘の形, いた低空飛行の時, いた低級な文学青年達, いた低能娘のため, いた低迷状態からようやく, いた住友君の首, いた住吉村へ行っ, いた住居のほう, いた住持も其の, いた住持三要はいちいち, いた住田の様子, いた住職が云った, いた佐々木伊勢守へ荒獅子, いた佐々木岸柳はもっと, いた佐々隼人正政次, いた佐久間も佐久間, いた佐久間右衛門にたいしてこういう, いた佐久間右衛門宮内卿法印などの外交家たち, いた佐久間方の殿軍, いた佐五郎老人はここ, いた佐介五郎淡河兵庫斎藤宮内城ノ介師時, いた佐代子足の短い, いた佐伯昌作は取留め, いた佐伯氏はまだ, いた佐佐も背, いた佐佐木茂索君を顧み, いた佐和田朝学君という人, いた佐塚警部の頭, いた佐多稲子さん平林たい子さんのよう, いた佐竹哲夫も呼ばれた, いた佐藤兄弟が, いた佐藤志津馬という門弟, いた佐藤継信と忠信, いた佐野屋九助伊勢屋玉吉などは本当に, いた体じゅうの血, いた体量十八貫と云う, いた何さんの姿, いた何とかいう富豪, いた何よりの証拠, いた何んかの役に立つだらう, いた何ヶ月というもの毎月, いた何億年前の無, いた何十人のもの, いた何千人何万人という熟練職工, いた何千貫かわからない, いた何太后であった, いた何年間はそんな, いた何故かしらと思いました, いた何日かのあいだ, いた何枚かの書きつけ, いた何百という登山客, いた余り善くも, いた余りに馴れ親しんで, いた余習かも知れない, いた余輩の目, いた作家コロレンコはその, いた作家シーモノフが日本, いた作家リージンとその, いた作家層と読者, いた作家笠井一の絶筆, いた作家魂の衰退, いた作左衛門が喉笛, いた作左衛門夫婦は声, いた作平はふと, いた作文でほ, いた作業場は元, いた作物の一つ, いた作用のたまたま, いた作者達も今, いた作藏でごぜ, いた佝僂の娘, いた佩刀を刀架, いた計呂麻, いた使に來, いた使役兵達が, いた使用人たちの原籍, いた使部を罰し, いた例月芝の恵智十, いた侍側の将士たち, いた侍医の吉平, いた侍女たちはその, いた侍女若党などの百何十人, いた侍女達が頭, いた侍従中山忠光は官位, いた侍従以下の供人たち, いた侍従大納言の姫君, いた侍臣の一人, いた侍臣たちは忙しく, いた侍臣一色右馬介についてである, いた侍部屋からお, いた侘しさを, いた供人の同勢, いた供人たちなので, いた供給に対する競争, いた依田という軍属, いた依田商事会社に貿易品, いた依頼者の我まま, いた侠客で花山, いた侠客みその浦, いた侮蔑や軽視, いた侮辱の恨み, いた侯爵家の名, いた便の疎通, いた便乗景気に淘汰, いた便宜さを失わせまい, いた便所の屋根, いた係りの若い, いた係り役人や書記連一同, いた係与力の耳, いた係員に耳打ち, いた係官一同は, いた係長が不意, いたか大工, いた俊三に向かっ, いた俊助は, いた俗吏に過ぎなかった, いた俗説であったかと, いた俚俗の狐狸学, いた保井進と結婚, いた保名に向かっ, いた保持白雨氏小林の可, いた保羅の姿, いた信一が, いた信二を抱え, いた信仰には別に, いた信号旗を再び, いた信州の或, いた信州人らしいおじさん, いた信州川中島の上月, いた信州路から江戸, いた信徒があった, いた信徒達の酬い, いた信心はけっして, いた信念なんてあやしい, いた信次郎が飄然, いた信江がぷつんと唄, いた信濃の国, いた信玄以来の股肱, いた信玄熱が高かっ, いた信祝は越前, いた信者席の一番前列, いた信者達は狂人, いた信西入道にも運命, いた信輔は或, いた信長味方の全, いた信順の近習, いた信頼を裏切られた, いたがなつかしい, いた俥夫はサット手, いた俥宿があった, いた修羅黒縄の世界, いた修行者があった, いた修道院長の顔, いた俳優たちは行く, いた俳優達はほっと, いた俳友の一人, いた俳句の標準, いた俳諧師の学問, いた俵一八郎である, いた俵同心とその, いた俺らの幼, いたがここ, いた倉持の言葉, いた候補生は間もなく, いた借家探しの, いた借用証も持っ, いた借用証書の一束, いた借銭でも貸した, いたの座, いた倭文子達の所, いた倶楽部旗を示した, いた偃月の青龍刀, いた偃松の姿, いた假面のやう, いた偏見を突破, いた健ちゃんまでが, いた健二がきいた, いた健吉氏夫妻は少し, いた健策がすこし, いた側テーブルを, いた側女たちがハッ, いた側臣もあった, いた側衆の人々, いた側近たちがこんなに, いた偵察機に赤外線写真, いた偶像を滅茶滅茶, いた偽善のヴェール, いた偽物ですわ, いた傀儡師体に隙, いた傍らの室, いた傍ら算術なども教え, いた傍例に徴, いた傍聴人を, いた傍聴席の一隅, いた傍若無人の高話, いた傍観者が低い, いた傍証にもなろう, いたい人たち, いた傑作でした, いた備前物の刀柄, いた備前長船の刀, いた催眠剤なん, いた催眠薬に違い, いた傭兵の別名, いた傲然たる世界, いた傳説も同じ, いた傷口がずきずき, いた傷心の感, いた傷痍軍人たちにチブス, いた傷負の若い, いた僕たち社員を救っ, いた僧らがぞろぞろ, いた僧兵らもどこ, いた僧形のかげ, いた僧正はクララ, いた僧衆や下部ら, いた僧院の鍵, いた價値のアナーキー, いた僻地でもっとも, いたを行, いた儀八と太助, いた儀助が, いたはいつの間に, いた億万の生, いた儒者ふうの老人, いた儘声らしいもの, いた儘微笑しながら, いた優しい礼奴さんの, いた優男なん, いた優雅な調子, いた允子はやがて, いた元始の人間, いた元始時代の人間, いた元来がこういう, いた元町通りに比べる, いた元禄時代には思いつかぬ, いた元素精霊には違い, いた元老院と折り合い, いた兄フランツの即座, いた兄媛にさしあげた, いた兄弟はまろ, いた兄弟たちもしんみり, いた兄弟子たちから木剣, いた兄恒善が見附け, いた兄様か, いた兄者人がちょうど, いた兇徒の獰猛, いた兇暴な血, いた先人らがなした, いた先代の遺志, いた先代侯爵が見染め, いた先任のルドウィッヒ大尉, いた先住の民族, いた先住アラビア人は多く, いた先住民族の代表者, いた先入主などもあったらしく, いた先夜の大平, いた先妻の顔, いた先帝ご処分, いた先師の時代, いた先手の何人, いた先方のお家, いた先日まで栖方, いた先生方が大学, いた先生金右衛門と日本左衛門, いた先発のお雪ちゃん, いた先輩たちが非合法運動, いた先輩友人たちと全部, いた先輩達との直接, いた先頃の自分, いた光代はその, いた光厳の御, いた光厳法皇やほか, いた光安院はほんの, いた光廉入道がそう, いた光弾が一瞬間, いた光明弁天の尊像, いた光景伸子がこれ, いた光村博士に見染められ, いた光沢布巾を宙, いた克明な門徒, いた児太郎はうっとり, いた児島なにがしといわれた, いた児島高徳にし, いた児島高徳松田の権, いた児玉法学士が弁明, いた児童の遊戯, いた児童文芸家があった, いた入れ目であった, いた入江道場の万年門弟たち, いた入浴客はここ, いた入院前の彼女, いた全体のこと, いた全力を中止, いた全員がまるで, いた全国の有権者, いた八つが岳, いた八つあたりとで紋作, いた八ぴきの怪物, いた八ツ山坂の坂道, いた八人組というわれわれ, いた八公が盤面, いた八助へジロリ, いた八十一歳の曾祖母, いた八十助はそこ, いた八十歳の隠居, いた八卦見といっただけじゃどうせ, いた八坂の不, いた八尾の田舎, いた八幡山の宇喜多忠家, いた八幡筋へも八幡社, いた八文字屋の亭主, いた八日目の日男君, いた八木さんが答えました, いた八木沢善次があった, いた八畳二室のその, いた八百五十円の札束, いた八重という女, いた八重菊八重里の二人, いた八雲の体, いた八風斎それが不首尾, いたけの過失, いた公一が例, いた公共の事業, いた公卿たちも数, いた公卿どもの素足, いた公卿ばらもみな, いた公園ゴロが必死, いた公孫樹それ以外に何, いた公平の無感覚, いた公私の生活, いた公算だった, いたの親父, いた六さんというの, いた六ツの手, いた六七百の兵列, いた六七週間の間, いた六兵衛の娘, いた六匹の二十日鼠, いた六十あまりの老, いた六十がらみの人, いた六十八歳のアガーシャ小母さん, いた六十恰好の老媼, いた六十歳ぐらいの老, いた六十歳以前の頃, いた六千俵の米, いた六右衛門さんが昨日パリ, いた六号艇の乗組員たち, いた六天山塞を焼きはらっ, いた六月二日の当日, いた六条家の人々, いた六樹園は失望, いた六波羅の陶山備中, いた六波羅放免の抜け目, いた六波羅方は唐崎, いた六番目の男, いた六花状の結晶, いた六角だこが上がっ, いた六角時信が姿, いた六郎の父重忠, いた六阿弥陀詣を試みた, いた六階の粗末, いた六隻の軍艦, いた働組の, いた共同椅子の辺, いた共学のあり, いた