青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いず~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いくら~ ~いくらか いくらか~ ~いけ ~いけない いけない~ ~いけません ~いささか いささか~ いざ~
いず~
~いずれ いずれ~ いそい~ ~いた いた~ ~いたし いたし~ ~いたしました ~いたします いたずら~

「いず~」 1044, 11ppm, 9642位

▼ いず~ (257, 24.6%)

9 へともなく 8 にある 7 に, にありや 6 へ, へとなく 4 よりともなく 3 にいる, へなり, へ行く, へ行った 2 で果てる, にあった, にまします, にも, に身, へともなく走り去った, へ参る, より来たる, を見

1 [180件] いかなる戦い, かに, かにて世, かにひそか, かに動い, かに在る, かに蟄居, かに進発, かの片すみ, かの陸影, かはわからない, かは存じませぬ, かへ去り, かへ姿, かへ手, かへ消え失せ, かへ飛び去っ, から出た, から学び得た, から渡っ, から現れ, がよい, だろう, であるか, であるかも, であるやを, でご, でもありません, でもわれら二人, で終わる, として疵一つ, にあっ, にあり, にお, においても同じ, においても隅田川, におらるる, におるやらん, にかある, にかその, にかなお, にかもり行く, にかナロードニーキ, にか何, にか去り, にか失踪, にか姿, にか持, にか生き, にか立ち寄られ, にか身, にか隠れ, にこの, にていかに, にてお, にてもあれ, にても一般, にても有, にても縊, にて造り, にともなく, にと聞け, にひがし西, にひそん, にもいず, にもきみ, にもない, にも六波羅者, にも宇治山田, にも浮ばざりき, にも矯飾, にも籍, にも見いだす, にも見えませぬ, にも見られざる, にも見られる, にも開かれ, に住め, に住もう, に動乱, に南, に向かう, に向っ, に在す, に在る, に売っ, に大月玄蕃, に失せ, に如何なる, に宿, に居る, に己, に帰っ, に帰る, に忍ん, に戦っ, に指導原理, に正直, に求むる, に求め, に牢舎, に繋がれたる, に置きし, に至っ, に花, に蔵め, に行かん, に行く, に迷える, に露命, へお出で, へか二, へか去っ, へか喪, へか埋め隠した, へか立ち去っ, へか身, へか陣所, へか飛び去っ, へか飛ん, へでも馳せ向わす, へともなく立ち去っ, へとも無く, へなと身, へなと遠く, へのお, へまいる, へ伴い参らす, へ出かけ, へ参ろう, へ奔, へ往く, へ捨て, へ消え去った, へ臨んだ, へ落ちた, へ行きましょう, へ誘う, へ走った, へ赴いた, へ赴くべきであろう, へ逐電, へ飛ばせよう, までか登り得ざる, までゆかん, もおの, も参詣人多く花屋, も変りません, も恋, も戦場, も掃き清め, も散策, も朝廷, も松, も田, も肉闘, も茂っ, も荒涼たる, も道, よりき, よりきたる, よりとも知らず, よりも早く, より借り来, より又, より得, より来, より来た, より来る, より生れ, より登りし, わが冷た, わが脣, わが静かさ, を, をもっ, を叩い, を尋ね, を過ぎ, 迄もなが

▼ いずこと~ (72, 6.9%)

46 もなく 4 もなく立ち去った 2 もなく立ち去っ, も知れぬ

1 [18件] いえど, なく海, もなくす, もなく去っ, もなく消え去るごとく, もなく立ち去りけり, もなく立去った, もなく走り行く, もなく起こった, もなし, も分らない, も存じませぬ, も知らぬ, も知れず, 心得て, 思うぞ, 捜しまわって, 知らば

▼ いずこの~ (63, 6.0%)

3 何者か 2 国においても, 方か

1 [56件] うなぎ何, カフエーでも, 上は, 主人も, 人なりける, 何という, 何と申される, 何ものより, 何やつじゃ, 停車場の, 兵か, 国か, 国にも, 土地とも, 地方に, 地点よりも, 大名旗本の, 家に, 家も, 宿場の, 小屋の, 岸を, 御人, 戸を, 時は, 曹司なら, 果てかで, 果てに, 果てへ, 果てまで, 果で, 果にても, 水菓子屋にも, 流れも, 海辺にも, 深山にも, 神社も, 空なりとも, 空へ, 絵図か, 縁台も, 自然とも, 舞台にも, 花柳界や, 誰が, 誰じゃ, 誰の, 誰を, 道を, 郷にも, 里かで, 鉾ぞ, 隅にでも, 領下にも, 領内でも, 飲食店も

▼ いず~ (46, 4.4%)

2 家の

1 [44件] あの麗わし, お泊まり, からっぽに, こっちへ, これでも, さ, ちゃんと自分, どこへ, ふらふらする, ドシドシ草鞋でも, 三方から, 今度は, 何処かへ, 俺らと, 出家を, 動いた感情, 動いて, 半身を, 反抗しました, 和蘭あたりの, 塩でも, 実感から, 少しは, 少し稽古, 尼君だけが, 帰つた, 幸橋御門内の, 床の, 往々径, 投げかえす, 早く自動車, 水平線の, 満足し, 源氏は, 灰を, 狐忠信も, 現実に, 直接お, 美術社会問題現代思想の, 肯くばかり, 茂子という, 言った, 話を, 逢いに

▼ いず~ (34, 3.3%)

11 しました 3 した, すると 2 したの, して

1 [13件] おくらない, したうえ, します, しますと, するため, するの, するばかり, する気もち, する知らせ, ギルビイへ, 聞くと, 誘って, 顔でした

▼ いずくに~ (25, 2.4%)

3 か在る

1 [22件] か, かある, かいかなる, か一番鶏, か其実, か去り, か存, か居た, か帰せん, か求むべきだ, か汝, か潜ん, か祥兆たる, か空谷, か立去り, か行きおれる, か行き給う, か車井, か通う, か適従, か隠し, か隠した

▼ いず~ (20, 1.9%)

1 [20件] かがり火を, こっちを, この無法者, さっさと降り, ずっと前, ちっとは, ちっと言っ, ちと魚, はっきりその, はよういっ, ひとっ走りお, タップの, 一本つけ, 乗り込みな, 些と, 前へ, 同時にあの, 早う行け, 早よ, 柳橋へ

▼ いずその~ (17, 1.6%)

1 [17件] あたりは, せつ妊娠って, ために, ための, ほか亡き人の, リアリティーが, 一人は, 代りに, 団体も, 壁は, 変形の, 幹を, 数奇な, 文化その, 背はまろい, 設備の, 足音一つ私の

▼ いずまた~ (17, 1.6%)

1 [17件] あたりにも, あの辻馬車, それ以上には, 互いに手, 写本の, 写生を, 年配も, 愛する気, 捨て切ッ, 来も, 無頓着な, 片方の, 矢が, 私も, 音楽家でも, 馬鹿丁寧な, 高氏の

▼ いず~ (14, 1.3%)

1 [14件] あるの, ふえを, ような, ように, 件その他色々, 喜頓と, 四人来り, 坊屋三郎から, 坊屋三郎トチリ心がけが, 坊屋三郎軽い, 夜, 楽屋入りが, 残れる一人川田義雄, 鉄環を

▼ いずただ~ (13, 1.2%)

1 [13件] ひとりきりの, まだほんと, 一人の, 上部の, 少し感じ, 空箱の, 自分にも, 舗石の, 裏の, 許して, 野良犬の, 青い卓布, 革命の

▼ いずかた~ (8, 0.8%)

1 でも武具, にか去り, へかちくてんし, へか泊りき, へ参られたであろう, へ行かれた, へ行く, よりぞレモン

▼ いずしかも~ (8, 0.8%)

1 これが, その異郷, それが, 人口が, 割合に, 官僚統計は, 巧みに, 次々に

▼ いず~ (7, 0.7%)

1 あったぞ, あるの, ないところ, まあ, 出て, 来て, 終わりますと

▼ いず~ (7, 0.7%)

2 へなり 1 にか忍ん, に向い, の屋敷, へか姿, より艶書

▼ いずこから~ (6, 0.6%)

3 ともなく 1 かウォー, か異人, 身を

▼ いずこま~ (6, 0.6%)

1 でもおん供, でもお供, でもこの, でも夫婦, でも追って, で越した

▼ いずそれ~ (5, 0.5%)

1 がため, と聞く, は善意, も非常, を一々

▼ いず自分~ (5, 0.5%)

1 からさき, しか書けない, でもそれ, としてもそういう, の姿

▼ いずきの世帯もち~ (4, 0.4%)

4 のしまり

▼ いず~ (4, 0.4%)

1 が墓, によって残された, の残した, はやっぱり

▼ いずそう~ (3, 0.3%)

1 して, なると, 多く愛し

▼ いずそこ~ (3, 0.3%)

1 から自分, においでた, には田舎

▼ いずてに~ (3, 0.3%)

1 何地ゆくらむ, 眦に, 衝と

▼ いずとも~ (3, 0.3%)

1 おくつろぎ下さいませ, 何か, 便利な

▼ いずには~ (3, 0.3%)

1 いられない, いられない小さな, おられなかった

▼ いずむしろ~ (3, 0.3%)

1 あたりが, そこには, 自分の

▼ いず一人~ (3, 0.3%)

1 いい気持, で女, の尊敬

▼ いず~ (3, 0.3%)

1 あくせくし, はじめに, 余り快く

▼ いず~ (3, 0.3%)

1 の感覚, ばかりが三人, 親だけ

▼ いず買い~ (3, 0.3%)

1 が寄りつけない, のトルーソフ, の欲心

▼ いずあるいは~ (2, 0.2%)

1 ここでは, 貶しあるいは

▼ いずいつも~ (2, 0.2%)

1 うすら寒いすばしこさ, よりかも

▼ いずかい~ (2, 0.2%)

1 たる証拠, だと

▼ いずがらん~ (2, 0.2%)

2 とした

▼ いずしたがって~ (2, 0.2%)

1 どの役所, 同氏が

▼ いずすぐ~ (2, 0.2%)

1 奥へ, 馬に

▼ いずそして~ (2, 0.2%)

1 その話, 祖母の

▼ いず~ (2, 0.2%)

1 なるまいが, 美しくならないで

▼ いずやがて~ (2, 0.2%)

1 お隣り, 備前の

▼ いず一年~ (2, 0.2%)

2 か二年

▼ いず~ (2, 0.2%)

1 のいる, は皆

▼ いず~ (2, 0.2%)

1 は全く, も櫛笥

▼ いず~ (2, 0.2%)

1 か注文, か考え込んだ

▼ いず四人~ (2, 0.2%)

1 も招い, 連れて

▼ いず完全~ (2, 0.2%)

1 なる三軍, な仏像

▼ いず~ (2, 0.2%)

1 の中, の畳

▼ いず寧ろ~ (2, 0.2%)

1 この間うちから, 喜んで

▼ いず小屋~ (2, 0.2%)

1 の荒い, へも来ない

▼ いず彼女~ (2, 0.2%)

1 に見つかる, はその

▼ いず~ (2, 0.2%)

1 が二つ小説, は出かける

▼ いず細君~ (2, 0.2%)

1 にもしよう, を手伝っ

▼ いず足袋~ (2, 0.2%)

2 もはい

▼ いず遠く~ (2, 0.2%)

1 で吠える, へ退い

▼1* [330件]

いずあくまでここは, いずあげくにここ, いずあなたの役宅, いずあの人だけ, いずある距離を, いず風呂も, いずおそらくきたない机, いずおらは小屋, いずお前もそう, いずお茶っぴき, いずたよりと, いずかえって貧窮時代に, いずかたさまへもお前さま, いずから始まるアガったの, いずがらあきだった, いずきつくチャンの, いずきみに邪慳, いずげんに新しい事件, いずここには水軍, いずこじきとなっ, いずこすべては型, いずこと四辺を見廻した, いずこと様にあら, いずこのいかなる御仁で, いずこのごろは六条院, いずこの間でも廊, いずこれが年中行事, いずこれらの歌, いずこ今いずこ, いずさらには二次, いずさりとて白と, いずすしあ, いずしっかりして, いずすくなくとも私は, いずずいと身を, いずずっと拡大され, いずせめてあすこ迄はと, いずぜひなく衛府, いずそういうことまで, いずそうした者を, いずそこで働く若い, いずそのうえ孔明の, いずそのどういう風に, いずそのまま舞台へも, いずそれから気を, いずそれで月々仕送りは, いずそれにこの奈良, いずそれゆえただ紳士荘, いずただお日さまの光, いずたとえば白鳥会などで, いずたんまり利権の, いずつい行動を, いずつよい好奇心の, いずてんで見たこと, いずでもして, いずとうてい勝算が, いずどこまでも日本, いずなにかと手狭, いずなんだね, いずのみお我辺, いずのろのろとして風呂, いずして, いずはじめから醒め, いずはっきりした定見, いずひどいエディンバラ訛りが, いずぷりぷりと楓, いずほんの少うし, いずぼんをはく, いずぼんやりと取残された, いずまさしく自分の, いずまして高氏が, いずますます蒼白くひきしまっ, いずまできめたの, いずまるで秋雨の, いずみんな黒い頭, いずもしかすると, いずもちろんたといわが子の, いずもっと後ろに, いずやつをつかまえる, いずやはり一つ財布で, いずやむを得ず米友を, いずようございます, いずわが乳牛は, いずわずかな街灯, いずカサのない, いずカソリック風なニュアンス, いずガラッ八も, いずガランとした, いずシャツはぼろぼろ, いずジタバタもし, いずスウッと音, いずスタスタと歩い, いずトラックの方, いずブラインドを下した, いずブリキ製の薄い, いずベン虫の卵, いずペテルブルグで相当, いずボタンの取れた, いずモソモソして, いずランプの光, いず一つの東洋文化, いず一パイに水たまり, いず一人一人の生活感情, いず一心にバスを, いず一応はうぶ, いず一族も知らず, いず一族数十名と共に自刃, いず一般人間性にひろがっ, いず一茎の花, いず一言だって愛, いず三がい松の影, いず三日に一度, いず世間で何, いずはひっそり, いず中野さんが前, いず久能君不思議だねえ, いず乗客は勝手, いず九条家や土御門家, いずあれば, いず事件から事件, いず二つの輪, いず二階に三十, いず人夫もいなかった, いず人物の自然発生, いず人目も見なけれ, いず人通りもなく, いず人間環境としての存在条件, いず今夜せめてのうのうと, いず今度とは本当に, いず以外はつまらん, いず会場の写真, いずとにらみ合わせ, いず何となし斜, いず何とかいう人, いず作者たちが人間, いず保井は家, いず兄師直の失脚, いず先ごろ尊氏が鎮守府将軍号, いず光線の使い方, いず党大会の前, いず全体に醜く, いず全的なもの, いず具体的な結果, いず内容から云え, いず内輪ばかり寧子, いずの箱, いず刻々の生きた, いずをとっ, いずのない, いず去秋の美事, いず又はその基本的, いず反動的な内容, いず口鬚も伸し, いず昇に, いず向うの行燈, いずや歯ぐき, いず商売のつまらな, いず固い墨の, いず圓馬は角張り, いず土牢の戸, いずかへ運び去ろう, いず地位の高く, いず地平線を取巻い, いず地誌や地図, いず地面がただ, いずは薄ら寒く, いず垂れもシン, いずなやつ, いず夕べに見かけた, いず外界がぼんやり, いず夜床につい, いず天性の豊富, いず天皇の還, いず太い帆げたも, いず女中一人も出, いず女房方や童, いずに遠慮勝ち, いず妥協主義者によるソヴェト, いず威嚇などにも乗り, いずの子, いず子供達もいなく, いず官僚的だったり, いず宮中にもいなかった, いず家具も備え, いず寝室のドア, いず少くともある, いず山の手が灰, いず山中ほどの好漢, いず巡査さえも一緒, いず工事は半ば, いず帷幄とし, いず平形の五分計, いず広闊な耕地, いずの中, いず強いて言えば, いず従ってそのままの, いず必ず遣り返したが, いず念頭になく, いず患者の家族, いず愉快で丁寧, いず意外に感じ, いず意外とはし, いず意識的にか無意識的, いず感心なお母さん, いず我国のバンジョー, いず種の, いず或は流れて, いずに汗, いず手がかりもねえとし, いず手袋をはめ, いずわるく子息宗矩, いず捜索されても, いず掛持の件, いず政府補助金額を年十七万九千ポンド, いず散文という結構, いず数多く列席した, いず方さまの御, いず日本の女, いずの空, いず時に我慢なら, いず時には自身の, いず朋輩たちやあ, いず早く取れた分と, いず朝廷もまた, いず本当には文学, いず机仕事の私, いずの上, いず森閑とし, いず次郎にすすめられ, いず正月の客, いず武蔵境の乗換駅, いず歪みそのものが語っ, いず殊に島に, いずに死なれた, いずとして自身, いずなども落ち, いず江戸ッ児は女, いず沈黙のうち, いずはいよいよ, いず泰造もすい, いず海上はまっ, いず海外をも考慮, いず海賊どもは乱暴, いず消息もよく, いずのなか, いず瀧井孝作と俳句, いず無帽である, いず無言で白け, いず無限の下, いず熱心に見いだした, いず父ひとりの動坂, いず物置のよう, いず特別に神経質, いず特異な香, いずを破っ, いず玉代にいくら, いず玉虫は空, いず現在あまり質, いず現実的に高い, いず田舎へ行く, いず田野も相当, いずのこと, いず登場して, いず育ち切らない作文, いずに議論, いずも鼻, いず直義は無性に, いず真面目な穏, いず眼前にある, いず窓口から内部, いず紅梅が紅梅, いず紀にも, いず網代屏風などという宮, いず綺麗に掃除, いず美しく弾き出した, いず老人夫婦が遠く, いず考えかたがちょいちょい, いずも自分, いずのところ, いずが高く, いず背後の丘, いず胴長にロマネスク, いず腐敗もし, いずは炬燵, いず至極当り前だ, いずも不快, いず芸術史にしろ, いず薬研堀の縄張, いず藻草も生え, いず西の空, いず言葉をかきわけ, いずもその, いず談論風発すると, いず諸君を見知ってる, いず赤い上に, いず足もとすらもまっ暗, いず近い将来に, いず追跡されても, いず通行人もいず, いず運送屋から届けられた, いず遒勁とも謂うべき, いず遠いあの夜, いず適当な結婚, いず部屋のまん中, いず野上彌生子の, いずももっ, いずの棒, いず長く使われて, いずの前, いず門番小屋もしまっ, いずには半ば口, いず随分と心細い, いず電灯もつい, いず電車をやりすごす, いずぞら, いず青い中折帽から, いずに赤い, いず頓狂な声, いず頻りにスースー息を, いず顔見知りの番頭, いず類似のわざ, いず食事中も二人, いず食事部屋の出窓, いず骨格がしっかり, いず鵠沼辺に住ん, いず鶴嘴とくわ, いず黄金性の魅惑, いず黒光りがし, いず黒板の上, いずの汚した