青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

い~ ~いい いい~ ~いいました ~いいます ~いう いう~ ~いうべき いうべき~ ~いえ
いえ~
~いえない いえない~ ~いえる いえる~ いか~ いかが~ ~いかない いかなる~ ~いかに いかに~

「いえ~」 16689, 160ppm, 656位

▼ いえ~ (8970, 53.7%)

115 それは 52 私は 39 これは 36 彼は 30 それまで 21 私の, 誰も 19 彼の 18 いえる, それが, 自分の 17 いいの 16 すぐに 14 そうだ 13 僕は 12 日本の 11 今の, 私が, 非常に 10 いうまでも, それを, 今は, 例の, 第一 9 これを, 人間の, 今から, 何か, 女の, 彼が, 誰でも 8 これも, それも, わたしは, 一種の, 天下の, 直ぐに 7 これが, これらの, そうで, そうです, そこに, そんなもの, どこの, 不思議な

6 [15件] この頃, これまた, そうでも, そうも, それだけ, 一つの, 人の, 人間が, 今日は, 君は, 彼女は, 彼等は, 昔の, 私には, 誰しも

5 [29件] あまりな, いいん, いうほど, いえよう, そうかも, そうね, その時, それだけで, それで, それらの, ぼくは, もうお, よかった, わたしの, 不思議である, 不思議です, 今日の, 他の, 前の, 名は, 子供の, 少くとも, 日本人の, 昔から, 父の, 相当の, 秀吉の, 自分は, 親の

4 [54件] あなたの, あの男, あるの, いい, いいだろう, いえも, いえるが, いえるの, いずれも, いつでも, こうである, この, このよう, この方, これで, すぐ, そういうこと, そう遠く, その人, それこそ, それで済む, それに, それまでの, たいへんな, もう一つ, よいの, われわれの, 不思議だ, 世間に, 人は, 人間は, 今では, 何の, 何も, 何よりも, 何を, 何人も, 先刻から, 去年の, 変な, 多くの, 当時の, 彼には, 彼女の, 彼等の, 我々の, 日本は, 東京の, 次の, 私にも, 自分が, 誰だって, 誰にでも, 限りが

3 [97件] あなたは, あの人, いいじゃ, いえないこと, いえるもの, いつまでも, お前の, きょうは, ここで, ここに, ここの, この上, この時, この男, この種, この関係, これまで, さっきから, そうじゃ, そうでない, そうに, その, その昔, それらは, そんな事, たいていの, ただ, ただ一つ, たれも, だね, どこかで, なるほど, ほかに, まず第, みんなが, ものを, よい, わかる, 世界の, 二人とも, 二人は, 人を, 人類の, 今でも, 仕方が, 以前は, 何でも, 俺は, 僕の, 僕も, 先生は, 右の, 吾, 大変な, 妙な, 娘の, 家康の, 富士の, 弟も, 後の, 必らず, 思いだしたが, 急に, 成程, 我々は, 手の, 文明の, 日本では, 昔は, 普通の, 普通は, 最後の, 有名な, 殆ん, 母親が, 気が, 気の, 水を, 江戸でも, 決してそうで, 深夜の, 無理も, 父母の, 現在の, 相当な, 相当に, 知る人, 私たちの, 私も, 立派な, 芝居の, 莫大な, 蓋を, 誰にも, 誰知らぬ, 諸君は, 身を

2 [380件] あそこにも, あたしが, あちらの, あとは, あなたに, あなた方は, あの事件, あの時分, あますところ, あるいは今, あれから, あれは, いいという, いいのに, いうよう, いう程, いう迄も, いえない事, いえますが, いえるけれど, いえるし, いえるであろう, いえるものの, いかにも秋, いかめしいが, いつかの, いつの, いつもこの, いつもの, いまは, うちの, おかしいね, おかみさん, おそらくその, おとせは, おれだって, おれの, おれは, お前が, お前にも, お前も, お姉さま, お師匠さん, お母さんの, お蝶, かなりな, かの女, かれが, かれら, きょうの, ここでは, こちらの, このお, このくらいの, この事件, この二人, この前, この地方, この怪人, この日, この界隈, この辺, この量, この飛騨, これくらい, これだ, これの, これほど, これほどの, これまでに, こんどの, こんなこと, さびしい, じぶん, すこぶる僅少, ずっと前, そういうもの, そうである, そうですね, そうな, そうは, そうやっ, そこい, そこの, そこへ, そなた, そのころ, そのとき, そのほか, そのよう, その前, その原因, その多く, その姿, その方, その男, その間の, その頃, それで私, それ迄の, そんなこと, たいていは, たしかにその, ただこの, ただ私, ついでに, とかくに, ともかくも, どうした, どこだ, どこやらに, どれも, ないよう, なにびとも, なるほどその, なんだか見た, なんでも, へんな, ほかならぬ, ほとんどすべて, ほんとうに, ぼくが, ぼくの, まずこの, まずその, まったく精力, みなさんは, もうそれ, もう子供, もちろん大金, やさしい, やはり誰, わかると, わしが, わしは, わしも, わずかに, わたくしの, わたしが, われわれは, イヤな, クリストフは, コナン, ザッと, チェーホフの, チベットでは, ドイツの, フランスには, ブルジョアジーの, ロロー殿下は, 一世の, 一人の, 一切の, 一口も, 一応は, 一方の, 一方も, 一日に, 一流の, 一生の, 一般に, 三河の, 上は, 上州の, 不幸な, 不思議であった, 不思議であります, 不自由です, 世間では, 世間の, 両横綱, 中国人の, 主人の, 乱暴だ, 乱暴な, 乱暴を, 事の, 二本の, 云うまでも, 云える, 亭主は, 人に, 人も, 人民を, 人狐なり, 人生の, 今いう, 今この, 今まで, 今までの, 今も, 今夜は, 何が, 何だ, 何事も, 何処でも, 偶然な, 僅かに, 先生も, 共通の, 円顔の, 凡ての, 出逢いが, 刀の, 初めから, 前に, 力量の, 北海道の, 十勝岳の, 即座に, 厄介な, 友人の, 口が, 口の, 口びる寒し, 古くから, 古刀中の, 可なりの, 呉で, 命が, 唖の, 国家の, 型の, 声が, 夕立の, 大将の, 大部分, 大金である, 天下に, 夫の, 夫婦の, 奥さんは, 女は, 好きな, 好きなれ, 妾の, 孔明の, 学校の, 家の, 宿なし, 将軍家の, 小麦の, 少しも, 少年の, 山の, 島秋人は, 左の, 左左と, 平凡だ, 平家の, 年末年始の, 年齢の, 弟子の, 弦之, 当然の, 役に立つもの, 彼と, 彼も, 彼らの, 彼奴は, 徳川も, 徳行でも, 必ずしもそうで, 思いあたること, 思い出した, 思い当ること, 或る, 文明開化の, 文芸家の, 新聞の, 日本が, 日本も, 旦那様お, 旧の, 明日の, 明智は, 明治十四年の, 時間距離な, 晦日と, 普通に, 月の, 木の根や, 極く, 歌は, 正しい, 此の, 武子さんは, 武蔵の, 死んだお, 殺して, 氏は, 水が, 水の, 氷の, 江戸っ子の, 江戸の, 決定した, 沖の, 河太郎なり, 泣きも, 泣く児, 浅草の, 源氏の, 溝口医師の, 漢の, 灰吹き, 無上の, 無論いえる, 無邪気な, 父も, 物の, 犬の, 犯人が, 猿神なり, 現代の, 生徒が, 生活の, 生涯の, 男の, 発射する, 百の, 皮肉である, 目的の, 直に知れます, 相手も, 相撲の, 真名古が, 知らない者, 知らぬもの, 知らぬ者, 知人の, 碓氷峠を, 社会は, 私たちは, 私だって, 私達の, 秘密の, 立派に, 笑止だ, 素朴な, 組合の, 縁が, 職人の, 肉体の, 脱ぎすてられた潮湯治客, 自分を, 菊の, 話が, 読者は, 誰かが, 誰が, 誰もかもみんな, 譜代の, 足利の, 跣足に, 近所の, 邪魔である, 部下全滅の, 部屋の, 錦子は, 長くそして, 長男も, 限りも, 難しい, 雪で, 雪の, 霧の, 面倒に, 面白い, 面白いが, 面長な, 頭が, 頭の, 顔の, 駕籠の, 高貴な, 魚屋の, 麻布の, 黄金の, 黙って

1 [6759件 抜粋] ○番分隊士は, あくる日の, あたいの, あてなし, あのお方, あの侍, あの子, あの月世界旅行, あの角屋, あまり気, ある, あるらしい, あんなやつら, いいと, いえましょう, いかにも便利, いくらでも取れ, いったいだれ, いつか牧野さんは, いつも刺繍, いとも哀れ, いま話した, いよいよ高く, いわれないこと, うむそれ, おかしいが, おそらく彼, おまえが, おれも, お分り, お坊さん, お手の物だ, お砂, お蝶さん, かかる状態, かつてこの, かねてうわさ, かれの, きっと反抗, きまって, こいつは, こうして口, ここらでは, このあいだ大学, このりっぱ, この三年坂, この人, この句, この女, この座敷, この本, この潜水服, この肴町, この道, この養生, これでも, こんなよう, さいぜん早苗さん, さっき聞こえ, ざっとどころか, じつにふしぎ, すぐさびた, すぐ分った, すぐ草, すでには, すべてが, ずいぶんおお, せいぜいの, そういう個人意識以上, そうした突拍子, そこが, そのころ村, そのものとして, その出来ばえ, その娘, その後代々の, その時豹一, その界隈, その職業柄, その部屋, その食べ頃, それだけしか, それで忽ち, それ一億一心民主主義と, そんな盟約, たいてい女, たしかにアカ, ただそこ, ただもう, ただ家の, ただ鈍い, たとい小, だいたいそうした, だれしも, ちと不恰好, ちょっと何, つい寝食, つまり人間豹, とうとう彼奴, とっさの, どうじゃ, どこでも, どの方面, どんな形式, なお聞きず, なにもかもみな思い, なんだかかいだ, ねえお師匠さん, ばかばかしいこと, ひと通や, ふとり肉, ほとんど世間外, ほんとに美味しい, まあ廃嫡, まことに莫大, まずあれ, まずスポーツ登山, まず水, またゾラ以降, まだある, まだ一家, まだ昼前, まったく考えこん, みなさんの, みんな一ぺん煤で, むしろそれ, むろん生存, もうひとつ, もう共通, もう後, もう老大家, もしウラニウム核分裂現象, もちろん養殖うなぎ, もっぱら女学生, ものの, やっと一人前, やはり三木, やはり非人, ゆうべ虹ヶ浜の, よく整う, よほど人工的, わかるとの, わが祖先, わたしたちが, アア何という, アメリカ側では, ウソである, オマール・カイヤムが, ガダルカナル島の, グズ弁の, シドローヴナとか, スイートピーの, タッタ二十五字しか, トイレットしか, ノミ騒動, バルセローナ銀行の, フランス氏と, ペロリと, マホメットの, メノコ笑っ, ユーハイムと, リーグ・オヴ・ネーション国際連盟とも, 一つ思い出しました, 一人が, 一年に, 一昨夜は, 一生懸命です, 一般には, 一道の, 丁度西洋絵画, 万事承知しました, 三家ご, 三階建であろう, 上野の, 下賤, 不思議, 不意打ちを, 世界各国の, 中国じゃ, 丸っこい, 主張する, 九州第, 予算を, 二万一千六百分, 二千円やる, 二郎は, 五代目の, 五月の, 亜細亜という, 人力車夫や, 人相が, 仁義の, 今なら, 今妙な, 今日君の, 仏教でも, 代五郎, 伊賀者衆の, 位は, 体面を, 何と似, 何億兆という, 余りと, 例えば一見, 信に, 俺も, 僅かだ, 僥倖だ, 兄は, 先ず午後二時半, 先刻見たる, 先祖代, 全く不思議, 全然まっ, 八橋と, 六件に, 兵馬に, 内部的に, 凄い思いつき, 出来るだけ, 分析とか, 初鹿野どので, 到底縁, 前者を, 勇猛果敢悪く, 北京の, 区別です, 十二月九日の, 十年でも, 千坂富麿っていう, 午後三時頃とか, 南の, 単なるお, 印度洋の, 卵殻外発生の, 又候, 叡山本願寺などの, 古島親子の, 可憐です, 右という, 合点しねえ, 同じ家中, 名家では, 君子に, 味の, 和服に, 唐の, 善悪に, 器物から, 四諦の, 国境を, 土佐の, 在るよう, 地租率である, 堕落し, 声は, 夏に, 外道の, 多計代, 夜目にさえ, 大きく聞える, 大に, 大勢ある, 大変長い, 大抵はか, 大本教の, 大目に, 大道香具師の, 天の, 天才肌という, 太平洋戦争勃発の, 奇因縁はかない, 奥州寄りの, 女子の, 奴は, 妹聟だ, 始終何, 婦人たちは, 子供らしい, 学問の, 宇野氏の, 官学校は, 実に犬畜生, 宣伝だ, 家柄の, 寝も, 尋常でない, 小作争議発祥の, 小政, 小説を, 少し沈んだ, 尼は, 山で, 山県の, 川上の, 左を, 己を以て, 帝大生と, 平たく二千五百八十三円, 年貢の, 幾らでも, 店を, 建武の, 強い火加減, 当時なかなか, 当然である, 役者の, 彼奴の, 後にも, 得三引取って, 御当人自身, 御覧な, 心当りが, 必ず図星, 必要に, 怖れ嫌うであろう, 思想と, 怪しいとも, 恋愛は, 恰度重明が, 悲しい, 情状酌量罪一等を, 意気地なく, 感情論ばかり, 懇親あえて, 我輩の, 戦と, 所長は, 手金を, 抜け買い, 挙って, 揚足を, 政務次官か, 故青年, 数学院も, 文字ばかりと, 文豪というも, 新堀には, 新聞記事以外には, 日光の, 日本的なる, 早川という, 明智の, 星の, 昨年の, 昼寝と, 普通鼻筋を, 更に一層ピチピチした, 最も先端的, 最高な, 有用植物の, 木曽の, 本当にそうだ, 李万張千も, 東京では, 松の, 柄が, 栞こそ, 梯を, 極った, 槍の, 樽に, 欣んで, 正しく桓武天皇, 正面に, 武家も, 歯がゆくて, 死体は, 殺されようと, 毎年おりる, 民法とは, 気狂という, 永い年代, 江戸も, 決して一, 河野武蔵守殿という, 法成寺や, 洒落に, 浅い水, 浮気でも, 涙の, 清原の, 湖水へ, 滑稽だ, 激戦震蕩症という, 火星人な, 無心であり, 無精にも, 煙突も, 父が, 牙彫, 特別な, 狡獪に, 王必の, 現帝, 瑕である, 生活そのものは, 田島さんは, 申し訳は, 町内でも, 異常に, 痒いところ, 白の, 百億分の一センチである, 皆スカンディナヴィアふうか, 目のかたきに, 直ぐヨネ, 直参も, 真中のは, 眼球を, 知多半島の, 砂粒が, 礼は, 神主キリスト教で, 神経質に, 私どもも, 秋には, 稲妻と, 空家と, 立派だ, 第一級, 篠崎始君にも, 粗野だ, 純粋自然主義は, 細い糸, 結局女と, 緋鯉の, 繊細味の, 美の, 義理が, 耕介の, 聞こゆ, 肥沃の, 腕力は, 自作の, 自害を, 至って厚かましい, 船頭も, 芭蕉以後芭蕉に, 芸者という, 若井氏と, 英国宗は, 荒れ果てた垣根, 葉緑素を, 薄なさけ, 蘇東坡黄魯直米元, 蝦すくい, 行列が, 被衣を, 西暦千八百六十七年実に, 見ざれば, 覚一は, 親爺さんが, 言われるの, 許可し, 誠に苦痛, 課業に, 謝りも, 豪儀です, 貴人横奪, 貴殿の, 贅沢な, 赤馬の, 足利殿おそらく, 身許不明の, 軽いもの, 迂闊だった, 近頃成都の, 逃げられるよう, 連判状といった, 過去の, 遠い谷間, 郵税を, 酔っぱらいの, 醤油が, 野暮な, 鉄と, 銀座風の, 鎌倉時代の, 長唄の, 間男に, 限りない, 階級思想の, 隠居型とも, 難事であった, 雪後の, 青々と, 非常口といった, 靴の, 頬の, 顔色が, 飛行機か, 餅に, 馬鹿正直だ, 高いカラー, 高源寺の, 魚屋に, 鳴子が, 麦の, 黒川真頼が

▼ いえども~ (2348, 14.1%)

30 これを 12 その実は 11 彼の 9 これに 7 知って 6 これは, それに, それを, 今日の 5 かくの, 人間の 4 これには, これほど, もしその, 彼が, 神の, 自分の, 遠からず

3 [29件] いずれも, ここに, これが, そうであった, その人, その国, それは, ただその, なおその, またその, また一方, また然, もしこの, 一は, 世の, 事の, 人の, 人を, 今の, 他の, 少しも, 彼は, 我は, 敢て, 相当の, 絶対に, 自から, 遠からぬ, 静かに

2 [96件] あきらめるが, あなたの, いかにかし, いかんせんこの, いまだかかる, いまだこの, いやしくもその, おのずからその, かかる立場, かなわざること, この点, これによりて, これらの, これを以て, さすがに, しかもその, しかれども, しばらくこれ, そうな, そこに, そのこれ, その中, その例, その多く, その実, その時節, その相貌, その職, それが, それも, なお大, なかった, まだそれ, ものの, わずかに, 一つの, 一世の, 一人として, 一点の, 一言も, 世の中の, 乗ずる隙, 乗客から, 人心の, 人民の, 人類の, 今では, 今日に, 余輩の, 内実は, 前に, 同居に, 君と, 吾人が, 吾往かん, 国の, 多少の, 天下を, 妄りに, 学者の, 守護国司の, 容赦は, 将来の, 己が, 当時の, 当時は, 彼を, 彼女と, 徹底的な, 悪を, 文明の, 時を, 時勢の, 枕を, 概してこれ, 水の, 決して, 決して粗末, 滅多に, 無いの, 現在の, 理想を, 疑わずに, 知らなかった, 私の, 私は, 能く, 自然の, 辛抱強い研究, 通俗の, 道を, 遠くない, 還りて, 飯を, 駒井の, 鬼神では

1 [1938件 抜粋] あえて厭い給うなく, あえて物の数, あなただけ, あの男, あるいはこれ, ある時代, いいもの, いかなる過去, いかんせん世人, いずくんぞその, いっさいは, いなかったし, いまだその, いまだ孫六の, いまだ白昼, いやしくも人, いやしくも斯学, いろいろ彼女, うっかり手, おそらくおのれ, おのずから輿論, おれに, お増, かかるそら, かく申す, かつては, かのユニテリアン宗, かれら, けっしてこれ, こういうたぐい, ことごとく傍観, このホオエンダム, この人民, この児, この反省, この大, この実勢, この山崎, この徳沢, この急迫, この打, この書, この災害, この結婚, この越前, この間に, こは, これだけで, これなら, これみな東洋の, これら諸国の, これ自由論派に, こんな事, こんな贅沢, さらにその, しかも初, しかも火, しばらく明治三十九年現在, すでに有る, すべての, すみやかに, そういう乱暴, そうしたもの, そこには, そのはじめ, その三種, その主義, その人民, その体, その働, その内実, その力勢功徳名称, その反射, その吸入, その固有, その大, その学者, その実際, その尊信, その巣穴, その後政府に, その心術, その意匠, その政論上, その晴, その朋友, その根本, その正体, その求めん, その無謀, その由っ, その直截痛快, その精神気魄純然, その総理教員, その蒐集, その要求, その財, その趣意, その通り, その重なる, その風雲, そは, それただ, それゆえ必ずしも, そんな甘やかされた, ただこの, ただ平安, ただ推測, たとえ面壁九万年, たやすく, ちと仔細, ついに火事, つまりその, とうてい企図, とみにこれ, どうにも, ないもの, なおいささか, なおそれぞれ, なお且つ, なお彼, なお足らざる, なかんずく天狗, にわかに弁ずべからざる, ひそかに, ひとりこれ, ふだん着の, ほとんど青雲, まずその, まず第, また一口, また全く, また大いに, また必要, また決して, また識認, まだ微々たる, まる損, みな古代英雄の, むずかしい, もしこれ, もしも幸, もし前期, もし概括, もって, もとより感情, ものを, やかましく禁じられ, やはり行儀, やれなければ, よくこの, よく心得, よも手出し, わが人民, わが家の, わが邦, わしより, イタリアの, エジプトの, ショパンの, バイたれ, ブルジョアの, ヤソ教に, ローマの, 一の, 一味を, 一国の, 一定の, 一度は, 一度翻り, 一本も, 一秒も, 一軍を, 一驚を, 七宝の, 上人の, 不増, 世人の, 世界開闢生々の, 丸々として, 主人以上に, 乗り物ご, 予の, 事を, 事物の, 二人と, 二本の, 云々, 五円の, 五%である, 人並の, 人才の, 人間であろう, 人間並みに, 今すぐ, 今までは, 今年今月の, 今日世上一般の, 今日文明の, 他人の, 付近の, 伊太夫でさえ, 伝習の, 何, 何も, 余の, 余常に, 例えば一つ, 依然として変じない, 信じなかった, 信貴山と, 個物の, 停滞の, 億兆の, 充分見て取っ, 光陰の, 入り込むこと, 全く男女性情, 全智全能では, 八百屋の, 兵役中に, 其の方, 内に, 内政上には, 処分の, 刀については, 初めから, 到底この, 前を, 剽悍無比なる, 労働者の, 動揺せざる, 勝ちの, 医術だけは, 単に, 占城なぞという, 及ばないほど, 反対の, 受動的ならざる, 古人の, 古来東洋の, 右に, 各処, 同情の, 否定し, 吾の, 吾れ往かん, 吾行かん, 味方の, 商売が, 喜んで, 器具調度は, 囹圄の, 国家が, 国用の, 在来の, 地理をも, 堂宇は, 士道を, 変わって, 外国は, 多少は, 大圜線, 大男ばかり, 天に, 天明の, 夫婦ともに, 女人をば, 如何とも, 子は, 存命せん, 学問は, 学者あるいは, 宅を, 完全には, 官僚の, 実に重, 実際これ, 家屋の, 容易に, 審配逢紀などの, 将来には, 小学児童もしくは, 少年の, 尽きずまた, 山川其れ, 岩倉三位に対してだけは, 巫女の, 帝室に, 常に物, 常禄, 年長者の, 幻想を, 広い社会, 延びねば, 弟は, 強兵を, 当り同然の, 形成的でなけれ, 役夫あえて, 彼女の, 往々混錯, 従来少し, 御年, 復た, 心に, 心眼は, 必ずしも故意, 必ずその, 必ず知っ, 忖度する, 忠誠を, 怖れ, 思慮深く, 恐らくはなお, 恐るるに, 息を, 悠々と, 悪魔である, 惜しい哉, 意は, 感ずるであろうな, 態度の, 成功が, 我が輩, 我国の, 戦いと, 所持の, 手の, 打ち破ること, 投げだすこと, 拍手を, 指南番の, 握飯一つに, 支配人の, 政事に, 救うこと, 敢えてこれ, 数百千年養い得たる, 文字の, 斬罪の, 新撰組は, 日常性を以て, 日本人が, 昇平の, 明瞭には, 星を, 時として下層, 智愚相対し, 暗にこの, 書きがたい, 最早黙っ, 有り得ない, 朝廷によって, 未だ卒業, 本来人心発育の, 来り見るなら格別, 林家に, 染筆し, 根本の, 極楽の, 樹木は, 欧米人民中今日なお, 止める事, 正直は, 武術には, 歴史に, 死に身, 段階に, 母自身十分の文化的光明に, 氏が, 気味が悪かった, 水声を, 決してこれ, 決してばか, 決して利く, 決して決して疎略, 決して神様, 決して軽々しく, 油断を, 法典の, 法律を, 洋学草昧の, 海に, 深く人生, 渠は, 湯武の, 潜り込む空隙, 無かった, 無学無, 無聊に, 然り, 父母たる, 牙彫り師としては, 特立特行世の, 独立した, 猛獣では, 現に御幣担ぎ連, 琉球の, 甚だ遠い, 生命を, 生滅の, 男性に, 畏れを, 疑いの, 疑うこと, 白が, 皆よく, 皆立派な, 目下多忙, 相談する, 真にその, 真心は, 睡眠中血液の, 知らない, 知るよし, 石見の, 礼節を, 社会的動物である, 神威の, 私が, 私慾の, 穴山梅雪その, 立ろに, 立派に, 答なし, 精神上の, 純粋小説を, 経済論派の, 結局平安の, 続けられないの, 罰せよ, 習慣性の, 肉交する, 脳髄内部の, 臆測する, 臣臣たり, 自分だけ, 自分より, 自愛心すなわち, 自由に, 至るところ, 芭蕉の, 芸術に対する, 萎えたる霊魂, 蒼が, 薄暗がりの, 虎視耽, 衆生の, 行動の, 表面には, 裃を, 西欧学者の, 要するに余燼, 覆面を, 見る処, 見物人が, 覚禅房限りで, 言葉の, 許されなかった, 話の, 読書が, 談話と, 謹んで, 譜代と, 豈公私, 貯えること, 貴様だけ, 趣味の, 身は, 軍士と, 軽々しく保証, 辟易する, 近世の, 返還させ, 逐一その, 造化の, 運上を, 道理に, 遠からざる, 遠からずである, 重役の, 銭の, 長い間, 長男を, 開闢以来今日に, 闇の, 限りありて, 階を, 雑報記者の, 難儀を, 非人を, 願わくは今日, 食品を, 馬鹿で, 驚かざること, 高等なれ, 鬼にも, 鰯を, 鷲の

▼ いえそれ~ (196, 1.2%)

109 には及びません 6 はもう 3 だけで

2 [11件] がほんの, が一向, ならば, には及びませぬ, はその, はただ, は一番後, は彼ら, は袋戸棚, は違います, ばかりで

1 [146件] からまもなく, から八時頃ちよ, が, があなた, があんまりよく, がございます, がその, がどうしても, がどうも一向, がどんずり奴, がね, がねあの, がねえ, がはつきり, がほんとう, が何時, が大変, が妙, が必ずしも, が本性, が来る, が轟さん, さえ貴重品, だからと, だけでございます, だけでなく, だけでも家中, だけでも非常識, でございますがな, でしたら御, ですから, で結構, とて一口, と申しまする, と関係, ならそれで, にはこちら, には時機, にもかかわらず, によってこの, によって食物, による転変, に小門, に水道端, に相違, に違い, はあたし, はあまり, はある, はあんまり, はお前さま, はこう, はさうで, はそんな, はだめ, はち, はできません, はとても, はどうしても, はどなた, はなりませぬ, はなりません, はねとにかく, はほんの, はほんのふとした, はまったく, はむしろ, はやっぱり, はよろし, はわたし, はキリスト教界, はクララ, はマガタマ, は久しく, は予, は何方, は余りに, は余り何で, は全く, は別, は前, は勝手, は商売, は大正, は小娘, は屋外, は工芸家, は当会杜, は彼, は忍ぼう, は思われる, は戦場, は政治, は新しく, は日本, は片手落, は現今, は生物學的, は私, は精神的近親相姦, は蘭丸一箇, は話しません, は誰, は諦らめ, は象, は貴方, は身投, は違, は都大路, は青天白日, は食糧, は飢饉, ばかりではござりませぬ, まで永, ももともと, も一つ, も一時, も世俗, も分からない, も勿論, も多少, も家, も数十歩, やさ, やそんな, よりどっち, よりは早う, よりもあの, よりもっと, よりもわたくし, よりも寧ろ, よりも私, より費用, をもっ, を取壊さしめ, を受けた, を囚人, を持ち運ぶべく, を救う, を片棒, を申す, を疾く, を私, を見極める, を足蹴, を馬鹿

▼ いえ~ (174, 1.0%)

4 はこの 3 の家, の言う, はまだ, は何ん, は決して

2 [13件] が自分, と共に情, の心, の目, の頭, は, はけっして, はそれ, はどうせ, は何, は死ん, は沢山, は私

1 [129件] あその, あもう, あ知りません, お杉, かお, から別に, から聞く, が, がこんな, がね, がやる, が上げます, が倦, が先, が列車, が四つ, が寢む, が帰らなく, が持っ, が持つ, が案内, が死なせません, が殺しました, が漕ぐ, こそあの, しは, だけはそんな, だって同じ, だつて其様, でなければ, などは旅, には一つ, には段々, には見えませぬ, にも分りません, にやらし, によって構像, ね春子さん, のうち, のせい, の前, の名, の心持ち, の意志, の持っ, の気, の熱中ぶり, の生れ, の産, の申す, の番頭, の疲労, の病気, の見た, の記憶, の讀める, はあなた, はいつか, はいらない, はお, はお勝手, はこう, はこちら, はこれ, はこれら, はさっぱり, はそう, はそういう, はその, はそら, はそんな, はたくさん, はただ, はどう, はどうにも, はなお, はなやっぱり, は一個, は一生懸命, は世帯, は九州行き, は些, は今, は仏, は余吾, は働かね, は内, は別段, は助からない, は十六七歳, は反対, は喰物, は大, は大変, は女, は悲鳴, は憎ん, は或, は李白, は松島町, は江戸, は流刑, は無理, は父, は物貰い, は犯人, は独身, は現代, は立ち止まらされる, は花車重吉, は説明, は通, は錦小路苗子, は頂けません, は高田屋さん, もお, もこの, もすぐ, もそう, もづうづうしいのに, もハッキリ, も及ばぬ, も少し, も止し, も畑, も考え, より先, をもそんな, 本氣

▼ いえその~ (126, 0.8%)

6 ような 2 うちに

1 [118件] あとに, あぶない酒戦, お古い, くせ飛んだ, ころは, ために, ため秋山要, ちょうどよい, ときには, ときは, ときはじめて, とき情夫が, とき自分に, なかで, なにがと, なにしろ年, なんです, まだ, わたくしは, ガダルカナルで, マリヤ・ニキーチシナでさえ, ワイワイ連中, 一人だって, 一方では, 一方に, 不滅の, 中には, 事は, 五郎右衛門と, 個性に, 光春にも, 兵力その, 兵略には, 内気は, 別に, 前で, 唖奴は, 善戦の, 国政のみ, 地勢の, 地域の, 報復を, 境地も, 外に, 大盗ッ人の, 大道を, 女の, 奸策その, 娘は, 字そのものは, 実それ, 実はこんなに, 実は何で, 実立派, 実義仲, 実際は, 家から, 尺八から, 岸で, 左大臣殿と, 従事する, 御約束, 御馳走が, 恩人の, 意味では, 愚かしいエーエー, 成人に, 成功は, 手紙を, 拠るところ, 改良以前に, 方が, 方なら, 方の, 方は, 日ぐらしの, 日常の, 昔浅尾里虹の, 時の, 時は, 時俺は, 晩その, 晩の, 晩晴れやかな, 曲を, 曲者の, 最初は, 朝内裏へ, 未知の, 本来は, 根本は, 機動は, 正季さまは, 活ける精神, 点は, 無責任な, 犬は, 生涯は, 甲陽軍鑑や, 真剣さは, 眼は, 短い一語, 祖先の, 第一面, 縁側に, 翌る, 職務に対しても, 背が, 背後には, 自己は, 藤房卿から, 資料は, 迷惑などとは, 適度という, 関平も, 非業の, 音色に, 頼まうと

▼ いえ~ (110, 0.7%)

2 物の数では

1 [108件] あまり臭けれ, いわゆるその愚, おそらく鳥網精緻, おろそかには, かれの, かれは, かわるまい, ここも, ここ新教の, この大戦場, この旗, この美風, これは, これも, これを, こんどの, さして不義, さも, しかも縁, そうした身柄, その光景, そんなこと, とてもその, なおさよ, なんでこの, ひとの, ひと口に, また文化的, まだここ, むげに, ゆるさぬと, よく強弓, よく支える, よろこんで, ッち, トラックの, 一囚人に, 三方は, 久恋の, 今兵力を, 何にも, 俺の, 側なる, 半月ひと月と, 半月一月と, 去らず婦女ども, 呂布の, 塙江漢まだ, 塙江漢対手が, 変りの, 夜は, 奇を, 女で, 子も, 実はローマ人, 実際においては, 家も, 己さえ, 広岡さん, 底の, 弦之, 彼には, 彼の, 彼は, 慄と, 戦乱の, 所詮夏侯淵, 手合せに, 承知せぬ, 日已に, 本県ごとき, 染めいだしたる草花, 欠唇なれ, 武芸鍛錬怠るべからず, 水も, 水源である, 汗に, 決して立ち上がっ, 決して蜀魏, 汽車の, 深くわきまえ, 漸くその, 為方に, 生きて, 皆どこかに, 益, 目元には, 種類により, 翼なし, 聞こえず, 臣が, 苦しみの, 荘園や, 蒼白な, 蜀軍の, 袴を, 認識せざる, 読み解けぬこと, 貴様の, 道有っ, 遠しと, 避けて, 都人には, 金吾さ, 関羽の, 関羽は, 風冷, 鬼神では

▼ いえもう~ (109, 0.7%)

3 それは, 私は 2 何でございます, 私に

1 [99件] あのもう, ありません貴女, いいのよ, おいででは, おパン, お代は, お四人様, お志, お恥しい, お招び, お構いなせえます, お相手, お礼も, お袖, お関, お飯, こういう事, ここへ, こちらで, これぎりで店を, これだけ, これだけで, これは, こんなもの, ご心配, そうした深い, そのこと, そのへん, その話, それでは却って, そんな事, たくさんで, たくさんです, どちらでも, なんなり, ひとりさきに, ほんの子供さん, ほんの行商人, よしましょう沢庵さん, わたしも, ホンの, 一つあとで, 一つ盆の, 一人お, 一人前な, 一本の, 一組ございます, 一軒の, 上ったずら, 下らないこと, 下郎めの, 何とも, 何にも, 何んにも, 兄は, 先から, 其様に, 冬の, 十六七に, 厳密科学の, 埒も, 場所は, 夜中だ, 大丈夫, 大島辺に, 子供の, 弱りは, 往来の, 御婦人方, 御構い下さいます, 御殿様に, 御無沙汰いたします, 怖くは, 恩人さま, 昼からの, 時代に, 構って, 死んで, 殆ん, 気ままものの, 汚いの, 派手な, 潮に, 澤山でも, 癒って, 直ぐに, 穢い姿, 自分が, 見えて, 話が, 誰方樣も, 貴方お, 貴方年が, 身体ばかり, 連中は, 遅いので, 遠慮なく頂きやした, 間近でございます, 髱に

▼ いえこの~ (98, 0.6%)

2 ような, 店で, 手柄は

1 [92件] かけあいの, ことは, たびは, ためには, なんです, ままには, ように, クーデター計画は, ヒポコンデリーの, メリンスの, 一事ある, 一年程, 一日を, 両三日, 中に, 主張は, 事件は, 二年ほどは, 二日間の, 交易は, 人間苦人間愚の, 今日の, 仕事を, 先が, 八五郎が, 公達なかなか, 可憐な, 合戦に, 吉治に, 同勢で, 四五年父親から, 固め切った屋内, 国の, 土塀ひとえ, 境涯へ, 大次郎の, 女が, 女の, 家の, 家は, 容易ならぬ, 寒風を, 尾張の, 山に, 山へ, 度の, 御土産, 手紙の, 指南者は, 政府の, 新来の, 方が, 旅路に, 時行手にあたり, 暴君の, 暴行には, 期に, 本当の, 横陣が, 次は, 民の, 水が, 池のは, 深夜一人で, 源氏閣にも, 生業も, 甲府へ, 男は, 男を, 直観的な, 看板は, 知らせは, 私にこそ, 程度の, 空家に, 笹が, 節は, 船の, 莫迦に, 誤りは, 貴婦人は, 辺こそ, 辺に, 連中にとって, 邸から, 鉄の, 鍵が, 際の, 集りなども, 雨は, 零下何度の, 頻繁な

▼ いえあの~ (91, 0.5%)

2 先生の, 子は, 方は, 時の, 殿

1 [81件] いいえそんな, お世話さまでございました, お寺でございます, お猿さん, かつては, かまいません, こないだ師匠が, この頃, じつは, せつ県の, そのよう, それが, それは, ちょうどそこ, ちょっとご, ちょッと, なむこう, な泣いた, にほひ, ね, ほとんど自分, まだ, ような, わたくしは, わたしは, パルプの, ピカッと, ロクでなし, 京弥さまさえ, 人ぢや, 人の, 人は, 人を, 今夜は, 位の, 化物刑部は, 友吉の, 夢魔の, 大男の, 大金を, 女が, 女の, 姿形は, 子も, 子よりも, 川合と, 御勘弁, 憲兵に, 方なら, 春子さま, 時にも, 未練で, 札は, 村重の, 気の, 決して初め, 決して胡乱, 泥臭い上方芸, 浪人者で, 淋しい山道, 混沌たる, 無礼極まる, 男の, 男は, 相済みませぬ, 知りませぬ, 石だけ, 私が, 私拝借しよう, 絵巻物が, 自家へ, 若い美しい夫婦, 若旦那の, 見えます, 誓いの, 身構えの, 辺の, 通りさかんな, 通りに, 開けて, 黒田さんにと

▼ いえそんな~ (91, 0.5%)

14 ことは, 事は 6 事を 4 ことで 3 ことじゃ, ことを 2 ことありません, つもりで, ものは, わけで, 事で, 話は

1 [35件] いえそんな, こた, ことあらしまへん, ことが, ことはござりませぬ, ことも, こと構や, こと絶対に, これは, それは, ときには, と詞訥, にされる, はずは, わけじゃ, わけぢや, エテ物じゃ, 事じゃ, 事な, 事も, 仕事に, 大金を, 御心配, 必要は, 恐ろしいこと, 意気筋の, 昨日今日の, 気が, 気配は, 積もりぢ, 空気も, 筈は, 精神は, 見え透いた偽り, 迷信的な

▼ いえ~ (80, 0.5%)

2 世辞じゃ, 内儀さんが, 宅に, 店の, 母あ, 由良さんは, 目に, 耳に, 雪は

1 [62件] ことばどおりで, めがね違いで, ゆるしは, 一人に, 世辞を, 二人とも, 互様です, 人だ, 人違いでございました, 伺い申します, 伺ひ申しますまでも, 侍さまこれは, 借りして, 優しいお嬢様, 台所の, 味方を, 坊つ, 場所は, 娘さんは, 嫁さんの, 嬢さまどう, 嬢さま毎度同じ, 孃さんは, 寄り申しません, 屋敷内の, 従わせなさらなければ, 恥ずかしゅう存じます, 慕い申し上げて, 放しなさいましこの, 料理は, 早いこと, 槙と, 母アさんが, 浜と, 濱と, 父さま, 父さまそんな, 父樣ぢや, 父樣逃げは, 留守でございます, 疲れでございましょう, 着せ致しましょう, 米様にゃ, 綱に対する, 聞かせくださいまし是, 膳は, 艶さんが, 荷物は, 蝶の, 身持で, 身支度も, 迎いに, 邪魔かも, 醫者樣にも, 鈴が, 閻魔殿, 隠しあそばします, 顔を, 館の, 鳥目はいりません, 鶴という, 鶴といふ

▼ いえ~ (80, 0.5%)

6 にも 3 ういたしまして, う仕りまし, う致しまし, でもありません, でもない 2 うも, うも御, にも存じません, もございません, 存じて

1 [49件] うか, うしても, うぞ, うもお, うもそれ, うも誠に, う致しやし, かうとましく, かそこ, かただならぬ, かの用, そう云う, そんな高価, ちょっと支倉さん, でもございません, でもねえ, でもねチョイ, でも参りません, でも宜, でも御座いません, というばか, という不用心, という羊, なりと, にも持っ, にも持つ, にも考え, にも考へ, にも返事, の用, の貴僧, はっきりと, はなはだ軽少, も, もありませぬ, もありません, もあんな, もこんな, もそんな, もまだ, もわたし, も云いません, も知らぬ, も貴下, も買いません, も隠し, やっぱりあります, を話し, 擦剥

▼ いえそう~ (78, 0.5%)

6 じゃない, では 4 ではござりませぬ, もない 3 じゃありません, である 2 じや, ですわ, でも, 云うわけ, 云う訳

1 [42件] いって, お聞き遊ばしたなら, しちゃいられないの, して, しても, じゃねえ, だけれども, です, ではござりませぬが, でもありません, でもございません, でもござりますやろ, でも御座いますまい, で無い女, と限ッ, なっては, なの, な堅固, な小さな, な根深い, な気, な翳, な賑, な開放運動, に思える, ね用, はいわねえ, はさせねえ, はまいらぬ, はゆかなかった, は思いません, は行きません, も云え, 云う方面, 仰っしゃられては, 前へ, 容易く末梢神経, 度々打つ, 没義道に, 滅多に, 無惨な敗れ, 痛んではのう

▼ いえまだ~ (65, 0.4%)

3 です

1 [62件] あります, いいのよ, いいん, お台所, お帰り, お見せした, こうしてあずけられ, この二ヶ月前, この鎧下着, これだけの, ございます, それは, でございます, どこと, なにも, ほかの, ほんの小娘, よくわかんない, わかりません, 一つ欠けた, 一度も, 三十五日も, 三月そこそこ, 不肖の, 二三日は, 人気は, 何にも, 八月初旬で, 出来んいうと, 十一の, 十日ばかりにしか, 国に, 外地に, 夜は, 大気は, 女に, 女代議士, 子供は, 子供子供した, 家内, 幽明の, 床は, 彼方の, 根が, 水, 洛内は, 瀬田宇治醍醐淀山崎にわたる, 物が, 用事も, 私は, 筋骨の, 紅顔の, 綸旨が, 脂っけが, 表面の, 話が, 詳しいこと, 讀みません, 起きて, 逢つたわけぢや, 都の, 青木という

▼ いえこれ~ (62, 0.4%)

3 は私 2 で結構, は, はほんの, ばかりは親分

1 [51件] が果たして, だけのもの, だけはたしか, だけは少し, つきりぢ, でいつ, でたくさん, で確か, といっ, なお噴火山上噴火, にはおよぶべく, には全く, には地方, に致命的, の親, はかもじ, はしかし, はどうやら, はなんら, はまた, は一粒, は下書き, は人同志, は別人, は太陽, は実に, は彼ら, は手前ども, は文明人, は断食, は旦那, は棄てます, は棄てられません, は決して, は現在, は罪, は臨時取立て, は蘭, は表向き, は誰の, は貸しません, ばかりはいかに, ほどまでにしなけれ, もあなた, もさむ, や天, をご覧, をはっきり, を春秋, を申し上げなき, 見よが

▼ いえ~ (57, 0.3%)

2 あなたの, 実はね

1 [53件] あした早く, あたしが, あっしも, あなたが, あなたそれが, あの病気, あの製板, あれから, あんたの, いつか泰軒小父ちゃんに, いよいよと, お前さん出来る, お尻, お湯は, かうな, こうやっ, この人, この婆さま, これが, これは, さっきの, じやあ, その狢, その自分, それなら, それにうち, そんな汚い, つまらないこと, どう言う, やつぱしゆうべはそこの物置に, メリンスで, 丙午の, 伸一郎氏に, 何も, 俺だ, 先刻男湯で, 先生ここん, 全く, 十日ほど, 大した評判, 夫婦乞食な, 姐御, 少し困っ, 弥吉どんお前来る, 後に, 気は, 私は, 稲田の, 美枝ちゃんが, 貴方に, 迎火を, 金さんの, 雨が

▼ いえ~ (46, 0.3%)

2 は自分

1 [44件] が, がトルストイ, が口, が罪, だって近頃, とて人間, とはそれ, にはなかなか, によって前払, に対して何, に対する世評, に尻ッ尾, に酒, のお, のせまい, のほう, の主要, の体力, の心, の思想, の技能, の眼, の素直, の胸奥, の腹, の血, の鼻息, はかえって, はこの, はそれ, はただ, はなるべく, はなんで, ははやく, はライン, は事件, は今, は今や, は他, は代々武人, は幽霊, は決して, もまた, も鍛えた

▼ いえわたし~ (38, 0.2%)

5 は自分 2

1 [31件] がしきりに, が無, が言う, ずっと古くに, なんぞ, にいった, の, の学校, の気もち, は, はけっして, はさっき, はその, はそんな, はだれ, はまだ, はまだまだ, はやっぱり, はやはり, はわたし, はカピ, は何時, は南, は同時に, は夜ふかし, は歩く, は狂気, は黙っ, ばかりで, もお供, 食べます

▼ いえ~ (35, 0.2%)

3 ような

1 [32件] あんな気心, いったいお前さん, うたいした, うぢ, うでは, うわたし, う云, う思つた, う斷言, う申す, えしたら, こないだっから, この面, これからホール, こんなふうにな, したが, そうだ, そう出しぬけ, そのタヌキ, その春子さん, そりゃそれ, だからヤソ教, ちと御, ですから, にはございませぬ, ぬかさぬか, もう少し経っ, もとよりその, わびたり, 早く御前様, 見離したとか, 誠に失敬

▼ いえ~ (33, 0.2%)

2 主人にも

1 [31件] 不審は, 世辞では, 出家からは, 勘違いで, 同道を, 名前は, 器量が, 団子は, 在ません, 城代の, 家老落ちつい, 家風で, 尤も, 当人は, 心配なさる, 心配には, 恩命を, 挨拶では, 本人は, 本宅の, 浪人です, 着の, 老体を, 茶漬でも, 茶漬なんか, 覽の, 隠居さん決してそう, 隠居様こうして, 頼みに, 願いと, 食事中です

▼ いえ決して~ (33, 0.2%)

2 そういうわけ, そのよう, そんなこと

1 [27件] うまくは, お前さんに, お高い, ご政道, その驚かし申す, それには, そんな事, ただの, 世辞で, 他人の, 仮病では, 信長に, 兄者人を, 姉小路様には, 嬰児を, 安心し, 居附きは, 左様な, 彼女は, 心配な, 死なない, 無理は, 私は, 翁は, 逃しは, 隠しなどを, 鬼っ子では

▼ いえ~ (31, 0.2%)

1 [31件] からでも正直, から思え, が大事, こうしてほんとう, では柳橋, なお安らか, に至っ, ねこんな, のところ, の二発, の人足共, の仕方, の其方, の竜, はその, はそれ, はそれどころ, は亡び, は寧ろ, は痕だらけ, は私, までの怖, を時めく, 始めて, 帰りました, 木沢先生が, 来たばかり, 格子を, 現金は, 見る縁, 返して

▼ いえなに~ (28, 0.2%)

2 その, 死んで

1 [24件] いよいよと, お先祖様, こんなこ, さオレ, じつはその, そのへ, それほどでも, ちょっとそこ, つまらない女, ねこう, ねこの, ねそれなら, ねなん, べつにそれほど細かい, また例, もう分りました, もう宜いのでございます, もう種々深い, 借り倒すなんて, 別に, 別に用談, 然う, 然ん, 知らねえの

▼ いえまた~ (27, 0.2%)

1 [27件] いかに広い, この少女, そういうこと, そうでなけれ, そのため, その一方, その叫喚, その赫, それが, より多く, 今日の, 他方では, 余りに国民, 先刻パーヴェル・パーヴロヴィチが, 取りに, 夏に, 夢とも, 家康いかに, 心の, 悲壮の, 振りほどこうにも, 教師保姆の, 新進の, 極まりなく美しい生命, 水戸派鼓動の, 社会状態と, 身分的に

▼ いえここ~ (25, 0.1%)

2 に私

1 [23件] からはよく, から海, でいよいよ, でたくさん, で会同, で秀吉, で笑った, で結構, とても決して易々, にいましょう, に一つ, に留守, に見られぬ, の兵, の方, の自然, はお, へお, へ到る, へ石塔, まで洗いざらい, まで籠城, を羽鳥

▼ いえ少し~ (24, 0.1%)

9

1 [15件] お待, はずれて, ばかり野菜, も怖い, 力の, 年を, 心細くなっ, 急ぎます故, 極り悪く, 気に, 氣に, 足が, 跛, 転地しよう, 離れて

▼ いえ~ (22, 0.1%)

3 いうの

1 [19件] あやうく当面, いうか, いうが, いうん, いえば, いって, いわれたので, おっしゃいましたから, おっしゃりゃなんべんでもいいますがね, せまるの, その顔, たがいに, 云いつけて, 促して, 指導した, 教えて, 教えられても, 甲斐は, 言います

▼ いえどう~ (21, 0.1%)

10 致しまして 3 しまして, 仕りまして 1 すること, つかまつりまして, 考えても, 致して, 致しましてとか

▼ いえ~ (20, 0.1%)

2 の兄, の方

1 [16件] が僕, じゃありません, にはめんどう, のこと, はあの, はいそぎません, はこの, はこれからちょっと, はその, はとても, はやめません, はネ君, は何某, は寝なく, は父, は自分

▼ いえ~ (20, 0.1%)

2 の方

1 [18件] せんだん, ともあろう, のおさな, のせん, の肩, は, はえ, はお家, はこんにちわ, はごきげん, はその, はたいそう, はまい, は此, へ御, もこ, をえ, をとおぼしめす

▼ いえあれ~ (19, 0.1%)

1 [19件] から回向院, が売れ, だけが心霊術, だけ集める, でい, でから駄目, でそう, でなかなか, に扇, はあの, はいま, はね去年, はもう, は幽霊屋敷, は悪作, は棄兒, は非常, ほどご, を二本

▼ いえそういう~ (19, 0.1%)

3 わけで 2 わけじゃ

1 [14件] あいだにも, ことも, 事なら, 事に, 人物と, 喜びも, 女としての, 形跡は, 意味で, 意味では, 時が, 皺にさえも, 自分を, 訳じゃ

▼ いえ今日~ (19, 0.1%)

2 に限らず, は大晦日

1 [15件] に於, のこの, の眼, は, はお, はその, はどうしても, は一月, は会社, は山, は拠, は河岸, は珍, は荷役, まで知らずにおった

▼ いえあなた~ (18, 0.1%)

1 [18件] が使っ, が電話, こそ御, だけがどう, とモモコさん, どうもわがまま者, どんなもの, に何, に會つた, のこと, の方, はなぜ, は同じ, は私, へでございます, も二千, も知りません, 色々探し

▼ いえそこ~ (18, 0.1%)

1 [18件] から表口, が私, では困ります, にある, には愚か, には第, には風呂番専用, にまた, に一対, に描かれ, はそれ管轄, は大人物, は猟師, へ投げ出し, まではいわなくたっ, まで手, まで行っ, んところが

▼ いえわたくし~ (17, 0.1%)

2 がお, の事, の方

1 [11件] が一人, が信じてる, こそ御馳走, ではありません, のため, はあなたがた, はお姫さま, はけっして, は旅, は能, は起き

▼ いえ別に~ (17, 0.1%)

2 嫉妬を

1 [15件] これと, そういうわけ, それを, たいしたこと, 代を, 喧嘩を, 困りは, 大した事, 御伴, 気に, 用と, 用は, 病気という, 私は, 貴女様お

▼ いえ~ (16, 0.1%)

3 する

1 [13件] しなかったから, しましょう, しよう, しようか, しようが, しよう形容, する眼, せまい, ッと, 何うせいけません, 善は, 早や, 詰らん煙草入

▼ いえ彼女~ (15, 0.1%)

1 [15件] がいる, にとっては今や, に対する愛情, の善良, の思い, の成功, の方, の瞋恚, はさすが, はそういう, はもう, はやっぱり, はフョードル・パーヴロヴィッチ, は人気, は今夜

▼ いえいい~ (14, 0.1%)

7 んです 1 か濠, のです, のよ, わ, んでございます, んでやす, 年を

▼ いえただ~ (14, 0.1%)

1 [14件] この入口, その事, ちょっと思い付きました, ふっとそんな, もうこうし, スルリと, 一度会いたい, 大原という, 御聞き, 泣いて, 浚って, 私の, 身体一つで, 通信機関の

▼ いえ全く~ (14, 0.1%)

2 聞いたの

1 [12件] だよ, のはなし, わたしは, 其のカ, 噂ばかり, 御世辞, 汗水流し, 為には, 米塩を, 自由処分に, 見当が, 集金人が

▼ いえ実は~ (14, 0.1%)

1 [14件] あの, お宅, この例証そのもの, そのお, そのこう, それも, マルサスの, 今日は, 侯爵や, 僕も, 在俗の, 楠公碑の, 眼目でも, 親分さん

▼ いえしかも~ (13, 0.1%)

2 私は

1 [11件] いかなる形, この困難, この負担, そこには, それは, ひとたびそれらすべて, 他の, 同一の, 彼らの, 彼れ, 豊作の

▼ いえとんでも~ (13, 0.1%)

9 ない 1 ないすまないの, ないそんな, ない事, ねえこと

▼ いえいえ~ (12, 0.1%)

3 これは 2 違ひます 1 あなたも, さう, さそりゃ, そのままで, わたしが, 違います, 違います違いますよ

▼ いえこんな~ (12, 0.1%)

1 [12件] いかにも作り話, ことは, ことを, こと男には, ところで, 一両金なんどという, 一般向きの, 大争い, 婆あ, 情景を, 約束を, 谷間の

▼ いえどうも~ (12, 0.1%)

2 しないの 1 いたしませんが, おやかまし, お話が, この屋敷, しませんけれど, せんがね, 学者の, 年を, 縁起の, 自分は

▼ いえ~ (12, 0.1%)

2 屋根の, 簷の 1 ぐが日の, ぐを, ぐをぬってまた, しゅじんだが, なかを, 梁や, 石段その, 窓や

▼ いえやはり~ (12, 0.1%)

1 [12件] うたた寝の, わが子の, 一個の, 中村の, 他家の, 先生といった, 大地の, 女だけの, 姿を, 広告の, 身に, 途切れながらも

▼ いえ何ん~ (12, 0.1%)

5 にも 1 でも, にもいたしません, にもございません, にも変った, にも御座いません, にも變, の躊躇

▼ いえもし~ (11, 0.1%)

2 彼が 1 お母, この曹操, 二分が, 今私が, 和殿の, 死んで, 渡月橋で, 足利千寿王が, 高氏の

▼ いえどうして~ (10, 0.1%)

2 ああ単純 1 あんなお, あんな馬鹿, かいとう乱麻, くだらなく平凡, そこまで, でしょう, よいか, 殺せようと

▼ いえなお~ (10, 0.1%)

1 それこそ, もう一品, 一つの, 丹波境には, 今生に, 内国商業に, 前途の, 安からぬ, 生き残りの, 賤ヶ嶽岩崎山堀秀政の

▼ いえ~ (10, 0.1%)

2 しなかった 1 いたしません, いったんの, お高, 余りな, 実に書物, 当時兄さんが, 此処の, 非常に

▼ いえよく~ (10, 0.1%)

2 歩いて 1 お似合, お綺麗, それ丈け, 三人の, 分って, 分つてを, 好んで, 私は

▼ いえ~ (10, 0.1%)

1 です人, なきで, には洩らさぬ, に見せぬ, に険しく, に顏, に顔, の住む, はむしろ, を殺した

▼ いえさすが~ (9, 0.1%)

1 にそんな, にりっぱ, に少し, に心配, に江戸, に芸術家, に鋼鉄, のこの, 千有余年の

▼ いえ~ (9, 0.1%)

1 ってえ, との別れ話, にはそう, のこと, の声, の手, の方, の部, 煙術師が

▼ いえ結構~ (9, 0.1%)

6 です 1 で, でございます, ですとも

▼ いえ自分~ (9, 0.1%)

1 が逆行, のこと, の女房, の家, の才能, の本宅, の顔, も一時, を育て

▼ いえこういう~ (8, 0.0%)

1 すさまじい生活力, 変化の, 役者は, 気もちも, 犬商から, 生活に, 神品には, 訪客を

▼ いえしかし~ (8, 0.0%)

1 これが, それは, それ自身において, そんな人, レオ十世の, 単にその, 多くの, 観念に

▼ いえそれほど~ (8, 0.0%)

1 てめえの, でもありません, でもございません, な張清, の創, までにし, までにする, 広くも

▼ いえそれら~ (8, 0.0%)

1 のなん, の冷静, の読本, は一切合財, は人情風俗, は同一, は常に, は要するに

▼ いえなん~ (8, 0.0%)

4 でもない 1 ですよ, です新規, でもありません, の面目

▼ いえばとて~ (8, 0.0%)

2 自分は 1 いわゆる現代, この理想, 強ち, 真に心から信じおる, 私は, 縁も

▼ いえ勿論~ (8, 0.0%)

1 これは, こんなカフェー, それは, ふたりとも, 嫌いな, 山と, 林田先生は, 野武士育ちの

▼ いえ大丈夫~ (8, 0.0%)

3 でご 2 です 1 いないよう, で, です済みませんが

▼ いえこちら~ (7, 0.0%)

1 で結構, はあなた, は不遇, は女あるじ, は石川, へ上がった, へ上つたの

▼ いえ~ (7, 0.0%)

1 もっともでございます, もっともです, りょん, 主君に, 推察する, 連枝様に, 領主を

▼ いえさ私~ (7, 0.0%)

2 だつて 1 あ五郎さん, なんずも, にした, の友達, や何

▼ いえところが~ (7, 0.0%)

1 その, それ以来また, どうしてところが, 私だって, 私にゃ, 線路の, 雨戸が

▼ いえほんの~ (7, 0.0%)

2 煙草なら, 煙草を 1 一寸煙草二三服の, 四半時だけ, 道樂で

▼ いえ~ (7, 0.0%)

1 ありです, 學頭樣の, 成功と, 旦那らしく, 旦那様が, 落度でした, 變な

▼ いえ~ (7, 0.0%)

1 ならこそ, のコップ, の信玄, の計, の重囲, を討ち, を討ちたい

▼ いえ~ (7, 0.0%)

1 が籍, その人, のみかどと争い, の死, は別に, も早, を信長

▼ いえ~ (7, 0.0%)

1 がい, が十二分の信頼, でもそう, にもあいませんでした, に喜ん, もそう, も居なかった

▼ いえあたし~ (6, 0.0%)

1 が聞い, こそ, そのあいだ, はちがう, はやっ, は四郎さん

▼ いえあまりに~ (6, 0.0%)

1 はかない終り, もはげしい, も偶然, も表面, も見事, 認識の

▼ いえいかに~ (6, 0.0%)

1 何でも, 兵庫の, 努めても, 区域を, 城内の, 道庵先生なりとは

▼ いえおれ~ (6, 0.0%)

1 から出向く, が戦い, のよう, は台所, は檻, も一代武勇

▼ いえそりゃ~ (6, 0.0%)

1 あの私ン, そういうわけ, ね誰, 僕なぞの, 大部分, 払わないとは

▼ いえそれでも~ (6, 0.0%)

1 ありません, いいん, トランクや, 今夜ひと夜より, 何に, 貴女様何しろ

▼ いえたしかに~ (6, 0.0%)

1 二反だった, 信なき, 新九郎様に, 日本一の, 私が, 見ましたですよ

▼ いえ~ (6, 0.0%)

2 いぶきみさ 1 いぶきみな考えが, 何も, 内じゃ, 誰も

▼ いえなんと~ (6, 0.0%)

1 いう気の毒, いう浅ましい, しても, すげない去り行く, 言って, 面憎いこと

▼ いえまあ~ (6, 0.0%)

1 そのへん, それっきりな, そんな風, どっちが, 武芸と, 船が

▼ いえまだまだ~ (6, 0.0%)

1 それのみ, 多分に, 海上幾海里を, 現代の, 至るところ, 驕っては

▼ いえもちろん~ (6, 0.0%)

1 おれは, お互い同志は, 客の, 心掛けて, 手前の, 本能寺を

▼ いえ~ (6, 0.0%)

1 い, しきは, しない, むにやまれぬオセッカイ, アしない, 慥かに

▼ いえ一人~ (6, 0.0%)

1 で, です, のおんな, の存在, の男, も見当りませんでした

▼ いえ一方~ (6, 0.0%)

1 ではあの, ではじつに, の直, は, は屈強, より言え

▼ いえ~ (6, 0.0%)

1 はこの, はどうにも, は人殺し, は手, は警戒, も瀬

▼ いえ~ (6, 0.0%)

1 になる, になれ, の波, はいけません, は反っ, も明けきっ

▼ いえ本当~ (6, 0.0%)

2 なの 1 でございますよ, ですとも, の母親, よ

▼ いえ~ (6, 0.0%)

1 が寝る, のかかった, の間違, はほんの, は大した, を出し

▼ いえけっして~ (5, 0.0%)

1 お思召, そんなわけ, 何も, 油断を, 淋しい個所

▼ いえこうして~ (5, 0.0%)

1 この粗末, 上から, 夫人に, 病床に, 私が

▼ いえそれだけ~ (5, 0.0%)

1 ですが, の高, はたしか, はわたくし, 承って

▼ いえちょっと~ (5, 0.0%)

1 めまいが, カボチャの, 仕事の, 可笑しい, 気に

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 いたお, ここに, まえだけは, まえの, まえら

▼ いえとにかく~ (5, 0.0%)

1 それよりも, 人間らしい怯え, 別れ話を, 彼らの, 朝廷に

▼ いえなかなか~ (5, 0.0%)

1 そのよう, もって, 侮りがたい, 平等と, 見事な

▼ いえみんな~ (5, 0.0%)

1 そっくりし, にメイワク, は改めて, 出て, 小さいうち

▼ いえもっと~ (5, 0.0%)

1 したいこと, 丸卓子の, 動かぬ生き証人, 和気が, 長かった

▼ いえもともと~ (5, 0.0%)

1 は小森, 侍の, 同じ一つ, 山は, 私は

▼ いえよう~ (5, 0.0%)

3 ではない 1 も知れぬ, わかりました

▼ いえわし~ (5, 0.0%)

1 あすぐ, の家, は活動, は親父さん, も大身

▼ いえボク~ (5, 0.0%)

1 の実感, の気持, の考え, はね, はまだ

▼ いえ一つ~ (5, 0.0%)

1 には時代, には自分, の供養, の運命, は子

▼ いえ~ (5, 0.0%)

2 へ落ち 1 から汲ん, へ行きます, 話より

▼ いえ初め~ (5, 0.0%)

2 は若旦那 1 からそういう, から話さない, の間

▼ いえ別段~ (5, 0.0%)

1 これと, これという, これといふ, それを, 難かしい

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 バード, 万に, 万一にも, 眼に, 笛は

▼ いえ~ (5, 0.0%)

2 の事 1 たあ, には罪, の内侍

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 じゃありません, でも何, は云いません, をつく, を吐きなまし

▼ いえ~ (5, 0.0%)

2 のお 1 の君尾, の神, を見れ

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 から来ました, の中, の何処, へ戻る, を畳ん

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 では考え, と身体, に物, の奥, はただなお

▼ いえ昨日~ (5, 0.0%)

1 の怖し, の晩, までの田舎, までの金殿玉楼, も旅

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 にもの狂い, の間際, は近づい, を怖, を覚悟

▼ いえ~ (5, 0.0%)

1 と並ん, のほう, の人, の匂, はさすが

▼ いえ確か~ (5, 0.0%)

1 にお前, にそう, にそこ, に圓朝, に頭蓋骨

▼ いえ親分~ (5, 0.0%)

2 そんな事 1 それだけなら, そんなこと, でも泊っ

▼ いえ随分~ (5, 0.0%)

1 あやうい仕事, 女義党, 汚なく住み荒し, 立ち入った冒険, 苦労したろう

▼ いえある~ (4, 0.0%)

1 事は, 大きさ, 息子を, 資本が

▼ いえあんな~ (4, 0.0%)

1 不貞な, 奴は, 年寄りが, 食わせ者

▼ いえいずれ~ (4, 0.0%)

1 は婆ア, は明かさなけれ, も一藩, 恐ろしいこと

▼ いえお前~ (4, 0.0%)

1 が全く然, の住居, の志, の方

▼ いえかく~ (4, 0.0%)

1 いう武蔵, のごとき, まで殺戮, 大勢の

▼ いえこう~ (4, 0.0%)

1 なると, まで, までに成功, やって

▼ いえそり~ (4, 0.0%)

1 やいい, やお, や前, や私

▼ いえだから~ (4, 0.0%)

1 あなたが, この日曜, 人間一人の, 俺は

▼ いえちょうど~ (4, 0.0%)

1 いいところ, いい加減に, わたしは, 三年に

▼ いえつまり~ (4, 0.0%)

1 あなたの, は日本, 世の中の, 流行歌なんかじゃ

▼ いえでも~ (4, 0.0%)

1 あの今宵, 分りゃしませんや, 帯だけ, 楽しむ所

▼ いえどもかの~ (4, 0.0%)

1 ゲルマンの, ワーテルロー, 実行の, 露国が

▼ いえなあに~ (4, 0.0%)

1 つまらないこと, べつに, 借りて, 古井戸

▼ いえ~ (4, 0.0%)

2 しだの 1 しのびこんで, ゆうが

▼ いえばか~ (4, 0.0%)

1 あいげなれ, な事, を申せ, ーと

▼ いえまさか~ (4, 0.0%)

1 あんな馬鹿娘, おめ, とは思っ, 招きを

▼ いえまるで~ (4, 0.0%)

1 人形の, 冷静に, 留守とも, 雨の

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 いえよ, うくわかってる, この御, なんとか

▼ いえわが~ (4, 0.0%)

1 命令には, 帝都の, 新田領の, 足利五千騎は

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 がな, では, のお, 義理です

▼ いえ~ (4, 0.0%)

2 と月 1 の方, ば何故

▼ いえ一向~ (4, 0.0%)

2 見たこと 1 存じませぬ, 差支ございません

▼ いえ二人~ (4, 0.0%)

1 がいつ, だけ東京, でやっつけます, はそんな

▼ いえ今夜~ (4, 0.0%)

1 の明智, の月, はちょっと, も前日

▼ いえ以前~ (4, 0.0%)

1 と同一分量, の生活, はムチャ, を思うたら

▼ いえ余り~ (4, 0.0%)

1 な極言, な醜, の悲し, 憂鬱です

▼ いえ先刻~ (4, 0.0%)

2 来た時 1 も申しました, 聞きました

▼ いえ先生~ (4, 0.0%)

1 がお, そんな大したこと, のよう, は既に

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 から, から本家, には矢代, より職

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 お目にかかりたかっただけ, お目にかかりたかつただけ, だ今, だ木蔭

▼ いえ実に~ (4, 0.0%)

1 この柵, 平凡に, 恐るべき旋律, 美しい肌

▼ いえ少く~ (4, 0.0%)

2 ともある 1 とも何等, もあなた様

▼ いえ~ (4, 0.0%)

2 の夜気 1 と言っ, の寒

▼ いえ左様~ (4, 0.0%)

1 では, でもありません, な大した, な訳

▼ いえ手前~ (4, 0.0%)

1 がその, でご, なんかに片手, はちっとも

▼ いえ時代~ (4, 0.0%)

2 はすでに 1 にさきだっ, は文政

▼ いえ正直~ (4, 0.0%)

1 な話サ, にいっ, のところ, よ秀子さん

▼ いえ此方~ (4, 0.0%)

1 が親方, こそ, で放り出し, の事

▼ いえ氷山~ (4, 0.0%)

3 にぶっつかっ 1 にぶつつ

▼ いえ江戸~ (4, 0.0%)

2 に出 1 の匂い, の町なか

▼ いえ現在~ (4, 0.0%)

1 における, の場合, の恋人, の母

▼ いえ病気~ (4, 0.0%)

1 ではございません, という, の父, はほんま

▼ いえ相当~ (4, 0.0%)

1 な乱暴, に入念, の家一軒六十円, の家柄

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 について傍, に残っ, に痛い, はつり上がっ

▼ いえ矢代~ (4, 0.0%)

1 はこう, はその, は幼少, は身

▼ いえ秀吉~ (4, 0.0%)

1 にはしばしば, の地位, の小姓部屋, は明らか

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 一彼奴の, 一級の, 一道路から, 一遠く離れ

▼ いえ若い~ (4, 0.0%)

1 のに未だ, 女, 女の, 身空で

▼ いえ若旦那~ (4, 0.0%)

2 のお 1 の三之, の三之助様

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 がわが子, が子, ですもの, のすでに

▼ いえ~ (4, 0.0%)

3 ひます 1 ひます違

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 などは, の気, ばかり呑ん, を飲ん

▼ いえ~ (4, 0.0%)

1 の皮, の表情, の青く, を見

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 たくしもうしばらく, たくし今日, 流行の

▼ いえああ~ (3, 0.0%)

1 して, まで大切そう, も

▼ いえあなた様~ (3, 0.0%)

1 さえ一度, のお, をたずね

▼ いえいま~ (3, 0.0%)

1 その惨状, は独りぼっち, 起きて

▼ いえお嬢さん~ (3, 0.0%)

1 に対してもそれ, に悪い, は人

▼ いえかえって~ (3, 0.0%)

1 あの冷静, 反動的に, 智恵ぶ

▼ いえこっち~ (3, 0.0%)

1 の事, の看護婦, の腰

▼ いえこりゃ~ (3, 0.0%)

1 お姫様, アまあ, 乞食だ

▼ いえこれから~ (3, 0.0%)

1 たのむところ, でございます, は貿易

▼ いえさよう~ (3, 0.0%)

1 でございましょうとも, でございます旦那様, では

▼ いえじっと~ (3, 0.0%)

1 しては, イワンの, 聽き入っ

▼ いえすでに~ (3, 0.0%)

1 四五年前に, 残骸の, 矢代は

▼ いえすべて~ (3, 0.0%)

1 はいつもきわめて, は観世音菩薩, をそう

▼ いえそいつ~ (3, 0.0%)

1 はこう, はわざと, は斬っとい

▼ いえそうした~ (3, 0.0%)

1 はかない裏, 侠妓に, 武士ばかり

▼ いえその間~ (3, 0.0%)

1 に二十万近く, に女史一代, 怪しいこと

▼ いえそら~ (3, 0.0%)

1 よう似とる, 久しい以前絵, 違います

▼ いえそれでは~ (3, 0.0%)

1 あまりこの, まだ足りない, 越前守様お

▼ いえそれどころ~ (3, 0.0%)

1 じゃありません, じゃございません, では

▼ いえたとえ~ (3, 0.0%)

1 他に, 外交官として, 小屋を

▼ いえだからといって~ (3, 0.0%)

1 この原因, それは, 私は

▼ いえだれ~ (3, 0.0%)

1 かすぐ, もいる, もき

▼ いえちっとも~ (3, 0.0%)

2 御遠慮 1 心配じゃ

▼ いえつまらない~ (3, 0.0%)

1 ことな, と申せ, ものな

▼ いえとても~ (3, 0.0%)

1 そんな事, そんな事だめ, のんきに

▼ いえどういたしまして~ (3, 0.0%)

1 またどうぞ, 加減が, 自分の

▼ いえどうせ~ (3, 0.0%)

1 お午, 只の, 暇な

▼ いえどうぞ~ (3, 0.0%)

1 おかまい無く, こちらへ, 御ゆっくり

▼ いえどうにも~ (3, 0.0%)

1 おかしなこと, この女, その武士

▼ いえどうやら~ (3, 0.0%)

1 この相違, めぼしが, 微笑したらしい

▼ いえどこ~ (3, 0.0%)

1 か遠く, にそんな, へ逐電

▼ いえどんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 女な, 慾望を

▼ いえなかろ~ (3, 0.0%)

1 う, うか, うじゃ

▼ いえなにそれ~ (3, 0.0%)

1 で結構, はいう, はわたし

▼ いえばさ~ (3, 0.0%)

1 あの娘さん, ァが, 馬籠峠の

▼ いえばと~ (3, 0.0%)

1 いっても, 云っても, 夢の

▼ いえばね~ (3, 0.0%)

2 僕は 1 きのう本当に

▼ いえばネ~ (3, 0.0%)

1 その作家, それぞれの, 客人

▼ いえひどく~ (3, 0.0%)

1 南下航路を, 喉が, 賢明に

▼ いえべつに~ (3, 0.0%)

1 その, その前, 病みは

▼ いえ~ (3, 0.0%)

2 へん 1 へン

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 えわな, え知らぬ, っそう

▼ いえもう少し~ (3, 0.0%)

1 向うへ, 後でしょう, 雪でも

▼ いえやっぱり~ (3, 0.0%)

1 女の, 銀座では, 青くならないで

▼ いえわけ~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 もない

▼ いえナニ~ (3, 0.0%)

1 お誉め, そういう訳, 急ぎと

▼ いえ一昨日~ (3, 0.0%)

2 の晩 1 の晩歸つて來

▼ いえ下女~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ いえ主人~ (3, 0.0%)

2 は多勢 1 の寵妾

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 とも御, とも知りません, と取急ぎます

▼ いえ今度~ (3, 0.0%)

1 に限っ, のかんかん, の戦争

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 から金銭, にも親, 領では

▼ いえ何とも~ (3, 0.0%)

1 ありませんもう, ありません何, 思っちゃ

▼ いえ光秀~ (3, 0.0%)

1 といえ, の乾坤一擲, もわし

▼ いえ入口~ (3, 0.0%)

1 に立っ, に立つ, の障子

▼ いえ冗談~ (3, 0.0%)

2 ではありません 1 はさておい

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 にどうも, に何, に何とも

▼ いえ叔父さん~ (3, 0.0%)

1 そう阿, には植物, 既に最早逢わせ

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 うございます, 恐いので, 惜ああ

▼ いえ向う~ (3, 0.0%)

2 の方 1 では僕一人

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 の土地, の純, を愛す

▼ いえ場所~ (3, 0.0%)

1 が場所, が悪い, はよし

▼ いえ大きな~ (3, 0.0%)

1 声を, 寺じゃ, 聲を

▼ いえ大事~ (3, 0.0%)

1 ござんせん, なところ, を抱えた

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 が厳冬, だけで, に訊い

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 が外, ですよ, はもう

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 として親, 刻, 刻過ぎでした

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 のところ, のところ彼等, の娘以上

▼ いえ実際~ (3, 0.0%)

1 は決して, 二十円あった, 疑わしくて

▼ いえ家内~ (3, 0.0%)

1 ですよ, と二人暮らし, は全く

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 にはございません, の一棟二棟, へ行つて無駄話

▼ いえ当家~ (3, 0.0%)

1 には善人, の主人, の料理人

▼ いえ彼ら~ (3, 0.0%)

1 の内奥, の愛, 若公卿たち

▼ いえ彼等~ (3, 0.0%)

1 の仁義, はまた, は貧困

▼ いえ悪く~ (3, 0.0%)

1 さえいわね, つても, ないのう

▼ いえ戦争~ (3, 0.0%)

1 がすん, が始まりまし, という規定

▼ いえ戸締り~ (3, 0.0%)

1 には何ん, は昨夜旦那様, は昨夜旦那樣

▼ いえ日本~ (3, 0.0%)

1 と中国, を出, を去る

▼ いえ早い~ (3, 0.0%)

2 方で 1 時には

▼ いえ昨夜~ (3, 0.0%)

1 から今暁, はどこ, は到頭

▼ いえ時々~ (3, 0.0%)

1 でございます, で御座います, 立ち昇る如く見えるその

▼ いえ~ (3, 0.0%)

2 當に 1 統に

▼ いえ本当に~ (3, 0.0%)

1 今日は, 惚れて, 身一つで

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 の人, の人ぢ, の人間

▼ いえ格別~ (3, 0.0%)

2 の事 1 の因縁

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 がこの, の心, はよく

▼ いえ気の毒~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 なの

▼ いえ~ (3, 0.0%)

2 うじゃ 1 うしては

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 の中, は死, へは毎日

▼ いえ真実~ (3, 0.0%)

1 に, の兄, の盗賊

▼ いえ私たち~ (3, 0.0%)

1 だってこんな, はなん, は第

▼ いえ私の~ (3, 0.0%)

1 は南蛮流, は誰, は首

▼ いえ私一人~ (3, 0.0%)

21 で結構

▼ いえ米友~ (3, 0.0%)

1 が, の言う, ほどの豪傑

▼ いえ絶えず~ (3, 0.0%)

1 上目を, 底を, 面白く遊び

▼ いえ~ (3, 0.0%)

2 はもう 1 も涙

▼ いえ近頃~ (3, 0.0%)

1 の若者, は大学, は親

▼ いえ遠い~ (3, 0.0%)

2 親類だ 1 将来に

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 なんざ, も桟, も棧

▼ いえ階下~ (3, 0.0%)

1 の八畳, の八疊, の部屋

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 がハッキリ, や顏, や顔

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 がなく, なきに, は風

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 のいななき, の沓, 鳴竜樹

▼ いえ~ (3, 0.0%)

1 が鈎, だけ食べさせて, は水

▼ いえあいつら~ (2, 0.0%)

1 はどちら, は海山

▼ いえあす~ (2, 0.0%)

1 にせよ, の朝

▼ いえあっし~ (2, 0.0%)

1 が泊った, は何

▼ いえあまり~ (2, 0.0%)

1 憂鬱です, 遅いので

▼ いえあらゆる~ (2, 0.0%)

2 意味で

▼ いえいかにも~ (2, 0.0%)

1 峻酷である, 江戸っ

▼ いえいきなり~ (2, 0.0%)

1 九条殿へ, 舞台に

▼ いえいくら~ (2, 0.0%)

1 組長が, 考えても

▼ いえいつ~ (2, 0.0%)

1 でも宜しい, までも捉えない

▼ いえいつか~ (2, 0.0%)

1 ああし, もいいました

▼ いえおいで~ (2, 0.0%)

2 ではございません

▼ いえおそらく~ (2, 0.0%)

1 さようでは, 彼は

▼ いえおっ~ (2, 0.0%)

2 母さんの

▼ いえおまえ~ (2, 0.0%)

1 がすすめられた, は何

▼ いえお勝手~ (2, 0.0%)

2 へ潜り込め

▼ いえお召~ (2, 0.0%)

1 とあれ, なん

▼ いえお松さん~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ いえお祖父さん~ (2, 0.0%)

1 の話し相手, 何卒お

▼ いえかなり~ (2, 0.0%)

1 体を, 厳しく私

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 なくこの, 大分面倒らしい

▼ いえがら~ (2, 0.0%)

1 で屋敷, にふさわしい

▼ いえきのう~ (2, 0.0%)

1 までは万乗, まで領主

▼ いえきょう~ (2, 0.0%)

1 でもう, は冷気

▼ いえけっこう~ (2, 0.0%)

1 でござんす, です

▼ いえこうした~ (2, 0.0%)

1 境遇に, 荒武者ばかりの

▼ いえことに~ (2, 0.0%)

1 その思い出, よったら一日

▼ いえさそれ~ (2, 0.0%)

1 だけで, よりも近藤さん

▼ いえさながら~ (2, 0.0%)

1 に春風駘蕩, 賓客の

▼ いえじつは~ (2, 0.0%)

1 ムーランの, 女が

▼ いえすぐ~ (2, 0.0%)

1 に叫び声, 其処です

▼ いえすこし~ (2, 0.0%)

1 余談に, 用が

▼ いえすっかり~ (2, 0.0%)

1 ゴムの, 音を

▼ いえせめて~ (2, 0.0%)

1 世に, 最期を

▼ いえぜひ~ (2, 0.0%)

1 こいつを, なくも

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 そんな, なたは

▼ いえそうして~ (2, 0.0%)

1 寺内氏が, 置いて

▼ いえそうハッキリ~ (2, 0.0%)

1 した事, と意識

▼ いえそのまま~ (2, 0.0%)

1 でお, でゆけ

▼ いえその後~ (2, 0.0%)

1 でもまさか, を継いだ

▼ いえそれどころぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やございません

▼ いえそれ以上~ (2, 0.0%)

1 にそんな, に苦しい

▼ いえそんなに~ (2, 0.0%)

1 までされなく, 余裕が

▼ いえたかが~ (2, 0.0%)

1 中学三年生の, 鉱物です

▼ いえたくさん~ (2, 0.0%)

2 です

▼ いえだめ~ (2, 0.0%)

2 です

▼ いえちよ~ (2, 0.0%)

2 つとさき

▼ いえつい~ (2, 0.0%)

1 このごろ土佐から, 今しがたでございます

▼ いえついに~ (2, 0.0%)

1 うつろな, この辺り

▼ いえても~ (2, 0.0%)

1 いえなくても, 第三階級

▼ いえときどき~ (2, 0.0%)

1 は人々, 人の

▼ いえともかく~ (2, 0.0%)

1 も西班牙一流, 新鮮な

▼ いえとんだ~ (2, 0.0%)

1 はしたないこと, 人の

▼ いえどうしても~ (2, 0.0%)

1 今晩の, 生きて

▼ いえどなた~ (2, 0.0%)

1 も, もお

▼ いえどの~ (2, 0.0%)

1 方面からも, 貝からも

▼ いえなに私~ (2, 0.0%)

1 が処, は脳

▼ いえなんだか~ (2, 0.0%)

1 きまりが, その

▼ いえなんで~ (2, 0.0%)

1 わからぬこと, 人違いな

▼ いえなんとも~ (2, 0.0%)

1 いえずすっきり, 申しません

▼ いえはじめて~ (2, 0.0%)

1 の室内, 会った女

▼ いえひとたび~ (2, 0.0%)

1 ご宝物, 峡水を

▼ いえふだん~ (2, 0.0%)

1 から無口, はこう

▼ いえふと~ (2, 0.0%)

1 今自分, 打ちむかった時

▼ いえほか~ (2, 0.0%)

1 のお, の人たち

▼ いえほんと~ (2, 0.0%)

1 ですまったく, を

▼ いえほんとう~ (2, 0.0%)

1 で, のこと

▼ いえほんとに~ (2, 0.0%)

1 いたいの, 明日

▼ いえまったく~ (2, 0.0%)

1 そのつもり, です

▼ いえみな~ (2, 0.0%)

1 というわけ, 深く怖れ

▼ いえむしろ~ (2, 0.0%)

1 岩室と, 水野において

▼ いえもと~ (2, 0.0%)

1 はといえ, はみな

▼ いえもとより~ (2, 0.0%)

1 それだけで, 実権は

▼ いえよくも~ (2, 0.0%)

1 お客様が, これまで

▼ いえろくに~ (2, 0.0%)

1 顏も, 顔も

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 ては, てはあんな

▼ いえわれら~ (2, 0.0%)

1 が真に, 何ぞ浮雲

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 りませんでした, 斬って

▼ いえウソ~ (2, 0.0%)

1 がない, と言つて

▼ いえカテリーナ・リヴォーヴナ~ (2, 0.0%)

1 の住ん, はもうちっとも

▼ いえヴェリチャーニノフ~ (2, 0.0%)

1 のほう, は彼

▼ いえ一向に~ (2, 0.0%)

1 不信心でございまし, 存じませんでした

▼ いえ一応~ (2, 0.0%)

1 は連れ, 中味も

▼ いえ一時~ (2, 0.0%)

1 に負担, は父

▼ いえ一緒~ (2, 0.0%)

1 に参りました, に參

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 には宋朝, の方

▼ いえ不思議~ (2, 0.0%)

1 なもの, に思う

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 がこの, も一新

▼ いえ世の中~ (2, 0.0%)

1 には随分, は悲しく

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 で生き, へお通し

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 のため, の幸村

▼ いえ主君~ (2, 0.0%)

1 のお, を打った

▼ いえ乙松~ (2, 0.0%)

2 はあんな

▼ いえ九月~ (2, 0.0%)

2 の末頃

▼ いえ~ (2, 0.0%)

2 は決して

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 に臨ん, の破れ

▼ いえ事実~ (2, 0.0%)

1 でございます, に於

▼ いえ二つ~ (2, 0.0%)

1 の主題, の新聞

▼ いえ二年前~ (2, 0.0%)

2 に別れた

▼ いえ互いに~ (2, 0.0%)

1 ここの, 怨みあっての

▼ いえ五六日前~ (2, 0.0%)

1 でした, どうかしたら

▼ いえ亭主~ (2, 0.0%)

1 ではございません, はございません

▼ いえ人々~ (2, 0.0%)

1 の予想, の好み

▼ いえ人様~ (2, 0.0%)

1 の物, を疑っ

▼ いえ人通り~ (2, 0.0%)

1 のあまり, の稀

▼ いえ人違い~ (2, 0.0%)

1 でご, と知れ

▼ いえ人間~ (2, 0.0%)

1 が住め, ならば

▼ いえ今晩~ (2, 0.0%)

1 は小梅, 帰ります

▼ いえ今朝~ (2, 0.0%)

1 ですそれ, はもう

▼ いえ仮り~ (2, 0.0%)

2 にも自分

▼ いえ伏見屋~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ いえ会社~ (2, 0.0%)

1 のこと, の仕事

▼ いえ何しろ~ (2, 0.0%)

1 相手が, 青年にとっては

▼ いえ何で~ (2, 0.0%)

1 忘れましょう, 泣いて

▼ いえ何とか~ (2, 0.0%)

1 なるから, ほかに

▼ いえ何年~ (2, 0.0%)

2 にも植木屋さん

▼ いえ何處~ (2, 0.0%)

1 へも, へも參

▼ いえ余りに~ (2, 0.0%)

1 も忍び, 崩るる

▼ いえ優しい~ (2, 0.0%)

1 気立でございます, 氣立でございます

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 の嫁, の風守

▼ いえ兄さん~ (2, 0.0%)

2 はあの

▼ いえ先代~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ いえ先方~ (2, 0.0%)

1 から仕掛けた, へでございます

▼ いえ先陣~ (2, 0.0%)

1 のひとり, を気

▼ いえ光圀~ (2, 0.0%)

1 が恩, は左

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 っきり異, 心を

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 では困ります, には及びませぬ

▼ いえ到底~ (2, 0.0%)

1 李逵の, 米国に

▼ いえ刻一刻~ (2, 0.0%)

2 としめつけ

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 に出し, の中

▼ いえ古き~ (2, 0.0%)

1 日本消滅せる, 昔よりの

▼ いえ吉三郎~ (2, 0.0%)

2 の野郎

▼ いえ呂布~ (2, 0.0%)

1 は名だたる, を放置

▼ いえ唐紙~ (2, 0.0%)

2 をあける

▼ いえ国家~ (2, 0.0%)

1 の判決, を毒する

▼ いえ~ (2, 0.0%)

2 にこれ

▼ いえ多少~ (2, 0.0%)

1 恐れを, 江戸ッ児の

▼ いえ夜中小用~ (2, 0.0%)

2 に起きた

▼ いえ大した~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, ことも

▼ いえ大分~ (2, 0.0%)

2 ねばったの

▼ いえ大変~ (2, 0.0%)

1 お気の毒, な間違い

▼ いえ天下~ (2, 0.0%)

1 の難, は動いた

▼ いえ太刀~ (2, 0.0%)

1 も帯び, も帶びて

▼ いえ奥様~ (2, 0.0%)

1 はこの, はございません

▼ いえ女性~ (2, 0.0%)

1 の口, の御方

▼ いえ好き~ (2, 0.0%)

1 といっ, なのよ

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 とは言わねえ, ひなんか

▼ いえ学問~ (2, 0.0%)

1 としては古状, の精神

▼ いえ宋江~ (2, 0.0%)

1 はいつ, はこちら

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 さなど, さは

▼ いえ小三郎さん~ (2, 0.0%)

2 は三文字屋

▼ いえ小説~ (2, 0.0%)

2

▼ いえ常に~ (2, 0.0%)

1 これを, その使用

▼ いえ幕府~ (2, 0.0%)

1 の禁制, を危く

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 は取, まだ三十

▼ いえ弁次郎さん~ (2, 0.0%)

1 はお腹, も今朝

▼ いえ当時~ (2, 0.0%)

1 の日本人, は戦争熱

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の又四郎

▼ いえ御存じ~ (2, 0.0%)

1 ないで, の者

▼ いえ御覧~ (2, 0.0%)

1 の通り, の通り平地

▼ いえ必ずしも~ (2, 0.0%)

1 不正なる, 政府の

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 に旦那樣, 度参る

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 には純情, を通して人間

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 といえ, においては兄弟

▼ いえ按摩さん~ (2, 0.0%)

1 が來, が来ました

▼ いえ探偵小説~ (2, 0.0%)

1 における推理過程, を冒涜

▼ いえ揚足~ (2, 0.0%)

2 を取る

▼ いえ改めて~ (2, 0.0%)

2 手を

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 アジヤに, 政府の

▼ いえ旅籠~ (2, 0.0%)

1 は引払っ, もあれ

▼ いえ旦那様~ (2, 0.0%)

1 が目, はあちら

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 功の, 加賀藩の

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 から下, は旦那さま

▼ いえ是非~ (2, 0.0%)

1 ともやりとげなけれ, 貴方に

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 はなに, は五月

▼ いえ普通~ (2, 0.0%)

1 では, 拾って

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 のない, もどこ

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 になる, に夕べ

▼ いえ様々~ (2, 0.0%)

2 な酷い

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 はどうも, を潜つた先

▼ いえ武士~ (2, 0.0%)

1 が乱入, の手前

▼ いえ~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 になる, のせい

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 です, は冷たい

▼ いえ油断~ (2, 0.0%)

1 がならない, は無用

▼ いえ洲崎~ (2, 0.0%)

2 の金六親分さん

▼ いえ深い~ (2, 0.0%)

1 後図の, 関係は

▼ いえ湯島~ (2, 0.0%)

1 のお, の叔母

▼ いえ澄江~ (2, 0.0%)

1 がこんな, がそんな

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 が有, 経験な

▼ いえ父さん~ (2, 0.0%)

2 が入用

▼ いえ~ (2, 0.0%)

2 や馬

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 だって猿, でございますよ

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 之松さん, 之松さんだつ

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 と申しまし, に

▼ いえ玉屋~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ いえ王子~ (2, 0.0%)

1 で着, で着換えた

▼ いえ理由~ (2, 0.0%)

1 なく叱りとばされ, を

▼ いえ用事~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ いえ甲州~ (2, 0.0%)

1 の慎造兄さん, へはいる

▼ いえ男癖~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡

▼ いえ~ (2, 0.0%)

2 の強い

▼ いえ病人~ (2, 0.0%)

1 は恩地様, は私

▼ いえ痺れ~ (2, 0.0%)

2 もどうも

▼ いえ白粉~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の匂ひだつた

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 引っ越したのよ, 討ち死にに

▼ いえ皆んな~ (2, 0.0%)

1 よく閉つて, 存じて

▼ いえ皆んな本当~ (2, 0.0%)

1 です, ですこの

▼ いえ直ちに~ (2, 0.0%)

1 それと, 一国の

▼ いえ相手~ (2, 0.0%)

1 は宿無し, は御三家

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 を語らなけれ, 逆に

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 なしとも, をのべろ

▼ いえ結局~ (2, 0.0%)

1 はのがれられない, 冷やしあめ屋

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 で奪, の良い

▼ いえ自慢~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, じゃない

▼ いえ良い~ (2, 0.0%)

1 も悪い, も惡いも

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 と申せ, の役者

▼ いえ薄墨華魁~ (2, 0.0%)

1 はい, はいいあん

▼ いえ行末~ (2, 0.0%)

2 は一緒

▼ いえ西~ (2, 0.0%)

1 の扈家荘, も東

▼ いえ誠に~ (2, 0.0%)

1 気の毒な, 陽気で

▼ いえ責任~ (2, 0.0%)

1 は当店, をもっ

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 軍へ, 郎は

▼ いえ貴方~ (2, 0.0%)

1 がたがいらっしゃれ, のもの

▼ いえ貴様~ (2, 0.0%)

1 そうきゅう, を手

▼ いえ走り~ (2, 0.0%)

1 寄らうと, 寄ろうと

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 に覚え, を男みたい

▼ いえ路地~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 からでた, に金鉄

▼ いえ軍人~ (2, 0.0%)

1 あがりの, の彼ら

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 そうな, んじる

▼ いえ近ごろ~ (2, 0.0%)

1 はあまり, は親

▼ いえ違います~ (2, 0.0%)

1 よ, 病院が

▼ いえ部屋~ (2, 0.0%)

1 の事, の者

▼ いえ野中さん~ (2, 0.0%)

1 に早く, も言い

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 へ出, を駆ける

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 はほんの, をいただく

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 が深い, は殆

▼ いえ非常~ (2, 0.0%)

1 な労働, によく

▼ いえ面白く~ (2, 0.0%)

1 はございません, もない

▼ いえ駄目~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ いえ~ (2, 0.0%)

1 さは, さ五尺五寸の

▼1* [1750件]

いえあいつは廻し者, いえあかるい電灯と, いえあざやかに見える, いえあしかけ七年, いえあした旅行しますもん, いえあすこは廓, いえあたしたちはもう, いえあたし男なんかよりも芸, いえあつしは最初, いえあとで調べ, いえあなたがたの旅, いえあなた方ぢやなく, いえあのそのような, いえあの御顔色は, いえあまねく知っとるですわ, いえありがとうはござりますれど, いえあるいはもっといい加減, いえあれぢや猫, いえあれッきり見えませんよ, いえあんたすぐ解ります, いえあんなにほめられるの, いえいいえそれが, いえいえ詫びるには及びませぬ, いえいくらでもよろしゅうございます, いえいささか惜しい, いえいずくんぞ祖宗の, いえいたずらに殿上を, いえいっしょにい, いえいったんうちへ, いえいつかしら定房は, いえいつのまに系図の, いえいつものいそがし, いえいつもいつも貰てばっかり, いえいとも質素な, いえいまさら親政を, いえいまだ妹背の, いえいまだいまだ漫才氾濫以前では, いえいまだに田舎へ, いえいまセイ氏が論じ, いえいま関羽を見殺し, いえいやそれだけに一層, いえいやしくも他人の, いえいよいよこれが, いえいろいろ親切に, いえいわばワキ役でしか, いえうちには畑, いえうまくいえませんけど, いええとこの肉, いえおいそれと返すわけ, いえおうともいえ, いえおかしいわけじゃ, いえおかしな話だ, いえおそらくは京都の, いえおとめはいたしません, いえおのおの虎視眈々たる, いえおばあさま, いえおもに稲作の, いえおよそ家庭教育とは, いえおれたちは大久保長安さま, いえおろそかにはならぬ, いえお代をいただく, いえお前さまにはいと, いえお前さんお隠し, いえお前のは町, いえお姫様用でもあっ, いえお嬢さん海の方, いえお嬢様でございます, いえお子さんを亡くした, いえお気にかけ, いえお父さんだけでない, いえお父さん僕は何, いえお玉は日, いえお礼をいえ, いえお蔭で晩, いえお許しを得, いえお詫びにくる, いえお隣は皆んな駒形, いえお雪ちゃんが気がつき, いえお願いしたい時, いえかかる折と, いえかくべつどこが, いえかつて夫を, いえかねがね筑前琵琶を, いえかねてお諭し, いえかほどまでに気, いえかまひません僕, いえかまいませんと言った, いえからぬすみだしただいじな, いえかりにそれらを, いえかわいそうなこと, いえがきゅうくつでしたらわたしのうちへきていらっしゃいとお静がすすめました, いえきつと入, いえきみはたしかに, いえ決して, いえここらでひとつパーヴェル・パーヴロヴィチ, いえこころのうち, いえこないだうちから国, いえこのごろはよく, いえこのただならぬ世では, いえこの世の生活, いえこれ以上の遅滞, いえこれ程日本が, いえこんにちの男一匹, いえこんどこそはわれわれ, いえこんど師父が欧州, いえこんなにしたの, いえこんなにやすやすとつかまっ, いえごく疎らにしか, いえご用多のところ, いえさあ早くだ, いえさあたしの方, いえさあんたらが死んだ, いえさおれのよう, いえさきに八幡原, いえさこれあただ, いえさそこへ行く, いえさぞ御疲, いえさだ子とよんだ, いえさっきこの家, いえさっき汽罐車が傷, いえさてそれでは何の, いえさほかのもの, いえさほど動揺に, いえさらさらさような, いえさ串戯は止し, いえさ亭主の子, いえさ今の清麿さん, いえさ今夜もする, いえさ今晩の旅籠, いえさ体を, いえさ向でもこの, いえさ家主だよ, いえさ急に, いえさ息子を取られ, いえさ気の毒だ私, いえさ無理をしろ, いえさ町内で金満家, いえさ若山さんの小主, いえさ連は無かっ, いえさ銀貨を何とか, いえさ饂飩屋さん合点の悪い, いえざっと掃くだけ, いえしいて訪れて, いえしかるに先方に, いえしばらくお目にかからないもん, いえしょせん幕府と共に, いえしょっちゅう道楽を, いえしんから感嘆, いえしんと静かな, いえじき近いの, いえじつに妙な, いえじゃあござんせぬ, いえじゃあ武ばかり, いえの素足, いえすいますなり時計, いえすやすやお寐, いえずっと奥州へ, いえせっかくですが, いえせんだって中から風邪, いえぜんぜんだめです, いえそこどこじゃありません, いえそこどころじゃあない, いえそこらの人, いえそしてこのお, いえそしてまた女学生スタイルが, いえそそそんな大, いえそそそれはそ, いえそっちにある, いえそのあるものに, いえその後頻々として起った, いえその道誉その高, いえそばで聞い, いえそもそもそれは, いえそりゃあ尺取です, いえそりア無論私, いえそれから昼間は, いえそれでいいの, いえそれでもなお夫人の, いえそれとて一口, いえそれどころか色文の, いえそれならとうに越し, いえそれ位のこと, いえそれ自身は本質上神聖, いえそんならまた, いえそんなそんな事言ふもんです, いえそん時も敦子さま, いえぞんざいと申す, いえたいていの場合, いえただ今のお話中, いえただ通懸った者, いえたった一人で, いえたった今その首, いえたってと申す, いえたといクリストフ・フーケは, いえたとえば伯爵が, いえたびたび来て, いえたまらなく不安だった, いえため息という, いえだらしがない, いえちっと風邪を, いえちつとも痛痒, いえちとおはなし, いえちゃんと知って, いえちょいと帯, いえちょッとお待ち, いえつい心ならずも酒を, いえですからねあの, いえではわたくしが, いえとうてい宥めも, いえとうとう断わりましたがね, いえとなりの犬, いえとまれ先が, いえともあれ佐々木の, いえともすればその一隅, いえどういう冒険を, いえどうしてこうも易々, いえどうも甚だ何も, いえどもかほどでは, いえどもとお定まり, いえどもという心持ちに, いえどもよウく, いえなあおやつさん, いえなあにこっちのこと, いえなあに駄目ですよ, いえなかなかおたがいによい反省, いえなかなかしっかりした根拠, いえながながお邪魔, いえなき弘子の, いえなければいい, いえなぜこんな踊, いえなにか帳場で, いえなにこっちのこと, いえなにこれが恰度, いえなにご存じないと, いえなにちょうさんがこの, いえなにぶん手前は, いえなにエッソゴウソだそう, いえなに仔細を打ち割っ, いえなに其様に煩, いえなに初瀬だけなら, いえなに太鼓持でえ, いえなに居候で, いえなに旅は道連れ, いえなに荷物も見かけ, いえなに長次さんが正, いえなみをめとりました, いえなんともはや只, いえには地下室が, いえにわかに織田の, いえはっ恐れ入りまして, いえはっきりと光, いえはなはだ私的な, いえはるか遠く離れ, いえばかばかしい話で, いえばからだが, いえばさね僕らは, いえばしもやけあかぎれの, いえばてまえが, いえばとよが美人だ, いえばなこう見える, いえばねエお豊, いえばも少し早く, いえばや当分だけなと, いえばよ手前お, いえひっそりともの音, いえひとの目, いえひとこというの, いえひょっとすると, いえびくともせぬ, いえぴしゃぴしゃ平手で叩き, いえふかい冷静な, いえふた月の, いえふたりの落着, いえエ, いえへん人同士怪しいや, いえほとんど本邦人, いえほどなく夜も, いえほんらいなら門, いえぼくがその, いえまぐれ当たりですよ, いえまことに微々たる一僻地, いえまさかそれほど気象や, いえまさかにここで, いえまさにそれは, いえまずはごらん下さい, いえまたも何も, いえまだいよいよ当面の, いえまだこれから行くん, いえまだちっとも商売に, いえまだ何とか云ひました, いえまもなくその騷動, いえみかどの御楯, いえみすみす眼前に, いえみずから明瞭に自覚, いえみちしるべは, いえみな扶持取りで織田家, いえみな生死をともに, いえみな空中をとどろき渡っ, いえみんなふだんより正直, いえもうおっつけいらっしゃいましょう, いえもうこの村以外, いえもうこうなって, いえもうさきほど途中で, いえもうすぐにお, いえもうすっかりいいん, いえもうそれだけは, いえもうだいぶ勝手が, いえもうちゃんとご両親, いえもうとうに, いえもうどうかおかまいなく, いえもうほとんど痛みは, いえもう一向から駄目, いえもう決して無理は, いえもう直ぐそこだけ, いえもしちょっとちょっと血相変え, いえもしついぞ一度も, いえもし全くこちら様へは, いえもったいない修行の, いえもって瞑すべきでは, いえもっともっと広い野原, いえもつと右, いえもと人間の暴力, いえもどかしくてじっと, いえもののいっぱいいる, いえもの憂き月日であった, いえやがて戻って, いえやっぱりどうも不愉快な, いえやはり余り有益な, いえゆうべは早く, いえようやく二十歳な, いえようよう分りました, いえよござんす, いえよも禽獣では, いえよんどころなく世を, いえらい人だと, いえらくかつてその, いえれっきとした商館の, いえわが家の戸籍, いえわし独りはそう, いえわたしゃなんともない, いえわたし此処の方, いえわれは山上, いえわれら三河武士の骨, いえわれわれの注目, いえんという奴で, いえアナタがケダモノ, いえアナーキストの気概, いえアルコール中毒とは思えない, いえア江戸の名物, いえインクだらけで見当, いえウヤムヤに終った, いえウルリーケとて同じ, いえエックス線の硬い, いえオッポチュニストであなた, いえカゴをかつい, いえカタワにされ, いえカバンは置い, いえカルルはおそらく, いえガスケル老人に従っ, いえギャバジンの洋服, いえケダモノにも劣る, いえゴロツキをベンゴ, いえサラリーをもらっ, いえサ君は一体, いえサ孝助が屹度告口, いえサ水道端の相川, いえシテはシテ, いえジプシーは救世主, いえスパイだわ, いえソノいつお越しになった, いえタネも仕掛, いえタマにはあたりません, いえダルトンが小, いえツイ淋しかつ, いえトロクサイ手代連をし, いえドイツ人がドイツ科学, いえナニちょッと本, いえナニ三千や五千, いえナニ物でも云い, いえナニ白状しないもの, いえナニ花立や線香, いえニースではイタリア人, いえハリガネでなきゃ, いえパリの最, いえヒサには母, いえピカ一さんの純情, いえピストルは旗田氏, いえブリスコーの生徒, いえヘッピリ腰の構え, いえヘリコプターのほう, いえベエコンに関する限り, いえベートーヴェンの王国, いえホントに, いえホームズさん御信用, いえホームズ先生協力して, いえポチが何, いえマニラは暑く, いえマルキストと言われ, いえマーケットのアンチャン, いえミルさんは熱心, いえモモコさんですねえ, いえモラトリアム措置以来さすがに, いえヨーロッパの侵略, いえラショワ島の御, いえルミを奪われた, いえロシヤの飢饉, いえロスコー家の雇人, いえロテイと仰有る, いえロンドンに向かっ, いえワタシは物売り, いえしなよく, いえ一々お取り次ぎ, いえ一たび外に出れ, いえ一つ二つ横町へそれた, いえ一ツ心当りは無い, いえ一ヵ城の城持ち, いえ一二のすぐれた, いえ一人二人三人の旅人, いえ一個の力, いえ一八一六年の議会会期, いえ一刀両断は柳生, いえ一包の頓服, いえ一匹夫よりお, いえ一反は父, いえ一団の人, いえ一城をまもる, いえ一家の食費, いえ一寸帰りに名古屋, いえ一山の大衆, いえ一度は主人, いえ一度うちへ歸, いえ一式小一郎はそういう, いえ一心堅塁に拠っ, いえ一念に自分, いえ一戦も交え, いえ一日一日と時, いえ一日中数えるほどしか, いえ一昨年歿くなりました, いえ一時わたしを始め, いえ一時間一時間に激しく, いえ一歩踏みはずすと, いえ一歩戸外へ出る, いえ一生涯いい心もち, いえ一番遠く離れ, いえ一糸もまとわぬ, いえ一言で裁断, いえ一貫八百目でございました, いえ一躍して, いえ一週間以上も続いた, いえ一面では, いえ一體どこから湧いた, いえ七日七夜地に坐し, いえ七時といえ, いえという金, いえ万が一いやいずれ, いえ万一おかしなこと, いえ万事が粗野放胆, いえ三人とも同じ, いえ三人分の食糧, いえ三位卿はまだ, いえ三十のほう, いえ三十円では, いえ三十郎の云った, いえ三味線太鼓や笛つづ, いえ三国の界, いえ三家の長者, いえ三年に一度, いえ三本髭のまま, いえ三河党大部分, いえ三河屋さんから帰っ, いえ三間半もあっ, いえ上杉といえ, いえ上杉家の士, いえ上野や向島, いえ下手で仕方, いえ下界において万一, いえ下種の喧嘩, いえ下赤坂はかつて, いえ不埒千万しかし食う, いえ不幸にし, いえ不意を喰っ, いえ不断ももうずッ, いえ不服では, いえ不破の関, いえ不覚にも私, いえ不賛成などとそんな, いえ世に在りし時, いえ世の常ならぬ面, いえ世人の要求, いえ世間に一節切, いえ世間並みに解決, いえ世間様を騒がせたくない, いえ世間知らずのお, いえ両方へ行きます, いえ両者は味方, いえ両親のなき, いえ中の間を出る, いえ中学三年の二学期頃, いえ中学卒業以来漢文を勉強, いえ串戯ではない, いえ串談でなし, いえ丹下左膳ひとりではおぼつかない, いえ丹次は浮気者, いえ主人左近将監はいつも, いえ主命にそむい, いえ久しく会いませぬが, いえ久兵衛の迷惑, いえ久太夫ほどの使い手, いえ久太郎さんの指図, いえ久慈の心底, いえ乗客はすでに, いえ乗鞍や槍, いえ九州だから, いえ乱心して, いえ事件を知悉, いえ事実上地球全体に等しく, いえ事実上教育の程度, いえ事情は好都合, いえ事柄もむずかしかっ, いえ事毎に兄, いえ二ツの思想, いえ二ツ違いの兄さん, いえ二三日前下宿に帰っ, いえ二十世紀の今日, いえ二十二歳です, いえ二十四代もうちつづく, いえ二十四将の一人, いえ二十年たつて, いえ二心を抱い, いえ二日も三日, いえ二本榎で瀧川左京, いえ二百九十二両でございました, いえ二百九十二兩で御座いました, いえ二百五十人を相手, いえ二重の生活, いえ五万枚のネームプレート, いえ五十パーセントの媚, いえ五十五年の夢, いえ五厘足りないと, いえ五年後となっ, いえ五日に一度, いえ五路の顔役, いえ些細です, いえ亡父の遺産, いえ交換問題の深い, いえ人ひとり殺した後, いえ人一人殺して, いえ人命の重, いえ人品にはよく, いえ人家や電車道, いえ人工の光線, いえ人心を害, いえ人樣を疑, いえ人足の出し, いえ人間そのものがいつも, いえ人間一人を引き上げる, いえ今さら獣類の, いえ今そこの坂, いえ今や私は, いえ今呉の譎詐, いえ今宵は参りませぬ, いえ今年はいや, いえ今日中に立退い, いえ今日限りだもう, いえ今晩三人揃つて商賣を, いえ今異様の風采, いえ今魏延に叛, いえ仏教隆盛国として我国, いえ他日の参上, いえ仙人でございます, いえ普請な, いえ仮令お上屋敷, いえ仲仕の組合, いえは重い, いえ伊丹の御, いえ伊佐子さんも見え, いえ伊豆守さまには江戸, いえ伊達本家の臣, いえ休止とある程度, いえ会桑両侯, いえ伯父上様御思召, いえ佐古も喜ぶまい, いえ体力的にまだいささか, いえ何うして怒る, いえ何お礼には及びません, いえ何がなよい茶花, いえ何これはこっち, いえ何それにゃ及ばない, いえ何となく胸に, いえ何もかもあんたに, いえ何やらうそ寒いもの, いえ何イエもうアノ, いえ何事も兄, いえ何卒三十ばかり, いえ何大変結構でほう帯, いえ何御礼なんぞ御, いえ何故わが子関平に, いえ何様な事, いえ余人の手, いえ余裕のある, いえ作者の罪, いえ使いではなく, いえ使者となった, いえはしません, いえ侏儒の刃物, いえ価格に至っ, いえ信念さえあれ, いえ信念さへあれ, いえ信玄ほどな, いえ俳優の上, いえ俺等考えたもの, いえ俺達にとって見れ, いえ個人で見舞う, いえ借金の言訳, いえ値段はいい, いえ停車場に氏家さん, いえ健氣にも態度, いえ偶然には神秘, いえは前, いえ僕たちは斷然, いえよりそれ, いえ兄弟両陣, いえ兇暴の時, いえは尾張中将, いえ先日急に病気, いえ先日来の気狂い気候, いえ先生私は体, いえ先祖の位牌, いえ先程大殿様がお, いえし難い, いえ入社しません, いえ全お味方から, いえ全体を通じての構成, いえ全然いないの, いえ兩親に早く, いえ八十二で, いえ公方様の御, いえ公私にわたる, いえ公言いたしたの, いえ六さいに相成りましょう, いえ六十とも七十, いえにおいては六韜, いえ兵士は罰せられた, いえ其處までは, いえ典型的な封建戸主, いえの喜助, いえ内外刻刻の, いえ内面的な動揺, いえ再び帆村の, いえ再婚でございます, いえい一個, いえ出発する前, いえ出費はことごとく, いえ出迎えの礼, いえ切れ物と死に, いえ初めてのお, いえ別にそうでもありません, いえ別人のよう, いえ別荘の方, いえ則地様もうみんな, いえ前夜の不摂生, いえ前後四回まで使った, いえ前述の記事, いえ前途を約束, いえ前非を知っ, いえの才能, いえ剣鬼さながらの, いえはあり余っ, いえ功名と立身, いえ助手を二人, いえではありまし, いえ勅使をし, いえ勇三郎さんさへ詳しい, いえ動物になんら, いえ勘ちげえを, いえ勘蔵が怪我, いえ勝手に策動, いえ勝負果てなしで, いえ勢至菩薩を縄つき, いえ勿体ない修行の, いえ勿体なく存じます, いえ匂いなん, いえ化物屋敷の名, いえ北地は寒い, いえ北条方はそう, いえ北条遺臣の中先代軍, いえ北海道へは帰りません, いえ医学上あり得べき事, いえを幾ツ, いえ十七になる, いえ十五日ばかり前, いえ十五歳になる, いえ十六年前に親父, いえ十分武器をもった, いえ千両箱を馬, いえ千二百哩もむこう, いえ千数百年後の今日, いえ千秋の遺憾, いえ千鶴子の意志, いえ千鶴子さんの念じる, いえの刻, いえ里を, いえ半ば公然なのんき, いえ半兵衛重治の日頃, いえ卑劣な武人, いえ南洋なんかへやる, いえ単なる文学者と, いえ単にそれだけの, いえ博士そう仰有らない, いえ即興とは申せ, いえ却ってあの先生, いえ原子爆弾ではありません, いえ厭アな気持, いえ厳格の中, いえ厳罰に処せられる, いえりませぬ, いえ去年の九月頃, いえ参内はこの, いえ参陣の衆, いえ又八としては出来, いえ双方好き合い愛し合った, いえ反対にあの, いえ収容所から外, いえ叔母は用心深い, いえ叔父上様厭でございます, いえ受刑者が将校, いえ叡山では近づきまいらせる, いえ口惜しまぎれの, いえ古い友達の, いえ古今の一般女子, いえ古橋をタッチ, いえ古賀さんには私, いえでは討ち取られない, いえ只今の御, いえ只今ちやうどあ, いえ只今丁度十時の音楽浴, いえ只口で叩きます, いえ可笑しうは, いえ右肩剣ガ峯から遙, いえ吉之助は何ん, いえ吉岡の名, いえ吉良家の側, いえ商売じゃ, いえ同じ飯塚薪左衛門殿の, いえ同じく感覚から, いえ同一額のスコットランド, いえ同僚を傷つけた, いえ同志中での花形, いえ名人戦のうち, いえ名刀の部, いえ名前だけで, いえは主将孫権, いえ呉服橋劇場の探偵劇, いえ呉用と戴宗, いえ周信ほどの悪党, いえ味方のため, いえ命がけの場合, いえ咲ちゃが泣く, いえ咽喉を突き刺され, いえ品吉です, いえ善八の娘, いえ嚇しません嚇しません嚇して口, いえ四五人の破落戸, いえ四五日前にきた, いえ四五日大変忙しくって, いえ四月初めにお, いえ団体生活であるから, いえ国内は今, いえ国府は英語, いえ国民の新しい, いえ国際間のこと, いえ土曜日なんで, いえ在来の文芸上, いえが四五寸, いえ地の利天産にたのむ, いえ地図に示された, いえ地域は広大, いえ地球の存在, いえ地道にやつ, いえ坂田の畜生, いえ坊さんにだ, いえ坊ちゃん私じゃない, いえ坦々と平地, いえ城内の用勤め, いえ堂々たる生活を, いえ堤宝山流は忍術, いえも何, いえ塗り隠すこと, いえには張り, いえ変化はやはり, いえ多くの異性, いえ多年側近に仕え, いえ夜ふけの道, いえ夜中と云っ, いえ夜釣に行つた歸, いえのよう, いえ大して損じても, いえ大体として概念, いえ大作様を生, いえ大切のもの, いえ大剛の彼, いえ大名の土蔵, いえ大奥のお, いえ大学にはいっ, いえ大層酔いました, いえ大石が一力茶屋, いえ大菩薩峠の威力, いえ大蔵の屋敷, いえ大雨になんぞなられたら, いえ大願成就を目前, いえ天下万民のため, いえ天体そのものが病み煩っ, いえ天婦羅のタネ, いえ天子の親政, いえ天性洒落の彼, いえ天智は天武, いえ天皇の旅行, いえ天蔵も身内, いえ太子の御, いえ太師のお, いえ夫人とてもいよいよ愛, いえ失言ではありません, いえ奇怪といえ, いえ奇遇中の奇遇, いえ奈世とわし, いえ奉公に出しまし, いえ奥さまに, いえ奥さんだってまだ, いえ女一匹ものにした, いえ女中に申しまし, いえ女先生は毎日, いえ女子に関する悪習, いえ女学校でいっしょ, いえ女学生スタイルが花柳人, いえ女房連よくやって来た, いえ女流文士で私, いえ女社長タイプというの, いえ好人物の助三郎, いえ好奇にも程, いえ好文堂の事, いえ如何に曲馬団, いえ如何にも面白く風情, いえ妊娠のこと, いえ妖けたのに相違, いえ妬ましく私の, いえ妻以上な者, いえの煩悩, いえ姉さんの前, いえ姉さん私は正直, いえ始終君側に, いえに刃物, いえ姜維らのこの, いえやは年寄り, いえ婦人大衆は企業内, いえ嫁っ子でごぜ, いえ嫉妬は感じなかった, いえ嫌ってはおりませぬ, いえ嫩葉の伸びた, いえ子供相手の遊び, いえ孔明は曹真, いえ季節は折柄養蚕上簇, いえ学殖のお, いえでございます, いえ完全に職務, いえ宏大な屋敷, いえ宗像博士の学識, いえ宗旨違いでございます, いえ定雄は子供, いえたる山, いえ宜しい左様なら, いえ実あ今日伺いました, いえ実によく分かりました, いえの長岡佐渡, いえ客人は小さい, いえ宴会中にぬけ出し, いえ宴席へ侍る, いえのうち, いえ家つきのお, いえ家人を附けまし, いえ家康といえ, いえ家族のもの, いえ家蔵といたしおく, いえ容易に陥ちる, いえ宿屋で病院, いえ宿帳にいただい, いえ寂寥無人太古の如き, いえ寄手といえ, いえ富籤で當つた金, いえ寒い寒い霙まじり, いえ寝返りするたび, いえ寢酒は召し上りません, いえ寧ろ僕は, いえ将棋倒しに討たれ, いえ将軍様遺言状を手, いえ尋常な不敵さ, いえ小さい孫が, いえ小判一枚持たぬ身, いえ小屋の頂, いえ小川町の御, いえ小梅田圃へ出よう, いえ少々それだけは, いえ少からず決定的, いえ少なからざる利害関係, いえ少年坑夫が逃亡, いえ少年時代を其処, いえそれが, いえ尺地を刻む, いえ尻切れとんぼにし, いえ濃大, いえ尾根を越し, いえ居たのです, いえの内, いえ山の上ではまだ, いえ山田はすべて早苗, いえの言葉, いえのよう, いえ岩瀬氏がその, いえの道, いえり立つ山の上, いえの破るる, いえを圧し, いえ川上は健康, いえ巡回をやめ, いえ工事の停止, いえ工場は大阪, いえ左ような事, いえ当っての, いえ差刀の鐺, いえ巴里の舞踏会, いえ市井の若者, いえ布衣の江戸町奉行, いえ帆村が今, いえ大出だし, いえ師匠御馳走はその, いえの間, いえするところ, いえ帰京以来初めての, いえ帰郷後は就職, いえ帳面があります, いえ帳面ヅラでは廻っ, いえ平らかでは, いえ年少にて名, いえ年期の遅き, いえ幸福では, いえ幼いから馴れた, いえ幼少の子, いえ幽霊ってわけ, いえたりとなく, いえ幾分古代の, いえ幾日航海をつづけよう, いえ広田さんが店, いえには血, いえを割っ, いえ庭さきに捨て, いえは住み捨てられ, いえ建碑のお願いごと, いえ建築史所伝の史料, いえ廻廊の板敷, いえ弁解なんかなさらなくつ, いえ引込みのつかぬ, いえ張飛のふりまわす, いえ強情で云わない, いえみでございます長い, いえ吉は, いえ当の長崎屋に, いえ当主の生母, いえ当年の面影, いえ当然過ぎるほど, いえのある, いえ役人にし, いえ彼奴の入っ, いえ彼奴等だって相当, いえ彼娘はあれ, いえ彼自身自身の勇気, いえ往来を通る, いえ後徳を慕う, いえ後悔して, いえ従来大納言家がわれら, いえ従来身心を労し, いえ御両人共御存じの事, いえ御内室は鎌倉, いえ御坊様の前, いえ御新造樣が明神下, いえ御来屋の浦, いえ御礼だから, いえ御苦労なこったな, いえ御諚を拒んだら, いえ御酒も出る, いえ御領内から千人, いえ復讐と申す, いえ徳大寺公城卿は尊き, いえ徳川三百年の時世, いえ徳川系の譜代大名, いえ徳次郎の兄, いえ心変りなんかしません, いえ心外である, いえ心当てにそう, いえ心情悪むべ, いえ心配は御, いえ必ず紙は, いえ必要以上の甘やかし, いえ忙しいのだ, いえ忠三でございます, いえ忠右衛門だぞ, いえのため私, いえ思いやりのない, いえ急使の飛状, いえ怪談会の会場, いえ恐ろしい事だった, いえ恐入ります左様でございます, いえ恥ずかしゅうござります, いえ悍馬のよう, いえ悔恨にたえぬ, いえ悪い奴だ, いえ悲壮である, いえ悲惨の極み, いえ惻々と情, いえ意趣も遺恨, いえ愛情とはべつ, いえ愛蔵の本, いえ感心と言う, いえ態と自分に, いえ慚愧の念, いえ憲政会の政府, いえの望, いえ我が咽喉なら, いえ或いは疑いを, いえ戦争中ケイサツでいっしょ, いえ戦死の子, いえ戦気はみちみち, いえ戯談なぞ申しません, いえ所謂不良少年少女の二百余名, いえに入れよう, いえ手ぶらで当, いえ手前不調法で, いえ手前共のよう, いえ手練の人, いえ手軽に見せ, いえ払暁の湿った, いえ折角ながら, いえ抽象的のもの, いえ拙者にも匿名書, いえ拙者見えまする, いえ招待もされず, いえ拝借しましたので, いえ挨拶は後で, いえ捕虜はその, いえ接吻じゃない, いえ接近して, いえ控室でさえない, いえ摩利支天ならよろしゅう, いえ撮影の方, いえ改名すること, いえ政府はいささか, いえ政江と同じ, いえ敏ちゃんの事, いえ敏捷な烏丸, いえ敏行のこと, いえ敏行さんはズーッ, いえ救いは願っ, いえ敗戦の大阪, いえ教会といいまし, いえ敦子さんみんな私が悪い, いえ数字でも私, いえ数年お預り, いえ数日前からご, いえ数百名の人間, いえ敵討にお出で, いえ文事はとんと, いえ文化的には違い, いえ文学界中出色の文士, いえ文学者が泊る, いえ文殊菩薩の御, いえ文章はたどたどしく, いえ料紙も短冊, いえ断じて眼の, いえ斯様にし, いえ新しい小説の, いえ新たに仏式, いえ新九郎様と仰っし, いえ新子にとって思いがけない, いえ新宿の先, いえ新帝のほか, いえ新御直参一家は, いえ新春のこと, いえ新秋の宵, いえ新開にも等しい, いえから旅, いえ旅中にいつ死ぬ, いえ旅人でございます, いえ日光は窓, いえ日常の生活, いえ日本地理の見学, いえ日清戦争の頃, いえ日野資朝と俊基, いえ日頃の白洲, いえ旦那もったいない, いえ旧主新免家の代々, いえ早く済まして, いえ早熟な南国, いえ明けまで, いえ明らかに病死, いえ明日じゃあまり, いえ明智はふたたび, いえ明朝たちます, いえ明石の源内武者, いえ易々と渡す, いえは結構, いえ映画で人, いえ春さんはあの, いえ昨夜徹夜なすつて, いえ時によると, いえ時にはウチで, いえ時刻が早, いえ景時には何, いえ深も, いえ暑くはな, いえ暖簾に嘘, いえ暗夜皇都脱出の挙, いえ暗黙のうち, いえ書生風といっ, いえ書院といえ, いえ曹操という者, いえういけません, いえ最う過去りました事, いえ最初からなん, いえ最小の効果, いえ最近です, いえいます, いえ月夜とはいえ, いえはかかる, いえ望楼陣舎も要る, いえ朝夕新報の号外, いえ朝夕禁裡に仕える, いえ朝野を挙げ, いえ木像自身も身, いえ木地師達はなまけ者, いえです, いえ未だ山には, いえ未明の河畔, いえ未知の土地, いえ本丸に今川家, いえ本木傳はみな, いえ本来は甲斐, いえ本物どおりに彫った, いえ本能寺や二条, いえ本質的には絵, いえを裏, いえ杉田は實, いえでさえ不可, いえ東京を立つ, いえ東国のあらえびす, いえがみんな, いえ松坂町の路地, いえ松本の城下, いえ林蔵の身, いえ果してそうだか, いえ果たしてそこまで, いえ果然発展し, いえ柳丹永のこと, いえ柳橋下から小判, いえ柴進と申す, いえ栄誉ある家門, いえが絶える, いえ根本は一つ, いえ根津あけぼのの里小野塚鉄斎道場, いえからいう, いえ格二郎はまんまと, いえ桂子はさすが, いえ案外にそういう, いえの木, いえが咲け, いえ梶子殿実はこう, いえに居る, いえ楠木はさ, いえ極めて正確な, いえ極寒を火の気, いえ極楽へ行こう, いえじゃない, いえ楽書きを書い, いえ楽翁どの自身, いえ横穴の貉生活, いえ樽屋さんが言, いえ之助, いえ檀家といふ訳, いえ欠乏の季節, いえの車, いえ次第に依っては, いえ次郎にとってはあまりに, いえ欲しくはございません, いえ欺きません殺して置い, いえ正夫が父, いえ正当にそれ, いえ正義からいっ, いえ正面と左側, いえ此事件は余り, いえ此處で結構, いえ武夫じゃ白昼, いえ武家といえ, いえ武庫川まで, いえ武者にあるまじき, いえ武者烏帽子に狩衣姿, いえ武芸者として推参, いえ歯切れが悪い, いえ歴史とはいったい, いえ死後もなお, いえ死滅しないもの, いえ殆ど常軌を, いえ残り飯でもこの, いえ段々恋が, いえ殺人の重罪, いえ殺気が漲っ, いえ殺生なこと, いえ殿下にお目にかかる, いえ殿冬次郎様あの際, いえ殿様此方でします, いえ母上この御, いえ母上様の思召, いえ母上樣の思召, いえ母君はお, いえ母様へもそう, いえ母里さんじゃない, いえ毎夜見聞きしなければ, いえ毎日心のなか, いえ毎晩お供があつ, いえ毛利家の兵力, いえ民弥が梶子, いえ気持ちのよい, いえ気軽に帰る, いえ水陸の大軍百万, いえに囲まれ, いえ永い夜を, いえ永らく兄妹として, いえ汚れなき魂, いえの手, いえ江戸ッ児には本意, いえ決してそうとは考えられないでございましょう, いえ決定的な勝利, いえ汽車を降りる, いえへ出る, いえ沙門の身, いえ沢山並んだ他, いえ沢村千代之助, いえには橋, いえする薬法, いえ沼南がこの, いえ沼津ではない, いえ沿岸を占めれ, いえの外, いえ法律上の罪, いえ法話と申しまし, いえ泣きはしません, いえ泥坊を傭っ, いえ泥棒ではありません, いえ泥酔の果て, いえ泰平の世, いえ泰軒はいまさら, いえ洋服どした, いえ洛中こそが居る, いえの茅原, いえ洲股の築城, いえ活溌であるだけに, いえ流汗淋漓栄三郎の素袷, いえ浅ましい沙汰の, いえ浅草で名高い, いえ浮名という, いえ海抜七百九十米気温は平時二十二度, いえ海気がよく, いえ海老蔵ともあるべき, いえ消極的な道徳, いえ涼風とともに物怪, いえ淋しい心地が, いえ淋しくならずに, いえ淫行がある, いえ深夜の空気, いえ深手でございます, いえ淺草で阿倍川町, いえ清水寺の願文, いえ清洲へかかられたら, いえ温順な人, いえ満天をうずむる星, いえ溌溂たる活力, いえ源内兵衛は秋, いえ源松もあんまり, いえ滅多に來, いえ滅相もござりませぬ, いえ滑り行く, いえ滝川家のごとく, いえに巻かれ, いえなんかありません, いえ烈女型のこの, いえ烏帽子一つ折るほどの, いえ無いというの, いえ無事では, いえ無双の剣豪, いえ無名の浪人, いえ無慈悲なお, いえ無断で駈けつけ, いえ無理が通れ, いえ無縁という訳, いえ無論こんな一, いえ無謀に入っ, いえ焼火山一つの裾野, いえ煙突一本掃除して, いえ照子の父親, いえ熊本です, いえ熱心に定跡, いえ燦然たり赫焉たる, いえ父上様浪江殿が可哀相, いえ父以上な親しみ, いえ父子孫という三代, いえ父昌幸兄信幸にもまさる, いえでは有, いえ片目が曇っ, いえ牛飼がちゃんと, いえ牢舎から免, いえ牧場といえ, いえにはすべて, いえ物の数ではない, いえ物貰ひではなかつた, いえ特に二人の, いえ犯人が私, いえ狐狸や黒鍬, いえ独りで立っ, いえ独逸国民ほどに最も, いえ猛獣の部類, いえ獄中にあっ, いえ玄竜は極度, いえの婆さん, いえ珊瑚珠なんず貰っても, いえ珍しい企だけに, いえ現在私は確か, いえ現実に於, いえ理窟がねえ, いえ理論家としての素質, いえ環境が人, いえく弱, いえ甚だ権が, いえ甚目寺の音公, いえ烏賊で, いえ生まれつきですよ, いえ生れ付き御病身, いえ生来の猛, いえ生産総額はまさに, いえですよ, いえは別に, いえ用件ばかりを手短, いえ用捨なく生活, いえ由来堺の町人, いえ甲州一国を押え, いえ甲軍のこういう, いえ申しませんでごぜ, いえ男同士の会合, いえ町人のこと, いえ町内で知らない, いえ画面の構図, いえ留守として蜂須賀彦右衛門, いえ畜類である犬, いえ畢竟自己を, いえ番頭さんそいつは違, いえ疑い深い病人に, いえ疲労せざるを, いえ病後の気息ヤヤ, いえ病院に持ちこむ, いえ痛めやア, いえ痩せぎすの体, いえ癇癪まぎれにおっぽり, いえなどは起し, いえ白昼にこんな, いえ白河の激水, いえ白雲を驚かす, いえ白骨よりははるか, いえ百戦に鍛えた, いえ皆さんはお, いえ皮肉なもん, いえ盗賊の彼, いえ目のあたり無惨な最後, いえ直接謀議にあずからず, いえ直義の許, いえ相手方の名, いえ相談を致します, いえ相違ござりませぬ, いえ省三さんです, いえつ直ぐ, いえ真っすぐに水, いえ真青に常緑樹, いえ眠くも何, いえ眼前にある, いえ眼界のひらけた, いえ眼障りということ, いえ矢張り許嫁で, いえ知つて居るの, いえ短銃では有, いえでなくて, いえばかりは老公さま, いえ碧羅のワンピース, いえ祇園町へ頻り, いえ祖母はもう, いえまでも金次第, いえ禁軍三万の上, いえ禽類の王者, いえ私どもの商売, いえ私アテツケにこんな, いえ私ア昼寝もし, いえ私些とあの, いえ私今の三好さん, いえ私參ります, いえ私皆遅いさかい, いえ私自身のうち, いえ秘中の秘, いえ稽古半ばで落された, いえ穴倉も見た, いえ空家へ残し, いえをひらいた, いえ窮屈じゃありません, いえ立ち聞きなどは致しません, いえ立派に表紙, いえ取物語, いえ筆算式に発達, いえ筋肉や体, いえ筋骨たくましき男, いえ筑前民の上, いえ節々の痛, いえ範之丞の身, いえ精霊殿おおいえ, いえ約束などではありません, いえ紅葉の方, いえ紋也はこう, いえ純粋な芸術的衝動, いえ紙ぐらゐどこにでも何方連, いえ素人が刻, いえ素人相手に四目, いえ素噺とはいえ, いえ素性の不確か, いえ素晴らしい鹿汁である, いえ素直に聞い, いえ累代御恩, いえ細川家の御用, いえ紹介ならすぐ, いえ紹巴や貞徳, いえ終戦以来最初の入金, いえ終身奉公ならば, いえ結婚なぞして, いえ結婚数が異常, いえ結果から云う, いえ結核性じゃありません, いえ絵馬をかける, いえ継子さんがお, いえ綾之助の技芸, いえ総帥の彼自身, いえ総領の兄, いえ緯度気候の関係, いえ縹渺とほんとに, いえ織田家の興亡, いえ羅刹谷へはしょせん, いえ羈絆を脱し, いえ美しい光に, いえ美濃の三人衆, いえ美緒も僕, いえ美貌の玉乃, いえ義昭は流浪, いえ義父を討った, いえ義貞の命, いえ翁独得の妙味, いえ老練の圓生, いえを蔽い, いえ聡明な人物, いえ職人ではあるまい, いえ職掌ですから, いえの一片, いえ肉親は誰, いえ肴屋ではございません, いえ胡麻摺り医者の半, いえ胡麻摺り醫者の半, いえく見れ, いえ能文は口, いえの痛み, いえ腫れぼったい今朝の, いえ源流では, いえ自分一人だけでなく, いえ自動車が猛烈, いえ自宅で職人, いえ自己を顧, いえ自殺しようと, いえ自然と開きました, いえ自然天地の法則, いえ自然重きをなし, いえ自由の身, いえ自由行動も出来る, いえ自邸の一隅, いえ至つて小さいもの, いえ至極簡単な, いえの家, いえ與母吉さんは御新造さん, いえ興味をもっ, いえ舞台の上, いえ船長様でいらっしゃいます, いえ良人の弾正, いえ艱難苦労を共に, いえ色仕掛けで萩丸, いえ艶冶たる風貌, いえは支那, いえ芝居に限らず, いえは挿し, いえ花井さんを呼ん, いえ花前がいかにもきちんと, いえ花園のきみ, いえ武士も, いえ若々しい眼付を, いえ若くもありません, いえ若しかです, いえ若君が, いえ若松屋惣七に内証, いえ英国では砲, いえ英子の方, いえ英霊を何個, いえ茂太郎はここ, いえ莫迦な金, いえ菊千代はさすが, いえ落ちつきのある, いえ落人の身隠し, いえ葉子の胸, いえ著しくこの理想, いえ蒸汽は百馬力ヒュルプマシーネ, いえ薪木売りとは, いえはいりません, いえ薬全体の中, いえ藻西太郎も自分一身, いえ虎之助ひとりを見殺し, いえ蚊帳の中, いえ蚕室の方, いえもをります, いえ蛍雪に取っ, いえ蛮夫の勇, いえの国, いえ蜀中一の勇猛, いえ蜂谷さんあれがある, いえ螺旋式の蒸気機関, いえにし, いえ血迷いは致しませぬ, いえ衆望とか権力, いえ行くんです, いえ行燈の灯, いえ衣裳類を上, いえ袁紹の首一つ, いえを聴きましょう, いえ見事に訓練, いえ見苦しゅうございまして, いえ覚悟を一つ, いえ親しいものにも, いえ親たちも兄さん夫婦, いえ親共と早く, いえ親切な精霊殿, いえ親方ったって, いえ親類と申します, いえ言葉として外, いえ計画をいざ, いえ計算は三つ, いえり物, いえ記者の報道, いえ証拠品やら閻婆, いえ評判が宜, いえ試験は無意味, いえばかり作っ, いえ詩的概念という言葉, いえずるところ, いえ詮索せぬが, いえなんかせ, いえ話しますべつに仰天, いえ誉れある家々, いえ語れ貝十郎, いえ誰人も命, いえ誰方にも名刺, いえ課長さんがもう少し, いえ物価, いえ諸事珍らしくも, いえ謙信の眼, いえ警備隊も監督官, いえ警察の人達, いえ警戒なさらなくても, いえ譫言のよう, いえ譫言みたいなもの, いえ谷内谷内は方角, いえ谷水の落ち, いえ豫感だとか, いえ貝十郎とてこっち, いえ貞奴の持つ, いえ財布には小, いえ貧弱な感じ, いえ貨幣利潤は下落, いえ貴いものそれ自身です, いえ貿易商であったから, いえ賛成です, いえ質屋の番頭, いえ質疑ではございません, いえ贅沢とか趣味, いえ赤井さん達には色々, いえ赤坂も赤坂, いえ赤面です, いえ直つて, いえ越中を離れる, いえ越後の使い, いえ足軽者の馬弓手, いえもなき, いえ路傍に見, いえ身寄りでも, いえ車引なんぞばかりで, いえ車軸を流さん, いえ軍中にあっ, いえ軍学のこと, いえ軍略上重要な地, いえ転んだので, いえ軽蔑と言っ, いえ轟さんそりゃあなたさま, いえ辨次郎さんはお腹, いえ農工商いずれの産業, いえ辺りにさ, いえ近々と御裳, いえ近いのでご, いえ近うございますから, いえ近代個人の道徳, いえ近所の料理屋, いえ迷惑だなんて, いえ追って本山は, いえ追憶すべき記録, いえ逃げは致しません, いえ逆戻りじゃありません, いえ途中で別れました, いえ通り掛りの者, いえ逢いません尤も幼年, いえ逢つたに仔細, いえではございません, いえ連れと申す, いえ連日の山, いえ連絡のない, いえ遊びが終り, いえ過去に知らない, いえ過激に似た, いえ道中筋で盛, いえ道庵先生の方, いえ違います違いますよそんな, いえかない, いえ遠くではござりません, いえ遠縁にあたる田舎, いえ遠隔の蛮地, いえ邪推をする, いえ邪魔じゃありません, いえの者, いえ都会の夕暮, いえ配偶者がある, いえの物売り, いえ重傷を負っ, いえ重大な書面, いえ見が, いえ金原君が俺, いえ金子は入りません, いえ金貸を本業, いえ金銭は別物, いえ金魚の問屋, いえ針助は女, いえ鉄格子どころかガラス窓, いえ鉄砲や素槍, いえ銅色でございます, いえ銅貨で重う, いえ鋭利なる頭脳, いえを着, いえ錯覚であらせたい, いえ錺屋が武術, いえの方, いえ鎌倉には良い, いえ鎧具足のまま神酒, いえ鎮台の全, いえどんが, いえ長いまつ毛は, いえ長居を仕りました, いえ長浜は北越勢, いえ門地の高い, いえがあろう, いえ間もなく起こった二つ, いえ間違ひありませんでした今, いえ間違いではございませぬ, いえ関東の意況, いえ阿Qは承知, いえ降雨直後は往々, いえ限界がある, いえ陣十郎の前, いえ陸路といえ, いえ陽気を受けた, いえ階段を一足, いえ隔てのない, いえ隠れ場所を, いえ隣席の者, いえ隣近所ばかりで, いえしても, いえ隱居は雲丹, いえ雑誌は潰された, いえ有うございます, いえ雨乞いの勝ち負け, いえ雨戸は締つて, いえは夏, いえ電燈の光り, いえ露地やそこら, いえ青山でご, いえ青春です, いえ青木は園丁小屋, いえ韓玄も実, いえ順八さんとお, いえ須永さんを見, いえ須永君にはそう, いえ頗るもって, いえ領主の身, いえの後ろ, いえ頼朝義経といえ, いえや姿, いえ顔色が青く, いえ顔馴染の無い, いえ飛行機の将校, いえといえ, いえ館林よりももっと, いえ之助, いえ馬上大軍の上, いえ馬流にもゴム輪, いえ馬琴と硯友社, いえ馬飼の長, いえ馬鹿でもその, いえ馬鹿さ加減にも程, いえ騒ぎがここ, いえ騒動の失敗, いえ騷ぎが此處, いえ驚きになる, いえ骨肉の真情, いえ高塚式古墳の示し, いえ高学年になる, いえ高時の性情, いえ高輪の荒物屋, いえ高遠な理想生活, いえもいつか, いえの名将, いえ魔もののいる, いえの巣, いえ鴫澤主水, いえはまだ, いえ鷺夜叉でございました, いえ鷺江お雪の死体, いえ鹿なればこそ, いえ黄金さえあれ, いえ黐棹でございます, いえ黒塗りでございました, いえ黒田にまちがい, いえ黒船