青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あるい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あります あります~ ~ありますまい ~ありませぬ ~ありません ありません~ ~ありませんでした ~あり得ない ~ある ある~
あるい~
あるいは~ ~あるだろう ~あるでしょう あるなら~ ~あるべき あるべき~ ~あるまい あるまい~ ~あるらしい ~あれ

「あるい~」 1089, 10ppm, 10279位

▼ あるい~ (1017, 93.4%)

56 いた 32 いると 29 行った 28 いる 27 いるの 15 いるうち, 行きました 14 いました 13 いて, ゐる 12 いきました, いった 11 いたの, いるよう, ゐた 9 いたが, いても, 行く 8 ゆく 7 いるん, くる, ゐるの, 来て, 行って, 行つた 6 いるとき, きて, くるの, みると 5 いって, きた, ゐると, 行くと

4 [13件] いくと, いましたが, いるという, いる時, ゆきます, ゆくうち, ゆくの, ゐたの, 居りました, 来た, 来たの, 来ると, 見ると

3 [21件] いきます, いくの, いたと, います, いるが, いること, いるところ, いるもの, いる人たち, いる女, いれば, おりました, ゆきました, ゆくと, わるいの, ゐました, ゐるとき, ゐるやう, ゐる私, 来ました, 来る

2 [46件] あるいて, いきますと, いく, いたから, いたこと, いた時, いったが, いったの, いつた, いては, いますと, いるかの, いるその, いるらしく毎晩, いる者, かれの, きたので, それから田植, みせた, みせて, みた, ゆきながら, ゆきやがて, ゐたが, ゐて, ゐない, ゐます, ゐるな, ゐる道, ゐる道の辺, 六貫村へ, 去年から, 少しも, 居たの, 居る, 帰った, 帰ると, 扉の, 来たなどと, 来た道, 東から, 行きますと, 行くうち, 行く時, 行つた人生の, 途方も

1 [390件] ああもう, あぜに, あたしきめ, あとは, ある豁川, いきますので, いくでは, いく人々, いく時, いたおお, いたか, いたかと, いたかを, いたその, いたつもり, いたという, いたところ, いたふたりづれ, いたもの, いたもん, いたよ, いたよう, いたらしいの, いたらちょうど, いたらどこ, いたら一緒, いたり, いたわけ, いた亡命, いた宅助, いた小倉, いた式部, いた浅井, いた痕跡, いた神崎, いた竹童, いた繭買, いた羽織袴, いた者, いた行脚, いた記載, いた遠藤技師, いてさえ, いなかったと, いましたし, いますから, いますが, いますわ, いようなんて, いらつし, いられるの, いられるよう, いるあいだ, いるお, いるお尋ねもん, いるかが, いるかも, いるこう, いるこどもたち, いるそう, いるそして, いるだけ, いるだけの, いるとか, いるとね, いるとの, いるにも, いるので, いるは, いるはず, いるぼく, いるよ, いるろう人形, いるニュウス映画, いる三浦, いる中, いる事, いる人, いる人間, いる以上, いる使番, いる修験者, いる分, いる囚人, いる土地, いる夢, いる意気地, いる日本左衛門, いる様子, いる無宿者, いる無籍僧, いる男の子, いる私, いる自分, いる虱, いる赤児, いる身の上, いる農夫, いる道, いる道の辺, いる道楽者, いる道路, いる間, いる霧, いる馬, うしろから, おいで, おいでに, おった, おまけに, おられる証拠, おりますが, おりますと, おります人物, おるん, おる様子ゆえ, お母さんに, かえったとて, かえるより, かの怪しい, きたため, きたところ, きたん, きた世路, きた源三郎, きました, きます, くるから, くるその, くるなどという, くる足音, くれ, くれないか, くれるもの, ここまで, こっちの, この踊り, この附近, この鳥, さわられたら市長, しまひけりと, すぐ前, ずん, そうしてこれ, そう親, そこい, そして夕方, そのつぎ, それから, それから仁王門そば, それとなく各室, たしかめたの, ただ麓, ったこと, ついにが, ついに死ん, とうとう芝, とるという, どうしても管狐, ひどいもの, ふたりが, へとへとに, ますが, まわる神, みかどの許へ, みせるの, みたが, みた方々, みた時, みてよ, みました, みましたけれど, みる, みるの, みるよう, もうそれ, もう向, もう向う, もらわんと, やった, やっとし, やっと山, やろうと, ゆきうしろ, ゆきふいにと, ゆきますと, ゆくおれ, ゆくこと, ゆくし, ゆくしめやか, ゆくだけ, ゆくだろう, ゆくて, ゆくほう, ゆくめくら, ゆくめくら鴉, ゆくやう, ゆく人, ゆく彼, ゆく彼女, ゆく積り, ゆく路, ゆける確信, よいか, ようやく下り, ら, らっしゃるから, わざわざやって来た, ゐたあたり, ゐたかといふ, ゐたこと, ゐたもの, ゐたよ, ゐた癖, ゐた看守, ゐた記載, ゐないかも, ゐなかつた, ゐましたので, ゐるうち, ゐること, ゐるその, ゐるぞ, ゐるでは, ゐるや, ゐるん, ゐるんぢ, ゐる人間, ゐる女たち, ゐる子, ゐる病人たち, ゐる萠, ゐる赤兒, クロの, 一円五十銭の, 一軒の, 一銭二銭の, 三歩止どまり三歩あるい, 上陸しました, 二句作つた, 交番に, 京へ, 仕舞つた, 仙薬を, 体に, 何処ででも, 來た, 傍へ, 先生に, 出ました, 出入りする, 午すこし, 参ります, 参りますと, 叔母御, 啼聲も, 墓と, 外国へ, 夜明けごろに, 天竜の, 奥へ, 娘らの, 実に気持, 家々の, 家康とは, 宿場の, 小さいミルクホール, 少し位, 居た, 居て, 居ながらも, 居ますので, 居ますわ, 居られる由, 居りましたが, 居るの, 居る様, 山の, 山地密造酒を, 帰らぬこと, 帰りながら, 帰りました, 帰るまでじゃ, 帰るよ, 帰るより, 床の, 庭園も, 彼方此方に, 後架へ, 御馳走を, 思いも, 急に, 悲しや, 所々の, 折々こんな, 日の入りは, 日を, 普通の, 暫時佇立んだ, 最後に, 本所まで, 来そこで, 来たじゃあねえか, 来たので, 来たもの, 来た彼, 来た御難, 来た所, 来ましたので, 来ます, 来るところ, 来る一人, 来る二人, 来る姿, 来る間, 来六兵衛, 枯れた蘆, 椅子に, 楡と, 楽しさ, 歩いて, 残して, 江戸へ, 海女の, 涼しい風, 漸く其日, 灯の, 無駄な, 焼けた親類, 玩弄に, 生きた鯉, 町で, 百日の, 示威運動を, 築城にも, 終ひ, 肩を, 育てて, 腹が, 薬師堂の, 藤の, 蚕を, 蟹を, 行かなければ, 行きます, 行き人気, 行くうしろ姿, 行くこと, 行くじぶん, 行くの, 行く人々, 行く先々, 行く処, 行く方, 行けと, 行ったが, 行っては, 行っても, 行つたらう, 袴腰という, 見た, 見たが, 見たら又, 見た折, 見ろ死骸, 見送りましたが, 言いました, 諸所の, 賓客を, 赤羽まで, 路傍の, 踏みとどまり, 遁げたのです, 遊ぶ人々, 道の, 遠くから, 野口まで, 銭の, 隣室の, 電燈の, 電車の, 非難を, 頂戴, 頭脳が, 頭陀袋ふくれた, 食物が, 馬と, 馬鹿も, 黄牛を, 黄金いろ

▼ あるいても~ (25, 2.3%)

2 あるいても, わずかに

1 [21件] いいだろう, いいの, いぬころぐさ, お鷹, かまわン, じれったいばかり, ぺんぺん草, やっぱり一人坊, わたしを, 分らないん, 十五六里から, 参事は, 古往今来一匹も, 常にぶら下げ, 揺れて, 眼を, 背延びを, 落ちて, 蛇に, 見られる, 誰にも

▼ あるいては~ (19, 1.7%)

1 [19件] しゃがみそして, ちから, どうじゃ, ならないという, 二歩で, 五歩退き, 休みして, 十歩もどり, 同行に, 困りますって, 息を, 拾い集める職業, 数歩もどり, 立ちどまって, 立ちどまりした, 立ちどまりまた, 考へ, 考へ二歩, 腰を

▼ あるいたり~ (16, 1.5%)

2 して, しました, 気の毒な 1 あぶなくなった, した, した幻, ただの, また手伝っ, 仁義を, 冷たい墓地, 畑に, 見たり, 高く歌っ

▼ あるいてさえ~ (2, 0.2%)

1 居れば, 落ちそう

▼1*

あるいしおらしげな, あるいたりはしない, あるいちゃいけない, あるいてかよつたお陰で, あるいてね森の, あるいてばかりいるん, あるいてをりました, あるい人間と, あるいです, あるい後日の難儀