青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あんた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あるまい~ ~あるらしい ~あれ あれ~ ~あろう あろう~ あわせ~ ~あわて あわて~ あん~
あんた~
あんな~ ~あんなに あんなに~ ~あんまり あんまり~ ~い い~ ~いい いい~ ~いいました

「あんた~」 5325, 58ppm, 2004位

▼ あんた~ (902, 16.9%)

7 私を, 自分の 5 あたしを, 何も, 知って, 私の 4 あたしの, ここに, わたしの, わたしを 3 あんたで, ここの, これを, そんなこと, ほんとうに, わしの, 何の, 出て, 悪いこと, 私が

2 [39件] あんたが, い, いつも僕, おれの, ここで, この手紙, それは, それを, ただの, どうかし, どうする, どうなさる, どこの, どんなこと, なぜ東京, ほんた, まだ私, わしが, ん, 一人だ, 一体何, 一生懸命勉強する, 何か, 何もかも持つ, 何を, 偉いよ, 働いてない, 元から, 娘の, 屋根裏の, 彼の, 愛して, 慾を, 男らしいも, 私に, 自分が, 自分で, 邪見ねえ, 酒を

1 [744件 抜粋] あ, ああいう, あたいよりも, あたしから, あたしたちの, あたしと, あたしにとって, あてと, あの人, あの子, あの柵, あの男, あんたの, あんたは, あんまり働き, あんまり美し, いい, いいたいん, いいん, いい気, いかがです, いくつ, いけません, いちがいにそう言う, いったい何者, いつか僕の, いつでも, いつまでも, いつも愛子, いつも裾, いまいらしたの, いまだにそうやっ, いるん, いろいろ言, うちの, うぶな, えらい手管上手, おかみさん, おれを, お京さん, お初に, お医者さま, お医者さん, お客に, お家で, お父, お福, お金持ち, きっとおかみさん, きつと, きのうから, こ, ここが, こちらの, こつちで, このまま, この事件, この比, この絵エ, これから人, これから烏啼, これに, これまで, こんなところ, こんなばか, ごり, ごろりと寝ころん, さすとこ, さぞガッカリしたでしょう, さっき警察から, さつきい, じゃ今, すぐ人, すこし体, ずっといる, そういう女, そうけちけちなさる, そうも, そう云いたい, そう聞分け, そこで, そのイト子, その人, その女, その子どもたち, その年, その気, その若, その遣り口, その階段, それについて, それに対して, それや, そんで, そんなにも, そんなに黙ってる, そんな態, そんな調子, そん時兵隊だった, たいそうむずかしい, たしか昭和十年頃, たのもしい方, だれですかね, ちっとは, ちつと, ちゃんともってる, ちやんと, ちょうどこんな, つまらんこと, つまるところ今度, とうと, とうとう本気, とても高い, とんでもない, どういうわけ, どういう気持, どうか先生, どうしてさう, どうして舞台, どうします, どうなる, どうもさつき, どう思う, どう思っ, どこが, どっちが, どなた, どなたで, どなたです, どんな事, どんな小さなこと, どんな気持, どんな用事, なかなか苦労人ぢ, なぜわし, なぜ鹿児島, なにか, なにか知ってる, なにもかも知, なんだ, なんて生々し, なんにも云っ, ぱっちり眼, ぷいと席, へんに, ほんとにこわく, ほんとに惚れ, ほんとに眠る, ほんとに眼ざとい, ほんまによか, ぼくには, まあその, まさか園子さん, まさか私, またどうしてこんなに, またもと, また何, また誰, まだご存じ, まだそんな, まだたしか, まだ坊ン坊ン, まだ浦塩, まだ若い, まちがって, まア怪我, むろんこの, もう二三日うち, もう寝なさい, もう帰つて, もう自由, もう行っ, もちろんの, やたらに, やっぱりあの, やっぱり西洋式, やつぱりどうかしなけれやいけないわ, ゆきやしないゆけやしないわ, よくもそんな, よその, よッ, わかるでしょう, わしという, わしに, わたしが, わたしたちいや, わたしに, わたしに対して, ゐない, んお, ん松井さん, イカンな, ウッドワードの, ジョン爺を, タイプ速記美容術なんでも, ツイこの, トラックだ, ドイツ人です, ノドが, ハムを, バットだけしか, パイプを, マアどういう, マダムに, ヨク出る, ラッコという, 一つで, 一を, 一什を, 一体いくつ, 一体どんな, 一緒に, 一見すぐ, 下手だ, 下手で, 下野言葉でねえ, 不当な, 不正直だ, 世間だの, 両方から, 中央の, 九時二十分の, 乞食同様だ, 二時間も, 二枚目なんぞの, 人が, 人を, 人間の, 今から, 今の, 今わしから, 今日は, 今日人類の, 今迄の, 他に, 仲買商人でしょう, 伊賀の, 伯爵の, 何う, 何し, 何て, 何と, 何という, 何と思つて入院, 何んにも, 何処が, 何処の, 何故あたし, 何方が, 何時だ, 何處の, 何處へ, 健脚だ, 偽名し, 僕以上に, 優しいいい娘さん, 先輩だ, 兎に, 全く娘, 全で, 其処に, 冗談を, 出ちゃ, 出会う女子, 分別くさく, 別な, 前にも, 剣術の, 勉強してる, 勘違いしとる, 勿論行くだらう, 医者に, 午後の, 卑怯や, 厳重な, 去んだ, 名古屋へ, 唯あたし, 商い下手や, 商売は, 四マル半ぐらい, 国威を, 園子さんの, 園子さん非常に, 坊さんなんかに, 坊様私は, 外に, 外の, 大きくなつ, 大きな堕落, 大丈夫, 大丈夫な, 大人, 大学へは, 大庭君に, 大番頭, 大船に, 天才だ, 天狗党一同と, 失業者で, 失策です, 奥さんに, 奥様です, 女が, 女とち, 女学校を, 女房の, 好い気, 妾だ, 妾を, 始めての, 姿見の, 威かしさえ, 子供だ, 子供ぢや, 学校へ, 安宅先生が, 実にまめ, 実に悪筆, 宴会の, 家出を, 寄らなかつたか, 富岡と, 専念丹下に, 将棋が, 小僧に, 小親, 山へばかり, 幸福もんだ, 弁理土じゃ, 引っ込んで, 当分儂の, 当局に, 後でまた, 御存知ない, 御縁辺, 心易く, 心臓盗人としての, 忙しい身, 思いますか, 思ふかね, 思わなくって, 怪我人だ, 恐竜の, 悪いお方, 悪党よ, 意気な, 愛子が, 懶け, 戦争に, 房代さんの, 手前が, 承知で, 担うこと, 指すと, 故郷の, 新聞社の, 日本に, 日野家の, 旦那や, 早くそれ, 早くも, 昔から, 昨夜輪太さんから, 時間を, 望みも, 本当にせん, 本当の, 村人たちに, 東の, 松田の, 染まり過ぎてるそう, 柳ちどりさん, 栄三郎どのの, 正直だ, 正直な, 此の, 此所なお, 此間の, 歳は, 歴乎と, 死んだほう, 死んだわ, 死んで, 段々育っ, 殺人だ, 毎日新聞は, 気が, 気がちいちや, 気の毒だ, 水戸へ, 江戸に, 江戸町奉行じゃ, 泰平郷の, 泳ぎが, 淋しかろう, 淫売よりも, 温柔しい, 測量技師だ, 烏啼が, 無暗に, 煙臭く, 熱の, 父親の, 犯人を, 独身だ, 猫が, 理想の, 生きて, 甲府訛, 男の, 疑い靴屋, 疑ご, 病気じゃ, 病氣な, 白い男, 白石松江で, 皆を, 直ぐにかしこまつたやうな顔, 真面目な, 矢張り, 知ってるさ, 知らないでしょうけれど, 知らないの, 碁を, 碌な, 私には, 私ばかりを, 秘密を, 突出た, 立派な, 童貞という, 粂之助を, 約束しました, 素と, 組合を, 網元だ, 縁で, 美人だ, 老いて, 聞分が, 聴え, 肩を, 肩布を, 自分でも, 自分を, 良妻賢母の, 色鉛筆, 若い人, 若松屋惣七どのを, 苦しいかも, 蒲団の, 虫も, 行かんでも, 西洋人の, 西洋館の, 見かけなかったかね, 見くびっての, 見据える力, 親戚中の, 親類だ, 許されて, 話しが, 誰ぞ, 誰だ, 誰な, 誰れ, 諦めの, 諾か, 買いなさるという, 赤と, 身の, 車の, 近比体, 近江源氏の, 逢って, 過ぎた, 金は, 鉢で, 長の, 間男する, 随分お, 随分かは, 雨が, 雨風や, 非常な, 頼りに, 飮ま, 飲みな, 馬鹿, 馬鹿あんたは, 馬鹿ね, 駕籠で, 高間さんぢや, 髪を, 鮒を, 鶴子さんとは, 黒石家に, 黙って, 鼻唄でも

▼ あんた~ (885, 16.6%)

28 ような 11 ことを 10 方が 8 ことは, 事を 7 ために, ように 6 いうこと 5 方から, 話を 4 お父, ものに, 仲間の, 前だ, 役は, 心を, 方は, 方も, 気持は, 身体は

3 [12件] いうよう, お兄さん, お父さま, お蔭で, ことばっかり, ところへ, 前で, 家の, 方で, 方を, 顔が, 顔を

2 [60件] いう通り, うちに, おかげで, お友達, お嫁, お店, お父さんの, お父さんは, お頼み, こ, ことが, ことぢや, ことで, ことなんて, こと心配し, すること, ためなら, ためを, ところに, ところの, ほんたう, 仕事は, 利害と, 前に, 前の, 前へ, 口から, 名前が, 商売は, 四歳の, 好きな, 娘さんは, 婿に, 子だ, 家には, 家は, 家へ, 家を, 御親切, 心が, 手で, 手に, 推測する, 描きたいもの, 方こそ, 方に, 方の, 方へ, 理想いう, 生命を, 留守に, 耳, 言う通り, 言ふ, 身の, 頭は, 顔, 顔こっ, 食器を, 首の

1 [594件 抜粋] あげたホシ, あた, あとを, いいひと, いい智慧, いうてること僕, いうと, いうとおり, いるところ, いわれること, いわれるよう, うそつき, え, えらいこと, おうちの人, おきまり, おくつ, おっしゃる通り, おとう, おへや, お世話くらい, お世話に, お世辞, お位牌, お出やす, お命, お婿さん, お嫁さん, お客さんだった, お客さんは, お心もち一つ, お抱えの, お母さんから, お母さんに, お母さんの, お母ちゃんかよ, お父さんと, お父さんなんて, お父さんや, お父さん大工さん, お留守, お疑ひ, お繩, お育て, お話で, お部屋, お金なんか, かかあ, からだ, からだぢゅうに, からだには, きまり文句だ, くるところ, くる二三分前, ことあきらめん, ことさ, ことだ, こととしてさ, ことなら, ことなんか, ことについて, ことみんなは, ことや, ことよ, こと追ってた, ごつごつしてる, じゃありません, せいな, そのおみ足, その人, その勝気, その威し文句, その手, その手拭ひとつ, その無邪気, その男, その苦しい, その虫, そばで, それへ, ためな, ためには, ため命も, ちっともご存知, つくったもの, とこい持っ, とこに, とこへ, ところで, ところは, ところへは, ところまで, ならポマード, にほ, はだ, はまり役さ, は虫, は限り, ひがみですよ, ほうじゃ, ほうで, ほうは, ほかの, ませた言葉, めんどうを, ものじゃ, ものだ, もので, ものです, ものを, やうな, やうに, やおま, やり方は, ような優れた, りっぱな, アダムという, アパートメントを, イヤがる, オヤジの, オルガンどころじゃ, コクリサマが, シャツなど, スパイな, チビさんの, パリの, ヒロポンは, フィヤンセつてどんな, ブッターバウムは, ベビかも, ペアノも, 一生に, 三振記録なんて, 下駄買う, 与える伴, 世話を, 中に, 主人には, 事, 事が, 事だ, 事だって, 事と, 事な, 事ばかり, 事をば, 事聞いた, 二万円も, 二十万は, 云うこと, 云うよう, 云う事, 人気を, 今やった, 今ゐた, 仏道の, 仕業じゃ, 代りだ, 仰っしゃる通り, 仲だ, 伜さんは, 伯母御の, 体の, 何か, 何かでは, 作つた, 使を, 例の, 係長からも, 借金の, 側に, 側を, 傍に, 兄さんも, 兄貴と, 八千円と, 公平さを, 内の, 内儀の, 処から, 処の, 処は, 処へ, 出て, 出来る限り, 出語りで, 分だけ, 分です, 分とあたし, 利害の, 前です, 前借の, 前途真っ暗に, 力は, 勉強なんて, 勝手ぢや, 勝手でしょう, 化け方は, 半分私が, 原稿だけ, 可愛い子, 同僚か, 同棲し, 名が, 名は, 名まえとやらを, 名刺入れ, 名前だけ, 名前で, 名前は, 名前を, 名義に, 周りを, 味方よ, 呼吸が, 唄を, 喜ぶもん, 噂さを, 噂を, 器量なら, 場合が, 境涯も, 声を, 外の, 夢なら, 大事な, 大層な, 奥さんじゃ, 奥さんです, 奥さんと, 奥さんに, 奥さんには, 奥様の, 女としてのね, 女房じゃ, 奴隷では, 好きに, 姿が, 姿を, 娘さんに, 娘は, 婦翁じゃ, 嫁入の, 嫌いな, 子う, 子どもは, 子な, 子に, 子供だ, 子分に, 学校の, 学校は, 孫の, 室の, 家から, 家が, 家に, 家へは, 家族に, 家族ばかり, 家用心なさい, 宿の, 寝像, 小屋の, 師匠の, 帰ったこと, 帰りを, 年では, 幾つの, 弟分じゃ, 影が, 役目は, 役目第, 後には, 後輩で, 御つれさん, 御主人, 御亭主, 御出世, 御大切, 御明察, 御機嫌, 御父さん, 御良人, 御酌, 心一つで, 心一つ私は, 心中に, 心尽くしは, 心臓を, 忘れてるもの, 念ばらし, 怒りん, 思いが, 思い出話を, 思ひ違, 恩は, 息子さんです, 恰好だ, 患者はね, 想像する, 感情尊重する, 我儘が, 我儘を, 戸籍じゃ, 所にも, 所へ, 扇を, 手が, 手がら話を, 手の, 手の平の, 手を, 手紙は, 手紙を, 手見せ, 担って, 持って, 指図なんか, 指輪に, 損な, 故郷にも, 料理じゃ, 方だ, 旦那, 旦那さんいうたら, 旦那さんその, 旦那さんどんなにがっかり, 景気何う, 最後だ, 望みでも, 望み放題の, 朝飯を, 本心じゃろう, 村で, 村に, 村の, 条件容れ, 来年の, 根は, 案内で, 楽しみにな, 様子に, 権利を, 樵夫の, 次男の, 欲しがる, 歌でも, 歯は, 死体だけでも, 母様はな, 母者人の, 母親だ, 毎日の, 気の, 気もちは, 気性では, 気持, 気持あたしには, 気持おれに, 気持を, 氣性を, 氣持を, 洋服着, 浪花節を, 源氏名は, 火は, 為には, 為めや, 為を, 物じゃろう, 犬かね, 犬が, 独り合点の, 生れた町, 男嫌いと, 画を, 番だつせ, 番や, 疑いは, 病中の, 病気は, 癖だ, 癖よ, 発見された, 目標じゃ, 眼から, 眼つきと, 眼で, 眼では, 眼の, 眼鏡が, 着て, 知ったこっちゃないんだから, 知ったこと, 知つた事や, 知つと, 知らんの, 知らん兄弟, 破滅を, 神様も, 秘密知ってる, 立場から, 立場として, 立場は, 第二, 管區で, 絵エと, 絵エは, 繊細な, 罪でも, 考えひとつで, 考えを, 聞きたがってること, 職業は, 肉体そのものに, 肉筆の, 肌は, 肩を, 背中に, 胸の, 胸一つです, 腕が, 腕前が, 腕次第だ, 腹の, 自由です, 船から, 良人に, 芸術だ, 苦しみを, 苦情を, 英語の, 茶瓶に, 蒲団位貰つたつ, 血相を, 血筋の, 血統の, 行きな, 行動を, 袂に, 袂の, 要るだけの, 見たという, 見るところ, 親戚にでも, 親父さまだ, 言いつけ通り, 言い値で, 言うこと, 言う事, 言う意味, 言ったよう, 言われたの, 言われること, 話では, 説明で, 責任だ, 責任ぢや, 責任です, 貯金が, 賭場に, 足だろう, 足でも, 足や, 足ンとこへ, 身が, 身の上話なんぞ, 身を, 身上話は, 身代りに, 車が, 遣り方, 適任じゃ, 邪魔を, 部下は, 部屋にや, 部屋まで, 都合で, 都合は, 配偶者, 金鎖みたいに, 鏡台貸し, 間で, 間には, 阿母, 阿母さん, 陣に, 隣へ, 鞄の, 順番です, 頭, 頼みだ, 顔なんぞ, 顔みれ, 顔色の, 馬鹿げた話, 驢に, 魅惑に, 鼻を

▼ あんた~ (535, 10.0%)

6 私を 5 たが, わたしを, 好きよ 4 出て, 来て 3 それを, 好きに, 教えて, 飮む

2 [25件] あたしの, あたしを, くるといふ, ここで, その人, わしの, わっし, ゐないあと, 一人で, 先に, 好き, 好きだ, 拵えたの, 最初に, 来ると, 此処に, 琵琶を, 知らないの, 私に, 考えて, 裸に, 見て, 遊びに, 風呂に, 飮むあてが

1 [444件] ああいう, あって, あてを, あのとき千円, あの探検屋折竹, あまり向こう, あまり文句, あまり飲ませる, あんなに苦労, あんまりおとなしい, あんまり好い, あんまり早, あんまり白い, いうから, いくらそんな, いくら不可, いくら笑っ, いけなかったのよ, いたいだけ, いつか言った, いつぱい飮む, いつもそれ, いて, いないんで, いるけに, うちに, うぬぼれなければねえ, おいな, おかみさん, おせっかいし, おぼえが, おみ, おろした資本, お医者, お困り, お母さんに, お母様に, お話しし, お金なんか, きまりが, きょうこちらに, くそ真面目, くるころ, けたいな, けっしてあたし, こうした名, こうして落着, ここから, ここの, こっちに, この世の中, この前, この前行, この商売, この娘っ子, この子, この村, この邸, これから塾生, これまで, これまでに, これを, こわいから, こんな姿, ごり, さういふの, さういふ決心, さう云, さう思ふの, さっき, さっきなすった, して, すき好んで, すてたもの, そういうひと, そういえる, そういったもの, そうおっしゃっ, そうした心, そうでなかったら, そうな, そうなされるなら, そうまで, そう仰し, そう思う, そこを, そそのかして, そない, その気, その白い可愛らしい, そんなにし, そんなに一人, そんなに元気, そんなに初, そんなふうにずけずけ云, そんなジレンマ, そんな事, そんな事言, そんな女, そんな心配, そんな高い, たつた今, たと闘, たどう, たの, たまらない程, たモスク, たレーニン, た大事, た夫婦, た年頃, だね, ちゃんと承認, ちようど岩国あたりの, つまらない, でかけると, とつて, とても好き, どうしても久我, どうしても弱虫, どうしてる, どうして煙草, どうしよう, どつさり, どんな偉い, なりたいという, なんとごまかしなさっ, なんぼ熱心, はじめてや, はじめて来た, ひッぱたいたわ, ほんとに大事, ほんとに落ちつく, まず第, まだ四ツ, まったくびっくり, みすみす困る, みんなを, めったにそんな, もう一度あの, もう少し利口, もう帰っ, もつと, ものごころつかん, やったよう, わしに, わたくしに対して, わたしの, ゐたの, ゐたらえ, ゐなかつたら今頃, ケイサツで, コワした, ストリート, ダンスを, パラグアイへ, ビックリし, フランス人, ボルなら覚え, ボーシンに, ママに, ミーちゃんを, ムキになつて相手, 一度は, 一番優待よ, 一番好きと, 一番拙かっ, 七十何歳に, 三日の, 上って, 不幸に, 世話し, 主賓じゃ, 乗らないという, 乗りだして, 乗りだすところ, 云ふけ, 五十なら, 亢奮し過ぎてる, 人中で, 今に有名, 仏壇お, 代って, 代つて, 代つて行, 伯父なれ, 伴田さんかな, 何だったら, 何を, 何処か, 何処かで, 信じて, 借りてる分, 働かんでも, 儲かる訳ぢ, 先の, 先度ゆきよった, 先斗町一の, 先方へ, 光丸を, 入れたん, 入れると, 再婚を, 凝つたなり, 出かけられて, 出かけると, 出したの, 出る時, 出れば, 出征した, 初めてぢ, 初めてよ, 別れたいから, 別段あたし, 勝ったら私, 勝手に, 千円出したら, 博士を, 去年の, 又昔, 取ったら煮て, 受け取る権利, 口で, 可哀想や, 可愛いく, 可愛くって, 叱られるか, 呉れた赤い, 善太郎様でございます, 喜助と, 嘘だ, 器量を, 四で, 困るんで, 園子さんを, 城で, 売り出して, 変えるのにさ, 外の, 外へ, 大きくなつ, 大キライ, 奥さんである, 奥さんに, 女だ, 女の子に, 女帝の, 好きじゃ, 好きだった, 好きらしい, 妻子が, 妾に, 妾の, 始めて, 威張るから, 娘に, 嫌ひ, 嫌われたん, 学校に, 学校へ, 安吾巷談か, 定めたこと, 家に, 密会の, 密告した, 寝床の, 居った方, 居なくなっちゃうと, 居るって, 居るもん, 山の, 帰ってないもん, 帰らなきや, 帰ると, 式で, 引き揚げて, 弱って, 張本人じゃ, 彫って, 往んなん, 待って, 心の, 忍んで, 怒るの, 怖いのよ, 思いちがいを, 思い出さなければ, 思って, 悩むとき, 悪いの, 悪いのよ, 悪いん, 悪口云ふよつてに, 意味する, 意識せず, 愛子を, 手ぶらで, 打たれたという, 打ちあけて, 拒絶するなら, 持つてるなんて, 掌へ, 掛けて, 描いたの, 援けて, 日本の, 早よ, 明智探偵の, 曲馬団に, 書いたもの, 書かなけりゃならないの, 書くまで, 會社へ, 本当にお, 李景雲さんです, 来るという, 来るの, 松吉さんだった, 構は, 横田という, 樵夫を, 此の, 此處に, 歸つたら, 死ぬか, 死ねば, 死んだり, 殺したくせ, 殺したの, 殺した紳士, 殺すつもり, 殺られるに, 気に入ったさかい, 気の毒だ, 気付かずして, 水商売で, 水田に, 永久に, 江戸つ, 江戸へ, 泊つてくれ, 泣いたら私, 泣いて, 泣くくらい, 海尻に, 淋しいの, 滞納分の, 無性に好き, 無理やり引きずり出す, 無茶な, 父と, 片輪, 玉突屋に, 現れるまでといふ, 生れた時, 生れた頃, 用も, 田舎から, 男はんの, 病気で, 病気に, 白いエプロン, 盆を, 相手に, 真先に, 真意を, 真珠に, 真青な, 睡って, 知って, 知らんと, 知らんもん, 社長を, 神の, 福田きぬさんの, 私から, 私たちに, 私の, 種を, 窓の, 立ち去るまでに, 立派な, 童貞だ, 笑顔じゃ, 約束する, 約束を, 肺病で, 肺病に, 脱走なすっ, 自分から, 自分の, 船長に, 色目を, 蟒さんの, 行かれなくなっちゃ, 行きなさいよ, 行っちゃ, 行って, 見えないだろうかと, 見られたもの, 覚えとっても, 親だ, 親戚さよう, 言うこと, 言ったもの, 言つた, 言われる通り, 証文書かん, 詐欺に, 詫事を, 詰め将棋を, 誓うという, 謝ること, 身を, 近藤さんから, 迷いこんで, 送つて, 逃げたって, 逢つて見ないじ, 達者で, 遠慮すりゃ, 適当だ, 邪魔だ, 野猪くれる, 金を, 金銀廟を, 釣りに, 鉄砲で, 鍵の, 間の, 青嵐の, 預かって, 飛びだして, 食べられて, 飮むが, 飮むのだつせ, 飮めいふから, 飮んで, 飲まなきゃあたし, 餘まり急き, 駕籠で, 高等海員の, 高野山, 黙って

▼ あんた~ (304, 5.7%)

5 知って 3 いっしょに, 一緒に 2 あれを, い, これで, それを, 却, 知っての, 私も, 行って, 達者で

1 [275件] あきれたもの, あたしも, あのとき, あの家, あの手紙, あの時, あぶない, あまりたいした, あわてずド, あんな青茄子, いっしょだ, いっしょだった, いて, いらっしゃいよ, いるの, いろ, いわば下, うちの, うっかりスパナー, おめでたいさ, お取りなさらぬ, お婆さんに, お相伴, お茶を, お飲みなさい, くどい, くどいのね, こうして平気, ここに, このあぶない, この書付将来, これだけの, ご承知, しかしいいかげん, しっかり神さん, すこし可笑しい, すっぱりとお気持ちよく, ずゐぶん隅, そうな, そうはじめ, そうヤキモキ, そう思うでしょう, そのパツチ, その冒険, その呪い, その女, その患者, その気, それそっくり, そんな気, そんな病後, だまって, どうしてもつ, どうして同じ, どうぞ, どうやら出, なかなかカマトト, なかなか隅, なにかいい, ばかね, ひとつ, ひとつ腕の, ひとつ飲みない, ぶらぶら遊ん, ぼくも, ぼけましたよ, まあ若い, まごまごしない, また大森, また無鉄砲, もうお父さん, もう二三年, もう帰つ, もっとらく, やっぱり家, やつて, やりにくい, ようわかっ, よう知っち, よく考え, よっほど, わかつて, わしの, わたしに, ダンス習は, バクチの, ホイトウにまで, ボヤボヤし, マア元は, 一ぺん下い行っ, 一人じゃ, 一人前の, 一度, 一時どこかへ, 一遍その, 三円ぐらい, 三田さんの, 三田さんを, 下さる, 世間が, 二三杯でも, 今に斯ん, 今の, 今日は, 今更わたし, 以前は, 仲間と, 似てるわよ, 佐倉宗吾を, 何か, 何で花田中尉, 何とか惡口, 何となく妙, 余りや, 余計な, 佳い別嬪, 保泉村で, 借りたもん, 偉くなっ, 僕に, 僕も, 先刻御, 光ちゃんも, 共産党じゃ, 共産黨ぢや, 其処に, 写して, 出なさいよ, 初ちやん, 口を, 口惜しかろう, 名古屋へ, 哀れな, 商売人ぢや, 四十過, 大いに飲ん, 大きくなつたら, 大威張りで, 大概分り, 大變, 女という, 妙な, 婦人の, 嫌でしょう, 子供ぢや, 実親, 家にばかり, 家の, 寝て, 察して, 将棋指しなら, 少し, 島崎と, 川那子が, 帰るの, 帰るんで, 年ごろ好きな, 幸福には, 広島かね, 床柱しよつ, 弱い日本人, 往きなはれ, 御亭主さん, 御存じの, 御承知, 忙しい身, 忙しくなる, 応募でっか, 息みな, 惣吉さんも, 愉快に, 戦災者の, 戻って, 折角樽, 新さんも, 新聞で, 新聞を, 早く云え, 早く起き, 早乗んなさい, 春子おばさんに, 景氣よく, 暑からう, 會へ, 本木昌造について, 来て, 来なくつちや, 来や, 東京なんて, 柿崎さんも, 案外理窟, 検事さん見たいな, 此処に, 此所の, 此方を, 死ぬよ, 死んで, 毎晩御苦労様だ, 気が, 気持よく, 氣の, 水を, 水戸の, 洋服に, 渡したらどう, 焼きが, 物好きな, 玩具が, 男じゃ, 男に, 男らしいも, 留守中落着い, 疲れはったやろお, 疲れるでしょう, 疲勞れな, 病気だ, 病気だった, 病気です, 病気な, 病氣です, 病氣な, 皆出したまえ, 盃みたいな, 直き出, 直に縛られ, 直子さんには, 相当ない, 相当に, 知ってるやろタンチー一杯, 知ってるやろ昆布茶一杯, 知つ, 知つてゐます, 社会の, 神経質ね, 私と, 立ち会つて話を, 立派な, 羽子つきしません, 考えて, 考へちや, 良いボーイ, 良い娘, 芝居見, 若いに, 苦労する, 落しやせん, 蛇好きマアーうれしい, 行つてみ, 衣ものを, 裁判に, 覚えて, 諒解し, 財産目あてで, 辛かろう, 迷信や, 追, 逃げて, 遊びに, 運の, 遣るん, 酔いなさい, 釣って, 間違えんよう, 随分お, 随分物好き, 隨分おい, 隨分と, 顔と, 飛びん, 食べぬか, 飲まんと, 飲めよ, 馬鹿だ, 駅まで, 骨が

▼ あんた~ (267, 5.0%)

3 頼むこと 2 あげましょう, あげよう, 一言いう, 会いたいと, 向って, 注意し, 譲りまっ, 造られたもの

1 [248件] あげる, あげるの, あげるわ, あげる気, あやまるつて, あやまるん, あんまり御, いいタネ, いい事, いうの, いえずにしも, いはれん, お伝えする, お嫁さん, お客さまです, お尋ねしたい, お手紙, お支払い, お會, お気の毒, お礼いわんならん, お金を, お願いが, お願いし, お願いする, かいな息子さんに, かかっちゃ, かくしたって, かなわないのに, きつと, くれたあの, けがらわしいなんて, こないだから, こなに, こんなの, さまゆみちゃんみたい, した詳しい, して, ぜひ話し, そうたいした, そう言ったら, そう言われた, それを, そんなに迷惑, そんな大事, たのみまっ, だから, ちよいと, とくと聴い, とてもいい, どれだけの, はやり通す自信, ひどく厄介, まかせようじゃ, もさうたん, もちと, ゆずりたい, ゆっくりわし, よう似た, よく似, よく似た, わかって, ダイヤモンドの, チョットお願い, ポンポン言, ポンポン言う, リベラルクラブへ, 一つた, 一杯つぎます, 一枚看板に, 一遍逢っ, 万づの, 万事まかせる, 三度話しさせた, 上げると, 与える印象, 乳を, 二十万円だし, 云ったでしょう兄, 云って, 云っとくこと, 今見離されたら, 代って, 任しますよ, 会いたいいうて, 会いたかったから, 会いに, 会うて, 会うの, 会えて, 会ったあの, 会ったの, 会って, 会わなかったこと, 伝だんなに, 伝わって, 何か, 何も, 借りが, 僕を, 其んな, 出来て, 別れて, 別れてから, 取つて, 名刺を, 呉れて, 命令する, 売ったから, 外科手術の, 大きな宿屋, 天国の, 好いこと, 好意を, 子が, 孝行を, 宜しくと, 実を, 家庭が, 対しちゃ, 居て, 山師を, 巡りあわなければ, 差上げる, 幸福を, 引き立てて, 当てて, 御心配, 恋した, 惚れて, 惚れてよ, 惚れてるって, 惚れとるじゃろ, 想はれ, 愛させて, 憎みを, 手紙を, 払う, 抗らっても, 折り入って, 抱かれて, 捧げなけりゃなるまい, 教えて, 教えられたよ, 教せ, 教は, 敵対する, 断わられたら生きて, 於ては, 是非とも, 是非買つてあげたい, 時政を, 枕を, 案内し, 極力応援, 横取りされ, 機嫌が, 正直に, 正真正銘の, 此地で, 残らず奢ったつもり, 殺されたい, 殺されて, 気が, 気の毒だ, 気の毒で, 渡すの, 滲み込まれた, 無礼を, 無駄な, 用が, 癌を, 白状した, 直接あたれない, 相談し, 相談したい, 眼を, 禍を, 私あ, 納得し, 聞いて, 聽い, 肩入れしてる, 興味を, 藝者として, 融通した, 行かれるの, 要求する, 見せたい, 見せべ, 見せるもの, 見て, 言いたい事, 言って, 言ってないわよ, 言わないよ, 言われるまでも, 許婚の, 詫まります, 話が, 話さなければ, 話したいこと, 話したこと, 話して, 話しますでしょうが, 誰も, 譲歩を, 負けない位, 負けんほど, 買って, 貸して, 貸すの, 較べると, 較べれば, 辛くあたる, 返して, 迷惑かかる, 送つて, 通じて, 造って, 逢うの, 逢えて, 逢ったら教えて, 逢ってから, 逢ひ, 逢ひたい粉炭はじく, 逢ふて, 進呈しよう, 進呈する, 遊びに, 部屋を, 銃剣術の, 限つて洋服代を, 隱し, 離れては, 離れるの, 電話が, 電話だ, 電話で, 面と, 預けたそう, 頼まれたから, 頼みが, 頼んだでねえです, 顏が, 首つた, 骨を, 鮒を

▼ あんた~ (162, 3.0%)

4 愛して 3 救って, 殺して 2 世話し, 尋ねて, 捜して, 探して, 殺そうと

1 [142件] あこがれさえも, あの外国人, うちの, うらんで, おどしつけて, お呼び止めした, お囲いもの, かどわかすこと, こうしてとりこ, この広い, こんなこと, ご飯食べ, さしおいて, しばらく借りる, じかによく識, たすけに, ただの, たよりに, どうして構, なにし, のっぴきならぬ, はじめほかの, ひたすら崇め敬う, ひつぱたくよ, ひとり私, ほうりだすくらい, ほんとうの, ほんとに愛し, まいて, よく検束, わしの, わしは, 一度この, 一方の, 一等に, 世界じゅうで, 乗せて, 二階座敷へ, 信じた, 信じて, 信用し, 借り切るって, 兄とも, 初めて知った, 前橋から, 助けたわたし, 助けて, 十時半までに, 口説いても, 可愛が, 可愛がって, 可愛がってる姉さん, 可愛がるもんじゃ, 呼びに, 呼んで, 呼んでるわよ, 咎めよるわけ, 大ばか者, 大事に, 奉公させ, 好きに, 好きませんや, 好意的に, 姉さんと, 嫌いだ, 子供扱ひ, 形容する, 待ち待ち昨夜, 待ち焦れて, 待って, 待ってた訳, 待つて, 待つなんと, 忘れるって, 怒らせようと, 怒らせるつもり, 思い切るなぞ, 思うて, 急き立てるの, 愛さなくとも, 愛したいの, 愛したくっても, 愛してるから, 愛してると, 愛してるわ, 愛するため, 手元へ, 抱いたもの, 抱いたり, 掏りました, 探しに, 探し出して, 措いて, 揶揄おうと思った, 放しゃしないし, 最初に, 正式に, 殺したいわけ, 殺したがって, 殺したくて, 殺したくなった事, 殺すか, 殺すの, 殺そうという, 泊めなくっちゃ, 烏啼か, 煽てて, 看病し, 研究所の, 突き飛ばしただけ, 紹介し, 紹介したい, 縛り上げて, 良く見, 苦しめるん, 袖に, 裸に, 見かけたって, 見つけたらこれ, 見に, 見ると, 誤解した, 誤魔化して, 請け出さして, 転ばそうなんて, 辱めて, 辱めること, 追放しよう, 逢わしたり, 連れて, 酷い目, 金で, 雇い入れるについての, 離れない, 鞭で, 頼つて来た, 養子に, 騙したおぼえも, 騙したこと, 騙して, 騙すつもり, 驚かしたが

▼ あんたはん~ (128, 2.4%)

6 のところ 4 のこと 3 どすか, のお 2 どない, にもお世話, にも会わせますいうてる, のおい, の心, の手紙, ももう, も私

1 [96件] あげますウ, あの晒し, あんな遠い, うだうだ言, えらい出世, お疲れ, お見いしまへん, かてあんまり, かてかなわへん, かてたいてや, かてもう, からまた, から聞きました, から訊かれる, が, がお, がおい, がおいで, がここ, がそんな, がただ, がな, がまた, がよう, が今ここ, が始終, この妓, この子何, そんなこと, そんな委しい, たんと持っ, だけ自分, て恥し, という人, とこんな, なんとし, にいただいた, にえらい, にお, にお知らせ, にそんな, にはまだ, にはもう, にも一遍相談, にも親御たち, によう断り, に一遍招, に会わん, に後で, に恥, に招, に操, に甘える, に見, に言います, のいま, のお世話, のこの間, のまあ, のまして, のよう, の世話, の今日, の御, の気, の許, の顔, はそりゃ, はどうやら, はもうとう, は女, は生命, ばかりやお, ほんならこれから, また顔, まだ八十, まだ松井さん, までそ, もお, もし, もそんな, もまた, もまんざら, もよう, も好き, も身分, ようお, よう往かれ, よっぽどお, 何でここ, 何で山, 泣くに, 珍しいもの, 知って, 見たやう, 違えんよう

▼ あんた~ (123, 2.3%)

3 一しょに, 夫婦に 2 いっしょに, このお母さん, この校長さん, 一緒なら, 僕と, 彦太郎が, 彦太郎は, 私とは, 結婚する

1 [99件] あたいが, あたしとが, あたしとは, いい仲, いっしょになってなけりゃならないもんなの, いつしよ, いること, おいち婆, おれたちは, お話しが, お話してる, ぐるに, こい行, こい行って, こうし, このお, このおでん, この人びっくり, この娘さん, この実行組合, この旦那さん, この火掻棒, この眼, こんな話, ご一緒, したいわ, してるやう, そういう事, そっくりの, ちがって, ひッ, ふたりきりで, もう彦太郎, よく似, わしとは, わたしと, わたしを, ジムとを, 一所に, 一緒だ, 一緒に, 一緒やったら, 乾杯した, 二人で, 二人分生きる, 云い捨てて, 今の, 仲好う, 会われへんよう, 余計な, 先夜見た, 光子さんと, 冬空の, 出かけるとき, 初めて友達, 別れたら生きちゃ, 別れた夜, 別れられへんわ, 別れるもん, 別れ別れに, 勝則さんとの, 口を, 同じです, 同じやう, 同じ位, 同じ家, 変な, 姉さんと, 嬉しそう, 対等の, 少し怖, 山木とは, 御心安い, 急に, 意気ご, 此処で, 父御, 相談した, 知ったらやるン, 知合ってから, 私と, 私とで, 空を, 答えきっと, 答えると, 結婚し, 結婚したい, 落ち合うつもり, 言う事, 言う人, 言ふ, 訊ねた, 許嫁に, 話する, 連絡を, 遊び度いい, 遊ぶため, 違って, 長老の

▼ あんた~ (100, 1.9%)

4 のよう 2 の中, の入る, の方, はどんな, や私

1 [86件] あ, ああを, ああんた方, あその, あ天下何とか, あ水戸, あ頭, おいしいもの喰, おわかり, があたし, がこしらえた, がどうして, がオレ, が一致, が何で, が自分, が調べる, が逆立ち, そんなつまらん, だ, だったん, で天下, と一緒, と吾, と食物, どうあっ, などはよほど, なんぞはまだ, にとってもそれ, にとられ, にはまだ, にはわからん, には何, に催眠術, に報告, に害, に申し上げ, のあたりまえ, のおつもり, のお世話ア, のお父さん, のやり方, のゴムリ, の世界, の事情, の仕事, の全身, の商, の商売, の折角, の眼, の知っ, の荷物, の裸, の銅像, の顔, の骨, は, はうめえ, はそれ, はどこ, はなぜ, はむしろ, はわし, はわっ, は今日, は令状, は何人, は兎角, は明智小五郎, は本, は貴島なぞ, まで戦, もなア, も他所事, も口惜しかろ, も早う, をどっか, を一人, を探し, を掴めえた, を迎え, 又洗物, 困らしてやろいう気イ, 御夫婦, 頼みたいと

▼ あんたには~ (67, 1.3%)

2 これが, なんの

1 [63件] あるの, いいお, いい人, いくらか, うんざりしました, お気の毒, お金なんか, そういうこと, そういう順序, そういっ, そのこと, そのわけ, それほど信用, そんな風, たこを, だいぶ銀行預金, ちっともわからない, ちとわかりかねます, どうも云い, ほかに, もう久しく, わからねば, わかるはず, わかるまあ, わかるまいが, わるいこと, サーベルを, 一の, 乳を, 人情味が, 会へ, 但し相手, 何も, 何を, 作家として, 健坊が, 僕の, 兜を, 分ってんねん, 分らない, 十銭芸者の, 同情し, 大きに苦労, 太鼓をね, 奥さんも, 妾に, 山殺しという, 屹度ほかに, 急な, 愛国心が, 散々騙り取られた, 気の, 無断で, 無理かな, 生涯力に, 發言權は, 縁も, 見当が, 解らないだらう, 負けたよ, 迷惑を, 追いつかないけれど, 関係の

▼ あんた~ (39, 0.7%)

2 のこと, の間代

1 [35件] あ腑抜け, がさ, がやりなせ, が乗り込ん, が居る, が日頃, これからどこ, こんな所, っちゃ, という人, にはない, にもおいしい, にわからない, に加勢, のお力, のところ, のよう, の乱暴はなみ, の努力, の望んでる, の盗まれた, の睨め, の肩, の車, はそろ, はとにかく, はどういう, はゆ, は何, は何故, は本田さん, は空想化, は身慄いし, を相手, を見せつけられ

▼ あんたみたい~ (34, 0.6%)

3 なひと 2 なへん

1 [29件] なお母さん子, なこと, なねむ, なもん用, なバカ, な不精者, な人, な人欺, な別嬪さん, な心持, な恥知らず, な江戸っ子, な狂気女, な男, な若い, な顔, な飛び切り, にメソメソ, に人生, に何ぞ, に初め, に大きく, に得手勝手, に男, に神さん, に綺麗, に苦労, に薄情, に褒め

▼ あんたさん~ (33, 0.6%)

1 [33件] いい手箱, お嫁さん, がもう, この長椅子, これからたま, その御用達, であればこそ, とこい, とした, とは切っ, と一緒, どうした, どつち, にわからん, に下落, に読めん, のいなさった, のいられた, のお, のお祖母さん, の後, はいつ, はこれから, はどうして, はどこ, はわたし, は英語, ひょっとお, まだ行かねえ, もお, もその, を抱い, 一体なに

▼ あんたから~ (29, 0.5%)

1 [29件] いつか聞いた, おいでや, ささげて, して, それほど思い附かれる, つきまとわれれば, わが輩が, 一言約束の, 上げて, 何ひとつ貰いは, 何も, 奥様に, 姉ちゃんに, 小山さんに, 徐庶へ, 忠告みたいに, 文句言われる, 村の, 毎日こうして, 絵を, 聞くこと, 色々きいた, 言われたからの, 謝罪つと, 貰うた手紙, 貰う金, 送って, 金が, 馬乗りを

▼ あんたがた~ (29, 0.5%)

1 [29件] じゃ, ですぞ, にあげる, にはわかっ, には一応, に提供, に聞かせたら, に親切, のする, のふたつ, のほう, の土地, の恋愛, の来訪, の番, は, はそりゃ, はやっ, はやっこさんたち, は一体, は商売, は奇術師, は精進, は良い, も一つ, をあまりに, をいじめ, を前, を笠

▼ あんたたち~ (29, 0.5%)

2

1 [27件] くるでしょう, この二三日なに, その会社, だって逃げられない, にはわからない, に待っ, に相談, のままごと遊びみたい, の伜さん, の受けもち, の方, はえら, はしばしば, はそっち, はどこ, はなに者, は乗っ, は何, は先生, は始め, は猫, は私, ほど変, もきょう, もひとつ, も使った, も承知

▼ あんた~ (28, 0.5%)

3 がいい 2 して

1 [23件] あが, うして, かくわしい, か失策, がおかしい, が面白, さ, ていうの, ていう名, ていつた, ともなかっ, になる, にもお, の事, の権利, も堂島さん, も言えない, をいっ, をする, を作る, を笑っ, を見, を言う

▼ あんたにも~ (25, 0.5%)

1 [25件] いや柘植, いんで, そののろま, そんな事, わかったでしょう, わっし, 一杯, 三十票ほど, 出来るで, 分ってる筈, 分らないかも, 危害を, 厄介に, 可い顔, 多少の, 夜分に, 散々苦労を, 来て, 気の毒だ, 無えん, 用さえ, 痛いの, 着られさ, 解ったでしょう, 長く御

▼ あんた~ (22, 0.4%)

2 嫁さんに, 嬢ちゃんに

1 [18件] みつつ, 一人かな, 一人で, 乳を, 休みにも, 信さんを, 兼さんの, 園さんの, 坐りと, 宗旨は, 弟子さんだつて, 泊りやすか, 父様の, 葉はんに, 薬屋さん, 酒のむ, 金持でしょう, 風呂に

▼ あんた~ (22, 0.4%)

4 とこの, とこへ 2 とこも

1 [12件] じゃろう, たるもの, たる農業危機, ちの母さんうちの, とこじゃ, とこで, とこみたいな, とこを, とこ杉山さん知らなかつた, とした, としてしばらく, として横臥

▼ あんた一人~ (21, 0.4%)

2 で行っ, よ

1 [17件] か, じゃあ勿体ない, じゃない, だけだ, だもの, でお, でなさい, で働い, で出したら, で来なさつたよなあ, で東京, で正夫さん, のせゐぢ, の力, の留守, の留置場, を殺させやせん

▼ あんたどう~ (20, 0.4%)

4 したの 2 思う

1 [14件] いふもん, お思いる, したア, して, する, するつもり, するの, する歩いたら七時間, だつた, だね, 思います, 思うたんか, 思うね, 思って

▼ あんた~ (19, 0.4%)

1 [19件] お先い, お先い帰つ, どこから, どんなわけ, なんか, ゆうべ愛宕の, ズッと, チヨツと, バーの, 兄さんの, 古賀さあの, 寐坊じゃけ, 左うちわじゃ, 抜く気, 気が, 珍しい大, 知らん顔で, 誰だ, 馬乗りに

▼ あんたこそ~ (19, 0.4%)

1 [19件] あたしの, あの晩どこ, うそつきや, お人好しの, お嫁入り前, からだに, なにを, ほんとの, 下等や, 人間の, 判つく, 変り者よ, 奧さんが, 嫉いてる, 少し男, 誤解しない, 邪推してる, 野呂さんの, 頭古い

▼ あんた~ (19, 0.4%)

2 なんて

1 [17件] あ, から打明ける, ちの望みを, ちの気持が, つた, つてあの, つてたまには, つてもう, つて坊やの, つて気取つてる, つて知つてゐます, つて赤ん坊だ, ということ, とて顫, とは思つて, なさっき, よ

▼ あんたという~ (19, 0.4%)

8 人は 2 名前です, 名前の 1 ものが, ものを, 人が, 人も, 人を, 新らしい, 腕っぷしの

▼ あんたあたし~ (18, 0.3%)

1 [18件] がもう, が好き, が寮, が恐ろしい, が誘惑, なんかといっしょ, に命令, に恋し, のお父さん, の一, の亡くなった, の代り, の裸, を何者, を思い切る, を疑, を知ってる, を綺麗

▼ あんたまだ~ (18, 0.3%)

2 起きて

1 [16件] お伽詩の, それっぽ, それを, そんねえに, ふるえて, ほんとの, 京都に, 寝て, 新任で, 注射を, 生きてたん, 知らつし, 知らないの, 若い, 起きてたの, 間代が

▼ あんたあの~ (16, 0.3%)

4 人と

1 [12件] う船場, ひとが, やうな, レデーに, 人の, 匕首は, 女の, 子の, 方に, 片一方で, 秦さんと, 話知ってる

▼ あんた~ (16, 0.3%)

1 [16件] から舐められ, がこんだ, がその, がわてをこき使うた, が何, が小石先生, が死んだ, が腹, にまでこんな, に苦労, のスカート, の寝ついた, の眼, の足, の顔, も私

▼ あんたそんな~ (15, 0.3%)

1 [15件] こといい, こというたら, ことが, ことばつかし考へ, ことを, ところで, ところに, むずかしい顔, ものひとりで, 事を, 工合に, 悪いこと手ッ伝, 水臭い人, 無理な, 狂言書い

▼ あんたこの~ (14, 0.3%)

1 [14件] おやしき, ひと月ぐらい, 夏の, 柿を, 浜尾組に, 狸を, 町に, 若松で, 頃いやに, 頃でも, 頃は, 頃また, 頃何やかや, 頃段々

▼ あんただって~ (14, 0.3%)

1 [14件] あいつらが, お通しすれ, そうお, だらしない男, なるたけ色っぽい, キリスト教でしょ, チャールストンと, ブリストルへは, 友田さんで, 時には推測, 本気で, 知ってるでしょう, 血を, 訳の

▼ あんたなんか~ (14, 0.3%)

1 [14件] いつ眠っ, まだその, まだ世の中, まだ子供, まだ食気, 大嫌いよ, 女学生から, 好きに, 愛して, 拝む気, 業病が, 死んだって, 私の, 軽いん

▼ あんた~ (14, 0.3%)

1 [14件] あどう, から直接何, がそんな, が附い, に任せる, に貸した, のいてる, のところ, の考一つ, はまだ, も妻恋行き, を飢ゑさしやせん積り, 知ったこッちゃ, 知らんの

▼ あんたとは~ (11, 0.2%)

1 [11件] いくらも, いつまでも, これで, たいへん身の上, ねえカテリーナ・イリヴォーヴナ, スツパリに, 今日始め, 俺にとって, 別です, 意気込みが, 違ふ

▼ あんたもう~ (11, 0.2%)

1 [11件] そういう風, その人, よろしいがな, クリームなんか, 二十日からの, 大分臥てじゃけ, 帰つてくだせ, 御飯にな, 私に, 贔屓に, 酒の

▼ あんた~ (10, 0.2%)

2 が好き 1 に礼, のお, のからだ, の一生, の留守, はお前さん角力取, をもう, を軽蔑

▼ あんた自身~ (10, 0.2%)

1 には知れない, のこと, のそんな, のね, の面汚し, はまだ, は生き, もその, をたちまち, 或いはお家

▼ あんたその~ (9, 0.2%)

1 ごの, 人と, 人を, 娘さんに, 時分は, 牡蠣食べん, 男に, 詩よんどりやせん, 関係者一同を

▼ あんたでも~ (9, 0.2%)

1 いい, いなかった日, そうな, どうかし, よい, よかろう, 同じこと, 辛いわ, 駄目じゃ

▼ あんた~ (9, 0.2%)

2 ない色 1 がいな, ないする, ないにか, ない云, ない思, ない思い, ない思うてる

▼ あんたなに~ (9, 0.2%)

1 さ, してるの, しとるか, そんな力, もしなく, も知らない, を, をする, をリクエスト

▼ あんた~ (9, 0.2%)

3 がつかない 1 でも違った, のせい, はたしか, をつけ, をつけなく, をつけん

▼ あんたかって~ (8, 0.2%)

1 あてに, きっとそうして, そうやった, そない, めったにそんな, 口惜しやろ, 察して, 知ってるや

▼ あんた~ (8, 0.2%)

1 あつて, その必要, ひとて, 好きな, 新人会を, 無いと, 重たくなった, 間に合うよ

▼ あんたです~ (8, 0.2%)

31 かあて, かい, かのどう, な, よ

▼ あんたとこ~ (8, 0.2%)

1 が流れ, が焼けた, でお金, にはお, はけしからん, は昔, まで行きました, も

▼ あんたより~ (8, 0.2%)

1 あての, お駒ちやん, きれいな, ちやん, ほかだめだ, わしの, ズット巧かった, 家内の

▼ あんた~ (8, 0.2%)

1 から三年前, この場, さっき気が, じゃ一流, でも怒っ, のうち, 更にな, 石を

▼ あんた~ (8, 0.2%)

1 のあて, の土地, の手紙, の有, の樣, の皿, の金, の馬

▼ あんたいい~ (7, 0.1%)

1 じゃない, ところへ, ように, 人が, 子だ, 気に, 顔色を

▼ あんたかて~ (7, 0.1%)

1 こないだ姉ちゃんに, それは, 一番光子さん可哀そうや, 僕を, 嫌でも, 未練な, 薄々知ってたやろ

▼ あんたさま~ (7, 0.1%)

1 がいらっしゃった, にお, に言えます, のおっしゃった, のお子さん, は何と, を助け

▼ あんた少し~ (7, 0.1%)

1 いけるか, だまって, 怪しかつ, 気が, 浜の, 話を, 重い病人

▼ あんた~ (7, 0.1%)

1 から, が甚伍左, つかまえて, の半分づつのお心持, の命, は婆, は村

▼ あんた~ (7, 0.1%)

1 かに追われとる, から石, がダイヤモンド, だと, ですねん, でも女子, に気兼遠慮

▼ あんたあて~ (6, 0.1%)

1 だん, に仰山もの, に何ん, に恥, のこと, の氣分

▼ あんたあれ~ (6, 0.1%)

1 からずうッ, からどんな, が今, が行たん, で風, は親

▼ あんたこれ~ (6, 0.1%)

1 だけこちらさん, っぽっち, でこの, で舌, は何, 食べない

▼ あんた~ (6, 0.1%)

3 ないな 2 ないに 1 ないひがん

▼ あんたそれ~ (6, 0.1%)

1 だで, で痛く, は正気, を知らない, を警察, ァ何

▼ あんたそんなに~ (6, 0.1%)

1 いけるの, 年イ取った, 急ぐならできてるおかず, 確めたけりゃ, 簡単に, 身体を

▼ あんたなら~ (6, 0.1%)

1 きっとしっかりやっ, そうかも, どないし, ヘマは, 丁度いい, 耄碌も

▼ あんたほんま~ (6, 0.1%)

1 に奇怪, に川べり, に戦争, に歸ら, に羨ましい, は何年

▼ あんた今日~ (6, 0.1%)

1 どんな気持, は何れ位, は学校休み, ハキハキしない, 住替へに, 何で突然あん

▼ あんた知っ~ (6, 0.1%)

2 てん 1 てい, ていません, てじゃろう, てます

▼ あんた自分~ (6, 0.1%)

1 でお, でそんな, でも知っ, で先生, で関係, の事

▼ あんた見たい~ (6, 0.1%)

3 な人 1 な落第家, に利口, に勉強

▼ あんたあんた~ (5, 0.1%)

1 がボル, その時分, は割, は天麩羅, も衣もの

▼ あんたここ~ (5, 0.1%)

1 でそっと, で何, にこうして, に立っ, へ来た

▼ あんた~ (5, 0.1%)

1 いその, ういふところ, うぢ, 兵隊の, 隊へ

▼ あんただけ~ (5, 0.1%)

1 だった, だなんて, では, 来ないん, 来ないんで

▼ あんただち~ (5, 0.1%)

1 が舐められとる, も猫好き, を泥棒, 二人は, 夫婦どっちも

▼ あんたって~ (5, 0.1%)

1 ほんとに悪く, 人は, 人はなんて, 子供ねえ, 部屋に

▼ あんたとの~ (5, 0.1%)

1 こと聞い, 事に, 噂は, 約束は, 間に

▼ あんたどうして~ (5, 0.1%)

1 いままで, この小, 健坊を, 泣いたん, 組合には

▼ あんたなん~ (5, 0.1%)

1 ですよ, でも三月, なのよ, の不服, の先生

▼ あんたなんかに~ (5, 0.1%)

2 用は 1 かまっちゃ, マゴマゴされる, 分って

▼ あんたにゃ~ (5, 0.1%)

1 どう見えますい, 御先祖, 御恩, 房代と, 気の毒だ

▼ あんたひとり~ (5, 0.1%)

1 で何もかも, で淋しい, ならどんな, の男, の身体

▼ あんた~ (5, 0.1%)

2 そのほか 1 いふこと気, ほかの, 坊やが

▼ あんた~ (5, 0.1%)

3 の人 1 い来て, を持つ

▼ あんた~ (5, 0.1%)

2 自身の 1 氣味惡い, 親切だ, 迷惑でも

▼ あんた此処~ (5, 0.1%)

1 えお掛けなせ, から下り, で待っ, にゐた, は夫婦

▼ あんたいつ~ (4, 0.1%)

1 から此処, しよに, まで足洗, 帰る

▼ あんたお金~ (4, 0.1%)

1 があっ, のこと, 持って, 持ってないの

▼ あんたぐらいの~ (4, 0.1%)

2 年に, 年配の

▼ あんたさえ~ (4, 0.1%)

1 しっかり覚え, その気, 居なければ, 構わなければ

▼ あんたじゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんぜ, ないか, なくって, ママの

▼ あんたどこ~ (4, 0.1%)

1 でそれ, にいました, の家, の方

▼ あんた~ (4, 0.1%)

1 のよ, んだ, んで飮, 鬱陶しい顔

▼ あんたにとって~ (4, 0.1%)

1 これっぽ, 共同の, 現在の, 重大な

▼ あんたに対する~ (4, 0.1%)

1 同情心から, 愛情を, 義務です, 自分の

▼ あんたはん私~ (4, 0.1%)

1 がここ, が傍, ちょっと帰ります, のとこ

▼ あんた~ (4, 0.1%)

1 届けるはず, 渡すよう, 特別の, 返すから

▼ あんたほんとに~ (4, 0.1%)

1 それの, 心配じゃろ, 誰にも, 起したの

▼ あんた~ (4, 0.1%)

1 に, に丘田さん, に検番, へ行く

▼ あんた本当に~ (4, 0.1%)

1 いい方, どこも, 一生懸命やる, 行かないの

▼ あんた知ってる~ (4, 0.1%)

21 じゃありません, んです

▼ あんたあんまり~ (3, 0.1%)

1 ひどい, 情が, 私が

▼ あんたきっと~ (3, 0.1%)

1 役者ね, 旅役者だ, 猟師さんね

▼ あんたさっき~ (3, 0.1%)

1 からおっかない, なにかわたし, 男らしゅう定めよう

▼ あんたすぐ~ (3, 0.1%)

1 いって, お酒, 解りますよ

▼ あんたただ~ (3, 0.1%)

1 のお客, のチンピラ, 一人きりの

▼ あんただれ~ (3, 0.1%)

2 だね 1 か好き

▼ あんたとも~ (3, 0.1%)

1 もう逢われなくなる, 何べ, 別れる時

▼ あんたなぜ~ (3, 0.1%)

1 これを, 歌わないの, 顔を

▼ あんたに対して~ (3, 0.1%)

1 おとなしくす, こうしよう, 失礼過ぎる

▼ あんたまで~ (3, 0.1%)

1 そんなこと, そんなこと気, 変に

▼ あんたダンス~ (3, 0.1%)

1 が一人前, できるだらう, をやらない

▼ あんた~ (3, 0.1%)

1 の主人, の夫婦, の女中部屋

▼ あんた今夜~ (3, 0.1%)

1 どうかしてる, はお, は嘘

▼ あんた~ (3, 0.1%)

1 ていらっしゃる, で来, らん方が

▼ あんた~ (3, 0.1%)

1 なボタン, な人, な声

▼ あんた~ (3, 0.1%)

1 い行くわなあ, が焼けた, の旦那様何

▼ あんた本気~ (3, 0.1%)

1 でそう, なん, にし

▼ あんた東京~ (3, 0.1%)

1 でやす, に帰っ, の学生さん

▼ あんた病気~ (3, 0.1%)

1 だつて言, だなんて, でここ

▼ あんた知つて~ (3, 0.1%)

2 ゐやはり 1 ゐるわね

▼ あんた知らない~ (3, 0.1%)

1 かしら, のかい, のね

▼ あんた茉莉~ (3, 0.1%)

1 が好き, と, に借り切られてる

▼ あんたいける~ (2, 0.0%)

1 ね, の

▼ あんたいや~ (2, 0.0%)

1 でせう, はりますか

▼ あんたうち~ (2, 0.0%)

1 がそ, のお父さん

▼ あんたええ~ (2, 0.0%)

2 加減に

▼ あんたおなか~ (2, 0.0%)

1 がすいた, 空いてるでしょう

▼ あんたおら~ (2, 0.0%)

1 が先ごろ, に何ん

▼ あんたからは~ (2, 0.0%)

1 すべての, 貰おうなんて

▼ あんたからも~ (2, 0.0%)

1 手紙を, 話して

▼ あんたくす~ (2, 0.0%)

2 のきさん

▼ あんたぐらい~ (2, 0.0%)

1 なもん, 真剣に

▼ あんたこれから~ (2, 0.0%)

1 その音声, ちよい

▼ あんたこんな~ (2, 0.0%)

1 綺麗な, 黒い体

▼ あんたさい~ (2, 0.0%)

1 よかったら, よろしかったら

▼ あんたすこし~ (2, 0.0%)

1 寝むといゝわ, 馬鹿よ

▼ あんたそれで~ (2, 0.0%)

1 よろしおま, 責任を

▼ あんたそれでも~ (2, 0.0%)

1 い, ワッカナイは

▼ あんただけに~ (2, 0.0%)

1 きいて, ですよ

▼ あんただけは~ (2, 0.0%)

1 それや, 特別や

▼ あんたちょっと~ (2, 0.0%)

1 あって, 繕って

▼ あんたつて~ (2, 0.0%)

2 いふひと

▼ あんたでした~ (2, 0.0%)

1 か, かいな

▼ あんたところ~ (2, 0.0%)

1 の三千円, はぼろい

▼ あんたとても~ (2, 0.0%)

1 大きくな, 大胆ね

▼ あんたとにかく~ (2, 0.0%)

1 あんたが, 好きな

▼ あんたどんな~ (2, 0.0%)

1 気が, 組織イに

▼ あんたなどは~ (2, 0.0%)

1 こうしてこの, アメリカに

▼ あんたなんかも~ (2, 0.0%)

1 これから心掛け, 随分女

▼ あんたなんぞ~ (2, 0.0%)

1 唄いな, 本当に仕合せ

▼ あんたにだけ~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 見せて

▼ あんたにや~ (2, 0.0%)

1 わからん, 少し可

▼ あんたはなんて~ (2, 0.0%)

1 おかしな人, おつ

▼ あんたはんほんま~ (2, 0.0%)

1 に手相, に江戸ッ子

▼ あんたはん一つ~ (2, 0.0%)

2 おあがりな

▼ あんたはん何~ (2, 0.0%)

1 の因果, の権利

▼ あんたはん先~ (2, 0.0%)

1 き帰ってと, き往

▼ あんたばかり~ (2, 0.0%)

1 おもてます依つ, そんなにベラベラ

▼ あんたひとつ~ (2, 0.0%)

1 口説くところ, 引受けて

▼ あんたひどい~ (2, 0.0%)

1 わあたし, わよ

▼ あんたほど~ (2, 0.0%)

1 な大人物, 好きに

▼ あんたほどの~ (2, 0.0%)

1 女を, 麗人の

▼ あんたほんとう~ (2, 0.0%)

1 に可哀そう, に命

▼ あんたまあ~ (2, 0.0%)

1 この着物, 考えて

▼ あんたまた~ (2, 0.0%)

1 何を, 殺しちゃうのね

▼ あんたまア~ (2, 0.0%)

1 一つお, 何んで

▼ あんたみたない~ (2, 0.0%)

2 人は

▼ あんたもうこ~ (2, 0.0%)

1 のあと出番, の娘っ子

▼ あんたもし~ (2, 0.0%)

1 戦争にでも, 裏切るよう

▼ あんたやったら~ (2, 0.0%)

1 これどころや, 文句無しに

▼ あんたよう~ (2, 0.0%)

1 知らんくせ, 聞いて

▼ あんたよくも~ (2, 0.0%)

1 そんな口, 愧かしくない

▼ あんたよりも~ (2, 0.0%)

1 晃一さんの, 高いし

▼ あんたわし~ (2, 0.0%)

1 は人, もこの

▼ あんたハイ~ (2, 0.0%)

2 かライ

▼ あんた一寸~ (2, 0.0%)

1 待って, 見て

▼ あんた一昨年こちら~ (2, 0.0%)

1 へ戻った, へ戻つた

▼ あんた両親~ (2, 0.0%)

1 そろって, は

▼ あんた二階~ (2, 0.0%)

1 にゐた, へ上つて

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の金ただ

▼ あんた今日市場~ (2, 0.0%)

1 の方, へ寄らない

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 なら別に, ひ頼み

▼ あんた何時~ (2, 0.0%)

1 から鹽原角右衞門, か知つてはりまん

▼ あんた何處~ (2, 0.0%)

1 い行くん, の人

▼ あんた信用~ (2, 0.0%)

1 する, せえへんの

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 がひと, が力ん

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 に対してどんな, に対して何

▼ あんた光ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の帰る, 待って

▼ あんた冗談~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, にも程度

▼ あんた利助~ (2, 0.0%)

1 が, はどうして

▼ あんた口説き~ (2, 0.0%)

2 なはれ

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 が要らないなら, はない

▼ あんた好き~ (2, 0.0%)

1 な人, な男

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 なもん, に黙つてる

▼ あんた姉ちゃん~ (2, 0.0%)

1 にカマ, に会う

▼ あんた~ (2, 0.0%)

2 やはります

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 とわし, にちょい

▼ あんた待っ~ (2, 0.0%)

1 てなさる, て居った

▼ あんた怒っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ あんた怒る~ (2, 0.0%)

1 かい, と本当に

▼ あんた方これ~ (2, 0.0%)

1 がふしぎ, を買っ

▼ あんた日本人~ (2, 0.0%)

1 がまだ, なのね

▼ あんた昨夜~ (2, 0.0%)

1 おそうに, おそくあの

▼ あんた朝鮮~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ あんた未だ~ (2, 0.0%)

1 なす, 生れて

▼ あんた楽しい~ (2, 0.0%)

2 と思った

▼ あんた気イ~ (2, 0.0%)

1 でも違う, わるしてんの

▼ あんた泣いてる~ (2, 0.0%)

1 な, んぢや

▼ あんた玉井さん~ (2, 0.0%)

1 と変, に惚れる

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 いうもの, じゃない

▼ あんた立派~ (2, 0.0%)

1 なお寺さん, なミナリ

▼ あんた綿貫さん~ (2, 0.0%)

1 と歩いてた, 知ってるの

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 が抜け, が脱

▼ あんた行き~ (2, 0.0%)

1 なはるか, はりまん

▼ あんた行っ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て上げたら

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 つたぜ, ふの

▼ あんた証人~ (2, 0.0%)

1 になっとい, になつて頂戴

▼ あんた部屋~ (2, 0.0%)

1 にそなえ, 移つたらどう

▼ あんた~ (2, 0.0%)

1 を儲けなけれ, 有りますか

▼ あんた青バス~ (2, 0.0%)

2 の車掌さん

▼ あんた香代ちやん~ (2, 0.0%)

1 にホ, の事

▼1* [645件]

あんた良い女, あんたあお父さまと, あんたあたし嫌ひ, あんたあっちい往, あんたあるきさんなぞに, あんたいくの, あんたいくら村中を, あんたいくらか煙草銭でも, あんたいじわるね, あんたいずれ東京へ, あんたいたいわよ血, あんたいったい幾人ぐらい, あんたいったいどう思います, あんたいつかこういった, あんたいつか女道楽ははた, あんたいつこっちへおい, あんたいつも一晩中歯ぎしりを, あんたいまこの川, あんたいまどこの仕事, あんたいまなにがおかしい, あんたいろけづいた, あんたうぶなのね, あんたうれしくないの, あんたおいきよ, あんたおいやすかおい, あんたおかしいこという, あんたおしるといい, あんたおねがいだから, あんたお前さんうちの人などと, あんたお嬢様が莫大, あんたお子さんある, あんたお客をとっ, あんたお家どこなの, あんたお巡りさんよ, あんたお腹大きいん, あんた蝶子さんか, あんたかと男は, あんたかねプールさん, あんたからの手紙を, あんたがなんて答へ, あんたがまんできるやろ思うて, あんたがよかつたつ, あんたきいてくれない, あんたきょう青い月曜日, あんたきんの道頓堀, あんたぐらゐにいけばどこへ出, あんたけったいな人, あんたこがれなさった癖に, あんたこぎゃん時に, あんたこつそりやつて, あんたこないに言っ, あんたこないだもうお, あんたこのごろ何考えてるん, あんたこの小さな声を, あんたこれいくつ買った, あんたこれからちょいちょいお出やす, あんたこんど重吉が戻ったら, あんたこんなに貰ったのよ, あんたたるひとは, あんたさい心変りせエ, あんたさい意地の悪い, あんたさっきあたしの背中, あんたさっき安宅先生とは手紙, あんたさつきからの話, あんたさま今まで真間, あんたさんお気に召さん, あんたさんお茶なと召しあがりません, あんたさんここはなあんたさん, あんたさんところのお, あんたさん十八人も死にました, あんたさん正直なところ, あんたさん毛色の違うた, あんたさん立派なお, あんたさん赤ちやんば, あんたしかできないこと, あんたしだいだ, あんたしっかりしなさいよ, あんたしばらく介抱しとい, あんたじかに頼んだらえ, あんたじゃったかマルモ君, あんたすっかり云っちゃったのね, あんたすまないけれど隣, あんたすまんが酒屋, あんたずいぶん薄情ね, あんたずっと家に, あんたそいじゃ駄目, あんたそう云ったじゃ, あんたそこに誰, あんたそしてまたなぜ傍, あんたそもそも慎しみを, あんたそりゃ先へ, あんたそりゃあいけませんよ, あんたそれあたしに譲っ, あんたそれぢやなに, あんたそれ本気で云ってる, あんたそんときなんて言った, あんたそんなふうに女の, あんたそん時まで女, あんたたしかにいったじゃ, あんたたちお伴つきで来た, あんたたち二人でわたし, あんたたち始めからしまい, あんただいぶ変ったのね, あんただけが満足の, あんただったらお爺ちゃん, あんただのバスティユだの, あんたッとも, あんたちいと何, あんたちがった犯人を, あんたちっとも物を, あんたちょいと, あんたちよつとの, あんたちよツとも白髮, あんたやない, あんたってば無口な, あんたつち家へ, あんたつて人は図々しい, あんたでござんしたな, あんたといふ勢ひ, あんたとうとうやって来たわね, あんたとが恋仲なんて, あんたとこ一軒だけや言う, あんたとともに赤飯を, あんたとを取り違えやせん, あんたどうかしてるなあ, あんたどうしてそうぐず, あんたどしたら気が, あんたどっからけ, あんたどなたですか, あんたどの位あります, あんたどんどん釣つてよ, あんたなおりましたかなと訊いた, あんたなかなかうまいぢ, あんたなぞから酒代, あんたなぞも最初妙な, あんたなどツウィードの, あんたなどの想像も, あんたなんかがまねし, あんたなんかには世の中の, あんたなんかの処へ, あんたなんぞの手に, あんたなんぞは失恋する, あんたなんて云ふつも, あんたなんと言つた, あんたなんとかいわれましたな, あんたにかけてあんたの, あんたにだけでも聞いて, あんたにだけは憐憫と, あんたにといふ言葉は, あんたにとっては全然意味, あんたにまでゴテられ, あんたによいい方, あんたに対しては憎悪以外の, あんたに対しても不親切や, あんた悪いこと, あんたのてですよ, あんたのよと云って, あんたのろけいふのはど, あんたはからだが, あんたはじつをみせ, あんたはじめこんなにより, あんたはね自分では, あんたはねいらんことを, あんたはよう知ってるな, あんたはわてを水揚げした, あんたはんお出でやすの, あんたはんじゃおまへんか先刻女の, あんたはんそやキビス, あんたはんたち二人でまた, あんたはんどなたや, あんたはんよその金持ち, あんたはん一機二十五銭でナア, あんたはん一足先きいてと, あんたはん三ぴんや言いな, あんたはん今日そこからどこ, あんたはん初めの時分, あんたはん千里眼だツかいな, あんたはん奧さんおまツ, あんたはん居やはります, あんたはん復員とちがい, あんたはん昨日こちらのお婆さん, あんたはん気にせん, あんたはん等一日働いたかて, あんたはん結構にし, あんたはん罪人やお, あんたはん達は喧嘩, あんたばかりを愛します, あんたひとの儲けた, あんたひとつ旅行を思ひとどまる, あんたひと肌をぬい, あんたふるえている, あんたぶちこわしを言う, あんたへもご参列, あんたへんな顔, あんたほどまでになったっていうの, あんたほんたうに, あんたほんにまア何, あんたぼくが泥棒なみ, あんたまあよく帰って, あんたまさか自分の, あんたまたそないな事, あんたまったく安全に, あんたてえな立派, あんたもう一度ご苦労だ, あんたもう少し親切に, あんたもしかすると, あんたもつと極道, あんたもと思うの, あんたもな按摩の, あんたもなあ親御さんの, あんたものこのこと, あんたやちうことが, あんたやって来たって事, あんたやつて下さい, あんたやはりまえと同じ, あんたやる氣が, あんたゆうべけさがたどない, あんた須永さん, あんたよう物のわかつた, あんたよう辛抱したはりま, あんたよくってママ, あんたよりは殺気が, あんたよる夜中に, あんたらしいんだ, あんたらしくないことよ, あんたあたしが, あんたわかりきつた, あんたわかるように, あんたわけがわからない, あんたわざと強いの, あんたわざわざあたしを, あんたわたし陥れるため, あんたをからかふなんて, あんたんでしよ, あんた宜く知ってる, あんたアンドロメダ星座いうの, あんたア子供は幾人, あんたア確かり遣って, あんたア立派な好い, あんたア誰だかねえ, あんたカイちゃんのこと, あんたキジマさんとか言つたつけ, あんたキャラメルもつて, あんたクツクツ煮えて, あんたグレンブルク原作と称する, あんたコトエさんの家の子, あんたサナトリアムを立てる, あんたシッカリしなさいよ, あんたジャズは嫌い, あんたタンバガンへ乘つて, あんたダシヌケにどう, あんたツルゲネーフの散文詩, あんたバカにし, あんたバックボンとか言った, あんたパンパン屋へ遊び, あんたフランスのどこ, あんたホントに博多帯, あんたボタンがとれちゃってる, あんたマスクをはめ, あんたマッちゃんでしょ, あんたミルの事, あんたメーデーなんかに行列, あんたユンベ篠の祭, あんたラムネでも飲ん, あんたレッキとした, あんたロケット操縦できて, あんたン家まで送っ, あんた一つあぶら虫を飼っ, あんた一つ今日の当番, あんた一つ手紙書いて, あんた一ばんちっちゃかったでしょう, あんた一ぺん絵かきのアトリエ, あんた一ぺん綿貫に会う, あんた一世一代の大, あんた一人ぐらゐ泊めて, あんた一人さきへ帰っ, あんた一体あたしを誰, あんた一体いつも口数が, あんた一体どうしたの, あんた一度でもわたし, あんた一度知らん顔して, あんた一息で行っ, あんた一文二文の利, あんた一日二日でちよ, あんた一昨日だったかも, あんた一枚足らんねえ, あんた一生苦労しますよ, あんた一緒に帰らへん, あんた七兵衞さんを殺し, あんた七年前に流感, あんた七瀬の水車, あんたとめて, あんた三好さんよその, あんた三田さんとこの, あんた三田さんだつか, あんた三階の階段, あんた上京するとき, あんた下宿の女, あんた世の中なんていい加減, あんたが好い, あんた乗らねえのかい, あんたせて, あんた争議団ではまた, あんた事務所へ行っ, あんた二三年いきましよか, あんた五ルーブリこまかくし, あんた五十銭罰金だっせエ, あんた人情いうもの, あんた人間万事が色気, あんた今なにをし, あんた今五十円位するって, あんた今夜何うかしてるわ, あんた今夜茉莉に借り切られてる, あんた今年帰らんちふ話やつ, あんた今日倉持さんのお母さん, あんた今日妙見山を越え, あんた今朝のコメディア, あんた今杉山と逢, あんた仏様の力, あんた上場で, あんたの中, あんた以上の共産主義, あんた伯樂に間違, あんた替えですて, あんた何でもあたしの, あんた何でもっと早帰っ, あんた何ともない事, あんた何処に居る, あんた何方へおいで, あんた余り泣きなすって, あんたてごらん, あんたかに大福長者, あんた倉川のオヤヂ, あんた倒れそうに, あんたに居た, あんた兄さんのお, あんた先さまが笑わ, あんた先度お出, あんた先生様を連れだし, あんた全く私が, あんた凍え死ぬところだ, あんたがある, あんた加減がわるい, あんた助けてよ, あんた勝手に値, あんた十四の時, あんた千代さんでしょう, あんた千恵さんの居所, あんた卑劣やない, あんた卑怯よ, あんた南米行きはどう, あんたなら寮, あんた厳格この上なしという, あんた友達か, あんた取合わずにまア, あんたをきい, あんた口惜しいとは思わない, あんた叱られたの, あんた名主様なら何故, あんた告げ口なんかし, あんた周子さんの代り, あんた品行方正って本当, あんた商売ぢやア, あんたべない, あんた四月馬鹿を知らない, あんた困っている, あんた国学が習いたい, あんた堪忍して, あんた場内の視聴, あんた夜電燈もたずに, あんた大いに飲みましょうと, あんた大きくなつたら天文学者, あんた大分顔の色, あんた大変な眼付き, あんた大学では秀才, あんた大学病院へ行つた, あんた大阪へ行く, あんた奥さん貰うん, あんたが出来た, あんた女の子と歩く, あんた女学生間のこと, あんた好男子ね, あんた妾妊娠したかも, あんた委員長とかって, あんた娼妓さんかな, あんたやの春, あんた嫉妬やきなの, あんた嬉しいでしょう, あんた子供のとき, あんた学生はん一役買うて, あんた安宅先生や葛岡さん, あんた居ねえしないくら, あんた山手の北京楼, あんた島田髷やて, あんた帰ってくれはれへん, あんた帰ったのかい, あんた帰つて頂戴よ, あんた平気で乗れる, あんた幹男の家庭教師, あんた幾つにならはる, あんた弾いてよ, あんた当人腑抜けになっちゃってた, あんた彫れるのかね, あんた役柄はいわゆる, あんた待つてるの, あんた従兄妹同士でそんな, あんた御苦労だが, あんた御馳走したげるの, あんた心配せんかて, あんた忘れてネ, あんた怒つてゐる, あんた怒りゃしないわね, あんた怖いんだろ, あんた急ぐの, あんた怪しからん顔付を, あんた恥ずかしがり屋さん, あんた悪いことあれしません, あんた惚れとるとじゃろ, あんたをかい, あんた憎らしい人, あんた戦後の昭和, あんた扇子は, あんたをかし, あんた手紙を出した, あんた手術うけたこと, あんたよりは頑丈, あんた折角東京を, あんた持つてゐ, あんた指先で話, あんた捨てる訳に, あんた探してたんや, あんた探せたら探してよ, あんた文藝ハルアキのこと, あんたうして, あんたらしい靴, あんた新聞なんかに書い, あんた方いろいろに会社, あんた方それがわからん, あんた方のよりはわし, あんた方みたいな人, あんた方人のてほんに, あんた方催眠術というもの, あんた方村民のため, あんた方海が見たけれ, あんた方芸をだしなさい, あんた方親子二人が, あんたの用意, あんたが暮れ, あんた日本の子, あんた日本語がうまい, あんた日本酒のほう, あんた早ういなんにや, あんた早く返さないと, あんた明智さんですね, あんた映画女優の裸体, あんた宵も, あんた昨日江崎の子分, あんた昼寝してじゃ, あんた書いてよ, あんた月給を上げ, あんた有名ね, あんたてくれる, あんた東洋新報の方, あんた林田先生とお, あんた栄ちゃんの前, あんた梶せつ子さんの旦那さん, あんた槇子さんと呼ばれる, あんた様ぁあの者, あんた様ご存じでえ, あんた様人柄よろしからず, あんた様紙芝居とやらで, あんたになっときなさい, あんた欲しいんだろう, あんた此の方は丸田さん, あんた此所に立て, あんた此方へ這入っ, あんた歩いてまいらなえ, あんた歩くときハダカに, あんたでぬけるでしょう, あんた死なせるもんです, あんた死にますよ, あんた死ぬつもりだった, あんた死んだお父, あんた段々綿貫みたいに, あんた殺してやりたい, あんた毛糸の色, あんた気持のむつかしい, あんた江戸五郎はんが水芸, あんた汽車は一日, あんたくさくて, あんた油断しては, あんた泣いたって泣き, あんた泣いとるんか, あんた泥棒したの, あんた泳げるんだつた, あんた淋しいでしょ, あんた淡谷スミ子ちゃんですね, あんた済まんがわし, あんた源さんが阿, あんた火夫さんですか, あんたの日, あんたの闇屋, あんた無沙汰をしやんした, あんた然し伊達に, あんた煙草のみじゃ, あんたなんて何, あんたいてるの, あんた父さまが心配, あんた父ちゃんが見つかった, あんた牛肉一万円食うて, あんたを一体, あんた狡いわ今夜, あんた独りで絶交, あんたは嫌い, あんた玉井と夫婦, あんた現場ぢやなかつた, あんた甚次の伯父, あんた生きて居た, あんた生きてたの, あんた生れは何処, あんた産婆さんになる, あんた田口の御, あんた町会長のズボラ, あんた町田さんぢやなく, あんた留守にお, あんた病氣でこ, あんた瘠我慢いつてるのよ, あんた百足虫をもつてる, あんたなが, あんた直に独りで, あんた真当にそんな, あんた眠るだけです, あんた眠るならあつちの部屋, あんた眼中に置かれたら, あんた知ってて, あんた知っとるのか, あんた知らんのン, あんた知らんいうはずない, あんた知りはれしまへんの, あんた知れきっている, あんた神経が少しく, あんた福代ちやんのお, あんた私写真を取りたい, あんた私見たいになつちや駄目, あんた突き落されたの, あんたにそう, あんた筥崎までお, あんた約束して, あんた組合の方, あんた維康さんに欺, あんた綺麗な体, あんたな人, あんた義理もあるだ, あんた聞いてみ, あんた聞かない振りを, あんた聞こえるから, あんた胡瓜でも人蔘, あんたく御存じ, あんたること, あんた自家製の特効薬, あんた自身こんどの選擧, あんた自身胸に手, あんた興奮してるで, あんた良うおまツ, あんた色気が着いた, あんた花合戦もいや, あんた芳野の海苔, あんたが下手, あんた芸妓ゆえのお, あんた落着かなき, あんたちゃんと喧嘩, あんた蒲団の上, あんた蓄音機を撲る, あんたにまわつ, あんた薪割りで蛙, あんたから棒, あんた蜂蜂大きな蜂, あんた蟒さんにつかまつ, あんた蠣嫌ひだつか, あんた行きたけりや一人, あんた衛生舎の小森さん, あんた要之助さんのこと, あんたてお, あんた見たことある, あんた見たいなら障子を, あんた覚えておらるる, あんた親切ねえ, あんた親類に預け, あんた言うたとて無い, あんた詩人ね, あんたりな, あんた詳しいのねさ, あんた調査や庶務, あんた警戒せな, あんた谷口のお, あんた豪い大酒, あんた貫一さんはない, あんた貯金もってる, あんたふ気, あんた買うたか買わん, あんた賞牌はどっか, あんた質屋さんになる, あんた赤くなったわね, あんた赤ん坊よ, あんた起きてなはつ, あんたが短く, あんた足もとがふらふら, あんた路銀は, あんた身体に気, あんたはわたし, あんた辛気くさいお, あんた近眼なのね, あんた返事して, あんた逃げおおせると思っ, あんた逆らわずに柳, あんた運転ができる, あんた達左翼の思想運動, あんた達決闘をやっ, あんた邪魔つけだわよ, あんた郊外でんネ, あんた郵便局まで行っ, あんたを飲む, あんた野宿でっせ, あんた野村みち子さんでしょう, あんた野村みち子ちゃんだね, あんたある, あんた鈴子はんが好き, あんたちゃんと会う, あんた長いこと見な, あんた參し, あんた陳大人によ, あんた隠さんと正直, あんた隠したでんしょう, あんた面白がって, あんたを脱がし, あんた預つて下さい, あんたいいじゃ, あんた飛び込みね, あんた飛行機一台買うには, あんた首筋が垢だらけ, あんた首筋真っ黒じゃない, あんた首領になに, あんた香代ちやん, あんたなんか連れ, あんた鹿の雌雄