青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あります~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あり~ ありあり~ ありがたい~ ~ありし ありし~ ~ありまし ありまし~ ~ありました ありました~ ~あります
あります~
~ありますまい ~ありませぬ ~ありません ありません~ ~ありませんでした ~あり得ない ~ある ある~ あるいは~ ~あるだろう

「あります~」 9206, 99ppm, 1102位

▼ あります~ (4450, 48.3%)

137 それは 118 これは 55 それが 53 私は 31 その中 29 これも 27 私の 26 それを 21 あれは 20 これが 18 それも 17 これを, 併し 15 私が 14 さう, それに, 兎に 13 今は, 日本の, 此の 11 それと 10 しかしその, 是は 9 いずれも, これらの, そのうち, その時, 彼の 8 こ, これに, しかしそれ, そういうよう, それには, それらの, 私には 7 あなたは, それにも, 今では, 日本では, 自分の 6 この人, この場合, それよりも, 今日では, 今日の, 今日は, 普通の, 非常に

5 [12件] ここでは, ここに, これには, しかしこの, しかしこれ, そうで, そんなこと, 之は, 人間の, 他の, 實は, 第一

4 [18件] ここで, この, そういうこと, その前, その頃, それより, それらは, たいていは, もとは, わたくしは, 今の, 今度は, 前に, 多くは, 大抵は, 念の, 私どもは, 私も

3 [62件] あれを, この方, この時代, この頃, これからは, これと, これなら, これまた, これらは, さすがに, そういうもの, そこには, その, そのとき, そのなか, その人, その場合, その大, その際, それだけ, それとても, た, とにかくその, どうかする, どちらも, もう一つ, わたしは, 一つは, 主な, 人の, 今その, 何でも, 何も, 何んと, 僕は, 兎も, 其の外, 唐の, 問題は, 外に, 大師の, 子供の, 実際は, 当時の, 彼らは, 御承知, 惜しいこと, 或る, 支那では, 日本は, 昔の, 昔は, 最後に, 歴史の, 海の, 漢の, 聞いて, 自分は, 西洋の, 誰が, 近頃は, 龍麿は

2 [196件] あすこの, あなたが, あの人, あるいはこの, あれが, あれほど, あんなの, いずれに, いづれも, いまは, お買い, かように, ここの, ここは, このよう, この中, この仕事, この句, この問題, この狂言, この辺, この道, これこそ, これだけ, これとても, これなども, これまでの, こんなの, ごぞんじです, さてこれ, さてそれ, しかしいくら, しかしそういう, しかし私, しかもその, しかもなお, せっかくの, そういうとき, そういうふう, そういう人, そうでない, そうでなく, そこが, そこは, そのうろたへ, そのほか, その一つ, その上, その仕事, その何れ, その印象, その原因, その反面, その実, その山, その当時, その方, その昔, その時分, その晩, その特色, その男, その第, その間に, それから, それから後, それでもまだ, それとは, それにさ, それについて, つまりその, とにかくこの, とにかく今, ともかくも, どうした, どうしてこの, どうも此方, どこの, どれも, ひとつには, また同時に, われわれが, われわれは, インドでは, キリスト教の, ザヴィエルは, 一と, 一人に, 一口に, 一度も, 一方それ, 世の中は, 世間には, 世間の, 中には, 中にも, 之と, 之を, 事実は, 二人とも, 些と, 京都の, 人が, 人間は, 今も, 今日まで, 仕事が, 仕事の, 他方では, 何と, 何の, 何れに, 例の, 個々の, 個人の, 元来この, 全くこの, 其の一つ, 其の中, 其の内, 其の時分, 其の頃, 其時のと, 初めに, 到底この, 印度では, 同時にその, 名は, 品川弥二郎は, 問屋を, 嘘か, 国民の, 土地の, 外国人を, 多くの, 大概は, 大體, 奈良朝の, 字の, 実はこの, 実際に, 実際には, 客人の, 少くとも, 少しも, 已に肌寒い, 帰って, 平常は, 平次は, 店の, 当時は, 彼女の, 我々の, 手に, 支那から, 支那の, 日が, 日本でも, 日本に, 日本には, 春の, 昨日の, 是に, 是も, 時には, 曲者が, 最近に, 檢屍が, 次の, 此は, 此等の, 気が, 狸が, 猶一つ, 現代の, 現実の, 発掘した, 福井までには, 私たちの, 私に, 私共の, 立派な, 結局は, 綺麗な, 肝腎の, 育ちは, 自分も, 要するにこれ, 貴君の, 赤裸々の, 足利の, 返事を, 雪難之, 面白いこと, 餘り, 鼻の

1 [2860件 抜粋] ああいう, あたしのは, あなたに, あなた様は, あの内容, あの形, あの観音像, あまりにも, あるいはこんな, ある日, あれで, あれより, いかがです, いかに私, いざという, いったい私ども人間, いつも一人, いまおばあさんの, いやたしかに, おいおいと, おそれずに, お兄上様, お屋敷, お父さんが, お話の, かういふ現象, かぎは, がんりきの, けれどもこと, こういうふう, こういった, こう云う, ここのは, このあいだ, このさい, このホーチ, この上, この伜, この勝馬, この唐律, この娘, この工事, この情景, この日, この李君, この民族, この現在, この種, この絵, この肉, この配合法, この骨, これから亡びる, これで, これまでに, これ程に, こんな処, こんな黄色い, ご心配, さうでなくても, さて中葉期, さて樂器, しかしいずれ, しかしこれこれ, しかしながら天然, しかしまた同時に, しかし事代主神, しかし何, しかし変化, しかし昔, しかし決して, しかし若林博士, しかし駈, しばしば大変, すぐに, すべてさとりの, せめて家丈, そういう方面, そうしたいっさい, そこだけは, そしてこれ, そのお, そのじ, そのわり, そのバラモン, その下, その二十三呎, その代りそこ, その代り犬, その全, その卷頭, その夕がた, その奥, その差別待遇, その形, その後宣長翁の, その新た, その時代, その松, その水, その濁音, その真夏, その筆蹟, その經籍志, その職務, その裏, その論点, その遺物, その長歌, その雑誌, その風景, その點, それから續, それだけに聴衆, それでいても, それではほんとう, それでもなほ当世, それでも十中, それでも精神家, それとこれ, それにしてもこの, それによって, それほど力, それ以上に, そんな下らない, たいして美しく, ただそれ, ただ単に, ただ真, たとえば一匹, たまたま宴会, ちっともすれ, ちらと, つまり一句, でき上がりが, でも私, とにかく主として石, とにかく普通, ともかく禮, とりわけ彼, どうかしら, どうしてどうして一枚絵, どうします, どうもいれ, どうもはや, どうも癖, どこに, どの額, なお一層, なかなか憶病, なかには, なにしろユートピア的想像説, なほ他に, なんしろ, はからずも先刻, はなはだ残念, ひどく汚れ, ほかの, ほんとうに, ほんの暫らく, まあわたし, まかりまちがえば, まずこの, まず大体, まず総括的, またそれ, また一面, また平尾氏, また食器, まだまだ太政入道, まだ吾, まったくそういう, まづ今日, まアだいたい, もうこの, もう一つ重大, もう既に評, もしもその, もし能楽, もっと現在, もとより之, やっぱしそれ相応, やむをえませぬ状態, よく調べ, わが子一正にだけは, われわれから, イタリイ滯在の, エスモンド街に, ゴンドラなども, シャッガァ号乗組当時我々の, チベットの, バラバラ日記, パン一種の, ヘエー左様でございます, マノール・ランドと, ヨーロッパの, ルビーが, 一つに, 一ケンカやりましょう, 一人の, 一向要領, 一寸それ, 一度神戸牧師, 一方家業, 一晩おとなしく, 一歩譲つて, 一般の, 一頃の, 丁度新しい, 万年屋山城屋, 三年前の, 上官の, 下剋上といふ, 不思議な, 世人の, 中ぐらいでも, 中国人に, 中氣, 主として, 主人万太郎の, 乞食の, 事情まことに, 二尺五六寸も, 五年も, 些か気, 人を, 人生に, 人麿が, 今こそ, 今度の, 今日その, 今日殘つて居る, 今申す, 仕事は, 以前の, 件の, 何か, 何せ醸造元, 何よりも, 何処から, 何十年かの, 余は, 余程良い, 併し乍ら現状, 例へば大衆小説, 便宜上私, 信用の, 俳句趣味の, 停電です, 儂で, 元來日本, 先づこれ, 先づ社会現象として, 先年銀座の, 入つて構, 兩方とも, 八幡船の, 其, 其の以後, 其の寺號, 其の為, 其三四年間ばかりの, 其内蒙, 其大きい, 其文字は, 其處で, 内儀も, 冬の, 出入は, 切字以外の, 利得の, 前山の, 前途の, 勇士には, 勿論前, 十五に, 半ば雪が, 南北の, 博物館の, 又ごく, 又同時に, 反対の, 口が, 古い彫刻, 古来男子を, 只今申した, 各, 同じであります, 同年配以上, 同様に, 吾, 唐以前並に, 唾を, 善良な, 四聲といふ, 固定した, 土地が, 地名研究が, 型と, 塗に, 外國車に, 夢に, 大きい家屋, 大乗経典が, 大体漁業を, 大多数, 大掃除以前, 大部分, 天子としては, 夫人や, 奉公人は, 好事家趣味家の, 如意を, 妻を, 娯楽そのものの, 季重なり, 安芸の, 宜けれ, 実はしっかり, 実は世良田摩喜太郎, 実は清, 実際その, 客扱ひ, 家人, 寝台の, 將來此の, 小供, 小夜子サンにも, 小櫻姫, 少しは, 尤も其の, 山に, 島の, 左傳に, 差当りこれだけ, 平安朝頃までは, 年の, 幸に, 幾度かの, 店や, 弥次郎は, 当初美術協会の, 当直将校には, 彼が, 彼方も, 後世そんな, 従来日本の, 御殿勤めの, 徳川時代には, 必ずしも無言劇, 怨まれる筋, 恥ずかしいと, 悟後の, 情ない事, 意識無意識にか, 成程, 我国の, 戴けましょうか, 手持無沙汰の, 打ち解けた優しい, 折傷以上なら, 揺れて, 支那人ロシヤ人ギリシヤ人などといった, 數百年の, 文學は, 料理法が, 新劇も, 旅絵師の, 日本人は, 旦那さまには, 早く転職, 明日は, 昔からの, 昔大した, 是れ, 時には分銅型, 時利あらずで, 景色と, 暫く私, 更に内容的, 書画骨董を, 最後は, 月島で, 木の葉が, 未だ嘗て私, 本当に揃っ, 杉浦の, 東北第, 松茸に, 果して崔融, 柔術の, 根は, 森林帶を, 概して教養, 模様としては, 樺太の, 次の間まで, 正直者で, 此中の, 此位に, 此種類は, 武力戦に, 歴史を, 死因とは, 殊に著しい, 殺された人たち, 毒殺な, 気まぐれな, 汚れくさ, 池田総理の, 決して実社会, 沸かしましょうか, 浪人し, 温泉まで, 演劇といふ, 濡手拭を, 然し文科, 燃料不足の, 爾来永久中立制度, 物言ひ, 特にわれわれ日本人, 独り加賀の, 玄斎先生は, 現代では, 現在の, 琉球の, 用いると, 町の, 當時支那の, 皿に, 眉と, 真言の, 知らないもの, 示すべき愛情, 神様の, 私だけは, 私共, 稀れ, 空気喧嘩を, 笄す, 箱根の, 純文学という, 素人は, 終始この, 結局なんと, 絶対の, 縁側の, 美しいの, 考えて, 職域の, 能の, 腕を, 自然そういう, 興る源氏, 芥川さんが, 苗場などは, 若しそれ等, 若干毛色の, 茫漠たる, 茶色の, 蕎麦の, 蛇には, 表九州の, 西北岸には, 要するに各, 見ると, 親が, 言葉は, 許可なく入るべからず, 詳しく申, 請人の, 豐受大神といふ, 貴兄も, 赤い繪, 跫音が, 軍隊の, 近ごろ著しい, 近年上海に, 近頃ここ, 途中に, 遣る人, 遺憾ながら, 都合の, 野呂のは, 釘鋲等を, 錦旗そのものも, 長い間, 間に, 降ったあと, 際限が, 雨に, 非常呼集の, 靴を, 頗る達者, 顔色容体全然, 餘程脚の, 馬来, 高僧であれ, 鳥の, 黒つ

▼ ありますから~ (1960, 21.3%)

31 それを 30 して 21 私は 13 これを 12 これは 11 私の 8 それは, 私も 7 さう, そこへ, それが 6 ここに, これで, それに, 私が 5 この点, その時, 之を, 容易に, 此の, 非常に 4 そこに, そこを, そのうち, その点, 他の, 何か, 是は, 貴女の

3 [15件] あの人, お雪, ここには, これが, これも, そういうこと, その辺, その間に, その頃, ちよつと, 今の, 今度は, 何を, 前の, 後に

2 [90件] あとで, あれも, いろいろな, お暇, お話の, こ, これに, これによって, これまた, これらの, さすがに, そういうふう, そうおっしゃっ, そこから, そのこと, そのほう, そのままで, その人, その場, その声色, その通り, その道の, それで, それについて, それへ, それも, それらを, た, で, どこの, どちらでも, どなたも, ほんとうに, まずこの, まったく真, まつたく眞, もう少しその, もし神, やはり, ロシアの, 一箇所だけ, 下へ, 之に, 人の, 今から, 今は, 今も, 今夜は, 今日は, 伴れ, 何でも, 何の, 何人も, 例えば子供, 其の時, 前に, 動きますよ, 同じ語, 吾, 国家の, 地方の, 場合に, 大切に, 子供の, 安心し, 家庭が, 御参考, 徳川時代の, 懸賞金は, 時々ふとした, 気を, 水を, 略します, 白雲は, 皆さんは, 確実な, 私たちは, 私達が, 自分の, 舅姑に, 許されなければ, 話も, 誠にがらん, 誰でも, 誰にも, 諸賢の, 踏むと, 違った文字, 黒ッぽい, 黙って

1 [1494件 抜粋] あした又, あたかも文学博士, あたりは, あちらは, あなたと, あの辺, あやか, ありや, あんまり嚇, いい作為, いかに吉田内閣, いずれその, いちいち言う, いつも番人, いまその, いよいよ油断, いわゆる物心一如, うっかりお, おしらべ, おひま, お入んなさい, お坐り, お寒い, お差支え, お望み, お泊りなさい, お目付, お見せしましょう, お請取, かくなる, かように, きっと上手, けつまずかないよう, こういう浮浪民, ここでも, こっちから, こっちへ, このへん, この両, この二本, この例, この地方, この少年, この昭和, この機会, この理想, この種, この節流行る, この見合い, この辺, この逃れ道, この際いくら, この駆逐艦乗組員一同, これからだ, これこそ, これらに, これ等の, ご安心, さうし, さてはと, しかたが, しばらく御, じき執っ, すぐに, すぐ掛けられました, すこし縄, せいぜい利巧, ぜひが, そういう商人, そういう船乗, そうしたら途中, そうしょっちゅう一緒, そこで, そこで大変, そこの, その, そのうちちよい, そのつもり, その一方, その二人, その会場, その区別, その場合, その富子, その形, その成功, その方, その気, その渇望, その理由, その筋, その翌日, その製法, その趣旨, その鎧櫃, その霊跡, その高, それだけでも, それではもう, それでも食べ, それで僖公以後, それで私, それまで, そんなの, たいへん不利, ただ今からは, たとえ破られ, だん, ちょうど我邦現在, ちょっとこちら, ちょっと市街, ちょっと飲ん, つまりは, できるだけの, でもそんなに, とても人智, ともかくも, どうか, どうかその, どうか先生, どうしてここ, どうしても暖炉, どうぞここ, どうぞ仮面, どうぞ各, どうぞ階下, どうも仕方, どこへ, どの程度, どれでも, どんな形, なおさらそうなる, なかなかそう旨く, なにとぞ聖, なるべくは, なんなら, にっこり笑っ, はて此様, ひとまず彼処, ひまな, ほんとうの, まあここ, まあよい, まことにりっぱ, まして年玉, まずそれ, まず理想, またそのうち, まだ知名, まづこ, まア宜, みなさんは, もうかれこれ二十年, もう一度行っ, もしその, もしもすべて, もし好悪, もし誰, もちろん体育, もともと多く, やはり樂器, ゆく先々, よい技, よく御, よそから, よほど考えもの, らいてうとでも, わざわざそういう, わたしは, われわれは, ガソリン節約に, クマナカと, ジャムの, テエブルや, ハッと, ヒトミさんも, フランス革命が, モー少し, 一つだけ, 一切経は, 一寸, 一寸其の, 一層驚異, 一度倒れる, 一方が, 一概には, 一緒に, 一鑵の, 七出の, 三度欠かさず, 上甲板の, 下手な, 不孝であります, 世に, 世界を, 中るか, 久しぶり対面します, 事に, 二つの, 二人の, 二発で, 些とべ, 人と, 人間の, 今お, 今までの, 今太左衞門が, 今日その, 今日の, 今日ネパール国王の, 今晩は, 今私が, 仏法という, 仕方が, 仮に本堂中, 仮令脊骨, 会員の, 体あたりぐらいで, 何かに, 何とかなるでしょう, 何れ御返事は, 何卒御, 何者よりも, 余は, 作家側に, 例えば遠方, 信仰という, 値段も, 元の, 兄さんも, 先づギリシヤ人の, 先方へ, 入学し, 全く驚い, 全地方一遍, 六百遣っ, 其の人, 其の女, 其の時分, 其を, 其學問の, 其條項は, 内亂, 冬の, 出来るだけ, 分化の, 刻々その, 割合楽, 加藤の, 動物と, 勢い悪, 十分ぐらいで, 千年二千年後の, 博士と, 即ち九世紀, 厳密な, 受け取る必要, 古い寺, 古墳を, 右の, 各自の, 同姓である, 名前の, 向後この, 呉の, 唐の, 唯物論者は, 問題の, 喋々申しませぬ, 單に, 四季の, 国王に, 園では, 土地を, 売捌く先, 外からは, 外國の, 多少は, 多年恋着し, 大事な, 大分衰へて, 大急ぎで, 大森に, 大番頭さん, 大都督, 夫婦は, 失礼な, 女が, 好い職人, 妾等は, 威勢よく, 嫁は, 子供が, 孝中の, 安死術は, 宜う, 実を, 実際は, 宮様に対して, 家族との, 家来にも, 實際支那に, 将来ともに, 小さいもの, 小坂さんの, 小説伝奇その他の, 少しは, 尚家, 山形の, 山陽などは, 左様御, 師匠は, 帰りますよ, 幾分それ, 店の, 引つ掛けて, 張りの, 弾丸の, 当然なら, 彼は, 彼品を, 後から, 後は, 徒刑一年に, 御一読, 御命令, 心に, 心配しない, 必ず知っ, 思わず筆, 怪しい者, 悲しいかな美, 意識的に, 愛宕の, 我々凡人は, 或は全部, 戦争は, 手に, 手段に, 拙者は, 持つて, 搜し, 支那の, 改めて相当, 教師と, 文壇の, 文芸は, 料理は, 日が, 日本の, 日本独特の, 早くお, 早くから朝鮮, 早速これ, 早速取りかかります, 明律でも, 昔から, 春を, 時流に, 智の, 暗夜に, 曹操は, 最期を, 未亡人に, 本当の, 杖九十に, 東京駅まで, 栗を, 梵語を, 極めて物静か, 横着な, 欧州においては, 正しい道, 此に, 武藏の, 歴史的思想の, 残念ながら, 殿下の, 母に対しても, 民藝は, 氣持ちも, 永く使える, 江戸へ, 決して初め, 決して左様, 決戦, 法華経が, 注意なさい, 流れて, 清河が, 滅多にそんな, 漫り, 火道具を, 無力な, 無論忠義, 煙の, 父母が, 牛刀を, 物を, 特に立秋, 猶更, 現にそれ, 甚だ勝手, 生活そのものに, 用の, 甲胄も, 申し出しました, 男は, 町会まで, 番人に, 疾うにこれに, 発車しました, 百五十文出し, 皆さん応分の, 皆様能く, 目的の, 直ぐ失礼, 相当利益, 真実に, 瞬間瞬間の, 矢張り地主の, 石と, 砂糖の, 祖五郎は, 神樣を, 私たちの, 私にも, 私共も, 程という, 空間が, 端近くかけ, 笛を, 筆者は, 節を, 精神上に, 経済的にも, 結局大, 続々研究, 総数が, 縱令學校だけで, 群居生活を, 老若男女山川草木豚も, 考古學の, 聡明な, 肩を, 自分が, 自分自らにおいて, 自然丈夫でなけれ, 自由にかけ, 至極嚴重, 色々の, 草でも, 薯蕷の, 行って, 被同情者, 見て, 見当ぐらいは, 覚えて, 親を, 言は, 言語の, 許して, 誤りに, 読みたいもの, 誰それさんこうし, 誰の, 調べれば, 謂わば, 讀み上げますると, 貴国政府の, 貴方が, 趣意は, 足跡なぞは, 踏み外して, 辺文進の, 近代の, 近畿地方に, 途中で, 遊芸については, 道に, 道徳も, 遠ざかるより, 邦人が, 酒の, 釣で, 鐵砲なら撃てます, 間違の, 陶器芸術なども, 随分困難, 隨分古い, 難しい理屈, 雲霧消散よ, 非常なる, 食いぶちだけは, 餘り, 馬来の, 駕籠に, 高村家の, 鰡八の, 黒い帽子

▼ ありますけれども~ (375, 4.1%)

9 それは 7 これは 6 私は 4 併し 3 それを, 私の, 非常に

2 [14件] ここでは, これが, これらは, さう, その中, それが, 今は, 兎に, 多くは, 大体において, 或る, 斯う, 是は, 誰にでも

1 [312件] あくまでもこの, あまり範囲, ありがち, あれでは, あれは, いずれに, いずれも, いつの, いろいろ民間, お菓子の, こういう笑い, こういう風, ここも, このなか, この仮名, この位, この宇宙, この小説, この日課, この言葉, この辺, この頃, これだけ, これだけの, これで, これまた, これも, ごくおとなしい, ご両親, さて實際, しかし, しかしこれ, しかしその, しかしそれ, しかし今日, しかし個人, すくなくとも三十, そういうもの, そういう予備知識, そういう信仰, そういう花飾り, そうで, そのお話し, そのたび, そのほか, その人間, その作り方, その元, その執る, その婆さん, その当時, その征夷, その徹底, その性格, その性質, その拇指, その文明, その方法, その時分, その期間内半年, その資格, その部分的發達, その間に, それかと, それだけで, それだけの, それでも先生, それならどういう, それにしても三十あまり, それらは, そんなもの, たとへば頼朝, ついお, とにかく人, とにかく今, とにかく成仏, どうかする, どうしても本場, どうにもこうにも, どうも位置, どうも婦人, どれを, なおその, まあ大概, まさかほんとう, まさか妻, まず大抵その, またそれ, また一方, また一面, まだどこ, もう一つ, もつての, もつと, やはり立派, よくその, よく考え, われわれが, われわれに, われわれ文学に, アメリカが, アメリカでも, インドでは, インドには, クロムウェルが, ザヴィエルが, チベット人は, ネパール人は, ブールヴァール劇場で, ラサの, 一ぺん法則を, 一合二合の, 一方には, 一旦文語, 一番こわい, 一番信用された, 一般の, 一面は, 七兵衛の, 上古の, 下は, 世に謂, 世間多数の, 主として北欧, 之と, 之を, 事実だ, 事実な, 二つや, 二十尾使う, 五十名の, 五十音図は, 今この, 今日は, 今日傳つて居る, 仏教全体に, 仮名としては, 体格は, 何しろ写生, 何せ絶壁, 何分希臘, 余りに細かい, 例へば今日, 俳句に, 元来よい, 元来筋道, 兄の, 先ず今日, 先づこれ, 先づ支那では, 公平に, 其の種類, 其の舞踊, 其の謂, 其土着の, 其後にな, 其時分朝鮮の, 其様な, 凌ぐべからざる程, 分量は, 到底彼ら, 前線の, 南北の, 印刷物として, 又縁起譚, 収穫それ自身が, 口へ, 右側に, 同時にまた, 周圍の, 味は, 国語の, 塩で, 外の, 多くの, 大きいと, 大して面白い, 大乗は, 大体科学という, 大体能を, 大抵は, 大抵男子, 大部分, 大體此, 奉行所には, 女は, 婦人作家の, 学問的に, 學者に, 実にこの, 実ははっきり, 実は遠慮, 実例について, 実際には, 富永が, 實際想像も, 實際應仁の, 専門的な, 小宮山は, 小柳を, 少くとも, 左傳に, 年恰好や, 弘法大師全集を, 形而上の, 御台や, 御当人, 必ずしも道具, 恐らく何, 悪人の, 愛と, 我々は, 我邦に, 我邦の, 手軽に, 接木の, 支那では, 教授方とか, 數學にも, 料理の, 斯様な, 既に約束, 日本人が, 日記を, 早瀬が, 昔の, 昨今は, 是れ, 昼餐の, 普通の, 有ること, 本店主人及店員の, 材料は, 槍を, 権道から, 歡喜の, 正味の, 此の, 此人の, 此失業者の, 此第二の, 此頃に, 武張つたものと, 殊に商頌, 残念ながら, 段々後に, 殺すなどの, 比較的若い, 決して斯, 決して黒い, 法王が, 然し内容, 牡の, 犬の, 現世の, 生きたの, 用い方, 畢竟馴れない, 略します, 皆劉善經の, 直ぐ私, 直接の, 真三郎, 神の, 神様を, 私が, 私なんかの, 私には, 私を, 私達には, 突飛でも, 米友の, 紙を, 素人に, 結局それは, 結局は, 聞く人, 肥後の, 胸囲は, 能ふ, 脂濃くっ, 自ら鶏を, 自分が, 自分では, 自意識の, 船で, 茲は, 茶筒の, 華盛頓は, 落着い, 蕎麦よりは, 西洋膠なぞは, 西洋鍋の, 見物の, 観察の, 諸君の, 諸国相対峙し, 趣味と, 軽便で, 軽便な, 辻君が, 途中が, 速水さんから, 運動の, 遠く離れた, 都会の, 鄭樵のよりは, 面が, 駄洒落の, 鯛の, 黒ずんだ茶色, 龍麿の

▼ ありますので~ (244, 2.7%)

6 それを 4 私は 3 ここでは, それに 2 これを, その点, わたくし共の, 今度の, 非常に

1 [218件] あちきの, あちらまで, ある時, あれから, いくらしっかりもの, いまさら他宗, いま彼が, いよいよ胸, うわさは, お月見, お邪魔, かく詠んだ, このお座敷, この三科, この際, これこの, こんなもの, こんな時, ございますから, さすが物質文明, さほどにも, した, して, しばらくため, じっとこらえ, すぐに, そこい, そこでその, そこで会社, そこに, そこには, そこへ, そのうち, そのうつし, そのすき, その下僕, その人, その入学試験, その奇風, その好意, その時, その時代, その歌, その法会, その訳, その金箔, その間は, それから, それが, それと, それは, そんな事, そんな絵, ぢかに, とつぜんお, とても頭, とりあえず私, どうか二十日, どうもその, ながくは, なにかに, ひとまずそこ, ふとこう言われた, へへへ, ほんとうなら, ぼくだけという, まずその, もう四, もう珍, やっと一声, よくわかりません, よろしかったら, よんどころなしに, わけなくのぼりましたが, わしも, わたしの, わたしは, グリフィン生命保険会社に, ソックリそのまま, テッキリ犯人と, 一つは, 一同うちとけ, 一層それ, 一層作陶, 一日平均四時間の, 三千キロの, 三班だけ, 世間にも, 主人は, 乃田さま以外の, 久しい前, 二三町廻つた所の, 二十五日の, 京都は, 今の, 今は, 今日御, 仮りに, 何か, 何んとか, 俊夫君は, 信じて, 信太郎氏は, 僅ばかりの, 元來丹波, 充分に, 免職に, 六日ばかり, 其の中, 内に, 凌雲閣から, 分るの, 分を, 判りませんが, 別にまた, 別に不思議, 別に名, 別に梯子, 別に珍, 到頭教会, 前栽からも, 単に街, 双方の, 場所と, 売って, 夜中そこらを, 夜通しで, 大分早く, 大政翼賛会の, 女の, 宅の, 家に, 家へ, 家督を, 富彌, 専門学校の, 尊者は, 小太郎は, 年の, 年を, 幾らか異, 広子さんに, 店が, 延光の, 当分太子殿下の, 当大学, 後添, 御厄介, 御承知, 必ず見, 恐らくお気, 恐らく墓碑, 我我は, 戸締りだけは, 手仕事も, 抜け出る道, 文中の, 文芸方面は, 新七, 新年そうそう, 旁, 日が, 日本に, 星を, 春にでも, 春の, 昼の, 時々には, 時たま明治大正, 時代によって, 暗いなか, 暗い路, 最も優秀, 最初の, 最初は, 有難いこと, 朝鮮の, 来年かさね, 枕元には, 案内者に, 殆ど足, 毎々の, 比較的安全, 油斷が, 浄土とか, 無電を, 熱海の, 現代の, 現在の, 甚だ太平楽, 用を, 町中の, 留守居の, 眤懇と, 私から, 私が, 私に, 私の, 私共も, 第一, 脚気の, 草が, 蝶々連れの, 蝶を, 衣裳に, 詳しく述べられません, 誠に困った, 誰も, 販売高を, 身体は, 迷って, 途中で, 部分によって, 間に合せの, 関所の, 飛ぶごとくに, 飛んでも, 養子を

▼ あります~ (223, 2.4%)

5 それに 3 しますから 2 また, また逆, 何か, 諸賢も

1 [207件] あなたの, あの人, あるいはただ, いくら魔物, いま自ら購ひ求め, いろいろ心持, お望み, かつそんな, かつは, かつ新鮮, こうまでに, こせこせした, こないこないの, このとおり照明, この辺, これが, さうだ, そうこうする, そこらを, その下, その中, その内, その模様, その表現, その頃, それから第, それにいくらか, それにこの, それに何, それに私, それに長, たえずお側, だいいちあなた, だいいち日本, ともかく伺う, なお又先生, なほ北方の, ひらべったい壺, ほう, またあと, またあなた, またいわば, またさ, またそう, またその, またそれだけ, またよい, また一方, また人, また初め, また可, また同時に, また子供, また実際, また愛する, また感ぜられない, また文明, また料理, また時代, また死にまし, また湿度, また結婚, また美しい, また話した, また雨, やはり今日, われひと共に, アクが, ショーランドと, チョイチョイ叱, チークの, ネープルスや, バスが, バラーの, 一々お, 一つは, 三人が, 三十三まで, 且つ分析表, 且又非常に, 世話を, 両方を, 人数も, 今渡った, 何を, 信者が, 六条院様が, 其外凭れ, 写真も, 出頭の, 割合に, 助かつて, 勇気も, 又シベリヤ, 又一方, 又一部一部, 又初め, 又奈良朝以前, 又独り, 又癩病, 又舟遊山, 叔母さんの, 叙述と, 各方面, 同じ一尺, 名手も, 周囲の, 問題の, 囘教も, 地蔵さんは, 夜分は, 天下中に, 夫が, 娘が, 子供も, 季節によっても, 学校を, 宙返りなども, 定めしお待ち, 小さな硝子, 小さな窯場, 小屋掛けの, 小米を, 尻から, 川の, 川底に, 工事も, 左二の, 平生嫌いな, 当人も, 当時の, 役者の, 彼の, 後世では, 思出すま, 或は情, 技でも, 教養の, 旅行の, 日本でも, 日頃の, 明後日は, 村の, 森蔭や, 武器も, 死ぬと, 死刑と, 殊に近代文明, 母が, 水天宮さまへ, 江川村から, 消えたと, 温度も, 牛の, 特に国内, 犢の, 理想に, 甚しい, 産室も, 直接興味が, 着物とても全く, 社内で, 祭るべき神, 私から, 私が, 私どもに, 私自身の, 第一, 第一彼, 第二, 簪屋も, 細工の, 興味の, 良心の, 色の, 若旦那は, 茶の間を, 荷主さんだけが, 菜っ葉も, 菜つ, 西北の, 西洋人には, 要はその, 規律の, 言うまでもなくたいそう, 読者にも, 誰も, 賢明な, 質も, 踏み止まること, 躯つき肩を, 車内の, 近村には, 近頃この, 道教も, 道楽が, 重荷を, 阿片密輸に, 陸に, 雪舟の, 青年と, 食物の, 馬も, 高台には, 魚の, 鰻の, 鳥の

▼ あります~ (148, 1.6%)

4 いう, 云って, 答えると 3 私は, 言って 2 サ, 即座に, 手前共の, 随分の

1 [122件] あの方, いうならば, いうの, いえば, いけません, いった, いつて, いひながら, いふと, いふの, おせい様, おりあなた, おり政府, おり殺されたの, お気の毒, お話しした, この事件, この大学, そうは, そこへ, その方, その男僧, それだけ鶴谷, それは, そんな風, ちょうどいい, どんなやかましい, はっきりかれ, はっきりと, ひどく心, みんな感心して, やつた, やはり半分, やられて, よくその, わたくしの, チベット人は, テイネイな, ビラなんぞを, 一つの, 一人は, 一同で, 上等の, 中尉は, 丸で, 云いながら, 云う, 云うと, 云っただけ, 云つて自動車を, 云て, 云はれ, 付け加えた, 仰有ったので, 仲居の, 僕は, 八時半のに, 前に, 力瘤を, 又一種別様, 叫んで, 同時に常識以上, 同様に, 夜おそく, 大きに寛ぐでございます, 大国主命様の, 女史は, 嬢様は, 実に平凡, 強て, 当人は, 当然な, 彼は, 彼女は, 御迷惑, 教えて, 断わりたいくらいに, 書いて, 村の, 歌作っ, 注意する, 王様は, 申し斯様, 申込んでも, 矢張り支那在, 祖父の, 私たち二人の, 私だって, 私も, 種々な, 第一番, 答えた, 答えたかった, 答えたと, 答えながら, 答えるの, 答えれば, 答へながら, 答へる, 罪を, 自然言語の, 若殿の, 草木が, 言い切って, 言い切れる自覚, 言う, 言うの, 言つた, 言つたと, 言つてぽん, 言ふ, 言われて, 言下に, 話して, 諧謔した, 講談師の, 貼りふだしろよ, 農鳥岳の, 鈴木千七郎殿それに, 銀座あたりで, 銭を, 革命に

▼ ありますけれど~ (129, 1.4%)

5 それは 3 私は 2 これが, 最初の, 男の

1 [115件] あすこも, あちらは, あなたみたいに, あの一行半, あれで, あれまで, あゝ何故, いくら考え, いつも彼女, いま転入とか, おじいさんは, お帰り, お松さんひとり出向い, お松としては, お祖母さんという, お豊, お銀様, こうして見れ, ここには, このお座敷, この人, この国, この民藝館, この河野, こんなに目, ざんねんながら私立探偵には, ずっとあと, そういう不安, そこへ, そしてそれ, そして私, そのほか, そのよう, その意, その行なう, その近所, それでお, それでもわたしたち, それにしても三十, それには, それよりも, それを, たぶん揃っ, でもあんまり, でもやっぱり, どうした, どうでしょう, どうにかお, なかんずく国際競技, なにしろ自分, なんだか怖い, まだ世間, もちよ, よく鐵砲, わたしは, ハタけ, ハッキリした, 一つには, 主な, 人間の, 仔細あ, 伯母さまの, 何とも形容, 何を, 僕は, 全体の, 其は, 前に, 前後の, 向こうでは, 坊やは, 大人の, 奥の, 女の, 如何にも真摯, 学者だ, 実はお, 実感であります, 家も, 小さなこと, 少しく頭, 少しも, 弟の, 当のマアセル, 抑も, 日常の, 早くなっ, 春が, 時には, 時には私, 最後に, 本当にマア, 概して共鳴, 正しくは, 気の, 漢字は, 無用な, 現代の, 生れつき不具では, 用心深く話せ, 白衣に, 盛んに, 矢張客の, 私の, 私一人で, 稀です, 第一等, 老人の, 自分以外の, 被告は, 裏街道と, 連れて, 野蛮で, 駒井は, 鶏は

▼ あります~ (119, 1.3%)

11 親分 3 ありますよ 2 あの女, この杭州一城, その畑, それは, 令嬢の, 私は

1 [93件] あすこに, あたしが, あとから, あなたの, あなたは, あのお, あの梅, あの白梅屋敷, あんなに可愛, いくらでも, いざと, おとさんやう, お前だって, お浜, こいつは, こいつを, この山, この炉, この通り手刻み, これは, そういうこと, その五重目, その日本左衛門, そらあすこ, それに僕, ちやんと, ちょいと, ちょと, つて黙, どうした, どうせ良く, どうもまア, なにしろ役所, ほんとに恐ろしい, わざわざ訊かない, われわれは, ホラ, 一週間で, 三尺の, 下男の, 主人の, 伊藤銀月という, 何しろがんこ, 元は, 先生, 兵隊と, 十九ださう, 博士, 四本二対に, 四本二對にな, 四角な, 壽屋人參湯金物屋尾崎屋, 女に, 女後家で, 娘の, 字劃寸法まったく, 少し熱, 布きれは, 恐入りますな, 斯う, 斯んな, 日本橋の, 旦那死んだ, 本郷の, 梯子を, 橋場で, 此間から, 毒なんぞに, 水戸へ, 浪人波多野虎記に, 焚付が, 然しそこ, 物の, 現にわたし, 田山先生も, 番頭の, 白井權八なども, 皆さんお, 社会主義とは, 私も, 糸も, 若い人, 華魁誰袖, 親分この, 親分さん, 親分伊丹屋の, 課長, 路地内では, 金之助は, 金釘流で, 鈴川主, 闘犬の, 鵞鳥の

▼ あります~ (111, 1.2%)

324 知ら 2 それでも彼, ッ, ッて, 海が, 舟に

1 [65件] あそこまで, あったら見せて, あの旅館, ありましたら遠慮なく, いい景色, えそれ, えそれから, え御信心, お爺さん, かつがれたん, これが, こんどの, こんな処, その信濃, その愛憫, それともまだ, それとも死ん, それとも農商務相, ちゃんと床, とある家, ひとつ公平な, びっくりする, わかりません, ア, ガク然, サ, ミュンスターベルヒの, ロリー氏, 今の, 今日まで, 何しろ大した, 何を, 兄さん, 初めから, 勝手に, 名物といった, 女が, 実はその, 家が, 小説で, 左様な, 幸福を, 幽霊なんて, 御覧なさい, 心配で, 恋愛し, 悪い時, 明朝は, 死んだ浮舟, 法王が, 煎餅蒲団を, 爪は, 甚太郎か, 男と, 矢っ, 知らどちら, 知りませぬが, 耶蘇教信者が, 職工達の, 衛門督の, 親分, 貴女こそ, 軍曹どの, 辨当代は, 近頃の

▼ あります~ (71, 0.8%)

6 です 5 じゃ, んで 32 ですか, はこの, はエリス, は是

1 [44件] かえ, かこの, かとんと, か或いは又, がそれ, が私, さあ早く, じゃそっと, それで又, ちよつと, でしょうか, ですが, ですけれど, ですと, ですね, ですよ, とそれから, どす, ならどれ, はそうした, はその, はちょうど, は丁度, は五十文, は亡くなつた, は全く, は南, は善光寺, は当地, は正木先生, は舊唐書, は長女, もおそらく, もこの, や, わたしの, をむろん, を今, を池上, を置き, ン, 召使たちにも, 私についての, 私の

▼ あります~ (49, 0.5%)

2 あなたは, あれは, これは, す, その寺, 親分

1 [37件] あのお寺, あれな, あれを, あんな風, こんな工合, しかも世界中, そういう工合, そうだったでしょう, そこを, そして僕, その下, その人間, その間僕の, どちらで, どれも, なかなか古い, 一日遊びに, 一目瞭然で, 今時ずっと, 八口の, 出すこと, 初春らしい, 北京で, 南江堂の, 句は, 外の, 大切に, 大教育家叢書, 彼は, 従姉な, 日暮れて, 月見草や, 渺たる, 私も, 精神史的に, 薄紅い, 誰彼と

▼ ありますもの~ (48, 0.5%)

1652 ですか, ですから

1 [23件] かあれ, かい, かお嬢様, かこれア貴方, かただ, かたつた, かどうか, かな, かね, か彼奴, か遺書, その子供, でお, でご, でございましょうか, です, でそれ, で今悪, と見え, どんなこと, ならば, ねアレクセイ・イヴァーノヴィチ, は芝

▼ ありますよう~ (41, 0.4%)

1762 に私

1 [16件] じゃ, で誰, な, な要件, にといいました, にとねがっ, に乞食, に人間, に今度, に何, に冤罪, に昔, に華族, 取り計らって, 思われます, 逃げられますよう

▼ ありますとも~ (37, 0.4%)

2 ありますとも

1 [35件] ありませんとも, あるから, いくらでもあります, いくらも, お母さんを, きっと, しかしあれ, そこが, そこには, なお喰おう, まあ私, もし, わたくしが, アノ一番奥の, 主税と, 人間は, 先ず牛肉, 其処が, 同じお, 唐の, 外に, 大ありで, 大ありです, 大有りです, 恨むだけの, 書いて, 沢山あります, 白山三湯と, 私も, 立派な, 船頭の, 西洋料理では, 西洋風に, 長い間, 鳩の

▼ ありますかと~ (30, 0.3%)

3 聞いて, 訊くと 2 いうと, 尋ねたらありますと

1 [20件] おっしゃいます, 云うから, 云うと, 云う貌, 失敬な, 尋づねると直吉の, 尋ねたらいえ下, 尋ねたら先生, 彼は, 怒つて, 或る, 案内に, 聞いた, 聞く, 言うと, 言ふてくれた, 訊いたの, 訊かれると, 質問いたします, 遣りかねない勢

▼ ありますその~ (30, 0.3%)

2 団扇で

1 [28件] バターと, 中に, 中日本, 事は, 出かわり, 半紙を, 周囲には, 女は, 奴らを, 引出しの, 想像に, 手紙貰った, 数都合十四五頭も, 時は, 會合で, 期間内に, 水ぎわに, 点だけは, 版木を, 牧場と, 町の, 矛盾を, 絵としての, 群青朱金銀泥藍などの, 辺りの, 雨戸が, 額縁さえも, 香いと

▼ ありますがね~ (27, 0.3%)

2 相手は, 随分遠路

1 [23件] あっしの, あつしの, この前, さう, しかしそん, そんな人, なるべく傍, まあよく考え, まず第, よくそれでも, 今おばさん, 今でも, 奥方や, 姉は, 干支と, 敗軍の, 桐の, 無役, 狂水が, 素姓の, 誰も, 連れて, 馬作は

▼ ありますそう~ (26, 0.3%)

122 ですから, でどういう 1 でしょう, です, ですが, でその, で小野小町, で御新造, で随分, な, なそこで, 考えるより

▼ ありますそれ~ (24, 0.3%)

2

1 [22件] が弥三郎, だけをお, ですから, に拘はらず, に比べる, に深川, に青銅, の一つ, はあたい, はあの, はやはり, は一しきり, は別封, は十二月, は外国, は少し, は承知, は水牛, は誰, へ古銭, へ附い, を取っ

▼ ありますのに~ (23, 0.2%)

1 [23件] いかにツァーラン, お内儀, こういう違い, この棺桶, これを, そしてよそ人, そのおちきった, ついにその, どういうもの, どこを, ふつつかにて, 三の, 今の, 何故お, 夜の, 小浜兵曹長からの, 年寄が, 惜しい事, 此の, 赫子さんが, 銀次の, 面白い歴史, 龍麿は

▼ あります~ (23, 0.2%)

133 えが 2 えね 1 えぜ, えで, えに, えよ, え音羽

▼ ありますこれ~ (21, 0.2%)

1 [21件] が一番可, が山, が最後, であなた, と同, などはガラス, に対して何, はペルシャ, は何人, は勿論, は単なる, は左様, は我々, は詰り, は調子, へ消炭, をもと, を以て敵, を差しあげます, を持っ, 迄ずっと

▼ あります~ (16, 0.2%)

1 [16件] が何, なども之, の持っ, はあなた, はきっと, はぜひ, はそれ, はほんとう, は一度, は先年伯林, は其の, は創業以来支店, は婚礼, は希臘, は結婚, を除名

▼ ありますこの~ (15, 0.2%)

1 [15件] お侍, 人は, 写真の, 奥の, 字を, 庭が, 律と, 種の, 輪廻の, 辺の, 辺を, 雨乞踊りは, 霊丹は, 頃の, 點は

▼ ありますゆえ~ (14, 0.2%)

1 [14件] あらためてまた, お医者, この二階, どんな物, なまじ逢う, ふとこういう, まず安心, またいい, もし中道, やがてそろそろここ, 嗅ぎつけられたら油断, 待って, 御容赦, 段々様子

▼ ありますからね~ (13, 0.1%)

2 どうか

1 [11件] じたばたする, そう云う, そこから, たまにゃちょいとしたうちへだって, ちょと, つまり君, 不見転なんか, 先生このごろは, 啓い, 奈良漬に, 行くところ

▼ ありますこと~ (13, 0.1%)

2 か, かその 1 がまた, です, で自信, のあかし, は悦ばしい明る, は諸君, ゆえ水理, をそのまま, 故庵

▼ ありますという~ (13, 0.1%)

2 ような

1 [11件] あの軍隊式, お慰みまでの, ことを, たよりない, のは, わけです, 丁寧な, 万事手当が, 彼の, 意味を, 鼓舞を

▼ ありますとか~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるいは推古仏, こういうなか, こういう事, この油薬, で七時半ごろ早め, 仁王様が, 何やらである, 尊いもの, 或は種々, 気を, 祖先以来の, 身近な

▼ ありますけど~ (11, 0.1%)

2 まるっきりべつ 1 あの踊り, お金を, それだって, そんなに日イ, とてもみんな, もうこれ, ホントの, 体は, 決して御

▼ ありますよと~ (11, 0.1%)

2 云って 1 いっても, お留さん, それだけ言, 云うん, 云つてゐる, 御盆, 慰めると, 笑いながら, 返辞を

▼ あります~ (10, 0.1%)

3 せう 1 あんまり頂く, これが, まア少し, 尚詳しく, 彼の, 或は陸路, 無根水を

▼ あります~ (9, 0.1%)

2 薬は 1 よみに, 化粧中は, 羨ましい境涯, 蝶は, 見知り置かれまし, 読みに, 邸は

▼ ありますそして~ (9, 0.1%)

1 あとから, くやしさ, そこに, その王政復古, 応用され, 日比谷を, 無私であっ, 画品も, 銘々の

▼ ありますからと~ (8, 0.1%)

1 いいましたが, いふ事, 云って, 云ふと, 断って, 斯ういいます, 申しまして, 自転車で

▼ あります~ (8, 0.1%)

3 ういふ 2 うして 1 ういふ祈願, うで, すれば

▼ あります~ (8, 0.1%)

1 その向う, それとも三十, ちゃんと探索, ッ, ハヽヽヽヽ, 奥方取次が, 幹部の, 親分

▼ あります~ (8, 0.1%)

1 だ, だそう, でございますよ, でしょうか, です, ですか, ですが, ですな

▼ あります~ (8, 0.1%)

1 うして, う云う, か御, か心, だっけ, ならおつき合, にも包まず, をやらし

▼ ありますしかし~ (7, 0.1%)

1 それが, コラムや, 息は, 手段は, 本当の, 背位は, 鶴林玉露は

▼ ありますやう~ (7, 0.1%)

41 につとに, に学術, に都

▼ あります~ (7, 0.1%)

2 ではもう 1 それから, どこにでも, わたくしを, 往んで, 私いただかない

▼ あります~ (7, 0.1%)

1 からは自在, から今一重, にここ, に中央, に先祖, に然るべき, は毒

▼ あります其の~ (7, 0.1%)

1 争いに, 學問を, 度毎に, 本は, 行と, 行者, 詩の

▼ あります~ (7, 0.1%)

1 がこの, が十三号, で, でその, の無, は私, へそこ

▼ あります~ (7, 0.1%)

4 れは 1 に就, は戦争, れからは

▼ ありますあなた~ (6, 0.1%)

1 には霊, の最初, の過去, の道, はルソオ, は死

▼ ありますからな~ (6, 0.1%)

31 そこには, 何とか一つ, 好い気持

▼ ありますのよ~ (6, 0.1%)

1 これごらんなさい, つく, まあ綺麗, まる一時間, 女は, 憎らしいと

▼ あります~ (6, 0.1%)

1 の大泉小泉, の將棊, の思想, の手形, の第, は有名

▼ あります~ (6, 0.1%)

3 か力ちや, か力業

▼ ありますそれで~ (5, 0.1%)

1 之は, 延暦の, 描くべき順序, 暫らくの, 此の

▼ ありますって~ (5, 0.1%)

1 いうん, どのくらい, わざわざ知らせ, 自分で, 言って

▼ あります~ (5, 0.1%)

1 そういった気分, ア, アと, 怪からん, 甲府も

▼ ありますなんて~ (5, 0.1%)

1 ことを, タンカを, 吹聴出来る, 毛唐人どもに, 馬鹿な

▼ ありますもし~ (5, 0.1%)

1 今日, 封が, 神が, 私の, 私を

▼ ありますんで~ (5, 0.1%)

1 そのくずれでございます, その間道, エッヘッヘ, 一噸いくらだった, 私が

▼ あります~ (5, 0.1%)

1 で, で悪しからず, とて此後, はたしか, を

▼ あります例へば~ (5, 0.1%)

2 石塔でも 1 九州では, 勳功が, 婚禮は

▼ あります~ (5, 0.1%)

1 から, からここ, から又, は, を御覧

▼ あります~ (5, 0.1%)

1 それは, つい無作法, 小さい合口, 明日の, 最も慥か

▼ ありますがな~ (4, 0.0%)

1 とにかく思う存分食っ, 大の, 猫畜生なる, 髪を

▼ ありますここ~ (4, 0.0%)

2 には海 1 において昔, に近代

▼ ありますじゃ~ (4, 0.0%)

1 あの偉大, このわし, で, なぜならそれ

▼ ありますため~ (4, 0.0%)

1 に尚更, に燦然, に物思い, に織り出した

▼ ありますところ~ (4, 0.0%)

1 から, か御存じ, に大野木, を特に

▼ ありますなどと~ (4, 0.0%)

1 人様には, 余計な, 愚にも, 笑つてお

▼ ありますまた~ (4, 0.0%)

1 この一面, 三が, 幼な, 本人は

▼ あります~ (4, 0.0%)

2 れから 1 から後, が非常

▼ あります~ (4, 0.0%)

2 安心下さい 1 医者も, 読みに

▼ ありますあの~ (3, 0.0%)

1 ひとらしい, 一言で, 一軒手前に

▼ ありますあるいは~ (3, 0.0%)

1 巻煙草の, 長崎あたりへ, 風景中の

▼ ありますかい~ (3, 0.0%)

1 おかみさんが, しかも華族, 大勢連れ

▼ ありますくらい~ (3, 0.0%)

1 ですから, で地団駄, ならば

▼ ありますこういう~ (3, 0.0%)

1 のは, 人が, 話は

▼ ありますそこ~ (3, 0.0%)

1 から入っ, が日本, の娘さん

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 いお, いな, わらわが

▼ ありますとね~ (3, 0.0%)

1 そうする, どうしてもわざ, 気が

▼ ありますどうか~ (3, 0.0%)

1 これを, 其點を, 私の

▼ ありますものの~ (3, 0.0%)

1 それを, 大体北方の, 御子息

▼ ありますもん~ (3, 0.0%)

21 はっきりは

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 が西學凡, は學校, は御

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 の苦行者, もその, 墓所に

▼ あります以上~ (3, 0.0%)

1 は, はこれ, は何

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 ではない, で其の, で初め

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 にもいつた如く, に專門, 年来屡次登攀

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 伯林圖書館に, 全く前, 逃れる気もち

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 た一つ臍, 學者の, 彼等には

▼ あります殊に~ (3, 0.0%)

1 個人の, 命を, 易緯といふ

▼ あります~ (3, 0.0%)

1 一私は, 一馬鹿に, 十九階へ

▼ あります~ (3, 0.0%)

3 して

▼ あります調~ (3, 0.0%)

1 といえない, といふの, は誰

▼ ありますいや~ (2, 0.0%)

1 人が, 變つて行つたので

▼ ありますお送り~ (2, 0.0%)

1 して, しましょうか

▼ ありますかって~ (2, 0.0%)

1 尋ねると, 貴方ほれ

▼ ありますかつて~ (2, 0.0%)

2 と他人

▼ ありますかな~ (2, 0.0%)

1 ア, 人という

▼ ありますかの~ (2, 0.0%)

1 ように, 太田道灌と

▼ ありますからねえ~ (2, 0.0%)

1 いやに, ブラブラ彼方此方

▼ ありますがと~ (2, 0.0%)

1 いって, 言って

▼ ありますがは~ (2, 0.0%)

1 いるの, からいという

▼ ありますけどね~ (2, 0.0%)

1 あれは, じぶん

▼ ありますこちら~ (2, 0.0%)

1 からお金, にとっ

▼ ありますすぐ~ (2, 0.0%)

1 傍で, 追っ駈けて

▼ ありますそういう~ (2, 0.0%)

1 人の, 風に

▼ ありますそれから~ (2, 0.0%)

1 それを, 前に

▼ ありますただ~ (2, 0.0%)

1 一人だけ, 諸君に

▼ ありますだけに~ (2, 0.0%)

1 このよう, この弥次郎

▼ ありますつて~ (2, 0.0%)

1 ね, 今電話

▼ ありますといふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 彼の

▼ ありますとは~ (2, 0.0%)

1 いえたしかに, いへたしかに

▼ ありますともさ~ (2, 0.0%)

1 いつに, つまりあなた様

▼ ありますどうぞ~ (2, 0.0%)

1 此方へ, 考え直して

▼ ありますどちら~ (2, 0.0%)

1 が真, もよい

▼ ありますなるほど~ (2, 0.0%)

1 豊島氏は, 重ねて

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 かかわらず今日, ごらんくだせ

▼ ありますにも~ (2, 0.0%)

1 拘わらずその, 拘わらず大体

▼ ありますねえ~ (2, 0.0%)

1 やっぱりダザイ, 旦那様

▼ ありますねんけど~ (2, 0.0%)

1 そんなん, 何処までも

▼ ありますほんとう~ (2, 0.0%)

1 にそこ, に無代進呈

▼ ありますもう~ (2, 0.0%)

1 一つある, 乾いて

▼ ありますよく~ (2, 0.0%)

1 気を, 見て

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 どんなにか, 私は

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 でそれ, でなん

▼ あります一つ行つて~ (2, 0.0%)

1 きいて, 聞いて

▼ あります一人~ (2, 0.0%)

1 で二つ名, の婦人

▼ あります事実~ (2, 0.0%)

1 からは遠い, から出発

▼ あります先生~ (2, 0.0%)

1 だってもらっ, の方

▼ あります~ (2, 0.0%)

2 を使う

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 の山ぎは, の山ぎわ

▼ あります印度~ (2, 0.0%)

1 では何れ, におきましては王家

▼ あります即ち~ (2, 0.0%)

1 花園天皇は, 近くに

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 は牡牛座, は美しい若い

▼ あります唐氏~ (2, 0.0%)

2 の定

▼ あります場所~ (2, 0.0%)

1 は, はお

▼ あります大きな~ (2, 0.0%)

1 うつろの, 塔が

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 が命ずる, もあります

▼ あります婦人~ (2, 0.0%)

1 は男, は覚悟

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 斯う, 近來

▼ あります御存じ~ (2, 0.0%)

1 でしょうけれど, でもありませう

▼ あります日本~ (2, 0.0%)

1 から出る, の興福寺

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 し渡った鏡, は色々

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 で兼良, を支那風

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 に, に助役

▼ あります此人~ (2, 0.0%)

1 は又, は應仁

▼ あります理想~ (2, 0.0%)

1 の国, の国土

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 ですが, な黄金

▼ あります私共~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の祖先

▼ あります立山~ (2, 0.0%)

1 に居り, の高

▼ あります米國~ (2, 0.0%)

1 では餘, へ私

▼ あります~ (2, 0.0%)

1 があります, はあります

▼1* [462件]

ありますああ大きな穴, ありますあしたあたり又グッと, ありますあした午後はお客, ありますあと何階あります場所, ありますあまり度々裏返して, ありますある時は, ありますある程度までは度胸, ありますあれだけ悪い, ありますあれあの通り尺八の, ありますあんなのを, ありますいったいあれは, ありますいろいろの思い, ありますうそをつかない, ありますうっかりした事, ありますおおコラムよ, ありますおじさまの御, ありますお前でなければ, ありますお勝手を覗いた, ありますお父さん大抵えらかったい, ありますお礼をおっしゃられ, ありますお雛様の様子, ありますかぎり人間の精神, ありますかてえと屹度, ありますかなどと訊かれると, ありますかねえ木とは, ありますかは小生が, ありますからけふにも, ありますからこそかような, ありますからさあれでど, ありますからって町内五人組の, ありますからてッきり相国の, ありますからとに角御, ありますからなあこの点, ありますからねとは圭さんの, ありますからも早や, ありますかわりにまた, ありますがとにもかくにも, ありますがねえこの道, ありますがねー十二文, ありますがへエ私は, ありますきたなくておかまい, ありますきのう島田からも送っ, ありますきょうも雨降り, ありますまたこの, ありますけども二十や, ありますけにこれでも, ありますこうした階段を, ありますことぢやらう, ありますことにおなじ道, ありますこれから見渡す処, ありますこれからどうか帰って, ありますこれらはうち, ありますこれ以上は証明, ありますこれ等も古い, ありますこんな話は, あります答弁は, ありますさきほど十八名が, ありますしかもありたいもの, ありますしたがって芸術が, ありますすでに世界においては, ありますすなわち我々は, ありますぜてえとあら鳶頭幼少せい時分, ありますぜなどと言つてゐた, ありますぜひそこへ, ありますそこで七月十二日私は, ありますそして又人の, ありますその他モティフは西洋, ありますその後に於, ありますそれからまた境遇さえ, ありますそんなことは, ありますそんなにお金に, ありますぞのい, ありますぞやまあ考へ, ありますたしか私達が, ありますたった一つあの, ありますため信号がなかなかそう, ありますだからして, ありますだが山は, ありますだけそれだけに雄々しい, ありますちょっと小高くなった, ありますや, ありますついこの間の, ありますつて坊やそうお, ありますつまりその説, ありますでな酉の, ありますではね, ありますでも私は, ありますところでガラス絵は, ありますとそない見えます, ありますとの貼紙あり, ありますともねそうしてその, ありますとネこいつを, ありますどうでも少し, ありますどうしても悪いやつ, ありますどんなものも, ありますなあ潮来です, ありますなかに女, ありますなかなか雅趣が, ありますなぜ西洋の, ありますなぞと云うの, ありますなど話しかけて, ありますなにね清さん, ありますなんかと赤くなっ, ありますなーれという, ありますにつき御一報, ありますによってお止め, ありますねと云って, ありますのうと云って, ありますのでと云つて立ち上つた, ありますのでな否でも, ありますのでねおやおや何処, ありますのでも一度物品, ありますのよと仰言って, ありますはずです, ありますはたも自分, ありますはて不思議な, ありますひとりの殿様, ありますえか, ありますぺ人がねん, ありますほらあの茶屋に, ありますまたたとえば最後において, ありますまだこの女, ありますまっすぐにお, ありますむかし太陽系の理論, ありますもっともそちらからの, ありますものあちらもゆうに, ありますろか, ありますやがて眼の, ありますゆえここぞとばかり口幅ったく, ありますゆえそれが上策, ありますゆえ一足先に立ちます, ありますゆえ多助は気, ありますゆえ濱田へ上っ, ありますゆえ落度あっても, ありますゆえ誰も見たがります, ありますよしんば身売りを, ありますよってに, ありますよというのだ, ありますよとのことです, ありますわいの, ありますわたくし堪忍しません, ありますわたしはそういう, ありますわねそれは, ありますわよわたしも, ありますんでね馬車なんか, ありますアメリカものの活動写真, ありますゴールスワージの, ありますシェクスピアなんかこういう, ありますシヴアに大切, ありますスケに佐渡, ありますてね争われねえ, ありますドストイェフスキーの細君, あります其地肌に, ありますハーモニカもある, ありますビールももっ, ありますブルプロを越えた, ありますブルージェの, ありますマアその位, あります同じ事, ありますランプ灯も消え, ありますヴォルフ夫人も実によく, あります一つ摘んで, あります一休みして, あります一昨日も私, あります一時一人がまるで, あります一本へ歯磨, あります一番初めて其の, あります三角の港, あります不肖何ごともわきまえない, ありますにはお, あります九頭の鯨, あります二人を一束, あります二枚の押絵, ありますの心, あります人力を加え, あります人間は進む, あります今三浦の屋敷, あります今度は今度, あります仕方がありません, あります他人の奥さん, あります代りにゃ女, あります以上作為のない, あります伊達とか南部, あります但しこれも, あります何んといっ, あります何故に苦行, あります何方様でございましょう, あります佛教に此, あります併し乍ら斯う, あります使者は百足, あります例えば裸体人物に, あります俵一八郎という天満浪人, あります健康というもの, あります偶然大阪の平野町, ありますの意見, あります來暦といふ, ありますの墓, あります先さへ好まなけれ, あります光長も信実, ありますに角印度, あります全く素性の, あります八卦であります人, あります公子より一つ年下, あります六時から, あります其中から成り, あります其処へお, あります其外一族の墓, あります其故は此人, あります其時分まで天主教, あります其當時の武士, あります其當時現存の書籍, あります其關係と云, あります兼吉と彼, あります冒険談もあります, あります処この方たちが当地, あります処戸外へは水, あります勿論私は, あります北方の山, あります医者もいる, あります十七世紀の頃, あります十二三貫目に育つ, あります十分に, あります十四世紀の頃, あります原稿紙もきっちり, あります叢祠の像, あります塚どうやら, あります只今唯一の願い, あります只今手もとになく, あります台所をさっぱり, あります同時にそれは, あります名前は確か千葉, あります吝嗇な人, あります唯どういふ事, あります嘗て人と, ありますとおっしゃるなら, あります国家にはそれほど, あります国運衰退のとき, あります土佐もあります, あります土廂が深く, ありますを耕します, あります地理に関すること, あります場合には室, あります墨色判断であります八卦, あります夏秋蚕の如き, ありますではない, あります多くは申しませぬ, あります多分佐, あります大切にし, あります大功と云, あります大師がより, あります奈良朝の中葉, あります如何でございます貴下, あります如何なる罪が, ありますはその, あります学問にもぬけ, あります学術探検隊が行った, あります學生は一人, あります宇野にした, あります宗教といい, あります実は品川区に, あります実際そんな時, ありますがあります, あります家中の者, ありますでは大, あります將來に對, あります小さな提燈下に, あります小川町一丁目の川勝屋, あります少し休まして, あります尤もそこい, ありますては恐入った, ありますの堂, あります島嶼にもあります, あります島田へも勿論, ありますがあります, あります市営建造物というの, あります狭の, あります平民は何, ありますひ曲者, あります幼時の初恋, あります幾何學にある, ありますという鍛冶屋, ありますの方, あります建築字典などと一緒, あります弁信が背のび, ありますの知人, あります後世では他, あります後者は幻燈, あります従って製作品には, あります従つて之等の旧, あります從來宗祖大師の降誕會, あります御覧なさい, ありますが戦く, あります必然の勢, あります忙しくもなるでしょう, あります思わず識らず, あります恩愛の情, あります四十日經つた所で, あります愉しいことで, ありますいて, あります慈愛を加えた, あります應仁の亂, あります我々が一生不足, あります我國の支那學者, ありまする春, あります手紙が収められ, あります手間は取らせない, あります技術とか才, あります折畳式の, あります支那の事, あります支那文化に洗練, あります故に他の, あります文学はどう, あります料理屋や遊廓, あります新たなる征服者, あります昔春秋の時, あります昨夜も晝, あります時間の制限, あります智慧の気の毒さみたい, あります朝顔の花, あります木曾川両岸, あります未だ壮んな, あります本当にいろいろいろいろ見せて, あります柔かいが冷たい, あります様子をよく, あります次の間からおよそ, あります次郎という, あります正気に戻す, あります此方も心配, あります此處はあつし, あります武門とは落ち, あります殊に近頃印度が, ありますではございません, あります段々さう云, ありますと妹, あります毛だらけな膚, あります民衆の意志, ありますが流れ, あります水準点の高, あります水神様が水, あります水道栓のホース, あります水銀の八十個, あります水面に浮ぶ, あります決して唐に, あります沙漠にもあります, あります河太郎が出ます, ありますなら上等の, あります油絵は八号位い, あります涼しそうな, あります渡良瀬沿岸三郡の中, あります湯場を働く, あります湯治場は一体, あります源次郎はずっと, あります漱石さんは不在, あります濡場と云, あります然しながらわたくしは, ありますがいます, あります熟睡して, ありますという人, あります父親の泣い, あります牛肉の食べ頃, あります特に文学的に, あります特殊な, あります狐猿を連れ, あります独楽だから, ありますの眼, あります獨逸は御, あります玄奘が印度, あります珍しい遺物も, あります申し訳もありません, ありますばかり女, ありますの幇間, あります画風は全く, あります痛い目を, あります白いのも, あります白木の小さい, あります百姓が天地, ありますはずるい, あります皆んなの顔, あります皇室の御, あります矢張り支那學者であるから, ありますがどこ, ありますの中, あります秀子と夏子, あります私自身さえ何, あります種子物の類, あります突き疵と, あります符号は羅馬紀元一七六年一月十六日, ありますと興, ありますは偽物, あります粉末絵具は自然粉, あります精神病院の精神病者, あります終にのぞんで, あります統一された自身, あります絵具ののびもよろしい, ありますにかいた, あります緋目高一疋ほど, ありますだけ取, ありますがない, あります美術出身でもう, あります義淨の入寂, あります翌朝身支度をし, あります耶蘇教といつても特に, あります肱掛窓で谷川, あります臣下が王, あります自治委員会といふの, あります自由な美術, あります芸術上のこと, あります若しさう, あります若様のお少, ありますに御, ありますが変る, あります草双紙のお話, ありますの旺盛, あります薄暗い洋燈の, あります蛟竜池底を出で, あります蝋燭もあります, あります行手の両国橋, あります衣料など穴, あります表現法としては真, あります西暦七百十三年でありますが, あります西洋人が支那文字, あります西鶴の中, あります覚者であります, あります角力上手でございますから, あります誠に活溌な, あります證據は御, あります譬えば同じスープ, あります貴方の家庭, あります貴方様を始め, あります赤い表紙の, あります足輕即ち武士以下, あります身体が小さく, あります農家だから, あります通り喰物にありつく, あります通り枳殻や柚子, あります通り精神異常者なの, あります過去に於, あります遠眼鏡が出, あります鉄砲も一梃, あります錢形の親分さん, あります鐵砲は天文十一年, ありますは心, あります間もなく水が, ありますに並ぶ, あります陸奥守さまに逼塞, あります陸軍大将リムトック侍従長ラルコン高等法院長バルマッフこれらの人々, あります際限なくごらん, あります雪舟周文三阿弥それから狩野家, あります非常に偉大, あります革命歌などと大, あります風習で御座いますが, あります飛石へお, あります餘談の餘談, ありますを縊, ありますは正当防禦, あります馬車があります, あります高江殿にはあれ, あります麻布の元, あります麻績王といふ人, あります黒澤さんや色々, あります齊侯といふの, ありますを描い