青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ありました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あらん~ ~あり あり~ ありあり~ ありがたい~ ~ありし ありし~ ~ありまし ありまし~ ~ありました
ありました~
~ありましょう ~あります あります~ ~ありますまい ~ありませぬ ~ありません ありません~ ~ありませんでした ~あり得ない ~ある

「ありました~」 3092, 30ppm, 3923位

▼ ありました~ (1483, 48.0%)

32 それは 22 私は 13 今は 12 それが 11 これは, その中, それを, 私の 10 それも 7 あれは, 後には 6 この人, それよりも 5 その時, その頃

4 [11件] いずれも, いまは, これも, そのうち, その人, そんなこと, 二人の, 今度は, 大抵は, 後に, 霧が

3 [15件] ここへ, そこへ, その代り, それに, それには, 不幸に, 事実は, 今日は, 多くは, 平次は, 彼の, 彼は, 日が, 相手は, 自分の

2 [69件] お宮の, お駒, ここでは, ここに, この新, これを, しかしこの, しかしそれ, そういうこと, そうかと, そこから, そこの, そのお, そのため, そのとき, その以外, その家, その度, その後符君の, その日, それとても, それらの, それらは, ともかくも, どういうもの, どれも, まだ私, やがて平次, やっぱり時々噴火, わたしは, われわれは, 一家全部何を, 一度鏡を, 下女の, 不幸にも, 今度の, 何かの, 僕は, 僕を, 吾妻屋さんに, 夜中に, 女の, 実際は, 彼女は, 御自身, 性の, 惜しいこと, 日蔭者の, 時と, 朝に, 本人は, 桜子は, 此の, 煙草を, 父の, 父親が, 物置から, 甥菊之助を, 確に, 私が, 私としては, 綺麗に, 肝腎の, 腰から, 計らずも, 身分の, 近頃は, 重なる, 龍の

1 [1087件 抜粋] ああいう, あと一文も, あなたも, あの娘, あの峠, あの應神天皇, あの時, あの近所, あまり旗色, ある學者, ある部屋, あれからが, あれで, あれに, あんなに堂々と, い, いけません, いたって, いちばん魚問屋が, いつしか流行, いつの, いつも剥製, いつ帰っ, いまそれを, いま思い合わせ, いや何しろ, おきいち, おじさんと, おやじが, お姫さまが, お崎, お敏, お蝶, かうした性格, かなり酒量, けれどもところどころ, こういう先生, こう事, このいのちがけ, このひな子, このハイランド, この一個, この六十日, この古い, この場合, この女, この小坊主, この広い, この時, この殺人光線灯, この生命, この通り, この間に, この頃, これが, これ等を, こんどといふ, こんなこと, こんな冠, こんな部分, さうし, さすがは, さてかんじん, さて相手, さりとて今さら, しかしかう, しかしとにかく, しかしもともとしっかり, しかし右門, しかし幸, しかし附き合い, しかもそれ, すぐに, すっかり減っ, すでに青年, すべての, そういう人, そういう奴, そういう過去, そう言われ, そこからは, そこにも, そこまで, そのあるもの, そのからす, そのころ, そのたび, そのとき玉屋, そのなか, そのま, その一番底, その二日目, その他の, その位置, その内, その可愛, その団長, その夜十時頃, その奥さん, その子, その対象, その当時, その後どう, その後思う, その御, その心配, その忰平太郎, その文字, その時代, その暗い, その林泉寺, その殆ど, その清らか, その狐, その理由, その直ぐ, その知識, その私, その純真, その葛籠, その見識徳望, その軽焼屋, その間に, その顔, それから少年, それぞれの, それでいてそれ, それでは余りに, それでもこれ, それでも一生けんめい, それでも大, それでも頬, それにも, それほどの, それらも, それ以来急に, そんなん, たいがい事情は, たいへん役, たしかな, ただいま, ただ一つ不足, たったそれ, たま, たまたまその, だから右門, だんだんきい, ちょうど彼, ついに金持ち, つぶらな, できうべ, でもなか, とうとう終いま, とにかくひとまずお断り, ともあれ一騎, ともかく二十億円, どういふ, どうか世間, どうしてもその, どうもその, どうも池袋, どうやら続け, どこへ, どの新聞, なかでもいちばん重要, なかなか承知, なかには, なごやかなやさしい, なにしろ右, なにしろ山坂, なにしろ豊公, なにぶん解せない, なるほど私共, なんだか働く, のこったやつら, はっきり申し上げる, びっくりする, ふたりとも, ふと考え, ほかの, ほんとうに, ぼくは, まあ大抵, まずだいいちに, また中, また妙, また明るく, まだ中学, まだ毒蛇, まったく何, まるめること, みんなお母様の, みんなそろっ, むかしで, むつつりと, もう少し根本的, もう私, もっとけっ, もっともすぐれた, もとはと, もともと牛馬, もの事と, やがてお, やがてまた, やがて取り直した, やって, やっぱりわかりません, やはりほんとう, やや小声, よく主人, よびだしの, わけて総領娘, アッカという, アルミニユームで, カリヤスという, ジェンナーの, ソレカラ愈, パパンのよりは, フランス中部鉄器株式会社なんて, ボーシスが, モーニングの, ラヴィニアは, 一人の, 一体に, 一夜の, 一度には, 一彦の, 一日一日と, 一體官職といふ, 三人とも, 上さん始め女中達まで, 上手に, 上海で, 下の, 下僕たちの, 不思議な, 不縁に, 世間や, 並みいる連中, 中味は, 丹後守という, 之は, 九蔵の, 乱酒故に, 事に, 二十二歳で, 二十円という, 二度目に, 二週間ばかり, 云々と, 五人は, 交通が, 京都の, 人間が, 今さきに, 今しも, 今や神, 今作る, 今度のは, 今日に, 今更そんな, 今村氏は, 他の, 仙太郎親方も, 伊之さんは, 伝六は, 何か, 何でしょう, 何れも, 何方に, 何気ない様子, 併し, 俊夫君が, 傍に, 元の, 兄が, 先刻の, 先生は, 兎も, 全然無関心, 六十五歳で, 兵力は, 兵馬と, 其の筆法, 其は, 其処を, 其發起人は, 其處には, 内村氏の, 凡俗と, 初陣の, 前の, 前述した, 勿論この, 北陸路を, 十年の, 南郡には, 却って其の, 却つて御, 又一面, 友人を, 古びたじゅばん一枚, 同じ取り, 同一の, 同時に弱虫, 同時に私, 同時に近頃支那, 和太郎さんは, 問屋からの, 在方の, 地所と, 地理的に, 壁画の, 多年の, 大きい方, 大な, 大体穢多, 大名の, 大変谷村さんには, 太之, 女にも, 女達の, 如何です, 妥協の, 姉さん大丈夫かい, 委員は, 嫁いで, 学問文藝美術工藝は, 宇野氏は, 宋以後は, 宝永五年に, 実に繁昌, 実を, 室内の, 家内が, 寒い国, 将軍継承問題では, 小山内さんが, 小浜兵曹長の, 小野の, 少のうございました, 山の, 州の, 常には, 年々歳々感ずる痛には, 幸い切り口, 幾つもの, 店の, 弘法大師が, 弥右衛門は, 当局大臣も, 当時固陋の, 彫刻家としての, 彼女の, 後宇多天皇, 従兄が, 御熱演, 御維新, 心ならずも三人, 心掛けが, 怖いほど, 思い出しました, 思う念, 急いで, 悪戯好きな, 態度が, 成年に, 或る, 手術を, 手足が, 折しもこの, 拂ひました, 支那人が, 政府筋の, 敢て, 敬さんが, 敷金なし, 文學は, 新しい時代, 新紀元社, 日向水の, 日本左衛門の, 日本機が, 早くも, 明治の, 昔は, 昨今では, 昨日にな, 是は, 昼間疲れ, 時には和算, 普通には, 更にそれ, 書画も, 最初から, 最近は, 朝野の, 本当か, 本当の, 本當, 李さんは, 来る女中, 果してそう出来るなら, 棺桶では, 極めて小さな, 次第に社会, 此は, 此所へ, 此野崎の, 歯が, 殿さまは, 民國にな, 水で, 決してお, 海は, 海岸近くに, 湯武以來は, 無茶先生の, 然し実は何, 燒けた後で, 父は, 犬の, 王安石は, 甚兵衛は, 生前名ある, 田中君の, 由が, 男の子と, 町の, 発句については, 目が, 相手が, 相談相手とても, 真偽の, 短いの, 確かな, 祖母は, 神田駅の, 祭司次長は, 私どもにとって, 私を, 種を, 空には, 米友は, 粕谷は, 純然たる, 絵馬は, 編輯記者とも, 罪を, 羽田玄喜という, 翌日は, 耳にも, 肝心の, 背に, 能を, 自分が, 自分は, 船の, 花の, 花よめ, 花火の, 若い行人, 英吉利も, 著者が, 薄暗い光, 藤崎さんは, 西村氏は, 見かけまして, 見るからに, 言葉を, 詩について, 誰の, 諸条件, 谷村博士を, 貴方の, 身祿さんに, 迎えて, 近ごろ江戸につれ, 近頃ハタ, 通夜の, 遅くも, 道のりが, 都会から, 都合に, 野原が, 金廻りの, 鍵を, 長い冬, 開いて, 闇を通して, 阮東は, 随分辛辣, 雪が, 非常な, 面倒くせ, 顔や, 風の, 首に, 鰯は, 麻薬中毒では

▼ ありましたから~ (385, 12.5%)

7 です 5 それを, 私は 3 お角, これは, すぐに, で, 兵馬は

2 [17件] これを, して, そこから, その人, それに, ほかの, みんなは, 中には, 兵馬も, 右門は, 提灯の, 最初は, 目が, 訂正し, 金が, 長次氏も, 馴れると

1 [319件] あけるつもり, あなたに, あなたも, あなた方は, あの人, あや子は, いい医者, いい気, いくら一生懸命, いくら織っ, いくら雨に, いっそう騒ぎ, いつしか五ひき, いづれの, いまこんな, いやだ, おじいさんの, およろこび下さいまし, お吉, お君, お呼びしました, お家の, お島婆さん, お徳さん, お松は, お磯, お答え申し上げます, お花, お角さん, お話し申しましょう, お銀様, かえって花, かもめには, かれら, きっと今ごろ, けっして異様, こいつに, こういう場合, こう風, このかぎ, このとき, この以外, この図, この声, この御, この日, この荒々しい, この豊島, これから二三日, これも, こんな立派, さしあげるもの, さすがこの, さては向う, さなき, さのみ, しばらくそこ, すぐお送り, すこしぐらいの, すばやく右門, すべての, そう致した, そこに, そっくりそのまま転読, そっとそこ, そのつもり, そのまま帰りました, そのシェイクスピア紹介, その名, その流れ行く, その縁外, その返事, その重み, その間羅府の, それが, それで十分, それらの, そんなら, たいへんいい, たしかにその, ただ一人, たぶん生国, たまたまあめ, ちょうどうちわ, ちょうど日露戦争, ついには, つとめて, でご, です私, どうかし, どうかと, どんな近道, なかなかたいへんな, なつかしそう, なに不自由なく, なんとなく脱, ひとみを, まあ二膳三分の一位, まごまごし, またかと, またゾッと, また居間, まだそれ, めざとくそれ, もう私たち, もしその, もし金, やがて辞儀, やはり池, やむなく退出, ようすを, よく神様, わかりませんけれども, わが仏教徒, アリ, カインの, ケーは, サラセンの, チョコレートの, チヨイと, トラックの, ハッと, パンと, ホッと, レバノン, 一ちゃんに, 一席の, 一度もう, 一旦従っ, 一般の, 七兵衛が, 三枝ちゃんの, 不意であった, 不足なく, 世間の, 世間は, 両親の, 九兵衛も, 二たび三たび驚異の, 二十九日は, 五人の, 京の, 今年は, 今度の, 今日は, 今日も, 今自分, 仕事には, 伊太夫も, 伝六にも, 元の, 兄が, 先に, 光は, 兵馬と, 写真版に, 凡ての, 出ますと, 刑吏について, 北海道で, 十日間に, 博士の, 取って, 口笛が, 只今から, 台所の, 右を, 右門が, 名人閑日月の, 四方から, 土佐の, 地金と, 堕胎間引きの, 外のと, 外を, 多少は, 大事に, 大変家の, 大食國とは, 太郎は, 太陽が, 夫婦は, 奥と, 女中は, 女子供までが, 女房は, 好便, 娘は, 安くも, 宗祖大師が, 実はお, 実は今日, 家に, 寒い寒い氷山, 寝酒の, 審判官は, 小児の, 小官は, 小鳥も, 市五郎が, 帆村から, 帯に, 帰って, 幕府の, 年ごろの, 弁信が, 弘法大師の, 当時の, 彼は, 後には, 後輩も, 御次男, 心で, 心細くなっ, 応じて, 快く引受けました, 忽ちあらゆる, 思わず歩み, 急いで, 悲哀の, 憤慨し, 或いは本当に, 支倉を, 支度を, 政雄は, 敢て, 日頃の, 日頃は, 旦那様の, 早くなくならない, 早速先方, 昔は, 星は, 春さきの, 時を, 最上の, 有合わせの, 朝晩き, 本当はこの, 村の, 果せるかな, 検挙し, 機嫌よく, 次郎は, 正雄の, 正雄は, 此の, 歩くの, 死んでも, 殿さまに対して, 母が, 母親は, 毎日十頁ずつ, 気味が悪うございました, 氣が, 泣いて, 清河は, 源次郎如き, 無上の, 然ら, 父が, 父に対しましても, 父親に, 父親は, 独楽合戦を, 独隠れ, 瓦葺きの, 生きて, 田舎に, 町の, 病気に, 百姓町人らと, 盗られたとしても, 直ぐに, 相当の, 社長に, 私たちは, 秦の, 竜之, 米友が, 米友も, 粗忽を, 粟つぶを, 老人は, 聴きますと, 自動車で, 自然歴史上の, 色の, 苦しいこと, 華やかな, 血の, 街の, 表向きの, 言葉を, 証拠は, 試みに, 誰ひとりとして, 講義が, 貧乏人は, 貨車の, 通りかかった兵馬, 連立つても, 道庵が, 道庵は, 道庵も, 遠慮し, 遠慮に, 金の, 金剛智三藏が, 鉱山の, 関守氏が, 闖入者も, 集まって, 雪洞の, 非常に, 音羽は, 駒井は, 驚きました, 鶏たちは

▼ ありましたので~ (233, 7.5%)

16 私は 10 それを 3 そこを 2 そこから, そこに, そこへ, 少年は, 急いで

1 [194件] あなたの, あの婆さん, ありにとっては, あるいはあの, あれから, いっそ蹴殺し, いよいよいぶかし, おのずからひけまし, お二人, お待ち申し, お金以外の, かねがね調べ, からすは, こちらでも, こちらへ, この一派, この時, この論文, これからちょっといっ, これでも, これを, すかさずに, すっかり移転, せう, せうが, そこは, そちらへ, そのお金, そのなか, そのポルトガル商人, その中, その影響, その意味, その教会堂, その方, その湾内, その理由, その紹介, その解釋, その道には, その重かっ, それが, それで私, それに, そんな目, たしか旦那さま, だいたい数を, ちょうど震災, ついしかた, つい御無沙汰, つえを, なおのこと酔いました, ねずみは, びつくりいたしました, ふたりは, まあ綺麗, またも, みなその, みんなは, もしこれ, ようすを, よく写生用, わしは, わたくしお, わたくしの, アアミンガアドも, ガッカリしました, ザヴィエルが, ツイあんな, トロちやんは, ニールスは, ネネムは, ハッと, ヘルンは, 一二行うつす, 一同は, 一彦の, 一緒に, 一行は, 七日間の, 三人は, 上作とは, 不審から, 主人と, 主治医を, 久し振りに, 乗りつけるや, 二人で, 二人とも, 二人の, 二人は, 人に, 人びとは, 今は, 今急, 今日でも, 今朝から, 伺いましたよう, 伺った訳, 何かと考え, 何くれと, 何時行っ, 何気なくそれ, 例の, 先ず事実, 先程から, 兵曹長は, 其事が, 其処で, 其所から, 其術が, 出掛けたあと, 切符を, 参りましたが, 友人から, 右門も, 四辺が, 塵も, 多くの, 大尉の, 失望しました, 女は, 室の, 家内だけで, 小林君は, 小田さんは, 小田刑事と, 小町は, 少し前, 崖の, 平常も, 形勢全く, 彼は, 心惜しく, 思わずそちら, 思わずはっと胸, 怪塔王に, 成田へ, 或雪ぐもりの日, 拙者数人の, 推されながら, 改めて, 敵か, 早乙女主水之, 早速そこ, 昨夜より, 昨日私は, 昨晩庭先まで, 昼間は, 暫くの, 最後の, 月は, 東京市中は, 柳仙夫婦は, 次から, 玉塚商店の, 現在も, 甚兵衛は, 由の, 町は, 百姓達は, 相談に, 私からも, 私が, 私どもは, 私の, 私も, 箱の, 聞くやいな, 職員室に, 胸を, 自分が, 自殺だ, 自然私も, 茶菓の, 薄暗い所, 見物に, 試みに, 詳しい事, 誰も, 貧乏な, 買つて參つたのでございます, 近所の, 近村に, 遂に大人, 達吉に, 遺言と, 部屋の, 開業後半年に, 陶器の, 頭に, 駆けよって, 鳥渡触りました, 黒沢尻で

▼ ありましたけれど~ (121, 3.9%)

2 いまは, その日, それが, 顔の

1 [113件] あとから, あまり顔が, いかに新, いたって人, おりには, お嬢様に, お松は, お絹, お銀様, ここは, ここへ, こちらは, この小さな動物, こまどりは, しかもお, しばらく黙っ, ずいぶん長く, そう云う, そこに, そのため, そのため伯爵, その人, その折, その晩, その未練, その身体, その鉄砲, その間は, それだけの, それでも十九, それとて, それは, そんなら, つねにいい争う, とにかくついに二人, とにかくライオン, ともかくも, どういうもの, どこかの, どこで, なお相当, なにしろ年の暮れ, はじめてこの, ふと恐ろしい, また辰吉, まだ早い, やはり友だち, ようすも, わたしは, アムンセンは, ゲルダにとっては, 世界中に, 中の, 主は, 二人は, 人の, 今は, 今宵の, 今日山崩を, 他方に, 何か, 何しろもう三十年, 併し, 偶然妙な, 僕が, 元の, 元来ホテル, 先にも, 兵馬は, 其処に, 前のとは, 北の方から, 四人は, 女王としての, 実は初対面, 尾張の, 川の, 弁信は, 弟の, 弥太郎翁は, 彼女に, 意想外に, 捕り物, 旅から, 日の, 昨今の, 林の, 果して警察, 柬埔寨風に, 毎日毎日仕事も, 決して動こう, 深いなさけ, 清澄の, 源様という, 皆余りに, 相手は, 確に, 私には, 私の, 笑ったもの, 紀介様との, 約束通り彼女の, 美佐には, 考えても, 聞いたところ, 菜っぱの, 虫が, 調子に, 近頃は, 返らぬ昔, 這い起きて, 門付けを, 雨も

▼ ありました~ (83, 2.7%)

5 それに 2 それを, やっぱりはじめ, 男の

1 [72件] あなたの, あるもの, いまでも, いろいろな, いろんな野菜, うしろの, おひとり旅, ことに佐平次, ことに絵画的場面, こどもたちは, この後間違い, さっきは, その上, その作, その頃, それが, それにあんな, そんな流行病, とりわけ古島さん, なんだかいろんな, またいろいろ, またお, またきわめて, またそういう, またその, または老人, またわれわれ人間, また呂将軍, また土地測量, また時々, また省, まだ風習, みんなは, わたくしたちは, テーブル掛は, バリカンで, ユーゴから, ラフカディオ・ハーンの, 一日でも, 下の, 二年前には, 又医師, 又時々, 問題の, 場所も, 大小さまざまの, 大島方面にも, 将来に, 彼は, 後には, 御給仕, 日本人の, 更に会社, 現にわたし, 生きた一人, 男は, 私にも, 私の, 窪川鶴次郎さんの, 第一, 筋の, 美代子の, 谷村さんには, 農商の, 近くに, 部屋の, 雨の, 電気会社には, 非常に, 香りも, 馬が, 駅の

▼ ありました~ (74, 2.4%)

21 です 3 ですが 2 さ, じゃ, でございます, は

1 [42件] か, かえ, か次に, が川水, が店, が正月, が私, が風, じゃ当然, その方, でございましょう, でございますか, でしょう, ですお前, ですか, ですから, ですけれど, と一人, はいま, は多分, は天地, は明らか, は春部梅三郎, もた, も来た, も考え, やっぱり士官, を, をそっと, をやう, をやはり, をようやく, を図らず, を嬢次様, を私, を見, を讀んだ, を陣, んが, んに, 気が, 覚えて

▼ ありましたけれども~ (64, 2.1%)

2 ここに, これは, それは, 大きい穴

1 [56件] あれは, いまだまとめ, お子さんが, この提灯持, この辺, さらに実地, しかも大股, すこしは, その人, その問題, その山脚, その時, それでも歴史, それとても, それによ, そればかりじゃあ, それも, それを, どうも戦乱, なるべくなら, ひが, まだどこ, まだ尽さぬ, みんな断っ, シナ政府の, ハッキリした, 不幸に, 中でもお, 二里ばかり, 何分雪, 十年も, 問題自体が, 大同小異我が国は, 学校の, 将来また, 尋常の, 川柳にも, 帽子は, 弁信は, 彼の, 彼女の, 斯う, 新劇連動の, 普通は, 父だけは, 生きんが, 私の, 私は, 結局お, 結局逃げた, 自分の, 詩の, 豊島が, 身の丈は, 郷里の, 鍬を

▼ ありました~ (50, 1.6%)

16 親分 2 あれを, 親分主の

1 [30件] あなたの, あなたは, ありましたよ, いくらなん, うんとなってる, さいしょは, すぐ願います, もう八九年, やっぱり今, ウへ, ヘエ, 一つ, 下女の, 伜が, 倅が, 其が, 出口の, 女道樂が, 尤も風呂場, 床板を, 持って, 無くなしたなんて, 燈臺下暗し, 直ぐ願, 立ちふさがった奴, 花火筒の, 親分さん, 親分火箸と, 親分藍染川の, 阿賀妻どのは

▼ ありました~ (47, 1.5%)

53 旦那 2 どうでした, 御主人, 知ら, 親分, 親分さん

1 [29件] お母さんそんな, このよう, この水, して, しれません, それともくま, それとも全く, それは, どうだ, もう大丈夫, よくは, 動かしは, 千々に, 只石礎ばかり, 存外此, 家中の, 御内儀, 斯う, 日本に, 東京府の, 死体の, 死體の, 浪さん, 煙草入も, 竹取りの, 花房君, 誠に, 軽率の, 釈迦八相でありました

▼ ありましたもの~ (24, 0.8%)

7 でしたから 5 ですから 21 かよく, かレミヤ, か丁度, か燭台, が八時過ぎ, でそれ, と見, どのよう, ね, をほんとに

▼ ありましたそう~ (23, 0.7%)

73 です 2 にご

1 [11件] でご, ですが, ですな, です呵々, でそうして, でそのうえ, でジミ, で早速, で津田玄蕃, な, なわけ

▼ ありました~ (17, 0.5%)

1 [17件] あのがんりき, あの女, あの時, あの時分, あの様子ぢ, そういう事実, そこから, そのとき, それも, どういうの, もちろん船, 今度帰つた時探し, 御覧に, 海浜の, 親分飛込ん, 覺えて, 長いこと何

▼ ありましたそれ~ (13, 0.4%)

1 [13件] から驚い, がわたし, が宿はずれ, が明治, が私, が縁, だの, と同時に, はりんりん, は伊勢, は意地悪, は水害, 故急い

▼ ありました~ (13, 0.4%)

2 自白した

1 [11件] いう, それは, 一々報告, 串戯にな, 云うで又, 云って, 告げられて, 描写報告が, 書いてるよ, 解釈すべきで, 言えば

▼ ありましたこと~ (12, 0.4%)

2 を自ら 1 いまさらもうしわけ, か, から起った, で, はあなた, はよく, ゆえ島, らしくひでよ, をわたし, 故私

▼ ありましたよう~ (12, 0.4%)

41 であなたさま, です, ですから, ですが, ですけれど, にずっと, に当, に進駐軍向け

▼ ありましたけど~ (11, 0.4%)

1 [11件] この頃, そのため, ちょうどそんな, でもあなた, どうせ軍需会社, よく事情, 主人の, 夫が, 妊娠した, 決して馬鹿, 甘ズッパイ

▼ ありましたため~ (11, 0.4%)

1 [11件] いろ, その跡, でご, にお母様, にお釈迦様, に公然, に出来上り, に知情意, に自分達, はっきりその, 我が君

▼ ありました~ (10, 0.3%)

4 せう 2 せうか, せうが 1 せうし, せうな

▼ ありましたのに~ (10, 0.3%)

1 かんじんの, この事, この鼻唄, その時, それを, よく見る, 亡くなつたお父さま, 今日は, 御思案, 義務を

▼ ありましたっけ~ (8, 0.3%)

1 がその, がそれ, がちょうど, が二人, が先刻, し, ネエあの, 佐佐木信綱先生の

▼ ありました~ (8, 0.3%)

2 に御 1 すぐに, にちょうど, にもそこ, に主人, に幕府, も忌中

▼ ありましたこれ~ (7, 0.2%)

1 です, と雪, によってユトランド, はユトランド, は悪い, は水道端, は相当

▼ ありました~ (7, 0.2%)

2 ですけれど, ですよ 1 でしょう, ですかねえ, ですが

▼ ありましたがね~ (6, 0.2%)

1 さあ来ました, しかし多数, それよりも, なかなか聡明, 今日という, 親分

▼ ありましたその~ (6, 0.2%)

1 ために, とき彼は, 女は, 方が, 時は, 節は

▼ ありましたところ~ (6, 0.2%)

1 から去来, から無医村, でお, にし, の貧しき, へ懸想文

▼ ありましたもん~ (6, 0.2%)

2 ですから 1 でがしょう, でそれ, でッ, のそ

▼ ありました~ (6, 0.2%)

1 がふと, のあなた, は一, は急い, は眞夜中, は頭

▼ ありましたこの~ (5, 0.2%)

1 ことについて, 佐伯部も, 前のは, 時こそは, 絶頂は

▼ ありましたとも~ (5, 0.2%)

1 こんなに綺麗, 一昨年の, 大ありだった, 日本の, 沢山ありました

▼ ありました~ (5, 0.2%)

1 でございます其の, はほんとに, を, を念, を興

▼ ありました~ (4, 0.1%)

2 文櫃は 1 声に, 部屋さまには

▼ ありましたかと~ (4, 0.1%)

1 尋ねた, 尋ねると, 思いますが, 言って

▼ ありましたとき~ (4, 0.1%)

1 にもだれ, に今, に子供衆, もわたくし

▼ ありましたとやら~ (4, 0.1%)

2 またそのうち嘸かし色々 1 お麁末, でござるが

▼ ありました~ (4, 0.1%)

1 しても, せよ何とか, 相違ございません, 違いない

▼ ありました~ (4, 0.1%)

21 けお待ち, てちょッ

▼ ありました~ (4, 0.1%)

2 泉水の 1 父皇子が, 迷惑かも

▼ ありましたあの~ (3, 0.1%)

1 とき木の葉に, 一寸入った, 竹垣の

▼ ありましたうえ~ (3, 0.1%)

1 にまだ, に名利, に性質

▼ ありましたかも~ (3, 0.1%)

1 しれませんが, 知れましねえ, 知れませんが

▼ ありました~ (3, 0.1%)

1 お稲荷様, っ, 舟が

▼ ありましたそして~ (3, 0.1%)

1 これは, だん, 檢事は

▼ ありました~ (3, 0.1%)

1 あなた様は, 伯爵, 私等が

▼ ありましたはず~ (3, 0.1%)

21 じゃ

▼ ありましたやう~ (3, 0.1%)

1 でありますが, で四十九日, で是

▼ ありましたゆえ~ (3, 0.1%)

1 ご機嫌, に地, もしやと

▼ ありました~ (3, 0.1%)

1 です, に思ひます, に新島先生

▼ ありましたうち~ (2, 0.1%)

1 の男衆, はまだ

▼ ありましたかしら~ (2, 0.1%)

1 そしてどう, ちつとも

▼ ありましたからな~ (2, 0.1%)

2

▼ ありましたがと~ (2, 0.1%)

1 つい数日前, 何気なくきりだしたい

▼ ありましたがな~ (2, 0.1%)

1 こんな処, ア

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 ういふ事, ういふ風

▼ ありましたしも~ (2, 0.1%)

2 少しの

▼ ありましたずっと~ (2, 0.1%)

1 おいでなさい, 昔に

▼ ありましたせい~ (2, 0.1%)

1 か右, か食物

▼ ありましたつけ~ (2, 0.1%)

1 ね, ねお

▼ ありましたという~ (2, 0.1%)

1 のは, ような

▼ ありましたとの~ (2, 0.1%)

2 ことで

▼ ありましたのでな~ (2, 0.1%)

1 そこへ, 何気なくひょいと

▼ ありましたのでね~ (2, 0.1%)

1 それで妾, 咄嗟に

▼ ありましたまだ~ (2, 0.1%)

1 お藥, 一枚のこっ

▼ ありましたものの~ (2, 0.1%)

1 じつは女殺し, 私は

▼ ありましたよって~ (2, 0.1%)

1 すうッ, 知らん間に

▼ ありましたろう~ (2, 0.1%)

1 がその, に当時持

▼ ありましたんで~ (2, 0.1%)

2 親分

▼ ありました其の~ (2, 0.1%)

1 小説は, 言葉に

▼ ありました十一月~ (2, 0.1%)

2 に九ヶ度

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 は六十幾歳, も十一月ごろ

▼ ありました強盗~ (2, 0.1%)

2 だのギャング

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 はそこ, は落着

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 に殘つた證據, のこと

▼ ありました愛ちやん~ (2, 0.1%)

1 は其, は聲

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 にオーカミイナリ, に当時児玉郡

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 から私, れは

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 一あいつは, 一彼奴は

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 で, です

▼ ありました~ (2, 0.1%)

1 はいか, はひとつ外

▼ ありました青木淳氏~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ ありました~ (2, 0.1%)

2

▼1* [197件]

ありましたあなた様の感想談, ありましたあれは慥か, ありましたいま怪塔王が見, ありましたえらい騒ぎで, ありましたお話の人情, ありましたかいみんごと三百両, ありましたかという事は, ありましたかとばかり全く過去, ありましたかな探偵, ありましたかはご存知の, ありましたからか爺さんは, ありましたからとぼとぼと下, ありましたからははあこれ, ありましたくらいであります, ありましたこれからちょっと田舎, ありましたけれどもそれでもってお, ありましたけん動顛し, ありましたこういう話な, ありましたこうして自由なる, ありましたここは琵琶, ありましたころは布地, ありましたさかいそれ眼エの, ありましたしかし木材の, ありましたすぐ後の, ありましたずいぶん辛いこと, ありましたそのいわゆる八万騎によって, ありましたたしか十一か, ありましただけそれだけにその, ありましたってどこも, ありましたでもわたくしは, ありましたとおりそれとなく看, ありましたとか何, ありましたとかと村へ, ありましたときこれはいかにも, ありましたとき私はむろん, ありましたところがあには, ありましたところ妻の愛, ありましたところ母うえが着せ, ありましたとしても自分が, ありましたとてもそこが, ありましたともかく僕は, ありましたなおその地方, ありましたなぜと言つて, ありましたねえ何か, ありましたのねイ, ありましたのねと奥さんは, ありましたのみならず僅か, ありましたのよお父さま, ありました偽りか, ありましたはずあれをごらん, ありましたもの今は非人, ありましたゆえそれがし, ありましたゆえわたしどもは怖い, ありましたゆえ一人はこの, ありましたゆえ光を発した, ありましたゆえ婚礼はもう, ありましたよね屋敷の, ありましたずっとずっと昔, ありましたわたくしはその, ありましたんでねなにげなく親分, ありましたソレにも拘わらず下さる, ありましたソンな人, ありましたけお待ち, ありましたトムさんは不審, ありましたナゼ任土貢を奉らない, ありましたヌタの皿, ありましたフォレー・ノアールの鹿, ありましたポンプという大きな, ありましたランプの光, ありましたで捨ても, ありました一封の手紙, ありました丁度吉澤博士の, ありました世間ではかう, ありましたに別して, ありました乙羽庵は始め二橋散史, ありました事ゆえ御会見, ありました二人の愛兒, ありました二匹捕つて三匹目, ありました二日ほどまえ, ありました二階は私達, ありました京都帝国大学福岡医科大学と申しました, ありましたが善心, ありましたでは浅草, ありました今朝も直吉, ありました他人に対して, ありました伊勢崎の安い, ありましたです, ありましたのつもり, ありました何んといっ, ありました先ずという心持, ありました八犬伝のお話, ありました千葉弥一郎さんから承ります, ありました南家の儒者, ありました博士の御, ありました去年のこと, ありました其眼も, ありました友禅の長じゅばん, ありました古い経机が, ありました合口を取っ, ありました吉原の大門, ありました向こうも何とか, ありました図体ばかりで, ありました土地のこと, ありました場合にはこちら, ありました大きな岩を, ありました大臣と申します, ありました奥さんの字, ありましたはいつか男, ありました妙見のお, ありました嬉しさに, ありましたの多, ありましたでありますが, ありました専門学校へ通う, ありました小生はコンドル, ありましたから大臣, ありましたも, ありました其の者, ありました故今日お式後, ありました故常々兵部が確, ありました文字を見, ありました日パリーの大, ありましたの八犬伝, ありました昨晩のうち, ありました時代に演劇, ありました時分には引き, ありました時師匠から最後, ありました時母はかよう, ありました時私は, ありました時計はすぐ, ありました普通なら一々, ありましたに大きな, ありました書置の通り, ありました木村が今夜, ありましたの枝, ありました松永町の伊勢屋, ありましたの棒, ありました正直は何代, ありました此人は小説, ありましたに衣, ありました歴山大王と云, ありましたの墓, ありました毒瓦斯研究の指導, ありました法則と云, ありました湯淺常山が, ありました知姫様と, ありましたは認めます, ありましたにわずか, ありました父上兄上の御, ありました特に御隣, ありました生死混沌の泥沼彷徨, ありました田地田畑すっかり家屋敷, ありました病人もありました, ありました目録と云, ありました相撲のうち, ありました眉山人と云, ありました石井茂男君がお, ありました石櫃をあげ, ありました碓氷峠の横川, ありました秋草をじっと, ありました租庸調の法, ありましたから発火, ありました移民船が戦艦, ありました空叺で板張り, ありましたといろんな, ありました箔屋なの, ありました精盛薬館一二を掛売, ありましたな女文字, ありました結婚こそしない, ありました綱宗さまの御, ありました纐纈城の話, ありました美作まで送っ, ありましたが私, ありました若い新発意が, ありました茶色の紙包, ありましたを庭, ありました西洋の貨幣, ありました西蔵の一切経, ありました親父がそう, ありました言々是れ涙, ありましたで只今, ありました谷川へ身, ありました赤樫の半, ありました趣き狂女ながらも誠心, ありました足利義尚のため, ありました途中においてその, ありました通り今晩のお話, ありました通り動物がかあい, ありましたにも山, ありました金持ちが, ありました銀糸の波形, ありました関係からお上, ありました陶器ものの床几, ありましたには所司代様, ありました頃文部省関係の人, ありましたが驚い, ありました鳥谷正一が一子呉羽, ありました黒骨の渋扇