青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「いう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あんなに~ ~あんまり あんまり~ ~い い~ ~いい いい~ ~いいました ~いいます ~いう
いう~
~いうべき いうべき~ ~いえ いえ~ ~いえない いえない~ ~いえる いか~ ~いかない いかなる~

「いう~」 47374, 512ppm, 190位

▼ いう~ (6487, 13.7%)

125 それは 65 彼は 55 これは 52 私は 28 そうで 22 何か 21 ある, 彼女は 18 女は, 決してそうで, 私の 17 いえども 16 彼の 14 私が 13 僕は, 非常に 12 これも, タヌは, 急に 11 自分の 10 そうでも, 日本の, 母親は 9 すぐに, そうは, それが, 今度は, 博士は 8 その男, それには, それを, どんなこと, 不思議に, 今から, 他の, 女の 7 おれは, これが, 何でも, 男は, 秀吉は

6 [16件] あなたは, あれは, いつでも, どんなもの, なく, わたしは, 一つの, 二人は, 今まで, 例の, 僕の, 変に, 思って, 母は, 第一, 自分は

5 [20件] おりこの, お前は, そこに, そこには, その頃, たいへんな, 伊織は, 何を, 先生は, 出て, 変だ, 女が, 彼らは, 或る, 此の, 武蔵は, 私も, 語弊が, 誰でも, 黙って

4 [35件] こうである, そうでない, そんなら, なくこの, ほかの, ぼくは, 一種の, 今の, 今は, 今日は, 何の, 何も, 前に, 同じよう, 君は, 女も, 女主人は, 妙に, 子供が, 平八は, 彼が, 彼らの, 彼等は, 思いながら, 承知しない, 曹操は, 木場の, 次の, 気が, 相手は, 老婆は, 自分が, 自分で, 軽部は, 顔を

3 [81件] いて, いやに, おかしいが, おせい様, おりなん, お駒ちゃん, かれの, この私, これには, これを, さすがに, すぐ, そうも, そのとき, その人, その人間, その通り, それぞれの, それにも, どういうこと, どこか, どこの, なくこんな, なると, ほうも, また一人, わしは, われわれは, 一人の, 一緒に, 中から, 主に, 主人の, 之は, 二人の, 人に, 人間が, 今も, 何思った, 僕が, 僕も, 前の, 右門は, 唇を, 嘉門は, 奥さんは, 女中は, 小次郎は, 弟が, 彼女の, 必ずしもそうで, 思うの, 日本では, 昔の, 武士は, 殆ん, 父は, 特殊な, 狭山は, 男も, 白木は, 眼に, 私たちの, 笑って, 紳士は, 老人は, 耕介は, 聞えが, 葉子は, 蛾次郎は, 西洋の, 言って, 読者は, 誰も, 身を, 身体を, 逃げるよう, 部屋を, 長官は, 馬鹿に, 鬼は

2 [292件] あって, あなたが, あなたの, あなた方の, あの子, あるが, あるの, ある人, あわてて, いかにも自分, いつもその, いろ, おかあさんが, おかあさんは, おかみさん, おめ, おやおやへん, おり, おりお, おりおれ, おりさ, おりその, おり運命, お内儀さん, お前に, お姫さまは, お延, お杉, お母さんは, お米, お通, お雪, かぶりを, かれは, きました, くるりと, こうで, ここから, ここの, この事件, この人, この女, この春, この時, この辺, この金, これと, こんどは, こんな風, さようで, じろりと横目, すぐ帰っ, すたすたと, そういうところ, そうか, そうだ, そうです, そのころ, その女, その木屑, その犯人, それこそ, それだけ, そんなもの, そんな事, たれもが, だね, だんだんと, どうする, どうでも, どうもそうで, どこでしょう, どこへ, どこも, どの位, なくお, なしに, なんだ, なんでも, なん野猪は, ばかに, ひどく強, ほとんどが, またその, むかしは, むやみに, よくお, りま, わが地球, わずかな, わたしの, われわれの, アメリカの, イブセンは, クスクスと, コン吉は, ジョウが, ジョウは, ジョンは, ソーンダイクは, タヌも, チョッと, ベスは, ベスも, ポケットから, ポチは, ローリイは, 一しょに, 一つには, 一閑斎は, 三四郎には, 三四郎は, 上記の, 下品に, 丑之助は, 世界の, 世間には, 中には, 主人は, 亀之, 事が, 事務的で, 事務長は, 事実は, 二葉亭は, 二階の, 五月の, 人々は, 人聞きが, 人造人間は, 人間の, 今, 今日の, 伯父は, 何が, 何だかその, 何だか君, 作者は, 侍は, 侏儒は, 俄に, 俺の, 個性の, 側に, 傍に, 元来この, 先に, 全然反対, 冬亭は, 冷泉華子は, 別にこれ, 労働において, 南玉が, 危険な, 友人は, 叔父は, 可笑しく聞える, 同様の, 君の, 品が, 国家が, 堅い感じ, 塀を, 声が, 変です, 多くの, 多くは, 夢の, 夢中に, 大抵の, 大柄な, 大阪の, 大阪までの, 夫は, 夫人は, 女房に, 女房は, 好きな, 妙な, 妹の, 始めは, 婦人は, 嫌な, 子供は, 孔明は, 孟獲, 学問の, 実はその, 家に, 家の, 小笠原は, 少し大げさ, 少し大袈裟, 少し話, 少年は, 岡田は, 帆村は, 当時の, 彼も, 後から, 従来の, 心の, 必ずしもそうでない, 必ず自分, 怪しい客, 息子は, 手首を, 支那の, 支那人の, 斉しく, 斉彬は, 新吉は, 日本でも, 日本人の, 是も, 普通に, 普通の, 桂は, 椅子を, 横に, 次郎は, 民衆の, 気の毒な, 江戸時代の, 流れるよう, 涙を, 準之助氏は, 火の, 無造作に, 父が, 父と, 父の, 特別な, 狸は, 玉子の, 現代の, 甚内は, 申すまでも, 男の, 畳の, 皆が, 皆は, 直ちに, 直ちに物質的生産, 相当の, 相手を, 真名古は, 私たちには, 私とは, 私には, 私を, 童子は, 緊張した, 罰が, 美作は, 老母は, 肩を, 能く, 腰を, 自分に, 舞台の, 船長は, 芭蕉は, 花は, 若い記者, 若奴, 袖を, 見くびって, 見ゆ, 言葉が, 記す, 論理と, 議論に, 赤児の, 足を, 載す, 金博士は, 闇太郎は, 阿呆んだら, 陳君は, 隣の, 雖も, 青江は, 非常な, 鞍馬の, 頭から, 頭の, 顔が, 顔に, 馬は, 鳰鳥は, 鴫丸は

1 [4587件 抜粋] あああの家, あたしは, あとの, あのとき, あの六本足, あの男, あまりに簡単, あるいはその, ある一つ, あんなにあばれた, いえ私, いかにも原始的, いかにも義侠心, いきなりお, いくらか上品, いずれかの, いちいちお, いつもあの, いつも思い出す, いま, いやな, いよいよ空, いわゆるクダモノ, うそに, おう, おそらくその, おばあさんの, おや小鳥, おりおとなしく, おりなげし, おりわたし, おり何, おり太ったアニュータ, おり敬語, おり船橋, おり頭, お前が, お客さんの, お父さんは, お蔦が, かえってその, かならずあんた, かの怪人, がめを, きっと昂奮, くやしがり, こ, こうして綱, ここへ, このほう, この中, この因果, この宗旨, この平野, この敵, この池, この臆断, この遊戯, この餅, これでも, こわいけれども, ごく悪い, さつ, さも大, したら尊氏, じっとあの, すぐそれ, すぐ亀, すぐ小判, すぐ様人々, すぐ禅, すこし宗治, すばらしいが, せっかくこの, そういう目, そういう風, そこが, そっと溜息, そのままドア, その上, その以前法然, その古い, その子女, その後は, その時機, その浪人, その皮肉, その花穂, そばかすみたいに, それから朝, それでは唱歌, それならどういう, それまで, そんなに不足, たいがい一から, ただそれだけ, ただ二人, たちまち寂滅, たとえば筑前国島郡川辺里卜部乃母曾, だから貴女, ちょうど右, ちょっと眉, ついハイボール, つまらぬもの, つまり仏教, つまり私たち, でもまあ, とかく行儀作法, とにかくこの, どういう困難, どうしても私たち, どうもオックウ, どかり, どの小屋, どんな島, なお一層, なくお嬢様, なく一つ, なく十目, なく妖怪変化, なく煩悩夜盗, なく言い囃した, なぜか, なにやら御, なんだか少し穏やか, なア, はあて, はじめの, はねおきた一方, ひとり仰向き, ひろ子にと, ふた間か, へんな, ほとんど野良犬, ぼってりした, まずこうだ, まず教学, またし, またクルリ, また江戸, まだめずらしい, まだ水野越前守, まるでちがった, まるで縁, みすぼらしいもの, みんなきまって, むしろひっそり構え, むずかしい態度, もうけた話, もう一人, もう姿, もう落成式, もっとずっと罪, やっと承知, やっぱり食う, やはり何, やはり自身, ようございます, よく聞える, れいの, わざわざお, わるいから, イヤでも, ウ氏が, カサルス, キリストが, ケースから, コンナ風に, シガレットケースから, スパイを, ソルティーニの, ダージリンの, ツケ上がる, ドイツ語では, ニーチェの, ハヽア家へ, ビリッ尻だ, フランス的啓蒙主義の, ヘン生意気な, ボートの, ミケランゼロ自身の, ヤマさんを, リスカンという, 一つは, 一体どれ位, 一定期間その, 一斉に, 一時間や, 一番平凡な, 一般に何, 一銭だ, 七八名の, 万太郎様も, 三度に, 三洋丸ぐらいの, 上衣の, 下駄の, 不思議がる, 不用意な, 世の中の, 両親共いなくなっ, 中国服の, 丹泉は, 之に, 乳母の, 事実の, 二人とも, 二度に, 云う譬, 京子は, 人の, 人相書などが, 人間は, 今までの, 今日に, 仏は, 代はいりませぬ, 仲太郎は, 伝公が, 低い背広, 何う, 何だか又, 何だか言葉, 何とも言えない, 何処へ, 余裕の, 侍側の, 俗曲の, 俳句の, 健吉くんが, 傷の, 儒者の, 元気が, 先ず礼節, 先刻見, 光秀は, 全く嘘, 全隊, 共に元気, 其通りに, 再び車, 出がけ, 分りませんね, 前々から, 劉備は, 勾配の, 北条美作は, 十二単衣ばかりを, 十言も, 午前九時四十分前後であった, 半太夫, 博士を, 卵の, 又ドエライ手数, 又裏木戸, 反対で, 受動的な, 古めかしく聞えます, 叱られる, 合の子な, 同じき, 同じこと, 同一な, 同時に傍, 同時に自分, 名古屋は, 君な, 呂蒙, 和らかい, 唇だけが, 善助は, 四十めんそうは, 困るでしょう, 土民の, 地球儀の, 型自身が, 塩山から, 外で, 多助は, 夢みた, 大きな卵, 大ナムチ, 大作ぞろいで, 大地震, 大層口説, 大概年代だ, 大隅の, 太ったほう, 失恋, 奉公人が, 女という, 女将は, 如何にも奇怪千万, 妻君に, 威勢が, 婚約の, 子供っぽ, 孝子が, 孫も, 安蔵が, 定めし君, 実は余り, 実相感が, 家内太夫は, 寄手の, 寝台に, 寮の, 小ツル, 小山の, 小田策之, 少しく大袈裟, 少なくとも不安文学, 山の手では, 山県紋也は, 川上機関大尉は, 左太郎も, 市松は, 常識を, 幽霊の, 座敷よりも, 弓で, 弱点が, 当日同氏が, 役人は, 彼等と, 後手に, 御前の, 御目付役, 徳川期の, 必ずしもそうとのみは, 必ず選択, 忠次は, 怒られますよ, 思う, 怪塔王は, 恐ろしいもの, 悪く色気, 愛嬌の, 慈明和尚引錐自, 懲役に, 我々みずから無意識界へ, 戸田は, 手も, 払子に, 折角昨日, 按摩さん少し, 政治綱領めい, 教育を, 文化乃至, 新川という, 旅行の, 日本人に, 旧阿蒙で, 明治十七年頃日本美術協会という, 昔取った, 昨日同, 時折訪れ, 暗くされ, 書かれたの, 最も平民的, 有り合う獲物, 木の葉は, 末尾に, 朱の, 東京の, 東風が, 柔和な, 案外うまく, 森啓之助ほか八九人の, 楢平は, 楽屋番は, 樹木の, 次郎も, 正木の, 武蔵の, 歴史的題材へ, 段, 母親も, 比良夫君は, 気分が, 水夫長は, 江戸の, 決心を, 法事を, 泰文は, 派出の, 浮橋は, 涙で, 清十郎は, 漢学は, 炭火の, 無限大の, 煩さく思った, 爺むさい顔, 片眼, 物ごとの, 犬も, 猟師は, 玄関へ, 珍しいお母さん, 理不尽な, 生まれた川久保, 用たしで, 甲でも, 男勝りな, 異なり子, 病人の, 白女は, 百蔵は, 益満は, 直ぐ, 直ちに自然界, 相方かな, 真蒼, 矢庭に, 石炭の, 社の, 神の, 神道者や, 私だって, 私真面目に, 秤の, 穴の, 突然雨, 立ち上った, 童子の, 笠森氏には, 筮竹を, 粥川の, 紐を, 素気なく, 結婚の, 給仕は, 線の, 美和子は, 義清は, 老師の, 耳まで, 職人が, 背の, 脳に, 臆病者の, 自動車の, 自然樹頭に, 興福寺の, 船長みたいな, 色の, 花魁は, 若しや, 苦笑し, 草薬の, 落語道話の, 蓼太白雄らが, 蘭人から, 蝶番の, 表面堂々, 褌ひとつで, 西洋画を, 覆面の, 見合の, 親友の, 角が, 記憶の, 話が, 誠にお, 誰が, 謙信は, 議場は, 貞淑と, 賄賂の, 起ち上って, 身分ちがいとか, 軽いも, 近代ブルジョア, 逆手に, 道を, 遠くに, 酒と, 里の, 金が, 鈴木加藤と, 銀子に, 鎮守の, 閉鎖的に, 阿難, 階下に, 雇主と, 雪の, 電話口で, 非難する, 順一は, 題材が, 飛び上がった, 食卓の, 首肯されえない, 馬騰, 高屋市長は, 鰡は, 鹿島籠の, 黙念

▼ いうので~ (4076, 8.6%)

50 私は 26 それを 18 彼は, 私も 17 これは 14 僕は 10 これも, ござります, 急に, 私が, 私の 9 これを, 非常に 8 それが, それに 7 ござりました, ござりまする, みんなが, 二人は, 村の 6 あるならば, すぐに, 今度は, 大勢の, 思い出したが, 是から 5 あつた, そこへ, はなしに, 一緒に, 人々は, 彼女は, 急いで, 私たちは, 近所の

4 [22件] これが, ごく尊敬, その夜, ともかくも, なくて, ふたりは, みんなは, わたしは, 一種の, 三人は, 二人で, 二人の, 何か, 僕も, 困って, 子供の, 我々は, 新聞に, 父は, 老人は, 自分の, 足を

3 [52件] あわてて, いっしょに, いろいろと, お光, きょうも, ここの, この方, この頃, これに, これには, その代り, その方, その日, それは, たいへんな, たくさんの, なか, びっくりし, みんなの, わたくしは, わたしが, 一同は, 一部の, 久能は, 人を, 仕方なし, 何でも, 余は, 例の, 僕が, 僕の, 出て, 多くの, 家の, 家内の, 師匠の, 店の, 庭の, 彼を, 怒って, 或る, 気が, 父の, 私に, 私を, 若い者, 葉子は, 行って, 評判だった, 誰にも, 連れて, 驚いて

2 [186件] あなたは, ありまして, ある大工, いいと, いずれも, いよいよその, いよいよ三月なかば, うちに, おおぜ, お上の, お千代, お定, お詣り, お通, かれは, がんす, ここに, この前, この名, この日, この東大泉, これから行く, ござりまし, ござりましょう, さすがに, さてはと, しかたなく, そこには, そのあと, そのうち, そのため, そのつもり, その人, その儘, その噂, その朝, その筆蹟, その荷物, その詮議, その通り, それから引きつづい, それだけの, それで, それへ, それも, とりあえずお前, どこの, なかなかの, なしに, ほかの, みんなも, やめに, よんどころなしに, わざわざ遠い, われわれは, 一同が, 一寸した, 一生懸命だ, 一行は, 七日の, 三人が, 三人の, 世間では, 世間の, 両親は, 主人の, 主人は, 久しぶりで, 二つとも, 二三人の, 二人がかりで, 二人とも, 二階を, 今でも, 今に, 今の, 今は, 今も, 今日は, 仕方が, 仕方なく, 佐山君も, 何かの, 何の, 何も, 何んな, 作者の, 供の, 元気が, 兎も, 全市の, 兼ねてから, 写真器を, 出かけたの, 出かけて, 出かけましたが, 出して, 前の, 半七, 司令部では, 吉之助の, 名も, 向田大尉は, 四十めんそう, 土地の, 夜の, 大さわぎ, 大変な, 大急ぎで, 大騒ぎを, 女は, 女中たちは, 女中に, 女中は, 姉は, 娘たちは, 学校の, 安心しきっ, 宿の, 密かに, 少しは, 山の, 巡査を, 師匠は, 当局は, 彼が, 彼の, 彼らは, 後には, 持って, 指図を, 支配頭の, 方々に, 方々の, 早速に, 昔は, 有名でした, 有名な, 有名に, 朝から, 梅沢君は, 次郎が, 母が, 気の, 注意を, 源氏は, 無理に, 男が, 男と, 男の, 町の, 皆が, 皆の, 皆は, 皇子は, 目を, 着任の, 知られて, 私だけ, 私達は, 絶対に, 考えて, 能と, 腕に, 自分が, 自分は, 自分も, 荷物を, 見せて, 見に, 親たちの, 評判に, 話は, 誰に, 通って, 遂, 遠くから, 酒を, 長次さんが, 長歌の, 開かれた, 非常な, 頭から, 頼朝に, 顔を, 駕籠だけを

1 [3117件 抜粋] ああいう, あたしが, あっちでは, あのボーイ, あの形, あの頃, ある夜, あんなにあわて, いいの, いくら位に, いちかば, いつでも, いつも細君, いままでの, いやもうたいへん, いろいろいっ, いろいろ相談, うちの, えらい評判, おこって, おっ母さん, おふくろは, おろそかには, お前様旦那に, お岩, お母様は, お目にかかれませんでして, お菊, お金の, かえってお, かつて遺言状, かの腰, かんかんに, きびしいお, くびり, こういう時, こう呼ばれる, こちらでも, ことにこの, このほう, この事実, この大, この序詞, この有力, この田辺辺, この許都, この銘, これから娘, これに関する, これ倖いと, ごくわずかしか, さあひと眼, さっさと難, さらにセカンド, さらば隅田河原, しかたなし, しょっちゅう蜜柑, すぐには, すっかりところ, すなわち, ずいぶん非難, そういうあだな, そうなると葉子, そこでこれ, そこで集めた, そっと墓地, そのたび, そのまま持っ, その不謹慎さ, その位牌, その夜ふけ, その幽霊, その手当, その支度, その晩宗祇, その混雑, その翌, その血痕, その話, その青年, それからまた勇気, それこそ, それだけずっとつづけ, それでは食道鏡, それと, それまで, それ以来平四郎は, たいそうその, たださえ, たちまち私ども生徒, だれも, ちょいとは, ちょっと騒いだ, ついやる気, つい藤沢, つまり嫉妬, できあがった巨大船, とうとう庚申講, とっつら, とりあえず親しく, どこかに, どんな様子, なかった, なにしろイギリス, なんだか内輪, ねばった気持ち, はばかって, ひとりだけ, ひどい目, びっくりしました, ほめる方, ぼくらは, まあ自分, まず女の子, またそつ, また岬, まだ心配, ま其様なに心配, みんな婆さんを, むしろ鄭重, もうあと三年, もう大, もし近, やっと安心, やはり学者, やむをえず上, ゆっくりし, よく行こう, よそから, わざと南太平洋, わざわざ仕組んだ, わしを, われも, オスロ, ガンジス川の, ジコーサマが, スペイン領事が, ダイブ方々で, トラックを, ナポレオンが, ハワイに, ピストルを, フレンチ医師が, ベッタリ縁, ボンチが, ミュルで, ラサ府を, ルゴールで, 一おうしらべられた, 一代改めなかった, 一同ワッと, 一名の, 一寸一ヵ月日本まで, 一度買っ, 一日で, 一昨年の, 一晩ずつ, 一罎の, 一部では, 七月の, 丈助が, 三家中で, 三番目の, 上と下と, 上等の, 不動堂の, 不評であった, 丘署長の, 主人も, 乗客の, 予は, 二つかけたら, 二人が, 二十八日一家総出で, 二等兵から, 五号線を, 井戸側を, 人の, 人民は, 今から, 今や勇ん, 今度カナダ政府では, 介添が, 仕切を, 代って, 仲間と, 会員各自に, 伯母は, 何だかぱあっと明るい, 何んで, 余りお, 侍に, 俄に, 信長は, 倉地から, 偶然に, 僕を, 兄は, 先代彦三郎の, 先程の, 入寮生が, 全く越後, 八丁堀同心室積藤四郎が, 六回ほど, 其ではと, 其名を, 内偵を, 冬の, 出かけました, 出発の, 刎ねられました, 別れて, 前渡金を, 加賀川と, 勇敢に, 北原ミユキは, 十王殿に, 千鶴子は, 半之丞説が, 単なる配合, 博士も, 却って人々, 去年あたりから, 参詣人が, 友人宅へ, 叔父は, 取押えられた, 古くから, 只今では, 各, 吉原へ, 同市会から, 同行の, 名探偵明智小五郎, 否む筋合, 吾輩は, 呼び込んだ按摩, 唐寺から, 問題にも, 嘉永五年に, 四時半頃西練兵の, 国を, 国男美学の, 地上では, 均平も, 堤信遠, 塾の, 夏から, 夕飯を, 多分鎖鎖, 夜中に, 夜遅く, 大いに意, 大いに開墾, 大さわぎです, 大亀や, 大勢来, 大変に, 大小新聞あらゆる, 大村は, 大町と, 大笑いを, 大騒ぎ, 失望し, 女どもは, 女学生も, 好い折柄, 姉さんは, 姙婦相談所へ, 媚を, 子どもは, 子分が, 安井君は, 安楽に, 実はあの, 客席から, 家に, 家光の, 容易に, 寄ると, 寺入りの, 小さい不動様, 小万, 小浜さんは, 少々青く, 少年向きの, 屋根の, 山塞から, 川を, 左団次贔屓の, 市中へ, 席は, 常子も, 平生そんな, 年雄くんと, 幾らか違った, 廊下に, 引き廻しの, 弦を, 当人が, 当時京都帝大の, 役人らも, 待合室に, 後押, 従弟の, 御当主, 御釈迦様, 徳川方は, 心臓の, 忌がる, 忽ち大, 思いきって, 思が, 恐れられたり, 惣次郎が, 慌てて, 憎まれて, 我れ, 戸締りを, 扉の, 手提電灯が, 打寄っ, 折角敵, 拝見に, 振切るよう, 掘井戸, 撃たれて, 政子が, 教祖の, 敵が, 文次は, 断られた, 新島原は, 於通は, 既に由槻, 日本人が, 旧新両士族, 早速ガヤ, 早速私, 明治の, 昨夜は, 是は, 時々夜, 晝の, 暖炉の, 更に森君, 最もきびしく, 月の, 有物で, 朝飯も, 本工, 朱老人は, 李も, 来たん, 東大野球部の, 柄に, 校長自身で, 桐箱から, 棺桶を, 椿岳は, 樵夫の, 次の, 正月には, 此は, 死ぬ気, 殊更に, 母親も, 毎朝仮名を, 気狂いの, 水晶体の, 氷冠の, 江戸辺からも, 沼其物を, 注文中の, 活動に, 浪人者が, 淡島と, 清盛の, 湯殿へ, 漁師に, 潜行爆薬の, 無く物事, 無造作に, 煙突掃除人夫が, 父それは, 片桐さんの, 物凄くあたり, 特別かわいがっ, 特高課長連が, 狐それでは, 猟師は, 玄海洋に, 王子は, 甚だ信仰, 用心し, 男二三人が, 町奉行所に, 番頭や, 病死という, 白州へは, 百姓などは, 皆な, 皆寝る, 皆青く, 盗人たちは, 目礼し, 相川の, 県令からも, 眼を, 石油の, 社の, 祖母を, 神代紀に, 福岡を, 私なども, 私達兄弟の, 空腹だ, 笑いながら, 第六感が, 範頼は, 精神上物質上充実された, 素子が, 経机に, 結局駄目, 緊張し過ぎた, 罪を, 美術室から, 翌年辞した, 考えには, 胡瓜や, 臆病の, 自分から, 自分を, 自動車迎え, 自身を, 舟は, 船長に, 艫櫓を, 芝を, 若い番頭, 若者達の, 落付かな, 蔦屋は, 藤吉と, 蚊帳で, 行くな, 衣冠束帯の, 裏に, 西から, 見るだけ, 親戚や, 親類中で, 言開きを, 許婚を, 評議が, 詰腹を, 誰か, 課員総出で, 諭吉は, 警め合って, 警察でも, 象の, 貴様なら, 賞められ, 足が, 車で, 軒提灯を, 迎いの, 近所では, 追いかけたが, 通りがかりに, 遂に幕府, 道を, 遣わすこと, 部署に, 酒と, 里好も, 野増村へ, 金を, 釜山府尹官舎の, 銘々想を, 鎌足の, 長崎中の, 長閑な, 間もなく他, 階下に, 難波から, 露地から, 面白くって, 音羽は, 飛び出して, 飯の, 馬鹿気て, 駆けつける, 騒いだ, 高, 高熱を, 魏の, 鴨肉の, 黒岩に

▼ いう~ (3070, 6.5%)

287 である 167158152 です 142 では 121 でした 80 であった 73 だった 38 だろう 33 かい, は 30 かね 29 でしょうか 27 であろう, ですか, んです 24 でしょう 21 だろうか 20 であろうか 19 んは 18 であるが 17 じゃない 16 だが 1514 だから, であります 13 ですが 12 んが 11 だよ, であって 10 かしら, じゃ, だと 9 はおかしい 8 でも, はその 7 がある, だね, ね, は何 6 かな, だろうと, であったが, ですから, はこれ, は無理, をきい 5 かそれとも, が聞えた, だな, はお, はよせ, は誰, を聞く

4 [20件] かもしれない, があります, が本当, でありますが, であろうと, ですかい, と同じ, はいや, はこの, はどういう, はほんとう, はよし, は人, は嘘, は実は, を, を聞い, んで, んと, んなら

3 [28件] かそれ, かと思う, かも知れない, があった, が癖, が私, だそう, であるから, でございます, でしょうね, はあの, はここ, はそういう, はそれ, はただ, はない, は今, は少し, は本当, もある, も変, やな, をお, を口実, を忘れ, を聞き流し, んか, んや

2 [95件] かえ, かこれ, かとにかく, かと思っ, かなあ, かなしいん, かまたは, か知らない, か私, があり, がお, がきらい, がその, がそれ, がほんとう, がホント, が一つ, が分らん, が厭, が普通, が果して, が無理, が王朝, が聴, が遠く, じゃあない, じゃありません, じゃぞ, じゃろう, だえ, だか, だけれど, だそれ, だもの, だろうが, であるか, であるとか, でございましょう, でしたが, でしょうかね, ですね, ですよ, でない, ならまだしも, には, にはあの, にはその, には今, はあなた, はいけない, はいわゆる, はきっと, はごく, はそもそも, はそれら, はつまり, はどう, はどうも, はどんな, はなんぼ, はもう, はやめ, はよしなさい, はよそう, はわし, はわたくし, は主, は人間, は何事, は僕, は僭越, は厭, は変, は外, は失礼, は実に, は笑止, は面白い, ば犬ッ, もあった, もお, もなん, もやはり, も忘れ, らしい, をしお, を忘れた, を忘れちゃった, を忘れました, を聞け, を葉子, を見る, を開催, ん, んけったい

1 [907件 抜粋] いや, かあの, かいおれ, かいつ, かいまだに, かお前, かくすんだ, かこんな, かしらと思う, かしらん, かしら押しかけ, かしりません, かその, かそんな, かただし, かつまり, かと一同, かと彼, かと泣い, かと疑っ, かどこ, かなほか, かな昔, かねベン, かふわり, かまるで, かも知れねえ, かやがて, から肩書, かわたし, かを注意, か一家, か亭主, か元来, か処女, か剣師軍, か咄嗟, か困った, か声, か実にどうも, か屍体, か山野, か忌, か恐ろしい, か極, か父, か生まれつき, か知らねえ, か知り, か磯五, か纒綿, か能, か苗字, か親, か訳, か貴公, か貴様たち, か辛辣, か長五, か頭, か鹽, があんた, がいくら, がいちいち, がいちばんやぼ, がうそ, がおかしく, がお母様, がきこえた, がくせ, がこら, がさすが, がせいいっぱい, がそこら, がちょっと, がです, がどうしても, がなあうち, がなに, がほん, がめんどうくさく, がわからない, が一般, が三十分あまり, が下等, が主, が二つ, が代表的, が何と, が何となく, が健康法, が兄, が其の, が刻ん, が南條家, が単に, が司法省案, が味, が喧嘩, が大吉, が失当, が安成, が寝つく, が彼, が後代, が御, が必要, が恰好, が手, が昔, が有る, が本来, が次第に, が此, が江戸城, が涼しい, が病的, が真実, が穀精, が続け, が聞え, が聞えました, が聞こえない, が至当, が芸者, が葉子, が西洋, が見え出しました, が言える, が誰, が謡曲, が軍艦奉行, が通例, が間, が関の山, が面倒, が響いた, が鬼才, こそほんとう, ごめんなさい, さえ大変, じゃあいそ, じゃあれ, じゃおそれ, じゃな, じゃろうか, じゃ武士, じゃ疑わしい, じゃ葛籠, だからな, だして, だだが, だったらまず, だという, だとも, だろうかと, だろうな, だろうね, だろう彼, だろう理不尽, だ唐突, だ安, だ寿美子さん, だ来たって, だ茶屋, であったから, であったそれで, であったらそれ, であり, でありましょうか, でありまするし, でありませんが, であり王法, であるそこ, であると, であるべし, であれば, であろうかと, であろうとも, でございましょうか, でござるかな, でしたね, でしょうが, でしょうそれ, でしょうよ, でしょう何, でしょう叔母, ですあなた, ですからね, ですけれど, ですわ, です沢庵さん, です若い, でなくむしろ, でなく内, でなく現実的, でも新しい, といま, とちょっと, とはちがった, とは大いに, と同一轍, と同様, と深切, どういうん, なども丁寧, ならあいて, ならいざ, ならお前, ならこれから, ならたった今, ならば, ならむかしゃ仙台さま, ならめった, なら俺, なら到底, なら始め, なら小さな, なら忘れられても, なら連れて, なら青木, になった, にはきっと, にはこれ, にはどうかもうすこし, にはよほど, には京都, には水, には道庵, には面白い, にも気, に対して, に応じ, に答え, に結っ, に起き, ねあなた, はあて, はあまり, はありません, はあれ, はいっ, はいわば, はおしつけがましい, はお嬢さん, はお話, はかつて, はかまわない, はこういう, はこのごろ, はこりゃ, はこれらアラボシ商人, はすきません, はすまない, はそれぞれ, はたやすい, はだ, はちと, はつい, はつまらぬ, はつらい, はてんとり虫, はどこ, はなにか, はなん, はねがっ, ははやり病, はばか, はふさわしく, はほんと, はま, はまだ, はまったくもっとも, はみんなうそ, はむり, はもし, はもとより, はやさしい, はやめなさい, はよく, はよせッ, はわかい, はわれわれ, はバカ, は一つ, は一般論, は三筋, は世の常, は中山出雲守, は之, は他, は伸子, は俗, は元来, は先生方, は全く, は内省力, は出来なかった, は利根川, は勉強, は卑屈, は却って, は古い, は名君, は君, は問題, は喘息, は嘘サ, は因縁, は大嫌い, は大阪中流, は夫婦, は好い, は始終, は嫌い, は存分, は孟子, は宗派内, は小乗, は屋根, は工合, は幾ら, は後で, は御免, は急, は恥, は恥ずかしい, は悪魔, は慎んだ, は我々人間, は手前, は故殺, は数人, は料理人, は新しい, は日ごろ, は早, は早い, は春げしき, は昼間, は最初, は本人, は本末テントウ, は根から, は棄てられた, は機械的, は止めろ, は残酷, は気宇, は泥棒, は津田君, は漢文, は物, は特別, は珍, は甚だ, は男, は町, は畢竟, は畢竟もう, は皆, は直接兄, は禁物, は私, は置い, は聞いた, は自分, は色々, は茅野雄, は葬式, は蜂谷, は見, は言語学者, は語句, は誤っ, は足下, は迷信, は釈迦, は長崎屋, は間違い, は間違っ, は饗応, は骨正月, は魚, は鳴, は黙っ, へ松江, もあの, もいたんだ, もうそ, もおかしな, もかまわない, もけがらわしい, もこわい, もたしかに, もどうも, もねた, もむなしく, もやはりいつも, も乙, も仕方, も何, も厭, も夏, も妾, も形式, も恥, も懺悔, も時間制度, も未練, も正成, も滑稽千万, も無理, も理由, も礼儀, も聞かず, も聞こえた, も聞こえない, も自分, も覚え, も訝しい, も足利支流, も面白い, も面白かっ, やお嬢様, やその, やらいろいろ, やらまたは, よりは遙, をあたかも, をおし, をかく, をくまなく見た, をさえぎった, をしきりに, をず, をたより, をなにか, をひかえた, をみる, をやめ, をやめました, をよし, をわすれず, をアプレゲール, をハイ, を亭主, を何と, を兵馬, を加える, を呆れた, を始め, を帆村, を平気, を待たず, を待っ, を忘れなかった, を思い出した, を憚り, を拒否, を拒絶, を断っ, を暗くっ, を止めた, を澄し, を看慣れた, を真に, を知りました, を聞かない, を聞き入れず, を聴い, を聴かず, を見た, を見ます, を許し, を遠慮, を面白, を頼ん, んあります, んさっぱり, んでお, んでした, んでそ, んでそんな, んでだんだん, んでベッド, んで光子さん, んで口惜しい, んで慌て, んには, んもけったい, ん不思議, ん五百円, ん忘れまし, ん無理, ん知った, ん聞い, ん違いますやろ, ん頼み, 見たこと

▼ いうこと~ (2843, 6.0%)

6859 はない 51 を聞い 35 がある, ができる 32 になる 31 をきい 30 になった 29 もなく 28 もない, をきかない 27 でしょう 24 です 21 であった, である, になっ 17 なしに, もなし, をきく 16 には 14 だが, では, はよく, をお, を聞く 13 だった, は何, をよく 12 が出来る, でした, に耳, を聞かない 11 がよく, だろう 109 ができない, がわかる, であります, にし, になり 8 があった, は, はできない, は出来ない, を聴い 7 ができなかった, がない, がほんとう, ですから, はありません, はもっとも, をきかず 6 があります, がわかっ, で, であろう, なの, に, はなん, は正しい, をきかなかった, をする

5 [17件] か, が, がいちいち, ができた, がなかっ, ですが, はこの, もある, をきいた, をし, を信じ, を聞いた, を聞かなかった, を聞かぬ, を聞き, を聞きました, を肯い

4 [16件] がすぐ, が何, が出来なかった, が判った, が本当, だろうと, でも, はこれ, をいう, をきかぬ, をききません, をした, を信じない, を信用, を真に, を聞こう

3 [47件] がお, ができません, ができるだろう, ができるであろう, がもっとも, がわかった, が出来ない, が出来よう, が分った, が嘘, が正しい, だから, だ寄りつきも, でありました, であろうと, なん, にしよう, になります, には何, に間違い, のできない, はあなた, はいつも, はお, はできなかった, はむずかしい, は僕, は少し, は本当, は私, は考えられない, は聞かん, ばかりで, もありませんでした, もねえ, も聞い, をすっかり, をそのまま, を云った, を信じる, を彼, を承知, を理解, を聞け, を聴く, を肯かない, を言った

2 [142件] おへん, があっ, があろう, がこの, がさっぱり, がしっかり, ができなくなった, ができます, ができませんでした, ができよう, がなく, がなに, がはっきり, がほとんど, がまた, がわからない, がわかります, が事実, が何だか, が出来るだろう, が出来るであろう, が分ります, が少し, が必要, が理解, こういうこと, さえ忘れる, じゃない, だけれど, だけ聞い, だったが, だよ, であるから, であるが, でご, でございます, でその, と同じ, ならなん, なんかてんで, にしましょう, になったら, になりました, になれ, になろう, にはこれ, には耳, にゃ, に従いました, に従わない, に気がついた, に決着, に話, のできる, の意味, はありますまい, はあんまり, はうそ, はおそらく, はお前, はきまっ, はすべて, はそれ, はたしかに, はでき, はできぬ, はできません, はとうてい, はとても, はないだろう, はないでしょう, はなかっ, はなし, はむずかしく, はやさしい, はわかっ, はサッパリ, は一言, は事実, は今, は出来ぬ, は取引所, は決して, は理屈, は真実, は絶対, は考え, は自分, は自然, は言わない, は言葉, は間違っ, も, もあった, もあります, もありません, もあろう, もこの, もできません, もなかっ, もまた, も一つのりくつ, も出来ない, も出来なかった, も忘れました, も本当, も知っ, も聞く, やら, よ, をいっ, をきかなくなっ, をきかなくなった, をきかなけれ, をきかねえ, をきき, をききます, をきけ, をきこう, をすぐ, をだまっ, をほんとう, をも直ぐ, を否定, を忘れ, を本当に, を気, を真実, を知っ, を私, を素直, を考え, を聞かなくなっ, を聞きませんでした, を聴かず, を肯く, を言う, を許し, を証拠立てる, 分りましたの, 話して, 隠すの

1 [1279件 抜粋] あの時, あるも, あれへん, いわれへん, かこの, かと豹一, かの女, から何, から又, から母, か兵太郎君, か急, か討たれる, か額, があったら取次い, があまりに, があるです, があるらしい, がいちばん, がこっち, がさ, がしどろもどろ, がしん, がすこし, がすべて, がちっとも, ができたなら, ができなくなっ, ができん, がどういう, がなかなか, がなくなり, がなぜ, がなんとなく, がひと目, がもし, がやっと, がわかったらしく, がわからぬ, がわたし, がハッキリ, が一々, が一番利益, が今, が何処, が俄, が具体的, が出来, が出来なくなった, が分かっ, が分る, が取り上げられ, が地球, が大きい, が大変自慢, が始め, が嬉しかっ, が必ずしも, が想像, が有った, が有るべき, が歯痒い, が決して, が流行った, が物の本, が略, が知れる, が稀有, が考えられる, が聞える, が腑, が要するに, が見附, が誰, が逆, が道理, が間違っ, きけば, こそ出来ない, さ, さえ媒人, さえ恐れ, さては書中, じゃが過っ, すら耳, それから間, ぞ彼等, だけきい, だけで, だけでも身, だけには必ず, だけはわかった, だけは知っ, だけは言っ, だけれども, だけを記し, だけ考え, だす, だぞ, だったし, だったので, だったろう, だつた, だとは, だろうか, だろう南さん, だろくな, であったが, であったらしかったが, でありますが, であれば, でうけいれる, でこれ, でございましたが, でございましょうね, でございますから, でしたね, でしょうかしら, でっしゃろ, でっせと, でなった, でも馬鹿, で一体, で他, で先生, で土地, で妾, で御座いました, で急, で持切り, で洋画家, で熱海復興, で証明, で話, で途中, で遠国, といい, としてまず, とどうして, とまた, とを笑っ, ないです, ないの, なく凝っ, なく心細くなっ, なく悲しくなる, なく朝, なく習慣みたい, なく雪, なく鼻, なすこと, なぞは滅多, などがいろいろ, などはたして, などは身, などを耳, なのね, ならいわして, ならどんな, なら何でも, なら大概, なら自分, なり思うこと, なんかあて, なんか信じません, なんか聞い, なんぞはおおかた, なんぞめったに, なんで私, にいう, にきまつ, にした, にしろ, にたしかに, にだけは感づいた, になすった, になっとく, になりましょう, になるであろう, にはその, にはならない, にはむろん, には何一つ, には右, には汝, にまちがった, にもやはり, にも留意, にゃどこ, によって判断, に一致, に人間, に何かしら共鳴, に少し, に就い, に従わなけれ, に文句, に気イ, に深く, に理解, に着眼, に第三者, に考え及びます, に自分, に規準, に話し, に転じ, に連れ, に鏡, のあまりに, のすべて, のできぬ, のほう, の他, の出来ない, の名人, の方, の生ずる, の見境, はあいかわらず, はあと, はあり, はありませんでした, はあるまい, はいかにも, はいつ, はおしまい, はかえって, はかなり, はけっして, はこれ等, はございませんです, はさておき, はしんよう, はすべて一種, はすべて矛盾だらけ, はそっくりそのまま, はそりゃ, はただしい, はちがう, はちんぷんかんぷん, はついに, はとり, はど, はどうも, はどれ, はなかなか, はなにもかも, はなるほど, はねえや, ははやりません, はほとんど, はまことに, はまちがい, はまつたく, はまるで, はみんな嘘ッぱち, はむつかしく, はもういい加減, はもはや断じて, はやらなかった, はわかります, はわれわれ, はソヴェト同盟, は一向, は一生, は一致, は三度, は下らない, は並大抵, は以下, は何だか, は何一つ, は何時も, は元気, は出来なくなっ, は判ってる, は到着, は十分心遣い, は単純, は取留め, は君, は命令, は嘘, は噂, は型, は夙, は多読, は大いに, は大げさ, は妙, は実際, は尤も, は巡査, は度外視, は当った, は当然, は後で, は復一, は性, は感情, は戦時中村岡花子, は昨夜, は普通, は有り得べき, は気, は沢山, は無い, は独り言, は理解, は疑問, は皆, は皆神さん, は相手, は矛盾だらけ, は知らないです, は禁物, は第, は納得, は終った, は考えない, は聞いた, は著しい, は要らなかった, は許されない, は論じ, は負け惜しみ, は道楽, は隠居, ばかりいう, ばかりを聞い, ばかり責め, ばっかり, また老, まではまず, までガラリ, まで話し, もあるだろう, もうしつこなし, もきい, もきかね, もございませぬ, もすべて, もその, もできん, もどれ, もなお, もほんま, ももう, もやむをえん, もよく, もわかりませんでした, も一, も一度, も世間, も余り, も出来ず, も出来過ぎ, も原論, も周囲, も忘れ, も漏れ聴いた, も疑わしけれ, も聞くけん, も肯かない, も麗姫, やその, やわ, や死, よくどい, よくわが, よりも東京劇壇, わかるじゃろう, をあなた, をいたす, をいった, をうそ, をおっしゃいます, をおもしろ, をお願い, をきかせ, をきかないなら, をきかなかったら, をきかなくなる, をききたい, をきくべき, をきびしく, をくりかえさない, をこばまなかった, をさ, をさらに, をしでかした, をしょうち, をじっさい, をすべきであった, をせね, をそれとなく, をただ, をちゃんと, をでたらめ, をとも言っ, をなさる, をなる, をね, をはじきかえした, をほのめかされる, をみんな, をもっとも, をも聞いた, をやった, をよくも, をクラム, をルピック夫人, を一切, を不思議, を云い触らす, を云わした, を今, を仰しゃいました, を信じたくない, を信じなかった, を信じられる, を傾聴, を出来る, を半分, を受, を君, を唱え出した, を好く, を好まぬ, を守っ, を守り, を家, を小平さん, を帳場, を従って, を得ない, を心細く, を忘れた, を悟っ, を感じはじめ, を手旗信号, を採用, を教えられた, を新聞, を書い, を東条首相, を欲しなかった, を正確, を決して, を無論そのまま, を用いない, を申しまし, を疑う, を発見, を真似る, を知った, を知りませんでした, を笑っ, を粗末, を絶対, を考えだした, を聞いたげ, を聞かし, を聞かなけれ, を聞かんじゃった, を聞き入れ, を聞けあ, を聴き入れなかった, を聴け, を肯かで, を良く, を裏書き, を見くらべ, を見ます, を言い得ない, を言わないでしょう, を言われる, を許されるなら, を語った, を諾いたら, を避け, を頭, を願った, を鼻, 信じるけんど, 働くという, 出来ないのよ, 分ったらど, 分りますか, 判ってる, 実際には, 思いましたやろ明くる日眼エ, 新しい取締法律, 疑ご, 突き止めて, 聞きなさったり, 聴けと, 見え透いて, 見せて

▼ いう~ (1888, 4.0%)

51 それは 41 これは 25 ままに 24 早いか 21 いい, 如きもの, 私は 18 ごときは 13 如きは 12 あって 11 ある, ごとし 9 これも 8 私の 7 よい 6 はやいか, 如きこと 5 あった, おれは, 全くその, 本当か 4 あり, あれが, あれは, これが, ごときもの, それが, わたしは, 今では, 如き低率, 如し

3 [21件] お前の, この人, これを, ごとき類, そうで, そのよう, それと, それも, どうだ, わしは, アイヌ語の, 事実は, 二人とも, 今の, 今は, 何か, 如き高率, 日本の, 本当かね, 疾いか, 自分は

2 [67件] あなたは, あるいはそれ, あるか, あるもの, いずれも, おれも, こうなる, この男, この町, ごときいずれ, ごときいわゆる, ごときこと, ごときその, ごときの, ごときよろこばしき, ごとくに, そのままに, その実は, その意味, その時, その頃, それだけ, それなら, それ以上に, そんなこと, どこで, どれも, ほんとうです, ぼくは, 一体どういう, 二葉亭の, 人の, 今いった, 今日の, 住んで, 体の, 信長の, 信長は, 僕の, 僕は, 八卦を, 右の, 君が, 君は, 国と, 如きその, 如きも, 如き単なる, 如き文字, 如き極めて, 如き短期間, 学校を, 宜い, 居て, 彼の, 彼は, 最後の, 有って, 本当かとか, 本当だろう, 果して然りや, 現在の, 私が, 私には, 自分の, 誰も, 通説だ

1 [1326件 抜粋] ああいのち, あいつらの, あか児に, あなたじゃ, あの, あの丁子風呂, あの当時, あの男, あまりの, あやまって, ありますか, ありゃ西洋, あり地もぐり, あり恐らくは, あり縞蛇, あるいはそう, あること, ある其の, あれど, あれをも, いいさ, いいん, いい昨日, いかにひいき目, いくら訊い, いずれに, いったいシルク, いまでも, いまの, いやまったく, いるだろう, うちの, えいか, おのれを, おれたちは, お侍, お前すぐ, お前もか, お師匠様, お通, かたい金属, きまりきった源氏, けっしてそんな, こういう極刑, こういう調子, こうして茅, ここじゃ, ここは, ことに女, このこと, このほう, このジョウジ・ジョセフ・スミス, このホロ, この二つ, この位, この吉野村, この国, この大きな鮎, この息子, この普通, この猫, この節, この臭気, この薬, この辺, この邸宅, こりゃア, これで, こればかりは, こんなこと, こんな夫婦, こんな絵, ごときあらゆる, ごときその他, ごときである, ごとき一見, ごとき信念, ごとき印象, ごとき報告, ごとき得手勝手, ごとき怪しい, ごとき態度, ごとき文章, ごとき本文以外, ごとき滑稽的動機, ごとき理由, ごとき町家, ごとき荒唐, ごとき規定, ごとき詐謀, ごとき道徳的観念, ごとくつけて, ごとく一種, ごとく僕, ごとく大西屋, ごとく病気, ごとく詩, ごとく阿波, さすがに, さもあるべき, しかしその, しかし今, しかし実は, しばしば引き, じつはこの, じつは察し, じぶん, すべてそれらの, すると, そういうジロリ, そうしたサ中, そうです, そう見苦しい, そちは, そのあと, そのころ異人, そのよき, その下, その事自体, その佐古女, その兄, その反応, その夜, その子, その実, その往生際, その心地, その折悲惨, その智慧, その江戸錦ゃああの相撲, その状況, その病人, その突発事故, その葯, その見, その都合, その頽廃, その魅惑, そりゃあほんとうかえ, それじゃ, それでは, それでもこの, それで鮫肌, それどころか手, それに, それにも, それより, それ程の, そんなに不作, そんな一般的, そんな傾き, そんな単純, そんな心配, そんな蝨ッたかり, そんな近づき, そんな齢, たといつまらん, ためであろう, ちとおかしい, ちょっとや, ついて, つまり滋養分, ではこれ, とにかく時, ともかく確信, どういたしまして前後左右, どうしてつかまえられた, どうだい釣, どうもあれ, どうもそうで無いらしい, どこに, どちらかと, どれひとつ見せ, どんな成算, なお三名, なかなか一身, なぜ分る, なにしろ一葉, なまけ者の, なるほど当らず, なんにも出, ひと通りの, へえほんとう, ほんとうかなどと, ほんとか, ほんものの, ぼくらが, まさかそうでも, またガラボコ, またピタゴルス, まだお, まだ世間, まだ水, まったくである, ままかよう, ままを, まッ, むかしの, もうあの, もう十二, もう終電車, もちろん今, もっといや, もっと老人, もはや新, やっぱりこれ, やっぱりソンナ, やはり同様, やはり結句, ゆえである, ように, よもやお抱え, よも間違い, わたしの, われ許都に, インドには, オレが, ガネサは, ゲーテに, シナは, ソシという, チンゴンバは, バカ大将, パッチ股引ジャあるまいし, ビルジングの, マア名主の, ムービー氏は, ルンペンには, ワシは, 一たびこの, 一ゲンは, 一人前の, 一体何者と, 一寸此処, 一杯の, 一片の, 七歳の, 三百篇も, 不明, 不遜とも, 世子の, 中にも, 久美子の, 之は, 予尋常の, 事実相違は, 二つの, 二十三四にしか, 五分ぐらいに, 五尺四寸ちょッとの, 人を, 人徳を, 人生た, 人間は, 今わたしの, 今年に, 今日そんな, 他からの, 伊賀侍は, 低い小さなその, 何うし, 何が, 何とかよい, 何と鳴こう, 何れに, 何んと, 余り深く, 信州にては, 俺の, 偶然の, 僕には, 児供の, 全くそうかね, 全然類型, 公卿どもは, 其処を, 其時は, 凡そこれ位, 刀鍛冶だけは, 別にわるい, 前者は, 勘兵衛景憲の, 勿論是, 十五歳で, 半兵衛重治も, 博士の, 友人間の, 可なる, 同じ仙台人, 名は, 君らは, 否重, 吾神仏を, 味噌を, 唯植物, 営実とは, 国男の, 堅の, 報酬のみを, 多い, 大きな恩, 大した説法, 大原にも, 大坪流にも, 大言壮語する, 夫婦喧嘩より, 女中に, 奴めは, 如きいわゆる, 如きため, 如きまことに, 如きサガ, 如きメロドラマ, 如き不祥, 如き二つ, 如き其の, 如き句, 如き国民的統一, 如き女性, 如き客観的命令的, 如き微笑, 如き怪物, 如き政治上, 如き歴史的由緒, 如き烈火, 如き異常, 如き美, 如き議論, 如き農業者, 如き開いた社会, 如く, 如くに, 如く人, 如く同じ, 如く天下, 如く敵, 如く聞えたので, 如く高い, 如しとは, 如何にも寂びた, 姉妹とも, 娘の, 嫌なら, 存在とは, 学士院は, 実にシンネコ, 実はこわい, 実は人, 実数は, 実際の, 実際石ケリ, 家老代理として, 寸分とは, 将軍の, 小さい足, 小次郎には, 小雀と, 尚お, 居るこの, 山科は, 己の, 己も, 市長官舎の, 年あけ後に, 年の, 年齢は, 幸い快方, 幼少から, 幾分か, 張飛の, 当の忠助, 当時は, 彼とて, 彼女以外に, 徐州も, 御前のは, 心の, 心配する, 怖らく跛行, 思うに, 怪しい物音, 恭一君のは, 悪くても, 愛の, 我々は, 我国では, 戦の, 所詮は, 捕まえる方, 敏司と, 敵の, 文学の, 新富町新富座という, 旅行さきの, 日向を, 日本現代の, 早く照彦様, 明治大正時代まで, 昔の, 是に, 最も適評, 有りますが, 未開時代に, 本当かの, 本当だ, 本心は, 来て, 東京に, 果して三人, 果たしてしかる, 枳園は, 梅も, 椿岳の, 樺太アイヌ語の, 正太の, 正確には, 此処南方離島では, 武子さんは, 死んだ方, 残飯に, 殿下の, 民藝という, 水上における, 汝そこを, 江戸の, 決してインチキ処, 洛陽育ちの, 活動写真には, 深く思え, 火薬船なら, 無理も, 然う, 片岡君は, 牛肉屋から, 物尺で, 玉藻の, 現に氏, 現実は, 甚だ疑わしい, 生前抱月氏は, 男鹿の, 畢竟同一, 異妖, 癩者にとっては, 白や, 百本二百本の, 相俣淵の, 真善, 真水は, 知性とか, 石頭という, 祖母自身も, 私はしか, 私を, 程なく夫人, 立って, 竹童も, 篁守人という, 紀州には, 結局同じ, 総角の, 群衆心理が, 聰明で, 自分だって, 自分にも, 良いという, 花嫁入水老婆呪詛の, 茶志内三十人の, 著作だけは, 藩内の, 蝸牛の, 衣食足っ, 西蔵という, 要するに商品, 見えまた, 見得, 親父が, 言葉も, 誠にそうだった, 誰が, 諸君の, 負けられねえって, 越後の, 辞苑には, 迂濶, 逃げ去った寺僧, 通り名に, 過去帖にも, 道楽の, 都の, 金の, 銭ね, 離家の, 雨戸を, 面白い表現, 須和が, 頬肉は, 高いに, 鶯が, 鹿は

▼ いうまでも~ (1764, 3.7%)

588 ない 82 ないこと 68 ないが 52 ありません 26 なくこの, なくそれ 25 あるまい 24 なかろう 20 なくその 16 なかった 15 なく彼 14 なくお, なくこれ 13 なく 9 ないの 7 ありませんが 5 なくここ, なく今, なく私, なく自分 4 ない事, なくあの

3 [13件] ありますまい, ないお, ないし, ないので, なかったろう, なかろうが, なくいつも, なくそこ, なくそれら, なく例, なく彼女, なく日本, なけれど

2 [44件] ありませぬ, ないから, ないだろう, ないであろう, ないと, ない話, なきこと, なくおれ, なくかれ, なくすでに, なくすべて, なくそう, なくまだ, なくもう, なくわれわれ, なく一人, なく不幸, なく中, なく事, なく人, なく個人, なく僕, なく大, なく守人, なく広告, なく店持ち, なく彼等, なく心, なく明敏神, なく明智, なく明智小五郎, なく最初, なく生, なく田中正造, なく相手, なく眼, なく社会, なく秀吉, なく結婚, なく背広, なく芸術, なく虚無僧, なく魏, なし

1 [610件 抜粋] ありますまいあの, ありますまいが, ありますまい背, ありませんでした, ありませんや, ありませんわい, あるまいと, ございませんが, ござらぬ, ないかの, ないきみ, ないきわめて当然, ないこれ, ないさ, ないさっき真名古, ないそれ, ないとして, ないや, ないよ, ないわさ, ないクロ, ない二十面相, ない何者, ない倉持, ない儀, ない充分, ない君臣, ない富山, ない市中, ない彼, ない成行き, ない犬千代, ない犯人, ない町人, ない竹童, ない警視庁捜査一課長真名, ない谷, ない通行, ない運命, ない都じゅう, ない開け, なくあか, なくあぐら, なくあなた, なくいずれ, なくいつ, なくいと, なくいのち, なくいろいろ, なくおかあさん, なくおしゃべり屋, なくおそろしい天然痘, なくおととし北, なくかかる, なくかかる要求, なくかの, なくかべや, なくきょう, なくくれない, なくこ, なくこうした, なくこの世, なくごみだめ, なくご存じ, なくさき, なくさっき, なくそうして, なくそのまま, なくそのもの, なくその後, なくそれ以前, なくたくさん, なくただ, なくちょっと, なくとり換え得る, なくはげしい暗中, なくはっきり, なくばかげきった, なくばかげた, なくひた押し, なくほとんど, なくほんとう, なくましてすでに, なくまず, なくみな野武士, なくもし, なくもっと, なくゆりかさん, なくよい菓子, なくわが, なくわたし, なくアメリカ, なくエレアーナ王女, なくエンジン, なくキリスト, なくギリシャ神話, なくコスター聖書, なくコトエ, なくスミス, なくチャアルス街, なくデカルト, なくナチュラリズム, なくニッポン特有, なくブロート, なくプロレタリア文学, なくヘーゲル, なくボサマ, なくメルゲル, なくヨオロッパ, なくラフ, なくロップ島, なく一ぴき, なく一山, なく一特定人, なく一種, なく一般, なく万一, なく万人, なく三国志, なく三河方, なく三里五里, なく上使, なく上杉謙信, なく上野介, なく下, なく不吉, なく不思議, なく不断, なく世界中, なく中村警部, なく之, なく九月八日, なく乱世, なく事件, なく二, なく五月一日, なく交友, なく京, なく亭主, なく人格, なく人気役者, なく今宵, なく今川治部大輔義元, なく今次, なく他人, なく他国人, なく代玉, なく伊丹城, なく伊織, なく伊豆守, なく伊賀藩主, なく伝六, なく伝統尊重主義者, なく何人, なく余, なく例えば, なく侵略用, なく信雄, なく候, なく僕たち, なく僧侶, なく兄上, なく全体, なく全然, なく八つ, なく八幡裏, なく八重一重, なく公爵, なく六波羅, なく兵馬, なく内容, なく再び, なく凡て, なく出, なく出来得る, なく判じ絵, なく別, なく到底, なく前, なく前山さん, なく加賀見忍剣, なく北方, なく千蛾老人, なく南方討伐, なく単, なく原料, なく又, なく双方, なく叙上, なく古史, なく古墳, なく史学, なく史的観念論, なく各, なく合目的的, なく吉田代議士, なく吉田忠左衛門, なく君, なく呂宋兵衛, なく呂宋助左衛門頃, なく呉, なく味付パン, なく和睦, なく囚人, なく四十面相, なく四国屋, なく団十郎, なく国分君個人, なく国家, なく国民精神, なく国造, なく土佐光茂, なく埋もれる, なく城中, なく堀留, なく堺, なく夜, なく夜光, なく夜来, なく夢, なく夢子, なく大いなる, なく大乗仏教, なく大名, なく大坂城, なく大津絵, なく大石先生, なく大身, なく大須賀康隆, なく天下, なく天地雲泥, なく天堂一角, なく天皇, なく天魔太郎, なく太陰暦, なく女, なく女子供, なく女房, なく妻, なく始め, なく姜叙, なく孔明, なく学術図書館, なく安徳帝, なく実力第一人者, なく宵, なく家賃, なく寧子, なく尊氏, なく小僧, なく小太郎山, なく少しく, なく少ないであろう, なく居合, なく山岳切支丹族, なく山岸中尉, なく山県蔦, なく岐阜, なく島原, なく川上機関大尉, なく川上音二郎, なく師範代各務房之丞, なく幻, なく店構え, なく廓じゅう, なく弓箭, なく当, なく当たるに, なく役人達, なく後, なく後人, なく御存じ, なく必要, なく思い出した, なく思想界, なく怪星ガン, なく恋, なく恐ろしい謎, なく恐怖王, なく悪いが, なく悲惨, なく情夫, なく惑, なく憲政党総務星亨, なく我々, なく我等, なく戦場, なく戦略地全般, なく手袋, なく承知, なく捕り, なく捲土重来, なく支那, なく政党内閣, なく政治, なく故, なく教員, なく教育畑, なく文化科学, なく文次, なく新聞紙, なく新聞雑誌, なく新野, なく既に, なく日本ファシズム, なく日本中, なく日本人, なく旧態, なく明, なく明治, なく昨日, なく昨日今日, なく曳, なく曹家, なく曹操, なく最も, なく木曾, なく本, なく本国, なく本家, なく本物, なく村, なく村上賛, なく東京, なく東海東山両道, なく果たし, なく果心居士, なく柳生対馬守, なく柴田修理勝家, なく根津曙, なく梅丸, なく森, なく森武蔵守長可, なく極, なく横川, なく次, なく欧洲大戦中, なく歌時計, なく武士, なく武田伊那丸, なく歳費問題, なく死, なく死体, なく死刑, なく殿上人, なく母藤夜叉, なく毎朝きれい, なく気, なく氷, なく永く呉, なく江戸商業, なく河野, なく法月弦, なく浪路, なく浮彫, なく海底要塞附近, なく海蛇ら, なく清盛, なく清造, なく渡辺天蔵, なく湖南, なく漁夫, なく熱い水蒸気, なく爆弾庫, なく物, なく物質的世界, なく猟銃, なく獅子, なく玄関前, なく現下, なく現在, なく田代要次郎, なく由夫, なく甲州盆地, なく甲軍, なく発音, なく白衣, なく皇天后土, なく皇室, なく目標, なく直営店, なく直義, なく相木熊楠, なく真, なく真上, なく矮鶏, なく石井兄弟, なく石川杉弥, なく祝儀, なく私ども, なく稲荷, なく童謡, なく第, なく管領, なく籠城, なく精神, なく純粋自然主義, なく細川家, なく縄梯子, なく織田家, なく織田軍, なく義兄, なく義昭将軍, なく羽柴丹波守秀勝, なく羽鳥八郎太, なく老, なく聞く, なく自然, なく自選自称, なく舞人鼓手, なく良人, なく良心, なく艶, なく芙蓉娘, なく芝浦, なく花, なく若い女, なく苦, なく英田郡讃, なく茶園, なく荊州九郡, なく董卓, なく蒸気, なく蒼白, なく蕪村, なく蛾次郎, なく血の池, なく行く, なく行く先, なく袋だたき, なく複雑, なく西洋, なく西田幾多郎先生, なく覚一, なく討入, なく誰ひとり, なく課長さん, なく論理, なく諸君, なく豊太閤, なく資産, なく賭場, なく贔屓, なく赦す, なく越前守, なく趙雲子龍, なく足, なく足利党, なく軍需, なく軽業お初, なく農夫, なく農村対策, なく辻堂, なく近郷近在十数里, なく返却, なく送られ, なく逆説的, なく過去, なく道三山城守, なく道誉, なく遠い他国, なく遠い妙高, なく遠国, なく遠方, なく選挙粛正, なく郵便局長, なく醜い子, なく野上豊一郎氏, なく野蛮行為, なく金, なく金兵衛, なく錬磨, なく門, なく間, なく院内, なく雑用, なく雪, なく雪国, なく電人, なく静寂, なく非番, なく食器, なく飼犬, なく香具師, なく馬, なく駕籠, なく駿河屋, なく高禄, なく魚形潜航艇, なく鵯島, なく黄巾賊, なく黄金豹, なく龍山公, なく1, ねえや, 候わず高砂, 無い, 無いけど, 無く年男, 無く最大満足

▼ いう~ (1590, 3.4%)

33 居る 22 いる 16 よい 11 みい 10 はりました 7 いるの, くれた, ました 6 そいから, 居るが 5 いた, いたらく, おる, はります, やりますと, 下さい, 居るです, 居る人, 来たの 4 いるが, お梅どん, それを, なさったの, よかろう, よろしい, 光子さんは, 非常に

3 [19件] ある, あんたはんに, いたが, いました, おくれ, おった, くれ, しまいました, ます, やりました, やりましたら, ゐられる, ゐる, 出て, 居るの, 来た, 来て, 私が, 誰も

2 [90件] あいが, あべこべに, いて, います, いるか, いること, おいた, おくれやす, おけば, おったが, おまえは, おられた, おりました, おりますわい, おるの, きた, くれたもの, くれるな, この身, じきにその, すべて過去に, その人, その時, それが, それで, たけど, たのんに, なさるの, はった, はるの, ましたけんど, まして, ましてん, みても, やった, やの, よいか, よいの, よからう, わしの, ゐた, ゐるけれども, んけど, んのや, クスクス笑てるの, 下さいますな, 主人を, 二階の, 人の, 何や, 光子さんの, 制する, 前に, 可なり, 喜んで, 大いに心配, 夫は, 夫も, 宜かろう, 尋ねますと, 居ったです, 居ります, 山へ, 心服の, 慌てて, 朝から, 来う, 無理に, 独で, 目を, 私に, 私の, 私は, 私も, 私らは, 笑って, 約束した, 置く, 聞かすの, 聞かせて, 能く, 自分が, 自分で, 自分の, 自分は, 見たところ, 見なさい, 見る, 見ると, 非常な

1 [1151件 抜粋] ああいう, あかの, あったと, あの娘, あまり遠く, あるでは, ある僧侶, いいふらして, いかにも自分, いただいて, いたとな, いた時, いつの世にも, いつも見た, いに, いま九州の, いま相談し, いるうち, いるぞ, いるなあ, いるもの, いるわけ, いる間, うかと前進, うちの, うんとぶん, ええ縁談, えらい評判, えらく騷ぎよつたことがあつてなあ, おかねば, おく, おくこと, おくれやすい, おくれよ仙太郎さ, おこう, おったじゃ, おどしつけそのうえになお, おぬし, おらほうの, おられましたが, おられる, おりましたが, おれに, おろおろと, お前までが, お客さんを, お手紙, お母さん円めてしもて, お父つぁんが, お腹さすり出しなさった, お身さま, かねて用意, ききませぬ, きたけれど, きょうは, くださいますな, くりゃはりましたけど, くりゃはりますのでも, くれさうな, くれたらお礼, くれたん, くれた時, くれな, くれぬか, くれはる, くれました, くれまして, くれますねん, くれりゃよかっ, くれるが, くれるなと, くれるの, くれる者, こうしてこんな, ここは, ことづかりました, このこと, このばば, この信濃路, この度, これだけの, これを, ござるじゃて, ご迷惑, さすがの, しかし決して, しくしくしくしくいつ, しまいには, しまうて, しめ飾りを, じゃらんじゃらんじゃらんじゃらん, すぐ思いだした, ずるずるべったりに, そう一がい, そこが, そのため, その事, その名残り, その小母さん, その息子, その束, その発売, その金, それからぼつぼつ, それでも許し, それほど綿貫, そんなたわいない, たが, ただに教育者, ただ死んだら, たのんですが, たもい, たや, だした, だったが, だんだん二人, ちょっとも, つい近頃, でかい騒ぎ, でしたが, ときどき実行, どないし, どの猴, どんな名高い, なお崇拝, なかった, なかなか盛ん, なぐさめて, なさるし, なぜ息, なるべく暗い, はじめ庭の, はったぐらい, はったんようよう, はりましたなあ, はりますで, はるいうよう, ひとに, ふと思いついた, ほつと, ほめとりましたぞな, まいったの, まえも, ましたぐらい, ましたの, ますし, ますよ, また, また広く, また祝宴, また講義, みい何奴も, みい泣いてたら分れ, みたまでの, みたら私, みなさい僕, みりゃおれ, みれば, むこうから, めったに人通, もうちょっとで, もどった, もらうしか, やったが, やった事, やっては, やっぱり油, やな, やりなさった, やりなさったらとうとう, やりましたの, やるが, やるの, やろか, よいこと, よいやら, ようよう納得, よく天文, よその, よろしいやら, らちは, わからない人, わざと五日, わしは, わたし内の, わりに, ゐなさるんぢ, ゐられるが, んねん, んや, エヴェレストに, クエーカー宗の, スイと, ニコニコ笑いなさる, ヒソヒソしゃべってる, ホッと, メカケを, 一々義理, 一はばたき, 一体何時の, 一時に, 一枚とられたら, 一週間ほど, 万一警察, 三日も, 上手から, 下さいましたけど, 下さっても, 下されたが, 下されるの, 下の, 不参じゃ, 不用意に, 世話し, 丸めたの, 九郎に, 二人で, 些細な, 人を, 人命に, 人知れず可愛, 今でも, 今の, 今度返され, 仏教を, 他を, 他所へは, 会ひ, 何か, 何で怪し, 何と思, 何べん, 何やら入った, 何処を, 使を, 來や, 來んの, 供へる, 俺らがには, 働きも, 僕行つても, 光子さん冷かし, 公儀には, 兵粮運びなんぞに, 兼公は, 凡夫信長その, 出かけますねん, 出すもの, 出たの, 出るもの, 別に彼ら, 別れなさった, 利に, 前大蔵大臣, 力つけたげ, 動かぬ上杉, 北原の, 十兵衛は, 半分真的に, 去つた, 反省させる, 取り寄せ開くと, 受け取ろと, 古くから, 召使に, 可い, 可ならん, 吉野を, 同志の, 名を, 呉れる毎, 呼び迎い, 呼んでも, 喋々述べ立てた, 喫驚し, 四つ橋の, 四十尾ほど, 園遊を, 外の, 大いに信用, 大いに悦んだ, 大いに自慢, 大作は, 大惣, 大阪の, 天びん担い, 夫が, 失望しましょう, 奔走しとる, 女中さんが, 好いか, 妻を, 姉さん今え, 姉の, 嫌う人, 子供に, 守って, 安心し, 安治川の, 宗教は, 宥めといて, 家で, 家へも, 寝る, 封じて, 尋ねて, 小さな與吉, 小言いう, 居たその, 居ます, 居らぬけれども, 居られたそう, 居られる, 居りましたが, 居りますけれども, 居るに, 居るシッキム人, 居る者, 山の, 差支えない, 帰りはりましてん, 帶を, 年中飄々として, 年齢は, 弓を, 引っ附い, 彼の世い行ったら, 往きよった, 待って, 後に, 心と, 忍人命押勝など, 怒りや, 急きたて, 怨むこと, 悦んで, 悪魔を, 感心し, 慾得から, 我も, 戸を, 手ぬぐいを, 手の筋が, 手紙を, 押人命押勝などは, 拙者と共に, 指の, 描いて, 攻撃する, 教えながら, 斬って, 断ったら, 断りなされた, 新夫, 旅籠屋の, 旦那から, 昔の, 時間を, 普通の, 書記が, 有りゃせん, 木枯凄まじく, 来ずむろん, 来たもの, 来なさって, 来ました, 来や, 来よか, 来るし, 来るやろまあ, 松本の, 栗田銀五が, 棺桶へ, 欲し, 歌を, 止めた, 正座の, 此処の, 歩いたらまったく, 死にます, 母から, 毎日相談し, 気を, 気違いみたいに, 江戸の, 決して反抗, 泣いて, 洗いざらい持っ, 清水寺の, 済まなかった, 滅多な, 無理から, 無縁に, 父さんばかして, 版木を, 狭い段梯子, 玄関い降り, 瓜の, 甚だ恐れ, 生れた時, 田舎は, 男の, 画の, 皆出, 盲従する, 直ぐに, 直にトモ, 相手が, 相手の, 着物の, 矢鱈に, 知れたもの, 示さなければ, 神事関係の, 禅門の, 私から, 私等の, 科学を, 立ちいで, 笑て, 笠屋町から, 第一病人, 精進料理の, 絵エ書く, 綿貫は, 置いたの, 置きましょう, 置くが, 罰金を, 老尼僧, 耶蘇の, 聞かして, 聞かそうぞ, 聞きませんだつたが, 聴きなされしません, 肯かないもの, 脅迫します, 腹立てること, 自分から, 自分に, 自家に, 自然科学と, 自身の, 色々の, 茶碗には, 草葉の, 落胆し, 薬草が, 蛇みたいな, 行かぬので, 行かれましたけれど, 行水の, 西北原の, 見いあ, 見た, 見る事, 見物が, 言ひ騒がれ, 訪ンね, 許すよ, 証拠に, 話さないで, 話しゃれた, 誓うこと, 誠実なる, 読経供養を, 請求する, 謝罪を, 變化の, 貰おう, 貴様に, 賞めた, 身寄り頼りに, 近属, 返したが, 追いかえされたが, 逃げるやう, 逃げ迷うもの, 連れ出しなさって, 道誉の, 遣わすが, 重んぜられた傾向, 錦と, 長者町の, 陰気に, 随分出掛けた, 難儀し, 電話が, 電話切っ, 非難する, 頂戴何番い, 頻に, 頼めば, 風呂敷包渡します, 飛び着いて, 飛退いた, 馘らんか, 駄賃が, 騙すの, 麥の

▼ いう~ (1562, 3.3%)

41 至っては 32 それは 29 過ぎない 28 これは 23 ある 20 しては 18 あった 15 すぎない 14 しても 13 過ぎないの 12 違いない 10 過ぎぬ 9 そうで 8 彼は, 過ぎなかった 7 あり, 私は 6 きまって, これも, われらの, 至りては, 非ず 5 いたっては, すぎないの, すぎなかった, それも, ちがいない, 一致し, 前に, 彼の, 決してそうで, 過ぎず

4 [11件] これまた, とどまらなかった, 到っては, 帰着する, 忍びない, 等しい, 至って, 至る, 過ぎないこと, 過ぎなかったの, 過ぎません

3 [14件] あらねど, いたりては, これには, ふさわしい, 任せて, 反して, 同じ事, 尽きる, 相違ない, 私の, 足らぬ, 足りません, 近いもの, 過ぎないが

2 [67件] あったが, あったの, あったので, あらず, あらずや, あらぬ, あること, あるらしい, あるらしかった, いわれぬ恐怖, いわれぬ悲し, ここでは, ここに, すぎぬ, すぎません, そうでも, そこには, その原因, そは, それが, それには, とどまる, なかなかそうは, ほかならない, まるで仕事師, もし私, わしは, テーブルまた, 一口に, 乗った, 事実は, 他でも, 他ならない, 他ならぬ, 僕は, 前にも, 及ばず, 及ばず警察, 及ばない, 同じい, 同じである, 在り, 外ならない, 外ならぬ, 始まるの, 帰着し, 当時の, 彼も, 彼女の, 日本の, 止って, 決してそうでない, 決してそうでなく, 決して然ら, 泊ったの, 誰も, 足らない, 近い, 近いほど, 近かった, 過ぎないと, 過ぎないので, 過ぎなかった頃, 過ぎぬこと, 過ぎぬの, 違ない, 類す

1 [968件 抜粋] あいつ等あ, あえて女だてら, あたかも飢えたる, あったと, あったらしい, あの, あの夜暴民たち, あの男, あらざるは, あらずして, あらずひとり知力, あるから, あるならば, あるべきはず, ある筈, あわれ, いえないいい, いえない寂し, いえない思い, いえない悲壮, いえない現代, いえない苦労, いえぬほど, いえぬ媚びさえ, いえぬ嬉し, いえぬ楽しい, いえぬ痛み, いたった理由, いったい地下鉄道, いったい翻訳, いつもだまっ, いま樹立の, いわれず情なく, いわれないぶきみ, いわれない味, いわれない爽やかさ, いわれない苦痛, いわれぬいやあ, いわれぬお世話, いわれぬ不愉快, いわれぬ事情, いわれぬ凄味, いわれぬ品位, いわれぬ女, いわれぬ寂しい, いわれぬ悲苦艱難, いわれぬ懐かしい, いわれぬ楽しみ, いわれぬ淋しい, いわれぬ狂暴さ, いわれぬ相, いわれぬ複雑, いわれぬ趣き, うぬ, え, おかしいじゃあねえか, おそらく何, おまえが, およばずあるいは, およばず失敗, およばず町, およばぬ, お前は, お家に, かえって非常, かかる頃, かかわらず朱, かつてここ, かなり凄い, かの女子, きかないの, きまってるが, きまって居る, きょうだいたちの, くらしい奴, げに故, ここで, ここほど, こちらの, この世の中, この前, この場合, この家来, この方, この曹操, この決議, この芸術至上主義, この閑地, こは, これへ, これらの, これ習慣遺伝の, さっきから, しつこいやつ, しろそれ, しろつまり, すぎず, すぎないが, すぎないらしかった, すぎない程度, すぎぬから, すでに申し上げ, すなわち植物学, せ手口, そういう人たち, そうして毎日毎日茶屋酒, そうでない, そこい, そして所, そのナポレオン, その一番, その人ら, その大名, その径路, その時, その標準, その無惨, その研究, その精悍, その虫, その鉄棒, そもそも彼, それについては, それらの, たいがい教祖の, たといいつか神, たるもの, だんだん脂肪, ちがいありません, ちょうど女中払底, つき同, つまりかの, とどまって, とどまらず世界, とどまりいずれ, とどまり又, とどまるの, とどまるわけ, とどめて, どうしてこの, どうもそうじゃ, ない方, なかなかそうも, にわか散切りの, はや仕立てられた, ひとしい, ひとしい考え, ふさわしいと, ふさわしい容態, ふさわしい必死, ふさわしい生活, ふしぎな, ほかならぬ, ほかならぬの, まことに小さく, まさる万感, まず海岸, まず福沢諭吉翁, また五官, まだそうは, まるで一種, むろんそれ, もしその, もし成善, もちろんそうは, もちろん単なる, もとより心理的妖怪, ゃあたらねえ, やい小, やはり今, やはり用例, わからないか, わたしが, アノ雑誌の, エリーザの, キャリフォルニアから, チベット政府では, ファッショの, ベルグソンの, マラバー丘から, 一つは, 一体に, 一年入る, 一直線上で, 三年の, 上に, 上野着, 不思議な, 不案内の, 世人は, 世界的結合の, 乗りて, 予も, 事情は, 云われぬもの, 亭主は, 亭主呆れ, 人情本を, 人間改造機が, 今の, 今までの, 今度は, 今日は, 今日吾等の, 仏いわく梵天様で, 仕方が, 他人の, 以上述べた, 以前ナッソー街一二九番地に, 休息し, 似て, 何か, 何やら異臭, 何人も, 何故そうだ, 余は, 作者の, 例の, 価するだけの, 保は, 信玄の, 俳句の, 俺は, 値いしよう, 値すると, 傭われること, 僕には, 僕の, 元来科学的工業立地の, 充分に, 光武の, 入口に, 全くの, 内の, 別にある, 到りしこう, 努めて, 勝るもの, 十八年も, 千年以上の, 単一統制放送制度の, 印象や, 却って不, 却って不埒, 及ばずいずれ, 及ばずおよそ, 及ばずドイツ人, 及ばず中等以上, 及ばず双方, 及ばず大人たち, 及ばず宿場会所, 及ばず応挙, 及ばず揚子江, 及ばず時に, 及ばず此村, 及ばず湖, 及ばず男, 及ばず神田, 及ばず肉食, 及ばず諏訪一帯, 及ばず貫一, 及ばず踊り場, 及ばず遠く, 及ばず高崎, 及ばないこと, 及んだ由, 反し当地, 取次が, 叩く音, 右内は, 同じ, 同意したる, 否否否たいへん, 咄嗟に, 和え歌, 商家の, 善光寺街道木曾街道糸魚川街道などを, 四層の, 団体を, 国体は, 国民間の, 在った, 在るらしいが, 城中の, 変りは, 多くの, 夢も, 大名取り潰し政策を, 大抵身内, 大脳は, 大都督, 夫人の, 妻子と共に, 姉君憎む, 子どもたちは, 子供は, 子規氏の, 孫文先生の, 宗教の, 実にかれ, 実はそれ, 家康は, 宿かれ, 対照し, 対象に, 小や, 少しは, 少し事, 尽きまする, 尽きるであろう, 尾佐竹猛君の, 岩木山の神は, 崖には, 左様に, 帰す, 帰りおらぬか, 平田門人としての, 幸な, 広くも, 当って, 当る, 当るの, 彼が, 待たぬか, 後威能, 得三, 必ずしもそうで, 忍びざるもの, 忍びずただ, 思想的抒情詩は, 恥も, 意外にも, 懇意の, 我が行かぬ, 戯けるな, 手前は, 打上の, 拘らずカブキ, 拘わらず午前五時頃大雨, 撃たれたいか, 放さぬか, 数日間ついに, 文学が, 旅客が, 日ごろの, 明日香は, 昔は, 星の, 昼間は, 智謀逞邁誠忠無双容易に, 曰くしからず, 最古参者, 有用物の, 朝夕主人の, 本院, 村の, 東京という, 松山市に, 楊修の, 極って, 機械を, 止まって, 止まらないその, 止まりは, 止まり別段, 止まる, 止まるの, 止むべきだと, 止めいと, 止らずさらに, 止らなかった, 止る, 武家は, 死体の, 民弥が, 汝が, 決してそうは, 決して然らざる, 決まって, 河内北山で, 泊った, 泥坊め, 浪人ふうでも, 浪人組を, 海の, 渋江氏の, 澄江様と, 炉の, 無論自分, 照雲上人を, 牛は, 特に集中, 猫可愛がりに, 珍らしく, 現象と, 理研や, 甚だ平気, 生物学的に, 由来が, 由来する, 甲斐源氏の, 男は, 男爵こなた, 留めて, 異ならず, 登りそれから, 盗まれべき者, 目を, 盲目縞の, 相場は, 相談せし, 相違なく, 眼を, 着けり, 硬派は, 祖父清康が, 神戸の, 私も, 立ち寄り叔母, 笑うはず, 第一, 第二版, 等しいこと, 等しくそれ, 答えて, 紙には, 結びて, 継母の, 翁は, 肉体には, 腰に, 自分の, 至ったごとく庚申, 至って極まる, 至るに, 至れば, 花村様には, 若い時分, 草鞋を, 落とされた, 藤原時代に, 蛙の, 蜂は, 西は, 覇気も, 角右衞門は, 言うまでもなく節子, 言えない自分, 言われない焦躁, 認識を, 読者の, 諭吉また, 谷川の, 費府は, 起き出でて, 足らないが, 足らないもの, 足らぬが, 足りなかった, 足りる評価, 足るもの, 踏みつぶしたもの, 身長を, 轢死人が, 近い大きな, 近い現実, 迷い入ると, 通う, 遂に相模, 遊猟に, 過ぎずそれ以外, 過ぎないたとえば, 過ぎないであろう, 過ぎないでしょう, 過ぎないよう, 過ぎない程度, 過ぎなかったかも, 過ぎなかったが, 過ぎなかったその, 過ぎなかったであろう風説, 過ぎぬが, 過ぎぬらしく家, 過ぐる版籍奉還, 道徳が, 遠慮を, 適わしいの, 遺憾ながら, 金力だ, 鎌倉時代から, 阿片窟へ, 限りなく, 随い, 非ざれ, 非ずや, 顔馴染の, 食物が, 馬の, 驚くこと, 髪は, 鹿を

▼ いうよりも~ (1333, 2.8%)

10 何か, 彼の 6 むしろその 5 これは, 一種の 4 むしろそれ, むしろ私, 私の, 自分の

3 [11件] それを, むしろ一種, むしろ彼女, むしろ悲壮, 人の, 刀が, 寧ろその, 心の, 怖ろ, 私が, 自分で

2 [33件] あなたの, その方, それが, ただその, なおいっそう, むしろ, むしろこうした, むしろこの, むしろ不思議, むしろ人間, むしろ何, むしろ恥, むしろ自分, むしろ長い, ゾーッと, 一つの, 人間が, 他の, 先に, 家の, 寧ろ多く, 寧ろ本能的, 寧ろ自分, 寧ろ詐欺, 彼が, 材料が, 気の, 耳ざわりな, 自分を, 自然が, 虫の, 複雑な, 飛んで

1 [1182件 抜粋] あきらめきったよう, あざ笑って, あの女, あまりにも, あらゆるもの, あれは, いくら望ん, いずれも, いっそう詩的, いつの間にかお, いまだに甘い, うそを, うつくしいの, うろうろし, おあい, おそらく一種, おめ, お化けといった, お駒ちゃん, かえって津田, かきや, かれは, きよすの, こうした世界, ここに, こっちの, この二人, この壁, この物質文明, これが, これまで, これを, しちくどいほど, じっさいの, じつは今度, すべての, せっかく来た, そういうへん, そういう破, そのあと, そのとたん, そのなか, そのやり方, その中, その前, その可愛い, その失敗, その席, その松, その言葉, その顔色, それの, それよりも, それ以上に, ただ希臘, たのしゅうございます, とっぴに, どうしよう, どう言ったら, どこかの, なお多く恥ずかし, ながらく拙者, なにかしきりに考え込ん, なにか宙, なるべく相手, なんだか頼り, のっぽの, はるかに, ひろいパリ, ふしぎな, ほかに, ほんとうの, まことに日本, またその, まつたく無, まるで自己防衛, むきに, むしろあなた, むしろいっそう激昂, むしろお, むしろくれ, むしろごく臆病, むしろすべり歩いてる, むしろそっち, むしろなまけ, むしろはい, むしろばかげた, むしろほとんど息子, むしろまさに飛び去らん, むしろまったく違った, むしろようやく足, むしろりっぱ, むしろフランス, むしろベネディクト修道士, むしろ下を, むしろ不気味, むしろ事ごと, むしろ二, むしろ人殺し, むしろ人間生活全体, むしろ代々, むしろ会う, むしろ偶合, むしろ全く忘却, むしろ凛とした, むしろ単純, むしろ友達, むしろ古く, むしろ吠えた, むしろ土壌, むしろ多く, むしろ大, むしろ夫, むしろ女丈夫的兵士, むしろ学者, むしろ対立, むしろ将軍ら, むしろ少々そらおそろしい, むしろ岡本, むしろ師匠格, むしろ底, むしろ強制的, むしろ彼女自身, むしろ後ろ, むしろ心理状態, むしろ怖, むしろ性格, むしろ怪獣, むしろ恐ろしかっ, むしろ悲しい, むしろ悲しん, むしろ感じた, むしろ憎い, むしろ打ち倒れる, むしろ文芸思潮, むしろ旦那衆, むしろ柔, むしろ歌, むしろ死屍食い鬼, むしろ気, むしろ気味, むしろ気味わるい, むしろ法王派, むしろ滑稽, むしろ無口, むしろ照れ臭, むしろ狂, むしろ男, むしろ町娘, むしろ真実, むしろ短剣, むしろ礼, むしろ祭政一致, むしろ稀, むしろ立派, むしろ純粋, むしろ美術, むしろ肚, むしろ臓腑, むしろ自家, むしろ自然, むしろ葉温, むしろ西洋風, むしろ見る, むしろ詩, むしろ説明的, むしろ貿易, むしろ通路, むしろ運命, むしろ野武士, むしろ隅, むしろ雑然, むしろ面白く, むしろ順当, むしろ頭, むしろ食いっ, むしろ黄いろく, もう二度とそんな, もう減りすぎ, もし分けれ, もっとひろく, もっとスケール, もっと子供, もっと深い, もっと肉体的, もっと蒼蠅, もっと資本主義, やつれた感じ, やはり総称, ゆったり大柄, わざわざ聞かせる, わたしの, ウイスキーを, ガッカリした, ジャアナリズムの, ダンスが, ノドが, ボートと, ムキになって, リズミカルで, 一層直接, 一束の, 一番必要と, 一種凄, 一般的な, 三枚の, 上小路の, 不規則に, 世界の, 丘陵の, 中に, 事実は, 二十三にも, 人を, 人影の, 人間としての, 仁王が, 今ここに, 今夜会っ, 仏祖の, 仰天し, 伯父と, 伸子は, 低能児といった, 何だかそんな, 何となく悩まし, 何もかも無くなった, 何者かに, 侍女, 信長自身の, 個性が, 偉大な, 催眠薬で, 元亀天正以来, 兄妹の, 先祖の, 全体が, 全然社会, 公園いっぱいに, 具体的である, 内的な, 凜, 出鱈目な, 切れ目の, 初めてつくづくと, 利巧な, 勿体なくて, 十兵衛光秀の, 半分は, 単にこの, 単にひとりごと, 博士あなたこそ, 卵塔場という, 友達であった, 反って, 叫んでも, 可笑しな, 同志といった, 名族と, 吠え声, 周囲の, 命名者の, 哀訴する, 噛みちらかして, 国際的な, 圧迫或いは, 執念深いのに, 境遇と共に, 売娼婦, 変った意味, 夕方だった, 多く情人, 多計代一人, 夜盗の, 大きな波動, 大声で, 大昔の, 大谷刑部少, 天嶮へ, 太古以来絶え, 夫れ, 奇怪であった, 奇術師に, 奔放自在という, 奥書院の, 好機を, 妖怪である, 威嚇威嚇と, 娼妓らしく見られた, 嬉しかった, 学界の, 実に, 実際は, 宵から, 寝小屋寺, 寧ろある, 寧ろそんな, 寧ろミジメ, 寧ろ主張家, 寧ろ何だか済まない, 寧ろ優れた, 寧ろ凡て空, 寧ろ卓越, 寧ろ印象, 寧ろ各自, 寧ろ土地, 寧ろ天才, 寧ろ広まる, 寧ろ恐怖, 寧ろ感心, 寧ろ抵抗, 寧ろ日本, 寧ろ桟敷二列, 寧ろ機械的, 寧ろ残忍, 寧ろ物, 寧ろ理解, 寧ろ病的, 寧ろ肉体的, 寧ろ芸術家, 寧ろ路, 寧ろ面倒臭い, 対処の, 尊敬する, 小京都, 小窓, 少女たちが, 岩と, 崖邸の, 巨大な, 帝の, 平凡な, 幼稚な, 広い意味, 建物の, 弱いと, 当時においては, 彼には, 彼等は, 得物の, 心が, 忘却し, 怒りに, 性格という, 恋愛通ワケ知り, 恐怖恐怖と, 悲しい冗談, 悲壮な, 意志の, 意識し, 愚かという, 感激した, 憎いと, 成層圏以上の, 手も, 技術といった, 拡大され, 探して, 撃たれたよう, 敗戰後の, 数日の, 文学に, 料理屋といった, 日常会話には, 日本古来の, 明け方近く庭口にあたって, 昔の, 時は, 時間の, 曠野という, 書簡は, 最初に, 最後的断定の, 未来へ, 来られては, 枝に, 桜の, 楽しむといった, 次第に退化, 歓楽を, 正中ノ, 武蔵は, 歴史的に, 死ぬ間際, 死んで, 殆ど一本の, 殆廃滅に, 殺気と, 毎日顕微鏡と, 気の毒で, 気高いもの, 水面に, 江戸時代以前においては, 沙金の, 油光りでした, 泣いて, 洋酒の, 海といった, 消防の, 淡い水色, 深雪には, 清盛その他の, 測定方法が, 滑稽であり, 漂うて, 濃い紫, 瀟洒といった, 炉といった, 無数と, 焦燥から, 父の, 特殊の, 猛獣の, 現代科学に, 理論の, 生まれ付き, 生活的な, 男妾の, 異様に, 病気と, 瘠せぎすの, 登山熱が, 皮膚の, 監獄医に, 盲目的に, 真剣そのものの, 短い不精髯, 石の, 社会政策的な, 私と, 空気の, 空間の, 突飛に, 第一, 筆と, 米友そのものが, 粗末な, 精神的に, 純粋なる覆, 絶えず変転, 練馬の, 義観の, 考えること, 聖者と, 肥料に, 腕の, 臆病であった, 自分に, 自分一人の, 自分自身に, 自然と, 自然の, 舞台装置専門家の, 船長の, 良人の, 芥を, 芸妓である, 芸術創作への, 苛, 苦しんだ, 荒れた芝生, 落選代議士という, 藪の, 融通の, 血を, 表面に, 襖の, 見当らなかった, 親族的な, 訊問, 読者の, 諏訪栄三郎の, 貧者も, 貴族たちが, 身の, 身内です, 転げ落ちた, 途すがらの, 逢うの, 道は, 遠い千歳, 遠近の, 都は, 酷烈なる, 醜悪といった, 鍋屋から, 閉塞する, 阿曾, 階級の, 集団として, 雑穀屋の, 非科学的, 面白八分で, 頬に, 食べずに, 養父と, 骨の, 魔が, 魚の, 黒く眠っ

▼ いうから~ (907, 1.9%)

11 私は 8 それを 6 これは, 私が, 私も 4 それは, 何か

3 [11件] こいつは, それまで, だ, である, わたしも, 出て, 教えて, 自分も, 行って, 連れて, 驚いて

2 [32件] あるいはそう, ここの, これも, これを, してが, そいつを, そうだ, そこへ, それが, それだけでも, それで, それも, そんなこと, であった, ともかくも, わしは, 一緒に, 仕方が, 何うし, 何を, 喧嘩に, 多分は, 大したもの, 安心し, 彼の, 抽斎の, 担げと, 来て, 然うなれ, 話が, 読んで, 負けて

1 [765件 抜粋] ああいい, あしからず, あたかも京都, あたしも, あたし考えた, あては, あなたいわない, あのとき, あの前, あの砲弾, あの野郎, あるいはこれ, あるいはその, あるいはツイスル, あるいは新潟, あれは, あれば, あゝ不憫, いかに震災下, いずれは, いずれ篤, いっしょに, いやどうも, いやな, いよいよ解らなくした, いろいろ考えた, えらいもの, おあつらえ, おそらく十九世紀はじめ, おだやかでない, おぬし, おまえさんので, おまえも, おもしろいじゃ, おらあはあ, おれは, お児ちゃん, お前さんも, お前花魁を, お呼び付けする, お國, お貞さん, お返した, お風呂, かなりな, かれは, かわいそうだ, きっと君子さん, きっと大事, きっと羊, きっと自分, きれえですよ, けっして川, こいつしまった, こいつを, こいつ等も, ここでの, ここも, こっちの, こっちも, この丸い長い, この人, この儘, この巻物, この理窟, この話, この頃アメリカ, こりゃお寺方, これからわが輩, これほど, これほどの, こんどは, さよう五, ざッと, しかたなし, しようが, すぐに, すごい, すなわち菫, ぜひも, そういう意味, そうかと, そうし, そうすると時間, そうなったら, そこでおれ, そこで呂宋兵衛, そこで私たち, そこん, そっくりスキヤキ地帯, そのうち, そのこと, そのまま放還し, その光, その口, その喧嘩, その天才的, その婦人, その屋構え, その廻る, その意気, その故, その方達, その積り, その舟棚, その記念, その起原, その頃, その頃から, それじゃ, それだけに仕事, それでは一つ, それでは何, それでわたし, それで喜久井町, それなら先生, それに, それ右の, それ迄に, そんなら着, たち寺, たのむこと, だい, だから云わない, だったろう, だと, だまされても, だを, ついて行って, つい見る, つまり帆村荘六, つれて, では二人, とうとう連れ, とにかく棒, どうぞ日本, どうもあなた, どれほど難, どんなこと, どんなに用心, どんな容姿, なおさらこいつ, なお稀有, なったので, なにか切れ物, なるべく大金, なるべく精神, なんでも, なんでも嘉永, ねぎの, はいと, びっこの馬も, ほんとうの, ぼくは, まあ仕合せ, まあ大目, まことに遅々, まずその, まず午前九時ごろ, まず帝国海軍, またそんな, また出なおし, まだここ, まだ好い, まだ小柳町, まだ雨, まんざらで, みな寝る, みんなそれぞれ思い当る, むりもないがここを, むろん秋, もうちっと好い, もう僕ら, もし夜, もちろんすでに夫人, もとの, もとは, ものすごいもの, やがてわれわれ, やはりかい, やはり清水, よく分っ, よく聞い, よし来た, よほど何回, よほど行われた, よもや人, よもや劉, わざわざ持っ, わざわざ連れ, わしに, わたしが, アメリカでは, イヤでも, カタツムリの, サテ怪しい, タナシも, ダイヤが, ナタは, ハイと, バアナア街事件の, ベスビヤスまで, ホテルの, 一つ訊い, 一人で, 一寸見廻ってた, 一旦みこまれた, 一磅十円として, 一種の, 丁度保さん, 七尺八寸という, 三四行したためた, 三四郎が, 上げて, 不思議だ, 不毛に, 不良に, 中には, 九月の, 二十年前の, 二日がかりで, 二月の, 五里以上五里半は, 亭主の, 人は, 人を, 人口の, 今に大将, 今夜変わった, 今日では, 今見た, 仏教と, 仕方がねえと, 代わって, 仮に八日, 仲を, 伐って, 会うのよ, 会社の, 伴藏夫婦は, 伸子は, 何が, 何だ, 何で急, 何となくその, 何とも故障, 何に, 何んで, 余は, 使丁か, 例えば徳山高女, 俺あ, 傷者も, 僕が, 僕も, 僕太い, 兇器を, 先ず三百両, 先ず此, 入れて, 六百五十五円持っ, 六百拳を, 其の時殿様, 其の身の上話, 其後は, 其跟に, 冒険などを, 出したん, 判然は, 勝手が, 医者に, 十八世紀の, 十八九であろう, 十時である, 十枚で, 午飯の, 半七, 南組が, 博士の, 友達も, 取り返しに, 受けて, 可恐えです, 同道し, 名人芸を, 君が, 呆れたもの, 和平さんに, 四人ながら, 四十日間は, 困るよ, 国民車という, 土曜日の, 塩竈を, 変ってるだろう, 変な, 夏から, 夏場所の, 外套を, 外甥その, 多分木曜頃, 夜明けも, 夜間発着には, 大勢枕元を, 大変じゃ, 大方演じ, 大杉は, 天保十三年あたりだ, 天性の, 奥州の, 女という, 好い医者, 如何に, 妙だ, 始終チューインガム, 娘が, 娘を, 嫌な, 孫太夫と, 孫家の, 完納し, 宗門御, 定基も, 定枝と, 実は自分, 実は花, 家にべ, 家は, 家庭の, 家康の, 宿屋へ, 寛政の, 封筒に, 小遣を, 少くも, 少なくとも以前, 少なくとも近年, 川水を, 左次郎には, 巻紙に, 幕府にとっては, 年い取った, 年を, 幾分その, 広島の, 弁当の, 弾いては, 当分の, 彦さん気を, 彼処へ, 待って, 従いて, 心の, 心配は, 忌々しいから, 忠平確かりし, 怪しい, 恐らくは迷庵, 恐ろしい執念, 悪阻に, 意外に, 意見を, 感傷の, 慶長十年の, 戌刻, 我々は, 或いは瑞龍山, 打明けて, 扨は, 承知を, 拠なく, 捨てること, 掛け合うと, 推して, 推すと, 敷って, 文三は, 文明史は, 文次と, 新橋の, 日の, 日本の, 日本的である, 旦那に, 早く来, 早く来い, 明日屹度剥し, 明治十三四年の, 是が, 是非そうやっ, 最も神聖視, 最初から, 有難えッ, 木下秀吉柴田勝家森可, 本当かと, 来たら拙者, 東側とは, 東北の, 栄三郎また, 様子を, 止したのよ, 正木お, 正直者だったろう, 此方は, 此方へ, 武装警官一小隊で, 段々訊く, 毎々縛らるる, 民主主義と, 泥棒よけには, 注目に, 浪人では, 海津か, 湯の, 源次郎は, 演技では, 火星では, 無事に, 燐光を, 牢屋敷の, 犢鼻褌の, 狼の, 王滝からも, 甘えもんでしょう, 生きて, 生やさしい, 病状の, 発表を, 皮肉でも, 目出度い, 相当強力, 相当水泳, 着ようと, 知らないこと, 祈ったの, 私い魂消た, 私の, 私欲しい, 突厥狼種と, 笑えないまちがい, 笑わせるの, 約千円, 細かな, 終電車に, 結構なこった, 縁起を, 置いて, 義兄さんが, 翌二十九日, 老人の, 聞いて, 背丈が, 腹ア立った, 自分は, 自然そう, 自身の, 船まで, 船を, 荒立つこと, 荷に, 薄給弱冠の, 藤兵衛と, 虎を, 蛙だって, 行かぬ方, 行ったん, 西洋音楽でも, 見せたって, 見に, 訊かずに, 読者の, 誰か, 誰でも, 買いに, 買おうと, 車夫にも, 車屋に, 逃げも, 途中も, 違えねえツイ, 遠い昔, 遣るてえのに, 都市の, 金曜日の, 間違えが, 降りたところ, 随分辛かっ, 随分風流, 離縁状を, 非常に, 額に, 食品により, 館外の, 馬乗りの, 駄目駄目, 驚く, 驚くでは, 驚くね, 鬼から, 鬼を

▼ いうよう~ (868, 1.8%)

62 なもの 43 なこと 2822 になった 21 だが 9 な事, な調子 8 なところ, な人, な感じ 7 ですが, な意味, になっ, になる 6 な, な言葉, な顔, になりました 5 にそう 4 なわけ, な気持, な音, に見える

3 [12件] だけれど, であるが, では, なものの, な態度, な様子, な気, な理窟, な話, な風, にその, に何

2 [47件] じゃが, だから, だけど, だった, であった, でおかしい, でした, なそんな, なの, なふう, な会話, な叫び, な噂, な声, な妙, な悪い, な所, な日, な有様, な点, な物, な異様, な者, な観念, な説, な顔つき, な馬鹿, にあの, にいう, にいった, にお, にこの, にこれ, にし, にちょっと, にやさしい, にやっ, に両手, に公, に名人, に日本, に聞こえる, に自分, に話しかけました, に雪, に静か, に頭

1 [447件] じゃあなかなか, じゃあまあ, じゃそれ, じゃない, じゃ心, そんな事, そんな急, だ, だね, だ森, である, ですけれども, ないら立たしさ, なお告げ, なかすか, なきめ, なき失望, なぐっぐっ, なこういう, なことば, なこどもだまし, なこの, なすこし, なその, なそン, なたいへん, なでっかい, なのろのろ, なひどい, なひろい, なふっくら, なふり, なぼんやり, なまたは, なやつがね, なやゆ, なようす, なん, なイヤ味, なガラン, なグアイ, なダイナミック, なダブダブ, なテーマ, なドイツ語, なポスト, な一種, な不安, な不満, な世の中, な予感, な二, な二人づれ, な二百三十余頁, な云い方, な人々, な人民, な人物, な人道教育, な人間, な仲, な体裁, な何とも, な保守主義, な信念, な偉い, な偏食, な僕たち, な党派的階級的, な全霊, な其様, な内田, な冷遇, な凄い, な前置き, な勇気, な動物, な勤勉家, な卑劣, な単に, な印象, な反抗, な口, な口調, な合図, な周章てた常識, な呪, な唸り声, な喚きと, な器用, な四方山ばなし, な国, な型, な場合, な境界, な声々, な大きな, な大袈裟, な女, な宗教的, な定か, な家庭, な容子, な密室, な寛, な小さな, な幕府勤め, な廿, な当然, な形, な形態, な御返事, な微か, な心, な心持, な忌, な思想, な怪しげ, な恰好, な悲鳴, な情味, な情緒, な慰め方, な我がまま, な政党, な政治家, な文芸批評家, な方法, な旧, な時, な景気, な書翰, な最上, な有力, な本質, な根強, な格, な格好, な格恰, な次第, な死, な気軽, な決して, な沈痛, な注意, な測り知られぬ感じ, な漠然たる, な激しい, な烈しい, な無気味, な無言, な牢獄生活, な物悲しい, な物腰, な特別, な独裁党, な甘, な疑心暗鬼, な盗ッ人市, な目つき, な眼つき, な瞬間, な私, な稀, な立場, な筋, な筋あい, な素, な素振り, な罪名, な美, な義理, な考え, な考えかた, な者ども, な臆病, な自信, な自慢, な英語, な英雄, な行き方, な褒めことば, な西洋音楽, な言い伝え, な言い方, な話しを, な話休み, な議論, な責任, な賤, な趣き, な身振り, な輝きかた, な返事, な迫力, な連想, な遊子, な都合, な醜, な鋭い, な間接, な関心, な雰囲気, な電気, な電話, な霊性, な面, な響き, な頬, な馴れきった身振り, な高尚, な高山, にあさましい, にあなた, にあまり, にある, にいいきかせる, にいいました, にいえいう, にいっ, にいまいまし, にいろいろ, にうなずい, におかあさん, におどした, にかれはいった, にぎゅっと, にぎりぎり, にけけち, にここ, にこちら, にこっち, にこれら, にさっさと, にしばらく, にじろじろ, にすらすら, にする, にするなら, にせまい, にそして, にぞんざい, にただ, にたつ, にたとい, にたのしい, にだんだん, にできた, にとのさま, にともに, にどうして, にどこ, にないしょ声, になつ, になり, になろう, ににやりと, にはっきり, にひざまずく, にひっそり, にひどく, にぶっきら, にぶつくさ, にほんとう, にまた, にみんな, にむこう, にむっくり, にむやみ, にもし, にもと, にもなった, にも聞えました, にやられる, にやる, にわが, にわざわざ, にわれわれ, にアトランティス大陸, にオリンピック, にグレ, にサモア, にシナの, にジャネット, にセンチメンタル, にドア, にネコども, に一寸首, に三つ, に三日, に上手, に世界, に世阿弥はかぶり, に両者, に之, に云われ, に人, に人生, に人間, に今, に仕なけれ, に以前, に仲間, に俗名, に信長, に俺達下々, に僕ひとり, に優しい, に共同生活, に共通, に写真, に初め, に力ん, に動物, に勝手, に北方, に十万, に十人, に千鶴子, に半, に単に, に取られる, に古くさく, に呟い, に呟き, に命令, に哄笑, に外部, に多, に大きな, に大まか, に大地, に女子, に女性, に存在一般, に宣告, に将来, に小さく, に山城守, に山鹿, に川, に工芸, に左膳, に幽霊, に強欲, に彼女, に征服不可能, に微笑, に心, に心安く, に忽ち, に怒鳴る, に思わるる, に思われる, に悪い, に悲鳴, に感じた, に感じられる, に感激, に憤然, に手, に拾っ, に擡頭, に文化科學, に旅券, に旅行者, に時々刻々, に暗く, に朝, に未亡人五百, に本当に, に李, に林太郎, に架橋, に柄頭, に案外, に椅子, に死ん, に毎日, に民主主義文学, に民衆, に気, に氷, に江漢老人, に沈黙, に泡鳴氏, に混沌, に清い, に激しく, に犯人, に男, に画家, に病気, に痛い, に白い, に白鳥, に眉, に真紅, に真面目くさっ, に社会内, に神経質, に私, に私ども, に科学的精神, に窓龕, に笑っ, に笑った, に第, に答え, に精神的向上, に細く, に結婚, に給仕, に絶えず, に考え, に考えたら, に耐乏生活, に聖書, に聞え, に聞える, に聴, に致しましょう, に花見酒, に落ちつき, に薄, に街, に表門, に見えた, に見なおし見なおしし, に見受けられた, に見物, に言葉, に言語, に資本主義, に走らせ, に軽部, に近づい, に過不足, に都, に闇, に青まゆ, に非, に面当て, に頷いた, に顔, に首, に黙々

▼ いうより~ (860, 1.8%)

28 ほかは 25 ほかに 18 外は 17 外に 11 他は 8 仕方が, 他に 6 ほかない, ほかなし, 何か 5 ほかなかっ, 以上に 4 ほかの 3 それは, むしろその, 先に, 寧ろその, 私は

2 [35件] いいよう, これは, しかたが, その時, ない, ほかありません, むしろ, むしろそれ, むしろ公然と, むしろ哀れ, むしろ彼ら, 今の, 仕様が, 他の, 以上の, 外には, 妙に, 字を, 寧ろ彼, 寧ろ文学, 寧ろ訳, 彼の, 彼は, 死力を, 殆ん, 物の, 眼全体が, 私たちの, 私の, 自分の, 自分自身が, 自然に, 言い方が, 遙に, 高度の

1 [628件 抜粋] あたし口惜しい, あたま, あの人, あの埃, あり得ませんという, あ首, いかにもおっとりと, いくらかジョン, いためつけるん, いっそあわれな, いつも見, うなって, おかしかった, おなじ先生, お喋りで, お堂, お松に, きたり, ここでは, この婦人, この瞬間, これを, ずっと思い出さなかった, そうした現在, そうして自分自身, そこに, その悉く, その日, その条件, その淫奔さ, その頃, それが, それに, そんな, たがの, ただそこ, ただもう, たとえばキジルシ, たんたんと湛えた, ちょッと, ちよつと, つまりしょっちゅう, とりたてて, どうしても書きたくない, どうやら徐々におちつい, どころからだけ, どころが, どころで, どころは, なんだかいかにも悪者, なんだかこんな, なんで祖母, なんの, にやけた気分, のこされたかたち, のみこむの, のろい方, はじめは, はやく大きな, はやく弾装, ばったりたおれた, ひどく哀切, ほかいう, ほかなき, ほかなく, ほか他の, ほか呼び, ほか訓みよう, ほとんどまっ暗, ほのぼのと, ほんとうに, ほんの板囲い, ぼくの, まだ半, まばゆいの, まるっきりなに, まるでどうしてこんなに人間, まるでメチャクチャ, まるで現実, まるで突きとばされた, むしろが, むしろこういった, むしろこの, むしろさすがに, むしろすべり落ちた, むしろせいぜい類型, むしろそこ, むしろただ, むしろつぶやいた, むしろシャッター, むしろ一種の, むしろ一連, むしろ二十年前と, むしろ二等大尉スロヴォエルソフ, むしろ仕事場, むしろ他, むしろ修行, むしろ先生, むしろ冬, むしろ凄, むしろ半, むしろ卑俗, むしろ口ごもった, むしろ古, むしろ各, むしろ咎める, むしろ喧嘩, むしろ噴きだしたかった, むしろ多少低く, むしろ大阪, むしろ好奇心, むしろ始終楽学, むしろ小屋, むしろ左官屋, むしろ左様, むしろ年下, むしろ心全体, むしろ心配そう, むしろ怒らせる, むしろ怖かっ, むしろ情けなかっ, むしろ惡習, むしろ惨, むしろ慇懃, むしろ拍子抜け, むしろ新聞, むしろ明け放し, むしろ梯子, むしろ楽学, むしろ構わない, むしろ機械的, むしろ歯, むしろ殺戮, むしろ殺風景, むしろ淋しかっ, むしろ滑稽視, むしろ無, むしろ無聊, むしろ狂乱的, むしろ病的, むしろ百合, むしろ直覚, むしろ私, むしろ突進, むしろ籠, むしろ腹, むしろ落ちる, むしろ蛇, むしろ諧謔的, むしろ赤ん坊, むしろ醜い, むしろ飛び込ん, むしろ飛ぶ, むしろ驚いた, むちゃくちゃであり, もういく, もうすこしちがった, もう問題, もう心酔, もっとすゝ, もっとひろい, もっとデリケート, もっと別, もっと大きく, もっと広義, もっと情, もっと生々しく, もっと見世物式, もはや嫉妬, やあこの, やはり子, やはり庭, やはり憧憬, やや彌縫, より以上, わが身の, わたしが, われわれが, カーンと, キザな, グラスが, サヨは, トンママヌケな, ハルビンに, パケットといった, ビジネスです, ホテルの, ポカンと, ミスチックです, 一人の, 一種の, 一般に, 丁抹の, 三十何年間の, 上人に, 不愉快な, 不意に, 世の中に, 乱暴な, 事実かも, 二個の, 二百十日の, 人々が, 人が, 人と, 人びとの, 仕事は, 仕事師の, 仕方ない, 以上には, 以上実体に, 伊達な, 伸子に, 体の, 何かしら実質も, 何だか僕たち, 何だか父, 何の, 何も, 何やらむさくるしい, 何よりも, 信じるといった, 修学旅行で, 倒れて, 偶然に, 兄分といった, 入りびたって, 全然の, 全然美, 冒険そのものの, 冗談な, 凄い感じ, 凸起した, 出来上らせ, 出来事といった, 勘だ, 勿体ないが, 千鶴子と, 博大さは, 友さんが, 叔母は, 口が, 古いロシア, 古道具類を, 可愛ゆい, 君が, 吹き飛ばされたという, 呆気に, 唯だ, 土気色であった, 地方新聞の, 声と, 外ない, 外なかっ, 外にゃ, 外云い, 外国式かと, 外套を, 外致し方が, 外解決の, 多くの, 大ぜ, 大和絵の, 大地に, 天界の, 太宰治は, 夫婦として, 奇怪な, 女の, 女は, 女房の, 女連という, 妾的な, 姐ちゃんという, 字の, 学校の, 実際悲しかっ, 室内劇場とでも, 寧ろそれ, 寧ろだいぶ衰弱, 寧ろ人, 寧ろ仕事師, 寧ろ作者, 寧ろ凄い, 寧ろ戸棚, 寧ろ捨ぜりふ, 寧ろ推移, 寧ろ本心, 寧ろ気分, 寧ろ沈黙, 寧ろ無神者, 寧ろ総領息子, 寧ろ自ら, 寧ろ進展, 寧ろ醜い, 対手が, 将軍の, 尊敬といった, 小さな博物館, 少しあわて, 少女で, 少年に, 少年ぽく, 崖っぷちに, 工藝的なる, 左弦とも, 巨大な, 幾分蒼白い, 広い人間群, 廉直な, 強く胸, 形勢ただならぬ, 彼女は, 彼女自身の, 彼自身を, 徳義を, 心配してる, 心配な, 忘れた, 怖いと, 思い出しました, 恋を, 恐らく今日, 恐ろしげ, 恐怖いのでな, 悲しさ, 悲惨に, 感覚です, 感覚的な, 慫慂といった, 懇願な, 或いは犯罪, 或はより, 戦争を, 手前で, 押かけ, 押し登って, 捨身の, 教師に, 敬虔なる, 文壇や, 断言できる, 新内流し, 新円, 方法が, 日に, 早くから後家, 早くひとり, 早く出, 早く剣, 早く泣き出した, 早く清ちゃん, 早く算, 早く荒海, 明人及長崎先覚者等の, 昨夜から, 昨日から, 時流の, 更に憎むべき, 書き始めると, 有頂天な, 朗吟する, 本当にはっきりとは, 東京での, 根本的な, 根本的に, 棄てられた浴室, 極く, 楽な, 模様が, 権門を, 橘が, 欧羅巴は, 欲望を, 歩くよう, 歳月に, 死にまで, 殆ど塀, 殆ど病気, 殆ど的確, 殺生や, 毛皮の, 気儘勝手に, 気味悪いよう, 永徳と, 泣き沈んだの, 注射の, 浜子の, 深い意味, 湖水でございます, 溺刀の, 滑稽味の, 漂って, 無くなしたから, 無鉄砲な, 熱っぽく疼い, 熱に, 狂人じみた, 狂暴に, 狂熱です, 独白の, 甘やかされその, 生んだの, 生殖器の, 生理的に, 男らしい男, 画家たらん, 異国産, 病気を, 病菌の, 痛々しく見せる, 発見します, 登山は, 皮膚や, 省略が, 真白な光り, 真綿だ, 知らせないため, 砂地に, 礼拝し, 神様の, 私としては, 私程度の, 移されて, 積極的に, 穴を, 空に, 空を, 竹の, 箇性を, 粗野で, 納得しよう, 素材的な, 細めて, 絶対にと, 美少年の, 考えは, 職業の, 胎内に, 脛といった, 腹と, 自分が, 自分で, 自分に, 自分自身へ, 致命的に, 興味がね, 良人ヘンリイ・ウイリアムズの, 芝居で, 芸が, 芸道人の, 英語で, 見きって, 見たの, 見た事, 見も, 言葉から, 訊きなおさなければ, 訊問という, 誇張に, 読む人, 誰かが, 諦めて, 警醒の, 谷底へと, 豊島氏を, 象牙の, 負け嫌いな, 質が, 赤いほう, 踊る光丸, 近頃では, 迫って, 逃げること自身, 逆行し, 運が, 運だ, 運の, 道十郎めっかちを, 郷愁と, 酒に, 酔うの, 酔ったゲップ, 金貸しと, 鉱毒の, 鋼鉄細工とでも, 門弟で, 阿呆らしく, 陶酔者と, 電話こわれ, 頭が, 風は, 風景の, 飛上った, 飲みものに, 馬車から, 骨牌に, 骨肉と, 魅力を, 黙って

▼ いうのに~ (825, 1.7%)

6 これは 5 それは, 私は 4 彼は 3 これも, それを, なんの, 何か, 右門は, 君は, 山の

2 [22件] あなたは, お前は, ここで, ここの, これを, すぎない, その人, ふしぎな, もう眼, 三人の, 他ならない, 何の, 何を, 北の, 名も, 堂々と, 寒さ, 心を, 秀吉は, 自分の, 雪が, 黄昏の

1 [740件 抜粋] ああいい, あえて躊躇, あたしや, あたたかな, あちこちから, あながちそうでも, あの川上, あの緋ラシャ, あまり詳しく, ある店, あんな愚劣, あんな態度, あんな良い, いかにも不思議, いささかも, いっこう出る, いっこう疑わしい, いったい何, いつでも, いつに, いつまでも, いつもあすこ, いまだに弟, いま悠々, いやそれ, いや急ぐ, いよいよこれ, うっかりし, うろたえて, おかまいなく, おことわり, おまえが, おれは, お前も, お前わざわざ, お湯へ, お目にかかって, お通夜の, かねて, かれは, きかなくちゃ, くどい奴, ぐずぐずしとる, こういう野暮天, こくりこくり, ここには, ここは, ここらは, こちらは, ことしの, ことわれないよ, このざま, このよう, この上, この丸山, この二三日, この失業者, この子, この意見書, この明る, この朝夕, この男, この第, この老人, この頃, こぶ, これでは, これより, こんなにあやふや, こんなになっ, こんなに薄, こんなひどい, こんな薄, ご当人, さらさら三方, さわりは, さ負, すべての, ずっと似た, そうまで, そう気, そのとき, その上, その姿, その居候, その後に, その後も, その探照灯, その晩, その現場, その私, その頃, そばの, それが, それこそ, それとも違う, それほどの, それ迄に, そんな方法, ぞろぞろと, ただの, ただバラ, たった三円, たといいかなる, とうとう来る, ところきらわず, どうかする, どうしてあんな, どうしてこれ, どうしてこんなに江戸訛, どうして兄上, どうして外国, どうして待っ, どうして持っ, どうして来ねえ, どうして永劫, どこかへ, どこに, どこまで, なおしきり, なかなかあらわれない, なかなか隅, なぜ無断, なぜ言わぬ, なんたる, なんだか人情, なんだか日記, なんだって, なんで落涙, なんとなく心, なんともまま, なんらなす, にごりが, にわとりも, のん気, ひどいめ, ひどく冷, ひょっくり自動車, ふとした懸念, べつだんの, ぼくと, ぼくは, ぽつりと, まさに匹敵, まず壁ぎわ, またもや満州以来, また奈々子, また睡眠薬, まだお召換え, まだそんな, まだなんにも支度, まだひとり生徒, まだ五枚, まだ東国, まだ灰色, まだ炬燵, まだ電燈, まったく憂鬱, まるで深夜, まるで知らん顔, めずらしく八時, もうおしまい, もうすっかり薄暗く, もうそろそろ昔, もう何処, もう八時, もう大入満員, もう暑い, もう朝学校, もう疲れた, もう行っ, もう表門, もがかぬという, ものすごい, やっと十五頁分, やっぱり戻らない, やはり神経質, よくそこ, よく似, よく精, よけいな, わから, わかりませんか, わざと素ッ裸, わざわざ真夜中, わたしは, アパートには, エンジンの, オレの, クラヤミの, コの, シャツも, シラを, ソースの, ダリアは, ドン助が, ナゼ帰りません, ヒョッと, ビッショリ汗を, ピカピカと, フリイドリヒの, ブランカの, リット提督は, ロバートという, 一ト言も, 一人は, 一向花, 一寸右手, 一日延期を, 一歩大門を, 一間を, 七色の, 三十だの, 上一字つけたい, 下帯一ついい, 不幸に, 不機嫌そうに, 不精髭が, 世間も, 中には, 中を, 中島せい子以外に, 中途で, 主水, 事情あっ, 二いろあっ, 二人さえ, 二刻にも, 二十前後の, 京は, 人の, 人殺しとは, 人間の, 仁太は, 仇に, 今では, 今でも, 今まで, 今までの, 今夜は, 今年は, 今見たら, 仕込みや, 会える当て, 会つ, 伸子は, 住宅地附近は, 何という, 何と云う, 何やら冒すべからざる, 何故に, 何故一雄, 余りにおわび, 信子が, 働く気, 兄たる, 先方は, 光枝は, 全盛の, 其の年, 再び答え, 冗談じゃ, 列車は, 利根川の, 前にも, 剣槍閃, 力を, 勇気りんりん, 医者は, 十一時頃まで, 半分だけ, 半裸体, 卑怯な, 卓子掛の, 危険を, 却って親しみ, 反対し, 口重な, 古代むらさきの, 各地で, 同じくわれわれ, 向うは, 君が, 味噌さえ, 商売熱心の, 嘉兵衛は, 四時から, 困ったもん, 土用が, 堅いところ, 場所がらも, 声の, 声一つ話し声一つきこえない, 変更され, 夏の, 外ならない, 外国の, 外套も, 多少興味, 夜鷹じ, 大の, 大胆にも, 奉仕は, 奪られた, 女の, 女は, 女房は, 妙に, 妻は, 妾まで, 姿が, 婦が, 婿を, 嫂だ, 子どもは, 子供の, 孔明は, 季節違いの, 宜い, 実によくペラ, 客と, 宿を, 富樫が, 寒い雨, 小鬢小額を, 少尉だけは, 尽きる方, 左の, 左側に, 帰着する, 帳を, 引き移って, 弟の, 当人は, 役者が, 彼の, 彼らは, 御離縁, 復こんな, 必死に, 思い設けぬ子宝, 恐れげも, 恐ろしく蒸し暑い, 想像も, 意見の, 憚る, 懸命に, 我家へは, 戸部近江之, 手に, 手も, 手紙で, 抜き身の, 押入には, 捉まりそれと, 故人を, 新内流し, 新婚でも, 日暮みたいな, 日蓮聖人の, 早々こんな, 早くも, 星が, 昨夜遅く, 昼食を, 時まさに, 暗くしかめた, 暫く身, 木村さんが, 未だに私, 本当に静か, 本船の, 村の, 来ようと, 柏餅は, 桃葉珊瑚の, 極っ, 樽御輿を, 次郎左衛門は, 死ぬの, 母親は, 気の, 水晶掘りの, 汚れた中形, 汝こそ, 江戸ッ子はだしの, 河内の, 沼津の, 法然房は, 活動を, 海から, 涙一滴こぼす, 湿気を, 潮の, 濡, 灰神楽という, 無心に, 無駄に, 熊谷と, 牧田は, 物を, 特に力, 特有の, 狭い庭, 王平は, 珍しいタケノコ料理, 現われなかったの, 理不尽に, 瓦斯の, 甚だ頼り, 生れつき体質的に, 男を, 留守居の, 番頭が, 畳も, 病人は, 百カ日ほど, 皆集っ, 目に, 目の, 相変らず, 相応しかった, 真夏以外は, 真紅の, 眼が, 眼を, 矢代は, 秀雄と, 私が, 私には, 私の, 秋風らしい, 稽古を, 空は, 空ッ茶を, 突然, 突然人聞き, 窩人部落の, 立川から, 競馬場へ, 筍の, 糸を, 素直に, 絹糸の, 緞子の, 繩張も, 翌日は, 聞えないの, 肝腎の, 自分から, 自分は, 自分ばかりの, 茶器酒器食器も, 草鞋を, 蛇が, 蝉の, 血も, 行って, 被護者, 袴まで, 要らなきゃ黄金, 見舞に, 親方から, 訳の, 詳しく記し, 誘拐された, 誰も, 諄い, 赤外線は, 足も, 身形も, 身振りまで, 近かった, 近頃は, 逆上る, 連れて, 連敗し, 違いない, 遠い山, 部屋の, 里春の, 金を, 金庫の, 関羽と, 關係が, 陽が, 障子を, 雨戸が, 雨戸を, 青い黴, 額には, 風呂桶に, 風雨は, 飯田橋で, 馬鹿, 馬鹿みたいに, 髪を, 鳥鍋が, 鷲に, 黙って

▼ いうよりは~ (757, 1.6%)

8 何か 6 彼の 4 一つの, 一種の 3 それは, むしろ, むしろ彼, 自分の

2 [17件] ここからは, この場合, この町, それに, それを, ほとんどその, むしろそういう, むしろ本当に調和, むしろ私, もっと深い, 天下の, 子供を, 彼は, 心の, 絶望に, 自分から, 遊んだの

1 [689件 抜粋] あちらの, あっちを, ありそう, あわれむよう, いかにも娘, いくじの, いずれは, いやそんな, いらいらさせられ, いわば自分たち, うち向っ, うつつに, おしもを, おのずから出る呟き, おんおんという, お客に, お金が, かえっていい, かえって絢爛, かぶって, がっかりし, がんじ, くちばしといった, こうして旅, こうでなけれ, ここへ, この中, この人, この時, この活歴, この物価, これを, これ以上折角の, こんな奴, しいて言葉, しめやかに, じっと眼, すっとすらりと, すでに立方化, ずり落ちた, せめてお前, せめて江戸川あたり, そうする, そこへ, そのうす, そのメーンマスト, その人々, その外面的, その婦人たち, その暴れかた, その片隅, その生半可, その蛮勇, その言葉, その話, それほど気前がい, それらの, ぞんざいな, ただ仮名, たとえて, ちょっぴり社会主義, てんでお門違い, どことなく妙, なにか癪, なんだかむやみ, なんだか気味悪い, なんという, なんともいえない, はしごです, ばからしすぎる, ひとつの, ふと再びその, ふらふらとして, ぼく自身の, まあ事業家, まことに館, まず唇, まだ生え揃わない, まだ男, まったく牛, まるい木製, むしろああいう, むしろあの, むしろあまりに貫通力, むしろいらいら, むしろかく, むしろこれ, むしろさえぎる, むしろその, むしろはく, むしろほとんど忘れ果て, むしろぼくたち教師自身, むしろものすごく, むしろアパート, むしろザッヘ, むしろヒューマニズム, むしろロシア, むしろ不気味, むしろ事実, むしろ人間, むしろ以前, むしろ信仰的, むしろ傷つける, むしろ全くの, むしろ切に玄徳, むしろ卑怯, むしろ印刻, むしろ友達, むしろ呉人, むしろ周囲, むしろ土間, むしろ地震, むしろ執拗, むしろ墻壁具, むしろ外見的困難, むしろ大河, むしろ安心, むしろ寄り合い, むしろ尻餅, むしろ征服者, むしろ従来男, むしろ恐怖, むしろ悪魔, むしろ悲痛, むしろ意外, むしろ愚鈍, むしろ戦争, むしろ所用, むしろ手探りよう, むしろ根拠, むしろ権威者, むしろ死にかけ, むしろ殉教者, むしろ民族, むしろ気休め, むしろ永久, むしろ無鉄砲, むしろ狂気, むしろ独房, むしろ畜生ども, むしろ皮, むしろ瞑想的, むしろ社会的, むしろ神々しい, むしろ空気自身, むしろ筋書, むしろ羨ましい, むしろ自分自身, むしろ自然法, むしろ至極, むしろ薄, むしろ表現主義, むしろ裁判小説, むしろ詩人, むしろ詩人的, むしろ豚, むしろ身の程, むしろ運動, むしろ重く, むしろ集会, むしろ非常, もう唸り声, もう無自覚, もっときびしい, もっとはっきりした, もっとひどい, もっと執拗, もっと左, もっと消極的, もっと特徴, もっと現実, もとの, もどかしい気, やはり彷徨, やや狸, やや詰問, やるから, よく実際に, より有望視, イギリスご, クィーンです, ゴリラといった, ドダイ小説や, ハラハラし, 一そ馬鹿馬鹿しく, 一日ごとに, 一種気違いめいた, 不愉快である, 不自然な, 世の中に, 世間体をのが, 丘である, 中世封建の, 中流の, 中篇である, 乱杭歯の, 二人が, 二者の, 五体の, 京都宮廷の, 人間としての, 人間なら忘れる, 人間の, 今では, 今暁に, 仕事小屋であった, 仮の, 仮名づかい, 何かしら伯父の, 何かしら奇妙な, 何かしら気に, 何だか当然の, 何となくあら, 何んで, 作家論を, 作者の, 保姆と, 保姆の, 信頼によって, 兄に, 先天的な, 全く内容, 全く川, 全く金銭, 公爵の, 其美し, 其辺の, 冠を, 凄い女, 創造よりも, 加十の, 努めて, 動きやすい, 匐い, 友だちとして, 反って, 叔父甥の, 古今に, 古法, 叩いた最初, 只の, 叫ぼうとして, 可能か, 吸い取るという, 吾人の, 呼吸の, 命令といった, 哀れな, 唯の, 商売道具である, 善悪による, 嘲笑に, 嘴だ, 国家の, 圧迫する, 地蔵菩薩と, 城内の, 堅固に, 夜明けの, 夜更けの, 大きさ, 大きな樽, 大した大切, 大事な, 大河の, 大町人, 天下不良に, 奇異でした, 奥さんと, 好男子という, 妄信と, 妙に, 娘分に, 婆を, 孫の, 安堵した, 安置された, 実は通読, 実業家と, 宮の, 害心を, 寂しい感じ, 寧ろしんねりむっつり, 寧ろそこ, 寧ろひろ子, 寧ろ不気味, 寧ろ世間, 寧ろ主業, 寧ろ告白, 寧ろ地下街, 寧ろ女学生, 寧ろ好ん, 寧ろ好意ずく, 寧ろ対手, 寧ろ小山, 寧ろ恐ろしかっ, 寧ろ感じた, 寧ろ我, 寧ろ明るみ, 寧ろ母, 寧ろ気味, 寧ろ灰色, 寧ろ発明, 寧ろ科学者, 寧ろ粗壁, 寧ろ長い, 寧ろ非常, 寧ろ額全体, 小博奕, 少し粗野, 屋敷跡とか, 山の, 山城一円と, 山家とでも, 嶮しい, 工藝であった, 帝の, 平地と, 平安朝貴族の, 幼い弟, 幼年と, 庵室と, 弟に, 強制された, 強悪な, 当然それ, 形によって, 彼にとって, 彼女の, 彼自身が, 待たせられて, 後世に, 御主人, 心から尊敬, 心酔という, 怒気であった, 怖い気, 息を, 悪夢の, 悪鬼の, 悲傷しい, 愛くるしい聡明そう, 愛国的熱情が, 感受した, 感情的である, 慰めを, 憤ろしく鬱積, 我が国分寺すべて, 或者, 戦場で, 手踊の, 拾い集めた板切れ, 掃除の, 探求心精神の, 描くことそれ自体, 放蕩で, 故旧に対して, 救世の, 教練だった, 数学の, 料理場といった, 斜めに, 旅行の, 日本画壇の, 明日警部の, 昏酔中に, 時も, 暗と, 書く人, 最も多く, 未明いくら人を, 本当に自分, 本来洗われ, 村と, 東洋城や, 根の, 楽しみでございます, 横っちょに, 樹木の, 歓びを, 正直正, 死んだ人, 死力の, 殆ど正気, 殺された魂魄, 毎度自分の, 毎日の, 氏の, 気休めに, 気合いである, 気性の, 沼地といった, 法であり, 泰造に, 泳ぐと, 活動小屋と, 浴みし, 海の, 涙を, 溜息を, 滑稽である, 烈しい昂奮, 無住の, 無思慮, 無理強いな, 無知識, 無茶な, 煮しめといった, 熟読され, 物すさまじき夜, 物語に, 狂ったよう, 独創の, 狼に, 猛獣に, 現実社会の, 瓢箪鯰の, 生活上の, 生活資料の, 男の, 町奴浪人者といった, 病人を, 白堊の, 白痴に, 白雲が, 目黒の, 盲兵の, 眼の, 睨んで, 知って, 神尾の, 神経質で, 私とて, 科学が, 稀代の, 笠神博士の, 篠原治さんの, 精神であり, 紙屑拾い, 素速く, 結局その, 美しいそのもの, 美少年の, 美的にも, 義務を, 肉感に, 背負わせられて, 腹這いに, 自分が, 自分自身に, 自分自身を, 自身の, 花柳界の, 芸人が, 茶友を, 草履取りか, 菜食党だった, 蔭ばかり, 街上に, 覆面の, 見送る生徒, 解放され, 誰か, 調査した, 論評であっ, 警固の, 豪奢な, 賭博の, 趣味的に, 足が, 踵の, 軽々と抱き上げられ, 軽い物, 近代的な, 近附, 遂には, 遊戯の, 過失としての, 遥かに, 邪魔に, 酷い仕置き, 野の, 野趣の, 金を, 鍬を, 長嘆に, 陣屋陣屋と, 陰気で, 隠れるの, 雅趣の, 雪の, 頭が, 頭の, 頭上から, 風に, 馬の, 馬喰町の, 驚き驚き, 高圧的に, 鳥の

▼ いうもの~ (741, 1.6%)

25 では 17 がある 1410 ですから 8 じゃありません, じゃない 6 があった, はない, もあった 5 だと, であろうか, です, は 4 だ, だから, だろう, もありました, もある, もあれ

3 [14件] じゃア, だか, であって, であるが, ですか, でない, なの, の中, はそれ, は一人, は何, は全く, は私, もない

2 [37件] が, があり, がありまし, がない, がもっと, が出来る, が支配, じゃ, だが, だったか, だよ, だろうか, であるか, であろうと, でしょうか, にし, になっ, はあれ, はこれ, はさながら, はその, はどこ, はなかっ, はなく, はほとんど, は人, は存外, は昔, は滅多, は空想, は要するに, もあります, もなけれ, を書い, を書く, を用意, を私

1 [481件] あらば, あり, ありと, ありまた, あるあたり, おわかり, かいて, かこういう, かしら, かそう, かと思います, かと胸底, かね, かね悪, かの, からああなった, からし, からはなれた, かミルクホール, か一枚, か事務, か今日, か僕, か吉兆, か家例, か松明, か知ら, か私, か聞きたい, か花魁, か解らない, があっ, があったら, がありました, があります, がありません, があり過ぎる, があるだろう, があるらしい, があれ, があろう, がおらなかった, がこんな, がございます, がすき, がそれ, がともかく, がどうして, がなく, がなくならない, がはっきり, がまた, がみるみる, がめった, がもう, がわかる, がスナック・バア, がハッキリ, が一面, が伴う, が働い, が出来た, が参考, が及び, が取り入れ, が各, が在りました, が在る, が売れる, が大きな, が大変価, が如何, が存在, が居る, が廃っ, が復興, が成り立つ, が或いは, が掛っ, が本来, が東作自身, が残っ, が残り, が決して, が決まる, が無い, が現実, が生まれ, が生れ, が積まれ, が空想, が立たない, が続々, が行われました, が要る, が誤っ, が足元, が造った, が遊離, が野暮, が随分, くらい下らん, こんな風, さ, さえある, しか出来ぬ, じゃなかった, じゃなくっ, じゃによってお前, じゃ第, ぞ, だけで, だった, だったが, だなと, だろうこれ, であった, であったか, であっては, でありませんさあ, であり捜査方針, であるという, であるならば, であるらしいこと, である以上, であろう, でこの, でございますが, でござろう, でござろうか, でしたら私, でしょう, でそれ, ででも, でなくては, でも, でピストル, で其様, で山中茂林, で漢名, で親切, として聞く, とその, とにい, との間, とはまるで, とは根柢, と一緒, と同じ, と同一, と差別, と思っ, と愚民衆俗, と職業上, と連絡, どない, ならと, なれば, なん, なんぞにこっ, にかける, について考え, になった, になります, になる, には分らない, には毎日毎日, には色, には話し, には誰, には鍛えあげられ, には驚く, にまで私, によく, にロク, に到着, に取り憑かれ, に取合っ, に対して取るべき, に対して戦い, に対する極度, に小屋自体, に就い, に左右, に或, に手, に根柢的, に渡り, に興味, のため, のバケツ, の事件, の外, の大将, の天覧, の娘, の官軍, の実物, の宿りよう, の寸, の心, の感情, の控え, の支那, の故郷, の方, の本質, の枳殻, の気, の無, の生計, の立ち様, の竜, の自分, の蒼ざめた幽霊, はあと, はありやしない, はある, はいずれ, はいったい, はいろいろ, はお, はおそらく, はきまっ, はくだもの, はこういう, はございません, はござりませなん, はさ, はさぞ, はじめて書いた, はそも, はそんな, はただ, はだれ, はてんで, はとかく, はとても, はどうして, はなかろう, はなくなった, はなし, はなん, はなんと, はね, ははじめ, はまるで, はみんな人民, はむずかしい, はめっきり, はもう, はもちろん, はもって, はもともと, はもはや, はわかっ, はコクツブシみたい, はソヴェト, はドンナ処, はナカナカ頑強, はマトモ, はヨタモノ, は一つ, は一向に, は一番, は一種, は一般, は一通り, は人民, は人間, は他, は何と, は何ん, は何分, は俺達, は元来, は先生, は全然, は切りすてる, は判らねえ, は利口, は勝っ, は勝田さん, は勿論, は咎め立て, は執事, は多く, は大いに, は大分, は大嫌い, は天分, は好き, は存在, は学問, は実に, は実にどうも, は実在, は実際, は専門的, は山賊, は庄屋, は引用, は得てして実際, は慶長年間, は所詮, は描き出せない, は教養, は斯, は明らか, は明治, は時間, は暴圧, は書かず, は本当は, は本腰, は案外, は正しい, は殆ど, は殆どゼロ, は殆ど一冊, は殺伐, は毎日毎日彼女, は比較的, は江戸時代, は洋髪, は無い, は独りでに, は現代, は璽光様, は甚だ, は男, は画, は皆原書, は皆無, は着なかった, は着物, は神さま, は神様, は空想上, は第, は箱庭, は細い, は細胞一粒一粒, は絶無, は美女, は自分, は自然, は芸, は若い, は薄切り, は裸体, は要らない, は見た, は見向き, は読まない, は誰, は身, は近世, は達しられません, は遥か, は釣, は関西, は随分, は隙, は雀, は風流人, は馬鹿, への魅力, へは成るべく近づかない, ほど下品, ほど信用, までも発揮, もあっ, もあり, もあるべし, もいない, もいなきゃ, もきっと, もこう, もこの, もそこ, もただ, もなかっ, もまた, もやはり, もギリシア, も原始的, も将来これ, も底, も必要, も現われ, も皆杜九如, も見た, も見られる, よりはもっと, よ指, わからんの, わかりよ, を, をこれ, をご, をし, をつけ, をつまん, をどこ, をなお, をなくなさなけれ, をほしい, をまず, をまだ, をまとも, をもって制作, をやっ, をよむ, をデッチ, をピタリ, を一々, を一人前, を他人, を仮定, を仰々しく, を借り, を偏重, を取合わせ, を喰わん, を売っ, を好みなつかしむ, を妻木君, を家, を密か, を巧み, を帯び, を建, を引受け, を彫っ, を惜し, を感じました, を我々, を打たれた, を持ってる, を掛け, を撫で, を是非父, を曝し, を書かなかったら, を書かね, を書こう, を根, を毎月, を無理, を生じた, を生れ, を男, を目, を眺めなおし得た, を知らない, を知らなかった, を知らぬ, を研究, を穿い, を端的, を組織, を置きます, を製造, を褒めちぎり, を見, を見聞き, を設けた, を読み, を読ん, を諸国, を身, を述べよう, を電話, を食う, を飲み, 以上に, 凄い世界, 又は外国語等, 多々あり, 長い間私

▼ いうだけ~ (724, 1.5%)

169 では 36 である 18 あって, です 15 であった, なん 1310 であって, ならば 8 でその 7 でそれ, なの 6 だった 5 でこの 4 ですよ, でそれ以上, でまだ, で他, で何 3 で, であったが, でそんなに, でなに, で別に, で誰, ならそれ

2 [31件] いわせて, だから, だが, だよ, であります, であるから, でこれ, でさえ, でした, ですと, でその他, でそれ以外, でなく, でなくこの, でなくって, ではっきり, でべつに, でまた, でもっと, でもとより, でわれわれ, で今, で全く, で別, で外, で決して, で特別, で着物, で私, で自分, 野暮な

1 [284件] あいう, あつて, いえば, いったふう, かえってヤボ, その血相, その軽薄, それほど深い, それを, だし, だったから, だったの, だろう, でああ, であいてを, であたし, であったと, であったらその, であったら太古, であったら意味, であったら格別, でありません, であるが, であるならば, であるに, であるの, であれ, であろうが, であんな, でいい, でいっさい, でおそるるところ, でお互い, でかれは, でこうした, でこん, でございましたけれど, でございます, でさして, でしみじみ, でしょう, でしようが, でじゃ, ですから, ですからね, ですし, ですっかり, ですわ, でそう, でそうした, でそうして, でそこ, でその後, でそれから, でただ, でちゃんと, でどこ, でない彼, でない暖か, でなかった, でなくこれから, でなくしっかり, でなくしばしば, でなくそこ, でなくその, でなくその他, でなくて, でなくどこ, でなくなって, でなくまさかの, でなくよく, でなく一応, でなく一種, でなく一般心理現象中, でなく両, でなく二つ, でなく二十面相, でなく何, でなく光りを, でなく卑劣, でなく同, でなく夕闇, でなく実際, でなく寧ろ, でなく山, でなく市, でなく年来, でなく情緒, でなく昔, でなく汚職, でなく盆, でなく真摯, でなく石, でなく自分, でなにか, でなんら, でね, ではたして, でふだん余り, でほか, でほとんど, でまさに, でまるで, でみんな近所, でむろん, でもう, でもうとやかく, でもともと, でやっと少し, でやみくも因縁, でよい, でよく, でわざと, でアリバイ, でウオーキン・ミラー, でエタ, でコプラ採取, でゴンドラ, でセメント細工, でトリック, でフロムゴリド教授, でベラ, で一切, で一向, で一般, で三円, で不当, で世間, で両者, で中, で中ごろ, で久しぶり, で事実, で二人, で二度, で人, で人違い, で人間, で人間誰, で他人, で何ん, で何百年無駄飯, で何遍話, で作家, で兄弟みたい, で先, で先荷物, で入学, で入社試験, で全, で公然, で其孰, で十五年前, で十分, で原則, で取り合って, で取り止めも, で同僚感, で君子, で味覚, で善, で喧嘩, で地下, で多少, で大小, で大島島民, で女, で女客, で好き, で学問研究, で学者, で実は, で容疑, で専心, で少し, で常に, で幾つ, で庶民生活, で彼, で彼ら, で後, で従って, で必ずしも, で性質, で恐らく, で意気, で戦争以外, で手軽く, で批判, で探し出すに, で放蕩, で文壇的, で日夜, で旺, で時期, で書かれて, で本当は, で村, で根本, で格別, で極めて, で横浜, で正しい, で正造, で殆, で殺人事件, で気, で気分, で深い, で済まなく, で特段, で狂人, で現在, で生きて, で生死, で生活自体, で男, で畳建具, で百フラン, で皆, で盛ん, で直に, で眠り, で矢張り, で破談, で確約, で社会, で私たち, で科学, で結局, で罪, で美術品, で自分自身拘束, で花聟, で萱野, で表, で見よう, で親戚同様, で諸, で買って, で踏み付けられた夫, で近隣, で通婚, で運ぶ様子, で酌婦, で阿波, で障子, で露骨, で順平一家, で食いもの, で高氏, なのに, ならいい然し, ならいやしくも, ならおおびら, ならこれ以上, ならその, ならとにかく, ならどこ, ならまだしも, ならロオラ, なら三流新聞, なら全く, なら抽斎, なら浦粕町, なら無論, なら自分, はいった方, もちろん折, やる, 俗語の, 元気が, 元気よく, 損だ, 新時代, 涙の, 無駄だ, 無駄です, 野暮さ, 野暮だ, 野暮であろう, 野暮の, 食べられれば, 骨の

▼ いうほど~ (669, 1.4%)

112 では 104 でも 10 でなくとも 6 頭を 4 である, でなくても, はっきりした, 見て 3 だから, であった, であるから, でした, なこと, 強いもの, 顔を

2 [17件] でないに, なもの, ぶつけて, よく似, 地面に, 尻っ, 打って, 撲りつけた, 沢山の, 経験し, 腕は, 腰を, 腰骨を, 自分の, 蹴って, 身に, 高かった

1 [366件] あたしの, あらゆる学問, ありがたくは, あります, ありゃしません, あるだろう, いい気持, いつの, いのちを, うちつけた, うち石牢, うったので, えらい学者, お尻, お釜, かみしめて, きたえられた, きっぱり定まっ, くちばしで, けりつけました, こういう文化, こっちの, このお, こみ入った術, ごつん, さほどおどろい, すさまじい波, その店, その業, その男, その肉体美, その鳩尾, それに, それほど確か, それを, たたきつけられた, たたきつけられて, たのしいもの, たやすい真直さ, だ, だったの, だったので, つねった, つねり上げたから, つぶして, つめこんだん, であったから, であった実は, でありながら, であり和歌集, でございます, でしたら立派, です, ですから, ですし, ですの, でないだけ, でないという, でないもの, でない代り, でなくみんな, でなく三人, でなく父, で大使館, で決して, で無, で無く, とっちめられるに, なお口吻, なぐった, なぐられて, なぐろうと, なにかに, なの, ならねど, ならば, ならもう, なら最初, なり, なれば, な力, な勝負, な印象, な合戦, な大, な大群, な憂い, な戦い, な戸数, な教養, な泉石好き, な物, な町, な病, な老境, な者, な評判, な野心, にぎやかで, ねじ上げたん, のみました, のろくさい男, はねないわ, ばかげたこと, ひっぱたきました, ひどい力, びっしりならん, ぶっつかった, ぶっつけた, ぶっつけたと, ぶつかったばかり, ぶつかりそう, ぶつかりその, ぶつけたため, ぶん撲っ, へたばって, ぼくを, むせさせる, もがけば, よばれて, わたしたち日本の, わたし達に, ウジャウジャうごめい, カンガルーの, ガスコに, グラグラする, ゴム靴で, ズウッと, ドヤシ, ハッキリ見せつけられる, マルラの, レッキと, 一変した, 一杯に, 上手でありました, 下から, 不縹緻, 中佐の, 主観的分子は, 予備知識を, 二畳の, 人間の, 仕合せを, 低い前記, 体験し, 何もかもすでに遠く, 余計様子, 俺の, 僕は, 元気旺勃と, 先が, 初めの, 判然した, 刺しました, 剃刀を, 前へ, 勇気が, 勢込め, 十手で, 博士の, 危険な, 厳正な, 厳重さで, 古めかしく錆び黒ずんだ, 叩きつけた, 叩きつけようと, 叩きつけられ地本さん, 可愛いがっ, 叱られたの, 向脛, 君の, 嘗めさせられて, 噛んだりも, 噛んで, 四囲に, 固いもの, 土に, 土地の, 埋蔵され, 壁に, 多くても, 大きい, 大きなからだ, 大きな力, 大きな土, 大げさな, 大それた, 大ふんぱつ, 夫婦は, 奇特な, 宅助の, 実例を, 寄贈し, 密でも, 密接な, 尊いもの, 小さく折り畳み, 尻の, 屋外に, 席亭の, 平手で, 広い, 広い漠然, 庄次郎の, 床の, 引っ掻きむしり, 引掛け, 弦三の, 弱いもの, 強い匂, 強い執着, 強い意味, 強い感じ, 強くは, 強く衝突, 強烈な, 彼には, 彼は, 後頭, 徐に暮れ, 微妙なる, 微弱に, 心に, 心の, 心配も, 必要に, 思い切ったもの, 思い知った, 思い知って, 思い知らされました, 思い知らせて, 思い込んだ女, 悟らせられた, 悪い人, 惡くもなく, 意識的で, 手の, 手軽か, 打ちつけて, 打ちのめしました, 打ったり, 抓って, 拳で, 揉め出すかと, 握って, 撲った, 支店の, 故これ, 故その, 料理の, 新しいもの, 日本の, 早く死ん, 明瞭な, 明確な, 景色を, 朝夕わんさ, 木挽の, 椎骨を, 横ッ腹に, 欠陥の, 此処で, 武蔵の, 死の, 殊更な, 殴った, 殴りとばした, 気乗りの, 気軽な, 水を, 沢山あります, 沢山ある, 油を, 泥水を, 流行した, 深い塹壕, 深入りし, 深刻で, 混んで, 渋く落, 灯火の, 煌々と, 照りつけて, 燃上った, 特別な, 狭い砂浜, 猫は, 珍らしい, 生々しいもの, 生れつきから, 生命とり, 痛み出して, 瘠っこけ, 白博多が, 盛んに, 目だつても, 目撃し, 相手の, 眼について, 知って, 短い時間, 石炭を, 社会の, 社会全面で, 私は, 穏やかな, 突いた, 突かれて, 突きあげなかったなら彼, 窓際の, 立派な, 竹童の, 簡単でありません, 粗末に, 精力が, 精密でも, 繁昌した, 纒まっ, 群がり出しそれ, 耄碌し, 育ちの, 脳天を, 腰骨に, 若々しく快活, 苦しむこと, 蟠いた蛇, 行って, 衰弱してる, 見せつけて, 見せつけられたが, 見せて, 見た, 親しい間柄, 認められること, 誰かの, 諸侯の, 買って, 足の, 足首を, 踏んづけた, 踏んづけて, 踏んで, 蹴っ飛ばしたわ, 蹴とばされるの, 蹴りつけた者, 蹴上げた, 身を, 近い所, 送られて, 遊んで, 野蛮で, 金力と, 開化期の, 間近に, 陛下を, 電柱へ, 非紳士的, 頂戴し, 額と, 食らわせたの, 飲んだこと, 飲んだの, 馬の, 骨折ったが, 高いの, 高いもの

▼ いうだけの~ (606, 1.3%)

68 ことで 31 ことである 22 ことだ, 理由で 18 ことです 16 もので 12 ことな 10 ことを 9 事で 8 理由から 7 ことに, ものである 6 ことなら, ことは, 事である 5 こと, ことであろう, 意味で, 目的で, 話だ, 話で, 話です 4 ことだった, ことであった, ものであった 3 ことさ, もの, ものだ, ものです, 事は, 単純な, 句である, 意味では, 簡単な, 話な

2 [20件] ことでした, ことらしい, ために, ものじゃ, ものな, 事であっ, 事です, 事な, 事らしい, 余裕は, 原因で, 因縁で, 考えで, 自信を, 観念では, 話じゃ, 話だった, 話である, 話なら, 違いな

1 [241件] あの神秘, あんな決議, おはなし, おもしろさ, お仁, ことかも, ことが, ことさね, ことしか, ことだけ, ことだろう, ことであっ, ことであり, ことでありました, ことであります, ことであるなら, ことであれ, ことでございます, ことでござる, ことでしょう, ことよ, ことサ, こと一つとして, こと柴田も, こと諸, こんな知らない, ごく自明, さし出し書きでは, そういう国, ただそれだけ, ためじゃ, ちがいさ, ちがいしか, ちがいは, つき合いを, ところが, ところに, はたらきの, ひとだった, へんな, ほんのちょっと, ものお, ものだった, ものだろう, ものであっ, ものでありました, ものでしょう, ものとして, ものに, ものにしか, ものは, ものも, ものを, もんじゃ, ような, ように, オーヨーな, ブルジョア小学校の, レコードなら, 一外交官の, 一見きわめ, 丁寧な, 下らなさ, 不審で, 事さ, 事だった, 事であった, 事でありましょうで, 事でした, 事を, 事以外に, 事実が, 事実でも, 事実によって, 事実を, 事実をもって, 事誰が, 交りで, 交渉, 人々, 人々が, 人々の, 人で, 人と, 人な, 人材だった, 人間な, 仕事である, 何物かを, 余裕を, 作品は, 僅かな, 優雅の, 全く外形的, 全然良心, 内容づけ, 内面の, 出来事な, 分別は, 功名, 功徳で, 効能も, 勇気が, 勇気を, 動静が, 区別で, 受け身な, 句なら, 問題である, 噂なら, 因縁では, 場合が, 場合さえ, 境界から, 変りも, 変化の, 夫人の, 好奇心の, 実に淡泊, 家を, 履歴は, 履歴効果で, 差違である, 帽子服の, 平凡な, 広い庭, 影響も, 役目であります, 御容態, 性質の, 悪い効果, 悪戯に, 悪者に, 意と, 意味だろう, 意味であっ, 意味である, 意味であれ, 意味です, 意味の, 意義で, 意義と, 愛嬌の, 感じしか, 感じでは, 感で, 感想で, 所業, 指図であった, 敗北的な, 斟酌に, 時間である, 景物でありました, 景色に, 材料を, 条件の, 根拠は, 権利を, 樹の, 歌である, 気分です, 気持ちでは, 注意を, 洗い方, 浅はかな, 消極的な, 満足は, 満足を, 点から, 無遠慮に, 然しこの, 父の, 爺としか, 物だ, 特権を, 現象な, 現象性で, 理な, 理由からに, 理由では, 理由なら, 理由に, 理由によって, 理由は, 理由を以て, 生命の, 用心は, 男だった, 男女が, 白骨温泉の, 目的である, 相違が, 相違で, 相違である, 眼当てで, 確かさも, 秩序や, 種類の, 空漠たる, 答えしか, 答すらも, 約束であった, 結果では, 縁で, 縁故で, 美食家は, 者で, 自然な, 至って特徴, 興味で, 若年の, 荷物の, 衣さあ, 要領でありました, 親切が, 記憶が, 証明を, 話けれど, 話さ, 話でし, 話に, 話よ, 話を, 誇を, 認めは, 識見を, 貧農の, 超個人的意識, 趣意であっ, 通り一遍の, 違い, 違いじゃあ, 違いで, 違いです, 遠慮か, 野生的な, 金を, 間柄さ, 電報で, 青春で, 音である

▼ いう~ (538, 1.1%)

6 それは, それを 5 それが 4 そういうもの, そんなもの, 何と

2 [20件] いわないうち, いわないかの, それも, どうか, ッ, 一つの, 一種の, 何か, 分りませんよ, 名は, 品の, 彼は, 恐ろしいと, 本能的と, 知らん, 知んねえが, 聞いて, 自分が, 非常に, 魂と

1 [469件] ああいう, あきれた二人達, あじきなさ, あたり前さをも, あなたと, あなたの, あのくちゃくちゃ, あのもう, あの一味, あの先, あの時, あまりに見苦しい, あまり派手, あるいはむしろ, あるいはギリシャ人全体, あるいは不, あるいは否定, あるいは態度, あるいは西欧的, ある人, あれが, あれしきの, あわからない, あゝいう, いっしょにつれてくるかするんだ, いつもそれ, いと物すさまじい, いのちがけで, いのちの, いろいろまじっ, いわぬかの, いわぬに, いわば好色, いわゆるスピリット, いわゆる世評, おお, およそ世, おわかりです, かつておのれ, きゅうの, ぐずぐずしてる, こういう内部, こう君, ここには, ここへ, こっけいと, このごろよく, これから飛ぶ, これは, ご存じです, ご家老, さかんな, さすがの, しかしこういう, したらこんな, しっくりしない, しなければ, しなやかと, しびれるよう, すさまじい格好, すっかりまいっ, すばらしいと, そいつを, そういう命知らず, そういう方, そうした, そうしたもの, そうで, その一つ, その下敷, その回転, その書き物, その筆触, その芸術家, それともロシア, それとも当然, それとも憫然, それとも止したら, それとも田舎, それに, それについて, そんなところ, そんなもん, たいへんない, たった一人, だ, だるさ, ちよつと, つづけてと, つまり人間, つまり体, とにかく, とにかくあの, とにかくかの, とにかくこの, とにかくそいつ, とにかくそういう, とにかくその, とにかくそれ, とにかくどこ, とにかく一種, とにかく不満, とにかく人間, とにかく人間らしい, とにかく信長, とにかく変, とにかく変った, とにかく大, とにかく大きな, とにかく妙, とにかく平和, とにかく日本的, とにかく林, とにかく海底超人, とにかく現にこの, とにかく緋, とにかく頭, ともかくも, ともかく異性, どういう意味, どういっ, どうかを, どうしてください, どこか, どこかに, どの取れない, どんな姿, なぐりつけるの, なにに, なんと名, ひと冬, ひよわい子, びっくりいたしました, ぴんぴん生き, ぶつかって, ぶとを, ほんとうに, ぼんやり寥, まあお, まあそういった, まあ一, まことに感, まず自分, またいつも, または彼, まだ江南, まだ確かめ, まるで少女, まるで表情, まア君, むしろ微妙, むしろ超凡, もっと突っ込んだ, ものの考えよう, もろさと, やい, ややもすれば近ごろ気疲れ, よい名, よく知ってる, よもや引かされ, よわいこと, わからない強烈, わからない感情, わたしの, わたし達の, われながら, インテリに, オトコ臭い, カルメン夫人は, カヴァーされ, クリを, グロテスクと, スプリングと, ズックで, チラリと, ッまだ, ツルツル滑った, トルストイを, ホッテントットだ, ボーと, マサカ君が, モコウ, ヨウロッパというか, 一度大臣, 一杯つめられ, 一面的合理主義を, 三百年おくれ, 不敵と, 不行儀を, 世の中を, 丘田医師が, 亀之, 予感は, 事理明白すぎ, 二つの, 二人の, 二月三月と, 人々の, 人心の, 人格と, 人気と, 人道的世界主義と, 人間が, 人間の, 人類の, 今どんな, 他人には, 伝法と, 何かが, 何かしら強味を, 何しろ旺ん, 何という, 何と答える, 何を, 何んと, 作用というか, 便利かが, 俗論と, 信用が, 俳味と, 借金を, 倨傲と, 僕だって, 僕は, 兄の, 充実した, 光を, 兎に, 兎も, 入った原稿料, 入牢し, 兵気という, 凡そありとあらゆる, 出かけたは, 分かったもの, 分からないと, 分らない, 分らない困った男, 分らない奴, 分りゃあ, 分銅と, 分銅は, 功名心というか, 労働者の, 動機と, 十万年の, 千花と, 卑怯と, 卓子の, 危険と, 危険な, 厚かましいと, 厚みと, 又はその, 可笑しい, 司令塔の, 名状し, 君が, 君たち, 否という, 呆れたと, 味と, 和かさと, 哲学と, 四国遍路ないしは, 図々しいと, 地軸の, 場所と, 増田健次には, 壮大無比と, 壮気と, 声が, 夕方なら, 夜気と, 大いなるもの, 大きさ, 大きなフットボール, 大事の, 天罰と, 契機と, 女の子だ, 女を, 女事務員の, 妙な, 嬋娟と, 嬶に, 実にすばらしい, 実になんとも言いよう, 実に人, 実に大した, 実際的, 家の, 家業を, 尋ねたいと, 少くとも, 少しも, 屏風岩と, 帆と, 常識的な, 幸福な, 幽霊の, 床と, 張り出しが, 張合いの, 彼には, 徳川家の, 怒って, 思想と, 思索の, 恐れなくとも, 恨み死する, 悲劇的な, 惨虐, 意味ふか, 意地と, 愚まい, 愛と, 愛嬌と, 愛恋の, 感傷と, 慄っと, 慾望と, 我々の, 或いは開戦, 或は試み, 或る, 所謂スピリットを, 承認する, 技術を, 拙者も, 文学的という, 斜木を, 新型地震と, 日々の, 昔は, 昼逃げと, 普通女の, 暴勇と, 最良の, 朝霧の, 木曜会の, 本から, 本船に, 材料の, 板に, 柳, 校訂癖の, 梵音というか, 検事が, 極度の, 極道運とでも, 楽しん, 機会と, 機微と, 次第に彼女, 正太, 歯と, 気に, 気持と, 流る, 浅ましさ, 淡々と, 深刻と, 清盛は, 溌墨と, 源太が, 潔癖の, 澄み切った空, 濃艶, 無反応, 無気味と, 無頓着と, 物理学的な, 特に女, 現象に, 理想と, 琴瑟相和し, 生命知らず, 生活の, 用意というか, 男の, 異常地震と, 痛みと, 皮質と, 監視というか, 目は, 眼に, 矜恃と, 知らぬが, 知らぬと, 知らんが, 知らんけれども, 知りませんまた, 知れたもの, 知れは, 知れませんよ, 知れやしないと, 石の, 神と, 神仏が, 私物の, 種類の, 笑止と, 第二艦隊, 米友自身では, 純と, 紫の, 細心の, 絵襖いちめんに, 美の, 考えて, 聞きたいよう, 肱が, 腹と, 自分を, 自転車を, 艇長が, 色と, 色とりどりの, 芸術の, 苛立たしいと, 若い叔母, 苦しいと, 華厳と, 薄バカ, 藤吉郎も, 虚無的な, 蜻蛉と, 補導者というか, 西洋乞食と, 要約されてる, 見たいもの, 見ものだ, 覚え帳, 覚悟というか, 触らば, 触足, 貪慾の, 貴様, 起伏も, 身を, 身体に, 迎えに, 退屈さと, 途中で, 進み工合, 遂に開かない, 酔狂と, 重点の, 野獣の, 針と, 鈍感と, 鋼鉄を, 鑑定眼を, 長崎屋, 隅隅から, 隆夫は, 隙間と, 雪までが, 面白いのよ, 面白さ, 顔に, 風流と, 馬鹿, 高だ, 鬼気せまる, 鬼気と, 鬼神の, 魂が

▼ いう~ (527, 1.1%)

10462 です 31 ですよ 27 だよ, だろう 21 ですか 17 だから 14 じゃない 10 だね 9 じゃねえ, だもの, でしょう, ですもの 8 ですね 7 ですかい 6 だからね, だな 5 だが, ですから 4 だがね, だけど, ですが, ですがね

3 [12件] じゃあない, じゃありません, じゃなかった, だえ, だか, だからな, だけれど, だぜ, だろうね, でしょうか, でしょうね, ですの

2 じゃ, じゃあねえ, だあたし, だそう, だぞ, だばかばかしい, でしょ, ですわ

1 [73件] じゃありますまい, じゃあるまい, じゃがのう, じゃがのやっぱ, じゃないでしょう, じゃなく, じゃねえです, じゃもん, じゃァない, じゃァねえ, じゃア, せ, だいうん, だおい小, だっけ, だっけね, だったら, だったらきっと, だったらどう, だったらなに, だって, だってね, だと, だなと, だれい, だろうだれ, だろうな, だろうねえ, だろう江戸ッ児, だッ, だ俺, だ僕, だ実は, だ改めて, だ極り, だ此方, だ水, だ無駄, だ過去, だ馬鹿, でございますね, でしょうかね, でしょうけど, でしょうな, でしょうよ, ですえ, ですお, ですかよ, ですからね, ですけれど, ですけれども, ですこの, ですぜ, ですそれ, ですって, ですのに, ですまた, です乳母, です警察, でない, では, ならあすこ, ならここ, ならそして, ならね, ならまた, ならわし, ならわたしゃ, なら仕方, なら吉見さん, なら必ず, なら起して, は

▼ いうほどの~ (484, 1.0%)

34 もので 30 ことで 20 ことは, ことも 17 ものは 10 ものも 5 ものが, ものでなく, 事も 4 事で 3 ことじゃ, ものじゃ, 人では, 人は, 意で, 意味, 意味であった, 意味である, 意味に, 物も

2 [17件] ことが, ことであろう, ことを, ところでも, ものに, 力を, 友達は, 大事件, 女でも, 怪我は, 意, 意味で, 熱心も, 者は, 者も, 豪傑は, 騒ぎだ

1 [270件] いとしさ, うずでない, おおぜ, ことだった, ことなく, ことには, しぐさでは, そして夏, たいしたこと, たいした筋, たくらみは, とりえね, はっきりした, はるかの, ひとか, べっぴんじゃ, まとまったこと, まに, むずかしいこと, ものかしらな, ものさえ, ものであろう, ものでなかった, ものと, ものなんか, ものにまで, ものを, もんじ, イダ天である, キリスト信者であった, シタタカ者, 一変した, 一日路の, 上に, 不出来である, 事でした, 事の, 事件でも, 五尺に, 人々は, 人が, 人だ, 人であったら, 人である, 人でした, 人です, 人も, 人物じゃ, 人物であった, 人物に, 人物は, 仕事じゃ, 代物だ, 仲でもねえ, 作りは, 光は, 内容で, 分別は, 力は, 力持ちでは, 勇気の, 勢いの, 匂いは, 十分な, 千両を, 単純な, 反抗心を, 句でも, 可愛がり方, 叱言, 同情の, 名探偵, 問題でも, 善人です, 喜びは, 器量を, 困窮も, 地点では, 地点に, 坐敷, 垢も, 執着心も, 場合でも, 場所だ, 変り物で, 変わったこと, 夢でも, 大がかりな, 大きい気持ち, 大きな触れ込み, 大げさな, 大した言葉, 大事お松は, 大仕掛け, 大働き, 大凧, 大科学者, 太夫自慢だ, 女だ, 好物だ, 婦人では, 嫌味な, 宇宙的な, 宗教的な, 実力ある, 容態で, 容貌では, 小さな行商人, 小さな部落, 山では, 山でも, 差が, 差は, 年でも, 庭では, 役です, 役者では, 御好意, 心では, 心当たりも, 心持に, 必要に, 必要の, 悪意でも, 意だ, 意であっ, 意である, 意に, 意味が, 意味だ, 意味だった, 意味であったらしい, 意味です, 意味では, 意味な, 意味にさえ, 意味も, 意味を, 意気込は, 意気込みを, 意見も, 感傷を, 感懐を, 感激が, 慎重さを, 戦争じゃ, 戸数も, 手つきで, 手数を, 手腕も, 手間は, 旧家である, 時だ, 時間では, 普通の, 景気であった, 月日も, 有力の, 杭一つある, 業績であるらしい, 概が, 構えでも, 樹木は, 歓待ぶりであった, 正月めいた, 歴史は, 気には, 気にも, 気持で, 気楽な, 水泳の, 池では, 決心で, 決意が, 浅ましい凡夫, 深い事, 深い底意, 深い草原, 深い訳, 深い関係, 満足が, 準備も, 火事の, 無限定, 煩悩も, 熱烈な, 物は, 物好きも, 理由でも, 産量は, 用で, 用も, 男が, 男なら, 男の, 異動は, 病体では, 病体に, 病気は, 病院じゃ, 痙攣って, 痛切な, 益も, 目ざましい反響, 真率さで, 知り合いでも, 知恵も, 破廉恥漢は, 破綻は, 社会的な, 神経質にも, 私の, 秘密な, 程度で, 種は, 窮屈な, 筋の, 答えが, 縁喜の, 縁故で, 縁故も, 美人は, 美少年だった, 義務は, 義理が, 考えで, 考えは, 考は, 者で, 者なら, 者の, 腕達者だ, 自信の, 自在を, 色よい, 色話は, 若い浮, 荷物でも, 落着きが, 複雑った, 覇気の, 覚えはござりませぬ, 覚悟で, 覚悟は, 観ごたえの, 言外の, 証拠も, 証拠を, 評判であった, 話も, 警戒ぶりです, 豪傑である, 足跡を, 運命と, 達人である, 遺産は, 郷土を, 重大事, 野郎なら, 鑑賞家は, 間柄では, 間柄に, 関係でなかった, 関係の, 静かな, 面相は, 額を, 風も, 食事を, 馳走でも

▼ いう~ (483, 1.0%)

18 なしに 12 を聞い 10 がある 9 です 8 はない 65 だから, をした 4 で, であった, である, で私, になっ, になった, になる, もない, を聞き 3 があっ, はなし, もなく, を, を云う, を聞かない

2 [32件] か, があった, があります, があろう, が出来なかった, が皆, だろうと, であろう, でしょう, ですが, と見, にし, には, に耳, は, はありません, は一つ, は無い, は誰, もなかっ, も出来ぬ, も無かっ, をおっしゃる, をきい, をきかない, をその, を云い出す, を真に, を知っ, を聞かぬ, を聞け, を聴い

1 [292件] あるにより, あれば, かと調べ, からと申す, か三宅, か大層, か解りません, があ, がああ, があなた方, があり, がありましょう, があるっ, がいちばんホント, がお家, がその間, がただ, ができた, ができない, ができなかった, ができませんでした, がどこ, がどちら, がなかっ, がまるで, がもっと, がもっとも, がハッキリ, がピッタリ, が丁度三晩, が何で, が信じられねえ, が信用, が全く, が出来ず, が出来ない, が出来る, が判らない, が半間, が実際, が御, が捷, が明らか, が有ったら, が有る, が正しい, が決して, が真実チベット仏教, が眼, が聞え, が解った, が非, する事, だか, だけは素直, だったが, だと, だよ, だろう, だハアモニカ, であったそう, であったので, でありますから, であるから, であるが, でこれ, でございましょう嘸, でござろうか, でした, ですか, でと聞きましたら, では, で払う, で此方, で焼き殺ししまった, で盗賊, で盗難, で眼病, で間違え, といえ, とそれから, となった, となる, とアパート, と玄関, と行う, ないか, ないでも, なくその, なく事務長, なく悒鬱, などは聞くまい, などは頓着, などを聞い, なの, ならきくよ, なら何でも, なら口返答, なら意気地, なん, なんか信じられない, なんか当て, なんか聞き, なんぞはきっと, なんぞをそのまま, なんぞ誰, なんで, にさしたる, についての考察, にでもなれ, になり, になりまし, になります, になろう, には何, には後, には時々, には気がつかず, には順序, にも権威, にわだかまり, に一, に出た, に悩み, に成っ, に成りました, に成りましょう, に格別注意, に極めて, に気, に気がつい, に致そう, の, のあ, の先生, の出来ぬ, の大, の如き, の絶対, の起る, はありませんでした, はありまへん, はありゃしません, はいちいち, はかえって, はここ, はこれ, はたしかに, はとう, はとく, はどこ, はねえ, はほんとう, はむろん, はもっとも, はもとより, はよく, はわかりません, はわたし, はキレイ, はズット前, はモウ, は一つ一つ葉子, は一顧, は些, は今, は何だか, は余り, は全く, は全然, は出来ません, は出来ん, は堪えられ得る, は夢にも, は女, は姉, は容易, は想像, は故郷, は散漫, は早い, は決して, は珍, は町人, は直治, は真っ平, は矢張り女, は知らない, は知らぬ, は確か, は羅漢, は聞かん, は背かねえ, は脱線, は解らない, は誰一人想像, は造化, は随分, は面白く, は順序, は魔法使い, までいっちまう, もあった, もあります, もありません, もかりそめ, もした, もする, もない軽い, もなく喜ばしくっ, もなし, もみんな虚構, もやっぱり, もよく, も中, も云った, も何, も大丈夫云, も彼, も御, も有ろう, も無い, も無理, も耳, も起った, やそういう, をいえ, をいわれ, をお前仕様, をきかし, をきかないらしい, をきく, をし, をする, をそう, をだまった, をだまつて, をどうして, をなぜ, をね, をば些, をふん, をやっ, をツイ今しがた, を云, を云いなます, を云います, を仕, を他, を仰し, を信じない, を先, を公, を出来る, を別荘番, を前, を取り上げ, を取上げ, を商売, を始めた, を宜, を忠告, を感じた, を教え, を書き出した, を書き取らした, を書こう, を申し出した, を真面目, を考え, を聞いた, を聞かなかった, を聞かなくなる, を聞かなけれ, を聞かん, を聞きました, を聞きましょう, を聞き出した, を聞く, を聞こう, を聴かず, を肯, を肯かね, を肯かねえ, を胡乱, を至極, を言う, を言った, を言ってる, を諾, を黙っ, 行って

▼ いうところ~ (477, 1.0%)

26 による 2012 によれ 5 がある, だ, である, では 4 の貧乏人, を見る 3 であるが, です, は, を聞く

2 [19件] だった, だと, だろう, だろうが, であろう, なの, なん, にある, によります, に住ん, に従え, に隠遁, のもの, の幽霊, はいかにも, はこう, へゆく, へ行く, もない

1 [341件] あり, お雛, かな, からしきりに, からだけ見, からのサボ, から下廻り, から余興, から出かかっ, から売り出し初日, から来る, から次, から破れた, から私, から自分, から豆店, から起こった, から随分, か場所, が, があっ, があり, がありました, があります, があるであろう, がきっかけ, がよく, がわからん, がブックエンド, が半蔵さん, が多い, が奇妙, が好き, が寂心, が御座います, が本願, が気に入らない, が皆, が著しく, が衆評, じゃない, すなわち雨, だからね, だが, で, でああ, であった, であなた, でありましょう, であると, であろうか, でお, でした, でしょうか, でしょうな, ですが, での生活術, ではあまり, ではあれ, ではすこし, ではなかろう, ではなにか, ではまだ, ではソヴェト政権, では世間, でひっそり, でもの, でわざと, で一種, で三四郎, で丹下左膳, で乗降口, で今, で何事, で刃物, で呂布, で品, で将来, で座談会, で樺, で米友, で解かれ, で附, で難, と, というの, とも解せられる, とわたしたち, と一寸, と私, なく彼, ならどういう, なんか実に, なんともいえない, に, にあった, にあるらしい, にいる, にこの, にしたがえ, にてあえなき, にはなっ, にはなれ, には山々, には根拠, によるなら, に一つ, に不自然さ, に伝統, に作家, に依ります, に依る, に傾聴, に入っ, に其侍, に出る, に口, に女らし, に存する, に安住, に宗教的, に小, に従っ, に従ってヘリコプター, に従われた, に思い, に情状酌量, に政治, に料理, に比べる, に無理, に熱情, に特別力, に理, に異様, に私たち, に立っ, に落, に落ちつく, に行く, に見る, に観衆, に話, に諸君, に追従, に随, に雹, ね, のいま, のお, のこと, のそれら, のただ, のない, のインテリ型, のエタ, のキッカケ, のスリル, のチューインガム亡国論, のニーラスク, のヒヒ鳴き, のレオナルド・ダ・ヴィンチ, のレジスタンス, の上, の下剋上, の不, の世界観, の中果皮, の予感, の人々, の人間, の体位向上, の余裕, の例えば, の俗学者, の俳優的, の健全, の劇映画, の匹夫, の原理, の反省, の受け口, の君子眼, の命題, の国民文化, の城郭, の大, の大岡越前守, の大衆的, の如く, の妖怪, の家父長社会, の寒冷地, の寿福栄華, の山師, の山男山女, の平家全盛時代, の幸福, の感じ, の政, の数寄者, の文学, の春秋時代, の書風, の机龍, の松籟般若, の梅花, の機密, の檜山事件, の武者修行, の歴史, の民間, の気, の水, の法治的支配, の無い, の無為, の片側町, の王朝, の田園文学, の男性的気象, の直, の私小説, の競争相手, の笑いごと, の美, の老女, の肚, の脇構え, の臆説, の茶道, の薩摩方面, の虚空的, の警察, の貧乏線, の貧民, の足りない, の軟文学者, の逆, の道教, の鏡花好み, の門前町, の面白, の鰻, の鷺, はありません, はある, はおおむねずっと, はここ, はこれ, はその, はどうしても, はどこ, はない, はなかっ, はまったく, はもっとも, はものそのもの, はやっぱり, はブルジョア, は休日, は元, は凄い, は大, は天真爛漫, は女, は実にもっとも, は少し, は彼ら, は従来, は皆, は結局, は至極, は西洋, へかの, へつい, へは行きません, へは馬鹿, へ入れられる, へ八ツ, へ出, へ出る, へ勤めたい, へ半蔵, へ来, へ来た, へ飛躍, までいきません, までにはだいぶ, まではいってる, まではその, までは容易, までは明治生まれ, までは行っ, まで到っ, まで念, まで来る, まで漕ぎつけました, もあっ, もなく, もみょうに, もよそ, も一理, も大所, も少から, も尤, よりはずっと, より腕, よんで, を, をうち, をききます, をきけ, をその, をどこ, をみれ, をもうすこし悠々, をもう一層, をよく, を心, を押し出さず, を無条件, を綜合, を考慮, を聞い, を聞き取っ, を聞け, を聴い, を茂助, を見せたい, を誤解, を述べ, を逐一, を通, を通っ, を集めし, を黙っ, 少なかった, 要するに好き, 説くところ, 迄は行っ

▼ いうものの~ (441, 0.9%)

6 私は 4 美しさ 3 むずかしさ

2 [15件] これは, せめて汽車賃, それは, なきこと, まだ初々しく, もち得る, やはり切れ端, 不思議な, 事実は, 実際的, 彼は, 心の, 必要が, 恐ろしさ, 案に

1 [398件] あちらは, あの人みずから, あの女, あの時, あの穀屋, あの空想家, あやめ売の, ありよう, あるの, いいあらわしかたや, いかに欠くべからざる, いじらしさ, いつでも, いつまた, いつもの, いと大, おいらだって, おかれて, おそろしさ, おぞましさ, おひたしを, お前さんたちは, お角さん, かかる知識, かれは, ぐったりし, こういう際, こうだんだんに, こう世間, ここは, こし方, この仕事, この原子爆弾, この土地, この地下戦車, この場合, この大店, この当惑, この朝井先生, この美しく憎らし, この船, こんなこと, ごく根元的, さあ誰, さすがに, さてその, さびしいに, しかしいつも, しかしそれ, しかしそんなに, しかしもう, しかし多鶴子, しかし大いに, しかし女, しっとりと, じつはあまり高く, じつはだいぶんちがっ, すさまじく鳴り, すっかり無くなっ, そうした偶然, そのしおらしい, その余り, その単調, その土地, その実, その時, その服, その根柢, その清, その男, その空気, その筋, その翌日, その艶色, その詣で, その間には, その革命, それだけの, それでもさすが, それでも仙台市内, それで過去, それまでには, それも, それを, それ以後に, それ自身初めから, そんなこと, そんなふうにはい, たちが, たった七足, たった三階, つつましい無力, でもいずれ, とにかくこの, とにかく一度, とにかく彼, とにかく悲痛, どうにも, どうもこれ, どうもそうとは, どこか, どこがと, どちらが, どっちへでも, どれほどに, なく召仕, なつかしい感じ, なにしろおととい, のほほん顔, はっきりした, はっきりとは, はつらつと, ひがみきって, ほとんど全部, ほとんど驚くべき, まさか素面, また公卿, また広く, まだほんの, まだまだ十分, まだやっと半道, まだ一つ, まだ十分, まだ歳月, まるでない, むすめ, むずかしいこと, むやみに, もしひ, もしまちがえ, もともと楚, もともと素養, もとより小, もとより素直, やっと出来かかった, やっぱりあの, やっぱりピストル, やはり奇妙, やはり当分, やはり旧債, やはり法, やはり長助, よくわかる, よしんばそれ, よし御触れ, よまれる心理, より高い, わたしどもは, わたしは, アリョーシャは, ギリギリの, ドン, ネパールから, ミルクで, 一つには, 一つは, 一切合財の, 一切合財は, 一晩を, 一条の, 一番お座の, 一種の, 一週間も, 三つの, 下の, 不気味な, 世の中の, 久しからずし, 二人が, 二人ながら, 二年も, 云わば, 人の, 今と, 今にもあの, 今一つ古い, 今日の, 仏陀は, 他の, 以前は, 会津と, 何か, 何とヒ弱, 何の, 侍史が, 俺が, 倭文子の, 傷の, 傾斜の, 僕は, 僕も, 兎角崩れ, 全く一つ, 全く特殊, 全く納まらなくなった, 全然と, 全然ない, 全然芽, 労役に対しては, 勘当され, 厳格な, 参内その他の, 古くからの, 可愛らしさ, 右に, 吉良一族は, 同じ事件, 吸い着いた力, 呪われた起原, 四億以上の, 四月も, 地境に, 培養土は, 堂々たる武者行列, 壮太郎氏は, 多数の, 夜半に, 大きい役割, 大きく中央, 大きさ, 大きな意味, 奇妙な, 女房思い, 女手ひとりでは, 如くまとまつた書物, 如何なる因子, 子供にも, 存在を, 学生時代には, 実はある, 実はその, 実は二, 実は小沢, 実は御, 実は恐ろしい, 実は押売, 実は計画, 実在性に, 実感の, 実際の, 実際は, 実際型, 宰相も, 寂しさ静けさ, 寧ろ復古, 将来においては, 小さなきたならしい, 小春日の, 小柄で, 少しは, 少しも, 少し可笑しく, 山岡との, 岩田君の, 市中では, 延徳ごろの, 当分は, 彼の, 彼女の, 彼女は, 彼女を, 御用の, 心に, 応仁の, 恋しさ, 恐ろしい力, 惜しいこと, 愈々倫理, 愚妻の, 成しあたわないこと, 我々に, 我々の, 戯けるも, 手ごたえが, 手を, 手当り次第に, 採れる植物, 斑, 新しいこと, 新しいもの, 新しい価値, 新しい意義, 日常性に, 日本人は, 日本劇壇の, 昇は, 明らかに, 明智が, 明智も, 明暦の, 昔日の, 春隆は, 昼の, 時にはこれ, 普段おとなしい, 暖かいある, 最も主要, 最も合理的, 最も端的, 最も精密, 最も鋭い, 有るべきでないこと, 有効なる, 未だすっかり元, 末の, 本当に文学的, 本当に積極的, 本当に自由, 本当は人情, 東国の, 果して, 極く, 楽しさ, 模倣者が, 欠けて, 次々と, 欺された, 正しくは, 正直な, 正造の, 決してお, 沢山魚が, 活躍する, 淡谷さんも, 清澄な, 烱眼に, 無力が, 無力を, 煎じつめれば, 甚だしいこと, 甚だしいの, 生い立ちを, 生かし方, 生まれ落ちると, 生命の, 用いられなかったの, 用途から, 男としては, 疑いの, 白根の, 皆近, 相手の, 矢代は, 破れて, 社会における, 私の, 科学者の, 税金と, 窺われる句, 立って, 立派な, 竹藪の, 素性も, 結局は, 美しい夢, 習ったから, 老先, 考え直しが, 考え直しも, 胴を, 自然に, 船客も, 花見に, 芳さん世の中という, 芳子の, 若々しい力, 著しい性質, 蔭では, 藤吉とても, 蠱惑よ, 行き届かない所, 行く行くは, 街中で, 要はまったくそこ, 見かけほどには, 見かた, 親しさ, 親子の, 言うこと, 詰らなさ, 謡言は, 象徴が, 赫々たる驕, 跋扈する, 身持放埒とかいう, 辞書は, 遺族にとっては, 門の, 間違いも, 雪之, 露よりも, 青少年期には, 顔は, 顧みれば, 高鳴るよう, 髪の毛も, 魅惑的な, 鶴原家が

▼ いうには~ (277, 0.6%)

4 何か, 自分の 3 あまりにも, これは, それは, 理由が, 私の 2 あらざれど, あらねど, いいましたが, いろいろ理由, 俺の, 自分が, 自分は

1 [240件] あたらない, あたるまい, あなた様へも, あの小男, あの町人, あまえるよう, あまりささやか, あまりにすさまじく, あまりに哀しい暗, あまりに小さかっ, あまりに悲しい, あまりに溢れる, あまりに痩せた, あまりに皮肉, あまりに短くっ, あまりに程, あまりに素朴, あまりに複雑, あまりに非, あまり大きい, あまり老成, あらざれども, あらず, あらず物語, あらず老, あらず飽きたれば, あらぬ, あんまり気持, いいますが, いうに, いかなる茸, いつ迄も, いまは, いま伏龍鳳雛二人の, おおよく, おゆう, おれは, おれも, お前たちの, かならず一人, きのうも, こういう有様, ここでは, このたび, この家, この扇屋, これが, これと, こんなこと, さらりと, ぜひ一度, そこに, その宮本武蔵, その対象, その方, それでは此品, それには, そんな調法, ちとどうも今夜, ちと縁, どういうもの, どうもあの, どことなく物足りない, どこまでも, なお外, なるほど, ふさわしからぬ, へこたれる, ぼーっといたしましょう, まだ大分, まだ寒, まだ早い, まだ間, もう一度あの, もう二度, もし私, もちろんわたくし, もはや我々, やすく行なう, やっぱし東京, やはりそれだけの, やはり髪の毛, やや親密, よくよくの, よくよく困窮, よしそん, よほどな, よわった, わたしは, ガガは, プレートの, モルガン君君の, ロンドンは, 一つの, 一体に, 一族間の, 主人は, 主題が, 乗換場を, 云い切れぬ粘りあくど, 五人や, 今ここへ, 今さらこんな, 今は, 今度会う, 今当山, 今日か, 今渡った, 他に, 他方専門的な, 似で, 何の, 何らか, 何んで, 何処までも, 余りにしみったれ, 余りにも, 余りに一致, 余りに信吉, 余りに凄かっ, 余りに切実, 余りに奇異, 余りに形, 余りに恐ろしい, 余りに熱意, 余りに縁, 余りに遠い, 余り熱が, 俺たちは, 先ずその, 先ず此処, 先立つもの, 全くふさわしい, 助手たちに対する, 南天の, 南野の, 博士は, 厳しさ, 去年, 及ばないぜ, 及ばないので, 及ばないはず, 及ばねえ, 及ばんこと, 及ぶまいから, 古すぎる, 名ばかりである, 否契約書には, 和泉屋は, 塀の, 多くの, 多分に, 多数の, 大き過ぎる, 大変な, 如何であった, 妻あり, 実にあまりに単純, 実はその, 実は今, 実は妾, 少々恥, 少々縁, 少しとうが, 少し変, 少し欠け, 少し縁, 少し老け, 少し複雑, 尺八が, 己が, 年の, 底鳴り異様な, 当らぬ, 当りますまい, 当時既に, 彼ら四名は, 御工事, 我々は, 或る, 手前の, 折角の, 既に何等, 早いけれども, 早い山裾, 智善さんは, 未だ未だ遠い, 杣が, 松島さんどうも, 栖方は, 次の, 此の, 武田勝頼ほかふたりの, 歩まずとも, 母の, 母上の, 母公の, 泥坊に, 浅く沢, 淋しいから, 父と, 特別な, 現在が, 理由も, 甚だ距離, 皆驚い, 種々の, 織田家の, 耐えないで, 肩書の, 自分たちも, 至って, 至らずして, 良人の, 若いもの, 若い浪人ふう, 複雑すぎる, 言った積り, 訪ねて, 訳が, 証し得て, 貴様は, 貸しても, 足らない, 足らないけれど, 足らぬその, 輓近二十二歳の, 迚も, 逞しすぎる, 遠いもの, 適当な, 遽かに, 金座の, 長崎の, 阪井が, 非ざれ, 非ず, 面積が, 飛べるだけの, 馬槽に

▼ いうても~ (261, 0.6%)

5 よい, よい位 3 ええ 2 ええです, これには, それは, よかろう, わたしは, 今は, 実際に, 差支は, 時代によ

1 [230件] あえて誤り, あなたは, あやつ, あります, いい, いいやろ, いいん, いけませぬが, いろいろな, うちの, ええくらい, ええし, おまえは, おれを, お姉さん, お支度, お母さんと, かなり元気, かんじんな, こうまで, こげえ, こちらでは, この急峻, この身, これぎりの, これは, こんなに京大阪, ござらぬが, さすがよう寄り, しょせんは, しようが, そいつは, そういう拙, そなた, その何とかはん, そんなに永く, ただ訪ね, たよりない, ちょっとあんた, ない突然, なかなか遠い, なく沐浴便利, なにも, ほかの, ほんちょっと, まことは, まことはた, まさか逆立ち, まだわし, まだ全くは, まだ直轄, もう明日一日, もったいない, もとは, もとより流鏑馬, やっぱりなあ, やっぱり黙っ, やはり上つ方, よいから, よいぐらい, よいでしょう, よいです, よいと, よいほど, よい物, ようございます, よからう, よろしい, よろしい位, よろしい辯護士さん氣, よろしからう, わからない, わしゃ行かぬ, われら武骨者ぞろい茶は, シナ訳よりも, チャンと, ハイハイと, 一匹一匹に, 一夜か, 一寸した, 一日も, 三分の一は, 三国峠の, 之に, 争わぬ時, 二人の, 人間の, 今お目にかかる, 今も, 今川勢に, 今度の, 今度は, 今日の, 今時の, 伊豆そだち, 何や, 何処にも, 侮れぬぞ, 充分得心, 児供だけに, 全くその, 全然異なる, 兩端が, 其の年齡, 凌雲閣が, 出すもの, 出世する, 初めの, 初めは, 別に, 別に目的, 前に, 剛情張った, 取り上げられないこと, 可い, 同じじゃ, 同僚の, 唯山裾, 善い位, 四両か, 四坪たらず, 地方は, 大した事, 大変で, 大抵は, 夫婦の, 女子の, 好い位, 定まる屋敷, 宜しいが, 宜しいの, 実は程度, 実は高, 実際は, 実際眼前, 寧子が, 小丸太五, 尤も注意, 山男見たい, 常年中, 平地は, 平地を, 広うご, 彦太だ, 御堂の, 御親子, 思想と, 思想を, 怪しまれるばっかり, 意味の, 手や, 扱ひやす, 支度に, 故郷を, 斯くいう, 新來, 新徴組, 星さえ, 時節がらまた, 普通の, 木の, 木賃宿で, 本当には, 本職の, 東京を, 椎の, 止まらぬぞ, 此処は, 毎日朝から, 水量から, 江戸上方のとは, 池一つある, 決して入れる, 決して孤立, 決して理学者, 決して過言, 清ちゃんの, 父の, 甚しき誇張の, 生返事しか, 田舎に, 病気が, 発生学上から, 百姓の, 皆源流を, 直ぐそこ, 真らしい, 眼エ痛う, 祝祭日に, 私の, 私情から, 程の, 竜之, 第一, 精神を, 紋切り型である, 組長には, 結局は, 織田家の, 羽柴殿は, 老いの, 聞かいでは, 肯くもの, 腕一本であれ, 芋の, 莫迦には, 見て, 語弊は, 誠に世話, 誠に院, 誰でも, 請負師仲間には, 諾きま, 近くに, 逃げこんだ, 進み方, 過言でない, 道馴れない, 遠慮する, 金が, 限りなく, 雪が, 頭が, 顔や, 飯の, 養子は, 香の, 驚くこと, 黒部川などと, 黙って

▼ いうじゃ~ (259, 0.5%)

107 ないか 101 ありませんか 13 ないの 8 アありません 5 ないですか 4 あない 2 ないが, ァねえ, アない

1 [15件] ありませんの, けん, ございませんか, ござんせんか, ない, ないかといった, ないかね, ない亡びた, なしあいきょう笑い一つ, なし卿, なし石無地, アござんせん, アねえか, アねえよ, 有りませんか

▼ いう~ (227, 0.5%)

14 もある 13 がある 9 だから, ですから 5 だ, だと 3 があります, だえ, なの

2 [15件] があったら, がありました, が多い, でしょう, ですか, ではない, と交際, なん, のいい, のこと, の方, の考え, は決して, もあります, もない

1 [133件] あれへんそ, かえ, かと訊く, か知らない, がありません, があろう, がいます, がいるでしょう, がお前, がこういう, がこんな, がさ, がそういう, がなくなった, がまだ, がもっと沢山, が出, が出来た, が初めて, が加わった, が好き, が子供, が富山県, が旅行, が末, が来る, が沢山, が立派, が講義, が高野, こそ天才, じゃで, じゃない, じゃなく, じゃア, だかも, だし, だったから, だったので, だという, だね, だろう, だろうと, であったかさえも, であったかと, であの, でありました, である, である飲むな, であろう, できっと, でしょうか, でしょうね, でないこと, ではなかっ, でも, で何ん, で有ろう, で温泉, で窯, という事, といっしょ, とばっかり仲, と己, なああの, になる, にはこれ, にはそれ, にはつっかかっ, には専門, に一度竜宮, に仕事, に似合わず解らない, に勤めなけりゃならない, に向っ, に胡麻, に誠実, の, のため, のやった, の傍, の名, の嘘, の大, の如く, の斯様, の本心, の死, の花園, の話, の金, の顔, はあなた, はあまり, はあります, はあれ, はいい, はいずれ, はいちばんきらい, はいま, はたいてい, はなかっ, はまた, はソクラテス, は一人, は何, は何ぞ, は大嫌い, は女, は形式上, は沢山, は泊っ, は無能力者, は畢竟, は見つからない, までが水茶屋女, もあるでしょう, もいる, もなかっ, もぽつぽつ, も出来るでしょう, も殺風景, をだます, を喰った, を引ッぱって, を弟, を怒りつける, を急がしい, を欺, を立派, を見る, 必ずしも有徳, 随分あった

▼ いう通り~ (205, 0.4%)

146 にし, にする 5 だと 4 です, になる, の次第 3 だった, にした, にすれ 2 お筆, である, でした, になっ, にならない, に従いました, に相違, もうこうなっ

1 [137件] あの天井, あの日, いつの間にか雨, うんと吹っかけ, お幸, お角さん, かの姉妹, かも知れない, かれに, かれは, きめるならば, こういうもの, こうなったら, この五輪, この声, この学校, この小, この火事, この親子, さすがの, しかしてその, しょせんは, じゃ, すぐ眼, すぐ近所, すっかり固く, そのころ, その外国人, その当時, その眼, その絵, その賊, そんな厄介者, たしかに筋, たしかに閑静, たった一度, ださあさあ, だろう, だわ, だ人静月, ちっとばかし, ちっと変, ちょうど物打, でしょう, で戦場, どうせ手, どうもこりゃあ, なぜ其の, なにかの, ならば, なれば, な苦悩, にいたしましょう, にさえなっ, にしとく, にしましょう, にしろ, になった, にねあの, には違い, にまさしく, にもなかなか, に削っ, に実行, に怒鳴った, に思った, に明日, に果して, に温和, に相当, に終ったら, に腕, に色紙, に薬, に行く, に見える, に量っ, のお触れ, のこと, のしたたか者, のもの, のわけ, の事情, の人相骨柄, の大, の性格, の文句, の棒書き, の混雑, の無頼漢, の犯人, の狂言, の簡単, ほとんど着のみ着のまま, まっすぐに, もう立派, もしも福井文吾, やとしたら, ゆっくりと, よくよく考え, よしない約束事, をする, をただ, を信じ, を信ずる, を首肯い, 一概に君, 他領, 何一つ貢い, 別れる時, 半七さん, 大劇場, 実際と, 寝て, 小鉄, 少しく格, 少し色, 弱いもの, 手当り次第に, 拾ったもの, 旨く行け, 早く二階, 明るい晩, 書いて, 歯痒いもの, 決して口外, 甚だ効果的, 第八輯, 若くて, 見て, 賢い人, 遠からず, 随分いや, 随分廻り, 頼むべき人, 飛んでも, 食って

▼ いう~ (196, 0.4%)

2 またある, 家の, 私は

1 [190件] あなたがたは, あの娘, あるいは女体, あれも, あわせが, いや山本勘介, おなじ気運, おの流れを, おれたちは, おれも, お前とは, お年の, お民, お菊, かえしの, かけが, かつは, がね, きゃないと, きりが, こいつも, ここへ, この中国, この年寄り, この花籠, こまちゃ, これは, さらには, さわぎが, しかも側, すでにどの, その意味, その被害, その辛労, その陣十郎, そりゃビショ, それから俄然, それから郷里, それにその, それに幸吉, それに私, そんな深い, たちも, ちめんどう, ちゃんと床, つい先頃, つけが, とにかくダネック君, どうせ死ぬ, どこの, ばいは, ひろ子は, また, またあの, またわが国, またトッピンシャン, またボストン, また事実, また何, また先生, また北見, また調合, また魚, まだいろいろの, まだその, まついや, まつだ, まつだった, みょうな, もう留さん, もう長年, ゃきしゃきしたお人でございます, ゃら臭い, ょうごうをたまわりました, ょうだてい, ょうばいもつくづくいやになるな, ろ頸を, わしも, わし達を, サわしゃ呶鳴りつけ, サシミには, シャケとも, シューラも, チンピラとも, ピロちゃんは, ラッシュアワーで, 一時にも, 世間ばなしも, 世間並の, 乗組んだ理右衛門徒, 亡くなつた父親, 今も, 今年の, 仕方が, 他の, 住所を, 何も, 何枚かの, 余は, 僧正だった, 刮目すべき, 北野少年に, 医者は, 十七日に, 千蔭流とかの, 又飛信越三国界, 吉公の, 坂崎余党の, 塀には, 夜が, 大久保さんは, 大学の, 大臣だった, 天狗も, 女も, 姿を, 婆さんの, 安房守も, 実はこないだ子供め, 家では, 家とか, 容貌も, 庭球協会からも, 役者の, 後家さんは, 応仁の, 思いついて, 息子の, 悪いわねえ, 情夫の, 懐中時計の, 我らの, 我国では, 日常見, 日頃親しい, 曾根少佐だって, 本人も, 林田は, 欲は, 武蔵も, 殺して, 殿村探偵とも, 池上本門寺の, 浅公, 浪人も, 物見も, 特に来, 独語にも, 玄徳も, 玉子は, 甘ったるいすべて, 生真面目な, 目下区長が, 知り人, 石沢閑斎と, 神功皇后と, 私共も, 窃盗が, 米山に, 維新の, 自分でも, 自分も, 蒙自, 藤井が, 藪八も, 蛭田博士とも, 蟇の, 西洋の, 解雇され, 諸人も, 身体に, 車掌も, 軌道を, 軍隊に対しても, 近くに, 途, 途中の, 遊興の, 遺墨集も, 金時は, 金森長近が, 金沢町の, 離縁され, 震災後行方不明である, 露八には, 頭の, 飛騨の, 飲みたい時, 養女だ, 髪つみに

▼ いうばかり~ (177, 0.4%)

36 では 6 でも 43 であった, でその, でない, でなく, なの 2 である, です, なし

1 [110件] さらに数時間, だった, だのに, でいつ, でこれ, でしたから, ですこしも, でつまり, でどう, でないもっと, でない内奥, でない実際, でない理由, でない祖先たち, でない興味, でなくああ, でなくおまえ, でなくお父さん, でなくかれが, でなくここ, でなくこんなに, でなくすべて, でなくそこ, でなくその, でなくそれ自身常識, でなくそんな, でなくたとえて, でなくたとえば, でなくちょっと, でなくひろ子, でなくふさふさ, でなくまた, でなくまるで, でなくむずかしく, でなくやはり, でなくエディンバラ, でなくステージ, でなく一つ一つ, でなく一葉, でなく主人公, でなく仏蘭西, でなく作全体, でなく全体, でなく古く, でなく品, でなく夫婦, でなく季節, でなく実は, でなく実際, でなく実験的, でなく希望, でなく帰って, でなく彼, でなく心もち, でなく木曜会, でなく東洋, でなく死んだ後, でなく父母, でなく真実, でなく社会的必要, でなく私, でなく私自身, でなく織物業, でなく肌, でなく胃腸, でなく胸, でなく自分, でなく自身, でなく草光保治, でなく謂わば, でなく足元, でなく進んで, でなく震災, でなく非, でなつかし, でひばりさん, でみな家来, でわが国, でオカ, でカソリック系統, で不得要領, で世間, で人様, で今, で何一つ, で信長, で古い, で果して, で決して, で沈滞, で無意識, で発見者, で私, で詳しい, で誰, で身分, で長吉, で顔, ない花曇り, なき風情, なくおそるおそる, ならまだしも, な顔, ひでえ, 何を, 声を, 小銀, 血痕に関しては, 逡巡の, 逢って

▼ いう~ (174, 0.4%)

86 では 5 なん 4 だと, になっ, に行けしません 3 だ, だか, でお, でございますか, になった

2 [11件] さ, じゃア, でがん, ですねん, でも, で婿, で巡礼, で此, にはいかねえ, にはいきません, に行かん

1 [106件] あること, か, かと濱名左傳次, か一々よく, か一寸, か三人, か不思議, か伯父, か其の, か分りません, か彼女, か正月羽根, か浪人, か知らぬ, か私, か邪魔, があっ, が承りたい, けで, じゃございません, じゃない, じゃ眞達さん, だえ, だが, だけで, だったか, だってもいかねえ, だね, だ薩摩様, であったか, であの, であるまい多分, であゝ, でいわゆるその, でおえい, でお前, でがしょう, でこの, でこんな, でございましょう, でございます, でございますれば, ですか, ですな, ですよ, でその, でそれから, でそんな, でへえ, でツイそれなり鳧, で人, で別, で呉れられ, で大事, で小僧弁天, で思い違え, で払い, で斑猫, で斯様, で来た, で此方, で此様, で歩けぬ, で死ぬ, で汝ア, で白, で盗難, で石井, で私, で羽生村, で萩原様, で襟, で誰, ともなかっ, と申し, と解いた, ないし, なの, なら何故, なれば, なんで, に, になりまし, になりました, になる, になろう, にはいかず, にはいかない, にはいかん, にはまいらぬ, には参りません, にもゆかなかった, に成った, に行かんやろ, に行きますまい, に行きません, の有る, の災難, はありません, はない, ばかりで, もありません, もなかっ, もなく, もねえおら, やったの

▼ いうわけ~ (164, 0.3%)

26 では 8 なの 7 でも 6 です, なん 54 か, じゃない, はない 3 でしょう, にはいかない, にはいかぬ, にもいかない 2 じゃありません, じゃねえ, だな, で, であります, である, でした, にいかない

1 [66件] あいなんだ, かね, かわかりませんでした, か事務所, か判らない, か春一本人, か跳, があっ, さ, じゃ, じゃあるまい, じゃろう, だか, だから, だった, だろうか, でこんな, でございましょう, でございますか, でございますがね, ですね, ですよ, でないん, ではるばる, でわたくし, でザヴィエル, でムリ, で中, で六時半ごろ営門, で出た, で己, で弾かれた, で意気込みときたらすばらしい, で斯ん, で林藏殿, で王女さま, で米友, で霞ヶ浦産, なので, なり, なんざいましょう, にいかへん, にいく, にはいきません, にはまいりません, にはゆかない, にはゆかぬ, には却, には参りますまい, には行かなかった, には行かぬ, にもいくまい, にも行かず, にも行かなかった, にも行くまい, に成っ, ね, のわかった, のわからぬ, はこの, もなかっ, もなく, もねえ, も読者諸君, やおま, やが

▼ いう~ (161, 0.3%)

11 聞きて 5 またない 2 得べきか, 聞いて, 見ると, 見れば, 載せたり, 適当なり

1 [133件] あとに, して, せぬ者, せねば, つめて, とがめて, ながめて, はばかる種類, はよういう, またず闇太郎, またない所, まつ, まつまい, もって, もて将官, もらいたる, やめよ, やめよ先生, やらかして, やる事, モットーと, 一尾買い, 上げねば, 久松家から, 人々心の, 休めよ三月, 何か, 作り毎週神田, 俟た, 俟つまい, 其名と, 冒頭に, 出すに, 別の, 制定した, 口実に, 召抱えられた, 可哀そうがって, 味わうに, 四方の, 売って, 好まなかったの, 寄稿した, 常の, 府県に, 建てたまい古今, 引, 引いて, 待たず猟夫, 待たない, 得ず, 得ずと, 得ば, 得べく同時に, 得べし, 得ると, 得んか, 得可き, 得可く, 御覧に, 忌む日高郡南部町, 忘れたるに, 急に, 慊らず思い, 憚らず, 憚らない, 憚る, 懐に, 押反し, 招聘し, 挙げて, 明治七年に, 曹操たちまち, 松山に, 権に, 歌いながら, 正しと, 渡れば, 為るの, 申付けられた, 発句に, 相手に, 知って, 知らず大概, 知らず天下, 知らなかった, 知らぬ人, 知ること, 私が, 突然造立, 置いて, 考うる, 聞いたが, 聞いたこと, 聞かぬ, 聞き, 聞きその, 聞きたれども, 聞きながら, 聞き夢中, 聞き実業, 聞き所感, 聞き氏, 聞き誤って, 聞き誤り余, 聞き豊島氏, 聞くこと, 聞くに, 聞くや, 聴いて, 興行し, 見る, 見るに, 見天, 視察する, 訪ねた事, 訪ねるため, 設けこれ, 設けられて, 許さず一様, 許さば, 読んで, 豪傑の, 貰って, 越えて, 越した時, 通例と, 過ぎた時, 避けて, 雇った, 雇って, 雇入るる, 鳥羽まで

▼ いう~ (158, 0.3%)

17 がある 10 があった, はない 8 もある 5 もあった 4 があっ, がない, がなかっ 3 はなかっ, も出 2 が多かっ, が多く, はなく, はひとり, は一人, もあります, もなかっ

1 [76件] あり, あれども, あれば, か, か此疑, があったら, があり, があります, がここ, がなく, が之, が入りまじり, が出よう, が居る, が朝臣, が無い, が稀, が覘, さえありました, さえある, さえいなかった, さえ不愉快, さえ現われた, すらあった, だ, だが, です, ですが, と, と交際, どもか風采, なきに, なれば, なんかいなかった, にどうしても, には何, に対して全部, の之, の人格, の娘, の真似, は, はあるまい, はいなかった, はそりゃ国, はただ, はねえ, はみんな武蔵, はむろん, はやはり, はデニー博士, はハテ, は世の中, は居, は当, は悧巧そう, は池田勝入, は沢山, は無遠慮, は門端, ばかりでした, また天満組, もありません, もあれ, もあろう, もかなり, もこの世, もとまれ, もなけれ, も善人, をさまよわせ, をなぶり殺し, をトウジ, を南部, を斬捨て, 来るはず

▼ いうんで~ (151, 0.3%)

2 え, がすよ

1 [147件] あくる朝, あたしも, あたしゃ汗を, あの辺, あれに, いい姐さん, いっしょに, うちへ, おいらの, おそば, お話を, がす, げしょう, げすから, げすがね, げすよ, こうして飾り物, ここの, この司馬道場, これでも, こわくってね, さあね, さあア, さっきからの, さっそくマキ, さる所, して, してネ, しよう, しような, しようね, しよう気分, すい, すごすご手, すっかり閉め, そいつも, そこじゃ, そこらへ, そのとおり, そのままに, その送別会, それこそ, それを, たちまち切符仲買所, ちょっとひと, ちょっと聞い, つい色々と, つね日ごろ, とうとうもの, とても不満, どうしても四時半, どんどん壊し, なにごとも, にこにこ署名, はじめから, ばいろ, ほんとの, まだ後, まるで喧嘩腰, みんないま大騒ぎし, みんなで, みんな心配を, わいわいと, わざわざ埼玉, わたしいじ, われわれ六人と, ビールや, メガネを, 一昨日山越えで, 一狂言かいた, 上申し, 下地を, 二人で, 亢奮し, 人民が, 今度は, 供頭が, 初めて知りました, 別れて, 又来た, 友だちやなんか, 喜び勇ん, 困るん, 国家的勇士としての, 土地の, 変な, 夜も, 大さわぎだ, 大変な, 大繁盛, 夫婦の, 学校へ, 家に, 寄越した手紙, 小石川の, 山田署へ, 工人や, 工作人夫を, 工場長という, 幡随院舟は, 往来を, 思いきって, 思ひ出したん, 怺え, 恋敵を, 意地わるに, 手術を, 新聞や, 方々捜した, 昔は, 時間を, 最初新聞記者が, 様子でも, 止むを, 此方へ, 死罪の, 泡を, 渋しぶ, 爪立ちして, 琵琶亭が, 町も, 目下血まなことに, 直に着手, 相棒と, 私にも, 秋山大尉が, 糺明してた, 給料も, 縁起が, 聞いても, 自他ともに, 若い奴ら, 藤波は, 証拠呼ばわりを, 諸君を, 車を, 近所の, 逃げたもん, 部落の, 郷土的な, 附けないこと, 隣家の, 非常に, 馬主筋は, 騒ぎを, 高価い, 高津の

▼ いうにも~ (139, 0.3%)

4 相手が 2 ここは, 一面の, 相手は, 論より

1 [127件] あのがさつ, あの通り, あらざれば, いい辛そう, いまの, おひざもとっ子, およぶまい, お気に入りの, かかわらずただ, かかわらず一応, かかわらず万一, かかわらず宣戦, かかわらず山岡屋, かかわらず日, かかわらず白い, くわえ出して, こっちは, この祭文語り, この談判委員, こんな陰気, そういう礼, そのしつこ, その時, それが, そんな状態, たった今しがた, まだ十二, むす子, もはや金, ソウいう, チイチイパアで, レコが, 一人で, 一応の, 三下奴そんな, 不義は, 久慈に, 二人とも, 二様の, 人の, 人目の, 今回の, 今年十五の, 今度の, 以前よりは, 似ず足並み, 体格は, 何の, 何十尋という, 余りある, 余りに気, 価しない, 借財だらけの, 六千尺の, 内地から, 前には, 前述の, 剥出しで, 半気違い, 厚い板, 及ばぬが, 口も, 口を, 呼吸を, 喜ぶにも, 四辺が, 坊主の, 場所が, 多勢に, 多少の, 大勢である, 大急ぎである, 子供が, 客の, 対手は, 小学校が, 小山の, 小藩, 年数の, 幾らか事実, 手がかりという, 拘らず実に, 敵は, 新興医学部の, 旅の, 旅中の, 暗やみの, 東京なら, 検挙に, 正面の, 歴史が, 気の, 沢山の, 流儀の, 漆の, 父上も, 狭いところ, 男ばかりの, 白雲は, 百人に, 程が, 種々あり, 種々あります, 稼業が, 立退, 羽振, 自分は, 自動車の, 若い女, 若い男, 若い者, 茂太郎は, 行き先は, 表の, 複雑な, 襟裏の, 見かけは, 証拠の, 豆の, 越前ほど, 足らないでは, 足らないと, 足りない, 道庵は, 隠しうること, 馬の, 騒ぎの

▼ いう~ (135, 0.3%)

3 にし 2 であった, になっ, になった, になる, に考え

1 [122件] がいつ, が吹い, だ, だし, であったし, である余, でこの, でした, ではとひとりでに, で吃驚, で帰っ, なこと, なところ, なので, なやり方, なカラス天狗, なガタガタ暮し, な其, な大胆, な女, な形, な意地, な感情, な教育, な礼儀, な笑顔, な羅漢さん的完成そのもの, な色彩的, な蒼白, な表現, にあなた, におだやか, におっぱらう, にお腹, にかい, にかき, にからんじまう, にくすんだ, にこなす, にしか書かなかった, にすでに, にすわる, にずつと恐怖, にそれ, にそれら, にだんだん, にとれる, にならぶ, になれる, にはもち, にひと, にぽんぽん, にまざまざ, にまとまっ, にも現れる, にやっ, によく, にカット, に今日画壇, に仏教, に位置, に偶像化, に全面, に出来る, に勃凸, に単純, に即座, に厭世的, に友達, に取っ, に右衛門, に向っ, に咲き揃っ, に坐る, に宮子, に対比, に少しどう, に左右, に平気, に引牽, に彩描, に思えしません, に思えた, に感じた, に慰める, に掛け, に暮す, に柔順, に死ん, に気, に気分, に気随, に決行, に無, に爪立っ, に特配, に生れついてる, に男, に画いたら, に畑, に私語, に笑いましょう, に笑劇, に精密, に結婚, に結末, に考えてた, に肩, に腰かける, に自分, に自然発生, に薄く, に蟹, に表現, に言葉, に語っ, に配列, に酒, に酔っ, に風化作用的, のもの, の事業

▼ いうけれども~ (134, 0.3%)

10 それは 4 私は 2 これは, そもそも農村, 公事では, 日本の, 私の, 私も

1 [108件] あなたの, あれと, いやしくも役人, おなかの, おまえと, お前も, ここの, この場合, この娘, これも, さすがに, しかしそれ, しかし医者, しかし我々みたい, しかし涙眼, しかもダンテ, すでに資本, せいぜい三日, そうじゃ, そこに, そしてニッコリ, そのすべて, その人, その百日, その風, そもそも芸術神, それでもいっ, ただむやみ, どの程度, なんで二人, ほんとうに, まだごく若い, むしろこれ, もうここ, やはり霧, ゴンゾも, ピープルとともに, ミンクの, 一向に実用的, 一定の, 井村の, 今夜が, 伊太夫の, 住んでる人間, 何を, 何処でも, 作る憶良, 俺は, 元オランダ人, 先方が, 先程から, 別に音, 只彼処, 和尚自身が, 多年の, 実はその, 実は人間, 実は新月, 実は源氏, 実は隠れた, 実際は, 家庭を, 富さんや, 寝に, 将来の, 彼は, 必ず固形物, 恋愛の, 我々は, 所詮名誉慾, 日向の, 日本では, 日本人が, 時が, 木莓一株を, 本当かしら, 本来ここに, 本来これらの, 本来唖な, 東京中の, 染料分は, 案外こんな, 桝の, 歴史は, 気が, 水野越前や, 決してそうでない, 決してただ, 沖仲仕や, 流行作家という, 潮の, 特別そんな, 犬だの, 現在自分は, 由来人生に対する, 看病の, 確かに, 神宮で, 私が, 自分たちが, 若党とは, 若干の, 菽麦を, 辰野氏の, 迷宮事件の, 門松年木または, 顔色は, 鯛の

▼ いうとおり~ (129, 0.3%)

2110 にし 7 になっ 6 にした 5 だった 4 です 3 だと, にする 2 かもしれない, して, じゃ, である, にしなさい, にしよう, にしろ, になった, にはできない, を守る

1 [50件] この子, しょうち, じゃわし, そのままだ, だったの, だったらあの, だったわ, だな, だよ, だろう, で, であった, でしょ, ですが, ですよ, なかなか, なの, に, にさせました, にしてやらなけれ, にしました, にします, にそこ, になさらなけれ, になされ, にならなく, になる, にひとりでに, にやれ, に優れた, に動き, に収め, に名, に地階, に従いました, に従うでしょう, に毎日罪, に路, のまぶしい, のメイフェア, の年別, はっきり目, まだ子供, まだ短夜, をあたりまえ, をやりゃ, 動いて, 少しも, 従って, 持つ気

▼ いうけれど~ (112, 0.2%)

6 それは 4 私は 2 この, これは, 僕は, 実際は, 私の

1 [92件] あの黄金色, いずれに, いつも声, うわさだけ, え魚気, おいらは, おかしいじゃ, おまえまでが, お前, こういう黒い, こちと, この三人, この屋敷, この花, この頃, これからお, これとて, こんな幸福, さすがに, せっかく海岸, そうばかりは, そのきまった, その行き, その食物, それが, そんなこと, そんなら, そんな邪推, たしかに二人, だネ, ちっとも二人, とても駄目, とにかく知らない, どうしてあの, なにかへん, ほんとは, まだその, まだ本当, もっとさかのぼります, もとは, やはり旅, わたしたちには, 一体新内, 一家の, 一度その, 一方では, 一見すれ, 三伝の, 人間の, 今は, 今日は, 何そんな, 何故牛, 作平さんそう, 勝気な, 勿論この, 吉田さんの, 大したこと, 実は寛大至極, 少くとも, 少しも, 左右から, 市井の, 幸に, 弟子と, 志士には, 昼の, 時によっては, 本質的には, 東京の, 根は, 根本は, 榊原は, 消耗熱の, 牢人の, 生活の, 疳が, 相手は, 眼の, 石までとは, 私が, 私経験という, 自分たちの, 落ちついたもん, 要するに人間, 身体の, 近年は, 遊ばなけりゃお金, 鉄筋コンクリートの, 顔は, 香草温泉からの, 駒井の

▼ いうからには~ (103, 0.2%)

2 よほどの

1 [101件] あくまで善, あの世の, あるいはこの, あるいはその, いずれ屋敷, いずれ牛, お前も, この, このお, このおそろしい, この正邪善悪, しつッ, そう釈く, そのお, そのこと, その鼓, それが, それを, それ自身が, たいそう大きな, ちっとや, どうせ碌, どこかに, どっかの, なにか事情, ほぼ想像, まかりまちがっても, もちろんこの, もちろん一流, もっけの幸い, もはや微塵, よくよく, われわれの, アカスガの, ダリア嬢では, ボンボンな, ラバアが, 一円に, 丁度熱が, 上臈であっただろう, 丙から, 両々対決さすべき, 主催者が, 二人の, 二度や, 五十嵐様の, 人のみか, 仏に, 伊賀の, 何か, 何んか, 価値感情の, 俺の, 処刑は, 前からの, 募集広告の, 勿論母親, 単純な, 又政治, 右の, 同じこと, 吾が家, 土曜会の, 女に, 存在は, 学問は, 定めし金襴, 少なくとも書物, 岩に, 広い意味, 必ず先ず互いに天性気質, 恐ろしい地下室, 愈, 捨てて, 探検であろう, 文に, 料理人は, 是が, 普通の, 有明荘へ, 案内しよう, 毎年咲く, 海へ, 湯銭は, 無風流極まる, 物見だ, 相当の, 相当重い, 真実を, 矢張り金が, 私用でござる, 美醜の, 自然代官松の, 良好な, 芝浦へ, 記録を, 起るだけの, 進んで, 金を, 鉄と, 頼んだところ

▼ いうだけで~ (102, 0.2%)

10 なしに 2 気が, 赦された

1 [88件] いろいろご, おさまるには, かくの, こういった, この野蛮民, して, すでに厄介, すでに自分, すべてが, すむの, するよう, ずっと歯切, そこに, そっと抱え出し, その問題, その苗字, ちぐはぐな, どうして, どんないきがかり, なんにも外, もう彼, やって, やはり諸, ジュリアお, ズルズルべったりに, ベルリンの, 之を, 事実を, 云わない, 人々は, 人間の, 人間全体が, 何も, 充分であろう, 充分な, 充分敵, 充分興味, 免された, 八の, 十分でしょう, 友情は, 名も, 君には, 君子と, 吠えついたこと, 喜びを, 坊さんと, 坊主と, 多少の, 子供を, 存在価値を, 家主に, 寂しい思い, 弁解も, 弦が, 彼には, 心が, 思ったこと, 意志は, 感心しない, 成績が, 或一貫性, 敬遠せざる, 既に面白く, 期待されたら, 正しくうけつがれる, 此の, 死刑に, 死者の, 毛嫌いする, 民主主義の, 沢山でしょう, 沢山では, 済むと, 済んだかも, 済んで, 満足し, 無事に, 片づけるには, 物を, 生きて, 生国や, 病気は, 発展の, 直ちにそれ, 真の, 終って, 説明が

▼ いう~ (101, 0.2%)

10 になっ 7 になった 6 がし, がする 4 がした, になる 2 がしなくなりました, が始終, にはなれない, もなくなっ, もなし, 障な

1 [52件] か解らなかった, がおこりませんでした, がしました, がします, がしません, がようやく, がよく, が始め, が起こった, さえした, だった, ちがいじみた血筋, であったか, であったの, でいった, では, でふり向い, で出かけた, で彼, で押し切るには, なの, なのね, になったらしい, になったらしく, にならない, にならぬ, になります, になれ, にはならない, にはなれなかった, には一層, にもならなかった, にもなれない, にもなれなかった, にゃならなかった, のきかない, のきかない死に, のたった, のつく, のどく, の利かない困り, の弱い, の強い, の荒く, の軽い, は毛頭なかっ, も手伝っ, やない, を利かした, を起した, 違いめいた行動, 難かし屋

▼ いう~ (100, 0.2%)

42 いうな, おれは

1 [92件] ぁまっかなうそか, あた, あとを, あの血, いいませぬと, うら切りお, おいらの, おまえなぞの, おまえみたいな, おれの, お前たちだって, お嬢さんマア此方へ, かの衆, きみは, くどくどと, このこと, この大川, これ手前の, さあいも, さけないこと, さけない姿, されかた, ざっとこんな, そこが, そのこと, そのほし, その片, それだけ, そんな事, たこの, たといどうしても肯きゃ, だいで, だからきょう, ち大丈夫, どうでしょう, なんです, まえが, まさか犬小屋, ま返事, もう憤らね, アきっと, アこう, ア一体, ア数え年三つまでの, ア最前きいた, ア申し上げます, ア神明さまの, ア罰あたりっていう, ア随分, ア馬鹿の, ッあくまで, ッて, ノソノソ帰りでも, 一寸酔うた, 下手に, 久し振りに, 仲の町の, 伯父さ, 何だい, 俺が, 先代は, 先生, 其方の, 加多, 口を, 君たちが, 大丈夫だ, 太陽様は, 小僧の, 屁も, 島原で, 己が, 帰れ帰れ汝, 弘法様かも, 憫然にの, 手前が, 手前は, 拙者も, 日本では, 日本人, 最前の, 杉田, 来て, 止められるもん, 此の, 沢山持っ, 直義, 親不孝め, 許さねえ, 銀五郎, 静かに, 麦藁細工が

▼ いうもん~ (99, 0.2%)

13 じゃない 8 だから 6 ですか 4 か, じゃありません, ですから 3 じゃあない, じゃねえ 2 じゃなかった, だ, です, はな結婚

1 [46件] おまっしゃ, かね, か小原東城, がお, がほん, が今度, が決まる, じゃあねえ, じゃあねえ山ン中, じゃないです, じゃねえって, じゃねえです, だからね, だで, だでね, だと, だろうかね, だろう私イ斯, だわ, だ余り人, だ私, ですさかい, でない, でないぞい, でないよ, でないわ, でねえ, なかったら, なんぞ一人, に注意, のほんま, の婿, はあかり, はいッ, はこれ, は本人, は自分, は苦界, は頼り, むつかしおまっ, も甚だ, やから, やめて, 早いもん, 習い始めてから, 買うて

▼ いう~ (95, 0.2%)

4 による 3 によれ 2 だろう, でご, によってもデカルト, によります, はよく, へ行く

1 [76件] かい, から出発, から河, か聞き, があるいは, がいかにも, がすべて, がよく, が何, が本当, が独断論的, が腑, だっけ, であろう, であんまり, ですか, でする, ではありません, ではない, でベル, で大, で講演会, とまったく, と舟人, なのに, なん, にいま, には有り余る, には裂け目, に多少, に従う, に従え, に来, に横たわっ, に理, に私, に過ぎない, の, のある, のいわゆる, のうたう, のもの, のエン, のムラサキ科, の他力信心, の何, の妖術幻術, の改造, の管, の見, の観察, の酒顛童子, はどういう, はみな一致, はキチン, は去年, は実は, は尤も, は感心, は文, へちょっと, へ行け, もある, もまた, も無理, をあそこ, をことごとく, をよく, を聞い, を見せる, を見る, を認むるや, を述べ, を通っ, を過ぎ, 至極道理

▼ いうまで~ (94, 0.2%)

20 である 6 だ, なの 4 であった, であって 3 では 2 であろう, でその

1 [47件] おひき, がまんに, こっちを, この塔, そうし, であったらしく普通, であります, であり親しい, であるという, でかなり, でけっして, でこれ, です, でそう, でつまり, でなかった仲間, でなくても, でまずは, で以前家, で何一つ, で元来, で学生, で実は, で少し, で楽, で汚, で決して, で浮世, で若水, ならねば, なれば, 何時まででも, 勝手に, 坐らない, 弾け, 息を, 来て, 死んじゃ, 気がつかなかった, 注いじゃ, 添い寝を, 目を, 立って, 誰ひとり, 警視庁へ, 食べては, 黙って

▼ いうかと~ (89, 0.2%)

28 思うと 12 思えば 5 いうと, 思って 4 いうに 3 いえば 2 いいますと, 申しますと, 言うと, 言えば

1 [24件] おもうと, おもうほど, それが, わたしは, 云えば, 十七年の, 半信半疑の, 待ちかまえて, 思うとったん, 思うま, 思ったら, 思ってか, 思つたが, 思つて固唾を, 思われる, 怪しまれるまでに, 最前から, 申しますに, 秀ちゃんの, 聞いた所, 聞くから, 言わぬばかりに, 調べて, 重ねて

▼ いう~ (89, 0.2%)

13 がした 5 がし 4 がする 3 がきこえた, が聞えた 2 がありました, がしました, がどこ, が聞こえた, が聴

1 [51件] があった, があっち, がきこえました, がそこここ, がその, がつき流れた, がまた, がみなぎっ, がよく, が人々, が伝わった, が四方, が墻, が廊下, が窓, が聞いてる, が聞え, が聞え出した, が聞こえました, が遠方, が隣り, だ, だった, でたずねます, で何度, で眠, と, と同時に, などもせわしない, におくられ, にも身, に二人, に気, のみが聞えた, の調子, ははや, は何, は出せない, は本当に, は震いぬ, ばかり, まで出た, も沈む, も身, をうしろ, をきき, をふりすて, を出し, を出す, を聞い, を聴く

▼ いうでも~ (87, 0.2%)

14 ないが 7 ない 6 ないのに 4 なかった 3 ないけれど 2 ありませんが, ないの, なくて, なしに

1 [45件] ありません, あるまい, ござらぬが, ござるまい, ないから, ないけれども, ないよ, ない礼儀, なかろう, なかろうまあ, なくいかにも, なくされ, なくしたがって, なくそのまま, なくただ, なくだまっ, なくまあ, なくまるで, なく丁度, なく世辞, なく始めて, なく家来共, なく寝, なく寧ろ細々, なく我, なく時々, なく権右衛門一人, なく私, なく苦虫, なく菫, なく言わば何ら, なく言葉, なく陰鬱, なければ, なし, なしいわば, なしこの, なし好, なし殺生, なし花, なし遊び, 有るまい皆前世, 無いのに, 無く樹間, 無しに

▼ いう言葉~ (86, 0.2%)

3 の意味 2 がない, は, はこの

1 [77件] がありません, がいちいち, がその, がそのまま, がそれ, がどれ位, がなかっ, がふと, が乳, が今日, が十五, が嬉しかっ, が存在, が流行, が痛快, さえ忙しかっ, さえ知らぬ, だ, だが, だろう, だ汝, ではとても, で出た, で既に, にしたがった, には何, には微塵, には耳, にも似ず, に一つ, に力, に困ります, に辻褄, のうち, のため, のなか, のよう, のアミ, の中, の如く, の本当, の真意, はこうした, はちゃんと, はどうしても, ははっきり, はみな中国音, はわれわれ, は十分, は嘘, は在り得ない, は少く, は文明, は調所, もあった, もありませんでした, もきかれる, もまた, も終らぬ, も聞いた, より書く, をこんな, をその, を一つ一つ, を何百遍, を差し控えた, を引き出した, を彼女, を思い出しました, を用い, を百姓大尽, を知らないで言った, を知らなかった, を知らぬ, を私, を秋, を繰返す

▼ いう~ (86, 0.2%)

5 がした 4 がし 3 がする, が聞え, が聞こえる 2 がきこえ, がきこえた, がきこえる, のよう

1 [60件] がそこ, がぴたり, がまじっ, がますます, がパッタリ, が出る, が喉, が微, が手, が止んだ, が激しく, が秒, が絶えず, が聞えた, が聞える, が聞こえ, が聞こえた, が聞こえ出す, が聴覚, が雨, そしてごうごう, だ, だけが聞こえ, であった, で平生, で目, とともに水けむりをたて, と共にこの, と料理, と豚, にさえも私たち, にじっと, になった, には不思議, には相違, にもそう, に注意, に混, に耳, は, はやがて, は貨幣, は陳列, ばかりで, ばかり耳立った, ぴちゃぴちゃいう, もしなかった, もしません, やあわただしい, やひっきりなしに, をきいた, をさせた, を出す, を立て, を聞いた, を聞き附け, を聴き, 涼しいよう, 烈しく丸雪, 立てて

▼ いう~ (82, 0.2%)

2 だ, のほか, は笑った

1 [76件] ある種, か, がくるだろう, が来たら, が消される, この途中, その声, その顔, だけ啓介, であった, ですから, ですら, でも子供, にそう, になっ, になった, には, にはいわなけれ, にはひどく, にはもう一度, にはスルスル, には何, には兵馬, には半ば, には原士, には呼ん, には大塚さん, には浮世, には鐘, にも十名位, にわたくし, に七兵衛, に中, に主人, に居士, に於, に発する, に起こる, のお転婆, のかれ, のこと, のこの, のよう, の家族, の岡, の恐ろしく, の調子, は, はあまり, はいけねえ, はきわめて, はこの, はどうしてどうして, はまさしく, は中年者, は其まま貴族, は化ける, は十二時, は口, は呼寄せ, は師匠, は当然, は御用提燈, は恩, は早く, は涙, は物柔, は猫, は真先, は観世, は誰, もございましょう, を寄っ, を指し, 甚だうっとうしく, 飼い置きし鶏側

▼ いうかも~ (76, 0.2%)

16 知れない 8 しれない 7 知れぬ 6 しれないが, 知れないが, 知れぬが 5 しれぬ, しれません 4 知れません 2 知れませんが

1 [11件] しれないと, しれないわ, しれぬが, しれねど, しれませんけれど, しれん, 分りません, 尋ねて, 知らない, 知れないけれど, 知れぬでなくそれ

▼ いう迄も~ (73, 0.2%)

10 ない 7 ないが 2 ありません, ないこと, ない事, なくこれ, なく血液

1 [46件] ありませぬ, ないいちいち, ないこれ, ないであろう, ない何, なく, なくお, なくこの, なくその, なくそれ, なくそれ自身吾, なくまた, なくザブザブ, なくフランス, なく一種, なく世界中どこ, なく中流階級, なく人工心臓, なく北沢事件そのもの, なく博士, なく古い毎年七草, なく吉原通い, なく図書係り, なく大きな, なく大町, なく孜々, なく年代, なく床, なく我々, なく手水台, なく斯様, なく日本服, なく母語同様, なく独創的, なく田野, なく窒素, なく縊死, なく聞きなれない, なく良雄, なく間近, なく頭脳, なく顔一つ, なしこの, なしようよう, 無い, 無し鼠色

▼ いうだけでも~ (71, 0.1%)

2 それが, 彼女は

1 [67件] いいかも, いかにこの, いかに新, いかに空前, おげん, このくらいの, この話, すぐ拘禁, その宿屋, どんなにこの, ないん, なく, なくごたごた, のんきに, ふしぎな, やはりいま一息, やはり疲れる, アンナ・リヴォーヴナは, 一つの, 一仕事であった, 一手柄さ, 不思議な, 人心は, 人間の, 今までには, 何が, 何等かの, 余五郎は, 便りを, 充分に, 充分溌溂, 兵庫は, 十分奇談として, 即時死刑に, 土地の, 大したこと, 大した工業力, 失礼であろう, 好人物である, 嫂に, 子供らに, 岸本は, 差支ない, 当時に, 彼に, 恐ろしいこと, 慰めに, 旦那は, 流亡平家の, 煩わしかった, 犯人の, 疑われるの, 痴けたことである, 確かに, 確に, 私に, 私にと, 聞きたいとばかし, 藩へも, 親惣右衛門を, 辛かった, 部屋へ, 重罪人に, 非常な, 頭脳優秀を, 駿河衆の, 鼻息が

▼ いう~ (65, 0.1%)

106 がある, だと 3 じゃ 2 があったら, が多い, が有る, だから

1 [32件] から起った, があれ, が上野, が来やがった, さえある, じゃなあ, じゃ女, だか, だっけ, だととの, だア, なの, にはざっぷり冷水, に苦しめられ, の素振り, はさすが, はばか, はやっぱり, はよろしく, は厳重, は可愛らしい, は娘, は憎らしい, は最初, は棺, は逃出, もある, もない, もねえ, やナポレオン, や思, を片手

▼ いう~ (64, 0.1%)

5 さらなり 3 更なり 2 そこに, 恥ずかしい親心, 愚痴なれ

1 [50件] いいであろうなれ, おそしその, おろかである, おろかよ, おろかわれわれにとっても, おろか小姓近習以下列の, おろか悪魔の, おろか甲信駿遠, おろか破戒乱行の, おろか鄙にまで, おろか金創薬燧打弾薬入れ, かいなく, このことば, こんな事, さらである, すでに一家, ずも, つまりその頃, みな病的より, もったいないあんな, わずらわしいが, インドに, ンじゃ, 一つの, 事にこそ, 作る者, 偽善だ, 充分に, 前身人となり後身畜と, 口の, 大方は, 如何です, 害あっ, 恐ろしい反逆, 恥ずかしいあの, 愚か, 愚かその, 愚かであった, 我々の, 日々の, 時に打ち任すなら, 気の毒な, 無用という, 珍種の, 真意なき, 禅は, 蕪村は, 身の毛の, 迂遠な, 鳩吹刈株の

▼ いうとき~ (58, 0.1%)

2 なさい, はヤソ教, は御

1 [52件] ああ仰, があった, があら, がある, けっしてうまく, その文脈, たいが, だけは眼, でも内弟子時分, と同じ, ながらあんた, に, にこういう, にどもる, になっ, には不機嫌そう, には太い, には皆, には私, には隣り, には頭目, にまた, にもおおっぴら, にもすまし, にも一度, に口, に小枝さん, に怪塔ロケット, に普通, に話しきれず, のお, のよう, の口, の声, の眼, はいつもたいへん, はさ, はインド, は何, は大体, は宗教, は必ず, は最も, は落つるなり, は貝原益軒, もあった, よくはじめ, 使う言葉, 実は彼自身, 特にこの, 男らしくで, 突然もう学校

▼ いう~ (57, 0.1%)

2 偉い方

1 [55件] あつらえむき, えらがた, かただ, かたでしょう, ことばでございましょう, さかなか, それを, やさしいお方, 上品な, 久しぶりな, 人じゃ, 人だろう, 人で, 人でございます, 人な, 人をね, 人一人の, 勇ましいん, 勢は, 医者さまでございます, 友達は, 名前です, 名前な, 嬢さまには, 巧者な, 弟子さんは, 強い方, 心でしょう, 情けぶかい, 惚気ぐらいは, 戯れを, 政の, 料理は, 方様がと, 武家が, 気の毒な, 父さまの, 犬さまに, 社が, 種であっ, 笑いぐさだ, 美しいこと, 腰元衆の, 花, 見事な, 言葉, 言葉です, 言葉には, 言葉を, 訊ねである, 附の, 顔に, 風呂だ, 駒ちゃんの, 高を

▼ いうまま~ (56, 0.1%)

5 になる 4 にその, になっ 3 にし 2 になった

1 [38件] にしつ, にしました, にすなわち, にそれなりずっと, にただ, にどう, になり, になるなら, にはならない, にスヤスヤ, にブリキ, に一巻, に下河原, に並べ, に主人, に乗り移る, に任せ, に何事, に動い, に大胆, に好奇, に妻, に家, に従う, に従った, に星野, に東京中, に省作, に箱自動車, に総代数名, に膳, に自分, に致しつかわす, に袋, に迎い, に逗留, に金, を取次いだ

▼ いう意味~ (55, 0.1%)

3 のこと 2 での, に於

1 [48件] が, がすぐ, がすこしも, がはじめて, がわからない, がわからなかった, がわかる, が今, が分っ, が分るでしょう, が判らなかつた, が届いた, であったこと, であって, であろう, でときほぐし, での救済, での象徴性, ではよく, ではリアリスト, では言えない, とはひどく, とは何, と変っ, なら僕, のうま, のぜいたく, のはっきり, の婦人, の布告, の希望, の接吻, の経済的独立, の美男, はいっこう, はその, はよく, はわかっ, は中, は判然, は私, よりももっと, を了解, を含め, を意識, を有, を酌ん, を領解

▼ いうつもり~ (54, 0.1%)

5 なの 43 だ, であった, はなかっ 2 だった, だったが, だろう, では, はない, らしい

1 [24件] かい, か互いに, だったの, だったのに, であったか, であったと, であの, である, でいた, でしょう拳固, ですが, ですよ, でそう, で当時和助, で時計, で書いた, で来た, で苦しい, で高, なん, は毛頭なかっ, もなかっ, もねえ, らしかったの

▼ いう~ (53, 0.1%)

42 じゃ, の話

1 [45件] があまり, がある, がいた, がいる, がつくづく, がクロンボ, が教会, じゃげ, だから, だからね, だと, だという, だな, だろうと, だ矢, であるか, ですから, でてめえ, ではありません, で何商売, で如何, で年, との享楽, ならば, なん, にいちいち, にそんな, に会ったら, に対して厭気, に通じた, のこと, のよう, の声, は, はおれ, はよほど, は一刻, は人気, もある, もいる, もできる, を云う, を娘, を敵, を相手

▼ いうだけに~ (52, 0.1%)

4 とどめて, 過ぎない 3 止めて 2 して, とどめた

1 [37件] いっそう悲惨, いつとても, からだは, きまって, この職人, こんな装, すぎない, そこに, とどまって, とどまらず以上, とどまらない, とどまりその, とどまるが, 人付合いも, 先輩らしく, 品が, 家の, 思われ全く, 止まって, 止まるです, 止らず別に, 満足し, 満足した, 留めて, 盲愛し, 置かれて, 色白の, 解したの, 解して, 造られて, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎませぬ, 限らねば, 限ること, 髪の, 黙って

▼ いうほどに~ (52, 0.1%)

1 [52件] いつまでも, かかって, ごく悲しい, そのこと, ただぼんやり, とどまる, なったの, なって, なり館, なるの, へし折って, よくわかります, シナに対して, ドアへ, 世に, 伯父が, 健康的な, 先見の, 出来ませんが, 分布し, 取扱ってこそ, 増加し, 売込んで, 変って, 多勢でない, 妙味が, 己れ, 建築の, 恋着する, 打ちとけて, 明らかな, 沢山あっ, 源氏は, 熱心の, 用心ぶ, 疵だらけに, 発達し終わった, 社会から, 競争の, 腐りやすい, 至らぬ若葉, 苦心した, 荒んで, 貧窮者に対して, 贅沢と, 軽い事, 邪気の, 開けた奴, 陋劣なる, 馬の, 騰貴する, 高くなく

▼ いうとも~ (48, 0.1%)

8 なく 3 なしに 2 ある

1 [35件] あって, ここに, ない独言, なくあたり, なくいった, なくこう, なくしずんだこえ, なくつぶやい, なくつぶやきました, なく下級生, なく云った, なく同氏, なく呟いた, なく呟き, なく喋った, なく喋舌, なく家康, なく拝む, なく次, なく独り言, なく秀吉, なく罵, なく蓮, ッ, 先住民の, 分らないこの, 己れ, 弁解たり, 思えないほどの, 恥か, 決して昔, 貴嬢, 近づくに, 連れの, 鳴りを

▼ いう~ (47, 0.1%)

2 がある, の鳥

1 [43件] かね, かわからない, か訊いたであろう, があったろう, がつけられ, が出, が出る, が利用, が支那, だったの, だね, だろうが, だろうと, だ気の毒, です, ですか, でどこ, でもある, で幾歳, にかわり, にご, のうち, のばら, のもの, の下, の中年輩, の曲, の神さま, の謡曲, の香水, は全く, は多, まえか, まえかね少年君, まえで, まえですか, まえの, も知らな, をお, を書い, を覚えた, アつけ, 探偵が

▼ いう~ (43, 0.1%)

6 いな 5 否や 4 ないか

1 [28件] ありませんか, おどり込みざま, するすると, つたア何を, つらなんだだから, ばんな, ぱらり紫ずきんを, ぷつりとなわを切っ, むにやまれぬものだった, ツを, 三人の, 三人急に, 今までの, 右手を, 否ぱっと, 否今, 否大, 否左膳, 否彼, 否掴ん, 否浜田某, 否群臣, 否高手小手, 大手を, 女は, 局長は, 雪駄を, 青年は

▼ いう~ (43, 0.1%)

2 が間違っ, だから, でしょう

1 [37件] が, がいい, がいつ, がこいつ本当, がほんとう, が何となく, が廟堂, が無理, が男らしい, が負け, が間違, じゃが, であるから, であろう, でございますから, でしよう, です, ですから, ですの, で妻, なの, にばかり心, にばかり志, に些か, に進上, のいる, の主観, の批評, はよう, は平常, は東北, へ加わりました, へ行く, もそう, も好き, をいつ, を見た

▼ いう~ (42, 0.1%)

3 だ, のひと 2 の声

1 [34件] がまちがえた, が女, が日本, が東京, が無心, だな, だね, だろう, である, というもの, なん, に入れ揚げ, に対して才, のこころもち, のため, の人, の前, の性格, の言葉, の顔, はいつ, はムッツリ助平, は一旦, は他人, は自分, は鉄, へ掛かっ, も一緒, をも喜ん, を囲っ, を女房, を妻, を捕まえ, を無碍

▼ いうては~ (40, 0.1%)

2 味ない

1 [38件] あるが, いない, いるが, えらい済まん, おきえさん, おれを, お前ひとりだ, お身一人, お金の, かえって味, つたやろ, どうか, ない, なかった, なかろう, ならぬ, 一人も, 何じゃ, 僕を, 先ず秩父, 出なかつた, 出歩いてばっかり, 品物の, 問わぬ, 小さいよう, 居ない, 当るまい, 悉皆薙, 悪いかも, 時々少, 母上が, 火鉢の, 狭いが, 甚だすまん, 耕地整理だの, 見込の, 語弊が, 追っつけ町人

▼ いうよりか~ (39, 0.1%)

1 [39件] あの二人, すがすがしいといった, むしろうらやましい, むしろてれくさ, むしろ人生, むしろ孤独, マダムと, 人を, 仲間の, 何か, 兄弟の, 冬則ち, 凄い顔, 出なおしたの, 化学の, 君の, 君自身の, 夜明けに, 大変な, 富士の, 寧しろ, 寧ろはしゃい, 寧ろもの凄く, 寧ろ遠のい, 常は, 心を, 懼れた, 戦慄した, 敢為の, 気まぐれや, 氷の, 父といった, 皆んなおとなしくっ, 直に自己, 神さまの, 私にとって, 自分の, 蝙蝠に, 見る影

▼ いう必要~ (36, 0.1%)

9 はない 3 がない, もない 2 がある, はありません

1 [17件] あるもん, があるまい, がなかっ, がなくなりました, という意味, などどこ, のない, はあるまい, はないだろう, はないでしょう, はなかろう, もあった, もありますまい, もある, も無い, を感じます, を認める

▼ いう恐ろしい~ (36, 0.1%)

2 ことであろう

1 [34件] お話でしょう, ことが, ことだ, ことだろう, ことで, ことでしょう, ことばでございましょう, そしてその, そして馬鹿げた, たくらみでしょう, ところでは, のを, ばけ, 人物に, 仕事であろう, 偶然だったでしょう, 力でしょう, 口笛であったろう, 告白だろう, 変り方だ, 奴だろう, 幻影だろう, 思いつきでしょう, 恰好を, 手記であろう, 教育を, 相手だろう, 結果が, 衝撃が, 話だろう, 誇張を, 顔でしょう, 顔を, 魔法でしょう

▼ いうそう~ (35, 0.1%)

107 だが 6 である 3 です 2 であります 1 されると, だから, だぜ, だ定めて, であるから, でこれ, で皆

▼ いうなり~ (35, 0.1%)

10 声を 3 声が 2 ごえを

1 [20件] あたしの, ごえが, ごえでした, ごゑ, さっき帰った, すばやく小, たじたじと, ぴたりと, まるでいっさい, もうその, ゆきは, カッと, 三毛猫虎猫黒猫白猫ぶち, 余り肥え脹れし, 壁際へ, 扉を, 男女の, 私は, 綱の, 行って

▼ いう~ (33, 0.1%)

2 やすいが

1 [31件] おかしなもん, きらいだ, くじょうなひれつ, こんに, そりゃ政夫さん, ばかの, まだ決して真, やすくし, 三家の, 不都合である, 今日に, 何れも, 先夜お, 全く御免, 変で, 大いに笑うべし, 婆と, 守将の, 守株の, 張り合いも, 愚痴だ, 数品ありし, 易いが, 此事で, 毛頭覚え, 気が, 甚も, 老婦なり, 聞えざりしが, 蜀第一の, 赤平の

▼ いう~ (33, 0.1%)

2 きものを, き場所

1 [29件] きか, きこの, きだ, きである, きであろう, きなり, きものが, きもので, きものと, きヤタテ, き三窓続き, き二千八十米, き処, き北アルプス, き南, き唯, き大井川, き山, き峰頭, き強味, き後立山山脈, き所, き此, き物, き程, き部分, く準備, く遠賀, 成り大きな

▼ いう~ (32, 0.1%)

3 がある

1 [29件] があっ, じゃア, だろう, でしたね, ではコンナ必要, では道, でもない, にうっちゃっ, にも手伝っ, による, の墓所, の大衆, の油絵, はない, は近年, ばかり遊び, へお供, へはウン, へ置きたくない, へ躍り入った, も大雨, をぐらぐら, を一所, を台, を改良, を聞き流し, を見れ, 命ずる処, 行う処

▼ いうかの~ (31, 0.1%)

19 ように 2 ようだった 1 ごとく見えた, ようで, ような, タチバナの, 事情の, 喜蔵も, 如くに, 文学者達の, 最も完全, 神の

▼ いうふう~ (31, 0.1%)

1 [31件] だし, だった, だったが, だったし, でありました, でむやみ, で何事, な推測, にぎくしゃく, にこと, にし, にしじゅう, にした, にその, にだまっ, にも一人だれ, にパッ, に一つ, に下りる, に人生, に八橋, に出したら, に彼女, に方向, に書きとおし, に発展, に確信, に観客, に言う, の人, をし

▼ いううち~ (30, 0.1%)

2 に出た

1 [28件] が牴牾, でいちばんもっとも, にお, にけが, にそこ, にてまえ, にぽか, にまた, にもう, にもここ, にも墨, にも奇声, にも徐徐に, にも曹操, にわが, に今, に右門, に吾妻橋, に変, に大粒, に女房, に小, に彼, に来りゃがった, に白い, に船長, に馬, まで引い

▼ いうまでの~ (30, 0.1%)

5 ことだ 3 ことで, ことである, ことも

1 [16件] ことじゃ, ことであり, ことでしょう, ことなれ, ことは, ことよ, ものは, 厳重さでは, 報告を, 心くばり, 思想が, 意味しか, 意味で, 注意であっ, 話で, 話であり

▼ いう~ (29, 0.1%)

2 をきいた, をした

1 [25件] があっ, がある, がされる, が其村君, が出, が妙, が残っ, が皆為, だす, であった, でもなかろう, によります, に必ず, はオバケ, は出来なく成っ, もあった, もまれ, を二つ以上, を俺ら, を僕, を大人, を思出, を石坂社長, を聞き, を致しまする

▼ いうくらいの~ (27, 0.1%)

2 意味に

1 [25件] ことかへ, ことです, ただの, ところで, ところである, ところまで, ところまでは, もの, もので, ものは, 事に, 凝り方, 大ざっぱな, 家庭が, 必然性が, 思想を, 意味であります, 気持ちだった, 紛れも, 罪の, 考えで, 若旦那だ, 見きわめが, 話であります, 話を

▼ いうため~ (27, 0.1%)

2 じゃない

1 [25件] か, しもない, であった, です, でなく死んだ保, ではあるまい, にここ, にこの世, にこれ, にそれ, になに, にはその, にはまず, にわざわざ, に作られた, に力みかえっ, に城, に本題, に来た, に生まれ, に美しい, に部屋, に非常, のみでなく, ばかりだろう

▼ いうやつ~ (27, 0.1%)

5 だな 4 がある 2 さ, だ

1 [14件] あ, が逆, それでは一体, だが, だと, だね, でございますよ, なん, には動かぬ, もある, もいる, をみんな, を無理やり, を聞い

▼ いう人間~ (26, 0.1%)

1 [26件] からみる, がしかし, がもう, が一人, が必要, だったと, だろう, であるらしく思われなかった, でしょう, ですから, でないと, とは中, と生涯, なの, にした, に成ります, に敗ける, のこと, のほう, の心持, の欲し, の真実, の社会, は浅ましい, は神以上, をこの

▼ いう~ (26, 0.1%)

2 凄観

1 [24件] さわぎが, な家, べら棒な, 中寺七不思議の, 事件直後の, 仕掛だ, 作家の, 壮観で, 夏の, 富豪に, 建築が, 悪党に, 画家も, 舞台で, 莫迦者であろう, 菩薩の, 賓は, 野望が, 金持よりも, 釣は, 障壁を, 馬鹿者だろう, 馬鹿者であろう, 騒動を

▼ いう連中~ (26, 0.1%)

1 [26件] があったら, がどういう, がホン, が大分, が嫌い, が我輩, が明日, が誰, だ, といっしょ, と別れられない, と私達, と飲む, にかくかく, には骨董, に会い, に偏見, に来られる, に見せたら, の中, の書いてる, は, はどこ, はね, も混, も養老年金組

▼ いう~ (26, 0.1%)

2 の抜けた

1 [24件] なくうるさい喧しいと, にその, にぼく, に兵庫, に四つ, に大鳥居, に太い, に媒人女房, に嫂, に引ずり倒し, に済ん, に花火, に赤オートバイ, に醤主席, に青年, に顛覆, ぬけだったろう, はない, もこう, もない, も五本七本, も多数, も無く, も眼

▼ いうその~ (25, 0.1%)

1 [25件] 三千ルーブルがさ, 上に, 人という, 出て, 南条先生なる, 好きな, 山は, 恐ろしいもの, 態度が, 暖流と, 檜じゃが, 殺気が, 気持の, 点に, 理性の, 百合の, 老人なら, 自暴糞な, 親爺さんどんな, 言葉だった, 言葉を, 路用て, 身識らず, 音調は, 魔法使いの

▼ いうなあ~ (25, 0.1%)

1 [25件] あんでも, お前達の, ころびばてれんの今井二官よ, ざっとこんな, すこしばかり, そうした次第, そのりちぎ, その役介者, その杖, それから, どうでしょう, なんだ, よくねえ, 久子さん, 何より立派, 俺が, 全くの, 初めから, 変な, 大の, 実は嘘, 思いながら, 無銘の, 畜生っ, 秀吉の

▼ いう~ (25, 0.1%)

2 が某

1 [23件] が今, が前, が所謂, が新案工夫, であります, であるが, でさえもが当時, で狭山, で芸術病, とてもこの, などは身, にとって無く, の不運, の生活, はきっと, はこの, はみにくい, は不幸, は無法, もまだ, も一, も闇屋, を犠牲

▼ いうくらい~ (24, 0.1%)

4 だから 2 だ, ですから

1 [16件] だった, でご, でしょう, です, なところ, なので, ならいつ, ならなぜ, ならば, ならやはり, なら優しい, な心づかい, な気持, な腹, 土地を, 樹が

▼ いうぐらいの~ (24, 0.1%)

4 意に 2 意であろう

1 [18件] あやふやな, ことが, ことじゃ, ことだけ, ことで, ことに, ことは, つまり近代病, ところで, もので, ものであります, 事であろう, 事は, 完全な, 意だ, 意で, 意である, 意味である

▼ いうことば~ (24, 0.1%)

1 [24件] から信長, がない, が分る, すらある, すら欠い, だからと, であろう, と思わるる, に彼女, に楊阜, に表立っ, の終る, の適切, は極まっ, へいちいち, へ伊那丸, もなく, も知らない, をそっと, を分った, を待っ, を日本語, を機, を知らなかった

▼ いう~ (23, 0.0%)

3 あいには, あやは

1 [17件] あいにおける, あいの, あいは, あい役立てるため, あい父, あさま, あやが, あやさんは, かげたこと, かげた茶番, かさを, かな考えは, かものだ, けもの, ざくらの, やいでしょいくら, ッかりに

▼ いうふしぎ~ (23, 0.0%)

4 な光景 2 なこと

1 [17件] だ, であろう, でしょう, でしょうか, なありさま, なとりあわせでしょう, なもの, な問題, な声, な思いつき, な怪物, な早わざ, な晩, な気持, な永久運動, な話しかた, な部屋

▼ いう不思議~ (23, 0.0%)

4 なこと 2 な男

1 [17件] か私, だろうこの, であっただろう, なきれい, なさびしい, な一団, な人, な女, な教え, な晩, な暗合, な死がい, な民衆, な現象, な社会制度, な頭脳, の徳

▼ いうけど~ (22, 0.0%)

2 ほんとうね

1 [20件] あんたかって, あんたと, うちは, こんなに痩せた, こんな風, したこと, そういうわけ, ちっとも生活能力, どういうこと, むこうだって, もし吸込孔, ベスこのあいだ大, ホントは, 今の, 切ったな, 女なんて, 歌川先生の, 老けて, 考えて, 銭金じゃ

▼ いうたり~ (22, 0.0%)

5 して 2 するの

1 [15件] いやそら, いろいろの, したい様, しました, しましたが, しますの, すと, そんなこと, とくといふ所, 何処を, 戦争の, 水盛んなる, 眼エ覚まし, 邪推し, 電話口で

▼ いうだけは~ (22, 0.0%)

2 明らかに, 解りましたが

1 [18件] いえる, いって, いわなくちゃ, ここで, ほんとうである, 一応は, 不吉じゃ, 云ったが, 判って, 少なくとも事実, 日本のに, 確かである, 確かな, 確かに, 確かの, 確かめられた, 確実である, 聞こえた

▼ いう~ (22, 0.0%)

1 [22件] あてを, がぐー, がす, がすから, きものの, ござります, ごわし, しよう, その場ア, それが, なしもし, はござりませぬか, はござりませんか, はりました, はれ大変, もござりますまいが, 仕方なし, 卵子なぞが, 天野村の, 常時心配し, 玉子を, 自分も

▼ いう~ (22, 0.0%)

1 [22件] だった, でああ, であんな, でかき, でその, でつい, でまいった, で一致, で押し出し, で発表, で私, にできあがる, になっ, になる, に発展, の女, の文明, の立札, の馬車, はとらなく, をし, を取った

▼ いう美しい~ (22, 0.0%)

2 色だ, 顔を

1 [18件] ことであろう, なんという, のには, ものだろう, ものを, 今朝の, 光だろう, 女だろう, 女であろう, 女性であろう, 娘の, 晴れかたを, 殿様の, 色を, 花だろう, 雌牛であろう, 雲だろう, 音でしょう

▼ いうまでは~ (21, 0.0%)

7 ない

1 [14件] この建物, どんなこと, ほぼ知られ, まず疑い, 他にも, 体が, 僕が, 懐中電灯を, 明白に, 望まれぬとしても, 死んでも, 私は, 言わねば, 認められさらに

▼ いう名前~ (21, 0.0%)

2 だ, ですか, なの

1 [15件] かどこ, かはあなたご存じ, だったかな, だったねえ, であるか, にしよう, の人, の略称, はそれら, はつけられないであろう, はドウ, ももう一度, をつけた, をつけます, をつける

▼ いうおそろしい~ (20, 0.0%)

2 ことだ

1 [18件] あべこべ砲, ことであろう, ことを, しかけでしょう, ところだ, みじめな, ガスでしょう, ケレンコの, 世間の, 仕掛でしょう, 化けものでしょう, 小僧だろう, 形を, 悪人だろう, 拷問道具を, 男だろう, 考えだろう, 誤解であろう

▼ いう~ (20, 0.0%)

1 [20件] かかると, やって来て, 入った, 入門した, 出られる, 向わせた, 嫁し, 宿を, 帰ります, 廻り更に, 御案内, 招き会社, 汽車で, 泊す, 甥の, 自動車を, 行けさ, 行って, 討ちかかって, 達した

▼ いう人たち~ (20, 0.0%)

1 [20件] がドヤドヤ, が入校, だ, ってあんなに, というの, にとってすべて, にはどうにも, には私, のはく下駄, の感情, の生活, の臆測, の食べる, はみんな, は優秀, は名人肌, は好, は或, は表面, へ私たち

▼ いう場合~ (20, 0.0%)

1 [20件] あゝいふ, があります, ですから, ではただ, にはそれ, にはっきり, にはどんなに, には出来る, には極, には運転手, にも私, にトップ, に限らず, の一時, の不吉, の炬燵, は何, は極めて, も, を想っ

▼ いう~ (20, 0.0%)

1 [20件] い行こ思, から端午餅, が教え, で回向, なん, におっこちた, に住む, に奉公, に居, に生れた, のあった, の一人息子, の事情, は金, へはかご, へ猪, も猶, やいいます, を借り, を訪ね

▼ いう~ (19, 0.0%)

1 [19件] が来る, であった, である, でり久しき, で二人, で朝, なので, にあたっ, になる, に急, に限っ, の映らない, は別, は大, は無かっ, は父ひとり, は過ぎた, を選んだ, 取の

▼ いう~ (19, 0.0%)

2 が出

1 [17件] がある, がそこ, がでる, が仕掛け, にあわせた, にいきなり, になるだろう, に逢い, に逢わしてやろう, に遇わしなさった, に遭遇, の出なくなる, の瞳, はでる, をなさる, をもっ, を見た

▼ いうなと~ (18, 0.0%)

1 [18件] いうのに, いうよう, いえば, いったから, いったら, いって, いっても, いっとる, いつたから, おっしゃるの, その時, もう喧嘩腰, 仰っしゃるのか, 口止めし, 口止めした, 叱られそう, 叱るよう, 語り三日

▼ いうなよ~ (18, 0.0%)

1 [18件] おい, おらあ, そこが, その事, なぐれるもの, なにも, まあ来い, ローク, 今年は, 八, 右馬介, 変に, 湯女遊びを, 滅多な, 漂母の, 男の子は, 誰にも, 雪は

▼ いうなりに~ (18, 0.0%)

5 なって

1 [13件] するという, するに, するよう, なり二人, なると, なる人間, なる有様, 加担した, 取り計らって, 垣の, 成ったと, 牝牛と, 腰を

▼ いうはず~ (18, 0.0%)

5 はない 4 がない 3 はありません 2 であったが 1 がありません, ないや, ないやろ, はねえ

▼ いうだけが~ (17, 0.0%)

1 [17件] ある他, もうすこし複雑, ものは, 今日の, 取りえで, 同一で, 問題である, 士道だ, 大目付では, 引退の, 彼の, 慣習であっ, 理由では, 発禁の, 精, 親に, 違って

▼ いうまでに~ (17, 0.0%)

2 仕事が

1 [15件] すぎない, それが, とどめると, なりました, なりまた, なること, 決心が, 激昂する, 習慣づけられ, 育て上げた時分, 至って, 過ぎないでは, 過ぎないの, 過ぎぬだろうが, 雛の

▼ いう大きな~ (17, 0.0%)

1 [17件] かにだ, 事業であろう, 力だったろう, 収穫であった, 商家そだちだ, 噴行艇であろう, 家に, 幸福だろう, 強い星, 性格の, 損失だろう, 木だろう, 河だろう, 溝が, 違いであろう, 隔たりであろう, 音が

▼ いういい~ (16, 0.0%)

1 [16件] おじいさんな, お天気でしょう, ひとな, 人だろう, 人や, 声な, 夜の, 子で, 役どころでは, 心持な, 景色だ, 気持であろう, 色, 買物を, 音色だろう, 香水か

▼ いうこの~ (16, 0.0%)

1 [16件] たびの, ハッチソン君か, ペテン師と, 不正賽は, 仲間でも, 労働者住宅の, 喜びこの, 場合この, 声を, 女性は, 怪漢こそ, 玉蜀黍め, 男は, 簡単な, 薄寒い秋口, 身を

▼ いうひどい~ (16, 0.0%)

4 ことを

1 [12件] お作法, ことだろう, ことでしょう, しゃっくりの, やつが, 人違いを, 嘘を, 文句だろう, 空襲の, 立場に, 航海であったろう, 風の音だ

▼ いう~ (16, 0.0%)

2 があった

1 [14件] あるしかも, があっ, がぱっと, が伝わった, が立ってる, だ, である, でどっち, のあっ, はその, はまこと, は消され, もある, 立ったの

▼ いう気イ~ (16, 0.0%)

2 しますねん

1 [14件] あったの, あったらこれ種, あるの, あるばっかりか, したの, して, しましたらあの, するねん, で焼け, ないさかい, ないの, になっ, になりませんやろ, や

▼ いう~ (16, 0.0%)

4 の見方

1 [12件] がこの, が入っ, が欲しい, だか, では, なの, の偉大, の音, は似合わない, やを振り廻す, を織らし, を飲む

▼ いうたか~ (15, 0.0%)

2 てこれ, と思う

1 [11件] ってど, って口, てあんな, てこない, てこのごろ, てどんな, て大阪, とて, とてになったら, の, 忘れてしも

▼ いうのみ~ (15, 0.0%)

4 では 2 である 1 その他を, でない, でなくさらに, でなく女性, でなく莫大, で学問上証明, で憂わしそう, で所謂鬼筋, で自身

▼ いう以上~ (15, 0.0%)

1 [15件] ともかく料理, なもの, な親し, には何事, にもっと, に桐生, に複雑, に記録, の欣, の深い, はまず, はやはり, は事物そのもの, は大工, は行なう

▼ いう~ (15, 0.0%)

2 にこの

1 [13件] にお, にお前さん, にすぐ, にその, にとにかく, にまず, によく, に何故, に先, に先ず, に柴田権六, に自分, の癖

▼ いう~ (15, 0.0%)

1 [15件] 中間中間中, 医者が, 医者で, 婦人は, 幼稚さだろう, 性分です, 方々で, 気性平日たりとも, 気象だ, 気象です, 米の, 記憶も, 質問いただく, 質問は, 雪という

▼ いう考え~ (15, 0.0%)

2 はない

1 [13件] がはじめ, が潜ん, が私, が起っ, だ, ではなく, のあり, はてんで, はみんな, は時代, も浮かばなかった, を抱い, を捨てなけれ

▼ いうかど~ (14, 0.0%)

1 [14件] で, であの, でいちど, でその, でただ, でちょっと, でターネフ, で彼, で御, で恩賞, で権, で残り全部, で深く, で蘇州

▼ いうという~ (14, 0.0%)

2 のは

1 [12件] ありさ, ことは, この最後, ような, ように, 始末だった, 意味らしい, 方法も, 有様だ, 現象は, 風で, 風な

▼ いうとね~ (14, 0.0%)

2 その御方

1 [12件] ある女, バカ言え, 佐吉が, 僕は, 名も, 君, 地球では, 或はお客, 東漸し, 歩き廻る, 肉体に, 言葉の

▼ いうとの~ (14, 0.0%)

4 ことである 2 事が 1 ことで, ことなり, さまの, 事から, 事の, 口伝も, 意, 説には

▼ いうほども~ (14, 0.0%)

2 ないの

1 [12件] あるだろうが, あるの, ない, ないうち, なくいつのまに, なく園, 似て, 元々飲め, 出たこと, 出逢ったが, 変って, 設けられて

▼ いう~ (14, 0.0%)

1 [14件] な叫び声, な恰好, な感情, な所謂口惜しみ, な方, な薬, な訳, な部屋, な音, にこの, に兇器, に分らぬ, に寄附金, に心

▼ いう権利~ (14, 0.0%)

4 はない 2 がない 1 ありませんけど, あれへん, が自分, でもある, はなかっ, もなし, も持たない, も有

▼ いうすばらしい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことだろう, この大空艇, ゆめだろう, 名称でしょう, 喜びすばらしい, 恩恵を, 戦闘だったろう, 文明の, 潜水艦であろう, 着想点だろう, 神のみ, 音色だったでしょう, 飲料だった

▼ いうだけを~ (13, 0.0%)

1 [13件] いって, 予報し, 云いつづけた, 云い断ると, 利して, 吶る, 唯一の, 意味する, 感心し, 目あてに, 見るの, 記すに, 評釈的に

▼ いうほどじゃ~ (13, 0.0%)

3 ないが 2 ありませんけれど 1 ありません, ありませんが, ございませんちょっと, ないかも, ないけど, ないけれど, ないよ, ない生き返ると

▼ いう元気~ (13, 0.0%)

2 もなく, もなくなっ 1 があった, がない, さえなかっ, などない, のある, もない, もなかっ, もなくなった, もなくなり

▼ いう~ (13, 0.0%)

3 もありません 2 もない 1 がない, がなくなりました, さえ失った, でグランド, のある, の釣合, はない, もなかっ

▼ いう工合~ (13, 0.0%)

1 [13件] でそんな, でほんま, で落, になった, になる, にのろく, に何日, に口添え, に疑, に考えたら, に霞ん, に駆け上る, の苦し

▼ いう~ (13, 0.0%)

1 [13件] だったろう, で, ないこと, ない坊さん, なしの, に自分, の中心, の余裕, の底, の黒い, は月賦, ぼそい身の上, を廃

▼ いうじゃあ~ (12, 0.0%)

12 ないか

▼ いうなどは~ (12, 0.0%)

1 [12件] こういう人たち, それでこういう, ちと乱暴, なお大, もっともらしい, よほどの, 一つの, 士君子の, 大分古く, 字を, 逆礼, 遠い昔

▼ いうにゃ~ (12, 0.0%)

3 及ぶだ 1 しかと乗っ, ゆんべ夜中すぎに, ア及ばねえ, ア自分は, 及ぶ, 及ぶじゃ, 及ぶで, 及ぶですよ, 及ぶとばかり

▼ いう大胆~ (12, 0.0%)

3 な行動 1 なこと, なそして, な世界的, な女, な泥棒, な考, な考え, な試み, な賭事

▼ いう情けない~ (12, 0.0%)

3 ことだろう 1 かわいそうな, ことだ, また悲しい, 事でしょう, 事実だろう, 人でございましょう, 女の, 親, 言葉だ

▼ いう感じ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が全身, が頭中, しましたし, で胸, はしまへん, はない, はなくなる, は触れ, も必ずしも, を抱かしめる, を表示, 持って

▼ いう気味~ (12, 0.0%)

11 のわるい 1 の悪い

▼ いう種類~ (12, 0.0%)

3 の女 1 ではなかっ, のやつ, の人, の人間, の仕事, の作品, の投書, の政治的, の男

▼ いう立派~ (12, 0.0%)

2 なかた, な解決 1 なお, な口実, な息子さん, な方, な殿中, な紳士, な絵かき, な老人

▼ いう美し~ (12, 0.0%)

3 さでしょう 1 いくつでしたろう, さ, さが, ささっき飛沫を, さだろう, さである, さであろう, さと, さは

▼ いう自分~ (12, 0.0%)

1 [12件] がイギリス, である, とか自己, としての連続, とても沖天, の声, の妻, の方, は不幸, は実際, は幸福, も愚民

▼ いうお方~ (11, 0.0%)

1 [11件] がもう, が中津川, が御, でありましたから, ではない, なの, に水, に金, のお, の事, を俗

▼ いうだけじゃ~ (11, 0.0%)

3 ないか 1 ありませんか, あるめ, ない, ないの, ないよ, なく何, ア文学者の, 困りますねえ

▼ いうてな~ (11, 0.0%)

1 [11件] あそこの, その行李, それを, たいへん美人, はったん, はんね, わいや, 何處の, 到るに, 子祀, 猫を

▼ いうばかりの~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことで, さびれた在所, ような, 人間に, 会社づとめは単調で, 小説を, 理由であった, 相違では, 親しさ, 身なりから, 陰気な

▼ いう人々~ (11, 0.0%)

1 [11件] と遇っ, には例えば, のため, の叫び, の所謂合理的, の死, の経験主義, の脳裡, はすべて, は皆遊歴, も共々

▼ いう~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が来, じゃありません, だえ, だよ, ですか, ですから, の可愛, は抱擁的, は苗, もあった

▼ いう手紙~ (11, 0.0%)

2 をかいた 1 がきた, が来た, をくれる, をやっ, をやった, を交換, を叔父さん, を書い, を書き送る

▼ いう素晴らしい~ (11, 0.0%)

1 [11件] と同じ, ものであろう, 品物だ, 奴が, 実験だ, 御馳走な, 思いつきでしょう, 植物を, 眺めでしょう, 薬の, 馬たちだ

▼ いう馬鹿~ (11, 0.0%)

2 なこと, な事 1 な, な娘, な方法書, な男, な顔, は罪, ばかり揃っ

▼ いう~ (10, 0.0%)

1 この息子, ピストルを, 伝右殿が, 孟獲, 師たる者が, 独り語を, 背に, 越前, 趙雲, 軍師

▼ いうとは~ (10, 0.0%)

1 なく, まさかお, 不届, 何だ, 何です, 当嵌った, 思われずして, 思ッた, 身も, 重々和女の

▼ いう~ (10, 0.0%)

2 たんばに 1 えらい先生, えらい罪名, たんばへ, たん場では, たん場に, たん場に際して, ろぼうも, 豪い奴

▼ いう~ (10, 0.0%)

1 ああいう, あの人, いあの, うちが, うち高い, え師匠, そしてどこ, 僕も, 君は, 自分の

▼ いう人達~ (10, 0.0%)

2 でないからさ, と一緒 1 が沢山, だか, といい, の事, はとても確り, も凡てお前

▼ いう先生~ (10, 0.0%)

1 が無理矢理, だか, だから, でもかなわない, にはミケラシゼロ, の弟子, は, は夏, も見えまし, らしい態度

▼ いう場所~ (10, 0.0%)

1 でござっ, で云われる, で聞かされた, に漲っ, のああ, の借家, へお, へすぐぴったり, へ顔, をこう

▼ いう~ (10, 0.0%)

10 ろしい

▼ いう悲しい~ (10, 0.0%)

2 ことだろう 1 ことか, ことでありましょう, めぐりあわせ, 名前を, 心の, 思い出だろう, 目に, 顔を

▼ いう~ (10, 0.0%)

1 か, があっ, が所々, ですか, でもちゃんと, と関聯, なの, の名所, の声, をつくる

▼ いう~ (10, 0.0%)

2 をし 1 いろを, ざしを, でしょう, になる, の覚める, をいく, をする, を見る

▼ いう社会~ (10, 0.0%)

1 がある, ではいわば, で氏, にああ, にはいっ, には適さぬ, の女たち, の空気, へは永く, へ入る

▼ いう~ (10, 0.0%)

3 でも 1 きらわずとも, それが, であった, なの, のこと, の収穫, 自身の

▼ いう~ (10, 0.0%)

1 かたいへん, かな, か知っ, だろうね, でしょうか, と早合点, に裾, のチリツテシャン, の太夫道中, を見

▼ いう調子~ (10, 0.0%)

1 から伸子, であの, でものの, で快, で素子, なら筆屋, に何処, の中, の随筆, はそんな

▼ いう騒ぎ~ (10, 0.0%)

21 があった, だった, だろう, だろうと, でしょう, になっ, の時分, をやる

▼ いうからにゃ~ (9, 0.0%)

1 あこいつ, おいらだっても, おそらく四, ア何か, 何か, 富士の, 新兵衛, 頭の, 首尾の

▼ いうからは~ (9, 0.0%)

1 おそらく立花家, どんな逞, なにかの, やはり執拗, 人の, 天下何者か, 彼水品陣十郎という, 甚だ信じ, 血肉を

▼ いう不幸~ (9, 0.0%)

1 だろう, でなんと, なこと, な時, な的中, な自分, な運命, な青年, の方

▼ いう光景~ (9, 0.0%)

2 でしょう 1 って何, で母親, に出会う, を描き出した, を照らし出した, を目撃, を祖母

▼ いう奇妙~ (9, 0.0%)

1 なこと, な光景, な古い, な常識, な手応え, な手懸り, な書面, な泣声, な部屋

▼ いう奇怪~ (9, 0.0%)

2 な事件 1 な, なこと, な存在, な実例, な生き物, な生物, な話

▼ いう性質~ (9, 0.0%)

3 の人 2 だから 1 ではなかっ, に止まる, のもの, の事柄

▼ いう~ (9, 0.0%)

1 でありますが, で梅原龍三郎の, にある, まで珠算, をかくし, をたくさん, をよろこん, をわざわざ, を著者

▼ いう気持~ (9, 0.0%)

1 からいつか足, が当然, こういう気持, しかしなかった, につい, になっ, のもの, のわるい, を感じない

▼ いう~ (9, 0.0%)

1 から原句, から考える, が有難かっ, でリアリスティック, にある, において彼女, に対して非常, はああ, も多分

▼ いう状態~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 が続く, だと, であったから, では仕方, にまで立至った, に人間, に馬

▼ いう理由~ (9, 0.0%)

2 がある 1 だ, だったか, なしに, はありません, は左, もなかっ, もなく

▼ いう~ (9, 0.0%)

1 して, しなさって, にもなる, はこの, はし, をし, をじっと, をする, を自分勝手

▼ いう~ (9, 0.0%)

2 ですか 1 かはっきり, か判らず, か名, か知りません, であろう, なの, の剥製

▼ いううまい~ (8, 0.0%)

2 変装でしょう 1 かくれ, かくれが, 人たちが, 思いつきでしょう, 物が, 考えでしょう

▼ いう~ (8, 0.0%)

1 え, だもの, はいを, ものが, ものだ, ものは, 変に, 気を

▼ いう事件~ (8, 0.0%)

1 があった, が何, つづきでお, に逢った, に遭わなかった, のあと, はどうか, は事実存在

▼ いう仕事~ (8, 0.0%)

1 か, が屈辱的, するひと, についた, に行きたい, はできない, も決して, をやっ

▼ いう以外~ (8, 0.0%)

1 にこの, になんら, には彼, には社交上これ, にもっと, に名案, のこと, 実に私

▼ いう~ (8, 0.0%)

1 さえ失っ, だ, の下, の利き, の悪い, をきく, を利く, を忘失

▼ いう心持~ (8, 0.0%)

1 でああ, でおれ, なんか話, に今一度, はソヴェト, を持っ, 強いでした, 残ってて

▼ いう恐し~ (8, 0.0%)

4 いこと 1 い人, い力, い思想, い運命

▼ いう悪い~ (8, 0.0%)

1 お侍さん, くせに, というの, 事を, 人の, 人間だろう, 女や, 心な

▼ いう条件~ (8, 0.0%)

1 こういう条件, だけはどうしてもどうしても, で生命, をいちいち, をまもっ, を俺, を出した, を捨て

▼ いう生活~ (8, 0.0%)

4 をし 1 して, でまとも, らしい色彩, をなすった

▼ いう~ (8, 0.0%)

2 である 1 であったかも, になります, のもの, の人, の人々, の雑説

▼ いういや~ (7, 0.0%)

2 なこと, な言葉 1 だいや, な声, な子

▼ いうかを~ (7, 0.0%)

1 はっきり聞こう, 一層深め拡げ, 一層高めた, 上手に, 聞いて, 聴いて, 調べなと

▼ いうぐらいに~ (7, 0.0%)

1 すぎなかった, なるが, 取れば, 片時も, 理解し, 考えられる鬼, 誰しも

▼ いうさびしい~ (7, 0.0%)

1 ことだろう, その中, 世界だろう, 景色だろう, 月の, 街であろう, 言葉だろう

▼ いうそれ~ (7, 0.0%)

1 がしだ, がしな, はろば, は巨大, は悲しい, は気持, は科学

▼ いうひと~ (7, 0.0%)

1 だろう, です, のもっ, の多い, の身, は少く, もある

▼ いうほどにも~ (7, 0.0%)

1 お蝶, なって, 及ばないが, 源氏の, 行きませんが, 見えなかったけれど, 近い処

▼ いうりっぱ~ (7, 0.0%)

1 なさら, なす, なむすびつきだと, なモール博士, な労働者, な姿, な雌牛

▼ いう~ (7, 0.0%)

1 あたし時々, あっという, あんたも, ぎに, ことを, それ小の, どうぞよろしく

▼ いう~ (7, 0.0%)

1 だから, だね, だよ, でしょう見る影, でわっ, で佐土原屋, なら拾いがい

▼ いう~ (7, 0.0%)

1 からお, からかぶり, からばりばり, からまわり, から前髪立ち, から地獄, にはく

▼ いう不運~ (7, 0.0%)

2 な男 1 だろう, でござろうぞ, なミマツ曲馬団, な出来ごと, な雷洋

▼ いう事実~ (7, 0.0%)

1 というの, なぞを重ね合わせ, にある, はあり得ない, を疑う, を眼, を認めた

▼ いう余地~ (7, 0.0%)

2 がある 1 がなかっ, はない, は極めて, もない, もなかっ

▼ いう~ (7, 0.0%)

2 がいくら 1 があり, がザラ, はほか, は決して, もある

▼ いう学者~ (7, 0.0%)

1 がコッホ, が名付け親, が池, の奥さん, は唐人, も鬼火, を粘土学者

▼ いう~ (7, 0.0%)

1 か忘れました, だったよ, の執事長, の宝物, の屋根, は, を借り

▼ いう幸福~ (7, 0.0%)

1 だろうああ, であろう, でしょう郡会, なこと, な人, な日, な春

▼ いう性格~ (7, 0.0%)

1 だから, ですから, ではあるまい, で手厳しく, の男, の違い, は極度

▼ いう意外~ (7, 0.0%)

2 なんという 1 でしょう, な出来事, な用事, な話, な非常識

▼ いう態度~ (7, 0.0%)

1 が執れた, で小次郎, で見た, におち, によって導かれる, は取らなかったろう, は損

▼ いう病気~ (7, 0.0%)

1 さ, でもあるまい, なの, なん, にかかり, はこちら, は本当に

▼ いう~ (7, 0.0%)

2 があった, のある 1 あり, がありました, になあ

▼ いう皮肉~ (7, 0.0%)

1 ぞ, だろう, でありましょう, であろう, なこと, な前, やです

▼ いう~ (7, 0.0%)

1 があっ, だから, だった, で結婚, は現代, も奈良朝, を引用

▼ いう資格~ (7, 0.0%)

2 はない 1 があった, がある, に乏しい, のない, もない

▼ いう~ (7, 0.0%)

3 の悪い 1 だった一人, のにぶい, のよしあし, を小説

▼ いう~ (7, 0.0%)

1 が附せられ, だしたな, の世にも, の淫売婦, は享楽的, をつけたら, を以て詩

▼ いう~ (7, 0.0%)

4 がさした 1 が姫君, が射す, とか幽霊

▼ いうかは~ (6, 0.0%)

1 やはりまた, 別としてね, 前の, 知らぬが, 考えて, 蓄積され

▼ いうぐらい~ (6, 0.0%)

1 うまく出来すぎ, でございますと, なところ, なもの, やったら何, 虚無に

▼ いうぜん~ (6, 0.0%)

1 としてつ, として一杯, として山, として落ちつい, として飲みはじめた, の夜着

▼ いうたび~ (6, 0.0%)

1 にからだ, にその, に欠けた, に腹, に顔ぜんたい, に飛び出す

▼ いうだけにも~ (6, 0.0%)

3 満足し 1 やや胸, 彼女は, 武道一偏の

▼ いうとか~ (6, 0.0%)

1 うがつとか, 出入の, 悪態を, 本音を, 筆で, 非難されます

▼ いうなども~ (6, 0.0%)

1 いたって古い, すべて生命が, わたしの, 乾いた粉, 洞窟か, 起りは

▼ いうばか~ (6, 0.0%)

3 なこと 1 だろうと, だろう早く, な事

▼ いうほう~ (6, 0.0%)

1 かな, があたっ, がいい, がよ, が世話, が適当

▼ いうほか~ (6, 0.0%)

1 に打つ手, は, はあるまい, はない, はなかっ, は南朝衆臣

▼ いうまでには~ (6, 0.0%)

1 いたらねど, 女の, 思って, 漕ぎつけられる見込み, 至らないと, 行かないでも

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 お冬, こどもの, さだったろう, 八五郎の, 島も, 此人は

▼ いう世界~ (6, 0.0%)

1 がある, ではほんとう, に浸っ, に知った, もある, を描いた

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 で打, にかこまれ, に影, に母, へのこのこ, へ包まれた

▼ いう人物~ (6, 0.0%)

1 こそ御, に対してああ, のおそろしい, の常, はよく, を描写

▼ いう余裕~ (6, 0.0%)

1 すらない, などはなかっ, のない, はない, もない, を与えず

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 だから, だが, とえらい, とは今後交際, には静か, も真面目

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 から破っ, だね, にもその, に女房, に直に, に駕

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 のよう, の眼, の諸, は, は葡萄酒, は諦め

▼ いう商売~ (6, 0.0%)

2 の女, をし 1 はおそらく, を始めた

▼ いう因果~ (6, 0.0%)

1 じゃ今日このごろ, だろうねえ, でご, でしょうか, なこと, な女

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 なこと, な仕掛, な野郎, な音響, な顔, に気

▼ いう女性~ (6, 0.0%)

1 がそば, と仲よし, などは出来, にお, の行き届いた, ばかりだった

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 か, が書い, なん, には何, をどう, を見

▼ いう小説~ (6, 0.0%)

1 がお, がかきたい, とは全く, をよく, を書いた, を読む

▼ いう強い~ (6, 0.0%)

1 ことを, また我儘, 人は, 人よりも, 自信であろう, 飛行機が

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 と関係, の声, の眼, の言葉, はすぐ, れ短躯

▼ いう文句~ (6, 0.0%)

1 ぐらいしか出, にし, の意味, はねいい, は耳, よりもその

▼ いう文字~ (6, 0.0%)

1 が読まれた, は越後沢山, をみる, を冒頭, を書い, を用い

▼ いう方法~ (6, 0.0%)

1 ではいかに, でやっ, によれ, は最も, をとった, を発見

▼ いう時代~ (6, 0.0%)

1 があった, がある, だったん, について省みる, ばなれ, もあった

▼ いう時間~ (6, 0.0%)

1 から解放, と心理学, の如き, はいう, はそれぞれ別, はまだ

▼ いう楽しい~ (6, 0.0%)

1 ところだろう, 仕事であろう, 夏の, 時を, 物語の, 生活でしょう

▼ いう気分~ (6, 0.0%)

1 である, になった, にもなれる, のする, の者, は全く

▼ いう相手~ (6, 0.0%)

1 がいる, さ, だけに一度, にお願い, の大岡市十郎, の無礼

▼ いう~ (6, 0.0%)

2 一の 1 一第, 三の, 二か, 二の

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 だ, の名, は人間, は早く, をお, を手

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 がその, が好かない, が知らせた, ですか, のいい, のよい

▼ いう親切~ (6, 0.0%)

2 な人たち 1 なお方, なこと, な人, は全く

▼ いう~ (6, 0.0%)

1 さえあります, にはなんら, の成立, は理科学者, もある, や

▼ いうお前~ (5, 0.0%)

1 あの米友公, の姿, は利口, は馬鹿, を引張出し

▼ いうくらいに~ (5, 0.0%)

2 思ったの 1 お思い下さい, 強いもの, 強い誓い

▼ いうこれ~ (5, 0.0%)

1 だけの言葉, は下郎, は我邦, は花穂, もまた

▼ いうたって~ (5, 0.0%)

1 世間には, 仕方が, 同じじゃ, 庄屋じゃもん, 通りゃせん

▼ いうだらし~ (5, 0.0%)

2 なさ, のない 1 ない言葉

▼ いうとして~ (5, 0.0%)

1 その語原, 実行せざる, 怠りなく, 私は, 鹿

▼ いうない~ (5, 0.0%)

1 おりゃまだ, と此家, よし覚え, 冗談いう, 落した所

▼ いうのよ~ (5, 0.0%)

1 そこで金, どこへ, ラディオの, 其の代り多分, 母アちゃんは

▼ いうばかりが~ (5, 0.0%)

1 動機では, 小剣の, 批評でも, 民主では, 能じゃ

▼ いうほどな~ (5, 0.0%)

1 はっきりと, 崇め方, 幸福感だった, 彼では, 陋劣な

▼ いうまもなく~ (5, 0.0%)

1 たぬきは, ななめに, 富士男は, 張りつめたいつも, 陣門を

▼ いうみじめ~ (5, 0.0%)

1 な人間, な夜, な姿, な有様, な真似

▼ いうわっ~ (5, 0.0%)

3 ぱりを 2 ぱりの

▼ いう~ (5, 0.0%)

1 しあわせの, 似合いな, 愛想な, 活溌な, 調法な

▼ いう乱暴~ (5, 0.0%)

1 なこと, なそして, なやつ, な人たち, な衣装

▼ いう事情~ (5, 0.0%)

1 がありました, でおっかさん達, で東京, のもと, の下

▼ いう口実~ (5, 0.0%)

1 で無理, で約, なくわれら, はさまざま, を造っ

▼ いう土地~ (5, 0.0%)

1 があり, で名うて, のば, の百姓家, もあったらしい

▼ いう地名~ (5, 0.0%)

2 のある 1 あり, になっ, もこの

▼ いう~ (5, 0.0%)

2 を見た 1 だろう, とは自己, の三昧

▼ いう~ (5, 0.0%)

1 だと, には暗示, の存在, の次, の顔

▼ いう~ (5, 0.0%)

1 があります, は誰, ばかりたより, もあった, を女中

▼ いう~ (5, 0.0%)

1 ツルの, 五月であろう, 仕事は, 悪党に, 音が

▼ いう幸せ~ (5, 0.0%)

21 か僅か, であったこと, であろう

▼ いう弱い~ (5, 0.0%)

1 人は, 人よりも, 同志たち, 子だった, 自分だろう

▼ いう思い~ (5, 0.0%)

1 あがったそうして, あがった生絹, がみち, をし, をした

▼ いう~ (5, 0.0%)

3 を吐いた 1 が一層, 遣が

▼ いう意見~ (5, 0.0%)

1 であり一方, で薬, なの, はいま時, もございません

▼ いう愚か~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 でしょう, な会話, な涙

▼ いう手前~ (5, 0.0%)

1 が見た, が近頃, などはな, の六人, もあなた

▼ いう~ (5, 0.0%)

2 があったら 1 があったら寝りゃ, もない, もなかっ

▼ いう暗い~ (5, 0.0%)

2 晩だろう 1 ジメジメした, 道だろう, 魅惑だろう

▼ いう有名~ (5, 0.0%)

1 なある, な促織, な将軍, な川柳研究家, な研究

▼ いう機会~ (5, 0.0%)

2 を与えなかった 1 がなかっ, を与えない, を作っ

▼ いう気性~ (5, 0.0%)

1 だから, のおくらさん, の子, の母親さん, の阿

▼ いう深い~ (5, 0.0%)

1 人間的な, 安堵が, 思想であろう, 生活の, 畏怖の

▼ いう~ (5, 0.0%)

2 智な 1 慚な, 慚なんと, 気無

▼ いう程度~ (5, 0.0%)

1 で蔡瑁, にである, の概念, の考え, の言葉

▼ いう~ (5, 0.0%)

2 はない 1 がない, だが, は無い

▼ いう~ (5, 0.0%)

1 が何, は到底, より外, をかく, を日本人

▼ いう自信~ (5, 0.0%)

1 ついて, であろう, なんといううぬぼれでしょう, はなかっ, も持っ

▼ いう芝居~ (5, 0.0%)

1 で鋳掛屋, をした, をなぜ, を見, を見せられる

▼ いう~ (5, 0.0%)

3 である 1 だ, でまだ

▼ いう通りここ~ (5, 0.0%)

1 の宿屋, はまったく, は四つ目垣, は四目垣, へ腰

▼ いう通りこれ~ (5, 0.0%)

1 が忘れられる, が表, へいっぱい, も拠ろない, を片

▼ いう~ (5, 0.0%)

2 もない 1 すらない, なく同時に, もあろう

▼ いう限り~ (5, 0.0%)

1 ではここ数年間, ではそれ, では最高, ない幸福, においては抽象的

▼ いう~ (5, 0.0%)

1 であった, にこの, には暫く, には無意識, にもその他

▼ いう静か~ (5, 0.0%)

1 な夢, な大き, な寝すがた, な晩, な月

▼ いうおまえ~ (4, 0.0%)

1 の心, の目, の髪の毛, は美しく

▼ いうお話~ (4, 0.0%)

2 を読みます 1 でご, はなるべく

▼ いうかが~ (4, 0.0%)

1 ある声, するところ, 知れぬ, 聞こえて

▼ いうかしら~ (4, 0.0%)

1 そういう運動, テーマの, 一寸向き合っ, 心理の

▼ いうきれい~ (4, 0.0%)

1 なこちょうさん, な二人, な男, な花

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 りっぱさでしょう, 仁近く出発と, 勉強家の, 親切

▼ いうごと~ (4, 0.0%)

1 にかおっ, にかすか, に形容, に頬

▼ いうざま~ (4, 0.0%)

21 か, でしょう

▼ いうしっかり~ (4, 0.0%)

1 したわけ, した人格, した方, 者だ

▼ いうちょ~ (4, 0.0%)

1 け, ってくれん, る, るの

▼ いうって~ (4, 0.0%)

1 えわけ, ことあります, 担ぎてえと, 私に

▼ いうとともに~ (4, 0.0%)

1 お誓, 直ちに罪, 直槙, 胆略も

▼ いうなど~ (4, 0.0%)

1 お高, もっての外な, 仔細らしく, 手きびしい

▼ いうなんて~ (4, 0.0%)

1 きっと乞食, ひきょうだ, 厚かましいこと, 考えずに

▼ いうについて~ (4, 0.0%)

1 さらに説明, ただちに起こる, 深刻に, 滸我即ち

▼ いうに対して~ (4, 0.0%)

1 こちらは, 多から一, 白であろう, 芭蕉が

▼ いうのでね~ (4, 0.0%)

1 ひょっとする, もう年, 手を, 歌会の

▼ いうばかばかしい~ (4, 0.0%)

1 ことだろう, 夢を, 悠長な, 話であろう

▼ いうばかりも~ (4, 0.0%)

3 ない 1 なく筆

▼ いうひま~ (4, 0.0%)

2 を与えず 1 もなかっ, もなく

▼ いうへんてこ~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 な建物, な部屋

▼ いう~ (4, 0.0%)

21 けんや, んりな

▼ いうほどには~ (4, 0.0%)

1 あらねど, ならなかっただろうに, 口には, 恢復し

▼ いうやさしい~ (4, 0.0%)

1 人だ, 声で, 女ごころか, 男だけに

▼ いうよって~ (4, 0.0%)

1 あの人, そない, 上ったこと, 密と

▼ いうタイプ~ (4, 0.0%)

1 でダンディ, によって口火, の美男子, もきらい

▼ いう不合理~ (4, 0.0%)

3 なこと 1 のこと

▼ いう作品~ (4, 0.0%)

1 が一つ, はそう, をかい, をこしらえ

▼ いう便利~ (4, 0.0%)

1 なとこ, なもん, な処, な方法

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 じゃない, などにはその, は不幸もの, を曳きずっ

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 の口ぐせ, の手前, よりも何, を持った

▼ いう勇気~ (4, 0.0%)

1 がある, が出なかった, もなかっ, を起した

▼ いう勝気~ (4, 0.0%)

3 な女 1 で弱い

▼ いう口調~ (4, 0.0%)

1 が出る, そのまま, と態度, になった

▼ いう叫び~ (4, 0.0%)

1 と一緒, と共に憑かれた, を後, を聞いた

▼ いう境遇~ (4, 0.0%)

1 ではない, で成りあがっ, にいる, に居

▼ いう大胆不敵~ (4, 0.0%)

1 なやつ, なんという, な人, の女

▼ いう失敬~ (4, 0.0%)

2 な奴 1 なこと, な言葉

▼ いう女子~ (4, 0.0%)

1 と兄上, の住み, は人間, やら誰

▼ いう小さい~ (4, 0.0%)

1 のは, 庶民の, 町の, 跫音は

▼ いう広い~ (4, 0.0%)

1 処に, 未知の, 部屋でしょう, 野原だろう

▼ いう思想~ (4, 0.0%)

1 で逆, の人, の精密さ, は金

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 に強き, の一味, 因縁で, 髪結の

▼ いう~ (4, 0.0%)

2 酷な 1 らしいこと, 忍な

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 とは肉体, とは道徳, の道徳, を信ずる

▼ いう~ (4, 0.0%)

4

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 がある, に対しては無駄, の勇士, を向こう

▼ いう日本~ (4, 0.0%)

1 として自慢, の十年間, の自然, の骨

▼ いう景色~ (4, 0.0%)

1 がある, のいい, や気分, を見馴れ

▼ いう書物~ (4, 0.0%)

1 が買いたい, が近頃, も同じく, や古

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 か知らぬ, の燃える, やいいつけた, やひとり

▼ いう機械~ (4, 0.0%)

1 がまわる, であるから, のそば, の呻

▼ いう次第~ (4, 0.0%)

1 であります, です, でどちら, の集まり

▼ いう気象~ (4, 0.0%)

2 だから 1 でしょう真実, ですから

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 あるかい, あるもん, というの, を行い

▼ いう用心~ (4, 0.0%)

3 ぶかさ 1 ぶかい

▼ いう目的~ (4, 0.0%)

1 でもなく, のため, のない, もなく

▼ いう窮屈~ (4, 0.0%)

1 なこと, な世界, な場所, な生活

▼ いう約束~ (4, 0.0%)

1 がある, して, だったから, を強いた

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 だと, なの, は便宜, よい返辞

▼ いう~ (4, 0.0%)

1 がある, さえあった, に天道さま, は夢

▼ いう身分~ (4, 0.0%)

2 の女 1 だから, の人

▼ いう通りわたし~ (4, 0.0%)

2 が矢立 1 の姉, は若い

▼ いう通り私~ (4, 0.0%)

1 の死ん, は東海道, は汽車, も人

▼ いう運命~ (4, 0.0%)

1 に落つる, の下, の愚弄, の無邪気

▼ いう関係~ (4, 0.0%)

1 いいこと, になった, にはなれません, に於

▼ いう鹿~ (4, 0.0%)

1 は我々, を逐う, 之介, 鳴館時代

▼ いうあたり~ (3, 0.0%)

1 には何, には大きい, までくる

▼ いうあの~ (3, 0.0%)

1 人は, 蜘蛛の, 豪気な

▼ いうあらゆる~ (3, 0.0%)

1 刺青の, 芸術表現の, 超科学的

▼ いうあれ~ (3, 0.0%)

1 だ, である, と同じ

▼ いういわゆる~ (3, 0.0%)

1 応変自在の, 文明の, 武運が

▼ いうかた~ (3, 0.0%)

1 だから, で, でも木曾福島

▼ いうかという~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことを, オチが

▼ いうからね~ (3, 0.0%)

1 あっしゃもうてっきりそいつのしわざだと思う, さぞやお, それまでは

▼ いうきみ~ (3, 0.0%)

3 の悪い

▼ いうくせ~ (3, 0.0%)

1 がある, に, に私

▼ いうころ~ (3, 0.0%)

1 で思い思い, に当たる, の通り雨

▼ いうしか~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 ないで

▼ いうじゃねえか~ (3, 0.0%)

1 おおかた戦争, そこへ, 俺らは

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 おいお渡し, そんなこと, 幽里子

▼ いうそういう~ (3, 0.0%)

1 のは, 制度だった, 疲れかたを

▼ いうそぶり~ (3, 0.0%)

1 でふりかえった, まで見せた, を見せた

▼ いうそんな~ (3, 0.0%)

1 ことが, 月が, 浅間な

▼ いうたん~ (3, 0.0%)

1 じゃない, やありません, やけど

▼ いうだけには~ (3, 0.0%)

1 止まらない下帯, 止らない, 複雑すぎる

▼ いうちゃ~ (3, 0.0%)

1 夢物語だ, 悪いかも, 済まんなあ

▼ いうてしも~ (3, 0.0%)

1 たのんで, たらまた, てんし

▼ いうてや~ (3, 0.0%)

1 はつて, はるの, 押しな

▼ いうなという~ (3, 0.0%)

1 お前が, 合図を, 怖気の

▼ いうなどと~ (3, 0.0%)

1 とぼけても, 同じ系統, 誰やら

▼ いうについては~ (3, 0.0%)

1 なにか深く, なにか驚くべき, 例の

▼ いうにもほどが~ (3, 0.0%)

1 あらあ, ある, あると

▼ いうばかりか~ (3, 0.0%)

1 その終電車, 何か, 子供たちにも

▼ いうばかりに~ (3, 0.0%)

1 なって, 先ず家, 共犯者に

▼ いうほどじゃあ~ (3, 0.0%)

1 ありませんでしたが, ありませんわ, ねえので

▼ いうまずい~ (3, 0.0%)

1 ことだ, 事ばかり, 砲撃だ

▼ いうむずかしい~ (3, 0.0%)

1 名の, 曲技でしょう, 言葉は

▼ いうやいなや~ (3, 0.0%)

1 かたわらの, かれは, 伸子が

▼ いうやら~ (3, 0.0%)

1 しどろもどろスラリ, 女を, 知れぬ道誉

▼ いうやり方~ (3, 0.0%)

1 だとは, で外国人, とまるでそっくり

▼ いうんでね~ (3, 0.0%)

1 今度, 引き返して, 按摩の

▼ いうサロン~ (3, 0.0%)

1 なの, のよう, の空気

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 か, て法, て真個

▼ いうバカ~ (3, 0.0%)

1 だったの, な理屈, な神ガカリ

▼ いう一種~ (3, 0.0%)

1 の狂人, の魔女, の鳴

▼ いう不覚~ (3, 0.0%)

2 でしょう 1 だろう

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 でもない, に稀, の宝貝

▼ いう二つ~ (3, 0.0%)

1 の線, の見方, の誤解

▼ いう人生~ (3, 0.0%)

1 の内容, の本もの, は一編

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 のおこなわれ, の動物学, はアカヌマガワラ

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 の地方, の者, はなくなるだろう

▼ いう代り~ (3, 0.0%)

1 に二人, に新しく, に次

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 であった, である, を出した

▼ いう仲間~ (3, 0.0%)

1 ではよく, と同じ, にはいる

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 でちっとも, で胃中, の奴ら

▼ いう位置~ (3, 0.0%)

1 にいる, に寝る, をとる

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 と四人, は枚方, は迂

▼ いう別嬪~ (3, 0.0%)

1 おまッ, が一人, になる

▼ いう勝手~ (3, 0.0%)

1 なこと, な奴, な奴ども

▼ いう卑しい~ (3, 0.0%)

1 御心, 情慾を, 根性の

▼ いう単純~ (3, 0.0%)

1 なこと, な競技, な誤解

▼ いう古い~ (3, 0.0%)

1 仏像をも, 家から, 科白も

▼ いう可憐~ (3, 0.0%)

1 な女性, な娘, な顔

▼ いう呼吸~ (3, 0.0%)

1 がクロロフォム, が喘, の音

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 しらずの, に変った, をさずけた

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 であるか, を唄い, を歌い

▼ いう問題~ (3, 0.0%)

1 が年, が表面化, の際

▼ いう因縁~ (3, 0.0%)

1 かで兼盛, とでも申します, の戯れでしょう

▼ いう図々しい~ (3, 0.0%)

1 奴, 少年だ, 少年だろう

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 だろう, でして, の個人

▼ いう地方~ (3, 0.0%)

1 が多い, へ数年武者修行, もある

▼ いう堅い~ (3, 0.0%)

1 信者で, 気性でございまし, 陣形であろう

▼ いう失礼~ (3, 0.0%)

1 なこと, な奴, な魚達

▼ いう奇抜~ (3, 0.0%)

1 な報告, な考え, な計画

▼ いう女房~ (3, 0.0%)

1 ってえ, などのあれ, を睨ん

▼ いう始末~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, になる

▼ いう婦人~ (3, 0.0%)

1 と違う, に糾し, を宅

▼ いう子供~ (3, 0.0%)

1 でなければ, とはいったい, を見る

▼ いう宗教~ (3, 0.0%)

1 なの, はこの, や道徳

▼ いう実際~ (3, 0.0%)

1 の判断, の利益, よりもなお

▼ いう寂しい~ (3, 0.0%)

1 ことであろう, ものを, 眺めであろう

▼ いう小さな~ (3, 0.0%)

1 お寺が, 天女, 村が

▼ いう小僧~ (3, 0.0%)

1 だ, だな, のつかまる

▼ いう少年~ (3, 0.0%)

1 があった, だ, も少年

▼ いう屋敷~ (3, 0.0%)

1 だっけ, で隠居, の何者

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 が信州側, だったかな, の麓

▼ いう希望~ (3, 0.0%)

1 っていうの, に満ち, を賭け

▼ いう常識~ (3, 0.0%)

2 というもの 1 だから

▼ いう幸運~ (3, 0.0%)

1 だろう, でしょう, なこと

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 ですか, の軽焼, を教え

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 に向かっ, に迫っ, に闇

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 の表現, はいくらでも, を挙げ

▼ いう役者~ (3, 0.0%)

1 がその, が玉井, で誰

▼ いう御方~ (3, 0.0%)

2 は敬遠 1 と知っ

▼ いう心がけ~ (3, 0.0%)

1 が違っ, はない, を

▼ いう心配~ (3, 0.0%)

1 が無く, と, も七兵衛

▼ いう思慮~ (3, 0.0%)

1 とはいわゆる, のない, を抱き

▼ いう性分~ (3, 0.0%)

1 だもん, でございましてね, なん

▼ いう怪物~ (3, 0.0%)

1 がじ, でしょう, ならん

▼ いう悲壮~ (3, 0.0%)

1 な最後, な決心, な顔

▼ いう悲惨~ (3, 0.0%)

1 なこと, な喜劇, な運命

▼ いう情ない~ (3, 0.0%)

1 お言葉, ことだ, ことだろう

▼ いう意地~ (3, 0.0%)

2 のわるい 1 も外聞

▼ いう愚劣~ (3, 0.0%)

1 な告白, な女王, な蒙昧

▼ いう手合~ (3, 0.0%)

1 が多かっ, だろうと, に逢っ

▼ いう手合い~ (3, 0.0%)

1 が出る, と交際, には物

▼ いう手際~ (3, 0.0%)

1 というもの, のいい, のわるい

▼ いう批評家~ (3, 0.0%)

1 があっ, がある, はまちがっ

▼ いう~ (3, 0.0%)

2 はない 1 しもまた

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 でもあった, でもない, 急度念

▼ いう文学~ (3, 0.0%)

1 なる範疇, に感覚, の話せる

▼ いう新しい~ (3, 0.0%)

1 事実であった, 力を, 芝居とは

▼ いう新聞~ (3, 0.0%)

1 にも大騒ぎ, は今日, や婦人雑誌

▼ いう暮し~ (3, 0.0%)

1 がし, を永年, を知らない

▼ いう最期~ (3, 0.0%)

2 をとげた 1 を遂げたい

▼ いう楽しみ~ (3, 0.0%)

1 がある, だった, もし

▼ いう~ (3, 0.0%)

2 みで 1 に肩

▼ いう母親~ (3, 0.0%)

1 がある, の子供, の顔

▼ いう気の毒~ (3, 0.0%)

1 な, なお方, な人

▼ いう気質~ (3, 0.0%)

1 だから, の娘, の父

▼ いう水音~ (3, 0.0%)

2 が聞こえ 1 に続い

▼ いう浅ましい~ (3, 0.0%)

1 ことだろう, ことであろう, 光景を

▼ いう無理~ (3, 0.0%)

1 だの自分, な事, の行き

▼ いう無礼~ (3, 0.0%)

1 なこと, な国, な大人

▼ いう無謀~ (3, 0.0%)

1 なこと, なそして, な死刑宣告

▼ いう物凄い~ (3, 0.0%)

1 怪塔でしょう, 連中が, 音が

▼ いう物音~ (3, 0.0%)

1 がきこえる, が遠く, に混

▼ いう特殊~ (3, 0.0%)

1 な世界, な病, な社会

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 がこっち, だから, も朋輩

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 かわからない, の人たち, の料亭

▼ いう番頭~ (3, 0.0%)

1 だ, のいなくなった, の面

▼ いう白い~ (3, 0.0%)

1 クレープ, 腕でしょう, 顔であろう

▼ いう盗み~ (3, 0.0%)

1 が出来る, などをする, をしなく

▼ いう眼つき~ (3, 0.0%)

1 だ, だろう, をし

▼ いう矛盾~ (3, 0.0%)

1 したいたましい, したこと, したもの

▼ いう神様~ (3, 0.0%)

1 か仏様, に限る, の傑作

▼ いう私自身~ (3, 0.0%)

1 なの, も大いに, も月給

▼ いう稲荷~ (3, 0.0%)

2 下ろしにて 1 のある

▼ いう空気~ (3, 0.0%)

2 の中 1 は現代

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 この洲, の中, はジュラ紀

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 がある, ではありません, はいう

▼ いう絶望的~ (3, 0.0%)

1 な恐怖, な考え, な行為

▼ いう綽名~ (3, 0.0%)

21 を貰っ

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 が本質的, には幅, の細い淡い

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 な性格, の証拠, を犯す

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 がある, の官能, の日本的源泉

▼ いう義務~ (3, 0.0%)

1 がある, もなく, を負わせる

▼ いう職人~ (3, 0.0%)

1 があっ, にし, の伝統

▼ いう職業~ (3, 0.0%)

1 のこと, はほとんど, も毎日

▼ いう自然~ (3, 0.0%)

1 のいたずら, の戯れだ, の状態

▼ いう興味~ (3, 0.0%)

1 の泉, の深い, を失った

▼ いう色彩~ (3, 0.0%)

1 とそれ, のバック, や空虚

▼ いう若い~ (3, 0.0%)

1 のも, 人に, 感情遊戯などで

▼ いう行動~ (3, 0.0%)

1 がとれた, で表現, をとった

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 が密か, だった, もあった

▼ いう評判~ (3, 0.0%)

1 でたいへん, はあたらぬ, は世間

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の十篇, を書かせた

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 先生と, 提案が, 算書にも

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 のバネ, の指, の運びかた

▼ いう迄は~ (3, 0.0%)

1 なかったろう, 他と, 前に

▼ いう返事~ (3, 0.0%)

1 がした, であった, でした

▼ いう通り彼~ (3, 0.0%)

1 には何, は武芸, を恨もう

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 に, にいる, も辿らね

▼ いう違い~ (3, 0.0%)

1 であろう, であろう人々, でしょう

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 かわからない, でドコ, の味

▼ いう野蛮~ (3, 0.0%)

1 なこと, な国, な暴力

▼ いう野郎~ (3, 0.0%)

1 だ, ですよ, にはいろいろ

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 づかいの, なんぞにこだわらない, の翼

▼ いう長い~ (3, 0.0%)

1 年月でしょう, 月日であったろう, 間私たちは

▼ いう階級~ (3, 0.0%)

1 においてこの, の一部, へ入りこん

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 が降っ, の廊下, の音

▼ いう~ (3, 0.0%)

1 です, は始めて, や

▼ いうあさましい~ (2, 0.0%)

1 人の, 心だろう

▼ いうあて~ (2, 0.0%)

1 もない, もなし

▼ いうあなた~ (2, 0.0%)

1 はいい, は聞きわけ

▼ いうあまり~ (2, 0.0%)

1 明瞭でない, 高からぬ

▼ いうあやしい~ (2, 0.0%)

1 ことという, 少年の

▼ いうありがたい~ (2, 0.0%)

1 ことでしょう, 所へ

▼ いういきさつ~ (2, 0.0%)

1 に描い, は保

▼ いういろんな~ (2, 0.0%)

1 いやな, 主義を

▼ いううるさい~ (2, 0.0%)

1 ばかげた, 飛行機だろう

▼ いううれしい~ (2, 0.0%)

1 こと, 光でしょう

▼ いううわさ~ (2, 0.0%)

1 をきい, を問い糺し

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 こじなお, んが

▼ いうおいら~ (2, 0.0%)

1 のお嬢様, は魔人さま

▼ いうおつもり~ (2, 0.0%)

1 ですか, はなかっ

▼ いうかい~ (2, 0.0%)

1 なきわざ, 今迄

▼ いうかしこい~ (2, 0.0%)

1 さるだろう, 鳩な

▼ いうかすか~ (2, 0.0%)

1 な押しつぶされたよう, な音

▼ いうかっこう~ (2, 0.0%)

1 のよい, をし

▼ いうかな~ (2, 0.0%)

1 文字で, 自分が

▼ いうからこそ~ (2, 0.0%)

1 人を, 連れて

▼ いうからな~ (2, 0.0%)

1 おめ, そいで

▼ いうかわいらしい~ (2, 0.0%)

1 小鳥だろう, 距だ

▼ いうがね~ (2, 0.0%)

1 お前が, 君が

▼ いうきば~ (2, 0.0%)

2 つな

▼ いうきり~ (2, 0.0%)

1 だ, だった

▼ いうくだらない~ (2, 0.0%)

1 本だろう, 音楽だ

▼ いうくら~ (2, 0.0%)

2 のい

▼ いうけち~ (2, 0.0%)

1 な遊戯, な野郎

▼ いうけは~ (2, 0.0%)

1 いはなくて, いはみせずとりつく島

▼ いうけれどね~ (2, 0.0%)

1 年よりの, 早く手当

▼ いうことこれ~ (2, 0.0%)

1 である, も滋賀県

▼ いうこと以上~ (2, 0.0%)

1 に出る, に深く

▼ いうこと初耳~ (2, 0.0%)

1 です, ですけど

▼ いうこと自分~ (2, 0.0%)

1 かて分って, が欺

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 しずに, たは

▼ いうさる~ (2, 0.0%)

1 ほねおりばなし, 確かな

▼ いうじゃァ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 あかい芽, ッとぼけた

▼ いうすさまじい~ (2, 0.0%)

1 海鳴, 饑饉の

▼ いうすべ~ (2, 0.0%)

1 を忘れ, を知らなかった

▼ いうすべて~ (2, 0.0%)

1 の歴史, を何

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 なたが, なたの

▼ いうそうい~ (2, 0.0%)

2 であろう

▼ いうそば~ (2, 0.0%)

1 からまた, から祐筆

▼ いうたいへん~ (2, 0.0%)

1 なもの, な苦労

▼ いうたくさん~ (2, 0.0%)

1 の家, の追憶

▼ いうたんび~ (2, 0.0%)

1 にむすこ, に調べ

▼ いうだけじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 仕様が

▼ いうだけにしか~ (2, 0.0%)

1 止まって, 覚えて

▼ いうだに~ (2, 0.0%)

1 三度も, 活きて

▼ いうちょい~ (2, 0.0%)

1 ておくれ, てくれ

▼ いうつつ~ (2, 0.0%)

2 ましやかな

▼ いうつまらない~ (2, 0.0%)

1 いたずらを, ものであろう

▼ いうてから~ (2, 0.0%)

1 傍に, 死んで

▼ いうてど~ (2, 0.0%)

1 ないしても, ない熱烈

▼ いうでを~ (2, 0.0%)

1 して, なでまわした

▼ いうとおり私~ (2, 0.0%)

1 のところ, は金

▼ いうとかいう~ (2, 0.0%)

1 ところの, 事は

▼ いうとき何~ (2, 0.0%)

1 かうしろめたい, をいう

▼ いうとく~ (2, 0.0%)

1 がもう, なは

▼ いうとけ~ (2, 0.0%)

2 ッという

▼ いうどんぐり~ (2, 0.0%)

2 のたぐい

▼ いうなか~ (2, 0.0%)

1 で自分ひとり, にも折竹

▼ いうなどの~ (2, 0.0%)

1 制裁も, 原因は

▼ いうなりを~ (2, 0.0%)

1 立てながら, 立て始めた

▼ いうなるほど~ (2, 0.0%)

1 そうだ, 幽霊や

▼ いうにせもの~ (2, 0.0%)

1 が来たら, の面

▼ いうにや~ (2, 0.0%)

1 云々, 本説は

▼ いうによって~ (2, 0.0%)

1 お前に, 考うれ

▼ いうねん~ (2, 0.0%)

1 し, ほんまいうたら

▼ いうのほか~ (2, 0.0%)

1 はありますまい, はあるまい

▼ いうのみに~ (2, 0.0%)

2 して

▼ いうの女~ (2, 0.0%)

1 に生れた, の通り

▼ いうはっきり~ (2, 0.0%)

1 した簡素, した遺書

▼ いうばかりで~ (2, 0.0%)

1 行かないこと, 説明され得ない

▼ いうひきょう~ (2, 0.0%)

1 なまね, なやり方

▼ いうへん~ (2, 0.0%)

1 じでした, な服装

▼ いうほどしか~ (2, 0.0%)

1 帰って, 留守番が

▼ いうほどは~ (2, 0.0%)

1 きつけた, 屋内は

▼ いうほどまでに~ (2, 0.0%)

1 なった, 彼は

▼ いうほどまでには~ (2, 0.0%)

1 ならなかった, 徹底した

▼ いうほどを~ (2, 0.0%)

1 のぞまないでも, 昔日の

▼ いうまでで~ (2, 0.0%)

1 ニルヤは, 不二山

▼ いうみごと~ (2, 0.0%)

1 な手ぎわ, な花

▼ いうみたい~ (2, 0.0%)

1 だ, だから

▼ いうむごたらしい~ (2, 0.0%)

1 ことだろう, ことを

▼ いうめざましい~ (2, 0.0%)

1 ことだろう, 対照だろう

▼ いうもののね~ (2, 0.0%)

2 うちを

▼ いうよい~ (2, 0.0%)

1 においでしょう, 船を

▼ いうようす~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ いうよく~ (2, 0.0%)

1 ないやり方, 似た話

▼ いうよりかも~ (2, 0.0%)

1 一種の, 私という

▼ いうりっぱさ~ (2, 0.0%)

1 でしょう, なの

▼ いうわね~ (2, 0.0%)

1 あなたッて, 川さん

▼ いうをもって~ (2, 0.0%)

1 せり, 馬は

▼ いうを以て~ (2, 0.0%)

1 想見する, 榛軒が

▼ いうイヌビワ~ (2, 0.0%)

2 を指す

▼ いうエンジン~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ いうセキ~ (2, 0.0%)

1 なんかあり, はあり

▼ いうダンス~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 はないでしょう, をいつも

▼ いうファン~ (2, 0.0%)

1 であるが, ですが

▼ いうホトケノザ~ (2, 0.0%)

1 は決して, 更にそれ

▼ いうムラサキススキ~ (2, 0.0%)

1 でよく, の事

▼ いう一寸法師~ (2, 0.0%)

1 か七, だった

▼ いう一言~ (2, 0.0%)

1 に人, もない

▼ いう三味線~ (2, 0.0%)

2 の名人

▼ いう上品~ (2, 0.0%)

1 な美しい, な酒場

▼ いう不愉快~ (2, 0.0%)

1 なもの, な人相

▼ いう不気味~ (2, 0.0%)

1 ないやらしい, の光景

▼ いう不良少女~ (2, 0.0%)

1 で肩揚げ, のお

▼ いう世の中~ (2, 0.0%)

1 だと, だろうね

▼ いう中国~ (2, 0.0%)

1 でも婦人, を指す

▼ いう主人~ (2, 0.0%)

1 が召使い, の声

▼ いう乱暴者~ (2, 0.0%)

1 でございます, のこと

▼ いう事ア~ (2, 0.0%)

1 肯かねえ人, 迂濶

▼ いう二人~ (2, 0.0%)

1 に遇い, のよう

▼ いう二口目~ (2, 0.0%)

1 には直に, にゃ速

▼ いう人声~ (2, 0.0%)

1 が聞えた, が近く頭上

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 をした, を仕た

▼ いう伝六~ (2, 0.0%)

1 がことごとく, が無理

▼ いう何事~ (2, 0.0%)

1 もない, を終っ

▼ いう作家~ (2, 0.0%)

1 が恋愛, や傾向

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 はひどく, ばっかりの中

▼ いう依頼~ (2, 0.0%)

1 であったこと, の手紙

▼ いう俗物~ (2, 0.0%)

1 の言う, は多い

▼ いう信念~ (2, 0.0%)

1 が手, が相当

▼ いう信長~ (2, 0.0%)

1 の命令, の恩命

▼ いう俳優~ (2, 0.0%)

1 か名前, のシグサ

▼ いう個人主義~ (2, 0.0%)

1 なの, のうち

▼ いう偉い~ (2, 0.0%)

1 お方にも, 人だろう

▼ いう偉大~ (2, 0.0%)

1 な出来ごと, な長良川博士

▼ いう偶然~ (2, 0.0%)

1 でしょう, なこと

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 に手伝っ, に話

▼ いう優しい~ (2, 0.0%)

1 お嬢さんがたは, 心が

▼ いう兄さん~ (2, 0.0%)

1 で来, はまる

▼ いう公卿~ (2, 0.0%)

1 さ, も居る

▼ いう具合~ (2, 0.0%)

1 に常住, に馬

▼ いう内容~ (2, 0.0%)

1 が秘められ, をとった

▼ いう出来事~ (2, 0.0%)

1 が起った, に再び

▼ いう分類~ (2, 0.0%)

1 の下, はある

▼ いう初め~ (2, 0.0%)

1 から皆, は道心

▼ いう割合~ (2, 0.0%)

1 にしといた, に院

▼ いう助手~ (2, 0.0%)

1 がいたら, です

▼ いう労働者~ (2, 0.0%)

1 とは社会問題, の賃金

▼ いう勢い~ (2, 0.0%)

1 なん, になれる

▼ いう化物~ (2, 0.0%)

1 だ, のよう

▼ いう半開人~ (2, 0.0%)

1 の病気, を懐け

▼ いう博士~ (2, 0.0%)

1 がこの, だ

▼ いう博奕~ (2, 0.0%)

1 でその, に不思議

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 なこと, な響き

▼ いう口吻~ (2, 0.0%)

1 からし, なの

▼ いう叫び声~ (2, 0.0%)

1 がした, が次第にほとんど

▼ いう同じ~ (2, 0.0%)

1 労働者どうしから, 酒場とが

▼ いう名称~ (2, 0.0%)

1 であります, である

▼ いう名高い~ (2, 0.0%)

1 上人の, 桜ある

▼ いう向き~ (2, 0.0%)

1 がある, もある

▼ いう呑気~ (2, 0.0%)

1 すぎる兄, なもの

▼ いう哀れ~ (2, 0.0%)

1 な対照, な物語

▼ いう善良~ (2, 0.0%)

2 な人

▼ いう喜劇~ (2, 0.0%)

2 の意味

▼ いう器量~ (2, 0.0%)

1 のいい, 好しだし

▼ いう団体~ (2, 0.0%)

1 のなか, をお作り

▼ いう地位~ (2, 0.0%)

1 に平気, に立たなけれ

▼ いう地震~ (2, 0.0%)

1 が可能, に遇

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 に陥った, のもの

▼ いう報告~ (2, 0.0%)

1 もすべて一致, をうける

▼ いう場処~ (2, 0.0%)

1 にいる, に住む

▼ いう場合男~ (2, 0.0%)

1 と女, にも優った

▼ いう場面~ (2, 0.0%)

1 に滲み出し, を撮影

▼ いう境界~ (2, 0.0%)

1 もある, を透過

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 で描いたら, を吐く

▼ いう壮観~ (2, 0.0%)

1 だったろう, であろう

▼ いう変化~ (2, 0.0%)

1 が起った, を行い

▼ いう~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ いう大きい~ (2, 0.0%)

1 星だろう, 特権を

▼ いう大家~ (2, 0.0%)

1 のこと, の苦心

▼ いう大将~ (2, 0.0%)

1 で有っ, の下

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 のご, の羽衣

▼ いう太刀風~ (2, 0.0%)

1 が彼女, が響いた

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 とは別, とは言葉

▼ いう奇縁~ (2, 0.0%)

1 であろうか, でしょう

▼ いう女子衆~ (2, 0.0%)

1 つれて, に自動車

▼ いう奴ら~ (2, 0.0%)

1 だ, の方

▼ いう奴等~ (2, 0.0%)

1 だ, にかぎっ

▼ いう如く~ (2, 0.0%)

1 に一度的, に言い聞かせ

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 かね, のこと

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 な乗りもの, な押し出し

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 なやつ, な札

▼ いう子供たち~ (2, 0.0%)

1 の声, の私

▼ いう存在~ (2, 0.0%)

1 に対して腹, はあっ

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 という言葉, もこんな

▼ いう官員さん~ (2, 0.0%)

2 であるので

▼ いう宝物~ (2, 0.0%)

1 の皿, は山

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 カイドウ一名長崎リンゴである, 世間的な

▼ いう家庭~ (2, 0.0%)

1 の容子, の形

▼ いう宿屋~ (2, 0.0%)

1 で電話番号, の娘

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の力, の持続

▼ いう対比~ (2, 0.0%)

1 であろう, でだけ今日

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 曹に, 曹へ

▼ いう尊敬~ (2, 0.0%)

1 すべきかた, すべき上官

▼ いう巨大~ (2, 0.0%)

1 なる空間, な芸術

▼ いう布地~ (2, 0.0%)

1 か私, なの

▼ いう平和~ (2, 0.0%)

1 だろう, なんという

▼ いう年齢~ (2, 0.0%)

1 になった, の成長

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 さでしょう, 辻に

▼ いう広大~ (2, 0.0%)

1 なおごそか, な雪

▼ いう弟子~ (2, 0.0%)

1 が相, にはまた

▼ いう張飛~ (2, 0.0%)

1 だが, のある

▼ いう当時~ (2, 0.0%)

1 でもかなり, の新進気鋭

▼ いう当然~ (2, 0.0%)

1 さを, な打算

▼ いう役所~ (2, 0.0%)

1 にい, になっ

▼ いう彼自身~ (2, 0.0%)

1 の声, は大衆小説

▼ いう御用~ (2, 0.0%)

1 ですか, は増田

▼ いう心理~ (2, 0.0%)

1 と共通, もたしかに

▼ いう心細い~ (2, 0.0%)

1 ことであろう, ことを

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 さだろう, さであっただろう

▼ いう怖し~ (2, 0.0%)

1 い兄, い子供

▼ いう思いがけない~ (2, 0.0%)

1 からくりが, ことだろう

▼ いう怪しげ~ (2, 0.0%)

1 なもの, な中間

▼ いう怪奇~ (2, 0.0%)

1 であろう, な月世界

▼ いう恥ずかしい~ (2, 0.0%)

1 ことだったろう, ことであろう

▼ いう恥辱~ (2, 0.0%)

1 だ, だろう

▼ いう悪日~ (2, 0.0%)

1 か, だ

▼ いう悲鳴~ (2, 0.0%)

1 が彼, に似た呻き

▼ いう情け~ (2, 0.0%)

1 しらずけっして, の深い

▼ いう惨たらしい~ (2, 0.0%)

1 報いであろう, 殺し方

▼ いう愉快~ (2, 0.0%)

1 なこと, な言葉

▼ いう意志~ (2, 0.0%)

1 とは天性, の自由

▼ いう意気~ (2, 0.0%)

1 である, はお

▼ いう~ (2, 0.0%)

2 くべきこと

▼ いう感動~ (2, 0.0%)

1 であろう, をもっ

▼ いう感激~ (2, 0.0%)

1 すべき人達, であったろうされば

▼ いう感覚~ (2, 0.0%)

1 でしたでしょう, も何

▼ いう慣性~ (2, 0.0%)

2 の法則

▼ いう憎い~ (2, 0.0%)

1 お方でしょう, 奴だろう

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 ながら大した, はすな

▼ いう我国~ (2, 0.0%)

1 の学者, の男子

▼ いう戦慄~ (2, 0.0%)

1 すべきこと, すべき女

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 だな, を叩く

▼ いう所以~ (2, 0.0%)

1 である, は芸術

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 のこんだ, を主

▼ いう手裏剣~ (2, 0.0%)

1 なる刀技, の稀法

▼ いう扮装~ (2, 0.0%)

1 のまま, のアイデア

▼ いう挨拶~ (2, 0.0%)

1 がましい, を大きく

▼ いう救い~ (2, 0.0%)

1 のない, もない

▼ いう文学的~ (2, 0.0%)

1 なぬくもり, に高く

▼ いう文学者~ (2, 0.0%)

1 と共にやはり, の集団

▼ いう文章~ (2, 0.0%)

1 の味, は仕事

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 古今調からは, 治療の

▼ いう方言~ (2, 0.0%)

1 があった, にはその

▼ いう方面~ (2, 0.0%)

1 から起っただろう, に及んだ

▼ いう旅行社~ (2, 0.0%)

2 のひと

▼ いう旅館~ (2, 0.0%)

1 ですか, の塀

▼ いう日本語~ (2, 0.0%)

1 が, を使った

▼ いう明るい~ (2, 0.0%)

1 のどかな, 街路の

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 その地, はわたし自身

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 が動い, はあった

▼ いう映画監督~ (2, 0.0%)

1 と, の俸給

▼ いう時世界~ (2, 0.0%)

1 は何処, は行為的直観的

▼ いう時人間~ (2, 0.0%)

1 の歴史的世界, も球形

▼ いう時彼ら~ (2, 0.0%)

1 はこの, は知らず知らず

▼ いう時我々~ (2, 0.0%)

1 は何処, は社会的

▼ いう暢気~ (2, 0.0%)

1 という, な神様

▼ いう書記官~ (2, 0.0%)

2 の飼い犬

▼ いう曹操~ (2, 0.0%)

1 であって, の声

▼ いう最初~ (2, 0.0%)

1 の女, の神ピチー

▼ いう有様~ (2, 0.0%)

1 だから, で死ん

▼ いう服装~ (2, 0.0%)

1 が出来, にはあるべき

▼ いう木の葉天狗~ (2, 0.0%)

1 のこと, はまさしく

▼ いう本当~ (2, 0.0%)

1 でないという, の美術品

▼ いう本格~ (2, 0.0%)

2 の探偵物語

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 を下げた, を持

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 だ, もある

▼ いう東京~ (2, 0.0%)

1 からは東北, の山の手

▼ いう東洋~ (2, 0.0%)

1 にはずっと, には初

▼ いう様々~ (2, 0.0%)

1 なリボン, な霊界

▼ いう様子~ (2, 0.0%)

1 だろう, にはおのずから

▼ いう様式~ (2, 0.0%)

1 の箱, を取っ

▼ いう権能~ (2, 0.0%)

1 は余り, もない

▼ いう横町~ (2, 0.0%)

1 で油売り, をどこ

▼ いう機敏~ (2, 0.0%)

1 な男, な頭

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の畜生, の馬鹿野郎

▼ いう武士~ (2, 0.0%)

1 の娘, の風上

▼ いう死地~ (2, 0.0%)

1 であった, というもの

▼ いう殊に~ (2, 0.0%)

1 惣次郎には, 晩春から

▼ いう残酷~ (2, 0.0%)

1 なこと, な悪人

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の平気さ, の心

▼ いう気もち~ (2, 0.0%)

1 にはとても, にはなれない

▼ いう気力~ (2, 0.0%)

1 はない, もあり

▼ いう気高~ (2, 0.0%)

1 さな, そうな

▼ いう気高い~ (2, 0.0%)

1 お姿, 方

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 が走っ, の流れ

▼ いう汚い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 眺めだろう

▼ いう沙汰~ (2, 0.0%)

1 だった, なの

▼ いう注意~ (2, 0.0%)

1 を梅軒, 改めて書い

▼ いう注文~ (2, 0.0%)

1 が, がいよいよ

▼ いう浅間~ (2, 0.0%)

1 しいこと, な住居

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 なの, 鳴が

▼ いう淋しい~ (2, 0.0%)

1 ことだろう, 景色だろう

▼ いう深刻~ (2, 0.0%)

1 な対立, な精神葛藤

▼ いう温かい~ (2, 0.0%)

1 お手, お粥

▼ いう源三位頼政~ (2, 0.0%)

2 の室菖蒲

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の音, を見

▼ いう激しい~ (2, 0.0%)

1 心の, 葉子への

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 ではない, に訴訟

▼ いう無慈悲~ (2, 0.0%)

1 なこと, な鏡

▼ いう無残~ (2, 0.0%)

1 なこと, な光景

▼ いう無茶~ (2, 0.0%)

1 な学生, な連中

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 輪なまじ, 頬の

▼ いう物語~ (2, 0.0%)

1 が世界, を聞き入れる

▼ いう狂人~ (2, 0.0%)

1 に近い, の出

▼ いう珍しい~ (2, 0.0%)

1 ことでしょう, 男を

▼ いう現象~ (2, 0.0%)

1 とは本体, は政治制度

▼ いう理屈~ (2, 0.0%)

1 だから, はひとつ

▼ いう理窟~ (2, 0.0%)

1 はいらない, もなし

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 だが, なるが

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の写真, を描く

▼ いう疑惑~ (2, 0.0%)

1 という言葉, や後悔

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 だ, 怠らで去る

▼ いう病人~ (2, 0.0%)

1 が別, が続出

▼ いう病院~ (2, 0.0%)

1 だえ, でお

▼ いう盲人~ (2, 0.0%)

1 がどう, だお前

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 伝う鶏, 異だろう

▼ いう相場~ (2, 0.0%)

1 に何, をし

▼ いう相談~ (2, 0.0%)

1 じゃ, になったらしい

▼ いう看板~ (2, 0.0%)

1 がある, の下

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の義士, は個人

▼ いう眼付~ (2, 0.0%)

1 で彼等, になる

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 から出, っころだらけ

▼ いう研究~ (2, 0.0%)

1 のやり方, を是非

▼ いう破天荒~ (2, 0.0%)

1 なんという, の計画

▼ いう礼儀~ (2, 0.0%)

1 とは何ぞ, 正しい公式

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 か仏, の出現

▼ いう神経質~ (2, 0.0%)

1 という意味, なかわいい

▼ いう秀吉~ (2, 0.0%)

1 であった, の意向

▼ いう科学者~ (2, 0.0%)

1 であり迷信, の経験

▼ いう稼業~ (2, 0.0%)

1 には上方者, の女

▼ いう積り~ (2, 0.0%)

1 だった, だったのに

▼ いう穏やか~ (2, 0.0%)

1 な方, な空

▼ いう竿~ (2, 0.0%)

1 では赤い, で丁度

▼ いう符合~ (2, 0.0%)

1 か三伝, だろう

▼ いう系統~ (2, 0.0%)

1 の単なる, の色

▼ いう純潔~ (2, 0.0%)

1 なる若き, の裏

▼ いう素振り~ (2, 0.0%)

1 をしました, をする

▼ いう素晴らし~ (2, 0.0%)

2

▼ いう素朴~ (2, 0.0%)

1 な方法, な飾り

▼ いう紳士~ (2, 0.0%)

1 だろう, と仲よく

▼ いう絶望~ (2, 0.0%)

1 と無力, なこと

▼ いう織物~ (2, 0.0%)

1 か祖母, も来年

▼ いう美味い~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ いう義理~ (2, 0.0%)

1 であの, を克明

▼ いう習慣~ (2, 0.0%)

1 が去りませんでした, でもある

▼ いう老人~ (2, 0.0%)

1 がある, の言葉

▼ いう耽溺~ (2, 0.0%)

1 だったろう, のにおい

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 なら話しは, の立つ

▼ いう良い~ (2, 0.0%)

1 奉公人を, 本ばかり

▼ いう色々~ (2, 0.0%)

1 な意味, な毒薬

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 は模倣, をちゃんと

▼ いう芸術~ (2, 0.0%)

1 が日本人, は造れない

▼ いう芸術的~ (2, 0.0%)

1 な美しい, の要素

▼ いう苦し~ (2, 0.0%)

1 さは, さ或いは

▼ いう苦しい~ (2, 0.0%)

1 ことであろう, 愛着を

▼ いう茶人~ (2, 0.0%)

1 がたてる, の指導

▼ いう莫迦~ (2, 0.0%)

1 がいる, な奴

▼ いう落語家~ (2, 0.0%)

1 が事偶, らしい娑婆風流

▼ いう行き方~ (2, 0.0%)

1 が不憫, なの

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 です, もなく黙込ん

▼ いう衣ずれ~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ いう表情~ (2, 0.0%)

1 の変り, をもつ

▼ いう表現~ (2, 0.0%)

1 にかわります, の正確さ

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 には明らか, を健三

▼ いう複雑~ (2, 0.0%)

1 な構造, な立場

▼ いう西洋~ (2, 0.0%)

1 の功利的文化, の結い

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 がない, もない

▼ いう要は~ (2, 0.0%)

1 あるまい, ない

▼ いう見事~ (2, 0.0%)

1 なこと, な四肢

▼ いう見当ちがい~ (2, 0.0%)

1 であろう, なこと

▼ いう覚悟~ (2, 0.0%)

1 しなさって, 見せなさったの

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 の前, の欲目

▼ いう言葉使~ (2, 0.0%)

1 て, て私

▼ いう計画~ (2, 0.0%)

1 があっ, をした

▼ いう設計者~ (2, 0.0%)

2 が通風

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 りない, りなき

▼ いう話し声~ (2, 0.0%)

1 がし, がひとつ

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 が伝わっ, などは好い

▼ いう論者~ (2, 0.0%)

2 があり

▼ いう議論~ (2, 0.0%)

1 というもの, をする

▼ いう豪胆~ (2, 0.0%)

1 な刑事, な言い分

▼ いう貧弱~ (2, 0.0%)

1 ないい, な損害賠償

▼ いう贅沢~ (2, 0.0%)

1 な苦労, な馬さん

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 がよう, は少し

▼ いう踊り~ (2, 0.0%)

1 の幻想, を見る

▼ いう身の上~ (2, 0.0%)

1 でいる, なので

▼ いう辻褄~ (2, 0.0%)

1 が合う, の合わぬ

▼ いう迄に~ (2, 0.0%)

1 なって, 常軌を

▼ いう返辞~ (2, 0.0%)

1 か, だった

▼ いう~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ いう通りあなた~ (2, 0.0%)

1 が上原さん, の隠し児

▼ いう通りそれ~ (2, 0.0%)

1 が当時, は不思議

▼ いう通りもうこ~ (2, 0.0%)

1 のへん, の金

▼ いう通りチベット人~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, は婦人

▼ いう通り何分~ (2, 0.0%)

1 にも初めて, にも狂言

▼ いう通り僕~ (2, 0.0%)

1 の町, もその

▼ いう通り呂布~ (2, 0.0%)

1 の信じ, を殺したら

▼ いう進歩~ (2, 0.0%)

1 であろう, は狂乱

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 というよう, のつきであろう

▼ いう過去~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は死んだ

▼ いう道徳~ (2, 0.0%)

1 というもの, は国民道徳律

▼ いう道理~ (2, 0.0%)

1 がない, が耳

▼ いう達者~ (2, 0.0%)

1 なおしゃべり, なじいさん

▼ いう遺書~ (2, 0.0%)

1 のこと, を机

▼ いう都合~ (2, 0.0%)

1 にしましょう, の好い

▼ いう酒場~ (2, 0.0%)

1 に出入, を波多野さん

▼ いう醜い~ (2, 0.0%)

1 姿で, 面だ

▼ いう醜態~ (2, 0.0%)

1 だ, なんという

▼ いう重い~ (2, 0.0%)

1 足音だけしか, 音が

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 があっ, の胴

▼ いう間もなく~ (2, 0.0%)

1 崩れるよう, 長延寺

▼ いう防弾設備~ (2, 0.0%)

2 がぜひ

▼ いう陰気~ (2, 0.0%)

1 なところ, に静まりかえった

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 もない, をあたえず

▼ いう雑誌~ (2, 0.0%)

1 から原稿, に発表

▼ いう青年~ (2, 0.0%)

1 が大, の陽

▼ いう静けさ~ (2, 0.0%)

1 が今, でしょう

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 人間的暴力には, 芸術な

▼ いう非常~ (2, 0.0%)

1 に優れた, に至れり尽せり

▼ いう非道~ (2, 0.0%)

1 いこと, なこと

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 をしない, をなさらない

▼ いう面白い~ (2, 0.0%)

1 目見る, 風俗で

▼ いう音響~ (2, 0.0%)

1 がきこえる, に充たされ

▼ いう響き~ (2, 0.0%)

1 が胸, の悪い

▼ いう順序~ (2, 0.0%)

1 にたどっ, になる

▼ いう頼もし~ (2, 0.0%)

1 げも, そうな

▼ いう頼もしい~ (2, 0.0%)

1 人も, 者が

▼ いう顔つき~ (2, 0.0%)

1 して, である

▼ いう風俗~ (2, 0.0%)

1 で籾, や行事

▼ いう馬鹿者~ (2, 0.0%)

1 が子供, だったろう

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, だと

▼ いう驚き~ (2, 0.0%)

1 だったろう, であろう

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 天が, 女卒業程度の

▼ いう高い~ (2, 0.0%)

1 努力善意偉大な, 所には

▼ いう魂胆~ (2, 0.0%)

1 だったの, のあるべき

▼ いう~ (2, 0.0%)

1 かでしたろう, かな青味

▼1* [2937件]

いうほうな, いうあいつの才, いうあかるさだ, いうあきらめの悪い, いうあご長やどんぐりまなこ, いうあざやかな奇術, いうあたしも吝嗇漢, いうあっさりした夕飯, いうあやしげな, いうあやふやな気もち, いうあらあらしい息が, いうあらしに似, いうありとあらゆる手段を以て, いうあるいは内々に, いういけ図々しいんだい, いういじらしいことかと, いういそがしがりや, いういたずらをしよう, いういたましい思い出であろう, いういつまでも少, いういとしい暗号であったろう, いういぶかしさでありましたろう, いういぼじり巻き, いういやらしい男が, いういろいろの人, いういろはだと, いういわばまア占拠, いうういういしいしかも切ない, いううかつであったろう, いううすきみの, いううすいりっぱな, いううち姿が見えなくなった, いううつくしいことであろう, いううつけ者じゃ, いううまさな, いううめきが荒っぽく平馬, いうえらいわかものでしょう, いうおかしなことであろう, いうおしゃべり坊主なんというませた, いうおせんのよう, いうおそろしさよ, いうおだやかないい, いうおっとりとした, いうおとがしました, いうおとうさんなんかそば, いうおなじみの連中, いうおびただしい数の, いうおもしろい対比だろう, いうおもはゆげな, いうおもろい話や, いうおやしきでは, いうおやじだな, いうお世話になった, いうお互いさまで続, いうお前さまをよう納得, いうお告げがあった, いうお姫さま面が嫌い, いうお嬢さんの所, いうお客ならこちら, いうお客さんからだす, いうお客様は余計, いうお寺さんの前, いうお尋ね者ゆえあゝ云う, いうお方ゆえいろいろご, いうお母さんのやさしい, いうお母様が案外, いうお爺さんでございましたから, いうお返しの意味, いうかがやかしさな, いうかぎりにおいてはだ, いうかけ物であろう, いうかたちをとるなら捨てた, いうかとぐらいにしか思って, いうかとの詰問も, いうかなしいことを, いうかなんて早いやつ, いうかについては貴様も, いうからか何も, いうからと私を, いうからとて僕は, いうからとのことです, いうからなどいろいろいわれ, いうからも少し君, いうからややっこしくなる, いうかわいいかわいい人形だろう, いうかわいそうな人, いうかわりものでしょう, いうかナはッははは, いうがだの小林多喜二の, いうがてだてに, いうがといって, いうがとか愉快な, いうがないうがな, いうがの自分は, いうがははあそれでは, いうがほどの知れたもの, いうがままでなに, いうがもの宙を, いうがんりきの百, いうきたない町だ, いうきのこ連中がある, いうきまりもなく, いうくらいが勢一杯だ, いうくらいで満足し, いうくらいな元気は, いうくらいは久助君にだって, いうぐうたらを仕出, いうぐらいしか申上げられない, いうぐらいな思慮は, いうぐらいは分って, いうけがらわしいことだ, いうけどねマッチ箱ぐらいの, いうけれどからそんな時, いうけれどというので, いうけれどもね若い娘っ子, いうけろりとしたもの, いうとったら, いうこういうと云う, いうこぎたない眼だの, いうここに一つ, いうこころを言外, いうこころよさであろう, いうこそ雪太郎が, いうこぞうだと, いうこだわりのない, いうこちらはそんな, いうこぢんまりとして横, いうことあとで聞きました, いうことお腹の中, いうことさい忘れてたくらい, いうことさっき夫が会うた, いうことすべてがあんまり, いうことそない心配, いうことそれに土地, いうことだい赤ずきんおれたちといっしょ, いうことばのはしばし, いうことば半ばにし, いうことほか知れて, いうことよう知って, いうことウソに違い, いうことマジメにきい, いうこと今分った, いうこと何ひとつ信じて, いうこと僕は夢にも, いうこと前に私, いうこと勿れ今年, いうこと心配の種, いうこと悲観して, いうこと承知して, いうこと昔よりいってる, いうこと栄ちゃんにいわれた, いうこと無理にこっち, いうこと私に信じさす, いうこと筑波の加, いうこと約束して, いうこと綿貫に教, いうこと親方様があれ, いうこまかい心づかいを, いうこまごました本, いうこれ蜈蚣の脊骨, いうこんな平凡な, いうこんもり高い処, いうこッたよく, いうさえ口を, いうさかい親父も, いうさかいと心配し, いうささやきがもッぱら, いうさまは毫も, いうさもない間, いうさわぎをやってるんだ, いうさんの模倣, いうしぐさまで自分, いうしたたか者だ, いうしというわけです, いうしゅうねん深い, いうしるしなの, いうしんぱいはない, いうじゃあねえかどっちへ, いうじゃがあせんか, いうじゃま者をなく, いうじれったいことでしょう, いうすがすがしさ武夫と, いうすごい奴だろう, いうすじもない, いうすねずみで頬, いうすばしこいやつだろう, いうすばやさでしょう, いうずうずうしさだろう, いうずんぐりむッくりな, いうせいかいつも, いうせつないメーデーの, いうせりふだが, いうぜいたくと必要, いうそこのお, いうそちの言, いうそのちゅうちゅにびっくりしてなお尋ね出した, いうそんなそんな事が, いうそんなにはしたない考え, いうぞと訊いた, いうぞとのみお耳, いうぞなもし, いうぞやいずくに, いうたき火のほ, いうたぐいの髪切り, いうたけ高しを, いうたっぷりせぬ作品, いうたとえもある, いうたのしい日だったでしょう, いうたのもしい人たちだろう, いうだから君も, いうだけかあれは, いうだけくらいなら何, いうだけしか分りかねる, いうだけだってどんなにむずかしい, いうだけやのんです, いうだけよりはやはり心, いうちがいでしょう, いうちがいかただろう, いうちとやった, いうちゃあ何分経とう, いうちょっと気性の, いうってやらあ, いうついの住み, いうつきあい法というもの, いうつぎのいい, いうつけ依志子, いうつけ目を狙った, いうつぶやきをも聞いた, いうつめたい男だろう, いうつよい勝敗への, いうつりたるは江田島, いうつるつるてんの, いうてかへり候, いうてかの国の, いうてがあるとは, いうてさうばたばた, いうてて欲しい, いうててもいつのまにか過敏, いうてのくれば, いうてネ油断は, いうでからのがれて, いうでたらめなそして, いうといったような, いうとおりうじくらい生き, いうとおりなにごとも運もの, いうとおりのりちぎ一方, いうとおりまねができる, いうとおりイギリスが発明, いうとおり一人で報告, いうとおり伯爵は逃亡, いうとおり僕が取扱った, いうとおり実行しかねまじきあるいは, いうとおり山陽の, いうとおり彼は深い, いうとおり敵には備え, いうとおり昨夕薄野に行っ, いうとおり楼閣の三階目, いうとおり次郎吉決してこれら, いうとおり氷罅を下り, いうとおり流行は絶えず, いうとおり白髪あたま, いうとおり百両さしあげやっぱりおこもりにつかわしましたのでござります, いうとおり相手が, いうとおり蓋を捩じあけ, いうとおり西の窪, いうとおり贋物だ, いうとおり隣にゃいない, いうとおり顔を正面, いうとかの女も, いうときこれまではいつも, いうときそこにある, いうときそれはみんな, いうときつや子のがっしり, いうときわたしたちは婦人, いうときニキビをつぶし, いうとき一代二代の研究, いうとき上を向い, いうとき人民は目, いうとき僕は心, いうとき右手で袖口, いうとき呉のホームラン, いうとき女は既に, いうとき宮内は決して, いうとき小沼男爵が坂巻多門, いうとき屋根の上, いうとき彼は言葉, いうとき戦争についてのこの, いうとき武麟がボス, いうとき現実というもの, いうとき男はおと, いうとき私たちははっきり, いうとき遠慮して, いうとき須美子の顔, いうとき頭でも撫でられ, いうとこへ夫, いうところあたりが穏当, いうところ一畳の間違い, いうところ家の中, いうとこイ行かす金, いうとしてもほんとうは, いうとぞ足緒は, いうとだけ思われるという, いうとっぴな思いつき, いうとてまえが, いうとでも思ったか, いうとといちいち私, いうとどてっ腹, いうとに角一種の, いうとのみあって, いうとびきりの思いつき, いうとネまだまだ充分満足, いうどう見ても, いうどこの国, いうどころか逆に, いうどじをやる, いうなかれありとあらゆる天然, いうなきごえがした, いうなごやかな天と波, いうなぞと云うこと, いうなつかしい印象を, いうなどということは, いうなにやら怪しい物音, いうなへえと小言, いうなめらかさ明媚さはもしか, いうならず者が怪しい, いうなりと申します以上, いうなりに従ってひざまずいたり, いうなりの響までが, いうなんともいえない歯あたり, いうにおいてはだれか, いうにさえ若すぎる, いうにしか過ぎない, いうにぞ昨日とか, いうにつれ私も, いうにてもあるべし神, いうにはなどと書いて, いうにもも早や, いうに対しこの感情, いうに従って一時兵を, いうねえ花売だ, いうねんけどどない, いうねんけどそんなこと, いうのあたいこんなにちんぴら, いうのあたしをそんな, いうのあたしいやだわ, いうのあれかもしれん, いうのう虎と, いうのさっき俺があの, いうのっぺらぼうであったので, いうのっぺりした顔, いうのでかど先, いうのでさア, いうのでわあっ, いうのどかな事, いうのにかの女の, いうのにと云いながら, いうのになんて若々しくて, いうのにわさわさ集まって, いうのびのびとする, いうのみなそうした人々, いうのみにてその説明, いうのみにては未だもっ, いうのろいをいだい, いうのろのろ砲弾の, いうのんきな生物, いうのんびりしたいい, いうのドイツの男, いうの人が笑っ, いうの勉強盛なら洋燈, いうの意でなく僕, いうの我慢してたん, いうの次郎は, いうの自由はもたぬ, いうの虎吉おまえはみんな, いうの虫がよ, いうはずかしいことだろう, いうはつぱりのポケツト, いうはなはだしい欺瞞だったろう, いうはめとなり, いうはやり歌があるくれ, いうはんだん, いうばかは少ない, いうばからしい話だ, いうばかりなかりしならん, いうばか者だ, いうばっかりでほんとに, いうひとたちには区別, いうひどい貧しいあさましい小説でしょう, いうひょんな札の, いうびんざさらの祭, いうふうのが中肉中背, いうふうタネリの胸, いうふがいなさであろう, いうふがいない女だった, いうふしぎ塀をのり越え, いうふにゃふにゃだ, いうへにのんきで, いうべらぼうなこったか, いうほっとした心持ち, いうほどにしか死後の, いうほどにまで雨が, いうぼうじゃくぶじんの言いぐさ, いうのぬけた, いうまず子鯨, いうまたそれが, いうまでへたりこむん, いうみすぼらしい恰好を, いうみのはうへ, いうむだであったろう, いうむちゃなこと, いうむつかしい文体で, いうえが, いうめちゃくちゃな宣伝, いうめまぐるしい運命の, いうもしフランスの, いうものこの間街頭の響き, いうものそこにモジモジ, いうもののさ苦しい立場, いうもののとにもかくにも, いうもののも少し別, いうものものしい光景であろう, いうもの今の彼, いうもの無理じゃない, いうもの転々と上, いうもほどがある親, いうもみの木, いうもみじは如何, いうもん利用してるの, いうもん境遇によってえらいえらい, いうもん心の持ち, いうもん綿貫の焼餅, いうやうに目, いうやさしい可愛らしい顔の, いうやと仰す, いうやなんてもともと起る気づかいない, いうやはり奇人が, いうゆるやかな暑い, いうよう儂この地, いうよしみえて, いうよし子の挨拶, いうよそよそしい言葉だったろう, いうよのうお槙, いうよりはも少し意味, いうよりもも早や, いうよをあたへるから, いうりんしょくからそうなのではなくて彼のやり, いうわがままな子, いうわけあいがある, いうわずらわしいものだった, いうわたくしであった, いうわばみに, いうんでもあるまいし, いうアサマシイことだろうか, いうアトモスフィアで好事的, いうアトランテ山の窟中, いうアドレスを頼り, いうアマガクの話, いうアマノジャクとはマジメ, いうアマリリスは決して, いうアマンユまたはアマミヤ世, いうアラユル惨憺たる母性愛, いうアンポンタン・ポカンの名, いうイタリヤ人が創った, いうインチキは普通, いうインテリは僕, いうインテリゲンチャの群, いうウスバカは執念深い, いうウソつきだろう, いうウチですか, いうウワミズザクラの古名, いうエキゾチックであり且つ, いうエスさまもキリストさま, いうエズイタや審問官たち, いうエセックスの人気, いうエヘンといえ, いうエンブリをこの, いうオオとかアア, いうオオクログワイである我国, いうオッサンはなんと, いうオリジナリティのない, いうオリーブ科の誤訳, いうカタクナな否定的態度, いうカフェテリヤつまりレストラン, いうカフェーで, いうカラハシすなわち竹製, いうカワグルミ沢の頭, いうカンの働き, いうガスコーニュの徒, いうガチャ蠅がたくさん, いうガラン堂だし, いうガンコな壁, いうキク科のコオニタビラコ, いうキシュウミカン一名コミカンのよう, いうキップだが, いうキノクニスゲ一名キシウスゲの事, いうクラだから, いうクルズスである, いうクレッシェンドのよう, いうクログワイだと, いうクーデター乃至叛乱的, いうグランドの広, いうグループは一種, いうケチな国, いうケッコウとは何, いうケナシコルウナルペだ, いうゲリラ的な行動, いうコウモリカヅラのこと, いうコワイコワイ目をし, いうコントラジクション・イン・タームスという事, いうコントラストだ, いうコンモードは水陸とも, いうサイト小屋なども前年私, いうサード侯爵たちだろう, いうシシは野猪, いうシュッシュッという音, いうショックとはなん, いうシンボリズムと同じ, いうジャップと同じ, いうジャーナリズムの産物, いうスイデンの意味, いうススキである, いうスッキリとした, いうスッパグサ即ち酸模, いうスポーツのやり, いうスリラー小説の場面, いうスリルに富んだ, いうズバぬけた欺瞞, いうセンセイショナル事件であろうか, いうソコーリスキーの気分, いうソロモン島では人, いうソロモン王アスモデウスの印環, いうタイラギまたいう, いうタンポポの変化, いうダァティ・ダンスは嫌い, いうダンサーが筋向い, いうダンスホールの会計, いうチャアリング・クロスなの, いうチャッカリ性でした, いうチャンバラを見物, いうチンチンモガモガ関西でいう, いうヂグニチーなるもの, いうツバキ科の樹名サカキ, いうツボスミレは紫, いうヅクナシに対しての神聖, いうテクニカルな学校, いうテープで縛っ, いうテーマは国際的, いうデハヅレであって, いうデモクラシー的に何ら, いうトポロギーとは凡そ, いうドッペルゲンゲルのたぐい, いうドライな型, いうドリ即ち肺臓, いうドルの文字, いうドン・キホーテで面白く, いうドヴォルシャークの幸福, いうナとか駐日公使, いうナナなんという, いうニューイングランドの橇, いうヌノであった, いうネと同じくまた, いうネオンサインの文字, いうネンガラウチでここ, いうノンセンスだ, いうハチヤ或いはハチ, いうハデなもの, いうハナタデの名, いうハリサケルような声, いうハンド甕と称する, いうバカ者だったろう, いうバタバタの怪, いうバッタである, いうバラモンの神様, いうバーミンガムの線路, いうパセテックなにんげん日々, いうヒガンザクラは, いうヒステリー症とは大変, いうヒトツマナグなどはきっと, いうヒヨヒヨのに実, いうヒランボすなわち真, いうビギリヤダマまたは黒島, いうフェータルなくせ, いうフクラスズメの如き, いうフジのカズラ, いうブザマな無芸, いうブルジョウアは中, いうブルドッグ型編上である, いうプロレタリアは実は, いうヘマは決して, いうき一, いうポオなども先生, いうマアおかみさん心配, いうマオドリや中部山村, いうマキはクサマキ, いうマスホノススキはマソホノススキ, いうマダム丘子を殺した, いうマヌケのバカ, いうマネケンである, いうマラバルの証, いうマルです, いうマーマーフーフーというの, いうミカンの嚢, いうメカニカルな仕事, いうモチヤソビの語, いうモッサリして, いうモットーの下, いうモデルと世間, いうモートルのまわる, いうヤボな世界, いうユノミネシダであるが, いうユリ根は食用, いうランデブウをした, いうリアルならむ, いうリウマチとでもいう, いうリオ都の山形, いうリボンやレッテル, いうレッテルのこと, いうワケで熱海行き, いうワッフルは菓子屋, いうヴィクトリアン・エージかテニソン, いうヴィルチュの力, いうを問え, いう一九四二年一月のこと, いう一事一点間違があれ, いう一体哲学などという, いう一句を柱, いう一句一句をさも, いう一夜のため, いう一大叙事詩をもの, いう一家名の争い, いう一寸した科白, いう一徹な父親, いう一心で有る, いう一族にいたる, いう一本気の激しい, いう一流河豚屋の余りに, いう一番違いという意味, いう一瞬に燈火, いう一瞬間と殆, いう一種李の実, いう一種綿々たる余韻, いう一穴の者, いう一臂人の棲所, いう一見無邪気に人, いう一言ごとにすぐ, いう一言一言が小, いう一言二言でいろいろ, いう一語一語を美酒, いう一連の文句, いう一部分だけ出, いう一首の意味, いう丁重に訪れ, いう七日のあいだ, いう七月のある, いう万吉の言葉, いう万太郎一人きりだ, いう三つ児にでもわかる, いう三代相伝の主人, いう三半規管の疾病, いう三味線ひきが品川, いう三尊の阿弥陀, いう三尺の童子, いう三左陣の一人, いう三弱王粲のあげた, いう三次元の物, いう三町目谷の坂下, いう三行半でありましたから, いう三角形あるいは正方形, いう三願において第, いうの人, いう上層の空気中, いう上層階級とは支那流, いう上方役者は降矢木以外, いう上杉方の凱歌, いう上等の滋養分, いう下々の奴, いう下ノ者にいま, いう下命があった, いう下品な奴, いう下掛りのこと, いう下町の閉された, いう下町生活に昵懇, いう不便な身体, いう不可思議なやつ, いう不可解な紳士, いう不名誉だ, いう不器用なしつっこいお, いう不在地主で各地, いう不埒な講演会, いう不夜城であろう, いう不孝のあと, いう不孝者であろう, いう不安があった, いう不忠の臣, いう不意でしょう, いう不慮の出来事, いう不憫な子供, いう不敵なやつ, いう不断着になっ, いう不満だったの, いう不潔に濁った, いう不破の関守, いう不祥な, いう不義理が重なっ, いう不良少年のよう, いう不運君が上野, いう不道徳漢と誰, いう不都合なる原案, いう世渡りの上手, いう世界一のもの, いう世界観とは趣, いう世話女房ぶりの実意, いう世間の勤め, いう岸の, いう中世紀じみた市街, いう中脈でその, いう丹治お前も聞い, いう丹波の言葉, いう主婦に限られ, いう主張も一応, いう久米之丞, いう乖離性素質のもの, いう乗馬用具を見た, いう九助だぞ, いう九尺二間店賃がよく, いう九年母とはいささか, いう九鬼弥助か, いう乞食坊主でもなかっ, いう乱暴狼藉の話, いう予想に胸, いう予覚感じて, いう争闘の話, いう事予期されたる偶然, いう事八日と近い, いう事務長だろう一ぺん, いう事柄について皆さん, いう事業が一番誰, いう事美術学校を卒業, いう事誠なるかなと, いう二世の青年, いう二十一ありまた, いう二本めの道, いう二箇国語の知識, いう二者の対立, いう二里の遠, いう二重生活を送っ, いう五体の仏像, いう五体投地の形, いう五臓の煩い, いう些細なこと, いう亡国的人民の資格, いう京都の扇工場, いう人々三文の価, いう人きらいよ, いう人さいあるの, いう人なつこい目で, いう人世観とか何とか, いう人並の気持, いう人体だ, いう人倫の道, いう人入院して, いう人方々から出, いう人格とは違う, いう人気者は蜉蝣, いう人皇十二代景行天皇六十年十月帝御悩ありて, いう人目に着く粧い, いう人相のわるい, いう人相書が廻っ, いう人私すかないの, いう人足を役所, いう人通りの中, いう人造人間とは機械人間, いう人間味のある, いう人間憎悪の象徴, いう人類無階級的連帯責任, いう人類思想の頽廃的傾向, いう人魚のよう, いうがある, いう仁ゆえ久光を後見, いう仁原山は市房山, いう今一つ短いの, いう今夜は気味, いう仏天青は大使館参事官, いう仔細あって, いう仕儀で誠に, いう仕合せなこと, いう仕方に於, いう仕組の中, いう他国者の渡り芸人, いう他家の人物, いう付会の伝説, いう仙境か何, いう代物を手がけた, いう代用食は実際, いう代表的な連中, いう以上これは飛ん, いう以上それは客観的, いう以外いつの世, いう以外ことばを知らない, いう仮名交りの, いう仮定を考え, いう仮装舞踏会をやる, いう仰せか, いうになっ, いう仲居さんに帯, いう企図が有った, いう伊之助の顔, いう伊東甲子太郎なの, いうに出る, いう会席茶屋では食後, いう会話がきこえ, いう会館は生活, いう伝統みたいなもの, いう伝説が批評界, いう伯爵の将軍, いう伯爵夫人を殺そう, いう伸子に, いう低劣なの, いう低能者ではあった, いうだから, いう体系的傾向を示した, いう体裁で奥様, いう体面上私も気, いうか現代特有, いう何ミカンに相当, いう余りにも過激, いう余計な事, いうを要求, いう作用をする, いう作者の脱線ぶり, いう佞人はいない, いう佞臣の端くれ, いう使いの報告, いう依怙地もんですで, いう侠客はすこし, いう侮蔑なんという, いう係蹄に掛っ, いうな敬称, いう信用ねえ, いう信者もいました, いう修羅場が東京市中, いう俳諧の, いう個人祈願一人かぎりの願いごと, いう倍音演奏が何故, いう値段で働く, いう倦怠なんという, いう健康そうな息づかい, いう健気な子どもたち, いう映鏡, いうから妻君, いう傍若無人の悪, いう傑作はお, いう催眠状態に入っ, いうでしょう本当に, いう傷心な行列, いう傷痕の男, いう傾国の笑い, いう儀式のある, いう優しい好い人で, いう優美なトゥニュウ, いう優長な事, いう兄弟は眞實, いう兄貴の弟, いう充実した生活, いうの大統領タフト氏, いう先世の宿業, いう先占の事実, いう先天的の犯罪性, いう先天的技能をもっ, いう先生方が絵画, いう先験的理由である, いうの強い, いう光栄をもった, いう光沢だろう, いう光秀は日頃, いう全力をつくせ, いう全員の, いう八代集をはじめ, いう八日節供の風習, いう八月は閏, いう公務員であったそれら, いう公卿振りが今様, いう公卿間では, いう公武一和のかたち, いう公約を与えた, いう公開の展覧会, いう六ヶ敷い連立方程式, いう六人の無頼漢ども, いう六字の名号も偏, いう兵法だな, いう具体的な内容, いう具体的内容を取る, いう兼吉や桑作, いう内ロースで一頭, いう内側から湧いた, いう内的原因から起った, いう内科医をモデル, いう内職を覚え, いう内臓の分泌, いう内蔵助のいつわり, いう円いなんという, いう冗談も出来た, いう写真は二度と, いうの盛り, いう冷い固いその, いう冷たい無表情な, いう冷血に見えたろう, いうじい音で, いう凄まじい違いであろう, いう凄絶な光景, いう凛々しく雄々しい風貌であったろう, いう凝りかたが直ったら, いう凡てがうそ, いう処世術でやってきた, いう処方どおりにパイクソン, いうい日, いうまかせは, いう出任せのわが子, いう出物の著, いう出身の一作家, いう出鱈目な女, いうの稲妻, いうにも行かず, いう分らず屋であろうか, いう分別くさい考慮, いう分科もありませず, いう切っ掛けとはこの, いう切ない巨大な, いう切りの気分, いう刑事警察権をも持っ, いう刑法上の犯罪, いう奉公の, いう初代が, いう初耳の話, いうな電話, いう利子の高, いう利根川寄りの村落, いう制度もこれ, いう刺戟を受け, いう刺繍のできる, いう刺青の方言, いう刻限ことに旧家, いう前世というやつ, いう前門の虎, いう剛力な奴, いうにそれほど, いう劇団を招ぶと, いう力闘なんという, いう加木奈は蓋し, いう助平になっ, いう努力とは勢力運動, いう勇ましい高遠な, いう勇敢な積極的, いう動きをする, いう動機で私, いう動物なの, いう動物報恩譚が流行, いう動物曲芸のあった, いう動的役者以上に多く, いう動的表現役者の真中, いう勝利のほほえみ, いう勝敗などのため, いう勝麟太郎の父, いう勢力に変成, いう勿体ない通り路であろう, いう化け物とやらんいう, いう化け物屋敷であるならば, いう化物屋敷へはいった, いう北畠顕家をちと, いう区域には一日, いう十五度は多, いう十分にやられ, いう十囲五攻すべて一歩の機, いう十月の中十日, いう千浪というお, いう千種の上, いう午後八時だ, いう狂人には, いう半分も耳, いう半弓型のもの, いう半蔵さまの気性, いう卑劣な言いぬけは, いう卑屈な言葉, いう卑怯さだと, いう卑怯至極なやり方, いう南部の女性たち, いう単なる審美主義では, いう単独行者はいかに, いう単調なそして, いうは卦面, いうが書い, いう印象派以上の何物, いう危ないところが, いう何ぞ必ずしも姓王, いう厄介なこと, いう厚ぼったいのでない, いう原因からこう, いう原始味が今日, いう原始的な巨大, いう原子ですか, いうめしい陽明学者, いう厳重なしまり, いう参右衛門もここ, いう友情のない, いう友達も少く, いう民主性に, いう反撃ばかりを常に, いう反映をもった, いう叔母さんの舌, いう取り調べがあったら, いう取り返しのつかぬ, いう受信音に耳, いう叙事詩を有, いう叡智のお方, いう口前の好い, いう口惜しさであろう, いう口癖であった, いう歌の, いう古典的なるもの, いう古狸というの, いうでした, いうが下, いう可哀そうな畜生ども, いう可愛そうな, いう可愛らしい小娘だろう, いう史家の嘆声, いう右座談会での私, いう号令であった, いう司馬懿のほか人, いう各種の職業婦人, いう合図であった, いう吉平自身である, いう吉日だろう, いう同一性とは異, いう同情的な颱風, いう名ばかりお直参, いう名人に限っ, いう名刀はあんまり, いう名士の名, いう名家を分派, いう名所として歌, いう名手でしょう, いう名目でです, いう名誉なこと, いう名門の一つ, いう含み笑いと, いう含蓄ゆたかな時, いう吹雪であります, いう呉服物その他禁制品の阿片, いう呉虹汀に因んだ, いう呉青秀の風釆, いうの文化, いう周瑜の妻, いう呪わしいことだろう, いうをつよく, いうりごえ, いう呼び声を聞いた, いう命知らずの骨っぽい, いうの連続, いう和尚さんでしょう, いう和算家一般の弱点, いう品物を手, いう一つの, いう商売人どんなに平気, いう商社を結び, いう問いだろう, いう善悪の基準, いう善良さこそ不遜, いう喊声が聞え, いう喜怒哀楽の諸, いう喰物店は実物, いうを聞い, いう嘆かわしいことでしょう, いうやむをえるに, いう嘘ひそかにいわれ, いう噂ゆえ百姓達が殺気立っ, いうを好ん, いう器具を使用, いう嚊大明神の家庭, いう囈口でも聞い, いう囚人の腸, いう回顧録も何ん, いう因循だろう, いう団子になっ, いう団栗なるもの, いう図々しさ, いう図太さが, いう固形体のもの, いう国ベツレヘムいうところ, いう国宝級の名作, いう国家とは最高, いう国際的なテーマ, いう土佐で太布, いう土蔵づくりに間違え, いう土蔵造りを建てよ, いう地主が羨ましい羨ましい, いう地口が有った, いう地味らしい娘さん, いう地獄が却って, いう地響きがした, いう坊さんが説い, いう坊主の作, いう垂直的関係と平面的関係, いう埋木に終るべき, いう埴輪の人形, いう執念深い姉だろう, いう執拗い奴, いう基督は有らゆる, いう堅気の叔母さん, いう堕落とか罪悪, いう報酬を受けない, いう場合それが何, いう場合ジャパンをやめ, いう場合戦乱の世, いう場合斯様いう人, いう場合画面から来る, いう場合私の心, いう場合糞落ちつきに落ちつい, いう場合絶望から虚無的, いう場合自分の心, いう場外れな回想, いうの中, いうに就い, いうに耳, いう壮大な眺め, いう壮大さでしょう, いう壮年青年の男, いう壮快なながめでしょう, いう壮烈なこと, いう壮絶なものすごい, いう壮美な活景, いう声々にも上方, いう声がら容貌もそれ, いう声そのものからし, いう変りかたであろう, いう変わり者は何, いう変人だから, いう変死をなされる, いう変質の瓜, いうの炉, いう外人が海, いう外国人の名前, いう外地向きの映画, いう外界の別名, いう計代の, いう多士済々たるもの, いう夜の目も寝ない, いう夜伽東京でいえ, いう夜鳥は早晩高野山上, いう夥しい数であろう, いう大いなる展望であり, いう大がかりな盗賊団, いう大きさだろう, いう大ざっぱで昔風, いう大人もいない, いう大会をやった, いう大佐から感状, いう大勢の観客, いう大名のあった, いう大名以上の監督者, いう大和の田原, いう大和河内あたりの同胞, いう大声にも息, いう大変な間違い, いう大学でやった, いう大屋さんであった, いう大層な物, いう大抵ごくステロタイプ的, いう大智とは大きい, いう大洞山は椹谷, いう大発見であろう, いう大罪を犯した, いう大義名分を引ッ, いう大胆さだろう, いう大胆不敵傍若無人の怪物, いう大胆不敵明智探偵に化けた, いう大胆不敵警官隊が劇場, いう大胆不敵賊はまだ, いう大衆の批評, いう大衆小説をかい, いう大袈裟な電気計器, いう大運に近付い, いう大部屋という感じ, いう大金だろう, いう大阪でも有名, いう大隊本部の命令, いう大黒屋の名前, いう天井を衝い, いう天使は西洋式, いう天啓とでもいう, いう天才でありますか, いう天気であった, いう天然の護身, いう天狗とする, いう天王寺鴉が何万, いう天質の成長, いう太平洋に面した, いう太平洋沿岸方面の常州水戸, いう太陽の光, いう夫婦だから, いう夫子やら俺, いう奇々怪々のでき, いう奇しき対面であろう, いう奇人で儲ける, いう奇態な業, いう奇術好きなやつ, いう奇襲のおどかし, いう奇観人造人間は吾, いう奇言をお, いう奇蹟が続々, いう奇蹟秋の末, いう奢侈優雅な生活, いう奥さんなら大谷, いう奥州の和淵神社, いう奩ハ字音レン鏡匣である, いう女たちのこと, いう女ばくちのいんちき師がある, いう女中一人だそう, いう女中衆はこんな, いう女人が奥山, いう女傑なんで, いう女優のところ, いう女共が泣く, いう女医が住ん, いう女彫刻家はあり, いう女給やその, いう好い役者を, いう好事家がある, いう好人物だからな, いう如意の剣鋩, いう妖巫や邪視, いう妙テコリンの服装, いう妙味のある, いう妙音でなければ, いう姑たちへの気がね, いう姑根性をかなり, いう委員会とか何, いう姜維は身, いう姿で眠っ, いう姿勢やこういう, いう威し文句を送る, いう威勢の好い, いう娘さん達のワン・オブ・ゼム, いう娯しみはいつか, いう娼婦の情け, いう婦人科の医者, いう婦人雑誌に, いう嫡孫承祖, いう嬢さんと結婚, いう子どもだったの, いう子安貝すなわち海巴, いう子細もない, いう子葉で元来二片, いう孕環の兎, いう孤独なもの, いう学会の雑誌, いう学問は学術上, いう学校へ入った, いう学派の歌人, いう宇賀の神, いう安らかさだろう, いう安らけささえ感じられる, いう安倍能成君らであります, いう安全で便利, いう完備花をなし, いう完全にからだ, いう宗参の眉, いう宗教家こそかえって, いう宗旨の信者, いう宗易をはじめ, いう官兵衛なん, いう官兵衛左様に早く, いう官名が行われた, いう官吏という言葉, いう官職に就かれ, いう実にどうも不届きだ, いう実験室はそこ, いう実験道具とやらがどっさり, いう客観的態度のみをとる, いう宣告を下しました, いう家内の言, いう家内ゆえ叔母一人の機, いう家屋の新築費, いう家庭生活がある, いう家族から全くどうして, いう家柄の中, いう家賃とはこの, いう容子も見えなかった, いう容易なこと, いう宿命でしょう, いう寂莫だの蕭森, いう寄せ集めの人種, いう寅吉の談話筆記, いう密度でずーっと, いう密貿易品のこと, いう富豪の医学士, いう寒い空の, いう寝台であろう, いう寸法ならさし当り, いう寺院か知らない, いう対手にみな, いう寿司らしい寿司, いう射撃の名人, いう尊氏に, いう尋常らしい跫音, いう小伝馬町の富田さん, いう小倅のこと, いう小児の言葉, いう小半の姿, いう小四郎よう導いて, いう小太郎の微か, いう小学の先生, いう小学卒業程度でもつとまる, いう小山の, いう小次郎の顔, いう小沢が左手, いう小生のもの, いう小癪らしい可愛げ, いう小説家或は画家, いう小谷禄行の教え, いう小間使である, いう小間切れ仕事だけになっ, いう小鳥の総称, いう少女と遊べたら, いう尚武のふう, いう尺八を好く, いうをヒンマク, いう尾鰭が多少, いうが一人位, いう山国の人民, いう山彦に伝わる, いう山田の案山子, いう山男のこと, いう山羊の仙人, いうはずっと, いう岩壁の狭間, いうの女, いう島田左京の顔, いう峻坂を鉄鎖, いう崇高な力, いうへ行こう, いう川筋また隅田川沿岸, いう川魚を掬っ, いう工場かせぎも, いう工藝である, いう巧妙な操作, いう巨獣が時, いう巨石運搬についての詳しい, いう巫女のこと, いうの風説, いう常世郷と同じ, いう幇間か成, いう干菓子というもの, いう平四郎に吩咐, いう平等の権利, いう平等さだ, いう年ごろになっ, いう年増の職業婦人, いう年寄達であるが, いう年魚の季節, いう幸いだろう, いう幸福者だ, いう幹線で浅草, いう幻術というもの, いう幼稚なこと, いう幽かな物音, いう幽霊というもの, いう幽霊火なるもの, いう幽霊藻はまったく, いう広大さがない, いう底なしの壺, いう底ぬけの自信, いう店子運がよかっ, いう度びに高まっ, いう度胸のある, いう度胸ッぷしのあるやつは一人だっていやしません, いう座敷牢の中, いう庭木とは全く, いう廊下を歩, いう弁当箱とはいったい, いう弁才は非常, いう弁次郎幸村の言, いう弁理士に頼ん, いう弁解をし, いう弓削田宮内じゃお歴々, いう引っ込思案の, いう引例の多い, いう引合いに出され, いう弟淳造を忘れ, いう弥次馬をおしわけ, いう弱虫蛆虫米喰虫泣虫血吸虫雪隠虫屁放虫, いう張遼であるが, いう強力なん, いう強壮な体格, いう強彩な色彩, いう強情なやつ, いう強情ヒネクレモノ可愛げのない, いう強気に過ぎまい, いう強烈な痙攣, いう当世向きの名前, いう形容詞であること, いう形式で惨劇, いう形式主義的な合理主義, いう形成説は存在, いうが薄かっ, いう影響がある, いうじゃありません, いう役者衆と一つ座敷, いう彼らでありました, いう彼女の頑張, いう彼等の鋭い, いう待ちどおしい, いう待合同業の家, いう待味方の陣備え, いう待遇をした, いうから兄, いう後ろ備えはあった, いう後成的の湖水, いう後方からの飛報, いう徐庶が魏, いう従僕たちを遠ざけ, いう御子ですから, いう御定連は, いう御家人の娘, いう御幸運じゃそれ, いう御殿医にまでお, いう御用商人で奉行辺, いう御身分も財産, いう笑いが, いう微かな, いう微妙な立場, いう微生物を喰い, いう微笑を湛える, いう徹底した痛快, いう心もちになってる, いう心持ちでいた, いう心掛けはなかなか, いう心理見世物がきまって, いう心理遺伝のあらわれ, いう心空身虚刹那に足, いう心算ではない, いう心霊関係の遺伝, いう必死とか覚悟, いう必然さ, いう忌まわしい品物でございましょう, いう忌わしきまた恐ろしい, いう忍びの歩行稲妻, いう忠弘の言葉, いうの入った, いう念人と同じ, いう念仏にも済まぬ, いう怒り肩で漢語, いう怜俐な方, いう怜悧な民衆, いう思いがけなさであろう, いう思いの外なれば, いう思わせ振りな懦弱, いう思念と, いう思惑がある, いうな坂路, いう急激な改革, いう性根の児, いうものは, いう怪しからん奴だ, いう怪力であろう老人, いう怪塔王の仕業, いう怪奇僕にはちょっと, いう怪態な老兵学者, いう怪物的な大, いうというもの, いう恋愛詩人趣味の唱合戦, いう恋歌を御存じ, いう恋煩いのたぐい, いう恐いもの見た, いう恐ろしさだろう, いう恐ろしく気取ったの, いう恐怖に肌, いう恐水病あの狂犬病, いうっ掻きだ, いう恥さらしだ, いう恥知らずだから, いうは恩, いう息使い蹄の焼かれる, いう息子のする, いう恰好で二人, いう悟りを開いた, いう患者を置い, いう悧好な人, いう悩みの途, いう悪がしこいやつに, いう悪人だつた, いう悪口とは反対, いう悪女の深情け, いう悪漢を怖, いう悪知恵のはたらく, いう悪者の仕業, いう悪風に染み, いう悪魔に魅入られた, いう悪魔的な復讐, いう悲願であろう, いう情勢を齎し, いう情感では受けられなかった, いう情操という言葉, いう情景とはまるで, いう情熱へのまけ, いう情痴気分がいや, いうは元来漢音, いうれか, いう惨いこと, いう惨状だまったく, いう想像の限外, いうである, いう意向だし, いう意図的に小説, いう意気地なしが, いう意義の有無, いうだろう, いう愚弄いや御前, いう愛娘がある, いう愛嬌者として知られ, いう愛子の声, いう愛想尽しを, いう愛慾即是道, いうを正直, いう感じかたがどうこう, いう感じ真っ先に来まし, いう感嘆詞ばかりで答え, いう感心な人, いう感情が変っ, いう感情表現をし, いう感銘を与える, いう態勢を整えた, いう慢性の神経, いう慢性病のこと, いう慰めだろう, いう懐疑は私, いう懸念が起っ, いう懸案が同門, いう懺悔を断り, いう成り行きになる, いう成功とは二号, いう成句がある, いう我々に十全, いう我儘な手数, いう戦争がおこった, いう戦闘の遺留品, いう戯曲に仕立てた, いう所危い技巧, いう所謂国際連盟委員がドヤドヤ, いう所謂暗示にブツカル, いう手前勝手な親, いう手品使いでしょう, いう手掛りもなく, いう手段を教え, いう手製建築法のさい, いう手足小さく背, いう手踊りの舞台, いう手違いでしょう, いう才能のある, いう扱いをうける, いう批評をよまれる, いう技巧は忘れない, いう技法を取った, いう抒情的な一葉, いう投書をのせなけれ, いう投書雑誌の愛読者通信欄, いう抜き面の一手, いう抜目のな, いう押し出しでひよひよ, いう抽象は普通, いう拙劣な砲手ども揃い, いう拷問ではない, いう拷問杖でその, いう持久性神経瓦斯の効果, いう指令を出した, いう指物師も処刑, いう按配になっ, いう挑発的文字をもっ, いう挙動エする, いう振舞をした, いう掘り出しものがいる, いう掛合いまんざいとは, いうを破っ, いう推量である, いう提案がされる, いう提議をした, いう援護をうけ, いう揺籃の歌, いう損失をこうむっ, いう撫肩でありさし肩, いう擬人法で書いた, いう支度である, いう放埒者にここ, いう放縦な日常, いう放蕩のはじまり, いう政党だか, いう政治の上, いう政治家らしい空々し, いう政治家国学者にとかく, いう故此方は修行者, いう故郷はありません, いう敏感なこと, いう敏捷な女, いう教えじゃ元, いう教育を授け, いう教養も話題, いう数理的な配合, いう文化施設はあっ, いう文句付きでエタ頭, いう文士御専用, いう文学士の, いう文学語を用いる, いう文明年間の大, いう文盲率の高かっ, いう文聘の話, いう文芸からは片鱗, いう斎藤父子でも江戸, いう料理屋あれへんかしらん, いう斬込み方をする, いう新しいわかり易いものの, いう新たな広, いう新京極一帯の地, いう新来の客人たち, いうは道づれ, いう旅人もそれで, いう旅店に投じた, いう旅籠の二階, いう旅職人がずい分, いう旅行に堪える, いう旅行者にとっては取る, いう旋風的突然の, いう日吉のことば, いう日夜の宴飲, いう日常性と違った, いう日常語だった, いう日暮しの人々, いう日本アルプス系の大, いう日本人は冬, いう日本橋川の一支, いう日本画には空気, いう日本精神はびく, いう日本美に溢れ, いう日柿丘は博士, いう日根野備中の声, いう日独テイケイ映画をつくった, いう日苦悩を重ねた, いう日記を書きたくなった, いう旧劇にちょっと, いうさでしょう, いう早熟な子, いうかるいこと, いう明るい明るい陽の, いう明るい眩しいものさえ, いう明智健一も綾子, いう昔当所山中の処, いう映画をお, いう映画女優などがよく, いう映画筋だけなり, いう春景色も過去, いう昨夜から気, いう是非の心, いう時あれへんで, いう時そこに時, いう時それが意識面的形成的, いう時ウイスキーの瓶, いう時カントは実は, いう時世に生まれ合わせた, いう時人は我々, いう時代物の小説, いう時代遅れな代物, いう時分には耳たぶ, いう時勢である, いう時右にいった如く, いう時幽かなシユブタ, いう時思惟されるもの, いう時期のああ, いう時機に達し, いう時現在が現在自身, いう時私に渡された, いう時過去は既に, いう時ASが僕, いうを司る, いうが可, いう普通のあすなろ, いう普遍的なるもの, いう景気商売が多い, いう景観であろう, いう智恵が出なかった, いう智慧のない, いう智的生活を習性的生活, いう智識を訪うたら, いうさだずら, いう暴言ぶりである, いう曖昧至極なもの, いう曠世の大猛, いうを吹く, いう曲折せる語, いう書証文だ, いう書類の綴込み, いう曹休も名誉, いう最良の利益, いう月並なところ, いう有能さであろう, いう有閑婦人の客間, いう朗らかな晩, いう望みは起らなかった, いう木の実であろう, いう木偶の坊を祭り上げ, いう木喰五行上人のこと, いう木念人だろう因業, いう木立の蔭, いう木造りの形, いうの娘, いう末那識の境, いう本当に生意気だ, いう本来の意味, いう本気にはなれなかった, いう本質的空間とはこうした, いう札差が十八軒, いう朱桓だ, いうにあらず, いう杓子面で人なみ以上, いう杜漏な商売, いう公然同様, いう条下を繰る, いう条仮初にも老中, いう東京湾のこと, いう東国にもヨメ, いう東方朔漢の武帝, いう東海の黄公少時幻, いう松本の叔父, いう松葉がれい, いう枯れ枝の音, いうも実は, いう柔和な人間, いう柳沼という湖, いう柴草がそこ, いう栄三郎もチト, いう栄養論者の説, いう栗鼠は獣中, いう根太の大きな, いう根強さでしょう, いう根性やさかい, いう根本的の誤解, いう根深は風味, いう格好でおれ, いう桂馬の高飛び, いう桐油彩色など, いうの薪, いうの中, いうはあかめ, いう斬りとも, いう梯子という酒癖, いう梯子段を下, いうを山朸, いうの木, いう楊大将の意見, いうの声, いう極楽の意味, いう極秘の旅行, いう楽観状態が再び, いう構図は洋画, いう構想力の論理, いうはいろんな, いう標題を掲げます, いう横柄なお客, いうか, いう樹木の根, いう樺色花のユリ, いうの灯, いう機械的な働き, いう檀家もなし, いうである, いう歌声が出, いう歌詞がございます, いう歌題が勅撰集, いう歓喜の状況, いう歓声のうち, いう悟に, いう正座に等しい, いう正月の火祭, いう正直いちずでしかも, いう正真正銘のユウガオ, いう正義とは何, いう此家に出入, いう此小識はショウシ, いう此方も太い, いう武官職名もあり, いう武将というもの, いう武弁一方の貧乏藩, いう武蔵も実は, いうの根, いう歯医者を探し, いう歯車のきしる, いう歴史的事実を記録, いうにざま, いう死様をした, いう死神が取着いた, いう残忍な微笑, いう残忍非道を行なっ, いう残念なこと, いう殷賑なそして, いう殺人事件は手口, いう殺伐な思い, いう殿下御自身, いう殿様に限っ, いう毅然とした, いう母娘づれの狂人, いう母御へむかっ, いう母性中心説である, いう毎々なことば, いう毎晩来る女, いう毒茸の連中, いう毘呵羅寺に神竜, いうがねえで困った, いう毛唐流の武士道, いう毛谷主水の一万八千人, いうより育ち, いう氏族の末流, いう民族主義の目的, いう民衆の態度, いう気いがある, いう気さくなん, いう気勢の徳川勢, いう気品の高い, いう気持ちのいい, いう気持一つに成りきっ, いう気楽な人, いう気狂いになられた, いう気紛れな人, いう気違いなん, いう気配がし, いう気風にある, いう水こぼし正月の他, いう水交社への出入, いう水戸っぽで, いう水木の声, いう水鬼であったこと, いう氷小豆だ, いうを鼻, いうない男, いう江戸の勘定役人, いう江戸っ子というの, いう江戸ッ子の本場, いう江戸名代の泥棒さん, いう江戸座の発句, いう決着を敢, いう沈着であろう, いう沈黙の方, いう沈黙生活の中, いうの時雨, いう河原の方, いう法師らが説, いう法悦をわたし, いう泣きッ面に蜂, いう注連縄のこと, いう泰造のこころもち, いう泳ぎ方の出来る, いう洪水が流れる, いうは川, いう活動は外的活動, いう活気はこの, いうがある, いう流しの泥棒, いう流派の絵, いう浅い傷であっ, いう浅はかなひとり, いう浅瀬にかえり, いう浅草育ちの一座, いう浪人者が南番所, いう浪人衆は一人, いう浮世絵と見, いう浮川竹の流れ, いう浮気な文学少年, いう浮薄な女ども, いう海水浴場で午後, いう消極的な方法, いう涼しい殿御ぶりであろう, いう淀み果てた生活, いう淀君他の一人, いう深いあさましい骨肉の, いう深い青さでしょう, いう清い食欲生の, いう清元の師匠, いう清姫様の帯, いう清川が手, いう清朝人の書幅, いう清水飲み分けの, いう渡り祐筆の給金, いう渡仙は梟雄, いう温泉宿があっ, いう温順しいの, いう渾名や, いう湯女だっけ, いう満山皆猴, いう準拠法というの, いうの近所, いうとは苦, いう滑車のついた, いう滞在地であろう, いう漁場の事務所, いう漁樵耕牧の四, いうかなといぶかった, いう漢名糠栗に基づい, いう漢字を充用, いう漫然たる恵比寿ぎれのようなものは雲の, いう漱石は, いう漸次概念の一つ, いう潔く諦めよい, いう潔らかさだろう, いう潤いにみちた, いう激烈さ残酷さあらわな受難, いう濃い珠の, いう瀬戸物町で高麗橋通り, いうと爆弾, いう火山の外, いう火蛇はギアナ, いう火鉢は余計, いう災火起るなり, いう災難であろう, いう炭火の上, いう点行頻りなりと, いう烏帽子貝と出, いう焚き落しの部分, いう無分別でございましょう, いう無垢な処女, いう無定形の霜, いう無恥であろうか, いう無慈悲無情なお, いう無様な, いう無法者があなた様, いう無益な喧騒, いう無礼狂暴の仕草, いう無調法でしょう, いう無邪気な若い, いう無関心なかなしい, いう無類な完全, いう焦点であれ, いう焦躁だろう, いう煙だらけな山岳鉄道, いう煩わしいことかと, いう熟字あり, いう熟語があった, いう熱い奴を, いう熱心な勧め方, いう熱情の乏し, いう爆弾でいろいろ, いう爆発を示した, いういさんが, いう爽快なこと, いうは何, いう片手でお, いう牙歯山が往時, いう牛肉屋へ案内, いう牛骨私とそれ, いう物質の範疇, いう物質的や精神的, いう特別のガラス, いう特徴の一端, いう特種の悲惨, いう牽牛星すなわち彦星, いう犠牲者である, いう犬公方がそれ, いう犬神ではお, いう状勢にある, いう狂拝家に逢っ, いう狂気以上の妄想, いう狂言だ, いうに魅まれ, いう狐憑きのたぐい, いう独断からであった, いう独裁者は人類, いう独語のあと, いう猛烈な破壊, いう猛然たる生気, いうを被る, いう猫柳春さき銀色の柔, いう猫背の老人, いう太王国恢復の, いうや鳥, いう獣的という言葉, いう玄蕃允でない, いう玄関前を持ち, いうなしという, いう王政維新の成敗, いう王様のよう, いう珍劇を演じた, いう珍品もある, いう珍植物多きを, いう現代社会の所謂常識, いう現在とは秩序, いう現場不在証明をチャン, いう現実の苦, いうもわからず, いう理智的なもの, いう理法探究の形, いう理論に決して, いう理髪屋の爺さん, いうの空, いう環境の深い, いう甘い刺戟に, いう甘ったるい渦巻型の, いう甚だ空虚な, いう甚内様の社, いう甚内様永護様という変態, いう生きのいい, いう生き生きとした, いう生ぬるいだらしの, いう生れの人, いう生彩のない, いう生易しいもので, いう生時の衣服, いう生活それ全体を背負っ, いう生活力の豊富さ, いう生活方法もあり得る, いう生活的な人柄, いう生活過程をもっ, いう生涯も閑静, いう生物が棲息, いう生物活動をした, いう生理だったから, いう生産的能動も技術, いう生臭でありましたろう, いう生菓子をなんと, いう産女の霊, いう用意周到な計画, いう田代さんがいい, いう田原藤太が百足, いう田川の態度, いう田舎なの, いう田舎寺の坊主, いう由子自身の方, いう甲斐性なしだ, いう男八つ裂きにし, いう男冥利一同こころひそかに弓矢八幡, いう男性彷徨の後今日, いう町家の女, いう画塾の研究会, いう画家の手, いう画材にもとめ, いう俗人は, いう異国情調的な香, いう異常な場合, いう異様な死体, いう異状な恋愛, いう異相というもの, いう畳十ひら, いう畸形にお目にかかる, いう疑いがまず, いう疑問だった, いう疲労だったろう, いう病名がつく, いう病症であるかも, いう病的なもの, いう病的表現と一所, いう症状をあらわす, いう痛々しい種類の, いう痛恨を哀れ, いう瘠我慢なれども, いうに触る, いう発句を書い, いう発議が出た, いうさでしょう, いう白子即ち雄魚, いう白川郷でし, いう白痴め帰れ, いう白粉のはいった, いう白頭の翁, いう百ヒロで鶏, いう百両から五十両, いう百日目があたかも, いう婦人の, いう皇子だから, いう皮肉イサベラ様は生涯孫兵衛, いう皮膚病だか, いう盗人一件などはむろん, いう盗児じゃろう, いう盗賊である, いう盗難がある, いう盛大なこの, いう監督の作品, いう目付をなさいます, いう目新しい事実であろう, いう相当の家庭, いう相良寛十郎はわたし, いう相違が生じた, いうに日本女性, いう真偽はわからぬ, いう真剣なそして, いう真剣さに溢れた, いう真情が, いう真意の通じる, いう真青な顔, いう真面目な人, いう眩暈と戦慄, いう眺めのよい, いう瞬刻のサスペンス, いう瞬間である, いうであった, いう矢先にこんな, いう知らせが江岸, いう知恵のない, いう知死期のうめき, いう知識の堆積, いう短い瞬間に, いう石女の類, いう石楠花に似た, いう石造の感じ, いう砂利小砂利, いう砂糖は実在, いう砂胆です, いう研究科目を世界中, いう破壊的な民族, いう破格な聞えは, いう硬い角状の, いう確かな線, いう確信のな, いう磊落とはいかなる, いう磯五の声, いう社会事相を進捗, いう社会生活の習俗, いう社会的の生命, いう神々しさだろう, いう神主様だと, いう神代的遺物は当節, いう神力とは何, いう神子の乙女, いう神田鍋町の御用聞, いう神秘な夜, いう神経痛のよう, いう神聖な人物, いう神話として解釈, いう神隠しというもの, いう神韻を伝えた, いう禅宗の坊さん, いう禅師だった, いうの根, いう禰衡を称する, いう秀才がおり, いう私学のもの, いう私立探偵ちゅう奴, いう科学性の低い, いう科学界の大きな, いう科学的発見発明の当初, いう科白だ, いう稀少性は先, いうさ, いう種族の土人, いう稼働者の態度, いう探しの, いう空中のギャング, いう空想を描いた, いう空想的な文章論, いう空襲警報のサイレン, いう突飛な作り話, いうした描き方, いう立札は一周年, いう竜まきなるもの, いう竜次郎より他, いう竜王のこと, いう童子の腐った, いう童話とは多少, いうを煮る, いう笑い声が聞えます, いう笑声や喝采, いう笛吹きの名人ちょうどここ, いう筋合ではない, いう筋合いのもの, いう筋目はない, いう筑前か, いう筑前宗像郡海辺の地, いう答えをした, いう箪笥で田舎, いうのごとく, いうで虐待, いう範囲は大きい, いう築山殿事件が起こっ, いうにし, いう簡潔な文章, いう米櫃の中, いう粟沢あたりへ越す, いう精巧な電気人間, いう精巧品であろう本物, いう精神病がこの, いう精鋭な理論, いう糸垂柳のごとき, いう紀州の事件, いう紅い美しい色だろう, いう紅蓮という語, いう紅蓮峰であろうし, いう納豆の拵え方, いう純情な眼, いう純朴さで愛し, いう純粋な手製本, いう純粋持続に於ける, いう素子の楽観, いう素敵な一日, いう素早さであろう, いう細い消え入るよう, いう細工をなさる, いう経験は一度, いう結婚とは妻, いう結末になった, いう結果になった, いう結核か何, いう結構なコーカサス, いう給料は従来, いう絵空ごとだ, いう絶世の美人, いう絶体絶命の思想, いう絶対は相対, いう絶滅に導いた, いう継母根性などと云う, いう綺麗なの, いう緊張した一, いう総体的生活とか総括的存在, いう総領の甚六的, いう緩慢な雑沓, いうが切れ, いう縮地の法, いう罪悪という意味, いうも利生, いう羅紗問屋あること, いうの毛, いう羊群の焼印, いう美わしい日, いう美人の同情, いう美人型の面長, いう美声とも少し, いう美女をこの, いう美妙な美しい, いう美姫も出, いう美男でいらっしゃるの, いう美術家とはいろいろ, いう羞恥み屋, いう羞恥心を捨て, いうやむべき境地, いう羨ましい体格を, いう義元をたしなめ, いう義助も唯, いう義勇隊に比べれ, いう義平太も三友, いう義胆の者, いう羽子の音, いう羽根を震動, いう羽目になっ, いう老女などもこの, いう老婆だ, いうを起した, いう考えかたになった, いう考え方や言い方, いう者たちを見返し, いう耳よりな話, いう耶蘇徒は聖母, いうい子, いう聖フランシスと聖クララ, いう聖地も処女, いう聘金が今, いう聯檐家屋を描写, いう職業婦人である, いうの老爺, いう肉感性のからんだ, いう肌合な気象, いう肘鉄を食わせた, いうか, いうのこらない作品, いう肩ずれに雪, いうの高い, いう背景の前, いう胎内教育のこと, いうもすく, いう能力に自信, いう能楽の前身, いう脅迫状を送り, いう脆弱い遊女の, いうに落ちない, いう腑甲斐ない私, いうを折っ, いう腰抜蠅が沢山, いう腹立ちだったの, いう臆面のない, いう臣孔明が手, いう臥薪嘗胆とか一念没頭, いう自伝ではない, いう自動車に打ち乗っ, いう自己がなけれ, いう自己心酔だろう, いう自我は決して, いう自治制のうま味, いう自滅とは畢竟, いう自然力を人間, いう致命的な偶然, いう舌なめずりがある, いう舞台の仕掛けもの, いう舞妓はんどす, いう般若の智慧, いうでも仕立てよう, いう良人は持ちません, いう良心の錯覚, いう良正の家来, いう良知人の人, いう良臣はみな獄, いう色気の付く, いうっぽいくせ, いう芝居小屋の前, いう花魁の揚げ, いう芸名なん, いう芸妓が誰, いう芸妓上りの女, いう芸当はお, いう芸者などには似合わぬ, いう芸者屋の娘分, いう芸術家でもない, いうぃづぎあったんだがなああ, いう若々しいしかしいくらか, いう若い美しい女を, いう若衆顔のたぐい, いうはどこ, いう苦い絶望した, いう苦しみを人知れず, いう苦悩ぞ, いう苦行生活は到底, いう英材をこんな, いう英語がわからない, いう英語学校へ入っ, いう英雄ではない, いう英雄的なしかも, いうの芽, いう茘枝と我々, いう茶の子と同様, いう茶の湯は文化, いう茶室風の画室, いう茶家の指導, いう茶碗が出来た, いう茶腹が張った, いうがある, いう草履のおと, いう荒々しさ, いう荒い音が, いう荒い凄まじい景色は, いう荒っぽいところが, いう荒涼たる風景は, いう荒磯はいくら, いう莫迦げた大砲を向け, いう莫迦力くそ力とも申す, いう菖蒲湯その他のお, いう菩薩行でありかつ, いうに恥, いう華やかな機会, いう華客場であったので, いう附いた境地, いう落伍者地帯には常に, いう落語だったか, いうの大きい, いう葉っぱっての, いう葉子にはひどく, いう著者には人間, いう葛屋葺きの, いう蒋幹がご, いう蒐集は案外, いう蒐集家がどこ, いう蒸し暑さでしょう, いう蓮葉なこと, いう蔑視から資本家, いう蕪村集を得来, いう尾花の, いう薄気味悪い一致だろう, いう薫草零陵香を指す, いう薬湯がいい, いう藤代町の安宿, いう藤堂駿平の方, いう藪蛇の一件, いうはその, いう虎の巻らしいもの, いう虚しい美であろう, いう虚栄心まである, いう虫けらは食わん, いうにうつ, いうの道, いう蛇神の血統, いう蛮カラ的の事, いう蛮人の酋長, いう蝙蝠岳は西, いうだか, いう蟹甲良が黄色, いうが人間, いう蠅共を退治, いう蠱惑的な線, いうの色, いう血の池なるもの, いう血まつりなどはもってのほか, いう血塊というやつ, いう血気な平八郎忠勝, いう血気盛んな諸, いう血饅頭はどんな, いう行列が今夜, いう行動的なもの, いう行燈建で上下とも, いう術者にも成れた, いう衝動もサヨ, いう表白の心理的原因, いうのこと, いう袂落しの煙草入れ, いう袈裟を掛け, いう裁判医をお, いう裏梯子を踏ん, いう製本された原稿, いう襟飾りを着ける, いう西山はあらかた, いう西方相撲の仕切りぐあいを, いう西洋薬をとる, いう西洋風の野菜, いう西班牙の無, いう西瓜売り風情, いう西田さんの顔, いう西穂高岳へ出る, いう覇気将軍の面前老中, いうっともない, いう見ぐるしいお心根, いう見事さそれこそ本朝, いう見出しがつい, いう見当それが裳, いう見当違いなこと, いう見物が大, いう見目よい男, いう見窄らしくも, いう見附や城門, いう規則正しい音が, いう規律なんという, いう覚醒の願望, いう親分はんがいや, いう親子の因縁, いう親方が火元, いう解釈を下し, いうは一度位, いう言い伝えにちなみまし, いう言い渡しで総勢二十四, いう言回しをする, いう言葉つき顔形目の中, いう言行一致をする, いう計略やない, いう訊問法をとつ, いうがある, いう記者は君, いう記録さえ珍, いう訛り言葉を聴かされる, いう訣別をした, いう訪問の効果, いう許攸がいなかったら, いう訳だい巡礼に成っ, いう訳合があった, いう訴えはどこ, いう註解本によって研究, いう証人というの, いう証拠もない, いう証言もあまり, いうがない, いう試みのあと, いう詩人なんて連中, いう詩集を愛読, いう詫言だった, いう話しかたをした, いう話なぞはまるで, いう話頭の変り方, いう話題の中, いうえむき, いう認定裁判で江戸時代, いう語調の少し, いう誤差の方則, いう誤解そのものが生活, いう説明による, いう説明そのものさえ有益, いう読書力がありたい, いうはばからずそのまま, いう調の味, いう談合が円陣, いうさえ出る, いう諜者のよう, いう謙遜な言葉, いう講義の意味, いう謝罪の立証, いう識見抱負を持った, いう警句という種類, いう警察官です, いう警笛のよう, いうであった, いう議員が今日, いうもある, いう谷川の音, いう豆僧だなと, いう豊かな未来, いう豊富さでしょうなんと, いう豪傑だろう, いう豪奢な心細, いう豪快な散歩, いう豪胆さなんという, いう豪華な庭, いう貞時はもはや, いう負い目がある, いう負けて勝つ, いう負担であろうか, いうの盗み, いう貧しさであろう, いう貧富というの, いう貴族の手, いう買いものの苦労, いう自動車と, いうに度々, いう賊徒であり反対党, いう賑々しい人だろう, いう賢母じゃ, いうが晩成, いう贋金遣いという男, いう赤い明るい光だろう, いう赤絵とやらで, いう走りの金, いう越前家の本系, いう趙雲の晩節, いう趣意でこの, いう足ケンケンの上手, いう足袋はい, いう足音とともに嬉し, いう跳躍の方向, いうの軽い, いう身体を鍛練, いう身売りの沙汰, いう軍事的な意味, いう軍人なら軍人, いう軍令が諸, いう軽便暖炉だ, いう軽卒なこと, いう軽率な基盤, いう軽薄なかれの, いう軽視若くは, いうやかしく, いう辛抱人へ還った, いう辛抱強い敵討であったろう, いう辞令を受け取らず, いうは僻, いう農作組合の肥料, いう農神降りと農神上り, いう辺りの声, いう迂闊な子, いう迂闊さだろう, いう迂闊ものだろうと, いう迄には充分冷静, いう迄の人さ, いう近江の田原, いう迷信がああ, いう剥ぎである, いう退屈でない時間, いうをな, いう逆転だろう, いう途方もない, いう途方トテツもない, いう途端に婆さん, いう通りあれは親分乾分, いう通りきょうは九月, いう通りこっちも死に, いう通りこれアおいらの妹, いう通りさきごろまでは柳生谷, いう通りそこに結構, いう通りそれらの光り, いう通りどこへ行く, いう通りふだんは仲好し, いう通りほんとうにそれ, いう通りカシミールの北部, いう通りナポレオンをどこ, いう通りニッケルめっきの特色, いう通り一種の寂寥, いう通り一種寂寥の感, いう通り丈夫な人, いう通り下手な素人, いう通り世界中の新聞雑誌, いう通り両方の財産, いう通り中では烈しい, いう通り主人と知っ, いう通り乙種のもの, いう通り乱暴至極のもの, いう通り二人の恋愛関係, いう通り五両ばかりの金, いう通り人に知れる, いう通り人世は多数, いう通り今までの笞打, いう通り今夜は八月十二日, いう通り今度の芝居, いう通り以前はどこ, いう通り仮睡から熟睡, いう通り何か是, いう通り何分不如意じゃに依っ, いう通り作者の方, いう通り僕達は盲点, いう通り元の席, いう通り元来が一種, いう通り兄さんはどう, いう通り八千両の金, いう通り八右衞門という荷主, いう通り六兵衛という老人, いう通り千生の家, いう通り南北朝時代に至って, いう通り南米へ行っ, いう通り卯年の生れ, いう通り厳格な人, いう通り叔母は気違い, いう通り吉原土手の色里, いう通り君の手紙, いう通り商人百姓素人衆をもっと, いう通り団十郎も菊五郎, いう通り国家の損失, いう通り地へ這った, いう通り型が違っ, いう通り塚の祟り, いう通り声がよく, いう通り外からわが, いう通り大岡家の菩提寺, いう通り大抵の者, いう通り大正以後二十五年間は殆ど, いう通り奥さんに相続権, いう通り女の癖, いう通り婆が死, いう通り婿ちもん, いう通り家主に届け, いう通り家庭も極めて, いう通り容姿骨柄いかにも立派, いう通り容貌は好し, いう通り寺院に猫, いう通り尋常に玄関, いう通り小泉は暖簾, いう通り小綺麗な男振り, いう通り屋敷はさんざん, いう通り屋敷奉公をやめた, いう通り市商人は碌々, いう通り師匠の御新造, いう通り幕府に養われた, いう通り平凡にし, いう通り幾年という長い, いう通り彼女が果たして, いう通り従軍新聞記者に対する待遇, いう通り戦捷の新年, いう通り手あたり次第にバスケット, いう通り手足が八本, いう通り拠なく兄弟, いう通り拷問を加える, いう通り探偵はえら, いう通り損をし, いう通り支那の空軍, いう通り斎藤弥九郎の門下, いう通り新撰組そのものの組織, いう通り旅の人間, いう通り時刻としてはそんなに, いう通り普通の家, いう通り暮も正月, いう通り村里へ下っ, いう通り来年の三月, いう通り柿の木泥棒のこと, いう通り梅の井, いう通り橋の工事, いう通り武蔵さんはあなた, いう通り死は易き, いう通り母親は私, いう通り毒がある, いう通り気が違った, いう通り水はまだ, いう通り水脈筋からもはずれ, いう通り津田君は大変, いう通り滞在期間が長い, いう通り父親の奴, いう通り犯人が大, いう通り猟犬に同情心, いう通り猫も勿論, いう通り甚く温順, いう通り生涯喧嘩のし, いう通り田山白雲は画家, いう通り男子の戦陣, いう通り町人へ嫁, いう通り疎らに隙, いう通り病気が病気, いう通り盆は目, いう通り真正間違えなしの, いう通り眼病も次第, いう通り石突きをたより, いう通り神前の燈, いう通り私たちはとかく, いう通り組内でもいろいろ, いう通り老人が困窮, いう通り育の字, いう通り背に腹, いう通り自分で自分, いう通り自分みたいなもん夫, いう通り船賃は請負, いう通り茅場町辺の事件, いう通り藤原秀衡とやらを頼っ, いう通り蛇は執念, いう通り血統の甥, いう通り行りましょうねえ, いう通り行燈のある, いう通り裸かも知れない, いう通り親に隠し, いう通り親方は親切, いう通り角太郎は継子, いう通り証拠がない, いう通り話の基調, いう通り話術の妙, いう通り誠意に絆される, いう通り誰もとがめる, いう通り贋物を河内屋, いう通り身を投げた, いう通り身分違いの上, いう通り道庵の力, いう通り金座に器用, いう通り針箱の上, いう通り鉄作とお, いう通り鉤が割り, いう通り長崎の生れ, いう通り関氏の手, いう通り隅田川に身, いう通り隙間を埋める, いう通り隠密は一代, いう通り雪が降れ, いう通り青天白日のこと, いう通り頼家所蔵の舞楽, いう通り饑じい時のまずい, いう通り鷲の上, いう通俗作家のセンス, いう通告に添え, いう通語を生じ, いう遊びは呑気, いう遊びごと大して好き, いう遊女とまるで, いう遊孝の案内, いう遊芸が彼ら, いう運動は今日, いう道具立と一致, いう道士徐というの, いう道教と禅道, いう道服を着, いう道楽者と同じ, いう道路だろう, いう遠い話であろう, いう遠足のこしらえ, いう遠野郷の地大昔, いう遺伝とか性質, いう避難所となった, いう那智を見る, いう邦語と同様, いう邪視を避, いう邪魔があっ, いう邯鄲の夢, いう部下思いの言葉, いう部屋の扉, いう部落がすき, いう都会ふうのことば, いう酒呑みのよう, いう酒屋で兜酒, いう酔いを教え, いう酷い事を, いう怪な, いう重々しい身体だろう, いう重代のたから, いう重忠揃いですから, いう野心を起し, いう野獣派の赤, いう金属でどんな, いう金持の顔, いう金槌の音, いう鉄道は鬼門, いう鉋花であろう, いう鉢高麗雲鶴手鉢その他日本で抹茶碗, いうの音, いう銅版画で一六六八年版, いう鋭い地丸の, いう鋭敏な嗅覚, いうに故障, いう鍔広の花帽子, いう鍛冶屋の機械, いうのよう, いうの部屋, いう長官が居, いう長篇的展開をはじめる, いう長谷川氏の宅, いう門松にも立てる, いうの青眼, いうめきは, いう開業医は余, いうかな趣味, いう間抜けな真似, いう間接的な方法, いう間違いをした, いう間食をアイダグイ, いうの藤川, いう関八州の平野, いう閻魔の斎日, いう闘いなら春生, いう阿呆何という物知らず, いう限りユダヤ的文芸批評を禁止, いう陣容だけを示す, いう陰性でしめっぽい, いう陰惨低劣のまち, いう陰険な悪意, いう陳腐なマンネリズム, いう陳腐至極の考, いう陶工ですか, いう陸地であるか, いう陸生の意味, いう陽気なこと, いうにいた, いう階級全部を背負っ, いう際疾いところ, いう際限もない, いう障子のこと, いう障害が突然, いう隠士だな, いう隠者とでもいう, いうの女, いう隻手の声, いうの夜, いう集会へつれ, いう集団効果をどっち, いうな頭, いう雑仕婦だった, いう雑多な溷濁, いう雑草の花, いうとかのぼり, いう難物があります, いう難解な手懸り, いう雨だれも母親, いう雪志巻のたぐい, いう雰囲気を愛した, いうの形, いう雲長にまかせ, いう雲霞の如く, いう電報を掛ける, いう電文だった, いう電話あってん, いう霊妙な音楽, いう霊岸河岸をでた, いう霊魂が実在, いう霜降りロースに当る, いう露子だったが, いう露骨的の歌, いう青年南郷綾麿は百観音, いう青楼の面影, いう青蛙神だ, いう静かさだろう, いう静粛な人たち, いう非常時に人間, いう面倒なもの, いう面構えは眼鏡, いう面白さと, いう音ゴムの皮膚的, いう音渡の迫門, いう音高調子のひびき, いうがおこった, いう須弥山頂にいる, いう頑固者だもの, いう頓馬だ, いう頗る大らかな, いう頼りのない, いう顔どもなの, いう顔役があります, いう顔立なん, いう顔面表現の動的背景, いう類みな護法善神である, いう類推というの, いう風体のこと, いう風刺は単に, いう風変りな部屋, いう風景とはたして, いう風聞である, いう風説を信じ, いう颱風であったの, いう飛報がはいった, いう飛行将校が夫婦相談, いう飜訳本であった, いう食べ物に当る, いう食合せという事, いう食堂をおき, いう食料品を多量, いう食通はある, いうではなく, いうの始め, いう養子なの, いう餓鬼は後立, いう饗庭の声, いうに西洋鞍, いう馬口労相手の居酒屋, いう馬奉行がいた, いう馬鈴薯の実物, いう馬鹿らしい形容の, いう馬鹿丁寧な返事, いう馬鹿気ている, いう馬鹿野郎だもの, いう馬鹿馬鹿しい事を, いう馴染の外輪山, いう騒々しい彌次満々の, いう騒ぎかたはしまい, いう騒ぎ母はなお, いう騒動を惹き起こした, いう驚愕であろう, いうの折れる, いう骨っぽいとは何, いう高尚な書物, いう高村東雲先生の方, いう高氏も十年らい, いう高等な研究, いう高等動物だろう, いう高等数学的な心理, いう高見順の作品, いうを眺め, いう鬨の声があがった, いうっ児, いう鬼女でござろう, いう鬼火石であること, いう鬼神的女王なの, いう魂神は内, いう魏延が統べ, いう魔性な事, いう魔法の宮殿, いう魔法使いの婆さん, いう魔神らしき怪しい, いう魔術に似た, いう鮑魚神同然にその, いうの滝, いう鳥今の, いう鳶由の声, いうに鵜, いうの名, いう鶯餅のよう, いう鹿爪らしい名前, いう麗わしい夜, いう麗人であろう, いう黄金崇拝を伴, いう黒子が現われてる, いう黒部川上流の大立物, いうはなんと, いうのおと, いう龍造寺主計に遠く