青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いくつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

いかにも~ ~いかん いかん~ いき~ ~いきなり いきなり~ ~いきました ~いく いく~ ~いくつ
いくつ~
~いくら いくら~ ~いくらか いくらか~ ~いけ ~いけない いけない~ ~いけません ~いささか いささか~

「いくつ~」 3391, 35ppm, 3332位

▼ いくつ~ (1068, 31.5%)

104 いくつも 19 並んで 18 ある 16 出て 12 あった, あって, あるの 9 ならんで 8 いくつもの, まがって, 転がって 7 あるが 6 あると, できて, 並べて, 持って 5 つけて, 残って 4 あるん, ついて, 出来て, 枝道が, 飛んで

3 [20件] あいて, あつた, ありました, あります, あるから, 並んだ寺町, 山こした, 年の, 描いて, 書いて, 残されて, 浮いて, 町かどを, 続いて, 買って, 越えて, 越して, 重なり合って, 重ねて, 開いて

2 [58件] あったが, あるという, あるので, あるもの, ある大入道, ある間, おいて, かいて, こういう詩集, ころがって, ないから, ならべたよう, にじませて, ねむって, ドアが, ボタンが, 上った, 並べた, 出たり, 動いて, 同じよう, 咲いて, 垂れ下, 威勢よく, 小さな白い, 小山を, 川の, 廻って, 待って, 押入れには, 持つて, 散って, 日を, 曲って, 書き並べて, 流れて, 点いて, 点って, 用意し, 砂利の, 私に, 立って, 続いた浅い, 縛りつけて, 置かれて, 聞こえて, 船が, 街中を, 見えた, 見えて, 見える, 見た, 見て, 通って, 通り越して, 部屋が, 重って, 魚が

1 [605件 抜粋] あいた, あいてるよう, あがって, あげたわ, あったし, あったであろうが, あったでしょうな, あったという, あったもし, あったよう, あった手頃, あっては, あつまった, あとから, あらわれる, あり, ありことし, ありましょう, ありますから, ありやい, あり一方, あり内海, あり巨大, あり算盤, あり近日中, あり途上, あるかたまり, あるそう, あるぞ, あるだけ, あるでっかい, あるとは, あるのに, あるまいと, あるやう, あるんぢ, ある大きな, ある室, ある家, ある栗, ある橋, あんなで, いくつもわ, いつし, いて, うごめいて, うつって, うなずいた, うんとあっ, おことわり, おじぎを, およいで, おろしたやう, お仕上げ, お家に, かえ歌, かかえこんで, かかげられて, かかったま, かかって, かぎの, かけられて, かさなりあいゆれうごくありさま, かさなりあって, かたまって, きれに, くくりつけて, くぐりぬけ大きな, くっつく, くっつけて, こういうの, ここに, こっちに, この川, こんぐらがっていっぱいになっていた, ごろごろころがっ, ごろごろ転がっ, さが, さむいがらん, してから, しみが, しゅうしゅういい, すえられて, すばらしいへや, ずっとならん, そこに, そっと忍び足, その中, その文字, そんなプラン, たこの, たばに, ためこみどう, だんだんかすか, ちらちら点滅, ついた, ついた小さい, つぎつぎと, つくったの, つくったらいい, つくって, つくらせて, つくりたいと, つづいて, つづいてと, つづくうずくまった象, つづけざま, つながれて, つりさげられ, つるして, できた, できる, でたらめな, とって, とどろいた, とりだして, ない, ないので, ない人物, ない第, ない純, なく算盤, ならびいろいろ, ならびまた, ならべて, ならべ足るほどに, ぬけて, のこって, のぞいて, のぞき出て, はいつて, はしごだ, はまって, ひとりでに台, ひるがえって, ひろつて, ぶつぶつと, ぶらさ, ぶらさがって, ぶらさげて, ぶら下がって, ぷかりぷかりと湧きあがっ, べたべたと, ほぐされた, ほの, ぼくぼく出た, まがってから, まがりかどが, まがりました, もう板, もつて, よせあつめたよう, よんで, りっぱな, ろうそくが, ガラス台の, ガラス窓が, グループを, コップを, シャボン玉の, トロッコが, パリを, ブラ下げ, ブルウや, ベッドが, ポケットの, 一枚の, 一生涯いろいろ, 上って, 上下し, 下りながら, 世界に, 世間に, 並びそして, 並べたの, 並べられて, 並べろうそく, 並べ唱えては, 並べ資生堂, 並んだ大きい, 並んだ清潔至極, 並んだ石壇, 並んだ胡瓜漬, 丸い柱, 乗り越した, 乾して, 亀甲紋に, 二人の, 人の, 伯父の, 何か, 何人も, 作ったこと, 作つた, 例が, 停泊し, 傷ましい名前, 入れ子の, 円い穴, 円を, 写して, 写真が, 写箱を, 出た, 出たの, 出ました, 出るそう, 出來, 出来たり, 出来たるごとくなり是おき, 出来ましたよって, 出来ましたろう, 列挙する, 刺して, 創れないため, 力一杯酌女, 加藤家が, 十字を, 卓が, 取り出して, 取下ろして, 古風な, 名を, 嗅いで, 土に, 地ひびきを, 地面に, 壁ぎわにたっている, 壁に, 壊れたまま, 変った速力, 大事に, 大理石の, 太郎に, 女の, 存在し, 学校を, 室内に, 寄って, 寝ころんで, 小さなほら穴, 小皺が, 屈折した, 山が, 山の, 山彦を, 川柳にまで, 川面へ, 干して, 幹男の, 廊下に, 建ちかけて, 建ち幸福, 建てたよう, 建てられました, 引きつづいて, 張られて, 張り出した馬肉屋, 彼の, 後から, 心が, 必要だ, 必要である, 思ひあたること, 戸口が, 投げこんだ, 投げだされて, 投げて, 折れた, 折れて, 抱えて, 抱へて, 押されて, 押しこんである箱, 担ぎ出して, 拝見させ, 拵えて, 拵へて, 持ち切れないし, 持つてるから, 指摘し, 挙げて, 挙げられるだらう, 挙げること, 掘りだした, 掘り返した穴, 掘るの, 掘割が, 掛って, 探り佐賀, 掲げられて, 描いたの, 提供される, 提灯が, 揚げて, 摘んで, 撲った, 支那米の, 数えあげられる, 数知れぬ, 敷きひろげられた呉絽, 旋回し, 旗を, 曲がって, 曲りながら, 曲り中庭, 書いては, 書き並べたの, 有りまするけれど, 有りゃしませんよ, 有るが, 朧の, 木の, 杉の, 杉丸太が, 村の, 林檎が, 枝道に, 桃割つて, 梯子が, 横に, 橇に, 残っては, 残つてゐた, 残つとらん, 水の上に, 沼地に, 泳いで, 洗わない, 流されたので, 流れ下って, 浮きあがって, 浮んで, 海中に, 溜めて, 溝の, 灰色に, 点々として, 無い, 爆撃の, 片よせられ, 現はれる, 現れて, 現れました, 現われて, 現われるの, 生れても, 生捕りに, 産れ, 用意され, 田に, 町角を, 疑えるもの, 病院を, 発表し, 盛られて, 目も, 相ついで, 相手の, 眼に, 知って, 知ってるよ, 石膏の, 破れ目が, 碇泊し, 神社が, 私たちの, 科学的に, 積まれて, 積まれました, 積み上げられたところ, 積み重なつた結果, 積み重ねて, 積んで, 積込まれて, 積重ねて, 穴の, 空に, 空へ, 窓外を, 立ち乱れ, 立ち竝ん, 立つて, 立てて, 立て並べて, 立派な, 競争で, 竿に, 紙屑を, 絡み合って, 続けて, 縄切れを, 縦列を, 置いて, 老けないやう, 耳に, 聞えた, 聞かされた揚句, 腰掛けを, 膝まで, 花火が, 荒れ跡, 落ちて, 葉子の, 薬袋を, 襲つて来てるらしい, 要るの, 見え出しました, 見たから, 見たこと, 見つかったそう, 見つかる, 見られた, 見られて, 見られるだらう, 見ること, 見出せるの, 覚えて, 角を, 解決した, 記載され, 詠む事, 語り出されるの, 読んで, 買った甲斐, 買ってる, 買ひ, 貼りつけて, 赤いトマト, 起こったので, 起って, 越したり, 足許に, 軒下に, 転が, 転がして, 転って, 転んで, 転倒させ, 載せて, 載せられて, 載って, 輪に, 通った, 通りすぎて, 通りぬけ, 通る, 通過し得ないでしょう, 造り始めた, 連った, 連なりどの, 運ばれた, 過ぎた, 道が, 道を, 違わない年下, 違わぬ若, 都々逸を, 重な, 重なったし, 重なりあって, 重なりつつ, 重なり合いちょうど, 重ねたよう, 重ね合せて, 重り合つて, 重要な, 金の, 針で, 釣れた, 錠を, 錯綜し, 鐘乳石の, 長い列, 附いて, 降りた, 降りて, 階段を, 隧道を, 集まり干渉, 集めたうえ, 集めたよう, 集めて, 雑然と列べられ, 電灯が, 青い玉, 順次に, 頭の, 顔が, 飛んだ, 食さぬ, 飽きること, 飾つてあつ, 高張提灯を, 鬼が, 鮒が, 黄金の, 黒い山, 黒野田の, 齢の

▼ いくつかの~ (710, 20.9%)

5 問題を 4 シグナルと, 作品が, 手紙を, 点を

3 [11件] 作品に, 作品の, 作品を, 例を, 小説を, 新聞に, 疑問が, 窓に, 言葉で, 重大な, 駅を

2 [42件] ものを, トロッコは, 不審が, 事件に, 事情が, 仕事を, 作品は, 原因が, 問題が, 大新聞, 女の, 家具が, 山の, 広間を, 心を, 戸が, 文章は, 星を, 村を, 根本的な, 段階を, 法則において, 火の, 点に, 物語が, 疑問を, 眼が, 短篇を, 箱に, 興味ある, 荷物を, 言葉を, 論文を, 谷の, 輪の, 部分に, 部屋が, 部屋に, 部屋を, 重要な, 野薔薇の, 階段を

1 [572件 抜粋] あっ, あわれなささやきに, お玉杓子を, かくれがが, かたまりに, こういう事情, ことが, ことばを, すいせんの, そういうやさしい, それを, なんとか週間, ねじを, ばけもの, ひくい珊瑚礁, ぶらんこが, へやを, ほのかな, もの欲し, より小さい, よると, わけは, エレバートルまだ, カケモチを, カルテを, コタツの, ゴルフボールが, スイッチを, ステーションを, スナップ写真が, タイプが, テーブルを, トピックで, トランクを, ドアが, ドアの, パイプ及び, フランス戯曲の, フレームに, ホテルの, マニエールに, モメントを, ルートを, ヴィラの, 万葉仮名は, 不安も, 世代の, 世俗的な, 世紀末的な, 世論調査機関が, 丘を, 中心の, 丸い枠, 主要な, 主題は, 事件の, 事件は, 事務室の, 事実が, 事実譚を, 人々の, 人命を, 人生の, 仏像が, 仮名で, 休み場所を, 伝説が, 伝説的な, 似たやう, 低い塚, 余分な, 作の, 作品, 作品に対して, 作品や, 佳作を, 例が, 例で, 例は, 例証で, 停留場を, 停車場に, 停車場へ, 側翼を, 傑れた, 傑作を, 催しの, 入口から, 入口の, 全く平行的, 典型は, 典型を, 凧が, 凹みあるいは, 分身が, 分隊の, 列車が, 劇場が, 勝れた歴史的伝記的作物, 勲章が, 包みに, 十字路を, 印譜の, 印象が, 卵を, 原稿を, 厭うべき特質, 参考に, 取っておきの, 古代の, 叫びが, 台が, 台所道具ぐらい, 右門流が, 同種の, 和声旋律が, 哀話や, 唐櫃であり, 商業雑誌が, 問答の, 問題と, 問題などについて, 器具や, 囘答の, 団体で, 団体に, 団体の, 困難の, 図面を, 国旗が, 土器を, 土蔵が, 土蔵を, 土饅頭が, 地辷り, 執筆を, 基本的変動形態に, 場合を, 場面が, 場面も, 壁で, 声, 声が, 変化が, 変化に, 外国戯曲の, 多感な, 夜の, 大きなテーブル, 大国も, 大集団, 失望を, 奇蹟について, 女同士, 妙な, 姉の, 姿を, 学校リーグは, 定理が, 実例について, 実物が, 実証を, 実験室には, 宣言の, 寝室とから, 實例と, 専門部に, 小さい固い物, 小さい調整ハンドル, 小さい部落, 小さなかすり傷, 小さなグループ, 小さな包み, 小さな宿命, 小さな星, 小さな椅子, 小さな環, 小さな町, 小さな穴, 小さな詩集, 小函, 小包を, 小国家, 小型まわり舞台が, 小屋の, 小島と, 小島も, 小徑, 小説に, 小説の, 小説幾冊かの, 小路を, 小道を, 小部屋, 小部落, 屈折点が, 山々が, 山々を, 山を, 山塊の, 山家を, 山河と, 岩屋が, 峠が, 峠も, 川や, 川を, 工場が, 工場都市を, 巴里の, 巻の, 帝国の, 席は, 幕を, 年に, 広っ, 広間には, 座敷が, 座褥が, 廻覧雑誌を, 強い酒, 弾を, 形で, 彫りの, 心が, 心理的風景から, 急速に, 恋愛を, 情景, 情景も, 情景を, 意味を, 愛と, 感情問題が, 感想も, 感想を, 戦争において, 戯曲を, 技術的困難を, 抒情詩と, 拍手を, 指紋が, 挿話が, 挿話を, 掘立小屋, 探照燈, 插話を, 操縦釦を, 政府は, 文学作品の, 文学評論批評を, 文献には, 文章の, 文章のみは, 文芸思潮が, 断崖を, 断片で, 断片を, 新しい遊び方, 新都市, 方向に, 方言が, 旁証が, 日本の, 日本史に関する, 日本映画を, 星が, 時です, 時代に, 暗号の, 暗礁を, 曲が, 會社で, 有限な, 木立の, 材料を, 村の, 条を, 条件の, 林檎を, 枝道を, 桃を, 椅子が, 植物の, 様式の, 横町が, 横町を, 橋が, 橋を, 機械が, 檻が, 欠点が, 欠点を, 歌を, 歯を, 歯車が, 死骸が, 段階が, 段階の, 比較的短い, 民主化の, 民主的と, 民族の, 水滴が, 法律が, 法規の, 波を, 洞が, 洞窟が, 流星が, 渦に, 湖水に, 滝の, 滝等によって, 演出を, 演説を, 灼熱した, 点で, 点は, 点も, 熟した, 燈籠で, 燈籠を, 爆音が, 片盤, 牧場に, 物語の, 特徴を, 特殊な, 特点を, 狭い横町, 猛烈な, 現代語訳は, 産みたての, 用水路に, 町, 町を, 画廊を, 疑念を, 瘤へ, 発言が, 白い村, 的確な, 皿と, 盆に, 盆の, 目の, 真実の, 眼は, 瞬間を, 矛盾から, 短い小説, 短い文章, 短篇が, 短篇は, 短篇小説が, 石の, 石像が, 研究も, 破れが, 碁石を, 示唆が, 礼拝堂附属の, 社会感覚の, 神社と, 秀歌を, 種類が, 稽古場が, 穹窿形に, 空いたテーブル, 窓が, 窓にも, 箇条に, 粒に, 素速い, 細かい部分, 細部を, 細長い窓, 組織が, 経験に, 経験や, 結合から, 絵を, 続篇を, 編集中枢に, 縁談も, 罪人の, 美しい花文, 美しい都会, 美事な, 美術館を, 群を, 考察を, 能面が, 脛を, 自伝的な, 自作を, 自分などには, 自分同士が, 自由都市は, 舞台を, 舞踊劇木村富子の, 舟と, 船に, 船の, 色が, 芋焼餅は, 花を, 花園を, 花文が, 花文も, 花瓶に, 花絲に, 芸術上の, 菓子を, 華やかな, 著述によって, 著述は, 葛籠を, 葺屋根, 藩に, 蚊柱が, 蝋細工の, 血腥い記録, 街路を, 表象は, 装置を, 要塞は, 要素を, 要素又は, 見聞談の, 角度から, 記録に, 詔勅を, 試験問題という, 詩と, 詩ばかりを, 詩を, 話に, 話は, 話も, 課題という, 論文で, 論文には, 論文にも, 論点が, 諷刺詩が, 警告と, 貝を, 貴い同胞, 貴重な, 質問と, 質問を, 路地を, 路順日取りを, 輪を, 輿その, 近頃の, 追求が, 送別の, 連続した, 遊星が, 過程によって, 違った形, 遺蹟の, 部屋は, 酒に, 重りあった理由, 銀行の, 銭が, 銭を, 鎖が, 関所を, 随筆の, 隧道を, 集団農場が, 雑誌が, 雑誌に, 雛を, 難事件を, 難場の, 雲が, 雲の, 面が, 面白い話題, 音の, 音階を, 顔は, 顔を, 類に, 風土論や, 風變り, 飜訳を, 食卓が, 首が, 高峰が, 魂の, 鮨を, 鳥や, 黒雲が

▼ いくつ~ (450, 13.3%)

22 ある 8 出て 7 ついて, 持って 6 あった, あって, あるが, 並んで 5 書いて 4 ありました, 並べて, 出して, 越えて, 通った 3 まがって, 入って, 置いて, 見える, 見つけた, 過ぎて

2 [22件] あげて, あったが, あつた, あります, あると, あるの, おいて, ぬけて, ぱたぱたと音し, 乗越え電車, 出来て, 手に, 横に, 残って, 知って, 積み重ねて, 街角を, 見て, 越したと, 越したばかりの, 越して, 集めて

1 [295件] あけて, あたりに, あったその, あったと, あったという, あったの, あった上, あった縁談, あつて, ありここ, ありその, ありそれら, あるから, あること, あるその, あるでしょうから, あるという, あるなか, あるには, あるはず, あるよう, あるモオリアック, ある今戸, ある大理石, ある氏, いるわけ, うすきみ, おこったから, おさめて, お買い, かかえながら, かかって, かかりて, きいた, こちらに, して, じろりと来た, そのよう, その住い, その研究, ちがって, ちぎる, つくられたけれども, つくられ水準, つけ, つづいて, つながって, づつ土に, であった, である, であるの, とり出して, どんな形, ならんで, のこして, のせたお盆, のって, ひらかれて, ぶら下げた, ほって, まがると, まわしたあと, もって, やって, やっては, ろうかを, わかった, わからない西洋人, コマの, ランプの, レコードされ, 一篇として, 並びすぐ, 並び傍, 並べた浮子, 並んだの, 乗せて, 今にも恐ろしい, 作つてゐる, 例に, 俊三に, 保存され, 入り乱れながら, 入れた箱, 入れて, 入れられて, 写して, 写真を, 凸起し, 出させて, 出しそれ, 出しては, 出ると, 出来まして, 切って, 切り込んで, 別々に, 割当てて, 創り上げて, 区が, 印刷し, 印象の, 取り出した, 取扱った, 取扱ったが, 吹き上げました, 囁かれたよう, 在るとの, 報告され, 奏でた, 存在し, 存在する, 実つて, 小さい恋愛, 小さい村, 小さな村, 小山を, 岩の, 年上の, 建てて, 建てられて, 廻り生, 弾いたが, 弾いてから, 影が, 忘れたよ, 思い浮んで, 戯れて, 手帳に, 折れて, 折れ曲がった静か, 抜いて, 押し込んで, 拜見した, 拾い上げた, 拾ったかと, 持ちこまれた, 持ち出すと, 挙げた中, 挙げて, 挙げられたよう, 挙げられるけれど, 挙げること, 振り立てて, 掘られて, 掛けられて, 掲げ, 掲げて, 描き須山計一さん, 描こうと, 收めて, 放ったらかしに, 散つて, 数限りない, 斜に, 新しい工場, 新しい種類, 新しくなりきらない, 昇って, 昨夜の, 曲った, 曲つて焼跡の, 曲り曲りした, 曲ると, 書いた, 書いたし, 書いた短篇, 書かれて, 書くの, 有って, 松林を, 棹を, 椅子の, 植ゑられ小さい, 止らないところ, 歴々と, 決められるの, 泳ぎわたり, 浮いてるの, 浮んで, 混って, 減って, 渡して, 渡った, 渡り最も, 漂って, 点在する, 現れた, 現れて, 生きて, 生垣について, 町かどを, 病棟が, 発表した, 発見される, 発見した, 発見する, 発見を, 登ると, 白紙で, 相当厚味, 着けた, 知つてゐ, 短い小説, 石段を, 砂利の, 私の, 移ったが, 種別が, 積んで, 空に, 空を, 立ちならんで, 立って, 立てかけて, 籬を, 紙に, 組合わ, 経営し, 聞いたと, 聞えた, 聞かせもつとも, 聞こえて, 聯合し, 背伸びを, 能く知らん, 能面も, 船を, 落ち火, 蒸汽船は, 行き逢った, 行ったが, 行つてゐた, 裏を, 見えて, 見かけました, 見せたが, 見せつけられたの, 見た, 見たが, 見ると, 見出すこと, 見受けた, 言葉を, 詠んで, 試みられて, 認められまた, 説の, 読ませて, 読み返しなさいました, 読んだよう, 読んで, 譲って, 貰って, 買ったよう, 買った後, 買って, 越した女, 趣深く, 足りないほどの, 車の, 載つて, 逐いこした, 通って, 通りすぎて, 通りぬけた, 連つてゐる, 連らなっ, 連合し, 運んで, 過ぎたが, 過ぎたと, 過ぎたばかりとしか, 過ぎてゐるであらうと, 違う妻, 選び出した, 部屋を, 里を, 重なったため, 重なった山襞, 重ねたって, 重ねて, 重ね別に, 鉢の, 開いて, 附いた時, 附属し, 階段を, 隔てた遠方, 集まって, 集めた, 雲の, 飛び飛びに, 食って, 飲みこまないと

▼ いくつもの~ (219, 6.5%)

3 声が 2 会社の, 室が, 小さい部屋, 小流れ, 峠を, 渦が, 種類が, 部屋が, 顔が

1 [198件] いかのぼり, かたまりに, かぼちゃ頭の, からまつばやし, けわしい所, こしらえあげた罪名, ことについて, さそりがぞ, ほそい露地, ぼつて, やぐら, わからなさ, わが顔, わなを, オクターヴを, ガラスを, キイの, クラゲが, スリルが, テーブルを, ドアを, フレキシブルな, ポイントを, マスクを, リードを, 不幸を, 世紀を, 丘が, 丘を, 丸天井を, 乱軍が, 予備道を, 事象について, 亡骸を, 人々の, 人間の, 仕事が, 伏字が, 作品であった, 作品を, 作家の, 側翼の, 公園が, 公職に, 内庭を, 円卓を, 別々な, 別々の, 前兆の, 動機が, 包みの, 卓子を, 危険に, 厚い硝子扉, 古い風景, 名を, 問題が, 国境を, 堰を, 塊に, 夜から, 夜の, 大きい課題, 大きな出入口, 大国に, 大窓, 学寮を, 宇宙が, 実例の, 室だ, 室を, 家族に, 寮が, 小さな火, 小さな砂丘, 小さな部分, 小屋や, 小引出し, 小現在, 小社会, 小説と, 小路の, 小鳥が, 山葵畑を, 島が, 巣が, 巣を, 常識水準が, 年を, 幻景と, 廊下を, 建築が, 思いが, 情景が, 惜しい貴い犠牲, 意味に, 戸と, 戸を, 手先は, 手紙かき, 拳が, 接吻を, 提灯を, 插話が, 支柱が, 支流を, 文字を, 断層に, 早業を, 明るい電球, 月夜の, 有名な, 朝と, 木の間が, 本ね, 札の, 架空の, 横町が, 機関に, 段階が, 民族的論理, 汽船の, 沼ば, 法帖を, 波紋が, 渦に, 灘に, 火花の, 灯は, 焔を, 爆発の, 理由が, 理由を, 理論部会の, 瓶や, 癖が, 相矛盾, 真っ白い鶏冠, 石の, 石亀を, 社会的な, 禿が, 空の, 窓が, 窓は, 箱を, 籠は, 粗忽を, 紅の, 紐と, 細い光り, 細い道, 綺麗なのぼせた, 緩い峠, 耶蘇教会を, 船, 船の, 若々しい女, 茶店の, 角を, 言葉の, 記念写真が, 訪問が, 読者感想を, 課題が, 谷川には, 赤い屋根, 路地を, 輪を, 道は, 適当に, 遭難事件が, 部屋を, 部落に, 野ばらの, 金髪を, 金髮を, 鏡に当たって, 関節が, 陰影や, 階段や, 階段を, 霊は, 霊魂が, 露頭を, 青白い視線, 面が, 面を, 響の, 項目わけに, 頭が, 額が, 額テイブルびろうどの, 類型を, 風呂敷包, 駒であった, 黒い影, 黒衣の

▼ いくつ~ (114, 3.4%)

20 なっても 12 なる 7 おなり 4 なったの, なるの, なるん 3 なったん, なって, なるんだい 2 なった, なりますね, なるか, なるため, なるね, なんなさる

1 [42件] おなりで, おなりにな, おなり遊ばした, お成りで, かわかれて, くらべられるもの, なったえ, なったか, なったかね, なったので, なったろうかしら, なったんだい, なっては, なつた, なつて, なられました, なられますか, なられる, なられるかと, なりました, なります, なりますか, なりやした, なるかな, なるかね, なるであろう, なると, なるとは, なるまで, なる一風宗匠, なる三河屋, なんなさいます, なんなさるかな, もちぎつて, 岐れ, 成っても, 成つても, 目を, 見えて, 見えます, 見えると, 閉口し

▼ いくつ~ (96, 2.8%)

4 なく並ん 2 なくある, なく洩らした, なく現われ

1 [86件] いいそう, いっしょに, なき種類, なくあった, なくあります, なくうなずいた, なくかい, なくかかっ, なくけわしい山, なくこし, なくこしらえ, なくこの, なくごろごろ, なくさげる, なくちがった, なくでき, なくできた, なくとん, なくのこっ, なくぶらさがつた, なく下げた, なく不体裁, なく並べられた, なく並んだ, なく出来たであろう, なく割りました, なく取りおろし, なく取出された, なく吊され, なく吊し, なく咲き乱れ, なく壺, なく外, なく大きな, なく孔, なく小指, なく山坂, なく所有, なく掘られ, なく擁する, なく散らかし, なく新しい建物, なく有る, なく本堂, なく架けられ, なく棟, なく浮びあがり, なく火星兵団, なく燭台, なく現われた, なく真赤, なく眼, なく続い, なく繰り返した, なく群, なく耳学問, なく聴い, なく聴かされた, なく胸, なく船, なく見た, なく見出される, なく設ける, なく起伏, なく踏切番, なく車座, なく辻, なく通った, なく通り過ぎる, なく部屋, なく長柄, なく関所, なく関門, なく麓, 云いながら, 云うの, 出て, 寺受けを, 後から, 数えたうえ金, 数えるよう, 有るもの, 無く此墓地, 申して, 知れず流れて, 金に

▼ いくつ~ (72, 2.1%)

4 ものの 3 かねじゃ, 石の 2 ことばかり, 年に, 年まで, 時に, 物語でも

1 [52件] おかげだ, おかげで, おりなどに, お姉さん, きりの, くずやの, ことを, さか, ときだったろう, ときでした, ときの, ひどく小さな, 一風宗匠から, 丘を, 人の, 人命の, 入口が, 命が, 場面に, 墓の, 墓石, 墓石が, 小さな砂丘, 年から, 年齢に, 幸福な, 心を, 怪談を, 懐中電灯が, 星が, 時だ, 時ぢや, 時な, 時分さ, 時分に, 晩年に, 植物についての, 段を, 浪人風情であった, 生命から, 目が, 石段を, 立ちならぶ墓石, 節穴が, 若い詩人, 英字から, 袋の, 製薬会社が, 銀行が, 頃であったろう, 顔であった, 齢だつたらう

▼ いくつ~ (40, 1.2%)

113 と思っ 2 とききます, と思います, と思つて, よ

1 [18件] え, かおぼえ, からです, そうだ, っけねわたしゃ洋装, つけな, つた, つて訊いてる, という小柄, といっ, とかいうが, ときいた, と思ひます, と思ふ, と聞いた, のと, ウン百, ネ

▼ いくつにも~ (35, 1.0%)

2 切断された, 替へが, 補綴が

1 [29件] うねらせた上, かたまって, くずれて, ちぎれて, ならないという, ひろげて, まとめて, わかれて, わけて, われるよう, 仕切つてその, 仕切られた巨大, 仕切られた部屋部屋, 分かれた伊那地方, 分ける作戦, 分れて, 分れるの, 分割し, 分岐した, 区切って, 叩き割って, 成りやがって, 折った紙, 折り畳まれて, 畳んで, 細かに, 見えて, 解体し, 隔てて

▼ いくつでも~ (32, 0.9%)

2 あった

1 [30件] あげること, あり始終ぎょろぎょろ, ある, あるな, い, いいよ, いいん, いくつでも, して, たたかせて, どうぞご, よろしい, 出て, 出来そう, 受ける, 建てられて, 持ち出して, 持つて, 挙げること, 書ける, 発見できる, 簡単に, 続けて, 見つかり自分, 見付かりそう, 訳は, 重ね写し, 開いて, 顔を, 食べられます

▼ いくつかが~ (29, 0.9%)

2 現れ一方

1 [27件] きっと儚い, しめるそう, だんだんこちら, とどかなければ, にわかに大きく, ぶら下って, 一群と, 九州における, 人の, 僕の, 地中に, 大丸の, 常識の, 廃刊した, 断続し, 映画化され, 望見できる, 残って, 段階子を, 煌めくの, 犯人の, 知られて, 終って, 緑青色の, 長く続い, 闇なかに, 集まって

▼ いくつかを~ (29, 0.9%)

2 今にも蒲田

1 [27件] お話しましょう, こ, ここで, こぼした, して, なして, みた, もぎ落し, 加えた, 原形の, 合わせて, 大げさに, 御紹介, 思いだしあわただしく, 択んで, 暗誦し得る, 此処に, 生みその, 申上げる, 示して, 考えて, 読んで, 買い求めた権左, 選び, 防ぐであろう, 風が, 飾りたいもの

▼ いくつ~ (28, 0.8%)

82 んだ, んです

1 [16件] うすよごれた, この世の, のか, のだ, のできょう, のです, のね, もので, ものと, んだろう, 味気ない, 寄生虫と, 時が, 時などは, 永い旅行, 航空が

▼ いくつかに~ (24, 0.7%)

3 割って 2 なって, 分けて, 割れて, 目を

1 [13件] うたれた, なつて, なられる, 分れると, 分裂した, 切つた青, 切り刻んで, 区切られて, 変らざる敬意, 小さく折っ, 折つて敷き詰めた, 木綿布を, 過ぎなかった

▼ いくつ~ (24, 0.7%)

2 に見え, の時

1 [20件] から育てた, ございましょう, さし上げませうか, だ, だったかしら, だったろう八つ, だったん, だな, だらうと, だろう, だろう十一二, であるかを, なので, になる, にみえる, の人, の娘, の方, ゐかと, ゐで

▼ いくつです~ (22, 0.6%)

162 と聞く 1 かと聞かれる, からごく, か年, ね

▼ いくつ~ (21, 0.6%)

4 いらつし 2 いらっしゃいます, しかたが

1 [13件] いらっしゃいますか, お亡くなりかえ, こまって, たまらなかった, たまらぬが, たまりませんでした, どんな顔, ならないん, やり切れない牛丸少年, 一代の, 仕方が, 困って, 死んでも

▼ いくつ~ (21, 0.6%)

3 はいて 2 見ました

1 [16件] あげるわ, おろすわ, しませんでした, ながめました, ぬいで, ぬぎすてようと, はいたカレン, はいた時, はきたった, はきました, まぎらすため, 感じた, 見たので, 見つめて, 見なおした上, 越すこと

▼ いくつかは~ (18, 0.5%)

1 [18件] あるでは, いって, おそらく何, しぜん, その紙面, それ迄, テーブルの, 上りで, 史料にも, 常に用意, 我々自身が, 提出される, 数百名を, 文化の, 既に日本譯, 日本型にまで, 発見され, 空襲も

▼ いくつある~ (17, 0.5%)

2 のか

1 [15件] か, かだれ, かということ, かは知らない, か不審, か当てたなら, か見当, か計算, ことやら, ということ, と想つて, のかな, んだろう, んでしょう, 小峡

▼ いくつあっ~ (14, 0.4%)

5 ても足りない 1 たって足りません, てそうして, てもたまらない, てもたりない, てもよい, ても足らない, ても足らぬ, ても足りません, て互いに

▼ いくつ~ (13, 0.4%)

3 ている 2 てしまいます 1 ていた, ていない, ているらしい, てこっくりこっくり, てデッキ, て困つ, て外, て山茶花

▼ いくつとも~ (11, 0.3%)

1 [11件] しれぬ足, ない別, なくさまざま, なく一列, なく並べ, なく渓畔, なく牛, なく目, 分って, 定めがたい, 知れない広い

▼ いくつぐらい~ (8, 0.2%)

1 あるの, だ, だよ, だろう女の子, だろう這うの, であったろう, でしょう, もう十三四

▼ いくつそう~ (8, 0.2%)

1 にきょろきょろ外, にし, にどてら, になま, にぼんやり, に体, に歩きまわっ, に見える

▼ いくつ~ (5, 0.1%)

1 ありました, さかずきの, みなと, 目の, 素子の

▼ いくつかで~ (4, 0.1%)

1 あらうと, ブリキの, 四年級だった, 死んでから

▼ いくつぐらいの~ (4, 0.1%)

1 人, 人だった, 子供かね, 男です

▼ いくつした~ (4, 0.1%)

2 見物人の 1 ことも, ものか

▼ いくつしのぎ~ (4, 0.1%)

1 だ, になる, に何, に琴

▼ いくつという~ (4, 0.1%)

2 ような 1 盛りの, 貴重な

▼ いくつ~ (4, 0.1%)

1 うしろの, しないし, たしかにお, 好く訊い

▼ いくつひった~ (4, 0.1%)

2 いくつひった 1 と云う, と頼み

▼ いくつあった~ (3, 0.1%)

1 それを, って足り, ということ

▼ いくつくらい~ (3, 0.1%)

1 じゃ, だったね, ボールを

▼ いくつだった~ (3, 0.1%)

1 ね, の, のあんた

▼ いくつでした~ (3, 0.1%)

1 か, かね, っけね

▼ いくつにな~ (3, 0.1%)

3 つても

▼ いくつまぎれ~ (3, 0.1%)

1 にわざと, に池, に若者

▼ いくつもに~ (3, 0.1%)

1 わかれて, 分かれた中, 分裂し

▼ いくつ持っ~ (3, 0.1%)

1 ている, てこよう, て来た

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

2 つても

▼ いくつうしろ~ (2, 0.1%)

2 向けるは

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

1 なまえ, 突きなります

▼ いくつかって~ (2, 0.1%)

1 おとうさんの, 賭を

▼ いくつかと~ (2, 0.1%)

1 かければ, 思うと

▼ いくつくら~ (2, 0.1%)

1 ゐだらう, ゐの

▼ いくつくらいの~ (2, 0.1%)

1 人でございました, 男でした

▼ いくつぐらいで~ (2, 0.1%)

1 ござりました, ござります

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

1 せまい心づかい, に今年

▼ いくつする~ (2, 0.1%)

1 と金, なあ

▼ いくつだの~ (2, 0.1%)

1 ぴかぴか光る, 名は

▼ いくつだろう~ (2, 0.1%)

1 からこれ, な

▼ いくつつい~ (2, 0.1%)

1 ている, ても

▼ いくつできる~ (2, 0.1%)

1 かということ, か五百キロ

▼ いくつでございましょう~ (2, 0.1%)

1 からこれ, な

▼ いくつでた~ (2, 0.1%)

2 いくつで

▼ いくつとかいう~ (2, 0.1%)

1 事でした, 言葉を

▼ いくつとは~ (2, 0.1%)

1 なし入っ, 思はれぬほど

▼ いくつまで~ (2, 0.1%)

1 こしらえて, 生きてを

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

1 かの町, の部屋

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

1 ね, の落

▼ いくつ十三~ (2, 0.1%)

1 な, ななつ

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

2 せりけりせうせうと

▼ いくつ洋燈~ (2, 0.1%)

2 つけたり

▼ いくつ涼し~ (2, 0.1%)

2 月夜や

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

1 かわからない, です

▼ いくつ稲村白金~ (2, 0.1%)

2 の笠

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

2 がし

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を持っ

▼ いくつ飛び~ (2, 0.1%)

2 童さび

▼ いくつ食べ~ (2, 0.1%)

2 ても同じ

▼ いくつ飼つて~ (2, 0.1%)

1 ゐると, ゐるの

▼ いくつ~ (2, 0.1%)

2 がいくつ

▼1* [145件]

いくつあり青き折れ, いくつありますか, いくつあるだらうといふ話, いくつあるであろうかひと目, いくつあるでしょうか人生, いくつあれで, いくついったか勘定, いくつおじぎしたらいい, いくつおりたところが, いくつかけてここ, いくつかけるかそれ, いくつかさねて積み上げたら水の上, いくつかずつ取出して, いくつかとかのお千代さん, いくつかとしてはっきり評価, いくつかな君は, いくつかについては私も, いくつかね年は, いくつかまで隠れた女, いくつかも昔の, いくつかやまなり, いくつから救われたよう, いくつきったという自慢話, いくつきりとした, いくつくれたの, いくつぐらいからお目, いくつぐらいに見えましたかと, いくつぐらゐだつたのかそれも訊い, いくつな様子, いくつさせずに引っ張っ, いくつさまして来し, いくつしきったように, いくつしたろうと思う, いくつしづけき真柴垣日は, いくつしないよ, いくつじっさい奇蹟の, いくつするだらうとお, いくつそのために, いくつたこをこわしました, いくつたたいてもたたき, いくつだい一体お前, いくつだい相手は, いくつだらうね, いくつやね, いくつぢやつたかな, いくつって君より, いくつついたか責任, いくつつきさした神社, いくつつけてよい, いくつでいらっしゃるの, いくつでしょうね, いくつでなくなったのです, いくつとかでもすこぶる, いくつとかのお化けの, いくつとして総計どの, いくつどんな形の, いくつなんぞしなかったろうよ, いくつなんだか判らない三十五, いくつにか仕切られて, いくつにもなつてグラン・タムール, いくつひったひったと云う, いくつまでかといふことが, いくつまでの高弟全部が, いくつものさびしい雪の, いくつもの電燈のカーボン線, いくつもはまつて, いくつももやつて, いくつもわたつて, いくつバラバラと落ち, いくつフランス語をしっ, いくつボタンお家から持つ, いくつロンドンにある, いくつなった, いくつがつて, いくつ上がって, いくつ並べても同じ, いくつ井戸を掘らした, いくつ人形を焼かし, いくつ入っている, いくつ入れるんだ, いくつ出たんで, いくつ出るかは偶然, いくつ出逢うか分らない, いくつ出逢ふか分らないん, いくつ十三七つと子供, いくつ十三泣き面十四は頓死, いくつをまもれ, いくつ及び神経中枢の, いくつ取っている, いくつ取ったって青年, いくつ上っても, いくつ召し上がるんです, いくつはさやか, いくつると, いくつ寝るとお正月, いくつたらと, いくつ小さな頭巾なぞを, いくつ小石をいれ, いくつ崩れて月, いくつ弓張りや手丸提燈, いくつ恋愛したか, いくつ打ったか打たぬ, いくつ押した証文よりも, いくつ摘むべき朝顔の, いくつ撲られたのか, いくつ数えて歩い, いくつ明る白菊の, いくつ時分だったか, いくつ書いたかしれない, いくつ書けばいったい, いくつを越した, いくつ殴ったか知らない, いくつ水うつあひだ, いくつ泊るの, いくつ湿るあなたに, いくつ洲に, いくつ燃す火の, いくつ燈籠を数え, いくつがある, いくつにひろふ, いくつ登つてそれからだらだら, いくつ立ててもその, いくつ糢糊として墨絵, いくつ継がったらおしまいに, いくつ置いてあっ, いくつくぐらせて, いくつがある, いくつが咲く, いくつても要するに, いくつ見えて煙, いくつ見たか分らない, いくつ買つても忽ち, いくつ足りないダメじゃ, いくつ踏んでトントントン, いくつ這入つてゐます, いくつ這入っています, いくつ通るか数えきれない, いくつ違うんだ, いくつ違ってもかまわない, いくつ重ねてボヤかし, いくつのせせらぎ, いくつ集めても根, いくつ靴下カバンは黒, いくつへるか, いくつ鼻緒紅きは