青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ありません~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ありし~ ~ありまし ありまし~ ~ありました ありました~ ~あります あります~ ~ありますまい ~ありませぬ ~ありません
ありません~
~ありませんでした ~あり得ない ~ある ある~ あるいは~ ~あるだろう あるなら~ ~あるべき あるべき~ ~あるまい

「ありません~」 6669, 72ppm, 1561位

▼ ありません~ (2028, 30.4%)

23 私は 14 私の 13 それが, それは 12 それを 8 しかしそれ, 平次は 7 これは, た 6 これも, 兎も 5 あなたの, その代り, その頃, 今の, 今日は, 何か, 昔は 4 それよりも, 人の, 何を, 何んと, 兎に, 妙に, 彼の, 自分の, 近頃は

3 [21件] あなたは, お一つ, こ, ここの, これでも, さう, それより, なんでも, わたくしの, 一と, 中の, 人間の, 僕の, 召しあがって, 困ったこと, 大体に, 妙な, 彼は, 昨夜の, 此の, 非常に

2 [122件] あなたに, あのお話, あれは, いかにも自尊心, いずれも, いつか貴女に, お勝手の, ここに, ここは, この世の, この日, この時, これを, さすがに, しかし, しかしその, しかし我々, そこが, そこに, そのお, その上, その中, その十二支組, その唐櫃, その抗議, その晩, その眼, それでもお, それも, そんなら, そんな事, そんな恰好, どうした, どうも頭, どこか, なか, なにぶんにも, まあ日本語, もう一度必死, ツイ調子に, 上下の, 不思議な, 両親が, 中にも, 主人始め店中の, 人に, 今から, 今に, 今は, 今夜に, 今夜は, 今度の, 今日の, 仕事が, 仕方が, 何が, 何しろ半, 何でも, 何となく平次, 併し, 僕は, 兄さんが, 全く闇, 八五郎が, 八五郎を, 内儀の, 匕首を, 厭な, 困つたこと, 外に, 大負け, 奉公人の, 女の, 女乞食に, 実はその, 家の, 實は, 小粒が, 平次の, 幸いに, 幸ひ, 床の間に, 底知れず, 役目です, 捕物帖としては, 文句は, 日本の, 旦那の, 明るいこと, 曲者は, 本當, 柄の, 根が, 殆ん, 段々と, 毎日お, 江島屋の, 泥棒の, 深く神, 生れ乍らの, 生活には, 用心の, 用箪笥ごと庭に, 目口も, 眺めの, 眼と, 眼に, 私が, 私としては, 私も, 縁の, 職業的第六感とでも, 舞台の, 蒸汽は, 親の, 親分は, 親父が, 試みに, 誰か, 身形も, 震災以来三度も, 首の

1 [1533件 抜粋] あいつが, あすこから, あっしは, あなたから, あなただ, あのころ, あの人気最中, あの女, あの怪物, あの時刻, あの青苔, あまりの, ある職業, あれぢや, あれを, あんなうぶ, あんまり度々うっかり出かける, いかにも洗練, いかにも純潔, いったい誰, いまの, いや丁と, いろいろ怪しい, おそらく世界中, お主, お品, お客様が, お屋敷, お春, お樂, お眼, お茶人, お身持, お間, お顔, かういふ無頓着さ, かう言つた肌合, かくも, かねてからお, かの盛大, きょうは, こいつは, こういう点, こう話し, ここのは, ここ約, こちらは, このうえ, このごろは, このデフレ時代, この事件, この今, この前, この夏頃, この市井, この戸, この木戸, この死體, この牛犬, この皿, この美しい, この辺, この道中筋, この野郎, これから一生懸命, これこそ, これほどの, これらの, こんな下手, ご静居, さすがの, さてそう, さりとてまた生命, しかしこの, しかしたった, しかし並行, しかし当地, しかし物, しかし色気, しかも真, じつに妙, じつはこの, すこし休ん, すつかり, せめて世, そいつを, そういう気, そう思われ, そう非常, そこへ, そのうち, そのひっかかりで, その二人, その他は, その代り冬, その供, その内, その原因, その姿, その感じ, その時, その検事, その研究中, その背後, その血潮, その賤, その部屋, そりや, それから他, それそこの, それでいてそれ, それでは古く, それでもこの, それでもちょいちょい, それでもなんとなく, それでもよく, それでも之丈, それでも以前, それでも売買結婚同様, それでも女らしく, それでも時, それでも相手, それでも絃歌, それでも週, それに, それにしてもびっくり, それには, そればかりが, そんなに困つ, そんなわけ, そんな悪, そんな風, たけしさんは, たしかに人, ただなごり, ただ一つ何, ただ事ある, ただ口だけで, ただ次の, ただ風の音, たつた三尺, たまには, だらしなく, ちよつと, つい口, つまり拾われ, でもこの間, でも都心, とにかくお, とにかくその, とにかく大徳屋孫右衛門, とにかく男女人種, ともかくお迎え, ともかく行っ, どうか, どうかこれ, どうしてあんなに衣類, どうして入らつ, どうも, どうもそれ, どう見た, どんな野郎, なかなか綿密, なにか一人, なにしろ不慮, なにしろ魔法つかい, なるほど不自由そう, なんとかしてやる, ひどく小柄, ひょっとする, ふわふわと, ほかの, ほんのお, ほんものの, まあこうです, まあ場所, まず俳優, まず生きる, また使徒, また昔, まもなく僕, まんざら知らない, まアこんな, まア早く, むしろその, もう古い, もしこの, もしわれわれ, もし百八十度転換, もったいない仰せ, もつと, もと蝦夷人, やはりさう, よく, よくは, よく肥つた愛嬌, わが演劇文化, わたくしに, わたしの, アメリカの, ガラツ八とは, ゲーテの, シカシ妙だ, トオサンが, ハット気の, フィードレルの, ブロバリンカルモチンバルビタールその, ポケット小僧の, マネージャーが, メデューサとは, 一つ召上れ, 一体に, 一口に, 一寸貴方, 一度は, 一度私, 一杯飲ん, 一間半口の, 七夕から, 万三郎は, 三十を, 三間町の, 上五字下五字を, 下女の, 不思議にも, 不気味に, 世間並の, 中には, 中高に, 久太郎も, 事実が, 二人の, 二十四五三十二三三十七八で, 二年あまり法廷に, 五年間自分を, 人家の, 人殺しだけは, 人間並みには, 今回は, 今日では, 今日も, 今朝雨戸を, 今申, 仕事と, 他を, 仮に近江, 伜の, 住みよ, 何しろたいした, 何しろ萬兩分限, 何と, 何となく鄙び, 何より躰内, 何んとしても, 何分ひどい, 何卒もう私, 作州の, 便宜上そういった, 俳優の, 僅かずつ, 僕だけの, 元来民衆的な, 先ずこの, 先刻まで, 先頃ご, 全体に, 八五郎は, 其後よく, 内湯は, 凉み, 出しな入り, 刀尖, 初老の, 別にどうと, 前に, 前述の, 割合楽, 動物的な, 十ヶ月も, 十九と, 千五百石の, 半面の, 却つて先生の, 又平, 口の, 古事記に, 合計し, 同じ江戸, 同時に花房一郎, 向柳原, 呂布が, 周太郎は, 唯だ, 唯私, 唯近頃私, 善美を, 喰物を, 四段においては, 困るから, 国民の, 地味で, 売笑婦を, 外で, 多分あなた, 夜間だ, 大きなあひるさんたち, 大勢の, 大変な, 大家や, 大昔なら, 大鐘は, 天気さえ, 太政官の, 女は, 好奇心なら, 如何にも洗練, 姥櫻などと, 娘盛りの, 子規の, 実あ私, 実はこの, 実は無尽, 実費にも, 家内へ, 容態としては, 實もっ, 小出粲氏の, 小夜子が, 小父さんとは, 少々位良心, 少しわざとらしい, 少し考え事, 少女幸子は, 屋敷の, 山が, 岡惚れの, 左右に, 帰着する, 平次が, 年に, 年配地位名望を, 床は, 弁信は, 弱らせられた事, 彼が, 彼らは, 彼女は, 後で死骸, 御参考, 御本手, 御縁日, 御飯を, 心の, 思うよう, 怪我を, 恐ろしい心配, 惜しいこと, 慣れないと, 成程, 我儘一パイな, 所天に, 手柄を, 手間取って, 拵え加減が, 探偵めいた, 改めてそれ, 教養が, 文化九年の, 斯うし, 新聞に, 方々の, 日数が, 旧幕時代から, 早くも, 明かに, 明治十四五年頃に, 春先の, 時々, 時としては, 時遷って, 普通の, 智惠の, 暫らくする, 最初に, 朝まで, 未だ草土社, 東京の, 極く, 樂寢の, 横七寸縱一尺ほど, 機転の, 次第に身, 正直さうな良い, 正直に, 此大覺寺が, 此時最早, 武士の, 歯が, 死ぬ程, 殆どあの, 殘る, 毎日の, 水茶屋の, 江戸城の, 決して, 決して頼母, 洒脱飄逸な, 浪花屋の, 源吉に, 漆原の, 火繩筒が, 無精髯が, 煙の, 熟し切つて虫, 燃料を, 牢人宮本武蔵という, 物事に, 特別の, 犯人では, 王家には, 生き残った奥様, 生来笛, 申松が, 町内の, 異常な, 病因が, 病院の, 白梅の, 白粉氣の, 百姓家ながら, 目前の, 真っ昼間に, 研究的な, 磨き拔かれた, 神氣を, 私に, 私生活は, 穀物でも, 突き詰めた樣子, 管理人という, 精いっぱいに, 素直に, 絵の, 絶えぬ思い, 締りは, 縛られると, 美しい蔓草, 耳飾りだけは, 肉附だ, 能に, 腹の中は, 自然に, 至って漠然たる, 舞踊家が, 船を, 芝居の, 若く美しくこの, 若旦那は, 莞爾する, 萬一惡い, 薄雲, 蚊帳の, 血汐に, 街へ, 袁紹の, 西南地方に, 見ると, 親同志, 言うこと, 試合に, 誰が, 諸方へ, 貴方には, 貴方鰻を, 贈答や, 足人なみはずれ, 身を, 軍鶏は, 近頃の, 過渡時代における, 道化服の, 都会の, 酒を, 金吾様も, 錦小路家の, 閣下と, 陽氣で, 隔ての, 雇って, 雪解に, 非凡の, 頭髪を, 顔も, 飛越す, 食い詰め者, 食事の, 飽までも, 馴れて, 高館, 黒といふ

▼ ありません~ (1068, 16.0%)

62 親分 1817 私は 9 そんなこと 8 ほんとうに 6 私が 5 あなたは, それは, ねえ, 私の 4 あなたの, それが, それに, それも, 人の, 僕は

3 [13件] あ, お母さん, これは, それだ, それを, でも私, どうした, わたしは, 奥さん, 私も, 第一, 貴方は, 錢形の

2 [47件] あなたも, あなたを, あれは, あれを, え江島屋さん, お互, きのう市場で, このまま, この景色, その人, それなら早く, そんな事, でも今度, どうしてあなた, ア, ツ, 一体に, 下手人は, 今朝に, 他人の, 何か, 何人も, 何処を, 僕が, 其, 出掛にばかり, 大抵揃ひました, 女の, 少し待っ, 御父さん, 急に, 怪しいか, 拝借した, 斯う, 父さんを, 皆さん, 直ぐ溝, 知ら, 私と, 私達が, 繁青年は, 親分武家も, 貴君が, 貴女が, 貴方が, 費用です, 銭が

1 [771件 抜粋] ああお顔, あたしの, あたし最初から, あつしは, あとは, あなたが, あなたこそ, あなたには, あのお嬢様, あの中村, あの人, あの口, あの思兼尊, あの時泥坊, あの野郎, あぶないです, あまりの, ありませんでしたら私, あれさ, あれでは, あんなにポンポン言つて, あんなほんのちょっとした衝突, あんな悪い, あんな気持, あんまりずうずうしい, いいじゃ, いかがです, いくらほか, いくら何ん, いくら唐津, いくら旗下, いったいあの, いつお前様に, いまさら一緒, いまさら壬生, いやもう, いよ, うっかり血, ええ, え十二三, おかしな人, おじさん, おまけに, おまはりさん, お兄様, お先達, お前さんは, お呼び下され, お堅い, お嬢さんらしくない, お嬢様に, お察し, お尋ねに, お望み通り, お正月が, お泊りなさい, お父さん, お膝もと, お茶台に, お貞さん, お隣座敷に, お靜さん, かまわないじゃ, きっとそうでしょう, きっともうすぐ, けがらわしいダッタン人, こういう理由, こうしていなくっ, ここらで, こっちで, こないだ来, このあつし, この三つ, この事件, この仙人掌, この家, この漫画, この署長さん, この通り, これが, これで, これ等が, こんどは, こんなところ, こんなに顔, こんな事, こんな惡戯, こんな熊, さあこれから, さあどこ, さうなつた日, さっぱりなさい, しかしその, しっかりと, しまいにその, しまひ, すると奥さん, せっかく買っ, せめてモウ五六日, ぜひ, ぜんたい何の, そうかと, そうなった, そこで密か, そしてまんまと, そして僅か, そして貴女, そのいじらしい, その上, その上青江備前守この方二度目, その前後, その喜三郎さん, その後へ, その明るい, その期限, その気味, その縄, その首, それじゃ, それで, それで貴方, それなら車屋, それにあの, それに貴, それほどお金もち, それよりは, そんなこといつ, そんなとこ, そんなにい, そんなに暇, そんなに毎日毎日朝, そんな奴, そんな怖い, そんな騒ぎ, たつた十八, たといその, たとへば他人, たまの, だしぬけに, ちゃんと知っ, ちょいと, ちょいとな, ちょっと顔, つい正直者, つい此間, つまらない遊び, つまり衣食, ではお, で雛段, ところが下女, ところが腕, どうか, どうしてこんな, どうして斯ん, どうぞこの, どちらが, どっちだって, どのくらい, どのみち事面倒, なかには, なぜあいさつ, なぜそれ, なぜ今日, なつかしいなつかしい波, なんだか嬉しい, なんだって, なんと返事, なア, ねえお照さん, ねえそう, ねえモトコさん, ねえ旦那, ねえ秀子さん, ひもうせんだ, ふだんから, まあ, まあ先生, まだ, まだ乗る, まるで子供みたい, まア, まア御緩, みんなあなたを, みんなそれぞれ持っ, もういい, もうめんどうくさい, もう一度そう云っ, もう妙齡, もし旦那, もっとはっきり仰し, ものは, よくある, よく礼さん, わかって, わたしと, わたしを, わたし恋の, アッツ島以来南方諸島は, アハハハハハハ, イワン, シテ貴方が, ジュンは, チエツ, ツて, トムさんは, ナニ皆な, ネーそして, ハムレットさま, ホホホ, ボーイも, ヤーコプさん, リザベタ・イワノヴナさん, ロバート, 一つ篠田様に, 一切妾に, 一度で, 一応お, 一生の, 丁度その, 丁度時計, 三吉は, 三輪の, 上野の, 下賤, 不精だ, 乗りかかった舟, 乗馬で, 二匹です, 云ひ, 五月闇に, 人が, 人がね, 今そんな, 今にすぐわかります, 今も, 今日に, 今晩限りの, 今朝起きたら, 仏様は, 他の, 他家には, 仮令悪人, 似たと, 何しろ女, 何と, 何んです, 何んとか, 何処かで, 何処へ, 何心なく, 何處へ, 俺は, 傲慢だ, 僕だつ, 元は, 兄貴と, 先生, 先生に, 入って, 全くやけ, 公方様の, 其の儘, 其晩の, 冗談じゃ, 出版界の, 別に, 別に悪口, 別れても, 別嬪ばかり, 勧学院の, 勿論, 医師に, 千世子の, 千兩も, 半九郎, 半時間許, 卵は, 去った女, 古今の, 古今無双です, 名なんぞ, 君達, 吾人の, 味方を, 唐突に, 唯事でない, 善, 四十一度五分の高熱です, 土地を, 土居さん, 坊っちゃんは, 外で, 夜が, 大事な, 大事に, 大勢の, 大変な, 大胆な, 大變, 太え, 夫が, 奥さんが, 女と, 女の子を, 女房の, 好きな, 妙だ, 妾の, 威張ってるん, 婆さんがね, 子曰く, 学問を, 学校の, 安藤の, 実はさっき, 実際変てこ, 実際監獄, 宰相閣下, 家搜し, 寒くなりました, 寝棺では, 尋常事じゃ, 小林さんな, 小銀, 少し買つて, 尤も清水, 山かが, 岡つ, 年かさの, 年よりの, 年増で, 年寄の, 幸い吾妻屋永左衛門, 庇を, 店中の, 彼が, 後先見ず, 御まけ, 御主人, 御用聞冥利ちよいと, 御迷惑, 徳旭の, 徹底的に, 怖い時, 思わずぎょっとし, 性急ない, 悠々と, 悪いわ, 惚れたの, 惜しい事, 憚りながら二枚目, 懇意でも, 戸締りを, 手拭を, 拳銃は, 拵えるもの, 持ちつ持たれつと, 捜査本部に, 政府は, 敵を, 敵機の, 断る筋, 新情婦, 旦那, 旦那の, 早く呼び戻しなさい, 早く祭の, 明りを, 明智も, 昨日ちよいと, 昨日漁師たちが, 昼と, 時平, 智恵子さん, 暖くっ, 曲者の, 最早貰っ, 本当の, 林さん行っ, 柄こそ, 案外お洒落, 歌の, 歌を, 正丑, 正直で, 此の, 此処に, 此方へ, 歯は, 殺さなくっても, 母様たちとは, 気の毒な, 氷ノ山が, 波なんか, 流し元の, 済んだこと, 潰れたらいい, 火は, 無理でない, 無用の, 然かし, 然れ, 物を, 珠数という, 現に二三日前, 現今の, 理性の, 甘谷さん, 生きて, 生憎烟管, 生活の, 町内の, 番頭さんを, 疎開先は, 痩我慢にも, 皆な, 盛岡の, 相当の, 真箇, 眼が, 矢張り荘先生だった, 礼なんて, 私という, 私なら, 私には, 私を, 私口惜しくっ, 秘密は, 第一今月, 結婚した, 結構です, 縛つ, 署長さんの, 老母さん私どんなに, 聖天の, 肩の, 肯いて, 背恰好とか, 自分が, 舞台の, 船夫を, 若し貴方, 若旦那は, 苦しくて, 茶番も, 萩原様は, 藤波金三郎の, 行かないってね, 行詰った時, 表口から, 見物人が, 親が, 親分人間が, 親分引っ括っ, 親分早く, 親許とか, 計り炭屋でございます, 話しが, 話は, 誰が, 誰も, 谷中の, 貴夫に, 貴方ぐらいの, 貴方に, 貴方心配は, 貴郎, 貸して, 贋金を, 軍も, 近頃玉ちやんが, 退いて, 逢引の, 連れが, 遊びに, 遊んで, 道時が, 遲くなる, 酒を, 野枝さんは, 金儲けは, 針目です, 銀子さん私が, 長いあいだ此, 關係が, 隣の, 隣りの, 隱居部屋の, 雀の, 雨夜の, 非人情で, 頼もしい人, 飛行器に, 首に, 馬鹿の, 駈出し, 麓に, 麦畑の, 黄梁の, 鼠も

▼ ありませんから~ (660, 9.9%)

9 私は 6 これは, 御安心, 私の 4 その辺, みんなその, 一人で, 私が 3 それを, わたくしは, わたしは, 決して御, 略しますが

2 [33件] あなたの, おわかり, この二つ, この手紙, これが, ご安心, すぐに, そういうこと, そのうち, それではもう, それにお, それは, それらの, たいていは, どうか, なんだか変, よく参ります, わざと葉書, 二た, 今度は, 其所へ, 安心し, 店の, 断るより, 本気に, 止むを, 此の, 殺して, 犯罪も, 生活教を, 私に, 誰も, 赤井左門も

1 [536件 抜粋] あしからず, あたりの, あっしが, あなたに, あなたに対しては, あるいはこれ, いかさき, いくらあげ, いくら散漫, いつしか自分, いつも一人, いまに, いよいよ図, いわゆる, おかみさん, おひろいで, おやめ, お互いに, お会いし, お墓参り, お客様の, お帰り下さい, お役人方, お念仏, お手もと, お手討, お暇, お案じ, お砂糖, お祖父様, お約束, お芳, お言葉, お詫びに, お送りかえし, お銀様, お雪ちゃんにも, かういふ, かえして, かえって環境, かぜを, かならず疑い, かほどの, きっとここ, きっとそういう, きっと三十人, くせものは, こう分け, ここで, このくらいに, このこと, このたび, この儘, この去来, この大切さ, この海, この賞, この通り, この連中, この飛行艇, これからすぐ藤田家, これから大急ぎ, これから障子, これほどの, これまで, これ位のが, これ程の, こんな時, ご心配, ご案内, さういふ考, さしあげたいと, さぞ困った, さっきの, さて建てる, じきにまた捕らえられ, じゅうぶん念, すべてにおいて, ずんずん追いつかれ, せいぜいもう百年, せめては, せめて書籍, せめて生き, ぜひあなた, ぜひここ, そいつが, そういう意味, そうしてやりたい, そうは, そう避難, そこでこれ, そこを, そのおかみさん, そのまま怖, その中, その仕事, その儘, その噂, その場合, その子供, その手間賃, その指環, その方, その方面, その氣, その癇癪, その記述, その途中, それこそ, それだけになんだか, それならそれ, それに, それに僕, そんなにうまく, そんなに御, そんな訪問, た, たいへんでした, たたいた者, ただ大空, ただ平素外部, ただ神さま, ただ私, たちまち風呂場一杯, たとえ御, たとえ自動車, だまって, だれからも, だんだん宥め, ちっと尻切り蜻蛉, ちつとも, ちょッと, ついお話し, つい遠慮, できて, とんでもない, どうかほか, どうか九郎助, どうか助け, どうか御, どうか私, どうか見逃し, どうした, どうしておいで, どうぞここ, どうぞどなた, どう穢い, どこかで, どこの, どちらに, どなたに, どのよう, どんなしくじり, どんな意味, なう, なかなかやり, なかなか満更で, なかなか見当らなかった, なにから, なにぶん宜しく, なんとも断定, なんなら, はじめて和尚, はにかんで, はれた足, へんな, ほうぼう知りあいの, ほかに, ほかの, ほんの少し, ほんの身, まあどんなに新しく, まあ御覧, まあ我慢, まことに目立たなくなっ, まずこの, まず伊香保神社, まず可, またいつの間にか, またこの, また脇, まだ往, まだ脚, まだ険しい, まつたくどうも, まるっきり分らない, まア向う, むしろ彼, もう何, もう帰国, もしもと, もしも常, もしや次郎兵衛, やっぱり大和ホテル, やはり従前通り, やはり無能, やはり私, やむを得ず独り, ゆっくりなすっ, ゆつくりなす, ゆるして, ゆるゆるお, よく考え, よけいな, よこづけ, ろくに身, わしの, わたくし失礼し, わたしが, アテられるなんて, インド人たちが, エネルギーの, ガラ, ダメでしょう, ダメです, チョンやりで, ドウゾその, 一々よく検査, 一人が, 一人の, 一切わかりません, 一同も, 一同揃っ, 一同談合し, 一寸お, 一年や, 一度見物, 一日一日を, 一燈園の, 一見似, 三角は, 上手の, 下総屋は, 不貞な, 両親も, 中で, 中には, 主人と, 主従は, 事実そんな, 二台の, 亭主の, 人形を, 今いった, 今の, 今一応, 今日までに, 今日直, 今晩の, 他家へ, 何でも, 何なり, 何の, 何も, 何を, 何故嵐, 僕から, 先づ皆さんが, 先程ある, 円滑に, 分け前が, 初めから, 判然した, 別にその, 力を, 勉強する, 動かぬよう, 勝手な, 勝手ながら, 勿論その, 午前中に, 危ないこと, 取極め, 取極めました実は, 古くない慣れ, 只いそがしい, 同じ遠出, 向こうへ, 唄の, 商業でも, 喰ふためには, 困って, 圖書は, 多分御存知, 多分自分, 大きな木, 大して氣, 大体以上を, 大変愉快を, 大急ぎで, 大曲りあたり, 天気の, 奴婢を, 妙庵先生は, 妻と, 妻や, 妻を, 妾の, 始末は, 学校でこそ, 学者乞食が, 学術的な, 宅の, 宇津木さんが, 安心なさい, 宝冠さえ, 宝物の, 室内は, 家へ, 富士に, 寧ろ自分, 専門の, 射殺し, 小宮山は, 小岩井村の, 少しでも, 屁理屈を, 屋根づたいににげる, 屋根の, 山岸の, 左様なら, 師匠に, 帰り, 平次は, 幾匹も, 度々北極探検, 廊下へ, 弐千円貯金が, 弱りますの, 強いの, 当分この, 当分は, 彼が, 彼は, 彼らは, 後にな, 御兄さん, 御心配, 御自由, 御随意, 心ある, 心配しない, 心配しなく, 心配に, 念の, 忽ち風呂場一杯, 怖がるには, 思ひ直して, 恐らく姉, 恥ずかしいん, 悪魔は, 悲劇を, 慌て, 慌てて, 懲めは, 我慢しとい, 戦争の, 戸を, 所有権を, 持って, 按摩は, 捜査機関の, 捨てて, 探して, 損を, 攻めんと, 数多く実地, 料理で, 斜陽族の, 斯う, 日本人は, 日蔭の, 早晩は, 早速彼, 是は, 是非とも御, 暴れ狂ふ, 書くこと, 最も老, 月給は, 東京へ, 案内知った, 死顔など, 死骸は, 残念ながら, 気の, 水は, 江戸谷中三崎の, 決してそれ, 決して悪い, 決して逃げ, 泰さんの, 泳ぎの, 深くは, 深く立ち入り, 清書し, 渡邊さまの, 漁師の, 火を, 炭焼きも, 無防禦, 煤煙で, 牢番も, 独身で, 現代作家を, 用意を, 田山白雲は, 申しますが, 申し上げますまい, 申し残したいと, 町年寄へ, 略さして, 病人が, 痒いところ, 白状致します, 白雲も, 皆で, 皆んな言つ, 直ぐ拾っ, 直に分ります, 直接この, 相場は, 省きました, 省きますが, 眼鏡を, 知ろう筈, 神尾が, 私どもは, 私も, 私を, 科学上の, 簡単に, 米国人は, 約り, 純綿では, 紺縮緬の, 結局米友としては, 結果が, 緩り, 耳の, 聞える鐘, 聞きますと, 聞き捨, 脈の, 腕ききの, 腹が, 自分ながら, 自分の, 自然と, 自由に, 自身かへ, 自転車は, 若し御, 荷主全体つまり, 荷造りは, 血の, 行って, 見せて, 見て, 見物たちが, 親しい私, 親分の, 親方ちがっ, 詫言を, 話という, 話を, 誰か別の, 誰が, 誰でも, 誰れで, 講演会なんかと, 謹んで大命, 警察から, 豹が, 買物帳を, 賢明なる, 蹌めき, 軽蔑される, 辞退します, 返して, 述べません, 途中で, 道楽かと, 遣らなければ, 金色の, 釧路の, 鋸でなく, 鎌倉の, 閉め切った方, 間違っては, 頓と, 餘程やかましく, 餡かけ, 香りを, 馬車の, 馬鹿面は, 駐在へでも, 駒井も, 骨ばかりの, 黙って

▼ ありません~ (395, 5.9%)

35 親分 7 私は 6 あなたは 5 あなたの 4 だ, 旦那 3 兄さん, 親分さん

2 [20件] あれは, お前さん, お粂, はつはつは, ほんとうに, 三輪の, 何か, 冷えるもの, 去年の, 大丈夫です, 奥さん, 江戸一番の, 泥棒なんかに, 確に, 私が, 私には, 立派な, 親分も, 親父の, 静に

1 [288件] あっしが, あっしなんかの, あつしが, あつしといふ, あつしなんかの, あつしも, あなた, あのお, あの家, あの綺麗, あは, あまり変り過ぎ, あまり無理, ありや, あんな人, あんまり話, いい子, いきなり頭, いずれ曲者, いっしょに, いつか話したでしょう, いまの, いわんやブン, うちの, おつそろしい, おとなしくお, おんなじです, お前さんの, お前は, お勝手へ, お孃さん, お母さん, お目, お神楽笛, お種, お種人參, きっときっとそうに, きっとその, くそ虫さん, こちらの, こっちが, このまんま, この二, この八五郎, この間も, これは, これ何時まで, しかしそれにしても責め苦, すぐ帰っ, ずっと御, そいつは, そうでございます, そのう, そのお, その名, その道へ, そらね, それだ, それです, それでなく, それでみんな, それに, それは, それよりか, そんなこと, そんなもの, そんな人, たしかに弘光, ただは, ただ好き, ただ陸, ちゃんとこっち, ちゃんと分っ, ちよつと, ではさしあげましょう, では差しあげませう, でもこんな, でも若い, どうして甥, どうせお, どこに, なにも, ねえ兄さん, はじめから, ひと思い, ほんとに, ぼたもち, まああの, まあなんて, まさかわたし, またわたし, まア男, むしろ大木, もしそうだ, もし屋根裏, もっとも女の子, もっと下手, もつと, わからないこと, わたしたちは, わたしなんぞは, アイネス嬢, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, イワン兄さんは, エミルさん鼠の, クリストフさん, サア夜も, シタが, ダニーロの, ニコニコと, ブリュウテンツワイクさん救う, マリヤさん, リーザ私は, ワラダートとか, 一つは, 一人だって, 一昨日もネ, 一緒に, 一體に, 上品な, 下手人は, 与八さんの, 事務長, 二十一だ, 五日の, 京都へ, 京都三条と, 人間としての, 人間なら, 今度といふ, 今日は, 今月に, 伊三郎の, 会いてえという, 何しろふだん, 何もう, 何を, 何時迄も, 例外が, 僕が, 僕の, 僕は, 億劫で, 先刻掴み合い, 全く商法, 八さんは, 別に, 利口な, 匕首か, 博士, 叔父さんは, 君たち拙者は, 呑んで, 唐土の, 唯の, 善い心がけ, 喧嘩です, 四ツ目の, 四五六七八もう, 困ったもん, 坊は, 城太さん, 場所は, 多分お, 大変な, 大變, 奥さまや, 女が, 女の子に, 好いじゃ, 妙な, 宇佐美さん, 宗匠裏木戸の, 宜しいそれでは, 尊氏の, 尤も使つたばかりの, 尤も連れが, 局長, 帆村さん, 師匠を, 庵室は, 延子殿, 弁信さんらしく, 彼の, 彼れ, 後を, 後暗いこと, 御内儀, 御姓名, 御婚礼, 怒ると, 恋患い, 悪魔が, 憚りながら太閤様, 憚り乍ら, 憚り乍ら濡れ事の, 憚り乍ら金なんざ, 成功と, 抓りゃ痛い, 政府は, 新之助は, 日の, 旦那が, 旦那に, 旦那冷やかす, 昨日から, 木を, 本当にあなた, 本物です, 村長さま, 村長さん, 柄の, 案じて, 梯子段は, 構いませんよ, 権力者の, 権堂が, 權八といふ, 正直に, 此の, 殿様が, 決して煽てる, 浅かつ, 消化しきれない, 消防の, 濡れた足袋一足, 犯人は, 玉屋の, 現にこの, 現に伯母さん, 現に何ん, 産後です, 當人同士は, 痘瘡は, 白い紙, 白羽二重に, 相手の, 私たちは, 私なんか, 私の, 私イハア胸え, 私達の, 空つ, 絶対ありません, 自暴に, 船の, 苅谷さん, 若手で, 苦しいの, 裏口の, 親分さん敵を, 親分さん方, 親分そんな, 親分は, 親分今朝は, 親分向, 親分笊碁を, 親分米櫃は, 課長さん, 諺にも, 警官, 谷中三崎町の, 財布位は, 貴女に, 貴女一人で, 貴方が, 身投げの, 追つ, 通り一丁目の, 金兵衞の, 金蔵は, 長い間, 長崎で, 阿父さん, 隱居の, 雁金さん, 青い梅, 静枝や, 面と, 頭から, 頭に, 頼まれたもん, 飛んでも, 首相なんて, 馬鹿, 鬼子母神は, 鰯の, MR

▼ ありません~ (184, 2.8%)

8 それに 2 こればかりは, それに私, それも, どこの, またその, またなん, もう自分, わたしの, 売るには, 屹度再

1 [156件] あとで, あなたが, あなたは, あなた様の, あの, あの人, あの高い, あまりひどい, あんなノッポ, いつそ, おまけに, お酒, お金は, お金も, お願, かりに与えた, こっちから, こっちの, この二つ, この幕, この近所, この間の, これが, こんな人, さう, しかもその, したがってだました, そう信じこん, そこに, その上, その点, その窓, そりゃ全く, それからこの, それが, それに大分, それに時々, それは, そんなうすっぺら, たいしたことぢ, たいして臆病, たかだかスルメ二枚, ただおそろしく, どうしても必要, どうなる, どうも空, どこから, なかには純然, はじめは, まあそれ, まあ日本人, まさかそんな, まして僕, またあった, またここ, またさ, またそんな, またたとえ, また一々, また了解, また他, また句法, また恐怖心, また甥, また疲労, また誰, また馬車, まどを, むかしの, よしあっ, よし不幸, わたしは, クラムの, 一でなく, 一人一人の, 一度一寸突っついた, 三枝ちゃんが, 上流と, 人間は, 今の, 今後とて, 今後も, 仕事は, 伯母の, 使えば, 偶に, 兎に, 別にこれ, 又いくら, 又昔, 友次郎の, 唯おたがいに顔, 喧嘩という, 地位の, 地震も, 場合によっては, 夜も, 大分疲れ, 奉公人共も, 奥の, 娘も, 子供の, 存外質素, 実にこまる, 実際の, 家も, 家具も, 彦七の, 御義理, 徹底的な, 恃み, 惡い, 手紙なんか, 抜け出たあと, 文明流の, 新しくこしらえさせる, 明日からは, 朝早くから, 未だ当地, 村尾さんと, 東京は, 次に来た, 毎日退屈し, 気も, 気分は, 氣概を, 決して永, 泰二君は, 熱心に, 猿は, 現にこう八千代サン, 男が, 男の子も, 病気を, 皆さんから, 私が, 私は, 私自身の, 秋ちゃんなんかが, 空も, 組合の, 総ての, 緑は, 美保子は, 自分が, 自分の, 若旦那は, 見張りの, 訪ねて, 誠に当地, 責める資格, 起請などを, 退くこと, 鍋焼饂飩も, 靴も, 飛山君の

▼ ありませんので~ (134, 2.0%)

2 お札を, はたで, 村人達は, 私が

1 [126件] あたりを, あなたの, いろ, いわば彼, お母様が, きいて, この時以来, こんなの, こんなみょう, さてはと, して, すぐ立ちあがっ, そういうところ, そのほう, その座談會, その悪, その手段, その最期, その港町, その点, それを, そんな新, たけしくんは, ただこうした, つい失礼, つきとめては, できるだけ順, とんと一向存じません, どうしよう, どうするだろう, にせものと, はぶいて, びっくりしました, また一人, また二階, やっと安心, やはり日本, ろくなお話, わたくしども贅沢は, カギは, ザンキいたし, スタンレーは, ホムダの, レンズの, 一同妙に, 一応試験, 一生懸命に, 二三日間の, 五日の, 今まで, 今言った, 仕事も, 住居の, 何が, 何だか気味が悪い, 何の, 何も, 僕も, 兎も, 全く私, 全然ちがう, 再三辞退, 別々に, 前に, 千番に, 去年僕が, 只今の, 唯驚い, 外出着には, 夜に, 大夫が, 大抵の, 天子さまは, 妹の, 学校で, 実は妻, 実例の, 寧ろ徹底, 帝位に, 師匠の, 年號を, 広島の, 弟の, 御滿足, 念の, 思ひ切つて申, 思わずどなりかえしました, 急に, 態とそのままに, 手で, 手を, 日が, 日は, 椅子にかけて, 極難所, 橋場の, 次郎が, 正ちゃんには, 死骸は, 残念です, 残念ながら, 毎日退屈で, 水も, 無患子の, 王様は, 異議申請を, 盗んだ品物, 目下取調べ中であります, 相変らず, 短く簡単, 立ち帰りました, 紅茶だけ, 翁も, 翌日町の, 腹を, 自然お, 親仁殿は, 親戚の, 警察でも, 赤松家の, 遂に金博士, 酷く手持, 閉塞装置に, 障子を, 高徳の, 黒い顔

▼ ありませんけれど~ (114, 1.7%)

3 あの人, それは 2 あなたが, これが, それを, 原籍は, 容貌は

1 [98件] ああ取乱した, あたしそそっかしい, あなたの, あのひと, あの叔母さん, あの時分, あまりよくほえます, いけないの, いつ部屋, お役に立て, ここが, この土地, これは, さうし, そのお, その災難, その関係, それでもなんだか, それでも私たち, それでも茂太郎, それよりも, そんなに厭, そんなに待っ, ただそれ, ためしに, とかくこのごろ, どうして本名, どうもほか, どうも平さん, どう始末, なりますこと, にくみも, ほうって, まずまずどんな, みんな三人に, もしも何, もし万, もはや恋, やっぱりたかが金魚, よい手本, よくまあそんな, わたしに対して, わたしは, チベットの, 一つの, 一日だけ, 世の常の, 二人とも, 二見ヶ浦を, 仕上がりについて, 何だか一向さっぱりしません, 何だか世間, 何とかし, 何卒お許し, 僕などは, 僕は, 兄の, 前の, 医者も, 受け売りの, 周囲の, 味方に, 多くは, 大体そんな, 女に対して, 好きでも, 好きな, 子供の, 宅でも, 師匠の, 弁信さんに, 強い井上君, 御自慢, 御飯でも, 思いきって, 急に, 時代おくれ, 書いても, 最近社長の, 殺して, 永久に, 洗面や, 無邪気な, 百人の, 盲目で, 知って, 知らないで, 私に, 羞恥心を, 聊か慰むる, 自分の, 親しく生活, 話しかけた筋, 誰かに, 造化の, 随分いや, 順序よくお話, 鬼門とか

▼ ありません~ (109, 1.6%)

7 云って 6 いって 3 云った, 答えた 2 いう, 言つた

1 [86件] ある, ある人, いいましたらそれなら, いうか, いうので, いうのに, いうより, いかがでしょう, いきなりひっくりかえっ, いけませんので, いじらしいこと, いったが, いつた, いつたやう, いふと, いへば, うらめしげ, お兄さま, きっぱり人々, すげなく断りました, その芸妓, はいつて, もっとユックリ頂戴, やうやく, サオオ嫌なこった, ツイ先刻申上げ, 云いつつも, 云い張れば, 云うから, 云うの, 云えなくなった, 云えば, 云える彼女, 云ったらすぐ, 云ったら浮, 云ってね, 云つ, 云ひます, 云ふ, 云ふから之れで, 五兵衛は, 信助が, 僕は, 医者なみの, 可愛らしいの, 喜んで, 多鶴子が, 威張つた事は, 常に答, 常に答えた, 復命する, 思います, 思えば, 愚痴を, 断わるたび, 村の, 極力申した, 泣声で, 申しました, 申し上げれば, 申上げるべき, 白状し, 真珠入の, 私に, 私の, 私は, 答えました, 答えます, 答えるの, 答へ, 答へる, 簡単に, 縋りつく一手, 聞いたばかり, 自分の, 興覚めな, 蒼白い顔, 言いきったが, 言った, 言ったかも, 言つて断つた, 訂正し, 証言し, 詫って, 語った, 雛妓を

▼ ありませんけれども~ (103, 1.5%)

2 ある意味, それは, 私の

1 [97件] あたしの, あなたも, あなた礼坊は, あの男, あの肝臓, あれはあ, あんまり問題, お滝, この人, この西, さぞ痛かろ, さればとて, そういう池, その休養, そもそも, それが, それでは味, それでも今にも, それでも払渡し, それによく, それよりも, そんなら, ただ一つ何人, ついでだ, つい笑っ, とても優しく, ね, まあそこ, むかしは, もしや道, もし熱, もともと国家, やす子の, やはり首筋, エキス分を, シナ皇帝から, ゼーツン・ミラレバという, プデンが, 一所懸命やつて, 一般に, 上野を, 下手に, 世間には, 久しぶりの, 之に, 今の, 今までの, 今度夏休みに, 何せ力, 余り感心した, 作者という, 例によって, 俳優の, 全体に, 兵舎が, 厳格に, 叩きに, 喜んで, 困つた事, 外道の, 多くは, 大抵物品, 大牛, 女の, 子供の, 字体には, 宮廷に, 差迫った場合, 帽子という, 平安朝に, 平民に, 心理学では, 悪い時, 懺悔の, 我邦の, 戦争が, 日本の, 極く, 毎日料理法を, 比較的そういう, 決して恋, 沢井の, 無逸, 私ども常識を, 私は, 置電燈丈で, 習慣が, 自分だけの, 良人たる, 色の, 親たちが, 誰も, 議会の, 都会の, 面白い芝居, 頭の, 食パン屋が

▼ ありませんかと~ (87, 1.3%)

3 尋ねて 2 いうと, いって, これは, 云った, 梅子が, 言うと

1 [72件] いいました, いうので, いったつもり, いつたら洗うて, いまは, いわれたこと, お兄様, お小夜, きいて, しきりに申します, しんからの, そそのかして, にこりと, ひもじい腹, ぶたれて, ぼくが, まアそんな, 一ぴきのめばる, 不足を, 二重瞼の, 云いたい所, 云いますと, 云い訪ねて, 云うから, 云うの, 云う意味, 云ったこと, 云った時, 云って, 云つた, 云つた事が, 云つた時帯の, 云ひたい所で, 云ふと, 余計な, 來て, 先生から, 切りだしかけると, 吉田が, 呼びかけられて, 問いますと, 問うた, 図星を, 声を, 大概最後に, 妙に, 安手に, 尋ねた, 尋ねたらそれほど, 庭師に, 彼女は, 思って, 悪口を, 手で, 教えられたおかし, 案内が, 正直な, 母親が, 申しますと, 直ぐ言い出します, 笑って, 笑ふだらう, 聞いたら先生, 聞くと, 規約の, 言う意味, 言って, 言つたといふ, 言葉は, 訊くと, 訊ねるの, 電信柱は

▼ ありません~ (84, 1.3%)

7 親分 2 小柄で, 盲目の

1 [73件] ああそこ, あの主人, あはははははは, あれが, あれは, おつとめ, お勝手には, お可愛, お父様, お野菜, けれどあの, この世の, こんなに入る, さすがの, せめて字, その次, それじゃ, それぢや, それに, それにあのお, そんなで, そんなら, たとえ十八文, ですから, ところがどう, ところで親分, どうしていい, どこが, どこにも, やっぱり山, シャーロック, ゼイタクは, ナイフで, ヱ, 五十間, 今によくなる, 仕事は, 何とかしなく, 何にも, 何んとか, 例えば, 僕たちぜんたいどこに, 切出しかな, 前世の, 十手だけは, 垣根の, 大工の, 始めて会った, 子供たちの, 弁信さん, 引揚げませう, 御用人, 敬服します, 旗本か, 曾我兄弟ほど, 死んでから, 母さん, 気が, 私たちも, 私の, 立派な, 筆の, 節穴は, 結局, 脈が, 要するにみんな型, 親分もう一度, 論語より, 諸君は, 金が, 鏡といふ, 青表紙を, 食物を

▼ ありません~ (43, 0.6%)

8 です 3 じゃ, ですが 2 ですか

1 [27件] あなたの, あの子, すぐ癒, そんなサトナリアム, たか子さんわけが, ぢや, ですから, ですからねえ, ですよ, です米友さん, どうせあなた, どうぞ先生, は此, は淋しく, は片手落ち, もう, んで, サ, 一点張り, 二階に, 叔父さん, 持って, 本当にせっかち, 神社へ, 自分ながら, 雨の, 香川さん

▼ ありません~ (43, 0.6%)

2 あなたの, あなたも, 上手に, 近頃

1 [35件] いかにも独身者, いまの, お坊ちゃん, お父さま, お父様, けれどまだまだ, ぜひまいりましょう, そうです, それは, ただちょっと, だからその, だって私たち, なんでも, アンナ・グリゴーリエヴナ, キャラコさん, 割合に, 却ってその, 可哀相に, 君子さんといふ, 好男子どころか, 廻り合せだ, 昨日なんかも, 書きたくなったから, 本当です, 本当よ, 決して決して, 熱なんか, 理屈を, 第一, 自分で, 草鞋なんて, 貴方今まで, 貴郎, 運命という, 飛行機が

▼ ありませんがね~ (41, 0.6%)

2 何せあなた, 併し

1 [37件] あつしに, あれから, あんたが, あんまり世間, いかがです, いくさの, お君, この怪物, この郡下, しかし彼奴, そういうもの, それが, ちとその, とにかく歌います, どうもわたし, まあ行っ, まア拝見, よそからの, ステパン・ドミートリエヴィッチそれは, 一座の, 下がった袷, 主人の, 人は, 他人の, 何處かで, 先生そう, 夜道は, 大方そんな, 守の, 後ろに, 昨夜ッから, 柴井町, 清水には, 癪に, 矢の, 知らぬは, 私は

▼ ありませんかね~ (36, 0.5%)

16 親分

1 [20件] お母さん, お若い, そうして置い, ところがあの, どうも, ねえ奧さん, 今はじめて, 何処で, 喧嘩は, 御家老, 検事さん, 皆さん, 綾子さん, 美智ちやん, 親分ちよいと, 親分此通り, 連れて, 銭形の, 錢形の, 食えさえ

▼ ありません~ (36, 0.5%)

2 はあなた, はほんとう

1 [32件] あもう, がそんなに, が今, が刈り取, が只, が斯, が若い, が開けた, などもよく, にはたった, の姪, の家, の悪い, の越權, はすっかり, はそば, はね実は, はまだ, はゆうべ一, は二疊, は内心痛快, は困ります, は嬉し涙, は子供, は日本莨, は看護婦, は私, は結局彼女, は自分, は食客, へお, も貴所方

▼ ありませんそれ~ (33, 0.5%)

2 は人違い, をあなた

1 [29件] がこの, だのに, にわたし, に今朝, に先陣, に音, はあなた方, はお, はお前, はかわいい, はまた, はウスノロ氏, は先生, は唯, は嘘, は或, は殺された, は白馬ヶ岳, は私, は花, は鐙小屋, もほか, よく言うでしょう, よりカテリーナさん, をお松さん, をどうして, を払いのけ, を振り切っ, を知っ

▼ ありませんその~ (30, 0.4%)

2 子には

1 [28件] うしろには, うちの, ことじゃ, ことは, ひとの, 上昨夜の, 下に, 中でも, 主人に, 効果において, 十一人の, 召連れ, 同情が, 報いで, 安樂椅子, 年寄に, 想像を, 昼鳶を, 時の, 時は, 時分でも, 時分の, 時座の, 点は, 為に, 男の, 袷は, 音色に

▼ ありませんけど~ (23, 0.3%)

2 お酒

1 [21件] あたし最近ある, ここの, この時計室, さう, すこしわけ, それで, それは, そんなふうにばかり, でもたとえどんなに, でもわたし, とても怖く, ほかを, 人間には, 定夫兄さんも, 愛して, 病気で, 立川景子さんから, 谷窪の, 近いうち, 隠して, 首縊りでも

▼ ありません~ (23, 0.3%)

1 [23件] おまけに, お道姉さん, きっと放火, さうだ, ただ鼠, もう五十両, もっともまだ臨海亭, わたしぁべらぼうめそんな, わたしあ, パーヴェル・イヴァーヌィチ, 一寸此処, 剃刀だけは, 十日変りの, 場所は, 年齢も, 従って監督, 新聞記者までや, 時々この, 此處に, 気晴らしに, 燃立つ, 神詣り, 綱田屋五郎次郎首の

▼ ありません~ (22, 0.3%)

1 [22件] じいさまも, やめに, わかりに, 使い先で, 入りなさいよ, 君は, 咲に, 役目柄と, 気楽でげしょう, 求めに, 濱が, 祖父様は, 粂さんは, 粂の, 芋の, 賽銭を, 越は, 逢いに, 銀様で, 雪は, 願え, 鮒は

▼ ありません~ (21, 0.3%)

3 親分 2 旦那

1 [16件] あの男, あんたも, いつどこで, おばさんの, それは, とても費用, まるで奉公人, もう本年, 二度目の, 何も, 先刻も, 旦那一生に, 殿様, 火に, 飛騨の, 馬春堂だって

▼ ありませんあの~ (18, 0.3%)

2 方の

1 [16件] あなたの, お松の, マドロスの, 上からは, 人たちは, 人の, 人は, 人はうらなりの, 児は, 女は, 姉さんの, 子は, 時三十分ばかりは, 時代の, 殿様から, 音色は

▼ ありませんのに~ (16, 0.2%)

1 [16件] あの浅吉さん, いろいろ尋ねます, かわいそうに, この頃, ごらんの, ただ面倒, クリームなんぞと, 不思議に, 亭主が, 出すこと, 奥州二本松と, 改造社から, 煤掃でも, 米友は, 話は, 貧乏を

▼ ありませんもの~ (16, 0.2%)

63 ですから 1 でしたから, ですからね, と果敢, ねえ, ほんの余計者, をそして, ネ

▼ ありませんわたし~ (16, 0.2%)

1 [16件] がきっと, が久助さん, が思い立っ, というもの, にとっても少し, にはわかっ, の友達, の大好き, の耳, の聞いた, の足, は今夜, は女, は自分, もまた, も自分

▼ ありませんからね~ (15, 0.2%)

1 [15件] あまり物思い, ご免を, せっかくだ, そういうところ, そこで異人, その中, それでもしや, それは, よくよくお, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチ一匹の, 何かの, 商売で, 島田糸なんぞに, 怪我の, 私は

▼ ありませんこの~ (15, 0.2%)

1 [15件] あいだの, お召の, ことを, できもの, 下に, 二人を, 国に, 土地へ, 地上の, 後だつ, 様子を, 点において, 点は, 隣りの, 震動が

▼ ありませんあなた~ (14, 0.2%)

2 がお

1 [12件] おせつない, がお足, と二人, と私, なの, の心, はお, はまるで, は何, は小夜子, も心置き, 一寸お

▼ ありません~ (12, 0.2%)

31 ここへ, さあまあ, そんな覚え, 八歳の, 奥さん, 行動の, 金がか, 金公にも, 高価い

▼ ありませんという~ (11, 0.2%)

2 のは 1 ことでありました, ことです, のが, ように, 供述を, 御返事で, 御返事な, 所だ, 返事

▼ ありませんよと~ (11, 0.2%)

1 [11件] いって, いわれたに, 云て, 云ふ, 出て, 叫び出す, 念を, 撲いた烟管, 母は, 言わぬばかりの, 調べたの

▼ ありませんかという~ (10, 0.1%)

1 のである, ぼくの, ような訊き, んです, 主人と, 始末です, 家事への, 尋ねである, 眼付で, 結論であった

▼ ありません~ (10, 0.1%)

2 せう, せうね 1 ござりましょう, せうから, せうけども, 始終角突き合い, 稼ぎますの, 結構でした

▼ ありません~ (10, 0.1%)

1 うぞ, か有ったら褒めよう, か着物, がかく, ですか, でもいい, の病気, の目的, も彼, をしよう

▼ ありませんあれ~ (9, 0.1%)

1 が上総, が昨夜, でも昔, でも私, は歌, は辻斬, は髷節, をああ, をむざむざ

▼ ありませんそんな~ (9, 0.1%)

2 ことを 1 のは, もの, ような, わけです, 女ぢや, 方なら, 時には

▼ ありませんでも~ (9, 0.1%)

1 この病気, 何となく謹みません, 何と言つて, 尚侍などに, 旗本衆の, 私は, 箱の, 開閉は, 非常に

▼ ありませんよう~ (9, 0.1%)

32 でした 1 で, な次第, にと私, に考えられます

▼ ありませんお前~ (8, 0.1%)

1 がわたし, が七歳, という人, とって, にも似合わない, はお前, はきっと, は此地

▼ ありませんこれ~ (8, 0.1%)

1 でお, でも新前, なら当分私, に有, はどうも, は全く, は私, もやはり

▼ ありませんそう~ (8, 0.1%)

1 かと言っ, で, でしょう毎晩, です, でもしなけりゃ返す, で二月, としきゃ, 云いながら

▼ ありませんここ~ (7, 0.1%)

2 から吉原 1 がその, で油断, は近江, へ暫く, へ連れられ

▼ ありませんのよ~ (7, 0.1%)

1 それは, どうかお, ほら, わたしが, わたしの, キャラコさん, 相当の

▼ ありませんまた~ (7, 0.1%)

1 このお, これは, そのお母さん, わたしたちの, 先生に, 常人には, 芸者に

▼ ありません~ (7, 0.1%)

1 が行っ, が黒田組, のやっ, の弟, の従妹, の志, は女

▼ ありません~ (7, 0.1%)

1 の按摩, 實用計りを, 御出張, 歩いて, 殿様から, 気の毒です, 自分だけで

▼ ありませんけれどね~ (6, 0.1%)

1 ああ私, あのーあのーただ, もしあなた, 子供が, 学課の, 私は

▼ ありませんただ~ (6, 0.1%)

1 あなたに, ちょっとした禁厭, 何心なく, 怪我を, 朱孝廉の, 清盛の

▼ ありませんとも~ (6, 0.1%)

1 あの優しい, で私, クリストフさん, 云いにくかっ, 少し若く, 梅干一つありゃ

▼ ありませんねえ~ (6, 0.1%)

2 家ぢや 1 お斬りなさるなら, お母さま, どうも山, 運命なんて

▼ ありません~ (6, 0.1%)

1 から借り, が楽しみ, にたよりたい, の心, はどこ, はもう

▼ ありません~ (6, 0.1%)

1 で, でころん, ででも野良, にある, の息, の鳥

▼ ありません~ (5, 0.1%)

1 すれば, ア泣き止ん, 人生は, 斬って, 新しい日耳曼帝国

▼ ありませんしかし~ (5, 0.1%)

1 これは, その人, 僕は, 教育者は, 是非とも

▼ ありません~ (5, 0.1%)

1 きみは, そう云った, それは, どうする, 建物は

▼ ありませんどうか~ (5, 0.1%)

1 お許しを, お静か, この私, したら, したら石臼

▼ ありませんどうぞ~ (5, 0.1%)

1 助けて, 安心し, 御随意, 思ひ切つて喧嘩, 話して

▼ ありませんどこ~ (5, 0.1%)

2 かこの 1 にも合図, へ行つて, をどう

▼ ありませんわたくし~ (5, 0.1%)

1 が少, の子孫, の尋ねる, は何, は現在ここ

▼ ありません全く~ (5, 0.1%)

1 あつしが, あの人ひとり, お浦, お銀様独得, 浮ばれないところ

▼ ありません~ (5, 0.1%)

1 には無論, のうち, のお母さん, の中, へ帰る

▼ ありませんこれから~ (4, 0.1%)

1 は一世一代, われわれ日本人は, 生きようと, 直ぐでも

▼ ありませんたしかに~ (4, 0.1%)

1 ありません, あれは, この私, 男の

▼ ありませんといふ~ (4, 0.1%)

1 ことを, のは, 簡単な, 陳辯書と

▼ ありませんねと~ (4, 0.1%)

1 仰言いました, 嶮しい, 笑って, 答えたが

▼ ありませんわね~ (4, 0.1%)

1 それが, それに, それやもう, みんな何を

▼ ありません~ (4, 0.1%)

1 あなたは, 私だって, 私の, 自分の

▼ ありません人間~ (4, 0.1%)

1 が居, です同胞兄弟, と同じ, の力

▼ ありません~ (4, 0.1%)

1 にし, 動乱の, 有り名古屋, 真面目に

▼ ありません~ (4, 0.1%)

1 主人の, 拾いも, 縁の, 註文と

▼ ありません~ (4, 0.1%)

1 がこの, でもお, にし, も近寄る

▼ ありませんかって~ (3, 0.0%)

1 どんなもの, 聞いて, 訊ねましたん

▼ ありませんがと~ (3, 0.0%)

1 いつて, いふと, 仰有って

▼ ありませんこう~ (3, 0.0%)

1 なりゃあ, 云う機会, 瓦っ

▼ ありませんこっち~ (3, 0.0%)

1 が怖がる, の種, よこしなさい二十歳

▼ ありませんしね~ (3, 0.0%)

1 あんたには, 今夜は, 詩を

▼ ありませんじゃ~ (3, 0.0%)

1 しかしわし, ないか, ないの

▼ ありませんそこ~ (3, 0.0%)

1 が畜生, にお気, へ転がり込ん

▼ ありませんそこで~ (3, 0.0%)

1 フト思いつい, 彼等は, 鶏たちは

▼ ありませんそれに~ (3, 0.0%)

1 あの人, お借りできる, 三階です

▼ ありませんだから~ (3, 0.0%)

2 疑いが 1 ネネにとっては

▼ ありませんですから~ (3, 0.0%)

1 この土地, わたしが, 登山界に

▼ ありませんとの~ (3, 0.0%)

1 ことです, 事でした, 話だった

▼ ありませんほんとに~ (3, 0.0%)

1 あの方, 煩い孔雀, 輪郭の

▼ ありませんまあ~ (3, 0.0%)

1 お一つ, 止された方, 英雄豪傑の

▼ ありません~ (3, 0.0%)

1 でございまして, よ, を覚悟

▼ ありません先生~ (3, 0.0%)

1 がお, にはお, は私達

▼ ありません~ (3, 0.0%)

1 が誘い, より慈悲, を騙す

▼ ありません明日~ (3, 0.0%)

1 になっ, は磔刑, は約束

▼ ありません決して~ (3, 0.0%)

1 ありません火, ないん, 皮肉に

▼ ありません~ (3, 0.0%)

1 お大事, が知, な兄弟

▼ ありません私達~ (3, 0.0%)

1 の同窓, の頭, は今

▼ ありません貴方~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の前, も真

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 だかも, 痛い何

▼ ありませんあなた様~ (2, 0.0%)

1 が当然, のお

▼ ありませんある~ (2, 0.0%)

1 ように, 片田舎の

▼ ありませんあんまり~ (2, 0.0%)

1 すること, 悪いこと

▼ ありませんいつ~ (2, 0.0%)

1 でもそう, まで待っ

▼ ありませんいつも~ (2, 0.0%)

1 お父さんを, 相対的な

▼ ありませんいろんな~ (2, 0.0%)

1 かぶと虫にも, 男が

▼ ありませんおとなしく~ (2, 0.0%)

1 じっとし, 親方や

▼ ありませんお客様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ありませんお蔭~ (2, 0.0%)

1 で私, で腹

▼ ありませんかとは~ (2, 0.0%)

1 ひどく気障っぽい, 仲

▼ ありませんかな~ (2, 0.0%)

1 お医者さま, お怪我

▼ ありませんかねえ~ (2, 0.0%)

1 お嬢さん, 村の

▼ ありませんからと~ (2, 0.0%)

1 固辞し, 平気な

▼ ありませんからな~ (2, 0.0%)

1 やっぱり政府, 別々に

▼ ありませんからねえ~ (2, 0.0%)

1 きっとチチコフ氏, 手を

▼ ありませんからも~ (2, 0.0%)

2 少し先

▼ ありませんかネ~ (2, 0.0%)

1 ハッハッハハ, ハハハ

▼ ありませんがまた~ (2, 0.0%)

1 お許し下さい, 決して自殺

▼ ありませんこと~ (2, 0.0%)

2

▼ ありませんこの世~ (2, 0.0%)

1 にたつた, につかわされた

▼ ありませんさあ~ (2, 0.0%)

1 それを, 取って

▼ ありませんすぐ~ (2, 0.0%)

1 あなたを, 武の

▼ ありませんそりゃ~ (2, 0.0%)

1 お門違いです, アもう

▼ ありませんそんなに~ (2, 0.0%)

1 までし, 窮屈がらず

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 それは, もはや敵

▼ ありませんぞと~ (2, 0.0%)

1 言い捨てて, 負けずに

▼ ありませんたとい~ (2, 0.0%)

1 その人, 一時の

▼ ありませんでは~ (2, 0.0%)

1 どうして組合せ文字, 暫くお

▼ ありませんとにかく~ (2, 0.0%)

1 これだけ, 地球の

▼ ありませんとは~ (2, 0.0%)

1 ほざきやがるよ, 云えない

▼ ありませんとんだ~ (2, 0.0%)

1 ことに, 恰好を

▼ ありませんどういう~ (2, 0.0%)

1 ものでございましょう, 本な

▼ ありませんどうも~ (2, 0.0%)

1 済みません, 都合が

▼ ありませんどちら~ (2, 0.0%)

1 でもよろしゅう, も浪人衆

▼ ありませんどれ一つ~ (2, 0.0%)

1 やりましょうかね, やりませうかね

▼ ありませんどんな~ (2, 0.0%)

1 事が, 絶滅の

▼ ありませんなと~ (2, 0.0%)

1 番頭の, 答えた

▼ ありませんなん~ (2, 0.0%)

1 でもありません, の苦

▼ ありませんほんの~ (2, 0.0%)

1 半刻, 頸動脈を

▼ ありませんまさしく~ (2, 0.0%)

1 女の, 焚火でありましょう

▼ ありませんまだ~ (2, 0.0%)

1 実家には, 若いん

▼ ありませんみんな顔~ (2, 0.0%)

2 をまっ

▼ ありませんもう~ (2, 0.0%)

1 彼が, 直きお母さん

▼ ありませんもう少し~ (2, 0.0%)

1 で柚子味噌, 辛防が

▼ ありませんもし~ (2, 0.0%)

1 その途中, 間違っても

▼ ありませんもっと~ (2, 0.0%)

1 悪い人, 面白い話

▼ ありませんやう~ (2, 0.0%)

2

▼ ありませんやと~ (2, 0.0%)

1 云うところ, 威張った

▼ ありませんよね~ (2, 0.0%)

1 いい子, お初さん

▼ ありません二人~ (2, 0.0%)

1 とも言葉, はす

▼ ありません人殺し~ (2, 0.0%)

1 の凶状持ち, の大罪

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 の学生, の時世

▼ ありません今日~ (2, 0.0%)

1 まで拙者, 初めて位

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 の事, の物

▼ ありません何と~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ ありません何とか~ (2, 0.0%)

1 いう待合, 心配を

▼ ありません何ん~ (2, 0.0%)

1 とか敵, としても小品

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 しね旦那, し御

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 に挙げた, の熊

▼ ありません再び~ (2, 0.0%)

2 目的地へ

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 何も, 大きな身体

▼ ありません只今~ (2, 0.0%)

1 では少し, にも勘当

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 うございますか, かあ

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 は鶯, も知らぬ

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, だと

▼ ありません国内~ (2, 0.0%)

1 だけに限っ, の人材

▼ ありません土地~ (2, 0.0%)

1 のお, の生産

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 なこと, に目

▼ ありません多分~ (2, 0.0%)

1 に何, 死骸も

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 にも昇れない, はまっ

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 ならば, れに

▼ ありません失礼~ (2, 0.0%)

1 いたしました, しました

▼ ありません女性~ (2, 0.0%)

1 が男性, の一人

▼ ありません娘さんちよ~ (2, 0.0%)

2 つとお

▼ ありません少し~ (2, 0.0%)

1 はわたし, も興味

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 の間, までが宿

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 のこと, の腐った

▼ ありません悪い~ (2, 0.0%)

1 のは, 人でなく

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 の処, も利きません

▼ ありません拙者~ (2, 0.0%)

1 の方, は旅

▼ ありません早く~ (2, 0.0%)

1 支度を, 真砂町へ

▼ ありません時々~ (2, 0.0%)

1 思い出したよう, 思ひ出したやう

▼ ありません時に~ (2, 0.0%)

1 お茶代, 因りますとね

▼ ありません時代~ (2, 0.0%)

1 で原型, は永徳

▼ ありません本当~ (2, 0.0%)

1 の事, を言う

▼ ありません本当に~ (2, 0.0%)

1 お大事, マア幼な

▼ ありません東京~ (2, 0.0%)

1 の方, も旧

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 のお, の通り

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 の出端, を流した

▼ ありません漸く~ (2, 0.0%)

1 嫁いて, 手掛りが

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 は愛, を噴く

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 なり私, も母

▼ ありません甚だ~ (2, 0.0%)

1 漠と, 薄情な

▼ ありません甲府~ (2, 0.0%)

1 にいる, まで逃げれ

▼ ありません皆さん~ (2, 0.0%)

1 が剣難, が喜ん

▼ ありません真実~ (2, 0.0%)

1 でげす, は真実

▼ ありません確か~ (2, 0.0%)

1 に昨晩書類, に歿

▼ ありません私たち~ (2, 0.0%)

1 は海賊, は生き

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 は最早, を蒔く

▼ ありません粉雪~ (2, 0.0%)

2 の吹溜り

▼ ありません芝居~ (2, 0.0%)

1 だとつッ, で演じまし

▼ ありません若い~ (2, 0.0%)

1 もので, 同志で

▼ ありません裁縫~ (2, 0.0%)

1 がえり, がへり

▼ ありません親分~ (2, 0.0%)

1 お怨み, は

▼ ありません~ (2, 0.0%)

1 郎が, 郎着換も

▼ ありません貴女~ (2, 0.0%)

1 と少年, に生命

▼1* [682件]

ありませんああして, ありませんあいつの云う, ありませんあたいは人, ありませんあたい蛇だって狼, ありませんあんな蒼澄んだ, ありませんあゝして, ありませんあッ監視灯が, ありませんいいかげんにしない, ありませんいくら輝さんが, ありませんいっそ気は, ありませんいまでは見, ありませんいやどうして結構, ありませんおばあさんですよ, ありませんおばさんの面, ありませんお前さんの信用, ありませんお前さん何がそう, ありませんお婆さんは世にも, ありませんお嬢さんのため, ありませんお嬢様をどこ, ありませんお玉の家, ありませんお許し下さい, ありませんお話する気, ありませんお雪ちゃんぐらいよく, ありませんお願いですから, ありませんかかッた, ありませんかつたが, ありませんかといったときは, ありませんかといふ調子で, ありませんかとか何とか云われ, ありませんかとでも云ったよう, ありませんかとの仰せもつとも, ありませんかとも聞けまいじゃ, ありませんかなど引きとめたくも, ありませんかなり厳粛な, ありませんかねとははっきりしない, ありませんかもしさうなら私, ありませんかゆいところに, ありませんかよウ, ありませんからさ押して云え, ありませんからなあうちの, ありませんからなどなかなか固苦しい, ありませんからねと云うの, ありませんからねなどという人が, ありませんからへエ, ありませんかわいそうにぐっと, ありませんかわりにはがらん, ありませんがこうして彼等と, ありませんがさて脱獄し, ありませんがしかし仮りに, ありませんがな気の, ありませんがなあこれえ, ありませんがへッへ, ありませんがネハハハ, ありませんきっと仕損じますまい, ありませんえよく, ありませんけどかといって, ありませんけどねその一年半, ありませんけども時二とか, ありませんけれどさて實現が, ありませんけれどもね私まだ, ありませんけれどもねえなにしろ親, ありませんこうして我々は, ありませんことにここは, ありませんこりゃ御新姐, ありませんこんど出やがったら村, ありませんこんな処が, ありません近所の, ありませんさかえな, ありませんさなあ同僚, ありませんさもなくば, ありませんされどいずれの, ありませんしとやかな学僧, ありませんしな車じゃ, ありませんしょぼしょぼ雨の, ありませんすこし休んで, ありませんせいぜい五日か, ありませんせめて同じ室, ありませんぜとナイロンの, ありませんぜひ聞かして, ありませんそういう仕事は, ありませんそしてその為, ありませんそそそんな事, ありませんそのままあなたに, ありませんそらここに, ありませんそれから貴方は, ありませんそれではあんまり取越し, ありませんそんじょそこらのアチカーソフ, ありませんたいへんですとにかくもう一度, ありませんただただ恐縮の, ありませんたった今今の, ありませんたって何も, ありませんたとえば故郷の, ありませんたぶん兄さんは, ありませんたまさか叱りましても, ありませんたまに女が, ありませんだが矢張川口町へ, ありませんちっとも極りの, ありませんちと入用が, ありませんちゃんと車屋の, ありませんちょっと私の, ありませんつくづく愛想が, ありませんつまらないものです, ありませんですが米友さんは, ありませんでと斯う, ありませんでねその木原店, ありませんとうとう繋いで, ありませんとおつし, ありませんとかよく分りませんでした, ありませんとこうまあいったよう, ありませんところがあの奥方, ありませんとても可愛かった, ありませんどうしてここへ, ありませんどうせ間抜けた, ありませんどうぞどうぞ生命を, ありませんどうぞもう一週間イヤ, ありませんどうぞ始終遊びに, ありませんどなただって風邪, ありませんどんより鼠色に, ありませんなかなか裏面に, ありませんなぜって, ありませんなどと大きなこと, ありませんなどという答えは, ありませんなにかの芸, ありませんなにせよほど熟練な, ありませんなんかと言うやつ, ありませんなんてぬかす, ありませんなんと説明致しませう, ありませんねえお比奈さん, ありませんねえという興味ある, ありませんのでがつかりして, ありませんのでねお上へ, ありませんのでのそれどころかここ, ありませんのでのうばばの, ありませんのにねひどくすごい, ありませんのよと心の, ありませんはじめの日曜, ありませんひとたび火の洗礼, ありませんほかに本職, ありませんほんとうですよ, ありませんぼく帰ります, ありませんぼくらはかつて, ありませんまああまり考へない方, ありませんまお一つそう, ありませんまじめにお尋ね, ありませんまず横綱の, ありませんまったくのところ, ありませんまつさきかけて, ありませんまア考へても, ありませんみな失敗です駒井さん, ありませんみんな許せば, ありませんみんな墨で描いた, ありませんみんな山からふき出した, ありませんむしろ小説体に, ありませんもしやお留守, ありませんもの何です一体, ありませんもの後ろへ後ろ, ありませんやっぱり人間です, ありませんやという見得半分, ありませんやはり神主です, ありませんやむを得ず洋髪な, ありませんゆえ出て, ありませんよく練れて, ありませんよそへ出たく, ありませんよというような, ありませんよといったような, ありませんよへツへ, ありませんよも一人の, ありませんわけです, ありませんわたしたちがこうして, ありませんわたし自身の鼻, ありませんわっしを, ありませんわと云う訓戒的, ありませんわれわれ火星人は物, ありませんアメリカだって御, ありませんイギリスの姫, ありませんグレーでもカツレツ, ありませんコソ泥です, ありませんサア是だけ聞け, ありませんジャヴェルを殺した, ありませんジーナとスパセニア, ありませんストオリーなどは問題, ありませんスパセニアだったの, ありませんセンイ類や藥品, ありませんソミイルのむす, ありませんゾッキ屋某へ抵当, ありませんデンマーク人は戦い, ありませんこれを, ありませんネーと意味, ありませんヘルツェンシュトゥベなんかのこと, ありませんホイツスラアの為, ありませんホンの袖, ありませんボルネオは健康地, ありませんマドロス君が先発, ありませんモリイシャしかしまず, ありませんに子規居士, ありません一号と二号, ありません一度結婚した, ありません一度外へ出, ありません一応ですいや, ありません一旦用いそこ, ありません一筋道の里, ありません一茶以前に一茶, ありません一週間ばかりのうち, ありません一面白妙なん, ありません七景は霧, ありません万事は金助, ありません万人ひとしく注意, ありません三国港でもありません, ありません三日に上げず, ありません上方見物はかこつけ, ありません上本町のあと, ありませんの仮庵室, ありません世の中には癆, ありません両人で手, ありません両方から合せ, ありませんに素早い, ありません中央山脈の中, ありません中津川の景蔵さん, ありません丸山の御, ありません主家伊太夫のため, ありません久兵衞の野郎, ありません久助さんに間違い, ありませんに反し, ありません乱世に乗じ, ありません乳母がお母様, ありません二つあつた, ありません二つ三つ慰めの言葉, ありません二声ばかり泣く, ありません五百草も千草, ありません人生は苦悩, ありません人目にかけない, ありません人違いにも程, ありません人間正直はいい, ありません今家へ行ったらつかまる, ありません今度も左様, ありません今日お婆さんがお湯, ありません今晩はなんとなく, ありません今晩わたしは一つ, ありません仏様にはお, ありません伊万里ですと, ありません伊香保のお隣室, ありません伝吉さんはそんな, ありません伯爵切手入れの中, ありません伯父と兄, ありません体つきからそう, ありません何せよほど熟練な, ありません何だかあきるわ, ありません何で見合せるの, ありません何でも彼奴が, ありません何卒お免, ありません何故セレナ夫人は, ありません何時もぶりぶりして, ありません余程あなたは, ありません佛壇の中, ありません作家の業, ありません信仰であります, ありません信州者だとも, ありませんの娘, ありませんからこう, ありません兄さんはけっして, ありません先ずその結果, ありません先天的に怒る, ありません先約があります, ありません先達のお, ありません光丸さんのいなくなった, ありません光子さんは全く, ありませんに角大谷千尋, ありません八百やの, ありません兵馬の手, ありません其の翌年金五郎は, ありません其処に手伝っ, ありませんにいっそ, ありません内儀のお, ありません冬物の仕度, ありません凶日に旅立つた, ありませんの油, ありません初めから買切です, ありません初茸でも何, ありませんの夢, ありません別に何の, ありませんに何, ありません前津小林の方, ありませんよ, ありません勿論まだ私の, ありません北国人の鎧, ありません十日ばかり前お, ありません千万忝うございまする, ありません単に逐一比較し, ありません博士はダメ, ありません却って後で生木を, ありません原子力を使っ, ありません友さんは死んじゃった, ありません友造君を迎え, ありません口惜しい入らつし, ありません古いもんで, ありません温順しい, ありません只人の噂, ありません合羽をお, ありません海同胞です, ありません名前は何, ありません名残を惜しん, ありませんな弁償, ありません味方でないもの, ありません呼吸がみな発句, ありませんいでげすから, ありません咽喉を締められる, ありません唄どころじゃない, ありません嘆美でもありません, ありませんお前さんには, ありません四ツ目屋の新, ありません四五度行馴れて, ありません四人とふたり, ありません四十恰好の少し, ありません四月以降相当でした, ありません団子と申した, ありません団子坂の角, ありません固いといった人, ありません国民も張り切, ありません土藏の闇, ありません地主が不, ありません地獄は怖, ありません地獄絵のあと, ありません坊やは強い, ありませんの学校友達, ありません外のは随分, ありません多寡が吹け, ありません夜なかにたべさせる, ありません夜遊びの歸, ありません大きくなったらきっと, ありません大好きです, ありません大層おいしいから, ありません大島の紺がすり, ありません大抵は二十代, ありません大河湖沼が乏しい, ありません大神は富貴, ありません大蛇の火, ありません大谷千尋は再三, ありません天下の直参, ありません天地間の重大事件, ありません夫婦に成れ, ありません失敗だって何, ありません奥さんの事, ありません奥方様よりもわたし, ありません奥行は存外, ありません女子供はましてそう, ありません女子蛆のうめきな, ありません女牛の乳, ありません妖怪や狐狸変化, ありませんのお, ありません委しい事は, ありません姿見の前, ありません婆さんお前は口, ありません子供も舐めます, ありません孝助様後で御, ありません学者でもそう, ありません学術的とはいわれません, ありませんで向島親子, ありません安心して, ありません宗悦が無礼, ありません宝永ですと, ありませんを云う, ありません実はぼく三十年前に, ありません実際に私, ありません実験室に付き物, ありません家中の大, ありません家庭料理へ生活費, ありません家政婦の気狂い, ありません容色風采この人, ありません宿屋の下婢, ありませんの前, ありません寧ろ私の, ありませんにその, ありません将軍どうか首, ありません小さい時に, ありません小児に乳, ありません小学校のあの, ありません小町の晩年, ありません少々外に, ありません少くともこれ, ありません少なくも広大な, ありません尚も最後の, ありませんては一国, ありませんにも及びますまい, ありません屋敷は相馬, ありません山風が出, ありません岡崎街道でああ, ありません帆村探偵が声, ありません常識の人, ありませんの半ば, ありません幕府の方, ありません平次の女房, ありません幸福でした, ありません幾らひょっとこ見たよう, ありませんの端, ありませんにはもう, ありません廂下から土間, ありません廊下伝いに行きます, ありません弁信さんは人, ありません当家の先生, ありません当然聞くべき人, ありませんの持ちまえ, ありません彼らはもちろん, ありません彼奴から私, ありません彼様なもの, ありません後世には酒, ありません従ってこの国, ありません御免なすって, ありません御飯ですもの, ありません心中者だ, ありません心掛けの宜, ありません必ず徳操才色ふたつながら, ありません忠孝このふたつ, ありません忠義をすれ, ありません思いもよらぬ, ありません怪人のからだ, ありません悪漢の手, ありません悪魔は一晩, ありません惜しいぢや, ありません意気地なしな, ありません慶長小判から今時, ありませんの国, ありません應用的に研究, ありませんながら薄, ありません我慢出来るだけ, ありません戦国時代の切支丹大名, ありませんを開ける, ありませんから右, ありません手荒いことしない, ありません手配はつけ, ありませんなく坊さん, ありません改めて親の, ありません散々揉み抜いた揚句, ありません敵意がありません, ありません文六ちゃんがこわい, ありません断じてありませんが, ありません断念らないわけ, ありません斯んな近事, ありません新たに死ぬる, ありません新刀と書いた, ありません新聞紙包か何, ありません新聞記者を呼ん, ありません日本の古, ありません日本人は誰, ありません日本部支那部安南部と分れ, ありません旦那がお茶, ありません旦那方は秋祭り, ありません旦那様は御存じ, ありません早い話が, ありません早うお帰り, ありません早坂勇さえも愕然, ありません春先の或, ありません春秋にはその, ありません昨夜もだから, ありません昨夜どなたかこの, ありません昨年の八月, ありません昨日の午後, ありません昨日散歩のみぎり, ありません昨日確定裁判を下された, ありません昨晩もちょっと, ありません昼日中提灯をつけ, ありませんは私, ありません智慧も力, ありません暗黒のなか, ありません書生を刺した, ありませんてハリダース, ありません木具屋と申し, ありません末期の煙草, ありません末梢なのね, ありませんがありません, ありません本人よりもよく, ありません本当に全く素朴に, ありません本当はこ, ありません本来虚弱な藤江老人, ありません本船左舷後方の海上, ありませんの衆, ありません柱一本立直らないで, ありません案内役のわたくし, ありません楠木方のほう, ありません様子でありますゆえ, ありません権力の他, ありません横浜まで出迎え, ありません樹木も多かろ, ありません欄干の始め, ありません次男でした, ありません次第によってはその, ありませんい事で, ありません正当防衛ですもの, ありません正直のこと, ありません此の方にか, ありません此処は往来, ありません武力が整い, ありません段々ああなって, ありません殿様がお, ありません殿樣あれは冬, ありません母ちゃんよ, ありません母上あッち, ありません母屋にいらっしゃる, ありませんです, ありません毛際から小脳部, ありません氣孔ひとつにも泣きたい, ありませんが身体, ありません江戸へ来, ありません江戸時代に屡々, ありません江戸表へ参り, ありませんへ出なく, ありません沢山です, ありませんがせんせ, ありません浩一郎から借りた, ありません浪次と言っ, ありません海嘯だけは用心, ありません海岸三里四里の間, ありません深切で聞い, ありません深尾殿なら貴方, ありません清澄の茂太郎, ありませんの水流, ありません激情に煽られた, ありません火事ですたいへん, ありません灰色の霧, ありません点取り宗匠連が金, ありません無いので, ありません無法だと, ありません無理にでも室, ありません無理やりいや応なしに, ありません無礼なこと, ありません無闇に金, ありませんでも鳥, ありません牛乳もクリーム, ありませんの道理, ありません犬畜生といっ, ありませんの化けた, ありません独楽廻しじゃ有りません, ありません猫めの頭, ありません獄門橋の先, ありませんですからね, ありません現在の賀川豊彦, ありません現在私が見, ありません現物をつみこん, ありません理窟から言え, ありません琵琶湖は大きい, ありません生臭坊主や心中, ありません用心棒に雇つた, ありません田舎仏師の拵えた, ありません画家を個人的, ありません畠山父子は共に, ありません病死の積り, ありません病気でもない, ありません白い玉子焼だ, ありません白木でも朱塗, ありません白馬からの下り, ありません白骨以来ほんとうに落着, ありません百年以上もつづいた, ありません目明しの釘勘, ありません直ぐにお, ありません直し様もない, ありません相手は大人, ありません真似をした, ありません眼前目に見える, ありません眼隱しを, ありません矢張晒木綿の褌, ありません破壊です絶滅, ありません社會教化日でありますかういふ設定日, ありません祖母の小さい, ありませんかけて, ありません神様もったいのうございます, ありません私共の鍬, ありませんの中, ありません立派な生活, ありません童謡が直に, ありません竹町へ真っ直ぐ, ありません一信心者で, ありません米友さんもちっとも, ありません米友さんわたしはお前さん, ありません米屋の隱居藤兵衞, ありません粟粥や芋粥, ありません糖衣もなけれ, ありません紳士です, ありません結婚したばかりの, ありませんですら, ありません継母さんが悪い, ありませんりなさいましよ, ありません総代を選ん, ありません縁側の上, ありませんを解い, ありませんも描く, ありませんも報い, ありません美濃の国, ありません老人方は相続, ありません考えように依っ, ありませんし支那, ありませんの下, ありませんの低い, ありません背中から肩, ありません自分の鼻, ありません至ってまめな, ありませんの中, ありません花房一郎が警視庁, ありません花車も来た, ありません芸術としては価値, ありません苟も土そのものに, ありません若い衆娘たちの相談相手, ありません英国でも前, ありません茂ちゃんほんとうにお前, ありません茄子の鳴く, ありません荊妻もその, ありません萬次郎さんとは仲, ありません落着いて, ありません薄い鞣皮一重を, ありません藤野屋杢左衞門は帯刀御免, ありません虚空の中, ありませんのうち, ありませんでも鳥, ありません蝦蟇の方, ありませんがすっかり, ありません衣裳を捨て, ありませんでございますこんな, ありません被害者です, ありませんの夏目さん, ありません裏道から大廻り, ありません見掛けは綺麗, ありませんに愛想, ありません親方のため, ありません親父が死ん, ありません親類の, ありません証人は近所, ありません詰らん者を集め, ありません警官は敵, ありません議論家のよう, ありません谷間田はアノ, ありません貝殻骨のところ, ありませんに迫られ, ありません賛成です, ありませんもだいぶ, ありません贋金造りだなんて, ありません越智こちですと, ありません足元を括った, ありません跣足で庭, ありませんのかるい, ありません身体のお, ありません軍艦ではありません, ありません近江の国, ありません近頃は昔, ありません近頃少し健廉を, ありません造化機論を拝見, ありません運命のいたずら, ありません過失って取, ありません選者のおべっか, ありませんが非, ありません邪推でもなん, ありません重々私が悪い, ありませんの管, ありません金なぞは一さいもら, ありません鈴慕に誘惑, ありませんでしょうそうして, ありませんではありません, ありません長州でも土佐, ありません限り床の間か戸袋, ありません随分酔って, ありません離縁された亭主, ありませんに降られた, ありません雨工です, ありません雰囲気と申します, ありません青鬚で唐棧, ありません静かな心, ありませんかに鞘, ありません非常の火, ありません面白い気分の, ありません音楽のこと, ありませんのよく, ありません頭寒足熱ですかな, ありませんに青筋, ありません飴屋もやった, ありません香港経由の東京電報, ありませんの屍, ありません馬琴の前後, ありません馬鹿だか, ありません高山にい, ありませんをぞんざい結び, ありませんこそ眞, ありません魔法などというもの, ありませんでも比目, ありません脅しの, ありません鳥獣の沙汰