青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あろう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あるだろう あるなら~ ~あるべき あるべき~ ~あるまい あるまい~ ~あるらしい ~あれ あれ~ ~あろう
あろう~
あわせ~ ~あわて あわて~ あん~ あんた~ あんな~ ~あんなに あんなに~ ~あんまり あんまり~

「あろう~」 21372, 212ppm, 474位

▼ あろう~ (6883, 32.2%)

623 思う 419 思われる 192 思って 168 思います 124 思った 104 思われた 84 私は 73 思うと 57 想像される 56 思うが 50 なかろう 45 思うの 43 思われるの 40 考えて 36 思われます 32 いう 28 彼は, 考える 27 考えられる 26 そんなこと, 想像し, 源氏は 25 思いながら, 思われるが, 想像する, 考えた 24 信じて 22 半七, 思いました 21 思ったの 19 何であろう, 信ずる 18 お思い, それは, 思ったが, 思ったので, 想像された 17 いわれて, 存じます 16 云って, 無かろう, 言って 15 いうので, いって, 云った 14 あるまいと, こんなこと, して, それが, 思いますが 13 考えられます, 言った 12 それを 11 わたしは, 云うの, 思われて, 思われるよう, 想像した, 書いて 10 思ったから, 考えます, 自分は, 薫は 9 察して, 思うて 8 思われたが, 思われるから, 考えられるの, 考えるの, 見えた

7 [12件] いった, した, すること, 予期し, 云われて, 人々は, 察せられる, 思わる, 思われるのに, 思われるもの, 考えたの, 言われて

6 [16件] いうと, なんであろう, 予想し, 云うので, 何んであろう, 信じます, 僕は, 存じまして, 宮は, 察せられた, 察せられます, 思えば, 想われる, 考えられて, 自分の, 解せられる

5 [19件] おもう, そんな事, わしは, 主張し, 信じる, 大将は, 思いましたが, 思うから, 思うこと, 思われるほど, 思われるほどの, 期待し, 私の, 考えられた, 見て, 見当を, 誰も, 述べて, 院は

4 [44件] いったが, おもって, このよう, これを, するの, すれば, 一同は, 不思議に, 主張する, 云う, 云うこと, 云うもの, 云う事, 人間であろう, 哀れに, 存じて, 存じますが, 察した, 察したので, 彼には, 彼女は, 待って, 思いその, 思いましたから, 思うよう, 思ったこと, 思われたのに, 思われるくらい, 思われるほどに, 想像され, 推定し, 推定した, 推察した, 由良は, 疑って, 矢代は, 私には, 考えたから, 考えました, 考えると, 解釈し, 言うもの, 言う人, 誰であろう

3 [72件] ある, いうて, お思われ, されて, すべての, する, するその, するもの, そのままに, その時, その点, ひそかに, ぼくは, 上様に対し, 中将は, 予測し, 云うよう, 云われるかも, 人間の, 今でも, 何か, 余は, 信じた, 信ずるの, 兵馬は, 勝手に, 同様に, 夫人は, 女は, 存ずる, 安心し, 容赦は, 察せられるが, 彼女の, 思いながらも, 思いますから, 思うけれども, 思うのに, 思える, 思っても, 思ふ貴, 思われたです, 思われたの, 思われること, 思われる大, 思われる点, 思われる高い, 思召される, 悲しんで, 想像されます, 想像しました, 想像を, 我々は, 推定される, 推察される, 推察し, 推量し, 昔の, 栄之, 玉鬘は, 神であろう, 私が, 答えた, 結論する, 考えられるが, 考えるが, 見られて, 言い合った, 言ったの, 話した, 近所の, 非常に

2 [219件] あなたの, あるが, いいまた, いうが, いうだけの, いうに, いうのに, いえば, いわれる, おかまいなし, おばあさんに, おもわれた, お断わりする, お杉, お考え, お考えられ, かまわない, かように, かりそめ, かれら, ここまで, これは, ご一現様, すすめた, するならば, するよりも, する者, する限り, そうも, そう思う, その人, その他の, それに, そんなもの, なんの, はばかって, ぼんやり考え, わたくしは, わたしが, 一層仕事, 一心斎は, 一応は, 世間が, 主人は, 主張した, 乃至は, 久慈は, 予想する, 二人は, 云う大きな, 今度の, 今日の, 他の, 例の, 信ずべき理由, 信ずるもの, 信ぜられて, 信ぜられます, 信一郎は, 僕の, 先に, 其れ, 判断し, 判断した, 危ぶまれた, 叔父は, 取って, 右近は, 吉五郎は, 同じこと, 告げて, 噂され, 土地の, 女であろう, 女の子であろう, 好きな, 妾は, 妾を, 姫君は, 存じました, 宮の, 察する, 少しも, 少将は, 尼君は, 尾田は, 左翼であろう, 幸子は, 店台の, 彼にとっては, 彼も, 彼らが, 彼女に, 彼女らは, 待ち構えて, 御想像, 心に, 心苦しく思召, 心配し, 心配した, 志すこと, 思い, 思いお, 思いつつ, 思いの, 思いのほかに, 思いまして, 思いやって, 思いやられる, 思いやると, 思い其儘外出, 思い私, 思い空, 思い薫, 思うしかし, 思うその, 思うに, 思うので, 思うほど, 思うもの, 思えた, 思ったよう, 思ったり, 思っては, 思われそう, 思われたと, 思われましたが, 思われますから, 思われますが, 思われるこの, 思われるし, 思われるその, 思われると, 思われるところ, 思われるので, 思われる位, 思われる大きな, 思われる広, 思われる所, 思われる日本, 思われる美しい, 思われる花崗岩, 思われる若い, 思われる頃, 思召し, 急いで, 怪しみました, 恥ずかしくて, 想像します, 感じたから, 推察しました, 推測し, 推測した, 教えて, 文学の, 明石の, 暢気に, 書かれて, 期待される, 林之助は, 桂馬の, 楽しみに, 楽しんで, 欲し, 歎息を, 正直に, 母は, 気が, 気の, 気の毒に, 気を, 氷の, 決めて, 父は, 玉太郎は, 申して, 疑った, 真の, 磯五は, 社会科学の, 私たちは, 私にも, 私も, 筒井は, 老人は, 考えたが, 考えたので, 考えら, 考えるに, 考える人, 耳を, 胸を, 自分が, 自分で, 自分でも, 自分ながら, 良人の, 見えたが, 解して, 言うの, 言われるの, 診断した, 話して, 誇張であろう, 認められた, 誰しも, 誰でも, 誰もが, 諦めて, 貧しい者, 途方に, 選ぶところ, 重兵衛, 金兵衛は, 鑑定した, 長屋窓の, 関係は, 顔を, 高を

1 [2755件 抜粋] あえてそうする, あそばすお, あなたには, あの甲虫, あらかじめ察し, あるいはトキ女, あるこれ, あわてて, いいましたが, いうほどの, いかに切に歓迎, いっさい頓着ない, いった方, いつも或, いま自分の, いろいろに, いわゆる正因, いわれ立山, うなぎ屋の, おいそれと渡す, おせんが, おまえ一人ぐらい, おもわれますが, お世辞, お多喜, お恥, お気易く, お羨しく, お豊, かかる金属, かならずその, かまわず突っ走った, かまわぬ, かわいそうに, くやしかった, こう云っ, ここだけの, ことの, この井底, この大次郎, この男, これが, これほどの, こんな処, ごく軽い, さぞ蔑ん, さながらに, しいて反省, したこと, しっかりと, し利, すぐ鑑定, するあらゆる, するところ, する伝統主義, する傾向, する小説, する意欲, する自己, する風, そういうこと, そう云う, そう認定, そこまでは, そのあと, そのほう, その他一切の, その品, その奥底, その方, その男, その臣下, その需要, それから出, それと, そればかりを, そんな判別, ぞんじたゆえ, たった一人, だれが, つくづく感心, つねから, とうてい船長, とにかく大胆さ, とにかく流行, ともかくも, どこへでも, どれでも, ない策, なにも, にんじんは, のばせるだけは, ひとしくりりしい裾さばき, びっくりした, ほのかに, ぼんやり感じた, まずそれ, またある, または一般的労賃, または取得, または無, また彼, また眠り, まぬがれ難い, みても, むしろ腹立たしく, もうそれ以上, もし自由, やっかいであろう, やや不快, よかった, よせば, わが海底要塞, わしらには, われわれは, ウィスキーであろう, ガス燈であろう, ゴロツキや, チューリップや, ハトコであろう, フロイスたちは, マリーの, ロアズロールであろう, 一人も, 一向構わず, 一日一緒に, 一見民衆, 三つ葉葵であろう, 三根夫は, 下宿の, 不安に, 不思議でならなかった, 世人も, 丞相の, 中尉は, 主張される, 乙州の, 予告した, 予期される, 事ごとに, 二であろう, 二郎は, 云い敦忠, 云うまでも, 云う噂, 云う樟, 云う説, 云えば, 云った顔付, 云われても, 人工の, 今この, 今宮さんは, 今更の, 他人が, 仮借も, 仰せなれば, 仲間を, 伯母は, 何する, 何よりも, 何等の, 作者の, 信じうる大きな, 信じられるから, 信ずべき十分, 信ぜしむるにたる程度, 信綱の, 俺たちは, 個人という, 傍系であろう, 兄弟の, 兎と, 全く同じ, 公卿侍であろう, 兵法を, 兼好は, 内心恥しく, 冷やかに, 凡そ文化価値的, 初めから, 別に天下, 前の, 助かるの, 労働者という, 勝てぬという, 北条美作に対しては, 十人が, 千枝松は, 印度人であろう, 却って社会, 又ジャーナリスティック, 友人であろう, 反省も, 取るもの, 古い考え, 各人は, 同じに, 同情したくなる, 同盟国の, 周は, 哲学的な, 商品の, 喜んだ, 噂した, 四%であろう, 国王であろう, 垣であろう, 報じた, 夏であろう, 多寡を, 大いに同情, 大した問題, 大名であろう, 大抵知っ, 大臣であろう, 大金満家の, 太郎は, 奉行どもは, 女ちょうは, 女子供にまで, 好事者が, 姉君の, 娘であろう, 嬲るの, 子孫への, 存じいずれ, 存じ手荒, 学者達は, 完全に, 実に訳, 実物であろう, 家へ, 寂しむ, 察しない, 察しられるの, 察せられるの, 小であろう, 小女ばかり, 小生は, 少なからず, 尼としても, 山占いを, 嵐であろう, 左様に, 常に其方, 平和な, 年が, 幸子には, 弁証法を, 弱点を, 形だけは, 彼の, 彼方に, 待機し, 後悔する, 従者たちは, 御自身, 心づいた, 心は, 心苦しく思いやり, 必ず時代, 忠通も, 思いこの, 思いの外もう, 思いますでございますよ, 思いまた, 思いやられるから, 思い中, 思い出して, 思い寄る儀, 思い彼, 思い新聞, 思い気分, 思い見たい心, 思い返して, 思うか, 思うた, 思うだけ, 思うところ, 思うまでに, 思う今晩, 思う塀, 思う巴屋, 思う杉, 思う沖, 思う細い, 思う鴛泊, 思えなかった, 思えも, 思ったからの, 思ったのに, 思った時, 思った藤吉, 思て, 思わず身の毛, 思わるる, 思わるる海女, 思われたので, 思われないのに, 思われますの, 思われるありとあらゆる, 思われるだけ, 思われるふし, 思われるハイカラ, 思われる人, 思われる切れ, 思われる国境, 思われる将棊, 思われる広い, 思われる急, 思われる根拠, 思われる男, 思われる空気, 思われる花嫁, 思われる農家, 思われる釣ってほども, 思われる高, 思われムッツリ, 思ッた, 思召す, 怪訝り, 恐れられた, 恨めしく思召, 悔いた, 悲しいが, 悲しみながら, 想う, 想われません, 想像されました, 想像せられ, 想定する, 愚鈍の, 感じられて, 感慨が, 憂慮され, 我々の, 我らにとっては, 或いはまた科学的研究, 或る, 手を, 払いて, 拙者の, 捕物小説であろう, 推せられるの, 推断し, 推測する, 推量した, 揣摩せず, 教えそのものは, 敢て, 文学創作に, 断じて君, 断言する, 日本の, 早く目付け, 明智兵であろう, 昨年, 晩に, 更に又, 最も低廉, 有頂天の, 期待され, 木草であろう, 本人は, 村びとらは, 柳であろう, 梅渓は, 楽しく思っ, 構わない, 横たわって, 欲するもの, 正しい方向, 歩みを, 残念である, 毎日こころ待ちに, 気がついたの, 気がつくと, 気恥ずかしい, 水田や, 決して勝手, 決意し, 注文通り納め, 活力という, 涙を, 渦まいた落ち葉, 澹山は, 無条件で, 熱い思い, 父を, 物思いを, 犀太郎が, 独りで, 玄蕃は, 現われる筈, 理解しました, 生であろう, 用事あれ, 甲斐は, 申すから, 申立てた, 町奉行配下の, 異郷に, 疑われた, 痛くも, 白雲が, 目を, 相も, 相談を, 真実を, 着ぐるみ, 矢張り山稜横断路の, 知性が, 確信する, 神かけ, 私に, 私達は, 穢れの, 立憲であろう, 竹腰様であろう, 第八, 答えて, 約されて, 紫玉は, 結局之は, 織田の, 罪を, 習慣的に, 考えさせるよう, 考えてる者, 考えますが, 考えられたです, 考えられること, 考えられ彼, 考えるゆえ, 考えを, 考え東側, 聞いては, 胸に, 腹を, 自ら弁明も, 自分に, 自由人として, 自身で, 興味は, 芸術を, 若い女房たち, 苦しんで, 荷物の, 薄気味わるい, 薫の, 虎であろう, 西郷は, 見える瓠, 見て取った, 見まもって, 見れば, 見込みの, 親堅が, 解かなければ, 言いある, 言いましたが, 言うこと, 言う大物, 言った学者, 言われた, 言われ雨一滴, 討って, 評判された, 話し聞かせた, 認め得るもの, 語ったと, 説かれた浜田博士, 説諭した, 論断した, 谷司令官の, 貧乏人であろう, 資本蓄積の, 起こしては, 身に, 農民にとっては, 近郷の, 述べたの, 通るごと, 進言した, 道化て, 酒の, 重臣たちにも, 鈴子さんは, 鑑定する, 間接的の, 隊士であろう, 雲井の, 面前に, 頓着も, 頷く, 飛入り者の, 首が, 駕の, 驚くな

▼ あろう~ (3560, 16.7%)

83 それは 33 これは 32 私は 28 しかしそれ 27 なかろう 26 それが 21 それを 16 彼は 14 ともかくも 13 しかしこの, しかしその, 私の 12 あるまいが, 一つには, 今の 11 しかしもし, それに, そんなこと 10 これを, 今は, 私には 9 これが, しかし彼, 自分の, 自分は 8 しかしこれ, その時 7 しかし彼ら, それよりも, 一つは, 何であろう, 併し, 僕は, 多くは, 私が 6 それも, それらの, なんであろう, 他の, 日本の 5 ここでは, この種, そのよう, それには, とにかくに, また一つ

4 [18件] この場合, これに, しかし私, そこを, その中, その頃, それとても, わしは, 不思議な, 人の, 少しも, 彼の, 彼らの, 彼らは, 彼女は, 無かろう, 結局は, 考えて

3 [49件] けだしそれ, ここは, この点, これも, しかしかかる, しかしこれら, しかし前者, そういうこと, そうと, そこが, その人, その前, それと, それにしてもその, それにも, そんな事, た, だいたいに, どうだろう, もとは, 一方には, 一方は, 中には, 事実は, 人を, 人間の, 今では, 他に, 何の, 作者は, 多くの, 多数の, 大部分, 少くとも, 幸いに, 当時の, 彼が, 後には, 昔から, 是は, 本当の, 現在の, 私としては, 私に, 第一, 自分が, 誰も, 近頃は, 頭の

2 [136件] あれを, いかにせん, いずれに, いまそれが, いまは, お高, かくの, けだし一切, けだし彼, ここに, ここの, このこと, このほう, このよう, この事実, この句, この家, この男, これなる, こんな時, さよう, しかしあの, しかし人口, しかし人間, しかし単に, しかし右, しかし吾, しかし純, しかし誰, そういうもの, そういう人々, そうする, そうなる, そのいずれ, そのうち, そのこと, そのとき, そのほか, その一つ, その以前, その大, その実, その当時二, その日, その時代, その結果, その色, それかと, それだけ, それで, それにしても何町何番地, そればかり, それらは, ただこれ, ただ自分, とにかくこういう, とにかくこの, どこの, どんな労働, またこの, もうあの, もう一つ, わしに, わたしの, われわれは, 一緒に, 一面には, 不幸に, 主たる原因, 主なる, 之を, 二ツの, 人々が, 人間が, 人間も, 今から, 今でも, 今に, 今日では, 今日に, 今日の, 仮りに, 何と, 何に, 何んであろう, 余りと, 僕としては, 僕の, 出発前に, 前にも, 周囲の, 地代は, 大きい木, 大体として, 大体に, 大抵の, 女であろう, 子供であろう, 存八は, 当時は, 彼女が, 彼女には, 彼女の, 意識なし, 我々は, 或る, 日本人の, 明らかに, 昔の, 昔は, 東京に, 東京の, 構わない, 此方は, 残念ながら, 毛織布は, 氏の, 氷屋や, 然ら, 犬は, 現在は, 相当に, 真実家族的に, 私などは, 私にとっては, 私も, 自分自身を, 自然に, 茲では, 薄の, 要するに彼等, 賤が, 銀公は, 錦子は, 雨が, 青々と

1 [2483件 抜粋] ああなんと, あたりを, あによめ, あの健気, あの法案, あの雑踏, あまり振り向い, ある兇暴, ある朝, あわれや, いかに万能, いずれにも, いったいこれ, いつもそうとは, いま, いまの, いやいやレニン先生, いよいよ年来, いッそ, おかしな言い方, おとこその, おれの, お前さんだ, お家の, お稲, かかる分配, かかる運命, かなり広い, かまうもの, きょうから, けだしそれら, けだし労働, けだし新婚, けだし記録簿, けれどもそれ, こうしたいわば, こうやっ, ここでも, ここらは, こっちも, このごちゃごちゃ, この一些事, この世界, この二人, この作者, この国, この姉妹, この後, この日, この民族, この私, この花やか, この説明, この陣馬, これだけ, これと, これより, これ真理である, こんな寐台, さし当たっては, さてその, さまざまの, ざんねんながら伊那丸与党の, しかしいまそれ, しかしこのごろ皆, しかしたくさん, しかしながら利潤, しかしまだ, しかしアリストテレース, しかし一国民, しかし両者, しかし今日, しかし僕, しかし冷酷, しかし労賃, しかし同一, しかし国全体, しかし土壌, しかし大体, しかし審美上, しかし庭木, しかし政府, しかし某, しかし特に, しかし空想, しかし肝腎, しかし製造業者, しかし貴下, しかし難点, しかもこれ, しかも彼ら, しかるに労働階級, したがって中央, じつに小さい, すでにそこ, ずいぶん思い切っ, せんだっての, そういう中, そういう時間, そうした中, そうして一方, そう云わず, そこに, そしてそれ, そのくせ, そのはずみ, そのものにおいて, そのブーランゼー, その一面, その五六年, その代り山, その傷, その半ば口, その場合吾, その大帝国, その年代, その得, その惨苦, その晩, その武名, その点彼, その用い, その第, その絵, その虫, その辺, その間また, その青年, そもじの, それからは, それでは私たち, それでももし, それでも産声, それでも詩文, それならそれ, それにしてもよく, それにしても少し, それにしても水中, それに対しては, それほどにまで, それまでの, それ自身が, そんな子供, たいていは, ただちょっと, ただ労働者, ただ理性, たとえば同じ, だからまたこれ, つい先日電車, つまるところは, でも現在, とくにこのみ, とにかく, とにかく一年中米国, とにかく右, とにかく毛利家, ともかく私, どうして水, どうもできず, どうやら案内, どちらじゃ, どれが, どんな容態, なお行事, なぜ太夫, なにが, なまじ予備知識, なんとなく莫蓮, はげしくお, はや秋, ひとつ意地を, ひろ子は, ほとんど同じ, ほんの一分, まあ厭, まこれ, まず大体, まず自分一人, またひとつ, また人, また多く, また私, また軍隊, まだ出, まだ羆, みじめな, むしろ人間, もうその, もう少しの, もしも是, もし物理学上, もちろんその, もっぱら荊州譲渡, やがてそれら, やって, やはり低い, やれないという, よく眠れなかった, よしそれ, わが輩は, わずか二, われわれも, ウスノロの, コップであろう, タイガ号が, ツベと, ドイツ軍の, バラックの, フリードリヒ大王以来の, ボロと, ヤジローを, ロリー氏から, 一ぺんは, 一向構わず, 一方から, 一生還っ, 一視平等, 一騷動もちあがっ, 三つには, 三百年前に, 上を, 下々の, 不当な, 世の中に, 中に, 主たる理由, 主として徒歩, 之と, 予の, 事実説明は, 云われずとも, 五鬼とは, 亭主が, 人心の, 人間には, 今ある, 今しばらく, 今まで, 今一つ前の, 今日それ位の, 今日婦人雑誌の, 今申す水際立った, 仏教の, 他国人であろう, 他方貨幣地代は, 仮構談として, 伯爵夫人の, 体面を, 何となくゆかしい, 何にも, 何んの, 何故に, 余は, 余儀ないこと, 作者自身が, 侯爵夫人という, 俺の, 僕が, 元々鎌倉方, 先ず其時分, 光秀も, 全世界以外, 八郎太殿の, 共通し, 其れ, 其多数は, 内証では, 写真の, 初代左団次という, 別にスズメ, 前の, 前述の, 劇界では, 勝手にくらい, 北海道という, 十八文に, 午前小使が, 単にその, 博士の, 厘毛を, 又ひとつ, 反対に, 取分け我々, 古典平家の, 同じ一つ, 同時に旅立つ, 同盟を, 告げ口耳打ちは, 呼び捨てに, 商うという, 喘ぎと, 四ツ時という, 国民としての, 地味な, 場所だけに, 変りは, 外見は, 夜叉神堂は, 大伴家の, 大化け物, 大川橋, 天下の, 天稟の, 太陽黒点の, 夫婦は, 奥に, 女中は, 如何した, 妖術であろう, 妻に, 姓は, 子供らが, 宇宙万物を, 官兵衛, 実に熾烈, 実はそ, 実は彼, 実は関東, 実際には, 家から, 家柄が, 密告の, 察しもつ, 対手を, 小柳生の, 少し仔細, 少なくとも家, 少なくも彼, 居付の, 山歩きに, 島田虎之助が, 左大臣の, 己の, 常にヒューマニスティック, 平均は, 年久しい, 幸い此, 序詞も, 弁に対しては, 当人の, 当時らしい, 当時筑紫の, 影の, 彼に, 待ち構えて, 従業員は, 御来駕, 徹底的に, 必しも, 忠実とは, 思想界に関する, 怯える心, 悪いこと, 惜しい哉此, 憎いのっそり, 我々自身の, 我慢の, 戸に, 手伝って, 批評する, 抜乗りの, 探偵小説が, 支那人であろう, 故郷の, 敵を, 文化貢献の, 文章に, 斯る, 新聞と, 旋頭歌では, 日本では, 日本人にとっては, 旧政綱, 明け暮れそばに, 明治大正を通じて, 昭和終戦後の, 時あたかも, 時代について, 普通の, 暗灰色, 更衣の, 月であろう, 木綿ちゃんに, 本統に, 来るべき時代, 松居君と, 果たして孔明, 柳生流の, 極めて空疎, 概して裏日本側, 歌笑の, 正確さは, 武器を, 死んだもの, 殴られる度, 民子は, 水晶は, 江南には, 決して巧, 河内介が, 津々浦々に, 浣熊や, 混凝土を, 源太が, 火事が, 無惨の, 然しともかく, 然し時, 父の, 特に日本, 特別に, 猫とは, 現代医学の, 甚七は, 生活の, 由来機智縦横な, 男との, 町なかへ, 畢竟するに最後, 痛い時, 白石神社の, 百年も, 皆呼び捨てだ, 目先の, 相替わらず, 真の, 眼の, 瞑想であろう, 知性が, 石浜に, 社会本能が, 祇園の, 秀忠将軍は, 私にとっての, 秋田地方には, 穂高岳を, 立派に, 第一義に, 築山池を, 紅筆を, 細竹で, 結婚の, 統制時代には, 総別高い, 美留藻であろう, 老人は, 聞かずに, 肉親であろう, 胴いちめんに, 自ら怪物と, 自分も, 自然から, 興味が, 色にでも, 芝居道幕内では, 芸者に, 若い娘, 若旦那の, 苦辛惨澹は, 著しい天才, 藤次の, 表面は, 裏側の, 要するにおよそ人, 要するに教養, 要は個々, 見ら, 見逃すという, 親王摂家の, 言語という, 訴訟における, 誤解は, 談は, 貧しい家計, 資本主義社会機構を, 贅沢を, 踏みこえて, 車内が, 辛抱し, 農民自身が, 途上の, 進んで, 道徳を, 都市の, 醜くて, 野村の, 銭占屋の, 門人帳に, 闇の, 院政, 隠岐守, 雪が, 青木の, 革命第, 顔に, 食後三十分間後すぐ, 馬上に, 高級な, 鹿であろう

▼ あろう~ (1008, 4.7%)

11 どうか 9 それを 7 それが, 彼は, 私は 5 これは, それは, 何か 4 彼の, 自分の 3 こんどは, そんなこと, どうかと, どうかを, どこへ, 人は, 否か

2 [21件] あるいは湯治客, あれは, これも, そういう広大, そうだ, その眼, それと, それともその, それとも人間, それなら, それにしてもこの, なにかの, はたまた, 一時間ほど, 二人の, 他の, 夫とも, 或いは貧しい, 様々な, 私には, 自分が

1 [881件 抜粋] ああだろう, あっても, あの辺, あるいはそういう, あるいはそれら, あるいは左翼, いかがか, いかなる場合, いきなり6, いずれに, いずれ誰, いつしか定, いつも見る, いや, いやいやもう決して微塵, いや有る, おりなかったであろうか, かえって孔子, かなり通である, かれが, きっと見た, くさや焼く, くり返し夢, けんもほろろの, こういうこと, こうした掛念, こう思う, ここでは, ここに, こちらを, このよう, この夜ふけ, この平和, この戦闘, この田舎, これからだんだん暖かく, これから上, これに, こんなはず, こんな工合, さかんに, ざわざわと, しかし驚愕, しかも私, じいさんばあさんに, じっと見, すくすくと空, すなわち, すなわち彼ら, ずんずん車, そういう目の子勘定, そういう考え, そういえ, そうして国家的ギルド, そこで守部, そこの, そしてまた特に, そしてもし, そして欠乏, そのとき, そのパトロン, その一畳, その一連, その人, その光明, その怖, その怪人, その日, その時月夜, その暁, その毛髪, その物音, その記憶, その足, その辺, そもそもまた春琴, それだ, それとも, それともご, それともまた, それともまったく, それとも七年, それとも不幸, それとも二の丸, それとも先生, それとも同じ, それとも少年, それとも幼く, それとも当った, それとも彼, それとも抵抗, それとも楢, それとも窟, それとも自, それとも遅延, それとも針目博士, それとも鎌足薨去, それとも頭上, それとも黙っ, それなり手足, それには, それも, そんなにも, そんな見当, ただこれ, ただ神変不可思議, だから高い, だれか, ちょうど牧二郎, ちょっと見たい, つとめてそういった, でも上辺, とある原, とにかくどこ, とにかく今, とにかく吉運到来, とにかく店員先生, とにかく永い, ともあれ三年, ともかくも, とよ子の, どういう人, どうした, どうじゃろう, どうせ食えない, どこかで, どちらに, どんなに許し, どんな健気, どんよりした, ないの, なぜか, なれども, のどの, ひとりみずから, ひどく弱り込まされた, ひれ伏した人影, びっくりする, ふと見れ, ぶえんりょな人間, まごうかた, まず精神病, またあるいは多く, まただれ, またはかつて, またはイカルス, または下落, または何, または幸福, または村内, または池部氏自身, または遠い, また人類勤労, また同船, また天地, また従っ, まだ四十前後, まるで恐ろしい, まアその, もうおそく, もう長く, もしそうなら, もし果たして区別, もともと体, やがてやや常態, やっぱり弁信, やみの, よくご, よも御, りっぱな, わかりません, わき目も, わしは, わたしが, アドルムを, アネットの, ウォーズウォルス詩集までが, カメラマンの, ゴーッという, サケ料理を, スティヴンスンの, チャラチャラと, トラ十を, ドイツ婦人の, ドーンドーンと, パタンと, ヒルミ夫人の, ベルリンに, ポケットから, 一世紀ほど, 一人前の, 一学が, 一家の, 一旦寝床, 一灯台の, 一筋の, 一羽の, 一見し, 七夕の, 万一死者, 三十いくつという, 三十五年か, 三日養っ, 上の, 上向きながら, 下方の, 不思議な, 中学は, 中尉の, 主人長政の, 九月には, 予は, 二階が, 二階の, 人の, 人ッ子ひとり, 人間の, 今では, 今は, 今までから, 今日自分自身が, 今般の, 他人に, 以後であろう, 何かしらこの, 何かの, 何と, 何に, 何ほどの, 何も, 何を, 何人が, 余りに複雑, 余り度度, 余り耳, 俸禄を, 個人に対する, 側らを, 僕に, 先の, 先方は, 兎に, 全く敬虔, 六歌仙六人の, 兵馬は, 凶な, 出版元から, 分らん, 利を, 前後の, 剣鬼であった, 勢いに, 十歳前後かと, 半ば昃った, 厭らしい, 参木であろう, 古今の, 古色蒼然と, 合点が, 吉原に, 否かが, 否かは, 周囲の, 周囲は, 商売を, 器は, 四塚の, 土窟の, 基経は, 堰溝の, 外濠の, 夜は, 夜中に, 夜半の, 夢であろう, 大将でも, 大店の, 天井も, 天正十三年頃から, 夫の, 夫は, 奥さんよりも, 女房に, 如何にも気取った, 妊娠も, 妙に, 妻と, 妾は, 娘を, 宇治と, 実は浜田さん, 家が, 容貌の, 寒暖計の, 小づくりで, 小憎い, 少くも, 少しばかり, 尾田には, 山中暦日無く, 岸近く, 川によって, 己が, 市内の, 帆柱が, 帷子に, 平らな, 年よりも, 幾ら長く, 幾百人であっただろう, 度胸は, 廊下に, 弟の, 彩色した, 影も, 彼女は, 後藤基信を, 得物得物を, 心情が, 快い牛蒡, 忽然深い, 急な, 急に, 怪訝そうに, 恐らくそうであろう, 恰も高, 悉く花, 悦子が, 想像する, 愛児の, 愛情であろう, 憮然たる, 或いはまた逆, 或いは正義, 或は北京人, 或は好, 或は社会, 戦時中空襲で, 戸板の, 所は, 手入れの, 押し詰った墓石, 支倉が, 放心した, 整斉として, 斜めに, 旅に, 旅客と, 日に, 早苗であろう, 昔の, 昔は, 昭和六年の, 昼の, 時々首, 暈を, 暑さ, 曲りを, 書体にも, 本能であろう, 机上の, 果して昔, 梅花を, 植物の, 楳嶺先生に, 楽園であろう, 機関車の, 欝性という, 次の, 此の, 武田博士が, 段々身体, 殺された当の, 母は, 水の, 水清く, 汽笛を, 河野父子三人は, 浅い茶碗, 浮世に, 淡い青色, 深く接近, 滋幹は, 潜門扉の, 無いよう, 無学なる, 然り, 照顕さまの, 父の, 父は, 物隠しを, 猛省すべきなら, 玄徳や, 玄竜は, 甚五郎この, 生命持つ, 田村の, 甲谷であろう, 男の, 異国めいた, 疑問が, 病舎には, 白い回教徒頭巾, 白い鳥, 白衣の, 目鼻立ちの, 相変らず, 真実に, 着物の, 矢張り肴町の, 知ら, 知らん, 知人の, 確かに, 磐戈は, 福岡県, 私の, 穂先が, 突兀たる, 突然中川, 突然立ち上がる, 突然黒住, 筒井が, 筒井は, 紅顔の, 細々と, 結構と, 絶入るよう, 絶望的な, 綻びだらけ, 総拭, 美佐子は, 翁の, 老人の, 肉付は, 肉体の, 肩に, 胸に, 自ら問い自ら答え, 自分でも, 舊主左京大夫殿も, 航海誌であろう, 色の, 花の, 花咲くであろう, 芳一の, 若い娘, 草相撲の, 荒れ狂う大風, 蒸し上った饅頭, 虚伝であろう, 蛙の, 蜘蛛屋とは, 装を, 裏秩父の, 西方の, 要するに観測器械, 覚束なかっ, 言葉少なに, 誤解し, 誰の, 諧謔を, 貴僧の, 赤青の, 走る自動車, 越後勢か, 跫音が, 身体の, 身動き一つ出来ない, 身長は, 軽く千鶴子, 轟々という, 農商務省からの, 逃げ込もうと, 逼って, 釈明文は, 野人には, 金兵衛は, 長い恥辱, 長く下, 閉じた眼, 閣竜は, 陽が, 障子の, 隼の, 青年時代から, 静かな, 鞍の, 頭の, 頭髪は, 頼母が, 顔色を, 飛んだ所, 首の, 高い土塀, 高い鼻, 高麗人, 魔風と, 鮭は, 黒っぽいじみ

▼ あろうとも~ (931, 4.4%)

25 思われません 14 それは 11 それを 10 それが 8 彼は 5 なかろう, なかろうとも, 私は 4 これを, その, 彼の, 思えません, 思われない, 思われないが, 思われなかった, 思われぬ, 自分の 3 その場, 人間の, 何でも, 僕は, 思われる, 私の, 縁切れにな

2 [28件] いった, そのため, その人, その合掌, その実は, それとは, です, われわれは, 人を, 今の, 他人の, 何の, 作る器, 又私, 彼が, 彼女の, 思えぬ, 拳銃射撃は, 是が, 永く保つ, 無かろうとも, 確かに, 素質をまで, 考えて, 聞き届けること, 自分に, 贋者として, 非常に

1 [735件 抜粋] ああいう, あきらめないで, あなたに対しての, あなた方が, あのお方, あのこと, あの無作法, あまり躊躇, あるいは没理性, あるまいとも, あれで, あれは, いっこう自分, いって, いつでも, おそらく俺, おそるるところ, おぬ, およそは, おれが, おれたち二人を, おん身に, お上の, お前だけは, お前は, お心, お悲しまれ, お角, お身, お雪, かかる利益, かさねて頼み, かまわずに, かりにも, かれは, きまって彼女, こうあろう, ここで, こっちの, こっちは, このよう, このエレベーター係り, この上, この世の中, この人, この俺, この国, この外, この大切, この女人, この島, この己, この御, この欺瞞者, この点, この美しい, この親, この道理, これが, これに, これらの, こんなにたくさん, こんなにわがまま, ご老師様, さいぜんからの, して, しばらく許され, しょせんは, すぐにしつこくつきまとわずにはおかない淫蕩, すべて新しい, そういう悪条件, そうなく, そう雑作, そこだけは, そなた, そのうち, そのひと, そのままに, その一人, その一切, その中, その事実, その人間, その作者, その合掌一つ, その帰趣, その心底, その方向, その最後, その歓喜, その犯罪, その生, その由っ, その結果, その美, その間に, それでは衆寡, それなし, それに, それらの, そんなこと, そんな小さな事, たいてい葬られ, たかの, ただその, ただの, ただ愛情, ただ政治, たとい最も下等, たとい路傍, だ, だ正義, つねに独自, ですな, とにかくゴカ, とにかく人間, とにかく観念, ともかく, ともかくも, どうしてもそれ, どうして脳裡, どこへでも, どっちとも, どんな声, どんな顧慮, なおなお大志, なおよく, なお常に, ひそかに, ほんとうであろう, ほんとうに, まず顔, またあの, またその, またどれ, またどんなに, また君ら, また幾多生, まだ五月, ままよ, むざむざと, もう一秒, もし単に事実, もっと美しい, もはや文化財, やがては, わが力, わが北極星号, わたしどもは, わたしの, われわれに, アメリカの, インドアメリカの, キッパリ拒絶, キリシタンであろう, クリストフは, クリストフを, ダムが, フリーダは, ヤマトの, ヤミの, 一たん持参した, 一つの, 一切既往を, 一向に不都合, 一度切断, 一応それ, 一応は, 一方から, 一族の, 一生の, 一種不満な, 上官の, 下向であろう, 不名誉である, 不正を, 世を, 世界の, 両手であろう, 主君へ, 久慈には, 之に, 之を, 九州の, 乞食非人であろう, 事が, 事は, 二人を, 二百年も, 云える, 云われて, 人は, 人口に対する, 人心は, 人民の, 人間として, 人間ひとりが, 人間云いならわした, 人類を, 今まで, 今後私の, 今更おめおめと, 仕止めるの, 以前の, 仮説的であろう, 伸子は, 佐倉藩であろう, 体格が, 何で仮借, 何で愛想, 作品の, 作家として, 信仰の, 個人, 個性の, 健康に, 偶然の, 僕にとっては, 僕らに, 全体としては, 全部封鎖預金に, 公卿さまであろう, 共産主義の, 兵器を, 兵役に, 其の他, 其努力だけ, 出入りが, 別段文句, 利益ある, 到底その, 勅命を, 化け物であろう, 千世子には, 印度は, 又, 取って, 取ろうと, 吉原へ, 吾人は, 命を, 命令が, 唆されて, 問題には, 器量は, 国費を, 地球は, 執権職の, 夜叉であろう, 大きな伝統, 大阪生れであろう, 天武天皇の, 天稟の, 太子さまの, 夫だけは, 夫以外に, 奈落の, 女は, 女工は, 妻や, 妾が, 学資を, 実に驚くべき, 実際かの, 実際は, 客観的事情からは, 家の, 容易に, 少くとも, 少なくともこの, 山伏であろう, 崔にとっては, 差支えないじゃ, 己が, 常に明るく輝かしい, 平和は, 年とともに, 年季の, 座布団の, 延期する, 引続きほとんど同一, 弘法大師であろう, 彼らに, 彼らの, 彼を, 彼女は, 彼女を, 彼等を, 後の, 御当家, 御自身, 微かながらも, 心も, 必ずその, 忘れること, 思いやった, 思い直しその, 思うが, 思うの, 思えずまた, 思えず浪人者, 思えず貧, 思えて, 思えない, 思えなかった此, 思えぬところ, 思えぬ畜道, 思えませんでした, 思って, 思わずよし, 思わないが, 思わないし, 思わなかった, 思わなかった南老人, 思われず風説, 思われた, 思われたが, 思われないあの, 思われないけれど, 思われないのに, 思われない夜番, 思われぬのに, 思われませぬ, 思われませんし, 思われませんの, 思われるの, 思われる微, 恣意と, 悔いの, 想像される, 愛する者, 慰めを, 我々に, 我らが, 我慢し, 或は偽装, 所詮団十郎菊五郎, 手前が, 技術の, 拾い集めて, 操りの, 文学における, 文学は, 断々乎として, 斯様な, 新らしい, 新聞記者であり, 施す術, 旗色の, 日本の, 早くこの, 明日の, 是を, 時としてその, 曇であろう, 最も清い, 期待出来ない, 本人同志が, 本当に現代, 本船は, 本質において, 東亜の, 梅殿と, 機械は, 正信であろう, 此の, 此方の, 武兵衛を, 歴史とともに, 死罪三度までは, 母の, 気に, 決して厭い, 決して非, 注文の, 流派が, 淀屋の, 深く気, 温か味が, 潔よく, 火打袋の, 災難は, 無力なる, 無学であろう, 無実の, 無関係である, 無関心, 牛肉自体は, 物指しの, 犬にでも, 独省み, 猿など, 王者が, 現わし流露, 現在に, 現実の, 生けるうち, 生命より, 生国姓名を, 生来蜘蛛嫌い, 生活の, 生活者としての, 畢竟一つ, 発破を, 白糸の, 白船であろう, 直ちに私, 相手が, 相手の, 相手を, 眼の, 着こなしの, 知らず隼二郎, 知れません, 社会的存在様式から, 祖国という, 私が, 私たちが, 私たちの, 私には, 私を, 私共は, 秘密は, 空気の, 竈の, 米友としては, 紋は, 素姓も, 終局的には, 結局, 結局向に, 絶対に, 縁の, 罪の, 美しい物, 美しき存在, 美衣も, 羽織なし, 考えたので, 考えない, 考えます, 考えられず今, 考えられないでは, 考えられる, 考えられる節, 聊か頓着, 職務その, 肉体的に, 自分から, 自分では, 自分は, 自分らも, 自嘲であろう, 自身の, 船が, 良人頼春の, 芝居の, 花なら, 花田中尉を, 苟くも人間の, 蓋する, 虚構は, 行って, 表情の, 衰滅するべき, 要するに何, 見えないが, 見えぬ, 視野は, 覚えませんでしたが, 言い取りいそいで, 言って, 言われた, 許すべからざる大, 語った, 読者としては, 講談以外の, 責任を, 躊躇され, 身の, 軽率な, 辻斬が, 運命が, 道庵が, 遠からずし, 金なんかに, 鎌の, 関わぬ海外, 降りて, 雪の, 雲助であろう, 音を, 頓着は, 頼まれた以上, 食べられなければ, 騒いでは, 驚きませんが, 高楼に, 鬼であろう, 齢する

▼ あろうかと~ (800, 3.7%)

30 思って 19 思った 13 思われる, 考えて 9 思う 8 思われた, 考えると 7 思うと, 思われるよう 6 云うこと, 思うが 5 不思議に, 彼は, 思うの, 矢代は 4 云って, 先生は, 存じます, 思うよう, 思ったが, 思われる位, 私は

3 [16件] そんなこと, わしは, 僕は, 存じまして, 思うこと, 思ったから, 思ったの, 思ったり, 思われるが, 思われる大きな, 想像し, 案じて, 源氏は, 目を, 考えた, 興味を

2 [42件] いうと, いうに, いうので, いえば, いって, お思い, お高, かねて, ちゃんと用意, ひそかに, 云うの, 云う好奇心, 家臣たちは, 密かに, 彼女は, 心配し, 思いながら, 思いましたので, 思います, 思いやった, 思うばかり, 思うほどの, 思ったこと, 思ったので, 思ってね, 思わずには, 思わないでも, 思われましたが, 思われますが, 思われるくらい, 思われるその, 思われるの, 思われるほど, 歎い, 気を, 由良は, 疑って, 結んで, 考えさせられた, 考えるに, 迷い出した, 静かに

1 [494件] あくまで語らせ, あたりの, あとで, あの当時, あやぶまれた, あらかじめ研究, ある, いう如きこと, いたいたしいよう, いったの, いつもの, いぶかったもの, いぶかりその, いま一度あの, いろ, いろいろ考え, いろいろ考えつづけた, いろんなこと, いわぬばかりに, いわれた, うたがった, うちあけて, うなずかれる, おうかがいに, おどろいて, おもって, おもわれて, おもわれます, おもわれる, おれは, お徳, お迎え申す, かねがねさん俵, かねてこしらえ, かねてホテル, きいて, きかれれば, きょうが, けげんに, こう熱心, こと新たな, この間から, これらの, これを, こんなうめき, ご家老, ご承知, さすがに, しきりに考え, しくしく痛む, しばし眼, じきに疑い, そういう質問, そういわれ, そう云わなく, そう彼, そこへ, そのあと, そのとき, その人々, その僥倖, その女, その慰問, その方, その身の上, それからそれ, それがしも, それで新館, だれに, ちゃんとわが身, つい此先, つくづくそれ, つくづく感嘆, つくづく考え, つまらぬ議論, ですがどれ, とくに心, とんでもない, どの学校, なかばなお, なんだかうそ, なんとなく岸本省平, のちのち人の, はじめは, ひろ子は, ふしぎに, ふと何気なく, ふと庭さき, ふと考え, ふり返った, ほかに, ぼくは, ぼんやり考え, ますます由良, まずそれ, また彼女, また新, また私, むしろその, むしろ疑われる, もう一度考え直し, やりきれなくなっ, われあらかじめ, ハラハラした, フランス語で, ルパンは, 一片の, 一空さまは, 三木は, 三郎は, 不安でならなかった, 不審に, 不審の, 不思議がっ, 不思議がる, 不思議でならなかった, 不思議な, 中へ, 丹波やすき, 予め想像, 予め玄女, 云う, 云うと, 云うよう, 云う一事, 云う名, 云う意味, 云う疑問, 云えば, 云った感傷, 亘志摩の, 人に, 今夜わしは, 今年, 仏が, 何気ない風, 作者は, 俺が, 僕も, 兄弟等は, 兵馬は, 分りきったこと, 加持祈祷に, 助手が, 半七, 卯木は, 危ぶみおそれつつ, 危ぶんだ, 危ぶんで, 原因を, 可惜もの, 合邦は, 吉村は, 否定的な, 吾れ, 問いたいの, 問うて, 喜んだ満足, 噂し, 四人は, 夏口の, 夜毎小普請屋敷の, 夢に, 大変興味が, 大尉は, 大月大佐たちは, 奥山の, 始めは, 存じましたなれど, 存じました処, 存じますけれど, 存じますし, 存じまする, 存じ召し連れ参りまして, 存ぜられまする, 学士は, 察しられるが, 察せられる, 寧ろ不思議, 小坂部も, 小沢は, 小鳥について, 少しく躊躇, 少し怖かっ, 少将は, 山口は, 山木と, 左注で, 帆村探偵と, 帆村探偵は, 幹を, 幼稚ながら, 弱くなる, 彦太郎は, 彼女に, 彼女の, 待ちかまえて, 待ち伏せして, 待ち望んで, 御意を, 心の, 心は, 心を, 心中では, 心強い気, 心待ちに, 心配される, 心配です, 必死に, 念の, 念を, 思いそれ, 思いついた一策, 思いましたが, 思いまして, 思いやられますが, 思いやると, 思い何とも, 思い出して, 思い参りましたが, 思い彼, 思い思いした, 思い煩う念力, 思い煩う技術精神, 思い込みました私, 思い迷ううち, 思うくらい, 思うけれども, 思うて, 思うので, 思うま, 思うもの, 思う六角, 思う官吏風, 思う小さい, 思う張子, 思う時, 思う程, 思う系譜, 思う話, 思う部屋, 思えば, 思えるですが, 思える座蒲団, 思っただけでも, 思ったですが, 思ったらおそろしい, 思った所, 思った次第, 思った立派, 思つた, 思つたのは, 思わざるを, 思わずぞっとした, 思わずに, 思わず店, 思わせる, 思わせるよう, 思わぬでも, 思わぬわけ, 思わる, 思わるる位, 思わるる広い, 思わるる群集, 思われたが, 思われて, 思われます, 思われるこの, 思われるにも, 思われるのみ, 思われるばかりの, 思われるふし, 思われるほどの, 思われるほど静か, 思われるまでに, 思われる丸型, 思われる人物, 思われる人間, 思われる仄, 思われる円い, 思われる円場, 思われる円形, 思われる化け物, 思われる場内, 思われる変, 思われる大, 思われる大刀, 思われる大男, 思われる大鷲, 思われる太刀山, 思われる奇怪, 思われる妙音, 思われる小さい, 思われる山川, 思われる帆, 思われる怪物, 思われる杏子, 思われる浦上天主堂, 思われる溝, 思われる白い, 思われる真紅, 思われる花圃, 思われる蒼, 思われる薄, 思われる赭ら顔, 思われる軍隊, 思われる途方, 思われる部屋, 思われる鉄砲, 思われる長い, 思われる雑草, 思われる頃, 思われる高, 思われる魚, 思われ一掬, 思案に, 急いで, 恐れたが, 恐縮し, 恟々たる, 恨めしく思う, 悲しい空頼み, 惜しまれた, 惜しまれる, 想いやった句, 想わざるを, 想像した, 想像する, 想像を, 意外であった, 意外に, 感ぜられますので, 或る, 戦慄する, 手具脛ひい, 折節の, 抜け目なく, 拙尼, 探って, 推察し, 推察する, 推測される, 推量を, 日頃の, 昔の, 時光寺の, 最善の, 朝からの, 期待される, 期待しました, 木原は, 木場の, 東儀与力は, 東儀与力も, 案じながらも, 案じるにも, 案じ来た, 桜の, 横から, 機械の, 歎き悲しむ, 歎じた, 歎息される, 歎息する, 正式な, 正直に, 武門を, 母に, 母の, 気づいた, 気づかうの, 気づかわしい所, 気にか, 気の毒で, 気付き思わず, 気遣ったが, 求めたところ, 注目を, 浅い女ごころ, 浮舟が, 深い溜息, 滋幹は, 無我夢中に, 煩悶を, 片心, 玄徳の, 玉鬘は, 用心する, 用意し, 疑います, 疑い始めた, 疑うが, 疑えて, 疑ったの, 疑わざるを, 疑わしく思う, 疑問が, 皆, 目で, 目玉を, 矢代には, 秀吉は, 私たちも, 私たちを, 私の, 空想する, 箸を, 絶え間なく, 羽ばたきを, 老い胸が, 考えたが, 考えたり, 考えたわけ, 考えた事, 考えながら, 考えましたら畳, 考えられる, 考えられること, 考えられる点, 考える, 考えるとき, 考えるの, 考え出した, 考え始めた, 考え安積氏, 考え込み細川忠興, 聞かずに, 聞きなされる, 胸おどらせ, 胸が, 自らに, 自分たちも, 自分に, 自分の, 自分を, 自問自答が, 自然に, 興味も, 色々考えました, 色を, 花邸の, 若松屋惣七は, 若者は, 苦しく思っ, 苦しんで, 葉子は, 薫は, 見えた, 見える戟, 見える派手, 見える赤い, 見える青年, 見廻したが, 覚悟を, 言い出したので, 言い出す, 言い進んで, 訊いて, 訊ねるの, 訝らぬ人, 設問した, 詰まらない事, 語り聞かせるの, 誰か, 賞めて, 足先を, 跡に, 身まで, 近づいて, 近寄って, 迷う程, 迷ったから, 迷ったが, 迷って, 遁がれ出る, 道往く, 遠慮し, 選定し, 邪推を, 邸内を, 銭筥の, 鎌倉の, 鑑定を, 長い歳月, 関心が, 院は, 集まって, 雪子ちゃんあの, 青嵐は, 面白い, 靴さきを, 頻りに考えた, 顔かたちの, 黒坂は

▼ あろうという~ (767, 3.6%)

69 ことを 56 ことは 22 ことに 21 のである 20 ことが 19 ような 17 気が 15 ものだ 14 ことも 13 ことであった 12 ことである 9 のが, 説が 8 もの, 意味の 7 のであった, ふうに, 事は 6 ように, 事を, 考えを, 者も 5 のだ, のは, ものです, 事に, 人も 4 考えで, 風に

3 [15件] こと, ことでした, ことや, ことをも, のであります, ものさ, もので, ものである, 一種の, 事であった, 噂であった, 想像は, 見と, 説も, 説を

2 [34件] ことこれである, ことだけは, ことです, ことには, ところまで, ので, のです, のと, のを, もんだ, 予想の, 事が, 事も, 噂が, 噂を, 大鯉, 忌わしい言葉, 想像が, 意味である, 意味な, 意味を, 感じが, 期待を, 気に, 気長い, 点である, 点に, 結論に, 考えから, 考えが, 見込を, 診断であった, 説明を, 鑑定で

1 [264件] お千, お屋敷住まい, お広, ことだ, ことだった, ことであります, ことでございます, ことと, ことなどは, ことなどを, ことまた, ことまでが, ことまでは, こと以外には, こと及び, こと言わば, この土地, こんな業務, その幹, た, ちょっと風変り, ところに, ところへ, のか, のでした, のなら, はかないのぞみ, はかない希望, はなはだ不愉快, ふうな, ぶちぬき, ほかには, ものここで, ものじゃあねえか, ものそれは, ものどれを, ものを, もの也, もんじゃ, もんです, わけである, アダム, シャビエルの, チベット人の, トルレス宛の, ニュースを, ミルンの, 一つの, 一事であった, 一人の, 一本の, 一種復仇の, 三位卿の, 上品な, 不安が, 不安である, 不安と, 不思議な, 了解が, 予定であった, 予感は, 予覚によって, 事には, 事実は, 二十円十円五円などの, 二段鎧扉に, 二軒在家の, 人が, 人は, 今迄に, 仙石家の, 以上には, 以外に, 仮定に, 仮定は, 仮定も, 信仰を, 信頼において, 信頼の, 倹約心から, 児玉さんの, 判断が, 半農半漁の, 危険は, 厚い壁体, 厳かな, 厳粛な, 友人達の, 反対が, 句意らしい, 台所, 同一の, 土地の, 坊主山で, 堅い信仰, 堅い希望, 大きなとんび凧, 大きな人形, 大きな硝子壜, 大きな蝙蝠, 大きな鉄, 大きな鯉, 大きな黒豹, 大したもん, 大木が, 大渦巻, 大石を, 大蝙蝠, 女です, 女らしい偏執, 安心感をも, 安藤君の, 定評です, 実に厳重, 室なら, 少し無理, 岩石の, 崖の, 川崎先生の, 左は, 左衛門君などの, 巷間の, 巷間もっぱら, 市井無頼の, 希望が, 希望に, 希望も, 希望を, 幹に, 弥陀の, 形の, 後人の, 御当家, 御決心, 心を, 心意気らしい, 心持だった, 心持を, 心細い宣告, 心配が, 念が, 思い附き, 恐れを, 恐怖が, 恐怖で, 想像, 想像のみ, 想像も, 想定が, 意である, 意の, 意を, 意味に, 意見が, 意見で, 意見である, 意見とも, 意見な, 意見に, 意識を, 愚かな, 感じを, 感想を, 態度の, 憧憬が, 扉を, 批難に対して, 推察だけ, 推測の, 推測も, 推測を, 握り太の, 政府の, 新田先生の, 方へ, 旧説, 時分修道院の, 景気は, 景蔵らの, 暗喩を, 暮方青い, 曲者, 書割, 望が, 村方の, 業物な, 様な, 横町の, 気も, 河原から, 法外に, 注意から, 泰平の, 点, 点だけを, 煩悶を, 特徴は, 状態に, 状況である, 猛犬だった, 獰猛な, 理由だけ, 理窟が, 申し合わせであった, 異中, 疑いが, 疑問を, 白い美髯, 石を, 石舟斎の, 確率と, 神様の, 程度に, 第二, 組織である, 結論を, 絶望的な, 老人たちの, 老婆を, 老貝, 考えであった, 考えであったです, 考えにばかり, 考え方は, 考証が, 者が, 肥り肉, 膳の, 臆説が, 自信である, 若い女, 見方に, 見解には, 見込みだ, 見込みで, 見透しの, 親切が, 観測である, 解釈である, 解釈も, 証拠まで, 評判であった, 評判に, 話だ, 話も, 説な, 論法に, 議が, 豪奢な取り廻し, 赤血球の, 連中である, 連中の, 量見, 鑑定であった, 陳さんの, 陽気の, 隠謀, 雌だ, 面積の, 頼みが, 顔を, 顔付を, 風な, 高ぶった考え

▼ あろうとは~ (589, 2.8%)

26 思われない 24 思われません 16 思わなかった 12 夢にも思わなかった, 思いも 11 夢にも 9 思えなかった, 思って, 思われぬ 8 夢にも思っ, 考えられない 7 思えない, 思われなかった, 想像も 6 思いませんでした, 思われないが 5 知らなかった, 誰も 4 さすがの, 僕には, 思いながらも, 思ったが, 思わない, 思われませぬ, 考えられません, 誰が 3 夢にも想像, 彼は, 思いません, 思われないの, 思われぬが, 思われませんが, 想像し, 私には, 私は, 誰にも

2 [37件] いえしかも, だれが, どうした, ほんとうに, 一度も, 予期し, 今の, 今まで, 何人も, 僕は, 全く想像, 夢にも思わず, 存じませなん, 思いがけなかった, 思いませんが, 思うが, 思えなかったの, 思っても, 思わなかったから, 思わなかったの, 思わなかったよ, 思わぬ, 思われないから, 思われない程, 思われなかったの, 思われませんでした, 思われん, 想われない, 想像だ, 武蔵も, 気が, 私も, 考えて, 考えても, 考えられないの, 考えられぬ, 誰でも

1 [266件] いえ, いえある, いえその, いえそれ, いえそれら, いえない, いえぬが, いえる, いえ国, いえ現在, いえ生産総額, いくら名, いや存じ, いわれたが, おそらく信じかねるだろう, おぼろ気ながら, おもいながらも, おもえなかったから, おもっても, おもわれぬ父上, おもわれません, おれも, お互に, お思い, お美夜ちゃん, かつて存ぜぬ, かつて思い, かつて思っ, かねて柳沢, きょうまで, ここから, この時, この私, これは, これんばかしも, ごぞんじあるまい, さすがに, すこしも, すこし気の毒, すでに賊, それは, たった今し方, たれに, だれしも, だれだって, だれも, ちょっと思われない, つい昨夜, どうしても信じられぬ, どうしても受け取れず, どうしても思えなかった, どうも想像, どう間違っ, ほとんど信じられない, ほんとに見ぬ, まったく思い, まったく私, まったく考えなかった, まるで思いがけなかっ, まるで想像, みどりは, もはやだれ, やはり彼, わしも, わたしには, わたしも, われらも, チト受け取りかねる, ペインは, レニン自身が, 一緒に, 一般には, 万太郎にも, 主張され, 主張せず, 予想出来ない, 予期しなかった, 今後も, 今日の, 仏さまでも, 何と, 何人にも, 作者などには, 信じたくなかったの, 信じない, 信じないが, 信じなかった, 信じられない, 信じられませんが, 信じること, 俺に, 俺は, 健三にも, 僕も, 元より, 全く予想, 全く思い, 全く思いがけない, 全く思いがけませんでした, 全く意外, 全く意外中, 全く考え及ばなかった, 初めから, 到底信じられない, 医師数人の, 南洋へ, 古来一般の, 同宿の, 嘘の, 坪井博士の, 城中の, 夢にも思いつきません, 夢にも思いませんでした, 夢にも思い申さな, 夢にも思った, 夢にも思わずに, 夢にも知る, 夢にも考え, 夢にも考えられない, 大作きょういままで, 天魔太郎も, 子分先生も, 存じて, 存じられませぬ, 実に予想, 実に意外, 察して, 小三郎には, 少しも, 常々私の, 平次も, 幼い時, 彼と, 彼の, 彼も, 彼女には, 彼女達は, 後に, 心づこうはず, 心得て, 思いかけなかった, 思いながら, 思いますが, 思いませんから, 思いませんけれども, 思いませんでしたし, 思いませんでしたわ, 思いませんので, 思いもうけないこと, 思い及ばなかった, 思い掛けなかったの, 思い浮かべも, 思い設けなかったのに, 思う, 思えず二人, 思えないから, 思えないからね, 思えないが, 思えないながらも, 思えないの, 思えなかっただけ, 思えなかったので, 思えぬ, 思えぬが, 思えません, 思えませんでしたので, 思えんくらい, 思ったけれど, 思わないらしく先刻, 思わなかったせい, 思わなかったですよ, 思わなかったと, 思わなかったね, 思わなかったので, 思わなかったん, 思わなかった燗, 思わぬはず, 思われず, 思われず若い, 思われないし, 思われないので, 思われないほどな, 思われないよう, 思われない記事, 思われなかったから, 思われなかったでしょう, 思われぬから, 思われぬため, 思われぬ不可思議, 思われぬ大, 思われぬ奇怪, 思われぬ新任, 思われねえ, 思われねえじゃ, 思われませんな, 思われませんね, 思われる, 思われるが, 思掛けなかった, 恐らく多く, 恐らく生家, 想像された, 想像されない, 想像する, 想像の, 意外である, 意外でした, 感づかなかったらしい, 拙者には, 推察が, 既に察し, 期待し, 末造も, 果して白雲師匠, 栄三郎は, 正に天佑, 此の間首を, 気がつかない, 気がつかなかった, 気がつかなかったね, 気づかずただ, 気づくまいからね, 決して思っ, 決して思われぬ, 決して考えない, 洵に, 流石の, 源三郎知らなかった, 源氏の, 知らないから, 知らなかったお, 知らなかったであろう, 知らぬもの, 知るわけ, 石見守も, 秀吉の, 私にも, 竜之, 米友には, 考えたが, 考えなかったが, 考えませんからね, 考えられず又, 考えられないから, 考えられないでは, 考えられない仮定, 考えられなかったの, 考えられませんでした, 胡坐を, 自分に, 衆目の, 認められるけれども, 誰しも, 誰の, 誰ひとり予想も, 誰一人考え, 諸君は, 豫期し, 貝十郎は, 道路の, 長次郎も, 門番は, 阿弥陀沢の, 随分長く, 露知らぬ, 青年は

▼ あろう~ (583, 2.7%)

6 またそれ 5 それに, またもし 3 それを, 従って, 私も, 自分の

2 [14件] そうかと, その上, その次, それが, またその, また中, また実際, また彼, また本人, また粗, また職業, 宮の, 気の, 港の

1 [527件 抜粋] あたりの, あっても, あの不幸, あの老人達, ありたがる形式, あるいはかえって, あるいはまたさかだち, あるいは後世, ある人, あれこれ思い合せる, いずれに, いずれ引っ, いまの, いまは, いま自分らが, いよいよそれ, いわゆる年寄, おそらく西洋音楽, お次には, お母さんだけが, お美夜ちゃん, かけがえの, かつこれ, かつそれ, かように, きくも, きっと大, こういうこと, こちらだけで, ことによれ, ことに必要上彼ら, ことに英蘭, この, このごろ様子や, この上行者, この十巻, この名家, この語, これに, これには, これを, こんな叫び声, ご一, さもなく, さらにまた, さらに実, さればと, しくじりも, そういう科学者, そうして一度, そうする, そうすれ, そうでない, そう頼もし, そしていかに, そしてかよう, そしてここ, そしてそう, そしてどん, そしてもし, そしてもっと, そして三勝, そして事実上, そして他, そして供給, そして実際, そして本書, そして柳田先生, そして第, そして資本, そちが, そちは, そのうわさ, そのため, そのやわらか, そのゆえ, そのよう, その上世間, その上自分, その人たち自身, その他小笠原家本多家有馬家などにも, その前, その右, その工芸美, その時ごと, その楽しみ, その点, その納得, その訪問, それかと, それから精神的, それすらも, それだけで, それであれ, それに又あの, それよりも, つれづれを, ときにはその, とにかくひとくち, なおまた, なかんずく天然痘, なれば, ひょっとしたら讃岐, ほかにも, ぼく自身にも, まして尼, まして病人, またあの, またおそらく, またおよそ, またこの, またこれ, またしたがってかれ, またしばしば, またその後, またはこの, またはもし, または来, またやがて, またわがまま, またイキシイオン, またポルトガル, またロシア, また一つ, また一方, また一生, また一直線, また一般, また一般文化, また不潔, また人民, また人間, また伎楽面, また位置, また何人, また偉く, また僕たち, また冷泉院, また及第, また右, また同一国, また呉, また四対一, また土地, また地代, また外国, また大きな, また大体, また大地, また女, また如何なる, また学問上, また実, また家中, また寒山拾得, また寺, また対岸, また専門, また怒った, また思わぬ, また息子, また悲しみ, また想像, また我々, また敢然, また散っ, また断えず, また新しい, また既に, また時服, また正にそう, また殺, また湿潤, また満員, また環境, また真価, また秀吉, また私たち, また細い, また自ら, また自然, また荒凶, また落下, また観客, また運用, また過去, また選ぶ, また遺漏, また願望, また飛行島, また飼養, また騰貴, まだその後, まだもっと深い, まだ読みかけ, むろん事, もしくは日, もしそうでなけれ, もしまた, もし一, やがて宵月, やがて新た, やがて殿, やさしくあるでありましょう, よしまた近寄る, よりこまか, わが国の, わめきたくも, アイヌ語らしい, キリストや, タンタラス, チは, チェーホフが, ボーと, マルキシズムの, ルウマニアの, ワサミを, 一五〇クヲタアなら, 一貫した, 一足の, 一部は, 七つの, 万民翼賛の, 三万円で, 世馴れぬ同志, 中には, 中年の, 主人も, 之を, 九十九江源地とは, 二人の, 京に, 人の, 人も, 人間社会から, 今から, 今も, 今後憲法改正という, 今日から, 今日は, 今日まで, 他から, 以後いよいよ, 会いたいと, 何とかし, 何に, 供給が, 便所の, 偶然では, 先生も, 其話に対する, 冗談では, 冬の, 出入り口も, 出来うべ, 刻々の, 北斎を, 午後の, 半蔵の, 卑屈にさえ, 去来の, 又こう, 又これから, 又そう, 又その, 又一ツ, 又七人, 又唐突, 又山脊, 又故意, 又東京市, 又私, 又限界, 又雪中登山, 又顔, 及ぼさないこと, 反対に, 反対の, 叱ること, 各面から, 吉次という, 同時に恋人, 同時に探偵, 同時に文学, 名のみ, 君命にも, 周易にも, 図々しい相客, 国が, 地主の, 外套や, 多くは, 多少とも, 大事の, 大勢の, 大坂小田原間の, 大殿の, 大石は, 夫の, 夫人の, 女衒の, 如何に, 妻が, 妻子を, 姫君も, 学院の, 実家の, 宮様が, 家中にも, 家庭の, 寺まで, 対手よりは, 尊氏の, 小春治兵衛, 小説などという, 少しは, 山陽の, 島内に, 島田も, 巧妙でない, 市民の, 幾人かの, 広い天下, 庸三に, 彼が, 彼に, 彼にも, 待遇は, 後もつ, 後者には, 後者は, 従っておのずと, 従ってその, 従ってなんら, 従ってもし, 従ってトリック, 従ってポルトガル人, 従って優秀, 従って外国財貨, 従って無限量, 従わなければ, 恐らくは桔梗, 恐慌は, 悪くする, 悲しいこと, 情夫も, 或いは彼自身役者, 或はラジオ, 或は一代, 或は単に, 或は多少, 或は悪魔, 或は母, 或は長く, 或る, 或るい, 戯曲作家たちが, 技術的な, 折角の, 拡がって, 拡散する, 探したならば, 数十年来の, 文芸史としても, 斉彬が, 新市, 日か, 日本みずからは, 日本人とて, 日本演芸には, 明日の, 明治末葉から, 昔ローマの, 春琴も, 時と, 時としては, 時にその, 時には当主ドラーゲ公, 曲も, 更に第, 有力な, 有夫の, 朝湯にだっても, 朝顔の, 本人の, 本当に山影宗三郎様, 松居君自身も, 栽えて, 桃の, 桜は, 止まって, 正しい方, 正気の, 武子さんは, 殊に彼, 殊に藤原朝, 殊に近年, 母は, 母親としては, 毎朝の, 毎秒二十メートル, 水の, 水も, 江戸で, 洪水を, 清水という, 渡って, 滝人は, 焚物も, 焦心り, 熱烈でない, 父兄も, 父母が, 物と, 特にその, 特に明治社会, 特に私, 独身者の, 珠玉の, 現に鴫沢てる女, 現在そう, 現実としては, 生かすもの, 生きて, 産業革命も, 甲斐も, 甲斐を, 町内の, 百人の, 百済観音も, 盗った方, 盗られたの, 目の, 真の, 真人なら, 知らないで, 私たちの, 私は, 秋なら, 第一, 第一われら, 第一彼女, 第二, 筆蹟も, 筒井に, 結婚生活が, 結局それは, 結構な, 胸が, 腕力も, 自分たちも, 自分でも, 自分は, 自己の, 若い者, 菊池寛氏の, 華北交通会社による, 蘭州と, 行儀が, 複雑な, 西には, 見るの, 親族関係の, 解決は, 記憶の, 記憶力が, 評する私, 話を, 読み違えそのもの, 読者には, 議会の, 貧しいもの, 趣味嗜好から, 農会も, 這入っても, 速水も, 進んで, 遥かに, 部下たちは, 郷里に, 金持に, 鋳金は, 長崎屋は, 門の, 門人の, 関との, 陛下御, 院をば, 隣村の, 電流の, 電車の, 非常に, 面白くない, 題材の, 風聞録の, 駈け違ったこと, 髪に, 魔女の, 鰹節よりも, 19は

▼ あろうから~ (434, 2.0%)

87 である 5 それを 4 それは 3 その時, 彼れ, 従って, 私は 2 ここに, そうすれ, 人間の, 今は, 租税の, 自分の

1 [314件] あとで, いかなる労賃, いっそすぐお, いつかは, おしも, おそらくこの, おそらくフランス人, おそらく最も適当, おまえが, お前達も, お品, お寺へ, お露どの, かたがた以て, きわだった名, くどくは, けっして無意味, こういう知識, こうした苦しみ, ここで, ここでは, ここには, ここは, こちらは, ことによる, ことに外国, このパッケ, この世の, この事業, この二つ, この偽装, この労働, この問題, この変化, この奨励金, この小片, この際友誼, この雪渓, こりゃやっぱり, これからその, これから一つ二つ例, これが, これだけは, これに, これは, これ以上強い, こんな受難地, さしつかえなくば, しばらくここ, しばらくは, すぐ小石川, すべての, そういう人たち, そうし, そこでこんな, そっと眼, そのうち何者, そのとき, そのとき自分たち母娘, そのはて, そのふし, その事情, その作用, その供給, その地代, その基礎, その庭, その点, その疑, その皇帝, その税関吏, その自然価格, その製造, その言う, その言葉, その起原, その間に, それが, それである, それなら, それまでは, それらは, それらをも, そんなに大きな, そんなふう, そんな事, そんな玉垣, たとい歴史, だ, ちょっと前, ついでに, でありまた, であるが, であるという, である従って, でも, とうてい明らか, とこう思っ, とにかくに, どうしても政府, どうで, どうもそうは, なるべく逆らわない, なんの, べつに説明, ほんの数時間, まあどうにかなるでしょう, まあ気, また悪化, むしろ今, むしろ河内介, めんどうでも, もうそうした, もう二度とあんな, もう泣く, もう自分, もしかすれ, もとより私, もはや充分, もはや我々, やはりこれ, やはり死, やはり生命, やはり目, よくとりなし, よしよし, より以上, よろしく適当, わしの, われわれは, イヤでも, シートンの, フタを, ポオの, 一切の, 一方に, 一旦御, 一概には, 一生に, 一生懸命に, 上州側に, 二千両しか, 人民は, 人類は, 今の, 今夜は, 今後来る, 今申し上げ, 他の, 何処か, 余りき, 余り激烈, 作者としても, 作者は, 供給は, 供給も, 個別的因果, 僕が, 僧侶が, 兄さんに, 充分に, 全然賃貸, 八さん熊さんが, 内の, 再び公, 再生産, 冬木の, 出生の, 分量の, 列車の, 労働に対する, 勝負は, 単に形式一遍, 単に歴, 厳密な, 同じく過去, 同じよう, 君に, 問題は, 国民は, 土地にも, 地主が, 地主及び, 地方銀行に関する, 地面の, 変化する, 多少の, 多数の, 大いに騰貴, 大臣の, 奥庭の, 好天気, 姓を, 実包とても, 少しその, 少なくともその, 山を, 岩吉の, 工業品に対する, 差しつかえなけれ, 帰ろうと, 常々自分の, 常に生産物, 平素理科知識に対して, 建築物家賃は, 引つ張つて, 引出して, 強いてお, 彼は, 彼らが, 彼らに, 彼らの, 彼らは, 彼をも, 従って又, 従って吾, 従って穀物, 御辞退, 心待ちに, 思いつめて, 恐らくは両, 恐らく御飯岳, 恥ずかしいと, 或いは最初門松, 或は却って, 所有者は, 手紙一本遣らない, 捧で, 推理で, 救助を, 敵が, 施主に, 日の, 日本民族が, 早く往きなさい, 是で, 時間に, 最も平板, 有難く心得, 服喪の, 本当の, 検事長閣下は, 歌も, 止める, 正月には, 此に, 此の, 此点でも, 死ぬが, 殺すべからずと, 母親として, 気を, 気楽な, 無理にとは, 無駄な, 父親さえ, 爺さんを, 生きんが, 生産費を, 甥の, 申すまでも, 男は, 盗人にとっては, 直に引取, 省いて, 真下に, 真実の, 眺めようによっては, 知らすという, 社会の, 私が, 私にも, 私の, 私如き, 科学論に, 稀に, 簡単な, 米だけに, 粗生, 紙や, 素姓の, 結婚数の, 継続し, 老母を, 自分が, 自分たちが, 自分で, 自分は, 自由に, 英雄豪傑を, 親御の, 話は, 誰か, 誰でも, 誰も, 財貨の, 買い物学とでも, 農場の, 近年の, 追ってお, 通行も, 野天試合で, 野暮に, 金を, 金堂の, 鐘鳴, 長じ, 電話の, 順慶の, 食料品の, 騰貴するであろう, 高度の, 鷹飼に, 黒部の

▼ あろうこと~ (431, 2.0%)

20 かある 13 は想像 98 も想像 7 はいう 6 を私 5 が想像, は容易, は明かである, を知っ 4 か, は疑い, を予期, を察し, を思う, を確信 3 は明らか, を予想, を信じ, を思っ

2 [31件] かその, が哀れ, である, では, に気がつく, は, はその, はたやすく, は人々, は察, は当然, は後, は明白, は決して, は火, は確実, もたしか, も察, も疑い, も考えられる, をひそか, をやや, を今, を吾輩, を希望, を心, を恐れる, を洞察, を示唆, を考える, を自分

1 [250件] かあの, かあるまい, かいびき, かこの, かしら, かそれ, かと独白, かばりばり, からも容易, かキリキリ, かコテコテ, かレヴェズ, か主人, か乞食小屋, か今, か代々, か吊橋, か尺取り虫, か幾品, か御, か指頭, か早, か更けた, か東照宮様御朱印, か板の間, か正室薄雪, か知事, か私, か艇長, か若い, か藩主対馬守, か護衛, か踊っ, か身分違い, か近づい, がどんな, がはっきり, がほぼ, がまざまざ, がわかり切っ, が世間, が今, が分っ, が少なく, が思われ, が悲しい, が推定, が明らか, が期待, が煩わしい, が直ぐ, が考えられる, が臆測, が自分, が苦しく, が豫想, ぐらい彼, さえも何もの, したがって単なる, そして多分, その場合, その広瀬さん, だけじゃ, だけは判る, と思っ, など傍, など思い, など臆測, にもある, のよう, の厄運, の想像, の考察, はあきらか, はあたかも, はあらかじめ, はおま, はお蔦, はごく, はすぐ, はずっと, はそう, はのぞまない, ははや, ははる子, はほ, はほとんど, はほぼ, はまず, はまちがい, はみえすぎ, はもちろん, はもっとも, はもはや, はもはや公然, はわかりすぎる, はわたし, はローザノフ, は予想, は予測, は今日ユーモア, は信じられる, は信ぜられる, は充分, は刀剣類, は十分, は十年, は君, は否定, は吾, は太子, は寧ろ当然, は幸い, は彼, は必ずしも, は恐らく, は恐らく当然, は我々, は戦時国民, は承知, は推測, は文化事業, は方法概念, は明かな, は書紀, は最早, は正確, は殆ど疑い, は疑い得ない, は疑う, は目, は真に, は研究, は神話, は私, は素人, は考えられるであろう, は見逃し, は言, は言う, は言うまでもない, は言うまでもなく, は許し, は認め, は認めなけれ, は誰, は請け合い, または即今, も, もお, もおよそ, もはばかられず, もまた, も予想, も亦, も倉持, も傴僂, も分かる, も女子学習院, も子供達, も少し, も庸三, も煩わしい, も疑う, も疑われない, も知っ, も確実, も考えない, も考えられない, も証明, も超然, も述べられた, や資生堂, をあえて, をおもんぱかっ, をすでに, をそして, をその, をのべ, をはっきり, をはばかっ, をまがう, をまた, をもはっきり, をも暗示, をよく, をヴェリチャーニノフ, を予測, を予知, を信じます, を信じる, を信ずる, を信ぜざる, を切に, を吾, を告げ, を唯一, を実は, を容易, を岡焼的, を希, を弁え, を彼女, を従って, を必然, を怖, を思い, を思え, を思った, を思わせた, を恐れ, を恐れた, を恐縮, を悲しん, を想い, を想っ, を推定, を教え, を教えた, を暗示, を望ん, を期し, を期待, を極度, を正木先生, を父, を理解, を知った, を知る, を祈りました, を空想, を米友, を考えたい, を聞き知っ, を虞, を見た, を見出す, を見抜いた, を覚悟, を言葉, を証明, を語り, を説いた, を豫期, を述べた, を遺憾, を間断, 当然の, 曇るであろうこと, 行うであろうこと

▼ あろう~ (387, 1.8%)

5 それは 3 惜しいこと, 自分の 2 それを, モウゆう, 今は, 北田は, 小鈴, 浅草の, 私の, 音楽の

1 [360件] あぐらを, あたりには, あてつけがま, あなたに, あなたの, あなたを, あのなまくら, あの乱暴者, あの人, あの化け銀杏, あの君女, あの無名沼, あの眼, あの蔭凉軒, あばたの, あれが, あんなお, あんな最後, あんまりばかばかしい, いけません同情ストライキ, おめおめ刑死, おやそさん, おれの, お互に, お前の, お化け大会の, お命, お奉行様, お島婆さん, お痛わし, お銀様, かかわらず初秋, かくし女, かなしいかな, かよわい女, きょうという, きょうの, くつろぎも, このぼく, この俺, この寒村, この峡谷, この男, この白面, この神尾, この私, この荒ん, この道庵, この邸, この館, これでは, これらの, こんなところ, こんなに細やか, こんな俺, こんな処, こんな場合, こんな山路, こんな所, こんな馬糧だらけ, さだめし眠たかろ, さてさて, すぐ足もと, せよ肉体, そうならなかった, そこの, そして来年, そのあなた様, その人, その同じ地点, その拠城江尻, その母, その脚, その野狐野郎, その開拓使, それが, それについては, それ等の, そんな常談, そんな男, たった今まで, たとい磔木, とにかくに, どうしてこの, なおその, なぜ何, なぞと, なにゆえしかるべき, はぶけるだけ, ひそかに, まさしく右門, みすぼらしい売卜者, ゆきさんに, わが居城, わが山門, わが日本帝国, わざわざである, わざわざ炭焼, わざわざ病室, アパリで, クリヴォフが, コトエは, シャーロック, ストリート, ッたりと, ドン助が, ベッセルの, モスク, ルイ十三世朝機密閣史の, ヴィデだった, 一刀三礼僕は, 一本針の, 一流の, 一番の, 一種の, 丁挙人の, 三井合名の, 三年町の, 三越の, 上様お声掛りで, 不幸そのものの, 世に名高き, 丸部君が, 久助さんに, 乱暴無類の, 二十も, 二十面相に, 二十面相自身の, 五重塔の, 仂なく, 仇敵の, 今この, 今日は, 今評判喧嘩渡世, 仏壇から, 仏頂寺丸山の, 他人の, 仙波と, 令嬢に, 件の, 何か, 何でわざわざ公山氏, 何で無益, 何ゆえこんな, 何んという, 何時の間に曇った, 何等世, 信州小諸の, 俺が, 倫理学の, 僕の, 元日に, 元日早々盛り場へ, 先の, 先客が, 入道は, 八十助は, 八百円の, 公方様は, 内記の, 凡そ安直, 出家の, 初めて訪ねた, 前線の, 前車に, 十五日の, 半之丞と, 卑しい職業, 博言学の, 却って夫, 厠に, 又六, 反して, 取るもの, 口輪などとは, 司馬遷が, 同じ遊女仲間, 名古屋城内へ, 呆れかえった大, 国際連盟脱退問題に関して, 園井の, 坊主とけつかる, 多鶴子と, 夜の, 夜を通してまで, 大和守の, 大奥へ, 大岡様に, 大悪魔, 大田黒元雄が, 大目付の, 大老の, 大谷刑部少, 大陸の, 大集団, 天守閣の, 太陽を, 女中部屋に, 女房の, 女軽業, 女院の, 妙齢の, 姫君の, 孟達の, 宇治山田の, 宇津木兵馬は, 安二郎は, 安芸か, 宮中深き, 宴の, 家の, 容赦なく, 富貴に, 少しも, 左膳の, 市庁それ自身の, 希臘語で, 度し難い畜生共, 廊下では, 当流の, 彼女が, 御殿山氏の, 微かな, 忠雄先生さえ, 思いがけなく降りしきる, 恐しい盗賊紳士, 悪魔とは, 愛子, 成上りの, 戒刀の, 折角新しい, 択り, 捜査課の, 探しあぐねて, 損害賠償とは, 擒に, 放送局の, 政友会の, 教会の, 旅籠屋の, 日本では, 日本において, 日比谷公園で, 日比谷公園の, 昔彼女が, 更にわからなかった, 月々三百八十円ずつの, 東京の, 検校は, 機械図の, 此の, 殺生の, 毎晩そこへ, 氏郷が, 江戸の, 没書に, 法善寺の, 法衣を, 流石の, 浅草ならぬ, 涅槃大学の, 淡路守養女, 淫卑な, 深夜の, 清浄の, 温泉などへ, 源氏方, 無断で, 無能力者の, 煙硝で, 父の, 物理学の, 特に選ばれ, 狂人の, 玲子が, 現代文化の, 生きた人間, 由羅が, 町奉行からの, 白昼どことも, 白河夜船とは, 皺の, 相手の, 相手は, 磯五に, 神尾主膳へ, 秀吉に, 私には, 私は, 竹一に, 筆墨に, 箕島は, 糞の, 緑の, 而も, 聖降誕祭の, 肉の, 胴切りの, 自分らの, 自分を, 芝居ごっこが, 芝居見, 芸者なぞに, 芸者を, 若い日, 若き娘, 萱野さんから, 落着いた, 蔵宿から, 虎退治を, 蛇に, 観念論だ, 許嫁に, 評定所から, 諏訪湖の, 謀反人とは, 警官は, 警察の, 警視庁も, 豊太閤の, 豊田の, 豹一に, 貴方に, 賭場を, 越前守忠相に, 足利殿の, 足利殿を, 身を, 身分違いの, 軍役が, 軍曹に, 運転手なんかを, 過去と, 道の, 選りに, 野村の, 金糸銀糸の, 釘抜藤吉を, 銭金には, 鍋島閑叟侯を, 長野の, 閉門を, 隻眼隻腕の, 雑沓を, 離室の, 雪で, 雲清寺の, 電話と, 頭の, 風呂番の, 風呂番を, 風流べに, 飛行する, 養老院へ, 饂飩屋に, 高利貸であった, 鳶頭金助の, 鹿の, 黒門町の, 鼠色に

▼ あろうはず~ (256, 1.2%)

87 はない 64 がない 20 もない 16 はありません 12 はなかっ 8 がありません 6 もなく 3 がなかっ, がなく, もなかっ 2 がございません, はございませぬ, はございません, はなく, はなし, もありません, もなかろう

1 [20件] がある, がご, がねえ, が無い, ないと, なく五十畳敷格天井, なく忽ち, なく相談, なのに, のない, はありますまい, はあるまい, はござらぬ, はござりませぬが, はござりませぬと, はなかつた, はねえ, もござりませねば, もなし, もねえ

▼ あろうもの~ (225, 1.1%)

118 が, がこの, がそんな 5 がこんな 4 があんな, なら 3 がどうして, が何 2 がお, がこういう, がとんだ, がなぜ, が私立探偵, ならそれ

1 [159件] かと考え, があきらめ, があれ位, があんた, がいくら, がいくら火, がおめおめ, がかけがえ, がからだじゅう, ががつがつ, がここ, がこま, がこれ, がこんなにビクビク, がしかも, がそうして, がそうそう, がそんなに, がただ, がとどうにかこう, がとほう, がなん, がほとんど, がぼく, がぼくみたい, がぽっと, がまだ, がまだ悠々, がみっともない, がもう, がやっぱり, がよくも, がイカサマ師, がサ, がスリ, がヒョイ, がヒョコヒョコ, がピストル, がマユミ, がマンマ, がワガママ, が一少女, が上方役者, が二百金, が人, が今, が今度, が他愛, が何ん, が何故, が内湯, が十幾人, が千葉, が単なる, が地, が売れ残り, が外国船, が天保水滸伝, が天狗木精, が夫, が夷狄, が女, が家畜, が小, が小作人, が小鳥, が少し, が差足抜足, が巻絹一台, が度胆, が後生大事, が怪しから, が恥, が悲しい, が愛妻, が成算, が敵, が書き入れ, が有明荘, が朝, が木曾川くん, が未練, が死ん, が死傷者, が泣く, が泥棒, が無鉄砲, が焼, が物, が犯人, が甚だ, が生きた, が着のみ着のまま, が約束, が背, が腰縄手錠, が良き, が蓮, が虎, が見, が謂わ, が財布, が踊る, が軽卒, が逆立, が酒飯, が鉄瓶, が開店祝い, が雲, が鼠賊一人, ならいつの間にか, ならご, ならとっくにもう, ならもう, ならわたしたち, なら一時, なら二つ返事, なら今日, なら何百人, なら使命, なら南京龕, なら取り返し, なら妾, なら弾き飛ばされるか, なら彼女, なら手前, なら打ち込もうと, なら殺して, なら気, なら潔, なら硝子窓, なら臣下, なら自分たち, なら藤吉親分, なら言われないさき, なら踏殺, に紙幣贋造, ばかりである, をあんな, をいったい, をお, をお前様, をさあ, をただ, をとそぞろ, をとつい, をと思った, をわたし, を初手, を告知, を大江戸, を敵情, を斯様, を浅から, を焼けつぶされ, を父, を虫, を見忘れる, を運命

▼ あろう~ (141, 0.7%)

41 はない 39 がない 9 もない 8 はありません 7 はなかっ 5 のない 4 はなく 3 がなかっ, もなく 2 がありません, はございません, もなし

1 [16件] がありましょう, がある, がございませぬ, がなかろ, がなく, が無い, なくこれ, のカラクリ, の新しい, の父, はありませんでした, はござりませぬ, はなし, もございません, もござりませぬゆえ, も無い

▼ あろうかという~ (132, 0.6%)

9 ことである, ような 7 ことが, ことを 3 ことに, ことは, 点である 2 ことだ, ことであった, のである, 事は, 事を, 問題が, 疑いを, 疑問が, 疑問は

1 [73件] あこがれだけは, こういう疑問, こと, ことであったろう, ことな, ことについての, ことについては, ことも, ことをも, この世上一般, ところに, ところを, ところ迄, のが, のであります, のです, ふうに, まったくの, ように, ようにばかり, わけだった, わけである, 一種の, 予想と, 事である, 事については, 事実と, 事実に, 仮定説を, 佐佐の, 危惧それから, 可愛らしい小娘, 可能性を, 問が, 問題に, 問題については, 問題を, 大刀を, 好奇心を, 差別も, 平面の, 心持が, 思いも, 恐ろしい疑惑, 意見をさえ, 感じが, 感情上の, 態度で, 文学にとって, 文学への, 木の, 本質的な, 極めて自然, 構えだった, 点に, 点について, 点も, 無常感だ, 煙の, 甚だ奇特, 疑いも, 疑問を, 疑惑を, 疑迷, 神経までも, 考慮が, 自分自身の, 話である, 質問が, 質問によって, 質問に対して, 逆波が, 風体で

▼ あろうけれども~ (119, 0.6%)

3 それは, 彼は 2 それらの, 今は

1 [109件] ある異なった, いっそあれ, おそのは, お前にとっては, かくの, この大きな牛, この時代, これに, これによって, これよりも, しかしそれ, しかし検討, しかし疑い, しかもその, しかもそれ, しかも貨幣, そういう修羅, そうしたどちら, そこに, その栄養, その正しき, その限られた, それが, それらは, それを, ただの, ただ娯楽, たびたびその, とにかくその, とにかく商売, どうしてもここ二三日徹夜, どちらかと, ほかならぬ, まだその, まったく異なれる, カピは, ゴリラとか, ポーズの, 一つには, 一旦正気, 一通りの, 不審を, 主としてその, 乗ってた御, 九月下旬尚, 事実上現実に対して, 五弁の, 人を, 人質に, 今云った, 今日お立ちに, 今日知りたい, 他人に, 他人頼みの, 何も, 僕の, 先ず極く少ない, 兎に, 労賃及び, 南北合体とともに, 南方の, 又他, 品位に, 喪葬令に, 国民の, 夏など, 大助は, 失われた青春, 女の, 宇野さんが, 実は光る, 実行の, 実際に, 広島と, 建設者たる, 当時は, 彼が, 彼れ, 彼女が, 心あっ, 敵艦に, 斎藤は, 昇降の, 明かに, 昔の, 本当の, 此の, 水引に, 求婚の, 浅草の, 無用の, 生活資料の, 私としては, 私は, 秩父にも, 米友は, 終に発行, 総生産物, 見懸けには, 財貨の, 貴金属の, 資本の, 道は, 門弟一同の, 関ヶ原で, 頗る不行届, 風間の, 骨格逞しく, NHKは

▼ あろうけれど~ (100, 0.5%)

2 これを, それよりも, 日本の

1 [94件] あのと, あの二人, おそらく五等官, ここらあたりで, このこと, この中身, この奇異, この女, これなら, これは, しかし自分, しかし隠語, しぶとい心持, せめて房枝たち, そういう貴, その歩み, その眼, それが, それにしても中, それにしても今井一家, それにしても飯米, それは, つめたくつめたくなりまさる, ともかくも, どうもほか, どこかの, なかなか手数, なるべくなら, ぶッ, ほとんど落ち, まあ当分, むしろそれ, もう斯, もしそれ, もし傷つけ, もし抗議, わしの, わたしは, われらは, われわれも, サそこが, 一体に, 万一の, 丑満, 主として不安, 二人の, 人間の, 今日上流社会の, 他の, 何という, 余は, 作者としての, 兎に, 入棺間際に, 出来の, 初や, 単に自発的, 名も, 夕刊新聞には, 夫なら, 女が, 実隆において, 幸そこは, 幼稚園の, 役者として, 彼の, 彼女が, 後世から, 従来一度も, 恐ろし恐ろし, 我らも, 折々遊び, 明らかに, 時の, 本人同志の, 東京風に, 毛唐であれ, 火野の, 番町書房という, 目下の, 私には, 科学にだって, 紙張の, 肉体的に, 自分の, 茂林寺の, 見る分, 遠山様の, 那須や, 都では, 銀五郎は, 青年には, 高が, 鳴いたと

▼ あろうとの~ (87, 0.4%)

9 ことであった 3 事である 2 ことである, 事は, 噂が, 意味を, 考えから, 話であった, 説を

1 [61件] あの言葉, おうわさ, お言葉, こと, ことだった, ことで, ことです, ことについては, ことは, ちの日を, 一念から, 世評も, 予想は, 事だ, 事であった, 事でございました, 事でした, 事です, 事も, 事或いは, 先入主と, 内々の, 勧めに, 半蔵の, 厳重な, 噂な, 噂に, 報告をも, 希望に, 希望よ, 御懸念, 心配から, 念を, 想像は, 意味の, 意見を, 懸念は, 推断は, 推測を, 明言に, 暗示は, 期待を, 結論に, 考えが, 考えを, 考証を, 見巧者連の, 見当から, 言葉を, 言質が, 記事が, 評であった, 評判が, 評判でございます, 話が, 話でした, 説である, 説も, 論法は, 趣に, 邪推で

▼ あろうその~ (74, 0.3%)

3 時に 2 ような, 簾を

1 [67件] あくる日から, うちには, おりは, おり母の, とき幸子が, ほかは, ようにも, インスピレーションを, ビールこそ, 一ツ目橋の, 上衣と, 中の, 事件の, 二十の, 交渉の, 儀は, 光は, 光線は, 児の, 冷やかな, 凄い怖い眼, 刹那から, 可愛らしい男, 名前が, 周囲には, 囁きが, 土塊は, 地震は, 嫡子と, 子に, 屍体が, 峻烈さは, 川の, 左官頭は, 帳面の, 役人の, 悩みと, 悪魔的悲劇に, 日は, 時代には, 時代の, 時左側に, 時鎌倉の, 晩は, 杉叢が, 流れを, 清らかな, 煩悶も, 異常な, 眼は, 石だ, 窓は, 立場を, 精密なる, 絵巻物を, 船に, 船影は, 色が, 血を, 買い手の, 贔屓が, 跫音を, 輝きの, 選手と, 雪田の, 青年との, 面影も

▼ あろう~ (68, 0.3%)

4 かあるまい, を 3 を確信 2 は私, をのぞむ, を信じ, を信じる, を私

1 [47件] か, かあっと, かお, かまっ, か俎, か妖巫, か慈悲, か朝酒, か溜池署, か荒物屋, か街, か革鞄, がその, がやっと, が今, が彼女, が火, が立会っ, による, はあながち, は予期, は十分, は多く, は察, は明白, は申す, は誰, までもチャン, も又, をあらかじめ, をおもい浮べ, をかく, をずっと, を予期, を予言, を信じます, を信ずる, を僕, を当然, を思い浮べ, を或, を本官, を正木先生, を正木博士, を疑い得ない, を疑わぬ, を私自身

▼ あろうところ~ (67, 0.3%)

3 のその, のもの 2

1 [59件] から気随気儘, こそこの, でカッ, のこの, のすばらしい, のそれ, のたわごと, のオットセイ, のデイゼルエンジン, のホンモノ, の一つ, の一団, の三行広告, の不思議, の中国語, の乳母, の人間, の仕事, の伊吹山, の伐木, の供揃い, の僅か, の光景, の地球, の女給, の妖気, の妻, の威力, の婦人, の安く, の密猟船, の尋常茶飯事, の常套事, の平々凡々, の彼等, の心, の心理的, の恐ろし, の愛, の日本人民戦線, の日本国中, の最も, の私, の稚, の究極, の空際, の箕島, の精神病関係, の緊張, の者, の葡萄酒, の藪, の西洋人, の親しい, の辺土, の部, の重力, も今, を想像

▼ あろうなどと~ (61, 0.3%)

5 思って 2 想像する

1 [54件] いって, からかった, しきりに考えられる, その様, だれが, ひそひそ風説, まことにのんき, わたしは, 二条の, 云うこと, 人の, 今更らしく思う, 仰せられたが, 余り兄上の, 依然として悠長, 切り離すこと, 切実に, 去年の, 噂の, 多くの, 女房たちは, 子の, 心を, 思いしこと, 思い続けて, 思う人, 思った, 想像し, 想像せられる, 想像を, 憚らぬ, 早合点に, 極めて手軽, 極めて頻りにそれ, 気を, 洒落て, 源氏は, 煩悶を, 私は, 穏やかな, 罵り哮るので, 考えて, 考えました, 考える, 考えること, 考えると, 行く途中, 解ったよう, 言いながら, 話した末, 話し合った, 説いて, 誰が, 途方も

▼ あろうよう~ (55, 0.3%)

2 に, にその, にそれ, に私

1 [47件] な, なそういう, なところ, なまた, なよい, な人体画, な何とも, な単純さ, な即ち, な嘘, な地方, な声, な妖しい, な影, な描写会話, な標語, な皮肉, な行為, な讒謗, な音楽, にかく, にする, にそうした, にまた, にもちろん, に事実, に交換, に今, に個人的運動, に吉野方, に執拗, に多く, に大変幻想的, に察しられる, に往々, に数学, に文久二年以来廃止同様, に法則的, に泣い, に源吉, に科学, に窓, に考える, に至極, に計らう, に静寂, はない

▼ あろうそれ~ (49, 0.2%)

2 がこの

1 [47件] かと云っ, がお, がどう, が十年, が大きな, が現在, が表面, こそお, すら寒月君, であれば, と同時に, なくしては, ならば, には幸子あたり, には第, には艦隊, にも拘らず, は, はいつも, は四畳半, は宮, は楓, は次, は理論成立, は自己, は自然科学, は道理, へ直れ, まではまずまず, まで七十郎, もそう, も二人, も悪い, よりも莫迦者, をまた, を今之, を今私, を思う, を最後, を目当て, を直ちに, を考えない, を自分, を自分達, を話し, を退ける, 故に門

▼ あろうなどとは~ (42, 0.2%)

3 思いも, 誰も 2 夢にも思わない, 私は

1 [32件] あの際, さしあたり考えられなかった, だれも, ちょっと思えなく, てんで心当り, もとより知る, シャビエルには, 九十郎と, 予想も, 事実夢にも, 今でも, 信じないの, 到底考えられない, 夢にも思いませんでした, 夢にも想像, 夢にも考えられませんでした, 存じも, 当時何人にも, 思い設けなかった, 思えば, 怪我にも, 想って, 決して思われなかった, 法科の, 考えたこと, 考えて, 考えないの, 考えられないこと, 誰ひとり, 誰ひとり気が, 誰一人想像する, 青面獣も

▼ あろうこの~ (41, 0.2%)

1 [41件] あたりも, きり拓かれた, ことを, まま危篤に, ような, 一歩金一つでも, 三人が, 上野を, 二つの, 二人の, 人の, 人は, 人間の, 切り口からは, 前の, 名薬の, 吾輩な, 夕暮を, 外に, 大異変, 奇怪極まる, 女の, 婦は, 実感を, 小さい唖, 文詩集を, 日和見主義との, 清澄の, 無人小屋が, 狭い料理場, 男を, 瞬間において, 礁が, 神尾は, 種の, 絶望の, 落人こそ, 転化が, 辺りの, 駒井の, 高価な

▼ あろう~ (41, 0.2%)

3 の彼 2 の土地, の状態

1 [34件] であの, の, のかの, のこの, のこれら商品, のすべて, のその, のまたは, のより, のヘップバーン, の二倍, の利益, の労働量, の単位数, の叔父, の固定資本, の多く, の夫, の奇異, の崖, の幻怪, の愉快, の拙い, の故郷, の方法, の標準, の比較的, の粗, の経験, の貨物, の量, の金, の附加, を想像

▼ あろうそして~ (40, 0.2%)

2 それは, 彼が

1 [36件] あらゆる貨物, いつから, おしまいに, お手伝い, お身, かように, この快適, この点, この種, この高き, そのジャン・ヴァルジャン, その際, どうして誘惑, みな相当に, 一国の, 両者は, 人口を, 他人の, 債権者どもから, 公園を, 其処には, 其真実なる, 史上で, 外部に, 島原の, 当時しばしば, 彼は, 彼自身でさえも, 必要品及び, 恐らくは常に城下, 死なせたの, 汝は, 花桐も, 貨幣は, 資本は, 需要は

▼ あろうのに~ (40, 0.2%)

2 それを

1 [38件] あゆを, あんな古い, いい機嫌, いずれに, いっこう辞退, かくの, こいつに, こうして子供, この床下, こんな不潔, こんな手近, その一行, その三人, その病人, それらとは, それらの, そんな中, どうしてその, どこかに, もう十年, ナニ姉弟分だ, 今さら尼, 何とも何, 多計代, 大変書き馴れ, 支那人は, 新子よりも, 日本の, 更に商品, 検視に, 残ったの, 田舎から, 結局法律の, 絵双紙屋も, 自分は, 芸術家の, 逆に, 重いこと

▼ あろう自分~ (40, 0.2%)

2 の妻, はその

1 [36件] がこうした, がのろっ, が前生, が書き送る, が追い立てた, であれば, にはそんな, の, のこと, のこの, のため, のよう, の名誉, の存在, の小屋, の小舎以外, の思っ, の愚かしい, の手, の方法, の病, の病気, の美しい, の計らい, の足, はいよいよ, はこの, はこれから, はどうしても, は古人, は土地, は隅, は飽くまでも, までがなぜ, を愛し, を滑稽

▼ あろう~ (36, 0.2%)

4 人が 2 かたが, 浦は

1 [28件] おかみの, かたを, くにに, さげに, つるは, ぬしと, みのは, 人とは, 人の, 人柄であろう, 元の, 吉の, 声だけでも, 師匠様も, 恨めしく思われた, 政は, 杉婆は, 梶は, 筆は, 縫も, 菊の, 葉は, 通という, 逢いして, 雪は, 霜は, 鯉さんが, 鳥殿

▼ あろうそう~ (33, 0.2%)

7 であろう 3 すれば 2 なれば

1 [21件] あっては, あろう, あろう察し, して, だ人間, であるからと, であろうひとつ惚気, であろう恐ろしい, でなければ, では, は思っ, やって, らしい, 云う父, 呼びかけて, 彼らは, 思いながら, 思うと, 私は, 考えて, 言って

▼ あろう~ (33, 0.2%)

10 知れない 9 知れぬ 2 しれぬ, 計られぬ 1 しれぬしばらく, そのとき, 危険の, 知れずと, 知れないの, 知れぬが, 知れぬそれ, 知れんが, 知れんと, 計られません

▼ あろう~ (28, 0.1%)

1 [28件] が旅, が銀行, にはその, にぴったり, に会釈, のよう, のノック, の側, の執心, の持っ, の方, の稚い, の見すぼらしい, の言動, の過去, はその, はつくづく, はむしろ, は今, は斯様, は眼, は背筋, は胸, は間もなく, もこの, もそう, を瞶め, を頼め

▼ あろうかを~ (26, 0.1%)

2 考えて, 考えなくては

1 [22件] あらかじめ考慮, いうこと, いぶかる者, すぐ思わずに, 問題として, 尋ねて, 待ちながらも, 想像し, 想像する, 明らかに, 楽しんで, 決定する, 理解せしめよう, 疑った, 私は, 考えざるを, 考えた, 考えたの, 考えました, 考える時, 観望する, 説くに

▼ あろうけだし~ (26, 0.1%)

2 それが, それは, それらは, 彼は

1 [18件] あらゆる物, かかる国, かかる土地, かかる状態, かかる租税, この国, この際二〇クヲタア, その価値, 以前に, 同一量の, 地代は, 私が, 英国における, 製造業は, 貨物としての, 購買者の, 輸入される, 需要は

▼ あろうしかし~ (25, 0.1%)

1 [25件] かかる場合, この両者, この分割, この瞬間, この説, そのため, その意味, それが, それは, 事態の, 人間が, 人類は, 今日でも, 何の, 余は, 再び落ち葉, 完全無欠の, 彼は, 意味あり, 欧州西部の, 私は, 糸瓜の, 衰弱せん, 親は, 諸君の

▼ あろうからと~ (24, 0.1%)

5 思って

1 [19件] いうの, いって, それも, わざと遠慮, 云って, 勧むれ, 半分は, 女房らが, 宿の, 思い他, 思い大切, 思い薫, 思い貴重品, 思う, 思召した, 気遣って, 源氏は, 考え直し店, 見て

▼ あろう~ (23, 0.1%)

1 [23件] から, がすっかり, がどうして, にし, の全身, の大東汽船, の影, の推定犯人クリヴォフ夫人, の自然哲学, は, はいとも, はおりう, はその, は努力, は十分, は女, は常に, は御, は旧, は梅軒, は法師丸, は激しく, は突然

▼ あろうかなどと~ (22, 0.1%)

2 よけいな

1 [20件] いうに, いって, つれづれの, ぼんやり考え, われわれの, 一文の, 今までに, 問うたが, 思うて, 思った, 思ったり, 悩ましく考え歩い, 源氏の, 煩悶を, 秋雨落日の, 結局その, 考えられそれとなく, 考えるだけでも, 話して, 馬鹿な

▼ あろうあの~ (21, 0.1%)

1 [21件] お君, お煎餅, マルセル・プルウストの, 一件で, 人が, 人の, 人は, 地所の, 大将が, 子を, 山頂や, 廻転琴な, 方に, 深夜の, 田舎の, 空の, 老人の, 身分の, 辺にも, 鈴慕の, 頃には

▼ あろうじゃ~ (21, 0.1%)

14 ないか 4 ねえか 2 ありませんか 1 アない

▼ あろうかとも~ (19, 0.1%)

1 [19件] 世間で, 久しく考え, 思います, 思うた, 思った, 思ったが, 思って, 思われた, 思われて, 思われる, 思われるが, 思われるして, 想像せられる, 源氏は, 考えた, 考えたので, 考えました, 考えられる, 覚悟し

▼ あろうにと~ (19, 0.1%)

2 思いました, 思った

1 [15件] それだけが, それなりに, ひしと思う, 不満だった, 今更残念, 其処の, 常々その, 彼は, 思うこと, 思われたが, 悔やまれて, 惜ま, 死所の, 残念がった, 赤い着物

▼ あろう~ (18, 0.1%)

3

1 [15件] があんな, がその, がそれしき, がそんなにやすやす, がなぜ, がよどうして, が今ごろ, が士, が本当に, が現に, が真夜中, が素性, と永久, に返事, を殴る

▼ あろう~ (18, 0.1%)

1 [18件] うじゃ, かで激語, かの口実, かの準備, か声高, か巨大, がこの, ぜなれ, であろうと, でもない, にもせよ, のかい, の手応え, の気, はともあれ, ぼ修行, も結構, を話し

▼ あろう~ (18, 0.1%)

4 しそれ

1 [14件] しその, しそんな, しただ吾, し二つ, し其の, し吾, し如何なる, し広い, し斯, し本来存在, し私, し空間, し自然科学, し音

▼ あろう道理~ (18, 0.1%)

7 はない 4 がない 1 がねえ, が無い, でもある, とてはない, のない, はなけれ, は無い

▼ あろうとか~ (15, 0.1%)

1 [15件] あるいはまたこの間私共, いいや, いつそんな, こうある, こういう臆断, そうあっ, そうで, そんな噂, サンゼリゼであろう, 何を, 幾人の, 枕木嬢と, 某は, 田中家の, 紛々たる

▼ あろうとして~ (15, 0.1%)

1 [15件] この集, そのため, その個人的, ゆうべの, 一作の, 依然畜生以上, 出発する, 居ます, 居ります, 平生から, 慎まれた, 来たの, 来たひと, 現在出来上っ, 裏の

▼ あろうわけ~ (15, 0.1%)

9 はない 2 がない 1 がな, はありません, はなかっ, はなし

▼ あろうこれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] が取り, が恩義, が続い, はその, はオーストラリア, はニュージーランド島, は一人, は同じ, は帰った, は見えまい, ほど苦しむ, までにも同様, も痙攣, も縁

▼ あろう~ (14, 0.1%)

2 のもの

1 [12件] のどす黒赤き, の事実, の啓蒙, の困難, の大衆作家, の従って, の意識, の普遍的, の歴史記述, の運動, をあたかも, を大戸

▼ あろう彼女~ (14, 0.1%)

1 [14件] の地位, の姿, の懸命, の行為, の黒髪, はふだん極端, は他, は再び, は力, は化粧台, は岩倉公, は派手, は眩しい, を失う

▼ あろうすなわち~ (13, 0.1%)

1 [13件] ある種, これは, それは, それを, もしより, 土地の, 未だ多く, 欠乏し, 生産物の, 疑いも, 英国においては, 豊饒の, 革命と

▼ あろうまた~ (13, 0.1%)

1 [13件] ある者, さびしかったであろう, どうしてお, なんという, われわれが, インド政府は, 一筋の, 一面には, 動物にも, 意識する, 或る, 現在は, 自分の

▼ あろう~ (13, 0.1%)

1 [13件] この日本, な尾州家, な長い, な額, な飛躍, の冷静, の肥満, 仲宜, 四方の, 地上を, 強いもの, 洋装が, 深刻に

▼ あろうかは~ (12, 0.1%)

2 容易に 1 すぐに, もちろんまだ推測, もちろん知る, 分りすぎた事実, 大分後に, 彼は, 文芸史家の, 最早ここ, 私には, 興味ある

▼ あろう~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの音, いかさま武蔵野, そのいじらし, それは, わしも, 八丈の, 平次殿, 牧氏を, 終いには, 聞こえるであろうな, 試しに, 餅は

▼ あろう二人~ (12, 0.1%)

1 [12件] がこんな, が聞いたなら, が見ない, とも軽い, とも逢わず, の女王, の姿, の掏摸, の男女, は申し合せた, は黙っ, ばかり地上

▼ あろうかも~ (11, 0.1%)

2 しれぬ, 知れない, 知れぬ 1 しれない, しれないと, はなはだ問題, 知れないが, 知れないと

▼ あろう~ (11, 0.1%)

2 を思う 1 がお, と口ぎたないはずかしめまでもおっしゃって, と同様, と突如, と頻り, をかすか, 半田屋の, 数人に, 目を

▼ あろう一人~ (11, 0.1%)

2 の男, はもやっ 1 の乾児, の博徒, の同感者, の女, の娘, の童子, の若者

▼ あろう~ (11, 0.1%)

1 [11件] お礼を, すぐに, という今, はどこ, は人, は多少, までの擬勢, もその, もまた, も彼, 向こうへ

▼ あろうそこ~ (10, 0.0%)

2 を狙っ 1 いら, では何, なら近い, にいる, には不意, に切に, に若干, を狙われ

▼ あろうほど~ (10, 0.0%)

1 ふかく記憶, 人知れずそれ, 偉大である, 子が, 幅の, 彼女にとって, 感激しません, 浄らかで, 滅失の, 静かであった

▼ あろう~ (10, 0.0%)

1 のすべて, の地位, は, は両, は何, は大, は実に, は手巾, は茲, も其の

▼ あろうかとは~ (9, 0.0%)

2 思われた 1 どうしても思われなかった, 互いの, 思いながら, 思われたが, 想像にも, 直接考えられない, 第一

▼ あろうがと~ (9, 0.0%)

1 さすがに, 不愉快に, 予防し, 前置きを, 思って, 恨めしく思った, 疑問を, 考える中納言, 言って

▼ あろうだが~ (9, 0.0%)

1 この男, すぐに, 他に, 吾, 次の, 畑与右衛門には, 粥河氏何ともどうも, 誰か, 賢を

▼ あろうとさえ~ (9, 0.0%)

1 思えなかったの, 思った, 思われる, 感じられる, 気が付かずに, 考えて, 考えられる, 自負し, 言われるくらいまでに

▼ あろう人々~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 がここ, が暮し, にかえっていっそう, にも与えた, は何, は彼, は日本

▼ あろう少し~ (9, 0.0%)

2 は正 1 でも多く, は正気, もそんな, 困ったこと, 悪い感じ, 賢い人, 離れて

▼ あろうお方~ (8, 0.0%)

1 がなぜ, がよく, がよもや, がヨイヨイ, が今更, が変, が田楽, のお

▼ あろうただ~ (8, 0.0%)

1 そのある物, それが, の一度, 与えられた手, 人々が, 嫁に, 教授の, 自分の

▼ あろうなど~ (8, 0.0%)

1 ああ死, 当地の, 望んでも, 朝夕説く, 私は, 考えながら, 腹の中で, 途方も

▼ あろうなどとも~ (8, 0.0%)

2 思った 1 云った, 噂し, 思って, 源氏は, 言い囃した, 院は

▼ あろうもう~ (8, 0.0%)

1 その辺, それを, どの辺り, やって来そう, 十数年前に, 徐寧は, 止めましょ止めましょああ, 鼓を

▼ あろう人間~ (8, 0.0%)

1 にどうして, のした, のため, のよう, の新鮮, はますます, は彼ら自身, を怒らせる

▼ あろう~ (8, 0.0%)

2 に思っ 1 なこと, に極めて, に詳細, に軽く, の地理的認識, をめいめい

▼ あろう~ (8, 0.0%)

1 から頭, が赤く, に芝居風, の色, の面積, は幾等, も姿, をしかめ

▼ あろうあるいは~ (7, 0.0%)

1 おそらくまた, もし私, 出版書肆と, 商業を, 煙の, 猿簑を, 私は

▼ あろうそういう~ (7, 0.0%)

1 ふうに, ものが, ものは, 混乱の, 老人の, 野菜ものに, 風な

▼ あろう~ (7, 0.0%)

41 定めし讒者, 源三郎, 甘いばかりが

▼ あろう~ (7, 0.0%)

2 えもん, えんだな 1 え髱, もんだ, 待て

▼ あろうにも~ (7, 0.0%)

2 かかわらずしかも 1 かかわらず, かかわらず資本, しろ浅慮千万, せよ江戸城内, 拘わらず一週間

▼ あろうもし~ (7, 0.0%)

1 この人, すべての, それに, われわれ諸君について, 一番でなけれ, 今日も, 私に

▼ あろうよく~ (7, 0.0%)

1 こんなこと, 似た様子, 死ななかったどれ飯, 聖者は, 聞き訊, 芸の, 顔を

▼ あろう~ (7, 0.0%)

2 を呪っ 1 かの啜り, か嬢, か湯漬け, が山女, も返辞

▼ あろう~ (7, 0.0%)

1 があんな, がただ, にまた, の長, を任せた, を忍ぶ, を翻

▼ あろうかの~ (6, 0.0%)

1 ように, アルキメヂスという, 女は, 恋人に, 歴史的原理の, 疑いを

▼ あろう~ (6, 0.0%)

2 すれば, もあろう 1 ァ直ぐ, ア小兼覚悟しろ

▼ あろうそうして~ (6, 0.0%)

1 そういう馬飼, そのまた, 何百万年も, 勝を, 自然科学の, 頻繁な

▼ あろうそんな~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことで, ことでで, 時には, 考で, 述懐が

▼ あろうぞと~ (6, 0.0%)

1 その人達, 云えば, 云われるだろうが, 度々清洲表, 私は, 臆測する

▼ あろうため~ (6, 0.0%)

1 そんな話, だ路, には方法, には是非, には是非とも, のその

▼ あろうとまで~ (6, 0.0%)

1 云われて, 心からお, 心配し, 思い出した, 思った, 考え出した

▼ あろうほどの~ (6, 0.0%)

1 木曾路の, 物を, 玉に, 理想的な, 者が, 魔界の

▼ あろう~ (6, 0.0%)

2 の通船 1 ならぬヒルミ夫人, に井戸, のところ, の多数

▼ あろう何と~ (6, 0.0%)

6 なれば

▼ あろう従って~ (6, 0.0%)

1 それは, たとえ生産者達, もし穀物, 吾, 穀物の, 製造業者も

▼ あろう~ (6, 0.0%)

2 を長く 1 は銀杏返し, もぱらつく, を乱し, を布結び

▼ あろうおれ~ (5, 0.0%)

1 がたわいなく, とさぶ, はそう, もそう, も長らく

▼ あろうかとの~ (5, 0.0%)

1 問題を, 想像を, 推測を, 深謀遠慮が, 疑が

▼ あろうここ~ (5, 0.0%)

1 でも飴, で自分, に到る, は一体, へ来

▼ あろうしと~ (5, 0.0%)

1 はばかられるの, 云って, 煩悶した, 申して, 考え妻

▼ あろうすべて~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 の人, の肉交, は行く先

▼ あろうそれで~ (5, 0.0%)

1 あんな煙突, あッてこ, 寂照を, 私が, 私も

▼ あろうといった~ (5, 0.0%)

1 ぐあいに, ような, ような見, カイゼルに対して, 程度の

▼ あろうどこ~ (5, 0.0%)

1 かあからさま, かで樋, かで鋭い, からだ, まで荒ん

▼ あろうなぞとは~ (5, 0.0%)

1 夢にも, 夢にも思っ, 想像も, 知らなかったので, 考え及ぶはず

▼ あろうまだ~ (5, 0.0%)

1 一点の, 公刊され, 恋愛という, 熟さない青い, 自家の

▼ あろうもっとも~ (5, 0.0%)

2 であると 1 かかる斟酌, その速度, 彼らは

▼ あろうもん~ (5, 0.0%)

2 かな 1 がそれ, が何, なら宛

▼ あろうやがて~ (5, 0.0%)

1 その女主人, 張, 怖, 氏郷の, 珍味が

▼ あろうゆえ~ (5, 0.0%)

1 かならず当世, その者共, やりかけたわざ, 両三日, 少しく智慧

▼ あろう一つ~ (5, 0.0%)

1 の原理, の変化, の差異, の考え, の階級的

▼ あろう其の~ (5, 0.0%)

1 上当人も, 剣術の, 時に, 美しい事, 美人は

▼ あろう~ (5, 0.0%)

1 刀根小, 姫君は, 学者が, 悲劇に, 貴族の

▼ あろう大きな~ (5, 0.0%)

1 ものであった, 声で, 木の, 靴跡が, 響を

▼ あろう~ (5, 0.0%)

1 がどんな, が首ったけ, の顔, はそれ, はフッ

▼ あろう子供~ (5, 0.0%)

1 が幼稚園, とをつれ, にも絶対, に歌っ, のよう

▼ あろう~ (5, 0.0%)

1 その時, には人, のこと, の八百屋, の帝

▼ あろう~ (5, 0.0%)

1 の上耻, の中蓋, の事人, の汽車, の鐘

▼ あろう武蔵~ (5, 0.0%)

1 の眸, の高麗村, は突然, は膝, をこれ

▼ あろう~ (5, 0.0%)

1 と叔母, の事, は気前, は父, もまた

▼ あろう通り~ (5, 0.0%)

1 にお前, にこの, にその, にどこ, に脳髄局

▼ あろうあたり~ (4, 0.0%)

1 がにわかに, が静か, にす, を見まわした

▼ あろうあれ~ (4, 0.0%)

1 じゃあれ, でも飛行機, には一ヶ月百三十円, は二ツ塚

▼ あろういつも~ (4, 0.0%)

1 の時間, の穏やか, の通りぼく, 名古屋の

▼ あろういや~ (4, 0.0%)

1 さも, なんかと, 分るまでも, 名村長

▼ あろうおそらく~ (4, 0.0%)

2 彼は 1 土地の, 当人も

▼ あろうかかる~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, 立場を

▼ あろうかが~ (4, 0.0%)

1 全く不明, 分明しない, 問題である, 実感された

▼ あろうかとか~ (4, 0.0%)

1 こんなもの, 今度の, 当てものが, 胸の

▼ あろうからという~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 ことである, ことも

▼ あろうがな~ (4, 0.0%)

1 コーレ千山, 信玄の, 将曹, 浪人組の

▼ あろうこう~ (4, 0.0%)

1 いうと, もし, 云う女, 思い直して

▼ あろうとしても~ (4, 0.0%)

1 ありません, なお貴方, 時代に, 見れば

▼ あろうとに~ (4, 0.0%)

4 論なく

▼ あろうなどという~ (4, 0.0%)

1 ことも, 人も, 統計を, 風説の

▼ あろうほか~ (4, 0.0%)

1 から聞い, でもない, に直接, の月日

▼ あろうクック~ (4, 0.0%)

2 の帽子 1 の案中者, の案内者二人

▼ あろう~ (4, 0.0%)

2 に反し 1 がカント, が伊豆半島

▼ あろう~ (4, 0.0%)

1 八の, 学舎が, 自から, 黙り込もうと

▼ あろう~ (4, 0.0%)

2 を機嫌 1 が三, れから

▼ あろう小さい~ (4, 0.0%)

1 あぐらを, 床の間には, 臀部が, 風呂敷包を

▼ あろう~ (4, 0.0%)

1 に入れ, に持っ, のつけられた, をとっ

▼ あろう~ (4, 0.0%)

1 があんな, がまだ, が気, が盗っ

▼ あろう~ (4, 0.0%)

21 が惚けた, は死すであろう

▼ あろう~ (4, 0.0%)

1 の側, の尾張中将, の餘, は直に

▼ あろう美しい~ (4, 0.0%)

1 この人, とする, 女は, 花も

▼ あろう~ (4, 0.0%)

2 は彼 1 に容赦, を静か

▼ あろう黒い~ (4, 0.0%)

1 ものが, 天井の, 影が, 木で

▼ あろうあまり~ (3, 0.0%)

1 な不意, 客に, 早朝に

▼ あろうかとばかり~ (3, 0.0%)

1 あこがれて, 惜しげも, 歎い

▼ あろうかな~ (3, 0.0%)

1 ア, 今時分あの, 猪としては

▼ あろうがの~ (3, 0.0%)

1 あんたと, こういう場合, その方

▼ あろうこうした~ (3, 0.0%)

1 優しい性質, 惨憺たる, 無意義な

▼ あろうこんな~ (3, 0.0%)

1 かわいい子供, ものの, ものを

▼ あろうこんなに~ (3, 0.0%)

1 まで自分, 遠い加賀, 長い関係

▼ あろうしかるに~ (3, 0.0%)

1 ポルトガルにおいては, 労働階級の, 漢語においては

▼ あろうそうした~ (3, 0.0%)

1 ことに, 寂しい時, 遣瀬

▼ あろうそれほど~ (3, 0.0%)

1 にもわずか, に混雑, の思慮

▼ あろうとき~ (3, 0.0%)

1 から五十年母, に渇く, の氏神

▼ あろうとこう~ (3, 0.0%)

1 思う, 思えばこそ, 考えるの

▼ あろうとばかり~ (3, 0.0%)

1 危ぶまれる思い, 思って, 考えて

▼ あろうどう~ (3, 0.0%)

1 したらいい, だと, 父は

▼ あろうどうも~ (3, 0.0%)

1 お前たちふたりは, 文学的教養が, 育ちにくい

▼ あろうなぜ~ (3, 0.0%)

1 なら地主, なら歴史, なら神

▼ あろうなぞと~ (3, 0.0%)

1 佐吉は, 想って, 疑わざるを

▼ あろうのみ~ (3, 0.0%)

1 ならず不自然, ならず更に, ならず現在

▼ あろうまして~ (3, 0.0%)

1 イタリヤと, 別人ならぬ, 遠い遠い所

▼ あろうまず~ (3, 0.0%)

1 危うきに, 床には, 評定職の

▼ あろうやと~ (3, 0.0%)

1 わざわざそれ, 午すぎ広言を, 豪語を

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 ワッハッハ, 案じ事の, 添って

▼ あろうよりも~ (3, 0.0%)

1 はるかに, もう少し自由, より多量

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 おろおろ泣い, すこしもそうした, 実現する

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 てもの, てもん, てもン

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 瞼の, 葉から, 賤の

▼ あろう世間~ (3, 0.0%)

1 で譏られる, には痴けた奴, の女

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 にこの, に今, を二つ

▼ あろう主人~ (3, 0.0%)

1 にざくざく, の次郎兵衛, は私

▼ あろう二つ~ (3, 0.0%)

1 に割れ, の乳房, の手記

▼ あろう今日~ (3, 0.0%)

1 さえまだ, はこの, もまだ

▼ あろう信長~ (3, 0.0%)

1 の苦痛, は志摩, は賢秀

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 の姿, は二十歳前後, も斬死

▼ あろう全く~ (3, 0.0%)

1 どこが, 死んだ者, 知って

▼ あろう問題~ (3, 0.0%)

1 が含まれ, に就い, に関係

▼ あろう妻子~ (3, 0.0%)

1 の事, の姿, もあろう

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 の女王, はそう, はとり澄まし

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 もあろう, を背負っ, 恋の

▼ あろう実に~ (3, 0.0%)

1 いたわり可愛, 残忍極まる, 荒凉索莫わたしは

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 という放縦, にも似, は夫人

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 薬園預りの, 運よく

▼ あろう御息所~ (3, 0.0%)

1 とは始終, も今, も和琴

▼ あろう日本~ (3, 0.0%)

1 の合掌, の探偵界, の春

▼ あろう早く~ (3, 0.0%)

1 お休み, お休みなさい, 一日も

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 のこと, のまま, は恋

▼ あろう時々~ (3, 0.0%)

1 ぶりき鑵, 一台の, 私達の

▼ あろう母親~ (3, 0.0%)

1 にも聞える, のこと, のす

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 のいきおい, の影, を打った

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 も此, り友達, る処

▼ あろう片手~ (3, 0.0%)

1 が薄, に頭, は熊

▼ あろう~ (3, 0.0%)

2 の新聞記者ら 1 からは松明

▼ あろう~ (3, 0.0%)

2 はそう 1 は手

▼ あろう白い~ (3, 0.0%)

1 乳ぶ, 物は, 髯が

▼ あろう立派~ (3, 0.0%)

1 な口髭, な小屋, な顔

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 に両手, に県, の辺

▼ あろう~ (3, 0.0%)

1 がない, けはない, けもない

▼ あろう長い~ (3, 0.0%)

1 さまざまの, 声を, 木の

▼ あろう雨戸~ (3, 0.0%)

1 が閉, を閉ざす, を閉めた

▼ あろうああ~ (2, 0.0%)

1 いう事, 云う手

▼ あろうあなた~ (2, 0.0%)

1 がそんな, の云う

▼ あろうあまりに~ (2, 0.0%)

1 も完全, 人情が

▼ あろうあるいはまた~ (2, 0.0%)

1 その文章, 何か

▼ あろういかなる~ (2, 0.0%)

1 めぐり合わせであろう, 意味で

▼ あろういくら~ (2, 0.0%)

1 偉そう, 茶室が

▼ あろういずれ~ (2, 0.0%)

1 にし, は知れる

▼ あろういつ~ (2, 0.0%)

1 までも両手, までも他人

▼ あろうおお~ (2, 0.0%)

1 方々早く, 朝飯が

▼ あろうお前~ (2, 0.0%)

1 にこの, の踊

▼ あろうかく~ (2, 0.0%)

1 いうわたくし, と知っ

▼ あろうかなしい~ (2, 0.0%)

1 それらの, ほどまっすぐ

▼ あろうかなど~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 想像し

▼ あろうかなり~ (2, 0.0%)

1 大きな文字, 間遠で

▼ あろうかに~ (2, 0.0%)

1 かかるに, ぼくは

▼ あろうがも~ (2, 0.0%)

1 少し詳しく, 早どうする

▼ あろうきょう~ (2, 0.0%)

1 の華やか, は案外

▼ あろうけど~ (2, 0.0%)

1 葉子に, 誰が

▼ あろうこういう~ (2, 0.0%)

1 姿を, 考えは

▼ あろうこうして~ (2, 0.0%)

1 この旦那, 小半時も

▼ あろうことそれ~ (2, 0.0%)

1 によって失われるであろう, に考えごと

▼ あろうことに~ (2, 0.0%)

1 ツーロンにおいて, 場所が

▼ あろうこと等~ (2, 0.0%)

1 が全く, をプレハーノフ

▼ あろうしん~ (2, 0.0%)

1 せつな父君, とし

▼ あろうすこし~ (2, 0.0%)

1 空が, 離れて

▼ あろうすでに~ (2, 0.0%)

1 ウニベルサール紙エル, 江戸番の

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 したならあるいは, なたを

▼ あろうそこで~ (2, 0.0%)

1 彼は, 自分として

▼ あろうそのまま~ (2, 0.0%)

1 グタグタと, 話を

▼ あろうそれから~ (2, 0.0%)

1 それへと, 暫く彼等

▼ あろうそれでは~ (2, 0.0%)

1 と仰有っ, どのよう

▼ あろうそれとも~ (2, 0.0%)

1 無理な, 父から

▼ あろうそれにしても~ (2, 0.0%)

1 だれか, 女は

▼ あろうそれら~ (2, 0.0%)

1 の爪, の町人

▼ あろうたいへん~ (2, 0.0%)

1 に受け, 小さな冊子

▼ あろうたって~ (2, 0.0%)

1 どうして里, 疑いません

▼ あろうだけの~ (2, 0.0%)

2 労働が

▼ あろうだれ~ (2, 0.0%)

1 かのすすり泣き, も永久

▼ あろうちょっと~ (2, 0.0%)

1 清心丹でも, 父の

▼ あろうついては~ (2, 0.0%)

1 一か所捨て置く, 何とかし

▼ あろうとうてい~ (2, 0.0%)

1 一ノ関を, 妾の

▼ あろうととに~ (2, 0.0%)

1 角それ, 角沢山ある

▼ あろうとまでは~ (2, 0.0%)

1 わかって, 思わないが

▼ あろうともかく~ (2, 0.0%)

1 この令嬢, も自分

▼ あろうともという~ (2, 0.0%)

1 ことについて, ことは

▼ あろうとを~ (2, 0.0%)

1 問わずただ, 問わず他

▼ あろうどれ~ (2, 0.0%)

1 ほどの手腕, もこれ

▼ あろうどんな~ (2, 0.0%)

1 ことも, 機会によって

▼ あろうなぞ~ (2, 0.0%)

1 とゴシップ, と先生

▼ あろうなと~ (2, 0.0%)

1 友人が, 尋ねら

▼ あろうなんて~ (2, 0.0%)

1 だれが, 畔柳博士は

▼ あろうにこやか~ (2, 0.0%)

2 なとりいるよう

▼ あろうにわかに~ (2, 0.0%)

1 だれの, 嘉門は

▼ あろうひとり~ (2, 0.0%)

1 の子供, の男

▼ あろうほっと~ (2, 0.0%)

1 大きな溜息, 息を

▼ あろうほどな~ (2, 0.0%)

1 大喝一声, 鮮明な

▼ あろうほどに~ (2, 0.0%)

1 あしたの, 我がもの

▼ あろうほぼ~ (2, 0.0%)

2 半月ほど

▼ あろうぼろぼろ~ (2, 0.0%)

1 とこぼれる, のシャツ

▼ あろうぼんやり~ (2, 0.0%)

1 として低く, として黙っ

▼ あろうまことに~ (2, 0.0%)

1 あっぱれな, 悲しいという

▼ あろうまるで~ (2, 0.0%)

1 きょうの, 森林の

▼ あろうむしろ~ (2, 0.0%)

1 反対に, 生命が

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 極端に, 汝らが

▼ あろうやはり~ (2, 0.0%)

1 宮は, 白麻の

▼ あろうやや~ (2, 0.0%)

1 もかも会心, 勢込ん

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 ッ, 笑止笑止

▼ あろうわが~ (2, 0.0%)

1 クロクロ島よ, 研究会は

▼ あろうわし~ (2, 0.0%)

1 のよう, もすこし

▼ あろうわたし~ (2, 0.0%)

1 には甥, の生活

▼ あろう一切~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ あろう一匹~ (2, 0.0%)

1 の痩せこけた, の蟋蟀

▼ あろう一夜~ (2, 0.0%)

1 の宿, を振り返る

▼ あろう一度~ (2, 0.0%)

1 も返事, 執筆を

▼ あろう一応~ (2, 0.0%)

1 は, は無理

▼ あろう一間~ (2, 0.0%)

1 しかない, ばかり前途

▼ あろう万一~ (2, 0.0%)

1 その火, 早まって

▼ あろう上下~ (2, 0.0%)

1 と左右, の前歯

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の眉, 手の

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の持病, はその

▼ あろう人生~ (2, 0.0%)

1 とは複雑, と文学

▼ あろう今や~ (2, 0.0%)

1 天然と, 春琴の

▼ あろう伯耆~ (2, 0.0%)

1 の安, は自ら不遇

▼ あろう何処~ (2, 0.0%)

1 にも姿, へゆく

▼ あろう何故~ (2, 0.0%)

1 それが, なれば

▼ あろう何等~ (2, 0.0%)

1 かの重大, 危害を

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 によって唇, の細く

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 は少年連盟国, を嫌う

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 のところ, の玉座

▼ あろう先生~ (2, 0.0%)

1 の此, の淋しい

▼ あろう光景~ (2, 0.0%)

1 はさながら, は大体想像

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 に角, も蛇

▼ あろう其方~ (2, 0.0%)

1 が思い止まった, は何

▼ あろう冬子~ (2, 0.0%)

1 のいる, は声

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 をにぎった, を防ごう

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の奴, 仕立列車の

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 になる, をゆるめず

▼ あろう勿論~ (2, 0.0%)

1 正確な, 足場は

▼ あろう包み~ (2, 0.0%)

2 の口

▼ あろう危険~ (2, 0.0%)

1 な地区, を冒し

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 にかわる, へ除け

▼ あろう名誉~ (2, 0.0%)

1 あるその, なこと

▼ あろう向う~ (2, 0.0%)

1 から私, に去

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 了解しよう, 同じ物

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 がボッ, を動かさず

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 だ惜むら, 一旒の

▼ あろう~ (2, 0.0%)

2 か誠

▼ あろう四五人~ (2, 0.0%)

1 の人々, の紳士達

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 に汚れた, の塊

▼ あろう場合~ (2, 0.0%)

1 だったが, に必要

▼ あろう場所~ (2, 0.0%)

1 もあろう, をよく

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の方, の頂

▼ あろう夫婦~ (2, 0.0%)

1 とも痩せ, の生活

▼ あろう女子~ (2, 0.0%)

1 と盲づれ, の閲覧人

▼ あろう姿~ (2, 0.0%)

1 は苦行, をみる

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の立場, を待たせ

▼ あろう学者~ (2, 0.0%)

1 があんな, を高

▼ あろう容貌~ (2, 0.0%)

2 といい

▼ あろう小さな~ (2, 0.0%)

1 自我や, 虫の

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の真下, を斜め

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 に激, の襞

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 すれば, れば

▼ あろう左手~ (2, 0.0%)

1 に長い, へ田

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の上

▼ あろう幸い~ (2, 0.0%)

1 ことか, なこと

▼ あろう幾多~ (2, 0.0%)

1 の現実的, の青年

▼ あろう当時~ (2, 0.0%)

1 いた段, の名人竹本住太夫

▼ あろう形態~ (2, 0.0%)

1 とは元来, の概念

▼ あろう彼等~ (2, 0.0%)

1 の愛, は雲

▼ あろう往来~ (2, 0.0%)

1 の方, の白い

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 にドイツ, に彼女

▼ あろう微か~ (2, 0.0%)

1 な声, に響い

▼ あろう必ず~ (2, 0.0%)

1 お悲しみ, 関係しなけれ

▼ あろう恐らく~ (2, 0.0%)

1 いくら修行を, 二人に

▼ あろう恐るべき~ (2, 0.0%)

1 事故, 長尺

▼ あろう恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ことでござったろう, 運命が

▼ あろう恥ずかしい~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことである

▼ あろう悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことだ, だろうと

▼ あろう惜しい~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものだ

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 は引き返し, も随分

▼ あろう或は~ (2, 0.0%)

1 ヴォッカを, 強く繃帯

▼ あろう手紙~ (2, 0.0%)

1 がある, のはじめ

▼ あろう拙者~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は武蔵野

▼ あろう故に~ (2, 0.0%)

1 結局創造の, 絹製品及び

▼ あろう故郷~ (2, 0.0%)

1 の村, の風景

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 ういう, う思う

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 のそう, を思う

▼ あろう明日~ (2, 0.0%)

1 についてひっくるめ, の集合

▼ あろう普通~ (2, 0.0%)

1 の人, の所

▼ あろう暫く~ (2, 0.0%)

1 すると, 黙って

▼ あろう最初~ (2, 0.0%)

1 の事, は一時

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 は皆, 隠は

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 ならば, をはがし

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 にこの, に松村武

▼ あろう武蔵野~ (2, 0.0%)

1 には栗樹, の樹木

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 せる孔明, を期し

▼ あろう死者~ (2, 0.0%)

1 のこと, の国

▼ あろう殊に~ (2, 0.0%)

1 胆力の, 高輪田長三などは

▼ あろう水色~ (2, 0.0%)

2 の服

▼ あろう浮藻~ (2, 0.0%)

1 は痩せ, は衾

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 にも岡, も山

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 は笛, よりもいくらか

▼ あろう無慈悲~ (2, 0.0%)

1 な鉤, のよう

▼ あろう然るに~ (2, 0.0%)

1 之は, 余は

▼ あろう玄関~ (2, 0.0%)

1 の扉, の長い

▼ あろう理由~ (2, 0.0%)

1 もない, を会得

▼ あろう生命~ (2, 0.0%)

1 とを賭ける, に罪

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 が一人, は太田

▼ あろう病人~ (2, 0.0%)

1 は細かい, もあろう

▼ あろう目的~ (2, 0.0%)

1 なしに, を有

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 蒼な, 逆に

▼ あろう~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ あろう瞬間~ (2, 0.0%)

1 の感情, をしばしば

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の指, よ

▼ あろう神様~ (2, 0.0%)

1 だってお, の思想

▼ あろう秀吉~ (2, 0.0%)

1 に取っ, は大いに

▼ あろう科学~ (2, 0.0%)

1 の概念, は迂遠

▼ あろう程度~ (2, 0.0%)

1 に不思議, に魚

▼ あろう稚児髷~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ あろう空間~ (2, 0.0%)

1 が三次元, が実在

▼ あろう突然~ (2, 0.0%)

1 こんな意外, 食卓を

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 一に, 一回有明荘なる

▼ あろう筒井~ (2, 0.0%)

1 はその, は終日

▼ あろう統一的~ (2, 0.0%)

2 な現象

▼ あろう絶えず~ (2, 0.0%)

1 自分の, 風に

▼ あろう絶世~ (2, 0.0%)

2 の美少女

▼ あろう美妙~ (2, 0.0%)

1 にハッ, の訃

▼ あろう群衆~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を予想

▼ あろう老人~ (2, 0.0%)

1 のくせ, はそこ

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の為, はおじゃらぬ

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 して, も彼等

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 をすませ, をそばだて

▼ あろう聡明~ (2, 0.0%)

1 な人, な後見役

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の付根, の支

▼ あろう自尊心~ (2, 0.0%)

1 の多, の強い

▼ あろう自己~ (2, 0.0%)

1 の心中, は彼

▼ あろう自由~ (2, 0.0%)

1 で樂, のうち

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 で殆ど意味, の途中

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 な声, に媚めかしく

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の方, の群れ

▼ あろう芸術~ (2, 0.0%)

1 の芽, もそれ

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 松屋惣七と, 枝や

▼ あろう若い~ (2, 0.0%)

1 婦人たちを, 牝鹿の

▼ あろう苦しい~ (2, 0.0%)

1 もだえを, 感じいわば

▼ あろう茂次~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は彼

▼ あろう荒い~ (2, 0.0%)

1 呼吸を, 木綿縞の

▼ あろう蒸気河岸~ (2, 0.0%)

2 のほう

▼ あろう言葉~ (2, 0.0%)

1 がそれ, は絶えるであろう

▼ あろう贋物~ (2, 0.0%)

1 であろう贋物, の天国

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の下, の方

▼ あろう遊覧~ (2, 0.0%)

2 の客

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 巻に, 照りなどとは

▼ あろう遠い~ (2, 0.0%)

1 町の, 野面から

▼ あろう遠く~ (2, 0.0%)

1 はるかな, 白いもの

▼ あろう~ (2, 0.0%)

2 の孫六

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 に隠れ, の青葉

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の低い, の山

▼ あろう頂上~ (2, 0.0%)

1 などではとても, の薙ぎ禿げた

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 には, にまた

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 が半ば亂, には昔ながら

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 の便り, はない

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 は抜け, を空ざま

▼ あろう~ (2, 0.0%)

1 のうえ, の落ちる

▼1* [1551件]

あろうたまは, あろうあたかもその頸, あろうあっしらの漫才, あろうあっちの道, あろうあとでゆっくり, あろうあらゆる生命思想文明は, あろうあゝあ恐るべき事, あろういいか, あろういいえ飲みませんと, あろういえいえやはり佐助, あろういかにもそうであろう, あろういくつも円い, あろういつのまにやら燃え, あろういつの間にか感情の, あろういまの清国, あろういま都下第一, あろういや事によれ, あろういろいろの鳥たち, あろううずたかい物に, あろうちぜん, あろうおのずから頂きを, あろうおまえの姿絵, あろうお互いに何もかも, あろうお互い同士が得物得物, あろうお祖母さんオリガの嘗て, あろうかい頼むに, あろうかくいわば諸君は, あろうかくしてかかる財政方策, あろうかさと言って, あろうかつはこちら, あろうかつての酒狂時代, あろうかつ子が通る, あろうかというぐらいのところである, あろうかといったような, あろうかとさえ思わせられました, あろうかとまで考えた, あろうかなしくそう諦め, あろうかなぞと彼女は, あろうかなどといういろいろな, あろうかなどとは考えられも, あろうかならずみょうに隔世的夢幻の, あろうかにも思いましたよ, あろうかね真中に, あろうかねもやらず縁, あろうからなア, あろうかナうふん, あろうがとかいう文句を, あろうがとにもかくにも, あろうがなあと思う, あろうがなどと姉君を, あろうがにかかわらず焼き色, あろうきっと金の, あろうきっとそうに違い, あろうきわめて些細な, あろうの字, あろうくらいで千住, あろうぐらいに思って, あろうぐらいの想像は, あろうけけけけと鋭い声, あろうけだしたとえ改良の, あろうけだしもし価格が, あろうこいさんのした, あろうこちらへいつ着いた, あろうことことと云う, あろうこと彼女が自分, あろうこと必定であるなど, あろうこの世でこうした, あろうこの大きな内海を, あろうこりゃどうも危ない, あろうこれらは拙者, あろうこれ苟めにも天下, あろうころの想像, あろうこんどは小里村, あろうごまを撒いた, あろうさあ遠慮を, あろうさすがに中納言, あろうさっさと人員を, あろうさっとばかりに顔色, あろうさてこの度, あろうさまざまの今日, あろうさもあろう, あろうさらさらと一方, あろうさらに大きい彼我, あろうざらざらとこぼれた, あろうしかしそれにしてもなお吾, あろうしかしながら労賃の, あろうしかも右馬の, あろうしっかりと口, あろうしどけないなりをした, あろうしばし佇んで, あろうしばらくすると, あろうしも一つには, あろうしょんぼりうなだれて, あろうじゃあないか, あろうすぐ行って, あろうすってんてんによろけ, あろうずしりずしりという重い, あろうせっかくおちつかれたのに, あろうそうしたらいっしょに, あろうそこここに散っ, あろうそしてまたその名前, あろうそちは使者, あろうそち達はひたすら, あろうそち達一睡の後, あろうそのうえこれだけの, あろうその他の時間, あろうその後で例年, あろうその後私は学生時代, あろうその間にはまた, あろうそれでもしも温度, あろうそれとなく今少将, あろうそれなのに自分が, あろうそれならここで, あろうそれ以来私は人猿達, あろうそろそろと六尺棒, あろうぞなどかく考え直した, あろうぞなどとお留守中, あろうぞよと仰せられました, あろうたいした恋でも, あろうたいそうに美人, あろうたいてい眼鏡を, あろうただしそれも, あろうただちに乾坤二刀を, あろうたっぷりした感じ, あろうたとい殺されるまでも, あろうたまたま聞えて, あろうたよりない性格, あろうだいぶ形勢が, あろうだからと云っ, あろうだの実にとんでも, あろうだらしなく涎, あろうだんだんと小さく, あろうちっとお庭, あろうちらと眼, あろうってものさ, あろうつい先頃皮肉な, あろうつまり過去からという, あろうつまり一人に就, あろう病人は, あろうというくらいのことであれ, あろうといふ希望を, あろうとうとうついにこんなこと, あろうとこじきであろうと, あろうところが常陸介は, あろうところで不敵な, あろうところどころで鶯, あろうとだけ思って, あろうとていろいろ言った, あろうとても芋との, あろうととも角新, あろうとにかく道場の, あろうとのみ見られて, あろうとはてまえには, あろうとはと虚を, あろうともとおのずから微笑, あろうともとに角一つの, あろうともに餓えて, あろうとんでもない私, あろうさっと重い, あろうどうしても父君の, あろうどうせあの親子, あろうどうぞして, あろうどうも誠にお前さんは, あろうどことなく上品で, あろうどころでは, あろうどちらからともなく, あろうどっちか一人, あろうどのような, あろうどのみちどちらか, あろうどんと倒れかかった, あろうどんなに心細い日, あろうなおも額に, あろうなかなか寒い, あろうながっぱなしの, あろうなどとまで頭中将は, あろうなまめかしいほ, あろうなりゆきに任せ, あろうなんと云うこと, あろうにこにこと出迎えた, あろうにというのであった, あろうにとも知りながら, あろうによ女奴と, あろうのにと思った, あろうッと, あろうはかない最後の, あろうはけ先を曲げた, あろうはたして空へ, あろうはたちになるまえ, あろうはははは娘時分と, あろうひそひそとあたり, あろうひたと席に, あろうひとがどうして, あろうひとつ惚気でも聞かし, あろうひどく赤面し, あろうふくよかな乳, あろうふところから手拭, あろうぼうぼう髭を, あろうまあ当分は, あろうまことの道者, あろうまさか盗んで, あろうましてや親方様は, あろうまだ依然として床に, あろうままごと狂女を残念, あろうみなよいほどに, あろうみんなの前, あろうむっつり右門の, あろうもうすでに宮は, あろうもしそうでなければ, あろうもしも彼等に, あろうもしや留守の, あろうもっと無学の, あろうもとから知りあっ, あろうもともと貧弱な, あろうもののうっかりした, あろうもの思をする, あろうもはや貴下らと, あろうもやもや暗い, あろうやにわに隠れて, あろうやもしれないという, あろうやら知れない宗教上, あろうゆえうわさを聞い, あろうゆえそちから申せ, あろうゆえそれと分ら, あろうゆえに確かに, あろうゆえ二三匹が程, あろうゆえ五両ずつ遣わそう, あろうゆえ伊那丸を首, あろうゆえ其方の足, あろうゆえ回答には三日, あろうゆえ無碍に支えれ, あろうゆえ蔭乍ら御胸中拝察, あろうゆるゆると右, あろうよいか, あろうよくもこれほど, あろうよしか一つ足, あろうより外に, あろうよりはせめて無益, あろうよろしく召上れ, あろうりっぱな夫人たち, あろうわざとのよう, あろうわびしいクリスマスを, あろうわれわれが美しい, あろうわれ等が大, あろうアア今頃は何処, あろうアア此の人, あろうアラビヤ語は辞典, あろうイデオロギーとして意識, あろうイヤ事実に, あろうイヤ大に売れん, あろうイヤ獺であろうと, あろうウィリアムは聞かんで, あろうウイスキー入りの珈琲, あろうウラル丸でさかん, あろうウン御覧に入れましょう, あろうカンタンにウソ, あろうガタピシ扉を鳴らし, あろうガボと異様, あろうガマ岩とも呼ぶ, あろうキチガイ学者の参考, あろうキッと口, あろうギョッとした, あろうゲリラ戦術の実演, あろうコトコトとノック, あろうコン棒という物, あろうコーヒーを二つ注文, あろうゴリラの描いた, あろうサケ料理を食いはぐれた, あろうシベリア横断の間, あろうショベルを杖, あろうスーと一方, あろうゼーロンの耳, あろうチャアリイが, あろうチュッといっ, あろうツルリツルリと指, あろうテントの近く, あろうトコトコという音, あろうトリエステなん, あろうトンと駕籠, あろうタン場を, あろうドクトルの告白, あろうドッと背後, あろうドローレスに対する私, あろうどうじゃ, あろうニュートンが仮説, あろうネオンの灯, あろうノンキな, あろうハアハア息を, あろうハタハタハタと羽音, あろうハードルが, あろうバタバタという物音, あろうバルザックはつれなき, あろうパラダイスを悲しみ, あろうヒョロ長い影, あろうヒョロヒョロとして見立て, あろうヒラヒラと一葉, あろうヒルミ夫人の立場, あろうビールが御手許, あろうピラミッド工事の当時, あろうフィリップ殿下がそんな, あろうフラク的支配力の中心, あろうヘザーレッグが馬, あろうホテリングである, あろうホールの中, あろうマア坊は平気, あろうマア引越を見合せよう, あろうマロニエの大, あろうミジメな彼女, あろうムッソリーニ賞杯を得, あろうモウ一つの大きな, あろうモヤモヤと湯気, あろうモロー彗星との衝突, あろうヨブ記エレミヤ記の如き, あろうライカの坊介, あろうリリアンで編んだ, あろうレッテルを貼りつけた, あろうロスコー氏の突然, あろうリツキイに, あろうヴィーコの流れ, あろうヴォルフの厳密哲学, あろうと所黒部川, あろう一ツは気分, あろう一名四谷とんびという一味, あろう一名聖ジョージの馬, あろう一向に私の, あろう一味の奴原, あろう一回や二回, あろう一大渦紋に吸い込まれる, あろう一層惨酷, あろう一座の中, あろう一戸の温泉宿, あろう一所黒痣が出来, あろう一旦は気, あろう一生の仕事, あろう一生懸命に跳, あろう一番嚇して, あろう一種の冒険, あろう一筋の髪の毛, あろう一組一組には組長, あろう一緒に相, あろう一羽七十円のセキセイ, あろう一般的関係は決して, あろう一般社会に対する私, あろう一足梯子段へ踏み出した, あろう一閑斎も嚏, あろう一際目立つきらびやか, あろう一鳥声せず, あろう丁重にもてなし, あろう七兵衛がその, あろう七十四歳まで生き, あろう丈余に亙る, あろう丈八を見向き, あろう丈助と其の, あろう三人であろう, あろう三匹の狐, あろう三十一歳の殿, あろう三味の音, あろう三味線鼓鉦拍子木などの伴奏, あろう三方から郷民達, あろう三月二十五日真珠三十二個四月十八日ダイヤ十八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, あろうも高地, あろう上様の人形, あろう上機嫌に見えた, あろう下司の味, あろう不倫を悔いた, あろう不具の娘, あろう不安が現在, あろう不審の眼, あろう不屈の意志, あろう不忠不義者の首, あろう不思議な影像, あろう不燃性の建物, あろう不都合なの, あろう世界第一, あろう世界漫遊の考え, あろう世界空間は自然科学, あろう丘子の裸心, あろう両側に露店, あろう両手両膝, あろう両方の袂, あろう両者ではない, あろう並み並みの身分, あろう中将は今日, あろう中年以上の男女, あろう中津屋敷に着, あろう中田はそう, あろう中納言がいろいろ, あろう中肉中背で固太り, あろう中途からその, あろう丸い目が, あろう丹後守夫婦は竜, あろう丹生川平の郷民達, あろう主命で美濃, あろう久留米絣の紺, あろう久馬は眼, あろう九十郎と織江, あろう九条院のお, あろう乱暴にそれ, あろう乳母は冥土, あろう予期以上に接近, あろう争いの余波, あろう事実に気が付いた, あろう事情もあろう, あろう事業が消え, あろうの剣三, あろう二つ三つ大きいくしゃみ, あろう二つ三つ四つと紅い, あろう二丈余りある深い, あろう二三人の女, あろう二十畳間くらいの大きい, あろう二本の脚, あろう二階の階段, あろう二階笠の紋, あろう云々というよう, あろう五つばかりの女の子, あろう五六歩位置を移し, あろう五十ばかりの如何, あろう五歳くらいにみえる, あろう五里と七町, あろう些事に自己, あろう交際が始まった, あろうへ帰る, あろう人中へ出せ, あろう人夫や兵卒, あろう人妻ではない, あろう人形町通りや, あろう人波をくぐっ, あろう人通りもない, あろう人達のため, あろう人違いであろう, あろう人間血肉の新陳代謝, あろう今さらしかたが, あろう今に彼女は, あろう今にも抜けて, あろう今度の, あろう今後幽霊を見, あろう今講義の行なわれ, あろう介三郎は少し, あろう仏壇の鐘, あろう仏教なり神道, あろう仏者の所謂地獄, あろう仕事に対する喰, あろう他家の人, あろう他日ほかに, あろう代官松の挑戦, あろう以上に果す, あろう仮にもせよ, あろう仲間たちの顔, あろう休息するよう, あろう会談は相当, あろう但しその義審, あろう但馬で発行, あろう佐々の全員, あろう佐々木小次郎は石切たち, あろう佐久間信盛の一隊, あろう佐助が自ら眼, あろう何とか致して, あろう何となく淋しそう, あろう何もかも見えないはず, あろう何れにし, あろう何んの苦, あろう何事も無かっ, あろう何度たたいたこと, あろう何気なげに, あろう何気なくこっちを, あろう余り問題としなかったらしい, あろう余程痛むかな, あろう余興とは言い, あろう作物のしなびた, あろう使いでもあろう, あろう例えば現象が, あろうは奉公, あろう侍女達はすっかり, あろう侍部屋の床や廊, あろう依然として金八の, あろう価格を示す, あろうの親爺, あろう俄然態度を, あろう俊基の意志, あろう信頼して, あろうは今日, あろう個性が個性, あろう健康そうな様子, あろう偽りであろう, あろうに大きい, あろう傍らの冷えた, あろうの上, あろうのよう, あろう儒者ふうの老人, あろう優雅な動作, あろう元禄風俗を研究, あろうほど湯呑, あろう先ず読者にも, あろう先刻の物語, あろう先輩を悦ばせ, あろう兎の毛が少し, あろう入江一杯に充たされ, あろう全然関係の, あろう全身腐乱して, あろう全面純白な装い, あろう公儀の見分役, あろう六尺の碑, あろう六角の象嵌鍔, あろう儂の, あろうはみな, あろう兵道の威力, あろう兵馬の仕業, あろう其三の, あろう其上からは赤城山, あろう其上見通がきかぬ, あろう其他数えれば, あろう其後も, あろう其疵口から滾, あろう典獄補がこっち, あろう内裏の大宮人たち, あろう内訌と自壊作用, あろうから衣服, あろうい水蒸気, あろうじい勢いで, あろう凄い美人だ, あろう出版計画をもっ, あろうの裏側, あろう刃物を揮っ, あろう分別しかえて, あろう分厚で長方形, あろう切々たる胸の, あろう刑罰を恐れ, あろう初めはかなり, あろう初春らしい太神楽, あろう初瀬へでも参詣, あろう別に何らの言語, あろう別人の顔, あろう別荘のお嬢さん, あろう制服姿の小西, あろう刺客の一人, あろう前兆かもしれない, あろう前後左右の絶壁, あろう前田利家からも通信, あろう前面の道, あろう割木を積んだ, あろううるに, あろう加之も二晩, あろう加代の心, あろうりの, あろう効能も偉大, あろう勝負がよい, あろう北アルプスの五色ヶ原, あろうか九ツ, あろう十五郎なの, あろう十人あまりの者, あろう十個の大, あろう十八で家督相続, あろう十八十九の両日, あろう十四五歳のが二, あろう十月の半ば, あろう千之助には黙っ, あろう千二少年は, あろう千代子が大槻, あろう千浪様というもの, あろう千鳥足をし, あろう千鶴子も一言, あろう午飯を彼, あろう半紙を巻いた, あろうは老婆, あろうそればかり, あろう単純な質問, あろう危険性においてともに, あろう即ち其恥ずべく忌むべく, あろう即答が得られれ, あろう却って身の程を, あろうの持つ, あろう友人は気質, あろう体畸形の, あろう双方から一人, あろう双肩に青い, あろう反応を見きわめる, あろう反物を再び, あろう反魂香の煙, あろう叔父は傷, あろう古人は桜, あろう古戦場をつぶさに, あろう古臭い流行歌を, あろう召使たちすら近寄る, あろう惜良材が, あろう可愛い女の子と, あろう可愛らしい妻子も, あろう可能性をみた, あろう叱責がいい, あろう右京さまは篤実温順, あろう右大将頼朝の近臣河辺六郎行秀, あろう右衛門は闘牛, あろう司教に次, あろう合戦物を読み出し, あろう吉報を待っ, あろう吉弥が僕, あろう同じ土を, あろう同じくぬけぬけしい粗忽もの, あろう同全集中第, あろう同心の者, あろう同時にそれで, あろうよ今, あろう君等の禅僧, あろう吾児の元気, あろう吾妻橋の方, あろう吾輩と君, あろう周囲にいる, あろう周馬を待つ, あろう味方の者, あろうの終わり, あろう哀れさも不便さ, あろうの可, あろう哲学は無知, あろううたう声, あろう唐桟柄の素袷, あろう唖女の眼, あろう商人と一所, あろう商売人あがりの, あろう問罪の軍, あろう之助, あろう営養が悪しく, あろう嘆願するであろう騒ぎ立てるであろう, あろう嘉門の顔, あろうのたかい, あろう噴水があっ, あろう囈言のよう, あろう四五分経つと, あろう四人ぐらいは潜れ, あろう四足を縮め, あろう四辺が明るく, あろう四馬剣尺の一味, あろう四高足は色めき立っ, あろうに忠, あろう国民は凡て軍人, あろう土地の広大, あろう土瓶に湯呑, あろう土間で米, あろうを払う, あろう地下の溝涜, あろう地変の為, あろう地方で失敗, あろう地獄の光景, あろうのごとく, あろう埋没した意識, あろう城下の木戸, あろう城壕にはめずらしい, あろう城太郎は歯, あろう場面を想像, あろう塗りの剥げかかった, あろうの前, あろうが二重, あろう士気は前, あろうすらも聞かれぬ, あろうの中, あろう夏子を秀子, あろう外夷の取り扱い, あろう多くの人, あろう多分薬鑵を, あろうが明け, あろうではない, あろう夢中になった, あろう夢見山の腹, あろう大きい空は, あろう大きく八刻を, あろう大久保彦左衛門の女房, あろう大倉さんへのお, あろう大原女のよう, あろう大変楽し気, あろう大学も高等学校, あろう大家が名, あろう大形の蚊, あろう大掛りな儲け話, あろう大槻が千代子, あろう大池の橋, あろう大臣の性格, あろう大衆も相当, あろう天井で烈しい, あろう天狗の宮, あろう天皇の信仰, あろう天辰の主人, あろう太い流木が, あろう太刀を杖, あろう太政大臣は今日, あろう太鼓笛ちゃんぎり世間は浮い, あろう夫人はまた, あろう失策した人物, あろう奇怪な姿, あろう奈良朝以後シナの鞏固, あろう奥床しい眼差の, あろう奥御殿の密室, あろう奥深い感情などは, あろう女どもは心柄, あろう女中達の肉体, あろう女優になっ, あろう女形にし, あろう女房どのには, あろう女房姿でない袿, あろう女王に恋, あろう好きときらい, あろう好色なお, あろう如何様に陳, あろうがそんな, あろう妓女にこの, あろうな調べ, あろう妙子が何気ない, あろう妙齢の身, あろうの片言, あろうもあろう, あろう妻沼の聖天様, あろう姉君の意志, あろう姫君がここ, あろうの姿, あろう婚家もまた, あろう婚期の過ぎ, あろう媚薬もあろう, あろう孔子も五十, あろう孔明の諭示, あろうももちろん, あろう孤独な身の上, あろう学校の出席率, あろう学生の一部, あろうは孫, あろう宇治の姫君, あろう宇治山田の米友, あろう宗教家が来る, あろう官兵衛が小姓, あろう定めし居耐, あろうの四つぶ, あろう室堂と地獄谷, あろう宮仕えというもの, あろうとが時に, あろう家々の屋根, あろう家中のこと, あろう家具も何, あろう家政をとる, あろう家来共にやはり, あろう容子はその, あろう寂しい笑いを, あろう寂しく目を, あろう寂然と屋内, あろう寂照は其故, あろう寄託を受けた, あろうのない, あろう富士山が, あろう寒気がする, あろう察し申すただ, あろうがあら, あろう寺男は何, あろう寺院の鐘, あろう小ざっぱりした着物, あろう小判と小粒, あろう小屋の天井, あろう小杉天外の, あろう小次郎がまだなにか, あろう小田原提灯で道, あろう小説家的日暮しの人工性, あろう小里氏の屋根, あろう小首を傾げ, あろう少くともそれ, あろう少しく眉を, あろう少なくももっとおくれたであろう, あろう少女のす, あろう少年も平和, あろう又知合, あろう尤もそれだけとしては, あろう就中て私, あろう尻ッこけに, あろうの棟, あろう屋内柵を過ぎる, あろう屋台店の主人, あろう屋敷の裏, あろう屋根だけ葺いた, あろう山上にデン, あろう岐路はまさに, あろう岩井は村雲笑子, あろうへ寒, あろうや陸, あろうをのぞく, あろうにかかった, あろう川縁へ駈けだし, あろう巡査は角燈, あろう巡礼の心, あろう工事中海波のため二回, あろう工科の艇, あろう左内の声, あろう左大臣の令嬢, あろう左門の姿, あろう巨石がこの, あろう已にフィヒテの, あろう帝皇の稜威, あろう帳場の番頭, あろう常に注意深く居士, あろう常套事に直面, あろうは被らず, あろう幅二尺七八寸長さ五尺, あろう平ヶ岳の全部, あろう平七郎つと栄三郎, あろう平井山に陣地, あろう平方式暗号のごく, あろう平生よりも心, あろう平素佐助に手, あろう年月は知らない, あろう年輩の蝋燭, あろう幸運の太陽, あろうの皮, あろう幽谷でなければ, あろう幾つかの黒焦げ, あろう幾人かはジャン・ジャック・ルーソー, あろう広間の反対側, あろう庄三郎の片, あろう床の間や違い棚, あろうにその, あろう座敷に居, あろうに傘, あろう庭前の林檎樹, あろうの下, あろう廚子にはじめて, あろう建築は新, あろう引きも止まぬ, あろうのよう, あろう弥吉と小僧, あろう弥市おまえはわたし, あろう張飛はほっと, あろう弾丸をも予想, あろう当事者どうしで秘密, あろう当代の名, あろうまで真似, あろう役割を平和, あろう彼らの栄耀, あろう彼女自身の実証, あろう彼方に灯, あろう彼自身の一代, あろう往々にし, あろう往年三円五円で買った, あろう後世此の箱, あろう後年盲目となり, あろう後悔すること, あろうて社会問題, あろう得物を持った, あろう御岳神社の衛士たち, あろう御方がカンキン, あろうに黄, あろう微醺を帯び, あろう徹頭徹尾突きくずされ絶対, あろう心憎いというの, あろう心持も読める, あろう心窃に苦笑, あろう心足らいに暫時, あろう忙しいお方が, あろう忠顕の顔, あろう思わずヤアと, あろう思案外史であった, あろうに草むら, あろう怪訝そうにしかし, あろう恋仇南部集五郎であった, あろう恋愛の世界, あろう恐しい事, あろう恐らくは何も, あろう恐ろしさに, あろう恐ろしくぎざぎざした縮れた, あろう恐怖です超大, あろう悄然たる古寺, あろう悠然として上洛, あろうの華, あろう悲しくもなんとも, あろう悲しみにも時, あろう悲劇の前触れ, あろう情けないことである, あろう惜しげもなく, あろう意外な訪問者, あろう感動をわたしたち, あろう態度に立てなおし, あろう慌ただしくただひとり, あろう慶月院はそういう, あろう憎まれ役などと云い, あろう懲罰をかんがえる, あろう成功を収め, あろう我々の力, あろう我恥かしい事, あろう男が, あろう或いは其の年齢, あろう戦場へおもむく, あろう戸外の闇, あろう房枝は日本人, あろう所々は柳, あろう所有主たる主人, あろうをあけ, あろう手前はお, あろう技術家乃至技術家候補者, あろう把握的概念の与り知った, あろう折々炸爆する, あろう折敷に載せた, あろう拷問機械貞操帯罪人に冠せた, あろう挨拶をした, あろう捕手の跫音, あろう掠奪が行われるであろう, あろう揉み上げの長い, あろう換気の利, あろう摩利支天像やその, あろう撞球場の入口, あろう撫子がまあどんなに, あろう政府それ自身がやった, あろう政治あるいは外交, あろう政治的な力, あろうまず今日, あろう数人がそれ, あろう数多の猿, あろう数学をよく, あろう数日休養するが, あろう文学に, あろう文徴明の一軸, あろう文明人そのものなの, あろう断じてならぬと, あろう断乎たる決心, あろう新しい草々の, あろう新しき思想新しき, あろう新田先生にした, あろう新郎新婦が続い, あろう方々が女童, あろう方面へ捜し, あろうの空, あろう既つて一度もここ, あろう日常のこと, あろう日本北アルプス北半の山, あろう日本的なもの, あろう日頃は仲, あろう早う早うと, あろうかな日光, あろう明け易い夏, あろう明らかに別, あろう明暗陰影の外廓, あろう明神の御手洗, あろうの空, あろうの彼岸, あろう春日行彦の痩せさらばえた, あろう春木少年が踏みつけ, あろう春風長堤をふけ, あろう昨夜此の家, あろう昨日来た路, あろう既に容易, あろう是非御一緒, あろう昼すぎになっ, あろう時今のよう, あろう時代の立者, あろう時壊るること, あろう時折洩らす沈痛, あろう時期に深い, あろう時計の機械, あろう晩方から親類, あろうさもさほどに, あろう暗きが中, あろう暴徒の噂, あろう最前から申しそびれ, あろう月影を浴び, あろう月日の重なる, あろう月花鶯蜀魂来って, あろうを言え, あろうに道, あろう朝教室で顔, あろう朝日をうけ, あろう朝晩に廊下, あろう朝靄の真白, あろう木々は騒立ち, あろう木の芽もまだ, あろう木ぶりと申し, あろう木口間取り家つきの調度, あろう木立があれ, あろう未曾有の大, あろう未来を想っ, あろう末葉も落ちず, あろう本堂はその, あろう本物の人間, あろう本願寺を始め, あろうの鳥居, あろう朱実のさけび, あろう机博士貴様の先祖, あろう材木や掘り出された, あろうにとって必要, あろう杜鵑の声, あろう条件の一つ, あろう来客なら下女, あろうの沖, あろう東北の生れ, あろうや杉, あろう松並木を植えた, あろう松林にまじっ, あろう板壁を荒々しく, あろうに結えた, あろう柄手の神経, あろうの所謂, あろうかな毛皮, あろうは赤沢岳, あろう之助, あろう格子や妻戸, あろう桃色の芍薬, あろうの葉越, あろう桜色になっ, あろう椅子の前, あろう検校と云え, あろう椿岳の潤筆料五厘以上, あろう極めて小さな臙脂色, あろう極秘裡にやはり, あろう概念が情意的, あろう様子を想像, あろう槙三を想像, あろうから水, あろう標高約三千七十米突, あろう横穴はカッ, あろう樹木たちその間に啼きかわし, あろう橙黄色のほのか, あろう機械人間であるから, あろう櫛簪何なりと好, あろう否な, あろう歟其中或は死, あろう歟是れ実に, あろう歟此等諸種の死, あろう歟生死孰れが, あろう正木博士のタッタ一言, あろう正真正銘のホメロス詩篇中, あろう此外には附近, あろう武士のうち, あろう武術者たちの目, あろうにしみる, あろう死刑に処, あろうには幼い, あろう残りの砂金, あろう殺人の愉快さ, あろう殿様が来, あろう母君はもう, あろう毎週水曜と日曜, あろう毒薬もあろう, あろうが咎め, あろう気丈な彼, あろう気持も通じ, あろう気遣いはない, あろう氣候のせい, あろう水ムシがさ, あろう水潜りにかけては村一番, あろう永い眠りを, あろう汝名無き者, あろう江岸の小さい, あろうの水位, あろう決して紳士と, あろう決心をもっ, あろう沢庵がはいっ, あろう河原がごろごろ, あろう河東さんや高浜さん, あろう油紙の天幕, あろう治明博士の方, あろうとも池, あろうのついた, あろう洋刃を逆手, あろう活動の弁士, あろう派手な銘仙, あろう派手やかな長襦袢, あろう浅緑の薫, あろう浅草並木町の, あろうと村, あろう海浜の人家, あろう消失して, あろうでうるんだ, あろう涙雨のごとく, あろう涼しいながらに鋭い, あろう淫蕩にもなろう, あろう深い割目が, あろう深く詮議し, あろう深川木場の甲州屋万兵衛, あろう深林の中, あろう清五郎が足袋はだし, あろう清十郎は大きく, あろう清浄な妻, あろう渡りに舟, あろうな片, あろう満足げな様子, あろう溝石の上, あろう滅亡と不足, あろう滝太郎といえ, あろう漱石氏の着, あろう潔白なるその, あろう潜戸の向こう, あろう澄太や一洵, あろう濫読濫写模倣の時代, あろうのない, あろう灰色の泥, あろう炬燵ぶとんの上, あろう点道子がほんとう, あろう烈しく私を, あろう無くてかなわぬ, あろう無数の軽, あろう無業が二%六減, あろう無理に振り切っ, あろう無理心中で女郎, あろう無礼な事, あろう無礼至極の奴, あろう無辺な天地, あろうの様, あろう煩悶などはせず, あろう煩雑さを考える, あろう熊掌のこと, あろう燈台かえって下, あろう燈火の前, あろう父宮さえおいで, あろうだ虎井夫人, あろう眼を, あろう片側道の佐久間町, あろう片足を水, あろうが喫, あろう物件を助け出し, あろう物識りがそれ, あろう物頭はその, あろう特色が自ら, あろうの箱ねこ, あろう犯人を群集, あろう狂おしいようにも, あろう独り佐野川村のみ王勢籠, あろう猛獣のよう, あろう猟奇的の性格, あろうのよう, あろう獣油のはいっ, あろう玄女と猪右衛門, あろう玄蕃今日ばかりは逃がし, あろう玉繭の着物, あろう玩具屋になり, あろう現に周の, あろう現在のゴルフ, あろう現在眼のあたり, あろうはない, あろう理想とはまだまだ, あろう理科の園正造博士, あろうそうな, あろう甘い毒どくしい香が, あろう甚だ遺憾である, あろうをうけえず, あろう生々と滑, あろう生死もわからぬ, あろう田圃をこえ, あろう田沼の隠密, あろう田沼様討たんため, あろうを言, あろう甲州勢に対する備え, あろう甲府城下のあちこち, あろう甲斐はそう, あろう男泣きにしゅく, あろう疎林の端, あろう病室内は依然として, あろう病気に託し, あろう病院の事業, あろう痛快な仕事, あろう痩我慢な行過ぎだと, あろう発光の原因, あろう発育のおくれ, あろう白井は出来る, あろう白地の手拭, あろう白旗の宮, あろう白無垢を着た, あろう白粉も紅, あろう白鉢巻白襷した小さい, あろう白髪頭の老婆, あろう百軒足らずのこの, あろう美しい女, あろう皆それぞれ熱した顔, あろう皆梅鉢寺と覚え, あろう皮肉そうな爺, あろう盧員外と石秀, あろうに見る, あろう変らず青, あろう相互に喧嘩, あろう相手の切れもの, あろう相木熊楠はそのまま, あろう看護婦が綿棒, あろう看護婦たちに彼, あろう真っ暗な畳, あろう真に憐むべし, あろう元朗, あろうながしに, あろうのあたり, あろう張り剣術, あろう知恵であろう, あろう知識すなわち我々群島, あろう短期間の別れ, あろうの音, あろう石原利助の一, あろう石段を茅野雄, あろう破滅を考え, あろうな手当, あろう碩寿翁はガタガタ, あろう確か密旨が三個, あろう礼儀と興味, あろう社会科学に就い, あろう神殿の屋根, あろう神父は所有品, あろう神葬墓地の修繕, あろう神話のごとき, あろう秀子は到底, あろう私自身の思い出, あろう私達の悲惨, あろうだと, あろう科学方法論の恐らく, あろう種々の根拠, あろう稽古帰りらしいの, あろう積善寺なら彼処, あろうさと, あろうの中, あろう空一めんに烏, あろう空気の断層, あろう突如真昼の, あろうの下, あろうが築い, あろう立ち居などの動作, あろう立山の雄, あろう童顔鶴髪と云う, あろうの方, あろう端麗の鼻, あろうノ子, あろう竹童の目, あろう笄島田に春, あろうもあろう, あろう笹川の姿, あろう筆太に塗りつけた, あろうとは脇坂山城守, あろう等々ということ, あろう筒袖を着, あろう箕島刑事も先, あろうが七八円, あろう範之丞の耳, あろう築地辺の川端, あろう糸瓜ほどな, あろう約束を読んだ, あろう紅い花は, あろう紅白の旗, あろう紅裏のついた, あろう紋也はにわかに, あろう紋日の虎五郎, あろうの燈籠, あろう素人にし, あろう素人娘のよう, あろう素晴しい事, あろう素袷を引っ掛け, あろう紫紺の法衣, あろう紫色の模様, あろう細田氏の挙動, あろう之はその, あろう結合すること, あろう結婚当夜のよう, あろう結束すれば, あろうの好き, あろう絵巻物の魔力, あろう絶好の方法, あろうの山, あろう編笠を深く, あろう緩く石垣に, あろう縁さきの沓脱ぎ石, あろうの端, あろう縹緻も芸, あろう織江の姿, あろうについての苦闘, あろう美しくきちんと整理, あろう美人がこんな, あろう美貌で才, あろう義太夫音楽でも時, あろう翌年は正式, あろう翌日の検屍, あろう翌日一色がふらり, あろう翻訳と創作, あろう売卜者は, あろう老媼の姿, あろう老巧が亀山, あろう老母の顔, あろう老若男女の夥しい, あろう耳朶に少し, あろう聖僧のよう, あろう聚楽の方, あろう聚楽第における第, あろう聟どのの到着, あろうを, あろう肥料にあてられ, あろう背後から寄せ, あろう胎児の母親, あろう能くもアレで一日, あろうの着いた, あろう脚絆や袴, あろうのほう, あろうの毛, あろう腕ききのした, あろう腰掛台の上, あろうをみつめた, あろうの支度, あろう膿汁の悪臭, あろう臆病なの, あろう自分自身が一所懸命, あろう自壊作用の兆, あろう自身で折敷, あろう舞踊の方, あろうの釘, あろうの行く, あろう艇長は三郎, あろう色々な材料, あろう芝居もので, あろう芝居物真似田楽狂言民謡又は神楽, あろう花弁が皆, あろう若き身が, あろう若僧は直に, あろう若江という小姓, あろう若葉のあいだ, あろう苦悩の最も, あろう苦言を呈した, あろう苦難の複雑さ, あろう英国大使館の姿, あろう英書なら澤山, あろう英霊底の漢子, あろう茂助は何, あろう茅野雄は谷底, あろう茶の間のほう, あろう茶器であろうこれら, あろう茶碗や箸, あろう菅笠で顔, あろう菊池寛氏の勘, あろう葡萄酒の分量, あろう蒼茫たる薄, あろうが半分, あろうで強い, あろう薄ら寒くなって, あろう薄茶色の背広, あろう薩軍のほう, あろうの棚, あろう藤原家の当主, あろうのゆらゆら, あろう虎御前こと丘田お照, あろうの音, あろうのよう, あろうやりを, あろう蚊帳を買っ, あろう蜘蛛の網, あろう螺旋状の縮み, あろう蟇口こそなかっ, あろうの痕跡, あろう血腥い想像の, あろう行程を二, あろう術策などはきっと, あろう術語として普通通用, あろうに織ったら, あろう衣装のため, あろう衣食住の三, あろうは上, あろう表方にいる, あろうに荒い, あろう袁紹や曹操ら, あろう被布を召した, あろう被衣のひさし, あろう裸体武兵衛というお方, あろう裾模様の後姿, あろうの前, あろう襖一重の座敷, あろう西南戦争のあった, あろう西東の対, あろう要は円本出版屋が, あろう覆面の探偵, あろう見台へつい, あろう見物は声, あろうなれば, あろう親しい交わりの, あろう親切に面倒, あろう親子ともに小ざっぱり, あろうに切った, あろう触覚の世界, あろう言わば狐付きが, あろう言葉切れがし, あろう計画や行為, あろう許嫁の腰元, あろうは短い, あろう試みにどこ, あろう話題は必ず, あろう誘いをお, あろう読者も銘々, あろう請状には名前, あろう戸の, あろう諸君努力せよと, あろう諸種の圧力, あろうにもこの, あろうの道, あろう貞時そなたの, あろう貧しさを, あろう貴下は玉置, あろう貴下らはよろしく, あろう貴族として立っ, あろう貴様も若い, あろう貴殿の諫言, あろう買物をする, あろう質的個別に対しては歴史科学, あろう質素の庭, あろう贈り物の由来, あろう赤児はもう, あろう赤味を帯びた, あろう赤坂の城, あろう赤黒いものが, あろう赭顔白髪の見る, あろう越後方面の白沢, あろう足利の絵師, あろう身体は沢庵色, あろう軍勢がお, あろう軍律の制裁, あろう軍配を上げる, あろう軽々しく他人の, あろう軽薄そうな三十二, あろうを躍らし, あろう農民たちの心事, あろう近くに二度, あろう返事もせず, あろう追従も軽薄, あろう追手として彼, あろうに二人, あろう途中山吹が多い, あろう途中目の下に細く, あろうな旦那, あろう通り外ならぬ河内介, あろう通力自在姐娘の腕, あろう通油町の橘屋, あろう連中のこと, あろう連管に吹き調べる, あろうがむかなけれ, あろう運命に就い, あろう過去の記憶, あろう過程に於, あろうのところどころ, あろう道中は, あろう遠慮のない, あろう遭難する者, あろう遺憾ながら余, あろう遺憾骨髄といった面持, あろう部分を示す, あろう部屋の中, あろう部落の中, あろう郷左衛門も顔, あろうの山岳宗徒, あろうをはこん, あろう酒好きの人, あろう酷寒のなか, あろう重圧感を覚えた, あろう重要な心持, あろう野良歌うたうの, あろうの紐, あろう金兵衛の毒舌, あろう金吾の居所, あろう金属の触れあう, あろう金糸で杜若, あろう釣洋燈がどう, あろう鈍い紫色の, あろう鈎先は青鱚, あろうの音, あろう鉄縁のパンス・ネエ, あろう鉛毒で青み, あろう鉱毒はそんな, あろう銀座の通, あろうは空, あろう鋭い白眼が, あろうの曇り, あろう煙管を, あろう長五郎の家, あろう長井の門地, あろう長袴時代を生き, あろうががたがた, あろう間もなく美事ににゃ, あろう間際に立っ, あろう関係した日本婦人, あろう防空壕の中, あろう附近の医師, あろう限りそれらが高い, あろう陛下の思召, あろうのお, あろうして, あろうを娶ろう, あろう階上の妻, あろう階下の間, あろう階級勢力を, あろう階級性に較べ, あろうって労働問題, あろう随分面白かろう, あろう隔ての障子, あろう隙間に顔, あろう障子の外, あろう障子いっぱいに射し, あろうの実験室, あろう集合の席, あろうを一羽, あろう雑木林に囲まれ, あろう雑誌記者は原稿, あろうにぬれた, あろう之丞, あろう雪崩の為, あろう雲井の雁, あろう露路の奥, あろうだの赤, あろう青々と苔, あろう青い芽を, あろう青年は喘ぎ喘ぎ絶え入る, あろう青年伴田氏の寂しい, あろう青年時代においても私, あろう青羅の傘蓋, あろう青表紙の本, あろう非凡の才, あろう面長の色, あろう靴跡やフェルト草履, あろうで打った, あろうを思わせた, あろう音楽や人, あろう頃合を待っ, あろうをポカリ, あろう頭山奈良原を初め, あろう頭髪そこには紐育, あろう頼朝はその, あろう顔色は青く, あろう風呂敷包みを有, あろう風宮の前まで来る, あろう風説であり言葉, あろう風采も上品, あろう飛沫をあげ, あろう飛鳥人が必ずしも, あろうを搗い, あろう餓死人が倒れた, あろう香煙がゆらゆら, あろうの舞踏会, あろう馬たちに心から, あろう馬琴の本, あろう馬鈴薯と塩肉, あろう駒沢らしい若い, あろうに召されい, あろう駕籠の一団, あろう騎士を待つ, あろう塀の, あろう高い嘶を, あろう高氏の顔, あろう高貴の御方, あろう高輪田長三が曾, あろう髪の毛が濡れ, あろうを狙っ, あろう鳥打帽を右, あろうが下り, あろうよりも年上, あろう鷦鷯がちょこちょこ, あろう鷹野の御供, あろう鹿子さん実は貴女, あろう麻糸の束, あろうなる粟畑, あろう黄色い落葉が, あろうの衣裳, あろう黒き岩も, あろう黒人でも一緒, あろう黒木綿の紋付, あろう黒煙がこう, あろう黒羅紗の厚子, あろう黒鍬の者, あろう黒髪ばかり蓑, あろう黯緑の植物