青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いささか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いくつ~ ~いくら いくら~ ~いくらか いくらか~ ~いけ ~いけない いけない~ ~いけません ~いささか
いささか~
いざ~ いず~ ~いずれ いずれ~ いそい~ ~いた いた~ ~いたし いたし~ ~いたしました

「いささか~」 2243, 24ppm, 4803位

▼ いささか~ (232, 10.3%)

5 不安も 3 不平も 2 余地をも, 同情も, 変りも, 好奇心も, 文章上の, 生命を, 羞る

1 [210件] あやまちも, うしろめたさ, うたがいを, うねりさえも, お咎め, お心残り, お疑い, こと, ことも, ごまかしも, ごまかしや, さびしさも, たじろぎも, ためらいも, ひねくれも, みどりと, センチを, 不公平も, 不快も, 不自然こだ, 不自由も, 主観の, 乱れも, 乱暴も, 事故どう, 休息さえ, 作為も, 便を, 修行を, 凸凹も, 利き目, 功に, 功を, 加増は, 効果も, 動揺を, 卑屈も, 卑猥さも, 危険も, 危険性なき, 厭味が, 友情と, 友情献身親睦人間的幸福への, 友誼を, 反駁が, 取り得でも, 可憐さも, 名残りも, 吹聴意識を, 呆気に, 呼吸と, 土産を, 変りは, 変化も, 奇智を, 奉公など, 女性らしい, 好意をも, 妥協も, 嫉妬と, 子の, 学問など, 安心とともに, 対立も, 対立意識も, 屈託も, 差異も, 希望の, 座席の, 引目を, 影響も, 得意で, 得意感と共に, 御恩返し, 心がかり, 心の, 恃み, 恋情を, 恥も, 恩義も, 恩返しが, 悔いでも, 悔いも, 悔も, 悲しみを, 情け容赦も, 感動を, 慰みとして, 慰めでは, 憐愍も, 手土産を, 手落も, 手違いの, 抜かりも, 推察が, 損傷の, 摩擦も, 支払いも, 故障が, 故障なく, 昔だけは, 暖味に, 暗らい影, 期待を, 木の実を, 未練はの, 横浪を, 歪みが, 水工夫であった, 決心を, 活気も, 淀みも, 湿った地, 滞りも, 濁酒に, 火を, 無理が, 煩悶なし, 物は, 犠牲だ, 狂いも, 狐疑も, 狼狽も, 猶予も, 理智も, 理由も, 理由を, 異心, 異議は, 疑いも, 疑いを, 疑も, 疑念の, 疲れも, 疲労も, 痛痒も, 皮肉も, 相違も, 眠りを, 睡眠に, 知り合い東都文陣の, 知人で, 私利栄達も, 私心も, 私憤も, 窺視も, 童心を, 粉雪ふりしき, 縁ながら, 縁辺最近我が家の, 繁閑なく, 罅も, 罪悪も, 美的情感も, 羞ずかし, 羞らひも感傷も, 群竹, 胃の, 脂肪をも, 腕を, 臆面も, 自由をも, 興を, 興味も, 興奮の, 興奮も, 良心でも, 芝居気も, 花やかさが, 苦労も, 苦痛で, 苦痛も, 苦痛可哀そうだった, 華やかさも, 薬の, 血が, 被害は, 補助も, 覚醒を, 記憶も, 誤りが, 躁狂的な, 軽蔑をも, 辻神辻仏に, 進退にも, 遅延を, 道学者臭も, 遺憾も, 酔いの, 金子をもって, 銭も, 銭借り, 鋭さも, 間違いごとに, 間違いより, 関係を, 陰翳も, 障りも, 難点が, 雪凍り, 静安も, 面倒も, 面窶れが, 音だに, 頬笑みの, 顧慮も, 風, 飛躍をも, 飾り気も, 黄味をさえ

▼ いささか~ (228, 10.2%)

3 ない, なかった 2 その意, 動揺の, 心を, 怖る, 恐怖の, 社会的意義を, 言は, 身に, 遜るところ

1 [204件] あるまい, おぼえが, お怒り, お気づかい, お疑い, かまうところ, かれに, かわりは, この没入, そうした物凄い, その辺, それに, それには, そんなお, そんなふう, たじろがずオレ, ためら, ためらわでつかつか, ないこと, ないので, ない所, なくホウリョウの, なされなかったこと, はにかみを, ひるまない, ひるむところ, ひるむ気色, まちが, わからないので, わずらわされること, タジロギを, タメラわ, ブランデーの, ヘキエキせず, 不作法な, 不思議は, 不自然を, 不都合が, 不都合は, 事露, 亦浮きたる, 人選を, 他に, 他を, 他人の, 似ても, 似ない事, 低められては, 依頼する, 係はらぬ, 信仰の, 傷つけないよう, 儀礼を, 劇的な, 加えること, 加入されない, 劣らずイギリス, 動じない眼, 動揺しなかつた, 取り乱した様子, 取り乱すこと, 取乱したあと, 取扱はれ, 同感し得ない, 含んで, 和げて, 噴飯, 地位の, 増減を, 変えること, 変ぜざるを, 変らなかった, 変らぬ尊攘, 変化を, 天皇の, 夫の, 威儀を, 室の, 害を, 害心が, 害心の, 寛大な, 居室家具食器庭園等の, 屈せざれども, 崩すこと, 弛まなかった, 形を, 彼らの, 待ちくたびれたよう, 後ろめたいよう, 後悔する, 御斟酌, 心が, 心に, 念とは, 怖れる, 思いませんが, 思って, 恥ずる心, 悔いて, 悔いない, 悪びれない怖, 悪びれるところ, 悪びれる容子, 悲観の, 惜しくない, 意地の, 感じない人間, 感じなかったので, 感じませんが, 感ぜられなかった, 慌てなかったが, 手を, 抜目の, 採るべきありと, 損われない, 救いが, 新聞記者に, 時の, 枉げて, 染まらないばかり, 権力は, 武勇めか, 母親の, 気に, 気を, 法水が, 浮薄な, 涼しくならず, 渋滞する, 減じては, 減じないが, 溺愛の, 無い, 無いの, 無理が, 焦躁苦悶の, 照れて, 狼狽と, 猥り, 用捨なく, 異と, 異状が, 疑いを, 疑問を, 疑念を, 疲れた様子, 痛恨の, 発見する, 相手を, 眼を, 矛盾だった, 知らないの, 知れなかったゆえ, 破綻する, 示しませんでした, 禍ひされ, 私に, 科学的根拠の, 積極的の, 繊弱な, 美に, 耳を, 脂が, 脱隊, 自分と, 苦々しさ, 苦に, 荒れたところ, 薄くならない, 行いを, 衝撃を, 表情を, 衰えないから, 見えなかつた, 見せず疾風, 見当らぬが, 見当らぬ同時に, 触るれば, 誇張の, 誤認は, 警戒の, 遊戯的な, 違うこと, 違わず故に, 違わぬ, 遠慮せず, 遠慮は, 酔わないもの, 醜い斧鉞, 野蛮で, 長い幕間, 関係は, 関心の, 陣中では, 隠されて, 難が, 非難できない, 頽廃麻痺歪曲した, 顧みる所, 顧慮せぬ, 飾気無く, 驚愕を, 黒人らしくなかった

▼ いささか~ (41, 1.8%)

2 もこの, も迷信

1 [37件] も, もそういう, も人手, も人格者, も他, も似た, も体, も作品, も便乗みたい, も動物, も反省, も国, も完, も客, も弁信, も恋愛, も悪意, も敗れる, も文明, も時勢, も植物趣味, も父, も畏敬, も異例, も監督, も相違, も緩和, も美醜, も腕, も裨益, も見失う, も認め, も関係, も關係, も音, も驕傲, 済みその

▼ いささか~ (25, 1.1%)

3 を悪く 2 になる

1 [20件] がさし, がさす, がさすが, がひける, が咎むるゆえであろう, が咎め, が咎めない, にかかっ, にしない, になっ, になった, にならない, になりだした, のひける, もおちついた, をよく, を打たれた, 懶うなっ, 懸りゆえ, 障ですが

▼ いささか得意~ (18, 0.8%)

4 になっ 2 の色, の面持 1 だった, だったけれど, でした, でもあつ, で椅子, とする, な顔つき, にさえなった, にならざる, もある

▼ いささかその~ (17, 0.8%)

2 致を

1 [15件] 原因を, 名義の, 大旨, 失礼でない, 常識の, 御他聞, 心得は, 情を, 沿革を, 理由を, 疑いの, 苛烈な, 誤解せられ, 趣を, 辺の

▼ いささかなり~ (17, 0.8%)

1 [17件] ともある, ともお伝え, ともその, とも似通った, とも君に, とも変つた, とも恐怖, とも曳く, とも殿, とも民族生活, とも現世, とも直る, とも觀念, とも貢献, と慰め, と自ら, と食い止めん

▼ いささか~ (17, 0.8%)

1 [17件] が慰められる, なぐさむこと, にいたむ, にいと, に懸るまじ, に激, に蓄え, のおち, のゆとり, ばかりの祭, も倦み, も落ちつい, も落着, を安, を慰むる, 寂しくなっ, 惑う折

▼ いささかながら~ (15, 0.7%)

1 [15件] 判つて来た, 囲炉裏の, 御参考, 感謝の, 日本の, 早稲田から, 昂奮の, 物を, 留めおりすなわち, 細川家の, 自ら知っ, 自己の, 誇りの, 酬いること, 駕中の

▼ いささかこの~ (13, 0.6%)

1 [13件] 問題に関する, 国に, 小論文の, 希求に, 怪事に関する, 意味において, 方に, 東海道を, 盛時に, 辺へ, 道に, 道の, 開田の

▼ いささか~ (12, 0.5%)

1 [12件] たわむれ遊ばすか, 土産に, 恥かしい, 慰めください, 慰め申しうる, 手あげ, 晴れ遊ばしたでございましょう, 気の毒じゃ, 気の毒に, 灸でした, 考えが, 荷物だろう

▼ いささか不安~ (10, 0.4%)

2 に思われない, を感じ, を感じた 1 がない, でありました, になった, にならざる

▼ いささか意外~ (10, 0.4%)

2 の感 1 でありました, でございましたよ, でさえ, な気, にうたれた, に思いました, に思った, に感じた

▼ いささかたりとも~ (9, 0.4%)

1 不自然の, 子どもの, 役人が, 御心配, 御懸念, 探り求める存在, 知らしめず, 神慮に, 軽佻諷刺の

▼ いささか~ (9, 0.4%)

2 庭の 1 おむくい, 存じて, 心なぐさむ, 心得て, 恵まれて, 悟入させられ, 我れ

▼ いささか不平~ (9, 0.4%)

2 だった, であるが 1 の形, もあり, らしい, らしい樣子, らしく

▼ いささか失望~ (9, 0.4%)

2 した, の気味 1 したが, の感, を感じ, を感じました, を感ぜざる

▼ いささかこれ~ (8, 0.4%)

1 が奇態, が存在, が解説, に関する臆説, に類し, をつかわす, をもっ, を補っ

▼ いささかでも~ (8, 0.4%)

2 これに 1 これを, 不安であり, 役に立つこと, 疑わしい人物, 英国官吏を, 高等動物の

▼ いささか~ (8, 0.4%)

1 ものであった, 不意な, 動揺にも, 報恩では, 悔いも, 竹林で, 荷物を, 邪推中傷

▼ いささか心得~ (8, 0.4%)

2 てござる 1 があり, があります, がご, がござる, ている, のある

▼ いささか拍子抜け~ (8, 0.4%)

3 の気味 1 がした, のかたち, のまま, の体, の形

▼ いささか~ (8, 0.4%)

1 に持説, の敬意, の考え, の言葉, はこの, はガッカリ, も私, を慰める

▼ いささか当惑~ (7, 0.3%)

3 して 1 した視線, しながら, しなければ, の面もち

▼ いささか自信~ (7, 0.3%)

1 があっ, があります, がある, がゆらぎ, のある, のな, を持つ

▼ いささか閉口~ (7, 0.3%)

2 した 1 して, する, するの, なおも固辞, の気

▼ いささか~ (7, 0.3%)

1 喰いつつ, 喰いました, 喰ったかたち, 喰った様子, 喰らったが, 喰らったアンガス, 黒い事なき

▼ いささか疑問~ (6, 0.3%)

1 かも知れない, であったが, である, でしたが, に思ふ, の禁じえない

▼ いささか説明~ (6, 0.3%)

3 して 1 を加え, を加えるなら, を試みん

▼ いささか辟易~ (6, 0.3%)

1 した, したが, したる, した形, じまった, せざるを

▼ いささか驚いた~ (6, 0.3%)

1 ことには, のだ, ものだ, ようであった, 様子で, 気味であった

▼ いささかあわて~ (5, 0.2%)

3 気味に 1 て尋ねた, 気味で

▼ いささかそれ~ (5, 0.2%)

1 が今日, とは喰い違っ, に依っ, へ書き足し, をなぐさめる

▼ いささかならず~ (5, 0.2%)

1 世を, 感動した, 酷である, 難かしい, 面喰う

▼ いささかばかり~ (5, 0.2%)

1 づつぞ植ゑたる, な操, 剣術の, 新占領地, 荒肝を

▼ いささかテレ~ (5, 0.2%)

2 ている 1 たよう, て言い出した, て面はゆい

▼ いささか不快~ (5, 0.2%)

2 の情 1 なこと, の念, の眉

▼ いささか~ (5, 0.2%)

2 であるが 1 では, なこだわり, なところ

▼ いささか安心~ (5, 0.2%)

1 した, したの, したらしいよう, して, 致しました

▼ いささか~ (5, 0.2%)

1 一興に, 了見違え, 慢心と, 用心を, 胸中を

▼ いささか狼狽~ (5, 0.2%)

1 した, したらしい, したらしく外相, して, 仕りたしかに

▼ いささか異様~ (5, 0.2%)

1 きわまる景観, でいたましかっ, な変化, に思われた, に見えないで

▼ いささか自分~ (5, 0.2%)

1 につらく, に返っ, のなり道楽, の眼, の責任感

▼ いささか躊躇~ (5, 0.2%)

1 した, したが, すること, せざるを, を感じました

▼ いささか面目~ (5, 0.2%)

1 が立つで, ない次第, なかったもの, なげに, をうしなった

▼ いささかここ~ (4, 0.2%)

1 にも立ち, に思う, に敬意, に私

▼ いささか~ (4, 0.2%)

1 人体にか, 加勢し, 安心ある, 当惑に

▼ いささかてれ~ (4, 0.2%)

1 て, てウーム, ながら, はした

▼ いささか~ (4, 0.2%)

1 くいげ, くいでありました, くいに, 言って

▼ いささか~ (4, 0.2%)

1 きげん, 滿と, 當の, 適当な

▼ いささか~ (4, 0.2%)

1 に知られた, の住める, の情, をぞつ

▼ いささか呆れた~ (4, 0.2%)

1 かのよう, 一人だった, 様子である, 眼で

▼ いささか呆気~ (4, 0.2%)

2 にとられた, に取られた

▼ いささか得意げ~ (4, 0.2%)

1 であった, にその, に放せ, に語っ

▼ いささか心細い~ (4, 0.2%)

1 と言わなけれ, ね, 日本の, 本来洲崎海岸を

▼ いささか感ずる~ (4, 0.2%)

2 ところあり 1 ところが, ところを

▼ いささか~ (4, 0.2%)

1 きびしいな, をやい, を焼い, を焼いた

▼ いささか持て~ (4, 0.2%)

3 あまし気味 1 餘した

▼ いささか満足~ (4, 0.2%)

1 した眼, するには, であった, でもあった

▼ いささか滑稽~ (4, 0.2%)

1 じみた身ぶり物腰, だと, なくらい, に思われた

▼ いささか~ (4, 0.2%)

1 をひそめつ, をひらい, をひらいた, を蹙め

▼ いささか~ (4, 0.2%)

2 をなし 1 を作, を直す

▼ いささか退屈~ (4, 0.2%)

1 な定石, をおぼえた, を感じ, を感じ出した

▼ いささか驚い~ (4, 0.2%)

2 ている 1 て, ていつのまに

▼ いささかあきれ~ (3, 0.1%)

1 てのぞきこみ, 気味に, 顔に

▼ いささかきまり~ (3, 0.1%)

1 がわるく, の悪い, 悪かった

▼ いささかなる~ (3, 0.1%)

1 小やみを, 溜水の, 酒の

▼ いささかにても~ (3, 0.1%)

1 垢着きたる, 益すべき, 見聞を

▼ いささか人間~ (3, 0.1%)

1 の威厳, の待遇, を善く

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 に対して邪慳, の動物, より一頭地

▼ いささか休息~ (3, 0.1%)

1 して, し侍りししるし, のため人間社会

▼ いささか出鼻~ (3, 0.1%)

2 を挫 1 を折られた

▼ いささか困難~ (3, 0.1%)

1 であったが, に思われる, を感じないであろう

▼ いささか報恩~ (3, 0.1%)

2 などを期待 1 の労

▼ いささか奇異~ (3, 0.1%)

1 なもっと, な感じ, の感

▼ いささか常軌~ (3, 0.1%)

2 を逸した 1 を逸する

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 をこえ, を失っ, を越え

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 は安心, は張り合い, を驚かした

▼ いささか得意そう~ (3, 0.1%)

1 であった, に, に改めて

▼ いささか得意気~ (3, 0.1%)

1 にちいさな, に答えた, に頷い

▼ いささか心外~ (3, 0.1%)

1 だが, でないこと, なよう

▼ いささか心配~ (3, 0.1%)

1 だという, であった, でないこと

▼ いささか恐縮~ (3, 0.1%)

1 したこと, したの, の態

▼ いささか悲観~ (3, 0.1%)

1 して, するかも, を立て直し

▼ いささか感心~ (3, 0.1%)

1 させられずには, したよう, しない利己主義

▼ いささか感慨~ (3, 0.1%)

1 があった, にし, にたえず

▼ いささか懐疑的~ (3, 0.1%)

2 だった 1 なので

▼ いささか毒気~ (3, 0.1%)

2 をぬかれた 1 を抜かれます

▼ いささか溜飲~ (3, 0.1%)

1 の下がる, を下げ, を下げる

▼ いささか特異~ (3, 0.1%)

1 な彼女, な性格, な観察

▼ いささか皮肉~ (3, 0.1%)

1 である, なもの, にも響く

▼ いささか矛盾~ (3, 0.1%)

1 するよう, の様, の観

▼ いささか穏当~ (3, 0.1%)

1 では, を欠い, を欠く

▼ いささか考える~ (3, 0.1%)

2 ところが 1 次第が

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 の白く, を奪われたらしい, を潰し

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 がすっと, つぶれる思い, を撫でた

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 がたちました, にすえかね, をたて

▼ いささか覚束~ (3, 0.1%)

2 ないよう 1 ない和製アメリカ

▼ いささか誇り~ (3, 0.1%)

1 といたす, にし, を持っ

▼ いささか迷惑~ (3, 0.1%)

1 するけれども, に感じた, のよう

▼ いささか~ (3, 0.1%)

2 の調子 1 を上げ

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 に感動, をあからめた, を赤く

▼ いささか驚き~ (3, 0.1%)

1 つつご, 呆然と, 手もと足もとやや

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 が折れる, つぽい, を折っ

▼ いささか~ (3, 0.1%)

1 が高し, を白ませ, を高く

▼ いささかあっけ~ (2, 0.1%)

1 にとられ, にとられた

▼ いささかお話し~ (2, 0.1%)

1 いたして, して

▼ いささかがっかり~ (2, 0.1%)

1 したところ, してるん

▼ いささかぎょっと~ (2, 0.1%)

1 して, しながら

▼ いささかこわい~ (2, 0.1%)

1 ですよ, と思っ

▼ いささかたじろいだ~ (2, 0.1%)

1 ように, 気味で

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 けれど御, も力

▼ いささかどぎまぎ~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ いささかなお~ (2, 0.1%)

1 不足を, 怪我も

▼ いささかばかりの~ (2, 0.1%)

1 心祝いの, 菜園が

▼ いささかふるえ~ (2, 0.1%)

1 をおびた, を帯び

▼ いささかむっと~ (2, 0.1%)

1 した, したもの

▼ いささかもっ~ (2, 0.1%)

1 て吾人, て瞑すべきであったろう

▼ いささかギョッ~ (2, 0.1%)

1 とさせられた, とし

▼ いささか不審~ (2, 0.1%)

1 でした, にたえざる

▼ いささか不愍~ (2, 0.1%)

1 にご, にも覚え

▼ いささか不満~ (2, 0.1%)

1 の点, の顔つき

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 の力, の心

▼ いささか亢奮~ (2, 0.1%)

1 しすぎて, をし

▼ いささか余談~ (2, 0.1%)

2 にわたる

▼ いささか元気~ (2, 0.1%)

1 がつい, をもりかえした

▼ いささか分明~ (2, 0.1%)

1 になっ, を欠く

▼ いささか劣っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て見えた

▼ いささか勝手~ (2, 0.1%)

1 が違, が違い

▼ いささか厳正苛酷~ (2, 0.1%)

2 な思考

▼ いささか参考~ (2, 0.1%)

1 に供する, の資

▼ いささか反感~ (2, 0.1%)

1 らしいもの, を覺

▼ いささか同情~ (2, 0.1%)

1 の涙, を表し

▼ いささか呆れ~ (2, 0.1%)

1 顔で, 顔を

▼ いささか呆れ返っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てひょいと

▼ いささか唖然~ (2, 0.1%)

1 とする, とせざる

▼ いささか困惑~ (2, 0.1%)

1 して, するに

▼ いささか変った~ (2, 0.1%)

1 ところを, 方面から

▼ いささか奇妙~ (2, 0.1%)

1 なわざとらしい, な消息

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 だと, な感じ

▼ いささか学びました~ (2, 0.1%)

1 が, 大義大道を

▼ いささか学者~ (2, 0.1%)

1 の名, の研究

▼ いささか安堵~ (2, 0.1%)

1 せるを, の体

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 からしめた, さに

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 経に, 規を

▼ いささか平凡~ (2, 0.1%)

1 なの, になる

▼ いささか度胆~ (2, 0.1%)

2 を抜かれた

▼ いささか張合~ (2, 0.1%)

1 ぬけの, 抜けの

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 が入り過ぎ, を入れ

▼ いささか思う~ (2, 0.1%)

1 ところが, ところも

▼ いささか恐れ~ (2, 0.1%)

1 いって, ている

▼ いささか恐れ多き~ (2, 0.1%)

2 次第だ

▼ いささか恥しかっ~ (2, 0.1%)

2

▼ いささか悄気~ (2, 0.1%)

1 ている, て見える

▼ いささか悪魔~ (2, 0.1%)

2 の門

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 を休めた, を安

▼ いささか感じ~ (2, 0.1%)

1 の弱められる, やすく図々しい部分

▼ いささか慌て~ (2, 0.1%)

1 て, 気味に

▼ いささか慰むる~ (2, 0.1%)

1 ところあらしめた, ところがない

▼ いささか慰め~ (2, 0.1%)

1 ている, てくつろぐ

▼ いささか慰めら~ (2, 0.1%)

2 るる心地

▼ いささか憤慨~ (2, 0.1%)

1 して, しました

▼ いささか憮然~ (2, 0.1%)

1 たる面もち, たる面持ち

▼ いささか懐古的~ (2, 0.1%)

1 な気持, ねわれわれ

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 に帰つて, も動か

▼ いささか所信~ (2, 0.1%)

1 と修養, を述べた

▼ いささか所感~ (2, 0.1%)

1 がない, を述べた

▼ いささか手持無沙汰~ (2, 0.1%)

1 に見えました, の体

▼ いささか批評~ (2, 0.1%)

1 がましい, を試みたい

▼ いささか持てあまし~ (2, 0.1%)

1 て, ながら棟梁

▼ いささか救われた~ (2, 0.1%)

1 がさて, 顔だった

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 智識である, 植民地の

▼ いささか早計~ (2, 0.1%)

1 であらう, に過ぎないであろう

▼ いささか昂奮~ (2, 0.1%)

1 して, の気味

▼ いささか時間~ (2, 0.1%)

1 が必要, の精確

▼ いささか暗澹~ (2, 0.1%)

1 たらざる, として考へた

▼ いささか案外~ (2, 0.1%)

1 でした, な顔

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 を楽しめるであろう, を煮やし

▼ いささか気丈夫~ (2, 0.1%)

2 であるが

▼ いささか気味~ (2, 0.1%)

1 がわるく, わるくなっ

▼ いささか気色ばん~ (2, 0.1%)

1 で帰っ, で説明

▼ いささか無常~ (2, 0.1%)

1 だね, を感じ

▼ いささか無法~ (2, 0.1%)

1 なこと, のこと

▼ いささか無理~ (2, 0.1%)

1 であった故に, であろう

▼ いささか焦れ~ (2, 0.1%)

1 気味です, 気味に

▼ いささか物足りな~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ いささか物足りなかっ~ (2, 0.1%)

2

▼ いささか特殊~ (2, 0.1%)

1 な存在, に過

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 って, るけれども

▼ いささか異常~ (2, 0.1%)

1 に見え, をきたし

▼ いささか疑念~ (2, 0.1%)

1 がある, をも抱い

▼ いささか矯激~ (2, 0.1%)

2 に過ぎる

▼ いささか祝宴~ (2, 0.1%)

1 をひらい, を催し

▼ いささか神経質~ (2, 0.1%)

1 にし, になっ

▼ いささか稚気~ (2, 0.1%)

1 のある, を帯びた

▼ いささか窮屈~ (2, 0.1%)

1 な憾み, になっ

▼ いささか緊張~ (2, 0.1%)

2 して

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 に勇みすぎる, に感じ

▼ いささか脱線~ (2, 0.1%)

1 したよう, の嫌い

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 に落ちかねる, に落ちぬ

▼ いささか自慢~ (2, 0.1%)

1 でもあり, を申し上げる

▼ いささか蛇足~ (2, 0.1%)

1 の挿話, を付加

▼ いささか覚悟~ (2, 0.1%)

1 の前, はし

▼ いささか誇張~ (2, 0.1%)

1 された報道, でないかと

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 かすぎる, しく見えますの

▼ いささか足下~ (2, 0.1%)

1 のなした, の参考

▼ いささか迷惑げ~ (2, 0.1%)

1 な生, に

▼ いささか途方~ (2, 0.1%)

1 にくれ, に暮れた

▼ いささか通じ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ いささか運動~ (2, 0.1%)

1 が乏しく, をやりだした

▼ いささか遺憾~ (2, 0.1%)

1 とする, に思われた

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 がすぎ, に酔っ

▼ いささか酒乱~ (2, 0.1%)

1 の兆, の相

▼ いささか酔っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て赤く

▼ いささか鈍い~ (2, 0.1%)

1 ため一戸を, ところが

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 が悪く, なく伯爵夫人

▼ いささか間違っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て居る

▼ いささか離れた~ (2, 0.1%)

1 森かげの, 話を

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 をつける, 心非

▼ いささか~ (2, 0.1%)

1 して, を異に

▼ いささか風流~ (2, 0.1%)

1 の響き, を弄ん

▼ いささか鬼気~ (2, 0.1%)

2 を感ぜし

▼1* [949件]

いささかわれを, いささかあいまいないい, いささかあざけるように, いささかあやかしがつい, いささかあやしいものです, いささかあるから彼, いささかあわて出して, いささかあんどした, いささかいうておかね, いささかいやだった, いささかうつつをぬかし, いささかうらやましい次第である, いささかうろたえてお茶, いささかおかしいけれど雇人, いささかおだやかでないかれは, いささかおっくうであつ, いささかおどかしたのじゃ, いささかおどけた顔にな, いささかおひゃらかし気味でも, いささかお喋りの度, いささかかたへなれ, いささかかたくなった為体, いささかかってがちがっ, いささかかももちあわせて, いささかかわいそうでもございます, いささかかんしゃくを起こし, いささかぎくりとした, いささかぎごちない応答, いささかくさってくる, いささかくすぐったそうな, いささかくすぐったいような, いささかくつろいできました, いささかくどうはござらぬ, いささかくやしいね, いささかけおされて恐縮, いささかけばけばしすぎる身裝, いささかこうるさいところが, いささかこじつけの議論, いささかこだわりを感ずる, いささかこちらの凧, いささかごてりと参っ, いささかさかのぼりて前者, いささかさびしい気も, いささかさびれた元町である, いささかしどろもどろだと, いささかしょげてだんまり, いささかしょげた形で, いささかじゃありませんよ, いささかすさんでは来, いささかすまぬような, いささかずつでも, いささかたしなめるように, いささかたじろいで陣容, いささかたじろいた気味で, いささかたじろがないわけには, いささかたのしみにし, いささかためらっている, いささかたよりない話, いささかたりと口濁したら斬り捨てる, いささかだらしなくなって, いささかがふ, いささかていねいに用むき, いささかてれざるを得なかった, いささかであるとしても終, いささかとびに油揚, いささかどうでしょうぷんと, いささかなじり気味だ, いささかなだめんとすれ, いささかなまぐさすぎる感じ, いささかのしつとを, いささかのぼせあがっている, いささかはにかみながら然し, いささかはばかり多いが, いささかばかばかしくなって, いささかばからしくも思えた, いささかひにくなことを, いささかひらめきて一村, いささかひるみはした, いささかびっくりしました, いささかふさぐなぞという, いささかふさわしからぬふてくされた態度, いささかへきえきして, いささかへばって家政婦さん, いささかへんに思われる, いささかほっとしながら, いささかぼんやりして, いささかまごついた形だった, いささかまごつかざるをえない, いささかまとまったものを, いささかまぶしそうに, いささかみたされる時は, いささかむずかしいのである, いささかむず痒くなって, いささかめんくらった形だ, いささかもっともな点, いささかもつて偽り, いささかもてあましてきたらしい, いささかもてなしのため, いささかものうげな, いささかやけっぱちになっ, いささかやりきれない思ひなし, いささかよそとその, いささかよみがえるものなり, いささかわが身のモウロク, いささかわけがあった, いささかわしも途方, いささかわびしい気もちであった, いささかアクドイ応酬を致しました, いささかウンザリした, いささかオボシメシを持っ, いささかキモをつぶした, いささかクサっている, いささかクスグッたそう, いささかゲンナリしたの, いささかゴルフを嗜んだ, いささかサモしい魂胆, いささかスローモーションなところが, いささかセンチだ, いささかセンチメンタルな氣持, いささかタジタジになつ, いささかキンとして, いささかドン・キホーテ的であったこと, いささかナンセンスであるが, いささかニヤリとせざる, いささかヒステリー的でいらせられるらしいが, いささかフン然たる, いささかムッとした, いささか一夫多妻の慣習, いささか一曲舞ひて, いささか一矢を酬い, いささか一策をえがい, いささか上気した意気込み, いささか下り坂だけは争えない, いささか下落致したよう, いささか不可能なこと, いささか不安そうに多四郎, いささか不実だが, いささか不審そうな顔, いささか不当のやう, いささか不思議にも思う, いささか不憫と思召さば, いささか不明の点, いささか不服でげすな, いささか不細工に見え, いささか不自然だ, いささか不覚と省み, いささか世人に益せん, いささか世代の標式, いささか世界に対して栄, いささか中腹であった, いささか丹精こらした膳部, いささか丹青の通, いささか乱暴な酒, いささか予想したもの, いささかを好む, いささか事実に背反, いささか事志と違った, いささか事物の裏面, いささか二三子の会合, いささか二日酔の体, いささか云い得て濃い, いささか亡父の霊, いささか亡者めいて, いささか亮先生に告ぐる, いささか人工は加えられ, いささか人格的に軽侮, いささか人里はなれた, いささか人間らしくなる, いささか人間侮辱ではない, いささか人間離れのした, いささか人類の食, いささかっぽいところ, いささか今日果したまで, いささか今昔の感, いささか仏心あるやり方, いささか仏教文学の方面, いささか仏法のため, いささか仔細がござっ, いささか損なゐ, いささか他愛もない, いささかて疎略, いささか仰天した, いささか仰山だが, いささか伎倆なき奥様, いささか会得して, いささか伝法な肌合い, いささかている, いささか低能で辛うじて, いささか体形の崩れた, いささかが所見, いささか余つたといふやう, いささか余技の彫刻, いささか作者を閉口, いささか供養の志, いささか怙の, いささか便りのよい, いささかでも極彩色, いささか信玄の面, いささか個人的の教訓, いささか倦怠を招く, いささか健やかです, いささか健康を祝したい, いささか傍観的にすぎる, いささか僣越の沙汰, いささかの心, いささか億劫な気持, いささか償った形だ, いささか光栄とする, いささかの字, いささかが御霊, いささか六つななつ, いささか六十余年の乱国, いささか兵書の端, いささか内密な話, いささか内心で慰め, いささか内祝いの儀, いささか冒険的にも思える, いささか冗長のきらい, いささか笑うよう, いささか冷やりと, いささか冷遇の意味, いささか凄味がきつ, いささか凝然となりました, いささか凡人に還った, いささか凹むだろうが歩け, いささか出血が多く, いささか出陣前の余裕, いささかに過ぎる, いささか分つてゐ, いささか分別ありげ, いささか分別臭くなる虞, いささか切り取りこれを, いささか列ね申候, いささか利己的な期待, いささかがあった, いささか刺激的に聞えた, いささかの罪, いささか前のめりの姿勢, いささか前屈みにし, いささか前後したけれども, いささか前後照応するもの, いささか前文の不備, いささか前置きが長, いささか前説とは違っ, いささかをもっ, いささか割引がかんじん, いささかぬけの, いささか力強く思ったに, いささか力抜けがしました, いささかをたて, いささか加除し修正, いささか勇気を持ち返し, いささか勇氣を奮つて, いささか勇氣沮喪したかに, いささか動転して, いささか弱りければ, いささか勢威を逞し, いささか化け物を見る, いささか医薬の用意, いささか千葉道場でな, いささか千遍一律なの, いささか千鳥足の件, いささか半信半疑だった, いささか南泉斬猫, いささか南部に縁, いささか単純ならざる種類, いささか厄介である, いささか原作者の面目, いささかの好意, いささか反撥せずに, いささか反響のあつ, いささか取りとめなき状態と, いささか取越し苦労が, いささか取附くことが, いささか口惜しき思ひに, いささか古くはあった, いささかと思ったらしい, いささか可哀そうな位, いささか右門も胸, いささか吃りで物, いささかは似たれ, いささか名人もあっけ, いささかに殉じ奉る, いささか吹く風のみをぞ, いささか呆れたらしいがそれでも, いささか呆れましたよ, いささか呆れる程である, いささか周章てたと見え備え, いささかが欧風化, いささか味気ない顔, いささか哲學じみた講義, いささか唯物的に考へます, いささか喰い足りずと思う, いささか嘆息すべけれども, いささか嘉すべき道義的な, いささか器量を下げ, いささか嚢中の懸念, いささか因縁がある, いささか困った質問だった, いささか困ってるようでした, いささか困りものに, いささか困りますが紛失, いささか困却して, いささか図太すぎるフルマイ, いささか国事の難, いささか国土産なと, いささか国家のため, いささか圧倒のきみ, いささか地下の祖先, いささか地理には精通, いささか埋め合せがつく, いささか執拗では, いささか堪えることに, いささか堪へがたく思はせ, いささか報国の義, いささかの衰えた, いささか外人的である, いささか外聞が悪い, いささか多事の思, いささか多弁ながら的, いささか大仰では, いささか大志を抱い, いささか大衆の水準, いささか天命と諦らめ, いささか天文を学ん, いささか失敗の苦痛, いささか失礼になります, いささかを好んだ, いささか奇型的な感じ, いささか奇警に似たる, いささか奉公を志し, いささか女公子の福寿, いささか女性的である, いささか好奇心をもやし, いささか妥當でない, いささか妨げをし, いささか娑婆の目まぐるし, いささか嫉妬をおぼえない, いささか子供らしい試み, いささか子細がご, いささか存じよりがある, いささか季節はずれの高原, いささか孤独に疲れ, いささか学界に貢献, いささかんじ, いささか安からぬ色, いささか安んぜられよ, いささか安間了現には, いささか宗教学の理論, いささかを当惑, いささか客懐を慰むる, いささか宣伝めくが, いささか宿老の体面, いささか宿酔のさめかけ, いささか宿酔気味にみえる, いささか寂し過ぎるけれども, いささか寂寞の感, いささか寄るべない感じ, いささか寝醒めが悪かっ, いささか寸分の違い, いささか寸功を挙げた, いささか寸心表白までに献言, いささか専断の嫌い, いささか子にも, いささか小づくりにした, いささか小宴を設け, いささか小才のきく, いささか小柄の点, いささか小馬鹿にされ, いささか小鼻が根, いささか尽くさざるところある, いささか屈託を慰めよう, いささかをうるおす, いささか崇高にさえ見える, いささか崩れかかったのを, いささか左馬介とてお, いささかを弄, いささか希望をもち, いささか師匠にも尽くした, いささか平民の品位, いささか平貞盛とおい, いささか年来の恩沢, いささか年甲斐のない, いささか幻滅の悲哀, いささか広告に類します, いささか床屋談義めくこと, いささか弁解に落つる, いささか引き気味にここ, いささか弱点を持った, いささか張合いが抜け, いささか強きに過ぎ, いささか当の外れた気, いささか当世流行の大衆向きライタア, いささか形容の言葉, いささか彩色を加え, いささか役不足であろう, いささか往かなかったのだった, いささか待ちしびれの, いささか待ち遠しいけれど, いささか輪の, いささか後悔して, いささか徒労でした, いささか従来の眼, いささか得たところある, いささか得るところある, いささか御礼のつもり, いささか微笑しながら, いささか徳川家の御, いささか心あたりがある, いささか心がかりになる, いささか心やりとする, いささか心丈夫なもの, いささか心中の気, いささか心付いたことを, いささか心得ぬ節が, いささか心痛せしが, いささか心細くなって, いささか心配そうに, いささか忍術の心得, いささか快しとし, いささか快速を加え, いささか氣を, いささか怒りを催す, いささか怒気を含ん, いささか怖いような, いささか怖じ気づいたらしい容子でした, いささか思い定むるよし心中, いささか思いあまって大矢捜査主任, いささか思案もござれ, いささか急所をつかれた, いささか性格において矛盾, いささか怨めしくおもわないわけ, いささか怯んだ形で, いささか怯気がつきます, いささか恥かしくなった, いささか恥ずべきものであります, いささか恨みを含ん, いささか恨む事をば, いささか恩義に酬, いささかをつきます, いささか恰好よく並べよう, いささか悔いておる, いささか悔むような気にもなったらしく, いささか悔む心のきざした, いささか悟り得た我が兵法, いささか悟るところが, いささか悪しき道には, いささか悪びれた態度も, いささか悲しく思はせるに, いささか悲愴なもの, いささか悵然とし, いささかに溺れすぎた, いささか惚れっぽくて, いささか愁然たるもの, いささか愁眉をひらいた, いささか意地わるく笑っ, いささか意外そうに, いささか意気銷沈して, いささか意義があり, いささか意見を述べ, いささかいた, いささか愕然とした, いささか愚劣だな, いささか愚存をつけ加えました, いささか愚弟の考え, いささか愚民に諭す, いささか愚考もあります, いささか感傷が起る, いささか感傷的な面貌, いささか感情の上, いささか感服したの, いささか感謝の意, いささかえを, いささかえて, いささか憂鬱ならざる, いささか憐れを催し, いささか憐れみの志, いささかあれば, いささか憚りがある, いささか憤しく感じながら, いささかばざる色, いささか懐中に心得, いささか懐古の感慨, いささか懐疑の念, いささか成った形では, いささか成算はご, いささか戒心の態度, いささか戦いのお, いささか戯れをいう, いささか手ごたえの変, いささか手前も驚きまし, いささか手持ぶさたに思われた, いささか手負い鯨の力, いささか才覚ある者, いささか打診しすぎその, いささか抑圧しまた, いささか折檻して, いささか拍子ぬけの, いささか拍子はずれだろうと, いささか持ちあつか, いささか持ち重りのし, いささか持って廻った, いささか持て余しながら太子, いささか持余したかたち, いささか振り返ってその後, いささか捜査方針を替えなけれ, いささか推理の法, いささか撫恵の心, いささか改め申したくお召, いささか教育学者および博物学教授者, いささか教養の点, いささか敬意を払った, いささかの陣容, いささか文字を頭, いささか文学的になる, いささか文明さ, いささか斉彬を見習っ, いささか断腸の思い, いささか斯界に貢献, いささか新味を加えた, いささか新年をことほぐ, いささかにでも出, いささか旅行者らしい感傷, いささか日支の間, いささか日本民族の成立, いささかやすぎた, いささか早めたんだ, いささか昇級のかたち, いささか明るくして, いささか明暸になった, いささかに返った, いささかの不祥, いささか時候後れの感, いささか智慧の足りない, いささかでは, いささかさに, いささか暗い蔭の, いささか暗くなって, いささか暗涙を催した, いささか暴勇に近い, いささか曰くがあり, いささかがない, いささか書いたのであなた, いささか書きたいと思う, いささか有つものである, いささか有頂天の気分, いささか期するところが, いささか期待はずれであった, いささか未熟な考, いささか未練がましく延期を, いささか本気の沙汰, いささか杞憂を抱く, いささか杯間垢石型の酒風, いささか果報焼けの気味, いささか枝道に入った, いささか柔弱の趣き, いささか格式が上つたやう, いささか検討して, いささか極まりが悪かっ, いささかに外れた, いささか横路に入る, いささか機嫌を損じ, いささか櫓拍子をゆるめた, いささか欠けるところが, いささか欠点があっ, いささか歓んでもらえよう, いささか此方は済まない, いささか武家のたしなみだ, いささか武芸を嗜む, いささか武蔵研究者の資, いささか武術の心得, いささか歩き過ぎたとも思ふ, いささか歴史的考察の必要, いささか残念のよう, いささか毒消しの意義あれ, いささか民族的な感傷, いささか気がかりでは, いささか気に入らぬ仕儀有之, いささか気の毒そうにそうして, いささか気まりがわるく, いささか気力を回復, いささか気勢を添, いささか気味が悪くなった, いささか気味悪くなった, いささか気恥かしいようで, いささか気恥しく思い桶, いささか気詰りになっ, いささかを湛, いささか水臭いおたずね, いささか決定的なオモムキ, いささか沈痛な諦めたよう, いささかを食った, いささか泉下の尊霊, いささか注意する必要, いささか注目に値する, いささか浅草のこと, いささか涙ぐんで茫然, いささかを納, いささか涼しすぎると, いささか淋しいが私, いささか淡い色を, いささか深厚の知遇, いささか混乱した, いささか混雑し日本人, いささか減ってはいた, いささか減ったにし, いささかがぬるい, いささか湿めっぽい, いささか源氏を躊躇, いささか漠然として, いささかした調子, いささか激動の樣子, いささか濃厚な味, いささか烏滸なりとも, いささか役に, いささか無作法なところ, いささか無惨な気持, いささか無気味なところ, いささか無言のうち, いささか無責任だが, いささか焦げた方が, いささか煙たくなったと, いささか照れざるをえぬ破, いささか煩わしくさえあっ, いささか煩悩を余す, いささか熟し過ぎたる橙の, いささか物々しすぎるおもむきだった, いささか物悲しいものが, いささか物足りなく感ぜられたの, いささか物騒になった, いささか狂質があります, いささか狎れすぎてゐた, いささか狗尾を継ぎ足し, いささか独断だ, いささか献身の報恩, いささか王化の何たる, いささかだ, いささか現れている, いささか理窟っぽくなる, いささか理解し難い, いささか琴書に心, いささかの事, いささか用意するところ, いささか由緒のある, いささか由縁のあります, いささか上げます, いささか申し分がある, いささか畏れをなした, いささか異な感も, いささか異なっている, いささか異常陰性変タイと見た, いささか異状がある, いささか異色がある, いささか異説があっ, いささかはない, いささか疑いなきを, いささか疑う者は, いささか疚しいような, いささか疲れていた, いささか疲れぎみでもある, いささか疲労れて, いささか病的に欠如, いささか痛む心地すれ, いささか瘠我慢が勝っ, いささか癇癪を起こし, いささかにさわる, いささか発案者のわし, いささか白痴にご, いささかをはずれた, いささか皆さまにとりましてはお, いささか皆さんが勤勞, いささか皇国の光, いささか皮相的なフェミニスト, いささかのくらむ, いささか目的に副, いささか目鼻が明き, いささか直しただけで, いささか直接のかかはり, いささか直訳的では, いささか済まない次第, いささか相手の感情, いささか真面目で, いささか眼ざはりになつたと見えて, いささか知り得るのである, いささか短慮に失する, いささか研鑽して, いささかを失する, いささか礼節を知った, いささか祖先珍重いたせし物, いささか神秘に属する, いささか神秘的である, いささか神経の行き届きすぎた, いささか神経衰弱の気味, いささか空想に近い, いささか空想的な憂鬱, いささか空間的に画面的, いささか突飛であると, いささか窮するでしょうがそれにしても, いささか窮窟だ, いささか立ち煩って, いささか立入りすぎた話では, いささか立腹の気味, いささか笑っている, いささかを労し, いささか筋金が入っ, いささかがあります, いささかをたしなむ, いささか粉黛を施し, いささか肴と, いささか精神に異常, いささか紅き石の, いささか紅潮をたたえ, いささか細かすぎますなあ, いささか経理の才, いささか経験があった, いささか維新の盛時, いささか維新以来政府の立法的変遷, いささか緩和する方便, いささかに惑溺, いささか羞かしく思うた, いささか羨ましい氣が, いささか羽目の緩んだ流し, いささか習性外れでもあり, いささか老婆心に過, いささか老後の思, いささか老生日頃の愚衷, いささか考えがあっ, いささか考えさせられることに, いささか考え付きしことあれ, いささか考え直すように, いささか耳慣れぬようである, いささか聞きおぼえがあった, いささか肥っている, いささか肥り肉で, いささか肩身広き心地, いささか脾肉の嘆, いささかを擡げ兼ね, いささか膂力のある, いささか臆病な心持, いささか自ら絶望の気味, いささか自己中心にすぎ, いささか自己弁護の辞, いささか自己陶酔にのぼせ, いささか自慢そうに語った, いささか自負するところ, いささか興味あるロマンス, いささか興醒めたというよう, いささかを巻いた, いささか舌っ足らずで, いささか船首寄りのこっち, いささか良人より年長, いささか良心を慰める, いささか色気違いじみて, いささか芝居がかった気取り方, いささか苛酷に過ぎる, いささかになった, いささか苦々しく姑の, いささか苦いのは, いささか苦しいが飜訳者, いささか苦労人のつもり, いささか苦心いたして, いささか苦慮をめぐらし, いささか英気を養う, いささか茫然自失して, いささか荒いようです, いささか荒れ模様の, いささか華美になりすぎた, いささか萎びて見える, いささか落着く, いささか蓄えがある, いささか氣味が, いささか薄弱である, いささか薄気味わるい始末, いささか薄紫に煙った, いささか薬事の心得, いささか薬剤が違います, いささかを衝かれた, いささか虚脱を感ず, いささか蚊帳の広, いささかのため, いささか蝦蟆口のこれ, いささか行うたところの, いささか衝突してさえも, いささか衰えかけてからの副産物, いささか袁彦道をあそぶ, いささか補うたようであった, いささか補訂を加え, いささか複雑だ, いささか西洋の十九世紀風, いささか見える浮雲は, いささか見切り品である, いささか見当が違っ, いささか見当はずれだ, いささか見直すところありとみし, いささか観衆の好奇心, いささか解しかねるが, いささか触れるところが, いささかが引立, いささか言いかねて憚, いささか討論に興味, いささか訓示的でも, いささか記さんに管理部長殿, いささか記して筆, いささかのある, いささか訛れるも可愛く, いささかがあります, いささか註釈をはさみたい, いささか詭弁派的な享受家宰予, いささか話しを後, いささか話したき事も, いささか誇るに足る, いささか語氣を荒らげ, いささか誠意あっての, いささか説くところであった, いささか読者に珍味, いささか論じてみたい, いささか論及して, いささか諷する処ある, いささか諸君とは異なっ, いささか謝意を表した, いささか警戒を加えたくなります, いささかへん, いささか貢献するところ, いささか責任を感ずる, いささか資料も準備, いささか賛成の意, いささか赤面いたす, いささか起る夕風の, いささかを添う, いささか趣きを異に, いささか趣向がご, いささか足らざるものある, いささか足音がする, いささか距離が遠, いささか躊躇って居ります, いささかに所得, いささか身体を硬, いささか身幅も広い, いささか軟派めいて, いささか軽くなる場所, いささか軽んずる色が, いささか軽率だつた, いささか軽薄な言い廻し, いささか述べなくてはならぬ, いささか述懐の儀, いささか追慕の意, いささか退屈男も当てつけられ, いささか逆説的では, いささか通俗的な犯罪実話, いささか逡巡の体, いささか進歩すること, いささか遅いしそれに, いささか遊びに耽りすぎた, いささか運命を同じ, いささか過激になった, いささか過超樂天的な, いささかを問い, いささか違いまする, いささか違った複雑な, いささか遠き山の, いささか老の, いささか郊外を乗り廻し, いささか酌んでもらえる, いささか配分をと望んだ, いささか酒宴の支度, いささか酒気を帯び, いささか酒肴の仕度, いささか酔うことを, いささか酔覚の気味, いささかゆること, いささか酬いられたといわなけれ, いささか醒め気味に, いささか醜悪であること, いささか重かった, いささか重く淀んでるだけ, いささか重大となっ, いささか重荷でもあります, いささか重複する嫌い, いささか野人ぶりの領域, いささかを親分, いささか金儲けの学問, いささか釣合いは取れ, いささか釣合わないけれどこの, いささか鈍る様子であった, いささか鑑みるところの, いささか長いに閉口, いささか門番の長屋, いささか開きになっ, いささか閑筆を弄, いささか関係が濃厚, いささか関東方を讃め, いささか関羽の勇略, いささか閣下にお願い, いささか附け加えようというの, いささか降参して, いささか陰性なので, いささかのある, いささか障らぬに一夜地上, いささか離れている, いささか難い易いの差は, いささか難儀じゃと思うた, いささか難解かつ晦澁, いささか雲体風身の術, いささか雲切れがし, いささか青ざめていた, いささか青春の潤み, いささか非常識だね, いささか面くらってその, いささか面倒なの, いささか面喰つたようだつたが, いささか面食らって訪ねました, いささかに悩む, いささか頂門の一針, いささか領土も拡まり, いささかは冷たい, いささか頭分と見える, いささか頼朝公十八歳の頭蓋骨, いささか頼母しい気持, いささか顛倒するよう, いささかえを, いささか風変りな物語, いささか風雨を避けた, いささか飛騨の山, いささか食い飽きの, いささか食傷の気味, いささか飽いてきた, いささか飽きてもきた, いささか駄弁を振っ, いささか駘蕩たる趣き, いささか騎士道めいた幼, いささか驚いたらしかったがすぐ, いささか驚かざるを得なかった, いささか驚きたる体にて, いささか驚きましたよ, いささか骨っぽいですぞ, いささかなる呼吸, いささか高める傾向が, いささか高値じゃ思わるるじゃろう, いささか高尚だが, いささか高慢稚気になっ, いささか高揚された感動, いささか高氏を知る, いささか高飛車に言い返した, いささか鬱憤をはらした, いささか鬼面人を脅かす, いささか魔法使ひの, いささか黒毛が残っ, いささか鼻白んだがさりとて, いささか龍太郎や忍剣