青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あるまい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あり得ない ~ある ある~ あるい~ あるいは~ ~あるだろう あるなら~ ~あるべき あるべき~ ~あるまい
あるまい~
~あるらしい ~あれ あれ~ ~あろう あろう~ あわせ~ ~あわて あわて~ あん~ あんた~

「あるまい~」 4716, 47ppm, 2491位

▼ あるまい~ (1497, 31.7%)

113 思う 69 思って 43 思ふ 35 思われる 31 思った 30 思うが 23 私は 22 思つた 21 思います 16 思ふが, 思われた 13 いうので, 存じます 12 思ったの 11 思うの 10 多寡を, 思ったが, 思われるの, 考えた 9 思われます, 思われるほど 8 思われるのに 7 信じて, 思いながら, 思いますが, 思ったから 6 いふこと, 信ずる, 思つてゐた, 思われるが 5 云ふ, 僕は, 彼は, 思いました, 思うから, 思うて, 思うと, 思うほど, 思つてゐる, 思われたのに

4 [16件] たかを, ひそかに, 信ずるの, 存じて, 彼女は, 思いましたが, 思うよ, 思はれる, 思われるくらい, 想像し, 考えて, 考えられます, 考へた, 言って, 言ふ, 高を

3 [23件] いう, いふので, して, わたくしは, 云った, 云つた, 存じまして, 思いますから, 思つたから, 思つたのが, 思はれるが, 思ひますとて, 思われたので, 思われるので, 矢代は, 答えた, 考えたの, 考えられる, 考へて, 言うの, 言った, 言ふたでは, 言へば

2 [68件] いわれて, おれは, お道, お銀, すると, それを, そんなこと, そんな事, なって, 云うので, 云って, 人も, 今も, 太閤さまも, 存じまする, 安心し, 尋ねて, 平次は, 思いついたの, 思いながらも, 思いましたから, 思い直して, 思い返した, 思うけれども, 思うにつけ, 思うのに, 思うものの, 思うよう, 思える, 思ったよ, 思ったり, 思ってたが, 思つたのです, 思つてね, 思はれた, 思はれたが, 思はれるの, 思はれるやう, 思はれる殆毎日, 思ひましたが, 思ひますが, 思ふから, 思へる, 思われたの, 思われるほどに, 思われるほどの, 思われるよう, 思われる程, 急に, 意見を, 感ずるから, 断定し, 汐田の, 油断し, 申された位, 睨んだの, 私の, 空想を, 考えたので, 考える, 考えるの, 考へる, 見て, 言つた, 言つて澄ます, 足を, 近頃は, 述べて

1 [592件 抜粋] あきらめるばかり, あとで, あなた様か, いいましたが, いうだけ, いうだけの, いうに, いたく褒められた, いって, いつも想う, いはれ世帶, いふと, いふ気, いわるるの, おかあさま, おずおず訪れ, おっしゃって, お勝, お嬢さま, お思い, お菊, かういふやう, かえって役人, かくご, かれは, かんがえました, こう思った, こう思われる, こう言います, こう話, こっちに, これも, さっして, さへ, さんざん思い悩ん, したたかに, したらなまじ, したポーズそのもの, しみじみ考えた, じつはそう思いました, するの, する彼ら, する敏感性, する日暮し, すれば, せわしい暇, そういうこと, そこは, そこまで, そっとかれ, そのこと, そのまま飴箱, その時, その道の, その頃僕, それから江戸, それが, それだけは, それらの, ぞんずる, ただただわけ, ついこの, ついさつき, とにかくある, とりあえず三人, どっちも, にらんだから, のんきに, ひとりで, みんなが, めぼしを, もっぱら称揚, もとより自分, やっぱり軽蔑, わざ, わざとその, わざと九時, わざわざ金, わしは, わたしなど, わたしやさう, サリサリと, ジャズだらう, ツイ默つ, ツイ黙っ, ファン囁き, 一切お, 一枚, 一生懸命見張, 一般の, 一部の, 三人は, 三右衛門は, 三藏は, 不憫がる, 与力同心は, 主張し, 亀は, 予想された, 予想し, 予期し, 二女を, 云うの, 云う事, 云う感じ, 云う顔, 五十両張り, 人々は, 人は, 人事に, 今から, 今日は, 仰しゃる方, 何処かへ, 供の, 俊雄が, 信じさ, 信じたの, 信じられて, 信じられる, 信じられるので, 信じる, 信じる先月来, 信ずるよう, 信ずるヨ, 信ずればこそ, 俺は, 充分信頼, 其儘前進を, 冗談云ったら, 初めは, 北村は, 千恵は, 千浪に, 半七, 危ぶむ, 反ばくさへ, 反対した, 反対する, 可怖い, 叱って, 吉五郎は, 同房の, 向うに, 周馬の, 命の, 嗅ぎつけるよう, 四方を, 四辺の, 外界の, 夫人は, 好い人, 好事な, 妻子の, 威張ったところ, 存じおったが, 存じおりましたやさき, 存じたから, 存じたればこそ, 存じてな, 存じましたから, 存じましたゆえ, 存じますが, 存じますで, 存ずるが, 存ぜられます, 存候, 学問芸術の, 安ん, 安心を, 宍戸梅軒は, 実は竹内氏, 察して, 対えた, 専らこれ, 尋ねましても, 小信, 少しは, 山海の, 崔は, 川手氏は, 左内は, 巳之助は, 年の, 幾分か, 度胸を, 張にも, 強兵は, 彦兵衛思った, 彼の, 彼女に, 彼女を, 待ち設けて, 心々に, 心で, 心に, 心の, 心を, 心付いたので, 心配し, 心配に, 忠作が, 忠相は, 思い, 思いがち, 思いすこし, 思いそれ, 思いついたから, 思いなおして, 思いの, 思いましたので, 思いまして, 思いますけれど, 思いますけれどね, 思いますとね, 思いますので, 思いますよ, 思いまするが, 思いますれば, 思いますわ, 思いまた, 思い切った調子, 思い多少, 思い小さな, 思い居残り, 思い思いそのままに, 思い矢代, 思い自分, 思い込んだが, 思い込んで, 思い返して, 思うかも, 思うがな, 思うがね, 思うがの, 思うくらいに, 思うけれど, 思うたから, 思うちょ, 思うであろうが, 思うに, 思うにも, 思うほどの, 思うん, 思う一刹那, 思う人, 思う其処, 思う奇瑞, 思う念, 思う私, 思う陰惨, 思えず漠然疑い, 思えば, 思ったお, 思ったし, 思ったので, 思ったもの, 思ったよう, 思ったればこそ, 思ったん, 思った女, 思った彼, 思った次第, 思った者, 思ってたん, 思つたが, 思つたのさ, 思つたので, 思つたのとの, 思つていまだに, 思つてお, 思つてつい, 思つてまア, 思つてや, 思つてゐました, 思つて体よく, 思つて居る, 思つて座敷を, 思つて待つた待つた, 思つて擽つた, 思はずに, 思はれたの, 思はれた名代, 思はれるから, 思はれるほど, 思はれるほどに, 思はれる一つ, 思はれる作家, 思はれる年頃, 思はれる殆, 思はれる私, 思はれる程度, 思はれ皆, 思はれ若者達, 思ひきや, 思ひな, 思ひながら, 思ひました, 思ひます, 思ひますよ, 思ひわが, 思ひ切つて, 思ひ直すうち, 思ひ直すと, 思ひ萬屋さん, 思ひ込んだが, 思ひ返した, 思ひ返して, 思ふだけ, 思ふと, 思ふどう, 思ふな, 思ふに, 思ふほどの, 思ふやう, 思ふん, 思ふ位, 思ふ処, 思へるだらうが, 思わずには, 思わぬ時, 思わるると, 思われたが, 思われたもの, 思われた涙, 思われて, 思われました, 思われましたが, 思われますから, 思われますので, 思われるあの, 思われるかも, 思われるから, 思われるこの, 思われるとともに, 思われるほど猛烈, 思われるほど荒涼, 思われるん, 思われる半, 思われる原, 思われる大石武右衛門, 思われる年ごろ, 思われる年輩, 思われる恋愛事件, 思われる推論, 思われる矮小, 思われる葬具屋九郎兵衛, 思われる西, 思われる諸君, 思われる造作, 思われ皆, 思ツて, 恐れを, 悲観された, 想われる上河内岳, 想われる木の葉, 想像する, 愚痴を, 感じたから, 感じた五仙境, 感じて, 感じました, 感心した, 或ユーモア, 手に, 打つて, 推論した, 揶揄し, 文字春も, 断定した, 旦那の, 旧臘ことの, 是から, 書きたてた, 最もこの, 朝に, 朝の, 本庄は, 業者でも, 極めてかかった, 構えて, 横槍を, 樽野は, 次には, 武蔵は, 殆どその, 気に, 気の毒に, 氣付いた, 江戸ッ児は, 江戸屋敷の, 決して愚痴, 河野さんに, 油断なく, 油斷し, 流石に, 湯漬けか, 無理に, 甘く考え直した, 甘く見た, 申されました, 申すの, 畳みかけて, 疑う理由, 疑って, 目付も, 直ぐに, 着て, 瞳を, 知る人, 確信しました, 私が, 私たちには, 私には, 私も, 突然僕, 紀久子は, 素直に, 結局は, 縷々心の, 美留女姫は, 考えそれ, 考えながら, 考えら, 考えられた, 考えられるから, 考へたの, 考へ子供, 耕吉は, 聞いて, 聯想しました, 胸を, 腹の, 自分にも, 自分の, 自分は, 自答, 苦笑する, 薄気味を, 見えた, 見えたのに, 見えましたが, 見たが, 見切りを, 見較べて, 見込みを, 覚える, 親切に, 観て, 観念した, 覺悟を, 言い合って, 言い張るの, 言い惜しげ, 言うこと, 言うし, 言うに, 言うので, 言うよう, 言う人, 言ったが, 言ったそう, 言った世間, 言つた口吻です, 言つた心持で, 言つた直感らしい, 言つた調子です, 言つた風の, 言はれ, 言ひ得ぬ, 言ふし, 言われた二十歳, 言われましたが, 計算した, 試みに, 語り悩まし, 誰でもが, 諦めて, 責めたてた, 足探りに, 軽く考え, 迂濶, 近江屋では, 述べた, 通りがかりの, 逸子は, 道の, 酒の, 鋭く思いいたる, 鑑定される, 階下で, 難ずる人, 順作は, 頗る寛大, 頗る得意, 頼もしくうれしくて, 頼もしゅう存じ, 駿介は, 高柳君は, 黒船町で

▼ あるまいかと~ (836, 17.7%)

39 思う 30 思って 20 思った, 私は 19 思われる 12 思われた 11 思つた 9 思はれる 8 思うの, 思ふ, 考えて 7 さへ, 云ふ, 思うと, 相談した, 考えた 6 心配し, 思われます 5 ひそかに, 思ったが, 思ったの, 疑つて 4 彼は, 思うて, 思うほど, 思うよう, 思ふやう, 思われるよう, 疑って, 相談を, 考えられる, 考へた

3 [12件] かれは, 云う気, 半七, 思います, 思えば, 思はれた, 思はれて, 思ふと, 思ふの, 想像し, 疑われるよう, 自分は

2 [45件] かねてから, さっきから, そればかりが, わたくしごとの, わたくしは, 云うよう, 云う事, 云う様, 伊東伴作は, 危ぶまれた, 夢の, 大ビクビクもの, 娯楽案内を, 存じます, 工夫を, 思いだした, 思いました, 思いましたが, 思ったそれ, 思ったり, 思つてゐる, 思はせるほど, 思はれます, 思はれるやう, 思ひます, 思われて, 思われるの, 思われるほど, 思われ出した, 想像する, 感じた, 推察し, 梁に, 溝口は, 甚だ浪漫的, 疑われる, 相談しました, 考えられます, 考えられるの, 考へた事, 聞いて, 薄気味, 覗いて, 言って, 言ふ

1 [419件] あやぶんで, いいますと, いう, いうごときこと, いうて, いうので, いくらか疑, いっしょうけんめいに, いって, いはれて, いへば, いわれて, いわれました, おせっかいである, おもい智恵袋, おもつ, おもわれるそこ, お上の, お尋ねに, お時, お蝶, かっぽれ, かれら, こういう疑い, このよう, ご懸念, すぐ感じた, そういう心配, そう思ってた, その工夫, その相談, その筋, その顔, それが, そんなよう, そんな風, たずねました, たずねると, だんだん穿鑿, ちらりと頭, どうも好い, にらんだもの, はっと思った, ひどくこわく, びっくりした, ふとこんな, ふとそんな, ふと考えた, ふと藤兵衛, ほっとしかけた, また降出した, みなみな打ち寄り, むしろそれ, むやみに, もうじっとし, もうビクビクもの, もう早, もう歴然と持ち前, ように, ゾウッと, ビクビクしました, ビクビクするあり, ルリが, 一同は, 一同協議の, 一応は, 一方では, 一日外へ, 一時は, 一晩中考えた, 一流の, 万作夫婦心配した, 三日三晩手を, 三郎は, 不安でならず, 不安でならなくなり, 不安な, 不快に, 不思議な, 不気味さを, 与七, 両手で, 二人し, 云う不安, 云う噂, 云う心配, 云う猜疑, 云う疑が, 云う疑さえ, 云う疑を, 云う話, 云った, 云つた, 云つてゐた, 云はれ, 人々は, 人に, 人知れず鎮守, 今でも, 今更遅疑, 他の, 余は, 侍臣が, 信用しなかった, 個人的な, 僕が, 僕は, 先夜の, 兵曹長は, 兵部卿の, 兵馬は, 其迂闊さを, 内心ちょっと, 前後左右を, 医者は, 十吉は, 十年間考え, 半信半疑で, 卓一は, 又次郎は, 反射的に, 取あえず寝台, 取越し苦労, 古い小説, 召使いに, 同宿の, 問ひ合せ, 四谷通へ, 変に, 大層気, 大滝も, 大瀧も, 奇妙な, 女医の, 女房は, 存じられますが, 存じ日頃京弥どの, 存候へ, 孫十郎は, 安心が, 家来の, 察した, 察せられた, 尋ねました, 尋ねられること, 小坂部は, 山西は, 巡査は, 市郎も, 帷の, 幼い彼, 彼も, 彼女は, 心ある, 心の, 心中ひそかに, 心待ちに, 心得ます, 心配しつ, 心配しはじめた, 心配する, 心配で, 心配の, 心配を, 怖くなっ, 怖ろ, 思いたくは, 思いながら, 思いますけれど, 思いますと, 思い宮, 思い思いした, 思い直そうと, 思い自分, 思い遣った, 思い黏, 思うからさ, 思うが, 思うくらい, 思うくらいの, 思うた, 思うとき, 思うところ, 思うので, 思うよりも, 思う然し, 思えるほどの, 思ったからさ, 思ったこと, 思ったと, 思ったので, 思ったほど, 思ったよ, 思った事, 思った程, 思った程四辺, 思つ, 思つたくらゐ, 思つたそれが, 思つたのである, 思つたのでございます, 思つたのです, 思つたほど, 思つた平次の, 思つた樣子で, 思つてゐた, 思つてハッ, 思つて開い, 思はずには, 思はせます, 思はれたので, 思はれたり, 思はれましたが, 思はれるので, 思はれる記事, 思はれ利根子, 思ひますが, 思ひ付いたよ, 思ひ出した, 思ひ浮んだので, 思ひ遣つたやう, 思ふが, 思ふほど, 思へて, 思へば, 思わずには, 思わず驚き, 思わせます, 思わせるくらいに, 思われた尼君, 思われた崖, 思われた思い出すと, 思われましたが, 思われるくらい, 思われるけれども, 思われること, 思われるその, 思われるちょっとした, 思われるところ, 思われる様, 思われる気配, 思われる決意, 思われる程, 思われる節, 思案し, 急に, 恐れた, 恐れられて, 想うて, 想って, 想ふ, 想像された, 想像されたです, 想像すべき, 感じられた, 感じるから, 感ぜられて, 懸念が, 我々友人仲間では, 我が筆, 抱きか, 掛念し, 探し廻, 推し及ぼしただけの, 推察された, 推量いたしまし, 推量した, 斯う申し, 旅籠を, 日夜に, 早く帰った, 春三郎は, 時折り考へる, 暫く佇立, 更に相談, 書いて, 書きながらも, 期待し, 林之助は, 桂介と, 案じて, 案じられて, 歸り, 気が, 気が付いて, 気づかわれるよう, 気を, 氣付いた, 水夫の, 浩は, 淡い不安, 独語した, 産れ, 用も, 甲府の, 申して, 申す者, 申出ました處部屋頭, 疑いだした, 疑いの, 疑い思わず, 疑う, 疑うよう, 疑がい, 疑ぐった, 疑ぐつたりした, 疑った, 疑ったので, 疑った事, 疑った位, 疑っても, 疑つた時, 疑つた程, 疑はず, 疑はれましたが, 疑ひたくなるほど, 疑ふよ, 疑り始めた時, 疑わしく思われる, 疑われた, 疑われたから, 疑われたほど, 疑われましたが, 疑われるほど, 疑われるほどに, 疑われ出して, 疑念を, 痛くその, 益一同の, 相川技師長は, 相談に, 真面目に, 眼を, 睨んで, 瞬間興行師の, 神経が, 秀麿は, 私が, 私には, 私の, 種々研究, 空だ, 窃かに, 立ちながら, 笑ふ, 素早く四方, 綾衣は, 綾衣も, 緊張し, 考えたの, 考えたらそれと, 考えたり, 考えなおすよう, 考えながら, 考えましたから, 考えますと, 考えまするが, 考えられて, 考えられるよう, 考えられる位, 考えられる廉, 考える, 考えるその, 考えるの, 考えるよう, 考え付きましたので, 考え出した, 考え悩んで, 考え日本, 考へたの, 考へたので, 考へて, 考へられるの, 耳を, 聞いたら御, 聞くと, 胸を, 胸騒ぎが, 脅迫観念にさえ, 自ら疑う, 自分ながら, 舌を, 葉子は, 藤原の, 虫の, 見廻わ, 覚束な, 言いたい, 言いますから, 言うの, 言う者, 言う説, 言った, 言つてゐる, 言つてを, 言われて, 訊いたの, 訊いて, 訝った, 話しました, 誰かが, 誰もが, 賢しら立っ, 躊躇逡巡右顧左眄仏心を, 近所の, 迷えば, 迷って, 迷ってる矢先, 透かして, 適当な, 野村は, 雄吉は, 非常に, 頼むよう, 頼んだ, 飛んだこと, 馬鹿, 驚ろいた, 鬼太郎君に

▼ あるまい~ (565, 12.0%)

5 それが, 念の 4 併し 3 今日は, 俺は, 得て, 私は

2 [37件] あの娘, おなじ名の, お前さんは, こいつは, これが, さう, しかしあれ, そうかと, そのつもり, そのなか, それにしても群集, それは, それを, そんな事, どうした, 主人の, 今の, 今日まで, 作州の, 僕は, 兎に, 大概に, 少し罪, 年が, 情ない事, 拙者は, 文次郎の, 暑中の, 校長に, 此の, 此際先方に, 気を, 生憎今, 私の, 自分の, 自分は, 阿母さん

1 [465件] あちらから, あなたが, あのお, あの人, あの和尚様, あの女性, あの断言, あれ程, あんな田舎芸妓, あんまり思ひ, いずれに, いったいなんという, いったん味, いづれ十軒, いまだに帰らない, いまは, いろ, いわば二人, うと, うとうとする, おかしな心理, おふくろだけは, およそ戦勝者, おれには, お前という, お前は, お前受取る, お島さん, お此, お褒, かつてあなた様, かなり長い, かまっては, かりそめ, くるりと, くれぐれも周瑜, こいつの, こういう思想, こうなった, ここで, こちと, こっちは, このたび, この並行線, この二つ, この人自身, この四月, この変, この小, この川, この平次, この時, この者, この色若衆, この辺, この階級, この頃, これとても, これに, これはとも, これも, こんな手数, さうかと言つて, さっきからの, さっき長蔵さんが, さつきの, さてどういう, さては今夜写山楼, さて筋, さりとてその, さりとて世間並み, しかしいずれ, しかしこちら, しかしどうも, しかし一生, すいこ屁, すぐに, すらすらと, そういう常識, そういう時, そうなるとお, そこは, そのへん, そのま, そのままに, そのイリアッド, そのレビユウ役者, その中, その代り, その代り咽喉, その僅, その刹那, その句, その夢, その姉, その家, その家来, その引返し, その時, その最初, その本体, その現われた, その生活, それから, それでお互い, それでも抑えられた, それでも米友, それでも自分, それにしても, それにしてもおまえ, それにしてもこの, それにしてももう少し, それにしても商人, それにしても墓地, それにしても少し, それにしても当分, それはとに, それも, それらは, そんなこと, そんなの, たうとう, たしかにさう, ただそこ, ただ古来, ただ目の, たった今細作, たとい彼等, ちっとあ, ちょっと愛くるしい, つい白女, つまり注意, ではその, でるに, とにかくお, とにかくこの, とにかくどの, とにかく一時間, とにかく今年じゅう, とにかく何, とにかく喰, とにかく女郎, とにかく妙, とにかく水沢さん, とにかく痩せ, とにかく近頃, とにかく非常, とにかく高氏, ともかくのぞい, とりわけ私, どうだ, どうも少し伝六, どこか, どこから, どこぞに, どこの, どこ一つとして, どのみち, どんなに悩ましい, どんなもん, なかなか油断, なにしろ一方, なにしろ遠い, なにしろ酔っ, なんで天下, ぬかるなと, ねえ可愛い, ふたりの, ほかの, まああれ, まあすべて, まあまあそう思っ, まあ遠慮せん, まさかそんな, またし, またその, また決して, また自分, まだ念, まったく狙撃, まるで乳房, ま聞きましょう, もう夜, もしあなた, もしあれ, もしそうだ, もしも負, もし何ぞの, もし呉, もし敵国, もし此家, もし気, もし浩さん, もともと明治維新, もはや私たち, ゆるゆるお, よくも臆面, わしは, わたしの, われわれの, われわれは, アネサが, カミナリの, ゼムリヤ号が, パッシイブに, ヒマな, ファラデーより, ホテルの, マーシェンカの, 一つには, 一九〇六年版ワーナーの, 一匹の, 一応いっ, 一応ほんとに川底, 一方は, 一方宗教家, 丁度斯様, 下手人は, 世間の, 両国橋の, 中庭の, 丸に, 主人を, 久しい仕来り, 之に, 九段の, 事件という, 事実こうして, 事情が, 事業家としての, 二銭か, 云わば, 五十年代までの, 人が, 人伝に, 今仰せ, 今戸の, 代官が, 以て, 仮に私, 企んで, 住吉堺その, 体でも, 体温計と, 何う, 何うし, 何か, 何だか取, 何と, 何の, 何んだ, 何處から, 余程此, 例の, 信条の, 修法の, 偶然子の, 僕たちの, 僕には, 僕の, 元寛兄俊兄星城子兄入, 充分の, 先刻の, 兎も, 兔に, 其が, 其困難は, 其頃は, 内々では, 内の, 出ようが, 創口を, 加賀大聖寺の, 効能の, 動くの, 勢いの, 十人前の, 又次郎は, 台所で, 名ばかりの, 向う側は, 君が, 君は, 吾らの, 吾輩は, 囲われ者, 地図を, 地震鯰の, 壬生の, 外には, 多くの, 夜ひとりで, 夜明けまでは, 大勢し, 大抵は, 大方尠, 天下の, 奥方一味には, 奧方一味には, 妻も, 姉の, 始終冷, 婆は, 嫁入, 子ープルス, 安心の, 安田の, 家の, 宿命という, 寒原, 寝て, 寺田氏は, 尊氏は, 少くも, 少しでも, 少しは, 少し六, 少し變, 少し跳ね, 少なくともこの, 少なくとも大和島根, 居士の, 山に, 師氏戦とは, 帯刀様の, 当分仕方が, 当時でも, 当時ドイツの, 彼が, 彼は, 彼らは, 彼等が, 彼等の, 彼等浪人生活者の, 徐々に崩れ, 従来用いられた, 御当人, 御飯が, 心付けが, 恐ろしく沢山ある, 恐ろしく澤山, 悪党に, 悪徒, 悪意ある, 成たけ気を, 我々の, 或はそんな, 手に, 承る処, 折助も, 效能の, 斯様なる, 旅の, 旅行は, 日向の, 日本橋区内の, 明四日の, 明智の, 昨夜蠅男を, 時が, 更に進ん, 最後まで, 朝廷の, 木棉, 来たところ, 東京って, 某の, 柳営の, 根源の, 検死が, 極力説い, 概略記す, 横断旅行の, 此上ほじくり出す, 此方に, 此方は, 毎朝五時が, 毛唐の, 江戸の, 油断す, 油断は, 沼南の, 泰平の, 津雲が, 淺葱の, 湯屋の, 源平盛衰記と, 滝は, 熊の胆は, 片品川の, 牛の, 特に注意, 独り者という, 生きて, 生んだもの, 生前娘が, 町長でも, 画家だけに, 留守の, 番台の, 疾く快う, 白堊館の, 百舌は, 皆こう, 相手が, 眉唾ものだった, 眠って, 眼に, 着物だけの, 短時間の, 石を, 神原は, 第三者から, 約束を, 紫式部だって, 終戦の, 結核と, 維新前までは, 而も, 背戸の, 自分が, 自分も, 自然ああなる, 若い栄三郎, 若しや, 草履の, 藩でも, 藪が, 要するに二人一緒, 要するに新聞小説, 要するに道庵, 覆った車室, 親の, 角助の, 言の, 詩壇的な, 誰か, 誰も, 誰れ, 調べるところ, 諸君の, 買手が, 近くに, 近來君, 過失という, 郎党どもも, 長いあいだ, 長くかかるだろう, 間違へても, 随分変った, 隠し屯所, 隼人の, 雪を, 震災後の, 非常に, 非常時を, 頭が, 顔色を, 飽くまでもと, 馬上の, 馳走し, 高山の, 鬼も, 鳥子も, 鼠色でも

▼ あるまい~ (307, 6.5%)

5 それに 3 御遠慮

2 [23件] おれが, お前の, お町姐さん, お菰, こんな事, さう, そうかと, それは, そんな事, そんな物, まさか起請, やはりそこ, アグニの, 三十を, 四十歳の, 女の, 帯揚げの, 私は, 第一, 誰が, 起きて, 間違っても, 高が

1 [253件] あいつに, あたいにゃ, あたいにや, あったところ, あとの, あなたなんかに, あんなによくも平気, あんな男, いいと, いくら夕, いつまで, いつまでも, いつもあんまりふところ, いつもいつもこまぎれじゃ鼻, いやア, いわばほんの, うつかり, え, おっつけ孫, おれも, かりにも, ここには, こつちは, この因業家主, この寒中, この暴行, この辺, これから先, これ以上くどく, こんなとこ, こんなもの, こんな赤い, さりとてもうこ, すわりこんで, ずいぶんでたらめ, そうそう同じ, そう二つ, そのうち, そのうちだんだん自分, そのま, そのよう, その神経衰弱, その馬鹿ッぷり, それが, それぐらいの, それでどう, それでも今日テンビン棒, それで済む, それより, そんなこと, そんなに早く, そんなもの, そんなバカ, そんな便利, そんな君, そんな莫迦, たった十分, ちゃんと住み, ちゃんと正しい, ちゃんと腕, つまらない真似, とけやしないわ, とられたとは, とんだお, どうかしたら, どこの, なんです, なんとなく下, なんの, ねえ本田, ひとかせ, ひとつ開封路の, ほしくは, まあそんな, まさか東京, またこれ, またその, また弥吉どん, また早春, また落葉, また証拠品, また間もなくぶくぶく, まだ当分車馬, まるで礼儀, むしろ君, もうソロソロ蝋管, もし船長, もっとがまん, やい女, よけいな, よし借りた, よウ, わたしの, オレが, ガスを, タダで, チェッ, ハゲ頭の, 一人歩きの, 一生それで, 一里や, 万古に, 三十女の, 三十面さげ, 世話に, 世話を, 並んで, 久しぶりで, 二人の, 亦お, 亭主持たず, 人が, 人の, 人を, 人形が, 人形の, 人間が, 他から, 体操の, 何か, 何と奇抜, 何も, 何故に, 倒れたが, 儲口なんか, 兄さんだ, 入口が, 全裸で, 出るなら出ると, 出来るもの, 出立ちを, 勝手に, 医者が, 十人も, 十八にも, 十六七にも, 千住まで, 又お, 又其の, 又姫さま, 又涎掛, 同時に又, 名探偵, 君の, 和服に, 問はでもの, 壺を, 多くの, 夜更に, 大きな顔, 大事に, 太陽の, 女ひとりを, 如何に, 妙に, 姿が, 姿を, 実際馬鹿げてる, 寝物語の, 寧ろ軽, 小人の, 小説には, 屍体を, 島が, 巡礼の, 常住不断に, 建て, 張りの, 当り前に, 徳川の, 心持を, 心配する, 怒心頭, 急がば, 悪戯も, 戦車の, 扉口から, 托せられて, 折角灰屋様, 救援が, 文句を, 日本の, 時代小説と, 本性などとは, 桑盛様が, 檻の, 止すが, 毎晩夜釣りに, 水なんか, 水に, 水の, 氷峰も, 泊まるなら泊まると, 火に, 火の, 熱心に, 王維も, 現代には, 生きた肢体, 生活の, 用も, 相手は, 石が, 碌な, 神尾主膳を, 神尾神尾って, 神経衰弱式な, 私が, 私に, 私の, 種を, 笛の, 第一家, 結局それで, 置いとけ, 職業野球の, 肝心な, 育児の, 膏藥を, 自分で, 自宅へ, 舞台の, 舟が, 船を, 袴の, 見ず知らずの, 見つとも, 見られる場所, 見ツ, 言わなければ, 証文で, 誰に, 誰も, 警戒兵の, 貰って, 賭け碁で, 赤い半纏, 連判の, 道義なんて, 酒場とも, 金の, 鏡に, 間が, 阿呆か, 随分ひどい, 隕石が, 隣も, 青物屋の, 青銅の, 頭を, 顔の, 餘計なおせつ, 首が

▼ あるまい~ (160, 3.4%)

3 そうだ, 私の 2 これは, その魅力, それは, なぞと, 考えて, 親分

1 [142件] あの女, あの美し, いつかの, かう自分, かえってその, こ, これ大いに, こんなこと, さう, さぞ芳烈, しかし博士, しんも, すなわち我々, そうして執念深く, そうも, そう思っ, そして無窮, そして莊之助, そして長持, そのため, その後の, その証拠, その野人趣味, その高輪八つ山下, それでなく, それとも他, それとも又, それとも脳貧血, それには, それも, そんなこと, そんな気持ち, そんな風, ところで彼ら, とてもの, どうか, どうもその, どうも訝しい, どこか, なう, なう婆さん, なぞ折から, なにしろ戸倉老人, はにかむよう, ひよつと, ふと愛惜, みやびた言葉づかいと, もしそうなら, もし余, もし熊, わたくしにも, エ長二お前が, 一つ世話を, 一口でも, 一景二景三景, 一歩は, 三人の, 不幸に, 与一兵衛さんに, 京水が, 人を, 人間は, 今こうして, 今の, 今まで, 他の, 何うも, 何だろう, 何万年でも, 何故と, 何時かの, 余は, 併し, 僕は, 其の知らせ, 其海賊船といふ, 其船脚は, 其証拠には, 千代子は, 吾人は, 場末の, 多田君は, 如何にも, 妙な, 宗教家も, 實に, 小歌の, 師へ, 彼女は, 彼自身にとっても, 念の, 懸けといて, 戀草を, 或は矢, 戸の, 文筆の, 斯う思っ, 映画であったら, 是が, 更にその, 本船の, 東京にも, 松園氏の, 死骸を, 殊に上高地渓谷, 殺されて, 爾とすれば, 物は, 特に愛し, 甚蔵の, 眼串を, 知らん, 研究し, 社会主義者では, 秀子が, 私は, 第二, 絶頂から, 總て, 羽織も, 老いたる, 老人なんと, 胸の, 腹が, 自から, 興味ふかい, 花の, 若いうち, 若い人, 茶人が, 蓑でも, 行く道中, 詰めた生活, 警官に, 贅沢な, 途中で, 野村さんと, 金沢の, 開いて, 阿諛では, 電報で, 食物も

▼ あるまいから~ (123, 2.6%)

2 これを, その辺, それは, 便りの, 僕の, 内緒に, 嫁を, 安心し, 訊いても, 骨が

1 [103件] あの女, あるならば, いちいち, いちどよく, いっそ宿元, いっそ箱根, おそらく鷲, おまえさんは, お前にだけ, お茶でも, お静, お靜, ぐっすり眠ってる, ここへ, この不幸, この貼, ご辺, さまで, しばらく辛抱, せめて先頃, そしてちやう, そのうち, その内, その邊, それで, それとのう, それを, たいていは, だ, ちょっと融通, ともかく彼, とりこしくろう, どうか来, どうもナア, どこまでも, どれひとつ久しぶりで, なんとか一軒, まあ安心, まあ社, まずお, まずまず万々歳, まづお半, まもなく夜, もう伐らない, もし彼, もし志, やはり古風, よくよく気, よつ, 一つ汽車中の, 人に, 何処へか, 何様かし, 余り好ましく, 僕が, 全く省略, 其處を, 内の, 右の, 君だって, 君は, 喰いたいならそちら, 土間へ, 大いにくさ, 実際こう言っ, 少し気, 左に, 床下でも, 序に, 庭訓往來でも, 庭訓往来でも, 当って, 後学の, 後日が, 從ひ, 御主人, 御互にこう, 心得の, 患者が, 探偵小説に対する, 改めてその, 断絶に, 普通の, 晴れるまで, 書くに, 檜舞台へ, 気の毒だ, 江戸表へでも, 深く咎める, 煎餅なりと, 直ぐにも, 真に貴公, 矢張あの, 私の, 自分の, 芋でも, 落さうと, 見つかると, 見て, 訪ねて, 読者の, 誰にも, 默つて一緒に

▼ あるまいという~ (94, 2.0%)

6 ことに 5 のが, 気が 3 ことで, ふうで, ような 2 こと, ことだけ, ことは, ことを, 事である, 安心と, 気持が, 考えで

1 [53件] うわさが, ことが, ことそうした, ことそれを, ことだった, ことです, ことも, これは, ところから, のか, のであった, のである, のでした, のです, のと, ものである, やけくその, わけだろう, 一種の, 予想の, 事が, 危惧でしょう, 噂で御座いました, 噂も, 好奇心と, 延光の, 心づもりであった, 心細い望み, 思遣を, 想いに, 意味の, 意見が, 感じを, 慢心が, 旋毛まがり, 気に, 気も, 町役人の, 確信が, 確信を, 考えが, 者も, 自信が, 自信も, 評判です, 話であった, 説が, 説も, 謙遜から, 議論には, 部屋頭の, 鑑定さえ, 風に

▼ あるまいかという~ (71, 1.5%)

7 ような 4 ことを, 気が 3 気も, 考えが 2 ことでした, のであった, のである

1 [44件] おぼろげな, ことが, ことだ, ことだった, ことである, ことです, のが, 不安, 不安に, 予感が, 予感であった, 事実が, 人も, 人知れぬ, 卑屈な, 噂も, 妄想に, 強迫観念に, 当然の, 彼について, 微かな, 心配は, 念が, 恐怖が, 想像が, 意見も, 懸念も, 様に, 決論に, 疑いが, 疑いにすら, 疑いも, 疑が, 疑さえ, 疑さえも, 疑です, 疑問を, 老牧師, 西洋の, 見当も, 説が, 説も, 質問に対して, 風に

▼ あるまい~ (59, 1.3%)

2 さあ少し, 姉さんが, 此の, 羞かしげ, 長閑気で

1 [49件] あの人, あははは, いきなり横抱き, いたましいこと, いつまでも, お祭り, この山中, しかし二人, じぶん, そこは, それが, それを, たった一度, と腹を, どうしてこう寒く, どうしてこの, なぜ待乳山の下, なんで咎める, まっしぐらに, まんざら捨てた, もう一軒, やんやと, よくそれ, よくよくお, キミも, 他の, 以前の, 何だッ, 何で斯様, 停車場の, 僕に, 先刻も, 勝手な, 可笑しな, 問われたらば, 外出し, 左馬介光春は, 当屋敷, 戸には, 折角きよい, 播磨風土記に, 時代の, 更に其噂, 淀橋上水堀の, 相違ない, 絶交に, 自分が, 遠巻きに, 長年の

▼ あるまいかとも~ (47, 1.0%)

4 思われた 3 考えて 2 思った, 疑われる, 考えた, 考えられる

1 [32件] ある, 存ぜられますとな, 思う, 思うた, 思ったが, 思ったので, 思ったり, 思って, 思つた, 思つて道臣は, 思はれましたが, 思はれる, 思はれる顏付, 思はれる顔付, 思われたので, 思われましたが, 思われますけれど, 恐れられた, 想像されます, 感じられる, 推察した, 疑って, 疑つて, 疑われた, 疑われたので, 考えられて, 考えられました, 考えられます, 考えられるの, 考へて, 考へられ王朝末, 自ずと思い出

▼ あるまいけれど~ (35, 0.7%)

2 コリンス先生の

1 [33件] お前が, かせぐ事, これは, こんなところ, しかし信吉的, その人, それを, つまらない所, もしある, もしくせ者, わたしは, 何しろ非常, 何だか不安, 余程離れた, 其の第, 口は, 可愛い児, 報酬の, 大きな口, 奥さんは, 御門鑑, 思えば, 文之, 早く天神, 様々な, 煙草郵便代諸, 犬に, 猿簑に, 私が, 私とは, 肥料の, 長享から, 雲が

▼ あるまい~ (32, 0.7%)

52 お兼, お勢

1 [23件] い, お通, この桜, こんなところ, さうでない, それが, そんな事, だが頓興, どうだ, まさかお前, まだこんな, ア, カザンの, 八確かに, 十手を, 大垣伊右衛門様へ, 大垣伊右衞門樣へ, 戦国の, 新吉, 本人が, 行って, 行つて見よう, 赤の

▼ あるまいかといふ~ (29, 0.6%)

2 やうな, 不安も, 気が

1 [23件] およそ根, ことが, ことだ, ことでした, ことを, 不安の, 人も, 僅かばかりの, 強迫觀念に, 悲しい予感, 意見も, 暗い予感, 気さへ, 氣が, 疑ひを, 疑問に, 疑惑が, 祕かな, 話だらう, 説が, 豫感の, 風に, 風にも

▼ あるまいけれども~ (25, 0.5%)

1 [25件] いざ戦争, おそらく絶無, かかる火, この世の中, すくなくとも育ち, その論, それとこれ, それも, なんらかの事由, まあ結婚前, やっぱり免, 作が, 器楽や, 懐中に, 手前が, 才子は, 放っても, 獨鈷の, 町内の, 盆凹の, 紅糸で, 自分の, 責任観念の, 逆に, 食べて

▼ あるまいとの~ (23, 0.5%)

2 事で

1 [21件] おことば, おだて, ことだ, ことだった, ことで, ことである, ことでした, ことです, ことなり, こと糖尿も, 仰せだ, 保証だ, 判断であった, 実見談を, 御諚, 懸念から, 批難も, 用意でした, 自信が, 衆議から, 話だった

▼ あるまいとは~ (21, 0.4%)

4 思うが, 思って 2 思いながら

1 [11件] 思いながらも, 思いますが, 思うたが, 思うの, 思ったが, 思ひながらも, 思われますが, 思われる, 思われるが, 期して, 番士でない

▼ あるまいかなどと~ (20, 0.4%)

1 [20件] あのころ, いつもの, お焦, ささやく者, ひたすらに, 与市の, 俗な, 取越し苦労, 噂し合った, 年よりに, 心配し, 思いながら, 思うと, 思ったり, 思って, 思つ, 物識り顔に, 疑うは, 自分勝手の, 言う者

▼ あるまいといふ~ (19, 0.4%)

2 樣な

1 [17件] やうな, やうに, 全盛で, 判断は, 噂さである, 噂でした, 心細い望み, 氣が, 氣も, 用意周到な, 考へから, 腹な, 評判です, 話さ, 誠に棚, 顔色奥方は, 風評も

▼ あるまいとも~ (18, 0.4%)

2 思います, 思った, 考えた

1 [12件] いうん, それらに, 云えぬ其の, 存ぜられます, 思いますが, 思うの, 思ったの, 思つた, 思はれるが, 思ふが, 思われた, 考へて

▼ あるまいじゃ~ (15, 0.3%)

13 ないか 1 ないかと, ないかね

▼ あるまいその~ (13, 0.3%)

2 次は

1 [11件] かわりべっぴんの, ことについて, 中に, 仏を, 弱点を, 担保として, 方は, 方も, 決心に, 猿橋も, 花は

▼ あるまいなどと~ (13, 0.3%)

1 [13件] あざわらって, いはれて, かつて浩, しきりに病状, まるで昆虫, みずから慰めよう, 嫉妬し居つた, 思い込むほど, 思はれるかも, 昌作は, 注文した, 言い出した, 誰れかれ

▼ あるまい~ (12, 0.3%)

2 下手人は 1 おれが, ちよいと, どんな事, 俺は, 僞の, 八, 少しでも, 残念ながら, 相手が, 鳥兜の

▼ あるまいもの~ (11, 0.2%)

5 でも 21 いつも祭文, があわぬ, だ, をと戦時中

▼ あるまいかとさえ~ (10, 0.2%)

2 思われた 1 思った, 思ったこと, 思わせる, 思われるほど, 思われ別, 早く行きたい, 気を, 私には

▼ あるまいかとの~ (10, 0.2%)

2 事から 1 ことであった, ことです, 事, 御懸念, 感を, 疑であった, 疑を, 考を

▼ あるまい~ (10, 0.2%)

2 の血 1 などは役柄, の髪, はある, はさ, は信じなかった, は申, もとう, も四五年前

▼ あるまいがと~ (9, 0.2%)

1 いうので, 今に未練, 切実に, 可笑しくなった, 彼は, 思った, 感心した, 考えた, 謙遜された

▼ あるまいこと~ (9, 0.2%)

21 でもござりませぬ, はわかっ, も察する, をである, を信じ, を感じ, を誰

▼ あるまいしと~ (9, 0.2%)

2 いって 1 おろかしくわたし, お絹, 二階に, 呟いて, 大いに怒っ, 少しおこった, 笑ったという

▼ あるまい~ (9, 0.2%)

2 か他 1 うしたら, うだ, かお前, かそれ相当, か罪, にし, の意味

▼ あるまいあの~ (8, 0.2%)

2 符牒だけ 1 お絹殿, くらい見事, 春之助といふ, 燈光の, 瓶には, 静安寺路の

▼ あるまいそれ~ (8, 0.2%)

1 が, に引換, は仏, は俺, は君, を出さなけれ, を甘んじ, を聴かれたら

▼ あるまいこの~ (7, 0.1%)

2 倉の 1 人は, 仕事は, 身は, 近いところ, 部屋の

▼ あるまい~ (7, 0.1%)

1 ええ, きみの, もう, ブリスバーン君, 俵屋に, 商売人の, 大層遅い

▼ あるまいかなど~ (6, 0.1%)

1 あられも, 内々注意し, 考えた, 自分に, 随分疑っ, 馬鹿な

▼ あるまいこれ~ (6, 0.1%)

1 でも喰, でも喰え, はあの, はむしろ, は水狐族, を我輩

▼ あるまい~ (6, 0.1%)

5 やない 1 や無い

▼ あるまいとまで~ (6, 0.1%)

2 言つてゐた 1 平生から, 思う, 推察した, 疑われる

▼ あるまい~ (6, 0.1%)

3 店先で 1 この婦人, までに食った, 此の

▼ あるまいそして~ (5, 0.1%)

2 いろ 1 あのこと, その時, 美保子さんは

▼ あるまいなと~ (5, 0.1%)

1 君子の, 念を, 番頭に, 軽くは, 駄目を

▼ あるまいなどという~ (5, 0.1%)

2 話を 1 ことを, のは, 言葉を

▼ あるまいまた~ (5, 0.1%)

1 この人々相手, そうでも, その女, もし寿命, 見ようたって

▼ あるまい~ (5, 0.1%)

1 かこの, か人里, か夫, か彼, か襠掛

▼ あるまい殊に~ (5, 0.1%)

3 お前の 1 又帯刀, 昨年九月十月頃には

▼ あるまい~ (4, 0.1%)

2 ああ食つた 1 フフフ, 年寄りは

▼ あるまいとお~ (4, 0.1%)

2 もひます, もふ

▼ あるまいどこ~ (4, 0.1%)

1 かに逃げ, からか一枚舞, か侍, にどんな

▼ あるまいむしろ~ (4, 0.1%)

1 そんなもの, 学校の, 彼は, 私は

▼ あるまいもう少し~ (4, 0.1%)

1 様子を, 樣子を, 考えて, 考へて

▼ あるまい~ (4, 0.1%)

1 が女, が行つて指圖, も行っ, も行つて

▼ あるまい~ (4, 0.1%)

1 がいよ, がいよいよ, の最近, は涙

▼ あるまいあれ~ (3, 0.1%)

1 だけの奴, はただ, は馬場

▼ あるまいいっそ~ (3, 0.1%)

1 おれの, 何もかも, 籤引か

▼ あるまいかなどとも~ (3, 0.1%)

1 思った, 思って, 想う

▼ あるまいからと~ (3, 0.1%)

1 一緒に, 言いましたところが, 言った例

▼ あるまいがな~ (3, 0.1%)

1 ッ, 今だつ, 拙者抜いた

▼ あるまいさあ~ (3, 0.1%)

3 履き替へて

▼ あるまいしかし~ (3, 0.1%)

1 大兄ハネバシの, 私は, 非常に

▼ あるまいそう~ (3, 0.1%)

1 だこう, であるにも, 思って

▼ あるまいそんな~ (3, 0.1%)

2 筈は 1 運命の

▼ あるまいとか~ (3, 0.1%)

1 こちらの, そんな心配, 昨日俺の

▼ あるまいにと~ (3, 0.1%)

1 いわれると, 孔子に, 思つた

▼ あるまいのに~ (3, 0.1%)

1 いろんなこと, とにかくそれ, マリ子の

▼ あるまい~ (3, 0.1%)

1 の心, を殺さなく, 或はそんな

▼ あるまい何でも~ (3, 0.1%)

3 お前の

▼ あるまい~ (3, 0.1%)

1 に何ん, に同類, の歌

▼ あるまい多分~ (3, 0.1%)

2 小判を 1 妊娠前や

▼ あるまい~ (3, 0.1%)

1 でも身体, は悪い, は惡

▼ あるまい庭先~ (3, 0.1%)

3 から美登利さん

▼ あるまい御前~ (3, 0.1%)

3 のやう

▼ あるまい早速~ (3, 0.1%)

2 茶を 1 出して

▼ あるまい現に~ (3, 0.1%)

2 蜘蛛の 1 片倉小

▼ あるまい相当~ (3, 0.1%)

1 であろうぞ, の家中, の時機

▼ あるまい~ (3, 0.1%)

1 に教, に教わった, も彼

▼ あるまい貴様~ (3, 0.1%)

1 に悪い, は南条なにがし, は訴人

▼ あるまいいずれ~ (2, 0.0%)

1 器量が, 病気が

▼ あるまい~ (2, 0.0%)

1 米の, 身の

▼ あるまいおそらく~ (2, 0.0%)

1 民事であろう, 気ちがいであろう

▼ あるまいお前さん~ (2, 0.0%)

1 とんだ金, 飛んだ金

▼ あるまいかとまで~ (2, 0.0%)

1 末造は, 疑われて

▼ あるまいかなどという~ (2, 0.0%)

1 手記に, 考えが

▼ あるまいかに~ (2, 0.0%)

1 考えるですね, 見える懸案

▼ あるまいかの~ (2, 0.0%)

1 ような, ウ

▼ あるまいかも~ (2, 0.0%)

1 一度見なおし, 知らぬ

▼ あるまいここ~ (2, 0.0%)

1 で腹, を管轄

▼ あるまい~ (2, 0.0%)

1 あの小屋, 第一

▼ あるまいそこで~ (2, 0.0%)

1 彼等に, 秘密を

▼ あるまいそのうち~ (2, 0.0%)

1 また藩地, 酔いが

▼ あるまいそれに~ (2, 0.0%)

2 そんなこと

▼ あるまいただし~ (2, 0.0%)

1 は夜目, 倹約を

▼ あるまいだから~ (2, 0.0%)

1 こうなる, 別れに

▼ あるまいといった~ (2, 0.0%)

1 口吻です, 風の

▼ あるまいと迄~ (2, 0.0%)

1 伝えられる黒部川, 推察した

▼ あるまいどう~ (2, 0.0%)

1 だ, だ真剣

▼ あるまいなお~ (2, 0.0%)

1 不審に, 田中不二麿からも

▼ あるまいなるほど~ (2, 0.0%)

1 すやすやと, 大日經は

▼ あるまいねと~ (2, 0.0%)

1 大きく呼吸, 追及する

▼ あるまいまだ~ (2, 0.0%)

1 十時だ, 子供だ

▼ あるまいもしそう~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ あるまいよう~ (2, 0.0%)

1 に感ずる, に断定

▼ あるまい~ (2, 0.0%)

2 呆れた野郎

▼ あるまい~ (2, 0.0%)

2 の字

▼ あるまい一度~ (2, 0.0%)

1 だけは黙認, にかかろうで

▼ あるまい主人~ (2, 0.0%)

1 に言い付けられ, の吩付

▼ あるまい二人~ (2, 0.0%)

2 の男女

▼ あるまい今日~ (2, 0.0%)

1 からは召使, はいつも

▼ あるまい何故~ (2, 0.0%)

1 なら, 自分で

▼ あるまい~ (2, 0.0%)

1 がいい, はこれ

▼ あるまい兄妹~ (2, 0.0%)

1 だろうと, であろうが

▼ あるまい其の~ (2, 0.0%)

1 怪しい形, 栄の

▼ あるまい古い~ (2, 0.0%)

1 のでよけれ, ので可

▼ あるまい四十~ (2, 0.0%)

1 を越し, 過ぎた世帯

▼ あるまい実は~ (2, 0.0%)

1 な恥, 斯うし

▼ あるまい少し~ (2, 0.0%)

1 は遅い早い, は遲い

▼ あるまい従って~ (2, 0.0%)

1 八月で, 更に其右

▼ あるまい恐らく~ (2, 0.0%)

1 数十時間後であろう, 食うに

▼ あるまい~ (2, 0.0%)

1 に料簡, に認めた

▼ あるまい横井~ (2, 0.0%)

1 の前, は少し

▼ あるまい此処~ (2, 0.0%)

1 にいる, は腰掛

▼ あるまい江戸~ (2, 0.0%)

1 からの帰りがけ, の色男

▼ あるまい白犬~ (2, 0.0%)

2

▼ あるまい花嫁~ (2, 0.0%)

2 を殺し

▼ あるまい行先~ (2, 0.0%)

1 は陸前, を聞かない

▼ あるまい遠慮~ (2, 0.0%)

2 せずに

▼1* [317件]

あるまいあれあの通り, あるまいあんなのは, あるまいいい人助けを, あるまいいくら新聞では, あるまいいざ一太刀の, あるまいいよいよ相手の, あるまいいわんや一匹の, あるまいうそいつわりを, あるまいうまいまづい, あるまいうん隼人, あるまいうんと飲んだろう飲む時, あるまいおまへさん, あるまいおれのよう, あるまいお上というもの, あるまいお前の身, あるまいお金も丁度, あるまいかえって心が, あるまいかしらんと, あるまいかしらと考えて, あるまいかつて君に, あるまいかといった叔父さん臭い, あるまいかとすら思はれた, あるまいかとは誰でも, あるまいかなぞ勝手な, あるまいかなぞと申しますが, あるまいかなぞとも考えました, あるまいかなと後と, あるまいかは問題でない, あるまいかまどの火, あるまいからなど至極打ち解けた, あるまいがという高飛車な, あるまいがねおれには, あるまいがやややお婆さん, あるまいきっと何処かに, あるまいけどむずかしくなったら, あるまいけれどなわしの, あるまいこうでもあるまい, あるまいこういう時候じゃ, あるまいここらが見切り時, あるまいこれからその埴生, あるまいこんなふうに, あるまいう思ひ, あるまいさだめし剣の, あるまいさどうだ真直, あるまいさもなくば, あるまいしさそんな殺文句, あるまいしなやかに作られた, あるまいしなんてざまだ, あるまいしねそんな卑怯, あるまいすぐに行こう, あるまいすこし踵を, あるまいすっかり真面目に, あるまいすでに御納得, あるまいせめて私たちだけにでも, あるまいなたの, あるまいそうしてその後に, あるまいそこに行かう, あるまいそっちの綴込み, あるまいそれから聞かして, あるまい内々南都や, あるまいぞいの, あるまいたいした愛情の, あるまいたしかにご馳走も, あるまいたぶん評判だけの, あるまいちょうど幸だ見, あるまいといったまでだ, あるまいとかいうような, あるまいとかの評定ばかり, あるまいところがこっちは, あるまいとさえ思われたほど, あるまいとしか思われなかった, あるまいとして個人的動機から, あるまいとすら考えた, あるまいとて口に, あるまいとにかくに仰承らん, あるまいとのみ速断し, あるまいどうせ処刑に, あるまいどうぞ思い出したら一遍, あるまいどうも彼の, あるまいどころか捕り損, あるまいどちらが優れ, あるまいどれ俺が預, あるまいなあなどと牧を, あるまいないのが, あるまいなということでありました, あるまいなんて時々思う, あるまいなんとかいい工夫, あるまいによって流罪の, あるまいなまもの, あるまいのう勇助, あるまいのにと呟きたくなるほど, あるまいいるに, あるまいばあさんが可愛がりすぎた, あるまいひと詮議し, あるまいまあ腰抜けついでに, あるまいまあまあとにかくお前の, あるまいまさかお前さんが, あるまいまずわれわれの, あるまいまでもなんとか防ぎをつけてやらねばなるまいて, あるまいみんなも肚, あるまいもう西洋劇から, あるまいもしさる事実, あるまいもしくは必要と, あるまいもつとも私は, あるまいもののまた間違, あるまいやはり従前の, あるまいゆえ三日に一度位, あるまいよしんば判官三郎に, あるまいよって存外土佐, あるまいよと立も, あるまいわしには分っ, あるまいカスリだったろう, あるまいコウ侍士大方此女は餘所, あるまいシャボンを使っ, あるまいテ馬鹿な話, あるまいネヂがない, あるまいネーお父さんも大変御意, あるまいハヽヽヽヽ山木君の様, あるまいマルクスの考えた, あるまいロシア人がこんな, あるまい一つまじなって, あるまい一つまじなつて, あるまい一人か二人位, あるまい一個の仮面, あるまい一太刀武蔵に酬わん, あるまい一應參考までに訊い, あるまい一点一画は時, あるまい一生懸命になっ, あるまい一緒に出かける, あるまい一般の人類, あるまい一體こんな謎みたい, あるまい丁度嵐の, あるまい三都の芝居, あるまい斷から, あるまい両君とも純情, あるまいへ何, あるまい主膳と勢力争い, あるまいと臆測, あるまい乎兎に角, あるまい乎非常に大, あるまい乱暴な事, あるまい人間の天性, あるまい今さら加州藩に, あるまい今夜が最後, あるまい今岡田に和服, あるまい今晩多勢の人助け, あるまいの連中, あるまい他所から流れ込んだ, あるまい何だ手前は, あるまい何とか特別な, あるまい何んかお前, あるまい何処か岡場所, あるまいを囚人, あるまい併しそうすること, あるまい修行そつちのけ餌代, あるまい俺達より先, あるまい僞善の花, あるまい先程たしか自分, あるまい内田は古藤, あるまい冬雷かぬくい, あるまい凡太は堅く, あるまいの法, あるまい処女ではない, あるまい凶兆はある, あるまい動物園の鐵, あるまい勤王の何物, あるまい化け物だろう, あるまい千代子もおそらく, あるまい午後になっ, あるまい半蔵の水無神社宮司, あるまい印度洋の平均水深, あるまい原田なら悪く, あるまい太郎主従に, あるまい収穫時の降り, あるまいにこそ出さない, あるまいなり錯綜した, あるまい可愛らしい顔を, あるまい台所にいるだろう, あるまい右大将家でないと, あるまいが女房, あるまいな百歳, あるまい命がけで食う, あるまい和歌俳句雑俳音曲から美術, あるまい咳嗽薬まで戴い, あるまい問題は描写, あるまい図書館はな, あるまいの政府, あるまい土地がイヤ, あるまいの下, あるまい夜分にてもよい, あるまいだ空想, あるまい看板では, あるまい大抵の人間, あるまい大槻伝蔵の亡霊, あるまい大観の偉, あるまい大野九郎兵衛に会おう, あるまい天井裏にある, あるまい天時つきたる悲し, あるまい妹御のお, あるまい妻子には済むまい, あるまい嬉しさであった, あるまいは何処だい, あるまい密偵だろういや, あるまい密談を聞いた, あるまい富士男君見張りはいらない, あるまい尊い姫君の, あるまい小松帯刀や大久保一蔵, あるまい小説にまたは, あるまいの高い, あるまい工場長はそう, あるまい市中に現存, あるまい常々野の光り, あるまい常においでに, あるまい常吉はこう, あるまい平常むだ飯を, あるまい年功を経た, あるまいの垂木, あるまい引金を引く, あるまい美濃国の, あるまい当人の自分, あるまい当時は小林古径, あるまい彦さんも昔, あるまい彼女はモダニズム, あるまい後悔するに, あるまい御前様のお, あるまい御影の欠けた, あるまい必ずさうに相違, あるまいういふ, あるまい憎い奴じゃ, あるまい戦争の門出, あるまい拙者は止す, あるまい放送料理という困った, あるまい故に鼠を, あるまいしましょ是, あるまいに焼け, あるまい日中だろう, あるまい日本の金, あるまい日本アルプスおろしの, あるまい早くて十七八, あるまい明日にしたら, あるまい春琴の商売敵, あるまい晋太郎は自分, あるまい案外有るよう, あるまい森林を行く, あるまい楽しい夕べが, あるまいにお, あるまい欠点を言え, あるまいの上, あるまい武人といふもの, あるまいになるなら, あるまいでも喰つて斃死つて, あるまい活仏様じゃという, あるまい活仏様ぢやといふ, あるまい浪人して, あるまい浮世の光, あるまい海市に對, あるまい源氏物語をそろ, あるまい濃い藤色の, あるまい然し又彼女が, あるまい然るに今日まで, あるまい然るに現に革命運動が, あるまいの隙間, あるまい犬同様のもの, あるまい生命の養生, あるまい田舎育ちとは云え, あるまい男の子に化け, あるまい男らしくやったらどう, あるまい町医か外療, あるまい町役人五人組立ち會, あるまいとても一眸数里, あるまいでもあるまい, あるまい百足も貯, あるまいな申, あるまい真剣の創, あるまい真実切支丹に相違, あるまい真直に白状, あるまい瞬一つしきらぬ中, あるまいすべりの, あるまいのごとき, あるまい神妙にお, あるまい秋晴れで早慶野球戦, あるまい笛吹や琴ひき, あるまい粉計りだろう, あるまい糟屋の胸, あるまい結局に於い, あるまい群衆心理に摂, あるまいも私, あるまい背戸口の一本松, あるまいの無い, あるまい若い男が, あるまい若しまた尾栓, あるまい藤枝蔵人が私, あるまい裏側には極印, あるまいたる父, あるまいにかけてわ乃公, あるまい試合を挑ん, あるまい謙信が塩, あるまい證據は此方, あるまい警察も酒巻君, あるまい貴殿は子供, あるまい赤シャツの方, あるまい軒前を飛ぶ, あるまいで吹雪, あるまい遠来の珍客, あるまいにて名, あるまい閉口しなければ, あるまいの山節, あるまい随分沢山に, あるまいの部屋, あるまい隼人内膳は勘違い, あるまい順次の運動, あるまい風呂にはいない, あるまい風流うらやむべき三昧, あるまい飛騨の奥, あるまい食事という天則的, あるまい高氏は負けた, あるまいがこんな