青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あわて あわて~ あん~ あんた~ あんな~ ~あんなに あんなに~ ~あんまり あんまり~ ~い
い~
~いい いい~ ~いいました ~いいます ~いう いう~ ~いうべき いうべき~ ~いえ いえ~

「い~」 86612, 936ppm, 90位

▼ い~ (39298, 45.4%)

392 それが 284 いた 264 それを 247 下さい 205 くれ 151 いる 145 ゐた 139 ゐる 131 ください 115 私は 114 自分の 107 そこに 93 いるの 91 そこから 90 私の 87 それは 86 それに 84 くれれば 78 その上 75 来た 74 見ると 72 くれた, 何か 71 行った 66 その中 65 くれるの, ゐるの 63 來た 61 来て 60 くれと 59 しまった 55 居る, 往った 54 いたが, いて 50 くれると 49 彼の 48 くれたの, 下さいよ 47 來る 46 いると 45 くれたまえ 44 みると 43 くれて 42 これが, これは, そこへ 40 人の 39 居ります 38 くれるよう, 下されば, 見て 37 おくれ, 行く, 行つた 34 ごらんなさい, そのため, もらいたい 33 私が, 非常に 32 おくん, これを, その下, 他の, 居るの, 来る 31 くれる, しまつ, そこには, それには, ゐて, 今は, 何の, 彼は 30 いたの, 彼が 29 くれること, 來て, 行って 28 そこの, 伸子は 27 それから, それで, よかった, ゐると, 歩いて, 眼を 26 いるよう, くれ給え, これも, ゐたの, 見た 25 しかもその, 出て, 居りました 24 何を, 少しも, 目を 23 いいの, そこを, その人, 何も, 私を 22 ゐたが, 下さること, 下さるの, 二人の

21 [11件] いました, いるん, その前, それも, 彼を, 急に, 気が, 物を, 而も, 行きました, 誰も

20 おまけに, 人を, 女の, 居た, 見れば

19 下さいな, 口を, 居ると, 来たの, 頂戴, 顔を

18 きた, くれます, 夜に, 容易に, 私に, 行くと

17 いるうち, ゐるので, 一緒に, 居たの, 手を, 来い, 来るの, 男の

16 [14件] くれい, くれたので, くれよ, しかもそれ, ほかの, やる, やろう, 下の, 人間の, 僕の, 僕は, 居りますが, 歩いた, 黙って

15 ある, くる, その間に, それらの, どうする, ゆく, 妙に, 日本の, 行くの

14 [17件] いるが, くれたこと, くれという, くれるもの, ごらん, すぐに, みた, ゐるやう, 之を, 人に, 今度は, 声を, 家の, 自分が, 自分は, 自分も, 部屋の

13 [19件] あとは, あなたの, いつまでも, いること, くれないか, くれるか, その向う, なんの, やるから, 下さいね, 下すって, 中には, 人が, 何にも, 例の, 平次は, 考えて, 言った, 面白い

12 [21件] きて, くれる人, この人, そこが, そのうち, そのくせ, それの, やった, わたしの, 一つの, 下さると, 下すった, 今の, 土地の, 居て, 帰って, 彼女の, 手に, 次の, 隣の, 静かに

11 [31件] いるという, いるので, いろいろの, くださいよ, くれさえ, くれたら, くれなければ, くれるから, くれるので, しまいました, しまう, しまったの, そのこと, その一つ, それと, ちょうだい, もらって, ゐました, ゐます, 中に, 主人の, 二階の, 何かの, 來ました, 夜は, 或る, 普通の, 私も, 聞いて, 自分を, 足を

10 [42件] いずれも, え, くださる, くれたが, くれました, これに, さすがに, そこは, その奥, その家, その日, その顔, もらいたいの, やろうと, 一人の, 一定の, 中, 中は, 二人が, 二人とも, 二人は, 今度の, 何が, 僕が, 呉れ, 多くの, 奥の, 子供の, 居りましたが, 心の, 気を, 眼の, 私と, 答えた, 自分で, 見せた, 話せ, 話を, 貰いたい, 足の, 頭の, 顔は

9 [46件] い, いいもの, いつもの, いなかった, いろいろな, おいで, おくれよ, くれたか, くれたと, くれたん, くれるん, この家, しまって, その光, その男, そんなこと, だれも, ところどころに, どうかする, どこにも, ふの, またその, もらわなければ, やって, わたしは, ゐるが, ゐること, 一方は, 不意に, 今も, 伸子が, 前に, 前の, 右の, 外から, 家に, 朝から, 気の, 気持が, 父の, 町の, 目が, 眼が, 話して, 読んで, 遠くの

8 [48件] いいと, いたので, いった, います, いるから, くだすった, くだすったら, くれたもの, くれないと, くんな, ここで, ここに, そうし, そのなか, その傍, その方, その話, みたが, むやみに, やるの, よいの, 一度も, 上に, 上の, 中の, 了つた, 云った, 出た, 出る, 夜も, 客を, 寝て, 庭の, 月の, 来ると, 気持の, 水の, 源氏は, 火を, 目に, 相手の, 窓の, 胸が, 腰を, 自然と, 見よう, 雪の, 頭を

7 [87件] あとで, あるの, いいん, いたん, いつでも, いるところ, いるもの, おります, くだされば, くれた方, ここへ, これには, しまひました, そのあいだ, そのそば, そのとき, そのまわり, その先, その実, どこか, どこから, どれが, なにを, ひそかに, ほんとうに, みせた, もらえば, ゆくの, よいもの, ゐたので, ゐるうち, ゐるから, 一種の, 下さらない, 下に, 中から, 乱を, 今まで, 今日の, 仕事が, 仕事を, 働いて, 僕に, 僕を, 呉れ給え, 夕方に, 外に, 外へ, 夜の, 女が, 姉の, 姿を, 子供を, 室の, 少しの, 居るので, 左の, 彼女は, 往つた, 往来の, 後に, 本当の, 机の, 来たので, 来ました, 来るよう, 横に, 欲しかった, 母の, 江戸の, 知って, 社会の, 私たちの, 私たちは, 私には, 笑った, 考へて, 自分に, 自由に, 行きながら, 見たが, 見たり, 酒を, 静かな, 面白いと, 顔も, 食事の

6 [121件] あなたに, あの人, あれは, いい, いたこと, いたと, いつた, いる人, おれの, お前が, かれら, きたの, きょうは, くだされ, くれたね, くれたらと, くれては, くれても, ここの, こっちを, これらの, そこだけ, そしてその, そしてそれ, その一方, その二つ, その外, その女, その意味, その点, その眼, それによって, たがいに, たまるもの, どこに, どこの, どちらも, なにも, ひろ子は, ほしい, ものを, もらうこと, やつて, やるん, ゆくと, りっぱな, ゐたん, ゐても, ゐないの, ゐるだけ, ゐるん, テーブルの, モスク, 一面に, 三人の, 下さいと, 下さいませんか, 下さる, 下さるから, 下さるよう, 不思議な, 人々は, 人形の, 今でも, 今日は, 他に, 他人の, 何と, 何事も, 兄の, 入って, 内部は, 出るの, 口も, 同じよう, 呉れるよう, 唇が, 大勢の, 女は, 女を, 妻の, 子供が, 少しでも, 居たが, 床の, 店の, 往くと, 手が, 手紙を, 日の, 明らかに, 昔の, 昼間は, 最後に, 東京に, 此の, 殆ん, 海の, 煙草を, 生きて, 生活の, 留守であった, 相手を, 眺めて, 窓から, 立つて, 笑って, 素子は, 耳を, 背の, 腕を, 膝の, 言葉を, 誰か, 誰が, 身を, 近所の, 返事を, 離れない, 驅け, 髪は

5 [166件] あつた, あわてて, いいでしょう, いざと, いたから, いたもの, いたよう, いたり, いちゃ, いない, いる時, おくれでないか, おもしろい, お話を, きょうの, くださると, くださるの, くだすって, くれたから, くれたよう, くれとは, くれぬか, くれましたね, くれるだろう, くれるほう, くれん, くんねえ, ここには, こっちの, この方, これで, こんなこと, すべてが, そこで, そこまで, そのうしろ, そのころ, そのひと, その両側, その中央, その周囲, その大, その岩, その晩, その横, その石, それだけでも, それについて, たくさんの, どうなる, どれも, どんなこと, なんでも, なんにも, びっくりしました, ほかに, ほしいと, ほしいの, みせて, みて, みれば, やらなければ, やれば, ゐちや, ゐない, ゐるもの, ゐる時, 一人が, 一人で, 一人は, 一言も, 下から, 下さいまし, 下さいました, 下さったの, 世間の, 了った, 二人で, 云って, 人間が, 今では, 今に, 俺の, 先に, 先生は, 冬の, 口が, 台所の, 向うの, 呉れること, 呉れれば, 味も, 啼いた, 坐って, 変に, 夏の, 外は, 外を, 夢を, 妙な, 娘の, 宮の, 寒さ, 居るが, 居るのに, 山の, 川の, 帆村の, 年を, 彼に, 彼らは, 彼女が, 彼女を, 待って, 急いで, 日が, 昔から, 昔は, 春の, 時々は, 時を, 最初の, 本を, 来るもの, 楽に, 歩きながら, 死んで, 気味が, 水が, 水に, 氷の, 涙を, 滅多に, 現し世の, 男に, 相手に, 眠ること, 眼に, 着物の, 着物を, 義雄は, 胸の, 自分たちの, 自分でも, 自分と, 自然に, 興味が, 行かなければ, 行きます, 見せる, 見ました, 見るからに, 親の, 話が, 貰いたいの, 貰ひ, 身体の, 身動きも, 門の, 頭が, 顔が, 風が, 風は, 風も, 飛んで, 食堂へ

4 [283件] あたりの, あとの, あなたが, いいわ, いいわけ, いただきたいと, いただきたいの, いた顔, いっしょに, いったの, いって, いましたが, いまは, いらつし, いるだけ, いるに, いる様子, いる男, うっかりする, うれしいと, おいでに, おりました, お前たちの, お前は, かれの, くださること, くるが, くれたという, くれたらどんなに, くれた人, くれない, くれねえか, くれますか, くれるかも, くれるだろうね, くれるな, くれるね, くれる方, くれる筈, ここでは, こちらの, この土地, この場, これだけの, さっきから, さまざまな, しかもこの, しまいには, しまったが, しまつて, すべての, そいつが, そこにも, そして私, そのお, そのまた, そのむこう, そのよう, そのガラス, その向こう, その時, その枝, その真中, その穴, その端, その花, その足, その辺, その鍵, その間には, その間を, その頃, それらは, それらを, た, ただその, ちょうどその, ちょっと見た, ときに, どうした, どうにも, どこが, どこを, なかなか思う, なにかの, なにが, ひっそりと, びくとも, ふたりは, ふたりを, ふと自分, みたり, みても, みんなに, もらいたいと, もらっても, や, やがて, やがては, やるもの, やれ, よいと, よくお, よく見, わずかに, わたくしは, わたしたちの, わたしを, われわれの, ゐたか, ゐたと, ゐるか, ゐるところ, ハッと, 一方には, 一方の, 一般の, 下さって, 下さるか, 下さるでしょう, 下さるので, 下すったら, 世話を, 両方の, 両者の, 中央に, 主人に, 二つの, 二人を, 二階に, 井戸の, 人々の, 人は, 人通りも, 人間に, 仕事に, 以て, 以前の, 体の, 体を, 何でも, 作者が, 來い, 傍に, 先の, 其処に, 内から, 動いて, 動かない, 動かなかった, 南向きの, 参りました, 口の, 呉れたの, 呉れて, 呉れるの, 周囲の, 喜んで, 壁には, 壁は, 夏に, 外の, 大声で, 妾の, 実際の, 客の, 家は, 宿の, 少年の, 居るもの, 居るやう, 居る樣子, 山の手の, 巨大な, 己の, 帰った, 帰りに, 座敷の, 庭に, 廊下の, 彼と, 彼らの, 後の, 御覧なさい, 復た, 心に, 恋には, 悲しげ, 我々の, 扉の, 手の, 教えて, 敢て, 明日の, 星が, 昨日の, 昼間の, 時々に, 曰ふ, 朝に, 未来の, 末は, 来たと, 来たもの, 来るが, 来ること, 東の, 椅子に, 欲しいと, 歩かれたお, 歩くと, 毎日の, 気に, 気持ちが, 池の, 源氏の, 然も, 煙の, 片方の, 物の, 現実の, 留守だった, 番を, 皆が, 盛んに, 相当に, 眼も, 秋の, 空に, 立って, 立派な, 立派に, 紙の, 緑の, 縁の, 考えると, 耳に, 耳の, 聴いて, 聽い, 腹が, 腹の, 自分では, 自身の, 船に, 若い女, 草の, 葉の, 行くこと, 見えた, 見える, 見せて, 見たの, 見るも, 言つた, 誰の, 誰れ, 貰えば, 貰って, 貰わねば, 起きて, 身の, 車の, 迚も, 途中で, 通りの, 道の, 金を, 陽気な, 隅の, 離れなかった, 雨が, 電燈の, 静に, 面白かった, 音楽を, 頂戴ね, 額が, 額に, 顔の, 風に, 風の, 首を

3 [567件 抜粋] ああいう, あげます, あたりは, あった, あとから, あなたを, あのとき, あの女, あの方, あまり人の, あるところ, あるもの, あれで, いいこと, いいという, いいはず, いい筈, いたかも, いただきたい, いたのに, いっぽうの, いつもそれ, いても, いないの, いないよう, いなければ, いますよ, いるか, いるだろう, いれば, いろいろと, うしろから, うちの, うれしかった, おくれと, おくれな, おくれやす, おった, おりましたが, おりますと, おれが, おれは, お目, お米, お糸, お茶を, お酒, かえりました, かの女, くださいね, くださるという, くださるよう, くださるん, くだせえ, くるか, くるやう, くれたかと, くれたって, くれたならば, くれたのに, くれって, くれとの, くれないよう, くれましたので, くれるし, くれるだろうな, くれるであろう, くれるという, くれるのに, くれるひと, くれる者, くれればと, くれ給えよ, くんねえよ, こいつが, ここから, ここは, こちらは, こっちから, この位, この先, この娘, この日, この点, この話, この辺, これでは, これと, これまで, これらは, こんなところ, ご覧なさい, しかも私, しかも非常, しばらくは, しまふ, すこしの, すこしも, そうしてその, そこい, そこからは, その, そのあたり, そのうえに, そのうえを, そのかげ, そのほう, その事, その人達, その内側, その内部, その半面, その口, その塀, その声, その姿, その根, その根本, その火, その生命, その生活, その目, その窓, その背後, その谷, その間から, その頭, そばに, それから又, それこそ, それぞれに, それにも, それへ, それ等の, たった一人, たまるかい, たまるもん, ために, だまって, つい忘れ, つまりは, ときどきに, どこかで, どこで, どこへ, はっきりした, はらはらする, ひとりで, びっくりし, ふいと, ふたりの, ふと気, ぼくは, みましょう, みる, もうこの, もう自分, もしその, ものが, もらいます, もらう事, もらわんと, やったが, やらうと, やりたい気, やりたかった, やると, やれと, ゆきます, ゆけば, よく知つて, よく見る, よその, れいの, わたくしを, われわれを, ゐなかつた, ゐながら, ゐるし, ゐるでは, ゐるならば, ゐるに, ゐるばかり, ゐる方, ゐる自分, ガラツ八は, クリストフの, クリストフは, スマートな, パツと, パリの, 一しょに, 一人も, 一個の, 一同が, 一寸した, 一年の, 丁度この, 上って, 上は, 上手に, 下さいませ, 下さった, 下さらなければ, 下さりませ, 下には, 両親を, 中央の, 主人は, 了う, 了ふ, 事を, 事物の, 二階から, 云つた, 人々に, 人から, 人家も, 人間は, 今その, 今夜の, 仕事の, 仕方が, 以前は, 仲, 伸子の, 低い声, 住居の, 何んの, 作家が, 作家の, 偶然に, 僕も, 元気が, 元気の, 充分に, 入口の, 全体に, 全身に, 八五郎は, 其處から, 初めの, 前には, 力の, 十分に, 去る, 古風な, 可哀そうな, 右手に, 君は, 呉れた, 呉れない, 呉れる, 呼吸も, 呼吸を, 唇を, 問ふ, 国の, 地理を, 声は, 夕方から, 夕日が, 外部から, 多少の, 夜が, 大きな声, 天下を, 天井は, 夫人の, 娘は, 子を, 子供たちは, 学問は, 宇治の, 宏子は, 家へ, 家も, 寝床の, 寮の, 尋ねた, 小鳥の, 少しずつ, 居たん, 居た樣子, 居ちやいけ, 居つた, 居つたが, 居ました, 居りますと, 居るうち, 居るところ, 居るん, 居る樣, 居る者, 工場の, 平常は, 幸福に, 幾度か, 床に, 床の間には, 底の, 店は, 庭には, 当時の, 彼等の, 往って, 往来で, 後から, 後を, 従来の, 思いも, 思うよう, 息が, 想像した, 意味が, 感じは, 我々が, 我々に, 戸外へ, 手で, 承知し, 持って, 持つて, 政府の, 新らしい, 明日は, 春は, 時々遊び, 時あっ, 時には, 時間が, 時間を, 晩秋の, 晴れた日, 暗い中, 書いて, 最初は, 最後の, 最後まで, 月に, 本の, 杉の, 村の, 来いと, 来たこと, 来たん, 来ます, 東から, 東京へ, 枝は, 案内を, 様子を, 樹, 樹の, 正直な, 殿の, 母から, 母親が, 毎晩の, 気の毒な, 気分が, 気持よく, 水を, 江戸へ, 汽車が, 汽車の, 活気を, 海を, 消えない, 涙が, 潮が, 火の, 火鉢の, 煙を, 熱が, 父が, 父は, 父親の, 片手で, 片手を, 狭い廊下, 狹い, 猛烈な, 現在の, 畳に, 病気に, 皆の, 盛に, 目の, 目も, 直ぐに, 直立し, 眉毛は, 看護し, 真中の, 真蒼, 眠に, 眼には, 眼は, 矢代は, 石の, 石を, 石段を, 神の, 私たちが, 私達は, 空も, 空気は, 突然に, 立ったり, 立つ, 笑いながら, 第一, 納戸の, 経済の, 絶対に, 綺麗な, 置いて, 美しい, 聞いた, 聞えて, 聞くと, 肝腎の, 肩を, 胸を, 腰に, 自分から, 自分だけ, 自動車の, 自己の, 色が, 花が, 花は, 苦しそう, 落着い, 薬を, 虫が, 行くが, 行くよ, 行く八五郎, 行ったもの, 行つてゐる, 行はれた, 表へ, 表面は, 見ても, 見る, 見るから, 見るが, 見ること, 見るの, 見る事, 角の, 言葉の, 話の, 読んだ, 読者に, 誰かが, 謂わば, 貰つた, 貰ひたい, 貴族の, 足が, 身に, 身体を, 車を, 近所に, 通って, 通りかかる, 道を, 邪魔を, 部屋に, 鉛の, 鍋の, 階下の, 障子の, 隣に, 雨の, 雪が, 雪を, 雲が, 雲の, 電話で, 非常な, 面倒を, 面白いの, 頂上に, 頬が, 頭には, 顔や, 飛び起きた, 食って, 飯を, 馬鹿に, 驚いて, 髪を, 黒の, 黴の, 鼻が, 鼻の

2 [1894件 抜粋] あいつが, あけること, あたしを, あっちの, あのよう, あります, あるとき, あるハッピ, ある機会, あんな奴, いいました, いくらか顔, いささかも, いたその, いた女, いつもと, いないから, いひけるは, いやがる, いよ, いられないので, いるけれども, いるだけの, いるならば, いる下, いる女, いる彼, いる母, いる道, いわゆる, えい, えから, おとなしく歩いた, おまえの, お上げ, お君, お客さんが, お燗, お留守, お藤, お金を, お駒, かなりに, きこえた, くださいと, くださって, くださるのよ, くると, くれすぐ, くれたねえ, くれたらさぞ, くれたら私, くれなかった, くれなくッ, くれましたが, くれませんかと, くれるかしら, くれるだろうとは, くれる友, くれる約束, くれ貞淑, くんろ, ここにも, こちらを, ことにその, このほう, この寺, この男, この部屋, これという, これまでに, こんなつまらぬ, さへ, しかもちっとも, しかも絶対, しずかに, しまったという, じっとその, すぐ死ん, すべてを, すると, そういう, そうじゃ, そこらにも, そして何, そのあと, そのどちら, そのほか, その一人, その両, その人間, その代わり, その側, その原因, その味方, その域, その家来, その左側, その後から, その息, その文, その月, その様子, その留守, その箱, その義姉, その葉, その行き止まり, その論理, その返事, その間は, その隙間, その首, それから田植, それだけの, それでどこ, それに対する, それ以外の, ただの, ただ自分, だれにも, ちょっとや, つぎの, である, とぼ, どうしよう, どこにでも, どこやらで, なあにおれには, なかなか立派, なるほどと, にやにや笑っ, はなやかな, ひげ, ひろ子の, ふつうの, へんな, ほしいもの, ほとんど口, ほら二人, ぼんやりし, まず最初, まだここ, まだ何, まるで文楽人形, みごとな, みなが, みんなそれぞれに, むしろその, もう一つ, もう美津子, もとの, もらいたいが, もらいたかった, もらいてえ, もらうよう, もらわねば, やつた, やらうぢ, やりたいと, やります, やる人, よい, よかろう, よく見えなかった, わが家の, わたしたちが, ゐたから, ゐたで, ゐた義雄, ゐるお, ゐるわけ, ゐる処, ゐる者, イギリス人の, カレーの, ガラツ八の, ジッと, スペインの, トボトボと, ネクタイが, パパが, プイと, ムッと, 一人前の, 一口も, 一心に, 一日の, 一行を, 七輪が, 三四年まえ, 上からは, 上方に, 下さいましたね, 下さいますか, 下さるのに, 下すっ, 下女の, 不愉快だった, 世界を, 両側に, 両手で, 両袖, 中味の, 主人も, 乱暴に, 了ひよる, 事体を, 云いました, 五万人の, 交代に, 人工的な, 人知れずその, 人類の, 今夜は, 今日も, 他へ, 伸子と, 何う, 何かを, 何んと, 何等か, 佳い歌, 信長の, 停車し, 偶然にも, 僅かに, 元の, 光は, 入るに, 全身が, 八月の, 其処から, 其場に, 内へ, 冷さに, 出で, 初めての, 前から, 前夜雨が, 勉強する, 勝手に, 医者の, 十間も, 博士の, 去つて, 又別, 取り出して, 口では, 叩いても, 可愛がっ, 右近は, 各方面, 向うから, 向島の, 呉れました, 周囲に, 命を, 唇は, 嘆息し, 困ります, 国家の, 土間に, 坐つて, 壮大な, 変であった, 外には, 多数の, 夢と, 大きな眼, 大人の, 大抵の, 天井に, 奥さんが, 女に, 女房の, 好意を, 妹の, 子供たちが, 学校へ, 宇宙を, 実はその, 客間を, 家が, 家康殿何事も, 寂しそう, 寝たふり, 寿命を, 小さな虫, 少くとも, 尾を, 居たので, 居りましたらうか, 居るか, 居る上, 居る娘, 居れば, 山が, 岩の, 島は, 川に, 左へ, 巷の, 帰ると, 幕府の, 平生は, 幽霊の, 広々と, 座敷へ, 引き廻して, 弧を, 形も, 彼も, 待つ, 徒刑囚の, 御覽, 心が, 必要に, 思い出したよう, 怪しげな, 恐しい御託宣, 想像が, 感心した, 戎橋筋だった, 戦争が, 戸の, 手だけ, 手燭を, 指が, 掌の, 放しません, 文句を, 文書きが八名で, 斯うし, 方丈の, 日本人は, 昼から, 時々私, 時と, 時計を, 暮して, 更らに, 曾て, 有名な, 朝早く, 来たが, 来た文吉, 来な, 来ないの, 来ねえ, 来るので, 来る気, 東に, 柳の, 梅の, 極楽の, 橋の, 機会の, 欲しいん, 正三, 武蔵の, 歩道に, 死後の, 残念ながら, 母親にも, 氏の, 気性が, 水盤の, 沓脱から, 河岸の, 泣いたり, 洲に, 深さ, 渠は, 溝口一家の, 火が, 灰色の, 点々と, 無気味な, 熟と, 爪先も, 牛が, 物置き, 犯人は, 猫の, 玄関へ, 甚九かつ, 生活を, 男は, 畳が, 疵口へ, 発した声, 百姓を, 盃を, 眉と, 看護を, 眺望は, 知つた, 石に, 確かに, 祭礼の, 私より, 秘かに, 空の, 空を, 窓が, 立派だ, 笑えば, 筋の, 節子は, 糞を, 純白の, 紫の, 線香を, 罠の, 美しかつ, 老人の, 考える, 聞かせて, 聞くこと, 肝心の, 背が, 胸は, 腰も, 自から金, 自分より, 自由な, 興味を, 舟が, 色の, 花の, 苔の, 苦しんで, 草鞋の, 葡萄酒を, 虫の, 蜂谷良作は, 血の, 行きたいよう, 行くうち, 行こうと, 街の, 表に, 袖口が, 褐色を, 見えなかった, 見せること, 見た事, 見られて, 見届けて, 見直した, 覗いて, 言ひ, 評判が, 語った, 誰に, 談論風発吉川英治と, 豊かな, 貰いたくねえ, 貰う方, 賑やかで, 起てないで, 足に, 路地の, 車に, 近くの, 近頃の, 逃げ出す, 過ぎた, 道ばたの, 遣つて, 部屋へ, 醒められないよう, 金五郎の, 銀色の, 鏡を, 長屋の, 開けると, 陽が, 障子に, 離れて, 離れようと, 電車は, 青と, 青空の, 面の, 面白く思った, 頂きたいと, 頬を, 額から, 顔色は, 風采も, 食い物を, 食堂の, 養生し, 首筋の, 驚かされること, 魂が, 鶯の, 黙つて

1 [20941件 抜粋] あああの, あげられないし, あたりいちめん肉の, あのお, あの政変, あまりお, あらゆる高山, ある一つ, あんたの, いい柄, いかにも律, いきます, いずれは, いたに, いた手, いぢめ, いつの間にかそこ, いつも私たち, いなかったという, いまにもわ, いらしたって, いるじゃ, いる伊豆, いる少女, いる細腰, いろいろ珍しい, うすくは, うねうねと, えつごうもいろいろ, おかしな形, おこよと, おちついて, おもむろに四, おるわい, お出でなせ, お宮の, お爺さんの, お貰いなさい, かえって私, かつて笑い, かりにも, きたん, きらきら光っ, くださいません, くべる薪, くれたお蔭, くれたらなあよ, くれた叔父夫婦, くれてる時, くれますからね, くれるでしょうそれ, くれる家人, くれ宜いか, けっして驚かされ, こう書い, こっぷ, このとおり, この作家, この小屋, この樹, この記録, こまごました, こわしたので, ごくゆっくり泳い, さけんだ, さて自分, しいんとし, しかも上機嫌, しかも平生, しかも蒼白い, したたか父, しまいます, しまひ錢形, じっとバケツ, すぐそば, すこし古い, すでに作戦, ずっととても忙しく, そういう一つ, そうして他, そう決心, そこらは, そして夫, そちら側は, そのくせ千変万化, そのぶ, そのパトロン, その不合理, その会社, その割, その地位, その子分, その底, その手, その木, その気取った, その狹間, その種, その肩つき, その襟, その選択, その面影, それからどの, それから答えました, それでくやしく, それで子, それに一杯本, そんで, たいして別懇, たしかに彼, ただ崖, たちまち林, たびたび杯, だいたいその, ちっともあぶな, ちょうどお, ちょっと気, つい手, つまり個人, とうてい中心, ときどきぴりぴりと, とても抜けられません, とんだ儲けもの, どうしても解釈, どうもはっきりし, どこも, どれにも, どんな高い, なかなか人望, なかばうつろに, なに者も, なんとなく上品, ねえ, はじめて出来る, はやり切れぬの, ひとりずつ, ひら, ふである, ふ大樹, ほじくり返し, ほとんど私, ぼくを, まことに楽しみ, またす, また次, まだ宵, まったくふるいつきたい, まるで収容所, みい, みなの, みんなてんでに, むだ骨折り, もう一度昔, もう本人, もちろんすわれ, もらいたい御, やかましく通行人, やがて頷き, やっぱりこうして, やはり私, やるこちらさ, ゆうべ深川富岡門前の, ゆるゆると, よくあの, よく揚る, よそへは, ろくろくめし, わざわざ使い道, われ先にと, ゐた横溝正史君, ゐられなかつた, ゐる事, ゐる樹木, アイゼンなし, ウッカリものを, カルタ占女の, クロの, サツと, スクーナー船は, ダイナマイトかなんかを, トテモトテモ諦められない, ニーチェや, バルニバービと, ファラデーが, ベートーヴェンは, マダマダ健坊は, ヨーロッパにも, ロンドン在住の, 一パイやる, 一匹八十銭から, 一層の, 一日も, 一歩も, 一等室に, 一重瞼の, 七郎を, 三十歳前後に, 上からの, 上手でした, 下さい八五郎親分, 下さるだらうとは, 下りる小坂かな, 不図視線, 与八が, 両方が, 中庭の, 主人夫婦を, 九月はじめの, 予め準備, 二人一緒に, 二等車の, 五つか, 亡くなった男の子, 人中に, 人込みを, 今にもその, 今夢, 今来た, 他所へ, 休みの, 伸子たちに, 体温に, 何となくルウス, 何より甘く, 何時でも, 作品を, 侍従は, 信頼された, 健を, 僕には, 充分な, 先生間の, 全くだ, 八五郎二人は, 共に喜ん, 其子に, 内膳の, 冷淡で, 出なかったり, 分り難い, 初雪を, 到底再現, 前述の, 努めるに, 動けない, 匂いが, 十九貫も, 千二百七十六年に, 半年ばかり, 単なる水滴付結晶, 卷煙草に, 参政や, 双方の, 取引銀行への, 古い箱, 可愛くつい, 各室は, 同じ目的, 名門の, 吾妻橋の, 呉れる幸福, 呼吸の, 哮ると, 善良に, 器量の, 四辺には, 国技館の, 地中に, 坐つてること, 堪らなくなって, 壁際の, 夕方お, 外部には, 夜毎に, 大きな坊主頭, 大事の, 大変面白く, 大浦種則を, 天の, 太政官呼ん, 奇術の, 女子の, 好奇が, 始終互いに談話, 婦人たちは, 字から, 安くまけ, 実に安い, 実際以上, 宴楽は, 容貌などは, 寒い夜風, 寧楽朝の, 尊敬申し, 小さな小, 小市民風, 少々まずい, 少将は, 居た一枚, 居られない, 居るらしく話, 居心持は, 山家の, 崇拝と, 差し障りの, 帛紗の, 常にヨリ一歩発展的, 平生と, 幾つに, 庖丁に, 廊下との, 引ッ込まし, 強情そうな, 影の, 彼等と, 後有, 御息所に, 微笑の, 心配だった, 快よく, 思って, 怨めしそう, 恐ろしい風, 悪くなっ, 意外に, 慇懃だった, 我れ, 戴きたいなあに, 手ずから特別, 手足が, 折々私ども, 拝んで, 振り向くと, 掛けないの, 損は, 政権掌握を, 数ヶ月前に, 文学を, 新しい言葉, 旅立ちを, 日本から, 旧観を, 明るい余燼, 昔タチバナと, 是非なく, 時々浮き出し, 時折り, 暖かい太陽, 曰くこの, 最も元気, 有名に, 朝食は, 未知の, 本間氏の, 来たな, 来た看護婦, 来るという, 東京への, 林町が, 柳町へ, 案内者の, 植物などは, 構想や, 機の, 歌いかつ, 正直さは, 武蔵ばかり, 歩行く, 死んだ筈, 残りは, 毎年堤の, 毛蟲が, 気焔万丈だ, 氷を, 決して去らない, 沢子の, 法水が, 洋服に, 浜子の, 消えなかった, 深さ二フィート以上, 済まぬ顔, 湯殿も, 漁師らを, 濡れ雫の, 炊事を, 無縁らしい, 煽動政治家らの, 爆笑を, 牢格子を, 特に入口, 独りおる, 猿や, 珍しくも, 琥珀の, 生活と, 甲州へ, 町人とは, 番町袖振, 病室に, 発電機とか, 白身も, 皮肉な, 目玉の, 相当役に立つ, 真中には, 眼か, 矢野さんところの, 石ころでも, 碌々旅の, 神様としての, 私という, 秋川駿三を, 空中で, 窓硝子が, 端午の, 笹野新三郎の, 築地から, 糖尿の, 素子が, 細長い肢, 結構だ, 継子と, 練って, 羅の, 義は, 老婆の, 聖書に, 職員会議の, 背中を, 脚には, 膝頭を, 自分へ, 興ざめの, 船頭が, 芝浦の, 若い堅気, 苦心した, 茶色を, 菊水の, 落葉を, 薄い緑色, 藩地の, 蟻の, 行くで, 行けば, 行つて清玄の, 表からは, 裏庭は, 見えたらすぐ, 見たまえあそこ, 見ますれば, 見廻りにでも, 親が, 解けなかった, 計算の, 詩吟や, 語りつづけた, 読書も, 諧謔の, 豆ランプが, 貯金が, 貰ひたうて, 贅沢に, 起たなかった, 足音さえ, 身体が, 軟派の, 近く池袋の, 追剥を, 這い上がろうと, 連句などを, 道らしい, 遠眼鏡山の, 都合三年です, 重いの, 金女の, 銀線の, 鑑識検査の, 長者は, 閑静な, 闘牛中の, 陸上に, 障子が, 離さないよう, 雪も, 露ばかりも, 面白いね, 響応に, 頭は, 顔一面血だらけだった, 飛び立ったが, 食卓を, 餓えきった渇き, 馴らしにくい, 骨っぽい額, 髪ばらばらに, 鳥とは, 黄いろい紙, 黒煙と

▼ いても~ (4371, 5.0%)

83 立っても 47 仕方が 36 それが 34 それを 31 それは 27 いなくても 24 自分の 23 たっても 16 いいの, 私は 14 仕様が 13 少しも, 誰も 12 気が 11 彼の, 心は, 私の 10 何か 9 しかたが, 何も, 彼は, 果てしが, 起っても, 際限が 8 い, これは 7 さすがに, しようがない, その人, それに, よかった 6 いいと, そんなこと, 他の

5 [15件] あの人, いい, いいが, いないでも, だれも, どこかに, よい, 二人の, 人の, 何にも, 何の, 女の, 彼には, 滅多に, 私には

4 [23件] いいよう, かまわない, きりが, そこは, その中, それには, どこか, なにも, 人間の, 僕は, 妙に, 実際の, 家の, 容易に, 平気で, 心の, 急に, 手が, 目の, 私に, 胸の, 自然と, 駄目だ

3 [58件] あなたの, あなたは, いいこと, いいし, いいでしょう, いいん, いつかは, いなくっても, これを, すぐに, そうな, そのこと, その実, その心, その間に, なんにも, なんの, はらはらする, ほんとうに, みんなが, よいという, よいもの, よさそう, よろしいの, 不思議は, 世間の, 中, 之を, 今の, 今は, 仕方がねえ, 何時まで, 俺の, 僕の, 分らない, 同じよう, 夢に, 女は, 好いから, 安心だ, 完全に, 差支えは, 彼らの, 彼女の, 彼女は, 我々は, 手に, 日本の, 根が, 気に, 気の, 気持ちの, 涙が, 無駄だ, 生きて, 胸が, 自分で, 言わないの

2 [182件] あしたは, あまり好い, いいから, いいだろう, いいという, いいな, いいはず, いいもの, いいよ, いけないし, いずれも, いつまでも, いつ空, いよいよと, いろいろの, おもしろくない, お前の, お父様, お艶, ここは, このよう, この場合, これが, これに, さしつかえない, しようがねえ, そうだ, そこには, そこを, そのそら, そのため, そのよう, その光, その女, その底, その美し, それだけ, それで, それと, それらの, だめだ, つまらない, つまらないから, つまらないと, つまりません, どうかする, どこに, なおその, なんという, はじまらぬ, はてしがない, ふしぎは, ふと気, みんな死に, むだな, もう何, もと, やっぱりわかる, やはり人, やはり以後, よいよう, よかろう, よくわかる, よろしい, よろしいが, わずかに, わたしは, わるし動い, オレが, キリが, 一しょに, 一つの, 一向平気, 一目で, 一般の, 不意に, 世の中には, 世界は, 世間は, 人が, 人に, 人は, 人間が, 人間って, 人間には, 仇討, 仕事を, 仕方ない, 以前の, 伸子は, 何かの, 何でも, 何んだ, 何時の間にか身体, 倦きない, 働らい, 先方では, 全体に, 兵卒らは, 内実は, 内部の, 危険は, 友之助の, 口に, 口には, 口を, 同じこと, 同じに, 名を, 周囲の, 声を, 夜は, 夫の, 夫人の, 妻の, 子供の, 実地に, 実際においては, 実際には, 実際は, 島の, 形は, 彼らは, 彼女には, 心には, 悪くは, 感心に, 手は, 故国は, 日々の, 昔の, 書物を, 次の, 歎い, 歎ききれぬ, 此の, 死ぬとき, 死ぬほど, 死んで, 殆ん, 民衆の, 気持ちが, 水が, 汗が, 浴衣は, 海に, 海の, 現実に, 生活の, 男に, 目が, 直ぐに, 相手が, 矢代は, 知らずに, 知らぬ顔を, 立って, 立派に, 結晶は, 耳は, 腹が, 自分には, 自然に, 見て, 詮ない, 誰が, 誰に, 足が, 近頃は, 途中で, 進んで, 銭を, 雑誌社から, 雷の, 面白くない, 頭の, 頭は, 顔を, 飽かぬ奴, 飽きないの, 飽き足らぬ惡魔, 駄目です

1 [3111件 抜粋] ああより, あえて驚く, あたかも生, あった, あなたへ, あの勇敢, あの男, あまりやせ, あらわれて, あれで, いいお父さん, いいけれど, いいとして, いい条件, いきなりそれ, いけませんが, いっこうそれ, いつかどこかで, いつどこへ, いつもきっとあの, いつも悔い, いつ軍務, いまだに赤, いられなくなりましたから, うちの, うらみかさなる, おかしいじゃ, おそろしくかえって大, おとうさんと, おふたり, おられないという, おんなじだ, お八重殿, お勢, お客様が, お湯に, お金が, かくべつふしぎ, かなり遠く, かまわぬの, かわらひ, きっと自分, くりかえしくりかえし執拗, げんざい精出し, こうして親しく, こう具体的, こちらに, ことばを, この二十万年, この問屋, この感慨, この無数, この辺, この鳴物, これほどの, これ位の, ごまかすこと, さしつかえなかった, さして火, さっさと駆け上り, さらばどう, しかも気紛れ, しょうがない, じっとさえ, すぐその, すぐ女, すぐ識読, すすきツ穂, ずいぶん費用, そういう謂わ, そうやすやすとは, そう思っ, そしてあらゆる, そのどの家, そのまま姿, その作品集, その前面, その咳, その子供, その徹馬, その所作, その方法, その服務意識, その正体, その点, その結婚, その苦しみ, その話手, その限り, それくらい, それでもまだあんまり, それとて, それに一々, それ以上に, そんなら, そんな方面, ただきゃ, たった一人, たれにも, だめなこった, だんだんダメ, ちっともちぢむ, ちっとも暖, ちゃんとそれ, ちょっと休む, ついには, つまらないですから, つまらんと, とうてい見込, とにかくカンフル注射, ともかくも, どうしてか, どうして國, どうにも足, どちらが, どんなもの, なお且つ, なお自然物, なかなかそうは, なかなか好き, なくなるの, なにごとも, なんでも, なんにもする, はじまらないという, はっきりと, ぱッと, ひとり誰, ふざけるの, ぶさたし, ほかに, ほんとうは, ぼんやりと, まじめにばかり, また帯び, まだその, まだまだ至らぬ, まだ嘘, まだ快方, まだ足りない, まぶしいほど, みなこの, みんな突き放し, もうたべる, もう非常, もちまえ, もはやどうにもする, やっぱりいい, やっぱり向う, やっぱり自分, やはりカワホネ, やはり娘, やはり手さき, やはり田舎者, やはり赤濁り, やられるの, よいし, よい頃, よくて, よく羽子板, よし野菜, よろしい一そう, ろくに口, わかるという, わたしに, アメリカの, エンジンを, クルミさんには, ジロジロ視線, ナオミの, パンひとかけ口に, ブルジョア政府は, マヌエラは, 一たび心を, 一人きりで, 一向お化け, 一向退屈, 一度も, 一棟二戸の, 一瞬間の, 一面には, 上がって, 下谷を, 不幸に, 不義の, 世人の, 中央の, 久慈は, 予定の, 二十三歳という, 二葉亭は, 互に意, 京都や, 人には, 人智は, 人間とかく, 今戸は, 今迄は, 仕方無い, 他人事どころ, 仲よくなんぞ, 伽羅の, 何うせ知れます, 何しろこんな, 何だか安心, 何となく微笑, 何とも言う, 何ら不思議, 何処へ, 余り歯痒い, 例の, 信ずるところ, 個人個人の, 倫理的観念が, 働きつけて, 元来素質を, 先から, 先生に, 全くは, 全国に, 公然とは, 其の食費, 兼の, 内心柔和な, 写実であっ, 凄くなります, 出るか, 出来るし, 分らなければ, 分るじゃ, 判らぬふり, 別に二人, 別に弁当, 別に落第, 別状ない, 削り方, 剛気な, 効験の, 勘三は, 包まるもの, 千二は, 半分は, 博士は, 原則的な, 参詣の, 双方互に, 古代に, 可い, 右の, 同じ事, 名門の, 君の, 吾輩の, 命あっ, 唯おろ, 嘴で, 困ること, 国民は, 地引が, 城太郎は, 壮快を, 外から, 外延利用より, 多聞丸だけは, 夜更けなど, 大なり, 大事な, 大巻の, 大部分, 太宰府に, 奇怪な, 女という, 好いでしょう, 如何にも小気味よい, 姉が, 始終どっか, 子供だ, 存外快楽, 学者や, 官能は, 実に愉快さ, 実は深く, 実母とは, 客は, 家には, 家康は, 寄りつきも, 寝入りばなで, 将兵たちの, 小社一つ建たず, 少女時代から, 居られまいが, 屋根の, 屹度自分に, 左膳が, 差支えあるまいと, 市の, 帰らないはず, 常にサルトル, 帽子はと, 年中ビクビクし, 床の, 廿三四妙子に, 当人の, 役者が, 彼女である, 彼自身が, 後から, 御大名, 心に, 心配です, 必ずおうか, 必ず不在, 志士気質の, 怒つちや, 思い浮ぶほど, 怪しむ者, 恐らく一人, 患者さんの, 悪いとは, 悲しいかな, 情熱の, 意味の, 感じられて, 憎まざるを, 戦争を, 所詮知れよう, 手持ち無沙汰で, 才蔵を, 押上の, 挨拶の, 掴み出される, 教育の, 敵の, 文武の, 斬り合って, 新聞の, 日本人は, 昇を, 明日は, 春が, 時に後, 晩くまで, 暮らして, 書けない, 有難味を, 朝は, 未だに毎日, 本当に気温, 本物を, 来なかった, 根性の, 桃代が, 森林は, 楽しい, 楽み, 構わないから, 構わないヴェルダン, 樹かげや, 正しくすっかり私, 正銘の, 武術の, 死にますさ, 死因の, 殺人の, 毎日毎日兄さんの, 気の毒だ, 気持の, 永続きは, 江戸へ, 決してその, 決して小鼻, 決着の, 泣いたりは, 流石に, 海水着を, 深いところ, 済むの, 漂って, 激しい荒波, 為だ, 無理にも, 無関心な, 煙火師渡世の, 父の, 物を, 犬に, 猫だの, 玄徳の, 現心, 甚藏さんも, 生活が, 申立てる, 町の, 留守でも, 病気の, 癪に, 白粉や, 皆秋田ブキその, 直ぐと, 直に泣い, 相手と, 真に人民, 真似なければ, 眠られます, 眼は, 着物の, 矢張りそうした, 知らないという, 知らねえと, 短くて, 祝言前の, 私などは, 積み上げた石瓦, 空腹が, 立ってもを, 筋肉が, 精神感動を, 純粋に, 終戦後に, 結局は, 結構いい, 絶望の, 総領事夫人に, 美しいだろう, 羞しい, 老人の, 耐えられない, 聞いて, 聞怯じ, 肌に, 背延びを, 脂ぎって, 腰が, 膳を, 自分たちより, 自分自身が, 自由自在に, 舞台で, 船上との, 芸の, 若い男女, 若しこの, 苦しそう, 落付く, 薄闇が, 蛇の, 血の気の, 表現は, 西洋人の, 見ずに, 見る事, 見附から, 解けない, 言おうとさえ, 訳なく, 話が, 話を, 誰とも, 誰一人声を, 諸君に, 議論を, 貯えも, 質素な, 起き直って, 足を, 身に, 軽佻に, 返しの, 追着い, 逆賊と, 遂にその, 道徳を, 邪魔には, 酔わないが, 金が, 釣い, 銃や, 長年身に, 間に合わない, 限りの, 随分暑, 難解でも, 電話で, 露のみ, 静子の, 面白くなく, 靴の, 頭痛が, 顔の, 風邪ひかん, 食べて, 食堂に, 飽きないで, 飽和に, 馬車は, 騒々しいから, 高が, 鯨ヶ丘を, 鼻が

▼ い~ (2554, 2.9%)

71 である 7042 人が 30 では 2821 です 19 になる 16 だと 13 だから, だが, 人の, 字も 11 であった, ように 10 ような, 床に 9 だよ 8 だろう, ほうへ 7 ししに, ぢや, ですか, は, 子供の, 字を 6 かい, がある, でございます, でも, はこの, はその, 人々が, 根を, 種を 5 ししが, ために, だらう, であるが, は主人, ものである, 人たちが, 出るほど, 方が, 足音が

4 [12件] おまわりさんが, ししは, する花, ものが, もので, 中に, 字の, 方に, 生徒が, 神尾主膳の, 神尾主膳は, 警官が

3 [37件] があつ, がその, が可, ことを, でありますが, であろう, であろうか, ですが, ところで, に驚い, はお, はない, は何, は僕, ものだ, ものです, を, ホイ, 中で, 中には, 人々は, 人間が, 前に, 声が, 子供が, 子供を, 字から, 字ヶ原の, 家に, 家族を, 意見で, 新聞記者が, 方は, 方へ, 者に, 警官を, 類を

2 [144件] あること, うちに, かえ, かそれ, かたまりが, かな, か一寸, か分らない, か悲しい, か私, か考へ, が, があります, ことな, ころぐさがいっぱいに生え, ころぐさはもうすっかり黄金いろ, ごふ, ししの, じゃない, その天理教, そばを, だがと, だけれど, だし, だらうが, だらうと, だろうと, であったが, であります, であるから, であるけれど, でございませうか, でした, でしょう, ですよ, でなければ, で御座いませう, ところな, ところへ, と人, と飯櫃, に比べ, に気がついた, に驚いた, に驚かされた, ねむ, はあの, はありません, はつまり, はもう, は人, は今, は夜更, は山々, は岬, は彼, は東京, は横柄, は死そのもの, は結構, は腹一杯, は誰, ほうの, もとに, ものであった, も好き, も忘れ, をこらへ, をと呼ばせる, を彼, を御覧, を心細く, を昔, を看板, を見, を見た, を誰, ガタ馬車に, サ, 一号に, 一部を, 上から, 上くんと, 中の, 中へ, 事を, 人々を, 人たちの, 人たちも, 人に, 人びとが, 人びとの, 人を, 人数で, 人造人間に, 人間であった, 仕度に, 何のと, 前で, 前へ, 割合に, 友だちが, 友人を, 召使ひもゐる, 同胞が, 因を, 基を, 声を, 大きさ, 女の, 妾宅に, 字と, 學校が, 客の, 客を, 家を, 役目を, 敵兵が, 方角へ, 校長に, 源は, 男を, 男女が, 町の, 町を, 碑は, 神, 神尾主膳, 笊を, 者が, 者も, 腰元を, 船員たちが, 若者は, 裸の, 襖を, 見て, 見物が, 言葉を, 警官隊の, 足音は, 遊女屋の, 部下が, 韻を

1 [1545件 抜粋] あさましさ, あった翌日, あらいもの, あらわりょう筈はござりませぬ, あるうち, あるの, ある兆, ある歌, ある眼, いきさつから, いる前, おかげで, おまわりさんたちが, おまわりさんを, お友達, お客さんに, お客に, かいて, かかる惧, かそれとも, かとにかく, かと思つた, かと聞い, かどをまがる, かな帰途, かね男, かよう, かわかりません, か分からなくなっ, か吠え, か少し, か後, か知らん, か自分, か解らない, か随, がありませう, がいったん, がお前, がちょうど, がなかなか, がもくもく, がゐる, が一層, が不幸, が二, が何ん, が六升男爵, が出来かかっ, が媚, が嬉しい, が弁慶蟹, が揃っ, が東京, が気に入る, が生涯, が私, が肩, が襟, が見え, が訣つて, が黒雲, くちえ, けいかんが, ことが, ことである, ことなら出来るだらう, ごとき草花, しし, ししを, しるしに, するかわいらしい, するヨモギ, する紫, ただ私, ためである, ためまた, だい, だからね, だから誰, ださうである, だった, だといふ, だもの, だろうどう, だ石炭坑夫, ちを, つかぬほど, つづきと, であって, でありますから, であるけれども, である兼, である況ん, できるよう, でございますから, でございませう, ですから, です欣, では引け, ところを, とでしばらく, とで帳場, との一対, と一つ, と云つて, と嚴, と根, と疲れた, と老け, と言, ない事, ない花, ない静か, ない鵜呑み, なかにも, なんかすぐになほつてしまひます, におどろく, には弱らされた, にも呆れ返らず, に似, に接した, に遊ん, に驚きまし, ねえ貴下, はいずれ, はいる, はお前さんぢ, はござんせん, はしを, はそれから, はとく, はまず, はよく, はシク, は一人, は一銭, は両親, は亭主, は何だい, は何處だい, は僕等, は全然, は凜, は勿論, は北宋, は半月, は同じ, は地, は夢, は奈良人, は姉娘, は客, は宿引, は小, は居ない, は島, は当然, は後入, は徳之助, は愛, は或, は掴まへれ, は春団治, は朝, は柳鰈, は此, は死刑, は洒落, は濃い, は無論, は申す, は番町名代, は皮下, は睫毛, は神武天皇紀, は童話, は縦, は翁, は自分, は若, は蚊帳, は衣裳, は見え, は足, は迷信そのもの, は難, は鞦韆, は養子, は龍, ひとたちは, へカッ, ほい, ほうを, ほども, ままに, まわりには, まわるの, もある, もかかる, もとも, ものさえ, ものだった, ものと, ものの, ものわらいである, も気, やこんな, やぶれたあいだ, や畑, よい味, ようなあり, わにを, をおぼえた, をがまん, をも併せ, をガブリ, を一名, を人間, を前, を右手, を喜び, を山男, を後, を恥ぢ, を懇望, を抑, を振りこぼした, を撰ん, を氣, を疑, を眺める, を知り, を突き刺した, を耐え, を自慢, を見よう, を買っ, を避け, を食べる, アタピンと, クツ音が, シナの, スタンドそれは, チャボに, フランス人が, マルテといった, 一, 一家眷属に, 一所が, 三吉に, 上くんが, 上くんを, 上には, 下から, 不可い, 不毛地税金だけは, 中から, 中ほどに, 乗客は, 事である, 人々から, 人で, 人びとを, 人形を, 人猿も, 仕事は, 他の, 仲間と, 体でした, 何処が, 使用人たちは, 価値が, 元が, 兄弟たちの, 先生方から, 全癒を, 兵およそ, 兵員に, 内が, 凡てを, 処に, 出る程嫌い, 出這入り, 制服私服の, 前では, 剛気な, 力で, 勘定で, 化物の, 厄神が, 及ばん事, 口拍子だけは, 名人カタギの, 味が, 唯さびし, 喜十郎と, 団員が, 國です, 土を, 地主だった, 垣根に, 堤へ, 塵捨場には, 変化の, 外では, 外見煉瓦蒸暑き, 夜明の, 大工が, 大石が, 夾竹桃の, 奉公人を, 女たちなどが, 女中たちも, 女工が, 奴でも, 如く吐き出されて, 姿との, 子どもたちは, 子の, 子供たちが, 子供に, 子息たちが, 字づくし, 字位が, 学問に, 官吏の, 客は, 家の, 家来を, 寒山拾得の, 寢ざるらし, 封筒が, 専門的な, 小女が, 小村で, 小説を, 少年たちが, 尺取り虫が, 峰の, 川堤を, 巨鳥が, 席に, 幽かな, 店を, 庭に, 形である, 影とは, 役者で, 徒が, 御母さん, 御言葉, 応挙らしい, 怪物が, 悪いもの, 悪そう, 惡く, 意味での, 意見が, 戸の, 扉である, 手に, 打合せを, 押し合う力, 探索が, 支那家屋の, 救援隊員を, 文句だい, 文観だった, 方はと, 日, 日の, 明い二階家, 暇々に, 暗闇の, 書を, 木の, 木戸から, 朱錦を, 村, 来る前触れ, 根が, 格闘を, 棒を, 様な, 橋を, 歌を, 死にたいの, 残らないよう, 母親たちは, 毛唐語だ, 気持が, 気配も, 水も, 水車小屋から, 泥と, 洗いも, 淋しさ, 深山に, 湯に, 漢文で, 為の, 煙草の, 熱さ, 物は, 犠牲者を, 狂言が, 狼と, 珍奇な, 生徒たちからは, 生活から, 男女の, 異様な, 登場者の, 白衣の, 目の, 相手ぢや, 眠りつま恋, 着られやしないわ, 矮人が, 硝子戸が, 神尾が, 神尾主膳創口から, 程度に, 種と, 穴で, 空地に, 笑い声が, 籠目の, 紙障, 紳士つまり, 絶頂じゃ, 美しさ, 義士たちが, 考えで, 者を, 耳飾りや, 脚色者では, 膝を, 船員は, 花なき, 芽だった, 若い女房たち, 若侍, 若者たちを, 苦沙弥先生の, 荒くれた, 落葉林の, 蘆いの, 蜆売に, 衆が, 街角を, 表明に, 襲いくること, 見物たちが, 見物人が, 見物人は, 観客が, 言はれ, 話等々, 警官たちも, 警官隊も, 貨物船が, 費用やなんか, 起らぬよう, 足音だ, 身では, 農家は, 連中は, 道には, 違うもの, 部には, 部下を, 部落の, 金を, 金聾, 鈍感なら, 鉦が, 鐘の, 門で, 間に, 関係や, 附合い, 雑人輩の, 電車通りを, 面の, 音に, 頂きに, 顔つきは, 飲み相手, 馬丁, 駒, 骨折りに, 高くする, 髯を, 魅力を, 鳥や, 鶏の, 鷹とでも, 黒板塀との

▼ いながら~ (1842, 2.1%)

19 それを 15 それが 13 私は 12 彼は 7 何か, 自分の, 言った 6 いつまでも, 妙に 5 それに, 他の, 私の 4 しかもその, 一度も, 人の, 何の, 少しも, 気が, 眼を, 黙って

3 [21件] いっしょに, なぜ僕, わたしの, 一方では, 一方には, 二人の, 云った, 今まで, 僕の, 変に, 女の, 彼の, 彼女が, 彼女は, 心は, 手に, 生きて, 知らん顔を, 自分が, 葉子は, 顔を

2 [66件] あなたの, いざと, いろいろな, お互いに, お筆, こちらの, これは, これを, こんなこと, こんなところ, さてこれ, そこに, そのうち, その中, その人, その割, その癖, それは, それらに, ただ賃銭, どこか, なぜ早く, ぼくの, まだ何, まるであんな, わざと, わたしは, 一人の, 一種の, 人を, 今に, 今日では, 今日の, 今日は, 何かしら, 何も, 僕は, 内実は, 内心は, 出来るもの, 別に何, 口を, 同じ所, 呟いた, 多くの, 女房に, 子供の, 家へ, 彼女の, 描けるので, 気の, 火の, 然も, 片手を, 相手の, 眼の, 知らない風, 私には, 笑った, 考えた, 肝心の, 自分だけは, 自分では, 言い出した, 途中に, 逢うこと

1 [1508件 抜粋] ああし, あいつを, あくまでも, あたいに, あたりの, あても, あなたは, あの晩, あまりに人, ある場合, あんなちっぽけ, あんな立派, いい気な, いざ乗込む, いったん顔, いつでも, いつの代にも, いつも着物, いまさら片方, いろいろの, うらやましそう, おくびにも, おたがいにこうして, おやじめが, おれっち, お前さんの, お前は, お庄, お母さんや, お角, お雪ちゃんが, かえって悲劇的, かの浮世絵, くれるよう, こういう結末, こうやっ, ここの, このよう, この事, この作者, この娘三人, この心, この歌, この生き, この言葉通り, これに, こんなに, こんな事, さっきから, さてその, さて語りあう, さも偉, しかし事, しかし自分, しかもこの, しかも一番仲よし, しかも同時にこんなに, しかも彼, しかも猶, しかも自身, しかも震いつきたい, しっかりと, しまに, じっと見つめた, すぐに, すぐ起とう, すべて弁じられ, せっぱ詰った, そういう鳴き方, そうだ, そう偏頗, そう言っ, そして一度, そのこと, そのまま黙許, その不作法, その事柄, その前後, その同じ自分, その味, その大抵, その姿, その度毎, その怯懦, その政治的手腕, その片手, その知っ, その精神, その自覚, その菩提寺, その足, その魔力, それだけ, それでいて生き, それでもまだ, それでもやはり, それでも自身, それで少し, それとなし, それも, そんでも, そんな咎立, ぞろぞろと, たいへん淋しかっ, ただすみません, ただの, ただ仏体, だいぶん質, だれよりも, だんだんに, だんだん離れ, ちょっとここ, ついぞお, ついぞ私, ついに底, つい引受け, つい話, つやが, てんで油気, ときどき雪明りそのもの, とにかく非常, どういうわけ, どうかした, どうしていい, どうしてそれ, どうして矢島君たち, どうせ茶化し, どうにもしよう, どうもさびしい, どうも様子, どこにか, どっちに, どんな深い, なおかつ多数, なおこれ, なおも議論, なお伝統, なお心, なお選考委員会, なかなかその, なかなか眠れぬ, なぜあの, なぜそんな, なぜ引張っ, なぜ落語, なにも, なんだか友だち, なんで逃げまわる, なんの, はいそう, ひっくり返して, ひや, ふとした粗相, ふと街, ほとんど戦場, ほんとに遊ん, まことに心掛け, まさしくその, またもや変, また城内, また自己将来, まだわが子, まだ中国, まだ子供, まだ成長, まだ目, まだ身, まるで今, まるで方面違い, まるで熱帯国みたい, まんまとあの, みんなの, めくらの, もう随分長く, もっと細やか, やきもち, やって来た, やっぱり周さん, やはりなんだかいや, やはり女, やはり誘惑, ゆうべから, ゆったりと, よく晴れた, よろよろと, わざとそしらぬ, わざと愚, わざと白, わざと空とぼけた, わざわざアマリア, わざわざ送っ, わたくしは, われしらず, エロ気分なんて, クラブや, スウイッチを, チクリチクリと, テレビで, フラフラと, モスク, ワザと, 一つの, 一体この, 一向土地, 一度燃え切っ, 一方において, 一時は, 一生は, 一面何か, 三度び失敗を, 上京しない, 下帯一筋の, 不審そうに, 不意に, 不義アし, 世を, 中の, 主の, 乏しい暮し, 二三日の, 二十年間の, 二町も, 些しも, 人使いは, 人間は, 今に藤さん, 今も, 今年の, 今日でも, 今日までの, 仏の, 他に, 仲, 会衆の, 伸び伸びと, 体格検査の, 何だか自分, 何ていう, 何という, 何にも, 何一つとして, 何奴も, 何故日本絵具, 何時見, 例えば舷側, 信ずる事, 俥の, 俺の, 傲慢らしく振舞う, 僕も, 兄さんと, 先例を, 先生から, 光栄ある, 全然それ, 公方様の, 其手に, 内心では, 再びその, 凡て母の, 出発点と, 判然在る, 前進した, 創作を, 助けようとも, 努力の, 動くたくさん, 匿いおいた同族五郎左衛門, 千切れた, 卑怯な, 却って仏罰, 叔母と, 口には, 叫んで, 司馬道場の, 同時に一方, 同時的に, 君たちに, 周囲が, 哲学や, 問題は, 喚くの, 四拾や, 国の, 国法の, 墜落し, 壁を, 夕富士が, 多分の, 夢で, 大坂へ, 大船の, 天の, 天眼通でも, 奥まった露地, 女房の, 好んで, 妙な, 始終影, 嫁は, 学校に, 学資の, 実に単にレトリック, 実はここ, 実は侍, 実は法, 実物を, 実際の, 宮に, 家出という, 富国の, 寝不足と, 小沢は, 小鉄, 少数の, 屏風の, 山を, 岸へ, 巣へ, 帆村が, 帰りに, 平次の, 平然とシガー, 年よりも, 幾分光り, 座頭は, 引きとめること, 強いて, 当りまえ, 彼に, 彼らとは, 彼方から, 彼等は, 後方へ, 御無沙汰でも, 微塵も, 心得て, 忘れて, 快川, 思いきりわるく, 思想を, 怠るそう, 恋を, 恥じたらしく装う, 悪い金, 想い出すこと, 意気地のね, 感じ取りました, 慌てまどった見物, 戦に, 所謂大衆文学の, 手出しひとつできなかった, 折角の, 押し返すよう, 按摩に, 捕るべき魚, 撫肩を, 故意に, 教室では, 新らしき, 新吉あわて, 日々橋本の, 旧主を, 明瞭覚え, 時々人, 時としてその, 普通の, 更にまた, 書いて, 書生を, 最後まで, 月の, 朝日新聞の, 未だ生まれ, 本質上に, 板子一枚助け, 柳沢は, 案外人情, 楽に, 横に, 櫛巻きの, 次第に肯定, 歌人の, 歩いて, 死なねば, 死んだと, 残金を, 殺生な, 母は, 毛利の, 気付かぬ男, 気持ちの, 水の, 江戸の, 決して改悛, 法令の, 洒亜つくで帰っ, 清く明るく朗らか, 源氏は, 灰色に, 無二の, 燃えて, 片手に, 物を, 犯罪者から, 独身時代の, 玄関の, 理解できない, 生体解剖に, 用意を, 男も, 異様に, 病気だ, 痒い処, 白ばっくれ, 百姓を, 盛んに, 目の, 相変わらず私, 相手に, 真暗な, 真面目に, 矢張りいつ, 知らず知らずこの, 知らないふり, 知るべき名所, 神棚に, 私が, 私を, 稽古し, 空間という, 立ちあがった, 筆に, 籠を, 細君の, 結婚と, 絹糸の, 翁を, 老酒の, 而も, 聖者に, 肚の, 胸が, 腹が, 膝頭が, 自分から, 自分に, 自分に対する, 自分一個の, 自然に, 自認したがらない, 芸者を, 草木に対する, 荷物の, 著作を, 薄手一つ負わなかった, 藤新の, 行雲流水の, 袴の, 見せる立場, 見出せないの, 親方は, 言うと, 詩そのものについて, 話せるよう, 話も, 警察へ, 財産を, 貸して, 贋物の, 路は, 身に, 軍監たる, 迂闊に, 退屈まぎれ, 途中で, 逢えないで, 遂に官軍, 遊びでは, 部屋に, 酔いは, 野分吹きすさん, 金五郎には, 鈍感とも, 銅鑼亀さんの, 長い釣竿, 院の, 随分醜い, 雪隠の, 非常識の, 順二郎の, 頭髪を, 顔では, 風に, 飲んだ, 馬と, 馴れて, 駐在に, 髪を, 鼻だけは

▼ いたり~ (1482, 1.7%)

134 して 127 した 67 する 50 するの 26 すると 19 しが 18 すること 11 するので 9 しては, するもの 7 したが, したの, しました, です 5 したこと, する時, そうかと, それを 4 したから, したので, しに, します, する事 3 しは, するから, するだけ, するん, ついて, 穿索なさります, 離れたり

2 [42件] しながら, しましたが, しまして, しよ, しを, すなわち爆ぜ, するが, するとき, するよう, する間, すれば, そしてそれ, その上, それが, それに, それは, たまへ, 三四度も, 二階の, 何か, 垣根の, 外国の, 大に, 天井から, 子供が, 巻煙草を, 月の, 水の, 火と, 牛が, 玄関の, 着物の, 空は, 羊が, 草が, 荷物を, 落着いたり, 過去一ヶ月間に, 酒を, 雀にも, 電燈の, 頭が

1 [839件 抜粋] あそんだり, あちこち粗らに, あちらこちらに, あぶなくなった, あります, あるいはその, あるいは世帯道具, あるいは家, あるいは政治工商, あるいは烏賊, あるいは脚榻釣, あるいは負傷, ある日, いかなる学説, いかにも避暑地, いつも動い, いまや蜀, いろんな事務, いろんな辛い, うなずきて, おこしや, おまけに, お天気, お庭, かしこい犬, かねて工作, きたない仕事着, くさって, けむありなれ, ければ, ここと, このよろこび, この年頃, これからコレット, こんな瞑目, ご飯が, さうかと思ふ, さもなければでっぷり, しそう, しその, したころ, したのに, したもの, したらいつか一つ一つ, したらそれ, したら日, したら汝, した事, した代り, した姿, した為, した者, した自分, してね, しなければ, しならん, しましたから, しますから, しみじみと, し一つ, し始めた, し折, し船燈, すこしも寛ろい, すでに一部分それ, すべて不都合だらけである, するうち, するけれども, するたくさん, するのに, するひと, するわけ, する久能, する京極裏, する仕末, する以外, する因縁, する姿, する実験室内, する所以, する旅人, する有様, する筈, する者, する豆腐屋, する関係上, する音階, ずっと下っ, せざるを, せりふを, そうで, そしてそれら, そして酒めし, そのまた, その中, その事業, その惨澹, その雲, その音, それからバット, それだけなら, それとは, それよりも, そんなふう, たったり, たてもの, たとえ憲法, たらいを, たるは, だんだん四日市, ちょッと, ぢや, ついにわが, つまらないもの, ていはむ, てんと虫を, とある家, ときには上着, ところどころに, とんぼが, どうかする, どっちを, なおはなはだしき, なお一章, なすった丈本当, なにかし, なにゆえぞと, なんか, ぬか, はぎ焼き, はとが, ひとむら薄, びっこだったり年寄だっ, ふたの, ほかへ, またある, またうずたかく, またそんな, または価格, または幾日, または腹ばい, また三十五歳, また京都, また全然, また台所, また土間, また想像, また時々, また時には, また武家屋敷, また私, また立っ, また絵はがき, また記標, まだならしてない, もやもやの, やっと金策, やっぱり皆, ゆがんで, わずかばかりの, わめいたり, イサクを, エマアソンス・エッセイスに, カラーが, キャラメルの, ゲーテや, ゴロツキが, サイセン箱を, センタクし, ツルヌスを, トタンの, バクチウチが, ビールを, フレギュアスの, ペンキも, ポールの, マッチを, ミイラの, メニルモンタンあたりの, ヨオロッパ人や, レインコートの, ヴィタミンの, 一つの, 一緒に, 七遊星と, 万一これ, 三十くらいに, 下水に, 不具者の, 不思議の, 世間話を, 両眼, 丸太石を, 久しき後, 争ったり, 事を, 二人は, 二通の, 人も, 人間の, 今は, 今まで, 他国の, 何かしらお茶うけ, 何がなカラクリ, 余の, 係の, 信玄の, 候ところふと, 停まって, 偶然にも, 僅の, 優れたる案内人, 先生に, 全然意味, 八丈島あたりで, 八十八ヶ所めぐり, 公より, 其外これに, 内侍, 冷たい霧, 凹んで, 刀を, 切って, 初版後九年を, 劉備玄徳も, 勤めたり, 北の方では, 十九秒カーン, 十四歳の, 午後三時五十分発に, 即興曲を, 厚ぼったかったり, 又くしゃくしゃ, 又生活条件, 又相手, 友達が, 反對, 口の, 古い木, 古風な, 句読は, 各戸の, 同し, 同じ屋根, 名高い料理屋, 君の, 味気ない, 哲学者らしい, 問題の, 喬, 噴霧器で, 土人その, 地上の, 地形を, 地理書の, 垣が, 場内へ, 増上寺境内の, 変に, 外国文学の, 夜店物の, 夜遅く, 大きな柿の木, 大切な, 大層な, 大工が, 大戦争, 大連に, 天井に, 天気の, 夫は, 女中が, 女房の, 妙な下らぬ, 妙に, 始めて生殖, 娘が, 娘たちも, 子供たちに, 学術的研究の, 宇田川榛斎父子坪井信道箕作阮甫杉田成卿兄弟および, 完全に, 実に合点, 家の, 家並が, 寝具を, 小さい妹, 小さな藪, 小舟が, 尻が, 尻を, 屋根を, 山を, 山側なる, 崖くずれ, 川べりに, 工廠用の, 巨万の, 市民これを, 帷幄の, 平和な, 幾つかの, 幾分かに, 店に, 庭先を, 庸三の, 廻ったり, 引っ掻いたり, 役に立つの, 彼の, 後に, 忽ち曲折, 思いあがっ, 恵比寿大黒が, 悪戯でも, 悲しく思い, 感じたり, 我は, 或いは, 或はその, 或は運動, 或る, 戸に, 扇動力を, 手さぐりの, 撤い, 擂粉木が, 支那の, 教育の, 散歩から, 散歩し, 新らしい, 旗差物の, 日本の, 日満, 旧美感, 早く帰りたい, 明月に, 時と, 晩年に, 暮の, 曲率が, 朝原っぱを, 木の根が, 木片ありし, 東洋の, 松原の, 柱時計が, 柿右衛門の, 株屋が, 格子の, 楽屋の, 構えの, 樵夫の, 欄干にも, 歌ったり, 正義を, 歪んで, 歴史を, 毎日幼稚な, 気抜けの, 水に, 水溜りに, 永代橋上に, 汽車に, 泊りこんだり, 泥が, 洞窟の, 流しの, 浮浪人が, 深呼吸する, 深夜の, 漆喰であっ, 濫費し, 灌木の, 無数の, 煙草を, 照星を, 牢の, 物思いに, 物情騒然たる, 犯人が, 王仁と, 王仁三郎に, 珍しくも, 甚しい, 甚だしきは, 用心すれ, 由井正雪とか, 男が, 番士が, 畳を, 疎々しくふるまう, 百人一首の, 皿に, 盲に, 相当の, 真向に, 真赤に, 眼が, 眼を, 着たり, 睡蓮の, 知識階級の, 石附の, 砂煙が, 碁盤の, 祝儀の, 神社の, 私は, 空也念仏の, 空罌を, 窺ったり, 立入つたことを, 笑いだしたり, 等等等という, 粒が, 糧の, 紋章づき, 紙製だっ, 細い毛脛, 結構つかえる, 絶壁で, 緋の, 編み物を, 縁日で, 繊細な, 置いて, 老いて, 肘の, 肩を, 背後に, 腕や, 腰の, 膝に, 致しますから, 舶来品らしい, 芝居の, 芦辺踊の, 花を, 芸術的な, 荊州の, 荷物自転車に, 葭簀張が, 藪の, 虱を, 蝙蝠型に, 裏口に, 裏店の, 要するにそういう, 親から, 角度が, 話し声が, 谷川の, 財産を, 賛美歌の, 赤く染っ, 趣味の, 跣の, 踊って, 踏切番の, 蹴つたり, 軍事委員の, 辺りの, 辺りを, 近所隣り, 遂に至高, 部屋の, 酔っぱらいが, 金に, 金の, 金魚の, 鉄棒を, 鉄管事件の, 銚子に, 長次郎谷, 門衛が, 限られた眼界, 随所に, 雇の, 雨脚を, 電車に, 青味がかった, 額の, 顔で, 風さへ, 風や, 食べ物などの, 馬鹿, 馳け, 高く歌っ, 髯を, 鬘の, 麻繩の, 黄海の, 黒い洋服, 黙々として, 鼻が, 鼻の

▼ い~ (1317, 1.5%)

152 ゆる 36 しないかと 29 しないか 22 しまいかと 20 ひ詞 15 しまいか 13 しない 12 しないだろうか 8 しないかという 7 ひごと, ゆる文学 6 しなかったか 5 しないの, すまいかと, ゆる教育, ゆる模寫説 4 しなかった, しまいかという, するものの, ひもと, ゆる文化, ゆる認識論

3 [12件] したが, して, しないかを, しないでしょうか, しないよ, しなかったの, すまいかという, ゆる新, ゆる歌よみ, 云ひました, 大悲より, 飯田町

2 [47件] いよいよ重く, ここでは, しないが, しないのに, しないん, しなかったかと, しなかったが, しながら, しなくって, しまいかとも, しません, するが, そこから, ひごとが, ひの, ひ初め, ふ, また格別, むやその, ゆる乞食根性, ゆる事実, ゆる大衆文学, ゆる政治, ゆる文明, ゆる新劇, ゆる新劇団, ゆる東亜共栄圏, ゆる武士, ゆる獨創的, ゆる現代小説, ゆる理窟, ゆる生活, ゆる純文学, ゆる良妻, ゆる色即是空, ゆる詩, ゆる運動原因, ゆる酒場, ゆる鹿, 何う, 働く者, 夜の, 日々雪の, 煩悩より, 私の, 許されて, 頭の

1 [816件 抜粋] あたかも, あっても, あの小さな家, ありません, ある, い, いたさん, いつも, いつ頃, いるそう, いろいろ印刷物, おれにだって, お熊さん, お縄, かえって仕, かがみの, きつと, きょうの, くれると, ここへ, この海坊主, これを, ざらまし, したくないので, したので, しないかい, しないかなあ, しないかなどと, しないじゃ, しないだろうかと, しないので, しないわよ, しない奴, しなかったので, しなかったん, しまい, しませんが, しませんでしたか, しむる言, しやんす, しろ, すこしも, すまいに, すること, せまいもの, そういうこと, そこに, その後いかが, その神, それから, それ見ろ, たがいに, たして, たたす, たちまち次に呉, ちと信長, ちょっといなせ, でおも, でもそ, で唯, どうあっ, どんな女, なかなかたのもし, なかま, なしです, はし, はりましたの, はること, ばこそよ, ば会の, ば余の, ば戦さの, ば間に, ひこうきでも, ひごとの, ひそめけむ, ひと言ひ, ひばり等も, ひべ, ひ詞以前, ひ込めて, ふか, ふが, ふだんの, ふといふ, ふは, ふ杉, へいはへ, まくも, まことに美玉, まだ二十代, まだ年, まったく別, みな阿修羅の, むしろかれ, むとすらむ, むとて身もだえし, むとて顏を, むもうるさければにや存じません, むや君が, むや家の, むや所により, むや河原などには, むや諸, むろん廊下, むろん後代, もう里好, やはり忘れ, ゆるあめ, ゆるお正月気分, ゆるかうと, ゆるしばりすぎ, ゆるつき合, ゆるつねに, ゆるほか, ゆるを, ゆるアップ, ゆるインテリ, ゆるキラズ, ゆるケルト, ゆるジヤーナリズム, ゆるセムピオオネ, ゆるドイツ浪漫主義, ゆるハクライモノ, ゆるヒュブリス, ゆるブツク・メエカア, ゆるボーア時期, ゆるモガ, ゆるルンペン, ゆる一團, ゆる一派, ゆる三巴, ゆる三次盆地, ゆる上司, ゆる下屋, ゆる下腹, ゆる世俗的, ゆる世界史的個人, ゆる中央文壇, ゆる久延毘古, ゆる事, ゆる五處, ゆる人性, ゆる仏性, ゆる佛法, ゆる信州蕎麦, ゆる俳優, ゆる個人, ゆる個性, ゆる健全, ゆる僑姓, ゆる儒教, ゆる元禄, ゆる光悦風, ゆる全, ゆる八紘一宇, ゆる共産主義者, ゆる共通感覺, ゆる内外多事, ゆる写生, ゆる出世, ゆる出語り, ゆる切支丹宗門, ゆる創作戯曲, ゆる勝川派, ゆる勝烏, ゆる千百中, ゆる南海舶又, ゆる単純, ゆる原作, ゆる友達, ゆる古調, ゆる同性, ゆる名人, ゆる名人肌, ゆる名所, ゆる名文, ゆる向日性, ゆる吾妻錦絵, ゆる哲學論文, ゆる商売, ゆる啓蒙時代, ゆる嚴密, ゆる因縁, ゆる因縁時節, ゆる国民大衆, ゆる国際的, ゆる地下人, ゆる地方, ゆる地方人, ゆる坂田将棋, ゆる堺町人, ゆる売絵, ゆる大, ゆる大声, ゆる大衆小説, ゆる大観王国, ゆる天変地異, ゆる天孫族, ゆる奥座敷, ゆる女らしい, ゆる娑婆, ゆる学笈, ゆる守護靈, ゆる宋襄, ゆる客観的, ゆる家族主義, ゆる家族制度, ゆる家賃取り立て, ゆる寒巖枯木, ゆる専門学校以上, ゆる小, ゆる小料理屋, ゆる少し, ゆる少年, ゆる山手柿, ゆる島国性, ゆる巡回映画, ゆる師匠, ゆる常緑針葉樹帶, ゆる幕府, ゆる年寄, ゆる庚戌, ゆる庶民一般, ゆる引抜, ゆる張り, ゆる彼岸, ゆる彼等, ゆる御家人, ゆる心理小説, ゆる心身, ゆる志士気取り, ゆる怖い, ゆる思想性, ゆる恋, ゆる恐怖時代, ゆる恥づべき行為, ゆる悪霊, ゆる情理, ゆる愛国, ゆる懷疑論者, ゆる成功, ゆる戯曲, ゆる所感, ゆる手工業的名人芸, ゆる技術, ゆる抒情詩, ゆる放出食糧, ゆる政治家, ゆる政界, ゆる数, ゆる文, ゆる文人, ゆる文化的, ゆる文壇的地位, ゆる文士社会, ゆる文芸映画, ゆる新しき, ゆる旅廻り, ゆる日本ライン, ゆる日本人向き, ゆる明朗闊達, ゆる明治維新, ゆる時代, ゆる時局, ゆる晩酌, ゆる普通民, ゆる更科蕎麦, ゆる書道家, ゆる有田焼, ゆる朝顔, ゆる本質的還元, ゆる枯淡, ゆる業半ば, ゆる標準語, ゆる機械力, ゆる歌よみども, ゆる歴史主義, ゆる死後, ゆる殺風景, ゆる気性, ゆる水拭, ゆる沒理想詩, ゆる洋傘, ゆる洋服, ゆる洋食, ゆる流行, ゆる浅草川, ゆる清貧, ゆる源氏, ゆる演技, ゆる焚書, ゆる無知, ゆる物質主義, ゆる狂言, ゆる独善, ゆる獨存自我, ゆる現代, ゆる現代文壇, ゆる生徒, ゆる産業戦士, ゆる畸形礼讃, ゆる病気恢復期, ゆる目, ゆる知らず識ら, ゆる知識人, ゆる知識婦人, ゆる社會主義文書, ゆる神秘, ゆる神風, ゆる秋, ゆる移動商店, ゆる立派, ゆる第, ゆる筋, ゆる粹, ゆる精神病理学, ゆる純, ゆる素燒, ゆる結婚, ゆる絵, ゆる綜合的統一, ゆる維也納森林帯, ゆる群氓禮贊, ゆる老嬢, ゆる老朽国民, ゆる職人, ゆる自家, ゆる自家撞着, ゆる自由主義時代, ゆる芋名月, ゆる芋明月, ゆる花やか, ゆる英雄伝, ゆる藝術寫眞, ゆる蛇足, ゆる蛮族, ゆる行動主義, ゆる衣架飯袋, ゆる西欧近代劇運動, ゆる観光事業, ゆる観賞家, ゆる言葉, ゆる詩人文人, ゆる誰, ゆる讀者, ゆる貧民窟, ゆる蹴出し, ゆる躾, ゆる輔車唇齒, ゆる輪奐, ゆる轉向, ゆる農工調整, ゆる農民芸術, ゆる近所, ゆる近江八景, ゆる道化, ゆる道学者風, ゆる道徳, ゆる選民, ゆる都会人, ゆる醜聞, ゆる金屬時代, ゆる長崎談判, ゆる限られた役柄, ゆる霜日和, ゆる青春, ゆる静か, ゆる非常時, ゆる革命家, ゆる頭, ゆる風土記, ゆる飯田川, ゆる馬劇, ゆる馬鹿, ゆる高尚, ゆる黄泉比良坂, ゆる黒人筋, ゆるWHW, るるには, わや, ゐづら, アーどうも, コリャなおりやせぬ, バーグレーヴ夫人が, パッタリと, 一時半いつも, 一種の, 一通りでなかった, 丈夫だって, 三人孫悟空に, 下品である, 中, 乗れないでしょうね, 云ひます, 亭主の, 今でも, 今生き, 何と, 何とか判り, 何も, 何処かで, 余ほど, 儒者ふうの, 充分に, 光子さん妊娠し, 出さんと, 出しちゃ, 出来ぬ, 出来るだけ, 助かって, 去りましょう, 又特別, 取り去ること, 同じくらい, 向こう鉢巻, 嘲笑ひました, 多助の, 夜はじぶんの, 大口を, 大間違い, 守護霊魂が, 実に大した, 実の, 宿る, 尋常じゃ, 小塚ッ原で, 少なくとも民衆, 山々だ, 年が, 当時まず, 彼の, 御身に, 思いつきだ, 思い出させた又八, 懈惰, 接頭語だ, 描破できまい, 明国の, 時による, 朝に, 林学士で, 根しまける, 格別であった, 武士としては, 歳の, 残して, 気づかなかった, 水を, 永遠に, 決してこの, 消して, 深遠であり, 減るの, 物おき小屋の, 珍しい事, 生きること, 男五人と, 病んでから, 白雲の, 皆の, 目ざむるばかり, 真実涙に, 石炭がらの, 確かに, 祖母との, 秀子が, 私こそ, 私を, 突き刺して, 自分が, 至極困難, 致しましたが, 芸者が, 荒くなった, 衣袋に, 見られないよう, 覚えて, 覺えて, 解らないもの, 許して, 話しの, 貴方の, 身を, 近代語にて, 近頃で, 逃が, 過つこと, 避けられたでしょう, 酔っちまってるグッ, 野原の, 金城館愉快お, 長ずるにつれて, 間に, 闇いがひろ, 随分立籠んだ, 雲上と, 頂上から, 魂とは, 黙つて耳

▼ いては~ (1300, 1.5%)

20 いけない 14 いけません, 際限が 13 ならない, ならぬ 8 いつまで, 果てしが 7 きりが 6 いけないと, 思うよう, 気が 5 だめだ, 人に, 仕事が, 困る, 都合が 4 いかんぞ, いけないの, しかたが, ならないの, ならん, わからない, 分らぬ, 大変だ, 迚も

3 [15件] いけないよ, いたが, いない, その日, たまらない, どうにも, どんなこと, ならないと, 悪いよう, 生きて, 罰が, 自分の, 邪魔に, 長くなる, 駄目だ

2 [57件] あなたを, あぶない, あぶないと, いかんと, いけないという, いけないので, いけませんの, いけませんよ, いつまでも, いまに, いられなくなった, かなわないと, くれなかったの, ここの, さすがに, さすがの, その結果, それを, そんなこと, たいへんだ, だめよ, ついには, できない, とても駄目, どうしよう, どうだ, どうも無事, どんなもの, なにも, みんなの, よくない, わからんじゃ, 人の, 人目に, 他の, 出来る仕事, 分りませんよ, 切りが, 十分それが, 危険だ, 困りますね, 困るじゃ, 困るので, 埒が, 堪らない, 後の, 恥だ, 悪いから, 手足まとい, 決して藤, 相成らずと, 碌な, 私は, 落着い, 遣手新造が, 金を, 限りが

1 [965件 抜粋] あがきが, あなたたちの, あなたに, あの方, あぶないかも, あぶないね, あぶなくて, いいつけ, いかがです, いかん, いかんよ, いくら日露戦争, いけないか, いけないこの, いけないじゃ, いけないなどと, いけないひとつ柏木, いけないん, いけない先ず, いけない埋由, いけね, いけんと, いたけれども, いつかきっと, いつに, いつもの, いつも話, いつ死穢の, いなかった, いよいよ悪く, いよいよ朝幕, いられないと, いられなかった, いるが, いると, いろいろと, いろいろ不便, うまくない, おかしいと, おたがい, おもむろに先生, お主, お体, お判り, お前の, お危, お客さまが, お島, お庄, お気の毒, お話が, お話し, お里と, かえってよく, かえって弦, かくの, からみ始める, きけんだから, くださらなかったと, くれないん, くれぬか, くれません, こっちの, このわが若き, この先, この大, この混雑, この邊, こまるじゃ, これから思う, これにも, これを, こんなに見事, ご飯が, さぞ大変, しずんで, しないよ, しようがない, すまないじゃ, すまないという, すまねえ, せがれ壱岐の, そういう人, そうした芸術的, そうで, そうも, そこに, そこらが, その人達, その大き, その時, その積極的, それが, そんなもの, ただすべて, たまったもの, たれも, だめである, つけ上る, つまらない考え, てんで戦争, できぬ芸当, とうてい餓死, とてもじ, とても一生懸命, とても働きません, とても堪らぬ, とても往来, とても改心, とても自分, とても諸君, どうかしら, どうしても浩さん, どうして古, どうせ碌, どうなるみ仏, どうもいけない, どうも仕方, どうも面白く, どんなに窮屈, どんなに面詰, どんな名薬, どんな手違い, ない細々, なおさら能率, なにかと, ならず自分, ならないいや, ならないという, ならないよう, ならない五十銭, ならない早く, ならなかった, ならぬこちら, ならぬぞ, ならぬので, ならぬよう, ならぬ此, ならんと, ならん心, なりませんぞ, なるまい, なれない, なんでりっぱ, はんあれだ, ひなとの, ほんの少し, まさか名聞, ますます病気, ますます重く, まずい, まずいと, まずい気, またどんな, また鋭敏, まにあわないという, みよ子が, むずかしい, もうおそい, もう一年, もう何処, もったいないと, もはやどうする, やっぱり不仕合せ, やりきれない, よくあるまい, よし父, ろくな絵, わからない文句, わからぬ顔, わしの, わたくしの, わたしは, わるいの, ゐたが, ゐない筈, ゐなかつたか, ゐるけれど, ガヤガヤと, キューの, ジツとしても, ツイ我慢が, ペルメル氏同様私も, ユックリ考える, 一つの, 一人ぐずぐず, 一刻も, 一家の, 一度に, 一旦の, 一歩も, 一足ごとに, 下さらないの, 不可ない, 不自由でも, 世上への, 主人に, 主體そのもの, 久し振りに, 事が, 二人に, 五百年千年の, 京都へ, 人を, 人生の, 人相は, 今に, 今日にまで, 今日中に, 仕事の, 仕末, 休みして, 何かと修業, 何が, 何に, 何ひとつまとまった, 何を, 何時まで, 佞臣乱賊の, 働けませんし, 僕など, 先師拳法先生の, 全く問題, 冷えよう, 出まかせに, 出来ないの, 出来ぬ, 出版が, 分らない, 分らんじゃ, 判らない, 利き目, 到底大事, 到底足, 到底際限, 勝てないと, 勢い頭, 勾玉全, 勿体ないから, 危い, 危ない, 危険である, 却って病, 却って隠しごと, 厄介である, 又たまらない, 叔父さまも, 口うるさい, 古人の, 同僚から, 名智, 君を, 吾, 呉れなかったの, 味も, 命に, 唯物連中の, 商賣, 喜撰法師が, 四方八方すまぬ, 困ります, 困りますよ, 困ること, 困るですね, 困るの, 困るよ, 困る親, 国内諸, 地獄の, 堪らん訳, 堪るまいちと, 増田屋も, 士道の, 外界と, 多鶴子の, 夜など, 大へん, 大事な, 大変です, 大変と, 大変よ, 天には, 夫に, 女でなくたつ, 女にまで, 女性の, 如何に私, 妖僧の, 婿の, 子供の, 孝助さまに, 学校へ, 安全でない, 安心が, 宝の, 家々の, 家も, 容易に, 寝た間, 小侍従, 少しでも, 居たの, 居ない, 居ないの, 居ませんそつ, 居られぬので, 居りましたが, 屋敷に, 屋根の, 屋賃の, 山車人形の, 工事を, 市街に, 師匠の, 帰られたの, 年の, 廊座敷などという, 弱い神経, 強盗に, 彼自身の, 後日の, 御互, 御刀, 微温的な, 心は, 心理上に, 思想的な, 怨みッこに, 恐らくどの, 恥である, 恩師ハンター先生に対しても, 悪い, 悪いと, 悪い心安い砂糖問屋, 悪くって, 悲惨だ, 想像の, 愈, 我々も, 戦も, 戦災者の, 所詮剣山, 手が, 手も, 手数が, 打ちやぶり, 抜け出でん, 指先に, 捨て置けません, 操縦に, 政治は, 料理は, 新鮮な, 日も, 日常生活など, 早晩へたばる, 昔の, 是を, 時たま眠く, 時間が, 普通の, 暑いでしょう, 書く時間, 月に, 本当は何, 本誌の, 来なかったの, 東西南北みんな海で, 栄養と, 次々の, 欧米各, 武家の, 歩けないだろうから, 死にきれないと, 気が付かれない魅惑, 気も, 気持が, 水に, 求められた判斷, 決していつ, 決して良く, 洪水が, 海部の, 消えまた, 深窓の, 済まぬと, 済みま, 満足な, 溜まるまい, 滋養分が, 無態, 煩累と, 片手の, 物ごとを, 物騒です, 甚だ難儀, 生命が, 生存に, 生甲斐なけれ, 甲斐が, 申訳ない, 画家に, 病気に, 白骨島に, 皆に, 目ざましきもの, 目に, 目前の, 相すまない, 相すみませんから, 相手を, 相済まん, 眼ざわりだ立ち去れ, 眼は, 知らぬも, 短波通信機が, 社会に, 社會を, 私も, 私自身の, 科学は, 窮屈で, 窮屈であろう, 立ちどまり百歩行, 第一自分, 経済上の, 継母で, 罪を, 義理が, 耐らぬ, 聞えは, 能く, 脳が, 腰を, 自ら存立できない, 自分が, 自分たちが, 自分も, 自然に, 致命的だ, 興世などが, 色が, 芸術は, 若様の, 落第で, 虚心坦懐に, 蚕も, 行けないよ, 見つかるお, 見当らないもん, 見渡しが, 解決の, 言ったとて, 訳が, 詰まらないと, 話に, 話を, 誠に勿体ない, 調査が, 議会政治なんか, 負けて, 貴嬢, 買手が, 足が, 足手まといだ, 跡ずさりし, 身の, 身体も, 近ごろ称せらるる, 逃げられるはず, 連絡を, 遂に間に合わん, 遊べないから, 運動は, 道中は, 道義の, 邪魔くさいので, 邪魔だ, 重くて, 重武, 金より, 鎌倉の, 長く苦しみ, 長期建設は, 間に合いは, 間もなく国, 限りも, 際限も, 雲に, 面倒だ, 面白くない, 音楽家として, 風邪を, 飛んだ目, 食べること, 餘り, 駄目, 駄目な, 鳴って, 鷄が

▼ い~ (1286, 1.5%)

64 しったの 59 しって 58 しったん 17 しったので, を見まわした 16 しったこと 13 を見まわし 12 を歩い 9 したの, にある 7 した時, しったもの 5 した, のこと, を見廻した

4 [11件] しったのに, しったら, に遊ん, のところ, のもの, の山, の間, はもう, をキョロキョロ, を散歩, を歩き廻っ

3 [25件] したん, しったけれども, しったらどう, しったら好い, しったわ, しったわね, しってから, ついて, つこ, でお茶, にいた, にごろごろ, にイクラ, に在る, に居る, に散らばっ, に立っ, の木, の石垣, の草, まで一緒, を見, を見まわします, を見まわす, を逍遥

2 [85件] かをこえた, が, がよく, が明るく, したから, したと, したよ, したわよ, しったあの, しったか, しったかと, しったけれど, しったせい, しったとき, しったところ, しったね, しったらお話, しっちゃ, だけと我慢, でそう, でその, で一杯, で昼顔, で臥しぬ, で飯, と思う, に, にあった, にお, には渡舟, によく, に人, に出, に煩い, に腰, に落ち, に遊んでる, の事, の人間, の壁, の女, の娘, の子供, の家, の山の端, の岩, の文房具屋, の村, の林, の様子, の水, の百姓, の話, の路傍, の連中, の金, の青二才, は, はすっかり, はまだ, は一度, は一面, は少, は薄暗い, へし, へもせず, まで, までよく, まで歩い, まで見, を, をうろうろ, をジロジロ, を一渡り, を彷徨い, を歩いた, を歩いてる, を歩き, を片づけ, を片付け, を見まわしました, を見回り, を見物, を迷, 御案内

1 [694件 抜粋] かがきらきら, かがたかく, かが冬, かその, かなあ, かの尾根, かの波, かはさすが, かは紫, かもにぶく, からやっと, からゆく, から大きな, から始める, から枯枝, から見つけだし, から見上げ, から起った, から転がり出し, から銃声, かをあらそへる, かを覆ふ, か丹, か知ら, がうまく, がだんだん, がとまりです, がオチ, が何となく, が兄さん, が夜, が大空, が寂しい, が広く, が悪い, が敬太郎, が数箇所, が暗い, が月江, が格別, が湿っぽく, が相応, が真暗, が落ち, が静か, が靜, が黄ばん, が黄色く, しか暇どらなかった, しか無い, したうち, したでしょう, したでしょうその, したという, したのに, したわ, した時分, した頃, しったうち, しったかい, しったくせ, しったその, しったっけが, しったとき沼津, しったよ, しったらあたし達, しったらお, しったらこの, しったらこれ, しったらそれで, しったらどうぞ, しったらよろしく, しったらわかって, しったら一寸, しったら僕, しったら嘸, しったら困るじゃ, しったら大方, しったら毎日, しったら祇園, しったら私, しったら試して, しったろうと, しったわけ, しった倉地三吉さん, しった岩野媛, しった故, しっちゃあ, しってと, してると, してるん, じゃない, ぞッ, だ, だか, ついた手, つきはじめて, つこと, であきらめとかう, であるの, でしかも, でせう, でちょっと一杯, でどうして, でどんな, ではとうてい, ではとても, ではもう, では一番, では悔い改める, でまだ, でむかで, でもう, でも一流, でやたら, でドシドシ, で一, で一人, で一遍, で人通り, で十五六尋, で地下運動, で壁, で売る, で大, で安心, で寝, で彼女, で待っ, で斯, で昔, で機関車, で正面衝突, で火, で牛, で県道, で綺麗, で腹ごしらえ, で色気, で落合, で落着, で負けときましょう, で遊ん, で頭, となる, とは一倍人気, にあたりましょう, にあったごたついた, にあり, にありふれた, にあれ, にいらっし, にいる, にうろ, におかけ, にかの青年, にさういふ, にざら, にし, にすこし, にすばらしいいい, にそう, にたくさん, にちら, になった, になってる, になる, にはある, にはいたずらざかり, にはその, にはない, にはなかっ, にはもう, には信, には半蔵, には堅い, には宗太, には散歩, には新井田氏, には村, には海, には煙草, には町中, には白い, には草, には針仕事, には鍋, には馬籠町内, にひっかかっ, にふらふら, にぼんやり, にまごまご, にまだ, にも古く, にも見え透い, にやたら, にゐ, にゐた, にウロ, にザラ, にマゴマゴ, に一本, に下宿, に丸く, に人影, に住ん, に住んでる, に倒れ, に出かけ, に列べたい, に匐, に君, に在った, に売っ, に多く, に夫, に寝散らばっ, に小川, に帽子, に干し, に御, に撒い, に散っ, に散らかった, に散らば, に散らばつ, に斃, に旋風, に書簡箋, に来, に校舎, に棄て, に横たわっ, に機微, に歌, に泊っ, に漂つて, に焦点, に生え, に目, に積み重ね, に立現れ, に置い, に腰掛け, に落, に落ち重なる, に蓑蟲, に蛇, に行く, に見張っ, に見当らなかった, に誰, に赤い, に近く, に遠慮なく, に金, に鋏, に隠れ, に類, に飛ん, に骨, の, のお嬢さん育ち, のかげん, のただ, のはい, のみの毛ばら毛, のトド松, のブクブク連中, のベンチ, の一体, の乞食小僧, の人生行路, の作家, の光景, の医者, の十把ひと, の古道具屋, の品物, の喜捨, の坊さん, の場末, の墓, の女給, の好み, の小さな, の小家, の小径, の山道, の岩道, の川, の常道的, の幼い, の店子, の弁当代, の影, の後, の御, の悪党みたい, の或, の押木, の文房具店, の日限, の書物, の月評家, の有合せもの, の枯れ葉, の枯藪, の業病人, の樹, の樺の木, の機微, の正月, の気どり, の河ッ縁, の沿道, の消息, の漁師, の漁師達, の無邪気, の燃料, の牛店, の物, の物影, の田圃, の田舎銀行, の町, の界隈, の畠, の皮膚, の祭司, の稲, の米, の粘土, の納屋, の純, の紙, の胸算用, の自称学者先生, の艶麗さ, の芸妓, の芸者, の茶店, の草蔭, の荒れ果てた, の薬屋, の血管, の見回り, の見物, の角, の詩人, の谷, の路, の路地, の身のほど知らず, の部落, の酒, の野暮天, の金ぢ, の金銭, の露, の高い, の髪結さん, はいい, はいいらはい, はおそろしい, はからっぽ, はきっと, はしん, はとうに, はふき, はもうすっかり, はもうだいぶ, はや, はよく, はわるく, は人家, は入れる, は助かった, は大きな, は始終よく, は嵐, は市中, は損失, は明る, は明るく, は桃, は気味, は皆, は皆掛茶屋, は眞, は私, は薄暗, は薄暗かっ, は過ぎ, は遠, へ, へおかけ, へお茶, へしばりつけました, へず, へつかへ, へて, へて姉上, へなし, へはなく, へまつら, へもせざりき, へ出, へ吐き散らした, へ姿, へ小刀, へ散歩, へ栗, へ荷物, へ行っ, へ見回り, へ買ひもの, へ隠れさせ, ぽいと, までいっしょ, までが確実, まではさほど, まではどこ, まではまだなかなか, までは自然発生的, まで一走り行つて來, まで同じ, まで味方, まで引張っ, まで来る, まで案内, まで行っ, まで見物, まで送っ, も, もその, もだんだん, も水, も皆, をうろ, をかけずりまわっ, をここ, をのそつ, をひ, をぶらつい, をぶらつくべく, をまごつき歩く, をオドオド, をガラガラ, をソット, を一, を一ツ, を余程, を出歩く, を取, を取り繕っ, を取片付け, を埋め, を変化, を少し, を彷徨, を往き, を御, を念入り, を拭い, を掃き出し, を探さう, を探し始めた, を探し廻りまし, を撫で廻し, を歩き回る, を歩く, を漕ぎ, を漕ぎ廻っ, を漕ぎ廻った, を片づけ始めた, を片付け始めた, を眺め廻した, を胡乱, を行っ, を見下し, を見廻, を見廻し, を見渡した, を見渡す, を跳び廻った, を踊っ, を踊つて, を通っ, を通りかかっ, を遊び, を遊ん, を離れず, を飛びまわっ, を飛ん, を飲んですつかり更け, を駈け廻っ, 探ったって, 選り抜いて

▼ いこと~ (1166, 1.3%)

112 がある 3532 では 27 をした 25 を言 23 である, をし 19 をする 14 です 13 があります, だと 11 だが, でも 10 があつ 9 でございます, になる 8 があっ, だろう, を言った 7 はない, をいう 6 であると, であろう, にし 5 があった, だな, であった, ですが, になっ, のやう, を, をいっ, をしない, を知っ

4 [13件] か, が書い, じゃ, だった, だらう, でしょう, で御座います, なの, のよう, は, を云う, を考え, を言う

3 [19件] かもしれない, が, がありました, が御座います, じゃない, であらう, でご, でした, ですな, でせう, になった, に気がついた, に相違, は彼, は知らない, を云った, を申し, を考えた, を言っ

2 [52件] かも知れない, が来る, が澤山, が起る, だからと, だつた, だらうと, で, であつ, でありますが, であるが, ですわ, なんかある, に, にお, になりました, にはそういう, にはその, には現に, に思っ, に違い, のできる, の一つ, の徴, の限り, はその, は御, は無い, は自分, ばかり, もいわず, をいつた, をいふ, をしました, をすれ, をなさる, を云, を云い出す, を仰っしゃいます, を吐く, を大, を思いついた, を教, を澤山, を申, を申しました, を申す, を自分, を言い出し, を言つて, を言われる, 夥しい

1 [461件] あたくし, いうて, かな, かも知れません, があ, があり, がありましたろう, がありませんでした, があろう, がいえた, がき, がございます, がしばしば, がそういう, がその, ができる, がなく, がひどく悲しく, がまだまだ, がわからない, が一ぱい, が云, が何で, が信じられる, が出, が出来ました, が出来る, が多く, が好き, が始まりかけ, が平気, が度度, が彼, が待つ, が心配, が悪い悪い, が有りゃしません, が有る, が本当に, が次々, が沢山, が現に, が生じた, が義, が起こる, が起った, が起つた, が起り, が長く, この上なし, じゃあった, じゃこれ, じゃダチカン, じゃ命拾い, じゃ怖, すら忘れかけました, すること, だかも, だから, だからな, だけは確か, だけを懸河, だこう, だだが, だったし, だったに, だって気, だつて, だという, だとは, だとも, だによつて二人, だね, だよ, だらう私, だらけ, だろうか, だろうと, だろうな, だ云々, だ今日皆さん, だ又, だ君, だ怖, だ粗笨, だ賞め, ちらちらし, であ, であったが, であったと, でありました, でありまして, であります, であり之, であるから, であるに, である惡い, であろうか, であろうと, でございましたな, でございましょうという, でございますからな, でございますが, でございますねえ, でござるが, でござろう, でござんすなあ, でしたが, でしたね, でしょう御免, ですから, ですからね, ですその, です我々の, でない善い, でなく仏教, でなぜそう, でもいう, でもした, でもしただらう, でもしよう, でも急, でも言おう, で今, で作者, で倉賀屋, で大, で大概忠臣二君, で少なくとも, で御, で御座いました, で御座いましたが, で御座いますが, で有難う, で無かつ, で無く, で私, で若し, で貴方, といわなけれ, とされ, とした, として姫君, として自分, とその, とはお, とは思つて, とは深く, とは知り, とも思はず, とも思わなかった, とを図面, とワシ, と思っ, と思はない, と気, と言, と言ったら, ながら今, なく第, などは皆, などを細々, など言われた, など誰, なら別に, なら聞く必要, なんかしない, にあたり近所, にあつし, にあと先, にある, におまけ, にこれ, にさまたげられ, にだけ聞く, にでもお, になつ, になら, になり, になります, になるであろう, になるでせう, には, にはいろ, には五人, には僕, には兵隊, には別段, には嘘, には夜, には大和, には忽ち, には思はなかつた, には東京, には満足, には私, には自分, には資本主義勃興, には進化論, には駒井, にひかれ, にもあの, にもせよ, にもなり, にもなる, にも苦しい, にやならない, にろくな, に二人, に出, に出会う, に出喰わした, に変えられ, に娘, に彼女, に思, に思う, に思はれ, に思ひ思ひし, に思へた, に思われ, に映った, に朝, に気, に気がつい, に無頓着, に王, に考へられ始めた, に背, に見えるであらう, に違, に重, に長崎屋, に隱居, ね継母, の, のため, のない, の体験者, の出, の前兆, の好き, の方, の暗い, の甚, の種々, はありません, はあるまい, はいわなかった, はお, はおどろく, はしたくなかった, はしとらん, はとても, はひと言, はまあ, はやめろ, はわれわれ, はシャク, は一切, は一切ぬき, は一切申し立て間敷, は一言, は三千, は云わない, は云わぬ, は出来なくなる, は出来る, は判りません, は口, は大した, は奥, は少し, は弟, は想像, は明かです, は欣, は決して, は申しません, は申し上げますまい, は省く, は私, は考え, は言いっこ, は註, は話さない, は貧乏人, は避け, は避けます, ばかりある, ばかりおっしゃる, ばかりその, ばかりぬかしや, ばかりは言わなかった, ばかりを繰り返し, ばかり云つて, ばかり考へた, まで土人, もありますまい, もあるまい, もない, もないだろう, もなく, もなさるまい, もまた, もやつ, も云はず, も云わない, も何, も出, も死, も澤山, も考え, やそれら, や供養, や口, や火, や然うかと, や華やか, よりもむしろ, より今, をあなた, をあなた様, をい, をいい出し, をいたしました, をいたしやした, をいった, をいよいよ, をいろ, をいわっし, をいわない, をお, をおっしゃっ, をおっしゃられ, をおっしゃる, をお話, をかんがえた, をしあがる, をしだす, をしなかつた, をしねえ, をします, をしませんでした, をしよう, をすつかり忘れ, をずけずけ, をなさいました, をなさらない, をなさるだろう, をなす, をなぜ, をのべたてる, をば何様, をほざいた, をほんとう, をみとめず, をやっ, をやつ, をやり, をやる, を一切, を並べ立てる, を予想, を云い, を云いかける, を云いました, を云い出した, を云うらしい, を云え, を云ってる, を云つて, を云つて何, を云つて俺, を仕いだした, を仰, を仰っし, を企てた, を企み, を企んでる, を何もかも, を何より, を余り, を加, を勇気, を口走っ, を告げたい, を喋り散らし, を嘆き, を婆さん, を平気, を引きおこす, を当局, を思い付いた, を思い決めた, を悔い, を愚図, を感じ, を持つ, を教え, を書い, を書き立てんで, を有, を望み, を民子, を為, を爲たん, を申さず, を申し上げる, を知, を知ってる, を知らせ, を知らない, を知り, を知りました, を示し, を示した, を考えよった, を考える, を考へ, を考へた, を考へる, を聞いた, を聞かし, を聞かなけれ, を聞く, を聴い, を聴いた, を聽, を致す, を荒々しい, を見えない, を見た, を見届け, を見破られた, を言いなさるだ, を言い出す, を言うまい, を言ってる, を言つたぢ, を言つたの, を言ふから, を言われ, を言われるであろう, を訊きかえさず, を話した, を説い, を談話, を謂う, を遠慮, を遣りおった, を鑿, を黙っ, 居りますが, 憤る方, 明かである, 有りまして, 申して, 申すな, 考えられないけれどね, 見る見るうち

▼ い~ (1029, 1.2%)

79 して 36 した 21 しながら 13 つけて 8 すると, もって 7 持って, 見て 6 させて, 感じた 5 しました, する, 作す, 計って, 転じて 4 あげました, したが, したり, するよう, つけた, なして, 定めて, 見計らって

3 [15件] かいで, するの, 出して, 受けて, 嗅いで, 失って, 得て, 感じて, 感ずるの, 支配し, 未然に, 知って, 禁じ得なかった, 覚えた, 逃が

2 [51件] いたします, うかべて, かけて, こしらえて, こめて, した時, しては, しなせ, すまして, すませて, するか, するが, するという, するほど, つけると, つれて, なすの, のりこえて, はかって, みて, やって, やるの, グッと, 乗り越えて, 努めて, 占領し, 受けるの, 呈して, 嗅ぐよう, 変じて, 定めながら, 帯びた声, 帯びて, 待って, 感じるの, 攘う, 求めること, 添えて, 発して, 直して, 着て, 禁ずること, 立てた, 精密に, 見せて, 見はからって, 見ると, 覚えながら, 貰って, 越して, 附けて

1 [634件 抜粋] あげたかわいそう, あげたじゃ, あげた女の子, あげないでは, あげながら, あげる若い, あてこみに, あらくし, いうこと, いかにも年, いた, いたさせ候間, いたしました, いったって, いどめば, いよいよ猛, うかがったのち, うけて, うけるだろう, うけると, うけ名, おしいただいて, おして歓迎, おすすめしまし, おたて, おぼえた, おぼえたはず, お呼びに, お立て, お許し下さいまし, お頼み, かぎつけると, かぐかの, かぐと, かけては, かけました, かけるの, かけるよう, かんじました, きずいた天海僧正, くれたり, くれて, こうむらしめたの, こらえつつ, ごまかした金, さえして, さがして, さして慨嘆, させた, させないよう, させながら, させるぞ, させるの, させるん, させ合掌, し, しげしげと見, しそう, したかな, したがえそれ, したという, したとも, したもの, したよう, した人, した屑屋, した行燈, した覚え, しちゃあ, しつつ, してからに, してやらなければ, しないため, しながらも, しなすは, しようとも, しらずしらず刺戟, しろと, し一切, し初め, し半平, し物, し玉, し脚, し通路, し階下, し顔, すませ改めて, すること, するため, するでしょう, するとか, するところ, するなんて, するに, するのに, するより, するん, する事, する容子, する悪人, する者, する軽い懐しい, せずお金, せびって, そがれ今, そなえて, たのしんで, たのんで, だいはも, だして, つくして, つけたがる父, つけたの, つけたらどう, つけたん, つけた異性, つけた的, つけつづけて, つけていう, つけては, つけないで, つけや, つけられた声, つけるじゃ, つけ下し置かれ, つけ加えて, つづけた, つづけて, ていねいに, といて, とこが, とこは, ととのえた, とびこして, とめの, とられない前, なおして, なおすそれら, なおす老婆, なげすてました, なさしむるなどは琉球, なさったの, なさない限り, なさるやら, なしたの, なす, なすった後, なすに, なすは, なすべきもの, なすもの, なそうと, ぬる, ねぬや, のぼりたちまち, のりこえなければ, のりこえ城, のりこして, はがしました, はじめたの, はじめて相当小, はたし潔め, はね飛ばして, はやらせるという, はらみ出す虞, ばさん, ひき起したな, ひき起し宮方, ひそめる者, ひろい上げて, ふりまいて, ふるいおこして, ぷんぷんさせ, まぬかれた, まぬがれる工夫, まねいたの, まねくこと, みせて, みんな返せ, むなしく眺め, もたらしたもの, もちゐず, もみつぶして, もらうワケ, やった, やったの, やったろう, やった平次, やみない, やめても, やめよと, ゆく大原女, よじのぼるなんて, わめいて, ガウンの, サバエ送りと, ボッカチオか, ワラワラと, 一つあげよう, 一つやっ, 一つ柄を, 一面に, 七分の一ほど, 不断に, 与えうるもの, 世界中で, 丹波口の, 乗りこえやがって, 乗りこして, 乗り越えてでも, 予言し, 争うこと, 二度も, 亡くしたという, 今から, 今は, 以って, 体に, 作つた, 作りその, 使いがら, 信頼する, 備えおる, 備えた武将, 催した, 催せら, 僅かでも, 免るる, 免れて, 全身に, 出さしちゃ, 出しあるいは, 出したって, 出しましたの, 出すつもり, 出そうと, 利用する, 加えるの, 助けるつもり, 励ましいよいよ, 勾引した, 卍巴と, 単純に, 及ぼさなければ, 及ぼして, 及ぼしてはとの, 収めたガラス, 取って, 取り除いて, 受くる, 受けずに, 受けるかも, 受けること, 受けるよう, 可愛がりそれから, 含んだ声, 含んで, 吸い込んだ, 吸ったこと, 呈した, 呈するという, 味わわんと, 呼ぶよう, 喰ったん, 嗅いだの, 嗅いだばかり, 嗅ぎ分けながら, 嗅ぎ嗅ぎ鈍い, 嗅ぎ慕って, 嘲りつけて, 堂々と, 塩水に, 増しつつ, 売って, 外に, 外らして, 多助の, 大に, 失わぬよう, 奪う原因, 好いて, 好みますが, 嫉んで, 定めようと, 定めると, 寝る, 寝るも, 寝んもの, 察して, 封じて, 巧みに, 帯びた顔色, 帯び全身, 帯び始めた, 幾らかここ, 引倒し, 強いて求められた, 彼らに, 待つこと, 待つといった, 御覧じまし, 心配し, 忌避する, 忘れて, 思ひ泛, 恐れて, 想像する, 感じさせた, 感じさせます, 感じずに, 感じない, 感じ一寸, 感じ今更, 感じ太田, 感ずるは, 感ずるよう, 感ずる様子, 憂いて, 成さん, 手つだって, 手伝う, 払うこと, 払って, 抱きながら, 押えるよう, 担いで, 招いたり, 招きます, 招き御馳走, 招くに, 招く因, 招く基, 招こうよりも, 持ち来したが, 持ったもの, 持った博労, 持った珍, 振って, 捨てて, 掛けては, 探って, 揺すッ, 攫おうと, 攫ったり, 放って, 教えたり, 散らして, 数多く並べ, 早めながら, 明確に, 書す, 望んで, 果たさしめられるの, 植えつけて, 植えつけられ自分, 植えつけ育むの, 欠くとも, 欠く恨み, 欲しがっ, 止めた経験, 止める事, 正す必要, 歩いただけ, 求めたり, 求めて, 求めようと, 求められたの, 法水は, 波及し, 洗い落してから, 流れる湯, 深うする, 深くし, 添えつつ, 済ませて, 済ませてから, 為しさらに, 為す, 父様が, 爽かな, 独占し, 獲て, 生命と, 生活の, 産み頼母様, 癒さんと, 癒すこと, 癒すべく朝鮮人蔘, 癒すも, 発した, 目の, 直した, 直した夫人, 直し粛然, 直し舟, 眺めて, 着しょう, 知らぬもの, 知らねえやつ, 知り初めた志, 知ると, 破棄し, 示しながら, 示し得て, 祓い得べきであるのに, 祓わなければ, 禁じえない, 禁じ得ずに, 禁じ得ないの, 禁じ得なかったの, 私の, 秘めて, 立てて, 立てねば, 立てよ, 立てようとの, 結ばせて, 絶って, 続けた後, 縄を, 習つ, 肯定し, 背に, 能く, 腰かけて, 腹話術で, 自分に, 自然に, 致しませんが, 苦しく越えなけれ, 葉子は, 蒙ったか, 蒙るの, 蔵し, 行なうは, 表現し, 表面は, 見あげました, 見せた, 見せながら, 見せようか, 見せ付けられながら, 見た, 見ながら, 見むと煤, 見るの, 見出さねば, 見出すので, 見計って, 見込んだから, 覗う, 覗き見してから, 覗って, 覚えた時, 覚えて, 詠んだもの, 誇るよう, 調べたり, 論じて, 識って, 貴んだ, 買いましたが, 贈呈した, 赤の, 越えた九兵衛, 身体じゅうで, 身体中に, 転嫁し, 近附けない, 迷わせた, 追いつめて, 追掛けて, 通って, 遺して, 遺します, 避けるため, 避ける工夫, 避け給えと, 鄭重に, 釈放した, 釘へ, 鎮めるため, 長い闘病, 附けおるを, 限ったためクッキリ, 除いたこと, 陪臣の, 集めきたりぬ, 離縁し, 頼む人物, 飲み尽した, 養いつつ, 養いつつも, 養うところ, 養ってる時, 馬鹿馬鹿しき清吉め, 高うする, 魏へ, 鼻を

▼ いもの~ (707, 0.8%)

29 はない 26 である 24 では 2320 がある 14 だと 13 であった, です 11 だった, であつ 6 があつ, だから, でした, ですね, を見た 5 があった, だつた, であ, と思っ, にし, のよう, は無い 4 がない, であるかを, ですから, になっ, はありません, を感じる

3 [16件] か, さ, だなあ, であります, であること, であると, でございます, ですが, ですよ, でそれ, でも, なの, になる, に思われた, に見えた, のやう

2 [26件] かなんぞに心得, が心, が歩行, じゃ, だからと, だが, だな, で, であるかは, であるが, であるといふ, でございますから, でしたが, ですな, とされ, となる, になつ, に思っ, はありますまい, はございませぬ, はなかつた, やさしい, を感じ, を感じた, を見, を見る

1 [334件] いいこと, かああ, かとつくづく, から逃げ去りたい, が, があっ, がありました, があります, がいや, がお, がこちら, がこの, がぞくぞく, がただよっ, がちら, がなかっ, がひらめい, がまた, がもらへない, がゐる, が会社, が何かしら, が出やがった, が宮殿, が寄っ, が峻, が底, が彼, が手, が易易, が映った, が欲しい, が沢山, が漲る, が潛, が現われ, が畿内並, が発見, が眼前, が私達, が縛りつけ, が胸一杯, が被さっ, が見え出し, が見つ, が見当った見当った, が身, が輝きはじめた, が迫り近付い, が降りやした, が隠し, が飛び込ん, が食え, ごときもの, じゃと仰せられました, そして魅力的, だか, だからなあ, だけは残らず集め, だそう, だぞ, だったから, だったの, だったらしいのね, だつたぞ, だつた海, だとでも, だとは, だとも, だね, だねえ, だのに, だろうと, だわ, だテ, だ街, であったか, であったから, であったが, であったし, であったと, であったの, であったろう, であった彼女, であって, であっては, であらう, でありえせ風流, でありまして, でありません, であり四季, であるか, であるかの, であるから, であるという, である事, であろう, であろうか, でご, でございますが, でございますねえ, でございまする, でしょうか, ですねえ, ですネ, です上, でただ, でたまたま, でどこ, でな, でないこと, でなかったこと, でなかったならもっと, でなかつた, でなく, でなくても, でなく心魂, でなければ, でも見る, で一旦, で今, で何度, で元, で単に, で彫刻師, で教育, で星菫党, で最後, で水底, で満堂立錐, で男, で葡萄酒, で魏志, という, といっ, といふ占ひよ, として区別, として忌避, として疑, として終, として見られ, として見下げられます, として迎, として非常, とする, となった, とはされ, とは云, とは言えなかった, とも思われない, と云つて, と信じられ, と取つ, と心得, と思いやった, と思い込ん, と思ひ誤, と思ひ込ん, と独断, と見, と見える, と見られた, と見る, と解せられ, と言わなけれ, と認め, なし, ならなぜ, なんで, にさえ感じさせます, にさせる, にさはりで, にされた, にしか思えぬ, にしか思へぬ, にした, にしてやる, にだけ解題, にちがい, にでも触った, になった, になりました, になるらしく, には違, には違ひな, にみえ, にも疎ましい, にサイン, に付く, に出逢った, に喰われ, に心身, に思い, に思った, に思はせ, に思はれた, に思ひ込んだ, に思へ, に思われ, に感じられた, に捕へられる, に捕われる, に掴まれた, に映った, に殴られ, に浸り, に眺め, に眺められた, に絡みつい, に考へ, に聞こえませう, に見, に見せた, に見せる, に見た, に見直す, に触れる, に變, に近, に過ぎなかった, に過ぎなくなる, に面, に顧みられた, ね, の一つ, の代表, の姿, の形容, の来る, の様, の樣, の言いよう, の醜, はこの, はこの世, はこれ一つ, はございません, はとり, はなかっ, はもう, はゐません, はインフレーション, は之, は伊太利, は何, は全く, は初めて, は別に, は嗅ぎ出せ, は大概, は好奇心, は妄, は宝石, は徳政, は手, は数多く, は暗い, は有りませんでしょう, は極めて, は決っ, は沢山, は滅多, は無え, は爆破, は疑, は盲目, は見えなかつた, は見る, は誰, は買っ, は通行, は青春, は韻律, は飽く, ばかりで, もある, もおしなべて, もなかつた, もまた, も一様, も御座います, も有りませんでした, も混, も能う喰わず, も見つからなかった, も面白い, も食べ, や横柄, をがっしり, をこの, をさ, をそっち此方, をだれ, をでも見た, をと独り, をにらみつけ, をまして, をもと, をロウソウ, を予期, を何とか, を入れ, を列べ, を列挙, を受けなかった, を受ける, を君等, を売る, を孕む, を官兵衛, を宝石, を射落せ, を怖, を感じられ, を持っ, を暗示, を構え, を残らず, を求めたい, を知らない, を突き立て, を纏う, を見いださなけれ, を見せられた, を見つけ, を見ました, を覚え, を讃め, を買う, を追, を造る, を隠し, を頂戴, を食べ

▼ い~ (610, 0.7%)

59 なって 19 して 12 なった 8 なると 6 しても 5 なりました 4 なる 3 なったまま, なるという, 婿を, 見て, 違ない

2 [21件] さいなまるる苦しみ, すると, なったこと, なったと, なったの, なったん, なるよう, 売られて, 天井を, 往った, 思って, 悩んで, 相手を, 私を, 笑い出した, 胸を, 行くの, 見とれて, 連れて, 離縁状を, 頼まれて

1 [440件] あけた風抜き窓, あたたかい日, あたった, あふれた俳優, あらわれました, ありつけば, ある, あるね, ある休憩所, ある小川, ある床, いざり寄った, いちいち四文銭, いって, いよいよ栄え, うまれましたおかげ, おさえ付けられて, おちつき払って, おとなしく返事, おとろえた目, お代さんの, お夏, お急ぎる, お粂, お見う, かかられたの, かかるところ, かかる時, かくし切れず吉川, かけまわって, かてて, かわいがりくれ候間, きたの, きょろつく様, きわまったり, くらせるよう, くらべて, けるあと, こッち, されたので, しうれひ, しえなかったと, しずむおかあさん, した, したがって, したこと, したの, したもの, しつつ, しつらき, しては, しましょう, しようという, しようなあと, し世, じっと此方, じっと見つめた, じろりと妹, じろりと記者, じーっと耳, じーッ, するもの, するもん, する雨, すれ違った黒縮緬, すんだんべ, せがんでは, その後ろ姿, たえません, ちがいない, つき相互, つけお, つっ立って, とうから思い, とびあがって, とびついて, とりかこまれて, とりかこまれては, とりもつの, どうする, どんなに強く, ない, なったあの, なったかと, なったかな, なったかは, なったかも, なったから, なったからと, なったが, なったという, なったならば, なったらこれ, なったり, なったんだい, なったローザン氏, なった向, なった塚, なった子供, なった板塀, なった男, なっちゃあ, なっちゃったん, なってから, なっては, なっても, なびかれましたの, ならないの, ならなかった, ならなければ, ならねば, ならべました, なられるよう, なりそう, なりとも, なりましたが, なりましたらお, なりまして, なりますか, なりますかという, なりますから, なりますもの, なり半, なり突然, なり関門, なるおつもり, なるか, なるかも, なるから, なるからと, なるため, なるでしょう, なるでしょうが, なるの, なるので, なるべき演説, なるまでに, なるもの, なるわけ, なるん, なる時, なる池, なる者ア, なれないの, なれないまま, なろう, のこったツメ, のぞんで, はりまわして, ひっぱりあげみょう, ふるえ, へつらってとよと, ほかならぬ, またどこ, まつさ, まつせ, むしゃくしゃに, むれて, めかして, もう一度見, やりきれなくなっ, よそよそしいよう, わずかな, わずらって, ァちがい, アーメンと, ガン人の, キャッキャッとの, ショウ, ジイと, セルゲイが, チラチラと, ニコッと, フォークと, ロース物が, 一泡ふかせ, 不完全な, 中年の, 予科二年の, 云うと, 云うの, 云つ, 云ひつけ, 人々から, 人家の, 仲間同志の, 任ずる, 企まざる媚, 企みたりとも, 会って, 会わねば, 似あわず家業, 似合はずよく, 使っちまって, 來た, 來て, 倒れこの, 倒れた, 倒れぬ, 備えて, 充たされたこと, 入るの, 冒されて, 冬越しの, 冷淡で, 凝固させた, 凝然と, 出かけはる時, 出て, 出来て, 出逢うもの, 利得と, 到る, 到ると, 効果乏しく, 動物の, 勝ったの, 匐い, 危篤に, 及び気違い, 取って, 取りつくろって, 取り巻かれて, 取り憑かれて, 合歓の, 吟味し, 善い事ずくめ, 困りしめて, 困るからね, 困るよう, 垂れ籠め, 埋伏し, 基づいて, 堀盛なる, 堪えるもの, 夢の, 夢を, 大口論と, 大次郎を, 大袈裟に, 女を, 学者の, 実の, 家賃が, 射向けた, 射拔, 左膳の, 左膳を, 巧者な, 差出した, 帝都の, 平伏して, 平凡な, 幸子が, 幽霊が, 幽霊み, 幾分当惑の, 弱りおとろえて, 形態転換にまで, 志を, 忠之を, 思い余って, 思うた, 思った, 思ったよ, 恋を, 恐しい格闘, 恐る恐るそれ, 惹き付けられて, 意を, 憎々しげ, 戻る, 手当りしだいの, 打ち揚げて, 押しこまれて, 拘らずよく, 拘らず十惡, 拘らず熟睡, 掛かる, 教師を, 早まって, 時間を, 晃, 書いて, 有り附いたの, 望んだ処, 来おったの, 来たな, 来たの, 来たん, 来て, 枕元を, 柳の, 柵を, 栄三郎が, 栄三郎を, 極まつ, 櫨木から, 歎き悲しむだろう, 歡喜しつ, 止まりあゆ, 止まるべきでは, 止めて, 正座し, 武蔵の, 死んじまうん, 死んで, 殺されるて, 殺しては, 殺意を, 母は, 気が, 水を, 沈み, 河童の, 泣いた, 泣出します, 泳ぎを, 浮かれ出して, 浮き立って, 浸ってる彼ら, 淋しい松根, 添わせて, 渋沢の, 満ちた楽屋, 満ち愛着, 溌剌さが, 溢れて, 爛れて, 犯された瞬間, 犯され新しい, 犯罪者を, 独言とも, 生気が, 由ろう, 申しの, 男の, 男を, 異なりません, 異存は, 疲れて, 痩せこけて, 目を, 目的を, 直ぐ吉原, 睨まれちゃあ, 睨んだ, 研究を, 砲術を, 磯野の, 神官が, 私が, 移って, 穴の, 突っ伏して, 窓を, 窮余の, 窺うほか, 窺って, 立ちはだかって, 立ち派手, 笑い頭, 笑った, 答えた, 糸目を, 紛らして, 細君は, 結びつけたり, 総身を, 罪なき, 置きながら, 置き残されて, 罹った贅沢品, 罹って, 罹りました, 罹ること, 罹るの, 罹る機縁, 聞き入れて, 肉刺を, 腕ぐみを, 臥すこの, 至れないし, 芸者を, 若かぬが, 若松屋惣七, 落雁を, 蕃社を, 薄暗い隅, 薫は, 行かないん, 行き, 行きました, 行き暮れて, 行くとき, 行った, 行ったの, 行つた, 襲われた, 襲われたの, 西谷田村に, 見どころが, 見わたす上流, 見送られて, 触れかかろうと, 言いたく思いながら, 言ったらいい, 話して, 貫目が, 起ち上がった, 近づいて, 近づきつつ, 追われながら, 退いて, 逢いまして, 逢うこと, 逢ったの, 違いない, 違ひない, 違ひ無い, 遠いという, 遭ったかも, 遭ったよう, 遭って, 遲くなる, 酒の, 釈迦堂の, 鈴木を, 銀次の, 闘いたりき, 陥りがち, 陥るよりは, 障子一つなく, 頬骨を, 飛んだ, 香物を, 馬厩に, 驚いて, 髪を, 黒い濡れた

▼ いそう~ (578, 0.7%)

58 なもの 33 な気, もない 1811 である 10 です 9 に思われる 8 だった, にない 7 なところ 6 な感じ, に思える 5 だが, なもん, な場所, に思われ, に思われた, に見える 4 で, であった, なの, な人間, な処, な所, に思えた, もありません

3 [12件] じゃない, だと, ですね, なけ, なので, な夜, な家, な様子, な筈, な顔, にもない, に思う

2 [32件] か, して, すれば, だけれど, だし, だね, であるが, ですか, でならない, でも, なのに, な事, な人, な人たち, な原, な心持, な気配, な男, な籔, な者, な自分, になかっ, には思われなかった, に思え, に思った, に推察, に笑いました, に笑う, に見えた, に見えます, もなかっ, もなく

1 [209件] か一瞬, ござりました, たい, だこれ, だぞ, だっけ, だったが, だったねえ, だったの, だった粉雪, だという, だとか, だのに, だわ, だ位, であり人, であるから, であろうが, であわれだった, でけち, でご, でござんす, でした, でしぶとい, ですかね, ですな, ですわ, でその, でそれ, でなかなかはっきり, では, で不気味, で浅間, で浪, で皆目, で目, で芽, で近辺, で長屋, で開けないの, で面白い, な, なあの, なあんばい, なおそろしい, なお千代婆さん, なお婆さん, なこの世, なさもしい, なすすき原, なただ, なという, なと云う, なはず, なふう, なもやもや, なようす, なら話すが, なれど, なん, なんで, なカフェー, なカフエー, なタンク, なダルマ, なプラトーク, なプロフェッサー, なベッド, な一種, な一銭, な上海行, な上野駅, な不思議, な中, な人々, な何, な冷, な千代ちゃん, な古, な古い, な古風, な品, な商人, な大きな, な女, な奴, な婦人, な子供, な室, な室内, な宿屋, な寒い, な寺, な小, な小さな, な山々, な席, な広い, な建物, な引, な形跡, な心もち, な恋, な恰好, な戸棚, な故, な散歩, な文句, な文士, な料理店, な新聞包み, な旅館, な日, な日蔭, な暖簾, な暗鬱, な書生さん, な木下闇, な松並木, な果てしなく広い, な格子戸作り, な極度, な櫛, な欠けたところが, な気もち, な気持ち, な水, な溝, な火, な無, な無気味さ, な牢舎, な物, な異様, な相手, な秘密物品, な空, な紙袋, な緑色, な美徳, な美男, な耳朶, な肱掛椅子, な背, な草原, な薄墨色, な血, な袖門, な裏まち, な見世, な視線, な貧相, な貴婦人, な貴様, な身分がら, な通り, な通人, な連中, な遅い, な野原, な鐘, な長い, な陰惨, な陰森, な隅々, な雄藩, な雪, な雫, な青年医師, な青黒い, な風, な風付き, な風采, な黒塀, に, にとん, にどんどん, になった, には思われない, には見えなかった, にもなく, にもなけれ, にも思えなかった, にも思われ, にも思われぬ, にも思われません, にも思われる, にも想像, にわらう, にニコニコ, に大笑い, に思わるれ, に思われました, に田舎, に空腹, に笑いだした, に笑った, に答えた, に胃吉さん, に見え, に言いはなちました, に言った, に近々と, に高笑い, ね, もありませんでした, やって, よ, 幾つも

▼ いから~ (535, 0.6%)

63 おやめなさい, お前は, だと, である, では, もつと, 緑の

2 [38件] お出でなさい, お出なさい, かして, これを, それは, だを, 一人でも, 下りて, 伜の, 何故, 何方へ, 先刻教へ, 兎に, 其処へ, 其所へ, 可い, 唯横町, 外の, 寝て, 察して, 己に, 帰って, 彼方へ, 持つて, 明けて, 欲しくない, 此方へ, 気を, 氣を, 百号二百号三百号と, 私も, 蓋を, 行くといふだけ, 誰にでも, 誰も, 身を, 迎へに, 黙って

1 [432件] あすこそは, あすに, あたしの, あつしに, あつしの, あとで, あの二階, あんなお, あんな大きな聲, あんな奴, あんな我儘, いやな, え蝋燭, おあがり, おいでよ, おして一人, おつけでも, お乗んなせ, お前たちは, お前持っ, お前様ひとつ何とか, お喫, お帰り, お書き, お涌, お祖母様, お祝ひ, お立ちなさい, お立祝い, お茶でも, お茶の, お菊, お蝶さん, お話しなさい, お閉めなさい, きっと空気, こいつは, こういうもの, こうやっ, こっちの, こっちへ, こっちを, この塗炭, この妓, この頃, これこれの, これで, これも, こんなこと, さあ貫一, さう, して, するん, そうした, そう云っ, そこで, そこへ, そのまま店, その原因, その大, その癖, その總, その色, その葉書, そりゃ凄い, それが, それだけは, それとなく二階, それに, それを, そんなにと, そんな事, たいまつを, だから坐り込ん, だつき, だに, だらう今夜, だわ, ちゃんとした, ちょいと, つい泊る, つてあたしと, つて外で, つて足を, であ, であつ, であるか, であるという, であろうけれど, ですよ, でどうも, で何, といつて, とことんまで, ともかくも, どいて, どうかここ, どうかこの, どうした, どうしても連れ, どうぞ碌, なア, ぴょいと地面へ, ほんものの, まあお, まあ話す, まあ難, もうちと辛抱, もう一二年達者, もう一本交際, もう一本燗, もう十一二, もう参れ, もう帰っ, もう止さう, もしめい, やめます, ゆっくりおし, よいので, よろしくおとり, わざ, サッサと, ソツと, ッて, ツて, フッツリと, ヘンや, ホンモノを, ロイド眼鏡も, 一つ二つ奪, 一と, 一ゲエム行かう, 一ツや, 一口に, 一寸は, 一寸素破ぬく, 一度に, 一座の, 一旦受けた, 一杯爺さんに, 一番真槍の, 一緒に, 一間半か, 三日ばかり, 上んねえ, 上級学校へ, 下せへ, 下職長屋の, 不可いから, 不孝に, 不断ここの, 不気味らしく, 主殿頭, 之を, 了簡しませんでした, 事と, 二階へ, 五桶ほど, 人さらひ, 人中へ, 今の, 今までは, 今一ヶ月待つ, 今夜は, 今日は, 今日丈け, 今日午後から, 仕合せだった, 休みませう, 伯母さんが, 何う, 何うかし, 何うかと, 何うし, 何しろまあお, 何だか馴染, 何の, 何やらひそか, 何処の, 何卒お, 來ない, 保養の, 俥に, 俺が, 俺ァ, 傍へ, 僕から, 僕が, 僕にも, 兄と, 先に, 先へ, 先方で, 兎も, 入って, 兩親に, 其の人, 其ま, 其様な, 内々に, 出せるだけ, 出て, 出來, 分って, 切出しや, 助かつ, 勉強し, 医専へ, 十五と, 半時間ほど, 半治さん, 危険いから, 却って旅なぞ, 厭だ, 叔父さんに, 取あ, 取つて, 叡山西塔の, 口に, 可か, 名指して, 向うで, 向方の, 向方へ, 呼べと, 咲耶子の, 壁でも, 声かける, 夜は, 太吉を, 女の, 女房の, 好さ, 妾の, 姑が, 宅まで, 安らかに, 寂寞し, 察すると, 小さいの, 小按摩一人肩, 少しそちら, 少しは, 少時爰で, 左様な, 己が, 帰れと, 年に, 府下を, 引出しの, 引緊められる, 弱く吹け, 当りさわりの, 当分泊り込む, 待って, 後に, 従って読者, 從つて他人の, 御朱印を, 心張りが, 心配する, 必ず叔父, 忘れて, 急ぎな, 怪我を, 恋人が, 悪い奴ら, 愚痴に, 態, 戸籍に, 手を, 手出しは, 手足も, 折角です, 拵えて, 拵へ, 持って, 持っといで, 持病の, 掘り出して, 握飯を, 撓まなく書かせる, 撲って, 放れて, 救うかと, 救ったの, 斷つた, 日を, 旦那は, 早くあがれ, 早くお, 早くそう, 早く其の, 早く去, 早く坊樣, 早く建てよう, 早く掛けや, 早く断つ, 早く洪願寺, 早く行け, 早く行っ, 早く買つて來, 早く買つて来, 明治へ, 昨夜の, 是非お目にかかりたい, 是非刺青を, 是非見たい, 時々そつ, 晴着位は, 曳舟から, 朝の, 来いと, 来たの, 来た霊魂たち, 来週の, 東京で, 根拙, 桜思いました, 止さうよ, 止して, 正しく鋭く, 正当に, 此の, 死んだという, 殺しました此頃, 殿の, 母親の, 汝も, 汝エ食い, 汝荷担いで帰れ, 決して知らさぬ, 決めて, 汽車を, 泊って, 泊つて來るだらう, 泊つて行け, 泊まって, 泊んなよ, 波羅夷罪の, 注意し, 洋傘を, 消えて, 消さずに, 渾天儀の, 火を, 無理に, 無闇に, 爾うし, 片づけようとして, 物干, 獨りで暮し, 甚しい, 生きて, 用心してる, 甲種商業學校出の, 町内の, 當つて貰ひたかつた, 當て, 病院じゃ, 皆の, 目に, 矢切の, 知れやしない, 私の, 私は, 立つて, 答辯する, 約束なさい, 紅葉先生の, 紹介し, 緩くりす, 聞いたもの, 自から, 自然手が, 若し雅さん, 荷物を, 蒟蒻玉, 蝮の, 行くよ, 行っちゃおうと, 行って, 街道に, 襦袢の, 見物だらう, 覚悟を, 親分は, 親子一緒に, 親子三人一所に, 謝るん, 貂蝉を, 貸して, 貸しな, 起った自滅, 足を, 車屋の, 軒先三四尺は, 近よっ, 近道行こう, 迷わア, 追ったの, 追ひ出す, 逃げだして, 造作アねえ, 逢は, 逢わして, 遠くに, 遣て, 邪魔に, 醒めた, 金が, 金を, 金二十両お, 鈴を, 長者の, 閉めて, 闇いまで, 附合つ, 降りて, 陰気な, 隱さず, 雌の, 面白いもの, 風呂へ, 飛行機までは, 香水を, 駄目だ, 駄目です, 驚きまさあ, 高松で, 鮓に, 黙ってろ殿様此女

▼ い~ (521, 0.6%)

17 云って 8 言うの, 言って 7 云っても 6 いって 5 いふこと, 云ふ, 思って 4 いうに, いうので, いうよりも, くれやす, 思った, 思ったの, 私は, 言ふ 3 いふ事, されて, 云う, 思いました, 思う, 思ひます, 思ふ, 申して, 聞いて

2 [37件] ある, いうか, いふの, せみの, マア思はれる, 一緒に, 不取, 丹三郎の, 云えば, 云った, 云ったので, 云つて居た, 僕は, 取敢, 呼びかけるの, 喚いたと, 声を, 存じまして, 思います, 思う時, 思つ, 思つた, 思はれた, 思はれるほどの, 思ふから, 早く, 歩いて, 申しました, 申します, 申すの, 磨いて, 考へ, 蕨の, 言うて, 言ったの, 言ひ, 言へる

1 [327件] あそびの, あなかしこあなかしこ, あなたは, いい総じて, いう, いうから, いうとね, いうのみ, いうよりは, いえば, いけないから, いった, いったって, いったもの, いつた風, いつて, いつに, いはねば, いはれて, いはれる, いはれるん, いふよりは, いへば, いわねば, いわれたらあんな, いわれたり, いわれた一高, いわれる, おおぜ, おそければ, おっしゃいましたか, おっしゃったん, おっしゃられたこと, おっしゃりますについて, おもむろに死に, おれを, お捌き, お望み, お雪ちゃんは, きたもん, ぎゃぎゃぎゃアなんて, こう仰せられる, こくわ, ここで, ここへ, このよう, さう有, しげ, したすべて, したところ, した処, しっとりびしょ濡れ, して, すぐ入り口, すると, するのよ, する以上, する者, すれば, せちに, せめて, その用心, なお食べたい, なつかしい, なるべし, ねだつて, ひそかに, まあり, まあ私, またも鈴子, また言った, まに, まも, まを, やさしく迎, やった処, やや声, よくよく聞き, よく笑いました, よく養, わたして, アレほど, ハいさまし, 一言いっ, 下手人の, 両人で, 両国の, 丹三郎と, 乞うたので, 二階を, 云いて, 云いながら, 云います, 云うか, 云うけれど, 云うてを, 云うに, 云うん, 云う叫び, 云う弱気, 云う心持, 云う心持ち, 云う意, 云う方, 云う概念, 云う様, 云おうか, 云ったじゃ, 云ったって, 云ったよう, 云ったら天下, 云ったり, 云った場合, 云った所, 云つた, 云つたので, 云つてた, 云つても, 云つて山奧へ, 云ふより, 云わざるを, 云わるるか, 云われたこと, 五八を, 人々此方の, 今日までも, 他愛も, 以前は, 仰せあそばすの, 仰ったら居ましょう, 仰有った始末, 何か, 何やら声高, 使が, 使にも, 信綱お, 先刻の, 其奴が, 冴えて, 切なりけれ, 勧める, 勧め棚, 卑屈な, 反りかへ, 取りに, 口を, 叫んだとき, 同時にひどく, 同棲した, 呼び多助, 呼ぶ, 呼ぶも, 命じおいたの, 命ぜられたなら今, 団結の, 墓参りに, 多かつ, 多からん, 多助と, 多助とは, 天気よし, 夫婦別れでも, 女中を, 妥協や, 威が, 婚礼の, 嬉しく思ひぬ, 存じましたわ, 存じますが, 家康は, 容易に, 密に, 将軍様の, 小林くん, 平面の, 幾度も, 引受けたんで, 強請みました, 当て付けらしく申して, 彼は, 後ろの, 御禮, 御舎弟さま, 御諚は, 心ある, 心掛けて, 怒鳴った, 思いながら, 思いながらも, 思いますか, 思うだろう, 思うと, 思うに, 思うの, 思うよく, 思ったが, 思ったくま, 思ったこと, 思ったという, 思ったら一風呂, 思ったら謂って, 思った位, 思った女, 思った心, 思った老人, 思つた風も, 思つても, 思つてゐた, 思つて居た, 思はなくなりましたよ, 思はれるこなしがち, 思ひながら, 思ふ人間, 思ふ外何, 思ふ心, 思ふ父親, 思わずには, 思わず東北訛, 思わぬ折, 思わねな, 思われそう, 思われて, 思われるから, 思ッた, 思ツた, 性質の, 怪しくしほ, 悪しこの, 愉しからずや, 感じた, 感じないわけ, 感じる心, 成って, 指図に, 振仮名を, 捌きを, 早口の, 望むの, 枕を, 極めたの, 母から, 母は, 母家から, 気位ばかり, 気味の, 烈しく飛びたつ, 爺どのが, 物売り達は, 生れましたばかりに, 申しやしたら今, 申し出たもの, 申すもの, 申すんで, 申す河豚, 申せば, 申入れまし, 畑の, 疾く來, 癪に, 皆さんとも, 真面目なれ, 私が, 私も, 答える, 答へ, 細く呼ぶ, 罵り合う声, 老先生, 考えかつ, 考えた, 耄けた聲を, 自由に, 色にでも, 荒稼ぎの, 表に, 見て, 見られる所作, 見ると, 観念し, 言いたい, 言いましたろう誰, 言い叱って, 言うたら待たッ, 言うたら御門違い, 言うたれば, 言うでしょう, 言うもの, 言うん, 言う勇ましい, 言う注文, 言っただけ, 言ったとき, 言ったわけ, 言ったん, 言つたが, 言つて大方然, 言ひつけ, 言ふんです, 言わなければ, 言われた, 言われました時, 言われる質屋, 言わんばかりに, 言出した, 評判の, 評判ばかり, 認められて, 誰も, 謂ったッきり, 謂ふ, 貞造が, 貴き者, 走り上が, 迎へ, 近づいたり, 逢ふ, 達して, 遜り下って, 醜い掴み, 開き庭石, 雄弁を, 面白し, 頼んだの, 額で, 高を, 髻を, 鳥の

▼ い~ (494, 0.6%)

18 をした 17 がある 16 を言 15 をする 11 だと, は無い 10 をし 7 はない 6 だ, である, は言, を 4 が有る, でございます, にし, は私, を云った 3 があっ, であつ, であらう, です, をいう, をいふ, をいふまい, をなさる, を云う, を言う

2 [25件] がお, が話, が起っ, だが, だろう, であった, でしょう, ではない, で御, というもの, なん, にこの, になった, はし, はしない, はねえ, をしました, を云, を云っ, を教え, を申し, を申す, を考え, を隱, 正しい事

1 [265件] ありますが, おまへん, か, かこ, かここ, かも知れない, かも知れぬ, から成るべく遠ざからう, から足, か僕, か悪い, か知らない, が, があ, があつ, があらわれた, がありまし, があります, がいくらでも, がお前, がございます, がなけれ, が一つ, が出, が出来た, が出来ました, が分る, が大人, が大蛇, が孕ん, が有っ, が有った, が有ります, が有れ, が言, が言える, が起きない, が起きる, が起つ, くる, この上, この炎天, しあん, じゃったな, だつた, だろうと, だ一足, ちょいと, づくめ, で, であ, であった併, であります, でありますな, であります此方, であるかと, であるから, であるに, であれ最後, であろう, であろうとは, でお, でございますが, でございますね, でございませう, でした, でしたでしょう, でしたろう, ですから, ですばい, ですワ, でせう, では, ではある, ではござりませぬ, では無い, でまだ, でも, でもあり, でもある, でもしたげ, でもする, でもそれ, でも云い, でも企らん, でも安心, でも急, でも起った, で一體物音, で争つて殞, で当今, で遠山, というたら堪らんです, といったら, とは, とは思はない, と云, と人, と思, と思いました, なぞには構はず, などとそれでは, などを云う, など云いかけられ, など言いまし, なの, ならば, なら殺して, なんか何, なんか無い, にはその, には丈, には亦, には何, には怠惰者, には気, には私, には魔, にまで怒りたくなる, にも遇う, に兄さん, に懐中都合, に手前ども, に裸身, に触れ, に雨露, のある, のう, のほう, の支度, の無, の無い, の蚯蚓, はありました, はありません, はありゃしない, はあるまい, はいずれ, はいっ, はこの, はこの間, はございません, はまるで, はよし, はわれわれ, はカラ出來, は久保田さん, は云, は云え, は仰しゃ, は何れ, は何一つ, は信じたくない, は分つ, は夜, は好き, は妙, は始終, は存じません, は山々, は御座い, は政府, は止した, は此世, は沢山, は申, は申されません, は申しませぬ, は申しません, は知りませぬ, は稲妻, は箝, は言われない, は誰, は車屋, は追って, は預る, ばかりが心, ばかりし, ばかりだ, ばかりでございました, まあ何, まで口走る, まで疑ふ, もあつ, もある, もいわれません, もう紙, もしない, もせず, もない, もなから, も一言, も多い, も多から, も度々有ツ, も惡, も有ります, も有りませう, も為る, も無い, も申した, も皆, も言つて, も隨分評判, やら返辞, や困った, や苦い, をあなたがた, をいえるだろう, をいっ, をいった, をいはず, をおいいだ, をお願い, をさせた, をしない, をしません, をせつぱつまつた事, をなされ, をなす, をぬかした, をはなす, をも書き残さなけれ, を一旦, を並べてる, を予想, を云いかけ, を云い出しおった, を云つた, を云つた事, を云つて, を云つておき, を仰しゃ, を吹っかけられ, を喋舌, を噫, を巧んだ, を為, を為る, を爲, を犯す, を申せ, を知っ, を知った, を知る, を考, を考へ出し, を聞く, を腹, を言っ, を言つて, を言つて來, を言わぬ, を訊いた, を話し, を説く, を説明, を調査, を附け加えず, を鱗焼, 云うので, 但し揺れる, 判らないこと, 言い度

▼ い~ (455, 0.5%)

9 する 8 出て 6 あって 5 ある, あるの 4 あった, あると, あるという 3 あります, おこりました, するよう, つづいて, 出そう, 出た, 聞こえて, 起こって

2 [19件] あるから, あるよう, きこえて, するが, そんなこと, ついて, なければ, よく見れ, われに, 出る, 出るほど, 彼の, 感じられた, 来て, 流れて, 荒くなっ, 見える, 見て, 起って

1 [348件] あいつに, あったから, あったの, あったらたすからないとも, あっても, あつた, あの少女, あの山いっぱい, あらくなっ, ありのぞきカラクリ, ありましょう, ありますそれから, ありません, ありませんのね, あり姉妹, あり得るの, あり甘美, あるが, あるとか, あるので, あるわけ, あるん, ある扨, ある毎, ある然し, ある程度に, あろうかと, いい値, いさめましたけれども, いたして, いつまでも, いよいよ別れ, いよいよ重く, いろうでばら, うつって, うつらないから, おくがた, おこって, おこる筈, おののくごとく咽ぶごとく尺八, おゆるし, およんで, お付き, お前の, お染, お角, かえって気まずく, かかって, かかります, かかるか, かかるし, かかろうでは, きこえました, きとか, ここにも, この北上平野, こみ上って, こんどの, ござりました, させて, さりとてその, しないから, しみて, すぐ背後, すっとんで, すでにあらわれましたる, すぺちゃ, するそう, するだろう, すると, するという, するの, するのよ, すんだらこっち, ずっとつづき, そう長く, そしていつも, そのバン, その全身, その声, その害, その薄笑い, それから, そんな事, たしなめると, ただごとでなく乱れ, ために, だいいち承知, だんだん重く, ちがうの, ちっとも見当らなくなった, ちとなった, ちゃんと平均, ちょうどいばら, つい横, つかない, つかないくらい, つかなかった, つかなくなって, つかなくなる事, つかまって, つくと, つくよう, つくんだい, つしり, つづきいっぽう, つづまる所, できた, できたから, できたという, できたん, できないじゃ, できました, でること, とにかくどんな, とまった, とまらないで, どうだ, どうだらう, どこかに, どっと笑う, なおるとも, なか, なされる, なにかの, なんだか急, はげしくなっ, はっきりと, はねかえる, はやり出したの, ひとしおたのもしく, びっくりする, ふりかかるかも, ふりかかるから, ぷんぷんする, へりこむぞ, ほとばしりました, ぽっかりと, まじって, また元, また繰返される, また荒れ, まだ具体的, まだ十六, まだ御, まだ残っ, まだ犇, まだ足りぬ, まだ鰹, まるで別人, まわり舌, まアとにかく, みんな救われた, むつかしくて, もうどうでも, もとの, やられた, よくいった, よろしくなりました, りっぱな, オウオソ町基督教会の, キレイの, クタクタに, プンプンする, プンプン漂よう, 一人で, 一旦かたい, 一段と冴えます, 二両三両と, 云うに, 五郎三郎の, 仄かである, 仄かに, 今日の, 付き纏って, 何う, 何うし, 何かの, 儲からねえ方, 先ず犯す, 入ったの, 入る時間, 内容の, 内心では, 円滑だ, 再び攫われ, 処へ, 出たもの, 出たもん, 出ても, 出ましたのよ, 出ようという, 出るもの, 出来ますれば, 出来る間, 切りこんで, 加って, 加わります, 動かぬ音, 勝頼とて, 募って, 却って福, 厳粛な, 去ったと, 去ったとは, 及ぶならば, 古びたお, 叫んで, 可愛そう, 同じ聯隊, 名誉の, 呉れねえッ, 咲いて, 嘆く, 変に, 変ること, 夕方三田が, 外れたため, 外れて, 大事は, 大分進ん, 大好きです, 大胆に, 妙な, 始まる, 嫌でした, 実に怖, 実に恐ろし, 実は望洋, 実は百姓, 容易に, 寧ろ大, 寺で, 少し寒く, 尖って, 居なくな, 居れば, 山へ, 己の, 己を, 当事も, 彼処に, 微かに, 恋人との, 悪いの, 悪い方, 悪くなっ, 感じられて, 感じられるだけ, 感じられるよう, 感ぜられました, 憑い, 所々には, 手紙を, 抛り込んで, 敷波に, 暑い時, 最も楽しい, 最早有りふれた, 有るよ, 来る, 来ると, 極めて美しい, 概ねそうで, 止まない, 止まりませんでした, 止められないの, 此が, 歩きつき, 殖えたよう, 毎日お, 沈むん, 流行る, 深まって, 済んだらすぐ, 済んだ晩, 済んで, 済んでから, 済んでも, 漂う蚊帳, 漂って, 為る事, 無くなって, 然う, 物語って, 狂ったの, 玉川関は, 現れるより, 生きて, 異様で, 疵薬でも, 癒えてから, 目方の, 直ぐ離れます, 真の, 確りした, 私には, 私の, 私は, 立派な, 籠って, 結ばれたの, 綺麗な, 考へ, 聞えて, 肉体を, 腹は, 自ら支える, 致しました, 舞い込んで, 芳しい涼夜, 荒い, 荒いと, 蟹に, 裏が, 見えたから, 見えたので, 見えて, 見え夥しい, 見当りません, 許されないと, 試用され始め, 走ったの, 起こった, 起こる, 起こるの, 起こるもの, 起るか, 起るに, 足りないと, 返って, 迫って, 迫っても, 送られて, 這入ると, 連れ合って, 道が, 降りかかって, 降りかかっても, 降りかかるやら, 集りやがったの, 面白いこと, 風が, 飛びついて, 馴合って, 騒いでも, 高じて, 黒部川は

▼ い~ (441, 0.5%)

71 やない 37 やありません 24 らしさ 13 らしくも, りを 7 つたり, らしい 6 くりながら, らしいもの, りでも, りながら 5 らしかつ, らしくて, りの 4 けてゐる, らしいの, らしい姿, らしや 3 くるの, らしいと, らしい娘, らしい蝶類, らしき姿, りは, りま, りも

2 [16件] けてしまふ, けてゐ, や御座いません, らしいから, らしいやう, らしいやら, らしい女, らしい気, らしい男, らしい程, らしく, らしくなつ, る, るなんて, るの, るやう

1 [158件] いと虚ろ, いと鳴き, かり股, きたなさ, くらずに, くらせたくないので, くられては, くりすぎて, くりはじめた, くり出した, くり始めた, くるから, くるばかり, くるやう, くる商売がら, くる朝雲, くツ, けきつ, けく, けさせたり, けず颯爽, けたちひさな, けて, けてゐた, けてをれ, けて乾, けて了つた私, けて人, けて仕事, けて矮, けて醜く, けない, けるの, け切, け果て, ってゐる, つくつて, つたが, つて, の悪い, や, やあねえか, やあゝ, やございません, やて, やねえか, やらう私, やんがら仙人, やア其積, や何, や無い, らし, らしいあの, らしいこと, らしいとは, らしいセンチメント, らしい一人, らしい人達, らしい位, らしい処, らしい土産, らしい女達, らしい姿態, らしい子供, らしい小さな, らしい工作, らしい後姿, らしい心臟, らしい思ひが, らしい悩める魂, らしい悲しみ, らしい悲惨, らしい愉悦, らしい感じ, らしい感傷, らしい感情, らしい様, らしい氣, らしい私, らしい花, らしい萎れやう, らしい薫子, らしい顰め顔, らしい魂, らしがられる程, らしがりたまひ, らしきかな, らしきは, らしき人, らしき君影草, らしき感傷, らしき涙, らしき顏, らしくお, らしくおん痛, らしくせつない, らしくとも, らしくなります, らしくまた, らしく何ん, らしく優しく, らしく可, らしく可愛らしい, らしく奥山恩, らしく思, らしく思うて, らしく思はせます, らしく思はせる何, らしく思ひながら, らしく思ふほど, らしく慄, らしく東京淺草, らしく泳がしむる, らしく涙, らしく痛々しく, らしく美くしい, らしく見たこと, らしげに, らしさとは, らしと, らしとこそ, らしとても, らしの, らしやじ, られたこと, られるの, りか, りが, りで, りで爪先, りに, りはじめ, りほうれんさ, り二畝耕, り廻して, り廻しては, り廻すの, り所, り手, り方, り痒い, り直し完成, り程, り芽生えるもの, り草とり, り通されぬ, り顔, るが, ること, るその, ると, るので, るのに, るよう, る興味, れて, わるく一瞥, 悪くまきつい

▼ い~ (401, 0.5%)

24 ゐた 1713 せう 4 アね, 候, 来て 3 ゆに, 出て, 居りました, 流れて, 立ちを, 置こうか, 見て

2 [20件] いた, おこうもの, くれい, たまらないという, つかわすぞ, つも, どうする, ゐたが, ゐたの, ゐて, 何と, 出た, 居つたが, 居りますが, 来しを, 来た, 来る, 歩いて, 行く, 話が

1 [274件] あおりながら, あそび, あたしの, あらうとげぬき地蔵, あらねば, いいの, いか, いざ早く, いった, いらつしたが, いる, うたいはじめた, おくか, おくもの, おこうか, おこうかと, おりましたか, お祖母さんを, くくった十人, くずれそう, くれたから, くれた方, こしを, この探検, これあり, これあり候え, これから慰労, これも, させ給うた神, しぼり出せぬとも, しま, すみます, せう余り, せう外, その光劇, そめしか, それである, それを, そんでも, たまいし君, たまいて, たまひ, たまらないくらい, たまらないの, たまらないん, たまりませんでした, たるは, たる者, たわい無く, だらうよ, つかわす, つる一曲の, どうしましょう, どうすりゃ, どうも出ねえ, ながめて, なさいました, なさいました私, なさいます, ぬれ, はござりませんか, まずこの, また云った, むと, むといふか, むは, もしなすった, やってきて, やっと蘇り, やはり国語文法, やむなく一時, やると, ゆく, ゆの, わたくしを, ゐたいの, ゐたこと, ゐたといふ, ゐたやつ, ゐたらしいあんな, ゐたん, ゐた一座, ゐた人, ゐた戸外, ゐた晝間, ゐた私, ゐた紅庵, ゐた純, ゐた芳ちやん, ゐた野郎, ゐました, ゐましたが, ゐやしない, ゐるが, イタリヤの, カラアの, ジツと, ジロジロと, 一向彼女, 一室で, 一概に厭, 一概に厭ぢ, 一言も, 下すつた, 下りけり, 事なく, 亡くなったと, 仏師が, 会員と, 伯母を, 何思ふ, 余り窘めず, 作ると, 來る, 信長が, 候いけん, 候よし, 候節は, 先登の, 入りにく, 入る者, 兵粮運びさしまんのか, 出かけウイスキー, 出でたの, 出ます時, 出懸ける同僚, 出来ます, 別れた, 博士の, 即時死因を, 卿とともに, 取って返して, 取り巻く, 召し捕られて, 各々方に, 呉れるを, 呉れんか, 呉んな, 噛んだ, 囲われた倉庫風, 地中に, 埒もね, 夏の, 多いの, 天晴れ出精し, 失った, 娘を, 子が, 寝たり, 寝た切り, 察したの, 居た, 居たさ, 居た家, 居た少女, 居た晩, 居た様子, 居た頭, 居まして, 居やしないかと, 居りそろ, 居る人, 己れ死な, 帰って, 年期にも, 廻る, 弁は, 御陵の, 思いつめたらお, 思ひ知らせんず, 恐れ入ります, 我来れり, 手切金を, 抑えつけます, 振って, 攻めかけて, 書けという, 最後の, 来たるその, 来たる序, 来た人種, 来た足掛四年, 来つつ, 来べしと, 来ました, 来りて, 来り蘭方医, 来ると, 来るは, 来る櫂, 歩いた時, 歩くの, 死したそう, 死に内儀, 死んだの, 死んで, 気易な, 流れてを, 済んだよって, 渡せ, 滅び徳川氏政, 無条件の, 焼かれたといふ, 焼かれようと, 申し上げたの, 男の, 着るの, 祝して, 祝杯を, 立ち, 立ちでした, 立って, 立つを, 笑った, 精一杯で, 織った曼陀羅, 置いたが, 置いたの, 罵る声, 聞えた, 至りぬ, 至るには, 興がるため, 行くこと, 行くもの三四人, 行くわけ, 行く様子, 行く袋, 行けば, 行った, 見え万物, 見せた, 見た, 見たり, 見た眼, 言い表わした, 語るの, 誰れ, 諸賢の, 護って, 走り出たので, 起った, 起った色々, 起って, 起るの, 起る可, 跳り上がる, 踊って, 迎えに, 追い返すため, 逍遙子が, 通した心棒, 遊びて, 遊んだ, 遣って, 遣るから, 長老は, 除って, 預かりまして, 飛び出したり, 飛んで, 食って, 食べた, 食べて, 食べ酔うて, 食わんと, 飲み, 飲むの, 飲んだ, 飲んだ時, 魚を, 鳴る一つ一つ, 鴨川の, 黄金の

▼ い~ (360, 0.4%)

65 づまが 4 彼女は, 私は 3 いな, お前は, づまの, ア親分, 彼の

2 [20件] お天気, これ, さに, そればかり, それを, ばの, ばの小, 少くとも, 彼対人生の, 愉快い, 旅は, 正確に, 母を, 生命そのものが, 自己も, 花よりも, 虚無である, 雪なら, 青年から, 頭の

1 [286件] あの児, あの桜, あまたどころ, あれが, あれは, あんなに親切, あッけに, いいだろ, いちどに内, いなければ, いま取っ, うしろの, えいッと, おっつけこれ, おもしろくて, およそ沈まぬ, かえって彼女, かえって真実, が食卓, こっちも, ことは, このお, この侍, この如き, この現在, この男, これは, これより, ごろに, さそうであった, さそうな, さの, さりそう, さりますと, さりませんかな, じゃ暇, すぐ屋敷じゅう, すでに肉交, すべての, そういう風, そう告げた, そこには, その十数人, その最大, それよりも, たといその, づまが光りはじめました, づまに, づまのつよい光に, づまやきのふは東け, づま形に, づま忽として, ときとして, ところで不二屋, とつぜん起った, どうも, なおも手落ち, なお言わん, のか, のめるよう, のを, はります, はりますな, はりますゆえ, はれや, ばの兎, ばの山, ば小僧, ば薬師, びかりがしてあたりが, びかりがしはじめるとまたあかるくなって船の, びかりがする, びかりが松の, びかりではありません, びかりのやうに目の, びかりのように火花を, びかり別れ, びかり畑うつ音の, ほとんど乱暴, またおそらく, また恐らく, まだまだ怪しい, みずから井戸の, みずから理解する, むしろ, むしろ怒鳴る, むしろ愛嬌者, むしろ無言, むしろ祈祷, むしろ私, むしろ考え, むしろ自ら海, むら, むらぼうと, もういちど, もう大股, もう東京, もつとも家, ものだろう, もので, ものであろう, ものです, ものは, わからないもの, わが戀, わたくしは, わりいな, われわれは, われわれ自身が, アあつし, アそんな, アどうも, アーッて, ア己ア斯う, ア後生だ, ハツハツハツ, バラッと, パン以外の, ペースを, マルクス主義打倒, ミイラにも, 一散に, 一滴と, 一生生えない, 一般に, 一見した, 一足跳び, 一體それは, 三十と, 不伝, 不幸と, 乞食の, 事が, 云ひ聞かせ, 人々の, 人生そのものをさえ, 人間と, 人間の, 人間性の, 今まで, 仏法を, 以前よりも, 仲居の, 伝道せず, 何ういう, 何故囁く, 余は, 俺ら, 儂も, 優しくし, 光秀は, 兜卒天上の, 八, 利己的学者に対しては, 前よりも, 力を, 加十ばかり, 助右衛門は, 十字架の, 又, 反対でさえ, 口ききゃがるねえ, 台湾に, 命令の, 和賀の, 城廓なり, 大いなるもの, 大きく体, 大きな鯨, 大太刀, 天上にまでも, 天下掌握の, 天武は, 天皇は, 妻ピカ, 娘はんち, 嬉しいな, 学者達もしくは, 宇宙の, 実際そういう, 家に, 家の, 少なくとも月, 屋根裏が, 差が, 差異を, 師直ごとき, 幸福を, 幽霊を, 廻って, 彼らの, 彼らは, 御衣お, 御誓文, 御身の, 心を, 心地は, 必ずありえた, 快楽さえも, 急速に, 態度で, 我々が, 挟み撃ちに, 教育勅語のみとは, 文士の, 日本の, 明日の, 昨日死な, 時代的な, 普通の, 最も冷笑的, 期待が, 木戸の, 朱桓は, 東西古今の, 松風の, 櫺子に, 次は, 歩き方, 死刑の, 殊に支配階級, 残喘の, 浦里三勝小春, 浮薄で, 漆の, 激情は, 火花を, 狼狽を, 猶予する, 理学研究所を, 理由が, 瑠璃岸国の, 瓦斯體の, 生物でなく, 甲を, 番頭さん, 疝気の, 白い死線, 白山白水谷の, 百歳, 目の, 相違の, 真の, 碌で, 社会は, 私の, 窓さえ, 竿入れに, 終つてゐない, 総軍, 胸が, 胸に, 自分が, 自分の, 自分自身にも, 自身当っ, 色も, 苦痛であった, 苦痛でした, 薬師信仰は, 袖を, 要石, 見切りを, 見張りを, 親が, 親兄弟, 親分は, 親分尤も, 解剖上より, 言葉つきで, 調子で, 趙雲は, 足を, 距離の, 鏡の, 長アくし, 閉門の, 阿母さん明日妾芝居, 陣刀を, 陸軍大学卒業までも, 雨降っ, 青年の, 面白さ, 馬を, 高等僧官でも, 鬼六は

▼ い~ (348, 0.4%)

57 ない 12 ないが 8 ないの, らく 7 ないやう 6 ないもの 5 いへ, ないけれども, 私は 3 ないかも, ないよ

2 [22件] い, いくぶん狂気, えって, それは, それも, ないうまさ, ないけれど, ないさ, ないだらう, ないといふ, ないところ, ないので, ないまでも, ないよさ, ないわけ, ない味, なくなる, り, る言を, 如何に, 手前に, 自分は

1 [185件] あまり活気づかず, あり, ある晩, いお, いこりゃ, いと立っ, いなるほど, いやりますよ, いペロペロ, い成, い遅, お前に, お前の, かくきびしき, かし, この事眞なり, これらの, ころがって, さすがに, さながらに, さらば我, そこから, それが, たこと, どいと, ないうつくしさ, ないうま味, ないきれい, ないこと, ないし, ないしかし, ないすがすがしい氣持ち, ないすまない, ないそれ, ないぞ, ないた, ないため, ないだから, ないでも, ないと, ないところが, ないとは, ないほど, ないまさに, ないよい気持, ないよりも, ないわ, ないわね, ないハーモニー, ないフレツシユ, ない一茶, ない三日間, ない二坪, ない位, ない傘, ない冷たいもの, ない危機, ない可愛らしい薔薇色, ない品, ない夢, ない大, ない好, ない嫌, ない孤独, ない安心, ない家庭, ない寂, ない寂しさ, ない寝床, ない強い力, ない心の, ない心持, ない心細さ, ない忍苦, ない快さ, ない情緒, ない感じ, ない懷, ない所, ない明朗, ない樂, ない気分, ない気持, ない氣もち, ない混乱, ない温かさ, ない無, ない硬と, ない秋日和, ない程度, ない空漠, ない純真, ない美しさ, ない聲, ない舞台効果, ない萬圓, ない詩, ない迄も, ない郷愁, ない食後ゆ, ない香気, ない高雅, なくつて, なくて, なくても, なんと心のどか, ねえが, ばい, ばいは, ばいへ, ませんが, ませんがね, またこの, まだ檢査前, らくなにしかも, らくシルヴィオの, らく右馬の, らく山媛の, りきと, わが, わが淑女, アキリュウス敵の, ッぽ, ツ, 一つの, 上の, 世は, 中, 主人伴作の, 井の, 仇敵は, 他人なれ, 何ぼ, 何分不自由, 元来言葉, 全く根本的, 出た時, 司令官だけ, 吃驚させ, 同時にそれだけにまた, 向って, 君は, 奇怪なり, 奥州探題を, 奥様いとし, 女の, 季節が, 寄せかけて, 少しは, 山の上では, 山の上は, 左門は, 常に少年, 弱い女, 当分の, 彼には, 彼らには, 彼らの, 心の, 愉悦に, 所詮は, 撒くん, 是れ, 来た, 殆ん, 汝の, 決していやらしく, 涙に, 無い, 無芸の, 爽やかな, 片手を, 田舎の, 留守中に, 矢張り決断は, 私の, 秋の, 聖者の, 臆する, 良き基督教徒, 行って, 詩とは, 警官に, 長らく人, 電車の

▼ いちゃ~ (296, 0.3%)

28 んは 11 んが 10 んの 9 いけませんよ 6 駄目だ 5 いけないよ 4 いかん, いけない, いけないの, だめだ 3 んには, んを, 困る

2 [18件] いけないわ, いけねえ, いちゃ, いつまで, しかたが, するの, せっかくの, んに, んも, ん喜い, 仕様が, 危ないから, 危険だ, 困りますよ, 大変だ, 毒だ, 邪魔な, 駄目じゃ

1 [166件] ああ成, あっしは, いかんかね, いけないじゃ, いけないと, いけない入んな, いけない種, いけねえぜ, いけねえと, いちゃと, いないが, おれそげな, お金に, かえってホテル, かえって御, こうし, ここでは, この大坂表, こんな面白い, しょうがない, しようがない, じゃまっけ, せっつきば, そんなところ, たまらないよ, たまらねえ, だめよ, だんだん究, ちょっと話, てえへん, とてもえらい, とにかく云う, どうする, どうだ, どうにもなるまい, どんなに大胆, どんなに身軽, なお困る, なかなかやりきれた, ならん朝, ま, まあお上, まずいよ, またいへん, またどんな, まるで幽霊屋敷, ら, らです, わかりませんね, んあたりまえの, んから, んじゃア, んそう, んである, んと, んという, んについて, んほんとに, ん己達の, ん御, ん随分, ァ年, ァ矢, アいけない, アきりが, アどこも, アなりません, アよく, ア仕様が, ア出来ねえ, ア助平どもの, ア己が, ア後生だ, ア本当に, ア談話は, ア邪魔で, ア鉄丸を, ウダツが, シベリヤの, マルキシズムに, 不自由です, 世間の, 二人の, 五宿の, 人と, 人の, 人は, 人目にも, 人間の, 仕方が, 伊奈子の, 何も, 何んと, 何時が, 働くこと, 先方行っ, 入れないよ, 冷飯食いでも, 出来ること, 分らないじゃ, 分らねえ, 分らん, 判りっこはねえ, 判断が, 危ないです, 厭よ, 合わねえよう, 命が, 困るじゃ, 困るの, 困るよ, 困るん, 埒が, 売れやしない, 多すぎる, 大変と, 子供の, 寒いでしょう, 小枝ちゃんは, 少し話し, 御免だ, 御自分, 念入りだ, 悪いから, 悪いだろう, 悪いわね, 敵わ, 旅人根性は, 旅先で, 此方が, 歯が, 気が, 気の毒だ, 気の毒だろう, 気色が, 済まない, 済まないじゃ, 物騒で, 猶食慾, 生きて, 生命が, 生命にも, 白を, 盆前に, 目まいが, 相手に, 砂利場の, 私は, 笑い者に, 素直に, 罰が, 花なんか, 若いもの, 苦しくて, 詰らないだろうから, 誰よりも, 辷るだけ, 退屈でしょう, 遊ばしませい, 運動なんか, 邪魔だ, 邪魔に, 頭の, 風邪を, 飯の, 駄目です

▼ い~ (293, 0.3%)

9 だ, の声 6 だと, の顔 5 で, であった, ですね 4 でした 3 がいる, だが, だよ, ぢや, の方, 部屋には

2 [18件] がある, が一人, さ, だなあ, だ美, であったが, です, とも思ふ, と婢女, なの, には相違, のこと, のつもり, の癖, の白い, の身, の部, を連れ

1 [190件] が, があっ, があまり, がいた, がいただろう, がいました, がおろおろ, がさる, がその, がみんな, がやっぱり, が三人坊主, が住ん, が傍, が去る, が右, が子, が控, が来, が来た, が橋, が歩い, が父親, が生れねえ, が用, が盆, が立っ, が糸車, が背, が襞, が電柱, が飛び下りた, こんなの, じゃここ, だあの, だから, だぜ, だそう, だだから, だった, だったな, だったには, だっていう, だってね云ってる, だってネ, だって死人, だって言います, だつたさうぢ, だつたの, だという, だとね, だな, だなア, だね, だろうと, だわね, だ今, だ正直そう, だ繻絆, であ, であり素直, であるから, でお前, でございました, でございましたが, ですが, ですよ, ですネ, でそれ, でどうにも, ではあるまい, でもとおる, で叔父, で少し, で店中, で權六, で男女二人, で私, で阪東しゅう, ときっと, とさっき, とは見た, と乳母, と二人, と対, と差し向い, と思った, と知己, と聞く, と見る, なぞを相手, などは天が下, などは決して, ならば, になった, になつ, には珍しく, には生れたくない, にひつ, に何処, に僻易, に助けられ, に子, に注意, に見えた, のかお, のよう, の上, の仰向け, の傍, の前, の力, の叫び声, の姿, の嫉妬, の屍, の悲鳴, の手, の持前, の掌面, の様, の歌う, の正体, の歩調, の死体, の氣, の皮膚, の立っ, の笑声, の笑顔, の綺麗, の美しい, の群, の耳朶, の肉, の肌, の裸体画, の話声, の顏, の首筋, の魂, の黒い, は, はお, はとく, はもちろん, は仰向き, は凄い, は几帳面, は大抵, は太郎左衛門, は好き, は嫌い, は左枕, は平, は持前, は旅人, は日本中さ, は江州坂本, は沢山, は涙, は滅多に, は燃える, は生れ, は立ち上りました, は若く, ばかりを想像, ほどよけい罪つくり, ほど近所, も樂ぢ, も隨分大勢, や後家, を伴, を嚊, を囲っ, を妻, を幌, を捕え, を漁り, を見つけた, を見る, を覘, ッぷりだ, 下駄を, 夫ま, 怪, 特有の, 船頭が, 護ヶ島で, 隱居の

▼ い~ (262, 0.3%)

6 はその 54 が云った, とお, と女, の声 3 がい, でした, の姿, の腕, の顔

2 [15件] があった, が来た, だから, だが, だと, だな, であった, であつ, とはいえない, の前, はありません, はそのまま, は団子, よ, を見

1 [190件] か醜い, が, があっ, がいた, がいる, がした, がそこ, がたしかに, がとり乱した, がとんとん, がひらひら, がゐる, がナイフ, がフト平次, が仮に, が何時も, が便所, が出, が前, が多い, が女, が好くっ, が娘, が婆さん, が嬉し, が己, が引き出され, が揮, が松明, が梯子段, が此処, が海岸, が燕, が血, が血刀, が街路, が這っ, が長く, が黄, さ, じゃありません, だった, だつた, だつたらこの, だつた相, だなあ, だよ, だわ, だわね, てえの, で, であったそう, である, でお忍び遊び, でがす, でしたか, でしたよ, です, ですが, でそれ, でづツ, でな, でね, でのう気象, ではありません, ではない, でひとり, でもある, でよく, で中, で今, で何, で其の, で崔家, で時として, で衣服, で高利貸, で髯, で鼻唄交, という, という怪談, といふ怪談, としか見えない, との間, と会社員風, と奥, と思っ, と手, と眼, と酌婦, と驅, なんで, にあいました, にうしろ, にか, にし, になつて來, には生れたい, には違げ, にむけ, に会った, に囁きかえした, に昼, に貸した, に銃, に限っ, ね, ねあんな, のお客さん, のこと, のした, のそば, のやう, の二人, の傍, の入, の口, の右側, の娘, の客, の家, の平生, の幽魂, の影, の往, の心, の懲罰, の横っ面, の權之助, の母親, の毒計, の眼, の若, の足, の雪さん, の頭, の額, の鼻, はこの, はこんな, はすぐ, はそこ, はそっと, はその後, はそれ, はちょっと, はねえ, はばった, はふと, は云いました, は人買船, は倒れた, は傍, は円木棒, は几帳, は口, は右, は問いました, は壮, は女, は嬉し, は寝室, は心, は思い出した, は恐れ, は悲し, は手, は暫らく, は水際, は海岸, は盛相, は耳, は腕, は膝, は見, は近, は迷う, は長者, は頭, は首, は驚い, もそこ, も女, や抒情的, を呼びました, を揮, を見た, を閉じ込め, を鼻, 疑へ

▼ いので~ (250, 0.3%)

7 あつた 3 あらう, せう, 御座います 2 あつて, せうか, 今は, 有名な, 私も, 結婚が, 能く

1 [220件] あたしは, あなやと, あらうか, あらうかと, あらうが, あんな事, うるさいが, お前は, お千代, お腹が, かなわらびしけしだおお, からして, かれは, けっこうや, げす斯, ここ半年は, この優, ござります, しようよ, すぐ箸, ずい分用心し, そう仰, そこに, そこには, そして實際壽命, そして胃病宗, そのあたり, その僅, その場, その段子, それは, そんなこと, そんな虞, ただ嚇かす, ただ眠つた, たって, ついそれ嫉妬, ついて, つい氣, つまりは, づいと, ときどき原稿, とにかく四隣, ともかくも, どこまで, なるべく禁令, へっへ, ほんの草葺, もう些, ゆうべの, ゆげが, りよは, わたくしは, カムパネルラと, ツイ高利と, フィヨードル引き立たず, モリエエルは, 一分間とも, 一切の, 一度に, 一旦念, 一望に, 一銚子と, 三人其所に, 下女の, 中二階を, 丸太二三本を, 主人が, 之を, 乘物にも, 事を, 二三日保養の, 二度三度と, 二等は, 互に衝突つて, 今夜も, 今太郎君は, 仕事は, 何うも, 何かと人, 何方樣か, 余は, 來られない, 借りん者, 僕は, 元から, 全く在, 其, 其様ことあ, 出された文, 出して, 判金の, 力を, 十分許り休ん, 卒業後の, 問題に, 喉の, 喜兵衛は, 囃し立て, 四方を, 困って, 地藏樣を, 坐るの, 大切に, 大黒屋も, 奧へは, 女中が, 娘等は, 嫌ひであつ, 子刻, 客が, 室の, 害の, 宵から, 寝てからに, 寝苦しいか, 寢苦しい, 小僧に, 少し體, 山崎夫人の, 山王台は, 屹度先刻の, 岩の上も, 帳元が, 帳幕の, 庭に, 延引し, 役人は, 徐は, 御互にどうか, 心配だ, 忠一も, 忽ち見えなくなっ, 思い, 思ふやう, 思案の, 悄れ, 手数料として, 手間が, 持って, 數は, 文學でも, 方々から, 時々喰, 曲者を, 書籍の, 月の, 有りまして, 有る, 来る気, 歌を, 此処に, 歩くの, 段々の, 毎日の, 毒々しい焼ける, 毛唐の, 求められるまま, 泊めて, 洵に, 流行り出したの, 渠も, 滋養分は, 濱は, 炊いたの, 烏が, 無理ならぬ, 熱くさせる, 生活の, 甲地乙地の, 疾うに当人も, 皆し, 目が, 眼が, 睡気, 知んねえもの, 私が, 私し, 私すつ, 私と, 私の, 立ったまま, 米の, 絵の, 翌日は, 背中が, 腐つて, 腰の, 自分は, 自然何か, 與吉は, 色々と, 苦しい思い, 草原の, 蒟蒻だけは, 蒲團を, 蓋も, 蔽し, 行燈を, 表から, 裙の, 見榮, 見物人も, 話はは, 誰でも, 貴方とは, 足が, 車を, 近いうち, 造作も, 遂に捉える, 選出する, 醫師の, 金子を, 釣瓶は, 間もなくどこ, 風呂の, 風呂を, 驚きました, 鶴子さんの

▼ いやう~ (210, 0.2%)

14 な気 13 な氣 7 な心持 6 な気持, な氣持 5 だが, でも, にはしない 4 なこと, なもの, に思つて, に思はれ 3 だな, である, なものの, な事, な調子, な顏 2 だね, です, なところ, な感じ, な風, にも思はれた, に京都, に思はれた, に思はれる

1 [97件] だ, だから, だよ, で, であつ, でございます, でございますが, でございますね, でございます七百萬兩, でした, ですから, ですが, ですけれど, ですけれども, ですよ, で彼所, で御座いますが, で狭, で狹, といふの, な, なそれ, なちらちら, ななつかしい, なら構はず, なら盛岡, な一寸, な不思議, な不気味, な中, な丸太棒, な人間, な声, な大きな, な好意, な嬉しい, な安心, な尊い, な御, な心もち, な心地, な日和, な期待, な木目, な樣子, な権幕, な気の毒, な澁紙面, な痛痒い, な皮肉, な細い, な羞恥, な考, な脊, な苦しい, な處, な衝動, な表情, な谷, な身體, な遣瀬, な雨空, な顔, にいたします, にう, にし, にする, にするだらう, にそうつと, にそつ, にそろそろ, になつ, にはしてやらない, には取, には計ら, にひやせ, にも思はれ, に出, に動い, に思, に思つて來, に思ひ, に思ひ込ませ, に思ひ返された, に思ふ, に思へた, に感ぜられ, に書い, に有, に灯, に煌, に自分, に苦しい, に言, に言つて來, に遺言状, に頼む

▼ いところ~ (203, 0.2%)

127 がある, である 5 でした 4 だが, であった 3 だから, でしたよ, のある, を気の毒

2 [12件] がない, さ, だと, で, でお, でしたが, でしたな, をわざわざ, を御, を氣, を済みません, を見せ

1 [128件] からお, から迎えた, があっ, があつ, があり, があります, があるで, がなく, が一ツ, が何より, が出, が大いに, が少し, が望み, が極めて, が欠乏, が見え, が見える, が見つからぬ, さな, じゃった, だそう, だつた, だつたので, だね, だ八, だ長島若菜, であったな, であるだけに, であろう, でございましたよ, でござったの, でござったよの, でしたね, です, ですこの世, でせう, でその他, でそよい, でそれ, でそれぞれ, でそんなに, では一丈, では一週間, でふと, でへツ, でもあつ, でも先ず, でも頸, でやっと, で三田, で助かりました, で助けられた, で受けとめた, で命, で大佐, で失明, で思いとどまった, で旅人, で欺, で歌, で無事, で生命, で素懐, で自分, で英国駆逐機隊, で血の池, で辛うじて, で類焼, というの, とも知らず, と思い, と温い, なの, なのよ, にでも相撲, になつて, に二つ, に今年十六, に惚れ込ん, に新月, に立つ, に行こう, ね, のやう, のゲーテ, の一室, の有る, はいつ, はなかっ, は少し, は微塵, は無い, へ, へお, へ引摺, へ私, へ誘い運び, へ連れ, へ連れ込まれました, まで自分, まで行った, まで走, もあっ, もある, を, をあらかた, をお, をかく, をずっと, をどうも, をわざ, を具え, を午前六時, を叩き起され, を度々, を引き留めた, を御苦労, を御覧, を求め, を無性, を甚だ, を画かない, を登る, を見せつけられ, を起された, を邪魔, を離れきれない

▼ いじゃ~ (187, 0.2%)

59 ないか 30 ありませんか, アない 9 アねえか, 有りませんか 7 ないの 6 アありません, ア有りません 4 ないかと 3 ねえか 2 いとね, ア無い

1 [20件] ありませんかと, ありませんかね, おれと, ございませんか, その女, ないかね, ないですか, ないよ, なお遣切れなかった, アございません, アね, アねえかという, ア己此処に, ア御座いません, 全く休まらない, 嬢的も, 無いか, 牛ガ淵で, 用談の, 私の

▼ い~ (185, 0.2%)

14 かひ 4 うは, よふ 3 うだね, かひも 2 うして, うで, つと, と口, と慰める, なの, にもよる, に達する, は以前, までした

1 [137件] いや, い背中, うかな, うだから, うだが, うだけれど, うだな, うだ待つて, うですかね, うですから, うですよ, うで腹, うな, う仰つ, かって叫ん, かの天, かひしたる, から出, が口, が片, が裸, が貧乏人, ぎよしことごとの雨よす, そのかわり, だから, っしゃる, つしょ, つの, でありかつ, でありそして, である, であるか, であるという, でなければ, で吉乃, で彼, とその, とたくましさ, とも入った, と引張り出された, と慰, と数, と數, と高城, な, なければ, なとる船, などはっきり, などは個々, なもの, なギリシャ型, な体, な出来事, な声, な寄るなるを, な小さな, な岱赭色, な引出しつき, な斑点, な棺, な汚れた家, な煙突, な眼, な窓, な足, な酒場, な髑髏, にいまさら, に出, に及ばじ, に従って偉大, に從つて偉大, に正, に準じ, に苦しめられる, に觀測, に非常, のある, のもの, の人口増加, の増大, の家族, の振動, の木ペン, の次序, の比例, の漢字, の観念, は, はの名, はまちまち, は今, は億個, は反, は大, は最初, は直, は絶望, は鳩, までおしつけ, もやす, もわかる, やうださうで, や川, よりいう, りぶね, り船見ゆ下総, をし, をは, をは次第に, をまだはっきり, をみずから, をもっ, をもつ, を人一倍, を十糎, を吸取, を呼ぶ, を問, を器械觀測, を成る, を持つ, を測る, を測定, を知る, を縮め, を言, を説き示し, んとじゆん, んはね, ん見た, 可い, 同じ, 既に借り, 来なけりゃ可, 深さ, 過ぎて

▼ いらッ~ (183, 0.2%)

21 しゃる 20 しゃい 7 しゃるの 6 しゃいますか, しゃいよ 3 しゃいます, しゃるのです, しゃるのに

2 [11件] しゃいましたが, しゃいまして, しゃいますよ, しゃいませ, しゃるか, しゃるじゃないか, しゃるのですか, しゃるのですよ, しゃるのね, しゃるのは, しゃるんだ

1 [92件] したよ, したわ, しゃいと, しゃいな, しゃいなんて, しゃいね, しゃいまし, しゃいました, しゃいましたか, しゃいましたよ, しゃいましてよ, しゃいまして一勝負, しゃいましとやったら, しゃいましょう, しゃいましょうねエ, しゃいましッ, しゃいますから, しゃいますが, しゃいますけどね, しゃいますそうでございますよ, しゃいますと, しゃいますな, しゃいますの, しゃいますッ, しゃいませんか, しゃいませんと, しゃいませんねエ, しゃいませんようで, しゃいヨ, しゃい豊世叔母ちゃん, しゃった, しゃったと, しゃった時, しゃらない, しゃらないのでしょう, しゃらないんでしょうか, しゃらない方, しゃらない時, しゃるうちに, しゃるお嬢さま, しゃるお菜園, しゃるかえ, しゃるかと, しゃるかもわかりませんでございますよ, しゃるから, しゃるからですよ, しゃるが, しゃるくせに, しゃること, しゃることですよ, しゃることを御存じ, しゃるし, しゃるそうで, しゃるそうですが, しゃるたび, しゃるだろうよ, しゃるときいたからです, しゃるとは, しゃるのかも, しゃるのがいけないのです, しゃるのがよろしいわ, しゃるのだろう, しゃるのだろうが, しゃるので, しゃるのでしょうね, しゃるのとちがいますか, しゃるのは大伴シノブ夫人, しゃるのは奥様, しゃるのやら, しゃるようじゃ駄目, しゃるようですが, しゃるようですよ, しゃるような人, しゃるように, しゃるん, しゃるんじゃないんですもの, しゃるんじゃねえかと, しゃるんだよ, しゃるんだろう, しゃるんでしょう, しゃるんですか, しゃるんですもの, しゃる処, しゃる前, しゃる品物, しゃる大庭記代子さん, しゃる時, しゃる物, しゃる犯人, しゃればいいのに, しゃろうと, しゃッ

▼ い~ (182, 0.2%)

56 をし 12 をした 5 して 3 になった, もせず, を見 2 になっ, になる, の上, の男, もしなかった, をニタニタ, を瑠璃子

1 [86件] がさらに, がほつとり, がコブコブ, が幻, が広告, が急, が暗夜, が浮んだ, した, しなさって, だった, だったの, で, である, である婦人, でございました, でしん, で唸つ, で大抵, で早口, で睨め附けた, で笑っ, で逃げ, とか認める, とは違っ, と今彼女, と自分, におかし, にし, にちょっと, になつて, には何, には深い, にも漸く, に一杯, に何となく, に夢みる, に理智的, のけはい, の一つ, の丈夫, の丈夫そう, の下, の五郎蔵, の全, の婦人, の悲し, の獣, の皮膚, はし, は見た, も, もしなけれ, もすっかり, をあげ, をこしらえた, をさらし, をされない, をしなはっ, をする, をせず, をぬ, をはさん, をふり向け, をほころばせ, をほんのり, をみせ, を一行, を合わした, を大空, を拭いた, を持ってる, を挙げ, を振り, を涙, を現した, を生き生き, を示し, を禁ずる, を突き合わし, を紛らせ, を見せる, を近づけよう, 嘲り笑, 実に先夜, 見せずあの

▼ いながらも~ (174, 0.2%)

3 それが 2 かれの, やはりかの, わたしは, 何か, 彼は, 私は

1 [159件] あくまで怨みきる, いくらか, いくらか疲れ, いつもの, いつも今, いろいろと, うつらうつらと, おかしがった, お絹, かならずしも聖書, かれは, かれら, ここで, このまま, この宮, この本宅, この難問題, これが, これを, さすがに, しかしこの, じぶん, すぐに, そっと顔, その不気味さ, その光, その寝顔, その静か, それこそ, それでも破壊, たいへん真面目, たえず案じ, ついぞ二階, つくづく, できると, とにかく宿かす人, どうしてものがれ出る, どうして突く, どうも潔白, どちらも, ねんごろ, ひとは, ふっと気がついた, ふとした気まぐれ, ふと向う, ほとんど信じられない, まだ, まだあきらめ切れず, まだどの, まだ一度, まだ源氏, まったくお, むかしの, むやみに, やはりしみじみと, やはりリーロフ, やはり自然, やはり触れ込み, わたしが, ジロリジロリと, ツイその, ツイ此頃落成式を, 一生懸命に, 一種今昔の, 三フィートとは, 下腹が, 主人の, 二人の, 些とも, 今やその, 体も, 余り器用, 倒れずに, 僕たちの, 兄と, 全, 八橋に対しては, 公平に, 内証で, 冗談の, 半兵衛の, 博士の, 友あり, 叔父は, 口の, 叫ぶこと, 同時に事件そのもの, 君たちの, 喜平は, 地形の, 型ばかりの, 堀部君は, 堪え忍んで, 塵を, 大切に, 天涯の, 女の, 女は, 姉は, 威張ったもの, 小坂という, 市之助と, 帝の, 幾度か, 張り詰めた心, 彼女は, 後の, 心は, 悪疾ある, 意地の, 懸命の, 扉に, 持仏堂に, 新左衛門相手の, 旅愁を, 明石の, 昨夜の, 時々お, 月末には, 本堂一ぱいに, 杉浦君の, 林之助は, 次郎左衛門の, 気宇だけは, 気魄では, 水右衛門と, 沢山な, 流石に, 深雪は, 父の, 物に, 猫は, 獨立した, 玉藻を, 生きた気, 病院の, 眠れなかった, 確かな, 私から, 私の, 精神的な, 系図に, 結局は, 絶えずツネ子, 絶えず桟敷, 自分と, 自分に対する, 自殺する, 葉子は, 諸民族, 身装も, 遊里に, 金吾は, 院との, 院の, 頭から, 首だけ, 魂だけは, 黒田組の

▼ い~ (168, 0.2%)

5 がある 43 だと, である, で御座んしたなれども 2 がいる, だから, だった, だな, でしょう, に勝り, の心, の手, の数, よ

1 [130件] かと思うた, かも知れない, があつまっ, がいるだろう, がきたない, がすん, がたかっ, がゐる, が住ん, が其の, が坐つ, が日に日に, が真実, が言いました, が集まっ, きたらば, この森, じゃない, すらある, だあゝ, だが, だこと, だったが, だったと, だつたが, だつたよ, だつたわ, だつたん, だという, だとは, だわねえ, ったらめった, であ, であったらこんな, であつ, であるから, でお, でございました, でしたわ, でした親分, です, ですつて, でその, でないこと, でないし, でないのに, ではございません, で些, で勇, で是, で暫時, で私, で絵の具, となる, と云う, と云った, ならば, なら如何なる, なら格別, なれば, になっ, にはない, にふさわしい, によっては顔, により思い思い, に会った, に使, に係り合った, に別れる, に吩咐, に売っ, に撞見, に紹介, に附, ね, のいない, のいる, のお, のかげ, のこと, のため, のゐない, の世話, の出入り, の口, の命, の声, の子, の字, の家, の形見, の御, の横, の色, の表, の足音, の跫音, の隠れた, はありません, はありませんでした, はない, は一生, は命, は善悪, は有名, は朝日, は無, は熱い, は聊か, は見かけ, は誰, ばかりの顔, まだ私, もない, もゐない, も滅多, や, より白い, をし, をつれ, をどうか, をなお, をなくし, をのせた, をもう, を出し, を取りかこむ, を強, を斬る, を殺し

▼ いてから~ (158, 0.2%)

6 云った 3 急に

2 [12件] だが, つとめて静か, また云った, やがてすぐ元通り, ガクリとして, 伸子は, 再びしゃがみ込ん, 彼は, 戻って, 私は, 街の, 酒の

1 [125件] あの, いいました, いちように, いまだに可笑しく, いままで, いろ, お島, お袋さんや, お通, お道, こうつけ加えた, こちらの, こないだの, じゅりあのと, すこし思い切つ, そこへ, そっと, そっと中, その編棒, その途中, そろそろ手, そんなに思った, でなければ, とくと思案, どんな用, なんにもなかっ, はじめてわかった, ぱちりとシャッタを, ひとつ貝でも, ふと車夫, ほっと息, ぼそぼそと, ぽつりぽつりそれ何, またある, また一人, また云い澱む, また手探り, また煙管, もう一度お辞儀, もう一発, もう何年, もはや六年, やがてその, やがて尋ねました, やっと思いきっ, やつと, ゆっくり砂利, われに, オズオズと, ケンが, ゴーガンの, ダーネーが, テレて, ノホホンと, ヒステリックに, ブルンと, ポツンと, ユックリと, 一日の, 三時間ほどで, 三條から, 上に, 云うが, 井戸らしい, 亥刻半少し, 今度は, 今日は, 他の, 伸子素子川瀬勇の, 佐佐は, 入って, 八五郎の, 分って, 千日前の, 又同じ, 又齒齦, 合点長屋と, 周章てて, 呻る, 四十三四と, 四半刻, 変に, 子供等と, 寝台の, 山を, 帰ったほう, 帰って, 引きあげて, 彼と, 彼女は, 後である, 後の, 後ろを, 急いで, 息子に, 折を, 早目に, 暫くし, 最後の, 様子を, 氏は, 泣きの, 深い呼吸, 漸っと, 父は, 物も, 真っ蒼, 私が, 私と, 突然眼, 突然矢代, 突然非常, 答えた, 組合加入の, 絵葉書を, 薄く微笑, 見回すと, 言つた, 訊くべき事, 話すがい, 起きた, 鉄の, 長いあいだ, 間もなく天子様, 頭を

▼ い~ (154, 0.2%)

138 だと 7 だな 6 ですね 4 がある, はない 3 で, です 2 かな, だから, だが, だなあ, だよ, でそれ, なん, になる, は居ない

1 [88件] あ耳, いや惡, かその, がいる, がそれ, がの, がのさ, がむやみ, がわざと, が來, が出, が多く, が居よう, が居ります, が聞く, が遣, が駈けまわり, が黄ろ, さ, じゃ, じゃと仰せ, じゃな, じゃ掏摸ども, ずるい奴, だった, だてば, だね, だろう, だコマリンスク, だ鉄砲玉, でございます, でございますからなあ, でしょう, でじき, ですよ, でせう, ではござりませぬ, ではない, でも肉身, で中指, で山城屋, で直に, で返さな, で重三郎, で重役, で金兵衛, と岡, と思う, と踊ってる, にさ, にせよ, にだまされたら, には悪い, にひどい, にも美, に勝った, に成った, のこと, のため, の傷, の汗, の肩, はお金, はただ, はつまらぬ, はどこ, はアラスカ丸, は仕, は勝手, は器用, は妻, は家老, は放つ, は旅商人, は皆, は能, は蚊帳, は詰らぬ, まだあの, もない, や, を, をひどい, を態, を穿いてる, を縛る, 忌々しい奴, 逃げるの

▼ いぢめ~ (153, 0.2%)

9 られて 6 るの 4 たの, てゐた, ないで 3 たつて, てやりたい, てゐる, られてばかり, られるの, るやう

2 [12件] たり, つ子, て, ぬいて, ぬく, は此方, られた, られると, られんは, るので, るもの, 殺されて

1 [84件] しじう物, すぎるやう, た, たさ, たらその, たりする, たん, た癖, だ, つくして, つけて, つけられた可憐, つ兒, てあげる, ておや, てはいけません, てン, て上げ度, て來, て充分金, て昨日, て泣かせる, で, でもする, といふん, ない, なくても, なければ, なさるんで, にしよう, に旗本, に行く, ぬかれて, ぬくこと, ぬくため, ねえ, の加虐癖ぐらゐのもの, の張本, の物語, の金貨, はしなかつた, も好い加減, やがつて, やしない, られこづき廻, られたで, られたら, られたり, られた覚え, られては, られないで, られながら, られながらも, られや, られる, られるからかも, られる鴉, られれば, られ通し, られ通して, るいやらしい, るお, るから, るからと, ること, るため, るなどとは, るのよ, るものぢ, るもんぢ, るん, るんぢ, るン, る姑婆ア, る為め, る積, る話, を, をし, をしない, をする, 抜かれて, 殺されました, 殺す気

▼ いよい~ (153, 0.2%)

15 よその 103 よとなれ 2 とこな, よこの, よとくい, よへん, よ三木

1 [115件] お天気, か住み, と貴方, よいら立ち, ようさん臭い, ようじゃじゃ, ようち方はじめ, よおぬひが, よおやじめ, よお家, よがまん, よき, よきみがわるく, よささやく, よしつかりとなき, よせば, よそこ, よそなた, よたった, よという, よという場合, よという年頃, よといえ, よといふ, よとなっ, よとなったら, よとならない, よとなる, よとは何, よと云う, よと思う, よどしゃぶり, よね, よはじまる, よぶきみ, よほか, よまんざら, よみを, よやります, よゆめ, よよし, よわからなくなった, よ両, よ事重大, よ今回, よ仏蘭西, よ仕事, よ僕, よ兄, よ八さん, よ同氏, よ四月十七日, よ四月十日, よ夜, よ夜会, よ天正十七年二月二十日, よ天麩羅, よ太陽, よ奇々怪々, よ奇面城, よ小次郎, よ帝以下, よ師, よ底倉, よ往来, よ心配, よ怪しい, よ悪臭, よ打って出られる, よ敵艦隊, よ文代さん, よ日曜, よ日本海軍最初, よ明日, よ時, よ最後, よ月世界, よ来た, よ東水, よ森, よ此処, よ武蔵, よ毒, よ油断, よ浜川, よ火, よ烈しく, よ狂言, よ生き, よ矢代貫太, よ私, よ竜太郎, よ笑止千万, よ絶望, よ総, よ羆, よ美しく, よ聖上行幸, よ自害, よ虎, よ行く, よ赤い, よ運動会, よ運転士, よ郷里, よ面白く, よ顔, よ馬, 天気でございます, 嫁入, 師匠を, 日和だ, 若者だったろう, 遊びの, 酒で

▼ いさえ~ (149, 0.2%)

119 すれば 3 しなければ, すりゃいい

1 [24件] あるを, あればと, ざえとした濁りの, したならば, したらいい, して, しなかったら少く, すりゃきっと, すりゃよい, すりゃ今頃, すりゃ口, すりゃ怖い, すりゃ文句, すりゃ男, する, するもの, すれあいいの, すれあ可, すれや, すれア, せば, なかったなら, 感じて, 見ゆるの

▼ いには~ (134, 0.2%)

2 それが, それを, 悲しくなっ, 甘くなる, 腹立し, 自分の

1 [122件] あたま, おそろしくなる, おそろしく大きな, おなじ思い, お袋の, さすがの, すばらしくたくさん, その価, その先, その夢うつつ, その深々, その脅迫観念, その顔, ただ卑屈, だれにも, どうなる, どう考え, どこだって, なりませんでしたか, ひどい目, ほとほと空, まるで並木, むっとし, もう一つ, やはり大がい, われわれが, ギョッと, チベット第, 一人で, 一日分の, 一本に, 一面に, 一驚を, 三両でも, 不愉快な, 二十分くらいは, 人畜を, 代へ, 会えなかった, 何か, 何も, 僕を, 先生が, 先頭の, 円陣までもが, 分に, 利助から, 勇士も, 博士を, 厭がる, 口を, 命まで, 多与里, 多助という, 大声を, 客観描写に, 寧ろ青年, 山の, 床に, 彼等が, 慣れ切って, 成れさ, 手が, 手足を, 支えきれず墜落, 斯う, 時たまお出かけ, 有りがたい, 東京の, 柳橋の, 極く短い, 残忍に, 殺して, 毒食わ, 気象の, 気鬱症という, 水掛論に, 泣かした, 泣き出して, 洲崎の, 熱中の, 珍しくりっぱ, 甚だ数多く, 田舎の, 疲れて, 相手も, 相違ない, 相違なかっ, 相違無い, 真黒な, 眼で, 着ては, 私達が, 空の, 笠原は, 腰の, 自分で, 船員たちは, 見かねて, 親族会議まで, 訪問される, 警視庁の, 豹一は, 身体が, 遂に永久, 違いありません, 違いない, 違ひありません, 違ひない, 酸化牛乳の, 銃眼から, 錢形平次も, 長く話した, 間に合わない, 雛妓が, 離縁し, 頼朝の, 風呂敷包みの, 飯に, 驚きません, 驚嘆する, 魂消たね

▼ いらしった~ (132, 0.2%)

465 じゃありません, と申します, のよ 4 でしょう, のね 3 のが 2 からで, って, という, のだから

1 [52件] あのあでやか, あのお, おおぜ, おもいを, おるす, お父ん, からおいでッ, からこそ悲しみ, からできるだけ, からではござりますまい, から何, から向, から四五日, がお前, がそのまま, がそれで, がなんぼ, がやがて, が丁度風, が道綱, この沼, さうだ, しそれ, し笑って, じゃございません, じゃない, ってそんな, で, でしょうか, ではありません, というの, というふう, とする, とのこと, ともかく外形, とよ, と云う, と家人, と思います, と見え, には相違, に相違, に違い, のあたし, のかも知れない, のかも知れません, のでした, のねおじいさん, のよ御存知, の方々, の随分, 御様子

▼ い~ (131, 0.2%)

8 をした 6 をし 2 で見, で見られ, に会った, に会わせよう, に合わせ, の大, をこすり, を見開い, を視

1 [99件] から涙, があたし, があり, がポロポロ, が凝然, が変っ, が天明年間, が少年, が欲しく, が涙, が生き返, だと, でにらまれ, ではない, で一つ一つ, で射返す, で彼, で日本娘さん, で注意, で睨みつけた, で見たら, で読ん, とともにそこら, とやさしい, と云, と小, と紅, と鼻, に, にあった, にかるい, にその, になき, には一箇, にぶっつかりました, に会いました, に会わされた, に会わし, に会わせ, に合わされる, に合わせる, に媚, に訝る, に赤い, に逢わされる, のつぶれた, の人, の光, の君たち, の大きい, の嫁, の子供, の小さい, の底, の快活, の男, の碧, の色, の言いよう, の貴婦人, の赤ン坊, の金髪, の面々, はその, は今, は叔父, は持つ, は狂暴, は血走つ, または苦悶, や唇, や眉, をあい, をあけ, をこらし, をしょぼしょぼ, をすえ, をみはっ, をもっ, をクリ, をコスリコスリ, をパチパチ, を持ち, を持ちつづける, を挙げ, を据え, を瞠, を見, を見つめる, を見出し, を見合せ, を訝しげ, を輝かせた, を避ける, を開けました, を青春時代, 円い滑らか, 同じよう, 赤らんだ頬

▼ い~ (125, 0.1%)

6 が吹い 2 がすう, が喉, が私, が立つ, にはたはた, に吹かれ, に鳴る, の吹い, の来る

1 [101件] があの, がいや, がすつ, がどこ, がはいっ, がはいる, がふい, がふわり, がほ, がやはり, がオドロオドロ, がスー, がスーッ, が冷, が北, が吹いた, が吹き, が吹きこん, が吹きこんだ, が吹きすさん, が吹きだした, が吹きつけ, が吹きつける, が吹きぬけ, が吹きました, が吹き出し, が吹き出した, が吹き始めた, が吹き抜け, が吹き込む, が吹き過ぎた, が吹く, が地面, が小さな, が幾晩, が当, が懸る, が日本, が暗い, が桜, が横合, が歯, が汗ばんだ, が波, が渡る, が滲み込ん, が無人, が窓, が習, が衝, が遠く, が電燈, が面, が颯と, が麦畠, だ, だって土, でも起っ, で浪, とが妙, との中, と一緒, と半分, と生, などしない, に, にはらはら, にふと, に取り卷かれ, に吹かれた, に吹かれる, に吹きつけた, に吹きとばし, に揺い, に枯草, に染ませまい, に淡い, に翻, に蒸し暑い, に送られ, に遭つた, に髪, の中, の吹く, の唸り, の小女, の様, の立った, の触感, の通, はつれなく, は一陣, は湿り, よ汝, をうけ, をし, を孕んだ, を感じた, を頬, 輝く空気, 輝く空氣

▼ い加減~ (124, 0.1%)

28 にし 6 な事 5 なこと, にしない 4 にあしらつて, にきり 3 になさい, に切り上げ, に家, のこと, のところ 2 な伝来, にしねえ, に切上げ

1 [51件] うんざりした, で可, なお婆さん, な前例, な嬉しがらせ, な年配, な挨拶, な摂生家, な時分, な百物語, な約束, な返事, な野郎, にきりあげ, にしな, にしなくっ, にしよう, にしろ, にせい, にその, につくね, にでも返事, になさいまし, に云つて, に何処, に価値, に切りあげ, に切り上げさせる, に合槌, に帰り, に年, に止したら, に端折っ, に繕う, に聞流し, に聽流, に肥らせる, に言っ, に返答, に遣, に酒, に饒舌, のもの, の所, 冷めて, 取り込んで, 古くなった, 目出度くなります, 遡った龍, 飽きて, 驚いてるん

▼ いその~ (121, 0.1%)

2 面を

1 [119件] うちに, うちの, お姫様が, お鳥殿, かはり, ことな, ことによって, ことを, こゑは, ずっと向う, そばに, ために, にらみざま, ように, ゲスタ・ロマノルムって, 一片が, 上に, 上随分, 下に, 下辺を, 中に, 中の, 事に, 人たちは, 代りに, 作を, 係累までを, 側らには, 傍らに, 儘が, 先へ, 光の, 光は, 剃刀は, 前に, 前の, 十手捕, 反対側に, 収入と, 吉田てえ, 名声は, 向かいは, 周囲に, 外に, 大望という, 奥の, 女を, 姿見の, 家は, 寝かし物, 対岸に, 小判が, 工事監理の, 年増の, 式の, 彼の, 御講義, 思考を, 怪し氣, 手に, 手には, 手は, 手紙を, 折の, 持合せの, 指の, 方で, 日その, 日に, 時に, 梢の, 植込にも, 欲い, 武士から, 流れの, 温室の, 火打を, 煙草盆を, 牝の, 犯罪の, 状が, 用事という, 男に, 男はの, 癖随分よぼよぼ, 百物語, 眞中に, 真下は, 真黒な, 細長い影, 翌年には, 腑に, 自由を, 若者たち三人は, 葉が, 虫より, 蠅男てえ, 裏面より, 裾に, 言種は, 誠にその, 誤謬を, 調えるとか, 赤いもの, 辺は, 里方から, 野郎を, 釣戸棚の, 鍵を, 階調の, 隣りに, 非違を, 靴下は, 顏を, 顔は, 馬を, 駕, 騒ぎは, 鳴く声

▼ い~ (119, 0.1%)

6 に逢 5 に逢っ 4 に会う, に逢う 3 にお, に逢った, に遭った, を 2 で熟, に会わされた, に合う, に合わされた, に逢いました, のうるんだ, をし

1 [74件] が一つ, が見える, きつと, くばり白壁, でその, でみつめた, で守り立てたい, で瞻, で見られた, とは厚く, と琥珀色, にあう, にあっ, にあった, にあふ, にでも遭った, にばかり遭う, にまで露呈, にも合わすまい, にも耳, に会い, に会いました, に会います, に会うてた, に会った, に会わされました, に会わされる, に会わせた, に出, に合っ, に合わせ, に合わせる, に吸いつい, に度, に御, に會, に逢いまする, に逢うた, に逢つて, に逢わされ, に逢わしゃあがった, に逢わなけれ, に遇ふか, に遭, に遭い, に遭う, に遭うた, に遭わされよう, に遭わされる, に遭わし, に遭わなけりゃなら, に遭わぬ, の中, の光る, の大きい, の清い, の目尻, の紅, の色, の赤い, の鋭い, は食いこむ, も弛み唇, も振り払っ, をお, をこすり, をする, をむきつけ, を截放, を見た, を避け, を閉じ, を開けた, 出たい次第

▼ いよう~ (118, 0.1%)

24 な気 6 なもの 4 に思われた 2 がいまい, なものの, な気持, にし, にする, にも思われた

1 [72件] いとなあ, いよ, いよう, が, がありません, がこの, が一向, が少し, が後列, が日本, ございます, だよ, である, でお, でございまして, で億劫, で入物ぐるみ, なけれども, なこと, なの, なので, なもののと, な事, な亢奮, な仕事, な仕向, な執着, な所, な日, な男, な素振り, な質問, な顔, にある, にさっし, にせっせと, にそれ, にたのん, にだれ, にと思っ, になすっ, になんでしいんと, にはしない, にも思っ, にやり繰り, に一間, に仕立て, に作家, に具体化, に出来た, に取り計らわせろ, に告げ, に執成す, に女, に念, に思い返された, に思っ, に手紙, に探題武者, に椅子, に殿様, に為す, に申した, に畳, に私, に聞えた, に見えます, に見える, に見えるでしょう, に願います, も知れぬ, 仕上らば

▼ い~ (117, 0.1%)

9 のは 5 と思った, のが 43 のであつ, のである, のも 2 から, がその, がそれ, て, と思う, な, ね, ものである, よ

1 [67件] いだ, かい, からいっそ, からおとッ, からである, からなア, から何, から同船, から我慢, から殺された, から気軽く, から行っ, から黄葉, が, がほしけれ, が併, が元来, が大切, が彼, が恰度, が爲め, が目, が私, が結句, が続い, けれどさつき, けれど彼等, ことの, ことも, ぞよ, てんの合方, でせう, と, という, というの, という心, といふ, とつつか, と宮子, と思いました, と思ふ, と案外, と申しおる, と申します, と考えられ, と言え, なあ, なア, のかしら, ので, のでせう, のでついにはからずも, ものか, ものが, ものだ, もので, ものに, よおしんさん, わ, んだ, んです, ナ, ヨキット, 事の, 事は, 方が, 気の

▼ い~ (112, 0.1%)

9 そのこと 4 てやがる 3 た, ちキッ, つも 2 たいどこ, ちキッツイモン

1 [86件] お出合い, かなきかない, かなきかぬ, かなこの, かな争, かな天皇, かな耳, かな育ち, かな顧み, こう動かない, こう姿, この柔弱漢, この物貰いめ, そのこと人目, その旅, そまた清々しい, そもう可愛いい, そもう私, たいこれから, たいだれ, たいどうして, たい太平記, たが, たぜ, たっけ, たって, たって困, たもの, たらありません, たりする, たッ, た所, た通り直線, ちいい, ちまえ, ち先ら, ち勝たねば, ち勝てば, ち弱い, ち強, つけて, つべき様子, つもいッ, つもお, つもその, つも今度, つも可愛がりつづけに, つも晩, てえ, ておくれ, てお前さん, てこと, てさ, てしまっ, てたん, てました, てみろ, てもし, ても未だ, てやん, てら, てらおじさん, てる, てん, てんだい, てんで無理, て下さい, て仰った, て喚く, て歯, て真面目, て籠, て見れ, とあの, とい, といでやす, と昼寝, と瞳, もふう, もン, 取り捨ていッ, 帰りませいッ, 戻りませいッ, 放へと, 腐った魚, 見せませいッ

▼ いたち~ (111, 0.1%)

7 のよう 64 も一日 3 にとられよう, に呉れ, に見附, の道切り 2 が, に押えられ, の, の毛皮

1 [74件] か何ん, がそれ, がで, がなんで, がはいっとるだ, が一度, が何, が出, が出た, が天井, が疱瘡, が鎌, が集まっ, さえ, だ, だけを, だと, ってえ, ってけども何鼠, でない, でも済まされず, でも濟, で猫, という, とさえ云え, と呼ぶ, などあろう, などが, などにかかずらっ, なんかぢ, にくれ, にとられ, には, にはお礼, にむかい, に向っ, に御馳走, に押, に生血, に見つかっ, に違い, の主, の声, の女, の家, の最後屁, の月, の舟, の道, の道きり, の野郎, の間違い, の類, はあそこ, はありません, はい, はいよいよ, はちょうど, はぶじ, はプリプリ, は王さま, は窒息, は箱根, まあ夜, も, も両家, や流行風邪, や雉, や鼠, をへびつかみ, を地べた, を捕え, を相手, を見る

▼ い~ (111, 0.1%)

5 で, を出した 3 を度々

2 [12件] が, がし, がした, が聞える, です, で云いました, で彼, で言った, で願, の虫, をもっ, を出す

1 [74件] がするで, がひびいた, がわっ, が交っ, が澄んだ, が病院横町, が紛々, が聞えた, が聞こえ, が起つた, が起りました, が起る, が醜い, して, だった, だったと, だつた, でうたい, でうたっ, でこう, でしかも, でしょう, でそう, でそれ, でぞッ, でちん, では物, で云ってた, で千代, で叫ん, で呟いだ, で呶, で呼んだ, で唄, で唄つて, で嚇す, で歌, で歌っ, で淫猥, で目, で群れ, で聞きました, で荻江節, で言, で話し合っ, で誦, で読み初めた, で起された, なるに, になり, には違い, に聞, に蘇, の痰もち先生, はッ, は云いました, は出る, も反, をかけ, をかけた, をかけます, をたてた, をはりあげ, をもらしはじめた, を上げる, を出し, を張っ, を張りあげ, を懸け, を掛けた, を流した, を立て, を立てた, を階段

▼ いという~ (109, 0.1%)

12 ような 5 ように 3 ことを, ものが 2 やつは, わけで, 感じを

1 [80件] うつくしい女一人, お顔, ことじゃ, ことと, ことに, ことは, ことも, これが, さっきからの, しるしな, たかて, ところが, のか, ので, のでしょう, のは, ものはね, ものを, んでしょう, 不安は, 事で, 位の, 優劣が, 先方の, 努力が, 印象を, 向うは, 執念からは, 外に, 外は, 希望だった, 平素の, 従弟が, 御色, 心は, 悲報が, 意味か, 意味であります, 意味に, 意味の, 意慾の, 感じは, 慾望から, 所が, 手紙が, 故伯爵, 明智の, 時代が, 望が, 極く, 様な, 気が, 気がかりな, 気持から, 気持が, 法は, 熱心さとの, 猛烈な, 理屈は, 申出でだ, 申出を, 目に, 盲の, 程度は, 約束だ, 純技術上, 考えから, 考えだ, 考えは, 花魁を, 若いの, 表情が, 見込みから, 言葉は, 記事は, 評判を, 話が, 重大の, 風で, 騒ぎで

▼ い~ (109, 0.1%)

4 でした 3 であった, であつ, の光 2 だ, だった, の下, の光り, は起き, を選ぶ

1 [84件] か彼女, がある, がいつ, がつづく, が三日, が八百八町, が照つて, が続い, が続いた, が続き, が続け, ざし, ざしで, ざしに, ざしを, だったと, だったの, だろう, でありました, である, でいつも, でございましたよ, ですよ, でそう, でない限り, ではある, ではない, でもお, でも髪, でも髮, で十一度, で山, で御座いました, で百人, で見渡す, で額, などカヨ, なり, なん, にしよう, にちょうど, になりました, にぬくまり, にはわざわざ, には一里, には宿, には海岸, には緋, には膠, には障子, には風, にもわたし, に働き, に恋人, に燒けた腕, に私, に育っ, に見られる, の, のつづく, の中, の夕方, の暮し, の林, の週期, の間, はない, はねえ, はゆく, は彼, は甲州, は笠, をはかっ, をぶら, をぶらぶら, を幻影, を暮し, を歓ぶ, を浴び, を送らなけれ, を送らね, を選ん, を選んだ, を重ね

▼ い~ (102, 0.1%)

18 がした 13 がする 8 がし 5 になっ 4 もする 2 がします, になります, になる, もした, もします

1 [44件] があつ, がいたします, がいたそう, がしたでしょう, が先, が平一郎, が浮き立っ, が済まない, が致しました, が重大, さえした, さえする, で外, といい, なこと, なもの, なもん, になつて其様, になられた, になりました, になりゃ, にも襲われる, に成り, に障ったら, のこもらない, のする, のせずなり, のつかない, のよい, の好い, の子供, の揉める, の滅入る, はしなくなった, もいたそう, をしっかり, をつけ, をつけさっせる, をつけろい, を付ける, を着くるです, を起させる, を鎮めい, を附け

▼ いでも~ (99, 0.1%)

12 いい 4 するよう 3 して, するかの 2 いい泣かいでも, ええ, すると, 大きく描く, 大事ない, 行って, 誰が

1 [63件] あった, あって, あなたがたは, いいから, いいじゃろう, いいよ, え, えいが, ええさかい, ええやろ, ええ一人, ええ自分, お前の, お師匠はん, この国, しおったらいか, したの, したよう, してやろうという, しゃば, するの, すんだからな, せめて芸ごと, その日, それが, どんなに嬉しい, ないまた, むこうから, やり度い, よろしいほん, わかって, わかってると, 与右衛門様は, 仏法に対しては, 何でも, 何事も, 其原から, 出来れバ, 分って, 分りますもの, 務めるところ, 北海道釧路の, 十九日とばかりで, 嗅ぐよう, 国手が, 大公儀, 大凡の, 大方は, 夫たる, 奥さん, 屆くもんぢや, 済もうと, 知つて居る, 肯分けない, 腹を, 自分の, 行かうと, 行きませんかと, 行ったらど, 解かれるに, 近頃は, 連れて, 鰭を

▼ いほど~ (99, 0.1%)

2 気が, 激昂し, 痛烈である, 真暗に, 私たちの, 饒舌な

1 [87件] あからさまな, あかるい, あまりうまく, あるの, あるもの, おいしい感覚, お重, それを, たくさんある, だったから, だと, であった, である, では, で雨, な真, はつきりし, まざ, まじ, よい天気, よくお客, よく似た, よく売れた, シンとして, セッカチに, ツケツケ物を, 一字も, 万事万端才走っ, 仲の, 仲睦じ, 何か, 何故かゲラゲラ, 力な, 力を, 動いたもの, 味も, 咲いて, 品の, 器用に, 大きかつ, 婉麗な, 実用的な, 寂しく静か, 平和に, 幸福だ, 幾太郎に, 強く肌, 快活な, 思ひ惱, 急で, 怨んで, 悔む気に, 情なかった, 憎い奴等, 憤らせた, 無分別な, 焦立たしさ, 物覺え, 白い歯, 相好の, 眞新しい, 真白な, 真赤な, 眼に, 神経質に, 程度が, 素朴な, 細心な, 美しいもの, 臆病さうな, 良く膨れ, 苦手だ, 苦痛を, 落着い, 蒼ざめた表情に, 薄情な, 蝦蟇の, 見える, 訊ねた, 道は, 鋭く正しかった, 門田与太郎を, 間を, 雑沓した, 青かつ, 頼んで, 黒い色

▼ いらし~ (99, 0.1%)

10 って 4 ってよ 2 ってその, って御, って御覧, って頂戴, つた遣戸の, てください, てくだされたら, てちょうだい, てまた, て下さい

1 [65件] かつた, たってね, ちゃいけません, ちや, ってあなた, っていただけましょう, ってお, っておよっ, ってお待ち, ってご存じ, ってたべ, ってね, ってはいけません, ってひと晩, ってほんとう, ってまだ, ってみんな, ってめしあがれ, ってもいい, ってもお, ってもびっくり, っても僕たち, っても折合, っても晴れ, っても村中, っても落ちつけっこありません, って一つ召, って下, って今, って何, って傷, って彼方此方, って沢山, って海, って煙草, って燈火, って貧者, って頓死, つたお母さまつてお, つたから, つたと, つたの, つたのよ, つたばかり, つた時から, て, ていただきたい, ていただこう, てくださいまし, てくださいました, てくださいますなら, てくだされ, てね, ても, て下さいました, て下さっ, て下さった, て下さらない, て下さる, て下され, て頂けないでございましょう, て頂けます, ながらも正面, ながら七日, ながら念

▼ い心持~ (99, 0.1%)

4 になった 3 がした, はしない, はしなかつた 2 でしたが, ではなかつた, で一パイ, になりました, になる, はしなかった, らしいが, を持つ

1 [70件] がし, がしないらしく, がします, がせぬで, が致します, さ, さうでした, さうです, じゃあなかろうで, じゃあねえか, じゃあねえか人, じゃない, だ, だから, だぜ, だったそれから, だったん, で, であったが, である, でこの, でした, でしたね, でしょう, でせう, ではありません, でもねえ, で一ぱい, で一ぱいだつたんです, で一杯, で云, で家路, で寢, で将来, で小屋, で山, で御座いました, で昨夜, で自分, で蹤, で飲みました, とそう, と共に娘, にお, にします, にする, になっ, になつ, になつて行, に折, に満たされた, に茹つて歸つて來, に酔う, に酔っ, のいい, のする, のもの, の様, はしめえ, はする, は仕なかった, は煖炉, もします, もする, もない, を傷つける, を恥ぢ, を抱かせられる, を持っ, を最もよく

▼ い~ (94, 0.1%)

4 ほきに 3 待遠 2 めえ

1 [85件] あしを, いっ, かいこを, かちいなあ, すすぎーッ, ぢいさん, てやわらか, とまりなさいまし, ぬしが, ぬしは, はなしの, はまさんお, やすいこと, よねしゃん, よろこびなせえ, オい, ツ母さんは, 二人づれで, 作の, 兄さんも, 光にば, 利代の, 千代さんちょっと, 千鶴を, 台所に, 品さんは, 坊ちゃ, 城の, 多根様でございます, 大は, 天気が, 天気でございます, 奇麗な, 妙齢殿方で, 妻, 娘様も, 孃さんは, 安うございます, 崎は, 帰りなさいどうも実に, 年でも, 待ど, 手の筋でございます, 放しよ, 政は, 敏の, 文句を, 望の, 極りは, 殿様めいた, 浦に, 為に, 燈明をな, 燗だ, 父上とは, 爺様, 珍しいという, 申し訳も, 目出たい話な, 目出度うと, 石の, 祟だ, 立合にも, 米さあん, 肚が, 膝を, 色です, 見舞いに, 見舞ひ, 誂え, 説教を, 豊お, 迎と, 逢い致しました, 道どん御苦労だ, 酌, 願えで, 願え申しまするお, 願では, 願ひ, 願ひだから, 飛脚で, 館, 鬱ぎ顔, 鳥の

▼ いずく~ (94, 0.1%)

11 ともなく, にある 4 よりともなく 2

1 [66件] からか現れ, からともなく, からともなく渋い, か然るべき, ぞ, ともなく下っ, ともなく悲しき, ともなく立去ろう, ともなく走り去った, とも知れず, なるを, にぞ片, になり, にもある, にもこれ, にもない, にも人, にも灯, にも類, に住まっ, に出, に在りや, に居わす, に山, に御, に於, に生れ, に親ども, に身, に関して談, の世界, の人, の処女, の国, の寺, の果, の藩中, の誰, の里, へおいで, へか去っ, へか取りすてよう, へか往き, へか消え失せ, へか逃れ, へでも自由, へとのあて, へともなく立ち去っ, へまいった, へ伴い去った, へ参った, へ持ち去った, もかわり, も外さざりけれ, よりか二疋, よりか洩るる, より何, より吹く, より擲ちたら, より来りし, より来る, より聞き得, を問わない, を家, を物色, を見

▼ い~ (92, 0.1%)

4 です 2 があの, が好き, だと, ではなかつた, の女, の女中, へ参ります, へ向

1 [72件] かそれ, かと思っ, か何, がひどかっ, が勝つ, が又, が当時, が悪かっ, が犬, じゃなかった, たしなみの, だ, だから, だけど, だとかで, で, であったと, であまり, であらう, であり, でご, でしょう, ですから, ですが, でせう, でその, ではありません, ではある, でもない, で何, で女, で店, で背, で荒々しく, と一所, と言, などを自分, なん, にのみ取られ, にも気, にケイカイ, に取, に向かない, に好奇心, に見えた, に進める, に飛出す, の一, の家, の左, の標準, の男の子, の眼, はしない, はできない, は両手, は無い, は珍しい, は落語家, へ, へ出, へ填つ, へ差し付けた, へ引, へ手さぐり, よお爺さん, らしく物, をくれ, をし, をする, をどんな, を私

▼ い~ (91, 0.1%)

5 で顔 4 の中 3 の上 2 の底, は流れた, を大きな, を汲ん

1 [71件] いと, が, があん, がほとばしり出, がヒタヒタ, が一杯, が僅か, が所々真白, が森, が欲しけりゃ, が流れ出し, が涌き出る, が渦, が湧い, が滝, が穴, が練絹, が落葉, さそいう気, だが, でからだ, ですって, で絞った, で髭, とが出合つて, とも見えない, とメロン, には此, にひやし, に彼, に素足, に足, のうえ, のよう, の中ぢ, の到る, の周り, の方, の洞, の滸, の瀬, の綾, の肌ざわり, の色, の面, は一口, は其等, は吐き出す, は浅い, は轟々と, へ入る, へ漬け, も何, やその, を, をお腹, をなめ, をもとめ, をもらう, をゴロゴロ, を一斗, を少し, を手, を持っ, を注ぎかけ, を浴びる, を湛えた, を覗いた, を金盥, を飲んだ, 溜り黙りこくつて片隅

▼ い~ (87, 0.1%)

4 がある 2 だ, へ来, へ行く

1 [77件] から, からで, が切れまし, が恐らく, が悲しい, が有った, が有りました, が有ります, が有る, が無い, だけを殘, だぜ, だつた, だと, だの日光, であった, であります, である, であるから, でご, です初めて, ではなく, では外交, では泥水, では餘, でも釣れました, で俳句, で其北, で拝謁, で賓客, で身, で邂逅, とを兼ね, と女, と惡, なき本当に, にいる, になる, には何, にほ, にゃ違, に住ん, に來, に太い, に富ん, に寝た, に煤煙, に生れたら, に置く, に身, に鉄, の流刑, はお, は二マイル, は微塵, は時效, は沢山, は無い, へ, へあんな, へ世話, へ横臥, へ置い, へ行つた, へ這入つた, へ連れ込む, まで行った, をお, をのがれた, を切り, を御, を撰, を更に, を残し, を渉, を無難, を過ぎる

▼ いそれ~ (81, 0.1%)

142 が又, はもう, は到底

1 [61件] からどう, から二階, から厚い, が, があなた, がきわめて, がどう, がひそか, がやっと, が宜しゅう, が寝室, が潜在, が終る, が襤褸屑, が迷ひで, が間に合いません, こそ口, じゃそこ, じゃ傘, で間に合う, と同時に, と報ら, にありまする, にはした, にはっと, には及ばねえ, には及ばん, に並, に似た, に就きまし, に雑, のマスト, の横手, はお, はそれ, はまた, はまったく, は何処, は個人, は先生, は危い, は奇特, は御, は感動的, は神勅, は親分, は誠に, へ目, もいよいよ, も悪い, を, をあける, をいま頼み, を只, を断り落す, を武士, を粉飾, を聞かし, を追って, を通り抜ける, 故全身

▼ い~ (81, 0.1%)

5 だ, だらう 4 だろう, でしょう 3 だから, ですよ 2 たる貝, だが, だもの, だよ, だらうと, ですかい

1 [45件] がをふくめます, が六人, じゃない, たり, たる声, たる太鼓, たる炎, たる蝕, たる鐘, だがな, だっぺ, だべが, だらうな, だらう餘計, だろうという, だろうね, でございますけれども, でしょ, です, ですもの, とこもる, として中軍, として二人, として冷寂, として犬, と事, と水, と籠っ, と貝, と鳴り, と鳴りぬい, と鳴りわたっ, と鳴りわたる, と鳴り渡った, どくんな, なさいます, なったでしょう, なりそう, の, のお, のよ, のよう, をあつめ, を取りむすんだら, 居ひさまさ公

▼ い~ (80, 0.1%)

2 でした, に笑, の方, はお

1 [72件] からこれ, からの親友, から一つ村, から別れ, から安来節, から深い, から親しい, から非常, が来ます, が立つ, この池, そっと拭い, だと, だのに, であ, である, でないと, でもワキ役, でも涼しい, でも零下五度以上, と寒い, などに困らされた, などはそうした, などは部屋, なら少し, にどう, にはいっそ, にはいつ, には一時踊, には一朱, には何處, には十日十五日くら, には惡いもの, には未だ, には物蔭, には硬, にまで理窟, に出かけた, に出来る, に切り上げた, に毎日, に草角力, に読んだ, に讀んだ, に限っ, のたつ, の洋学書生, の間に合せ, の飯粒, はちょうど, は半時, は實, は山, は彼, は惡, は手伝, は段々, は火, は白い, は相手, は私, や一, わずかに, を利用, を同じ, を生きた, を蘆, を選ん, 大塩, 怨めしい時, 既にわが, 遅れては

▼ いてね~ (77, 0.1%)

3 それが 2 気を

1 [72件] あと五分間俟って, あんまり苦しけれ, いい家, いよいよクリスマス, おかみさん, かっちりと, ここは, この藤さん, これは, そいで, そこでなかなかよく, そこは, そこへ, そのころ, そのためどれ, そのとき, そのひと, その人, その仁, その若, それで, それも, だからきょう, だんなの, なるたけ早く, ふと考えつい, ぼくたち子どもに, ぼくの, まき一つの, みんなで, もしそいつ, やりくり上手或は, 一尾ずつに, 一種の, 二三日前にも, 今年も, 今朝八時頃に, 体中洗っ, 其は, 割合と, 又会っ, 合わせて, 四十分くらい, 塩づけ, 夜空には, 嫌な, 店の, 度々お, 挨拶する, 散文の, 日が, 森の, 横領で, 牛を, 犬や, 独特な, 珍らしい, 疎開の, 真蒼, 私が, 私だって, 私なんぞにゃ, 私の, 糸で, 自分でも, 舞臺に, 茶托から, 蒋介石に, 薄暗い蔭, 語るに, 道など, 顔色が

▼ い~ (77, 0.1%)

10 を撫で 6 を撫で廻す 5 を撫でる 3 をツルリ, を持つ, を突き出す 2 で梶, をし, をブルン, を撫でました, を撫で廻し, を襟

1 [35件] がそれ, が二階, が空樣, が續, が證人, が路地, だつたの, ととぼけた話し, の主, はこの, も水晶, をくひ反らせ, をのぞかせ, を並べる, を出した, を延ばし, を引い, を御, を持出します, を振ります, を撫, を撫でます, を撫で回す, を撫で廻しました, を撫で廻します, を漂, を突き出される, を突き出しました, を突出, を見付けた, を覗かせました, を載つけた, を載つけなく, を長く, を鳶口

▼ い~ (76, 0.1%)

3 になつ 2 があれ, の代り, を人間, を起し

1 [65件] からこうした, からで, からでもあったろう, がこめられ, が急いた, が淋し, が胸, で, でありました, であろう, でそのまま, で勘定, で対し, で歌つて, で自分, と憐みと, と死なれぬ, と火, なの, なら有つこと, にならず, になる, にも不思議, にも気づかず, に充たされる, に喰い入る, のあふれ, のあら, のあらわれ, のコース, の前, の嫁, の少年, の底, の母, の者, の誓いであり, の輝き, は微か, ばかりを集め, ばかり面窶, も動い, も無く, も起きませんでした, や太陽, よりもなほ慌, をつよく, をもっ, をもった, をもつ, をも押し伏せ, をムラムラ, を不思議, を他家, を以て思ひ, を以て書い, を入れ, を抑え, を持ってる, を湛え, を育て, を艶, を見られる, を起こさせよう, を起した

▼ い~ (76, 0.1%)

3 を見た 2 だと, をたべる, を着

1 [67件] がお, がふれた, が出来た, が手, が柔い, が添っ, が目, が着られた, だつた, だろうと, づくめ, であ, でありさえ, であると, である前, でないと, ではな, ではよる, でもくれる, でもした, でも何, でも買っ, でも食べさせ, で大きな, と来, と解っ, ながら大きい, なら, にでも觸, になった, に限ります, の上, の方, の蠢い, の言い振, の高麗焼, の鼈甲, はあるまい, はない, は命, ばかり食っ, ばかり食べ, ばかり食べる, も出来ました, も有ります, も買, らしい, を上げた, を下さいました, を仰, を噛む, を多量, を寄越す, を持っ, を持つ, を掘る, を旧, を涜そう, を美味しく, を致しましょう, を見やっ, を見る, を身, を退け, を造る, を集め, 想わし気

▼ い~ (75, 0.1%)

5 い息 42 いいって, いいわせ, いと息, いと音, いと鳴りだす, い切らして, い声, い荒い

1 [50件] い, いいう, いいうの, いいうよう, いいう病気, いいってる, いいふ音, いいわせて, いから, いさせながら, いした, いする, いで皆, いとぜんそく持ち, いとひどく, いと喘ぐ, いと脚, いと苦し, いと鳴, いどこ, いやった, いやるん, い云, い云って, い切らすよう, い呼吸, い咽喉, い息切れ, い続いたの, い肩, い苦し, い苦しい, い遣るん, い鳴った, い鳴る胸, え, え愛的, き, それに, はんぺんの, 人を, 可い, 山が, 後でお前, 汲立の, 沢山だ, 燿ちゃん僕が, 爺さん, 親分辻斬は, 金は

▼ い~ (73, 0.1%)

14 をし 7 をする 3 を一倍, を出しました 2 して, もせず, をしました, を見ね

1 [38件] から外, が一つ, でさ, でしげ, ですが, ではある, ならたくさん, にも昔, に微笑, に比べる, に笑み, の大きな, は手水鉢, は疾風迅雷的, は鬪爭意識, や頭部, をされない, をされる, をぽ, をもう一度, をバア, をブルブル, を出し, を出した, を出す, を土埃, を振り, を撫で, を撫でました, を撫で廻しました, を擧げました, を時々, を横眼, を次の間, を糸瓜棚, を見る, を開い, 見てて

▼ いこの~ (72, 0.1%)

1 [72件] お天気に, お客さんを, ざまはっ, とおりピシリと, ところ職人どもも, ま, みの色に, もく, 一人娘は, 一等した, 上目を, 世の中には, 世界の, 中で, 二人を, 先でございます, 入口まで, 冬の, 吹い子, 国を, 城跡に, 夏白骨に, 大自然界, 大陸へ, 天戒を, 女の, 妹を, 室には, 室は, 家に, 家は, 小僧奴, 小屋に, 市では, 帯を, 度は, 愛國者先生利權漁りに, 態は, 時期に, 暗黒から, 有象無象がくッつい, 木かの, 樹, 樹の, 比鵜, 沢庵を, 沼津と, 流に, 狂言は, 眉間疵よ, 碌で, 社会に, 胡麻の, 花を, 蝦夷地に, 証拠を, 谷に, 赤緑黄色の, 辺の, 辺を, 通りだ, 通り大石の, 邊で, 都に, 金銀珠玉だ, 隊伍の, 頃は, 風を, 餓鬼やあ, 馬鹿女めが, 鳥は, 黄風島から

▼ いでは~ (72, 0.1%)

13 ないか 7 ありませんか 4 ない, なかった 2 あるまいか, 出来ないと, 有りませんか

1 [38件] ありません, ありませんが, ありませんと, あるが, あるに, いかぬ, いないが, いられなくなる, こんな天気, ございますが, たいへんです, ないかと, ないかね, ないと, ない癪, なくなりました, ならぬ, もう大丈夫, わからぬ, ゐたが, 一息にや, 分らぬ, 又靜, 又騷ぐの, 大中小三人, 幾十度の, 彼の, 日本でも, 来ないわけ, 梢を, 水臭い其ん, 無いか, 私は, 空中で, 籠へ, 落付く, 親は, 飲んで

▼ い~ (72, 0.1%)

3 だから 2 であった, にある, に水浴, へ行った, をお

1 [59件] から大した, から武芸, があった, があったら, がある, がいい, がない, だけを二つ, だムヽ, だ其の, であつ, である, でお前, でございますが, ではありません, で内, で出会った, で危, で御座いますね, で海面, で私, とお, とばかり思ってる, に, にばかり在る, に作れ, に植木屋, に気, に臨ん, の肉, は一面, は手伝, ばかり水, へとその後, へやらぬ, へ嫁, へ引出す, へ引越したら, へ来た, へ浄禅寺ヶ淵, へ行かれた, をうしろ, を一杯, を免れ, を免れまし, を助け, を召, を味わう, を捨てる, を歩い, を母, を裏漉し, を見たい, を見ろ, を買っ, を通っ, を遁げ, を選, 即ち蛇の目

▼ い姿~ (72, 0.1%)

5 です 3 をし 2 が見える, でした, になり果てた

1 [58件] がたまらなく, がどうか, が現われ, だけがあった, だこと, だつた, だつたの, ですが, でなくて, でにやりと, ではござりませぬ, ではない, でよく, で引上げ, で息, で洗濯, で縁側, で踊, で酒, と声, と思っ, に注目, の仏様, の常, の影, の為造, の白坊主, の赤ん坊, はおろか, はどこ, はまがい, は何, は墨, は次第に, は百合, は群集, は自ら呼吸, よりもおま, をお, をさらし, をした, をしない, をみせ, をよけい, をチラつかせ, を中心, を人, を人びと, を度々, を思う, を想像, を求められた, を現, を眺め, を見せ, を見とれ, を見る, 長い垂れ髪

▼ いのに~ (71, 0.1%)

2 お前さん達許り詰らないや, 感心した, 氣が, 驚嘆した

1 [63件] あのお前さん, いや高価, お前さんの, お妖怪, お獅子, これほど, これを, ちが, どうして人間, ひやりとした, また家, まだ冬, やたらに, パンの, ヘッドライトに, 上潮ば, 下駄なんか, 人越しだ, 今に, 仕様が, 似合わず声, 何し, 何だかこう樹, 何処まで, 信頼し, 借りもの, 到頭, 吉田さん, 圧迫され, 夜に, 家を, 引つ掛つて, 引締った, 彼の, 御飯を, 戸外へ, 排水の, 早四郎は, 昼休みに, 業を, 河野が, 注意し, 渇え, 無闇に, 熱いからと, 百両と, 相手は, 相違ありません, 真直に, 真鍮の, 空は, 第二, 胴抜の, 腹を, 自らお湯を, 舌を, 茫然し, 返し言を, 醉つた時ツイ人に, 閉口し, 限つて猟師の, 馬鹿な, 鼠甲斐絹の

▼ い~ (71, 0.1%)

2 上達じゃ, 兩親の, 心配なこん, 考へ, 親切に, 達しだ

1 [59件] かおを, へんじも, やかましゅうござった, 世話に, 両親の, 主人は, 交際の, 仏に, 余裕かと, 冗談へいへい, 參詣だした, 參詣だす, 商売でございます, 商売です, 商賣せん, 境涯だ, 妻君を, 姿とを, 客様が, 客様の, 家内だ, 容態です, 小人から, 崩れに, 幸福な, 座敷に, 庭も, 弊を, 心で御座いましょう, 心と, 恩に, 懇意を, 手を以て, 手紙を, 暮をな, 最後でございました, 案内する, 機嫌だ, 機嫌で, 歸りです, 氣の, 発明な, 目も, 目玉を, 紋です, 経を, 規則も, 言葉を, 足方に, 身分だ, 身分です, 返辞を, 退屈さま, 配慮によって, 雑作じゃのう, 雑作に, 霊廟は, 顔で, 風貌な

▼ い気持~ (70, 0.1%)

6 になっ 3 になった, を味 2 になる, はしない

1 [54件] から遁, がした, がします, がする, がなくなる, が傍観, が起き, が起つ, だ, ださあさあ, だった, だつた, であった, であの, である, でございましょう, でございます, で原稿, で外套, で彼, で持ち上げた, で船, で薬玉, で部屋, とそれ, と捻じ合う, にされる, になつた彼, になつて, になり, になりかけ, になりました, になれる, にまでなった, にもなれなかった, に胸, に脅かされる, に追いたてられ, のわるい, の好い, の昂揚, の裏, はしまい, はせぬ, は無い, ばかりになつ, まだ羞, もしない, を堪え, を夢, を抑える, を押えられない, を持った, を辛うじて

▼ い~ (68, 0.1%)

3 しが 2 で, の秘密, は無理

1 [59件] い立派, おとしいれながら, が五十七, が埋める, が殺した, が突出, でございます, では解らない, で役に立つ, と其の, と死ぬ, なの, にはその, にはもう少し, には一杯, に髪, のこの, のじゃ, のところ, のはいった, の名, の家中, の弟子, の影, の心, の感動, の日本語たる, の生活, の瞳, の知る, の神経, の親切, の近来, はいつ, はもつ, はネクタイ, はヤロフ・アヴラモヴィッチ・ルキーン, は今, は仙介, は余計, は凹ん, は別に, は基督教, は夜通し, は大阪弁, は工面, は恰も, は本庄宿, は武家奉公, は水道端, は江戸, は炭屋, は白島村, もチヤン, も久しく, も訊きたい, を怒る, を見る, を追

▼ いどころ~ (66, 0.1%)

3 が知れた, を知っ 2 がわかる, じゃない, では

1 [54件] がきまって, がわからない, がわからねえ, が分からなくっ, が分った, が分りました, が悪い, が悪かっ, が悪く, が無くなりました, が知れ, が知れなくなっ, が知れるだろう, が知れれ, が見付からない, ぐらい知らせ, ぐれえは, じゃア, じやご, であった, でなければ, でも, で今日, で彼, で無精ッ, というの, なんかわかっ, なんぞ買わせよう, によっ, によっては事, のお座附, の惡, の話ぢ, の騒, はこの, はこれ, は俺, は気, は笑止, も知れた, も知れる, をさがし, をたずね, を一命, を人, を吐かせる, を捜し, を捜す, を教え, を深川, を知った, を知らせ, を知りたい, を突

▼ い~ (65, 0.1%)

2 うした, うで, かの物体, か御用, なら此處, の人, をし

1 [51件] ういう, うか, うしても, うも有難う, か, かがある, かひそひそ, かわけ, かを博士, か一枚, か手, か盗りました, か知つて, か頻り, がございました, が一體, が無く, が腑, じゃい, じやい, たら因縁, てって, て香水, でございまして, ですか, でもと向う, でも廉, でも理由, という呪われた, という綺麗さ, といっ, なら此処, なりとも, にいたせ, にしよう, にもござりましねえ, の人お嬢様, の用だい, の異状, の真似だい, ぼ東京, も云わない, も彼, をお, をする, を思い出した, を泣い, を考えてる, を言う, んぢ, んで賭博

▼ い~ (64, 0.1%)

2 へ降り

1 [62件] から射込んだ, から持つ, から通し, だから, だし, だつたけれども, ですぐ, でせ, と生垣, などを眺め, にある, には糠交, にも一本, にも夏, に下り, に向いた, に商, に小さい, に於い, に漸く, に移し, に立つた, に草, に降り立つた, のあちこち, のある, のコスモス, の一隅, の先, の内, の垣根, の外, の夜, の彼方, の日向, の植込, の植込み, の櫻, の沓脱, の眞中, の隅々, の隣り, の霜, は大方, へ入る, へ濡れた, へ通した, へ降りられる, も奥, も離屋, や表, をあちらこちら, をなか, をグルリ, を一, を横ぎつて, を横ぎり, を眺め, を距, を隔つた遠く, を隔て, を隔てた

▼ いけれど~ (62, 0.1%)

2 冬の, 太郎さんは, 若旦那さへ

1 [56件] あなたの, あの氣性, あれは, お前様の, お嬢さんは, お才さん, これが, そこへ, それだって, そんな願, ちっとも構わねえ, なかなか心火どころ, まあ飛ん, もうこうなっちゃっ, 一徹な, 世人が, 今云う, 何お前大島ッて, 何で私, 余の, 儲かり過ぎて, 千ちゃんは, 取んだ者, 噺の, 地獄が, 外に, 大な, 大方鼬, 女なら, 好い男, 居なくなると, 廉や, 当人の, 後前を, 従来も, 愉しめ, 手代の, 文庫に, 本当にあんな, 東西も, 柄が, 此間も, 氏郷は, 水は, 然し思切つた事, 犬だ, 病気にでも, 短刀を, 秀子が, 私にゃ, 私は, 自分たちの, 芳さんありゃ, 芳さんにばかりは, 貴方は, 遊ぶ時

▼ いら中~ (62, 0.1%)

2 が明るく

1 [60件] あの犬, あるきまわった末, から嫁, があんまり, がいつ, がトタンだらけ, がパアット, がヒッソリ, がモウ一度, が変, が急, が森閑, が洪水, が火, こつこつ叩い, で捕えられ, とりちらかして, に, にある, にだらし, には何, にノタ, にベタ一面, に引きずり散らした, に張り, に散りました, に水, に滝, に燈, に甘ったるい, の壁, の子供達, の山, の店, の温泉, の肉, の露西亜人, はひっそり, は危なく, ほっつきある, むしゃくしゃし, をぐるぐる, をたたきまわりましたら, をとびまわる, をなぎたてた, をキョロキョロ, をクワツ, を一生懸命, を探し, を探し回っ, を探し廻った, を歩き廻った, を無茶苦茶, を見, を跳ねまわったらしい, ギラギラし, 引っ掻き回して, 歩き廻った, 這い廻って, 騒いで

▼ い~ (62, 0.1%)

5 をした 4 の白い, をし 2 の衣, をなし, を出し

1 [43件] からだんだん, が凍み亘り, が彼女, が美しい, が薄, が走っ, して, だ, だな, だ七ツ, であり靄, でございます, と色, にただれた, になり, にぼかされ, に変っ, に狭まつた, に輝い, に電気, のもの, のやう, のオール, のスーツ, の巻物, の水, の海, の細かい, の花, の藁, の軟かい, の雲, の香水壜, の黒い, はこの, は見なく, や夕陽, を出さう, を呈し, を浮べる, を湛え, を食べる, 青ざめ荒々しい

▼ いとか~ (61, 0.1%)

5 何んとか 2 悲しいとか, 雨が

1 [52件] あゝいう, いろいろ批判, きめて, すけく曳くは, ちひ, で一度, で僕, どこの, みじ, やましいとか, ろしとみゆれ, わか, 云うこと, 云う丈, 云う芸術上, 云ふ, 五分刈が, 今日は, 仕上げが, 何か, 何とかそんな, 何とか云っ, 何とか父さん, 何とか言う, 何とか言ったら, 何方かが, 兵制を, 利口だ, 妙な, 寄席で, 御腹蔵, 怒りとか, 悪戯を, 或いは又, 房に, 拙いとか, 拙いとかいう, 支那は, 柔かみ, 武藝が, 波が, 習慣とかに, 臭とか, 芋畑の, 芋虫を, 言つ, 言つたさう, 言つて二階から, 言つて立ち廻つた相です, 言つて野良犬の, 隙が, 高いとか

▼ い人間~ (61, 0.1%)

3 がいない 2 だが

1 [56件] がある, がいる, が内儀, が生れる, が私達, が自分, が蔭, が違っ, だ, だから, だったが, だったこと, だつた, だよ, だらう, だらうと, であつ, であること, であれば, です初め, でなく御朱印, ではございません, ではない, ではなかつた, で二こと三言, で木賃宿, とあいそ, とは氣, と生まれ, なんて一たい, にさ, になつ, には違, にや見えません, に對, に引つ, に心當, に見えます, の声, の生活, の精神, の肉, の首, はあきらめ, はありません, はある, はどんなに, はない, は体内, は何処, は別, は皆んな平次, よりもより, をその, を片端, を追ひ廻し

▼ い~ (59, 0.1%)

5 である 4 だ, のもの 3 だと 2 であつ, でございます, ですから, なもの, よ

1 [33件] いだ, うれしくなっ, か分らない, その恐ろし, だからね, だった, だつた, であ, であった, です, でそれ, で女, で脳天, なの, ならお, なんで, な布, に下, に入れない, に思つて, に考へた, に酔っ, のこと, のところ, のもん, の上加減, の僅か, の扱い, の氣, の設計, の間, ゐであるの, ゐに

▼ い~ (59, 0.1%)

4 の下 2 に星

1 [53件] あひで, から急, から抜け出る, から清々しい, から谷間, が山, が燻ぼり, が見えた, が見える, が覗い, だから, だと, でぴすとるが, で包まれた, との区別, と呼応, と熟れる, と碧, と陽, にうねっ, にぐるぐる, には尚, には雲, にわだかまる, に照つて, に白い, に見られる, のお, の一片, の中, の何, の奥, の見事さ, の隅々, は天鵞絨, は拭, は最も, は青く, は静か, へ向っ, へ暖, へ烏賊, をうす, をうっとり, をながめました, をみ, を乱れた, を仰い, を抜い, を支え, を見あげた, を飛ん, 高く小さな

▼ い~ (59, 0.1%)

2 して, だと, である, にし

1 [51件] か昨日横浜, が一群, が如何, が必ずしも, が美, が近づい, が飛出す, だ, だろう, だタッ, であったから, ではない, では御, でもついてる, ということ, となる, と其の, なら出來, なんかありやしません, な仕やう, にしよう, にする, になった, になる, になれ, には一寸, には滅多, に思ひ知らせ, に成る, に来, の方, の神尾主膳, はありません, はさ, はたんと, はなかつた, は二千里, は多勢, は孔子様, は寝とらん, ばかり居る, ばかり縛る, ばかり這入る, も多勢, をしのぐ, をやめ, を咎める, を大きく, を見つけた, を運ぶ, 何分大勢

▼ い~ (58, 0.1%)

13 の中 4 の内 2 ばかりでない

1 [39件] から滅多, があったら, がある, がいい, が有る, が見つかっ, だから, だつた, ですから, ですが, でない家, では竈, でもこの, で少し, で締り, で銘々自分, で食, で飯, にあり, にいらつ, には道臣, に引込ん, に男, に薄く, に通りました, のお勝手, の前, の方, の棟, の樣子, の養子, はきた, は出, は表, ばかりで, へ移る, を去, を平次, を拵えさせたい

▼ い~ (57, 0.1%)

4 な気 2 だ, である, な事, な人, な気持, にお, にし

1 [39件] かえ, がどうも, が御, だが, であつ, ですが, とこうならべ, とやらのご覧, なこと, ななつかしい, なものの, な場合, な声, な気分, な色, な顔, に, になり, にもそんな, にも思われる, にやっ, にチラチラ, に云っ, に想像, に打ち明ける, に斯, に綺麗, に見えた, ね, のやう, の仲, の気らくさ, はほん, は度胸, は矢張士族様, は風邪気, をくどい, を自分, 先立ちては

▼ い言葉~ (57, 0.1%)

2 は一言, を知っ, を聞いた

1 [51件] があえて, があった, がある, が一番胸, が今日, が出ず, が出た, が出ない, だ, である, であろう, でねちねち, でもどんな, でも聞いたら, で書い, で考える, として用いる, とで語られ, にし, になっ, には参っ, によって葛岡, に耳, の出よう, の國, は外国語, は見当らない, も出ない, をかけ, をかけなかった, をかつて, をそっくりそのまま, をそつくり, をはい, をほし, を仄めかす, を切った, を口, を吐く, を吹き飛ばし, を囁いた, を思いついた, を思い出した, を持った, を掛け, を支店長, を洩らさなかった, を洩らさなけれ, を洩らしたろう, を続けた, 或は珍しく

▼ い~ (54, 0.1%)

2 だが, とを見, の先, を出し, を額

1 [44件] が女, だ, だった, だらう, だろう, だろうこの, では無く, でひたひた, でまだ, で咽, で握, で私, で胸, で色んな, で逆, として見ざる, と云, なぞはつけられない, なんか翳すない, に円鈕, に振りかざす, に接唇けた, ね, の指, の掌, は乾いた, は膝頭, をし, をつけ, を人, を包ん, を口, を差し出さう, を差し出そう, を延べ, を拱ん, を握っ, を握り, を握りしめ, を男, を置き, を腹立たし, を頬, 附で

▼ いさま~ (53, 0.1%)

2 おひい, はお, をお

1 [47件] があった, がそ, がた, がどこ, が取っ, が死ん, が話し, と呼ん, にお, にお話, のお, のかたき, のその, のはくちょう, の姿, の時, の涙, の目, の陛下, はあんな, はいいました, はいちばん強情, はいつ, はいつの間に, はいのち, はいもう, はいろいろ, はうち, はこれ, はどこ, はなるほど, はなんだかまま, はひとり, はみんなお金, はやっぱり, はわし, は上野, は来ません, は泣きました, は王子, まあそうお腹, もネこの, も十五, をおぶっ, をみつめ, を待っ, を見る

▼ い感じ~ (53, 0.1%)

7 のする 3 がする 2 がした, だ, だつた, であつ, のある

1 [33件] があった, があり, がある, がいたしました, がされる, がします, がない, が少ない, が身, だと, で態度, で手, と美しく, なの, のひと, の人, の人間, の女, の男, はし, はしない, は寧ろ, は恐らく, を与えた, を与えられる, を与える, を出, を出し得た, を受けます, を帯び, を拂, を根本, 易い年頃

▼ いこれ~ (51, 0.1%)

53 はどうも, は何 2 はお, は要らぬ

1 [36件] あ, あ叶はん, が三つ目, が先ず, が利く, が唯一, が宜, が結城紬, この通り, でございます, でございます有難う, でも中国筋, で宜, で院, にし, はいらっしゃいまし, はこれ, はとんだ, はどうせ, ははばかり様, はまあ, は下枝, は平松, は恐れ入ります, は旦那様, は早い, は水品様, は若旦那, は菊弥, は虚勢, は食物, へあなた様, までの私, も天, を訪ね, を長

▼ いてさえ~ (51, 0.1%)

2 何か

1 [49件] あまりにさびし, あれ丈の, いやな, いれば, おかみの, かなわないのに, くだされば, くるれば, くれたら, くれれば, げんなりし, この人, ざっとこの, その瞬間杉, どこからとも, ひとりでに悲しい, めまいが, もらえば, わけの, ハラハラした, 一応は, 一般住民は, 並大抵では, 伸子にとって, 医師が, 口惜しきに, 喰いかねる女房, 堪えがたいほどに, 売笑を, 多忙の, 大夕立, 女性として, 完全な, 寒い日, 居れば, 巡査の, 快く晴れた, 数多の, 時々お, 母子三人で, 気が, 満足に, 生産全線を, 米友の, 糠よりも, 絶えること, 自分の, 落ちそう, 見ばえのせぬ

▼ い~ (51, 0.1%)

32 だが, ではない, を聞いた

1 [42件] が伝えられ, が何となく, が出る, が此, が百回, じゃありません, じゃない, じゃア, だがね, だった, だってんで, だといふ, であらう, である, ですけれども, ですわ, では, ではあります, ではありますまい, でわしもとつて六十六, で此方, になっ, に當, の次第, はこの, はこれから, はちょっと, はなかろう, はますます, は一寸, もある, を, をし, をしたら, をする, を夢, を捏造, を聞きましょう, を聞く, を聽, を語っ, を默つて聽

▼ いちゃあ~ (50, 0.1%)

5 いけねえ

1 [45件] あとで, いかん疾く行け, いくらおれ, いけない, いけない行くなら行くで, いつまでも, きっと明日, これは, すぐに, たまらないよう, ために, ちっと面倒, ならないの, なんだか寂しくっ, ろくなこと, ろくなもん, 仕様が, 仕様がねえ, 仕様ねえ, 何かと困るでしょう, 何かの, 何も, 分らないよ, 向うからも, 困る, 困ること, 困るだろう, 埒が, 売物, 夜が, 女は, 往生の, 手が, 日が, 果てしが, 江戸は, 泣いてるもん, 済まねえそれ, 無法者の, 相手に, 第一, 美味く食えない, 詰まらねえから, 調べるのに, 面倒だ

▼ いッぱい~ (50, 0.1%)

2 食わせて

1 [48件] いい気, だ, だが, だった, であった, なお変, にこれ, になり, になる, に光る, に唸り, に埋まっ, に大田原, に孕み, に引っ込んだ, に意外, に撒きちらかす, に斬りつけた, に海, に溜っ, に溢れかけ, に真人間, に空, に立ちこめ, に耳, に落ちた, に見せ, に越前今庄, に足, に陽, の仕事道具, の義憤, の辛抱, ゆゆしい顔, を傾けた, 呼んで, 喰おうと, 報われた気, 寝る, 抱き止めて, 持って, 散り腐えて, 映しこんだ, 歩いたので, 溜って, 見えた, 詰まって, 飲むかも

▼ い~ (50, 0.1%)

2 である, に思い, のもの

1 [44件] ぐらぐらと, しおらしい離されない, だ, ちやほやする, であり竹, で日本, で消防夫, なのに, な迷, になっ, に挨拶, のいい, のいまいまし, のところ, の代物, の恐怖, の憎く, の早, の注意, ヒラヒラしたとりとめ, 他の, 会いたく思いながら, 列んで, 加奈子に, 加奈子には, 北方の, 卑しい人間, 悲い, 愛らしい鼻, 打つて, 探偵小説界では, 気持が, 水際立った悪党ぶり, 沈欝な, 沢山な, 深く幾つ, 滑稽な, 真丸で, 立派な, 群衆の, 羨ましくなった, 賑か, 赤く火照らせた, 頻と

▼ いとして~ (43, 0.0%)

2 さて君, 日本の

1 [39件] あなたは, あります, お前は, これから小, その折誰か, その隅っ子, それが, ひいでたる樹, 三輪の, 下手人は, 二人は, 他国に, 兎に, 叔母さんの, 圭子の, 外の, 夫婦らし, 娘が, 実際の, 少時なりとも, 年寄でも, 待遇され始める, 我とかたれ, 持ち出して, 持って, 捨てて, 措く, 残り煩雑, 煙突の, 相手を, 織るかとぞ, 置く所, 置て, 船を, 船頭や, 若し道教, 西北の, 見事な, 門まで

▼ い~ (43, 0.0%)

8 を見た 3 を見 2 でも見, に見た, はどう, ばかりを見

1 [24件] からでも覚めた, から覚めた, があと, だったからな, であるが, ではない, でも湛, で御座います, と何, などとは無関係, なら何時, につつん, になる, に囚, に魘, のやう, のよう, の醒めた, は, ばかり見つ, もあった, や散歩, をみた, を他人

▼ いさまたち~ (42, 0.0%)

3 のこと 2 をすくう

1 [37件] がかえって, がこれ, がすくわれなくなっ, がそこ, がまだ, が白鳥, だと, でしょう, ですよ, とおなじ, にいそい, に分け, のすんだ, のところ, のゆくえ, の命, の腕, はかえって, はきょう, はこたえました, はしかも, はずいぶん, はちいさい, はちゃんと, はどこ, ははくち, はもと, は手, もじ, もちいさい, やられたな, をいたましく, をさがし, をすくいだす, をすくっ, をみごと, を魔法

▼ い空気~ (41, 0.0%)

2 の中

1 [39件] があった, がひえびえ, が下, が不安, が地面, が心, が欲しい, が漲っ, が爽, だつた, というもの, とがもつれ合っ, との混和, とを混ぜ, と何とか, と暖, と柚味噌, に交, に変っ, に当る, に蔽われた, に辟易, に香っ, の思ひ, の手術室, の煽り, は, は春, や風, を入れない, を入れる, を吸い込み, を呼び寄せた, を呼吸, を外套, を感じ, を篏硝子, を胸一杯, 辛い生活

▼ い~ (40, 0.0%)

3 の中 2 を見せ

1 [35件] がさして, がにじみ出, がダブルベッド, が其, が唐紙, が居る, が自分, で以, で横目, で若い, とを受け, と凉, と夜気, のかげ, の下, の為, はすでに, はもう二度と, はガラス窓, は松葉, は眼, もなつかしい, も時に, よ, をもつ, を下界, を後, を投げ, を放, を放っ, を放つ, を漏し, を見, を見た, 遠の

▼ い部屋~ (40, 0.0%)

4 の中 3 のなか 2 へ持ち込ん

1 [31件] があつ, がひどく息ぐるしく, がまだ, が一つ, が二室, が慕, だろう, である, でポツポツ, で二人きり, で休みたかった, で年頃, に, に住ん, に入, に入っ, に押し並んだ, に満ち満ち, に立ちこめ, に行燈, に離れ, の多い, の隅, は再び, は屏風, へ案内, へ逃げ帰っ, へ通した, まで殘つて, をいよいよ, をぐるり

▼ いぢつて~ (39, 0.0%)

4 ゐた 2 ゐたが, ゐると

1 [31件] それから卓, は行く, もう生えた, も投げ附け, るか, ゐたらなんだか, ゐたらほろり, ゐた五郎, ゐましたが, ゐる, ゐるの, ゐるは, ゐる一人, ゐる女の子達, ゐる時, ゐる母親, ゐる私, ゐる自分, 居たの, 居りました, 居る, 居る手もと, 暮せ五重塔, 見たが, 見たくなつ, 見たくなる, 見て, 見ましたけれど, 見るが, 遊ぶ, 遊んで

▼ いてを~ (39, 0.0%)

16 ります 7 りました 5 りましたが 2 りますが 1 つた, つた梅雨が, りますから, りますので, ります今日, り草, る, る古風, んどり

▼ いもん~ (37, 0.0%)

4 だ, だから 3 だな, ですから 2 だ那, です

1 [19件] かこの, かとても, だからな, だが, だその, だで, だと, だね, でがん, でございますから, ですぜ, ですね, ですよ, でなかったらそんな, でね, では, な, やさかい, やろ

▼ い~ (37, 0.0%)

3 であった 2 でございましたが, の中

1 [30件] が小室山, が明けたら, が温かい, が訪れた, だろう, であったと, であるが, で町並, となっ, に一つ, に封じられ, に攻められ, に自分, のこと, の人, の凡て, の夜半, の帝, の気, の空気, の部屋, はござらぬ, はふくら, は凡てあなた, は明け, は東京, は梟, をば厠, をむかえる, を逢う

▼ い~ (37, 0.0%)

3 にほふ 2 の中, を咲かした

1 [30件] がぽっかり, が一夜, が咲いた, が咲く, が多う, が幾組, が机, が盛り, が草, だが, だな, である, であるとも, ですから, になった, にも野趣横溢, に赤蜻蛉, のいち, のこ, のよう, の花粉, は, はどこ, は見つかりませんでした, をそ, をたわわ, を仰ぎ, を咲かせ, を売っ, を織り合せた

▼ い~ (36, 0.0%)

1 [36件] から俺, この国, では, にお, にはどんなに, には女ども, にまた, にもやはり同じく, に妹, に老母, の三人, の旅, の月江, は, はこういう, はたれ, はなおさら, はほとんど, はよい, は世に, は他, は子, は家督相続, は寒月, は悪い, は私, は静山, は魯粛, へ, もきっと, もこの, もし一生, も官兵衛孝高どの, も御, も種々骨, をすぐ

▼ い意味~ (36, 0.0%)

3 に於 2 に於ける, に解し, の蝦夷

1 [27件] ありそう, から申せ, で, でそこ, での, での生物學, ではなく, では無く, で言, においてと言つて, においては今日, においては是, においても, における, に文章, に於い, に解する, のそれ, の人生觀, の史劇, の抽象的思辨中, の文藝的内容, の自己辯護, の言葉, の語, の通讀, を発見

▼ い~ (36, 0.0%)

5 の降る 3 が通, の音

1 [25件] がつづく, がほ, がポツポツ, が客舎, が来た, が毎日, が煙っ, が白い, が降っ, が降つ, が降りつ, が頬, が顔, である, にうたれたい, になつ, にぬれ, にも露, の其, の夜, の奇麗さ, の落ちた, はしとしと, は幾たび, は来

▼ いけれども~ (35, 0.0%)

1 [35件] このひと, この醜い, その他は, その代り手, その生活, それさえ, それには, のぼせて, やが, ッて, 人に, 今ぢ, 何だか可, 余り様子, 俳諧が, 决し, 医科大学の, 同藩士族, 夜氣に, 奉行や, 姉さん貴女は, 幾許で売ろう, 彼の, 悪い感化, 慣れない中, 時間が, 物には, 発育盛りの, 私は, 義理堅いお, 胸中の, 要するに釘, 親方は, 郷里の, 間が

▼ い野郎~ (35, 0.0%)

10 ですね 5 だな 4

1 [16件] が, があつ, が龍, だが, だね, だ血, で, ですぜ, ですよ, で散々惡, で賄賂, のした, は無い, もあつ, もある, をやっ

▼ い~ (34, 0.0%)

32

1 [29件] あいつの, あの印, え, お珠, これだけの, それや, どんな失敗, よう賊でも, んが, オ, 一體家來の, 先生まだ, 八, 十兵衛呼べ, 十兵衞呼べ, 原稿の, 如何うだ, 宜いか貝六, 左へ, 師匠, 怕い, 明日出直し, 昨日約束した, 気を, 池へ, 片手落ちだ, 男かね, 矢風や, 馬鹿な

▼ い~ (34, 0.0%)

9 を立て 3 がし, がする

1 [19件] がした, がはじまり, が前, が地響, が寧子, が揺れた, が町中, だが, だけが残つて, であった, で洗っ, とある, との調節, に馬, をさせ, をたて, を立てた, を聞かし, 細い音

▼ いつつ~ (33, 0.0%)

2 あるの

1 [31件] あった, あるか, あると, あるに対し, ある動きつつ, かめるだろう, さらにこの, てことも, なるたけ私, はじめて賊, ぶれるか, ほっきと, 上下に, 仲間から, 会場に, 作り捨てて, 六つ七つ, 午後三時頃大河原に, 声を, 室中が, 常に三次, 懐紙へ, 是非の, 生きて, 眼が, 逃れた, 進んだの, 険しき山, 静かに, 食べ始める, 黙然として

▼ いとは~ (33, 0.0%)

2 命令かりませぬ

1 [31件] おもわないが, この苦痛, しいもの, しさ, そんな形, ちっとも思いませんでした, どういうこと, 兼て, 分別が, 幼い意, 彼女を, 従弟同志だ, 必ずしも今, 思いません, 思いませんか, 思はないの, 思はなかつた, 思ひません, 思わないの, 思わぬか, 思召さない, 想えなかった, 感じないか, 手を, 断言の, 本当に怖, 深く傷つい, 申せそれ, 見えなかった, 誰からも, 非常に

▼ いやみ~ (33, 0.0%)

4 のない 3 だが 2 でもなん

1 [24件] がなかつた, がなく, だと, であると, でなし, にし, になつ, にならぬ, にも思われる, に応酬, に思わせぶり, に言いふらし, のない愛くるし, はない, や皮肉, や謙遜, をいっ, をいわれた, を並べ, を並べ立てよう, を云, を感じた, を言い, を透す

▼ いわけ~ (33, 0.0%)

3 だが, では 2 がある, だ, だから, で, です, ですが, ですね, でも

1 [11件] がありまし, じゃない, じゃア, だな, だね, である, にゆく, はあるまい, はない, はなかっ, はなし

▼ い塩梅~ (33, 0.0%)

1 [33件] だった, だコレラ, で, でございます, でございますあなた國綱, でした, で家, な酔心地, に, にうつくしい, にそっち, に一時, に人通り, に今度霊岸島川口町, に僕, に助かっ, に堕, に天気, に天気イ能, に家, に居た, に帰りがけ, に広瀬, に振分け, に有りました, に此, に穿, に苔むした, に誰, に身遁, に遁, に酒屋, よ引込んだ

▼ いぢくつ~ (32, 0.0%)

13 てゐる 7 てゐた

1 [12件] たもの, たりし, たり図面, た爲, てたがたう, てたんぢ, てばかりゐ, てばかりゐる, てぽき, てゐれ, て居られる, て見る

▼ い~ (32, 0.0%)

1 [32件] から大量殺人, であった, でよい, で七八十尺, と辿っ, に出た, に出よう, に敷いた, に足音, の山桜, の片, の眞ン中, は又, は日本, へ出る, もど, をお, をてんてん, をてんでに, をはさん, を乾風, を履, を平次, を掩, を揺り上げ, を暫く, を歩い, を歩く, を登つた, を行け, を距, を降ろし

▼ いかも~ (31, 0.0%)

9 知れない 2 知れないね, 知れぬ, 知れぬが, 知れねえ

1 [14件] しれねえなあ, しれん, 知れないから, 知れないが, 知れないけど, 知れないの, 知れない兎, 知れない拔, 知れなかった, 知れねえが, 知れねえぞ, 知れねえや, 知れねどな, 知れん

▼ い~ (31, 0.0%)

14 そのこと 32 としてゐた

1 [12件] その事あなた, たの, たもん, ていふ, てつれ, てもい, ても實業, て云, て其儘歸, て書い, て留める, で斯

▼ いにも~ (30, 0.0%)

2 彼は

1 [28件] お出でが, お呼びに, この子, これを, すること, ずいぶんりっぱ, せよ却って, せよ却つて毒, なるもの, よりけりである, ピアノの, 一つの, 乏しき, 何も, 何等必然性, 余り田舎者, 出ませんで嘸, 初中終, 如何なる意味, 惘れるよ, 慣れて, 拘はらず頗る, 拘らず土地柄, 拘らず大勢, 祝儀出る, 行って, 違いない, 金がねえ

▼ い~ (30, 0.0%)

3 を流した 2 が流れる, とを流しつづけた, の流れる

1 [21件] がジックリ, がジリジリ, が全身, が出る, が垂, が滲み, が総身, が腋の下, でしとど, とで苦しい, どすね, にぐっしょり, になっ, になつて, のやう, は瀧, をタラタラ, を垂, を流し, を滲ませた, を絞る

▼ い自分~ (30, 0.0%)

2 の姿

1 [28件] がもう, が介抱, が座蒲団, が証人, で六人, の使っ, の原稿, の受持, の口許, の左右, の恋愛, の書斎, の望み, の父母, の肉體, の足袋, の邪推, の陰欝, の首, は外国, もどうか, も冷酒, をもつ, を意識, を現, を落し込ん, を見つけ, を観

▼ い~ (30, 0.0%)

5 ばかりのぐみの木 2 がくつ, の青いま, を拡げ

1 [19件] が頭, で一つ, で丸く, に酒, の茂つた一, の間, はサラド, は重い, ばかりぐみの木, ばかり日, や紅い, や車百合, をそう, を三つづ, を二つ三つ千, を吹, を持つた, を繁らせ, を食料

▼ いそして~ (29, 0.0%)

1 [29件] その土層, その次, どちらへ, ヴォルテール以上に, 一層芸術, 何か, 全人類的, 又読みかえし, 如何樣, 少し冷, 強引な, 従順な, 恍惚と, 淋しい顔色, 無理にも, 熟練した, 知恵の, 穢れの, 綺麗な, 脳の, 腰兵糧まで, 過剰の, 金を, 静岡だってね, 高値が, 高踏的な, 髪の毛が, 鴉犬, 黄ばんだ白楊

▼ いだらう~ (29, 0.0%)

72 と思ふ, と言

1 [18件] あつしは, か, から止める, がなど, し, つて言ふんだ, といふ, といふある, と思, と思つたの, と思つて, と思ひます, な師匠, よ, 一処に, 利助兄イすまない, 失礼乍ら三年前座を, 山村の

▼ いばかり~ (29, 0.0%)

4 です 2 でも

1 [23件] だったので, だと, だよ, ぢや, で, である, でどんな, でなくお上, でなくその, でなく人気, でなく余計, でなく奥深い, でなく彼女自身お話, でなく暖い, でなく車, では, で嫌い, で無い今, で無い其上, で落ちつき, 仰せを, 清く澄んだ, 貧乏人は

▼ い~ (29, 0.0%)

3 だな 2 を利く

1 [24件] から箒, があっ, が遙, でしょう, でせう, にはのせられぬ, のきき, まで利く, もきかない, をき, をきい, をきいた, をきく, をつよく, を出した, を利かず, を利き出す, を叩いた, を封じられた, を尖らした, を持つ, を聞く, を裂ける, 毒々しい赤い唇

▼ い~ (29, 0.0%)

3 の光 2 が出た

1 [24件] があり, がでる, が一杯, が出, が寒々, が屋根, が浮きあがった, が漸く, が現われる, が野, が雪催い, が静か, だが, に五回, に照らされ, の出, の雫, はまだ, は八月, ばかり続い, をぼんやり, を仰ぎました, を仰ぎ仰ぎ, を輝かせ

▼ い~ (29, 0.0%)

2 の中

1 [27件] がひろびろ, が見えた, だ, で泳ぐ, と云う, なん, には船舶, に櫓, に沿った, のなか, の声, の底, の水, の狭い, の背, の色, の魚, はあり, はどこ, へ向, やける砂, をお, を左, を渡つて岸近く, を渡航, を見, 暖かい碧一色

▼ い鹽梅~ (29, 0.0%)

72 だが, に下手人

1 [18件] だお前, だと, だ此方, で, でした, でしたね, で笹野, といふ奴, に側, に出, に半分, に吐い, に捕り損ねました, に掠つた, に與茂吉, に親分, に貴下, に逢

▼ いお前~ (28, 0.0%)

2

1 [26件] か, から論語, が折角さ, が死ね, そのベルト, だから, でも可, なの, にはいろ, には実に, にも似合わん, の思う, の思ふ, の自害, の親父, の顔, はニヤニヤ, は何, は僕, は先, は店口, は新, は江戸ッ子, は男, を呼び, を抱い

▼ いそんな~ (28, 0.0%)

3 事は 2 もの, 下らんこと

1 [21件] こと, ことだ, ことは, こわい顔, もので, ものでございましょう, ものと, わけには, わるいこと, ンぢや, 一片の, 事, 事が, 事を, 優しい顔つき, 口は, 小さい手, 手に, 早よ, 長い竿, 顔し

▼ い~ (28, 0.0%)

1 [28件] い目を, えなそれ娘の, く御, 分限者だ, 劇場の, 叔父さんが, 塔婆, 外れたこと, 姿見が, 學校の, 學生が, 提灯が, 旦那明けまし, 活動を, 火事が, 熱だ, 総帥からの, 胡坐の, 蝋燭に, 要塞を, 賛成です, 都会の, 都會の, 雷雨の, 霜, 霜だ, 顏の, 驚異の

▼ い~ (28, 0.0%)

2 です

1 [26件] かい嫁さん, がすき, が復讐, が急, だけに胸, だった, だねえ, で, でございます, ですが, でせう, ではなささうだ, で家中, で私, で鼻唄交, と己, と見えます, なの, の身, の顔, は檜垣, は自分, は魔法, よりもおま, を手放し, を斯様

▼ い~ (28, 0.0%)

2 があつ, があります, のある

1 [22件] があり, がつきまし, がない, さその, だ, だと, だよ, だ武家, で, である, でしたよ, ですよ, でね, などはここ, なんぞがあるなら, に子供, に無口, に藝者, のない, の人, を知つて, を覺

▼ いあの~ (27, 0.0%)

2 手に

1 [25件] お医者様, お妓さん, どよめき声が, デクデク婆, 二天の, 切目の, 助平野郎とうに, 向いの, 夜の, 女は, 姿は, 婆様は, 子供は, 将棋は, 山でございます, 態を, 態度は, 死骸は, 炎を, 玄内の, 男は, 白歯, 船印を, 野郎は, 鳥は

▼ いといふ~ (27, 0.0%)

2 意見を

1 [25件] お使, お言葉ぢ, こゑがその山道あたりから, やうな, やうに, 事だ, 希望に, 御布令, 念が, 意味であります, 意味は, 感想を, 染井家の, 欲求の, 欲求は, 段階に, 氣持に, 熱心さで, 理窟が, 申出は, 考を, 観念, 話を, 電話だつた, 風で

▼ いよく~ (27, 0.0%)

1 [27件] あしらい気, いった, くるりと, それまで, にげられたので, ゆかぬ, 出直せい, 声を, 存じおります, 小夜子サンを, 店の, 庭木の, 探さっしゃい, 殺される事, 私たち母子を, 立って, 考えて, 聞き解けるよう, 見て, 訪ねて, 詐り逃げろ, 起こって, 追っ払われて, 通った, 鈴を, 香高く, 騙されて

▼ い~ (27, 0.0%)

1 [27件] から下り, に, にも下, にも色, にろくな, にドッシリ, に一寸, に今, に何ん, に使い勝手, に半面, に恐ろしい, に恐ろしく, に悪, に愛嬌, に母家, に淺, に燈明, に盲膓炎, に苔, に軽い, の方, の水皿, はその, ひどい疱瘡, 少し大きい, 近頃大

▼ い~ (27, 0.0%)

1 [27件] がある, がねえ, が戻っ, が苦しい, が頭, しかない, であるもの, でけん, でたる, でぬ処, でました, で大方, で立, で跣足, となっ, に一つ, に耽ろう, の多い, の筆, はこの, は何, や何, をうかべ, をほとんど, を新た, を綴った, を語り

▼ いうち~ (26, 0.0%)

1 [26件] から出かける, から真, から起き, から起きる, で何, にもこちょう, にもどことなく, にもまた, にも一種, にも壓, にも底, にも賑やか, に乙女, に出帆, に大阪, に家, に早く, に湿とり, に話し, に連れ戻っ, の標的, の筆記, はすなわち, は断じて, をはねまわ, を無理

▼ いからと~ (26, 0.0%)

2 云って, 云ふ

1 [22件] いう, いうて, いって, いつて, いふので, 一兩二分で, 云うだけでも, 云て, 寺から, 御兩親, 旦那樣が, 晝過ぎから, 申して, 石屋の, 禁めて, 私の, 細田屋さんの, 言つた, 言つて屹度附人を, 言つて後に, 言つて高い, 謂ツた

▼ いなら~ (26, 0.0%)

2 ば事

1 [24件] あんな事務室, え, お定, その負けた, ば全然, ば即ち, ば寧ろ, ぼくだって, む, もっと実状, モウ一度玄海灘で, 分はに, 勝手に, 同じく社会, 同時に之, 宜が, 寧ろ第, 当然給水, 此の, 留守を, 社会的に, 聽か, 誰も, 鱗を

▼ い思い~ (26, 0.0%)

3 をし

1 [23件] がいたします, が一つ, だった, で一ぱい, で山田, などは少し, に撲たれた, に胸, に閉じこめられる, に駆られた, のうち, はけっして, はし, もせず, も剥ぎ取られた, をさせられました, をさせられます, をさせる, をすれ, をのこし, を一二度経験, を抱いた, を起した

▼ い~ (26, 0.0%)

2 取で

1 [24件] がそれ, が捉, だ, だな, であろう, でなければ, ではいつ, で一足, で半, で彼, で本堂, で突っ, のさき, の下, の太い, の踏み, の雲, をからげた, をしてる, をすぐ, を生やし, を空, を見せ, 取で溜間

▼ いての~ (25, 0.0%)

1 [25件] ことだ, ことです, ことに, さまよ, ばらで, みやげ話に, もうだいぶ癒いが, コスモスだ, 上でなけれ, 上なら, 強意見は, 応対に, 悪戯な, 感じは, 方法という, 村は, 果し合ひより, 皮肉かと, 芸当で, 衝撃死に, 話では, 通信を, 鑛山まつりに, 雪中行乞で, 香以の

▼ いとき~ (25, 0.0%)

1 [25件] からそがいな, が来た, だったので, でも苦しい, どんなに可愛, なしいとけなしがい, ならば, にしろ, にはむしろ極めて, には何と, には女中, に外国品, に私, ね皆, のい, のごと, の古ぼけた, はいつも, はどんな, は石, は身命, もある, を想像, 感じるあの, 泣いた顔

▼ い~ (25, 0.0%)

3 しないのに 2 ねられず

1 [20件] いい, しない, しない太郎冠者, しない従って, しない猫, しない神様, しない髪, しなかった小包, すれば, せずに, ねられず暁, やりました, わからなければ, 切なそう, 変らず美しい, 早や, 済みましたそう, 衣裳道楽とか, 警戒も, 音訓表も

▼ い~ (25, 0.0%)

3 が惜しい 2 を拾った

1 [20件] があれ, の, までお, をあなた, をく, をくいとめました, を助, を助かった, を助かりました, を助け, を取った, を取りとめた, を取り止めた, を取止め, を失う, を托し, を拾つて, を持っ, を救, を間一髪

▼ い~ (25, 0.0%)

2 だ, だと, であった

1 [19件] が安らか, が悪く, じゃ, だおお可, だつた, であったので, でしたが, でも馬鹿, には旅, ねあなた, の帰った, の裡, はちょっと, はびようきなんだもの, も數, や舞子, らしく熱, を持上げ, を門人

▼ い~ (25, 0.0%)

6 を渡る 3 を渡っ, を渡つて

1 [13件] であった, でも何ん, なら渡りつけて, には水煙, の事, も渡っ, をその, を前, を渡った, を渡らなくっ, を渡るなら, を避ける, を長い

▼ い~ (25, 0.0%)

3 がする 2 がした, なもの, のもの, の毒, はしなかつた

1 [12件] があ, がいたし, なもん, になつたの, の拔けた恰好, の習, はし, は容易, もあつ, もしなかつた, もする, 高い土地

▼ い~ (24, 0.0%)

2 氣で

1 [22件] から煩わし, から至って, でこれ, で凝然, で呻い, で家内, で脇坂山城守, にうっとり, にさらさら, にどこ, にはこと更, にも修行者, にも此, に一種, に何とも, に愁, に疲れ, をその, をのぞい, を母, 六へでも, 氣に

▼ い~ (24, 0.0%)

5 出た

1 [19件] お叱, お若い, とない, 三郎う, 三郎まだ, 三郎何する, 三郎汝など, 三郎馬おっかな, 之に, 云うまでも, 來ます, 其処らを, 寂しいと, 散々殴っ, 映画で, 来た, 私が, 貴方は, 通りがかりにも

▼ い~ (24, 0.0%)

2 であつ, をもう, を姿

1 [18件] いなったら白, だった, である, のうち, の九時頃, の光, の四ツ, の微風, の挨拶, の支度, の森, の氣, の空気, の食事, はあの, を見る, を迎, を選ばう

▼ い~ (24, 0.0%)

2 てる

1 [22件] かむ人, かむ山, くべい, けったら, た, たかて, てお, てお昼御飯一緒, てくる, てしもてそれ, てたのんです, てた時分, ててもええ, てみます, てるやの, て帯, て来る, て絵エ, て見ます, て院長さん, なれへん, んでからお

▼ い~ (24, 0.0%)

4 です 32 がある

1 [15件] が有る, だから, だと, であります, である, でしょう, ではありません, なの, なん, ね, のある, のものぢ, も解らない, を種々, を話

▼ いくらい~ (23, 0.0%)

3 である, です 2

1 [15件] あたし知っ, いさおを, で, でございました, でした, でしたが, でね, でもう, でわからなかったが, で埃, で真に, な散歩, 何の, 弱り抜いて, 見事である

▼ いさよう~ (23, 0.0%)

85 でございます 1 でございましたか, でございましょうなあ, でございますかな, でございますその, でございますとも, でございますよ, でござんす, でそれ, でと, でよい

▼ いだり~ (23, 0.0%)

4 して 2 した

1 [17件] あざけったり, あわてたり, お月樣, したので, すること, すると覺悟, するの, 又逆, 地面を, 悄氣たり, 惡口を, 暑くなれ, 母親が, 汗を, 沈んだり, 織ったり, 黙ったり

▼ いまた~ (23, 0.0%)

1 [23件] かけて, この國體, これを, しても, すくなからぬ, その娘, ですか, やって, 一本やられた, 二つの, 人別が, 代わりに, 俺か, 叱られたか, 小高い山道, 岐れ, 崩壊し, 愛する余裕, 時にはそれら, 来客か, 言損なった, 閣下かい, 面白いこと

▼ いらツ~ (23, 0.0%)

11 しや 2 しやるから 1 しつた, しやつ, しやらないの, しやらないもの, しやるおつもり, しやるでせうね, しやると, しやるとは, しやるならぜひ, しやればい

▼ い~ (23, 0.0%)

4 なりー 2 なり, や, や負けられません

1 [13件] い先生, かー, だ, つつい, つむ, と冴え, と引張る, ひー, やい, やっちゃ, やどうしても, をしました, んー

▼ い~ (23, 0.0%)

2 の枝

1 [21件] から八月, こけえ這入ったの, このやう, となっ, のあの, のことば, の三度屋, の内, の浅野, はもうしゃう, は関東大坂, また争覇, までの不安, まで女, まで晴れ, まに, 松, 歩いて, 草鞋銭を, 話しますよ, 買えばと

▼ い場所~ (23, 0.0%)

2 であった

1 [21件] が, である是, でも生きる, となりまし, なので, なん, に, にお, になる, の上, の中, はと云っ, は棄てる, へはじめて, へ出た, へ行く, へ行った, へ通, をえらん, を巧み, を見棄てる

▼ い氣持~ (23, 0.0%)

3 はしなかつた 2 ではなかつた, のもの, はしません

1 [14件] であつ, ですこし, でそんな, での見, ではありません, でも無い, で冗談, で微笑, で無く, で讀ん, になつ, のしない, はしない, は彼女

▼ い~ (23, 0.0%)

2 の上

1 [21件] が妙, で人浪, で息, で捻じ, と山, に波, の一突き, の感触, の肉, は大きな, をただ, をねじった, をゆすぶ, をゆすぶり, をゾッと, を入れ, を叩く, を大きく, を押上げ, を聳やかし, を飽きず眺め

▼ い仕事~ (22, 0.0%)

3 をし 2 をした, をする

1 [15件] ぐらいよりし, じゃありません, だ, だから, だぞ, だと, であるが, であるに, なの, の上, の手伝い, の種子, はし, は妙, よりも誰

▼ い~ (22, 0.0%)

1 [22件] か斑ら, が幾箇, そして五里四方, だ鉄鎖, で今, で黒部川, などでは見る, にはもう, には雲, の中, の姿, の峡, の峽, の形, の彼方, の町, の空気, の膚, の色, も御存知, も悪く, を分け

▼ い樣子~ (22, 0.0%)

9 です 5 でした 21 す, だね, でニヤニヤ, で大, を現し, を見せ

▼ い~ (22, 0.0%)

2 により

1 [20件] がある, が彼女, が横, じゃねえ, とで幹, に力, に悪戦苦闘, に泣い, のやう, の下, はいきなり, や怒った, を伸ばし, を出し, を宙, を差し伸べ, を張つて巨人, を組ん, を絡みつけた, を闇

▼ いがい~ (21, 0.0%)

3 なこと

1 [18件] としてサミユル艇長, なよう, にもよそ, にもチラホラ, にも蜂矢, にも魔法博士, に人間, に強く, に日本, のところ, の人びと, の人生, の動物試験, の祭り, の穀物, の者, の連山, の雪景色

▼ いつて~ (21, 0.0%)

2 やがんだい

1 [19件] からも西洋人, たよ, ないぢ, は, はし, はまた, はゐます, は叱られる, は採つ, は生, は青く, やがら, をつた, をつて, をら, をられました, をりました, をります, をる

▼ い大きな~ (21, 0.0%)

2 男である

1 [19件] 前歯を, 口を, 咳を, 家が, 巣を, 工場は, 御門が, 斑を, 木の, 板切れや, 泡が, 犬が, 男で, 眼が, 眼は, 眼を, 部屋が, 錠前をが, 顔を

▼ い調子~ (21, 0.0%)

1 [21件] があった, で, でした, でそんな, でニヤリニヤリ, で云った, で古い, で問, で小歌, で平次, で房一, で相手, で答, で言える, で言つて, で話, に行く, のなか, の中, を下げる, を合わせ

▼ い路地~ (21, 0.0%)

4 の中

1 [17件] だから, でその, で二三人, で漸く, なので, には二階建, に入る, の向う, へ廻る, を入, を埋める, を平次, を拔, を裏, を見下ろし, を鎌倉河岸, を隔て

▼ い限り~ (21, 0.0%)

3 です 2 であるが, でした, ですが

1 [12件] じゃ, だ, だが, だな, であった, である, ですな, ない空, なん, のもの, の欲念一途, の素振り

▼ いあれ~ (20, 0.0%)

7

1 [13件] だけ才, はおばさん, は二百反, は六七, は助高, は正直さうに, は父, は脇, は船, ほど頼ん, をみい, を書い, を見い

▼ いとの~ (20, 0.0%)

2 おことば, ことで

1 [16件] お嘱ぢ, お申し付けで御座いました, お言葉, くりことに, ことなれ, ひとすじに, 仰せ, 仰せである, 啀み, 場合の, 御内命, 御諚が, 結ぼれとけぬ片, 親心さ, 醜い啀み合い, 關係の

▼ いばり~ (20, 0.0%)

2 で言いました

1 [18件] だった, だったが, だったねえ, でやってくる, でフォーク, で割り算, で外, で家内, で待っ, で歸宅, で江戸入り, で獅子, で船中, で言った, で通れた, で進ん, にいばりました, をたれ

▼ いほどの~ (20, 0.0%)

1 [20件] 事を, 別嬪で, 勢である, 口惜しさ, 執心さで, 大金上總屋重兵衞蒼く, 怒りを, 曇天に, 柄だ, 柄です, 桃色の, 満場一致で, 状態だ, 目を, 窶れを, 紅い色, 美しいもの, 美の, 美男子であった, 金を

▼ いもう~ (20, 0.0%)

1 [20件] いいか, いいかげんで, ぢき, 一つ米一升の, 一ト月ばかり, 下りますから, 亥刻過ぎだらう, 今夜ぐらい, 刻限で, 取られないぞ, 可い, 嗅ぎつけたか, 大知りでござん, 大驚き, 日暮ぢや, 澤山でございます, 物語の, 直きん, 立てまっしゃろ, 腹が

▼ い~ (20, 0.0%)

1 [20件] がいっしょ, が聲, にまで喰つて, に反, の話, の顔, はこの, は今, は外, は大釜, は寝る, は旅舎生活, は旦那, は此處, は氣, は繰返し, は遅く, も後, や信号, を疑うなら

▼ い~ (20, 0.0%)

2 をみ, を現, を見せ, を露出

1 [12件] が一寸, が若々しく, で真っ赤, で真紅, に交, の間, をあらわし, を出し, を剥き出し, を砕き, を露, を露わし

▼ い漁師~ (20, 0.0%)

2 の心, はその, は女房

1 [14件] が住ん, に逢った, の家, はあの, は夢中, は小づくり, は沙丘, は溜息, は白白, は赤い, は間もなく, は隣村, は飛びつく, を見つけ

▼ い~ (20, 0.0%)

2 は茨, を飲んだ

1 [16件] だつた, だのう, でも喫, に酔, に酔う, はラム酒, も強い, も能う飲まず, や玉子焼, をた, をコップ, を持っ, を授け, を買つて勘次, を飮, を飲んでる

▼ い~ (20, 0.0%)

3 の皮 2 をし, を被った

1 [13件] が實例, が微笑, ざし, でどこ, で眼つき, で訊い, で訊かれた, を, をする, をべろりと, を思い浮べた, を愁, を曝す

▼ い~ (20, 0.0%)

2 を見

1 [18件] がすぐ, が立派, と低い, には少なから, には汗, にラムプ, に滲んだ, の上, の奧, の幾條, の狭い, はその, は冷めたかつた, をさつ, をぢろ, を差出し, を曇らせます, 軽い咳

▼ い~ (19, 0.0%)

3 つこい

1 [16件] いつか来い, えらい目, だし, つこいだつたので, であった, でなるべく, で好事家, ほりうん平, 以上成熟する, 信じて, 劇を, 居や, 工場など, 必要である, 成功した, 英雄に対する

▼ いなと~ (19, 0.0%)

2 やって, 思ってると

1 [15件] いわれるであろう, ほきに, カアネイションと, 一言に, 上差の, 云うと, 他巳吉, 思いながら, 思うこと, 思うと, 思つた, 毎晩の, 見て, 言へ, 遠いと

▼ いらした~ (19, 0.0%)

43 のね 2 んでしょう 1 ことありません, ことなかつた, ことを, とき自動車が, ところは, のです, わ, 家でも, 或夕方, 部屋へは

▼ い~ (19, 0.0%)

2 がある, を持っ, を持つた

1 [13件] があった, が漲り, が闇, ではつ, にほんろう, に富んだ, の籠った, はおそらく, をもっ, をもつた, を得る, を込め, 一旦こうと

▼ い~ (19, 0.0%)

2 であるが, では見られない

1 [15件] い出ねえば, だと, でありますから, です, に住み, に帰つて, に植えられ, に歌枕, に行かれる, に行く, のそれ, へと海, へ帰る, へ歌枕, へ行

▼ い~ (19, 0.0%)

1 [19件] いしたらあれ, だ, だ書いたもの, て可, て居, ではなく, でもあろう, でもなく, と寅, に前, に叙事詩, に地理的正確さ, に後世, に町, に解放, の自己慰安, ばかりで, ばかりでない, めだつた

▼ い~ (19, 0.0%)

3 の底

1 [16件] から無理強, がむか, が一しきり, と落, などをさする, には真実, によってかすか, に一杯, に帯, に抱きしめ, のときめき, の中, の円み, は, を突い, 美しい陰影

▼ いてこそ~ (18, 0.0%)

1 [18件] いちばんである, じゃがやがて, せめて冷めた, そこに, どんなあらあらしい, はじめて比類, 初めて修業, 力も, 完全に, 感情の, 新しい事情, 本当に制作, 正直な, 武門も, 男児だ, 紳士な, 趣味が, 鞘当てだ

▼ い子供~ (18, 0.0%)

1 [18件] があっ, が五人, が来, が集っ, である, に何ら, の伊勢參, の呼声, の声, の断末魔, の此ン畜生, の残した, は引換, は花, を多勢, を妻, 生れるまで, 踊れ踊れ踊り

▼ い~ (18, 0.0%)

2 は東洋人, は沙門

1 [14件] が雑然と, である, で参会, で話し, にきられた, になっ, になる, に見える, のま, の位牌, の塚, の物, は余り, を保有

▼ い~ (18, 0.0%)

1 [18件] に帰った, のオモチャ, の体, の六畳, の担任, の晩, の部下, はお, はそれ, は姫, は宮原, は憤, は本当, は畑, もその, れは, を云いなさん, を落ち着かせる

▼ い微笑~ (18, 0.0%)

4 を浮かべ 2 を浮べ

1 [12件] がにじみ出た, が頬, して, と同じ, は私, を, をし, を交, を含ん, を浮べた, を漏らし, を知る

▼ い白い~ (18, 0.0%)

2 肉体が

1 [16件] ものに, 手であった, 月が, 波が, 着物の, 肉を, 肌に, 腕へ, 薄紅い, 陽ざしが, 霜を, 頭は, 頸附き, 額と, 顔が, 顔と

▼ い~ (17, 0.0%)

2 うらうん

1 [15件] いて, うらうんど, のふ, の決意, の礼, もっとも, もっとも様です, ようす, 不愍な, 前さまお, 心労を, 心配にゃ, 機嫌を, 浪人歩かっしゃい, 親切に

▼ いだろう~ (17, 0.0%)

2 と思います, と思う

1 [13件] からだが, がとにかく, ちょっと往, とのこと, と云い, と云う, と当, と裏表, な, なんぞと悪口, よ, 仕返しは, 鳥渡検め

▼ いながらに~ (17, 0.0%)

1 [17件] うけて, そうした頭山満, そうずばずばと, どうしてあんなに甚, どうにか土間, わたしも, 一と, 一面には, 天下を, 平気の, 息の, 時分を, 知らなければ, 身を, 速かな, 金剛葛城そして, 非常に

▼ い二人~ (17, 0.0%)

1 [17件] がさっき, が喧嘩, して, ですっかり, で行ったら, ながら岩, のやう, の主, の乾児, の先客, の契り, の女, の衣類, はテーブル, は笑い合い, を此處, 追い立てるよう

▼ い感情~ (17, 0.0%)

2 がある

1 [15件] が心, が湧い, で, ではない, でゆき子, に襲われる, の論理, はどこ, はもっ, は背徳者, や善徳, や正しい, をいだき, をそう, を抱いた

▼ い~ (17, 0.0%)

2 を代, を反し

1 [13件] が何, であった, で擡げ, で頻, で黄金, に巻きつける, の爪, の節, をし, を払い除ける, を挟み入れた, を銜え, 尖を

▼ い時代~ (17, 0.0%)

1 [17件] かといふこと, からの京都, だったから, であった, であらう, であるから, ですネ, でも一カ月, でも入場料三銭, でも大きい, とならなけれ, についての一般, に生れ, の, の只中, の変遷, の推移

▼ い~ (17, 0.0%)

3 な事

1 [14件] だ, だから, ですが, でも狹, で居, で更に, で理由, な容子, な懸崖, な處, にし, に呼ん, に見える, ね

▼ い~ (17, 0.0%)

2 が頬

1 [15件] があつ, がほろり, が不甲斐なく, が流れた, が零れ, であつ, で彼女, とを吸, に思はず, の味, も出ない, を味, を流し, を灑ぎ, を見せ

▼ いずる~ (16, 0.0%)

1 [16件] か, がごとき, というは今宵, につれ, に至った, に至る, は錦絵, まで十九年間, ままに, もいかが, ものは, もの仏像の, やプティー・ジェルヴェー, 不精と, 必要なき, 方を

▼ いッそ~ (16, 0.0%)

2 死んだが

1 [14件] あのアマ, あの時, ありがたくいただい, かの女, そうなった, その迷い, だまって, とこんな, はっきりいっ, ぶっ殺せ, 死ぬまで, 焼き払って, 脅し脅し遠く, 迎え潮

▼ い場合~ (16, 0.0%)

2 を挙げれ

1 [14件] がある, であっても, であつ, でした, には云, にも怪しむ, に平衡, に我々, に於, に相成りました, は尻尾, も名, を上手, 時に日本等

▼ い廊下~ (16, 0.0%)

1 [16件] で人, に多, に響い, の突當, はお勝手, は人影, をあちこち散歩, を三歩, を女, を己, を幾, を戻, を曲りくね, を舞臺, を踏ん, を通りすがり

▼ い態度~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそれ, こそ必要, であった, であつ, であの, で家, で強制, と語調, において志向, に余儀なく, に反し, に憤激, も蔑視まれ, をし, をもっ, を示す

▼ い様子~ (16, 0.0%)

2 をした

1 [14件] だつたわ, であるが, でしたがね, です, でもなく, で有った, にす, に手, のお, は噫, は少し, も目, を知つて, を身体つき

▼ い生活~ (16, 0.0%)

3 をし 2 の装ひと, の裝ひと 1 だ, というもの, の営み, の家, の歓喜, の頂上, をしよう, を夢む, を送れ

▼ い着物~ (16, 0.0%)

3 を着た 2 をきせ, を着 1 から膝小僧, が着られ, と着換, などにさわったら, に手, も一遍, をき, をもらっ, を買つて

▼ い~ (16, 0.0%)

1 [16件] だけでも苦労, で踊, にお, にもこの, に召喫ツ, に時々こう, に松の木, のこの, の断食, の詫, ばかり見, へごろ寢, をかえって, をと力抜, を通つてグルリ, 続いた

▼ いかい~ (15, 0.0%)

1 [15件] お聞きなさい, それを, 世話に, 先刻謂った, 八, 可い, 姐さんどう, 宮は, 山田の, 怨みっこ無しに, 本当に可, 歸つても, 死には, 私の, 解ったの

▼ いどう~ (15, 0.0%)

3 したん 2 したと 1 した, したい, したんだい, じゃい, だ, だ行く気ぁねえか, でこんな, でもしまっ, にでもなれ, セ耶蘇など

▼ いほう~ (15, 0.0%)

2 い, いと声

1 [11件] いだ, いと, いといふ, いと掛声, が可, だったし, だよ, と称する, のペナント, へ變, 之儀者其者

▼ いやつ~ (15, 0.0%)

1 [15件] がやつ, が先, だ, て見れ, であった, でうっかり, で女中部屋, とお, に罹つた, の裾野, ひに, をかぎ出し, をさがし, をニュウッ, を目

▼ いらしったよう~ (15, 0.0%)

3 ですが 2 でございます 1 だ, だったが, でございました, でしたが, でしたね, でしたよ, です, ですね, ですよ, に存ぜられる

▼ い~ (15, 0.0%)

2 でヒステリカル

1 [13件] からはきだす, が眼, であった, できいきい, とは恐ろしく, に接吻, は妖婦, へ手, も白珠, をつぼませ, を封じた, を自分, を見せた

▼ い工合~ (15, 0.0%)

1 [15件] だ, でした, にお, におだてられ, にずぶ, についた, に失敗ら, に涙, に申します, に行たこ, に言訳, に話し, に説き付け, に運ん, に雑談

▼ い~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, がつきまとっ, が星, が横, が築山, が静か, であらう, になつて, のやう, の中, はどこ, は消, も見た, をおとす, を沢づたいに

▼ い彼女~ (15, 0.0%)

2 の姿, は東京

1 [11件] が先輩, には思い, には思ひ, の掌, の美しく, の頸, は当時六十歳前後, は浮雲, までその, も宇野, を抱い

▼ い~ (15, 0.0%)

2 の光, の日

1 [11件] が來, になつ, になりました, にも醉, の匂い, の夕方, の日光, の日差, の色, の雲, の風

▼ い~ (15, 0.0%)

2 があり, の枝

1 [11件] である, で作っ, で造った, の實, の床, の白棒, の端くれ, の薪, やな, を削つた, を割る

▼ い~ (15, 0.0%)

2 が, を磨いた

1 [11件] え, かと見える, で, で作つた璧, というもの, に少女, の乳房, はドイツ, をとどめ, を見せた, を護符

▼ い~ (15, 0.0%)

2 に吐き付けられた, を涙

1 [11件] から生血, つぺた, と頬, にてり, に涙, のこけた, の紫, へ自分, を弾い, を指先, 香ばしい息

▼ い~ (15, 0.0%)

4 の顔

1 [11件] がすず, がまもっ, に占領, のよう, の折れる, の足, の頭, もよう, をみつけた, を見, を踏みつけ

▼ いじゃあ~ (14, 0.0%)

13 ないか 1 ないの

▼ いって~ (14, 0.0%)

1 [14件] おこなう術, おしまいに, ごそごそさがし, ごらんなさい, はさみうちに, ほんの暫く, やめて, エ海に, 一生わすれず, 富士男に, 挨拶を, 源流を, 社会的, 私を

▼ いてと~ (14, 0.0%)

1 [14件] おっしゃらないの, くれやしたらよろしい, つこうつそれ, びらが, ほうに, また打ち, まどわされるよう, 副え書き, 呼びかけられ待つはず, 威丈高に, 家を, 病気の, 言つても, 言わぬばかりに

▼ いらしった時~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] からちっとも, から釣台, だって雨, ちょうど事務所, と少し, になん, のお, はまだ, もう醉, よりも楽しい, 大層御, 拵えたよう

▼ い~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] だか, だよ, ですのよ, ですもの, ねええ, ねちょうど, ね旦那さん, や, やお前, やそう, やそれ, やどかねえ

▼ い世界~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいや, ががらんと, だし, で一, にうんと, にたつた, にはまるで, には丸, にもお前, に唯, に引き摺り込まれ, へ帰つて, へ自分, を革命

▼ い~ (14, 0.0%)

4 の中 1 が世界, が人, で一生懸命, というの, ならば, にきちんと, に導いた, の内, へ逃げ帰っ, をあけ

▼ い戸口~ (14, 0.0%)

2 に立つ, に立つた 1 から疾風, が停つた, が身, に導いた, の隅, は與吉, へ與吉, をぴたり, を出, を開け

▼ い~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] がつづい, だった, だろう, であった, である, でございましたが, でした, でもこの, で町, で貴方, ねえ, のこと

▼ い気味~ (14, 0.0%)

2 に, の悪い 1 さ, だ, だざま, だよ, でございますと, で自分, に幾分, に言われ, に誇示, ねえ

▼ い気持ち~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, がお, がこども, がされ, が先, が湧い, で一ぱいだつた, で小さく, にされる, になつ, にもおなり, に再び, は仕無かった, 慰めて

▼ い~ (14, 0.0%)

1 [14件] だ, だから, だつた, であること, では何處, に目まぐろ, の中程, の光景, の兩側, の正面, へ, を四谷見附, を少し, を迷つて

▼ い~ (14, 0.0%)

2 だ, だツ, はありません 1 だよ, であった, です, ですよ, と思われる, のあの, の夫, はない

▼ い~ (14, 0.0%)

2 があろう

1 [12件] がある, が多い, である, では半道, で一緒, へは出ん, へは行かない, へやらぬ, もない, を助, を研究, を見

▼ い表情~ (14, 0.0%)

2 をし

1 [12件] が過去, で, です, の代り, の變化, もなかっ, やっと歩く, をかえした, をする, を見た, を限り, を鼻

▼ い~ (14, 0.0%)

2 擦りつけて

1 [12件] が唐辛子, とくちばし, の毛, の芯, も下げなけれ, をした, を但馬守, を兩掌, を振られる, を振り, を撫で, を見なけれ

▼ い~ (14, 0.0%)

1 [14件] ですね, のあなた, のため, の女たち, の軽い, の香, は見た, をし, をなで, をふるわせ, を吹きなびかせ, を散らし, を立てた肥った, 長く眼

▼ いいい~ (13, 0.0%)

2 気持だ

1 [11件] えとは, かたで, きみだ, ものが, やそ, んです, 加減に, 心持の, 月ぢや, 残すこと, 香が

▼ い~ (13, 0.0%)

2 晝も

1 [11件] あいい, あおりいかが, え, かみ昆布, べつだん改まっ, 一羽も, 今日は, 切りますよ, 斗か, 濡れて, 離座敷には

▼ いぢくり~ (13, 0.0%)

4 まは 3 廻して 2 廻すの 1 廻さないで, 廻したあげく, 廻すべきもの, 廻すもの

▼ いはず~ (13, 0.0%)

2 と知れた

1 [11件] た, である, であるに, と, としれし, とも判り切つた, に当分絶対安静, の私, もがな, もがなお, もがな支那

▼ い一人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が船室, ございました, である宅子, でした, でやるん, の乾児, の女, の女中, の女性, の小坊主, の武士, は片足, は登記所

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] だ, なにしろ社長, にはまだ, に幾廻, もそれ, をし, をしてる, をやっと, を手荒く, を提灯, を日, を木蔭, を椅子

▼ い問題~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, であ, であり内, である, とならね, などを私, の解き方, はツイ地續, は尻尾, は私, も手伝っ, を出した, を惹起

▼ い~ (13, 0.0%)

2 であつ

1 [11件] からだ, が二つ, だとか, に上り寒食, に段々, の他, の前, の形, はどこ, を土, を用

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] がありました, が来, になっ, にもみ拔, によって手近, に煙草, に留守ぐらゐつかつたことはあるだらう, に茶, に騙され, の一人物, の卷添, の子供, は菰田邸

▼ い~ (13, 0.0%)

2 父さんが

1 [11件] い岩, い詩人, つちや, な形, 丘の, 供小供した, 女房が, 智惠で, 桜さんの, 父さんである, 箭手挾み

▼ い~ (13, 0.0%)

2 に変りはじめた

1 [11件] これ妖蛇婦人に, さえも引張出し, である, でもそば, によみふけっ, の片方, の表紙, をお, を作りたい, を玄関, 是れ

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] が睨む, だけが未だに, でじっと, で凝, にかすか, に自分, の光り, の動き, の色, をし, をそっち, を蜂谷良作, を見つめました

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] で繞, に夏, のはいった, の入った, の段々, の質, の路次, の面, や角, や黄, や黒い, を材, を濡らしてる

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, で駈け出した, どりであつ, どりを, の先, は辛くも, をあげ, をもった, を打った, を持つ, を有, を確実, を紫陽花

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] だ, で一息, で醒まし, などを入れ, にありつい, を, をがぶり, をすゝ, をのみ, を入れ, を呑ん, を呑んだ, を手

▼ い跫音~ (13, 0.0%)

1 [13件] がし, がみだれた, が次の間, が私, が聞え, が聞えた, が迫っ, が駈けめぐる, だった, と同時に, なの, のない, を弾ませ

▼ い~ (13, 0.0%)

2 つ原, に出た 1 に出る, に行く, に銀, の戦い, を占める, を見, を見る, を頭, を飾る

▼ い~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] が厚く, だ明け, に一足, に短い, の原, の寒い, の曠野, の色, の降る, はお, をかぶった

▼ い~ (13, 0.0%)

1 [13件] のある, のところ, の下, の先, の尖った, の種子, の高い, は鳥, をつるりと, を掩, を撫で, を残し, 尖を

▼ いうま~ (12, 0.0%)

1 [12件] そうな, に, にすらすら, に一ぴき, に弦, に茶献上, もありませんでした, もない, もなかっ, もぱらり, も丹三, も烱

▼ いぎりす人~ (12, 0.0%)

21 からこの, が多い, なんかがよく, のこと, ばかりの広く, も, やめりけ, らしくない一種, らしく自治的, らしく莫迦

▼ いさん~ (12, 0.0%)

2 のする 1 その男, のいる, のくだらない, のとまる, のゐる踏切り, の云う, の云った, の来る, の睨ん, の読んだ

▼ いせい~ (12, 0.0%)

5 のいい 1 かあくる, か犬, がありません, がいい, がりゅう, のよい, の良い

▼ いづら~ (12, 0.0%)

2 にふふむ, ば, 行きけむ 1 と問, へか黒船, べぞ留守, 行かむ, 行へ, 行方知らずも

▼ いである~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, からあした, から本来, がこんな, が故に, が結句, ために, だけに止める, と玉藻, にし, のだ, 足の

▼ いでしょう~ (12, 0.0%)

21 か, さあいらっしゃい, ちょいと, ね, ねえ, もうちっと経つ, よ, ッて, 堪忍なさい, 私凄い

▼ いより~ (12, 0.0%)

1 [12件] だたし, だたす, つどひ, まん, 丹三郎さまと, 何程か, 垂らして, 憎らしいわ, 濃い美しさ, 立たし夕戸, 第一, 難有

▼ いらじゅう~ (12, 0.0%)

1 [12件] が何もかも, つっつき廻るだろうし, で花, に動い, に背, に起こっ, に青い, の信心家, の坂の下, の集団農場, へなんのかんの, を引っかきまわし

▼ い~ (12, 0.0%)

1 [12件] しむ, たいつて云, ついでに, でただ, むは益なし, やっぱりラグビー, ァい, 一本の, 仲良くなりましょう, 小母さん, 旅の, 老耄何に

▼ い事実~ (12, 0.0%)

1 [12件] が分っ, が判明, が彼, だと, として迫っ, とをお知らせ, になっ, のよう, は顕れ, も事実, を孕ん, を知った

▼ い光景~ (12, 0.0%)

2 であった, を呈し 1 が描かれ, であるそれ, であろう, ではありません, でもなく, にぶつかった, に見, を眼前

▼ い~ (12, 0.0%)

1 [12件] が度々, が立つ, でもあつ, に其名, に落ち, はなかつた, は曾, までたて, もあつ, も立つた, を聞い, を聞いた

▼ い~ (12, 0.0%)

4 の上 1 が冷え, のあらわれた, の精気, の香, はざらざら, ばかりだった, を上, を踏ん

▼ い土地~ (12, 0.0%)

1 [12件] でそして, でも上層, とは懸絶, に住み, に大勢, に雑草, の外聞, の植物, へ勝手, も家作, を所有, を賞め

▼ い~ (12, 0.0%)

1 [12件] だろうが, で煎餅, で留蔵, で買, には奉公人, に飾つた, の中, の前, の品物, はとても, は金ちゃん一人, を預かる

▼ い~ (12, 0.0%)

2 いような 1 いの, いわ, い云, い今晩直ぐ, い取り調べ, い様, い水煙, くなる程, く成った, を増した

▼ い座敷~ (12, 0.0%)

1 [12件] であった, であったが, で双六, で暫く, で真昼, になつ, にみのる, に向, のじ, の一枚, の中庭, の蔭

▼ い心地~ (12, 0.0%)

1 [12件] がした, がしました, がする, だと, で寐, で擂鉢, で自分, になった, に成った, の好い, はしない, はせぬ

▼ い~ (12, 0.0%)

1 [12件] の三人, の上目, の城, の墓, の景色, の江戸, の流, の裏手, の言葉, の頃, の馬鹿野郎, れは

▼ い~ (12, 0.0%)

2 がしら, もああ, ももう 1 と波, に沈没, のため, の中, の牙, を残し

▼ い~ (12, 0.0%)

2 れな美貌 1 なる優雅さ, なる美し, なる美しき, なる美人, な悲しい, れなる人格, れなる美しい, れな御, れな父, れな犯人

▼ い~ (12, 0.0%)

2 二の 1 一印象を, 一又, 一園絵さまを, 一場の, 一着手の, 一貴方は, 三には, 二には, 五には, 四には

▼ い~ (12, 0.0%)

2 の葉, や灰 1 が掩, で霧, に競う, の毛氈, の牧場, の線, の芽, の野

▼ い若い~ (12, 0.0%)

2 女の 1 人に, 坊さんだ, 声と共に, 奥様がな, 女が, 女に対しては, 娘を, 者の, 雪江さんの, 顔に

▼ い~ (12, 0.0%)

1 [12件] が上つた, が噴き出す, が流れ, にまみれ, に光らせた, の形, の異, はそれ, をすすっ, を取かわし, を啜っ, を犬鶏

▼ い~ (12, 0.0%)

2 の有 1 ごしら, で, になりたい, になる, にはいろいろ, のこなし, のぬらめき, のまわり, を持て余したる, 振の

▼ い~ (12, 0.0%)

1 [12件] から友達, から暗示, であろう, ですね, では, にこの, には關東地方, を見, 死に別れた母, 死んだ乳母, 死んだ母, 突然部落

▼ いあと~ (11, 0.0%)

1 [11件] からお供, で一杯, につづい, のあの, の三枚, はこの, はちと, は三十間堀, は正行, は父上, 丁度一刻

▼ いいや~ (11, 0.0%)

1 [11件] あれは, ですよ, ないや, なこと, なば, な箱, に生っ, んなっちまう, 師匠に, 聖人と, 逢って

▼ いげん~ (11, 0.0%)

1 [11件] というは東京, と両々手, と卓子, はあるいは, は哄然, は大喝, は快, は更に, は色, は金時計, は頷き

▼ いころ~ (11, 0.0%)

2 をいじくっ 1 そうと, だった, であったろうか, の紋付, ばかりはわがまま, もをつけ, りんと, りん爺, をいじくる

▼ いそれで~ (11, 0.0%)

3 可い 1 おまえは, 仲間の, 何です, 奥羽は, 御本人, 恋でも, 私も, 首尾よく

▼ いにくい~ (11, 0.0%)

1 [11件] ですから, といわれよう, ところへ, ね, ので未亡人, ほどな, よ, ような, 心持が, 気持に, 空気故

▼ いのぶ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かがいいます, かがうたがわし, かがおし入れ, かがふたり, かが小首, かだ, かになにか, かに手, かのふたり, かの男, かはあっけ

▼ いらしったそう~ (11, 0.0%)

3 でございますが 21 だが, だし, でご, ですが, ですね, で少し

▼ いらしった方~ (11, 0.0%)

1 [11件] かと思っ, がいい, がよかっ, が宜しゅう, が御座いました, じゃない, でございます, はあなた, はどんな, は皆さんアリゾナ, よあたい

▼ いわな~ (11, 0.0%)

2 の大, の洗い 1 がある, が手, が水, の居る, の斑点, は五, を洗い

▼ い今日~ (11, 0.0%)

1 [11件] でなけりゃいや, は, はいや, は休みまし, は逢ふた, は雪, ばかりは素通り, まで二人, まで安穏, もあの, も明日もと花柳烟花

▼ い~ (11, 0.0%)

3 い坊や 21 いつて, いま, い凧, たれとばかり, てくれなけれ, て居る

▼ い土間~ (11, 0.0%)

2 で土間 1 には膝, には駒下駄, に引き込み, に徒ら, に掻き集め, に立つ, に降り, へ長, へ顏

▼ い~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそめられました, がない, が書い, じゃない, ですもの, で一パイ, で書いた, はとても, をかい, をジッ, を書く

▼ い小さな~ (11, 0.0%)

1 [11件] 冷たい緑玉, 子骨の, 峽谷だ, 感触を, 教会が, 湖を, 花紫色を, 落葉は, 詩人は, 顏を, 驢馬では

▼ い~ (11, 0.0%)

2 を切っ 1 がかかっ, が薫りました, が頬, にぬれ, の匂, の音, を切らし, を切らせ, を吹い

▼ い時分~ (11, 0.0%)

1 [11件] から手, から覇気, だと, だに男, にはそれ, にはもう, には僕, には腐敗, には蝮蛇, に帰す, を選ん

▼ い景色~ (11, 0.0%)

1 [11件] が眼, だろうと, である, に会う, のところ, の小さい, はたんと, は無い, は見た, やいい, を汚そう

▼ い~ (11, 0.0%)

21 だから, だけに少し, だと, なんで, にたつた, のご, の若者, の面倒, を通り

▼ い~ (11, 0.0%)

2 だと 1 であった, であつ, となつて下, のお, のこと, の姿, の手, はどう, も老体

▼ い深い~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, と思います, ものであります, 小題, 思召で, 愛でなけれ, 或る, 海の, 穴へでもは, 離愁を, 霧だ

▼ い~ (11, 0.0%)

2 がした, を度々 1 がだんだん, がはいり始めました, が中, だと, で, でない, で笑つて

▼ い行っ~ (11, 0.0%)

21 たりする, たり松竹, たり芝浦い, ておいでですいう, てて, てとう, てなさったいう, てもなんにも, て姉さん

▼ い~ (11, 0.0%)

1 [11件] え使っ, が欲しい, つぼ眼, であずかっ, でできる, でレコード用, で彼, まで使っ, をもらい, を払っ, 戴きますめ

▼ い~ (11, 0.0%)

2 の音, を穿い 1 の尖, をはかせ, をはき, を片足, を片足づゝ, を穿き, を買わされた

▼ いあたり~ (10, 0.0%)

1 からはこんこん, からは蒸気, から旆斧, から発した, にはげしく, に五十銭銀貨がまん, に傾いた, は日, へ来, を親しい

▼ いきり~ (10, 0.0%)

2 が立ちます 1 がある, が立っ, で他, になれなかった, にやのぼせた, の立つ, 出す, 出すぢ

▼ いされ~ (10, 0.0%)

1 ちゃ堪んねえだ, ている, てまもなく, てもその, ても不思議, てドイツ, て半ば遊び半ば, て直ちに, 今年は, 直線に

▼ いたりなど~ (10, 0.0%)

4 して 2 した 1 これら到底, したらこの, しても, しまして

▼ いだけに~ (10, 0.0%)

1 いざと, その激情的, 一層売れた, 反響が, 徒渉の, 智子が, 留守番も, 空も, 美しい若々しい髯, 金の

▼ いてや~ (10, 0.0%)

3 がる 1 おまへん, がら, がらあいつ奴わらつてゐる, がるな, しないよ, よろしいか, ッぱり顔を

▼ いとも~ (10, 0.0%)

1 いうべき顔, いじらしいとも, かしこし, する刀, めでたく女, 思いません, 思わずそれ, 思わなかった, 申しました, 致しません

▼ いどの~ (10, 0.0%)

1 そこと, そこの, もので, 大物かも, 微量の, 簡単な, 約言に, 被害なら, 覗き窓が, 試みに

▼ いどんな~ (10, 0.0%)

2 ことが 1 ところに, 事だ, 人だい, 孝行でも, 樣子だつた, 災難凶事に, 目を, 迷惑が

▼ いなど~ (10, 0.0%)

1 いりませんが, した, しつつ, するその, 吹っ飛んで, 思いも, 蔭言を, 言はれ, 言ふ, 言ふたら罰が

▼ いなどと~ (10, 0.0%)

1 いう, ナニ構いません, 云つて姿を, 云ひ, 其の様, 小遣を, 思ふべきでは, 歩行く, 言い兼ねません, 話しながら

▼ いはけ~ (10, 0.0%)

2 なの 1 なきま, なき夏, なき姿, なき我, なき日, なき曲馬, なき玉乘, なき鶴

▼ いばかりに~ (10, 0.0%)

1 いろ, 五年の, 会員の, 江戸で, 直に之, 真剣な, 自ら密旨と, 荒れはて人間, 金を, 飾って

▼ い事件~ (10, 0.0%)

1 が私, が起っ, ですよ, でも何, にかかわっ, に冷淡, の当時, をほぐす, を扱っ, を解決

▼ い区域~ (10, 0.0%)

1 ではこの, につい, にわたってこの, にわたってスズメ, にわたってフルツク, にわたって一つ, にわたって分布, に亙っ, に分布, に行われ

▼ い~ (10, 0.0%)

21 いちんぴら, いと, い一体, い仕事, い健, い突き当ったら沈没, い轢き殺されたらどう, い飛降りちゃ

▼ い口調~ (10, 0.0%)

2 で歎願, になった 1 で, であるけれども, で主, で申されました, で答えました, としっかり

▼ い小屋~ (10, 0.0%)

3 の中 2 の内 1 には藥鑵, の戸, の焚火, の空氣, をこまやか

▼ い屋敷~ (10, 0.0%)

1 じゃァねえか, であったが, にたつた, になっ, のなか, の中, の内, は見る, をお, を構

▼ い御飯~ (10, 0.0%)

2 を食べた 1 がたべられる, に水, は召, を一度, を入れ, を大, を少し, を炊い

▼ い日光~ (10, 0.0%)

2 に照, の中 1 が一ぱい, が射し, に浴, の下, の代, は耀ら

▼ い~ (10, 0.0%)

1 が出はじめた, が漏れ, が聞え, でさ, ではあるけれ, にはならない, の声, ばっかりでない, もある, をやめ

▼ い~ (10, 0.0%)

2 がある 1 あるか, が明かなる, で染物, は容易, は重力, も見出し得なかった, をも見出す, を力

▼ い~ (10, 0.0%)

3 があい, の中 2 のそば 1 が額, へ埋め

▼ い空間~ (10, 0.0%)

5 は明り 1 でなら, に対し, に有ら, の正面, をつく

▼ い立派~ (10, 0.0%)

1 なもの, な一室, な姿, な威嚴, な歌, な理想, な男, になる, に打たせました, に魂

▼ い~ (10, 0.0%)

3 ひを 2 に眼 1 ひや, ひ顏, をまた, を売る, を浮べ

▼ い範圍~ (10, 0.0%)

1 に亙つ, に及ぶ, に同情, に渡つて, に行, のみに感ずる, のもの, の家族, の專門家, の空

▼ い~ (10, 0.0%)

2 を奇麗 1 が望まれる, が石墨, が秘, が赤ぼんやり, で出せ, で進行, をよせ, を配し

▼ い美しい~ (10, 0.0%)

1 だけにちょっと, もので, ものを, 世界を, 婢は, 手を, 景色に, 歯並びが, 水が, 音を

▼ い考え~ (10, 0.0%)

2 であって 1 がある, が僕, が彼, である, の方, の浮ん, を伴う, を打消し打消し

▼ い通り~ (10, 0.0%)

1 なので, に向いた, の眞ン中, の覆面頭巾, はふしぎ, は近所, へ出, へ出た, を墓地, を隔て

▼ い野原~ (10, 0.0%)

3 は今 1 にその, に圓, のあちこち, の中, の眞ン中, へ出た, を越し

▼ い~ (10, 0.0%)

1 であった, に似, に深く, のかかる, のよう, の中, は妙高, もそこで, を吸い, 除けへ

▼ い黒い~ (10, 0.0%)

1 やつや, 土地の, 大きな瞳, 星座早見が, 毛で, 猫が, 獣の, 羽を, 馬の, 髭を

▼ いいくら~ (9, 0.0%)

2 ゐの 1 と申しまし, ゐでありますが, ゐ意志, ゐ甚だ, ゐ背, 親だって, 里子に

▼ いけど~ (9, 0.0%)

2 突然一緒 1 あんな人, お前のは, それから, 仕方が, 何にもが, 僕は, 此間も

▼ いてさ~ (9, 0.0%)

1 う云つた, う答, その子, それから, どうしてもいつ, ふつと, ビルを, 山から, 肋骨の

▼ いてさえも~ (9, 0.0%)

1 いっこう爆発, だ, だるいのに, ブリッジの, 女は, 子供たちの, 焼かれた貝殻, 熱は, 私の

▼ いであった~ (9, 0.0%)

2 のだ, ようである 1 がジッ, けれどだれひとり, ことに, とも貞盛, 小舟に

▼ いといった~ (9, 0.0%)

2 ような 1 ことが, ことは, この児, のです, ように, 昔話などは, 時手を

▼ いなん~ (9, 0.0%)

1 しては, じゃ平八, だ大飯, ちふ見事, ていうの, ですか, ですねえ, でもそんな, のこれ

▼ い~ (9, 0.0%)

1 えが, えじゃ, えとあ思わなかった, えと思っ, えな, えに, え退っ, おたけ, がま

▼ いまだ~ (9, 0.0%)

1 あそこにも, あるよ, それべ, そんなこと, 乳臭い二歳野郎, 矢代は, 話さなかったか, 起き出しちや惡, 頤なんか

▼ い~ (9, 0.0%)

1 あい, こんなこんなこんな目, さか, はりまん, アーい, 丹三郎さんが, 悩みでも, 木札の, 金の

▼ い一つ~ (9, 0.0%)

1 して, の命, の性格, の情緒, の特色, の難点, は八文, は内, は要

▼ い~ (9, 0.0%)

1 すっても, で, には人参, には固く, のはい, の方, はえらい, は以, 唇を

▼ い~ (9, 0.0%)

3 は又 1 には分からない, のこと, の暖国生れ, の頭, の顔, はあの

▼ い~ (9, 0.0%)

4 さって 2 さるよう 1 さったよう, に袍, をいただい

▼ い~ (9, 0.0%)

31 いああ, いと, い小母さん, うございます, 哀な, 恐い滅亡

▼ い~ (9, 0.0%)

1 から壁, にかかる, にカラカラ, に取りかこまれ, に数々, の下, をじっと, を見つめた, を見つめたぎり

▼ い~ (9, 0.0%)

1 がたわわ, がなり, が一きわ, が刺, が眼球, の数, の色, をちりばめた, を見つめ

▼ い寝床~ (9, 0.0%)

1 じゃ良い, でのびのび, に入れる, に潜り込んだ, へもぐりこむ, へ潜り込ん, を取, を捨て, を辷り

▼ い~ (9, 0.0%)

1 がさして, じゃございません, じゃア, ですぜ, ではありません, になっ, をつとめました, を務め, を勤めた

▼ い早く~ (9, 0.0%)

1 おいでなさい, しねえと, も夏, も春, も馳, 其処らに, 勘定を, 申上げ, 行って

▼ い朝飯~ (9, 0.0%)

2 をやり 1 に向, の用意, の箸, をばちゃんと, をばちやん, を腰, を食つた重太郎

▼ い木客~ (9, 0.0%)

3 の声 1 の一人, の傍, は月, は谷, を伴, を突き飛ばす

▼ い水蒸気~ (9, 0.0%)

2 と冷 1 の出口, は内部, を下, を含んだ, を対流, を送っ, を通して見た

▼ い江戸~ (9, 0.0%)

1 におりました, にもあんな, にも幾人, にも澤山, に二人, の中, の花街, をも見捨て得ず, 御邸

▼ い空地~ (9, 0.0%)

1 があつ, がある, との間, と物置, には夫婦, に出た, の前, へ大きく, を横ぎつて玄關

▼ い結果~ (9, 0.0%)

2 になる 1 が近づい, どころかすでに, になっ, に陥らぬ, は起す, を思う, を惹きおこす

▼ い~ (9, 0.0%)

2 ってるが 1 ったの, った弱, っている, ってるから, って居る, る年齢, 爺さんも

▼ い色彩~ (9, 0.0%)

2 に包囲 1 が使ってない, が虚無, と懐, のある, のもの, の感じ, を調和

▼ い~ (9, 0.0%)

1 かその, か私, がいる, じゃと思う, だなどと, にも好かれる, にも遠慮, に言う, もござら

▼ い電話~ (9, 0.0%)

3 かけて 1 かかったらえらいこ, かけたとこ, かけなさったん, かけるに, したとこ, の呼鈴

▼ い~ (9, 0.0%)

2 が地 1 がありました, が近づい, と共に花簪, の中, をさせ, を交, を立て

▼ い~ (9, 0.0%)

1 がこの世, だろうと, ったら豪い, であろう, ではないだらう, へ打, よりももつ, を嵌め込んだ, を控え

▼ いおれ~ (8, 0.0%)

1 がいったい, だってはばかりながら, にやれる, の方, はこう, はこんな, は不, は勤務

▼ いこいつ~ (8, 0.0%)

1 あいよい, そのマダマ一つ, は, はしまつた, は一番大事, は宜, は考えもの, をすて

▼ いしかし~ (8, 0.0%)

2 私が 1 これほどの, 三枚以上は, 外に, 猥褻だ, 誰だ, 黙殺する

▼ いぞと~ (8, 0.0%)

3 思つた 2 思った 1 オレの, 思ひながら, 自由な

▼ いぢわる~ (8, 0.0%)

1 でしたから, ですね, の, のきん, をしかけられる, をしない, をしました, をする

▼ いてばかり~ (8, 0.0%)

2 おられるの 1 いた, いる, いるん, ゐるの, 居らず顔, 行くの

▼ いてよ~ (8, 0.0%)

2 かつた 1 ねえいい, もちろんあなた, 可いんだ, 急に, 白いハンカチ, 私妹だ

▼ いとかいふ~ (8, 0.0%)

2 やうな 1 すべて少, 批評は, 時に限る, 美の, 語を, 論爭が

▼ い~ (8, 0.0%)

2 えと景気 1 えと, えとあぶねえ, えとどんな, えと隙間, 母ちやんは, 温たかくなる

▼ いのみ~ (8, 0.0%)

2 ものを 1 ならずいかにも, ならず其行動, ならず平和, ならず強姦, ものの, ものや

▼ いぶり~ (8, 0.0%)

1 がむうとするほどな物, が沁み, が無数, などが濛々, の顔, をみせました, を思う, を振っ

▼ いまでに~ (8, 0.0%)

1 促されつつ, 取亂, 唆り, 据わって, 的確であり, 細かく区切られ, 美しく人, 訊くの

▼ い~ (8, 0.0%)

1 あの庇, その相手, とれば, もう, やさ, 今日の, 氣を, 自分は

▼ いらくさ~ (8, 0.0%)

3 の間 1 が繁っ, の中, の影, の蔭, を警部

▼ い一日~ (8, 0.0%)

3 だつた, であつ 1 であ, でした

▼ い~ (8, 0.0%)

2 眼を 1 の手, の隆起, の頬, 六波羅には, 腕で, 腕を

▼ い~ (8, 0.0%)

1 しそれ, しながら, し今, し可愛い, し彼方, し是, し此処, し苦しい

▼ い入口~ (8, 0.0%)

1 からランプ, の奧, の開いた, へかかっ, をおり, をのぞい, を半分, を自分

▼ い其の~ (8, 0.0%)

1 うちに, 代り此方の, 常夏を, 度に, 支障を, 死骸は, 袖に, 難儀を

▼ い具合~ (8, 0.0%)

1 でしたが, にこの, にも何, にゆかなかった, に四方屋, に本所, に流れ込み, に舌

▼ い~ (8, 0.0%)

1 いしい, いしく寄り添い, いしく恥じらい, いしげに, いしさが, いしさ美し, むる故, 旅に

▼ い~ (8, 0.0%)

1 であったであろう, なん, の前, もあれ, も知れぬ, をこわく, をつけ, を与える

▼ い~ (8, 0.0%)

1 で足らず, と共に傾きかけた, にかしずく, に思ひ知らせ, の地位, の皮膚, まで先ず, も妻

▼ い~ (8, 0.0%)

1 が何, が入っ, が名刺, が山田, のやり, は何人, は恐ろし, を見つけた

▼ い工夫~ (8, 0.0%)

1 が有る, であろうが, ではありませぬ, といふ, といふの, はありますまい, はあるまい, を教え

▼ い~ (8, 0.0%)

1 つたが, も無くなり, をし, をした, を一寸, を為, を為せる, を為なけれ

▼ い悪い~ (8, 0.0%)

1 から気, てえ, 事だ, 事で, 事にかけては, 様な, 病が, 神

▼ い~ (8, 0.0%)

51 程そりゃ, 程其, 程背後

▼ い日和~ (8, 0.0%)

2 でも歩い 1 がつづいた, だ九時半, だ裁判所行き, の俄雨, の午前十一時半頃, の街

▼ い東京~ (8, 0.0%)

1 などに融通, にどう, にもあれ, にもこ, に汪洋, の伯母, の地勢, の街中

▼ い次第~ (8, 0.0%)

1 さ, だ, である, である彼等, です, でそれほど, ではありません, 次第に薄く

▼ い気もち~ (8, 0.0%)

2 になっ 1 じゃありません, じゃない, になります, にもなる, はなかっ, を煽る

▼ い気分~ (8, 0.0%)

2 になった 1 が包ん, なのよ, になっ, に成っ, に支配, もただよっ

▼ い~ (8, 0.0%)

2 である 1 があんだろ, が所々, の上, の中, の水, の畔

▼ い洒落~ (8, 0.0%)

41 か知れぬ, だつた, である, を無駄

▼ い瀬戸際~ (8, 0.0%)

1 だという, であった, で子分, にある, に少し, に立っ, をするする, を何度

▼ い~ (8, 0.0%)

1 が焚い, ではない, にあたり, の傍, の外, は特に, を汗, を燃し

▼ い~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 だと, だ近頃, ですから, に吠えられた, のある, も歩け

▼ い皮肉~ (8, 0.0%)

1 でせう, とも聽, のよう, めいた微笑, を出したがる, を投げつけた, を言い, を言いたい

▼ い~ (8, 0.0%)

1 が屹, が濃い, と瞳, の展びたまゝ, の曇った, をひそめ, を動かし, を張った

▼ い~ (8, 0.0%)

2 と白い 1 が燃え迫っ, はあきらか, は忽ち, を思, を輝, を輝かした

▼ い眼付~ (8, 0.0%)

3 をし 1 だった, で彼女, で相手, とを昌作, を見た

▼ い~ (8, 0.0%)

1 のおだやか, の夜, の夜風, の掌面, の日, の終り, の聲, の野路

▼ い~ (8, 0.0%)

1 で帶封, などが少ない, に手, の反射, の旗, の海図, の表紙, を自分

▼ い締め~ (8, 0.0%)

1 から脱, と云う, にされ, にされた, にし, にした, のよう, をのがれ得た

▼ い~ (8, 0.0%)

1 が出ます, づきに, で一斤十八銭, の快楽, の渦, の脊筋, を好き自由, 附きに

▼ い~ (8, 0.0%)

3 の先 1 が頬, で上下, を出した, を出せ, を持っ

▼ い運命~ (8, 0.0%)

1 に生, の下, の女, の罠, はきっぱり, は却って一層, も今, を思いました

▼ い部分~ (8, 0.0%)

1 がある, が大分, にはさら, に打込ん, に触れ, を日, を除却, 即ち腰

▼ い~ (8, 0.0%)

1 が立っ, でも開く, とやらに入ります, の下, の中, の開い, を入る, を建てた

▼ い~ (8, 0.0%)

1 が出, が累, でも情, となっ, と空, にかくれ, のかなた, の現

▼ い音楽~ (8, 0.0%)

1 でありましたお, ではない, となり, に比し, は負傷兵, も, をふたたび, を奏で

▼ いかお~ (7, 0.0%)

1 があらわれました, にほのか, のある, は, はあたたかい, をし, を見

▼ いかた~ (7, 0.0%)

1 この田舎っぺえさ, である, です, で深く, なども振ってる, も多種多様, を幾らか

▼ いこう~ (7, 0.0%)

1 しませい, なれば, 己が, 延々では, 思った, 毎晩毎晩じゃ, 言って

▼ いここ~ (7, 0.0%)

1 に, にひとり, に皆さん, の処, はねおい, を出, 放されい

▼ いさい~ (7, 0.0%)

2 ばかりでなく 1 であった, でした, なこと, を作る, 丸いので

▼ いさん達~ (7, 0.0%)

1 が云つて, が谺響, といふの, にそこ, はうめく, は云, は腹立たし

▼ いそこ~ (7, 0.0%)

1 では鮒, にある, には自分, に必死, へお, へで, を仮

▼ いつた~ (7, 0.0%)

1 あの時, ありがたしとばかり, であらう, にも拘らず, のぢ, 冀くは今夜, 半分水の

▼ いつたの~ (7, 0.0%)

1 はいつ, はいま, はこの, は十三, は大正二年, は誰, もこの

▼ いてか~ (7, 0.0%)

1 ぎがなくてはひらくことができません, ような, ガタリと, チャリーンと, ッかと, 家康は, 屋後の

▼ いでん~ (7, 0.0%)

1 かと, とする, とせし, ふるさとに, 昔このごろの, 暁近くなりに, 死は

▼ いどこ~ (7, 0.0%)

1 かの弱虫め, か野, でどう, にある, にもい, へ行く, へ行っ

▼ い~ (7, 0.0%)

1 あひも, つかりだ, つていい, ひあふつ, ゆるを, を擬せられた, 路に

▼ いひと~ (7, 0.0%)

1 だが, だと, だわ, である点, でおこりつ, ですかねえ, とび

▼ いみたい~ (7, 0.0%)

1 じゃない, なへんな, なまね, なリザ・セミョンノヴナ, な顔, に往復, に歩きまわっ

▼ い~ (7, 0.0%)

5 かい 1 つくりした口調, といふなる

▼ いらしった事~ (7, 0.0%)

1 がある, の一度, は何時, までちゃんと, をききました, を知っ, を考える

▼ いをも~ (7, 0.0%)

1 あるもの, まったく焼き尽くし, 受けずに, 持たない古い, 有た, 知って, 素因として

▼ いビール~ (7, 0.0%)

1 と鴨, の乾杯, は腹, をと言, をと言った, を傾け, を酌み交わした

▼ い中風~ (7, 0.0%)

1 でお, で倒れ, で足腰, とは言つて, に罹つ, のせゐだつた, の氣味

▼ い人形~ (7, 0.0%)

1 です, でも見る, でよろしい, などをもて遊ぶ, に見える, を棚, を見

▼ い其處~ (7, 0.0%)

1 で, には寢, に何, に立つ, まで行屆, を, を退いた

▼ い~ (7, 0.0%)

1 がまいります, の下, の匂い, の日, の日向, の日脚, の近

▼ い半分~ (7, 0.0%)

21 でよし, に云った, に出, に声, に言い出した

▼ い可愛い~ (7, 0.0%)

2 私の 1 もんです, 仔狸が, 仔狸を, 忘れられない紫, 猿が

▼ い~ (7, 0.0%)

2 がした 1 がする, だし, になる, を不手際, を持っ

▼ い大男~ (7, 0.0%)

1 がくっつい, だつたさうで, であった, である, で一言, に一手, の権

▼ い天気~ (7, 0.0%)

1 が続い, が続く, だったもの, です, になった, に浮かれ, を楽しむ

▼ い女房~ (7, 0.0%)

2 を持っ 1 が遺言, だつたが, の後姿, をそして, を一人

▼ い好い~ (7, 0.0%)

1 修業に, 児だ, 兒だ, 匂いの, 方で御座いました, 機嫌だ, 音聲で

▼ い屋根~ (7, 0.0%)

1 に近い, の上, の下, の燈臺, の間, を引つ, を越え

▼ い~ (7, 0.0%)

1 が乱立, が指, が立て掛け, なん, に松, の上, まで來

▼ い~ (7, 0.0%)

3 の上 1 の中途, を行手, を踏ん, 恐ろしい猛

▼ い左様~ (7, 0.0%)

2 で, なら 1 でござい, ならお先, な光景

▼ い~ (7, 0.0%)

3 れは 1 にもよ, に対する態度, は帰る, は沼田

▼ い~ (7, 0.0%)

1 でご, でもいまちい, の三月, は彼, まが, よりもい, をし

▼ い建物~ (7, 0.0%)

3 の中 1 が寂寞, と煙突, の所, はなほ厳然

▼ い~ (7, 0.0%)

2 の火 1 によつて潤, に溶け合った, に溶け合つた美奈子, の基, は生

▼ い手前~ (7, 0.0%)

1 じゃア, なんで, はお, は主人, は日本左衛門, は萩原新三郎, も此処

▼ い~ (7, 0.0%)

1 が光, が光りだし, であろうか, の光, の凄い, を見る, を視

▼ い~ (7, 0.0%)

1 がどうも, だけ器械, は何, れが, れは, れまで, 亦違

▼ い時間~ (7, 0.0%)

2 を遠慮なく 1 であったり, をまぎらわす, を潰される, を過ごした, 迄キチ

▼ い梯子~ (7, 0.0%)

1 とよぶ, の中段, をトントン, を昇つて, を用意, を踏ん, を音

▼ い武士~ (7, 0.0%)

1 が時, が馬, じゃ佞言, の辛い, はみな, も毛鞘, を連れ

▼ い~ (7, 0.0%)

2 で並大抵 1 に半ば, に摺付, の, のあるよごれた, の大きな

▼ い~ (7, 0.0%)

1 がお嬢様, がこの, だな, は此, は瓦師方, より他, を心

▼ い~ (7, 0.0%)

2 のほとり 1 である, でした, の水流, は, を走つ

▼ い~ (7, 0.0%)

1 である, と諦め, に習っ, の翁, の顔, は晝間, を憶

▼ い~ (7, 0.0%)

1 が展開, などが一様, のあたり, の手入れ, は二三歩, は暗, 全體

▼ い発展~ (7, 0.0%)

2 を欧洲 1 であり君, をし, をした, を眼, を跡づける

▼ い皮膚~ (7, 0.0%)

1 の所有者, の色, をし, をすこしぴりぴり, を抉りとる, を汚し, を浸蝕

▼ い~ (7, 0.0%)

1 です, ですが, なの, な一曲, な場所, な気, わかり候

▼ い程に~ (7, 0.0%)

2 思ったが 1 なるの, 尊い感じ, 思いました, 思って, 煮えた

▼ い空氣~ (7, 0.0%)

1 が一杯, が笑, が藥, だ, と華やか, の隙, を避ける

▼ い笑顔~ (7, 0.0%)

1 があった, があつ, が出, をうかべた, をし, をつくった, を見せ

▼ い結婚~ (7, 0.0%)

1 しなければ, であるが, と同時に, の舞台, はしたくない, は不可能, をしたい

▼ い~ (7, 0.0%)

3 を犯した 1 だってそれ, で濟ん, を指した, を隠蔽

▼ い~ (7, 0.0%)

1 に顏, のすっ, のすらり, を今, を光らせ, を此方, を跳ね越し

▼ い背中~ (7, 0.0%)

2 向けて 1 に金, のへん, をお, を一層, を此方

▼ い自然~ (7, 0.0%)

1 と, とお前さん, となつ, と地獄, に目, の中, の画

▼ い號室~ (7, 0.0%)

3 の患者 2 だ, とろ號室

▼ い衝動~ (7, 0.0%)

1 が非常, に悩まされ, に駆られ, に驅, もあつ, をさえ覚える, を覚える

▼ い~ (7, 0.0%)

1 から膝, が膝小僧, の前, の胸, を着た, を着る, 彌造

▼ い~ (7, 0.0%)

1 だと, とも思う, なしい, のない, の場合, はない, 殺しの

▼ い~ (7, 0.0%)

2 をお 1 ひ草, ふてお, を, をいふ, を聞い

▼ い~ (7, 0.0%)

1 でした, の書ける, を作つた折, を作る, を口ずさん, を書く, を私

▼ い長い~ (7, 0.0%)

1 口髭や, 名前だ, 声で, 夕方の, 尾の, 茎の, 髪の毛の

▼ い~ (7, 0.0%)

2 を撫で 1 を撫でました, を撫で廻す, を襟, を覗かせ, を覗かせる

▼ い~ (7, 0.0%)

1 で満腹, は齒齦, をよく, を厭う, を掻き込む, を早く, を食う

▼ い~ (7, 0.0%)

2 の白い 1 のぢ, の無い, の長, の長い, はすっかり

▼ い~ (6, 0.0%)

1 あおい空, けちこごろう, そご三郎さ教える, たまを, ないにの, ほめ糞

▼ いあんな~ (6, 0.0%)

1 とこ撮っ, もん連れ, 事を, 女, 奴が, 者に

▼ いお客~ (6, 0.0%)

3 ではない 1 がつめかけ, の前, を呼ん

▼ いがたい~ (6, 0.0%)

1 ところであろう, ばかりでなく, 仕事への, 罪の, 衰えが, 評価に

▼ いがち~ (6, 0.0%)

1 だった人たち, である, ということ, な意志, な母親, な老体

▼ いこりゃ~ (6, 0.0%)

1 どうだ, どうも, アンチじゃァねえか, 加多さんに, 奥様恐入りました, 違ったそう

▼ いざよふ波~ (6, 0.0%)

4 のゆく 2

▼ いじょうは~ (6, 0.0%)

1 ありません, ある, にげられません, ひらかないの, 乗れない, 話さないと

▼ いそれら~ (6, 0.0%)

2 の物 1 のもたらした, の店, の条件, の言葉

▼ いぢら~ (6, 0.0%)

1 しかつた, せない, せる, ないで, ない方, なくた

▼ いてな~ (6, 0.0%)

1 この女, ほして, 一年生な, 好きな, 絵を, 鬘に

▼ いとしても~ (6, 0.0%)

1 こっちは, その老人, それが, 冬子さんが, 塩化窒素の, 農學校の

▼ いのよ~ (6, 0.0%)

1 このこの人, まだ, 小母さん髪結さんの, 父様が, 貴方, 長屋

▼ いはの~ (6, 0.0%)

2 ひめは 1 ひめ, ひめに, ひめの, 媛

▼ いまるで~ (6, 0.0%)

1 何かの, 昔そのまま, 春の, 有平糖見たい, 絵の, 読めない

▼ いよろしゅう~ (6, 0.0%)

5 ございます 1 ござるか

▼ いら一面~ (6, 0.0%)

1 には夏, に咲い, に死人, に生え, はきれ, を物凄い

▼ いら草~ (6, 0.0%)

1 だの, の中, の彼方此方, の繁み, の茂み, の葉

▼ い~ (6, 0.0%)

1 おう喧嘩, へん, へんかったら, へんし, へんよう, へん気イ

▼ い~ (6, 0.0%)

1 になり, に動く, に喜ばれ, のある, の為め, をぶち壊し

▼ い世間~ (6, 0.0%)

1 と交渉, にほうり出され, の噂, の注目, は玲子, を喰

▼ い二階~ (6, 0.0%)

1 で十度, なんか嫌, に一人, に寝, の傾き, も離れ

▼ い人たち~ (6, 0.0%)

1 がもっと, が厳密, ね, の至芸, は女, を征伐

▼ い人達~ (6, 0.0%)

1 から片, ですね, の顔, はその, ばかりだつた, を送り出した

▼ い人間ぢ~ (6, 0.0%)

2 や無い 1 やありません, やございません, やね, や御座いません

▼ い~ (6, 0.0%)

1 に止宿人, の一人, の一端, の場所, の虫, 村がんち

▼ い何処~ (6, 0.0%)

1 と限った, にいるだ, の人, へ行く, へ行っ, へ行つて

▼ い~ (6, 0.0%)

1 というもの, としてかの, は, は天正三年, をとりあげた, を擧げる

▼ い全く~ (6, 0.0%)

1 です, 不可ません, 無きに, 自分の, 虫で, 違えごぜ

▼ い~ (6, 0.0%)

1 で手, になれ, に一の関, に六里, の間, はなるべく

▼ い冷たい~ (6, 0.0%)

1 ものに, 二筋の, 座敷に, 朝であった, 水が, 空気が

▼ い~ (6, 0.0%)

1 から向う, には砂原, に横倒し, の事, へ, んで王

▼ い友達~ (6, 0.0%)

1 じゃない, でもあった, の様, の間, はする, もだんだん

▼ い名前~ (6, 0.0%)

2 を数 1 がよい, が宿帳, の諸, を頭

▼ い~ (6, 0.0%)

1 にも今, に聞かん, の努力主義, の妻, は此, 少し注意

▼ い~ (6, 0.0%)

1 と共に流れ出る, をしました, をする, をも洩らした, を不器用, を発する

▼ い地面~ (6, 0.0%)

1 から匐, に印せられ, に向け, の何, や物佗びしい, を貫いた

▼ い~ (6, 0.0%)

1 で三途, になります, に成ります, は昔ながら, を上, を越

▼ い~ (6, 0.0%)

1 でしょうか, の午後, の夕, の日, の雨, の馳走

▼ い~ (6, 0.0%)

1 からまぎれ込んだ, から入っ, から見, に方法, の事, の出発場

▼ い太陽~ (6, 0.0%)

2 の光 1 がしづか, がめぐつてくる, が七つ, の下

▼ い存在~ (6, 0.0%)

1 して, であつ, である, でその, はたった, は続けられる

▼ い実は~ (6, 0.0%)

1 一年半ばかり, 何も, 奥様には, 師走の, 旦那を, 淀の

▼ い室内~ (6, 0.0%)

1 が急, に壇, の人影, を寒, を眞, を見渡した

▼ い小さい~ (6, 0.0%)

1 ながら中央, のばかり, 家が, 目と小さい, 籠の, 顔を

▼ い少女~ (6, 0.0%)

1 が育てられ, であつ, の死屍, は泣きくずれ, を伴, を殿

▼ い少年~ (6, 0.0%)

1 がついに, が訊ねる, にだまされ, の心, は沈黙, らしい情操

▼ い~ (6, 0.0%)

2 の上 1 がおみ足, にはふかふか, には煉瓦, に入

▼ い~ (6, 0.0%)

1 の人, の捨吉, はなし, もうおやすみなさい, や妹, 早くお

▼ い往來~ (6, 0.0%)

1 に集ります, の左側, は人だかり, へ出, を見, を越え

▼ い心持ち~ (6, 0.0%)

2 が大 1 がその, だどうも, で楽しく, を瀉ぎ

▼ い心持ぢ~ (6, 0.0%)

2 やありません, やある 1 やない, やなかつた

▼ い悲鳴~ (6, 0.0%)

1 が聞こえ, をあげた, をあげました, をあげる, を挙げた, を発した

▼ い想像~ (6, 0.0%)

2 を移す 1 からでき上った, と装飾, に打ちのめされたらしく, は覆えされるべき

▼ い意志~ (6, 0.0%)

1 があるで, のうた声, は悪い, をもち, を喪失, を大

▼ い~ (6, 0.0%)

1 るもの, る人, る動き, る点, 女の, 物

▼ い~ (6, 0.0%)

1 に勝った, ばかりしつづけ, や思いどおり, をした, をやっ, をやる

▼ い戦争~ (6, 0.0%)

1 だの, という地球, に出, に出る, に行く, の底

▼ い戦慄~ (6, 0.0%)

2 が全身 1 が背筋, は丑松, を背筋, を覚えた

▼ い~ (6, 0.0%)

1 だった, で背中, とを感ずる, の上, の中, の堪え

▼ い文句~ (6, 0.0%)

1 だこれ, で彼, は並べる, をならべた, を含んだ, を教え

▼ い文字~ (6, 0.0%)

1 が大きな, にうずまり, の運び, ばかりを聯べた文学, を使え, を蒙らぬ

▼ い~ (6, 0.0%)

1 らしく仕立てた衣服, 公, 兵器で, 兵器も, 坊ぢや, 社同人の

▼ い旦那~ (6, 0.0%)

1 がお, どうぞ持っ, もたしか, や気, をごらん, を取っ

▼ い木の葉~ (6, 0.0%)

2 も動かない 1 がぱちぱち, が梢, の緑, は浅黄色

▼ い未来~ (6, 0.0%)

1 が半分, において英文, にどう, に到達, の木立, を約束

▼ い汽車~ (6, 0.0%)

1 が揺れる, が来た, であつ, でござったの, で新潟, 見たいなもの

▼ い~ (6, 0.0%)

2 の中 1 で洗い油, に這入りつけ, に這入りまし, に長く

▼ い~ (6, 0.0%)

3 して 1 うして, うすれ, う云う売

▼ い状態~ (6, 0.0%)

1 であつ, でつ, におかれた, にゐる, は十一月いっぱい, を改むる

▼ い~ (6, 0.0%)

4 の上 1 が気持ち, に蝿

▼ い~ (6, 0.0%)

1 がある, はねえ, も流行らず, やなあ, を有ツ, を老

▼ い相手~ (6, 0.0%)

1 である, ですが, につかまつた, はうんと, は一人, を迎

▼ い知識~ (6, 0.0%)

1 から私, とがあり, と其愛著, と思ふ, と洞察力, の範圍

▼ い~ (6, 0.0%)

1 が澤山, で其, の国, の妻, の感応, や從

▼ い経験~ (6, 0.0%)

1 からなるべく, から教訓, だった, だつた, である, の一つ

▼ い~ (6, 0.0%)

2 だけれども 1 で, のやう, をひらめかし, を拡げつ

▼ い芸当~ (6, 0.0%)

1 にし, をやらない, をやります, を彼女, を演じ, を行つて

▼ い~ (6, 0.0%)

2 がご 1 だ, である, なん, はない

▼ い込み~ (6, 0.0%)

1 があった, がある, の出来た, は, はどれ, は露見

▼ い~ (6, 0.0%)

1 がついたら, でも有る, は訊い, も聞かず, を知らない, を訊い

▼ い遊び~ (6, 0.0%)

1 などもおぼえ, に来, に来なされしません, に行った, も少し, をする

▼ い金魚~ (6, 0.0%)

4 やい 1 となつ, 見たいに

▼ い~ (6, 0.0%)

1 くづや, のバネ, の扉, の柱, の槌, の球

▼ い難い~ (6, 0.0%)

1 な, ので夜, 人だろう, 人物らしく窺える, 人間は, 侮蔑を

▼ い静か~ (6, 0.0%)

1 で湛へた, なあの, な夕ぐれ, な気違い, な陽, に引きこもっ

▼ い~ (6, 0.0%)

1 がある, がした, が通りすがり, にそのまま, の匂い, を送っ

▼ い~ (6, 0.0%)

2 や靈 1 から去らない, がこの, が惱, を守っ

▼ い~ (6, 0.0%)

1 がいずれ, が啄み, が飛び出し, に眼, の丸燒, はどこ

▼ いお世話~ (5, 0.0%)

2 でござんす 1 になった, になつ, になりました

▼ いお客様~ (5, 0.0%)

1 で, もございます, を笑わせます, 何でご, 前刻

▼ いお話~ (5, 0.0%)

4 でございます 1 を聞い

▼ いくせ~ (5, 0.0%)

1 で相手, にコセコセ, に持ち前, に時には, に決して

▼ いごと~ (5, 0.0%)

2 をさばい 1 がある, がおこった, のおこった

▼ いさし~ (5, 0.0%)

1 の串, の二串目, の巻煙草, をポン, を灰皿

▼ い~ (5, 0.0%)

1 一應十四五の, 兎角作者, 漕ぐや, 記者は, 鼻で

▼ いそうして~ (5, 0.0%)

1 その横, つい今しがた, 安価な, 記号の, 雪に

▼ いそこで~ (5, 0.0%)

2 新夫人 1 あらためて聞きたい, 女どもをもちまして, 髪の

▼ いそりゃ~ (5, 0.0%)

1 めだかが, もう, もうぜひに, 大むかし, 申すまでも

▼ いそれから~ (5, 0.0%)

1 一斉に, 何うし, 大川筋, 懐から, 此の

▼ いたしかに~ (5, 0.0%)

1 お見かけいたしました, その清らか, 宿触れの, 猿公な, 申しやしたよ

▼ いたりに~ (5, 0.0%)

1 すぎぬ, 候, 堪えません, 存じあげます, 存じ申す

▼ いだけ~ (5, 0.0%)

2 である 1 で根, で由, なん

▼ いちゃんと~ (5, 0.0%)

1 いつでも, この目, の結びつき, 与吉だ, 呼んで

▼ いぢめ拔~ (5, 0.0%)

2 くの 1 いた上, いて, かれて

▼ いつけ~ (5, 0.0%)

1 になられ, になりました, になる, に来た, を待っ

▼ いづらい~ (5, 0.0%)

1 かにと, のが, ので早く, んだ, 感じが

▼ いていう~ (5, 0.0%)

2 のである 1 ことが, ことである, んじゃ

▼ いてからの~ (5, 0.0%)

1 後の, 筆蹟ばかりと, 話だ, 話に, 逸話は

▼ いであろう~ (5, 0.0%)

1 か, がその, し腕力, と作業服式, 傷の

▼ いとうとう~ (5, 0.0%)

1 かかる下劣, ひっかかりやがった, 向うへ, 捕まったろう, 落ちたの

▼ いどれ~ (5, 0.0%)

1 に附き, の大, の汚らわしい, の碌, を連れ

▼ いなあ~ (5, 0.0%)

1 ひやひやする, 一體どうしたつ, 僕は, 天眼通だ, 此方だ

▼ いねえと~ (5, 0.0%)

2 云うの 1 いうじゃ, 云う人, 思う

▼ いねずみとり氏~ (5, 0.0%)

1 と交際, に筆誅, の激しき, を訪問, 最も深き

▼ いへの~ (5, 0.0%)

1 共感として, 内は, 字形でなく, 犬は, 畳のに

▼ いほいと~ (5, 0.0%)

1 う, かけ聲, 叩く姿, 持ちだして, 煽ぎたてるといふ

▼ いほどに~ (5, 0.0%)

2 して 1 手ぎわよく, 蹴出しも, 輝き渡る

▼ いやあ~ (5, 0.0%)

2 いトビアス 1 い牛小僧, い痴, い肩車

▼ いろ紙~ (5, 0.0%)

2 の上, を持つ 1 に書い

▼ いツぱい~ (5, 0.0%)

1 に受け, に擴, に自分, に蔓, 怒濤

▼ いベンチ~ (5, 0.0%)

2 に腰, に腰かけ 1 に小さい

▼ い~ (5, 0.0%)

1 お姉様, そっと眼隠し, だけど何ん, になっ, 清作と

▼ い不安~ (5, 0.0%)

1 が絶えず, な影, に怯え, に襲, の念

▼ い世の中~ (5, 0.0%)

1 に人知れず, に此, に身, の變, を今

▼ い主人~ (5, 0.0%)

2 が床下 1 からもの, が亡くなった, の女房

▼ い~ (5, 0.0%)

1 ありと, も丹, を信仰, を外面, を選んだ

▼ い了簡~ (5, 0.0%)

1 かも知れません, だぜ, だろうと, で判斷, を起さねえ

▼ い予感~ (5, 0.0%)

1 がしきりに, に襲, のため, の為, はどう

▼ い井戸~ (5, 0.0%)

1 だけれど, ではありません, で余, とを思ひ浮べた, のよう

▼ い人生~ (5, 0.0%)

2 を隠した 1 にでもめげ, の姿, への理解

▼ い今夜~ (5, 0.0%)

1 はこと, はと彼, は盗み, は酷い, も追っかけられました

▼ い仕合せ~ (5, 0.0%)

1 だ, であろうと, にご, に存じ奉ります, 幸い傷

▼ い仲間~ (5, 0.0%)

1 だろう, に数々占領, の宅助, を十二人, を連れ

▼ い何とも~ (5, 0.0%)

1 おん礼の, 名状し, 申し訳はござりやせん, 致し方なく, 言ひ

▼ い何時~ (5, 0.0%)

1 だつて投票, までも木綿, までも親, まで経っ, 寝たの

▼ い作家~ (5, 0.0%)

1 があっ, だった, として売り出し, と云, の眼

▼ い借金~ (5, 0.0%)

1 が出来る, が殖え, の後始末, の真, や騙り

▼ い偃松~ (5, 0.0%)

1 が杉菜, のカサカサ, の中, や灌木, を蹈

▼ い働き~ (5, 0.0%)

1 についてはこれ, に悩まされた, は出来なかつた, も出来ない, も出来なかつた

▼ い先生~ (5, 0.0%)

1 なん, のくせ, の魚心堂, は自分, らしい

▼ い出来事~ (5, 0.0%)

1 があった, にでも打つ, の顛末, は一つ, を知っ

▼ い匂い~ (5, 0.0%)

1 がプンプン, が僕, とつや, をもっ, を残し

▼ い叔父~ (5, 0.0%)

1 に対して気, に突きのめされ, まで声, もこぞって, 貴

▼ い叫び~ (5, 0.0%)

1 と共に前, をあげ, を上げ, を発し, を発した

▼ い同じ~ (5, 0.0%)

1 からずその, 事を, 土地の, 細川家へと, 距離の

▼ い~ (5, 0.0%)

2 ふ神 1 ひ鶴, ふ, ふの

▼ い呼吸~ (5, 0.0%)

1 が通ふか, で生き, をきる, をし, を感じ

▼ い~ (5, 0.0%)

1 が視野, だつたの, であった, のない, を月

▼ い品物~ (5, 0.0%)

1 でも手, のよう, ばかり廉, を美味しく, を良い

▼ い~ (5, 0.0%)

1 だ大, だ感じたくないもの, 欧洲に, 貰うん, 辛くに

▼ い~ (5, 0.0%)

2 賣繁昌 1 賣ぢ, 賣と, 賣の

▼ い~ (5, 0.0%)

1 だからなあ, でありますし, のこと, は兔角, は天然保存

▼ い~ (5, 0.0%)

1 つて, なところ, なもの, な顔, に学問

▼ い夜風~ (5, 0.0%)

1 がしみ込む, が吹い, が簾越し, の吹, もサテ

▼ い失望~ (5, 0.0%)

1 のやう, の影, をさ, をする, を與へた

▼ い女性~ (5, 0.0%)

1 でも, とより見えない, なん, の前, の縺れた

▼ い~ (5, 0.0%)

1 だ然, なぞは白衣, の木像さ, の裙, は幻影

▼ い婦人~ (5, 0.0%)

1 でもおられたら, の右側, の踊る, の身体, を彼

▼ い対照~ (5, 0.0%)

1 がある, が現われてる, だろうおよそ, をない, を為し

▼ い~ (5, 0.0%)

1 がゆるゆる, が山, で鰹, の水, を隔て

▼ い希望~ (5, 0.0%)

2 を持っ 1 の本能, を乗せ, を抱く

▼ い~ (5, 0.0%)

1 か紐, が凉, をしめて, を締め, を車上

▼ い平野~ (5, 0.0%)

2 に一代々 1 のまんなかのち, の中, を馳

▼ い年頃~ (5, 0.0%)

1 だ, だぜ, であるに, のその, の女

▼ い心掛け~ (5, 0.0%)

41 だが

▼ い~ (5, 0.0%)

2 の感覺 1 という, となり, になった

▼ い性質~ (5, 0.0%)

1 で, の人, の水, をどうにか, をもつた

▼ い恐ろしい~ (5, 0.0%)

1 かほ, ほど凝視, ものは, 影は, 彼の

▼ い我々~ (5, 0.0%)

1 でござれば, の生活, はその他, はもう一度, は数時間

▼ い或は~ (5, 0.0%)

1 一門の, 全く其等, 其一方が, 腕組みを, 表面に

▼ い手拭~ (5, 0.0%)

1 でした, で二人, を壁, を宛, を絞ってる

▼ い承知~ (5, 0.0%)

2 いたしました, しました 1 して

▼ い方々~ (5, 0.0%)

3 や御 1 がこれ, に似

▼ い方法~ (5, 0.0%)

1 である, でもっ, で写真, は流行らぬ, を実行

▼ い方面~ (5, 0.0%)

1 が全く, が殘, ばかりを印せしめた, ばかりを最も, へずんずん

▼ い~ (5, 0.0%)

1 しいだの, の申込, を伝えた, を答, を述べる

▼ い~ (5, 0.0%)

1 えな, さだ, 技で, 松は, 起すぐ

▼ い早い~ (5, 0.0%)

1 があるだらう, がよい, がよろしい, を言はず, 方が

▼ い智慧~ (5, 0.0%)

1 とを持つ, も出ないらしい, も無想, を両足, を働かせ

▼ い曲者~ (5, 0.0%)

1 が御府内, でございます, にも氣, の尻尾, は何處

▼ い有難う~ (5, 0.0%)

2 存じます 1 ございます, ございやすこれ, 存じますお

▼ い梯子段~ (5, 0.0%)

1 に盡, の下, を上, を見おろしました, を踏まなけれ

▼ い~ (5, 0.0%)

2 とした 1 の中, の方, へ来た

▼ い機嫌~ (5, 0.0%)

1 だね, で室, で御飯, になっ, のそそり

▼ い此處~ (5, 0.0%)

2 が面白く 1 で言, へつれ, へ呼ん

▼ い歴史~ (5, 0.0%)

1 があつ, である, の対照, を有, を有つて

▼ い残り~ (5, 0.0%)

1 がまだ, のしょうゆ, の煙管, の茶, を貧民街

▼ い沈黙~ (5, 0.0%)

1 が融川, が頭上一杯, のうち, の中, をつづける

▼ い~ (5, 0.0%)

2 に云 1 と對比, にはわからない, の重

▼ い浴槽~ (5, 0.0%)

1 であつ, で泳ぎ廻つた, にひた, にふたり, の端

▼ い~ (5, 0.0%)

1 があつ, が掘つ, には流れるで, には腐れた, には襤褸片

▼ い~ (5, 0.0%)

1 うかなえ, うして, うすれ, うやつ, うバタ

▼ い特色~ (5, 0.0%)

1 がある, で彼等, として感ずる, は実に, は極めて

▼ い病氣~ (5, 0.0%)

1 ですね, になつて, に罹つた, のある, は考へる

▼ い~ (5, 0.0%)

1 と一所, への馳走, まで言, 変る事, 穴に

▼ い眠り~ (5, 0.0%)

1 をし, をし始めた, をする, を催, を貪

▼ い眼玉~ (5, 0.0%)

2 は可愛い 1 は別に, をした, を空しく

▼ い~ (5, 0.0%)

1 がパツパツ, の上, の滝, まじりの, を靴先

▼ い硝子~ (5, 0.0%)

1 に自分, のせゐに, の板, の発散気, を透し

▼ い~ (5, 0.0%)

4 い波 1 い海原

▼ い秘密~ (5, 0.0%)

1 が伏在, に, を包ん, を告げた, を持っ

▼ い笑い~ (5, 0.0%)

2 をうかべ 1 をもっ, を心, を頬

▼ い~ (5, 0.0%)

1 が大水, で常に, の代, を, を入れ

▼ い~ (5, 0.0%)

1 があっ, でこの, の雫, を尻, を樹

▼ い細い~ (5, 0.0%)

1 形は, 手を, 眼に, 腕から, 蓮の

▼ い~ (5, 0.0%)

1 じゃありません, の中, や文句, や花床や, を売り拡げ

▼ い綱渡り~ (5, 0.0%)

1 のやう, の中, をせね, をはじめ, を急がね

▼ い緑色~ (5, 0.0%)

1 などそれ等すべて, の水, の萼片, の被衣, は一そう柔

▼ い~ (5, 0.0%)

2 に深い 1 にも段子, を取つ, を滑らぬ

▼ い縁側~ (5, 0.0%)

1 が附い, で太い, の植え込み, をするする, を横

▼ い美し~ (5, 0.0%)

2 さは 1 さであった, さに, さの

▼ い羽根~ (5, 0.0%)

1 が一本, して, はいらぬ, をひろう, 附き帽

▼ い~ (5, 0.0%)

2 へだ 1 が起っ, へが浮ばなかつた, へぢ

▼ い~ (5, 0.0%)

1 が航海, にのらん, の上, の中, はどう

▼ い~ (5, 0.0%)

2 やかな頬 1 かしい女, めいた静けさ, やかな円髷

▼ い草原~ (5, 0.0%)

1 が見出された, になつて, に異形, に高く, へ放り出され

▼ い~ (5, 0.0%)

1 や苅萱, ドロにつれて, 明りが, 霧の, 青い服を

▼ い~ (5, 0.0%)

1 が有る, だ, だよ, でも飲ん, を飲ました

▼ い~ (5, 0.0%)

3 を持つた 1 ですね, を持った

▼ い詩人~ (5, 0.0%)

1 の義務, の胸, の頭, は彼, は旅

▼ い語調~ (5, 0.0%)

2 に澄まし帰る 1 がある, であった, であつ

▼ い谷間~ (5, 0.0%)

1 のあちらこちら, の地勢, の町, の畠, を私

▼ い趣味~ (5, 0.0%)

1 が隠され, だ, だよ, であろうとは, を東京

▼ い足取り~ (5, 0.0%)

1 で帰っ, で甲板, で立ち上っ, を人, を急い

▼ い~ (5, 0.0%)

1 がありました, では此, は明晩, は板屋家, へ聟

▼ い路次~ (5, 0.0%)

1 にさしかかる, の奧, も晝間, を左手, を曲り

▼ い身の上~ (5, 0.0%)

1 だと, でございます, でナア, になっ, を旦那

▼ い身體~ (5, 0.0%)

1 とでもいふ, になつて, は前, や額, を平次

▼ い速力~ (5, 0.0%)

1 ではある, で一つ, で左, で幡江, で走つ

▼ い道路~ (5, 0.0%)

1 がつい, のなか, の礫, を温泉宿, を越し

▼ い鉛筆~ (5, 0.0%)

2 で記入 1 とを持出します, と畫學紙, の線

▼ い~ (5, 0.0%)

1 かな夕方, かな座敷, かな道, な處, 坐の

▼ い響き~ (5, 0.0%)

2 を持つ 1 が海鳴り, であった, をたて

▼ い風景~ (5, 0.0%)

1 だったの, に接した, の転化, を思ひださう, を見

▼ い~ (5, 0.0%)

1 は蒲団, へ両手, を世間, を前, を抱き

▼ い馬鹿~ (5, 0.0%)

1 さわぎを, におそく, にし, に真面目, を言

▼ い馴染~ (5, 0.0%)

1 が歸つて行つた後, だ, の信子さん, の軒塲, も最早

▼ い髪の毛~ (5, 0.0%)

1 が垂れかかっ, に光り出し, のにおい, のぼうぼう, を八月

▼ い魅力~ (5, 0.0%)

1 が懐かしまれる, とがかたまっ, となつ, を帯び, を有った

▼ いあるいは~ (4, 0.0%)

1 これから戦おう, 学校に, 神奈川に, 脅して

▼ いあんばい~ (4, 0.0%)

1 だ, に八五郎, に向, に赤坂田町

▼ いいかにも~ (4, 0.0%)

1 丹下殿の, 文化人の, 早春の, 追分では

▼ いえー~ (4, 0.0%)

1 な, なそれ, 孝助, 胡麻の

▼ いおら~ (4, 0.0%)

1 あ鍛冶屋, が天窓, の仕え, の物ン

▼ いお前さん~ (4, 0.0%)

21 に愛想, のは一番先

▼ いかぎり~ (4, 0.0%)

1 でありました, であると, です, は食べなけれ

▼ いかげん~ (4, 0.0%)

2 にし 1 にあしらつて, にきりあげ

▼ いかな~ (4, 0.0%)

1 はない, 古色を, 放そうと, 此の

▼ いぎりす旦那~ (4, 0.0%)

1 が見える, の吸いがら, の御, の故国

▼ いくらいの~ (4, 0.0%)

1 円い女, 嬶孝行という, 物だ, 鋭い刃拵え

▼ いぐら~ (4, 0.0%)

2 だと 1 こんなし, じじ自由党

▼ いこういう~ (4, 0.0%)

1 ことで, 歪められた文章, 積りであった, 道化者な

▼ いこちら~ (4, 0.0%)

1 に爬, は弓之衆, へ, を向い

▼ いこんな~ (4, 0.0%)

1 ふうな, 石ぐらい, 糞坊主が, 馬鹿

▼ いさく~ (4, 0.0%)

1 さが, さ口を, なったよう, 見せて

▼ いささ~ (4, 0.0%)

1 かもさしつかえない, かも覚えなき, が, の染

▼ いさて~ (4, 0.0%)

1 その翌日, 一緒に, 二三年を, 堀に

▼ いされた~ (4, 0.0%)

1 のであろう, のです, よしを, 唯一の

▼ いざよふ月~ (4, 0.0%)

2 の海半 1 の海半ば, の芝

▼ いしぶ~ (4, 0.0%)

1 みしげき, みに, みの面に, み低く

▼ いすぐ~ (4, 0.0%)

1 お後, 本隊へ, 洗えば, 眼の

▼ いため~ (4, 0.0%)

1 に早く, に水勢, に考へる, 却って油断

▼ いたりと~ (4, 0.0%)

1 云いながら, 存じおりました, 申して, 言いたいところ

▼ いたりも~ (4, 0.0%)

3 した 1 する

▼ いだから~ (4, 0.0%)

1 あたしゃ屋敷者は, 僕が, 夜分も, 己に

▼ いだけの~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 ことで, 同じ人形

▼ いだけは~ (4, 0.0%)

1 きちんきちん出, ともかくも, 断ち切ること, 永久に

▼ いだし~ (4, 0.0%)

1 があった, がある, になりませぬ, になる

▼ いちょっと~ (4, 0.0%)

1 まって, 此処へ, 行って, 逡巡した

▼ いてしも~ (4, 0.0%)

1 うた物と, うてへえ, うとる, ふ規則

▼ いてでも~ (4, 0.0%)

1 いるという, ゐるやう, 少しくらいの, 近づかねば

▼ いてはと~ (4, 0.0%)

1 彼の, 思ってね, 放二, 気恥ずかしく

▼ いてもへ~ (4, 0.0%)

2 いきな 1 いきだ, いきで

▼ いとともに~ (4, 0.0%)

1 たいへん私, 他の, 微笑む左膳, 近づいたと

▼ いと共に~ (4, 0.0%)

1 思わず大きな, 急勾配, 溌剌として, 眼も

▼ いどうか~ (4, 0.0%)

1 して, 径我の, 御勘弁, 致しましょう

▼ いなどという~ (4, 0.0%)

1 ことであった, ところは, ものは, 当て字が

▼ いなりの~ (4, 0.0%)

1 ほこらのと, ままで, 地下非常の, 石の

▼ いにくく~ (4, 0.0%)

1 なったと, なり放恣, なると, なる場合

▼ いにでも~ (4, 0.0%)

1 かかると, なると, 帽子を, 遭ったの

▼ いによって~ (4, 0.0%)

1 その人, 充たされて, 失望の, 官を

▼ いのにと~ (4, 0.0%)

2 誰やらが 1 家内中の, 腹の中では

▼ いはく~ (4, 0.0%)

1 か定め, がある, きたりて, 誇らひて

▼ いはでもの~ (4, 0.0%)

2 事ながら 1 ことを, 事を

▼ いばつ~ (4, 0.0%)

1 かりに皇后, かりに身, てゆく, て博徒

▼ いふう~ (4, 0.0%)

1 であたり, もなかっ, をし, をしてる

▼ いほり~ (4, 0.0%)

21 のよる, の跡どころ楓

▼ いほんの~ (4, 0.0%)

1 ちょっとの, 二坪足らずの, 僅かの, 少しばかり

▼ いまっ~ (4, 0.0%)

31 黒い

▼ いまでの~ (4, 0.0%)

2 美しさ 1 苦悶の, 親和を

▼ いもし~ (4, 0.0%)

1 あなたが, この詞, これと, 金で

▼ いやさしい~ (4, 0.0%)

1 ものが, 子守うたに, 心の, 詩でした

▼ いやら~ (4, 0.0%)

1 何かの, 嫉ましいやら, 気の毒やら, 苦しいやら

▼ いらしった頃~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 と今, はこちら

▼ いら一帯~ (4, 0.0%)

1 に荊棘, に袖, の田圃, を緩やか

▼ いら辺~ (4, 0.0%)

1 が出, のガアガア, はガラアヂ, を歩きまわった

▼ いわけぢ~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やありません, や御座いません

▼ いわし~ (4, 0.0%)

1 の建てた, の行動, はきみ, は貧乏

▼ いわたし~ (4, 0.0%)

1 になりました, のカルル, は龜池村, もそう

▼ いわや~ (4, 0.0%)

1 の, のすみっ, の中, へはいっ

▼ い~ (4, 0.0%)

2 別段これ 1 ありがたうはござりますれ, 決してこちら様

▼ い~ (4, 0.0%)

21 いイ, えあなた

▼ いタオル~ (4, 0.0%)

4 をのせ

▼ いッぺん~ (4, 0.0%)

1 にこの間, に霽, に顔じゅう, 調べた部屋

▼ いツそ~ (4, 0.0%)

1 おりないで, この方, ずツ, そんなこと

▼ いベッド~ (4, 0.0%)

1 がすっぽり, が窓ぎわ, のわき, の上

▼ い~ (4, 0.0%)

1 かたまりは, として私, の女性, 致す

▼ い一心~ (4, 0.0%)

1 でこつち, で停車場, で奔走, で自分

▼ い一方~ (4, 0.0%)

1 おのれを, だつた練吉, で本当にまだ, なの

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がつい, に眞青, の上, の横

▼ い中庭~ (4, 0.0%)

1 から入, へ, を好ん, を見廻しました

▼ い乍ら~ (4, 0.0%)

1 も可哀想, も明るく, も躊躇, 書いたもの

▼ い二つ~ (4, 0.0%)

2 の眼 1 の瞳, の触角

▼ い~ (4, 0.0%)

1 はば荒神, ふ, ふてゐたの, ふので

▼ い人々~ (4, 0.0%)

1 にまさる, に近寄っ, の手前, の絵

▼ い人さん~ (4, 0.0%)

21 のお, は

▼ い人ぢ~ (4, 0.0%)

2 やありません 1 やない, やなかつた

▼ い人殺し~ (4, 0.0%)

1 がまた, なんかで, の罪, の解死人

▼ い人物~ (4, 0.0%)

1 が介在, であったこと, である, ではなから

▼ い~ (4, 0.0%)

1 だったと, になっ, になった, を見

▼ い住居~ (4, 0.0%)

2 だとかには 1 はまさしく, もとより先刻

▼ い何ぞ~ (4, 0.0%)

2 御用で 1 で一盃, という

▼ い何ん~ (4, 0.0%)

1 か用事, でも, な事, にも聞い

▼ い~ (4, 0.0%)

1 の盡力, は何れ, は漸く, ほどお

▼ い作品~ (4, 0.0%)

1 だ, はない, を書い, を生ん

▼ い~ (4, 0.0%)

1 に, にいう, のす, の俗

▼ い~ (4, 0.0%)

1 があつ, がある, は血, を負

▼ い優しい~ (4, 0.0%)

1 けれどひやかし, 情愛を, 旦那様で, 柔かな

▼ い八五郎~ (4, 0.0%)

1 が此處, はこの, はサツ, も來

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がため, がへい, は可, は流れ

▼ い冗談~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, だ私, に腹, はいい

▼ い~ (4, 0.0%)

2 い涙 1 い三日月さま, い鋼板

▼ い出し~ (4, 0.0%)

1 になっ, になりました, は憶, もせず

▼ い剣幕~ (4, 0.0%)

1 で, でがなりたて, です, で私

▼ い~ (4, 0.0%)

1 です, に乾鰯, に家來, に色

▼ い動物~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 だと, でもゐる

▼ い博士~ (4, 0.0%)

1 はその, はびやうゐんで一月, はみな, は今晩

▼ い~ (4, 0.0%)

1 の時みたい, エジプト王や, 怪な, 手拭の

▼ い~ (4, 0.0%)

1 で不慮, に入る, の下, の左側

▼ い合せ~ (4, 0.0%)

1 に洋卓, に間劃, のまま時, の電報

▼ い周圍~ (4, 0.0%)

1 と反撥, のなか, もつとも廣, を有し

▼ い器量~ (4, 0.0%)

1 だのう, だ慥か, に対してちょっと, の方

▼ い地域~ (4, 0.0%)

1 にわたってこれ, にわたってイタクラ, にわたり今, に行渡つた

▼ い~ (4, 0.0%)

1 に彷徨, に臨ん, に身, を放心

▼ い変化~ (4, 0.0%)

1 に気づいた, のお, の多い, を及ぼす

▼ い夕飯~ (4, 0.0%)

1 あるいは終宴, の箸, を終つた頃, を食べ

▼ い夜更け~ (4, 0.0%)

4 を待つ

▼ い大空~ (4, 0.0%)

1 が不規則, が光っ, でゆらめい, のかわり

▼ い天井~ (4, 0.0%)

1 に只, に附けられた, の一端, の下

▼ い奴等~ (4, 0.0%)

1 ですね, の好き自由, もゐなくなるだらう, を鏖殺

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が子供達, だった母, の命, を其の

▼ い姉さん~ (4, 0.0%)

1 だと, は此, を, を持っ

▼ い宝石~ (4, 0.0%)

1 が鏤, のよう, を手, を砕く

▼ い寄り~ (4, 0.0%)

1 くぐもる数, 啼き寄る幼獣, 集まったとき, 集まって

▼ い寝台~ (4, 0.0%)

1 が無かっ, に居た, のそば, を離れ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がいつ, に目, の上, を結んだ

▼ い~ (4, 0.0%)

2 への布施 1 の塔, は何處だい

▼ い小説~ (4, 0.0%)

2 は小説 1 に就い, を書く

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が同じく, っ引根性, つ引, に広い

▼ い~ (4, 0.0%)

1 だ, になんか一時, に住まね, 新しい島

▼ い~ (4, 0.0%)

1 から直角, から複雑, は滑, を太らせ

▼ い~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ い往来~ (4, 0.0%)

1 には小禽, に出, の頻繁, を歩く

▼ い心臓~ (4, 0.0%)

1 のあつ, の音, を剣, を持つ

▼ い思い出~ (4, 0.0%)

1 ですもの, のほう, の種, をたどった

▼ い~ (4, 0.0%)

2 をし 1 の形見, をしません

▼ い恰好~ (4, 0.0%)

1 で出窓, で降り, に出来ました, のいい

▼ い悲しみ~ (4, 0.0%)

1 の色, は長い, や, をかみしめ

▼ い惡戯~ (4, 0.0%)

1 が引つ, が續, だつた, をする

▼ い愉快~ (4, 0.0%)

2 い, い愉快

▼ い愛情~ (4, 0.0%)

1 あるとき, がうつ, も知らず, を人

▼ い~ (4, 0.0%)

1 の四方, は襟元, をつかん, をつけた

▼ い手紙~ (4, 0.0%)

1 であつ, を下さった, を破り, を自分

▼ い技巧~ (4, 0.0%)

2 や形式 1 にすぎなかつた, の山

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がある, だお茶, には走る, に父様

▼ い挨拶~ (4, 0.0%)

1 のお, の方法, をし, を済ました

▼ い放題~ (4, 0.0%)

1 い費いま, なこと, のこと, の事

▼ い~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の奴ども, の死骸, をもってる

▼ い文章~ (4, 0.0%)

1 がまずく, であらう, も幾つ, を書く

▼ い~ (4, 0.0%)

1 であつ, には二派, の疲れ, の詩人

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がとんだ, じるしを, には, の上

▼ い日々~ (4, 0.0%)

1 だった, だつた, の大, を送りました

▼ い明るい~ (4, 0.0%)

1 光を, 灰色の, 町を, 雪晴の

▼ い明日~ (4, 0.0%)

1 になさい, の勝利, の晩, の朝

▼ い春松~ (4, 0.0%)

1 といふ男, と臆病者, と訊く, を引つ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 なお暗い, の月, はやれ, 薄暗い廬

▼ い月日~ (4, 0.0%)

1 が経つ, に生れた, の下, の間

▼ い~ (4, 0.0%)

2 を横 1 の傍, や何

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が敷い, のやう, を並べた, を踏ん

▼ い板敷~ (4, 0.0%)

1 にひたり, に坐りこん, に置い, に額

▼ い~ (4, 0.0%)

2 などを時時 1 の中, や森

▼ い~ (4, 0.0%)

1 い言葉, い雨, しい微笑, な聲

▼ い~ (4, 0.0%)

1 で自分, の市, はもつ, は何時

▼ い格子~ (4, 0.0%)

1 に手, に突き當つたの, をく, を開ける

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がそこ, が落ち, の頭, よと騒ぎ始めた

▼ い極み~ (4, 0.0%)

2 である 1 であります, でございますが

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がサッと, の棘, を把, を跨いだ

▼ い権幕~ (4, 0.0%)

2 でお 1 におびえ, になった

▼ い機械~ (4, 0.0%)

2 をみよ 1 だ, ですか

▼ い死骸~ (4, 0.0%)

1 か, が覆う, を前, を豪勢

▼ い殊に~ (4, 0.0%)

1 其の罪, 夫婦とも, 柳田氏が, 江戸には

▼ い氣分~ (4, 0.0%)

1 で町, になつ, に水祭, を感じ

▼ い氣味~ (4, 0.0%)

21 だと, の惡

▼ い氣持ち~ (4, 0.0%)

1 とにそそられ, になつ, のいい, を味

▼ い~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 よ, を描い

▼ い~ (4, 0.0%)

2 の中 1 が恋し, のざさん

▼ い海岸~ (4, 0.0%)

1 での春, で冬, で過す, のよう

▼ い海水~ (4, 0.0%)

3 の中 1 がとびこんだ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が清く, になりました, の上, を避ける

▼ い~ (4, 0.0%)

1 にキラキラ, を渡る, を立て, を造つて

▼ い灌木~ (4, 0.0%)

1 かなにか, が叢生, などが生え茂っ, や根

▼ い~ (4, 0.0%)

3 のよう 1 となっ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 となつ, のなか, の立つ, を散らす

▼ い~ (4, 0.0%)

1 刀の, 暗と, 沙汰で, 灯の

▼ い然し~ (4, 0.0%)

1 何も, 向う側の, 圓る, 批評は

▼ い照り~ (4, 0.0%)

21 かへせ, 映ろふ黄

▼ い熱情~ (4, 0.0%)

1 だつた, に燃えた, のある, を持っ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 さ, なん, に朋輩, のその

▼ い爲め~ (4, 0.0%)

1 でもあつ, にとう, に引合, の背景

▼ い片手~ (4, 0.0%)

1 でもっ, には石, をデスク, を背後

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が眼, といふ組織, やー, や黒馬

▼ い物音~ (4, 0.0%)

1 がなん, が後, に間もなく, は森

▼ い珈琲~ (4, 0.0%)

1 と牛乳, と菓子, と麺麭, を売っ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がおさまっ, になっ, のこと, を描い

▼ い理由~ (4, 0.0%)

2 なん 1 がいくら, は前

▼ い生命~ (4, 0.0%)

1 に生き上っ, を助, を取り止めた, を庇おう

▼ い~ (4, 0.0%)

1 でも控, といふの, に用いる, も足りるだろう

▼ い用事~ (4, 0.0%)

1 があつ, がなく, など忘れ, を家

▼ い田舍~ (4, 0.0%)

2 の自然 1 では大抵, なので

▼ い男ぢ~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やありません, やございません

▼ い~ (4, 0.0%)

2 である 1 だ, を見る

▼ い疑い~ (4, 0.0%)

1 と悩み, は却, もいつしか, を忘れ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 つ白, 円いお, 裸体で, 闇な

▼ い瞬間~ (4, 0.0%)

1 だつた, でした, の羽搏, を考える

▼ い神経~ (4, 0.0%)

1 がふと, の持ち主, をつかれさせる, を刺戟

▼ い程の~ (4, 0.0%)

1 ひどいひどい退屈, 気持で, 理想境である, 青い大きな

▼ い~ (4, 0.0%)

1 から出世, から死, のさま, も非運

▼ い立場~ (4, 0.0%)

1 からは農業, になつ, の天鬼, を救ふた

▼ い笑聲~ (4, 0.0%)

1 がわつと, とが森, は馬車, を立てた

▼ い~ (4, 0.0%)

2 の大波 1 のやう, ばかりを綴った

▼ い精神~ (4, 0.0%)

1 と走る, の純朴さ, の輝き, を持っ

▼ い素振り~ (4, 0.0%)

1 をされ, を続け, を見せた, を見せる

▼ い細君~ (4, 0.0%)

2 を連れ 1 と関係, は郷里

▼ い絶望~ (4, 0.0%)

2 と諦め 1 の中, の氣持

▼ い~ (4, 0.0%)

1 でもなき, で撫で開けられる, のある, を伸し

▼ い~ (4, 0.0%)

2 しを 1 が脱し得られぬ, を氣

▼ い習慣~ (4, 0.0%)

1 としてその, と社會的, の抜殻, を持っ

▼ い老人~ (4, 0.0%)

1 がいくらか, に何とも, は凝然, も若者

▼ い肉体~ (4, 0.0%)

1 と倶, の中, を自分, を見た

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が抜けた, に下げ, の感触, の色気

▼ い~ (4, 0.0%)

1 の立つ, をかかえ, を抱え, を据え

▼ い自動車~ (4, 0.0%)

2 の響 1 が通りかかり, はもう

▼ い臺所~ (4, 0.0%)

1 で其爐, で白湯, と雪隱, の隅々

▼ い良い~ (4, 0.0%)

1 お鑑定, 土地が, 男で, 薬が

▼ い花粉~ (4, 0.0%)

1 がぽか, が散, にとりかこまれ, をくつ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が一面, が最早, をめぐませ, を出し

▼ い~ (4, 0.0%)

1 ェ者だ, 侍とか, 犬な, 鶏を

▼ い若者~ (4, 0.0%)

1 が多い, で他, の扮装姿, を娘

▼ い若葉~ (4, 0.0%)

1 でつつまれた, の山, をつけた, を開いた

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がこみあげ, のアトビサリ, の音, をなだめた

▼ い~ (4, 0.0%)

2 の群 1 が花, の仲間

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がまじつて, が忍び, が春風, の羽根

▼ い街路~ (4, 0.0%)

1 は森閑, を下, を踏ん, を野村

▼ い~ (4, 0.0%)

1 は夜目, をもらっ, を万作, を取出しました

▼ い~ (4, 0.0%)

1 の中, びっしょりに, をあげた, 紅い裙

▼ い親分~ (4, 0.0%)

1 が今度, が多い, といふ人, 何でござんす

▼ い証拠~ (4, 0.0%)

3 を挙げた 1 ではありません

▼ い誘惑~ (4, 0.0%)

1 である, でせう, の一つ, を感じる

▼ い貴方~ (4, 0.0%)

1 がお, が秀子, と秀子, の筆

▼ い貴様~ (4, 0.0%)

1 だつて落第ぢ, の絵, の面, はチャンコロ

▼ い贅沢~ (4, 0.0%)

1 から来, なる漆塗, はない, をいっ

▼ い足どり~ (4, 0.0%)

1 で, でその, でわいわい, までも上つ方

▼ い身体~ (4, 0.0%)

1 だ, ですから, に触れ, を横

▼ い~ (4, 0.0%)

1 があつ, が汚い, の上, の中

▼ い車夫~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 が日本人, であった

▼ い返事~ (4, 0.0%)

1 がなく, などし, も出来かねた, をした

▼ い~ (4, 0.0%)

1 しといて, てた先度ごろ, てました, を停車場

▼ い速度~ (4, 0.0%)

1 でそこ, でたちまち, で回転, で大きな

▼ い~ (4, 0.0%)

1 が新しい, のそれと, の商売, の御蔭

▼ い連中~ (4, 0.0%)

1 だ, だと, のこと, は大勢

▼ い~ (4, 0.0%)

1 へ行き, を皆かもめ, 厚な, 揃って

▼ い~ (4, 0.0%)

1 には夢, の事情, の生活, の辻

▼ い野心~ (4, 0.0%)

1 が勃々, が無い, ともう, と嫉妬

▼ い~ (4, 0.0%)

1 でありまして, でなければ, のやう, の道

▼ い~ (4, 0.0%)

1 さと, じては, の叫び声, 頤を

▼ い~ (4, 0.0%)

2 の中 1 い真, のみの世界

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がツインコタ, の下, の光, を浴び

▼ い~ (4, 0.0%)

1 でかれ, になったら, に後家, の電車

▼ い~ (4, 0.0%)

1 さとの, 有い, 有いが, 有いとこう

▼ い~ (4, 0.0%)

1 に虚空遥, のよう, の輝い, を吸っ

▼ い~ (4, 0.0%)

1 がか, が天, に包まれ, のよう

▼ い~ (4, 0.0%)

1 いいろ, さが, 苔を, 髪山へ

▼ い青年~ (4, 0.0%)

1 だったが, でした, の事, もいる

▼ い面白い~ (4, 0.0%)

1 が其パン, ぜ, ものが, 遣るべ

▼ い面積~ (4, 0.0%)

1 について試驗, について雪, になる, の平野

▼ い音響~ (4, 0.0%)

1 が強く, が破裂, であらう, はその

▼ い~ (4, 0.0%)

1 をうつむけ, をしめく, を巻きました, を曲げ

▼ い顔つき~ (4, 0.0%)

1 で遊歩路, はそれ, も沈鬱, をし

▼ い顔付~ (4, 0.0%)

1 で眼, にならはりまし, の役人, をし

▼ い顔色~ (4, 0.0%)

1 が酒, で春, をし, をした

▼ い風情~ (4, 0.0%)

1 でした, にひかへ, に丸い, を遺す

▼ い首筋~ (4, 0.0%)

1 には大した, に印された, へ血, を締めつける

▼ い~ (4, 0.0%)

2 があ 1 から公羊學, も多い

▼ いああ~ (3, 0.0%)

1 したいと, をい, 溜飲の

▼ いあご~ (3, 0.0%)

1 の下, の角張つた翁, を持つ

▼ いあなた~ (3, 0.0%)

1 に肉体, はまだ, もそれ

▼ いあゝ~ (3, 0.0%)

1 お母さん堪忍し, 僕は, 遠慮なしに

▼ いお出で~ (3, 0.0%)

1 なさえ, やした, よ

▼ いお嬢様~ (3, 0.0%)

1 でございませう, はたんと, は何処

▼ いお待ち~ (3, 0.0%)

1 どお, んさい, 成さい丸部さん

▼ いお方~ (3, 0.0%)

1 でどちら, に想われ, のよう

▼ いかの~ (3, 0.0%)

1 本場に, 皮を, 銅雀台の

▼ いかは~ (3, 0.0%)

2 いいしとやか 1 やすっぽく扱われ

▼ いぎりすへ~ (3, 0.0%)

2 来て 1 来たら今度

▼ いくど~ (3, 0.0%)

1 さうし, にもうちあげられ, にも吹きこん

▼ いくり~ (3, 0.0%)

1 に, に立つ, に釣る

▼ いこれから~ (3, 0.0%)

1 の立廻り, 忙しいん, 私が

▼ いさあ~ (3, 0.0%)

1 来い, 来られい, 行こう

▼ いざよふ雲~ (3, 0.0%)

1 と云はん, は, は夕づゝに

▼ いしかも~ (3, 0.0%)

1 底を, 科学の, 羽の

▼ いしき~ (3, 0.0%)

1 がどれ, が抜ける, へ両手

▼ いしずか~ (3, 0.0%)

1 な心持, な航海, な行列

▼ いしなやか~ (3, 0.0%)

1 な姿, な掌, な足

▼ いしばらく~ (3, 0.0%)

1 暇を, 歓楽す, 黙って

▼ い~ (3, 0.0%)

2 ーいと 1 べし

▼ いずんぐり~ (3, 0.0%)

1 した四十六, した山, した男

▼ い~ (3, 0.0%)

1 そうで, なたは, なたも

▼ いそういう~ (3, 0.0%)

1 考えに, 訳で, 騒ぎに

▼ いそれでは~ (3, 0.0%)

1 お提灯, ともかくも, 戴きやすが

▼ いそれでも~ (3, 0.0%)

1 まだ駕籠, 義理だ, 雁の

▼ いそんなに~ (3, 0.0%)

1 あなたなさらず, あわてて, 遠い筈

▼ いただ~ (3, 0.0%)

1 ついてりゃいい, 一晩の, 何とぞよしなに御

▼ いだが~ (3, 0.0%)

1 叔母さんが, 旦那黙っ, 明かに

▼ いだの~ (3, 0.0%)

1 つて膨れ, 獲物一貫五百匁あまりに, 鑪だの

▼ いぢけた~ (3, 0.0%)

1 のでも縮んだ, 寒がり, 小さな灌木

▼ いぢめ立~ (3, 0.0%)

2 る譯 1 る訳

▼ いつもり~ (3, 0.0%)

1 だから, だらうが, の眼

▼ いてからに~ (3, 0.0%)

1 しますわ, 宅の, 手紙一本書けへんいう

▼ いてからは~ (3, 0.0%)

1 ひどく素直, 妙に, 春先に

▼ いてすら~ (3, 0.0%)

1 前述の, 警部は, 近ごろやかましい

▼ いでが~ (3, 0.0%)

1 なかったで, なかったら, 非常に

▼ いででした~ (3, 0.0%)

1 ねけっこう, のもう, よ

▼ いところで~ (3, 0.0%)

1 あつた, 浪人者の, 話は

▼ いどうせ~ (3, 0.0%)

1 お前に, 泊めるから, 聟養子を

▼ いどうも~ (3, 0.0%)

1 ありがとうございます, いや全く, すみません

▼ いどに~ (3, 0.0%)

1 カルシウムが, 景物は, 開放的である

▼ いながらと~ (3, 0.0%)

1 ぼとぼと畳, 恐縮を, 気がついた

▼ いながらの~ (3, 0.0%)

1 お仕事, テレ隠しも, 離れ業です

▼ いなとよ~ (3, 0.0%)

1 た, 名だ, 妾は

▼ いなどとは~ (3, 0.0%)

1 以ての外だ, 思わずただ, 思わぬ唯何となく

▼ いなどを~ (3, 0.0%)

1 優美に, 表むき, 調べて

▼ いなびかり~ (3, 0.0%)

2 を起せ 1 酒持つ

▼ いなり~ (3, 0.0%)

1 ければ, ばかり大きく, 前の

▼ いなりに~ (3, 0.0%)

1 いんの, むづりむづりと食道を, 精悍らしく見えた

▼ いなるほど~ (3, 0.0%)

1 ね両方, 妖物邸, 源三郎さんもね

▼ いなんか~ (3, 0.0%)

1 されませんでした, するん, もうよしたまえ

▼ いなんて~ (3, 0.0%)

1 それだけは, 人間が, 誘っても

▼ いにおいて~ (3, 0.0%)

1 ついに手仕事, 斬殺する, 日本の

▼ いにしか~ (3, 0.0%)

1 値いしない, 心得て, 思って

▼ いねえとも~ (3, 0.0%)

2 限らねえ 1 限らねえから

▼ いのち~ (3, 0.0%)

1 かひ, がだんだん, 与へ

▼ いばかりの~ (3, 0.0%)

1 修業沙汰です, 場面の, 町には

▼ いばん~ (3, 0.0%)

2 ざーい 1 ざあー

▼ いひな~ (3, 0.0%)

1 すつたが, はらんかいな, を持っ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 いって, づ, どの下

▼ いまあ~ (3, 0.0%)

1 その辺, 我慢し, 無事に

▼ いまで~ (3, 0.0%)

1 おのずと子供, 一変ピタリ, 左様な

▼ いまでが~ (3, 0.0%)

1 そこい, ソックリそのまま, 日本という

▼ いみんな~ (3, 0.0%)

1 来いよう, 来い昆布, 来て

▼ いむしろ~ (3, 0.0%)

1 好意に, 裂いて, 黒猫が

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に逢わされ, に遭う, をくぐり出

▼ いもう一度~ (3, 0.0%)

1 振り出しから, 振り出しに, 考へ

▼ いものの~ (3, 0.0%)

1 世にまたとなき, 臭い, 言いそう

▼ いやはり~ (3, 0.0%)

1 ゃしまへんのどっせ, マヌエラも, 死んだかと

▼ いやり方~ (3, 0.0%)

1 だ, なの, も同じ

▼ いよいよかれ~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, を疲らせ, を苦しめた

▼ いよりも~ (3, 0.0%)

1 夢と, 強いもの, 役人連の

▼ いらしたら~ (3, 0.0%)

1 いいでしょう, いかがです, 私が

▼ いらしった時分~ (3, 0.0%)

1 のこと, の知合, の知合い

▼ いらしつ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て下さい, て下さいまし

▼ いらりょう~ (3, 0.0%)

21 かってこと

▼ いらア~ (3, 0.0%)

21 手伝って

▼ いら一杯~ (3, 0.0%)

1 にしなやか, に唾, に流れ

▼ いら界隈~ (3, 0.0%)

1 が学者町, の村里, の軍人

▼ いわっ~ (3, 0.0%)

1 しが, ちが, ちの知っ

▼ いんで~ (3, 0.0%)

1 えす, つい忘れ, 貰ひまつせ

▼ いオー~ (3, 0.0%)

21 ライ謹ん

▼ いッこ~ (3, 0.0%)

1 ありゃしない, はない, はねえ

▼ いッぱいで~ (3, 0.0%)

1 御案内, 恐いもの, 遠く潰乱

▼ いドアー~ (3, 0.0%)

21

▼ い~ (3, 0.0%)

1 こんなあんたん, 其れ, 念には

▼ いフランス語~ (3, 0.0%)

1 で戯れ, で答えた, で話し合っ

▼ い一命~ (3, 0.0%)

1 をたすかった, を拾った, を纔

▼ い一夜~ (3, 0.0%)

1 の全部, をすごしたい, を過した

▼ い丁度~ (3, 0.0%)

1 いい深さ, 怠屈して, 離室で

▼ い~ (3, 0.0%)

1 けのこと, け云っ, け聞い

▼ い下らない~ (3, 0.0%)

1 と思ひ, 心持に, 馬鹿

▼ い~ (3, 0.0%)

2 申候 1 許に

▼ い不可~ (3, 0.0%)

1 いなお, い不可, ません

▼ い不思議~ (3, 0.0%)

1 ですね, な物音, な衝動

▼ い世に~ (3, 0.0%)

2 何の 1 建築て

▼ い世話~ (3, 0.0%)

1 して, になった, になる

▼ い両手~ (3, 0.0%)

2 で寝 1 を入れた

▼ い丸木橋~ (3, 0.0%)

2 を幾度 1 が両側

▼ い乞食~ (3, 0.0%)

1 と共に街道, の上州, の懐

▼ い了見~ (3, 0.0%)

1 があっ, ではない, なの

▼ い事情~ (3, 0.0%)

1 が許さなかつた, のもと, を推定

▼ い~ (3, 0.0%)

2 う三 1 う三い

▼ い二三~ (3, 0.0%)

2 の事務員 1 の両刀

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と俺, と無理, と爺

▼ い人惡~ (3, 0.0%)

3 い人

▼ い人目~ (3, 0.0%)

1 のあらぬ, の中, を忍ばね

▼ い仕方~ (3, 0.0%)

2 がない 1 がねえ

▼ い代物~ (3, 0.0%)

1 だった, です, べい選ん

▼ い何で~ (3, 0.0%)

1 ございます, ございますえ, ございますか

▼ い~ (3, 0.0%)

1 でなければ, は, も書かず

▼ い使い~ (3, 0.0%)

1 だから, などをし, に来た

▼ い債鬼~ (3, 0.0%)

3

▼ い~ (3, 0.0%)

1 であろう, と恨ん, も数年前

▼ い~ (3, 0.0%)

1 がございました, でもある, と見た

▼ い~ (3, 0.0%)

1 からあの, ほど, 見りゃこわい

▼ い光線~ (3, 0.0%)

1 が重圧, こんな日, としっとり

▼ い~ (3, 0.0%)

1 だ, でした, を何者

▼ い入江~ (3, 0.0%)

1 に添うた, のあちこち, の形

▼ い冬がま~ (3, 0.0%)

3 ゐりますがよ

▼ い冷笑~ (3, 0.0%)

1 があります, して, の影

▼ い~ (3, 0.0%)

2 る吾が 1 りて

▼ い初冬~ (3, 0.0%)

1 の冴え返った, の夜, の日

▼ い動作~ (3, 0.0%)

1 で泣き, で身, と地球

▼ い~ (3, 0.0%)

1 で発生, に乗じ, ひを

▼ い~ (3, 0.0%)

1 ひが, ひそれ, ひを

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が出され, と此月, に椅子

▼ い南風~ (3, 0.0%)

1 が訪れ, に吹かれ, を真面

▼ い印象~ (3, 0.0%)

1 で見られ, については少し, を與

▼ い~ (3, 0.0%)

2 きあ 1

▼ い反感~ (3, 0.0%)

1 から私, をさ, を懐い

▼ い口惜~ (3, 0.0%)

1 いといっ, い口惜, い目

▼ い口髭~ (3, 0.0%)

1 を生やした, を蓄, を貯え

▼ い叫び声~ (3, 0.0%)

1 つづいて, でした, をあげ

▼ い可愛らしい~ (3, 0.0%)

1 お内儀さん, 女を, 所が

▼ い~ (3, 0.0%)

1 になる, の形, ひの

▼ い同時に~ (3, 0.0%)

1 それぞれ奥ゆかしい, 今迄, 溢れる閑寂

▼ い吐息~ (3, 0.0%)

1 が私, をほつ, を投げ

▼ い向う~ (3, 0.0%)

1 から来た, の汀, の田圃道

▼ い呪い~ (3, 0.0%)

1 の言葉, の陰影, をかける

▼ い和尚~ (3, 0.0%)

1 が意識, が手, に頼ん

▼ い喜び~ (3, 0.0%)

1 が雲, に変わっ, を感じた

▼ い單衣~ (3, 0.0%)

1 で膝, に赤い, や地味

▼ い~ (3, 0.0%)

1 でないと, なんぞはノシ, にどんな

▼ い図体~ (3, 0.0%)

1 の虎, の鬚武者, をし

▼ い固い~ (3, 0.0%)

1 その人, のが, 感じの

▼ い~ (3, 0.0%)

2 が透い 1 を知っ

▼ い地上~ (3, 0.0%)

2 に生れ 1 に敷く

▼ い地平線~ (3, 0.0%)

1 を劃, を眼, を見なく

▼ い地方~ (3, 0.0%)

1 とて竹, と云, もある

▼ い坂道~ (3, 0.0%)

1 でルリ, で俥, を山

▼ い~ (3, 0.0%)

1 か, つちやん, は声

▼ い坊や~ (3, 0.0%)

3 は寒い

▼ い~ (3, 0.0%)

1 でね, ばかり, を立て

▼ い~ (3, 0.0%)

1 です, なの, の淺

▼ い報い~ (3, 0.0%)

1 が子, が踵, を受ける

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と杜, の設備, を連ね

▼ い境内~ (3, 0.0%)

1 の南, も拔, を東門

▼ い夕暮~ (3, 0.0%)

2 の一時 1 をながめ

▼ い外郭~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 がある

▼ い夜明~ (3, 0.0%)

2 のランプ 1 が近づく

▼ い夢想~ (3, 0.0%)

1 が育まれ, だ, を描いた

▼ い大きい~ (3, 0.0%)

1 両手だ, 前歯と, 腰つきを

▼ い大事~ (3, 0.0%)

1 あるに, な太夫, にし

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と地, の弧, の空氣

▼ い天地~ (3, 0.0%)

1 しかを飛躍, に自分, を包ん

▼ い夫人~ (3, 0.0%)

1 で尚, の口調, の言葉

▼ い女の子~ (3, 0.0%)

1 がちょっと, がよく, をつれ

▼ い女子~ (3, 0.0%)

1 がある, だかて, の身

▼ い好み~ (3, 0.0%)

1 ですが, の袷, も決してそんなに

▼ い~ (3, 0.0%)

1 なお, なおもしろい, な評判

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が嫁, のやう, はかわり

▼ い姿勢~ (3, 0.0%)

1 で跼んで, のもと, をとりだした

▼ い媚態~ (3, 0.0%)

1 のよう, を作っ, を作つて

▼ い嫉妬~ (3, 0.0%)

1 のやう, の感じ, 深いのに

▼ い~ (3, 0.0%)

1 だつたこと, だねえ, ですねえ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 い, うがす, く知らないが

▼ い実に~ (3, 0.0%)

1 困たもの, 堅い人, 私が

▼ い宿~ (3, 0.0%)

1 に, の主, はない

▼ い~ (3, 0.0%)

1 さだった, さで, さです

▼ い小路~ (3, 0.0%)

2 の奧 1 には猫

▼ い少し~ (3, 0.0%)

1 己惚れ気味, 皮肉に, 脂臭い

▼ い~ (3, 0.0%)

2 がかっと 1 が足りない

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と八卦屋, になっ, のエンニイ

▼ い山脈~ (3, 0.0%)

2 を見る 1 の悠久

▼ い島民女マダレイ~ (3, 0.0%)

3 に先刻

▼ い~ (3, 0.0%)

1 い工夫, い巧, すぎるほどの

▼ い師匠~ (3, 0.0%)

1 には子, は今, 最う宜

▼ い~ (3, 0.0%)

1 べったい, べつたい口と, べつたい島が

▼ い平凡~ (3, 0.0%)

2 な家庭 1 のよう

▼ い平原~ (3, 0.0%)

1 となつ, に横, はちつ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 にでも襲われ, はどうして, を見

▼ い床板~ (3, 0.0%)

1 のうえ, をぐるぐる, をぱたぱたと

▼ い店先~ (3, 0.0%)

1 で平次, に踞みました, を覗いた

▼ い弱い~ (3, 0.0%)

2 力の 1 蝶々は

▼ い形相~ (3, 0.0%)

1 だった, にし, をし

▼ い影響~ (3, 0.0%)

2 が認められる 1 もあつ

▼ い役人~ (3, 0.0%)

1 にならぬで, に引つ掛つたら, の頭

▼ い彼奴~ (3, 0.0%)

1 に面当, を写し, を寫し

▼ い御免~ (3, 0.0%)

1 なさい, なすって, ねえで

▼ い御馳走~ (3, 0.0%)

1 あの時, どすえ, を召し

▼ い心もち~ (3, 0.0%)

1 が致したさうでございます, だと, をひろげ

▼ い必ず~ (3, 0.0%)

1 この大, なおしてから, 貴方に

▼ い念願~ (3, 0.0%)

1 から壁, に駆られ, を持つ

▼ い~ (3, 0.0%)

2 いお化け 1

▼ い思い付き~ (3, 0.0%)

1 だ, だ時節がら新年, にある

▼ い怪我~ (3, 0.0%)

1 だよ, だらうとは, をした

▼ い恋愛~ (3, 0.0%)

1 か何, の世界, を諷

▼ い恐れ~ (3, 0.0%)

1 があ, を, をさえ感じた

▼ い~ (3, 0.0%)

1 かしい, に似た, を掻かす

▼ い悪党~ (3, 0.0%)

1 だったのね, になり, よ

▼ い悲劇~ (3, 0.0%)

1 が湧き起こった, は一段落, を語り

▼ い情景~ (3, 0.0%)

1 です, でもない, を想像

▼ い情熱~ (3, 0.0%)

1 が内, で自分, を感じ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 いってね, がって昨, くって

▼ い惜い~ (3, 0.0%)

1 からどうぞ, から声, から汝

▼ い意見~ (3, 0.0%)

1 をする, をたてよう, を申

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に打たれ, のする, を与えない

▼ い感動~ (3, 0.0%)

1 が女, が見物, の結果

▼ い感触~ (3, 0.0%)

1 に鶴雄, をたのしもう, を思い出す

▼ い成善~ (3, 0.0%)

1 の世話, の目前, を扶掖

▼ い所作~ (3, 0.0%)

1 でありプロシャ的観点, の道具, を續

▼ い手つき~ (3, 0.0%)

1 で皮, で箸, をし

▼ い手エ~ (3, 0.0%)

1 かけて, 伸ばして, 廻して

▼ い手ランプ~ (3, 0.0%)

1 に光, に其の, の光

▼ い手段~ (3, 0.0%)

1 がホントウ, を以つて金, を以て苦しめられる

▼ い抑揚~ (3, 0.0%)

2 のある 1 をつけた

▼ い~ (3, 0.0%)

1 け上つた額, け殼, け穴

▼ い提灯~ (3, 0.0%)

1 の灯, の色, を艫

▼ い握手~ (3, 0.0%)

1 する, であった, をした

▼ い文學~ (3, 0.0%)

3 を作る

▼ い料理~ (3, 0.0%)

1 のこと, の鉢, を好まなけれ

▼ い料簡~ (3, 0.0%)

1 でしたん, を起しやしない, を起す

▼ い新聞記者~ (3, 0.0%)

1 が糠雨, のこと, の話した

▼ い斷崖~ (3, 0.0%)

1 になつて緑玉色, の上, へ追

▼ い方ぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やな, や御座いません

▼ い旅人~ (3, 0.0%)

1 に逢い, は女, を愛想

▼ い明智小五郎~ (3, 0.0%)

1 から木村さん, の助手, や小林少年

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に生れ, の人, の大

▼ い昨夜~ (3, 0.0%)

1 の騒ぎ, は出まし, 逃げたばいとこずいずい

▼ い時に~ (3, 0.0%)

1 ですら, はい, 兼ちゃんは

▼ い時期~ (3, 0.0%)

1 だらう, に達し, のその

▼ い晩春~ (3, 0.0%)

1 の日, の昼, の空

▼ い暗い~ (3, 0.0%)

1 共同浴場の, 崖路を, 晩でも

▼ い曲線~ (3, 0.0%)

1 にぼかされ, の美し, 少し仰向いた

▼ い最初~ (3, 0.0%)

1 からやり直し, の冬, の目的以外

▼ い最後~ (3, 0.0%)

1 に北部仏印, に河岸, に猿轡

▼ い月光~ (3, 0.0%)

1 で分らぬ, に曝し, の揺曳

▼ い有様~ (3, 0.0%)

1 から逃れ出る, で四面八方ドッチ, や堅い

▼ い朝日~ (3, 0.0%)

1 にそれ, のなか, のひかり

▼ い朝風~ (3, 0.0%)

1 に吹き曝され, に身, をあび

▼ い~ (3, 0.0%)

1 のよう, の林, の瘤

▼ い板の間~ (3, 0.0%)

1 に居, の玄關, を歩く

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が三本斜め, の線, 振の

▼ い枯葉~ (3, 0.0%)

1 がぴつしりとついて, を咄嗟, を振ひ落した

▼ い~ (3, 0.0%)

1 があつ, に創, も曲り

▼ い案内~ (3, 0.0%)

1 して, しようと, には及ばぬ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 といい, に水, のまま

▼ い~ (3, 0.0%)

1 く控え目勝ち, の祕密, 彩の

▼ い構内~ (3, 0.0%)

1 でもない, に添う, の東南端

▼ い~ (3, 0.0%)

1 なら丈夫, の繁った, の茂み

▼ い正直~ (3, 0.0%)

1 な人柄, な人間, な淡白

▼ い此処~ (3, 0.0%)

1 え来ねえ, が気に入らねえ, でごぜ

▼ い武家~ (3, 0.0%)

1 に騙され, の持物, の遊山船

▼ い武家屋敷~ (3, 0.0%)

1 が立ち塞が, でなきア, となる

▼ い~ (3, 0.0%)

1 行く, 行くうち, 行くと

▼ い~ (3, 0.0%)

3

▼ い殆ど~ (3, 0.0%)

1 同時の, 生きて, 皆無らしい

▼ い母親~ (3, 0.0%)

1 だつて, の小袖, らしくして

▼ い毎日~ (3, 0.0%)

1 うるさいほど, その乳, である

▼ い比較~ (3, 0.0%)

3 のため

▼ い毛布~ (3, 0.0%)

1 で二匹, で顏, を敷い

▼ い毛色~ (3, 0.0%)

1 に謂れ, に赤い, をもった

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に, の家, の書斎

▼ い水煙~ (3, 0.0%)

2 をあげ 1 である

▼ い江戸中~ (3, 0.0%)

2 にもあんな 1 にバラ

▼ い決して~ (3, 0.0%)

1 さうは, その決して何で, 生々しい原因

▼ い河原~ (3, 0.0%)

1 へおりました, を渡つてこちら, を隔て

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が飛ぶ, の中, へ鼻柱

▼ い活躍~ (3, 0.0%)

2 をした 1 をやる

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が白く, になつ, をずん

▼ い流れ~ (3, 0.0%)

1 に押された, の白い, を渡る

▼ い海原~ (3, 0.0%)

1 とをしばらく, にはもはや, を茫然

▼ い~ (3, 0.0%)

1 だの, と林, はやがて

▼ い滑稽~ (3, 0.0%)

1 から出, の表象, はあ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が流れ, に浸っ, の中

▼ い潮風~ (3, 0.0%)

2 に吹かれ 1 に当たっ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が動い, の下, の中

▼ い~ (3, 0.0%)

1 の中, へ良い, を舐める

▼ い~ (3, 0.0%)

1 のまわり, ばた, ばたと

▼ い炬燵~ (3, 0.0%)

1 が仕切られ, にあたり, の膚

▼ い為め~ (3, 0.0%)

1 からでした, に, にだ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が立昇つて, が青い, と赤い長い

▼ い無い~ (3, 0.0%)

1 よりか増, 事もござりませぬ, 子だ

▼ い無し~ (3, 0.0%)

1 と申渡された, の本物, の連判状

▼ い~ (3, 0.0%)

1 の蒸しこめた, をたて, を這わせ

▼ い熱度~ (3, 0.0%)

2 を以て取扱つて 1 を以つて取扱つて

▼ い父様~ (3, 0.0%)

1 と不審, を打っ, を打つ

▼ い犯人~ (3, 0.0%)

1 だ, はピストル, は早坂君

▼ い独り~ (3, 0.0%)

2 でオツ 1 また伴う

▼ い狭い~ (3, 0.0%)

1 ぬけろじの, 所で, 路地を

▼ い~ (3, 0.0%)

1 がゆるぎ出し, に食われます, のよう

▼ い理性~ (3, 0.0%)

1 である, で疑った, の捕り

▼ い~ (3, 0.0%)

1 の上, を作る, を葺いた

▼ い甘い~ (3, 0.0%)

1 のを, ような, 露の

▼ い用意~ (3, 0.0%)

1 っ, のキモノ, の為め

▼ い~ (3, 0.0%)

1 には降つ, の竝び, の話

▼ い番頭~ (3, 0.0%)

1 が勝手, が小僧, は口

▼ い疑惑~ (3, 0.0%)

1 と同時に, の塊, を段々ハッキリ

▼ い疲れ~ (3, 0.0%)

1 が下, すら覚え, を醫

▼ い病人~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, がアルコール, の中

▼ い病室~ (3, 0.0%)

1 から患者たち, で臥, のなか

▼ い病気~ (3, 0.0%)

21 のため

▼ い~ (3, 0.0%)

1 にステゴミイア, に扱った, の努力

▼ い~ (3, 0.0%)

1 から爪, が腐蝕, のブラウズ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が疊まれ, の中, の多い

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に移る, に載せられる, の上

▼ い目つき~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ い相違~ (3, 0.0%)

1 のある, はない, を思い比べ

▼ い真黒~ (3, 0.0%)

1 な六十爺さん, な剽軽, な瞳

▼ い眼つき~ (3, 0.0%)

1 に戻っ, をし, をもする

▼ い~ (3, 0.0%)

2 のすぐまのあたり 1 が垂れ

▼ い知人~ (3, 0.0%)

1 の二三人, の家, を訪ね

▼ い石垣~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ い石門~ (3, 0.0%)

1 の下, を潜っ, を潜つて

▼ い砂地~ (3, 0.0%)

1 の縞, はカンバス, を露わし

▼ い~ (3, 0.0%)

2 に住む 1 の前

▼ い程度~ (3, 0.0%)

1 の不眠, の懷疑主義, の知識

▼ い種々~ (3, 0.0%)

1 の人間, の境遇, の面影

▼ い空虚~ (3, 0.0%)

1 であ, ほど惨め, を紛らす

▼ い~ (3, 0.0%)

1 から人, のやう, を展ら

▼ い~ (3, 0.0%)

2 の前 1 を背負っ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の先, の柄

▼ い笑い声~ (3, 0.0%)

1 が洩れ聞えた, が起る, と交っ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と太鼓, をとり出した, を鳴らし

▼ い~ (3, 0.0%)

1 へはありません, へもありません, をした

▼ い箇所~ (3, 0.0%)

1 があれ, に小さな, も多い

▼ い~ (3, 0.0%)

1 です, とも誂えかね, と暖

▼ い約束~ (3, 0.0%)

1 がし, で泊つた, をむすんだ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 を結んだ, を釈き, 結んで

▼ い~ (3, 0.0%)

1 との鱗形, の小さな, の絹外套

▼ い細引~ (3, 0.0%)

1 が縛, や手頃, を首

▼ い結構~ (3, 0.0%)

1 だとは, だ子供, な御新造様

▼ い~ (3, 0.0%)

1 して, も客人たち, も思い思い

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に溶け合っ, は熱い, を傾け

▼ い~ (3, 0.0%)

1 には一面, の匂, を感じる

▼ い肺病~ (3, 0.0%)

1 でこの, で亡くな, で死ん

▼ い~ (3, 0.0%)

1 のあたり, を, 突き合せて

▼ い~ (3, 0.0%)

2 がし 1 ひに

▼ い興奮~ (3, 0.0%)

1 して, の渦, の色

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が暴風, の中, の出帆

▼ い芝生~ (3, 0.0%)

1 があり, もかうし, を前

▼ い花子~ (3, 0.0%)

1 が来, が面白い, の思ふ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と埃, の一ぱい, の生えた

▼ い苦痛~ (3, 0.0%)

1 がわし, が無かっ, の表情

▼ い~ (3, 0.0%)

1 と思はれる, に, の束

▼ い落葉~ (3, 0.0%)

1 が落葉, の籠, は踏む

▼ い~ (3, 0.0%)

1 などが浮き, に包まれ, に抱かれ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が螫, だな, の畜生

▼ い血汐~ (3, 0.0%)

1 が体, に眼鼻, のなか

▼ い行く~ (3, 0.0%)

1 とこ見たいう, とも何, 必要も

▼ い衣服~ (3, 0.0%)

1 だよ, の入, を着

▼ い衣類~ (3, 0.0%)

3 きて

▼ い表面~ (3, 0.0%)

1 の虚偽, は何事, は勘当

▼ い装飾~ (3, 0.0%)

1 でなければ, のある, をいつの間にか

▼ い裏庭~ (3, 0.0%)

1 から吹い, にむかし林檎, の崩れかけた

▼ い視線~ (3, 0.0%)

1 を凝らし, を送っ, を配り始めた

▼ い言葉づかい~ (3, 0.0%)

1 するところ, で聞く, はその

▼ い記事~ (3, 0.0%)

1 が日毎, である, を書いた

▼ い評判~ (3, 0.0%)

1 が立つ, にも構はず, はなく

▼ い~ (3, 0.0%)

1 だ, を仮り, を引き居る

▼ い調和~ (3, 0.0%)

1 と賢い, の境地, を保っ

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が幾條, の下, をへだてた

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が光る, の罐詰工場, や石

▼ い貴い~ (3, 0.0%)

1 これまで, 人まで, 樹である

▼ い足音~ (3, 0.0%)

1 がし, が聞え, が聞えた

▼ い~ (3, 0.0%)

1 が悪い, は分りません, を歸ツ

▼ い身分~ (3, 0.0%)

1 でございました, でもない, のいい

▼ い~ (3, 0.0%)

1 に生れ替つ, や時々, を抱いた

▼ い~ (3, 0.0%)

1 の形, を作っ, を描い

▼ い~ (3, 0.0%)

1 だと, に一人, の橋

▼ い~ (3, 0.0%)

1 バラバラ繰り拡げ, 緊張した, 読んで

▼ い返し~ (3, 0.0%)

1 に女中, をした, を喰

▼ い~ (3, 0.0%)

21 ひ廻り伐ちて

▼ い遂に~ (3, 0.0%)

1 政治社会一般の, 決心し, 自分までが

▼ い道具~ (3, 0.0%)

1 を其處, を取りそろえ, を携える

▼ い遠く~ (3, 0.0%)

1 い行きたい, い飛んだ鴎, の海

▼ い~ (3, 0.0%)

1 しなければ, つ払, の舌

▼ い重味~ (3, 0.0%)

1 で今にも, のある, を胸

▼ い金物~ (3, 0.0%)

1 が打った, の匂い, を打ち

▼ い錦絵~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 をひろげ

▼ い間違い~ (3, 0.0%)

1 だぜ, とは云い, はございませぬ

▼ い関係~ (3, 0.0%)

1 からし, になっ, をつづけ

▼ い陽氣~ (3, 0.0%)

1 だ, な性質, のせゐでありませうそれ

▼ い階子段~ (3, 0.0%)

1 を上がる, を二つづつ飛, を威勢

▼ い隙間~ (3, 0.0%)

1 からぢ, から少く, なの

▼ い難儀~ (3, 0.0%)

1 をし, をつかまつりました, を救っ

▼ い雨脚~ (3, 0.0%)

1 から三人, が煙つて, でかけぬけた

▼ い電燈~ (3, 0.0%)

2 の灯 1 を消し

▼ い頂上~ (3, 0.0%)

2 に點 1 でしょう

▼ い頭髪~ (3, 0.0%)

1 の中, を持っ, を長く

▼ い顏色~ (3, 0.0%)

1 などのなか, の青い, をし

▼ い養子~ (3, 0.0%)

2 やな 1 の幸吉

▼ い駕籠~ (3, 0.0%)

1 が着い, に付き添い, 止めい

▼ い~ (3, 0.0%)

1 さで, さにまで, 壁を

▼ い~ (3, 0.0%)

1 がアラカタ, にならなけれ, をたくさん

▼ い~ (3, 0.0%)

1 ならば, の啼き, の肉

▼ い~ (3, 0.0%)

1 どうした, の衣装, べい

▼ いあすこ~ (2, 0.0%)

1 にとぐろ, にゃ隠居

▼ いあちら~ (2, 0.0%)

1 にもこちら, へ

▼ いあっし~ (2, 0.0%)

1 だけの推量, でございますよ

▼ いあの世~ (2, 0.0%)

2 のさ

▼ いある~ (2, 0.0%)

1 点で, 筋より

▼ いいいえ~ (2, 0.0%)

1 この一月, 気の毒な

▼ いいざ~ (2, 0.0%)

2 となれ

▼ いいつ~ (2, 0.0%)

1 でん見えとる, 酔うた

▼ いいつか~ (2, 0.0%)

1 の一件, の夜

▼ いいのち~ (2, 0.0%)

1 がちぢまった, の御

▼ いいま~ (2, 0.0%)

1 へなん, また関興

▼ いいまさら~ (2, 0.0%)

1 だましや, 夜迷言を

▼ いいろいろ~ (2, 0.0%)

1 の心, 様々の

▼ いうた~ (2, 0.0%)

1 であらう, ならば

▼ い~ (2, 0.0%)

1 あの御門, 兄い

▼ いえら~ (2, 0.0%)

1 そうな, 硫黄臭い

▼ いえらい~ (2, 0.0%)

1 やつに, 宝や

▼ いえらく~ (2, 0.0%)

1 悄気てる, 油あ

▼ いおいで~ (2, 0.0%)

1 なさいまし, になる

▼ いおかげ~ (2, 0.0%)

1 でお前さん, で夕飯

▼ いおかしい~ (2, 0.0%)

1 なだって, のでし

▼ いおだやか~ (2, 0.0%)

1 な幻影, に云った

▼ いお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 が枕橋, のたより

▼ いお客さま~ (2, 0.0%)

1 でも, にさし上げよう

▼ いお次~ (2, 0.0%)

2 もさう

▼ いお母さん~ (2, 0.0%)

1 って泣い, て泣い

▼ いお湯~ (2, 0.0%)

1 でどうも, のあふれる

▼ いお願い~ (2, 0.0%)

1 でございます急ぎ, を致しました

▼ いかく~ (2, 0.0%)

1 なる上, 成つてから

▼ いかしく~ (2, 0.0%)

2 高く棟さ

▼ いかと~ (2, 0.0%)

1 云ふと, 聞くと

▼ いかに~ (2, 0.0%)

1 せばかも, 大い

▼ いからか~ (2, 0.0%)

2 ひ笑み

▼ いからとか~ (2, 0.0%)

1 七面鳥の, 何とか言つて

▼ いからね~ (2, 0.0%)

1 お父さんなどは, 実はあの

▼ いからは~ (2, 0.0%)

1 我の, 自由だった

▼ いがけ~ (2, 0.0%)

1 なくお, なくまた

▼ いがたく~ (2, 0.0%)

1 意識し, 露出し

▼ いがな~ (2, 0.0%)

1 お前は, 其熱い

▼ いきれい~ (2, 0.0%)

1 な余韻, な俳優

▼ いぎりすの~ (2, 0.0%)

1 或る, 老貴族

▼ いぎりす紳士~ (2, 0.0%)

1 と, ということ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ゐいく, ゐいりりり

▼ いくに~ (2, 0.0%)

1 からつれ, に堪忍

▼ いぐらい~ (2, 0.0%)

1 だ, だよ

▼ いぐらいは~ (2, 0.0%)

1 小屋の, 結構死ん

▼ いぐる~ (2, 0.0%)

1 しいの, しくさせた

▼ い~ (2, 0.0%)

2 なりい

▼ いけち~ (2, 0.0%)

1 な根性, な男

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ねえよう, ん殺せ

▼ いこくっ~ (2, 0.0%)

1 た, てくれっ

▼ いこそ~ (2, 0.0%)

1 すれ古典的, 秀吉が

▼ いことぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やア

▼ いさかり~ (2, 0.0%)

1 のこの, の人たち

▼ いさら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐは

▼ いさら小川~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ いさ七八尺~ (2, 0.0%)

1 もあらう, もあろう

▼ いざま~ (2, 0.0%)

1 をみろ, を見ろ

▼ いざよひの池水~ (2, 0.0%)

2 にいと

▼ いざよひの波~ (2, 0.0%)

2 も重き

▼ いしつこく~ (2, 0.0%)

1 もちかけて, 持ちかけて

▼ いしぶき~ (2, 0.0%)

1 がとびかかる, をあげ

▼ いじつに~ (2, 0.0%)

1 おそろしいさわぎ, すばらしい景色

▼ いすみません~ (2, 0.0%)

1 でしたと, です

▼ いすら~ (2, 0.0%)

1 える, へるよりか

▼ いずるい~ (2, 0.0%)

1 き, 事を

▼ いせめて~ (2, 0.0%)

1 吉原の, 親御の

▼ いそち~ (2, 0.0%)

1 の雪月花, は磯屋五兵衛

▼ いそっくり~ (2, 0.0%)

1 だ, 鼓賊な

▼ いそのかみ~ (2, 0.0%)

1 古きむかし, 古りし若

▼ いその後~ (2, 0.0%)

1 しばらくし, ずっと甲州

▼ いそん~ (2, 0.0%)

1 ならえらい, なら帰らなければ

▼ いぞろぞろ~ (2, 0.0%)

1 とつづい, と編笠

▼ いたちさん~ (2, 0.0%)

1 がおなら, に

▼ いたった~ (2, 0.0%)

1 あれっぽ, 一人彼の

▼ いたる~ (2, 0.0%)

1 が妻君一, が小山

▼ いだけが~ (2, 0.0%)

1 漂って, 潰されずに

▼ いだった~ (2, 0.0%)

1 のだ, のは

▼ いだって~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 国を

▼ いちだい~ (2, 0.0%)

1 たつて, の面目

▼ いちっとも~ (2, 0.0%)

1 存じませんが, 知らなかった

▼ いちゃん~ (2, 0.0%)

1 に話す, は

▼ いちょい~ (2, 0.0%)

1 と貴方此, と顔

▼ いぢめられつ兒~ (2, 0.0%)

1 が泣き, のやう

▼ いったらしく~ (2, 0.0%)

1 カテリーナ・イワーノヴナは, 思われます

▼ いってな~ (2, 0.0%)

1 あそんで, うまいこと

▼ いつき~ (2, 0.0%)

1 に梯子段, はしません

▼ いつた人~ (2, 0.0%)

1 の中, の話

▼ いつた者~ (2, 0.0%)

1 が偶然, に一層

▼ いつた話~ (2, 0.0%)

1 も出来ない, 何となく生き

▼ いつて人~ (2, 0.0%)

1 が出る, に見せる

▼ いつて差支~ (2, 0.0%)

1 へありません, へない

▼ いつや~ (2, 0.0%)

1 の, のん

▼ いつゆ~ (2, 0.0%)

1 が流れ, 空に

▼ いつれ~ (2, 0.0%)

1 の人, も國

▼ いづち向き~ (2, 0.0%)

2 行く

▼ いづち行き~ (2, 0.0%)

2 けん

▼ いづるゆと~ (2, 0.0%)

2 言うた

▼ いづれかにあるとばかり思つて~ (2, 0.0%)

2 いらつし

▼ いづれもうれしいが~ (2, 0.0%)

2 とりわけて

▼ いてからも~ (2, 0.0%)

1 ひどいと, 大晦日の

▼ いてすらも~ (2, 0.0%)

1 きのう今日は, 蒸発は

▼ いてという~ (2, 0.0%)

1 ような, 気分に

▼ いてとも~ (2, 0.0%)

1 倒れから, 思う心

▼ いてに~ (2, 0.0%)

1 かわやに, はかには

▼ いてのう~ (2, 0.0%)

1 云うの, 後生楽な

▼ いてめえ~ (2, 0.0%)

1 がベソ, は

▼ いてもと~ (2, 0.0%)

1 云う心, 周囲が

▼ いてもは~ (2, 0.0%)

1 ゐれない虫, アと

▼ いであっ~ (2, 0.0%)

1 て之, て特別仕立て

▼ いであり~ (2, 0.0%)

1 あらゆる手段, こっちは

▼ いですが~ (2, 0.0%)

1 そこには, 若し停車場

▼ いでもの~ (2, 0.0%)

1 事なれ, 見せん

▼ いとかいう~ (2, 0.0%)

1 ことは, やつを

▼ いとかに~ (2, 0.0%)

1 あおいだ, 貴公子の

▼ いとし子~ (2, 0.0%)

1 の敦忠, を我が身

▼ いとでも~ (2, 0.0%)

1 おっしゃること, 云つて來られ

▼ いどから~ (2, 0.0%)

1 いって, 応援

▼ いどころか~ (2, 0.0%)

1 あつつ, この頃

▼ いどっさり~ (2, 0.0%)

2 取って

▼ いどなた様~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃいます, も毎日相

▼ いなあと~ (2, 0.0%)

1 思う作家, 私も

▼ いなかなか~ (2, 0.0%)

1 寒いじゃ, 猾い

▼ いながらでも~ (2, 0.0%)

1 お孝, そのながめ

▼ いなぞ~ (2, 0.0%)

1 といふの, と数々

▼ いなどから~ (2, 0.0%)

1 修練いたし, 判断した

▼ いなどといふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 好興

▼ いなどの~ (2, 0.0%)

1 しらべに, 繪が

▼ いなどは~ (2, 0.0%)

1 暗いうち, 青銭一枚出す

▼ いなに~ (2, 0.0%)

1 はあらず思へる, はあらぬいなぶ

▼ いなりと~ (2, 0.0%)

1 宣給ひぬ, 言わざるを

▼ いなんぞと~ (2, 0.0%)

1 苟めにも, 謂ふ

▼ いにく~ (2, 0.0%)

1 そうに, わんげいする

▼ いぬかるみ~ (2, 0.0%)

1 だが, である店鋪

▼ いはかげ~ (2, 0.0%)

2

▼ いはく嶺南人~ (2, 0.0%)

1 なり, 無仏性

▼ いはたして~ (2, 0.0%)

1 しまわなければ, 一文無しに

▼ いはて~ (2, 0.0%)

1 措かっしゃい, 措かつし

▼ いはやく~ (2, 0.0%)

1 国舅が, 火焔独楽の

▼ いばかりが~ (2, 0.0%)

1 つづいて, 繍帳に

▼ いばっかりに~ (2, 0.0%)

1 叔母さんまで, 首を

▼ いひとり~ (2, 0.0%)

1 だけになっ, でございました

▼ いひどく~ (2, 0.0%)

1 娘がたの, 気味の

▼ いひろい~ (2, 0.0%)

2 野原の

▼ いふき~ (2, 0.0%)

2 もくも

▼ いへといふ~ (2, 0.0%)

2 処は

▼ いほどな~ (2, 0.0%)

1 提革鞄の, 眞蒼な

▼ いほんとう~ (2, 0.0%)

1 に寒気, に私

▼ いほんとに~ (2, 0.0%)

1 六百しか, 酒は

▼ いぼろぼろ~ (2, 0.0%)

1 になった, に朽ちかけた

▼ いまひ~ (2, 0.0%)

2 のひかり

▼ いまま~ (2, 0.0%)

1 に独り, に結局

▼ いまア~ (2, 0.0%)

1 といふ若い, 詰らん物

▼ いむろん~ (2, 0.0%)

2 インチキだった

▼ いもう宜~ (2, 0.0%)

2

▼ いやすい~ (2, 0.0%)

1 もので, ものらしい

▼ いやすく~ (2, 0.0%)

1 なかつただ, なると

▼ いやっぱり~ (2, 0.0%)

1 切り髪女, 満州さ行っ

▼ いやわらかい~ (2, 0.0%)

1 ものじゃ, 愛情の

▼ いゆき~ (2, 0.0%)

1 するかと, はばかり

▼ いよー~ (2, 0.0%)

1 本式に, 重衡

▼ いらあたり~ (2, 0.0%)

1 の小売り, の若い

▼ いらしったらいらしった~ (2, 0.0%)

2 でいい

▼ いらしった所~ (2, 0.0%)

1 でしたね, に違い

▼ いらしつた~ (2, 0.0%)

1 が黒い, 方ある

▼ いらつめ~ (2, 0.0%)

1 に心, を宮殿

▼ いら一めん~ (2, 0.0%)

1 に花, に見知らない

▼ いら立~ (2, 0.0%)

1 しいとも, せながら

▼ いわい~ (2, 0.0%)

2 なるかな

▼ いゑ何~ (2, 0.0%)

1 ね世話, よいお嬢様上り

▼ いゑ夫~ (2, 0.0%)

2 には及び

▼ いゑ貴君~ (2, 0.0%)

2 には聞

▼ い~ (2, 0.0%)

1 つはろうて, やいや

▼ いカアテン~ (2, 0.0%)

1 に例, や鏡

▼ いカド~ (2, 0.0%)

1 では鷄冠, で立ち働い

▼ いカルル~ (2, 0.0%)

1 が, がはじけれ

▼ いガレ~ (2, 0.0%)

1 が二つ許, を右

▼ いキチン~ (2, 0.0%)

1 と調つた顏, と調つた顔

▼ いクッション~ (2, 0.0%)

1 だと, に黒い

▼ いコントラスト~ (2, 0.0%)

1 である, で芸術

▼ いコーヒー~ (2, 0.0%)

1 とぜんざい, を呑ん

▼ いゼリー~ (2, 0.0%)

1 のよう, を思出

▼ いタイル~ (2, 0.0%)

1 にし, の浴槽

▼ いッくら~ (2, 0.0%)

1 でもこっち, でも殴ぐれ

▼ いッさん~ (2, 0.0%)

1 に狂者, に駈け

▼ いッせい~ (2, 0.0%)

1 に死のう, に襲いかかっ

▼ いトビアス~ (2, 0.0%)

2 やい

▼ い~ (2, 0.0%)

1 何処の, 親分

▼ いヒステリー~ (2, 0.0%)

1 で御座いまして, の夫人

▼ いホテル~ (2, 0.0%)

1 に泊っ, まで銜えこみ

▼ いリボン~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ い一体~ (2, 0.0%)

1 あなたは, 客を

▼ い一寸~ (2, 0.0%)

1 たったらその, 立ち合って

▼ い一度~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は大

▼ い一旦~ (2, 0.0%)

1 の憤り, 封印を

▼ い一歩~ (2, 0.0%)

1 の手前, を踏み出そう

▼ い一生~ (2, 0.0%)

1 といふも知つて, を送る

▼ い一瞬~ (2, 0.0%)

1 がまったく, のうち

▼ い一線~ (2, 0.0%)

1 に辷っ, の上

▼ い万豊~ (2, 0.0%)

2 の体躯

▼ い三人~ (2, 0.0%)

1 でひさしぶり, の男

▼ い三助~ (2, 0.0%)

1 がいた, がゐた

▼ い三昧~ (2, 0.0%)

1 に暮し, を続け

▼ い三疊~ (2, 0.0%)

1 に件, に泊り込ん

▼ い上り~ (2, 0.0%)

1 から外, も飛び

▼ い上等~ (2, 0.0%)

1 のウーステッド, の酒

▼ い下心~ (2, 0.0%)

1 があった, は私

▼ い下着~ (2, 0.0%)

1 に水, をさし入れ

▼ い不可思議~ (2, 0.0%)

1 な様子, をジャヴェル

▼ い不得要領~ (2, 0.0%)

2 な空

▼ い不快~ (2, 0.0%)

1 と嫉妬, を感じ

▼ い不意~ (2, 0.0%)

1 に, にまた

▼ い不機嫌~ (2, 0.0%)

1 でございますとも, な顔

▼ い且つ~ (2, 0.0%)

1 奇怪な, 漲る中

▼ い~ (2, 0.0%)

1 を心配, 水は

▼ い乃公~ (2, 0.0%)

1 はモウ, を甘く

▼ い乳房~ (2, 0.0%)

1 を含ん, を青白い

▼ い乳首~ (2, 0.0%)

1 のやう, の感触

▼ い事ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, や無し

▼ い事世話~ (2, 0.0%)

2 になつた家

▼ い事柄~ (2, 0.0%)

1 なの, を他人

▼ い事業~ (2, 0.0%)

1 に暇々, の新しい

▼ い事赤尾~ (2, 0.0%)

2 の彦

▼ い二万~ (2, 0.0%)

1 や三万, をこえる

▼ い二十歳~ (2, 0.0%)

1 の肉体, の青年

▼ い二度~ (2, 0.0%)

1 の手術, も三度

▼ い交際~ (2, 0.0%)

1 い知らず, をし

▼ い人倫~ (2, 0.0%)

2 に悖る

▼ い人影~ (2, 0.0%)

1 が庭木, が彼

▼ い人込~ (2, 0.0%)

2 の温気

▼ い人通り~ (2, 0.0%)

1 が尨大, はまず絶えず

▼ い人間的~ (2, 0.0%)

1 な協調, な味

▼ い人類~ (2, 0.0%)

1 の泉, の活動

▼ い~ (2, 0.0%)

1 あり義, が御座いまし

▼ い仄か~ (2, 0.0%)

1 な光, な闇

▼ い今度~ (2, 0.0%)

1 は逃さねえ, は間違

▼ い今朝~ (2, 0.0%)

1 の阿野廉子, は殿

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のよう, の道

▼ い仕合~ (2, 0.0%)

2 でございまする

▼ い仕様~ (2, 0.0%)

1 がない, のねえ

▼ い仕草~ (2, 0.0%)

1 で飯尾さん, をその

▼ い他人~ (2, 0.0%)

1 のの, の眼

▼ い付き~ (2, 0.0%)

1 大いに困らす, 次第に雑言

▼ い~ (2, 0.0%)

1 であ, は要らぬ

▼ い以上~ (2, 0.0%)

1 の余裕, の奴隷生活

▼ い企ら~ (2, 0.0%)

1 みしかも, みも

▼ い会釈~ (2, 0.0%)

1 をし, をなし

▼ い位柱~ (2, 0.0%)

2 でも鴨居

▼ い位置~ (2, 0.0%)

1 であつ, にまで自分

▼ い何だ~ (2, 0.0%)

1 い何, イ

▼ い何れ~ (2, 0.0%)

1 の品物, ほどの疑い

▼ い何物~ (2, 0.0%)

1 かを身, も目

▼ い侮辱~ (2, 0.0%)

1 の念, を受けた

▼ い信仰~ (2, 0.0%)

1 ではない, を大

▼ い信長~ (2, 0.0%)

1 だった, のきげん

▼ い俯向~ (2, 0.0%)

1 いて, かなけれ

▼ い俳優~ (2, 0.0%)

1 であるが, の自筆

▼ い~ (2, 0.0%)

1 り立たし, り立たす

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に動かされた, へ廻っ

▼ い儀式~ (2, 0.0%)

1 をまざまざ, を張らね

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に争った, を云い

▼ い~ (2, 0.0%)

1 は侍, 祿の

▼ い元気~ (2, 0.0%)

1 のよ, を清い

▼ い兄弟~ (2, 0.0%)

1 ですよ, のやう

▼ い兄弟一緒~ (2, 0.0%)

2 に寄越す

▼ い先刻~ (2, 0.0%)

1 から野良犬, の様

▼ い全体~ (2, 0.0%)

1 に及ぼす, の恰好

▼ い八先刻~ (2, 0.0%)

2 から見

▼ い六尺許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ い六畳~ (2, 0.0%)

1 で床, の煤け

▼ い六疊~ (2, 0.0%)

1 で床, の部屋

▼ い兵隊靴~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ い其店~ (2, 0.0%)

2 の嬶

▼ い内容~ (2, 0.0%)

1 は私, をしか有

▼ い内面~ (2, 0.0%)

1 へ充分, を下

▼ い冒険~ (2, 0.0%)

1 が旅, でもどんな

▼ い出会い~ (2, 0.0%)

1 の追憶, をとある

▼ い~ (2, 0.0%)

1 とう列, になっ

▼ い初め~ (2, 0.0%)

1 から今, まして愚老

▼ い初日の出~ (2, 0.0%)

2 を拜みたいもの

▼ い別嬪~ (2, 0.0%)

1 だよ, の画

▼ い利己主義者~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ い制度~ (2, 0.0%)

1 に束縛, をもつ

▼ い前兆~ (2, 0.0%)

1 と申せ, のやう

▼ い前途~ (2, 0.0%)

1 にか, を見出す

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ひ居るかも, 検事長も

▼ い割合~ (2, 0.0%)

1 に少, に混じ

▼ い劇場~ (2, 0.0%)

1 の廊下, へ見物

▼ い努力~ (2, 0.0%)

1 と結合, や作為

▼ い労働~ (2, 0.0%)

1 をつ, を続けなけれ

▼ い勝手~ (2, 0.0%)

1 にしろ, に恨まれい

▼ い勤番~ (2, 0.0%)

1 の木村, は障子

▼ い匕首~ (2, 0.0%)

1 の鞘, らしく單衣

▼ い化粧~ (2, 0.0%)

1 が出来たら, の香

▼ い医者~ (2, 0.0%)

1 なんかだめ, の手

▼ い區域~ (2, 0.0%)

1 にも霧, に悉く

▼ い十二月~ (2, 0.0%)

1 の朝, の風

▼ い千束町~ (2, 0.0%)

1 に一日, の家

▼ い半鐘~ (2, 0.0%)

1 がヂヤンヂヤン, であつ

▼ い半面~ (2, 0.0%)

1 の所有者, を浸し

▼ い卓子~ (2, 0.0%)

1 を挾ん, 黒ずんだ植木

▼ い南向き~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の温か

▼ い南蛮~ (2, 0.0%)

1 とか申す, の短筒

▼ い~ (2, 0.0%)

1 衣に, 衣を

▼ い厚い~ (2, 0.0%)

1 男が, 肩を

▼ い原野~ (2, 0.0%)

1 に日, の夕暮れ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 だから, に真に

▼ い友人~ (2, 0.0%)

1 から呼び止められた, としてはあの

▼ い友人達~ (2, 0.0%)

1 からは, にはことに

▼ い反射~ (2, 0.0%)

1 はなく, を燦

▼ い反省~ (2, 0.0%)

1 が起つた, といったよう

▼ い叔母~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ い取り~ (2, 0.0%)

1 から呼吸, をし

▼ い取扱い~ (2, 0.0%)

1 はしなかつた, を受け

▼ い叫喚~ (2, 0.0%)

1 とともに打ち倒れた, の渦

▼ い可愛~ (2, 0.0%)

1 がって, げな

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が白眼, の手

▼ い合唱~ (2, 0.0%)

1 して, を響かせました

▼ い名ア~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ い向き~ (2, 0.0%)

1 でなかった, に配置

▼ い呉羽~ (2, 0.0%)

1 之介, 之介どの

▼ い和歌~ (2, 0.0%)

1 には一向, を詠み

▼ い哉彼~ (2, 0.0%)

1 の手, は大

▼ い哉木蓮屁茶居士~ (2, 0.0%)

1 など, などというの

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が聞え, でありますけれども

▼ い商人~ (2, 0.0%)

1 と結託, の細君

▼ い問屋~ (2, 0.0%)

1 でもさう, で卸さない

▼ い善い~ (2, 0.0%)

1 お客だ, 事だ

▼ い善報厚酬~ (2, 0.0%)

1 をも得度, を得度い

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をしめつける, を鳴らし

▼ い喬木~ (2, 0.0%)

1 であった, でも心

▼ い~ (2, 0.0%)

1 べもの, ませ骨髄

▼ い~ (2, 0.0%)

1 は決して, をつい

▼ い~ (2, 0.0%)

1 だのなん, と刃物

▼ い四人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の姉たち

▼ い四月~ (2, 0.0%)

1 の日光, の末

▼ い四肢~ (2, 0.0%)

1 が直接, の所有者

▼ い因縁~ (2, 0.0%)

1 が附き, とは何ん

▼ い国民~ (2, 0.0%)

1 の中, の栄誉

▼ い土塀~ (2, 0.0%)

1 の外, 丁度人肌地藏

▼ い地獄~ (2, 0.0%)

1 には乗りつけ, の扉

▼ い地肌~ (2, 0.0%)

1 を見せ, 真新

▼ い地響~ (2, 0.0%)

2 をさせ

▼ い坊主~ (2, 0.0%)

1 であつ, のくせ

▼ い埃塵~ (2, 0.0%)

1 が北国, を吹きつけ

▼ い執着~ (2, 0.0%)

1 の凝塊, をもつ

▼ い報告~ (2, 0.0%)

1 をこもごも, をしなけれ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の夕陽, まで見えた

▼ い境地~ (2, 0.0%)

1 へ踏み込みたくない, をくぐっ

▼ い境遇~ (2, 0.0%)

1 にゐ, を見

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が二基, と向い合っ

▼ い墓場~ (2, 0.0%)

1 の入口, の大

▼ い壓力~ (2, 0.0%)

1 で雨, とは兎

▼ い~ (2, 0.0%)

2 い婢

▼ い声音~ (2, 0.0%)

1 で, とであった

▼ い夏空~ (2, 0.0%)

1 の下, を見入った

▼ い夕方~ (2, 0.0%)

1 ですね, の風

▼ い夕燒~ (2, 0.0%)

2 け空

▼ い夕闇~ (2, 0.0%)

1 に白毫, のあたり

▼ い夕陽~ (2, 0.0%)

1 の影, はどんより

▼ い外套~ (2, 0.0%)

1 の裾, を着込む

▼ い夜着~ (2, 0.0%)

1 とを恵ん, に射

▼ い夢中~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり

▼ い大地~ (2, 0.0%)

1 の不思議, を戀

▼ い大工~ (2, 0.0%)

1 でございますとも, や諸

▼ い大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 だよ, で掻き集められる

▼ い大柄~ (2, 0.0%)

1 な子, の男子

▼ い大火~ (2, 0.0%)

1 がありました, や破壊的

▼ い大臣~ (2, 0.0%)

1 が御所, をし

▼ い大阪~ (2, 0.0%)

1 にはお, の方

▼ い天下~ (2, 0.0%)

1 のため, の太

▼ い天使~ (2, 0.0%)

1 がときどき, のよう

▼ い天然~ (2, 0.0%)

2 の研究場

▼ い太夫~ (2, 0.0%)

1 が居らぬ, の位

▼ い失敗~ (2, 0.0%)

1 して, しても

▼ い奉公人~ (2, 0.0%)

1 も大勢, を使っ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 には千兩箱, のところ

▼ い女中~ (2, 0.0%)

1 が干柿, が来

▼ い女優~ (2, 0.0%)

1 が出, には誰彼

▼ い奴許~ (2, 0.0%)

1 りだから, り集るん

▼ い好奇心~ (2, 0.0%)

1 だけに倚, に動かされ

▼ い如何にも~ (2, 0.0%)

1 あるが, 獸めいた

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の器量, を振り捨て

▼ い~ (2, 0.0%)

1 だ姦, を置い

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がお, を切

▼ い婆さま~ (2, 0.0%)

1 かよう, でございます

▼ い婚礼~ (2, 0.0%)

1 が頭脳, の門口

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に行けへん, もさぞ

▼ い嬢様~ (2, 0.0%)

1 がその, と嫁

▼ い学校~ (2, 0.0%)

1 の建物, へ出かける

▼ い学生~ (2, 0.0%)

1 が集つて, は答えた

▼ い学者~ (2, 0.0%)

1 が集っ, になっ

▼ い官費旅行~ (2, 0.0%)

2 の東京見物

▼ い宝珠~ (2, 0.0%)

1 のばあさん, のよう

▼ い実質~ (2, 0.0%)

2 を備えたらしく立ち現われる

▼ い実際~ (2, 0.0%)

1 寒くなっ, 的の

▼ い宣言~ (2, 0.0%)

1 に関係, をする

▼ い家中~ (2, 0.0%)

1 ではとかく, の部屋

▼ い家庭~ (2, 0.0%)

1 がある, では無い

▼ い容易~ (2, 0.0%)

1 な仕事, に志

▼ い富士~ (2, 0.0%)

1 へ参ります, を見る

▼ い寝汗~ (2, 0.0%)

1 が流れた, で

▼ い尊い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 物に

▼ い小僧~ (2, 0.0%)

1 だらう, の云う

▼ い小児~ (2, 0.0%)

1 の罰, は学校

▼ い小川~ (2, 0.0%)

1 の水面, の流れ

▼ い小柄~ (2, 0.0%)

2 な女

▼ い小鳥~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のかげ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 因縁深けれ, 寧王の

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ちゃア, ては今萬屋

▼ い~ (2, 0.0%)

1 を押, を持つた

▼ い展望~ (2, 0.0%)

1 に詩人的, を可能

▼ い山ふところ~ (2, 0.0%)

1 に登りつめる, の香

▼ い山風~ (2, 0.0%)

1 がみつしり, が吹きつけ

▼ い岩肌~ (2, 0.0%)

1 の冷気, を光らせ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の流, を蹴破っ

▼ い島田~ (2, 0.0%)

1 が幾度, の女中

▼ い島田髷~ (2, 0.0%)

1 さえ崩れ, をいただく

▼ い崖道~ (2, 0.0%)

1 を上下, を歩い

▼ い巡礼~ (2, 0.0%)

1 と云え, の娘

▼ い巨人~ (2, 0.0%)

1 が俺, の扮装

▼ い~ (2, 0.0%)

1 は歴史, をつけ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に親戚

▼ い~ (2, 0.0%)

1 と着物, の下

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がマリイ・ルネルウ, でございましたこと

▼ い平地~ (2, 0.0%)

1 に三四軒, に出た

▼ い平次~ (2, 0.0%)

1 の家, の聲

▼ い平野丈~ (2, 0.0%)

2 に何ら

▼ い年配~ (2, 0.0%)

1 ですが, の女

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に誰, ひに

▼ い幽霊~ (2, 0.0%)

1 か, の復讐

▼ い広い~ (2, 0.0%)

1 河に, 部屋へ

▼ い広場~ (2, 0.0%)

1 や白い, や空地

▼ い床の間~ (2, 0.0%)

1 つんで, の掛け軸

▼ い~ (2, 0.0%)

1 から白い, の泥

▼ い座席~ (2, 0.0%)

1 がこ, にひとり

▼ い~ (2, 0.0%)

1 い桃畑, い海

▼ い廻り合せ~ (2, 0.0%)

1 だつたの, でせう

▼ い弥生~ (2, 0.0%)

1 の掠れた, をみとめ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 さ弱, そうな

▼ い強い~ (2, 0.0%)

1 狂犬が, 磁力を

▼ い弾丸~ (2, 0.0%)

1 に中らない, に始終

▼ い役者~ (2, 0.0%)

1 のある, を泊め

▼ い彼等~ (2, 0.0%)

1 でも気, の墓石

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ってまいりましょう, といでやす

▼ い往き~ (2, 0.0%)

1 とどまるもの, 掘りて

▼ い待遇~ (2, 0.0%)

2 を受けたなら

▼ い従って~ (2, 0.0%)

1 夏に, 真逆荷車

▼ い御歌~ (2, 0.0%)

1 をうたう, をうたった

▼ い御言~ (2, 0.0%)

2 が下りました

▼ い御諚~ (2, 0.0%)

1 がございました, ですが

▼ い微生物~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の群

▼ い心持さうに~ (2, 0.0%)

1 こんな事, 立ち去つた後

▼ い心配~ (2, 0.0%)

1 かけたな, をかけた

▼ い必死~ (2, 0.0%)

1 に夫, の気持

▼ い快活~ (2, 0.0%)

1 なもの, な調子

▼ い~ (2, 0.0%)

1 なの, も無く

▼ い思つて~ (2, 0.0%)

1 な, ゐた

▼ い思想~ (2, 0.0%)

1 であらう, であろう

▼ い思慮~ (2, 0.0%)

2 が不意

▼ い~ (2, 0.0%)

1 な梯子段, に

▼ い性格~ (2, 0.0%)

1 が第, に変化

▼ い怪談~ (2, 0.0%)

1 じみた出来事, をいたし

▼ い恐い~ (2, 0.0%)

1 あの奴, 目に

▼ い恥辱~ (2, 0.0%)

1 のよう, を受け

▼ い恨み~ (2, 0.0%)

1 がある, の満ち満ちた

▼ い息づかい~ (2, 0.0%)

2 でまるで

▼ い悩み~ (2, 0.0%)

1 からぬけいで, に囚

▼ い悪魔~ (2, 0.0%)

1 がひそん, の姿め

▼ い情味~ (2, 0.0%)

2 が胸一ぱい

▼ い情緒~ (2, 0.0%)

1 で粉飾, をもっ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がある, でお

▼ い愚痴~ (2, 0.0%)

1 やら未練, をこぼし

▼ い愛撫~ (2, 0.0%)

1 の御, の言葉

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をお, をし

▼ い慾情~ (2, 0.0%)

1 などがマザマザ, に変っ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 しむの, に抱擁

▼ い懺悔~ (2, 0.0%)

1 すること, の涙

▼ い成功~ (2, 0.0%)

1 ではない, となる

▼ い成熟~ (2, 0.0%)

1 した女, の過程

▼ い~ (2, 0.0%)

1 という一筋, ながら窶れ

▼ い戦い~ (2, 0.0%)

1 だ, に入る

▼ い~ (2, 0.0%)

1 れよりも, れるやう

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をしめこんでし, を開け

▼ い所業~ (2, 0.0%)

1 をする, をなさる

▼ い手の甲~ (2, 0.0%)

1 に唇, の皮膚

▼ い手もと~ (2, 0.0%)

1 で間違つて, で鰌

▼ い手兵~ (2, 0.0%)

2 を以て禦がせ

▼ い手品~ (2, 0.0%)

1 の助手, を見せる

▼ い手水~ (2, 0.0%)

1 を使, を使い

▼ い手触り~ (2, 0.0%)

1 に餓え, の茶碗

▼ い手足~ (2, 0.0%)

1 には極度, に幾所

▼ い扶持~ (2, 0.0%)

1 し力役事故, で勝手

▼ い批評~ (2, 0.0%)

1 できる彼等, を彼

▼ い~ (2, 0.0%)

1 るだって, るって

▼ い抗議~ (2, 0.0%)

1 はこの, を申込んだ

▼ い抱え~ (2, 0.0%)

1 も無い, を為なけれ

▼ い拙い~ (2, 0.0%)

1 にかかわらず, の問題

▼ い指先~ (2, 0.0%)

2 の太い

▼ い按摩~ (2, 0.0%)

1 がな, 取じゃ

▼ い挙動~ (2, 0.0%)

1 はしない, を示した

▼ い挽割飯~ (2, 0.0%)

2 と大根ッ葉

▼ い接吻~ (2, 0.0%)

1 のため, はまっぴら

▼ い揚々~ (2, 0.0%)

2 たる気持

▼ い~ (2, 0.0%)

2 えたり

▼ い攻撃~ (2, 0.0%)

2 を蒙つた

▼ い政府~ (2, 0.0%)

1 であろうとも, は替

▼ い~ (2, 0.0%)

1 専らその, 福を

▼ い故に~ (2, 0.0%)

1 我慾は, 群馬栃木二県の

▼ い教訓~ (2, 0.0%)

1 の趣意, を得

▼ い散々~ (2, 0.0%)

1 な目, にこなされ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ではありません, を算

▼ い敵意~ (2, 0.0%)

1 の変形, を持っ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の前後, は泉

▼ い文明~ (2, 0.0%)

1 の人間, の第

▼ い~ (2, 0.0%)

1 で酒ェ, にし

▼ い断崖~ (2, 0.0%)

1 の上, をなし

▼ い~ (2, 0.0%)

1 う云ったよう, る難儀

▼ い斯く~ (2, 0.0%)

1 あるべきだと, までの極端

▼ い新作~ (2, 0.0%)

2 を得せしめ

▼ い新聞~ (2, 0.0%)

1 には大きな, の切抜き

▼ い日本~ (2, 0.0%)

1 ではない, の内地

▼ い日蔭~ (2, 0.0%)

1 に在っ, をくぐっ

▼ い旦那方~ (2, 0.0%)

1 とは気がつかず, の前

▼ い早速~ (2, 0.0%)

1 お知らせ申します, 近づいて

▼ い昔構~ (2, 0.0%)

2

▼ い春風~ (2, 0.0%)

1 がふと, のなか

▼ い昨日~ (2, 0.0%)

1 の經驗, は夢

▼ い是非~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ い時刻~ (2, 0.0%)

1 になった, は先

▼ い時私~ (2, 0.0%)

2 はよく

▼ い晝飯~ (2, 0.0%)

1 にはひつ, をたべ

▼ い晩秋~ (2, 0.0%)

1 の頃, の風景画

▼ い晩飯~ (2, 0.0%)

1 の仕度, を濟

▼ い景観~ (2, 0.0%)

1 である, を呈する

▼ い智惠~ (2, 0.0%)

1 が苦, を搾

▼ い曇天~ (2, 0.0%)

1 で富士, の午後

▼ い書生~ (2, 0.0%)

1 や弟子, や弟子入り

▼ い最期~ (2, 0.0%)

1 であった, を遂げただろう

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がていこつた, 助今

▼ い望み~ (2, 0.0%)

1 だった, を起し

▼ い期待~ (2, 0.0%)

1 でその, は見事

▼ い木戸~ (2, 0.0%)

1 や土藏, を通りました

▼ い木立~ (2, 0.0%)

1 の緑, の茂み

▼ い本家~ (2, 0.0%)

1 の祖父, の表門

▼ い本当に~ (2, 0.0%)

1 危殆いところだった, 逢い度

▼ い本能~ (2, 0.0%)

1 からばかりなら, があっ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の木の葉, よりも繁く

▼ い材料~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を使っ

▼ い材木~ (2, 0.0%)

1 のはし, をその

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をなめた, 云うから

▼ い板橋~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を渡つ

▼ い林檎~ (2, 0.0%)

1 の木, を噛み

▼ い果して~ (2, 0.0%)

1 帰って, 終った

▼ い果たして~ (2, 0.0%)

1 は帰っ, 不足を

▼ い枯木~ (2, 0.0%)

1 に目, の林

▼ い柔かい~ (2, 0.0%)

1 夜着の, 顏に

▼ い柔らかい~ (2, 0.0%)

1 気もちに, 線の

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の中, の枝

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が少し, らしいカヌヌ・スタチオ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のない, を下ろし

▼ い根性~ (2, 0.0%)

1 だと, を真似

▼ い~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に載, の障子越

▼ い~ (2, 0.0%)

1 であるから, です

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の莟, 見日和

▼ い~ (2, 0.0%)

1 であつ, の実

▼ い棒切れ~ (2, 0.0%)

1 をもった, を両手

▼ い森林~ (2, 0.0%)

1 その到る, の奥

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に手製, のフタ

▼ い椅子~ (2, 0.0%)

1 は永遠, へ腰

▼ い椿~ (2, 0.0%)

1 の大樹, の枝

▼ い極熱~ (2, 0.0%)

2 の太陽

▼ い楽器~ (2, 0.0%)

1 がひどく面白かっ, の一つ

▼ い構え~ (2, 0.0%)

1 だ, の菓子屋

▼ い~ (2, 0.0%)

1 になつ, を流れる

▼ い横町~ (2, 0.0%)

1 にも入, を太兵衞

▼ い横顔~ (2, 0.0%)

1 は立ち, を盗み視る

▼ い~ (2, 0.0%)

1 があったら, に竿

▼ い~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が一枚, や髪針

▼ い~ (2, 0.0%)

2 の林

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の梢, や樫

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の瞬間, の血

▼ い欲望~ (2, 0.0%)

1 に駆られた, も盛ん

▼ い正月~ (2, 0.0%)

1 だと, の十日

▼ い正面~ (2, 0.0%)

1 から釜屋, に朱塗り

▼ い此方~ (2, 0.0%)

1 は陽, へお

▼ い武蔵~ (2, 0.0%)

1 が取入った, の肚ぐろいことをさんざん

▼ い歩み~ (2, 0.0%)

1 が橋, で走つた

▼ い歯並~ (2, 0.0%)

1 の奥, をキラメ

▼ い死体~ (2, 0.0%)

1 こそ捜索中, だぜ

▼ い殿様~ (2, 0.0%)

1 だと, を謝

▼ い~ (2, 0.0%)

1 な蛇いちご, のある

▼ い毒薬~ (2, 0.0%)

1 が傷口, が塗られ

▼ い気さ~ (2, 0.0%)

2 へする

▼ い気取り~ (2, 0.0%)

2 は最高

▼ い気品~ (2, 0.0%)

1 と香気, のある

▼ い気流~ (2, 0.0%)

1 そのなか, のました

▼ い気温~ (2, 0.0%)

1 が浅草中, に馴化

▼ い気立~ (2, 0.0%)

1 で末始終, の善い

▼ い氣さ~ (2, 0.0%)

2 へする

▼ い氣もち~ (2, 0.0%)

1 で自分, になつて

▼ い水底~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, に立派

▼ い水田~ (2, 0.0%)

2 と畠

▼ い水草~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の白く

▼ い水道~ (2, 0.0%)

1 だけ乾いた, の水

▼ い水邊~ (2, 0.0%)

1 のうすらあかり, のうすら明り

▼ い決心~ (2, 0.0%)

1 ですが, を持つ

▼ い沙汰~ (2, 0.0%)

1 だったなと, だと

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の枯蘆, よ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 だ, もある

▼ い泣き声~ (2, 0.0%)

1 や金切声, をきく

▼ い洋服~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ い活劇~ (2, 0.0%)

1 が捲き起る, を演じ

▼ い浮雲~ (2, 0.0%)

1 い彼女, を頂邊

▼ い海草~ (2, 0.0%)

1 のよう, をかぶり

▼ い液体~ (2, 0.0%)

1 が滲み出る, になった

▼ い深く~ (2, 0.0%)

1 感じられます, 読まれると

▼ い~ (2, 0.0%)

2 い溝

▼ い清吉今夜~ (2, 0.0%)

1 は酔い潰れろ, は酔ひ

▼ い清水~ (2, 0.0%)

1 が樋, が素早く

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が今, が巻き来

▼ い渦巻~ (2, 0.0%)

1 になつ, の力

▼ い温か~ (2, 0.0%)

2 な秋

▼ い湯殿~ (2, 0.0%)

1 に, には誰

▼ い湯気~ (2, 0.0%)

1 となっ, の形

▼ い源太親方~ (2, 0.0%)

2 が義理人情

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の底, は益々

▼ い漁師たち~ (2, 0.0%)

1 がはしゃぎ, の採る

▼ い~ (2, 0.0%)

1 となつて, な顏

▼ い濡れ縁~ (2, 0.0%)

1 があり, を踏ん

▼ い濡縁~ (2, 0.0%)

1 から三疊, があつ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がしろく, の名

▼ い瀬戸~ (2, 0.0%)

1 の間, を渡り

▼ い火事~ (2, 0.0%)

1 だよ, ならまあ

▼ い灰色~ (2, 0.0%)

1 の深い, の雲

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をうかうか, を一片

▼ い烈しい~ (2, 0.0%)

1 足音が, 風に

▼ い無き~ (2, 0.0%)

1 も, も同然

▼ い無口~ (2, 0.0%)

1 でそれで, な小柄

▼ い無数~ (2, 0.0%)

1 の巨大, の房

▼ い無用~ (2, 0.0%)

1 で又, の土木盛

▼ い無駄口~ (2, 0.0%)

1 であるに, はききますまい

▼ い煙草~ (2, 0.0%)

1 を吸いつけ, を買つて

▼ い熟睡~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の下, をともした

▼ い燐寸~ (2, 0.0%)

2 の燃えさし

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が飛ん, は陳文

▼ い爆音~ (2, 0.0%)

1 をひろげた, を上げ

▼ い爐邊~ (2, 0.0%)

1 でノンキ, には長い

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のある, はいつも

▼ い父上~ (2, 0.0%)

1 のお, の力

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ゑくぼが泛んで, 頬を

▼ い牛乳~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, にあてられ

▼ い物語~ (2, 0.0%)

1 と唄, を澤山

▼ い特徴~ (2, 0.0%)

1 は象牙, を示し

▼ い特質~ (2, 0.0%)

1 はある, を汚す

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が居る, は三輪

▼ い独身者~ (2, 0.0%)

1 でりっぱ, のところ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 になれ, の赤ちやん

▼ い玄關~ (2, 0.0%)

1 には洋燈, の側

▼ い玩具~ (2, 0.0%)

1 のよう, や父さん

▼ い珊瑚礁魚~ (2, 0.0%)

2 よりも更に

▼ い現実~ (2, 0.0%)

1 に見た, の自身

▼ い理解~ (2, 0.0%)

1 と評価, に對

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が幾つ, の或

▼ い環境~ (2, 0.0%)

1 につつまれ, の中

▼ い~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ い甚だ~ (2, 0.0%)

1 もって, 多き髪

▼ い生々~ (2, 0.0%)

1 した心, 不息

▼ い生徒~ (2, 0.0%)

1 だらう, でありませう然しながら

▼ い生涯~ (2, 0.0%)

1 だった, では農事

▼ い田圃~ (2, 0.0%)

1 のた, をお

▼ い田舎道~ (2, 0.0%)

1 だったから, へはいり込ん

▼ い~ (2, 0.0%)

1 なり, 又他

▼ い~ (2, 0.0%)

1 上げます, 聞かすこと

▼ い申し分~ (2, 0.0%)

1 が多い, ではある

▼ い男の子~ (2, 0.0%)

1 でしたよ, に限られ

▼ い男性的~ (2, 0.0%)

2 な顔色

▼ い町家~ (2, 0.0%)

1 の内部, の夕食

▼ い~ (2, 0.0%)

2 りました

▼ い畜生~ (2, 0.0%)

1 だと, だやい

▼ い痙攣~ (2, 0.0%)

1 の風, を感じ出したらしい

▼ い発作~ (2, 0.0%)

1 が起りまし, の特色

▼ い発達~ (2, 0.0%)

1 が成就, が行なわれ始めた

▼ い白ら雲~ (2, 0.0%)

2 が空ら一面

▼ い白痴~ (2, 0.0%)

1 の一念通り, の下男

▼ い白眼~ (2, 0.0%)

1 に流れ散っ, を据ゑた顏

▼ い白髪頭~ (2, 0.0%)

1 が見え, の家来達

▼ い盛り~ (2, 0.0%)

1 だけれど, で莞爾

▼ い盲人~ (2, 0.0%)

1 に突当る, に逢った

▼ い~ (2, 0.0%)

1 きそこ, なお耳

▼ い直ぐ~ (2, 0.0%)

1 その足, とその

▼ い相談~ (2, 0.0%)

1 てえの, 打つだ

▼ い眉間~ (2, 0.0%)

1 と濃い, や

▼ い看板~ (2, 0.0%)

1 の裏, もなに

▼ い真似~ (2, 0.0%)

1 はしなかった, をし

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に良人, に遭うた

▼ い眩暈~ (2, 0.0%)

1 すら感じた, を感じ

▼ い眺め~ (2, 0.0%)

1 であった, と親しみ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が自分, を忌々し

▼ い石塔~ (2, 0.0%)

2 に手

▼ い石膏~ (2, 0.0%)

2 でも練る

▼ い破綻~ (2, 0.0%)

1 が起ろう, をも露

▼ い硝子板~ (2, 0.0%)

1 で受け取っ, を下

▼ い碧空~ (2, 0.0%)

2 に大きく

▼ い確か~ (2, 0.0%)

1 な地盤, に申し上げました

▼ い確り~ (2, 0.0%)

1 した若者, して

▼ い磐石~ (2, 0.0%)

2 の面

▼ い~ (2, 0.0%)

2 の香

▼ い社會人~ (2, 0.0%)

1 として相, の中

▼ い祖母~ (2, 0.0%)

1 が今日, は變

▼ い神々しい~ (2, 0.0%)

1 感じで, 色に

▼ い神たち~ (2, 0.0%)

1 が自然, を平定

▼ い秀吉~ (2, 0.0%)

1 が容易, は是

▼ い種類~ (2, 0.0%)

1 だよ, のお客樣

▼ い~ (2, 0.0%)

1 った年, るまでに

▼ い~ (2, 0.0%)

2 な午後

▼ い空想~ (2, 0.0%)

1 が不便, に身

▼ い~ (2, 0.0%)

1 立ったまま, 退けようと

▼ い突然~ (2, 0.0%)

1 狂気に, 綿貫が

▼ い端山~ (2, 0.0%)

2 の群つた先

▼ い竹行李二箇~ (2, 0.0%)

2 を前後

▼ い笑声~ (2, 0.0%)

1 がもれました, を発し

▼ い笑顏~ (2, 0.0%)

1 をちら, を持つ

▼ い筈目~ (2, 0.0%)

2 に見えぬ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 と, の何

▼ い筋肉~ (2, 0.0%)

1 が隆々, の力

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に明, の端

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の小唄, も見えなかった

▼ い節穴だらけ~ (2, 0.0%)

2 な薄板

▼ い簡単~ (2, 0.0%)

1 な処, な文身

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の扇, の胸

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がつい, でした

▼ い納戸~ (2, 0.0%)

1 からできるだけ, でした

▼ い細工~ (2, 0.0%)

1 がし, までした

▼ い細雨~ (2, 0.0%)

1 がしとしとと, がほろほろ

▼ い紳士たち~ (2, 0.0%)

2 の世間

▼ い~ (2, 0.0%)

1 へ加入, よりその

▼ い結末~ (2, 0.0%)

1 になった, を告げる

▼ い~ (2, 0.0%)

1 えと乞う, えと詔

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が一本, わたりじゃ

▼ い綺縹~ (2, 0.0%)

1 だな, のお

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のついた, 頭の

▼ い緑葉~ (2, 0.0%)

1 と成る, を見せ

▼ い縮緬~ (2, 0.0%)

1 の売物, の扱帶

▼ い縹緻~ (2, 0.0%)

1 だった, ではありません

▼ い~ (2, 0.0%)

1 を当て, を與

▼ い美奈子~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ い耕地~ (2, 0.0%)

1 の線, をずり落ち

▼ い職がら~ (2, 0.0%)

2 で夜戸出

▼ い肌着~ (2, 0.0%)

1 に白い, を見せる

▼ い胃袋~ (2, 0.0%)

1 さう, へおとし

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のよう, 切った筋肉

▼ い~ (2, 0.0%)

1 もいくらか, をうちました

▼ い腰つき~ (2, 0.0%)

1 だな, でどどどうつと

▼ い膏肓~ (2, 0.0%)

1 に入っ, に入る

▼ い自信~ (2, 0.0%)

1 である, を持っ

▼ い自由~ (2, 0.0%)

1 の天地, もまだ

▼ い船頭~ (2, 0.0%)

1 が女, の女

▼ い芝居~ (2, 0.0%)

1 なんかどう, は澤山

▼ い花やか~ (2, 0.0%)

1 な世界, な気持

▼ い花園~ (2, 0.0%)

1 を歩い, を隣

▼ い花魁~ (2, 0.0%)

1 のお座敷, 御早く

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をつづけた, を試みた

▼ い若旦那~ (2, 0.0%)

1 と怖, の身柄

▼ い若衆~ (2, 0.0%)

1 がいる, だと

▼ い苦しい~ (2, 0.0%)

1 呼吸遣いを, 己の

▼ い苦笑~ (2, 0.0%)

1 をさえ浮べ, を洩し

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に慈母, を体

▼ い茶屋~ (2, 0.0%)

1 へでも知れた, を営業

▼ い茶碗~ (2, 0.0%)

1 へいくら, や濡手拭

▼ い~ (2, 0.0%)

1 があっ, です

▼ い荒い~ (2, 0.0%)

1 呼吸を, 息を

▼ い荒鷲爆撃機~ (2, 0.0%)

1 が攻め, に狙われ

▼ い菜の花~ (2, 0.0%)

2 の毛氈

▼ い~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ い葡萄酒~ (2, 0.0%)

1 でも呑む, を湛へた

▼ い蒲団~ (2, 0.0%)

1 だつた, へ膝

▼ い蒸気~ (2, 0.0%)

1 に顔, の微粒

▼ い~ (2, 0.0%)

1 っている, の尖端

▼ い~ (2, 0.0%)

1 になっ, の中

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のとき, を見る

▼ い薄汚い~ (2, 0.0%)

1 婆さんと, 本で

▼ い薩摩琵琶~ (2, 0.0%)

2 も出来る

▼ い藝術~ (2, 0.0%)

1 の部面, を創出

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のやう, を取

▼ い藪路それ~ (2, 0.0%)

2 を東

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が追, 挾みといふ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が渡る, の糸

▼ い蚊帳~ (2, 0.0%)

1 の中, を吊

▼ い~ (2, 0.0%)

1 であるが, に変った

▼ い蛮人而~ (2, 0.0%)

2 して

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がとぐろ, よりこの

▼ い蝶々~ (2, 0.0%)

2 が二つ

▼ い螢籠~ (2, 0.0%)

2 を携

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が附い, だね

▼ い~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, のうち

▼ い行かん~ (2, 0.0%)

1 とそのまま, 間に

▼ い行きたい~ (2, 0.0%)

1 なあ, なあ思

▼ い行列~ (2, 0.0%)

1 に前後, を作っ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 は潤い, へ出る

▼ い街道~ (2, 0.0%)

1 は是, を正道

▼ い~ (2, 0.0%)

1 にほころび, の色

▼ い衣ずれ~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ い衣装~ (2, 0.0%)

1 をし, を着けた

▼ い表現~ (2, 0.0%)

1 だね, など出来る

▼ い表門~ (2, 0.0%)

1 が一杯, の前

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の柔, の裡

▼ い~ (2, 0.0%)

1 にまつわっ, へ入れた

▼ い~ (2, 0.0%)

1 は白桟, を穿い

▼ い~ (2, 0.0%)

1 ひを, をする

▼ い裸体~ (2, 0.0%)

1 で, で健康

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のすら, をヒラヒラさして

▼ い複雑~ (2, 0.0%)

1 なもの, な旺盛

▼ い西北~ (2, 0.0%)

1 からの寒い, の風

▼ い西洋~ (2, 0.0%)

1 の手鏡, の新

▼ い覆面~ (2, 0.0%)

1 の人物, の男

▼ い見幕~ (2, 0.0%)

1 だ余, になつて

▼ い見晴~ (2, 0.0%)

1 しである, に就い

▼ い見物~ (2, 0.0%)

1 が集まっ, の惑

▼ い親子~ (2, 0.0%)

1 がおれたち, の間

▼ い親愛~ (2, 0.0%)

2 の情

▼ い親方~ (2, 0.0%)

1 が帰ったら, が貴方

▼ い親父~ (2, 0.0%)

1 がまいりました, の亡くなりました

▼ い親類~ (2, 0.0%)

1 が有れ, でもねえ

▼ い観察~ (2, 0.0%)

1 などしなかった, の眼

▼ い解釋~ (2, 0.0%)

1 であ, でこれ

▼ い言葉一つ~ (2, 0.0%)

1 も懸けるられず, 懸けられずに

▼ い訃報~ (2, 0.0%)

2 を新聞

▼ い記録~ (2, 0.0%)

1 とても吾家, を讀まね

▼ い訪ン~ (2, 0.0%)

2 ねて

▼ い~ (2, 0.0%)

1 いて, りで心

▼ い~ (2, 0.0%)

2 もしない

▼ い~ (2, 0.0%)

1 を使, を發

▼ い~ (2, 0.0%)

1 として古人, のため

▼ い誠に~ (2, 0.0%)

1 何う, 御迷惑

▼ い講堂~ (2, 0.0%)

1 が青白く, で行

▼ い證據~ (2, 0.0%)

2 を擧げた

▼ い警部補~ (2, 0.0%)

1 が一人, に何だか

▼ い~ (2, 0.0%)

1 な品, な女

▼ い谷底~ (2, 0.0%)

1 からは天, にばかり住ん

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の虫, や

▼ い豊か~ (2, 0.0%)

1 な線, な表情

▼ い責任~ (2, 0.0%)

1 と云, を感じる

▼ い~ (2, 0.0%)

1 郎, 郎に

▼ い貴女~ (2, 0.0%)

1 のお, の旦那様

▼ い貴族~ (2, 0.0%)

1 としての資格, と云

▼ い買つて~ (2, 0.0%)

2 やると

▼ い質問~ (2, 0.0%)

1 に熱心, を掛け

▼ い贋物~ (2, 0.0%)

2 である事

▼ い足つき~ (2, 0.0%)

1 で二階, をし

▼ い足元~ (2, 0.0%)

1 でまごつい, をし

▼ い軍艦~ (2, 0.0%)

1 の帆柱, を沈めた

▼ い輝き~ (2, 0.0%)

1 が添わっ, を増し

▼ い輪廓~ (2, 0.0%)

1 の正しい, を見せる

▼ い辞句~ (2, 0.0%)

1 などはない, はどこ

▼ い辺り~ (2, 0.0%)

1 から虚空, を見上げた

▼ い迄に~ (2, 0.0%)

1 慾張りです, 楊花を

▼ い~ (2, 0.0%)

1 い星, い音

▼ い近い~ (2, 0.0%)

1 うちに, 右手の

▼ い近所~ (2, 0.0%)

1 でございまして, の庭

▼ い近頃~ (2, 0.0%)

1 はす, 此家へ

▼ い返報~ (2, 0.0%)

1 はすまいなれ, は為まいなれ

▼ い逃げ~ (2, 0.0%)

2 もせね

▼ い~ (2, 0.0%)

1 さで, さな

▼ い連れ~ (2, 0.0%)

1 がお, て行くいいます

▼ い遊興~ (2, 0.0%)

1 はできない, よりもこれ

▼ い運動場~ (2, 0.0%)

1 が見える, を隔て

▼ い遠慮~ (2, 0.0%)

1 すること, もなく

▼ い邪魔~ (2, 0.0%)

1 がって, なもの

▼ い醜い~ (2, 0.0%)

1 ことで, 病を

▼ い重量~ (2, 0.0%)

1 ばかりでなく, を棒鼻

▼ い野良犬~ (2, 0.0%)

1 だと, を嚇す

▼ い野路~ (2, 0.0%)

2 のくさ

▼ い~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ い鉄梯子~ (2, 0.0%)

1 につかまった, へ手

▼ い鉄砲~ (2, 0.0%)

1 が渡来, をかつい

▼ い鉄門~ (2, 0.0%)

1 の鉄柵越し, も裏口

▼ い銃身~ (2, 0.0%)

1 をのぞかせ, を物凄く

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の劍, の色

▼ い銚子~ (2, 0.0%)

1 におります, まで参ります

▼ い鋭い~ (2, 0.0%)

1 微笑が, 眼だつた

▼ い錢形~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ い~ (2, 0.0%)

1 かけてしもと, はお

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のねのやう, の音

▼ い長く~ (2, 0.0%)

1 して, 引いた悲鳴

▼ い長方形~ (2, 0.0%)

1 の入り江, の部屋

▼ い閑静~ (2, 0.0%)

2 な書斎

▼ い閑靜~ (2, 0.0%)

2 な書齋

▼ い~ (2, 0.0%)

1 せず, を通り越し

▼ い~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を作る

▼ い陶器~ (2, 0.0%)

1 や西行, を持っ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 は拭う, を帯び

▼ い陽ざし~ (2, 0.0%)

1 がさんさん, が窓

▼ い陽光~ (2, 0.0%)

1 にけむり, は彼

▼ い陽炎~ (2, 0.0%)

1 が揺らぎはじめた, のむくむく

▼ い階段~ (2, 0.0%)

1 をかけ下りた, を上つた

▼ い階級~ (2, 0.0%)

1 がこの, の婦人

▼ い~ (2, 0.0%)

1 る山, る岡

▼ い~ (2, 0.0%)

1 牛に, 獅子が

▼ い雜居房~ (2, 0.0%)

1 で半分以上, にただ

▼ い離れ業~ (2, 0.0%)

1 だが, に長け

▼ い雨戸~ (2, 0.0%)

1 がビッシリ, の隙間

▼ い~ (2, 0.0%)

1 がぼ, が落ち

▼ い雲ウモ~ (2, 0.0%)

1 が低, が高

▼ い雲脚~ (2, 0.0%)

1 である, は頭

▼ い露地~ (2, 0.0%)

1 に十四五本, に荷

▼ い青い~ (2, 0.0%)

1 石で, 鬼の

▼ い青春~ (2, 0.0%)

1 の波, へ思いやった

▼ い~ (2, 0.0%)

1 が可, な処

▼ い非常~ (2, 0.0%)

1 に癖, に知っ

▼ い音樂~ (2, 0.0%)

1 のやう, を聞いた

▼ い順一~ (2, 0.0%)

2 の顔つき

▼ い頼り~ (2, 0.0%)

1 ない人, 無い淋し

▼ い~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ い風の音~ (2, 0.0%)

1 に呼びさまされた, は母親

▼ い風俗~ (2, 0.0%)

1 に反し, も大分質素

▼ い風呂場~ (2, 0.0%)

1 ではある, のかま

▼ い風巻~ (2, 0.0%)

1 が起る, に怯える

▼ い風邪~ (2, 0.0%)

1 が傳播, でも流行らなき

▼ い食物~ (2, 0.0%)

1 は何, を盗む

▼ い飯持つて來~ (2, 0.0%)

2 いよ

▼ い飲物~ (2, 0.0%)

1 とランチ, と薬

▼ い香氣~ (2, 0.0%)

2 を發散

▼ い馬車~ (2, 0.0%)

1 などの群れ, の騒ぎ

▼ い~ (2, 0.0%)

2 が岳

▼ い~ (2, 0.0%)

1 を, を出い

▼ い騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 が起った, であらう

▼ い骨の~ (2, 0.0%)

2 もよう

▼ い骨太~ (2, 0.0%)

1 では, の剛

▼ い高原~ (2, 0.0%)

1 のやう, を淋しく

▼ い高級~ (2, 0.0%)

1 な芸術, の芸種

▼ い~ (2, 0.0%)

1 の毛, もそこ

▼ い魔法~ (2, 0.0%)

1 で水, の道具

▼ い魔法使い~ (2, 0.0%)

1 といわれる, の家

▼ い~ (2, 0.0%)

1 に違, のよう

▼ い鰊場~ (2, 0.0%)

1 の漁業権, の除雪作業

▼ い~ (2, 0.0%)

1 のもの, の方

▼ い麥畑~ (2, 0.0%)

1 です, を過ぎ

▼ い~ (2, 0.0%)

1 な蝶, に匂っ

▼ い黎明~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ い黒髪~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の香

▼ い默つて其樣~ (2, 0.0%)

2 な顏

▼ い~ (2, 0.0%)

1 つ歯, のおとした

▼ い鼠色~ (2, 0.0%)

1 の帽, をした

▼1* [5430件]

あああ俺も, いああおやせましましたこと, いあいすみませぬ, いあいだついぞまだ一所, いあいつをつかまへ, いあいつらでございますか, いあきらめを宿し, いあしたは八王子, いあそこで大, いあたしの上, いあつちこつち借財, いあぶないと呶, いあまり慾張る, いあまりにつ, いあま奴だなんにも, いあみとなっ, いあめりっく, いあらかた胸を, いありがたい晩飯を, いありがとう存じますいや, いありゃえらく騒がしい, いあれ可けません, いあんた無沙汰をしやんした, いあんな大きななりを, いあんまりお歸, いいいえお顔は, いいかいこと, いいかなごを漁る, いいかなる理が, いいきなり手当を, いいくえにもごかんべん, いいくらか事件の, いいくらでもございますだ, いいくら人にやつ, いいささか智慧の, いいしを痛く, いいずれも本格, いいちえを, いいちいちどうも難有, いいっこしようよ, いいっそ千曲川で, いいったいいつの, いいっぽう自分の, いいつもここらに, いいと物静かに, いいなかのやしき, いいまお前はどこ, いいま頃になッ, いいよいよますます大規模, いいらっしゃいにはおれ, いいろんな怖ろ, いいわゆる大義親を, いううと言った, いうじやない, いうち提灯を便り, いうち海岸へでもいらした, いうっかり忘れるところ, いうっとりしたよう, いうつかり聲, いうつづきあいにあたっ, いうつらうつらと酔った, いうとうとと睡くなる, いうまいまずいを云い, いうまくもない, いうめえ肴, いうわぁいだ, いうんそれから, いええことの, いえッへへへへ, いおいしい私は, いおいらに頼みてえ, いおお冷い, いおおげさに言う, いおかしな善どん, いおさらばだいと高慢, いおしゃべり多言にても僅, いおじいさんの耳, いおじさまの仰有る, いおせっかいのおせっかい, いおそいとお, いおとなしいやつだ, いおのおの貝殻を, いおのれの価値, いおまえこそおれ, いおも舵だ, いおもたけれど自分, いおや触って, いおよそ非武人的, いお上の御用, いお上さんは苦い, いお人好しだな, いお供で御, いお侠で, いお前さん方は幕府, いお前さん病人なら病人, いお前旦那を案内, いお前烟草を人, いお召に依っ, いお姫さまがご, いお子様のいらっしゃる, いお客さんに連れられまし, いお家の中, いお布施と供物, いお有難う存じます, いお次さんおれたちはお, いお母さまが置く, いお玉を一しょ, いお盆か何, いお茶を入れ, いお蔭さまで四十五歳, いお辞儀をしよう, いお通夜じゃない, いかえって反対の, いかおりがそこら, いかく怒ってそんな, いかく的な身ぶり, いかけやさん, いかげにつつまれた, いかすかな戦慄, いかぜをひいた, いかたがた末の娘, いかたがた横浜へ行こう, いかたがた田舎から出, いかた理解しかたの点, いかつ夢みた, いかなしみを味わう, いかにもして, いかねは新聞社の, いかねてこの仙北, いかばかりぞやかれ門, いからこそ云い度くも, いからって死なれる訳, いからといふ文面では, いからとかいふその値段, いからなその座蒲団, いからよソレ行燈を, いからネ何時もの, いかりん糖でござい, いかを白味噌漬けに, いがかりでなぶり殺し, いがたきものが, いがと気が付くトタン, いがやがや騒ぎながら, いききをしすぎる, いきくの窮屈, いきっと承知いたしました, いきのうもきょう, いきわどい時機が, いぎりすあめりかかそんな, いぎりすあめりか国もどこ, いぎりすのクィイン・アレキサンドラも既に, いぎりすの可哀そうな自己満足, いぎりすの奥さんなんかけっして, いぎりすの店員は親切, いぎりすの眼には資本帝国主義, いぎりすの石炭船から脱船, いぎりすの紙幣が一番, いぎりすの英吉利たるゆえん, いぎりすの言葉かどいつ, いぎりすもふらんすも皆里言葉, いぎりすらしく頑固にそして, いぎりす奥様をはじめ, いぎりす島の王様, いぎりす旦那たちはとう, いぎりす生れの, いぎりす競馬のまんなか, いぎりす製の莫迦ばなし, いぎりす言葉でだ, いぎわのずっとむこう, いぎわへひざをついて軽く会釈, いぎをたゞされお女中がた, いぎ侶よ網, いくさきざきの, いくちづけ燃ゆる, いくど目をしばたたい, いくねくね小路で, いくまんの敵, いくもがせめて, いくらいと言って, いくらいに自分を, いくらいよ今日は, いくれぐれもいって, いぐいと抱えて, いぐさの泥まみれ, いぐらいが何です, いぐらいに考えてる, いぐらいの気持に, いぐらお講だと, いぐらゐには家のぬ, いぐら芝あ担い, いぐりぐりの坊主頭, いけいこ着下じゅばん, いけいせい買のふられ, いけさ越えたばいとこずいずい, いけんかするなったら先生, いけんまくの前, いげんこの夕, いげん美人の肩, いくや, いこいつすみに置けねえ, いこうしたならば, いこくなて, いこそは繁くなる, いこっちへはいっ, いことこれは絶対, いことしやはる, いことばでかなしい, いことア分りませんが, いこと一切がいと, いこと人を殺した, いこと友情がキンミツ, いこと私には何, いこと耳も潰れる, いこの世のもの, いこの間何と言った, いこぶしをくり返し, いこらア, いこれこれでござる, いこれッぽちの事, いこれツぱかりのことケチ臭い, いこれ手に墨, いこれ等の少年, いこわくなって, いこわっぱパパは串談, いこんな大きな豪勢な, いごう妻とは, いごくから余計, いごちそうになりました, いごろっこめ, いごろつきぞろいなん, いご苦労だが, いご覧なされい, いさい笑いをし, いさかいお前は, いさかさを凌ぐ, いさぎを売り, いさく成ッて, いささかなわだかまりが, いささめの縁, いささ水にはぢら, いさすがに源太, いさぞいいもの, いさちゃんであった, いさっきのお父さんの, いさっさと餅ば, いさっぱりと身, いさつきの事, いさながら妄執の, いさまおふくろさまはどう, いさまがいっていもう, いさまたちみんなが, いさまだけは片手, いさめによってようやく, いさようなら成田屋の, いされなかったかは今, いされなくて思う, いされることなし, いされるならばそれ, いされ汚されてはならない, いされ誤った極限された, いさんなにをびくびく, いさ三寸ぐらいの大, いさ三間二面廻廊があっ, いさ俺もそり, いさ其様に懊, いさ内の人ぢやない, いさ形状及び諸, いさ暫らくここに遊ん, いさ澤山だ, いざいほふといふ儀式が古風, いざいほふは内地の託摩, いざいほふをうける女は若い, いざかへんなんわが家に, いざこざにつれてどういういきさつからかそれに荷担して, いざちて泣きおらぶと, いざとなったらそんなことをもする女である, いざとなつたら相當力, いざとなつたらからきしの弱蟲野郎だかんな, いざとなつたらその名のごとく, いざとなつたら二人のどちら, いざとなつたら他愛もなく, いざとなつたら何んの役, いざとなつたら母さんが何, いざとなつたら矢張り決して死に, いざとなつたら私にそんな, いざとなつたら蜻蛉一つとりませんでした無精, いざとなつた時には, いざとなつて見ると, いざとなつてからかう言ひ出した, いざとなつては止むを, いざとなつてはいふべき言葉にもつまる, いざとなつて俺達に掠奪, いざとなつて山野に野宿, いざとなつて彼等は急, いざとなつて聲を立て, いざとなるといつでも何かしら自分の筆, いざとなるとそいつらは宦官のよう, いざとなるとひっ腰が弱い, いざとなるとぶるぶるふるえ出して, いざとなるとやつぱり考へるよ, いざとなるとやつぱり云へない, いざとなるとやはりいつもの怠け癖, いざとなればそのくらいの勇気を出さなくっ, いざとなればどうだか分らないという, いざとなればどうにかこうにかなりますよねえあなた, いざとなればどうにかすべてを切り廻し無く, いざとなればべらべらとこなして行くの, いざとばかりそが方へ引, いざどつちかを母代りに選ぶ, いざなはれよしは, いざなひしが何ぞ図らん, いざなひし者なりき, いざなひ行て日ひと, いざなふ美しき星, いざなふその音色は, いざなみのみことの最初にお, いざねがはくは汝の誰, いざみつばちが飛び去ろうと, いざやおもひのまゝに聽きあ, いざやかぶかんいざやかぶかん, いざやしづかに死を迎, いざやゆかんなにをかおそれん, いざやわれとんぼがへりもしてのけむ涙なが, いざよひ月がおもむろに, いざよひ薔薇の花, いざよふ見れば, いざよふといふも可愛らしき十六歳, いざよふ下に敷島, いざよふ夜の黒髪, いざよふ山の端の空, いざよふ影と影, いざよふ水にちる, いざわれもいのちをしまむながらへて三年四年は世, いしかなかった, いしかと責めては, いしき遇はむかも, いしぐさで裾前, いしけとりやま, いしだいではない, いしっかりした肉付, いしまいには薄い, いしもて降りて, いしょをそえた, いしらがのご, いしらせのよう, いじいさんふざけないで, いじきに癒ろうと, いじっと大次郎と, いじゃあがあせんか, いじゃがあせんか, いじゃァありませんか, いじょうは一刻も早く, いじょうは気にもとめ, いじょうは食糧がつづかない, いじょうは黒川のつくり話, いじろじろ眺めて, いすいばの穂, いすがるの群, いすきま風が感じられ, いすさのをの尊, いすっかり出来て, いすなわち己が, いすばらしい人たちだった, いすべて何事にも氣, いすべて女は弱い, いすべて鮨の事, いずくたるを忘れ, いずして私有財産, いずしすしあは, いずつ鶴見の, いずつを入れたが, いずるいきをまたず, いずる前に私, いずる源をさぐれ, いずる白雲のごとく, いずる者の産声, いずる者輸菌然たり, いせいぜい六号位いの, いせせらぎの音, いせわしそうに, いぜい言いながら, いぜとも角一度引揚げ, いそいつは, いそうちよする波ぎはの, いそうゆえ今にも帰ッ, いそしてまた自分にも, いそっと殺して, いそっぷなどの著述, いそっぷの話に出, いそつぷの蛙, いそのまま上へ, いその他の南方, いその間に珍奇, いそばへ来る, いそりだから, いそりゃあお前出刃の傷, いそりゃァまあ旦那, いそれぞれに文句, いそれぢやお, いそれともお前さんの, いそれなら君こそ, いそれ以後再発したこと, いそれ勝手に泳げ, いそろった眉からは, いぞという思いが, いたえず数馬, いたかあざみのはらあざみ, いたかが十万円ぽ, いただ今と用意, いたちめに教えられ, いたちもぐらのによべる如く, いたちょうちょうは風にのっ, いたち来も, いたち漁師なかま, いたち草小豆草蓬蛇ぐさ人参草嫁菜大なずな, いたったとたんにわが家の, いたといそれを, いたとえ兄上である, いたのしい会合だつた, いたまに顔, いたまえからの老人, いたまえ君は, いたまねぎなどいろいろ, いたまらない長屋の, いためいきの音, いため彼らは次第に, いたりくらい横町に, いたりさえした, いたりしかば二三度八蔵が, いたりしもマンフレディの, いたりでもすると, いたりという石は, いたりというか同じく高手小手, いたりなんかして, いたりなんてしやしないわよ, いたりの道樂も, いたりはせぬか, いだいぶ更けましたな, いだけで濟ん, いだけもたたない人, いだし車には深い, いだし馬あはれなり秋風, いだにだ, いだにとして憎悪擯斥し, いだには相違ない, いだんだんと寒く, いちくしょうッやアー, いちと寂しいが, いちゃとやって来おったのう, いちゃの巴御前兄が, いちやほやして, いちょうどよい男, いちょっとした筆触の, いちんぴらのくせ, いぢけたところはなく, いぢけたやうな物, いぢけたヘンな気持, いぢけた不自然な憶測, いぢけた体と醜い, いぢけた子供のやう, いぢけた感情は, いぢけた日ばかり送, いぢけた當時の私, いぢけた皺だらけのもの, いぢけた私は怨めし, いぢけた頑くなな, いぢけた顔を突き出した, いぢけちやつたん, いぢつてモヂモヂして, いぢつて上眼遣ひに, いぢつて其が食, いぢつて用もない, いぢつて相手の男, いぢめたかどで, いぢめていぢめてつき放さう, いぢめやうとした, いぢめろ惡者の意地惡, いぢめ彼を砂, いぢめ懲す様も行, いぢりさへした, いぢりすぎてゐて何うかと思ふ, いぢりや盆栽のこと, いぢ悪は, いっしょうけんめいに, いっぽけなみすぼらしい, いっ放しの伝馬, いついでに今夜, いつういとくぐりぬけ, いつくしとなり, いつくりを好んだ, いつた前には五人, いつた圍爐裏の邊, いつた家はトム商会, いつた彼に幸, いつた真珠のカンザシ, いつた砲眼が開い, いつた私はその, いつた綱はしつかりと握つた, いつた群衆を写し取る, いつた腰を痛め, いつた舞台も桟敷, いつた途端に雛太, いつた電車はこ, いつつねむっつ, いつつも拝んだづなす, いつづらの中, いつて使に來, いつて売つて歩きました, いつて橋をひとつ, いつて氏の子供さん, いつて社會の擯斥, いつて著物にすれない, いつぶらな五つ, いつまらないことだ, いつまらない悪いとは言うまい, いつむじ風が髪長彦, いつめがニャゴニャゴ, いつよく生きんと, いつりの面, いづちともなき軋に, いづちもいづちもえ行くまじ, いづちやるも空虚のみ, いづち往きけん見えずなりぬ, いづち指すらむい, いづへにか蕗はお, いづべゆか雨洩りたゆく, いづらかった, いづらかろうどう, いづらくなりまして, いづるすきもなく恰も袋, いづるそのたふとき悦びを我今, いづるところ人鼠なす, いづるにしたがひてはかなき述懷, いづるほどにいとゞ木高きかけども, いづるもはかなきを行く末かけて, いづるらむとて暫く歩く, いづるをり焚く柴, いづれあとでゆつくり話をし, いづれあやめとひきぞわづらふとか坊主まる儲け, いづれかといへば九流諸子のごとく, いづれかにきめたい自分一個としては犯罪, いづれかになつて居たかも, いづれかよからん蕉風檀林のけぢめ, いづれがいづれか不明だが, いづれくはしく書くつもり, いづれこゝろのおくれたり高し烈しと, いづれそいつは後で當つて, いづれそんなところでせうあつしは, いづれとふいよをかし視て, いづれどこからか奥さまがお, いづれどつちかにきまるであらうがかういふ場合, いづれにあたつたかを詳にする, いづれにか勝の光榮與, いづれにしてもいひ訳なき身, いづれにせよかくの如くむしろ, いづれにせよそんなわけで少年は瀬川, いづれにても増人被仰, いづれにもまさるに似たりき, いづれによつてもその他のもの, いづれによつても理解され得ない, いづれによりしやしらず頭の間, いづれによりてもかく尊く, いづれのうちになりとも何か疑ひ, いづれのかなしき樣式にでも舟, いづれはどうしやうもない身分となる, いづればいまなほわが身汗にひたる, いづれまたちかぢかに伺ひますからと, いづれみんなとゆつくり相談しよう, いづれもあつと感じ入り今更, いづれもありきゑとの神歌御双紙, いづれもいかめしく鎧を着こん, いづれもいくばくのひがみたる考無きに, いづれもうたてと訓むべき, いづれもおくがたへ参候心へがたく, いづれもおなじさだめの行方に随, いづれもおろそかなものはなくわけても踊り, いづれもがみな輕井澤で出, いづれもが揃ひも揃つて烟を好かない, いづれもぎつちりとあの厚い葉, いづれもさう言ふ活き物, いづれもそのうちしたいしたいと, いづれもその神より附與, いづれもたゞ己の光, いづれもであつたかもしれない心の感慨, いづれもひつそりと寝静まつて, いづれもみな新しく且つ, いづれもみなそれと同じだ, いづれもよりは上にお, いづれゆつくりと書きますから, いづれゆつくりとまた書きますから, いづれよりもまたその關係よりも根源的, いづれわかることでせうがお金も何處, いづれをいづれとも定められぬ, いづれをいづれと定め難し, いづれをいづれとも言ひかねるほど, いづれをとつてみてもまつたく世界, いづれをもまともなかたちで内在させて, いてかの梯子を, いてからでも絵の, いてがなり散らしてばかり, いてさえが悪心を, いてしかもまぬけな, いてぞろ, いてだけくれても, いてだけは居れるだろうがね, いてて天狗隊へ, いてとのさまも, いてとはこの事, いてどうんと酷い, いてなあこれじゃ, いてなどいない, いてなんか困ったこと, いてなんて大胆な, いてにゃっと笑った, いてねえどうにも手, いてねとにっと笑っ, いてはもの嗤いに, いてはをるまい, いてば何を, いてばかりもいられなかった, いてへえもうおっこちそう, いてまで泥棒し, いてめえ達でも水, いてもさこんな山奥, いてものぢや, いてもやッぱり寒く, いてもよかりそう, いてよと温かい唇, いてよという返事と, いてをとこやま峰さしのぼる, いてんことない渡場, いてネそれを, いてネといったので, いであり憎まれ嫉まれるのは, いであるなら人生は, いである歩けば股, いでございまして蛸薬師, いでしかど秋風, いでと我が身分, いでの防腐剤です, いではまたどうぞ, いでもと思う話, いでや来れ, いとかいふだけであつた, いとかとは奈何し, いときかいの間, いとき食用になる, いとこそ思へそれ, いところあたしいやだわ, いところあたりにおいて烈しい, いところぢやア, いところどころに麩, いところのちッともない, いところ御苦労で済まんな, いとさえ思われました, いとさえと一言云え, いとしてのこのお子さん, いとってな理右衛門どんが, いとても関白だの, いとばかりでは, いともねまた礼, いとものお婆さん主その, いとりを仕, いとんでもない謂わば, いとナそれ, いどうかまあこれからひとつご, いどうして貴方, いどうぞお初穂を, いどうにも身の, いどうも何とも面目の, いどっちり打, いどなたでございますかな, いどには六位, いどにまで上昇し, いどまで外に, いどら公しっかりしろいっ, いどろどろしたもの, いどを手玉に, いどんまでが一緒, いどんというに, いないことも, いなお目立つ, いながい姿が, いなじみである, いなぜうごく, いなぞということは, いなつこ相な特色, いなてまえが, いなとでも言つてる, いなとよと叫び畳, いなどがもれて, いなにかの稚魚, いなにごとかの兆, いなにしろこわかった, いなほ楽なこと, いなめらかな触感, いなよ多分日本, いなよっていいながら, いなら逢い度いと, いなりき言葉はか, いなりとも敵を, いなるべくこの連中, いなんぞといふ其様な, いなんぞに聞かせようもの, いなんでがんす, いなんらオランダイチゴと, いにあたる辺で, いにかけ部屋の, いにかけて潔くしよう, いにがい顏も, いにくかった, いにごり酒を二, いについて語り合ったの, いにつけ雲の, いにつれてかつての, いになつて無, いにはの湖水田稻村めぐれ, いにわとこや細, いに対して特にお, いに対する慚愧の, いに対するにはふさわしいと, いぬくもりが触れ, いねえ与八さん, いねたばをぐるり, いねんばりした, いねエなあそんな者, いのう腹ア立とう, いのしだいと赤井寅三, いのぞみを遂げさし, いのっそり相手に, いのでかツと, いのでさア, いのと種々な, いのどかな陽炎, いのねえお千世さん, いのぶかたちはそんな, いのぶかや書生やうん, いのぶかや書生たちがにわに, いのみが高かった, いのみに得知らぬ意, いのらくらもの, いの一しょに都, いの何が楽, いの大変悪かつ, いの小皿をそこ, いの我儘な姉, いの者ばかりだった, いの者どもだった, いはかなきり声を, いはくひじりで申されずば, いはく人有南北なりとも仏性, いはく仏涅槃ののち, いはく作仏をもとむ, いはく千五百年に拘, いはく常識これなり常見これ, いはく心中沒理想これなり, いはく悪人なを, いはく沒却理想はシエクスピイヤ, いはく申さくは将然, いはく私有財産の廢絶, いはく釈迦牟尼仏一代正法五百年像法一千年末法一万年には衆生, いはく闇中孤坐, いはく雲南の大, いはさかづき, いはしの頭, いはじめっ, いはじめていたんだぜ, いはじめぼんやりして, いはずしてゆけるなるべし, いはずみよりも押しつける, いはたはむれ, いはで砕ける心, いはと山緑も, いはなしをとる, いはなみ高し, いははつたやろ, いはぶは山の神, いはへ神たち, いはまほしう, いはめやも, いはやなぎしゃくなげ, いはやして, いはりを覘, いはるばると長い, いはんには厭, いばか野郎, いばかりか誰の, いばかりじゃないぞ, いばかりといふ内意を, いばかりはますます濡れ, いばっかしでした, いばっかりでさ, いばっかりじゃありませんか, いばとしての努力を, いひかりをよび, いひじらけに見合さぬ, いひたすら神と, いひっそりとした, いひつれいでなかつたらこちら, いひとすじの綱, いひとぢやない, いひとつここらあたりで泣い, いひと間の障子, いひのきも見, いひぼしてもてる, いひまけむは口惜しき, いひまはしがしだいに, いひまんねぜ, いひもに附かれ, いひょいと頭を, いびくびくするない, いびっくりさせるじゃ, いびつになっていてもすぐにそれと認められる, いびつになつて右の眉, いびつになりたてにしてからがそれじゃあんまり, いびんつけで, いぴかぴかぬり立てたきれい, いふえらの出た, いふくよかな風, いふたりともぐっすり, いふっくらとした, いふっくりとした, いふりの嬶, いぶらんこもあっ, いぷかぷかな場席, いへえこんなに沢山いただい, いへとの意, いへどもどふやら, いへに入りて, いへにかへりて, いへにもゆかめ, いへべれけぶりだつた, いへれば人々, いべたべたと纏わりつい, いべは神性を, いほとりには白い, いほどにはないが, いほどにも思うが, いほどはつきり今, いほのかな靄, いほりせりけむ, いほれぼれとする, いほんにめづらしい, いほんのりしたものさ, いぼくでもあつ, いぼんやり飴屋, いぽちゃぽちゃっとした, いまあちょいとした, いまぐれものなん, いまことにびっくりいたしました, いますますその結構, いまずいオイランを, いまち子はすぐ, いまっかと大きな, いまっすぐにまっすぐ, いまったくそれだけのこと, いまではだれひとり尊敬, いまでを共に受け取っ, いまねばかりし, いまばゆい気が, いまめな気持, いまゆげの下, い即雨づゝみをどうして, いみかん食べな, いみごとい, いみじんも湿り, いみすみす川ひとえ, いみずからが手, いみちがまつ, いみつはの神, いみと言ふ事, いみんなあれを見い, いみんな無礼講だぞ, いむかしの方, いむく毛の生えた, いむごたらしいことが, いむっちりした肉体, いむづかしい空虚な理想, いむむさあ承りましょう, いむらが出来, いむら山に天, いめあたりに生き, いめっきりお暑う, いめっぽう重そう, いもうこうなりゃ仕方, いもうすぐと伺わせまするで, いもう少し生きて, いもう根っから役に立ちません, いもしくは欺いても, いもしもし恐竜さん, いもっと左へ, いもっとも前藩主, いもっともっときれいな, いもと女軽業や, いものものしい調子で, いもろこの素焼, いもんどり上手の, いゃあたしか昼前, いやかましい師匠の, いやかましくよしきりが, いやけがさした, いやさしく笑って, いやすからねトック, いやっと倒れそう, いやっとこさ床, いやつつう程飮, いやみげが少ない, いややこしいところよ, いやりくりです, いゆっくり養生する, いゆゆしきお迎えでも, いゆりわたれば, いゆるやかな斜面, いゆゑであつて鬼にもいろいろ, いよいよきみょうな, いよいよきゃつも, いよいよきゃつらはこの, いようこそお越しで, いよき餌を, いよしんば煽動た, いよせよせ弓, いらくさやきれいな野菊, いらくさ雛菊それから紫蘭, いらく土の家, いらこがあつ, いらしたかったらあなたひとりで, いらしったあとの扉, いらしったおばさんとそして, いらしったお嬢さんはふい, いらしったお客さまのお, いらしったお家へわたくし, いらしったお座敷ならどうか, いらしったお方と云う, いらしったお母さんは, いらしったお金ある筈, いらしったお隣さんへ何, いらしったかただから, いらしったハーモニカを買っ, いらしった一人として一つ指紋, いらしった僕気のせい, いらしった印みたいなもの, いらしった大国主神はそれ, いらしった太刀がそのまま, いらしった奥さんは大変, いらしった奥様も考え, いらしった姫君や幼い, いらしった宝剣もとうとう再び, いらしった山の座主, いらしった帰り途円い竹, いらしった当時のこと, いらしった後で美沢さん, いらしった折も折, いらしった方々の間, いらしった時代にももっとも, いらしった時分ナオミさんに幾人男, いらしった時私もイセレマクシ, いらしった本がおい, いらしった植木屋の離れ, いらしった様であった, いらしった源の宰相某, いらしった犬ですから, いらしった皇后に, いらしった節は実, いらしった経験や縁故, いらしった縁の灯, いらしった若殿様は思い出した, いらしった訳でもない, いらしった谷には必ず, いらしった間に下らない, いらしつたお帰りに, いらしつたわね私より, いらしつてるの, いらしてるのよ, いらじゅう本箱だったが, いらぢゆうに漂つて, いらつめたちの, いらはちよつと他, いらむしと言, いらんばかりのかなしみ, いらんごとになっ, いらん者はこっち向け, いらア此ん畜生, いらア瘤の代理, いらア鞘の光, いらーと言う, いら一体に薄, いら一面真赤になっ, いら中ガタガタになっ, いら中メチャメチャですよ, いら中一面にユラメキ, いら中家中にひっこしひっこしし, いら中細に調べられ, いら何軒かし, いら屋敷町の垣根, いら差触りなくおでん屋, いら気をつけ, いら火の海, いら白鷺の鶏冠, いら皿小鉢が滅茶, いら耳を傾け, いら聴合わせて, いら舌さあ吐いとるだ, いら草原のよう, いら行方をくらまし, いら見物して, いら誰に教わった, いら辺りに居, いら邊がこの, いら雲を踏む, いら高の数珠, いりや人の二三人, いりや樂屋中で使つて, いるびと, いれいれいしいに見せつけ, いろうぞいおかしいわい, いろくろ首の目鼻, いろ水に似る, いわあいおせっかい, いわかさぎの, いわかいむすめたち, いわかげにかくれました, いわが心, いわが子の姿, いわざッとお初穂, いわずかに中, いわでものことながら, いわに弱の意, いわねいい趣味, いわりに地面, いわるい香に, いわれもなく, いわれらが軍艦, いわれらどもには解らぬ, いわんには大凡世の中万端, いわーいという声, いゑいゑ送つて, いゑいゑ姉さんの繁昌, いゑいゑ私だとて, いゑそれには及びませぬ, いゑどう致しまして, いをなどこへば, いをの油の, いをはなにかけて十五から, いをははしきやし見てもよ, いんでがすからな, いアイロニイのよう, いアゲられこっち, いアザラシやあい, いアノ女が猶も, いアバラ屋でっけど, いアメリカの廉価版, いアリストートルの実, いアルバーノの山, いアレを取っ, いアレサ然う, いアンジョーラは言った, いイタヤもみぢのやう, いイノチを助かった, いイフヒムの奴, いイヤ今は, いインキは海, いインドの天国, いインフルエンザに罹った, いウスノロのどこ, いウマい, いエピキュリヤンの鍛錬, いエロチシズムとを暮春, いエ慥に貴, いオフイスの中, いオブラアトで包む, いオメカケの方, いオレンヂ・ジユースを一杯, いカゲリやいたましい暗, いカタストロフィーが来る, いカトリックの教会, いカフェー泣かせなん, いカミョンスキイの魔手, いカルルちやんが死ぬだらう, いガイセンだった, いガサガサした粗皮, いガタ馬車や車輪, いガラスの容れ, いキザな奴, いキスをした, いキチョウメンさが骨身, いギロリとした, いクラシカルな額縁, いグレエテルのよう, いグレエトヘンに似, いケシの最後, いケルンきさ, いゲンコツでこ, いコケットリイとや, いコケツトリイがこの, いコック場へ通う, いコツプが三つ, いコンクリの上, いコンクリートに膝, いコントといふ腹案, いコーチンが一口, い聞かなかったの, いサイドが赤い, いサキチと叫ぶ, いサンジカリズムというの, いサ先生も最早, いサ酒でも飲みましょう, いサ高山もお, いザセーキン公爵を知っ, いザラメ糖が淡泊, いシミが出た, いシヤワーを頭, いショックからハノイ, いシヨールを掛け, いシラチブチへ出る, いシーンでした, いジェームズはヘーゲル, いジャケツを着, いジャーナリズムと文化, いジヤケツをかしい, いジヤズが巻き起つた, いジョリーはりっぱ, いスタイリストの面目, いスペシアルを部屋, いスミぬられたみて, いセルの袖, いセルロイドの櫛, いゼイタクなもの, いゼラニウムの匂い, いソレもっと薪, いソヴェトに見のがすべからざる, いソヴェト員は百姓女, いソースです, いタクシの運転手, いタクシーが白線, いタチなん, いタツチの小説, いダイナマイトもある, いダンスの品評会, いチブスの初期, いチョウチョウのとびたつ, いチョオクが半分失, いチョッキに緑色, いッここは何処, いッしょにき, いッそうこうではさだめし, いッそくだけて自分, いッそこの海, いッそこうなって, いッそましでは, いッそわが子を殺し, いッそエノケンの孫悟空, いッそ一人で歩きつけれ, いッそ一晩井戸の底, いッそ人中へだしたら, いッそ今打割, いッそ今君が自分, いッそ他国へ行っ, いッそ割腹して, いッそ吉弥を妾, いッそ埒をつけ, いッそ外からカギ, いッそ夫婦心中をし, いッそ子供を抱いた, いッそ川の中, いッそ息を抜かせぬ, いッそ戦死なさりゃよか, いッそ戦線に於, いッそ敵にぶつかっ, いッそ断刀の錆, いッそ東国へ帰ろう, いッそ気が違っ, いッそ気らくです, いッそ江戸へで, いッそ申さいではいられません, いッそ男か不, いッそ石でも打, いッそ自殺して, いッそ芸者になる, いッそ苦労がなく, いッそ話がしいいだろう, いッそ足を洗っ, いッそ軍隊へ疎開, いッそ鍬を捨て, いッそ首にし, いッたんハッと, いッつけ口をしなかった, いッとき落日の明る, いッぱいあとへ漕げ, いッぱいあなたの雲表, いッぱいか貴様少し逆, いッぱいな憂心, いッぱいな声でどなった, いッぱいな弓勢ではない, いッぱいな弾力を交換, いッぱいな感謝だった, いッぱいな楽園の花, いッぱいな湯けむりで中, いッぱいな満足がかがやく, いッぱいな玉を泛, いッぱいな自暴と虚無, いッぱいな蛍草が咲い, いッぱいな露にし, いッぱいにさしこんで蒲団の上, いッぱいにひろがってさし俯向いて, いッぱいに風をはらむ, いッぱいグンと引く, いッぱいブーンとうなった, いッぱい刺し入れて, いッぱい名乗りをさけん, いッぱい師直を斜, いッぱい心の一端, いッぱい曼珠沙華という地獄花, いッぱい木津川をサッサ, いッぱい焼餅を買いもとめ, いッぱい蛾次郎の頭, いッぱい足を早め, いッぱい頬ばったよう, いッぱし一人前になっ, いッピストルを持っ, いッ振りでも調べ, いッ潔よう前へ出い, いッ簡雍っ, いッ論議は無駄, いッ迅い, いッ陪臣共が馴れ, いッ音を, いツそ今一つ向うのいつも, いツそ來ん方, いツそ來年元旦の發行, いツそ僕が全く, いツそ惡くて, いツそ散歩に出よう, いツそ此うして, いツそ歸つて, いツそ歸つてしまへ, いツそ浮世をよそ, いツそ變心して, いツそ金が來, いツそ鎌倉まで行かう, いツナ渡りをし, いツ三人共膾にし, いツ女言ひわけ, いテムポのない, いテントの隅, いディレッタンチズムからとび出, いデコボコ道を源吉, いデッドボールとなった, いデリケートないい, いトラクターを運転, いトレモロで満たし, いトロッコに四人, いトーチカのうえ, いリス様式と, いドイツ人の体躯, いドドドどうもア, いドロドロした変, いドンドンドドンコ, いドーベルマンに咆, いナという見切りに, いナオミはナオミ, いナルシスの画家, い贈リタイノデアリマス, いニタリとした, いニツケルの置き時計, いニースが特に, いネエ秀子さんネエ叔父さん爾し, いネクタイそれにベレイ, い十六, いハア段々お, いハイキングに来, いハムチヤクチヤをやぢ, いハンドバグが貼りついた, いバランスで歩かね, いバルコンを造る, いバーを出させ, いパジャマに着替, いパステルの, いパパだつて下手, いパリのす, いパリアッチがオペラ座, いパンクの響き, いヒゲだが, いヒューマニチーが貧民, いヒューメンな人間性, いヒヨロヒヨロした男, いヒラヒラヒラヒラともえ, いヒロインであるロータス, いビイドロのよう, いビフテキを不器用, いビルディングの中, いビーズで一寸, いピエロよ, いピカドンおっことした, いピンと錠, いファイトを持つ, いフラフラして, いフランの値段, いフランネルの切, いフロックを着け, いフーラー博士の, いブウルジユワ成金趣味は凡て, いブドーを吸い, いブラ下がって, いブラブラになり, いブラームスのもの, いブリキのやつ, いブルジユワよりももつ, いブルバルを歩い, いプカプカと紫色, いプラツトフォームに溢れ, いプラツトフオームへ怪蛇, いヘベレケぶりであつ, いベソちゃんや, いベツドの衝立, いベルで飛び起きた, いペチャンコの小屋, いペロペロの先生, いホコリをかむった, いホッと初めて, いホンダワラのよう, いポカポカと暖かい, いポスターとが本質, いポツポツを受け, いポーチと昔, いマダム・シャリニがいいだした, いマッターホルンの頂上, いマントに身, いマヽであり度, いマヽそれでなければ, いミネルヴアはいや, いムクはいねえ, いムツかしい, いモネーの夢, いモルヒネ中毒さえなおる, いヤア有難え, いヤア大変だ, いヤミ屋を憎み, いランタンの灯, いランプに蛾, いラヴ・レタの蛇, いラーメンがうまかっ, いリズミカルのもの, いリズムがきこえる, いロザリーの頭, いロシアはどう, いロマンチツクの芳, いロース肉かあるいは, いローズの香, いローソクの灯, いワイ恩も義理, いワクの中, いワッショイワッショイが一つ, いヴァル・フルウリィぢゆうに一ぱいになつてしまひました, い一つお願いが有りやすだ, い一つ腹ひとつ胤の姉妹, い一ばん最初は釜無川, い一れつみはらせど, い一九五〇年の新春, い一二秒の相撲, い一人ぶんの旅費, い一人前の学問, い一人娘が此, い一体何うなるんだい, い一個の旅人, い一個白痴の美少年増田四郎, い一円六十五銭程でした, い一切の真, い一切万事寛大を主として, い一口で食べられます, い一台の自動車, い一同におく, い一團の心, い一大事です, い一宇の別荘, い一定した人格, い一客が, い一室の大きい, い一寸先は闇, い一尺ばかりの熊手, い一局部に限られ, い一市民が王者, い一帶の耕作地, い一平のでしょう, い一年でも長く, い一度清算いたしまして, い一座ののもの, い一徹の心, い一撃が呆然, い一方町内の本道, い一日一日と無事, い一時は気, い一時間と解し, い一晩だった, い一月の十五日, い一本脚の船乗, い一朱と二百, い一杯に建てられる, い一枝二十銭多くはいらねえ, い一株が半, い一片の嘆き, い一環を寄与, い一生奴隷に買, い一目では見渡す, い一直線の川, い一瞥で彼, い一種性格的なもの, い一種滋蔓して, い一筆書き入れて, い一等賞のメタル, い一筋町がひっそり, い一節を歌っ, い一緒に進ん, い一致のない, い一言花房一郎は自若, い一語が洩れ, い一軒隔いて, い一転して, い一通りならね, い一週間も斯, い一重椿も島人, い一閑張の卓, い一首浮かんだから, い丁々と打たれ, い丁寧な人, い七ずくめから察, い七つ八つばかりの子供, い七八人の一団, い七兵衛と申します, い七十にし, い七歳ぐらいからあの, い万一他人の, い万吉とさえおっしゃっ, い万病に効きます, い万端済んでから, い万金という代物, い丈心事の陋劣さ, い三つ年上の女, い三つ股の兄哥, い三ぴんだ, い三ヶ月の記念, い三世相を開け, い三五郎お前はまだ, い三井さんや鴻, い三十がらみの商人風, い三十九才じゃ, い三十年二十五年以上に達し, い三十歳足らずの貴公子, い三十銭位の肉, い三十餘名の慓悍無双, い三和土へおり, い三幅對の軸物, い三年前山下の伊勢屋, い三弦の音, い三日月さまに惚れられ, い三枚松原村山本善十郎, い三梃の乗物, い三河島の方, い三田は友達, い三粁乃至四粁, い三郎もどの, い上り湯のフンダン, い上り荘子と並ん, い上九人この御, い上州でございます, い上意じゃ, い上手である, い上方へ行く, い上沓の裏, い上洛なんぞまた, い上海在留の日本紳士中, い上無下に断っ, い上畑へ行く, い上着を着, い上臈が壇, い上達をし, い上靴を突, い上養子の柳吉, い下々の者, い下司女と見積られる, い下女下男数多召使う身分, い下宿の床, い下宿屋の二階, い下張りをさらし, い下手いって, い下枝様がどうか, い下町生活を描いた, い下着夜具などお送り, い下駄の音, い不便なところ, い不公平であるいまいましい, い不具者の呪い, い不動明王を一心不乱, い不可抗力のもと, い不可能でありますから, い不孝な奴, い不寝番かい御苦労, い不平を以つて猛烈, い不念じゃ, い不愉快な気持ち, い不慮の御, い不敵なフテブテ, い不死の神力, い不満を覚えた, い不為合な女, い不眠症に罹っ, い不知火を散らす, い不義アしたって, い不自由なもの, い不興な顔, い不行儀な奴め, い不調和は真弓, い不調法お喧しゅう, い与八さんだって頭, い与吉ひとり物思いにふけり, い世にも喜ばれ度, い世中ですもの, い世帶で溝口屋, い世間話しようと, い両人共に其の, い両国の女, い両方の言葉, い両極的の対照, い中年のころ, い中年過ぎの男, い中流人士的魂の朗らか, い中背で, い中野さんは大きな, い中食を認め, いがある, い丸いお尻, い丸みの壺, い丸グケの帶, い丸呑にさせられた, い丸木の一本橋, い丸部さん少し云う, い丸髷に結った, い主客の対話起座, い主家を滅亡, い主観の少し, い丼一杯だけやつ, い久しぶりでございます, い久し振りの寶搜しだ, い久八さんお前さんに娘, い久慈はそう, い乍ら一たび眼が覚める, い乍ら眼前に蹲踞, い乍ら胴までその, い乙女がどこ, い九族を亡ぼし, い乞胸の親方, い乞食お貰い見たよう, い乱れ咲いて, い乱射のなか, い乱暴をしっ, い搾られに, い乾田のはて, い乾草のやう, いだしかし, い亀千代の身の上, い亂暴に書きなぐ, いった, いが傍, い予言だったの, い予防注射液を作る, い争闘がつづきました, い事さへしなけれ, い事みたいでまた, い事ア狐の様, い事南無阿弥陀仏と念じ, い事實を彼, い事實事實事實事實と彼, い事幸ひと猶女郎, い事様々にある, い事此炎天に雪, い事氷のよう, い事爲置かれた方, い事皆が立っ, い事筒服の膝, い事許りして, い事限りもありません, い二ぜん分装り込んで, い二つがいずついる, い二ウ三いと数, い二タ目と見られぬ, い二人のや, い二個の宝石, い二十ばかりの婦, い二十七八の男, い二十二歳でございます, い二十五でございます, い二十五文が定, い二十人の少年探偵団員, い二十六七の女, い二日いして, い二月の天地, い二本の大, い二杯の老酒, い二粁位から遠く, い二重まつげ長くて, い二銭か三銭, い二間つ, い云はんこつちや, い五両も六両, い五人の侍女, い五体が満足, い五分許りに, い五十文の物, い五十男で一, い五年間につまり一九二八年, い五月の頃, い五月雨のじ, い五本の指, い五衣を蝶, い五貫目玉五十丁撃の大筒, い井戸側が風, い井戸端を明く, い亜砒酸が入っ, い亢奮が一層, いりでは, い交友の一人, い交通機關であつ, い京子の性質, い京極家の表門, い京言葉で理由, い京都に居る, い京都弁よりも下品, い京間の八疊, い亭主を持つ, い人これで私, い人だかりがし, い人なつこい顔付の, い人元より聴くべし, い人命を救った, い人声幽に, い人夫でもしょう, い人性の善く, い人柄でざら, い人氣の少ないさみしい, い人波が群れ, い人生街へ出, い人生觀から豁然, い人聞きが悪う, い人造人間がいるだろう, い人道の問題, い人達ぢやありません, い人間らしくも見えます, い人間増長慢でたしなみ, い人間性の群像, い人間様だぞ, い人間生活のうはつら, い人間社會がその, い人間精神の高揚, い人間許りは, い今ごろになっ, い今に幕の内に, い今にも降り出しそう, い今のはあれ, い今や私は, い今わしが偈, い今一人は前, い今一度逢いて, い今日福澤もマンザラ, い今時の連中, い今時どこを捜し, い今晩直ぐでも城中, い今朝お産されたばかり, い今朝旦那様をお, い今頃はトラクター, い仏壇の中, い仔牛が一頭, い仕事ぶりが炭坑中, い仕打振を, い仕打ちを致しました, い仕掛をし, い仕業の段々, い仕種の思, い仕立もの, い仕組になっ, い仕組みにでき, いこうも, い付き下僕の数, い付けなはれや, い代りひどい風, い代価で出来ます, い代金も支払われ, い以上仲壬を後嗣, い以上自分のそうした, い以前ぢや, い以外の躯, い声を, い仮令附近の, い仰せの通り, い仲人とぐる, い仲直りのきっかけ, い任務だったろう彼, い伊之助はん人に怨み, い伊佐子さんの生活費, い伊織も迅い, い伊豆の岬, い休みだから, いがある, い会つて見やう, い会合から自分, い会社員は己, い会話が目, い伝あにいはたいそう, い伝統の遺物, いをし, い何故に, い但し書きを一つ, い但馬の圓山川, い位冬瓜を水, い位大まかである, い位正反對, い位白かつた, い位耳を離れず, い低いトンネルに, い佐野松が死ん, い体中に膏油, い体温の意味, い体躯をもつ, い何かしら深い秘密, い何かしら意味ありげ, い何かと註文を, い何しろ早や, い何だか勇しく, い何だしと詫言, い何ともはやありがとうごぜ, い何人となく, い何代も前, い何何事でございます, い何度も言う, い何故といつ, い何方で日本橋, い何欄かの活字, い何處へでも伴, い佗びしさ, い佗住居の情調, い余まり久しく無沙汰, い余計に泣きました, い作品集の出來, い作法だおら餓鬼, い作者は女性, い佩剣の音, いは本郷, い侍女が彼方, い供養がましい, い依頼人であったこの, い便衣隊が三人, い係官に混, い係累からとき, い俊助の手, い俊童だ精一杯, い俗衆その堂, い信助の頭, い信念何よりもまず, い信用させて, い修繕中の舟, い修行場であったと, い修身の文句, い修道女の願い, い俸給で脚, い俺らの方, い俺らなんざこんで隨分, い俺ら手が利かねえ, い倉庫の立ち, い個人的な喜び, いへども威勢, い候これにより少く, い候得バはたして小弟, い値段をきめ, い倦怠とが混乱, い倭将の首, い倹約に倹約, い假寢の夢, いれた女, い停車場通りの兩側, いは然し, い健康を持ち続けました, い偶然は飛び出しました, い飛びの, い傷痕が赤い, い傾向もある, い傾斜の野原, い傾斜地を濛々, いをも爲, い働き者で陽, いだけは事実, いとなっ, い僧堂が寒中, い深い奴, い儀衛堂々横行濶歩, い優しさに, い優しいうつくしい方が, い優しいおとなしいひよろ, い優美さでした, い優越感のかもし出す, い元素からは水素原子, い兄さんは怨ん, い兄ちやんも, い先例になる, い先方は立派, い先生大変ですな, い光子さん呼びますけど, い光栄です, い光沢をもっ, い光秀恐懼身のおき, い光輝の前, い光顔ますます好く, いに角夫婦仲, い児たちを左右, いの顏さ, いを作り, い智慧に, い入りにあらず, い入り心地でしたよ, い入れたり二人, い入れ歯が光る, い入場料が俄, い入墨がそれ, い入海も砂土, い入院しなさったいうたらとも, い全くこれからは何もかも, い全体私は脳, い全快に至らざる, い兩國橋の上, い八お前は裏, い八九歳の少年, い八五郎さんだらう, い八五郎細工の献上箱, い八五郎親分も氣, い八兵衛の禿頭, い八十八にお, い八字髭などが大勢目白押し, い八尺余も積つた雪, い八年始はもう, い八時比になっ, い八月の二十日頃, い八番所へ行, い八百ばかりこもっ, い八通りばかり認め, いが訊き返す, い公何処が好い, い公何處が好い, い公判廷の傍聽席, い公方と管領, い公重や公宗ら, い六十爺さんに道, い六国をし, い六平の小, い六百ずつくれる, い六郎は火, い共通の基礎, い兵隊さんが帰省, い兵馬にとってはこの, い其手は喰, い其様なこと, い其眼元にはまた, い具体的な積極内容, い具足を着け, い内争に禍い, い内儀さんと五日, い内密事を話し, い内緒話を嗅ぎつけた, い内輪の争い, い内陣の宝物, い円いの, い再び俥を, い冗談言へるやう, い写山楼と申します, い冠さった額を向け, い冠木門から奥まった, いい動いて, い冥府になった, い冬眠の歌, い凄いような, い凄味な態度, いれた容色, い凝視を浴び, い几帳が沢山, い処ぢやア, い処刑にお, い処女たちが多少, い揚れ, い凶いがあっ, い凹地になつて, い出し抜けに奪い取る, い出し盛りの息子一郎, い出ずる神とでも説くべきであろう, い出ばなしが尾, い出んとして瞬間的, い出エへんし, い出世を眼, い出入の女, い出入りして, い出刄庖丁のやう, い出咄として新聞紙面, い出来損ひの, い出版をやらなく, い出窓の前, い出船の間際, いの先, い刄先が木の根, いの, い分りもしない, い分厚い花崗岩の, い分布とりわけ南北大小, い分業の便宜, い切なさは, い切ない気持ちに, い切実なもの, い切通しが爪先上り, い刑罰に違, い刑部という老人, い列車で來, い初夏の日, い初期のとき, い初秋の風, い初老位な奧樣風, いおすの, い別院へ信心, いで御用達, い利息ちうたらあれへん, い利根の水, いでもらっ, い制服姿の警部, いがあり, い刺しもせず, い刺戟をうけた, い刺青キチガイであったが, い剃刀といふ奴, い前庭の植込, い前方後圓の立派, い前髪なし, い前髪姿では道中, い割りに人数, い割目に薄, いが付け, い創造がある, いしく欧州, い劉曄は先帝, いの義, い力強い視野に, い力持がある, い力持ちじゃ, い力量があっ, い功名心で胸, い加減かき廻して, い加減しびれをきらした, い加減ヒヤヒヤしますよ, い加減喰べる, い加減廻つてから, い加減御用聞仲間の嫉視, い加減時が經, い加減胸を惡くし, い加減膽をつぶした, い加減陶然とした, い努力家だ, いれるから, い労力と費用, い労役すること, い助どん, い勇気を覚えます, い勉強家でまあ, い動物以下に堕落, い次に返, い勘兵衛がいた, い勘定を拂つて, い勘次はさ, い務めをその, い勝利の感情, い勝手口の階段, い勝見家の門, い勢いで吹き出し, い勿論その中, い押し込むと, い包みにはいつた, い包装紙を拡げ, い北国の音響, い北国一だろ, い北極は寒い, い北軍は風, いがあらわれた, い区域北はまた, い医学は要するに, いの字, い十一二歳でもあろう, い十七歳の少年, い十九歳の予, い十二時三十分に濁, い十二月一月の二ヶ月, い十二畳だった, い十人並に優れた, い十八じゃア形, い十兵衛先刻に富松, い十円札出して, い十四日の月, い十子のふくら, い十市皇女を生んだ, い十日いた, い十時半ごろに限つて, い十畳の日だまり, い千万の軍勢, い千三屋と申します, い千家でございます, い千葉北方郊外の高燥, いか, い午前なので, い午後が在, い九郎が, い半分応酬して, い半分手を挙げ, い半日であつ, い半月がかかっ, い半畳だと, い半紙は二十四文, い半襟とそれ, いのよう, い卑劣な下司, いの風, い南仏の海, い南支那以外には滅多, い南方的の空気, い南欧羅巴の西班牙, い南氷洋で競泳, い南瓜を食べさせない, い単に客観的な, い単価で印刷, い博士そつくりですね, い博識の大学者, い印刷文獻をたくさん蒐め, い危うく死と, い危険が隠れ, い危険千万な運命, いの爺, い厚い大きい唇の, い原因を花柳病, い原始林の道, い原書だ大層, いであつ, い厨川が兵隊, い厭ぢやい, い厭人癖が現われ, い厳粛のし, い厳重に蓋, い参会して, い参詣だから, い参詣人がある, い又五郎がとおり過ぎる, い及けい及け, いから何処, い友兄いはいねえか, い友情によって結ばれ, い友禅の影, い友禅模様の派手, い友達甲斐のない, い双方とも不利益, い反抗を試みた, い反響を起し, いうの, い収入というの, い叔母さん茜裏の寢卷, い叔父さんでしたよ, い叔父たちが奥, い取り調べとは果して, い叛ことなかれ, いをなす, い口ぐちに何, い口つきで皮肉, い口ぶりだったが, い口吻を漏らした, い口唇から不規則, い口幅ッたい言い方, い口惜しさが, い口惜しい愁らい人と, い口答えをする, い口説の花, い口調一應はボーツ, い口髯を生やした, い古い日記を, い古之を終っ, い古寺と高く低く, い古社長がひょっこり, い古金買ひの, い古風な建造物, い悪い事, い只五六人の菜ッ葉服, い召使になつ, い召飯りながら, い可児才蔵と申す, い可愛いい小指を, い可減にしろ, い可能とその, い可被下候, い台ランプの, い台所の棚, い台風が吹い, い史蹟が多い, い右側は普門院常照寺, い右往左往して, い号令がかかつ, い吃りではない, い先輩や, い合つて離別の言葉, い合ッている, い合戦鬼王丸の白髪首, い合点だ, い同姓異人であるという, い同居しても, い同志林田の手, い同情の念, い同情心から出立, い同情者啓蒙者であると, い同氏の御, い名乗りをあげ, い名刺を出し, い名工の心, い名此の町, い名状すべからざる響き, い名称である, い君私が悪, い山深く, い吹聴をした, い吹雪がふかう, い呆けたやう, い呉れるから此方, い呉服商でございます, い周囲から逃れる, い呪文を三度, い味噌と川魚, い呵々が交っ, い呼び出して, い呼び声で一同, い呼吸器病と心臟, い呼吸法を再々, い呼息を呼吸, い命令であったとしても, い命数を知る, い和やかな一帶, い和上さんの来られた, い和女は人殺し, い和尚さんで檀家, い和郎じゃ, い咳払ひや, い咳払いをし, い咳拂をし, い咳音もまじ, い咽喉を鳴らし, い咽喉自慢の花, い哀しい声で, い哀しき仲間, い哀れげな声, い哀別離苦を諷, い品川の海, いこの比類, い哉ト横目ニテじろりと睨メタリ, い哉其の成らざるや, い哉君達の球, い哉山が低い, い哉彼等には世界, い哉日本は或は, い哉朝廷の御, い哲學を除い, い唐沢周得氏がどう, い唐縮緬を締めた, いかい, い唖娘の姉, い唯今御勘定, い唯今女中を寄越しまし, い唸り聲でせう, いを吐き掛けた, い唾液と, い商いだが, い商売から足, い商売人でも貸す, い商売敵だと, い商家の縁, いを弄ぶ, い問答のうち, い啓示を待つ, い善人とさ, い善良さが今, いべった, い喋舌って帰りました, い喘息の發作, い喘息發作に眼, い喜田貞吉博士でさえが安達, い喧しいやい, い喪章を卷いた, いへや, い営利的企業がひき, い嘆きの根, い嘔吐を空中, いに受けた, い器械的に並べ, いってもの, い噺家で, いう, い四ツ目屋の兄弟, い四十前後の男, い四十度内外のところ, い四方の英才俊髦一時, い四月十一日だと, い四疊半の這入, い四等のデッキ・パセンジア, い四階でございます, い四隣の光景, い回りへたかっ, い回想などを若い, い因縁ぢやありません, い団栗みいんな, い団栗眼をひんむい, い団欒し灰, い困惑の色, い困難なこと, いが描かれ, い図星でございます, い図面を手, い国体明徴観念の叫び, い国土の端々, い国家の為, い國土の中, い圓型のその, いです, い土匪や流賊等, い土器に唇, い土地柄かどの, い土壁を繞, い土手を透し, い土方の嬶等, い土産を持っ, い土用の三日四日め, い土用波は一瞬, い土臺ごと掘り捨てたつて, い土色の水, い土蔵という程, い土蔵破りをまでした, い土藏づくりの朽ち, い圧力をうけ, い圧迫を脱, い地下水を頬, い地中海が目, い地代ですこし, い地位をかち得ない, い地尻からドス, い地板へ倒りょう, い地球はおどろくべき, い地球儀を持出し, い地球征服は不, い地盤の上, い地紙に赭, い地蟲の亡き骸, い地面一杯になった, い地面家作の売物, い地響きを挙げ, い坂本はその, い坂町を歩い, い坂路の途中, い坂部さんはどう, い均斉を保つ, い均斉軟らかな輪郭, い坊さんには丸められちまい, い坊ちやんや孃ちやん, い坊主女など, い坐視できぬの, いは破れ, いれたて, い垣根の上, いの構造, い城下縣廳の所在地, い城内もだ, いもない, い執念だ, い執拗い言葉, い堀割の水, いのよう, い堂々たる最新流行, い堂内につか, い堅気なんで, いは捕, いに頭, い場処ではなくなっ, い場處があつ, い場面でしたが, い塔の村の停車場, いの私, いやい, い塩原の後家, い塩梅確ですか, い塩気せえ, い塲所でした, いが蓄えられ, い塵取でも持っ, い塵埃の立つ, い塵除のやう, い墓地に埋め, い墜落ぶりそうしてあの, い壁アべにぶつかった, い士官は五郎造, い士町で妙齡, い声援を始めました, いを伏せ, い阿彌, い変事が突発的, い変態的の愛, い夏間に限る, いの夢想, い夕日が落ち, い夕風に吹き送られ, い夕餉をしたため, い外れを, い外交官でそういう, い外気を吹, い外聞が悪い, い兵衛と, い多くは十数本, い多分斯うなるだらう, い多年の傅役, い多情な男, い夜具にもぐりこみました, い夜室にひびきつづけました, い夜店の通り, い夜明けの海上, い夜更誰か玄関, い夜気が流れこん, い夜逃げ屋という, い夜露がしっとり, い夜食の膳, い夜鶏の啼き, い夢一つ見るでも, い大きく団扇の, い大きにさようでございます, い大丈夫だねと, い大久保石見守の子孫, い大人しい絵でした, い大会不参加の旨, い大兵肥満の黒, い大分県の山奥, い大切な物, い大和朝廷だったの, い大型のもの, い大場石見は隱居, い大変な響, い大将だ, い大将様がお, い大小を差し, い大層お邪魔, い大島を着た, い大工さんと一緒, い大帝は一種絶倫, い大手を振っ, い大抵晩に, い大敵の海豚, い大方然うだろうと, い大根おろしを附け, い大気がゆるやか, い大気中に出し, い大江に臨んだ, い大田に案内, い大目に見, い大福を糯米, い大聖壇を埋める, い大股に聯隊, い大膳坊は多分, い大葬を得ず, い大袈裟に言う, い大西とは好, い大言を申しおる, い大講会の広前, い大輪の月, い大道を飛びはねてゐたのであつた, い大野田の家, い天使たちのあ, い天候に見える, い天子さまのおやすみ, い天災の中, い天皇の御子, い天真はお, い天空と畠, い天窓でも撫で, い天職があろう, い天賦の感情, い天鵞絨と密陀塗, いてえ, い太刀に次ぐ, い太守のお, い太平の世, い夫婦とはただ名, い夫婦生活の中, い失恋の人, い失敬だ人, い失礼をいたしました, い失錯遣っちゃ, いを求める, い奇怪な盗賊, い奇特なこと, い奉公して, い奉行所の方, い奏樂紛れに壁, い奥地と感じた, い奥方のほう, い奧さま御機嫌ようへい, い奧州とても可, い奧座敷にある, い奧方お勇樣, い奧村の座敷, い女お母様は年, い女たちが蜆, い女ときまつてるやう, い女ものの肌着, い女らは店, い女らしさを, い女中さんがお, い女人なのに, い女人魚は陸, い女君の口, い女学生の口, い女学生風の女, い女工が浮かない, い女形のせゐさ, い女心に心配, い女性式の天狗, い女手一つで育て, い女狂いをし, い女王がそそり立った, い女給の一人, い女装の男性, い女達は三人, い女郎買からお, い女金子は盗まい, い奴ぢや, い奴みたいな氣, い奴めと心中, い奴玉は肩, い奴相模屋の身上, い奴等ぢやありません, い奴輩ではある, いかん, い好う仕上らば, い好意を表した, い如何に登山術, い如何なることにも, い妄執にふと, い妓たちはちゃっ, い妙手であった, い妻女が庭, い妻子を苦しめ, い妾ア必然祟って, い妾腹の菊之助様, い姉さん元気さうぢ, い姉上や肥滿つた氣, い始末の惡, いごそういった, いがニューヨーク, い姫君でした, い姫昔蓬が麻畠, い威厳と確実, い威風を持つた, い娑婆ぢやなう, い娑訶と唱え, い娘さんだったん, い娘子が読ん, い娘心はもう, い婆さんの娘, い婆さん件の人参, い婿君を迎える, い嫁入に逢う, い嫁入りてやつ, い嫋々しい彼, いの手, い嬉しさの, い嬌音が方々, い嬢ちゃん坊ちゃんが, い嬰児の泣き声, い子さらひを, い子供たちもいる, い子守女の声, い子舞子たいこ末社連のうち, い子都近くなりぬと, い子酉川の上流, いを中央, い孔雀のよう, い孝行者だしてな, い孟宗竹に眼, い季候にいかに, い季節には猪, い孤独な感情, い孤獨を感じず, い学友の略伝, い学問のこと, い学殖を一番, い学理でも頭, い学生等の活躍, い学生風しかも口数, い孫右衞門だつたの, い學業の成績, い宇宙の間, い宇治山田の米友, い守吉の叫ぶ, い守夫見えるぞ, い守霊の鼓舞, い床は, い安易に侵される, い安煙草で間に合わせ, い完成せられて, いい心, い宏大な価値, い宗教的臭味を帯, い宗教言辞のかげ, い官僚的な横暴, い官吏とかいふやう, い官民一体となっ, い官衙には泣く, い官選弁護士の野郎, い定例の日, い宜いかそら一つ, い宜しゅうござりますか, い宝書で御座ると, い宝玉のよう, い実家はどこ, い実行欲とのあ, い実験で盲目, い宣伝は, い宮さんの心一つ, い宮子の胸, い宮廷生活においては女性たち, い宮様のよう, い宮殿の裏門, いの莚, いなり線香, い家ぢゆうの朝夕, い家具置物張り替えて, い家初夏の風, い家屋一軒で兎, い家手習机の上, い家族制度のため, い家来を連れ, い家柄と聞く, い家業が大, い家畜にとって牧場, い家行燈を一つ點, い家逃げも隱, い家鶏の雛, い容態でなにやらひそひそ, い容貌がいる, い容貌ちの美い男, い容赦なく僕, い宿場が見下さる, い宿屋さん見つかったかい, い宿所は, いかな湖水, い寂しさが, い寂寞がある, い寄合世帯ぢやない, い寅吉親分は何時縛, い密謀を洩れ聞いた, い密雲に鎖されうしなわれた, い富五郎がどういう, い富士男を鼓舞, い富有の者, い富豪が雪舟, い富貴の身分, いるが, い寒いと悪かろ, い寒し暑ければ暑い, い寒冷ですね, い寒気だつた, い寝所にも腹の, いするに, いいながら, い寡婦は賢, い寢床を取, い寧ろ黒猫が, い寫眞をかかげ, いの内側, い寶物の方, い寶珠のばあさん, い寺田屋の家督, い寺院の本堂, いにし, い対岸の若い, い対立を示し, い封建時代の白壁, い封筒の趣味, い将軍家なぞは, いさが, い尊敬を得, い尊氏の矛盾だらけ, いで死亡, い對照で同じ, い導火線を切る, い小づくりなその, い小僧たちだよ, い小兵な男, い小判を平等, い小太郎だ, い小学校を卒, い小家を一軒, い小春の日光, い小春日和であつ, い小歌に男, い小母さんが町, い小永井様の屋敷, い小流に苔, い小男が半身, い小石川の春日町, い小糠雨が月, い小舟よという, い小言を言つたの, い小説家だ, い小道具の入, い小鉢の底, い小麦の匂い, い少々鬢だ, い少ない天才の, い少なき文学者であった, い少なく見事であった, い少女共である, い少年探偵団ばんざあい, い少年時代の悩ましい人懐こい, い尤もらしく見えるトリック, い尾崎紅葉山人に何, い尾角ともに備わり, い局舎を掩護物, いやがる, い屈辱だ, い屋上の瓦, い屋内の何處, い屋根屋根には漆喰, いして, いいッ, い層雲を見よ, い履洞庭の舟, い山の上のや, い山の下に小, い山侍が柵, い山口屋で十年, い山吹來い, い山国ながら紫, い山家の暮し, い山崎屋勘兵衞だけなら, い山河が旅客, い山海嘯の話, い山猫の馬車別当め, い山羊乳もいつも, い山肌には烈々, い山芝の築山, い山蛭は神代, い山間に歴史, い山麓の藁屋根, いと来, い岩井の行動, い岩壁の間, い岩層の斷崖, い岩峭も揺れおののく, い岩巓に, い岩石の上, いの山, いの甘酒茶屋, い島嶼の事, い峽間になる, い崖下の真黒, い崖崩れがそのまま, い崩れが見える, い川上を助けた, い川添の道, い巣鴨通りの雜沓, い工賃を払っ, いの手, い左右の岩壁, い左大臣の邸, い左官の松, い左手に御, い左馬介も山支度, い左馬介光春でもなかっ, い巧いと云っ, い巧みがあった, い巨万の富, い巨大な石碑, い巨岩怪岩が波, い差し風呂敷脊負って脚半, い差出口を利いた, い差別を作っ, い差別的対照にかかわらず, い巻斑のある, い巻毛に月桂樹, い市場の呼び声, い市役所の仕事, い市民の部落, いを織っ, いだ, い帆村荘六という青年探偵, い希代なもん, いに一身, い帝釈やいと呼ばわって, い師匠何をし, い帯地が買える, い去には, い帰つてくだせえ気の毒, い帰路もそこ, い帰順の意, い帳簿を見, いを散すまい, い帽子を目深, いと姿勢, い幇間的な人物, い幌馬車は若い, い幟旗を揃え, い干菓子とそれ, い平和を迎えるらしい, い平坦な高, い平安の宮廷武官, い平屋が名代, い平常帶素足に, い年ごろの十二, い年増丑刻過ぎといふの, い年少少尉此人は海軍兵學校, い年来馴染であった, い年紀の割, い年紀六十に余る, い年若な女, い年輩の友だち, い年齢であり当然さらに, い年齢上の経験, い幸い自分は, い幸福に価する, い幸福者です, い幻像はなに, い幻想に誘はれ, い幻覚が現, い幼児であるかを, い幼時は水呑百姓, い雅な, い幾ら隠したって, い幾ら薬を付け, い幾人かの吾家, い幾分か芸術的, い幾日か待て, い幾曲りを一聲, い幾条かの皺, い幾片かは口, い幾百の虫, い広い蒼い顔には, い広告の物品, い広告画を壁, い広東枕をし, い広業は画絹, い広漠とした, い庄八郎は云う, いに飛付い, い床下からはその, いに其方, い底力のある, い底意地の悪, い店格子を透い, い店舗がどれ, い店賃計ぢ, い度い程に思っ, い度い様に斯, いを作つて銘々, い庭一杯の春, い庭傳ひに, い庭先きから, い庭前には弓鉄砲, い庭園が附い, い庭土でよごれきっ, い庭目の下に飯田町, い庭越しに梅, いの軍, い廃院を見た, いを持ち合せた, い廉太おちか, い廊下笑声叫ぶ声, い廓言葉と白無垢鉄火, い廣いものやらまた, い廣場の鹿島踊, い建札が顔, い建物陰欝な空気, い廻しとい, い廻ってたんか, い弁当飯で過し, い弁慶のよう, い弁解をしよう, いはあっ, い弓小屋があり, いて見た, い引きまつはし, い引き返し度いといい出した, い引け目もある, い引っ籠って, い引例や自在, い引捩いで月夜蟹, い弘法様の, い弟子と奧, い助ェ, いでございます, い弧灯の波, い弱々しい女らしい女の, い張つて居た氣, い張りがあった, い強氣で押し通し, い強盗殺人犯どころか鬼畜, い強盗紳士だ, い弾力のある, い彌勒の世, い当て違ひであつ, い当りを調べた, い当人の註文通り, い当代の歌人, い当分私が此, い当地村方一同一昨年以来重ね重ねの, い形勢だった, い形容をもち, い形容詞が出ない, い形式を履まね, い形式手法が殘つて, い形見だって何, い形體から四角, い彩花とに生き甲斐, い彫刻であるよりも, い彫刻物は覚束, い影法師を泳がせ, い役割を引, い役所の帰り, い役柄を勤めた, い役目を引受け, い役者綺麗な役者, い役者連が衣裳験, い彼らの様子, い彼ア云う親孝行, い彼処の水, い彼奴め心身疲れ人心地, い彼方此方仕事口を探し, い往生をとげた, いを歩いた, い待ちねえ, い後で話を, い後に九郎義経の, い後ろ姿をみせ, い後両親は年老い, い後中村で母, い後光がさした, い後味は何一つ, い後家さんが可, い後年の運命, い後彼の愛, い後方へグンニャリ, い後日の難儀, い後添ひの, い後生だから, い後甲板へ横, い後退りになっ, い得がたき手練ばかり, い從つて教はつた事, い從兄や妾, い御三家の若殿, い御仁で御座いました, い御代の事, い御堂の縁, い御意で三十年前, い御新造で平常, い御新造松蔭の家, い御沙汰にならぬで, い御用ですか, い御礼は申, い御膳も進げよう, い御苦労でござった, い御門が映り, い御願だから, い御馳走さまで御座った, い微妙な細み, い微笑ましい心持に, い微風や彼等, い心がまへで出られぬ, い心もとないことじゃ, い心中それそこに流れついた, い心兵士達の向う見ず, い心内の世界, い心地ぢやありません, い心得でおる, い心情と現実判断, い心情的な感じ, い心持さうに指圖をし, い心持ち圧し捉まえて, い心掛立派な心掛, い心理遺伝の暗示, い心細い中に, い心身を基督, い心配ぢやらう, い心靈に取憑かれ, い忍びないの, い忍剣の身, い忙しそうに, い応接室へ入っ, い忠告を受け, い忠義な形, いさは, い快い響を, いのハム, い怒りなどは忘れ, い怕いの一心, い怖い姿で, い思い掛ない処, い思し召し置く事, い思っ居い申したが, い思つて孫右衛門さん許へ頼み, い思召から出た, い思惑ではなく, い思想家はその, い急ぎだ, い急坂だから, い急性のトラホーム, い急迫した手段, い性分である, い性情である, い性癖のほう, い性質のをなごだ, い怪しげな女共, い怪奇な人間, い怪物のやう, い恋しいというの, い恋人を持つ, い恋人どうしのよう, い恐しいやう, い恐怖が私, い恟りさせやがる, い恥ざらしな真似をする, い恥じざる行いに, い恥ずかしさを, いにきる, い恩賞の要求, い息切れがする, い息吹と感応, い息子二人をなあほか, いある詞, い悉皆検めやんした事, い悔恨がチクチク, い悔恨それにたいする謝罪, い悟空の顔, い悦子の, い臭い蒸れた, い悪くするよ, い悪人でも無い, い悪夢であった, い悪筆のうえ, い悪者にされ, い悪臭のやう, い悪辣に懸かった, い悪魔め何処へ引つ, い悪魔フーラー博士が近づい, い悲しい心持で, い悲哀を感じた, い悲歎の裡, いの無い, い情愛の言葉, い情感の至る, い情趣を感じ, い惜いが寒い時分, い惜しくはない, い惡人には不思議, い惡戯氣分が, い惡戲者は直ぐ, い惡習と戰つて之, い惡阻ででも, い忍な, いをやぶるまい, い想いがぶちこわされはじめた, い惹爾日公雨の如く九日九夜, い愉快げに問い, い意向を告げた, い意図と血みどろ, い意地悪の夜叉, い意旨だけが大きく, い意気地なし嚇, い愚僧は姫, い愚劣な皮肉, い愛らしいとむす, い感化を受けた, い感化院だつた, い感心な子, い感興にでも活きなけれ, い感興性の彈力, い感覚するこの, い感謝の涙, い感銘は見事, い態度いろいろに変え, い慮りの深い, い慰めのお, い慰藉料ということ, い慶助木ペン返せじゃ, い慶四郎の望む, い張っちゃ, い慾得ずくの犯罪, い慾心のない, い慾望もなかつた, いたてや, い憂欝を感じさせた, い憂鬱の曇り, い憂鬱さを知る, い憂鬱状態に陥っ, いくまぬと, い憎しみを強調, い憎悪を吐き散らし, い憐憫を私, い憤懣の色, い憧憬の心, い憫然でなんねえだ, い懇親の情, い應接室だつた, い戀仲のせんさく, い成上り者から戦闘, い成田屋のこん, い成長でしたろう, い我が花柳に, い我らその日, い我夫では必ず, い我子が急, い我慢して, い我慾から離れたる, い我身知らずの性悪, い戦前祈祷して, い戦時の遺制, い戦果のあと, い戯談を語り, い戰場の話, い戸外の業務, い所以は容易, い所得税だと, い所期の地, い所爲か途中, い所行をした, い所許り見て, い所謂ノツペリした美男, い所身体を伸し, い扇子を抜く, い手付きで捧げ, い手傳つて, い手前どもは石山, い手前道を間違えやしねえ, い手帖をとり出し, い手帛で拭い, い手引ならこちら, い手持のない, い手掛りも得られなかった, い手本ですよ, い手相ですね, い手筈は明日, い手筐の證文, い手荒だね, い手落ちをいたしまし, い手袋くれたもの, い手觸り黄表紙, い手負いや死者, い手違いをし, い手配をし, い手間で立派, い手頃な物, い手首の持主, い才能をまるで, い振い雪, い打撃にもう, い打撲の爲, い打撲傷は後, い打擲さえも母性愛, いは此, い扮装だから, いひを, い扱いはなさらない, い投合せぬとか, い投機を工ん, い抗議書を投げつけた, い折角の御, い折角下すったの, い抜目なさ, い披露式早々から片一方, い抵抗も何等, い死んだ魂さ, い押し合いへし合いを演じた, い押込強盜家後切はどう, い拙者はお隣, い拙者どもは芸妓小峯, い拙者初対面から怪しい, い招きの電話, い拜むのは御, い拜殿へ坐, いをあげ, い拳固を背中, いひ物, い指噛じるこなし, い指揮に従い日常, い指環を嵌めた, い挙げ句のからだ, い挙手の礼, い挨拶一つせず感じ, い振動が現われる, い振舞をさせ, い振舞いをなす, い振舞程のよい, い捕縛すると, い捜査に努力, い敏い気象, い掛け合いの法, い掛け持ちのとき, い掛合の法, い掛物だ箱書, い探偵小説は出来ない, い探偵趣味怪奇趣味の芝居, い探検を続けられ, い接觸點に, い接骨木はビロード, い控所を横ぎつて職員室, い控處の中央, いわざる所, い揖斐の川口, い握飯の香, いをした, い損害を与, いかしつ, い擧動は止め, い擽ったいような, い支那の婦人, い支那化の熱, い攻手でした, い放れ馬も時々, い放蕩な生活, い元公, い政治家であって, い故郷の峰谷, い敏感なポプラ, い敏捷いさすが, いにあり, い教場の南, い教室で教つて, い教師を雇, い教師先進者に行, い教育を受けた, い教養がほしい, い数人の者, い数千の降, い数千年住んで, い数学家のよう, い数日をすごす, い数珠もかすか, い敲きやア, い敵イ討つといった, い敵営中に金色, い敵手が出せぬ, い敵討出立のお話, い敵馬の足筋を截, い敷石の上, い文六の肩, い文化の滅亡, い文吾は其の, い文子はその, い文学の中, い文學尺度ではだめ, い文學青年的な考, い文明進歩の方針, い文献と云, い文覚上人の活人形, い斑点のある, い斑點をいくつ, い料亭を選び変え, い料理茶屋がありまし, いに往, い斜視の眼, いを揮っ, い斧右に一本, い斬殺されて, い断層面をそばだて, い断言でしょう, い断面においてよく, い断食するん, い新しく仕立てた着物, い新モスの着物, い新吉三藏さんと云, い新年号はそれぞれ時機, い新田勢は日まし, い新造が是非逢, い新道が出, い新開地だった, い方位をたどっ, い方角から声, い方言がある, い方達が乗っ, い方陣その方陣, い旅ごこちがした, い旅愁をさえ, い旅舎に真夜中過ぎ, い旅行帽をかぶった, い旅裝束片瀬江の島へ行く, い旅館へ伴, い旋回によってそう, い旋律が行人, い旗印として押し立て, い旗本屋敷にはどうか, い既に数輪は, い既成概念を有, い日かげがさす, い日ごろ時として彼には, い日の丸の旗, い日の出を見ました, い日化粧の姿, い日医師の許可, い日取りになっ, い日向は白い, い日射しが二人, い日影がさした, い日曜日を兵隊, い日本人がパリ, い日本品を土産, い日本橋の家, い日本生活の懐, い日本語だつたし, い日用品食料品を商, い日近所のお寺, い日雇に雇われる, いつくは, い旦那さんこんにちは, い旦那様知ってるだね, い早うがすよ, い早春の日, い早足で駈け出し, い旭草木の露, い昂奮して, い昂揚が心, いもまた, い昌平に描かせ, い明き納屋へ, い明け方の光, い明らかな事実, い明るい楽しい年越しする, い明るみの中, い明暗を残し, い明治政府は成立間際, い明滅をしきりに, い明瞭であったこと, い明障子の立った, い昏迷性のもの, い易い様な, い昔気質なもの, い昔難破した商船, い昔馴染に取つち, い映像にうち, い春先の雨, い春日和にはそれ, い春蘭青木の深紅, い昨夜酉刻少し過ぎ, い昨日今日ポッと出, い昨晩はどうも, い是丈揚ったって, い昼休みに部屋, い昼夜十二匁ずつの五つ切り, い昼夜帯を見せた, い昼食をし, い昼飯をしたたか, い時々それを, い時ふたりは表, い時一日学校に被, い時一日學校に被, い時世にわりに, い時分ぢや又, い時師匠について棒術, い時虎条あること花驢, い時計の鎖, い時郷里を離れ, い時雨がソボソボ, い時頭の大きな, い晩カフェエ・アラニョオで一碗, い晩方にこの, い晩餐を欲, い普通道徳にほかならない, い景気を夜陰, いだつたが, い晴れ晴れしとるじゃ, い晴着を着かざった, い智恵を持ちあわせ, い智慧者なん, い智識で考へまし, いのなか, いを持つ, いさに, いい勇気, い暖いと云っ, い暖炉は大理石模様, い暗夜に乗じ, い暗示がある, い暗黒と罪惡, い暢気な研究, いの上, い暫くお前に, いでしたが, い暴力に就, い暴怒またこれ事, い暴露的パンフレットの旺盛, い暴風雨に出, い曝露に堪へなかつた, いで誰, い曲調だつたが, い書き加えときますが, い書き出しを拾っ, い書割としか思われない, い書風であったが, い最も豊饒な, い最上の好, い最中を働く, い最前の店先, いでも何, い會釋をし, い月毛の馬, い月神を門外, い有力な思索, い有効なもの, い有様江戸から東北, い有賀と一緒, い有難え可愛, い有難い何か, い有難く頂戴も, い朗らかさの波, い朝かすかにそして, い朝ごはんをたべ, い朝子に思い出せる, い朝寝だ, い朝御飯に茶漬け, い朝歸りと, い朝私がふと, い朝霜を踏ん, い朝霧の中, い朝靄を被, い朝顔の花打, い朝食を取つ, い朝餉の膳, いにお, い朦気があたり, い木かげで真赤, い木ちんやどに, い木像が突っ, い木札が掛つて, い木炭画が十種, い木登りにはまだ, い木綿を卷きつけた, い木陰に潜伏, い木魚講を見せつけられ, いちやんこんな, い末期に一杯, い本体を人前, い本堂により添つて, い本堂裏へは行けなかった, い本屋さんがありました, い本当ね私, い本文のは克明, い本末を懇, い本町の真中, い本質を有, い本通りを歩かない, い杉苗ですね, い杏春は果して, い村内の交際, い村長の肩, いに入, い杞憂などはなく, い束髪に結った, い条件の下, いて待っ, い東海坊は自分, い東照神君三百年の洪業, いかなもの, い松の内は早仕舞, い松の木よおま, い松吉でございます, い松板を二枚十字, い松林で疎, い板廂に霙, い板戸を明ける, いの面, い枕もとの金ダライ, い林檎畠の路, い林蔵親分がカ, い果実を実らせます, い果物畑を三四町眞直ぐ, い枝振りの一条一条, いの中, いの注意, い柏家へ入りました, い染め物でございますかね, い染色硝子を立て, い柬埔寨語で斯, い柳町の通, い柿の木の枝, いや樺, い栄蔵は恐し, い栗毛の逸物, い校書それから其の, い校長の惡口, い根人神人が動き出す, い根岸の加茂川亘ッ, い根性劣な奴等, い根気よく河岸づたいに, い格子戸をガタピシ, いの香, い桃畑がある, い桃色の薊, い桔梗色の振り袖, いは落葉, い桜実のよう, い桿状の柄, い梁木がもう, い梅干なら四, い條件で借りる, い梨ざます買うとく, い梯子酒だつた, いと高田, いを給, い棺桶の中, い植木屋の庭, い植林を継続, い植民地的の相貌, い植物のよう, い植物どこ迄伸び, い植込の上, い楊柳や夏草, い楊貴妃ゆゑに梅蘭芳, いを改めません, いになっ, い極めて無邪氣, い楼門がそびえ, いを, い楽しさの, い楽しい家庭の, い楽園のよう, い楽屋裏の暴君, いのいる, い榛の木馬場の前, い榛軒が泣いた, いの一番奧, い構土藏と店, い槍一本六角型の窓, い槍薙刀を提げた, い様あなたに三蔵みたい, い様あんたがきまり, い様ここで待っ, い様ぢやない, い様子探りに来た, い様私を曾孫, い槙三は制服, い樂屋を覗く, い標題を掲げた, いの字, い権兵衛が, い横井源太郎を殺せる, い横山梁にございます, い横暴な仕うち, い横柄な言葉, い横田の小, い横皺の多い, い横着者奴お前は風呂, い横笛を持っ, い横通りを右, いの樹, い樹木である, い樹立でもあんまり, い樺太などへ行く, い橄欖色の飾紐, い橘湾が目の下, い機会に一度, い機械人形のやう, い機能など用, い機関がなくっ, い檀那様今晩は, いの屑, いは折れ, い櫓声が聞え, い櫓音がたちまち, いである, い欄干に身, い權威の下, い欠伸を噛み殺し, い欠点があり, い欠陥をもった, い次いでそういう輪廻, い次にまた一人同様, い次男坊に小山田一閑, い次第に愛想が, い次郎兄いと顔, い欧風化はもはや, い欲しければ買ったら, い歌声に耳, い歌手だよ, い歌留多なら何時, い歌舞伎の世界, い歌舞伎姿をちらりと, い歌集の, いきの, い歓びも人間, い歓会の時, い歓喜の声, い歓楽にふけっ, いよしや片腕, い歟仕事の出来ぬ, い歡喜を見たらう, い孝も, い正午ぢやぞ, い正直左様なわけ, い正確なところ, い正装の将軍, い正誤してから, い此の方の酒食, い此事は正一, い此坊やをたしかに, い此奴に吊下っ, い此小川を, い此辺でナー, い此通り誰でも研究, い此間から昨夜, い武人の木像, い武兵衛と申します, い武名を大衆, い武器が出来上る, い武子だけでなく, い武家育ちの私, い武家風の刺繍澤山なお振袖, い武田博士だ, い武者たちに伍, い歩るいて音信不通, い歩行の方向, い歩足がその, い歯列はいつしか, いを以て自ら, い死傷したと, い死産の記憶, い殆ど人を殺す, い殆ど直立同様の傾き, い殉教者が戒律, い残らずみんな, い残念と十一日, い殘酷性がお玉, い段落だ, い殺しの現場, い殺人事件のあった, い殺傷沙汰がつづきます, いを屑籠, い殿樣へ御免, い母屋に集, い母校の誕生日, い母音に関係, い毎日朝は主人, い毎晩のよう, い毎月の頼母子講, い毒婦であっても, い毒藥である, い毒蛇を断っ, い毒蛇遍満して, い比較的狭少な地域, い比酒興のうえ, い毛だらけの尻, い毛並と性質, い毛唐の犬, い毛唐人は犬, い毛氈が敷い, い毛深さ骨太さである, い毛糸の手袋, い毛網で包まれる, いを苦しめ, い民家に放火, い民衆の芸術家, い気の毒でならない, い気イ廻るの, い気候の中, い気前の男, い気勢に振返った, い気性の女, い気持さへし, い気振りで, い気楽な身の上, い気概また都八条, い気色の悪い, い気象のもの, い気質愛情に満ちた, い気配とも思われませぬ, い気配いが見える, い氣むづかしい背中の子供, い氣力のある, い氣味ぢやない, い氣弱さうな女, い水びん等あり, い水仕事と育児労働, い水兵の姿, い水勢であつ, い水口のところ, い水平線にぽつり, い水晶の数珠玉, い水泡を残し, い水流を切っ, い水温の所, い水澤の地, い水牛仏のこと, い水色毛布のか, い水菓子屋向顱巻, い水蒸氣が立ち, い水蜜桃のやう, い水車の音, い水面には水馬, い水音を立て, い水飮ましよ, い氷上を一行, い氷原の上, い氷川の方, い氷紅藻の揺れ, い永田の大黒, いが出ます, い汁粉が二杯, い求道生活をば私, い汗さへ肌, い汚くもなっ, い汚点がつい, い汝昨夜われとともに非行, い江北江東の天, い江戸っ子の端くれ, い江戸中何處へ行つて, い江戸橋と日本橋, い決意を追, い汽笛が短い, い沈鬱さと色, いの汎濫, い沙地に附近, い沙漠の中, い沙魚の泳い, い没む見れば, い沢山口もきかない, い河上に臨み, い河口へ船, い河水を對岸, い河童の子, い河風の刺激, い沸沸と湧く, い油繪の大額, い油費えでさ, いで汗ばんだ, い泉水の上, い法典でないこと, い法師さんだ, い法律の手先, い法樂とか悟道, い法規の定, いで糸七, い波斯模様の色合, い泣き言を打ち切った, い泣笑ひを, い泥水を吐き出しましょう, い泥河のそば, い泥濘となり, い注意も致し, い泳ぎに行く, い洋室になつて, い洋書の中, い洋服姿の男, い洋燈をとみ, い洋行をさせられる, い洋装の貴, い洋裝で南洋風俗, い洋食部の女給たち, い洗いすすぎはいかなる, い洗い髪を引, い洗ぎ湯の中, い洛北の岩倉村, い洞穴の中, い洞窟が待っ, い洪水がございました, い活動を見, い活字や金色, い活気を運ん, い活氣が生じ, い活溌な男, い活溌敢為の気象, い活躍談を聞き, い派出婦人会だけを除く, い流水のみおや, い流行物だ, いい姿, い浅い谷の, い浅草のあけくれ, い浅黄と段染, い浦狹い河, い浦賀湾に突至, い浪人の娘, い浪人者と戀仲, い浪人骨は親譲り, い浪費癖のやう, い海それを除いた, い海なじみの漁夫, い海夏は涼しい, い海底に棲む, い海洋へ出, い海流の水面, い海獣の種, い海辺にでも参りたい, い消却して, いを馳つて, い液體の徳, い涼しい影を, い淀屋の八幡丸, い淋しい校長先生を, い淡々しい雲, い淡いなまぬるい感じと, いげに, い深切ものでございますから, い深刻な度, い深川木場の材木問屋, いっていた, い混雑のなか, いひたつ木槿, い清々しからぬもの, い清げな池, い清さんのため, い清らかな生活, い清治は必ず, い清葉姉さんの家, い済みませんで, い渋い食物を, い渋茶を一パイ, い渓谷を見下し, い渡しへか, い渡し一杯になり, い渡邊織江の引力, い温かい滑らかな, い温室咲きのやう, い温情とぼく, い温気とがこもごも, い渺茫とした, い渾身を揺り, い湖水が面, い湖羊の群れる, い湖面に臨んだ, い湯槽の周圍, い湯氣となつ, い湿地のはう, い湿気があっ, い満さんとあの, い満月が出, い満腹のままコーヒー, い溪河を織る, い滅多に接近, いかな凉, い滑かさと羊皮紙, いが乾いた, い漁夫町の街道, いの上, いり方, い演出者の努力, い演奏だ, いの手, いり加減, い潮流に乗っ, い澄江に堪えがたい, いが靜, い激怒の形相, い濁りを鱗, い化粧を, い濃い芸を, い濃く流れて, い濃霧が千島, い濛々と煙, い濛気の中, いい野, い濶葉樹の森林, い瀧三郎は豪勢, い瀬戸ぎわだ, い瀬戸物の触れあふ, い灌木状をなし, い火勢は最早, い火急だ, い火星人の宙づり, い火箸を取る, い灯かげは障子, い灯影にじっと, い灰白色の身体, いの忌, い炉端に与, い炉辺で慰問靴下, い炬燵蒲団をはぐ, い炭坑を貰う, い炭酸水を摂り, い点々となり, い為其が出, い為合せだ, い為道さんを迷わせた, い烈風が日, いが, い烏龍茶を一つ毛唐, い無事に通過, い無常を諷, い無心処じゃね, い無意味なる破壊, い無愛想な小三郎, い無我の心地, い無理矢理説き伏せて, い無碍弁を恣, い無表情でそれ, い無言でそれ, い無闇やたらに, い無駄づかいも, い焦燥に駆られ, い焼餅らしいもの, い煉化道は, い煉瓦の兵営, い煉瓦造りの建物, い煎餅であつ, い煙硝庫と聞いた, い煙突を持つた, い煙草入や身, い照り時過ぎにけり, い照り涯し無し燈台, い照り黒瓦今ぞ見え来つ, いの子, い熊本はお前, い熊笹を植える, い熊野に詣りし, い熟睡快眠だつた, いとは人生, い熱海にでも行っ, い熱狂が必要, い熱病を煩っ, いゆるがごときけれど, いのにおい, い燐光をはなせ, い燐火が三つ四つ, い燕作のバカ, い燕陵は義経記, いを滅, い爲合せである, い父子血合せの法, い父母にたいしても朝夕, い父親の下半身, い爺さんひどく氣遣つて, いかな気分, い爽醇なウォートカ, い片隅に向き, い牛小僧やあい, い牛羊を飼う, い牛蒡が舌, い牢獄のよう, い牧場で青草, い物しづかさですつ, い物ずくめになり, い物の怪に充ちた, い物乾場を通して町家, い物体のよう, い物価騰貴し小, い物理学的研究方法を摂取, い物理書は八十銭, い物知り顔がこう, い物笑いの種サ, い物置の隅, い物言ひや, い物靜かな木立, い特にカメラの, い特殊な言葉, い牽制を試み, い犬ころでした, い犯罪は滅多, い狂いがあった, い狂言をさし, い狆ころめが, いを見る, い狡猾性がひそん, い狩衣も夜露, い独りぼっちで入っ, い独想家であつ, い独美が一時, いの仔, いい文學青年的, い狼達が集つて來, い猛烈な疾風, いの子, いには嫌, い献立がきまっ, い猿めがやりおった, い獨身官舍の一室, い獲物がある, い玄関付の家, い率直に任せすぎる, い玉井に聞い, い玉子玉子と言っ, い玉帯の裏表, い玉葱の花, い玉蜀黍も一度, い王使は追い往く, い王冠を頭, い珍聞た, いのやう, い珠運は自, い實の, い現在のパラオ諸島, い現象であつ, い球つて毒薬なん, い理会と鑑賞力, い理屈もある, い理想であったの, い理智から明快, い理窟であると, い理髮師はいつの間にか, い琥珀色をした, いの音, い琵琶師だろう, い瑠璃の雨, い瓦家根が深く, い瓦斯ランプから瓦斯, いがもう, い甚だしくその生存, いものの, い生き物なので, い生き生きした感情, い生垣や植込, い生存慾を押し包ん, い生憎囈言の, い生死去来は生死去来, い生水が危險, い生活力の持主, い生活社というの, い生活立ちん坊の働き具合, い生物が巣食っ, い生白いもので, い生硬だろうが, い産業の持つ, い産褥に就いた, い用法しか持つ, い用途は燃料, い田圃ぢや, い田地でも買う, い田舍町の商人宿, い田舎っぽいもの, い田舎味噌は摺鉢, い田舎女の一人一人, い田舎者の頭, い由良川の広場, い甲板を往き, い甲板上にね, い申しておく, い申候時ハ誠に久しぶり, い申分ではあります, い申自分廿拾金計持居申候, い男さ此の弟, い男らしくもない, い男女の夢, い男子部女子部掛け持ちの男, い男振りにフト氣, い男湯の方, い男狂いのうわさ, い男目鼻立は立派, い男自分の影, い町中とは言, い町人に甘んじた, い町人共眼に物, い町娘の風, い画師不服の体, い画界の潮流, い畏いものに, い畑地で星闇, い留守居もおらぬ, い留置場の古ぼけた, い畜生ぢやねえか, いになつ, い畠地は割れ, い畠山重忠の前, い畢生の鴻恩, い番兵さんこれは味, い番茶をガブガブ, い番頭さんお急ぎ, い番頭さん此奴は道連, い番頭代わりかたがた楽屋番をいたしおる, い畫人のひとり, い畫面の恐ろし, い異端の言, い畸形の足, い疊廊下から黒棧腰高, い疊敷の上, いな木綿, い疑問にぶつかった, いを密生, い疫病にか, い果てた身, い疲労の眼, いがある, い病ひで鼻も頬, い病根は徐々に, い病毒それが果して, い病苦を救い, い病院の奴, いもなけれ, い痛々しさでした, いが出来, いを忙しく, いやあい, い癡態を見, い癩病人の姿, いなんぞは通, い発明を企て, い発着所の方, い発見ではない, い発露を永遠, い登りの二里, い登勢のうすい, いさを, い白々しい景色であった, い白ちゃけた道が森閑, い白イろい真白い, い白人少女もいれ, い白木綿で拭き, い白檜の下, い白波が薄, い白熱した雄弁, い白犬よ, い白狐龕の中, い白縮緬の兵兒帶, い白色に浸り, い白金の鎖, い白雲が眩惑, い白髮頭が見え, い百二十いくつじっさい奇蹟, い百合めいた萱草, い百姓の清助, い百姓家を病的, い百姓等は勘次, い百日咳になつて, い百貨店へ入る, い皆さんわっしゃ, い皆んなの眼, い皆んな母屋で待つ, い皆様ご苦労様で, い皇子さまのこと, いを納めた, いを囲繞, い盆地である, い益々智慧が, い盗人だって気に入る, い盗人猫のよう, い盗賊に荷物, いなり八幡, い盛り上がりをやる, い盛り土の傍, い盛況印刷製本の能力, い監房の中, い目まいのよう, い目ツキに狂六, い目付の愛らしい, い目印しは, い目映い光を, い目玉をぐりぐり, い目的の資金, い目盲いたか, い目科の評, い目笊へ卵, い目鼻立ちのきりりと, い盲目だが, い直に家業経営の, い直接に身, い直次郎も許せない, い直立の体躯, い直衣の袖, い直覚とを以て, い直訴じゃねえ, い相同じき人民なれ, い相手どもが如何, い相手数人に勝つた, い省線にワーッ, い眉毛のやう, い看護婦は相, いつ暗, い眞直ぐな道, い真っ暗な中, い真っ直ぐに立っ, い真に危い, い真ものの人間, い真一文字の唇, い真剣なモラリスト, い真夏の日, い真弓の姿, い真心のあふれる, い真昼の陽, い真珠いろの, い真理である, い真白い胸もと, い真直に突っ, い真鍮の欄干, いに落ちました, い眠む気ざましにや, い眸物言ふ毎, い眺望を目, い眺望雄大と云っ, い眼差しとをみ, い眼病が遺伝, い眼瞼を半ば, い眼鏡で胡麻塩髯, い眼鼻が高く, い着いたら直き, い着く時分には, い着布團を下, いじかった中, い睨みようなんてあまり, い睾丸を拘へ, い瞬きに心, い瞳一杯に花, い矢代は西, い知らずの人非人, い知らせ行って, い矩形の金属製, い短冊の客, い短刀は花嫁, い短檠の灯, い短篇もあります, い短靴を埃まみれ, い石うすんご, い石ころの原, い石像がある, い石印の形, い石坂を駈下り, い石垣格子のカナメ垣, い石壇の上, い石室に入った, い石扉が一つ, い石灰だ, い石炭を焚く, い石畳の台座, い石疊の路次, い石道を海ぎは, い石鹸であった, い砂嘴が突出, い砂塵の吹きこむ, い砂岩の絶壁, い研究所の扉, い破片岩の露出, い硅藻が附きます, い硝子棒と二本, い硝子瓶を並べた, い硝子窓からも石, い硫黄の臭気, いばった人相は, い碁将棋の音, いの持ち, い碧玉の色, い磧石を載せ, いの小, いが一ぱい, い礼儀を強, い社中の蕃人, い社会にうようよ, い社会主義建設と水火, い社会学の月謝, い社会的に優遇, い社会組織をもつ, い社會に對, い祈りを上げ, い祈祷所を隅, い祖国の卑劣化, い祖母さんの物語, い祖父が同意, い祝福された夜以来, い神主のこと, い神官との対座, い神様だな, い神樣であります, い神田の錢形親分, い神社参拝の賜, い神秘を発揚, い神経衰弱にかかっ, い神経質な鋭い, い神經の持主, い神話傳説を含んだ, い神近という第, い神送りの行事, い神達にもお, いだぜ, いにもかの, い祭りを眺め, い祭文語が来, いの思出, い秀子が夏子, い私たち一座の者, い私ども一座の中身, い私ら恨んで, い私ア帰って, い私何うしませう, い私共は何, い私刊の雜誌特別號, い私十年の間粉炭, い私娼の口, い私的生活の雰囲気, い秋がまゐりますがよ, い秋日和で机, い秋晴れの夕方, い秋空を想像, い秋雨にそぼ濡れ, い秘伝さえある, い秘密倶楽部の倶楽部員, い秩父山岳の姿, い移ろいか, い程似合つてゐた, い程充分に展開, い程物靜でた, い程狼狽へた, い程途方もない, い子が, い種族の仲間, いの田, い稲妻に似た光り, い稼ぎ人は影, いたる玉, い積木をいくつ, いの毛, い穗先を吹い, い穴倉の中, い穴倉みたいな所, い穴形をこし, い穴蔵から引出し, い穴藏の中, い空オラを見, い空中に捲き上げる, い空日光を吸っ, い空明を示し, い空瓶だこと, い空腹と何と, い空襲の火, い突風に煽られ, い突鼻の上, い窒息する樣, い窮屈にさせる, い立す事が出来ねい, い立ちを如何, い立ちくやさば瓢, い立腹をさせる, い立頃から近年, いも私, い童話詩的な雰囲気, いして, い端嚴な理智, い競争がはぢまつ, い競争者たる当局, い竹久家の名人芸, い竹林の雫, い竹田街道の立場茶屋, い竿を持つ, い笑い顔だの長い, い笑つてゐた, い笑みを上せた, い笑方をする, い笑靨を寄せ, いをくれ, い第三者ことに女性, い笹ッ葉で手足, い笹原を蹂, いか解らない, い筆使いを見, い筆致で久江, い筆跡であると, い等すべて前の事件, いだ殊に, い筋金が入っ, い筒井殿これが人間, い筒袖先生マンざら袖無エばかりで, い答えこそ世界人類, いにだまされやし, い箒草をという風, いの倒, い箱根や熱海, い節々のあらわれた, い節奏は狂わしい, い範囲までを考え, い範圍内に於, いを挟ん, い篝火の囲, い篠行き乗る人, い篤き時この, い篤志の方, い簡單な文身, いがさされ, い籐畳の広い, い籠さんが呼んでる, いを持った, い米俵の形, い米国海軍の前進根拠地, い米沢紬に品, い粉炭でがん, い粉薬が他, い粉雪が膝, いが二つ三つ, いわれても, いのカーシャ, い精力を思わせる, い精悍な一人, い精華を持つでしょう, いやけになつ, い糞婆あ, い糞男が行く, いに釘, い糢糊写る己, い糸七にし, い糸口が得られぬ, い糸屑が, い糸鬢野郎めッ二分や三分の端, い条書が, い紅葉の頃, い紅蓮の群落, い紋切型で, い紋着で水際, い純白の八重桜, い純粋な泣き声, い紙きれであるが, い紙入を出し, い紙包が置い, い紙帳の釣っ, い紙幣が女, いつ赤裸, い素ツ葉抜いて, い素因といふの, い素姓をすつかり, い素敵だ姉さん親父さん, い素晴らしい大気, い素晴らしくそしてしみじみ, い素焼の焜炉, い素直な邪気, い素直さと一種, い素見の客, い素顏に紅, い素顔に紅, い紫褐色にそ, い細く一体に, い細流を軒, い細道であったから, い細金がきらり, い細長い海水の, い紳士は未だ, い紺青となつ, い終に天下を, い終局であったか, いの十三絃, い組合の方, い組織の村, い絆纏の襟, い経師屋の旦那, い経路を宜しく, い経験的な所与性, い結び目は此通り, い結婚式に発病, い結納を取替せる, い給金は戴きまし, い絨毯を敷, い絨氈や毛織物, い統一状態に入った, い統一的な方向づけ, い統制主義國家として新生, い絵の具や筆, い絵エ習いに来る, い絵ハガキみて, い絶えず山風が, い絶壁の上, い絶対に落ちつき切つた, いのやう, い継身の太刀, い綸子や藍, い綺羅を飾った, い綺麗な婦人, い綽名だわねえ, いが立ち, い綿なので, い緊めてのけ, い緋鹿子真白な小, い線巖の樣子, い緞子の長上着, いにし, い締切時間間際だつた, い縁切状を書, い縁柱の暗中, い縁臺を持ち出し, いのよう, い縄ア掛ける餓鬼, いって死ぬ, いの縒上布, い繁つた幽, い繁殖の声, いってその, い繪師仲間では山師, い繼母を殺した, い繼續の短い, い纏はりから朗らか, い罪人となる, い罪名を着なけれ, い罪悪感を覚え, い罪業を積んだ, い置洋燈に点火, いを捌く, い羅宇の長い, い羅摩王と大, い羅漢のよう, いの姿, い美くしい声, い美しい優しい皆様であります, い美わしい空, い美事な牡馬, い美味い鶏が, い美女の顔, い美姫と愛くるしい, い美男の僧, い美術の秋, い美貌の中国人, いがつて, い群青の雲, い義弟の新之助, い義理ある家, い羽捌きの微妙さ, い羽搏きの音がする, い羽根蒲団に包まれた, い羽毛を散らした, い羽目に陥る, い羽目板と簾, い羽蟲がやはら, い羽音が直, いと直接話, いが漲つ, い老婆が鼻眼鏡, い老婢が一人, い老爺の顏, い老翁は聖書, い老衰いまわのきわ, い考案出来ないもの, い者お供先に立っ, い者といつても, い者等で弓矢, い耳朶を異様, い耻知らずの無, いい恋, い聖母を描いた, い聞耳をたて, い聯想作用に制限, い聰明なそれ, い職員室に溢れた, いいて, い肉体美の醜女, い肌ざわりにゾッと動悸, いの中, いを潰した, い股衣の大股, い肥大漢の柄, い肥料もフンダン, い肩幅とを見, い肩車になった, いを外, い肺炎ですから, い胃の腑の素敵, い胃痙攣を起し, い背丈でどこ, い背旗をたて, い背景を要求, い胎壁の息, い胡坐をかい, いにし, い胴太の鰤, い胴體だけが眼, い胸毛を濡, い胸郭をもっ, い能書で一度筆, い能登守にも情愛, い脇指をさして, いの高い, い脚つきで表, い脚燕の羽根, い脚部の間, いカ, い脱走して, い脳味噌がない, い腕章をつけた, い腕車が二台, い腕車中に合乗, い腥いいやに, い腦鬱血をし, い腫物の切り離された, い腰付でそれ, い腰当梁でございましょうが, い腰附で徐徐, い腹の中だから, い腹匍い行きづまって, い腹立たしさで, い腹立紛れに汝, いにそッ, いが剥ぎ破られる, い膝頭の下, い膩ぎつた赤黒い顔, いまで響い, いに二石, い臓腑の中, い臨終のばら, い動力を, い自ら殺すなどの, い自分達の部屋, い自動車事故をひき起した, い自己の世界, い自己嫌悪にさえかかっ, い自己滿足だ, い自意識だなどと, い自殺でございますね, い自由画になっ, い自由自在になる, い自責の念, い至極むずかしい立場, いの上, いを作り, い興味を覺, い舊いものは總, い舌足らずで吃た所, い舟橋を渡っ, い舟脚ではなはだ, い航海の話, い般若の面, い舶来のウェスキイ, い船員たちは忙しく, い船大工でございます, い船夫の方, い船室にみんな, い船板を踏み鳴らす, い船長の帽子, い艦砲射撃が耳, いの奴, い良心をもつた, い良石和尚が申した, い色どりで釣鐘草, い色のを見つけりゃ, い色布の上, い色男でなく才子, い色白の上脊, い色艶であった, いばし, い芝居茶屋の若い衆さん, い芝草の中, い芥川龍之介が足もと, いと薬, い花かんざしを, い花びらを流, い花嫁のゆい, い花崗岩を浸食, い花崗石を細かく, い花暖簾をかけ, い花畑はその間, い花穂である, い花粉だらけにし, い花車屋台の行列, い芳しいものの, い芳公がな, い芳草に飽き, い芳郎の眼, い芳醇な酒, い芸妓さんになった, い芸術が突然, い芸術品などの前, い芸術愛好者としての純粋, い芽出ちの苗その二, い芽出度いと, いを植ゑて, いいぢ, い苛いじゃない, い苛苛した表情, い苛酷な眼, い苜蓿の上, い若々しい追想は, い若い衆があつ, い若し貴様が, い若旦那丹三郎が立つ, い若旦那崩れで佛門, い若木の薄, い若気の競争心, い若浪や, い若者たちと共にあくまで, い若芽を摘ん, い若蔵は知らぬ, い若衆さん買う買わねえは, い苦い飮みぐるしい, い苦しそうに, い苦力たちが宛, い苦労をさす, い苦味走って, い苦悶を表し, い苦惱に引, い苦難の言い, い苧殻か青竹, い英国の政府, い英文を読む, い茅葺家がそれ, い茗荷屋でございます旅店, い茫然自失したる態, い茶一杯掩れるでも, い茶堂は手ぜま, い茶漬けでも食べ, い茶目らしい話しッぷり, い茶碗これも錦手, い茶色で全体, いも迂, い草履の音, い草津の辻, い草葉のこと, い草葺の中, い荏原屋敷を囲ん, い荒壁の塀, い荒廃の中, い荒波の中, い荒海らしい削立った巌, い荒物屋市五郎の店先, い荷為替です, い荷物が入り切らぬ, いはもつ, い菊之助の墓, い菊弥が身, い菊松つて言ふでがすよ, い菎蒻だ, い菓子に舌皷, い菓子屋の家, い菓物は菓物一斤, い菜園がある, い菩提樹の若葉, い華やかな店さき, い萬兵衞が場所, い萬屋茂兵衞を縛, い落ち付き返って, い落ち着きと平和, い落葉樹の多く, い落葉樹林のなか, い落馬しかけて, い葉っぱがひらひら, い葛の葉更に結構, い葛湯を飲む, い葛藤でもそこ, い葛飾で出来た, いと五百本, い蒲生氏郷もいた, い蒸気河岸の, いみある, い蒼白なからだ, い蒼苔と夜露, いを開け, い蓮弁を見る, い蓮華生の仏教, いすよう, いで釣鐘蕈, いなどが萌え立つ, い薄命な海, い薄団にくるまつた, い薄暗い所に, い薄暮の空, い薄曇りの日, い薄物のワンピース, い薄笑いを漏らした, い薄縁の上, い薄馬鹿野郎め弱虫め腰ぬけの, い薔薇の花, い薔薇色の雪, いのうち, い薬品の上, い薬瓶を捜しだし, い藁屋の屋根, い藁草履を貯めやした, い藍子も軽やか, い藍色だ, いの持主, い藝當だが, い藤井の叔父, い藤原秀郷朝敵誅伐の計, い藤川庄三郎彼の大西徳藏, い藤田箕浦だから, い藪山の裏, い藻草や水錆, い虎鬚の逞しい, いになつ, い虚栄心を持つ, い虚無です, い虚空に融け, い號令がかかつ, い虫お前は内, い虫みたいに流れ, い虫喰ひ掘りでしたが, い虫持で苦労, い虻群や刺蠅群, い蛍石橄攬石白い半, いが子, い蜜蜂が斯, い蜻蛉がいくつ, い蝋燭が点っ, い蝦夷どもを平らげ, い螺旋階段の手すり, いが蚯蚓, いのむら, い蠻刀はさながら, い血刀を持っ, い血気の時, い血溜り一つ出来た事, い血統を代表, い血続きである, い血縁のなさけ, い血路を開いた, い衆和と士気, い衆生の機根, い行きかへらむ梅, い行きなされしません, い行きはりまんのん, い行きましたんです, い行こやないか, い行ったらもう焼餅喧嘩, い行つたあ, い行つてもよい, い行つて此眼で見る, い行てめえへんか, い行憚り時じく, い行手の歩道, い行末が見え, い行為がくり返, い行燈が秋, い行状あれやこれ, い術策が浮かん, い街區などあつ, い衣子が食べさせ, い衣裳やそれから, いの幕, い表向にすれ, い表札を打った, い表玄関の戸, い袈裟をかけた, い被害者は誰, い袷髷の刷毛先, い裁きを受け, いに包ん, い裏崖に向った, い裏座敷はございます, い裏畑へでる, い裝飾のゴテゴテ, いに生き, い裲襠がその後, いのすら, い裳づれの音, い裸刀身を無造作, いをしめ直し, いの上, いを閉切, いの附いた, い襦袢にエリ, い西日を顔, い西洋人のお, い西洋花を買つて來, い西風の枝, い要求もしなかった, い要点だけをつかみ出し, い見世付がよかつ, い見事な風船, い見地から調和, い見学して, い見本を見せられる, い見栄だった, い見立てだな, い見込を確か, い規則は時に, い視野の範圍, い覚悟が視野, い親しみのない, い親交がそこ, い親分解つた, い親切気を残した, い親子猿が木, い親爺に一晩中, い親玉なんていう, い観ようとして居る, い観照眼がある, いの龍, い角めが笹, い角屋のもの, い角度で切り落ちた, い角材で打ち殺され, い角谷今年十九の彼律義, い解決しちゃ, い触りを感じた, い触感が彼, い触覚と着物, い触角は両側, い言方だらう, い言葉それにさえ慣れ, い言葉ひとつ聞いた事, い言譯には及ばない, い較を, い訓話に換, いあって, いだ, い訪問をいかにも, い訪問者の入っ, い設備でも伏せ, い訳本は悪く, い訳溝板でもた, い診察治療の代, い診断を受けた, い註文でした, い証人だ, いを言う, い詛言を吐く, い詭計でした, い話ぢやありません, い誇りと自信, い誇張を描いた, い語学研究生は絶景, い語系の差異, い欲しいなら, い誤りを引起, い誤謬がもと, い説明をじっと, い読経の声, い読経礼拝して, い誰奴か来い, い誰彼は良秀, い課長の言付, い調べだ, い談判ではなく, い談話をし, い請合二三日はボーツ, い論戰をする, い諢名をつけられ, いつたりをど, い民の, い諸君はまんまといっぱい, い諸所の崩れ, い謀みごとであらう, いをかけ, い謎々なんか掛ける, い謙譲のかげ, いまつた, い謝罪て來, い識らざる家, い識見の方, い警官達も顔, い警察自動車の機関, い警鐘によつて, い譬へば身體の, い議論をすれ, い讀書室の一隅, い讀物はない, い讃辞がある, い變らずに, い變化を遂げた, い谷川の奥, い谷底一杯になつ, い谷間田が帰っ, い谿で夏, い谿谷を盛ん, い豆腐屋だめだぞ, い豊世叔母ちゃんが負, い豊富なもの, い豊志賀の形相, い豊田の将門, い豪気な若い衆ぢ, い豫想のもと, い貝ボタンその眼玉, い貝六風情に七万両山分け, い貞潔な焔, い財寶はあの, い財産を手, いに随, い貧しさだ, い貧乏人が空腹, い貧弱な実, い貧苦と邪悪, い貧血的のやや, いだから, い貪欲で終るの, い責苦を見せられ, いりました, い貰ひものでも, い貴さんみたいな婆ア, い貴様達の罪, い貴殿はあの, い買い物に行きなさったら, い費いまくった, い資本主義的生産機構や技術, い資糧をもたらす, いかな通り, い賜物のよう, い賢らごとはない, いだと, い質問攻めなどは一切, い賭勝負およそ武道, い贅澤さが死, い赤い桃こつち, い赤さんでしたもの, い赤井新次一等兵と共に常に, い赤児の体, い赤味を帶びて連, い赤心を披瀝, い赤様の和子様, い赤煉瓦の監獄, い赤痣や欠けた, い赤良顔鼻の恰好, い赤裸の性行, い赤豆飯を食えよ, い赤間梁と申しやす, い赤黒い腕が, いい頬, いき, い赭ら顏で目, い赭色の農鳥, い起し大願成就なさしめたまえと, い起伏點在する森, い航空母艦である, い越しに睨ん, い越し度いと言, い趣きを添える, い足もとで素気, い足先には有りつ, い足跡だらけになつて, い足長蜂となる, い路案内をし, いの師匠, い踊つてゐるの, い踏石のまわり, い踏臺をし, いの音, い身なりをし, い身丈には四寸, い身上でも続い, い身体アして, い身扮と愼, い身支度の私, い身装をし, い身軽なの, い身近な女二人, い身長の長き, い車井戸で流し, い車内スッカリ変った服飾, い車室の中, い車掌は慄, い車骨を打砕こう, い軍勢をただ, い軍服をつけた, い軟かな雪, い転化をし, い軽い痛みを, い軽い優しいものが, い軽蔑に唇, いを見せ, い輝かしい金髪の, い輝政大人はオヤ沢庵, いが居ない, い輻射する光波, い轉びなば汝, い轢殺車は地響き立て, い辛いというよう, いがある, い辨慶橋も自動車散歩者, い辰巳の金田屋, い農夫疾うから, い農村の十月, い農林賞典の三千三百五〇メートル, いへ急い, い迎いに来た, いさを, い近ごろ出色の比丘尼, い近代娘で遊戯的, い近侍の一人, い近眼だったこと, い近視眼のお蔭, い返辞をした, いも叶わない, い迫害をお, い述懐を聞い, いひ路, い迷信氣分の結び, い追慕を見た, い逃脚と疑ひ, い逆児で生れた, い逆行し遂に全く, い透明な尖端, い途中立向うても見送っ, い途方も無い, い這ひもとほり, い通しの有様, い通り口へ一杯, い通行人が笑止, い通路にはもう, いましい老爺, い逞しい顔を, い造作をかけた, い逡巡いては, いふも逢, い連中許が踊る, い連契などが曝露, い連弾はまさしく, い連想を拒む, い進境を示した, い進歩を遂げた, い進退維谷だ, い逶蛇う, い逸事は誰, いれて, い遁口上を有, い遂に一旦下山に, いわりまして, い遅くなりやして, い遅刻せぬよう, い遊戲を考へ出した, い遊興税から庭園税, い運動して, い運搬車の車, い運転して, い運転手君とわが, い過ちのもと, い過去はすべて, いいい話, い道ばたが埋められた, い道具立です, い道場であるから, い道太郎にも逢いませぬ, い道小説を書い, い道幅のある, い道徳の繩, い道徳的で且つ, い道樂で面目次第, い道理で彼奴, い道窄い道, い道筋を選ばね, い道話の枕ぢ, い道鏡の顔, い道頓堀のかき舟, いの望み, い違つた獅子を使, い遠い昔の, い遠慮善謀農商の生産, い遠方に傾きつ, い選手だ, い遺失したん, い遺憾なこと, い遺物でございますか, い郊外電話に癇癪玉, い郡長の令嬢, い部下がいる, い部屋畳は板, い部隊は電光, い郷土を求め, い郷士たちが身, い郷里の人, い都会を避け, い都市名となるであろう, い都會を職業, い酋長のところ, い配達の為方, い酒二石と食用, い酒呑みで頑固屋, い酒盛をし, い酒飲みらしくも, い酔どれの大きな, い酔ぱれえになって仰向, い酔ひ振りの夫, いの香, い酩酊いたしました, い酸醤がくる, い醜男なの, い醤油を惜氣, い醫師もあれ, い瞳の, い重々御苦労を御, い重い屍體が, い重さん此方へお, い重しと知る, い重圧が新吉, い野卑な絃歌, い野地を別れ, い野暮な泣き方, い野武士や浪人ども, い野良猫と思いの外, い野菜を買った, い見だぜ, い金ずくには替えられない, い金ぢやありません, い金ピカで無いから, い金モオルの飾緒, い金屬製の煖爐, い金持の旦那様, い金指輪の光る, い金沢へなるほど, い金番をし, い金色に輝き出した, い金茶のお召, い金貸が三度, い金鎖草の花房, い金魚鉢を運ぶ, いが見掛け, いだから, い針葉樹の列, い針葉樹林の間, い釣瓶井戸があつ, い釣臺を氣味惡げ, いな事, いがあつ, いの音, い鈴さんと一処, い鈴蘭が安らか, い鉄三郎は春, い鉄条網を張り, い鉄格子の門, いに植ゑたゴム, い鉢巻をだらり, い鉢植の七草, いの響, い鉦叩きくさひばり, い銀座通にはまだ, い銀行の地下室, い銀貨に歯, い銀鼠と白茶, い銀鼠色のクション, い銅板の面, い銅貨が敷石, い銅面の方, いを握る, い鋪装してない歩道傍, い鋼板の上, い鋼鉄の壁, い錆金色の草山, い錦木の主, い鍍金は鍍金, い鍛冶屋の松公, い鎧具足を註文, い鎧櫃一個がこの, い鎮西八郎のあの, いの玉, い鐵瓶の湯, いではない, い長吉は眼, い長屋の鼠, い長屋中の相談, い長文なの, い長次郎は愈々, い長火鉢の前, い長者の娘, い門前まで来, い門口を塞ぐ, い門扉などはない, い門灯に寒々, い門燈に寒々, い開国と触出し, い間一髪に見破っ, い間口に寂しく, い間是が六號室, い間絶版になつて, い間違ッたか, い間雨曝しぢや, い関口屋伴藏は私, いも石, いを跨い, い闇夜のごとし, い闘志とを潜まし, いの下, い防禦精神を見舞っ, い防雪林の杉並あたり, い阿弥陀様が犬, い降誕の釈迦, い限度のある, い陣痛をなめ, い陰徳家よ, い陰氣な色, い陰謀をめぐらす, い陳い普通道徳にほかならない, いは一面, い険しい路に, い陽明学者ではなく, いが周囲, いをなさん, い階下の夫婦, い階子を下り, い階子段一杯の大, い階調を見い出したであろう, い随分器用ね, い障壁が彼女, い障子を開け, い障害もなく, い隠しだてされると, い隠士らにクリストフ, い隠岐のご, い隠者はその, い隣人愛に放任, い隧道の口, い隱居所の中, いがき, い雄弁を思ひ出す, い雅号で出版, い集中して, いはその, い雑多な音, い雑草の原, い雑誌論文がやつ, い雑踏はない, い雜煮でも祝, い雜草の河原, い離れ島にたった, い難所だと, い雨垂の音, い雨宮紅庵にし, い雨雲が甘藍, い雨風が顏, い雪上プラウか何, い雪太郎その眼つき, い雰囲気をはこん, い雲あしへ呟いた, い雷鳴が鳴る, い電気がそれ, い震動が頸窩, い震幅を深く, いの群, い霊共の群, い霊異なりとし, い霧それが荒れた, い霧雨が顔, いの命, い露西亜家屋の古びた, い青々とした, い青くなつて, い青年達でした, い青木の葉, い青木城太郎もいた, い青桐の幹, い青磁色の空, い青色がべっとり, い青葉を光らせ, い静安だったろう, い静寂だった, い静物からそれ, い静穏はたちまち, い靜子にはそれ相應, い靜岡の伯父, い非常汽笛が鳴る, い非情手段から翁, い面わにてりくる如き, い面倒くさいといはん, い面影を織り出し, い面白くもない, い面白ずくに踊ってる, い面長な, いを當, い革新の気, い靴先で色, い韓信が股ア潜り, い音曲などの諸, い音程を作っ, い音色を立てる, い音階を繰り返し, い頂点を占め, い頃合でした, い頃多くの夢, い頃急に人声, い頃東から上っ, い頃誰やら柴, い頃駕籠はまた, い須永の従妹, い預けて来た, い頑固な気持, い頗る失望せざる, い領主や敵将, い領野がある, い頬それと極めて, い頬骨の角張つた, い頭さへ治, い頭痛と變つて, い頸元にそば, い頸鎖を頸, い頼もしげな, い額越に昇, い顎拔群のノツポ, い顏ぢやない, い顏附で赤, い顔ぜんたいが腫れあがり, い顔それらのすべて, い顔一つあれば, い顔容で小母さん, い顔面に五つ, いいあがって, い風下の海岸, い風呂これにつかっ, い風呂敷包みでございます, い風物だらう, い風習は当時, い風聞をしきりに, い風説を立てられた, い風通しの好い, い風邪気味ではありました, い風采の男, い飛行士が, い飛行機が出来たら, いのやからら, い食事を濟, い食事場だけとは限らず, い食事着服などをすまし, い食卓につき, い食糧は駄目, い食膳を何通り, い食麺麭をにちゃにちゃ, い飯粒を噛み, い飲料とが急, い飼料をやっ, い飾り玉を二列, いでも突いた, いひ親, い養樹園があつ, い餓鬼共だ, い餘計なちよ, い饅頭笠の石, い首実検の時, い首尾よく演じましたる, い首途の第一歩, い香いをかい, い香りというもの, い香気が嗅ぎたい, い香水がざっと, い馬の脚をくわえこん, い馬丁風の男, い馬上に鞭, い馬乗提灯が暗夜, い馬蹄のひびき, い馬鹿力だ, い馬鹿野郎呼はりは太吉, い駄洒落を云つて, い駅長の, い駈け付けるまでが一時間二, い駐屯して, い駒下駄の音, い駿河灣一帶よりも直ぐ, い駿馬ばかりで, い騒がしい一切の, い騒音や行き, い騷ぎを起す, い骨張つた顏の動き, い骨格の秀でた, い骨董物を持参, いを啜る, いとなツ, い體臭と激しい, い高い強いことも, い高い新しい麦わら帽子を, い高く益, い高価な凝った服装, い高地の麓, い高塚とした, い高山へいらっしゃいます, い高崎行の列車, い高座は二個所, い高張を二張り門, い高慢な口調, い高時もついに, い高等な中形, い高麗錦新羅斧, いを生やし, い髭面の大男, いの赤い, いが這い上っ, い鬪爭心を感じさせる, い鬪爭本能がある, いのよう, い鬼子母神樣の裏, い鬼神でもきっと, い鬼貫に伴う, いを降す, い魔処へ入ろう, い魔法使ひの, い魔物の声, い魔王殿が一目, い魔界の業苦, い魔神であったけれども, い魔術にかかる, いの歯, いが緑, いの抜き, いが三四匹, いの形, い鰭状の手, い被と, い鳥渡名主どんの所, い鳥越の勘六, い鳳仙花なぞは竹, いのやう, い鳶色をし, い鴫鶉などうずたかく, い鴻芙蓉の麗しい, い鵞鳥の悲鳴, い鵞鳥みたいな眼つき, い鶏頭鶏頭俺の肝, いなぜ鳴かぬ, いを抱かし, い鶴谷様のお, いが六七羽餌, い鹹気が飛ん, いのおむすび, い鹽梅ぢやない, い鹿の股川, い麗しさであった, い麟板でその, い麥茶を運ん, い麥藁帽が嫌ひだ, い麥藁帽子が流行つて來, い麦茶を飲み, い麦飯も食べれ, いのワンピース, い麻井幸之進に取, い麻繩です, い黄ろさであかるく, い黄昏で点き初めた, い黄昏曲を奏する, い黄櫨染の御, い黄色の羽根, い黄金をもっ, い黐棹でございましょうが, い黒ウろいまっ, い黒塗りの下駄, い黒板塀が見える, い黒毛を混じ, い黒玉とドイツ, い黒田父子は小寺政職, い黒色の機械油, い黒馬にまたがっ, いのうへに素足, い黴毒をうつす, い鼓子花も咲き, いが鳴い, い鼻さきで土, い鼻すじから額, い鼻不思議そうに私, い鼻先にずらし, い鼻廣い口, い鼻息が濛, い鼻頭を彦, いを掻いた, いの薄い, い齒ブラシとタオル, い齒並の美し, いABC