青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いうべき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あんまり~ ~い い~ ~いい いい~ ~いいました ~いいます ~いう いう~ ~いうべき
いうべき~
~いえ いえ~ ~いえない いえない~ ~いえる いえる~ いか~ いかが~ ~いかない いかなる~

「いうべき~」 1172, 12ppm, 9346位

▼ いうべきもの~ (363, 31.0%)

32 である 14 では 12 であった 9 がある 8 なの 6 だ, だった, であろう 4 であって 3 があった, だが, だったの, だろう, であるが, です, なり, はない

2 [14件] かどう, があっ, で, であったが, でありました, でしかも, でした, ですが, でない, でなければ, でも, で昔, にし, になっ

1 [214件] ありて, ありと, ある蛇, いかに君, かということ, かと考えた, から彼, か念仏, か怪談, か或いは, か自分, があったらしい, があり, があり得ない, があるらしい, があれ, がこれから, がしきりに, がどこ, がない, がなくし, がなくなった, がもう少し, がもし, がわかるであろう, がフロレンス, が世, が今日, が伝わっ, が全く, が典型, が内在, が加, が好き, が存する, が対立, が底, が強く, が彼, が従順無抵抗, が復興, が政治的社会的, が有った, が未だに, が残っ, が爆発, が独立, が生れ出た, が用いられる, が知られてない, が素直, が聞える, が賤民, が逆襲, が響き, が風発, じゃ, すなわち趣味, だけによって保証, だったかも, だつた, だという, だよ, だろうか, であったか, であったから, であったろう, であった併, でありまして, でありましょう, であります, であり隠語, であるけれども, であること, であると, であるのに, であろうか, であろうという, でこの, でこれら, でしょう, でその, でそれ, でないから, でないという, でなく, でむだ, でやはり, で一口, で三条西家, で世の中, で作者自身, で同人, で同氏, で少し, で平素彼ら, で思索的, で文化科学, で明治十六年, で是非, で本来, で熱, で現地軍, で進化, で長々, ということ, として十五年以後, となった, との関係, と日本, ならん, なるが, なるも, なれば, にすぐ, になった, には支那, に似た, に対しては意味, に手, に支配, に相当, に私, に襲われた, の一端, の出現, の姿, の差, の強調, の意識, の文化的, の社会的役割, の裏, の開拓, はある, はきわめて, はこういう, はただ, はアレキサンドリア, はマネキン人形, は一つ, は一面, は何, は信実, は個人, は全く, は単に, は印象, は多少, は女, は実は, は幾つ, は恋愛詩, は抒情詩, は数, は断じて, は明治三十年二月, は本来現在, は正面, は死ぬ, は油絵, は無学, は睡っ, は私, は第, は絵, は自然主義対ローマン主義, もあり, もある, もない, もまた, も生れなかった, やまた, よりもかえって, をきちんと, をその, をたっぷり, をはっきり, を一挙, を与え, を与えました, を今更, を以前青森県下, を作者, を取り出さず, を含ん, を固持, を定める, を少し, を崇拝的, を形成発展, を彼女, を思わせた, を感じ, を成就, を手, を持, を持っ, を捉えた, を描いた, を旅情, を有しなけれ, を現した, を現代人, を発生, を神聖視, を考え, を興す, を蒐集, を試み, を造った, を遂に, 殊に古代文学, 起こり中央集権

▼ いうべきこと~ (32, 2.7%)

1 [32件] あり, あるべからず, がある, があんまり, がいくつ, であって, であるが, です, でないので, でも, に日本精神, のそれぞれ苦心, のまわり, はいい, はない, はなけれ, はみんな, はもう, はマキアヴェリ, は其, は堂々, は外国, は深更, は終りました, もみな, をいいたい, をいう, をどう, をもっ, を早, を考え出しました, を述べ

▼ いうべきところ~ (25, 2.1%)

2

1 [23件] から芽, があっ, がある, だ, だが, だと, だろう, である, で両側, で紀元前四世紀以来, に, にいと, に卑怯, に身, はいつの間に, はない, をわざと, を一筆, を原稿, を月輪, を猫畜生, を筆, を言わなかっ

▼ いうべき~ (25, 2.1%)

2 この夜半

1 [23件] あるとき, かのお里, この四人, こんな少年, むすめ, コンボ及び, 先ずカフェー・パウリスタ, 古代エジプトに, 吾人の, 地球外よりの, 女剣劇の, 左の, 愛娘の, 有るべきこと, 此に, 牛込の, 特殊の, 犬神に, 空の, 紅葉思案漣眉山の, 自己の, 軍隊式の, 骨を

▼ いうべき~ (24, 2.0%)

1 [24件] あるいは畜類, あるいは絵画, いずれにも, この報, すっかり解らなくなっ, そのいずれ, それとも, それとも本当に, どうかという, はた習慣, われわれの, 外を, 夢幻と, 天の, 実にいう, 形式のみ, 敵味方を, 書記長兼アジ, 無学と, 相手の, 窈窕と, 軍隊調と, 逸しがたい, 鯉坂君が

▼ いうべき言葉~ (18, 1.5%)

2 もなかっ, もなく, を忘れ, を知らなかった 1 が決っ, の五秒間, はありませんでした, はなかっ, はなし, もなし, も知らず, をあれ, を失っ, を胸

▼ いうべきこの~ (11, 0.9%)

1 [11件] あたり, おれに, お錠口, 出来事に対して, 地球が, 学芸会で, 小泉家へ, 活歴芝居に対して, 犯罪者は, 瓶と, 黄金像を

▼ いうべき~ (11, 0.9%)

1 [11件] かも知れない, から先, が最近, が気, でないにも, はなお, はなかっ, はなんにも, は腹, も予て, をもっ

▼ いうべきかも~ (9, 0.8%)

5 知れない 1 しれずはじ, しれない, しれないが, 知れません

▼ いうべきほどの~ (9, 0.8%)

1 ことは, ものが, ものである, ものを, 人は, 年では, 水無月に, 無欲温厚篤実の, 近い地点

▼ いうべき~ (8, 0.7%)

1 がその, が自殺, だ, であったが, である, であろうが, でしたがね, で宗

▼ いうべきその~ (7, 0.6%)

1 ひと言が, 一片を, 人間を, 女主人と, 嫌悪すべき, 宿とは, 松山藩に

▼ いうべき場所~ (7, 0.6%)

1 がない, だった, で両側, の一つ, は到る, へ素顔, もない

▼ いうべき~ (7, 0.6%)

3 のもの 1 であった, のこと, の大, の手軽

▼ いうべきことば~ (6, 0.5%)

1 などある, に会わぬ, は何, もどうか, もなかっ, を知らなかった

▼ いうべき~ (6, 0.5%)

2 では 1 か, で私, なりと, の上

▼ いうべき~ (5, 0.4%)

1 あらずされば, いわんや全く無, 事実は, 更にこれ, 背を

▼ いうべき人物~ (5, 0.4%)

1 だった, ではあるまい, なの, はその, をもっ

▼ いうべき~ (5, 0.4%)

1 が二人, が采配, だ, では, なり

▼ いうべき~ (4, 0.3%)

1 新と共に, 畳奉行を, 竹大日如来を, 粗末な

▼ いうべき~ (4, 0.3%)

1 そのよう, 一層誇張, 上げに, 鶉出

▼ いうべき一種~ (4, 0.3%)

1 の喜び, の気持ち, の狐, の芸術的感興

▼ いうべき人々~ (4, 0.3%)

1 で嘗て, に直接, の作品, の言葉

▼ いうべき作品~ (4, 0.3%)

1 が出, であるが, や作家, を書い

▼ いうべき~ (4, 0.3%)

1 勢力を, 才が, 規模な, 饗宴で

▼ いうべき大きな~ (4, 0.3%)

1 時代の, 汽船に, 組織としての, 魅力が

▼ いうべき~ (4, 0.3%)

1 があっ, だった, は坪, へ上陸

▼ いうべき程度~ (4, 0.3%)

1 である, にし, に達してる, に酔っぱらっ

▼ いうべき種類~ (4, 0.3%)

4 のもの

▼ いうべき~ (3, 0.3%)

1 時々持ち上る, 至当で, 至当であろう

▼ いうべきよう~ (3, 0.3%)

2 なもの 1 もなかっ

▼ いうべき~ (3, 0.3%)

1 である, のアマ池, を薄

▼ いうべき~ (3, 0.3%)

2 は本当 1 がこれから

▼ いうべき理由~ (3, 0.3%)

1 はない, をもたなかった, を持ちませぬ

▼ いうべき~ (3, 0.3%)

1 だ, でもない, はない

▼ いうべきかと~ (2, 0.2%)

1 会合の, 評す

▼ いうべきかを~ (2, 0.2%)

2 知らない

▼ いうべきはず~ (2, 0.2%)

1 のところ, もない

▼ いうべきほど~ (2, 0.2%)

1 で一度, 人に

▼ いうべき一文~ (2, 0.2%)

2 を発表

▼ いうべき世界~ (2, 0.2%)

1 が眼前, が考えられね

▼ いうべき事件~ (2, 0.2%)

1 である, は当局

▼ いうべき~ (2, 0.2%)

1 だ蠅, です

▼ いうべき傾向~ (2, 0.2%)

1 が頭, をもっ

▼ いうべき勢い~ (2, 0.2%)

2 で生

▼ いうべき勢力~ (2, 0.2%)

1 である, を有し

▼ いうべき君主~ (2, 0.2%)

1 のあった, のある

▼ いうべき地位~ (2, 0.2%)

1 を与え, を占め

▼ いうべき大きい~ (2, 0.2%)

1 自然と, 黒魚が

▼ いうべき大樹~ (2, 0.2%)

2 であっても

▼ いうべき大衆~ (2, 0.2%)

1 というよう, の観念

▼ いうべき姿~ (2, 0.2%)

1 で私, で立っ

▼ いうべき存在~ (2, 0.2%)

1 だった, であった

▼ いうべき~ (2, 0.2%)

1 の三位一体, も喉

▼ いうべき思い愛しみ~ (2, 0.2%)

2 を遺す

▼ いうべき性質~ (2, 0.2%)

1 のしっかり, のもの

▼ いうべき怪物~ (2, 0.2%)

1 である, を取り除い

▼ いうべき感じ~ (2, 0.2%)

1 なの, を伴っ

▼ いうべき文句~ (2, 0.2%)

1 の数々, を求め

▼ いうべき~ (2, 0.2%)

1 であった, はない

▼ いうべき暖かい~ (2, 0.2%)

1 光を, 日でし

▼ いうべき構え~ (2, 0.2%)

1 の前, は平家建

▼ いうべき次第~ (2, 0.2%)

1 であった, であるまい

▼ いうべき気配~ (2, 0.2%)

1 が感ぜられる, が見えました

▼ いうべき温和~ (2, 0.2%)

1 な人なつこい, の景色

▼ いうべき状態~ (2, 0.2%)

1 であった, になっ

▼ いうべき独特~ (2, 0.2%)

1 のもの, の新聞

▼ いうべき社会~ (2, 0.2%)

1 の一隅, を見

▼ いうべき美人~ (2, 0.2%)

2 であるので

▼ いうべき自分~ (2, 0.2%)

1 の仕事, の急所

▼ いうべき若い~ (2, 0.2%)

1 のは, 娘の

▼ いうべき~ (2, 0.2%)

1 特徴を, 課題について

▼ いうべき部分~ (2, 0.2%)

1 が他, を覗い

▼ いうべき題材~ (2, 0.2%)

2 である

▼ いうべき~ (2, 0.2%)

1 か, では無かろう

▼1* [451件]

いうべきあざやかなもの, いうべきあの光の, いうべきあまたの小船, いうべきいいチャンスだ, いうべきいくらか蜘蛛の, いうべきいわれはない, いうべきお松が急, いうべきかなどは詮索の, いうべきかなり肥った櫛形, いうべきこれらの言葉, いうべきしぐさであるにも, いうべきすべてが重厚, いうべきそういう人々の, いうべきそれなる鳶頭, いうべきたぐいの過ち, いうべきただ一つの, いうべきちんみょうな面相, いうべきしで, いうべきときにはずばり, いうべきにはあらざれども, いうべきのみに非ず, いうべきふうをし, いうべきふしぎな威勢, いうべきまことに可憐な, いうべきみえ衒気自負があった, いうべきむかしの家庭教師, いうべきむっつり右門に, いうべき実は友, いうべきもう一人の, いうべきものの反対の, いうべきものゆえ現代人類の財産制度, いうべきもの一つもあらぬ, いうべきもの是らはいずれ, いうべき疑わしく候, いうべきわけのところ, いうべきわざをもっ, いうべきアプスレイ館である, いうべきアマゾン河流地方のごとく, いうべきアムンゼンとスコット大佐, いうべきアメリカ国に至っ, いうべきガボリオやポー, いうべきギュヨウ等が, いうべきシャスタ・ピークまでは達しなかった, いうべきシャモニイ・モンブランの町, いうべきスタイルにぞくする, いうべきセリフの流れ, いうべきソビエットの唯物文化, いうべきチャンスでもあった, いうべきデッキパッセンジャーに印度人五六十名, いうべきトリックは生涯, いうべきヒマラヤ山脈を前, いうべきビヤースの, いうべきブリキ罐のなか, いうべきミニョンとユグノー教徒, いうべきメッテルニッヒであった, いうべき一つの目論見, いうべき一ツの方法, いうべき一人の老, いうべき一大渓谷がある, いうべき一大現象に向かっ, いうべき一帯には愛鷹箱根, いうべき一本の木, いうべき一派はにわかに, いうべき一番に重大, いうべき一群の欧州, いうべき一葉の作品, いうべき一軒屋のほか, いうべき三千円を着服, いうべき三社信仰は推理, いうべき下層の群集, いうべき下諏訪での一夜, いうべき不便な土地, いうべき不思議な幻影, いうべき不知火流の門弟ども, いうべき世論についての僕, いうべき中央の建物, いうべき中央発電所の大, いうべき丹下左膳の腕前, いうべき乞食の姿, いうべき予期して, いうべき事態のおこる, いうべき二十八日の夙く, いうべき五十川女史に振り向い, いうべき五名の警官, いうべき交通組織はまず, いうべき人たちで占められ, いうべき人数名列席するなり, いうべき人間だけである, いうべき人首唯一の話柄, いうべき仏蘭西の首府パリ, いうべき代数が屡々, いうべき仮りの造営奉行所, いうべき伊丹弥次兵衛は褒めた, いうべき伍組を設け, いうべき位置にあった, いうべき体たらくの折柄, いうべき何源が口頭, いうべき何物をも持たぬだろう, いうべき価値あるもの, いうべき俗人不犯の寺格, いうべき側面ばかりを影響, いうべき優雅なる時計台, いうべき元禄と天明, いうべきの下, いうべき入口より少し, いうべき入声の, いうべき全くあさましい有様, いうべき六畳ほどの板の間, いうべき兵部大輔のこの, いうべき内容にとどめられた, いうべき凄絶さを極め, いうべきである, いうべきの言葉, いうべき別乾坤ができ上る, いうべき剥離であり引きちぎられた垂れ幕, いうべきのないはかない, いうべき労作を思いたっ, いうべき勇気を振い起し, いうべき動作を顕, いうべき動力所を襲う, いうべき動物の話, いうべき北条時頼にほかならなかった, いうべき北条義時の手, いうべき北鎮岳の頂, いうべき十八歳だのに, いうべき半蔵にも万福寺, いうべき卑屈な面, いうべき南米ブラジルに対する堂々たる, いうべき卜占の方法, いうべき危機一髪の油汗, いうべき危険性を帯びた, いうべき友吉おやじが居ない, いうべき友情によって固く, いうべき反古の文字, いうべき取材にも拘らず, いうべき生物の, いうべき各種の表現, いうべき吉備真備が乗っ, いうべき同時場面に出入り, いうべき名画が一枚, いうべき名馬で, いうべき咽喉の刀痕, いうべき品川御殿山を残らず, いうべき品物でいまわしい, いうべき唯一のこと, いうべき唯物的実証論が行き, いうべき唱門も出れ, いうべき問題でもない, いうべき器械器具類の物々しい, いうべき土地だ, いうべき土方歳三が出向い, いうべき圭子は少し, いうべき地下足袋をはい, いうべき地域を郷, いうべき地震研究所が設けられ, いうべきによって格外, いうべき執行猶予の恩典, いうべき堀口を殺害, いうべきを通り越し, いうべき墨色を思い出し, いうべき壁龕になってるらしく, いうべき声明のリズム, いうべき外国関係の大きな, いうべき多くを持っ, いうべき夢中遊行にし, いうべき大作用のすべて, いうべき大入りを占めた, いうべき大道具までが参加, いうべき大金で白雲頭, いうべき大騒ぎをやった, いうべき天地である, いうべき天正九年に羽柴筑前守秀吉, いうべき夫婦は古風, いうべき奇行家なの, いうべき奉行職を勤める, いうべきがひそん, いうべき奸商ではない, いうべき好意によって刻々, いうべきにひねくれた, いうべきを五, いうべき婦人の非, いうべき子分達に一人, いうべき学問は世界開発, いうべき宗教を泥土, いうべき官吏にこの, いうべき官庁行政を見せつけられ, いうべき実況であったから, いうべきであった, いうべき家老や関所番, いうべき富士山は南, いうべき尊い法師を, いうべき尊敬の念, いうべき平原と, いうべき小さな部屋を, いうべき小名の住ん, いうべき小話を紹介, いうべき少年探偵団の歌, いうべき就中小説の如き, いうべきは昔, いうべき屈強の刑事, いうべき山下村で懇親会, いうべき山男の究極, いうべき山科は近江, いうべき川上の村落, いうべき左膳の思い女弥生, いうべき巧妙な表情, いうべき巨大なる機構, いうべき平戸九十郎があの, いうべき年ごろに余り, いうべき年頃だのに, いうべきで此, いうべき引用法がある, いうべき弟子でありましたが, いうべきであった, いうべき形勢であって, いうべき形成でなければ, いうべき役柄の人物, いうべきが誕生, いうべき彼女はここ幾年, いうべき律儀者であり人, いうべき徐氏をどう, いうべき容体で, いうべき御嶽のすそ, いうべき御用達といくばく, いうべき微妙な感覚, いうべきの転回的努力, いうべき心境であろう, いうべき心掛が賞讃, いうべき心理状態になっ, いうべき心理的喜悦を味わう, いうべき心理遺伝学とこの, いうべき必要はない, いうべきろしい, いうべき性格の持主, いうべきを憧憬, いうべき恋文を沢山, いうべき恐ろしき奴それに, いうべき悠々自適の生活, いうべき悪辣な男, いうべき情合でただ, いうべき情合いであろう, いうべき意味である, いうべき愚直為すなき, いうべき感懐を詠じ, いうべき感覚を全身, いうべき戊辰の遠征, いうべきるリアリズム, いうべき所作をもと, いうべきを加え, いうべき推理力を用いる, いうべき教部省に身, いうべき文学は無い, いうべき文芸に接近, いうべき斜坑の入口, いうべき断末苦をピクリ, いうべき新しい歴史が, いうべき新鮮さがなく, いうべきであるが, いうべき旅人の特長, いうべき旗本屋敷に潜伏, いうべき時代でありますから, いうべき時期を過ぎた, いうべき時機ではありません, いうべき時空一如の流れる, いうべきあらず我, いうべきらさに, いうべき暗黒の空, いうべき暴力団長と結託, いうべき書物の精神力, いうべき最も成熟し切った, いうべき最後のページ, いうべき有名なる無頼漢, いうべき有様であったの, いうべき服装にはあらざるなり, いうべき未来の妻, いうべき板張りの床, いうべき板橋に達した, いうべき林檎のよう, いうべき柳沢家へ検校, いうべき楕円形のかたち, いうべき様式なの, いうべき模様や色, いうべき権力者に対しては皇室, いうべき機関の音, いうべきである, いうべき歌舞伎座の招き, いうべき歌調に統一, いうべきの大通り, いうべき殺人を計画, いうべき母乳が母, いうべき気の毒な終末, いうべき水溜りにもう, いうべき沈滞が生じた, いうべき活動を現, いうべき続きまたは, いうべき浩澣な原稿, いうべき海賊の首領フック船長, いうべき深い竪皺が, いうべき深遠な真理, いうべき演芸矯風会の主催, いうべき激情に動かされた, いうべき激越な調子, いうべき瀬戸内の海上権, いうべき火野の諸, いうべき炭坑王の荒稼ぎ, いうべき烈しい風が, いうべき烱眼なるヴォルテール, いうべき無愛想な感じ, いうべき無遠慮な浮かれ気分, いうべき照り降りの乱雑, いうべき熱心な金沢通, いうべき牛ヶ淵の鬱蒼, いうべき物そのものいわゆる物自体, いうべき狭い二本の, いうべき猿田飛行士が乗り逃げ, いうべき獅子面という顔, いうべき現象が目立ち始めた, いうべき瑞西のジュネーヴ, いうべき生理的な反射運動, いうべきのない, いうべきであった, いうべき畸形らしく第, いうべき病気を持っ, いうべき白毫をうばいかえさなけれ, いうべき百姓家の裏, いうべき皮膚病が非常, いうべき盆地にも及ん, いうべき目録を三十年, いうべき真名古警視, いうべき眺めです, いうべき眺望あるところ, いうべき眼鏡をかけ, いうべきを敷きつめた, いうべき石屋の金さん方, いうべき神保造酒先生で年, いうべき神技に接した, いうべき神速なそして, いうべき秋山要介正勝, いうべき秋草の咲い, いうべき秘密の化粧法, いうべき種々のもの, いうべき積極的な言葉, いうべきかな眼, いうべきに懸れる, いうべき空電に禍い, いうべき立場であるが, いうべき竜宮城に擬したる, いうべき筒井の言葉づかい, いうべき米味噌醤油雑貨から呉服類, いうべき紙片である, いうべき素質をもっともっと, いうべき組立鉄骨の間, いうべき組頭庄助と年寄役伊之助, いうべき結核をはじめ, いうべき絶品だそう, いうべき絶対矛盾的自己同一の世界, いうべきを犯せり, いうべき美奈子は案外, いうべき美女三人が控え, いうべき義経の書いた, いうべき非耶, いうべき聡明叡知なる青年, いうべきの辺, いうべき良書が硫酸, いうべき苦しみを凌い, いうべき英京ロンバード街に行き, いうべき華やかな夜, いうべき著者が日本, いうべき衝動のため, いうべき衣裳類すら何, いうべき要港にて加, いうべき要職にある, いうべきのさだめた, いうべき親しい仲の, いうべき観察の眼, いうべき観念の頭, いうべき言の葉も岩間, いうべき詩句に彼女, いうべき詩書礼楽のお話, いうべきすなわち二十三夜, いうべき語句である, いうべき語気にみち, いうべき語調を床, いうべき論派なり, いうべき講義である, いうべき警官が現われ, いうべき谷子と偶然, いうべき谷山家の援助, いうべき谷間であった伊那, いうべき豊玉媛の役, いうべき豊饒な生活力, いうべき貴い方です, いうべき貽貝や鰒様, いうべき賤民は抗議, いうべき赤松克麿氏などの方, いうべき理的な, いうべき超自然的な魔力, いうべきは殆ど, いうべきはなけれ, いうべき身体といつも, いうべき軽い意識, いうべきはない, いうべき途方もない, いうべき通例となっ, いうべき通信連絡の大元, いうべき逸見多四郎先生がさては, いうべき逸話や後世, いうべき遊蕩に際しては道徳堅固, いうべき適切な時期, いうべき邪道であった, いうべき郡盗を捕まえ, いうべき部類のもの, いうべき都市生活が発達, いうべきを売る, いうべき重大問題がその, いうべき重要な特質, いうべき重要物件の紛失, いうべきなくとも, いうべき鋭利犀抜なる手腕, いうべき錯乱に陥った, いうべき鍔競りをしかけ, いうべき長い馬に, いうべき長崎が西方, いうべき関係のある, いうべき関東軍に捕えられ, いうべき限りではありません, いうべき陰鬱な観念, いうべき階級の人々, いうべき雰囲気は既に, いうべき電波探知機とても原理, いうべきもいくつ, いうべきをふりかざし, いうべき音楽が始まった, いうべき音羽護国寺境内における名, いうべき響きをもっ, いうべきの登山者たち, いうべき領内巡遊が行われた, いうべきのいい, いうべきの金, いうべきによく, いうべき顔つきをし, いうべき類いだった, いうべきだった, いうべき風格を欠如, いうべき飛行島はいま波濤, いうべきはアフリカ, いうべき高い猿の, いうべき鬼火の姥め, いうべきか鱸, いうべき黒い岩の, いうべき黒頭巾の武士