青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ある~ あるいは~ ~あるだろう あるなら~ ~あるべき あるべき~ ~あるまい あるまい~ ~あるらしい ~あれ
あれ~
~あろう あろう~ あわせ~ ~あわて あわて~ あん~ あんた~ あんな~ ~あんなに あんなに~

「あれ~」 36870, 398ppm, 241位

▼ あれ~ (9709, 26.3%)

209 あるほど 132 それは 106 あるもの 72 なり 65 ある程 57 私は 41 あるだけ 40 それを 38 これを 35 それが 33 いつでも 28 いいの 24 これは, よい 22 いいと 21 いい 20 それに, よいの, 何でも, 彼は 16 よいと 15 いいん, 他の, 自分の 14 その人, 何も, 私の 13 すぐに, それも 12 あるもん, どんな事, 自分は 11 それこそ, それで 10 い, その時, よいが, 仕方が, 充分である, 喜んで 9 よかった, 何か, 何時でも, 僕は, 子供も, 彼の 8 これも, その中, なんでも, 左に, 結構だ, 自分も

7 [13件] ここに, そこに, そこには, それらの, だが, また, わたしは, 人の, 充分だ, 助ける神, 女の, 好い, 私も

6 [19件] あとは, いいが, いいがと, いいでしょう, たくさんだ, どこへ, よいという, 今の, 大丈夫だ, 山を, 彼等は, 必らず, 手を, 日本の, 沢山だ, 直ぐに, 私が, 誰でも, 身を

5 [27件] あったもの, いいという, こ, これに, さう, すべての, その者, それでよい, ともかくも, どんなこと, またその, わたくしは, 之を, 今日の, 他人の, 好いと, 是非も, 椎の, 相当の, 立派に, 結構です, 自分で, 誰も, 足りる, 近所の, 酒を, 非常に

4 [55件] あなたは, あるだけに, ある丈, いいのに, いくらでも, おのづか, お前と, ぜひも, そこへ, その上, その国, それだけでも, それと, たくさんである, なるべし, 一方には, 一方は, 世の中は, 中には, 事は, 二人で, 人が, 人に, 人民は, 他方に, 何の, 兎に, 出でて, 別だ, 十分だ, 十分である, 可い, 天下の, 好いの, 好きな, 子供の, 小さいの, 少くとも, 山の, 彼女は, 必ずそこ, 急に, 我々の, 有るもの, 本を, 此の, 水を, 申し分は, 立派な, 笥に, 結構な, 自己の, 自由に, 誰にでも, 遠くからでも

3 [102件] あとの, あなたと, いいけれども, きつと, ここで, ここへ, これらの, しが, そのため, その主人, その方, その結果, その罪, その頃, それでよ, それで十分, それには, それによって, そんなこと, だけれども, どこへでも, なにも, はいりたいよう, またお, また一方, みなこれを, よいので, わしは, 一家の, 一方に, 不自由は, 不足は, 也, 事足りるの, 人も, 今は, 他に, 何を, 何人も, 何処でも, 例の, 俺が, 充分で, 其処に, 凄くも, 出て, 前掛半襟, 力を, 十分で, 即座に, 大したもの, 大平の, 天の, 女を, 安心し, 客を, 家の, 容易に, 少しは, 山に, 川柳も, 平凡な, 当分は, 当座の, 彼が, 彼を, 後に, 後の, 必ず結果, 我に, 手に, 拾う神, 持逃げの, 教えて, 敵の, 日本は, 昔の, 朝から, 格別だ, 梅の, 森に, 止むを, 気が, 水心だ, 相当に, 相手の, 臣心あり, 自然に, 色外に, 芽が, 裏の, 見せて, 言って, 言は, 読んで, 誰にも, 誰れ, 間に, 面白き歌, 頭の, 顔を, 黙って

2 [504件 抜粋] あたしは, あったもん, あつた, あなたの, あの男, あると, あるよう, いいけれど, いいし, いいな, いいなあ, いいので, いいよ, いかにもその, いかにも田舎, いささかも, いつかは, いつぺんに, いよいよもっ, うるさくも, おかしくも, おのが, おれも, お互に, お家の, お隣の, かえってこれ, かくの, かしこに, かならずその, かれら, きっとすばらしい, きっと私, きまりも, ここには, こちらで, こちらにも, こっちへ, このむごたらし, この上, この御殿内, この絵, これが, これだけの, これと, これによりて, こんなにも楽しい, さつ, しばしの, しめたもの, すなわちこれ, すべてを, そいつは, そうかと, そうでない, そこから, そこでともかく, そこの, そのくらいの, そのさき, そのほか, そのまた, そのよう, その他の, その分, その場, その女, その子, その家, その後を, その新, その新しい, その方たち, その方法, その日, その樣, その父, その由松, その男, その親, その間に, その額, それだけで, それでいい, それで良い, それについて, それへ, そを, そんなもの, たくさんだろう, たくさんです, たくさんな, たすかるん, たつた一, ついでに, ついには, つぎつぎと, である, できる, できること, ですが, ですけれども, どこかの, どこまでも, どんなにうれしい, どんなに頼もしい, どんな卑しい, どんな場合, どんな書物, なおいい, なおさらの, なおのこと, なお更, なお結構, なかには, なんです, なんの, ぼくの, まあ好い, またそれ, またと, またワシノオ, また一説, また別, また同じ, まだしもだ, まだ生き甲斐, まだ若い, まづそ, まづ寺子屋, もう大丈夫, やつて, やはり理不尽, やるし, よいがと, ようございます, よくその, よくない, よろしい, よろしいが, よろしいので, よろしいもの, わしが, わたしの, わたしを, わるいところ, われわれが, ドン, ブラリと, 一人淋しき, 一夜居, 一目で, 一緒に, 一般世間の, 三下のぶしょく渡世も, 三人の, 三千代を, 世界じゅうを, 世界中の, 世間は, 世間への, 主人には, 主義政見の, 之に, 之れ, 事が, 二人の, 二日でも, 二階の, 五日後に, 人々の, 人々は, 人を, 人間の, 人間は, 今も, 今度は, 今日は, 仏蘭西の, 仕事の, 仕事を, 仲直りを, 低いの, 何が, 何にでも, 何よりの, 何よりも, 何んで, 何事も, 何時にても, 余は, 余程よい, 俺は, 僕に, 僕を, 兄を, 兄妹も, 充分であろう, 充分に, 先方に, 兎も, 入りたいとは, 公然と, 其れ, 其処で, 出して, 出來, 列を, 別です, 別の, 前に, 前後の, 功績が, 助くる神, 助けて, 助る, 勇敢なる, 動物の, 勝手に, 十五六の, 十分です, 即ち病む, 取りに, 口も, 口を, 可, 可いが, 可なり, 台所の, 叶えて, 同心や, 同志と, 同時にまた, 君が, 君の, 君は, 呼ぶから, 命掛けなる, 喧嘩を, 嘘を, 四五日は, 国の, 土地の, 土蔵または, 城の, 堪忍は, 売っても, 売れると, 外に, 外国へ, 多くは, 多少腐, 夜具も, 大である, 大丈夫, 大匙二杯位, 大工の, 大抵の, 大概な, 大臣と, 大阪へ, 天国などは, 夫に, 夫れ, 女は, 女も, 好いで, 好いのよ, 好いん, 妙な, 妻に, 娘も, 嫉妬も, 嬉しい時の, 嬉しくも, 子も, 子供を, 季の, 安心だ, 安心の, 宜い, 宜いが, 宜しい, 家で, 家に, 家を, 家宅を, 将来如何なる, 小さく弱いこと, 小舟に, 尚更の, 希望も, 帝王の, 常にこれ, 常に生産, 平常服, 平次の, 幽かに, 底も, 店は, 弟の, 強いてとは, 影も, 役目の, 彼も, 彼女を, 往復される, 後が, 徐々に動く, 御詫, 必ずその, 必ず原因, 必ず自分, 忍ぶの屋, 忽ち傑作, 忽ち物騒, 怒りも, 怖ろ, 思ほゆる, 恐ろしくも, 悪いこと, 悪人が, 想念は, 我は, 或る, 手も, 折角の, 拭いたり, 捨てて, 敢て, 敵は, 敵も, 新らしい, 新宿までは, 日々の, 日本一の, 明るい花, 易筮に, 是は, 是非が, 是非なし, 昼間は, 晝は, 普通の, 書斎に, 最後の, 月も, 有徳な, 有難くも, 木箱も, 本が, 本木の, 机に, 枕も, 林も, 栗も, 格別さもなければ, 植木弄り, 楽しみも, 構は, 樹の, 櫨の, 正成は, 死んでも, 殺さねば, 母が, 母を, 毎月若干宛の, 民は, 水は, 氷の, 汝が, 江戸の, 沢山ぢ, 沢山である, 沢山の, 洋服も, 洋服を, 涙しながる, 深く咎める, 湯殿火焼き屋なども, 湯殿火燒き, 満足し, 火の, 火を, 無理に, 父と, 父の, 父は, 片っ端から, 猶更, 用は, 田舎へ, 申し分ない, 男の, 男は, 男も, 町に, 町を, 病弱も, 癪に, 直ぐにも, 直ちにこれ, 相手に, 真面目な, 眼も, 知らせて, 知らぬこと, 石は, 私だったら, 私にとって, 立派でも, 竹も, 第一容貌, 篠の, 米が, 結婚を, 結構で, 結構である, 綿繖糸を, 縁も, 織田の, 老人も, 肉親の, 自から, 自分に, 自分を, 自分等家族五人が, 自動車の, 致し方が, 致し方も, 良いの, 良心なんか, 花も, 花見の, 若いの, 苦あり, 草花の, 薄茶色の, 薩摩が, 虚無僧でも, 行って, 裏も, 裏切る, 襤褸の, 見えが, 見える筈, 見事な, 覚えて, 親の, 親方や, 触れれば, 許して, 話は, 話を, 誰しも, 誰だ, 誰だって, 誰の, 誰よりも, 賑やかな, 赤い花杯, 足りるの, 足る, 足を, 身輕な, 轎に, 辛くない, 近所を, 退屈せざる, 逃げるもの, 速に, 造作なく, 道徳の, 遠い家, 遠からず, 遠慮なく言い付け, 適当な, 酒が, 金も, 鈍な, 鉄にも, 鉱山の, 銀座の, 鎌倉の, 長火鉢も, 閑か, 間に合う, 雲も, 露頂の, 非常な, 風に, 食物を, 駆け出して, 驀地に, 高閤, 魔に, 黒い色の, 黙々として, 0と

1 [6459件 抜粋] ああいう, あちらで, あながちそれ, あの場合, ありがたいと, あるいはパリー, あるに従って, ある程嫌, あんげだ, いいじゃ, いいや, いかなる卑見, いくらあっ, いずれへも, いつか都へ, いつも私, いやいやそうで, いろいろやっ, うまくふた組, おそいもの, おぬ, おれが, お勝手も, お手伝いいたします, お登り, お豊, かきつづけもう, かならず助けあう, かぶると, きっと涼しく, こういう態度, こころよく今朝, ことは, この世に, この婆, この方, この気合い, この観察, こよひ, これ即ち, こんなふう, こんな苦労, さすつて, さも, してやろかい, しんぱいは, すぐさまお払い箱, すぐ壊れ, すだき満, すなわち倶, すなわち鬼神, ずゐぶん, そういう抵抗力, そう変テコ, そこは, そっちへも, そのたびごと, その三族, その住居, その取扱い, その娘さん, その年旱, その感応, その本, その清淺, その痛み, その者愚, その途上, その際ダンテ, それくらいにまで, それでこと, それで娘, それにて, それ程にまで, たいてい読み切れる, ただちに円い, たちまちその, たとい同意, たとえ妻, だいいち新進作家, だん, ついと暗い, つね事なれ, できるものの, ときには太っ, ともかくこっち, とるに, どうして動い, どうもなり, どしどし召抱え, どんどん大, どんな事件, どんな数字, どんな醜婦, なおさら懼, なかなかもっ, なまけ者と, なり有意義, なんとかし, のろま漬その他のろま薬のろま染のろま餅のろま縞のろま芋のろま飴のろま酒, はれもの, ひとり手に, ぶち抜く, ほとんど毎号筆, ぼろ一枚で, まさにそれ, まず庭園, またきこえぬ, またつづける, また一年, また俄, また同時に, また女性, また憎悪, また概念, また疎遠, また自分, また違っ, まだしもじゃが, まだ気, みえるはず, みな虚偽にて, むろんそれ, もうてくてく歩き, もう女工, もう走れず, もっと廻りたい, やうやうに, やってこられる道のり, やむを得ず博士, ゆるさんぞ, よいところ, よからん, よしという, よろしく縄, わがままを, わざわざ持っ, わたしも, アンリ・フォンフレードの, カルルは, ゲートルを, シナ海を, スリッパは, タクサンです, トノサマは, ハンノキも, ヒンクマン氏が, ブック・レヴューの, ボートを, モンロー主義も, ロウソクも, 一つ考え, 一人三升ずつの, 一切蔵経は, 一定の, 一層幽霊, 一応は, 一日で, 一村の, 一番よい, 一部では, 七百万の, 三十年に, 三河にも, 上下貴, 上述の, 下煮, 不思議は, 与えて, 世話を, 中で, 丸で, 久吉が, 九時から, 予備大佐の, 二グロス位買います, 二十人前の, 二重に, 五万円十万あれ, 五度ふる, 亦日本, 人串戲とて, 人生は, 今が, 今にも浮び上り, 今憖, 仕事に, 他處, 仰せ下さるよう, 休業中でも, 住み荒しても, 何でもしましょう, 何にかの, 何事でも, 何所かへ, 何者かが, 余計な, 供給あり, 信徒の, 個人の, 傍から, 僕から, 元の木阿弥といふ, 充分の, 先だって死んだ, 免職する, 全吏員, 公儀の, 其の計画, 其地域の, 其病氣を, 再びこの, 凡事では, 出来ます, 分りきって, 初めて田, 別に退屈, 前世が, 労力は, 勝頼末代までの, 勿論私, 北海道に, 十分なり, 千両かかる, 半タンガー, 半次の, 印度洋も, 即ち読めり, 厳氏や, 又やってくる, 又富豪, 又遅い, 反対を, 口から, 只今賢い, 吊り皮, 同時に彼奴め親, 名古屋女流が, 君子の, 呂宋兵衛を, 呼びつけられて, 唐時代には, 善し, 嘗て, 固有な, 土佐弁も, 地下室を, 城山の, 塩魚も, 売価に, 外へ, 多少の, 夢に, 大して手向い, 大体の, 大将株でも, 大概払いは, 天つ, 天地はるかに, 夫こそ, 奉行所へ, 女房と, 好いに, 如何なる事情, 妻君を, 始終こ, 娘の, 嬉しい涙, 子房を, 学術研究上申分ない, 完成した, 宜しいで, 実際的, 家から, 家族の, 容赦は, 寒い雪国, 寺それが, 尊敬されます, 小である, 小枠, 小説新潮にでも, 少なくとも多数, 尺八の, 山には, 岡ッ引も, 巡礼に, 己が, 帆船も, 常絶えず, 年に, 幸福である, 床屋へ, 弁信さんに, 弛緩の, 当のこの部落, 当方では, 役場の, 彼女が, 往来の, 従来多少, 御会釈, 御白粉, 徳川家の, 心得違いだ, 必ず一害, 必ず四畳半, 必ず暗, 必ず立っ, 必ず銭箱, 忘れるよう, 忽に, 思い切り師匠, 怨言も, 恍惚り, 悪いところ, 悲惨でも, 意外の, 憎み手, 我々にでも, 或は金, 手あたり次第に, 手合せを, 才次自身たいてい, 折に, 拾う人間, 据風呂の, 擦れ違, 攻撃する, 救われる, 数学の, 文學も, 断じて免, 新政府, 旗を, 日本人支那人等の, 早く出たい, 明るい店頭, 明朝までは, 是に, 時々出, 景物詩も, 暫時の, 更に一層の, 曹操と, 有るが, 望外の, 木賃宿でも, 本当にい, 材木の, 東京から, 林に, 某の, 格別それ, 桜の, 植物の, 楽これより, 横川以東郊外散歩を, 次第にその, 正成自身も, 此処に, 武家出の, 歴史も, 死亡届も, 殺すよう, 母親の, 気の毒にも, 気高くも, 水戸様石置き場の, 永楽銭も, 決していや, 河童が, 泣き寝入りの, 洗練された, 浅草神田日本橋と, 海へばかり, 淡白な, 渇を, 湯屋も, 滿足しました, 澤山だ, 灰皿や, 無作法にも, 無論買う, 煩わしさ, 爽快に, 物との, 犬直ちに, 狼煙番を, 玉葱の, 現金も, 瓢の, 生れ直せぬ, 用事が, 男まさり, 画家は, 病人が, 発熱などの, 百ぺん言われる, 皆出, 目付の, 直ぐ蛇, 直に発見, 相手が, 真実の, 眼鏡の, 知らぬ顔を, 石塔も, 破約する, 祝官石斧を, 神社仏閣に, 私には, 秋田米の, 稽古に, 立ちどころに縛, 笠や, 筆者は, 節穴の, 糠を, 紙くず拾い, 終日蒼い, 結構でございます, 絶望も, 縋るべきもの, 罪の, 美しい高山植物, 翡翠と, 耳さへ, 肉交を, 胡椒を, 腰おろし, 臨時の, 自分この, 自動車屋としても, 自転車が, 舟は, 色は, 花水が, 若きも, 英蘭は, 草一本の, 菰あむ, 蓮ちゃんの, 藩の, 蜜蜂の, 行々子の, 行く方, 衝撃は, 被告じみた, 襲撃できる, 見て, 親類縁者が, 訛音も, 詩とも, 該囚徒は, 読まずには, 調子の, 謙信は, 谷川の, 負傷した, 貰うだろうと, 貸本を, 赤青緑の, 足りますよ, 距離の, 車掌たちの, 辛き藥味, 迷い込んで, 逃げ出そうと, 逢う事, 遊芸に, 遠ま, 遺言状も, 郭璞に, 酔ふ, 重力打消, 金兵衞お, 釣合が, 銀貨が, 長い時間, 門に, 間違いない, 陰影も, 隠すはず, 雄が, 難有, 電灯も, 青くなり, 面倒を, 頂戴致しましょう, 頼もしくも, 風味喫すべし, 食器類も, 飽くまでこの, 香玉も, 驚きも, 高山の, 魚心って, 鷲じ, 黙翁宗樹居士

▼ あれ~ (7471, 20.3%)

67 私の 48 どうした 36 何だ, 何の 29 あれで 27 なんだ, 確かに 26 何です 24 何だろう 23 私が 22 僕の 20 誰だ 19 なんだろう 18 何んだ 16 あなたの 15 どこの, 僕が 14 ただの, 何と 13 おれの, お前の, なんです, 一体何, 何でも, 嘘だ, 本当の 12 俺の, 君の, 誰の 11 わしが, 人間の, 自分の 10 なんでしょう, わたくしの

9 [13件] いったい何, うちの, どういうわけ, どういふ, なんの, ほんとうの, わしの, わたしの, 何, 何という, 何を, 本當, 誰が

8 ほんとうに, 一種の, 人に, 何か, 女の, 有名な

7 [11件] あのまま, どうだ, どこから, どこへ, なんという, 何者だ, 彼の, 日本の, 普通の, 自分で, 非常に

6 [11件] あなたが, あの人, あれは, どういう訳, なに, 一体何者, 全くの, 唯の, 大変な, 自分が, 駄目だ

5 [26件] あたしの, あの女, いつ頃, それを, どこに, なんでも, 一つの, 一体な, 中, 人の, 今から, 何でしょう, 何処の, 例の, 俺が, 僕では, 去年の, 嘘です, 四月の, 妙な, 昔から, 昔だ, 皆な, 立派な, 誰だい, 誰です

4 [33件] ああいう, あの時, あれだけの, あれなりに, いったいどういう, いつの, ここの, そなた, たいへんな, まだ子供, もう二十幾年, よくない, わたしが, 一體どう, 上野の, 人間が, 今の, 何んで, 前から, 十四に, 君に, 夢では, 大變, 子供の, 水の, 水成岩の, 牛込の, 秋だつた, 秋の, 紀の, 紛れも, 絶対に, 誰だろう

3 [100件] ああし, ああと, いけません, いったいなん, いったい何者, いったい誰, いつでも, おかしい, おまえの, おめ, お前に, お父さんの, ことしの, た, だれの, どういうこと, どういうつもり, どういうの, どういう意味, どうしたろう, どうする, どうです, どうな, どうも, どう云う, どこで, どなた, なんだった, ほんた, ほんとの, まずあれ, もういい, わしも, われわれの, アメリカの, 一体どういう, 一体誰, 一昨年の, 一時の, 不思議な, 五月の, 人間じゃ, 人間では, 今でも, 他の, 何う, 何かの, 何が, 何さ, 何だえ, 何であろう, 何でせう, 何といふ, 何と云, 何も, 何者です, 偶然の, 冗談だ, 初めから, 前置, 君が, 君も, 君を, 唖の, 夢だった, 大嘘, 天才だ, 女房の, 実際に, 御承知, 心の, 情の, 支那の, 昔の, 星の, 時代の, 本当だ, 本当です, 本物の, 此の, 母の, 毛利の, 気が, 江戸の, 深夜の, 犬の, 狐か, 真実な, 確に, 私に, 私も, 良い男, 親分, 証明書か, 誰のです, 近所の, 銀の, 間違いだ, 鬼の, 黒雲五人男の

2 [367件] あたしが, あたらしく襲来, あなたに, あの男, あるほど, あれこれ, あれと, いい, いいな, いい経験, いくつの, いしが, いつでしたか, いつでしたかな, いまと, いやな, うそだ, おいしい, おとなしく慎, おまえに, お前が, お前も, お前を, お嫁, お手本の, お母さんが, お父さま, お父様, お隣り, お静, こうじゃ, こうな, こうッ, こけ猿, こちらの, こな, この世には, この村, さすがに, すぐ手, その, たしかに三角岩, たしかに俺, だれだい, ちよつと, ちよつとどう, ですな, ともかくも, どういうもの, どういう人, どうか, どうしたら, どうして拵えます, どうだった, どうなった, どうもひどい, どうも本物, どう致します, どこそこの, どこだったろう, なか, なかなかいい, なかなか立派, なかなか面白かっ, なにと, ほんたうな, ほんとうは, ほんの数秒間, ぼくの, またあれ, まだお, まだ処女, まったく正直, みんなあの, みんなうそじゃ, みんなお, みんなこの, みんなに, みんな魂の, もう, もうぎりぎりに, もうとうに, もうわたし, もう何, もう何年前, もう東京, もう死ぬる, もう済んだ, もう生き返るまい, もう脅迫, もう返し, ものに, やつぱり一種の, やまなしだ流れて, やめて, よかった, オモチャだ, サン・ステフアノの, シュバちやんで, チュンセ童子と, ナンセンスでは, ニセモノよ, フランスの, マリアだ, マリヤさイエスの, モールス符号だ, 一たい何な, 一つは, 一体, 一体どうした, 一体どうなる, 一体どんな, 一体なんだい, 一体何んの, 一房らしい, 一體どんな, 丁度いま此, 三年前に, 三月の, 下男の, 事実な, 人工では, 人間ぢやあない, 人間に, 人魚では, 今も, 今誰が, 他人の, 仲の, 佐, 何うし, 何うなった, 何じゃ, 何だい, 何でございます, 何でした, 何と女, 何に, 何んだらう, 何んでしょう, 何んの, 何人かと, 何人もの, 何処かの, 何年の, 何方の, 何時の, 何様です, 何者か, 何者だろう, 何者な, 何處から, 余計な, 作者の, 俺にも, 俺らの, 偉い男, 偶然に, 傑作だ, 僕, 僕と, 僕な, 僕には, 僕も, 僕丈の, 兄の, 先の, 先方の, 先月の, 先生が, 先生に, 先生の, 全く無茶, 出て, 別だ, 別です, 利口者です, 十二支組の, 十八に, 半蔵が, 危険な, 却, 友達の, 可哀, 右の, 君, 君そんな, 君銀座なんかの, 嘘な, 四月でなく, 国家主義者の, 地の, 外の, 外國の, 大したもの, 大それた, 大丈夫だろう, 大事な, 大人の, 大変気もちの, 大失策さ, 大急ぎで, 大泥棒, 大谷刑部少, 天の, 天才です, 太田だ, 夫婦では, 奉公心得書だ, 女の子だ, 女の子の, 妖怪です, 妙に, 妾が, 妾に, 娘が, 婢に, 安いもの, 安政元年の, 宮本武蔵の, 家の, 寄生する, 寄附を, 小大名, 少しも, 山菓子盗りだ, 己が, 己の, 幻か, 広小路の, 征伐せず, 得心づくだと, 御覧の, 心を, 怪しいです, 恐ろしい女, 悪いの, 悪魔の, 感心な, 或る, 敵の, 文部省が, 斑猫と, 斯う, 旗本の, 日がけの, 日本人の, 旦那が, 明さんでしょう, 明治の, 明治時代に, 春の, 時計の, 曲輪の, 月の, 朝敵, 木の葉では, 本当な, 本当に校長, 本当はどういう, 村の, 東京の, 根が, 椰子の, 極く, 止せよ, 正式の, 正真正銘の, 死にました, 死の, 死んだ人たち, 死臭に, 毒です, 毛虫が, 気持の, 氣の, 江戸一番の, 泥棒の, 浅草で, 浪ばかり, 火星から, 火星の, 無いもの, 無限で, 父と, 父親が, 特別です, 特定の, 狐です, 猫の, 猿が, 生みの, 生易しいこと, 甲州の, 白痴です, 皆この, 皆んな嘘で御座います, 皆無意識的に, 皮肉家では, 目じる, 真物じゃ, 矢張り, 石炭を, 神様の, 神田の, 神秘主義の, 私と, 私には, 私を, 秋で, 米を, 素晴しい, 素晴らしい女, 美人だ, 群衆な, 義朝の, 聖なる卒塔婆, 胡瓜を, 脇へ, 腹の, 自然に, 良い娘, 英国の, 菩提所の, 葛丸川だ, 藻です, 蛇苺よ, 西洋で, 親分が, 誰かの, 誰だったろう, 警戒警報が, 警視庁の, 貴様のか, 赤井の, 越後の, 辛夷の, 辻斬の, 途中で, 通俗の, 違って, 金持の, 鈴慕です, 間違いだった, 闇を, 陛下の, 陸上の, 雪に, 雲じゃ, 雲です, 雷鳴を, 非常な, 面白い, 面白さ, 飛んだ良い, 馬の, 馬鹿だ, 駄目です, 髷節が, 魔法でも, 魚の, 鮪の, 鯛ぢや, 鯛の, 鳥の, 鶏の, 鹿の子です

1 [5191件 抜粋] ああこれ, あたしも, あなたルンペン以下まつたく, あのま, あの國, あの晩, あまり痛みませんでございました, あれだけ, あれ自身すでに, あんまり興味, いい茶碗, いけないあれ, いけませんあれ, いったいどこ, いつごろだったでしょう, いますぐ, いろいろ内情, うどんの, えらい人, おかしかった, おじさんが, おとうさんが, おまえさんが, お上の, お前ああ, お前不良な, お勘定奉行, お婆さんが, お市, お月さん, お祖師様, お讀みです, かいつむりという, きちが, きっと山師, きつつきの, くり返せません, こうこう, こじつけだ, このひと, この動物, この横丁, この館, ごつごつした, さる茶屋, じつに珍しい, すこし足りない, すみましたの, ぜひ一見, そそっかしい男, その後どう, その節, それでも自分, そんな女, たしかにいい, たしかに下枝, たしかに木馬館, たしかに諦らめ, たしか夏の, たしか赤瀬春吉, ただ一つ, ただ浅間山, ただ馬鹿, たぶん諸君, だれであろう, ちょうど人, ちょっと眼, つまらない, つまり小説, とうからない, とんだ出来損, どういう次第, どうしても被せなけれ, どうじゃ, どうもただ, どうも映画師, どう致した, どこまで, どなた様を, どんなに酔払っ, なかなかいいです, なかなか親切, なにごとじゃ, なんでございましょう, にんにくだった, ばかだ, ひどい酒乱, ふしだらの, ほりもの, ほんの世間体, ほんものだ, まあ才子, まず三成, また過渡期, まだまだ若い, まだ小娘, まだ高い, まったく素晴らしい, まるで親子, みな夢を, みんなお伽話で, みんな夢である, みんな自分の, もうあぶない, もうない, もう丈, もう亡くなつた, もう反古, もう寐, もう暮, もう貶黜, もちろんわだかまり, もと伊丹の, やっぱりいたずら, やっぱり幻, やはり人, やはり無言, やや左向き, よかつ, よもや吉宗, わが星人たち, わしとして, わたしも, アメリカという, イギリス側が, ウエルズという, エート芸人, カトリックの, ギンネコ号じゃ, ゲスタ・ロマノルムです, シェークスピアの, ジャヴェルだ, スミスが, ターネフ邸が, ッて, トラ十の, ノートル・ダムだろう, バカだ, ピンカートンの, ブラウニングの, ペアノ弾き, ポールの, ママの, ムキになつて画, ヤリウスさんの, ルグナンシェの, 一たい何であろう, 一体どうなりました, 一体何事である, 一円五十銭な, 一昨年だった, 一番初めに, 一通でも, 丁度今時分, 三代目で, 三年や, 三輪の, 上段の, 下島に, 不意だ, 与力が, 世間へ, 中学を, 主として本願寺, 之を, 予科練から, 二ツ塚という, 二十歳の, 二枚屏風を, 五十粒ぐらい, 亡くなつた夫, 人形か, 人造犬だってさ, 人間を, 今お, 今仲間網, 今日西洋式の, 仏者の, 他所の, 以前曹操と, 会社だけの, 似而非君子, 何うなりました, 何ぞと, 何であらう, 何とか写真, 何んだった, 何事でしょう, 何山だろう, 何度も, 何時何処で, 何町であった, 何者の, 余り才識, 便りの, 信州か, 俺と, 倪という, 偽天子, 傑物だった, 僕とは, 儀式サ, 元来仏教から, 兄貴の, 先刻警官の, 光つた笑顔に, 全く妹, 全て最も, 全然嘘報, 八月十日すぎ, 六階に, 内に, 内閣が, 凄いが, 出来そこないな, 出鱈目な, 刑事だ, 別々の, 利巧な, 前科者とか, 剽軽だ, 動物です, 勿論作品, 北条家に, 十九世紀で, 十宮伝, 升屋の, 南京豆です, 単に記録, 危険だ, 去年咲枝が, 又毎時, 取消を, 古い神話, 古風で, 右衛門尉成景という, 吉野や, 名高い荒事師, 君にといふ, 君代が, 君大変な, 君空想だ, 呉田博士の, 咳の, 唯物主義者でも, 喉に, 嘘, 嘘は, 困りもの, 国境尾根に, 地上で, 地球外における, 堪忍し, 売られたん, 外からの, 多分右手, 多少分らぬ, 夢だつた, 大した名, 大事業, 大国主という, 大層親, 大殿様, 大笑ひで, 天に, 天才である, 太平洋戦争の, 失恋し, 奇蹟だ, 女じゃ, 女子の, 好い心持, 如何なるお, 妹媛の, 始末に, 嫌だ, 子飼, 学生さんたちが, 安くちや買, 宝の, 実に神, 実は当家, 実際胆力, 家庭で, 寄手が, 寫眞學校の, 小さいもの, 小心者だ, 少々イカサマ, 少し変, 少年たちが, 屈託が, 山村の, 山雀の, 岩間に, 左太松の, 己も, 帷の, 平安朝流の, 幻に, 幽鬼が, 床柱などに, 弁信さんです, 強い潮風, 当り前の, 形は, 後家の, 御存じの, 御褒美, 徳藏稻荷の, 必ず閉会, 応接室だった, 怪しいもの, 恋敵の, 恐ろしい悪人, 悉く御, 悪うございました, 情三分芸七分で, 意地むさい, 感覚では, 成らぬ, 戯談ぢや, 手放しては, 折を, 拾俵では, 探偵小説では, 支那から, 政党屋な, 数百年に, 文殊様だの, 新大阪の, 新聞社の, 日ごとに, 日本人或は, 日蔭者だ, 早や, 昔に, 昨夜取込み忘れた, 是非何とかしてやろう, 普賢菩薩様だ, 曲芸の, 最もいい, 月見草, 木偶法印に, 未だ纏った, 本当にそうでした, 本当は博奕, 本物な, 杉の, 来なかったか, 東南から, 林へ, 柳原の, 案外技巧, 棕梠である, 検死の, 権堂が, 橇の, 正しいこれ, 正当なる, 正行の, 武田信玄公の, 死く, 死んだ種子さん, 殺人事件では, 毎日毎日時計の, 民政党だ, 気違と, 水野の, 江戸中でも, 決して君, 決して私, 沛郡の, 法螺ふきだ, 流体だ, 海ね, 淫売よ, 測量技師だ, 演説の, 濡れた瞳, 火星国で, 無情の, 然し僕, 爪先で, 牛肉屋が, 特殊部落だ, 狂人では, 狩野家の, 猶太, 玩具では, 現実世界の, 生かして, 生来弱い, 田螺見たい, 男らしい男, 略裝だ, 疾くに, 痣蟹が, 白昼の, 皆おまえの, 皆んな體が, 皆新年官民懇親会に, 目から, 直さなければと, 眞つ, 真澄を, 眼科の, 矢張り天一坊で, 石崎丹後樣の, 確か匿名でした, 神, 神経衰弱症に, 私たちを, 私共と, 秘蔵の, 空だ, 童謡では, 笛吹川画伯の, 篠原子と, 紙なし, 索引みたいな, 絞められた位, 緑雨様や, 美しい, 義朝が, 老人が, 聞ゆる, 背中を, 脅かしさ, 自働電話, 自然の, 舟神と, 船荷を, 色彩信号だ, 芸名です, 若宮君の, 苦手じゃ, 茶の, 落語の, 蕎麦殻の, 藤判官の, 虚報です, 蛾を, 蠅だ, 表から, 西域式の, 見かけほど, 見所が, 親分方の, 親類な, 言ッこ無し黒の, 誘拐された, 誰か, 誰だつた, 誰人かしら, 謀叛人だ, 警視庁が, 象徴だの, 貴女の, 買つて来る, 贋物なるほど, 赤穂義士の, 足です, 身投げなんか, 農民場道の, 迷い子の, 逐字訳の, 遊侠の, 道楽です, 違うか, 遺言で, 都心での, 醉いの, 野武士の, 針さし, 銀太な, 鎌鼬です, 長谷川の, 間違つて居る, 闇が, 隊長の, 隨筆では, 離れて, 雲の上の, 霞だ, 面倒で, 革命前では, 頬白, 風の子と, 飛んだ猫, 食品として, 馬鹿さ, 駆逐艦らしい, 高いわ, 高根の, 魏一国の, 魚類の, 鴎外の, 鷭どす, 黄銅と

▼ あれ~ (2242, 6.1%)

16 私の 13 本当の 9 僕の 7 そうな, 本當 6 どうした, 有名な, 来て 5 この四十面, そうです, ほんとの, 形だけでも, 気に, 火星の

4 [16件] あの人, あの男, お前の, そうだ, その人, ないと, ほんとうの, みんな星だ, 人間の, 名高いアルビレオ, 大変な, 普通の, 生きて, 耳面刀自だ, 自分の, 見えるか

3 [25件] あると, そうらしい, ちよつと, よかろう, わたしの, 世にいう, 人の, 人を, 人殺しした, 今の, 伊勢の, 俺の, 出て, 加賀の, 君の, 女の, 富士山だ, 弟の, 昔の, 犯人だ, 真の, 見えないの, 見えませんか, 評判の, 阿多多

2 [105件] あいつの, あつた, あつて, あの女, あるうち, あるから, あるん, い, いいこれ, いいと, いけないん, いわゆる, おめ, お別れ, お城, お殿さま, お父さん, お道さん, この吾妻郡, この村, そうじゃ, そうだった, どうかした, どうも当今大倭一, どうも當今, なくなると, ほしいこれ, ほらあな, ぼくの, もう少し高等, わしの, わたくしの, ナザレか, ハイカラなら, ヒルテイの, 一面に, 不思議な, 不老閣, 二十面相の, 人間としての, 今日の, 佐渡だ, 何である, 何を, 何者である, 來た, 俺を, 倭文子さんの, 僕は, 兄の, 八つが, 博士の, 叡山か, 名代の, 君傾城の, 噂に, 四十面相の, 夢だ, 大きくなっ, 大室山だ, 好きだった, 嫁の, 子供の, 富士山です, 寒山と, 山萩むこう, 己の, 帰って, 御主人, 必要な, 手習師匠の, 抑も, 日本の, 日本一の, 昨夜の, 有名なるこけ, 未だ治らない, 本物の, 極めて自然, 死ぬよう, 死んだの, 法海禅師様だ, 火星人だ, 無くては, 焼けちまったの, 癩です, 白蛇の, 百姓だ, 目を, 眼を, 私たちの, 私達の, 第一, 自分で, 良吉か, 若い男女, 荘田さんの, 行者の, 貼つて, 身を, 道楽な, 長尾山だ, 韮な, 音に, 頭の

1 [1793件 抜粋] ああし, あいにくおし, あたりまえな, あってはねえ, あなたの, あの娘さん, あの當時, あの輩, あまりに現代的, ある, あるこれ, あるその, あるので, ある限り, あんたの, いいとか, いい証拠, いけなきゃもう, いちばんいい, いちばん豪かっ, いなくては, いましがた, いま爆発すれ, いろいろに, うまく出来, えらいと, おせい様, おもしろそう, おらの, お信乃, お前達の, お墓, お手, お照殿, お父さんの, お米, お豊, お雪盗びと, かえって悪かっ, きたらすべて, きっと鉄人, きのう降った, きれいには, けいせいけい, ここへ, こちらを, このごろ光丸という, この俺, この本, この節, この間兵馬を, こんど出来た, さういふ季節, さうで将軍, さっきの, さほど実生活, しと, しんしょうである, すなわち懐疑思想, そうか, そうである, そこに, そのまま正確, その妹背山, その椿事, その病人, そもそも悪い, そら渡瀬さん, それな, それ駒井能登守様の, そんな風, たしか, ただの, たとい日本左衛門, だいこんの, ちっとも覚え, ちらつくばかりじゃ, つまりその, できたらとかと, とても他, どうしていたずら, どうして評判, どうもこの, どうも気がかり, どこへ, どんな原因, ない, なかなかの, なくな, なければ, なんの用に, ねらわれて, ひいやりと, ひろい屋, ほしいん, ほんとになる, まあ持参金, まさか手, まさに遊魂, またなん, また川, まだすまない, まともでない, みさか峠だ, みやこ鳥だった, みんな一つの, みんな写生です, みんな真白に, もう二三言, もしか此方, もしやその, もし日本, もし鳥, もっと前, もとか, やがて日本, やはりこれ, ゆうべの, よくきこえる, よさそう, わからないはず, わかるかも, わたくし共の, われわれの, アパートを, イガズルだ, エゴール・セミョーヌィチだ, オリムパスの, キャプテンの, クリスチャン, ゲヂゲヂなら, シエパードだ, ジェリーって, ソコトラの, タデシナで, タルマの, トランペットそれから, ドロボウ戰爭で, ハア小川様, バルフルールだ, ヒマラヤ山で, ベルガー夫人が, マアガレットさんの, マドロス君でなけれ, メリー号だ, ラジオ, ルチアノ一味の, ワルキだ, 一とういけない, 一人娘が, 一噸四百円の, 一昨日の, 一枚っきりです, 一番やれる, 一番大事な, 一種の, 一部分濁つ, 三ツ峠向, 三囲稲荷, 上総房州です, 下手人に, 不可え, 与一兵衛はんだっせ, 両人を, 中央散策地の, 中津川の, 乙女の, 事を, 二十三の, 五六日前から, 亢じたなら, 人手には, 人通りの, 仁左衛門や, 今度いよいよ, 今長浜に, 仕上がって, 他で, 以前の, 伊東だった, 伊香保の, 住む洞穴, 何うも, 何と言う, 何十号かの, 何時もの, 使えなくなっては, 保久呂天皇の, 倭文子と, 僕たちの, 元からの, 先生の, 児を, 全く心配, 八分通り出来た, 公に, 六角牛か, 冠といふ, 出たん, 出口だ, 出来たっけ, 出来ないん, 出納めだしたん, 切り口です, 判らないの, 前岸, 剣山です, 劉皇叔よ, 労働宮である, 動かない証拠, 化け猫か, 北極星じゃ, 十九二十二十一二十二と, 千二百兩, 南洋軒の, 卯平の, 卵屋では, 原文に, 友達です, 収容所だ, 古道具屋から, 台湾館な, 名に, 君お, 君に, 君警察の, 吾家の, 呼ぶハルロオ, 咲いて, 唯一の, 問題の, 喪の, 器械仕掛けで, 四十面相に, 困るん, 圓朝かと, 地球だ, 坂本先生の, 執事だ, 墓です, 壮いもん, 売れて, 外国館, 多分後世忍術使, 夜績で, 大の, 大原女な, 大嫌, 大川さん御, 大正十四年私の, 大洋丸だ, 天下の, 天目山の, 太夫の, 奧州屋新, 女の子です, 好い一つ友達, 好きという, 如何し, 妹か, 妾の, 始まりだった, 娘で, 婆殿の, 嬰児の, 孔明の, 宇宙墓地な, 完全管制だ, 実にひどく, 実は水戸, 家の, 寄越したん, 寺かなあ, 小屋の, 小桜山だらう, 小河内さん夫婦よ, 少し弱, 少将の, 居りましては, 山小屋に, 岡倉先生の, 島原か, 嵩じたらしまいに, 巳之, 常平太貞盛, 年ガラ年中の, 幻影でない, 幽香子, 弁天島, 張衛の, 当選したら, 彼です, 彼等の, 御亭主, 御守殿, 御祈祷, 御落胤, 必要である, 怕がる, 思想かと, 怪しくなかつた, 怪塔かね, 怪物の, 恐くは, 悦んで, 悪党に, 悪魔の, 慾しい, 成人し, 我々共の, 所長の, 手の, 手品の, 批評だ, 拙者の, 据つてゐる, 接吻だ, 放送の, 敵機だ, 新しく建った, 新流行, 旗な, 日本領事館だ, 早乙女の, 明智だった, 明治大正という, 昨年の, 時を, 暴行でない, 最初の, 最後だろう, 月山真中が, 望月様の, 木場で, 本宅, 本歌だ, 本館, 村に, 来たの, 来ないが, 来ると, 東光院だらう, 松千代か, 果して妖怪, 柴田の, 桂惡ダラ澤胡桃アサヒハナウリ, 桶甚か, 森の, 榛名妙義それから, 権威という, 次兄で, 欲しいん, 正成様だって, 武士を, 歩くきり, 死ねば, 段々に, 殺人の, 毒瓦斯, 気に入つた, 水の, 水雷艇だ, 江戸川橋から, 沈む事, 河鹿な, 泥棒だった, 洗濯狂ひと云ふんで, 浄瑠璃だ, 浅間こちらが, 浮き船渠, 消えれば, 淺間こちらが, 清福という, 湿板写真, 源次郎さまか, 漁場漁場へ, 瀬戸物屋茣蓙屋合羽屋と, 烏啼なら, 無くなっては, 焼ヶ岳, 父さんだ, 片づいたら出かけようわい, 牛方事件の, 物の本で, 狼じゃ, 玉島から, 現今閻魔の, 生き返ったの, 生れながらの, 田中正造だ, 甲州境の, 男を, 當前に, 病気の, 発覚し, 白法師様だ, 百足の, 皆様に, 皇弟か, 目白の, 直也だつたら, 相馬大作を, 真実の, 眠られなくて, 知ったら何, 知れたらうるさい, 研を, 磯原の, 神社平, 福念寺の, 私へ, 科人であろう, 空に, 空知川もう直ぐ, 立ち上ったらきっと, 立派な, 笠松博士です, 籠の, 納谷殿の, 素晴らしく一般, 組じゅうの, 総員退去せよ, 織田信長の, 義朝殿との, 耳に, 聞えるか, 聴えない, 肺病患者の, 胸も, 自分たちの, 自家発電所に, 至急手には, 芝居か, 花よめ, 若い時分, 若し優しい聲, 若旦那の, 苦痛だ, 落こった, 落ちるわけ, 薩摩の, 藪蕎麦か, 蛇の, 蜂谷の, 蠅男な, 行列へ, 表現派だ, 西の, 見えないかね, 見えねば, 見たいの, 見とうございます, 覗いて, 親類へ, 言ったが, 誰あれが, 誰です, 谷にでも, 貌かと, 賢吉だった, 赤城山だ, 起つて, 躄勝五郎の, 躾といふ, 轆轤つ, 近頃の, 途中で, 進歩だ, 道具噺を, 遺書だ, 郷里へ, 野猿の, 鈴慕の, 鉄砲という, 鍋島だ, 長い駅長生活, 長浜の, 開いたらば, 関羽か, 限度で, 隆を, 難物じゃ, 雪女って, 青や, 非常に, 鞍馬か, 風や, 飛んだ御, 飲んだの, 館の, 首環事件の, 駄目なら, 高台寺の, 髭を, 魔法で, 鮭捕, 鳩の, 鵜で, 鹽田といふ, 黒塚という

▼ あれ~ (2198, 6.0%)

59 見て 32 見ると 31 持って 24 見ろ 19 読んで 12 ごらんなさい, 着て 10 見るが 9 御覧に 8 あのまま, 出して, 御覧なさい, 連れて 7 やって, 使って, 書いたの, 見たの, 見たまえ 6 お聞き, はいて, 見い, 見たか, 見よ

5 [13件] あれを, ごらん, よく見, 大昔から, 御存じです, 思いこれ, 思ひこれ, 拾って, 持つて, 書いて, 聞くと, 覚えて, 買って

4 お忘れ, ここへ, ご覧なさい, して, よんで, 借りて, 思うと, 知って, 私が, 見ても

3 [37件] ああし, きくと, こっちへ, ごらんに, どうお, みて, みろ, もって, やろう, 人間だ, 信じて, 僕に, 入れて, 受け取って, 君は, 吹いて, 御覧, 御覧下さい, 思ふに, 愛して, 手に, 書いたとき, 書く時, 渡って, 私に, 見せて, 見てから, 見ては, 見な, 見ること, 見るたび, 見給え, 読むと, 越えて, 返して, 食べると, 飲んで

2 [116件] あづかつて, あなたは, あべこべに, おくれよ, おも, お読み, かたづけたり, きいて, くれこれ, ごらんください, ご苦労ながら, しなさい, するの, たいへんえらい, つかまえて, つけて, とる, どうしよう, どう思う, どんな風, なくしちゃ, なんだ, みると, みんなに, もう一度叩きつけよう, やつては, よく思い出します, よむと, わしに, わたしに, 一つ賭け, 一度お, 上から, 上げれば, 五かけ紙に, 人に, 人工だ, 何う, 取つて, 取りに, 取るん, 取ろうという, 取上げて, 君が, 呼べ, 呼んで, 売って, 大切に, 奪って, 奸悪だ, 少しでも, 左へ, 建てて, 御覧じろ, 心得て, 忘れよう, 悪夢に, 手前の, 指して, 捕えて, 描いて, 放って, 教へ, 斬って, 書いたこと, 本当の, 欲しいと, 渡して, 演る, 発表した, 真面目に, 着せて, 知ってるの, 知らないの, 知らないん, 禁止した, 種に, 聞いたか, 聞いた時, 聞いて, 聞きなすつたかい, 聞け, 聴いて, 聽いた, 聽か, 脚本に, 自分の, 芝居に, 見さ, 見た時, 見なければ, 見なさい, 見よあれ, 見よと, 見られい, 見るがい, 見ろと, 見ろッ, 記念に, 読まされるの, 読まれて, 読みこれ, 読めば, 読んだ時, 読んだ痴川, 調べて, 讃めて, 貴方は, 買っとけば, 越えれば, 跟けて, 跟ける, 返さずに, 追え, 飲んだの, 飲んでから

1 [1445件 抜粋] あああああれ, ああ述べ, あけて, あげる, あす早速, あたしの, あなた召上れ, あのまま芝居, あの人, あの方, あれだけに, いうの, いじめて, いったいどう講釈, いつでも, いろいろな, うたひません, うちの, おくれんかな, おそろしいほど, おのみなさい, おやり, おれが, お代官, お借りしよう, お前さん正直に, お始め, お廊下, お断りなされた, お知りです, お聞きなさい, お見, お見やれ, お買, お願いする, かいた作者, かくして, かってか, かぶって, きかして, きょう是非うかがいたい, くりかえしよみましたびっくり, こうしてこれ, こしらえたばかりの, この間お, この際向う一週間, ごらんあそばしませ, ごらんなすったら, ご覧あそこへ, さ, ささえるん, したらば, しようよ, じっと見る, すこしこれ, すっかり貰っ, するな, せられる, そっくり旅費, そっと持ち出し, そのまま利用, そろそろと, たずねて, ただぼんやり, たんのうする, ちゃんと手入れ, ちょうだいする, ちょっとお, ちょろまかして, ついて, つかまえに, つくったの, つけ回して, つっ返して, つれる方, とうとう捕獲, とても上手, とらえること, とりつけて, どうかしてやれ, どうしてどく, どうせつめいする, どうにもできない, どう感ずるでしょう, どこへ, どんなに興味, なくして, なにかに, なんとし, ぬすみに, のばしたやう, はいたり, はっきり見た, ばりばりむい, ひとつ細木君にでも, ひと目見たい, ひろいましょうと, ぶった切った野郎, ほめて, ほんとうの, またすこし, まだ実行, みいあちら, みたとき, みな捨て, みよ, めがけて, もう少し下手, もっとうまく, もっとキュッ, もとに, もらうの, やったの, やったわけ, やってるの, やぶる工夫, やらないと, やりましてよ, やるの, ゆくゆくは, よく見とく, よく観, よみかえし考え, よんでから, わざわざワシントン, わたしが, わたせば, コツコツやり出した, スープに, ベン, マア読者諸君は, ワタシに, 一々苦, 一つお前に, 一つやっ, 一つ古代図書館へ, 一つ進げて, 一ヤール十七円で, 一切合財殘る, 一層高尚, 一日でも, 一時の, 一目見た, 一緒に, 一遍よう乾かし, 三返, 下すった, 不自然と, 世間さまで, 両方に, 久板君が, 二つばかし, 二月十三日の, 二罐服んで, 云ったの, 云わなくなったぞ, 今すぐ, 今一度見たい, 今晩この, 仕止めろとな, 他人に, 伐り倒した後, 会社で, 伴れ, 何だ, 何とかできない, 何処で, 何度も, 何時だった, 作ったうえ, 作るとき, 使うこと, 使おう一時間, 使ひました, 使わなくなったが, 便りに, 修道院に, 個人と, 借りては, 傍聴し, 先生が, 公平に, 出さないか, 出しましょ冠, 出せこれ, 出る頃, 分捕って, 切んなよ, 初めから, 刻んだと, 創り出したの, 動かしたところ, 北斗七星という, 十かぞ, 千倍も, 卓子の, 卸した方, 取っ捉, 取られては, 取りまいて, 取り戻してよ, 取るため, 取ろうか, 取払って, 取返そうと, 古藤さんに, 叩くの, 召して, 右へ, 吐き出すん, 吹かれちやア, 呑ました筈, 呪ひ殺した, 呼び寄せる, 呼び戻してつかは, 和蘭から, 喜ばせたいばっかりに, 嗅がされては, 噛むと, 地球に, 堪能し, 壊して, 売ったらなにか, 売らないだろうが, 外部に, 大蓮華山, 失っては, 契機を, 女の子と, 妬いて, 娶うに, 嫌うの, 子供の, 宛名の, 実行する, 家具屋の, 寒暖計と, 専門に, 射よと, 小林が, 少しばかり, 少年の, 工場の, 己に, 平面に, 広くひろげ, 建てたという, 引き受けて, 引下す, 引廻せる, 張一滄さんから, 当分御用に, 彼独得の, 御存じ, 御検視, 御自身, 御覧なせえまし, 御覽, 徹夜し, 忘れて, 応用し, 思い出さない, 思い出しながら, 思い立ってから, 思ひ出しながら, 怨まずに, 悲劇と, 感心し, 懲役に, 或る, 扇子に, 手放さない, 手離した, 打たせい, 打ち破らなければ, 打つたか, 扱つてゐる, 押して, 担いで, 拜見致します, 拵えようかしら, 拾つたのさ, 持たないで, 持ち出して, 持てと, 振り廻して, 挽き割れ, 捕まえる方法, 捨て, 捨てれば, 捺して, 掘りだして, 掛けよとは, 探偵小説的に, 描いた絵師, 揮舞す, 撃ち落して, 撮ろう, 政府に, 教えこんだ私, 教育しよう, 敷いたらしめって, 料理に, 日本料理と, 明けると, 映画と, 書いたん, 書いた時, 書いてるの, 書かはる人, 書きながら, 書くこと, 書くまえには, 書く前, 書けたろうが, 最後に, 木から, 本気に, 東京の, 柴垣, 極く美味しく, 横切って, 歌いましょうか, 歌つた, 止めねえもの, 此処に, 殊更に, 殺せますほど, 殺人事件とは, 比べて, 江戸っ子の, 没に, 油つ, 海の, 渡せ, 渡られると, 滅多に, 演るせゐ, 無意識に, 煩さがる, 版行の, 特に貰わね, 獄門臺に, 理性と, 生で食った, 生捕りに, 畑に, 疑り過ぎて, 発売禁止に, 発表し, 登って, 登るさま, 皆な, 皆谷の, 盗みだせる人, 盗むため, 盗んだの, 盛つぶす, 目的として, 直す良い, 真似し, 眺めた者, 着たもの, 着用し, 知つてるだらう, 知らず識ら, 知らなかつたとは, 知らねえの, 石燒に, 研究しよう, 祀つたもの, 神聖な, 私の, 私貰ひ, 秘書だ, 種子に, 突っぱなすよう, 立合わせろあれ, 競馬馬にでも, 築地で, 紅葉山人が, 純大阪, 素材に, 終ってから, 縛めよ, 纏めようと, 習いたいと, 翻訳し, 聞いた, 聞いたら急, 聞かされると, 聞かれちゃったの, 聞きな, 聞き得ただけ, 聞く時, 聴いたら空中, 聴きよるうち, 聽く, 育てて, 能く, 自分が, 良くする, 草稿の, 落し金の, 薪に, 虚偽と, 被せて, 見いあの, 見いと, 見い根気, 見い血, 見せたらきっと, 見せられちや私, 見たかね, 見ただけでも, 見たとき, 見たひょう, 見たまえ潮, 見たら先生, 見たん, 見た目にゃ, 見ちやあ, 見つけて, 見ないうち, 見ないもの, 見なかった日, 見に, 見ましたならその, 見よとい, 見よ荒地野菊, 見るとき, 見る都, 見ろあれ, 見ろ八, 見ろ灯り, 見付けたといふ, 見出した時, 見給, 見落す気づかいは, 覚って, 解いて, 解らないと, 言ふかと, 許しは, 話した時, 誘き出した牛込, 説明します, 読まれた諸君, 読み砕いて, 読んだとき, 読んだ人, 読売新聞に, 識った, 讀んだ初め, 豊世さんが, 貰うだけの, 貰は, 貰へば, 貴様に, 買いこもうっていう, 買いたいなんて, 買い占めて, 買えないでしょうかね, 買った万さん, 買った時, 買つて来, 貼りつけたもの, 赭顔に, 越しちゃ, 跨ぐ気, 踏んで, 軽薄に, 載せるやう, 近代小説の, 追いかけなければ, 退屈でなくする, 送つた奴, 逆に, 連想し, 遇すべき, 運び込むの, 遠島に, 遣ろうあれ, 還して, 鈴ヶ岳というね, 鑑て, 開けるには, 隠して, 青々と, 面白かった, 頂戴に, 題材に, 飛行機で, 食った時, 食べて, 食べようこれ, 飲ませたらと, 飲めこれ, 餌に, 駕籠の

▼ あれから~ (1283, 3.5%)

12 これへと 11 どうした, 一度も 10 後の 7 家へ 6 これへ, 後も 5 すぐに, もう三年, 僕は, 君は 4 ああし, 今日まで, 帰って, 急に, 直ぐに

3 [16件] これと, すぐ大仏開眼供養, ずっとこの, どうなった, どうなりました, どれだけの, もう一年, もう何年, もう十年, 一年たちました, 今まで, 何年に, 先は, 後に, 私は, 見ると

2 [67件] あしかけ, あとに, いろいろな, お前の, かえりに, かけて, こっち, さつ, して, すぐ大佛開眼供養, ずっとあの, ずっとお, ずっと御, ずっと考え, ずっと考えつづけ, どうしたい, どうしていた, どうしました, どうなすった, どう道, どのくらい, のちは, のちも, もう三十年, もう二年, もう五年, もう五日, もう十五年, もう四年, もう大分時, わしは, わたしの, わたしは, ズーッと, 三日も, 丸半日, 五分たちました, 五年は, 今日で, 今日に, 今日へ, 伊豆を, 何か, 何も, 何事も, 何処へ, 六年に, 十年にも, 十年の, 十年も, 半月も, 半月以上にも, 南に, 向うの, 四日目の, 山を, 帰りに, 急いで, 朝鮮へ, 毎日毎晩この, 神田へ, 誰か, 警察で, 身を, 道を, 長い長い年月, 長い間

1 [998件 抜粋] あたい叔母さんち, あとは, あなたズーッと, あの女, あの子, あの男, あまり外出, あれあれまでは, あゝし, いくたびもおたよりをしようとしながら, いたしまして, いったいどこ, いつのまに白馬, いろいろ深く, うけた印象, おっこちたの, お上り, お前が, お前さん浦和へ, お化, お咲坊, お宅, お家へ, お手紙, お湯にも, お父さんも, お考え直し, お見受け申し, お針の, かえってお昼, かえってすっかり安心, かけまして, きっと葉, きれいな, ぐっすりお, こうしてここ, こうと, こっちあんな, こっちちっとも, こっちまた, こっち光子さんが, こっち外に, こっち汗を, こっち面白いこ, この世の, この四五日, この放送所, この街道, これにと, これまでの, さっぱり来なくなった, しばらくたっ, しばらくたより, しばらくの, しばらく経った, じきに, すぐお, すぐ丸善, すぐ夫婦, すぐ教師, すぐ桂谷, すぐ母さん, すぐ船, すぐ貴殿, すぐ関東, すっかりもと通り元気, すっかり幸福, ずいぶん運, ずっとごてん, ずっとグレ, ずっとナオミ, ずっと上野, ずっと丸木, ずっと同居, ずっと妙, ずっと寝, ずっと幸福, ずっと朝鮮, ずっと眠り続け, ずっと見, ずーっとここ, そのこの方面, その旦那, たったまる, たびたびいっ, だ, だいぶ過ぎ, ちゃんとあなた, ちょうど二年, ちょうど十年, ちょっと出, でさえ, ですが, ですよ, とったの, とびこんで, どういう話, どうし, どうしただろう, どうしたらう, どうしてた, どうな, どうなったろう, どこへ, どこイ行きよった, どのくらいの, どんなこと, どんな工合, どんな様子, なお続い, なにも, なんとも音沙汰, のち, のちいろいろな, のち死ん, ひた押しに, ひとりで, ふッつり出入り, ぼくは, まさしく一轉, またぶらつ, またガラス戸, また一軒, また再び戻っ, また悲しい, また起きた, また降り, まだお目にかかっ, まだたった四年, まだ一度, まだ八時間, まだ半年, まだ小屋, まだ煙草三服, まっすぐ家, まもなくこっち, まもなく駒形高麗屋敷, めっきり蒲鉾, もうお客, もうそろそろ二年, もう一刻位, もう一年半, もう一度あの, もう一度二人づれ, もう三カ月目, もう三十八年, もう三日, もう三週間, もう二十年, もう何, もう十一年, もう十何年, もう十年以上, もう十日, もう君, もう幾年, もう村, もう随分に, もはや二年近く, ややしばし同, やらないけれど, よく私, わざとこの, インメルタアルが, サナトリウムの, スイスの, ズット寝通し, ズーツと, タネが, ハズさん直き帰っ, ヒントを, ホンの, モンマルトルへ, 一たん江戸へ, 一と, 一カ月ばかり, 一ヵ月の, 一二年とは, 一刻ばかり, 一層明らか, 一年たっ, 一年たつ, 一年の, 一年ばかりに, 一年二年経っ, 一年半余, 一度お, 一度ちょっと行った, 一度家へ, 一昼夜, 一時間も, 一本道を, 一直線に, 一週間という, 一遍も, 丁度今夜, 七八年たっ, 七十日ただの, 七年も, 七時ごろ迄, 万年町へ, 三ヶ月ほど, 三四度も, 三年ぐらいしか, 三年ほどが, 三年經つたが, 三度目の, 三日目, 三箇月後に, 三週間近くに, 上へ, 上れるだろう, 下へ, 下谷を, 与吉が, 中学へ, 久しくたつ, 之と, 九年の, 二へん半田まで, 二ヶ年も, 二三度行つて見た, 二三日経つ, 二人とか, 二刻, 二十五年にも, 二十年あなたは, 二十年の, 二十年後に, 二十日あまりたっ, 二年に, 二年半に, 二度三度と, 二時間も, 二週間も, 五ヶ所に, 五六年たつ, 五十日も, 五年に, 五日と, 五日も, 五日間夜ごと夜ごと和井元口の, 人足の, 今も, 今夜が, 今日の, 今朝で, 仏頂寺が, 以來御, 以後の, 以来御, 会ったかね, 会われましたか, 佐藤の, 何うし, 何ぷく煙草すった, 何を, 何処か, 何刻も, 何度も, 何日たったろう, 何時間たった, 余興掛を, 侍たちが, 信州の, 信濃の, 僅か十日余り, 僕の, 先, 先づ己の, 先の, 入来って, 全く底, 公園を, 六日たちました, 再び庭, 出た, 出て, 刀を, 初めて島村, 助かって, 北では, 医者が, 十一時すぎ十二時十分前位まで, 十九年の, 十二年も, 十八年, 十年ばかりの, 十日あまり, 十日も, 十軒店の, 半年あまり, 半年ばかりの, 半年過ぎた, 半月ぐらい, 半月と, 南江堂や, 又幾年, 口惜しまぎれ, 可笑しかった, 各, 名古屋に, 君を, 吾, 吾家へ, 四五年も, 四五日目の, 四十年ほど, 四年にも, 四年後二人の, 四年越しという, 四月五月六月と, 埋地, 堤方を, 変わりましたよ, 多賀ちゃんと, 夜明けに, 大の, 大バタバタ, 大分書きました, 大川寄り, 大阪ビルへ, 奥さんに, 妓達と, 姉さんに, 孝助に, 宅では, 実にぞっとする, 実際よくなった, 宮川寛斎先生も, 家憲が, 宿へ, 密貿易の, 小半刻どこを, 小峯といふ, 小淵沢へ, 少しは, 峠の, 川村さんは, 左の, 帰つて小萩に, 帰宅の, 幾何の, 幾度か, 幾度飲ん, 幾日も, 度々この, 弁天山へ, 引っ返して, 当家へ, 後あの, 後お便り一つ致しませず, 後た, 後一度, 後何人の, 後初めて, 後大庭常子の, 後江戸へ, 後玄徳は, 後眠りについても, 後胸の, 御新造の, 御馳走に, 忽ちに行衛不明, 思っただけでも, 怪しき者, 懇意な, 戸塚へ, 戸石川の, 手紙は, 探しまわった, 敏行が, 数日, 新子に, 新顔が, 旅籠町へ, 日本左衛門の, 早くも, 早速通報, 明神下の, 暫くの, 暮れの, 曲って, 最早かなり, 木曾川に, 末子さんも, 村の, 東へ, 東照宮の, 柳原を, 格別な, 椎茸が, 槇には, 横浜へ, 歌ふ, 武蔵国葛飾郡の, 死にもの, 死体を, 殴られた殴られた, 毎年法外も, 毎日あなたの, 毎日こちらへ, 毎日一度は, 毎日指折りかぞえ, 毎日毎日考えてた, 毎日落付い, 毎晩の, 毎晩腰から, 気分でも, 水の, 氷を, 汽船の, 法隆寺へ, 浅草へ, 浪子さんも, 消息を, 渋谷まで, 渥美へ, 湯島四丁目へ, 源三郎ドッカと, 無事に, 無線電話で, 犬は, 狭い裏町, 理研の, 瓦葺きが, 用意は, 田町の, 番屋の, 白島村を, 皆で, 益々御, 目黒まで, 直き, 直ぐ寺社, 直ちにその, 直に亡くなっ, 看護婦を, 真ツ, 眠らずに, 社へ, 神田明神下へ, 私が, 私と, 秋葉ヶ原を, 秩父へも, 種々考え, 突込む, 粟田に, 約二十日, 経過が, 総督の, 考えて, 自宅へも, 舟で, 船に, 芝まで, 花巻の, 菜畑を, 薩摩の, 袁一門の, 裏の, 親爺の, 話し合った末, 誰に, 警察へ, 谷中で, 貴方を, 起ったよう, 足掛け二十年の, 辰之口へ, 近江路へ, 逢ったかい, 遊んでばかり, 過ぎた, 道も, 野本まま, 銀座へ, 鏡坂へ, 門跡様へ, 間もなく信長様, 間もなく夜明け, 間もなく松島遊廓, 間もなく病氣, 間もなく豊後守様, 附きっきり, 階下の, 随分に, 雲林院村へ, 電話局へ, 電車に, 面白い人, 須臾の, 頭を, 飛んでも, 飯場へ, 馬籠の, 高麗村へ, 鮎川の, 龍太郎の

▼ あれほど~ (1217, 3.3%)

10 言って 7 愛して 6 熱心に, 自分を 5 さがしても, 堅い約束, 堅く約束, 多くの, 夜, 気に, 私が, 郎女の, 頼んで 4 云って, 念を, 約束を, 言ったのに

3 [12件] いって, わしが, 人を, 仲の, 厳重に, 好きだった, 彼の, 忠告した, 捜索し, 気を, 親しかった, 露骨に

2 [70件] いうて, いったのに, お話し, せけん, たいせつな, では, なこと, ひどくは, みごとに, 一生けんめいに, 世話に, 人目に, 人間的滋味を, 仲が, 僕が, 利く手, 利口な, 単純な, 名を, 呼んだのに, 固かった, 多端な, 夢中に, 大事に, 大切な, 大騒ぎを, 好きな, 完全な, 平気で, 強くあなた, 強くは, 待って, 御執心, 悲痛に, 惜しんで, 探して, 整然たる条理, 染五郎が, 止めたのに, 残酷に, 殷賑を, 民間にて, 気の, 気丈な, 気性の, 氣を, 求めた健康, 注意し, 活氣ある, 烈しい決心, 熱愛し, 熱烈な, 猛烈な, 申上げ, 真剣に, 約束し, 約束した, 美しかった, 自分が, 自分には, 自分の, 苦心し, 見事に, 親身の, 言ったの, 言つたのに, 評判の, 重大な, 青年の, 鮮やかな

1 [951件 抜粋] あいたがって, あたしが, あった彼, あつけなく滅びた, あなた様を, あぶないから, あるのに, ある限り, いうからには, いきり立ったお, いばって, いやだった, うまく隠しおおせた, おげん, おだやかに, おばさんを, おむつまじい, おれの, お会い, お前の, お城, お慕, お断りし, お父さんが, お通, かくして, かたい口約束, かわいがって, かんかんに, きっぱりした, きびしくとめられ, ぎゃんぎゃんやかましいことをいった蟻田博士が, くどく言った, こだわる必要, ご執心, さがしたん, さがして, したたかな, しっかり結びついた, しなやかな, しばしば訪問, すば, すばらしかった, せっかちで, それに対して, たいせつに, たくさんあたたかい, たくさんいた, たくさん言う, たくみに, たたき込んだの, たびたびあの, だらしなく, ていねいな, とっぴな, なお人, ながいあいだ病気, なついて, なの, な人望家, な勇将, な名品, な大罪, な敵勢, な父, な苦労, な遺文中, な門下, にぎわって, のがれたいと, のみこんで, はたらいた春嶽, はりつめた捕手, ひどく伸子, ひもじいめ, ぴったりと, ほしがっ, また貧乏, まぢかに, みじめな, みんなが, むきにな, めちゃめちゃに, もうできます, やかましい茶庭, やかましくいっ, やかましくそういった, やかましく先生, やさしくし, よくは, よく泣いた, わたくしの, わたしらは, アムステルダム参加の, ガツ, ショックを, ヒッソリし, ピエールが, フランス好きで, マア坊の, 一ノ関を, 一字一句の, 一時大騒ぎした, 一緒に, 万人に, 不人情な, 不幸な, 不愛想, 不明瞭だった, 世界的に, 世間の, 世間的に, 主權, 乙に, 争いつづけた彼, 二人で, 云い聞かせて, 云うの, 云ったじゃあ, 云ったのに, 云つたぢや, 京都を, 人の, 人間なみに, 人間味を, 仂いた, 仲のよ, 休泊の, 会いたい見たいと, 体面を, 依怙地にも, 信用し, 信長に, 働いた正成どの, 僕等が, 儚なく色褪せ, 優しくいたわり, 優秀な, 元気な, 先に, 光つたのである, 入念に, 共和党デューイ当選確実と, 写実的に, 冷酷に, 冷静であった, 出城の, 出来る人, 出血した, 切な, 切実な, 初歩の, 到るところ, 剣道に, 力強いもの, 加工を, 勝手知ったる, 半蔵さんが, 南京虫に, 厭に, 厳しいヴァレリイ, 厳然たる艇長, 友達に, 反感を, 口と, 古びて, 可愛いがっ, 可愛がられた一人, 合理性の, 名高いその, 吐氣の, 君と, 吾夫は, 告別が, 周到なる, 呼んだの, 和やかな, 喜んで, 喧しく云, 嗜酒の, 噛んで, 四方八方へ, 固く, 固くお断り, 固く約した, 固く誓い, 国民として, 土や, 執念深く互, 執拗く, 執拗に, 堅い指図, 売った雪, 多い仕え, 多くは, 大きい深い根, 大きくありません, 大きな劇場, 大きな悲しみ, 大きな梯子, 大きな森林地帶, 大事がった, 大事な, 大切に, 大衆の, 大部な, 太っ腹な, 太閤でん, 失望した, 好きだ, 好きであった, 好意を, 妖しい感動, 妹夫婦の, 嫂について, 嫌いな, 孤独の, 官兵衛が, 家さがし, 家康や, 寂しい流浪, 富裕に, 寛大に, 山里に, 島内を, 崇拝の, 己が, 市じゅうを, 帆村に対し, 師泰へも, 常平生船, 平和な, 平然たる良心, 幸福を, 広く大きな, 広言した, 強く主張, 強く言われました, 役人の, 彼らを, 彼を, 彼自身が, 従順な, 御寵愛, 御用心, 御自身, 心から満足, 心を, 心血を, 必死に, 忌味の, 忘れ難なく, 忙しく逃げ, 怖れ, 思いきった活躍, 思い切って, 急激に, 恋は, 恐れられた残存放射能, 恐ろしい叫び, 恩に, 息子さんの, 悦んで, 悩みの, 悪くは, 悲劇的壊滅を, 悲惨に, 情ぶ, 惨めに, 惨酷, 愉しい光明, 意を, 意地のく, 意識を, 愛したミンナ, 愛した大, 愛好した, 愛着した, 感動を, 慢り, 憎みお, 憎んで, 懇切に, 懇望し, 懐かしく大切, 戀ひ, 戦い得る馬超, 手づよくわたしを, 手を, 手練の, 打解けて, 批評の, 抜群であった, 捜索を, 探しても, 摘み取られるの, 教えて, 整美された, 断わって, 新進の, 日本的な, 明らかな, 明らかに, 明白な, 明瞭に, 映畫的, 晴れて, 暴威を, 書物を, 有名に, 望む結婚, 朦朧と, 村中の, 桑原がった, 植木台へ, 楽しく観られなかつた, 様々の, 欠けて, 欲しがる, 止めても, 正確に, 此邸の, 武蔵から, 歩くこと, 死ぬとき, 殺生する, 母子二人し, 毎日つづけ, 民族性が, 気にかけて, 気嵩で, 永い間, 沈痛な, 沢山おい, 沢山の, 注意を, 派手好きな, 流行した, 浅間しい, 深い関, 渾然と, 満ちて, 溌剌と, 演説した, 激怒し, 激烈に, 濃かい, 無学な, 無残にも, 無言の, 無邪気に, 焦れに, 熱中した, 熱心には, 物に, 物狂わしかっ, 犬に対して, 獄吏を, 甚い, 生かし得るもの, 生来の, 申しきかせたこと, 申しのこして, 申し上げて, 申し含めたのに, 申上げた, 畫精進に, 疲れても, 病気がちで, 瘤に, 登ったつもり, 白昼堂々, 的確な, 盛って, 相談の, 看護婦に, 眺望の, 短刀は, 確かな, 祈念された, 神経質に, 私に, 私を, 科学を, 積って, 突きつめた悲壮, 立派に, 簡単に, 粗暴の, 精巧に, 純な, 素晴らしい工夫, 細君から, 結構な, 綿密な, 緊縮し, 美しいか, 美しく育った, 美味いという, 美妙に, 義雄さんに, 肩で, 腹の, 自分からも, 自分と, 自然だった, 自由主義者だ, 興味を, 色とりどりに, 芝居げたっぷりだった, 花が, 苛ら立ち, 苦しむの, 苦しんだあの, 苦しんだ時, 苦味ば, 苦心を, 苦痛だった, 荘重であった, 葉子に, 葛岡の, 蔑ろに, 血に, 行つては, 行手を, 街道の, 見つけ出したいと, 見物し, 見識の, 親たちが, 親交の, 親切に, 親類の, 言い置いて, 言うたや, 言ったう, 言ってるのに, 言つてゐる, 言つて置く, 言葉の, 訳が, 証拠が, 話したのに, 誓いあいながら, 誓ったの, 誓約したで, 説明した, 読書界の, 議論を, 讃美する, 豊かな, 豊麗に, 貴重な, 賛嘆された, 質素倹約を, 踊りこそ, 身を, 軽蔑した, 農産物の, 迅速に, 近かった, 近代国家としての, 迫った渓流, 述べたの, 迷ふ, 追っかけられた豹, 逐いきれなかった蠅, 遊び好きの, 道徳を, 遠くへ, 酷い折檻, 醜い顔, 重くるしい気持, 重量の, 金を, 金属, 鎌倉中を, 長くさ, 長く生活, 長年に, 陰惨な, 際立った異臭, 離すと, 難有, 露骨な, 青まゆ, 静かに, 頑健で, 頑強だった, 頻繁に, 頼んだに, 顏色を, 馬鹿に, 騒がれたにも, 骨を, 骨折ったの, 高度に, 高有明, 魅力的だった, 鳴らした海賊

▼ あれ~ (1059, 2.9%)

15 いいの 11 なか 10 いいん, 中 7 い, よいの, 何か 6 よかった, 自分の, 見ると 5 いて, なかなかの, 却 4 いい, ござります, なかなかいい, ゐて, 満足な 3 あなたの, いいと, ござりまする, もつて

2 [48件] あの人, お分り, お粂, さ, せう, どうしよう, どこへ, なかなかお, なかなかむずかしい, なかなか如才, なかなか苦労人, まだ二十代, もって, もとは, やって, やはり何, ナカ, 一つの, 仕方が, 以て, 仲, 何が, 何も, 可い, 君彼奴は, 子供じゃ, 子供仲間じゃ, 家は, 小説家に, 幕府の, 年は, 役割を, 打切ること, 敵の, 気に, 気を, 法華経, 法華經, 満足し, 無事に, 生きて, 瞳が, 立派に, 結構だ, 色気が, 英語の, 行くの, 陽の

1 [831件 抜粋] ああな, あなたから, あのお, あの冬, あの男, あの若, あんなやさしい, あゝいふ風, いいじゃ, いいです, いいとは, いいのよ, いい加減儲け, いい気, いい空, いけなかったらわれわれ地球人類, いざと, いっこう差閊えあるまい, いろんな人, うっかりし, うまくやった, え, おしまいだろう, おじゃります, お前の, お前表は, お勘定, お父さんは, お職, お腹の, お身体, お金を, お頭, かまいません, かれこれ九つ, かれこれ御, きまりどころは, けっこう人, こいさんは, この寒天, これから春秋, ござりまし, ごぜえます, さへ, しゃらくなところもあるんですから, しんから, じいっと心がけ, すっかりかた, すっかり整理, すっかり背負っちまった, せうあれ, そうでも, そうとうな, たいへんハイカラ, たたらを, だいぶもうかるだろう, ちゃんと一流, ちゃんと心得, ちょうど大衆向き, ちよつと, できるとも, とっても口, とにかく完了, どうでしょう, どうなる, どことなく取りすました, どれほど, どれ程, な, なかなかそうで, なかなかつむじ曲り, なかなかひっかける, なかなか亭主, なかなか人, なかなか分ってる, なかなか大した, なかなか奇骨, なかなか察し, なかなか平地, なかなか強の, なかなか御, なかなか愛嬌もの, なかなか感の, なかなか慾張り, なかなか政治家, なかなか文壇, なかなか智恵者, なかなか正直, なかなか武芸, なかなか烈しい, なかなか理論家, なかなか真人間, なかなか綺麗, なかなか色師, なかなか芸人, なかなか蓮根食い, なかなか複雑, なかなか詩人, なかなか転ん, なかなか進取, なかなか金目, なかなか隅, なぐったん, なしそれでも, なア, ねあの, はござりません, ばかに, ひとりで, ひどい目, ひどく苦しんだら, ぴつたりしてゐるかあれでは, ほぼ尽した, まじりけの, またいい, またなかなか, まだあなた, まだお, まだまだちつ, まだ未練, まだ毛糸, まだ若い, みじめな, もうすこし細かい, もうぢ, もうやめる, もう四, もう少し云っ, もう少し気, もう少し重み, もう来まい, もう沢山, もう済んでしまつた, もし背景, もとに, やっぱりいい, やっぱり本気, やっぱり残りゃしねえ, やっぱり色気, やられた日, よい, よいかな, よいので, よかつ, よかろう, よくも毎月, よく学校, よく恥ずかしく, よく新聞記者, よく通船, よく運動, よっぽどちがうでしょう, よろしいそれ, よウ, エライお方な, サロンの, スバルの, スラッグ・ドルガンに, チョットしぶか, トン, ハイカラ好きで, ピンチに, ポツダム中尉な, モリエエル夫人として, 一っ, 一人じゃ, 一体何, 一寸夢中, 一度は, 一日五六銭で, 一日働い, 一時大いに, 一枚看板の, 一流の, 一生あの, 一番住よい, 一種の, 一通り召し, 丁度いい, 丁度よかろ, 七八年に, 三十分も, 三十幾通りか, 三味線を, 上出来であった, 下駄穿きゃがるで, 世帶が, 主婦は, 久慈は, 乘りましたやろ, 二三十歩も, 二十八です, 二日ばかり, 五六十人も, 人家が, 人間としての, 今なか, 今度の, 仕事を, 佐々木小次郎も, 佐太郎も, 何でもちやん, 何を, 何噸ぐらいの, 余程老衰, 使いものに, 信心者だ, 俸給の, 偉い人, 僕が, 僕等と, 先の, 先生つとまる, 全体, 兩家の, 八百も, 六万から, 六十篇くらいの, 兵隊です, 冗談です, 冷淡でない, 凄い奴, 出直して, 分ったか, 分ってるでないかいね, 分るじゃ, 別れて, 剣道二段ぐらい, 力は, 勇敢無比なる, 動いて, 医者から, 十九, 十八九でした, 十分分っ, 千二三百度ぐらいの, 午後の, 半蔵さんも, 半蔵も, 博奕が, 卵を, 厳重な, 友吉は, 古法眼, 可愛い細い声, 台なし, 名流婦人だ, 君は, 君みかけ, 君見かけよりや, 含月荘の, 四つでした, 因業な, 団子坂の, 地上に, 堅気な, 売れないん, 外国へ, 夜も, 大きいほう, 大きな毛皮, 大丈夫な, 大事に, 大分学ん, 大安心, 大概宜, 大貫さんみたいな, 大阪は, 天下第, 奥方様と, 女に, 女は, 女工の, 女王の, 女豪傑の, 好いつもり, 好い様, 好かった, 妙な, 姉さんの, 始めれば, 娼婦の, 子供が, 子供の, 存外の, 学者の, 学者学生の, 宅は, 安定度も, 安心出来た, 実際は, 家へ, 家族を, 将来何に, 小さくなつ, 小品を, 小袖の, 少しずつ, 少しは, 少し顔, 山は, 岡島区へ, 川の, 差支ない, 巴里歸りだ, 帰ったの, 幸福な, 幾つ位に, 度胸が, 弟と, 弱って, 当ると, 当分の, 当分間に合う, 往復する, 待合わす, 得意な, 心の, 心中出来る, 心臓を, 怒ると, 思いも, 思はず相手, 恐ろしく強い, 悄悴し, 惜しい男, 我慢を, 戦争が, 手癖が, 打ち留め, 打切るとして, 指を, 揃ったという, 支度を, 救われたこと, 文壇に, 文学士です, 旺盛な, 暇を, 暫らく休ん, 書物など, 有難いところ, 木を, 本人だ, 本当だ, 机を, 東京とでも, 東屋氏も, 東男には, 根が, 案外ほか, 案外コメ, 案外住み, 案外質朴, 森彦も, 森田の, 権堂に, 次の, 正しいつもり, 死にましたかい, 死んで, 殿方が, 気が, 気の, 気味が悪くない, 江戸ッ児専売の, 江戸仕込みの, 汽船も, 沢山です, 沢山何, 泰然たる, 海へ, 涙が, 済むが, 済んだの, 済んで, 満足出来, 瀬川君は, 無くては, 熱心な, 片付く, 牛にも, 物に, 特高にも, 犬といふ, 獄舎が, 獣を, 理由の, 瓦斯を, 田舎住まいを, 男の, 留守が, 疑ひ深い, 病気が, 癒ります, 白黒の, 皆木戸銭の, 目が, 直ぐ麦飯, 相当に, 相当克明, 真面目な, 矢張し, 知つてゐる, 短気だ, 石巻まで, 祖父さんも, 私を, 穏かな, 立つて, 立派だ, 笛を, 筋書どおりに, 算盤弾く, 糸が, 素晴らしい別, 終ったの, 結構お, 結構よ, 結構取れ, 絶えたこと, 美濃には, 習字の, 考えて, 能く, 能登様も, 腹の, 臆面も, 臥つきでも, 色が, 色気だけは, 色気と, 艶つ, 芸が, 若い時, 若しいつ, 苦しくは, 苦労を, 菊ちゃんも, 落付くでしょう, 薄焼, 行くぜ, 行けるもの, 衣物でも, 要領が, 見られたと, 見れば, 親切人だ, 親玉に, 観客が, 解決が, 証拠十分だ, 証拠立てられて, 試して, 詰腹を, 話が, 誰にも, 護摩を, 貴女だ, 足かけ五年も, 足りるかしら, 足りるかしらとも, 軍医総監な, 辛抱し, 近頃は, 退屈でない, 通す人, 連れて, 運び終ったもの, 運転し, 道具運びの, 達ちゃんお母さんの, 部落民の, 酒の, 金でも, 金兵衛さんも, 鉄胤先生なぞの, 鎧を, 長曾我部, 間に, 間違いが, 阿爺さん, 随分先生, 随分情知, 難癖を, 非常な, 頬鬚など, 頭も, 風を, 飛んだ色っぽい, 飛んで, 首尾よく, 駒井も, 驚かなけりゃ胆力, 髮が, 鬼子母神さまな, 魂に, 鶏の, 黒人な, 黒竜会の

▼ あれ~ (749, 2.0%)

69 これも 17 これもと 7 人の 5 一緒に 4 よしこれ, 一種の 3 いけないこれ, お前お蔭さまで, お愛想さ, そうだ, ゐない, 男の

2 [20件] いいこれ, お前が, この頃, もうお, よい, 一つの, 一時これも, 人間の, 何にも, 参考に, 呼べこれ, 土地の, 子供達に, 孔明の, 山水に, 来て, 来年は, 殺して, 気の, 気の毒な

1 [585件 抜粋] あなたが, あなたの, あなた浩一の, あるいは観客, あれぎり, あれで, あんた然し, あんなに云います, あんな気, いい, いいだろう, いい人物, いい人間, いい子, いい死に, いけないつて言, いちいち開い, いっしょだ, いつのまにか徐州, いつまで, いないのよ, いなくても, いまだに子ども, いまは, いや, いろいろと, いろいろの, うああ, う屋, おきまろ, おのれを, おまえを, おれが, お世辞, お前さんにまで, お前の, お北, お婆さんは, お料理, お民, お糸, お耳, お蔭をもちまして, お關, かくして, きっとその, きっとだれ, きっと火星, きみたちの, きみを, こしらえて, ことしは, こないだ切りました, こなくって, このコンプレックス, この七月, この新しい, この皺, この與, この辺, この通り, この間いたずらに, こまる, これまで, これもという, これもと一度に, これもの, こんな素敵, さむらい, したいと, しちやいかん, して, してやらなかった此, すぐに, そういう曲芸, そうか, そうした深い, そうです, そうらしい, そのままが, その初冬, その馬鹿, その鬣, それも, そんなこと思, そんな話, たしかに綺堂さん, だめこれも, ちゃんと見える, ちょっとグロテスク, つかえる道具, つまらん, とうとういけませんでございました, とうとう気違い, とても面白, とにかくひとつ, どうも叩かれた, ないもの, なかつた, なかなかいい, なかなか一くせ, なかなか人間, なかなか他人, なかなか好う, なかなか思う, なかなか気, なかなか洒落者, なかなか爽快, なかなか結構, なくては, なにかできる, なにかに, なんとかはつきり, のせこれ, ひどかった, へんだ, ほかに, ほんとうに, まあそれ, まいったか, またあなた, またどうしてあんなに, また悪い, また時世, また決して, また無理, まつたくの, みんな嘘で, もう四十女, もう大, もう私, もう虫, もちろん他人, もとやはり, やっぱし影, やっぱりお, やっぱりかわいそうさ, やっぱり手エ, やっぱり白犬, やっぱり脂肪分欠乏営養不足, やっぱり銀, やつぱし金属です, やつぱりがらくただ, やつぱり考へ, やはり人格者, やはり天使, やはり女, やはり平凡, やはり観念, やはり造化, やりこれ, やると, ゆうべクラバックが, ゆうべクラバツクが, ゆうれい, よかった, よく似合っ, よし私, よほどどうかし, よろしで, わしの, わずかな, わたしたちの, ゐないかも, イカンこれも, ギリシア人の, ココアです, ジャムに, ドイツの, パンパンこれも, ヒヤカシだ, ヒヨロヒヨロ矢で, ビニールで, ホームスパンじゃ, マア坊か, 一コマである, 一人の, 一人遣る, 一代の, 一寸いい, 一度捕れる, 一生これも, 七十にも, 三つと, 三度ばかし, 上げるこれ, 不幸で, 不思議な, 不憫だ, 不憫な, 中村さんに, 主人の, 之も, 九分通りは, 事実では, 二三日置かなけれ, 二刀も, 云って, 亦よろしい, 亦考え, 人気者じゃ, 人物です, 人間だ, 今いう, 今ぢ, 今では, 今に, 今に眼, 今まで, 今年は, 今年まで, 今日から, 仕な, 代表的の, 佐兵衛の, 何となく気取っ, 何処へか, 作りごとだった, 価格から, 俊才だ, 俺に, 兄への, 入ってるから, 入道殿の, 全く自己, 其処までは, 冗談ごとでしょう, 処分せい, 出来ぬこれ, 出陣の, 初めは, 初旅, 別段激昂, 剥きたいと, 勘定ずくで, 区別が, 医学上から, 十七だ, 十九に, 博士の, 厭これも, 厭なり, 厳密に, 友吉だ, 可哀相だ, 右衛門自身の, 同じよう, 同じわけ, 同じ孫, 同國, 名前人の, 君が, 君には, 君のを, 君を, 吾輩大好きさ, 唯事じゃ, 問題でしょう, 喋って, 嘘だ, 嘸ぞ, 囚人の, 四十面相が, 困りもの, 困り者, 圓太郎の, 型は, 売って, 外交官の, 外国へ, 夜の, 夢だつた, 夢である, 大きくなりました, 大へん, 大事これも, 大方近頃手当でも, 大膳坊の, 天才なんて, 天然の, 奉公人の, 女, 女でしょう, 女子大だ, 好い, 好いあいつ, 好きで為る, 如夜叉め, 妙な, 妾の, 始終身体, 委員会からの, 安中三郎の, 安心する, 寄宿舎時代から, 寒かった, 實は, 寮の, 小春これも, 少々怪しい, 少しこれ, 少し気, 少年探偵団を, 居なくって, 差支が, 己も, 市名と, 常にあなた, 年が, 幻灯だった, 幽霊の, 弟かしら, 張りかえなき, 当家の, 彼女の, 忘れちや, 忠臣に, 怒田の, 怖かった, 思い直したん, 性の, 恋これも, 悪いこれ, 悪い兆, 悪評, 惜しい男, 想像が, 意志の, 戦争の, 手は, 手伝ったの, 手入れを, 手洗鉢の, 持つて, 持つてない, 捨てた腕前, 描かんならん, 政変の, 教えて, 敵の, 斃れた, 文芸委員会の, 斑牛の, 新しいの, 日が, 日本的でない, 旧舗, 早くよく, 早く家, 昔し, 是れ, 時に面白い, 晝寢の, 普通の, 暇人だ, 月人が, 本ばよう, 本当にいい, 本来の, 本物の, 本當, 来いこれ, 果たして本当, 横に, 欲しいこれ, 正気の, 武器なんて, 歯医者の, 殿下の, 気味の, 汚いこれ, 汚れて, 江戸を, 河村さんの, 泣いて, 海外から, 淋しくって, 漸く片, 火星の, 無論いっしょ, 無論結構, 無電小僧これも, 無駄いのちの, 然しおれ, 然しまだ, 焼いて, 牛の, 牢舎と, 特攻隊でしょう, 現代における, 理想に, 生きる気, 疲れて, 疾くに, 癪の, 登って, 登りました七面山, 百姓だ, 皮付の, 盲点の, 着られまいね, 矢張り野良犬であった, 知らないところ, 知らねえっていう, 短歌を, 秀吉方へ, 私と, 私に, 私の, 私を, 程なく枯れるであらう, 笑いましたが, 笑いやしますまい, 第三紀ごろ, 筋を, 紛失った, 素人に, 組頭の, 結局修辞じゃ, 結局修辞ぢや, 統制です, 老人じみてる, 聞いて, 聞きたいこれ, 肝臓ならむこれ, 肺のはの, 胸に, 臨月だ, 自分の, 自身の, 船の, 良かった, 芸術家で, 茶人とかいう, 萩も, 虎の, 血眼に, 行って, 要するに徒勞, 見えない地下室, 見たこれ, 見事ね, 覚えて, 覚悟してる, 親玉に, 計略です, 訊きたいと, 話そうこれ, 詳しくは, 読めと, 變な, 變り, 豊田にとり, 豌豆には, 貰ふ, 貴様か, 買えこれ, 買ひたい本の, 贋ものの, 赤い皮, 赤外線男の, 足らないこれ, 踊り子の, 身を, 輕く, 輪鉄を, 近いうち, 近年は, 返さねば, 退屈だ, 途の, 遂に蜃気楼中, 道場へ, 酒の, 鑛毒是も, 長く勤め, 長らく麾下, 関ヶ原の, 阿波まで, 随分永い, 面倒を, 面白かつ, 頂戴いたします, 頭が, 風邪か, 飛んだ可愛い, 食わせろこれ, 食器と, 餘りさう, 館長館長この, 馬鹿でない, 馬鹿な, 駄目じゃの, 駄目だ, 駄目と, 駄目な, 駄目之も, 騒ぎやしないわね, 黒川の, 黒煙天に

▼ あれ~ (546, 1.5%)

10 似て 8 乗って 6 違いない 5 比べると 4 よく似, 手を 3 しよう, しようか, ちがいない, 乗つて, 似たよう, 書いて, 氣が

2 [26件] あれしを, いるの, おる者, かかると, くらべると, しようと, すこぶる興味, そっくりだ, 乗らなければ, 似てるわね, 佇んで, 出て, 加は, 劣らないもの, 懲りて, 控えて, 死なれては, 相違ねえ, 真白な, 眼を, 私は, 聞かせても, 見える, 金を, 限って, 限る

1 [436件] あうと, ありと, ありますの, ある, あるとおり, あるの, ある伊達羽織, ある女用, ある甚内, ある笛, あれしは, あれた屋敷, あれて, あれと, あれに, いい画, いくらか, いくらかかっ, いたろうな, いちばんうたわせ, いちばん罪が, いっそう骨っぽい, いったら手紙, いっぱい新茶, いないか, いらるるが, いる, いる伊兵衛, いる男, いる若衆, おいである, おらるるお方, おらるるの, おられます, おります, おりますの, おりまする一ト組, おりますゼローム, おります余吾, おります男, おる, おるぞ, おるの, おるは, おるわ, おる娘, おる座頭, おる編笠, お姉様, お指図, お気が, お船座, お若様, お迎えの, お雪, かぎって, かぎっては, かつがせて, かんがえて, がっかりさせたくない, きまったもの, くれて, けり月見, こういう大砲, こんなこと, こんな暗い, ご休息, ご油断, させれば, さへ, した, したって, しても, しばらく, しやまと撫子, しょうか, しようかといふ, しろ半ば無意味, しを, し度, し後, するには, するわ, そう言っといたら, そつくりだつた, たおれて, たずねたらいい, たのみましょう, たばこを, たれば, ちが, ちょっと似た, ついて, ついてる子供, つけて, つづくすぐ, どこへ, なさいな, なにかしら, ならなれる自信, なら出来ましょう, なろうこれ, のりましょう, のるん, はいって, ひっかかると, ふさわしいよう, ふれたのよ, ふれると, ぼくが, みゆるは, むかって, めあわせて, もすつかり訳, もたうとう, ゃとてもかなわねえんです, やられたに, やられたん, やられると, やれるかな, よい使者, よういう, よく似た, よると, よろしく土用, わかつて, わたくしどもの, カトリーヌという, キスを, ケチを, ロマノフ旗を, 一小, 一往の, 一散に, 一本と, 一枚これに, 一軒の, 一軒土民の, 三ツ目の, 三十ドイムの, 上ったろ, 与つた丹比宿禰, 中られると, 乗せて, 乗つて溜池, 乗つて行, 乗りました, 乗りましょう, 乗るつもり, 乗るとな, 乗れば, 乗ろう, 乘ります, 二人入る, 五六歩なり, 井戸が, 人の, 人間の, 今死なれたら, 仕事を, 仕様か, 付き合って, 付き添わせまして, 代わって, 任かせ, 会うかも, 会えないかしら, 会って, 会ってな, 会っては, 伝えても, 似たこと, 似たところ, 似たもの, 似たわざとらし, 似たん, 似た事件, 似た人, 似た凄, 似た声, 似た幻覚, 似た恰好, 似た感じ, 似た洋杖, 似た節, 似た虚無, 似てれば, 住めといったばかり, 佐々木小次郎が, 何の, 作って, 使う道具, 使ふ, 侍立し, 倒れて, 働かして, 優る妻, 先を, 入れて, 凝って, 出して, 出た作品, 出喰わしたらこう, 分配すれ, 列席し, 到着いたしました, 剃刀を, 加わっては, 劣らないの, 勝てるよう, 勝手な, 十日迄と, 千五百ルーブリだ, 危険は, 反対である, 取り遺して, 口を, 古い堂宇, 名を, 名前を, 君は, 喋らせて, 喜三郎さんの, 困るこれ, 執し, 夢中に, 大へん, 大切な, 大金を, 妙な, 始めて, 嫉, 官國幣社の, 定めたん, 寒べに, 尋ねたなら勤まらぬこと, 對しその, 就いて, 就いては, 居らるる五人, 居るぞ, 居る泊客, 居候を, 山上さん電話です, 干瓢を, 延期料と, 待って, 後を, 御座るは, 心を, 悪い虫, 惑か, 惚れたの, 惹かれた考, 意見し, 感服し, 我々の, 扇を, 扇町屋の, 手伝わせて, 打衝, 抱かれて, 抵抗する, 拘泥って, 招いて, 持たせれば, 捕ったら往生, 捨てさせましょう, 授けて, 掛っちゃ, 控へてを, 描かれて, 攻められるの, 教育を, 敵が, 暗示を, 暫くしたら, 書き洩らしたの, 月見寺と, 本づい, 来るの, 来るは, 染まって, 染め木綿を, 根元を, 楯を, 機先を, 死なれると, 殺されて, 気がつかなかったって, 気がつかなかったん, 気がつくとは, 気づかいこれ, 気を, 氣の, 決めた貴様, 決めてや, 沢山ございます, 沢山農夫, 油断は, 沿って, 注目し, 流れついて, 添うて, 渡したと, 渡して, 火を, 狙われては, 現われました, 甘えその, 用意させ, 疲れ果て, 登ったならばと, 登って, 登ろう, 目を, 相当する, 相模の, 相違ありません, 着いて, 知って, 知れると, 示されて, 窮命籠城し, 立って, 立て籠って, 立派な, 笑はれる, 笛は, 紅白二旒の, 紗の, 縫わしたん, 罪が, 翁が, 聞いたん, 聞えても, 聞かせないで, 聞かせる事, 聞きおぼえが, 腰を, 舞い込まれては, 色々と, 若しもの, 若党の, 茶店が, 落ちて, 血に, 行かれて, 行くん, 袖形の, 見えて, 見えます二, 見えます土塀, 見えられましたわ, 見えるあの, 見えるの, 見える一叢, 見える一点, 見える土手, 見える大木, 見える山, 見える流れ, 見える者, 見える葭簀茶屋, 見える長い長い, 見せること, 見つかっては, 見ゆるの, 見ゆる亭, 見ゆる四輪車, 見ゆる大軍, 見ゆる女子, 見ゆる鹿, 見舞はれた, 覗き出してる暗い, 親戚の, 触れたら命, 言って, 託して, 訪鉦も, 設えて, 誘はれたの, 負けない伊那踊り, 負けない位, 負けるなと, 貼ッ, 越したこと, 足を, 蹲まっ, 較べたら知事ん, 較べること, 較べると, 辛子を, 辻堂が, 追いついて, 追いつかれては, 逃げて, 逃げられては, 逆恨みを, 逐いつめられて, 連れて, 違えあるめ, 違えねえ何, 違ない, 遣わせと, 酷く当たら, 酷く當, 鉛筆で, 銅器の, 鍵を, 鑄掛の, 間違いの, 間違いは, 関した話, 限ったもの, 限つた, 限るおかげ, 限るぞに, 限るよ, 限る取り上げて, 隠れて, 非常に, 響きません, 預けて, 頼まれて, 頼んだらどう, 類する言葉, 飛付いて, 飛行島が, 馬を, 骨を, 高い精神力, 魂が, 魏の, 魏延が, 黄金の

▼ あれだけの~ (541, 1.5%)

16 ことを 10 仕事を 7 ものを 6 人数が 5 事を, 物が 4 ものは, 習し 3 ことが, もの, 事で, 人数を, 人気を, 人物を, 傷を, 決心を, 発達を, 荷物を

2 [34件] あいだに, りっぱな, ノートを, 人だ, 人で, 人間が, 体躯と, 働きが, 内容を, 努力を, 十二支を, 大仕事, 女なら, 女に, 容貌を, 小説の, 幅を, 技倆を, 方が, 構図と, 無茶な, 煙だ, 物を, 生活は, 絵を, 美しさ, 芝居を, 芸人は, 衝突を, 財産は, 身上を, 鋸引きが, 長さ, 面積を

1 [386件] あざやかな, お仕込み, お医者さん, お城, お店, お方だ, きりやうで, きりやうを, ことか, ことさ, ことです, ことな, ことに, ことにも, ことは, すぐれた天分, たくさんな, ところを, ひまに, ふしだらが, もくろみは, ものじゃ, もので, ものであった, ものに, りつぱな手柄を, わるいこと, アヤを, エッセイや, エポックを, キレイ好きが, ハイカラで, バラックが, バラックにも, パンが, ヒントを, ピカピカする, ポピュラリティイを, ロケット隊を, 不正を, 世話を, 争闘を, 事業は, 事業を, 人です, 人でも, 人垣を, 人数の, 人数も, 人材を, 人死にを, 人物で, 人目の, 人間でない, 人間に, 人間に対し, 人間像を, 人間学を, 仕事が, 仕事である, 仕事は, 仕置を, 住居な, 体の, 余裕が, 作品を, 作家と, 作物が, 侮辱を, 修羅場読みは, 偉い人, 傷だ, 働きを, 充実は, 兇行を, 先人が, 入り全く, 内容なら, 冒険を, 凶賊を, 出世を, 出血が, 劃時代の, 力を, 効果を, 勇気ある, 勇気は, 勇気を, 勢力を, 勲章を, 卓見を, 単純な, 博物館が, 印象を, 厖大かつ, 反感は, 同行の, 名を, 名声を, 名家の, 名文句, 品位を, 器量と, 器量なら, 器量の, 困難と, 地域に, 場所で, 士を, 夥しい洋酒, 大きい店, 大きなもの, 大きな眼球, 大きな虫, 大トランク, 大事業, 大佛, 大先輩, 大勢の, 大夫を, 大戦争, 大災, 大物は, 大罪を, 大船を, 大著を, 大記事, 大軍が, 大部の, 天分と, 天才犯人なる, 太夫を, 女が, 女を, 女形さんは, 女房が, 奴が, 好い娘, 好意でも, 姿に, 娘を, 子供で, 子供達が, 学問見識が, 学者で, 学者に, 安売りを, 定つた顔かたち, 宝物が, 実際的経験, 宴会を, 家では, 家格と, 家督を, 寝棺では, 寿命だった, 小さな証紙, 屋敷と, 嵐に, 嵩に, 工事を, 工作を, 工場の, 幅の, 広さ, 店が, 店は, 店まで, 度胸が, 度胸を, 庫が, 廣さを, 形式を, 役者な, 径路を, 心労を, 心立てを, 思いつきが, 思ひ出, 患者に, 悪事を, 悲劇は, 情熱を, 惨劇を, 愉しみ, 愛情を, 感じは, 感情家である, 慾が, 懸物, 成功を, 成績を, 戦闘と, 戰果を, 手紙を, 手際は, 才能を, 技術を, 押しが, 揮発は, 文学に, 文学作品が, 旅を, 旅行家であっ, 日本人が, 時間で, 時間の, 時間出, 暗示先入主が, 暮しを, 曲を, 書物が, 書物を, 有利な, 有名人の, 服装, 材料に, 材料を, 業を, 構へで, 権式を, 樹林と, 橋が, 機会が, 機智が, 機械では, 死骸の, 殺人が, 気の, 気分で, 気合は, 決断の, 注意を, 流れでも, 浪々の, 海外の, 温泉宿の, 準備計画が, 演劇的活動を, 激しい立廻り, 災害です, 災害を, 炭坑ストを, 煤煙を, 熱心な, 熱風を, 物に, 物質性を, 犠牲と, 犠牲は, 犠牲を, 犠牲者を, 狐の, 狩野は, 玄関の, 珍しい才能, 甘さ, 生命を, 生涯を, 生霊を, 田地売り飛ばし, 由緒ある, 男が, 男だろう, 男を, 異本が, 病人に, 痕跡は, 盛な, 盛沢山で, 真情を, 短い棒, 砂ほこりが, 砂糖を, 研究が, 研究では, 破天荒の, 社会的事業は, 秀抜な, 秘密を, 穴が, 立木を, 立派な, 筆力が, 答が, 答辯の, 管と, 簡単な, 米俵を, 精彩努力を, 糞度胸が, 紙幣を, 細工物です, 組織を, 結果を, 絵が, 絵師に, 絵画国であり, 練習した, 縁である, 縹緻そこで, 美は, 美人には, 美人は, 美形を, 美術品が, 美術品を, 美貌と, 習はしを, 肉を, 胆勇ある, 腕の, 腕を, 自信が, 自動車が, 自覚と, 舞台顔を, 船おろし, 船を, 苦しい戦さ, 苦しみを, 苦労が, 苦労を, 苦心で, 苦心を, 苦悩と, 虐たらしい, 蛮勇を, 蝶鮫を, 血が, 行倒れを, 衣装を, 装を, 製鐵所を, 見識とは, 記事を, 証拠が, 証拠じゃ, 詩を, 詩篇が, 話から, 調べ方じゃ, 谷底へ, 財産が, 資産を, 賑は, 贅澤な, 超越の, 趣味人である, 距離目分量で, 身代が, 身分にな, 辛抱が, 辛抱を, 運さ, 道中を, 酒好が, 量の, 量を, 金が, 長い川, 長い距離, 長櫃は, 長篇を, 門下の, 門下を, 門戸を, 開きは, 間あそこに, 間に, 関係で, 難儀を, 雪を, 電燈が, 音楽は, 頭は, 頭布を, 頭数が, 頭脳が, 顔が, 顔だ, 顕著な, 飄逸が, 騒ぎを, 騷ぎを, 黄金が

▼ あればこそ~ (472, 1.3%)

7 だ, 吾 6 彼は 5 である 3 この世の, です, では

2 [23件] じゃ, その方法, だが, だろうが, であった, でその, どこの, なんだ, 人々は, 人間は, 今日まで, 宗教は, 彼の, 彼女は, 彼等は, 或る, 日本は, 此處の, 生きて, 空間は, 自分を, 貴女の, 電燭の

1 [392件] ああいう, ああし, ああまでも, ああ云った, あそこまで, あっしは, あなたが, あなた様に, あの兄, あれ, あれほど, あんなにも, あんな山駕籠, いざといふ, いついかなる, いよいよ仏, うまく事, うれしい事, お互にますます, お夏さん, お宿もと, お眼, お紅, お絹もさ, お銀様, かうして, こういうよう, こうして出逢う, こうして城, こうして折り入っ, こうして生き, こうして自分, こうして自堕落, こうして関所勤め, こうなった, こうも, こう殊勝, ここまで, このあいだ, このよう, この事実, この劇団, この去, この合目的性, この常識, この手段, この方法, この時分, この機会, この海底城, この眼, この種, この総合的判断, この陰気, この面白, これに, これまで, これを, こんなに安く, こんなふう, こんな他愛, さう, しっかりしてる, し遂せて, そういう浮動, そこここで, その中, その人, その存在理由, その方向, その日本, その直接, その矛盾, その藝術, その行為者, その非, それを, そんな突飛, たいせつな, だろうか, だろうと, だ今, だ甲府勝手, できたので, できた離れ業, でこの, でござんすな, でしょうやっぱり, でしょう暫く, で御, で明智家, なおのことわたしにとって, なの, なわ打つん, はあなる, ものの, もらって, やって来たん, ゆるぎなく, よく人和, わざわざ人, わたくしの, わたしたちは, わたしは, キレイな, コンな, ソフィストは, ソヴェトが, バルサムは, ファシズムに対する, フランスや, プロレタリアの, ロマン主義者や, 一つの, 一対象を, 一層その, 一篇の, 一般に, 一見思惟の, 三木思想は, 不平も, 丑松ばかりは, 世が, 世にある, 世の中に, 世の中の, 世も, 世界平和と, 世間では, 世間並に, 両者間に, 丸い輪, 之が, 之は, 乞食などという, 争いの, 二千年この, 五十フランも, 人が, 人とも, 人は, 人間が, 人間に, 人間の, 人間らしい生活, 人間交際の, 今は, 今まで, 今日に, 今日の, 今日までの, 今日世間では, 今晩に, 今更に, 仏様も, 他の, 他国の, 代作も, 伜の, 伝統を, 低きもの, 何の, 何事も, 例の, 供をも, 信長の, 俳句の, 偽物だ, 僅かに, 僕に, 僕は, 元来が, 先の, 光るので, 入って, 公儀お, 出て, 刀の, 初めて二つ, 初めて交通関係, 初めて文化説明, 初めて真理, 前述の, 劇も, 力にも, 勝家と, 北と, 南北が, 却ってここ, 厭人も, 参ったの, 参つたのです, 参られたの, 右と, 各方面, 合理論が, 同じ覚悟, 同門の, 君は, 呼んだの, 和気あいあい散り, 善も, 喉頭以外に, 地上の, 地盤だった, 坑夫に, 夜分こうして, 夜山を, 夜陰に, 大官に, 天上から, 夫が, 夫は, 女の, 女も, 始めて, 子も, 子供は, 学問的, 実世界, 実在性の, 寂しい山奥, 察しられるつて, 尊公に, 小作料も, 小弱も, 屡々穴川甚蔵, 山登りに, 工藝には, 工藝の, 左が, 左右の, 常識的概念である, 幕内へ, 平気で, 弁証法は, 弥之助は, 強まる彼, 形式の, 彼らの, 彼らは, 彼女が, 彼等の, 後ろに, 後年日清日露の, 従来の, 徳川の, 徳心は, 心とも, 心の, 心苦しいの, 思い通りに, 思想も, 性格の, 恁う, 恒藤権右衛門の, 悪口を, 愈々益々重大, 愉快であろう, 愛すること, 感化力の, 感性界の, 我々は, 我から, 所謂, 手を, 技術と, 技術家という, 抑えられて, 授かった愛, 搾乳婦の, 撲犬師, 政治権力によって, 救いが, 敢て, 数学と, 文化の, 文学作家の, 斉興は, 斯うし, 方便が, 方法が, 方法に対して, 旅も, 旅行中にも, 明るいところ, 明白で, 昔から, 昼も, 朝より, 木を, 木遁火あれ, 未来永劫昔の, 机に, 来たの, 松島大明神と, 果敢なく果てた, 柿の, 桟道を, 植物の, 検閲や, 業が, 此一生が, 此処の, 此等の, 死が, 死んでは, 残すなく, 氏の, 民主的な, 民間の, 油を, 泣合せの, 源太の, 演出も, 火遁の, 無仏性, 熟語としての, 燦然として, 爰に, 牢屋も, 物, 特にこうした, 特別な, 特定の, 現実と, 現象学的方法である, 理性ある, 生あれ, 生きる望み, 生れ来たった, 産れ, 用いられたの, 田舎廻りは, 申すこと, 画竜点睛とも, 疊に, 病魔も, 白骨から, 真理が, 眺めあきるという, 研究も, 破れたとか, 私の, 私は, 私立大学などへ, 私達の, 空間が, 端初の, 竹中半兵衛が, 第一義的に, 経済学は, 結婚とか, 繩を, 罰を, 美しさ, 義務的の, 聞いて, 聞くこと, 自己の, 自然科学は, 舞台で, 芝居という, 落葉松の, 薬の, 製作に, 見放して, 親子と, 親玉も, 親類も, 観念性, 言われるの, 詩や, 詩人と, 論理は, 講座も, 贋使者と, 趣味専門の, 路傍で, 身の, 軍部道は, 農民が, 近いうち, 連れ参った春日新九郎, 遠いところ, 野猪様の, 金が, 青年期は, 頭を, 食料品の, 駕籠を, 骨董屋にも

▼ あれ~ (471, 1.3%)

6 これは 4 何の 3 こは, さりとて他人, 君を, 多くは, 大に, 通常は, 障れば

2 [29件] いくらか性質, この場合, しかし益軒, そは, それにて, それにも, それは, とり膳, われは, 世尊在世の, 今日も, 余は, 倒れんと, 同郷人の, 君が, 夕され, 夕立つ, 大宮人の, 女の, 希望なき, 形は, 暮れ惑ふ, 汝が, 涼しかるらし, 背戸ごとに, 視れば, 誠に父母, 隣山早やも, 食ふ

1 [382件] あれほどに, いずれも, いたく貧苦愁苦, いにしへの, えつがず, おのづか, おのれの, おのれは, おほ, お倉, お澄さん, かかるぐろてすくなるはまたとあるまじ, かかる姿, かくて, き, ここなる, これが, これまた, これも, これらは, これを, さっぱり役に立っ, さるもの, しかしそれ, しかし今日, すておけぬ火急, すでに一度, すべて雲の, すべなく, ずっと小形, そこは, そのしまい, その何ゆえ, その噂朋輩, その枝, その歌, その辺, そもじ見ぬ日, それも, それよりも, た, たけりては, ただ二人, ちょっと多, つつがなく長, つんけんし過ぎ, ですね, とめて, とりよろふ, ないしたやろ, なおこの, なべて盲, なほこの, ふたた, ほとほと平, ほんの親切, まずこの, またいつ, また大, また思いのほか, また特殊, まだお, まらひと, まんざら三百, めあてなく, もとその, ものみなは, ゆるに, ようするに彼, わが建て, わが満, われ時折東京を, シイザルは, ショウブは, ジアン・クリストフの, ツチハリの, デッサンが, バイロンの, ベースボールに, ロメーンズの, 一たび帰れ, 一たび肉体を, 一向に判然, 一般には, 中には, 中垣の, 主に, 主従は, 久しく都門, 之も, 予, 予は, 事実此事なし, 事実然, 云々の, 人々の, 人に対しては, 人を, 人世は, 人生まれ落ち, 今から, 今は, 今日の, 今更如何, 今目の, 今詳述, 他に, 仮令い, 住む国, 何となく忙し, 何よ, 何を, 修業中の, 偽筆らし, 僕は, 兄は, 光俊が, 兎に, 八の, 六十年の, 其實彼等には, 其文難解に, 再び甲板, 决し, 出処を, 利家利長ともに, 勝手知ってる, 北京とも, 十の, 卑見を以て, 却つて眞奈が, 又つら, 又思え, 取つて來, 古支那, 古襤褸, 只所, 右の, 同時にまた, 吾が名, 吾の, 命の, 咎めても, 咲きの, 唯二人に, 四辺寂しく, 図でも, 固有折衷人間の, 國見, 堂守容易に, 塵を, 壺に, 多人数なる, 夜に, 夜の, 大てい, 大方の, 大方は, 大方釣合, 大阪では, 妙念も, 威令が, 娼妓の, 子を, 子等ある, 実は一花, 実行した, 客少き, 家の, 家屋は, 容易に, 寒きほ, 實際派なりとて, 審美學の, 小さい無数, 小春は, 届けさせた, 峰脈の, 川づら, 川面は, 差当りての, 己が, 市場まで, 平生この, 平生自負の, 底には, 弟の, 当藩, 彼れ, 彼わが, 後世インドで, 後半殊に, 徒歩よりぞ, 從來支那では, 心それらに, 心一つは, 心足ら, 必ず用, 忍男の, 忘れちゃ, 思ひあまり, 恐る, 恐る恐る円道, 情熱を, 惜しい事, 意義異なり, 愛に, 慕は, 戀に, 我が口, 我が建て, 我が恋, 我は, 我獲ね, 我窃に, 我等の, 手にも, 手古奈の, 手古奈一家の, 手長廣生と, 捉へ, 提燈ともし, 支那の, 教師的な, 料理屋めきたる, 斯くも, 斯の, 日の, 日影は, 日本で, 早くも, 旱かな, 明の, 明らかならず, 昔は, 春の, 是れ, 是亦, 是等の, 智謀たらず, 曲りたる矢, 最も精巧, 月の, 本年七月五日の, 本題を, 杉が, 東洋の, 果は, 枝葉に, 柳が, 桐の, 梅の, 梧桐の, 概して東側, 概皆エミル・ゾラを, 歎顏に, 此処の, 此処よりは, 此外多くは, 此歌には, 武門の, 歩ゆ吾が, 歴代の, 殆ど竝みの女, 殿下この, 民子の, 波に, 泣菫氏が, 満員に, 濡る, 火消しに, 父に対する, 父の, 父老らは, 牛馬に, 物を, 特にこの, 特に天下, 狂気の, 猶此歌, 珍人の, 珠の, 用いる人, 用意は, 田辺に, 申さばわが家は, 病める子, 病勞れし, 白と, 百里は, 皆ことわりぬ, 目下研究に, 目立つは, 目鼻なく, 眞實に, 真の, 知恵伊豆様に, 短尺だけ, 石の, 石垣を, 祭れる神, 第二公園, 筆にも, 筆戰墨鬪の, 箇様の, 紀州などには, 紛はず, 絶對よ, 美しき感情, 美人の, 羹に, 翼の, 老いたるだけに, 考えて, 而かも, 肝臓先生は, 自分の, 自分は, 自然と, 船を, 船走らず, 色々の, 色を, 花を, 芸者といふは, 苟くも其発心の, 若い人達, 茎の, 草葉の陰で, 蔽われ果てず夕舂日, 薬剤官は, 虎崇拝は, 行くも, 行く水, 衣類の, 裂ける時, 要するに哀れ, 見えずよき, 見えぬや, 見し人, 見よ, 見霽, 覚えなき手跡, 親が, 觀察し畢り, 言うは, 記行文書きて, 詳か, 誤りなり, 誤り也, 誤也, 読者諸君を, 誰も, 負い去って, 貴公の, 足利方でも, 近い内, 迷妄も, 過し慶長四年, 遠くし, 遠く三国時代に, 都なる, 野菊の, 金が, 鎖さず, 長く其眼, 陶磁の, 陶製の, 隔てて, 難波江の, 靉靆の, 非常に, 頭なく, 食を, 食事の, 食用果実としては, 馬ほど, 鬼火狐火竜灯天狗火などは, 鯡寄る, 鷹に, 鷹鶻鷂に, 黄葉の

▼ あれども~ (404, 1.1%)

12 なきが 9 是れ 5 無きが 4 これは, 亦大 3 一生を, 彼の

2 [29件] いつ知らず後べのみ, いづれも, いまだその, こは, これを, そがなか, それは, たしかに逃げる, たのむに, われは, 一般ならず, 之を, 今は, 今日の, 他の, 伊藤侯は, 個人としては, 其腐敗は, 子は, 尾崎氏に, 彼れ, 後世に, 愛するを, 我輩の, 文学には, 時を, 東京遠し, 高からず, 高島一派の

1 [306件] あまり分明, いずれの, いぶかし近世雲石堂十八景, いまだ氏, いやしくも多少の, おおよそこれ, おくれて, おそくなる, おのが, かの遊女, かりそめ, かりにその, かれ無, こきだ, ここに, この一条, この二つ, この句, この問題, この天, この説, この財, これ, これかえって, これただ, これひとり狐に, これまた, これらは, これ決して, し飯時, すでにし, すでに知れたる, その不利益, その中, その事, その他の, その作, その価二束三文, その前, その場合, その子同士, その実, その後追, その心, その快, その法律, その色, その苦情, そは, それも, たいてい白き, ただ説に, ただ顧問, たとい院, つまり治むる者, なきに, なほ信ずる, なほ完全ならざる, なほ汝が, はたして事物, はや春分, ひっきょう縦, まことは, また大いに, また音調以外, まだ生死, もし一飛び, わが心, わが美, わが身に, アルゴスの, カクスのみは, ダンテが, ヘクト, メシニシメと, 一つも, 一人の, 一国の, 一場の, 一度体, 一般俘夷に, 一華を, 一覧の, 七歳の, 下に, 下足番などには, 不善学校不徳学校などは, 不眞面目, 不開化, 与するを, 世人が, 之に, 事実は, 事實は, 事長けれ, 互いに厳重, 人の, 人を, 人多く, 人生の, 今ここに, 今の, 今日に, 仮初め, 伯母なる, 何か, 何の, 何事も, 余が, 余には, 余は, 信じ兼, 僅に, 僧なく, 僧徒の, 元来この, 党の, 八九分どおりは, 共に歌川派, 其おもに, 其総体の, 其詳を, 別に災難, 到底繪卷物時代, 千万の, 厳ならず, 反椀, 古代は, 古典學の, 只君, 右の, 君は, 味覚に, 商を, 善く燃えず, 嘗て小説, 四時を通じて, 国民を, 國民を, 園芸の, 地上の, 声々は, 多少の, 大なる誤なり, 大にた, 大体において, 大同小異なれ, 大抵百枚刷っ, 大概皆自, 夷の, 女の子では, 妻女は, 姿は, 存外寸間, 孰れ, 完全なる, 客に, 室町に, 家屋の, 實測, 尊攘の, 少なしこれ, 尤も多く, 履むを, 山水の, 巨瀑空に, 差別の, 帰する, 帰船後に, 常には, 常に政党, 常に政黨, 幸に, 幾らかこれ, 幾干, 広重の, 強からず, 当時の, 役に立つべき学者, 往診を, 後世を, 後年の, 御油断, 徳望なき, 徳行の, 心中動気致筆まわらず, 必ずしもこの, 必ずしも全体, 怒れる聲, 感動なし, 應へ, 戰鬪を, 所在を, 才なし, 拙者の, 招くを, 搖り動く, 撞かず經, 政党首領の, 政黨首領の, 敢て, 文化初年の, 文学の, 文學には, 新造の, 既におの, 既に無き, 日の本の, 日向ぼこ, 日本人多数を, 昼は, 智恵ばかり, 智足らざれ, 暮るる, 有苦町など, 木像石像等なし, 未だに何, 未だ幣, 未だ来り, 本来私徳公徳の, 東北を, 松魚は, 林を, 栩, 概していえ, 樂園の, 水なし, 沙磨之, 法なき, 法律が, 法律を, 波高から, 泳がせたま, 活きたる觀念, 消し止めんと, 淺川と, 滑稽諷刺の, 瀧口少し, 無きがごと, 物待つごとし, 特にここ, 狐も, 独り立憲政友会に, 獨り, 理を, 生理学上の, 用いず仁, 用筆等の, 田舎の, 男性女性相互に, 町人が, 皆大同小異なりき, 盧生が, 相成事, 真の, 眼無き, 短命橋なし, 祕し, 秋冷の, 秘しがくし, 第一, 紅葉せずし, 素戔烏尊は, 縁遠しよし, 而も, 聞きがたし, 職人頭は, 自由党の, 自由黨の, 花なし, 草鞋足半の, 葛飾北斎最も, 薩長二藩の, 藤波の, 蚊帳を, 蛇などは, 蛸とる, 要するに大, 言うも, 記事の, 詰る処婦人, 誠に父母, 貧民は, 貯金は, 賓の, 趣味を, 足を, 足軽が, 遂ぞ, 遂に彼, 運輸すこぶる, 還りては, 里遠けれ, 金の, 銭なく, 鍵穴が, 鑛は, 際限なけれ, 響きなき, 風また, 驚く方, 魂は, 魏國の, 魚類は, 鮮明に, 鹿少し

▼ あれ~ (389, 1.1%)

5 これのと, 父は 4 ことが, ために 3 あとから, ことだ, ことを, 母親が, 父を, 父親が, 父親は

2 [18件] この頃, すること, だネ, ように, 事だ, 云う事, 亭主が, 前で, 声を, 家の, 家へ, 心を, 手に, 手は, 母が, 眼が, 親が, 養父に

1 [314件] あふひ草, ありかが, いいところ, いるべき場所, うちには, おかげだ, おかげで, おふくろが, おもしろさ, おるところ, お内儀, お友だち, お蔭で, お陰だ, からだには, こしらえた奇兵隊, こと, ことだった, ことで, ことです, ことと, ことなら, ことは, こと打ち明けなけれ, さし絵を, しつっこいこと, しめに, そのとき, ためなら, ための, つながりにおいて, ところには, ところへ, どこが, ないほう, なくなった兄, はいよいよ, は大分, は極端, は無茶, むく犬, ものは, やうな, やりそう, やり方だった, ようだ, よすがと, エピゴーネンが, ガラス工業の, クラブの, タネ本です, ヒントです, ピストルの, マザアも, モデルとして, 一名である, 一命だけは, 一杯機嫌で, 一番しまひ, 一風変った, 上から, 上の, 下ツ端, 不埓, 不幸や, 世話に, 世話を, 主が, 主翁, 事で, 事には, 事は, 事を, 云うと, 五体に, 五色の, 亜流だろう, 人望で, 人格は, 仕事を, 仕合せにも, 他には, 代に, 仲間です, 仲間に, 位牌に, 使用法などは, 側に, 優しいことば, 兄といふ, 兄に, 兄の, 兄貴と, 兄貴な, 児が, 八ヶ嶽雪つもりけらし, 内実は, 再来かと, 処へ, 出たの, 出る倶楽部, 出世にも, 出來上つた日の, 出始めいと, 出来上つた日の, 分が, 分の, 利喰い, 前では, 前に, 前へ, 前夜は, 力量では, 南側の, 原書も, 原本を, 又一部分的, 友達が, 友達の, 反射を, 叔父貴, 取締役で, 口ぶりさ, 名を, 名称を, 命が, 命を, 命日も, 器量として, 土産話でも, 場合は, 墓に, 墓にも, 声が, 夢を, 大叔父として, 天使の, 姉の, 姿が, 嫁は, 室じゃ, 室で, 室へ, 宵の, 家に, 家には, 将来を, 小さい着物, 居どころも, 居どころを, 峭然と, 師の, 師は, 帯が, 帰る迄, 幸福を, 幼い頃, 幼馴染といった, 幾歳ぐらいの, 店は, 店へ, 建築に, 弁護士は, 引き綱には, 弟の, 弟分の, 影響も, 御父さん, 思いつきに, 恩知らずな, 息子の, 悪いところ, 悪いやう, 情熱は, 意に, 意見な, 感情, 態度は, 我ままに, 手なぞは, 手入れを, 手口に, 手紙で, 手紙を, 払いそれ, 抱いて, 持たないそして, 指が, 操の, 方で, 方へ, 方を, 日記が, 時家流れ人死する, 暮して, 書いて, 書きました習字, 末期を, 本に, 来歴です, 格子の, 模倣を, 次この, 欲しいといふ, 正体を, 正式の, 正直な, 死ぬまで, 死んだの, 死んだ母親, 死骸も, 母といふ, 母の, 母方と, 母親お, 毒針に, 氏素姓を, 気に, 気を, 気位が, 気持は, 河岸あの, 治療法は, 注射を, 流行し, 清掃美化運動を, 為めに, 無知の, 無鉄砲と, 爪や, 爲めに, 父が, 父の, 物として, 物は, 特徴で, 特徴であった, 独得な, 独活ほる, 申し出通り送っ, 病気には, 病気にも, 病気は, 目の, 直接の, 相手を, 眼は, 神通力も, 禅は, 粗相は, 細工しない, 続稿, 罪を, 考えが, 考えでは, 考え通りに, 耳の, 肉体の, 背中に, 背表紙だけを, 胸の, 胸を, 胸像な, 脂粉の, 脱け, 腸間膜の, 臭ひ, 舞台を, 苛立ちは, 行く道, 行方を, 行末を, 製造工場を, 要る時節, 親に, 親の, 親も, 親父の, 親類一統は, 訴訟なんか, 評判に, 語つてゐる, 語るところ, 誠実な, 足だ, 足を, 足音が, 身がらを, 身に, 身の, 身の上が, 身体には, 身元は, 身分は, 返事に, 迷信を, 逆だつたの, 造れる人, 連れな, 運命は, 部屋へ, 重要さを, 錨索を, 陸の, 際に, 際の, 青年時代が, 面に, 面前で, 頭に, 顔が, 顔も, 顔を, 首っ玉へ

▼ あれだけ~ (350, 0.9%)

19 では 4 あれば, ぢや 3 身に 2 リアルに, 働いて, 出質, 吐くと, 器用な, 書いて, 熱心に, 立派な, 證據が

1 [302件] あたいにも, あった, あったらこれから, あっても, ありや, ある, いうと, いうとったのに, いた牢人者, いぢめ, いったの, いって, いる蟹江, いわば華やか, おおぜ, おつ, おどかしときゃアたくさん, おもしろいもの, お使いなさる, お延, かけて, このおれ, この都, これまで, こッちから匂いを, しぐれたのに, して, しツ, じや, すきな, すぐれたヒューマン, すばらしい働き, たくさんの, たくさん書いた, だ, だったのね, だと, つくるの, づゝとられてはたま, できるの, です, ですか, でもう, でよかっ, で良, なの, ならば, はっきりした, はやるの, ひどく殴った, ぽっつり在る, もう少しどうにか善く, もって, やったの, やって, やらぬと, やられると, やり損ねると, やるの, やれば, よく光る, よく言っ, よく霜柱, よせなかった酒, シンケンに, セツレツに, テーマと, ディテールに, ノタ打ち廻る, ロシア語が, 一生懸命に, 世話に, 中将に, 予言を, 云つて置いた, 人気の, 伸子たちを, 位牌の, 何う, 便利な, 保護した, 信念が, 信用し, 俺達が, 傑れた, 傾倒した, 儲けられないん, 全国的に, 内通し, 写し得たこと, 出たのに, 労れ, 動いただけ, 匂わして, 厳重である, 取れたね, 可愛がった, 叱りつけた生徒, 名高いもの, 君の, 哀願し, 喋つた揚句で, 喋舌つて喋舌り, 噛まして, 器用に, 嚴重な, 土地を, 堅く約束, 外気の, 多い貸間, 多くの, 多くを, 多く残っ, 多勢で, 多数に, 多数の, 多数のべ, 多趣味であっ, 多量, 多量に, 多量の, 夥しい死びと人形, 大きいもの, 大きな口, 大きな家, 大きな建物, 大したこと, 大勢が, 大規模, 大部の, 女子の, 好きだ, 好きだった, 威張って, 実, 小判を, 居た盗ッ人市, 居坐らうと, 工場で, 市長の, 年を, 広い土地, 広大な, 張り上げれば, 彼女としての, 待ち望んで, 御交際, 心を, 必要で, 念入りに, 怖い空襲, 思ひ切つて云, 恥を, 悪いこと, 悪い家庭, 悲しんで, 意味の, 愛したの, 愛して, 愛しなすった, 手離さず, 才の, 拵えるの, 持って, 捜して, 掘りおった, 揃えるならそういう, 描いて, 援けて, 援助し, 搜し, 支那事情を, 敏捷な, 教えて, 教へて, 数多く書いた, 日本の, 明瞭であり得た, 書きたてて, 書くあの, 書くと, 書ければ, 有ったらいきそう, 有名な, 有難くされる, 栄耀栄華を, 根が, 正確な, 此方の, 歩きまわっても, 歳を, 死んだん, 残ったらもう, 気もちよ, 氣を, 汎く, 江戸の, 決心し, 沢山な, 注意を, 活かした所, 活かして, 浸透した, 深いん, 深刻な, 温気が, 漬けるには, 焙られても, 無造作に, 熱心であり, 猛烈な, 生かして, 用心し, 申しましたもの, 発揮すれ, 皆で, 真剣に, 知ってるん, 研究しつくし, 研究を, 私たちは, 私を, 窓を, 精巧に, 純然たる, 細かな, 緩むには, 縦横な, 繁昌するで, 美しい創作, 羽ぶりを, 能弁な, 脅かされた上, 脅やかされ, 脳味噌を, 自分に, 自覚した, 自重し, 色々の, 芝居を, 苦学まで, 苦心し, 苦心した, 苦痛を, 茗荷を, 落ち着いて, 蓬莱の, 虚無の, 血止め薬を, 血潮が, 行くなと, 見せて, 見れば, 観察し, 言って, 言っても, 言つてゐる, 証拠の, 詠めちゃあ, 話したのに, 詳しく云つて, 調べること, 講中の, 豊かな, 買いためて, 赤さ, 身を, 農民農村を, 近寄るの, 述べて, 違うん, 重い病人, 重い道具, 鋭い神経, 鑿を, 長くその, 長期に, 長期各地に, 集めて, 集めるにも, 集めるの苦心, 面白い, 面白いもの, 面罵せられた, 音楽として, 飛行する, 食って, 食べて, 飲んだり, 飲んだウィスキー, 飲んだ昨日, 飲んで, 飲んでも, 馬鹿に, 駆け回つたら気分, 騷ぐと徳松と, 骨を, 高い人, 高価の, 高雅な, 魂を, 鱈腹つめこんだ

▼ あれ~ (333, 0.9%)

10 同じよう 6 これと, して 5 おなじ表情, これとは, 云う間, 同じこと 4 同じもの 3 似たよう, 思って, 思ふ

2 [29件] あたしに, いいこれ, いううち, いふの, いふ間に, これ, これとが, これとの, そっくりです, そっくりの, なら年丈, 云って, 似て, 全く同じ, 同じだ, 同じです, 同じ事, 同じ動作, 地へ, 己とは, 煙草ばかり, 祈って, 祈つた, 言う声, 言って, 言ひ, 言ふ, 身を, 驚きし顏つき

1 [220件] あれと, あんまり違わない, いうところ, いうばかり, いうよりも, いったが, いつしよ, いひゐたるを, いふこと, いろいろ考え, うぬ, おなじふしぎ, おなじやう, おもいしこと, おもひし, おんなじこと, きょうとの, くらべて, この刀, この奉天三十年, この雛, これが, これとじ, これとを, これを, すべての, そっくりそのままな, そっくりだ, そつくりにね, そのま, その白鞘, それとは, ちょうど同じ, つながる雲煙, つねに世, つねに私たち, まったく同じ, みな顔を, みるほどに, やめむと, やや似た, ゆびさすので, よく似, ソヴェトの, 一々判然, 一声逃げ惑ふ, 一夜語り明かし, 一所かい, 一所に, 一緒に, 並ぶと, 丸で, 亀之, 予めその, 二人の, 二十面相の, 云う, 云ううち, 云う内, 云う地曳網, 云う意味, 云ったなり, 云ったの, 云つた, 云つてを, 云はれし, 云ひ, 云ひたくなる, 云ふ, 云われる, 交際し, 代えて, 仰せられますと, 仰有っただけ, 似たこと, 個性へ, 僕との, 切に願ふた, 別れた時, 別れて, 別れること, 刺し交えて, 力めば, 参会を, 反対に, 取組むの, 叫んだもの, 司馬懿は, 吃驚し, 同じい, 同じか, 同じかっこう, 同じくら, 同じことば, 同じしか, 同じじ, 同じじゃ, 同じで, 同じでしょう, 同じな, 同じなん, 同じの, 同じレコード, 同じ井戸, 同じ人間, 同じ兇器, 同じ具合, 同じ左, 同じ方法, 同じ気持, 同じ炭末, 同じ物, 同じ筆法, 同じ衣類, 同じ装置, 同じ説明, 同じ調子, 同じ跡, 同じ香水, 同一で, 同位置, 同型同様の, 同工異曲で, 同時に爆発, 同様の, 同等以上の, 告げた, 呼ばれた事, 呼びたり, 喚く, 喝破す, 喧嘩を, 喫驚した, 変わりは, 大変深い, 大風呂敷, 寄って, 尖った山, 己とが, 店員に, 彼は, 御方とは, 念じながら, 念じ続けるばかり, 念ずる思い, 念に, 思うほか, 思う間, 拙者の, 指さして, 指導し, 教えられて, 時代を, 朋輩じゃろう, 望まれた一夜, 望む親心以外, 来ると, 様に, 気を, 混合し, 添われなけりゃ生きてる効, 王必は, 申して, 申しましょう, 申しますと, 痛感した, 盟した, 目星を, 眼に, 着更える, 確信せる, 祈った, 祈つて, 祈ります, 祈るの, 祈るのみ, 祈る心, 祈る許, 私は, 突と, 立ち騒いだが, 立ち騒いで, 競争する, 答えたので, 結婚する, 総曲輪の, 考え比べた, 腹立たしきよりは, 自分の, 葉が, 裳を, 覚ゆる, 言いこれ, 言いたま, 言えば, 言ったけれども, 言った小春, 言ふ考へ, 話を, 誓った, 説ふ, 貴下様との, 近附き, 追う間, 追駈, 遁げる, 遊んで, 野上の, 闘って, 雪舟とを, 顎を, 願った時, 願つた, 願われること, 類を, 餅屋の, 騒いで, 驚きし顔つき, 驚き起返る, 驚くまもなく

▼ あれ~ (315, 0.9%)

342725 あれだ 1596 から困る, もの 4 あれが, と考へた, わ 3 よお

2 [15件] あの中, から, からいかん, からいや, これだ, といふ話, と云う, と云っ, ね君, よあの, よあれ, よこの, わい, ツ, 明らかに

1 [148件] ああいう, ああし, あいつだ, あそこに, あね, あの例, あの帯, あの男, あの素晴らしい, あの遊山舟, あの黒船, あるめえな, あれへ, いやこれ, お前も, お前今, お犬小屋, お角さん, お通, からお, からお母さん, からこんど, からと言っ, からと言われる, からな仕方, からね, からのう, からわたし, から世に, から人, から偉大, から健康, から困っ, から大きな, から大西郷, から嫌, から恐ろしい, から憎まれず, から本当に, から母親, から油断, から話, から駄目, から駄目さ, がね, が今, けれど意味, この人, この建物アたしか, この節, ぜあれ, ぜ若旦那, そうです, つてし, つてもね, つて中, つて唱歌なら, つて困つ, つて泳い, つて見た, つて買へば, で一度, と, という, とかそれ, とかね, とこっち, と一々, と一俵半, と一円, と一同, と兵馬, と思, と書い, と無理, と答えた, と考えた, と言った, と読者, ど百姓嫌, なあれ, ないや, なうめ, なこれ, なとすぐ, なと合点, なと思, なと思い出した, なと思へれ, なと悟る, なと承知, なと直, なと見当, なと覚りました, ななんて見られ, な小篠, な皆, な開墾地, な鷲嶺, ねあの, ねお, ねさっき, ねどうも, ね義太夫, ば一斗, ふんとに, またそこらじゅう, ものを, もの新吉さんそれだ, もんだ, やっぱりわし, ようあれを, よくら, よそんなに, よつまるところ, よみんな組合, よ吉, よ君, よ昨日, よ浴衣, よ皆, わねえこんな, わまだ, イタリア半島な, ツか, ツて, パパにゃ, 八, 六尺豊かな, 右門の, 城ヶ島の, 夕方の, 岸本捨吉で, 我ままものだ, 手が, 手短に, 明るいぞ, 昨夜持つ, 時計塔へ, 玄徳, 直ぐわかる, 紅梅が, 紋弥あの, 能登守の, 若旦那, 親分, 誰も, 青い眼鏡

▼ あれ~ (298, 0.8%)

167 これや 6 これやで 2 これやに, そそぐ春雨, つゆだにも, ふたもと赤松, まアどうも, 之や, 白木槿の, 落日に

1 [109件] あっしが, あれえん, いいん, いい理, いつたい何者, いつでも, いふ言, お主, お前, この夕, これいえ, これが, これと, これの, これやあ, これ彼の, これ思いしずん, これ慾も, こんにゃく島の, さかい厭, さんとして, しない, たちまちに, たとばかり, たれの, つまり農村の, なんです, なア, のいきさつ, の書物, はてなむ, ほんとにえらい, まア其処ら, みんな渋柿だ, アしないや, ア居ねえ, バロン山で, 主義に, 二国かけ, 人の, 人形です, 人心, 今朝は, 佐吉だろう, 何う, 何だ, 何でございます, 何の, 何ん, 何処の, 何者でございましょう, 偶然彼の, 光り息づく, 其れ, 初めより, 君, 君を, 君完全な, 吾人, 夜の, 大したもんぢ, 大塩の, 大変な, 好いだらう, 娘に, 実を, 家思は, 寺かと, 小南や, 小田原の, 山の, 帰り来に, 建部の, 徒然の, 御城下, 早くも, 早蕨の, 時こそ, 札代が, 杉の, 松の, 枕邊に, 梅を, 楽浪の, 毒婦だ, 毒薬だった, 気だての, 江戸の, 漣の, 無茶だ, 狸や, 皇天皇土, 確か去年の, 禅坊主の, 禍事なし, 空は, 花の, 街行く, 語学の, 誰の, 遊女では, 運河の, 違うか, 酒の, 雨で, 飽くまでこつ, 馬放ち遊ぶ, 馬鹿で, 龍太郎どの

▼ あれほどの~ (275, 0.7%)

3 人でも, 恐怖を, 深傷

2 [18件] ことを, りっぱな, 事を, 人物が, 努力が, 壮図を, 大酒, 家族に, 崇高い, 強さ, 恨を, 悲しみを, 惡黨でも, 殺しを, 血を, 野心家なら, 顛覆を, 騒ぎが

1 [230件] いいもの, いたずらは, おかた, おくりもの, お喋りが, お喋りの, お屋敷, お方で, きりょうなら八五郎が, ことも, ご主君, さかんな, はたらきを, べつに, ものが, やつが, ゆかしさ, ゾウの, プルウスト贔屓に, 一種の, 世話を, 乙女を, 事件が, 亢奮を, 人は, 人家の, 人気を, 人目の, 人間を, 仕事が, 代物とは, 仲良しの, 作物を, 作者だ, 俳優は, 偉人の, 傷です, 傷を, 儉約家がと, 元気者が, 先生が, 先生で, 光明が, 刃傷沙汰が, 刺戟力を, 刺戟性も, 力は, 力を, 努力の, 努力家であり, 勝算に, 勢いで, 博学でも, 名作を, 名刀が, 名器を, 名士でしたら, 哀憐を, 品である, 器量なら, 器量の, 圧倒的な, 地位を, 執着だ, 場面で, 多弁さで, 夥しい人間, 大きい声, 大きさ, 大きなお寺, 大きな才能, 大事には, 大事件, 大功を, 大名と, 大官が, 大家が, 大成功, 大手柄を, 大揉め, 大改革は, 大木は, 大木を, 大波紋, 大火には, 大物が, 大獄を, 大病人の, 大試合, 大身代, 大軍功, 大雨を, 大革命, 大鷲が, 大鷲は, 夫人の, 失政を, 奥方が, 奥様うむ, 女と, 女の, 女を, 好色で, 娘を, 学力も, 学者したがって, 宝と, 宝を, 害を, 家さがし, 容色は, 容貌で, 封建的絶対性が, 巨大無数の, 幸福の, 店を, 建物を, 強い正しい美しい女性, 強請なら, 彼の, 後援を, 御人品ゆゑそ, 御大病, 御愛子, 御英才, 御赤心, 御通行, 御馳走は, 惡黨が, 愛情を, 愛着を, 感動を, 戦蹟を, 才能を, 打撃に, 技が, 抱負を, 放蕩は, 教祖を, 新しさ, 新機運, 暴風雨であっ, 曲者が, 格闘が, 業の, 権勢家である, 武功者を, 武者が, 歴史家評伝家が, 殘虐な, 殿様が, 気持に, 汚辱に, 活劇を, 混雑は, 渇望を, 漢学者であり, 激しい気性, 濫作を, 熱を, 熱情が, 熱情で, 物持であり, 犠牲に, 犠牲を, 狂気の, 用心深さ, 用意を, 男である, 男を, 病気も, 百姓思いでも, 盛名が, 目に, 相州さまも, 真剣な, 真心が, 知性と, 短気でなかったなら, 祝事にも, 突発事件を, 竹の, 細工は, 縁故だ, 縹緻よし, 縹緻を, 美い, 美丈夫であり, 美人で, 美人を, 美女は, 美少女が, 者でなけれ, 聖者でも, 胆力も, 腕前を, 臂力は, 興味を, 良人を, 芸の, 苦労の, 苦心と, 苦心にも, 苦心を, 苦悩を, 苦痛を, 血潮が, 複雑な, 誠意を, 諒解を, 論文も, 豪傑だ, 豪犬だ, 賛同の, 遺作に対して, 鋭いお方, 長い時間観客, 陰険さが, 集中が, 難所を, 青江の, 面罵を, 音楽は, 頑健を, 頭には, 頼み引受け, 騒ぎだ, 騒乱が, 驚きを, 魅力を

▼ あれでも~ (229, 0.6%)

11 ないこれ 5 昔は 2 いくらか, なしこれ, もとは, 二三百匹は, 御国の, 昆布が, 根は, 私の, 自然の, 親の

1 [193件] あたしにとっては, あの奥さん, いいの, いけないと, いろいろと, おじさんの, おそいなどと, おばあさんだ, おんなじ女, お三輪殺し, お前八円した, お嬢さんな, お直参, お絹, この頃, こんな片田舎, しおらしいもの, すこしは, すこし度胸, ずいぶん拭い, そういい, ちゃんとした, つて一先づ打ち切つ, つと大ど, とても偉い, どっかへ, ないと, ないよ, なかなかかしこく, なかなかにぎやか, なかなかむずかしい, なかなか身体, なければ, ほんとの, まだいけない, まだ小さい, まだ愛嬌, まだ色気, まだ色氣, まだ身, まア大事, やっぱりいろいろ, やっぱり取られる, やはりまだあまりに多く, やはり狂人, よかっただろう, よからう, よしわるし, よっぽどな, アルゲマイネ・ゲゼルシャフトの, ブリキ屋が, ボンと, 一丈も, 一人一円五十銭位な, 一人一圓五十錢位な, 一八九哩は, 一度合せれ, 一生懸命で, 一生懸命に, 一貫目以上あつ, 万事整頓し, 三十に, 下宿や, 不思議に, 主人と, 二十二三ぐらい, 二十年位は, 二年ほどは, 二月と, 五六時間あっちこっち御覧に, 五六軒は, 些とは, 人が, 人に, 人入, 人間でしょう, 人間は, 今度遠い, 仏さまか, 令夫人かと, 会心の, 何かしらを, 何も, 何やかやで, 何處かへ, 余程頭脳, 侍じゃろ, 価値に, 倒して, 僕の, 僕は, 全部では, 其道の, 刃物を, 切ろうかねえ, 動くから, 去年は, 句に, 君元は, 味は, 呼んで, 困る, 困るね, 士族さんだ, 夫婦で, 女の子に, 女は, 女子を, 子を, 子供が, 宜いか知れぬ, 実は慷慨家, 家に, 小筒にかけては, 少し勿体ぶらなく, 己を, 師匠と, 役に立つの, 徒歩立も, 心にかけて, 愛嬌が, 戸を, 手は, 手伝つたら, 手伝つて見よう, 旨くさ, 早いつもり, 昔し, 普通よりは, 未来は, 極りが, 模範職工かね, 歌の, 正味は, 此処らじゃあ, 武家だ, 武家の, 死んだと, 民さんあなたをば, 気が, 気の, 気障だ, 渠等は, 溶いて, 燕作に, 爆発じゃ, 犬猫ぢや, 王様な, 現世の, 生きて, 甥には, 男の, 男僧の, 画家かと, 病院が, 相当の, 矢張り生き, 知った人, 神伝流の, 私ら親子三人を, 立派な, 精一ぱい紳士きどりで構え, 純毛よ, 結構物に, 置いと, 置いとき, 耶蘇で, 職業婦人だ, 腹袋は, 自分が, 自分の, 自慢に, 芸者か, 若い時, 若し将来, 藝者買ひか, 表面は, 裸婦で, 見て, 貞賢な, 買おうと, 足りないと, 足袋は, 農学校途中まで, 都では, 鈴川様は, 顔の, 飛行機な, 飢餓を, 飲んだ積り, 高等農林を, 魚かしらん, 黄の

▼ あれ~ (201, 0.5%)

3 では

2 [11件] いつもいつ, たァ, な男, 人を, 危険な, 堅く約束, 多くの, 彼女を, 心を, 用心に, 立派な

1 [176件] いって, いつかも, いふたに, いやに, うちあけて, おっしゃるの, おれ達を, お出来, お前が, お前朝頼んどいた, お急きなされず, かたくいいつけた, ここを, しとやかな, しんから, すすめたり, そんな覚え, つき纏った小田島, であろうとは, でなくとも, どんな事, なお味方, なつかしくいたわり, な命, な善戦, な実力, な役人, な群盗, な船, の文学者, はしや, びっくりした, よろこびで, オリンピックに, ギリシアの, シラを, ダンスを, ニュートンによって, ヒロイックな, 一から, 世間を, 乃公が, 云って, 互に愛し, 井戸水の, 人気を, 人附合ひ, 仕事に, 伸子の, 何でも, 便利な, 信頼し, 健康そうに, 働いて, 僕に, 優しいあれ, 内氣, 凄まじかつ, 勇敢に, 単純に, 厳しく其の, 反対し, 呼ぶの, 固く約束, 執心だった, 執念深く直方, 執拗であった, 執拗に, 堅い決心, 壮麗で, 壮麗ゴージャスな, 多勢に, 多年自分へ, 多数の, 多読出来た, 夜に, 大きな石, 大仕掛け, 大勢の, 大好物, 好い景気, 妾の, 始終口, 威張つたお, 嫌味は, 嬉しそう, 学識が, 學校を, 宮廷が, 家中を, 富の, 富有な, 審美的, 工業が, 巨額の, 常軌を, 幸福の, 強いとは, 強い翁, 御失望, 御苦労を, 急いで, 性格が, 恋いこがれて, 情の, 惚れ合つた人間, 惨酷, 意地を, 憎悪を, 手を, 捜しに, 探したのに, 損得から, 敏感な, 昏迷に, 有し雪, 有った伯, 有名に, 柔和に, 殉情的な, 民間にて, 派手で, 淫奔で, 深く中国文学, 深く云い交し, 激しい稽古, 烈しかった, 物事を, 特異な, 狎れて, 生存の, 申上げた, 男性と, 目醒しく, 真面目に, 眺望は, 確に, 磨き立てぬ音, 私が, 私を, 秋川一家を, 積極の, 精しくお話, 純粋に, 綺麗で, 考えに, 腕の, 自分の, 自分は, 自由に, 興奮した, 艱まされた, 苦心し, 要心深い自分, 見知って, 親戚友人の, 観察の, 言ったのに, 話の, 讃美し, 貧乏だ, 貴君に, 貴女を, 賞讃した, 越前の, 足並みを, 辛苦し, 集つて来た, 難なく音無, 露骨に, 非凡な, 頻々と, 騒がしければ, 骨を, 高貴で, 鮮かに

▼ あれ~ (183, 0.5%)

79 これかと 21 これか 19 しと 8 あれは 62 これかの, しとて, しなんど独語

1 [44件] あいつは, あね, あの, ありゃ大阪, ありゃ素的, あれが, あれなら, え, えあれ, え行者, おれの, これかが, これかへの, しわれ, しアキリュウス, しクロニオーン, し亜孟, し又, し斯く, し耻かし, し腕, そうそうこないだ, そこかと, それかと, です, と腹に, ふじ子さんが, ァ, 一人は, 双柿舎, 可愛らしいね, 大事ない, 宝暦の, 寮番の, 旨かった, 本当にすまん, 燕人張飛とは, 男爵の, 石燈籠を, 筑波こほし, 考えて, 船島は, 評判の, 鄙にも

▼ あれでは~ (172, 0.5%)

3 いけません 2 あの長老, いけないこれ, ただの, 今に, 体が, 姉様が

1 [157件] あとで, あまりにあっけなかっ, あまりひどい, あまり浅薄, ありますまいな, あるまいかと, あんまり力, あんまり酷う, いかん, いきなり引つ掴ん, いくらやった, いけない, お座敷の, お弟子, ここの, このあたり, この冬, ございませぬ, ございませんでしょうか, さすがの, さぞ痛から, せっかく生れ, たとい涼しい, ちっと当地, ちと目, とてもたまりません, とても追, どうもやりきれません, どうも甘, どう致し, ないか, ないかしら, ないかなあ, ないもっともっと, はっきりされ, ほんとうの, まだ嫁はん貰, まだ相当, まだ韓遂, まるでこっち, まるで狂人, もうだめ, もう駄目ぢ, よく覚え, わたしの, エキス抜きで, サムソンの, シャンデリアが, ビフテキの, マア坊も, 一緒に, 下の, 二百円も, 五右衛門が, 五郎の, 京都の, 人間は, 佐助どんも, 何が, 何と生かし, 何も, 何を, 余り気, 余り無定見ぢ, 余り美し, 作者の, 健康を, 儲けが, 先生には, 全く打毀し, 内輪もめが, 切れませぬ, 力が, 却ってぶり返す, 却って子供, 反物が, 受合ふ, 吹き飛んで, 周さんが, 命だけは, 哀れを, 困ります, 困りもの, 困る, 困るだろう, 困るとか, 困る新聞, 固めは, 城下の, 堪まる, 多かろう, 大将たる, 大抵やられる, 夫や, 女は, 姉様の, 始終お, 学生が, 家は, 容易に, 少し度, 帰れまい帰されもすまい, 幾らひいき目に, 当人より, 往復した, 御飯が, 悪たれるしか, 我慢が, 支那古代陶器が, 教育も, 旅の, 日當の, 時間が, 時間的に, 暇どるはず, 書生を, 曹達の, 服罪しましょう, 本当の, 海老蔵は, 物に, 物足りません, 独りの, 男が, 白身の, 真の, 石の, 硬い壁, 神経質な, 私の, 窮屈で, 素裸と, 結局役人を, 耳が, 肉の, 肩に, 胃と, 良家の, 色事師の, 芝居ぢやあない, 若いあの, 茶坊主でも, 草臥れて, 蔓だって, 蝶子が, 貧乏を, 足が, 跨いだん, 身体が, 迷惑です, 金は, 陸の, 雌雄の, 非常に, 駄目だ, 駄目と, 駄目な

▼ あれです~ (149, 0.4%)

521986 かあれ 4 よ親分 3 かい 2 あれです, の, よあの

1 [51件] あ, ああ云う, あのうち, あの雑誌売場, あれが, いくらあの, お夏さん, かあの, かいあれ, かいと来る, かえ, かえーと, かなあに, かなに, かなるほど, かねやつぱり自分, かはさみ, かばった, からきつけない, からな, からね, からねえ, から当て, か取り払っ, か獄門, が, が親分, ぜ, ぞ, つてへ, つまりゲス, な, なさ, ねえ, ね村長さん, もの, ものじきに, もの先生ほんとに, もの沢庵さんと, よあれ, よ三原玲子さん, よ丸橋忠, よ丸橋忠弥, よ斯, よ最前, よ義仲寺, わそう, ッて, 君に, 日の丸を, 露西亜人の

▼ あれには~ (148, 0.4%)

4 僕も 2 こんな所謂, わたしも, 何か, 何の, 俺も, 参った

1 [132件] あたりまえな, あなたも, あまり効果, あらゆる宝石, あれだけの, あれと, あれの, いい所, いろいろ等差, いろいろ複雑, うれしかった, おれも, かれこれ四千円, これこれの, さすがの, さつぱり, しばしば現実, すんでの, ずいぶん思案, ずいぶん祟られた, そういう強い, たしかに弦, ただ身許引受人, だれか, つねに人, つらいらしい, とてもかなわない, どうしても引っ込まれる, どうしても賛成, どっさりあなた, なかなか行っ, なにより, なりたくないもの, びっくりしました, ふたつの, まことに感心, また弱っ, まだ相当, みな色が, もうてんで氣, ようして, キツト気を, ギックリと, ギリシャ原文では, ネチャーエフの, 一ぷくふいた, 一ヶ月百三十円の, 不似合い, 両親が, 主に, 乗れぬ, 仲間も, 何て, 何とか云, 例の, 俺は, 値段を, 僕が, 優るとも, 兄弟も, 先ず兜鉢, 全く度胆, 冬まで, 出世という, 助手が, 勘考が, 十年たっぷり, 叶いません, 君も, 喜びましたよ, 多少同情, 大きな自信, 大事な, 実に深い, 少々驚いた, 少からず, 少くとも, 山口重政が, 弱つた, 当人大分説が, 当分帰国も, 御関係, 心が, 心持の, 怖れました, 悪魔の, 惑殺される, 愕いた, 感心する, 懲りたからネ, 手こずるだろう, 手紙を, 描かれて, 敵うまい, 敵は, 敵わん, 昔から, 期限の, 本当に困った, 本当に大勢, 本当に驚きました, 柳営でも, 樋口三郎兵衛が, 樗牛が, 水圧が, 深い仔細, 渋沢の, 無理にも, 犯人が, 皆さんが, 立派に, 経済の, 絞首台に, 義務という, 義理だの, 考えも, 自分に, 苦労を, 苦勞を, 蜀の, 裏面も, 負けます, 貴君ハッキリ, 貴君ハツキリと, 身を, 運が, 閉口まいった, 騙されましたよ, 驚いたな, 驚かれたに, 驚きましたね, 驚きましたナ

▼ あれなら~ (130, 0.4%)

5 事を 2 きつと, ばなかなか

1 [121件] あたしも, いい, いいあれ, いいお, いいが, いいと, お前も, お品, きっと奥さん, きっと木場, きっと神様, けっして兄貴, この五倍, さしもむずかし, しこたま入る, その位, たしかもうせん, たとい死ん, だいじょうぶだろう, といふ人, ともかく一通り, どうしてとても始め, どうして振り事, どうやら外聞, どこい行っ, なにも, なるほど薄田兼相, なんとかごまかし, ば, ばいくら, ばその, ばたしかに, ばと思召, ばと母親, ばと言っ, ばまさか, ばまだまだけっこう, ばマア辛棒, ば大名, ば年, ば最も, ば生れ変っ, ば美しき, ば美人, ば若旦那, ば遠慮なく, ほんとに得意, まあ褒め, もうとうに, もう判っ, もう大丈夫, もう用, もう知っ, もう間違い, よろしかろう, わしも, ポコちゃんは, モット時間を, 一時相当に, 一苦労し, 三つとも, 三円位で, 三輪のも, 世帯も, 二日前に, 人柄だけは, 今朝放還しました, 何うし, 俺も, 俺達五人が, 僕が, 僕も, 元から, 先生何年でも, 八分板や, 写真を, 十五里は, 十分呑み込めました, 半年や, 吉良殿の, 同情され, 吾輩大, 大したことア, 大丈夫, 大丈夫だ, 大丈夫と, 大丈夫祭壇の, 奥田庄三郎だ, 女房は, 宮中でも, 寧子さんの, 小意氣, 平中が, 弟と, 御師範, 心配なし, 昨日ぐらいの, 普通の, 暗がりで, 本当の, 柄が, 楽だろ, 此上も, 河野家の, 派を, 清が, 無難だ, 熔金の, 申分の, 相当な, 私に, 私の, 私も, 蘭学の, 誰が, 誰だ, 軽いたいして, 輪王寺を, 迚ても, 青竜王に, 黒田

▼ あれ~ (103, 0.3%)

4 なんだ 3 参ろう 2 あれから, おいでに, お越しに, 乗って, 来た, 来て, 行って, 霜が

1 [80件] ああの, あてが, いって, おいで, お乗り, お伴を, お寝かし申した, お掛けなさい, お泊め申し, お越しください, お越しなさいました, お越しなされ, お越し下さいませ, お通り, お駒, かくれろっ, かけて, きれいな, ちらちらと, なだれこんで, のぼって, のりこれ, まいる乗りもの, ゆく船, 一冊あなたと, 上って, 上つて見ない, 五人一組に, 仕込んで, 休みましょうか, 兵六七百を, 具足を, 参ったもの, 参りあの, 参りましょうあの, 参り宿, 参ること, 参れぬこと, 取りついた人数, 品々を, 大槍, 寧子も, 射込んで, 岩見重太郎が, 御一泊, 御動座, 戦災者を, 攻めかかるべき手だて, 書かれた歌, 木下殿が, 来た衆, 来る兵船, 来る追手, 柵を, 毒々しい半びらき, 気が, 漕ぎ寄せて, 用意いたし, 登って, 眼を, 着いて, 突き落し, 籠って, 置け, 行くぞ, 行くの, 行く二人, 行こうか, 行ったの, 行った所, 誘え, 転が, 逃げこめ, 通う梢, 連れて, 闖入した, 集まっただけの, 飛びこむの, 飛付いて, 駈けつけ会下山

▼ あれこそ~ (90, 0.2%)

3 本当の 2 例の, 恋愛そのものな

1 [83件] いつぞやの, お伝の, お綱, この土地, すなわち山賊ども, なさけの, ほんとうに, まことに玉, まさしく京, まったく女, めざす絶島, われわれ地球人類に対して, イワノフ博士の, カソリックに, ナザレに, ブランカ特製品です, ロシア式だろう, 世界じゅうで, 今切藤五, 何かの, 何ん, 余が, 先生の, 公孫, 剣難の, 呂布か, 国難の, 地獄より, 変った苗字, 大都督曹真, 天罰では, 夫婦の, 姜維の, 完全に, 寺だろう, 専すらに, 小川氏曰くどうも, 廉い, 御当家, 忠実なる, 恋しい真, 恐るべき海賊船, 我が子, 料理の, 新たに, 新支配, 昔の, 曙覧の, 曹操, 最も重視, 本当に君, 本当に小, 本当に心配, 本當, 本能寺の, 森先生なれ, 武勇の, 毛利侯じゃ, 毛唐が, 汝が, 波立てざらめ, 浅井のに, 浅吉さんの, 火星兵団の, 爆薬入りの, 甲府の, 白井備後どの, 真の, 第一, 素晴しい, 聞ゆる, 自分の, 若い旅, 蠅男に, 言々肺腑から, 追分の, 透明怪人に, 達者だ, 鏡の, 頼朝, 風守な, 飛行島に, 魔が

▼ あれじゃ~ (84, 0.2%)

5 あれじゃ, ないか 3 だめだ 2 ないかしら

1 [69件] あのひと, あの因業爺, あの形, あの手, あんまり役に立たな, あんまり温和, いろんな字, お前さんの, こっちの, さがしに, さきが, さぞかし困るだろう, さっぱりしない, しようがない, そりゃ体, だれだって, とてもやりきれない, とても望み, とても洋食, とても羽左衛門, どうした, な, ない, ないかと, ないかなあ, ないが, ないだろうか, ないでしょうか, ないん, なんぼなん, ねえか, ねえかと, ねえの, はで作りで, まだせいぜい九つ, まるで取り付く, やりきれないや, よ, よあれ, よいつぞや, わ, ストライクに, 仕事は, 仕方が, 入れないじゃ, 全然葉子, 分らない, 助かりっこ, 厭とは, 困りますよ, 困る, 困るから, 大変だ, 少し酷い, 島津の, 御馳走に, 植木屋の, 気が, 波に, 涙も, 燻製の, 目篇でござる, 看護する, 知らないで, 空巣だって, 落第だ, 誰だって, 負傷後幾何も, 駄目だ

▼ あれなる~ (84, 0.2%)

2 はひ, 一軒家へ, 女は, 檻車に, 青まゆの

1 [74件] あの家屋, うしろの, おなごめから, お休み所, お娘, かわいいせがれ, てまえ, ねこに, はたしかに, はまた, ほかの, 七郎兵衛とか, 下屋に, 両名, 低い丘, 偉丈夫は, 出窓じゃ, 前山仏ヶ根山の, 向うの, 咲耶子は, 品で, 品は, 唐門は, 坂をば, 壁の, 大尽切支丹宗徒では, 娘が, 娘二人を, 家屋を, 寮に, 小高い岡, 床の間に, 後家どのは, 御僧, 暗い廊下, 松林に, 松林の, 林の, 橋桁の, 武家達所司代詰の, 死体につき, 死体骸骨は, 浪人が, 浪人者は, 源内が, 狂人の, 猛毒を, 男雛の, 番頭十兵衛は, 白い百姓家プランシノア, 盤河橋の, 磯茶屋で, 神楽の, 結び相撲の, 総門より, 美形に, 美形は, 老人の, 老職が, 者が, 者に, 腰元あの, 若者を, 若者何かと, 茶壺を, 被衣を, 護摩堂の, 辰が, 鎧に, 非業の, 黄蜂の巣さては, 黒ねこが, 黒めが, 黒めも

▼ あれ~ (66, 0.2%)

16 んだ 11 んです 5 のです 4 んだろう, 庵を 3 のよ, んでしょう 2 のさ, のだ, 庵なら

1 [14件] のあれ, のでご, のでどうも, のみをし, のよ痔, の上等, んだらう, んで, んの, アに, ンで, 我が去, 病める隼, 秋のみ

▼ あれはね~ (66, 0.2%)

2 月の, 自働革砥

1 [62件] あたしの, あなた新さんの, あれは, いいあんばい, いいかい, いつもああ云う, お友達, お嬢さん, お客様本当の, お祖父さんが, がんりきの, こうな, この国, この近所, これから重要, さびしくてたまらないからはしゃいでるんだよ, そうです, たしか高麗村, どうかし, ほら芝, まさか私, わざわざ支那, わたしが, わたしの, エイギュイユ城っていうのよ, チイハという, チビの, ルノアルの, 人間の, 以前私が, 何買う, 保羅が, 俺達が, 僕と, 僕に, 僕今でも, 其のどうせ, 去年は, 宗五郎松って, 実は新聞社, 屹度今度二丁目の, 座頭の, 怪塔王の, 抑, 損を, 教えて, 時計の, 時間に, 暗い水門, 東助君, 極く, 火星の, 犯人が, 猶太人, 玉子の, 白いみつば, 皮膚が, 私どもの, 結婚し, 解釈が, 針目博士が, 駿河の

▼ あれ程の~ (66, 0.2%)

3 娘を

1 [63件] お方に, ことが, ことを, ご重傷, せつない気, シヤンと, 事御, 人を, 人物だ, 人騒がせを, 仲であった, 作家を, 侍ひとりを, 偉材を, 凡作とは, 品が, 大きな心配, 大事件, 大仕事, 大家の, 大徳であった, 大恩, 大戦争, 奴は, 子煩悩が, 子煩惱, 安定を, 容姿を, 容色に, 容色を, 年を, 後家の, 御縁, 心で, 急劇, 悌順女を, 悪人とは, 惑乱の, 戰爭を, 権力が, 死骸を, 殿様だ, 毒を, 決心と, 物凄い息苦しい声, 用心を, 男女の, 白刃の, 真黒焦, 確信が, 社会的リアリティーと, 祈願を, 祝事にも, 筆を, 者にな, 血潮を, 計画を, 辛らいお, 面白さ, 顔を, 騷ぎがあつたんだから五間と, 高価の, 鷲をば

▼ あれだけは~ (65, 0.2%)

2 実に大した, 玉に, 返して

1 [59件] いけない, いつも動かない, お止し, かんべんし, しつかりやらうぢ, すぐれた人物, そんなかわいそう, たしかに優れ, ちょっとうまい, どうあっ, どうしてもきかない, どこが, どなたが, どんなこと, なにとぞ慎ん, やめる訣, よく感心, わしの, スヰッチを, ツきりと, 今以, 余計もん, 信じたいの, 先生甚く, 分らない, 勘弁し, 古代を, 君どうにか, 味噌です, 実に恐ろしい, 富山の, 己の, 已めたら可, 幻影とは, 広重も, 廃し, 御不成功, 忘れねえだなあ, 惡かつ, 手に, 是非とも, 本當, 止して, 止すが, 止す方, 止せばい, 止めて, 盗めなかった, 知らんぢ, 確かでした, 私すべき, 窮屈な, 罐詰に, 聞かずに, 自慢できる, 若い娘, 若者共, 親子とも, 諦めろよ

▼ あれかし~ (64, 0.2%)

5 と祈る 4 と待ち構え 3 と願う 2 と, と期待, と祈った, と謂つた顏, と謂つた顔, と願っ

1 [40件] だが, だと, ということ, という様子, といつも, とのみ念じ, とも祈りたい, と冀う, と奉, と密か, と居合腰, と希, と希い, と希望給, と待, と待ちかまえ, と待ち構えた, と待っ, と待つ, と待構, と心, と念じた, と念ずる, と思っ, と望む, と浴客, と狙っ, と窺いおりし, と虚, と裏口, と覗, と覘, と謂った, と願い, のわざおぎではあったろうが, の一ト旗, の世間, の新聞記者, の連中, の際

▼ あればと~ (60, 0.2%)

4 思って 3 思ふ 2 馳せ行きて

1 [51件] あの心, いくら真面目, いつたが, いふこと, おっしゃるの, こういま, せっせとチケット, そんなこと, 一礼する, 一考を, 云うから, 云うところ, 云うの, 云う中, 云う事, 云って, 今は, 余は, 保枝は, 儚い先, 切に頼み, 反り忠を, 大いに意, 奉公人の, 如水は, 存じて, 定子は, 宮が, 岩亀亭へ, 待ち構えて, 心待ちに, 思うほど, 思つた, 思つてである, 思つてを, 思つて居ります, 思ふこと, 惜しんだの, 捜して, 橋の, 歌った啄木, 歎い, 煽られるやう, 用意も, 益ない, 眼を, 考えたの, 衆みな信望し, 見込みが, 触れて, 輕い

▼ あれ~ (56, 0.2%)

11 これよと 8 あれよと 4 あれよ 2 つばくらめ

1 [31件] あの蜃気楼, あれ, あれよという, あれストライキ, いやだ, うちで, この方, そのお, ちょいと, ほらこないだうち, また狂態, ストライキ思いきっ, 一年の, 下流の, 光栄あれよ, 六波羅も, 六郎三郎様が, 向上あれとは, 呂布が, 孔明に, 常磐御前が, 張飛が, 念の, 殿さまの, 盃より, 真珠玉幽かに, 真田の, 羽柴筑前を, 芸者と, 麓から, 龍が

▼ あれより~ (55, 0.1%)

3 ほかに, 外に 2 あも

1 [47件] い, すらりと, ずっといい, ずっと上等, ずっと痩せた, また少々下品, もう一層軽い, もっと前, もっと家, もっと山, もっと疎, もっと進歩, やあどんな, よっぽどおもしろい, よっぽど悪かっ, ズット上だ, ズット大きい, 一層誘惑的, 上は, 下って, 他に, 他の, 他は, 以上には, 以後の, 兵を, 前のこった, 勇健質朴な, 増だ, 外には, 外へは, 大きい舟, 大菩薩, 少いこと, 少し若い, 怖ろ, 思いきりよく, 手続きの, 数十倍利用の, 旨くお, 模糊として, 気持の, 無いもの, 落ちる, 複雑故, 長いもの, 高いの

▼ あれ~ (55, 0.1%)

5 は漢魏 2 がどれ, を斬る

1 [46件] がみんな, が何者, が悉く, が来る, でしょう放って, といっしょ, と仲間, と同じ, と同列, に勝手, はいそぎ, はすべて, はそういう, はそれぞれ, はどこ, はなく, はなに, はほんの, はみな, はもう, はよい, はわたし, は二人, は全く, は原曲, は決して, は無神經, は犬畜生, は生き, は男, は能, は誰, は退屈, は青い, ほど正確, もことごとく, もそれだけ, も誓書, をかり, をわし, を何粒, を助け, を可愛がっ, を携, を放し, を除け

▼ あれまで~ (51, 0.1%)

5 心を

1 [46件] お徒歩い, お情, お運びたまわれい, がんばって, ご辛抱, つづいて, はげしく思っ, まいる必要, やすに, やらぬと, やり上げたん, 上海に, 丹誠した, 伊達の, 働いた馬子, 力強く働いた, 堪能さす, 射手を, 左馬介様が, 彼は, 徹底すれ, 手許で, 持ちだして, 振り通した客, 描きこなした貴下, 明智さんの, 決心した, 漕ぎつけたの, 熱心に, 生きられたもん, 着けば, 石が, 肖とるんぢ, 育てて, 苦しんで, 行くには, 行けば, 行けるか, 言ったから, 負進, 踏みとどまったもの, 通して, 進んだトンネル, 進んで, 際立った兄弟幸福, 顔を

▼ あれしません~ (50, 0.1%)

96 のん 3 し, わ 2 けどそい, ね

1 [25件] あの健全, かそ, が今度, けど, けどあんた, けどそん, けど子供, さかいこないだ光子さん, さかいもうど, さかい光子さん毎日々, しあっ, しそんな, し今, し何処, し余計, し光子さん, し日本髪, そら誤解, つい電車路, ねん, ねんけど, ねんと, の, やない, わあんまり

▼ あれほどに~ (50, 0.1%)

2 しかも京都

1 [48件] あなたこなた, あれほど, いはれた小室, こなしたるは, されても, すぐれた人, なさらないでも, ならなかったに, 云うて, 亢奮し, 人工的な, 人騒がせを, 信任され, 写生を, 努力を, 効果的に, 口喧ましい, 吸収しません, 困らされた伝え, 夢み悩み望んで, 太い針, 女性的な, 届かざりしと, 心底を, 心強うおじゃる, 思ひ切りて, 意気込んで, 手が, 暴威を, 検見衆の, 気象の, 注意し, 激湍渦を, 激賞する, 狙われて, 腕の, 自分を, 親切を, 言うお父さん, 言うて, 記紀萬葉を, 読者を, 議場で, 賞める, 進んで, 飾ると, 馴つきえた, 駆け悩ました左衛門尉

▼ あれ~ (42, 0.1%)

52 や困る

1 [35件] あ近づく, やあ社會, やいかん, やいけない, やお前, やない, やほん, やア, や人, や人身御供, や何ん, や來世, や助, や口, や周子, や外, や寂し, や少し, や怒る, や恩人, や恰, や江戸中, や泳ぎ, や猛烈, や猫, や磁石, や磨きやう, や私, や笑つたッ, や育ち, や藤野, や長い, や間違, や隨分罪, や驚いたらう

▼ あれ~ (42, 0.1%)

2 あれっ, へんだ, 変だ, 誰か

1 [34件] あすこだっ, あたしは, あれッ, あんなこと, おまえは, くらいしない, くらい二日, こいつ, こっちと, そこに, たしかに命中, と眼, どうかした, なんだろう, ばかりの金, ぱかしの所に, ぱかり飲んだ, まただ, もうやられた, 今ごろは, 先生も, 切り此処へ, 前歯が, 君は, 強いと, 彼処に, 扉が, 早もう重心方向, 横着な, 蟒に, 誰ぞ, 貸船屋, 音が, 高崎行が

▼ あれっきり~ (42, 0.1%)

2

1 [40件] あのこと, ありませんね, いなくなった安さん, か, かかって, この家, しか現金, じゃございません, すがた, だ, だったの, だよ, だんだんあんな, でしょう, ではね, で納め, という事, なの, なん, になった, のお, のこと, のメーデー, まあ, まだ二階, まだ帰っ, まだ御, もうさばさば, やって来ない, よ, 会いも, 全然交渉, 切れた三, 来ないもん, 来なくなっちゃったん, 浮いて, 行かずに, 行かないから, 開けませんが, 食った事

▼ あれ~ (39, 0.1%)

2 が好い, にした, のもの

1 [33件] けの人氣者, けの変化, けの發掘物, けは止した, け立ち入った, け鮮, しっかりした, だったろう, に成つた人, のお金, のつけたり, のコツ, の事, の人間, の人間熱量, の力, の吹手, の單純, の塔, の声名, の好意, の感動, の戦争, の文学論, の破壊, の自己革命, の苦痛, は已めたら, ゆれるから, を読んだ, 大きな波動, 疲れて, 蒙って

▼ あれ以上~ (38, 0.1%)

2 のこと

1 [36件] いろいろ憶測, うまくする, きくこと, ですね, ではありません, にどう, にはどう, には生き方, には誰, によい, に会場主義, に何, に出る, に古く, に和ぐ, に文字, に有力, に演, に若く, のもの, のエピホオドフ, の不具, の何, の地震, の威厳, の嫁, の家, の往生, の御方, の行為, の軍艦, はどう, は悲しめない, 怒らせないよう, 更に多数, 立入る必要

▼ あれ~ (37, 0.1%)

2 よし魚尺, 兄様そんな

1 [33件] なぐさみに, なぶりなすっては, ほ, よしなさいよ, よしよ, 三保お嬢様の, 二方が, 兄さま, 危い, 唇から, 囲いなどとは, 嫁様が, 安くございません, 帰りあれ, 庭の, 朝には, 殆うございます, 民もう, 気味が悪うございましょう, 瀧さんは, 父様, 父様逃げない, 目は, 祖母様にも, 粂は, 落ちあれっ, 葉さんなんすん, 見事, 角さんの, 謝罪を, 身と, 身ほどの, 鷹が

▼ あれ~ (36, 0.1%)

3 のこと 2 のもの, の事, ゐの

1 [27件] ごうごうと鳴らし, でつかれ, なの, のお, のことぢ, のダイヤ一つ, の傑作, の力, の年頃, の店, の所, の才能, の方便, の男っぷり, の病気, の華魁, の音響, の顔, は持つ, は縁日, ひならば, ひ静か, ゐに, 似て, 殴れば, 解って, 面白い本

▼ あれだけに~ (35, 0.1%)

1 [35件] お吹き, こっちの, こなして, しあげたもの, した店, しつかり物, しよう, つくして, できたん, なったの, なったもの, なったよ, なったん, なるには, ひっぱって, みんなの, やったの, 出世した, 売れるよう, 尺八を, 幽暗の, 意気込んで, 改造した, 暴れられたもん, 演れるなら, 発達し, 発達した, 立派に, 育つた木々, 腕の, 行つたと, 行つてゐれ, 表現する, 見せるん, 買つて頂け

▼ あれ~ (34, 0.1%)

3 いた

1 [31件] あくるあした, いた強風, いても, いました, いる, いるが, いると, いる最中, いる顎, おりますもの, かけひなら, くるであろう, それ處ぢや, ゐた, ゐて, ゐます, ゐる感じ, ピシピシと, 一蹴り, 中, 小屋の, 居る, 新都は, 根柢から, 浪は, 浪高い, 瀧のと, 皮が, 雪の, 霜枯れた草, 鳥毛挟箱の

▼ あれ~ (34, 0.1%)

3 の旗 2 をする

1 [29件] かさし, かの意味, かほか, から何, か一つ, か確実, か確實, か連れ, だと, だね, て石, であれ, であれ兎, であれ新, であれ自分たち, でしょう, でしょう兄上, でもで, という人, なの, にもあれ, のこと, の罪科, の過失, の音, やったな, をなさいます, をなさる, を贈

▼ あれあれ~ (33, 0.1%)

1 [33件] あれ, たいへんたいへん, でご, といううち, といふばかりで, といふ間もなく, と一所, と云っ, と大, と思う, と立ち騒い, と立ち騒いだ, と追う, と騒い, におる, に見ゆる, はわれわれ, へややって来ました, ほど豊か, までは確か, をいったいどう, をご覧, を見給え, 勿体も, 島が, 旦那山火事でございます, 欄間に, 盗人が, 着物が, 花が, 薄い鼠色, 見たか, 雲が

▼ あれほどまでに~ (33, 0.1%)

3 心を

1 [30件] お勢母子, お約束, かたく拒んだ, かたなし, かわいがって, して, すがる者を, 他人の, 冷淡に, 原始的の, 及んで, 変って, 大事に, 思い込んで, 思ひを, 愚かなる, 愚弄された, 愛しあった夫婦, 愛して, 成功する, 概念的説明的型録的に, 正確に, 深い深い夫婦, 無意味な, 燃えあがって, 続け得ることそれ自体, 美しくそうして, 苦しんだ煩悶, 誠心誠意わたしの, 骨を

▼ あれだって~ (32, 0.1%)

1 [32件] いつばれる, お前為る, これだって, ただ珍, だ例えば, ちっとも寒, つまり内容, とうさんが, どうしてあんなにおいしい, また幾日, まんざらそう見, もう本, やっぱり日本人, 人間だ, 可哀そうだ, 可哀相な, 大したこと, 常人にゃ, 本当を, 淮河の, 生きものだ, 目を, 研究で, 私の, 私は, 私達の, 立派な, 考えて, 良く考え, 茶碗ざけの一杯も, 買ったとき, 赤くて

▼ あれとは~ (32, 0.1%)

1 [32件] あれでございます, いったいだれ, この世の, ずっとまし, ただ御, ちがう, どなたです, また全然, まるで方角, まるで異, もう少しどうにか違う, よほど程度のち, 一つの, 丸っきり, 人体に, 仲の, 何じゃ, 何だか違, 何事だ, 全く反対, 刎頸の, 別な, 又すこし, 又違っ, 大變, 奥をか, 年も, 自ら異, 覚ゆれ, 違いますが, 違うの, 違ふ

▼ あれこの~ (31, 0.1%)

1 [31件] いけない箱, お嬢様べつに, さい彼の, とき, 二三町を, 二者の, 井戸が, 信長の, 兒は, 利休には, 夜芝浦愛宕山九段上駿河台上野は, 寝小便たれ, 山の, 御方に, 恋破れる, 教室を, 新しい生活, 方面へ, 点は, 目標は, 私も, 種類の, 空気の, 親爺の, 財布は, 身と, 身の, 野郎, 野郎いつの間にか, 頃は, 髭も

▼ あれ~ (31, 0.1%)

2 そんな事

1 [29件] あの長櫃, いいやね, いけないよ, うおつ, うした, うだ飽くまでも, お上役, お刺身, お放し, じっとし, じつとして, それだけは, そんなに苦しい, ちゃんという, ちょいと, へなけれ, へ帰つて, へ所持, ほらこの間, よく見, 乗ってんべ, 可いや, 待ちなと, 早く出ない, 止して, 然ん, 細いの, 起きなくっても, 野暮ったいじゃ

▼ あれにも~ (31, 0.1%)

3 これにも 2 何か

1 [26件] あれが, すこし未練, ふれたのに, まだ判っ, やがて紹介, やはり人間, やはり無限, よくどうのこうのと, ポローニヤスの, 一つ不便な, 一塁を, 何よりよい, 値段の, 分って, 困りました, 字が, 心を, 怪金属, 早くワイフ, 本当に, 母親が, 相当のより, 落度は, 裏面が, 訊いて, 話が

▼ あれその~ (30, 0.1%)

1 [30件] お浜様, かわりに, ほかそとから, やうなけしかけ, 事で, 事の, 人の, 人びとの, 功を, 厚い信仰, 外何の, 天稟を, 形状は, 心術に, 性格の, 救済を, 時彼の, 本能の, 本質に, 条件の, 点については, 現実では, 秀でた部分, 美しさ, 蓐古び, 言葉にたいしては, 過程さえ, 面貌は, 頃日本中にも, 魂には

▼ あれまでに~ (30, 0.1%)

2 して

1 [28件] おなりなされた, お由羅方, したもの, した母, した門前, してやったのに, しないでも, ほれて, やられると, やるには, 事が, 仕上げた男, 仕上げる為, 企まなさ, 到達した, 尽したよ, 彼女が, 御世話, 活かして, 漕ぎ付けたの, 漕付けました, 申したの, 育てて, 自分を, 致して, 調べあげた所, 身の, 養育した

▼ あれあの~ (27, 0.1%)

1 [27件] うれしげ, お嫁さん, お方は, とおり横倒しに, とおり老婆さんは, とおり自分の, とおり馬煙を, ような, ように, ルウソオと, 人, 人特有であった, 今様弁天さまの, 大崩壊, 小僧が, 意気が, 懸け硯, 煌々と, 物々しさ, 白地の, 素晴しい, 車に, 通りや, 雪の下の, 青い, 音は, 音を

▼ あれからの~ (27, 0.1%)

1 [27件] いきさつ, お絹, ことを, こと今後の, この両, さまざまな, らしいの, わたくしは, 一角は, 世の, 俺らという, 僕も, 出来事を, 勝の, 吉左右は, 彼女は, 態度や, 接近の, 数日は, 日は, 日本左衛門の, 毎日が, 気持とは, 気持を, 生活の, 私は, 自分の

▼ あれこれ~ (27, 0.1%)

2 はこれ

1 [25件] が欲しい, して, と一つ一つ, と云, と心配, と思いめぐらし, と思案, と指図, と気, と注文, と物色, と考へ, と選ん, と選択, にて私, のいきさつ, も些か, 喋ること, 眺めること, 考えて, 考えても, 考へて, 話しながら, 迷ったりなんぞも, 迷って

▼ あれきり~ (25, 0.1%)

1 [25件] お姿, お店, お目にかからないで, かの, さつ, だが, だった, ついに会う, です, でやっぱり, で何, なん, にもなり得ない, のこと, の方, また徳願寺, まだ片づきません, やッ, 会いませんが, 何とも言っ, 来なくなったの, 聞かぬ, 見かけない, 見られぬこと, 途絶えて

▼ あれまた~ (25, 0.1%)

2 何か

1 [23件] あなたそんな, あんなこと, あんなに鷲, うちも, そんな, たとえそれ, どこまで, ねぶたげに, ほの, みなその, も聴く, 乱暴な, 何を, 信ちゃんは, 俥屋の, 刹那の, 来たぜ, 現場に, 笑うよ, 絶えずほつほつ, 船が, 長身な, 雷同は

▼ あれよと~ (24, 0.1%)

2 人々の, 見るま, 見る間, 言うばかり

1 [16件] いううち, いうど, いって, おどろきさけんだ時, 上で, 云うばかり, 仰ぐうち, 口々に, 景観に, 立ちさわぐ間, 芙蓉は, 見おくって, 見るに, 見物の, 言って, 騒ぎながらも

▼ あれよりも~ (24, 0.1%)

1 [24件] いくらか, この胆吹, ずんと好い, はるかに, ひどかった, まだ年, まづい, もっともっと沢山あった, もっと立派, もっと美しい, もっと複雑, よっぽどいい, ギゴチない, ケタちがいに, 二三年下小学校の, 可憫そう, 後足が, 比企先生の, 熱心に, 白いくらい, 立優つて居た, 素晴しい, 背も, 遥に

▼ あれ見よ~ (24, 0.1%)

1 [24件] あの家, あれを, その蜘蛛, といひ, とことごとく, と為す, や忍ぶべき, 一種無類の, 二人の, 伯母そだて, 兄者の, 其の頭, 剣の, 又ふしぎ, 密夫の, 尊氏の, 敵は, 玄蕃の, 當世嫌ひ, 第三, 草葉の, 荒木が, 赤山は, 鴫澤主水こそは

▼ あれくらい~ (22, 0.1%)

3 なこと

1 [19件] いやな, だから, で, ならまだ, な侍, な地震, な玉, な要心, な距離, カキツバタが, 一気に流す, 一流の, 不思議な, 云っといたじゃ, 大きな声, 大きな自然, 有名に, 汚穢な, 言って

▼ あれくらいの~ (22, 0.1%)

2 ことが, ことで

1 [18件] ことは, ことを, まねは, ものは, 事を, 人物が, 分量で, 声は, 女なら, 年では, 気持で, 石なら, 絵は, 考えを, 荒療治は, 車なら, 遠さ, 音じゃ

▼ あれでございます~ (22, 0.1%)

82 から, の, よ滑稽 1 かあれ, かなるほど, か文部省, たしかあの, な, よ, よ最初, わ

▼ あれまあ~ (21, 0.1%)

1 [21件] えらいこと, おめづらし, お前きつい, お前さままるで, お前は, お若く, お銚子, それでは恐れ, どなたです, なんて気味, ほんまだ, アハハハハハ, フョードル・イグナーチエヴィチ, 人が, 何した, 善吉どんに, 坊っちゃん, 御覧なさいまし, 御覧よ, 父さん, 親方さんが

▼ あれ~ (21, 0.1%)

2 と叫ん, ぽちの畑

1 [17件] あの機械水雷, あの阿, あぶない, おかしいな, お父様, お父様ーッ, お頭領, こりゃいけ, そのふところ, て何, と叫ぶ, と思っちゃった, どうした, ひどいよ, 新坊さん, 知って, 連れて

▼ あれ~ (21, 0.1%)

1 [21件] かおれ, が泣く, には, に劣らぬ, の見る, の迅, はあくまで, はこの, はクロニオーン・ヂュウス, は不幸, は忠言, は愛す, は船, は過, も單蹄, れ許さずと, をし, を憐れめ, 今おほいな, 思いよ, 思ふ彼

▼ あれ~ (21, 0.1%)

2 が有する

1 [19件] かね, がしまひませう, が実在的, が實, が手繰ります, が持つ, が行け, が見つけた, に頂戴, の仲間, の命令, の小説, の方, の経験, はこの, はな鰌, はもう, は別に, は風車

▼ あれまだ~ (18, 0.0%)

2 あんなこと, 御飯が, 疑つて

1 [12件] あると, この上, この人, よさんな, 出て, 地質学について, 有るでしょう綺麗, 本題に, 残って, 祝言の, 私が, 鰻に

▼ あれそんな~ (17, 0.0%)

3 事を

1 [14件] ことするで, こと有仰らない, こわい顔, 事ぢや, 事に, 事は, 事まで, 剥きやう, 大きい声, 心配を, 時彼の, 積りじゃ, 積りぢや, 積りで

▼ あれだけで~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの本, お別れ, まとまった一冊, もうたくさん, もう二万円, もう十分, よろしい, りっぱな, 一人前の, 余の, 充分で, 尽きて, 引揚げる, 済んだものの, 済んで, 諦めやしなくってよ, 転換の

▼ あれ~ (17, 0.0%)

2 の子, も人, れは

1 [11件] が内心, が白鳥会, に一応, の懸け, の晩年, の聲, の飛び, はなかなか, は憚り, は本来, は自分

▼ あれ~ (17, 0.0%)

4 れか 2 かこつちに, か来 1 だか, であれ同じ, であれ男, でも一応, にでもある, のつもり, もみな酔い心地, も泣き, やらむ

▼ あれかと~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの有名, ごひいき, 合点する, 合点の, 心あてに, 思い熱心, 思う, 思う意識, 思った, 思ふから, 思ふやう, 早合点し, 無造作に, 自分は, 軽く一首肯, 頷いて

▼ あれこそは~ (16, 0.0%)

2 死花ゑらさうに見えた

1 [14件] ひとりこの, まさしく, 九郎兵衛が, 何を, 兵数に, 君等の, 小松殿の, 峰の, 日本科学の, 絶好の, 賎が, 隠し神の, 隣の, 隱れ

▼ あれそれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] がきびしい, がし, がどんなに, が利潤, が到底, じゃア, じゃア姉さん, と小田原, なくしては, はけっして, はそれ, は嘘, は孤立, は正成, を見, 謂っちゃあ

▼ あれという~ (16, 0.0%)

4 のは 3 間に 21 うちに, ことを, 声は, 気持だ, 真理の, 間も, 風に

▼ あれなどは~ (16, 0.0%)

2 酢を

1 [14件] あはれでございました, これまで, それまでの, とても段違い, まだ正直, もっとも忘れ, よほど老成, 君さへ, 実に怪しから, 小供, 木へ, 神道家が, 考え物だ, 非常に

▼ あれなり~ (16, 0.0%)

3 と捉ら 2 私は

1 [11件] かえってこなかった, かえらないので, ぐしゃぐしゃと, ずっとお, ずっと思索的, とは, と取らずん, 人を, 伊香刀美さんに, 吉野太夫が, 曲って

▼ あれへん~ (16, 0.0%)

3 やない 2

1 [11件] あてど, いいなさって, か, がな郵便貯金, といつも, なん, なア, のにそれ, 光子さん自身の, 地質の, 観音様と

▼ あれもう~ (16, 0.0%)

1 [16件] お止し, お歸, 二つの, 公然な, 六十で, 参りました, 參りました, 奉公する, 帰るの, 廊下を, 御覧に, 止して, 歸る, 狐さんたちが, 行って, 飲んでるの

▼ あれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] から云, がフランス固有, が尽し, にくらべる, にはまあ, に分る, に財産, のお, のし, のもの, の岳神, の歌, の裡, の記事, は中形, は互に

▼ あれじゃあ~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありませんか, いくら浚え, かわいそうだ, とうてい二丁場, なってねえな, 何の, 働けない, 先生が, 庭石の, 我慢が, 持重りが, 気が, 疲れること, 色にも, 食い潰される

▼ あればとて~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの澤山, この途方, そを, 仇し, 即時价を, 吾の, 命を, 斯かる, 春の, 月花を, 此れ, 此上短き, 渝らぬ, 無ければとて, 物言ひ

▼ あれお前さん~ (14, 0.0%)

2 は彼

1 [12件] お怒り, そんな事, の弟, はあの, は未だ, は誰, まだ朝飯, までそんな, もう御飯, も性悪, 小信さん, 痛いじゃ

▼ あれはと~ (14, 0.0%)

2 ほいい, 見る間 1 いうと, いった, しちや, 二の足を, 云いかけるの, 問えば, 徒らに, 盲人に, 耳の, 認むる隙も

▼ あれほどまで~ (14, 0.0%)

2 侮辱した

1 [12件] お討死, かわいがりまた, やめたほう, 久兵衛に, 云った意見, 可愛がられて, 執念深く目, 執拗に, 弱って, 美しく変化, 苦しがっ, 順調に

▼ あれ以来~ (14, 0.0%)

1 [14件] おたより, ずっと面会謝絶, その男, といふの, のお, のお話, の梅賀, の自分, まだ呉, 会う折, 冷めない火, 始めて, 暫く読まない, 蒙古

▼ あれかも~ (13, 0.0%)

3 しれない, 知れない 1 しれないと, しれぬ, しれぬぞ, しれへん, しれんな, 知れません, 知れん

▼ あれからは~ (13, 0.0%)

1 [13件] あんまり彼等, いつも豊年, お召しも, どっちも, まるであの, 俺も, 大分老い, 女が, 己の, 曲りくねって, 蛇足だ, 行けませんでした, 隠れて

▼ あれぐらい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ッて, ムッツリと, 人殺しに, 仕事に, 前後不覚に, 化け物みたいの, 大食いは, 後悔し, 手入を, 昨日まで, 毎日何かしら読書し, 肥料を, 評判の

▼ あれあんな~ (12, 0.0%)

6 ことを 3 事を 1 またもぎどうな, 事云や, 声が

▼ あれだけでも~ (12, 0.0%)

2 速く疎開 1 きょう云われ, なかなかの, よかった, よく還っ, 何とかし, 書いたという, 直して, 私たちに, 親達は, 陽の

▼ あれはな~ (12, 0.0%)

1 [12件] あのおばさま, あの男, この人, そら見い, もうお伽話, 亡魂の, 兵隊さ行ぐものばかりが色々な, 宇津木君の, 島田さん, 後村上天皇が, 甲府に, 空に

▼ あれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が居ます, が見る, というもの, の世, の唸っ, の姿, の目, の財布, はいおう, もしわれら, をもてなす, 無き処

▼ あれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] お茶が, かく心, となっ, はお, は何, は憤, は戰鬪, は葬, まで駒井, 喚し, 燕の, 言いはぬ

▼ あれ程までに~ (12, 0.0%)

1 [12件] いひおいたに, からんだ両人, 労はり羽含ん, 容易く誘惑, 擾亂させなかつた, 激賞した, 管仲を, 脅かされて, 自分の, 自分を, 足掻きつ, 邁進し

▼ あれどこ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かの納屋, からも何, でも力, のよう, の人, の女, の家居, の恨み, の頃, は日本演劇, へいったろう

▼ あれについて~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつか云っ, どうお, どう思う, なかなかうまい, ジュピターの, 三人の, 何も, 君の, 思い出したが, 私は, 行かなくても

▼ あれ一人~ (11, 0.0%)

1 [11件] かのユダ, が百姓一揆, だ, だけが私, ですが, で行っ, にても駈け向い, の女性, は一度, らしい, をたより

▼ あれ見た~ (11, 0.0%)

72 かあれ 1 か二つ蜻蛉, まえ

▼ あれお前~ (10, 0.0%)

4 そんな事 2 のよう, は何 1 もなか, も光る

▼ あれからも~ (10, 0.0%)

1 だいぶ飲んだ, ほんの一刻, またお願い, まただいぶ, ヤス子に, 二度三度立慶河岸の, 伸び放題, 初ちやん, 時々お前, 時々学校

▼ あれぐらいの~ (10, 0.0%)

2 ことで 1 こと, ことが, ことを, こと我慢しなけれ, コンタン持っ, 大酒飲み, 宝石は, 芸人だ

▼ あれだけが~ (10, 0.0%)

1 せめてもの, ほんとうの, ものに, 好い気持, 平家時代に, 心霊術では, 生きて, 皆な, 私であり, 逃げたん

▼ あればかりは~ (10, 0.0%)

1 そっととっ, どうする, どんなにし, 三輪の, 勘弁し, 忘れられませんよ, 真っ平です, 私に, 羨ましが, 質に

▼ あれくら~ (9, 0.0%)

5 ゐの 1 ゐならと, ゐに, ゐ時間, ゐ美味い

▼ あれここ~ (9, 0.0%)

1 に, には市十郎, に六騎, の方, は屈竟, は死ぬ, は谷村道, は長坂, へお

▼ あれさえ~ (9, 0.0%)

1 あれば, いなけりゃ何, すてたら, みつければ, 始から, 御返し下, 手に, 有れば, 記憶えて

▼ あれだけを~ (9, 0.0%)

2 耳打ちし 1 おっか, 卯三公に, 取って, 歌舞妓に, 繕って, 見て, 頼んで

▼ あれだろう~ (9, 0.0%)

21 しらぱっくれてもこっちに, とほのめかし, と笑い出した, と見, ひろ子が, 字は, 引ッぱり出したまえ

▼ あれとも~ (9, 0.0%)

2 教ゆる 1 いくらか似た, 亦ちがっ, 思われないの, 是れ, 是れ賣, 相談し, 言はん人なき

▼ あれなども~ (9, 0.0%)

1 その時代, やはりこの, よろしかろう, ユークリッド的には, 人間の, 何う, 神を, 羅馬の, 西洋かぶれすぎる

▼ あれ御覧~ (9, 0.0%)

1 あそばしませ, あの娘, ぜられませい, と指, な, なさい, なさいまし, なさいよ, なさい黄

▼ あれ程に~ (9, 0.0%)

1 されても, したの, 人格の, 保証した, 困らされた伝, 欺いたの, 深刻な, 申聞かせ, 緊張し

▼ あれ~ (9, 0.0%)

2 給へ 1 てえだらう, なあの, ないまやんま, なやっぱり, に行かなくっ, や島田, ィやれ

▼ あれからずつと~ (8, 0.0%)

1 お宅, みなさまお, よくない, 来ませんよ, 此処に, 私の, 起てしまつ, 頭の

▼ あれごらん~ (8, 0.0%)

2 なさいあの 1 あそばせ, なさい, なさいあれ, なさいお, なさい心中者, 遊ばせ二三羽羽搏

▼ あれなりに~ (8, 0.0%)

2 しといても 1 なって, 出来上つた, 続いて, 花の, 見どころが, 露悪家だ

▼ あれはの~ (8, 0.0%)

5 生れだ 1 二股坂の, 勝家が, 市松やっぱり

▼ あればこその~ (8, 0.0%)

2 御對面 1 御再会, 御対面, 楽しみだ, 蜜柑である, 闇で, 闇でございまし

▼ あれ人間~ (8, 0.0%)

2 の社会, は弱い 1 が手づくり, と名, の生きる, の顔

▼ あれ~ (8, 0.0%)

1 一人の, 三人ちかごろ, 予定通りに, 堪忍なさいまし, 天守に, 手にも, 用人であれ, 覽と

▼ あれ我が~ (8, 0.0%)

2 心にも 1 いとほし, 前に, 國としては, 心は, 爲の, 生は

▼ あれ見ろ~ (8, 0.0%)

1 あいつは, よ, 人の, 火星人が, 白猫と, 百姓どもの, 赤い馬, 跛足の

▼ あれたち~ (7, 0.0%)

1 がうまく, の眠り, はこれ, はこれから, は内, は立派, は財産めあて

▼ あれって~ (7, 0.0%)

1 ただあれ, なんだ, なんの, ギプスベッドか, 云ってるん, 何だ, 恋の

▼ あれはてた~ (7, 0.0%)

1 ように, 土地の, 場所です, 庭の, 洋室でした, 穴だらけの, 野に

▼ あればこそと~ (7, 0.0%)

1 いって, いっても, 大人しう, 大人しゅうもの, 思いつつ, 思いまして, 思われる

▼ あれまでの~ (7, 0.0%)

1 はいぐんになろうとおもいましょうや, 仕事を, 位置に, 俺の, 真実に, 道中が, 飛躍や

▼ あれわが~ (7, 0.0%)

1 いのちの, 世の, 保つ宝石, 双の, 故郷の, 邦の, 骨を

▼ あれ切り~ (7, 0.0%)

2 来て 1 かと思いました, かと思ひました, もう一生, もう一生逢, 何とも御沙汰

▼ あれ~ (7, 0.0%)

1 が母, が父, と我と, は總, も知ら, 勝てりとも, 持って

▼ あれ~ (6, 0.0%)

1 しない, しないなどと, なあ, ニセモノだ, 若旦那, 鉛筆が

▼ あれあすこ~ (6, 0.0%)

21 です, ですわ, にいる, に石

▼ あれいらい~ (6, 0.0%)

1 の伊達, は, 三年に, 佐々木道誉は, 正成なる, 毎日の

▼ あれかね~ (6, 0.0%)

3 あれは 1 さうだ, 何でも, 僕も

▼ あれぎり~ (6, 0.0%)

1 の交際, の好人物, 参りませんもの, 参りも, 来ないの, 逢いませんから

▼ あれしませな~ (6, 0.0%)

6 んだ

▼ あれすべて~ (6, 0.0%)

2 の行為 1 の人間, の文化, の食物, は終つて

▼ あれでなく~ (6, 0.0%)

1 ちゃ文学者, ちゃ詩, ちやいけない, ては商買, ては貰わん, もう一人

▼ あれといふ~ (6, 0.0%)

2 公正さの 1 のは, のも, 公正の, 間もなく千年位

▼ あれにて~ (6, 0.0%)

1 ご休息, 他ながら, 待って, 湯なと, 神尾殿が, 談合いたします

▼ あればっかりは~ (6, 0.0%)

1 いけませんよ, だれも, わたくしどもも, 手が, 拝見が, 止めなければ

▼ あれまでは~ (6, 0.0%)

1 やりこなしますまい, やれまい, トリエステの, 確かであった, 行かないの, 襤褸を

▼ あれよという~ (6, 0.0%)

3 まに 2 間に 1 間もなくこんど

▼ あれよりは~ (6, 0.0%)

1 ずっと優し, まだまし, よかろう, 年も, 此方が, 近くここへ

▼ あれらしい~ (6, 0.0%)

32 のよ 1 じゃありません

▼ あれ~ (6, 0.0%)

1 そうやっ, カップ, 体の, 何を, 学者の, 鱶が

▼ あれ一つ~ (6, 0.0%)

1 だけで仙子氏, ですからねえ, ですぐ, に集中, 残らずその, 見ても

▼ あれ~ (6, 0.0%)

1 であの, であれ人, であれ声, にもあれ, に埋蔵, よ臓腑

▼ あれ~ (6, 0.0%)

4 にもあれ 1 にあれ, にもあれ彼等

▼ あれ決して~ (6, 0.0%)

1 一つの, 助けを, 天の, 彼の, 悪くむべ, 苦痛とは

▼ あれ見い~ (6, 0.0%)

1 や木札, や金, 公重や, 子供の, 左馬介も, 血を

▼ あれあそこ~ (5, 0.0%)

1 で踊っ, にいる, に火, に玉, をごらん

▼ あれあんなに~ (5, 0.0%)

2 木が 1 お客が, 苦しがっ, 赤く

▼ あれがね~ (5, 0.0%)

1 でも, ソヴェトの, 新聞を, 旦那鏡台山でございます, 阿母さん

▼ あれそう~ (5, 0.0%)

1 お前の, かなし, かや, だ飽くまでも, でないかなあ

▼ あれそこ~ (5, 0.0%)

1 に, の簾, の高き, へ蟾蜍, やれはい

▼ あれたる~ (5, 0.0%)

1 マリアでなく, 宿の, 宿を, 拝殿に, 舌には

▼ あれでなけれ~ (5, 0.0%)

1 ばあの, ばいけません, ば七八, ば継がせたい, バど

▼ あれとの~ (5, 0.0%)

1 おいいつけあった, お伝え, ことだった, 事に, 仲は

▼ あれどう~ (5, 0.0%)

2 しましょう 1 しましょうこちら, しましょう勿体ない, るは

▼ あれどんな~ (5, 0.0%)

2 風な 1 土地であれ, 意味な, 荒くれた

▼ あれなん~ (5, 0.0%)

2 でしょう 1 だろう, です, でも書きまくつた

▼ あればかりの~ (5, 0.0%)

1 わかぎみ一人お, 小家でも, 小銭, 猫の, 石壇に

▼ あればにや~ (5, 0.0%)

1 いいゑ違, とかくに, 次男侠太の, 汝の, 音信も

▼ あればの~ (5, 0.0%)

1 ことだ, ことどうぞ, 屈伸法とで, 歌を, 私と

▼ あれほどには~ (5, 0.0%)

1 あるまいという, どうしてもゆかない, なって, 話さないであろうと, 進化しない

▼ あれほどにも~ (5, 0.0%)

1 あなた様の, 夫人に, 心ををの, 明瞭に, 私の

▼ あれほどまでの~ (5, 0.0%)

1 ことを, 放埓, 立志堅固も, 苦艱を, 進化の

▼ あれみたい~ (5, 0.0%)

2 なもの, に動く 1 だあの

▼ あれ~ (5, 0.0%)

2 何だか知 1 たとい東京, まア, もう百姓仕事

▼ あれ以外~ (5, 0.0%)

1 には無い, にも幾個, にやり, に多く, に張氏

▼ あれ以後~ (5, 0.0%)

1 の庭, の捷報, はわが家, ますます深い, 小右京

▼ あれ~ (5, 0.0%)

1 のこう, はこれ, はスウィッチ, は何処, は何處

▼ あれ~ (5, 0.0%)

1 が奇術, に遇ひま, の酌み, は能, は香料

▼ あれ~ (5, 0.0%)

1 であれ死, と思いたい, には列, の夢, はたゆ

▼ あれ~ (5, 0.0%)

21 ふすがた, ふ場, ふ荒海

▼ あれあなた~ (4, 0.0%)

1 そんな気, にあの, のぢ, は弥次郎兵衛様

▼ あれいい~ (4, 0.0%)

1 お名, でしょう, のです, ふりこき

▼ あれからという~ (4, 0.0%)

3 ものは 1 のは

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 は即興, を何ぞ, を何と, を悔

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 わき見す, 典厩, 平和の, 越前の

▼ あれだった~ (4, 0.0%)

1 がああ, そうで, のか, んです

▼ あれだれ~ (4, 0.0%)

1 で, でェ, なの, のお

▼ あれでなくっ~ (4, 0.0%)

1 ちゃいけないだろう, ちゃ通させない, てはだめ, て兇状持

▼ あれとて~ (4, 0.0%)

1 念じ立ち, 怪我の, 随は, 随はず

▼ あれなぞは~ (4, 0.0%)

1 中でも最も混, 唯の, 多く汽車中, 石油を

▼ あれなど~ (4, 0.0%)

1 どういう眼目, モチーフが, 思ふ, 最も読み応え

▼ あれなどにも~ (4, 0.0%)

4 やはり化尼

▼ あれなんかは~ (4, 0.0%)

1 いくらでも説明, だよ, まったくばかげ, 上に

▼ あれにとって~ (4, 0.0%)

1 あなたが, 居心地が, 生きて, 身の

▼ あれにゃ~ (4, 0.0%)

1 あ確か, きっと何, わたし達この, ア猫を

▼ あれに対して~ (4, 0.0%)

1 お前の, 一人も, 僕は, 全然気恥しい

▼ あれはて~ (4, 0.0%)

1 てい, ています, てまるで, ばたれ

▼ あれはネ~ (4, 0.0%)

1 たいへんな, 便利堂の, 李鴻章が, 病気を

▼ あればという~ (4, 0.0%)

1 ことに, のが, 意味で, 熱望で

▼ あればに~ (4, 0.0%)

31 いどこ

▼ あれほども~ (4, 0.0%)

1 おきびしゅうお, 徹した生活, 敏感であり得た, 高価な

▼ あれわれ~ (4, 0.0%)

1 この翁, はまた, は今, は國造

▼ あれをも~ (4, 0.0%)

1 これをも, こわさなければ, どう思う, 一度読みあげ

▼ あれッきり~ (4, 0.0%)

1 だったかね, なん, の人間, 行かないん

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 とか何ん, 助けて, 大層怨ん, 忘れちや

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 こそひとりの, どふかシテ, 御出かけ, 随分銃

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 には告げ, のいわゆる, の憂き, の潮泡

▼ あれ二人~ (4, 0.0%)

1 だけで口, ともにその, のお客, は旧い

▼ あれ何ん~ (4, 0.0%)

1 だね, ですかいな, でも, やろご

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 あの人, た國家, 一つ, 止ったよ

▼ あれ同じ~ (4, 0.0%)

1 ように, 宗教の, 目標に, 精神状態に

▼ あれ吾人~ (4, 0.0%)

1 にとり, に取, は何故, 焉んぞ喜ん

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 パラマウントであれ, 党であれ, 手合や, 日本

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 こそ挙げ, なの, になつ, の日

▼ あれ狂っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てとびつい, て張鼓峰事件

▼ あれ瑠璃子~ (4, 0.0%)

2 は心 1 は更に, は更にそう

▼ あれ程迄に~ (4, 0.0%)

1 お信じ, お約束, 愛し合い理解し合ったと, 自分が

▼ あれ自分~ (4, 0.0%)

1 に与えられた, の巴里, の本心, の芝居

▼ あれ~ (4, 0.0%)

1 の居眠り, の母, はそれ, を捨て

▼ あれ限り~ (4, 0.0%)

1 でございますよ, もう来ねえ, 来ないん, 来ませんナ

▼ あれ驚き~ (4, 0.0%)

2 の歓喜, の歡喜

▼ あれあたし~ (3, 0.0%)

1 に頂戴, はあの, 困っちゃったな

▼ あれいずれ~ (3, 0.0%)

1 にし, にせよ, も一般

▼ あれいや~ (3, 0.0%)

2 でございますよ 1 だねえ

▼ あれお客様~ (3, 0.0%)

1 かしら, そんな大, まだこっち

▼ あれかい~ (3, 0.0%)

1 あの光りだ, あれは, 与五松

▼ あれかの~ (3, 0.0%)

1 痛ら, 第十九世紀, 雲の

▼ あれからでも~ (3, 0.0%)

1 約三十里, 色んな事, 足かけ三年生きてる

▼ あれかれ~ (3, 0.0%)

1 の女, 思い患う, 話を

▼ あれきっと~ (3, 0.0%)

3 双子の

▼ あれきり何~ (3, 0.0%)

1 とも云わない, のお, の便り

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 病気も, 随意の, 隠居様火が

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 てはいかん, は敷島, 女の子は

▼ あれせめて~ (3, 0.0%)

1 その気分, はこの, 娘だけでも

▼ あれっと~ (3, 0.0%)

1 叫びながら, 声を, 悲鳴を

▼ あれでし~ (3, 0.0%)

2 ゅよ 1 て貰うたら

▼ あれでした~ (3, 0.0%)

3

▼ あれでない~ (3, 0.0%)

1 これでない, と小次郎, と近頃

▼ あれなあ~ (3, 0.0%)

1 三崎やよいとこ女の, 私の, 野呂さんからの

▼ あれなぜ~ (3, 0.0%)

1 だいお, わたしを, 黙って

▼ あれなほ~ (3, 0.0%)

1 ものうき砥石, 弾きゆく胡弓, 薫りのこれる

▼ あれなんか~ (3, 0.0%)

2 空気浄化器の 1 金貨の

▼ あれなんかも~ (3, 0.0%)

1 流れつちまつて, 私自身は, 陸軍の

▼ あれなんぞが~ (3, 0.0%)

1 ホントの, 友達だった, 本当に女らしいいた

▼ あれなんぞは~ (3, 0.0%)

2 どう考え 1 日本料理に

▼ あれなんぞも~ (3, 0.0%)

1 家で, 病人には, 食べて

▼ あれなんだか~ (3, 0.0%)

1 字みたいだ, 知つ, 知つてる

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 とてもお, 子供を, 床の間の

▼ あれはず~ (3, 0.0%)

2 ゐぶん上手 1 ゐぶん

▼ あれはた~ (3, 0.0%)

1 うとう出ず, うもろこし, また東

▼ あれはど~ (3, 0.0%)

1 つちと, ないしてる, ないしま

▼ あれはも~ (3, 0.0%)

1 ずが, ずという, ツと

▼ あればといふ~ (3, 0.0%)

1 気持に, 私が, 顔付が

▼ あればよ~ (3, 0.0%)

1 うまっしゃろよ, かつた, けれど麦飯学者

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 この兵隊さ, ンおま, 雪が

▼ あれもね~ (3, 0.0%)

1 あなたせんだって中から, 何とも言えない, 御蔭さまで

▼ あれやれ~ (3, 0.0%)

1 やるせなの, 冷たしや, 危なしや

▼ あれわれら~ (3, 0.0%)

1 の眼, はわれら, もと

▼ あれをと~ (3, 0.0%)

1 お前の, 云いかけるのに, 仰しゃる

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 ばかしの酒, ぱつちの子供を, ぼっちの子

▼ あれ一切~ (3, 0.0%)

1 の事象, の因果, の虚僞

▼ あれ之の~ (3, 0.0%)

1 文化哲学や, 精神の, 説明では

▼ あれ他人~ (3, 0.0%)

1 のたてた, の伯母さん, は他人

▼ あれ何等~ (3, 0.0%)

1 かの形, のなつかしみ, の権利

▼ あれ先生~ (3, 0.0%)

1 から不足, の方, の言葉

▼ あれ冗談~ (3, 0.0%)

2 ばかりそんな 1 じゃア

▼ あれ吉ちや~ (3, 0.0%)

2 んそれ 1 ん夫

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 で漁師, を行きつくす, を近く

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 からの聯絡, の騒ぎ, へは嫁

▼ あれ大きく~ (3, 0.0%)

1 云へば, 言えば, 言へ

▼ あれ大層~ (3, 0.0%)

1 感じちや, 折目正しい, 行儀が

▼ あれ奇麗~ (3, 0.0%)

3 な蝶

▼ あれ如何~ (3, 0.0%)

1 が遊ばしました, せむ, に考へ

▼ あれ子供~ (3, 0.0%)

1 が体操, であれ人間, というもの

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 かな, だろう, や茨花さく臼

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 が海, の儘太古, の清心さん

▼ あれ幽霊~ (3, 0.0%)

1 が, が来, であれ是非

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 に重荷, の腐り, の腐りのす

▼ あれ必ず~ (3, 0.0%)

1 おかくまいいた, 某引っ組ん, 法の

▼ あれ本当~ (3, 0.0%)

2 の人間 1 であれ彼

▼ あれ果てた~ (3, 0.0%)

1 庭なども, 池には, 空気を

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 に済まなく, は何者, は満悦

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 から来る, というもの, の力

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 ないこと, はありません, 無いこと

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 の前, の子, の聖旨

▼ あれ程も~ (3, 0.0%)

1 君を, 和泉式部を, 自分の

▼ あれ~ (3, 0.0%)

2 あって 1 あらば

▼ あれ見し~ (3, 0.0%)

3 ゃんせ

▼ あれ親分~ (3, 0.0%)

1 さうでなく, はあっし, 待って

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 であれ, であれ小説, を感じさせない

▼ あれ買っ~ (3, 0.0%)

1 ておくれよ, てとだだ, て来る

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 にかな, に惱, を立てたる

▼ あれ~ (3, 0.0%)

1 であれないしは, にまたがっ, のよう

▼ あれある~ (2, 0.0%)

1 ひは, 夜野分の

▼ あれあれあれ~ (2, 0.0%)

1 あれ, なんだろう

▼ あれいかなる~ (2, 0.0%)

2 はずみにか

▼ あれいっ~ (2, 0.0%)

1 てしま, 幸ちゃん

▼ あれいつ~ (2, 0.0%)

1 まあ私, までも丸家根

▼ あれうち~ (2, 0.0%)

1 が要る, のコースチャ

▼ あれおとなしく~ (2, 0.0%)

1 してを, 飲んで

▼ あれおれ~ (2, 0.0%)

1 に意見, の遊び

▼ あれお客~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ あれお待ち~ (2, 0.0%)

1 なさい, なさい伯母さん

▼ あれからね~ (2, 0.0%)

1 君が, 金星堂へ

▼ あれがか~ (2, 0.0%)

1 あ, あか

▼ あれきり一度~ (2, 0.0%)

1 も会っ, も見かけない

▼ あれくらいまで~ (2, 0.0%)

1 絶体絶命に, 行けば

▼ あれさ何~ (2, 0.0%)

1 だよ, は差置きまし

▼ あれさ石原~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ あれしか~ (2, 0.0%)

1 ない, よんで

▼ あれたり~ (2, 0.0%)

2 しが

▼ あれだけには~ (2, 0.0%)

1 弾けません, 笑わせられん

▼ あれだけにも~ (2, 0.0%)

1 なつた, 源氏の

▼ あれだの~ (2, 0.0%)

1 これだ, これだの

▼ あれであり~ (2, 0.0%)

1 これは, 植木屋敷が

▼ あれでが~ (2, 0.0%)

1 しょう, すかあれはは

▼ あれでこそ~ (2, 0.0%)

1 本当な, 真の

▼ あれでござる~ (2, 0.0%)

1 か, かいや

▼ あれとうもろこし~ (2, 0.0%)

2 だねえ

▼ あれとか~ (2, 0.0%)

1 きゃッ, 云つても

▼ あれとしては~ (2, 0.0%)

1 この寒い, むしろ無籍

▼ あれとにかく~ (2, 0.0%)

1 その場, 彼は

▼ あれともかく~ (2, 0.0%)

1 も道徳, 不幸に

▼ あれども心~ (2, 0.0%)

2 の闇

▼ あれなぞも~ (2, 0.0%)

1 一ヶ年の, 何処かの

▼ あれなぞを~ (2, 0.0%)

1 こう比べ, 見ましても

▼ あれなとぞ~ (2, 0.0%)

2 おもふ

▼ あれなに~ (2, 0.0%)

1 かしら, をする

▼ あれなら知っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ててよ

▼ あれにだけは~ (2, 0.0%)

1 手を, 目印が

▼ あれについては~ (2, 0.0%)

1 家臣の, 関先生以下の

▼ あれによって~ (2, 0.0%)

1 うごく者, どんな人間

▼ あれのみは~ (2, 0.0%)

1 俊基の, 許さぬ

▼ あれはなあ~ (2, 0.0%)

1 こういうわけ, 縄を

▼ あれはは~ (2, 0.0%)

1 だかの, ア飯山の

▼ あれはを~ (2, 0.0%)

1 かしい, なごや

▼ あればかり~ (2, 0.0%)

1 じや, では

▼ あればぞ~ (2, 0.0%)

1 あの無言, 我ら勇猛の

▼ あればて~ (2, 0.0%)

1 まえの, まえは

▼ あればとか~ (2, 0.0%)

1 そうであれ, 将来の

▼ あれひく~ (2, 0.0%)

1 んです, 賀茂の

▼ あれひと~ (2, 0.0%)

1 へにわけ, 思ひに

▼ あれふたたび~ (2, 0.0%)

2 暗室に

▼ あれへでも~ (2, 0.0%)

1 おかけなさい, 入れて

▼ あれへは~ (2, 0.0%)

1 ゆかん山桜, 誰を

▼ あれほどいた~ (2, 0.0%)

1 兵馬輜重が, 蛾が

▼ あれほどとは~ (2, 0.0%)

1 思いませんでしたよ, 思わなかった

▼ あれほどな~ (2, 0.0%)

1 築塁, 足利勢も

▼ あれまでには~ (2, 0.0%)

1 つきり云つたの, 様々の

▼ あれもし~ (2, 0.0%)

1 お膝, その使者

▼ あれやったら~ (2, 0.0%)

1 なにも, 俺は

▼ あれやっぱり~ (2, 0.0%)

1 一つ穴で, 生え抜きの

▼ あれよい~ (2, 0.0%)

1 お子, 戯曲の

▼ あれよか~ (2, 0.0%)

1 もっとうつくしい, 減らせやしないや

▼ あれよき~ (2, 0.0%)

1 夫, 父であれ

▼ あれよし~ (2, 0.0%)

1 この何だえ, 星空の

▼ あれわいさ~ (2, 0.0%)

1 のこれわいさ, のさ

▼ あれわたくし~ (2, 0.0%)

1 の心事, の簪

▼ あれをば~ (2, 0.0%)

1 人となりて, 他人は

▼ あれインチキ・レビュウ~ (2, 0.0%)

2 の脚本

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 宜い

▼ あれツきり~ (2, 0.0%)

1 なん, 分らないん

▼ あれ一心に~ (2, 0.0%)

1 さへ, ゆり動く驚喜

▼ あれ一文~ (2, 0.0%)

1 の貯, の貸し

▼ あれ一枚~ (2, 0.0%)

1 しかなかつた, で細帯一つ

▼ あれ一面~ (2, 0.0%)

1 に菜種, の霞

▼ あれ万が一~ (2, 0.0%)

2 にも後れ

▼ あれ三ちや~ (2, 0.0%)

2 んで有

▼ あれ乃至~ (2, 0.0%)

1 は浮世, は自己

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 は件, よりも数等

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 なんか, はない

▼ あれ今度~ (2, 0.0%)

1 の旅, は泣き落し

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 の人, は左様

▼ あれ以上詳細~ (2, 0.0%)

2 に述べる

▼ あれ位の~ (2, 0.0%)

1 が二三人, にし

▼ あれ何処~ (2, 0.0%)

1 の国, へこの

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 が転がる, が轉

▼ あれ兄さん~ (2, 0.0%)

1 がいけません, が帰っ

▼ あれ八五郎さん~ (2, 0.0%)

2 まだお

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 ピストルを, 殆ど今日

▼ あれ其の~ (2, 0.0%)

1 加害者は, 時分仲間が

▼ あれ其やう~ (2, 0.0%)

2 なけしかけ詞

▼ あれ凡そ~ (2, 0.0%)

1 人生の, 唱歌と

▼ あれ助け~ (2, 0.0%)

1 て頂戴, よ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 い胸, い路

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 な人, 驚かしちゃ

▼ あれ取れ~ (2, 0.0%)

2 これ取っ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 けません, 厭な

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 に示した

▼ あれ向う~ (2, 0.0%)

1 から施米, の峰

▼ あれ向こう~ (2, 0.0%)

1 から近づけ, へ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 はれた手

▼ あれ商人~ (2, 0.0%)

1 であれ学者, であれ武士

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 であれ惡, なら事

▼ あれ喜劇~ (2, 0.0%)

1 であれなん, にもあれ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 だっただよ, ばっかり

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 を去り

▼ あれ堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 だぞ, な人

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 の上, の助

▼ あれ姉さん~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 呼んで

▼ あれ嬢様~ (2, 0.0%)

1 ですって, ですつて

▼ あれ実は~ (2, 0.0%)

2 檀徒から

▼ あれ寝た~ (2, 0.0%)

1 という寝ぬ, といふ寝ぬ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 であれその, 先生であれ

▼ あれ少し~ (2, 0.0%)

1 は他, も非難

▼ あれ工兵~ (2, 0.0%)

2 の旗

▼ あれ左様~ (2, 0.0%)

1 かつちや, でしたねえ

▼ あれ常に~ (2, 0.0%)

1 少数が, 神から

▼ あれ平和~ (2, 0.0%)

1 あれ, を招来

▼ あれ幻影~ (2, 0.0%)

2 であれ

▼ あれ当時~ (2, 0.0%)

1 の境遇, の風俗

▼ あれ彼処~ (2, 0.0%)

1 ですわ, に

▼ あれ彼女~ (2, 0.0%)

1 の容貌, の生活

▼ あれ彼處~ (2, 0.0%)

2 に迎

▼ あれ待つ~ (2, 0.0%)

1 て, て居た

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 た, た愚図る

▼ あれ忽ち~ (2, 0.0%)

2 四方は

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 は無い, を受ける

▼ あれ怨み~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 はねえ, もない

▼ あれ悪い~ (2, 0.0%)

1 ことであれ, 者は

▼ あれ悪意~ (2, 0.0%)

1 からであれ, をもった

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 が強い

▼ あれ想像~ (2, 0.0%)

1 しなおまた, しなほ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 し戀, の嗚呼

▼ あれ我々~ (2, 0.0%)

1 の考え, の裡

▼ あれ持っ~ (2, 0.0%)

1 てかえる, て来

▼ あれ支那~ (2, 0.0%)

1 の官吏, の揚子江

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 へもし

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 も一生懸命, を散らせ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 かる機会, る物音

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 はよし, は過ぎ

▼ あれ明日~ (2, 0.0%)

1 とも言わず, にもあれ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 の事, の運動会

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 さり来れば, には畑

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 も亦, れに

▼ あれ曳け~ (2, 0.0%)

1 山車よ, 笛吹け

▼ あれ書いた~ (2, 0.0%)

1 ひとめくらに, 動機は

▼ あれ未だ~ (2, 0.0%)

1 あんなこと, お酔ひ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 かけて, は必ず

▼ あれ本質的~ (2, 0.0%)

2 に別

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 そうな, は来た

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 たる家

▼ あれ模様~ (2, 0.0%)

1 だ, の空

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 はぬ, は主

▼ あれ止し~ (2, 0.0%)

1 ておくれ, て頂戴

▼ あれ武人~ (2, 0.0%)

1 としてまた, らしく戦場

▼ あれ武士~ (2, 0.0%)

1 であれ幾分, の娘

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 であれわが子, であれ怒り

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 の会話, の長上

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 の向いた, を静めない

▼ あれ気味が悪い~ (2, 0.0%)

2

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 の中, を持て

▼ あれ江戸~ (2, 0.0%)

1 であれコンパス, の本場

▼ あれ漫才~ (2, 0.0%)

2 であれインチキ・レビュウ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 が来た, は洞穴

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 と母, の手下ども

▼ あれ狂う~ (2, 0.0%)

1 喇叭の, 海中に

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 が, が殺され

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 雲塔の

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 このお, な真実

▼ あれ私共~ (2, 0.0%)

1 にとりましてはこの世, も罹災者

▼ あれ程な~ (2, 0.0%)

1 大土木, 魏の

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 には眼, の

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 四階級とは, 四階級な

▼ あれ精霊~ (2, 0.0%)

1 であれ依代, であれ対象

▼ あれ絶えず~ (2, 0.0%)

1 働いて, 時代の

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 なき妻子, はない

▼ あれ美いち~ (2, 0.0%)

2 やん

▼ あれ聞き~ (2, 0.0%)

1 たまえ人ばかり, 給へ

▼ あれ聴けよ~ (2, 0.0%)

2 鶏啼くらしき

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 であれすべて, を以て肉

▼ あれ自他~ (2, 0.0%)

2 に対して

▼ あれ自己~ (2, 0.0%)

2 が満足

▼ あれ自然~ (2, 0.0%)

1 と歩き出した, のまま

▼ あれ自身~ (2, 0.0%)

1 すでに一つ, には失恋

▼ あれ苦しい~ (2, 0.0%)

1 と言っ, 思ひばかりは

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 であれむす子, になりよる

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 が, だ蝶

▼ あれ要するに~ (2, 0.0%)

1 国家の, 社会的不満が

▼ あれ見ず知らず~ (2, 0.0%)

1 のお嬢さん, の男

▼ あれ見給え~ (2, 0.0%)

1 あれが, 建物の

▼ あれ貴方~ (2, 0.0%)

1 であれかうして, は起きなす

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 いじめなかったでしょう, 順調に

▼ あれ途中~ (2, 0.0%)

1 で紛失, の難

▼ あれ遊芸~ (2, 0.0%)

1 であれ人, であれ官教

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 を註文

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 を横ぎって

▼ あれ野原~ (2, 0.0%)

1 に生き, に追いやっ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 母さん私ゃ本当の, 父さんは

▼ あれ~ (2, 0.0%)

2 かに離れゆきぬ

▼ あれ~ (2, 0.0%)

1 であれあらゆる, 一しきり無慙

▼ あれ飛ん~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼1* [1484件]

あれぁあの人の死ぬ, あれぁいかにも仲間のビル, あれぁそれは悪魔, あれぁだれかが悪戯をしてる, あれぁとても正直者なん, あれぁどうも謀叛人らしいよ, あれぁアランだろうと, あれぁフリントの声, あれぁ二度言われるまで, あれぁ何だね, あれあきれた千世, あれあくまで自分の, あれあげえな機械が, あれあしません, あれあしきあれと, あれあすこそは織田, あれあちらの村里, あれあっこに, あれあなた本当のお金, あれあなた私だけ私, あれあほんとの事, あれあまり掛けがえ, あれあらゆる外から, あれあれありゃあなんだ, あれあれお祝の, あれあれようぜと滅入った, あれあれ峠を見され, あれあれ御覧なさいまし, あれあれ玉が, あれあんたが親, あれあんた鹿の雌雄, あれあゝいう御, あれいかにもあれたより, あれいけねえまた, あれいけないよお客様, あれいちずにそう, あれいっさい触れないこと, あれいつどしたかいな, あれいつものよう, あれいづであるがなる, あれいとしき魂よ, あれいま納曾利のなげき, あれいやしくも人命を, あれいらいずっと千早の, あれいわば身勝手自由勤めの, あれうまい鳥が, あれうらがなし雲雀啼く, あれうらみはない, あれうれしい夜でも, あれうれたし葬, あれぇこれが氏, あれぇ金博士はもう, あれえんやらな, あれおきなが来た, あれおばあさんが, あれおぼろに, あれおもしろき戦に, あれお上んなせ, あれお前さんお茶を入れ, あれお前さん方そこで喧嘩, あれお前さん銭形の親分, あれお前さん錢形の親分, あれお前何うした, あれお前滅多なこと, あれお召ものが, あれお姫様であれそれぞれ, あれお婆さん止して, あれお嬢さんがお, あれお嬢さん浜を歩い, あれお客さまというの, あれお父さんおっ母さん, あれお過ごしあれ, あれかくにあれ, あれかさのみ多き世, あれかたくるしさとしか, あれかつての勢い, あれかてあのまま, あれかといふだけに過ぎない, あれかなしく身を, あれかの聖なる王國たついて, あれかよあれかよ, あれからが一座の, あれからといって, あれからといふもの吾家に, あれからを想像し, あれかりのうき身も, あれかを問うこと, あれがかといって, あれがちはやである, あれがでまする時, あれがな次助, あれがねぇ君帝政時代の, あれがのうては, あれがよございます, あれそうだ, あれきまってその途中, あれきみこひの, あれきよやと追, あれきりこの間から診察, あれきりどこへ行った, あれきりわしの許, あれきり人がゐない, あれきり何事も起らなかった, あれきり別の作, あれきり口を利かない, あれきり吉野太夫の許, あれきり啓ちゃんとは音信不通, あれきり城へ顔, あれきり岡田さんにお礼, あれきり島村に逢わない, あれきり平穏でしょうか, あれきり後が出来ない, あれきり支那人の物, あれきり東国にい, あれきり梨のつぶ, あれきり正体を見せない, あれきり毎日ゐないやう, あれきり沙汰がない, あれきり浜にも来ない, あれきり爪の垢, あれきり眼をさまさなかった, あれきり私といふもの, あれきり緒は切れなかつた, あれきり蔦子のこと, あれきり行方不明になつ, あれきり閾が高く, あれきり顔も見せない, あれきり鼓の音, あれきれいな御, あれぎりで家へ帰らねえ, あれぎり家出をし, あれぎり弟や妹, あれぎり男の騒ぎ, あれくいて, あれくらいのが来たなと, あれくらいは歩む方, あれぐらいな金お, あれぐらいはちょうどいい, あれぐらゐ大紙面, あれぐらゐ傍若無人の馬鹿騒ぎ, あれぐれえ注ぎ込んだら立派な, あれえ, あれは一時, あれこうしておいで, あれこころぼそい板を, あれこっちのいう, あれことによったら, あれこれらの擦過傷, あれこれ上原さんの噂, あれこれ刺激を受ける, あれこれ相談して, あれこれ買物をした, あれこんだあ止め, あれこんな所に, あれごらん唐茄子に乾棹, あれご覧あそばしませ今日, あれさあれに五六歩, あれさお前起き出した時, あれさお前さんのご, あれさお前さんご存じだ, あれさお婆さん極りを云っ, あれさちやんといふこと, あれさどこに, あれさもの呉服町の手代衆, あれさよぢや御, あれさらに選ぶところ, あれさア身に染み, あれさマア心得違えを, あれさ仏が睨みます, あれさ冗談だよ, あれさ力持じゃア, あれさ同勢二十人からの団体, あれさ妄念が可, あれさ家のは臭く, あれさ小増さんに此方, あれさ志丈さんあゝ往, あれさ恐れだよう, あれさ殿さまいけませんよ, あれさ気の早い, あれさ為といっ, あれさ落こつたらどう, あれさ身請たって, あれしかし途中で, あれしかも常に永遠, あれしたんです, あれしっかりおし小, あれしまへなん, あれしまへんさかい, あれしまへんちうてるのに, あれしようかこれ, あれしわがまなこ, あれじみた風の, あれじゃあからだにも, あれじゃとすぐに, あれすこぶる淑やかに, あれすさまじ夢の, あれすたれて今, あれすっかり透過され, あれすばらしいなどとは少し, あれずらあと嘉門次, あれそうして月光が, あれそうそう立兵庫と, あれそっちへ行っ, あれそのものについては懸念, あれその後は御健勝, あれそれからこれ, あれそれぞれの表情, あれそれでは本当に恐入ります, あれそれともまた新しく, あれそれなりに私, あれそれに全心身, あれそれにしても浄財が, あれそれほどに迷い, あれそれらももはや, あれそれ以外によき, あれそれ相応に調子, あれそれ自体に於, あれぞと指す時, あれたいへんじゃない, あれただ使者の, あれただいま少々人心が, あれたった今がんりきの, あれたよりあらば, あれたれども月, あれだけしかないネ, あれだけとして不完全な, あれだっかあれ, あれだってもねそんなこと人, あれだつて私, あれだら仲, あれだらうか, あれだ取りに来, あれだ聞いたか, あれちのぎくの匂い, あれちゃんと心得て, あれちや勿體ながす本, あれちょっと待って, あれっいけないっ, あれっいないぞ, あれっきりこちらには見えない, あれっきりどこへ行った, あれっきり一度も逢った, あれっきり君は逢った, あれっきり姿を見せなかった, あれっきり客の部屋, あれっきり屋台の上, あれっきり市の関門, あれっきり沈黙して, あれっきり荒田さんの顔, あれってなんの, あれっとかあらっとか, あれっぽち猫, あれつきみさうだねえ, あれつつむに忍び, あれてから家族の, あれてとオルガンに, あれであってくれ, あれでかすぎる, あれでから駄目な, あれでございましょうな, あれでござんすかいやに, あれでさお前様私ゃ飛ん, あれでさえなおかつ狂言, あれでしつかりしてます, あれでしょうが, あれでしょうおかあさま, あれですいぶんこまかいこと, あれです解くべき謎は, あれでどつさりお, あれでなけりゃ身が, あれでねえとっくりと, あれでのうてはならぬ, あれでもとはずいぶん酷かっ, あれでもなんていうもの, あれでもねおばあさんには, あれでもねえと次から, あれで御座います近くなる, あれといふばかりでじつと, あれとうたふ, あれとしての一つの, あれとだけ申したいの, あれとても大きなもの, あれととさまが, あれともかはつてゐる, あれともなひゆけ, あれとを訴えて, あれとんでもねえお前さま, あれどいみじき月射し, あれどういう意味です, あれどうしてです, あれどうぞお放し下さい, あれどかしはのもち, あれどもと仏説に, あれども三佛の沙羅, あれども享くるを, あれども地は粛然, あれども家に入る, あれども後の四, あれども目に入らず, あれども米は無く, あれども軍に入らず, あれないしは牛でも, あれなかなかのしっかり, あれなぞ汲みかわして, あれなどの助かったの, あれなほ梢はにほひ, あれならありますとも, あれなら任せられると仰やる, あれなら役に立ちそうだ, あれなら知っとるどころかこの, あれなら見っともない, あれなら見たよ, あれなら覚えておる, あれなら追掛けてもよろしい, あれなりで略纏まっ, あれなりの真情で, あれなんかこそ所謂標本的若く, あれなんてばかばかしい, あれなんでハアわたし, あれなんら恐るるに, あれにこそ在らん, あれについての絵巻が, あれにつれあんまり勇み足, あれにでも極めたいと, あれにといふ老僕の, あれにとってはこの家, あれになんぞ不審が, あれにばかり目を, あれにや罪あねえ, あれによりかかって, あれにナ石を, あれに対してはおこらない, あれに対する心持深い, あれのけのけとあんな, あれのちえを, あれのみ色褪め, あれのむとなおる, あれはかないものであった, あれはけふにも, あれはとだけ言つてゐた, あれはははいんきん, あれはばち, あれはめうしがうなっ, あれはや荷の, あれはやきいもや, あれはやすものだったです, あれはらいとうの, あれはんけちを田圃道, あればかうして, あればからだ全体, あればかりが斯ん, あればこそなどと詠みいじらしい, あればっかりが親玉の, あればとにもかくかりにも, あればとのこと元より, あればとばかり待って, あればとも考えた, あればなア, あればなあと私は, あればなどとすぐに, あればなんぞと当にも, あればねえあたしだって, あればのうおまえにも, あればべたくたしてさ, あればや昔の, あれひきの実際, あれひきざくらでありませんお前, あれひしひしと, あれひたすらに靴, あれひとつおん許に御足労, あれひとつ家のやう, あれひとりで朝倉先生, あれひょっとすると, あれぶらんこや, あれへと指して, あれへの御返事や, あれへもぜひ立ち寄っ, あれへややって来ました, あれへんてこであれそれなり, あれべたくそさ, あれほうだいだし, あれほしいあれ買っ, あれほどさびしくどんよりしていた森が, あれほどずつ売り残して, あれほどねんごろな, あれほどのには遭ったこと, あれほどはつきりとは, あれほどまでは御姫様, あれほどまでも近づかせたこと, あれほどやさがしを, あれほど迄の残虐を, あれほぼ一様な, あれほんとにあたるでせうか, あれほんに小さか, あれまあどうしましょう, あれまあなんというばかばかしい, あれまあ又谷山を, あれまことにこのこと, あれまず悪魔を, あれまた下に隱, あれまだまだ尊氏ずれに, あれまつりの本義, あれまでしか来て, あれまでというものは, あれまでもその方, あれまるで瓜二つの, あれ空に, あれみだりに陣地を, あれみなよい所, あれみな一天の君, あれみな水道の水, あれみんな生きてるみたい, あれみんな権太さんの兄弟, あれと蔑み, あれもうあんなにお日さま, あれもうそんなになるかい, あれもうちょっと控え目エに, あれもさ巡査だ, あれもしやおめ, あれもってこいこれもって, あれもな不仕合せで, あれものなべて圧す, あれものうき胸に, あれもよ陸の, あれゃあラムのため, あれゃ俺の村, あれゃ午後五時からだ, あれゃ学校イ行く服, あれゃ島だ, あれゃ色のせい, あれやがて星移り歳經れ, あれやくざ男であれ自分, あれやさうかしら, あれやさしくつねに誰, あれやなんでしたつけ, あれやもうずつと昔, あれやれしよんがいな, あれやれやれやれきたわいな, あれゆかしきあきらめよ, あれゆるんだ皺深い, あれよく見たらお多福湯, あれよとばかり満座みな怪しみうろたえ, あれよりか此と, あれらすべての人々, あれら手際よい技能家, あれら森の深み, あれら死人同様の者, あれら無数の人々, あれら親子が御所, あれら魂が稀薄, あれ神, あれわが子の運命, あれわが子曹叡こそは仁英, あれわたしの策略, あれわのさツさい, あれわれここに子, あれわれわれは彼, あれわれわれ幕府の軍艦奉行, あれをこそまことの, あれをさえ思い出せば, あれをとつつかまへ, あれをとに角作らう, あれをね中心に, あれをはぢめた, あれをよけて通すより, あれを以て直に一茶独造, あれアお前さん他人の空似, あれアみな百姓共がわざと, あれアダニだよ, あれアヌンチヤタとは女子, あれア可んですつて, あれア心からあり, あれア石垣のやつら, あれア誰だ, あれア陸奥丸です, あれア陸奧丸です, あれとか云う, あれウスノロであれ出来て, あれェ赤土が跳ねる, あれと叫んだ, あれエッチングであれ何, あれエッフェル塔でしょう, あれコンパスで測つ, あれサあたしゃ御新さんを唆しかけ, あれサそれをあゝ, あれサ仕様がない, あれシェクスピイヤの戯曲, あれステパン王は土耳古, あれソレほど喜ぶ, あれチウインガムを噛み, あれヂュウス人間の祈願すべて, あれヂュパンの型, あれッあすこへ先刻, あれッあれッかわいそうによ, あれッあれッどなた様かそこ, あれッかわいそうによ, あれッきりお宮をつつき, あれッきり屋敷から出た, あれッきり御無沙汰しちまって, あれッきり手紙一本来ないそう, あれッここに置い, あれッこれは意外, あれッそばへいっ, あれッどなた様かそこ, あれッへんだね, あれッらんぼうするな, あれッ中で音, あれッ何をする, あれッ信ちゃん乱暴な事, あれッ堪忍して, あれッ変だナ, あれッ限りでは, あれツきり御無沙汰しちまつて, あれツぱかりで好いと, あれツァルスコエセロの宮殿, あれツェッペリンの上, あれツォイスの子ら, あれツ八さんお前さんの方, あれツ切入らつし, あれツ切りにし, あれツ切り會はない, あれツ自分の身, あれツ錢形の親分, あれトネ子だよ, あれトンチンカンであれムニャ, あれハイカラな帯, あれハ今どこにおる, あれバあなたは不自由, あれバ三大夫及君立の止ル, あれバ私四十歳になり, あれバ野戦鉋台あり同志, あれパリで案外, あれパートロクロス恩愛の, あれビクトールまた起き上った, あれフランク大尉は御存じ, あれペリスコープだよ, あれホントの意味, あれマア旦那様何をおっしゃる, あれマア腕が, あれマドロスさんが, あれマリア恩惠滿つ者, あれモモンガアであれ何, あれモンセーニュールの仲間, あれモーターッてん, あれヤーお夏, あれユートピストはかかる, あれラジオのうぐいす, あれリキーじゃない, あれルカ一・二八にいづる, あれルンペンよ, あれヴィンセントよ, あれーッ放して, あれの希望, あれ一つ発明した, あれ一人づゝ離れて, あれ一体誰やった, あれ一個の婦人, あれ一切熱のある, あれ一双揃わねば, あれ一味のもの, あれ一大事だと, あれ一天俄に掻き晴れ, あれ一審で死, あれ一彪の軍馬, あれ一応二応の, あれ一應は許さなけれ, あれ一方では釘勘, あれ一旦掠めて, あれ一本きりだったの, あれ一歩戸外に出れ, あれ一流となれ, あれ一発の轟音, あれ一秒であれいやしくも, あれ一組十銭よ, あれ一葉の行方, あれ一足一刀の青眼, あれ一郎は口, あれ一隻の怪ジャンク, あれ七尺みどり秋のお, あれに一つ, あれ丈仕事をし, あれ丈俗なの, あれ丈囚人の生活, あれ丈文化的価値を裏, あれ丈残酷な威力, あれ丈細部が描写, あれ丈自分も苦しみ, あれ丈自由平等を称えた, あれ丈芝居を知っ, あれ丈通を披瀝, あれ三五郎さん惡いの, あれ三人は並ん, あれ三十万円かかったという, あれ三十五くらいでしょう, あれ三味線であれ門, あれ上下の武士何時, あれ上席の者, あれ上野の停車場ぢ, あれへ来ました, あれ不可いよお客様がある, あれ不思議な旦那何うし, あれ世間が承知, あれつ空, あれ中央の賢, あれ串戯じゃねえ, あれ主人の跫音, あれ主義を目標, あれ久さまとより添, あれ九月の二十日頃, あれ事件依頼者の無事, あれ事実上種々の点, あれ事実上粘土いじりの職, あれ二つこれ一つというお客, あれ二者の目的, あれ互に与え合う事, あれ五太夫であれそんな, あれ五年越しも睦, あれ亥十郎風情が怪しい, あれ京大阪であれ江戸, あれ京都の消息, あれ人々は真実, あれ人世に覊束, あれ人並であれと, あれ人事にあれ, あれ人殺しと声, あれ人見まほしき, あれ人通りのない, あれ今し方までそこら, あれ今一個の伝説, あれ今交渉中なのよ, あれ今御帰りに, あれ今日授かりたる三人, あれ今時分どうした, あれ今朝九時と十時の間, あれ今沢庵を喰つた, あれ仏教上の智識, あれ仏祖の言語行履, あれ仕様がねえ, あれ仕立下ろしの, あれ仙吉後生だから, あれ以上べつにぶしつけな, あれ以上何が出来る, あれ以上大胆にも物, あれ以上女をめがけ, あれ以上水はいらない, あれ以上無数な世, あれ以上私は曾呂利本馬, あれ以上自分に親しみ, あれ以上西巻に飲める, あれ以上謙遜にもあれ以上大胆, あれ以上進捗して, あれ以下の人間, あれ以來野口の所, あれ以後ヤンとマヌエラ, あれ以後人形が出ない, あれ以来いちども会う, あれ以来どこへ連れられ行かれました, あれ以来バクチの方, あれ以来ベッドについた, あれ以来一度も死, あれ以来一意懸命にあなた程, あれ以来一時すっかりしょげこん, あれ以来京都へ上っ, あれ以来人足どもも大分, あれ以来半年もこえ, あれ以来女房や娘, あれ以来如意輪寺の禅房, あれ以来妻はそんな, あれ以来平穏です, あれ以来弟がもちつづけ, あれ以来彼女のそば, あれ以来急に気, あれ以来月に一度位, あれ以来禁酒だよ, あれ以来私に対し行方, あれ以来絵筆を忘れ, あれ以来臆病ぐせが, あれ以来軽率に感情, あれ以来連中はうっかり, あれ仮借せぬぞ, あれ任意の主観的, あれ伊那丸はまだ, あれ伝記であれ詩, あれ伯父さんもう私, あれ位いの仕事, あれ位ひで疲れるかね, あれ位ひで六つかしいとは, あれ位痛快な人物, あれ位私が泣い, あれ低くもあれ, あれ何たる寂寥さだろう, あれ何でえ, あれ何とか云ったなと, あれ何れも多く, あれ何アに, あれ何万円にもあれ, あれ何事か起る, あれ何人にあれ, あれ何何んの光, あれ何時だったろう, あれ何流であれ本人自体, あれ何物たるかを, あれ何病にも用い, あれはあくまで, あれ余吾之介様, あれ佛樣は, あれ作次ぢやない, あれ作者は, あれ使うことや, あれ例えば仲間に, あれ例令親の言葉, あれには貴様, あれ個人であれ社会, あれ偽装の下手, あれ催能が近付い, あれ儒教であれ基督教, あれの姿, あれ兄弟であれ年寄, あれ充分疑惑の, あれ先んじて敵, あれ先斗町の灯, あれなく甘げ, あれにも角, あれ党派に依存, あれ兜町の方, あれ入口を守る, あれ全く姿が, あれ全部をあなた, あれ兩刀捨てて, あれ兩軍の中, あれ八さんお晝, あれ八五郎さん御飯の仕度, あれ八五郎親分は, あれ八島の湧出, あれ六波羅を攻め, あれ共に片目が, あれ兵庫の胸, あれ兵隊と悶着, あれは, あれ其事好しと, あれ其人命あらば, あれ其処から四周, あれ其婦人に接する, あれ其方のになさい, あれ其物が存在, あれ其許たち母子は朝敵の, あれ冀くは三世の, あれ再び出でなば, あれ冷酷なる運命, あれ凄い利器腕も, あれゆる人間, あれい事, あれ刀鍛冶であれ牙, あれ分ってるよいろいろ, あれ切にわれ恐る, あれ初夏の夕あかり, あれ利他的であれ個人, あれ利得にもあれ, あれ利根川の水源, あれ制作される限り, あれ前川さんよ, あれ剣道であれ遊芸, あれあれ寿, あれ助七が初めて, あれは劣る, あれ勉強してるの, あれ勢家であれ路次, あれ化け狸であれその, あれであれはた, あれ北条であれ浅井, あれ北条流の蘊奥, あれ十六の初, あれ十年の長い, あれ十返舎一九であれ為永春水, あれ千人の城兵, あれ千代之助様, あれ千代助様私は口紅, あれ千本八千本の賑しき, あれ千番に一番, あれ午後になっ, あれ南北朝頃には鳥海山, あれ単独に歌, あれ危ない誰か, あれ去年の雪, あれく者, あれ叔母さんが氣, あれ叔父さんは最早, あれ叔父様まあどうしよう, あれ取押えられている, あれ取換えますから, あれであれ腕, あれ口先だけの癖, あれ口答への甲斐, あれ口答えの甲斐, あれ方家の, あれ可愛い鳥が, あれ吃驚した, あれ同じく四月十日の, あれ同一の目的, あれなんぞどう, あれ名分の上, あれ向上の途上, あれ呂昇はよき, あれ呉れればいい, あれ告白したい親し, あれ味方がいたら, あれ呼び寄せたい一心で, あれ呼吸のある, あれ和尚の背後, あれ和蘭の言葉, あれ哲学であれ必ず, あれ啜りても, あれがし, あれ喜美ちゃんが持っ, あれ喧嘩がある, あれ嗚呼村一番の, あれ嘘つきが来た, あれ四条の若, あれ回教であれ道教, あれ因業だな, あれ困窮にあれ, あれ図書館であれ読書団体, あれとしても人, あれ国是として, あれ国民感謝の情, あれ国男の君, あれ國體は空漠, あれ地図を見ない, あれ坊っちゃんを突き, あれ城山に登り, あれ基督教であれ回教, あれ場末の小料理屋, あれ墨染の色, あれによつて, あれ売っておくれよ, あれ変りはない, あれ夕顏の薄化粧, あれ外交であれ左, あれ外套であれ長靴, あれ外界の刺戟, あれ計代と, あれ多くは唯, あれ多少はうかがえる, あれ大して変わるもの, あれ大元が猛威, あれ大垣岐阜池尻の三城, あれ大変です斬合いが, あれ大変呻吟くじゃあ, あれ大層物を考へる, あれ大工であれ商人, あれ大庭常子だよ, あれ大急ぎで届け, あれ大槻のなにがし, あれ大衆の欲望, あれ天下に志, あれ天狗様が憑移, あれ天神の難問, あれ天神山で火, あれ太郎さん一しょに入りましょう, あれ奥さまが, あれ女中であれ誰, あれ女子や背戸, あれ女形は日本独特, あれ女性の缺乏, あれ女犯の関係, あれ女神があの, あれは犬, あれ好い処を, あれ好きな場所, あれ如此にし, あれ妓たちが皆, あれ妙齢の娘, あれのお, あれにもあれ, あれの口一つ, あれ姉ちゃん眼の周り, あれには子細, あれ嫌いでは, あれ嬉しや犬千代, あれの情, あれの上, あれ学士は自分, あれ学生であれ乃至, あれ学者であれその, あれ學士は自分, あれ宇宙の或, あれ下宿の, あれ安らかに吾人, あれ宗匠頭巾のま, あれ官兵衛か, あれ官家であれ豪族, あれ官教であれ一流, あれえのう, あれ実業家であれ教育家, あれ実生活においては見下げ果てた, あれ実際上彼らは, あれ客観的のもの, あれ宮廷に属し, あれが非常, あれ家中のもの, あれ家郷思遠征と吟じ, あれ容貌は悪く, あれ宿の様子, あれ密かに, あれ密教的思想又は形式, あれ富士山が, あれ対象に区別, あれ寿かれ鷭, あれてとれ, あれ射止めよと仰せられた, あれ又貴族的, あれ将門はおまえたち, あれ将門討伐の官命, あれ尊氏もここ, あれ小さい奥さまぢや, あれ小春さんが坊主, あれ小松山の神さんが, あれ小紋を着る, あれ小説であれ字, あれ許も, あれ少なくもこの人, あれ届けてもらわれへん, あれ山の下であれ起るべき時, あれ山村の農家, あれ山門の内, あれ山頂にもあれ, あれとの関係, あれであれご, あれを見され, あれ島村は劇文学者, あれを御存知, あれに右, あれ置いて, あれ己一人は所信, あれを孕ますべき, あれ希望を持つ, あれはいましめ, あれ師家は絶滅, あれ帷幕の諸星, あれみさ, あれ常磐津にもあれ, あれ常習犯で病院, あれ平家が亡び, あれ平次が現場, あれ年々歳々成長の道程, あれ年寄であれ若い, あれあれ, あれ幸あれと祈る, あれ幸い家の, あれ幸い家の者, あれ幸内が, あれ幸福であれと, あれ幾分か実行, あれ幾多の城市, あれに燃える, あれ底土にひそみ, あれにありつる, あれ式亭三馬であれ十返舎一九, あれ引っ込みのつかなくなった, あれひて, あれ強力に推奨, あれ強盜が私, あれ彫刻師であれ大工, あれなき眉, あれ役人が平素執務, あれ彼らの人口増加, あれ彼んな事, あれ彼奴らの如き, あれ彼方に迎, あれ彼村重はもう, あれ彼等が現世, あれ待避しなければ, あれの方, あれ従来の劇作家, あれ従者に勇士, あれ御前様の一日, あれ御寝ってい, あれ御簾が, あれ微温のアキリュウス, あれ徳子が何, あれ徳川勢と相, あれ徳川家の目付役, あれ心から怖いという, あれしも皆, あれ忘れてはいや, あれ忘れ物をし, あれ忠通は当代, あれ怒りであれ矛盾, あれ思想家であれ運動家, あれ性質と精神, あれ怪しき男が, あれ怪我をし, あれ恋しきものを, あれを遺し, あれ恨みはない, あれ恩顧はない, あれやんかい, あれ悉く現今の, あれ悪しくもあれ, あれ悪徳であれ, あれ情なしだねえ, あれ情火は力, あれ惜しくはない, あれであれ一切, あれひの, あれにわ, あれ愛子は葉子, あれ愛山の所謂空, あれ慈善は大いに, あれ我父母に非, あれる事, あれを止めざれ, あれ所詮は予, あれを携, あれ手厚いおもてなしに, あれ手紙であれ書かれるものすべて, あれ批判するの, あれ拵えもんですね, あれ提灯屋老の猫脊, あれ摩耶も予, あれ攀ぢる電塔, あれ支えたらば踏潰そう, あれ放して, あれ政治に参画, あれ教育家であれ絶えず, あれ散見すること, あれ敵同士じゃない, あれもなく, あれ断然受けません, あれ時代の, あれ新しい開花と, あれ新田であれ, あれの私達, あれ旗野がお, あれ日本のひと, あれ日韓合併の事, あれ旦那がお, あれ旦那さんは外国, あれ旦那様また, あれや描け, あれに怨みられる, あれ明確な刺戟, あれが飛びました, あれ春のをとめ, あれ昨日の薔薇, あれ是非その正体, あれ時流もあれ, あれ時計かねそれとも, あれ普通性でもなけれ, あれ普通民家としては相当, あれ景気の好い面白い, あれ暗くならば, あれ暴力以外のいかなる, あれ書きちらさん, あれ最前の若衆, あれ最後には必ず, あれ最早旧道徳, あれ有用のもの, あれ朝倉であれ世, あれが宮中, あれ木刀にあれ, あれ木剣にあれ, あれ末葉吹く嵐, あれだよ, あれ本人がそんな, あれ本人自体は亜流, あれ本当にさやうな, あれ本来剣術を知らない, あれ本物か, あれで唇, あれ東京市長更迭に際してこんな, あれ東国の諸, あれの陰, あれ松浦川といひ, あれ板塀にひ, あれ架空は架空, あれ案の定犬が, あれ案外に小心, あれの木, あれ見ん窗, あれ梵天丸で育ち, あれ棒鼻をそろえ, あれ検断所の手の者, あれ業苦の浮世, あれ楽屋へ逃げ込ん, あれ概して印象的で, あれ概念なの, あれ槇しばなんどの木の葉, あれ横着者めお累様, あれ欧洲語に熟した, あれ欲しいかい, あれ歓喜に撲たれた, あれ正当にそれ, あれ正成の眼, あれ正義人道に適う, あれれと, あれ此二者の常に, あれ此処はと思ふ, あれ此反古新聞の記事, あれ此奴を助け出す, あれ此念は消, あれ武士道がどこ, あれ武者修行の者此處, あれ武芸の秘伝, あれ死んではいけない, あれ死んだよ, あれ死人の踊, あれ死出三途主従一緒と思詰め, あれ死滅の運命, あれ残酷な遣り方, あれ殺すべきものに, あれ殿様がどっか, あれ程の怨も無い, あれ毛利も誉れ, あれ毛利輝元の政略, あれ氏郷は会津守護, あれぶかき, あれ水勢其処に一段急, あれ永遠は無, あれ汝アテーネーあゝ狂妄, あれ汝今立ちて, あれ汝今己が過ち, あれ汝己が翼, あれ汝戰を望ま, あれ汝等は汝等自身, あれ汝胸の中, あれ汝速かに馳せ, あれであれ街, あれかしら, あれ法門の一句, あれ泣かあ, あれ泣菫子が為め, あれ洒々落々たれ淡々, あれ洗馬であれみな, あれ浅井であれ朝倉, あれ浅間はアサッ, あれ遠くわけ, あれ海上の活動, あれ海外に遊び, あれ消防のポンプ小屋, あれり気, あれ清く純であれ, あれ清らかな空気, あれ温泉よ, あれ溌剌とした, あれにそっ, あれ滅多当に拳, あれ滅法美しい仇者, あれ滅相な其の, あれの音, あれ演劇であれある, あれ紅姫, あれ瀧口時頼が武士, あれが, あれ災害なかれしかし, あれ為永春水であれ直接, あれ名丸に, あれ無月荒涼のやみ, あれ無残な点, あれ無気力であれへんてこ, あれ無礼のある, あれ無駄なお, あれなくば, あれ煙管の催促, あれ煙草がない, あれ煙草盆も進げ, あれ照り狂ふ街, あれ照吉姉さんが亡くなる, あれ父さんそんな事, あれ父さん私も, あれ父様ですよ, あれ父樣ですよ, あれ彫師, あれ物始めよし, あれだつし, あれ独楽が見える, あれが, あれ玉島川といふ鮎, あれ王者の玉冠, あれ将軍とは, あれ現代では現実, あれ理想と現実, あれ瑠璃宮歡樂の, あれむさくるしい部分, あれ生命そのものに依らず, あれ生月さん私こそ, あれ生活人としての敏感さ, あれ生温き風一陣吹出で, あれ産業であれすべて, あれをなさない, あれ用心のため, あれ田舎娘であれ女, あれ由断がならぬ, あれ由斷がならぬ, あれ男女の間柄, あれ男子に劣らぬ, あれ町人であれ百姓, あれ日禍難の, あれ異議のあるべき, あれ疑いを容れる, あれ病みてくるしむ, あれ病魔を払った, あれ痛いよ, あれ痼疾にあれ, あれになつて, あれ療養費の仕送り, あれ発表されて, あれ白人の美しい, あれ白峰甲斐駒の諸, あれ白由党員の一人, あれ百姓であれ天下, あれ百薬に勝る, あれ皆ウ列音が使, あれ皆一種の騙, あれ皆口を揃, あれ皇居という一声, あれ皐月さかりの裝, あれの縁, あれ目明しの女房, あれ直接に当時, あれ相互に尊卑, あれ省吾さんでやすかい, あれ真さんそこは深い, あれ真実かなし, あれ真実孤児のゆく, あれ真影流の奥儀, あれ眷族であれ仮借, あれは不自由, あれ眼鼻立ちも尋常, あれ着実真摯な道, あれ着物が裂け, あれ矛盾であれトンチンカン, あれを放ち, あれ矢張り恐悦して, あれつてるくせ, あれ知りてはやすから, あれ笛の, あれにその, あれ磨き拔いた眞珠, あれ磯谷の友達, あれ社会であれともかく, あれ社会的危険はすべて消散, あれ社會の一部分, あれ祕密であれ暴力以外, あれ祝ひの席, あれ神仙でも神仙家, あれ神尾のこの, あれ神経病的なもの, あれ祭事能であれ催能, あれ祭司に豫言者, あれ秀次の心, あれ秀雄さんがまた, あれ私たちのお父さんぢ, あれ私娼の味方, あれ私達が幾度, あれやは人, あれ程には大切に, あれ程にまで云いかわし惚れた美代吉, あれ程まで水氣が, あれ程までも彼に, あれ程出血するよう, あれ程判然たる他殺, あれ程熱心に捜索, あれ程繁殖したので, あれ程背低だった, あれ程迄世間を, あれも仕, あれ稲はかの殷周文化, あれ空いていた, あれ空中であれすっかり, あれ窮愁にあれ, あれ笑談じゃない, あれ筑前とはかく, あれ筑前殿が扇, あれででき, あれ精神を照らし, あれ精神的には東夷, あれ紀州様のご, あれ捻を, あれの十字架, あれの者, あれ結局氣質が如何, あれ絳雪の来ぬ, あれ絶対無限てふも, あれ綺麗な人, あれの袴, あれ総ての人間, あれ繪畫彫刻であれ演劇, あれ義貞は戦上手, あれ羽ばたきをする, あれ羽織が片, あれ老人にもあれ, あれ聞えてたに違い, あれ聞きなさい助けてくれ, あれ聞き給え寄手の, あれ聞くと頭痛, あれ聞け横笛を, あれ聴けといっ, あれ職業をたのしむ, あれえたか, あれ肉体的のこと, あれ脇差を持っ, あれであれその, あれ腕車が二台, あれ腰巻きであれ外套, あれ臣等の一命, あれ自分たちの組織, あれ自動車競走であれチウインガム, あれ自我の名利, あれ舞台であれ苟くも俳優, あれの心臓, あれ芥溜をまた, あれの神君がまごころ, あれ花恥かしい美女, あれが身, あれ苟くも俳優たる以上, あれ苟も志を, あれ若い人達であれ, あれ若くあれ, あれ若様ではございませぬ, あれ若様拓さんは拓さん, あれであれ善, あれ苦みの様子, あれ苦痛すくなくなりし, あれ英国人であれ大して, あれ荒尾さんまあ貴方, あれ荘園その物, あれ菜蔬が出, あれ落っことし, あれ落款の印章, あれ落胆して, あれ落葉の上, あれ著者の私, あれ薄い鼠色の, あれ薙刀がはずれました, あれ藤様はここ, あれ蘭語蘭文が分る, あれだと, あれの環, あれが, あれ蜻蛉が, あれ蝉翅搨といったところ, あれ蝶々が蝶々, あれを吐く, あれ衆俗の辟易, あれ行くずらえ, あれであれやさしく, あれの方, あれ裂けた処が, あれ襖スウと開い, あれ西であれ正義人道, あれ西洋風なん, あれ要求された書類, あれ覆水争でか, あれ見たらうれしかっぺで, あれ見とくなはれ, あれ見なましじれったいよ, あれ見やしゃんせ海晏寺の, あれ見やしやんせこの雪, あれ見やれ鼠が, あれ見よやぶ椿が, あれ見るが宜, あれ見失うな, あれ覚えている, あれ親分さんそんな事, あれ親分さんほんとでございますか, あれ親分冷かしちやいけません, あれ親方が捉, あれ親方さん火が, あれ親藩であれ斬ろうと, あれもあれ, あれ言葉であれ客観的, あれ計りのもの, あれ試みに中央政所, あれ試煉の一生, あれ詩歌の唐津, あれ誇りではない, あれ認められる事情により, あれ誠実を妨ぐるもの, あれ読みましたか, あれ読んだんなら, あれ読書団体であれそれ, あれなこと, あれ一曹操のみが, あれ豪族の家人, あれ負けて置い, あれ責任感はすこしも, あれ嬢に, あれ貴僧そんな行儀, あれ貴僧那様行儀の可, あれ貴女のお母さん, あれ貴方其方からいらつ, あれ資本だに繼, あれ資本主義の矛盾, あれち得し財, あれにもあれ, あれ路次にて一旦, あれの人寄せ, あれ身分には軽重, あれ車道を拓くべからずだ, あれ辰めが一生, あれ辻屋は土地, あれ迄にしたん, あれく漕ぎ走る, あれ迷惑がる気もち, あれ追分の名人, あれ逃がしては, あれだつて, あれ遂に何ごとを, あれ運動家であれ頭領, あれ道教であれ乃至, あれ違ってい, あれ遠くより近づき来, あれ遠藤武者も袈裟御前, あれ邪険にお, あれ部下の一人, あれであれ彼, あれ醜くなるなどといふ, あれ重蔵の死後, あれのある, あれ金子などを, あれ金持ちも貧乏人, あれ金明泉のほとり, あれ金魚が死ん, あれ鈍刀の, あれ鉄道王の富栄, あれ銑さん聞えますよ, あれ鎧櫃の上, あれ鏘然と流れ落ち, あれ長くあれ, あれ長靴であれ一つ, あれ附けを, あれ閃電来り瞬く間, あれ関勝蔵の一隊, あれい闇, あれつて来た, あれ降ってるのか, あれ降伏して, あれ陸上であれ一旦, あれの旦那等, あれ雅さんそんな事, あれの栄螺, あれの竜神さん, あれが白く, あれ雪佛の堂塔, あれ青い灯が, あれ面白かった, あれ音楽がこの, あれ頃日金眸大王が御内, あれ順序は全く同じく, あれ頭領であれ第, あれ願わくは鄒子が, あれ願文の誓い, あれ風呂敷おとしましたよ, あれ風声鶴涙に驚き, あれ風情であれ底, あれ風邪であれ一切熱, あれ風雅に數奇, あれると, あれ食べたあとからだ中が, あれ首尾よく敵, あれ馴れし小月波の, あれ駄目だね, あれ駒主も, あれ驚かないんです, あれ體驗的時間の眞, あれの知れた, あれ高い山のみを, あれ高き愛の, あれ高木さんよ, あれの人, あれであれ悪い, あれが鳴く, あれ鳥影がさした, あれ鳴るよ, あれ鴉めがまた, あれ麗姫が, あれ麦酒を一二本, あれ黄金なの, あれ黒き輕舟の, あれ黒ちやん狐, あれ黒子よ, あれ黙ってい, あれ黙殺かもしくは